株式会社アルファポリス 四半期報告書 第18期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第18期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社アルファポリス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アルファポリス(E30908)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年8月10日
      【四半期会計期間】                    第18期第1四半期(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
      【会社名】                    株式会社アルファポリス
      【英訳名】                    AlphaPolis      Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  梶本 雄介
      【本店の所在の場所】                    東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー5F
      【電話番号】                    03-6277-1602
      【事務連絡者氏名】                    取締役兼管理本部本部長  大久保 明道
      【最寄りの連絡場所】                    東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー5F
      【電話番号】                    03-6277-0123
      【事務連絡者氏名】                    取締役兼管理本部本部長  大久保 明道
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/16













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アルファポリス(E30908)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                 第17期           第18期
                回次                                      第17期
                             第1四半期累計期間           第1四半期累計期間
                             自平成28年4月1日           自平成29年4月1日           自平成28年4月1日

               会計期間
                             至平成28年6月30日           至平成29年6月30日           至平成29年3月31日
                        (千円)           652,111           852,134          3,185,536
     売上高
                        (千円)            37,931           50,982          175,242
     経常利益
                        (千円)            23,638           32,629          101,098
     四半期(当期)純利益
                        (千円)              -           -           -
     持分法を適用した場合の投資利益
                        (千円)           863,824           863,824           863,824
     資本金
                         (株)          4,843,700           4,843,700           4,843,700
     発行済株式総数
                        (千円)          3,836,007           3,946,096           3,913,467
     純資産額
                        (千円)          4,946,614           4,940,358           4,959,803
     総資産額
                         (円)            4.88           6.74          20.87
     1株当たり四半期(当期)純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期(当
                         (円)             -           -           -
     期)純利益金額
                         (円)             -           -           -
     1株当たり配当額
                         (%)            77.5           79.9           78.9
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移につい
           ては記載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、当社は関連会社を有していないため記載しておりません。
         4.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません。
      2【事業の内容】

        当第1四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。また、主要な関係会
       社における異動もありません。
                                  2/16








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アルファポリス(E30908)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生又は有価証券報告書に記載した事業等のリスクにつ
       いての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当第1四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
       (1)業績の状況

         当第1四半期累計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)におけるわが国経済は、政府による各種
        経済政策等の効果により、企業の業績は概ね堅調に推移し、景気は緩やかながらも回復基調が続きました。一方、
        世界経済に対する不透明感の高まりから、為替や株式相場の動向などの経済環境の先行きは、依然として予断を許
        さない状況が続いています。
         当社が属する出版業界におきましては、引き続き厳しい状況が続いております。出版科学研究所によると、平成
        29年上半期(1月から6月まで)の紙の出版物の推定販売金額は、前年同期比5.5%減となる7,281億円となりまし
        た。その内訳は、「書籍」が同2.7%減となる3,954億円、「雑誌」は同8.5%減の3,327億円となっており、「雑
        誌」が特に厳しい状況となっております。一方、電子出版物については、同21.5%増の1,029億円となり、堅調に
        成長を続けております。
         こうした環境の中、インターネット発の出版の先駆者である当社は、「これまでのやり方や常識に全くとらわれ
        ず」、「良いもの面白いもの望まれるものを徹底的に追求していく」というミッションの下、インターネット時代
        の新しいエンターテインメントを創造することを目的とし、インターネット上で話題となっている小説・漫画等の
        コンテンツを書籍化する事業に取り組んでまいりました。また、出版事業を通して蓄積した自社IP(小説、漫画、
        キャラクターなど)を活かしたオリジナルゲームを開発・運用する事業等にも取り組んでまいりました。
         以上の活動の結果、当第1四半期累計期間の売上高は852,134千円(前年同期比30.7%増)、営業利益は51,075
        千円(同33.9%増)、経常利益は50,982千円(同34.4%増)、四半期純利益は32,629千円(同38.0%増)となりま
        した。
         セグメントの業績は、次のとおりであります。

       ① 出版事業

         出版事業について、当第1四半期累計期間の出版点数は、より質の高い書籍制作に重点をおいた結果、前年同期
        を8点下回る101点となりました。一方、電子書籍専用端末やスマートフォン向けの電子書籍販売は引き続き堅調
        な売行きとなりました。また、新サービス「レンタル」については、先行リリースしたアプリ版に続き、平成29年
        6月27日にはWebサイト版の提供も開始いたしました。加えて、前年同期に発生した『ゲート』関連書籍の一時的
        な返本増のような特別な事象は、当第1四半期累計期間では発生しておらず、返本については安定的に推移いたし
        ました。
         以上の結果、当事業の売上高は727,815千円(前年同期比27.3%増)、セグメント利益は244,416千円(同74.3%
        増)となり、収益性は大幅に回復いたしました。
         書籍のジャンル別概況は次のとおりであります。

        1.ライトノベル
          ラインナップの関係上、当第1四半期累計期間の刊行点数は前年同期をやや下回る55点(前年同期比2点減)
         となりました。一方、当社の定番ヒットタイトルである『とあるおっさんのVRMMO活動記』や『ダィテス領攻防
         記』等の売行きは引き続き好調でありました。加えて、第9回ファンタジー小説大賞・                                         特別賞受賞作『異世界
         ゆるり紀行』は、3刷・2万部を突破するなど、新作が芽生えてきたことから、ライトノベル全体の売上高につ
         きましては、前年同期を上回り、比較的堅調に推移いたしました。
        2.漫画

          ライトノベルと同様、ラインナップの関係上、当第1四半期累計期間の刊行点数は前年同期を大きく下回る9
         点(前年同期比7点減)となりました。しかしながら、当第1四半期累計期間の刊行には、大型タイトル『ゲー
         ト』最新刊が含まれていたこと、及び、新サービス「レンタル」の売行きが堅調であったこと、並びに、前年同
         期に発生していた『ゲート』関連書籍のような一時的な返本増は、当第1四半期累計期間では発生していないこ
         とから、売上高は前年同期を上回る結果となりました。
                                  3/16

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アルファポリス(E30908)
                                                             四半期報告書
          また、将来において書籍刊行の元となるWeb連載漫画については、当第1四半期累計期間では、新たに11本の
         新規連載を開始いたしました。中でも、当社投稿サイトから編集部がスカウトいたしました4名の漫画家によ
         る、  4本の完全オリジナル漫画を連載できたことは、今後の更なる成長の足掛かりとなる実績であるといえま
         す。
        3.文庫

          当第1四半期累計期間では、単行本及び漫画でも人気となっている『異世界でカフェを開店しました。』を文
         庫化いたしました。その結果、同シリーズの発行部数累計は40万部を突破いたしました。
          また、文庫においても漫画と同様、前年同期に発生していた『ゲート』関連書籍のような一時的な返本増は、
         当第1四半期累計期間では発生していないことから、売上高は前年同期を上回る結果となりました。
        4.その他

          当第1四半期累計期間では、当社ビジネスサイトで人気の連載『訳せない日本語』を書籍化いたしました。本
         作は、各種メディアでも取り上げられるなど、一定の成果をあげることができました。
          しかしながら、ラインナップの充実は発展途上であることから、刊行点数が前年同期を下回ったことを主な要
         因として、売上高につきましても、前年同期を下回る結果となりました。
       ② ゲーム事業

        1.スマホアプリ
          スマホアプリ『リ・モンスター(Re:Monster)』につきましては、平成29年5月に実施した「ゴブリンフェス
         ティバル」が好評となり、売上高は、単月では過去最高の売上高を更新いたしました。また、同年6月1日に
         は、ベトナム現地法人・フジテクノロジー株式会社により、ベトナム語版の『リ・モンスター(Re:Monster)』
         の配信も決定いたしました。なお、ベトナム語版アプリは同年6月28日にリリース済となっております。
          一方、『THE       NEW  GATE』については、様々な新規コンテンツの投入を行うものの、売上の回復に直結させるこ
         とはできず、売上高は厳しい状況が続いております。
          平成29年4月にリリースした『異世界でカフェを開店しました。』については、初動の売上高は厳しい結果と
         なりました。なお、本アプリについては、売上の改善を図るべく同年8月からは運用体制を一新する予定です。
        2.PCブラウザゲーム

          『ワンモア・フリーライフ・オンライン』については、平成29年4月に実施した「1周年記念イベント」によ
         るユーザー回帰が進んだことにより、売上高は徐々に回復してまいりました。
          一方、同年4月にリリースした『月が導く異世界道中』については、ユーザー獲得が想定通り進まず、売上
         高は厳しい結果となりました。なお、今後は新たなユーザーを獲得するための施策を実施予定です。
         以上の結果、当第1四半期累計期間の売上高は124,318千円(前年同期比55.0%増)、セグメント損失は88,957

        千円(前年同期は28,962千円のセグメント損失)となりました。
       (2)財政状態の分析

        ① 資産
          当第1四半期会計期間末の流動資産は、前事業年度末と比較して4,048千円減少し、4,666,044千円となりまし
         た。これは主に、売掛金の回収に伴う現金及び預金の増加(前事業年度末比117,505千円増)及び売掛金の減少
         (同103,548千円減)、並びに当第1四半期累計期間に対する未払法人税等の計上に伴い、その他に含まれる未
         収還付法人税等が減少(同16,007千円減)したことによるものであります。
          固定資産は、前事業年度末と比較して15,396千円減少し、274,313千円となりました。これは主に、無形固定
         資産の減少(同19,744千円減)によるものであり、その主な要因はスマホアプリ等に係るソフトウェア制作費を
         償却したことによるものであります。
        ② 負債

          当第1四半期会計期間末の流動負債は、前事業年度末に比べ46,475千円減少し、946,631千円となりました。
         これは主に、従業員の増加に伴い賞与引当金が増加(前事業年度末比19,858千円増)する一方で、前第4四半期
         会計期間比で出版事業売上高が減少したことに伴い返品調整引当金及び買掛金が減少(返品調整引当金:同
         42,901千円減、買掛金:同22,672千円減)したことによるものであります。
          固定負債は、前事業年度末に比べ5,598千円減少し、47,630千円となりました。これは主に、借入金の返済に
         伴い長期借入金が減少(同10,683千円減)したことによるものであります。
        ③ 純資産

                                  4/16


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アルファポリス(E30908)
                                                             四半期報告書
          当第1四半期会計期間末の純資産は、前事業年度末に比べ32,629千円増加し、3,946,096千円となりました。
         これは全て、四半期純利益の計上に伴う利益剰余金の増加によるものであります。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  5/16


















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アルファポリス(E30908)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          16,000,000
                  計                                16,000,000

        ②【発行済株式】

             第1四半期会計期間末            提出日現在発行数          上場金融商品取引所名
       種類     現在発行数(株)               (株)        又は登録認可金融商品                 内容
             (平成29年6月30日)           (平成29年     8 月10日)     取引業協会名
                                               権利内容に何ら限定のない当
                                     東京証券取引所          社における標準となる株式で
     普通株式            4,843,700           4,843,700
                                     (マザーズ)         あり、単元株式数は100株で
                                               あります。
        計          4,843,700           4,843,700           -             -
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式        資本金       資本金      資本準備金       資本準備金
         年月日         総数増減数        総数残高        増減額        残高       増減額        残高
                   (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
       平成29年4月1日
                    -      4,843,700        -       863,824       -       853,824
      ~平成29年6月30日
                                  6/16









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アルファポリス(E30908)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
       (7)【議決権の状況】

           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(平成29年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしてお
          ります。
        ①【発行済株式】

                                                  平成29年6月30日現在
             区分             株式数(株)            議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                       -             -            -
     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -            -

     議決権制限株式(その他)                       -             -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                       -             -            -

                                                 権利内容に何ら限定のな
                                                 い当社における標準とな
     完全議決権株式(その他)                    普通株式 4,842,500                   48,425
                                                 る株式であり、単元株式
                                                 数は100株であります。
     単元未満株式                    普通株式   1,200                 -            -
     発行済株式総数                         4,843,700           -            -

     総株主の議決権                       -               48,425          -

        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/16










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アルファポリス(E30908)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
       号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期会計期間(平成29年4月1日から平成29
       年6月30日まで)及び第1四半期累計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期財務諸表に
       ついて、東陽監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、当社の監査法人は次のとおり交代しております。
        第17期事業年度                 有限責任監査法人トーマツ
        第18期第1四半期会計期間及び第1四半期累計期間 東陽監査法人
      3.四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                  8/16















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アルファポリス(E30908)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度            当第1四半期会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,478,034              2,595,539
         現金及び預金
                                       1,854,750              1,751,201
         売掛金
                                        155,663              151,932
         製品
                                         68,237              79,731
         仕掛品
                                        113,407               87,640
         その他
                                       4,670,093              4,666,044
         流動資産合計
       固定資産
                                         9,409              15,049
         有形固定資産
                                        115,783               96,038
         無形固定資産
                                        164,517              163,226
         投資その他の資産
                                        289,710              274,313
         固定資産合計
                                       4,959,803              4,940,358
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         77,960              55,287
         買掛金
                                         42,732              42,732
         1年内返済予定の長期借入金
                                        381,375              369,959
         未払金
                                         23,629              43,487
         賞与引当金
                                        436,579              393,678
         返品調整引当金
                                         30,830              41,486
         その他
                                        993,107              946,631
         流動負債合計
       固定負債
                                         53,229              42,546
         長期借入金
                                            -            5,084
         その他
                                         53,229              47,630
         固定負債合計
                                       1,046,336               994,262
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        863,824              863,824
         資本金
                                        853,824              853,824
         資本剰余金
                                       2,195,818              2,228,447
         利益剰余金
                                       3,913,467              3,946,096
         株主資本合計
                                       3,913,467              3,946,096
       純資産合計
                                       4,959,803              4,940,358
      負債純資産合計
                                  9/16







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アルファポリス(E30908)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第1四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第1四半期累計期間              当第1四半期累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
                                        652,111              852,134
      売上高
                                        322,626              336,721
      売上原価
                                        329,484              515,413
      売上総利益
      返品調整引当金戻入額                                   491,730              436,579
                                        457,028              393,678
      返品調整引当金繰入額
                                        364,185              558,314
      差引売上総利益
                                        326,027              507,239
      販売費及び一般管理費
                                         38,158              51,075
      営業利益
      営業外収益
                                            6              0
       受取利息
                                            -              50
       その他
                                            6              50
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           232              143
       支払利息
                                           232              143
       営業外費用合計
                                         37,931              50,982
      経常利益
                                         37,931              50,982
      税引前四半期純利益
                                         14,292              18,353
      法人税等
                                         23,638              32,629
      四半期純利益
                                 10/16













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アルファポリス(E30908)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第1四半期会計期間を含む事業年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の
         実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第1四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期累計
         期間に係る減価償却費は、次のとおりであります。
                             前第1四半期累計期間                 当第1四半期累計期間
                            (自    平成28年4月1日             (自    平成29年4月1日
                             至   平成28年6月30日)              至   平成29年6月30日)
         減価償却費                           5,478千円                21,141千円
                                 11/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アルファポリス(E30908)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第1四半期累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                                       四半期
                               報告セグメント
                                                調整額      損益計算書
                                               (注)1        計上額
                         出版事業       ゲーム事業         計
                                                       (注)2
         売上高

                           571,892        80,218       652,111          -     652,111
          外部顧客への売上高
          セグメント間の内部売上高

                              -       -       -       -       -
          又は振替高
                           571,892        80,218       652,111          -     652,111

                計
         セグメント利益又は損失(△)                  140,215       △ 28,962       111,252       △ 73,094       38,158
         (注)1.     セグメント利益又は損失の調整額△73,094千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であ
              ります。全社費用は、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
            2.  セグメント利益又は損失は、四半期損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             該当事項はありません。
                                 12/16












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アルファポリス(E30908)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第1四半期累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                                       四半期
                               報告セグメント
                                                調整額      損益計算書
                                               (注)1        計上額
                         出版事業       ゲーム事業         計
                                                       (注)2
         売上高

                           727,815       124,318       852,134          -    852,134
          外部顧客への売上高
          セグメント間の内部売上高

                              -       -       -       -       -
          又は振替高
                           727,815       124,318       852,134          -    852,134

                計
         セグメント利益又は損失(△)                  244,416       △ 88,957       155,458      △ 104,383        51,075
         (注)1.     セグメント利益又は損失の調整額△104,383千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用で
              あります。全社費用は、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
            2.  セグメント利益又は損失は、四半期損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             該当事項はありません。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第1四半期累計期間               当第1四半期累計期間
                               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                  4.88円               6.74円
     (算定上の基礎)

      四半期純利益金額(千円)                                 23,638               32,629

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -               -

      普通株式に係る四半期純利益金額(千円)                                 23,638               32,629

      普通株式の期中平均株式数(株)                                4,843,700               4,843,700

      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                 13/16








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アルファポリス(E30908)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 14/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アルファポリス(E30908)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アルファポリス(E30908)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年8月10日

     株式会社アルファポリス

      取 締 役 会 御 中
                             東 陽 監 査 法 人

                             指   定   社   員

                                       公認会計士
                                             中 野 敦 夫           印
                             業務執行社員
                             指   定   社   員

                                       公認会計士
                                             三 浦 貴 司           印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アル

     ファポリスの平成29年4月1日から平成30年3月31日までの第18期事業年度の第1四半期会計期間(平成29年
     4月1日から平成29年6月30日まで)及び第1四半期累計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日ま
     で)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行っ
     た。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アルファポリスの平成29年6月30日現在の財政状態及び同日を
     もって終了する第1四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認
     められなかった。
     その他の事項

      会社の平成29年3月31日をもって終了した前会計年度の第1四半期会計期間及び第1四半期累計期間に係る四半期財務
     諸表並びに前会計年度の財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び監査が実施されている。前任監
     査人は、当該四半期財務諸表に対して平成28年8月10日付けで無限定の結論を表明しており、また、当該財務諸表に対し
     て平成29年6月30日付けで無限定適正意見を表明している。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以   上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。

2016年10月11日

企業・投資家の報告書提出をメール通知する機能(β版)を追加いたしました。ユーザー登録後、ご使用いただけます。