田村駒株式会社 有価証券報告書 第129期(平成19年4月1日 ‐ 平成20年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書 -第129期(平成19年4月1日 ‐ 平成20年3月31日)

提出日:

提出者:田村駒株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                  EDINET提出書類
                                               田村駒株式会社(E02817)
                                                   有価証券報告書

【表紙】
【提出書類】       有価証券報告書

【根拠条文】       金融商品取引法第24条第1項

【提出先】        近畿財務局長

【提出日】        平成20年6月27日

【事業年度】       第129期(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)

【会社名】        田村駒株式会社

【英訳名】        Tamurakoma & Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】   代表取締役社長冨士智之

【本店の所在の場所】   大阪市中央区安土町三丁目3番9号

【電話番号】       大阪06(6268)7000(代表)

【事務連絡者氏名】    取締役経理部長樋口俊郎

【最寄りの連絡場所】   大阪市中央区安土町三丁目3番9号

【電話番号】       大阪06(6268)7000(代表)

【事務連絡者氏名】    取締役経理部長樋口俊郎

【縦覧に供する場所】   田村駒株式会社東京支社

             (東京都中央区日本橋大伝馬町14番17号)






                         1/89
                                                                                           EDINET提出書類
                                                                                        田村駒株式会社(E02817)
                                                                                            有価証券報告書

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】


1 【主要な経営指標等の推移】
    (1) 連結経営指標等

          回次              第125期         第126期         第127期         第128期         第129期

         決算年月            平成16年3月       平成17年3月       平成18年3月       平成19年3月       平成20年3月

売上高               (千円)   102,486,904   101,232,214   100,738,861   101,906,642    99,307,208

経常利益              (千円)     1,912,684     1,508,541     1,309,744     1,742,563     1,626,986

当期純利益             (千円)     1,181,344       688,904       665,408       990,312       473,730

純資産額              (千円)     9,788,450    10,469,660    12,285,197    12,720,063    12,111,135

総資産額              (千円)    56,399,968    57,719,740    58,981,332    52,598,138    45,891,403

1株当たり純資産額         (円)         573.13        613.43        720.82        748.53        716.96

1株当たり当期純利益        (円)          66.74         37.89         37.06         58.27         27.97
潜在株式調整後
                  (円)             ―             ―             ―             ―             ―
1株当たり当期純利益
自己資本比率            (%)           17.4          18.1          20.8          24.2          26.4

自己資本利益率           (%)           13.5           6.8           5.8           7.9           3.8

株価収益率             (倍)             ―             ―             ―             ―             ―
営業活動による
               (千円)  △129,519  △1,350,326  1,635,951  6,320,353  3,169,952
キャッシュ・フロー
投資活動による
               (千円)  △433,102   △645,907  △1,136,770  △244,651   △506,925
キャッシュ・フロー
財務活動による
               (千円)    129,886  2,022,243  △923,337  △5,850,511 △2,318,183
キャッシュ・フロー
現金及び現金同等物
               (千円)  2,577,435  2,605,262  2,184,400  2,411,897  2,747,734
の期末残高
従業員数
                           475        445        425        404        354
(ほか、平均臨時        (名)
                         (115)      (188)      (140)      (130)      (146)
雇用者数)
 (注) 1売上高には消費税等は含まれておりません。
     2潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため、記載しておりません。
     3提出会社の株式は非上場であり、株価の算定が困難なため、株価収益率は記載しておりません。
     4純資産額の算定にあたり、第128期から「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第
        5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8
        号)を適用しております。





                                             2/89
                                                                                         EDINET提出書類
                                                                                      田村駒株式会社(E02817)
                                                                                          有価証券報告書
    (2) 提出会社の経営指標等

          回次            第125期         第126期         第127期         第128期         第129期

         決算年月          平成16年3月       平成17年3月       平成18年3月       平成19年3月       平成20年3月

売上高             (千円)    92,096,503    90,221,031    89,296,182    89,201,899    87,816,381

経常利益            (千円)     1,561,064     1,393,014     1,393,517     1,666,667     1,511,351

当期純利益           (千円)       822,047       608,619       618,696       937,080       539,520

資本金             (千円)     1,240,000     1,240,000     1,240,000     1,240,000     1,240,000

発行済株式総数         (株)     17,000,000    17,000,000    17,000,000    17,000,000    17,000,000

純資産額            (千円)     9,304,703     9,912,813    11,665,030    12,061,298    10,974,507

総資産額            (千円)    51,050,079    52,954,228    53,856,668    46,971,385    41,300,158

1株当たり純資産額       (円)         545.08        580.95        684.60        709.77        649.68

1株当たり配当額
                (円)          10.00          6.00          6.00          6.00          6.00
(内、1株当たり
                (円)           (―)           (―)           (―)           (―)           (―)
中間配当額)

1株当たり当期純利益      (円)          46.01         33.46         34.58         55.14         31.86
潜在株式調整後
                (円)             ―             ―             ―             ―             ―
1株当たり当期純利益
自己資本比率          (%)           18.2          18.7          21.7          25.7          26.6

自己資本利益率         (%)            9.7           6.3           5.7           7.9           4.7

株価収益率           (倍)             ―             ―             ―             ―             ―

配当性向            (%)           21.7          17.9          17.4          10.9          18.8

従業員数
                          292       274    263     255   253
(ほか、平均臨時        (名)
                         (51)     (119)  (114)   (110) (131)
雇用者数)
 (注) 1売上高には消費税等は含まれておりません。
     2潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため、記載しておりません。
     3提出会社の株式は非上場であり、株価の算定が困難なため、株価収益率は記載しておりません。
     4第125期の1株当たり配当額10円には、創業110周年記念配当4円を含んでおります。
     5純資産額の算定にあたり、第128期から「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第
        5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8
        号)を適用しております。





                                           3/89
                                                              EDINET提出書類
                                                           田村駒株式会社(E02817)
                                                               有価証券報告書
2 【沿革】
     明治27年3月、初代田村駒治郎が、大阪市東区横堀二丁目32で個人経営の『神田屋田村商店』を創業し、
    手染モスリン友禅の卸販売を始めました。その後、積極的な商品開発と販路拡大により、業容は順調に拡大
    していきました。そこで、近代的企業の基盤を固めるべく株式会社として改組いたしました。会社の設立以
    後、今日までの経過は次のとおりであります。

      年月                              摘要

    大正7年4月     大阪市東区安土町四丁目55番地(現在地)に、株式会社田村駒商店を設立
    大正7年5月     綿ネルの輸出を開始
    大正10年6月    モスリンの機械捺染を開始
    昭和11年11月   鉄筋6階建本社社屋が完成
    昭和15年5月    東京都中央区に東京支店を設置
    昭和18年3月    商号を田村駒株式会社に変更
    昭和20年8月    終戦により海外支店、出張所、関係会社等が閉鎖接収される
    昭和32年1月    常盤鋼材株式会社の営業権を譲り受け、商号を田村駒常盤株式会社に変更
    昭和38年1月    東洋レーヨン株式会社(現:東レ株式会社)の織物の他に原糸と編物の本格的取り扱い開始
    昭和45年4月    建材等の取り扱いを開始
    昭和52年3月    商号を田村駒株式会社に変更
    昭和53年4月    東京都目黒区碑文谷五丁目23番14号に、田村駒エンジニアリング株式会社を設立
    昭和53年6月    中国室を設置し、中国貿易の本格的再開に取組む
    昭和54年11月   松田宗株式会社の全株式を取得(昭和55年2月にコマテキスタイル株式会社に社名変更)
               (現・連結子会社)
    昭和54年11月   大阪市東区安土町四丁目55番地(現在地)に美駒興業株式会社設立(昭和58年4月にタムラコマ工
               業株式会社に社名変更)
    昭和60年4月    上海事務所を開設
    平成2年3月     本社新社屋が竣工
    平成4年9月     東京支店新社屋が竣工
    平成4年10月    武田株式会社に資本参加し水着事業に取組む(現・連結子会社)
    平成6年3月     創業100周年
    平成6年11月    東アジア地域の営業拠点として、香港に現地法人田村駒(香港)有限公司を設立
    平成10年9月    スコットランドのブランド「ライル&スコット」のマスターライセンスを取得し、ブランドビジ
               ネスに取組む
    平成13年8月    田村駒エンジニアリング株式会社とタムラコマ工業株式会社が合併(現・連結子会社:田村駒エ
               ンジニアリング株式会社)
    平成13年10月   中国上海市に現地法人田村駒(上海)紡織品有限公司を設立
    平成13年11月   中国上海市に合弁会社上海若彬詩服装有限公司を設立
    平成13年12月   東京支店社屋を増築し、東京支社に呼称を変更
    平成14年4月    イケダ株式会社に資本参加し、服地の付属品事業に取組む(現・連結子会社)
               連多株式会社(現社名:コマ・ホームファッション株式会社)に資本参加(現・連結子会社)
    平成15年4月    執行役員制度を導入
    平成16年3月    創業110周年
    平成16年9月    中国浙江省に合弁会社浙江藍博田村駒塑膠有限公司を設立
    平成17年5月    ISO9001認証取得(現・ホームファッション事業部ホームファッション部7課)
    平成18年7月    原宿事業所開設
    平成18年9月    大連事務所開設
    平成19年8月    ホーチミン事務所開設






                                   4/89
                                                     EDINET提出書類
                                                  田村駒株式会社(E02817)
                                                      有価証券報告書
3 【事業の内容】
     当社の企業集団等は、当社、子会社9社及び関連会社3社で構成されております。事業内容は、衣料、寝装寝
    具及びインテリア(カーペット、カーテン等)の繊維分野における素材から加工品までの各種製品販売を主
    とし、更に建材の販売及び不動産賃貸業等であります。
     企業集団等の各社は、それぞれ特長ある商品又は特色ある営業活動により、相互補完的役割を果たしなが
    ら事業展開しております。
     事業の系統図は次のとおりであります。










                             5/89
                                                                              EDINET提出書類
                                                                           田村駒株式会社(E02817)
                                                                               有価証券報告書
4 【関係会社の状況】

                        資本金        主要な事業     議決権の
        名称        住所                                          関係内容
                        (千円)        の内容     所有割合(%)
(連結子会社)
                                                       生地と製品の販売
                大阪市                繊維製品卸売    100   役員の兼務2名
武田㈱                       35,000
                北区                   事業       (−)      (当社の執行役員1名、
                                                       従業員1名)
                                                       生地の販売
                                                       事務所の賃貸
                大阪市                          100
コマテキスタイル㈱                 35,000     〃                 役員の兼務4名
                中央区                           (−)
                                                       (当社の役員1名、執行役員2名、
                                                       従業員1名)
                                                       建材の販売
                                                       倉庫の賃貸
田村駒エンジニアリング㈱    東京都                住宅関連資材    100   事務所の賃貸
                          50,000
(注)4            中央区                販売事業       (−)      役員の兼務3名
                                                       (当社の役員1名、執行役員1名
                                                       従業員1名)
                                                       生地と製品の販売
                東京都                繊維製品卸売    100   貸付59,000千円
イケダ㈱                      10,000
                江東区                  事業       (−)      役員の兼務3名
                                                       (当社の従業員3名)
                                                       生地と製品の販売
                大阪府                          100   役員の兼務3名
コマ・ホームファッション㈱             10,000     〃
                泉北郡                           (−)      (当社の執行役員1名、
                                                       従業員2名)
    (注) 1主要な事業の内容欄には、事業の種類別セグメントの名称を記載しております。
        2議決権の所有割合の欄の()内の数字は、子会社が所有する比率を内数で示しております。
        3有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
        4田村駒エンジニアリング㈱は、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%
           を超えております。
           主要な損益情報等  ①売上高        16,873,379千円
                     ②経常利益          118,303
                     ③当期純利益          52,917
                     ④純資産額        1,024,923
                     ⑤総資産額        5,770,704
        5㈱ム−ラント−タリア、メルシャン㈱及び㈱千葉ヤマモトは、当連結会計年度中に清算結了しております。
        6㈱東京ヤマモトは、当連結会計年度中に全株式を売却しております。





                                     6/89
                                                                      EDINET提出書類
                                                                   田村駒株式会社(E02817)
                                                                       有価証券報告書
5 【従業員の状況】
    (1) 連結会社の状況
                                                   平成20年3月31日現在
                  事業の種類別セグメントの名称                   従業員数(名)

                     衣料部門                          208(118)
    繊維製品卸売事業
                     リビング(寝装寝具・インテリア)部門              97(27)

    住宅関連資材販売事業       住宅関連資材部門                         49(1)

    その他の事業           その他の部門                            0(0)

                        合計                         354(146)
    (注) 1従業員数は、就業人員数であり、当連結グループから当連結グループ外への出向者を除き、当連結グループ外か
           ら当連結グループへの出向者を含んでおります。
        2臨時従業員数は、()内に年間の平均人員数を外数で記載しております。
        3臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。

    (2) 提出会社の状況
                                                   平成20年3月31日現在
      従業員数(名)           平均年齢              平均勤続年数   平均年間給与(円)

       253(131)          39歳              16年5ヶ月       7,181,695
    (注) 1従業員数は、就業人員数であり、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含んでおります。
        2臨時従業員数は、()内に年間の平均人員数を外数で記載しております。
        3臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。
        4平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

    (3) 労働組合の状況
      提出会社の労働組合は全国商社労働組合連合会に加盟しております。組合とは給与その他諸条件を話
     し合っており、労使関係は良好であります。他の連結子会社5社については該当ありません。





                                   7/89
                                                         EDINET提出書類
                                                      田村駒株式会社(E02817)
                                                          有価証券報告書

第2 【事業の状況】


1 【業績等の概要】
(1) 業績
  当連結会計年度におけるわが国経済は、上半期は堅調な企業業績に支えられ、景気は堅調に推移しまし
 たが、下半期は原油価格の高騰を主因とする消費者物価の上昇によって、個人消費が低迷いたしました。
 また、サブプライム問題が世界経済に影響を与え、景気の先行きに不透明感が強まりました。
 繊維業界におきましては、残暑、暖冬等の天候不順による影響で、大型小売店における衣料品の売上が前
 年を下回る状況になる等、全体的には依然として厳しい経営環境が続きました。
  このような中で当連結会計年度は、第6次中期経営計画の2年目にあたり、「繊維ビジネスの転換期を
 リードする繊維専門商社」を目指して、諸施策を実施してまいりました。
 まず、「勝てる」「伸びる」マーケットとしての東京への営業拡大策として、一昨年に開設した原宿事
 業所は、順調に人員も増え顧客数も伸びました。お客さまからの要望の強い企画提案機能を担うファッ
 ションソフト室も拡大を続け、この3月には分室を開設し、CAD設備も併設し、東京マーケットでの競争力
 を高めました。
 海外関連では、中国国内の生産基地拡充のために、当社専用縫製ラインの増設、現地一貫工場への資本参
 加等を積極的に実施いたしました。さらに、中国における人民元切り上げの可能性が高まる中、海外生産
 拠点の拡大の一環として、昨年8月にベトナム・ホーチミンに事務所を開設いたしました。
 また、製品品質のレベル向上へのお客さまからの厳しい要求に対応すべく、品質管理のための中国国内
 スタッフを増強し、日本人技術者と共に、工場への定期巡回頻度を上げた結果、不良品を出さないための
 生産レベルが向上いたしました。
 上記、諸施策を実行してまいりましたが、当連結会計年度の売上高は993億7百万円と前期比2.6%
 の減収となりました。利益面では、売上高の減少に伴う粗利益額の低下により、経常利益は16億26百万円
 と前期比6.6%の減益となりました。また当期純利益は、関係会社整理ならびに保有株式の評価損を計上し
 た結果、前期比52.2%減の4億73百万円となりました。
  事業の種類別セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。
 ①繊維製品卸売事業
    当事業部門につきましては、売上高は前年同期比3.9%減の820億20百万円、営業利益は3.0%
  減の15億19百万円となりました。
  各部門の売上高は、以下のとおりであります。
  衣料部門の売上高は、輸出ビジネスを促進した一方で大型小売店向けの売上が減少し、前年
  同期比2.6%減の691億54百万円となりました。
  リビング部門の売上高は、不採算部門からの撤退、部門再編成を推し進めた結果前年同期
  比10.4%減の128億66百万円となりました。
 ②住宅関連資材販売事業
    当事業部門につきましては建築資材関連の販路拡大により、売上高は前年同期比4.4%増の167
  億97百万円となりましたが、人件費等の販売管理費増加によりの営業利益は前年同期比31.7%
  減の1億50百万円となりました。
 ③その他の事業
    当事業部門につきましては、売上高は前年同期比6.7%増の4億88百万円、営業利益は前年
  同期比11.4%増の3億36百万円となりました。
    




                               8/89
                                                               EDINET提出書類
                                                            田村駒株式会社(E02817)
                                                                有価証券報告書
    (2) キャッシュ・フローの状況
         当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、27億47百万円と前
     年同期に比べ3億35百万円(13.9%)の増加となりました。
      この増加の要因は、投資活動によるキャッシュ・フロ−が5億6百万円の支出、及び財務活動による
     キャッシュ・フロ−が23億18百万円の支出となった一方で営業活動によるキャッシュ・フロ−が31億69
     百万円の収入となったことによります。
      当連結会計年度における各キャッシュ・フロ−の状況とそれらの要因は次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          当連結会計年度においては、営業活動によるキャッシュ・フロ−は、31億69百万円の収入と
             なりました。(前連結会計年度は63億20百万円の収入)
            これは主に仕入債務の減少により使用した資金が9億29百万円であった一方で、売上債権の
             回収により得られた資金が39億76百万円であったことによります。
         
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          当連結会計年度においては、投資活動によるキャッシュ・フロ−は、5億6百万円の支出とな
             りました。(前連結会計年度は2億44百万円の支出)
              これは主に連結子会社株式の売却により6億80百万円の資金が連結グル−プ外に流出したこと
             によります。
         
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
              当連結会計年度においては、財務活動によるキャッシュ・フロ−は、23億18百万円の支出と
             なりました。(前連結会計年度は58億50百万円の支出)
      これは主に返済により短期借入金が24億91百万円減少したことによります。







                                    9/89
                                                                   EDINET提出書類
                                                                田村駒株式会社(E02817)
                                                                    有価証券報告書
2 【仕入、販売の状況】
    (1) 仕入実績

               事業の種類別セグメントの名称             仕入高(千円)        前年同期比(%)

                    衣料部門                    59,999,803         △2.4
繊維製品卸売事業
                    リビング(寝装寝具・インテリア)部門      10,699,519        △10.6

住宅関連資材販売事業          住宅関連資材部門                16,221,127          1.3

                    合計                      86,920,450         △2.8
    (注) 1金額は購入価額で表示しており、消費税等は含んでおりません。
        2当連結グループは、衣料製品及びリビング製品等において二次加工製品も取り扱っております。当連結グルー
           プの商品企画により、あるいは得意先の企画により、染工場や協力メーカーに外注加工を委託し、それを仕入
           れております。
        3セグメント間取引については、相殺消去しております。

    (2) 販売実績

               事業の種類別セグメントの名称             販売高(千円)        前年同期比(%)

                    衣料部門                    69,154,645         △2.6
    繊維製品卸売事業
                    リビング(寝装寝具・インテリア)部門      12,866,266        △10.4

    住宅関連資材販売事業      住宅関連資材部門                16,797,680          4.4

    その他の事業          その他の部門                     488,615          6.7

                     合計                     99,307,208         △2.6
    (注) 1金額は販売価額で表示しており、消費税等は含んでおりません。
        2セグメント間取引については、相殺消去しております。





                                 10/89
                                                   EDINET提出書類
                                                田村駒株式会社(E02817)
                                                    有価証券報告書
3 【対処すべき課題】
   今後の見通しにつきましては、米国経済の景気の減速を背景とした、為替相場でのドル安、さ
  らには原料のコスト上昇による企業収益の圧迫などから、国内の経営環境に関しましても引き続
  き厳しい状況で推移するものと予想されます。
 このような環境の中で、当連結グル−プといたしましては、第6次中期経営計画最終年度に当
  たる第130期は、次の3つを重点課題として取り組んでいく所存でございます。
   第一は、「生地輸出を含めたグローバル戦略の推進」です。
    欧州や中東ならびにアジア諸国向けのテキスタイル輸出販売を強化し、二次製品の販売に
   までつながる体制を整備いたします。
   第二は、「顧客のニーズに対応した提案型ビジネスの推進」です。
    東京市場への深耕策として創設した、原宿衣料事業部における企画提案型ビジネスが拡大
   基調であり、今後もファッションソフト室との連携を強化して、より一層、他社との差別化
   を図り顧客との信頼関係の強化を図ってまいります。
   第三は、「事業効率のアップを目的とした物流改革」です。
    輸入貨物を集約化し適地物流を図ることで、環境に配慮した物流を構築し、更なる物流経
   費の削減・効率化を図ってまいります。
   また、今後も激しく変化する市場ニーズを的確にとらえ対応していくために、戦略的人材育
  成をさらに強化してまいります。
   繊維のプロ集団として顧客から信頼、期待される繊維専門商社を目指し、変革と創造に絶え
  まない努力を積み重ねていく所存でございます。




                           11/89
                                                          EDINET提出書類
                                                       田村駒株式会社(E02817)
                                                           有価証券報告書
4 【事業等のリスク】
    (1) 為替変動について
      当連結グループにおきましては、特に繊維製品における輸入商品の割合が、全仕入高の約4割を超え、
     為替の変動により利益率が変動し、業績に影響を及ぼす可能性がありますが、為替予約取引により、将来
     の為替変動によるリスクを回避しております。
    (2) 金利変動について
      当連結会計年度末における当連結グループの有利子負債残高は105億89百万円であります。
     有利子負債のうち変動金利での調達によるものについては、一部金利スワップ取引等を活用することで
     金利変動リスクの軽減を図っておりますが、急激な金利上昇は支払利息の増加などにより業績及び財務
     状況に影響を及ぼす可能性があります。
    (3) 債権管理について
      当連結グループは販売先が多数であることから、債権管理を徹底しておりますが、販売先の財務の状態
     が悪化し、その支払能力が低下した場合には、当連結グループの業績等に影響を及ぼす可能性がありま
     す。
    (4) カントリーリスクについて
      当連結グループにおいて中国は、単に製品の調達基地として重要なだけではなく、中国国内での新たな
     ビジネス展開を図るため、現地法人の営業力等の強化に取り組んでおります。
     しかしながら、同国において租税制度・為替管理制度等の経済政策の予期しない変更によりましては、
     業績等に影響を及ぼす可能性があります。
    (5) 製品販売に関わるリスク
      衣料部門において、素材販売から製品販売へのシフトを図ったことにより、製品販売の売上高に占める
     割合が増加しております。天候不順等により販売額が変動し、業績等に影響を及ぼす可能性があります。
     (注)本文中の将来に関する記述は、当連結会計年度末現在において判断したものであり、将来の様々な要因により変
         動することもあります。

5 【経営上の重要な契約等】
     特記事項はありません。

6 【研究開発活動】
     特記事項はありません。





                               12/89
                                                       EDINET提出書類
                                                    田村駒株式会社(E02817)
                                                        有価証券報告書
7 【財政状態及び経営成績の分析】
(1) 財政状態の分析
  総資産
   当連結会計年度末における総資産は、458億91百万円(前年同期比67億6百万円減)となりました。
  このうち流動資産は333億41百万円(前年同期比47億76百万円減)、固定資産は125億50百万円(前年
  同期比19億30百万円減)となりました。
  流動資産の減少要因は、おもに当連結会計年度において債権の流動化を実施したことに伴い、売掛債
  権が46億12百万円減少したことによります。
  ただし、前連結会計年度末日は、金融機関の休日であったため連結会計年度末日満期手形が、前連結会
  計年度末の売上債権に14億45百万円(受取手形)含まれております。
  固定資産の減少要因は、おもに時価下落により投資有価証券が24億1百万円減少したことによります。


   
  負債
   当連結会計年度末における流動負債は272億58百万円(前年同期比69億76百万円減)、固定負
  債は65億21百万円(前年同期比8億78百万円増)となりました。
  流動負債の減少要因は、おもに支払手形及び買掛金が26億33百万円減少したことと、返済により短期
  借入金(1年以内返済長期借入金を含む)が38億61百万円減少したことによります。
  ただし、前連結会計年度末日は、金融機関の休日であったため連結会計年度末日満期手形が、前連結会
  計年度末の仕入債務に5億86百万円(支払手形)含まれております。
  固定負債の増加要因は、おもに長期借入金が16億89百万円増加したことによります。
   
  純資産
   当連結会計年度末における純資産は121億11百万円(前年同期比6億8百万円減)となりました。
  これはおもに利益剰余金が9億49百万円増加した一方で、時価下落によりその他有価証券評価差額金
  が12億79百万円減少したことによります。
   
(2) 経営成績の分析
  「1業績等の概要、(1)業績」を参照願います。




                             13/89
                                                                                                         EDINET提出書類
                                                                                                      田村駒株式会社(E02817)
                                                                                                          有価証券報告書

第3 【設備の状況】


1 【設備投資等の概要】
     該当する事項はありません。

2 【主要な設備の状況】
    (1) 提出会社
                                                                               平成20年3月31日現在
                                                            帳簿価額(千円)                                 従業
     事業所名     事業の種類別セ
                         設備の内容                                                                       員数
     (所在地)    グメントの名称              建物          機械及び        土地                                    (名)
                                                                           その他         合計
                                  及び構築物          装置          (面積千㎡)

              繊維製品卸売    全社的管理・仕
本社                                1,665,899        55,163      135,128                2,234,874        140
              事業        入・販売業務、                                            378,683
(大阪市中央区)                           <616,382>      <20,410>       (1.84)                <636,793>       (54)
              その他の事業    賃貸ビル

              繊維製品卸売    管理・仕入・販
東京支社                              1,191,061                    716,194                1,930,965        113
              事業        売業務、                            ―                   23,709
(東京都中央区)                           <524,067>                     (0.91)                <524,067>       (77)
              その他の事業    賃貸ビル

海外事務所         繊維製品卸売
                        仕入管理業務        1,421             ―           ―        2,282        3,703
(香港他)         事業
                                                               179,641
厚木倉庫                                 35,598         5,248                     864      221,353
          その他の事業        賃貸ビル                                  <179,641>
(神奈川県厚木市)                           <35,598>       <5,248>                   <864>    <221,353>
                                                                 (3.95)
                                                                28,895
箕面ビル                                 60,880         4,046                               93,823
                 〃         〃                                   <28,895>          ―
(大阪府箕面市)                            <60,880>       <4,046>                             <93,823>
                                                                 (1.15)
箕面ビル
                                                               212,900
                                         0                                       0
(ムーラン)           〃         〃                            ―                               212,900
                                                                 (1.06)
(大阪府箕面市)
京都玉津島
                 〃         〃          5,436             ―           ―            ―        5,436
(京都市下京区)
                                                               214,824
千葉物流センター                            102,732                                   158      317,715
                 〃         〃                            ―     <214,824>
(千葉県千葉市)                           <102,732>                                 <158>    <317,715>
                                                                 (3.86)
              繊維製品卸売                                           125,198
草加寮                                 103,784                                    38      229,022
              事業        厚生施設                            ―      <62,599>
(埼玉県草加市)                            <51,892>                                  <19>    <114,511>
              その他の事業                                             (0.98)
              繊維製品卸売                                             8,733
箕面寮                                 124,067         1,639                    1,003     135,443
              事業           〃                                    <5,240>
(大阪府箕面市)                            <74,440>         <983>                    <601>    <81,266>
              その他の事業                                             (0.52)
松原社宅          繊維製品卸売                                             2,083
                           〃         10,896             ―                        ―      12,980
(大阪府松原市)      事業                                                 (0.29)
その他社宅                                                           26,548
                 〃         〃         21,940             ―                        15      48,504
(東京都品川区他)                                                        (0.43)
    (注) 1上記中<内書>は、連結会社以外への賃貸設備であります。
        2従業員は就業人員であり、臨時従業員は()内に年間の平均人員を外数で記載しております。
        3上記の他、連結会社以外からの主要な賃借設備の内容は、下記のとおりであります。

              事業所名         事業の種類別                                                           支払賃借料
                                                  設備の内容                   支払対象期間
              (所在地)       セグメントの名称                                                           (千円)

             原宿事業所                                                    平成19年4月1日
                        繊維製品卸売事業                    事務所                                            105,739
             (東京都渋谷区)                                                 平成20年3月31日





                                                14/89
                                                                    EDINET提出書類
                                                                 田村駒株式会社(E02817)
                                                                     有価証券報告書
    (2) 国内子会社
     1連結子会社が賃借しております提出会社の設備は、以下となっております。
            コマテキスタイル㈱    本社ビルの一部及び京都玉津島
            田村駒エンジニアリング㈱ 本社ビルの一部及び東京支社ビルの一部

      2上記の他、連結会社以外からの主要な賃借設備の内容は、下記のとおりであります。

                              事業の種
                      事業所名    類別セグ 設備の                支払賃借料 従業員数
                会社名                       支払対象期間
                      (所在地)   メントの 内容                  (千円)  (名)
                               名称
                              繊維製品       平成19年4月1日                16
         武田㈱          大阪市北区        事務所                  18,006
                              卸売事業       平成20年3月31日               (4)

      (注)従業員は就業人員であり、臨時従業員は()内に年間の平均人員を外数で記載しております。

3 【設備の新設、除却等の計画】
     該当する事項はありません。





                                15/89
                                                                                                   EDINET提出書類
                                                                                                田村駒株式会社(E02817)
                                                                                                    有価証券報告書

第4 【提出会社の状況】


1 【株式等の状況】
    (1) 【株式の総数等】
     ① 【株式の総数】

                      種類                                        発行可能株式総数(株)

                     普通株式                                                              64,000,000

                      計                                                                64,000,000

     ② 【発行済株式】

                  事業年度末現在       提出日現在     上場金融商品取引所
       種類          発行数(株)       発行数(株)    名又は登録認可金融                               内容
                (平成20年3月31日) (平成20年6月27日) 商品取引業協会名
     普通株式              17,000,000        17,000,000   非上場・非登録                      ―

          計            17,000,000        17,000,000         ―                      ―


    (2) 【新株予約権等の状況】
      該当事項はありません。

    (3) 【ライツプランの内容】
      該当事項はありません。

    (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

                      発行済株式         発行済株式       資本金増減額      資本金残高       資本準備金           資本準備金
       年月日            総数増減数          総数残高                                増減額              残高
                       (千株)           (千株)       (千円)           (千円)     (千円)            (千円)

平成5年10月1日                   1,000      17,000     240,000   1,240,000        240,000        440,000
    (注)第三者割当発行価格480円資本組入額240円
        主な割当先、三和キャピタル㈱、日清紡績㈱、田村駒社員持株会、鐘紡㈱、東洋紡績㈱他34名

    (5) 【所有者別状況】
                                                                             平成20年3月31日現在
                                    株式の状況(1単元の株式数1,000株)
                                                                                           単元未満
                                                      外国法人等
     区分                                                                                   株式の状況
              政府及び
                               金融商品     その他の                            個人                  (株)
              地方公共   金融機関                                                        計
                               取引業者      法人                            その他
               団体                                個人以外       個人
株主数
              ―       14 ―       41 ―   ―      447    502     ―
(人)
所有株式数
             ―    3,103  ―   10,667  ―    ―    3,189 16,959 41,000
(単元)
所有株式数
              ―     18.3  ―     62.9  ―    ―     18.8 100.00     ―
の割合(%)
 (注)自己株式107,715株は、「個人その他」に107単元、「単元未満株式の状況」に715株含まれております。




                                                 16/89
                                                                                                EDINET提出書類
                                                                                             田村駒株式会社(E02817)
                                                                                                 有価証券報告書
    (6) 【大株主の状況】
                                                                  平成20年3月31日現在
                                                            所有株式数 発行済株式総数に対する
        氏名又は名称                    住所
                                                             (千株)  所有株式数の割合(%)

三信株式会社               東京都新宿区西新宿一丁目6番1号                         1,930                  11.35

東洋ビルメンテナンス株式会社       東京都港区虎ノ門一丁目12番15号                        1,860                  10.94

ユニチカ株式会社             大阪市中央区久太郎町四丁目1番3号                        1,100                   6.47

株式会社東京スタイル           東京都千代田区麹町五丁目7番1号                            930                  5.47

株式会社東京ソワ−ル           東京都港区南青山一丁目1番1号                             900                  5.29

田村駒社員持株会             大阪市中央区安土町三丁目3番9号                            866                  5.09

株式会社三菱東京UFJ銀行        東京都千代田区丸の内二丁目7番1号                           800                  4.70

株式会社静岡中央銀行           沼津市大手町四丁目76番                                800                  4.70

クロスプラス株式会社           名古屋市西区花の木三丁目9番13号                           600                  3.52

三菱UFJキャピタル株式会社       東京都中央区京橋二丁目14番1号                            580                  3.41
             計                     ―                         10,366                  60.98
    (注)前事業年度末において主要株主でなかった東洋ビルメンテナンス株式会社が、当事業年度末において主要株主と
        なっております。

    (7) 【議決権の状況】
     ① 【発行済株式】
                                                                         平成20年3月31日現在
          区分            株式数(株)              議決権の数(個)                             内容

無議決権株式                      ―                       ―                            ―

議決権制限株式(自己株式等)              ―                       ―                            ―

議決権制限株式(その他)                ―                       ―                            ―
                     (自己保有株式)
完全議決権株式(自己株式等)                                      ―                            ―
                     普通株式  107,000
完全議決権株式(その他)         普通株式 16,852,000                    16,852                   ―

単元未満株式               普通株式       41,000              ―                            ―

発行済株式総数                     17,000,000              ―                            ―

総株主の議決権                     ―                           16,852                   ―
    (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式715株が含まれております。

     ② 【自己株式等】
                                                                      平成20年3月31日現在
                                          自己名義       他人名義         所有株式数 発行済株式総数
      所有者の氏名
                     所有者の住所              所有株式数      所有株式数          の合計     に対する所有
       又は名称
                                           (株)        (株)           (株)   株式数の割合(%)
(自己保有株式)
                   大阪市中央区安土町
田村駒株式会社                                   107,000       ―              107,000               0.6
                   三丁目3番9号
         計              ―                 107,000       ―              107,000               0.6




                                          17/89
                                                                                         EDINET提出書類
                                                                                      田村駒株式会社(E02817)
                                                                                          有価証券報告書
    (8) 【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。

2 【自己株式の取得等の状況】
         
      【株式の種類等】      会社法第155条第3号及び会社法第155条第7号による普通株式の取得
         
  (1) 【株主総会決議による取得の状況】
該当事項はありません。
  
  (2) 【取締役会決議による取得の状況】
      会社法第155条第3号による取得
               区分                       株式数(株)                     価額の総額(千円)
    取締役会(平成19年8月20日)での決議状況
                                                    250,000                   110,000,000
    (取得期間平成19年8月22日∼19年9月5日)
    当事業年度前における取得自己株式                                      ―                            ―

    当事業年度における取得自己株式                                 100,000                    44,000,000

    残存決議株式の総数及び価額の総額                                150,000                    66,000,000

    当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                   60                           60

    当期間における取得自己株式                                         ―                            ―

    提出日現在の未行使割合(%)                                        60                           60
    
    (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
       会社法第155条第7号による取得
               区分                       株式数(株)                    価額の総額(千円)

    当事業年度における取得自己株式                                    930                           353

    当期間における取得自己株式                                      500                           189
    (注)当期間における取得自己株式には、平成20年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取によ
        る株式数は含めておりません。

    (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                                                    
                                     当事業年度                              当期間
              区分
                                            処分価額の総額                         処分価額の総額
                               株式数(株)                          株式数(株)
                                              (千円)                            (千円)
    引き受ける者の募集を行った
                                        ―             ―                 ―              ―
    取得自己株式
    消却の処分を行った取得自己株式                     ―             ―                 ―              ―
    合併、株式交換、会社分割に係る
                                        ―             ―                 ―              ―
    移転を行った取得自己株式
    その他                                 ―             ―                 ―              ―

    保有自己株式数                       107,715             ―           108,215              ―






                                            18/89
                                                              EDINET提出書類
                                                           田村駒株式会社(E02817)
                                                               有価証券報告書
3 【配当政策】
     当社は、株主への還元を第一として、配当原資確保のための収益力を強化し、継続的かつ安定的な配当を
    行うことを基本方針としております。
     当事業年度の剰余金の配当金につきましては、当期の業績ならびに今後の事業展開を踏まえた内部留保
    等を総合的に勘案いたしまして、1株につき6円としております。
     当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金配当を制度で採用しており、これらの剰余金の配当の決定
    機関は、「会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって剰余金の配当等を行うことができ
    る。」旨を定款に定めております。
     (注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。
      決議年月日        配当の総額(円)              1株当たり配当額(円)

      平成20年6月26日
                        101,353,710                    6
       定時株主総会

4 【株価の推移】
     金融商品取引所非上場、認可金融商品取引業協会非登録のため該当事項はありません。




                                 19/89
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                               田村駒株式会社(E02817)
                                                                                   有価証券報告書
5 【役員の状況】

                                                                              所有株式数
  役名      職名       氏名         生年月日                        略歴            任期
                                                                               (千株)
                                         昭和41年4月    ㈱三和銀行(現㈱三菱東京UFJ銀
                                                    行)入行
                                         平成6年6月     同行取締役
                                         平成9年5月     同行常務取締役
                                         平成11年6月    三和アセットマネジメント㈱
                                                    代表取締役社長(現MU投資顧問
取締役社長
                                                    ㈱)                         30
(執行役員)   総務本部長   冨士智之   昭和19年2月1日生                                (注)2
代表取締役                                    平成13年6月    代表取締役(現)専務取締役総務本
                                                    部長
                                         平成14年4月    取締役副社長
                                         平成15年4月    執行役員(現)
                                         平成15年6月    取締役社長(現)
                                         平成19年6月    総務本部長(現)
                                         昭和47年4月    当社入社
                                         平成9年6月     取締役
                                         平成14年4月    常務取締役
専務取締役 営業本部長兼                             平成15年4月    執行役員(現)
                                                                               16
(執行役員) 関係会社統括    浅見隆明   昭和23年1月2日生                                  (注)2
                                         平成16年6月    営業本部長(現)
代表取締役    室長
                                         平成17年6月    代表取締役(現)
                                                    専務取締役(現)
                                         平成19年4月    関係会社統括室長(現)
                                         昭和50年4月    当社入社
                                         平成12年6月    取締役
                                         平成14年4月    常務取締役
       営業副本部長
                                         平成15年4月    執行役員(現)
 専務取締役 兼原宿衣料事
                                                                               22
(執行役員)代 業部長兼     市川政彦   昭和26年10月3日生                                 (注)2
                                         平成16年6月    営業副本部長(現)
  表取締役 ファッション
        ソフト室長                            平成18年4月    原宿衣料事業部長兼ファッション
                                                    ソフト室長(現)
                                         平成19年6月    代表取締役(現)
                                                    専務取締役(現)
                                         昭和49年4月    ㈱三和銀行(現㈱三菱東京UFJ銀
                                                    行)入行
                                         平成5年10月    三和信用保証(株)保証部長
                                         平成12年12月   ㈱三和銀行福岡支店長(現㈱三菱
  取締役  経理部長兼情                                       東京UFJ銀行)                   5
                 樋口俊郎   昭和26年6月7日生                               (注)2
(執行役員) 報企画室長
                                         平成15年3月    当社入社
                                         平成15年4月    執行役員(現)経理部長(現)
                                         平成19年6月    取締役(現)
                                         平成20年4月    情報企画室長(現)
                                         昭和54年4月    当社入社
                                         平成12年4月    衣料第1部長兼衣料本部営業企画
                                                    室長
  取締役
                           昭和31年11月10日生 平成13年4月     衣料第1部長兼衣料事業部営業企 (注)2       6
       経営企画室長    植木博行
(執行役員)
                                                    画室長
                                         平成15年4月    執行役員(現)経営企画室長(現)
                                         平成19年6月    取締役(現)
                                         昭和44年4月    当社入社
                                         平成11年4月    審査部次長
                                         平成12年4月    審査部副部長
                                                                               32
常勤監査役            豊島繁    昭和20年7月16日生                                 (注)3
                                         平成16年8月    審査部長
                                         平成18年4月    総務本部長付部長
                                         平成19年6月    常勤監査役(現)


                                                                              所有株式数
  役名      職名       氏名         生年月日                        略歴            任期
                                                                               (千株)
                                         昭和40年4月    ㈱三和銀行(現㈱三菱東京UFJ銀
                                                    行)入行
                                         平成7年2月     三和ティーエムシー㈱常務取締役
                                                                               5
 監査役             森田道雄   昭和16年4月10日生                                 (注)3
                                         平成13年4月    ㈱日本ホームファイナンス取締役
                                         平成15年6月    当社監査役(現)

                                            20/89
                                                                               EDINET提出書類
                                                                            田村駒株式会社(E02817)
                                                                                有価証券報告書
                                      昭和37年4月    弁護士登録(現)
                                      昭和51年10月   久保井一匡法律事務所開設(現)
                                                                            ―
 監査役   弁護士   久保井一匡   昭和13年3月25日生                                  (注)3
                                      平成12年4月    日本弁護士連合会会長(2年間)
                                      平成18年6月    当社監査役(現)

                                                        116
                                 計
 (注) 1監査役のうち森田道雄ならびに久保井一匡の両氏は、「会社法」第2条第16号に定める社外監査役でありま
         す。
      2取締役の任期は、平成19年3月期に係わる定時株主総会終結のときから平成20年3月期に係わる定時株主総会
         終結の時までであります。
      3監査役の任期は、平成19年3月期に係わる定時株主総会終結のときから平成23年3月期に係わる定時株主総会
         終結の時までであります。
      4当社は、平成15年4月1日より経営環境の変化に的確、迅速に対応するとともに、業務執行の一層の強化を図る
         ため、執行役員制度を導入しております。
      執行役員(取締役による兼任は除く)は、以下のとおりであります。
            井上哲男  衣料・資材事業部長兼同第2部長
            金丸功  ホームファッション事業部長兼同ホームファッション部長兼意匠企画室長
            藤田誠  大阪衣料事業部長兼同第1部長兼品質管理室長
            佐藤繁  コマテキスタイル㈱代表取締役社長
            脇阪泰雄  田村駒エンジニアリング㈱代表取締役社長
      5当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第2項に定める補欠監査役
         2名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                                          所有株式数
       職名      氏名         生年月日                      略歴              任期
                                                                           (千株)
                                    昭和42年4月      当社入社
                                    平成7年6月       取締役
                                    平成15年4月      執行役員
                                                                    (注)    32
             徳岡勝   昭和19年12月22日生
                                    平成15年6月      常務取締役総務本部長
                                    平成16年4月      情報企画部長
                                    平成19年6月      取締役退任
                                    昭和57年4月      弁護士登録
                                    昭和57年4月      八木・福島・山内法律事務所勤務
                                                                    (注)    ―
       弁護士   中森峻治   昭和20年11月6日生 昭和61年9月       渡辺弥栄司法律特許事務所
                                                 (現グリーンヒル法律特許事務所)
                                                 パートナー弁護士(現任)
                                                                           32
                                  計
 (注)補欠監査役の任期は、就任した時から退任した監査役の任期満了の時までであります。
 




                                         21/89
                                                 EDINET提出書類
                                              田村駒株式会社(E02817)
                                                  有価証券報告書
6 【コーポレート・ガバナンスの状況】
 (コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方)
   当社は、企業価値の向上に向けて、経営環境・社会環境の変化に適切に対応するためには、より迅速な
  意思決定と業務執行を実現していくことが不可欠であるとの認識の下、コーポレートガバナンスの強化
  に積極的に取り組んでおります。
 (1)会社の機関の内容および内部統制システムの整備の状況
   ① 会社の機関の基本説明
     当社は、取締役会を経営方針・戦略の意思決定および業務執行を監督する機関として位置付けて
    おります。又、取締役会の業務の監査には監査役会を設置しております。
   ② 会社の機関の内容




    <取締役会>
      原則月1回開催し、法令で定められた事項や経営に関する重要事項の意思決定および業務執行状
     況の監督を行っております。また、経営会議を原則月1回開催し、取締役会付議事項の事前審議およ
     び取締役会から委譲された範囲内での経営の重要事項について審議・決議を行っております。
     なお、提出日現在の取締役は5名であり、社外取締役はおりません。
   <監査役会>
     監査役は取締役会をはじめ社内の重要な会議に出席し、取締役の業務執行についての監査を行っ
    ております。内部監査室と緊密な連携を保つとともに、会計監査人と定期的な会合を持ち、意見およ
    び情報交換や報告を受けることにより、より効果的な監査業務を行なっております。
    なお、提出日現在の監査役は3名でありうち2名が社外監査役であります。社外監査役久保井一匡氏
    は弁護士であり、法律顧問契約を締結しておりますが、社外監査役森田道雄氏とは特別の利害関係は
    ありません。




                          22/89
                                                       EDINET提出書類
                                                    田村駒株式会社(E02817)
                                                        有価証券報告書
      ③ 内部統制システムの整備の状況
        社長直轄部署である内部監査室(2名)が業務執行各部門に対して、各種規程の遵守、業務執行の
       適法性を定期的に監査し、その結果を被監査部門にフィードバックするとともに、社長ならびに監査
       役に適宜報告しております。
      ④ 会計監査の状況
        当社の会計監査を執行した公認会計士は亀沖正典氏及び竹川清氏並びに坂井俊介氏で3名とも新
       日本監査法人に所属しております。また監査業務にかかる補助者は公認会計士5名、会計士補3名、そ
       の他4名です。
    (2)リスク管理体制の整備の状況
       経営に重大な影響を与えるリスクが発生した場合には、社長を本部長とする対策本部を設置し、情報
      連絡チームおよび顧問弁護士等を含む外部アドバイザリーチームを組織し迅速な対応を行い、損害の
      拡大を防止し、これを最小限に止める体制を整えます。
    (3)役員報酬の内容
       当該事業年度に支払った報酬額は、取締役に対する報酬が90,400千円、監査役に対する報酬が
      16,200千円(うち社外監査役5,400千円)であります。
    (4)監査報酬の内容
       当期における当社会計監査人である新日本監査法人に対する、公認会計士法(昭和23年法律第103
      条)第2条第1項に規定する業務に基づく報酬額は22,000千円であります。
    (5)定款で定めた取締役の定数並びに選任の決議要件
       当社の取締役は、12名以内とする旨、また取締役の選任決議は議決権を行使することができる株主の
      3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数で行い、累積投票によらないものとする旨を定
      款で定めております。
    (6)株主総会決議事項を取締役会決議にてできると定めた事項
       平成19年6月27日第128期定時株主総会におきまして、「剰余金の配当等の決定機関」について、機動
      的な配当政策および資本政策を遂行するため、「当会社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に
      定める事項については、法令に別段の定めある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議に
      より定めることができる。」とした定款変更を決議しております。又、取締役の事業年度の経営責任を
      明確にし、経営環境の変化に迅速に対応した経営体制を構築するため取締役の任期を1年とする旨の定
      款変更も同総会において決議しております。
    (7)株主総会の特別決議要件
       当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議について、議決権を行使することができる
      株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行なう旨定款に
      定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑
      な運営を行なうことを目的とするものであります。





                                 23/89
                                                          EDINET提出書類
                                                       田村駒株式会社(E02817)
                                                           有価証券報告書

第5 【経理の状況】


1連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
    (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令
     第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
      なお、前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に
     基づき、当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に
     基づいて作成しております。

    (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。
     以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
      なお、前事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づ
     き、当事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作
     成しております。

2監査証明について
     当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31
    日まで)及び第128期事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)の連結財務諸表及び財務諸表
    については、みすず監査法人の監査を受け、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当連結会計
    年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)及び第129期事業年度(平成19年4月1日から平成20年
    3月31日まで)の連結財務諸表及び財務諸表については、新日本監査法人の監査を受けております。
     なお、当社の監査人は次のとおり交代しております。
    第128期連結会計年度の連結財務諸表及び第128期事業年度の財務諸表みすず監査法人
    第129期連結会計年度の連結財務諸表及び第129期事業年度の財務諸表新日本監査法人





                               24/89
                                                                                          EDINET提出書類
                                                                                       田村駒株式会社(E02817)
                                                                                           有価証券報告書

1 【連結財務諸表等】
    (1) 【連結財務諸表】
     ① 【連結貸借対照表】

                                   前連結会計年度                          当連結会計年度
                                 (平成19年3月31日)                     (平成20年3月31日)
                   注記                               構成比                              構成比
            区分                    金額(千円)                           金額(千円)
                    番号                                 (%)                              (%)
        (資産の部)
Ⅰ流動資産
1現金及び預金          ※1                     2,735,929                        2,770,279
                       2,4
2受取手形及び売掛金       ※                     25,785,551                       21,172,979
                       5,6
3有価証券                                     260,585                               ―
4たな卸資産                                  8,547,900                        8,169,083
5繰延税金資産                                   585,596                          768,231
6その他                                    1,103,568                        1,150,006
                                         △ 901,433                        △ 689,362
貸倒引当金
流動資産合計                                              72.5                             72.7
                                         38,117,698                       33,341,218
Ⅱ固定資産
1有形固定資産
(1) 建物及び構築物      ※1        8,771,316                        8,627,957
                             5,277,982                        5,332,529
減価償却累計額                               3,493,333                        3,295,427
(2) 機械装置及び運搬具               440,587                           456,163
                              361,781                           380,030
減価償却累計額                                  78,805                           76,133
(3) 土地           ※1                     1,511,641                        1,650,336
(4) 建設仮勘定                                       ―                           73,831
(5) その他                     690,970                           695,383
                              281,231       409,739             281,391      413,991
減価償却累計額
有形固定資産合計                                            10.4                             12.0
                                          5,493,519                        5,509,720
2無形固定資産
(1) 営業権                                     3,200                            1,600
(2) ソフトウェア                                245,694                          191,929
                                             28,361                           24,798
(3) その他
無形固定資産合計                                            0.5                              0.4
                                            277,255                          218,327
3投資その他の資産
(1) 投資有価証券       ※ 1,2                  7,687,282                        5,285,502
(2) 長期貸付金                                  64,174                           46,843
(3) 繰延税金資産                                 24,468                           10,245
(4) その他                                 1,112,772                        1,607,517
                                         △ 179,033                        △ 127,971
貸倒引当金
投資その他の資産合計                             8,709,664    16.6                6,822,136    14.9
固定資産合計                                14,480,439    27.5               12,550,184    27.3
資産合計                                  52,598,138   100.0               45,891,403   100.0




                                          25/89
                                                                            EDINET提出書類
                                                                         田村駒株式会社(E02817)
                                                                             有価証券報告書
                            前連結会計年度                    当連結会計年度
                           (平成19年3月31日)               (平成20年3月31日)
                    注記                      構成比                        構成比
              区分           金額(千円)                     金額(千円)
                     番号                        (%)                        (%)
         (負債の部)

    Ⅰ流動負債

    1支払手形及び買掛金    ※6         19,118,914                 16,485,140

    2短期借入金        ※1         11,041,430                  7,179,748

    3未払金                      2,893,261                  2,365,621

    4未払法人税等                       357,603                     48,641

    5賞与引当金                        289,200                    243,120

    6役員賞与引当金                       34,300                     24,950

                                    500,241                    911,513
    7その他

    流動負債合計                                  65.1                       59.4
                               34,234,951                 27,258,735

    Ⅱ固定負債

    1長期借入金        ※1          1,720,124                  3,410,047

    2繰延税金負債                   1,861,027                  1,014,460

    3退職給付引当金                       90,909                     60,433

    4役員退職慰労引当金                         −                      88,148

                                1,971,062                  1,948,442
    5その他

    固定負債合計                   5,643,123      10.7        6,521,532      14.2

    負債合計                                    75.8                       73.6
                               39,878,074                 33,780,268



         (純資産の部)

    Ⅰ株主資本

    1資本金                      1,240,000                  1,240,000

    2資本剰余金                        440,000                    440,000

    3利益剰余金                    8,871,077                  9,820,758

                                 △ 1,930                   △ 46,283
    4自己株式

    株主資本合計                                  20.1                       25.0
                               10,549,146                 11,454,474

    Ⅱ評価・換算差額等
    1その他有価証券
                                2,185,676                      905,983
    評価差額金
                                △ 14,759                  △ 249,322
    2繰延ヘッジ損益

    評価・換算差額等合計               2,170,916       4.1            656,660     1.4

    純資産合計                   12,720,063      24.2       12,111,135      26.4

    負債及び純資産合計               52,598,138     100.0       45,891,403     100.0







                                26/89
                                                                                      EDINET提出書類
                                                                                   田村駒株式会社(E02817)
                                                                                       有価証券報告書

    ② 【連結損益計算書】

                             前連結会計年度                           当連結会計年度
                          (自平成18年4月1日                      (自平成19年4月1日
                           至平成19年3月31日)                     至平成20年3月31日)
                  注記                    百分比                               百分比
          区分               金額(千円)                            金額(千円)
                  番号                     (%)                               (%)
Ⅰ売上高                              101,906,642   100.0               99,307,208   100.0
                                    89,273,647                       87,083,198
Ⅱ売上原価                                            87.6                             87.7
売上総利益                                          12.4                             12.3
                                    12,632,994                       12,224,009
Ⅲ販売費及び一般管理費      ※1
1販売費                 2,876,325                         2,709,494
                       7,667,924    10,544,249           7,508,196   10,217,690
2一般管理費                                          10.4                             10.3
営業利益                                            2.0                              2.0
                                     2,088,744                        2,006,319
Ⅳ営業外収益
1受取利息                   10,322                             9,310
2受取配当金                 103,432                           125,396
3仕入割引                   35,092                            33,524
4有価証券運用益                11,341                                ―
                         111,726                            64,651
5その他                                 271,914     0.3                  232,882     0.2
Ⅴ営業外費用
1支払利息                  380,498                           301,007
2手形売却損                  33,577                            54,029
3売上割引                  133,351                           107,819
4有価証券運用損                    ―                             74,637
5債権回収保証料                28,704                            27,491
                          41,964       618,096              47,231      612,215
6その他                                             0.6                              0.6
経常利益                                            1.7                              1.6
                                     1,742,563                        1,626,986
Ⅵ特別利益
1投資有価証券売却益              70,170                                ―
2債務免除益                  31,418                           135,364
3貸倒引当金戻入益                   ―                            189,771
                           1,366                             4,211
4その他                                 102,955     0.1                  329,347     0.3
Ⅶ特別損失
1役員退職金                  36,165                                ―
2固定資産除却損        ※2      22,241                             8,427
3固定資産売却損        ※3         775                                ―
4原宿移転費用                 64,961                                ―
5投資有価証券評価損                  ―                            288,953
6関係会社整理に伴う損失                ―                            829,610
7過年度役員退職慰労
                              ―                            128,232
引当金繰入額
8事業譲渡損                      ―                            110,765
                          11,245       135,388              25,954    1,391,942
9その他                                             0.1                              1.4
税金等調整前当期純利益                                     1.7                              0.5
                                     1,710,129                          564,391
法人税、住民税
                         688,575                            83,907
及び事業税
                          31,241       719,816               6,752       90,660
法人税等調整額                                         0.7                              0.1
当期純利益                               990,312     1.0                  473,730     0.4







                                       27/89
                                                                                                        EDINET提出書類
                                                                                                     田村駒株式会社(E02817)
                                                                                                         有価証券報告書

     ③ 【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)

                                                       株主資本

                     資本金               資本剰余金           利益剰余金               自己株式             株主資本合計

平成18年3月31日残高(千円)      1,240,000          440,000             8,018,228          △1,610         9,696,617

連結会計年度中の変動額

自己株式の取得                     ―                 ―                    ―                △320           △320

剰余金配当(注)                   ―                 ―             △101,964                  ―       △101,964

役員賞与(注)                    ―                 ―              △35,500                  ―        △35,500

当期純利益                       ―                 ―               990,312                 ―         990,312

株主資本以外の項目の
                             ―                 ―                    ―                  ―              ―
当連結会計年度中の変動額
連結会計年度中の変動額合計
                             ―                 ―               852,848               △320        852,528
(千円)
平成19年3月31日残高(千円)      1,240,000          440,000             8,871,077          △1,930        10,549,146


                                        評価・換算差額等
                                                                                            純資産合計
                    その他有価証券                                         評価・換算
                                         繰延ヘッジ損益
                     評価差額金                                          差額等合計

平成18年3月31日残高(千円)           2,588,580                    ―                2,588,580            12,285,197

連結会計年度中の変動額

自己株式の取得                          ―                     ―                       ―                   △320

剰余金配当(注)                        ―                     ―                       ―              △101,964

役員賞与(注)                         ―                     ―                       ―               △35,500

当期純利益                            ―                     ―                       ―                990,312

株主資本以外の項目の
                           △402,903                △14,759               △417,663              △417,663
当連結会計年度中の変動額
連結会計年度中の変動額合計
                           △402,903                △14,759               △417,663                434,865
(千円)
平成19年3月31日残高(千円)           2,185,676               △14,759               2,170,916            12,720,063
    (注)平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。





                                            28/89
                                                                                                      EDINET提出書類
                                                                                                   田村駒株式会社(E02817)
                                                                                                       有価証券報告書
        当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)

                                                        株主資本

                      資本金               資本剰余金           利益剰余金                自己株式          株主資本合計

平成19年3月31日残高(千円)       1,240,000          440,000             8,871,077           △1,930      10,549,146

連結会計年度中の変動額

連結子会社減少による増加額                −                 −               577,909                −         577,909

連結子会社減少による減少額                −                 −                    −                 −              −

自己株式の取得                      −                 −                    −           △44,353        △44,353

剰余金配当                        −                 −             △101,959                 −       △101,959

当期純利益                        −                 −               473,730                −         473,730

株主資本以外の項目の
                              −                 −                    −                 −              −
当連結会計年度中の変動額
連結会計年度中の変動額合計
                              −                 −               949,680          △44,353         905,327
(千円)
平成20年3月31日残高(千円)       1,240,000          440,000             9,820,758          △46,283      11,454,474


                                         評価・換算差額等
                                                                                           純資産合計
                     その他有価証券                                         評価・換算
                                          繰延ヘッジ損益
                      評価差額金                                          差額等合計

平成19年3月31日残高(千円)            2,185,676               △14,759                2,170,916         12,720,063

連結会計年度中の変動額

連結子会社減少による増加額                     −                     −                        −             577,909

連結子会社減少による減少額               △12,024                     −                  △12,024            △12,024

自己株式の取得                           −                     −                        −            △44,353

剰余金配当                             −                     −                        −           △101,959

当期純利益                             −                     −                        −             473,730

株主資本以外の項目の
                         △1,267,668             △234,563                  △1,502,231         △1,502,231
当連結会計年度中の変動額
連結会計年度中の変動額合計
                         △1,279,692             △234,563                  △1,514,256          △608,928
(千円)
平成20年3月31日残高(千円)              905,983           △249,322                     656,660         12,111,135
    





                                             29/89
                                                                           EDINET提出書類
                                                                        田村駒株式会社(E02817)
                                                                            有価証券報告書

    ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】

                                 前連結会計年度                    当連結会計年度
                              (自平成18年4月1日               (自平成19年4月1日
                               至平成19年3月31日)              至平成20年3月31日)
                         注記
              区分                      金額(千円)                金額(千円)
                         番号
Ⅰ営業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前当期純利益                             1,710,129                 564,391
減価償却費                                       327,818               324,736
その他の償却費                                      31,516                13,222
貸倒引当金の増減額(△は減少)                         △188,640               △258,133
賞与引当金の増減額(△は減少)                              23,780             △40,680
役員賞与引当金の増減額(△は減少)                            34,300               △9,350
退職給付引当金の増減額(△は減少)                       △202,159                  △1,968
役員退職慰労引当金の増減額
                                                    ―                 88,148
    (△は減少)
債務免除益                                    △31,418               △135,364
受取利息及び受取配当金                             △113,754               △134,706
支払利息                                        380,498               301,007
為替差損益(△は差益)                                 △2,307                  9,006
有価証券運用損益(△は運用益)                          △11,341                   74,637
投資有価証券売却損益(△は売却益)                        △70,163                       ―
投資有価証券評価損                                        ―                288,953
関係会社整理に伴う損失                                      ―                829,610
事業譲渡損                                            ―                110,765
固定資産売却損                                         775                    ―
固定資産除却損                                      22,241                 8,427
原宿移転費用                                       64,961                    ―
役員退職金                                        36,165                    ―
売上債権の増減額(△は増加)                          6,167,233              3,976,349
たな卸資産の増減額(△は増加)                             △6,638             △306,253
仕入債務の増減額(△は減少)                          △757,253               △929,717
役員賞与の支払額                                 △35,500                       ―
未払金の増減額(△は減少)                                    ―             △496,747
未収入金の増減額(△は増加)                                   ―             △165,618
その他                                      △93,465                △47,687
小計                                 7,286,778              4,063,028
利息及び配当金の受取額                                 113,756               134,989
利息の支払額                                  △377,134               △311,491
役員退職金の支払額                                △36,165                       ―
関係会社整理に伴う支払額                                     ―              △33,160
法人税等の支払額                                △666,882               △683,413
営業活動によるキャッシュ・フロー                        6,320,353              3,169,952

                                前連結会計年度                    当連結会計年度
                              (自平成18年4月1日               (自平成19年4月1日
                              至平成19年3月31日)              至平成20年3月31日)
                         注記
              区分                      金額(千円)                金額(千円)
                         番号
Ⅱ投資活動によるキャッシュ・フロー
定期預金の預入による支出                             △24,031                △16,016
定期預金の払戻による収入                                146,431               317,503
有価証券の取得による支出                            △189,265               △190,601
有価証券の売却による収入                                219,639               376,549
有形固定資産の取得による支出                           △97,590                △57,231
                              30/89
                                                            EDINET提出書類
                                                         田村駒株式会社(E02817)
                                                             有価証券報告書
有形固定資産の売却による収入                            26           ―
無形固定資産の取得による支出                      △22,244      △23,584
投資有価証券の取得による支出                     △521,070     △139,722
投資有価証券の売却による収入                       310,034           ―
貸付による支出                             △19,686      △24,363
貸付金の回収による収入                           25,857       32,253
出資による支出                                   ―     △103,960
連結の範囲の変更を伴う子会社株式
                        ※2                   ―     △680,246
売却による支出
その他                                 △72,751         2,493
投資活動によるキャッシュ・フロー                   △244,651     △506,925
Ⅲ財務活動によるキャッシュ・フロー
短期借入金の純増減額(△は純減額)                 △4,932,000   △2,491,963
長期借入金の借入による収入                        250,000    2,559,135
長期借入金の返済による支出                     △1,066,207   △2,238,930
配当金の支払                             △101,984     △102,072
自己株式取得による支出                               ―      △44,353
その他                                    △320            ―
財務活動によるキャッシュ・フロー                  △5,850,511   △2,318,183
Ⅳ現金及び現金同等物に係る換算差額                        2,307      △9,006
Ⅴ現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                   227,497      335,836
Ⅵ現金及び現金同等物期首残高                       2,184,400    2,411,897
Ⅶ現金及び現金同等物期末残高         ※1            2,411,897    2,747,734






                             31/89
                                                                  EDINET提出書類
                                                               田村駒株式会社(E02817)
                                                                   有価証券報告書
    連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項

                          前連結会計年度                当連結会計年度
         項目            (自平成18年4月1日           (自平成19年4月1日
                        至平成19年3月31日)          至平成20年3月31日)
    1連結の範囲に関する事項   (イ)連結子会社の数9社          (イ)連結子会社の数5社
                    主要な連結子会社の名称          主要な連結子会社の名称
                    ㈱千葉ヤマモト              コマテキスタイル㈱
                    ㈱東京ヤマモト              田村駒エンジニアリング㈱
                    コマテキスタイル㈱            武田㈱
                    田村駒エンジニアリング㈱         イケダ㈱
                    武田㈱                  コマ・ホームファッション㈱
                    ㈱ムーラントータリア           株式会社ムーラントータリア、メル
                    メルシャン㈱                  シャン株式会社及び株式会社千葉
                    イケダ㈱                    ヤマモトは当連結会計年度中に清
                    コマ・ホームファッション㈱           算結了したため、連結の範囲から
                    コマイーグルス株式会社は当連結会        除いております。
                       計年度中に清算結了したため、連     株式会社東京ヤマモトは、当連
                       結の範囲から除いております。      結会計年度中に全株式を売却
                                           したため、連結の範囲から除い
                                           ております。
                    (ロ)主要な非連結子会社           (ロ)主要な非連結子会社
                    非連結子会社は、コマサービス㈱、田             同左
                       村駒(香港)有限公司、中央技研㈱、
                       田村駒(上海)紡織品有限公司であ
                       ります。
                    非連結子会社について連結の範囲か
                       ら除いた理由
                    非連結子会社4社は、いずれも小規
                       模会社であり、合計の総資産、売上
                       高、当期純損益(持分に見合う額)
                       及び利益剰余金(持分に見合う額)
                       等は、いずれも連結財務諸表に重
                       要な影響を及ぼしていないためで
                       あります。
    2持分法の適用に関する事      持分法を適用していない理由         持分法を適用していない理由
      項                非連結子会社コマサービス㈱他3       非連結子会社コマサービス㈱他3
                       社及び関連会社㈱TCSロジス        社及び関連会社㈱TCSロジス
                       ティクス、㈱SSTインターナ        ティクス、㈱SSTインターナ
                       ショナル、浙江藍博田村駒塑膠有       ショナル、浙江藍博田村駒塑膠有
                       限公司は、それぞれ連結純損益及       限公司は、それぞれ連結純損益及
                       び利益剰余金等に及ぼす影響が軽       び利益剰余金等に及ぼす影響が軽
                       微であり、かつ全体としても重要       微であり、かつ全体としても重要
                       性がないため、持分法の適用から       性がないため、持分法の適用から
                       除外しております。             除外しております。
                       なお、㈱ウイング及び㈱冨岡繊維
                       は株式売却に伴い、関連会社では
                       なくなっております。
    3連結子会社の事業年度等      連結子会社の決算日は3月31日で             同左
      に関する事項           あり、連結決算日と同一でありま
                       す。




                                  32/89
                                                                      EDINET提出書類
                                                                   田村駒株式会社(E02817)
                                                                       有価証券報告書
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
          項目              (自平成18年4月1日            (自平成19年4月1日
                           至平成19年3月31日)           至平成20年3月31日)
    4会計処理基準に関する事
        項
    (1) 重要な資産の評価基準   ①有価証券                  ①有価証券
          及び評価方法      a売買目的有価証券             a売買目的有価証券
                      時価法(売却原価は、移動平均法に              同左
                           より算定)
                      b満期保有目的の債券            b満期保有目的の債券
                      償却原価法                           同左
                      cその他有価証券              cその他有価証券
                      時価のあるもの              時価のあるもの
                      期末日前1ヶ月間の市場価格等の      同左
                            平均に基づく時価法(売却原
                            価は、移動平均法により算定。
                            評価差額は全部純資産直入法
                            により処理)
                      時価のないもの              時価のないもの
                      移動平均法による原価法                  同左
                      ②デリバティブ取引              ②デリバティブ取引
                      時価法                            同左
                      ③たな卸資産                 ③たな卸資産
                      主として移動平均法による原価法に               同左
                          よっております。
    (2) 重要な減価償却資産の   有形固定資産……定率法            有形固定資産……同左
         減価償却方法       ただし、平成10年4月1日以降に取得              同左
                      した建物(建物附属設備を除く。)につ
                      いては、定額法を採用しております。
                      なお、主な耐用年数は次のとおりであ
                      ります。
                        建物及び構築物       3∼50年
                                              (会計方針の変更)
                                                  法人税法の改正((所得税法等の一
                                                  部を改正する法律平成19年3月
                                                  30日法律第6号)及び(法人税法
                                                  施行令の一部を改正する政令平
                                                  成19年3月30日政令第83号))に伴
                                                  い、当連結会計年度から、平成19年
                                                  4月1日以降に取得したものにつ
                                                  いては、改正後の法人税法に基づ
                                                  く方法に変更しております。
                                                  この変更による影響額は、軽微で
                                                  あります。
                                                  なお、セグメント情報に与える影
                                                  響については、当該箇所に記載し
                                                  ております。
                                              (追加情報)
                                                  当連結会計年度から、平成19年3
                                                  月31日以前に取得したものについ
                                                  ては、償却可能限度額まで償却が
                                                  終了した翌年から5年間で均等償
                                                  却する方法によっております。
                                                  この変更による影響額は軽微であ
                                                  ります。なお、セグメント情報に与
                                                  える影響については、当該箇所に
                                                  記載しております。




                                     33/89
                                                                  EDINET提出書類
                                                               田村駒株式会社(E02817)
                                                                   有価証券報告書
                         前連結会計年度                 当連結会計年度
      項目              (自平成18年4月1日            (自平成19年4月1日
                       至平成19年3月31日)           至平成20年3月31日)
                  無形固定資産……定額法             無形固定資産……同左
                  ただし、ソフトウェア(自社利用分)に               同左
                  ついては、社内における利用可能期間
                  (5年)に基づく定額法によっておりま
                  す。
(3) 重要な引当金の計上基   ①貸倒引当金                  ①貸倒引当金
     準            債権の貸倒による損失に備えるた                  同左
                      め、一般債権については貸倒実績
                      率により、貸倒懸念債権等特定の
                      債権については個別に回収可能性
                      を勘案し、回収不能見込額を計上
                      しております。
                  ②賞与引当金                  ②賞与引当金
                  従業員に対して支給する賞与の支出                 同左
                      に充てるため、支給見込額に基づ
                      き計上しております。
                  ③役員賞与引当金                ③役員賞与引当金
                  役員に対して支給する賞与の支         役員に対して支給する賞与の支
                  出に充てるため、当連結会計年         出に充てるため、当連結会計年
                  度における支給見込額に基づき         度における支給見込額に基づき
                  計上することとしております。         計上することとしております。
                  (会計方針の変更)
                  当連結会計年度より「役員賞与に関
                     する会計基準」(企業会計基準委
                     員会平成17年11月29日企業会計
                     基準第4号)を適用しております。
                  この結果、販売費および一般管理費
                     が34,300千円増加し、営業利益、経
                     常利益及び税金等調整前当期純利
                     益がそれぞれ同額減少しておりま
                     す。
                  ④退職給付引当金                ④退職給付引当金
                  従業員の退職給付に備えるため、                同左
                      当連結会計年度末における退職
                      給付債務及び年金資産の見込み
                      額に基づき、当連結会計年度末
                      において発生していると認めら
                      れる額を計上して おります。
                  数理計算上の差異については、
                      その発生時の従業員の平均残存
                      勤務期間以内の一定の年数(10
                      年)による按分額(定率法による)
                      をそれぞれ発生の翌連結会計年
                      度から費用処理することとして
                      おります。
                  また、執行役員の退職慰労金の
                      支出に備えて、内規に基づく連
                      結会計年度末要支給額を計上し
                      ており、退職給付引当金に含め
                      て表示しております。

                         前連結会計年度                 当連結会計年度
      項目              (自平成18年4月1日            (自平成19年4月1日
                       至平成19年3月31日)           至平成20年3月31日)




                                 34/89
                                                                 EDINET提出書類
                                                              田村駒株式会社(E02817)
                                                                  有価証券報告書
                  ⑤―――             ⑤役員退職慰労引当金
                                         役員の退職慰労金の支出に備えるた
                                             め、内規に基づく連結会計年度末
                                             要支給額を計上しております。
                                         (会計方針の変更)
                                             役員退職慰労金は、従来支出時の
                                             費用としておりましたが、当連結
                                             会計年度より「租税特別措置法上
                                             の準備金及び特別法上の引当金又
                                             は準備金並びに役員退職慰労引当
                                             金等に関する監査上の取扱い」
                                             (日本公認会計士協会平成19年4
                                             月13日監査・保証実務委員会報
                                             告第42号)の公表及び「役員賞与
                                             に関する会計基準」(企業会計基
                                             準委員会企業会計基準第4号)の
                                             適用により役員賞与が費用処理さ
                                             れることになったことを契機とし
                                             て、連結会計年度末要支給額を役
                                             員退職慰労引当金として計上する
                                             方法に変更しております。
                                             これに伴い、前連結会計年度と同
                                             一の方法によった場合と比べ、営
                                             業利益が22,416千円、経常利益が
                                             22,416千円、税金等調整前当期純
                                             利益が88,148千円それぞれ減少し
                                             ております。
                                             なお、セグメント情報に与える影
                                             響については、当該箇所に記載し
                                             ております。
(4) 重要な外貨建の資産又   外貨建金銭債権債務等は決算日の直物                   同左
     は負債の本邦通貨への   為替相場により円貨に換算し、換算差
     換算の基準        額は損益として処理しております。
(5) 重要なリース取引の処   リース物件の所有権が借主に移転する                同左
     理方法          と認められるもの以外のファイナンス
                  ・リース取引については、通常の賃貸
                  借取引に係る方法に準じた会計処理に
                  よっております。

                         前連結会計年度                当連結会計年度
      項目              (自平成18年4月1日           (自平成19年4月1日
                       至平成19年3月31日)          至平成20年3月31日)
(6) 重要なヘッジ会計の方   ①ヘッジ会計の方法             ①ヘッジ会計の方法
     法            繰延ヘッジ処理によっております。                    同左
                  また、為替予約等が付されている外
                      貨建債権債務については振当処理
                      を行っております。
                  さらに、ヘッジ会計の要件を満たす
                      金利スワップの一部については、
                      特例処理を採用しております。
                  ②ヘッジ手段とヘッジ対象          ②ヘッジ手段とヘッジ対象
                  ヘッジ手段                ヘッジ手段
                  デリバティブ取引(為替予約取引及               同左
                       び金利スワップ取引等)
                  ヘッジ対象                ヘッジ対象
                  外貨建資産・負債及び変動金利借                    同左
                       入金




                                 35/89
                                                                       EDINET提出書類
                                                                    田村駒株式会社(E02817)
                                                                        有価証券報告書
                       ③ヘッジ方針               ③ヘッジ方針
                       外貨建取引について、その取引契約                      同左
                          時に、為替予約等により円貨額を
                          確定させ、為替リスクについて
                          ヘッジすることを原則としており
                          ます。
                       また、変動金利借入金に対し、金利ス
                          ワップ等を取組むことにより、借
                          入金利の固定化を図り、金利上昇
                          リスクをヘッジすることを原則と
                          しております。
                       ④ヘッジ有効性評価の方法         ④ヘッジ有効性評価の方法
                       ヘッジ手段の相場又はキャッシュ・            同左
                          フローの変動額の累計額とヘッジ
                          対象の相場又はキャッシュ・フ
                          ローの変動額の累計額を比較して
                          有効性の判定を行っております。
    (7) その他の連結財務諸表    消費税及び地方消費税の会計処理       消費税及び地方消費税の会計処理
          作成のための重要な事   税抜方式によっております。                 同左
          項
    5連結子会社の資産及び負      連結子会社の資産及び負債の評価方法                  同左
        債の評価に関する事項     は、全面時価評価法によっております。
    6のれん及び負ののれんの      のれんは、5年間で均等償却しており      同左
        償却に関する事項       ます。
    7連結キャッシュ・フロー      手許現金、要求払預金及び取得日から                  同左
        計算書における資金の範    3ヶ月以内に満期日の到来する流動性
        囲              の高い、容易に換金可能であり、かつ、
                       価値の変動について僅少なリスクしか
                       負わない短期的な投資であります。





                                    36/89
                                                             EDINET提出書類
                                                          田村駒株式会社(E02817)
                                                              有価証券報告書
    (会計方針の変更)

            前連結会計年度                         当連結会計年度
         (自平成18年4月1日                    (自平成19年4月1日
          至平成19年3月31日)                   至平成20年3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等)    ―――
(自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準等
の一部改正)
当連結会計年度から「貸借対照表の純資産の部の表示に
関する会計基準」(企業会計基準委員会平成17年12月9
日企業会計基準第5号)及び「貸借対照表の純資産の部
の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準
委員会平成17年12月9日企業会計基準適用指針第8
号)並びに改正後の「自己株式及び準備金の額の減少等
に関する会計基準」(企業会計基準委員会最終改正平成
18年8月11日企業会計基準第1号)及び「自己株式及び
準備金の額の減少等に関する会計基準の適用指針」(企
業会計基準委員会最終改正平成18年8月11日企業会計
基準適用指針第2号)を適用しております。
これによる損益に与える影響はありません。
なお、従来の「資本の部」の合計に相当する金額は
12,734,822千円であります。
連結財務諸表規則の改正により、当連結会計年度におけ
る連結財務諸表は、改正後の連結財務諸表規則により作
成しております。

    (表示方法の変更)

            前連結会計年度                         当連結会計年度
         (自平成18年4月1日                    (自平成19年4月1日
          至平成19年3月31日)                   至平成20年3月31日)
                ―――             (連結キャッシュ・フロ−計算書)
                                前連結会計年度において、営業活動によるキャッシュ・
                                フロ−の「その他」に含めておりました「未払金の増減
                                額(△は減少)」及び「未収入金の増減額(△は増
                                加)」は、重要性が増したため、当連結会計年度より区分
                                掲記しております。
                                なお、前連結会計年度における増減額はそれぞれ以下の
                                とおりです。
                                未払金の増減額(△は減少)△163,123千円
                                未収入金の増減額(△は増加)△1,959







                                 37/89
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                              田村駒株式会社(E02817)
                                                                                  有価証券報告書
    注記事項
    (連結貸借対照表関係)

                前連結会計年度                                     当連結会計年度
              (平成19年3月31日)                                (平成20年3月31日)
※1担保資産及び担保付債務                                 ※1担保資産及び担保付債務
(1) 担保に供している資産                               (1) 担保に供している資産
        建物                 1,756,040千円
                                                       建物            1,657,862千円
        構築物                    9,093
                                                       構築物               8,036
        土地                   135,128
                                                       土地              135,128
        投資有価証券               409,428
                                                       定期預金             16,000
        定期預金                  16,000
                                                       計         1,817,027
        計              2,325,689
                                               担保付債務
担保付債務
                                                       短期借入金            10,000千円
        短期借入金                350,000千円
                                                       長期借入金           372,259
        長期借入金                504,204
                                                       (1年以内返済予定のものを含む)
        (1年以内返済予定のものを含む)
                                                       計           382,259
        計                854,204
(2) 取引保証金等の代用として差入れている資産                     (2) 取引保証金等の代用として差入れている資産
        投資有価証券             2,373,775千円                 投資有価証券        1,526,270千円

※2非連結子会社及び関連会社に係る注記            ※2非連結子会社及び関連会社に係る注記
各科目に含まれている非連結子会社及び関連会社に 各科目に含まれている非連結子会社及び関連会社に
    対するものは次のとおりであります。              対するものは次のとおりであります。
      投資有価証券(株式)      139,847千円      投資有価証券(株式)      139,847千円

3保証債務                           3保証債務
(1) 他社の金融機関からの借入金等に対して次のとお (1) 他社の金融機関からの借入金等に対して次のとお
       り保証を行っております。                    り保証を行っております。
        田村駒(香港)有限公司      69,085千円       田村駒(香港)有限公司     18,905千円
                     (581千米ドル等)                     (175千米ドル等)
        計            69,085千円       計           18,905千円

(2) 他社の金融機関からの借入金等に対して次の通り                   (2) 他社の金融機関からの借入金等に対して次の通り
        経営指導念書を差入れております。                              経営指導念書を差入れております。
         田村駒(上海)紡織品                124,337千円           田村駒(上海)紡織品      130,101千円
         有限公司                   (1,053千米ドル)            有限公司         (1,298千米ドル)
上記のうち、外貨建保証債務は、決算日の為替相場に                    上記のうち、外貨建保証債務は、決算日の為替相場に
      より円換算しています。                                    より円換算しています。
                                              
※4受取手形割引高                         160,558千円   ※4受取手形割引高              114,749千円
受取手形裏書譲渡高                        44,404     受取手形裏書譲渡高             33,390
※5債権流動化に伴う買戻し義務 1,128,373千円                 ※5債権流動化に伴う買戻し義務 2,531,828千円
※6連結会計年度末日満期手形の会計処理                           ※6―――
連結会計年度末日満期手形は、手形交換日をもって決
      済処理しております。
      従って、当連結会計年度末日は、金融機関の休日で
      あったため、連結会計年度末日満期手形が、以下の
      科目に含まれております。
      受取手形 1,445,147千円
      支払手形 586,366千円





                                                38/89
                                                           EDINET提出書類
                                                        田村駒株式会社(E02817)
                                                            有価証券報告書
    (連結損益計算書関係)

            前連結会計年度                       当連結会計年度
         (自平成18年4月1日                  (自平成19年4月1日
          至平成19年3月31日)                 至平成20年3月31日)
※1販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額 ※1販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額
   は次のとおりであります。                は次のとおりであります。
    運送費              820,238千円  運送費            778,366千円
    保管料              238,004    保管料            200,429
    貸倒引当金繰入額          68,314    従業員給与手当      3,002,221
    従業員給与手当        3,046,820    賞与引当金繰入額       243,120
    賞与引当金繰入額         289,200    役員賞与引当金繰入額      24,950
    役員賞与引当金繰入額        34,300    退職給付費用         111,211
    退職給付費用            81,279    法定福利費          519,631
    法定福利費            546,323    旅費交通費          586,368
    旅費交通費            573,324    減価償却費          224,028
    減価償却費            236,716

※2固定資産除却損の内容は次のとおりであります。     ※2固定資産除却損の内容は次のとおりであります。
     建物              11,304千円      建物              2,832千円
     器具備品             4,634        器具備品            1,031
     その他              6,302        その他             4,563


※3固定資産売却損の内容は次のとおりであります。   ※3―――
     電話加入権            692千円
     車両運搬具             83






                               39/89
                                                                                               EDINET提出書類
                                                                                            田村駒株式会社(E02817)
                                                                                                有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
    前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
    1発行済株式に関する事項
      株式の種類        前連結会計年度末                     増加                     減少          当連結会計年度末

    普通株式(株)              17,000,000                          ―                 ―      17,000,000


    2自己株式に関する事項
      株式の種類        前連結会計年度末                     増加                     減少          当連結会計年度末

    普通株式(株)                   5,985                      800                   ―           6,785

(変動事由の概要)
増加数の内訳は、次の通りであります。
単元未満株式の買取請求による増加800株
    3新株予約権等に関する事項
       該当する事項は、ありません。

    4配当に関する事項
      (1) 配当金支払額
                               配当金の総額           1株当たり配当額
        決議        株式の種類                                                  基準日         効力発生日
                                 (千円)              (円)
    平成18年6月28日
                   普通株式               101,964                    6    平成18年3月31日   平成18年6月28日
    定時株主総会

      (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの




                                       配当金の総額                1株当たり
       決議        株式の種類    配当の原資                                             基準日      効力発生日
                                         (千円)                配当額(円)
    平成19年6月27日
                 普通株式     利益剰余金             101,959                  6 平成19年3月31日 平成19年6月28日
    定時株主総会





                                                     40/89
                                                                                               EDINET提出書類
                                                                                            田村駒株式会社(E02817)
                                                                                                有価証券報告書
    当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
    1発行済株式に関する事項
      株式の種類        前連結会計年度末                     増加                     減少          当連結会計年度末

    普通株式(株)              17,000,000                          ―                 ―      17,000,000


    2自己株式に関する事項
      株式の種類        前連結会計年度末                     増加                     減少          当連結会計年度末

    普通株式(株)                   6,785                  100,930                   ―         107,715

(変動事由の概要)
増加数の内訳は、次の通りであります。
取締役会決議(平成19年8月20日)に基づく取得による増加100,000株
      単元未満株式の買取請求による増加 930株
    3新株予約権等に関する事項
       該当する事項は、ありません。

    4配当に関する事項
      (1) 配当金支払額
                               配当金の総額           1株当たり配当額
        決議        株式の種類                                                  基準日         効力発生日
                                 (千円)              (円)
    平成19年6月27日
                   普通株式               101,959                    6    平成19年3月31日   平成19年6月28日
    定時株主総会

      (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの




                                       配当金の総額                1株当たり
       決議        株式の種類    配当の原資                                             基準日      効力発生日
                                         (千円)                配当額(円)
    平成20年6月26日
                 普通株式     利益剰余金             101,353                  6 平成20年3月31日 平成20年6月27日
    定時株主総会





                                                     41/89
                                                                EDINET提出書類
                                                             田村駒株式会社(E02817)
                                                                 有価証券報告書
    (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

            前連結会計年度                         当連結会計年度
         (自平成18年4月1日                    (自平成19年4月1日
          至平成19年3月31日)                   至平成20年3月31日)
※1現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表 ※1現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表
    に掲記されている科目の金額との関係              に掲記されている科目の金額との関係
      現金及び預金勘定      2,735,929千円     現金及び預金勘定        2,770,279千円
      預入期間が3ヶ月を超える                  預入期間が3ヶ月を超える
                    △324,031                         △22,544
      定期預金                          定期預金
      現金及び現金同等物     2,411,897千円     現金及び現金同等物       2,747,734千円
                               
※2―――                  ※2株式の売却により連結子会社でなくなった会社の
                                   資産及び負債の主な内訳
                                   株式の売却により株式会社東京ヤマモトを連結
                                   の範囲から除外したことに伴う連結除外時の資産
                                   及び負債の内訳並びに、株式会社東京ヤマモト株
                                   式売却による支出との関係は次のとおりです。
                                    流動資産          1,569,364千円
                                    固定資産            104,153
                                    流動負債         △1,635,784
                                    固定負債           △28,507
                                                        772
                                    株式売却益
                                    株式会社東京ヤマモトの
                                                     10,000
                                    売却価格
                                    株式会社東京ヤマモトの
                                                  △690,246
                                    現金及び現金同等物
                                    差引;
                                    株式会社東京ヤマモト株式  △680,246
                                    売却による支出





                                 42/89
                                                                       EDINET提出書類
                                                                    田村駒株式会社(E02817)
                                                                        有価証券報告書
    (リース取引関係)

            前連結会計年度                            当連結会計年度
         (自平成18年4月1日                       (自平成19年4月1日
          至平成19年3月31日)                      至平成20年3月31日)
1リース物件の所有権が借主に移転すると認められる 1リース物件の所有権が借主に移転すると認められる
   もの以外のファイナンス・リース取引                  もの以外のファイナンス・リース取引
①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当 ①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当
    額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額              額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
                                                      ソフト
                   ソフト
                                            器具備品                合計
         器具備品                合計
                                                      ウェア
                   ウェア
                                     取得価額
 取得価額
                                              288,185  13,395 301,580千円
           278,592  21,576 300,168千円
                                     相当額
 相当額
                                     減価償却
 減価償却
                                     累計額      100,252   8,212 108,465
 累計額       135,548  13,033 148,581
                                     相当額
 相当額
                                     減損損失
 減損損失
                                                   ―       ―       ―
                                     累計額
                ―       ―       ―
 累計額
                                     相当額
 相当額
                                     期末残高
 期末残高                                         187,933   5,182 193,115
           143,044   8,543 151,587   相当額
 相当額

②未経過リース料期末残高相当額及びリース資産減損 ②未経過リース料期末残高相当額及びリース資産減損
    勘定期末残高                          勘定期末残高
未経過リース料期末残高相当額               未経過リース料期末残高相当額
      1年以内             48,588千円       1年以内           64,605千円
      1年超           103,994           1年超         130,322
      合計            152,582           合計          194,928
    リース資産減損勘定期末残高           ―千円     リース資産減損勘定期末残高         ―千円

③支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償 ③支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償
    却費相当額、支払利息相当額及び減損損失         却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
     支払リース料            66,784千円  支払リース料            62,077千円
     リース資産減損勘定の取崩額       ―       リース資産減損勘定の取崩額       ―
     減価償却費相当額        64,251      減価償却費相当額        59,954
     支払利息相当額          2,139      支払利息相当額          2,452
     減損損失                ―       減損損失                ―

④減価償却費相当額の算定方法            ④減価償却費相当額の算定方法
減価償却費相当額の算定方法は、リース期間を耐用年              同左
    数とし、残存価額を零とする定額法によっており
    ます。

⑤利息相当額の算定方法              ⑤利息相当額の算定方法
利息相当額の算定方法はリース料総額とリース物件              同左
    の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各
    期への配分方法については、利息法によっており
    ます。

2オペレーティング・リース取引                      2オペレーティング・リース取引
未経過リース料                            未経過リース料
      1年以内                    2,460千円       1年以内                   334千円
      1年超                     334           1年超                   ―
      合計                    2,795           合計                   334





                                     43/89
                                                                            EDINET提出書類
                                                                         田村駒株式会社(E02817)
                                                                             有価証券報告書
     (有価証券関係)
1売買目的有価証券

                            前連結会計年度                        当連結会計年度
           区分
                          (平成19年3月31日)                   (平成20年3月31日)
    連結貸借対照表計上額                         260,585千円                        −千円
    連結会計年度の損益に
                                            △496千円                      −千円
    含まれた評価差額

2満期保有目的の債券で時価のあるもの
該当事項はありません。
3その他有価証券で時価のあるもの
    前連結会計年度(平成19年3月31日)

                                              連結決算日における
                            取得原価                                  差額
            区分                               連結貸借対照表計上額
                             (千円)                                (千円)
                                                 (千円)
連結貸借対照表計上額が取得原価を
超えるもの
①株式                            2,114,273             5,832,934      3,718,660
                                  14,550
②債券                                                     14,802            252

            小計                 2,128,823             5,847,736      3,718,912
連結貸借対照表計上額が取得原価を
超えないもの
①株式                              869,280               830,596       △38,683

            小計                   869,280               830,596       △38,683

            合計                 2,998,104             6,678,333      3,680,229


    当連結会計年度(平成20年3月31日)

                                              連結決算日における
                            取得原価                                  差額
            区分                               連結貸借対照表計上額
                             (千円)                                (千円)
                                                 (千円)
連結貸借対照表計上額が取得原価を
超えるもの
①株式                            1,204,684             3,041,219      1,836,535

②債券                               14,550                15,000            450

            小計                 1,219,234             3,056,219      1,836,985
連結貸借対照表計上額が取得原価を
超えないもの
①株式                            1,524,713             1,215,232      △309,480

            小計                 1,524,713             1,215,232      △309,480

            合計                 2,743,947             4,271,452      1,527,504

 (注)当連結会計年度において、その他有価証券で時価のある株式について284,953千円減損処理
     を行っております。




                                    44/89
                                                                           EDINET提出書類
                                                                        田村駒株式会社(E02817)
                                                                            有価証券報告書
4連結会計年度中に売却した満期保有目的の債券
    前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
     該当するものはありません。
    当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
     該当するものはありません。

5連結会計年度中に売却したその他有価証券

                                  前連結会計年度                 当連結会計年度
              区分               (自平成18年4月1日            (自平成19年4月1日
                                至平成19年3月31日)           至平成20年3月31日)

売却額                                        310,034千円                   −千円

売却益の合計額                                     70,170千円                   −千円

売却損の合計額                                         6千円                    −千円


6時価評価されていない有価証券

                                  前連結会計年度                 当連結会計年度
              区分
                                (平成19年3月31日)            (平成20年3月31日)
その他有価証券

非上場株式                                     869,102千円             874,202千円


7その他有価証券のうち満期があるもの及び満期保有目的の債券の今後の償還予定額
    前連結会計年度(平成19年3月31日)

                   1年以内          1年超5年以内          5年超10年以内      10年超
         区分
                    (千円)           (千円)             (千円)        (千円)
    債券

    国債・地方債等               ―          15,000            ―               ―


    当連結会計年度(平成20年3月31日)

                   1年以内          1年超5年以内          5年超10年以内      10年超
         区分
                    (千円)           (千円)             (千円)        (千円)
    債券

    国債・地方債等               ―          15,000            ―               ―






                                        45/89
                                                               EDINET提出書類
                                                            田村駒株式会社(E02817)
                                                                有価証券報告書
    (デリバティブ取引関係)
1取引の状況に関する事項

              前連結会計年度                         当連結会計年度
           (自平成18年4月1日                    (自平成19年4月1日
            至平成19年3月31日)                   至平成20年3月31日)
(1) 取引の内容および利用目的並びに取組方針        (1) 取引の内容および利用目的並びに取組方針
当連結グループは通常の営業過程における輸出・輸入                   同左
    取引の為替相場の変動によるリスクを回避するた
    め、先物為替予約等を行うことを基本方針とし、その
    残高は輸出入取引に伴う実需の範囲内に限定してお
    ります。
また、当連結グループは有利子負債を有し、金利の市場
    連動に関するリスクを充分認識しており、資金調達
    に係る金利変動のリスクを回避し、支払利息の軽減
    を図る目的で、長期的観点により予め定められた一
    定の限度の範囲において、金利スワップ取引等を
    行っております。
なお、投機目的のためのデリバティブ取引は行わない
    方針であります。
ヘッジ手段の相場又は、キャッシュ・フローの変動額
    の累計額とヘッジ対象の相場又はキャッシュ・フ
    ローの変動額の累計額を比較して、ヘッジ有効性の
    判定を行っております。
(2) 取引に係るリスクの内容                (2) 取引に係るリスクの内容
通貨の先物為替予約取引等には、為替相場の変動によ                   同左
    るリスクを有しております。
金利スワップ取引等においては、市場金利の変動によ
    るリスクを有しております。
いずれの取引とも、当連結グループのデリバティブ取
    引の契約先は、信用度の高い国内の銀行であるため、
    相手先の契約不履行によるいわゆる信用リスクは、
    ほとんどないと判断しております。
(3) 取引に係るリスク管理体制               (3) 取引に係るリスク管理体制
これらの管理は経理部にて行われており、取引に当                    同左
    たってはその都度「社内規程」に基づきまたは稟議
    決裁を受けて実施し、また、月次報告等により内部牽
    制を機能させ、リスク管理を行っております。
(4) デリバティブ取引に関しては、すべてヘッジ会計を    (4)  同左
    適用しておりますので、「取引の時価等に関する事
    項」の注記を省略しております。

2取引の時価等に関する事項
     前連結会計年度(平成19年3月31日)
      デリバティブ取引に関しましては、すべてヘッジ会計を適用しておりますので、注記を省略しており
     ます。
     当連結会計年度(平成20年3月31日)
      デリバティブ取引に関しましては、すべてヘッジ会計を適用しておりますので、注記を省略しており
     ます。
次へ




                                46/89
                                                                   EDINET提出書類
                                                                田村駒株式会社(E02817)
                                                                    有価証券報告書

     (退職給付関係)
       前連結会計年度
1採用している退職給付制度の概要
     当連結グループにおきましては、確定給付型の制度として、厚生年金基金制度(総合設立型)、適格退職年
    金制度及び退職一時金制度を設けております。また、従業員の退職等に際して、退職加算金を支払う場合が
    あります。
     提出会社におきましては、退職給付信託を設定しております。
     また、提出会社の執行役員に対して、退職慰労金制度を設けております。

2退職給付債務に関する事項(平成19年3月31日)
     ①退職給付債務                                 △1,551,900千円
     ②年金資産                                    1,618,129千円
     ③未積立退職給付債務(①+②)                             66,229千円
     ④未認識数理計算上の差異                             △127,663千円
     ⑤前払年金費用                                   △29,475千円
     ⑥退職給付引当金(③+④+⑤)                           △90,909千円
    (注) 1厚生年金基金制度は総合設立型のため、上記金額には含めておりません。
        なお、年金資産の額は、3,992,590千円であります。
        2一部の子会社は、退職給付の算定に当たり、簡便法を採用しております。
        3退職給付債務には、提出会社の執行役員に対する退職慰労金の期末要支給額を含めております。

3退職給付費用に関する事項(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
     ①勤務費用                                         119,870千円
     ②利息費用                                          36,826千円
     ③期待運用収益                                      △13,447千円
     ④数理計算上の差異の費用処理額                              △61,970千円
     ⑤退職加算金                                             ―千円
     ⑥退職給付費用(①+②+③+④+⑤)                             81,279千円
    (注) 1退職給付費用の額に、厚生年金基金拠出額を含めておりません。なお、厚生年金基金への拠出金額(会社負担額)
           は、139,223千円であります。
        2簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、①勤務費用に計上しております。

4退職給付債務等の計算基礎に関する事項
     ①割引率                                  2.5%
     ②期待運用収益率                              1.5%
     ③退職給付見込額の期間配分方法                   期間定額基準
     ④数理計算上の差異の処理年数                         10年





                                47/89
                                                                   EDINET提出書類
                                                                田村駒株式会社(E02817)
                                                                    有価証券報告書
       当連結会計年度
1採用している退職給付制度の概要
     当連結グループにおきましては、確定給付型の制度として、厚生年金基金制度(総合設立型)、適格退職年
    金制度及び退職一時金制度を設けております。また、従業員の退職等に際して、退職加算金を支払う場合が
    あります。
     提出会社におきましては、退職給付信託を設定しております。
     また、提出会社の執行役員に対して、退職慰労金制度を設けております。

2退職給付債務に関する事項(平成20年3月31日)
     ①退職給付債務                                 △1,568,836千円
     ②年金資産                                    1,488,085千円
     ③未積立退職給付債務(①+②)                           △80,751千円
     ④未認識数理計算上の差異                               208,478千円
     ⑤前払年金費用                                  △188,159千円
     ⑥退職給付引当金(③+④+⑤)                           △60,433千円
    (注) 1厚生年金基金制度は総合設立型のため、上記金額には含めておりません。
        2一部の子会社は、退職給付の算定に当たり、簡便法を採用しております。
        3退職給付債務には、提出会社の執行役員に対する退職慰労金の期末要支給額を含めております。

3退職給付費用に関する事項(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
     ①勤務費用                                         110,669千円
     ②利息費用                                          35,147千円
     ③期待運用収益                                      △15,376千円
     ④数理計算上の差異の費用処理額                              △26,298千円
     ⑤退職加算金                                          7,070千円
     ⑥退職給付費用(①+②+③+④+⑤)                            111,211千円
    (注) 1退職給付費用の額に、厚生年金基金拠出額を含めておりません。なお、厚生年金基金への拠出金額(会社負担額)
           は、130,497千円であります。
        2簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、①勤務費用に計上しております。

4退職給付債務等の計算基礎に関する事項
     ①割引率                                  2.5%
     ②期待運用収益率                              1.5%
     ③退職給付見込額の期間配分方法                   期間定額基準
     ④数理計算上の差異の処理年数                         10年





                                48/89
                                                          EDINET提出書類
                                                       田村駒株式会社(E02817)
                                                           有価証券報告書
5要拠出額を退職給付費用として処理している複数事業主制度に関する事項
      (1) 制度全体の積立状況に関する事項(平成19年3月31日現在)
         年金資産の額              180,265,558千円
         年金財政計算上の給付債務の額      183,741,241千円
         差引額                 △3,475,682千円

      (2) 制度全体に占める当社グループの掛金拠出割合(平成19年3月31日現在)
                               0.9951%
      (3) 補足説明
         上記(1)の差引額の主な要因は、年金財政計算上の過去勤務債務残高21,296,729千円であります。
        当社グル―プは、複数の本制度に加入しており、その過去勤務債務の償却方法は期間10年元利均等
        償却及び期間15年の元利均等償却であります。
         なお、上記(2)の割合は当社グループの実際の負担割合とは一致いたしません。
     (追加情報)
        当連結会計年度より、「『退職給付に係る会計基準』の一部改正(その2)」(企業会
          計基準第14号平成19年5月15日)を適用しております。

     (ストック・オプション等関係)
      前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
    該当事項はありません。
      当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
    該当事項はありません。




                                49/89
                                                                           EDINET提出書類
                                                                        田村駒株式会社(E02817)
                                                                            有価証券報告書
    (税効果会計関係)

            前連結会計年度                           当連結会計年度
          (平成19年3月31日)                      (平成20年3月31日)
1繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別 1繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別
    内訳                                内訳
(1) 流動の部                         (1) 流動の部
繰延税金資産                         繰延税金資産
      貸倒引当金損金算入限度超過額    313,883千円       貸倒引当金損金算入限度超過額   220,873千円
      賞与引当金損金算入限度超過額    117,837         賞与引当金損金算入限度超過額    99,142
      未払事業税等            191,218         繰越欠損金            233,784
                                        その他              221,313
      繰延税金資産小計          622,939
      評価性引当額           △37,343          繰延税金資産小計         775,115
                                        評価性引当額           △6,883
      繰延税金資産合計          585,596
                                        繰延税金資産合計         768,231

(2) 固定の部                          (2) 固定の部
繰延税金資産                          繰延税金資産
      貸倒引当金損金算入限度超過額      38,814千円       貸倒引当金損金算入限度超過額        30,683千円
      退職給付引当金損金算入限度
                          88,055             退職給付引当金損金算入限度
      超過額                                                      42,641
                                             超過額
      減損損失累計額            102,570
                                             ゴルフ会員権評価損         47,638
      繰越欠損金等             386,583
                                             減損損失             101,219
      繰延税金資産小計          616,024
      評価性引当額           △421,024              その他              109,438
      繰延税金資産合計          195,000              繰延税金資産小計         331,621
      繰延税金負債との相殺額      △170,531              評価性引当額          △197,523
      繰延税金資産の純額          24,468              繰延税金資産合計         134,097
                                             繰延税金負債との相殺額     △123,852
                                             繰延税金資産の純額         10,245

繰延税金負債                            繰延税金負債
     資産圧縮積立金             528,472千円        資産圧縮積立金              507,748千円
     その他有価証券評価差額金      1,494,553          その他有価証券評価差額金         621,521
     その他                   8,533          その他                    9,042
     繰延税金負債合計          2,031,559          繰延税金負債合計           1,138,312
     繰延税金資産との相殺額       △170,531           繰延税金資産との相殺額        △123,852
     繰延税金負債の純額         1,861,027          繰延税金負債の純額          1,014,460

2法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担  2法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担
   率との差異原因                    率との差異原因
法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担      法定実効税率            40.6%
   率との差異が法定実効税率の百分の五以下であるた      (調整)
                                交際費等永久に損金に
   め注記を省略しております。
                                                   5.5%
                                算入されない項目

                                受取配当金等永久に益金に
                                                 △4.5%
                                算入されない項目
                                住民税均等割等            1.8%
                                評価性引当金増減額       △23.0%
                                繰越欠損金の減少額        30.6%
                                関係会社整理に伴う
                                                △35.6%
                                増減額
                                                   0.7%
                                その他
                                税効果会計適用後の法人税等の
                                                  16.1%
                                負担率
                           





                                     50/89
                                                                                                  EDINET提出書類
                                                                                               田村駒株式会社(E02817)
                                                                                                   有価証券報告書

     (セグメント情報)
     【事業の種類別セグメント情報】
      前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)

                    繊維製品         住宅関連資材
                                        その他の事業                               消去又は
                    卸売事業          販売事業                         計(千円)                     連結(千円)
                                          (千円)                              全社(千円)
                     (千円)          (千円)
Ⅰ売上高及び営業損益

     売上高
    (1) 外部顧客に
                    85,362,476   16,086,084       458,080 101,906,642              ― 101,906,642
        対する売上高
    (2) セグメント間の内部
                            ―            ―            43,562       43,562     (43,562)           ―
        売上高又は振替高
            計       85,362,476   16,086,084       501,643 101,950,205         (43,562) 101,906,642

     営業費用           83,795,943   15,866,332       199,183      99,861,460     (43,562) 99,817,897

     営業利益            1,566,532      219,752       302,459       2,088,744          ―      2,088,744
Ⅱ資産、減価償却費、減損
  損失及び資本的支出
     資産             44,513,761    5,581,429     2,352,685      52,447,877    150,260     52,598,138

     減価償却費             237,857        2,257           91,102      331,216      (3,398)      327,818

     資本的支出              90,001           ―            29,833      119,835          ―        119,835
    (注) 1事業の区分は、製品(商品又は役務を含む)の種類・性質、製造方法、販売市場等の類似性に基づいております。
        2各区分の主な取扱商品
        (1) 繊維製品卸売事業衣料製品、寝装寝具製品、インテリア製品、繊維素材
        (2) 住宅関連資材販売事業住宅関連資材
        (3) その他の事業不動産賃貸業等
        3当連結会計年度における営業費用のうち消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用は、ありません。
        4資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額はありません。
        5 「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項4会計処理基準に関する事項 (3)重要な引当金の
            計上基準 ③役員賞与引当金(会計方針の変更)」に記載の通り、当連結会計年度から「役員賞与に関す
            る会計基準」(企業会計基準委員会平成17年11月29日企業会計基準第4号)を適用しております。
              この結果、当連結会計年度における営業費用は「繊維製品卸売事業」が30,500千円「住宅関連資材販売
            事業」が3,800千円増加し、営業利益がそれぞれ同額減少しています。




                                              51/89
                                                                                                  EDINET提出書類
                                                                                               田村駒株式会社(E02817)
                                                                                                   有価証券報告書
      当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)

                     繊維製品        住宅関連資材
                                        その他の事業                               消去又は
                     卸売事業         販売事業                         計(千円)                     連結(千円)
                                          (千円)                              全社(千円)
                      (千円)         (千円)
Ⅰ売上高及び営業損益

     売上高
    (1) 外部顧客に
                    82,020,911   16,797,680       488,615      99,307,208          ―     99,307,208
        対する売上高
    (2) セグメント間の内部
                            ―            ―            37,878       37,878     (37,878)           ―
        売上高又は振替高
            計       82,020,911   16,797,680       526,494      99,345,086     (37,878) 99,307,208

     営業費用           80,501,507   16,647,662       189,597      97,338,767     (37,878) 97,300,888

     営業利益            1,519,404      150,017       336,896       2,006,319          ―      2,006,319
Ⅱ資産、減価償却費、減損
  損失及び資本的支出
     資産             37,610,433    5,788,271     2,504,116      45,902,821    (11,417)    45,891,403

     減価償却費             224,538        3,066       100,887         328,493      (3,756)      324,736

     資本的支出              34,572        2,689           19,969       57,231          ―         57,231
    (注) 1事業の区分は、製品(商品又は役務を含む)の種類・性質、製造方法、販売市場等の類似性に基づいております。
        2各区分の主な取扱商品
        (1) 繊維製品卸売事業衣料製品、寝装寝具製品、インテリア製品、繊維素材
        (2) 住宅関連資材販売事業住宅関連資材
        (3) その他の事業不動産賃貸業等
        3当連結会計年度における営業費用のうち消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用は、ありません。
        4資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額はありません。
        5 「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」4会計処理基準に関する事項(2)重要な減価償却資
            産の減価償却方法有形固定資産(会計方針の変更)に記載の通り、当連結会計年度から、平成19年4月1日以
            降に取得したものについては、改正後の法人税法に基づく方法に変更しております。この変更に伴い、従来の
            方法によった場合に比べ、当連結会計年度における営業費用は「繊維製品卸売事業」が1,922千円増加し、
            「住宅関連資材販売事業」が306千円増加し、営業利益がそれぞれ同額減少しております。
            また、平成19年3月31日以前に取得したものについては、償却可能限度額まで償却が終了した翌年から5年
            間で均等償却する方法に変更しております。これに伴い、従来の方法によった場合に比べ、当連結会計年度に
            おける営業費用は「繊維製品卸売事業」が1,424千円増加し、「住宅関連資材販売事業」が2千円増加し、営業
            利益がそれぞれ同額減少しております。
        6 「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」4会計処理基準に関する事項(3)重要な引当金の計
            上基準⑤役員退職慰労引当金(会計方針の変更)」に記載の通り、当連結会計年度から「租税特別措置法上の
            準備金および特別法上の引当金又は準備金並びに役員退職慰労引当金等に関する監査上の取扱い」(日本公
            認会計士協会平成19年4月13日監査・保証実務委員会報告第42号)を適用し、連結会計年度末要支給額を
            役員退職慰労引当金として計上する方法に変更しております。
            この変更に伴い、従来の方法によった場合に比べ、当連結会計年度における営業費用は「繊維製品卸売事
            業」が21,233千円増加し、「住宅関連資材販売事業」が1,183千円増加し、営業利益がそれぞれ同額減少して
            おります。
            




                                              52/89
                                                                                           EDINET提出書類
                                                                                        田村駒株式会社(E02817)
                                                                                            有価証券報告書
     【所在地別セグメント情報】
         前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
              在外連結子会社及び重要な在外支店がないため、該当事項はありません。

         当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
              在外連結子会社及び重要な在外支店がないため、該当事項はありません。

     【海外売上高】
         前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
              海外売上高が連結売上高の10%未満のためその記載を省略しております。

         当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
              海外売上高が連結売上高の10%未満のためその記載を省略しております。

     【関連当事者との取引】
         前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
役員及び個人主要株主等

                                         議決権等         関係内容
                           資本金又
                                   事業の内容  の所有                           取引金額           期末残高
    属性        氏名     住所    は出資金                                 取引の内容             科目
                                   又は職業 (被所有)割合                          (千円)           (千円)
                                                  役員の     事業上
                            (千円)
                                          (%)     兼任等     の関係
                                   当社監査役
    役員       久保井一匡   大阪市    ―              ―        ―      ―    弁護士報酬     1,200   ―     ―
                                   (弁護士)
    (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
       2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          弁護士報酬の取引条件は、当社と関連を有しない他の弁護士と同様の条件によっております。



         当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
役員及び個人主要株主等

                                         議決権等         関係内容
                           資本金又
                                   事業の内容  の所有                           取引金額           期末残高
    属性        氏名     住所    は出資金                                 取引の内容             科目
                                   又は職業 (被所有)割合                          (千円)           (千円)
                                                  役員の     事業上
                            (千円)
                                          (%)     兼任等     の関係
                                   当社監査役
    役員       久保井一匡   大阪市    ―              ―        ―      ―    弁護士報酬     1,200   ―     ―
                                   (弁護士)
    (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
       2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          弁護士報酬の取引条件は、当社と関連を有しない他の弁護士と同様の条件によっております。


     (企業結合等関係)
         前連結会計年度(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
         該当事項はありません。
         当連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
         該当事項はありません。
         




                                                  53/89
                                                                             EDINET提出書類
                                                                          田村駒株式会社(E02817)
                                                                              有価証券報告書
     (1株当たり情報)

                               前連結会計年度                     当連結会計年度
                            (自平成18年4月1日                (自平成19年4月1日
                             至平成19年3月31日)               至平成20年3月31日)
1株当たり純資産額                                   748.53円                  716.96円

1株当たり当期純利益                                   58.27円                   27.97円
                         潜在株式調整後1株当たり当期純利             潜在株式調整後1株当たり当期純利
                         益については、潜在株式がないため             益については、潜在株式がないため
                         記載しておりません。                   記載しておりません。
                         (追加情報)
                         当連結会計年度から、改正後の「1
                         株当たり当期純利益に関する会計基
                         準」(企業会計基準委員会最終改正
                         平成18年1月31日企業会計基準第
                         2号)及び「1株当たり当期純利益
                         に関する会計基準の適用指針」(企
                         業会計基準委員会最終改正平成18
                         年1月31日企業会計基準第4号)を
                         適用しております。
                         なお、前連結会計年度と同様の方法
                         により算定した当連結会計年度の1
                         株当たり純資産額は、749.40円とな
                         ります。
    (注)算定上の基礎
        1 1株当たり純資産額

                                前連結会計年度                    当連結会計年度
                                平成19年3月31日                 平成20年3月31日

          連結貸借対照表の純資産の部の
                                       12,720,063千円             12,111,135千円
          合計額
          普通株式にかかる純資産額                 12,720,063千円             12,111,135千円

          普通株式の発行済株式数                  17,000,000株              17,000,000株

          普通株式の自己株式数                         6,785株               107,715株
          1株当たり純資産額の算定に用い
                                      16,993,215株               16,892,285株
          られた普通株式の数
      
          2 1株当たり当期純利益
                                 前連結会計年度                    当連結会計年度
                              (自平成18年4月1日               (自平成19年4月1日
                               至平成19年3月31日)              至平成20年3月31日)

          当期純利益                             990,312千円             473,730千円

          普通株主に帰属しない金額                          ―千円                     ―千円

          普通株式に係る当期純利益                      990,312千円             473,730千円

          普通株式の期中平均株式数                16,993,748株               16,934,094株


     (重要な後発事象)
      該当事項はありません。




                                    54/89
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                  田村駒株式会社(E02817)
                                                                                      有価証券報告書

     ⑤ 【連結附属明細表】
       【社債明細表】
          該当するものはありません。

       【借入金等明細表】

                       前期末残高          当期末残高            平均利率
           区分                                                            返済期限
                        (千円)           (千円)             (%)
短期借入金                    8,905,578      6,333,036        1.2               ―

1年以内に返済予定の長期借入金          2,231,430        861,712        2.0               ―

1年以内に返済予定のリース債務                 ―                ―       ―                 ―

                                                                       平成21年4月1日
長期借入金(1年以内に返済予定
                         2,026,233      3,454,047        2.0               から
のものを除く。)
                                                                       平成25年3月31日

リース債務(1年以内に返済予定
                                ―                ―       ―                 ―
のものを除く。)

その他の有利子負債                       ―                ―       ―                 ―

小計                      13,163,241     10,648,795        ―                 ―

内部取引の消去                  △401,687        △59,000         ―                 ―

           合計           12,761,554     10,589,795        ―                 ―
    (注) 1長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における1年ごとの返済予定額の総額

                     1年超2年以内         2年超3年以内           3年超4年以内          4年超5年以内
                区分
                       (千円)            (千円)              (千円)             (千円)
         長期借入金           772,547              92,500       1,037,500        1,551,500

         小計              772,547              92,500       1,037,500        1,551,500

         内部取引の消去        △15,000           △15,000                 ―            △14,000

                合計       757,547              77,500       1,037,500        1,537,500
      2「平均利率」については、借入金等の期中平均残高に対する加重平均利率を記載しております。


    (2) 【その他】
      該当事項はありません。




                                      55/89
                                                                                        EDINET提出書類
                                                                                     田村駒株式会社(E02817)
                                                                                         有価証券報告書

2 【財務諸表等】
    (1) 【財務諸表】
      ① 【貸借対照表】

                                  第128期                             第129期
                              (平成19年3月31日)                      (平成20年3月31日)
                  注記                              構成比                              構成比
            区分                 金額(千円)                            金額(千円)
                   番号                                (%)                              (%)
        (資産の部)

Ⅰ流動資産

1現金及び預金                               1,562,166                        1,598,416
                    2,4
2受取手形           ※                     6,304,708
                    5,6                                                  1,371,105
3売掛金            ※2                   17,419,938                       18,300,874
4有価証券                                   260,585                               −
5商品                                   5,879,715                        6,138,419
6未着品                                     10,853                               −
7貯蔵品                                    226,857                               −
8前払金                                    531,817                          159,374
9前払費用                                   139,422                          150,272
10繰延税金資産                                657,181                          614,498
11   短期貸付金                                 1,380                               −
12関係会社短期貸付金                              22,493                               −
13未収入金                                  296,606                               −
14未収消費税等                                 17,562                               −
15その他                                    43,511                          592,643
                                      △ 1,223,000
貸倒引当金                                                                △ 437,000
流動資産合計                                            68.5                             69.0
                                       32,151,801                       28,488,605
Ⅱ固定資産

1有形固定資産         ※1

(1) 建物                  8,541,990                         8,510,499

                          5,046,633                         5,210,365
減価償却累計額                             3,495,356                        3,300,134

(2) 構築物                  160,613                            160,613

                           133,623                            136,914
減価償却累計額                                26,989                           23,698

(3) 機械及び装置               413,625                            428,426

                           347,493                            362,328
減価償却累計額                                66,131                           66,097

(4) 器具備品                 664,951                            675,252

                           260,192                            266,416
減価償却累計額                               404,758                          408,836

(5) 土地                                1,650,326                        1,650,326

                                                                            72,450
(6) 建設仮勘定                                     −
有形固定資産合計                                          12.0                             13.4
                                        5,643,563                        5,521,543




                                        56/89
                                                                              EDINET提出書類
                                                                           田村駒株式会社(E02817)
                                                                               有価証券報告書
                                第128期                      第129期
                             (平成19年3月31日)               (平成20年3月31日)
                      注記                      構成比                        構成比
                区分           金額(千円)                     金額(千円)
                       番号                        (%)                        (%)
    2無形固定資産
    (1) 借地権                           9,806                      9,806
    (2) 商標権                             838                        718
    (3) ソフトウェア                      244,488                    190,356
                                        9,789                      9,789
    (4) 電話加入権
    無形固定資産合計                                   0.6                        0.5
                                      264,922                    210,670
    3投資その他の資産
    (1) 投資有価証券      ※1          7,408,656                  5,123,037
    (2) 関係会社株式                      621,338                    461,427
    (3) 出資金                          51,143                    147,803
    (4) 関係会社出資金                     141,813                    141,813
    (5) 従業員長期貸付金                     29,054                     13,808
    (6) 関係会社長期貸付金                   218,109                     59,000
    (7) 破産更生債権等                     381,918                    102,790
    (8) 長期前払費用                       24,847                     15,346
    (9) 長期差入保証金                     640,784                    660,626
     (10) 保険積立金                          200                         −
     (11) その他                         44,231                    453,686
                                 △ 651,000                  △ 100,000
    貸倒引当金
    投資その他の資産合計                 8,911,097      18.9        7,079,339      17.1
    固定資産合計                    14,819,583      31.5       12,811,553      31.0
    資産合計                      46,971,385     100.0       41,300,158     100.0


           (負債の部)
    Ⅰ流動負債
    1支払手形           ※6          4,460,649                  1,509,098
    2輸入引受手形                         660,186                    182,480
    3買掛金                       11,679,198                 13,526,258
    4短期借入金          ※1          7,950,000                  5,650,000
    5一年以内返済予定の
                      ※1          2,182,850                      811,400
    長期借入金
    6未払金                        2,727,380                  2,241,310
    7未払費用                            68,767                     51,693
    8未払法人税等                         312,494                      3,818
    9前受金                             45,950                    125,296
    10預り金                           169,496                    108,374
    11賞与引当金                         237,200                    196,000
    12役員賞与引当金                        30,500                     19,000
                                           ―                     453,965
    13その他
    流動負債合計                                    65.0                       60.2
                                 30,524,673                 24,878,696




                                  57/89
                                                                                         EDINET提出書類
                                                                                      田村駒株式会社(E02817)
                                                                                          有価証券報告書
                                   第128期                            第129期
                                (平成19年3月31日)                     (平成20年3月31日)
                     注記                            構成比                              構成比
              区分                 金額(千円)                           金額(千円)
                      番号                              (%)                              (%)
    Ⅱ固定負債

    1長期借入金         ※1                  1,677,000                        3,388,100

    2繰延税金負債                            1,684,195                        1,014,460

    3退職給付引当金                              39,000                           33,600

    4役員退職慰労引当金                                 −                           61,935

    5預り保証金                               940,907                          908,668

                                            44,309                           40,191
    6その他

    固定負債合計                            4,385,412     9.3                5,446,954    13.2

    負債合計                                           74.3                             73.4
                                        34,910,086                       30,325,651



         (純資産の部)

    Ⅰ株主資本

    1資本金                               1,240,000     2.7                1,240,000     3.0

    2資本剰余金

                             440,000                           440,000
    資本準備金

    資本剰余金合計                             440,000     0.9                  440,000     1.1

    3利益剰余金

    (1) 利益準備金              310,000                           310,000

    (2) その他利益剰余金

    資産圧縮積立金              773,184                           742,863

    別途積立金               5,950,000                        5,950,000

                            1,196,047                        1,663,929
    繰越利益剰余金

    利益剰余金合計                           8,229,231    17.5                8,666,792    21.0

                                           △1,930                          △46,283
    4自己株式                                          △0.0                             △0.1

    株主資本合計                                         21.1                             24.9
                                         9,907,301                       10,300,509

    Ⅱ評価・換算差額等
    1その他有価証券
                                         2,169,094                          906,732
    評価差額金
                                          △15,097                         △232,734
    2繰延ヘッジ損益

    評価・換算差額等合計                        2,153,997     4.6                  673,998     1.6

    純資産合計                            12,061,298    25.7               10,974,507    26.6

    負債及び純資産合計                        46,971,385   100.0               41,300,158   100.0







                                         58/89
                                                                                      EDINET提出書類
                                                                                   田村駒株式会社(E02817)
                                                                                       有価証券報告書

    ② 【損益計算書】

                               第128期                             第129期
                          (自平成18年4月1日                      (自平成19年4月1日
                           至平成19年3月31日)                     至平成20年3月31日)
                 注記                     百分比                               百分比
           区分              金額(千円)                            金額(千円)
                 番号                      (%)                               (%)
Ⅰ売上高                              89,201,899   100.0                87,816,381   100.0
Ⅱ売上原価
1商品期首たな卸高            6,199,774                         6,117,425
                      79,057,761                        78,119,311
2当期商品仕入高
合計               85,257,535                        84,236,737
3他勘定振替高        ※1      186,664                           191,584
                       5,879,715                         6,138,419
4商品期末たな卸高
5商品売上原価             79,191,156                        77,906,732
                         199,183   79,390,340              189,597   78,096,330
6不動産賃貸原価                                       89.0                              88.9
売上総利益                                         11.0                              11.1
                                    9,811,559                         9,720,051
Ⅲ販売費及び一般管理費
1販売手数料                 636,739                           730,209
2運送費                   391,166                           379,639
3保管料                   219,455                           187,195
4見本費                   265,364                           241,282
5その他販売諸掛               727,192                           660,811
6貸倒引当金繰入額               44,087                                −
7役員報酬                  114,150                            87,600
8従業員給与手当             2,126,168                         2,184,595
9従業員賞与                 394,851                           386,890
10賞与引当金繰入額             237,200                           196,000
11役員賞与引当金繰入額            30,500                            19,000
12退職給付費用                67,466                            93,673
13役員退職慰労引当金
                              −                             21,233
     繰入額
14法定福利費                401,280                           394,964
15福利厚生費                 24,639                            21,860
16旅費交通費                445,521                           466,868
17通信費                  184,417                           162,848
18広告宣伝費                 45,538                            74,283
19接待交際費                 43,831                            55,375
20消耗品費                  67,757                            88,400
21賃借リース料               242,290                           273,324
22水道光熱費                 49,449                            53,452
23支払手数料                360,743                           350,027
24調査研究費                 69,192                            74,797
25租税公課                 102,620                            90,004
26減価償却費                230,112                           217,307
                         330,956    7,852,692              373,061    7,884,707
27雑費                                            8.8                               9.0
営業利益                                           2.2                               2.1
                                    1,958,867                         1,835,343




                                      59/89
                                                                           EDINET提出書類
                                                                        田村駒株式会社(E02817)
                                                                            有価証券報告書
                            第128期                       第129期
                       (自平成18年4月1日                (自平成19年4月1日
                        至平成19年3月31日)               至平成20年3月31日)
                 注記                  百分比                         百分比
          区分            金額(千円)                      金額(千円)
                 番号                   (%)                         (%)
Ⅳ営業外収益
1受取利息                14,681                      13,745
2受取配当金              118,945                     137,487
3有価証券運用益             11,341                          −
4仕入割引                15,985                      18,655
                      106,889                      65,920
5雑収入                            267,843   0.3               235,809   0.2
Ⅴ営業外費用
1支払利息               361,191                     278,873
2手形売却損               30,417                      50,755
3売上割引               107,017                      83,020
4有価証券売却損                 ―                       74,637
5債権回収保証料             28,704                      27,491
                       32,711     560,042          45,023     559,801
6雑損失                                      0.6                         0.6
経常利益                                     1.9                         1.7
                                1,666,667                   1,511,351
Ⅵ特別利益
1投資有価証券売却益           69,570                          ―
2貸倒引当金戻入益                ―                      428,643
                           ―                        4,167
3その他                             69,570   0.0               432,811   0.5
Ⅶ特別損失
1固定資産除却損       ※2    11,227                       4,802
2役員退職金               36,165                          ―
3原宿移転費用              64,961                          ―
4投資有価証券評価損               ―                      287,902
5関係会社整理に伴う損失             ―                      607,777
6過年度役員退職慰労引当
                           ―                      103,202
    金繰入額
                           ―      112,353           9,147   1,012,831
7その他                                      0.1                         1.2
税引前当期純利益                                 1.8                         1.0
                                1,623,884                     931,331
法人税、住民税
                      605,000                       7,280
及び事業税
                       81,803     686,803         384,530     391,810
法人税等調整額                                  0.7                         0.4
当期純利益                                    1.1                         0.6
                                  937,080                     539,520




                                  60/89
                                                EDINET提出書類
                                             田村駒株式会社(E02817)
                                                 有価証券報告書

    不動産賃貸原価明細

                      第128期       第129期
                 注記
            区分        金額(千円)      金額(千円)
                 番号
    減価償却費               91,102     100,887

    租税公課                44,680      43,384

    その他                 63,401      45,325

            計          199,183     189,597




                          61/89
                                                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                                                 田村駒株式会社(E02817)
                                                                                                                     有価証券報告書

     ③ 【株主資本等変動計算書】
      第128期(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)

                                                               株主資本
                                                                                 資本剰余金
         項目
                               資本金
                                                               資本準備金                             資本剰余金合計
平成18年3月31日残高(千円)                      1,240,000                               440,000                         440,000
事業年度中の変動額                                                                                                          ―
自己株式の取得                                       ―                                  ―                                ―
資産圧縮積立金取崩
                                               ―                                  ―                                ―
(前事業年度分)
資産圧縮積立金取崩
                                               ―                                  ―                                ―
(当事業年度分)
別途積立金積立                                       ―                                  ―                                ―
剰余金配当(注)                                     ―                                  ―                                ―
役員賞与(注)                                      ―                                  ―                                ―
当期純利益                                         ―                                  ―                                ―
株主資本以外の項目の
                                               ―                                  ―                                ―
事業年度中の変動額(純額)
事業年度中の変動額合計(千円)                                ―                                  ―                                ―
平成19年3月31日残高(千円)                      1,240,000                               440,000                         440,000

                                                               株主資本
                                               利益剰余金
         項目                                その他利益剰余金
                                                                                                 自己株式      株主資本合計
                                                                               利益剰余金
                   利益準備金          資産圧縮                  繰越利益                     合計
                                             別途積立金
                                   積立金                  剰余金
平成18年3月31日残高(千円)     310,000        839,040   5,450,000  826,074                 7,425,115        △1,610     9,103,504
事業年度中の変動額
自己株式の取得                  ―                ―             ―             ―               ―          △320          △320
資産圧縮積立金取崩
                          ―        △33,837                ―         33,837              ―             ―             ―
(前事業年度分)
資産圧縮積立金取崩
                          ―        △32,018                ―         32,018              ―             ―             ―
(当事業年度分)
別途積立金積立                  ―                ―         500,000   △500,000                 ―             ―
剰余金配当(注)                ―                ―              ―    △101,964          △101,964             ―      △101,964
役員賞与(注)                 ―                ―              ―     △31,000           △31,000             ―       △31,000
当期純利益                    ―                ―              ―         937,080        937,080            ―        937,080
株主資本以外の項目の
                          ―                ―              ―             ―               ―             ―             ―
事業年度中の変動額(純額)
事業年度中の変動額合計(千円)           ―        △65,856           500,000        369,972        804,116         △320        803,796
平成19年3月31日残高(千円)     310,000        773,184        5,950,000   1,196,047         8,229,231        △1,930     9,907,301

                                               評価・換算差額等
         項目                                                                                          純資産合計
                    その他有価証券                                                   評価・換算
                                               繰延ヘッジ損益
                     評価差額金                                                    差額等合計
平成18年3月31日残高(千円)        2,561,526                              ―                 2,561,526                 11,665,030
事業年度中の変動額
自己株式の取得                              ―                        ―                             ―                  △320
資産圧縮積立金取崩
                                      ―                        ―                             ―                     ―
(前事業年度分)
資産圧縮積立金取崩
                                      ―                        ―                             ―                     ―
(当事業年度分)
別途積立金積立                              ―                        ―                             ―                     ―
剰余金配当(注)                            ―                        ―                             ―              △101,964
役員賞与(注)                             ―                        ―                             ―               △31,000
当期純利益                                ―                        ―                             ―                937,080
株主資本以外の項目の
                               △392,431                   △15,097                  △407,528                 △407,528
事業年度中の変動額(純額)
事業年度中の変動額合計(千円)                △392,431                   △15,097                  △407,528                   396,267
平成19年3月31日残高(千円)               2,169,094                  △15,097                  2,153,997               12,061,298
    (注)平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。





                                                     62/89
                                                                                                                   EDINET提出書類
                                                                                                                田村駒株式会社(E02817)
                                                                                                                    有価証券報告書
    第129期(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)

                                                             株主資本
                                                                               資本剰余金
         項目
                              資本金
                                                             資本準備金                              資本剰余金合計
平成19年3月31日残高(千円)                    1,240,000                               440,000                          440,000
事業年度中の変動額
自己株式の取得                                     −                                  −                                 −
資産圧縮積立金取崩
                                             −                                  −                                 −
(前事業年度分)
資産圧縮積立金取崩
                                             −                                  −                                 −
(当事業年度分)
別途積立金積立                                     −                                  −                                 −
剰余金配当                                       −                                  −                                 −
当期純利益                                       −                                  −                                 −
株主資本以外の項目の
                                             −                                  −                                 −
事業年度中の変動額(純額)
事業年度中の変動額合計(千円)                              −                                  −                                 −
平成20年3月31日残高(千円)                    1,240,000                               440,000                          440,000

                                                             株主資本
                                             利益剰余金
         項目                              その他利益剰余金
                                                                                                自己株式      株主資本合計
                                                                             利益剰余金
                   利益準備金        資産圧縮                  繰越利益                     合計
                                           別途積立金
                                 積立金                   剰余金
平成19年3月31日残高(千円)    310,000       773,184   5,950,000 1,196,047                8,229,231         △1,930     9,907,301
事業年度中の変動額
自己株式の取得                 −               −              −             −                 −       △44,353      △44,353
資産圧縮積立金取崩
                         −               −              −             −                 −            −             −
(前事業年度分)
資産圧縮積立金取崩
                         −       △30,321                −         30,321                −            −             −
(当事業年度分)
別途積立金積立                 −               −              −             −                 −            −             −
剰余金配当                   −               −              −    △101,959          △101,959              −      △101,959
当期純利益                   −               −              −         539,520        539,520             −        539,520
株主資本以外の項目の
                         −               −              −             −                 −            −             −
事業年度中の変動額(純額)
事業年度中の変動額合計(千円)          −       △30,321                −         467,882        437,561        △44,353       393,207
平成20年3月31日残高(千円)    310,000       742,863        5,950,000   1,663,929         8,666,792        △46,283    10,300,509

                                             評価・換算差額等
         項目                                                                                         純資産合計
                    その他有価証券                                                 評価・換算
                                             繰延ヘッジ損益
                     評価差額金                                                  差額等合計
平成19年3月31日残高(千円)        2,169,094                       △15,097                2,153,997                  12,061,298
事業年度中の変動額
自己株式の取得                            −                        −                              −               △44,353
資産圧縮積立金取崩
                                    −                        −                              −                     −
(前事業年度分)
資産圧縮積立金取崩
                                    −                        −                              −                     −
(当事業年度分)
別途積立金積立                            −                        −                              −                     −
剰余金配当                              −                        −                              −              △101,959
当期純利益                              −                        −                              −                539,520
株主資本以外の項目の
                         △1,262,361                    △217,637                △1,479,999                 △1,479,999
事業年度中の変動額(純額)
事業年度中の変動額合計(千円)          △1,262,361                    △217,637                △1,479,999                 △1,086,791
平成20年3月31日残高(千円)               906,732                 △232,734                       673,998             10,974,507






                                                   63/89
                                                                   EDINET提出書類
                                                                田村駒株式会社(E02817)
                                                                    有価証券報告書
    重要な会計方針

                            第128期                   第129期
         項目            (自平成18年4月1日            (自平成19年4月1日
                        至平成19年3月31日)           至平成20年3月31日)
    1有価証券の評価基準及び   a売買目的有価証券            a売買目的有価証券
      評価方法          時価法(売却原価は、移動平均法によ           同左
                        り算定)
                    b満期保有目的の債券           b満期保有目的の債券
                    償却原価法                          同左
                    c子会社株式及び関連会社株式       c子会社株式及び関連会社株式
                    移動平均法による原価法                    同左
                    dその他有価証券             dその他有価証券
                    時価のあるもの             時価のあるもの
                    期末日前1ヶ月間の市場価格等の     同左
                         平均に基づく時価法
                    (売却原価は、移動平均法により算
                         定。評価差額は全部純資産直入
                         法により処理)
                    時価のないもの             時価のないもの
                    移動平均法による原価法                        同左
    2デリバティブ取引により   時価法                                  同左
      生じる正味の債権(及び
      債務)の評価基準及び評
      価方法
    3たな卸資産の評価基準及   商品                    商品
      び評価方法         ……移動平均法による原価法     ……同左
                    貯蔵品                       ―――
                    ……加工指図書別原価法
    4固定資産の減価償却の方   有形固定資産……定率法           有形固定資産……同左
      法             ただし、平成10年4月1日以降に取得し
                    た建物(建物附属設備を除く。)につい
                    ては、定額法を採用しております。
                    なお、主な耐用年数は以下のとおりで                    同左
                    あります。
                    建物        6∼50年
                                          (会計方針の変更)
                                          法人税法の改正((所得税法等の一部を
                                          改正する法律平成19年3月30日法律
                                          第6号)及び(法人税法施行令の一部を
                                          改正する政令平成19年3月30日政令
                                          第83号))に伴い、当事業年度から、平成
                                          19年4月1日以降に取得したものにつ
                                          いては、改正後の法人税法に基づく方
                                          法に変更しております。
                                          この変更による影響額は軽微でありま
                                          す。

                            第128期                   第129期
         項目            (自平成18年4月1日            (自平成19年4月1日
                        至平成19年3月31日)           至平成20年3月31日)
                                          (追加情報)
                                          当事業年度から、平成19年3月31日以
                                          前に取得したものについては、償却可
                                          能限度額まで償却が終了した翌年から
                                          5年間で均等償却する方法によってお
                                          ります。
                                          この変更による影響額は軽微でありま
                                          す。


                                  64/89
                                                               EDINET提出書類
                                                            田村駒株式会社(E02817)
                                                                有価証券報告書
             無形固定資産……定額法               無形固定資産……同左
             ただし、ソフトウェア(自社利用分)に                同左
             ついては、社内における利用可能期間
             (5年)に基づく定額法によっておりま
             す。
             長期前払費用……定額法               長期前払費用……同左
5引当金の計上基準   (1) 貸倒引当金                 (1) 貸倒引当金
             債権の貸倒による損失に備えるた                     同左
                 め、一般債権については貸倒実績
                 率により、貸倒懸念債権等特定の
                 債権については個別に回収可能性
                 を勘案し、回収不能見込額を計上
                 しております。
             (2) 賞与引当金                 (2) 賞与引当金
             従業員に対して支給する賞与の支出                    同左
                 に充てるため、支給見込額に基づ
                 き計上しております。
             (3) 役員賞与引当金               (3) 役員賞与引当金
             役員に対して支給する賞与の支          役員に対して支給する賞与の支
             出に充てるため、当事業年度に          出に充てるため、当事業年度に
             おける支給見込額に基づき計上          おける支給見込額に基づき計上
             することとしております。            することとしております。
             (会計方針の変更)
             当事業年度より「役員賞与に関する
                 会計基準」(企業会計基準委員会
                 平成17年11月29日企業会計基準
                 第4号)を適用しております。
             この結果、販売費および一般管理費
                 が30,500千円増加し、営業利益、経
                 常利益及び税引前当期純利益がそ
                 れぞれ同額減少しております。

                      第128期                     第129期
     項目          (自平成18年4月1日              (自平成19年4月1日
                  至平成19年3月31日)             至平成20年3月31日)
             (4) 退職給付引当金               (4) 退職給付引当金
             従業員の退職給付に備えるため、当                  同左
                 事業年度末における退職給付債務
                 及び年金資産の見込み額に基づ
                 き、当事業年度末において発生し
                 ていると認められる額を計上して
                 おります。
             数理計算上の差異については、その
                 発生時の従業員の平均残存勤務期
                 間以内の一定の年数(10年)による
                 按分額(定率法による)をそれぞれ
                 発生の翌事業年度から費用処理す
                 ることとしております。
             執行役員の退職慰労金の支出に備え
                 て、内規に基づく事業年度末要支
                 給額を計上しており、退職給付引
                 当金に含めて表示しております。




                            65/89
                                                              EDINET提出書類
                                                           田村駒株式会社(E02817)
                                                               有価証券報告書
                (5) ―――           (5) 役員退職慰労引当金
                                       役員の退職慰労金の支出に備えるた
                                           め、内規に基づく事業年度末要支
                                           給額を計上しております。
                                       (会計方針の変更)
                                           役員退職慰労金は、従来支出時の
                                           費用としておりましたが、当事業
                                           年度より「租税特別措置法上の準
                                           備金および特別法上の引当金又は
                                           準備金並びに役員退職慰労引当金
                                           等に関する監査上の取扱い」(日
                                           本公認会計士協会平成19年4月
                                           13日監査・保証実務委員会報告
                                           第42号)の公表および「役員賞与
                                           に関する会計基準」(企業会計基
                                           準委員会企業会計基準第4号)の
                                           適用により役員賞与が費用処理さ
                                           れることになったことを契機とし
                                           て、事業年度末要支給額を役員退
                                           職慰労引当金として計上する方法
                                           に変更しております。
                                           これに伴い、前事業年度と同一の
                                           方法によった場合と比べ、営業利
                                           益が21,233千円、経常利益が
                                           21,233千円、税引前当期純利益が
                                           61,935千円それぞれ減少しており
                                           ます。
6外貨建の資産及び負債の   外貨建金銭債権債務等は決算日の直物                   同左
  本邦通貨への換算の基準   為替相場により円貨に換算し、換算差
                額は、損益として処理しております。
7リース取引の処理方法    リース物件の所有権が借主に移転する               同左
                と認められるもの以外のファイナンス
                ・リース取引については、通常の賃貸
                借取引に係る方法に準じた会計処理に
                よっております。




                               66/89
                                                                  EDINET提出書類
                                                               田村駒株式会社(E02817)
                                                                   有価証券報告書
                           第128期                  第129期
         項目            (自平成18年4月1日           (自平成19年4月1日
                        至平成19年3月31日)          至平成20年3月31日)
    8ヘッジ会計の方法      (1) ヘッジ会計の方法          (1) ヘッジ会計の方法
                    繰延ヘッジ処理によっております。              同左
                    また、為替予約等が付されている外
                        貨建債権債務については振当処理
                        を行っております。
                    さらに、ヘッジ会計の要件を満たす
                        金利スワップの一部については、
                        特例処理を採用しております。
                    (2) ヘッジ手段とヘッジ対象       (2) ヘッジ手段とヘッジ対象
                    ヘッジ手段               ヘッジ手段
                    デリバティブ取引(為替予約取引及             同左
                         び金利スワップ取引等)
                    ヘッジ対象               ヘッジ対象
                    外貨建資産・負債及び変動金利借                同左
                         入金
                    (3) ヘッジ方針             (3) ヘッジ方針
                    外貨建取引について、その取引契約                同左
                        時に、為替予約等により円貨額を
                        確定させ、為替リスクについて
                        ヘッジすることを原則としており
                        ます。
                    また、変動金利借入金に対し、金利ス
                        ワップ等を取組むことにより、借
                        入金利の固定化を図り、金利上昇
                        リスクをヘッジすることを原則と
                        しております。
                    (4) ヘッジ有効性評価の方法       (4) ヘッジ有効性評価の方法
                    ヘッジ手段の相場又はキャッシュ・              同左
                        フローの変動額の累計額とヘッジ
                        対象の変動とヘッジ対象の相場又
                        はキャッシュ・フローの変動額の
                        累計額を比較して有効性の判定を
                        行っております。
    9その他財務諸表作成のた   消費税及び地方消費税の会計処理       消費税及び地方消費税の会計処理
      めの基本となる重要な事   税抜方式によっております。                 同左
      項





                                  67/89
                                                                    EDINET提出書類
                                                                 田村駒株式会社(E02817)
                                                                     有価証券報告書
    (会計方針の変更)

                 第128期                         第129期
            (自平成18年4月1日                  (自平成19年4月1日
             至平成19年3月31日)                 至平成20年3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等)    ―――
(自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準等
の一部改正)
当期から「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計
基準」(企業会計基準委員会平成17年12月9日企業会
計基準第5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に
関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準委員会平
成17年12月9日企業会計基準適用指針第8号)並びに改
正後の「自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計
基準」(企業会計基準委員会最終改正平成18年8月11日
企業会計基準第1号)及び「自己株式及び準備金の額の
減少等に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準委
員会最終改正平成18年8月11日企業会計基準適用指針
第2号)を適用しております。
これによる損益に与える影響はありません。
なお、従来の「資本の部」の合計に相当する金額は
12,076,395千円であります。
財務諸表等規則の改正により、当期における財務諸表は、
改正後の財務諸表等規則により作成しております。

    (表示の変更)
                第128期                          第129期
            (自平成18年4月1日                   (自平成19年4月1日
            至平成19年3月31日)                  至平成20年3月31日)
―――                  (貸借対照表関係)
                                 1 前事業年度において独立掲記しておりました「未着
                                 品」(当事業年度1,716千円)は、重要性が乏しい
                                 ため当事業年度より「商品」に含めて表示すること
                                 としました。
                                   また「貯蔵品」(当事業年度279,047千円)は重要性
                                 が乏しく、かつ「商品」に含まれている生地等と販売
                                 形態が同一であるため当事業年度より「商品」に含め
                                 て表示することとしました。

                                 2 前事業年度において独立掲記しておりました以下の
                                   科目ついて、それぞれ資産の総額の100分の1以下の
                                   ため、流動資産の「その他」に含めて表示すること
                                   としました。
                                   当事業年度における各科目の金額は以下のとおり
                                   です。
                                          短期貸付金           10,916千円
                                          未収入金 260,047


                                 3 前事業年度において独立掲記しておりました「保険
                                   積立金」(当事業年度333千円)は、資産の総額の
                                   100分の1以下のため、投資その他の資産の「その他」
                                   に含めて表示することとしました。




                                  68/89
                                                                                      EDINET提出書類
                                                                                   田村駒株式会社(E02817)
                                                                                       有価証券報告書
    注記事項
     (貸借対照表関係)

                  第128期                                       第129期
              (平成19年3月31日)                                (平成20年3月31日)
※1担保に供している資産及びこれに対応する債務                    ※1担保に供している資産及びこれに対応する債務
(1) 担保に供している資産                            (1) 担保に供している資産
        建物               1,756,040千円                建物               1,657,862千円
        構築物                  9,093                  構築物                  8,036
        土地                 135,128                  土地                 135,128
        計           1,900,261                  計           1,801,027
上記に対応する債務                               上記に対応する債務
        長期借入金              300,000千円                長期借入金              225,000千円
        一年以内返済予定の                                   一年以内返済予定の
                           112,500                                      75,000
        長期借入金                                       長期借入金
        計             412,500                  計             300,000
(2) 取引保証金等の代用として差入れている資産                  (2) 取引保証金等の代用として差入れている資産
        投資有価証券           2,778,581千円                投資有価証券           1,526,270千円

※2関係会社に対する資産                 ※2関係会社に対する資産
区分掲記した以外で各科目に含まれているものは次 区分掲記した以外で各科目に含まれているものは次
    のとおりであります。                    のとおりであります。
      受取手形        1,057,113千円       受取手形     1,204,896千円
      売掛金         3,600,359         売掛金      2,928,146

3保証債務                                     3保証債務
(1) 他社の金融機関からの借入金等に対して次のとお                (1) 他社の金融機関からの借入金等に対して次のとお
        り保証を行っています。                                り保証を行っています。
                                                    田村駒(香港)         18,905千円
         田村駒(香港)                69,085千円
                                                    有限公司       (175千米ドル等)
         有限公司                (581千米ドル)
                                                    計          18,905千円
         ㈱東京ヤマモト               350,000千円
                                                     
         計                419,085千円
(2) 他社の金融機関からの借入金等に対して次の通り                (2) 他社の金融機関からの借入金等に対して次の通り
        経営指導念書を差入れております。                           経営指導念書を差入れております。
         田村駒(上海)紡織品            124,337千円            田村駒(上海)紡織品     130,101千円
         有限公司              (1,053千米ドル)              有限公司       (1,298千米ドル)
上記のうち、外貨建保証債務は、決算日の為替相場に                 上記のうち、外貨建保証債務は、決算日の為替相場に
      より円換算しています。                                 より円換算しています。
                                           
※4受取手形割引高                        4,539千円   ※4受取手形割引高                  362千円
※5債権流動化に伴う買戻し義務1,128,373千円                ※5債権流動化に伴う買戻し義務2,531,828千円
※6期末日満期手形の会計処理                             ※6―――
期末日満期手形は、手形交換日をもって決済処理して
      おります。
      従って、当期末日は、金融機関の休日であったた
      め、期末日満期手形が、以下の科目に含まれており
      ます。
      受取手形 1,352,568千円
      支払手形 513,290千円





                                             69/89
                                                                               EDINET提出書類
                                                                            田村駒株式会社(E02817)
                                                                                有価証券報告書
     (損益計算書関係)

                  第128期                                   第129期
             (自平成18年4月1日                            (自平成19年4月1日
              至平成19年3月31日)                           至平成20年3月31日)
※1他勘定振替高                                 ※1他勘定振替高
    見本費                       186,664千円        見本費                    191,584千円

※2固定資産除却損の主な内容は、次のとおりでありま ※2固定資産除却損の主な内容は、次のとおりでありま
  す。                         す。
     建物              6,835千円    建物              2,832千円
     器具備品            3,123      器具備品            1,031
     その他             1,267      その他               938




     (株主資本等変動計算書関係)
    第128期(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
    1自己株式に関する事項
     株式の種類         前事業年度末             増加               減少         当事業年度末

普通株式(株)                   5,985                800           ―             6,785

(変動事由の概要)
増加数の内訳は、次の通りであります。
単元未満株式の買取請求による増加800株

    第129期(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
    1自己株式に関する事項
     株式の種類         前事業年度末             増加               減少         当事業年度末

普通株式(株)                   6,785            100,930           −           107,715

(変動事由の概要)
増加数の内訳は、次の通りであります。
取締役会決議(平成20年8月20日)に基づく取得による増加100,000株
単元未満株式の買取請求による増加  930株




                                           70/89
                                                                           EDINET提出書類
                                                                        田村駒株式会社(E02817)
                                                                            有価証券報告書
    (リース取引関係)

                第128期                                 第129期
         (自平成18年4月1日                          (自平成19年4月1日
          至平成19年3月31日)                         至平成20年3月31日)
 1リース物件の所有権が借主に移転すると認められ              1リース物件の所有権が借主に移転すると認められ
   るもの以外のファイナンス・リース取引                    るもの以外のファイナンス・リース取引
①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当 ①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当
    額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額                 額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
                                                          ソフト
                    ソフト
                                               器具備品                 合計
         器具備品                  合計
                                                          ウェア
                    ウェア
                                        取得価額
  取得価額
                                                 225,157    4,845 230,002千円
           208,821    13,026 221,847千円
                                        相当額
  相当額
                                        減価償却
  減価償却
                                        累計額       66,941    3,831  70,772
  累計額      100,062    10,361 110,423
                                        相当額
  相当額
                                        減損損失
  減損損失
                                                      ―        ―          ―
                                        累計額
                ―         ―       ―
  累計額
                                        相当額
  相当額
                                        期末残高
  期末残高                                           158,215    1,013 159,229
           108,759     2,664 111,424    相当額
  相当額

②未経過リース料期末残高相当額及びリース資産減損 ②未経過リース料期末残高相当額及びリース資産減損
    勘定期末残高                          勘定期末残高
未経過リース料期末残高相当額               未経過リース料期末残高相当額
      1年以内             34,884千円       1年以内           51,121千円
      1年超            76,881           1年超         109,314
      合計            111,765           合計          160,436
    リース資産減損勘定期末残高           ―千円     リース資産減損勘定期末残高         −千円

③支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償 ③支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償
    却費相当額、支払利息相当額及び減損損失         却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
     支払リース料            46,315千円  支払リース料            47,122千円
     リース資産減損勘定の取崩額       ―       リース資産減損勘定の取崩額       −
     減価償却費相当額        44,861      減価償却費相当額        45,676
     支払利息相当額          1,304      支払利息相当額          1,832
     減損損失                ―       減損損失                −

④減価償却費相当額の算定方法            ④減価償却費相当額の算定方法
減価償却費相当額の算定方法は、リース期間を耐用年              同左
    数とし、残存価額を零とする定額法によっており
    ます。

⑤利息相当額の算定方法               ⑤利息相当額の算定方法
利息相当額の算定方法は、リース料総額とリース物件              同左
    の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各
    期への配分方法については、利息法によっており
    ます。

2オペレーティング・リース取引                        2オペレーティング・リース取引
未経過リース料                              未経過リース料
      1年以内                      2,460千円       1年以内                     334千円
      1年超                       334           1年超                     −
      合計                      2,795           合計                     334





                                       71/89
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                 田村駒株式会社(E02817)
                                                                                     有価証券報告書
     (有価証券関係)
      第128期(平成19年3月31日)
      子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。

      第129期(平成20年3月31日)
      子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。

     (税効果会計関係)

                第128期                                       第129期
          (平成19年3月31日)                                (平成20年3月31日)
1繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別                 1繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別
  内訳                                        内訳
(1) 流動の部                                 (1) 流動の部
繰延税金資産                                 繰延税金資産
      貸倒引当金損金算入限度超過額          463,973千円         貸倒引当金損金算入限度超過額         135,003千円
      賞与引当金損金算入限度超過額           96,303           賞与引当金損金算入限度超過額          79,576
      商品評価損                    54,477           繰越欠損金                  233,784
      その他                      50,098           その他                    185,420
      繰延税金資産合計                664,852           繰延税金資産合計               633,785
繰延税金負債                                 繰延税金負債
短期為替予約 7,671千円               その他19,286千円
     繰延税金資産の純額                657,181千円        繰延税金資産の純額               614,498千円
(2) 固定の部                                 (2) 固定の部
繰延税金資産                                 繰延税金資産
      貸倒引当金損金算入限度超過額          194,510千円         固定資産減損損失               101,219千円
      退職給付引当金損金算入限度
                               66,088              ゴルフ会員権評価損            47,638
      超過額
      その他                     168,067              その他                  71,442
      繰延税金資産小計                428,666              繰延税金資産小計            220,300
      評価性引当金                 △101,809              評価性引当金             △107,259
      繰延税金資産合計                326,857              繰延税金資産合計            113,041

繰延税金負債                               繰延税金負債
     資産圧縮積立金                  528,472千円      資産圧縮積立金                    507,748千円
     その他有価証券評価差額金           1,482,579        その他有価証券評価差額金               619,753
     繰延税金負債合計               2,011,052        繰延税金負債合計                 1,127,501
                                       
    繰延税金負債の純額               1,684,195千円     繰延税金負債の純額                 1,014,460千円

2法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担 2法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担
   率との差異原因                     率との差異原因
   
法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担 同左
   率との差異が法定実効税率の百分の五以下であるた 
   め注記を省略しております。


     (企業結合等関係)
    第128期(自平成18年4月1日至平成19年3月31日)
       該当事項はありません。
    第129期(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
       該当事項はありません。




                                           72/89
                                                                             EDINET提出書類
                                                                          田村駒株式会社(E02817)
                                                                              有価証券報告書
        (1株当たり情報)

                                 第128期                       第129期
                            (自平成18年4月1日                (自平成19年4月1日
                             至平成19年3月31日)               至平成20年3月31日)

1株当たり純資産額                                   709.77円                  649.68円

1株当たり当期純利益                                   55.14円                   31.86円
                         潜在株式調整後1株当たり当期純利             潜在株式調整後1株当たり当期純利
                         益については、潜在株式がないため             益については、潜在株式がないため
                         記載しておりません。                   記載しておりません。
                         (追加情報)
                         当事業年度から、改正後の「1株当
                         たり当期純利益に関する会計基準」
                         (企業会計基準委員会最終改正平成
                         18年1月31日企業会計基準第2号)
                         及び「1株当たり当期純利益に関す
                         る会計基準の適用指針」(企業会計
                         基準委員会最終改正平成18年1月
                         31日企業会計基準第4号)を適用し
                         ております。
                         なお、前事業年度と同様の方法によ
                         り算定した当事業年度の1株当たり
                         純資産額は、710.66円となります。
    (注)算定上の基礎
        1.1株当たり純資産額

                                  第128期                      第129期
                                平成19年3月31日                 平成20年3月31日

          貸借対照表の純資産の部の合計
                                      12,061,298千円              10,974,507千円
          額
          普通株式にかかる純資産額                12,061,298千円              10,974,507千円

          普通株式の発行済株式数                 17,000,000株               17,000,000株

          普通株式の自己株式数                         6,785株               107,715株
          1株当たり純資産額の算定に用
                                     16,993,215株               16,892,285株
          いられた普通株式の数
    
         2.1株当たり当期純利益
                                   第128期                      第129期
                              (自平成18年4月1日               (自平成19年4月1日
                               至平成19年3月31日)              至平成20年3月31日)

          当期純利益                             937,080千円             539,520千円

          普通株主に帰属しない金額                          ―千円                     ―千円

          普通株式に係る当期純利益                      937,080千円             539,520千円

          普通株式の期中平均株式数                16,993,748株               16,934,094株


        (重要な後発事象)
         該当事項はありません。




                                    73/89
                                                                  EDINET提出書類
                                                               田村駒株式会社(E02817)
                                                                   有価証券報告書

    ④ 【附属明細表】
       【有価証券明細表】
        【株式】

              銘柄         株式数(株)                貸借対照表計上額(千円)
(投資有価証券)
    その他有価証券
     (株)三菱UFJフィナンシャル・             1,467,000            1,277,757
        グル−プ
     日清紡績(株)                      1,082,586            1,040,365
     (株)東京スタイル                       475,000             456,475
     東洋ビルメンテナンス(株)                    13,400             310,545
     (株)東京ソワ−ル                       910,776             250,463
     クロスプラス(株)                       247,045             236,669
     旭化成(株)                          397,398             209,826
     (株)静岡中央銀行                       622,000             193,442
     オオクラヤ住宅(株)                      289,000             173,400
     東レ(株)                           215,000             128,570
     (株)UFJキャピタル                      10,500              95,000
     (株)三陽商会                         163,000              89,161
     (株)中央倉庫                          73,000              80,300
     小松精練(株)                         179,500              72,697
     イズミヤ(株)                          96,000              48,960
     三菱レイヨン(株)                       123,420              39,124
     (株)七十七銀行                         62,529              35,203
     ユニチカ(株)                         300,000              29,400
     (株)滋賀銀行                          40,000              26,720
     東洋プロパティー(株)                         468              25,740
     (株)サンゲツ                           9,108              19,582
     万葉寺井(株)                          19,000              18,810
     三井倉庫(株)                          28,484              15,951
     (株)千趣会                           20,000              15,000
     (株)クラレ                           13,000              14,976
     (株)池田銀行                           5,200              14,450
     三信(株)                            10,000              13,300
     (株)三井住友フィナンシャル                       18              12,524
        グル−プ
     その他40銘柄                         535,031             163,623
            計                     7,407,463            5,108,037


        【債券】

              銘柄        券面総額(千円)               貸借対照表計上額(千円)

(投資有価証券)

    その他有価証券

     第49回利付国債                         14,550              15,000

              計                       14,550              15,000




                             74/89
                                                                                                            EDINET提出書類
                                                                                                         田村駒株式会社(E02817)
                                                                                                             有価証券報告書
          【有形固定資産等明細表】

                                                                      当期末減価
                                                                                                   差引当期末
                  前期末残高 当期増加額 当期減少額 当期末残高                             償却累計額          当期償却額
         資産の種類                                                                                       残高
                   (千円)  (千円)  (千円)  (千円)                             又は償却累           (千円)
                                                                                                    (千円)
                                                                      計額(千円)
有形固定資産

建物                8,541,990        5,018   36,509     8,510,499       5,210,365       197,408      3,300,134

構築物                 160,613            −       −        160,613           136,914       3,291         23,698

機械及び装置              413,625       17,383    2,582       428,426           362,328      16,478         66,097

器具備品                664,951       29,179   18,878       675,252           266,416      24,070        408,836

土地                1,650,326            −       −      1,650,326                −              −    1,650,326

建設仮勘定                    −        72,450       −            72,450             −              −       72,450

        有形固定資産計   11,431,506      124,031   57,969 11,497,568          5,976,025       241,249      5,521,543

無形固定資産

借地権                   9,806            −       −             9,806             −              −        9,806

商標権                   1,198            −       −             1,198            479         119            718

ソフトウェア              374,271       22,694       −        396,965           206,609      76,826        190,356

電話加入権                 9,789            −       −             9,789             −              −        9,789

        無形固定資産計      395,064       22,694       −        417,759           207,088      76,946        210,670

長期前払費用                41,376        1,869    1,770           41,475         26,129      11,322         15,346
    

          【引当金明細表】

                                                             当期減少額            当期減少額
                      前期末残高             当期増加額                                                      当期末残高
           区分                                                (目的使用)            (その他)
                       (千円)              (千円)                                                       (千円)
                                                               (千円)             (千円)

貸倒引当金                    1,874,000          537,000            1,275,834             598,165         537,000

賞与引当金                      237,200          196,000              237,200                  −          196,000

役員賞与引当金                        30,500        19,000               30,500                  −           19,000

退職給付引当金                        39,000         9,900               15,300                  −           33,600

役員退職慰労引当金                          −        124,435               62,500                  −           61,935

    (注)貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、一般債権の貸倒実績率による洗替額
であります。




                                                     75/89
                                                                           EDINET提出書類
                                                                        田村駒株式会社(E02817)
                                                                            有価証券報告書

    (2) 【主な資産及び負債の内容】
      (1) 資産の部
         イ現金及び預金

                      区分                           金額(千円)

    現金                                                              7,876

    預金の種類

     当座預金                                                    1,506,236

     通知預金                                                          55,000

     外貨預金                                                          29,064

     別段預金                                                             239

     預金の種類計                                                  1,590,540

                      合計                                     1,598,416

         ロ受取手形
          (イ)相手先別内訳

                      相手先                          金額(千円)

    田村駒エンジニアリング㈱                                                  188,420

    ㈱グランプラス                                                       155,617

    ㈱サンエ−インタ−ナショナル                                                146,079

    ラブリ−クィ−ン㈱                                                     115,460

    旭屋㈱                                                            91,395

    その他                                                           674,133

                      合計                                     1,371,105

          (ロ)期日別内訳

                期日別         受取手形(千円)                   割引手形(千円)

    平成20年4月満期                             78,315                      362

     〃 5月 〃                            104,707                       ―

     〃 6月 〃                            492,797                       ―

     〃 7月 〃                            350,479                       ―

     〃 8月 〃                            171,855                       ―

     〃 9月 〃                             82,265                       ―

     〃 10月以降満期                          90,685                       ―

                合計                  1,371,105                         362






                                 76/89
                                                                                           EDINET提出書類
                                                                                        田村駒株式会社(E02817)
                                                                                            有価証券報告書
      ハ売掛金
        (イ)相手先別内訳

                   相手先                                           金額(千円)

田村駒エンジニアリング㈱                                                                    2,711,628

クロスプラス㈱                                                                         1,939,004

㈱東京ヤマモト                                                                           653,846

㈱東京ソワ−ル                                                                           645,522

明繊㈱                                                                               294,396

その他                                                                            12,056,476

                    合計                                                         18,300,874


        (ロ)売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

                                                                               滞留期間(日)
    前期繰越高          当期発生高         当期回収高          次期繰越高                           (A)+(D)
                                                                  回収率(%)
                                                                  (C)               2
      (A)            (B)           (C)             (D)                  ×100
                                                                (A)+(B)           (B)
     (千円)           (千円)          (千円)            (千円)
                                                                                   366

      17,419,938    91,313,353    90,432,418       18,300,874       83.1         71.5
    (注)消費税等の会計処理は税抜方式を採用していますが、上記当期発生高には消費税等が含まれております。

      ニ商品

                    内訳                                           金額(千円)

衣料素材                                                                            2,942,310

リビング素材                                                                            583,923

衣料製品                                                                            1,661,457

リビング製品                                                                            583,188

その他                                                                               367,538

                    合計                                                          6,138,419










                                               77/89
                                                 EDINET提出書類
                                              田村駒株式会社(E02817)
                                                  有価証券報告書
    (2) 負債の部
     イ支払手形
      (イ)相手先別内訳

               相手先           金額(千円)
㈱三景                                     336,082
東レACE㈱                                  157,148
㈱佐和                                     106,051
アイジ−工業㈱                                  95,263
旭陽産業㈱                                    83,330
その他                                     731,221
                合計                    1,509,098

      (ロ)期日別内訳

               期日別           金額(千円)
平成20年4月満期                               273,302
 〃 5月 〃                               442,271
 〃 6月 〃                               371,023
 〃 7月 〃                               241,295
 〃 8月 〃                               181,205
 〃 9月 〃                                    −
                合計                    1,509,098

     ロ輸入引受手形
      (イ)銀行別内訳

               相手先           金額(千円)
㈱三菱東京UFJ銀行                              182,480
                合計                      182,480

      (ロ)期日別内訳

               期日別           金額(千円)
平成20年4月満期                                53,517
 〃 5月 〃                                35,459
 〃 6月 〃                                55,132
 〃 7月 〃                                35,240
 〃 8月 〃                                 3,129
                合計                      182,480





                     78/89
                                                 EDINET提出書類
                                              田村駒株式会社(E02817)
                                                  有価証券報告書
    ハ買掛金

              相手先           金額(千円)

旭トステム外装㈱                              1,385,613

東レ㈱                                     788,638

旭化成建材㈱                                  743,615

小松精練㈱                                  457,418

クラレトレ−ディング㈱                             431,464

その他                                   9,719,508

              合計                     13,526,258


    ニ短期借入金

              借入先           金額(千円)

農林中央金庫                                1,200,000

㈱滋賀銀行                                   800,000

㈱七十七銀行                                  700,000

商工組合中央金庫                                650,000

㈱三菱東京UFJ銀行                              500,000

㈱みずほコーポレート銀行                            500,000

㈱三井住友銀行                                 400,000

その他                                     900,000

              合計                      5,650,000


    ホ未払金

              内容            金額(千円)

関税及び消費税                                 776,666

輸入諸経費                                   137,573

販売手数料                                   139,318

運送費                                      29,418

社会保険料                                    25,591

退職金                                       4,155

その他                                   1,128,586

              合計                      2,241,310






                    79/89
                                                      EDINET提出書類
                                                   田村駒株式会社(E02817)
                                                       有価証券報告書
      ヘ長期借入金

                借入先               金額(千円)

㈱三菱東京UFJ銀行                                 2,000,000

㈱三井住友銀行                                      560,000

㈱三菱UFJ信託銀行                                   500,000

商工組合中央金庫                                     500,000

日本政策投資銀行                                     300,000

その他                                          339,500

                小計                         4,199,500

         一年以内返済予定の長期借入金                      811,400

                差引                         3,388,100


    (3) 【その他】
      該当事項はありません。




                          80/89
                                                                     EDINET提出書類
                                                                  田村駒株式会社(E02817)
                                                                      有価証券報告書

第6 【提出会社の株式事務の概要】


事業年度             4月1日から3月31日まで

定時株主総会           6月中

基準日              3月31日

株券の種類            1株券、5株券、10株券、50株券、100株券、500株券、1,000株券、10,000株券

剰余金の配当の基準日       3月31日、9月30日

1単元の株式数          1,000株

株式の名義書換え
                 大阪市北区堂島浜一丁目1番5号
取扱場所
                 三菱UFJ信託銀行株式会社大阪証券代行部
                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
株主名簿管理人
                 三菱UFJ信託銀行株式会社
取次所            三菱UFJ信託銀行株式会社全国本支店

名義書換手数料        無料

新券交付手数料        無料

株券喪失登録

株券喪失登録申請料      1件につき10,000円

株券登録料          1枚につき500円

単元未満株式の買取り
                 大阪市北区堂島浜一丁目1番5号
取扱場所
                 三菱UFJ信託銀行株式会社大阪証券代行部
                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
株主名簿管理人
                 三菱UFJ信託銀行株式会社
取次所            三菱UFJ信託銀行株式会社全国本支店

買取手数料          無料

公告掲載方法           日本経済新聞

株主に対する特典         なし
    (注)当社定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、会社法第166条第1項の規定に
        よる請求をする権利、株主の有する株式数に応じて募集株式の割当ておよび募集新株予約権の割当てを受ける権
        利以外の権利を有しておりません。






                                     81/89
                                                           EDINET提出書類
                                                        田村駒株式会社(E02817)
                                                            有価証券報告書

第7 【提出会社の参考情報】


1 【提出会社の親会社等の情報】
      当社には、親会社等はありません。

2 【その他の参考情報】
      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。

(1) 有価証券報告書      事業年度      自平成18年4月1日    平成19年6月29日
   及びその添付書類     (第128期)   至平成19年3月31日   近畿財務局長に提出。

(2)   有価証券報告書の   証券取引法第24条の2第1項に基づく       平成19年9月14日
     訂正報告書      第128期の有価証券報告書に係る訂正       近畿財務局長に提出。
               報告書                      
  
(3)   臨時報告書      企業内容の開示に関する内閣府令第19条      平成19年10月31日
               第2項第4号(主要株主の異動)の規定       近畿財務局長に提出。
               に基づくもの                   

(4)   半期報告書       (第129期中) 自平成19年4月1日    平成19年12月21日
                           至平成19年9月30日   近畿財務局長に提出。






                                  82/89
                             EDINET提出書類
                          田村駒株式会社(E02817)
                              有価証券報告書

第二部 【提出会社の保証会社等の情報】

該当事項はありません。




                  83/89
                                                    EDINET提出書類
                                                 田村駒株式会社(E02817)
                                                     有価証券報告書




                  独立監査人の監査報告書


                                          平成19年6月27日
田村駒株式会社
  取締役会 御中




みすず監査法人


指定社員
          公認会計士澤田侚己
業務執行社員


指定社員
          公認会計士蔭山幸男
業務執行社員




 当監査法人は、証券取引法第193条の2の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている田

村駒株式会社の平成18年4月1日から平成19年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連

結貸借対照表、連結損益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書及び連結附属明細表に

ついて監査を行った。この連結財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から連結財務

諸表に対する意見を表明することにある。

 当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、

当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。監査は、

試査を基礎として行われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評

価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監査の結果として意見表

明のための合理的な基礎を得たと判断している。

 当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、

田村駒株式会社及び連結子会社の平成19年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年

度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。


 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。


                                               以上




                           84/89
                                                  EDINET提出書類
                                               田村駒株式会社(E02817)
                                                   有価証券報告書




(※)上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提

  出会社)が別途保管しております。




                        85/89
                                                                EDINET提出書類
                                                             田村駒株式会社(E02817)
                                                                 有価証券報告書

                       独立監査人の監査報告書
                                                       平成20年6月20日
田村駒株式会社
    取締役会御中


                       新日本監査法人
                        指定社員
                                         公認会計士 亀 沖正 典㊞
                        業務執行社員

                        指定社員
                                         公認会計士 竹 川 清㊞
                        業務執行社員

                        指定社員
                                         公認会計士 坂 井俊 介㊞
                        業務執行社員


    当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げ

られている田村駒株式会社の平成19年4月1日から平成20年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、

すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書及び連結

付属明細表について監査を行った。この連結財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場か

ら連結財務諸表に対する意見を表明することにある。

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。

   監査の基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めて

    いる。監査は、試査を基礎として行われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われ

    た見積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監査の結果と

    して意見表明のための合理的な基礎を得たと判断している。

     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、

    田村駒株式会社及び連結子会社の平成20年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の

    経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。

    追記情報

      連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項に記載されているとおり、役員退職慰労引当金について、従来

     会社は支出時の費用として処理していたが、当連結会計年度から内規に基づく連結会計年度末要支給額を役員退職

     慰労引当金として計上する方法に変更している。

    会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。





                                                            以上


    (※)上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会社)
       が別途保管しております。




                                 86/89
                                                    EDINET提出書類
                                                 田村駒株式会社(E02817)
                                                     有価証券報告書




                  独立監査人の監査報告書


                                          平成19年6月27日
田村駒株式会社
  取締役会 御中




みすず監査法人


指定社員
          公認会計士澤田侚己
業務執行社員


指定社員
          公認会計士蔭山幸男
業務執行社員




 当監査法人は、証券取引法第193条の2の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている田

村駒株式会社の平成18年4月1日から平成19年3月31日までの第128期事業年度の財務諸表、すなわち、

貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書及び附属明細表について監査を行った。この財務諸表の作成責任は

経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。

 当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、

当監査法人に財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。監査は、試査

を基礎として行われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も

含め全体としての財務諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監査の結果として意見表明のため

の合理的な基礎を得たと判断している。

 当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、田村

駒株式会社の平成19年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重

要な点において適正に表示しているものと認める。


 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。


                                               以上




                           87/89
                                                  EDINET提出書類
                                               田村駒株式会社(E02817)
                                                   有価証券報告書




(※)上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提

  出会社)が別途保管しております。




                        88/89
                                                                  EDINET提出書類
                                                               田村駒株式会社(E02817)
                                                                   有価証券報告書

                         独立監査人の監査報告書
                                                         平成20年6月20日
田村駒株式会社
    取締役会御中


                         新日本監査法人
                          指定社員
                                           公認会計士 亀 沖正 典㊞
                          業務執行社員

                          指定社員
                                           公認会計士 竹 川 清㊞
                          業務執行社員

                          指定社員
                                           公認会計士 坂 井俊 介㊞
                          業務執行社員


    当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げ

られている田村駒株式会社の平成19年4月1日から平成20年3月31日までの第129期事業年度の財務諸表、

すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書及び付属明細表について監査を行った。この財務諸表の

作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。

    当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、

当監査法人に財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。監査は、試査を

基礎として行われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め

全体としての財務諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監査の結果として意見表明のための合理

的な基礎を得たと判断している。

当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、田村

駒株式会社の平成20年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な

点において適正に表示しているものと認める。

    追記情報

重要な会計方針に記載されているとおり、役員退職慰労引当金について、従来会社は支出時の費用として処理し

        ていたが、当事業年度から内規に基づく事業年度末要支給額を役員退職慰労引当金として計上する方法に変更して

        いる。

会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

    



                                                              以上


    (※)上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会社)
       が別途保管しております。




                                   89/89

PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。