スターゼン株式会社 四半期報告書 第85期第1四半期(2023/04/01-2023/06/30)

提出書類 四半期報告書-第85期第1四半期(2023/04/01-2023/06/30)
提出日
提出者 スターゼン株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】                 四半期報告書

    【根拠条文】                 金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                 関東財務局長

    【提出日】                 2023年8月10日

    【四半期会計期間】                 第85期第1四半期(自            2023年4月1日         至   2023年6月30日)

    【会社名】                 スターゼン株式会社

    【英訳名】                 Starzen    Company    Limited

    【代表者の役職氏名】                 代表取締役社長 横 田 和 彦

    【本店の所在の場所】                 東京都港区港南二丁目5番7号

    【電話番号】                 03(3471)5521(代表)

    【事務連絡者氏名】                 執行役員 財務経理本部長 森 上 倫 輔

    【最寄りの連絡場所】                 東京都港区港南二丁目5番7号

    【電話番号】                 03(3471)5521(代表)

    【事務連絡者氏名】                 執行役員 財務経理本部長 森 上 倫 輔

    【縦覧に供する場所】                 株式会社東京証券取引所

                      (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/16









                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                           第84期            第85期

            回次              第1四半期            第1四半期             第84期
                         連結累計期間            連結累計期間
                        自   2022年4月1日          自   2023年4月1日          自   2022年4月1日
           会計期間
                        至   2022年6月30日          至   2023年6月30日          至   2023年3月31日
     売上高              (百万円)            102,363            101,961            425,173
     経常利益              (百万円)             2,964            3,279            10,284

     親会社株主に帰属する
                  (百万円)             2,069            2,429            7,483
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は
                  (百万円)             2,577            3,129            7,391
     包括利益
     純資産額              (百万円)             65,313            71,607            70,175
     総資産額              (百万円)            157,579            149,539            146,520

     1株当たり四半期(当期)
                   (円)            106.27            125.01            384.04
     純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)              -            -            -
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率               (%)             41.6            48.0            48.1
     (注) 1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
          しておりません。
        2 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
          せん。
    2  【事業の内容】

      当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
     について、重要な変更はありません。
      また、主要な関係会社における異動もありません。
                                 2/16









                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
      ち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると
      認識している主要なリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要
      な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が
      判断したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

      ①経営成績
        当第1四半期連結累計期間における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症の5類移行に伴い、社会経済活動
       の正常化に向けた動きが進展したことから経済活動に緩やかな回復の動きがみられました。先行きについては、
       雇用や所得環境の改善が続くものの、海外景気の下振れや節約志向の高まりによる個人消費の腰折れが懸念され
       る状況であります。
        食肉業界では、欧州のアフリカ豚熱の広がりや干ばつの影響による米国の牛飼養頭数減少、南米における鳥イ

       ンフルエンザ発生など供給懸念が台頭し、食肉輸入価格が高止まりしている状況にあります。一方、消費環境は
       インバウンド需要の回復やペントアップ需要の顕在化で外食やホテルを中心に回復基調にはあるものの、人手不
       足や食肉価格の高騰で食肉の使用量を抑制する動きが続いています。また、実質所得の減少で消費者の節約志向
       が高まっており、食肉消費は一定の回復を見せるものの、力強さに欠ける厳しい事業環境が続いております。
        このような状況下、当社グループは本年度より「収益構造の再構築とサステナブルな事業運営」をテーマに据

       えた新中期経営計画をスタートさせており、計画達成に向けた施策に取り組んでまいりました。
        海外事業、特に輸出事業の積極展開として、当社は台湾向け輸出認定を3月に取得した三戸ビーフセンターに
       おける輸出体制を整備するとともに、米国や豪州などの輸出取引先の日本招聘、日本の食品輸出EXPOへの出展を
       実施しました。
        また、サステナビリティ経営の実現に向けて、TCFD提言に基づく積極的な情報開示としてサプライチェーンに
       おける温室効果ガス排出量をスコープ1から3の区分毎に公表しました。当社では重要課題として2030年度まで
       に温室効果ガス排出量を2020年度比46%削減する目標を掲げております。その着実な達成に向け今後も取組みを
       加速してまいります。
        以上の結果、      当第1四半期連結累計期間における売上高は                     101,961百万円       (前年同四半期比0.4%減)             、営業利

       益は  2,484百万円      (前年同四半期比9.7%増)            、経常利益は      3,279百万円      (前年同四半期比10.6%増)             、親会社株主に
       帰属する四半期純利益は           2,429百万円      (前年同四半期比17.4%増)             となりました。
       事業部門別の売上高概況は、次のとおりです。

                                               (単位:百万円)
                         当第1四半期
            各事業部門の売上高                      前年同四半期         増減額       増減率
                         連結累計期間
             食肉関連事業               101,167         101,681        ▲513      ▲0.5%
                    食肉        80,885         80,561        +323      +0.4%
                  加工食品          16,927         17,702       ▲774      ▲4.4%
              ハム・ソーセージ               2,819         2,926       ▲107      ▲3.7%
                   その他           535         490       +45     +9.2%
             その他の事業                 793         681      +111     +16.4%
       また、部門別の業績は次のとおりです。
        (食肉)
        国内事業は、比較的安価な食肉の販売が堅調に推移する一方、輸入食肉価格の高止まりの影響により輸入牛肉
                                 3/16


                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
       の販売が低調に推移したことから取扱量は前年同四半期を下回りました。売上高・売上総利益は、国産豚肉の相
       場高騰に加え、国産牛肉や他の食肉と比べ安価な輸入豚肉の販売が堅調に推移したことから前年同四半期を上回
       り ました。
        また、カテゴリー別の業績は次のとおりです。
        国産食肉は、鳥インフルエンザの影響により鶏肉の取扱量が前年同四半期を下回りましたが、その他の畜種の
       取扱量については前年同四半期を上回りました。売上高は国産豚肉の相場高騰などにより前年同四半期を上回り
       ました。売上総利益は輸入牛肉の代替需要により国産牛肉の取扱量が増加したことから前年同四半期を上回りま
       した。
        輸入食肉は、輸入食肉価格高止まりの影響から輸入牛肉の取扱量が大きく減少し、取扱量・売上高ともに前年
       同四半期を下回りました。売上総利益は、需要に応じた在庫コントロールや輸入豚肉の取扱量拡大に取り組んだ
       ことから前年同四半期を上回りました。
        輸出事業は、2022年のワールドステーキチャレンジにおける最優秀賞受賞を欧州の拡売につなげ、取扱量・売
       上高ともに前年同四半期を上回りました。
        (加工食品)
        加工食品は、一部取引先向けハンバーグ商品群で取扱量が減少し、取扱量・売上高は前年同四半期を下回りま
       した。売上総利益は、スライス商品など付加価値の高い商品の販売が堅調に推移し、前年同四半期を上回りまし
       た。
        (ハム・ソーセージ)
        ハム・ソーセージは、原材料価格やエネルギーコストの上昇を踏まえ、価格改定や商品の統廃合、工場オペ
       レーション改善に努めましたが、取扱量・売上高・売上総利益ともに前年同四半期を下回りました。
       ②  財政状態

       (資産)
        流動資産は、前連結会計年度末と比べて、                    2,534百万円増加し         、 98,016百万円      となりました。これは、主として
       前渡金が減少したものの、商品及び製品、現金及び預金が増加したことによるものであります。
        固定資産は、前連結会計年度末と比べて、                     486百万円増加し        、 51,506百万円      となりました。これは、主として投
       資有価証券が増加したことによるものであります。
        この結果、総資産では、前連結会計年度末に比べて、                          3,019百万円増加し         、 149,539百万円       となりました。
       (負債)
        流動負債は、前連結会計年度末と比べて、                    3,250百万円増加し         、 52,707百万円      となりました。これは、主として
       短期借入金、買掛金が増加したことによるものであります。
        固定負債は、前連結会計年度末と比べて、                     1,662百万円減少し         、 25,225百万円      となりました。これは、主として
       長期借入金が減少したことによるものであります。
        この結果、負債合計では、前連結会計年度末に比べて、                           1,588百万円増加し         、 77,932百万円      となりました。
       (純資産)
        純資産合計は、前連結会計年度末と比べて、                    1,431百万円増加し         、 71,607百万円      となりました。
     (2)  優先的に取り組む対処すべき課題

       当第1四半期連結累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題は
      ありません。
     (3)  財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針

       当第1四半期連結累計期間において、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針
      について重要な変更はありません。
     (4)  研究開発活動

       当第1四半期連結累計期間の研究開発費の総額は                      17百万円    であります。
       なお、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 4/16



                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                 種類                      発行可能株式総数(株)

                普通株式                          44,000,000

                 計                        44,000,000

      ②  【発行済株式】

              第1四半期会計期間末             提出日現在        上場金融商品取引所名

        種類        現在発行数(株)            発行数(株)         又は登録認可金融               内容
               ( 2023年6月30日       )   (2023年8月10日)           商品取引業協会名
                                     東京証券取引所           単元株式数は100株
       普通株式             19,522,552          19,522,552
                                      プライム市場           であります。
        計           19,522,552          19,522,552           ―           ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                               (百万円)       (百万円)
                 (千株)       (千株)                     (百万円)       (百万円)
     2023年6月30日
                     ―     19,522         ―     11,658         ―      7,590
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 5/16






                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
      載することができないことから直前の基準日(2023年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】

                                                2023年3月31日       現在
            区分            株式数(株)           議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                     ―            ―            ―
      議決権制限株式(自己株式等)                     ―            ―            ―
      議決権制限株式(その他)                     ―            ―            ―
                     (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                 ―            ―
                       普通株式       23,600
                       普通株式     19,318,600
      完全議決権株式(その他)                                   193,186          ―
                       普通株式      180,352
      単元未満株式                                 ―            ―
      発行済株式総数                      19,522,552           ―            ―
      総株主の議決権                     ―              193,186          ―
     (注)     単元未満株式には、当社所有の自己株式60株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                                2023年3月31日       現在
                                                    発行済株式
                                 自己名義      他人名義      所有株式数の
       所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数      所有株式数        合計
        又は名称                                           所有株式数
                                  (株)      (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                 東京都港区港南二丁目5番7号                  23,600      ―       23,600        0.12
     スターゼン株式会社
          計             ―           23,600      ―       23,600        0.12
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 6/16









                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第
     64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2023年4月1日から2023年
     6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2023年4月1日から2023年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 7/16

















                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2023年3月31日)              (2023年6月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                11,096              13,115
        受取手形及び売掛金                                26,006              25,953
        商品及び製品                                35,940              39,692
        仕掛品                                  299              394
        原材料及び貯蔵品                                2,850              2,602
        前渡金                                15,889              12,536
        その他                                3,407              3,725
                                         △ 8             △ 1
        貸倒引当金
        流動資産合計                                95,482              98,016
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               13,105              12,914
         土地                               10,646              10,268
                                        5,162              5,288
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               28,914              28,471
        無形固定資産
                                        2,671              2,999
         その他
         無形固定資産合計                               2,671              2,999
        投資その他の資産
         投資有価証券                               17,850              18,442
                                        1,584              1,593
         その他
                                     ※1  19,434            ※1  20,035
         投資その他の資産合計
        固定資産合計                                51,020              51,506
      繰延資産                                    17              16
      資産合計                                 146,520              149,539
                                 8/16










                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2023年3月31日)              (2023年6月30日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                16,915              17,334
        短期借入金                                8,739              11,323
        1年内返済予定の長期借入金                                8,536              8,013
        未払法人税等                                1,738              1,198
        賞与引当金                                1,864               865
                                        11,662              13,970
        その他
        流動負債合計                                49,456              52,707
      固定負債
        社債                                5,000              5,000
        長期借入金                                17,257              15,357
        退職給付に係る負債                                1,986              2,001
        債務保証損失引当金                                  456              392
                                        2,186              2,473
        その他
        固定負債合計                                26,887              25,225
      負債合計                                 76,344              77,932
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                11,658              11,658
        資本剰余金                                12,504              12,504
        利益剰余金                                44,319              45,286
                                         △ 52             △ 288
        自己株式
        株主資本合計                                68,429              69,160
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                1,975              2,391
        繰延ヘッジ損益                                 △ 86              170
        為替換算調整勘定                                  76              98
                                          15              21
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                1,980              2,681
      非支配株主持分                                  △ 233             △ 234
      純資産合計                                 70,175              71,607
     負債純資産合計                                  146,520              149,539
                                 9/16








                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                               (自 2022年4月1日              (自 2023年4月1日
                                至 2022年6月30日)               至 2023年6月30日)
     売上高                                  102,363              101,961
                                        92,726              91,714
     売上原価
     売上総利益                                   9,637              10,246
     販売費及び一般管理費                                   7,372              7,762
     営業利益                                   2,264              2,484
     営業外収益
      受取利息                                    0              5
      受取配当金                                    58              89
      持分法による投資利益                                   151              347
      不動産賃貸料                                    68              38
      受取保険金及び配当金                                   262              156
      補助金収入                                   273              190
                                          89              186
      その他
      営業外収益合計                                   903             1,013
     営業外費用
      支払利息                                    91              149
      不動産賃貸費用                                    33              19
                                          77              49
      その他
      営業外費用合計                                   203              218
     経常利益                                   2,964              3,279
     特別利益
      固定資産売却益                                    -             269
                                          2              -
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                    2             269
     特別損失
      固定資産除却損                                    1              8
                                          5              -
      減損損失
      特別損失合計                                    7              8
     税金等調整前四半期純利益                                   2,959              3,539
     法人税、住民税及び事業税
                                        1,109              1,232
                                        △ 218             △ 121
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    890             1,111
     四半期純利益                                   2,069              2,428
     非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                    △ 0             △ 0
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   2,069              2,429
                                10/16







                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                               (自 2022年4月1日              (自 2023年4月1日
                                至 2022年6月30日)               至 2023年6月30日)
     四半期純利益                                   2,069              2,428
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  △ 82              407
      繰延ヘッジ損益                                   517              256
      為替換算調整勘定                                    68              15
      退職給付に係る調整額                                  △ 16               0
                                          21              20
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                   508              700
     四半期包括利益                                   2,577              3,129
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  2,578              3,130
      非支配株主に係る四半期包括利益                                   △ 0             △ 0
                                11/16















                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
      (四半期連結貸借対照表関係)
    ※1   資産の金額から直接控除している貸倒引当金の額
                           前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                           ( 2023年3月31日       )         ( 2023年6月30日       )
       投資その他の資産                         69 百万円                84 百万円
     2  保証債務

      連結会社以外の会社の金融機関等からの借入に対して、債務保証を行っております。
                           前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                          ( 2023年3月31日       )         ( 2023年6月30日       )
       株式会社阿久根食肉流通センター                       1,560   百万円              1,545   百万円
       株式会社栗原農場                        819   〃              807   〃
       株式会社雲仙有明ファーム                        751   〃               726   〃
       北海道はまなか肉牛牧場株式会社                        638   〃               617   〃
       彩ファーム株式会社                        549   〃              534   〃
       その他                        840   〃              933   〃
              計                5,160   百万円              5,163   百万円
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1
     四半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                         前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                          (自    2022年4月1日              (自    2023年4月1日
                           至   2022年6月30日       )       至   2023年6月30日       )
       減価償却費                        705  百万円               702  百万円
      (株主資本等関係)

      前第1四半期連結累計期間(自                2022年4月1日        至    2022年6月30日       )
      配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
      2022年6月29日
               普通株式         1,265       65.00    2022年3月31日         2022年6月30日         利益剰余金
      定時株主総会
      当第1四半期連結累計期間(自                2023年4月1日        至    2023年6月30日       )

      配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
      2023年6月29日
               普通株式         1,462       75.00    2023年3月31日         2023年6月30日         利益剰余金
      定時株主総会
      (セグメント情報等)

      【セグメント情報】
     前第1四半期連結累計期間(自                2022年4月1日        至   2022年6月30日       )及び当第1四半期連結累計期間(自                   2023年
     4月1日     至    2023年6月30日       )
      当社グループは、生産肥育から食肉の処理加工、製造、販売に至るまでの事業を主に国内で行う「食肉関連事業」
     を中心に事業活動を展開しており、報告セグメントは「食肉関連事業」のみであるため、セグメント情報の記載を省
     略しております。
      (収益認識関係)

      当社グループは、食肉関連事業を主要な事業としており、食肉関連事業の売上高以外の重要性が乏しいため、顧客
     との契約から生じる収益を分解した情報は、記載を省略しております。
                                12/16



                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
      1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間
                                 (自    2022年4月1日           (自    2023年4月1日
                 項目
                                 至   2022年6月30日       )    至   2023年6月30日       )
     1株当たり四半期純利益                                  106円27銭             125円01銭
     (算定上の基礎)
     親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                    2,069             2,429
     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                     -             -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         2,069             2,429
     四半期純利益(百万円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                 19,475,245             19,432,214
     (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
    2  【その他】

       該当事項はありません。
                                13/16















                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                14/16



















                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2023年8月10日

    スターゼン株式会社
     取 締 役 会  御 中
                       EY新日本有限責任監査法人

                        東 京 事 務 所

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士      伊 藤 栄 司
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士      宮 沢   琢
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているスターゼン株式
    会社の2023年4月1日から2024年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2023年4月1日から2023年
    6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2023年4月1日から2023年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、
    すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
    ビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、スターゼン株式会社及び連結子会社の2023年6月30日現在の財政
    状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての
    重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                15/16


                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
     当 と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
     いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
     において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
     注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
     いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
     企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
     成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
     財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
     信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
     査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
     監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要
    な発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去するための対応策を講じている
    場合又は阻害要因を許容可能な水準にまで軽減するためのセーフガードを適用している場合はその内容について報告を
    行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以   上
     (注)1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                16/16










PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。