三谷伸銅株式会社 半期報告書 第124期(平成20年4月1日 ‐ 平成21年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

半期報告書 -第124期(平成20年4月1日 ‐ 平成21年3月31日)

提出日:

提出者:三谷伸銅株式会社

カテゴリ:半期報告書

PDFビューワー表示

                                                    EDINET提出書類
                                                三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                        半期報告書

【表紙】
【提出書類】       半期報告書

【提出先】        近畿財務局長

【提出日】        平成20年12月24日

【中間会計期間】     第124期中(自平成20年4月1日至平成20年9月30日)

【会社名】        三谷伸銅株式会社

【英訳名】        MITANI SINDO COMPANY,LIMITED

【代表者の役職氏名】   代表取締役社長土井田晴夫

【本店の所在の場所】   京都市南区上鳥羽大柳町1番地1

【電話番号】       京都(075)681-3331(代表)

【事務連絡者氏名】    常務取締役今田廣樹

【最寄りの連絡場所】   京都市南区上鳥羽大柳町1番地1

【電話番号】       京都(075)681-3331(代表)

【事務連絡者氏名】    常務取締役今田廣樹
【縦覧に供する場所】   該当なし




                         1/54
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                        半期報告書

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】
1【主要な経営指標等の推移】
        回次              第122期中       第123期中        第124期中        第122期         第123期

                        自平成18年      自平成19年       自平成20年      自平成18年       自平成19年
                          4月1日         4月1日          4月1日         4月1日          4月1日
       会計期間
                        至平成18年      至平成19年       至平成20年      至平成19年       至平成20年
                          9月30日        9月30日         9月30日        3月31日         3月31日

(1)連結経営指標等    

売上高           (千円)       9,401,353    10,005,418    9,489,107    19,239,462    19,804,640

経常利益          (千円)        315,773       314,852      253,620       672,105       421,941

中間(当期)純利益 (千円)            102,578       182,660      143,212       290,381       217,806

純資産額          (千円)       2,547,046     2,893,710    2,644,986     2,799,052     2,862,020

総資産額          (千円)       8,808,593     8,893,426    8,036,730     8,514,732     8,075,388

1株当たり純資産額         (円)      283.11        321.67       324.60        311.43        317.52
1株当たり中間(当
                  (円)       11.75         20.92        17.57          33.27         24.95
期)純利益
潜在株式調整後1株
当たり中間(当期)         (円)          −             −            −              −             −
純利益
自己資本比率            (%)       28.05         31.56        31.68          31.93         34.31
営業活動による
          (千円)                         △49,497
                          102,308                    415,446        50,329       304,123
キャッシュ・フロー
投資活動による
          (千円)            △30,488      △47,039       △29,573      △82,976      △226,283
キャッシュ・フロー
財務活動による
          (千円)            △53,059                   △376,134                    △82,770
                                         93,674                     34,440
キャッシュ・フロー
現金及び現金同等物
の中間期末(期末) (千円)             61,050        41,221       48,890        44,083        39,152
残高
従業員数              (人)         163           155          153           157           152




                                            2/54
                                                                                   EDINET提出書類
                                                                               三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                       半期報告書
          回次           第122期中       第123期中       第124期中        第122期          第123期

                       自平成18年      自平成19年      自平成20年      自平成18年        自平成19年
                         4月1日         4月1日         4月1日         4月1日           4月1日
         会計期間
                       至平成18年      至平成19年      至平成20年      至平成19年        至平成20年
                         9月30日        9月30日        9月30日        3月31日          3月31日

(2)提出会社の経営指標等

売上高             (千円)    9,125,873    9,712,393    9,203,003    18,640,126     19,315,537

経常利益            (千円)     346,230      249,541      190,754       650,454        294,144

中間(当期)純利益 (千円)           131,823      153,364      116,356       294,095        162,399

資本金             (千円)     450,000      450,000      450,000       450,000        450,000

発行済株式総数         (株)     9,000,000    9,000,000    9,000,000     9,000,000      9,000,000

純資産額            (千円)    2,251,100    2,532,050    2,218,442     2,472,783      2,469,247

総資産額            (千円)    8,608,717    8,692,591    7,713,119     8,326,895      7,863,162

1株当たり配当額        (円)           −            −            −             7.0            7.0

自己資本比率          (%)          26.1         29.1         28.7          29.7           31.4

従業員数            (人)           93           92           93             89             90
(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2.潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
         ん。
       3.提出会社における「1株当たり純資産額」、「1株当たり中間(当期)純利益」及び「潜在株式調整後1株
         当たり中間(当期)純利益」については、中間連結財務諸表を作成しているため記載を省略しております。
       4.従業員数の内、平均臨時雇用者数の総数は従業員の100分の10未満のため、記載を省略しております。

 2【事業の内容】
     当中間連結会計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な変更は
     ありません。また、主要な関係会社における異動もありません。

 3【関係会社の状況】
     当中間連結会計期間において、重要な関係会社の異動はありません。

 4【従業員の状況】
     (1)連結会社における状況
                                                                      平成20年9月30日現在
          事業の種類別セグメントの名称                                  従業員数(名)

 伸銅製品事業                                                                 93

 アルミ製品事業                                                                19

 仕入商品事業                                                                 10

 金属加工事業                                                                 31

                 合計                                                    153
(注)1.従業員数は、就業人員であります。また臨時従業員については、従業員の100分の10未満のため記載を省略して
      おります。

     (2)提出会社における状況
       平成20年9月30日現在の従業員数は、93名であります。

     (3)労働組合の状況
       当社の労働組合は、産業別労働組合ジェイ・エー・エム京都に加盟しており、労使関係は引き続き友好な関係を
       保っております。




                                          3/54
                                                                EDINET提出書類
                                                            三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                    半期報告書

第2【事業の状況】
1【業績等の概要】
 (1)業績


 当中間連結会計期間における日本経済は、原材料・燃料価格の高騰や急激な円高が企業収益を圧迫し、設備投資に
 も陰りが見られる等、景気は総じて後退局面を迎えました。また米国サブプライム問題に端を発する世界的な金融
 不安が実体経済へも波及し、わが国でもその影響から株価の大幅下落や急激な円高が進み、景気後退色は深刻度を
 増しつつあります。
 このような状況のもとで、当社グループ(当社及び連結子会社)は、従来から進めてきた棚卸資産管理を一層強化
 すると共に、コスト管理を徹底して、収益の確保に取り組んでまいりました。
 この結果、当中間連結会計期間の業績は、売上高は前年の地金相場が異常に高かったこともあり 9,489百万円と前
 年同期に比べ516百万円(△5.2%)の減少となり、営業利益は 253百万円と前年同期に比べ 72百万円(△22.3%)の減少、
 経常利益は 253百万円と前年同期に比べ 61百万円(△19.4%)の減少となり、中間純利益は143百万円と前年同期に比
 べ 39百万円(△21.5%)の減少となりました。
 事業の種類別セグメントの業績は次のとおりであります。
 ①伸銅製品事業
 端子・コネクターは自動車やデジタル家電等により高位安定で推移したものの、半導体向けは総じて横這いで
 主要原料である銅の国内相場は夏場までは高値圏であったが、その後下落基調となり、9月末時点ではピーク値
 から20%強下落した影響もあり 売上高は6,051百万円と前年とほぼ同額となりましたが、営業利益は 181百万円
 と前年同期に比べ64百万円(△26.2%)の減少となりました。
 ②アルミ製品事業
 印刷板を含む金属製品、自動車部材などはプラスとなりましたが、当社主力の押出類は、過半を占める建設
 向け、一般機械器具等がマイナスとなったこと等により、売上高は 701百万円と前年同期に比べ107百万円
 (△13.2%)の減少となり、営業利益は 1百万円と前年同期に比べ2百万円(△62.7%)の減少となりました。
 ③仕入商品事業
 伸銅品と同様の環境のなかで、売上高は 2,399百万円と前年同期に比べ 414百万円(△14.7%)の減少となりま
 したが、営業利益は 8百万円と前年同期に比べ1百万円(18.6%)の増加となりました。
 ④金属加工事業
 前年に引続き自動車関連は好調であったが、半導体等向けの汎用品分野の落ち込みが続き、全体で売上高
 は 336百万円と前年とほぼ同額となり、営業利益は 61百万円と前年同期に比べ2百万円(5.1%)の増加となり
 ました。


 (2)キャッシュ・フローの状況


 当中間連結会計期間におけるキャッシュ・フローは、税金等調整前中間純利益が前年同期に比べ56百万円減少と
 なりましたが、売上債権の減少及び仕入債務の増加等が大きく自己株式の取得による支出もありましたが 9百万円
 と前年同期に比べ 12百万円の増加となりました。 その結果、現金及び現金同等物残高は、前中間連結会計期間末に
 比べ7百万円増加し、当中間連結会計期間末残高は 48百万円となりました。
 (営業活動によるキャッシュ・フロ−)
 当中間連結会計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは415百万円と前年同期に比べ 464百万円の増
 加となりました。これは主に売上債権の減少141百万円、及び、仕入債務の増加170百万円等を反映したものでありま
 す。
 (投資活動によるキャッシュ・フロ−)
 当中間連結会計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは△29百万円と前年同期に比べ 17百万円の増
 加となりました。これは主に有形固定資産の取得による支出が前年同期比で25百万円減少したこと等を反映したも
 のであります。
 (財務活動によるキャッシュ・フロ−)
 当中間連結会計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは△376百万円と前年同期に比べ 469百万円の
 減少となりました。これは主に自己株式の取得356百万円の増加と配当金の支払61百万円等を反映したものであり
 ます。




                                 4/54
                                                                           EDINET提出書類
                                                                       三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                               半期報告書
 2【生産、受注及び販売の状況】
  (1)生産実績
    当中間連結会計期間における生産実績を事業の種類別セグメントごとに示すと、次のとおりであります。
  事業の種類別セグメントの名称             生産高(千円)                      前年同期比(%)

伸銅製品事業                              5,926,459                        95.9

アルミ製品事業                               686,940                        88.7

仕入商品事業                                    −                           −

金属加工事業                                568,667                       100.5

           合計                       7,182,067                        95.5
(注)1.金額は、販売価格によっております。
    2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。


  (2)受注実績
    当中間連結会計期間における受注実績を事業の種類別セグメントごとに示すと、次のとおりであります。
 事業の種類別セグメントの名称    受注高(千円)        前年同期比(%)         受注残高(千円)       前年同期比(%)

伸銅製品事業                5,712,072             88.4       739,282               66.6

アルミ製品事業                700,286              84.7        30,598               99.0

仕入商品事業                2,419,253             91.9       262,566              108.2

金属加工事業                 319,434              93.6        52,438               83.7

         合計           9,151,045             89.2      1,084,884              75.0
(注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。


  (3)販売実績
    当中間連結会計期間における販売実績を事業の種類別セグメントごとに示すと、次のとおりであります。
  事業の種類別セグメントの名称             販売高(千円)                      前年同期比(%)

伸銅製品事業                              6,051,145                       100.0

アルミ製品事業                               701,963                        86.8

仕入商品事業                              2,399,352                        85.3

金属加工事業                                336,647                       101.6

           合計                       9,489,107                        94.8
(注)1.セグメント間取引については、相殺消去しております。
    2.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合
                       前中間連結会計期間                       当中間連結会計期間
       相手先
                   販売高(千円)         割合(%)           販売高(千円)         割合(%)

 三井金属鉱業㈱              1,552,691             15.5      1,659,498              17.5

 榊原㈱                  1,551,229             15.5      1,475,675              15.6
    3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。




                                   5/54
                                                    EDINET提出書類
                                                三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                        半期報告書
3【対処すべき課題】
当中間連結会計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた
課題はありません。


4【経営上の重要な契約等】
当中間連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。


5【研究開発活動】
特記すべき事項はありません。




                          6/54
                                                       EDINET提出書類
                                                   三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                           半期報告書

第3【設備の状況】
1【主要な設備の状況】
 当中間連結会計期間において、主要な設備に重要な異動はありません。


2【設備の新設、除却等の計画】
 当中間連結会計期間において、新たに確定した重要な設備の新設、拡充、改修、除却、売却等の計画はありません。




                            7/54
                                                                                        EDINET提出書類
                                                                                    三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                            半期報告書

第4【提出会社の状況】
 1【株式等の状況】
  (1)【株式の総数等】
   ①【株式の総数】
                種類                                      発行可能株式総数(株)

  普通株式                                                                 45,000,000

                計                                                      45,000,000


   ②【発行済株式】
          中間会計期間末現在発行                                   上場金融商品取引所名
                                 提出日現在発行数(株)
   種類     数(株)                                          又は登録認可金融商品              内容
                                  (平成20年12月24日)
           (平成20年9月30日)                                 取引業協会名

普通株式                                                          非上場                   −
                     9,000,000             9,000,000

    計                                                              −                −
                     9,000,000             9,000,000


  (2)【新株予約権等の状況】
    該当事項はありません。


  (3)【ライツプランの内容】
    該当事項はありません。


  (4)【発行済株式総数、資本金等の状況】
              発行済株式総       発行済株式総
                                         資本金増減額        資本金残高       資本準備金増    資本準備金残
    年月日       数増減数         数残高
                                          (千円)          (千円)       減額(千円)    高(千円)
               (千株)         (千株)
平成20年4月1日∼
                       −                          −                     −               −
                                 9,000                   450,000
 平成20年9月30日




                                           8/54
                                                              EDINET提出書類
                                                          三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                  半期報告書
     (5)【大株主の状況】
                                                   平成20年9月30日現在
                                                     発行済株式総数に
                                          所有株式数
           氏名又は名称            住所                      対する所有株式数
                                           (千株)
                                                     の割合(%)

    三井金属鉱業株式会社      東京都品川区大崎1丁目11番1号        5,563         61.82

    日本伸銅株式会社        堺市堺区南島町3丁1番地1            315            3.5

    三谷巌            京都市北区                    250           2.79

    三谷史生           千葉県市川市                   229           2.55

    三谷伸銅社員持株会       京都市南区上鳥羽大柳町1番地1          214           2.38

    株式会社佐渡島         大阪市中央区島之内1丁目16番19号        94           1.05

    岡秀地所株式会社        京都市下京区烏丸通仏光寺上ル岡秀ビル内       37           0.41

    兼子知世           東京都板橋区                    30           0.34

    三谷仁志           兵庫県芦屋市                    30           0.34

    松尾新次           東京都品川区                    30           0.33

    加藤綾子           京都市中京区                    30           0.33

    津國駿一           東京都多摩市                    30           0.33

             計                −             6,855         76.17

 (注)1.上記のほか、自己株式が1,155千株あります。
 2.前事業年度末現在主要株主であった三井物産株式会社は、当中間会計期間末では主要株主ではなくなり
 ました




                                  9/54
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                 三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                         半期報告書
     (6)【議決権の状況】
      ①【発行済株式】
                                                                       平成20年9月30日現在
               区分                株式数(株)               議決権の数(個)              内容

    無議決権株式                                        −           −             −

    議決権制限株式(自己株式等)                                −           −             −

    議決権制限株式(その他)                                  −           −             −
                              (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                                            −             −
                              普通株式 1,155,000
    完全議決権株式(その他)              普通株式 7,777,000                                −
                                                            7,777

    単元未満株式                    普通株式                            −             −
                                         68,000

    発行済株式総数                                                  −             −
                                     9,000,000

    総株主の議決権                                       −                         −
                                                            7,777



      ②【自己株式等】
                                                                       平成20年9月30日現在
                                                                         発行済株式総数に
    所有者の氏名又                  自己名義所有株          他人名義所有株     所有株式数の合
                    所有者の住所                                               対する所有株式数
    は名称                      式数(株)            式数(株)       計(株)
                                                                         の割合(%)

    (自己保有株式)
                
                京都市南区上鳥羽
    三谷伸銅㈱                                             −
                                 1,155,000                  1,155,000            12.83
                大柳町1番地1
       計              −          1,155,000                  1,155,000            12.83


    2【株価の推移】
     金融商品取引所非上場のため、該当事項はありません。


    3【役員の状況】
     前事業年度の有価証券報告書提出日後、当半期報告書提出日までにおいて、役員の異動はありません。




                                             10/54
                                                        EDINET提出書類
                                                    三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                            半期報告書

第5【経理の状況】

1中間連結財務諸表及び中間財務諸表の作成方法について
 (1)当社の中間連結財務諸表は、「中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成11年大蔵省令第
   24号。以下「中間連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
   なお、前中間連結会計期間(平成19年4月1日から平成19年9月30日まで)は、改正前の中間連結財務諸表規則に
   基づき、当中間連結会計期間(平成20年4月1日から平成20年9月30日まで)は、改正後の中間連結財務諸表規則
   に基づいて作成しております。


 (2)当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号。
   以下「中間財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
   なお、前中間会計期間(平成19年4月1日から平成19年9月30日まで)は、改正前の中間財務諸表等規則に基づ
   き、当中間会計期間(平成20年4月1日から平成20年9月30日まで)は、改正後の中間財務諸表等規則に基づいて
   作成しております。



2監査証明について
 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前中間連結会計期間(平成19年4月1日から平成19年
 9月30日まで)及び当中間連結会計期間(平成20年4月1日から平成20年9月30日まで)の中間連結財務諸表並び
 に前中間会計期間(平成19年4月1日から平成19年9月30日まで)及び当中間会計期間(平成20年4月1日から平
 成20年9月30日まで)の中間財務諸表について、清友監査法人により中間監査を受けております。




                            11/54
                                                                                   EDINET提出書類
                                                                               三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                       半期報告書

1【中間連結財務諸表等】
(1)【中間連結財務諸表】
 ①【中間連結貸借対照表】
                                                                         (単位:千円)

                                                                   前連結会計年度の要約連結
                   前中間連結会計期間末               当中間連結会計期間末                  貸借対照表
                    (平成19年9月30日)             (平成20年9月30日)            (平成20年3月31日)

資産の部
 流動資産
  現金及び預金                           49,821                57,490                  42,952
                                4,054,560
  受取手形及び売掛金                                            3,897,079               4,038,679
                        ※5
  たな卸資産                         2,487,269              1,781,494               1,667,702
  繰延税金資産                           57,313                70,145                  56,943
  その他                             309,218               447,109                 379,484
                                  △3,920                △3,930                  △4,260
  貸倒引当金
  流動資産合計                        6,954,264              6,249,389               6,181,504
 固定資産
  有形固定資産
                                  417,793               390,848                 404,715
   建物及び構築物(純額)         ※1,2                     ※1,2                    ※1,2
                                  572,724               552,233                 578,817
   機械装置及び運搬具(純額)       ※1,2                     ※1,2                    ※1,2
                                  217,942               217,942                 217,942
   土地                    ※2                       ※2                      ※2
   建設仮勘定                               −                                             −
                                                          1,000
                                   90,107                37,428                  48,127
   その他(純額)                   ※1                    ※1                      ※1
   有形固定資産合計                     1,298,568              1,199,452               1,249,602
  無形固定資産
   施設利用権                            1,504                 1,504                   1,504
   ソフトウエア                          26,157                17,817                  21,497
   無形固定資産合計                        27,661                19,322                  23,002
  投資その他の資産
   投資有価証券                         500,681               398,656                 489,025
   繰延税金資産                          86,099               144,471                 106,521
   その他                             26,812                25,448                  25,742
                                   △662                    △10                     △10
   貸倒引当金
   投資その他の資産合計                     612,931               568,566                 621,279
  固定資産合計                        1,939,162              1,787,340               1,893,884
 資産合計                           8,893,426              8,036,730               8,075,388




                        12/54
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                             三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                     半期報告書
                                                                       (単位:千円)

                                                                 前連結会計年度の要約連結
                 前中間連結会計期間末               当中間連結会計期間末                  貸借対照表
                  (平成19年9月30日)             (平成20年9月30日)            (平成20年3月31日)

負債の部
 流動負債
                              2,972,091
  支払手形及び買掛金                                          2,642,601               2,471,732
                      ※5
                              1,500,600              1,465,000               1,426,000
  短期借入金               ※2                       ※2                      ※2
  未払金                          150,122                117,130                 127,553
  未払法人税等                       113,453                122,061                  37,501
  賞与引当金                        103,008                106,362                 103,268
  その他                          116,053                 97,005                 117,390
  流動負債合計                      4,955,329              4,550,163               4,283,448
 固定負債
                               700,000                500,000                 600,000
  長期借入金                ※2                       ※2                      ※2
  退職給付引当金                      191,491                179,595                 173,650
  役員退職慰労引当金                     29,388                 38,478                  32,763
  環境対策引当金                      123,507                123,507                 123,507
  固定負債合計                      1,044,386               841,580                 929,920
 負債合計                         5,999,715              5,391,744               5,213,368
純資産の部
 株主資本
  資本金                          450,000                450,000                 450,000
  資本剰余金                          2,154                 11,189                   2,154
  利益剰余金                       2,286,406              2,403,690               2,321,551
                              △91,844                △354,084                △92,789
  自己株式
  株主資本合計                      2,646,717              2,510,794               2,680,917
 評価・換算差額等
  その他有価証券評価差額金                 160,266                 35,548                  89,374
  評価・換算差額等合計                   160,266                 35,548                  89,374
 少数株主持分                         86,727                 98,643                  91,728
 純資産合計                        2,893,710              2,644,986               2,862,020
負債純資産合計                       8,893,426              8,036,730               8,075,388




                      13/54
                                                                                   EDINET提出書類
                                                                               三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                       半期報告書

  ②【中間連結損益計算書】
                                                                          (単位:千円)

                                                                   前連結会計年度の要約連結
                   前中間連結会計期間                当中間連結会計期間                    損益計算書
                  (自平成19年4月1日             (自平成20年4月1日              (自平成19年4月1日
                 至平成19年9月30日)           至平成20年9月30日)            至平成20年3月31日)

売上高                       10,005,418                  9,489,107             19,804,640
売上原価                          9,280,563               8,819,886             18,536,171
売上総利益                          724,854                 669,221                 1,268,469
                               398,824                 415,737                  821,425
販売費及び一般管理費              ※1                       ※1                       ※1
営業利益                           326,030                 253,483                  447,044
営業外収益
 受取利息                            6,962                     7,471                 14,897
 受取配当金                           8,273                     9,148                    9,592
 その他                             8,223                  10,334                   10,904
 営業外収益合計                        23,459                  26,954                   35,394
営業外費用
 支払利息                           21,226                  19,827                   42,594
 手形売却損                           6,624                     6,633                 13,920
 その他                             6,786                      357                     3,982
 営業外費用合計                        34,637                  26,817                   60,497
経常利益                           314,852                 253,620                  421,941
特別利益
                                                           4,742
 固定資産売却益                            −                                                 −
                                                  ※2
                                    −
 貸倒引当金戻入額                                                   330                      652
 特別利益合計                             −                      5,072                     652
特別損失
                                                            312                      889
                                    −
 固定資産除却損                                              ※3                       ※3
 特別損失合計                             −                       312                      889
税金等調整前中間純利益                    314,852                 258,380                  421,705
法人税、住民税及び事業税                   108,827                 120,815                  146,229
                                                      △14,361
法人税等調整額                         15,918                                           44,322
法人税等合計                         124,745                 106,454                  190,551
少数株主利益                           7,446                     8,714                 13,347
中間純利益                          182,660                 143,212                  217,806




                      14/54
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                             三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                     半期報告書

  ③【中間連結株主資本等変動計算書】
                                                                           (単位:千円)

                                                                    前連結会計年度の要約連結
                        前中間連結会計期間                当中間連結会計期間           株主資本等変動計算書
                       (自平成19年4月1日             (自平成20年4月1日          (自平成19年4月1日
                      至平成19年9月30日)           至平成20年9月30日)        至平成20年3月31日)

株主資本
 資本金
  前期末残高                             450,000              450,000              450,000
  当中間期末残高                           450,000              450,000              450,000
 資本剰余金
  前期末残高                               2,154                2,154                2,154
  当中間期変動額
                                         −                                         −
   自己株式の処分                                                 9,034
   当中間期変動額合計                             −                                         −
                                                           9,034
  当中間期末残高                             2,154               11,189                2,154
 利益剰余金
  前期末残高                            2,164,845            2,321,551            2,164,845
  当中間期変動額
   剰余金の配当                          △61,100              △61,073              △61,100
   中間純利益                            182,660              143,212              217,806
   当中間期変動額合計                        121,560               82,138              156,705
  当中間期末残高                          2,286,406            2,403,690            2,321,551
 自己株式
  前期末残高                            △90,368              △92,789              △90,368
  当中間期変動額
   自己株式の取得                          △1,475             △357,786               △2,420
                                         −                                         −
   自己株式の処分                                                96,490
   当中間期変動額合計                        △1,475             △261,295               △2,420
  当中間期末残高                          △91,844             △354,084              △92,789
 株主資本合計
  前期末残高                            2,526,632            2,680,917            2,526,632
  当中間期変動額
   剰余金の配当                          △61,100              △61,073              △61,100
   中間純利益                            182,660              143,212              217,806
   自己株式の取得                          △1,475             △357,786               △2,420
                                         −                                         −
   自己株式の処分                                               105,525
   当中間期変動額合計                                           △170,122
                                    120,085                                   154,285
  当中間期末残高                          2,646,717            2,510,794            2,680,917




                           15/54
                                                                                      EDINET提出書類
                                                                                  三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                          半期報告書
                                                                                (単位:千円)

                                                                         前連結会計年度の要約連結
                             前中間連結会計期間                当中間連結会計期間           株主資本等変動計算書
                            (自平成19年4月1日             (自平成20年4月1日          (自平成19年4月1日
                           至平成19年9月30日)           至平成20年9月30日)        至平成20年3月31日)

評価・換算差額等
 その他有価証券評価差額金
  前期末残高                                  191,789               89,374              191,789
  当中間期変動額
                                        △31,522              △53,825              △102,415
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純額)
   当中間期変動額合計                            △31,522              △53,825              △102,415
  当中間期末残高                                160,266               35,548               89,374
 評価・換算差額等合計
  前期末残高                                  191,789               89,374              191,789
  当中間期変動額
                                        △31,522              △53,825              △102,415
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純額)
   当中間期変動額合計                            △31,522              △53,825              △102,415
  当中間期末残高                                160,266               35,548               89,374
少数株主持分
 前期末残高                                    80,631               91,728               80,631
 当中間期変動額
  株主資本以外の項目の当中間期変動額(純額)                    6,096                6,914               11,097
  当中間期変動額合計                                6,096                6,914               11,097
 当中間期末残高                                  86,727               98,643               91,728
純資産合計
 前期末残高                                  2,799,052            2,862,020            2,799,052
 当中間期変動額
  剰余金の配当                                △61,100              △61,073              △61,100
  中間純利益                                  182,660              143,212              217,806
  自己株式の取得                                △1,475             △357,786               △2,420
  自己株式の処分                                     −                                         −
                                                              105,525
                                        △25,426              △46,910              △91,317
  株主資本以外の項目の当中間期変動額(純額)
  当中間期変動額合計                                                 △217,033
                                          94,658                                    62,967
 当中間期末残高                                2,893,710            2,644,986            2,862,020




                                16/54
                                                                           EDINET提出書類
                                                                       三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                               半期報告書

  ④【中間連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                                    (単位:千円)

                                                              前連結会計年度の要約連結
                          前中間連結会計期間              当中間連結会計期間    キャッシュ・フロー計算書
                         (自平成19年4月1日           (自平成20年4月1日    (自平成19年4月1日
                        至平成19年9月30日)         至平成20年9月30日)  至平成20年3月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー
 税金等調整前中間純利益                         314,852            258,380         421,705
 減価償却費                                88,294            106,366         177,536
 賞与引当金の増減額(△は減少)                     △18,555                           △18,294
                                                          3,093
 退職給付引当金の増減額(△は減少)                     △611                            △18,451
                                                          5,944
 役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                   △900               5,715           2,475
 貸倒引当金の増減額(△は減少)                       △240               △330            △552
 受取利息及び受取配当金                         △15,235            △16,620        △24,489
 支払利息                                 21,226             19,827          42,594
 有形固定資産除却損                                −                 312             889
 有形固定資産売却損益(△は益)                          −             △4,742               −
 売上債権の増減額(△は増加)                  △503,466                              △487,585
                                                        141,600
 たな卸資産の増減額(△は増加)                 △118,045              △113,792         701,522
 未収入金の増減額(△は増加)                      224,975             40,370         145,784
 その他の流動資産の増減額(△は増加)                  △53,522           △108,009        △44,595
 仕入債務の増減額(△は減少)                                                        △239,806
                                     260,552            170,868
 未払金の増減額(△は減少)                       △5,226             △10,422        △27,796
 未払費用の増減額(△は減少)                        △529                             △3,642
                                                          3,921
 未払事業所税の増減(△は減少)額                    △5,053             △5,128               67
 未払消費税等の増減額(△は減少)                      △398             △43,566          39,749
 その他の流動負債の増減額(△は減少)                  △35,410                           △35,962
                                                          1,105
                                       △237             △2,937          △1,899
 その他
 小計                                  152,468            451,956         629,246
 利息及び配当金の受取額                          15,235             16,620          24,489
 利息の支払額                              △18,870            △19,811        △40,242
                                 △198,330               △33,318        △309,369
 法人税等の支払額
 営業活動によるキャッシュ・フロー                    △49,497            415,446         304,123
投資活動によるキャッシュ・フロー
 定期預金の払戻による収入                            600              1,200          12,000
 定期預金の預入による支出                        △5,400             △6,000         △12,000
 長期貸付金の回収による収入                           410                540             828
 投資有価証券の取得による支出                        △255               △246         △107,947
 有形固定資産の取得による支出                      △58,355            △32,770        △135,127
 無形固定資産の取得による支出                           −             △1,050               −
 会員権の償還による収入                                                 −
                                      15,300                             15,300
 有形固定資産の売却による収入                           −                                  −
                                                          9,000
                                                          △246
 その他                                     662                                662
 投資活動によるキャッシュ・フロー                    △47,039            △29,573        △226,283




                             17/54
                                                                           EDINET提出書類
                                                                       三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                               半期報告書
                                                                    (単位:千円)

                                                              前連結会計年度の要約連結
                        前中間連結会計期間                当中間連結会計期間    キャッシュ・フロー計算書
                       (自平成19年4月1日             (自平成20年4月1日    (自平成19年4月1日
                      至平成19年9月30日)           至平成20年9月30日)  至平成20年3月31日)

財務活動によるキャッシュ・フロー
 短期借入れによる収入                        5,331,000            6,258,000      13,476,000
 短期借入金の返済による支出                △5,273,400              △6,319,000     △13,693,000
 長期借入れによる収入                                                   −
                                    300,000                              600,000
 長期借入金の返済による支出                 △200,000                       −        △400,000
 自己株式の売却による収入                            −                                    −
                                                         105,525
 自己株式の取得による支出                       △1,475             △357,786          △2,420
 親会社による配当金の支払額                     △61,100              △61,073         △61,100
                                    △1,350               △1,800          △2,250
 少数株主への配当金の支払額
 財務活動によるキャッシュ・フロー                                      △376,134         △82,770
                                     93,674
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                 △2,862                               △4,931
                                                           9,737
現金及び現金同等物の期首残高                       44,083               39,152          44,083
現金及び現金同等物の中間期末残高                     41,221               48,890          39,152




                           18/54
                                                                    EDINET提出書類
                                                                三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                        半期報告書

  【中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項】
     前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間               前連結会計年度
    (自平成19年4月1日              (自平成20年4月1日          (自平成19年4月1日
     至平成19年9月30日)             至平成20年9月30日)         至平成20年3月31日)
 1.連結の範囲に関する事項             1.連結の範囲に関する事項         1.連結の範囲に関する事項
   連結子会社の数3社                同左                    同左
     三星工業株式会社                                           
     新キタミ株式会社
     株式会社エムエス
   子会社は全て連結されています。
 2.持分法の適用に関する事項            2.持分法の適用に関する事項        2.持分法の適用に関する事項
   子会社は全て連結されており、関               同左                    同左
   連会社はありません。
 3.連結子会社の中間決算日等に関          3.連結子会社の中間決算日等に関      3.連結子会社の事業年度等に関す
     する事項                    する事項                   る事項
   連結子会社のうち、三星工業株式               同左              連結子会社のうち、三星工業株式
   会社の中間決算日は9月30日、新キ                              会社の決算日は3月31日、新キタミ
   タミ株式会社の中間決算日は8月                                株式会社の決算日は2月28日、株式
   31日、株式会社エムエスの中間決算                              会社エムエスの決算日は12月31日
   日は6月30日であります。中間連結                              であります。連結財務諸表の作成に
   財務諸表の作成に当たっては、新キ                               当たって、新キタミ株式会社は2月
   タミ株式会社は8月31日現在、株式                              28日現在、株式会社エムエスについ
   会社エムエスについては6月30日                               ては12月31日現在の決算財務諸表
   現在の中間財務諸表を使用し、中間                               を使用し、連結決算日との間に生じ
   連結決算日との間に生じた重要な                                た重要な取引については連結上必
   取引については連結上必要な調整                                要な調整を行っております。
   を行っております。
 4.会計処理基準に関する事項            4.会計処理基準に関する事項         4.会計処理基準に関する事項
   (1)重要な資産の評価基準及び評価         (1)重要な資産の評価基準及び評価      (1)重要な資産の評価基準及び評価
       方法                         方法                    方法
     ①有価証券                    ①有価証券                 ①有価証券
       その他有価証券                    その他有価証券               その他有価証券
         時価のあるもの                   時価のあるもの               時価のあるもの
 中間連結決算日の市場                 同左                   決算日の市場価格等に基
           価格等に基づく時価法                             づく時価法
                                          (評価差額は全部純資産
          (評価差額は全部純資産                             直入法により処理し、売
 直入法により処理し、売                                 却原価は移動平均法に
 却原価は移動平均法によ                                 より算定)
 り算定)
         時価のないもの               時価のないもの                時価のないもの
           移動平均法による原価法            同左                     同左




                                     19/54
                                                                  EDINET提出書類
                                                              三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                      半期報告書
      前中間連結会計期間                当中間連結会計期間             前連結会計年度
     (自平成19年4月1日             (自平成20年4月1日        (自平成19年4月1日
      至平成19年9月30日)            至平成20年9月30日)       至平成20年3月31日)
     ②たな卸資産               ②たな卸資産               ②たな卸資産
      総平均法による原価法             総平均法による原価法(収益        総平均法による原価法
                              性の低下による簿価切下げ
                              の方法)
                      (会計方針の変更)          
                         当中間連結会計期間から、「棚卸 
                          資産の評価に関する会計基準」
                          (企業会計基準第9号平成18年7
                          月5日)を適用し、評価基準につい
                          ては、原価法から原価法(収益性の低
                          下による簿価切下げの方法)に変更
                          しております。
                          これによる損益に与える影響はあ
                          りません。
    (2)重要な減価償却資産の減価償却    (2)重要な減価償却資産の減価償却      (2)重要な減価償却資産の減価償却
       の方法                  の方法                    の方法
      ①有形固定資産             ①有形固定資産(リ-ス資産を除       ①有形固定資産
                              く)
       定額法によっております。         同左                 同左
     なお、主な資産の耐用年数は以下                             
     のとおりであります。
     建物及び構築物7∼50年
    機械装置及び運搬具4∼12年
    (会計方針の変更)              ──────             (会計方針の変更)
法人税法の改正((所得税法等の一部                         法人税法の改正((所得税法等の一部
    を改正する法律平成19年3月30                              を改正する法律平成19年3月30
    日法律第6号)及び(法人税法施行                              日法律第6号)及び(法人税法施
    令の一部を改正する政令平成19年                             行令の一部を改正する政令平成
    3月30日政令第83号))に伴い、当                          19年3月30日政令第83号))に伴
    中間連結会計期間から、平成19年                             い、当連結会計年度から、平成19
    4月1日以降に取得したものにつ                              年4月1日以降に取得したもの
    いては、改正後の法人税法に基づ                              については、改正後の法人税法に
    く方法に変更しております。                                基づく方法に変更しております。
    この変更による影響額について                              この変更による影響額について
    は軽微であります。                                    は軽微であります。




                                     20/54
                                                                  EDINET提出書類
                                                              三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                      半期報告書
    前中間連結会計期間              当中間連結会計期間                前連結会計年度
   (自平成19年4月1日           (自平成20年4月1日           (自平成19年4月1日
    至平成19年9月30日)          至平成20年9月30日)          至平成20年3月31日)
    (追加情報)                 (追加情報)               (追加情報) 
 当中間連結会計期間から平成19年     当中間連結会計期間から、平成20    当連結会計年度から平成19年3月
   3月31日以前に取得したものにつ       年度の法人税法の改正を契機に、       31日以前に取得したものについて
   いては、償却可能限度額まで償却        機械装置の耐用年数を12年から7      は、償却可能限度額まで償却が終
   が終了した翌年から5年間で均等        年に変更しております。           了した翌年から5年間で均等償却
   償却する方法によっております。        この変更に伴う損益に与える影       する方法によっております。
   この変更に伴う損益に与える影        響は、営業利益が16,851千円、経常   この変更に伴う損益に与える影
   響は、営業利益、経常利益及び税金       利益及び税金等調整前中間純利益       響は、営業利益が34,278千円、経常
   等調整前中間純利益がそれぞれ         がそれぞれ16,881千円減少してお    利益及び税金等調整前当期純利益
   17,262千円減少しております。      ります。                  がそれぞれ34,468千円減少してお
                            なお、セグメント情報に与える      ります。
                          影響は、当該箇所に記載しており         なお、事業別の影響額は、第5
                          ます。                   [経理の状況]1[連結財務諸表
                                                等](1)連結財務諸表(セグメ
                                                ント情報)の項目をご参照くださ
                                                い。
  ②無形固定資産               ②無形固定資産(リ-ス資産を除        ②無形固定資産
                            く)
   定額法によっております。               同左                      同左
   なお、ソフトウェア(自社利
   用分)については、社内におけ
   る利用可能期間(5年)に基
    づく定額法によっております。
 (3)重要な引当金の計上基準         (3)重要な引当金の計上基準          (3)重要な引当金の計上基準
   ①貸倒引当金                ①貸倒引当金                 ①貸倒引当金
    売掛金、受取手形、貸付金等の             同左                      同左
    貸倒損失に備えるため、一般債
    権については貸倒実績率によ
   り、貸倒懸念債権等特定の債権
   については個別に回収可能性
   を勘案し、回収不能見込額を計
   上しております。
  ②賞与引当金                ②賞与引当金                 ②賞与引当金
   従業員に対して支給する賞与              同左                      同左
   の支出に充てるため、支給見込
   額に基づき計上しております。
  ③退職給付引当金              ③退職給付引当金               ③退職給付引当金
   従業員の退職給付に備えるた         同左                  従業員の退職給付に備えるた
   め、当連結会計年度末における                                 め、当連結会計年度末における
   退職給付債務及び年金資産の                                  退職給付債務及び年金資産の
   見込額に基づき、当中間連結会                                 見込額に基づき、当連結会計年
   計期間末において発生してい                                  度末において発生していると
   ると認められる額を計上して                                  認められる額を計上しており
   おります。                                          ます。




                                 21/54
                                                                     EDINET提出書類
                                                                 三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                         半期報告書
    前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間                 前連結会計年度
   (自平成19年4月1日              (自平成20年4月1日            (自平成19年4月1日
    至平成19年9月30日)             至平成20年9月30日)           至平成20年3月31日)
   ④役員退職慰労引当金            ④役員退職慰労引当金              ④役員退職慰労引当金
    役員の退職慰労金の支出に備              同左                  役員の退職慰労金の支出に備
    えるため、役員退職慰労金規程                                  えるため、役員退職慰労金規程
    に基づく中間期末要支給額を                                   に基づく期末要支給額を計上
    計上しております。                                       しております。
   ⑤環境対策引当金                 ⑤環境対策引当金             ⑤環境対策引当金
    「ポリ塩化ビフェニル廃棄物            同左                同左
    の適正な処理に関する特別措
    置法」によって、処理すること
    が義務づけられているPCB廃
    棄物の処理費用に充てるため、
    当社及び連結子会社で保管中
    であるPCB廃棄物について、日
    本環境安全事業㈱から公表さ
    れている処理単価に基づき算
    出した処理費用見込み額を計
    上しております。
 (4)重要な外貨建の資産又は負債の      (4)重要な外貨建の資産又は負債の       (4)重要な外貨建の資産又は負債の
    本邦通貨への換算基準             本邦通貨への換算基準              本邦通貨への換算基準
  外貨建金銭債権債務は、中間            同左                 外貨建金銭債権債務は、連結決
  決算日の直物為替相場により円                                   算日の直物為替相場により円貨
  貨に換算し、換算差額は損益と                                   に換算し、換算差額は損益として
   して処理しております。                                   処理しております。
 (5)重要なリース取引の処理方法       (5)重要なリース取引の処理方法        (5)重要なリース取引の処理方法
   リース物件の所有権が借主に移            ──────              リース物件の所有権が借主に移
   転すると認められるもの以外の                                 転すると認められるもの以外の
   ファイナンス・リース取引につ                                 ファイナンス・リース取引につ
    いては、通常の賃貸借取引に係る                               いては、通常の賃貸借取引に係る
    方法に準じた会計処理によって                                方法に準じた会計処理によって
    おります。                                         おります。
  (6)重要なヘッジ会計の方法        (6)重要なヘッジ会計の方法          (6)重要なヘッジ会計の方法
①ヘッジ会計の方法          ①ヘッジ会計の方法            ①ヘッジ会計の方法
繰延ヘッジ処理によって             同左                 同左
おります。ただし、為替予                             
約が付されている外貨建金
銭債権については振当処理
を行っております。
②ヘッジ手段とヘッジ対象           ②ヘッジ手段とヘッジ対象           ②ヘッジ手段とヘッジ対象
(ヘッジ手段)為替予約         (ヘッジ手段) 同左            (ヘッジ手段) 同左
(ヘッジ対象)外貨建金銭債権      (ヘッジ対象)同左            (ヘッジ対象)同左
③ヘッジ方針             ③ヘッジ方針               ③ヘッジ方針
当社は、将来の外貨建に       同左               同左
よる製品の販売に係る為替                             
相場の変動によるリスクを
軽減するため、実需の範囲
内で為替予約取引を利用す                               
ることとしております。                                




                                     22/54
                                                             EDINET提出書類
                                                         三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                 半期報告書
    前中間連結会計期間            当中間連結会計期間              前連結会計年度
   (自平成19年4月1日         (自平成20年4月1日         (自平成19年4月1日
    至平成19年9月30日)        至平成20年9月30日)        至平成20年3月31日)
④ヘッジ有効性評価の方法       ④ヘッジ有効性評価の方法      ④ヘッジ有効性評価の方法
ヘッジ対象のキャッシュ・      同左            同左
フローの変動の累計と、ヘ                         
ッジ手段のキャッシュ・フ
ローの変動の累計とを比率
分析する方法により行って
おります。ただし、為替予
約取引のうち、ヘッジ対象
とヘッジ手段の重要な条件
がほぼ同じであり、高い相
関関係があると考えられる
ものについては有効性の判
定を省略しております。
  (7)その他中間連結財務諸表作成の    (7)その他中間連結財務諸表作成の    (7)その他連結財務諸表作成のため
     ための重要な事項             ための重要な事項             の重要な事項
    消費税等の会計処理            消費税等の会計処理            消費税等の会計処理
     消費税及び地方消費税の会計            同左                   同左
     処理は、税抜き方式によってお
     ります。
5.中間連結キャッシュ・フロー計      5.中間連結キャッシュ・フロー計     5.連結キャッシュ・フロー計算書
  算書における資金の範囲           算書における資金の範囲          における資金の範囲
 手許現金、要求払預金及び取得日            同左                   同左
 から3ヶ月以内に満期日又は償還
 日の到来する流動性の高い、容易に
 換金可能であり、かつ、価値の変動
 について僅少なリスクしか負わな
 い短期的投資であります。




                               23/54
                                                                 EDINET提出書類
                                                             三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                     半期報告書
    【中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更】
      前中間連結会計期間             当中間連結会計期間               前連結会計年度
     (自平成19年4月1日          (自平成20年4月1日          (自平成19年4月1日
      至平成19年9月30日)         至平成20年9月30日)         至平成20年3月31日)
                         (リース取引に関する会計基準)
     ──────            所有権移転外ファイナンス・リー        ──────
                         ス取引については、従来、賃貸借取引
                         に係る方法に準じた会計処理によっ
                         ておりましたが、当中間連結会計期
                         間から「リース取引に関する会計基
                         準」(企業会計基準第13号(平成5
                         年6月17日(企業会計審議会第一部
                         会)、平成19年3月30日改正))及
                         び「リース取引に関する会計基準の
                         適用指針」(企業会計基準適用指針
                         第16号(平成6年1月18日(日本公
                         認会計士協会会計制度委員会)、平
                         成19年3月30日改正))が適用され
                         たことに伴い、通常の売買取引に係
                         る方法に準じた会計処理によってお
                         ります。
                         これによる損益に与える影響はあ
                         りません。


【表示方法の変更】
      前中間連結会計期間             当中間連結会計期間               前連結会計年度
     (自平成19年4月1日          (自平成20年4月1日          (自平成19年4月1日
      至平成19年9月30日)         至平成20年9月30日)         至平成20年3月31日)
    (中間連結損益計算書)           ─────              (連結損益計算書)
前中間連結会計期間まで営業外費                           前連結会計年度まで営業外費用
    用「その他」に含めて表示してお                               「その他」に含めて表示してお
    りました「手形売却損」について                               りました「手形売却損」につい
    は、当中間連結会計期間において                             ては、当連結会計年度において
    営業外費用の合計額の10/100を超                          営業外費用の合計額の10/100を
    えることとなったため、当中間連                             超えることとなったため、当連
    結会計期間より区分掲記すること                             結会計年度より区分掲記するこ
    といたしました。                                    とといたしました。
    なお、前中間連結会計期間の「手                            なお、前連結会計年度の「手形
    形売却損」は1,606千円でありま                           売却損」は7,047千円でありま
    す。                                          す。




                                   24/54
                                                                                      EDINET提出書類
                                                                                  三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                          半期報告書
【追加情報】
     前中間連結会計期間                      当中間連結会計期間                        前連結会計年度
    (自平成19年4月1日                   (自平成20年4月1日                   (自平成19年4月1日
     至平成19年9月30日)                  至平成20年9月30日)                  至平成20年3月31日)
  (製品以外のたな卸資産の売却損益         ─────                          (製品以外のたな卸資産の売却損益
      の計上区分)                                                         の計上区分)
製品以外のたな卸資産の売却損益                                           製品以外のたな卸資産の売却損益
    は、従来営業外損益に計上してお                                              は、従来営業外損益に計上してお
    りましたが、金額的重要性が増加                                              りましたが、金額的重要性が増加
    していることから、当中間連結会                                              していることから、当連結会計年
    計期間より、当該資産の売却収入                                              度から、当該資産の売却収入は売
    は売上高に、当該収入に対応する                                              上高に、当該収入に対応する原価
    原価は売上原価に計上する方法へ                                              は売上原価に計上する方法へ変更
    変更しております。                                                    しております。
    この変更により、従来と同一の方                                             この変更により、従来と同一の方
    法を適用した場合と比較して、売                                              法を適用した場合と比較して、売
    上高は 385,635千円、売上原価は                                          上高は 695,565千円、売上原価は
     376,699千円、営業利益は8,936千                                        664,193千円、営業利益は31,372千
    円それぞれ増加し、営業外収益は                                              円それぞれ増加し、営業外収益は
     385,635千円、営業外費用は                                             695,565千円、営業外費用は
    376,699千円それぞれ減少しており                                          664,193千円それぞれ減少しており
    ますが、経常利益及び税金等調整                                              ますが、経常利益及び税金等調整
  前中間純利益に与える影響はあり                                               前当期純利益に与える影響はあり
  ません。                                                          ません。


【注記事項】
    (中間連結貸借対照表関係)
       前中間連結会計期間末                      当中間連結会計期間末                     前連結会計年度末
       (平成19年9月30日)                    (平成20年9月30日)                  (平成20年3月31日)
※1.有形固定資産の減価償却累計額              ※1.有形固定資産の減価償却累計額              ※1.有形固定資産の減価償却累計額
                4,678,954千円                    4,722,752千円                    4,432,775千円
※2.担保資産及び担保債務                  ※2.担保資産及び担保債務                  ※2.担保資産及び担保債務
   担保に供している資産は次のとおりで             担保に供している資産は次のとおりで             担保に供している資産は次のとおりで
   あります。                          あります。                          あります。
   工場財団                          工場財団                          工場財団                    
    建物           310,459千円          建物          287,275千円          建物          298,857千円
    構築物                71千円         構築物               59千円         構築物               63千円
    機械及び装置       501,209千円          機械及び装置      483,446千円          機械及び装置      514,294千円
    土地             32,118千円         土地            32,118千円         土地            32,118千円
   債務の内容                         債務の内容                         債務の内容                   
    短期借入金        200,000千円          短期借入金       500,000千円          短期借入金       400,000千円
    長期借入金        700,000千円          長期借入金       500,000千円          長期借入金       600,000千円
3.手形割引高及び裏書譲渡高                3.手形割引高及び裏書譲渡高                3.手形割引高及び裏書譲渡高
    受取手形割引高      625,102千円          受取手形割引高     629,225千円          受取手形割引高     614,413千円
                                   受取手形裏書譲渡高        138千円         受取手形裏書譲渡高        553千円
                                    
4.偶発債務                        4.偶発債務                        4.偶発債務
    手形流動化に伴う偶発債務は次のとお              手形流動化に伴う偶発債務は次のとお              手形流動化に伴う偶発債務は次のとお
   りであります。                        りであります。                       りであります
     買戻義務        250,129千円           買戻義務      277,639千円           買戻義務       282,871千円
※5.期末日満期手形                              ─────                         ─────
    中間連結会計期間末日満期手形の会計                                          
   処理については、満期日に決済が行われ
   たものとして処理しております。
   なお、当中間連結会計期間末日が金融機
   関の休日であったため、次の中間連結会
   計期間末日満期手形が、中間連結会計期
   間末残高から除かれております。
     受取手形          1,560千円
     支払手形        444,918千円         


    (中間連結損益計算書関係)
                                             25/54
                                                                                               EDINET提出書類
                                                                                           三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                                   半期報告書
             前中間連結会計期間                    当中間連結会計期間                             前連結会計年度
            (自平成19年4月1日                 (自平成20年4月1日                         (自平成19年4月1日
             至平成19年9月30日)                至平成20年9月30日)                        至平成20年3月31日)
※1.販売費及び一般管理費の主なもの                  ※1.販売費及び一般管理費の主なもの              ※1.販売費及び一般管理費の主なもの
   従業員給料        79,494千円               従業員給料        89,658千円           従業員給料       126,384千円
        賞与引当金繰入額         26,124千円      賞与引当金繰入額          27,094千円         賞与引当金繰入額         28,843千円
        運送・梱包費          121,015千円      運送・梱包費           125,615千円         運送・梱包費          250,715千円
        退職給付費用            4,022千円      退職給付費用            4,573千円          退職給付費用           13,239千円
        旅費・通信費           21,566千円      旅費・通信費           20,398千円          旅費・通信費           43,544千円
        減価償却費            10,523千円      減価償却費              8,745千円         減価償却費            21,335千円
        租税公課              7,287千円      租税公課               7,056千円         租税公課             14,274千円
             ─────               ※2.固定資産売却益の内容は、次のとおり                       ─────
                                       であります
                                      機械装置及び運搬具       4,742千円           
                                                                                                 
            ─────               ※3.固定資産除却損の内容は、次のとおり            ※3.固定資産除却損の内容は、次のとおり
                                       であります                           であります。
                                     機械装置及び運搬具         312千円           機械装置及び運搬具            812千円
                                                                      その他(工具器具備品)          77千円 
                                                                          計                   889千円




                                                26/54
                                                                                EDINET提出書類
                                                                            三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                    半期報告書
    (中間連結株主資本等変動計算書関係)
前中間連結会計期間(自平成19年4月1日至平成19年9月30日)

  1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

                  前連結会計年度末     当中間連結会計期間 当中間連結会計期間 当中間連結会計期間
          
                  株式数(千株)       増加株式数(千株) 減少株式数(千株) 末株式数(千株)

発行済株式

普通株式                                       −                 −
                        9,000                                                 9,000

          合計                                  −                 −
                        9,000                                                 9,000

自己株式

普通株式(注)1                                                     −
                         271                      2                               273

          合計                                                    −
                         271                      2                               273
(注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加2千株は、単元未満株式の買取り2千株によるものであります。

2.配当に関する事項

(1)配当金支払額
                                    1株当たり
                       配当金の総額
 (決議)          株式の種類                 配当額                 基準日          効力発生日
                        (千円)
                                      (円)
 平成19年6月26日
                普通株式                                  平成19年3月31日     平成19年6月27日
                           61,100             7
  定時株主総会



当中間連結会計期間(自平成20年4月1日至平成20年9月30日)

  1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

                  前連結会計年度末     当中間連結会計期間 当中間連結会計期間 当中間連結会計期間
          
                  株式数(千株)       増加株式数(千株) 減少株式数(千株) 末株式数(千株)

発行済株式

普通株式                                       −                 −
                        9,000                                                 9,000

          合計                                  −                 −
                        9,000                                                 9,000

自己株式

普通株式(注)1,2            275                1,195              315            1,155

          合計             275                1,195              315            1,155
 (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加1,195千株は、平成20年6月25日開催の定時株主総会決議による買取り
        1,193千株、及び単元未満株式の買取り2千株によるものであります。
      2.普通株式の自己株式の株式数の減少315千株は、平成20年8月12日開催の取締役会決議による処分によるもの
であります。

2.配当に関する事項

(1)配当金支払額
                                    1株当たり
                       配当金の総額
 (決議)          株式の種類                 配当額                 基準日          効力発生日
                        (千円)
                                     (円)
 平成20年6月25日
                普通株式                                  平成20年3月31日     平成20年6月26日
                           61,073             7
  定時株主総会



前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)


                                    27/54
                                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                                三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                                        半期報告書
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

                      前連結会計年度末              当連結会計年度増加 当連結会計年度減少 当連結会計年度末
          
                      株式数(千株)                株式数(千株)   株式数(千株)   株式数(千株)

発行済株式

普通株式                                                     −                      −
                                  9,000                                                            9,000

          合計                                                −                      −
                                  9,000                                                            9,000

自己株式

普通株式(注)1                                                                        −
                                    271                         4                                    275

          合計                                                                       −
                                    271                         4                                    275
(注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加4千株は、単元未満株式の買取であります。


2.配当に関する事項

(1)配当金支払額
                                                   1株当たり
                               配当金の総額
(決議)            株式の種類                               配当額                 基準日             効力発生日
                                (千円)
                                                    (円)
 平成19年6月26日
                 普通株式                                               平成19年3月31日         平成19年6月27日
                                        61,100              7
  定時株主総会

(2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの
                                                           1株当たり
                        配当金の総額
(決議)            株式の種類                      配当の原資            配当額              基準日              効力発生日
                         (千円)
                                                            (円)
 平成20年6月25日
                 普通株式                      利益剰余金                        平成20年3月31日 平成20年6月26日
                               61,073                               7
  定時株主総会


   (中間連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      前中間連結会計期間                          当中間連結会計期間                               前連結会計年度
     (自平成19年4月1日                       (自平成20年4月1日                           (自平成19年4月1日
      至平成19年9月30日)                      至平成20年9月30日)                          至平成20年3月31日)
現金及び現金同等物の中間期末残高と中間連       現金及び現金同等物の中間期末残高と中間連                         現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対
結貸借対照表に掲記されている科目の金額と       結貸借対照表に掲記されている科目の金額と                         照表に掲記されている科目の金額との関係
の関係                        の関係
 現金及び預金勘定       49,821千円    現金及び預金勘定       57,490千円                         現金及び預金勘定            42,952千円
 預入期間が3ヶ月を超え                預入期間が3ヶ月を超え                                     預入期間が3ヶ月を超え
                △8,600〃                     8,600〃                                             △3,800〃
 る定期預金                      る定期預金                                           る定期預金
 現金及び現金同等物                  現金及び現金同等物                                       現金及び現金同等物
                41,221千円                   48,890千円                                             39,152千円



   (リース取引関係)
      前中間連結会計期間                          当中間連結会計期間                               前連結会計年度
     (自平成19年4月1日                       (自平成20年4月1日                           (自平成19年4月1日
      至平成19年9月30日)                      至平成20年9月30日)                          至平成20年3月31日)
該当事項はありません。                                    同左                                  同左
                                                                      
                                                                      




                                                   28/54
                                                                     EDINET提出書類
                                                                 三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                         半期報告書
  (有価証券関係)
   前中間連結会計期間末(平成19年9月30日)
    1.その他有価証券で時価のあるもの
                                            中間連結貸借対照表計
                   取得原価(千円)                               差額(千円)
                                            上額(千円)

(1)株式                     277,783                497,081     219,298

(2)債券

    国債・地方債等                   −                      −           −

    社債                        −                      −           −

    その他                       −                      −           −

(3)その他                        −                      −           −

 合計                  277,783                497,081     219,298


     2.時価評価されていない主な有価証券の内容
                                             中間連結貸借対照表計上額(千円)

(1)その他有価証券

   非上場株式                                                     3,600


   当中間連結会計期間末(平成20年9月30日)
    1.その他有価証券で時価のあるもの
                                            中間連結貸借対照表計
                   取得原価(千円)                               差額(千円)
                                            上額(千円)

(1)株式                     385,721                395,056       9,335

(2)債券

    国債・地方債等                   −                      −           −

    社債                        −                      −           −

    その他                       −                      −           −

(3)その他                        −                      −           −

 合計                  389,321                398,656       9,335


     2.時価評価されていない主な有価証券の内容
                                             中間連結貸借対照表計上額(千円)

(1)その他有価証券

   非上場株式                                                     3,600


   前連結会計年度末(平成20年3月31日)
    1.その他有価証券で時価のあるもの
                                            連結貸借対照表計上額
                   取得原価(千円)                               差額(千円)
                                               (千円)

(1)株式                     385,474                485,425      99,950

(2)債券

    国債・地方債等                   −                      −           −

    社債                        −                      −           −



                                    29/54
                                                                     EDINET提出書類
                                                                 三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                         半期報告書
                                             連結貸借対照表計上額
                     取得原価(千円)                             差額(千円)
                                                (千円)

     その他                       −                     −           −

 (3)その他                        −                     −           −

           合計              385,474               485,425      99,950


     2.時価評価されていない主な有価証券の内容
                                               連結貸借対照表計上額(千円)

 (1)その他有価証券

    非上場株式                                                    3,600


   (デリバティブ取引関係)
    前中間連結会計期間(自平成19年4月1日至平成19年9月30日)
     該当事項はありません。
     なお、ヘッジ会計を適用し、「外貨建取引等会計処理基準」により、外貨建金銭債権に振り当てたデリバティ
     ブ取引については、注記の対象から除いております。


    当中間連結会計期間(自平成20年4月1日至平成20年9月30日)
     該当事項はありません。
     なお、ヘッジ会計を適用し、「外貨建取引等会計処理基準」により、外貨建金銭債権に振り当てたデリバティ
     ブ取引については、注記の対象から除いております。


    前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
     該当事項はありません。
     なお、ヘッジ会計を適用し、「外貨建取引等会計処理基準」により、外貨建金銭債権に振り当てたデリバティ
     ブ取引については、注記の対象から除いております。


(ストック・オプション等関係)
     前中間連結会計期間(自平成19年4月1日至平成19年9月30日)
      該当事項はありません。


    当中間連結会計期間(自平成20年4月1日至平成20年9月30日)
     該当事項はありません。


    前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
     該当事項はありません。




                                     30/54
                                                                                                EDINET提出書類
                                                                                            三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                                    半期報告書
   (セグメント情報)
    【事業の種類別セグメント情報】
     前中間連結会計期間(自平成19年4月1日至平成19年9月30日)
                 伸銅製品         アルミ製       仕入商品          金属加工                    消去又は
                                                                    計                        連結
                事業           品事業        事業            事業                      全社
                                                                  (千円)                      (千円)
                 (千円)         (千円)       (千円)          (千円)                    (千円)

売上高
 (1)外部顧客に対する売
                                                                                     −
                  6,050,983    809,145   2,814,015      331,275   10,005,418                10,005,418
    上高
 (2)セグメント間の内部
                                   −               −                                               −
                    40,472                              236,222     276,694     (276,694)
    売上高又は振替高
        計         6,091,455    809,145   2,814,015      567,497   10,282,112    (276,694) 10,005,418

営業費用              5,846,090    804,722   2,806,441      508,950    9,966,203    (286,815)    9,679,388

営業利益               245,365       4,423       7,574       58,547     315,909      10,121       326,030
(注)1.事業区分は、内部管理上採用している区分によっています。
    2.各区分の主な製品
      (1)伸銅製品事業     銅・黄銅の板・棒・線及び二次加工品(プレス品)
      (2)アルミ製品事業    アルミ形材
      (3)仕入商品事業     銅・黄銅の仕入商品
      (4)金属加工事業     銅・黄銅の表面処理及び製鋲加工
      3.営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用はありません。


       当中間連結会計期間(自平成20年4月1日至平成20年9月30日)
                 伸銅製品         アルミ製       仕入商品          金属加工                    消去又は
                                                                    計                        連結
                事業           品事業        事業            事業                      全社
                                                                  (千円)                      (千円)
                 (千円)         (千円)       (千円)          (千円)                    (千円)

売上高
 (1)外部顧客に対する売
                                                                                     −
                  6,051,145    701,963   2,399,352      336,647    9,489,107                 9,489,107
    上高
 (2)セグメント間の内部
                                   −               −                                               −
                    38,580                              239,382     277,962     (277,962)
    売上高又は振替高
        計         6,089,725    701,963   2,399,352      576,029    9,767,069    (277,962)    9,489,107

営業費用              5,908,669    700,314   2,390,367      514,507    9,513,857    (278,233)    9,235,624

営業利益               181,056       1,649       8,985       61,522     253,212         271       253,483
(注)1.事業区分は、内部管理上採用している区分によっています。
    2.各区分の主な製品
      (1)伸銅製品事業     銅・黄銅の板・棒・線及び二次加工品(プレス品)
      (2)アルミ製品事業    アルミ形材
      (3)仕入商品事業     銅・黄銅の仕入商品
      (4)金属加工事業     銅・黄銅の表面処理及び製鋲加工
    3.営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用はありません。


 (追加情報) 
    当中間連結会計期間から、平成20年度の法人税法の改正を契機に、機械装置の耐用年数を12年から7年に変更して
    おります。
    この変更に伴う各事業に与える影響は、伸銅品事業が14,524千円、アルミ品事業が2,327千円減少しております。
       前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
                 伸銅製品         アルミ製       仕入商品          金属加工                    消去又は
                                                                    計                        連結
                事業           品事業        事業            事業                      全社
                                                                  (千円)                      (千円)
                 (千円)         (千円)       (千円)          (千円)                    (千円)

売上高



                                           31/54
                                                                                                  EDINET提出書類
                                                                                              三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                                      半期報告書
                 伸銅製品         アルミ製        仕入商品          金属加工                     消去又は
                                                                      計                        連結
                事業           品事業         事業            事業                       全社
                                                                    (千円)                      (千円)
                 (千円)         (千円)        (千円)          (千円)                     (千円)
 (1)外部顧客に対する売
                                                                                       −
                 12,622,494   1,594,442   4,954,155      633,549    19,804,640                19,804,640
    上高
 (2)セグメント間の内部
                                    −               −                                                −
                    76,978                               510,167      587,145     (587,145)
    売上高又は振替高
        計        12,699,472   1,594,442   4,954,155     1,143,716   20,391,785    (587,145) 19,804,640

営業費用             12,409,632   1,579,164   4,937,750     1,014,581   19,941,127    (583,531) 19,357,596

営業利益               289,840      15,278      16,405       129,135      450,658       (3,614)     447,044
(注)1.事業区分は、内部管理上採用している区分によっています。
    2.各区分の主な製品
      (1)伸銅製品事業     銅・黄銅の板・棒・線及び二次加工品(プレス品)
      (2)アルミ製品事業    アルミ形材
      (3)仕入商品事業     銅・黄銅の仕入商品
      (4)金属加工事業     銅・黄銅の表面処理及び製鋲加工
    3.営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用はありません。


 (追加情報) 
    当連結会計年度から平成19年3月31日以前に取得したものについては、償却可能限度額まで償却が終了した翌年か
  ら5年間で均等償却する方法によっております。
  この変更に伴う各事業に与える影響は、伸銅品事業が29,457千円、アルミ品事業が4,039千円、金属加工事業が782千円
  減少しております。
    【所在地別セグメント情報】
     前中間連結会計期間(自平成19年4月1日至平成19年9月30日)
      在外子会社及び在外支店がありませんので、該当事項はありません。


       当中間連結会計期間(自平成20年4月1日至平成20年9月30日)
        在外子会社及び在外支店がありませんので、該当事項はありません。


       前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
        在外子会社及び在外支店がありませんので、該当事項はありません。


    【海外売上高】
     前中間連結会計期間(自平成19年4月1日至平成19年9月30日)
      海外売上高は、連結売上高の10%未満であるので、海外売上高の記載は省略しております。


       当中間連結会計期間(自平成20年4月1日至平成20年9月30日)
        海外売上高は、連結売上高の10%未満であるので、海外売上高の記載は省略しております。


       前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
        海外売上高は、連結売上高の10%未満であるので、海外売上高の記載は省略しております。




                                            32/54
                                                                                EDINET提出書類
                                                                            三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                    半期報告書
         (1株当たり情報)
          前中間連結会計期間            当中間連結会計期間                       前連結会計年度
         (自平成19年4月1日         (自平成20年4月1日                  (自平成19年4月1日
          至平成19年9月30日)        至平成20年9月30日)                 至平成20年3月31日)
    1株当たり純資産額    321.67円   1株当たり純資産額    324.60円        1株当たり純資産額    317.52円
    1株当たり中間純利益    20.92円   1株当たり中間純利益    17.57円        1株当たり当期純利益    24.95円
    なお、潜在株式調整後1株当たり中      なお、潜在株式調整後1株当たり中           潜在株式調整後1株当たり当期純利
    間純利益については、潜在株式が存在      間純利益については、潜在株式が存在           益については、潜在株式が存在しない
    しないため記載しておりません。        しないため記載しておりません。             ため記載しておりません。
(注)1株当たり中間(当期)純利益の算定上の基礎
                              前中間連結会計期間          当中間連結会計期間            前連結会計年度
                            (自平成19年4月1日       (自平成20年4月1日       (自平成19年4月1日
                              至平成19年9月30日)      至平成20年9月30日)      至平成20年3月31日)

    中間(当期)純利益(千円)                    182,660            143,212            217,806

    普通株主に帰属しない金額(千円)                      −                  −                  −
    普通株式に係る中間(当期)純利益
                                     182,660            143,212            217,806
    (千円)
    期中平均株式数(株)                      8,727,244          8,148,294          8,727,461


         (重要な後発事象)
         前中間連結会計期間(自平成19年4月1日至平成19年9月30日)
          該当事項はありません。


        当中間連結会計期間(自平成20年4月1日至平成20年9月30日)
         該当事項はありません。


        前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
          1.特定の株主からの自己株式の取得について
             当社は、平成20年6月25日開催の株主総会決議において、会社法第156条及び第160条の規定により、特定
             の者からの自己株式取得について、次のとおり承認を得ております。
             (1)取得する株式の種類
                 普通株式
           (2)取得する株式の数
                 上限 1,193,650株
            (3)取得価額の総額
                 上限 356,901,350円
            (4)取得する相手方
                 三井物産株式会社
            (5)株式を取得することができる期間
                 本定時株主総会終結の時から3ヶ月以内
        (2)【その他】
          該当事項はありません。




                                        33/54
                                                                               EDINET提出書類
                                                                           三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                   半期報告書

2【中間財務諸表等】
(1)【中間財務諸表】
 ①【中間貸借対照表】
                                                                     (単位:千円)

                                                               前事業年度の要約貸借対照
                 前中間会計期間末                当中間会計期間末                      表
                (平成19年9月30日)            (平成20年9月30日)             (平成20年3月31日)

資産の部
 流動資産
  現金及び預金                       8,819                  5,570                   7,162
                             190,206
  受取手形                                              320,894                 433,001
                      ※6
  売掛金                       3,883,607              3,588,677               3,625,585
  たな卸資産                     2,363,978              1,680,327               1,564,688
  繰延税金資産                      44,520                 45,803                  35,177
                                                    319,553
  その他                        301,865                                        336,922
                                              ※4
                             △4,240                 △4,340                  △4,230
  貸倒引当金
  流動資産合計                    6,788,759              5,956,487               5,998,307
 固定資産
  有形固定資産
                             359,497                334,649                 347,063
   建物(純額)          ※1,2                    ※1,2                     ※1,2
                             501,892                483,946                 514,900
   機械及び装置(純額)      ※1,2                    ※1,2                     ※1,2
                             217,942                217,942                 217,942
   土地                 ※2                      ※2                      ※2
                             131,453                 72,291                  82,308
   その他(純額)         ※1,2                     ※1,2                    ※1,2
   有形固定資産合計                 1,210,787              1,108,829               1,162,215
  無形固定資産                      27,322                 18,983                  22,663
  投資その他の資産
   投資有価証券                    500,681                398,656                 489,025
   その他                       165,703                230,171                 190,960
                               △662                    △10                     △10
   貸倒引当金
   投資その他の資産合計                665,722                628,818                 679,976
  固定資産合計                    1,903,832              1,756,631               1,864,854
 資産合計                       8,692,591              7,713,119               7,863,162




                    34/54
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                              三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                      半期報告書
                                                                        (単位:千円)

                                                                  前事業年度の要約貸借対照
                    前中間会計期間末                当中間会計期間末                      表
                   (平成19年9月30日)            (平成20年9月30日)             (平成20年3月31日)

負債の部
 流動負債
                               1,401,725
  支払手形                                                1,256,764                978,110
                        ※6
  買掛金                          1,582,278              1,369,046               1,483,433
                               1,499,000              1,465,000               1,426,000
  短期借入金                 ※2                      ※2                      ※2
  未払金                            75,704                 73,829                  72,961
  未払法人税等                         90,610                 93,411                     555
  未払消費税等                                                    −
                                  4,045                                         43,082
  未払事業所税                          5,118                  5,110                  10,239
  預り金                           345,315                285,508                 344,907
  賞与引当金                          75,875                 78,110                  76,416
  その他                            48,081                 48,889                  44,968
  流動負債合計                       5,127,755              4,675,670               4,480,675
 固定負債
                                700,000                500,000                 600,000
  長期借入金                  ※2                      ※2                      ※2
  退職給付引当金                       186,491                167,160                 164,169
  役員退職慰労引当金                      22,788                 28,338                  25,563
  環境対策引当金                       123,507                123,507                 123,507
  固定負債合計                       1,032,786               819,005                 913,239
 負債合計                          6,160,541              5,494,676               5,393,914
純資産の部
 株主資本
  資本金                           450,000                450,000                 450,000
  資本剰余金
   自己株式処分差益                       2,154                 11,189                   2,154
   資本剰余金合計                        2,154                 11,189                   2,154
  利益剰余金
   利益準備金                         65,600                 75,600                  65,600
   その他利益剰余金
       固定資産圧縮積立金                 12,743                  8,749                  11,327
       別途積立金                   1,600,000              1,700,000               1,600,000
       繰越利益剰余金                  363,132                321,444                 373,583
   利益剰余金合計                     2,041,476              2,105,793               2,050,510
  自己株式                         △91,844                △354,084                △92,789
  株主資本合計                       2,401,787              2,212,897               2,409,876
 評価・換算差額等
  その他有価証券評価差額金                  130,263                  5,545                  59,370
  評価・換算差額等合計                    130,263                  5,545                  59,370
 純資産合計                         2,532,050              2,218,442               2,469,247
負債純資産合計                        8,692,591              7,713,119               7,863,162




                       35/54
                                                                              EDINET提出書類
                                                                          三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                  半期報告書

  ②【中間損益計算書】
                                                                        (単位:千円)

                                                                 前事業年度の要約損益計算
                  前中間会計期間                  当中間会計期間                       書
                (自平成19年4月1日             (自平成20年4月1日              (自平成19年4月1日
               至平成19年9月30日)           至平成20年9月30日)            至平成20年3月31日)

売上高                         9,712,393            9,203,003                19,315,537
売上原価                        9,116,735            8,672,010                18,320,904
売上総利益                        595,658                 530,992                   994,632
販売費及び一般管理費                   356,397                 357,403                   709,313
営業利益                         239,260                 173,588                   285,318
                              44,422                  47,117                    77,830
営業外収益                 ※1                       ※1                        ※1
                              34,141                  29,951                    69,004
営業外費用                 ※2                       ※2                        ※2
経常利益                         249,541                 190,754                   294,144
                                                         4,742                     652
特別利益                              −             ※3                            ※3
                                                          312                       59
                                  −
特別損失                                                ※4                        ※4
税引前中間純利益                     249,541                 195,185                   294,738
法人税、住民税及び事業税                  84,262                  92,169                    88,955
                                                    △13,340
法人税等調整額                       11,913                                            43,382
法人税等合計                        96,176                  78,829                   132,338
中間純利益                        153,364                 116,356                   162,399




                    36/54
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                              三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                      半期報告書

  ③【中間株主資本等変動計算書】
                                                                            (単位:千円)

                                                                     前事業年度の要約株主資本
                          前中間会計期間                  当中間会計期間                等変動計算書
                        (自平成19年4月1日             (自平成20年4月1日          (自平成19年4月1日
                       至平成19年9月30日)           至平成20年9月30日)        至平成20年3月31日)

株主資本
 資本金
  前期末残高                              450,000              450,000              450,000
  当中間期変動額
                                          −                    −                    −
   当中間期変動額合計
  当中間期末残高                            450,000              450,000              450,000
 資本剰余金
  その他資本剰余金
   前期末残高                               2,154                2,154                2,154
   当中間期変動額
                                          −                                         −
       自己株式の処分                                              9,034
       当中間期変動額合計                          −                                         −
                                                            9,034
   当中間期末残高                             2,154               11,189                2,154
  資本剰余金合計
   前期末残高                               2,154                2,154                2,154
   当中間期変動額
                                          −                                         −
       自己株式の処分                                              9,034
       当中間期変動額合計                          −                                         −
                                                            9,034
   当中間期末残高                             2,154               11,189                2,154
 利益剰余金
  利益準備金
   前期末残高                              55,600               65,600               55,600
   当中間期変動額
       利益準備金の積立                       10,000               10,000               10,000
       当中間期変動額合計                      10,000               10,000               10,000
   当中間期末残高                            65,600               75,600               65,600
  その他利益剰余金
   固定資産圧縮積立金
       前期末残高                          14,159               11,327               14,159
       当中間期変動額
                                     △1,415               △2,578               △2,831
        固定資産圧縮積立金の取崩
        当中間期変動額合計                    △1,415               △2,578               △2,831
       当中間期末残高                        12,743                8,749               11,327
   別途積立金
       前期末残高                        1,350,000            1,600,000            1,350,000
       当中間期変動額
        別途積立金の積立                     250,000              100,000              250,000
        当中間期変動額合計                    250,000              100,000              250,000
       当中間期末残高                      1,600,000            1,700,000            1,600,000




                            37/54
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                             三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                     半期報告書
                                                                           (単位:千円)

                                                                    前事業年度の要約株主資本
                         前中間会計期間                  当中間会計期間                等変動計算書
                       (自平成19年4月1日             (自平成20年4月1日          (自平成19年4月1日
                      至平成19年9月30日)           至平成20年9月30日)        至平成20年3月31日)

  繰越利益剰余金
   前期末残高                            529,452              373,583              529,452
   当中間期変動額
       固定資産圧縮積立金の取崩                   1,415                2,578                2,831
       利益準備金の積立                    △10,000              △10,000              △10,000
       別途積立金の積立                △250,000                △100,000              △250,000
       剰余金の配当                      △61,100              △61,073              △61,100
       中間純利益                        153,364              116,356              162,399
       当中間期変動額合計               △166,319                 △52,138              △155,869
   当中間期末残高                          363,132              321,444              373,583
 利益剰余金合計
  前期末残高                            1,949,211            2,050,510            1,949,211
  当中間期変動額
   固定資産圧縮積立金の取崩                          −                    −                    −
   利益準備金の積立                              −                    −                    −
   別途積立金の積立                              −                    −                    −
   剰余金の配当                          △61,100              △61,073              △61,100
   中間純利益                            153,364              116,356              162,399
   当中間期変動額合計                         92,264               55,282              101,298
  当中間期末残高                          2,041,476            2,105,793            2,050,510
自己株式
 前期末残高                             △90,368              △92,789              △90,368
 当中間期変動額
  自己株式の取得                           △1,475             △357,786               △2,420
                                         −                                         −
  自己株式の処分                                                 96,490
  当中間期変動額合計                         △1,475             △261,295               △2,420
 当中間期末残高                           △91,844             △354,084              △92,789
株主資本合計
 前期末残高                             2,310,998            2,409,876            2,310,998
 当中間期変動額
  剰余金の配当                           △61,100              △61,073              △61,100
  中間純利益                             153,364              116,356              162,399
  自己株式の取得                           △1,475             △357,786               △2,420
                                         −                                         −
  自己株式の処分                                                105,525
  当中間期変動額合計                                            △196,978
                                     90,789                                    98,878
 当中間期末残高                           2,401,787            2,212,897            2,409,876




                           38/54
                                                                                      EDINET提出書類
                                                                                  三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                          半期報告書
                                                                                (単位:千円)

                                                                         前事業年度の要約株主資本
                              前中間会計期間                  当中間会計期間                等変動計算書
                            (自平成19年4月1日             (自平成20年4月1日          (自平成19年4月1日
                           至平成19年9月30日)           至平成20年9月30日)        至平成20年3月31日)

評価・換算差額等
 その他有価証券評価差額金
  前期末残高                                  161,785               59,370              161,785
  当中間期変動額
                                        △31,522              △53,825              △102,415
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純額)
   当中間期変動額合計                            △31,522              △53,825              △102,415
  当中間期末残高                                130,263                5,545               59,370
 評価・換算差額等合計
  前期末残高                                  161,785               59,370              161,785
  当中間期変動額
                                        △31,522              △53,825              △102,415
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純額)
   当中間期変動額合計                            △31,522              △53,825              △102,415
  当中間期末残高                                130,263                5,545               59,370
純資産合計
 前期末残高                                  2,472,783            2,469,247            2,472,783
 当中間期変動額
  剰余金の配当                                △61,100              △61,073              △61,100
  中間純利益                                  153,364              116,356              162,399
  自己株式の取得                                △1,475             △357,786               △2,420
  自己株式の処分                                     −                                         −
                                                              105,525
                                        △31,522              △53,825              △102,415
  株主資本以外の項目の当中間期変動額(純額)
  当中間期変動額合計                                                 △250,804               △3,536
                                          59,266
 当中間期末残高                                2,532,050            2,218,442            2,469,247




                                39/54
                                                               EDINET提出書類
                                                           三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                   半期報告書

  【中間財務諸表作成の基本となる重要な事項】
       前中間会計期間             当中間会計期間                 前事業年度
    (自平成19年4月1日         (自平成20年4月1日          (自平成19年4月1日
     至平成19年9月30日)        至平成20年9月30日)         至平成20年3月31日)
1.資産の評価基準及び評価方法       1.資産の評価基準及び評価方法       1.資産の評価基準及び評価方法
 (1)有価証券               (1)有価証券               (1)有価証券
   ①子会社株式               ①子会社株式               ①子会社株式
     移動平均法による原価法                 同左                    同左
   ②その他有価証券             ②その他有価証券             ②その他有価証券
     時価のあるもの              時価のあるもの               時価のあるもの
      中間決算日の市場価格等に             同左                 決算日の市場価格等に基づ
      基づく時価法(評価差額は                                く時価法(評価差額は全部
      全部純資産直入法により処                                純資産直入法により処理し、
      理し、売却原価は移動平均法                               売却原価は移動平均法によ
      により算定)                                      り算定)
     時価のないもの                時価のないもの             時価のないもの
      移動平均法による原価法                   同左                 同左
 (2)たな卸資産                (2)たな卸資産            (2)たな卸資産
   総平均法による原価法            総平均法による原価法(収益性の         総平均法による原価法
                            低下による簿価切下げの方法)
                       (会計方針の変更)
──────              当中間会計期間から、「棚卸資産 ──────
                          の評価に関する会計基準」(企業
                          会計基準第9号平成18年7月5
                          日)を適用し、評価基準について
                          は、原価法から原価法(収益性の低下
                          による簿価切下げの方法)に変更し
                          ております。
                          これによる損益に与える影響はあ
                          りません




                                 40/54
                                                                       EDINET提出書類
                                                                   三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                           半期報告書
      前中間会計期間                 当中間会計期間                  前事業年度
   (自平成19年4月1日            (自平成20年4月1日            (自平成19年4月1日
    至平成19年9月30日)           至平成20年9月30日)           至平成20年3月31日)
2.固定資産の減価償却の方法          2.固定資産の減価償却の方法         2.固定資産の減価償却の方法
 (1)有形固定資産               (1)有形固定資産(リ-ス資産を除く)    (1)有形固定資産
                              定額法によっております。
      定額法によっております。        なお、主な資産の耐用年数は以             定額法によっております。
   なお、主な資産の耐用年数は以         下のとおりであります。              なお、主な資産の耐用年数は以
   下のとおりであります。             建物7∼50年           下のとおりであります。
   建物7∼50年          機械及び装置  7年          建物7∼50年
   機械及び装置 12年                                   機械及び装置 12年 
  (会計方針の変更)               ──────              (会計方針の変更)
法人税法の改正((所得税法等の一                             法人税法の改正((所得税法等の一部
  部を改正する法律平成19年3月                                 を改正する法律平成19年3月30
  30日法律第6号)及び(法人税法施                               日法律第6号)及び(法人税法施行
  行令の一部を改正する政令平成19                                 令の一部を改正する政令平成19年
  年3月30日政令第83号))に伴い、                              3月30日政令第83号))に伴い、当
  当中間会計期間から、平成19年4                                 事業年度から、平成19年4月1日
  月1日以降に取得したものについ                                  以降に取得したものについては、
  ては、改正後の法人税法に基づく                                  改正後の法人税法に基づく方法に
  方法に変更しております。                                     変更しております。
  この変更による影響額について                                  この変更による影響額について
  は軽微であります。                                 は軽微であります。 
  (追加情報)              (追加情報)              (追加情報)
当中間会計期間から平成19年3月 当中間会計期間から、平成20年度の 当事業年度から平成19年3月31日
  31日以前に取得したものについて     法人税法の改正を契機に、機械装      以前に取得したものについては、
  は、償却可能限度額まで償却が終      置の耐用年数を12年から7年に変     償却可能限度額まで償却が終了し
  了した翌年から5年間で均等償却        更しております。                 た翌年から5年間で均等償却する
  する方法によっております。          この変更に伴う損益に与える影          方法によっております。
  この変更に伴う損益に与える影        響は、営業利益が16,851千円、経常      この変更に伴う損益に与える影
  響は、営業利益が16,748千円、経常    利益及び税引前中間純利益がそれ          響は、営業利益が33,496千円、経常
  利益及び税引前中間純利益がそれ        ぞれ16,881千円減少しております。      利益及び税引前当期純利益がそれ
  ぞれ16,843千円減少しております。                             ぞれ33,686千円減少しております
 (2)無形固定資産               (2)無形固定資産(リ-ス資産を除く)     (2)無形固定資産
                                   同左
   定額法によっております。                                            同左
   ただし、ソフトウェア(自社利
   用分)については、社内における
   利用可能期間(5年)に基づく
   定額法によっております。
 ──────              (3)リ-ス資産                ──────
                           リース期間を耐用年数とし残                      
                          存価額を零とする定額法を採用
                           しております。




                                  41/54
                                                             EDINET提出書類
                                                         三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                 半期報告書
      前中間会計期間               当中間会計期間              前事業年度
   (自平成19年4月1日          (自平成20年4月1日        (自平成19年4月1日
    至平成19年9月30日)         至平成20年9月30日)       至平成20年3月31日)
3.引当金の計上基準            3.引当金の計上基準          3.引当金の計上基準
 (1)貸倒引当金              (1)貸倒引当金            (1)貸倒引当金
   売掛金,受取手形,貸付金等の             同左                   同左
   貸倒損失に備えるため、一般債権
   については貸倒実績率により、貸
   倒懸念債権等特定の債権につい
   ては個別に回収可能性を勘案し、
   回収不能見込額を計上しており
   ます。
 (2)賞与引当金              (2)賞与引当金            (2)賞与引当金
   従業員に対して支給する賞与の             同左                  同左
   支出に充てるため、支給見込額に
   基づき計上しております。
 (3)退職給付引当金            (3)退職給付引当金          (3)退職給付引当金
   従業員の退職給付に備えるた        同左             従業員の退職給付に備えるた
   め、当期末における退職給付債務                           め、当期末における退職給付債務
   及び年金資産の見込額に基づき、                           及び年金資産の見込額に基づき、
  当中間会計期間末において発生                            当期末において発生していると
  していると認められる額を計上                            認められる額を計上しておりま
   しております。                                   す。
 (4)役員退職慰労引当金          (4)役員退職慰労引当金        (4)役員退職慰労引当金
   役員の退職慰労金の支出に備え             同左            役員の退職慰労金の支出に備え
   るため、役員退職慰労金規程に基                           るため、役員退職慰労金規程に基
   づく中間期末要支給額を計上し                            づく当期末要支給額を計上して
   ております。                                    おります。
 (5)環境対策引当金            (5)環境対策引当金          (5)環境対策引当金
    「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の          同左                  同左
   適正な処理に関する特別措置
   法」によって、処理することが義
   務づけられているPCB廃棄物の
   処理費用に充てるため、当社で保
   管中であるPCB廃棄物について、
   日本環境安全事業㈱から公表さ
   れている処理単価に基づき算出
   した処理費用見込み額を計上し
   ております。
4.外貨建の資産及び負債の本邦通      4.外貨建の資産及び負債の本邦通    4.外貨建の資産及び負債の本邦通
   貨への換算基準              貨への換算基準               貨への換算基準
外貨建金銭債権債務は、中間決            同左           外貨建金銭債権債務は、期末日
算日の直物為替相場により円貨換                          の直物為替相場により円貨に換
算し、換算差額は損益として処理                          算し、換算差額は損益として処理
しております。                                  しております。
5.リース取引の処理方法          5.リース取引の処理方法        5.リース取引の処理方法
  リース物件の所有権が借主に移転         ──────          リース物件の所有権が借主に移転
  すると認められるもの以外のファ                           すると認められるもの以外のファ
  イナンス・リース取引については、                          イナンス・リース取引については、
  通常の賃貸借取引に係る方法に準                           通常の賃貸借取引に係る方法に準
  じた会計処理によっております。                           じた会計処理によっております。




                                42/54
                                                                 EDINET提出書類
                                                             三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                     半期報告書
     前中間会計期間                当中間会計期間                  前事業年度
  (自平成19年4月1日            (自平成20年4月1日           (自平成19年4月1日
   至平成19年9月30日)           至平成20年9月30日)          至平成20年3月31日)
6.重要なヘッジ会計の方法       6.重要なヘッジ会計の方法          6.重要なヘッジ会計の方法
①ヘッジ会計の方法        ①ヘッジ会計の方法           ①ヘッジ会計の方法
繰延ヘッジ処理によって     同左              同左
おります。ただし、為替予
約が付されている外貨建金
銭債権については振当処理
を行っております。
②ヘッジ手段とヘッジ対象     ②ヘッジ手段とヘッジ対象        ②ヘッジ手段とヘッジ対象
(ヘッジ手段)為替予約       (ヘッジ手段)同左          (ヘッジ手段)同左
(ヘッジ対象)外貨建金銭債権    (ヘッジ対象)同左          (ヘッジ対象)同左
③ヘッジ方針           ③ヘッジ方針              ③ヘッジ方針
当社は、将来の外貨建に     同左              同左
よる製品の販売に係る為替
相場の変動によるリスクを
軽減するため、実需の範囲
内で為替予約取引を利用す
ることとしております。
④ヘッジ有効性評価の方法     ④ヘッジ有効性評価の方法        ④ヘッジ有効性評価の方法
ヘッジ対象のキャッシュ     同左              同左
・フローの変動の累計と、                         
ヘッジ手段のキャッシュ・
フローの変動の累計とを比
率分析する方法により行っ
ております。ただし、為替
予約取引のうち、ヘッジ対
象とヘッジ手段の重要な条
件がほぼ同じであり、高い
相関関係があると考えられ
るものについては有効性の
判定を省略しております。
7.その他中間財務諸表作成のため    7.その他中間財務諸表作成のため       7.その他財務諸表作成のための基
   の基本となる重要な事項        の基本となる重要な事項            本となる重要な事項
 消費税等の会計処理            消費税等の会計処理              消費税等の会計処理
  消費税及び地方消費税の会計処           同左                     同左
  理は、税抜き方式によっておりま
  す。




                                 43/54
                                                                             EDINET提出書類
                                                                         三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                 半期報告書
     【中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更】
         前中間会計期間                    当中間会計期間                   前事業年度
      (自平成19年4月1日               (自平成20年4月1日             (自平成19年4月1日
       至平成19年9月30日)              至平成20年9月30日)            至平成20年3月31日)
                               (リース取引に関する会計基準)
        ──────               所有権移転外ファイナンス・リー             ──────
                               ス取引については、従来、賃貸借取引
                               に係る方法に準じた会計処理によっ
                               ておりましたが、当中間会計期間か
                               ら「リース取引に関する会計基準」
                               (企業会計基準第13号(平成5年6
                               月17日(企業会計審議会第一部
                               会)、平成19年3月30日改正))及
                               び「リース取引に関する会計基準の
                               適用指針」(企業会計基準適用指針
                               第16号(平成6年1月18日(日本公
                               認会計士協会会計制度委員会)、平
                               成19年3月30日改正))が適用され
                               たことに伴い、通常の売買取引に係
                               る方法に準じた会計処理によってお
                               ります。
                               これによる損益に与える影響はあ
                               りません。


【追加情報】
         前中間会計期間                    当中間会計期間                   前事業年度
      (自平成19年4月1日               (自平成20年4月1日             (自平成19年4月1日
       至平成19年9月30日)              至平成20年9月30日)            至平成20年3月31日)
  (製品以外のたな卸資産の売却損              ─────             (製品以外のたな卸資産の売却損
   益の計上区分)                                                 益の計上区分)
製品以外のたな卸資産の売却損益                                   製品以外のたな卸資産の売却損益
   は、従来営業外損益に計上してお                                      は、従来営業外損益に計上してお
   りましたが、金額的重要性が増加                                      りましたが、金額的重要性が増加
     していることから、当中間会計期                                     していることから、当事業年度か
     間より、当該資産の売却収入は売                                     ら、当該資産の売却収入は売上高
     上高に、当該収入に対応する原価                                     に、当該収入に対応する原価は売
     は売上原価に計上上する方法へ変                                     上原価に計上上する方法へ変更
     更しております。                                            しております。
     この変更により、従来と同一の方                                    この変更により、従来と同一の
     法を適用した場合と比較して、売                                     方法を適用した場合と比較して、
     上高は 385,635千円、売上原価は                                 売上高は 690,518千円、売上原価
      376,699千円、営業利は 8,936千円                             は 659,219千円、営業利は 31,298
     それぞれ増加し、営業外収益は                                      千円それぞれ増加し、営業外収益
      385,635千円、営業外費用は                                   は 690,518千円、営業外費用は
     376,699千円それぞれ減少しており                                 659,219千円それぞれ減少してお
     ますが、経常利益及び税引前中間                                     りますが、経常利益及び税引前当
     純利益に与える影響はありませ                                      期純利益に与える影響はありま
     ん。                                                  せん。




                                            44/54
                                                                                            EDINET提出書類
                                                                                        三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                                半期報告書
    【注記事項】
     (中間貸借対照表関係)
        前中間会計期間末                        当中間会計期間末                             前事業年度末
       (平成19年9月30日)                    (平成20年9月30日)                        (平成20年3月31日)
※1有形固定資産の減価償却累計額               ※1有形固定資産の減価償却累計額                   ※1有形固定資産の減価償却累計額
               4,216,135千円                     4,251,943千円                         4,285,700千円
※2担保資産及び担保債務                   ※2担保資産及び担保債務                       ※2担保資産及び担保債務
   担保に供している資産は次のとおりで                担保に供している資産は次のとおりで                   担保に供している資産は次のとおりで
     あります                           あります                             あります
    工場財団                           工場財団                             工場財団          
     建物            310,459千円         建物                287,275千円       建物               298,857千円
     構築物                71千円         構築物                    59千円       構築物                   63千円
     機械及び装置        501,209千円         機械及び装置            483,446千円       機械及び装置           514,294千円
     土地             32,118千円         土地                 32,118千円       土地                32,118千円
    債務の内容                          債務の内容                            債務の内容                      
     短期借入金         200,000千円         短期借入金             500,000千円       短期借入金            400,000千円
      長期借入金        700,000千円          長期借入金            500,000千円       長期借入金            600,000千円
                                                                
3手形割引高及び手形裏書高                 3手形割引高及び手形裏書高                     3手形割引高及び手形裏書高
     受取手形割引高       622,042千円         受取手形割引高           629,225千円       受取手形割引高          614,412千円
                                                                             
4消費税等の取扱い                     ※4消費税等の取扱い                                  ─────
    仮払消費税等と仮受消費税等は、相殺              仮払消費税等と仮受消費税等は、相殺
    後流動負債に「未払消費税等」として               後流動資産に「その他」に含めて表示
    表示しております。                       しております。
5.偶発債務                         5.偶発債務                             5.偶発債務
    手形流動化に伴う偶発債務は次のとお               手形流動化に伴う偶発債務は次のとお                 手形流動化に伴う偶発債務は次のとおり
   りであります。                         りであります。                            であります。
     買戻義務        250,129千円           買戻義務       277,639千円               買戻義務       282,871千円
※6.期末日満期手形                              ─────                              ─────
    中間会計期間末日満期手形の会計処理                                                
   については、満期日に決済が行われたも
   のとして処理しております。
   なお、当中間会計期間末日が金融機関の
   休日であったため、次の中間会計期間末
   日満期手形が、中間会計期間末残高から
   除かれております。
     受取手形           1,560千円                                                                      
     支払手形         444,918千円                                            




                                               45/54
                                                                                        EDINET提出書類
                                                                                    三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                            半期報告書
   (中間損益計算書関係)
         前中間会計期間                         当中間会計期間                           前事業年度
       (自平成19年4月1日                    (自平成20年4月1日                    (自平成19年4月1日
        至平成19年9月30日)                   至平成20年9月30日)                   至平成20年3月31日)
※1.営業外収益のうち主要なもの                  ※1.営業外収益のうち主要なもの                ※1.営業外収益のうち主要なもの
   固定資産賃貸料      18,824千円             固定資産賃貸料      19,350千円           固定資産賃貸料      38,047千円
   受取配当金            13,673千円         受取配当金             16,348千円      受取配当金          18,592千円
   受取利息              6,974千円         受取利息               7,467千円      受取利息           14,881千円
※2.営業外費用のうち主要なもの                  ※2.営業外費用のうち主要なもの                ※2.営業外費用のうち主要なもの
   支払利息         20,915千円             支払利息         19,542千円           支払利息         44,609千円
   手形売却損                6,596千円      手形売却損              6,633千円      手形売却損          13,892千円
   賃貸資産減価償却費            2,610千円      賃貸資産減価償却費          2,618千円      賃貸資産減価償却費      5,221千円
   賃貸資産租税課金             1,102千円      賃貸資産租税課金           1,102千円      賃貸資産租税課金           2,203千円
         ─────                    ※3.特別利益のうち主要なもの                 ※3.特別利益のうち主要なもの
                                    機械及び装置売却益          4,742千円      貸倒引当金戻入益            652千円
                                  ※4.特別損失のうち主要なもの                 ※4.特別損失のうち主要なもの
  ─────
                                   機械及び装置除却損          312千円       機械及び装置除却損           59千円
5.減価償却実施額                        5.減価償却実施額                      5.減価償却実施額
   有形固定資産           69,255千円          有形固定資産           87,030千円       有形固定資産        140,253千円
   無形固定資産               6,418千円      無形固定資産             4,729千円      無形固定資産         11,077千円




                                               46/54
                                                                       EDINET提出書類
                                                                   三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                           半期報告書
   (中間株主資本等変動計算書関係)
 前中間会計期間(自平成19年4月1日至平成19年9月30日)

     自己株式の種類及び株式数に関する事項
                  前事業年度末株式数 当中間会計期間増加              当中間会計期間減少   当中間会計期間末株
             
                  (千株)      株式数(千株)              株式数(千株)   式数(千株)

    普通株式(注)1                                             −
                          271                 2                       273

    合計                                                −
                          271                 2                       273
 (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加2千株は、単元未満株式の買取り2千株によるものであります。


 当中間会計期間(自平成20年4月1日至平成20年9月30日)

     自己株式の種類及び株式数に関する事項
                  前事業年度末株式数 当中間会計期間増加              当中間会計期間減少   当中間会計期間末株
             
                  (千株)      株式数(千株)              株式数(千株)   式数(千株)

    普通株式(注)1,2           275              1,195         315         1,155

    合計                275              1,195         315         1,155
 (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加1,195千株は、平成20年6月25日開催の定時株主総会決議による買取り
      1,193千株、及び単元未満株式の買取り2千株によるものであります。
    2.普通株式の自己株式の株式数の減少315千株は、平成20年8月12日開催の取締役会決議による処分によるもの
であります。


 前事業年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)

     自己株式の種類及び株式数に関する事項
                  前事業年度末株式数 当事業年度増加株式              当事業年度減少株式   当事業年度末株式数
             
                  (千株)      数(千株)                  数(千株)       (千株)

    普通株式(注)1                                             −
                          271                 3                       275

    合計                                                −
                          271                 3                       275
 (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加3千株は、単元未満株式の買取り3千株によるものであります。






                                   47/54
                                                                     EDINET提出書類
                                                                 三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                         半期報告書
         (リース取引関係)
            前中間会計期間              当中間会計期間                前事業年度
          (自平成19年4月1日         (自平成20年4月1日         (自平成19年4月1日
           至平成19年9月30日)        至平成20年9月30日)        至平成20年3月31日)
 該当事項はありません。                       同左                  同左
                                              
                          


         (有価証券関係)
          前中間会計期間末(平成19年9月30日)
           子会社及び関連会社株式で時価のあるものは、ありません。


          当中間会計期間末(平成20年9月30日)
           子会社及び関連会社株式で時価のあるものは、ありません。


          前事業年度末(平成20年3月31日)
           子会社及び関連会社株式で時価のあるものは、ありません。

         (1株当たり情報)
         中間連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。


         (重要な後発事象)
         前中間連結会計期間(自平成19年4月1日至平成19年9月30日)
           該当事項はありません。


        当中間連結会計期間(自平成20年4月1日至平成20年9月30日)
           該当事項はありません。


         前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
         1.特定の株主からの自己株式の取得について
             当社は、平成20年6月25日開催の株主総会決議において、会社法第156条及び第160条の規定により、特定の者
             からの自己株式取得について、次のとおり承認を得ております。
           (1)取得する株式の種類
                普通株式
           (2)取得する株式の数
                上限 1,193,650株
           (3)取得価額の総額
                上限 356,901,350円
           (4)取得する相手方
                三井物産株式会社
           (5)株式を取得することができる期間
                本定時株主総会終結の時から3ヶ月以内
        (2)【その他】
          特記すべき事項はありません。




                                      48/54
                                                               EDINET提出書類
                                                           三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                   半期報告書

第6【提出会社の参考情報】

当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
(1)有価証券報告書及びその添付書類
    事業年度(第123期)(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)平成20年6月25日近畿財務局長に提出。


(2)臨時報告書
    平成20年7月11日近畿財務局長に提出
    企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号(主要株主の異動)の規定に基づく臨時報告書であります。


(3)有価証券報告書の訂正報告書
    平成20年8月25日近畿財務局長に提出。
    事業年度(第123期)(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)の有価証券報告書に係る訂正報告書で
    あります。




                                 49/54
                                 EDINET提出書類
                             三谷伸銅株式会社(E01306)
                                     半期報告書

第二部【提出会社の保証会社等の情報】

   該当事項はありません。




                     50/54
                                                                EDINET提出書類
                                                            三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                    半期報告書

                    独立監査人の中間監査報告書



                                              平成19年12月25日

三谷伸銅株式会社


 取締役会御中


                          清友監査法人


                          指定社員
                                               中野雄介印
                                      公認会計士
                          業務執行社員

                          指定社員
                                               人見敏之印
                                      公認会計士
                          業務執行社員
                                              
                                     


当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている
三谷伸銅株式会社の平成19年4月1日から平成20年3月31日までの連結会計年度の中間連結会計期間(平成19年4月1日
から平成19年9月30日まで)に係る中間連結財務諸表、すなわち、中間連結貸借対照表、中間連結損益計算書、中間連結株主
資本等変動計算書及び中間連結キャッシュ・フロー計算書について中間監査を行った。この中間連結財務諸表の作成責任
は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から中間連結財務諸表に対する意見を表明することにある。
当監査法人は、我が国における中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間連結
財務諸表には全体として中間連結財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽の表示が
ないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。中間監査は分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追
加の監査手続を適用して行われている。当監査法人は、中間監査の結果として中間連結財務諸表に対する意見表明のための
合理的な基礎を得たと判断している。
当監査法人は、上記の中間連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基準に
準拠して、三谷伸銅株式会社及び連結子会社の平成19年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する中間連結会
計期間(平成19年4月1日から平成19年9月30日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する有用な情報を
表示しているものと認める。
会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。


                                                             以上


(注)1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会社が
     別途保管しております。
   2.前中間連結会計期間の中間連結財務諸表の範囲にはXBRLデ−タ自体は含まれておりません。




                              51/54
                                                                EDINET提出書類
                                                            三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                    半期報告書

                    独立監査人の中間監査報告書



                                              平成20年12月17日

三谷伸銅株式会社


 取締役会御中


                          清友監査法人


                          指定社員
                                               中野雄介印
                                      公認会計士
                          業務執行社員

                          指定社員
                                               人見敏之印
                                      公認会計士
                          業務執行社員
                                              
                                     


当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている
三谷伸銅株式会社の平成20年4月1日から平成21年3月31日までの連結会計年度の中間連結会計期間(平成20年4月1日
から平成20年9月30日まで)に係る中間連結財務諸表、すなわち、中間連結貸借対照表、中間連結損益計算書、中間連結株主
資本等変動計算書及び中間連結キャッシュ・フロー計算書について中間監査を行った。この中間連結財務諸表の作成責任
は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から中間連結財務諸表に対する意見を表明することにある。
当監査法人は、我が国における中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間連結
財務諸表には全体として中間連結財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽の表示が
ないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。中間監査は分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追
加の監査手続を適用して行われている。当監査法人は、中間監査の結果として中間連結財務諸表に対する意見表明のための
合理的な基礎を得たと判断している。
当監査法人は、上記の中間連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基準に
準拠して、三谷伸銅株式会社及び連結子会社の平成20年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する中間連結会
計期間(平成20年4月1日から平成20年9月30日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する有用な情報を
表示しているものと認める。
会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。


                                                             以上


(注)1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会社が
     別途保管しております。
   2.中間連結会計期間の中間連結財務諸表の範囲にはXBRLデ−タ自体は含まれておりません。




                              52/54
                                                                EDINET提出書類
                                                            三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                    半期報告書

                     独立監査人の中間監査報告書



                                              平成19年12月25日

三谷伸銅株式会社


 取締役会御中


                          清友監査法人


                          指定社員
                                              中野雄介印
                                      公認会計士
                          業務執行社員

                          指定社員
                                              人見敏之印
                                      公認会計士
                          業務執行社員
                                              
                                     


当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている
三谷伸銅株式会社の平成19年4月1日から平成20年3月31日までの第123期事業年度の中間会計期間(平成19年4月1日
から平成19年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書及び中間株主資本等変動計
算書について中間監査を行った。この中間財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から中間財
務諸表に対する意見を表明することにある。
当監査法人は、我が国における中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸
表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽の表示がないかどう
かの合理的な保証を得ることを求めている。中間監査は分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手
続を適用して行われている。当監査法人は、中間監査の結果として中間財務諸表に対する意見表明のための合理的な基礎を
得たと判断している。
当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して、
三谷伸銅株式会社の平成19年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間(平成19年4月1日から平
成19年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。


                                                              以上


(注)1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会社が
     別途保管しております。
   2.前中間会計期間の中間財務諸表の範囲にはXBRLデ−タ自体は含まれておりません。




                              53/54
                                                                EDINET提出書類
                                                            三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                    半期報告書

                     独立監査人の中間監査報告書



                                              平成20年12月17日

三谷伸銅株式会社


 取締役会御中


                          清友監査法人


                          指定社員
                                              中野雄介印
                                      公認会計士
                          業務執行社員

                          指定社員
                                              人見敏之印
                                      公認会計士
                          業務執行社員
                                              
                                     


当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている
三谷伸銅株式会社の平成20年4月1日から平成21年3月31日までの第124期事業年度の中間会計期間(平成20年4月1日
から平成20年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書及び中間株主資本等変動計
算書について中間監査を行った。この中間財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から中間財
務諸表に対する意見を表明することにある。
当監査法人は、我が国における中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸
表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽の表示がないかどう
かの合理的な保証を得ることを求めている。中間監査は分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手
続を適用して行われている。当監査法人は、中間監査の結果として中間財務諸表に対する意見表明のための合理的な基礎を
得たと判断している。
当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して、
三谷伸銅株式会社の平成20年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間(平成20年4月1日から平
成20年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。


                                                              以上


(注)1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会が別
     途保管しております。
   2.前中間会計期間の中間財務諸表の範囲にはXBRLデ−タ自体は含まれておりません。




                              54/54

PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。