野村アセットマネジメント株式会社 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 野村アセットマネジメント株式会社
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      有価証券届出書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      2023年11月28日       提出
      【発行者名】                      野村アセットマネジメント株式会社
      【代表者の役職氏名】                      CEO兼代表取締役社長            小池 広靖
      【本店の所在の場所】                      東京都江東区豊洲二丁目2番1号
      【事務連絡者氏名】                      松井 秀仁
      【電話番号】                      03-6387-5000
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      マイストーリー・株75(確定拠出年金向け)
      信託受益証券に係るファンドの名称】
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      1兆円を上限とします。
      信託受益証券の金額】
      【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                  1/136














                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】

    (1)【ファンドの名称】

       マイストーリー・株75(確定拠出年金向け)

       (以下「ファンド」といいます。)
    (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

       追加型証券投資信託・受益権               (以下「受益権」といいます。)

       なお、当初元本は1口当り1円です。
      ■信用格付■
       信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付はありません。また、信用格付業者から提
     供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
       ファンドの受益権は、           社債等の振替に関する法律(政令で定める日以降「社債、株式等の振替に関する法

     律」となった場合は読み替えるものとし、「社債、株式等の振替に関する法律」を含め「社振法」といいま
     す。以下同じ。)の規定の適用を受け                   ており   、受益権の帰属は、          後述の「     (11)   振替機関に関する事項           」に記
     載の  振替機関及び当該振替機関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定す                                     る「口座管理機関」をいい、振
     替機関を含め、以下「振替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まり
     ます(以下、振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいま
     す。)。委託者である野村アセットマネジメント株式会社は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該
     振替受益権を表示する受益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありませ
     ん。
    (3)【発行(売出)価額の総額】

       1 兆円を上限とします。

    (4)【発行(売出)価格】

                         ※
       取得申込日の翌々営業日の基準価額                   とします。
       なお、午後3       時までに、取得申込みが行われかつ当該取得申込みにかかる販売会社所定の事務手続が完了
     したものを当日のお申込み分とします。
       ※「基準価額」とは、純資産総額をその時の受益権口数で除して得た額をいいます。なお、ファンドにおいては1                                                     万
         口当りの価額で表示されます。
       ファンドの基準価額については下記の照会先までお問い合わせ下さい。
           野村アセットマネジメント株式会社
           サポートダイヤル           0120-753104       ( フリーダイヤル        )
             <受付時間> 営業日の午前                 9 時~午後     5 時
           インターネットホームページ                 http://www.nomura-am.co.jp/
                                  2/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (5)【申込手数料】

       なし

    (6)【申込単位】

       1 円以上   1 円単位   (当初元本1口=1円)

    (7)【申込期間】

       2023年11月29日        から  2024年11月26日        まで

       * なお、申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
    (8)【申込取扱場所】

       ファンドの申込取扱場所             (以下「販売会社」といいます。)については下記の照会先までお問い合わせ下さ

     い。
           野村アセットマネジメント株式会社
           サポートダイヤル           0120-753104       ( フリーダイヤル        )
             <受付時間> 営業日の午前                 9 時~午後     5 時
           インターネットホームページ                 http://www.nomura-am.co.jp/
    (9)【払込期日】

      投資者は、取得申込日から起算して4営業日目までに申込代金を申込みの販売会社にお支払いください。

     なお、販売会社が別に定める所定の方法により、上記の期日以前に取得申込代金をお支払いいただく場合が
     あります。
      各取得申込日の発行価額の総額は、各販売会社によって、追加信託が行なわれる日に、野村アセットマネ
     ジメント株式会社(「委託者」または「委託会社」といいます。)の指定する口座を経由して、野村信託銀行
     株式会社(「受託者」または「受託会社」といいます。)の指定するファンド口座に払い込まれます。
    (10)【払込取扱場所】

       申込代金は申込みの販売会社にお支払いください。払込取扱場所についてご不明の場合は、下記の照会先

     までお問い合わせ下さい。
           野村アセットマネジメント株式会社
           サポートダイヤル           0120-753104       ( フリーダイヤル        )
             <受付時間> 営業日の午前                 9 時~午後     5 時
           インターネットホームページ                 http://www.nomura-am.co.jp/
    (11)【振替機関に関する事項】

                                  3/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ファンドの受益権に係る振替機関は下記の通りです。
                株式会社     証券保管振替機構
    (12)【その他】

      該当事項はありません。

                                  4/136


















                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】

    (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

        ◆「確定拠出年金法」に基づいて、個人又は事業主が拠出した資金を運用するためのファンドです。

         ※受益権の申込みを行なう投資者は、確定拠出年金法に定める加入者等の運用の指図に基づいて受益
          権の取得の申込みを行なう資産管理機関および国民年金基金連合会等に限るものとします。
      [1]安定した収益の確保と中長期的な信託財産の成長を目的として中長期的に安定運用を行ないます。

      [2]野村フィデューシャリー・リサーチ&コンサルティング株式会社(NFRC)が行なう投資信託証券の評

         価等による助言に基づき、定性評価・定量評価等を勘案し、運用において優れていると判断した投資
         信託証券に分散投資を行なうことを基本とします。
        ◆運用にあたっては、ファンドの評価を専門的に行なっている「野村フィデューシャリー・リサーチ&コ
         ンサルティング株式会社(NFRC)」の助言に基づき、世界の中から選んだ複数の運用会社の優れてい
         ると判断したファンドに分散投資を行ないます。
        ◆ファンドは、多数の投資信託証券(ファンド)へ投資することで、「資産の分散」、「運用スタイル
                                     ※
         の分散」、「運用者の分散」という3段階でリスク分散                             を図ります。
         ※ファンドにおいて、資産の分散とは、国内株式、外国株式、国内債券および外国債券などの資産クラスの分散
          をいい、運用スタイルの分散とは、例えば、株式投資におけるグロース、バリュー等の投資戦略の分散をい
          い、運用者の分散とは運用会社もしくは運用担当者の分散をいいます。
                                                5/136




                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ■リスク分散のイメージ図■
         ※上記は、リスク分散について分かり易く説明するためのイメージ図であり、ファンドにおける比率を表示して



          いるものではありません。
      [3]資産クラス別の基準配分比率を原則として維持することを意識した運用を行ないます。

       ◆投資信託証券への投資を通じて、ファンドが維持することを基本とする各資産クラスへの実質的な投資

        比率(ファンドが投資する投資信託証券が実質的に保有する各資産クラスを勘案します。)は、国内株
        式45%程度、外国株式30%程度および世界債券25%程度としています。このファンドが維持することを基
        本とする各資産クラスへの実質的な投資比率を、ファンドにおいて基準配分比率(純資産に対する比
        率)といいます。
         (注) 上記の円グラフは、ファンドが投資対象とする投資信託証券および当該投資信託証券への投資を通じて実





            質的に投資することを意識するファンドにおける資産クラス別の基準配分比率(純資産に対する比率)をイ
            メージ化したものです。
            ファンドが投資する投資信託証券で、世界の株式または世界の債券に実質的に投資する投資信託証券につ
            いては、実質的な外貨建資産は為替ヘッジを行なうことを基本とするもの、または実質的な外貨建資産の
            通貨配分の如何に関わらず、原則として当該投資信託証券または当該投資信託証券が組入れるマザーファ
                                                6/136

                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            ンドのベンチマークの通貨配分をベースに対円での為替ヘッジを行なうことを基本とするもの、もしくは
            これらに類するものに限定しています。また、図中の世界債券は、「国内債券および外国債券」の資産ク
            ラ スを示しており、国内債券が含まれています。
            なお、将来的に、長期的な資産クラス間のリターン・リスク関係の変化に基づき、国内株式と外国株式の
            比率を見直すことがあります。
       ◆ファンドが主要投資対象とする投資信託証券(以下「指定投資信託証券」といいます。)は、ファミ

                 ※
        リーファンド方式          で運用するもの、直接有価証券等に投資するものがあります。
         ※ファミリーファンド方式とは、投資家から投資された資金をまとめてベビーファンドとし、その資金をマザー
          ファンドに投資して、実質的な運用を行なうしくみです。
         指定投資信託証券の名称については、後述の「2 投資方針 (2)投資対象」をご覧ください。

         指定投資信託証券の名称について「(適格機関投資家専用)」の部分を省略して記載する場合があります。
      ■信託金の限度額■

        受益権の信託金限度額は、5,000億円です。ただし、受託者と合意のうえ、当該信託金限度額を変更する
       ことができます。
    <商品分類>

    一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」に基づくファンドの商品分類は以下の通りで
    す。
    なお、ファンドに該当する商品分類及び属性区分は下記の表中に                                 網掛け表示      しております。
                 (マイストーリー・株75(確定拠出年金向け))

    《商品分類表》
                                                投資対象資産
          単位型・追加型                   投資対象地域
                                                (収益の源泉)
                                                7/136



                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                 株  式

                              国  内
            単位型                                     債  券
                              海  外                  不動産投信

            追加型                                    その他資産

                              内  外                    (  )
                                                 資産複合

    《属性区分表》

        投資対象資産           決算頻度          投資対象地域              投資形態           為替ヘッジ
      株式              年1回          グローバル
       一般                       (日本を含む)
       大型株              年2回
       中小型株                         日本
                    年4回
      債券                         北米          ファミリーファンド              あり
       一般              年6回                                 (フルヘッジ)
       公債             (隔月)           欧州
       社債
       その他債券             年12回           アジア
       クレジット属性            (毎月)
       (  )                       オセアニア
                    日々
      不動産投信                        中南米                         なし
                    その他                    ファンド・オブ・ファンズ
      その他資産              (  )          アフリカ
      (投資信託証券
      (資産複合                        中近東
      (株式、債券)                        (中東)
      資産配分
      固定型))                       エマージング
      資産複合

      (  )
       資産配分固定型
       資産配分変更型
                                                8/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    当ファンドは、ファンド・オブ・ファンズです。このため、組入れている資産を示す属性区分上の投資対象資産(その他資
    産(投資信託証券))と収益の源泉となる資産を示す商品分類上の投資対象資産(資産複合)とが異なります。
      ※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載しております。

    上記、商品分類及び属性区分の定義については、下記をご覧ください。

    なお、下記一般社団法人投資信託協会のホームページでもご覧頂けます。
    《一般社団法人投資信託協会インターネットホームページアドレス》  http://www.toushin.or.jp/
    ◆一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」に基づくファンドの商品分類及び属性区分は

      以下の通りです。(2023年1月19日現在)
    <商品分類表定義>

    [単位型投信・追加型投信の区分]
      (1)単位型投信…当初、募集された資金が一つの単位として信託され、その後の追加設定は一切行われないファンドを
              いう。
      (2)追加型投信…一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産とともに運用されるファ
              ンドをいう。
    [投資対象地域による区分]
      (1)国内…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国内の資産を源泉とする旨
           の記載があるものをいう。
      (2)海外…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に海外の資産を源泉とする旨
           の記載があるものをいう。
      (3)内外…目論見書又は投資信託約款において、国内及び海外の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載が
           あるものをいう。
    [投資対象資産による区分]
      (1)株式…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載
           があるものをいう。
      (2)債券…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債券を源泉とする旨の記載
           があるものをいう。
      (3)不動産投信(リート)…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に不動産投資
                  信託の受益証券及び不動産投資法人の投資証券を源泉とする旨の記載があるものをいう。
      (4)その他資産…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に上記(1)から(3)に掲
              げる資産以外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。なお、その他資産と併記して具体的な
              収益の源泉となる資産の名称記載も可とする。
                                                9/136

                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (5)資産複合…目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(4)に掲げる資産のうち複数の資産による投資収益を
             実質的に源泉とする旨の記載があるものをいう。
    [独立した区分]
      (1)MMF(マネー・マネージメント・ファンド)…MRF及びMMFの運営に関する規則(以下「MRF等規則」という。)に定め
                            るMMFをいう。
      (2)MRF(マネー・リザーブ・ファンド)…MRF等規則に定めるMRFをいう。
      (3)ETF…投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令480号)第12条第1号及び第2号に規定する証券投資信
          託並びに租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第9条の4の2に規定する上場証券投資信託をいう。
    [補足分類]
      (1)インデックス型…目論見書又は投資信託約款において、各種指数に連動する運用成果を目指す旨の記載があるもの
                をいう。
      (2)特殊型…目論見書又は投資信託約款において、投資者に対して注意を喚起することが必要と思われる特殊な仕組み
            あるいは運用手法の記載があるものをいう。なお、下記の属性区分で特殊型の小分類において「条件付運
            用型」に該当する場合には当該小分類を括弧書きで付記するものとし、それ以外の小分類に該当する場合
            には当該小分類を括弧書きで付記できるものとする。
    <属性区分表定義>

    [投資対象資産による属性区分]
      株式
      (1)一般…次の大型株、中小型株属性にあてはまらないすべてのものをいう。
      (2)大型株…目論見書又は投資信託約款において、主として大型株に投資する旨の記載があるものをいう。
      (3)中小型株…目論見書又は投資信託約款において、主として中小型株に投資する旨の記載があるものをいう。
      債券
      (1)一般…次の公債、社債、その他債券属性にあてはまらないすべてのものをいう。
      (2)公債…目論見書又は投資信託約款において、日本国又は各国の政府の発行する国債(地方債、政府保証債、政府機関
           債、国際機関債を含む。以下同じ。)に主として投資する旨の記載があるものをいう。
      (3)社債…目論見書又は投資信託約款において、企業等が発行する社債に主として投資する旨の記載があるものをい
           う。
      (4)その他債券…目論見書又は投資信託約款において、公債又は社債以外の債券に主として投資する旨の記載があるも
              のをいう。
      (5)格付等クレジットによる属性…目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(4)の「発行体」による区分のほ
                      か、特にクレジットに対して明確な記載があるものについては、上記(1)から(4)に
                      掲げる区分に加え「高格付債」「低格付債」等を併記することも可とする。
      不動産投信…これ以上の詳細な分類は行わないものとする。
      その他資産…組入れている資産を記載するものとする。
      資産複合…以下の小分類に該当する場合には当該小分類を併記することができる。
      (1)資産配分固定型…目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については固定的とす
                る旨の記載があるものをいう。なお、組み合わせている資産を列挙するものとする。
      (2)資産配分変更型…目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については、機動的な
                                               10/136

                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                変更を行なう旨の記載があるもの若しくは固定的とする旨の記載がないものをいう。なお、組み合
                わせている資産を列挙するものとする。
    [決算頻度による属性区分]
      (1)年1回…目論見書又は投資信託約款において、年1回決算する旨の記載があるものをいう。
      (2)年2回…目論見書又は投資信託約款において、年2回決算する旨の記載があるものをいう。
      (3)年4回…目論見書又は投資信託約款において、年4回決算する旨の記載があるものをいう。
      (4)年6回(隔月)…目論見書又は投資信託約款において、年6回決算する旨の記載があるものをいう。
      (5)年12回(毎月)…目論見書又は投資信託約款において、年12回(毎月)決算する旨の記載があるものをいう。
      (6)日々…目論見書又は投資信託約款において、日々決算する旨の記載があるものをいう。
      (7)その他…上記属性にあてはまらないすべてのものをいう。
    [投資対象地域による属性区分(重複使用可能)]
      (1)グローバル…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が世界の資産を源泉とする旨の記載が
              あるものをいう。なお、「世界の資産」の中に「日本」を含むか含まないかを明確に記載するものと
              する。
      (2)日本…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本の資産を源泉とする旨の記載があるも
           のをいう。
      (3)北米…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が北米地域の資産を源泉とする旨の記載があ
           るものをいう。
      (4)欧州…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が欧州地域の資産を源泉とする旨の記載があ
           るものをいう。
      (5)アジア…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本を除くアジア地域の資産を源泉とす
            る旨の記載があるものをいう。
      (6)オセアニア…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がオセアニア地域の資産を源泉とする
              旨の記載があるものをいう。
      (7)中南米…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中南米地域の資産を源泉とする旨の記載
            があるものをいう。
      (8)アフリカ…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がアフリカ地域の資産を源泉とする旨の
             記載があるものをいう。
      (9)中近東(中東)…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中近東地域の資産を源泉とする旨
               の記載があるものをいう。
      (10)エマージング…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がエマージング地域(新興成長国(地
               域))の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
    [投資形態による属性区分]
      (1)ファミリーファンド…目論見書又は投資信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・ファンズにのみ投資され
                  るものを除く。)を投資対象として投資するものをいう。
      (2)ファンド・オブ・ファンズ…「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファンド・オブ・ファンズをい
                     う。
    [為替ヘッジによる属性区分]
      (1)為替ヘッジあり…目論見書又は投資信託約款において、為替のフルヘッジ又は一部の資産に為替のヘッジを行う旨
                の記載があるものをいう。
                                               11/136

                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)為替ヘッジなし…目論見書又は投資信託約款において、為替のヘッジを行なわない旨の記載があるもの又は為替の
                ヘッジを行う旨の記載がないものをいう。
    [インデックスファンドにおける対象インデックスによる属性区分]
      (1)日経225
      (2)TOPIX
      (3)その他の指数…上記指数にあてはまらないすべてのものをいう。
    [特殊型]
      (1)ブル・ベア型…目論見書又は投資信託約款において、派生商品をヘッジ目的以外に用い、積極的に投資を行うとと
               もに各種指数・資産等への連動若しくは逆連動(一定倍の連動若しくは逆連動を含む。)を目指す旨
               の記載があるものをいう。
      (2)条件付運用型…目論見書又は投資信託約款において、仕組債への投資又はその他特殊な仕組みを用いることによ
               り、目標とする投資成果(基準価額、償還価額、収益分配金等)や信託終了日等が、明示的な指標等
               の値により定められる一定の条件によって決定される旨の記載があるものをいう。
      (3)ロング・ショート型/絶対収益追求型…目論見書又は投資信託約款において、特定の市場に左右されにくい収益の追
                          求を目指す旨若しくはロング・ショート戦略により収益の追求を目指す旨の
                          記載があるものをいう。
      (4)その他型…目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(3)に掲げる属性のいずれにも該当しない特殊な仕組
             みあるいは運用手法の記載があるものをいう。
    (2)【ファンドの沿革】

        2001年11月22日    信託契約締結、ファンドの設定日、運用開始

    (3)【ファンドの仕組み】


                                               12/136





                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ファンド                 マイストーリー・株75(確定拠出年金向け)









      委託会社(委託者)                     野村アセットマネジメント株式会社
      受託会社(受託者)                         野村信託銀行株式会社
                                               13/136




                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ■委託会社の概況(2023年10月末現在)■




         ・名称
           野村アセットマネジメント株式会社
         ・資本金の額
           17,180百万円
         ・会社の沿革
           1959年12月1日                 野村證券投資信託委託株式会社として設立
           1997年10月1日                 投資顧問会社である野村投資顧問株式会社と合併して野村
                            アセット・マネジメント投信株式会社に商号を変更
           2000年11月1日                 野村アセットマネジメント株式会社に商号を変更
         ・大株主の状況
             名称                    住所             所有株式数        比率
      野村ホールディングス株式会社                     東京都中央区日本橋1-13-1                  5,150,693株        100%
    2【投資方針】


    (1)【投資方針】

      [1]主として、国内の株式を実質的な主要投資対象とする投資信託証券、世界の株式を実質的な主要投資

         対象とする投資信託証券、国内の債券を実質的な主要投資対象とする投資信託証券および世界の債券
                                               14/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         を実質的な主要投資対象とする投資信託証券に投資します。
      [2]野村フィデューシャリー・リサーチ&コンサルティング株式会社(NFRC)が行なう投資信託証券の評価

         等による助言に基づき、定性評価・定量評価等を勘案し、運用において優れていると判断した投資信
         託証券に分散投資を行ないます。
       ◆投資信託証券への投資にあたっては、指定投資信託証券の中から、定性評価、定量評価等を勘案して
        選択した投資信託証券に分散投資を行なうことを基本とします。なお、組入投資信託証券については
        適宜見直しを行ないます。
      [3]投資信託証券への投資は、高位を維持することを基本とします。

       ◆ファンドが投資信託証券への投資を通じて実質的に保有する株式(当該投資信託証券が実質的に保有
        する株式を勘案します。)への配分比率が信託財産の純資産総額の概ね75%程度となることを目途とし
        て、投資信託証券への投資を行なうことを基本とします。
       ◆投資信託証券への投資にあたっては、ファンドが実質的に投資することとなる資産クラス別の基準配
        分比率を原則として維持することを意識した運用を行なうことを基本とします。
       ◆ファンドが投資対象とする投資信託証券および当該投資信託証券への投資を通じて実質的に投資する
        ことを意識する資産クラス別の基準配分比率(純資産に対する比率)は以下の通りです。
        なお、基準配分比率については、将来的に、長期的な資産クラス間のリターン・リスク関係の変化に基
        づき、国内株式と外国株式の比率を見直すことがあります。
                      資産クラス               基準配分比率

                      国内株式                45%程度

                      外国株式                30%程度

                   国内債券および外国債券                   25%程度

           ※「国内債券および外国債券」の資産クラスを「世界債券」と称する場合があります。

      [4]資産クラス毎の代表的な指数を委託会社が独自に合成した指数をベンチマークとします。

       ◆資産クラス毎に、以下の指数を資産クラス・ベンチマークとし、ファンドは、前記の基準配分比率に、
                                               15/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        資産クラス毎の月次の資産クラス・ベンチマーク・リターンを掛け合わせたものをベンチマークとしま
        す。
          ※ベンチマーク計算上用いる基準配分比率は、前記の基準配分比率から各々「程度」をとった比率とします。
           資産クラス                           指数
            国内株式         東証株価指数(TOPIX)

                                                     ※1
            外国株式
                    MSCI   KOKUSAI    インデックス(日本を除く世界先進国)(円ヘッジベース)
                                                  ※2
        国内債券および外国債券
                    ブルームバーグ・グローバル総合インデックス(円ヘッジベース)
         ※1 「MSCI      KOKUSAI    インデックス(日本を除く世界先進国)(円ヘッジベース)」は、MSCI                                KOKUSAI    Index(MSCI
            World   Index   ex  Japan   )(現地通貨ベース)をもとに、委託会社(運用の権限委託先を含みます。以下この欄
            において同じ。)が独自にヘッジコストを考慮して円換算したものです。MSCI                                    KOKUSAI    Index(MSCI      World
            Index   ex  Japan   )に関する著作権、およびその他知的所有権はMSCIに帰属しております。また、MSCIは、
            指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。
         ※2 「ブルームバーグ・グローバル総合インデックス(円ヘッジベース)」は、「ブルームバーグ・グローバル
                                                        (R)
            総合インデックス」を委託会社が為替ヘッジコストを考慮して円換算したものです。「Bloomberg                                              」は、
            Bloomberg     Finance    L.P.および、同インデックスの管理者であるBloomberg                          Index   Services     Limitedをは
            じめとする関連会社(以下、総称して「ブルームバーグ」)の商標およびサービスマークです。ブルーム
            バーグまたはブルームバーグのライセンサーは、ブルームバーグ・インデックスに対する一切の独占的権
            利を有しています。
          (注) 資産クラス毎のベンチマークの計算にあたっては、委託者において、ファンドにおける組入資産・為替
             の評価時点に合わせて計算を行ないます。
          ※ベンチマークは、株式・債券市場の構造変化等によっては、今後見直す場合があります。

      [5]投資対象ファンドの選定やポートフォリオ構築に際しては、定性評価を重視し、ファンド間の投資手

         法の違いにも着目して、幅広い収益機会を追求できるよう、配慮します。
       ◆組入れる投資信託証券については、運用実績または運用手法を定量・定性的に分析し、且つ当該投資信
        託証券の定量的なリスク分析によりこれらに投資を行なうファンドのリスク管理を重視した上で資産ク
        ラス別の基準配分比率を勘案して選定・配分を行なうことを基本とします。
      [6]投資対象ファンドとファンド全体のリスク特性の状況を絶えずモニターし、継続的に投資比率を調整

                                            ※
         します。また、投資対象ファンドを適宜見直すことで、全体的な品質                                    の維持・向上を目指します。
                                               16/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          ※運用体制、運用プロセス、情報開示等の観点から、定性的に評価するファンドの期待度・信頼度をいいま
           す。
        資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。








      (参考)    野村フィデューシャリー・リサーチ&コンサルティング株式会社(NFRC)について

         ◆野村フィデューシャリー・リサーチ&コンサルティング株式会社(NFRC)は、投資信託、年金運用
         機関、オルタナティブ(代替)投資商品など、様々な運用商品・運用機関の分析・評価を主たる業務と
         する、野村グループの投資顧問会社です。
                                               17/136



                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【投資対象】

                             ※
        主として有価証券に投資する投資信託証券                      を主要投資対象とします。
         ※投資信託の受益証券(投資法人の投資証券を含みます。)とします。
       ◆ファンドは、以下に示す投資信託証券(「指定投資信託証券」といいます。)を主要投資対象とします。

        主要投資対象                          指定投資信託証券
                 ノムラ・ジャパン・オープンF(適格機関投資家専用)
                 ストラテジック・バリュー・オープンF(適格機関投資家専用)
                 ノムラ-T&D      J Flag日本株F(適格機関投資家専用)
                 日本フォーカス・グロースF(適格機関投資家専用)
         国内株式
                 SJAMバリュー日本株F(適格機関投資家専用)
                 One国内株オープンF(FOFs用)(適格機関投資家専用)
                 スパークス・厳選投資・日本株ファンドF(適格機関投資家専用)
                 アムンディ・ターゲット・ジャパン・ファンドF(適格機関投資家専用)
                 グローバル・エクイティ(除く日本)・ファンドF(適格機関投資家専用)
                 野村DFA海外株式バリューファンドF(適格機関投資家専用)
                 ウィリアム・ブレア・グローバル・リーダーズ(除く日本)F(適格機関投資家専用)
                 野村ウエリントン・グローバル・オポチュニスティック・バリュー(除く日本)F(適格機
                 関投資家専用)
         外国株式
                 ノムラ・マルチ・マネージャーズ・ファンドⅢ-外国株式F <外国籍投資信託>
                 NKグローバル株式アクティブファンドF(適格機関投資家専用)
                 ティー・ロウ・プライス            海外株式ファンドF(適格機関投資家専用)
                 ノムラ・ワールド(除く日本)エクイティ・ファンドF <外国籍投資信託>
                 ノムラ海外債券ファンドF(適格機関投資家専用)
                 ノムラ-インサイト欧州債券ファンドF(適格機関投資家専用)
                 ノムラ日本債券オープンF(適格機関投資家専用)
                 ニッセイ国内債券オープンF(適格機関投資家専用)
         国内債券
                 NPEBパン・ヨーロピアン・ボンド・ファンドFC<外国籍投資信託>
          および
                 フランクリン・テンプルトン・米国債券コア・プラスF(適格機関投資家専用)
         外国債券
                 マニュライフ・日本債券ストラテジック・アクティブ・ファンドF(適格機関投資家専用)
                 ノムラ・マルチ・マネージャーズ・ファンドⅡ-米国債券FC <外国籍投資信託>
                 PGIMグローバル・コア・ボンド・ファンド(除く日本)(為替ヘッジあり・毎月分配)<
                 外国籍投資信託>
                                               18/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ※上記は    2023年11月28日       現在の指定投資信託証券の一覧です。今後、上記指定投資信託証券の一部が名称が変更と
         なる場合、または繰上償還等により指定投資信託証券から除外される場合、あるいは、ここに記載された以外の
         投 資信託証券が新たに指定投資信託証券に追加となる場合等があります。
         なお、デリバティブの直接利用は行ないません。

       ① 投資の対象とする資産の種類(約款第17条)

         この信託において投資の対象とする資産(本邦通貨表示のものに限ります。)の種類は、次に掲げるも
        のとします。
         1 次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定め
          るものをいいます。以下同じ。)
           イ 有価証券
           ロ 約束手形(イに掲げるものに該当するものを除きます。)
           ハ 金銭債権(イ及びロに掲げるものに該当するものを除きます。)
         2 次に掲げる特定資産以外の資産
           イ 為替手形
       ② 有価証券の指図範囲(約款第18条第1項)
         委託者は、信託金を、主として別に定める投資信託証券(以下「指定投資信託証券」といいます。)の
        ほか、次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権
        利を除くものとし、本邦通貨表示のものに限ります。)に投資することを指図します。
         1 コマーシャル・ペーパーおよび短期社債等
         2 外国または外国の者の発行する証券または証書で、前号の証券の性質を有するもの
         3 国債証券、地方債証券、特別の法律により法人の発行する債券および社債券(新株引受権証券と社
          債券とが一体となった新株引受権付社債券の新株引受権証券および短期社債等を除きます。)
         4 指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証
          券に限ります。)
         なお、第3号の証券を以下「公社債」といい、公社債にかかる運用の指図は買い現先取引(売戻し条件
        付の買い入れ)および債券貸借取引(現金担保付き債券借入れ)に限り行なうことができるものとします。
                                               19/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ③ 金融商品の指図範囲(約款第18条第2項)
         委託者は、信託金を、上記「(2)投資対象                      ②有価証券の指図範囲」に掲げる有価証券のほか、次の金
        融商品(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みま
        す。)   により運用することを指図することができます。
         1 預金
         2 指定金銭信託(上記「(2)投資対象                    ②有価証券の指図範囲」に掲げるものを除く。)
         3 コール・ローン
         4 手形割引市場において売買される手形
       (参考)指定投資信託証券について

        以下はファンドが投資を行なう投資信託証券(「指定投資信託証券」といいます。)の投資方針、関係法
       人、信託報酬等について、              2023年11月28日        現在で委託会社が知りうる情報等を基に記載したものです(個別
       に時点の記載がある場合を除きます。)。
        今後、指定投資信託証券の各委託会社(運用会社)の都合等により、記載の内容が変更となる場合があ
       ります。
        また、ここに記載した指定投資信託証券は上記日付現在のものであり、今後、繰上償還等により指定投
       資信託証券から除外される場合、あるいは、ここに記載された以外の投資信託証券が新たに指定投資信託
       証券に追加となる場合等があります。
         投資の基本方針のうち<収益分配方針>につきましては、以下の通りです。
           [各F]
           ・運用による収益は、期中に分配を行なわず、信託終了時まで信託財産内に留保し、運用の基本
            方針に基づいて運用します。
           [FC]
           ・各指定投資信託証券により異なります。
            詳しくは、各指定投資信託証券の「(E)投資方針等 (4)収益分配方針」をご覧ください。
          ※指定投資信託証券の名称について、「(適格機関投資家専用)」の部分を省略して記載する場合があります。
           また、「ファンド」という場合があります。
          ※指定投資信託証券の一部の受託会社について、信託事務処理の一部を他の信託銀行に再信託する場合があり
           ます。
                                               20/136

                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ノムラ・ジャパン・オープンF(適格機関投資家専用)

     ( A )ファンドの特色
      ファンドは、親投資信託であるノムラ・ジャパン・オープン                      マザーファンドへの投資を通じて、主としてわが国の株式に実質的に投資を行ない、
      信託財産の成長を目標に積極的な運用を行なうことを基本とします。
      ファンドは、当面、       TOPIX  をベンチマークとします。
      ファンドは、「ノムラ・ジャパン・オープン               マザーファンド」(「マザーファンド」といいます。)を親投資信託とするファミリーファンド方式で運用しま
      す。なお、直接株式に投資する場合があります。
     ( B )信託期間

      無期限(   2001  年 8月 28 日設定)
     (  C  )ファンドの関係法人

        関係                           名称
        委託会社       野村アセットマネジメント株式会社
        受託会社       野村信託銀行株式会社
     ( D )管理報酬等

      信託報酬の総額は、信託財産の純資産総額に税抜年                     0.74%  の率を乗じて得た額とします。上記のほか、ファンドの組入有価証券の売買の際に
      発生する売買委託手数料、信託財産に係る監査費用等を信託財産から支払います。
     ( E )投資方針等

                                               21/136






                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (1)投資対象
       わが国の株式を実質的な主要投資対象とします。
      (2)投資態度
       ①運用については、ボトムアップ・アプローチをベースとしたアクティブ運用を行ないます。
       ② わが国の株式への投資にあたっては、上場株式および店頭登録銘柄の中から、株価の割安性をベースに企業の収益性、成長性、安定性等
        を総合的に勘案して銘柄を選定し、投資を行なうことを基本とします。なお、一部、アジア諸国の株式に投資を行なう場合があります。
       ③株式の実質組入比率は、原則として高位を維持することを基本とします。非株式割合(株式以外の資産への実質投資割合)は、原則として
        信託財産総額の      50% 以下を基本とします。ただし、市場動向等により弾力的に変更を行なう場合があります。
       ④資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合もあります。
      (3)主な投資制限
       ①株式への実質投資割合には制限を設けません。
       ②新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、取得時において信託財産の純資産総額の20%以内とします。
       ③外貨建資産への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の30%以内とします。
       ④デリバティブの利用はヘッジ目的に限定します。
       ⑤同一銘柄の株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
       ⑥同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内とします。
       ⑦同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予約権付社債への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
       ⑧一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額を超えることとなるデリバティブ取引
        等(同規則に定めるデリバティブ取引等をいいます。)の利用は行ないません。
       ⑨一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ等エクス
        ポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることと
        なった場合には、同規則に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。
    ストラテジック・バリュー・オープンF(適格機関投資家専用)

     ( A )ファンドの特色
      ファンドは、親投資信託であるストラテジック・バリュー・オープン                        マザーファンドへの投資を通じて、主としてわが国の株式に実質的に投資を行
      ない、信託財産の成長を目標に積極的な運用を行なうことを基本とします。
      ファンドは、「ストラテジック・バリュー・オープン                  マザーファンド」(「マザーファンド」といいます。)を親投資信託とするファミリーファンド方式で運
      用します。
     ( B )信託期間

      無期限(2007年10月11日設定)
                                               22/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (  C  )ファンドの関係法人
        関係                           名称
        委託会社       野村アセットマネジメント株式会社
        受託会社       三井住友信託銀行株式会社
     ( D )管理報酬等

      信託報酬の総額は、信託財産の純資産総額に税抜年0.60%の率を乗じて得た額とします。
      上記のほか、ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、信託財産に係る監査費用等を信託財産から支払います。
     ( E )投資方針等

      (1)投資対象
       わが国の株式を実質的な主要投資対象とします。
      (2)投資態度
       ①株式への投資にあたっては、わが国の金融商品取引所に上場(これに準ずるものを含みます。)している株式の中から、資産・利益等に比
        較して株価が割安と判断され、今後の株価上昇が期待できる銘柄を厳選し、投資を行なうことを基本とします。
       ②株式の実質的な組入にあたっては、フルインベストメントを基本とします。非株式割合(株式以外の資産への実質投資割合)は、原則として
        信託財産総額の50%以下を基本とします。ただし、投資環境、資金動向などを勘案して、運用担当者が適切と判断した際等には先物取引
        の利用も含めて株式組入比率を引き下げる場合があります。
       ③資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。
      (3)主な投資制限
       ①株式への実質投資割合には制限を設けません。
       ②外貨建資産への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の30%以内とします。
       ③新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、取得時において信託財産の純資産総額の20%以内とします。
       ④デリバティブの利用はヘッジ目的に限定します。
       ⑤同一銘柄の株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
       ⑥同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内とします。
       ⑦同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予約権付社債への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
       ⑧投資信託証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内とします。
       ⑨一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額を超えることとなるデリバティブ取引
        等(同規則に定めるデリバティブ取引等をいいます。)の利用は行ないません。
       ⑩一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ等エクス
        ポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることと
        なった場合には、同規則に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。
                                               23/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ノムラ-T&D       J Flag日本株F(適格機関投資家専用)

     ( A )ファンドの特色
      ファンドは、親投資信託であるノムラ-T&D                 J Flag日本株 マザーファンドの受益証券を主要投資対象とし、主としてわが国の株式に実質的に
      投資を行ない、信託財産の成長を図ることを目的として積極的な運用を行なうことを基本とします。
      ファンドは、「ノムラ-T&D          J Flag日本株 マザーファンド」(「マザーファンド」といいます。)を親投資信託とするファミリーファンド方式で運用しま
      す。なお、直接株式に投資する場合があります。
     ( B )信託期間

      無期限(2016年10月13日設定)
     (  C  )ファンドの関係法人

         関係                            名称
        委託会社        野村アセットマネジメント株式会社
        受託会社        野村信託銀行株式会社
      マザーファンドの
               T&Dアセットマネジメント株式会社
       投資顧問会社
     ( D )管理報酬等

      信託報酬の総額は、信託財産の純資産総額に税抜年1.0%の率を乗じて得た額とします。なお、マザーファンドの投資顧問会社が受ける報酬
      は、ファンドの信託報酬の中の委託会社が受ける報酬から支払われます。
      上記のほか、ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、信託財産に係る監査費用等を信託財産から支払います。
     ( E )投資方針等

                                               24/136





                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (1)投資対象
       わが国の株式を実質的な主要投資対象とします。
      (2)投資態度
       ①株式への実質的な投資にあたっては、主として個別企業の調査・分析等を中心とした「ボトムアップアプローチ」に基づいて、個別銘柄選
        定、ポートフォリオの構築等を行なうことを基本とします。
       ②株式の実質組入比率は、原則として高位を基本とします。非株式割合(株式以外の資産への投資割合)は、原則として信託財産総額の
        50%以下を基本とします。ただし、市況動向等を勘案して、委託者が適切と判断した際等には先物取引等の活用も含めて株式組入比率を
        引き下げる場合があります。
       ③T&Dアセットマネジメント株式会社にマザーファンドの株式等の運用の指図に関する権限の一部を委託します。
       ④資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。
      (3)主な投資制限
       ①株式への実質投資割合には制限を設けません。
       ②外貨建資産への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
       ③デリバティブの利用はヘッジ目的に限定しません。
       ④同一銘柄の株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
       ⑤投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内とします。
       ⑥一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額を超えることとなるデリバティブ取引
        等(同規則に定めるデリバティブ取引等をいいます。)の利用は行ないません。
       ⑦一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ等エクス
        ポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることと
        なった場合には、同規則に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。
    日本フォーカス・グロースF(適格機関投資家専用)

    ( A )ファンドの特色
      ファンドは、親投資信託である日本長期成長株集中投資マザーファンド(以下「マザーファンド」といいます。)の受益証券への投資を通じて、主とし
      て日本の上場株式(これに準ずるものを含みます。)に投資を行い、信託財産の長期的な成長を図ることを目標として運用を行います。
      マザーファンドにおいては、個別企業の分析を重視したボトム・アップ手法による銘柄選択を行い、原則として大型株式および中小型株式の中から
      持続的な成長が期待できると判断する比較的少数の銘柄でポートフォリオを構築し、長期的な投資元本の成長を追求します。
      ファンドは、マザーファンドを親投資信託とするファミリーファンド方式で運用します。
    ( B )信託期間

      原則として無期限(2020年4月9日設定)
                                               25/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (  C  )ファンドの関係法人
         関係                            名称
        委託会社        ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社
        受託会社        みずほ信託銀行株式会社
       ファンドおよび
       マザーファンドの         ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(シンガポール)ピーティーイー・リミテッド
       投資顧問会社
    ( D )管理報酬等

      信託報酬の総額は、信託財産の純資産総額に税抜年0.65%の率を乗じて得た額とします。
      上記のほか、ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料等を信託財産から支払います。その他、信託財産に係る監査費用等
      として信託財産の純資産総額に対して年率0.10%を上限として信託財産から支払います(なお、当該率については、委託会社は、信託財産の規模
      等を考慮して、信託の設定時または期中に、随時かかる諸費用の定率を見直し、年率0.10%を上限として変更する場合があります。)。
    ( E )投資方針等

      (1)投資対象
       日本の上場株式(これに準ずるものを含みます。)を実質的な主要投資対象とします。
      (2)投資態度
      ①主としてマザーファンドの受益証券に投資し、原則として、その組入比率は高位に保ちます(ただし、投資環境等により、当該受益証券の組入
       比率を引き下げる場合もあります。)。
      ②信託財産は、マザーファンドを通じて主として日本の上場株式(これに準ずるものを含みます。)に投資します。マザーファンドにおいては、個別
       企業の分析を重視したボトム・アップ手法による銘柄選択を行い、原則として大型株式および中小型株式の中から持続的な成長が期待できる
       と判断する比較的少数の銘柄でポートフォリオを構築し、長期的な投資元本の成長を追求します。
      ③事業の収益性、経営陣の質に加えて株価評価基準の総合評価、目標株価からの乖離、流動性等を勘案して、銘柄選択を行います。
      ④投資状況に応じ、マザーファンドと同様の運用を直接行うこともあります。
      ⑤ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(シンガポール)ピーティーイー・リミテッドに日本株式の運用(デリバティブ取引等に係る運用を含
       みます。)の指図に関する権限を委託します。
      ⑥市況動向や資金動向その他の要因等によっては、運用方針に従った運用ができない場合があります。
      (3)主な投資制限
      ①株式への実質投資割合には制限を設けません。
      ②デリバティブ取引(法人税法第61条の5に定めるものをいいます。)は、価格変動リスク、金利変動リスクおよび為替変動リスクを回避する目的なら
       びに投資対象資産を保有した場合と同様の損益を実現する目的以外には利用しません。
      ③新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、取得時において信託財産の純資産総額の20%以下とします。
                                               26/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ④同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、取得時において信託財産の純資産総額の5%以下とします。
      ⑤投資信託証券(マザーファンドの受益証券および上場投資信託証券を除きます。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下と
       します。
      ⑥外貨建資産への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の30%以下とします。
      ⑦株式以外の資産(マザーファンドの信託財産に属する株式以外の資産のうち、この投資信託の信託財産に属するとみなした部分を含みま
       す。)への投資は、原則として信託財産総額の50%以下とします。
      ⑧デリバティブ取引等については、一般社団法人投資信託協会規則に従い、委託者が定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純
       資産総額を超えないものとします。
      ⑨一般社団法人投資信託協会の規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ取引等エ
       クスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以下とし、当該比率を超えることとなった場
       合には、委託者は、一般社団法人投資信託協会の規則に従い当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
    SJAMバリュー日本株F(適格機関投資家専用)

     ( A )ファンドの特色
      ファンドは、親投資信託であるSJAMバリュー日本株・マザーファンド受益証券への投資を通じて、主としてわが国の株式に実質的に投資を行
      い、信託財産の長期的な成長を目指して積極的な運用を行います。
      独自の調査分析に基づいて算出した理論株価と市場価格を比較し、割安となっている銘柄に投資することを基本にリスク管理を行いつつ最適
      なポートフォリオを構築し、「東証株価指数(TOPIX)(配当込み)」を中長期的に上回る運用成果を目指します。
      ファンドは、SJAMバリュー日本株・マザーファンドを親投資信託とするファミリーファンド方式で運用します。なお、わが国の株式に直接投資する
      場合があります。
     ( B )信託期間

      無期限(2017年4月12日設定)
     (  C  )ファンドの関係法人

        関係                           名称
        委託会社       SOMPOアセットマネジメント株式会社
        受託会社       野村信託銀行株式会社
     ( D )管理報酬等

      信託報酬の総額は、信託財産の純資産総額に税抜年0.50%の率を乗じて得た額とします。
      上記のほか、ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、信託財産に係る監査費用等を信託財産から支払います。
                                               27/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ( E )投資方針等

      (1)投資対象
       わが国の株式を実質的な主要投資対象とします。
      (2)投資態度
       ①SJAMバリュー日本株・マザーファンド受益証券への投資を通じて、主としてわが国の株式へ投資し、信託財産の長期的な成長を目指して、
        積極的な運用を行います。なお、わが国の株式に直接投資する場合があります。
       ②独自の調査分析に基づいて算出した理論株価と市場価格を比較し、割安となっている銘柄に投資することを基本にリスク管理を行いつつ
        最適なポートフォリオを構築し、「東証株価指数(TOPIX)(配当込み)」を中長期的に上回る運用成果を目指します。
       ③株式(他の投資信託受益証券を通じて投資する場合は、当該他の投資信託の信託財産に属する株式を含みます。)の組入比率は原則と
        して信託財産総額の50%超(高位に維持)を基本とします。なお、株式以外の資産(他の投資信託受益証券を通じて投資する場合は、当
        該他の投資信託の信託財産に属する株式以外の資産のうち、この投資信託の信託財産に属するとみなした部分を含みます。)への投資
        は、原則として信託財産総額の50%以下とします。
       ④資金動向、市況動向、その他特殊な状況等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
      (3)主な投資制限
       ①株式への実質投資割合には制限を設けません。
       ②外貨建資産への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の30%以下とします。
       ③デリバティブの利用はヘッジ目的に限定します。
       ④新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
       ⑤同一銘柄の株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
       ⑥同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
       ⑦同一銘柄の転換社債、ならびに転換社債型新株予約権付社債への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
       ⑧投資信託証券(親投資信託受益証券および上場投資信託証券等を除きます。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下
        とします。
       ⑨一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額を超えることとなるデリバティブ取引
        等(同規則に定めるデリバティブ取引等を言います。)の利用は行いません。
       ⑩一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ等エクス
        ポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則として、それぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えること
        となった場合には、一般社団法人投資信託協会規則に従い当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
    One国内株オープンF(FOFs用)(適格機関投資家専用)


    ( A )ファンドの特色
                                               28/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ファンドは、主として親投資信託であるOne国内株オープンマザーファンドへの投資を通じて、わが国の上場株式に実質的に投資を行い、マクロの
      投資環境の変化に応じて、その時々で最適と判断される投資スタイルで運用を行います。
      ファンドは、「東証株価指数(TOPIX)」を運用に当たってのベンチマークとし、ベンチマークを上回る投資効果をめざします。
    ( B )信託期間

      無期限(2019年10月9日設定)
    (  C  )ファンドの関係法人

         関係                            名称
        委託会社        アセットマネジメントOne株式会社
        受託会社        三井住友信託銀行株式会社
    ( D )管理報酬等

      純資産総額に対して、税抜年0.61%
      <内訳>
      委託会社 税抜年0.57%
      販売会社 税抜年0.02%
      受託会社 税抜年0.02%
    ( E )投資方針等

      (1)投資対象
       「One国内株オープンマザーファンド」(以下「マザーファンド」といいます。)受益証券を主要投資対象とします。
      (2)投資態度
       ①主として、マザーファンド受益証券への投資を通じて、わが国の上場株式に実質的に投資します。
       ②マザーファンド受益証券の組入比率は、原則として高位を維持します。
       ③「東証株価指数(TOPIX)」を運用に当たってのベンチマークとし、ベンチマークを上回る投資効果をめざします。
       ④実質非株式割合は、原則として信託財産総額の50%以下とします。
       ⑤実質外貨建資産割合は、原則として信託財産総額の30%以下とします。
       ⑥ファンドの資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
       ⑦当ファンドは、ファンド・オブ・ファンズのみに取得させることを目的とするものです。
      (3)主な投資制限
       ①マザーファンド受益証券への投資割合には、制限を設けません。
       ②株式への実質投資割合には、制限を設けません。
       ③マザーファンド受益証券以外の投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下と
                                               29/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        します。
       ④デリバティブ取引の利用はヘッジ目的に限定しません。
       ⑤一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ等エクス
        ポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることと
        なった場合には、委託者は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
    スパークス・厳選投資・日本株ファンドF(適格機関投資家専用)

     ( A )ファンドの特色
      ファンドは、わが国の上場株式の中から、魅力的なビジネスと卓越した経営陣をあわせ持つ企業を投資対象とします。これらの企業に対して、割
      安な価格で集中的に投資を行い、長期で保有することを基本とします。
     ( B )信託期間

      無期限(2016年10月11日設定)
     (  C  )ファンドの関係法人

            関係                            名称
           委託会社           スパークス・アセット・マネジメント株式会社
           受託会社           三井住友信託銀行株式会社
     ( D )管理報酬等

      信託報酬の総額は、日々の信託財産の純資産総額に対して税抜年0.74%を乗じて得た額とします。
      上記のほか、ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、信託財産に係る監査費用等を信託財産から支払います。
     ( E )投資方針等

                                               30/136





                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (1)投資対象
       わが国の株式を主要投資対象とします。
      (2)投資態度
       ①わが国の金融商品取引所(金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取引所をいいます。以下同じ。)に上場している株式の中か
        ら、魅力的なビジネスと卓越した経営陣をあわせ持つ企業を投資対象とします。これらの企業に対して、割安な価格で集中的に投資を行
        い、長期で保有することを基本とします。
       ②ファンドの資金動向や市況動向等に急激な変化が生じたとき、ならびに残存元本が運用に支障をきたす水準になったとき等やむを得ない
        事情が発生した場合には、上記のような運用ができない場合があります。
      (3)主な投資制限
       ①株式への投資割合には制限を設けません。
       ②外貨建資産への投資は行いません。
       ③新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の20%以内とします。
       ④デリバティブの利用はヘッジ目的に限定します。
       ⑤同一銘柄の株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
       ⑥同一銘柄の新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
       ⑦同一銘柄の転換社債ならびに新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債で
        あって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(以下会社法施行前の旧商法第
        341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債を含め「転換社債型新株予約権付社債」といいます。)への投資割合
        は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
       ⑧投資信託証券(上場投資信託を除きます。)への投資割合は信託財産の純資産総額の5%以内とします。
       ⑨金融商品取引法第2条第20項に定める取引(以下、「デリバティブ取引」といいます。)については、ヘッジ目的に限定して行うものとし、一般
        社団法人投資信託協会の規則の定めに従い、デリバティブ取引等(デリバティブ取引および新株予約権証券、新投資口予約権証券又は
        オプションを表示する証券若しくは証書に係る取引及び選択権付債券売買を含みます。)の残高に係る想定元本の合計額が、信託財産の
        純資産総額を超えないこととします。
       ⑩一般社団法人投資信託協会の規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャー及びデリバティブ等エクス
        ポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることと
        なった場合には、一般社団法人投資信託協会の規則に従い当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
    アムンディ・ターゲット・ジャパン・ファンドF(適格機関投資家専用)

     ( A )ファンドの特色
                                               31/136



                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ファンドは、信託財産の中長期的な成長を目標として積極的な運用を行うことを目指します。
      ファンドは、親投資信託であるアムンディ・ターゲット・ジャパン・マザーファンド受益証券(以下「マザーファンド」といいます。)への投資を通して、
      国内株式に分散投資を行うことにより、積極的に収益の獲得を目指します。
      ファンドは、「アムンディ・ターゲット・ジャパン・マザーファンド」を親投資信託とするファミリーファンド方式で運用します。
     ( B )信託期間

      無期限(2004年3月4日設定)
     (  C  )ファンドの関係法人

         関係                            名称
        委託会社        アムンディ・ジャパン株式会社
        受託会社        三菱UFJ信託銀行株式会社
     ( D )管理報酬等

      信託報酬の総額は、信託財産の純資産総額に税抜年0.85%の率を乗じて得た額とします。
      上記のほか、ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料等を信託財産から支払います。
     ( E )投資方針等

      (1)投資対象
       わが国の金融商品取引所に上場されている株式および金融商品取引所に準ずる市場に上場されている株式を実質的な主要投資対象とし
       ます。
      (2)投資態度
       ①企業の資産価値や収益力等から算出される投資価値と比較した株価の割安度(バリュー)に着目した銘柄選択を行い、さらに株主価値の
        増大を図る余力があると思われる銘柄を厳選し投資します。
       ②株式の実質組入比率は原則として高位を保ちます。
       ③資金動向、市況動向等の急変により上記の運用が困難となった場合、暫定的に上記と異なる運用を行う場合があります。
      (3)主な投資制限
       ①株式への実質投資割合には、制限を設けません。
       ②外貨建資産への実質投資割合は、投資信託財産の純資産総額の30%以内とします。
       ③投資信託証券への実質投資割合は、投資信託財産の純資産総額の5%以内とします。
    グローバル・エクイティ(除く日本)・ファンドF(適格機関投資家専用)

                                               32/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ( A )ファンドの特色
      ファンドは、親投資信託であるグローバル・エクイティ(除く日本)・マザーファンドの受益証券を主要投資対象とし、主として日本を除く世界各国(新興
      国を含みます。)の株式(         DR (預託証券)を含みます。)に実質的に投資し、信託財産の中長期的な成長を図ることを目的として積極的な運用を行なう
      ことを基本とします。
                            ※
      ファンドは    MSCI-KOKUSAI       指数(円ベース・為替ヘッジあり)            をベンチマークとします。
       ※「 MSCI-KOKUSAI       指数(円ベース・為替ヘッジあり)」は、              MSCI-KOKUSAI       指数をもとに、委託会社が独自にヘッジコストを考慮して円換
         算したものです。
      ファンドは、「グローバル・エクイティ(除く日本)・マザーファンド」(「マザーファンド」といいます。)を親投資信託とするファミリーファンド方式で運
      用します。なお、株式等に直接投資する場合があります。
     ( B )信託期間

      無期限(   2009  年 4月 9日設定)
     (  C  )ファンドの関係法人

         関係                            名称
        委託会社        野村アセットマネジメント株式会社
        受託会社        野村信託銀行株式会社
      マザーファンドの
               GQG ・ パートナーズ     ・ エルエルシー
       投資顧問会社
     ( D )管理報酬等

      信託報酬の総額は、信託財産の純資産総額に税抜年0.785%の率を乗じて得た額とします。なお、マザーファンドの投資顧問会社が受
      ける報酬は、ファンドの信託報酬中の委託者が受ける報酬から支払われます。
      上記のほか、ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、信託財産に係る監査費用等を信託財産から支払います。
     ( E )投資方針等

                                               33/136




                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (1)投資対象
       日本を除く世界各国(新興国を含みます。)の株式(                   DR (預託証券)を含みます。)を実質的な主要投資対象とします。
      (2)投資態度
       ①株式への投資にあたっては、企業の財務状況および収益性、株式の流動性等の観点から、定量的に投資候補銘柄を選別します。
       ②投資候補銘柄について、個別銘柄のファンダメンタルズ分析に基づき、国・地域や業種の分散を勘案したポートフォリオを構築します。
       ③株式の実質組入比率については、原則として高位を基本とします。
       ④実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジにより為替変動リスクの低減を図ることを基本とします。
       ⑤ GQG  ・ パートナーズ     ・ エルエルシーにマザーファンドの株式等の運用の指図に関する権限を委託します。
       ⑥資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。
      (3)主な投資制限
       ①株式への実質投資割合には制限を設けません。
       ②外貨建資産への実質投資割合には制限を設けません。
       ③同一銘柄の株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の                          10 %以内とします。
       ④投資信託証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の                         5%以内とします。
       ⑤デリバティブの利用はヘッジ目的に限定します。
       ⑥新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、取得時において信託財産の純資産総額の                                         20 %以内とします。
       ⑦同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の                                       5%以内とします。
       ⑧同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予約権付社債への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の                                           10 %以内とします。
       ⑨一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額を超えることとなるデリバティブ取引
        等(同規則に定めるデリバティブ取引等をいいます。)の利用は行ないません。
       ⑩一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ等エクス
        ポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ                             10 %、合計で    20 %以内とすることとし、当該比率を超えることと
        なった場合には、同規則に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。
    野村DFA海外株式バリューファンドF(適格機関投資家専用)


    ( A )ファンドの特色
      ファンドは、親投資信託である野村DFA海外株式バリューマザーファンドの受益証券を主要投資対象とし、主として日本を除く世界各国
      の株式に実質的に投資し、信託財産の中長期的な成長を図ることを目的として積極的な運用を行なうことを基本とします。
    ( B )信託期間

      無期限(2020年10月8日設定)
                                               34/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (  C  )ファンドの関係法人

         関係                            名称
        委託会社        野村アセットマネジメント株式会社
        受託会社        野村信託銀行株式会社
      マザーファンドの          ディメンショナル・ファンド・アドバイザーズ・エル・ピー
       投資顧問会社         ディメンショナル・ファンド・アドバイザーズ・リミテッド
                ディエフエー・オーストラリア・リミテッド
                ディメンショナル・ファンド・アドバイザーズ・ピーティーイー・リミテッド
    ( D )管理報酬等

      信託報酬の総額は、信託財産の純資産総額に税抜年0.40%の率を乗じて得た額とします。なお、マザーファンドの投資顧問会社が受ける
      報酬は、ファンドの信託報酬中の委託者が受ける報酬から支払われます。
      上記のほか、ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、信託財産に係る監査費用等を信託財産から支払います。
    ( E )投資方針等

      (1)投資対象
       日本を除く世界各国の株式を実質的な主要投資対象とします。
      (2)投資態度
      ①株式への投資にあたっては、企業の収益性および時価総額、株式の割安性等の観点から定量的に投資候補銘柄を選別します。
      ②株式の実質組入比率は、原則として高位を維持することを基本とします。
      ③実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジにより為替変動リスクの低減を図ることを基本とします。
      ④下記投資顧問会社にマザーファンドの株式等の運用の指図に関する権限を委託します。
      ・ディメンショナル・ファンド・アドバイザーズ・エル・ピー
      ・ディメンショナル・ファンド・アドバイザーズ・リミテッド
      ・ディエフエー・オーストラリア・リミテッド
      ・ディメンショナル・ファンド・アドバイザーズ・ピーティーイー・リミテッド
      ⑤資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
      (3)主な投資制限
      ①株式への実質投資割合には制限を設けません。
      ②外貨建資産への実質投資割合には制限を設けません。
      ③同一銘柄の株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
      ④投資信託証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内とします。
      ⑤デリバティブの利用はヘッジ目的に限定します。
                                               35/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ⑥外国為替予約取引の利用はヘッジ目的に限定します。
      ⑦新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、取得時において信託財産の純資産総額の20%以内とします。
      ⑧同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内とします。
      ⑨同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予約権付社債への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
      ⑩一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額を超えることとなるデリバティ
       ブ取引等(同規則に定めるデリバティブ取引等をいいます。)の利用は行ないません。
      ⑪一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ等
       エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率
       を超えることとなった場合には、同規則に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。
    ウィリアム・ブレア・グローバル・リーダーズ(除く日本)F(適格機関投資家専用)

    ( A )ファンドの特色
      ファンドは、親投資信託であるウィリアム・ブレア・グローバル・リーダーズ(除く日本)マザーファンドの受益証券
      を主要投資対象とし、主として日本を除く世界各国(新興国を含みます。)の株式(DR(預託証券)を含みます。)に
      実質的に投資し、信託財産の中長期的な成長を図ることを目的として積極的な運用を行なうことを基本とします。
    ( B )信託期間

      無期限(2021年10月7日設定)
    (  C  )ファンドの関係法人

         関係                            名称
        委託会社        野村アセットマネジメント株式会社
        受託会社        三菱UFJ信託銀行株式会社
      マザーファンドの          ウイリアム・ブレア・インベストメント・マネジメント・エル・エル・シー
       投資顧問会社
    ( D )管理報酬等

      信託報酬の総額は、信託財産の純資産総額に税抜年0.65%の率を乗じて得た額とします。なお、マザーファンドの投資顧
      問会社が受ける報酬は、ファンドの信託報酬中の委託者が受ける報酬から支払われます。
      上記のほか、ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、信託財産に係る監査費用等を信託財産か
      ら支払います。
    ( E )投資方針等

                                               36/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ( 1 )投資対象
       日本を除く世界各国(新興国を含みます。)の株式(DR(預託証券)を含みます。)を実質的な主要投資対象としま
       す。
      ( 2 )投資態度
      ①株式への投資にあたっては、定量分析により銘柄群の絞込みを行なった後、マクロ経済見通し等を考慮しつつ、企業
       の質、バリュエーション、収益のトレンドなどの観点から分析を行ない、成長力とバリュエーションのバランスを勘
       案して組入銘柄を決定します。
      ②株式の実質組入比率は、原則として高位を維持することを基本とします。
      ③実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジにより為替変動リスクの低減を図ることを基本とします。
      ④ウイリアム・ブレア・インベストメント・マネジメント・エル・エル・シーにマザーファンドの株式等の運用の指図
       に関する権限を委託します。
      ⑤資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
      ( 3 )主な投資制限
      ①株式への実質投資割合には制限を設けません。
      ②外貨建資産への実質投資割合には制限を設けません。
      ③同一銘柄の株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
      ④投資信託証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内とします。
      ⑤デリバティブの利用はヘッジ目的に限定します。
      ⑥外国為替予約取引の利用はヘッジ目的に限定します。
      ⑦新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、取得時において信託財産の純資産総額の20%以内としま
       す。
      ⑧同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内とします。
      ⑨同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予約権付社債への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内と
       します。
      ⑩一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額を超えることとな
       るデリバティブ取引等(同規則に定めるデリバティブ取引等をいいます。)の利用は行ないません。
      ⑪一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデ
       リバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内
       とすることとし、当該比率を超えることとなった場合には、同規則に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこと
       とします。
    野村ウエリントン・グローバル・オポチュニスティック・バリュー(除く日本)F(適格機関投資家専用)

    ( A )ファンドの特色
                                               37/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ファンドは、親投資信託である野村ウエリントン・グローバル・オポチュニスティック・バリュー(除く日本)マザー
      ファンドの受益証券を主要投資対象とし、主として日本を除く世界各国(新興国を含みます。)の株式(DR(預託証
      券)  を含みます。)に実質的に投資し、信託財産の中長期的な成長を図ることを目的として積極的な運用を行なうこと
      を基本とします。
    ( B )信託期間

      無期限(2022年4月7日設定)
    (  C  )ファンドの関係法人

         関係                            名称
        委託会社        野村アセットマネジメント株式会社
        受託会社        三菱UFJ信託銀行株式会社
      マザーファンドの          ウエリントン・マネージメント・カンパニー・エルエルピー
       投資顧問会社
    ( D )管理報酬等

      信託報酬の総額は、信託財産の純資産総額に税抜年0.65%の率を乗じて得た額とします。なお、マザーファンドの投資顧
      問会社が受ける報酬は、ファンドの信託報酬中の委託者が受ける報酬から支払われます。
      上記のほか、ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、信託財産に係る監査費用等を信託財産か
      ら支払います。
    ( E )投資方針等

      ( 1 )投資対象
       日本を除く世界各国(新興国を含みます。)の株式(DR(預託証券)を含みます。)を実質的な主要投資対象としま
      す。
      ( 2 )投資態度
      ①株式への投資にあたっては、短期的に株価が大きく下落した銘柄のうち、財務の健全性や成長性があると判断される
       銘柄について、株価下落の要因と今後の株価上昇の可能性を分析し、投資候補銘柄を選定します。
      ②株式の実質組入比率は、原則として高位を維持することを基本とします。
      ③実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジにより為替変動リスクの低減を図ることを基本とします。
      ④ウエリントン・マネージメント・カンパニー・エルエルピーにマザーファンドの株式等の運用の指図に関する権限を
       委託します。
      ⑤資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
      ( 3 )主な投資制限
                                               38/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ①株式への実質投資割合には制限を設けません。
      ②外貨建資産への実質投資割合には制限を設けません。
      ③同一銘柄の株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
      ④投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内とします。
      ⑤同一銘柄の上場投資信託証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
      ⑥デリバティブの利用はヘッジ目的に限定します。
      ⑦外国為替予約取引の利用はヘッジ目的に限定します。
      ⑧新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、取得時において信託財産の純資産総額の20%以内としま
       す。
      ⑨同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内とします。
      ⑩同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予約権付社債への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内と
       します。
      ⑪一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額を超えることとな
       るデリバティブ取引等(同規則に定めるデリバティブ取引等をいいます。)の利用は行ないません。
      ⑫一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデ
       リバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内
       とすることとし、当該比率を超えることとなった場合には、同規則に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこと
       とします。
    ノムラ・マルチ・マネージャーズ・ファンドⅢ-外国株式F

     ( A )ファンドの特色
      ファンドは、日本を除く世界各国の株式(                 DR (預託証書)を含みます。)を主要投資対象とし、信託財産の中長期的な成長を図
      ることを目指します。
      投資顧問会社が、運用体制や運用プロセスなどに対する独自の定性評価を重視し、日本を除く世界各国の株式の運用を行
      なう運用会社を選定します(選定する運用会社は複数になる場合があります)。
     ( B )信託期間

      無期限(    2023  年 4 月 17 日設定)
     (  C  )ファンドの関係法人

         関係                            名称
       投資顧問会社         野村アセットマネジメント株式会社
                                               39/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        受託会社        グローバル・ファンズ・トラスト・カンパニー
       保管受託銀行
               ノムラ・バンク(ルクセンブルグ)エス・エー
      管理事務代行会社
    副投資顧問会社

    副投資顧問会社は、投資顧問会社との契約に基づきファンドの投資運用業務を行ないます。
     名称
     Alphinity    Investment     Management      Pty  Limited
     ( D )管理報酬等

      信託報酬は純資産総額の           0.62%   以内(年率)とします。
      申込手数料は発生しません。
      信託財産留保額は、         1 口につき純資産価格の          0.3%  とします。
      ファンドは、信託財産に関する租税、組入有価証券の売買時の売買委託手数料、信託事務の処理に要する費用および信託
      財産の監査に要する費用、外貨建資産の保管などに要する費用、副投資顧問会社の追加に要する費用、借入金の利息お
      よび立替金の利息などを負担する場合があります。また、ファンドの設立に係る費用はファンドが負担し、                                            3 年を超えない期間
      にわたり償却します。
     ( E )投資方針等

      ( 1 )投資対象
       日本を除く世界各国の株式(            DR (預託証書)を含みます。)を主要投資対象とします。
      ( 2 )投資態度
       ①日本を除く世界各国の株式(             DR (預託証書)を含みます。)を主要投資対象とし、信託財産の中長期的な成長を図ること
        を目指します。
       ②投資顧問会社が、日本を除く世界各国の株式の運用を行なう副投資顧問会社の選定と、各副投資顧問会社が運用する
        信託財産の配分比率を決定します。
       ③副投資顧問会社の選定にあたっては、運用体制や運用プロセスなどに対する独自の定性評価を重視し、日本を除く世
        界各国の株式の運用において優れていると判断した運用会社を選定します(選定する運用会社は複数になる場合があ
        ります)。
       ④投資顧問会社は選定した副投資顧問会社及びファンド全体のリスク特性の状況を絶えずモニターし、必要に応じて各副
        投資顧問会社が運用する信託財産の配分比率の変更や副投資顧問会社の入替を適宜行ないます。
                                               40/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ⑤外貨建資産については、原則として為替ヘッジにより為替変動リスクの低減を図ることを基本とします。
       ⑥資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
      ( 3 )主な投資制限
       ①外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
       ②株式への投資割合には制限を設けません。
       ③投資信託証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の                          5% 以下とします。
       ④外国為替予約取引はヘッジ目的に限定しません。
       ⑤デリバティブの利用はヘッジ目的に限定しません。
       ⑥一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデ
        リバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ                                        10 %、合計で     20 %以内と
        することとし、当該比率を超えることとなった場合には、同規則に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。
      ( 4 )収益分配方針
       運用による収益は、期中に分配を行なわず、信託終了時まで信託財産内に留保し、運用の基本方針に基づいて運用しま
       す。
    NKグローバル株式アクティブファンドF(適格機関投資家専用)

    ( A )ファンドの特色
      ファンドは、親投資信託であるグローバル株式アクティブマザーファンドの受益証券を主要投資対象とし、主として日本を除く世界
      の金融商品取引所上場株式(預託証券を含みます。)に実質的に投資を行ない、中長期的な信託財産の成長を目指して運用を行
      ないます。実質外貨建資産について、原則として対円での為替ヘッジを行ないます。
    ( B )信託期間

      無期限(2023年4月13日設定)
    (  C  )ファンドの関係法人

         関係                            名称
        委託会社        日興アセットマネジメント株式会社
        受託会社        三井住友信託銀行株式会社
      マザーファンドの
                日興アセットマネジメント           ヨーロッパ     リミテッド
       投資顧問会社
    ( D )管理報酬等

      信託報酬の総額は、計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に対し下記の率を乗じて得た額とします。(税抜)
                                               41/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       純資産総額が100億円以下の部分               ・・・・・・・・0.65%
       純資産総額が100億円超200億円以下の部分                    ・・・0.60%
       純資産総額が200億円超の部分              ・・・・・・・・・0.55%
       ※マザーファンドの投資顧問会社が受ける報酬は、上記信託報酬のうち委託会社が受ける信託報酬の中から支払います。
      上記のほかに、運用報告書などの作成および交付に係る費用、計理等の業務に係る費用(業務委託する場合の委託費用を含み
      ます。)、監査費用などについては、ファンドの日々の純資産総額に対して年率0.1%を乗じた額の信託期間を通じた合計を上限と
      して、信託財産から支払うことができます。組入有価証券の売買時の売買委託手数料、信託事務の処理に要する諸費用、信託財
      産に関する租税などについては、その都度、信託財産から支払われます。
      ※上記費用に付随する消費税等相当額を含みます。
      また、有価証券の貸付の指図を行なった場合には、委託者および受託者は、その品貸料(マザーファンド(当該マザーファンドの約
      款において、品貸料の一部を、マザーファンドに投資を行なっている証券投資信託の報酬として、収受する規定のあるものに限る)
      における品貸料は、当ファンドの時価総額に応じて按分する)の50%の額の報酬を受けることができます。
    ( E )投資方針等

      ( 1 )投資対象
       グローバル株式アクティブマザーファンド受益証券を主要投資対象とします。
      ( 2 )投資態度
      ①主として、グローバル株式アクティブマザーファンド受益証券に投資を行ない、中長期的な信託財産の成長を目指して運用を
       行ないます。
      ②マザーファンド受益証券への投資を通じて、主として、日本を除く世界の金融商品取引所に上場されている株式に実質的に分
       散投資を行ないます。マザーファンドにおける株式の銘柄選定にあたっては、市場動向や銘柄毎の成長性、収益性、流動性
       等を勘案して行ないます。
      ③マザーファンド受益証券の組入比率は、高位を保つことを原則とします。なお、資金動向等によっては組入比率を引き下げるこ
       ともあります。
      ④実質外貨建資産については、為替変動リスクの低減を図るため、原則として対円での為替ヘッジを行ないます。その際、為替
       ヘッジ対象となる通貨の流動性やファンドの状況等を考慮して、対象通貨と異なる通貨を用いて為替ヘッジを行なう場合があり
       ます。
      ⑤ただし、市況動向に急激な変化が生じたとき、ならびに残存信託期間、残存元本が運用に支障をきたす水準となったとき等や
       むを得ない事情が発生した場合には、上記のような運用ができない場合があります。
      ( 3 )主な投資制限
      ①株式への実質投資割合には、制限を設けません。
      ②外貨建資産への実質投資割合には、制限を設けません。
      ③デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところに従い、合理的な方法により算出した額が信託
       財産の純資産総額を超えないものとします。
                                               42/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ④一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバ
       ティブ取引等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則として、それぞれ100分の10、合計で100分の
       20 を超えないものとし、当該比率を超えることとなった場合には、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則に従い当該比
       率以内となるよう調整を行なうこととします。
    ティー・ロウ・プライス              海外株式ファンドF(適格機関投資家専用)

    ( A )ファンドの特色
      ファンドは、親投資信託であるティー・ロウ・プライス                        海外株式マザーファンドへの投資を通じて、日本を除く世界各国の株式(エ
      マージング・マーケットも含みます。)に実質的に投資し、信託財産の中長期的な成長を目標として運用を行います。
      ファンドは、「ティー・ロウ・プライス                 海外株式マザーファンド」(「マザーファンド」といいます。)を親投資信託とするファミ
      リーファンド方式で運用します。
    ( B )信託期間

      無期限(2019年4月4日設定)
    (  C  )ファンドの関係法人

         関係
                                     名称
                ティー・ロウ・プライス・ジャパン株式会社
        委託会社
                三菱UFJ信託銀行
        受託会社
       ファンドおよび         ティー・ロウ・プライス・アソシエイツ、インク
       マザーファンドの         ティー・ロウ・プライス・インターナショナル・リミテッド
       投資顧問会社         ティー・ロウ・プライス・香港・リミテッド
                ティー・ロウ・プライス・シンガポール・プライベート・リミテッド
                ティー・ロウ・プライス・オーストラリア・リミテッド
                                  *
                ティー・ロウ・プライス(カナダ)、インク
                *マザーファンドのみ
    ( D )管理報酬等

      信託報酬の総額は、信託財産の純資産総額に税抜年0.792%以内の率を乗じて得た額とします。なお、マザーファンドの投資顧問会社が受ける報
      酬は、ファンドの信託報酬中の委託会社が受ける報酬から支払われます。
      上記のほか、ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料等を信託財産から支払います。その他、信託財産に係る監査費用等
      として信託財産の純資産総額に対して税抜年0.1%を上限として信託財産から支払います。
                                               43/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ( E )投資方針等
      (1)投資対象
       日本を除く世界各国の株式(エマージング・マーケットも含みます。)を実質的な投資対象とします。
      (2)投資態度
      ①マザーファンド受益証券への投資を通じて、日本を除く世界各国の株式(エマージング・マーケットも含みます)の中で、成長性が高いと判断さ
       れる企業の株式を中心に投資を行います。
      ②マザーファンド受益証券への投資を通じて、主として、上場会社の普通株式および優先株、新株予約権付社債、米国預託証書(ADR)、欧州預
       託証券(EDR)、グローバル預託証券(GDR)といった株関連の証券へ投資をします。
      ③マザーファンド受益証券における銘柄選択に関しては、個別企業分析に基づく「ボトム・アップ・アプローチ」を重視した運用を行います。個別
                        *
       企業分析にあたっては、ティー・ロウ・プライス                 のアナリストによる独自の企業調査情報を活用します。
        *委託会社およびその関連会社をいいます。
      ④実質組入外貨建資産については、原則として対円への為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図ることを基本とします。なお、為替ヘッジ
       が困難な一部の通貨については、当該通貨との相関等を勘案し、他の通貨による代替ヘッジを行う場合があります。
      ⑤市場動向、資金動向、信託財産の規模等により、上記のような運用ができない場合があります。
      (3)主な投資制限
      ①株式への実質投資割合には、制限を設けません。
      ②外貨建資産への実質投資割合には、制限を設けません。
      ③デリバティブの実質利用はヘッジ目的に限定せず、効率的運用のために用いることがあります。
      ④外国為替予約取引の実質利用は為替変動リスクを回避するために行うことができます。
      ⑤投資信託証券(マザーファンド受益証券および上場投資信託証券を除きます。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とし
       ます。
      ⑥一般社団法人投資信託協会の規則の定めるところに従い、デリバティブ取引等については、合理的な方法により算出した額が信託財産の純
        資産総額を超えないものとします。
       ⑦一般社団法人投資信託協会の規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ取引等エ
        クスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以下とすることとし、当該比率を超えることと
        なった場合には、一般社団法人投資信託協会の規則にしたがい当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
    ノムラ・ワールド(除く日本)エクイティ・ファンドF

                                               44/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (A)ファンドの特色
      ファンドは、主として日本を除く世界各国の上場株式に実質的に投資を行うことにより、ベンチマーク指数を上回る収益の確保を目指します。
      ファンドは、ケイマン諸島籍契約型外国投資信託(円建て)です。
      円以外の外貨建て通貨については、対円での為替ヘッジを実質的に行うことを基本とします。ベンチマークは、MSCIコクサイ・インデックス(円
      ヘッジベース)です。
     (B)信託期間
      無期限(2015年4月9日設定)
     (C)ファンドの関係法人

                                     名称

       投資顧問会社         野村アセットマネジメント株式会社
      副投資顧問会社         ホチキス・アンド・ワイリー・キャピタル・マネジメント・エルエルシー
        受託会社        グローバル・ファンズ・トラスト・カンパニー
       保管受託銀行         ノムラ・バンク(ルクセンブルグ)エス・エー
      管理事務代行会社
     (D)管理報酬等

      信託報酬の総額は、信託財産の純資産総額の0.60%(年率)とします。
      申込手数料は発生しません。
      ファンドは、信託財産に関する租税、組入有価証券の売買時の売買委託手数料、信託事務の処理に要する費用および信託財産の監査に要
      する費用、外貨建資産の保管などに要する費用、借入金の利息および立替金の利息等を負担する場合があります。
                                               45/136






                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (E)投資方針等
      (1)投資対象
       日本を除く先進国の株式を実質的な主要投資対象とします。
      (2)投資態度
       ①  独自のリサーチに基づき、将来のキャッシュフローの割引現在価値に対して割安な銘柄に投資します。
       ②  株式の実質組入比率は、原則として高位を基本とします。
       ③  実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジにより為替変動リスクの低減を図ることを基本とします。
       ④  ホチキス・アンド・ワイリー・キャピタル・マネジメント・エルエルシーに運用の権限の一部を委託します。
       ⑤  資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
      (3)主な投資制限
       ①  株式への実質投資割合には制限を設けません。
       ②  外貨建て資産への実質投資割合には制限を設けません。
       ③  投資信託証券への実質投資割合は信託財産の純資産総額の5%以内とします。
       ④  一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ等エ
         クスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超える
         こととなった場合には、同規則に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。
    ノムラ海外債券ファンドF(適格機関投資家専用)


     ( A )ファンドの特色
      ファンドは、親投資信託であるノムラ海外債券ファンド                    マザーファンドの受益証券を主要投資対象とし、主として日本を除く世界の公社債に実質
      的に投資し、信託財産の成長を図ることを目的として、積極的な運用を行なうことを基本とします。
                                       ※
      ファンドは、ブルームバーグ・グローバル総合(日本円除く)インデックス(円ヘッジベース)                                  をベンチマークとします。
       ※「ブルームバーグ・グローバル総合(日本円除く)インデックス(円ヘッジベース)」は、「ブルームバーグ・グローバル総合(日本円除く)イン
        デックス」を委託会社が為替ヘッジコストを考慮して円換算したものです。
      ファンドは、「ノムラ海外債券ファンド              マザーファンド」(「マザーファンド」といいます。)を親投資信託とするファミリーファンド方式で運用します。
      なお、公社債等に直接投資する場合があります。
     ( B )信託期間

      無期限(2009年5月20日設定)
                                               46/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (  C  )ファンドの関係法人
        関係                           名称
        委託会社       野村アセットマネジメント株式会社
        受託会社       野村信託銀行株式会社
      マザーファンドの
               ノムラ・アセット・マネジメントU.K.リミテッド
       投資顧問会社
     ( D )管理報酬等

      信託報酬の総額は、信託財産の純資産総額に税抜年0.37%の率を乗じて得た額とします。なお、マザーファンドの投資顧問会社が受ける報酬
      は、ファンドの信託報酬中の委託者が受ける報酬から支払われます。
      上記のほか、ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、信託財産に係る監査費用等を信託財産から支払います。
     ( E )投資方針等

      (1)投資対象
       日本を除く世界の公社債(国債、政府保証債、政府機関債、準政府債(州政府債)、国際機関債、社債、モーゲージ証券等)を実質的な主
       要投資対象とします。
      (2)投資態度
      ①ポートフォリオの構築にあたっては、原則として、投資時点においてBBB-格相当以上の格付(投資適格格付)を有する公社債、または同等の信用
       度を有すると判断される公社債を組入れることを基本とします。
      ②ポートフォリオのデュレーションは、ベンチマーク±2年程度の範囲内に維持することを基本とします。
      ③ポートフォリオのデュレーションのコントロール等のために債券先物取引等のデリバティブを活用する場合があります。
      ④マザーファンドにおける外貨のエクスポージャーの調整にあたっては、為替予約取引等を利用し、ロング・ポジションとショート・ポジションを構築し
       ます。
                                                    ※
      ⑤実質組入外貨建資産については、原則としてマザーファンドの通貨配分の如何に関わらず、マザーファンドのベンチマーク                                              の通貨配分をベー
       スに対円で為替ヘッジを行なうことを基本とします。
       ※マザーファンドのベンチマークは、              ブルームバーグ・グローバル総合(日本円除く)インデックス(円換算ベース)です。
      ⑥マザーファンドの運用にあたっては、ノムラ・アセット・マネジメントU.K.リミテッドおよびノムラ・グローバル・アルファ・エルエルシーに運用の指図に
       関する権限の一部を委託します。
      ⑦資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。
      (3)主な投資制限
      ①外貨建資産への実質投資割合には制限を設けません。
      ②デリバティブの利用はヘッジ目的に限定しません。
      ③外国為替予約取引の利用はヘッジ目的に限定しません。
                                               47/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ④株式への直接投資は行ないません。株式への投資は、優先証券のうち株券または新株引受権証書の性質を有するものまたは転換社債を転換
       および新株予約権(転換社債型新株予約権付社債の新株予約権に限ります。)を行使したものに限り、株式への実質投資割合は信託財産の純
       資産総額の5%以内とします。
      ⑤同一銘柄の株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内とします。
      ⑥同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予約権付社債への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
      ⑦投資信託証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内とします。
      ⑧一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額を超えることとなるデリバティブ取引等
       (同規則に定めるデリバティブ取引等をいいます。)の利用は行ないません。
      ⑨一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ等エクス
       ポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることと
       なった場合には、同規則に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。
    ノムラ-インサイト欧州債券ファンドF(適格機関投資家専用)

     ( A )ファンドの特色
      ファンドは、親投資信託であるノムラ-インサイト欧州債券 マザーファンドへの投資を通じて、主として汎欧州通貨建ての公社債に実質的に投
      資を行ない、インカムゲインの確保と信託財産の成長を目標に運用を行ないます。
                                 ※
      ファンドは、ブルームバーグ・汎欧州総合インデックス(円ヘッジベース)                           をベンチマークとします。
       ※「ブルームバーグ・汎欧州総合インデックス(円ヘッジベース)」は、ブルームバーグ・汎欧州総合インデックス(現地通貨ベース)をもとに、委
        託会社が独自にヘッジコストを考慮して円換算したものです。
      ファンドは「ノムラーインサイト欧州債券 マザーファンド」(「マザーファンド」といいます。)を親投資信託とするファミリーファンド方式で運用しま
      す。なお、公社債等に直接投資する場合もあります。
     ( B )信託期間

      無期限(2008年5月21日設定)
     (  C  )ファンドの関係法人

        関係                           名称
        委託会社       野村アセットマネジメント株式会社
        受託会社       野村信託銀行株式会社
      マザーファンドの
               インサイト・インベストメント・マネジメント(グローバル)リミテッド
       投資顧問会社
                                               48/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ( D )管理報酬等
      信託報酬の総額は、信託財産の純資産総額に税抜年0.45%の率を乗じて得た額とします。なお、マザーファンドの投資顧問会社が受ける報
      酬は、ファンドの信託報酬中の委託者が受ける報酬から支払われます。
      上記のほか、ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、信託財産に係る監査費用等を信託財産から支払います。
     ( E )投資方針等

      (1)投資対象
       汎欧州通貨建ての公社債を実質的な主要投資対象とします。
      (2)投資態度
       ①公社債への投資にあたっては、投資環境分析および定量分析等に基づき、国別配分、セクター配分および銘柄選択を行ない、ポートフォ
        リオを構築し、収益の獲得を目指します。
       ②マザーファンドにおいて、投資する公社債は、原則として、投資時点において、投資適格格付(BBB格相当以上の格付)を有する公社債、
        または同等の信用度を有すると判断される公社債とします。ただし、BBB-相当未満B-相当以上の格付を有する公社債(同等の信用度を有
        すると判断される公社債を含みます。)については、取得時において信託財産の純資産総額の10%を限度として投資することができます。な
        お、C格相当以下の格付が付与されている公社債には投資しません。
       ③マザーファンドにおける通貨配分については、為替予約取引等を用いて債券の国別配分とは独立した通貨配分戦略を行なう場合がありま
        す。
                                               49/136








                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ④実質組入外貨建資産については、原則として現地通貨による為替ヘッジを行ない、為替変動リスクの低減を図ることを基本とします。
       ⑤インサイト・インベストメント・マネジメント(グローバル)リミテッド(Insight                           Investment    Management     (Global)   Limited)にマザーファンドの海外の
        公社債等(含む金融商品等)の運用の指図に関する権限を委託します。
       ⑥資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
      (3)主な投資制限
       ①外貨建資産への実質投資割合には制限を設けません。
       ②デリバティブの利用はヘッジ目的に限定しません。
       ③外国為替予約取引はヘッジ目的に限定しません。
       ④株式への直接投資は行ないません。株式への投資は、優先証券のうち株券または新株引受権証書の性質を有するものまたは転換社債を
        転換および新株予約権(転換社債型新株予約権付社債の新株予約権に限ります。)を行使したものに限り、株式への実質投資割合は信託
        財産の純資産総額の30%以内とします。
       ⑤同一銘柄の株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内とします。
       ⑥同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予約権付社債への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
       ⑦投資信託証券への実質投資割合は信託財産の純資産総額の5%以内とします。
       ⑧一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額を超えることとなるデリバティブ取引
        等(同規則に定めるデリバティブ取引等をいいます。)の利用は行ないません。
       ⑨一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ等エクス
        ポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることと
        なった場合には、同規則に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。
    ノムラ日本債券オープンF(適格機関投資家専用)

     ( A )ファンドの特色
      ファンドは、親投資信託であるノムラ日本債券オープン                     マザーファンドへの投資を通じて、主としてわが国の公社債に実質的に投資を行ない、
      信託財産の成長を目標に積極的な運用を行なうことを基本とします。
      ファンドは、NOMURA-BPI総合(NOMURA-ボンド・パフォーマンス・インデックス総合)をベンチマークとします。
      ファンドは、「ノムラ日本債券オープン              マザーファンド」(「マザーファンド」といいます。)を親投資信託とするファミリーファンド方式で運用します。
      なお、直接公社債等に投資する場合があります。
     ( B )信託期間

      無期限(2001年8月28日設定)
     (  C  )ファンドの関係法人

                                               50/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        関係                           名称
        委託会社       野村アセットマネジメント株式会社
        受託会社       野村信託銀行株式会社
     ( D )管理報酬等

      信託報酬の総額は、信託財産の純資産総額に以下の信託報酬率を乗じて得た額とします。
      信託報酬率は、毎年、6月および12月の最終営業日における日本相互証券株式会社の発表する新発10年固定利付国債の利回り(終値)に
      応じて以下の通りとし、当該最終営業日の翌月の21日以降で、前日が営業日である最初の営業日から適用します。
        新発10年固定利付国債の利回り                 信託報酬率
        0.5%未満の場合                 税抜年0.19%
        0.5%以上1%未満の場合                 税抜年0.25%
        1%以上の場合                 税抜年0.31%
      上記のほか、ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、信託財産に係る監査費用等を信託財産から支払います。

     ( E )投資方針等

      (1)投資対象
       わが国の公社債を実質的な主要投資対象とします。
      (2)投資態度
       ①公社債への投資にあたっては、マクロ経済分析、投資環境等のファンダメンタルズ分析およびマーケット分析等を行なうと共に、セクター
        分析や個別発行体の信用リスク分析等に基づき、デュレーション、公社債のセクター(種別・格付別等)配分、個別銘柄選定等をアクティ
        ブに決定・変更し、収益の獲得を目指します。先物取引等も適宜活用します。
       ②投資する公社債は、主として、NOMURA                -BPI総合の構成銘柄および投資適格格付公社債(投資適格格付(BBB格相当以上。BBB-を含
        みます。)を有している公社債とし、格付のない場合には委託者が同等の信用度を有すると判断したものを含みます。以下同じ。)としま
        す。なお、投資適格格付公社債以外の公社債への投資は、信託財産の純資産総額の10%以内とし、原則としてB格相当以上(B-を含
        みます。)の格付を有しているものに限り投資できるものとします。
                                               51/136




                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ③ポートフォリオのデュレーションは、原則としてNOMURA-BPI総合のデュレーションの±20%程度の範囲内に維持することを基本とします。
        ただし、投資環境、市況動向、資金動向等を勘案し、委託者が必要と判断した場合は、一時的に上記の範囲を超える場合があります。
       ④資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合もあります。
      (3)主な投資制限
       ①外貨建資産への投資は行ないません。
       ②デリバティブの使用はヘッジ目的に限定しません。
       ③株式への直接投資は行ないません。株式への投資は、転換社債を転換および新株予約権(転換社債型新株予約権付社債の新株予約
        権に限ります。)を行使したものに限り、株式への投資割合は信託財産の純資産総額の5%以内とします。
       ④同一銘柄の株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内とします。
       ⑤同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予約権付社債への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
       ⑥投資信託証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内とします。
       ⑦一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額を超えることとなるデリバティブ取
        引等(同規則に定めるデリバティブ取引等をいいます。)の利用は行ないません。
       ⑧一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ等エク
        スポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超える
        こととなった場合には、同規則に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。
    ニッセイ国内債券オープンF(適格機関投資家専用)

    (A)ファンドの特色
      ファンドは、親投資信託である「ニッセイ国内債券オープン マザーファンド」(以下「マザーファンド」ということがあります。)
      への投資を通じて、主として国内の公社債等に実質的に投資を行い、NOMURA-BPI                                      総合を中長期的に上回ることをめざし運用
      を行います。
      ファンドは、NOMURA-BPI               総合をベンチマークとします。
      ファンドは、ファミリーファンド方式で運用します。なお直接、公社債等に投資を行う場合があります。
    (B)信託期間

      無期限(    2019  年 4 月 1 日設定)
    (C)ファンドの関係法人

          関係                      名称
         委託会社         ニッセイアセットマネジメント株式会社
         受託会社         三菱UFJ信託銀行株式会社
                                               52/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (D)管理報酬等
      信託報酬の総額は、信託財産の純資産総額に以下の信託報酬率を乗じて得た額とします。
              ※
      信託報酬率は、毎期         、当計算期間開始日の前月末における日本相互証券株式会社が発表する新発10年固定利付国債の利回り(終値)に応じ
      て、以下の通りとします。
      ※決算日は、毎年7月20日(休業日の場合は翌営業日)とします。
         新発10年固定利付国債の利回り(終値)                           信託報酬率

                  0.5%未満        の場合
                                   税抜年0.19%
           0.5%以上1.0%未満        の場合
                                   税抜年0.25%
             1.0%以上の場合                      税抜年0.31%
      上記のほか、ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、信託財産にかかる監査費用等を信託財産から支払います。
    (E)投資方針等

      (1)投資対象
       国内の公社債を実質的な主要投資対象とします。
      (2)投資態度
      ①主として「ニッセイ国内債券オープン マザーファンド」を通じて、実質的に国内の公社債等に投資を行い、NOMURA-BPI                                                総合を中長期的
       に上回ることをめざします。
      ②マザーファンドにおいては、マクロ経済分析、債券市場分析に基づくデュレーション・満期構成比・債券種類別構成比の調整および個別銘柄
       の信用リスク分析等に基づく銘柄選択によりポートフォリオを構築します。
      ③マザーファンドの組入比率は、原則として高位を保ちます。
      ④資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。
      (3)主な投資制限
      ①株式への投資は転換社債の転換および新株予約権の行使による取得に限るものとし、実質投資割合は信託財産の純資産総額の10%以下と
       します。なお、ここでいう新株予約権とは、新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての
       社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(以下会社法施行前の旧商法
       第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債を含め「転換社債型新株予約権付社債」といいます。)の新株予約権を
       いいます。
      ②同一銘柄の転換社債および転換社債型新株予約権付社債への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
      ③投資信託証券(上場投資信託証券等を除きます。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
      ④外貨建資産への投資は行いません。
      ⑤デリバティブ取引等の利用はヘッジ目的に限定しません。
      ⑥デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額を超えな
       いものとします。
                                               53/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ⑦一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ取引等エクス
       ポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなっ
       た 場合には、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
    NPEBパン・ヨーロピアン・ボンド・ファンドFC

     ( A )ファンドの特色
      ファンドは、主に汎欧州市場の債券へ分散投資することにより、ベンチマークを上回る収益の確保を目指して運用を行ないます。
                                                      ※1
      NPEBパン・ヨーロピアン・ボンド・ファンドFC(「FC」といいます。)は、ブルームバーグ汎欧州総合インデックス(円ヘッジベース)                                                 をベンチマー
      クとします。
      ※1  「ブルームバーグ汎欧州総合インデックス(円ヘッジベース)」は、ブルームバーグ汎欧州総合インデックス(現地通貨ベース)をもとに、投資
      顧問会社が独自にヘッジコストを考慮して円換算したものです。
      ファンドは、円建てオープン・エンド型の英領ケイマン諸島契約型外国籍投資信託です。
     ( B )信託期間

     ファンドの設定日(2015年4月9日)から149年
     (  C  )ファンドの関係法人

         関係                            名称

       投資顧問会社         ブラックロック・ジャパン株式会社
      副投資顧問会社         ブラックロック・インベストメント・マネジメント(UK)リミテッド
        受託会社        グローバル・ファンズ・トラスト・カンパニー
      管理事務代行会社
               ノムラ・バンク(ルクセンブルグ)エス・エー
       保管受託銀行
     ( D )管理報酬等

      管理報酬は純資産総額の0.46%(年率)とします。
      上記のほか、ファンドは、ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、信託財産に係る監査費用、外貨建資産の保管など
      に要する費用等を負担します。
                                               54/136



                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ( E )投資方針等
      (1)投資対象
       汎欧州市場の債券を主要な投資対象とします。
      (2)投資態度
       ①主としてベンチマーク指数に含まれる債券に投資します。
       ②FC  の実質外貨建資産については、為替変動リスクの低減を図ります。
       ③現物債への投資に加えて、先物やデリバティブをヘッジ目的に限定せずに、ポジション造成に活用し、投資収益の向上に努めます。
       ④資金動向・市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
      (3)主な投資制限
       ①少なくともファンドの純資産額の50%以上を金融商品取引法で定義される有価証券に投資します。
       ②有価証券(現物に限る)の空売りは行いません。
       ③株式への直接投資は行ないません。株式への投資は転換社債を転換および新株予約権(転換社債型新株予約権付社債の新株予約権に
        限ります。)を行使したものに限り、株式への実質投資割合は信託財産の純資産総額の30%以内とします。
       ④資金の借り入れは、合併等による一時的な場合を除き、ファンド純資産総額の10%以下とします。
       ⑤投資信託証券(除く上場投資信託証券および上場不動産投資信託証券)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下としま
        す。
      (4)収益分配方針
       毎月、受託会社の判断により、分配を行う方針です。ただし、必ず分配を行うものではありません。
    フランクリン・テンプルトン・米国債券コア・プラスF(適格機関投資家専用)

     ( A )ファンドの特色
      ファンドは、親投資信託であるフランクリン・テンプルトン・米国債券コア・プラス・マザーファンドへの投資を通じて、主として幅広いセクターの米
      国ドル建ての公社債に投資を行い、信託財産の中長期的な成長を目指します。
                               ※
      ファンドは、ブルームバーグ米国総合インデックス(円ヘッジベース)                          をベンチマークとします。
             (R)
       ※ 「Bloomberg       」およびブルームバーグ米国総合インデックスは、Bloomberg                         Finance   L.P.および、同インデックスの管理者である
         Bloomberg    Index  Services   Limitedをはじめとする関連会社(以下、総称して「ブルームバーグ」)のサービスマークであり、フランクリン・テ
         ンプルトン・ジャパン株式会社による特定の目的での使用のために使用許諾されています。ブルームバーグはフランクリン・テンプルトン・
         ジャパン株式会社とは提携しておらず、また、フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社が運用するファンドを承認、支持、レビュー、
         推奨するものではありません。ブルームバーグは、フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社が運用するファンドに関連するいかなる
         データもしくは情報の適時性、正確性、または完全性についても保証しません。
      ファンドは、「フランクリン・テンプルトン・米国債券コア・プラス・マザーファンド」(「マザーファンド」といいます。)を親投資信託とするファミリーファ
      ンド方式で運用します。
                                               55/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ( B )信託期間

      無期限(2006年5月18日設定)
     (  C  )ファンドの関係法人

        関係                           名称
        委託会社       フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社
        受託会社       三井住友信託銀行株式会社
               ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・エルエルシー
      マザーファンドの
               ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・リミテッド
       投資顧問会社
     ( D )管理報酬等

      信託報酬の総額は、信託財産の純資産総額に税抜年0.42%の率を乗じて得た額とします。なお、マザーファンドの投資顧問会社が受ける報酬
      は、ファンドの信託報酬中の委託会社が受ける報酬から支払われます。上記のほか、ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託
      手数料等を信託財産から支払います。その他、信託財産に係る監査費用等を信託財産から支払います。
     ( E )投資方針等

      (1)投資対象
       米国ドル建ての公社債を実質的な主要投資対象とします。
      (2)投資態度
       ①米国ドル建ての高格付の公社債(モーゲージ証券及び資産担保証券を含みます。)及び米国のハイ・イールド社債またはエマージング・
        マーケット債に分散投資を行います。
       ②原則として信託財産の純資産総額の70%以上を、S&P社、ムーディーズ社、フィッチ・レーティングス社のうち1社以上の格付機関から投資
        適格(BBB-またはBaa3以上)以上の格付を付与された公社債に投資します。組入れ公社債の格下げにより投資適格債の組入比率が信
        託財産の純資産総額の70%を下回った場合には、投資適格未満の格付けを付与された公社債への追加投資は行いません。
       ③ポートフォリオ全体の加重平均デュレーションは、ベンチマークの加重平均デュレーションを基準として、デュレーション戦略に基づき一定
        の範囲内で機動的に変動させます。
                                               56/136




                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ④長期的観点に基づくバリュエーション(債券価値)志向の投資を行うことを基本とし、複数の投資戦略に分散することで、信託財産の成長を
        目指します。
       ⑤米国ドル建て以外の外貨建資産への実質投資割合は、原則として信託財産の純資産総額の20%以内とします。
       ⑥実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジにより為替変動リスクの低減を目指します。
         マザーファンドにおいては、外貨建資産のうち、米国ドル建て資産については、原則として為替ヘッジを行いません。米国ドル建て以外の
        外貨建資産については、当該資産を米国ドルに為替ヘッジを行うことと同等の効果が得られる為替予約を行うことができます。
       ⑦債券及び金利等の派生商品を効率的運用のため使用します。
       ⑧資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
       ⑨運用の指図に関する権限のうち、米国ドル建ての公社債を中心とする有価証券等(派生商品を含みます。)の運用の指図に関する権限を
        ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・エルエルシーに、米国ドル以外の通貨建ての公社債を中心とする有価証券等(派生商品を
        含みます。)及び外国為替の運用の指図に関する権限をウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・リミテッドに委託します。
      (3)主な投資制限
       ①株式(新株引受権証券及び新株予約権証券を含みます。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
       ②投資信託証券(親投資信託を除きます。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内とします。
       ③外貨建資産への実質投資割合には、制限を設けません。
       ④為替予約の利用及びデリバティブの使用は、ヘッジ目的に限定しません。
       ⑤一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャー及びデリバティブ等エクス
        ポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則として、それぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えること
        となった場合には、一般社団法人投資信託協会規則に従い当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
    マニュライフ・日本債券ストラテジック・アクティブ・ファンドF(適格機関投資家専用)

    (A)ファンドの特色
      ファンドは、親投資信託であるマニュライフ・日本債券ストラテジック・アクティブ・マザーファンド(以下「マザーファンド」といいます。)への投資を通じ
      て、主としてわが国の公社債に投資し、安定した収益の確保および信託財産の着実な成長を目指して運用を行います。
      ファンドは、NOMURA―BPI総合(NOMURA・ボンド・パフォーマンス・インデックス総合)を参考指数とします。
      ファンドは、マザーファンドを親投資信託とするファミリーファンド方式で運用します。なお、コマーシャル・ペーパーなど短期金融商品等に直接投資
      する場合があります。
    (B)信託期間

      無期限(2019年4月4日設定)
    (C)ファンドの関係法人

         関係                            名称
                                               57/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        委託会社        マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社
        受託会社        三井住友信託銀行株式会社
    (D)管理報酬等

      信託報酬の総額は、信託財産の純資産総額に以下の信託報酬率を乗じて得た額とします。
      信託報酬率は、毎年、3月および9月の最終営業日における日本相互証券株式会社の発表する新発10年固定利付国債の利回り(終値)に応じて
      以下の通りとし、当該最終営業日の翌月の21日以降で、前日が営業日である最初の営業日から適用するものとします。
     新発10年固定利付国債の利回り                            信託報酬率
     0.5%未満の場合                            税抜年0.25%
     0.5%以上1%未満の場合                            税抜年0.28%
     1%以上の場合                            税抜年0.31%
      上記のほか、ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、信託財産に係る監査費用等を信託財産から支払います。
    (E)投資方針等

      (1)投資対象
       わが国の公社債を実質的な投資対象とします。
      (2)投資態度
      ①  マザーファンド受益証券を主たる投資対象とします。
      ②  NOMURA―BPI総合を参考指数として、ユーロ円債を含む円建て公社債のうち、主として投資適格債券に実質的に投資することによっ
        て、中長期的に同指標を上回る運用を目指します。
      ③  マザーファンドの受益証券の組入比率は原則として高位を保ちます。
      ④  大量の追加設定または解約が発生したとき、市況の急激な変化が予想されるとき、償還の準備に入ったとき等ならびに信託財産の規模に
        よっては、上記の運用が行われないことがあります。
      (3)主な投資制限
      ①  債券への実質投資割合には制限を設けません。
      ②  外貨建資産への投資は行いません。
      ③  有価証券先物取引等の直接利用は行いません。
      ④  投資信託証券(マザーファンド受益証券を除く)への投資は行いません。
      ⑤  一般社団法人投資信託協会の規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ等エク
        スポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることと
        なった場合には、一般社団法人投資信託協会の規則に従い当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
      ⑥  同一銘柄の株式、転換社債および転換社債型新株予約権付社債への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
      ⑦  信用取引、空売り、有価証券の借入れは行いません。 
    ノムラ・マルチ・マネージャーズ・ファンドⅡ-米国債券FC

                                               58/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ( A )ファンドの特色
      ファンドは、米ドル建ての公社債(以下、「米国債券」といいます。)を主要投資対象とし、安定的なインカムゲインの確保と信託財産の成長を目
      標に運用を行うことを基本とします。
      投資顧問会社が、運用体制や運用プロセスなどに対する独自の定性評価を重視し、米国債券の運用を行なう運用会社を選定します(選定す
      る運用会社は複数になる場合があります)。
                                                           ※
      ノムラ・マルチ・マネージャーズ・ファンドⅡ-米国債券                     FC (「 FC 」といいます。)は、ブルームバーグ・米国総合インデックス(円ヘッジベース)
      をベンチマークとします。ファンドは、円建てオープン・エンド型の英領ケイマン諸島籍契約型外国籍投資信託です。
      ※
       「ブルームバーグ・米国総合インデックス(円ヘッジベース)」はブルームバーグ・米国総合インデックス(米ドルベース)をもとに、投資顧問会
      社が独自にヘッジコストを考慮して円換算したものです。
     ( B )信託期間

      無期限(   2011  年 10 月 6日設定)
     (  C  )ファンドの関係法人

         関係                            名称

       投資顧問会社         野村アセットマネジメント株式会社
        受託会社        グローバル・ファンズ・トラスト・カンパニー
       保管受託銀行
               ノムラ・バンク(ルクセンブルグ)エス・エー
      管理事務代行会社
    副投資顧問会社

    副投資顧問会社は、投資顧問会社との契約に基づきファンドの投資運用業務を行ないます。
     名称
     Allspring    Global   Investments,     LLC
     ( D )管理報酬等

                                               59/136



                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      信託報酬は純資産総額の          0.35%  (年率)とします。
      申込手数料は発生しません。
      信託財産留保額は、        1口につき純資産価格の         0.1%  とします。
      ファンドは、信託財産に関する租税、組入有価証券の売買時の売買委託手数料、信託事務の処理に要する費用および信託財産の監査に要
      する費用、外貨建資産の保管などに要する費用、副投資顧問会社の追加に要する費用、借入金の利息および立替金の利息などを負担する場
      合があります。また、ファンドの設立に係る費用はファンドが負担し、                         5年を超えない期間にわたり償却します。
     ( E )投資方針等

      (1)投資対象
       米ドル建ての公社債を主要投資対象とします。
      (2)投資態度
       ①米ドル建ての公社債(以下、「米国債券」といいます。)を主要投資対象とし、安定的なインカムゲインの確保と信託財産の成長を目標に
        運用を行うことを目指します。
       ②投資顧問会社が、米国債券の運用を行なう副投資顧問会社の選定と、各副投資顧問会社が運用する信託財産の配分比率を決定しま
        す。
       ③副投資顧問会社の選定にあたっては、運用体制や運用プロセスなどに対する独自の定性評価を重視し、米国債券の運用において優
        れていると判断した運用会社を選定します(選定する運用会社は複数になる場合があります)。
       ④投資顧問会社は選定した副投資顧問会社及びファンド全体のリスク特性の状況を絶えずモニターし、必要に応じて各副投資顧問会社
        が運用する信託財産の配分比率の変更や副投資顧問会社の入替を適宜行ないます。
       ⑤外貨建資産については、原則としてブルームバーグ・米国総合インデックス(円換算ベース)の通貨配分をベースに対円で為替ヘッジを
        行うことを基本とします。
                                               60/136






                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ⑥資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
      (3)主な投資制限
       ①外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
       ②株式への投資は優先証券のうち株券または新株引受権証書の性質を有するものまたは転換社債を転換および新株予約権を行使した
        ものならびに社債権者割当等により取得したものに限り、株式への投資割合はファンドの純資産総額の                                      30%  以内とします。
       ③投資信託証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の                       5% 以下とします。
       ④外国為替予約取引はヘッジ目的に限定しません。
       ⑤デリバティブの利用はヘッジ目的に限定しません。
       ⑥一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ等エク
        スポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ                             10 %、合計で    20 %以内とすることとし、当該比率を超える
        こととなった場合には、同規則に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。
      (4) 収益分配方針
       毎月、受託会社の判断により、分配を行う方針です。ただし、必ず分配を行うものではありません。
                                                   *

    PGIMグローバル・コア・ボンド・ファンド(除く日本)(為替ヘッジあり・毎月分配)
    *FCに該当(以下「FC」と記載)
     ( A )ファンドの特色
      主として世界の投資適格の公社債に投資し、ベンチマークを上回る投資成果を目指します。
      PGIMグローバル・コア・ボンド・ファンド(除く日本)(以下、ファンド)は、ブルームバーグ・グローバル総合インデックス(除く日本円、円換算ベー
      ス)をベンチマークとします。
      ファンドは、円建てオープン・エンド型のケイマン籍外国投資信託です。
     ( B )信託期間

     2017年11月10日から149年間 (ファンドの設定日は2018年3月15日)
     (  C  )ファンドの関係法人

           関係                            名称
         投資顧問会社           PGIMインク
          受託会社          オジエ・グローバル(ケイマン)リミテッド
         保管受託銀行
                    ブラウン・ブラザーズ・ハリマン&Co.
        管理事務代行会社
                                               61/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ( D )管理報酬等

      管理報酬は純資産総額に対し年率0.30%以内の率を乗じて得た額とします。
      その他に、ファンド設立に係る費用やファンドの事務処理等に要する諸費用(監査費用、法律顧問への報酬、印刷費用等を含みます)は、ファ
      ンドより実費にて支払われます。また、有価証券売買時の売買委託手数料等取引に要する費用、ファンド資産およびその収益に関する租税等
      もファンドの負担となります。
     ( E )投資方針等
      (1)投資対象
       世界の投資適格の公社債を主要投資対象とします。
      (2)投資態度
       ①主として世界の投資適格の公社債に投資し、ベンチマークを上回る投資成果を目指します。
       ②世界各国の公社債、金利、通貨、デリバティブに広く分散投資します。
       ③非投資適格債を含めベンチマークに含まれない公社債にも投資します。
       ④FCの実質組入れ外貨建て資産については、ブルームバーグ・グローバル総合インデックス(除く日本円、円ヘッジベース)を参照のうえ対
        円で為替ヘッジを行うことを基本とします。
      (3)主な投資制限
       ①資金の借入はファンドの純資産総額の10%を上限とします。
       ②同一発行体が発行する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャー及びデリバティブ等エクスポージャーは、一般社団法人投資信
        託協会規則に定める範囲内とします。
       ③株式、現物商品、及び株式や現物商品に関するデリバティブへの直接投資は行いません。
      (4)収益分配方針
       毎月、分配を行う方針です。ただし、必ず分配を行うものではありません。
    ■ベンチマークについて■

     ※東証株価指数(TOPIX)の指数値及び東証株価指数(TOPIX)に係る標章又は商標は、株式会社JPX総研又は株式会社JPX総
      研の関連会社(以下「JPX」という。)の知的財産であり、指数の算出、指数値の公表、利用など東証株価指数(TOPIX)に関する
      すべての権利・ノウハウ及び東証株価指数(TOPIX)に係る標章又は商標に関するすべての権利はJPXが有します。JPXは、東
      証株価指数(TOPIX)の指数値の算出又は公表の誤謬、遅延又は中断に対し、責任を負いません。本商品は、JPXにより提供、
      保証又は販売されるものではなく、本商品の設定、販売及び販売促進活動に起因するいかなる損害に対してもJPXは責任を
      負いません。
     ※MSCI-KOKUSAI指数は、MSCIが開発した指数で、当該指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属し
      ます。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。
                                               62/136

                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           (R)
     ※「Bloomberg       」は、Bloomberg       Finance    L.P.および、同インデックスの管理者であるBloomberg                       Index   Services    Limitedをはじめと
      する関連会社(以下、総称して「ブルームバーグ」)の商標およびサービスマークです。ブルームバーグまたはブルームバーグ
      のライセンサーは、ブルームバーグ・インデックスに対する一切の独占的権利を有しています。
     ※NOMURA-BPI総合は野村フィデューシャリー・リサーチ&コンサルティング株式会社が作成している指数で、当該指数に関する
      一切の知的財産権その他一切の権利は野村フィデューシャリー・リサーチ&コンサルティング株式会社に帰属しております。ま
      た、野村フィデューシャリー・リサーチ&コンサルティング株式会社は、当該インデックスの正確性、完全性、信頼性、有用性を
      保証するものではなく、ファンドの運用成果等に関して一切責任を負うものではありません。
    (3)【運用体制】

        ファンドの運用体制は以下の通りです。

      当社では、ファンドの運用に関する社内規程として、運用担当者に関する規程並びにスワップ取








     引、信用リスク管理、資金の借入、外国為替の予約取引等、信用取引等に関して各々、取扱い基準を
     設けております。
                                               63/136

                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ファンドを含む委託会社における投資信託の内部管理及び意思決定を監督する組織等は以下の通りです。

    ≪委託会社によるファンドの関係法人(販売会社を除く)に対する管理体制等≫











     当社では、「受託会社」または受託会社の再信託先に対しては、日々の純資産照合、月次の勘定残高照合な
     どを行っています。また、受託業務の内部統制の有効性についての監査人による報告書を、受託会社より受
     け取っております。
                                               64/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     運用の外部委託を行う場合、「運用の外部委託先」に対しては、外部委託先が行った日々の約定について、
     投資ガイドラインに沿ったものであるかを確認しています。また、コンプライアンスレポートの提出を義務
     付 け、定期的に管理状況に関する報告を受けています。さらに、外部委託先の管理体制、コンプライアンス
     体制等について調査ならびに評価を行い、定期的に商品に関する委員会に報告しています。
      ファンドの運用体制等は今後変更となる場合があります。

    (4)【分配方針】

        年1回の毎決算時に、原則として以下の方針に基づき分配を行ないます。

       ① 分配対象額の範囲は、繰越分を含めた利子・配当収入と売買益                                  (評価益を含みます。)等の全額としま
        す。
       ② 収益分配金額は、基準価額水準等を勘案して委託者が決定します。
       ③ 留保益の運用については、特に制限を設けず、委託者の判断に基づき、元本部分と同一の運用を行な
        います。
         ※ 利子・配当収入とは、配当金、利子およびこれらに類する収益から支払利息を控除した額で、諸経費、監査
           費用、当該監査費用に係る消費税等に相当する金額、信託報酬および当該信託報酬に係る消費税等に相当す
           る金額を控除した後その残金を受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配金にあてるため、
           その一部を分配準備積立金として積み立てることができます。
         ※ 売買益とは、売買損益に評価損益を加減した利益金額で、諸経費、監査費用、当該監査費用に係る消費税等
           に相当する金額、信託報酬および当該信託報酬に係る消費税等に相当する金額を控除し、繰越欠損金のある
           ときは、その全額を売買益をもって補てんした後、受益者に分配することができます。なお、次期以降の分
           配にあてるため、分配準備積立金として積み立てることができます。
         ※ 毎計算期末において、信託財産につき生じた損失は、次期に繰り越します。
      *委託会社の判断により分配を行なわない場合もあります。また、将来の分配金の支払いおよびその金額
        について示唆、保証するものではありません。
        ◆ファンドの決算日

         原則として      毎年  8 月 29 日 (休業日の場合は翌営業日)を決算日とします。
        ◆分配金のお支払い
         分配金は無手数料で再投資されますが、再投資により                           増加  した受益権は、        振替口座簿に記載または記
         録されます。
                                               65/136

                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (5)【投資制限】

       ① 外貨建資産への投資割合(運用の基本方針                        2運用方法      (3)投資制限)

         外貨建資産への直接投資は行ないません。
       ② 株式への投資割合(運用の基本方針                    2運用方法      (3)投資制限)
         株式への直接投資は行ないません。
       ③ デリバティブの使用(運用の基本方針                      2運用方法      (3)投資制限)
         デリバティブの直接利用は行ないません。
          ※一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総
           額を超えることとなるデリバティブ取引等(同規則に定めるデリバティブ取引等をいいます。)
           の実質的な利用は行ないません。
       ④ 投資信託証券への投資割合(運用の基本方針                         2運用方法      (3)投資制限)
         投資信託証券への投資割合には制限を設けません。
       ⑤ 同一銘柄の投資信託証券への投資割合(運用の基本方針                               2運用方法      (3)投資制限)
         同一銘柄の投資信託証券への投資は、原則として信託財産の純資産総額の50%未満とします。ただ
        し、当該投資信託証券が一般社団法人投資信託協会規則に定めるエクスポージャーがルックスルーでき
        る場合に該当しないときは、当該投資信託証券への投資は、信託財産の純資産総額の10%以内としま
        す。
       ⑥ 公社債の借入れ(約款第22条)
        (ⅰ)委託者は、信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすることができます。
         なお、当該公社債の借入れを行なうにあたり担保の提供が必要と認めたときは、担保の提供の指図を
         行なうものとします。
        (ⅱ)上記(ⅰ)の指図は、当該借入れにかかる公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内としま
         す。
        (ⅲ)信託財産の一部解約等の事由により、上記(ⅱ)の借入れにかかる公社債の時価総額が信託財産の純
         資産総額を超えることとなった場合には、委託者は速やかに、その超える額に相当する借入れた公社
         債の一部を返還するための指図をするものとします。
                                               66/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        (ⅳ)上記(ⅰ)の借入れにかかる品貸料は信託財産中から支弁します。
       ⑦ 資金の借入れ(約款第30条)
        (ⅰ)委託者は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性をはかるため、一部解約に伴う支払資金
         の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目的とし
         て、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入れ(コール市場を通
         じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用は
         行なわないものとします。
        (ⅱ)一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信託財
         産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開始日から信託
         財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金支払開始日から信
         託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間と
         し、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、有価証券等の解約代金および有価証券等の償還金の合
         計額を限度とします。ただし、資金の借入額は、借入れ指図を行なう日における信託財産の純資産総
         額の10%を超えないこととします。
        (ⅲ)収益分配金の再投資にかかる借入期間は信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営業日
         までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
        (ⅳ)借入金の利息は信託財産中より支弁します。
       ⑧ 一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポー
        ジャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそ
        れぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場合には、同規則に従い
        当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。(運用の基本方針                                    2運用方法      (3)投資制限)
    3【投資リスク】

    ≪基準価額の変動要因≫

     ファンドの基準価額は、投資を行なっている有価証券等の値動きによる影響を受けますが、これらの                                                    運用に
     よる損益はすべて投資者の皆様に帰属します。
     したがって、ファンドにおいて、                 投資者の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落
                                               67/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     により、損失を被り、投資元金が割り込むことがあります。なお、投資信託は預貯金と異なります。
     [株価変動リスク]

        ファンドは実質的に株式に投資を行ないますので、株価変動の影響を受けます。
     [債券価格変動リスク]
        債券(公社債等)は、市場金利や信用度の変動により価格が変動します。ファンドは実質的に債券に投
        資を行ないますので、これらの影響を受けます。
     [為替変動リスク]
        ファンドが投資対象とする投資信託証券のうち世界の株式・債券に実質的に投資する投資信託証券は、
        実質組入外貨建資産について、原則として為替ヘッジにより為替変動リスクの低減を図ることを基本と
        するもの、または原則として実質組入外貨建資産の通貨配分の如何に関わらず、当該投資信託証券また
        は当該投資信託証券が組入れるマザーファンドのベンチマークの通貨配分をベースに対円で為替ヘッジ
        を行なうことを基本とするもの等に限りますが、為替変動リスクを完全に排除できるわけではありませ
        ん。また、円金利がヘッジ対象通貨の金利より低い場合、その金利差相当分のヘッジコストがかかるた
        め、基準価額の変動要因となります。
        一部の通貨においては為替ヘッジの手段がない等の理由から為替ヘッジを行なわない場合や、一部の投
        資信託証券においては実際のポートフォリオの通貨配分と対円での為替ヘッジの通貨配分が異なる場合
        があり、それらの場合は為替変動の影響を直接的に受けることになります。
         ※ 基準価額の変動要因は上記に限定されるものではありません。

    ≪その他の留意点≫

       ◆ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用は
        ありません。
       ◆ファンドは、大量の解約が発生し短期間で解約資金を手当てする必要が生じた場合や主たる取引市場に
        おいて市場環境が急変した場合等に、一時的に組入資産の流動性が低下し、市場実勢から期待できる価
        格で取引できないリスク、取引量が限られてしまうリスクがあります。これにより、基準価額にマイナ
        スの影響を及ぼす可能性や、換金の申込みの受付けが中止等となる可能性、換金代金の支払いが遅延す
        る可能性等があります。
                                               68/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ◆資金動向、市況動向等によっては、また、不慮の出来事等が起きた場合には、投資方針に沿った運用が
        できない場合があります。
       ◆ファンドが実質的に組み入れる有価証券の発行体において、利払いや償還金の支払いが滞る可能性があ
        ります。
       ◆有価証券への投資等ファンドにかかる取引にあたっては、取引の相手方の倒産等により契約が不履行に
        なる可能性があります。
       ◆ファンドのベンチマークは、市場の構造変化等によっては今後見直す場合があります。また、ベンチ
        マークに対して一定の投資成果をあげることを保証するものではありません。
       ◆ファンドが投資する投資信託証券が投資対象とする各マザーファンドにおいて、他のベビーファンドの
        資金変動等に伴なう売買等が生じた場合などには、ファンドの基準価額に影響を及ぼす場合がありま
        す。
       ◆ファンドは、投資対象とする投資信託証券への投資を通じて実質的に投資する資産クラス別の比率が、
        投資方針に記載の資産クラス別の基準配分比率(純資産に対する比率)となるよう意識して投資信託証
        券への配分を行ないますが、常時、基準配分比率近辺に維持されていることを保証するものではありま
        せん。また、ファンドは将来的に、基準配分比率を変更する場合があります。
       ◆店頭デリバティブ取引等の金融取引に関して、国際的に規制の強化が行なわれており、ファンドが実質
        的に活用する当該金融取引が当該規制強化等の影響をうけ、当該金融取引を行なうための担保として現
        金等を提供する必要がある場合があります。その場合、追加的に現金等を保有するため、ファンドの実
        質的な主要投資対象の組入比率が下がり、高位に組入れた場合に期待される投資効果が得られないこと
        が想定されます。また、その結果として、実質的な主要投資対象を高位に組入れた場合と比べてファン
        ドのパフォーマンスが悪化する場合があります。
       ◆ファンドは、計算期間中に発生した運用収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を
        超えて分配を行なう場合があります。したがって、ファンドの分配金の水準は必ずしも計算期間におけ
        るファンドの収益率を示唆するものではありません。
        投資者の個別元本(追加型投資信託を保有する投資者毎の取得元本)の状況によっては、分配金額の一
        部または全部が、実質的に元本の一部払戻しに相当する場合があります。
        分配金は、預貯金の利息とは異なりファンドの純資産から支払われますので、分配金支払い後の純資産
        はその相当額が減少することとなり、基準価額が下落する要因となります。計算期間中に運用収益が
        あった場合においても、当該運用収益を超えて分配を行なった場合、当期決算日の基準価額は前期決算
                                               69/136

                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        日の基準価額と比べて下落することになります。
       ◆ファンドが投資対象とする投資信託証券の販売会社は、一部の外国籍投資信託証券を除き、委託会社
        (運用の権限委託先を含みます。)の利害関係人等(当該委託会社の総株主の議決権の過半数を所有し
        ていることその他の当該委託会社と密接な関係を有するものとして政令で定めるものをいいます。)で
        ある野村信託銀行株式会社またはノムラ・バンク(ルクセンブルグ)エス・エーとなっております。し
        たがって、ファンドにおいて、委託会社(運用の権限委託先を含みます。)が当該投資信託証券の買付
        けまたは売付けを受託会社に指図する場合、当該買付けまたは売付けの発注は当該利害関係人等に対し
        て行なわれます。なお、ファンドが投資対象とする全ての指定投資信託証券の申込手数料は無手数料と
        なっております。
       ◆ファンドの基準価額は、原則として組入投資信託証券の前営業日の基準価額をもって毎営業日計算され
        ます。したがって、ファンドの基準価額において、組入投資信託証券の投資対象資産等の値動きは、下
        図の通り一般的な投資信託における場合と比較して1営業日遅れて反映される場合がありますので、ご留
        意ください。
                                               70/136









                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ≪ 委託会社におけるリスクマネジメント体制                      ≫








       リスク管理関連の委員会
        ◆パフォーマンスの考査
         投資信託の信託財産についてパフォーマンスに基づいた定期的な考査(分析、評価)の結果の報告、
         審議を行ないます。
        ◆運用リスクの管理
         投資信託の信託財産の運用リスクを把握、管理し、その結果に基づき運用部門その他関連部署への是
         正勧告を行なうことにより、適切な管理を行ないます。
         ※流動性リスク管理について
          流動性リスク管理に関する規程を定め、ファンドの組入資産の流動性リスクのモニタリングなどを
          実施するとともに、緊急時対応策の策定・検証などを行ないます。リスク管理関連の委員会が、流
                                               71/136

                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          動性リスク管理の適切な実施の確保や流動性リスク管理態勢について監督します。
        リスク管理体制図

     ※投資リスクに関する管理体制等は今後変更となる場合があります。






                                               72/136








                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                               73/136














                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】

    (1)【申込手数料】

        申込手数料はありません。

    (2)【換金(解約)手数料】

        換金手数料はありません。

    (3)【信託報酬等】

        信託報酬の総額は、ファンドの計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に年0.605%(税抜年

       0.55%)の率を乗じて得た額とし、その配分については純資産総額の残高に応じて次の通り(税抜)とし
       ます。
          <純資産総額>             <委託会社>            <販売会社>            <受託会社>
        500億円以下の部分                 年0.27%            年0.25%            年0.03%
        500億円超の部分                 年0.28%            年0.25%            年0.02%
        ファンドの信託報酬は、日々計上され、ファンドの基準価額に反映されます。なお、毎計算期間の最初
       の6ヵ月終了日および毎計算期末または信託終了のときファンドから支払われます。
        この他にファンドが投資対象とする投資信託証券に関しても信託報酬等がかかります。

        国内籍投資信託の場合、監査費用等の費用も別途かかります。また、外国籍投資信託の場合、ファンド
       によっては、受託会社、保管受託銀行、管理事務代行会社の報酬、設立費用、監査費用等の費用も別途か
       かる場合、報酬額等に年間の最低金額が定められている場合があります。
        なお、いずれも申込手数料はかかりません。
        ファンドが投資対象とする投資信託証券の信託報酬等の詳細については「(参考)指定投資信託証券につ
       いて」をご覧ください。
                                               74/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        なお、ファンドの信託報酬にファンドが投資対象とする投資信託証券の信託報酬を加えた、受益者が実

       質的に負担する信託報酬率について試算した概算値は以下の通りです。
        ただし、この値はあくまでも実質的な信託報酬率の目安であり、ファンドの実際の投資信託証券の組入
       れ状況等によっては、実質的な信託報酬率は変動します。
                      実質的な信託報酬率(税込・年率)の概算値
                            1.25%±0.15%程度

        ※ファンドが投資対象とする投資信託証券には、信託報酬に成功報酬制を採用しているものが含まれる
         場合があり、これらの投資信託証券については、運用実績により成功報酬額も負担することになりま
         す。
        上記の実質的な信託報酬率の概算値は、                    2023年11月28日        現在のものであり、指定投資信託証券の変更等
       により今後変更となる場合があります。
      ≪支払先の役務の内容≫

           <委託会社>               <販売会社>               <受託会社>
        ファンドの運用とそれに               口座内でのファンドの管               ファンドの財産の保管・
        伴う調査、受託会社への               理および事務手続き、購               管理、委託会社からの指
        指図、法定書面等の作               入後の情報提供、各種書               図の実行等
        成、基準価額の算出等               類の送付等
    (4)【その他の手数料等】

       ① ファンドにおいて一部解約に伴う支払資金の手当て等を目的として資金借入れの指図を行なった場

        合、当該借入金の利息は信託財産から支払われます。
       ② ファンドに関する租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託者の立替えた立替金の利息は、受
        益者の負担とし、信託財産から支払われます。
       ③ ファンドに関する組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、売買委託手数料に係る消費税
        等に相当する金額は信託財産から支払われます。
       ④ 監査法人等に支払うファンドの監査に係る費用および当該監査費用に係る消費税等に相当する金額
        は、信託報酬支払いのときに信託財産から支払われます。
                                               75/136

                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      *これらの費用等の中には、運用状況等により変動するものがあり、事前に料率、上限額等を表示すること

       ができないものがあります。
    (5)【課税上の取扱い】

       課税上は、株式投資信託として取扱われます。

        受益者が確定拠出年金法に規定する資産管理機関および国民年金基金連合会等の場合は、所得税、復興
       特別所得税および地方税がかかりません。
        なお、上記以外の受益者(法人)の場合の課税の取扱いは下記の通りです。
        分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに換金(解約)時および償還時の個別元本超過額について
                                               ※
        は、15.315%(国税(所得税及び復興特別所得税)15.315%)の税率で源泉徴収                                        が行なわれます。なお、
        地方税の源泉徴収はありません。
          ※源泉税は所有期間に応じて法人税額から控除
       税金の取扱いの詳細については税務専門家等にご確認されることをお勧めします。

      ■個別元本について■

      ◆追加型投資信託を保有する受益者毎の取得元本をいいます。

      ◆受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合や受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った
       場合などには、当該受益者の個別元本が変わりますので、詳しくは販売会社へお問い合わせください。
      ■換金(解約)時および償還時の課税について■

      ◆換金(解約)時および償還時の個別元本超過額が課税対象となります。

       なお、買取りによるご換金について、詳しくは販売会社にお問い合わせください。
      ■分配金の課税について■

                                               76/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ◆分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配金)」(受益
       者毎の元本の一部払戻しに相当する部分)があります。
      ※上図はあくまでもイメージ図であり、個別元本や基準価額、分配金の各水準等を示唆するものではありません。







        ※ 税法が改正された場合等は、上記「(5)課税上の取扱い」の内容(2023年9月末現在)が変更になる場合があり

           ます。
    5【運用状況】


    以下は   2023年9月29日       現在  の運用状況であります。
    また、投資比率とはファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
    (1)【投資状況】

                                               77/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
             資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

    投資信託受益証券                           日本             20,108,314,588              85.89
                             ケイマン諸島               3,036,409,445              12.97
                               小計             23,144,724,033              98.86
    現金・預金・その他資産(負債控除後)                           ―              265,853,598             1.13
                合計(純資産総額)                            23,410,577,631              100.00
    (2)【投資資産】

    ①【投資有価証券の主要銘柄】

                                   簿価      簿価      評価      評価    投資

       国/
    順位       種類        銘柄名          数量      単価      金額      単価      金額    比率
       地域
                                  (円)      (円)      (円)      (円)     (%)
     1 日本    投資信託受    ストラテジック・バリュー・オー                87,080      26,030    2,266,692,400         27,023    2,353,162,840     10.05
          益証券    プンF(適格機関投資家専用)
     2 日本    投資信託受    One国内株オープンF(FOFs用)                102,264       17,650    1,804,959,600         17,960    1,836,661,440      7.84
          益証券    (適格機関投資家専用)
     3 日本    投資信託受    日本フォーカス・グロースF(適格                100,631       17,905    1,801,897,897         17,508    1,761,847,548      7.52
          益証券    機関投資家専用)
     4 日本    投資信託受    ノムラ・ジャパン・オープンF(適                53,848      30,523    1,643,615,487         31,217    1,680,973,016      7.18
          益証券    格機関投資家専用)
     5 日本    投資信託受    野村ウエリントン・グローバル・                143,879       9,593   1,380,236,420         9,394   1,351,599,326      5.77
          益証券    オポチュニスティック・バリュー
              (除く日本)F(適格機関投資家専
              用)
     6 日本    投資信託受    野村DFA海外株式バリューファンド                107,005       11,883    1,271,540,415         11,660    1,247,678,300      5.32
          益証券    F(適格機関投資家専用)
     7 日本    投資信託受    SJAMバリュー日本株F(適格機関投                62,633      17,570    1,100,461,810         18,658    1,168,606,514      4.99
          益証券    資家専用)
     8 ケイマン    投資信託受    ノムラ・マルチ・マネージャー                143,578       7,792   1,118,759,776         7,574   1,087,459,772      4.64
      諸島    益証券    ズ・ファンドⅡ-米国債券FC
     9 日本    投資信託受    NKグローバル株式アクティブファ                107,800       10,194    1,098,992,055         9,771   1,053,313,800      4.49
          益証券    ンドF(適格機関投資家専用)
                                               78/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     10 日本    投資信託受    アムンディ・ターゲット・ジャパ                19,225      51,648     992,932,800        54,005    1,038,246,125      4.43
          益証券    ン・ファンドF(適格機関投資家専
              用)
     11 日本    投資信託受    スパークス・厳選投資・日本株                45,492      21,396     973,346,832        21,699     987,130,908     4.21
          益証券    ファンドF(適格機関投資家専用)
     12 日本    投資信託受    ノムラ海外債券ファンドF(適格機                78,678      12,614     992,444,292        12,286     966,637,908     4.12
          益証券    関投資家専用)
     13 日本    投資信託受    ウィリアム・ブレア・グローバ                121,593       7,892    959,611,956         7,604    924,593,172     3.94
          益証券    ル・リーダーズ(除く日本)F(適
              格機関投資家専用)
     14 日本    投資信託受    ティー・ロウ・プライス         海外株式       57,751      14,000     808,514,000        13,483     778,656,733     3.32
          益証券
              ファンドF(適格機関投資家専用)
     15 ケイマン    投資信託受    PGIMグローバル・コア・ボンド・                91,989       8,170    751,629,606         7,995    735,452,055     3.14
      諸島    益証券    ファンド(除く日本)(為替ヘッ
              ジあり・毎月分配)
     16 日本    投資信託受    ノムラ-T&D     J Flag日本株F(適格           39,341      16,500     649,142,928        15,880     624,735,080     2.66
          益証券
              機関投資家専用)
     17 日本    投資信託受    フランクリン・テンプルトン・米                58,687      10,849     636,742,410        10,519     617,328,553     2.63
          益証券    国債券コア・プラスF(適格機関投
              資家専用)
     18 日本    投資信託受    ノムラ-インサイト欧州債券ファ                36,880      15,467     570,434,463        15,270     563,157,600     2.40
          益証券    ンドF(適格機関投資家専用)
     19 ケイマン    投資信託受    ノムラ・マルチ・マネージャー                56,367       9,828    554,003,433         9,541    537,797,547     2.29
      諸島    益証券    ズ・ファンドⅢ-外国株式F
     20 日本    投資信託受    グローバル・エクイティ(除く日                12,555      43,041     540,379,755        42,603     534,880,665     2.28
          益証券    本)・ファンドF(適格機関投資家
              専用)
     21 ケイマン    投資信託受    ノムラ・ワールド(除く日本)エ                26,599      14,871     395,574,358        14,860     395,261,140     1.68
      諸島    益証券    クイティ・ファンドF
     22 ケイマン    投資信託受    NPEBパン・ヨーロピアン・ボ                36,181       7,902    285,925,277         7,751    280,438,931     1.19
      諸島    益証券    ンド・ファンドFC
     23 日本    投資信託受    ニッセイ国内債券オープンF(適格                22,726       9,631    218,874,106         9,583    217,783,258     0.93
          益証券    機関投資家専用)
     24 日本    投資信託受    マニュライフ・日本債券ストラテ                18,383       9,677    177,892,291         9,623    176,899,609     0.75
          益証券    ジック・アクティブ・ファンドF
              (適格機関投資家専用)
     25 日本    投資信託受    ノムラ日本債券オープンF(適格機                11,480      13,120     150,617,600        13,046     149,768,080     0.63
          益証券    関投資家専用)
     26 日本    投資信託受    ベイリー・ギフォード米国成長株                10,113       4,846     49,007,598        4,603     46,550,139     0.19
          益証券    ファンドF(適格機関投資家専用)
     27 日本    投資信託受    MFS欧州株ファンドF(適格機関投                 968     22,033     21,327,944        21,494     20,806,192     0.08
          益証券    資家専用)
     28 日本    投資信託受    サンズ・グローバル・エクイティ                 866     8,148     7,056,168        8,427     7,297,782    0.03
          益証券    (除く日本)F(適格機関投資家専
              用)
                                               79/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    種類別及び業種別投資比率

                  種類                     投資比率(%)

               投資信託受益証券                                  98.86
                 合  計                                98.86
    ②【投資不動産物件】

    該当事項はありません。
    ③【その他投資資産の主要なもの】

    該当事項はありません。

    (3)【運用実績】

    ①【純資産の推移】

    2023年9月末日及び同日前1年以内における各月末並びに下記決算期末の純資産の推移は次の通りです。

                             純資産総額(百万円)                 1口当たり純資産額(円)

                           (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
    第13計算期間             (2014年    8月29日)          15,061         15,066         1.4480         1.4485
    第14計算期間             (2015年    8月31日)          16,705         16,710         1.5942         1.5947
    第15計算期間             (2016年    8月29日)          16,622         16,627         1.5168         1.5173
    第16計算期間             (2017年    8月29日)          19,795         19,801         1.7590         1.7595
    第17計算期間             (2018年    8月29日)          22,584         22,590         1.9137         1.9142
    第18計算期間             (2019年    8月29日)          21,190         21,196         1.7703         1.7708
    第19計算期間             (2020年    8月31日)          23,641         23,647         1.9938         1.9943
                                               80/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第20計算期間             (2021年    8月30日)          25,831         25,836         2.3734         2.3739
    第21計算期間             (2022年    8月29日)          22,903         22,908         2.2401         2.2406
    第22計算期間             (2023年    8月29日)          23,439         23,444         2.4091         2.4096
                  2022年    9月末日         21,414           ―       2.0899           ―
                     10月末日             21,853           ―       2.1262           ―
                     11月末日             22,562           ―       2.2151           ―
                     12月末日             21,806           ―       2.1383           ―
                  2023年    1月末日         22,953           ―       2.2452           ―
                      2月末日         22,471           ―       2.2219           ―
                      3月末日         22,298           ―       2.2242           ―
                      4月末日         22,340           ―       2.2503           ―
                      5月末日         23,083           ―       2.3374           ―
                      6月末日         23,751           ―       2.4243           ―
                      7月末日         23,886           ―       2.4409           ―
                      8月末日         23,766           ―       2.4344           ―
                      9月末日         23,410           ―       2.4013           ―
    ②【分配の推移】

                            計算期間                    1口当たりの分配金

       第13計算期間         2013年    8月30日~2014年        8月29日                            0.0005円
       第14計算期間         2014年    8月30日~2015年        8月31日                            0.0005円
       第15計算期間         2015年    9月  1日~2016年      8月29日                            0.0005円
       第16計算期間         2016年    8月30日~2017年        8月29日                            0.0005円
       第17計算期間         2017年    8月30日~2018年        8月29日                            0.0005円
       第18計算期間         2018年    8月30日~2019年        8月29日                            0.0005円
       第19計算期間         2019年    8月30日~2020年        8月31日                            0.0005円
       第20計算期間         2020年    9月  1日~2021年      8月30日                            0.0005円
                                               81/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       第21計算期間         2021年    8月31日~2022年        8月29日                            0.0005円
       第22計算期間         2022年    8月30日~2023年        8月29日                            0.0005円
    ③【収益率の推移】

                            計算期間                       収益率

       第13計算期間         2013年    8月30日~2014年        8月29日                             15.0%
       第14計算期間         2014年    8月30日~2015年        8月31日                             10.1%
       第15計算期間         2015年    9月  1日~2016年      8月29日                             △4.8%
       第16計算期間         2016年    8月30日~2017年        8月29日                             16.0%
       第17計算期間         2017年    8月30日~2018年        8月29日                              8.8%
       第18計算期間         2018年    8月30日~2019年        8月29日                             △7.5%
       第19計算期間         2019年    8月30日~2020年        8月31日                             12.7%
       第20計算期間         2020年    9月  1日~2021年      8月30日                             19.1%
       第21計算期間         2021年    8月31日~2022年        8月29日                             △5.6%
       第22計算期間         2022年    8月30日~2023年        8月29日                              7.6%
    ※各計算期間の収益率は、計算期間末の基準価額(分配付の額)から当該計算期間の直前の計算期間末の基準価額(分配落

     の額。以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除して得た数に100を乗じて得た数を記
     載しております。なお、小数点以下2桁目を四捨五入し、小数点以下1桁目まで表示しております。
    (4)【設定及び解約の実績】

                      計算期間              設定口数        解約口数        発行済み口数

      第13計算期間        2013年    8月30日~2014年        8月29日          1,279,438,274        1,102,414,417         10,401,268,979
      第14計算期間        2014年    8月30日~2015年        8月31日          1,599,728,576        1,522,358,374         10,478,639,181
      第15計算期間        2015年    9月  1日~2016年      8月29日          1,375,060,840         895,313,989        10,958,386,032
      第16計算期間        2016年    8月30日~2017年        8月29日          1,686,055,336        1,390,730,379         11,253,710,989
      第17計算期間        2017年    8月30日~2018年        8月29日          1,865,745,066        1,317,805,725         11,801,650,330
                                               82/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      第18計算期間        2018年    8月30日~2019年        8月29日          1,342,883,690        1,174,494,986         11,970,039,034
      第19計算期間        2019年    8月30日~2020年        8月31日          1,682,443,865        1,795,050,789         11,857,432,110
      第20計算期間        2020年    9月  1日~2021年      8月30日          1,768,279,769        2,741,875,540         10,883,836,339
      第21計算期間        2021年    8月31日~2022年        8月29日          1,225,669,502        1,885,103,841         10,224,402,000
      第22計算期間        2022年    8月30日~2023年        8月29日          1,044,369,321        1,539,043,160         9,729,728,161
    ※本邦外における設定及び解約の実績はありません。

    ≪参考情報≫

                                               83/136











                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                               84/136














                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】

    1【申込(販売)手続等】

      (1)受益権の募集

        申込期間中の各営業日に受益権の募集が行なわれます。
      (2)申込締切時間

        午後3時までに取得申込みが行なわれかつ当該取得申込みの受け付けにかかる販売会社所定の事務手続き
        が完了したものを当日の申込み分とします。
      (3)販売単位

        1円以上1円単位(当初元本1口=1円)とします。
      (4)販売価額

        取得申込日の翌々営業日の基準価額とします。
      (5)申込代金の支払い

        取得申込日から起算して4営業日目までに申込代金を申込みの販売会社にお支払いください。なお、販売
        会社が別に定める所定の方法により、上記の期日以前に取得申込代金をお支払いいただく場合がありま
        す。
      (6)申込受け付けの中止および取り消し

        金融商品取引所(金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取引所および金融商品取引法第2条第8
        項第3号ロに規定する外国金融商品市場をいいます。以下同じ。なお、金融商品取引所を単に「取引所」
        という場合があり、取引所のうち、有価証券の売買または金融商品取引法第28条第8項第3号もしくは同
        項第5号の取引を行なう市場ないしは当該市場を開設するものを「証券取引所」という場合がありま
        す。)等における取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるときは、信託約款の規定
        に従い、委託者の判断でファンドの受益権の取得申込みの受付けを中止すること、および既に受付けた
                                               85/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        取得申込みの受付けを取り消す場合があります。
      (7)申込手続等に関する照会先

        ファンドの申込(販売)手続等についてご不明な点がある場合には、下記の照会先までお問い合わせ下
        さい。
        野村アセットマネジメント株式会社
        サポートダイヤル 0120-753104(フリーダイヤル)
        <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
        インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
      ※購入のお申込みの方法ならびに単位等について、販売会社によっては上記と異なる場合があります。詳し

       くは販売会社にお問い合わせください。
    2【換金(解約)手続等】

      (1)解約の請求

        受益者が一部解約の実行の請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行なうものとしま
        す。
      (2)解約請求の締切時間

        一部解約の実行の請求の受け付けについては、午後3時までに解約請求の申込みが行われ、かつ、その解
        約請求の申込みの受け付けにかかる販売会社所定の事務手続が完了したものを当日の申込み分としま
        す。
      (3)換金単位

        1口単位で一部解約の実行を請求することができます。
      (4)換金価額

                                               86/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        解約申込みの受付日の翌々営業日の基準価額となります。
      (5)換金制限

                                                ※
        大口解約について、委託者の判断により一部解約の実行の請求の受付時間に制限                                          や一部解約の金額に制
        限を設ける場合があります。
         ※受付時間に制限とは、営業日の午前11時までに一部解約の実行の請求が行なわれ、かつ当該請求の
          受付に係る販売会社所定の事務手続きが完了したものに制限する場合をいいます。
      (6)換金代金の支払い

        原則として一部解約の実行の請求日から起算して6営業日目から販売会社において支払います。
      (7)解約請求の受け付けの中止および取り消し

        金融商品取引所等における取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるときは、信託約
        款の規定に従い、委託者の判断で一部解約の実行の請求の受け付けを中止すること、および既に受付け
        た一部解約の実行の請求の受付けを取り消す場合があります。
        また、一部解約の実行の請求の受付けを中止した場合には、受益者は当該受付け中止以前に行なった当
        日の一部解約の実行の請求を撤回できます。ただし、受益者がその一部解約の実行の請求を撤回しない
        場合には、当該受付け中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に一部解約の実行の請求を受付けた
        ものとします。
      (8)換金手続等に関する照会先

        ファンドの換金(解約)手続等についてご不明な点がある場合には、下記の照会先までお問い合わせ下
        さい。
        野村アセットマネジメント株式会社
        サポートダイヤル 0120-753104(フリーダイヤル)
        <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
        インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
      ※換金のお申込みの方法ならびに単位等について、販売会社によっては上記と異なる場合があります。詳し

                                               87/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       くは販売会社にお問い合わせください。
    3【資産管理等の概要】

    (1)【資産の評価】

        <基準価額の計算方法>

          基準価額とは、計算日において、信託財産に属する資産                            (受入担保金代用有価証券および借入有価証
                                                           ※
         券を除きます。)を法令および               一般  社団法人投資信託協会規則に従って時価または一部償却原価法                                 に
         より評価して得た信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額(「純資産総額」といいます。)
         を、計算日における受益権口数で除して得た額をいいます。なお、ファンドにおいては                                             1 万口当りの
         価額で表示されます。
         ※一部償却原価法とは、残存期間1                 年以内の公社債等について適用するアキュムレーションまたはアモチゼー
          ションによる評価をいいます。
          ファンドの主な投資対象の評価方法は以下の通りです。

              対象                     評価方法
            投資信託証券         原則として、基準価額計算日の前営業日の基準価額で評価します。

          ファンドの基準価額については下記の照会先までお問い合わせ下さい。

              野村アセットマネジメント株式会社
              サポートダイヤル           0120-753104      ( フリーダイヤル        )
                <受付時間> 営業日の午前                 9 時~午後     5 時
              インターネットホームページ                 http://www.nomura-am.co.jp/
    (2)【保管】

         ファンドの受益権         の帰属は、      振替機関     等の振替口座簿に記          載または記録されることにより定まり、受

                                               88/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        益証券を発行しませんので、受益証券の保管に関する該当事項はありません。
    (3)【信託期間】

         無期限とします(2001年11月22日設定)。

    (4)【計算期間】

         原則として毎年8月30日から翌年8月29日までとします。

         なお、各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といいます。)が休業日のとき、各計算期間終
        了日は該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとします。
         ただし、最終計算期間の終了日は、信託期間の終了日とします。
    (5)【その他】

        (a)ファンドの繰上償還条項

          委託者は、信託期間中に、やむを得ない事情が発生したとき等は、受託者と合意のうえ、この信託
         契約を解約し、信託を終了させる場合があります。この場合において、委託者は、あらかじめ、解約
         しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
        (b)信託期間の終了
         (ⅰ)委託者は、上記「(a)ファンドの繰上償還条項」に従い信託期間を終了させるには、あらかじ
          め、解約しようとする旨を公告し、かつ、その旨を記載した書面をこの信託契約に係る知られたる
          受益者に対して交付します。ただし、この信託契約に係るすべての受益者に対して書面を交付した
          ときは、原則として、公告を行いません。
         (ⅱ)上記(ⅰ)の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託者に対して異議を
          述べるべき旨を付記します。なお、一定の期間は一月を下らないものとします。
         (ⅲ)上記(ⅱ)の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一を超
          えるときは、上記(a)の信託契約の解約をしません。
                                               89/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         (ⅳ)委託者は、この信託契約の解約をしないこととしたときは、解約しない旨およびその理由を公告
          し、かつ、これらの事項を記載した書面をこの信託契約に係る知られたる受益者に対して交付しま
          す。  ただし、この信託契約に係るすべての受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公
          告を行いません。
         (ⅴ)上記(ⅱ)から(ⅳ)までの規定は、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている
          場合であって、上記(ⅱ)の一定の期間が一月を下らずにその公告および書面の交付を行うことが困
          難な場合には適用しません。
         (ⅵ)委託者は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、信託
          契約を解約し信託を終了させます。
         (ⅶ)委託者が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、委
          託者は、この信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁が、この信託契約に関す
          る委託者の業務を他の委託者に引き継ぐことを命じたときは、この信託は、下記「(d)信託約款の
          変更(ⅳ)」に該当する場合を除き、その委託者と受託者との間において存続します。
         (ⅷ)受託者が委託者の承諾を受けてその任務を辞任する場合、または、委託者または受益者が裁判所
          に受託者の解任を請求し裁判所が受託者を解任した場合、委託者が新受託者を選任できないとき
          は、委託者はこの信託契約を解約し、信託を終了させます。
        (c)運用報告書
          委託者は、ファンドの決算時および償還時に交付運用報告書を作成し、知られたる受益者に対して
         交付します。
        (d)信託約款の変更
         (ⅰ)委託者は、受託者と合意のうえ、この信託約款を変更することができるものとし、あらかじめ、
          変更しようとする旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。
         (ⅱ)委託者は、上記(ⅰ)の変更事項のうち、その内容が重大なものについて、あらかじめ、変更しよ
          うとする旨およびその内容を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面をこの信託約款に係る知
          られたる受益者に対して交付します。ただし、この信託約款に係るすべての受益者に対して書面を
          交付したときは、原則として、公告を行いません。
         (ⅲ)上記(ⅱ)の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託者に対して異議を
          述べるべき旨を付記します。なお、一定の期間は一月を下らないものとします。
         (ⅳ)上記(ⅲ)の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一を超
                                               90/136

                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          えるときは、上記(ⅰ)の信託約款の変更をしません。
         (ⅴ)委託者は、当該信託約款の変更をしないこととしたときは、変更しない旨およびその理由を公告
          し、かつ、これらの事項を記載した書面を知られたる受益者に対して交付します。ただし、全ての
          受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告を行ないません。
         (ⅵ)委託者は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときは、上記(ⅰ)から
          (ⅴ)までの規定にしたがいます。
        (e)公告
          委託者が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行ない、次のアドレスに掲載します。
                 http://www.nomura-am.co.jp/
          なお、電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の公告
         は、日本経済新聞に掲載します。
        (f)反対者の買取請求権
          ファンドの信託契約の解約または信託約款の変更を行う場合において、一定の期間内に委託者に対
         して異議を述べた受益者は、受託者に対し、自己に帰属する受益権を、信託財産をもって買取るべき
         旨を請求することができます。この買取請求権の内容および買取請求の手続に関する事項は、前述の
         「(b)信託期間の終了」(ⅰ)または「(d)信託約款の変更」(ⅱ)に規定する公告または書面に付記し
         ます。
        (g)関係法人との契約の更新に関する手続
          委託者と販売会社との間で締結する「募集・販売等に関する契約」は、契約終了の3ヵ月前までに
         当事者の一方から別段の意思表示のないときは、原則1年毎に自動的に更新されるものとします。
    4【受益者の権利等】

     受益者の有する主な権利は次の通りです。

       ①収益分配金に対する請求権
        ■収益分配金の支払い開始日■
          収益分配金は、自動的に無手数料で再投資されます。この場合の受益権の価額は、各計算期間終了
         日(決算日)の基準価額とします。
                                               91/136


                                                                                      EDINET提出書類
                                                                           野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         なお、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
       ②償還金に対する請求権

        ■償還金の支払い開始日■
          償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前
         において一部解約が行なわれた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定され
         た受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については
         原則として取得申込者とします。)に、原則として償還日(償還日が休業日の場合は翌営業日)から起算
         して5営業日までに支払いを開始します。
        ■償還金請求権の失効■
          受益者は、償還金を支払開始日から10年間支払請求しないと権利を失います。
       ③換金(解約)請求権

        受益者は、一部解約の実行を請求することができます。詳しくは、前述の「2 換金(解約)手続等」を
        ご参照下さい。
                                               92/136








                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】

    マイストーリー・株75(確定拠出年金向け)
    (1)当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)(以下

    「財務諸表等規則」という。)ならびに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理
    府令第133号)(以下「投資信託財産計算規則」という。)に基づいて作成しております。なお、財務諸表に記載している金額
    は、円単位で表示しております。
    (2)当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第22期計算期間(2022年8月30日から2023年8月29日ま

    で)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による監査を受けております。
    1【財務諸表】

                                 93/136
















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                    第21期               第22期
                                (2022年    8月29日現在)           (2023年    8月29日現在)
     資産の部
       流動資産
                                       258,593,068               231,669,191
        コール・ローン
                                      22,730,733,326               23,202,195,751
        投資信託受益証券
                                                       98,296,800
                                            -
        未収入金
                                      22,989,326,394               23,532,161,742
        流動資産合計
                                      22,989,326,394               23,532,161,742
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                        5,112,201               4,864,864
        未払収益分配金
                                        11,749,660               17,582,319
        未払解約金
                                        3,753,864               3,792,106
        未払受託者報酬
                                        65,066,928               65,729,588
        未払委託者報酬
                                           247               302
        未払利息
                                         375,322               379,148
        その他未払費用
                                        86,058,222               92,348,327
        流動負債合計
                                        86,058,222               92,348,327
       負債合計
     純資産の部
       元本等
                                      10,224,402,000                9,729,728,161
        元本
        剰余金
                                      12,678,866,172               13,710,085,254
          期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                      7,241,478,369               6,756,866,812
          (分配準備積立金)
                                      22,903,268,172               23,439,813,415
        元本等合計
                                      22,903,268,172               23,439,813,415
       純資産合計
                                      22,989,326,394               23,532,161,742
     負債純資産合計
                                 94/136










                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                    第21期               第22期
                                 自 2021年      8月31日          自 2022年      8月30日
                                 至 2022年      8月29日          至 2023年      8月29日
     営業収益
                                        38,211,379               23,603,869
       受取配当金
                                                           26
       受取利息                                      -
                                                     1,799,337,003
                                     △ 1,307,479,812
       有価証券売買等損益
                                                     1,822,940,898
                                     △ 1,269,268,433
       営業収益合計
     営業費用
                                          55,744               112,674
       支払利息
                                        8,013,250               7,470,400
       受託者報酬
                                       138,896,209               129,486,732
       委託者報酬
                                         801,207               746,920
       その他費用
                                       147,766,410               137,816,726
       営業費用合計
                                                     1,685,124,172
                                     △ 1,417,034,843
     営業利益又は営業損失(△)
                                                     1,685,124,172
                                     △ 1,417,034,843
     経常利益又は経常損失(△)
                                                     1,685,124,172
                                     △ 1,417,034,843
     当期純利益又は当期純損失(△)
     一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                                       31,396,751
                                      △ 129,777,477
     約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
                                      14,947,491,119               12,678,866,172
     期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                      1,612,347,435               1,285,423,873
     剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                      1,612,347,435               1,285,423,873
       額
                                      2,588,602,815               1,903,067,348
     剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                      2,588,602,815               1,903,067,348
       額
                                        5,112,201               4,864,864
     分配金
                                      12,678,866,172               13,710,085,254
     期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                 95/136











                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【注記表】

    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

    1.運用資産の評価基準及び評価方法                  投資信託受益証券

                      原則として時価で評価しております。
                      時価評価にあたっては、市場価格のある有価証券についてはその最終相場(計算日
                      に最終相場のない場合には、直近の日の最終相場)で評価しております。
                      市場価格のない有価証券については基準価額で評価しております。
    2.費用・収益の計上基準                  受取配当金
                      原則として配当落ち日において、確定配当金額又は予想配当金額を計上しておりま
                      す。
                      投資信託受益証券については、原則として収益分配金落ち日において、当該収益分
                      配金額を計上しております。
                      有価証券売買等損益
                      約定日基準で計上しております。
    3.金融商品の時価等に関する事項の補                  金融商品の時価の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前
      足説明                提条件等によった場合、当該価額が異なることもあります。
    4.その他                  当ファンドの計算期間は、信託約款の規定により、2022年                           8月30日から2023年         8月
                      29日までとなっております。
    (重要な会計上の見積りに関する注記)

    該当事項はありません。
    (貸借対照表に関する注記)
                 第21期                            第22期

              2022年    8月29日現在                         2023年    8月29日現在
    1.   計算期間の末日における受益権の総数                         1.   計算期間の末日における受益権の総数
                        10,224,402,000口                             9,729,728,161口
    2.   計算期間の末日における1単位当たりの純資産の額                         2.   計算期間の末日における1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額                     2.2401円        1口当たり純資産額                     2.4091円
        (10,000口当たり純資産額)                    (22,401円)         (10,000口当たり純資産額)                    (24,091円)
    (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                 第21期                            第22期

               自 2021年   8月31日                        自 2022年   8月30日
               至 2022年   8月29日                        至 2023年   8月29日
      1. 分配金の計算過程                           1. 分配金の計算過程
           項目                            項目
       費用控除後の配当等収益額              A          0円     費用控除後の配当等収益額              A      21,599,686円
       費用控除後・繰越欠損金補填              B          0円     費用控除後・繰越欠損金補填              B      527,815,996円
       後の有価証券売買等損益額                            後の有価証券売買等損益額
       収益調整金額               C      7,913,560,340円          収益調整金額               C      8,209,546,610円
       分配準備積立金額              D     7,246,590,570円          分配準備積立金額              D     6,212,315,994円
       当ファンドの分配対象収益額            E=A+B+C+D      15,160,150,910円          当ファンドの分配対象収益額            E=A+B+C+D      14,971,278,286円
                                 96/136

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       当ファンドの期末残存口数              F    10,224,402,000口          当ファンドの期末残存口数              F     9,729,728,161口
       10,000口当たり収益分配対象           G=E/F×10,000          14,827円       10,000口当たり収益分配対象           G=E/F×10,000          15,387円
       額                            額
       10,000口当たり分配金額              H          5円     10,000口当たり分配金額              H          5円
       収益分配金金額           I=F×H/10,000         5,112,201円        収益分配金金額           I=F×H/10,000         4,864,864円
    (金融商品に関する注記)

    (1)金融商品の状況に関する事項
                 第21期                            第22期

              自  2021年    8月31日                       自  2022年    8月30日
              至  2022年    8月29日                       至  2023年    8月29日
    1.金融商品に対する取組方針                            1.金融商品に対する取組方針
    当ファンドは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第                            同左
    4項に定める証券投資信託であり、信託約款に規定する運用
    の基本方針に従い、有価証券等の金融商品に対して投資とし
    て運用することを目的としております。
    2.金融商品の内容及びその金融商品に係るリスク                            2.金融商品の内容及びその金融商品に係るリスク
    当ファンドが保有する金融商品の種類は、有価証券、コー                            同左
    ル・ローン等の金銭債権及び金銭債務であります。
    当ファンドが保有する有価証券の詳細は、(その他の注記)の
    2  有価証券関係に記載しております。
    これらは、株価変動リスク、金利変動リスク、為替変動リス
    クなどの市場リスク、信用リスク及び流動性リスクにさらさ
    れております。
    3.金融商品に係るリスク管理体制                            3.金融商品に係るリスク管理体制
    委託会社においては、独立した投資リスク管理に関する委員                            同左
    会を設け、パフォーマンスの考査及び運用リスクの管理を行
    なっております。
    ○市場リスクの管理
    市場リスクに関しては、資産配分等の状況を常時、分析・把
    握し、投資方針に沿っているか等の管理を行なっておりま
    す。
    ○信用リスクの管理
    信用リスクに関しては、発行体や取引先の財務状況等に関す
    る情報収集・分析を常時、継続し、格付等の信用度に応じた
    組入制限等の管理を行なっております。
    ○流動性リスクの管理
    流動性リスクに関しては、必要に応じて市場流動性の状況を
    把握し、取引量や組入比率等の管理を行なっております。
    (2)金融商品の時価等に関する事項

                 第21期                            第22期

              2022年    8月29日現在                         2023年    8月29日現在
    1.貸借対照表計上額、時価及び差額                            1.貸借対照表計上額、時価及び差額
                                 97/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      貸借対照表上の金融商品は原則としてすべて時価で評価し                            同左
      ているため、貸借対照表計上額と時価との差額はありませ
      ん。
    2.時価の算定方法                            2.時価の算定方法
                                  同左
      投資信託受益証券
       (重要な会計方針に係る事項に関する注記)に記載して
      おります。
      コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
       これらの科目は短期間で決済されるため、帳簿価額は時
      価と近似していることから、当該帳簿価額を時価としてお
      ります。
    (関連当事者との取引に関する注記)

                 第21期                            第22期

              自  2021年    8月31日                       自  2022年    8月30日
              至  2022年    8月29日                       至  2023年    8月29日
    市場価格その他当該取引に係る公正な価格を勘案して、一般                            同左
    の取引条件と異なる関連当事者との取引は行なわれていない
    ため、該当事項はございません。
    (その他の注記)

    1  元本の移動
                 第21期                            第22期

              自  2021年    8月31日                       自  2022年    8月30日
              至  2022年    8月29日                       至  2023年    8月29日
    期首元本額                    10,883,836,339円        期首元本額                    10,224,402,000円
    期中追加設定元本額                    1,225,669,502円        期中追加設定元本額                    1,044,369,321円
    期中一部解約元本額                    1,885,103,841円        期中一部解約元本額                    1,539,043,160円
    2  有価証券関係

    売買目的有価証券
                            第21期                    第22期

                          自  2021年    8月31日               自  2022年    8月30日
           種類
                          至  2022年    8月29日               至  2023年    8月29日
                       損益に含まれた評価差額(円)                    損益に含まれた評価差額(円)

    投資信託受益証券                            △1,109,751,196                     1,635,004,970

           合計                     △1,109,751,196                     1,635,004,970

    3  デリバティブ取引関係

    該当事項はありません。

                                 98/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (4)【附属明細表】

    第1 有価証券明細表

    (1)株式(2023年8月29日現在)
    該当事項はありません。

    (2)株式以外の有価証券(2023年8月29日現在)

                                                       (単位:円)

       種類        通貨             銘柄            券面総額           評価額       備考

    投資信託受益証        日本円         ノムラ・ジャパン・オープンF(適格                       53,473       1,631,942,487
    券                 機関投資家専用)
                     ノムラ日本債券オープンF(適格機関                       12,056        158,174,720
                     投資家専用)
                     アムンディ・ターゲット・ジャパ                       19,581       1,011,319,488
                     ン・ファンドF(適格機関投資家専
                     用)
                     フランクリン・テンプルトン・米国                       53,102        576,209,802
                     債券コア・プラスF(適格機関投資家
                     専用)
                     MFS欧州株ファンドF(適格機関投資                        1,924        42,391,492
                     家専用)
                     ストラテジック・バリュー・オープ                       87,595       2,280,097,850
                     ンF(適格機関投資家専用)
                     ノムラ-インサイト欧州債券ファン                       36,397        562,988,796
                     ドF(適格機関投資家専用)
                     グローバル・エクイティ(除く日                       13,999        602,530,959
                     本)・ファンドF(適格機関投資家専
                     用)
                     ノムラ海外債券ファンドF(適格機関                       85,049       1,072,808,086
                     投資家専用)
                     スパークス・厳選投資・日本株ファ                       46,531        995,577,276
                     ンドF(適格機関投資家専用)
                     ノムラ-T&D      J Flag日本株F(適格機                37,685        621,350,280
                     関投資家専用)
                     SJAMバリュー日本株F(適格機関投資                       63,499       1,115,677,430
                     家専用)
                     ニッセイ国内債券オープンF(適格機                       23,715        228,399,165
                     関投資家専用)
                     マニュライフ・日本債券ストラテ                       19,245        186,233,865
                     ジック・アクティブ・ファンドF(適
                     格機関投資家専用)
                     ティー・ロウ・プライス            海外株式           58,668        821,352,000
                     ファンドF(適格機関投資家専用)
                     One国内株オープンF(FOFs用)(適                       102,264        1,804,959,600
                     格機関投資家専用)
                     日本フォーカス・グロースF(適格機                       99,815       1,786,987,945
                     関投資家専用)
                     野村DFA海外株式バリューファンドF                       112,010        1,331,014,830
                     (適格機関投資家専用)
                                 99/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     サンズ・グローバル・エクイティ                       34,192        278,596,416
                     (除く日本)F(適格機関投資家専
                     用)
                     ベイリー・ギフォード米国成長株                       19,989         96,866,694
                     ファンドF(適格機関投資家専用)
                     ウィリアム・ブレア・グローバル・                       122,794         969,090,248
                     リーダーズ(除く日本)F(適格機関
                     投資家専用)
                     野村ウエリントン・グローバル・オ                       139,597        1,339,014,424
                     ポチュニスティック・バリュー(除
                     く日本)F(適格機関投資家専用)
                     NKグローバル株式アクティブファン                       76,565        780,427,045
                     ドF(適格機関投資家専用)
                     ノムラ・マルチ・マネージャーズ・                       148,843        1,159,784,656
                     ファンドⅡ-米国債券FC
                     ノムラ・ワールド(除く日本)エク                       25,907        385,133,462
                     イティ・ファンドF
                     NPEBパン・ヨーロピアン・ボン                       35,437        280,058,611
                     ド・ファンドFC
                     PGIMグローバル・コア・ボンド・                       78,850        644,519,900
                     ファンド(除く日本)(為替ヘッジ
                     あり・毎月分配)
                     ノムラ・マルチ・マネージャーズ・                       44,874        438,688,224
                     ファンドⅢ-外国株式F
            小計
                     銘柄数:28                      1,653,656        23,202,195,751
                     組入時価比率:99.0%                                  100.0%
            合計                                       23,202,195,751
    (注1)投資信託受益証券、投資証券及び親投資信託受益証券における券面総額の数値は、証券数を表示しております。

    (注2)比率は左より組入時価の純資産に対する比率、及び各小計欄の合計金額に対する比率であります。
    第2   デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表
    該当事項はありません。

                                100/136









                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】

    【純資産額計算書】

                                    2023年9月29日現在

    Ⅰ 資産総額                              23,446,364,903       円 

    Ⅱ 負債総額                                35,787,272     円 
    Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                              23,410,577,631       円 
    Ⅳ 発行済口数                               9,749,104,285       口 
    Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   2.4013   円 
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

    (1)受益証券の名義書換えの事務等

       該当事項ありません。
       ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより定まり、この信
      託の受益権を取り扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取り消された場合または当該指定が
      効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継する者が存在しない場合その他やむを得ない事情
      がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。
       なお、受益者は、委託者がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、受益証券の再発行
      の請求を行なわないものとします。
    (2)受益者に対する特典
       該当事項はありません。
    (3)受益権の譲渡
      ① 受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載また
       は記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
      ② 上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数
       の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録する
       ものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受人の振替
       先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社振法の規定にした
       がい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行なわれるよう通知するものとしま
       す。
      ③ 上記①の振替について、委託者は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されている
       振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合等において、委託
       者が必要と認めたときまたはやむをえない事情があると判断したときは、振替停止日や振替停止期間を設
       けることができます。
    (4)受益権の譲渡の対抗要件
      受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託者および受託者に対抗することがで
      きません。
    (5)受益権の再分割
      委託者は、受益権の再分割を行ないません。ただし、社債、株式等の振替に関する法律が施行された場合に
      は、受託者と協議のうえ、同法に定めるところにしたがい、一定日現在の受益権を均等に再分割できるもの
                                101/136

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      とします。
    (6)質権口記載又は記録の受益権の取り扱いについて
      振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる一部解約の実行の請求の受付
      け、一部解約金および償還金の支払い等については、約款の規定によるほか、民法その他の法令等にした
      がって取り扱われます。
                                102/136


















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】

    第1【委託会社等の概況】

    1【委託会社等の概況】

     (1)資本金の額

        2023年10月末現在、17,180百万円
        会社が発行する株式総数  20,000,000株
        発行済株式総数                     5,150,693株
        過去5年間における主な資本金の額の増減:該当事項はありません。
     (2)会社の機構

       (a)会社の意思決定機構
         当社は監査等委員会設置会社であり、会社の機関として株主総会、取締役会のほか代表取締役および
        監査等委員会を設けております。各機関の権限は以下のとおりです。
        株主総会
         株主により構成され、取締役・会計監査人の選任・解任、剰余金の配当の承認、定款変更・合併等の
        重要事項の承認等を行います。
        取締役会
         取締役により構成され、当社の業務につき意思決定を行います。また代表取締役等を選任し、取締役
        の職務の執行を監督します。
        代表取締役・業務執行取締役
         代表取締役を含む各業務執行取締役は、当社の業務の執行を行います。代表取締役は当社を代表いた
        します。また取締役会により委任された一定の事項について、代表取締役を含む業務執行取締役で構成
        される経営会議が意思決定を行います。なお、当社は執行役員制度を導入しており、経営会議の構成員
        には執行役員が含まれます。
        監査等委員会
         監査等委員である取締役3名以上(但し、過半数は社外取締役)で構成され、取締役の職務執行の適
        法性および妥当性に関する監査を行うとともに、株主総会に提出する会計監査人の選任・解任・不再任
        に関する議案の内容や監査等委員である取締役以外の取締役の選任・解任・辞任および報酬等について
        の監査等委員会としての意見を決定します。
                                103/136






                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (b)投資信託の運用体制
    2【事業の内容及び営業の概況】















      「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託者は、証券投資信託の設定

     を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を行っていま
     す。また「金融商品取引法」に定める第二種金融商品取引業に係る業務の一部及び投資助言業務を行ってい
     ます。
       委託者の運用する証券投資信託は2023年9月29日現在次の通りです(ただし、親投資信託を除きます。)。
               種類           本数      純資産総額(百万円)

                                104/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            追加型株式投資信託
                          1,011          45,214,425
            単位型株式投資信託
                            182           672,336
           追加型公社債投資信託
                            14         6,751,050
           単位型公社債投資信託
                            472           989,018
               合計
                          1,679          53,626,829
    3【委託会社等の経理状況】

       1.委託会社である野村アセットマネジメント株式会社(以下「委託会社」という)の財務諸表は、「財務

        諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号、以下「財務諸表等規則」
        という)、ならびに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月
        6日内閣府令第52号)により作成しております。
       2.財務諸表の記載金額は、百万円未満の端数を切り捨てて表示しております。

       3.委託会社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2022年4月1日から2023年3

        月31日まで)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人の監査を受けております。
    (1)【貸借対照表】

                            前事業年度               当事業年度

                          (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
                    注記
           区分                金額(百万円)               金額(百万円)
                    番号
          (資産の部)
     流動資産
      現金・預金                             2,006              1,865
      金銭の信託                            35,894              42,108
      有価証券                            29,300              21,900
      前払金                              11              11
      前払費用                              454              775
      未収入金                              694             1,775
      未収委託者報酬                            27,176              26,116
      未収運用受託報酬                             4,002              3,780
      短期貸付金                             1,835              1,001
      未収還付法人税等                               -            2,083
      その他                              57              84
      貸倒引当金                             △15              △15
          流動資産計                        101,417              101,486
     固定資産
      有形固定資産                             1,744              1,335
       建物             ※2      1,219                906
       器具備品             ※2       525               428
      無形固定資産                             5,210              5,563
       ソフトウェア                    5,209               5,562
       その他                      0               0
                                105/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      投資その他の資産                            16,067              16,336
       投資有価証券                    2,201               1,793
       関係会社株式                    9,214              10,025
       長期差入保証金                     443               520
       長期前払費用                     13               10
       前払年金費用                    1,297               1,553
       繰延税金資産                    2,784               2,340
       その他                     112               92
          固定資産計                         23,023              23,235
          資産合計                       124,440              124,722
                            前事業年度               当事業年度

                          (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
                    注記
           区分                金額(百万円)               金額(百万円)
                    番号
          (負債の部)
     流動負債
      預り金                              120              124
      未払金                            17,615              17,879
       未払収益分配金                      0               0
       未払償還金                      17               57
       未払手数料                    8,357               8,409
       関係会社未払金                    8,149               8,911
       その他未払金                    1,089                500
      未払費用              ※1              9,512              9,682
      未払法人税等                             1,319              1,024
      前受収益                              22              22
      賞与引当金                             4,416              3,635
      その他                              121               46
         流動負債計                         33,127              32,414
     固定負債
      退職給付引当金                             3,194              2,940
      時効後支払損引当金                              588              595
      資産除去債務                             1,123              1,123
         固定負債計                         4,905              4,659
          負債合計                        38,033              37,074
         (純資産の部)
     株主資本                             86,232              87,419
      資本金                            17,180              17,180
      資本剰余金                             13,729              13,729
       資本準備金                     11,729               11,729
       その他資本剰余金                      2,000               2,000
      利益剰余金                             55,322              56,509
       利益準備金                       685               685
       その他利益剰余金                     54,637               55,823
        別途積立金                     24,606               24,606
        繰越利益剰余金                     30,030               31,217
     評価・換算差額等                               174              229
      その他有価証券評価差額金                               174              229
          純資産合計                         86,407              87,648
        負債・純資産合計                          124,440              124,722
                                106/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益計算書】

                            前事業年度               当事業年度

                          (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                          至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
                     注記
           区分                金額(百万円)               金額(百万円)
                     番号
     営業収益
      委託者報酬                            115,733              113,491
      運用受託報酬                            17,671              18,198
      その他営業収益                              530              331
          営業収益計                        133,935              132,021
     営業費用
      支払手数料                            39,087              38,684
      広告宣伝費                              804             1,187
      公告費                               0              0
      調査費                            26,650              29,050
       調査費                    4,867               6,045
       委託調査費                   21,783               23,004
      委託計算費                             1,384              1,363
      営業雑経費                             3,094              3,302
       通信費                      72               89
       印刷費                     918               903
       協会費                      79               83
       諸経費                    2,023               2,225
          営業費用計                        71,021              73,587
     一般管理費
      給料                            12,033              11,316
       役員報酬                     229               226
       給料・手当                    7,375               7,752
       賞与                    4,427               3,337
      交際費                              47              78
      寄付金                              73              115
      旅費交通費                              65              283
      租税公課                             1,049               963
      不動産賃借料                             1,432              1,232
      退職給付費用                             1,212               829
      固定資産減価償却費                             2,525              2,409
      諸経費                            11,116              12,439
         一般管理費計                         29,556              29,669
          営業利益                        33,357              28,763
                            前事業年度               当事業年度

                          (自 2021年4月1日
                                        (自 2022年4月1日
                          至 2022年3月31日)
                                        至 2023年3月31日)
                    注記
           区分                金額(百万円)               金額(百万円)
                    番号
     営業外収益
                                107/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      受取配当金               ※1      3,530               7,645
      受取利息                      10               45
      為替差益                       -              49
      その他                     1,268                637
         営業外収益計                         4,809               8,377
     営業外費用
      金銭の信託運用損                      1,387               1,736
      時効後支払損引当金繰入額                        12               10
      為替差損                      23               -
      その他                      266                8
         営業外費用計                         1,689               1,755
          経常利益                        36,477               35,385
     特別利益
      投資有価証券等売却益                      26               10
      株式報酬受入益                      53               46
      固定資産売却益                       9               -
      資産除去債務履行差額                      141                -
          特別利益計                          230               57
     特別損失
      投資有価証券等売却損                       0              16
      関係会社株式評価損                      727                -
      固定資産除却損               ※2       374               52
      資産除去債務履行差額                       0               -
      事務所移転費用                      54               -
          特別損失計                         1,158                69
        税引前当期純利益                          35,549               35,374
     法人税、住民税及び事業税                             10,474               8,890

     法人税等調整額                               171               419
          当期純利益                        24,904               26,064

    (3)【株主資本等変動計算書】

      前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                   株主資本
                       資本剰余金                  利益剰余金
                                       その他利益剰余金                 株 主
                        その他    資 本                      利 益
              資本金                                          資 本
                    資 本              利 益
                                            繰 越
                        資 本    剰余金                      剰余金
                                       別 途
                                                        合 計
                    準備金              準備金
                                            利 益
                        剰余金    合 計                      合 計
                                       積立金
                                            剰余金
     当期首残高          17,180     11,729    2,000     13,729       685    24,606      31,395      56,686      87,596
     当期変動額
      剰余金の配当                                      △26,268      △26,268      △26,268
      当期純利益                                       24,904      24,904      24,904
                                108/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      株主資本以外
      の項目の当期
      変動額(純
      額)
     当期変動額合計            -     -    -     -     -     -    △1,364      △1,364      △1,364
     当期末残高          17,180     11,729    2,000     13,729       685    24,606      30,030      55,322      86,232
                                  (単位:百万円)

                      評価・換算差額等
                                    純資産合計
                  その他有価証         評価・換算
                  券評価差額金         差額等合計
     当期首残高                   57        57       87,654

     当期変動額
      剰余金の配当                                 △26,268
      当期純利益                                  24,904
      株主資本以外の項目の
                       116        116         116
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                   116        116       △1,247
     当期末残高                   174        174        86,407
      当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                   株主資本
                       資本剰余金                  利益剰余金
                                       その他利益剰余金                 株 主
                        その他    資 本                      利 益
              資本金                                          資 本
                   資 本              利 益
                                            繰 越
                        資 本    剰余金                      剰余金
                                       別 途
                                                        合 計
                   準備金              準備金
                                            利 益
                        剰余金    合 計                      合 計
                                       積立金
                                            剰余金
     当期首残高          17,180     11,729    2,000    13,729       685    24,606      30,030      55,322      86,232
     当期変動額
      剰余金の配当                                      △24,877      △24,877      △24,877
      当期純利益                                       26,064      26,064      26,064
      株主資本以外
      の項目の当期
      変動額(純
      額)
     当期変動額合計            -     -    -     -     -     -     1,186      1,186      1,186
     当期末残高          17,180     11,729    2,000    13,729       685    24,606      31,217      56,509      87,419
                                  (単位:百万円)

                      評価・換算差額等
                                109/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                    純資産合計
                  その他有価証        評価・換算
                  券評価差額金        差額等合計
     当期首残高                   174        174        86,407

     当期変動額
      剰余金の配当                                 △24,877
      当期純利益                                  26,064
      株主資本以外の項目の
                        54        54          54
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                   54        54        1,240
     当期末残高                   229        229        87,648
    [重要な会計方針]

     1.有価証券の評価基準及び評価方法                   (1)  子会社株式及び関連会社株式              …  移動平均法による原価法

                        (2)  その他有価証券

                         市場価格のない          …     時価法
                         株式等以外のもの            (評価差額は全部純資産直入法により処理
                                     し、売却原価は移動平均法により算定)
                         市場価格のない          …     移動平均法による原価法
                         株式等
     2.金銭の信託の評価基準及び評価方                    時価法

       法
     3.デリバティブ取引の評価基準及び                    時価法
       評価方法
     4.外貨建の資産又は負債の本邦通貨                     外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算

       への換算基準                 し、換算差額は損益として処理しております。
     5.固定資産の減価償却の方法                   (1)  有形固定資産

                           定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得
                          した建物(附属設備を除く)、並びに2016年4月1日以降に取得した
                          建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しておりま
                          す。
                           主な耐用年数は以下の通りであります。
                             建物             6年
                             附属設備           6~15年
                             器具備品           4~15年
                        (2)  無形固定資産及び投資その他の資産

                           定額法を採用しております。なお、自社利用のソフトウェアに
                          ついては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法に
                          よっております。
     6.引当金の計上基準                   (1)  貸倒引当金

                         一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
                         については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上して
                         おります。
                        (2)  賞与引当金
                         賞与の支払いに備えるため、支払見込額を計上しております。
                                110/136



                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        (3)  退職給付引当金
                           従業員の退職給付に備えるため、退職一時金及び確定給付型企業
                          年金について、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の
                          見込額に基づき計上しております。
                         ①  退職給付見込額の期間帰属方法
                           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末
                          までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっ
                          ております。
                         ②  数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                           確定給付型企業年金に係る数理計算上の差異は、その発生時の
                          従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法によ
                          り、発生した事業年度の翌期から費用処理することとしておりま
                          す。また、退職一時金に係る数理計算上の差異は、発生した事業
                          年度の翌期に一括して費用処理することとしております。
                           退職一時金及び確定給付型企業年金に係る過去勤務費用は、その
                          発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法
                          により、発生した事業年度から費用処理することとしております。
                        (4)  時効後支払損引当金
                           時効成立のため利益計上した収益分配金及び償還金について、
                          受益者からの今後の支払請求に備えるため、過去の支払実績に基づ
                          く将来の支払見込額を計上しております。
     7.収益及び費用の計上基準                    当社は、資産運用サービスから委託者報酬、運用受託報酬を稼得し

                        ております。これらには成功報酬が含まれる場合があります。
                         ①  委託者報酬

                         委託者報酬は、投資信託の信託約款に基づき日々の純資産総額に対
                        する一定割合として認識され、確定した報酬を投資信託によって主に
                        年4回、もしくは年2回受取ります。当該報酬は期間の経過とともに
                        履行義務が充足されるという前提に基づき、投資信託の運用期間にわ
                        たり収益として認識しております。
                         ②  運用受託報酬

                         運用受託報酬は、投資顧問契約に基づき契約期間の純資産総額等に
                        対する一定割合として認識され、確定した報酬を顧問口座によって主
                        に年4回、もしくは年2回受取ります。当該報酬は期間の経過ととも
                        に履行義務が充足されるという前提に基づき、顧問口座の運用期間に
                        わたり収益として認識しております。
                         ③  成功報酬

                         成功報酬は、対象となる投資信託または顧問口座の特定のベンチ
                        マークまたはその他のパフォーマンス目標を上回る超過運用益に対す
                        る一定割合として認識されます。当該報酬は成功報酬を受領する権利
                        が確定した時点で収益として認識しております。
    [会計上の見積りに関する注記]


        該当事項はありません。
     [会計方針の変更]

                                111/136




                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        (時価の算定に関する会計基準の適用)
        「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                        2021年6月17日。以下
       「時価算定会計基準適用指針」という。)を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準適用指
       針第27-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針
       を将来にわたって適用することとしております。
        これにより、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
       等の注記を行うこととしました。
        なお、「金融商品関係」注記の金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項における投資信
       託に関する注記事項においては、時価算定会計基準適用指針第27-3項に従って、前事業年度に係る
       ものについては記載しておりません。
     [未適用の会計基準等]

         該当事項はありません。
    [注記事項]


    ◇ 貸借対照表関係

               前事業年度末                           当事業年度末

              (2022年3月31日)                           (2023年3月31日)
     ※1.関係会社に対する資産及び負債                           ※1.関係会社に対する資産及び負債
        区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている                           区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている
       ものは、次のとおりであります。                           ものは、次のとおりであります。
        未払費用                1,223百万円          未払費用                 1,350百万円
     ※2.有形固定資産より控除した減価償却累計額                           ※2.有形固定資産より控除した減価償却累計額

        建物                 589百万円         建物                  901百万円
        器具備品                 618         器具備品                  657
        合計                1,207          合計                 1,559
    ◇ 損益計算書関係

               前事業年度                           当事業年度

             (自 2021年4月1日                           (自 2022年4月1日
             至 2022年3月31日)                           至 2023年3月31日)
     ※1.関係会社に係る注記                           ※1.関係会社に係る注記
        区分掲記されたもの以外で関係会社に対するもの                           区分掲記されたもの以外で関係会社に対するもの
       は、次のとおりであります。                           は、次のとおりであります。
        受取配当金                3,525百万円          受取配当金                7,634百万円
     ※2.固定資産除却損                           ※2.固定資産除却損

        建物                 346百万円         建物                  0百万円
        器具備品                  28         器具備品                  0
        ソフトウェア                  -        ソフトウェア                  52
        合計                 374         合計                  52
    ◇   株主資本等変動計算書関係

       前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

      1.  発行済株式の種類及び総数に関する事項

                                112/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     株式の種類       当事業年度期首株式数            当事業年度増加株式数            当事業年度減少株式数            当事業年度末株式数
      普通株式           5,150,693株                -            -      5,150,693株

      2.  剰余金の配当に関する事項

       (1)配当財産が金銭である場合における当該金銭の総額
           2021年5月14日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                     26,268百万円
            配当の原資                      利益剰余金
            1株当たり配当額                        5,100円
            基準日                     2021年3月31日
            効力発生日                     2021年6月30日
       (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

           2022年5月18日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                     24,877百万円
            配当の原資                      利益剰余金
            1株当たり配当額                        4,830円
            基準日                     2022年3月31日
            効力発生日                     2022年6月30日
    当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

      1.  発行済株式の種類及び総数に関する事項

     株式の種類       当事業年度期首株式数            当事業年度増加株式数            当事業年度減少株式数            当事業年度末株式数
      普通株式           5,150,693株                -            -      5,150,693株

      2.  剰余金の配当に関する事項

       (1)配当財産が金銭である場合における当該金銭の総額
           2022年5月18日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                     24,877百万円
            配当の原資                      利益剰余金
            1株当たり配当額                        4,830円
            基準日                     2022年3月31日
            効力発生日                     2022年6月30日
       (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

           2023年5月23日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                     55,782百万円
            配当の原資                      利益剰余金
            1株当たり配当額                       10,830円
            基準日                     2023年3月31日
                                113/136

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            効力発生日                     2023年6月30日
    ◇ 金融商品関係

       前事業年度(自         2021年4月1日         至  2022年3月31日)

      1.  金融商品の状況に関する事項

       (1)金融商品に対する取組方針
          当社は、投資信託の運用を業として行っており、自社が運用する投資信託の商品性維持等を目的と
         して、当該投資信託を特定金外信託を通じ保有しております。特定金外信託を通じ行っているデリバ
         ティブ取引については、保有する投資信託にかかる将来の為替及び価格の変動によるリスクの軽減を
         目的としているため、投資信託保有残高の範囲内で行うこととし、投機目的のためのデリバディブ取
         引は行わない方針であります。
          なお、余資運用に関しては、譲渡性預金等安全性の高い金融資産で運用し、資金調達に関しては、
         親会社である野村ホールディングス株式会社及びその他の金融機関からの短期借入による方針であり
         ます。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

          特定金外信託を通じ保有している投資信託につきましては、為替変動リスクや価格変動リスクに晒
         されておりますが、その大部分については為替予約、株価指数先物、債券先物などのデリバティブ取
         引によりヘッジしております。また、株式につきましては、政策投資として、あるいは業務上の関係
         維持を目的として保有しておりますが、価格変動リスクに晒されております。有価証券及び投資有価
         証券並びに金銭の信託については財務部が管理しており、定期的に時価や発行体の財務状況を把握
         し、その内容を経営に報告しております。
          デリバティブ取引の実行及び管理については、財務部及び運用部で行っております。デリバティブ
         取引については、取引相手先として高格付を有する金融機関に限定しているため信用リスクはほとん
         どないと認識しております。財務部は月に一度デリバティブ取引の内容を含んだ財務報告を経営会議
         で行っております。
          また、営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産から委託者に対して支
         払われる信託報酬の未払金額であり、信託財産は受託銀行において分別保管されているため、信用リ
         スクはほとんどないと認識しております。同じく営業債権である未収運用受託報酬は、投資顧問契約
         に基づき、運用受託者に対して支払われる報酬の未払金額であります。この未収運用受託報酬は、信
         託財産から運用受託者に対して支払われる場合は、信託財産が信託銀行において分別保管されている
         ため、信用リスクはほとんどないと認識しており、顧客から直接運用受託者に対して支払われる場合
         は、当該顧客の信用リスクにさらされておりますが、顧客ごとに決済期日および残高を管理すること
         により、回収懸念の早期把握や回収リスクの軽減を図っております。
      2.  金融商品の時価等に関する事項

          2022年3月31日における貸借対照表計上額、時価、及びこれらの差額については次のとおりです。
                                                 (単位:百万円)
                                114/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                              貸借対照表            時価          差額
                               計上額
        (1)金銭の信託                          35,894          35,894            -
               資産計                  35,894          35,894            -
        (2)その他(デリバティブ取引)                            121          121           -
               負債計                    121          121           -
       (注1) 現金・預金、未収委託者報酬、未収運用受託報酬、有価証券、短期貸付金、未払金、未払費
            用、未払法人税等は短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似するものであることから、
            記載を省略しております。
       (注2) 投資有価証券及び関係会社株式は、市場価格のない株式等及び組合出資金等であることから、
            上表には含まれておりません。当該金融商品の貸借対照表計上額は以下のとおりであります。
                                前事業年度      (百万円)

           市場価格のない株式等(※)1.2                              9,529
           組合出資金等                              1,886
           合計                              11,415
         (※)1 市場価格のない株式等には非上場株式等が含まれております。
            2 非上場株式等について、前事業年度において727百万円減損処理を行っております。
        (注3) 金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                         (単位:百万円)
                                    1年超       5年超
                             1年以内                     10年超
                                    5年以内      10年以内
           預金                    2,006         -       -       -
           金銭の信託                   35,894          -       -       -
           未収委託者報酬                   27,176          -       -       -
           未収運用受託報酬                    4,002         -       -       -
           有価証券及び投資有価証券
            その他有価証券                   29,300          -       -       -
           短期貸付金                    1,835
           合計                   100,215          -       -       -
      3.  金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

      金融商品の時価を、時価の算定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベル

    に分類しております。
     レベル1の時価:同一の資産又は負債の活発な市場における(無調整の)相場価格により算定した時価
     レベル2の時価:レベル1のインプット以外の直接または間接的に観察可能なインプットを用いて算定した時
    価
     レベル3の時価:重要な観察できないインプットを使用して算定した時価
     時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ
    属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
                区分                  貸借対照表計上額 (単位:百万円) 

                             レベル1        レベル2        レベル3         合計
        金銭の信託(運用目的・その他)                          -      1,736          -      1,736
        (※)
        資産計                          -      1,736          -      1,736
        デリバティブ取引(通貨関連)                          -       121         -       121
        負債計                          -       121         -       121
                                115/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (※)時価算定適用指針第26項に従い経過措置を適用し、投資信託を主要な構成物とする金銭の信託34,157

      百万円は表中に含まれておりません。
    (注)時価の算定に用いた評価技法及びインプットの説明

    金銭の信託

     信託財産は、主として投資信託、デリバティブ取引、その他の資産(コールローン・委託証拠金等)で構成
    されております。
      信託財産を構成する金融商品の時価について、投資信託は基準価額、デリバティブ取引に関しては、上場デ
    リバティブ取引は取引所の価格、為替予約取引は先物為替相場、店頭デリバティブ取引は取引先金融機関から
    提示された価格等によっております。また、その他の資産については短期間で決済されるため、時価は帳簿価
    額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
    デリバティブ取引

     時価の算定方法は、取引先金融機関から提示された価格等に基づき算出しており、レベル2の時価に分類し
    ております。
       当事業年度(自         2022年4月1日         至  2023年3月31日)

      1.  金融商品の状況に関する事項

       (1)金融商品に対する取組方針
          当社は、投資信託の運用を業として行っており、自社が運用する投資信託の商品性維持等を目的と
         して、当該投資信託を特定金外信託を通じ保有しております。特定金外信託を通じ行っているデリバ
         ティブ取引については、保有する投資信託にかかる将来の為替及び価格の変動によるリスクの軽減を
         目的としているため、投資信託保有残高の範囲内で行うこととし、投機目的のためのデリバディブ取
         引は行わない方針であります。
          なお、余資運用に関しては、譲渡性預金等安全性の高い金融資産で運用し、資金調達に関しては、
         親会社である野村ホールディングス株式会社及びその他の金融機関からの短期借入による方針であり
         ます。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

          特定金外信託を通じ保有している投資信託につきましては、為替変動リスクや価格変動リスクに晒
         されておりますが、その大部分については為替予約、株価指数先物、債券先物などのデリバティブ取
         引によりヘッジしております。また、株式につきましては、政策投資として、あるいは業務上の関係
         維持を目的として保有しておりますが、価格変動リスクに晒されております。有価証券及び投資有価
         証券並びに金銭の信託については財務部が管理しており、定期的に時価や発行体の財務状況を把握
         し、その内容を経営に報告しております。
          デリバティブ取引の実行及び管理については、財務部及び運用部で行っております。デリバティブ
         取引については、取引相手先として高格付を有する金融機関に限定しているため信用リスクはほとん
         どないと認識しております。財務部は月に一度デリバティブ取引の内容を含んだ財務報告を経営会議
         で行っております。
          また、営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産から委託者に対して支
         払われる信託報酬の未払金額であり、信託財産は受託銀行において分別保管されているため、信用リ
         スクはほとんどないと認識しております。同じく営業債権である未収運用受託報酬は、投資顧問契約
                                116/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         に基づき、運用受託者に対して支払われる報酬の未払金額であります。この未収運用受託報酬は、信
         託財産から運用受託者に対して支払われる場合は、信託財産が信託銀行において分別保管されている
         た め、信用リスクはほとんどないと認識しており、顧客から直接運用受託者に対して支払われる場合
         は、当該顧客の信用リスクにさらされておりますが、顧客ごとに決済期日および残高を管理すること
         により、回収懸念の早期把握や回収リスクの軽減を図っております。
      2.  金融商品の時価等に関する事項


          2023年3月31日における貸借対照表計上額、時価、及びこれらの差額については次のとおりです。
                                                 (単位:百万円)
                              貸借対照表            時価          差額
                               計上額
        (1)金銭の信託                          42,108          42,108            -
               資産計                  42,108          42,108            -
        (2)その他(デリバティブ取引)                            46          46          -
               負債計                     46          46          -
       (注1) 現金・預金、未収委託者報酬、未収運用受託報酬、有価証券、短期貸付金、未払金、未払費
            用、未払法人税等は短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似するものであることから、
            記載を省略しております。
       (注2) 投資有価証券及び関係会社株式は、市場価格のない株式等及び組合出資金等であることから、
            上表には含まれておりません。当該金融商品の貸借対照表計上額は以下のとおりであります。
                              当事業年度      (百万円)

           市場価格のない株式等(※)                             10,261
           組合出資金等                             1,557
           合計                             11,819
         (※)市場価格のない株式等には非上場株式等が含まれております。
        (注3) 金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                         (単位:百万円)
                                    1年超       5年超
                            1年以内                      10年超
                                   5年以内       10年以内
           預金                    1,865         -       -       -
           金銭の信託                   42,108          -       -       -
           未収委託者報酬                   26,116          -       -       -
           未収運用受託報酬                    3,780         -       -       -
           有価証券及び投資有価証券
            その他有価証券                   21,900          -       -       -
           短期貸付金                    1,001
           合計                   96,772          -       -       -
      3.  金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

      金融商品の時価を、時価の算定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベル

    に分類しております。
     レベル1の時価:同一の資産又は負債の活発な市場における(無調整の)相場価格により算定した時価
                                117/136

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     レベル2の時価:レベル1のインプット以外の直接または間接的に観察可能なインプットを用いて算定した時
    価
     レベル3の時価:重要な観察できないインプットを使用して算定した時価
     時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ
    属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
                区分                  貸借対照表計上額 (単位:百万円) 

                             レベル1        レベル2        レベル3         合計
        金銭の信託(運用目的・その他)                          -      42,108           -      42,108
        資産計                          -      42,108           -      42,108
        デリバティブ取引(通貨関連)                          -        46         -        46
        負債計                          -        46         -        46
    (注)時価の算定に用いた評価技法及びインプットの説明

    金銭の信託

     信託財産は、主として投資信託、デリバティブ取引、その他の資産(コールローン・委託証拠金等)で構成
    されております。
      信託財産を構成する金融商品の時価について、投資信託は基準価額、デリバティブ取引に関しては、上場デ
    リバティブ取引は取引所の価格、為替予約取引は先物為替相場、店頭デリバティブ取引は取引先金融機関から
    提示された価格等によっております。また、その他の資産については短期間で決済されるため、時価は帳簿価
    額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。構成物のレベルに基づき、レベル2の時価に分類
    しております。
    デリバティブ取引

     時価の算定方法は、取引先金融機関から提示された価格等に基づき算出しており、レベル2の時価に分類し
    ております。
    ◇ 有価証券関係

      前事業年度      (自   2021年4月1日         至  2022年3月31日)

      1.売買目的有価証券(2022年3月31日)

        該当事項はありません。
      2.満期保有目的の債券(2022年3月31日)

        該当事項はありません。
      3.子会社株式及び関連会社株式(2022年3月31日)

        市場価格のない株式等の貸借対照表計上額
                      前事業年度
            区分
                      (百万円)
        子会社株式                    9,107
        関連会社株式                     106
      4.その他有価証券(2022年3月31日)

                    貸借対照表       取得原価        差額

            区分         計上額
                    (百万円)       (百万円)       (百万円)
                                118/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        貸借対照表計上額が取
        得原価を超えるもの
         株式                -       -       -
            小計            -       -       -
        貸借対照表計上額が取
        得原価を超えないもの
         譲渡性預金             29,300       29,300         -
            小計          29,300       29,300         -
            合計          29,300       29,300         -
        ※市場価格のない株式等(貸借対照表計上額315百万円)及び組合出資金等(貸借対照表計上額1,886百
        万円)は、記載しておりません。
      5.事業年度中に売却したその他有価証券(自                        2021年4月1日         至  2022年3月31日)

       該当事項はありません。
      当事業年度      (自   2022年4月1日         至  2023年3月31日)


      1.売買目的有価証券(2023年3月31日)

        該当事項はありません。
      2.満期保有目的の債券(2023年3月31日)

        該当事項はありません。
      3.子会社株式及び関連会社株式(2023年3月31日)

        市場価格のない株式等の貸借対照表計上額
                      当事業年度
            区分
                      (百万円)
        子会社株式                    9,919
        関連会社株式                     106
      4.その他有価証券(2023年3月31日)

                    貸借対照表       取得原価        差額

            区分         計上額
                    (百万円)       (百万円)       (百万円)
        貸借対照表計上額が取
        得原価を超えるもの
         株式                -       -       -
            小計            -       -       -
        貸借対照表計上額が取
        得原価を超えないもの
         譲渡性預金             21,900       21,900         -
            小計          21,900       21,900         -
            合計          21,900       21,900         -
        ※市場価格のない株式等(貸借対照表計上額235百万円)及び組合出資金等(貸借対照表計上額1,557百
                                119/136

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        万円)は、記載しておりません。
      5.事業年度中に売却したその他有価証券(自                        2022年4月1日        至  2023年3月31日)

           区分        売却額(百万円)          売却益の合計額(百万円)             売却損の合計額(百万円)

           株式                66             -            16
           合計                66             -            16
    ◇ デリバティブ取引関係


      1.   ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引

      (1)通貨関連
      前事業年度      (自   2021年4月1日          至  2022年3月31日)

                                 契約額等の
                          契約額等               時価     評価損益
         区分         取引の種類                うち一年超
                          (百万円)              (百万円)      (百万円)
                                  (百万円)
                  為替予約取引
     市場取引以外の取引              売建          1,714         -    △121      △121
                   米ドル
      当事業年度      (自   2022年4月1日         至  2023年3月31日)

                                 契約額等の
                          契約額等               時価     評価損益
         区分         取引の種類                うち一年超
                          (百万円)              (百万円)      (百万円)
                                  (百万円)
                  為替予約取引
     市場取引以外の取引              売建           952        -    △46      △46
                   米ドル
      ◇ 退職給付関係


                   前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

         1.採用している退職給付制度の概要

           当社は、確定給付型の制度として確定給付型企業年金制度及び退職一時金制度を、また確
          定拠出型の制度として確定拠出年金制度を設けております。
         2.確定給付制度

         (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
            退職給付債務の期首残高                            23,270   百万円
             勤務費用                             961
             利息費用                             176
             数理計算上の差異の発生額                           △1,521
             退職給付の支払額                            △904
             その他                             △14
            退職給付債務の期末残高                            21,967
                                120/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表
            年金資産の期首残高                            19,349   百万円
             期待運用収益                             454
             数理計算上の差異の発生額                            △258
             事業主からの拠出額                             814
             退職給付の支払額                            △672
            年金資産の期末残高                            19,687
         (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金

            及び前払年金費用の調整表
            積立型制度の退職給付債務                            18,807   百万円
            年金資産                           △19,687
                                         △879
            非積立型制度の退職給付債務                            3,159
            未積立退職給付債務                            2,279
            未認識数理計算上の差異                            △489
            未認識過去勤務費用                             106
            貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                            1,896
            退職給付引当金                            3,194

            前払年金費用                           △1,297
            貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                            1,896
         (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

            勤務費用                             961  百万円
            利息費用                             176
            期待運用収益                            △454
            数理計算上の差異の費用処理額                             322
            過去勤務費用の費用処理額                             △45
            確定給付制度に係る退職給付費用                             959
         (5)  年金資産に関する事項

           ①年金資産の主な内容
            年金資産合計に対する主な分類毎の比率は、次の通りです。
            債券                             51%
            株式                             32%
            生保一般勘定                             10%
            生保特別勘定                              6%
            その他                              1%
            合計                             100%
           ②長期期待運用収益率の設定方法

            年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分
            と、年金資産を構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮
            しております。
         (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項

            当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
            確定給付型企業年金制度の割引率                             0.9%
            退職一時金制度の割引率                             0.6%
            長期期待運用収益率                            2.35%
         3.確定拠出制度

           当社の確定拠出制度への要拠出額は、197百万円でした。
                   当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)


                                121/136



                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         1.採用している退職給付制度の概要
           当社は、確定給付型の制度として確定給付型企業年金制度及び退職一時金制度を、また確
          定拠出型の制度として確定拠出年金制度を設けております。
         2.確定給付制度

         (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
            退職給付債務の期首残高                            21,967   百万円
             勤務費用                             853
             利息費用                             188
             数理計算上の差異の発生額                           △1,476
             退職給付の支払額                           △1,133
             その他                             △83
            退職給付債務の期末残高                            20,314
         (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表

            年金資産の期首残高                            19,687   百万円
             期待運用収益                             462
             数理計算上の差異の発生額                            △716
             事業主からの拠出額                             819
             退職給付の支払額                            △874
            年金資産の期末残高                            19,378
         (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金

            及び前払年金費用の調整表
            積立型制度の退職給付債務                            17,386   百万円
            年金資産                           △19,378
                                        △1,991
            非積立型制度の退職給付債務                            2,927
            未積立退職給付債務                             935
            未認識数理計算上の差異                             398
            未認識過去勤務費用                              53
            貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                            1,387
            退職給付引当金                            2,940

            前払年金費用                           △1,553
            貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                            1,387
         (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

            勤務費用                             853  百万円
            利息費用                             188
            期待運用収益                            △462
            数理計算上の差異の費用処理額                             127
            過去勤務費用の費用処理額                             △52
            確定給付制度に係る退職給付費用                             653
         (5)  年金資産に関する事項

           ①年金資産の主な内容
            年金資産合計に対する主な分類毎の比率は、次の通りです。
            債券                             34%
            株式                             27%
            生保一般勘定                             11%
            生保特別勘定                              7%
            その他                             21%
            合計                             100%
           ②長期期待運用収益率の設定方法

            年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分
            と、年金資産を構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮
            しております。
                                122/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項
            当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
            確定給付型企業年金制度の割引率                             1.4%
            退職一時金制度の割引率                             1.1%
            長期期待運用収益率                            2.35%
         3.確定拠出制度

           当社の確定拠出制度への要拠出額は、202百万円でした。
    ◇ 税効果会計関係


    1. 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
               前事業年度末                            当事業年度末

               (2022年3月31日)                            (2023年3月31日)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の                            1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の
     内訳                             内訳
      繰延税金資産                       百万円      繰延税金資産                       百万円
       賞与引当金                      1,381      賞与引当金                      1,138
       退職給付引当金                       990     退職給付引当金                       911
       関係会社株式評価減                      1,010      関係会社株式評価減                      1,010
       未払事業税                       285     未払事業税                       227
       投資有価証券評価減                       110     投資有価証券評価減                        11
       減価償却超過額                       272     減価償却超過額                       331
       時効後支払損引当金                       182     時効後支払損引当金                       184
       関係会社株式売却損                       505     関係会社株式売却損                       505
       ゴルフ会員権評価減                        92     ゴルフ会員権評価減                        78
       資産除去債務                       348     資産除去債務                       348
       未払社会保険料                       114     未払社会保険料                        85
                               84                            44
       その他                            その他
      繰延税金資産小計                       5,376      繰延税金資産小計                      4,878
      評価性引当額                            評価性引当額
                            △1,795                            △1,696
      繰延税金資産合計                       3,581     繰延税金資産合計                       3,181
      繰延税金負債                            繰延税金負債
       資産除去債務に対応する除去費用                      △233      資産除去債務に対応する除去費用                      △171
       関係会社株式評価益                       △81      関係会社株式評価益                       △84
       その他有価証券評価差額金                       △78      その他有価証券評価差額金                      △102
                             △402                            △481
       前払年金費用                             前払年金費用
      繰延税金負債合計                       △796     繰延税金負債合計                       △840
      繰延税金資産の純額                       2,784     繰延税金資産の純額                       2,340
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率                            2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率

     との差異の原因となった主な項目別の内訳                             との差異の原因となった主な項目別の内訳
      法定実効税率                      31.0%      法定実効税率                      31.0%
      (調整)                            (調整)
      交際費等永久に損金に算入されない項                       0.0%      交際費等永久に損金に算入されない項                       0.3%
      目                            目
      受取配当金等永久に益金に算入され                            受取配当金等永久に益金に算入され
      ない項目                      △2.9%       ない項目                      △6.4%
      タックスヘイブン税制                       1.8%      タックスヘイブン税制                       2.1%
      外国税額控除                      △0.5%       外国税額控除                      △0.6%
      外国子会社からの受取配当に係る外                            外国子会社からの受取配当に係る外
      国源泉税                       0.4%      国源泉税                       0.7%
      その他                       0.1%      その他                      △0.8%
      税効果会計適用後の法人税等の負担                            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                            29.9%                            26.3%
      率
    2. 法人税及び地方法人税の会計処理又はこれらに関する税効果会計の会計処理

                                123/136

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      当社は、当事業年度から、グループ通算制度を適用しております。また、「グループ通算制度を適用する場
    合の会計処理及び開示に関する取扱い」(実務対応報告第42号 2021年8月12日)に従って、法人税及び地方法
    人 税の会計処理又はこれらに関する税効果会計の会計処理並びに開示を行っております。
    ◇ 資産除去債務関係

      資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの

    1.当該資産除去債務の概要
       本社の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
    2.当該資産除去債務の金額の算定方法

       使用見込期間を当該不動産賃貸借契約期間とし、割引率は0.0%を使用して資産除去債務の金額を計算し
      ております。
    3.当該資産除去債務の総額の増減

                                          (単位:百万円)

                            前事業年度             当事業年度
                         自 2021年4月        1日     自 2022年4月        1日
                         至 2022年3月31日             至 2023年3月31日
       期首残高                           1,371              1,123
       有形固定資産の取得に伴う増加                             48      -              
       資産除去債務の履行による減少                           △296
                                                  -
       期末残高                           1,123              1,123
    ◇ 収益認識に関する注記


       1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報

       前事業年度      (自   2021年4月1日          至  2022年3月31日)
                           前事業年度
              区分           (自 2021年4月         1日
                         至 2022年3月31日)
        委託者報酬                      115,670百万円
        運用受託報酬                       16,675百万円
        成功報酬(注)                       1,058百万円
        その他営業収益                        530百万円
        合計                      133,935百万円
        (注)成功報酬は、損益計算書において委託者報酬または運用受託報酬に含めて表示しております。
       当事業年度      (自   2022年4月1日          至  2023年3月31日)

                           当事業年度
              区分           (自 2022年4月         1日
                         至 2023年3月31日)
        委託者報酬                      113,491百万円
        運用受託報酬                       17,245百万円
        成功報酬(注)                        952百万円
        その他営業収益                        331百万円
        合計                      132,021百万円
        (注)成功報酬は、損益計算書において委託者報酬または運用受託報酬に含めて表示しております。
                                124/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

         [重要な会計方針]          7.  収益及び費用の計上基準に記載のとおりであります。
       3.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当事

        業年度末において存在する顧客との契約から当事業年度の末日後に認識すると見込まれる収益の金額及
        び時期に関する情報
          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
    ◇ セグメント情報等

      前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

     1.セグメント情報

        当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2.関連情報

      (1)製品・サービスごとの情報
          当社の製品・サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製
        品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
      (2)地域ごとの情報

        ①  売上高
          本邦の外部顧客からの営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域
          ごとの営業収益の記載を省略しております。
        ②  有形固定資産
          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
          地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
      (3)主要な顧客ごとの情報

         外部顧客からの営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、主要
        な顧客ごとの営業収益の記載を省略しております。
      当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

     1.セグメント情報

        当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2.関連情報

      (1)製品・サービスごとの情報
          当社の製品・サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製
        品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
      (2)地域ごとの情報

        ①  売上高
          本邦の外部顧客からの営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域
                                125/136

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          ごとの営業収益の記載を省略しております。
        ②  有形固定資産
          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
          地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
      (3)主要な顧客ごとの情報

         外部顧客からの営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、主要
        な顧客ごとの営業収益の記載を省略しております。
    ◇ 関連当事者情報

    前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

     1.関連当事者との取引

        (ア)親会社及び法人主要株主等
           該当はありません。
        (イ)子会社等

                             議決権等                 取引          期末
          会社等                        関連当事者との
     種類          所在地    資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額     科目     残高
          の名称                          関係
                            (被所有)割合                 (百万円)          (百万円)
                                                  短期貸付
                                        資金の貸付       3,427
                                                        1,835
                                                  金
         ノムラ・エー
         エム・ファイ            2,500
     子会社          ケイマン         資金管理     直接100%     資産の賃貸借      資金の返済       1,709
         ナンス・イン           (米ドル)
         ク
                                        貸付金利息         9 未収利息        4
        (ウ)兄弟会社等

                             議決権等                 取引          期末
          会社等                        関連当事者との
     種類          所在地    資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額     科目     残高
          の名称                          関係
                            (被所有)割合                 (百万円)          (百万円)
                                  当社投資信託
                                  の募集の取扱
                                        投資信託に
                                  及び売出の取
                                        係る事務代
     親会社の    野村證券株式      東京都      10,000             扱ならびに投                未払手数
                        証券業      -          行手数料の       29,119          6,013
     子会社    会社      中央区     (百万円)              資信託に係る                料
                                        支払(*1)
                                  事務代行の委
                                  託等
                                  役員の兼任
        (エ)役員及び個人主要株主等

           該当はありません。
     (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

       2.取引条件及び取引条件の決定方針等
         (*1) 投資信託に係る事務代行手数料については、商品性等を勘案し総合的に決定しております。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

        (1)親会社情報
                                126/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          野村ホールディングス㈱(東京証券取引所、名古屋証券取引所、シンガポール証券取引所、
           ニューヨーク証券取引所に上場)
        (2)重要な関連会社の要約財務諸表

          該当はありません。
    当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

     1.関連当事者との取引

        (ア)親会社及び法人主要株主等
           該当はありません。
        (イ)子会社等

                             議決権等                 取引          期末
          会社等                        関連当事者との
     種類          所在地    資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額     科目     残高
          の名称                          関係
                            (被所有)割合                 (百万円)          (百万円)
                                                  短期貸付
                                        資金の貸付       5,736
                                                        1,001
                                                  金
         ノムラ・エー
         エム・ファイ            2,500
     子会社          ケイマン         資金管理     直接100%     資産の賃貸借      資金の返済       6,489
         ナンス・イン           (米ドル)
         ク
                                        貸付金利息        44 未収利息        11
        (ウ)兄弟会社等

                             議決権等                 取引          期末
          会社等                        関連当事者との
     種類          所在地    資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額     科目     残高
          の名称                          関係
                            (被所有)割合                 (百万円)          (百万円)
                                  当社投資信託
                                  の募集の取扱
                                        投資信託に
                                  及び売出の取
                                        係る事務代
     親会社の    野村證券株式      東京都      10,000             扱ならびに投                未払手数
                        証券業      -          行手数料の       27,180          5,773
     子会社    会社      中央区     (百万円)              資信託に係る                料
                                        支払(*1)
                                  事務代行の委
                                  託等
                                  役員の兼任
        (エ)役員及び個人主要株主等

           該当はありません。
     (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

       2.取引条件及び取引条件の決定方針等
         (*1) 投資信託に係る事務代行手数料については、商品性等を勘案し総合的に決定しております。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

        (1)親会社情報
          野村ホールディングス㈱(東京証券取引所、名古屋証券取引所、シンガポール証券取引所、
           ニューヨーク証券取引所に上場)
        (2)重要な関連会社の要約財務諸表

                                127/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          該当はありません。
    ◇ 1株当たり情報

               前事業年度                           当事業年度
             (自 2021年4月1日                           (自 2022年4月1日
              至 2022年3月31日)                           至 2023年3月31日)
     1株当たり純資産額                   16,775円81銭       1株当たり純資産額                   17,016円74銭

     1株当たり当期純利益                    4,835円10銭       1株当たり当期純利益                    5,060円34銭
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在                           潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在

     株式が存在しないため記載しておりません。                           株式が存在しないため記載しておりません。
     1株当たり当期純利益の算定上の基礎                           1株当たり当期純利益の算定上の基礎

      損益計算書上の当期純利益                  24,904百万円         損益計算書上の当期純利益                  26,064百万円
      普通株式に係る当期純利益                  24,904百万円         普通株式に係る当期純利益                  26,064百万円
      普通株主に帰属しない金額の主要な内訳                           普通株主に帰属しない金額の主要な内訳
       該当事項はありません。                           該当事項はありません。
      普通株式の期中平均株式数                  5,150,693株        普通株式の期中平均株式数                  5,150,693株
    4【利害関係人との取引制限】



     委託者は、「       金融商品取引法        」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為が禁

    止されています。
      ①自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者
       の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものと
       して内閣府令で定めるものを除きます。)。
      ②運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、若しくは取
       引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定めるもの
       を除きます。)。
      ③通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託者の親法人等                                                     ( 委
       託者の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有す
       る法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下④⑤において同じ。                                                  )又は子
       法人等(    委託者が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な
       関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下同じ。                                                ) と有価証
       券の売買その他の取引又は店頭デリバティブ取引を行うこと。
      ④委託者の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運用財産の
       額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
      ⑤上記③④に掲げるもののほか、委託者の親法人等又は子法人等が関与する行為であって、投資者の保護に
       欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのあるものとして内閣
       府令で定める行為
                                128/136



                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5【その他】

    (1)定款の変更

       委託者の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
    (2)訴訟事件その他の重要事項
       委託者およびファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はありません。
    第2【その他の関係法人の概況】

    1【名称、資本金の額及び事業の内容】

     (1)  受託者

                                 *
           (a)名称                                (c)事業の内容
                         (b)資本金の額
                                     銀行法に基づき銀行業を営むととも
                                     に、金融機関の信託業務の兼営等に関
     野村信託銀行株式会社                        35,000百万円
                                     する法律(兼営法)に基づき信託業務
                                     を営んでいます。
      * 2023年9月末現在
     (2)  販売会社

                                 *
                                           (c)事業の内容
           (a)名称
                         (b)資本金の額
     野村證券株式会社                        10,000百万円        「金融商品取引法」に定める第一種金
                                     融商品取引業を営んでいます。
     株式会社SBI証券                        48,323百万円
     株式会社きらやか銀行                        33,200百万円        銀行法に基づき銀行業を営んでいま
                                     す。
     スルガ銀行株式会社                        30,043百万円
     株式会社八十二銀行                        52,243百万円
     株式会社武蔵野銀行                        45,743百万円
     あいおいニッセイ同和損害保険                                保険業法に基づき損害保険業を営んで
                             100,005百万円
     株式会社                                います。
     三井住友海上火災保険株式会社                        139,595百万円
      * 2023年9月末現在
    2【関係業務の概要】


     (1)  受託者

       ファンドの受託会社(受託者)として、信託財産の保管・管理・計算、外国証券を保管・管理する外国の
      保管銀行への指図・連絡等を行ないます。
     (2)  販売会社
       ファンドの取扱販売会社として、募集の取扱いを行ない、信託契約の一部解約に関する事務、一部解約
      金・収益分配金・償還金の支払いに関する事務等を行ないます。
                                129/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【資本関係】


     (2023年3月末現在の持株比率5.0%以上を記載します。)

     (1)  受託者
        該当事項はありません。
     (2)  販売会社
        該当事項はありません。
    第3【その他】

    (1)目論見書の表紙にロゴ・マークや図案を採用すること、またファンドの形態などの記載をすることがありま

     す。
    ( 2 )目論見書の巻末に約款を掲載               する場合     があります。
    ( 3 )届出書本文「第一部           証券情報」、「第二部            ファンド情報」に記載の内容について、投資者の理解を助ける
     ため、当該内容を説明した図表等を付加して目論見書の当該内容に関連する箇所に記載することがありま
     す。
      また、指定投資信託証券の名称について、投資家に誤解を与えない範囲で名称の一部を省略若しくは簡略化
     して記載する場合があります。また、指定投資信託証券の名称について、投資家に誤解を与えない範囲で名
     称の一部を省略若しくは簡略化して記載する場合、及び投資家の理解を助けるため、文言を付記する場合が
     あります。
    ( 4 )目論見書は電子媒体等として使用されるほか、インターネットなどに掲載されることがあります。
    ( 5 )目論見書は目論見書の別称として「投資信託説明書」と称して使用する場合があります。
    ( 6 ) 目論見書の表紙裏等にインターネットホームページに加え、他のインターネットのアドレス(当該アドレス
      をコード化した図形等も含む)も掲載し、当該アドレスにアクセスすることにより基準価額等の情報を入
      手できる旨を記載する場合があります。
    (7)目論見書に当該委託会社の金融商品取引業者登録番号、当該委託会社が運用する投資信託財産の合計純資産
     総額および目論見書の使用を開始する日を記載する場合があります。
    (8)目論見書に投資信託の財産は受託会社において信託法に基づき分別管理されている旨を記載する場合があり
     ます。
                                130/136







                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                      独立監査人の監査報告書

                                              2023年6月9日

     野村アセットマネジメント株式会社

      取 締 役 会  御 中
                     EY新日本有限責任監査法人

                     東京事務所
                     指定有限責任社員

                                  公認会計士          湯 原    尚
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                  公認会計士          水 永  真太郎
                     業務執行社員
     監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、
     「委託会社等の経理状況」に掲げられている野村アセットマネジメント株式会社の2022年
     4月1日から2023年3月31日までの第64期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
     表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を
     行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の
     基準に準拠して、野村アセットマネジメント株式会社の2023年3月31日現在の財政状態
     及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適正に表示してい
     るものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を
     行った。監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に
     記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独
     立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意
     見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     その他の記載内容

      その他の記載内容は、監査した財務諸表を含む開示書類に含まれる情報のうち、財務諸表及
     びその監査報告書以外の情報である。
      当監査法人は、その他の記載内容が存在しないと判断したため、その他の記載内容に対する
     いかなる作業も実施していない。
     財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示の
                                131/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用
     することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成すること
     が適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
     に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任があ
     る。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監
     視することにある。
                                132/136

















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     財務諸表監査における監査人の責任
      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立
     の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発
     生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると
     合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を
     通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リ
      スクに対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断によ
      る。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
     ・財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、
      監査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監
      査に関連する内部統制を検討する。
     ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会
      計上の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入
      手した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に
      関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不
      確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起するこ
      と、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対し
      て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに
      入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続
      できなくなる可能性がある。
     ・財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の
      基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及
      び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価
      する。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で
     識別した内部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められて
     いるその他の事項について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定
     を遵守したこと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害
     要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行
     う。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害
     関係はない。
                                                   以  上
                                133/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (注) 1.上記の監査報告書の原本は当社が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                134/136




















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の監査報告書

                                               2023年11月10日

    野村アセットマネジメント株式会社

      取締役     会  御  中

                     EY新日本有限責任監査法人

                     東京事務         所

                     指定有限責任社員

                                 公認会計士          湯 原  尚
                     業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファ
    ンドの経理状況」に掲げられているマイストーリー・株75(確定拠出年金向け)の2022年8月3
    0日から2023年8月29日までの計算期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金
    計算書、注記表並びに附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に
    準拠して、マイストーリー・株75(確定拠出年金向け)の2023年8月29日現在の信託財産の状
    態及び同日をもって終了する計算期間の損益の状況を、全ての重要な点において適正に表示している
    ものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。
    監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されてい
    る。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、野村アセットマネジメント株式
    会社及びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
    当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券報告書及び有価証券届出書(訂正有価証券届出書を含む。)に含ま
    れる情報のうち、財務諸表及びその監査報告書以外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内
    容を作成し開示することにある。
     当監査法人の財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法
    人はその他の記載内容に対して意見を表明するものではない。
     財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、そ
    の他の記載内容と財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどう
    か検討すること、また、そのような重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるか
    どうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合に
    は、その事実を報告することが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表
    を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表
    を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれ
    る。
                                135/136


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切
    であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継
    続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による
    重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財
    務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があ
    り、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合
    に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスク
      に対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さら
      に、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査
      人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連す
      る内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上
      の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手し
      た監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要
      な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められ
      る場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に
      関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明すること
      が求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将
      来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
      に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並
      びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部
    統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項に
    ついて報告を行う。
    利害関係

     野村アセットマネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認
    会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
     (注) 1.上記の監査報告書の原本は当社が別途保管しております。

        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                136/136







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。