株式会社JCLバイオアッセイ 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:株式会社JCLバイオアッセイ

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)




【表紙】
【提出書類】                有価証券届出書

【提出先】                 近畿財務局長

【提出日】                 平成21年2月12日

【会社名】                 株式会社JCLバイオアッセイ

【英訳名】                 JCL Bioassay Corporation

【代表者の役職氏名】            代表取締役社長籾山邦男

                      大阪府豊中市新千里東町一丁目4番2号
【本店の所在の場所】
                      千里ライフサイエンスセンタービル

【電話番号】                06-4863-5020(代表)

【事務連絡者氏名】             管理担当取締役兼管理部長久保明

                      大阪府豊中市新千里東町一丁目4番2号
【最寄りの連絡場所】
                      千里ライフサイエンスセンタービル

【電話番号】                06-4863-5020(代表)

【事務連絡者氏名】             管理担当取締役兼管理部長久保明

【届出の対象とした募集(売出)有価証券
                      株式
の種類】

【届出の対象とした募集(売出)金額】    募集金額
                      ブックビルディング方式による募集374,850,000円
                      売出金額
                      (引受人の買取引受けによる売出し)
                      ブックビルディング方式による売出し441,000,000円
                      (オーバーアロットメントによる売出し)
                      ブックビルディング方式による売出し132,300,000円
                      (注)募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会社法上
                          の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証券届出書提出
                          時における見込額であります。

【縦覧に供する場所】            該当事項はありません。




                           1/172
                                                            EDINET提出書類
                                                  株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                      有価証券届出書(新規公開時)




第一部 【証券情報】

第1 【募集要項】


1 【新規発行株式】

    種類            発行数(株)                     内容

                                  1単元の株式数は100株であります。
   普通株式          700,000(注)2      完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない、当
                                  社の標準となる株式であります。
(注) 1平成21年2月12日開催の取締役会決議によっております。
    2発行数については、平成21年2月26日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
    3当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
    名称:株式会社証券保管振替機構
    住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
    4上記とは別に、平成21年2月12日開催の取締役会において、野村證券株式会社を割当先とする当社普通
       株式210,000株の第三者割当増資を行うことを決議しております。なお、その内容については、「募集又
       は売出しに関する特別記載事項2第三者割当増資とシンジケートカバー取引について」をご参照下
       さい。




                               2/172
                                                                  EDINET提出書類
                                                        株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                            有価証券届出書(新規公開時)




2 【募集の方法】
  平成21年3月6日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4
 株式の引受け」欄記載の金融商品取引業者(以下「第1募集要項」において「引受人」という。)
 は、買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行い
 ます。引受価額は平成21年2月26日開催予定の取締役会において決定される会社法上の払込金額以上
 の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総額を当社に払込み、本募集における発行価
 格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受手数料を支払いませ
 ん。
  なお、本募集は、株式会社大阪証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「上場前の公募又は売
 出し等に関する規則」(以下「上場前公募等規則」という。)第3条の2に規定するブックビルディン
 グ方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投資家に提示
 し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決定す
 る価格で行います。

        区分           発行数(株)           発行価額の総額(円)        資本組入額の総額(円)

入札方式のうち入札による募集                    ―                ―                  ―

入札方式のうち入札によらない募集                  ―                ―                  ―

ブックビルディング方式              700,000          374,850,000        202,860,000

      計(総発行株式)           700,000          374,850,000        202,860,000

(注) 1全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
    2上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の上場前公募等規則により規定されておりま
       す。
    3発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額でありま
       す。
    4資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、平成21年2月12日開催の取締役会決議に基づ
       き、平成21年3月6日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第37条第1項に基づき
       算出される資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出
       した見込額であります。
    5有価証券届出書提出時における想定発行価格(630円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
       (見込額)は441,000,000円となります。
    6本募集並びに「第2売出要項1売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2売出しの条
       件(引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需
       要状況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
    なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2売出要項3売出株式(オーバーアロッ
       トメントによる売出し)」及び「4売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照
       下さい。
    7本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売
       出しに関する特別記載事項3ロックアップについて」をご参照下さい。




                          3/172
                                                            EDINET提出書類
                                                  株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                      有価証券届出書(新規公開時)




3 【募集の条件】
 (1) 【入札方式】
  ① 【入札による募集】
    該当事項はありません。


  ② 【入札によらない募集】
    該当事項はありません。


 (2) 【ブックビルディング方式】

                資本    申込株                   申込
発行価格 引受価額 払込金額
               組入額    数単位        申込期間      証拠金      払込期日
 (円)  (円)  (円)
                (円)    (株)                  (円)
 未定     未定   未定   未定         自平成21年3月9日(月)   未定
                         100                      平成21年3月16日(月)
(注)1 (注)1 (注)2 (注)3          至平成21年3月12日(木) (注)4
 (注) 1発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
     発行価格は、平成21年2月26日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リ
        スク等を総合的に勘案した上で、平成21年3月6日に引受価額と同時に決定する予定であります。
     仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
        が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
     需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、
        機関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
     2払込金額は、会社法上の払込金額であり、平成21年2月26日開催予定の取締役会において決定される予
        定であります。また、「2募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び平
        成21年3月6日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総
        額は、引受人の手取金となります。
     3資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であり、平成21年2月12日開催の取締役会において、平成21
        年3月6日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第37条第1項に基づき算出され
        る資本金等増加限度額の2分の1相当額を資本金に計上し、残額を資本準備金とする旨、決議しており
        ます。
     4申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払
        込期日に新株式払込金に振替充当いたします。
     5株式受渡期日は、平成21年3月17日(火)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集
        に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規
        程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、本募集
        に係る株券は、発行されません。
     6申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたしま
        す。
     7申込みに先立ち、平成21年2月27日から平成21年3月5日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参
        考として需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能でありま
        す。
     販売に当たりましては、取引所の「株券上場審査基準」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通
        性の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
     引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に
        従い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については引受人の店頭における表示または
        ホームページにおける表示等をご確認下さい。
     8引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。




                              4/172
                                                               EDINET提出書類
                                                     株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                         有価証券届出書(新規公開時)




 ① 【申込取扱場所】
   後記「4株式の引受け」欄記載の引受人の全国の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいた
  します。


 ② 【払込取扱場所】

              店名                            所在地

株式会社三井住友銀行伏見支店                京都市伏見区銀座町1−354−1

(注)上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。


4 【株式の引受け】

                                     引受株式数
 引受人の氏名又は名称            住所                            引受けの条件
                                       (株)
                                                 1 買 取 引 受 け に よ り ま
野村證券株式会社       東京都中央区日本橋一丁目9番1号
                                                    す。
                                                 2引受人は新株式払込金
髙木証券株式会社       大阪市北区梅田一丁目3番1−400号
                                                    として、平成21年3月
                                                    16日までに払込取扱
                                                    場所へ引受価額と同
                                       未定           額を払込むこととい
                                                    たします。
                                                 3引受手数料は支払われ
                                                    ません。ただし、発行
                                                    価格と引受価額との
                                                    差額の総額は引受人
                                                    の手取金となります。

     計                 ―               700,000            ―

(注) 1平成21年2月26日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
    2上記引受人と発行価格決定日(平成21年3月6日)に元引受契約を締結する予定であります。
    3引受人は、上記引受株式数のうち、5,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品
       取引業者に販売を委託する方針であります。




                            5/172
                                                                EDINET提出書類
                                                      株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                          有価証券届出書(新規公開時)




5 【新規発行による手取金の使途】
(1) 【新規発行による手取金の額】

   払込金額の総額(円)            発行諸費用の概算額(円)              差引手取概算額(円)

           405,720,000                10,400,000           395,320,000

(注) 1払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受
       価額の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(630円)を基礎として算出した見込額
       であります。
    2発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
    3引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。


(2) 【手取金の使途】
  上記の手取概算額395,320千円については、全額子会社へ出資する予定であります。
  子会社においては、米国で研究所建設を行うための資金に充当します。


(注) 1「1新規発行株式」の(注)4に記載の第三者割当増資の手取概算額上限121,316千円については、全額
       子会社へ出資する予定であります。子会社においては、米国で研究所建設を行うための資金に充当しま
       す。
    2設備資金の内容については、「第二部企業情報第3設備の状況3設備の新設、除却等の計画」の項
       をご参照下さい。




                              6/172
                                                                       EDINET提出書類
                                                             株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                 有価証券届出書(新規公開時)




第2 【売出要項】


1 【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
  平成21年3月6日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2
 売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)(2) ブックビルディング方式」に記載の金融商品
 取引業者(以下「第2売出要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行
 い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、発行価格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受
 による売出し」という。)を行います。引受人は株式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引
 受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。売出
 人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。

                                 売出価額の総額             売出しに係る株式の所有者
  種類         売出数(株)
                                    (円)               の住所及び氏名又は名称
        入札方式のうち
   ―                       ―                 ―               ―
        入札による売出し
        入札方式のうち入
   ―    札                  ―                 ―               ―
        によらない売出し
                                                  京都府宇治市木幡西中46-5
普通株式    ブ ックビルディン     700,000       441,000,000    高橋宙也            147,200株
        グ方式                                       京都府宇治市木幡西中47-18
                                                   宮川信子            102,300株
                                                  京都府宇治市木幡御蔵山39-302
                                                   金子常雄             90,000株
                                                  京都市伏見区深草大亀谷六躰町110
                                                   高橋昭雄             85,400株
                                                  京都府久世郡久御山町大字大橋辺小字
                                                  大橋辺16-10
                                                   株式会社日本医学臨床検査研究所
                                                                     60,000株
                                                  京都府宇治市木幡御蔵山39-233
                                                   川村恵子             42,400株
                                                  京都市西京区桂下豆田町14-6-311
                                                   齋藤誠次             42,000株
                                                  京都府宇治市木幡平尾17-34
                                                   阿部フサ             28,000株
                                                  京都府城陽市寺田今橋11-9
                                                   石川敏男             18,000株
                                                  京都府宇治市木幡御蔵山39-302
                                                   金子英子             16,000株
                                                  奈良県奈良市富雄北3-24-15-1001
                                                   江﨑好郎             15,000株
                                                  京都府久世郡久御山町大字大橋辺小字
                                                  堤外縁23
                                                   有限会社常商事           12,800株
                                                  京都府宇治市木幡御蔵山39-233
                                                   川村富美夫             7,200株
                                                  京都市伏見区納所下野1-14-101
                                                   古川弘               2,900株
                                                  京都府宇治市小倉町堀池25-2-105
                                                   布村恭一              2,700株
                                                  堺市西区鳳東町4-333-50
                                                   宮本光男              2,600株




                                7/172
                                                                         EDINET提出書類
                                                               株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                   有価証券届出書(新規公開時)




                                   売出価額の総額             売出しに係る株式の所有者
  種類           売出数(株)
                                      (円)               の住所及び氏名又は名称
                                                    大阪府箕面市桜2-13-8
                                                     由良卓三              2,600株
                                                    堺市西区鳳北町10-8-14
                                                     西川安英              2,500株
                                                    堺市西区上492
                                                     寺脇周二              2,100株
                                                    京都府八幡市八幡番賀9-20
                                                     佐々木洋一             2,000株
                                                    大阪府泉大津市我孫子1-8-4
                                                     藤原嘉人              1,900株
                                                    堺市南区宮山台3-1-22-109
                                                     岩崎和敏              1,800株
                                                    京都府八幡市橋本東山本19-35
                                                     竹浦泰世              1,500株
                                                    兵庫県川西市加茂1-17-5
                                                     鶴﨑眞治              1,500株
                                                    兵庫県川西市清和台東2-1-115
                                                     秋庭昌弘              1,200株
                                                    滋賀県大津市大石東5-18-7
                                                     後藤哲                 800株
                                                    京都府長岡京市井ノ内坂川10-7
                                                     宝島幸治                800株
                                                    京都市右京区西院久田町80-4
                                                     矢倉章央                700株
                                                    京都府久世郡久御山町佐山籾池16-20
                                                     今中郁代                700株
                                                    大阪市生野区田島6-5-14
                                                     中村豊                 700株
                                                    京都市伏見区竹田浄菩提院町78-502
                                                     広山晶一                700株
                                                    堺市中区深井中町1209-2
                                                     橘誠                  700株
                                                    大阪府枚方市東山1-47-1-111
                                                     森口豊                 600株
                                                    大阪府枚方市東中振1-20-15-506
                                                     石橋潤一郎               500株
                                                    京都府宇治市大久保町平盛104-2-303
                                                     島岡雄一                500株
                                                    堺市西区草部1800-4-607
                                                     田中住子                500株
                                                    京都府宇治市槇島町中川原146-2-101
                                                     永田周二                300株
                                                    大阪府東大阪市上四条町3-23
                                                     奥田浩一                300株
                                                    大阪府貝塚市麻生中208-5
                                                     藤浪寛                 200株
                                                    京都市伏見区醍醐御園尾町1-91
                                                     黒川光浩                200株
                                                    大阪府泉大津市助松団地2-49-101
                                                     古藤敏夫                100株
                                                    大阪府東大阪市上四条町3-23
                                                     奥田順子                100株
計(総売出株式)   ―            700,000       441,000,000              ―




                                  8/172
                                                      EDINET提出書類
                                            株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                有価証券届出書(新規公開時)




(注) 1上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の上場前公募等規則により規定されております。
    2「第1募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止い
       たします。
    3売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(630円)で算出した見込額であります。
    4売出数等については今後変更される可能性があります。
    5振替機関の名称及び住所は、「第1募集要項1新規発行株式」の(注)3に記載した振替機関と同一
       であります。
    6本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメン
       トによる売出しを行う場合があります。
    なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3売出株式(オーバーアロットメントによる
       売出し)」及び「4売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
    7引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容
       については、「募集又は売出しに関する特別記載事項3ロックアップについて」をご参照下さい。




                          9/172
                                                                      EDINET提出書類
                                                            株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                有価証券届出書(新規公開時)




2 【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
 (1) 【入札方式】
  ① 【入札による売出し】
       該当事項はありません。


  ② 【入札によらない売出し】
       該当事項はありません。


 (2) 【ブックビルディング方式】

                          申込株     申込
売出価格 引受価額                                          引受人の住所及び氏名又は名 元引受契約
                申込期間      数単位    証拠金      申込受付場所
 (円)  (円)                                                称        の内容
                           (株)    (円)

               自平成21年                     引受人の    東京都中央区日本橋一丁目9
 未定
         未定    3月9日(月)            未定       本店及び                     未定
(注)1                       100                     番1号
        (注)2   至平成21年           (注)2      全国各支                    (注)3
(注)2                                               野村證券株式会社
               3月12日(木)                    店

(注) 1売出価格の決定方法は、「第1募集要項3募集の条件(2) ブックビルディング方式」の(注)1と同
       様であります。
    2売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただ
       し、申込証拠金には、利息をつけません。
    引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
    3引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売
       出価格決定日(平成21年3月6日)に決定する予定であります。
    なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
       は引受人の手取金となります。
    4上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
    5株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
       構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買
       を行うことができます。なお、引受人の買取引受による売出しに係る株券は、発行されません。
    6申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたしま
       す。
    7上記引受人の販売方針は、「第1募集要項3募集の条件(2) ブックビルディング方式」の(注)7に
       記載した販売方針と同様であります。




                                        10/172
                                                                        EDINET提出書類
                                                              株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                  有価証券届出書(新規公開時)




3 【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】

                                     売出価額の総額           売出しに係る株式の所有者
  種類              売出数(株)
                                        (円)             の住所及び氏名又は名称
           入札方式のうち
   ―                            ―              ―               ―
           入札による売出し
           入札方式のうち入
   ―       札                    ―              ―               ―
           によらない売出し
                                                    東京都中央区日本橋一丁目9番1号
           ブックビルディン
普通株式                       210,000    132,300,000
           グ方式                                      野村證券株式会社 210,000株

計(総売出株式)      ―            210,000    132,300,000              ―

(注) 1オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需
       要状況を勘案し、野村證券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによ
       る売出しに係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止され
       る場合があります。
    2オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、平成21年2月12日開催の取締役会において、
       野村證券株式会社を割当先とする当社普通株式210,000株の第三者割当増資の決議を行っております。
       また、野村證券株式会社は、大阪証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出
       株式数を上限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合が
       あります。
    なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項2第三者割当増資とシンジケート
       カバー取引について」をご参照下さい。
    3上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の上場前公募等規則により規定されております。
    4「第1募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも
       中止いたします。
    5売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(630円)で算出した見込額であります。
    6振替機関の名称及び住所は、「第1募集要項1新規発行株式」の(注)3に記載した振替機関と同一
       であります。




                                 11/172
                                                             EDINET提出書類
                                                   株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                       有価証券届出書(新規公開時)




4 【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
(1) 【入札方式】
  ① 【入札による売出し】
        該当事項はありません。


  ② 【入札によらない売出し】
        該当事項はありません。


(2) 【ブックビルディング方式】

                    申込株数
売出価格                        申込証拠金                       元引受契約
          申込期間       単位           申込受付場所 引受人の住所及び氏名又は名称
 (円)                          (円)                        の内容
                     (株)

         自平成21年                    野村證券株
  未定     3月9日(月)              未定    式会社の本
                      100                      ―            ―
 (注)1    至平成21年             (注)1   店及び全国
         3月12日(木)                   各支店

(注) 1売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金
       とそれぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけ
       ません。
    2株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定
       であります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務
       規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、オー
       バーアロットメントによる売出しに係る株券は、発行されません。
    3申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたしま
       す。
    4野村證券株式会社の販売方針は、「第2売出要項2売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)
       (2) ブックビルディング方式」の(注)7に記載した販売方針と同様であります。




                                    12/172
                                                       EDINET提出書類
                                             株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                 有価証券届出書(新規公開時)




【募集又は売出しに関する特別記載事項】

1大阪証券取引所ニッポン・ニュー・マーケット―「ヘラクレス」への上場について
      当社は、「第1募集要項」における新規発行株式及び「第2売出要項」における売出株式を含む
 当社普通株式について、野村證券株式会社を主幹事会社として、大阪証券取引所ニッポン・ニュー・
 マーケット―「ヘラクレス」への上場を予定しております。


2第三者割当増資とシンジケートカバー取引について
      オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによ
 る売出しのために、主幹事会社が当社株主である株式会社日本医学臨床検査研究所(以下「貸株人」
 という。)より借入れる株式であります。これに関連して、当社は、平成21年2月12日開催の取締役会に
 おいて、主幹事会社を割当先とする当社普通株式210,000株の第三者割当増資(以下「本件第三者割当
 増資」という。)を行うことを決議しております。本件第三者割当増資の会社法上の募集事項について
 は、以下のとおりであります。

(1)   募集株式の数         当社普通株式210,000株

(2)   募集株式の払込金額      未定(注)1

                     割当価格を基礎とし、会社計算規則第37条第1項に基づき算出される資本
      増加する資本金
(3)   及び資本準備金に関する事   金等増加限度額の2分の1相当額を資本金に計上し、残額を資本準備金と
      項              する。(注)2

(4)   払込期日           平成21年3月27日(金)

(注) 1募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、平成21年2月26日開催予定の取締役会において決定され
       る予定の「第1募集要項」における新規発行株式の払込金額(会社法上の払込金額)と同一とする予
       定であります。
    2割当価格は、平成21年3月6日に決定される予定の「第1募集要項」における新規発行株式の引受価
       額と同一とする予定であります。
      また、主幹事会社は、平成21年3月17日から平成21年3月19日までの間、貸株人から借入れる株式の
 返却を目的として、大阪証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数
 を上限とするシンジケートカバー取引を行う場合があります。
      主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、当該株式数については、
 割当てに応じない予定でありますので、その場合には本件第三者割当増資における発行数の全部また
 は一部につき申込みが行われず、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行数
 が減少する、または発行そのものが全く行われない場合があります。また、シンジケートカバー取引期
 間内においても、主幹事会社の判断でシンジケートカバー取引を全く行わないか若しくは上限株式数
 に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。




                               13/172
                                                     EDINET提出書類
                                           株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                               有価証券届出書(新規公開時)




3ロックアップについて
  本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人かつ売出人である株式会社日本医
 学臨床検査研究所、売出人である金子常雄、高橋昭雄、有限会社常商事、齋藤誠次、川村恵子、石川敏男、
 金子英子、川村富美夫、後藤哲、佐々木洋一、岩崎和敏、宝島幸治、矢倉章央、古藤敏夫、藤浪寛並びに当
 社株主である籾山邦男、高山正法、田辺輸吉、松山迪、坂田康雄、佐守友博、別所典子、松本昌子、井上則
 子、高山修司、村井久美、中原隆、櫨山友利、中山啓三、松山勇人、玉置年克、大都城郁、久保明、本間盛男、
 篠原公平、中埜義信、田頭安徳、和田雅之、木下雅夫、朝倉貴寿、金﨑一昭、亀井哲男、栗田克城、猿木敬
 一、浜口敏和、藤田尚克、前川好幸、安藤正、三井克人、村山嘉康、池尾明廣、脇田勇人、その他23名
 (11,476株)は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の
 平成21年9月12日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面によ
 る同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメント
 による売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1募集要項」における
 発行価格の2倍以上であって、大阪証券取引所における初値が形成された後に主幹事会社を通して行
 う大阪証券取引所立会内取引での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。
  また、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしに
 は、当社株式の発行、当社株式に転換もしくは交換される有価証券の発行又は当社株式を取得もしく
 は受領する権利を付与された有価証券の発行(ただし、本募集、株式分割、ストックオプションとして
 の新株予約権の発行及びオーバーアロットメントによる売出に関連し、平成21年2月12日開催の当社
 取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等を除く。)等を行わない旨
 合意しております。
  なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であってもその裁量で当
 該合意の内容を一部もしくは全部につき解除できる権限を有しております。




                         14/172
                                                EDINET提出書類
                                      株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                          有価証券届出書(新規公開時)




第3 【その他の記載事項】


新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項


(1) 表紙に当社のロゴマーク       を記載いたします。


(2) 表紙の次に「1事業の概況」から「3事業の内容」をカラー印刷したものを記載いたします。




                      15/172
                   EDINET提出書類
         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
             有価証券届出書(新規公開時)




16/172
                   EDINET提出書類
         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
             有価証券届出書(新規公開時)




17/172
                   EDINET提出書類
         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
             有価証券届出書(新規公開時)




18/172
                   EDINET提出書類
         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
             有価証券届出書(新規公開時)




19/172
                   EDINET提出書類
         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
             有価証券届出書(新規公開時)




20/172
                   EDINET提出書類
         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
             有価証券届出書(新規公開時)




21/172
                   EDINET提出書類
         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
             有価証券届出書(新規公開時)




22/172
                                                                 EDINET提出書類
                                                       株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                           有価証券届出書(新規公開時)




第二部 【企業情報】

第1 【企業の概況】


1 【主要な経営指標等の推移】
(1) 連結経営指標等

         回次            第1期             第2期                第3期

        決算年月          平成18年3月         平成19年3月           平成20年3月

売上高            (千円)             ―         2,260,199          2,326,496

経常利益           (千円)             ―            397,292            330,680

当期純利益          (千円)             ―            261,819            232,866

純資産額           (千円)             ―            461,996            675,163

総資産額           (千円)             ―         2,438,339          2,328,712

1株当たり純資産額      (円)              ―             181.17             264.77

1株当たり
               (円)              ―             106.84              91.32
当期純利益金額
潜在株式調整後
1株当たり          (円)              ―                 ―                  ―
当期純利益金額

自己資本比率         (%)              ―               18.9               29.0

自己資本利益率        (%)              ―               87.8               41.0

株価収益率          (倍)              ―                 ―                  ―

営業活動による
               (千円)             ―            167,824            260,551
キャッシュ・フロー
投資活動による
               (千円)             ―          △50,426            △28,752
キャッシュ・フロー
財務活動による
               (千円)             ―             31,120         △236,645
キャッシュ・フロー
現金及び現金同等物
               (千円)             ―            473,699            468,720
の期末残高

従業員数           (名)              ―                134                140

(注) 1売上高には、消費税等は含まれておりません。
    2当社は、第2期より連結財務諸表を作成しております。
    3潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
       ん。
    4株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
    5連結財務諸表につきましては、第2期は旧証券取引法第193条の2の規定に基づき、第3期は金融商品取
       引法第193条の2第1項の規定に基づき監査法人トーマツの監査を受けております。
    6従業員数は就業人員(常傭パート2名を含む)であります。




                             23/172
                   EDINET提出書類
         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
             有価証券届出書(新規公開時)




24/172
                                                                   EDINET提出書類
                                                         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                             有価証券届出書(新規公開時)




(2) 提出会社の経営指標等

         回次            第1期               第2期                第3期

        決算年月          平成18年3月           平成19年3月           平成20年3月

売上高            (千円)       1,993,894         2,246,975          2,307,310

経常利益           (千円)          172,747           417,728            332,477

当期純利益          (千円)           83,924           248,525            232,214

資本金            (千円)           13,400            47,700             47,700

発行済株式総数        (株)            24,500        2,550,000          2,550,000

純資産額           (千円)          147,752           461,955            675,163

総資産額           (千円)       2,169,076         2,437,871          2,328,712

1株当たり純資産額      (円)         6,030.73             181.16             264.77

1株当たり配当額(1                        ―                 ―                  ―
               (円)
株当たり中間配当額)                       (―)               (―)                (―)
1株当たり
               (円)         3,681.72             101.42              91.06
当期純利益金額
潜在株式調整後
1株当たり          (円)                ―                 ―                  ―
当期純利益金額

自己資本比率         (%)               6.8              18.9               29.0

自己資本利益率        (%)              91.8              81.5               40.8

株価収益率          (倍)                ―                 ―                  ―

配当性向           (%)                ―                 ―                  ―

従業員数           (名)               108               131                140

(注) 1売上高には、消費税等は含まれておりません。
    2潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
       ん。
    3株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
    4財務諸表につきましては、第2期は旧証券取引法第193条の2の規定に基づき、第3期は金融商品取引法
       第193条の2第1項の規定に基づき監査法人トーマツの監査を受けておりますが、第1期の財務諸表に
       つきましては監査を受けておりません。
    5従業員数は就業人員(常傭パート2名を含む)であります。




                               25/172
                                                      EDINET提出書類
                                            株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                有価証券届出書(新規公開時)




6当社は、平成18年7月28日付で株式1株につき100株の分割を行っております。そこで、株式会社大阪証
   券取引所の引受担当者宛通知「上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)の作成上の留意点につい
   て」(平成20年4月9日付大証上場第22号)に基づき、当該株式分割に伴う影響を加味し、遡及修正を
   行った場合の1株当たり指標の推移を参考までに掲げると以下のとおりとなります。
なお、第1期の数値につきましては、監査法人トーマツの監査を受けておりません。


          回次               第1期

  決算年月                          平成18年3月

  1株当たり純資産額      (円)                60.31

  1株当たり当期純利益金額   (円)                36.82

  潜在株式調整後
                 (円)                   ―
  1株当たり当期純利益金額
  1株当たり配当額                             ―
                 (円)
  (1株当たり中間配当額)                        (―)




                       26/172
                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)




2 【沿革】
  当社は、平成17年4月1日に株式会社日本医学臨床検査研究所(昭和40年12月設立、本社京都府久
 世郡久御山町)の社内ベンチャーであったバイオアッセイ事業部の資産、負債その他これに付随する
 一切の権利義務を承継し、会社分割により設立されました。
  平成19年12月31日に米国市場進出の足掛かりとして市場調査及びパイロット的営業活動を行って
 いたJCL Bioassay Inc.を清算しました。
  平成20年4月18日に米国で研究所を運営するJCL Bioassay USA, Inc.を設立し、米国研究所の建設
 計画を進めております。
  なお、本書において、一般的に馴染みがないと考えられる語句につきましては、*を付して用語解説
 (3「事業の内容」の末尾を参照)をしております。


株式会社JCLバイオアッセイの沿革

   年月                                      事項

平成17年4月    株式会社日本医学臨床検査研究所からの会社分割により大阪府豊中市に株式会社JCLバイ
           オアッセイを設立し、西脇ラボ(兵庫県西脇市)と大阪ラボ(大阪府吹田市)の2研究所及び、子
           会社としてJCL Bioassay Inc.(米国イリノイ州エヴァンストン)を承継

平成19年12月   JCL Bioassay Inc.を清算

           米国において受託試験研究業務を開始するため、米国イリノイ州シカゴにJCL Bioassay USA,
平成20年4月
           Inc.を設立




                                  27/172
                                                                      EDINET提出書類
                                                            株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                有価証券届出書(新規公開時)




(参考)
  株式会社日本医学臨床検査研究所におけるバイオアッセイ事業部の変遷について記載いたします。

   年月                                         事項

 昭和40年12月   株式会社日本医学臨床検査研究所を京都市伏見区に設立

 昭和59年9月    北大阪支所(大阪府吹田市)内にバイオアッセイ事業部発足

                            *1)
 昭和62年12月   通商産業省より化審法GLP         基準適合施設として認定(確認番号017)

 平成2年4月     兵庫県西脇市に移転し、バイオアッセイ事業部西脇ラボを開設

 平成9年4月     事業拡大のため、大阪府吹田市に新研究施設としてバイオアッセイ事業部大阪ラボ開設

                                        *2)
 平成10年7月    西脇ラボ、厚生省令第21号 医薬品GLP              基準適合施設として認定(評価A)

 平成11年9月    大阪ラボ、厚生省令第21号 医薬品GLP基準適合施設として認定(評価A)

 平成13年4月    事業拡大のため、西脇ラボに製剤研究棟を建設

            市場調査及びパイロット的営業活動を行うため、米国イリノイ州エヴァンストンにJCL
 平成14年6月
            Bioassay Inc.を設立

 平成15年5月    事業拡大のため、西脇ラボに新研究棟を建設



(注) 1株式会社日本医学臨床検査研究所の主たる事業は受託臨床検査事業であり、病院等の医療機関を顧客とし
       ております。一方、バイオアッセイ事業部の受託試験研究事業は、製薬会社等を顧客としており、両事業
       は、受ける法規制、顧客層、受託内容の点で全く異なる性格を有しておりました。各々の業界に対して機動
       的な事業運営を行い、事業特性を生かした経営に特化することで、各会社の企業価値を高めたいとの考え
       から会社分割を行っております。

(注) 2厚生省令第21号医薬品GLP基準適合施設の適合確認は3年ごとの調査が行われており、初回適合確認時
       (上記/西脇ラボ:平成10年7月、大阪ラボ:平成11年9月)より両ラボ共に評価Aでの適合確認を継続
       しております。
       なお、調査の評価区分は次のとおりであります。
         評価A:GLPに適合する。
         評価B:改善すべき事項があるが、当該部分による試験の信頼性に及ぼす影響が許容しうる範囲のも
             のであり、GLPに適合する。
         評価C:GLPに適合しない。




                                   28/172
                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)




3 【事業の内容】
  当社グループは、西脇ラボ(兵庫県西脇市)、大阪ラボ(大阪府吹田市)の2研究所を有し、製薬会社等
 における新医薬品開発試験研究に係る「バイオアナリシス(生体試料中薬物濃度測定)」、「医薬品品
                                                      *3)
 質安定性試験」などの受託試験研究に特化した医薬品開発受託研究機関(以下、CRO)                   でありま
 す。
  当社グループの事業は、受託試験研究に関する単一の事業セグメントであるため、試験種類別に記
 載いたします。


 (1) 事業の概要
      当社グループは、医薬品開発に係わる受託試験研究業務を事業として営んでおります。受託試験
  研究業務とは、製薬会社等から試験を受託し、その研究結果を報告書として提出するサービスであ
  ります。


      事業の系統図は、次のとおりであります。




      ※1国内取引の一部は、経営上の重要な契約等に記載しておりますように、代理店(業務提携会
         社:エルエスジー株式会社)を通じて行われているものがあります。
      ※2平成20年4月に連結子会社JCL Bioassay USA, Inc.を設立しましたが、現在米国に研究所
         を建設中であり、事業開始前です。




                              29/172
                                                        EDINET提出書類
                                              株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                  有価証券届出書(新規公開時)




  受託試験の種類は以下のとおりです。


 ①バイオアナリシス(生体試料中薬物濃度測定)
                                              *4)             *5)
   バイオアナリシスとは、新医薬品開発のプロセスで実施される非臨床試験  及び臨床試験
  において、動物並びにヒトから採取された血液や尿などの生体試料中の薬物濃度を測定する試験
                                                     ※
  です。医薬品の生体試料中濃度を、投与後時間を追って測定し、得られた濃度推移 の結果は、医
  薬品の有効性、安全性を評価するための重要なデータとなります。高速液体クロマトグラフ・タ
                        *6)                         *7)
  ンデム質量分析装置(LC/MS/MS)         や高速液体クロマトグラフ(HPLC)          などの分析装
                                       *8)
  置を用いて分析方法を開発した後、分析法バリデーション を実施し、個々の医薬品に対して確
  立した分析法が信頼性のある方法であると実証されれば、その確立された分析方法によって生体
  試料の分析を行います。
 ②医薬品品質安定性試験
   医薬品品質安定性試験とは、医薬品が製造されてから使用されるまでの期間、品質に変化がな
  いことを保証するために実施される試験であり、製剤や原薬を一定の温度、湿度、光条件の下で一
  定期間保存し、品質が保たれているかを評価する試験や、新医薬品と同時に投薬される可能性の
  ある医薬品を混合した時に、化学反応などの変化が生じるかを評価するための配合変化試験等を
  実施しております。また、非臨床試験や臨床試験に使用される製剤・原薬についても品質を証明
  する必要があるため、安定性試験を実施しています。
 ③その他
   探索、非臨床及び臨床段階における代謝物の構造解析等の受託試験であります。なお、市場の要
  請に対応した技術の再構築を目的に、第4期より事業としてではなく、研究開発活動として実施
  しております。


 ※経口剤の場合、ヒトが飲んだ薬は、胃で溶けて小腸でその成分が吸収され、血液とともに全身へ
   運ばれ臓器に達し、薬の効果を発揮します。その効き目の強さは薬の血液中濃度に依存してお
   り、薬が効果を発揮するためには血液中に必要な濃度が一定時間持続されることが必要となり
   ます。血液中の薬の濃度が高すぎると副作用が現れて害を及ぼし(毒性濃度域)、低すぎると薬
   の効果が現れない(無効濃度域)ことがあります。




(2) 製薬会社における新医薬品の開発と当社グループの事業領域
  新医薬品の開発プロセスでは、基礎研究、品質安定性試験、非臨床試験、臨床試験などを実施して、
 有効性と安全性を確認することが不可欠です。新医薬品を国内で販売するためには、製薬会社はそ
 れらの試験成績を添付して厚生労働省に新医薬品承認申請を行い、同省諮問機関の専門家による厳
 密な審査を経て承認を受けなければ医薬品として市販することができません。




                              30/172
                                            EDINET提出書類
                                  株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                      有価証券届出書(新規公開時)




 一般的な新医薬品研究開発の流れと当社グループの事業領域については、次のとおりでありま
す。




                   31/172
                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                    有価証券届出書(新規公開時)




用語解説


*1) 化審法GLP(化学物質GLP)
  経済産業省、厚生労働省、環境省より、新規化学物質の製造申請の際に提出が必要な試験資料のう
 ち、安全性試験を実施する試験施設のための基準が、「化学物質の審査及び製造(輸入)等の規制に
 関する法律」(化審法)(法律第117号)に基づき、「新規化学物質等に係る試験を実施する試験施設
 に関する基準について」として定められています。


*2) 医薬品GLP
  GLPとは、優良試験所基準のことで、Good Laboratory Practiceの略であります。厚生労働省よ
 り、新医薬品の承認申請の際に提出が必要な試験資料のうち、安全性に関する非臨床試験を実施す
 るための基準が「医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施の基準に関する省令」(厚生省令第21
 号)、「医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施の基準に関する省令の一部を改定する省令」(厚
 生労働省令第114号)、「医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施の基準に関する省令の一部を改
 定する省令の施行について」(薬食発第0613009号、薬食発第0613007号)として定められており、3
 年ごとに基準適合調査が行われます。非臨床試験で得られるデータの質と信頼性を確保するため
 に、試験実施施設が守らなくてはならない事項を、ソフト面(職員・組織、教育・訓練、作業手順、文
 書の管理・保存等)とハード面(施設、設備・機器の維持・管理等)から厚生労働省が規定したもの
 です。


*3)医薬品開発受託研究機関(CRO)
  Contract Research Organizationの略。製薬会社(試験依頼者)に代わって試験を実施、管理する
 機関のこと。当社グループは、この範疇に属します。また、製薬会社(試験依頼者)に代わって治験施
 設を管理する機関のことを臨床試験受託機関(Clinical Research Organization、略して臨床CR
 O)といいます。


*4) 非臨床試験
  主に実験動物に対する医薬品の安全性や有効性、毒性の強さを評価するための安全性試験のこ
 と。


*5) 臨床試験
  ヒトに薬物を投与して、安全性や有効性を評価するための試験のこと。特に、当局に医薬品として
 申請する際に必要なヒトで行う臨床試験のことを治験といいます。この臨床試験は以下の4相に分
 けて実施されます。
  第Ⅰ相臨床試験:少数健常人を対象に安全性や薬物の吸収量・排泄量等を確認する試験
  第Ⅱ相臨床試験:少数の患者を対象に有効性や安全性の確認、投与量や投与方法等について探索
             する試験
  第Ⅲ相臨床試験:多数の患者を対象に既存薬と比較することにより有効性や安全性を確認する




                            32/172
                                       EDINET提出書類
                             株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                 有価証券届出書(新規公開時)




       試験
第Ⅳ相臨床試験:医薬品の承認後に行われるすべての試験




                  33/172
                                                                       EDINET提出書類
                                                             株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                 有価証券届出書(新規公開時)




*6) 高速液体クロマトグラフ・タンデム質量分析装置(LC/MS/MS)
  High-Performance Liquid Chromatograph/Tandem Mass Spectrometer のことで、LC/MS/M
 Sと略します。高速液体クロマトグラフ(HPLC)とタンデム質量分析装置を連結したものです。
  まずはHPLCで生体試料中に存在する医薬品やその他の物質を分離します。この時、HPLC
 で医薬品と分離できない物質が存在する場合がありますが、これらをタンデム質量分析装置に注入
 しますと、分子の質量によってさらに分離することができるため、結果的に医薬品のみの定量でき
 ます。


*7) 高速液体クロマトグラフ(HPLC)
  High-Performance Liquid Chromatograph のことで、HPLCと略します。混合している有機化
 合物を親水性(水への溶け易さ)の違いやイオン性の違いなどにより分離し、定量するための代表的
 な手法として汎用されている分析装置。


*8) 分析法バリデーション
  血液や尿中における医薬品の濃度を測る(定量する)方法を確立した時、その方法を使って測定す
 れば、定量した値に再現性があり、確立した定量法が妥当であることを証明する試験。分析法バリ
 デーションでは、主として再現性、真度、精度、特異性、感度について調べます。すなわち、既知濃度の
 サンプルを作り、そのサンプルを何度測定しても同じ値になること(再現性)、別の日に測定しても、
 別の担当者が測定しても、同じ値になること(真度)、得られた定量値にばらつきがないこと(精度)、
 医薬品を入れていないサンプルを作って測定すればゼロと定量されること(特異性)、定量したい最
 低濃度のサンプルを作って測定すれば、その最低濃度の値となること(感度)をもって、その定量法
 は妥当であると証明します。分析法バリデーションによって分析方法の妥当性が証明されれば、そ
 の測定法を使って実際にサンプルの濃度を測定することができます。


*9) GCP
  Good Clinical Practice の略。厚生労働省より、患者への倫理的配慮のもとに、科学的に適正な
 臨床試験を実施するための基準が「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」(厚生省令第28
 号)、「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令の一部を改正する省令」(厚生労働省令第24
 号)として定められています。臨床試験に関わる被験者の人権保護、安全性確保、治験の質の確保、
 データの信頼性の確保、責任・役割分担の明確化、記録の保存等について厚生労働省が規定したも
 のです。




                                   34/172
                                                                   EDINET提出書類
                                                         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                             有価証券届出書(新規公開時)




4 【関係会社の状況】

                         資本金又は                    議決権の
                                          主要な事業
      名称            住所     出資金                    所有割合     関係内容
                                           の内容
                          (千円)                     (%)
                                         当社が実施す         北米における営業業務
             米国
                                         る受託試験研         を委任
(連結子会社)      イリノイ州               110,765        所有
                                         究業務全般の
JCL Bioassay Inc.
             エ ヴ ァ ン ス ト (1,000千USドル)             100.0 役員の兼任1名
                                         営業代理業務
             ン                                          従業員の出向1名
                                         等
(注) 1特定子会社に該当しております。
    2平成19年12月にJCL Bioassay Inc.は清算いたしました。
    3平成20年4月にJCL Bioassay USA, Inc.を設立しております。なお、同社の概要につきましては重要な
       後発事象に記載しております。




                                 35/172
                                                                     EDINET提出書類
                                                           株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                               有価証券届出書(新規公開時)




5 【従業員の状況】
(1) 連結会社の状況
                                                          平成21年1月31日現在
            試験種類                                従業員数(名)

バイオアナリシス                                                    71

医薬品品質安定性試験                                                  16

その他                                                          5

全社(共通)                                                      52

              合計                                           144

(注) 1当社グループの事業は単一の事業セグメントであるため、従業員数は試験種類別に記載しております。
    2従業員数は就業人員(常傭パート3名を含む)であります。


(2) 提出会社の状況
                                                          平成21年1月31日現在
  従業員数(名)          平均年齢(歳)              平均勤続年数(年)         平均年間給与(千円)

            144              32.4                   2.1             5,253

(注) 1従業員数は就業人員(常傭パート3名を含む)であります。
    2平均勤続年数については、会社分割前の株式会社日本医学臨床検査研究所における勤続年数を含めて算
       定しますと4.6年となります。
    3平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。


(3) 労働組合の状況
  労働組合は結成されておりませんが、労使関係は良好に推移しております。




                               36/172
                                                        EDINET提出書類
                                              株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                  有価証券届出書(新規公開時)




第2 【事業の状況】


1 【業績等の概要】
(1) 業績
 第3期連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
  当連結会計年度におけるわが国経済は、堅調な企業収益を背景に、景気は緩やかな回復基調を続
 けて参りましたが、原油価格の高騰、米国のサブプライムローン問題に端を発した世界的な金融市
 場の不安などにより、景気の先行き不透明感が高まってきております。
  当社グループがサービスを提供している医薬品業界におきましては、医療費抑制政策による国内
 医療用医薬品市場の伸びが鈍化し、製薬企業にとっては、新薬の開発がより一層重要な課題となる
 厳しい環境下にあり、経営の合理化を図る上でのアウトソーシング化の傾向は引続き増大している
 と見られます。
  このような環境の中、当社グループは、営業活動の強化、受託研究部門の人員増により、業績の拡
 大に努めました。
  その結果、当連結会計年度の売上高は2,326,496千円(前年同期比2.9%増)、営業利益は357,275千
 円(前年同期比14.1%減)、経常利益は330,680千円(前年同期比16.8%減)、当期純利益は232,866千
 円(前年同期比11.1%減)を計上いたしました。


  売上高を試験種類別に説明いたしますと、次のとおりであります。
 ・バイオアナリシス
  製薬会社のアウトソーシングが増加傾向にあるものの、当連結会計年度に大阪ラボにて実施され
 たGLP調査対応への準備及び同ラボ職員の退職による影響から、売上高は1,948,953千円(前年同
 期比2.9%減)となりました。
 ・医薬品品質安定性試験
  規模拡大への取り組みと、製薬会社のアウトソーシングが増加傾向にあることにより、売上高は
 339,793千円(前年同期比59.6%増)となりました。
 ・その他
  試験数の増加によりその他の売上高は37,750千円(前年同期比277.5%増)となりました。


 第4期第3四半期連結累計期間(自平成20年4月1日至平成20年12月31日)
  当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、世界的な金融危機や円高の影響を受け、企業
 業績や雇用環境が急速に悪化いたしました。
  当社グループがサービスを提供している医薬品業界におきましては、医療費抑制政策により国内
 医療用医薬品市場の伸びが鈍化し、製薬会社にとっては新薬の開発がより一層重要な課題となる厳
 しい環境下にあり、経営の合理化を図るためのアウトソーシング化拡大傾向が続いております。
  このような環境の中、当社グループは、人材の採用・育成による処理能力の拡大及び営業活動の
 強化に努めてまいりました。また、その結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は2,009,711千円、
 営業利益は503,521千円、経常利益は469,348千円、四半期純利益は287,546千円を計上いたしまし
 た。
  売上高の内訳は、バイオアナリシスが1,802,622千円、医薬品品質安定性試験が207,089千円と




                           37/172
                              EDINET提出書類
                    株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                        有価証券届出書(新規公開時)




なっております。




           38/172
                                                       EDINET提出書類
                                             株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                 有価証券届出書(新規公開時)




(2) キャッシュ・フローの状況
 第3期連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
  当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前年同期に比べ4,978
 千円(1.1%)減少し、468,720千円となりました。


 (営業活動によるキャッシュ・フロー)
  営業活動の結果得られた資金は、260,551千円(前年同期比55.3%増)となりました。これは主に、
 法人税等の支払額82,209千円の計上があったものの、税金等調整前当期純利益350,037千円の計上
 があったことによるものであります。


 (投資活動によるキャッシュ・フロー)
  投資活動の結果使用した資金は、28,752千円(前年同期比43.0%減)となりました。これは主に、投
 資有価証券売却による収入33,570千円の計上があったものの、有形固定資産等の取得(西脇ラボ本
 館工事22,736千円、自動分注装置10,000千円、その他工具器具備品17,342千円、ソフトウェア4,938
 千円他)による支出58,299千円が計上されたことによるものであります。


 (財務活動によるキャッシュ・フロー)
  財務活動の結果支出した資金は、236,645千円(前年同期は31,120千円の収入)となりました。これ
 は、長期借入れによる収入600,000千円があったものの、社債の償還による支出40,000千円、長期借
 入金の返済による支出111,645千円及び短期借入金の返済による支出685,000千円によるものであ
 ります。


 第4期第3四半期連結累計期間(自平成20年4月1日至平成20年12月31日)
  当第3四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計
 年度末に比べ114,208千円増加し、582,929千円となりました。


 (営業活動によるキャッシュ・フロー)
  営業活動の結果得られた資金は、440,332千円となりました。これは主に、売上債権の増加額
 102,455千円及び法人税等の支払額158,653千円の計上があったものの、税金等調整前四半期純利益
 の計上額468,594千円、減価償却費の計上額82,596千円、たな卸資産の減少額81,316千円の計上が
 あったことによるものであります。


 (投資活動によるキャッシュ・フロー)
  投資活動の結果使用した資金は、323,462千円となりました。これは主に、有形固定資産の取得に
 よる支出275,777千円、差入保証金の差入44,041千円が計上されたことによるものであります。


 (財務活動によるキャッシュ・フロー)
  財務活動の結果使用した資金は、2,822千円となりました。これは短期借入金の純増額35,000千円
 及び長期借入金による収入110,000千円があったものの、長期借入金の返済による支出135,635千
 円、及びリース債務返済による支出12,187千円の計上があったことによるものであります。




                           39/172
                                                                               EDINET提出書類
                                                                     株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                         有価証券届出書(新規公開時)




2 【生産、受注及び販売の状況】
 (1) 生産実績
   当社グループの事業は、受託試験研究に関する単一の事業セグメントであるため、第3期連結会
  計年度及び第4期第3四半期連結累計期間における生産実績は、試験種類別に記載しております。

                                                                    第4期第3四半期
                          第3期連結会計年度
                                                                     連結累計期間
                         (自平成19年4月1日
                                                                  (自平成20年4月1日
                          至平成20年3月31日)
      試験種類                                                         至平成20年12月31日)

                 生産高(千円)                       前年同期比(%)               生産高(千円)

バイオアナリシス                  1,193,548                       101.4               1,003,030

医薬品品質安定性試験                  241,535                       131.6                 166,596

その他                          55,076                       132.0                      ―

       合計                 1,490,160                       101.6               1,169,626

(注) 1金額は、製造原価によっております。
    2上記の金額には、消費税等は含まれておりません。


 (2) 受注実績
   当社グループの事業は、受託試験研究に関する単一の事業セグメントであるため、第3期連結会
  計年度及び第4期第3四半期連結累計期間における受注実績は、試験種類別に記載しております。

                                                                    第4期第3四半期
                          第3期連結会計年度
                                                                     連結累計期間
                         (自平成19年4月1日
                                                                  (自平成20年4月1日
                          至平成20年3月31日)
      試験種類                                                         至平成20年12月31日)
             受注高         前年同期比          受注残高            前年同期比     受注高         受注残高
             (千円)          (%)           (千円)             (%)     (千円)         (千円)

バイオアナリシス     2,099,027        93.7       1,330,739        112.7   1,431,090     959,207

医薬品品質安定性試験     390,276       130.9            244,127     126.1     232,040     269,078

その他             19,485        55.5                 ―         ―           ―           ―

       合計    2,508,788        97.5       1,574,867        113.1   1,663,130   1,228,286

(注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。




                                     40/172
                                                                               EDINET提出書類
                                                                     株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                         有価証券届出書(新規公開時)




(3) 販売実績
     当社グループの事業は、受託試験研究に関する単一の事業セグメントであるため、第3期連結会
 計年度及び第4期第3四半期連結累計期間における販売実績は、試験種類別に記載しております。

                                                                     第4期第3四半期
                           第3期連結会計年度
                                                                      連結累計期間
                          (自平成19年4月1日
                                                                   (自平成20年4月1日
                           至平成20年3月31日)
      試験種類                                                          至平成20年12月31日)

                  販売高(千円)                      前年同期比(%)               販売高(千円)

バイオアナリシス                  1,948,953                        97.1               1,802,622

医薬品品質安定性試験                  339,793                       159.6                 207,089

その他                          37,750                       377.5                      ―

      合計                  2,326,496                       102.9               2,009,711

(注) 1主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合

                                                                     第4期第3四半期
                第2期連結会計年度                 第3期連結会計年度
                                                                      連結累計期間
               (自平成18年4月1日              (自平成19年4月1日
                                                                   (自平成20年4月1日
                至平成19年3月31日)             至平成20年3月31日)
      相手先                                                           至平成20年12月31日)

              販売高(千円)     割合(%)       販売高(千円)           割合(%)     販売高(千円)     割合(%)

 武田薬品工業株式会
                954,567       42.2            948,186      40.8     809,272        40.3
 社
     2上記の金額には、消費税等は含まれておりません。




                                     41/172
                                                       EDINET提出書類
                                             株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                 有価証券届出書(新規公開時)




3 【対処すべき課題】
(1) 人材の確保及び育成
  当社グループは高感度の分析装置を導入しており、常に最新鋭の装置は更新するよう努めており
 ますが、あくまで試験は人間が実施するものであり、優秀な研究員をどれだけ確保、育成できるかが
 施設のレベルアップの条件として大きなウェイトを占めています。
  当社グループでは、事業部として発足して以来毎月欠かさず続けてきた定例勉強会や、関連学会
 への参加、学会発表の奨励、大学との研究協力等により、積極的に優秀な人材を育成してまいりまし
 たが、今後も事業の拡大に伴って積極的に人材の確保、育成を図る方針です。


(2) 販路の拡大
  当社グループの主要顧客は大手製薬会社で、ほとんどがリピートユーザーであり、積極的な営業
 活動はしておりませんでした。そのため、特に関東エリアでの営業力は同業他社に比べ弱い面があ
 ると思われます。今後の事業の発展のためには、新規ユーザーの開拓が必要であります。そのため、
 営業人員を確保、育成して自社の営業力を強化するとともに、営業代理店(エルエスジー株式会社)
 との業務提携などを通じて販路を拡大する方針であります。


(3) 海外市場への進出
  米国の医薬品販売市場は世界市場の53%(平成18年12月∼平成19年11月:薬事ハンドブック2008
 年版より)を占めており、多くの巨大製薬会社(メガファーマ)が新薬の開発にしのぎを削っており
 ます。当社はイリノイ州に設立した連結子会社JCL Bioassay Inc.を基盤とし、市場調査と併行して
 パイロット的に営業活動を行っておりましたが、サンプルを日本に空輸して分析を行うことは時間
 的にもコスト的にも不利であり、やはり米国内に研究所を設立しなければグローバルマーケットで
 の本格的な営業活動は難しいと判断いたしました。そこで、JCL Bioassay Inc.を平成19年12月に清
 算し、研究所建設計画を具体化するため、平成20年4月に新たにJCL Bioassay USA, Inc.を同じく
 米国のイリノイ州に設立いたしました。今後は、平成22年度に同社の事業を開始することを目標と
 し、世界市場にチャレンジしていく方針であります。


(4) 財務内容の改善
  当社グループの財務内容は、総資産に占める有利子負債の比率が50.1%(平成20年3月期末)と高
 いですが、流動比率は毎年改善される傾向にあり、設立当初より改善し117.1%(平成20年3月期末)
 となっております。今後は、さらに自己資本の充実に努め、財務内容を改善していく方針でありま
 す。




                          42/172
                                                 EDINET提出書類
                                       株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                           有価証券届出書(新規公開時)




4 【事業等のリスク】
 本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、リスク要因となる可能性があると
考えられる主な事項及び投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項を記載しております。
当社グループはこれらのリスクの存在を認識した上で、その発生を未然に防ぎ、かつ、万が一発生した
場合でも適切に対処するよう努める所存であります。
 なお、以下の記載における将来に関する事項は、本書提出日現在において、当社グループが判断した
ものであります。


(1) 法的規制に関して
  当社は下記の法的規制を受けております。
 ①薬事法(昭和35年8月10日、法律第145号)
   第14条第3項において、医薬品の承認申請のための「資料は、厚生労働大臣の定める基準に
  従って収集され、かつ、作成されたものでなければならない」と規定されています。この条項の
  「厚生労働大臣の定める基準」というのが、厚生省令第21号「医薬品の安全性に関する非臨床試
  験の実施の基準に関する省令」、すなわちGLP省令であり、厚生省令第28号「医薬品の臨床試
  験の実施の基準に関する省令」、すなわちGCP省令です。当社の分析業務は、非臨床試験及び臨
  床試験におけるバイオアナリシスであるため、GLP省令及びGCP省令に従って行わなければ
  なりません。また、独立行政法人医薬品医療機器総合機構による、GLP省令を遵守して試験を実
  施しているどうかについての調査(医薬品GLP適合性調査)を、定期的に受けなければならない
  と定められており、当社は、西脇ラボ・大阪ラボともに、これまで常に最上位の評価(評価A)を得
  ております。GLP適合確認書には有効期限(評価Aの場合、3年間)が設けられており、現状で
  は、西脇ラボが平成19年1月から平成22年1月までで、大阪ラボが平成20年6月から平成23年6
  月までとなっております。
   当該期日までに行われる医薬品GLP適合性調査によって、今後当社の施設が不適合(評価C)
  と評価された場合、またGLP省令及びGCP省令に抵触する事態、すなわち薬事法に抵触する
  事態が生じた場合には、製薬会社からの受注試験数が激減することが予想され、当社グループの
  事業戦略や経営成績等に影響を与える可能性があります。
 ②麻薬及び向精神薬取締法(昭和28年3月17日法律第14号)
   バイオアナリシス部門及び医薬品品質安定性試験部門において受託する試験では、麻薬あるい
  は向精神薬を取扱う場合があるため、麻薬取扱者免許取得者の配属(西脇ラボ研究員1名)及び
  向精神薬試験研究施設の登録(西脇ラボ、大阪ラボ)を行い、それらの取扱いは、本法に則り適切に
  実施しております。麻薬取扱者免許には有効期限(2年間、平成20年1月∼平成21年12月)があり
  ますが、向精神薬試験研究施設の登録には有効期限がありません。麻薬及び向精神薬取締法に抵
  触する事態が生じた場合には、当社グループに対する信用が失墜し、当社グループの事業戦略や
  経営成績等に影響を与える可能性があります。




                             43/172
                                                                              EDINET提出書類
                                                                    株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                        有価証券届出書(新規公開時)




(2) 財務安定性について
  当社グループの平成20年3月期末における有利子負債(1,166,315千円)の総資産に占める比率は
 50.1%と高い水準にあります。
  当社グループでは、国内及び海外の業容拡大に伴い設備投資を必要とするなど相応の資金需要が
 見込まれます。今後は自己資本の充実を図りながら、資本市場からの調達と借入金のバランスを考
 慮しつつ資金調達を実施していく方針でありますが、適時、かつ当社グループの希望する条件で実
 行できるとは限らないため、当社グループの事業展開上の制約要因となる可能性があり、当社グ
 ループの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。


(3) 受注の減少及び受託試験の中止又は延期の可能性について
  当社グループが年度の受注高を計画するにあたっては、可能な限り正確な受注規模や受注時期を
 把握すべく努力し、それらの情報を活かして策定しておりますが、何らかの予測不可能な理由等に
 より計画していた受注が獲得できない場合や、実際の受注額が計画を大幅に下回るなどの場合、ま
 た、製薬会社等による開発実施計画の変更等によって、受託試験研究の中止又は延期を余儀なくさ
 れた場合には、当社グループの事業戦略や経営成績及び財政状態等に影響を与える可能性がありま
 す。


(4) 特定の販売先に対する依存度が高いことについて
  当社グループは、非臨床試験及び臨床試験に関わる生体試料中薬物濃度測定試験の研究委託を受
 けております。主たる販売先は大手製薬会社であり、特に大口販売先である武田薬品工業株式会社
 への依存度が高い状態です。そのため、今後何らかの理由により同社の研究方針の転換や当社グ
 ループとの取引方針又は取引内容の変更があった場合には、当社グループの事業戦略及び経営成績
 等に影響を与える可能性があります。なお、同社への販売の状況は以下のとおりであります。

                                                                    第4期第3四半期
               第2期連結会計年度                 第3期連結会計年度
                                                                     連結累計期間
              (自平成18年4月1日              (自平成19年4月1日
                                                                  (自平成20年4月1日
               至平成19年3月31日)             至平成20年3月31日)
      販売先                                                          至平成20年12月31日)

             販売高(千円)      割合(%)      販売高(千円)           割合(%)     販売高(千円)     割合(%)

武田薬品工業株式会社      954,567      42.2            948,186      40.8     809,272      40.3



(5) 経営組織に関する事項について
 ①特定の人物への依存について
      当社の代表取締役社長籾山邦男は当社が株式会社日本医学臨床検査研究所の社内ベンチャー
  であった時代からバイオアッセイ事業部長として、事業の推進に中心的な役割を果たしてまいり
  ました。また、会社分割による当社設立と同時に代表取締役社長に就任し、当社グループの経営方
  針及び事業戦略の決定並びに研究開発活動の推進に重要な役割を果たしており、当社グループの
  経営は同氏に対する依存度が高いと考えられます。
      そのため、同氏の業務遂行が困難となった場合には、当社グループの事業戦略や経営成績等に
  影響を与える可能性があります。




                                    44/172
                                               EDINET提出書類
                                     株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                         有価証券届出書(新規公開時)




 ②人材の確保について
   当社グループの事業が拡大していくためには、高度な専門知識を有する人材の確保が必須要件
  であります。
   今後は、新卒採用に加え、経験者の採用も積極的に行い、優秀な人材を確保したいと考えており
  ますが、当社グループが必要とする人材が計画通りに採用できない場合や現在在職する人材が多
  数退職するなどの事態が生じた場合には、厚生労働省のGLP認定機関としての業務遂行に支障
  をきたし、当社グループの事業展開や経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。


(6) 情報漏洩の可能性について
  受託試験研究は、機密保持を前提として成立するビジネスであります。したがって当社グループ
 は、製薬会社等との間で機密保持契約を締結しており、受託した研究業務の遂行によって知り得た
 機密事項を第三者に漏洩することは禁じられております。外部からの不正な侵入に対してはファイ
 アーウォール等の一般的なセキュリティシステムは導入済であり、その他個人情報に関しまして
 も、漏洩を防止するために万全の管理体制を確立すべく鋭意諸々の施策を推進しております。
  しかしながら、何らかの理由によりこれらの情報が漏洩した場合には、製薬会社等の信用を失い、
 当社グループの事業戦略や経営成績等に影響を与える可能性があります。


(7) 市場環境に関して
 ①競争激化の可能性について
   当社グループの事業において、今後、同業他社の事業拡大により競争が激化することが予想さ
  れます。また、顧客である国内の製薬会社が海外の製薬会社によって買収され、非臨床試験、臨床
  試験に係る薬物濃度測定の委託先を変更する場合も予想されます。さらに、海外とのデータの相
  互利用により、海外受託機関が競合相手になる可能性もあります。このような市場環境の変化が
  当社グループの経営成績に影響を与える可能性があります。
   また現在、国内外の製薬会社では世界的規模での合併や企業統合による再編が進められており
  ます。製薬会社の再編により、一時的に受託試験の絶対数が減少する可能性があるほか、既存顧客
  である製薬会社が研究開発方針を変更することにより当社グループへの委託件数が減少するこ
  とも考えられます。このような理由により、開発件数、非臨床試験及び臨床試験数が減少し、当社
  グループの受託試験数が減少した場合には、当社グループの事業戦略及び経営成績等に影響を与
  える可能性があります。
 ②非臨床試験及び臨床試験のCROへのアウトソーシング減少の可能性について
   現在、製薬業界においては、研究開発費における総人件費抑制の観点から研究開発業務をアウ
  トソーシングすることが主流になっております。しかしながら今後、合理化等による人件費の低
  下、製薬会社において余剰人員が発生する等何らかの理由によりアウトソーシングを減少させる
  ことも考えられます。そのような場合には、当社グループの費用は人件費、賃借料(分析機器等)等
  の固定費の割合が多く、売上変動に応じた支出の調整が困難であることから、利益率が低下し事
  業戦略及び経営成績等に影響を与える可能性があります。




                     45/172
                                                EDINET提出書類
                                      株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                          有価証券届出書(新規公開時)




(8) 海外市場への進出について
  当社グループは「分析CROとして世界の頂点を目指す」ことを経営ビジョンに掲げておりま
 す。その第一歩として、現在、米国進出に向けた計画を具体的に進めております。当社は、公募増資に
 よって調達する予定である資金を、全額子会社へ出資する予定であります。子会社においては、米国
 での研究所建設を行うための資金に充当します。本計画において、米国での事業開始後にGLP組
 織の確立を中心とした内部体制の構築等、初期投資費用が発生するため、一時的に当社グループの
 利益率は低下いたします。当社グループは米国での事業計画について早期に新たな事業の柱とすべ
 く注力いたしますが、何らかの事由により計画どおりに進まなかった場合、当社グループの財政状
 態及び経営成績に影響を与える可能性があります。


(9) 受注損失引当金の計上について
  分析法バリデーションは、その性格上不確定要因が多く、労力・時間を要するケースが多い一方、
 後続の生体試料中薬物濃度測定試験の受託に繋がるプロセスであるため受注獲得に際しての競合
 が激しく、受注価格を引き上げることが困難な状況にあり、結果として赤字受注となる場合があり
 ます。しかしながら、分析法バリデーション試験に続く生体試料中薬物濃度測定試験には不確定要
 因が少なく、効率的に試験ができることから、総合的に考えると利益を確保することができます。
  また、難易度が高い測定や少数検体の測定のような採算性の悪い試験を受託し、赤字が発生する
 場合があります。これは、顧客との密接な関係を維持するためばかりでなく、難易度の高い測定を手
 掛けることで当社グループの技術レベルの向上を目指すものでもあります。これらを通じ、当社グ
 ループは大規模で効率的な試験等の新規受注獲得に繋げ、全社として赤字を吸収するよう努めてお
 ります。
  上記の実態に鑑み、期末時点において受託している試験のうち赤字が予想される試験については
 受注損失引当金を計上しております。しかしながら、受注損失引当金以上の赤字の発生や、個別試験
 の赤字を他の試験で吸収できない場合、当社グループの経営成績に影響を与える可能性がありま
 す。


(10) 試験遂行過程の過失により当社グループの信用が失墜し業務に支障をきたす可能性について
  当社グループは、製薬会社等と非臨床試験、臨床試験の試料を分析する研究委受託契約を締結し
 ております。かかる試験の遂行過程で、過失が発生し、当該過失データに基づく報告書を製薬会社に
 提出し、それに起因して製薬会社等の個別試験の科学的価値の低下や承認申請資料としての価値を
 喪失した場合には、当社グループのCROとしての信頼は損なわれ、当社グループの事業戦略や経
 営成績等に影響を与える可能性があります。




                        46/172
                                               EDINET提出書類
                                     株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                         有価証券届出書(新規公開時)




(11) 設立の経緯と社歴が浅いことについて
  当社は、沿革に記載のとおり、社歴が浅いため、過年度の経営成績は、今後の当社グループの業績
 等を判断する材料としては不十分な面があります。
  また、事業基盤は確立されているものの、内部管理体制や業務執行体制はより一層の改善が必要
 であると考えております。現在、当社グループはより組織的な内部管理体制を整備、運用するよう努
 めておりますが、内部管理体制を整備、運用できなかった場合には、当社グループの事業遂行に影響
 を与える可能性があります。
  なお、当連結会計年度におきまして、株式会社日本医学臨床検査研究所との間で次の取引が発生
 しております。いずれも一時的な取引であり、今後同様の取引は発生しないものと見込んでおりま
 す。
  ①商標権の取得 (1,200千円)
  ②臨床検査委託費用(31千円)


(12) 製薬業界に売上を依存していることについて
   当社グループの収益は、国内製薬業界の研究開発に依存しております。従来当社グループは、国
 内製薬業界における研究開発のアウトソーシングの拡大に伴い、バイオアナリシス事業を中心と
 して業績を伸ばしてまいりました。しかしながら、今後、製薬業界を取り巻く事業環境や医薬品の
 研究開発動向に変化が生じ、国内の非臨床試験及び臨床試験の試験数が減少した場合は、当社 グ
 ループの経営成績及び財務内容に影響を与える可能性があります。


(13) 研究開発の遅延・中止について
  当社グループにおいては、蓄積した質量分析技術を基礎として、代謝物構造解析及び代謝安定性
 試験等を事業化するため研究開発を行っておりますが、必ずしも順調に進まない可能性もありま
 す。
  研究開発の遅延又は中止の場合には、当社グループの経営成績に影響を与える可能性がありま
 す。


(14) 天災地変により通常業務に支障をきたす可能性について
  当社グループの業務を遂行する上で、コンピュータ制御された精密かつ高度な分析装置を順調に
 稼動させる必要があります。当社グループでは、サーバー及び分析装置用電源のバックアップによ
 り不測の事態への対策を講じておりますが、地震、水害等の天災により電力供給が停止した場合に
 は、通常業務に支障をきたす可能性があります。また、火災等により受託した業務の試料や試験デー
 タ等が消失する可能性もあります。これらが生じた場合、当社グループの経営成績等に影響を与え
 る可能性があります。




                         47/172
                                                    EDINET提出書類
                                          株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                              有価証券届出書(新規公開時)




5 【経営上の重要な契約等】
 当社グループは、主要な販売先との間に取引基本契約書を締結している他、受託試験毎に個別契約
書を締結しております。主要顧客である武田薬品工業株式会社との間に締結している試験委受託基本
契約書の概要を下記に示しております。また、販売委託に関してエルエスジー株式会社との間に業務
提携契約を締結しております。
(1) 相手先:武田薬品工業株式会社医薬研究本部

 契約書名    試験等委託契約書

 契約締結日   平成18年2月1日

 契約期間    契約締結日より5年間(異議のない場合、同一条件での1年自動延長の規定あり。)

 契約内容    医薬品として研究中の物質に係る試験または業務の委受託に関する基本契約



(2) 相手先:武田薬品工業株式会社医薬開発本部

 契約書名    試験等委託契約書

 契約締結日   平成19年1月16日

 契約期間    契約締結日より5年間(異議のない場合、同一条件での1年自動延長の規定あり。)

 契約内容    医薬品として研究中の物質に係る試験または業務の委受託に関する基本契約



(3) 相手先:エルエスジー株式会社

 契約書名    業務提携契約書

 契約締結日   平成17年7月1日

 契約期間    契約締結日より2年間(異議のない場合、同一条件での1年自動延長の規定あり。)

 契約内容    医薬品開発に係る試験研究の受託に関する業務提携契約

 対価      販売委託手数料:当社標準料金の10%




                        48/172
                                                                            EDINET提出書類
                                                                  株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                      有価証券届出書(新規公開時)




6 【研究開発活動】
 第3期連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
 当社グループは、得意とする質量分析技術を活かした分野で、次世代事業の一つの柱となる新規事
業の立ち上げが必要であるとの観点から、探索代謝研究室(平成20年4月より探索代謝研究課)におい
て研究開発活動を行っております。
 当連結会計年度における研究開発活動は以下のとおりです。
                    n *1)                              *2)
 LTQ-FT ICRMS               及びナノ2DLC/MS/MS                   を導入し、プロテオームの網
       *3)                     *4)
羅的解析         における疾患特異的蛋白質            の探索研究を実施しております。その成果は、以下に示
すバイオマーカー及び治療剤の特許出願、取得につながりました。


取得済み

               名称                             日本特許番号             国際出願番号

 プロテオーム網羅的解析における                                             PCT/JP2006/302594
                                 特許第4051400号
 特異的蛋白質のスクリーニング方法                                            (欧州全指定、米国出願中)
                                 特許第4113567号                PCT/JP2006/325008
 高悪性度乳癌の検出剤および治療剤
                                 特許第4157157号                (欧州全指定、米国出願中)


出願中

               名称                             基礎日本出願番号

 メタボローム解析による同定方法、薬物代謝の
                                     特願2007-184048
 同定方法、およびこれらのスクリーニング方法


                                 *5)
 その他、創薬段階における肝ミクロソーム                   中での化合物の代謝安定性をスクリーニングする方
法の研究を実施しております。
 当連結会計年度における研究開発費は75,677千円であります。


 なお、第4期からは上記各項目に加え、当連結会計年度までその他の事業として実施しておりまし
た下記の試験について、市場の要請に対応した技術の再構築を目的に、研究開発活動として実施する
こととしております。
 ・探索、非臨床及び臨床段階における代謝物の構造解析
 ・高分子医薬品の分析




                                     49/172
                                                                        EDINET提出書類
                                                              株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                  有価証券届出書(新規公開時)




用語解説


                     n
*1) LTQ-FT ICRMS
  Linear Ion Trap Quadropole Mass Spectrometer-Fourier Transform Ion Cyclotron
 Resonance Mass Spectrometer の略。高感度イオントラップ質量分析装置とフーリエ変換質量分析
 装置を連結したハイブリッド質量分析装置。極めて高い分解能、高精密質量、多段階 MS/MSのすべて
 の機能を備えた究極の質量分析装置であり、F1マシーンに例えられています。


*2) ナノ2DLC/MS/MS
  生体試料中や細胞内のタンパク質をすべて分離することができる装置。この装置により、分けら
 れた個々のタンパク質の重さや構造等の情報を得ることができます。


*3) プロテオームの網羅的解析
  細胞や組織内に発現している蛋白質群を網羅的に(片っ端から)解析する研究のこと。
  蛋白質群のうち、質的、量的に変動しているものに着目することにより、その蛋白質の生理的役割
 に関連する情報を得ることができます。


*4) 疾患特異的蛋白質
  健常人と疾患患者を比べた場合に、疾患患者で量が多い或いは少ない蛋白質のこと。


*5) 肝ミクロソーム
  肝臓をすりつぶして抽出した液のこと。
  投与された医薬品は、吸収された後、主に肝臓で代謝され、尿中あるいは糞中へと排泄されます。
 代謝されるためには、酵素の力が必要ですが、肝臓には多種多様の酵素が存在しており、これらの酵
 素によって医薬品を排泄しやすい形(代謝物)に変えます。肝臓の抽出物である肝ミクロソームにも
 その酵素がたくさん入っており、肝ミクロソームに医薬品を入れると、医薬品が代謝され、代謝物が
 生成されます。


 第4期第3四半期連結累計期間(自平成20年4月1日至平成20年12月31日)
  当第3四半期連結累計期間より、前連結会計年度までその他の事業として実施しておりました下
 記の試験について、製薬会社が求める技術水準にまで技術力を向上させることを目的に、研究開発
 活動として実施することとしております。なお、製薬会社から代謝物の構造解析等の試験の実施要
 請があった場合、研究開発活動の一環としてその試験を受託しております。
  ・探索、非臨床及び臨床段階における代謝物の構造解析
  ・高分子医薬品の分析
  当第3四半期連結累計期間における研究開発費の総額は52,027千円であります。なお、当第3四
 半期連結累計期間における代謝物の構造解析等の受託試験での収入額6,165千円については、研究
 開発費より控除しております。




                                   50/172
                                                       EDINET提出書類
                                             株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                 有価証券届出書(新規公開時)




7 【財政状態及び経営成績の分析】
 当社グループの第3期連結会計年度及び第4期第3四半期連結累計期間の財政状態及び経営成績
の分析は、以下のとおりであります。文中における将来に関する事項は、本書提出日現在において、当
社グループが判断したものであります。なお、当社は、平成19年12月31日をもちまして、連結子会社で
あるJCL Bioassay Inc.を清算いたしました。


(1) 重要な会計方針及び見積り
  当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき
 作成されております。この連結財務諸表の作成に当たりましては、当社グループは、決算日における
 資産、負債の報告数値ならびに報告期間における収益、費用の報告数値などの会計上の見積りを必
 要とする事象及びその見積りに影響する要因を把握し、把握した要因に関して、適切な仮定を設定
 し、その仮定に基づいて適切な情報収集を行うことで見積り金額を計算しております。
  当社グループでは、引当金、法人税等に関する見積りや判断に関して継続的に評価を行っており
 ます。なお、見積り及び判断は、過去の実績や状況に応じて合理的であると考えられる様々な要因に
 基づいて行っておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと相
 違する場合があります。


(2) 財政状態の分析
 第3期連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
  当連結会計年度末における総資産は、前連結会計年度末に比べ109,627千円減少して2,328,712千
 円となりました。これは主に、売掛金の減少53,982千円及び投資有価証券の減少44,114千円による
 ものであります。
  負債は、前連結会計年度末に比べ322,794千円減少して1,653,548千円となりました。これは主に、
 有利子負債の減少236,645千円、未払金の減少20,219千円及び前受金の減少46,665千円によるもの
 であります。
  純資産は、前連結会計年度末に比べ213,167千円増加して675,163千円となりました。これは主に、
 当連結会計年度の当期純利益232,866千円の計上によるものであります。
  これらの結果、自己資本比率は、前連結会計年度末の18.9%から29.0%に増加いたしました。


 第4期第3四半期連結累計期間(自平成20年4月1日至平成20年12月31日)
  当第3四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末に比べ452,241千円増加して
 2,780,953千円となりました。これは主に、現預金の増加114,208千円、売掛金の増加102,455千円、
 リース資産の増加83,350千円、土地の増加181,677千円、差入保証金の増加38,468千円及びたな卸資
 産の減少81,316千円によるものであります。
  負債は、前連結会計年度末に比べ200,195千円増加して1,853,744千円となりました。これは主に、
 借入金の増加9,365千円、リース債務の増加90,051千円、未払金の増加35,740千円、預り金の増加
 17,236千円、前受金の増加27,995千円及び為替予約負債の増加16,275千円によるものであります。
  純資産は、前連結会計年度末に比べ252,045千円増加して927,209千円となりました。これは主に、
 当第3四半期連結累計期間の純利益287,546千円の計上によるものであります。
  これらの結果、自己資本比率は、前連結会計年度末の29.0%から33.3%に増加いたしました。




                                51/172
                                                       EDINET提出書類
                                             株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                 有価証券届出書(新規公開時)




(3) 経営成績の分析
 第3期連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
  当連結会計年度の経営成績については、医薬品品質安定性試験の売上高は増加(前年同期比
 59.6%増)しましたが、当社グループの中心事業であるバイオアナリシスの減少(前年同期比2.9%
 減)により、売上高は2,326,496千円(前年同期比2.9%増)、研究開発費等販売費及び一般管理費の増
 加により、経常利益は330,680千円(前年同期比16.8%減)、当期純利益は232,866千円(前年同期比
 11.1%減)となりました。


 第4期第3四半期連結累計期間(自平成20年4月1日至平成20年12月31日)
  当第3四半期連結累計期間の経営成績については、当社グループの中心事業であるバイオアナリ
 シスが好調だったこと等により、売上高は2,009,711千円、経常利益は469,348千円、四半期純利益は
 287,546千円となりました。


(4) キャッシュ・フローの分析
 第3期連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
  当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、468,720千円(前年同期比1.1%減)となりまし
 た。営業活動により260,551千円(税金等調整前当期純利益350,037千円、法人税等の支払額82,209千
 円他)獲得したものの、投資活動で28,752千円(投資有価証券売却による収入33,570千円、有形固定
 資産等の取得による支出58,299千円他)の流出、財務活動で236,645千円(長期借入れによる収入
 600,000千円、社債の償還による支出40,000千円、借入金返済よる支出796,645千円)の流出によるも
 のであります。


 第4期第3四半期連結累計期間(自平成20年4月1日至平成20年12月31日)
  当第3四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ114,208
 千円増加し、582,929千円となりました。営業活動により440,332千円(税金等調整前四半期純利益の
 計上額468,594千円、減価償却費の計上額82,596千円、売上債権の増加額102,455千円、たな卸資産の
 減少額81,316千円、及び法人税等の支払額158,653千円)獲得したものの、投資活動で323,462千円
 (有形固定資産の取得による支出275,777千円、差入保証金の差入44,041千円)の流出、財務活動で
 2,822千円(長期借入金による収入110,000千円、長期借入金の返済による支出135,635千円、短期借
 入金の純増額35,000千円、及びリース債務返済による支出12,187千円)の流出によるものでありま
 す。




                         52/172
                                                      EDINET提出書類
                                            株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                有価証券届出書(新規公開時)




第3 【設備の状況】


1 【設備投資等の概要】
第3期連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
 当連結会計年度の主な設備投資としては、分析装置の導入及び西脇ラボ改造工事等がありました。
 当連結会計年度の設備投資等の総額は58,299千円であります。その他、主要な分析装置等につきま
してはリース契約を締結しており、当連結会計年度中に締結したリース契約の総額は166,314千円で
あります。


第4期第3四半期連結累計期間(自平成20年4月1日至平成20年12月31日)
 当第4期第3四半期連結累計期間の主な設備投資としては、連結子会社JCL Bioassay USA, Inc.の
米国ラボ建設予定地購入及び分析装置の導入等がありました。
 第4期第3四半期連結累計期間の設備投資等の総額は353,333千円であります。




                         53/172
                                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                          株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                                              有価証券届出書(新規公開時)




2 【主要な設備の状況】
 (1) 提出会社
                                                                                        平成20年12月31日現在
                                                           帳簿価額(千円)
  事業所名                                                                                                  従業員数
                設備の内容
  (所在地)                                                                                                  (名)
                           建物                    工具器具                   土地       ソフト
                               車両運搬具                        リース資産                             合計
                         及び構築物                    備品                  (面積㎡)      ウエア

   本社
                本社設備等          4,982     1,509     1,896         ―         ―        3,188      11,576        20
(大阪府豊中市)

  西脇ラボ                                                                125,925
                研究設備等        583,156       213    57,174     83,350                 1,271     851,089        95
(兵庫県西脇市)                                                              (10,939)

  大阪ラボ                                                                124,240
                研究設備等         47,317     1,113    17,512         ―                      725   190,908        28
(大阪府吹田市)                                                                 (796)
(注) 1上記金額に消費税等は含まれておりません。
    2上記の他、主要な賃借設備として、以下のものがあります。

                     事業所名                                             建物賃借                    年間賃借料
                                            設備の内容
                     (所在地)                                            (面積㎡)                    (千円)

           本社(大阪府豊中市)                      本社事務所                              277.16                    16,441


     3上記の他、主要なリース設備として、以下のものがあります。
                                                                                 平成20年12月31日現在
                     事業所名                                  年間リース料          リース契約残高    リース期間
                                        設備の内容
                     (所在地)                                   (千円)            (千円)       (年)
           西脇ラボ(兵庫県西脇
                                        研究設備等                   132,126             310,871                3∼9
           市)
           大阪ラボ(大阪府吹田
                                        研究設備等                    23,610              65,268                   5
           市)


 (2) 国内子会社
     該当事項はありません。


 (3) 在外子会社
                                                                                        平成20年12月31日現在
                                                                          帳簿価額(千円)
                                       事業所名                                                      従業員数
               会社名                                   設備の内容
                                       (所在地)                                                      (名)
                                                                             土地
                                                                           (面積㎡)
                                       USラボ                                      181,677
JCL Bioassay USA, Inc.                             ラボ建設予定地                                                   ―
                                        (米国)                                     (20,440)


3 【設備の新設、除却等の計画】(平成21年1月31日現在)
 (1) 重要な設備の新設等

                                         投資予定額(千円)
                事業所名                                            資金調達           着手          完成           完成後の
   会社名                設備の内容
                (所在地)                                            方法            年月         予定年月          増加能力
                                         総額       既支払額

(連結子会社)                                 857,200 57,920                                                  試験受
                USラボ                                   増資及び 平成21年                         平成22年
JCL Bioassay             ラボ新設            (8,572   (579                                                  託能力
                (米国)                                    借入金  1月                            2月
USA, Inc.                               千USドル) 千USドル)                                                   増加




                                                 54/172
                                      EDINET提出書類
                            株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                有価証券届出書(新規公開時)




(2) 重要な設備の除却等
  特記すべき事項はありません。




                   55/172
                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)




第4 【提出会社の状況】


1 【株式等の状況】
(1) 【株式の総数等】
 ① 【株式の総数】

             種類                          発行可能株式総数(株)

          普通株式                                         8,440,000

             計                                         8,440,000



 ② 【発行済株式】

                          上場金融商品取引所名又は
   種類        発行数(株)      登録認可金融商品取引業協会           内容
                                名
                                         1単元の株式数は100株であります。
                                         完全議決権株式であり、権利内容に
  普通株式       2,550,000        非上場
                                         何ら限定のない、当社の標準となる
                                         株式であります。

   計         2,550,000          ―                 ―



(2) 【新株予約権等の状況】
  該当事項はありません。


(3) 【ライツプランの内容】
  該当事項はありません。




                             56/172
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                           株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                               有価証券届出書(新規公開時)




(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式        発行済株式 資本金増減額 資本金残高                    資本準備金             資本準備金
     年月日         総数増減数         総数残高                                  増減額                残高
                   (株)          (株)   (千円)  (千円)                     (千円)              (千円)

平成17年4月1日(注)1        21,100          21,100       10,000   10,000          25,099       25,099

平成17年10月1日(注)2        3,400          24,500        3,400   13,400           3,400       28,499

平成18年7月28日(注)3   2,425,500        2,450,000            ―   13,400              ―        28,499

平成19年3月30日(注)4     100,000        2,550,000       34,300   47,700          34,300       62,799

(注) 1株式会社日本医学臨床検査研究所からの会社分割による当社の設立によるものであります。
    2有償第三者割当によるものであります。
    割当先籾山邦男、JCLバイオアッセイ従業員持株会、他4名
    発行価格2,000円
    資本組入額1,000円
    3株式分割(1株につき100株)によるものであります。
    4有償第三者割当によるものであります。
    割当先野村證券株式会社
    発行価格686円
    資本組入額343円


(5) 【所有者別状況】
                                                                          平成21年1月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数 100株)
                                                                                       単元未満
                             外国法人等                                                    株式の状況
       政府及び
                 金融商品 その他の                                      個人                      (株)
       地方公共 金融機関                                                              計
                 取引業者  法人                                      その他
        団体                 個人以外  個人

株主数
           ―     ―            1           2        ―       ―        144         147        ―
(人)
所有株式
数          ―     ―       1,000        4,380        ―       ―   20,071        25,451     4,900
(単元)
所有株式

           ―     ―        3.93        17.21        ―       ―    78.86        100.00        ―
の割合
(%)




                                         57/172
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                       株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                           有価証券届出書(新規公開時)




(6) 【議決権の状況】
 ① 【発行済株式】
                                                                      平成21年1月31日現在
      区分           株式数(株)              議決権の数(個)                        内容

無議決権株式                  ―                        ―                      ―

議決権制限株式(自己株式等)          ―                        ―                      ―

議決権制限株式(その他)            ―                        ―                      ―

完全議決権株式(自己株式等)          ―                        ―                      ―

                                                              1単元の株式数は100株でありま
                                                              す。
                 普通株式
完全議決権株式(その他)                                         25,451   完全議決権株式であり、権利内容
                     2,545,100
                                                              に何ら限定のない、当社の標準と
                                                              なる株式であります。
                 普通株式                                         1単元(100株)未満の株式であり
単元未満株式                                           ―
                            4,900                             ます。

発行済株式総数                 2,550,000                ―                      ―

総株主の議決権                 ―                            25,451             ―



 ② 【自己株式等】
                                                      平成21年1月31日現在
                                       自己名義  他人名義 所有株式数 発行済株式総数
  所有者の氏名
                 所有者の住所               所有株式数 所有株式数  の合計     に対する所有
   又は名称
                                        (株)   (株)   (株)  株式数の割合(%)

     ―              ―                        ―            ―       ―           ―

     計              ―                        ―            ―       ―           ―



(7) 【ストックオプション制度の内容】
  該当事項はありません。




                                    58/172
                                                EDINET提出書類
                                      株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                          有価証券届出書(新規公開時)




2 【自己株式の取得等の状況】
   【株式の種類等】
   該当事項はありません。


 (1) 【株主総会決議による取得の状況】
   該当事項はありません。


 (2) 【取締役会決議による取得の状況】
   該当事項はありません。


 (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
   該当事項はありません。


 (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
   該当事項はありません。


3 【配当政策】
  当社は、財務内容の改善及び自己資本の充実を目的として内部留保を行い第3期の配当は見送りと
 しており、設立以来配当を実施しておりません。その結果として、財務内容の改善及び自己資本の充実
 は一定の水準に達したと判断できるレベルに近づいております。
  今後は、将来の事業展開と財務基盤の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、期末配当(年1
 回)において利益還元に努めるという当社の基本方針に沿い、継続的かつ安定的な配当を行ってまい
 りたいと考えております。
  なお、当社は、「取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができ
 る。」旨を定款に定めております。また、期末配当・中間配当のほか、「基準日を定めて剰余金の配当
 を行うことができる。」旨、定款に定めております。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、その他は
 株主総会であります。


4 【株価の推移】
  当社株式は、非上場でありますので、該当事項はありません。




                        59/172
                                                                          EDINET提出書類
                                                                株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                    有価証券届出書(新規公開時)




5 【役員の状況】

                                                                            所有株式数
  役名       職名       氏名        生年月日                    略歴             任期
                                                                              (株)
                                         昭和48年4月    株式会社日本医学臨床検査研究
                                                    所入社
                                         昭和59年9月    同社バイオアッセイ事業部
                                                    運営管理者
 取締役社長                      昭和23年8月27日
            ―     籾山邦男                                            (注)1    169,100
(代表取締役)                          生       平成3年9月     同社取締役
                                                    バイオアッセイ事業部長
                                         平成17年4月    会社分割により当社設立
                                                    代表取締役社長就任(現任)
                                         平成9年6月     株式会社日本医学臨床検査研究
                                                    所入社
                                         平成15年4月    同社バイオアッセイ事業部大阪
                                                    ラボ部長
                            昭和44年11月6日
                                         平成17年4月    会社分割により当社設立
 取締役      営業担当    井上則子                                            (注)1    20,000
                                 生
                                                    取締役就任(現任)
                                                    第2研究部長
                                         平成20年4月    営業本部長
                                         平成20年12月   営業担当(現任)
                                         昭和63年4月    株式会社日本医学臨床検査研究
                                                    所入社
                                         平成14年4月    同社バイオアッセイ事業部西脇
                                                    ラボ部長
          研究本部長
                            昭和35年2月9日
                                         平成17年4月    会社分割により当社設立
 取締役      兼西脇ラボ   村井久美                                            (注)1    11,969
                                 生
           所長                                       取締役就任(現任)
                                                    第1研究部長
                                         平成20年4月    研究本部長兼西脇ラボ所長(現
                                                    任)
                                         平成6年4月     株式会社東京商工リサーチ入社
                                         平成9年4月     株式会社ワオ・コーポレーショ
                                                    ン入社
                                         平成14年3月    栄レース株式会社入社
                                         平成16年11月   株式会社日本医学臨床検査研究
                                                    所入社
           管理担当             昭和44年5月10日
                                         平成17年4月    会社分割により当社設立
 取締役              久保明                                            (注)1      3,200
          兼管理部長                  生
                                                    管理本部所属
                                         平成19年1月    管理本部所属兼経営企画室所属
                                         平成19年4月    執行役員経営企画室長
                                         平成20年4月    管理本部長兼管理部長
                                         平成20年6月    取締役就任(現任)
                                         平成20年12月   管理担当兼管理部長(現任)
                                         昭和52年4月    住友金属工業株式会社入社
                                         平成14年8月    ネクストウエア株式会社入社
                                         平成16年7月    株式会社日本医学臨床検査研究
                            昭和28年7月31日
 監査役        ―     大都城郁                                            (注)2      4,000
                                 生                  所入社
                                         平成17年4月    会社分割により当社設立
                                                    監査役就任(現任)
                                         昭和41年4月    関西医科大学助手
                                         昭和46年7月    京都大学理学部助手
                                         昭和52年4月    京都大学医学部解剖学教室助教
                                                    授
                            昭和15年7月24日                               (注)
 監査役        ―     馬屋原宏                                                        −
                                 生                                   2、3
                                         昭和57年1月    武田薬品工業株式会社入社
                                         平成12年9月    株式会社国際医薬品臨床開発研
                                                    究所入社理事就任(現任)
                                         平成18年6月    監査役就任(現任)
                                         平成6年4月     司法研修所入所
                                         平成8年4月     弁護士登録(大阪弁護士会)
                            昭和40年10月7日                               (注)
                                         平成8年4月     グローバル法律事務所入所
 監査役        ―     東重彦                                                        −
                                 生                                   2、3
                                         平成12年4月    パートナー就任(現任)
                                         平成18年6月    監査役就任(現任)

                                     計                                       208,269

 (注) 1任期は平成20年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から平成22年3月期に係る定時株主総会終結
        の時までであります。
     2任期は平成18年6月23日開催の定時株主総会の終結の時から平成22年3月期に係る定時株主総会終結
        の時までであります。
     3監査役馬屋原宏、東重彦は会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。




                                         60/172
                   EDINET提出書類
         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
             有価証券届出書(新規公開時)




61/172
                                               EDINET提出書類
                                     株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                         有価証券届出書(新規公開時)




6 【コーポレート・ガバナンスの状況】
(1) コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
  当社は、経営理念と行動規範を以下のとおり定めています。
  「科学は公共の利益に寄与するものでなければならない」という信条を理念の座標軸とし、私た
 ちは科学に携わるものとして、次の行動規範を遵守する。
  1)商道徳に反するようなことはしない。
  2)研究者の良心に恥じるような行為はしない。
  3)人道にもとるようなことはしない。
  4)専門職としての自覚を持ち、完全主義者の情熱をもって技能を磨き、医薬品開発の質の向上
    とスピードアップに貢献する。
  この理念のもと、企業の透明性を高め、永続的に企業価値の向上を図ってまいる所存であります。
  そのため当社は、遵法精神の普及に努め、内部統制システムの充実を図るとともに、コーポレート
 ・ガバナンスを確固たるものとして、顧客、株主、地域社会、従業員等のステークホルダー各位から
 信頼をいただける企業を目指してまいります。


(2) コーポレート・ガバナンスに関する施策の実施状況
 ①コーポレート・ガバナンスの体制の状況
   当社のコーポレート・ガバナンス体制を図示すると、次のとおりであります。




   なお、監査法人、監査役、内部監査室は三様監査の原則に基づき、緊密に連携を取っております。




                        62/172
                                              EDINET提出書類
                                    株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                        有価証券届出書(新規公開時)




②取締役
  当社の取締役会は、4名の取締役で構成されております。定例取締役会は毎月1回開催されて
 おり、必要な場合その都度臨時取締役会を開催し、経営の基本方針、経営上の重要事項の決定、業
 務進行状況確認等を行っております。
  なお、当社の取締役は6名以内とし、取締役の選任決議は議決権を行使することができる株主
 の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、定款に定
 めております。また、累積投票による取締役の選任については、累積投票によらないものとする旨
 を定款に定めております。


③経営会議
  当社では、社長、本部長及び部長、室長、他必要に応じて課長以上の管理職、また原則として監査
 役1名が出席して毎月1回経営会議を開催し、業務上の重要事項について情報交換や確認を行
 い、緊密な意思疎通を図っております。


④監査役制度
  当社は、監査役制度を導入しており、社外監査役2名を含む3名の監査役が監査役会を組織・
 運営し、全員取締役会に出席して、議事運営の方法や報告、決議内容等を監査し、必要に応じ、意見
 表明をして取締役の職務実施状況を監視しております。
  また、常勤の監査役は経営会議をはじめとする重要な会議に出席して、内部統制システムが確
 実に構築され、円滑に運営されているかを監視しております。
  なお、当社は従前会社法上の機関としての監査役会は設置しておりませんでしたが、平成20年
 6月26日開催の第3期定時株主総会にて定款変更を行い、会社法上の機関として監査役会を設置
 いたしました。監査役会の活動内容については上記の通りであり、変化はありません。


⑤社外監査役との関係
  社外監査役馬屋原宏及び東重彦は、当社との間で人的関係、資本的関係または取引関係その他
 の利害関係はありません。


⑥監査法人
  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を監査法人トーマツから受け
 ております。
  監査法人は、公正不偏の立場をもって監査するとともに、監査計画及び監査報告の聴取や監査
 来訪時に定期的に情報交換を行うことにより監査役・内部監査室とも緊密に連携して、当社の会
 計監査を実施し、また、内部統制の充実を中心とした体制整備に関しての助言を行っております。


⑦内部監査
  当社は、社長の直轄組織として内部監査室を設置し専属のスタッフ1名が、法令、定款、規程等
 の遵守状況を監査しております。
  監査の方法は、年間の監査計画に基づき、毎月、被監査部門を指定して実施しており、結果につ
 いては漏れなく社長及び監査役に報告しております。




                      63/172
                                                EDINET提出書類
                                      株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                          有価証券届出書(新規公開時)




 ⑧関与公認会計士の氏名等について
   業務を執行した公認会計士ならびに監査業務にかかる補助者の構成は以下のとおりです。


 (業務を執行した公認会計士)

           役職         氏名      所属する監査法人名

       業務執行社員          中西清      監査法人トーマツ

       業務執行社員          西村猛      監査法人トーマツ

    第4期より、業務を執行した公認会計士は指定社員業務執行社員西村猛、南方得男となって
   おります。


 (監査業務にかかる補助者の構成)
   公認会計士2名、会計士補等4名


(3) 内部統制システム及びリスク管理体制の整備の状況
 ①取締役会の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
   当社は、取締役会の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するためコンプライアン
  ス委員会を設置し、コンプライアンス・プログラム作成及び推進を図ります。


 ②取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
  1取締役の職務の執行に係る以下の情報については、文書または電磁的記録により適切に保存
    及び管理しております。
   ア株主総会議事録、取締役会議事録、経営会議議事録並びにそれらの関連資料
   イ各種委員会その他重要な会議の議事の経過及びその関連資料
   ウ稟議書及びその他の重要な社内申請・決裁書類
   エ会計帳票、計算書類、重要な契約書、官公庁その他公的機関または金融商品取引所に提出し
     た書類の写し等
  2情報の保存期間及び保存場所等の保存及び管理に関する体制については、文書管理規程に定
    めております。


 ③損失の危機の管理に関する規程その他の体制
   損失の危険(リスク)については、リスク管理規程を作成し、リスク管理委員会を設置しており
  ます。リスク管理委員会おいては、リスクを認識し、リスク発生防止、および発生後の被害の最小
  化についての対策を講じております。


 ④取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
  1取締役会を毎月1回開催し、臨時取締役会は必要に応じて随時開催しております。取締役会
    は、代表取締役の職務執行が効率的かつ適正に行われているかを監督しております。




                      64/172
                                                       EDINET提出書類
                                             株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                 有価証券届出書(新規公開時)




  2経営会議を原則として毎月1回開催し、経営方針・経営課題の社内への徹底、情報の交換を
    行っております。
  3職務分掌規程及び職務権限規程の内容を充実させることにより、取締役・使用人の役割分担、
    職務分掌、指揮命令関係等を明確にし、効率的な業務執行体制を整備しております。


 ⑤使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
   従来の内部監査に加え、上記コンプライアンス委員会の活動により、法令及び定款への適合を
  さらに進めます。


 ⑥株式会社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための
   体制
   子会社の業務については、関係会社管理規程に基づき業務の執行から情報の保存・管理の指導
  並びに統括を行っております。予算と実績並びに企業集団全体に係る課題を取締役会で協議し、
  解決を図っております。


 ⑦監査役がその職務を補助すべき使用人(補助使用人)を置くことを求めた場合における当該使用
   人に関する事項
   補助使用人については、監査役の求めに応じて置くことができる旨、取締役会で決議しており
  ます。
   なお、平成20年3月31日現在、監査役は補助使用人を置くことを求めておりません。


 ⑧取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制
   監査役には、会社との間で取り決められたルールに基づき各種会議等の開催案内が通知され、
  報告を受けることができる体制が確立されております。


 ⑨その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
   監査役、内部監査室、監査法人による三様監査の連携強化を推進しております。また、監査役は、
  代表取締役社長、監査法人と、それぞれ定期的に意見交換を行っております。


(4) 役員報酬及び監査報酬
  第3期事業年度における当社の取締役及び監査役に対する役員報酬及び監査法人に対する報酬
 は以下のとおりであります。


 (役員報酬の内容)
   取締役に支払った報酬    39,600千円
   監査役に支払った報酬    13,200千円(うち社外監査役3,600千円)




                            65/172
                                                EDINET提出書類
                                      株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                          有価証券届出書(新規公開時)




 (監査報酬の内容)
   公認会計士法第2条第1項に規定される業務に基づく報酬    19,000千円
   上記以外の業務に基づく報酬                  5,400千円


(5) 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項
 ①自己の株式の取得
   当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって、自己の株式を取得する
  ことができる旨定款に定めております。これは、資本政策を機動的に実行するためであります。


 ②中間配当
   当社は、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる
  旨定款に定めております。これは、状況に応じて機動的に株主に対して利益を還元するためであ
  ります。


(6) 株主総会の特別決議要件
  当社は、会社法第309条第2項の規定による株主総会の特別決議は、議決権を行使することができ
 る株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨
 を定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主
 総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。




                      66/172
                                                   EDINET提出書類
                                         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                             有価証券届出書(新規公開時)




第5 【経理の状況】


1連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について
(1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵
 省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
なお、前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)は、改正前の連結財務諸表規
 則に基づき、当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正後の連結財務
 諸表規則に基づいて作成しております。


(2) 当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
 (平成19年内閣府令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しておりま
 す。
なお、第4期第3四半期連結会計期間(平成20年10月1日から平成20年12月31日まで)及び第4期第
 3四半期連結累計期間(平成20年4月1日から平成20年12月31日まで)は、「財務諸表等の用語、様
 式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成20年8月7日内閣府令第50号)
 附則第7条第1項第5号のただし書きにより、改正後の四半期連結財務諸表規則を早期に適用して
 おります。


(3) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第
 59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
なお、前事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基
 づき、当事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基
 づいて作成しております。


2監査証明について
(1) 当社は、前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)及び前事業年度(平成18
 年4月1日から平成19年3月31日まで)は旧証券取引法第193条の2の規定に基づき、また当連結会
 計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)及び当事業年度(平成19年4月1日から平成
 20年3月31日まで)は金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、監査法人トーマツにより
 監査を受けております。


(2) 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第4期第3四半期連結会計期間(平
 成20年10月1日から平成20年12月31日まで)及び第4期第3四半期連結累計期間(平成20年4月1
 日から平成20年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表について、監査法人トーマツにより四半
 期レビューを受けております。




                        67/172
                                                                                EDINET提出書類
                                                                      株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                          有価証券届出書(新規公開時)




1 【連結財務諸表等】
(1) 【連結財務諸表】
  ① 【連結貸借対照表】

                           前連結会計年度                              当連結会計年度
                         (平成19年3月31日)                         (平成20年3月31日)
                注記                                構成比                              構成比
           区分             金額(千円)                               金額(千円)
                番号                                 (%)                              (%)
      (資産の部)
Ⅰ流動資産
1現金及び預金                           473,699                              468,720
2売掛金                              381,264                              327,281
3たな卸資産                            411,448                              432,604
4前払費用                               10,355                              23,934
5繰延税金資産                             72,006                              54,163
6その他                                    1,249                            1,227
                                    △2,115                               △1,887
貸倒引当金
流動資産合計                                          55.3                             56.1
                                  1,347,907                            1,306,043
Ⅱ固定資産
1有形固定資産
(1) 建物及び構築物   ※1   1,288,799                            1,314,818
                     △620,190                             △674,721
減価償却累計額                         668,609                              640,096
(2) 車両運搬具             14,786                               11,860
                       △7,693                               △7,889
減価償却累計額                               7,092                            3,970
(3) 工具器具備品           236,240                              238,936
                     △159,946                             △173,493
減価償却累計額                           76,293                              65,443
                                    250,165                              250,165
(4) 土地        ※1
有形固定資産合計                                        41.1                             41.2
                                  1,002,160                              959,675
2無形固定資産
(1) ソフトウェア                              3,383                            6,736
(2) 電話加入権                               1,456                            1,456
                                            121                              111
(3) 施設利用権
無形固定資産合計                                         0.2                              0.4
                                          4,960                            8,304
3投資その他の資産
(1) 投資有価証券                          44,114                                  ―
(2) 長期前払費用                              7,754                           12,051
(3) 繰延税金資産                          25,809                              37,032
                                          5,633                            5,604
(4) 差入保証金
投資その他の資産合計                         83,310        3.4                   54,688     2.3

固定資産合計                         1,090,432        44.7                1,022,668    43.9

資産合計                           2,438,339       100.0                2,328,712   100.0




                                 68/172
                   EDINET提出書類
         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
             有価証券届出書(新規公開時)




69/172
                                                               EDINET提出書類
                                                     株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                         有価証券届出書(新規公開時)




                        前連結会計年度                    当連結会計年度
                      (平成19年3月31日)               (平成20年3月31日)
                 注記                      構成比                       構成比
          区分          金額(千円)                     金額(千円)
                 番号                       (%)                       (%)
     (負債の部)
Ⅰ流動負債
1買掛金                         49,290                     33,291
2短期借入金         ※1        1,210,000                    525,000
3一年以内償還予定の社債   ※1            40,000                         ―
4一年以内返済予定の
                 ※1            66,640                   184,572
長期借入金
5未払金                         55,169                     34,949
6未払費用                        17,899                     12,760
7未払法人税等                      91,027                   105,576
8未払消費税等                      32,306                      9,670
9前受金                        140,882                     94,216
10賞与引当金                      58,790                     57,417
11受注損失引当金                    41,091                     49,919
                               12,399                      7,668
12その他
流動負債合計                                 74.5                      47.9
                           1,815,498                  1,115,043
Ⅱ固定負債
1長期借入金         ※1            86,320                   456,743
2退職給付引当金                     62,925                     61,362
                               11,600                     20,400
3役員退職慰労引当金
固定負債合計                     160,845      6.6          538,505     23.1
負債合計                                   81.1                      71.0
                           1,976,343                  1,653,548


     (純資産の部)
Ⅰ株主資本
1資本金                         47,700                     47,700
2資本剰余金                       62,799                     62,799
                              331,797                   564,664
3利益剰余金
株主資本合計                                 18.1                      29.0
                              442,297                   675,163
Ⅱ評価・換算差額等
1その他有価証券評価
                               19,006                         ―
差額金
                                   692                        ―
2為替換算調整勘定
評価・換算差額合計                   19,699      0.8                ―       ―

純資産合計                      461,996     18.9          675,163     29.0

負債及び純資産合計               2,438,339     100.0        2,328,712    100.0




                          70/172
                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                    有価証券届出書(新規公開時)




四半期連結貸借対照表
                                   (単位:千円)
                            第4期第3四半期
                             連結会計期間末
                           (平成20年12月31日)
資産の部
流動資産
現金及び預金                              582,929
売掛金                                 429,737
仕掛品                           ※2309,224
原材料及び貯蔵品                             42,063
その他                                  80,655
                                      △2,324
貸倒引当金
流動資産合計                            1,442,285
固定資産
有形固定資産
建物及び構築物(純額)                        635,455
土地                                 431,842
                                      162,769
その他(純額)
有形固定資産合計                    ※11,230,068
無形固定資産                                7,895
                                      100,704
投資その他の資産
固定資産合計                            1,338,668

資産合計                               2,780,953
負債の部
流動負債
買掛金                                  38,964
短期借入金                               560,000
一年内返済予定の長期借入金                       175,712
未払法人税等                              113,329
賞与引当金                                39,286
受注損失引当金                       ※2 42,148
                                      288,425
その他
流動負債合計                            1,257,865
固定負債
長期借入金                               439,968
退職給付引当金                              69,295
役員退職慰労引当金                            18,083
                                       68,533
その他
固定負債合計                              595,879

負債合計                               1,853,744




                  71/172
                   EDINET提出書類
         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
             有価証券届出書(新規公開時)




72/172
                                                      EDINET提出書類
                                            株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                有価証券届出書(新規公開時)




                                (単位:千円)
                         第4期第3四半期
                          連結会計期間末
                        (平成20年12月31日)
純資産の部
株主資本
資本金                              47,700
資本剰余金                            62,799
                                  852,210
利益剰余金
株主資本合計                          962,710
評価・換算差額等
繰延ヘッジ損益                        △16,275
                                 △19,225
為替換算調整勘定
評価・換算差額等合計                     △35,501

純資産合計                            927,209

負債純資産合計                         2,780,953




               73/172
                                                                           EDINET提出書類
                                                                 株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                     有価証券届出書(新規公開時)




  ② 【連結損益計算書】

                        前連結会計年度                            当連結会計年度
                     (自平成18年4月1日                       (自平成19年4月1日
                      至平成19年3月31日)                      至平成20年3月31日)
                注記                             百分比                            百分比
          区分           金額(千円)                             金額(千円)
                番号                              (%)                            (%)
Ⅰ売上高                          2,260,199       100.0              2,326,496   100.0

                               1,466,455                          1,490,160
Ⅱ売上原価                                          64.9                           64.1

売上総利益                                        35.1                           35.9
                                 793,744                            836,335

Ⅲ販売費及び一般管理費

1広告宣伝費              7,143                              8,405

2役員報酬              60,620                             57,825

3給与手当              96,307                            114,051

4賞与                17,047                             19,796

5法定福利費             17,177                             18,746

6賞与引当金繰入額           8,571                              8,955

7退職給付費用             6,092                             10,781
8役員退職慰労引当金
                      5,800                              8,800
繰入額
9貸倒引当金繰入額             490                                 ―

10旅費交通費            14,767                             18,697

11租税公課              1,259                              1,346

12保険料              15,444                             14,262

13支払手数料            41,638                             69,158

14減価償却費             5,211                              4,243

15地代家賃             13,536                             12,598

16研究開発費       ※1   37,108                             75,677

                     29,433      377,649                35,712      479,059
17その他                                         16.7                           20.5

営業利益                                         18.4                           15.4
                                 416,094                            357,275

Ⅳ営業外収益

1受取利息                 279                                545

2受取配当金                233                                325

3為替差益                 453                                 ―

4保険解約返戻金              228                              1,520

5受取保険金                 ―                                 510

6その他                  205            1,399     0.1        47        2,949     0.1




                              74/172
                                                                             EDINET提出書類
                                                                   株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                       有価証券届出書(新規公開時)




                           前連結会計年度                           当連結会計年度
                        (自平成18年4月1日                      (自平成19年4月1日
                         至平成19年3月31日)                     至平成20年3月31日)
                 注記                              百分比                           百分比
          区分             金額(千円)                             金額(千円)
                 番号                               (%)                           (%)
Ⅴ営業外費用

1支払利息                14,620                             17,129
2コミットメントライン
                        5,095                              5,103
手数料
3為替差損                    ―                               7,311

                          485        20,201                    0      29,545
4その他                                             0.9                           1.3

経常利益                                           17.6                          14.2
                                    397,292                          330,680

Ⅵ特別利益

1投資有価証券売却益               ―                              22,064

2貸倒引当金戻入益                ―                                 227

                                                             154      22,446
3固定資産売却益       ※2        ―                ―       ―                            0.9

Ⅶ特別損失

1固定資産除却損       ※3     1,738                              1,483

2リース資産解約損             5,920                                 ―

3関係会社清算損                 ―                               1,606

                          445            8,103                ―        3,089
4その他                                             0.4                           0.1

税金等調整前当期純利益                                    17.2                          15.0
                                    389,188                          350,037
法人税、住民税
                      144,063                            106,154
及び事業税
過年度法人税等還付額              ―                             △9,395

                      △16,693       127,369               20,411     117,171
法人税等調整額                                         5.6                           5.0

当期純利益                            261,819       11.6               232,866    10.0




                                75/172
                                                  EDINET提出書類
                                        株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                            有価証券届出書(新規公開時)




四半期連結損益計算書
  第3四半期連結累計期間
                            (単位:千円)
                      第4期第3四半期
                       連結累計期間
                    (自平成20年4月1日
                     至平成20年12月31日)
売上高                         2,009,711
                            1,169,626
売上原価
売上総利益                         840,084
販売費及び一般管理費
役員報酬                          39,440
給与及び手当                        71,150
賞与                            18,952
賞与引当金繰入額                       4,818
退職給付費用                         4,925
役員退職慰労引当金繰入額                   3,683
貸倒引当金繰入                          436
法定福利費                         13,014
保険料                            7,462
旅費交通費                         12,931
支払手数料                         43,649
減価償却費                          3,819
研究開発費                         52,027
                               60,250
その他
販売費及び一般管理費合計                 336,563

営業利益                          503,521
営業外収益
受取利息                             684
保険解約返戻金                        3,554
                                  121
その他
営業外収益合計                        4,359
営業外費用
支払利息                          13,232
為替差損                          16,556
                                8,743
その他
営業外費用合計                       38,532

経常利益                          469,348




                76/172
                                                 EDINET提出書類
                                       株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                           有価証券届出書(新規公開時)




                           (単位:千円)
                     第4期第3四半期
                      連結累計期間
                   (自平成20年4月1日
                    至平成20年12月31日)
特別損失
                                 754
固定資産除却損
特別損失合計                          754

税金等調整前四半期純利益                 468,594
法人税、住民税及び事業税                 166,405
                              14,641
法人税等調整額
法人税等合計                       181,047

四半期純利益                       287,546




               77/172
                                                  EDINET提出書類
                                        株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                            有価証券届出書(新規公開時)




  第3四半期連結会計期間
                            (単位:千円)
                      第4期第3四半期
                       連結会計期間
                    (自平成20年10月1日
                     至平成20年12月31日)
売上高                           841,671
                              452,389
売上原価

売上総利益                         389,282

販売費及び一般管理費
役員報酬                          13,900
給与及び手当                        25,674
賞与                             2,630
賞与引当金繰入額                       4,818
退職給付費用                         1,427
役員退職慰労引当金繰入額                   1,283
貸倒引当金繰入                        1,035
法定福利費                          4,634
保険料                            2,398
旅費交通費                          5,789
支払手数料                         17,376
減価償却費                          1,703
研究開発費                         21,458
                               20,125
その他

販売費及び一般管理費合計                 124,255

営業利益                          265,027

営業外収益
受取利息                             255
                                   12
その他

営業外収益合計                          267

営業外費用
支払利息                           4,450
為替差損                          17,943
                                3,876
その他

営業外費用合計                       26,270

経常利益                          239,024




                78/172
                                                 EDINET提出書類
                                       株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                           有価証券届出書(新規公開時)




                           (単位:千円)
                     第4期第3四半期
                      連結会計期間
                   (自平成20年10月1日
                    至平成20年12月31日)
                             239,024
税金等調整前四半期純利益
法人税、住民税及び事業税                  72,306
                              20,747
法人税等調整額

法人税等合計                        93,054

四半期純利益                       145,970




               79/172
                                                                       EDINET提出書類
                                                             株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                 有価証券届出書(新規公開時)




 ③ 【連結株主資本等変動計算書】
   前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)

                                          株主資本

                  資本金          資本剰余金             利益剰余金          株主資本合計

平成18年3月31日残高(千
                     13,400            28,499        69,978          111,877
円)

連結会計年度中の変動額

新株の発行               34,300            34,300            ―            68,600

当期純利益                   ―                 ―        261,819          261,819
株主資本以外の項目の連

                         ―                 ―             ―                ―
会計年度中の変動額(純
額)
連結会計年度中の変動額
                     34,300            34,300       261,819          330,419
合計(千円)
平成19年3月31日残高(千
                     47,700            62,799       331,797          442,297
円)



                              評価・換算差額等
                                                                純資産合計
                 その他有価証券         為替換算            評価・換算
                  評価差額金          調整勘定            差額等合計
平成18年3月31日残高(千
                     21,928              753        22,682           134,560
円)

連結会計年度中の変動額

新株の発行                   ―                ―              ―            68,600

当期純利益                   ―                ―              ―           261,819

株主資本以外の項目の連結
                     △2,922             △61         △2,983           △2,983
会計年度中の変動額(純額)
連結会計年度中の変動額
                     △2,922             △61         △2,983           327,435
合計(千円)
平成19年3月31日残高(千
                     19,006              692        19,699           461,996
円)




                              80/172
                                                                       EDINET提出書類
                                                             株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                 有価証券届出書(新規公開時)




   当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)

                                          株主資本

                  資本金          資本剰余金             利益剰余金          株主資本合計

平成19年3月31日残高(千
                     47,700            62,799       331,797          442,297
円)

連結会計年度中の変動額

当期純利益                   ―                 ―        232,866          232,866

株主資本以外の項目の連結
                         ―                 ―             ―                ―
会計年度中の変動額(純額)
連結会計年度中の変動額
                         ―                 ―        232,866          232,866
合計(千円)
平成20年3月31日残高(千
                     47,700            62,799       564,664          675,163
円)



                              評価・換算差額等
                                                                純資産合計
                 その他有価証券         為替換算            評価・換算
                  評価差額金          調整勘定            差額等合計
平成19年3月31日残高(千
                     19,006              692        19,699           461,996
円)

連結会計年度中の変動額

当期純利益                   ―                ―              ―           232,866

株主資本以外の項目の連結
                    △19,006            △692        △19,699          △19,699
会計年度中の変動額(純額)
連結会計年度中の変動額
                    △19,006            △692        △19,699           213,167
合計(千円)
平成20年3月31日残高(千
                         ―                ―              ―           675,163
円)




                              81/172
                                                               EDINET提出書類
                                                     株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                         有価証券届出書(新規公開時)




  ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】

                               前連結会計年度                当連結会計年度
                            (自平成18年4月1日           (自平成19年4月1日
                             至平成19年3月31日)          至平成20年3月31日)
                       注記
             区分                  金額(千円)               金額(千円)
                       番号
Ⅰ営業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前当期純利益                        389,188                350,037
減価償却費                              115,385                  95,661
貸倒引当金の増減額(減少:△)                           490                △227
賞与引当金の増減額(減少:△)                        16,019             △1,373
受注損失引当金の増加額                             5,607                8,827
退職給付引当金の増減額(減少:△)                      13,019             △1,562
役員退職慰労引当金の増加額                           5,800                8,800
受取利息及び受取配当金                             △513                 △871
支払利息                                   14,620               17,129
固定資産売却益                                    ―                 △154
固定資産除却損                                 1,738                1,483
投資有価証券売却益                                  ―             △22,064
売上債権の増減額(増加:△)                    △110,363                  53,982
たな卸資産の増加額                          △85,907               △21,156
前払費用の増減額(増加:△)                          8,762            △12,357
仕入債務の減少額                           △14,017               △15,909
未払金の減少額                            △47,996               △20,219
未払消費税等の減少額                         △6,062                △22,636
前受金の増減額(減少:△)                          36,202            △46,665
その他                                △1,134                 △8,611

小計                                340,839                362,110

利息及び配当金の受取額                               274                  871
利息の支払額                             △13,553               △20,221
法人税等の支払額                          △159,736               △82,209

営業活動によるキャッシュ・フロー                   167,824                260,551

Ⅱ投資活動によるキャッシュ・フロー
有形・無形固定資産の取得による支出                  △44,059               △58,299
有形・無形固定資産の売却による収入                          ―                   445
投資有価証券の取得による支出                     △1,211                    △199
投資有価証券の売却による収入                             ―                33,570
長期前払費用の増加による支出                     △4,778                 △4,297
差入保証金の差入による支出                           △376                    ―
差入保証金の返還による収入                              ―                    27

投資活動によるキャッシュ・フロー                   △50,426               △28,752




                        82/172
                                                                EDINET提出書類
                                                      株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                          有価証券届出書(新規公開時)




                                前連結会計年度                当連結会計年度
                             (自平成18年4月1日           (自平成19年4月1日
                              至平成19年3月31日)          至平成20年3月31日)
                        注記
          区分                      金額(千円)               金額(千円)
                        番号
Ⅲ財務活動によるキャッシュ・フロー
短期借入れによる収入                         2,015,000             3,200,000
短期借入金の返済による支出                     △1,950,000            △3,885,000
長期借入れによる収入                                  ―              600,000
長期借入金の返済による支出                       △62,480              △111,645
社債の償還による支出                          △40,000               △40,000
株式の発行による収入                              68,600                  ―
財務活動によるキャッシュ・フロー                        31,120           △236,645

Ⅳ現金及び現金同等物に係る換算差額                             47               △131

Ⅴ現金及び現金同等物の増減額(減少:△)                   148,565               △4,978

Ⅵ現金及び現金同等物の期首残高                        325,133               473,699

                                        473,699               468,720
Ⅶ現金及び現金同等物の期末残高




                         83/172
                                                         EDINET提出書類
                                               株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                   有価証券届出書(新規公開時)




四半期連結キャッシュ・フロー計算書
                                   (単位:千円)
                             第4期第3四半期
                              連結累計期間
                           (自平成20年4月1日
                            至平成20年12月31日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前四半期純利益                        468,594
減価償却費                                82,596
貸倒引当金の増減額(△は減少)                         436
賞与引当金の増減額(△は減少)                    △18,130
受注損失引当金の増減額(△は減少)                   △7,771
退職給付引当金の増減額(△は減少)                     7,932
役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                 △2,317
受取利息及び受取配当金                           △689
支払利息                                 13,232
固定資産除却損                                 754
売上債権の増減額(△は増加)                    △102,455
たな卸資産の増減額(△は増加)                      81,316
仕入債務の増減額(△は減少)                        5,672
                                      82,207
その他
小計                                  611,379
利息及び配当金の受取額                             433
利息の支払額                             △12,827
                                   △158,653
法人税等の支払額
営業活動によるキャッシュ・フロー                    440,332
投資活動によるキャッシュ・フロー
有形固定資産の取得による支出                    △275,777
                                    △47,685
その他
投資活動によるキャッシュ・フロー                  △323,462
財務活動によるキャッシュ・フロー
短期借入れによる収入                        1,165,000
短期借入金の返済による支出                    △1,130,000
長期借入れによる収入                          110,000
長期借入金の返済による支出                     △135,635
                                    △12,187
その他
財務活動によるキャッシュ・フロー                    △2,822
現金及び現金同等物に係る換算差額                         161
現金及び現金同等物の増減額(減少:△)                  114,208
現金及び現金同等物の期首残高                       468,720
現金及び現金同等物の四半期末残高                     582,929




                       84/172
                                                               EDINET提出書類
                                                     株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                         有価証券届出書(新規公開時)




連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項

                          前連結会計年度                当連結会計年度
      項目               (自平成18年4月1日           (自平成19年4月1日
                        至平成19年3月31日)          至平成20年3月31日)
1連結の範囲に関する事項     連結子会社の数1社               連結子会社の数1社
                  連結子会社の名称                 連結子会社の名称
                  JCL Bioassay Inc.       JCL Bioassay Inc.
                                             連結子会社であるJCL Bioassay
                                           Inc.については平成19年12月31日に
                                           清算しております。
2持分法の適用に関する事      非連結子会社及び関連会社がない                       同左
    項             ため、該当ありません。
3連結子会社の事業年度等      連結子会社の決算日は、連結決算                   同左
    に関する事項        日と一致しております。
4会計処理基準に関する事
    項
(1) 重要な資産の評価基準   ①有価証券                   ①有価証券
      及び評価方法      その他有価証券                  その他有価証券
                  時価のあるもの                 時価のあるもの
                  連結会計年度末日の市場価格等                同左
                     に基づく時価法(評価差額は全
                     部純資産直入法により処理し、
                     売却原価は移動平均法により算
                     定しております。)
                ②たな卸資産                  ②たな卸資産
                  原材料                                同左
                  総平均法による原価法
                  仕掛品
                  個別法による原価法
                  貯蔵品
                  最終仕入原価法
(2) 重要な減価償却資産の   ①有形固定資産                 ①有形固定資産
     減価償却の方法      定率法を採用しております。但し、        定率法を採用しております。但し、
                  平成10年4月1日以降取得した建物        平成10年4月1日以降取得した建物
                  (建物附属設備を除く)及び在外連結        (建物附属設備を除く)については、
                  子会社については、定額法を採用し         定額法を採用しております。
                  ております。                   なお、主な耐用年数は以下のとおり
                  なお、主な耐用年数は以下のとおり        であります。
                  であります。                   建物及び構築物10∼50年
                  建物及び構築物10∼50年          工具器具備品2∼15年
                  工具器具備品3∼15年




                                  85/172
                            EDINET提出書類
                  株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                      有価証券届出書(新規公開時)




         (会計方針の変更)
         法人税法の改正(所得税法等の一部
         を改正する法律(平成19年3月30日
         法律第6号)及び法人税法施行令の
         一部を改正する政令(平成19年3月
         30日政令第83号))に伴い、当連結会
         計年度から、平成19年4月1日以降
         に取得したものについては、改正後
         の法人税法に基づく方法に変更して
         おります。
         当該変更に伴う損益に与える影響
         は軽微であります。




86/172
                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                    有価証券届出書(新規公開時)




                        前連結会計年度             当連結会計年度
      項目             (自平成18年4月1日        (自平成19年4月1日
                      至平成19年3月31日)       至平成20年3月31日)
                                      (追加情報)
                                      当連結会計年度から、平成19年3月
                                      31日以前に取得したものについて
                                      は、償却可能限度額まで償却が終了
                                      した翌年から5年間で均等償却する
                                      方法によっております。
                                      当該変更に伴う損益に与える影響
                                      は軽微であります。
                ②無形固定資産            ②無形固定資産
                  定額法を採用しております。なお、           同左
                  自社利用のソフトウエアについては
                  社内における利用可能期間(5年)に
                  基づく定額法を採用しております。
(3) 重要な繰延資産の処理   株式交付費については、支出時に全         ―――――
     方法           額費用処理しております。
(4) 重要な引当金の計上基   ①貸倒引当金             ①貸倒引当金
     準            債権の貸倒による損失に備えるた              同左
                  め、一般債権については合理的に見
                  積もった貸倒率により、貸倒懸念債
                  権等特定の債権については個別に回
                  収可能性を勘案し、回収不能見込額
                  を計上しております。
                  ②賞与引当金             ②賞与引当金
                  従業員に対する賞与の支給に備え              同左
                  るため、当連結会計年度に負担すべ
                  き支給見込額を計上しております。
                  ③受注損失引当金           ③受注損失引当金
                  受託試験に係る将来の損失に備え            同左
                  るため、当連結会計年度末において
                  受託試験原価の発生見込額が受託金
                  額を超過する可能性が高く、かつ、当
                  該損失額を合理的に見積もることが
                  可能な受託試験について、当該試験
                  に係る将来の損失見込額を計上して
                  おります。
                  ④退職給付引当金           ④退職給付引当金
                  従業員の退職給付に備えるため、当           同左
                  連結会計年度末における退職給付債
                  務の見込額(自己都合要支給額)に基
                  づき計上しております。
                  ⑤役員退職慰労引当金         ⑤役員退職慰労引当金
                  役員退職慰労金の支払に備えるた            同左
                  め、役員退職慰労金規程に基づく連
                  結会計年度末要支給額を計上してお
                  ります。




                            87/172
                                                       EDINET提出書類
                                             株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                 有価証券届出書(新規公開時)




(5) 重要な外貨建の資産又   外貨建金銭債権債務は、連結決算日   外貨建金銭債権債務は、連結決算日
     は負債の本邦通貨へ    の直物為替相場により円貨に換算     の直物為替相場により円貨に換算
     の換算基準        し、換算差額は損益として処理して    し、換算差額は損益として処理して
                  おります。なお、在外子会社の資産及   おります。なお、在外子会社の収益及
                  び負債は、連結決算日の直物為替相    び費用は期中平均相場により円貨に
                  場により円貨に換算し、また、収益及   換算しております。
                  び費用は期中平均相場により円貨に
                  換算し、換算差額は純資産の部にお
                  ける為替換算調整勘定に含めており
                  ます。




                           88/172
                                                     EDINET提出書類
                                           株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                               有価証券届出書(新規公開時)




                        前連結会計年度          当連結会計年度
      項目             (自平成18年4月1日     (自平成19年4月1日
                      至平成19年3月31日)    至平成20年3月31日)
(6) 重要なリース取引の処   リース物件の所有権が借主に移転         同左
     理方法          すると認められるもの以外のファイ
                  ナンス・リース取引については、通
                  常の賃貸借取引に係る方法に準じた
                  会計処理によって処理しておりま
                  す。
(7) その他連結財務諸表作   消費税の会計処理                 同左
     成のための基本とな    税抜方式によっております。
     る重要な事項
5連結子会社の資産及び負     全面時価評価法によっております。        同左
    債の評価に関する事項

6連結キャッシュ・フロー     手許現金、要求払預金及び取得日か        同左
  計算書における資金の      ら3ヶ月以内に満期又は償還日の到
  範囲              来する流動性の高い、容易に換金可
                  能であり、かつ、価値の変動について
                  僅少なリスクしか負わない短期的な
                  投資からなっております。




                            89/172
                                                                   EDINET提出書類
                                                         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                             有価証券届出書(新規公開時)




注記事項
  (連結貸借対照表関係)

           前連結会計年度                              当連結会計年度
         (平成19年3月31日)                         (平成20年3月31日)
※1担保に供している資産                                    ―――――
   建物及び構築物              495,207千円
   土地                   192,875
   合計                   688,082
   対応する債務
   短期借入金                300,000千円
   一年以内償還予定の社債           40,000
   一年以内返済予定の長期借入金        66,640
   長期借入金                 86,320
     合計                492,960
なお、根抵当権の元本の極度額の合計は700,000千円
  であります。
2当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引           2当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引
     銀行3行と当座貸越契約を、取引銀行4行と貸                銀行5行と当座貸越契約を、取引銀行4行と貸
     出コミットメント契約を締結しております。                 出コミットメント契約を締結しております。
これら契約に基づく当連結会計年度末の借入未実            これら契約に基づく当連結会計年度末の借入未実
     行残高は次のとおりであります。                      行残高は次のとおりであります。
      当座貸越極度額及び貸出                          当座貸越極度額及び貸出
                     2,100,000千円                          3,000,000千円
      コミットメントの総額                           コミットメントの総額
      当連結会計年度末借入実行残                        当連結会計年度末借入実行残
                     1,210,000                              525,000
      高                                    高
      差引額              890,000             差引額            2,475,000
なお、当該貸出コミットメント契約(当座貸越契約を           なお、当該貸出コミットメント契約(当座貸越契約を
  除く)には、下記の財務制限条項が付されておりま              除く)には、下記の財務制限条項が付されておりま
  す。                                   す。
・各事業年度の末日における単体損益計算書におけ            ・各事業年度の末日における単体損益計算書におけ
     る経常損益を損失としないこと。                      る経常損益を損失としないこと。
・各事業年度の末日における単体貸借対照表におけ            ・各事業年度の末日における単体貸借対照表におけ
     る有利子負債の合計金額から現金及び預金の合                る有利子負債の合計金額から現金及び預金の合
     計金額を差引いた金額が、単体損益計算書にお                計金額を差引いた金額が、単体損益計算書にお
     ける営業損益、受取利息、受取配当金及び、単体               ける営業損益、受取利息、受取配当金及び、単体
     キャッシュ・フロー計算書における減価償却費                キャッシュ・フロー計算書における減価償却費
     の合計金額の5倍を上回らないこと。なお、有利               の合計金額の5倍を上回らないこと。なお、有利
     子負債とは、単体貸借対照表における短期借入                子負債とは、単体貸借対照表における短期借入
     金、一年以内返済予定の長期借入金、一年以内償               金、一年以内返済予定の長期借入金、一年以内償
     還予定の社債、長期借入金及び社債の合計金額                還予定の社債、長期借入金及び社債の合計金額
     とする。                                 とする。




                                  90/172
                                                                 EDINET提出書類
                                                       株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                           有価証券届出書(新規公開時)




  (連結損益計算書関係)

            前連結会計年度                             当連結会計年度
         (自平成18年4月1日                        (自平成19年4月1日
          至平成19年3月31日)                       至平成20年3月31日)
※1一般管理費に含まれる研究開発費                   ※1一般管理費に含まれる研究開発費
                          37,108千円                       75,677千円
※2―――――                      ※2固定資産売却益の内容は次のとおりであります。
                                        車両運搬具                154千円
                             合計                  154千円
※3固定資産除却損の内容は次のとおりであります。 ※3固定資産除却損の内容は次のとおりであります。
   工具器具備品            1,060千円  工具器具備品           1,483千円
   車両運搬具               677千円  合計               1,483千円
   合計                1,738千円





                                91/172
                                                                              EDINET提出書類
                                                                    株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                        有価証券届出書(新規公開時)




     (連結株主資本等変動計算書関係)
    前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
    1発行済株式に関する事項
     株式の種類     前連結会計年度末                   増加              減少         当連結会計年度末

普通株式(株)                24,500               2,525,500           ―         2,550,000

       (変動事由の概要)
       増加数の主な内訳は、次の通りであります。
       1株式分割による増加2,425,500株
       2第三者割当による新株の発行による増加100,000株


    2自己株式に関する事項
      保有している自己株式がないため該当事項はありません。


    3新株予約権に関する事項
      該当事項はありません。


    4配当に関する事項
      該当事項はありません。


    当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
    1発行済株式に関する事項
     株式の種類      前連結会計年度末                  増加              減少        当連結会計年度末

普通株式(株)              2,550,000                      ―           ―         2,550,000


    2自己株式に関する事項
      保有している自己株式がないため該当事項はありません。


    3新株予約権に関する事項
      該当事項はありません。


    4配当に関する事項
      該当事項はありません。


     (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

              前連結会計年度                                      当連結会計年度
           (自平成18年4月1日                                 (自平成19年4月1日
            至平成19年3月31日)                                至平成20年3月31日)
現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲
記されている科目の金額との関係               記されている科目の金額との関係
                   473,699 千円                 468,720 千円
  現金及び預金                        現金及び預金
     現金及び現金同等物                  473,699            現金及び現金同等物             468,720

                                            




                                          92/172
                   EDINET提出書類
         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
             有価証券届出書(新規公開時)




93/172
                                                                                EDINET提出書類
                                                                      株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                          有価証券届出書(新規公開時)




 (リース取引関係)

          前連結会計年度                                        当連結会計年度
       (自平成18年4月1日                                   (自平成19年4月1日
        至平成19年3月31日)                                  至平成20年3月31日)
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるも                     リース物件の所有権が借主に移転すると認められるも
の以外のファイナンス・リース取引                             の以外のファイナンス・リース取引
(借主側)                                        (借主側)
①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当                    ①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当
  額及び期末残高相当額                                   額及び期末残高相当額
         取得価額 減価償却累 期末残高                              取得価額 減価償却累 期末残高
          相当額 計額相当額   相当額                              相当額 計額相当額   相当額
         (千円)  (千円)  (千円)                             (千円)  (千円)  (千円)
 工具器具備品                                          工具器具備品
          1,373,596   1,000,854    372,741                1,162,177   899,918     262,259
                                                              3,320       758       2,561
                                                 ソフトウェア

                                                 合計       1,165,497   900,676     264,820
②未経過リース料期末残高相当額                            ②未経過リース料期末残高相当額
  1年以内                            300,557千円   1年以内                              183,784千円
  1年超                             387,990     1年超                               323,402
   合計                688,548     合計            507,186
③支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当 ③支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当
   額                             額
   支払リース料            420,061千円   支払リース料        330,391千円
   減価償却費相当額          412,904     減価償却費相当額      242,261
   支払利息相当額            20,973     支払利息相当額        16,370
④減価償却費相当額の算定方法                ④減価償却費相当額の算定方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定                 同左
   率法によっております。
⑤利息相当額の算定方法                   ⑤利息相当額の算定方法
リース料総額とリース物件の取得価額相当額の差                  同左
   額を利息相当額とし、各期への配分方法について
   は、利息法によっております。




                                        94/172
                                                                         EDINET提出書類
                                                               株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                   有価証券届出書(新規公開時)




 (有価証券関係)
 前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
その他有価証券で時価のあるもの

                                             連結決算日における
                           取得原価                                    差額
          区分                                連結貸借対照表計上額
                            (千円)                                  (千円)
                                                (千円)
連結貸借対照表計上額が取得原価
を超えるもの
①株式                               11,316             44,114             32,798

②債券                                    ―                 ―                  ―

③その他                                   ―                 ―                  ―

          小計                       11,316             44,114             32,798
連結貸借対照表計上額が取得原価
を超えないもの
①株式                                    ―                 ―                  ―

②債券                                    ―                 ―                  ―

③その他                                   ―                 ―                  ―

          小計                            ―                 ―                  ―

          合計                       11,316             44,114             32,798



当連結会計年度中に売却したその他有価証券
   該当事項はありません。


 当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
その他有価証券で時価のあるもの
   当連結会計年度末において、その他有価証券で時価のあるものは保有しておりませんので該当事
 項はありません。


当連結会計年度中に売却したその他有価証券

        売却額(千円)            売却益の合計額(千円)                   売却損の合計額(千円)

                  33,570                     22,064                         ―



 (デリバティブ取引関係)
 前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
   デリバティブ取引を利用しておりませんので、該当事項はありません。


 当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
   デリバティブ取引を利用しておりませんので、該当事項はありません。




                                   95/172
                                                                     EDINET提出書類
                                                           株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                               有価証券届出書(新規公開時)




  (退職給付関係)

            前連結会計年度                                当連結会計年度
         (自平成18年4月1日                           (自平成19年4月1日
          至平成19年3月31日)                          至平成20年3月31日)
1採用している退職給付制度の概要                     1採用している退職給付制度の概要
当社は、確定給付型の制度として、退職一時金制度を            当社は、確定給付型の制度として、退職一時金制度を
  設けております。                              設けております。
なお、上記退職給付制度のほか、日本衛生検査所厚生            なお、上記退職給付制度のほか、複数事業主制度の総
  年金基金に加入しておりますが、当該厚生年金基金               合設立型厚生年金基金として、日本衛生検査所厚生
  制度は、退職給付会計に関する実務指針第33項の例              年金基金に加入しております。
  外処理を行う制度であります。同基金の年金資産残
  高のうち、当社の拠出額に対応する年金資産額を合
  理的に算出することはできませんが、掛金割合に基
  づく期末の年金資産残高は437,949千円であります。
2退職給付債務に関する事項                        2退職給付債務に関する事項
   退職給付債務               62,925千円        退職給付債務                    61,362千円
  退職給付引当金                 62,925     退職給付引当金                      61,362
3退職給付費用に関する事項                     3退職給付費用に関する事項
  勤務費用                    31,529千円   勤務費用                         39,977千円
   退職給付費用            31,529    退職給付費用            39,977
(注)勤務費用には、日本衛生検査所厚生年金基金に  (注)勤務費用には、日本衛生検査所厚生年金基金に
      対する掛金の会社拠出額が含まれておりま         対する掛金の会社拠出額が含まれておりま
      す。                          す。
4退職給付債務等の計算の基礎に関する事項       4退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
当社は、簡便法を採用しておりますので、基礎率等に               同左
  ついては記載しておりません。
5―――――                       5複数事業主制度の厚生年金基金について
                                       ①制度全体の積立状況に関する事項
                                         年金資産の額          24,108,097千円
                                         年金財政計算上の給付債務の額 20,959,821
                                            差引額                3,148,276
                                        ②制度全体に占める当社の掛金拠出割合
                                            基金全体分告知額             153,677千円
                                            当社分告知額                 2,787
                                            当社掛金割合                  1.81%
                                        ③補足説明
                                        上記①の差引額の主な要因は、年金財政計算上の
                                          過去勤務債務残高480,177千円及び別途積立金
                                          3,628,453千円であります。本制度における過去勤
                                          務債務の償却方法は期間20年の元利均等償却であ
                                          り当社は、当連結会計年度の連結財務諸表上、特別
                                          掛金537千円を費用処理しております。なお、特別
                                          掛金の額はあらかじめ定められた掛金率を掛金拠
                                          出時の標準給与の額に乗じることで算定されるた
                                          め、上記②の割合は当社の実際の負担割合とは一
                                          致いたしません。
                                      (追加情報)
                                      当連結会計年度より、「『退職給付に係る会計基
                                        準』の一部改正(その2)」(企業会計基準第14号平
                                        成19年5月15日)を適用しております。




                                   96/172
                                                                       EDINET提出書類
                                                             株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                 有価証券届出書(新規公開時)




    (ストック・オプション等関係)
    前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
      該当事項はありません。


    当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
      該当事項はありません。


    (税効果会計関係)

             前連結会計年度                                  当連結会計年度
           (平成19年3月31日)                             (平成20年3月31日)
1繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因 1繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因
 別の内訳                        別の内訳
 (流動の部)                      (流動の部)
 繰延税金資産                    繰延税金資産
 未払事業税           9,977千円 未払事業税        9,028千円
 賞与引当金          24,721   賞与引当金       24,143
 仕掛品            20,058                   20,991
                             受注損失引当金
                    17,279
 受注損失引当金                 繰延税金資産合計      54,163
 繰延税金資産小計         72,036
 繰延税金負債
                      △29
 貸倒引当金
    繰延税金負債小計               △29
    繰延税金資産の純額            72,006
                                             (固定の部)
    (固定の部)
                                             繰延税金資産
    繰延税金資産
                                             退職給付引当金           22,918千円
    退職給付引当金            22,854千円
                                             役員退職慰労引当金          8,578
    投資有価証券              6,728
                                                                    5,536
                                             その他
    役員退職慰労引当金           4,877
                                             繰延税金資産合計            37,032
    繰越欠損金              43,185
                            5,156
    その他
                                       
    繰延税金資産小計             82,802
    評価性引当額              △43,201
    繰延税金資産合計             39,600
    繰延税金負債
                          △13,791
    その他有価証券評価差額金
    繰延税金負債の合計           △13,791
    繰延税金資産の純額            25,809






                                    97/172
                                                        EDINET提出書類
                                              株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                  有価証券届出書(新規公開時)




2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負 2法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負
  担率との差異の原因となった主な項目別の内訳        担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
   法定実効税率              42.1%    法定実効税率               42.1%
   (調整)                         (調整)
   住民税均等割              0.3%    住民税均等割               0.3%
   法人税額特別控除          △4.6%     法人税額特別控除           △4.7%
   法人税額特別控除に対する住民税   △1.0%     法人税額特別控除に対する住民税    △1.0%
   過年度連結子会社株式評価損認容   △3.4%     過年度法人税等還付額         △1.6%
   連結子会社株式評価損認容      △2.2%     創業促進税制適用による法人税等軽減額 △1.2%
   評価性引当額              2.0%                        △0.4%
                                その他
                      △0.5%
   その他                         税効果会計適用後の法人税等の負担率    33.5%
                       32.7% 
   税効果会計適用後の法人税等の負担率





                           98/172
                                               EDINET提出書類
                                     株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                         有価証券届出書(新規公開時)




(企業結合等関係)
前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
 該当事項はありません。


当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
 該当事項はありません。


(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
 前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
  当社及び連結子会社の事業は、受託試験研究に関する単一の事業セグメントであるため、該当
 事項はありません。


 当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
  当社及び連結子会社の事業は、受託試験研究に関する単一の事業セグメントであるため、該当
 事項はありません。


【所在地別セグメント情報】
 前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
  本邦の売上高及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計及び全セグメントの資産の金額
 の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、所在地別セグメント情報の記載を省略して
 おります。


 当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
  本邦の売上高及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計及び全セグメントの資産の金額
 の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、所在地別セグメント情報の記載を省略して
 おります。


【海外売上高】
 前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
  海外売上高が連結売上高の10%未満であるため、記載を省略しております。


 当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
  海外売上高が連結売上高の10%未満であるため、記載を省略しております。




                       99/172
                                                                          EDINET提出書類
                                                                株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                    有価証券届出書(新規公開時)




 【関連当事者との取引】
     前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
(1) 役員及び個人主要株主等

                              議決権等          関係内容
                 資本金又
                       事業の内容   の所有                            取引金額         期末残高
属性    氏名    住所   は出資金                                 取引の内容           科目
                                        役員の     事業上
                        又は職業 (被所有)割合                           (千円)         (千円)
                  (千円)                  兼任等     の関係
                               (%)
                                                      当社賃貸
                      当社代表                            借契約に
                             (被所有)
     籾山邦男   ―     ―   取締役社                  ―    ―    関する債     ―      ―     ―
                              直接6.6%
                      長                               務被保証
                                                      (注)
役員
                                                      当社賃貸
                                                      借契約に
                      当社取締   (被所有)
     江﨑好郎   ―     ―                         ―    ―    関する債     ―      ―     ―
                      役       直接0.6%
                                                      務被保証
                                                      (注)
(注)当社は、本社事務所の賃貸借契約に対して、当社代表取締役社長籾山邦男及び取締役江﨑好郎より債務保
    証を受けておりますが、月間賃借料929千円は前払いとなっております。なお、保証料の支払はありません。


     当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
(1) 役員及び個人主要株主等

                              議決権等          関係内容
                 資本金又
                       事業の内容   の所有                            取引金額         期末残高
属性    氏名    住所   は出資金                                 取引の内容           科目
                                        役員の     事業上
                        又は職業 (被所有)割合                           (千円)         (千円)
                  (千円)                  兼任等     の関係
                               (%)
                                                      当社賃貸
                      当社代表                            借契約に
                             (被所有)
     籾山邦男   ―     ―   取締役社                  ―    ―    関する債     ―      ―     ―
                              直接6.6%
                      長                               務被保証
                                                      (注)
役員
                                                      当社賃貸
                                                      借契約に
                      当社取締   (被所有)
     江﨑好郎   ―     ―                         ―    ―    関する債     ―      ―     ―
                      役       直接0.6%
                                                      務被保証
                                                      (注)
(注) 1当社は、本社事務所の賃貸借契約に対して、当社代表取締役社長籾山邦男及び取締役江﨑好郎より債
       務保証を受けておりますが、月間賃借料929千円は前払いとなっております。なお、保証料の支払はあり
       ません。
    2江﨑好郎は平成20年3月31日付けで辞任により取締役を退任し、保証人をはずれております。
    3平成20年7月31日付けで新規賃貸契約を結ぶにあたり、籾山邦男は保証人をはずれております。




                                  100/172
                                                                       EDINET提出書類
                                                             株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                 有価証券届出書(新規公開時)




 (1株当たり情報)

                         前連結会計年度                         当連結会計年度
      項目              (自平成18年4月1日                    (自平成19年4月1日
                       至平成19年3月31日)                   至平成20年3月31日)

1株当たり純資産額                             181円17銭                       264円77銭

1株当たり当期純利益金額                          106円84銭                        91円32銭
                  なお、潜在株式調整後1株当たり               なお、潜在株式調整後1株当たり
                 当期純利益金額については、潜在株                当期純利益金額については、潜在株
                 式が存在しないため記載しており                 式が存在しないため記載しており
                 ません。                            ません。
(注)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                        前連結会計年度                当連結会計年度
                                     (自平成18年4月1日           (自平成19年4月1日
                                      至平成19年3月31日)          至平成20年3月31日)
   連結損益計算書上の当期純利益(千円)                             261,819             232,866

   普通株式に係る当期純利益(千円)                               261,819             232,866

   普通株主に帰属しない金額(千円)                                    ―                   ―

   普通株式の期中平均株式数(株)                              2,450,547           2,550,000

(注)1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                        前連結会計年度                当連結会計年度
                                      (平成19年3月31日)           (平成20年3月31日)
   連結貸借対照表の純資産の部の合計額(千円)                          461,996             675,163

   普通株式に係る純資産額(千円)                                461,996             675,163

   普通株式の発行済株式数(株)                               2,550,000           2,550,000
   1株当たり純資産額の算定に用いられた普通
                                                2,550,000           2,550,000
   株式の数(株)




                           101/172
                                                        EDINET提出書類
                                              株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                  有価証券届出書(新規公開時)




(重要な後発事象)

        前連結会計年度                       当連結会計年度
     (自平成18年4月1日                  (自平成19年4月1日
      至平成19年3月31日)                 至平成20年3月31日)
        ―――――             (重要な子会社の設立)
                          当社は、平成20年4月18日開催の取締役会において下
                          記のとおり子会社の設立を決議しております。
                          (1) 設立する子会社の名称、事業内容、規模等
                            ①商号     JCL Bioassay USA, Inc.
                            ②設立年月   平成20年4月
                            ③事業の内容 バイオアナリシス受託事業
                            ④本店所在地 米国イリノイ州シカゴ
                            ⑤資本金額   100千USドル
                            ⑥持株比率   100%
                            ⑦従業員数   14名(事業開始時計画)
                          (2) 設立の目的
                          米国におけるバイオアナリシス受託事業に、新規参
                            入するためであります。
        ―――――             (重要な設備投資計画の決定)
                          当社は、平成20年8月28日開催の取締役会において下
                          記のとおり米国におけるラボ建設に関する設備投資を
                          行うことを決議しております。
                          (1) 設備投資の目的
                            米国におけるバイオアナリシス受託事業に、新規参
                            入するためであります。
                          (2) 所在地
                            米国イリノイ州ホフマンエステーツ
                          (3) 設備投資の内容
                            ラボ建設のための土地、建物及び分析装置
                          (4) 投資総額
                            978,000千円(9,780千USドル)(予定)
                          (5) 資金調達方法
                            自己資金及び借入金
                          (6) 設備の導入時期
                            土地取得:平成20年11月
                            建物着工:平成21年1月
                            建物完成:平成22年2月(予定)
                            分析装置:平成22年3月(予定)
                          (7) 営業活動に及ぼす重要な影響
                            当該ラボの建設により受託試験に関するサンプル
                            を日本に空輸することなく米国内において試験を実
                            施することができるようになるため、米国内でのバ
                            イオアナリシス受託事業に本格的に進出することが
                            可能となります。




                      102/172
                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)




継続企業の前提に重要な疑義を抱かせる事象又は状況
第4期第3四半期連結会計期間(自平成20年10月1日至平成20年12月31日)
 該当事項はありません。


四半期連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項等の変更

                             第4期第3四半期連結累計期間
         項目                    (自平成20年4月1日
                                至平成20年12月31日)
   1連結の範囲に関する事項     第1四半期連結会計期間から、新たに設立したJCL
     の変更           Bioassay USA, Inc.を連結の範囲に含めております。
   2会計処理基準に関する事   (1) 重要な資産の評価基準および評価方法の変更
     項の変更          たな卸資産
                   通常の販売目的で保有するたな卸資産については、従来、
                       主として個別法による原価法によっておりましたが、第
                       1四半期連結会計期間より「棚卸資産の評価に関する会
                       計基準」(企業会計基準第9号平成18年7月5日)が適
                       用されたことに伴い、主として個別法による原価法(貸借
                       対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げ
                       の方法)により算定しております。これによる営業利益、
                       経常利益及び税金等調整前四半期純利益に与える影響は
                       ありません。
                   (2) リース取引に関する会計基準の適用
                   所有権移転外ファイナンス・リース取引については、従
                       来、賃貸借取引にかかる方法に準じた会計処理によって
                       おりましたが、「リース取引に関する会計基準」(企業会
                       計基準第13号(平成5年6月17日(企業会計審議会第一部
                       会)、平成19年3月30日改正))及び「リース取引に関する
                       会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第16号(平
                       成6年1月18日(日本公認会計士協会会計制度委員会)、
                       平成19年3月30日改正))が平成20年4月1日以降開始す
                       る連結会計年度に係る四半期連結財務諸表から適用でき
                       ることになったことに伴い、第1四半期連結会計期間か
                       らこれらの会計基準等を適用し、通常の売買取引に係る
                       処理によっております。
                   また、リース資産の減価償却の方法は、リース期間を耐用
                       年数とし、残存価額を零として算定する方法によってお
                       ります。
                   なお、リース取引開始日が適用初年度前の所有権移転外
                       ファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取
                       引にかかる方法に準じた会計処理を引き続き採用してお
                       ります。
                   この結果、従来の方法によった場合に比べて、リース資産
                       が有形固定資産に83,350千円計上されています。また、こ
                       れによる営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期純
                       利益に与える影響はありません。




                       103/172
                                                         EDINET提出書類
                                               株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                   有価証券届出書(新規公開時)




                               第4期第3四半期連結累計期間
           項目                    (自平成20年4月1日
                                  至平成20年12月31日)
                    (3) 一部受託試験に関する収入及び発生費用の計上方法の変
                      更
                    従来、代謝物の構造解析等の受託試験について、他の受託
                        試験と同様、収入については売上高に、試験実施に関する
                        発生費用については売上原価として処理しておりました
                        が、当該受託試験が著しく採算性に乏しかったことから、
                        収益事業としての継続は困難であると判断し、これらの
                        受託試験の実施目的を長期的視野に基づく技術蓄積とし
                        ての研究開発活動とすることに変更しました。当該決定
                        を踏まえ、費用及び収益の実態をより適切に開示する観
                        点から、第1四半期連結会計期間より、当該受託試験に関
                        する収入と発生費用の純額を販売費及び一般管理費の研
                        究開発費として計上する方法に変更しております。この
                        結果、従来と同一の方法によった場合と比べ、売上高は
                        6,165千円、売上原価は14,216千円減少し、売上総利益、販
                        売費及び一般管理費はそれぞれ8,051千円増加しており
                        ますが、営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期純利
                        益に与える影響はありません。


簡便な会計処理
 第4期第3四半期連結累計期間(自平成20年4月1日至平成20年12月31日)
  該当事項はありません。

四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理
 第4期第3四半期連結累計期間(自平成20年4月1日至平成20年12月31日)
  該当事項はありません。

追加情報

       第4期第3四半期連結累計期間
         (自平成20年4月1日
          至平成20年12月31日)
当第3四半期連結会計期間より為替予約取引を実行して
おります。本件に係る四半期連結財務諸表作成のための
基本となる重要な事項は次のとおりです。
(重要なヘッジ会計の方法)
ヘッジ会計の方法
繰延ヘッジ処理を採用しております。
ヘッジ手段とヘッジ対象
当第3四半期連結累計期間にヘッジ会計を適用した
  ヘッジ対象とヘッジ手段は次のとおりであります。
ヘッジ手段:為替予約
ヘッジ対象:外貨建購入予定取引
ヘッジ方針:社内管理規程に従い、将来購入する事業
          用資産に係る外貨建債務の為替変動リ
          スクをヘッジしております。
ヘッジ有効性評価の方法
外貨建購入予定取引に関しては社内管理規程に従い、実
  行可能性及び実行時期等を検討した上で為替予約を実
  行し、当該為替予約に関してヘッジ会計を適用してお
  ります。なお、為替予約については、社内のリスク管理
  方針に従い、外貨建購入予定取引について同一通貨の
  為替予約を付しているため、その後の為替相場の変動
  による相関関係は完全に確保されていることから、有
  効性の評価は省略しております。




                         104/172
                                                    EDINET提出書類
                                          株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                              有価証券届出書(新規公開時)




注記事項
 (四半期連結貸借対照表関係)

      第4期第3四半期連結会計期間末
         (平成20年12月31日)
※1有形固定資産の減価償却累計額        928,019千円
※2受注損失引当金が計上されている受託試験に関す
    る仕掛品については、受注損失引当金との相殺表
    示を行っておりません。なお、受注損失引当金の計
    上対象となった受託試験に関する仕掛品のうち、
    受注損失引当金に対応する額は21,602千円であり
    ます。
 3当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引
    銀行6行と当座貸越契約を締結しております。
 これら契約に基づく当第3四半期連結会計期間末の
    借入未実行残高は次のとおりであります。
     当座貸越極度額           1,800,000千円
     当第3四半期連結会計期間末
                         560,000
     借入実行残高
     差引額               1,240,000

  (四半期連結損益計算書関係)
   該当事項はありません。

  (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       第4期第3四半期連結累計期間
         (自平成20年4月1日
          至平成20年12月31日)
現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借
   対照表に掲記されている科目の金額との関係
                         582,929千円
   現金及び預金
   現金及び現金同等物             582,929千円


  (株主資本等関係)
第4期第3四半期連結会計期間末(平成20年12月31日)及び第4期第3四半期連結累計期間(自平成
20年4月1日至平成20年12月31日)
1発行済株式に関する事項
                   第4期第3四半期
    株式の種類
                    連結会計期間末
普通株式(株)                   2,550,000

2自己株式に関する事項
  該当事項はありません。

3新株予約権等に関する事項
  該当事項はありません。

4配当に関する事項
  該当事項はありません。

5株主資本の著しい変動に関する事項
  該当事項はありません。

  (リース取引関係)
   リース取引開始日が適用初年度開始前の所有権移転外ファイナンス・リース取引については、通
  常の賃貸借取引にかかる方法に準じて処理を行っておりますが、当四半期連結会計期間における
  リース取引残高は前連結会計年度に比べて著しい変動はありません。




                                105/172
                    EDINET提出書類
          株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
              有価証券届出書(新規公開時)




106/172
                                                                EDINET提出書類
                                                      株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                          有価証券届出書(新規公開時)




  (有価証券関係)
   該当事項はありません。


  (デリバティブ取引関係)
   該当事項はありません。なお、為替予約取引を行っておりますが、その全てにヘッジ会計が適用さ
  れているため、開示の対象から除いております。


  (ストック・オプション等関係)
   該当事項はありません。


  (セグメント情報)
 事業の種類別セグメント情報
  第4期第3四半期連結会計期間(自平成20年10月1日至平成20年12月31日)及び第4期第3四半
  期連結累計期間(自平成20年4月1日至平成20年12月31日)
   当社及び連結子会社の事業は、受託試験研究に関する単一の事業セグメントであるため、該当事
  項はありません。


 所在地別セグメント情報
  第4期第3四半期連結会計期間(自平成20年10月1日至平成20年12月31日)及び第4期第3四半
  期連結累計期間(自平成20年4月1日至平成20年12月31日)
   本邦の売上高が全セグメントの売上高の合計額に占める割合は90%超であるため、所在地別セグ
  メント情報の記載を省略しております。


 海外売上高
  第4期第3四半期連結会計期間(自平成20年10月1日至平成20年12月31日)及び第4期第3四半
  期連結累計期間(自平成20年4月1日至平成20年12月31日)
   海外売上高は連結売上高の10%未満であるため、記載を省略しております。


  (企業結合等関係)
   該当事項はありません。


  (1株当たり情報)
11株当たり純資産額

     第4期第3四半期連結会計期間末
        (平成20年12月31日)

              363.61円
(注)1株当たり純資産額の算定上の基礎は以下のとおりです。

                                   第4期第3四半期
                 項目                 連結会計期間末
                                  (平成20年12月31日)
    純資産の部の合計額(千円)                           927,209
    普通株式に係る純資産額(千円)                         927,209
    普通株式の発行済株式数(株)                        2,550,000
    1株当たり純資産額の算定に用いられた普通
                                          2,550,000
    株式の数(株)




                        107/172
                                                                     EDINET提出書類
                                                           株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                               有価証券届出書(新規公開時)




21株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額

第3四半期連結累計期間
     第4期第3四半期連結累計期間
       (自平成20年4月1日
        至平成20年12月31日)
1株当たり四半期純利益金額            112.76円
(注) 1潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
       ん。
    21株当たり四半期純利益金額の算定上の基礎は以下のとおりです。

                                        第4期第3四半期
                                         連結累計期間
                項目
                                      (自平成20年4月1日
                                       至平成20年12月31日)

    四半期連結損益計算書上の四半期純利益(千円)                       287,546

    普通株式に係る四半期純利益(千円)                            287,546

    普通株主に帰属しない金額(千円)                                  ―

    普通株式の期中平均株式数(株)                            2,550,000



第3四半期連結会計期間
     第4期第3四半期連結会計期間
       (自平成20年10月1日
        至平成20年12月31日)
1株当たり四半期純利益金額            57.24円
(注) 1潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
       ん。
    21株当たり四半期純利益金額の算定上の基礎は以下のとおりです。

                                        第4期第3四半期
                                         連結会計期間
                項目
                                      (自平成20年10月1日
                                       至平成20年12月31日)

    四半期連結損益計算書上の四半期純利益(千円)                       145,970

    普通株式に係る四半期純利益(千円)                            145,970

    普通株主に帰属しない金額(千円)                                  ―

    普通株式の期中平均株式数(株)                            2,550,000



  (重要な後発事象)
   該当事項はありません。




                            108/172
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                          株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                              有価証券届出書(新規公開時)




 ⑤ 【連結附属明細表】(平成20年3月31日現在)
    【社債明細表】

                                      前期末残高          当期末残高      利率
  会社名             銘柄     発行年月日                                             担保     償還期限
                                       (千円)           (千円)      (%)
㈱JCLバイオアッ    第10回無担保社     平成15年                                           担保付社    平成20年
                                           40,000           ―    0.5
セイ           債(注)         3月12日                                           債       3月12日

   合計             ―         ―              40,000           ―   ―          ―         ―

(注)株式会社日本医学臨床検査研究所が発行したものを承継しており、銘柄はそのまま承継しております。


    【借入金等明細表】

                        前期末残高             当期末残高              平均利率
        区分                                                                      返済期限
                         (千円)              (千円)               (%)

短期借入金                     1,210,000               525,000           1.3          ―

1年以内返済予定の長期借入金               66,640               184,572           1.5          ―

1年以内返済予定のリース債務                   ―                     ―              ―          ―

長期借入金(1年以内返済予定の
                             86,320               456,743           1.5     平成24年10月
ものを除く)
リース債務(1年以内返済予定の
                                 ―                     ―              ―          ―
ものを除く)

その他有利子負債                         ―                     ―              ―          ―

        合計                1,362,960             1,166,315             ―          ―

(注) 1「平均利率」については、借入金の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
    2長期借入金(1年以内返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における返済予定額は以下のとお
       りであります。

                       1年超2年以内         2年超3年以内              3年超4年以内         4年超5年以内
             区分
                         (千円)            (千円)                 (千円)            (千円)

        長期借入金             141,772                 120,012       116,678              78,281



(2) 【その他】
   該当事項はありません。




                                      109/172
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                       株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                           有価証券届出書(新規公開時)




2 【財務諸表等】
 (1) 【財務諸表】
   ① 【貸借対照表】

                            前事業年度                                 当事業年度
                         (平成19年3月31日)                          (平成20年3月31日)
                注記                                 構成比                              構成比
           区分             金額(千円)                                金額(千円)
                番号                                  (%)                              (%)
      (資産の部)
Ⅰ流動資産
1現金及び預金                            456,594                              468,720
2売掛金                               392,833                              327,281
3原材料                                 43,888                              38,895
4仕掛品                               367,344                              393,582
5貯蔵品                                       215                              127
6前払費用                                10,228                              23,934
7繰延税金資産                              72,036                              54,163
8その他                                     1,249                            1,227
                                     △2,184                               △1,887
貸倒引当金
流動資産合計                                           55.1                             56.1
                                   1,342,205                            1,306,043
Ⅱ固定資産
1有形固定資産
(1) 建物        ※1   1,214,791                             1,240,810
                     △569,502                              △619,593
減価償却累計額                          645,288                              621,216
(2) 構築物       ※1      74,007                                74,007
                      △50,687                               △55,127
減価償却累計額                            23,320                              18,880
(3) 車両運搬具             11,860                                11,860
                       △5,401                                △7,889
減価償却累計額                                6,458                            3,970
(4) 工具器具備品           235,297                               238,936
                     △159,082                              △173,493
減価償却累計額                            76,214                              65,443
                                     250,165                              250,165
(5) 土地        ※1
有形固定資産合計                                         41.1                             41.2
                                   1,001,447                              959,675
2無形固定資産
(1) ソフトウェア                               3,383                            6,736
(2) 電話加入権                                1,456                            1,456
                                             121                              111
(3) 施設利用権
無形固定資産合計                                          0.2                              0.4
                                           4,960                            8,304




                                 110/172
                                                                EDINET提出書類
                                                      株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                          有価証券届出書(新規公開時)




                        前事業年度                        当事業年度
                     (平成19年3月31日)                 (平成20年3月31日)
                注記                        構成比                       構成比
          区分         金額(千円)                       金額(千円)
                番号                         (%)                       (%)
3投資その他の資産
(1) 投資有価証券                  44,114                           ―
(2) 関係会社株式                      6,088                        ―
(3) 長期前払費用                      7,754                    12,051
(4) 繰延税金資産                  25,809                       37,032
                                  5,491                     5,604
(5) 差入保証金
投資その他の資産合計                 89,256        3.6            54,688     2.3

固定資産合計                 1,095,665        44.9        1,022,668     43.9

資産合計                   2,437,871       100.0        2,328,712    100.0




                        111/172
                                                                           EDINET提出書類
                                                                 株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                     有価証券届出書(新規公開時)




                            前事業年度                            当事業年度
                         (平成19年3月31日)                     (平成20年3月31日)
                 注記                            構成比                            構成比
          区分             金額(千円)                           金額(千円)
                 番号                             (%)                            (%)
     (負債の部)
Ⅰ流動負債
1買掛金                                49,285                         33,291
2短期借入金         ※1               1,210,000                         525,000
3一年以内償還予定の社債 ※1                     40,000                             ―
4一年以内返済予定の
               ※1                     66,640                        184,572
長期借入金
5未払金                                55,169                         34,949
6未払費用                               17,476                         12,760
7未払法人税等                             91,027                        105,576
8未払消費税等                             32,306                          9,670
9前受金                              140,882                          94,216
10預り金                               12,399                          7,668
11賞与引当金                             58,790                         57,417
                                      41,091                         49,919
12受注損失引当金
流動負債合計                                       74.5                           47.9
                                  1,815,069                       1,115,043
Ⅱ固定負債
1長期借入金         ※1                   86,320                        456,743
2退職給付引当金                            62,925                         61,362
                                      11,600                         20,400
3役員退職慰労引当金
固定負債合計                           160,845      6.6                538,505    23.1
負債合計                                         81.1                           71.0
                                  1,975,915                       1,653,548
    (純資産の部)
Ⅰ株主資本
1資本金                                47,700                         47,700
2資本剰余金
                       62,799                           62,799
(1) 資本準備金
資本剰余金合計                            62,799                         62,799
3利益剰余金
(1) その他利益剰余金
                      332,449                          564,664
繰越利益剰余金
                                    332,449                         564,664
利益剰余金合計
株主資本合計                                       18.2                           29.0
                                    442,949                         675,163
Ⅱ評価・換算差額等
1その他有価証券評価
                                      19,006                             ―
差額金
評価・換算差額等合計                         19,006     0.7                     ―       ―

純資産合計                            461,955     18.9                675,163    29.0

負債及び純資産合計                      2,437,871    100.0              2,328,712   100.0




                                112/172
                    EDINET提出書類
          株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
              有価証券届出書(新規公開時)




113/172
                                                                            EDINET提出書類
                                                                  株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                      有価証券届出書(新規公開時)




  ② 【損益計算書】

                         前事業年度                               当事業年度
                     (自平成18年4月1日                        (自平成19年4月1日
                      至平成19年3月31日)                       至平成20年3月31日)
                注記                              百分比                            百分比
          区分           金額(千円)                              金額(千円)
                番号                               (%)                            (%)
Ⅰ売上高                           2,246,975       100.0              2,307,310   100.0
                                1,466,455                          1,490,160
Ⅱ売上原価                                           65.3                           64.6
売上総利益                                         34.7                           35.4
                                  780,520                            817,150
Ⅲ販売費及び一般管理費
1広告宣伝費              7,143                               8,405
2役員報酬              52,200                              52,800
3給与手当              86,273                             106,758
4賞与                17,047                              19,796
5法定福利費             16,159                              18,187
6賞与引当金繰入額           8,571                               8,955
7退職給付費用             6,092                              10,781
8役員退職慰労引当金
                      5,800                               8,800
繰入額
9貸倒引当金繰入額             559                                  ―
10旅費交通費            11,637                              16,317
11租税公課              1,089                               1,220
12保険料              12,853                              12,186
13支払手数料            40,467                              67,366
14減価償却費             4,398                               3,826
15地代家賃             12,068                              11,518
16研究開発費       ※1   37,108                              75,677
                     24,489       343,961                33,131      455,730
17その他                                          15.3                           19.7
営業利益                                          19.4                           15.7
                                  436,559                            361,419
Ⅳ営業外収益
1受取利息                 103                                 545
2受取配当金                233                                 325
3為替差益                 600                                  ―
4保険解約返戻金              228                               1,520
5受取保険金                 ―                                  510
                        205                                  47
6その他                                  1,370     0.1                  2,949     0.1
Ⅴ営業外費用
1支払利息              14,620                              17,129
2コミットメントライン
                      5,095                               5,103
手数料
3為替差損                  ―                                9,658
                        485         20,200                    0       31,892
4その他                                            0.9                            1.4




                              114/172
                                         EDINET提出書類
                               株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                   有価証券届出書(新規公開時)




経常利益                 18.6               14.4
              417,728            332,477




          115/172
                                                                          EDINET提出書類
                                                                株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                    有価証券届出書(新規公開時)




                          前事業年度                            当事業年度
                      (自平成18年4月1日                     (自平成19年4月1日
                       至平成19年3月31日)                    至平成20年3月31日)
                注記                            百分比                           百分比
         区分             金額(千円)                           金額(千円)
                番号                             (%)                           (%)
Ⅵ特別利益
1投資有価証券売却益              ―                            22,064
                          ―                               297
2貸倒引当金戻入益                              ―       ―                 22,361     0.9
Ⅶ特別損失
1固定資産除却損      ※2     1,738                            1,483
2関係会社株式評価損          20,566                               ―
3リース資産解約損            5,920                               ―
4関係会社清算損                ―                             3,941
                         445         28,670                ―        5,424
5その他                                          1.3                           0.2
税引前当期純利益                                    17.3                          15.1
                                    389,058                       349,414
法人税、住民税
                     144,063                          106,154
及び事業税
過年度法人税等還付額             ―                           △9,395
                     △3,530         140,533            20,441     117,200
法人税等調整額                                      6.2                           5.0
当期純利益                            248,525    11.1               232,214    10.1




                               116/172
                                                                         EDINET提出書類
                                                               株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                   有価証券届出書(新規公開時)




  売上原価明細書

                              前事業年度                         当事業年度
                          (自平成18年4月1日                  (自平成19年4月1日
                           至平成19年3月31日)                 至平成20年3月31日)
                     注記                    構成比                            構成比
         区分               金額(千円)                        金額(千円)
                     番号                     (%)                            (%)

Ⅰ材料費                          131,417        8.5               145,488       9.7

Ⅱ労務費                          627,362       40.5               700,214      46.4

                               790,452                          661,868
Ⅲ経費                 ※2                      51.0                            43.9

当期総製造費用                                   100.0                           100.0
                             1,549,232                        1,507,571

                               278,959                          367,344
期首仕掛品たな卸高

合計                        1,828,192                        1,874,915

                               367,344                          393,582
期末仕掛品たな卸高

当期製造原価                     1,460,848                        1,481,333

受注損失引当金繰入額                    41,036                           43,481

                                35,429                           34,653
受注損失引当金戻入額

売上原価                       1,466,455                        1,490,160


(注) 1原価計算の方法は、実際個別原価計算を採用しております。
  ※2経費のうち主なものは次のとおりであります。

                                            前事業年度                 当事業年度
                     項目                 (自平成18年4月1日          (自平成19年4月1日
                                         至平成19年3月31日)         至平成20年3月31日)

         分析機器賃借料                                  392,384               350,574

         分析機器減価償却費                                 55,129                28,666

         分析機器保守料                                   37,486                65,301

         減価償却費                                     65,114                62,751

         分析機器機械部品                                  19,876                14,528

         分析機器修繕費                                   16,851                25,014




                              117/172
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                          株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                              有価証券届出書(新規公開時)




  ③ 【株主資本等変動計算書】
    前事業年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)

                                                    株主資本

                                          資本剰余金                利益剰余金

                                                              その他利益剰余金
                    資本金                                                          株主資本合計
                                          資本準備金
                                                              繰越利益剰余金

平成18年3月31日残高(千円)          13,400                 28,499             83,924           125,824

事業年度中の変動額

新株の発行                    34,300                 34,300                 ―            68,600

当期純利益                        ―                      ―             248,525           248,525
株主資本以外の項目の
                              ―                      ―                  ―                 ―
事業年度中の変動額(純額)
事業年度中の変動額合計(千円)           34,300                 34,300            248,525           317,125

平成19年3月31日残高(千円)          47,700                 62,799            332,449           442,949



                           評価・換算差額等
                                                                 純資産合計
                   その他有価証券                   評価・換算
                    評価差額金                    差額等合計
平成18年3月31日残高(千円)            21,928                  21,928             147,752

事業年度中の変動額

新株の発行                             ―                      ―             68,600

当期純利益                             ―                      ―            248,525
株主資本以外の項目の
                           △2,922                  △2,922              △2,922
事業年度中の変動額(純額)
事業年度中の変動額合計(千円)            △2,922                  △2,922              314,202

平成19年3月31日残高(千円)            19,006                  19,006             461,955




                                       118/172
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                          株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                              有価証券届出書(新規公開時)




    当事業年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)

                                                    株主資本

                                          資本剰余金                利益剰余金

                                                              その他利益剰余金
                    資本金                                                          株主資本合計
                                          資本準備金
                                                              繰越利益剰余金

平成19年3月31日残高(千円)          47,700                 62,799            332,449           442,949

事業年度中の変動額

当期純利益                        ―                      ―             232,214           232,214
株主資本以外の項目の
                              ―                      ―                  ―                 ―
事業年度中の変動額(純額)
事業年度中の変動額合計(千円)               ―                      ―             232,214           232,214

平成20年3月31日残高(千円)          47,700                 62,799            564,664           675,163



                           評価・換算差額等
                                                                 純資産合計
                   その他有価証券                   評価・換算
                    評価差額金                    差額等合計
平成19年3月31日残高(千円)            19,006                  19,006             461,955

事業年度中の変動額

当期純利益                             ―                      ―            232,214
株主資本以外の項目の
                          △19,006                 △19,006              △19,006
事業年度中の変動額(純額)
事業年度中の変動額合計(千円)           △19,006                 △19,006              213,207

平成20年3月31日残高(千円)                   ―                      ―            675,163




                                       119/172
                                                         EDINET提出書類
                                               株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                   有価証券届出書(新規公開時)




重要な会計方針

                       前事業年度                 当事業年度
     項目            (自平成18年4月1日          (自平成19年4月1日
                    至平成19年3月31日)         至平成20年3月31日)
1有価証券の評価基準及び   (1) 子会社株式            (1) ―――――
  評価方法          移動平均法による原価法によって
                  おります。
                (2) その他有価証券          (2) その他有価証券
                時価のあるもの             時価のあるもの
                決算期末日の市場価格等に基づく             同左
                  時価法(評価差額は全部純資産直
                  入法により処理し、売却原価は移
                  動平均法により算定しておりま
                  す。)
2たな卸資産の評価基準及   (1) 原材料総平均法による原価法   (1) 原材料同左
  び評価方法         (2) 仕掛品個別法による原価法    (2) 仕掛品同左
                (3) 貯蔵品最終仕入原価法      (3) 貯蔵品同左
3固定資産の減価償却の方   (1) 有形固定資産           (1) 有形固定資産
  法             定率法を採用しております。      定率法を採用しております。
                但し、平成10年4月1日以降取得   但し、平成10年4月1日以降取得
                  した建物(建物附属設備を除く)に     した建物(建物附属設備を除く)に
                  ついては、定額法を採用しており      ついては、定額法を採用しており
                  ます。                  ます。
                なお、主な耐用年数は以下のとお    なお、主な耐用年数は以下のとお
                  りです。                 りです。
                建物10∼50年   建物10∼50年
                構築物7∼45年    構築物7∼45年
                工具器具備品3∼15年    工具器具備品2∼15年
                                     (会計方針の変更)
                                     法人税法の改正(所得税法等の一部
                                     を改正する法律(平成19年3月30日
                                     法律第6号)及び法人税法施行令の
                                     一部を改正する政令(平成19年3月
                                     30日政令第83号))に伴い、当事業年
                                     度から、平成19年4月1日以降に取
                                     得したものについては、改正後の法
                                     人税法に基づく方法に変更しており
                                     ます。
                                     当該変更に伴う損益に与える影響
                                     は軽微であります。
                                     (追加情報)
                                     当事業年度から、平成19年3月31日
                                     以前に取得したものについては、償
                                     却可能限度額まで償却が終了した翌
                                     年から5年間で均等償却する方法に
                                     よっております。
                                     当該変更に伴う損益に与える影響
                                     は軽微であります。




                          120/172
                                       EDINET提出書類
                             株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                 有価証券届出書(新規公開時)




(2) 無形固定資産           (2) 無形固定資産
    定額法を採用しております。な            同左
  お、自社利用のソフトウェアにつ
  いては、社内における利用可能期
  間(5年)に基づく定額法を採用し
  ております。




         121/172
                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)




                       前事業年度                当事業年度
     項目            (自平成18年4月1日         (自平成19年4月1日
                    至平成19年3月31日)        至平成20年3月31日)
4繰延資産の処理方法     株式交付費については、支出時に全           ―――――
                額費用処理しております。
5引当金の計上基準      (1) 貸倒引当金            (1) 貸倒引当金
                    債権の貸倒による損失に備える               同左
                  ため、一般債権については合理的
                  に見積もった貸倒率により、貸倒
                  懸念債権等特定の債権については
                  個別に回収可能性を勘案し、回収
                  不能見込額を計上しております。
                (2) 賞与引当金            (2) 賞与引当金
                従業員に対する賞与の支給に備え                同左
                  るため、当期に負担すべき支給見
                  込額を計上しております。
                (3) 受注損失引当金          (3) 受注損失引当金
                受託試験に係る将来の損失に備え             同左
                  るため、当期末において受託試験
                  原価の発生見込額が受託金額を超
                  過する可能性が高く、かつ、当該損
                  失額を合理的に見積もることが可
                  能な受託試験について、当該試験
                  に係る将来の損失見込額を計上し
                  ております。
                (4) 退職給付引当金          (4) 退職給付引当金
                従業員の退職給付に備えるため、             同左
                  当期末における退職給付債務の見
                  込額(自己都合要支給額)に基づき
                  計上しております。
                (5) 役員退職慰労引当金        (5) 役員退職慰労引当金
                役員退職慰労金の支払に備えるた             同左
                  め、役員退職慰労金規程に基づく
                  当期末要支給額を計上しておりま
                  す。
6リース取引の処理方法    リース物件の所有権が借主に移転                 同左
                すると認められるもの以外のファイ
                ナンス・リース取引については、通
                常の賃貸借取引に係る方法に準じた
                会計処理によっております。
7その他財務諸表作成のた   消費税等の会計処理            消費税等の会計処理
  めの基本となる重要な    税抜方式によっております。              同左
  事項




                          122/172
                                                         EDINET提出書類
                                               株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                   有価証券届出書(新規公開時)




会計処理方法の変更

           前事業年度                        当事業年度
       (自平成18年4月1日                 (自平成19年4月1日
        至平成19年3月31日)                至平成20年3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)               ―――――
当事業年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に
関する会計基準」(企業会計基準委員会平成17年12月
9日企業会計基準第5号)及び「貸借対照表の純資産
の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会
計基準委員会平成17年12月9日企業会計基準適用指
針第8号)を適用しております。
従来の資本の部の合計に相当する金額は、461,955千
円であります。
なお、財務諸表等規則の改正により、当事業年度にお
ける財務諸表は、改正後の財務諸表等規則により作成
しております。




                          123/172
                                                                   EDINET提出書類
                                                         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                             有価証券届出書(新規公開時)




注記事項
  (貸借対照表関係)

            前事業年度                                 当事業年度
         (平成19年3月31日)                          (平成20年3月31日)
※1担保に供している資産                                    ―――――
   建物                   477,254 千円
   構築物                   17,953
   土地                   192,875
    合計                  688,082
対応する債務                             
    短期借入金               300,000 千円
    一年以内償還予定の社債          40,000
    一年以内返済予定の長期借入金       66,640
    長期借入金                86,320
    合計               492,960
なお、根抵当権の元本の極度額の合計は700,000千円
  であります。
2当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引 2当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引
    銀行3行と当座貸越契約を、取引銀行4行と貸      銀行5行と当座貸越契約を、取引銀行4行と貸
    出コミットメント契約を締結しております。       出コミットメント契約を締結しております。
これら契約に基づく当事業年度末の借入未実行残 これら契約に基づく当事業年度末の借入未実行残
    高は次のとおりであります。              高は次のとおりであります。
     当座貸越極度額及び貸出                当座貸越極度額及び貸出
                   2,100,000千円                3,000,000千円
     コミットメントの総額                 コミットメントの総額
     当事業年度末借入実行残高  1,210,000    当事業年度末借入実行残高    525,000
      差引額             890,000               差引額            2,475,000
なお、当該貸出コミットメント契約(当座貸越契約を            なお、当該貸出コミットメント契約(当座貸越契約を
  除く)には、下記の財務制限条項が付されておりま               除く)には、下記の財務制限条項が付されておりま
  す。                                    す。
・各事業年度の末日における損益計算書における経             ・各事業年度の末日における損益計算書における経
     常損益を損失としないこと。                         常損益を損失としないこと。
・各事業年度の末日における貸借対照表における有             ・各事業年度の末日における貸借対照表における有
     利子負債の合計金額から現金及び預金の合計金                 利子負債の合計金額から現金及び預金の合計金
     額を差引いた金額が、損益計算書における営業                 額を差引いた金額が、損益計算書における営業
     損益、受取利息、受取配当金及び、キャッシュ・                損益、受取利息、受取配当金及び、キャッシュ・
     フロー計算書における減価償却費の合計金額の                 フロー計算書における減価償却費の合計金額の
     5倍を上回らないこと。なお、有利子負債とは、                5倍を上回らないこと。なお、有利子負債とは、
     貸借対照表における短期借入金、一年以内返済                 貸借対照表における短期借入金、一年以内返済
     予定の長期借入金、一年以内償還予定の社債、長                予定の長期借入金、一年以内償還予定の社債、長
     期借入金及び社債の合計金額とする。                     期借入金及び社債の合計金額とする。




                                  124/172
                                                         EDINET提出書類
                                               株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                   有価証券届出書(新規公開時)




  (損益計算書関係)

            前事業年度                        当事業年度
        (自平成18年4月1日                 (自平成19年4月1日
         至平成19年3月31日)                至平成20年3月31日)
※1一般管理費に含まれる研究開発費            ※1一般管理費に含まれる研究開発費
                    37,108千円                     75,677千円
※2固定資産除却損の内容は次のとおりであります。 ※2固定資産除却損の内容は次のとおりであります。
   工具器具備品             1,060千円     工具器具備品           1,483千円
   車両運搬具                677千円     合計               1,483千円
   合計                 1,738千円



  (株主資本等変動計算書関係)
  前事業年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
  自己株式に関する事項
   保有している自己株式がないため該当事項はありません。


  当事業年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
  自己株式に関する事項
   保有している自己株式がないため該当事項はありません。




                           125/172
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                       株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                           有価証券届出書(新規公開時)




 (リース取引関係)

           前事業年度                                           当事業年度
       (自平成18年4月1日                                    (自平成19年4月1日
        至平成19年3月31日)                                   至平成20年3月31日)
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるも                     リース物件の所有権が借主に移転すると認められるも
の以外のファイナンス・リース取引                             の以外のファイナンス・リース取引
(借主側)                                        (借主側)
①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当                    ①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当
  額及び期末残高相当額                                   額及び期末残高相当額
         取得価額 減価償却累 期末残高                              取得価額 減価償却累 期末残高
          相当額 計額相当額   相当額                              相当額 計額相当額   相当額
         (千円)  (千円)  (千円)                             (千円)  (千円)  (千円)
 工具器具備品                                           工具器具備品
          1,373,596   1,000,854    372,741                 1,162,177   899,918     262,259
                                                               3,320       758       2,561
                                                  ソフトウェア

                                                  合計       1,165,497   900,676     264,820
②未経過リース料期末残高相当額                            ②未経過リース料期末残高相当額
  1年以内                            300,557千円   1年以内                               183,784千円
  1年超                             387,990     1年超                                323,402
   合計                688,548     合計            507,186
③支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当 ③支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当
   額                             額
   支払リース料            420,061千円   支払リース料        330,391千円
   減価償却費相当額          412,904     減価償却費相当額      242,261
   支払利息相当額            20,973     支払利息相当額        16,370
④減価償却費相当額の算定方法                ④減価償却費相当額の算定方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定                 同左
   率法によっております。
⑤利息相当額の算定方法                   ⑤利息相当額の算定方法
リース料総額とリース物件の取得価額相当額の差                  同左
   額を利息相当額とし、各期への配分方法について
   は、利息法によっております。




                                        126/172
                                                                     EDINET提出書類
                                                           株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                               有価証券届出書(新規公開時)




 (有価証券関係)
 前事業年度(平成19年3月31日)
   子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものは、ありません。


 当事業年度(平成20年3月31日)
   子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものは、ありません。


 (税効果会計関係)

           前事業年度                                     当事業年度
        (平成19年3月31日)                              (平成20年3月31日)
1繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因 1繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因
 別の内訳                        別の内訳
 (流動の部)                      (流動の部)
 繰延税金資産                    繰延税金資産
 未払事業税           9,977千円 未払事業税        9,028千円
 賞与引当金          24,721   賞与引当金       24,143
 仕掛品            20,058                   20,991
                             受注損失引当金
                    17,279
 受注損失引当金                 繰延税金資産合計      54,163
 繰延税金資産合計         72,036
 (固定の部)                                    (固定の部)
 繰延税金資産                                  繰延税金資産
 退職給付引当金            22,854千円           退職給付引当金           22,918千円
 投資有価証券              6,728             役員退職慰労引当金          8,578
 役員退職慰労引当金           4,877                                    5,536
                                           その他
                         5,140
 その他                                   繰延税金資産合計            37,032
 繰延税金資産合計             39,600
                                     
 繰延税金負債
                       △13,791
 その他有価証券評価差額金
 繰延税金負債の合計           △13,791
 繰延税金資産の純額            25,809


2法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負 2法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負
  担率との差異の原因となった主な項目別の内訳      担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
   法定実効税率              42.1%  法定実効税率               42.1%
   (調整)                       (調整)
   住民税均等割              0.3%  住民税均等割               0.3%
   法人税額特別控除          △4.6%   法人税額特別控除           △4.7%
   法人税額特別控除に対する住民税   △1.0%   法人税額特別控除に対する住民税    △1.0%
                      △0.7%   過年度法人税等還付額         △1.6%
   その他
                              創業促進税制適用による法人税等軽減額 △1.2%
   税効果会計適用後の法人税等の負担率   36.1%
                                                 △0.4%
                              その他
                                            税効果会計適用後の法人税等の負担率        33.5%
                                     

 (企業結合等関係)
 前事業年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
   該当事項はありません。

 当事業年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)




                                 127/172
                                  EDINET提出書類
                        株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                            有価証券届出書(新規公開時)




該当事項はありません。




              128/172
                                                                       EDINET提出書類
                                                             株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                 有価証券届出書(新規公開時)




 (1株当たり情報)

                          前事業年度                           当事業年度
      項目              (自平成18年4月1日                    (自平成19年4月1日
                       至平成19年3月31日)                   至平成20年3月31日)

1株当たり純資産額                             181円16銭                       264円77銭

1株当たり当期純利益金額                          101円42銭                        91円06銭
                  なお、潜在株式調整後1株当たり               なお、潜在株式調整後1株当たり
                 当期純利益金額については、潜在株                当期純利益金額については、潜在株
                 式が存在しないため記載しており                 式が存在しないため記載しており
                 ません。                            ません。
                  当社は、平成18年7月28日付で株                   ―――――
                 式1株につき100株の株式分割を
                 行っております。
                 なお、当該株式分割が前期首に行
                 われたと仮定した場合の前事業年
                 度における1株当たり情報につい
                 ては、以下のとおりとなります。
                 1株当たり純資産額       60円31銭
                 1株当たり当期純利益金額 36円82銭
                 なお、潜在株式調整後1株当たり
                 当期純利益金額については、潜在株
                 式が存在しないため記載しており
                 ません。
(注)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                         前事業年度                  当事業年度
                                     (自平成18年4月1日           (自平成19年4月1日
                                      至平成19年3月31日)          至平成20年3月31日)
   損益計算書上の当期純利益(千円)                               248,525             232,214

   普通株式に係る当期純利益(千円)                               248,525             232,214

   普通株主に帰属しない金額(千円)                                    ―                   ―

   普通株式の期中平均株式数(株)                              2,450,547           2,550,000

(注)1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                         前事業年度                  当事業年度
                                      (平成19年3月31日)           (平成20年3月31日)
   貸借対照表の純資産の部の合計額(千円)                            461,955             675,163

   普通株式に係る純資産額(千円)                                461,955             675,163

   普通株式の発行済株式数(株)                               2,550,000           2,550,000
   1株当たり純資産額の算定に用いられた普通
                                                2,550,000           2,550,000
   株式の数(株)




                           129/172
                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)




(重要な後発事象)

         前事業年度                              当事業年度
     (自平成18年4月1日                     (自平成19年4月1日
      至平成19年3月31日)                    至平成20年3月31日)
         ―――――            (重要な子会社の設立)
                          当社は、平成20年4月18日開催の取締役会において下
                          記のとおり子会社の設立を決議しております。
                          (1) 設立する子会社の名称、事業内容、規模等
                            ①商号          JCL Bioassay USA, Inc.
                            ②設立年月        平成20年4月
                            ③事業の内容 バイオアナリシス受託事業
                            ④本店所在地 米国イリノイ州シカゴ
                            ⑤資本金額        100千USドル
                            ⑥持株比率        100%
                            ⑦従業員数        14名(事業開始時計画)
                          (2) 設立の目的
                          米国におけるバイオアナリシス受託事業に、新規参
                            入するためであります。
        ―――――             (重要な設備投資計画の決定)
                          当社は、平成20年8月28日開催の取締役会において下
                          記のとおり米国におけるラボ建設に関する設備投資を
                          行うことを決議しております。
                          (1) 設備投資の目的
                            米国におけるバイオアナリシス受託事業に、新規参
                            入するためであります。
                          (2) 所在地
                            米国イリノイ州ホフマンエステーツ
                          (3) 設備投資の内容
                            ラボ建設のための土地、建物及び分析装置
                          (4) 投資総額
                            978,000千円(9,780千USドル)(予定)
                          (5) 資金調達方法
                            自己資金及び借入金
                          (6) 設備の導入時期
                            土地取得:平成20年11月
                            建物着工:平成21年1月
                            建物完成:平成22年2月(予定)
                            分析装置:平成22年3月(予定)
                          (7) 営業活動に及ぼす重要な影響
                            当該ラボの建設により受託試験に関するサンプル
                            を日本に空輸することなく米国内において試験を実
                            施することができるようになるため、米国内でのバ
                            イオアナリシス受託事業に本格的に進出することが
                            可能となります。




                      130/172
                                              EDINET提出書類
                                    株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                        有価証券届出書(新規公開時)




―――――       (重要な子会社の増資)
            当社は、平成20年8月28日開催の取締役会において、
            当社が米国ラボ建設に関する設備投資を行うことを決
            議しましたが、平成20年12月12日開催の取締役会にお
            いて下記子会社をもって設備投資することとしまし
            た。既に当社が取得済みの米国土地(平成20年11月取
            得)の当該子会社への現物出資を含めて、当社を引受先
            とする連結子会社の増資を決議し、払込を完了いたし
            ました。
            (1) 増資の目的
              米国ラボ建設のための資金需要に対応するため
            (2) 増資の内容
            ①現物出資
            201,222千円(1,995千USドル)
            払込日付平成20年12月12日
            ②当社による金銭出資
            107,844千円(1,200千USドル)
            払込日付平成20年12月19日
            (3) 増資する連結子会社の概要
              ①会社名         JCL Bioassay USA, Inc.
              ②事業内容        バイオアナリシス受託事業
              ③資本金         319,482千円(3,295千USドル)(増資
                            後)
              ④持株比率        当社100%




        131/172
                                          EDINET提出書類
                                株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                    有価証券届出書(新規公開時)




④ 【附属明細表】(平成20年3月31日現在)
  【有価証券明細表】
   該当事項はありません。




                      132/172
                                                                                            EDINET提出書類
                                                                                  株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                                      有価証券届出書(新規公開時)




       【有形固定資産等明細表】

                                        当期末減価
                                                    差引当期末
                前期末残高 当期増加額 当期減少額 当期末残高 償却累計額 当期償却額
      資産の種類                                           残高
                 (千円)  (千円)  (千円)  (千円) 又は償却累  (千円)
                                                     (千円)
                                        計額(千円)

有形固定資産

建物             1,214,791       26,018            ―   1,240,810       619,593      50,090   621,216

構築物               74,007          ―              ―      74,007        55,127       4,440    18,880

車両運搬具             11,860          ―              ―      11,860         7,889       2,487     3,970

工具器具備品           235,297       27,342     23,703       238,936       173,493      36,630    65,443

土地               250,165          ―              ―     250,165            ―            ―   250,165

 有形固定資産計        1,786,122       53,360     23,703     1,815,779       856,103      93,649   959,675

無形固定資産

ソフトウェア             5,749       4,938             ―      10,688         3,951       1,585     6,736

電話加入権              1,456          ―              ―       1,456            ―            ―     1,456

施設利用権                149          ―              ―         149            37           9       111

 無形固定資産計            7,354       4,938             ―      12,293         3,988       1,595     8,304

長期前払費用              7,754       4,297             ―      12,051            ―            ―    12,051

(注)当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。

       建物          西脇ラボ本館1階改造工事                                       11,836千円
       建物          西脇ラボ本館1階バイオハザード工事                                  10,900千円
       工具器具備品      自動分注装置                                             10,000千円

      当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。

       工具器具備品      TSQトリプルステージMS/MSシステム                                9,482千円


       【引当金明細表】

                                                      当期減少額            当期減少額
                 前期末残高             当期増加額                                                当期末残高
       区分                                             (目的使用)            (その他)
                  (千円)              (千円)                                                 (千円)
                                                        (千円)             (千円)

貸倒引当金                   2,184             1,887                   ―             2,184         1,887

賞与引当金                  58,790            57,417            58,790                  ―         57,417

受注損失引当金                41,091            43,481            33,183               1,469        49,919

役員退職慰労引当金              11,600             8,800                   ―                ―         20,400

(注) 1貸倒引当金の当期減少額のその他は、洗替による戻入額であります。
    2受注損失引当金の当期減少額のその他は、試験中止等による戻入額であります。




                                         133/172
                    EDINET提出書類
          株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
              有価証券届出書(新規公開時)




134/172
                                                                            EDINET提出書類
                                                                  株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                      有価証券届出書(新規公開時)




 (2) 【主な資産及び負債の内容】(平成20年3月31日現在)
  ①資産の部
     a現金及び預金

                 区分                                      金額(千円)

現金                                                                             535

預金

普通預金                                                                      433,970

外貨預金                                                                       34,214

                 預金計                                                       468,184

                 合計                                                        468,720



     b売掛金
       イ相手先別内訳

                 相手先                                     金額(千円)

武田薬品工業㈱                                                                   116,479

㈱ボゾリサーチセンター                                                                55,820

大洋薬品工業㈱                                                                    26,262

沢井製薬㈱                                                                      19,490

味の素㈱                                                                       15,364

その他                                                                        93,864

                  計                                                        327,281



       ロ売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

                                                                       滞留期間(日)
                                                         回収率(%)         (A)+(D)
前期末残高(千円) 当期発生高(千円) 当期回収高(千円) 当期末残高(千円)
                                                                            2
                                                          (C)
     (A)         (B)         (C)             (D)                ×100      (B)
                                                        (A)+(B)
                                                                           366
       392,833   2,227,870   2,293,422        327,281           87.5         59.2

(注)消費税等の会計処理は税抜方式を採用していますが、上記金額には消費税等が含まれております。




                                   135/172
                                                EDINET提出書類
                                      株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                          有価証券届出書(新規公開時)




      c原材料

              区分             金額(千円)

主要材料                                          22,348

補助材料                                          16,547

              計                                38,895



      d仕掛品

              区分             金額(千円)

受託試験                                         393,582

              計                               393,582



      e貯蔵品

              区分             金額(千円)

切手                                               127

              計                                   127




                   136/172
                                                   EDINET提出書類
                                         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                             有価証券届出書(新規公開時)




 ②負債の部
   a買掛金

              相手先               金額(千円)

㈱アズバイオ                                           18,772

京都和光純薬㈱                                           4,184

オリエンタル酵母工業㈱                                       3,505

IGN近畿㈱                                            1,463

島津サイエンス西日本㈱                                       1,276

その他                                               4,088

               計                                  33,291



   b短期借入金

              区分                金額(千円)

㈱三菱東京UFJ銀行                                      200,000

㈱りそな銀行                                          175,000

㈱みずほ銀行                                          100,000

㈱三井住友銀行                                          20,000

㈱滋賀銀行                                            15,000

㈱京都銀行                                            15,000

               計                                 525,000



   c一年以内返済予定の長期借入金

              区分                金額(千円)

㈱三井住友銀行                                          84,564

㈱滋賀銀行                                            40,008

㈱りそな銀行                                           30,000

㈱京都銀行                                            30,000

               計                                 184,572




                      137/172
                                               EDINET提出書類
                                     株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                         有価証券届出書(新規公開時)




   d長期借入金

             区分             金額(千円)

㈱滋賀銀行                                       143,322

㈱京都銀行                                       112,500

㈱りそな銀行                                      107,500

㈱三井住友銀行                                      93,421

             計                               456,743



(3) 【その他】
  該当事項はありません。




                  138/172
                                                   EDINET提出書類
                                         株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                             有価証券届出書(新規公開時)




第6 【提出会社の株式事務の概要】


事業年度         4月1日から3月31日まで

定時株主総会       毎決算期の翌日より3箇月以内

基準日          3月31日

株券の種類        ―

             9月30日
剰余金の配当の基準日
             3月31日

1単元の株式数      100株

株式の名義書換え

取扱場所       ―

株主名簿管理人    ―

取次所        ―

名義書換手数料    ―

新券交付手数料    ―

単元未満株式の買取り
             大阪市中央区北浜二丁目2番21号
取扱場所
             中央三井信託銀行株式会社大阪支店
             東京都港区芝三丁目33番1号
株主名簿管理人
             中央三井信託銀行株式会社
取次所        ―

買取手数料      無料

             電子公告の方法により行います。
             但し、やむを得ない事由により電子公告をすることができない場合は、日本経済新聞
             に掲載します。
公告掲載方法
             なお、電子公告は当社ホームページに記載しており、そのアドレスは以下のとおりで
             す。
             http://www.jclbio.com

株主に対する特典     該当事項はありません。

(注)当社定款の定めにより、単元未満株主は次に掲げる権利以外の権利を行使することができません。
    ・会社法第189条第2項各号に掲げる権利
    ・会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
    ・株主の有する株式数に応じて募集株式の割当及び募集新株予約権の割当を受ける権利




                           139/172
                                       EDINET提出書類
                             株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                 有価証券届出書(新規公開時)




第7 【提出会社の参考情報】


1 【提出会社の親会社等の情報】
 該当事項はありません。


2 【その他の参考情報】
 該当事項はありません。




                   140/172
                                                                    EDINET提出書類
                                                          株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                              有価証券届出書(新規公開時)




第三部 【特別情報】

第1 【提出会社及び連動子会社の最近の財務諸表】


 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する法則」(昭和38年大蔵省令第59
号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、連動子会社については該当ありません。


1 【貸借対照表】

                               第1期
                           (平成18年3月31日)
                 注記                               構成比
            区分             金額(千円)
                 番号                                (%)
       (資産の部)
Ⅰ流動資産
1現金及び預金                               299,609
2売掛金                                  270,901
3原材料                                   46,342
4仕掛品                                  278,959
5貯蔵品                                      238
6前払費用                                  19,269
7繰延税金資産                                66,806
8その他                                    2,074
                                        △1,625
貸倒引当金
流動資産合計                                          45.3
                                        982,576
Ⅱ固定資産
1有形固定資産
(1) 建物         ※1   1,205,001
                      △515,147
減価償却累計額                             689,854
(2) 構築物        ※1     74,007
                       △45,505
減価償却累計額                              28,502
(3) 車両運搬具              8,252
                       △3,112
減価償却累計額                               5,139
(4) 工具器具備品           214,273
                      △115,515
減価償却累計額                              98,758
                                        250,165
(5) 土地         ※1
有形固定資産合計                                        49.4
                                    1,072,420
2無形固定資産
(1) ソフトウェア                              4,648
(2) 電話加入権                               1,456
                                            135
(3) 施設利用権
無形固定資産合計                                         0.3
                                          6,239




                              141/172
                                                            EDINET提出書類
                                                  株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                      有価証券届出書(新規公開時)




                         第1期
                     (平成18年3月31日)
                注記                        構成比
          区分         金額(千円)
                番号                         (%)
3投資その他の資産
(1) 投資有価証券                     47,706
(2) 関係会社株式                     26,654
(3) 長期前払費用                      2,975
(4) 繰延税金資産                     25,388
                                  5,115
(5) 差入保証金
投資その他の資産合計                   107,840     5.0

固定資産合計                   1,186,499      54.7

資産合計                     2,169,076     100.0




                      142/172
                                                                 EDINET提出書類
                                                       株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                           有価証券届出書(新規公開時)




                            第1期
                        (平成18年3月31日)
                 注記                            構成比
          区分            金額(千円)
                 番号                             (%)
        (負債の部)
Ⅰ流動負債
1買掛金                                63,200
2短期借入金         ※1              1,145,000

3一年以内償還予定の社債   ※1                   40,000
4一年以内返済予定の
                 ※1                   64,560
長期借入金
5未払金                               102,666
6未払費用                               15,827
7未払法人税等                            106,700
8未払消費税等                             38,369
9前受金                               114,211
10預り金                                5,946
11賞与引当金                             42,771
                                      35,484
12受注損失引当金
流動負債合計                                       81.8
                                 1,774,737
Ⅱ固定負債
1社債            ※1                   40,000
2長期借入金         ※1                  150,880
3退職給付引当金                            49,905
                                       5,800
4役員退職慰労引当金
固定負債合計                            246,585    11.4
負債合計                                         93.2
                                 2,021,323
        (資本の部)
Ⅰ資本金            ※3                   13,400     0.6
Ⅱ資本剰余金
                      28,499
1資本準備金
資本剰余金合計                            28,499     1.3
Ⅲ利益剰余金
                      83,924
1当期未処分利益
利益剰余金合計                            83,924     3.9
                                      21,928
Ⅳその他有価証券評価差額金                                   1.0
資本合計                              147,752     6.8

負債及び資本合計                      2,169,076     100.0




                           143/172
                                                                EDINET提出書類
                                                      株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                          有価証券届出書(新規公開時)




2 【損益計算書】

                          第1期
                     (自平成17年4月1日
                      至平成18年3月31日)
                注記                            百分比
           区分          金額(千円)
                番号                             (%)
Ⅰ売上高                           1,993,894     100.0
                                1,481,732
Ⅱ売上原価                                         74.3
売上総利益                                       25.7
                                    512,161
Ⅲ販売費及び一般管理費
1広告宣伝費             11,939
2役員報酬              49,200
3給与手当              63,395
4賞与                12,172
5法定福利費             13,158
6賞与引当金繰入額           6,144
7退職給付費用             4,286
8役員退職慰労引当金
                      5,800
繰入額
9貸倒引当金繰入額           1,625
10旅費交通費             6,621
11租税公課             22,479
12保険料               9,214
13支払手数料            39,727
14減価償却費             3,265
15地代家賃              8,941
16研究開発費       ※1   14,096
                     27,975         300,044
17その他                                        15.1
営業利益                                        10.6
                                    212,117




                          144/172
                                                                EDINET提出書類
                                                      株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                          有価証券届出書(新規公開時)




                            第1期
                       (自平成17年4月1日
                        至平成18年3月31日)
                注記                             百分比
          区分            金額(千円)
                番号                              (%)
Ⅳ営業外収益
1受取利息                   10
2受取配当金                 268
3為替差益                3,129
4保険解約返戻金               955
                         553
5その他                                 4,916    0.3
Ⅴ営業外費用
1支払利息               13,749
2コミットメントライン
                      29,543
手数料
                         993          44,286
3その他                                          2.2
経常利益                                         8.7
                                     172,747
Ⅵ特別損失
1固定資産除却損      ※2     3,902
                      31,374          35,276
2関係会社株式評価損                                    1.8
税引前当期純利益                                     6.9
                                     137,470
法人税、住民税
                     106,700
及び事業税
                     △53,154          53,545
法人税等調整額                                      2.7
当期純利益                              83,924    4.2

当期未処分利益                            83,924




                           145/172
                                                         EDINET提出書類
                                               株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                   有価証券届出書(新規公開時)




3 【利益処分計算書】

                           第1期
                       (平成18年6月23日)
                注記
      区分                 金額(千円)
                番号

Ⅰ当期未処分利益                             83,924

                                          ―
Ⅱ利益処分額

Ⅲ次期繰越利益                              83,924


(注)日付は株主総会承認日であります。




                         146/172
                                                         EDINET提出書類
                                               株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                   有価証券届出書(新規公開時)




重要な会計方針

                                       第1期
           項目                     (自平成17年4月1日
                                   至平成18年3月31日)
   1有価証券の評価基準及び評価方法       (1) 子会社株式
                           移動平均法による原価法によっております。
                           (2) その他有価証券
                           時価のあるもの
                           決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額
                             は全部資本直入法により処理し、売却原価は移
                             動平均法により算定しております。)
   2たな卸資産の評価基準及び評価方法      (1) 原材料総平均法による原価法
                           (2) 仕掛品個別法による原価法
                           (3) 貯蔵品最終仕入原価法
   3固定資産の減価償却の方法          (1) 有形固定資産
                           定率法を採用しております。
                           但し、建物(建物附属設備を除く)については、
                             定額法を採用しております。
                           なお、主な耐用年数は以下のとおりです。
                                建物           10∼50年
                                構築物          7∼45年
                                工具器具備品       3∼15年
                           (2) 無形固定資産
                           定額法を採用しております。なお、自社利用の
                             ソフトウェアについては、社内における利用可
                             能期間(5年)に基づく定額法を採用しており
                             ます。
   4繰延資産の処理方法             創立費及び新株発行費については、支出時に全
                           額費用処理しております。
   5引当金の計上基準              (1) 貸倒引当金
                           債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権
                             については合理的に見積もった貸倒率により、
                             貸倒懸念債権等特定の債権については個別に
                             回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上し
                             ております。
                           (2) 賞与引当金
                           従業員に対する賞与の支給に備えるため、当期
                             に負担すべき支給見込額を計上しております。
                           (3) 受注損失引当金
                           受託試験に係る将来の損失に備えるため、当期
                             末における受託試験に係る損失見込額を計上
                             しております。
                           (4) 退職給付引当金
                           従業員の退職給付に備えるため、当期末におけ
                             る退職給付債務の見込額(自己都合要支給額)
                             に基づき計上しております。
                           (5) 役員退職慰労引当金
                           役員退職慰労金の支払に備えるため、役員退職
                             慰労金規程に基づく当期末要支給額を計上し
                             ております。




                        147/172
                                                      EDINET提出書類
                                            株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                有価証券届出書(新規公開時)




                                    第1期
        項目                     (自平成17年4月1日
                                至平成18年3月31日)
6リース取引の処理方法            リース物件の所有権が借主に移転すると認めら
                        れるもの以外のファイナンス・リース取引につ
                        いては、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会
                        計処理によっております。
7その他財務諸表作成のための基本と      消費税等の会計処理
  なる重要な事項               税抜方式によっております。




                     148/172
                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                    有価証券届出書(新規公開時)




注記事項
(貸借対照表関係)

                        第1期
                    (平成18年3月31日)
   ※1担保に供している資産
      建物                           514,201千円
      構築物                           21,903
      土地                           192,875
       合計                          728,980
   対応する債務
       短期借入金                       560,000 千円
       一年以内償還予定の社債                  40,000
       一年以内返済予定の長期借入金               64,560
       社債                           40,000
       長期借入金                       150,880
       合計                            855,440
   なお、根抵当権の元本の極度額の合計は700,000千円であります。
   2当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行3行と当座貸越契約を、取引銀行4
       行と貸出コミットメント契約を締結しております。
   これら契約に基づく当事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
         当座貸越極度額及び貸出コミットメントの総額     2,100,000 千円
         当事業年度末借入実行残高              1,145,000
         差引額                       955,000
   なお、当該貸出コミットメント契約(当座貸越契約を除く)には、下記の財務制限条項が付され
     ております。
      ・各事業年度の末日における損益計算書における経常損益を損失としないこと。
      ・各事業年度の末日における貸借対照表における有利子負債の合計金額から現金及び預金
       の合計金額を差引いた金額が、損益計算書における営業損益、受取利息、受取配当金及び、
       キャッシュ・フロー計算書における減価償却費の合計金額の5倍を上回らないこと。な
       お、有利子負債とは、貸借対照表における短期借入金、一年以内返済予定の長期借入金、一
       年以内償還予定の社債、長期借入金及び社債の合計金額とする。
   ※3発行可能株式総数普通株式84,400株
   発行済株式総数普通株式24,500株
   4配当制限商法施行規則第124条第3号に規定する資産に時価を付したことにより増加し
              た純資産額は21,928千円であります。




                        149/172
                                                                       EDINET提出書類
                                                             株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                                 有価証券届出書(新規公開時)




(損益計算書関係)

                          第1期
                     (自平成17年4月1日
                      至平成18年3月31日)
  ※1一般管理費に含まれる研究開発費
                                              14,096 千円
  ※2固定資産除却損の内容は次のとおりであります。
     工具器具備品                                   3,902 千円


(リース取引関係)

                          第1期
                     (自平成17年4月1日
                      至平成18年3月31日)
  リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
  (借主側)
  ①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
             取得価額相当額   減価償却累計額    期末残高相当額
               (千円)    相当額(千円)      (千円)

    工具器具備品    1,256,080             694,507               561,573
  ②未経過リース料期末残高相当額
    1年以内                                 349,816 千円
    1年超                                  496,446
     合計                       846,263
  ③支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
     支払リース料                   423,228 千円
     減価償却費相当額                 670,205
     支払利息相当額                   23,141
  ④減価償却費相当額の算定方法
  リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定率法によっております。
  ⑤利息相当額の算定方法
  リース料総額とリース物件の取得価額相当額の差額を利息相当額とし、各期への配分方法に
     ついては、利息法によっております。




                          150/172
                                                                    EDINET提出書類
                                                          株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                              有価証券届出書(新規公開時)




 (有価証券関係)
 第1期(平成18年3月31日)
その他有価証券で時価のあるもの

                                          決算日における
                         取得原価                                 差額
         区分                              貸借対照表計上額
                          (千円)                               (千円)
                                            (千円)
貸借対照表計上額が取得原価を超
えるもの
①株式                             9,865           47,706             37,840

②債券                                ―                ―                  ―

③その他                               ―                ―                  ―

         小計                      9,865           47,706             37,840
貸借対照表計上額が取得原価を超
えないもの
①株式                                ―                ―                  ―

②債券                                ―                ―                  ―

③その他                               ―                ―                  ―

         小計                         ―                ―                  ―

         合計                      9,865           47,706             37,840


 (デリバティブ取引関係)
 第1期(自平成17年4月1日至平成18年3月31日)
   デリバティブ取引を全く利用しておりませんので、該当事項はありません。


 (退職給付関係)

                              第1期
                         (自平成17年4月1日
                          至平成18年3月31日)
       1採用している退職給付制度の概要
       当社は、確定給付型の制度として、退職一時金制度を設けております。
       なお、上記退職給付制度のほか、日本衛生検査所厚生年金基金に加入しておりますが、当該厚
          生年金基金制度は、退職給付会計に関する実務指針第33項の例外処理を行う制度でありま
          す。同基金の年金資産残高のうち、当社の拠出額に対応する年金資産額を合理的に算出する
          ことはできませんが、掛金割合に基づく期末の年金資産残高は287,240千円であります。
       2退職給付債務に関する事項
           退職給付債務                    49,905千円
           退職給付引当金                          49,905
       3退職給付費用に関する事項
           勤務費用                             35,107千円
            退職給付費用                    35,107
       (注)勤務費用には、日本衛生検査所厚生年金基金に対する掛金の会社拠出額が含まれてお
                ります。
       4退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
       当社は、簡便法を採用しておりますので、基礎率等については記載しておりません。




                             151/172
                                                             EDINET提出書類
                                                   株式会社JCLバイオアッセイ(E22551)
                                                       有価証券届出書(新規公開時)




(税効果会計関係)

                           第1期
                       (平成18年3月31日)
  1繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
  (流動の部)
      繰延税金資産
      未払事業税                 10,237千円
      賞与引当金                 17,985