株式会社ベリサーブ 有価証券報告書‐第9期(平成21年4月1日‐平成22年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書‐第9期(平成21年4月1日‐平成22年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社ベリサーブ

カテゴリ:有価証券報告書‐第9期(平成21年4月1日‐平成22年3月31日)

PDFビューワー表示

                                                  EDINET提出書類
                                             株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                   有価証券報告書

【表紙】
【提出書類】       有価証券報告書
【根拠条文】       金融商品取引法第24条第1項
【提出先】        関東財務局長
【提出日】        平成22年6月24日
【事業年度】       第9期(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
【会社名】        株式会社ベリサーブ
【英訳名】        VeriServe Corporation
【代表者の役職氏名】   代表取締役社長浅井清孝
【本店の所在の場所】   東京都新宿区西新宿六丁目24番1号
【電話番号】       03(5909)5700
【事務連絡者氏名】    取締役執行役員管理本部経理・広報IR統括部長髙橋 豊
【最寄りの連絡場所】   東京都新宿区西新宿六丁目24番1号
【電話番号】       03(5909)5700
【事務連絡者氏名】    取締役執行役員管理本部経理・広報IR統括部長髙橋 豊
【縦覧に供する場所】   株式会社東京証券取引所
             (東京都中央区日本橋兜町2番1号)




                          1/64
                                                                                   EDINET提出書類
                                                                              株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                                    有価証券報告書

第一部【企業情報】
第1【企業の概況】
1【主要な経営指標等の推移】
  提出会社の経営指標等
     回次               第5期          第6期            第7期           第8期            第9期
    決算年月            平成18年3月       平成19年3月       平成20年3月       平成21年3月        平成22年3月
売上高       (千円)       4,793,972     6,981,598     8,822,590     7,402,607      5,159,365
経常利益         (千円)       713,879     1,157,562     1,383,804       579,673        218,358
当期純利益        (千円)       414,797       657,834       788,049       297,620         97,361
持分法を適用した場合
           (千円)              −             −             −             −              −
の投資利益
資本金          (千円)       368,382       370,878       779,294       780,944        786,183
発行済株式総数      (株)         23,804        23,925        25,463        25,543         25,797
純資産額         (千円)     2,156,679     2,783,799     4,328,869     4,502,471      4,546,330
総資産額         (千円)     2,720,980     3,918,122     5,402,749     5,111,336      5,119,513
1株当たり純資産額    (円)      90,601.56    116,355.26    170,006.26    176,270.27     176,234.84
1株当たり配当額
                          1,500         2,500         3,500         3,500          2,000
(うち1株当たり中間   (円)
                            (−)           (−)          (−)         (1,500)          (500)
配当額)
1株当たり当期純利益
             (円)      17,510.12     27,540.61     32,362.11     11,687.88       3,787.95
金額
潜在株式調整後1株当
             (円)      16,893.26     26,800.09     31,548.49     11,454.86       3,742.09
たり当期純利益金額
自己資本比率       (%)           79.3          71.0          80.1          88.1           88.8
自己資本利益率      (%)           21.3          26.6          22.2           6.7            2.2
株価収益率        (倍)           29.4          19.9          10.0          11.1           50.8
配当性向         (%)            8.6           9.1          10.8          30.0           52.8
営業活動によるキャッ
           (千円)          92,958       921,163       676,781        83,229        228,169
シュ・フロー
投資活動によるキャッ
           (千円)       △191,366      △114,292      △113,091       △67,157        △80,485
シュ・フロー
財務活動によるキャッ
           (千円)           7,748      △31,033        753,437     △124,681        △54,889
シュ・フロー
現金及び現金同等物の
           (千円)       1,580,337     2,356,175     3,673,302     3,560,333      3,650,038
期末残高
従業員数         (人)            129           180           230           285            342
(注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
     載しておりません。
      2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
      3.持分法を適用した場合の投資利益については、当社は関連会社がないため記載しておりません。
      4.純資産額の算定にあたり、第6期から「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準
        第5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針
        第8号)を適用しております。




                                         2/64
                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                            有価証券報告書
 2【沿革】
   平成13年7月    システム検証サービスへの専門特化と事業の拡大を目的に、東京都新宿区に株式会社CSK
              (現株式会社CSKホールディングス)の100%子会社として、資本金100百万円にて株式会社
              ベリサーブを設立。
   平成13年7月    大阪市北区西天満に西日本支店(現西日本事業所大阪市中央区北浜)開設。
   平成13年8月    独立企業として各種検証サービスの提供を開始。
   平成14年5月    多角的人材活用の一環としてシニアテスター制度導入。シニアテスター採用を開始。
   平成14年6月    セキュリティ検証サービスの商品メニューとしてネットワーク負荷テストサービスの提供を
              開始。
   平成15年12月   東京証券取引所マザーズに株式を上場。
   平成16年5月    名古屋市中区錦に名古屋事業所開設。
   平成17年9月    本社を現在地に移転。
   平成19年8月    名古屋事業所を愛知県刈谷市に移転し、中部事業所に改称。
   平成19年12月   東京証券取引所市場第一部に市場変更。
   平成20年10月   中部事業所を愛知県名古屋市に移転。
   平成21年3月    プライバシーマークを取得。
   平成22年4月    百力服軟件測試(上海)有限公司を設立。


 3【事業の内容】
当社は、親会社である株式会社CSKホールディングス(以下、CSKホールディングス)を中心とする企業グル
ープに属しております。
  当社の事業は、ハードウエアに組み込まれて動作するソフトウエア、ソフトウエアパッケージ等、パソコンに関連す
  る製品・システムの検証を、体系立ててトータルにサービスすることが、これまでのサービスの中心になっておりま
  した。最近では携帯電話やカメラ、テレビ、オーディオ機器等、従来パソコンと関連をもたなかった分野の製品・シス
  テムにおいても、インターネットの普及と通信のブロードバンド化、低コスト化等により、製品・システムのデジタル
  化が進展しております。当該デジタル化の進展により、製品・システムの多機能化、高機能化が促進され、組み込まれ
  るソフトウエアは増加しており、ソフトウエアを受け入れる側の製品・システムにおいても、多くのソフトウエアと
  の機能確認が必要になってきていると当社では考えております。当社の事業においても、高度なソフトウエアが組み
  込まれた携帯電話やカーナビゲーション・システム、DVDプレーヤー等のいわゆるノンPC系の製品・システムに
  関するサービスが増加してきております。この傾向は今後も増大し、システム検証サービスの需要は増加していくも
  のと当社では予想しております。
  またシステム検証サービスには、IT関連の製品・システムの作り手側のみならず、使い手(ユーザー)側にも大き
  な需要があり、今後、IT関連の製品・システムの更なる普及に従って需要が増加していくものと当社では考え、ユー
  ザー側のシステムの保全に関するセキュリティ分野に絞ったサービスの提供を行っております。
  以上のような経緯により、現在当社が提供しているサービス内容及び各サービスの特徴は以下のとおりであります。
  (1) 製品検証サービス
    IT製品・システムの作り手である、ハードウエアメーカーやソフトウエアベンダー向けに提供しているサービ
    スで、当社が株式会社CSK(現CSKホールディングス)の一部門であった時代から20年以上の歴史と経験を積
    み重ねており、当社のサービスの中心となっております。この分野では現在、以下の3種のサービスを提供しており
    ます。
    (開発支援検証サービス)
    当社の顧客となるハードウエアメーカーやソフトウエアベンダーが開発中の製品・システムを、当該顧客の規
    模や製品の特性に応じて、個別に検証するサービスであり、現在、当社の主要な業務となっております。サービス
    の対象製品はパソコン、プリンタ等のパソコン周辺機器を始め、携帯電話やデジタルカメラ、デジタルテレビ、デ
    ジタルオーディオ機器などいわゆるIT製品全般にわたります。当該サービスの範囲としては、ソフトウエアの
    テストプロセスに関する顧客へのコンサルティング、テスト計画策定、テスト設計、テスト実行及び顧客への検証
    結果報告等があります。当該サービスは、顧客企業で開発中の製品・システムが対象であるため、検証結果のタイ
    ムリーなフィードバック及び開発情報の機密保持が要求されます。したがって当該サービスの提供形態は、顧客
    先の開発施設に当社の人員を常駐させる形態が中心となっておりますが、顧客より委託された製品・システム
    を、当社の専用施設内で検証する形態でのサービスも提供しております。




                               3/64
                                                                                EDINET提出書類
                                                                           株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                                 有価証券報告書
     開発支援検証サービスの一般的なサービスの流れの概念図は以下のとおりです。




     (認定支援サービス)
     当該サービスの中心は、米国マイクロソフト社の承認を必要とするDesigned for Windows®ロゴ取得の支援
     サービスであります。米国マイクロソフト社は、自社のOS(注1)であるWindows®を搭載している、あるいは
     Windows®に接続されるパソコンやパソコン周辺機器等が、当該搭載や接続によって不具合を生じないことを実
     際のテスト結果に基づいて確認した場合、当該確認を行ったことを示すため、Designed for Windows®ロゴを当
     該製品・システムに貼付することを承認しております。当社の認定支援サービスは、同社の承認を取得するため
     に必要なWHQL(注2)が規定する事前確認テスト(プレテスト)を行うサービスであります。
                               ®
     対象顧客はDesigned for Windows ロゴを取得するパソコンメーカーやパソコン周辺機器メーカーでありま
     す。当該サービスでは、顧客が開発中の製品・システムに対し、マイクロソフト社がインターネット上で無償提供
     するテストプログラムを用いてテストを実行し、承認申請に必要なテスト結果を作成すると共に、テスト結果に
     問題が発見された場合には、その解析と解析結果に基づく改善提案も顧客に提供しております。
     (注1)OS:Operating Systemの略。ハードウエアを作動させる基本ソフトウエアを指します。
(注2)WHQL:Windows Hardware Quality Labs.の略。米国マイクロソフト社内のロゴ使用認可業務専門組織の名称です。


     (検証情報サービス)
     当該サービスでは、検証対象のIT製品・システムを様々なパソコンやパソコン周辺機器等と組合せて使用し
     た場合の動作確認情報の提供、発売から間もない新機種パソコンの詳細な仕様情報等を当社で実際に調査した結
     果をまとめた「PCレポート」の販売を行っております。また様々なメーカーのパソコン等と検証対象のIT製
     品との接続確認が可能な設備(ITプラットホームテストセンターと呼んでおります)を時間単位で提供する
     サービスを行っております。当該サービスの顧客は様々ですが、ITプラットホームテストセンターの主要顧客
     は大手通信事業者、携帯電話メーカー各社及びパソコン周辺機器メーカー各社となっております。当社では当該
     サービス提供のための設備として、各種仕様、売れ筋等の情報に基づき、当該調査業務・検証業務に必要なパソコ
     ンを選定購入しております。平成22年3月末現在では、様々なメーカーのパソコン427機種、携帯電話507機種等を
     保有しており、今後も必要に応じ積極的に追加購入していく計画であります。




                                          4/64
                                                         EDINET提出書類
                                                    株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                          有価証券報告書
  (2) セキュリティ検証サービス
    IT製品・システムのユーザー向け検証サービスとして、当社は平成15年3月期よりユーザー側のシステムの保
    全に関するセキュリティ分野での検証サービスに進出しております。
    現在では、顧客の社内情報システムや、インターネット経由で公開するホームページ、あるいは電子商取引用のイ
    ンターネットシステムなど、他社が顧客向けに開発したアプリケーションシステムに対する負荷の許容量(社内
    ネットワークやインターネット経由での同時接続に対する被接続システム側の物理的受容限界件数)を、米国マー
    キュリー社の専用ツールを用いて調査するサービス(スケーラビィリティ・テスティング・サービス(STS)
    と当社では呼んでおります)が中心となっております。これは負荷の集中によってひき起こされる予期せぬシステ
    ムダウンやそれに伴うデータの破壊・消失等を防ぐため、事前に負荷の許容量を確認するサービスであります。か
    かるサービスを、当社ではセキュリティ分野での検証サービスの一つと位置付けております。他にアプリケーショ
    ンシステムの外部環境からの接続に対する脆弱性の調査サービスも提供しており、これらのサービスは主に電子商
    取引を行っている企業が顧客となっております。


  (3) その他のサービス
    その他のサービスにつきましては、上記(1)及び(2)に分類されない検証業務や顧客企業内でのシステムインフラ
    の構築やシステム開発及び社内システム保守・運用に関するサービスを提供しております。


[事業系統図]
以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。




                              5/64
                                                                         EDINET提出書類
                                                                    株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                          有価証券報告書
4【関係会社の状況】
  関係会社は次のとおりであります。
                                                  議決権の
                        資本金
   名称          住所                   主要な事業の内容      被所有割           関係内容
                       (千円)
                                                  合(%)
(親会社)
                                                             事務所賃借
株式会社CSK
            東京都港区      96,225,553   持株会社等             56.2   役員の兼任(1名)
ホールディングス
                                                             資金の貸付
(注)有価証券報告書の提出会社であります。


5【従業員の状況】
 (1) 提出会社の状況
                                                               平成22年3月31日現在
    従業員数             平均年齢                   平均勤続年数             平均年間給与
     342人           37歳 1ヵ月                  3年 3ヵ月             5,469千円
(注)1.従業員数は、就業人員であります。
   2.従業員数には契約社員25名、受入出向者4名が含まれております。
   3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
   4.従業員数が前事業年度末と比べ57名増加しているのは、主として事業拡大によるものであります。


 (2) 労働組合の状況
  当社の労働組合は親会社の株式会社CSKホールディングスの労働組合であるCSK労働組合ベリサーブ支部と
  して結成しておりましたが、平成15年9月11日単独労働組合としてベリサーブユニオンとなりました。平成22年3
  月31日現在における組合員数は260名であります。他に受入出向者1名がCSK労働組合に加入しております。
  なお、労使関係は安定しております。




                                     6/64
                                                               EDINET提出書類
                                                          株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                有価証券報告書

第2【事業の状況】
1【業績等の概要】
 (1) 業績
      当事業年度のわが国経済は、一昨年のリーマンショックに端を発した国際的な経済危機が景気低迷を長期化さ
     せているものの、新興国需要を中心とした海外経済の回復や政府による経済政策などの効果から一部に回復の兆
     しが見られつつあります。しかし、円高やデフレ経済が続いていること、低金利にかかわらず企業の設備投資が下
     げ止まっていること、厳しい雇用や所得環境が続いていることなどから、本格的な回復には至りませんでした。
    当社を取り巻く環境といたしましては、新興国需要に対応した輸出拡大により改善が見られるものの、製造業
   では各国のニーズに合わせた製品づくりを加速させ、製品開発サイクルやコスト構造の見直しが積極的に進めら
   れています。国内ではエコポイント制度やエコカー減税などの経済政策がとられ、その効果がでてきております。
   また、景気変動の影響は受けるものの、さまざまな製品にソフトウエアを組み込んでいく大きな潮流は続いてお
   ります。製品開発においては、自社開発のみならず、社外を活用する動きが見られますが、製品の品質を確保する
   ための受入検証業務などは必要とされていることから、製品開発において大きなウェイトを占めるソフトウエア
   の品質管理の重要性がますます認識されてくると考えております。
    このような環境の中、当社は第三者の立場でソフトウエアのテスト・評価を行う「第三者検証」を提唱し、新
   製品の企画から量産化に至る開発サイクルにおいて各段階に合わせたサービスを提供する「フルライン検証
   サービス」を目指した事業活動を進めております。
    当事業年度においては、主力サービス分野の対象製品に対する検証サービスが厳しい環境となりました。製造
   業を中心とした取引先では、コスト削減に向けた取り組みを一段と強化しており、当社主力サービスである開発
   支援検証サービスにおいて全般的に影響を受け、売上高が減少いたしました。検証対象製品の分野ごとに見てみ
   ますと、ITS分野及びデジタル家電分野では、急速な景気後退に対応するため、一昨年後半から製品開発の見直
   しが実施され当事業年度も継続されました。さらに日本のみならず、グローバルにおける最適化を目指して、国内
   外での製品開発体制の見直しがされております。
     こうした動きに対応していくため、当社では景気回復の先導役である中国に進出し、システム検証業務を担う
   会社設立の準備を進めており、顧客に対応したグローバルなサービス展開を推進しております。
     一方、スタッフ部門の効率化を図りながら、募集費用の削減や不急の出費を抑えた結果、販売費及び一般管理費
   は前事業年度に比べ、およそ2割を削減いたしました。
     以上のような事業活動の結果、当事業年度の売上高は、5,159,365千円(前年同期比30.3%減)、営業利益は
   196,730千円(同65.4%減)、経常利益は218,358千円(同62.3%減)となりました。これらの結果、当期純利益は
   97,361千円(同67.3%減)となりました。


   事業部門別の業績は、次のとおりであります。
  (製品検証サービス)
    当社の主力事業であります製品検証サービスのうち、総売上高の94.4%を占める開発支援検証サービスは、前
   述のように検証対象製品が推移したことにより、売上高は4,868,968千円(前年同期比31.4%減)となりました。
    また、認定支援サービスにつきましては、米国マイクロソフト社の承認を必要とするDesigned for Windows®
   ロゴ取得の支援を主力としたサービスで、当事業年度における売上高は55,903千円(同0.4%減)となりました。
    検証情報サービスは、IT機器どうしを組み合わせて使用した場合の動作確認情報の提供及びITプラット
   ホームテストセンターを時間単位で提供するサービスであり、当事業年度はテストセンターを利用したテスト業
   務が増加した結果、売上高は95,845千円(同43.8%増)となりました。
    以上の結果、製品検証サービスの売上高は5,020,717千円(同30.5%減)となりました。


  (セキュリティ検証サービス)
    セキュリティ検証サービスは、顧客の社内システム及びインターネット経由で公開するホームページ、あるい
   は電子商取引用のインターネットシステムに対し、負荷の許容量や脆弱性を検証するサービスでありますが、売
   上高は24,046千円(前年同期比58.7%減)にとどまりました。




                                7/64
                                                                        EDINET提出書類
                                                                   株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                         有価証券報告書
 (その他のサービス)
    その他のサービスにつきましては、上記事業部門に分類されない検証業務や顧客企業内でのシステムインフラ
  の構築やシステム開発及び社内システム保守・運用に関するサービスを提供しております。
    当社ではシステム検証業務に注力し、新規のシステム開発等を行っていないため、当事業年度の売上高は
  114,601千円(前年同期比7.7%減)となりました。


(2) キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の当事業年度末残高は、前事業年度末より89,705千円増加して、3,650,038千円となりまし
  た。当事業年度中におけるキャッシュ・フローの状況は以下のとおりです。


 (営業活動によるキャッシュ・フロー)
   当事業年度の営業活動によるキャッシュ・フローは、228,169千円の増加(前事業年度は83,229千円の増加)
  となりました。これは主に法人税等の支払額(199,939千円)により減少したものの、税引前当期純利益
  (218,358千円)を計上したことによるものです。


 (投資活動によるキャッシュ・フロー)
   当事業年度の投資活動によるキャッシュ・フローは、80,485千円の減少(前事業年度は67,157千円の減少)と
  なりました。これは主に有形固定資産の取得(13,994千円)及び無形固定資産の取得(62,843千円)により減少
  したことによるものです。


 (財務活動によるキャッシュ・フロー)
   当事業年度の財務活動によるキャッシュ・フローは、54,889千円の減少(前事業年度は124,681千円の減少)
  となりました。これは主に配当金の支払(63,955千円)により減少したことによるものです。


2【生産、受注及び販売の状況】
(1) 生産実績
    当社の提供している事業はシステム検証サービス業でありますので、事業上の特性から生産実績を示すことは困
  難であるため記載しておりません。


(2) 受注実績
    当事業年度の受注実績を事業の部門別に示すと、次のとおりであります。
                                                                     
       事業部門別         受注高(千円)                      受注残高(千円)
                                      前年同期比(%)                   前年同期比(%)
   開発支援検証サービス           4,659,894          △24.0     644,504       △24.5
   認定支援サービス            60,028           15.8     4,125             −
   検証情報サービス            61,993          △42.1     6,492       △83.9
 製品検証サービス計            4,781,916          △24.0     655,121       △26.7
 セキュリティ検証サービス          23,656          △54.2       −        △100.0
 その他のサービス              117,365            0.4    19,860           16.2
        合計           4,922,938          △23.8     674,981       △25.9
(注)上記の金額には消費税等は含まれておりません。




                                    8/64
                                                                    EDINET提出書類
                                                               株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                     有価証券報告書
(3) 販売実績
    当事業年度の販売実績を事業の部門別に示すと、次のとおりであります。

      事業部門別             販売高(千円)
                                                      前年同期比(%)
   開発支援検証サービス                          4,868,968                 △31.4
   認定支援サービス                          55,903                  △0.4
   検証情報サービス                          95,845                   43.8
 製品検証サービス計                           5,020,717                 △30.5
 セキュリティ検証サービス                        24,046                  △58.7
 その他のサービス                            114,601                 △7.7
       合計                           5,159,365                 △30.3
(注)1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。


(注)2.最近2事業年度の主要な販売先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおり
  で
  あります。
                            第8期                          第9期
       相手先
                    金額(千円)            割合(%)        金額(千円)      割合(%)
  ソニー株式会社             1,495,639             20.2     986,476      19.1
  パイオニア株式会社           1,297,505             17.5     928,885      18.0


3【対処すべき課題】
 当社の事業は、新製品開発を行うハードウエアメーカー、ソフトウエアベンダーの社内において行われている「シ
ステム検証」業務をアウトソーシングとして受託することにより成立しております。平成13年7月の設立以来、一貫
してIT製品のソフトウエア検証を行ってまいりました。当社顧客の主力は従来のパソコン及びその周辺機器メー
カーを中心としたものから、カーナビゲーション・システムを中心としたITS分野、携帯電話分野、デジタルテレビ
を始めとしたオーディオ・ビジュアル機器等の情報家電分野に推移しております。
 一方、このような顧客では、従来のアナログ製品からデジタル製品にシフトしていく移行段階であり、製品開発にお
いて当初の計画以上に費用がかかる一方、拡大する対象市場では価格の下方圧力は強く、想定以上に進行しておりま
す。国内IT機器メーカーにおいては、デジタル化の進展するマーケットの中で、製品開発のスピード向上とコスト削
減は急務の課題となっております。当社といたしましては、顧客の製品開発におけるトータルコストを抑制しながら、
高品質な製品が供給される体制の実現を支援していく総合的なサービスを提供することで、当社のシェアを獲得・拡
大していく方針です。そのためには、従来の動作検証サービスのみならず、総合的なサービスを提供していくための当
社サービスの拡充、ならびに顧客ニーズに対応できるシステム検証技術者の育成が重要な課題であると認識しており
ます。




                              9/64
                                                      EDINET提出書類
                                                 株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                       有価証券報告書
4【事業等のリスク】
 有価証券報告書に記載した事業の概況、経理の状況等に関する事項のうち、当事業年度末において投資者の判断に
重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。
 当社は、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、その発生の予防及び発生の際の対応に努力する方針であり
ます。
 なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。また、以下の記載は
当社株式への投資に関するリスクを全て網羅するものではありませんので、ご留意ください。


1.事業に関連するリスク
(1) 事業環境について
  ①システム検証業務のアウトソーシングについて
     当社の事業は、ハードウエアメーカー・ソフトウエアベンダーの社内で開発段階において行われている「シス
    テム検証」業務をアウトソーシングとして受託することにより成立しております。ハードウエアメーカー・ソフ
    トウエアベンダーは、当該システム検証の作業を、社内において何らかの形で社内知識の集積の上に行っており、
    現状では、当該システム検証業務を外部に委託するという認識が一般的には、いまだ低いものと当社では考えて
    おります。
     一方で、インターネットの普及と通信のブロードバンド化、低コスト化等により、パソコンに限らず、携帯電話
    やデジタルカメラ、デジタルテレビ、デジタルオーディオ機器、高度道路交通システム(ITS)等のさまざまな
    分野で製品・システムのデジタル化が進展し、多機能かつ高機能なものとなり、それに伴って組み込まれるソフ
    トウエアの量は膨大なものとなっております。また各ハードウエアメーカー・ソフトウエアベンダー間の開発競
    争により、これら製品・システムのライフサイクルは短縮化され、それに伴って開発期間も短縮化されることと
  なり、開発技術者はコア業務である製品・システムの開発に注力せざるを得なくなっております。したがって
  ハードウエアメーカー・ソフトウエアベンダーは、社内知識の集積だけでは解決できない新しい機能・システム
  に関するテストの問題も含めて、システム検証業務(特に開発支援検証)を、かかる業務を専業とする当社のよ
  うな第三者企業にアウトソーシングする傾向が強くなると当社では予想しております。
    当社は、社外の方々を対象とした「システム検証セミナー」を開催する等、システム検証が独立業務として認
  知され、アウトソーシングする業務として認識されるべく努力をしておりますが、今後もシステム検証が独立し
  た業務として認知されなかった場合、また機密保持等の目的から顧客における内製化志向が継続あるいは強化さ
  れた場合は、システム検証業務のアウトソーシングが拡大しないことになります。かかる場合には当社の事業展
  開及び業績は重大な影響を受ける可能性があります。


 ②システム検証サービスのマーケットと競合の状況について
    上記①に記載のとおり、当社の事業であるシステム検証サービスは、一般に独立した業務として認知されてお
  らず、アウトソーシングする業務として十分には認識されていないため、現状ではマーケットとして確立してい
  るものではないと当社では考えております。また、システム検証サービスをアウトソーシング事業として受託し
  ている企業は、現状では数社程度であると当社では推定しておりますが、当社が専業としていることと比較して、
  いずれも事業の一部としてシステム検証サービスを行っているものであります。さらに、システム開発企業等が
  システム開発の一環としてシステム検証作業を行っている可能性もありますが、いずれにしても現在において
  は、同業他社との厳しい競合状態が発生しているという段階には達していないものと思われます。
    当社は長年にわたるシステム検証実績に基づく経験とシステム検証理論に裏づけされたノウハウの蓄積があ
  り、同業他社との競争が激化しても十分に対抗し得るものと考えております。しかしながら、資金力・ブランド力
  を有する大手ソフト開発会社等の有力企業がシステム検証マーケットの価値を認知して新たに参入してきた場
  合、あるいは競合するシステム検証サービスを行う企業の当該部門が強化された場合、またシステム検証マー
  ケットの価格競争が当社の予想を超えて厳しさを増した場合等には、当社の業績にも影響を及ぼす可能性があり
  ます。




                          10/64
                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                           有価証券報告書
    (2) 顧客との関係について
①顧客との紛争の可能性について
         当社の顧客が当社のシステム検証サービスを経て販売する製品・システムの中に不具合があった場合には、顧
        客が多額の回収費用を投じて回収を余儀なくされることもあります。当社の現在のサービスは製品・システムそ
        のものの品質を保証している訳ではなく、当社が行ったサービスの範囲の中で責任を負う形態となっておりま
        す。
         しかしながら当社のサービス提供形態のうち、現在中心となっている顧客先の開発施設に当社の人員を常駐さ
        せる形態のサービスにおいては、個別の業務委託契約書に具体的な作業範囲、作業項目を詳細に記載しきれない
        部分があるため、責任の所在を契約書等によって明確に定められない場合が多くなっております。このため当社
        独自のマニュアルの運用等により顧客との意思の疎通を図り、また現場での指示系統・指示内容を明確にする
        等、業務運営の中で責任範囲を明確にし、顧客との紛争が生じないよう常駐する人員に指導しております。
         また、顧客より委託された製品・システムを、当社の専用施設内で検証する形態でのサービスにおいては、具体
        的な作業範囲、作業項目等を明確にした詳細な見積仕様書等を作成し、顧客に当社の責任範囲を明示しておりま
        す。
         顧客との紛争を未然に防止するため、以上のような対策を講じてはおりますが、当社の提供したサービスが顧
        客の求める品質を満たせず、なおかつ迅速・適切な対応ができなかった場合は、顧客との業務委託契約に基づく
        瑕疵担保責任に基づき、クレームを受け、業務委託に関する契約が解約、あるいは多額の損害賠償請求を受ける可
        能性がないとは言いきれません。かかる場合には当社の業績あるいは財政状態は影響を受ける可能性がありま
        す。


   ②顧客情報の機密保持について
      当社の行うサービスは、業務の性格上、顧客の機密情報にふれることが多いため、機密保持については当社社員
    ならびに当社の外注先企業の社員を厳しく指導しております。当社サービスの中でも開発支援検証サービスで
    は、ハードウエアメーカー・ソフトウエアベンダーの新製品開発部門に、かかる社員が常駐し、顧客の開発担当者
    と共同で作業を行うことが主体となっております。したがって、当該部門に常駐する社員は恒常的にハードウエ
    アメーカー・ソフトウエアベンダーの新製品情報を知り得る立場にあります。当社では、こうした社員に対し徹
    底したモラル教育を行うとともに、守秘義務の認識を徹底するためリーガルマインドを育成し、機密情報の漏洩
    防止に努めております。また、外注先企業の社員については、機密保持契約ならびに個人情報の取扱いに関する覚
    書を締結し対策を講じております。
     しかしながら、万一情報漏洩が発生した場合には、顧客からクレームを受け、業務委託に関する契約が解約、あ
    るいは損害賠償請求を受ける可能性がないとは言いきれません。かかる場合には当社は業界において信用を失
    い、また当社の事業展開あるいは財政状態は影響を受ける可能性があります。


   ③法的規制等の変更の可能性等について
      当社の主力事業である開発支援検証サービスでは、顧客先の開発施設に当社の人員を常駐させる形態が中心と
    なっておりますが、顧客企業との契約の大部分は業務請負の契約形態により、前述の「①顧客との紛争の可能性
    について」に記載されている事項に留意しながら業務を進めております。当該業務請負事業は、民法を始めとし
    て、労働基準法、労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準(昭和61年労働省告示第37
    号)、労働者災害補償保険法、健康保険法及び厚生年金保険法その他の関係法令の規制を受けております。これら
    の関係法令は、労働市場を取り巻く社会情勢の変化などに応じて今後も適宜改正ないし解釈の変更等が行われる
    可能性があります。また、監督官庁の対応も変化する可能性があります。これら法的規制等の改正や変更あるいは
    監督官庁等の対応の変化等の内容によっては、当社の業務推進や事業展開に支障が出ることにもなりかねず、ひ
    いては当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。


  (3) 特定顧客への依存について
       当社は顧客の製品・システムの製品開発過程においてサービスを提供しており、システム検証サービスの検証
      対象となる多数が民生品であります。このような民生品の多くは、特定のメーカーならびに特定のシステムベン
      ダーが開発・製造を行っており、当該サービス対象の顧客の開拓および取引拡大をすすめた場合、結果として特
      定顧客との取引比重が相対的に高くなる可能性があります。平成22年3月期における売上上位10社の比重が総売
      上高のおよそ7割を占めており、特定顧客先への依存は高い状況にあります。
       当社としては、新規顧客の開拓ならびに既存顧客との取引拡大をすすめ、その比重の低減に努めていく考えで
      すが、当該状況において、主要顧客の製品開発の方針ならびに社会環境の変化、技術革新、その他何らかの要因に
      より主要顧客との取引に著しい変動があった場合には、当社業績に影響を与える可能性があります。




                              11/64
                                                              EDINET提出書類
                                                         株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                               有価証券報告書
(4) 外注依存度について
      当社はシステム検証サービスの過程で、短期間で多様なテストを実行する必要性等により、当社の社内技術者
    だけではテスト実行作業の要員数が不足する場合があります。また、当社のサービス対象である製品・システム
    は多機能・高機能であり、特定のサービス対象において当社の社内技術者だけでは対応しきれない特殊で汎用性
    のない知識やスキルが短期的に必要となる場合もあります。
      当社は、以上のように顧客のサービスニーズに対して当社社員のみでは対応できない場合、人件費の固定化を
    防ぐ意味でも積極的に外注先を活用することで対応しております。当社の売上原価に占める外注費の割合は平成
    22年3月期で47.1%となっており、今後も高水準で推移すると想定されます。当社は主な外注先の人員について
    も、「システム検証理論研究会」に参加を呼びかける等、システム検証要員のスキルアップに努めております。し
    かしながら、当社が必要とするスキルを持った外注先の確保が十分にできなかった場合、また、労働市場における
    需給が逼迫し、必要な要員を確保するため外注費の負担が増加した等の場合には、当社の業務執行、業績あるいは
    財政状態は影響を受ける可能性があります。


(5) 認定支援サービスにおける米国マイクロソフト社への依存について
     当社の当該サービスの大部分は、米国マイクロソフト社のDesigned for Windows®ロゴ取得支援サービスであ
    ります。当該サービスはインターネット上で無償取得できるテストプログラムを使用するため参入障壁が低く、
    競合の激化、サービス価格の下落の可能性があります。また、米国マイクロソフト社のIT業界における大幅な地
    位の変動、もしくは現在、当該業務に関して当社と技術交流を行う等協力的な関係を持続しているマイクロソフ
    ト社との関係の悪化等が何らかの理由により発生した場合には、当該サービス部門の業績は影響を受ける可能性
    があります。


(6) システム検証事業における先行投資の必要性
   当社では、各種検証サービスを行うにあたり、各製品の互換性、両立性、接続性等を多種多様な機器で実証及び
  仕様確認する必要があります。また、システム検証の各種サービス提供にあたり、各種検証ツールのソフトウエア
  ・ライセンス等が発生する場合もあります。一方、互換性、接続性等の確認作業及び各種検証ツールを的確に動作
  させるための教育・訓練や研究等で、費用も先行的に発生いたします。
   システム検証をサービスとして提供している当社では、上記のような先行的投資は必要不可欠であり、今後も
  継続していく予定です。しかしながら、このような製品・システム等のライフタイムの短期化、多機種化等によ
  り、当社の先行設備投資ならびに関連する費用の負担が想定した以上に増加した場合、当社の業績あるいは財政
  状態は影響を受ける可能性があります。


(7) 知的所有権について
     当社としては当社の事業は知的所有権には馴染まないと考えており、知的所有権に関する権利の申請を行って
    おりませんが、最近においてはビジネスモデルに関連した特許の申請が増加しており、将来にわたって当社の事
    業が第三者の知的所有権に抵触しないとは言いきれません。第三者から当社に対し正当な権利主張がなされた場
    合や法的手続きでそれが認められた場合には、損害賠償義務の負担や、当該知的所有権を継続使用するための負
    担の発生、または当社事業の一部もしくは全部の遂行ができなくなる可能性があります。


(8) 「システム検証理論」について
     当社では、東京大学・中央大学で品質管理、システム工学を専攻してこられた諸先生の指導のもと、システム検
  証業務の理論化を図るため、当社がCSK(現「CSKホールディングス」)の一部門であった平成6年より
  「システム検証理論研究会」を毎月開催してきております。当該研究会は、それまで社内において個々の技術者
  の検証経験とその経験に基づく直感により行われてきたシステム検証業務を、体系立てて理論化するための当社
  独自の取り組みであります。当該研究会での諸先生の指導に基づき、当社社内において週に1度開催してまいり
  ました「システム検証理論推進会」では、これまでの研究結果を「ソフトウエアの目的別システムテスト設計手
  法」という冊子にまとめております。当社は、当該冊子の作成にあたった「システム検証理論推進会」の構成メ
  ンバー(当社社員)との間で、当社に当該冊子の著作権が帰属する旨を確認する覚書を締結しておりますが、今
  後当該冊子の利用価値が高まった場合、かかる当社社員との間で著作権等に関する紛争が生じる可能性がないと
  は言いきれません。なお、システム検証理論研究会は他社社員も出席する勉強会であり、不特定多数の者に秘密で
  ないものとして内容が知られておりますので、本研究の内容が特許として認められる可能性は低いと当社は考え
  ております。




                               12/64
                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                           有価証券報告書
2.CSKグループとの関係
(1) 親会社グループにおける位置付けについて
    当社は、親会社である株式会社CSKホールディングス(以下「CSKホールディングス」)を中心とする企業
  グループ(以下「CSKグループ」)に属しております。当社はCSKグループにおいて唯一、各種デジタル製品
  のシステム検証事業に特化した会社であります。当社事業に求められる業務の中立性のさらなる強化、システム検
  証サービスの社会的認知拡大等の目的からCSKホールディングスは、当社の株式上場によってその独立性を高め
  る戦略を採用しており、当該独立性についてのCSKホールディングスの方針については当社も確認しておりま
  す。今後、当社に対するCSKホールディングスの当該戦略がさらに進められた場合、当社とCSKグループの関係
  が希薄化する可能性があります。
    一方、CSKグループでは、ITの強みを最大限に活かした、総合的なサービスプロバイダー企業グループを目指
  しており、今後、CSKグループの運営方針の変更等によっては、逆に当社とCSKグループの関係がより強化され
  る可能性もあります。
    さらに、当社のサービスであるシステム検証の実施にあたって、顧客が当社に対し、完全な独立性を求め、CSK
  関連企業である当社以外からサービスを受けるようになった場合は、顧客の拡大が進まず、当社の業績は影響を受
  ける可能性があります。


(2) 親会社グループとの人的関係について
    平成22年3月末現在、当社の役員7名のうち、監査役1名は、当社の親会社であるCSKホールディングスの執行
  役員を兼務しております。監査役の清水康司は、監査体制の充実を目的として当社が招聘しております。
    また、平成22年3月31日現在における当社従業員342名のうち、CSKホールディングス及びCSKシステムズか
  らの受入出向者は1名在籍しております。その内訳は次のとおりです。

                       CSKホールディングス         CSKシステムズ
   平成21年3月31日現在の在籍者                 2名          3名
         出向受入                       0名          0名
      出向解除(帰任)                      1名          0名
        当社へ転籍                       0名          3名
   平成22年3月31日現在の在籍者                 1名          0名


  これは当社の社員募集に応じCSKホールディングスならびにCSKシステムズより当社への出向を希望した
 人員の中から選抜したものであります。1名の出向者については、3年間の出向契約期間満了時に転籍するか、出向
 解除で帰任するか、本人の意思を含めて今後当社は検討することになります。
  当社とCSKホールディングスならびにCSKシステムズとの間では、個別の出向者ごとに出向期間を明示した
 覚書を締結しておりますが、当社業務の性格上、人材育成に一定期間を要するため今後短期間の間に当該出向者が
 出向を解除され、各社へ復帰するような事態が発生した場合には、当該出向者が係わっている業務に滞りが発生し、
 当社業務の執行に影響を及ぼす可能性があります。


(3) 関連当事者取引について
    当事業年度における当社とCSKホールディングス及びCSKグループ各社との間の主要な取引につきまして
  は、「第5経理の状況関連当事者情報」に記載しております。




                            13/64
                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                           有価証券報告書
3.その他
(1) 人材の確保について
    当社が実施するシステム検証サービスにおいては、業容を充実、拡大させるために常に十分な数の優秀な人材、技
  術者を確保しなければなりません。また、技術者には高度の知識・技術・経験が要求されるため、一定期間の技術者
  導入教育と日進月歩で変化しているデジタル家電製品、携帯電話、ITS関連機器をはじめとした各種IT機器等
  のハードウエア、ソフトウエアに対応する継続教育は不可欠であると認識しております。かかる教育を適時に遂行
  できない場合、顧客より要求される技術レベルに達せず、当社の業務遂行に支障が生じる可能性があります。
    現在は新卒学生採用及び中途採用の両面において、独自の採用基準を用いてシステム検証業務の技術者として素
  養のある人材の採用、教育を重点的に実施しておりますが、市場の拡大に見合った人員の確保・育成ができなけれ
  ば、事業の拡大ができない可能性があります。その場合、提供するサービスの質が低下し、当社の事業活動に支障が
  生じる可能性があります。採用した要員については、適時、システム検証業務の技術的教育期間を設けてまいります
  が、追加的に教育期間が発生する場合があります。
    また、新規顧客の獲得のため営業要員の確保に努めておりますが、市場の拡大に見合った人員の確保ができなけ
  れば、新規顧客の拡大に支障が生じる場合もあります。


(2) ストックオプションについて
    当社は、当社の役員、従業員に対して、当社業績の向上意欲や士気を高めることを目的として新株予約権によるス
  トック・オプション制度を導入しております。平成15年8月25日に従業員56名、役員7名に対して新株予約権を付
  与しております。同新株予約権に関する未行使の潜在株式数は、合計319株であり、発行済株式総数25,797株の1.2%
  に相当しております。
    付与された新株予約権の行使により発行される新株は、将来的に当社株式価値の希薄化や株式売買の需給への影
  響をもたらし、当社の株価形成に影響を与える可能性があります。


(3) 調達資金の使途について
    当社が平成19年12月に実施した公募増資による資金調達の使途については、今後の事業拡大に向けたシステム検
  証事業の設備充実に充当する考えであります。しかしながら、当社を取り巻くIT業界は変化の速度が速く、システ
  ム検証サービス事業への大手企業による新規参入等、外部環境に劇的な変動が生じる可能性があるため、当社の経
  営判断として、当該調達資金について、上記の対象以外に振り向けられる可能性も否定できません。また、調達資金
  により投資家が期待する収益を上げられる保証はありません。


5【経営上の重要な契約等】
 該当事項はありません。


6【研究開発活動】
 当社が提供するシステム検証というソフトウエアの品質管理分野の標準的手法を確立するため、システム検証理論
の研究を行っております。当該研究は全事業部門に共通する内容であり、当該研究のために開催している「システム
検証理論研究会」ならびに各部署から技術者が自発的に参加している「システム検証理論推進会」の運営に要した
費用及びIT機器どうしを接続した場合の互換性検証の費用等、当事業年度にかかる研究開発費は、17,523千円であ
ります。




                             14/64
                                                                EDINET提出書類
                                                           株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                 有価証券報告書
7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
 当事業年度の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析は以下のとおりであります。
 なお、将来に関する記載については、当事業年度末において判断したものであります。


(1) 財政状態の分析
    (流動資産)
      当事業年度末における流動資産の残高は、4,717,328千円(前事業年度末 4,709,757千円)となり、7,571千
     円増加しました。これは、主に売掛金が減少したものの、繰延税金資産、現金及び預金の増加によるものです。


  (固定資産)
    当事業年度末における固定資産の残高は、402,185千円(前事業年度末 401,578千円)となり、606千円増加
   しました。これは、有形固定資産が減少したものの、無形固定資産の増加によるものです。


  (流動負債)
    当事業年度末における流動負債の残高は、569,748千円(前事業年度末 604,018千円)となり、34,269千円減
   少しました。これは、主に買掛金及び未払法人税等の減少によるものです。


  (固定負債)
    当事業年度末における固定負債の残高は、3,435千円(前事業年度末 4,846千円)となり、1,411千円減少し
   ました。これは、リース債務の減少によるものです。


  (純資産の部)
    当事業年度末における純資産の部の残高は、4,546,330千円(前事業年度末 4,502,471千円)となり、43,858
   千円増加しました。これは、配当金63,980千円の支払により利益剰余金が減少したものの、当期純利益97,361千
   円を計上したことによるものです。


(2) キャッシュ・フローの分析
    (キャッシュ・フロー)
      現金及び現金同等物の当事業年度末残高は、前事業年度末より 89,705千円増加して、3,650,038千円となり
     ました。
     当事業年度中におけるキャッシュ・フローの状況は以下のとおりです。


  (営業活動によるキャッシュ・フロー)
    当事業年度の営業活動によるキャッシュ・フローは、228,169千円の増加となりました。これは主に法人税等
   の支払額(199,939千円)により減少したものの、税引前当期純利益(218,358千円)を計上したことによるも
   のです。


  (投資活動によるキャッシュ・フロー)
    当事業年度の投資活動によるキャッシュ・フローは、80,485千円の減少となりました。これは主に有形固定
   資産の取得(13,994千円)及び無形固定資産の取得(62,843千円)により減少したことによるものです。


  (財務活動によるキャッシュ・フロー)
    当事業年度の財務活動によるキャッシュ・フローは、54,889千円の減少となりました。これは主に配当金の
   支払(63,955千円)により減少したことによるものです。




                                15/64
                                                                        EDINET提出書類
                                                                   株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                         有価証券報告書
   (キャッシュ・フロー指標)
                         平成18年     平成19年       平成20年     平成21年     平成22年
                          3月期       3月期         3月期      3月期       3月期
自己資本比率(%)                   79.3      71.0        80.1     88.1      88.8
時価ベースの自己資本比率(%)            450.5      335.2      153.2      64.8      97.0
債務償還年数(年)                     −            −        −         −         −
インタレスト・カバレッジ・レシオ              −            −        −         −         −
     (注)1.上記指標の算出方法
            自己資本比率(%):自己資本/総資産
            時価ベースの自己資本比率(%):株式時価総額/総資産
            債務償還年数:有利子負債/営業キャッシュ・フロー
            インタレスト・カバレッジ・レシオ:営業キャッシュ・フロー/利払い
        2.いずれも財務数値により計算しております。
        3.株式時価総額は、期末株価数値×期末発行済株式総数により算出しております。
        4.平成18年3月期、平成19年3月期、平成20年3月期、平成21年3月期、平成22年3月期の債務償還年数及びインタレスト・
         カバレッジ・レシオは、有利子負債及び利払いが発生していないため記載しておりません。


 (3) 経営成績の分析
     当事業年度における売上高は5,159,365千円(前年同期比30.3%減)となりました。一方、スタッフ部門の効率化
   を図りながら、募集費用の削減や不急の出費を抑えた結果、販売費及び一般管理費が減少し、営業利益は196,730千
   円(同65.4%減)、経常利益は218,358千円(同62.3%減)となりました。
     これらの結果、当期純利益は97,361千円(同67.3%減)となりました。
     なお、事業部門別の業績は「第2事業の状況1業績等の概要(1)業績」をご参照ください。


 (4) 戦略的現状と見通し
     当社の事業においては、ハードウエアに組み込まれて動作するソフトウエア、ソフトウエアパッケージ等、パソコ
   ンに関連する製品・システムの検証を、体系立ててトータルにサービスすることが、これまでのサービスの中心に
   なっておりました。最近では携帯電話やカメラ、テレビ、オーディオ機器、カーナビゲーション・システム等、従来パ
   ソコンと関連をもたなかった分野の製品・システムにおいても、インターネットの普及と通信のブロードバンド
   化、低コスト化等により、製品・システムのデジタル化が進展しております。
     当社は中期的な経営戦略として、従来からのターゲット分野であるITS分野、携帯電話分野、情報家電分野に、
   引き続き注力してまいります。さらには顧客であるメーカー各社による国際化するものづくりへの対応も不可欠と
   考え、今後も国外への事業展開を推進してまいります。また、近年のデジタル化の進展に伴う新たな分野への開拓を
   進めてまいります。
     一方、システム検証サービスには、IT関連の製品・システムの作り手側のみならず、使い手(ユーザー)側に
   も、大きな需要があります。今後、IT関連の製品・システムのさらなる普及に従って需要が増加していくものと考
   えており、ユーザー側のシステムの保全に関するセキュリティ分野に絞ったサービス等をすすめ、ユーザー動向に
   合わせたサービスを提供してまいります。




                                   16/64
                                                                                      EDINET提出書類
                                                                                 株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                                       有価証券報告書

第3【設備の状況】
 1【設備投資等の概要】
   当事業年度の設備投資の総額は、70,371千円となりました。その主なものは、社内情報システム設備の拡張及びシス
  テム検証サービス用の機器・ソフトウエア等の購入であります。


 2【主要な設備の状況】
  平成22年3月31日現在における主要な事業所の設備、投下資本並びに従業員の配置状況は、次のとおりであります。
                                   帳簿価額(千円)
   事業所名                                             従業員数
            事業部門の名称 設備の内容      工具、器具 リース  ソフト
  (所在地)                                              (人)
                            建物                  合計
                                及び備品  資産  ウエア
本社
               全事業部門共通     本社設備等     59,721    15,245   1,568    99,221    175,756     275
(東京都新宿区)
(注)上記金額には消費税等は含まれておりません。


 3【設備の新設、除却等の計画】
   当社の設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。
   なお、当事業年度末現在における重要な設備の新設等は、次のとおりであります。
 (1)重要な設備の新設等
                                      投資予定金額                    着手及び完了予定年月
   事業所名                                             資金調達                             完成後の
              事業部門別の名称    設備の内容      総額   既支払額
  (所在地)                                              方法                              増加能力
                                                                着手          完了
                                    (千円) (千円)
                                                    増資資金
システム検証センター               検証設備及び研修
              全事業部門共通               414,000    −    及び自己   平成24年4月        平成24年10月    −
(東京都新宿区)                 設備等の新設
                                                    資金
拠点分室          第一事業部                                 増資資金
(都区内、関東、西日本   第二事業部      検証設備の新設    306,000    −    及び自己   平成23年10月       平成24年12月    −
 の3拠点)        西日本事業部                                資金
 (注)1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
    2.完成後の増加能力は業態の特性上判定が困難であるため記載を省略しております。
    3.システム検証センター、拠点分室について着手及び完了予定年月を変更しております。


 (2)重要な設備の除却等
    該当事項はありません。




                                       17/64
                                                                            EDINET提出書類
                                                                       株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                             有価証券報告書

第4【提出会社の状況】
 1【株式等の状況】
  (1)【株式の総数等】
   ①【株式の総数】
             種類                                    発行可能株式総数(株)
   普通株式                                                       64,000
              計                                                 64,000


   ②【発行済株式】
                                                  上場金融商品取引所
        事業年度末現在発行数(株)      提出日現在発行数(株)
  種類                                              名又は登録認可金融            内容
          (平成22年3月31日)      (平成22年6月24日)
                                                  商品取引業協会名
                                                                当社は単元株制
                                                   東京証券取引所
 普通株式             25,797           25,821                       度は採用してお
                                                    (市場第一部)
                                                                りません。
   計              25,797           25,821              −                 −
(注)「提出日現在発行数」欄には、平成22年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により
    発行された株式数は含まれておりません。


    (2)【新株予約権等の状況】
 旧商法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
   平成15年8月22日臨時株主総会決議
                                      事業年度末現在               提出日の前月末現在
                                    (平成22年3月31日)           (平成22年5月31日)
新株予約権の数(個)                               319                    295
新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                          −                  −
新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式                同左
新株予約権の目的となる株式の数(株)                           319                 295
新株予約権の行使時の払込価額(円)                        41,250(注)2、3、7         同左
                                 自平成15年9月1日
新株予約権の行使期間                       至平成22年8月31日                   同左
                                      (注)5
                                 発行価額 41,250
新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
                                 資本組入額 20,625                同左
行価額及び資本組入額(円)
                                    (注)2、3、7
新株予約権の行使の条件                                 (注)4、5              同左
                                 譲渡、質入れその他一切の
新株予約権の譲渡に関する事項                                                  同左
                                 処分は、これを認めない。
代用払込みに関する事項                                   −                  −
組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                      −                  −
(注)1.当社が株式の分割または株式の併合を行う場合、次の算式により目的たる株式の数を調整するものとする。た
      だし、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予約権の目的たる株式の数に
      ついてのみ行われ、調整により生ずる1株未満の端数は切り捨てるものとする。
      調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率




                                 18/64
                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                            有価証券報告書
2.当社が株式の分割または株式の併合を行う場合、次の算式により払込価額を調整し、調整により生ずる1円
   未満の端数は切り上げるものとする。
   調整後払込価額 = 調整前払込価額 ×(1/分割・併合の比率)
3.時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の処分(新株予約権の行使による場合を除く。)を行う場合
   は、次の算式により払込価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げるものとする。
                                 新規発行株式数 × 1株当たりの払込価額
                        既発行株式数 +
                                       1株当たりの時価
   調整後払込価額 = 調整前払込価額 ×
                               既発行株式数 + 新規発行株式数
   なお、上記の算式において「既発行株式数」とは当社の発行済株式総数から当社の保有する自己株式の総数
   を控除した数とし、また自己株式を処分する場合には、「新規発行株式数」を「処分する自己株式数」に読
   み替えるものとする。
4.新株予約権の行使の条件は次のとおりであります。
 (ア)新株予約権者は、権利行使時において、当社の取締役、監査役または従業員の地位を保有していることを
     要する。ただし、任期満了による退任、定年による退任・退職もしくは会社都合によりこれらの地位を
     失った場合その他取締役会が正当な理由があると認めた場合についてはこの限りではない。
 (イ)新株予約権者が死亡した場合は、相続人がこれを行使することができるものとする。ただし、「新株予約
     権割当契約書」に定める条件による。
 (ウ)新株予約権の譲渡、質入れその他一切の処分はこれを認めない。
 (エ)その他の条件については「新株予約権割当契約書」に定めるところによる。
5.新株予約権の行使期間にかかわらず、新株予約権の割当てを受けた者は、当社の株式が日本国内の証券取引
   所に上場され、または日本証券業協会に店頭上場した日から6ヶ月間は新株予約権を行使することができな
  いものとする。
6.新株予約権1個当たりの目的となる株式数は、1株であります。
7.平成15年8月26日開催の取締役会決議に基づき、平成15年9月16日付をもって普通株式1株を2株に株式分
  割しております。また、平成15年12月9日開催の取締役会決議に基づき、平成16年2月20日付をもって平成15
  年12月31日の最終株主名簿に記載された株主の所有株式1株を4株に分割しております。これらにより、新
  株予約権の数は149個から1,192個に、新株予約権の目的となる株式の数は149株から1,192株に、発行価額は
  330,000円から41,250円に、資本組入額は165,000円から20,625円に、新株予約権の行使時の払込価額は
  330,000円から41,250円にそれぞれ調整されております。




                            19/64
                                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                                株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                                                      有価証券報告書
     (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
          平成22年2月1日以降に開始する事業年度に係る有価証券報告書から適用されるため、記載事項はありま
         せん。

     (4)【ライツプランの内容】
         該当事項はありません。


  (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】
            発行済株式総
                     発行済株式総                資本金増減額            資本金残高         資本準備金増             資本準備金残
    年月日     数増減数
                     数残高(株)                 (千円)              (千円)         減額(千円)             高(千円)
              (株)
平成17年4月1日
∼平成18年3月31日      201    23,804                     4,145         368,382            4,145           352,132
   (注)1
平成18年4月1日
∼平成19年3月31日          121         23,925            2,495         370,878            2,495           354,628
   (注)1
    平成19年12月20日
                   1,500         25,425       407,632            778,510        407,632             762,260
      (注)2
 平成19年4月1日
∼平成20年3月31日           38         25,463               783        779,294              783           763,044
   (注)1
 平成20年4月1日
∼平成21年3月31日           80         25,543            1,650         780,944            1,650           764,694
   (注)1
 平成21年4月1日
∼平成22年3月31日          254         25,797            5,238         786,183            5,238           769,933
   (注)1
    (注)1.新株予約権の行使による増加であります。
       2.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
         発行株数1,500株
         発行価額579,500円
         引受価額543,510円
         発行価額543,510円
         資本組入額271,755円
         払込金総額815,265,000円
       3.平成22年4月1日から平成22年5月31日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が24株、資本
         金及び資本準備金がそれぞれ495千円増加しております。


     (6)【所有者別状況】
                                                                                     平成22年3月31日現在
                                                        株式の状況
                   政府及び                                            外国法人等
         区分                               金融商品        その他
                   地方公共        金融機関                                                  個人その他            計
                                          取引業者        の法人        個人以外      個人
                   団体
株主数(人)                     −       21         19            23       13         1           2,161      2,238
所有株式数(株)                   −    1,374        145       14,625     2,279         3           7,371     25,797
所有株式数の割合(%)                −     5.33       0.56        56.69      8.84     0.01            28.57         100




                                              20/64
                                                                          EDINET提出書類
                                                                     株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                           有価証券報告書


 (7)【大株主の状況】
                                                                 平成22年3月31日現在
                                                                  発行済株式総数に
                                                         所有株式数
     氏名又は名称                            住所                         対する所有株式数
                                                          (株)
                                                                  の割合(%)
株式会社CSKホールディングス      東京都港区南青山2丁目26-1                      14,500       56.21
メロン バンク エヌエー トリ
                     ONE MELLON BANK CENTER,
ーテイークライアント オムニバ
                     PITTSBURGH,PENNSYLVANIA               2,000       7.75
ス (常任代理人 株式会社三菱
                     (東京都千代田区丸の内2丁目7-1)
東京UFJ銀行決済事業部)
ベリサーブ従業員持株会          東京都新宿区西新宿6丁目24-1                      1,099       4.26
日本トラスティ・サービス信託銀
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                         599       2.32
行株式会社(信託口)
浅井清孝                東京都稲城市                                  500       1.94
ビーエヌピーパリバセキュリ
ティーズサービスルクセンブル      23,AVENUE DE LA PORTE NEUVEL-2085
グジャスデックセキュリティー      LUXEMBOURG                              218       0.85
ズ(常任代理人香港上海銀行東     (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
京支店カストディ業務部)
日本マスタートラスト信託銀行株
                     東京都港区浜松町2丁目11-3                         177       0.69
式会社(信託口)
加藤一夫                 千葉県柏市                                   130       0.50
岩崎泰次                静岡県静岡市                                  106       0.41
日本トラスティ・サービス信託銀
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                          81       0.31
行株式会社(信託口6)
         計                              −                 19,410      75.24
(注)1.上記所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は次のとおりであります。
    日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)518株
    日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)175株
   2.エフエムアールエルエルシー(FMR LLC)から平成21年11月19日付の大量保有報告書の写しの送付があり、
    平成21年11月13日現在で2,000株を保有している旨の報告を受けておりますが、株主名簿の記載内容が確認で
    きないため、当社として実質所有株式数の確認ができません。
      なお、エフエムアールエルエルシーの大量保有報告書の写しの内容は以下のとおりであります。
                                                 保有株券等    株券等保有割合
     氏名又は名称                            住所
                                                 の数(株)      (%)
                    82 DEVONSHIRE STREET,BOSTON,
エフエムアールエルエルシー                                    2,000       7.76
                    MASSACHUSETTS 02109,USA




                                         21/64
                                                                           EDINET提出書類
                                                                      株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                            有価証券報告書
(8)【議決権の状況】
 ①【発行済株式】
                                                                平成22年3月31日現在
           区分             株式数(株)                議決権の数(個)            内容
無議決権株式                      −                       −                −
議決権制限株式(自己株式等)                 −                   −                 −
議決権制限株式(その他)                   −                   −                 −
完全議決権株式(自己株式等)                 −                   −                 −
完全議決権株式(その他)              普通株式25,797                  25,797        −
単元未満株式                         −                   −                 −
発行済株式総数                            25,797          −                 −
総株主の議決権                        −                       25,797        −


 ②【自己株式等】
                                                                 平成22年3月31日現在
                                                                発行済株式総数に対す
                         自己名義所有       他人名義所有      所有株式数の
所有者の氏名又は名称      所有者の住所                                          る所有株式数の割合
                         株式数(株)       株式数(株)      合計(株)
                                                                     (%)
       −          −        −                −           −             −
       計          −        −                −           −            −


(9)【ストックオプション制度の内容】
   当社は、ストックオプション制度を採用しております。当該制度は、旧商法に基づき新株予約権を発行する方法
  によるものであります。
   当該制度の内容は、以下のとおりであります。


   平成15年8月22日臨時株主総会決議
決議年月日                                平成15年8月22日
                                     当社取締役6名、及び監査役1名
付与対象者の区分及び人数
                                     当社従業員56名
新株予約権の目的となる株式の種類                     「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
株式の数                                 同上
新株予約権の行使時の払込金額                       同上
新株予約権の行使期間                           同上
新株予約権の行使の条件                          同上
新株予約権の譲渡に関する事項                       同上
代用払込みに関する事項                                                 −
組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                    −


2【自己株式の取得等の状況】
  【株式の種類等】該当事項はありません。


 (1) 【株主総会決議による取得の状況】
      該当事項はありません。


 (2) 【取締役会決議による取得の状況】
      該当事項はありません。


 (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
      該当事項はありません。


 (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
      該当事項はありません。


3【配当政策】


                                    22/64
                                                                                               EDINET提出書類
                                                                                          株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                                                有価証券報告書
    当社は、株主の皆様方に対する利益還元を重要な経営課題のひとつと認識しており、安定的な経営基盤の確保
   ならびに事業展開のための内部留保を勘案しながら、利益還元策を実施していくことを基本方針としておりま
   す。これら剰余金の配当につきましては、定款に期末配当ならびに中間配当の年2回を定めております。その決
   議機関といたしましては、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
    内部留保金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、今まで以上のコスト競争力を高
   め、市場ニーズに応える技術力・サービス体制の強化を行い、さらにはグローバル対応をすすめるために有効投
   資してまいりたいと考えております。
    このような基本方針のもと、当社は今後も成長を継続させ企業価値向上に努めていく一方、中長期的視点で当社
   株式を保有しておられる株主の皆様への利益還元として、業績に応じた配当を実施していく考えであります。
    具体的な指標といたしましては、株主の皆様から預託された資本に対するリターンという観点から、株主資本
   配当率(DOE(注))を基本として、業績に応じた安定的かつ継続的な株主還元を目指してまいります。
    当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                            配当金の総額                     1株当たり配当額
          決議年月日
                             (千円)                         (円)
        平成21年10月29日
                                        12,894                         500
         取締役会決議
        平成22年6月24日
                                        38,695                       1,500
        定時株主総会決議
    (注)株主資本配当率(DOE:Dividend On Equity ratio)
    =配当金総額 /(前事業年度末・当事業年度末平均の株主資本)× 100


4【株価の推移】
  (1)最近5年間の事業年度別最高・最低株価
  回次       第5期        第6期                      第7期                     第8期               第9期
 決算年月    平成18年3月    平成19年3月                  平成20年3月                 平成21年3月           平成22年3月
最高(円)       947,000    722,000                  644,000                 368,000           233,000
最低(円)         443,000         282,000                291,000             102,300           125,500
(注)1.最高・最低株価は、東京証券取引所マザーズ及び東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
   2.当社株式は、平成19年12月21日付をもって東京証券取引所マザーズから市場第一部へ市場変更しておりま
     す。


 (2)最近6月間の月別最高・最低株価
 月別    平成21年10月  平成21年11月          平成21年12月            平成22年1月          平成22年2月         平成22年3月
最高(円)    233,000   227,000           231,900             209,900          202,700         197,000
最低(円)       170,000     181,200          201,000           194,000           183,500       181,800
(注)最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。




                                             23/64
                                                                               EDINET提出書類
                                                                          株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                                有価証券報告書
    5【役員の状況】

                                                                            所有株式数
    役名    職名      氏名         生年月日                   略歴               任期
                                                                             (株)
                                        昭和52年4月 コンピューターサービス株式会社
                                                 (現株式会社CSKホールディン
                                                 グス)入社
取締役社長
                                        平成6年6月 同社取締役
(代表取締            浅井清孝    昭和28年6月21日生                               (注)4        500
                                        平成12年7月 同社取締役検証サービス事業部長
役)
                                        平成13年7月 当社設立代表取締役社長(現任)
                                        平成22年4月 百力服軟件測試(上海)有限公司董
                                                 事長(現任)
                                        昭和57年4月 株式会社第一勧業銀行(現株式会
                                                社みずほ銀行)入社
                                        昭和61年11月 株式会社CSK(現株式会社CS
                                                 Kホールディングス)入社
                                        平成14年4月 同社総務本部長
                                        平成16年2月 株式会社CSKビジネスサービス
                                                 (現株式会社CSKアドミニスト
                                                 レーションサービス)代表取締役社
                                                長
                                        平成16年6月 日本フィッツ株式会社(現株式会
                                                社CSKシステムズ)常務取締役
                                        平成16年6月 フィナンシャル・システムサービス
取締役      管理本部長   日髙博美    昭和33年2月2日生             ・プロバイダ株式会社(現株式会 (注)4           −
                                                 社CSK証券サービス)代表取締役
                                                社長
                                        平成17年4月 株式会社CSK証券サービス常務取
                                                締役
                                        平成17年9月 株式会社エイ・エヌ・テイ(現株
                                                 式会社CSKWinテクノロジ)
                                                 常務執行役員
                                        平成20年6月 当社取締役
                                        平成20年7月 当社取締役常務執行役員人事・総務
                                                 統括部長
                                        平成20年10月 当社取締役常務執行役員管理本部長
                                                 (現任)
                                        昭和60年4月 コンピューターサービス株式会社
                                                (現株式会社CSKホールディン
                                                グス)入社
                                        平成13年4月 同社検証サービス事業部個別検証営
                                               業所長
                                      平成13年8月 当社出向システム検証サービス部
                                               長
取締役      事業本部長   加治屋知和   昭和35年9月22日生 平成14年2月 当社転籍システム検証サービス部 (注)4              40
                                               長
                                      平成14年4月 当社システム検証事業部長
                                      平成15年6月 当社取締役システム検証事業部長
                                      平成20年7月 当社取締役常務執行役員システム検
                                               証第一事業部長
                                      平成20年10月 当社取締役常務執行役員事業本部長
                                               (現任)




                                         24/64
                                                                             EDINET提出書類
                                                                        株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                              有価証券報告書
                                                                          所有株式数
    役名    職名      氏名       生年月日                   略歴               任期
                                                                           (株)
                                      昭和53年4月 コンピューターサービス株式会社
                                              (現株式会社CSKホールディン
                                             グス)入社
                                      平成3年4月 スーパーソフトウェア株式会社出向
                                             経理部長
                                      平成4年6月 同社取締役管理サービス部長
                                      平成6年4月 CSI株式会社(現株式会社CS
                                             Iソリューションズ)入社営業推
         管理本部経                               進部担当部長
取締役      理・広報I   髙橋 豊   昭和30年6月22日生 平成12年6月 同社常勤監査役              (注)4        80
         R統括部長                        平成14年10月 株式会社CSK(現株式会社CS
                                               Kホールディングス)入社
                                      平成15年5月 同社グループ戦略本部グループ経営
                                              企画部長
                                      平成15年6月 当社取締役
                                      平成15年10月 当社取締役経理部長兼事業推進室長
                                      平成20年7月 当社取締役執行役員経理統括部長
                                      平成21年4月 当社取締役執行役員管理本部経理・
                                               広報IR統括部長(現任)
                                      昭和56年4月 コンピューターサービス株式会社
                                              (現株式会社CSKホールディン
                                              グス)入社
                                      平成3年12月 CSKベンチャーキャピタル株式会
                                              社出向取締役
                                      平成14年4月 株式会社CSK(現株式会社CS
                                              Kホールディングス)経理本部長
                                      平成15年6月 当社監査役
                                      平成16年4月 株式会社CSK(現株式会社CS
                                              Kホールディングス)執行役員経理
                                              部長兼事業経理部長
                                      平成18年4月 同社執行役員経理部長兼内部統制推
                                              進室長
                                      平成20年6月 コスモ証券株式会社専務取締役
                                      平成21年1月 株式会社CSKホールディングス
                                              常務執行役員
                                      平成21年6月 コスモ証券株式会社取締役
取締役              熊崎龍安   昭和33年5月2日生                            (注)4           −
                                      平成21年9月 株式会社CSKホールディングス取
                                               締役常務執行役員財務・経理管掌兼
                                               再生本部長
                                              株式会社CSK CHINA COR
                                              PORATION代表取締役社長
                                              (現任)
                                      平成22年3月 株式会社CSKホールディングス
                                              取締役常務執行役員(現任)
                                              株式会社CSKアドミニストレー
                                              ションサービス 代表取締役社長
                                              (現任)
                                      平成22年6月 当社取締役(現任)
                                      (他の法人等の代表状況)
                                      株式会社CSK CHINA CORPORATI
                                      ON 代表取締役社長
                                      株式会社CSKアドミニストレーションサービス
                                      代表取締役社長





                                       25/64
                                                                             EDINET提出書類
                                                                        株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                              有価証券報告書
                                                                          所有株式数
 役名         職名    氏名        生年月日                   略歴              任期
                                                                           (株)
                                       平成8年4月 住友商事株式会社入社
                                       平成17年4月 住商オートインベストメント株式会
                                                社取締役兼マネージングディレク
                                                ター
                                       平成19年9月 ウイルプラスホールディングス株式
                                               会社取締役(現任)
                                       平成20年1月 メディア・キャピタル・パートナー
                                               ズ株式会社取締役
                                       平成20年7月 福岡クライスラー株式会社取締役
        
取締役              堀江聡寧   昭和47年9月29日生           (現任)               (注)4        −
        
                                       平成21年1月 アント・コーポレートアドバイザ
                                               リー株式会社(現ACA株式会社)
                                               マネージング・パートナー(現任)
                                       平成21年4月 株式会社ウィーヴ取締役(現任)
                                       平成21年8月 合同会社ACAインベストメンツ職
                                               務執行者(現任)
                                       平成21年9月 株式会社CSKホールディングス取
                                               締役(現任)
                                       平成22年6月 当社取締役(現任)
                                       平成3年4月警察庁入庁
                                       平成5年1月警察大学校助教授
                                       平成8年7月神奈川県警察本部警備部外事課長
                                       平成10年7月 警察庁警備局外事課課長補佐
                                       平成16年10月第二東京弁護士会弁護士登録
                                                国広総合法律事務所入所
        
取締役              芝昭彦    昭和42年3月30日生 平成19年5月アキューブ株式会社取締役        (注)4        −
        
                                     平成22年4月芝経営法律事務所代表(現任)
                                       平成22年5月フクダ電子株式会社監査役(現任)
                                               
                                       平成22年6月 当社取締役(現任)
                                       (他の法人等の代表状況)
                                       芝経営法律事務所代表者
                                       昭和52年4月 スタンレー電気株式会社入社
                                       平成元年3月 株式会社CSK(現株式会社CS
                                              Kホールディングス)入社
                                       平成3年4月 同社監査室長
                                       平成14年6月 CSKネットワークシステムズ株式
                                               会社取締役
常勤監査役            角田善弘   昭和29年8月21日生 平成15年6月 同社取締役人事総務本部長         (注)3        −
                                     平成16年4月 株式会社CSK(現株式会社CS
                                             Kホールディングス)グループ管理
                                             部理事
                                     平成16年6月 株式会社CSK証券サービス常勤監
                                             査役
                                     平成20年6月 当社常勤監査役(現任)
                                     昭和51年10月 監査法人中央会計事務所入所
                                     昭和57年8月 公認会計士登録
                                     昭和60年3月 梶原公認会計士事務所代表(現任)
監査役              梶原岳男   昭和28年4月30日生                              (注)2        −
                                     平成19年6月 当社監査役(現任)
                                     (他の法人等の代表状況)
                                     梶原公認会計士事務所代表者




                                        26/64
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                                      有価証券報告書
                                                                                  所有株式数
 役名     職名           氏名       生年月日                      略歴                 任期
                                                                                   (株)
                                          昭和62年4月 株式会社CSK(現株式会社CS
                                                  Kホールディングス)入社
                                          平成14年9月 同社経営企画室部門長
                                          平成15年6月 同社総合企画部部門長
                                          平成16年3月 同社総合企画部課長
監査役                清水康司   昭和37年7月24日生                                 (注)3              −
                                          平成17年2月 同社総合企画部長
                                          平成20年4月 同社執行役員経理部長
                                          平成20年6月 当社監査役(現任)
                                          平成21年4月 株式会社CSKホールディングス執
                                                  行役員財務担当部長(現任)
                                                        計                             620
(注)1.監査役梶原岳男氏、清水康司氏は、会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。
   2.平成19年6月22日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
   3.平成20年6月24日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
   4.平成22年6月24日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
   5.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第2項に定める補欠監査役
     1名を選任しております。
     補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                                            所有株式数
              氏名              生年月日                      略歴
                                                                             (株)
                                          昭和58年4月 コンピューターサービス株式会社(現
                                                  株式会社CSKホールディングス)
                                                   入社
                                                   ビジネスエクステンション株式会社出
                                                 向
                                          平成7年2月 株式会社CSK(現 株式会社CSK
                                                   ホールディングス)テクノロジー事業
                                                   本部インターネット事業部ディジタル
             川名智雄         昭和35年11月26日生                                                  −
                                                  出版部部門長
                                          平成13年4月 エスイーバンク株式会社出向取締役
                                          平成14年4月 株式会社CSK(現 株式会社CSK
                                                  ホールディングス)教育サービス事業
                                                  部LMS/BPO推進部部門長
                                          平成16年4月 同社法務部コンプライアンス推進課長
                                          平成20年4月 同社法務部長
                                          平成21年9月 同社監査室長(現任)


(ご参考)
  当社は、経営と業務執行を分離し、業務執行の迅速化を行いコンプライアンスを強化するとともに、経営により監督
 機能の強化を目的に平成20年7月1日より組織変更し執行役員体制に移行しております。
  当有価証券報告書提出日現在における執行役員は次のとおりであります。
                                                                                    注記
                     役名                            職名                 氏名
                                                                                    番号
      常務執行役員                         管理本部長                     日髙博美                  ※
      常務執行役員                         事業本部長                     加治屋知和                 ※
      執行役員                           管理本部経理・広報IR統括部長           髙橋豊                  ※
      執行役員                           営業本部長                     曽根正彦
      執行役員                           事業開発本部長                   松下悦夫
      (注)※を付した執行役員は取締役を兼任しております。




                                           27/64
                                                       EDINET提出書類
                                                  株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                        有価証券報告書
6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
(1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
 コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
   当社は、経営上のリスク管理が適切、相当の水準で実行できている状況下で生み出される「利益」こそが「株
  主」の期待するものであり、「企業は永遠」であるための必要十分条件と考えております。
  「公正さ」「公平さ」「迅速性」「適法性」「透明性」「情報開示力」等のキーワードを日々の業務の中で、全
  役職員に周知徹底し、具体的に組織運営を通じて実行された結果としての「利益」と「継続的な成長」をまさに
  株主は期待していると考えております。当社はこれに応える責務を負っていると認識しております。


 ① 企業統治の体制
  (ⅰ)企業統治の体制の概要
       当社は監査役制度を採用しております。本書提出日現在では取締役7名、監査役3名であり、取締役7名の
     うち3名は社外取締役、監査役3名のうち2名は社外監査役となっております。
       当社のガバナンス体制につきましては株主総会を頂点とし、取締役会、監査役会、会計監査人で構成されて
     おります。当該体制は、当社の事業規模等を勘案し採用しているもので、それぞれの役割を果たすことで、
     コーポレートガバナンスが有効に機能するものと考えております。
       取締役並びに監査役の員数は定款に定められており、取締役15名以内、監査役4名以内としております。ま
     た、当社では取締役会の意思決定・監督機能と業務執行機能を分離し、権限と責任の明確化を図ることを目
     的として、執行役員制度を導入しております
       当該体制の概要は下記の模式図をご参照ください。




     <取締役会>
     原則として、毎月1回の取締役会を開催しており、必要に応じて臨時取締役会を適宜開催しております。取
    締役会には監査役も毎回出席し、取締役の業務の執行状況を監視しております。


     <経営会議>
     業務執行にかかわる運営については、経営会議を中心として運営しております。月2回以上経営会議を開
    催・運営しており、当社「決裁権限規程」等に基づく議案等について迅速かつ適切な審議を行っておりま
    す。




                           28/64
                                                      EDINET提出書類
                                                 株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                       有価証券報告書
   <監査役及び監査役会>
   監査役は、取締役会への出席、稟議書等決裁書類の閲覧、役職員からの聴取などを通じ、取締役会の意思決
  定過程及び取締役の職務の執行状況、内部統制の状況について監査しております。こうした監査役独自の活
  動から監査役会に出席し、監査役それぞれから意見交換を行っております。監査役会は、原則毎月定期的に開
  催しており、必要に応じて臨時監査役会を適宜開催しております。


(ⅱ)内部統制システムの整備の状況
     内部統制については、統制組織及び統制手段を相互に結びつけ内部統制が作用する仕組みを構築しており
   ます。また、平成18年5月に「内部統制システムに関する基本方針」を定めております。
     統制手段としては、社内規程・内規等の整備を図り、業務実施に際しての適正な管理等を行うとともに、監
   査役会、会計監査人及び内部監査部門が監査を実施し、三様監査の体制を適切な水準に維持するよう努めて
   おります。


(ⅲ)内部監査及び監査役監査の状況
     内部監査は、内部監査規程に基づき内部監査部門が定期的に各部門の業務監査を行っており、また会計監
   査人による監査講評会に出席しております。当事業年度末における内部監査部門は2名であります。当該部
   門では、年度毎に監査計画を策定し、社内の各部門に対して内部監査を実施しております。また金融商品取引
   法に定められる「財務報告に係る内部統制」の各プロセスにおける独立的評価手続きを担い、経営者に報告
   を行っております。
     平成19年6月22日開催の第6回定時株主総会において、定款の一部変更が決議され、当社は監査役会を設
   置いたしました。監査役会は、社外監査役2名(うち1名は公認会計士)を含む3名で構成されており、監査
   役会が定めた監査計画に従い監査を実施しております。
   法令遵守体制及び内部統制システムの整備・運用状況等については、監査役が取締役会等の重要な会議へ
  出席することや重要な書類等の閲覧、取締役等の職務執行状況の聴取を通じて監査を実施しております。ま
  た監査役会・会計監査人・内部監査部門間において、情報共有化や意見交換等の相互連携を適宜行ってお
  り、監査の効率的実施と一層の有効化を図っております。


(ⅳ)会計監査の状況
     当社は、平成19年6月22日開催の第6回定時株主総会において、会計監査人を置く旨を決議し、会計監査人
   として新日本監査法人(現新日本有限責任監査法人)を選任しており、決算監査及び期中監査を通じて会
   計監査を受けております。監査終了後、監査講評会を開催し、取締役会、監査役会への報告を実施しておりま
   す。加えて、重要な会計的課題等については、随時相談・検討を実施しております。
     当社監査を実施した指定社員・業務執行社員は、公認会計士の古谷伸太郎氏及び菅田裕之氏であり、会計
   監査業務に係る補助者は、公認会計士4名、その他8名が監査業務に携わっております。また当社における継
   続監査年数は7年以下のため、記載は省略しております。

(ⅴ)社外取締役及び社外監査役との関係
     当社の社外役員につきましては、社外取締役3名、社外監査役2名となっております。当社では社外取締役
   は選任しておりませんでしたが、平成22年6月24日開催の第9回定時株主総会で社外取締役3名を選任して
   おります。
   当社の社外役員選任の方針といたしましては、当社経営の透明性が確保され、公正・公平な判断のもと、適
  法に企業運営が行われていることを社外役員の立場から客観的に評価いただける能力、すなわち専門的な見
  識や経験、実績及び人格等を有されている人物を選任しております。
   社外取締役の熊崎龍安氏は株式会社CSKホールディングスの取締役常務執行役員、堀江聡寧氏は同社の
  取締役の職にあります。また、社外監査役の清水康司氏は同社の執行役員の職にあります。同社は当社株式の
  議決権比率50%超を保有する親会社でありますが、それぞれ個人が直接利害関係を有するものではなく、そ
  れぞれの資質に基づき、役員就任を依頼しております。熊崎氏、清水氏については、経理や財務部門に長年属
  され、その実務経験や知識などから当社経営に資する助言をいただけるものと考え、堀江氏については、幅広
  い業種の会社役員としての様々な経験、知識から助言をいただくことができる点を評価し、それぞれを選任
  しております。
   社外取締役の芝昭彦氏は、会社経営に直接関与された経験はないものの、警察庁より弁護士に転じられた
  後、企業法務を中心に弁護士活動を行われており、当社のリスク管理やコンプライアンスなどに助言をいた
  だけるものと考えております。同氏が代表を務める芝経営法律事務所とは、特別利害関係はありません。
   社外監査役の梶原岳男氏につきましては、梶原公認会計士事務所の代表者であり公認会計士の資格を有し
  ており、財務・会計の専門的見地からご意見、助言をいただくことで、当社経営に資するものと考え、選任し
  ております。なお、同事務所との特別利害関係はありません。
   芝氏、梶原氏につきましては、親会社との関係性も希薄であり、一般株主から見て利益相反を起こす可能性
                         29/64
                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                           有価証券報告書
   が低いとの考えから、当社は両名を独立役員に指定しております。
    当事業年度における社外監査役の活動状況は下記の通りであります。
                         取締役会(15回開催)         監査役会(14回開催)
       区分       氏名
                       出席回数(回)    出席率(%)   出席回数(回)   出席率(%)
     社外監査役     梶原岳男      15        100       14       100
     社外監査役     清水康司      13         86       14       100


 (ⅵ)取締役の選任の決議要件
      当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することのできる株主の議決権の3分の1以上を有す
    る株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また取締役の選任決議は累積投票によらないものと
    する旨を定款に定めております。


 (ⅶ)取締役会で決議をすることのできる株主総会決議事項
      当社は、資本政策を機動的に行うために、会社法第454条第5項の規定による剰余金の配当(中間配当)及
    び会社法第165条第2項の規定による市場取引等による自己株式の取得を取締役会の決議により行うことが
    できる旨を定款に定めております。


 (ⅷ)社外取締役及び社外監査役との責任限定契約について
      当社は、社外取締役及び社外監査役が期待される役割を十分発揮でき、また優秀な人材を招聘できるよう
    会社法第427条第1項の責任限定契約を締結できる旨を定款に定めております。なお当該契約に基づく賠償
    責任限度額は、法令に定める最低責任限度額としております。責任限定契約については、社外取締役の芝氏、
   社外監査役の梶原氏と締結しております。


② リスク管理体制の整備の状況
   事業等のリスクにつきましては、法務部門が主管となり定期的に事業等のリスクを把握し、リスク・コンプラ
 イアンス委員会にはかり、リスクコントロールに努めております。また、内部者取引等を防止するため、当社は取
 締役会等で決定した事項や各部署で把握した事項のうち、金融商品取引法及び株式会社東京証券取引所の関係規
 則により開示が要求される重要情報、ならびに投資判断に影響を与えると思われる情報(①決定事実に関する情
 報②決算に関する情報③発生事実に関する情報)などについては、適時・適切な開示活動に努めております。
 当該プロセスについては下記のようなプロセスであります。




                                                  
  当該情報は、その取扱について「機密情報管理規程」ならびに「内部者取引防止規程」に基づき情報管理を徹
 底し、情報の漏洩を防止するとともに、問い合わせ責任者を情報取扱責任者として一元的に集約し、把握するよう

                          30/64
                                                  EDINET提出書類
                                             株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                   有価証券報告書
に努めており、適宜必要な会議等に諮り、意思決定しております。
 また、当該情報の開示に際しては、「公平」「公正」かつ「正確」な情報開示を「迅速」かつ「適法」に行う
ことを旨としており、必要に応じ適宜、会計監査人、顧問弁護士ならびに当社を連結対象とする親会社CSKホー
ルディングス及び主幹事証券会社等より助言を受ける場合があります。
 加えて、内部者取引防止委員会においては、役職員による当社、CSKグループ企業、顧客企業の株式等の売買
に関する事前チェックを実施しているほか、積極的な啓発、教育を行いインサイダー取引の防止に努めておりま
す。


 コンプライアンスに関連した具体的取り組みとして、全役員、従業員に対して、CSKグループ全体の法令遵守
・企業倫理に関する統一基準を定めた「CSKグループ企業行動憲章」「CSKグループ役員社員行動基準」
を平成16年4月より施行しております。


 当社及び顧客企業の機密情報の管理徹底と個人情報の適切な保護を目的に、規定の整備や機密情報管理委員会
を設置し、規定等の整備や機密情報ならびに個人情報の取扱方法等を徹底し、その教育・啓発を進めております。
 また、法令及び企業倫理を徹底するため、リスク・コンプライアンス委員会を設置し、実効性を確保するため、
コンプライアンスに関連した問題が発生した場合、報告・情報を適切に収集できるように「ヘルプライン制度」
の運用を開始する等、不測の事態に迅速に対応できる体制の整備に努めております。




                       31/64
                                                                  EDINET提出書類
                                                             株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                   有価証券報告書
  ③ 役員報酬等
    イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(千円)              対象となる
               報酬等の総額
     役員区分                                                    役員の員数
                                   ストック
                (千円)     基本報酬             賞与    退職慰労金
                                                              (人)
                                  オプション
取締役               75,476  75,476      −      −      −             6
監査役
                    13,002   13,002           −    −     −         1
(社外監査役を除く。)
社外役員                 3,600    3,600           −    −     −         2
       (注)1.上記には、平成21年6月24日開催の第8回定時株主総会終結の時をもって退任した取締役1名、お
            よび期中に辞任した取締役1名を含んでおります。
          2.役員ごとの報酬等の総額につきましては、1億円以上を支給している役員はおりませんので、記載
            を省略しております。
          3.使用人兼務取締役の使用人給与につきましては、重要な該当事項はありません。


   ロ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
     役員の報酬については、報酬等の限度額を株主総会の決議により取締役及び監査役それぞれについて決定い
    ただいております。本書提出日現在、取締役については平成19年6月22日開催の第6回定時株主総会において、
    年額200百万円以内(ただし、使用人分給与は含まない。)と決議いただいております。また監査役については
    同株主総会において年額30百万円以内と決議いただいております。各取締役及び監査役の報酬額の算定につい
    ては、当社の内規に定められており、それに沿って決定しております。具体的には、取締役については取締役会
    の決議により決定し、監査役については監査役の協議により決定しております。


  ④ 株式の保有状況
   イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数および貸借対照表計上額の合計額
      該当事項はありません。


   ロ.保有目的が純投資以外の目的である投資株式の銘柄、株式数、貸借対照表計上額および保有目的
     該当事項はありません。


   ハ.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度および当事業年度における貸借対照表計上額の合計額
     ならびに当事業年度における受取配当金、売却損益および評価損益の合計額
     該当事項はありません。


 (2)【監査報酬の内容等】
  ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
            前事業年度                                  当事業年度
監査証明業務に基づく報酬    非監査業務に基づく報酬            監査証明業務に基づく報酬    非監査業務に基づく報酬
    (千円)            (千円)                   (千円)            (千円)
         27,300           −                     26,928           −


  ②【その他重要な報酬の内容】
    該当事項はありません。


  ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】
    該当事項はありません。


  ④【監査報酬の決定方針】
    当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針といたしましては、過去の実績及び当社の特性等から監
    査証明業務(内部統制監査に係るものを含む。)に係る業務量を合理的に見積り、適切に決定しております。




                                      32/64
                                                         EDINET提出書類
                                                    株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                          有価証券報告書

第5【経理の状況】
1.財務諸表の作成方法について
  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務
 諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
  なお、前事業年度(平成20年4月1日から平成21年3月31日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当事業年
 度(平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。


2.監査証明について
  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(平成20年4月1日から平成21年3月31日
 まで)及び当事業年度(平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)の財務諸表について、新日本有限責任監査法
 人により監査を受けております。


3.連結財務諸表について
  当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。


4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組について
  当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、公益財団法人財務会計
 基準機構へ加入しており、会計基準等の内容を適切に把握し、または会計基準等の変更等について的確に対応するこ
 とができる体制を整備しております。




                            33/64
                                                              EDINET提出書類
                                                         株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                               有価証券報告書

1【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
 ①【貸借対照表】
                                                        (単位:千円)

                            前事業年度                  当事業年度
                         (平成21年3月31日)           (平成22年3月31日)
資産の部
 流動資産
   現金及び預金                         3,560,333              3,650,038
   売掛金                            1,006,403                883,946
   仕掛品                                   −                   8,332
   前払費用                              40,492                 43,817
   繰延税金資産                            86,119                113,074
   その他                               16,408                 18,118
  流動資産合計                          4,709,757              4,717,328
 固定資産
  有形固定資産
    建物                              134,789                134,789
                                   △39,941                △56,176
      減価償却累計額
        建物(純額)                       94,848                 78,613
    工具、器具及び備品                       64,979                 74,276
                                   △49,753                △57,165
     減価償却累計額
        工具、器具及び備品(純額)                15,226                 17,110
    リース資産                            3,584                  3,584
                                     △672                  △2,016
     減価償却累計額
        リース資産(純額)                       2,912                  1,568
    有形固定資産合計                        112,986                 97,292
  無形固定資産
   商標権                                  183                    330
   ソフトウエア                            75,054                 99,842
   電話加入権                                396                    396
    無形固定資産合計                         75,633                100,569
  投資その他の資産
   前払年金費用                            25,131                 10,492
   繰延税金資産                               212                  3,838
   敷金及び保証金                          187,547                187,956
   その他                                   66                  2,035
    投資その他の資産合計                      212,958                204,323
  固定資産合計                            401,578                402,185
 資産合計                             5,111,336              5,119,513




                        34/64
                                                     EDINET提出書類
                                                株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                      有価証券報告書
                                               (単位:千円)

                   前事業年度                  当事業年度
                (平成21年3月31日)           (平成22年3月31日)
負債の部
 流動負債
   買掛金                    236,615                172,605
   リース債務                    1,411                  1,411
   未払金                     21,110                 14,387
   未払費用                    88,574                 99,760
   未払法人税等                  57,701                 40,085
   未払消費税等                   9,006                  8,373
   預り金                     12,664                 12,150
   賞与引当金                  176,000                220,000
   その他                        933                    974
  流動負債合計                  604,018                569,748
 固定負債
  リース債務                        1,646                    235
  役員退職慰労引当金                    3,200                  3,200
  固定負債合計                       4,846                  3,435
 負債合計                     608,864                573,183
純資産の部
 株主資本
   資本金                    780,944                786,183
   資本剰余金
    資本準備金                 764,694                769,933
    資本剰余金合計               764,694                769,933
  利益剰余金
   その他利益剰余金
     繰越利益剰余金             2,956,832              2,990,213
    利益剰余金合計              2,956,832              2,990,213
  株主資本合計                 4,502,471              4,546,330
 純資産合計                   4,502,471              4,546,330
負債純資産合計                  5,111,336              5,119,513




               35/64
                                                             EDINET提出書類
                                                        株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                              有価証券報告書

 ②【損益計算書】
                                                        (単位:千円)

                     前事業年度                       当事業年度
                 (自平成20年4月1日                (自平成21年4月1日
                至平成21年3月31日)              至平成22年3月31日)
売上高                          7,402,607                   5,159,365
売上原価                         5,240,547                   3,683,243
売上総利益                        2,162,060                   1,476,121
販売費及び一般管理費
 役員報酬                          123,030                      92,078
 従業員給与・賞与                      526,713                     439,238
 法定福利費                          59,880                      41,273
 賞与引当金繰入額                       52,895                      51,035
 退職給付費用                         21,079                      27,848
 業務委託料                         120,966                      68,612
 顧問料                            65,106                      63,409
 支払手数料                          41,460                      31,619
 旅費及び交通費                        32,145                      25,928
 消耗品費                           19,082                       6,804
 地代家賃                          119,377                     133,538
 減価償却費                          48,416                      52,947
 その他                           363,112                     245,056
                             1,593,268                   1,279,391
 販売費及び一般管理費合計           ※1                         ※1

営業利益                              568,791                 196,730
営業外収益
 受取利息                              14,258                  14,725
 有価証券利息                                                        −
                                    1,912
 講習会受講料収入                                                      −
                                      262
 助成金収入                                 −                    8,024
 その他                                1,623                   2,398
 営業外収益合計                           18,057                  25,147
営業外費用
 為替差損                               5,706                   3,156
 その他                                1,468                     362
 営業外費用合計                            7,175                   3,519
経常利益                              579,673                 218,358
特別損失
                                    9,943                      −
 固定資産除却損                     ※2

 特別損失合計                                                        −
                                    9,943
税引前当期純利益                          569,729                 218,358
法人税、住民税及び事業税                      245,081                 151,577
                                                         △30,580
法人税等調整額                            27,028
法人税等合計                            272,109                 120,996
当期純利益                             297,620                  97,361




                36/64
                                                                         EDINET提出書類
                                                                    株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                          有価証券報告書

   【売上原価明細書】
                              前事業年度                       当事業年度
                          (自平成20年4月1日                (自平成21年4月1日
                           至平成21年3月31日)               至平成22年3月31日)
                    注記                  構成比                         構成比
       区分                  金額(千円)                      金額(千円)
                    番号                  (%)                         (%)
Ⅰ労務費                       1,355,716     25.9          1,661,667     45.1
Ⅱ外注費                       3,463,395     66.1          1,735,406     47.1
                              421,435                     286,169
Ⅲ経費                ※                      8.0                         7.8
    売上原価                                 100.0                       100.0
                            5,240,547                   3,683,243

                         原価計算の方法                    原価計算の方法
                         当社の原価計算の方法は実際個別                  同左
                         原価計算であります。

  (注)※主な内訳は次のとおりであります。
                                  前事業年度                    当事業年度
               項目             (自平成20年4月1日             (自平成21年4月1日
                               至平成21年3月31日)            至平成22年3月31日)
        地代家賃(千円)                     80,352                   67,403
        賃借料(千円)                            53,335               29,059
        減価償却費(千円)                          13,616                8,159
        消耗品費(千円)                           14,792                8,194
        旅費交通費(千円)                          33,227               35,230
        支払ライセンス料(千円)                       99,932               52,223
        その他(千円)                           126,177               85,898
            合計(千円)                        421,435              286,169




                                  37/64
                                                            EDINET提出書類
                                                       株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                             有価証券報告書

 ③【株主資本等変動計算書】
                                                      (単位:千円)

                            前事業年度                 当事業年度
                        (自平成20年4月1日          (自平成21年4月1日
                       至平成21年3月31日)        至平成22年3月31日)
株主資本
 資本金
   前期末残高                          779,294               780,944
   当期変動額
     新株の発行(新株予約権の行使)                1,650                 5,238
    当期変動額合計                         1,650                 5,238
  当期末残高                           780,944               786,183
 資本剰余金
  資本準備金
    前期末残高                         763,044               764,694
    当期変動額
     新株の発行(新株予約権の行使)                1,650                 5,238
     当期変動額合計                        1,650                 5,238
    当期末残高                         764,694               769,933
  資本剰余金合計
   前期末残高                          763,044               764,694
   当期変動額
     新株の発行(新株予約権の行使)                1,650                 5,238
     当期変動額合計                        1,650                 5,238
    当期末残高                         764,694               769,933
 利益剰余金
  その他利益剰余金
    繰越利益剰余金
     前期末残高                       2,786,530             2,956,832
     当期変動額
       剰余金の配当                    △127,318               △63,980
       当期純利益                      297,620                97,361
       当期変動額合計                    170,302                33,381
     当期末残高                       2,956,832             2,990,213
  利益剰余金合計
   前期末残高                         2,786,530             2,956,832
   当期変動額
     剰余金の配当                      △127,318               △63,980
     当期純利益                        297,620                97,361
     当期変動額合計                      170,302                33,381
    当期末残高                        2,956,832             2,990,213
 株主資本合計
  前期末残高                          4,328,869             4,502,471
  当期変動額
    新株の発行(新株予約権の行使)                 3,300                10,477
    剰余金の配当                       △127,318               △63,980
    当期純利益                         297,620                97,361
    当期変動額合計                       173,602                43,858
  当期末残高                          4,502,471             4,546,330




                       38/64
                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                          前事業年度                 当事業年度
                      (自平成20年4月1日          (自平成21年4月1日
                     至平成21年3月31日)        至平成22年3月31日)
純資産合計
 前期末残高                         4,328,869             4,502,471
 当期変動額
   新株の発行(新株予約権の行使)                3,300                10,477
   剰余金の配当                      △127,318               △63,980
   当期純利益                        297,620                97,361
  当期変動額合計                       173,602                43,858
 当期末残高                         4,502,471             4,546,330




                     39/64
                                                                EDINET提出書類
                                                           株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                 有価証券報告書

 ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                          (単位:千円)

                           前事業年度                   当事業年度
                       (自平成20年4月1日            (自平成21年4月1日
                      至平成21年3月31日)          至平成22年3月31日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
 税引前当期純利益                           569,729                  218,358
 減価償却費                               62,031                   61,106
 固定資産除却損                                                          −
                                      9,943
 引当金の増減額(△は減少)                       26,858                   58,638
 受取利息                              △14,258                  △14,725
 有価証券利息                             △1,912                        −
 売上債権の増減額(△は増加)                     152,105                  122,456
 たな卸資産の増減額(△は増加)                                             △8,332
                                     25,582
 仕入債務の増減額(△は減少)                   △154,949                  △64,009
 前払費用の増減額(△は増加)                                              △3,325
                                      5,300
 未払費用の増減額(△は減少)                    △15,980                    11,161
 未払消費税等の増減額(△は減少)                  △52,884                     △957
                                    △8,914
 その他                                                          32,449
 小計                                 602,652                  412,821
 利息及び配当金の受取額                        16,516                   15,287
                                  △535,940                 △199,939
 法人税等の支払額
 営業活動によるキャッシュ・フロー                    83,229                  228,169
投資活動によるキャッシュ・フロー
 有形固定資産の取得による支出                    △21,352                  △13,994
 無形固定資産の取得による支出                    △33,235                  △62,843
 敷金及び保証金の回収による収入                     9,057                    30,630
 敷金保証金の払込による支出                     △21,627                  △31,106
 関係会社貸付けによる支出                           −                 △2,000,000
 貸付金の回収による収入                            −                  2,000,000
 従業員に対する貸付けによる支出                        −                    △4,800
                                        −
 従業員に対する貸付金の回収による収入                                            1,628
 投資活動によるキャッシュ・フロー                  △67,157                  △80,485
財務活動によるキャッシュ・フロー
 株式の発行による収入                          3,300                    10,477
 リース債務の返済による支出                       △705                    △1,411
                                  △127,275                  △63,955
 配当金の支払額
 財務活動によるキャッシュ・フロー                 △124,681                  △54,889
現金及び現金同等物に係る換算差額                    △4,359                   △3,089
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)               △112,968                    89,705
現金及び現金同等物の期首残高                    3,673,302                 3,560,333
                                  3,560,333                 3,650,038
現金及び現金同等物の期末残高                ※                       ※




                      40/64
                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                            有価証券報告書

  【重要な会計方針】
                        前事業年度                 当事業年度
     項目             (自平成20年4月1日          (自平成21年4月1日
                     至平成21年3月31日)         至平成22年3月31日)
1.有価証券の評価基準及び    その他有価証券               その他有価証券
  評価方法            時価のないもの               時価のないもの
                   移動平均法による原価法を採用して             同左
                   おります。
2.たな卸資産の評価基準及   仕掛品                   仕掛品
  び評価方法            個別法による原価法(貸借対照表価額    個別法による原価法(貸借対照表価額
                  については収益性の低下に基づく簿価切   については収益性の低下に基づく簿価切
                  下げの方法)               下げの方法)
                 (会計方針の変更)                ─────────────
                   通常の販売目的で保有するたな卸資産
                  については、従来、個別法による原価法に
                  よっておりましたが、当事業年度より
                  「棚卸資産の評価に関する会計基準」
                  (企業会計基準第9号 平成18年7月5
                  日)が適用されたことに伴い、個別法に
                  よる原価法(貸借対照表価額については
                  収益性の低下に基づく簿価切下げの方
                  法)により算定しております。
                  これによる損益に与える影響はありま
                 せん。
3.固定資産の減価償却の方   (1)有形固定資産(リース資産を除く)    (1)有形固定資産(リース資産を除く)
  法                定率法によっております。                 同左
                   また、平成19年3月31日以前に取得し
                  たものについては、償却可能限度額まで
                  償却が終了した翌事業年度から5年間で
                  備忘価額まで均等償却する方法によって
                  おります。
                (2)無形固定資産(リース資産を除く)    (2)無形固定資産(リース資産を除く)
                   定額法によっております。                 同左
                   なお、自社利用のソフトウエアについ
                  ては、社内における見込利用可能期間
                  (5年以内)による定額法によっており
                  ます。
                (3)リース資産             (3)リース資産
                   リース期間を耐用年数とし、残存価額            同左
                  を零とする定額法を採用しております。




                              41/64
                                                            EDINET提出書類
                                                       株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                             有価証券報告書
                        前事業年度                  当事業年度
     項目             (自平成20年4月1日           (自平成21年4月1日
                     至平成21年3月31日)          至平成22年3月31日)
4.繰延資産の処理方法     株式交付費                  株式交付費
                支出時に全額費用処理しております。               同左
5.引当金の計上基準      (1)貸倒引当金              (1)貸倒引当金
                    金銭債権の貸倒れによる損失に備える          同左
                  ため、一般債権については過去の一定期
                  間における貸倒実績から算出した貸倒実
                  績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
                  については個別に回収可能性を検討し、
                  回収不能見込額を計上することとしてお
                  ります。
                    なお、当事業年度末において回収不能
                  見込額は認められず、貸倒引当金は計上
                  しておりません。
                (2)賞与引当金              (2)賞与引当金
                  従業員への賞与支給に備えるため、支給          同左
                  見込額のうち当事業年度負担額を計上し
                  ております。
                (3)退職給付引当金            (3)退職給付引当金
                    従業員への退職給付に備えるため、当          同左
                  事業年度末における退職給付債務及び年
                  金資産の見込額に基づき計上しておりま
                  す。
                    なお、当事業年度末においては、年金資
                  産見込額が退職給付債務見込額から未認
                  識数理計算上の差異を控除した額を超過
                  しているため、超過額を「前払年金費
                  用」(投資その他の資産)に計上してお
                  ります。
                    数理計算上の差異は、その発生時の従
                  業員の平均残存勤務期間以内の一定の年
                  数(5年)による定額法により、翌事業
                  年度から費用処理しております。
                (4) 役員退職慰労引当金          (4) 役員退職慰労引当金
                    役員への役員退職慰労金の支給に備え            同左
                  るため、役員退職慰労金内規に基づく支
                  給見込額を計上しております。
                  なお、当社は内規を改定しているため、
                  支給見込額は増加いたしません。
6.キャッシュ・フロー計算    手許現金、随時引き出し可能な預金及び              同左
  書における資金の範囲    容易に換金可能であり、かつ、価値の変動に
                ついて僅少なリスクしか負わない取得日か
                ら3ヶ月以内に償還期限及び満期の到来す
                る短期投資からなっております。
7.その他財務諸表作成のた   (1)消費税等の会計処理           (1)消費税等の会計処理
  めの基本となる重要な事     税抜方式によっております。                同左
  項




                              42/64
                                                                  EDINET提出書類
                                                             株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                   有価証券報告書
  【会計処理方法の変更】
            前事業年度                               当事業年度
        (自平成20年4月1日                        (自平成21年4月1日
         至平成21年3月31日)                       至平成22年3月31日)
 (リース取引に関する会計基準等)                          ─────────────
  所有権移転外ファイナンス・リース取引については、
 従来、賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によって
 おりましたが、当事業年度より「リース取引に関する会
 計基準」(企業会計基準第13号(平成5年6月17日(企
 業会計審議会第一部会)、平成19年3月30日改正))及
 び「リース取引に関する会計基準の適用指針」(企業会
 計基準適用指針第16号(平成6年1月18日(日本公認会
 計士協会会計制度委員会)、平成19年3月30日改
 正))を適用し、通常の売買取引に係る方法に準じた会
 計処理によっております。
  また、所有権移転外ファイナンス・リース取引に係る
 リース資産の減価償却の方法については、リース期間を
 耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用してお
 ります。
  なお、リース取引開始日が適用初年度開始前の所有権
 移転外ファイナンス・リース取引については、引き続き
 通常の賃貸借処理に係る方法に準じた会計処理を適用し
 ております。
  これによる損益に与える影響はありません。


   【注記事項】
    (損益計算書関係)
             前事業年度                             当事業年度
         (自平成20年4月1日                      (自平成21年4月1日
          至平成21年3月31日)                     至平成22年3月31日)
※1研究開発費の総額                        ※1研究開発費の総額
    一般管理費に含まれる研究開発費     18,664千円       一般管理費に含まれる研究開発費       17,523千円
※2固定資産除却損は、建物9,657千円、工具、器具及び備     
  品286千円であります。




                                   43/64
                                                                           EDINET提出書類
                                                                      株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                            有価証券報告書
   (株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    前事業年度末      当事業年度                 当事業年度         当事業年度末
                      株式数       増加株式数                 減少株式数           株式数
                      (株)        (株)                   (株)            (株)
発行済株式
  普通株式(注)                 25,463              80             −          25,543
     合計                    25,463              80             −          25,543
自己株式
  普通株式                           −             −              −              −
     合計                          −             −              −              −
(注)普通株式の発行済株式の株式数の増加80株は、新株予約権の権利行使による増加であります。


2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
   該当事項はありません。


3.配当に関する事項
 (1) 配当金支払額
                                     1株当たり
                      配当金の総額
              株式の種類                   配当額           基準日            効力発生日
                       (千円)
(決議)                                  (円)
平成20年6月24日
              普通株式      89,120         3,500   平成20年3月31日         平成20年6月25日
定時株主総会
平成20年10月30日
              普通株式      38,197         1,500   平成20年9月30日         平成20年12月8日
取締役会


 (2) 基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの
                                   1株当たり
                   配当金の総額
             株式の種類           配当の原資  配当額       基準日       効力発生日
                    (千円)
(決議)                                (円)
平成21年6月24日
              普通株式    51,086 利益剰余金   2,000 平成21年3月31日 平成21年6月25日
定時株主総会




                                       44/64
                                                                             EDINET提出書類
                                                                        株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                              有価証券報告書
当事業年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    前事業年度末      当事業年度                  当事業年度         当事業年度末
                      株式数       増加株式数                  減少株式数           株式数
                      (株)        (株)                    (株)            (株)
発行済株式
  普通株式(注)                 25,543              254             −           25,797
     合計                    25,543              254             −           25,797
自己株式
  普通株式                           −              −              −               −
     合計                          −              −              −               −
(注)普通株式の発行済株式の株式数の増加254株は、新株予約権の権利行使による増加であります。


2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
   該当事項はありません。


3.配当に関する事項
 (1) 配当金支払額
                                     1株当たり
                      配当金の総額
              株式の種類                   配当額            基準日            効力発生日
                       (千円)
(決議)                                  (円)
平成21年6月24日
              普通株式      51,086         2,000   平成21年3月31日          平成21年6月25日
定時株主総会
平成21年10月29日
              普通株式      12,894           500   平成21年9月30日          平成21年12月7日
取締役会


 (2) 基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの
                                   1株当たり
                   配当金の総額
             株式の種類           配当の原資  配当額       基準日       効力発生日
                    (千円)
(決議)                                (円)
平成22年6月24日
              普通株式    38,695 利益剰余金   1,500 平成22年3月31日 平成22年6月25日
定時株主総会


   (キャッシュ・フロー計算書関係)
           前事業年度                            当事業年度
       (自平成20年4月1日                     (自平成21年4月1日
        至平成21年3月31日)                    至平成22年3月31日)
※現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記され ※現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記され
ている科目の金額との関係                     ている科目の金額との関係
               (平成21年3月31日現在)                   (平成22年3月31日現在)
 現金及び預金勘定            3,560,333千円  現金及び預金勘定            3,650,038千円
 現金及び現金同等物                                現金及び現金同等物
                       3,560,333千円                                   3,650,038千円




                                       45/64
                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                            有価証券報告書
    (リース取引関係)
             前事業年度                       当事業年度
         (自平成20年4月1日                (自平成21年4月1日
          至平成21年3月31日)               至平成22年3月31日)
ファイナンス・リース取引                 ファイナンス・リース取引
所有権移転外ファイナンス・リース取引           所有権移転外ファイナンス・リース取引
 ①リース資産の内容                   ①リース資産の内容
  有形固定資産                                   同左
    車両運搬具、工具、器具及び備品であります。      
 ②リース資産の減価償却の方法              ②リース資産の減価償却の方法
    重要な会計方針「3.固定資産の減価償却の方法」                同左
  に記載のとおりであります。
    なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のう
  ち、リース取引開始日が、平成20年3月31日以前のリ
  ース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に
  準じた会計処理によっておりますが、内容の重要性が
  乏しく、契約1件当たりの金額が少額なリース取引の
  ため、改正前の財務諸表等規則第8条の6第6項の規
  定により記載を省略しております。


   (金融商品関係)
    当事業年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
    (追加情報)
      当事業年度より、「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号平成20年3月10日)及び「金融
     商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号平成20年3月10日)を適用してお
     ります。


    1.金融商品の状況に関する事項
    (1)金融商品に対する取組方針
      当社は、余資については、安全かつ流動性の高いMMF、大口定期預金、その他の投資対象等で資金運用す
     ることを基本方針としており、短期間では通知預金、CP、現先等のリスクのない商品での運用を行うことと
     しております。デリバティブについは、取引を全く行っておりません。
    (2)金融商品の内容及びそのリスク
      営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
      営業債務である買掛金は、そのほとんどが1ヶ月以内の支払期日であります。
    (3)金融商品に係るリスク管理体制
      営業債権については、債権管理規程に従い、営業管理部が主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、
     取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、回収懸念の早期把握やリスク軽減を図っております。




                             46/64
                                                                       EDINET提出書類
                                                                  株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                        有価証券報告書
    2.金融商品の時価等に関する事項
       平成22年3月31日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                  貸借対照表計上額
                                 時価(千円)        差額(千円)
                    (千円)
(1)現金及び預金              3,650,038     3,650,038         −
(2)売掛金                   883,946       883,946         −
資産計                     4,533,985           4,533,985                  −
(1)買掛金                      172,605              172,605                  −
負債計                        172,605             172,605                  −
(注)金融商品の時価の算定方法に関する事項
  資産
   (1)現金及び預金、(2)売掛金
      これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
  負債
   (1)買掛金
      これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。


       3.金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額
                                    1年超                  5年超
                        1年以内                                     10年超
                                   5年以内               10年以内
                         (千円)                                      (千円)
                                    (千円)                (千円)
        現金及び預金           3,649,538      −                   −       −
        売掛金                  883,946          −            −        −
               合計            4,533,485        −             −        −


    (有価証券関係)
    前事業年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
    該当事項はありません。


    当事業年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
    該当事項はありません。


     (デリバティブ取引関係)
     前事業年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
   当社はデリバティブ取引を全く行っておりませんので、該当事項はありません。

     当事業年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
   当社はデリバティブ取引を全く行っておりませんので、該当事項はありません。




                                      47/64
                                                              EDINET提出書類
                                                         株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                               有価証券報告書
    (退職給付関係)
     1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、確定給付型の制度として企業年金基金制度(CSK企業年金基金)を、確定拠出型の制度として
      企業型年金制度を設けております。


      2.退職給付債務に関する事項
                                   前事業年度            当事業年度
                                (平成21年3月31日)     (平成22年3月31日)
(1) 退職給付債務(千円)                       △443,908         △494,753
(2) 年金資産残高(千円)                        375,608          443,229
(3) 未積立退職給付債務(千円)(1)+(2)              △68,299         △51,523
(4) 未認識数理計算上の差異(千円)                    93,431          62,016
(5) 退職給付引当金(千円)(3)+(4)                     −               −
(6) 前払年金費用(千円)(3)+(4)                  25,131          10,492


      3.退職給付費用に関する事項
                                  前事業年度             当事業年度
                              (自平成20年4月1日      (自平成21年4月1日
                               至平成21年3月31日)     至平成22年3月31日)
(1) 勤務費用(千円)(注1)                     35,616            43,038
(2)利息費用(千円)                           10,007            11,048
(3)期待運用収益(千円)                       △12,086           △11,268
                                      △2,072           19,796
(4)数理計算上の差異の費用処理額(千円)
(5) 退職給付費用(千円)
                                       31,464          62,615
    (1)+(2)+(3)+(4)
                                        7,464           8,971
(6)その他(千円)
計(千円)
                                       38,928          71,587
  (5)+(6)
(注)1.出向者分は勤務費用に含まれております。
   2.「(6)その他」は、確定拠出年金への掛金支払額であります。


      4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
                              前事業年度                当事業年度
                           (平成21年3月31日)         (平成22年3月31日)
(1)退職給付見込額の期間配分方法            期間定額基準                  同左
(2) 割引率(%)                        2.5                   2.5
(3) 期待運用収益率(%)                    3.0                   3.0
(4) 数理計算上の差異の処理年数(年)                5                     5




                              48/64
                                                               EDINET提出書類
                                                          株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                有価証券報告書
   (ストック・オプション等関係)
   前事業年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
    ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
    (1) ストック・オプションの内容
                   平成15年           平成16年          平成17年
                ストック・オプション      ストック・オプション     ストック・オプション
               当社の取締役6名      当社の取締役4名       当社の取締役4名
付与対象者の区分及び人数   当社の監査役1名      当社の監査役1名       当社の監査役1名
               当社の従業員56名     当社の従業員21名      当社の従業員53名
株式の種類別のストック・
               普通株式1,192株     普通株式281株      普通株式283株
オプションの数(注)
付与日            平成15年8月25日      平成16年8月10日     平成17年9月6日
               (ア)新株予約権者は、権利
               行使時において、当社の取締
               役、監査役または従業員の地
               位を保有していることを要
               する。ただし、任期満了によ
               る退任、定年による退任・退
               職もしくは会社都合により
               これらの地位を失った場合
               その他取締役会が正当な理
               由があると認めた場合につ
               いてはこの限りではない。
               (イ)新株予約権者が死亡
権利確定条件                                 同左           同左
               した場合は、相続人がこれを
               行使することができるもの
               とする。ただし、「新株予約
               権割当契約書」に定める条
               件による。
               (ウ)新株予約権の譲渡、質
               入れその他一切の処分はこ
               れを認めない。
               (エ)その他の条件につい
               ては「新株予約権割当契約
               書」に定めるところによる。
対象勤務期間                 −                −             −
               自平成15年9月1日     自平成17年7月1日    自平成18年7月1日
権利行使期間
               至平成22年8月31日    至平成20年6月30日   至平成21年6月30日
(注)株式数に換算して記載しております。




                               49/64
                                                                     EDINET提出書類
                                                                株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                      有価証券報告書
    (2) ストック・オプションの規模及びその変動状況
        前事業年度(平成21年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプショ
      ンの数については、株式数に換算して記載しております。
      ①ストック・オプションの数
                       平成15年       平成16年        平成17年
                    ストック・オプション  ストック・オプション   ストック・オプション
権利確定前(株)
 前事業年度末                      −           −            −
 付与                          −           −            −
 失効                          −           −            −
 権利確定                        −           −            −
 未確定残                        −           −            −
権利確定後(株)
 前事業年度末                     653         281          278
 権利確定                        −           −            −
 権利行使                        80          −            −
 失効                          −          281           −
 未行使残                       573          −           278
(注)平成16年ストック・オプションは権利行使期間が終了しております。


      ②単価情報
                     平成15年                   平成16年           平成17年
                  ストック・オプション              ストック・オプション      ストック・オプション
権利行使価額(円)         41,250                1,350,000        640,000
行使時平均株価(円)         203,411                     −              −
付与日における公正な評価単価
                             −                      −              −
            (円)




                                  50/64
                                                              EDINET提出書類
                                                         株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                               有価証券報告書
   当事業年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
    ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
    (1) ストック・オプションの内容
                            平成15年                平成17年
                         ストック・オプション           ストック・オプション
                当社の取締役6名                    当社の取締役4名
付与対象者の区分及び人数    当社の監査役1名                    当社の監査役1名
                当社の従業員56名                   当社の従業員53名
株式の種類別のストック・オ
                普通株式1,192株                  普通株式283株
プションの数(注)
付与日             平成15年8月25日                   平成17年9月6日
                (ア)新株予約権者は、権利行使時において、当社の取締
                役、監査役または従業員の地位を保有していることを要
                する。ただし、任期満了による退任、定年による退任・退
                職もしくは会社都合によりこれらの地位を失った場合そ
                の他取締役会が正当な理由があると認めた場合について
                はこの限りではない。
                (イ)新株予約権者が死亡した場合は、相続人がこれを
権利確定条件                                             同左
                行使することができるものとする。ただし、「新株予約権
                割当契約書」に定める条件による。
                (ウ)新株予約権の譲渡、質入れその他一切の処分はこ
                れを認めない。
                (エ)その他の条件については「新株予約権割当契約
                書」に定めるところによる。
対象勤務期間                          −                    −
                自平成15年9月1日                  自平成18年7月1日
権利行使期間
                至平成22年8月31日                 至平成21年6月30日
(注)株式数に換算して記載しております。




                               51/64
                                                              EDINET提出書類
                                                         株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                               有価証券報告書
    (2) ストック・オプションの規模及びその変動状況
        当事業年度(平成22年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプショ
      ンの数については、株式数に換算して記載しております。
      ①ストック・オプションの数
                       平成15年       平成17年
                    ストック・オプション  ストック・オプション
権利確定前(株)
 前事業年度末                      −           −
 付与                          −           −
 失効                          −           −
 権利確定                        −           −
 未確定残                        −           −
権利確定後(株)
 前事業年度末                     573         278
 権利確定                        −           −
 権利行使                       254          −
 失効                          −          278
 未行使残                       319          −
(注)平成17年ストック・オプションは権利行使期間が終了しております。


      ②単価情報
                     平成15年                   平成17年
                  ストック・オプション              ストック・オプション
権利行使価額(円)         41,250                 640,000
行使時平均株価(円)         151,579                    −
付与日における公正な評価単価
                             −                     −
            (円)




                                  52/64
                                                                EDINET提出書類
                                                           株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                 有価証券報告書
    (税効果会計関係)
           前事業年度                          当事業年度
         (平成21年3月31日)                   (平成22年3月31日)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内 1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内
 訳                              訳
                      (単位:千円)                        (単位:千円)
 繰延税金資産                         繰延税金資産
   賞与引当金損金算入限度超過額        80,473   賞与引当金損金算入限度超過額        101,000
   一括償却資産損金算入限度超過額        2,679   未払事業税                   4,433
   役員退職慰労金引当金繰入額          1,302   一括償却資産損金算入限度超過額         1,288
   ソフトウエア償却費損金算入限度超過額     3,449   役員退職慰労金引当金繰入額           1,302
   その他                   10,462   ソフトウエア償却費損金算入限度超過額      2,968
                                  その他                    10,188
 繰延税金資産計                 98,367
                                     繰延税金資産計
 繰延税金負債                                                     121,181
  未払事業税                  △1,809      繰延税金負債
  前払年金費用                △10,226       前払年金費用               △4,269
 繰延税金負債計                             繰延税金負債計
                        △12,035                            △4,269
 繰延税金資産の純額           86,331 繰延税金資産の純額           116,912
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率 2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率
 と差異の原因となった主要な項目別の内訳        と差異の原因となった主要な項目別の内訳
                        (%)                         (%)
 法定実効税率                40.6 法定実効税率                 40.6
 (調整)                                (調整)
  交際費等永久に損金に算入されない項目        2.9       交際費等永久に損金に算入されない項目      5.1
  住民税均等割等                   3.8       住民税均等割等                 8.6
  その他                       0.4       その他                     1.1
 税効果会計適用後の法人税等の負担率                   税効果会計適用後の法人税等の負担率
                           47.7                              55.4


    (持分法損益等)
    前事業年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
    当社には関連会社がありませんので、該当事項はありません。


    当事業年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
    当社には関連会社がありませんので、該当事項はありません。




                                  53/64
                                                                                        EDINET提出書類
                                                                                   株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                                         有価証券報告書
    【関連当事者情報】
    前事業年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
    (追加情報)
      当事業年度より、「関連当事者の開示に関する会計基準」(企業会計基準第11号 平成18年10月17日)及び
    「関連当事者の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第13号 平成18年10月17日)を適
    用しております。
      なお、これによる開示対象範囲の変更はありません。
      
1.関連当事者との取引
  (1) 財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
                                       議決権等の
                   資本金又は        事業の内
      会社等の                             所有(被所      関連当事者との           取引金額               期末残高
種類           所在地   出資金          容又は職                        取引の内容             科目
      名称                               有)割合       関係                (千円)               (千円)
                    (千円)        業
                                        (%)
      株式会社
      CSK
             東京都                持株会社   (被所有)      事務所の賃借
親会社   ホール          73,225,401                               事務所賃借     2,586        −      −
             港区                等       直接56.8   役員の兼任
      ディング
      ス
(注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等は含まれておりません。
   2.取引条件の決定方針は以下のとおりであります。
     ・事務所賃借近隣相場を参考に相手先の提示した金額の合理性を検討し、一般的条件と同様に決定してお
             ります。


     (2) 財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等
         該当事項はありません。


     (3) 財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等
         記載すべき重要事項はありません。


     (4) 財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
         該当事項はありません。


2.親会社又は重要な関連会社に関する注記
   親会社情報
    株式会社CSKホールディングス(東京証券取引所に上場)




                                                  54/64
                                                                                             EDINET提出書類
                                                                                        株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                                              有価証券報告書
      当事業年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)


1.関連当事者との取引
  (1) 財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
                                         議決権等の
                    資本金又は         事業の内
      会社等の                               所有(被所      関連当事者との           取引金額                  期末残高
種類           所在地    出資金           容又は職                        取引の内容                科目
      名称                                 有)割合       関係                (千円)                  (千円)
                     (千円)         業
                                          (%)
      株式会社                                                    事務所賃借       2,546        −      −
      CSK                                           事務所の賃借
親会社          東京都                  持株会社   (被所有)
                    96,225,553                               資金の貸付   2,000,000        −      −
      ホール                                           役員の兼任
            港区                 等     直接56.2
      ディング                                          資金の貸付
                                                              利息の受取       8,938        −      −
      ス
(注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等は含まれておりません。
   2.取引条件の決定方針は以下のとおりであります。
     ・事務所賃借近隣相場を参考に相手先の提示した金額の合理性を検討し、一般的条件と同様に決定してお
             ります。
     ・資金の貸付市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。


     (2) 財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等
         該当事項はありません。


     (3) 財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等
         記載すべき重要事項はありません。


     (4) 財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
         該当事項はありません。


2.親会社又は重要な関連会社に関する注記
   親会社情報
    株式会社CSKホールディングス(東京証券取引所に上場)




                                                    55/64
                                                                       EDINET提出書類
                                                                  株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                        有価証券報告書
   (1株当たり情報)
           前事業年度                               当事業年度
       (自平成20年4月1日                        (自平成21年4月1日
        至平成21年3月31日)                       至平成22年3月31日)
 1株当たり純資産額          176,270円27銭      1株当たり純資産額          176,234円84銭
 1株当たり当期純利益金額        11,687円88銭      1株当たり当期純利益金額         3,787円95銭
 潜在株式調整後1株当たり当期                      潜在株式調整後1株当たり当期
                     11,454円86銭                           3,742円09銭
 純利益金額                               純利益金額

(注)1.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                            前事業年度                        当事業年度
                         (平成21年3月31日)                 (平成22年3月31日)
貸借対照表の純資産の部の合計(千円)              4,502,471                    4,546,330
普通株式に係る純資産額(千円)                           4,502,471             4,546,330
差額の主な内訳(千円)                                      −                     −
普通株式の発行済株式数(株)                               25,543                25,797
普通株式の自己株式数(株)                                    −                     −
1株当たり純資産額の算定に用いられた普通株
                                             25,543                25,797
式の株(株)

(注)2.1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおり
     であります。
                           前事業年度           当事業年度
                       (自平成20年4月1日    (自平成21年4月1日
                        至平成21年3月31日)   至平成22年3月31日)
 1株当たり当期純利益金額
  当期純利益(千円)                                297,620                 97,361
  普通株主に帰属しない金額(千円)                              −                      −
  普通株式に係る当期純利益(千円)                         297,620                 97,361
  期中平均株式数(株)                                25,464                 25,703


 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
  当期純利益調整額(千円)                                 −                      −
  普通株式増加数(株)                                   518                    315
  (うち新株予約権(株))                                (518)                 (315)
 希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後 潜在株式の種類 新株予約権                        −
 1株当たり当期純利益の算定に含めなかった 潜在株式の数                                
 潜在株式の概要              (平成17年6月24日決議)                        
                        278株                      
                                                            
                                                            
                           新株予約権の概要は「第4提出会 
                           社の状況、1株式等の状況、(2)新 
                           株予約権等の状況」に記載のとお 
                           りであります。           




                                  56/64
                                                                                                      EDINET提出書類
                                                                                                 株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                                                       有価証券報告書
       (重要な後発事象)
       該当事項はありません。


      ⑤【附属明細表】
       【有価証券明細表】
        該当事項はありません。


       【有形固定資産等明細表】
                                                                      当期末減価償
                  前期末残高       当期増加額           当期減少額       当期末残高       却累計額又は        当期償却額        差引当期末残
      資産の種類
                   (千円)       (千円)             (千円)        (千円)       償却累計額          (千円)        高(千円)
                                                                        (千円)
有形固定資産
 建物                 134,789              −           −      134,789        56,176     16,234          78,613
 工具、器具及び備品           64,979        9,884            588      74,276        57,165        7,976        17,110
 リース資産                3,584              −           −        3,584         2,016        1,344         1,568
  有形固定資産計           203,353        9,884            588     212,649       115,357     25,555          97,292
無形固定資産
 商標権                    815             243          −        1,058           727           95           330
 ソフトウエア             159,565       60,244         13,365     206,445       106,602     35,455          99,842
 電話加入権                  396              −           −          396            −            −            396
  無形固定資産計           160,777       60,487         13,365     207,899       107,330     35,551         100,569
長期前払費用                  400              −           −          400           400           66            −
繰延資産                     −               −           −           −             −            −             −
(注)当期増加額及び当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。
    1.工具、器具及び備品の増加は、社内情報システム設備拡張及びシステム検証サービス用パソコン等の購入
      によるものであります。
    2.ソフトウエアの増加は、社内システム構築及びプログラム検証サービスツールの構築によるものでありま
      す。また、減少はセキュリティ検証サービスに利用するソフトウエアの償却終了に伴う減少によるもので
      あります。


       【社債明細表】
        該当事項はありません。


       【借入金等明細表】
        リース債務の金額が負債及び純資産の総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第125条の規定により
       記載を省略しております。


       【引当金明細表】
                                                           当期減少額            当期減少額
                        前期末残高                 当期増加額                                          当期末残高
         区分                                               (目的使用)            (その他)
                         (千円)                  (千円)                                           (千円)
                                                            (千円)             (千円)
賞与引当金                         176,000           220,000       176,000             −                220,000
役員退職慰労引当金                       3,200                −                −              −               3,200




                                                  57/64
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                            株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                                  有価証券報告書
 (2)【主な資産及び負債の内容】
  ①現金及び預金
           区分                                        金額(千円)
現金                                                                    500
預金
 外貨預金                                                              10,641
 当座預金                                                               1,794
 普通預金                                                           1,036,805
 別段預金                                                                 296
 定期預金                                                           2,600,000
               小計                                               3,649,538
               合計                                               3,650,038


  ②売掛金
   (イ) 相手先別内訳
            相手先                                      金額(千円)
パイオニア株式会社                                                         219,717
ソニー株式会社                                                            96,005
株式会社デンソー                                                           63,144
クラリオン株式会社                                                          56,910
株式会社ACCESS                                                         52,038
その他                                                               396,130
               合計                                                 883,946


   (ロ) 売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
前期繰越高      当期発生高   当期回収高             次期繰越高
                                                   回収率(%)           滞留期間(日)
 (千円)       (千円)    (千円)              (千円)
                                                                      (A) + (D)
                                                                      ─────
                                                      (C)                  2
  (A)         (B)         (C)          (D)        ───── × 100        ──────
                                                  (A) + (B)               (B)
                                                                      ─────
                                                                          365
 1,006,403   5,416,911   5,539,368      883,946          86.2                 63.7
(注)当期発生高には消費税等が含まれております。

  ③仕掛品
           区分                                        金額(千円)
労務費                                                                 2,833
外注費                                                                 5,273
経費                                                                    226
               合計                                                   8,332




                                     58/64
                                                                                       EDINET提出書類
                                                                                  株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                                                        有価証券報告書
   ④買掛金
           相手先                                             金額(千円)
株式会社ヴェス                                                                  18,169
永山コンピュータサービス株式会社                                                         17,106
株式会社ブール・ジャパン                                                             11,110
株式会社システム情報センター                                                            9,306
株式会社テクノアスカ                                                                7,453
その他                                                                     109,459
              合計                                                        172,605


   ⑤未払法人税等
            区分                                             金額(千円)
法人税、住民税及び事業税                                                             40,085
              合計                                                         40,085


 (3)【その他】
   当事業年度における四半期情報
               第1四半期              第2四半期                 第3四半期             第4四半期
             自平成21年4月1日         自平成21年7月1日            自平成21年10月1日       自平成22年1月1日
             至平成21年6月30日        至平成21年9月30日           至平成21年12月31日      至平成22年3月31日
売上高(千円)           1,228,760          1,222,009             1,255,777         1,452,818
税引前四半期純利益金額
又は税引前四半期純損失          △55,778                 22,503           137,525               114,107
金額(△)(千円)
四半期純利益金額又は四
半期純損失金額(△)           △41,651                  6,104            76,669                56,240
(千円)
1株当たり四半期純利益
金額又は1株当たり四半
                    △1,630.66                237.62          2,972.94              2,180.53
期純損失金額(△)
(円)




                                     59/64
                                                 EDINET提出書類
                                            株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                  有価証券報告書

第6【提出会社の株式事務の概要】
事業年度          4月1日から3月31日まで
定時株主総会        6月中
基準日           3月31日
              9月30日
剰余金の配当の基準日
              3月31日
1単元の株式数       −
単元未満株式の買取り
              東京都中央区八重洲二丁目3番1号
 取扱場所
              住友信託銀行株式会社証券代行部
              大阪府大阪市中央区北浜四丁目5番33号
 株主名簿管理人
              住友信託銀行株式会社
 取次所          住友信託銀行株式会社全国本支店
 買取手数料        株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額
              電子公告により行う。ただし電子公告によることができない事故その他や
              むを得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載して行う。
公告掲載方法
              公告掲載URL
              http://www.veriserve.co.jp/ir/epn/
株主に対する特典      該当事項はありません。




                       60/64
                                                            EDINET提出書類
                                                       株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                             有価証券報告書

第7【提出会社の参考情報】
1【提出会社の親会社等の情報】
  当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。


2【その他の参考情報】
   当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
 (1) 有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
     事業年度(第8期)(自 平成20年4月1日至 平成21年3月31日)平成21年6月24日関東財務局長に提出
 (2) 内部統制報告書及びその添付書類
     平成21年6月24日関東財務局長に提出
 (3) 四半期報告書及び確認書
     (第9期第1四半期)(自 平成21年4月1日至 平成21年6月30日)平成21年8月7日関東財務局長に提出
     (第9期第2四半期)(自 平成21年7月1日至 平成21年9月30日)平成21年11月6日関東財務局長に提出
     (第9期第3四半期)(自 平成21年10月1日至 平成21年12月31日)平成22年2月5日関東財務局長に提出




                               61/64
                                  EDINET提出書類
                             株式会社ベリサーブ(E05362)
                                   有価証券報告書

第二部【提出会社の保証会社等の情報】
   該当事項はありません。




                     62/64
                                                            EDINET提出書類
                                                       株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                             有価証券報告書

              独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書



                                                  平成21年6月24日
株式会社ベリサーブ

  取締役会御中

                       新日本有限責任監査法人

                       指定有限責任社員
                                            古谷伸太郎
                                    公認会計士
                       業務執行社員


                       指定有限責任社員
                                            菅田裕之
                                    公認会計士
                       業務執行社員



<財務諸表監査>
 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
いる株式会社ベリサーブの平成20年4月1日から平成21年3月31日までの第8期事業年度の財務諸表、すなわち、貸
借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書及び附属明細表について監査を行った。この財務
諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。
 当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査
法人に財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。監査は、試査を基礎として行
われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務
諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監査の結果として意見表明のための合理的な基礎を得たと判断し
ている。
 当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社ベ
リサーブの平成21年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フ
ローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。

<内部統制監査>
 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社ベリサーブの平成21
年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。財務報告に係る内部統制を整備及び運用並びに内部統制報告
書を作成する責任は、経営者にあり、当監査法人の責任は、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することに
ある。また、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
る。
 当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統制
監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽の表示がないかどうか
の合理的な保証を得ることを求めている。内部統制監査は、試査を基礎として行われ、財務報告に係る内部統制の評価範囲、
評価手続及び評価結果についての、経営者が行った記載を含め全体としての内部統制報告書の表示を検討することを含ん
でいる。当監査法人は、内部統制監査の結果として意見表明のための合理的な基礎を得たと判断している。
 当監査法人は、株式会社ベリサーブが平成21年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上
記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財
務報告に係る内部統制の評価について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。

 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

                                                    以上
 (※)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
      会社)が別途保管しております。
    2.財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。




                            63/64
                                                             EDINET提出書類
                                                        株式会社ベリサーブ(E05362)
                                                              有価証券報告書

               独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書



                                                   平成22年6月24日
株式会社ベリサーブ

  取締役会御中

                       新日本有限責任監査法人

                       指定有限責任社員
                                             古谷伸太郎
                                     公認会計士
                       業務執行社員


                       指定有限責任社員
                                             菅田裕之
                                     公認会計士
                       業務執行社員



<財務諸表監査>
 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい
る株式会社ベリサーブの平成21年4月1日から平成22年3月31日までの第9期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書及び附属明細表について監査を行った。この財務諸表の
作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。
 当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査
法人に財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。監査は、試査を基礎として行
われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務
諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監査の結果として意見表明のための合理的な基礎を得たと判断し
ている。
 当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社ベ
リサーブの平成22年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フローの
状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。

<内部統制監査>
 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社ベリサーブの平成22年
3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。財務報告に係る内部統制を整備及び運用並びに内部統制報告書を
作成する責任は、経営者にあり、当監査法人の責任は、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することにある。
また、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性がある。
 当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統制
監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽の表示がないかどうか
の合理的な保証を得ることを求めている。内部統制監査は、試査を基礎として行われ、財務報告に係る内部統制の評価範囲、
評価手続及び評価結果についての、経営者が行った記載を含め全体としての内部統制報告書の表示を検討することを含ん
でいる。当監査法人は、内部統制監査の結果として意見表明のための合理的な基礎を得たと判断している。
 当監査法人は、株式会社ベリサーブが平成22年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の
内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務報
告に係る内部統制の評価について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。

 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

                                                    以上
 (※)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
      会社)が別途保管しております。
    2.財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。




                             64/64

PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。