有価証券報告書速報 - 全文検索

最新の有価証券報告書の全文検索が行えます。

有価証券報告書全文検索:

企業・投資家

全文検索結果

971 ページ中 1 ページ目を表示中(14565件)

提出日時:2022年01月20日   提出者:トビラシステムズ株式会社
固定電話の全体の契約数は2020年6月末時点において約5,343万件であり、契約数は年々減少にあります。 一方、IP電話の利用番号数は2014年の約3,378万件から、2020年6月末時点に約4,430万件へ増加しており、従来 の電話回線による加入電話から、インターネット回線を使用するIP電話への移行需要が増加しております。
提出日時:2022年01月20日   提出者:株式会社セコニック
は、自主開発事業において、技術革新により露出計や光学式 マーク読取装置の市場規模が伸び悩んでいることに加え、受託生産事業においても、新型コロナウイルス感染症の 感染拡大や米中の貿易摩擦の長期化等の影響を受けて事務機器の販売が減少になるなど、厳しい経営環境に置 かれております。
提出日時:2022年01月17日   提出者:株式会社キタック
当連結会計年度の受注高は、新型コロナウイルス感染症の影響が加わり、外注費等の増大、さらに顧客からの発 注遅れにより、期初から発注の減少が続き、従来顧客以外へも受注量の確保に努めましたが、23億9千3百万 円にとどまりました 。  このため売上高が減少し、25億4千5百万円となりました。
提出日時:2022年01月14日   提出者:株式会社DDホールディングス
一方で、新 型コロナウイルス感染症のワクチン接種が進展し感染者数が全国で減少にあり、2021年9月末に緊急事態宣言 が解除されたことから、今後の経済活動の正常化が期待されております。しかしながら、海外においては感染が再 拡大しており、依然として厳しい経営環境が続いております。
提出日時:2022年01月14日   提出者:株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス
当第3四半期連結累計期間の経営成績につきましては、国内子会社は、食品スーパーやドラッグストア等小売店 向けの販売が落ち着きを見せ、外食産業や観光産業向けの販売は、緊急事態宣言が解除されたことでやや持ち直し の動きが見られたものの、外食頻度や消費意欲は依然低い水準で推移しており減少が継続しました。
提出日時:2022年01月14日   提出者:株式会社プラップジャパン
日本経済においては、ワクチン接種 の浸透により新規感染者は急速な減少にあるものの、変異株による感染再拡大が懸念され、依然として先行き は見通しづらく、経済活動の制約解消にも時間がかかることが想定されます。  
提出日時:2022年01月14日   提出者:株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーション
小売業界におきましても、インバウント需要及び個人消費の大幅な減少は依然として続いており、売上高 の急減による利益悪化が顕著となりました。  
提出日時:2022年01月14日   提出者:株式会社ナルミヤ・インターナショナル
経済産業省の商業動態統計によれば、百貨店販売額はバブル崩壊により衣料品を中心に減少が続いてお り、旧ナルミヤの百貨店における直営店舗販売も株式上場の直前事業年度をピークに減収減益に転じました。
提出日時:2022年01月14日   提出者:株式会社TSIホールディングス
2021年9月30日発出の緊急事態宣言終了後、国内における新型コロナウイルスの新規感染者数が減少にある 一方で、外出自粛の傾向が完全には終息しておらず消費マインドも完全には戻っていない状況です。
提出日時:2022年01月14日   提出者:エッジテクノロジー株式会社
直近では、ワクチン接種の普及拡大や感染者数の減少が見られ、経済回 復への期待感が高まっておりますが、変異株の拡大の可能性等、先行き不透明な状況が続いております。
提出日時:2022年01月14日   提出者:株式会社アウトソーシング
② 成長機会を逃がさない基盤構築 日本国内の人口は減少にあるため人材市場は限定的となり、今後の大きな成長は望めませんが、世界全体で は人口は増加傾向にあり、今後30億人増加するともいわれております。
提出日時:2022年01月14日   提出者:株式会社アウトソーシング
緊急事態宣言の発令に伴う一部顧客の稼働停止により技術者の休業待機が増 加したことや、新卒者の配属の遅れ、更には残業時間の減少が続いたことなどが売上を抑制する要因となりま したが、在宅勤務推進によるコストダウンや、雇用調整助成金の支給、更には顧客から一部休業補償が得られたこ とにより、利益面への影響は一定程度緩和されました。
提出日時:2022年01月14日   提出者:株式会社アウトソーシング
緊急事態宣 言の発令に伴う一部顧客の稼働停止により技術者の休業待機が増加したことや、新卒者の配属の遅れ、更には残業 時間の減少が続いたことなどが売上を抑制する要因となりましたが、在宅勤務推進により大幅なコストダウン に取り組んだことや、雇用調整助成金の支給、更には顧客から一部休業補償が得られたことにより、利益面への影 響は一定程度緩和
提出日時:2022年01月14日   提出者:株式会社アウトソーシング
売上面では、残業減少が継続しているほか、利益面では、4月入社の新卒約2,000名に関する先行 投資費用が発生しましたが、技術者数を前年同期比2,834名増の16,048名へと増員させた採用力及び受注獲得力に より吸収し、順調に増収増益となりました。
提出日時:2022年01月14日   提出者:株式会社アウトソーシング
② 成長機会を逃がさない基盤構築 日本国内の人口は減少にあるため人材市場は限定的となり、今後の大きな成長は望めませんが、世界全体で は人口は増加傾向にあり、今後30億人増加するともいわれております。
このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク