株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム 四半期報告書 第64期第3四半期(平成26年9月1日-平成26年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第64期第3四半期(平成26年9月1日-平成26年11月30日)

提出日:

提出者:株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成27年1月13日
      【四半期会計期間】                    第64期第3四半期(自 平成26年9月1日 至 平成26年11月30日)
      【会社名】                    株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム
      【英訳名】                    YAMADA    SXL  HOME   CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    取締役社長  松田 佳紀
      【本店の所在の場所】                    大阪市北区天満橋一丁目8番30号
      【電話番号】                    06(6242)0555(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長兼管理本部長  高橋 千明
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市北区天満橋一丁目8番30号
      【電話番号】                    06(6242)0555(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長兼管理本部長  高橋 千明
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/18













                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第63期           第64期
               回次               第3四半期           第3四半期            第63期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成25年3月1日           自平成26年3月1日           自平成25年3月1日
              会計期間
                           至平成25年11月30日           至平成26年11月30日           至平成26年2月28日
                     (百万円)             34,496           37,304           49,766

     売上高
     経常損失(△)               (百万円)             △ 1,061           △ 875          △ 665

     四半期(当期)純損失(△)               (百万円)             △ 1,121          △ 4,996           △ 982

                     (百万円)             △ 1,118          △ 4,987           △ 976

     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)              9,650           4,794           9,792

     純資産額
                     (百万円)             38,236           32,555           37,525

     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純損

                      (円)            △ 5.50          △ 24.50           △ 4.82
     失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益金額
                      (%)             25.2           14.6           26.0

     自己資本比率
                               第63期           第64期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自平成25年9月1日           自平成26年9月1日
              会計期間
                           至平成25年11月30日           至平成26年11月30日
     1株当たり四半期純損失金額
                      (円)            △ 1.91          △ 20.60
     (△)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、1株当たり四半期(当期)純損失金額で
           あり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/18






                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
      (1)業績の状況

        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、日銀の追加金融緩和策の発表を受け、株価の高値安定など金融
       環境は好調に推移致しました。一方で、消費増税による需要の減退が長期化する傾向も見られましたが、景気全体と
       しては、緩やかな回復基調にありました。
        住宅市場におきましては、消費者への重税感や金利先高観の後退などから、住宅取得意欲の減退により戸建住宅契
       約戸数は減少し、厳しい受注環境が続きましたが、賃貸住宅市場においては相続税の増税などの影響によって、富裕
       層の相続税対応の需要が高まり、堅調に推移致しました。
        このような事業環境のもと、当社は平成32年(2020年)の政府の目指す標準的な住まいである「ネット・ゼロ・エ
       ネルギー・ハウス(ZEH)」商品として、エコロジーとエネルギーの問題に貢献する省エネ設備を標準装備した
       「SMART eco STYLE ZERO」シリーズの販売を推進してまいりました。また、新商品として賃貸
       住宅中核商品「St’LOUER(セントロイエル)」を発売致しました。SxL構法を採用し、商品クオリティと
       施工品質を高め、リーズナブルな価格設定にて展開することで受注拡大を図りました。営業施策面においては、10月
       より期間限定にて当社分譲地建売物件のご購入者様を対象として、「SxLすまいる給付金」の支給を開始致しまし
       た。政府による住宅取得支援策「すまい給付金」と併用し、住宅取得とランニングコストの両面で負担を軽減する
       キャンペーンを行いました。
        以上の結果、当第3四半期連結累計期間における売上高は373億4百万円(前年同期比8.1%増)となりました。営
       業損失は前年同期比2億4千9百万円改善したものの、原価高騰、受注競争環境激化による粗利率の低下等の影響に
       より8億5百万円の営業損失となりました。経常損失は前年同期比1億8千5百万円改善し、8億7千5百万円の経
       常損失、四半期純損失は固定資産の減損損失を43億2千万円計上したことにより、49億9千6百万円の四半期純損失
       (前年同期比38億7千5百万円の悪化)となりました。
        セグメント別の業績は、次のとおりであります。

       [住宅事業]

        当社グループの主力事業である住宅事業部門につきましては、創業者小堀林衛氏の“住まいの哲学”による思いを
       全社員が共有し「原点へ、そして本質へ」を合言葉に、当社独自の高い技術力と、優れた設計力・デザイン力・提案
       力を活かした商品戦略を展開しました。
        具体的な商品戦略としましては、消費エネルギーやCO2を削減し、地球に優しく、家計に優しい商品「SMART                                                   eco
       STYLE   ZERO(スマートエコスタイルゼロ)」シリーズを始めとする中高級商品と、コストパフォーマンスに優れた
       「eスマイル」シリーズの企画商品の2基軸を中心に展開してまいりました。
        また、新商品として賃貸住宅中核商品「St’LOUER(セントロイエル)」を発売致しました。SxL構法を
       採用し、工場の高い品質管理のもとで生産された構造部材によって、商品クオリティと施工品質を向上させ、建物強
       度や耐久力を高めながらもリーズナブルな価格を実現し、オーナー様の収益性を最大限に高める賃貸住宅商品として
       受注の拡大を図りました。しかし、建売事業の下振れ、土地分譲の進捗が遅れ、事業予算の見直しをする結果となり
       ました。
        以上の結果、売上高は279億9千万円(前年同期比2.3%減)となり、競争激化による受注粗利率の低下、原価の高
       騰等の影響により営業損失は6億2千6百万円(前年同期比2億2千5百万円悪化)となりました。
                                  3/18




                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       [リフォーム事業]
        リフォーム事業につきましては、オーナー様を対象とした自社物件の受注活動、他社施工物件の受注活動、ヤマダ
       電機店舗内「トータルスマニティライフコーナー」を経由した営業活動の3基軸での事業展開を行いました。
        その結果、売上高は87億6千4百万円(前年同期比60.6%増)となりました。提案型営業に特化して商品を絞り込
       み、大規模太陽光発電システムの積極的営業活動、グループ企業との連携等により、営業利益は2億9百万円(前年
       同期比2億9千1百万円改善)となりました。
       [不動産賃貸事業・その他]

        不動産賃貸事業につきましては、賃貸物件のサブリース事業による収益等により、売上高は3億8千3百万円(前
       年同期比31.8%増)となり、営業利益は2億1千4百万円(前年同期比41.3%増)となりました。
        その他につきましては、つくば・山口工場等の売電による売上高は、1億1千5百万円(前年同期比39.9%増)と
       なり、営業利益は5千5百万円(前年同期比114.0%増)となりました。保険部門におきましては、火災保険加入数
       の増加等により売上高5千1百万円(前年同期比57.6%増)となり、営業利益は3千5百万円(前年同期比7.3%
       増)となりました。
      (2)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (3)研究開発活動

        当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は1億2千9百万円であります。
        なお、当第3四半期連結累計期間における当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      (4)従業員数

        当第3四半期連結累計期間において、リフォーム事業のさらなる推進を図っており、その結果リフォーム事業の従
       業員数が前連結会計年度末の236人から286人へと増加しております。
        なお、従業員数は就業人員数(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの
       出向者を含む。)であります。
      (5)生産、受注及び販売の実績

        当第3四半期連結累計期間において、リフォーム事業の販売実績が著しく増加しました。
        これは前連結会計年度より            オーナー様を対象とした自社物件の受注活動、他社施工物件の受注活動、ヤマダ電機店
       舗内「トータルスマニティライフコーナー」を経由した営業活動の3基軸での事業展開を行った結果、前連結会計年
       度 末の受注残高及び当四半期連結会計期間中の受注が増加し、当第3四半期連結累計期間の販売実績に寄与したこと
       によります。
                                  4/18









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 300,000,000

                  計                               300,000,000

        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                           (平成27年1月13日)
               (平成26年11月30日)                          取引業協会名
                                        東京証券取引所             単元株式数 
       普通株式           204,018,184             204,018,184
                                        市場第一部               1,000株
         計          204,018,184             204,018,184              -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総                              資本準備金増
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
                数増減数                              減額
        年月日               数残高(株)        (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                 (株)                             (百万円)
      平成26年9月1日
         ~           -   204,018,184            -      9,068         -      1,100
      平成26年11月30日
       (6)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/18







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(平成26年8月31日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                 平成26年11月30日現在
                                      議決権の数
             区分              株式数(株)                         内容
                                       (個)
      無議決権株式                       -           -            -
      議決権制限株式(自己株式等)                       -           -            -
      議決権制限株式(その他)                       -           -            -
                        普通株式              70,000
      完全議決権株式(自己株式等)                                  -            -
                        普通株式      203,565,000
      完全議決権株式(その他)                                  203,565            -
                        普通株式            383,184
      単元未満株式                                  -            -
      発行済株式総数                       204,018,184           -            -
      総株主の議決権                       -           203,565            -
        ②【自己株式等】

                                                  平成26年11月30日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名又は                     自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                  所有者の住所                                 対する所有株式数
      名称                     株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                   の割合(%)
     株式会社ヤマダ・           大阪市北区天満橋
                              70,000          -      70,000           0.03
     エスバイエルホーム           一丁目8番30号
          計           -          70,000          -      70,000           0.03
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
      退任役員
         役名         職名              氏名                 退任年月日
      監査役            -       板倉 晴彦                  平成26年10月31日
                                  6/18








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準じて記載しております。
        なお、第3四半期連結会計期間(平成26年9月1日から平成26年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平
       成26年3月1日から平成26年11月30日まで)については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の
       一部を改正する内閣府令」(平成24年9月21日内閣府令第61号)附則第5条第1項ただし書きにより、改正後の四半
       期連結財務諸表規則に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成26年9月1日から平
       成26年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成26年3月1日から平成26年11月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任               あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/18
















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成26年2月28日)              (平成26年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         2,758              2,287
         現金預金
                                         5,621              6,123
         受取手形・完成工事未収入金等
                                         1,254              1,057
         未成工事支出金
                                         10,490              10,401
         販売用不動産
                                         1,244               100
         仕掛販売用不動産
                                           492              438
         材料貯蔵品
                                           485              641
         その他
                                          △ 72              △ 5
         貸倒引当金
                                         22,276              21,046
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         9,393              8,410
          建物及び構築物
                                         8,197              6,811
          土地
                                         2,824              2,318
          その他
                                        △ 6,688             △ 7,192
          減価償却累計額
                                         13,727              10,349
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                  274               6
         投資その他の資産
                                         2,045              1,801
          その他
                                         △ 798             △ 647
          貸倒引当金
                                         1,247              1,153
          投資その他の資産合計
                                         15,248              11,509
         固定資産合計
                                         37,525              32,555
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         6,820              6,287
         支払手形・工事未払金等
                                         13,710               4,410
         短期借入金
                                           113               78
         未払法人税等
                                         2,269              1,686
         未成工事受入金
                                           62              83
         賞与引当金
                                           243              276
         完成工事補償引当金
                                            6              3
         工事損失引当金
                                         1,543              1,783
         その他
                                         24,769              14,609
         流動負債合計
       固定負債
                                           -            10,000
         長期借入金
                                           259               -
         退職給付引当金
                                           -              311
         退職給付に係る負債
                                           259              279
         資産除去債務
                                         2,444              2,559
         その他
                                         2,963              13,150
         固定負債合計
                                         27,732              27,760
       負債合計
                                  8/18





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成26年2月28日)              (平成26年11月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                         9,068              9,068
         資本金
                                         1,100              1,100
         資本剰余金
                                         △ 938            △ 5,614
         利益剰余金
                                           △ 8             △ 9
         自己株式
                                         9,221              4,545
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           13              14
         その他有価証券評価差額金
                                           528              207
         土地再評価差額金
                                           -              △ 8
         退職給付に係る調整累計額
                                           541              214
         その他の包括利益累計額合計
                                           29              35
       少数株主持分
                                         9,792              4,794
       純資産合計
      負債純資産合計                                   37,525              32,555
                                  9/18














                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成25年3月1日              (自 平成26年3月1日
                                至 平成25年11月30日)               至 平成26年11月30日)
      売上高                                   34,496              37,304
                                         27,038              29,936
      売上原価
                                         7,457              7,368
      売上総利益
                                         8,512              8,173
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                   △ 1,054              △ 805
      営業外収益
                                            ▶              5
       受取利息
                                           28              39
       受取賃貸料
                                           22               ▶
       解約金収入
                                           38              -
       補助金収入
                                           36              33
       その他
                                           129               83
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           112              107
       支払利息
                                           23              46
       その他
                                           136              153
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                   △ 1,061              △ 875
      特別利益
                                           31               1
       固定資産売却益
                                            0              -
       新株予約権戻入益
                                           31               1
       特別利益合計
      特別損失
                                           18              -
       固定資産売却損
                                           -               0
       固定資産除却損
                                                       ※ 4,320
                                           -
       減損損失
                                           -               6
       その他
                                           18             4,327
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純損失(△)                                   △ 1,048             △ 5,202
      法人税、住民税及び事業税                                     76              90
                                           △ 6            △ 302
      法人税等調整額
                                           69             △ 211
      法人税等合計
      少数株主損益調整前四半期純損失(△)                                   △ 1,117             △ 4,990
                                            3              5
      少数株主利益
      四半期純損失(△)                                   △ 1,121             △ 4,996
                                 10/18







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成25年3月1日              (自 平成26年3月1日
                                至 平成25年11月30日)               至 平成26年11月30日)
      少数株主損益調整前四半期純損失(△)                                   △ 1,117             △ 4,990
      その他の包括利益
                                           △ 0              1
       その他有価証券評価差額金
                                           -               1
       退職給付に係る調整額
                                           △ 0              2
       その他の包括利益合計
                                        △ 1,118             △ 4,987
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 1,122             △ 4,993
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                            3              5
       少数株主に係る四半期包括利益
                                 11/18
















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (会計方針の変更等)
         「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号 平成24年5月17日。以下「退職給付会計基準」とい
        う。)及び「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25号 平成24年5月17日)が平
        成25年4月1日以降開始する連結会計年度の期首から適用できるようになったことに伴い、第1四半期連結会計
        期間よりこれらの会計基準を適用し、退職給付債務を退職給付に係る負債として計上する方法に変更し、未認識
        数理計算上の差異を退職給付に係る負債に計上しました。また、退職給付債務及び勤務費用の計算方法の見直し
        を行っております。
         退職給付会計基準等の適用については、退職給付会計基準第37項に定める経過的な取扱いに従って、第1四半
        期連結会計期間の期首において、退職給付債務の額を退職給付に係る負債として計上したことに伴う影響額をそ
        の他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に加減しております。この結果、第1四半期連結会計期間の
        期首のその他の包括利益累計額が9百万円減少しております。
         また、退職給付債務及び勤務費用の計算方法の見直しを行った結果、従来の計算方法から変更が生じなかったた
        め、当第3四半期連結財務諸表に与える影響はありません。
        (追加情報)

        (法人税率の変更等による影響)
        「所得税法等の一部を改正する法律」(平成26年法律第10号)が平成26年3月31日に公布され、平成26年4月1日
        以後に開始する連結会計年度から復興特別法人税が課されないことになりました。
         なお、これによる当第3四半期連結累計期間の損益に与える影響は軽微であります。
        (四半期連結貸借対照表関係)

        保証債務
               前連結会計年度                         当第3四半期連結会計期間
              (平成26年2月28日)                            (平成26年11月30日)
      住宅購入者等のための保証債務                      676百万円      住宅購入者等のための保証債務                      392百万円

        (四半期連結損益計算書関係)

      ※ 減損損失
        前連結会計年度(自 平成25年3月1日 至 平成25年11月30日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成26年11月30日)

         当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
           場所              用途              種類          減損損失(百万円)
                                  建物及び構築物・土地・
      東京都新宿区 他              事業用資産                                   1,797
                                  その他
                                  建物及び構築物・土地・
      沖縄県那覇市 他              賃貸用資産                                    435
                                  その他
                                  建物及び構築物・土地・
      茨城県つくば市 他              共用資産                                   2,087
                                  その他
      当社グループは、事業用資産については各事業所単位で、賃貸用資産及び遊休資産については各物件単位で資産のグ
     ルーピングを行っております。また、本社・工場等については独立したキャッシュ・フローを生み出さないことから、
     共用資産としてグルーピングしております。
      当社グループは、営業活動から生じる損益が継続してマイナスとなっていることから、減損の兆候を共用資産を含む
     全社単位で検討し、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。
     その内訳は、「建物及び構築物」1,146百万円、「土地」1,780百万円、その他1,393百万円であります。なお、当社グ
     ループの回収可能価額は、主に正味売却価額で測定しております。
                                 12/18




                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
       連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自 平成25年3月1日                 (自 平成26年3月1日
                             至 平成25年11月30日)                 至 平成26年11月30日)
        減価償却費                             612百万円                 630百万円
                                 13/18


















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
       Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自                 平成25年3月1日         至  平成25年11月30日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                        報告セグメント
                                        その他           調整額    損益計算書
                                              合計
                       リフォー      不動産
                                        (注)1          (注)2      計上額
                 住宅事業                  計
                       ム事業     賃貸事業
                                                        (注)3
     売上高
                  28,634      5,455       290    34,381       115    34,496        -   34,496
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                    18      -      2     20      -      20    △ 20      -
      売上高又は振替高
                  28,652      5,455       293    34,401       115    34,517       △ 20   34,496
          計
     セグメント利益又は損
                   △ 401     △ 81     151    △ 331      58    △ 272    △ 782   △ 1,054
     失(△)
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業部門であり、保険部門及び売電部門を含んでおりま
           す。
         2.セグメント利益又は損失の調整額△782百万円は、報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に
           報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

          該当事項はありません。
       Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自                 平成26年3月1日         至  平成26年11月30日)

        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                        報告セグメント
                                        その他           調整額    損益計算書
                                              合計
                       リフォー      不動産
                                        (注)1          (注)2      計上額
                 住宅事業                  計
                       ム事業     賃貸事業
                                                        (注)3
     売上高
                  27,990      8,764       383    37,137       167    37,304        -   37,304
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                    14      -      2     16      -      16    △ 16      -
      売上高又は振替高
                  28,004      8,764       385    37,154       167    37,321       △ 16   37,304
          計
     セグメント利益又は損
                   △ 626     209      214    △ 202      90    △ 111    △ 693    △ 805
     失(△)
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業部門であり、保険部門及び売電部門を含んでおりま
           す。
         2.セグメント利益又は損失の調整額△693百万円は、報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に
           報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         (固定資産に係る重要な減損損失)
          当社グループは、営業活動から生じる損益が継続してマイナスとなっていることから、減損の兆候を共用資産
         を含む全社単位で検討し、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上し
         ております。なお、当第3四半期連結累計期間における当該減損損失の計上額は「住宅事業」においては36億2
         千1百万円、「不動産賃貸事業」においては6億8百万円であり、他に各セグメントに配分していない全社資産
         において9千1百万円計上しております。
                                 14/18



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成25年3月1日               (自 平成26年3月1日
                                至 平成25年11月30日)               至 平成26年11月30日)
     1株当たり四半期純損失金額                                  5円50銭               24円50銭
      (算定上の基礎)

       四半期純損失金額(百万円)                                 1,121               4,996

       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -

       普通株式に係る四半期純損失金額(百万円)                                 1,121               4,996

       普通株式の期中平均株式数(千株)                                203,876               203,948

      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、1株当たり四半期純損失金額であり、また、潜在株式
         が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 15/18














                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 16/18




















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成27年1月13日

     株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

      取締役会 御中

                           有限責任     あずさ監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              原田 大輔        印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              堀内 計尚        印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ヤマ

     ダ・エスバイエルホームの平成26年3月1日から平成27年2月28日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成
     26年9月1日から平成26年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成26年3月1日から平成26年11月30日まで)
     に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び
     注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表
     を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠
     して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム及び連結子会社の平成26年11
     月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせ
     る事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は四半期報告書提

          出会社が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には                     含まれておりません。
                                 18/18





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。

2016年10月11日

企業・投資家の報告書提出をメール通知する機能(β版)を追加いたしました。ユーザー登録後、ご使用いただけます。