関東バス株式会社 有価証券報告書‐第121期(平成21年4月1日‐平成22年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書‐第121期(平成21年4月1日‐平成22年3月31日)

提出日:

提出者:関東バス株式会社

カテゴリ:有価証券報告書‐第121期(平成21年4月1日‐平成22年3月31日)

PDFビューワー表示

                                                   EDINET提出書類
                                               関東バス株式会社(E04172)
                                                    有価証券報告書


【表紙】         
【提出書類】       有価証券報告書

【根拠条文】       金融商品取引法第24条第1項

【提出先】        関東財務局長

【提出日】        平成22年6月30日

【事業年度】       第121期(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)

【会社名】        関東バス株式会社

【英訳名】        Kanto Bus Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】   取締役社長内藤泉

【本店の所在の場所】   東京都中野区東中野5丁目23番14号

【電話番号】       03(3371)7111(代表)

【事務連絡者氏名】    経理部長東和人

【最寄りの連絡場所】   東京都中野区東中野5丁目23番14号

【電話番号】       03(3371)7111(代表)

【事務連絡者氏名】    経理部長東和人

【縦覧に供する場所】   該当事項はありません。






                         1/96
                                                                                          EDINET提出書類
                                                                                      関東バス株式会社(E04172)
                                                                                           有価証券報告書

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】


1 【主要な経営指標等の推移】
    (1) 連結経営指標等

          回次              第117期         第118期         第119期         第120期         第121期

         決算年月            平成18年3月       平成19年3月       平成20年3月       平成21年3月       平成22年3月

売上高               (千円)    11,505,692    11,473,332    11,729,148    11,667,200    11,246,211

経常利益              (千円)       215,112       123,270       307,267       292,358       267,714
当期純利益又は
                  (千円)      △89,245         83,995       270,872       223,600       542,639
当期純損失(△)
純資産額              (千円)     3,303,720     3,356,630     3,675,401     3,819,700     4,357,639

総資産額              (千円)    12,620,189    12,818,560    12,939,995    12,561,274    12,722,509

1株当たり純資産額         (円)         440.02        447.55        490.05        509.29        581.02
1株当たり当期純利益金
額                 (円)        △12.38          11.20         36.12         29.81         72.35
又は当期純損失金額(△)
潜在株式調整後
1株当たり             (円)             ―             ―             ―             ―             ―
当期純利益金額
自己資本比率            (%)          26.18         26.19         28.40         30.41         34.25

自己資本利益率           (%)         △2.69           2.52          7.70          5.97         13.27

株価収益率             (倍)             ―             ―             ―             ―             ―
営業活動による
               (千円)    491,789     841,149  1,161,313  1,034,335   1,113,787
キャッシュ・フロー
投資活動による
               (千円) △1,330,735  △1,254,488  △709,201   △969,382   △1,031,953
キャッシュ・フロー
財務活動による
               (千円)    155,605     583,544     75,073  △160,524     △58,173
キャッシュ・フロー
現金及び現金同等物
               (千円)  1,246,195   1,416,400  1,943,586  1,848,014   1,871,675
の期末残高
従業員数                     1,158       1,164      1,148      1,160       1,112
                (人)
[外、平均臨時雇用者数]              [174]       [174]      [172]      [158]       [190]
 (注) 1売上高には、消費税等を含んでおりません。
     2潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     3株価収益率については、当社株式が非上場であり、株価の算定が困難なため記載しておりません。
     4純資産額の算定にあたり、平成19年3月期から「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会
        計基準第5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用
        指針第8号)を適用しております。





                                             2/96
                                                                                        EDINET提出書類
                                                                                    関東バス株式会社(E04172)
                                                                                         有価証券報告書
    (2) 提出会社の経営指標等

          回次            第117期         第118期         第119期         第120期         第121期

         決算年月          平成18年3月       平成19年3月       平成20年3月       平成21年3月       平成22年3月

売上高             (千円)     9,660,092     9,660,343     9,915,898     9,999,836     9,825,531

経常利益            (千円)       172,901        78,814       261,554       257,048       268,313
当期純利益又は
                (千円)     △143,329         70,082       260,300       256,657       476,131
当期純損失(△)
資本金             (千円)       375,000       375,000       375,000       375,000       375,000

発行済株式総数         (千株)         7,500         7,500         7,500         7,500         7,500

純資産額            (千円)     2,615,909     2,656,749     2,966,677     3,147,987     3,619,145

総資産額            (千円)    11,065,646    11,203,421    11,357,932    11,135,765    11,401,478

1株当たり純資産額       (円)         348.79        354.23        395.56        419.73        482.55
1株当たり配当額                        ―             ―             ―           1.50          1.50
(内1株当たり         (円)
                               (―)           (―)           (―)           (―)           (―)
中間配当額)
1株当たり当期純利益金
額               (円)        △19.11           9.34         34.71         34.22         63.48
又は当期純損失金額(△)
潜在株式調整後
1株当たり           (円)             ―             ―             ―             ―             ―
当期純利益金額
自己資本比率          (%)          23.64         23.71         26.12         28.27         31.74

自己資本利益率         (%)         △5.40           2.66          9.25          8.39         14.07

株価収益率           (倍)             ―             ―             ―             ―             ―

配当性向            (%)             ―             ―             ―           4.38          2.36
従業員数                     835    857     874    881    961
               (人)
[外、平均臨時雇用者数]            [115]  [118]   [107]  [108]  [142]
 (注) 1売上高には、消費税等を含んでおりません。
     2潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     3株価収益率については、当社株式が非上場であり、株価の算定が困難なため記載しておりません。
     4純資産額の算定にあたり、平成19年3月期から「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会
        計基準第5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用
        指針第8号)を適用しております。





                                           3/96
                                                        EDINET提出書類
                                                    関東バス株式会社(E04172)
                                                         有価証券報告書
2 【会社の沿革】
    昭和6年12月 資本金80,000円にて一般乗合旅客自動車運送事業の目的をもって関東乗合自動車株
            式会社を設立。
            本店所在地:東京都新宿区戸塚町4丁目566番地

    昭和7年1月 新宿駅=小滝橋間(1.92粁)の営業開始
    昭和11年12月 原町田自動車株式会社(資本金220,000円)を吸収合併
    昭和16年4月 日の丸自動車株式会社(現・連結子会社)を設立
    昭和20年1月 進運乗合自動車株式会社(資本金135,000円)
            中野乗合自動車株式会社(資本金180,000円)
            株式会社昭和自動車商会(資本金240,000円)
            の三社を吸収合併

    昭和24年4月 ベルタクシー株式会社(現・連結子会社)を設立
    昭和26年4月 一般貸切旅客自動車運送事業の営業開始
    昭和27年5月 一般乗用旅客自動車運送事業の営業開始
    昭和28年5月 関東観光株式会社(現・連結子会社)を設立
    昭和30年1月 石油製品販売業の営業開始
    昭和30年5月 旅館業の営業開始
    昭和32年5月 映画館業の営業開始
    昭和38年10月 一般乗用旅客自動車運送事業の営業の一部(都内)譲渡
    昭和39年2月 映画館業の営業廃止
    昭和39年11月 関東バス株式会社に商号変更
    昭和39年12月 本店所在地を東京都中野区小滝町21番地に移転
    昭和41年10月 本店所在地を住居表示実施により東京都中野区東中野5丁目23番14号に変更
    昭和42年4月 第一自動車工業株式会社(現・連結子会社)を設立、日の丸自動車株式会社より車輌整
            備業部門を移管
    昭和45年10月 不動産業の営業開始
    昭和48年12月 一般乗用旅客自動車運送事業の営業の全部(伊豆長岡・三島)をベルタクシー株式会
            社へ譲渡
    昭和48年12月 喫茶・食品販売業の営業開始
    昭和49年8月 石油製品販売業の営業の一部(伊豆長岡)廃止
    昭和55年7月 自動車分解整備業の営業開始
    昭和55年10月 株式会社旅館月ヶ瀬(現・連結子会社)を設立、旅館部門を譲渡
    昭和55年10月 石油製品販売業の全部(月ヶ瀬)を株式会社旅館月ヶ瀬へ譲渡
    平成11年1月 ケイビーバス株式会社(現・連結子会社)を設立
    平成13年12月 喫茶・食品販売業の営業廃止
    平成17年7月 物品販売業の営業開始
    平成19年8月 物品販売業の営業停止
    平成21年10月 ケイビーバス株式会社の営業停止
    平成22年3月 ケイビーバス株式会社解散




                               4/96
                                                        EDINET提出書類
                                                    関東バス株式会社(E04172)
                                                         有価証券報告書
3 【事業の内容】
     当社及び当社の関係会社(当社、子会社6社、その他の関係会社1社(平成22年3月31日現在)により構成)
    においては、交通事業、不動産事業、自動車分解整備事業、旅館業、その他の事業の5部門に関係する事業を
    主として行っています。各事業における当社及び関係会社の位置付け等は次のとおりであります。
     なお、次の5部門は「第5経理の状況1(1) 連結財務諸表注記」に掲げる事業の種類別セグメント情
    報の区分と同一であります。

    (交通事業)
      当部門においては、乗合自動車事業、貸切自動車事業、タクシー業、鉄道事業を営んでいます。
      このうち、当社の乗合自動車事業を当部門の主力分野として位置付けております。
       乗合自動車事業………当社、ケイビーバス株式会社、関東観光株式会社
       貸切自動車事業………当社
       タクシー業……………ベルタクシー株式会社、日の丸自動車株式会社
       鉄道事業………………京王電鉄株式会社

    (不動産事業)
      当部門においては、不動産賃貸業、不動産販売業を営んでいます。
       不動産賃貸業…………当社、ベルタクシー株式会社、京王電鉄株式会社
       不動産販売業…………京王電鉄株式会社

    (自動車分解整備事業)
      当部門においては、車輌分解整備業、自動車販売業を営んでいます。
       車輌分解整備業………当社、第一自動車工業株式会社
       自動車販売業…………第一自動車工業株式会社

    (旅館業)
      当部門においては、旅館業を営んでいます。
       旅館業…………………株式会社旅館月ヶ瀬

    (その他の事業)
      当部門においては、旅行業、保険代理業、広告代理店業を営んでおります。
       旅行業…………………関東観光株式会社
       保険代理業……………関東観光株式会社
       広告代理店業…………関東観光株式会社






                              5/96
                                          EDINET提出書類
                                      関東バス株式会社(E04172)
                                           有価証券報告書
[事業系統図]
    以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。












                            6/96
               EDINET提出書類
           関東バス株式会社(E04172)
                有価証券報告書
















    7/96
                                                                                             EDINET提出書類
                                                                                         関東バス株式会社(E04172)
                                                                                              有価証券報告書
4 【関係会社の状況】

                                                                議決権の所有
                                 資本金              主要な事業
          名称            住所                                      (又は被所有)           関係内容
                                 (千円)              の内容
                                                                  割合(%)
                                                                      
(連結子会社)
                  東京都
ケイビーバス株式会社     ※1                    30,000   交通事業                   100   役員の兼任等…1名
                  中野区
                                                                           当社の定期券等を委託販売している。
                    東京都                       交通事業
               
関東観光株式会社                             11,800                          100   当社所有の建物を賃借している。
                    中野区                       その他の事業
                                                                           役員の兼任等…3名
                    静岡県                       交通事業
ベルタクシー株式会社     ※2                    40,000                          100   役員の兼任等…2名
                    沼津市                       不動産事業
                    静岡県
               
日の丸自動車株式会社                           13,500   交通事業                   100   役員の兼任等…2名
                    下田市
                    静岡県                       自動車分解
               
第一自動車工業株式会社                          12,000                          100   役員の兼任等…1名
                    下田市                       整備事業
                    静岡県                                                    当社所有の建物を賃借している。
               
株式会社旅館月ヶ瀬                            10,000   旅館業                    100
                    伊豆市                                                    役員の兼任等…2名
                                                                      
(その他の関係会社)
                  東京都                         交通事業
                                                                   (29.96) 
京王電鉄株式会社       ※3                59,023,812
                  新宿区                         不動産事業
    (注) 1主要な事業内容欄には、事業の種類別セグメントの名称を記載しております。
        2※1:平成21年10月31日をもって事業の全てを関東バス株式会社に継承しております。
        3※2:特定子会社に該当しております。
        4※3:有価証券報告書を提出しております。

5 【従業員の状況】
    (1) 連結会社の状況
                                                                               平成22年3月31日現在
          事業の種類別セグメントの名称                                                従業員数(人)
                                             1,013
交通事業
                                              [148]
                                                 1
不動産事業
                                                [7]
                                                18
自動車分解整備業
                                               [−]
                                                 3
旅館業
                                               [23]
                                                 5
その他の事業
                                                [2]
                                                72
全社(共通)
                                               [10]
                                             1,112
              合計
                                              [190]
(注) 1従業員数は就業人員であり、臨時社員数は[]内に年間の平均人員を外数で記載しております。
    2全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているもの
       であります。





                                                     8/96
                                                                 EDINET提出書類
                                                             関東バス株式会社(E04172)
                                                                  有価証券報告書
    (2) 提出会社の状況
                                                   平成22年3月31日現在
      従業員数(人)         平均年齢(歳)        平均勤続年数(年)      平均年間給与(円)
                 961
                             46.10          10.1       5,000,572
                [142]
    (注) 1従業員数は就業人員であり、臨時社員数は[]内に年間の平均人員を外数で記載しております。
        2平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

    (3) 労働組合の状況
      特に記載すべき事項はありません。





                                   9/96
                                                            EDINET提出書類
                                                        関東バス株式会社(E04172)
                                                             有価証券報告書

第2 【事業の状況】


1 【業績等の概要】
    (1) 業績
      当連結会計年度におけるわが国の経済は、平成20年9月のリーマン・ショック以来、短期間に円高が進
     み経済成長を支えてきた輸出が伸び悩み、設備投資の減少や雇用・所得の悪化から個人消費も落ち込み、
     大手自動車メーカーのリコール問題など不安要素を抱えておりましたが、エコカー・エコ家電など政策
     による購入支援が実施され、個人消費は持ち直しつつありますが、一旦大幅に下落した原油価格も再び上
     昇しだし、依然として先行き不透明な状況が続いております。
      このような状況の中、当社グループは事業内容を再検討し、増収策および業務の効率化を推進するとと
     もに、経費の削減に取り組みました。
      当連結会計年度の業績は、売上高が11,246,211千円と前連結会計年度に比べ420,988千円(前年同期比
     3.6%)減収となりました。利益については営業利益が343,832千円となり、前連結会計年度に比べ15,715
     千円(同4.4%)の減益、経常利益は267,714千円となり、前連結会計年度に比べ24,644千円(同8.4%)
     減益となり、当期純利益は542,639千円となり、前連結会計年度に比べ319,038千円(同142.7%)の増益
     となりました。

      事業の種類別セグメントの業績は次のとおりであります。

     ①交通事業
        乗合バス事業においては、少子高齢化や景気後退の影響を強く受け、依然として厳しい状況下に置か
      れております。このような状況の中、「安全マネジメント」に基づき、安全が最も重要であるという意
      識の向上に努めるとともに、「接遇向上」と「乗合事業の健全化」などの充実強化に努めました。
        運行面では、平成21年10月1日から、「豊玉南住宅」停留所を新設し、高円寺駅北口∼中野北郵便局系
      統を同停留所まで延長しました。また平成21年11月1日には、ケイビーバス株式会社の全路線を当社に
      移管して、業務全般を一元化し、輸送の効率化を図るとともに利便性の向上を図りました。なお、ケイ
      ビーバス株式会社は平成22年3月31日をもって解散いたしました。
        接遇面につきましては、前期に引き続き乗務員教育の充実化を図り、平成21年5月20日から6月19日ま
      でを「車内事故撲滅運動期間」、11月1日から11月30日までを「優しい応対強化月間」と定め、事故防
      止並びに接遇向上に努めました。
        高速バスにつきましては、夜行高速バスでは他事業者の参入、高速道路料金上限1,000円の実施に伴
      う自家用車の利用増大等により競争が激化し、厳しい状況が続いております。また空港連絡バスは、新
      型インフルエンザの流行等により航空機利用者が減少し、厳しい状況が続いております。
        貸切バスは前連結会計年度に引き続き地域の学校、官庁関係の輸送などの受注増加に努めるととも
      に、ワンマン運行の可能な仕業を増やし、経費の削減に努めました。
      タクシー業においては、景気後退の影響を強く受け依然として需要は低迷し、さらに乗務員不足をか
      かえ、厳しい状況が続いております。
        以上の結果、当連結会計年度における売上高は9,945,579千円と前連結会計年度に比べ411,451千円
      (同4.0%)の減収となり、営業損失は28,925千円と前連結会計年度に比べ16,426千円(同131.4%)
      の損失の増加となりました。


                                10/96
                                                                  EDINET提出書類
                                                              関東バス株式会社(E04172)
                                                                   有価証券報告書
       ・一般乗合旅客自動車事業
         運輸成績


                                  当連結会計年度            前年同期比
          種別           単位
                                21.4.1∼22.3.31         (%)

営業日数                   日                       365            ―
営業粁                    粁                  1,454.42      △21.9
走行粁                    千粁                   14,786       △1.8
           定期          千人                   15,895           1.9
           定期外         〃                    36,736       △4.9
輸送人員
           計           〃                    52,631       △2.9
           定期          千円                2,302,222           2.8
           定期外         〃                 7,066,410       △4.9
旅客運送収入
           計           〃                 9,368,632       △3.1
旅客運送雑収                 〃                    39,775       14.8
収入合計                   〃                 9,408,408       △3.1
乗車効率                   %                     14.26      △10.0

    (注) 乗車効率算定方法は次の通りであります。
          (乗車密度)              (乗車効率)
           平均乗車粁×運送人員=延人粁       乗車密度÷平均車輌定員×100=乗車効率
           延人粁÷走行粁=乗車密度       


      ・一般貸切旅客自動車事業
         運輸成績

                                  当連結会計年度            前年同期比
          種別           単位
                                21.4.1∼22.3.31         (%)

営業日数                   日                      365            ―
走行粁                    千粁                      40       △78.8
輸送人員                   千人                      42       △25.0
旅客運送収入                 千円                  26,001       △57.9
旅客運送雑収                 〃                    1,116       △58.2
収入合計                   〃                   27,118       △57.9






                                 11/96
                                                              EDINET提出書類
                                                          関東バス株式会社(E04172)
                                                               有価証券報告書
     ・一般乗用旅客自動車事業
        運輸成績


                               当連結会計年度           前年同期比
           種別         単位
                             21.4.1∼22.3.31        (%)

営業日数                  日                    365            ―
営業粁                   千粁                 1,235      △13.9
走行粁                   〃                  2,686      △12.5
輸送人員                  千人                   500      △10.9
営業収入                  千円               510,053      △13.1
運行回数                  回                370,391      △10.9



    ②不動産事業
      地域の不動産斡旋業者への営業活動を積極的に推進致しましたが、経年による建物の資産価値減少
     や定期借家契約への切り替えによる賃料の低下もあり、厳しい状況が続いております。今後は建て替え
     を視野に入れた長期運営計画の策定が必要であります。
      当連結会計年度の売上高は602,423千円と、前連結会計年度に比べ3,571千円(同0.6%)の減収とな
     り、営業利益は383,590千円となり、前連結会計年度に比べ1,393千円(同0.4%)の増益となりました。

        営業成績


                               当連結会計年度           前年同期比
           種別         単位
                             21.4.1∼22.3.31        (%)

 マンション収入              千円               486,967       △0.5
 貸店舗・貸事務所等収入          〃                 77,556           2.3
雑収入                   〃                 37,899       △6.6
営業収入計                 千円               602,423       △0.6
住宅戸数                  戸                    388            ―
稼働率                   %                   91.5       △4.9
店舗数                   戸                     20            ―
稼働率                   %                   85.0            ―






                               12/96
                                                              EDINET提出書類
                                                          関東バス株式会社(E04172)
                                                               有価証券報告書
    ③自動車分解整備事業
      自動車分解整備業は、車検整備・12ヶ月点検整備については、法定整備であるため景気にはあまり左
     右されない状況の中にありますが、景気の悪化に伴って顧客の保有車両の減少など、経費削減傾向が顕
     著になり、整備箇所縮小という環境の中で、新たな顧客の獲得に努めました。
      また、自動車販売業も積極的な販売活動に努めましたが、原油高の影響などにより、自家用車を手放
     すなど、個人消費の低迷から買い替えを控えるようになり、販売台数は減少となりました。
      この結果、当連結会計年度の売上高は431,141千円と、前連結会計年度に比べ1,762千円(同0.4%)
     の増収となり、営業利益は7,509千円となり、前連結会計年度に比べ4,296千円(同36.4%)の減益とな
     りました。

          営業成績


                                  当連結会計年度         前年同期比
             種別          単位
                                21.4.1∼22.3.31      (%)

               営業日数       日                 365           ―
               整備台数       輌               5,115      △4.1
 自動車分解整備業
               営業収入      千円             172,163      △3.0
               営業日数       日                 263       0.4
               販売台数       輌                 221      △2.6
 自動車販売業
               営業収入      千円             258,978       2.8



    ④旅館業
      旅館業は、近年続いている国内旅行需要の減少や原材料価格の高騰による利益の圧迫、企業業績悪化
     による宴会需要の減少や個人消費の伸び悩みなど、依然として厳しい環境にあります。
      この結果、当連結会計年度の売上高は128,659千円と、前連結会計年度に比べ21,990千円(同
     14.6%)の減収となり、営業損失は42,777千円と、前連結会計年度に比べ5,539千円(同11.5%)の損
     失の減少となりました。
      なお、平成22年6月15日をもって、旅館業は営業を停止いたしました。

    ⑤その他の事業
      広告代理店業は同業他社との受注競争が厳しく、企業・商店から経費削減の対象とされ、受注は伸び
     悩んでおります。
      この結果、当連結会計年度の売上高は138,407千円と、前連結会計年度に比べ14,262千円(同
     11.5%)の増収となり、営業利益は203千円と、前連結会計年度に比べ3,630千円(同94.7%)の減益と
     なりました。





                               13/96
                                                            EDINET提出書類
                                                        関東バス株式会社(E04172)
                                                             有価証券報告書
    (2) キャッシュ・フローの状況
      当連結会計年度における連結ベースの現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、1,871,675千
     円となりました。資金残高は前連結会計年度末より23,660千円(前年同期比1.3%)増加となりました。
     (営業活動によるキャッシュ・フロー)
       営業活動の結果得られた資金は1,113,787千円と、前連結会計年度と比べ79,452千円(同7.7%)増
      となりました。
       これは主に退職給付引当金の減少額が125,509千円増加したのに対し、有形固定資産売却益が57,154
      千円減少、補助金の収入が80,400千円増加及び特別退職金の支払額が43,296千円減少したことによる
      ものです。
     (投資活動によるキャッシュ・フロー)
       投資活動の結果、使用した資金は1,031,953千円と、前連結会計年度と比べ62,570千円(同6.5%)増
      となりました。
       これは主に、有形固定資産の売却による収入が59,493千円減少したことによるものです。
     (財務活動によるキャッシュ・フロー)
       財務活動の結果、減少した資金は58,173千円と、前連結会計年度に比べ102,350千円(同63.8%)減
      となりました。
       これは主に、長期借入の返済による支出が176,989千円増加したのに対し、短期借入金の減少額が
      80,590千円減少、長期借入による収入が210,000千円増加したことによるものです。





                                14/96
                                                   EDINET提出書類
                                               関東バス株式会社(E04172)
                                                    有価証券報告書
2 【生産、受注及び販売の状況】
     当社グループは交通事業を主たる事業としているため、生産及び受注の状況は記載しておりません。ま
    た、売上の状況については、「1業績等の概要」において記載しております。

3 【対処すべき課題】
     今後の当社グループは、景気が緩やかに回復していると言われているなかで、お客様の減少傾向が今だ続
    き、高騰が収まった原油価格も再び上昇に転じており、引き続き厳しい経営環境に置かれることが予想され
    ます。このような状況の中、当社グループが対処すべき当面の課題としては、運送事業につきましては安全
    運行はもとより、接遇の向上を図ることにより、お客様や地域社会からの信頼を得るとともに、特に乗合事
    業につきましては、輸送力の増強や路線の効率化を実施し、当社グループの主力事業である乗合事業の健全
    化に取り組み、収支の改善を図ってまいります。
     また、排気ガス規制による車両の代替、老朽化した営業所施設や賃貸マンションの更新・修繕など、引き
    続き多額の設備投資が控えており、早急に収支の改善を行い、財務体質の強化を図っていかなければならな
    いと考えております。






                             15/96
                                                    EDINET提出書類
                                                関東バス株式会社(E04172)
                                                     有価証券報告書
4 【事業等のリスク】
     有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を
    及ぼす事項は、以下のようなものがあります。
     なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したもので
    あります。

    ・法的リスクについて
      当社グループは各事業毎に様々な法令の規制を受けております。交通関係・労働関係・環境関係など
     の諸法令を遵守することは勿論のこと、主力事業である旅客自動車運送事業においては、最大の使命であ
     る安全輸送に全力を注いでおりますが、不測の事故や遵守違反が発生した場合、社会的信用を失い利用者
     の減少や行政処分により事業計画が抑制されるなど、結果として業績に影響を及ぼす可能性があります。
    ・原油価格高騰によるリスク
      世界的原油価格の高騰により燃料価格が再び上昇した場合、業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
    ・設備投資等のリスク
      不動産事業においては、旧建築基準法適用の建物もあり、これらの建替えをも考慮に入れた設備の維持
     管理計画の策定が必要となり、多額の修繕費等の支出が予想されます。

      以上のことから、今後の事業基盤の整備や再構築の成果如何によっては会社の事業の継続に重要な影
     響を及ぼす可能性があります。

5 【経営上の重要な契約等】
     該当事項はありません。

6 【研究開発活動】
     該当事項はありません。





                            16/96
                                                           EDINET提出書類
                                                       関東バス株式会社(E04172)
                                                            有価証券報告書
7 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであ
     ります。

    (1) 今期の経営成績の分析
      当社グループの当連結会計年度の経営成績は当期純利益として542,639千円を計上いたしましたが、世
     界的な金融危機の影響を引きずり、輸出の減少・雇用の悪化など、経済は急激に減速し、個人消費も伸び
     悩み、主力事業であるバス事業を取り巻く環境は依然として非常に厳しく、ICカードシステムの普及な
     どによりお客様は一時増加傾向にありましたが、急激な景気の悪化に伴いお客様は減少傾向に転じまし
     た。

    (2) 戦略的現状と見通し
      今後、原油価格の変動や排ガス規制など、懸念される要因が山積しております。
     主力事業である乗合事業の健全化を図るとともに、グループ全社で収支の改善を行い、地域社会に貢献
     し、信頼され愛される企業を目指して参ります。将来に亘って社員が安心して働き続けられる会社である
     ためにも、グループ各社が収支の改善と経営基盤の確立に総力をあげて取り組んで参ります。

    (3) 資本の財源及び資金の流動性についての分析
      当社グループの資金状況は営業活動によるキャッシュ・フローでは、前連結会計年度より79,452千円
     多い1,113,787千円の収入を得ています。これは主に退職給付引当金の減少額が125,509千円増加したの
     に対し、有形固定資産売却益が57,154千円減少、補助金の収入が80,400千円増加及び特別退職金の支払額
     が43,296千円減少したことによるものであります。





                                  17/96
                                                        EDINET提出書類
                                                    関東バス株式会社(E04172)
                                                         有価証券報告書

第3 【設備の状況】


1 【設備投資等の概要】
     当連結会計年度、当社グループでは、交通事業を中心に、全体で1,049,036千円の設備投資を実施いたしま
    した。



                            当連結会計年度
                       

                交通事業         1,034,929千円

                不動産事業           6,607千円

                分解整備事業          6,961千円

                                   537千円
                その他の事業 

                    計        1,049,036千円



     当連結会計年度は各セグメントとも投資内容を厳選し、必要最小限の投資としました。
     交通事業では乗合バス新車39輌、タクシー4輌等を購入、その他にバスロケーションシステム表示器等を
    設置いたしました。
     不動産事業では、給水配管工事の他住居用の給湯器や風呂釜等を退出した箇所に代替設置いたしました。
     分解整備事業では、展示用車輌購入等をいたしました。
     その他の事業ではサーバーの購入をいたしました。
     所要資金は、自己資金並びに借入金によります。






                                  18/96
                                                                                                                              EDINET提出書類
                                                                                                                          関東バス株式会社(E04172)
                                                                                                                               有価証券報告書
2 【主要な設備の状況】
      当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。
    (1) 提出会社
                                                                                                         平成22年3月31日現在
                                                                  帳簿価額(千円)
                  事業の種類別
      事業所名                  設備の                                                                                           従業員数
                                                  土地
                  セグメントの
      (所在地)                 内容                                                                                             (人)
                                    車輌及び
                    名称                                           建物               構築物           その他             合計
                                     運搬具
                                                (面積㎡)
                                                  348,206
    本社            交通事業                                                                                                        65
                            本社機能          53                     21,123            2,570           10,600       382,553
    (東京都中野区)※1    他                                                                                                          [10]
                                                (5,663.85)
                                                  153,911
    阿佐谷営業所                                                                                                                   187
                                                (5,522.67)
                  交通事業      営業所      316,281                     70,618            9,113           23,853       573,778
    (東京都杉並区)                                                                                                                 [16]
                                                [1,312.67]
                                                  293,905
    武蔵野営業所                                                                                                                   206
                                                (6,104.82)
                    〃       営業所      293,905                     102,525          19,504           14,903     2,153,728
    (東京都武蔵野市)                                                                                                                [61]
                                                  [452.36]
                                                1,663,139
    青梅街道営業所                                                                                                                  200
                                                (7,779.04)
                    〃       営業所      312,435                     25,911           20,246           21,050     2,042,783
    (東京都練馬区)                                                                                                                 [25]
                                                [1,979.14]
    青梅街道営業所
                                                                                                                              ―
    貸切バス部門          〃       営業所        6,619           ―               ―                ―               111       6,731
                                                                                                                             [―]
    (東京都練馬区)
                                                  434,986
    丸山営業所                                                                                                                    119
                                                (4,159.40)
                    〃       営業所      259,960                     66,813           16,486           18,177       796,425
    (東京都中野区)※1                                                                                                               [11]
                                                  [150.22]
                                                   52,950
    五日市街道営業所                                                                                                                 161
                                                (3,929.71)
                    〃       営業所      242,048                     33,460            8,747           16,603       353,809
    (東京都杉並区)                                                                                                                 [12]
                                                [2,033.41]
                  交通事業
    整備センター                                                                                                                    23
                  自動車分解     整備施設         128           ―             3,450              388        18,470       22,437
    (東京都中野区)                                                                                                                  [0]
                  整備事業
                                                  441,216
    小滝橋マンション他                                                                                                                  0
                  不動産事業     賃貸建物          ―                    1,154,691           4,768           16,172     1,616,848
    (東京都中野区他)                                                                                                                 [7]
                                                (2,859.85)
                                                   26,973
    月ヶ瀬旅館
                  旅館業       旅館施設          ―                      111,847          16,222            9,983       165,026       ―
    (静岡県伊豆市)※2                                 (17,802.19)
    ※1土地、建物の一部をケイビーバス㈱に賃貸しております。
    ※2土地、建物の全てを㈱旅館月ヶ瀬に賃貸しております。

    (2) 子会社
                                                                                                         平成22年3月31日現在
                                                                              帳簿価額(千円)
                             事業の種類
                  事業所名                                                                                                    従業員数
                                                                             土地
      会社名                    別セグメン     設備の内容
                  (所在地)                                                                                                    (人)
                              トの名称                      車輌                                    建物              その他
                                                                        (面積㎡)
                                                                       40,601,310
                沼津営業所他
                             交通事業      営業所             6,170,198                              129,549          8,227
                (静岡県沼津市他)                                               (2,104.36)
    ベルタクシー                                                                                                                   85
    株式会社                                                                                                                    [19]
                マンションベルシー
                             不動産事業     賃貸建物                     ―                 ―           307,138          2,664
                (静岡県沼津市)
                                                                              21,562
    日の丸自動車      本社営業所                                                                                                        40
                             交通事業      営業所                     349                             20,918          1,551
    株式会社        (静岡県下田市)                                                                                                     [0]
                                                                             (834.23)
                                                                               6,500
    第一自動車工業     本社           自動車分解                                                                                           16
                                                                             (16.28)
                                       営業所                  14,556                             24,077          2,407
    株式会社        (静岡県下田市)     整備事業                                                                                            [0]
                                                                        [1,857.00]





                                                       19/96
                                                                      EDINET提出書類
                                                                  関東バス株式会社(E04172)
                                                                       有価証券報告書
    (注) 1帳簿価額のうち「その他」は機械及び装置、工具器具及び備品であります。なお、金額には消費税等を含んでお
           りません。
        2土地及び建物の一部を賃借しており、土地の面積については[]で外書きしております。
        3現在休止中の主要な設備はありません。
        4上記のほか、主要な賃借及びリース設備として以下のものがあります。
                                                 平成22年3月31日現在
                    事業所名      事業の種類別                           年間リース料
           会社名                               設備の内容    台数
                    (所在地)    セグメントの名称                            (千円)
                                            クレジットカー
         ベルタクシー   本社営業所
                             交通事業           ド対応システム        ―       5,640
         株式会社     (静岡県沼津市)
                                            他
         日の丸自動車   本社営業所                     タクシーメー
                             交通事業                          ―       1,272
         株式会社     (静岡県下田市)                  ター
      5従業員数の[]は、臨時従業員数を外書しております。





                                    20/96
                                                                                            EDINET提出書類
                                                                                        関東バス株式会社(E04172)
                                                                                             有価証券報告書
3 【設備の新設、除却等の計画】
     当社グループの設備投資については、今後3∼5ヶ年間の中期計画に基づき、収入計画、需要予測、利益に
    対する投資割合等を総合的に勘案して計画しています。設備計画は原則的に各社が策定していますが、グ
    ループ全体で重複投資とならない様、提出会社を中心に調整を図っております。
     当連結会計年度後1年間の重要な設備の新設、改修等に係る投資予定金額は933,576千円でありますが、
    その所要資金については自己資金並びに借入金を充当する予定であり、その他についてはそれぞれ最適な
    手段を選択することとし、現在で確定しているものはありません。
     重要な設備の新設計画は以下のとおりです。

     (1) 重要な設備の新設等

                                                投資予定金額
                         事業の種類別
     会社名       事業所名                                             資金調達方      完了予定年 完成後の増加
                         セグメントの      設備内容                             着手年月
              (所在地)                                               法          月     能力
                                               総額       既支払額
                           名称
                                              (千円)       (千円)

                                     車輌8輌      58,436       ―    自己資金
              阿佐谷営業所                                                    平成      平成
                          交通事業                                     及び                   増加なし
             (東京都杉並区)                                                   22.4    23.3
                                                                  借入金
                                    バスロケ車載機    12,000       ―


                                     車輌13輌    289,097       ―
               武蔵野営業所
                            〃                                     〃     〃        〃       〃
             (東京都武蔵野市)
                                    バスロケ車載機    15,300       ―


                                     車輌7輌     157,129       ―
             青梅街道営業所
                            〃                                     〃     〃        〃       〃
     関東バス    (東京都練馬区)
                                    バスロケ車載機    12,750       ―
     株式会社
    (提出会社)
                                     車輌2輌      45,823       ―
               丸山営業所
                            〃                                     〃     〃        〃       〃
             (東京都中野区)               ドライブレコー
                                                4,200       ―
                                       ダー

                                     車輌4輌      94,646       ―
             五日市街道営業所
                            〃                                     〃     〃        〃       〃
              (東京都杉並区)              ドライブレコー
                                                4,200       ―
                                       ダー
              高井戸ハイツ                                                    平成       平成
                         不動産事業      建物外壁改修     12,181       ―     〃                      〃
             (東京都杉並区)                                                   22.8    22.10


                                               投資予定金額
                         事業の種類別
               事業所名                                                            完了予定年 完成後の増
     会社名                 セグメントの      設備内容                       資金調達方法 着手年月
              (所在地)                                                              月    加能力
                                               総額       既支払額
                           名称
                                              (千円)       (千円)
    関東観光       本社営業所                                                    平成      平成
                          その他事業      パソコン        150       ―     自己資金                   増加なし
    株式会社     (東京都中野区)                                                   22.7    22.7

                                     展示用車輌    10,000       ―
第一自動車工業        本社営業所     自動車分解整                                       平成      平成
                                                                  〃                      〃
  株式会社       (静岡県下田市)      備事業                                          22.4    23.3
                                    本社建物改修     5,000       ―

    (注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

    (2) 重要な設備の除却等
       経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。





                                              21/96
                                                                                            EDINET提出書類
                                                                                        関東バス株式会社(E04172)
                                                                                             有価証券報告書

第4 【提出会社の状況】


1 【株式等の状況】
    (1) 【株式の総数等】
     ① 【株式の総数】

                   種類                                           発行可能株式総数(株)

                  普通株式                                                             20,000,000

                    計                                                              20,000,000


     ② 【発行済株式】

                  事業年度末現在       提出日現在    上場金融商品取引所
       種類          発行数(株)       発行数(株)   名又は登録認可金融                            内容
                (平成22年3月31日) (平成22年6月30日) 商品取引業協会名
                                                                           単元株制度を採用
      普通株式              7,500,000      同左               非上場・非登録
                                                                           しておりません。
        計               7,500,000      同左                   ―                 ―



    (2) 【新株予約権等の状況】
       該当事項はありません。

    (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
       平成22年2月1日以降の開始事業年度に係る有価証券報告書から適用されるため、記載事項はありま
     せん。

    (4) 【ライツプランの内容】
       該当事項はありません。

    (5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

                     発行済株式          発行済株式                                 資本準備金    資本準備金
                                               資本金増減額       資本金残高
         年月日         総数増減数           総数残高                                  増減額       残高
                                                 (千円)        (千円)
                      (千株)            (千株)                                 (千円)     (千円)
昭和39年7月1日(注)                2,500      7,500      125,000       375,000       ―         8,608
    (注)株主割合1:0.52,500千株
        発行価額50円





                                                22/96
                                                                                          EDINET提出書類
                                                                                      関東バス株式会社(E04172)
                                                                                           有価証券報告書
    (6) 【所有者別状況】
                                                                    平成22年3月31日現在
                                                      外国法人等
           政府及び
                              金融商品     その他の                            個人
     区分    地方公共     金融機関                                                              計
                              取引業者      法人                            その他
            団体                                      個人以外   個人
株主数
                0         4        0           31      0        0            260          295
(人)
所有株式数
                0   374,805        0   3,369,385       0        0   3,755,810      7,500,000
(株)
所有株式数
                0      5.00        0       44.93       0        0       50.07             100
の割合(%)

    (7) 【大株主の状況】
                                                                 平成22年3月31日現在
                                                                       発行済株式
                                                              所有株式数   総数に対する
          氏名又は名称                          住所
                                                               (千株)    所有株式数
                                                                       の割合(%)
 京王電鉄株式会社                     東京都新宿区新宿3丁目1番24号                       2,247            29.96

 柏村敬                         東京都世田谷区                                1,144            15.26

 関東バス共済組合                     東京都中野区東中野5丁目23番14号                       846            11.29

 関東バス社員持株会                    東京都中野区東中野5丁目23番14号                       523             6.98

 UDトラックス株式会社                  埼玉県上尾市大字壱丁目1番地                           320             4.27

 三菱ふそうトラック・バス株式会社             神奈川県川崎市幸区鹿島田890番地12号                     250             3.33

 平田隆                         東京都世田谷区                                  224             2.99

 吉村隆子                        東京都武蔵野市                                  212             2.84

 あいおい損害保険株式会社                 東京都渋谷区恵比寿1丁目28番1号                        148             1.98

 東京海上日動火災保険株式会社               東京都千代田区丸の内1丁目2番1号                        148             1.98

            計                              ―                         6,066            80.89






                                            23/96
                                                                              EDINET提出書類
                                                                          関東バス株式会社(E04172)
                                                                               有価証券報告書
    (8) 【議決権の状況】
     ① 【発行済株式】
                                                                 平成22年3月31日現在
          区分           株式数(株)           議決権の数(個)                   内容

無議決権株式                      ―                   ―                     ―

議決権制限株式(自己株式等)              ―                   ―                     ―

議決権制限株式(その他)                ―                   ―                     ―

完全議決権株式(自己株式等)              ―                   ―                     ―
                     普通株式
完全議決権株式(その他)                                    7,500,000             ―
                         7,500,000
単元未満株式                      ―                   ―                     ―

発行済株式総数                     7,500,000           ―                     ―

総株主の議決権                     ―                   7,500,000             ―



     ② 【自己株式等】
                                                                 平成22年3月31日現在
                                                                        発行済株式
                                         自己名義          他人名義     所有株式数
      所有者の氏名                                                           総数に対する
                     所有者の住所             所有株式数         所有株式数      の合計
       又は名称                                                             所有株式数
                                          (株)           (株)       (株)
                                                                        の割合(%)
         ―              ―                 ―                 ―     ―       ―

         計              ―                 ―                 ―     ―       ―


    (9) 【ストックオプション制度の内容】
      該当事項はありません。


2 【自己株式の取得等の状況】

      【株式の種類等】 該当事項はありません。
              

  (1) 【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。

    (2) 【取締役会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。

    (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
       該当事項はありません。





                                        24/96
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                関東バス株式会社(E04172)
                                                                                     有価証券報告書
    (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
          該当事項はありません。

3 【配当政策】
        当社は株主への利益還元を重要な課題のひとつと考えて事業の経営にあたってまいりました。
        当社の剰余金の配当は、期末配当の年1回を基本的方針とし、配当の決定機関は株主総会であります。
        当期(平成22年3月期)の剰余金の配当につきましては、経営基盤の強化の為の財務体質の改善と収益
    見通し等を総合的に勘案し、1株当たり1.5円としております。
        内部留保資金の使途につきましては、今後の事業展開の備えとして留保していくこととしております。
        なお、当社は取締役会の決議により中間配当を行うことができる旨を定款で定めております。
    
(注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下の通りであります。
                                         配当金の総額                    1株あたり配当額
                決議年月日
                                           (千円)                       (円)
    平成22年6月29日
                                                      11,250                        1.5
    定時株主総会決議

4 【株価の推移】
    (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】

         回次         第117期        第118期          第119期           第120期       第121期

        決算年月      平成18年3月      平成19年3月       平成20年3月           平成21年3月     平成22年3月

        最高(円)
                              非上場であり店頭取引がないため、該当事項はありません。
        最低(円)


    (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

         月別       平成21年10月   平成21年11月    平成21年12月    平成22年1月     平成22年2月    平成22年3月

        最高(円)
                              非上場であり店頭取引がないため、該当事項はありません。
        最低(円)





                                             25/96
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                              関東バス株式会社(E04172)
                                                                                   有価証券報告書
5 【役員の状況】

                                                                             所有株式数
    役名      職名       氏名         生年月日                    略歴              任期
                                                                              (千株)
                                         昭和53年3月     当社入社
                                         平成9年6月      当社取締役業務部長
                                         平成11年1月     ケイビーバス株式会社常務取締役
取締役社長                                    平成15年6月     当社常務取締役
  (代表       ―      内藤泉   昭和30年3月18日生                                ※1       20
                                         平成15年6月     ケイビーバス株式会社取締役社長
 取締役)
                                         平成18年6月     当社専務取締役(社務総括、企画推
                                                     進室・総務部担当)
                                           平成20年6月   当社代表取締役社長(現)
                                           昭和54年3月   当社入社
                                           平成15年6月   ケイビーバス株式会社取締役管理
                                                     部長
                                         平成17年6月     ケイビーバス株式会社常務取締役
                             昭和33年6月28日生 平成19年6月     ケイビーバス株式会社取締役社長
常務取締役      運輸部長    岩瀬勇二                                              ※1        0
                                         平成21年5月     当社運輸部安全管理担当部長
                                         平成21年6月     当社取締役
                                         平成22年6月     当社常務取締役(現)
                                         平成22年6月     当社運輸部長(現)
                                        昭和54年3月      当社入社
                                        平成15年6月      当社業務部長
                                        平成17年10月     当社企画推進室長
          運輸部安全管
    取締役            伊藤隆二   昭和35年8月1日生                                 ※1        3
           理担当部長                        平成18年11月     当社運輸部長
                                        平成19年6月      当社取締役(現)
                                        平成22年6月      当社運輸部安全管理担当部長(現)
                                         昭和58年3月     当社入社
                                         平成13年6月     当社総務部長
                             昭和36年1月11日生 平成20年10月    当社経営管理室長
    取締役    総務部長    小宮山高祥                                              ※2        0
                                         平成22年2月     当社総務部長(現)
                                           平成22年6月   当社取締役(現)
                                        昭和53年3月      当社入社
                                        平成9年6月       当社取締役経理部長
                                        平成11年6月      ベルタクシー株式会社常務取締役
                                        平成13年6月      当社取締役
                                        平成15年6月      当社常務取締役
                                        平成16年6月      ベルタクシー株式会社取締役社長
                                        平成18年6月      当社取締役
    取締役     ―      福田敏男   昭和30年6月1日生 平成18年6月                         ※1       10
                                                     日の丸自動車株式会社取締役社長
                                        平成18年6月      株式会社旅館月ヶ瀬取締役社長
                                        平成20年6月      当社常務取締役
                                        平成22年6月      ベルタクシー株式会社取締役社長
                                                     (現)
                                           平成22年6月   日の丸自動車株式会社取締役社長
                                                     (現)
                                           平成22年6月   当社取締役(現)
                                           平成4年6月    京王帝都電鉄株式会社(現京王電
                                                     鉄株式会社)取締役自動車事業部
                                                     長委嘱
                                           平成9年6月    同社常務取締役自動車事業部長
                                                     委嘱
    取締役     ―      井原宏   昭和15年6月5日生                                 ※1       −
                                         平成10年6月     西東京バス株式会社取締役社長
                                         平成11年4月     多摩バス株式会社取締役社長
                                         平成16年6月     西東京バス株式会社取締役会長
                                         平成17年6月     同社相談役(現)
                                         平成17年6月     当社取締役(現)
                                         昭和49年4月     第二東京弁護士会弁護士登録(現)
                                          平成8年度      第二東京弁護士会副会長
            ―
    監査役            齋藤晴太郎   昭和22年8月15日生                                ※3       15
                                         平成10年6月     当社監査役
                                         平成20年6月     当社監査役再任(現)

                                       計                                         49

    (注) 1取締役の任期は、平成21年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成23年3月期に係る定時株主総会終結の
           時までであります。
        2取締役の任期は、平成22年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成23年3月期に係る定時株主総会終結の
           時までであります。
        3監査役の任期は、平成20年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成24年3月期に係る定時株主総会終結の
           時までであります。


                                             26/96
                                                    EDINET提出書類
                                                関東バス株式会社(E04172)
                                                     有価証券報告書
6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
    (1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】
    ① 会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況
      当社は地域に密着した公共交通機関としてお客様からの信頼を確保し、グループ価値の向上を図るた
     め、経営の意思決定の迅速化、管理、監督機能の強化及び透明性の確保を重要な課題として認識しており
     ます。
      当社は監査役制度を採用しており、社外監査役1名の監査役は取締役会等に出席し、必要に応じて意見
     を述べるなど、取締役の職務執行の監督を行っております。今後も現行制度の下でコーポレート・ガバナ
     ンスの強化に努めてまいります。
      内部統制につきましては、経営管理室に内部統制・コンプライアンスを担当させるとともに、運輸部・
     総務部による業務監査と、経理部による会計監査を定期的に実施し、財務報告の信頼性の確保及び業務の
     有効性・効率性の確保を図っております。

    ② 会社の機関・内部統制の関係図
      会社の機関・内部統制の関係を図表であらわすと次のようになります。







    ③ 社外取締役及び社外監査役と提出会社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係
      当社では社外監査役1名を選任しており、同監査役が開業している法律事務所と顧問契約を締結して
     おります。





                            27/96
                                                      EDINET提出書類
                                                  関東バス株式会社(E04172)
                                                       有価証券報告書
    ④ 役員報酬の内容
      取締役の年間報酬総額30,894千円
      監査役の年間報酬総額 3,600千円(社外監査役1名分です)

    ⑤ 会計監査の状況
      当連結会計年度における当社の会計監査人の名称、業務を執行した公認会計士の氏名、会計監査業務に
     係る補助者の構成は次の通りであります。
     a.会計監査人の名称
       あずさ監査法人
     b.業務を執行した公認会計士の氏名
       指定社員業務執行社員山田眞之助、園田博之
     c.監査業務に係る補助者の構成
       公認会計士3名その他4名

    ⑥ 責任限定契約の内容の概要
      当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害
     賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令に規定す
     る金額であります。

    ⑦ 取締役の選任の決議要件
      当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の3分の1以上を有する株主
     が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。またその選任決議は累積投票に
     よらないものとする旨を定款に定めております。

    ⑧ 株主総会の特別決議要件
      当社は、株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条2項に定める特別決議については、総株主の
     議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定め
     ております。

    ⑨ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項
      中間配当
      当社は、株主への機動的な利益還元ができるよう、取締役会の決議により毎年9月30日を基準日として
     会社法第454条第5項に定める中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

    ⑩ 取締役の定数
      当社は、取締役の定数を10名以内とする旨定款に定めております。





                                28/96
                                                                        EDINET提出書類
                                                                    関東バス株式会社(E04172)
                                                                         有価証券報告書
    (2) 【監査報酬の内容等】
     ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】

                     前連結会計年度                         当連結会計年度
       区分
                監査証明業務に        非監査業務に           監査証明業務に        非監査業務に
               基づく報酬(千円)      基づく報酬(千円)        基づく報酬(千円)      基づく報酬(千円)
      提出会社           15,000                ―         15,000           ―

     連結子会社               ―                 ―             ―            ―

       計             15,000                ―         15,000           ―


     ② 【その他重要な報酬の内容】
       該当事項はありません。

     ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】
       該当事項はありません。

     ④ 【監査報酬の決定方針】
       当社の監査報酬の決定方針は、監査日数等を勘案した上で決定しております。
       
       





                                   29/96
                                                          EDINET提出書類
                                                      関東バス株式会社(E04172)
                                                           有価証券報告書

第5 【経理の状況】


1連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
    (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令
        第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
         なお、前連結会計年度(平成20年4月1日から平成21年3月31日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に
        基づき、当連結会計年度(平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に
        基づいて作成しております。

    (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。
        以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         なお、前事業年度(平成20年4月1日から平成21年3月31日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づ
        き、当事業年度(平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作
        成しております。

2監査証明について
        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(平成20年4月1日から平成
    21年3月31日まで)及び前事業年度(平成20年4月1日から平成21年3月31日まで)並びに当連結会計年度
    (平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)及び当事業年度(平成21年4月1日から平成22年3月31日
    まで)の連結財務諸表及び財務諸表について、あずさ監査法人により監査を受けております。

3連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて
        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するにあたり、会計基準等の内容を適切に把握できる体制を整備
    するため各種セミナー等への参加をしたり、外部会計専門家とコンサルティング契約を締結しアドバイス
    を受けるなどして情報収集を行っております。
    
    




                                 30/96
                                                                               EDINET提出書類
                                                                           関東バス株式会社(E04172)
                                                                                有価証券報告書

1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
  ①【連結貸借対照表】
                                                                      (単位:千円)

                           前連結会計年度                        当連結会計年度
                         (平成21年3月31日)                   (平成22年3月31日)
資産の部
 流動資産
                                           2,598,971
  現金及び預金                                                                2,592,794
                                   ※1
  受取手形及び売掛金                                   341,263                      400,097
  未収入金                                        117,798                       87,644
  商品及び製品                                       16,107                        7,405
  原材料及び貯蔵品                                     50,648                       43,638
  前払費用                                         53,140                       58,263
  繰延税金資産                                       10,237                      238,863
  その他の流動資産                                     11,825                       12,231
                                              △8,815                       △4,545
  貸倒引当金
  流動資産合計                                   3,191,176                    3,436,392
 固定資産
  有形固定資産
                                           7,425,307                    7,456,292
    建物及び構築物                     ※1, ※2                       ※1, ※2
                                         △5,123,030                   △5,274,642
        減価償却累計額
        建物及び構築物(純額)                        2,302,276                    2,181,650
                                           8,240,441                    8,013,840
    機械装置及び運搬具                   ※1, ※2                       ※1, ※2
                                         △6,702,487                   △6,492,839
        減価償却累計額
        機械装置及び運搬具(純額)                      1,537,954                    1,521,000
                                           4,787,400                    4,912,936
    土地                             ※1                           ※1
                                              544,853                      558,703
    その他                              ※2                           ※2
                                          △440,855                     △470,921
        減価償却累計額
        その他(純額)                               103,997                       87,782
    有形固定資産合計                               8,731,629                    8,703,370
                                              86,930                       56,086
  無形固定資産                                 ※2                           ※2
  投資その他の資産
   投資有価証券                                     313,171                      324,032
   長期貸付金                                          621                        1,132
   長期前払費用                                      77,158                       46,964
   繰延税金資産                                      23,499                       19,430
   その他の投資等                                    142,221                      140,619
                                              △5,135                       △5,519
   貸倒引当金
    投資その他の資産合計                                551,537                      526,660
  固定資産合計                                   9,370,098                    9,286,117
 資産合計                                     12,561,274                   12,722,509




                        31/96
                                                            EDINET提出書類
                                                        関東バス株式会社(E04172)
                                                             有価証券報告書
                                                      (単位:千円)

                    前連結会計年度                  当連結会計年度
                  (平成21年3月31日)             (平成22年3月31日)
負債の部
 流動負債
   支払手形及び買掛金                     131,011                138,122
                               1,528,766
  短期借入金                                                1,451,547
                         ※1
                                165,667                 118,518
  未払金                     ※1                      ※1
  未払費用                          358,279                 321,206
  未払法人税等                         19,678                  22,067
  未払消費税等                         48,798                  52,899
  賞与引当金                         396,216                 375,645
  役員賞与引当金                         5,288                   5,008
  その他の流動負債                      453,283                 419,212
  流動負債合計                       3,106,989               2,904,227
 固定負債
                               3,023,031               3,053,326
  長期借入金                  ※1                      ※1
  繰延税金負債                         107,814                 112,176
  退職給付引当金                      2,304,610               2,125,703
  役員退職慰労引当金                       70,513                  51,033
  その他の固定負債                       128,614                 118,402
  固定負債合計                       5,634,584               5,460,643
 負債合計                          8,741,574               8,364,870
純資産の部
 株主資本
   資本金                           375,000                 375,000
   資本剰余金                           8,608                   8,608
   利益剰余金                       3,278,718               3,810,107
  株主資本合計                       3,662,326               4,193,715
 評価・換算差額等
  その他有価証券評価差額金                  157,373                 163,923
  評価・換算差額等合計                    157,373                 163,923
 純資産合計                         3,819,700               4,357,639
負債純資産合計                       12,561,274              12,722,509




                 32/96
                                                               EDINET提出書類
                                                           関東バス株式会社(E04172)
                                                                有価証券報告書

 ②【連結損益計算書】
                                                      (単位:千円)

                  前連結会計年度                      当連結会計年度
                (自 平成20年4月1日                 (自 平成21年4月1日
                 至 平成21年3月31日)                至 平成22年3月31日)
売上高
 自動車運送事業収益                   10,357,030                   9,945,579
 その他事業収益                      1,310,169                   1,300,632
 売上高合計                       11,667,200               11,246,211
売上原価
 自動車運送事業原価                    9,522,595                   9,264,038
 その他事業原価                        748,726                     646,642
 売上原価合計                      10,271,321                   9,910,680
売上総利益                         1,395,878                   1,335,530
                              1,036,330                     991,698
販売費及び一般管理費              ※1                           ※1

全事業営業利益                            359,548                  343,832
営業外収益
 受取利息                                4,090                    3,426
 受取配当金                               5,133                    5,154
 受取補償金                               6,448                    6,033
 設備賃貸料                               4,930                    3,457
 債務勘定整理益                                −                     4,649
 雑収入                                15,269                   11,821
 営業外収益合計                            35,871                   34,541
営業外費用
 支払利息                              102,777                   84,487
 支払手数料                                  −                    25,107
 雑損失                                   283                    1,064
 営業外費用合計                           103,061                  110,659
経常利益                               292,358                  267,714
特別利益
 補助金                               108,146                   88,887
                                    62,437                    5,283
 固定資産売却益                     ※2                        ※2
 預り連絡運賃精算益                              −                    64,835
 その他                                 2,244                   11,648
 特別利益合計                            172,828                  170,655
特別損失
                                    21,006                    1,294
 固定資産売却損                     ※3                        ※3
                                     5,125                    7,196
 固定資産除却損                      ※4                       ※4
                                   108,146                   88,479
 固定資産圧縮損                 ※5                           ※5
                                    41,426                   11,443
 退職特別加算金                     ※6                       ※6

 特別損失合計                            175,704                  108,414
税金等調整前当期純利益                        289,482                  329,955
法人税、住民税及び事業税                        15,512                  11,873
法人税等調整額                                                   △224,556
                                    50,369




                33/96
                                             EDINET提出書類
                                         関東バス株式会社(E04172)
                                              有価証券報告書
                                       (単位:千円)

           前連結会計年度              当連結会計年度
         (自 平成20年4月1日         (自 平成21年4月1日
          至 平成21年3月31日)        至 平成22年3月31日)
                                        △212,683
法人税等合計               65,881
当期純利益               223,600              542,639




         34/96
                                                             EDINET提出書類
                                                         関東バス株式会社(E04172)
                                                              有価証券報告書

  ③【連結株主資本等変動計算書】
                                                       (単位:千円)

                          前連結会計年度               当連結会計年度
                        (自 平成20年4月1日          (自 平成21年4月1日
                         至 平成21年3月31日)         至 平成22年3月31日)
株主資本
 資本金
   前期末残高                           375,000               375,000
   当期変動額
                                         −                     −
     当期変動額合計
   当期末残高                           375,000               375,000
 資本剰余金
  前期末残高                              8,608                 8,608
  当期変動額
                                         −                     −
    当期変動額合計
   当期末残高                             8,608                 8,608
 利益剰余金
  前期末残高                           3,055,117             3,278,718
  当期変動額
    剰余金の配当                              −               △11,250
    当期純利益                          223,600               542,639
    当期変動額合計                        223,600               531,389
   当期末残高                          3,278,718             3,810,107
 株主資本合計
  前期末残高                           3,438,725             3,662,326
  当期変動額
    剰余金の配当                              −               △11,250
    当期純利益                          223,600               542,639
    当期変動額合計                        223,600               531,389
   当期末残高                          3,662,326             4,193,715
評価・換算差額等
 その他有価証券評価差額金
   前期末残高                           236,676               157,373
   当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                  △79,302                  6,549
    額)
    当期変動額合計                       △79,302                  6,549
   当期末残高                           157,373               163,923
 評価・換算差額等合計
  前期末残高                            236,676               157,373
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                  △79,302                  6,549
    額)
    当期変動額合計                       △79,302                  6,549
   当期末残高                           157,373               163,923




                        35/96
                                                              EDINET提出書類
                                                          関東バス株式会社(E04172)
                                                               有価証券報告書
                                                        (単位:千円)

                           前連結会計年度               当連結会計年度
                         (自 平成20年4月1日          (自 平成21年4月1日
                          至 平成21年3月31日)         至 平成22年3月31日)
純資産合計
 前期末残高                             3,675,401             3,819,700
 当期変動額
   剰余金の配当                                −               △11,250
   当期純利益                            223,600               542,639
                                   △79,302
   株主資本以外の項目の当期変動額(純額)                                      6,549
  当期変動額合計                           144,298               537,938
 当期末残高                             3,819,700             4,357,639




                         36/96
                                                             EDINET提出書類
                                                         関東バス株式会社(E04172)
                                                              有価証券報告書

 ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                       (単位:千円)

                         前連結会計年度                当連結会計年度
                       (自 平成20年4月1日           (自 平成21年4月1日
                        至 平成21年3月31日)          至 平成22年3月31日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
 税金等調整前当期純利益                       289,482                329,955
 減価償却費                           1,056,757              1,069,928
 退職給付引当金の増減額(△は減少)                △53,398               △178,907
 役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                     △19,480
                                     8,668
 賞与引当金の増減額(△は減少)                                         △20,571
                                    11,577
 貸倒引当金の増減額(△は減少)                   △6,060                 △3,885
 役員賞与引当金の増減額(△は減少)                 △2,243                   △280
 受取利息及び受取配当金                       △9,223                 △8,580
 支払利息                              102,777                 84,487
 有形固定資産売却益                        △62,437                 △5,283
 有形固定資産売却損                          21,006                  1,294
 有形固定資産除却損                           5,125                  7,068
 補助金収入                           △108,146                △88,887
 固定資産圧縮損                           108,146                 88,479
 その他の特別損益(△は益)                          −                △64,835
 売上債権の増減額(△は増加)                    △9,075                △58,834
 仕入債務の増減額(△は減少)                   △34,625                   7,111
 未払消費税等の増減額(△は減少)                 △53,367                   4,101
 特別退職金                              41,426                 11,443
                                 △129,277                △73,588
 その他
 小計                               1,177,112              1,080,735
 利息及び配当金の受取額                        9,223                   8,580
 利息の支払額                          △102,777                △84,487
 補助金の受取額                           35,817                 116,217
 特別退職金の支払額                        △43,296                      −
 法人税等の還付額                           2,487                  13,503
                                  △44,231                △20,762
 法人税等の支払額
 営業活動によるキャッシュ・フロー                 1,034,335              1,113,787
投資活動によるキャッシュ・フロー
 定期預金の預入による支出                     △60,271                △12,181
 定期預金の払戻による収入                       47,107                 42,018
 投資有価証券の売却による収入                        607                     50
 投資有価証券の取得による支出                      △282                      −
 有形固定資産の取得による支出                 △1,029,372             △1,069,396
 有形固定資産の売却による収入                     78,555                 19,061
 無形固定資産の取得による支出                    △6,230                △10,995
 貸付けによる支出                               −                 △1,200
 貸付金の回収による収入                           504                    689
 投資活動によるキャッシュ・フロー                △969,382              △1,031,953




                       37/96
                                                                   EDINET提出書類
                                                               関東バス株式会社(E04172)
                                                                    有価証券報告書
                                                             (単位:千円)

                        前連結会計年度                    当連結会計年度
                      (自 平成20年4月1日               (自 平成21年4月1日
                       至 平成21年3月31日)              至 平成22年3月31日)
財務活動によるキャッシュ・フロー
 短期借入金の増減額(△は減少)                    △213,100                  △132,510
 長期借入れによる収入                         1,100,000                 1,310,000
 長期借入金の返済による支出                     △1,047,424                △1,224,413
                                           −                   △11,250
 配当金の支払額
 財務活動によるキャッシュ・フロー                   △160,524                   △58,173
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                  △95,571                     23,660
現金及び現金同等物の期首残高                       1,943,586                 1,848,014
                                     1,848,014                 1,871,675
現金及び現金同等物の期末残高                ※1                        ※1




                      38/96
                                                                               EDINET提出書類
                                                                           関東バス株式会社(E04172)
                                                                                有価証券報告書

    【連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項】

                             前連結会計年度                         当連結会計年度
            項目            (自平成20年4月1日                    (自平成21年4月1日
                           至平成21年3月31日)                   至平成22年3月31日)
    1連結の範囲に関する事項     子会社6社を連結の対象としており           同左
                      ます。
                      連結子会社名は、「第1企業の概況
                      4関係会社の状況」に記載のとおり
                      であります。
    2持分法の適用に関する事     該当事項はありません。                 同左
      項
    3連結子会社の事業年度に     連結決算日と連結会社決算日は同一           同左
      関する事項           であります。
    4会計処理基準に関する事     財務諸表提出会社の会計処理基準と           同左
      項               連結子会社とのそれとは原則として同
                      一であり、次のとおりであります。
                                                         
     (イ)重要な資産の評価基準
        及び評価方法
      ①有価証券          その他有価証券                     その他有価証券
                        時価のあるもの                   時価のあるもの
                        決算日の市場価格等に基づく時価            同左
                        法(評価差額は全部純資産直入法に
                        より処理し、売却原価は移動平均法
                        により算定)を採用しております。
                       時価のないもの                   時価のないもの
                        移動平均法に基づく原価法を採用          同左
                        しております。
      ②たな卸資産         主として先入先出法による原価法(収          同左
                      益性の低下による簿価切り下げの方
                      法)を採用しております。
                                                          ――――――――――
                      (会計方針の変更)
                      当連結会計年度から、「棚卸資産の評
                      価に関する会計基準」(企業会計基準
                      委員会企業会計基準第9号平成18年
                      7月5日公表分)を適用し、評価基準に
                      ついては、原価法から原価法(収益性の
                      低下による簿価切り下げの方法)に変
                      更しております。
                      これによる損益に与える影響は軽微
                      であります。
                                              
    (ロ)重要な減価償却資産の
                                                  
        減価償却の方法
       ①有形固定資産(リース   定率法                         同左
         資産を除く)       但し、平成10年4月1日以降に取得し         
                      た建物(建物附属設備を除く)につい
                      ては、定額法を採用しております。            
                      なお、主な耐用年数は以下のとおりで
                      す。
                                                               
                        建物          7∼50年
                                                               
                        車輌及び運搬具     4∼6年
                                                          ――――――――――
                       (追加情報)
                      当連結会計年度から、法人税法の改正
                      (所得税法等の一部を改正する法律平
                      成20年4月30日法律第23号)に伴い、法
                      定耐用年数及び資産区分が見直されま
                      した。



                                    39/96
                                                                      EDINET提出書類
                                                                  関東バス株式会社(E04172)
                                                                       有価証券報告書
                           前連結会計年度                 当連結会計年度
            項目           (自平成20年4月1日            (自平成21年4月1日
                          至平成21年3月31日)           至平成22年3月31日)
                                           
                     これにより当社及び連結子会社の機
                     械装置については一部の資産について
                     耐用年数を変更しております。
                     これに伴い、前連結会計年度と同一の
                     方法によった場合と比べ売上総利益、
                     営業利益、経常利益、税金等調整前当期
                     純利益が1,620千円それぞれ増加して
                     おります。
                     なお、セグメント情報に与える影響に
                     ついては、当該箇所に記載しておりま
                     す。
      ②無形固定資産(リース   自社利用のソフトウエアについては、     同左
        資産を除く)       社内における利用可能期間(5年)に基
                     づく定額法を採用しております。
      ③リース資産        所有権移転外ファイナンス・リース      所有権移転外ファイナンス・リース
                     取引に係るリース資産             取引に係るリース資産
                     リース期間を耐用年数とし、残存価額     同左
                     を零とする定額法によっております。
                     (会計方針の変更)
                                                 ――――――――――
                     当連結会計年度から、「リース取引に
                     関する会計基準」(企業会計基準委員
                     会企業会計基準第13号平成19年3月
                     30日改正)及び「リース取引に関する
                     会計基準の適用指針」(企業会計基準
                     委員会企業会計基準適用指針第16号
                     (平成6年1月18日(日本公認会計士協
                     会会計制度委員会)、平成19年3月30
                     日改正))を適用しております。
                     なお、リース取引開始日が適用初年度
                     開始前の所有権移転外ファイナンス・
                     リース取引については、引き続き通常
                     の賃貸借取引に係る方法に準じた会計
                     処理を適用しております。
                     これによる損益に与える影響はあり
                     ません。
                                           
    (ハ)重要な引当金の計上基
        準
       ①貸倒引当金       債権の貸倒による損失に備えるため、     同左
                     一般債権については貸倒実績率によ
                     り、貸倒懸念債権等特定の債権につい
                     ては個別に回収可能性を勘案し、回収
                     不能見込額を計上しております。
      ②賞与引当金        当社及び連結子会社は従業員に対し      同左
                     て支給する賞与の支出に充てるため、
                     支給見込額に基づき計上しておりま
                     す。
      ③役員賞与引当金       役員に対して支給する賞与の支出に      同左
                     充てるため、支給見込額に基づき当連結
                     会計年度に見合う分を計上しておりま
                     す。





                                  40/96
                                                                     EDINET提出書類
                                                                 関東バス株式会社(E04172)
                                                                      有価証券報告書
                           前連結会計年度                当連結会計年度
         項目              (自平成20年4月1日           (自平成21年4月1日
                          至平成21年3月31日)          至平成22年3月31日)
      ④退職給付引当金      当社及び連結子会社において、従業員    同左
                     の退職給付に備えるため、当連結会計
                     年度末における退職給付債務及び年金
                     資産の見込額に基づき計上しておりま
                     す。
                     数理計算上の差異は、各連結会計年度
                     の発生時における従業員の平均残存勤
                     務期間以内の一定の年数(10年)による
                     均等額をそれぞれ発生時の連結会計年
                     度から費用処理しております。
                     過去勤務債務は、その発生時の従業員
                     数の平均残存勤務期間以内の一定の年
                     数(10年)による定額法により発生し
                     た連結会計年度から費用処理しており
                     ます。
                                           (会計方針の変更)
                                           当連結会計年度から「退職給付に係
                                           る会計基準」の一部改正(その3)
                                           (企業会計基準第19号平成20年7月
                                           31日)を適用しております。
                                           なお、これによる営業利益、経常利益
                                           及び税金等調整前当期純利益に与える
                                           影響はありません。また、本会計基準の
                                           適用に伴い発生する退職給付債務の差
                                           額はありません。

      ⑤役員退職慰労引当金    役員の退職慰労金の支出に備えて、当    同左
                     社及び連結子会社の一部は役員退職慰
                     労金規定に基づく期末要支給額を計上
                     しております。
    (ニ)重要なヘッジ会計の方   (1) ヘッジ会計の方法          同左
        法            特例処理の要件を満たしている金利
                       スワップについて、特例処理を採用
                       しております。
                     (2) ヘッジ手段とヘッジ対象
                     ヘッジ手段・・・金利スワップ取引
                     ヘッジ対象・・・借入金利息
                     (3) ヘッジ方針
                     デリバティブ取引は借入金利等の将
                       来の金利市場における利率上昇によ
                       る変動リスク回避を目的としてお
                       り、投機的な取引は行わない方針で
                       あります。
                     (4) ヘッジ有効性評価の方法
                       特例処理によっている金利スワッ
                       プについては、決算日における有効
                       性の評価を省略しております。
                                           
    (ホ)その他連結財務諸表作   
        成のための重要な事項
       消費税等の会計処理    消費税等の会計処理は税抜方法に      同左
                     よっております。
    5 連結子会社の資産及び負   連結子会社の資産及び負債の評価に     同左
       債の評価に関する事項    ついては、全面時価評価法を採用して
                     おります。




                                  41/96
                                                   EDINET提出書類
                                               関東バス株式会社(E04172)
                                                    有価証券報告書
    6 連結キャッシュ・フロー   連結キャッシュ・フロー計算書にお    同左
       計算書における資金の範   ける資金(現金及び現金同等物)は、手
       囲             許現金、随時引き出し可能な預金及び
                     容易に換金可能であり、かつ、価値の変
                     動について僅少なリスクしか負わない
                     取得日から3ヶ月以内に償還期限の到
                     来する短期投資からなっております。






                                 42/96
                                                            EDINET提出書類
                                                        関東バス株式会社(E04172)
                                                             有価証券報告書
    【表示方法の変更】

              前連結会計年度                     当連結会計年度
           (自平成20年4月1日                (自平成21年4月1日
            至平成21年3月31日)               至平成22年3月31日)
(連結貸借対照表)                      (連結損益計算書)
財務諸表等規則等の一部を改正する内閣府令(平成20年    前連結会計年度において「支払利息」に含めて表示し
8月7日内閣府令第50号)が適用になることに伴い、前連    ておりました「支払手数料」(前連結会計年度13,807千
結会計年度にて「たな卸資産」として掲記されたもの       円)は、重要性が増したため、当連結会計年度においては
は、当連結会計年度から「商品及び製品」「原材料及び      区分掲記することに変更しております。
貯蔵品」に区分掲記しております。
なお、前連結会計年度の「たな卸資産」に含まれる「商
品及び製品」「原材料及び貯蔵品」は、それぞれ17,239
千円、55,815千円であります。





                               43/96
                                                                                                EDINET提出書類
                                                                                            関東バス株式会社(E04172)
                                                                                                 有価証券報告書
    【注記事項】
        (連結貸借対照表関係)

            前連結会計年度                    当連結会計年度
          (平成21年3月31日)               (平成22年3月31日)
1(※1)担保資産および担保付債務の内訳     1(※1)担保資産および担保付債務の内訳
   担保に供している資産、担保権によって担保されて    担保に供している資産、担保権によって担保されて
   いる債務                       いる債務
    建物及び構築物       72,962千円 短期借入金      32,000千円        建物及び構築物     70,613千円 1年以内に
                                                                             返済される     645,000千円
    機械装置及び                                             機械装置及び
                  516,915千円 1年以内に                                833,623千円 長期借入金
    運搬具                                                運搬具
                             返済される    745,000千円
                                                                  178,414千円 長期借入金
                  178,414千円 長期借入金                     土地                              940,000千円
    土地
                          長期借入金   1,405,000千円                 1,082,651千円 
                                                       合計                             1,585,000千円
                            ◎上記の建物及び構築物、機械装置及び運搬具、土地は
                  768,292千円 
    合計                               2,182,000千円
◎上記の建物及び構築物、機械装置及び運搬具、土地は     道路交通事業財団のものです。
    道路交通事業財団のものです。
    建物及び構築物     773,135千円 短期借入金      300,000千円        建物及び構築物     746,313千円 短期借入金    200,000千円
                623,450千円 1年以内に                                   623,450千円 1年以内に
    土地                                                 土地
                           返済される      255,248千円                               返済される    220,393千円
                 10,071千円 長期借入金                                           長期借入金
    定期預金
                                                                           長期借入金
                        長期借入金                                                       668,152千円
                                      788,385千円
                          未払金        1,106千円                  1,369,763千円 
                                                       合計                             1,088,545千円
                                                   




              1,406,657千円 
    合計                               1,344,740千円





2(※2)圧縮記帳額                        2(※2)圧縮記帳額
   固定資産の取得価額から控除した、圧縮記帳累計額            固定資産の取得価額から控除した、圧縮記帳累計額
   は、建物及び構築物74,429千円、機械装置及び運搬具         は、建物及び構築物74,997千円、機械装置及び運搬具
   1,137,855千円、その他(工具、器具及び備品)11,154    1,152,261千円、その他(工具、器具及び備品)14,866
   千円、無形固定資産(ソフトウェア)7,534千円であり         千円、無形固定資産(ソフトウェア)7,534千円であり
   ます。                                 ます。





                                                       44/96
                                                                      EDINET提出書類
                                                                  関東バス株式会社(E04172)
                                                                       有価証券報告書
    (連結損益計算書関係)

            前連結会計年度                             当連結会計年度
         (自平成20年4月1日                        (自平成21年4月1日
          至平成21年3月31日)                       至平成22年3月31日)
1(※1)販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び         1(※1)販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び
   金額は次のとおりであります。                      金額は次のとおりであります。
    報酬                   89,942千円       報酬                    82,636千円
    賃金給料及び諸手当           327,784千円       賃金給料及び諸手当            327,089千円
    賞与                   64,209千円       賞与                    56,813千円
    福利厚生費                81,887千円       福利厚生費                 79,860千円
    賞与引当金繰入額             36,314千円       賞与引当金繰入額              32,027千円
    退職給付引当金繰入額           33,168千円       退職給付引当金繰入額            10,985千円
    役員退職慰労引当金繰入額          8,668千円       役員退職慰労引当金繰入額           9,120千円
    諸手数料                104,495千円       諸手数料                 111,935千円
    減価償却費                25,536千円       減価償却費                 21,642千円
    租税公課                 42,352千円       租税公課                  44,633千円
2(※2)固定資産売却益の内訳                   2(※2)固定資産売却益の内訳
                                        機械装置及び運搬具              5,283千円
    機械装置及び運搬具             3,021千円
                                                          
    土地                   59,416千円
    合計                   62,437千円
3(※3)固定資産売却損の内訳                   3(※3)固定資産売却損の内訳
    機械装置及び運搬具            21,006千円       機械装置及び運搬具              1,294千円
4(※4)固定資産除却損の内訳                   4(※4)固定資産除却損の内訳
    機械装置及び運搬具             4,255千円       機械装置及び運搬具              6,904千円
                                        その他(工具、器具及び備品)           291千円
    建物及び構築物                 706千円
    その他(工具、器具及び備品)          121千円       合計                     7,196千円
    無形固定資産                   42千円
    合計                    5,125千円
5(※5)固定資産の圧縮損について                 5(※5)固定資産の圧縮損について
    助成金受入による圧縮          108,146千円       助成金受入による圧縮        88,479千円
6(※6)退職特別加算金は、関係会社間の転籍に伴う         6(※6)退職特別加算金は、旅館業の営業停止に伴う
   割増退職金であります。                         割増退職金であります。





                                     45/96
                                                                                             EDINET提出書類
                                                                                         関東バス株式会社(E04172)
                                                                                              有価証券報告書
     (連結株主資本等変動計算書関係)
    前連結会計年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
    1発行済株式に関する事項
     株式の種類           前連結会計年度末                増加                       減少          当連結会計年度末

普通株式(千株)                    7,500                         ―                   ―          7,500


    2配当に関する事項
    基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
     平成21年6月29日開催の定時株主総会において、次のとおり決議しております。
    ・普通株式の配当に関する事項

    配当金の総額                  1株あたり配当額
                    配当の原資                                 基準日              効力発生日
      (千円)                     (円)

           11,250   利益剰余金               1.50 平成21年3月31日                平成21年6月30日



    当連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
    1発行済株式に関する事項
     株式の種類           前連結会計年度末                増加                       減少          当連結会計年度末

普通株式(千株)                    7,500                         ―                   ―          7,500


    2配当に関する事項
     (1) 配当金支払額
                             配当金の総額          1株当たり配当額
      決議            株式の種類                                               基準日         効力発生日
                               (千円)             (円)
平成21年6月29日
                    普通株式            11,250                    1.50   平成21年3月31日    平成21年6月30日
定時株主総会

     (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
     平成22年6月29日開催の定時株主総会において、次のとおり決議しております。
    ・普通株式の配当に関する事項

    配当金の総額                  1株あたり配当額
                    配当の原資                                 基準日              効力発生日
      (千円)                     (円)

           11,250   利益剰余金               1.50      平成22年3月31日           平成22年6月30日






                                                  46/96
                                                                            EDINET提出書類
                                                                        関東バス株式会社(E04172)
                                                                             有価証券報告書
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

               前連結会計年度                               当連結会計年度
            (自平成20年4月1日                          (自平成21年4月1日
             至平成21年3月31日)                         至平成22年3月31日)
    (※1)現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照            ( ※1)現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照
    表に記載されている科目と金額との関係                   表に記載されている科目と金額との関係
                        (平成21年3月31日)                          (平成22年3月31日)
      現金及び預金勘定             2,598,971千円      現金及び預金勘定             2,592,794千円
      預入期間が3カ月を超える                          預入期間が3カ月を超える
                           △750,956千円                            △721,119千円
      定期預金                                  定期預金
                           1,848,014千円                           1,871,675千円
      現金及び現金同等物                             現金及び現金同等物







                                          47/96
                                                                                             EDINET提出書類
                                                                                         関東バス株式会社(E04172)
                                                                                              有価証券報告書
     (リース取引関係)

              前連結会計年度                                     当連結会計年度
           (自平成20年4月1日                                (自平成21年4月1日
            至平成21年3月31日)                               至平成22年3月31日)
    リース取引に関する会計基準適用初年度開始前の所有権                   リース取引に関する会計基準適用初年度開始前の所有権
    移転外ファイナンス・リース取引(借主側)                        移転外ファイナンス・リース取引(借主側)

    (1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相                      (1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相
        当額及び期末残高相当額                                     当額及び期末残高相当額

               取得価額       減価償却累      期末残高                        取得価額       減価償却累      期末残高
          科目    相当額       計額相当額       相当額                   科目    相当額       計額相当額       相当額
                (千円)       (千円)       (千円)                        (千円)       (千円)       (千円)
     機械装置                                            機械装置
                 69,700     49,615     20,085                       5,700      2,755     2,945
     及び運搬具                                           及び運搬具
     その他(工具、                                         その他(工具、
     器具及び備       26,170     20,935      5,234        器具及び備         26,170     26,170         ―
     品)                                              品)
     合計          95,870     70,550     25,319        合計            31,870     28,925     2,945
                                               
    (2) 未経過リース料期末残高相当額                              (2) 未経過リース料期末残高相当額
         1年内                    16,537千円                 1年内                       1,154千円
         1年超                     3,195千円                 1年超                       2,040千円
          合計                    19,732千円                    合計                     3,195千円

    (3) 支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相                      (3) 支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相
        当額                                              当額
         支払リース料        18,938千円                          支払リース料         6,912千円
         減価償却費相当額      17,893千円                          減価償却費相当額       6,374千円
         支払利息相当額          785千円                          支払利息相当額          257千円

    (4) 減価償却費相当額の算定方法                               (4) 減価償却費相当額の算定方法
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする                         同左
        定額法によっております。

    (5) 利息相当額の算定方法                                  (5) 利息相当額の算定方法
        リース料総額とリース物件の取得価額相当額と                          同左
        の差額を利息相当額とし、各期への配分方法につ
        いては、利息法によっております。





                                                    48/96
                                                                               EDINET提出書類
                                                                           関東バス株式会社(E04172)
                                                                                有価証券報告書
     (金融商品関係)
     (当連結会計年度)(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)

     (追加情報)
     当連結会計年度より、「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号平成20年3月10日)及び「金
    融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号平成20年3月10日)を適用して
    おります。

1金融商品の状況に関する事項
    (1)金融商品に対する取組方針
      当社グループは、事業活動の維持拡大に必要な資金については銀行等金融機関からの借入により調達
     しております。デリバティブ取引につきましては、後述するリスクを回避するために利用しており、投機
     的な取引は行なわない方針であります。

    (2)金融商品の内容及びそのリスク
      営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
     投資有価証券は株式であり、市場価格の変動リスクに晒されております。
     買掛金は短期の営業債務であります。また、短期借入金と長期借入金の使途は運転資金及び設備投資で
     あります。このうち一部は、変動金利であるため金利の変動リスクに晒されておりますが、デリバティブ
     取引(金利スワップ取引)を利用してヘッジしております。
     デリバティブ取引は、将来の為替変動リスクに対するヘッジ取引を目的とした金利スワップ取引であり
     ます。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等につ
     いては、前述の「会計処理基準に関する事項」に記載されている「重要なヘッジ会計の方法」をご覧下
     さい。

    (3)金融商品に係るリスク管理体制
      顧客の信用リスクの管理は、与信管理規程に沿ってリスク低減を図っており、市場価格の変動リスク管
     理は、半期ごとに時価や取引先企業等の財務状況の把握を行なっております。
     なお、デリバティブ取引は実需の範囲で行なうこととしており、取引相手先は高格付けを有する金融機
  関に限定しているため、信用リスクは殆どないと認識しております。

2金融商品の時価等に関する事項
     平成22年3月31日における連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであり
    ます。

                           連結貸借対照表
                                                時価                   差額
           区分                計上額
                                               (千円)                 (千円)
                             (千円)

(1)現金及び預金                      2,592,794          2,592,794                  ―

(2)受取手形及び売掛金                     400,097              400,097                ―

(3)投資有価証券                                                     

その他有価証券                        320,336              320,336                ―

           資産計                 3,313,228          3,313,228                  ―

(1)支払手形及び買掛金                     138,122              138,122                ―

(2)短期借入金                         202,000              202,000                ―

(3)長期借入金                       4,302,874          4,153,993            △148,880

                                      49/96
                                                                                        EDINET提出書類
                                                                                    関東バス株式会社(E04172)
                                                                                         有価証券報告書
                負債計              4,642,996                4,494,116              △148,880

    デリバティブ取引                            ―                           ―                  ―


    (注1) 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
          資産
          (1) 現金及び預金
           預金は全て短期であるため、時価は帳簿価格にほぼ等しいことから当該帳簿価額によっております。

          (2) 受取手形及び売掛金
           受取手形及び売掛金は短期で決済されるため、時価は帳簿価格にほぼ等しいことから当該帳簿価額によってお
       ります。

          (3) 投資有価証券
           投資有価証券のうち、時価のあるものについては取引所の価格によっております。

          負債
          (1) 支払手形及び買掛金
           支払手形及び買掛金は短期で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから当該帳簿価額によってお
       ります。

          (2) 短期借入金
           短期借入金は短期で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから当該帳簿価額によっております。

          (3) 長期借入金
           長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行なった場合に想定される利率で割り引い
       て算定する方法によっております。変動金利による長期借入金は金利スワップの特例処理の対象とされており、当
       該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を、同様の借入を行なった場合に適用される合理的に見
       積もられる利率で割り引いて算定される方法によっております。

          デリバティブ取引
           「デリバティブ取引関係」注記をご参照下さい。

    (注2) 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                 (単位:千円)
                   区分          連結貸借対照表計上額

                 非上場株式             3,696

           上記については市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)投資有価証券」に
       は含めておりません。

    (注3) 満期のある金銭債権及び有価証券の連結決算日後の償還予定額
                                                                                (単位:千円)
                                                         1年超         5年超
                                      1年以内                                     10年超
                                                        5年以内        10年以内

          現金及び預金                       2,592,794            ―           ―              ―

          受取手形及び売掛金                      400,097            ―           ―              ―

          有価証券及び投資有価証券                                                   

          その他有価証券のうち満期があるもの                    ―           ―           ―              ―

                        合計             2,992,892            ―           ―              ―



                                        50/96
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                             関東バス株式会社(E04172)
                                                                                  有価証券報告書

    (注4) 長期借入金の連結決算日後の返済予定額
                                                                          (単位:千円)
                              1年超         2年超        3年超        4年超
                1年以内                                                      5年超
                             2年以内        3年以内       4年以内       5年以内

         長期借入金   1,249,547   1,040,924    743,009    543,210    352,826    373,357

           合計    1,249,547   1,040,924    743,009    543,210    352,826    373,357






                                          51/96
                                                                                               EDINET提出書類
                                                                                           関東バス株式会社(E04172)
                                                                                                有価証券報告書
     (有価証券関係)
     (前連結会計年度)(平成21年3月31日)
1その他有価証券で時価のあるもの

                                            取得原価                  連結貸借対照表              差額
                            種類
                                             (千円)                  計上額(千円)            (千円)
                    (1) 株式                      43,774                 309,013           265,238
                    (2) 債券                                                      
                    ①国債・地方債等                           ―                   ―                ―
    連結貸借対照表計上額
                    ②社債                                ―                   ―                ―
    が取得原価を超えるも
    の               ③その他                               ―                   ―                ―
                    (3) その他                              ―                   ―                ―
                             小計                      43,774             309,013          265,238
                    (1) 株式                              462                 412             △50
                    (2) 債券                                                      
                    ①国債・地方債等                           ―                   ―                ―
    連結貸借対照表計上額
                    ②社債                                ―                   ―                ―
    が取得原価を超えない
    もの              ③その他                               ―                   ―                ―
                    (3) その他                              ―                   ―                ―
                             小計                         462                 412             △50
                   合計                                44,236             309,425          265,188

2当連結会計年度中に売却したその他有価証券
       売却損益の合計額の重要性が乏しいため、記載を省略しております。

3時価のない主な有価証券の内容及び連結貸借対照表計上額

                                      連結貸借対照表計上額

                                          (千円)
    その他有価証券                       
    非上場株式(店頭売買株式を除く)                               3,746
              合計                                     3,746

4その他有価証券のうち満期があるもの及び満期保有目的の債券の今後の償還予定額
    該当事項はありません。






                                             52/96
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                 関東バス株式会社(E04172)
                                                                                      有価証券報告書
        (当連結会計年度)(平成22年3月31日)
1その他有価証券

                                     連結貸借対照表              取得原価               差額
                           種類
                                      計上額(千円)              (千円)             (千円)
                   (1) 株式                 319,945             43,774           276,171
                   (2) 債券                                             
                   ①国債・地方債等                    ―                 ―                ―
    連結貸借対照表計上額
                   ②社債                         ―                 ―                ―
    が取得原価を超えるも
    の              ③その他                        ―                 ―                ―
                   (3) その他                       ―                 ―                ―
                            小計              319,945            43,774          276,171
                   (1) 株式                       391               462             △71
                   (2) 債券                                             
                   ①国債・地方債等                    ―                 ―                ―
    連結貸借対照表計上額
                   ②社債                         ―                 ―                ―
    が取得原価を超えない
    もの             ③その他                        ―                 ―                ―
                   (3) その他                       ―                 ―                ―
                            小計                  391               462             △71
                 合計                         320,336            44,236          276,099

2当連結会計年度中に売却したその他有価証券
         売却損益の合計額の合計額が重要性に乏しいため、記載を省略しております。
    






                                        53/96
                                                                 EDINET提出書類
                                                             関東バス株式会社(E04172)
                                                                  有価証券報告書
     (デリバティブ取引関係)
前連結会計年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
1取引の状況に関する事項
    ①取引の内容及び利用目的等
         当社は、変動金利の借入金の調達資金を固定金利の資金調達に換えるため、金利スワップ取引を行っ
       ております。
       なお、金利スワップ取引についてはヘッジ会計を適用しております。
       (1)ヘッジ手段とヘッジ対象
       ヘッジ手段・・・金利スワップ取引
       ヘッジ対象・・・借入金利息
       (2)ヘッジ方針
       デリバティブ取引は借入金利率等の将来の金利市場における利率上昇による変動リスク回避を
       目的としており、投機的な取引は行わない方針であります。
       (3)ヘッジの有効性評価の方法
       特例処理によっている金利スワップについては、有効性の評価を省略しております。
    ②取引に対する取り組み方針
         変動金利を固定金利に変換する目的で金利スワップ取引を利用しているのみであり、投機目的のた
       めのデリバティブ取引は行わない方針です。
    ③取引に係るリスクの内容
         金利スワップ取引においては、市場金利の変動によるリスクを有しております。
       なお、デリバティブ取引の相手先は信用度の高い国内の銀行であるため、相手先の契約不履行による
       いわゆる信用リスクはほとんどないと判断しております。
    ④取引に係るリスク管理体制
         当社のデリバティブ取引は、管理部門の責任者が取引の決裁を行い、経理部において取引の実行及び
       管理を行っております。

2取引の時価等に関する事項
前連結会計年度(自 平成20年4月1日至 平成21年3月31日)
当社は、金利スワップ取引を行っておりますがヘッジ会計を適用しておりますので注記の対象から除いてお
ります。

当連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)

1. ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
    
    該当事項はありません。

2. ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

                                                        (単位:千円)
                  デリバティブ                       契約額のうち
                          主なヘッジ対象      契約額等            時価
                  取引の種類等                         1年超

                金利スワップ
         金利スワップ
                 支払固定・   長期借入金      120,000  30,000   (注)
          の特例処理
                  受取変動
    (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、そ
        の時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。





                                     54/96
                                                                               EDINET提出書類
                                                                           関東バス株式会社(E04172)
                                                                                有価証券報告書
           (退職給付関係)
前連結会計年度(自 平成20年4月1日至 平成21年3月31日)及び当連結会計年度(自 平成21年4月1日
至 平成22年3月31日)
1採用している退職給付制度の概要
       当社グループでは、退職一時金制度と適格退職年金制度を併用しております。
       なお、当社は平成18年11月に退職一時金制度の一部について確定拠出年金制度へ移行しております。

2退職給付債務及びその内訳

                                             前連結会計年度            当連結会計年度
                                          (平成21年3月31日)       (平成22年3月31日)
                                               (千円)               (千円)
    (1)    退職給付債務                             △4,460,498      △4,093,985 

            年金資産                                1,883,010       2,000,153 
    (2)

    (3)                                                        △2,093,832 
            未積立退職給付債務(1)+(2)                  △2,577,488 

    (4)    未認識数理計算上の差異                           488,679         155,473 

            未認識過去勤務債務                           △215,801        △187,344 
    (5)

    (6)                                                        △2,125,703 
            連結貸借対照表計上額純額(3)+(4)+(5)           △2,304,610 

            前払年金費用                                     ―               ―
    (7)

    (8)                                                        △2,125,703 
            退職給付引当金(6)−(7)                    △2,304,610 

               前連結会計年度                            当連結会計年度
                             
             (平成21年3月31日)                       (平成22年3月31日)
    (注1)連結子会社については退職給付債務の算定に         (注1)連結子会社については退職給付債務の算定に
        あたり、簡便法を採用しております。                  あたり、簡便法を採用しております。





                                       55/96
                                                                          EDINET提出書類
                                                                      関東バス株式会社(E04172)
                                                                           有価証券報告書
3退職給付費用の内訳

                                       前連結会計年度           当連結会計年度
                                    (自平成20年4月1日      (自平成21年4月1日

                                     至平成21年3月31日)     至平成22年3月31日)
                                         (千円)              (千円)
    (1)勤務費用                                206,102         192,890

    (2)利息費用                                 73,629          65,977

    (3)期待運用収益                             △26,843         △18,830

    (4)数理計算上の差異の費用処理額                       86,035          58,572

    (5)過去勤務債務の費用処理額                       △28,457         △28,457

    (6)退職給付費用                              310,466         270,152

    (7)確定拠出年金費用                             29,357          25,666

    計                                  339,823         295,818

                 前連結会計年度                       当連結会計年度
              (自平成20年4月1日                 (自平成21年4月1日
               至平成21年3月31日)                 至平成22年3月31日)
    (注) 簡便法を採用している連結子会社の退職給付費    (注) 簡便法を採用している連結子会社の退職給付費
        用は(1) 勤務費用に計上しております。          用は(1) 勤務費用に計上しております。

4退職給付債務等の計算の基礎に関する事項

                                        前連結会計年度          当連結会計年度

                                      (平成21年3月31日)     (平成22年3月31日)
    (1)退職給付見込額の期間配分方法                    期間定額基準         期間定額基準

    (2)割引率                                1.5%            1.5%

    (3)期待運用収益率                            1.0%            1.0%

    (4)過去勤務債務の処理年数                         10年             10年

    (5)数理計算上の差異の処理年数                       10年             10年






                                  56/96
                                                                       EDINET提出書類
                                                                   関東バス株式会社(E04172)
                                                                        有価証券報告書
     (税効果会計関係)
1繰延税金資産・負債の発生の主な原因別の内訳

                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成21年3月31日)             (平成22年3月31日)
                                  (千円)                     (千円)
    繰延税金資産                                        

     未払事業税                                 3,705                      277

     未払社会保険料                              23,956                  23,442

     共通カード精算未払金                           35,981                  51,035

     賞与引当金                               162,448                 154,014

     役員賞与引当金                               2,168                   2,053

     預り連絡運賃                               32,458                       ―

     貸倒引当金                                 5,474                   3,935

     退職給付引当金                             995,056                 870,425

     役員退職慰労引当金                            28,910                  20,923

     共済組合剰余金                              13,992                  13,645

     税務上の繰越欠損金                           123,011                 168,326

     その他                                  19,500                  22,639

    繰延税金資産小計                           1,446,664               1,330,720

     評価性引当額                           △1,412,928             △1,072,427

    繰延税金資産合計                              33,736                 258,293

    繰延税金負債                                        

     その他有価証券評価差額金                      △107,814                △112,176

    繰延税金負債小計                           △107,814                △112,176

    繰延税金資産の純額(△は繰延税金負債)                 △74,078                  146,117






                              57/96
                                                                   EDINET提出書類
                                                               関東バス株式会社(E04172)
                                                                    有価証券報告書
2法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因
     となった主要な項目別の内訳

                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (平成21年3月31日)             (平成22年3月31日)
                                 (%)                      (%)
    法定実効税率                             41.0                     41.0

    (調整)                                        

     交際費損金不算入                              2.0                      1.4

     役員賞与損金不算入                             0.6                      0.7

     受取配当金益金不算入                       △0.6                     △0.5

     住民税等均等割                               1.2                      1.0

     評価性引当額                           △21.8                   △109.6

     中小法人軽減税率の影響                      △1.1                     △1.0

     その他                                   1.6                      2.5

    税効果会計適用後の法人税等の負担率                  22.8                    △64.5






                            58/96
                                                                                          EDINET提出書類
                                                                                      関東バス株式会社(E04172)
                                                                                           有価証券報告書
  (賃貸等不動産関係)

当連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)

  (追加情報)
     当連結会計年度から、「賃貸等不動産の時価等の開示に関する基準」(企業会計基準第20号平成20年11
    月28日) 及び「賃貸等不動産の時価等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第23
    号平成20年11月28日) を適用しております。

      当社及び一部の子会社では、東京都その他の地域において、賃貸収益を得ることを目的として賃貸住宅
     や賃貸商業施設を所有しております。なお、賃貸商業施設の一部については、当社及び一部の子会社が使
     用しているため、賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産としております。
     これら賃貸等不動産及び賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産に関する連結貸借対照表計
     上額及び当連結会計年度における主な変動並びに連結決算日における時価及び当該時価の算定方法は以
     下のとおりであります。
                                                                                   (単位:千円)
                                              連結貸借対照表計上額
                                                                                 連結決算日に
     
                                                                                  おける時価
                           前連結会計年度末            当連結会計年度            当連結会計年度末
                              残高                 増減額                 残高

         賃貸等不動産                 1,350,002               △38,047      1,311,995      4,950,518

         賃貸等不動産として使用
                                    855,519             △42,324        813,195      2,515,341
         される部分を含む不動産
    (注)1連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
       2主な変動
              増加は、排水管設備の改修929千円
              減少は、不動産の償却81,280千円
      3時価の算定方法
              主として「不動産鑑定評価基準」に基づいて算定した金額(指標等を用いて調整を行なったものを含む。)で
             あります。

     また、賃貸等不動産及び賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産に関する平成22年3月期にお
    ける損益は、次のとおりであります。
                                                                                   (単位:千円)
                                                                                   その他
                            賃貸収益               賃貸費用                差額
                                                                                 (売却損益等)

         賃貸等不動産                     336,545             101,377        235,167             ―

         賃貸等不動産として使用
                                    270,171             120,279        149,891             ―
         される部分を含む不動産
    (注)賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産には、サービスの提供及び経営管理として当社及び一部の子会
         社が使用している部分も含まれているため、当該部分の賃貸収益は含まれておりません。なお、当該不動産に係る
         費用(減価償却費、修繕費、保険料、租税公課等)については賃貸費用に含まれております。





                                                59/96
                                                                                                                              EDINET提出書類
                                                                                                                          関東バス株式会社(E04172)
                                                                                                                               有価証券報告書

     (セグメント情報)
       【事業の種類別セグメント情報】
          最近2連結会計年度の事業の種類別セグメント情報は次のとおりであります。
       前連結会計年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)

                                                自動車分
                                      不動産                                   その他の                         消去又は
                       交通事業                        解              旅館業                           計                          連結
                                     賃貸業                                     事業                           全社
                        (千円)                    整備事業              (千円)                        (千円)                        (千円)
                                      (千円)                                   (千円)                         (千円)
                                                 (千円)
    Ⅰ売上高及び営業損益                                                                                                
     (1) 外部顧客に
                   10,357,030         605,995       429,379       150,649       124,145 11,667,200               ― 11,667,200
         対する売上高
     (2) セグメント間の
                         51,499         2,824        72,182         2,334        4,213         133,054 (133,054)                 ―
         内部売上高
          計        10,408,530         608,820       501,561       152,984       128,358 11,800,255 (133,054) 11,667,200

      営業費用         10,421,029         226,623       489,755       201,302       124,524 11,463,234 (155,582) 11,307,651
 営業利益または
                       △12,499        382,196        11,806 △48,317              3,834        337,020        22,527         359,548
 営業損失(△)
Ⅱ資産、減価償却費、
  減損損失及び                                                                                                       
  資本的支出
     資産                9,856,981 2,111,008          374,019        13,291       205,974 12,561,274               ― 12,561,274

     減価償却費              943,578        97,969        14,154           617          437       1,056,757           ―        1,056,757

     減損損失                    ―             ―             ―             ―            ―               ―            ―               ―

     資本的支出              871,293        33,938        12,532            ―         1,044         918,808           ―          918,808
    (注) ①事業区分の方法
            日本標準産業分類をベースに、経営の多角化の実態が具体的かつ適切に開示できるよう、事業を区分しており
            ます。
        ②各事業区分の主要な業務内容
        交通事業……バス、タクシーの営業を行っております。
        不動産賃貸業……建物の貸室、貸店舗業を行っております。
        自動車分解整備事業……陸運局長の認証を受けた認証工場で自動車の分解整備及び自動車販売を行っておりま
           す。
        旅館業……旅館業を行っております。
        その他の事業……旅行業、保険代理業、広告代理店業を行っております。
        ③営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用はありません。
        ④資産のうち消去又は全社の項目に含めた全社資産はありません。
        ⑤追加情報
        (当連結会計年度)
        「連結財務諸表作成の為の基本となる重要な事項」に記載のとおり、当連結会計年度から法人税法の改正に伴
           い法定耐用年数及び資産区分の見直しを行なったことにより一部の資産について耐用年数を変更しておりま
           す。
           この変更に伴い、従来の方法によった場合に比べ当連結会計年度における営業費用は、交通事業が1,620千円
           減少し、営業利益が同額増加しております。
        ⑥事業区分の変更
        従来、旅館業とその他の事業はその他の事業に含めておりましたが、旅館業につきましては営業損失が営業利
           益の生じているセグメントの営業利益の合計額の10%以上になったため、当連結会計年度より「旅館業」と
           して区分表示することに変更いたしました。
           なお、従来の事業区分によった場合の事業の種類別セグメント情報は下記のとおりであります。
        




                                                          60/96
                                                                                                                          EDINET提出書類
                                                                                                                      関東バス株式会社(E04172)
                                                                                                                           有価証券報告書
       前連結会計年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
       
                                        不動産       自動車分解              その他の                          消去又は
                       交通事業                                                          計                              連結
                                       賃貸業        整備事業                事業                            全社
                        (千円)                                                       (千円)                            (千円)
                                        (千円)        (千円)              (千円)                          (千円)
    Ⅰ売上高及び営業損益                                                                                          
     (1) 外部顧客に
                       10,357,030       605,995       429,379         274,794 11,667,200                  ― 11,667,200
         対する売上高
     (2) セグメント間の
                           51,499         2,824        72,182          6,548         133,054       (133,054)              ―
         内部売上高
            計          10,408,530       608,820       501,561         281,343 11,800,255           (133,054) 11,667,200

      営業費用             10,421,029       226,623       489,755         325,826 11,463,234           (155,582) 11,307,651
 営業利益または
                         △12,499        382,196        11,806        △44,483         337,020         22,527          359,548
 営業損失(△)
Ⅱ資産、減価償却費、
  減損損失及び                                                                                                 
  資本的支出
     資産                 9,856,981 2,111,008           374,019         219,265 12,561,274                  ― 12,561,274

     減価償却費                943,578        97,969        14,154          1,054       1,056,757              ―        1,056,757

     減損損失                      ―             ―             ―              ―               ―               ―               ―

     資本的支出                871,293        33,938        12,532          1,044         918,808              ―          918,808






                                                         61/96
                                                                                                                               EDINET提出書類
                                                                                                                           関東バス株式会社(E04172)
                                                                                                                                有価証券報告書
       当連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)

                                                 自動車分
                                       不動産                                   その他の                         消去又は
                       交通事業                         解              旅館業                           計                          連結
                                      賃貸業                                     事業                           全社
                        (千円)                     整備事業              (千円)                        (千円)                        (千円)
                                       (千円)                                   (千円)                         (千円)
                                                  (千円)
    Ⅰ売上高及び営業損益                                                                                                 
     (1) 外部顧客に
                       9,945,579       602,423       431,141       128,659       138,407 11,246,211               ― 11,246,211
         対する売上高
     (2) セグメント間の
                          57,802         2,824        38,977         2,516        4,580         106,701 (106,701)                 ―
         内部売上高
           計       10,003,382          605,248       470,118       131,175       142,988 11,352,913 (106,701) 11,246,211

      営業費用         10,032,307          221,657       462,608       173,953       142,784 11,033,311 (130,932) 10,902,378
 営業利益または
                        △28,925        383,590         7,509 △42,777                203        319,601        24,231         343,832
 営業損失(△)
Ⅱ資産、減価償却費、
  減損損失及び                                                                                                        
  資本的支出
     資産            10,156,912 1,820,493              375,266       175,259       194,579 12,722,509               ― 12,722,509

     減価償却費               946,954        94,196        11,255        16,608          913       1,069,928           ―        1,069,928

     減損損失                     ―             ―             ―             ―            ―               ―            ―               ―

     資本的支出             1,034,929         6,607         6,961            ―           537       1,049,036           ―        1,049,036
    (注) ①事業区分の方法
           日本標準産業分類をベースに、経営の多角化の実態が具体的かつ適切に開示できるよう、事業を区分しており
           ます。
        ②各事業区分の主要な業務内容
        交通事業……バス、タクシーの営業を行っております。
        不動産賃貸業……建物の貸室、貸店舗業を行っております。
        自動車分解整備事業……陸運局長の認証を受けた認証工場で自動車の分解整備及び自動車販売を行っておりま
           す。
        旅館業……旅館業を行っております。
        その他の事業……旅行業、保険代理業、広告代理店業を行っております。
        ③営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用はありません。
        ④資産のうち消去又は全社の項目に含めた全社資産はありません。
        ⑤平成22年6月15日をもって旅館業は営業を停止しております。

       【所在地別セグメント情報】
           前連結会計年度及び当連結会計年度において、本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び
          在外支店がないため、該当事項はありません。

       【海外売上高】
           前連結会計年度及び当連結会計年度において、海外売上高がないため、該当事項はありません。





                                                           62/96
                                                    EDINET提出書類
                                                関東バス株式会社(E04172)
                                                     有価証券報告書
    【関連当事者情報】
     前連結会計年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
1関連当事者との取引
    該当事項はありません。
      
2親会社又は重要な関連会社に関する注記
    該当事項はありません。

(追加情報)
当連結会計年度から平成18年10月17日公表の、「関連当事者の開示に関する会計基準」(企業会計委員会企
業会計基準第11号)及び「関連当事者の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計委員会 企業会計基準
適用指針第13号)を適用しております。



     当連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
1関連当事者との取引
    該当事項はありません。
      
2親会社又は重要な関連会社に関する注記
    該当事項はありません。






                              63/96
                                                                            EDINET提出書類
                                                                        関東バス株式会社(E04172)
                                                                             有価証券報告書
(1株当たり情報)

               前連結会計年度                            当連結会計年度
            (自平成20年4月1日                       (自平成21年4月1日
             至平成21年3月31日)                      至平成22年3月31日)
1株当たり純資産額                    509.29円 1株当たり純資産額                       581.02円
                                  




1株当たり当期純利益金額                 29.81円 1株当たり当期純利益金額                      72.35円
                                  




  なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につ  なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につ
いては、潜在株式が存在しないため記載しておりません。 いては、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 (注)算定上の基礎
     11株当たり当期純利益金額

                                           前連結会計年度             当連結会計年度
                                       (自平成20年4月1日        (自平成21年4月1日
                                         至平成21年3月31日)       至平成22年3月31日)
         当期純利益(千円)                                223,600             542,639

         普通株主に帰属しない金額(千円)                              ―                   ―

         普通株式に係る当期純利益(千円)                         223,600             542,639

         普通株式の期中平均株式数(千株)                           7,500               7,500


(重要な後発事象)
    該当事項はありません。





                                       64/96
                                                                                EDINET提出書類
                                                                            関東バス株式会社(E04172)
                                                                                 有価証券報告書

     ⑤ 【連結附属明細表】
       【社債明細表】
         該当事項はありません。

       【借入金等明細表】

                       前期末残高         当期末残高             平均利率
           区分                                                        返済期限
                        (千円)          (千円)              (%)
短期借入金                      334,510       202,000          1.475        ―

1年以内に返済予定の長期借入金          1,194,256     1,249,547          1.870        ―

1年以内に返済予定のリース債務                 ―                ―            ―        ―
長期借入金(1年以内に返済予定                                                     平成23年4月∼
                         3,023,031     3,053,326          1.924
のものを除く)                                                              平成49年8月
リース債務(1年以内に返済予定
                                ―                ―            ―        ―
のものを除く)
その他有利子負債                        ―                ―            ―        ―

           合計            4,551,797     4,706,874              ―        ―
    (注) 1平均利率は期末残高を基準に算定した加重平均利率によっております。
     2長期借入金(一年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであります。
                      1年超2年以内  2年超3年以内   3年超4年以内  4年超5年以内
              区分
                        (千円)     (千円)      (千円)     (千円)
         長期借入金          1,039,846            744,122      543,174          352,826


    (2) 【その他】
      該当事項はありません。





                                     65/96
                                                                             EDINET提出書類
                                                                         関東バス株式会社(E04172)
                                                                              有価証券報告書

2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
  ①【貸借対照表】
                                                                    (単位:千円)

                          前事業年度                          当事業年度
                       (平成21年3月31日)                   (平成22年3月31日)
資産の部
 流動資産
   現金及び預金                                1,833,671                    1,798,600
   売掛金                                     297,906                      365,557
   未収入金                                    104,000                       90,929
   原材料及び貯蔵品                                 45,975                       40,592
   前払費用                                     35,916                       49,894
   繰延税金資産                                       −                       229,850
   その他の流動資産                                 73,843                       10,806
                                          △10,478                       △4,320
   貸倒引当金
  流動資産合計                                 2,380,834                    2,581,911
 固定資産
  有形固定資産
                                         5,727,121                    5,742,571
    建物                        ※1, ※2                       ※1, ※2
                                       △4,041,260                   △4,152,130
      減価償却累計額
      建物(純額)                             1,685,861                    1,590,441
                                           908,565                      923,526
    構築物                            ※2                           ※2
                                        △804,578                     △825,478
      減価償却累計額
      構築物(純額)                               103,986                       98,047
    機械及び装置                               255,911                      262,121
                                        △185,835                     △194,405
     減価償却累計額
      機械及び装置(純額)                            70,076                       67,716
                                         7,396,148                    7,602,369
    車両運搬具                     ※1, ※2                       ※1, ※2
                                       △6,029,413                   △6,170,936
      減価償却累計額
      車両運搬具(純額)                          1,366,735                    1,431,433
                                           441,167                      463,500
    工具、器具及び備品                      ※2                           ※2
                                        △345,969                     △381,288
      減価償却累計額
      工具、器具及び備品(純額)                         95,197                       82,211
                                         4,718,736                    4,844,272
    土地                           ※1                           ※1

    有形固定資産合計                             8,040,593                    8,114,123
  無形固定資産
   借地権                                       20,176                        3,074
                                             62,601                       49,730
    ソフトウエア                             ※2                           ※2

    その他                                       2,040                        2,040
    無形固定資産合計                                 84,818                       54,845
  投資その他の資産
   投資有価証券                                   218,740                      218,678
   関係会社株式                                   247,021                      257,671
   出資金                                          510                          510
   従業員に対する長期貸付金                                 621                        1,132




                      66/96
                                                             EDINET提出書類
                                                         関東バス株式会社(E04172)
                                                              有価証券報告書
                                                       (単位:千円)

                      前事業年度                    当事業年度
                   (平成21年3月31日)             (平成22年3月31日)
    破産更生債権等                        8,616                  49,363
    長期前払費用                        67,498                  38,553
    敷金及び保証金                       70,707                  67,287
    その他の投資等                       17,639                  19,521
                                 △1,835                  △2,121
    貸倒引当金
    投資その他の資産合計                   629,518                 650,597
  固定資産合計                        8,754,930               8,819,566
 資産合計                          11,135,765              11,401,478
負債の部
 流動負債
   買掛金                            98,575                 111,325
                                 332,000                 200,000
  短期借入金                    ※1                      ※1
                                1,170,000               1,235,000
  1年内返済予定の長期借入金           ※1                      ※1
  未払金                            227,634                 114,099
  未払費用                           273,385                 295,683
  未払法人税等                          12,475                  17,434
  未払事業所税                             405                     834
  未払消費税等                          33,073                  44,743
  預り連絡運賃                           3,526                   7,505
  前受金                             39,635                  36,710
  預り金                            116,669                 115,831
  前受運賃                           184,124                 216,621
  賞与引当金                          353,000                 365,000
  その他の流動負債                         1,663                   3,520
  流動負債合計                        2,846,167               2,764,310
 固定負債
                                2,585,000               2,625,000
  長期借入金                   ※1                      ※1
  繰延税金負債                          107,814                 112,176
  退職給付引当金                       2,242,485               2,075,516
  役員退職慰労引当金                        55,918                  35,168
  受入敷金保証金                         109,391                 100,160
  関係会社事業損失引当金                      41,000                  70,000
  固定負債合計                        5,141,610               5,018,022
 負債合計                           7,987,778               7,782,332




                  67/96
                                                        EDINET提出書類
                                                    関東バス株式会社(E04172)
                                                         有価証券報告書
                                                 (単位:千円)

                     前事業年度                  当事業年度
                  (平成21年3月31日)           (平成22年3月31日)
純資産の部
 株主資本
   資本金                       375,000                375,000
   資本剰余金
    資本準備金                        8,608                  8,608
    資本剰余金合計                      8,608                  8,608
  利益剰余金
   利益準備金                      93,750                 93,750
   その他利益剰余金
     任意積立金                  2,057,000              2,057,000
     繰越利益剰余金                  458,481                923,362
    利益剰余金合計                 2,609,231              3,074,112
  株主資本合計                    2,992,839              3,457,720
 評価・換算差額等
  その他有価証券評価差額金               155,147                161,424
  評価・換算差額等合計                 155,147                161,424
 純資産合計                      3,147,987              3,619,145
負債純資産合計                    11,135,765             11,401,478




                 68/96
                                                             EDINET提出書類
                                                         関東バス株式会社(E04172)
                                                              有価証券報告書

 ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)

                      前事業年度                    当事業年度
                  (自 平成20年4月1日             (自 平成21年4月1日
                   至 平成21年3月31日)            至 平成22年3月31日)
売上高
 自動車運送事業収益                     9,347,522                9,214,338
 その他事業収益                         652,314                  611,192
 売上高合計                         9,999,836                9,825,531
売上原価
 自動車運送事業原価                     8,758,525                8,619,458
 その他事業原価                         273,793                  243,958
 売上原価合計                        9,032,318                8,863,417
売上総利益                            967,518                  962,114
                                 673,939                  639,903
販売費及び一般管理費                ※1                       ※1

全事業営業利益                          293,578                  322,211
営業外収益
 受取利息                              2,375                    1,902
 受取配当金                            10,080                    9,203
                                  42,084                   33,770
 設備賃貸料                     ※2                       ※2
 受取補償金                             5,503                      4,723
                                                              7,200
 業務受託手数料                           7,200             ※2

 雑収入                              12,405                      9,905
 営業外収益合計                          79,650                   66,705
営業外費用
 支払利息                             88,786                   71,275
 支払手数料                                −                    25,107
                                  27,149                   23,203
 設備賃貸費用                    ※3                       ※3

 雑損失                                244                       1,016
 営業外費用合計                         116,180                  120,602
経常利益                             257,048                  268,313
特別利益
 補助金                             105,733                   88,481
                                  59,416                    4,262
 固定資産売却益                   ※4                        ※4
 貸倒引当金戻入額                          7,521                      5,873
                                      −
 役員退職慰労引当金戻入額                                                 5,887
 特別利益合計                          172,671                  104,504
特別損失
                                  20,979                       792
 固定資産売却損                   ※5                            ※5
                                   3,619                      6,534
 固定資産除却損                    ※6                       ※6
                                 105,733                   88,479
 固定資産圧縮損                  ※7                        ※7

 関係会社事業損失引当金繰入額                   41,000                   29,000
 特別損失合計                          171,331                  124,807
税引前当期純利益                         258,387                  248,010
法人税、住民税及び事業税                       1,730                      1,730




                  69/96
                                              EDINET提出書類
                                          関東バス株式会社(E04172)
                                               有価証券報告書
                                        (単位:千円)

              前事業年度                当事業年度
          (自 平成20年4月1日         (自 平成21年4月1日
           至 平成21年3月31日)        至 平成22年3月31日)
                           −             △229,850
法人税等調整額
当期純利益                256,657              476,131




          70/96
                                                                              EDINET提出書類
                                                                          関東バス株式会社(E04172)
                                                                               有価証券報告書

     【自動車運送事業売上原価明細書】

                                  前事業年度                     当事業年度
                            (自平成20年4月1日              (自平成21年4月1日
                               至平成21年3月31日)             至平成22年3月31日)
                      注記                  構成比                       構成比
            区分                金額(千円)                    金額(千円)
                      番号                   (%)                       (%)
    Ⅰ労務費                        5,776,788      66.0       5,884,667      68.3

                                  2,981,737                 2,734,790
    Ⅱ経費              ※1                         34.0                      31.7

            合計                                 100.0                     100.0
                                  8,758,525                 8,619,458
    ※1主な内訳は次のとおりであります。
                 項目        前事業年度(千円)              項目         当事業年度(千円)
           燃料油脂費                 636,843      燃料油脂費                     482,604
           車輌修繕費                 307,802      車輌修繕費                     332,861
           減価償却費                 828,808      減価償却費                     871,975
           諸手数料                  711,312      諸手数料                      528,473

     【その他事業売上原価明細書】

                                  前事業年度                     当事業年度
                            (自平成20年4月1日              (自平成21年4月1日
                               至平成21年3月31日)             至平成22年3月31日)
                      注記                  構成比                       構成比
            区分                金額(千円)                    金額(千円)
                      番号                   (%)                       (%)
    Ⅰ材料費                           60,972      22.3          32,047      13.1

    Ⅱ労務費                           30,922      11.3          30,907      12.7

                                    181,897                   181,004
    Ⅲ経費              ※1                         66.4                      74.2

            合計                                 100.0                     100.0
                                    273,793                   243,958
    ※1主な内訳は次のとおりであります。
                 項目        前事業年度(千円)              項目         当事業年度(千円)
           修繕費                    30,053      修繕費                        31,096
           減価償却費                  82,420      減価償却費                      78,950
           租税公課                   27,395      租税公課                       27,938





                                        71/96
                                                        EDINET提出書類
                                                    関東バス株式会社(E04172)
                                                         有価証券報告書

 ③【株主資本等変動計算書】
                                                  (単位:千円)

                       前事業年度                 当事業年度
                   (自 平成20年4月1日          (自 平成21年4月1日
                    至 平成21年3月31日)         至 平成22年3月31日)
株主資本
 資本金
   前期末残高                      375,000               375,000
   当期変動額
                                    −                     −
     当期変動額合計
   当期末残高                      375,000               375,000
 資本剰余金
  資本準備金
    前期末残高                       8,608                 8,608
    当期変動額
                                    −                     −
     当期変動額合計
    当期末残高                       8,608                 8,608
   資本剰余金合計
    前期末残高                       8,608                 8,608
    当期変動額
                                    −                     −
      当期変動額合計
    当期末残高                       8,608                 8,608
 利益剰余金
  利益準備金
    前期末残高                      93,750                93,750
    当期変動額
                                    −                     −
     当期変動額合計
    当期末残高                      93,750                93,750
   その他利益剰余金
    任意積立金
      前期末残高                  2,057,000             2,057,000
      当期変動額
                                    −                     −
       当期変動額合計
      当期末残高                  2,057,000             2,057,000
    繰越利益剰余金
     前期末残高                    201,823               458,481
     当期変動額
       剰余金の配当                      −               △11,250
       当期純利益                  256,657               476,131
       当期変動額合計                256,657               464,881
      当期末残高                   458,481               923,362
   利益剰余金合計
    前期末残高                    2,352,573             2,609,231
    当期変動額
      剰余金の配当                        −              △11,250




                   72/96
                                                              EDINET提出書類
                                                          関東バス株式会社(E04172)
                                                               有価証券報告書
                                                        (単位:千円)

                             前事業年度                 当事業年度
                         (自 平成20年4月1日          (自 平成21年4月1日
                          至 平成21年3月31日)         至 平成22年3月31日)
     当期純利益                          256,657               476,131
     当期変動額合計                        256,657               464,881
    当期末残高                          2,609,231             3,074,112
 株主資本合計
  前期末残高                            2,736,181             2,992,839
  当期変動額
    剰余金の配当                               −               △11,250
    当期純利益                           256,657               476,131
    当期変動額合計                         256,657               464,881
  当期末残高                            2,992,839             3,457,720
評価・換算差額等
 その他有価証券評価差額金
   前期末残高                            230,496               155,147
   当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                   △75,348                  6,276
    額)
    当期変動額合計                        △75,348                  6,276
  当期末残高                             155,147               161,424
 評価・換算差額等合計
  前期末残高                             230,496               155,147
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                   △75,348                  6,276
    額)
    当期変動額合計                        △75,348                  6,276
  当期末残高                             155,147               161,424
純資産合計
 前期末残高                             2,966,677             3,147,987
 当期変動額
   剰余金の配当                                −               △11,250
   当期純利益                            256,657               476,131
                                   △75,348
   株主資本以外の項目の当期変動額(純額)                                      6,276
  当期変動額合計                           181,309               471,158
 当期末残高                             3,147,987             3,619,145




                         73/96
                                                                    EDINET提出書類
                                                                関東バス株式会社(E04172)
                                                                     有価証券報告書

    【重要な会計方針】

                              前事業年度                  当事業年度
         項目               (自平成20年4月1日           (自平成21年4月1日
                           至平成21年3月31日)          至平成22年3月31日)
    1有価証券の評価基準及び   (1) 子会社株式及び関連会社株式       (1) 子会社株式及び関連会社株式
      評価方法          移動平均法による原価法を採用し      同左
                        ております。
                   (2) その他有価証券             (2) その他有価証券
                    時価のあるもの               時価のあるもの
                    決算日の市場価格等に基づく時価      同左
                        法(評価差額は全部純資産直入法
                        により処理し、売却原価は移動平
                        均法により算定)を採用しており
                        ます。
                   時価のないもの               時価のないもの
                    移動平均法による原価法を採用し      同左
                        ております。
    2たな卸資産の評価基準及   先入先出法による原価法(収益性の低      同左
      び評価方法         下による簿価切り下げの方法)を採用
                    しております。
                                                   ――――――――――
                         (会計方針の変更)
                       当事業年度から「棚卸資産の評価
                       に関する会計基準」(企業会計基
                       準委員会企業会計基準第9号平
                       成18年7月5日公表分)を適用し、
                       評価基準については、原価法から原
                       価法(収益性の低下による簿価切
                       り下げの方法)に変更しておりま
                       す。
                       これによる損益に与える影響はあ
                       りません。
    3固定資産の減価償却の方   (1) 有形固定資産(リース資産を除      (1) 有形固定資産(リース資産を除
      法             く)                      く)
                    定率法                   同左
                    但し、平成10年4月1日以降に
                    取得した建物(建物附属設備を除く)     
                        については、定額法を採用してお
                        ります。
                    なお、主な耐用年数は以下のと
                    おりであります。
                                                 
                          建物        7∼50年                 
                                                 
                          車輌及び運搬具 4∼6年                    
                                                  ――――――――――
                    (追加情報)
                    当事業年度から、法人税法の改正
                        (所得税法等の一部を改正する法
                        律平成20年4月30日法律第23
                        号)に伴い、法定耐用年数及び資
                        産区分が見直されました。これに
                        より当社の機械装置については一
                        部の資産について耐用年数を変更
                        しております。
                        これに伴い、前事業年度と同一の
                        方法によった場合と比べ売上総利
                        益、営業利益、経常利益、税引前当
                        期純利益が1,614千円それぞれ増
                        加しております。




                                  74/96
                                                                  EDINET提出書類
                                                              関東バス株式会社(E04172)
                                                                   有価証券報告書
                              前事業年度                  当事業年度
            項目             (自平成20年4月1日           (自平成21年4月1日
                            至平成21年3月31日)          至平成22年3月31日)
                    (2) 無形固定資産(リース資産を除      (2) 無形固定資産(リース資産を除
                     く)                      く)
                     自社利用のソフトウェアについて      同左
                         は、社内における利用可能期間(5
                         年)に基づく定額法を採用してお
                         ります。
                    (3) リース資産               (3) リース資産
                       所有権移転外ファイナンス・リー        所有権移転外ファイナンス・リー
                       ス取引に係るリース資産             ス取引に係るリース資産
                       リース期間を耐用年数とし、残存価       同左
                       額を零とする定額法によっておりま
                       す。
                                                 ――――――――――
                       (会計方針の変更)
                       当事業年度から「リース取引に関
                       する会計基準」(企業会計基準委員
                       会企業会計基準第13号平成19年3
                       月30日改正)及び「リース取引に関
                       する会計基準の適用指針」(企業会
                       計基準委員会企業会計基準適用指
                       針第16号(平成6年1月18日(日本
                       公認会計士協会会計制度委員会)、
                       平成19年3月30日改正))を適用し
                       ております。
                       なお、リース取引開始日が適用初年
                       度開始前の所有権移転外ファイナン
                       ス・リース取引については、引き続
                       き通常の賃貸借取引に係る方法に準
                       じた会計処理を適用しております。
                       これによる損益に与える影響はあ
                       りません。
                 



    4引当金の計上基準       (1) 貸倒引当金               (1) 貸倒引当金
                     債権の貸倒による損失に備えるた      同左
                         め、一般債権については貸倒実績
                         率により、貸倒懸念債権等特定の
                         債権については個別に回収可能性
                         を勘案し、回収不能見込額を計上
                         しております。
                    (2) 賞与引当金               (2) 賞与引当金
                     従業員に対する賞与の支給に充て      同左
                         るため、当期に対応する支給見込
                         額を計上しております。




                                   75/96
                                                   EDINET提出書類
                                               関東バス株式会社(E04172)
                                                    有価証券報告書
   (3) 退職給付引当金             (3) 退職給付引当金
    従業員の退職給付に備えるため、当         同左
        事業年度末における退職給付債務
        及び年金資産の見込額に基づき、
        当事業年度末において発生してい
        ると認められる額を計上しており
        ます。
    数理計算上の差異は、その発生時に
        おける従業員の平均残存勤務期
        間以内の一定の年数(10年)によ
        る均等額をそれぞれ発生時の事
        業年度から費用処理しておりま
        す。
    過去勤務債務は、その発生時の従業
        員数の平均残存勤務期間以内の一
        定の年数(10年)による定額法によ
        り発生した連結会計年度から費用
        処理しております。
                                (会計方針の変更)
                                 当事業年度から「退職給付に係
                                 る会計基準」の一部改正(その
                                 3)(企業会計基準第19号平成
                                 20年7月31日)を適用しておりま
                                 す。
                                 なお、これによる営業利益、経常
                                 利益及び税引前当期純利益に与え
                                 る影響はありません。また、本会計
                                 基準の適用に伴い発生する退職給
                                 付債務の差額はありません。
                            




                  76/96
                                                                    EDINET提出書類
                                                                関東バス株式会社(E04172)
                                                                     有価証券報告書
                            前事業年度                 当事業年度
            項目           (自平成20年4月1日          (自平成21年4月1日
                          至平成21年3月31日)         至平成22年3月31日)
                   (4) 役員退職慰労引当金         (4) 役員退職慰労引当金
                    役員の退職慰労金支給に備えるた    同左
                        め、内規に基づく期末要支給額を
                        計上しております。
                   (5) 関係会社事業損失引当金       (5) 関係会社事業損失引当金
                    関係会社の事業の損失に備えるため、    同左
                    関係会社に対する出資金額及び債権金
                    額を超えて当社が負担することとなる
                    損失見込額を計上しております。

    5ヘッジ会計の方法      (1) ヘッジ会計の方法          (1) ヘッジ会計の方法
                    特例処理の要件を満たしている金利    同左
                      スワップについて、特例処理を採用
                      しております。
                   (2) ヘッジ手段とヘッジ対象       (2) ヘッジ手段とヘッジ対象
                    ヘッジ手段・・・金利スワップ取引    同左
                    ヘッジ対象・・・借入金利息
                   (3) ヘッジ方針             (3) ヘッジ方針
                    デリバティブ取引は借入金利等の将    同左
                      来の金利市場における利率上昇によ
                      る変動リスク回避を目的としてお
                      り、投機的な取引は行わない方針で
                      あります。
                   (4) ヘッジ有効性評価の方法       (4) ヘッジ有効性評価の方法
                    特例処理によっている金利スワップ    同左
                      については、決算日における有効性
                      の評価を省略しております。
    6その他財務諸表作成のた   消費税等の会計処理             消費税等の会計処理
      めの基本となる重要な事   消費税等の会計処理は税抜方式に       同左
      項             よっております。







【表示方法の変更】

                前事業年度                        当事業年度
            (自平成20年4月1日                 (自平成21年4月1日
             至平成21年3月31日)                至平成22年3月31日)
    財務諸表等規則等の一部を改正する内閣府令(平成20   前事業年度において「支払利息」に含めて表示してお
    年8月7日内閣府令第50号)が適用となることに伴い、   りました「支払手数料」(前事業年度13,807千円)は、重
    前事業年度において、「貯蔵品」として掲記されたもの    要性が増したため、当事業年度においては区分掲記する
    は、当事業年度から「原材料及び貯蔵品」となっており    ことに変更しております。
    ます。





                                  77/96
                                                                                             EDINET提出書類
                                                                                         関東バス株式会社(E04172)
                                                                                              有価証券報告書
【注記事項】

        (貸借対照表関係)

             前事業年度                      当事業年度
          (平成21年3月31日)               (平成22年3月31日)
1(※1)担保資産および担保付債務の内訳     1(※1)担保資産および担保付債務の内訳
   担保に供している資産、担保権によって担保されて    担保に供している資産、担保権によって担保されて
   いる債務                       いる債務
                                                                70,613千円 1年以内に
    建物         72,962千円 短期借入金      32,000千円        建物
                                                                                    645,000千円
                                                                          返済される
              516,915千円 1年以内に                                 833,623千円 長期借入金
                                                    車輌及び運搬具
    車輌及び運搬具
                                   745,000千円
                         返済される
                                                               178,414千円 長期借入金
                                                    土地                              940,000千円
              178,414千円 長期借入金
    土地
                                                              1,082,651千円 
                                                    合計                             1,585,000千円
                      長期借入金    1,405,000千円
                            ◎上記の建物、車輌及び運搬具、土地は道路交通事業財
               768,292千円 
    合計                            2,182,000千円
                                団のものです。
◎上記の建物、車輌及び運搬具、土地は道路交通事業財
    団のものです。
    建物         332,150千円 短期借入金    300,000千円        建物         319,292千円 短期借入金     200,000千円
               582,849千円 1年以内に                                 582,849千円 1年以内に
    土地                                              土地
                                   245,000千円                                        210,000千円
                          返済される                                            返済される
                       長期借入金                                         長期借入金
                       長期借入金                                         長期借入金
                                   360,000千円                                        245,000千円
               914,999千円                                     902,141千円 
    合計                             905,000千円        合計                              655,000千円
                                               




2(※2)圧縮記帳額                          2(※2)圧縮記帳額
    固定資産の取得価額から控除した、圧縮記帳累計額              固定資産の取得価額から控除した、圧縮記帳累計額
    は、建物66,460千円、構築物7,968千円、車輌及び運搬        は、建物67,028千円、構築物7,968千円、車輌及び運搬
    具1,108,486千円、工具、器具及び備品 11,154千      具1,151,261千円、工具、器具及び備品 14,866千
    円、ソフトウェア7,534千円であります。                 円、ソフトウェア7,534千円であります。
3保証債務の内訳                             3保証債務の内訳
(銀行借入に対する債務保証)                      (銀行借入に対する債務保証)
    ケイビーバス㈱                  10,000千円     ㈱旅館月ヶ瀬                   5,157千円
                                                               
    関東観光㈱                     2,510千円
    ㈱旅館月ヶ瀬                    7,161千円
    合計                       19,671千円

(未経過リース料に対する債務保証)                             (未経過リース料に対する債務保証)
                                                         ――――――――――
    ケイビーバス㈱                         9,883千円
                             





                                                    78/96
                                                                                EDINET提出書類
                                                                            関東バス株式会社(E04172)
                                                                                 有価証券報告書
    (損益計算書関係)

              前事業年度                              当事業年度
          (自平成20年4月1日                       (自平成21年4月1日
           至平成21年3月31日)                      至平成22年3月31日)
1(※1)販売費及び一般管理費に示される費用は全て 1(※1)販売費及び一般管理費に示される費用は全て
   一般管理費であります。                        一般管理費であります。
主要な費目及び金額は次のとおりであります。           主要な費目及び金額は次のとおりであります。
     報酬                   33,854千円      報酬                    30,894千円
     賃金給料及び諸手当           229,187千円      賃金給料及び諸手当            223,014千円
     賞与                   49,740千円      賞与                    41,007千円
     福利厚生費                58,778千円      福利厚生費                 56,559千円
     賞与引当金繰入額             28,001千円      賞与引当金繰入額              25,168千円
     退職給付引当金繰入額           27,371千円      退職給付引当金繰入額             7,356千円
     役員退職慰労引当金繰入額          6,593千円      役員退職慰労引当金繰入額           6,737千円
     諸手数料                 74,899千円      諸手数料                  81,060千円
                                        諸負担費                  32,161千円
     減価償却費                10,208千円
                                        減価償却費                  9,224千円
     租税公課                 39,069千円
                                        租税公課                  41,649千円
2(※2)関係会社に係る注記                   2(※2)関係会社に係る注記
     施設等使用料               38,053千円      施設等使用料                30,507千円
                                        業務受託手数料                7,200千円
3(※3)関係会社に対する注記                  3(※3)関係会社に対する注記
     施設等使用料原価             27,149千円      施設等使用料原価              23,203千円
4(※4)固定資産売却益の内訳                  4(※4)固定資産売却益の内訳
     土地                   57,433千円      車輌及び運搬具                4,262千円
                                                          
     車輌及び運搬具               1,983千円
     合計                   59,416千円
5(※5)固定資産売却損の内訳                  5(※5)固定資産売却損の内訳
     車輌及び運搬具              20,979千円      車輌及び運搬具                  792千円
6(※6)固定資産除却損の内訳                  6(※6)固定資産除却損の内訳
     建物                      114千円      機械装置                     351千円
     構築物                     591千円      車輌及び運搬具                6,183千円
     車輌及び運搬具               2,912千円      合計                     6,534千円
     合計                    3,619千円
7(※7)ノンステップバス導入による補助金 96,532 7  ( ※ 7 )  ノ ン ス テ ッ プ バ ス 導 入 に よ る 補 助 金  
   千円、低公害車導入による補助金3,846千円、バスロ       50,400千円、低公害車導入による補助金32,400千円、
   ケ表示器設置補助金3,712千円及び停留所施設整備        バスロケ表示器設置補助金3,712千円、低燃費車導入
   補助金1,643千円受入れによるもの(法人税法42条1      による補助金1,400千円及び停留所施設整備補助金
   項)であります。                         567千円受入れによるもの(法人税法42条1項)であ
                                    ります。





                                          79/96
                                                                    EDINET提出書類
                                                                関東バス株式会社(E04172)
                                                                     有価証券報告書
        (株主資本等変動計算書関係)
    前事業年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
    1自己株式に関する事項
        株式の種類       前事業年度末       増加               減少       当事業年度末

普通株式(千株)                     ―                ―        ―            ―


    当事業年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
    1自己株式に関する事項
        株式の種類       前事業年度末       増加               減少       当事業年度末

普通株式(千株)                     ―                ―        ―            ―


        (リース取引関係)
    前事業年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)及び当事業年度(自平成21年4月1日 至平成
    22年3月31日)
    
該当事項はありません。





                                      80/96
                                                                          EDINET提出書類
                                                                      関東バス株式会社(E04172)
                                                                           有価証券報告書
     (有価証券関係)
     前事業年度(平成21年3月31日)
      子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。

     当事業年度(平成22年3月31日)

     (追加情報)
      当事業年度より、「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号平成20年3月10日) 及び「金
     融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号平成20年3月10日) を適用し
     ております。
           
    子会社株式及び関連会社株式

      子会社株式(貸借対照表計上額163,021千円)は、市場価格がありません。したがって時価を把握するこ
     とが極めて困難と認められるものであります。
      
     (税効果会計関係)

1繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

                                    前事業年度                    当事業年度
                                (平成21年3月31日)             (平成22年3月31日)
                                     (千円)                     (千円)
    繰延税金資産                                           

     未払事業税                                    4,405                      21

     賞与引当金                                  144,730                 149,650

     未払社会保険料                                 20,119                  21,790

     共通カード精算未払金                              35,981                  51,035

     貸倒引当金                                    5,049                   2,641

     電話加入権                                    3,000                   3,000

     共済組合剰余金                                 13,542                  13,173

     退職給付引当金                                971,262                 850,961

     役員退職慰労引当金                               22,926                  14,419

     税務上の繰越欠損金                               57,315                  73,156

     その他                                     52,141                  61,626

    繰延税金資産小計                              1,330,473               1,241,476

     評価性引当額                              △1,330,473             △1,011,626

    繰延税金資産合計                                     ―                  229,850

    繰延税金負債                                           

     その他有価証券評価差額金                         △107,814                △112,176

    繰延税金負債小計                              △107,814                △112,176

    繰延税金資産の純額(△は繰延税金負債)                   △107,814                  117,674



                                 81/96
                                                               EDINET提出書類
                                                           関東バス株式会社(E04172)
                                                                有価証券報告書
2法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの当該差異の原因
     となった主要な項目別の内訳

                               前事業年度               当事業年度
                           (平成21年3月31日)        (平成22年3月31日)
                                 (%)                 (%)
    法定実効税率                           41.0                41.0

    (調整)                                   

     交際費等損金不算入                        2.1                 1.8

     受取配当金益金不算入                     △0.9                △0.9

     住民税均等割等                          0.7                 0.7

     評価性引当額                         △42.5              △136.8

     その他                              0.4                 2.2

    税効果会計適用後の法人税等の負担率                 0.7               △92.0







                            82/96
                                                                                EDINET提出書類
                                                                            関東バス株式会社(E04172)
                                                                                 有価証券報告書
        (1株当たり情報)

                    前事業年度                              当事業年度
                (自平成20年4月1日                       (自平成21年4月1日
                 至平成21年3月31日)                      至平成22年3月31日)
1株当たり純資産額                        419.73円 1株当たり純資産額                       482.55円
                                      




1株当たり当期純利益金額                     34.22円 1株当たり当期純利益金額                      63.48円
                                      




  なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につ  なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につ
いては、潜在株式が存在しないため記載しておりません。 いては、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 (注)算定上の基礎

         11株当たり当期純利益金額

                                                前事業年度               当事業年度
                                           (自平成20年4月1日        (自平成21年4月1日
                                             至平成21年3月31日)       至平成22年3月31日)
             当期純利益(千円)                                256,657             476,131

             普通株主に帰属しない金額(千円)                              ―                   ―

             普通株式に係る当期純利益(千円)                         256,657             476,131

             普通株式の期中平均株式数(千株)                           7,500               7,500



        (重要な後発事象)
          該当事項はありません。
    




                                           83/96
                                                                             EDINET提出書類
                                                                         関東バス株式会社(E04172)
                                                                              有価証券報告書

        ④ 【附属明細表】
          【有価証券明細表】
             【株式】

                         銘柄                       株式数(株)       貸借対照表計上額(千円)

                    ㈱ぐるなび                             754.00          136,097

                    ㈱みずほフィナンシャルグループ               177,520.00           32,841

                    富士重工業㈱                         66,646.00           32,256

                    中央三井トラスト・ホールディングス㈱             19,041.00            6,683

                    みずほ証券㈱                         18,047.00            5,341
投 資 有 価 証 その他
券         有価証券
                    ㈱三井住友フィナンシャルグループ                  972.00            3,003

                    ㈱パスモ                               29.00            1,450

                    東京急行電鉄㈱                         1,000.00              391

                    ㈱エヌケービー                           216.00              320

                    ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ                600.00              294

                  小計                                           218,678

                  計                                                218,678
         




                                      84/96
                                                                                                                      EDINET提出書類
                                                                                                                  関東バス株式会社(E04172)
                                                                                                                       有価証券報告書
       【有形固定資産等明細表】

                                                                                 当期末減価
                                                                                        当期償却 差引当期末
                    前期末残高 当期増加額                      当期減少額       当期末残高           償却累計額
       資産の種類                                                                               額   残高
                     (千円)  (千円)                       (千円)        (千円)           又は償却累
                                                                                         (千円) (千円)
                                                                                 計額(千円)

有形固定資産                                                                                                 

                                                        567
建物                  5,727,121          16,017                      5,742,571       4,152,130       110,869 1,590,441
                                                       (567)

構築物                   908,565          14,961             ―          923,526         825,478       20,899          98,047


機械及び装置                255,911           9,010         2,800          262,121         194,405       11,018          67,716

                                                      759,150
車輌運搬具               7,396,148         965,371                      7,602,369       6,170,936       798,184 1,431,433
                                                     (84,200)

                                                       3,712
工具、器具及び備品             441,167          26,044                        463,500         381,288       35,318          82,211
                                                      (3,712)

土地                  4,718,736         125,535             ―        4,844,272             ―            ―         4,844,272

                                                      766,230
      有形固定資産計       19,447,651       1,156,941                19,838,361         11,724,238         976,291 8,114,123
                                                     (88,479)

無形固定資産                                                                                                 


借地権                    20,176              ―         17,102            3,074             ―            ―             3,074


ソフトウェア                127,308          11,285        14,325          124,268          74,537       24,155          49,730


その他                     2,040              ―              ―            2,040             ―            ―             2,040


      無形固定資産計          149,525          11,285        31,427          129,382          74,537       24,155          54,845


長期前払費用                152,275           3,249        33,319          122,206         83,652        15,160          38,553

    (注) 1当期増加額の主なものは下記のとおりであります。
            車輌及び運搬具    乗合バス新車購入    39輌 798,440千円
                      乗合バス他中古車購入 26輌  137,033千円
                                   
            工具器具及び備品   OA機器等購入          15,781千円
                                   
            土地         車庫用地購入          125,535千円
        2当期減少額の主なものは下記のとおりであります。
                                   
            車輌及び運搬具    乗合バス車輌売却他       674,950千円
                                   
            機械及び装置     洗車機               2,800千円
           なお、当期減少額のうち()内は内書きでノンステップバス導入による補助金、低公害車導入による補助金、停
         留所施設整備による補助金、バスロケーションシステム表示器設置による補助金の適用を受けて取得価額から
         控除している圧縮記帳額であります。
        3無形固定資産の「その他」は電話加入権であります。





                                                        85/96
                                                                          EDINET提出書類
                                                                      関東バス株式会社(E04172)
                                                                           有価証券報告書
    【引当金明細表】

                                           当期減少額       当期減少額
               前期末残高       当期増加額                                   当期末残高
     区分                                    (目的使用)       (その他)
                (千円)        (千円)                                    (千円)
                                             (千円)        (千円)
貸倒引当金             12,314          ―               ―        5,873       6,441

賞与引当金            353,000     365,000         353,000          ―      365,000

役員退職慰労引当金         55,918       6,737          21,600       5,887      35,168
関係会社事業損失引当
                 41,000  29,000     ―       ―     70,000

(注) 1.貸倒引当金の当期減少額の「その他」は破産更生債権等の一部回収による取崩額及び、一般債権の貸倒実績
      率による洗替額であります。
    2.役員退職慰労引当金の当期減少額の「その他」は、一部の役員からの辞退による取崩額であります。





                                   86/96
                                                                                             EDINET提出書類
                                                                                         関東バス株式会社(E04172)
                                                                                              有価証券報告書

    (2) 【主な資産及び負債の内容】
     ①流動資産
         (イ)現金及び預金

                     内訳                                              金額(千円)

    現金                                                                                  79,795

    預金                                       

    当座預金                                                                              997,937

    普通預金                                                                               64,482

    定期預金                                                                              647,384

    積立定期預金                                                                              9,000

                      計                                                              1,718,804

                     合計                                                              1,798,600


         (ロ)売掛金
          相手先別内訳

                     相手先                                             金額(千円)

    ㈱パスモ                                                                               302,664

    関東観光㈱                                                                               12,023

    奈良交通㈱                                                                               10,880

    ㈱ジェイティービー                                                                            3,875

    京王電鉄バス㈱                                                                              2,651

    その他                                                                                 33,462

                     合計                                                                365,557


          売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

                                                                                   滞留期間(日)
                                                                      回収率(%)        (A)+(D)
前期繰越高(千円) 当期発生高(千円) 当期回収高(千円) 次期繰越高(千円)
                                                                                        2
                                                                      (C)
         (A)         (B)         (C)                     (D)                ×100      (B)
                                                                    (A)+(B)
                                                                                       365
           297,906   3,730,774   3,663,123                365,557           90.9          32.5
    (注)当期発生高には消費税等が含まれております。






                                                 87/96
                                                                                          EDINET提出書類
                                                                                      関東バス株式会社(E04172)
                                                                                           有価証券報告書
         (ハ)原材料及び貯蔵品

          品名      金額(千円)              品名          金額(千円)               品名         金額(千円)

    軽油                   5,211   タイヤ・チューブ                   90   合計                  40,592

    油脂                   1,280   被服                     2,159                

    自動車用品             26,410     乗車券他                   5,441                


     ②流動負債
         (イ)買掛金

                    相手先                                              金額(千円)

    二引㈱                                                                              17,041

    ㈱染谷商店                                                                            15,977

    ㈱松田商店                                                                             9,799

    UDトラックスジャパン㈱                                                                      7,186

    三菱ふそうトラック・バス㈱                                                                     5,865

    その他                                                                              55,454

                    合計                                                              111,325


         (ロ)短期借入金

                    借入先                                              金額(千円)

    三菱東京UFJ銀行(高田馬場支店)                                                             100,000

    三井住友銀行(西荻窪支店)                                                                 100,000

                    合計                                                            200,000






                                                88/96
                                                              EDINET提出書類
                                                          関東バス株式会社(E04172)
                                                               有価証券報告書
       (ハ)1年以内に返済予定の長期借入金

                  借入先                       金額(千円)

    商工組合中央金庫(池袋支店)                                    486,000

    日本政策投資銀行                                          345,000

    三菱東京UFJ銀行(高田馬場支店)                                 207,000

    三井住友銀行(西荻窪支店)                                      92,000

    中央三井信託銀行(新宿西口支店)                                   70,000

    明治安田生命保険相互会社                                       35,000

                   合計                               1,235,000


     ③固定負債
       (イ)長期借入金

                  借入先                       金額(千円)

    商工組合中央金庫(池袋支店)                                  1,178,000

    日本政策投資銀行(本店)                                      660,000

    三菱東京UFJ銀行(高田馬場支店)                                 436,000

    三井住友銀行(西荻窪支店)                                     261,000

    中央三井信託銀行(新宿西口支店)                                   70,000

    明治安田生命保険相互会社                                       20,000

                   合計                               2,625,000


       (ロ)退職給付引当金

                   内訳                       金額(千円)

    退職給付債務                                            4,043,798

    年金資産                                             △2,000,153

    未認識数理計算上の差異                                       △155,473

    未認識過去勤務債務                                           187,344

                   合計                                 2,075,516



    (3) 【その他】
       該当事項はありません。





                                89/96
                                                      EDINET提出書類
                                                  関東バス株式会社(E04172)
                                                       有価証券報告書

第6 【提出会社の株式事務の概要】


事業年度          4月1日から3月31日まで

定時株主総会        6月中

基準日           ―

株券の種類         1株券、10株券、50株券、100株券、500株券、1,000株券

剰余金の配当の基準日    9月30日、3月31日

1単元の株式数       ―

株式の名義書換え      

取扱場所        東京都中野区東中野5丁目23番14号(本社)

株主名簿管理人     本社

取次所         なし

名義書換手数料     無料

新券交付手数料     実費

株券喪失登録        

株券喪失登録申請料   無料

株券登録料       無料

単元未満株式の買取り    当社は単元株制度を採用しておりません。

取扱場所        ―

株主名簿管理人     ―

取次所         ―

買取手数料       ―

公告掲載方法        日本経済新聞
              15,000株以上所有の株主に全線優待乗車証
株主に対する特典
               2,500株以上所有の株主に優待乗車券






                                  90/96
                                                           EDINET提出書類
                                                       関東バス株式会社(E04172)
                                                            有価証券報告書

第7 【提出会社の参考情報】


1 【提出会社の親会社等の情報】
    当社には、親会社等はありません。

2 【その他の参考情報】
    当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しています。

(1) 有価証券報告書及びその添付書類
事業年度第120期(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)平成21年6月29日関東財務局長に提出

(2) 半期報告書
事業年度第121期中(自平成21年4月1日至平成21年9月30日)平成21年12月28日関東財務局長に提出






                              91/96
                              EDINET提出書類
                          関東バス株式会社(E04172)
                               有価証券報告書

第二部 【提出会社の保証会社等の情報】

    該当事項はありません。





                  92/96
                                                                  EDINET提出書類
                                                              関東バス株式会社(E04172)
                                                                   有価証券報告書

                          独立監査人の監査報告書
                      






                                                       平成21年6月29日
関東バス株式会社
    取締役会御中


                           あずさ監査法人

                           指定社員
                                     公認会計士山田眞 之 助㊞
                           業務執行社員

                           指定社員
                                     公認会計士園田博之㊞
                           業務執行社員



    当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい

る関東バス株式会社の平成20年4月1日から平成21年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対照

表、連結損益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書及び連結附属明細表について監査を行っ

た。この連結財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明

することにある。

    当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査

法人に連結財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。監査は、試査を基礎と

して行われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体として

の連結財務諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監査の結果として意見表明のための合理的な基礎を

得たと判断している。

    当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、関東バ

ス株式会社及び連結子会社の平成21年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及び

キャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。



    会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。



                                                               以上


    ※1上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は有価証券報告書提出会社が別途
        保管しております。
     2連結財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。





                                93/96
                                                                  EDINET提出書類
                                                              関東バス株式会社(E04172)
                                                                   有価証券報告書

                          独立監査人の監査報告書
                      






                                                       平成22年6月30日
関東バス株式会社
    取締役会御中


                           あずさ監査法人

                           指定社員
                                     公認会計士山田眞 之 助㊞
                           業務執行社員

                           指定社員
                                     公認会計士園田博之㊞
                           業務執行社員



    当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい

る関東バス株式会社の平成21年4月1日から平成22年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対照

表、連結損益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書及び連結附属明細表について監査を行っ

た。この連結財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明

することにある。

    当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査

法人に連結財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。監査は、試査を基礎と

して行われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体として

の連結財務諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監査の結果として意見表明のための合理的な基礎を

得たと判断している。

    当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、関東バ

ス株式会社及び連結子会社の平成22年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及び

キャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。



    会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。



                                                               以上


    ※1上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は有価証券報告書提出会社が別途
        保管しております。
     2連結財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。





                                94/96
                                                                  EDINET提出書類
                                                              関東バス株式会社(E04172)
                                                                   有価証券報告書

                          独立監査人の監査報告書
                      






                                                       平成21年6月29日
関東バス株式会社
    取締役会御中


                           あずさ監査法人

                           指定社員
                                     公認会計士山田眞 之 助㊞
                           業務執行社員

                           指定社員
                                     公認会計士園田博之㊞
                           業務執行社員



    当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい

る関東バス株式会社の平成20年4月1日から平成21年3月31日までの第120期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損

益計算書、株主資本等変動計算書及び附属明細表について監査を行った。この財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査

法人の責任は独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。

    当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査

法人に財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。監査は、試査を基礎として

行われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財

務諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監査の結果として意見表明のための合理的な基礎を得たと判

断している。

    当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、関東バス株

式会社の平成21年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において適

正に表示しているものと認める。


    会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。


                                                               以上


    ※1上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は有価証券報告書提出会社が別途
        保管しております。
     2財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。





                                95/96
                                                                  EDINET提出書類
                                                              関東バス株式会社(E04172)
                                                                   有価証券報告書

                          独立監査人の監査報告書
                      






                                                       平成22年6月30日
関東バス株式会社
    取締役会御中


                           あずさ監査法人

                           指定社員
                                     公認会計士山田眞 之 助㊞
                           業務執行社員

                           指定社員
                                     公認会計士園田博之㊞
                           業務執行社員



    当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい

る関東バス株式会社の平成21年4月1日から平成22年3月31日までの第121期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損

益計算書、株主資本等変動計算書及び附属明細表について監査を行った。この財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査

法人の責任は独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。

    当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査

法人に財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。監査は、試査を基礎として

行われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財

務諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監査の結果として意見表明のための合理的な基礎を得たと判

断している。

    当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、関東バス株

式会社の平成22年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において適

正に表示しているものと認める。


    会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。


                                                               以上


    ※1上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は有価証券報告書提出会社が別途
        保管しております。
     2財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。





                                96/96

PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。