株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム 四半期報告書‐第63期第1四半期(平成25年3月1日‐平成25年5月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書‐第63期第1四半期(平成25年3月1日‐平成25年5月31日)

提出日:

提出者:株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

カテゴリ:四半期報告書‐第63期第1四半期(平成25年3月1日‐平成25年5月31日)

PDFビューワー表示

                                                     EDINET提出書類
                                        株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                        四半期報告書

【表紙】
【提出書類】       四半期報告書
【根拠条文】       金融商品取引法第24条の4の7第1項
【提出先】        関東財務局長
【提出日】        平成25年7月12日
【四半期会計期間】    第63期第1四半期(自平成25年3月1日至平成25年5月31日)
【会社名】        株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム
            (旧会社名エス・バイ・エル株式会社)
【英訳名】        YAMADA SXL HOME CO.,LTD.
            (旧英訳名S×L Corporation)
             (注)平成25年5月28日開催の第62回定時株主総会の決議により、平成25

                  年6月1日から会社名を上記のとおり変更いたしました。
【代表者の役職氏名】   取締役社長松田佳紀
【本店の所在の場所】   大阪市北区天満橋一丁目8番30号
【電話番号】       06(6242)0555(代表)
【事務連絡者氏名】    取締役管財本部長岩崎和行
【最寄りの連絡場所】   大阪市北区天満橋一丁目8番30号
【電話番号】       06(6242)0555(代表)
【事務連絡者氏名】    取締役管財本部長岩崎和行
【縦覧に供する場所】   株式会社東京証券取引所
             (東京都中央区日本橋兜町2番1号)




                          1/17
                                                                      EDINET提出書類
                                                         株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                                         四半期報告書

第一部【企業情報】
第1【企業の概況】
 1【主要な経営指標等の推移】
                           第62期                   第63期
            回次            第1四半期                  第1四半期              第62期
                         連結累計期間                 連結累計期間
                        自平成24年3月1日            自平成25年3月1日        自平成24年3月1日
           会計期間
                        至平成24年5月31日           至平成25年5月31日       至平成25年2月28日
売上高(百万円)                        7,652                  9,803           39,860
経常損失(△)(百万円)                          △830              △566                △670
四半期(当期)純損失(△)(百万円)                    △851              △599                △792
四半期包括利益又は包括利益(百万円)                    △843              △605                △772
純資産額(百万円)                            10,724            10,194              10,798
総資産額(百万円)                            29,632            38,360              38,209
1株当たり四半期(当期)純損失金額(△)
                                     △4.18             △2.94               △3.89
(円)
潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利
                                         −                 −                   −
益金額(円)
自己資本比率(%)                              36.0              26.4                28.1
(注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
      ておりません。
    2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
    3.第62期第1四半期連結累計期間、第63期第1四半期連結累計期間及び第62期の潜在株式調整後1株当たり四
      半期(当期)純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期(当期)純損失金額であ
      るため記載しておりません。
    


 2【事業の内容】
  当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な
  変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。




                              2/17
                                                         EDINET提出書類
                                            株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                            四半期報告書

第2【事業の状況】
 1【事業等のリスク】
当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
    また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。

 2【経営上の重要な契約等】
  当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。




                             3/17
                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
  文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
  断したものであります。
(1)業績の状況
  当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、政府の打ち出す各種経済対策の効果に対する期待感から株式市
  場の活性化や円安傾向の進行がもたらされる等、企業業績や景気の先行きに若干明るさが見られる状況となりまし
  た。
  住宅市場におきましては、景気回復に伴う所得改善に対する期待感等から、住宅展示場への来場者が増加する等、住
  宅取得または不動産投資意欲の高まりが見られ、住宅着工戸数の増加傾向が継続する状況でありました。
  このような事業環境のもと、当社グループは、資本提携先である株式会社ヤマダ電機との連携をより一層強化し、知
  名度および信用力の向上を図ると共に、顧客獲得機会の増強を図り、シナジーを最大限発揮するために、3月1日より
  経営陣を一新し、6月1日付けで株式会社ヤマダ・エスバイエルホームに社名を変更しました。
  次に、セグメント別の営業本部体制と支店の統括体制を見直し、一つの営業本部に統一することで企画および管理の
  両面を強化し、営業実績の一元的な向上を図りました。技術面におきましては、スマートハウス事業を強力に推進する
  ため商品開発部門及び技術開発部門を統合し、ハウスメーカーとしての総合的な技術力を高め、時代と顧客のニーズ
  を先取りする商品展開の実現に注力しました。
  営業施策面におきましては、昨年来設置を進めてきた株式会社ヤマダ電機店舗内の住まい専用ブース「トータルス
  マニティライフコーナー」を全国に展開し、新規顧客の更なる獲得を目指すと共に、チラシ広告、テレビCM、フェア等
  の各種広告媒体において株式会社ヤマダ電機とのコラボレーションを強力に訴求しました。
  以上の結果、売上高、利益ベースで前年同期比改善しましたが黒字化までは届かず、当第1四半期連結累計期間にお
  ける売上高は98億3百万円(前年同期比28.1%増)、営業損失は5億5千2百万円(前年同期比2億8千9百万円改
  善)、経常損失は5億6千6百万円(前年同期比2億6千3百万円改善)、四半期純損失は5億9千9百万円(前年
  同期比2億5千1百万円改善)となりました。
  
  セグメント別の業績は、次のとおりであります。
  
  [住宅事業]
  当社グループの主力事業である住宅事業につきましては、「原点回帰」をスローガンに、創業63年目を迎える最も長
  い歴史を有する住宅メーカーとして、過去2度の震災を経て証明された当社独自の高い技術力を活かした商品戦略を
  展開しました。具体的には、強固な六面体構造により高い剛性を誇る『SxL(エスバイエル)構法』のバリエーション
  を増強し、当社独自のパネル構法の訴求力を強化すると同時に、在来木造とパネルを融合したハイブリッド構法であ
  る『HYT(ヒット)構法』を復活させ、設計自由度の更なる強化を行いました。
  また新商品戦略としては、「中高級商品」と「コストパフォーマンスに優れた商品」の2路線を基軸に展開、平成25
  年4月20日にその第1弾として、高品質かつ圧倒的なコストパフォーマンスを実現した新商品『esmile+(eスマイル
  ・プラス)』を発表し、1次取得者層の取り込みに注力しました。
     以上の結果、売上高は82億1千3百万円(前年同期比32.1%増)となり、営業損失は2億4千8百万円(前年同期
  比3億1千万円改善)となりました。
  
  [リフォーム事業]
  リフォーム事業につきましては、オーナー様を対象とした受注活動と、株式会社ヤマダ電機店舗内に設置した「トー
  タルスマニティライフコーナー」を経由した営業活動の2軸にて事業を展開、株式会社ヤマダ電機との役割分担の明
  確化と効率化を図りました。これらの結果、売上高は14億6千5百万円(前年同期比11.1%増)となりましたが、他社
  物件比率が上がったことにより原価率が上昇した結果、営業損失は7千万円(前年同期比3千5百万円悪化)となり
  ました。
  
  [不動産賃貸事業・その他の事業]
  不動産賃貸事業につきましては、既存物件の空室率の増加や物件売却等により、売上高は1億円(前年同期比2.9%
  減)となり、営業利益は4千4百万円(前年同期比16.2%減)となりました。
  その他の事業につきましては、新規に売電事業を開始したこと等の影響により、売上高は2千3百万円(前年同期比
  111.0%増)となりましたが、売電事業を開始するにあたり、経費が先行して発生したこと等の影響により、営業利益
  は7百万円(前年同期比7.1%減)となりました。
  
(2)事業上及び財務上の対処すべき課題
  当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。

(3)研究開発活動
  当第1四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は4千3百万円であります。
  なお、当第1四半期連結累計期間における当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。




                             4/17
                                                                                EDINET提出書類
                                                                   株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                                                   四半期報告書

第3【提出会社の状況】
    1【株式等の状況】
     (1)【株式の総数等】
      ①【株式の総数】
                種類                                    発行可能株式総数(株)
               普通株式                                           300,000,000
                    計                                                 300,000,000


      ②【発行済株式】
            第1四半期会計期間末現                               上場金融商品取引所名
                                   提出日現在発行数(株)
      種類    在発行数(株)                                   又は登録認可金融商品                 内容
                                    (平成25年7月12日)
             (平成25年5月31日)                             取引業協会名
                                                     東京証券取引所                 単元株式数1,000
     普通株式            203,910,184       203,910,184
                                                     市場第一部                       株
       計             203,910,184       203,910,184             −                    −
(注)「提出日現在発行数」欄には、平成25年7月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
   された株式数は含まれておりません。



     (2)【新株予約権等の状況】
        該当事項はありません。


     (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
        該当事項はありません。


     (4)【ライツプランの内容】
        該当事項はありません。


     (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】
               発行済株式総                                          資本準備金増
                        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高                    資本準備金残
               数増減数                                            減額
       年月日               数残高(株)         (百万円)        (百万円)                    高(百万円)
                 (株)                                            (百万円)
    平成25年3月1日
         ∼
                  28,000 203,910,184             0     9,065             0              1,097
    平成25年5月31日
       (注)
(注)新株予約権の行使による増加であります。なお、平成25年6月1日から平成25年6月30日までの間に、新株予約権の
   行使による発行済株式総数、資本金及び資本準備金の増加はありません。

  (6)【大株主の状況】
     当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。




                                          5/17
                                                                           EDINET提出書類
                                                              株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                                              四半期報告書
     (7)【議決権の状況】
        当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日(平成25年2月28日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
        す。
      
      ①【発行済株式】
                                                  平成25年5月31日現在
                                       議決権の数
            区分           株式数(株)                     内容
                                        (個)
    無議決権株式                  −            −           −
    議決権制限株式(自己株式等)             −                  −                    −
    議決権制限株式(その他)               −                  −                    −
    完全議決権株式(自己株式等)      普通株式 58,000            −                    −
    完全議決権株式(その他)        普通株式203,419,000          203,419              −
    単元未満株式              普通株式405,184            −                    −
    発行済株式総数                    203,882,184        −                    −
    総株主の議決権                    −                  203,419              −


      ②【自己株式等】
                                                                 平成25年5月31日現在
                                                                   発行済株式総数
                                   自己名義所        他人名義所       所有株式数
                                                                   に対する所有株
    所有者の氏名又は名称       所有者の住所        有株式数         有株式数        の合計
                                                                   式数の割合
                                   (株)          (株)         (株)
                                                                   (%)
     株式会社ヤマダ・      大阪市北区天満橋一丁目
                                       58,000         −       58,000       0.03
    エスバイエルホーム         8番30号
         計              −              58,000         −       58,000       0.03

    2【役員の状況】
     該当事項はありません。





                                         6/17
                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                              四半期報告書

第4【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について
    当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
    第64号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準じて記載しております。

    2.監査証明について
    当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成25年3月1日から平成
    25年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成25年3月1日から平成25年5月31日まで)に係る四半期連
    結財務諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
    なお、当社の監査法人は次のとおり異動しております。
    前連結会計年度
    新日本有限責任監査法人
    当第1四半期連結会計期間及び当第1四半期連結累計期間
    有限責任 あずさ監査法人
    




                                7/17
                                                         EDINET提出書類
                                            株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                            四半期報告書

1【四半期連結財務諸表】
(1)【四半期連結貸借対照表】
                                                 (単位:百万円)

                      前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                    (平成25年2月28日)             (平成25年5月31日)
資産の部
 流動資産
   現金預金                        2,614                    2,352
   受取手形・完成工事未収入金等              4,125                    3,779
   未成工事支出金                       518                    1,012
   販売用不動産                      8,789                    8,725
   仕掛販売用不動産                    6,585                    6,344
   材料貯蔵品                         396                      436
   その他                           672                      581
                               △106                     △124
   貸倒引当金
  流動資産合計                       23,595                   23,108
 固定資産
  有形固定資産
    建物及び構築物                    9,684                    10,215
    土地                         8,027                     7,998
    その他                        1,688                     2,014
                              △6,416                   △6,534
    減価償却累計額
    有形固定資産合計                   12,984                   13,694
  無形固定資産                            346                   336
  投資その他の資産
   その他                         2,167                    2,106
                               △884                     △886
   貸倒引当金
    投資その他の資産合計                     1,282                 1,220
  固定資産合計                       14,613                   15,251
 資産合計                          38,209                   38,360
負債の部
 流動負債
   支払手形・工事未払金等                  5,934                    5,057
   短期借入金                       15,790                   17,000
   未払法人税等                          89                       27
   未成工事受入金                      1,505                    1,950
   賞与引当金                           56                       87
   完成工事補償引当金                      232                      232
   その他                          1,806                    1,783
  流動負債合計                       25,414                   26,138
 固定負債
  退職給付引当金                            203                   217
  資産除去債務                             236                   255
  その他                              1,555                 1,554
  固定負債合計                           1,995                 2,027
 負債合計                          27,410                   28,166




                    8/17
                                                       EDINET提出書類
                                          株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                          四半期報告書
                                               (単位:百万円)

                    前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                  (平成25年2月28日)             (平成25年5月31日)
純資産の部
 株主資本
   資本金                           9,064                9,065
   資本剰余金                         1,096                1,097
   利益剰余金                                              △555
                                    44
                                   △7                   △7
   自己株式
  株主資本合計                     10,197                   9,598
 その他の包括利益累計額
  その他有価証券評価差額金                     13                     8
  土地再評価差額金                        528                   528
  その他の包括利益累計額合計                   541                   536
 新株予約権                              2                     1
 少数株主持分                            58                    57
 純資産合計                       10,798                  10,194
負債純資産合計                      38,209                  38,360




                  9/17
                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                              四半期報告書

(2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
 【四半期連結損益計算書】
  【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)

                       前第1四半期連結累計期間          当第1四半期連結累計期間
                         (自平成24年3月1日          (自平成25年3月1日
                        至平成24年5月31日)        至平成25年5月31日)
売上高                                 7,652                 9,803
売上原価                                5,828                 7,601
売上総利益                               1,824                 2,201
販売費及び一般管理費                          2,666                 2,753
営業損失(△)                            △841                   △552
営業外収益
 受取利息                                  1                     1
 受取賃貸料                                 5                     6
 解約金収入                                 2                    12
 その他                                  21                    10
 営業外収益合計                              31                    31
営業外費用
 支払利息                                 14                    37
 その他                                   5                     8
 営業外費用合計                              19                    45
経常損失(△)                            △830                   △566
特別利益
                                                            −
 新株予約権戻入益                                0
 特別利益合計                                                     −
                                         0
特別損失
 固定資産売却損                              −                     18
                                                            −
 固定資産除却損                               3
 特別損失合計                                  3                  18
税金等調整前四半期純損失(△)                    △833                   △584
法人税、住民税及び事業税                          18                    18
                                     △1                    △2
法人税等調整額
法人税等合計                                17                    15
少数株主損益調整前四半期純損失(△)                 △850                   △600
少数株主利益又は少数株主損失(△)                                          △0
                                         0
四半期純損失(△)                          △851                   △599




                        10/17
                                                         EDINET提出書類
                                            株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                            四半期報告書

 【四半期連結包括利益計算書】
  【第1四半期連結累計期間】
                                                 (単位:百万円)

                     前第1四半期連結累計期間          当第1四半期連結累計期間
                       (自平成24年3月1日          (自平成25年3月1日
                      至平成24年5月31日)        至平成25年5月31日)
少数株主損益調整前四半期純損失(△)               △850                   △600
その他の包括利益
 その他有価証券評価差額金                                            △5
                                       2
                                                          −
 繰延ヘッジ損益                               5
 その他の包括利益合計                                              △5
                                       7
四半期包括利益                          △843                   △605
(内訳)
 親会社株主に係る四半期包括利益                 △844                   △604
 少数株主に係る四半期包括利益                                          △0
                                    0




                      11/17
                                                              EDINET提出書類
                                                 株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                                 四半期報告書

    【会計方針の変更等】
     (会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更)
     当社及び一部の連結子会社は、法人税法の改正に伴い、当第1四半期連結会計期間より、平成25年3月1日以後に
     取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却方法に変更しております。
     なお、この変更による当第1四半期連結累計期間の損益に与える影響は軽微であります。
     
     
    【注記事項】
     (四半期連結貸借対照表関係)
保証債務
              前連結会計年度                     当第1四半期連結会計期間
            (平成25年2月28日)                   (平成25年5月31日)
  住宅購入者等のための保証債務         778百万円 住宅購入者等のための保証債務             448百万円

     (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期連
    結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                          前第1四半期連結累計期間          当第1四半期連結累計期間
                          (自平成24年3月1日         (自平成25年3月1日
                            至平成24年5月31日)        至平成25年5月31日)
       減価償却費                         160百万円               204百万円





                                 12/17
                                                                       EDINET提出書類
                                                          株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                                          四半期報告書
      (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ前第1四半期連結累計期間(自 平成24年3月1日 至 平成24年5月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                                (単位:百万円)
                                                                    四半期連結
                       報告セグメント
                                                  その他          調整額 損益計算書
                                                        合計
                       リフォー    不動産               (注)1        (注)2  計上額
                住宅事業                         計
                        ム事業   賃貸事業                                  (注)3
    売上高
     外部顧客への売上高     6,219 1,318 103  7,641  10  7,652   −  7,652
     セグメント間の内部
                       7    −    0      7  −       7  △7     −
     売上高又は振替高
          計        6,226 1,318 104  7,649  10  7,660  △7  7,652
    セグメント利益又は損
                   △558   △35   53  △541    7  △533  △307 △841
    失(△)
    (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、保険事業を含んでおります。
    2.セグメント利益又は損失の調整額△307百万円は、報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に報告
           セグメントに帰属しない一般管理費であります。
    3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
           
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
       該当事項はありません。

     Ⅱ当第1四半期連結累計期間(自 平成25年3月1日 至 平成25年5月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                                (単位:百万円)
                                                                    四半期連結
                       報告セグメント
                                                  その他          調整額 損益計算書
                                                        合計
                       リフォー    不動産               (注)1        (注)2  計上額
                住宅事業                         計
                        ム事業   賃貸事業                                  (注)3
    売上高
     外部顧客への売上高     8,213 1,465 100  9,780  23  9,803   −  9,803
     セグメント間の内部
                      10    −    0     11  −      11  △11    −
     売上高又は振替高
          計        8,224 1,465 101  9,791  23  9,814  △11 9,803
    セグメント利益又は損
                   △248   △70   44  △274    7  △267  △284 △552
    失(△)
    (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、保険事業及び売電事業を含んで
           おります。
    2.セグメント利益又は損失の調整額△284百万円は、報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に報告
           セグメントに帰属しない一般管理費であります。
    3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
           
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
       該当事項はありません。





                                     13/17
                                                                   EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                                      四半期報告書
      (1株当たり情報)
      1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                             前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間
                            (自平成24年3月1日             (自平成25年3月1日
                               至平成24年5月31日)           至平成25年5月31日)
    1株当たり四半期純損失金額                      4円18銭                   2円94銭
     (算定上の基礎)
      四半期純損失金額(百万円)                             851                 599
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                          −                   −
      普通株式に係る四半期純損失金額(百万円)                      851                 599
      普通株式の期中平均株式数(千株)                      203,737             203,829
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当             −                   −
    たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
    式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
    のの概要
 (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純損失金
     額であるため記載しておりません。

      (重要な後発事象)
      該当事項はありません。





                                14/17
                                    EDINET提出書類
                       株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                       四半期報告書
2【その他】
 該当事項はありません。




               15/17
                                          EDINET提出書類
                             株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                             四半期報告書

第二部【提出会社の保証会社等の情報】
   該当事項はありません。




                     16/17
                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                              四半期報告書

                   独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                    平成25年7月12日
株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム
 取締役会御中

                       有限責任 あずさ監査法人


                        指定有限責任社員
                                             原田大輔印
                                     公認会計士
                        業務執行社員



                        指定有限責任社員
                                             福島康生印
                                     公認会計士
                        業務執行社員



  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ヤマダ・
エスバイエルホームの平成25年3月1日から平成26年2月28日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成25
年3月1日から平成25年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成25年3月1日から平成25年5月31日まで)
に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注
記について四半期レビューを行った。

四半期連結財務諸表に対する経営者の責任
  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

監査人の責任
  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
て四半期レビューを行った。
  四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質問、
分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認めら
れる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
  当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。

監査人の結論
  当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム及び連結子会社の平成25年5月
31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせ
る事項がすべての重要な点において認められなかった。

利害関係
  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以上

(注)1.上記は、四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は四半期報告書提
     出会社が別途保管しております。
    2.四半期連結財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれておりません。




                             17/17

PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。

2016年10月11日

企業・投資家の報告書提出をメール通知する機能(β版)を追加いたしました。ユーザー登録後、ご使用いただけます。