株式会社ダイオーズ 訂正有価証券報告書 第51期(2018/04/01-2019/03/31)

提出書類 訂正有価証券報告書-第51期(2018/04/01-2019/03/31)
提出日
提出者 株式会社ダイオーズ
カテゴリ 訂正有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書の訂正報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の2第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2023年1月19日
     【事業年度】                   第51期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     【会社名】                   株式会社ダイオーズ
     【英訳名】                   DAIOHS    CORPORATION
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  大久保 洋
     【本店の所在の場所】                   東京都千代田区丸の内一丁目7番12号
     【電話番号】                   03(5220)1122(代表)
     【事務連絡者氏名】                   執行役員管理本部長  稲垣 賢一
     【最寄りの連絡場所】                   東京都千代田区丸の内一丁目7番12号
     【電話番号】                   03(5220)1122(代表)
     【事務連絡者氏名】                   執行役員管理本部長  稲垣 賢一
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/81













                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
    1【有価証券報告書の訂正報告書の提出理由】
      当社は、当社の会計監査人である三優監査法人からの指摘により、連結子会社                                     Daiohs    U.S.A.,    Inc.(以下、「米国
     子会社」という。)において固定資産管理システムと会計システムの間に固定資産残高の不一致が判明し、有形固定資
     産の残高、減損評価結果に疑義が生じたことから、その原因究明を行うため社内調査を実施しました。
      その結果、固定資産残高の突合作業がこれまで行われていなかったこと、米国子会社では固定資産残高の差異を以前
     から把握しながらその重要性の認識を欠いていたため当社および監査人に対する報告が行われてこなかったこと、固定
     資産管理システムの仕様上過去のデータを参照できないにも関わらずバックアップが保存されていないこと、固定資産
     の中で大きな割合を占めるコーヒーブリューワーや浄水サーバー等の資産について、顧客先に貸し出している資産の適
     切な台数管理が一部拠点において行われていなかったこと、などの事象が判明しました。
      加えて、米国子会社のレンタル収入が月ずれ前倒しで計上されていたことが、2022年3月期第3四半期に判明し、四
     半期報告書においては会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準に基づいて重要性を判断し、
     2022年3月期第3四半期に四半期報告書の修正を行い、現在は適切に処理をしておりますが、今回の訂正報告書提出に
     あたり、過年度についても遡及修正の必要があることを認識しました。
      また、訂正に際しては、前述の有形固定資産及びレンタル収入に関する訂正とは別に過年度において重要性がないた
     め遡及修正をしていなかった事項に関する修正も併せて行うことといたしました。
      これらの決算訂正により、2019年6月21日に提出いたしました第51期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     有価証券報告書の記載事項の一部を訂正する必要が生じましたので、金融商品取引法第24条の2第1項の規定に基づ
     き、有価証券報告書の訂正報告書を提出するものであります。
      なお、訂正後の連結財務諸表については、三優監査法人の監査を受けており、その監査報告書を添付しております。
    2【訂正事項】

      第一部 企業情報
        第1 企業の概況
         1 主要な経営指標等の推移
         (1)  連結経営指標等
         4 関係会社の状況
        第2 事業の状況
         3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
         (1)  経営成績等の状況の概要
         (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
        第3 設備の状況
         2 主要な設備の状況
         (3)在外子会社
        第5 経理の状況
         2 監査証明について
         1 連結財務諸表等
         (1)  連結財務諸表
         (2)その他
        独立監査人の監査報告書
    3【訂正箇所】

      訂正箇所は___を付して表示しております。なお、訂正箇所が多数に及ぶことから、上記の訂正事項については、
     訂正後のみを記載しております。
                                 2/81





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
            回次            第47期       第48期        第49期       第50期        第51期
           決算年月            2015年3月       2016年3月        2017年3月       2018年3月        2019年3月

                                      26,038,100       29,847,863        33,325,162

     売上高             (千円)      21,713,719       25,404,964
                                       1,744,038       1,560,882        1,668,564

     経常利益             (千円)      1,660,394       1,684,633
     親会社株主に帰属する当
                                       1,107,825       1,106,284        1,082,787
                  (千円)      1,051,986       1,051,180
     期純利益
                                       1,091,255         774,123      1,349,992
     包括利益             (千円)      1,804,852         681,107
                                      11,949,412       12,454,753        13,535,963

     純資産額             (千円)      10,825,801       11,238,079
                                      16,207,011       18,534,246        22,013,152

     総資産額             (千円)      14,556,545       15,665,468
                                        889.15        926.75      1,007.21

     1株当たり純資産額             (円)       805.54        836.22
                                         82.43        82.32       80.57

     1株当たり当期純利益             (円)        78.33        78.22
     潜在株式調整後1株当た

                  (円)         -       -        -       -        -
     り当期純利益
                                         73.7        67.2       61.5
     自己資本比率             (%)        74.4        71.7
                                          9.3       8.9        8.0

     自己資本利益率             (%)        10.5        9.5
                                         12.7        15.0       17.0

     株価収益率             (倍)        11.6        13.4
     営業活動によるキャッ
                  (千円)      2,061,970       2,998,451        2,926,246       3,300,095        3,522,944
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                  (千円)     △2,664,215       △2,896,379        △2,367,346       △3,864,368        △4,946,120
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                  (千円)       359,926        552,728      △681,318         961,309      1,338,923
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期
                  (千円)      2,557,883       3,156,111        3,031,528       3,393,616        3,337,785
     末残高
     従業員数             (人)         857       931      1,050        1,074       1,167
                          (230)        (217)       (212)        (217)       (259)
     (注)1 売上高には消費税及び地方消費税(以下「消費税等」と表記)は含まれておりません。
        2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。
         4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当連結会計
           年度の期首から適用しており、前連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡っ
           て適用した後の指標等となっております。
                                 3/81






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
            回次            第47期       第48期        第49期       第50期        第51期
           決算年月            2015年3月       2016年3月        2017年3月       2018年3月        2019年3月

     営業収益(売上高)             (千円)       712,011        735,410       745,408        763,520       709,344

     経常利益             (千円)       385,223        235,900       253,026        250,543       354,933

     当期純利益             (千円)       402,625        264,079       254,197        276,385       343,555

     資本金             (千円)      1,051,135       1,051,135        1,051,135       1,051,135        1,051,135

     発行済株式総数             (株)     13,439,142       13,439,142        13,439,142       13,439,142        13,439,142

     純資産額             (千円)      4,802,217       4,795,677        4,769,070       4,776,367        4,850,915

     総資産額             (千円)      5,050,817       5,033,153        5,009,569       5,105,838        5,242,124

     1株当たり純資産額             (円)       357.33        356.85       354.87        355.41       360.96

     1株当たり配当額             (円)        20.00        21.00       20.00        20.00       21.00

     (内1株当たり中間配当
                  (円)         (-)       (-)        (-)       (-)        (-)
     額)
     1株当たり当期純利益             (円)        29.98        19.65       18.91        20.57       25.56

     潜在株式調整後1株当た

                  (円)         -       -        -       -        -
     り当期純利益
     自己資本比率             (%)        95.1        95.3       95.2        93.5       92.5
     自己資本利益率             (%)         8.5       5.5        5.3       5.8        7.1

     株価収益率             (倍)        30.3        53.3       55.5        60.0       53.6

     配当性向             (%)        66.7       106.9       105.7        97.2       82.1

     従業員数             (人)         15       16        21       17        15
                           (11)       (14)        (17)       (21)        (11)
     株主総利回り             (%)        109.9        128.9       131.5        155.6       174.2
     (比較指標:配当込み
                  (%)       (130.7)        (116.5)       (133.7)        (154.9)       (147.1)
     TOPIX)
     最高株価             (円)         990      1,419       1,094        1,516       1,450
     最低株価             (円)         827       897        936       962      1,171

     (注)1 営業収益に消費税等は含まれておりません。
         2 従業員数は、就業員数を表示しております。なお、従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人
           員であります。
         3 第47期の1株当たり配当額20円には、特別配当5円が含まれております。第48期の1株当たり配当額21円に
           は、特別配当6円が含まれております。第49期及び第50期の1株当たり配当額20円には、特別配当5円が含
           まれております。第51期の1株当たり配当額21円には、特別配当6円が含まれております。
         4 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         5 最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
         6 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当事業年度
           の期首から適用しており、前事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用し
           た後の指標等となっております。
                                 4/81




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
     2【沿革】
        年月                           概要
      1969年6月        東京都台東区浅草五丁目1番11号において米穀の販売を事業目的として、有限会社米屋おおくぼ
              を設立。
      1976年5月        東京都台東区浅草五丁目1番11号に株式会社ダイオーを設立。
              新規事業として、オフィスで手軽に本格的レギュラーコーヒーが飲める本場米国のオフィスコー
              ヒーサービスを国内に導入する。
      1978年2月        オフィスコーヒーサービス(OCS事業)のフランチャイズチェーンを設立し、本部として本格的
              な全国展開を開始。
      1980年5月        コーヒーの焙煎製造から物流までの一貫生産工場として、千葉県八千代市に東京PDセンターを竣
              工し、自社焙煎コーヒーの供給を開始。
      1983年6月        株式会社ダイオーズに商号変更、東京都荒川区南千住一丁目13番13号に本社を移転。
      1988年4月        東京都港区芝五丁目34番6号に本社を移転。
      1988年9月        米国カリフォルニア州に100%出資の子会社ダイオーズUSA                           INC.を設立、南カリフォルニアでの
              OCS事業を開始。
      1989年8月        東京都荒川区の自社ビルが落成。
      1989年12月        ダストコントロール関連事業部を100%出資の子会社株式会社ダイオーズレンタルサービスとし
              て分社。
      1990年1月        コーヒーサービス事業部を100%出資の子会社株式会社ダイオーズコーヒーサービスとして分
              社。
      1991年9月        ダイオーズUSA       INC.を解散し、カリフォルニア支社を設置。同年10月業務委託会社として100%
              出資の子会社ダイオーズサービシーズINC.を設立。
      1993年12月        子会社株式会社ダイオーズコーヒーサービス、子会社株式会社ダイオーズレンタルサービス及び
              関連会社株式会社ダイオーフーズを吸収合併。
      1994年10月        アメリカの子会社ダイオーズサービシーズINC.を解散し、同社の全業務を当社カリフォルニア支
              社に統合。
      1996年10月        日本証券業協会に株式を店頭登録。
      1998年1月        東京都港区浜松町二丁目4番1号に本社を移転。
      1999年4月        台北市に60%出資の子会社台湾德歐仕股份有限公司を設立。台湾でのOCS事業を開始。
      1999年5月        株式会社スポーツファクトリーの株式を取得し、同年6月商号を株式会社ダイオーズサービシー
              ズに変更して連結子会社化。100%出資の連結子会社Daiohs                            U.S.A.,Inc.を設立
      2000年1月        国内事業部門を100%出資の連結子会社株式会社ダイオーズサービシーズへ、海外事業部門を
              100%出資の連結子会社Daiohs              U.S.A.,Inc.へ、それぞれ営業譲渡し、これら2社の純粋持株会
              社となる。
      2000年8月        連結子会社株式会社ダイオーズサービシーズにおいてダストコントロール事業のフランチャイズ
              チェーン加盟契約を解除。
      2002年7月        連結子会社株式会社ダイオーズサービシーズにおいてピュアウォーター中央工場を竣工。
      2002年7月        連結子会社株式会社ダイオーズサービシーズにおいて横浜ゴム株式会社の子会社である株式会社
              コムフォから飲料水デリバリー事業を譲り受ける。
      2003年4月        株式会社カバーオールジャパンに50.0%の出資を行い、東京地区の営業権を譲受、管理清掃サー
              ビスを開始。
      2004年12月        日本証券業協会への店頭登録を取消し、株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場。
      2005年3月        ソウル市に100%出資の子会社Daiohs                 Korea   Co.,Ltd.を設立。韓国でのOCS事業を開始。
      2005年12月        株式会社東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
      2006年5月        上海市に100%出資の子会社德欧仕咖啡商貿(上海)有限公司を設立。中国でのOCS事業を開始。
      2006年7月        連結子会社Daiohs         U.S.A.,Inc.においてB&F            Coffee    Service,Inc.、MAC         Ventures,LLC、Coffee
              Connection,Inc.の3社からコーヒーサービス事業を譲り受ける。
      2007年3月        株式会社東京証券取引所市場第一部に指定。
      2007年11月        連結子会社株式会社ダイオーズサービシーズにおいて株式会社マルキンオフィスオールからコー
              ヒーサービス事業を譲り受ける。
      2010年5月        北京に100%出資の子会社德欧仕咖啡商貿(北京)有限公司を設立。
      2010年8月        香港に100%出資の子会社Daiohs               Hong   Kong   Limitedを設立。香港でのOCS事業を開始。
                                 5/81



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
        年月                           概要
      2011年3月        福島県いわき市に環境第1工場を竣工。
      2016年9月        連結子会社株式会社ダイオーズサービシーズにおいて商号を株式会社ダイオーズ                                     ジャパンに変
              更する。
      2016年11月        埼玉県川越市に環境中央工場を竣工。
      2017年6月        連結子会社Daiohs         U.S.A.,Inc.においてBlue            Tiger   Coffee    Inc.の株式を取得。
      2019年2月        連結子会社Daiohs         U.S.A.,Inc.においてEbony             Northwest     Coffee    Ltd.の株式を取得。カナダでの
              OCS事業を開始。
     3【事業の内容】

        当社グループは、㈱ダイオーズ(当社)及び子会社10社と関連会社6社から構成されております。当社は子会社10
      社及び関連会社6社の株式を所有することにより、当該会社の事業活動を支配・管理する、いわゆる純粋持株会社と
      して機能しております。
        なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当してお
      り、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断すること
      になります。
       連結子会社、非連結子会社及び関連会社は次のとおりであります。
        連結子会社         ㈱ダイオーズ       ジャパン           :国内におけるオフィスサービス事業
                Daiohs    U.S.A.,Inc.              :米国におけるオフィスサービス事業
                Blue   Tiger   Coffee    Inc.         :米国におけるオフィスサービス事業
        非連結子会社         台湾德歐仕股份有限公司                  :台湾におけるオフィスサービス事業
                德欧仕咖啡商貿(上海)有限公司                  :中国におけるオフィスサービス事業
                德欧仕咖啡商貿(北京)有限公司                  :中国におけるオフィスサービス事業
                Daiohs    Hong   Kong   Limited         :中国におけるオフィスサービス事業
                Daiohs    Korea   Co.,Ltd.           :韓国におけるオフィスサービス事業
                德歐仕捷盟環保科技股份有限公司                  :台湾におけるオフィスサービス事業
                Ebony   Northwest     Coffee    Ltd.      :カナダにおけるオフィスサービス事業
        関連会社         ㈱カバーオールジャパン                  :国内におけるオフィスサービス事業
                他5社
                                 6/81









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
          企業集団の事業に係る位置付けは次のとおりであります。
         他、海外関連会社2社(※2)、国内関連会社3社(※2)















         (注)無印:連結子会社
            ※1:非連結子会社で持分法適用会社
            ※2:関連会社で持分法非適用会社
                                 7/81




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                                           議決権の所
                            資本金又は
                                   主要な事業の        有(被所
           名称            住所      出資金                        関係内容
                                   内容        有)割合
                             (千円)
                                           (%)
     (連結子会社)
                                   トータルオ              役員の兼任 4名
     ㈱ダイオーズ       ジャパン
                    東京都港区          300,000     フィスサービ          100.0    債務保証あり
     (注)1,2
                                   ス事業              資金援助あり
                                   トータルオ              役員の兼任 3名
     Daiohs    U.S.A.,Inc.
                    米国カリフォル           6百万
                                   フィスサービ          100.0    債務保証あり
                    ニア州           米ドル
     (注)1,2
                                   ス事業              資金援助あり
     その他1社                  -       -        -      -         -
     (注)1 特定子会社であります。
         2 ㈱ダイオーズ         ジャパン及びDaiohs          U.S.A.,Inc.については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除
           く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。なお、Daiohs                                 U.S.A.,Inc.は連結ベースで決算を
           行っており、以下の主要な損益情報等も連結ベースです。
                              ㈱ダイオーズ       ジャパン         Daiohs    U.S.A.,Inc.
           主要な損益情報等          ①売上高              13,323,827千円             20,003,834千円
                     ②経常利益               1,168,244千円              486,763千円
                     ③当期純利益                787,186千円             297,165千円
                     ④純資産額               3,926,018千円             6,698,474千円
                     ⑤総資産額               6,073,817千円             13,418,350千円
     5【従業員の状況】

      (1)連結会社の状況
                                                  2019年3月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
      日本                                         381    (243)

      米国                                         771    (5)

      全社(共通)                                         15   (11)

                 合計                            1,167     (259)

     (注)1 従業員数は就業人員であります。
         2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。
         3 全社(共通)として記載されている従業員数は、特定セグメントに区分できない管理部門に所属しているも
           のであります。
      (2)提出会社の状況

                                                  2019年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
           15    (11)            40.3              17.2             7,317
              セグメントの名称                            従業員数(人)

      日本                                             15   (11)

                 合計                                 15   (11)

     (注)1 従業員数は就業人員であります。
         2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。
         4 平均勤続年数はグループ内の勤続年数を通算しております。
                                 8/81



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
      (3)労働組合の状況
         1985年1月9日全ダイオーズ労働組合を結成し、1985年9月11日に上部団体UIゼンセン同盟東京都支部に加盟し
        ております。組合員数は59人で結成以来労使関係は円満に推移しており、特記すべき事項はありません。
                                 9/81




















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)経営方針

         当社グループは、企業理念で「Daiohsの利潤は、お客さまの満足から生まれるもので、それをさらにお客さまの
        ために、社会のために、そして、私たちのために生かします。」と定めており、お客様、取引先及び株主等のス
        テークホルダーから信頼を得ることによって利潤が生まれ、社会貢献に資する活動をしていくことを基本理念とし
        ております。
      (2)経営戦略等

         事業所をターゲットとした「BtoB」、売切りのワンウェイではなく、従業員が直接お客様を訪問して商品・サー
        ビスを継続して提供する「継続反復販売」に特化したビジネスを展開することが当社の事業コンセプトになりま
        す。
         中長期的な経営戦略としては、国内部門は、開発部門の組織を拡充し、新商品、新サービスの開発に取り組んで
        まいります。また、事業領域の拡大や既存事業とのシナジーが期待できるM&A案件があれば積極的な投資を実施し
        てまいります。米国部門は、OCS事業を中核に全米展開を目指しております。また、M&Aを通じて新たに開始したば
        かりの高付加価値型OCS事業部門では、運営方法は異なるものの当社流のモデル経営の手法が通用すると考えてお
        り、拠点毎の運営手法の統一化、効率化を通じた経営方法の確立を早急に目指してまいります。
      (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当社グループは、経営指標として、前期対比売上伸長率、売上高営業利益率を採用しております。これらを重要
        な指標として位置づけ、事業の効率化や新規顧客の獲得に注力し、目標の達成に努めてまいります。
      (4)経営環境

         ①日本部門
          わが国経済は、景気に足踏み感はあるものの、雇用・所得環境の改善や設備投資の増加が継続するなど、底堅
         い内需に支えられた緩やかな回復基調が継続しました。当社のような積み上げ式ビジネスの特徴と言えますが、
         直近においても契約顧客件数が増加している事から、従来通りの営業活動を確実に継続する事で、増収増益を達
         成できる見通しとなっております。一方で宅配運賃の値上げ、および人手不足の影響が当社へも波及しており、
         物流経費の上昇は回避しがたいと判断しております。自社物流の拡大、および中間物流拠点の見直し、ピュア
         ウォーター工場の増設、立地拠点の見直しを実行し利益マイナス方向への影響を抑え込みます。
         ②米国部門
          米国のマクロ景気は当期末までの期間は堅調に推移しました。全米平均失業率も2019年3月期末時点で3.8%
         と前期末の4.1%と比べて0.3%低下しました。米国では失業率5.0%でほぼ完全雇用と言われておりますが、特
         にトランプ政権による移民流入制限政策により全米レベルで深刻な人材不足が長期化しつつあります。従業員の
         確保や引き留めのため賃金相場が上昇している事に加え、当社の主業たるオフィスコーヒーサービス(OCS)の
         需要が強まる等、福利厚生の高付加価値化も顕著な状況です。
      (5)事業上及び財務上の対処すべき課題

         ①日本部門
          日本国内における人手不足については深刻な問題であり、少子高齢化という社会現象が進む中において特に若
         年層の十分な確保は、現状の厳しい状況から脱する事が極めて困難であると認識しております。
          事務部門、製造部門等は、AI、ロボット技術等の進化により、人手不足に対するある程度の対応が可能になる
         と考えておりますが、一方で営業現場において当社の特徴でありストロングポイントでもある「人を介して」顧
         客の満足度を高めていくサービスを継続させていくためには人の確保は不可欠です。この大きな課題に対して
         は、従来の若年層を中心とした人材獲得だけでなく主婦層や元気なシニア層を積極採用していく事が重要である
         と考えており、今期は従来までは比較的若年層の男性の率が高かった部署のルート担当者において主婦層やシニ
         ア層を積極採用し、期待を上回る活躍を実現してくれております。今後は更に主婦層や元気なシニア層を積極採
         用し、ルート担当者における当該層の比率を高めていく事が安定したルートサービスを実現するためには不可欠
         であると考えております。また、業績拡大に比例して海外との取引量も年々増加傾向にある事と、グループトー
         タルでのグローバル化に向けては営業力に加えて特にアジア圏の語学力を備えた外国籍の社員を更に増強してい
         く必要があります。
                                10/81



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         ②米国部門
          中長期的な課題として、当社の米国部門は拡大路線を敷いております一方で、着実に利益を上げ続けるために
         拠点毎の方針設定を個別に行い、米国部門全体としての成長と利益のバランスを管理していく必要があります。
         これは売上規模別モデル経営が確立している従来型OCS事業と、これからモデルを構築していく高付加価値型OCS
         事業に共通した課題です。
          これにより、拠点によって、売上はインフレ率をカバーするのみに留めて現状規模で利益最大化を目指す拠点
         (収益重視市場=目標モデル売上到達済み)と、売上成長目的で営業体制を拡充するといった先行投資により将
         来の高利益を期待する拠点(成長重視市場=目標モデル売上未到達)といった判断を行い、個別に明確な方針を
         定めて運営することが可能となります。
          当社グループの事業では、一度契約を獲得すると10年以上の継続が見込まれるという特性上、成長スピードが
         速い時期には成長に必要な先行投資が大きくなり、数年後に遅れて利益が伸びて追いついてくる、という傾向が
         あります。
          また、当社グループの業務拡大の大きな戦術であるM&Aに関しては、米日本だけでなく欧州など世界的な金余
         り状況が継続しており、投資マネーの流入による案件の競合状態が増えております。そのため、買収評価価格が
         高止まり状態にあります。
          このような環境下、ここ数年間はM&Aだけに頼らない自力による新規地域出店も数多く実行しておりますた
         め、一時的に収益にマイナスの影響が出ておりますが、長期的にはそれらの拠点でも強固な収益体制を構築でき
         ると確信しております。
          出店した全ての拠点で売上が適切規模(モデル売上)に早期到達し、それが維持できるよう、最適な営業人員
         数の配置管理を、今後も実践してまいります。
     2【事業等のリスク】

       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
      能性のある事項には、以下のようなものがあります。
       なお、文中の将来に関する事項は当連結会計年度末現在において判断したものであります。
      (1)為替相場の変動による影響について

         当社グループの決算において、外貨建金銭債権債務は期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損
        益として処理しております。また、連結決算において在外子会社等の資産及び負債は、期末日の直物為替相場によ
        り収益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めてお
        ります。
         従って、当社グループの業績は、為替相場の変動による影響を受けます。
      (2)コーヒー豆市況変動に伴う経営成績の変動について

         当社グループでは、コーヒー生豆を仕入れて焙煎・加工の上、あるいは、コーヒー商品を仕入れて、オフィスを
        中心に販売するオフィスコーヒーサービスを提供しております。売上原価に占める生豆仕入高の割合は僅少であ
        り、また、仕入契約の条件等により市況変動リスクを軽減しておりますが、コーヒー豆は市況品であり、急激な市
        況の変動により業績に影響が及ぶ可能性があります。
      (3)業界に対する法的規制について

         当社の連結子会社である㈱ダイオーズ                   ジャパンは、製商品を販売するにあたり、訪問販売を行っていることか
        ら、特定商取引に関する法律の規制を受けております。また、コーヒー、ピュアウォーターおよびミネラルウォー
        ター等の製造・販売において、食品衛生法並びに製造物責任法による規制を受けております。製造工場に食品衛生
        管理者を配置するとともに、都道府県知事による食品営業許可を受けております。
         また、Daiohs        U.S.A.,Inc.においては、適正な製品製造と表示を管理し、消費上の適正を管理することを目的と
        したU.S.     Food   and  Drug   Administration        Regulations(米国食品医薬品局規則)による規制を受けております。
        定期的な検査を受けることにより、常に徹底した衛生管理を行っておりますが、業態の特殊性により、当社グルー
        プの業績は、業界に対する種々の法規制の影響を受けます。
      (4)大型のM&A案件の発生について

         当社グループでは、M&Aの推進に積極的に取り組んでおりますが、成立する時期の特定が難しく、また相手方と
        の守秘義務契約の関係もあり、M&Aに係る収益、費用については利益計画に盛り込んでおりません。その為、大型
        のM&Aが成立した場合には、利益計画に変動が生ずる可能性があります。
                                11/81



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループ(当社および連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
        (以下「経営成績等」という。)の状況の概況は以下のとおりであります。
        ①財政状態及び経営成績の状況

         a.財政状態
          当連結会計年度末の総資産は             220億13百万円       で、前期比     34億78百万円      増加となりました。
          当連結会計年度末の負債合計は              84億77百万円      で、前期比     23億97百万円      増加となりました。
          当連結会計年度末の純資産合計は               135億35百万円       で、前期比     10億81百万円      増加となりました。
         b.経営成績

          (a)日本部門
           日本部門の株式会社ダイオーズ               ジャパンでは創業50周年を迎えるプレシーズンとして、特に新規顧客の獲
          得促進と既存顧客の満足度向上に向けた営業活動に力を注ぎました。新規顧客獲得については、従来からの新
          規拡販システムである「エリア担当制拡販システム」の徹底活用に加え、飲料関連サービスにおいては、近年
          増加傾向にある大口ユーザー向けの高機能大型コーヒーマシンの品揃えを増強させる一方、当社サービスのプ
          ロモーション活動を目的に主要3都市(東京、大阪、名古屋)で開催された大規模展示イベントへの参加も行
          いました。また、環境衛生関連サービスにおいてはお客様からのサービス網拡大のニーズにお応えするため、
          直営店に加えて販売代理店を拡充し、さらにダイオーズカバーオール(清掃サービス)が「注目の成長事業」
          としてマスコミに取り上げられテレビ放映された事で、大きな反響を得る事が出来ました。加えて既存顧客の
          満足度向上のため、全国の既存顧客担当者がお客様より得た高評価の成功事例を集約し、各地で開催したサー
          ビスレベルアップ勉強会でノウハウの共有を図りました。また、「既存顧客別管理システム」が効果的に機能
          した事によって、売上マイナス要因となる解約件数は期初予測値を大きく下回りました。これらの結果、取扱
          サービスである、コーヒー、ボトルウォーター、ティーサーバーの飲料関連、ダストコントロール、ダイオー
          ズカバーオール等の環境衛生関連の全てのサービスにおいて当期末における契約既存顧客数は過去最高を更新
          し、売上高については133億23百万円(前期比10.1%増)となり、8期連続での増収、6期連続での過去最高
          を更新しました。
           管理面においては、物流会社各社からの値上げ要請継続により物流費の高騰が続いていますが、中長期で築
          き上げた製販一体の強みを生かした自社物流網の拡大に加え、物流拠点立地の見直しを実施した事により増加
          コストを吸収する事ができました。また、新規顧客が予定以上に獲得できた事に加え、既存顧客の解約が期初
          予測を大幅に下回った事から、新規契約顧客へ提供するための機器備品等への投資が増加しました。期初の計
          画値を大きく上回るコスト増となりましたが、この事は当社のような積み上げ式ビジネスの特徴でもあり、将
          来の利益を確保するための施策として機会を逃す事なく積極投資をする事が特に重要であると考えておりま
          す。
           これらの結果、当期、営業利益は11億59百万円(前期比14.2%増)、売上高営業利益率は8.7%となり、4
          期連続での過去最高益を更新し、売上高、営業利益、経常利益、当期純利益の全てにおいて二桁成長、過去最
          高の業績となりました。
          (b)米国部門

           米国部門のDaiohs         U.S.A.,Inc.では、2024年3月期までに全米展開の概ね完成と年商2億5千万ドル到達の
          長期目標を掲げており、前期より従来型のオフィスコーヒーサービス(OCS)事業に加え、拡大版OCS事業のノ
          ウハウ取り込みと事業モデル整備に着手しております。2017年6月に買収したBlue                                      Tiger   Coffee    Inc.は高付
          加価値型OCS事業を主に米国西部を中心に展開しており、売上高や拠点数拡大に向けた体制整備を進めており
          ます。
           また、従来型OCS事業でも営業力の強化を図り米国中央部や東部を中心に成長に向けて大きく舵を切ってお
          ります。2018年5月にはM&Aを通じてニューハンプシャー州マンチェスター市場に、8月にはM&Aを通じてオク
          ラホマ州タルサ市、メリーランド州ボルチモア北部地区に、新規立ち上げとしてミズーリ州カンザスシティ市
          場に、10月にはM&Aを通じてニューヨーク州ハドソンバレー市場、12月にはマサチューセッツ州ボストン市
          場、2019年1月にはコネチカット州ハートフォード市場に進出をしております。(なお、2019年2月よりカナ
          ダのアルバータ州エドモントン市場にM&Aを通じてOCS事業に進出しましたが、現時点では業績に与える影響は
          軽微のため連結対象から除いております。)
           また、従来型OCS事業の既存拠点でも営業陣容を拡大させ、新規顧客獲得による売上増大を目指しました。
           以上の結果、売上高はドルベースでは前期比                    12.8%   増となり、円換算では          200億3百万円       (前期比12.7%
          増)となりました。
                                12/81


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
           一方、利益面では既存のOCS事業の拠点数増加や、高付加価値OCS事業のブルータイガー事業における初期赤
          字の増加により、営業利益は             5億65百万円      (前期比    16.1%   減、ドルベースでは         16.0%   減)、売上高営業利益率
          は 2.8%   となりとなりました。
          以上の結果、2019年3月期の連結業績は、売上高                      333億25百万円       (前期比11.7%増)、売上総利益                189億55百万

         円 (前期比11.4%増)、営業利益              16億1百万円      (前期比    1.2%   増、売上高営業利益率          4.8%   )、経常利益      16億68百
         万円  (前期比    6.9%   増)、親会社株主に帰属する当期純利益                  10億82百万円      (前期比    2.1%   減)となりました。
      ②キャッシュ・フローの状況

         当連結会計年度末の現金及び現金同等物(以下、「資金」といいます。)の残高は、前連結会計年度末から55百
        万円減少して、33億37百万円となりました。当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの状況は以下のとおりで
        す。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動によるキャッシュ・フローは、35億22百万円の資金増加(前連結会計年度は33億0百万円の資金増加)
        となりました。資金増加の要因としましては、税金等調整前当期純利益(                                  16億55百万円      )、非資金取引である減価
        償却費(    26億56百万円      )が主なものであります。一方、資金減少の要因としましては、売上債権の増加(                                      4億66百
        万円  )、法人税等の支払(3億81百万円)が主なものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動によるキャッシュ・フローは、49億46百万円の資金流出(前連結会計年度は38億64百万円の資金流出)
        となりました。これは主に有形固定資産の取得(27億66百万円)、事業譲受による支出(18億46百万円)によるも
        のです。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動によるキャッシュ・フローは、13億38百万円の資金増加(前連結会計年度は9億61百万円の資金増加)
        となりました。資金増加の要因としましては、短期借入れの純増加額(6億30百万円)、長期借入れによる収入
        (16億60百万円)が主なものであります。一方、資金減少の要因としましては、配当金の支払(2億68百万円)が
        主なものであります。
         キャッシュ・フローの指標のトレンドを示しますと下記のとおりであります。

                    2015年3月期        2016年3月期        2017年3月期        2018年3月期        2019年3月期

                                        73.7        67.2        61.5
     自己資本比率(%)                   74.4        71.7
     時価ベースの自己資本比率
                                        87.1                83.6
                        83.9        89.9                89.5
     (%)
     キャッシュ・フロー対有利
                        0.8        0.7        0.6        1.0        1.4
     子負債比率(年)
     インタレスト・カバレッ
                       152.8         95.0        82.5        46.9        29.6
     ジ・レシオ(倍)
        ※自己資本比率:自己資本/総資産
         時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
         キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/キャッシュ・フロー
         インタレスト・カバレッジ・レシオ:キャッシュ・フロー/利払い
         (注)1.各指標は、いずれも連結ベースの財務数値により算出しております。
            2.株式時価総額は、期末株価終値×期末発行済株式数(自己株式控除後)により算出しております。
            3.キャッシュ・フローは、連結キャッシュ・フロー計算書の営業活動によるキャッシュ・フローを使用
              しております。
            4.有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている負債のうち、利子を支払っている全ての負債を対象
              としております。また、利払いにつきましては、連結キャッシュ・フロー計算書の「利息の支払額」
              を使用しております。
                                13/81




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
      ③生産、受注及び販売の実績
        a.生産実績
         当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                当連結会計年度
                               (自 2018年4月1日
             セグメントの名称                                    前年同期比(%)
                                至 2019年3月31日)
         日本(千円)                                1,333,059               113.3

         米国(千円)                                 328,845              126.6

              合計(千円)                           1,661,905               118.4

         (注)記載金額は生産高を製造原価で示しており、消費税等は含まれておりません。
        b.受注実績

          当社グループは、見込み生産を行っているため、該当事項はありません。
        c.販売実績

          当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                 当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日
             セグメントの名称                                    前年同期比(%)
                                 至 2019年3月31日)
         日本(千円)                                13,314,663                110.1

                                        20,003,834

         米国(千円)                                               112.7
                                        33,318,497

           報告セグメント合計(千円)                                             111.7
         その他(千円)                                  6,664             101.6

                                        33,325,162

              合計(千円)                                          111.7
         (注)1 セグメント間取引については、相殺消去しております。
            2 記載金額は販売価格によっており、消費税等は含まれておりません。
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は以下のとおりでありま
        す。
         文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
        ①重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
        おります。
         当社グループの連結財務諸表の作成にあたっては、当連結会計年度末における資産、負債の報告金額及び収益、
        費用の報告金額に影響を与える見積り、判断及び仮定を使用することが必要となります。当社グループの経営陣は
        連結財務諸表作成の基礎となる見積り、判断及び仮定を過去の経験や状況に応じ合理的と判断される入手可能な情
        報により継続的に検証し、意思決定を行っております。しかしながら、これらの見積り、判断及び仮定は不確実性
        を伴うため、実際の結果と異なる場合があります。
         なお、連結財務諸表の作成のための重要な会計基準等は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 注記事項 
        (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載されているとおりであります。
        ②当連結会計年度の経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

         a.財政状態の分析
          当連結会計年度末の総資産は             220億13百万円       で、前期比     34億78百万円      増加となりました。
         流動資産は     96億38百万円      で、前期比     11億81百万円      増加となりました。これは主に「売掛金」が                    5億97百万円      、
         「商品及び製品」が2億38百万円増加したことによるものです。固定資産は                                   123億74百万円       で、前期比     22億96百
         万円  増加となりました。これは主に「工具、器具及び備品」が                           5億72百万円      、「顧客関連資産」が7億70百万円
         増加したことによるものです。
          当連結会計年度末の負債合計は              84億77百万円      で、前期比     23億97百万円      増加となりました。「短期借入金」が6
         億61百万円、「1年内返済予定の長期借入金」が3億62百万円、「長期借入金」が7億27百万円増加したことに
         よるものです。
                                14/81

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
          当連結会計年度末の純資産合計は               135億35百万円       で、前期比     10億81百万円      増加となりました。これは主に「利
         益剰余金」が      8億14百万円      、「為替換算調整勘定」が2億67百万円増加したことによるものです。
         b.経営状態の分析

          (売上高)
            当連結会計年度における売上高は                333億25百万円       で前期比11.7%の増加となりました。セグメント別の売
           上高については、「(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況」に記載しております。
          (売上総利益)
            当連結会計年度における売上総利益は                 189億55百万円       で前期比11.4%の増加となりました。売上総利益率
           は56.9%で前連結会計年度比0.1ポイント減少しました。
          (営業利益)
            当連結会計年度における営業利益は                16億1百万円      で前期比    1.2%   増加となりました。営業利益率は               4.8%   で
           前連結会計年度比0.5ポイント減少しました。これは主に日本部門では、新規顧客が予定以上に獲得できた
           事に加えて既存契約顧客の解約が予定を下回った事により、機器購入費用等の販売促進に関わる費用が増加
           したことによるもの、米国部門では、既存のOCS事業の拠点数増加や、高付加価値型OCS事業のブルータイ
           ガー事業における初期赤字の増加によるものです。
         c.キャッシュ・フローの分析

            キャッシュ・フローの分析については、「(1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」
           に記載しております。
     4【経営上の重要な契約等】

      フランチャイズ契約に関する事項
        当社の連結子会社である㈱ダイオーズ                  ジャパンがフランチャイズ本部となり、フランチャイザーとして「ダイ
       オーズOCSチェーン」を主宰統括しております。フランチャイズ契約の概要は、以下のとおりであります。
      (1)契約の要旨
         ダイオーズOCSチェーン・フランチャイズ契約では、㈱ダイオーズ                                ジャパン(本部)と加盟店が広く職場のな
        かにうるおいを提供することによって、その福祉の向上と勤労意欲の高揚に寄与することを目標とし、「ダイ
        オーズOCSチェーン」の標章のもとに新しい流通産業の創造のために共に協力し一体となって事業の展開を行い、
        相互の利益、社会的地位と信用の確立を図り、よって両者の末長い信頼関係を維持することを目的として締結さ
        れます。
         契約におきましては、㈱ダイオーズ                  ジャパン(本部)が独自に開発した機器及びサービス用品、及び独自に開
        発したオリジナル商品をもって運営されるオフィスコーヒーサービス事業に関する技術上・経営上の独自のシス
        テムを基に事業を行う権利を、本契約によって加盟店に許諾する内容となっております。
      (2)契約期間
         ダイオーズOCSチェーン・フランチャイズ契約書において定めている契約期間は次のとおりであります。
         契約期間は、契約締結日より3カ年間。但し、期間満了の3カ月前迄に両当事者は契約継続について協議し、
        双方に異議がない場合は、本契約はさらに2カ年延長されるものとし、以後も同様であります。
      (3)徴収金等
         契約締結に際して加盟店は、本部に対して一定額の加盟金を支払い、また、毎月の加盟店売上高の一定額に対
        し一定率のロイヤリティを支払うものであります。
     5【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                15/81






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
       当連結会計年度において実施いたしました設備投資の総額は、3,215百万円で、セグメント別について示します
      と、次のとおりであります。
      (1)日本部門
         当連結会計年度の設備投資の総額は、795百万円であり、主にコーヒーメーカー等の工具器具や土地、建物及び
        構築物の購入であります。
      (2)米国部門

         当連結会計年度の設備投資の総額は、2,419百万円であり、主にコーヒーメーカー等の工具器具及び車両等の購
        入であります。
     2【主要な設備の状況】

      (1)提出会社
                                                    2019年3月31日現在
                                      帳簿価額(千円)
        事業所名       セグメントの                                        従業員数
                       設備の内容
                                         ソフト
                             建物及び       土地
        (所在地)        名称                                        (人)
                                              その他     合計
                             構築物
                                   (面積㎡)
                                         ウエア
     本社                 グループ統括

                日本                213       -   12,414     1,832    14,460    15(11)
     (東京都港区)                 業務事務所
                                     257,500

     東京PDセンター
                〃       賃貸、不動産        37,581             -     -   295,081        -
                                    ( 4,945.00   )
     (千葉県八千代市)
     首都圏第一PW工場
                〃       〃
                              66,069         -     -     -   66,069       -
     (千葉県八千代市)
                                     85,054
     環境第一工場
                〃       〃        86,472             -    110   171,638        -
                                    ( 3,895.32   )
     (福島県いわき市)
                                     37,983
     環境中央工場
                      賃貸、不動産
                〃               67,527             -     -   105,510        -
                                    ( 1,753.13   )
                      社宅
     (埼玉県川越市)
                                     265,489
     環境事業本部
                〃       賃貸、不動産        23,136             -    154   288,780        -
                                    ( 1,402.07   )
     (東京都荒川区)
      (注)1 現在休止中の主要な設備はありません。
         2 東京PDセンター、東京第一PW工場、環境第一工場、環境中央工場、環境事業本部については、それぞれ株式
           会社ダイオーズ        ジャパンに賃貸しております。
         3 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。
         4 帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品であります。なお、上記金額には消費税等は含まれており
           ません。
         5 帳簿価額には建設仮勘定は含まれておりません。
                                16/81








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
      (2)国内子会社
                                                    2019年3月31日現在
                                      帳簿価額(千円)
                   セグメ
             事業所名                                           従業員数
                                 機械装置
      会社名             ントの    設備の内容
                            建物及び         レンタル     ソフトウ
             (所在地)                                            (人)
                                 及び運搬              その他     合計
                   名称
                            構築物         資産     エア
                                 具
                       コーヒー他
           東京PDセンター            製造及び配                                  18
                   日本           1,536    40,393      -   2,698     1,246    45,875
           (千葉県八千代市)            送施設及び                                 (34)
                       営業所
                       ピュア
           首都圏第二PW工場            ウォーター                                  2
                   〃
                             14,003     1,678      -     -     91   15,773
           (東京都大田区)            製造及び営                                  (7)
                       業所
                       統轄業務事
           環境事業本部                                              61
                   〃    務所及び営
                               756     -     -     -    276    1,033
           (東京都荒川区)                                             (37)
                       業所
           札幌PW工場            ピュアウォ                                  1

                   〃           7,627     2,340      -     -     0   9,967
     株式会社
                       ター製造
           (北海道札幌市)                                              (4)
     ダイオーズ
                       マット、
     ジャパン
           環境第一工場            モップ等洗                                  8
                   〃
                             11,869     2,918      -     -     0  14,787
           (福島県いわき市)            濯及び営業                                 (14)
                       所
                       マット、
           環境中央工場            モップ等洗                                  7
                   〃           6,473    11,612      -     -    169   18,255
                       濯及び営業
           (埼玉県川越市)                                             (16)
                       所
                       ピュア
           名古屋PW工場
                       ウォーター                                  3
                   〃          15,396     73,663      -     -   1,081    90,141
           (愛知県名古屋市)            製造及び営
                                                         (-)
                       業所
                                                         284
           飲料事業本部他        〃    営業所他      26,661     6,090    702,313     72,493     13,656    821,214
                                                        (131)
      (注)1 現在休止中の主要な設備はありません。
         2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。
         3 帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品であります。なお、上記金額には消費税等は含まれており
           ません。
         4 帳簿価額には建設仮勘定は含まれておりません。
         5 上記の他、連結会社以外からの主要な賃借設備の内容は、以下のとおりであります。
                事業所名                   台数   主なリース       当期リース料       リース契約残高

                     セグメントの名
        会社名                     設備の内容
                (所在地)     称              (台)    期間(年)        (千円)        (千円)
     株式会社ダイオーズ                       営業用貨物
                各事業所     日本                944    4年        203,671       469,371
      ジャパン                       車両
         6 上記金額には消費税等は含まれておりません。
      (3)在外子会社

                                                   2019年3月31日現在
                                     帳簿価額(千円)
           事業所名     セグメン                                        従業員数
                               機械装置
      会社名              設備の内容
                          建物及び          レンタル      土地
           (所在地)     トの名称                                        (人)
                               及び運搬                その他     合計
                          構築物          資産     (面積㎡)
                               具
     Daiohs
                     統轄業務事
     U.S.A.,Inc.
                                          12,386
           本社及び                                             771
                米国     務所及び営      163,349     622,020     899,895         3,242,816     4,940,468
     (カリフォル
                                        ( 6,972.74   )
           各営業所
                                                        (5)
     ニア州他)
                     業所
     他1社
      (注)1 現在休止中の主要な設備はありません。
         2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。
         3 帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品であります。
         4 帳簿価額には建設仮勘定は含まれておりません。
                                17/81



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
     3【設備の新設、除却等の計画】
      (1)重要な設備の新設等
         該当事項はありません。
      (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                18/81



















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                 38,640,000

                  計                                38,640,000

        ②【発行済株式】

                事業年度末現在                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類         発行数(株)                       又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年6月21日)
               (2019年3月31日)                         取引業協会名
                                         東京証券取引所           単元株式数
       普通株式            13,439,142             13,439,142
                                         (市場第一部)             100株
        計          13,439,142             13,439,142             -          -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                 (株)
     2007年4月1日~
     2008年3月31日             12,200     13,439,142          2,338     1,051,135          2,337     1,119,484
    (注)
         (注)新株予約権(ストックオプション)の権利行使による増加であります。
      (5)【所有者別状況】

                                                   2019年3月31日現在
                         株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                      単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
           政府及び地           金融商品取     その他の法
                                                      (株)
                 金融機関                          個人その他       計
           方公共団体           引業者     人
                                 個人以外      個人
     株主数(人)          0     16     22     55     60      3    5,623     5,779       -
     所有株式数
               0    6,206      939    62,496      5,250       5   59,479     134,375      1,642
     (単元)
     所有株式数の
              0.00     4.62     0.70     46.51      3.91     0.00     44.26     100.0       -
     割合(%)
     (注)1 自己株式41株は、「単元未満株式の状況」に含まれております。
         2 上記「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、7単元含まれております。
                                19/81



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
      (6)【大株主の状況】
                                                  2019年3月31日現在
                                                  発行済株式(自己
                                                  株式を除く。)の
                                          所有株式数
         氏名又は名称                    住所                      総数に対する所有
                                           (千株)
                                                  株式数の割合
                                                  (%)
     株式会社ダイオーエンタープ
                    東京都品川区上大崎四丁目1番1号                         5,596          41.64
     ライズ
     大久保 真一               東京都品川区                         1,601          11.92
     大久保 洋               横浜市保土ヶ谷区                          400         2.98
     公益財団法人ダイオーズ記念
                    東京都港区浜松町二丁目4番1号                          400         2.98
     財団
     大久保 洋子               東京都品川区                          395         2.94
     大久保 潤               川崎市中原区                          268         2.00

                    200    WEST     STREET       NEW
     GOLDMAN,     SACHS&    CO.REG
                    YORK,NY,USA
                                              201         1.50
     (常任代理人 ゴールドマ
                    (東京都港区六本木6丁目10番1号 六
     ン・サックス証券株式会社)
                    本木ヒルズ森タワー)
     ダイオーズ従業員持株会               東京都港区浜松町二丁目4番1号                          185         1.38
     日本マスタートラスト信託銀
                    東京都港区浜松町二丁目11番3号                          171         1.28
     行(信託口)
     大久保 真               横浜市中区                          168         1.25
           計                  -               9,388          69.86

      (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  2019年3月31日現在
            区分              株式数(株)            議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                             -       -            -
      議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -

      議決権制限株式(その他)                             -       -            -

                      (相互保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                    -        単元株式数100株
                      普通株式          20,700
      完全議決権株式(その他)                 普通株式        13,416,800            134,168          同上
                                                  一単元(100株)
      単元未満株式                 普通株式           1,642        -
                                                   未満の株式
      発行済株式総数                         13,439,142           -            -
      総株主の議決権                             -        134,168           -

     (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が700株(議決権7個)

           含まれております。
         2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社保有の自己株式41株が含まれております。
                                20/81





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
        ②【自己株式等】
                                                  2019年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に
      所有者の氏名又は                    自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                 所有者の住所                                  対する所有株式数
      名称                    式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                   の割合(%)
     (相互保有株式)
     株式会社カバーオー           東京都港区浜松町
                             20,700           -      20,700         0.15
     ルジャパン           二丁目4番1号
         計          -          20,700           -      20,700         0.15
     (注)上記のほか、単元未満株式数として自己株式41株を所有しています。
     2【自己株式の取得等の状況】

      【株式の種類等】  会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                区分                  株式数(株)              価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                     1             1,357
      当期間における取得自己株式                                     -               -

     (注)当期間における取得自己株式には2019年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる
         株式数は含めておりません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                  当事業年度                当期間
                区分
                                     処分価額の総額               処分価額の総額
                              株式数(株)               株式数(株)
                                       (円)               (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った
                                  -        -       -        -
      取得自己株式
      その他
                                  -        -       -        -
      (-)
      保有自己株式数                             41        -       41        -
     (注)当期間における保有自己株式数には、2019年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
         よる株式数は含めておりません。
                                21/81





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
     3【配当政策】
       当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の重要課題の1つとして認識しております。安定的な経営基盤の確保
      と株主資本利益率の向上に努めるとともに、配当につきましては、以下のとおり安定配当をベースとした業績連動型
      の方式にしております。
                             利益還元方針
                        原則として急激な変化に伴う業績悪化時を除いて、年15円を安定的にお支
           普通配当金
                        払いたします。
                        業績に連動する部分として、経常利益に一定の乗率(55%)を掛けて、求
                        めることとします。これにより求められた金額の30%に相当する金額が普
           特別配当金
                        通配当15円を上回る場合に、これを特別配当として加算してお支払いたし
                        ます。
       当社は、期末配当の年1回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
       内部留保資金の使途につきましては、設備資金及び新規事業、M&A等の投融資など、今後の事業拡大に向けた資金
      需要に備えることとし、当面は安全性の高い金融商品にて運用する予定であります。
       当社は、「会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって剰余金の配当等を行うことができ
      る。」旨を定款に定めております。
       当期の剰余金の配当については、2019年5月15日開催の取締役会において2019年3月31日を基準日として、1
      株当たり21円(普通配当15円 特別配当6円)の配当を行うことを決議いたしました。
       なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
         決議年月日              配当金の総額(百万円)                    1株当たりの配当額(円)

      2019年5月15日
                                   282                     21
      取締役会決議
                                22/81













                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
           当社はコーポレート・ガバナンスの強化を重要な経営課題の一つと捉えて、積極的に取り組んでおります。
          当社の企業理念では「Daiohsの利潤は、お客さまの満足から生まれるもので、それをさらにお客さまのため
          に、社会のために、そして、私たちのために生かします。」と定め、株主を始めとしたステークホルダーから
          信頼を得ることによって、利潤が生まれるということを基本理念としています。従業員やパートナーを大切に
          することによって、お客さまへの最適なサービスを生み、お客さまの満足度の向上が業績向上をもたらし、業
          績の向上が株価の上昇や配当などの形で株主の皆さまに還元されるサイクルを生み出したいと考えています。
          そのためには、社内の管理体制としてコーポレート・ガバナンスを強化することが重要であり、この充実に向
          けた施策を講じてまいります。
        ②企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

         (ア)会社の機関の内容
           当社グループの経営上の重要な意思決定については取締役会(毎月1回開催)、取締役会付議事項の基礎と
          なる全般的業務執行方針、計画及び重要な業務の実施に関する協議については取締役および常勤監査役を構成
          員とする本部長会議(毎月1回開催)、ならびに取締役の業務執行の監視については監査役会(毎月1回開
          催)によって行われております。
           取締役の任期を2004年6月の定時株主総会より1年に変更し、株主の皆様に毎年信任を仰ぐとともに、監査
          役及び監査役会については「取締役の業務執行の監視機能」と位置づけて、社外から有識者を招聘し、公正か
          つ厳正な観点から管理・監督を行う体制を敷いております。
          (取締役会構成員の氏名等)
           議 長:代表取締役社長 大久保真一
           構成員:取締役副社長 大久保洋 ・ 取締役 萩原守 ・ 取締役 佐藤雅敏(社外取締役)
               取締役 西澤宏繁(社外取締役)
               ※上記構成員の他、監査役は取締役会に出席することを要する旨を定めております。
          (監査役会構成員の氏名等)
           議 長:常勤監査役 丹治勝秋
           構成員:監査役 深山小兵衛(社外監査役) ・ 監査役 青嶋潤一(社外監査役)
         (イ)会社の機関・内部統制の関係を図式化すると以下のとおりになります。
                                23/81











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         ③企業統治に関するその他の事項












           当社の内部統制システムは、取締役及び取締役会による業務執行、監査役及び監査役会による管理・監督、
          監査グループ(提出日現在2名)による業務監査から、構成されております。社外取締役2名を含む取締役5
          名は任期を1年として株主の皆様の信任を毎年仰いでおります。また監査役3名のうち2名は社外監査役であ
          り、公正かつ厳正なる監査体制を敷いております。
           なお、当社の内部統制システムの基本方針は以下のとおりであります。
          ⅰ)取締役・使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
            グループ全体のコンプライアンス体制ならびに定款や各種社内ルールを遵守する組織機構として、純粋持
           株会社である株式会社ダイオーズの管理本部がこれに当たります。定款や各種社内ルールに関しては、常時
           閲覧が可能となるよう社内ネットシステムを構築し、内部監査による監査項目の一つとして具体的な実態調
           査を適宜行っております。さらには、取締役及び従業員等が、社内においてコンプライアンス違反行為を行
           い、または行おうとしていることに気がついたときは、管理本部長、監査グループマネージャー、常勤監査
           役に通報(匿名も可)しなければならないと定めております。会社は、通報内容を秘守し、通報者に対し
           て、不利益な扱いを行わないことを社内に周知徹底しております。
            当社は、社会の秩序や企業の健全な活動に脅威を与える反社会的勢力に対しては、外部の専門家と連携し
           て、毅然とした姿勢で組織的かつ法的に対応し、一切の関係を持ちません。また、不当・不法な要求には応
           じず、利益供与は行いません。
          ⅱ)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
            取締役は、その職務の執行に係る以下の文書(電磁的記録を含む。以下同じ)その他の重要な情報を、社
           内規程に基づき、それぞれの担当職務に従い適切に保存・管理します。
            a.株主総会議事録
            b.取締役会議事録
            c.取締役が主催するその他の重要な会議の議事の経過の記録または指示事項と関連資料
                                24/81


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
            d.取締役が決裁者となる決裁書類
            e.その他取締役の職務の執行に関する重要な文書
            f.上記各号に付帯関連する資料
            代表取締役社長は上記の情報の保存及び管理を監督する責任者となります。管理本部長は代表取締役社長
           を補佐し、上記に定める文書その他の情報の保存及び管理を行います。
          ⅲ)損失の危険の管理に関する規程その他の体制
            当社グループでは、株式会社ダイオーズの管理本部が、その独立性を活かしてリスク管理全体を統括する
           組織として機能し、有事においては、社長を本部長とする「緊急対策本部」が統括して危機管理に当たるこ
           ととしております。
          ⅳ)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
            当社は、定例の取締役会を毎月1回開催し、当社ならびにグループ会社における重要事項の決定ならびに
           取締役の業務執行状況の監督等を行います。業務の運営については、将来の事業環境を踏まえ中期経営計画
           及び各年度予算を立案し、全社的な目標を設定します。各部門においては、その目標達成に向け具体策を立
           案・実行します。なお、変化の激しい経営環境に機敏に対応するため、2004年6月の株主総会において定款
           変更を行い、取締役の任期を1年に変更しました。
          ⅴ)当社ならびに子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
            当社グループでは、株式会社ダイオーズの管理本部が、グループ全体のコンプライアンスを統括・推進す
           る体制としております。なお、関連会社の運営については、その自主性を尊重しつつ、事業内容の定期的な
           報告と重要案件についての事前協議を行っております。
          ⅵ)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項
            現在、監査役の職務を補助すべき従業員はおりませんが、必要に応じて、監査役の業務補助のための監査
           役スタッフを置くこととしております。
          ⅶ)前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項及び当該使用人に対する監査役の指示の実効性の確保
          に  関する事項
            監査役スタッフの人事については、取締役と監査役が意見交換を行うこととしております。また、取締役
           は当該スタッフに対して不当な制約を行うことにより、その独立性を阻害することのないよう留意すること
           としております。
          ⅷ)監査役への報告に関する体制
            代表取締役及び業務執行を担当する取締役は、取締役会等の重要な会議において随時その担当する業務の
           執行状況の報告を行います。取締役は、会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実があることを発見した
           ときは、法令に従い、直ちに監査役に報告します。また、当社グループではその役職員を対象とした内部通
           報制度である「クリーン・ライン制度」を整備しております。ここで通報された事項は常勤監査役へ報告さ
           れることとしております。
          ⅸ)前号の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための
          体  制
            前号の通報者及び通報内容は秘匿され、通報を行ったことを理由として不利益な取扱いを行うことは禁じ
           られています。
          ⅹ)監査役の職務の執行について生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する事項
            監査役が当社に対してその職務の執行について生ずる費用の前払いまたは償還、もしくは債務の弁済を請
           求するときは、当該請求に係る費用または債務が監査役の職務の執行に必要でないと認められる場合を除
           き、これを拒むことができないものとしております。
          ⅺ)その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
            監査役は重要な意思決定の過程及び業務の執行状況を把握するため、取締役会の他、重要な会議に適宜出
           席するとともに、主要な稟議書その他業務執行に関する重要な文書を閲覧し、必要に応じて取締役または従
           業員にその説明を求めることとしております。なお、監査役は、当社の会計監査人である三優監査法人から
           会計監査内容について説明を受けるとともに、情報の交換を行うなど連携を図っております。
        ④リスク管理体制の整備の状況

         顧問弁護士からは、必要に応じアドバイスを受けております。
         ディスクロージャーにつきましても、迅速かつ充実した開示に努めております。
        ⑤取締役の定数

          当社は、取締役の定数について、3名以上8名以内とする旨を定款に定めております。
        ⑥取締役の選任及び解任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
        主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。
        ⑦取締役及び監査役の責任免除

         当社は、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たし
        うる環境を整備することを目的とするため、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第
                                25/81

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
        423条第1項の行為に関する取締役及び監査役(取締役及び監査役であった者を含む。)の責任を法令の限度にお
        いて免除することができる旨を定款に定めております。
        ⑧責任限定契約の内容の概要

         当社と社外取締役及び監査役全員とは、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償
        責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、社外取締役、監査役とも
        に100万円または法令が定める額のいずれか高い額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該
        社外取締役または監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られま
        す。
        ⑨自己株式の取得

         当社は、自己株式の取得について、経済情勢の変化に対応して財務政策等を機動的に遂行することを可能とす
        るため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得する
        ことができる旨を定款に定めております。
        ⑩剰余金の配当等

         当社は、株主に対して機動的な利益還元を可能とするため、剰余金の配当等、会社法第459条第1項各号に定め
        る事項については、取締役会の決議によって定める旨を、また、それを株主総会の決議によっては定めない旨を
        定款に定めております。
        ⑪株主総会の特別決議要件

         当社は、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的
        とするため、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
        主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めてお
        ります。
                                26/81













                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性 8名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                       所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                               1963年4月     ㈱読売広告社入社
                               1969年6月     ㈲米屋おおくぼ設立と同時に入社
                               1976年5月     ㈱ダイオー(現㈱ダイオーズ)設立代
                                    表取締役社長(現任)
                               1999年5月     ㈱ダイオーズサービシーズ代表取締役
       取締役社長
               大久保 真 一       1941年3月21日生                            (注)4      1,601
                                    社長
       代表取締役
                               2000年1月     Daiohs   U.S.A.,Inc.     C.E.O.   Chairman
                                    (現任)
                               2005年4月     ㈱ダイオーズサービシーズ(現㈱ダイ
                                    オーズ   ジャパン)代表取締役会長
                                    (現任)
                               1989年4月     ㈱リクルートインターナショナル入社
                               1991年6月     当社入社
                               1996年7月     当社カリフォルニア支社長
                               2000年1月     Daiohs   U.S.A.,Inc.     C.O.O. 
                                    President(現任)
               大久保   洋
                               2000年4月     当社経営企画室長
       取締役副社長                1967年2月5日生                            (注)4       400
                (注)1
                               2000年6月     当社取締役
                               2011年12月     ㈱ダイオーズサービシーズ(現㈱ダイ
                                    オーズ   ジャパン)取締役(現任)
                               2012年3月     当社専務取締役
                               2019年6月     当社取締役副社長(現任)
                               1980年4月     当社入社
                               2005年6月     当社取締役(現任)
                               2006年4月     当社取締役管理本部長
                               2006年4月     ㈱ダイオーズサービシーズ取締役
                               2007年4月     ㈱ダイオーズサービシーズ取締役開発
                                    生産本部長
        取締役       萩 原   守       1956年4月26日生
                                                   (注)4       13
                               2010年4月     ㈱ダイオーズサービシーズ取締役東京
                                    本部長
                               2011年4月     ㈱ダイオーズサービシーズ(現㈱ダイ
                                    オーズ   ジャパン)代表取締役社長
                                    (現任)
                               2011年6月     Daiohs   U.S.A.,Inc.取締役(現任)
                                27/81









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
                                                       所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                               1972年4月     ㈱三井銀行(現㈱三井住友銀行)入行
                               1994年4月     ㈱さくら銀行目白支店長
                               2001年4月     ㈱三井住友銀行三田通法人営業第一部
                                    長
               佐 藤 雅 敏
                               2004年1月     ㈱松屋フーズ立地開発部長
        取締役              1950年1月25日生                            (注)4        1
                (注)2
                               2005年6月     同社取締役店舗開発企画部長
                               2007年4月     同社取締役総務人事部長
                               2012年6月     当社社外監査役
                               2013年6月     当社社外取締役(現任)
                               1961年4月     ㈱日本興業銀行(現㈱みずほ銀行)入
                                    行
                               1989年6月     同行取締役
                               1992年6月     同行常務取締役
               西 澤 宏 繁
        取締役              1937年5月28日生                            (注)4        1
                (注)2              1997年6月     ㈱東京都民銀行(現㈱きらぼし銀行)
                                    代表取締役頭取
                               2009年10月     企業再生支援機構代表取締役社長
                               2015年6月     当社社外取締役(現任)
                               1981年9月     当社入社
                               2006年10月     ㈱ダイオーズサービシーズ執行役員営
                                    業推進本部長
                               2009年10月     当社執行役員管理本部長
                               2014年4月     ㈱ダイオーズサービシーズ執行役員開
        監査役
                                    発生産本部長
               丹 治 勝 秋       1956年8月7日生                            (注)5       11
         常勤
                               2016年5月     ㈱ダイオーズサービシーズ退職
                               2016年6月     ㈱ダイオーズサービシーズ(現㈱ダイ
                                    オーズ   ジャパン)常勤監査役(現
                                    任)
                               2016年6月     当社常勤監査役(現任)
                               1972年9月     公認会計士登録
                               1976年6月     公認会計士深山小十郎事務所開設
                               1991年1月     東光監査法人代表社員
               深 山 小兵衛
                               2010年6月     太平電業㈱社外監査役
        監査役              1941年9月17日生                            (注)6       -
                (注)3
                               2011年7月     新栄税理士法人代表社員
                                    (現任)
                               2013年6月     当社社外監査役(現任)
                                28/81









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
                                                       所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                               1974年4月     三井物産㈱入社
                               1995年4月     同社経営企画部上級スタッフ
                               1999年10月     日本貿易振興機構出向
               青 嶋 潤 一
                               2002年10月     在シンガポールサンスター技研社長
        監査役              1951年1月19日生                            (注)6       -
                (注)3
                               2005年9月     サンスター技研㈱経営企画スタッフ
                               2006年4月     サンスター中国会長
                               2017年6月     当社社外監査役(現任)
                                         計               2,029
     (注)1.取締役大久保洋は、代表取締役社長大久保真一の長男であります。
         2.取締役の佐藤雅敏及び西澤宏繁は、社外取締役であります。
         3.監査役の深山小兵衛及び青嶋潤一は、社外監査役であります。
         4.2019年6月20日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
         5.2016年6月20日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         6.2017年6月21日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         7.㈱ダイオーズサービシーズは2016年9月1日付で㈱ダイオーズ                               ジャパンへ商号変更しております。
         8.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査
           役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                     所有株式数
              氏名        生年月日                 略歴
                                                     (千株)
                            1969年7月     ㈱日本勧業銀行(現㈱みずほ銀行)入行

                            1990年6月     DKBインターナショナル副社長
                            1996年3月     ㈱第一勧業銀行(現㈱みずほ銀行)中目黒支
                                 店支店長
                            1998年12月     ㈱日宝販出向
            松 岡 天 平        1947年3月23日生                                      1
                            2001年11月     ㈱オーエルシー代表取締役社長
                            2004年6月     ㈱シーエルシー代表取締役社長
                            2005年6月     ㈱タカラパック代表取締役社長
                            2008年6月     当社社外監査役
                            2008年6月     ㈱企画研究所監査役
        ② 社外役員の状況

           当社の社外取締役は2名です。また、当社の社外監査役は2名です。
           当社株式の保有状況については、「①役員一覧」に記載のとおりであります。また、社外取締役佐藤雅敏氏
          及び西澤宏繁氏は当社との間に人的関係、重要な資本的関係、または取引関係その他の利害関係はありませ
          ん。佐藤氏及び西澤氏は長年の銀行実務と会社経営の経験に基づく幅広い見識を当社のコーポレート・ガバナ
          ンスの強化に活かしていただくために、社外取締役として選任いたしました。また、佐藤氏及び西澤氏は株式
          会社東京証券取引所の有価証券上場規程第436条の2に規定する独立役員であります。
           社外監査役深山小兵衛氏は当社との間に人的・資本的な取引関係はございません。深山氏は会社経営と企業
          会計に関する豊富な見識を有しており、適切な監査と有効な助言をいただけると考えております。なお、深山
          氏は過去に直接会社の経営に関与した経験はありませんが、上記の理由により、当社の社外監査役としてその
          職務を適切に遂行できるものと判断し、選任いたしました。また、深山氏は新栄税理法人の代表社員でありま
          すが、当社と兼職先との間には特別の関係はありません。
           社外監査役青嶋潤一氏は当社との間に人的・資本的な取引関係はございません。青嶋氏は長年にわたる海外
          事業の経験に基づく幅広い見識を当社の監査体制の強化に活かしていただくために、社外監査役として選任い
          たしました。また、青嶋氏は株式会社東京証券取引所の有価証券上場規程第436条の2に規定する独立役員で
          あります。
           また、監査役3名のうち2名を社外監査役とすることで、公正かつ厳正なる監査体制を敷いております。
           なお、当社では社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準及び方針は定めておりませ
          んが、選任にあたっては株式会社東京証券取引所が定める独立役員の独立性に関する判断基準等を参考にして
          おります。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

        統制部門との関係
           社外監査役は当社の内部監査部門である監査グループと会計監査人である三優監査法人から監査内容につい
          ての説明を受けるとともに、情報の交換を行うなど連携を図っております。
                                29/81


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
         ①監査役監査の状況
           当社は監査役会制度を採用しており、監査役会は常勤監査役1名、社外監査役2名で構成されております。
          各監査役は監査役会において定めた監査方針及び監査計画に基づき、取締役会のほか重要な会議に出席すると
          ともに、主要な稟議書その他業務執行に関する重要な書類を閲覧し、必要に応じて取締役又は従業員に対して
          説明を求めることとしております。なお、社外監査役である深山小兵衛氏は財務及び会計に関する相当程度の
          知見を有しております。
         ②内部監査の状況

           当社の内部監査部門としては監査グループが設置されており、2名(提出日現在)で構成されております。
          監査グループは各部門において、書面監査及び実地監査による内部監査を行っており、監査結果及び改善を必
          要と認めた事項に対する対策等を社長へ報告するものとしております。
           監査グループ、監査役及び会計監査人は、緊密な連携を保ち、積極的に情報交換を行うことで効率的な監査
          を実施するよう努めております。また、内部統制部門は監査グループ及び監査役の監査による改善指摘を元
          に、適時に適切な改善の検討及び実施導入を行う体制としております。
         ③会計監査の状況

          a.監査法人の名称
            三優監査法人
          b.業務を執行した公認会計士
            齋藤 浩史
            畑村 国明
          c.監査業務に係る補助者の構成
            監査業務にかかる補助者の人数は2019年3月期で計11名であり、その構成は公認会計士5名、その他6名
           となっております。
          d.監査法人の選定方針と理由
            当社では監査法人の選定の決定をするにあたり、品質管理、監査チーム、監査報酬等、監査役等とのコ
           ミュニケーション、経営者等との関係、グループ監査、不正リスクに関する判断基準をもとに検討すること
           としております。
            また、当社では、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、
           監査役全員の同意に基づき監査役会が、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査
           役は、解任後最初に招集される株主総会におきまして、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いたし
           ます。
            なお、監査役会は、会計監査人の継続監査年数を勘案して、再任もしくは不再任の決定を行います。
          e.監査役及び監査役会による監査法人の評価
            当社の監査役及び監査役会は、会計監査人である三優監査法人に対して、上記の判断基準に照らし問題が
           無い旨の評価をしております。
         ④監査報酬の内容等

          a.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬           酬           報酬           酬
               (百万円)           (百万円)           (百万円)           (百万円)
      提出会社                  29           -           29           -
      連結子会社                  -           -           -           -

         計               29           -           29           -

          b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(BDO)に属する組織に対する報酬(a.を除く)

            該当事項はありません。
          c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

            該当事項はありません。
          d.監査報酬の決定方針

            当社の監査公認会計士等に対する監査報酬は、会社の規模・業務の特性等の要素を勘案して見積もられた
           監査予定日数から算出された金額について、当社監査役会の審議を受けた後に決定しております。なお、当
           社と監査法人の間において、監査公認会計士等の独立性の保持を確認した契約を締結しております。
                                30/81


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
          e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

            当社の監査役会は、監査法人である三優監査法人の監査業務内容及び報酬が当社の基準に照らして問題無
           い旨の評価結果に基づき、取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対して、会社法第399条第1項
           の同意をしております。
      (4)【役員の報酬等】

         ①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          当社は役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針を定めておりません。
         ②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                            報酬などの種類別の総額(千円)
                                             対象となる
                   報酬等の総額
           役員区分                                  役員の員数
                           固定報酬      業績連動
                    (千円)
                                       退職慰労金
                                              (人)
                            (注)1      報酬
            取締役
                      108,792      108,792         -      -       3
        (社外取締役を除く)
            監査役
                       3,600      3,600       -      -       1
        (社外監査役を除く)
           社外役員            11,657      11,657        -      -       4
         (注)1 基本報酬には、当社役員に対して当社及び連結子会社が支払った役員報酬の合計を記載しておりま
              す。
            2 1992年3月19日開催の定時株主総会で決議された取締役の報酬限度額は、年額1億80百万円でありま
              す。取締役の報酬等は、この報酬限度額の範囲で取締役会の決議により決定します。
            3 1997年6月27日開催の定時株主総会で決議された監査役の報酬限度額は、年額18百万円であります。

              監査役の報酬等は、この報酬限度額の範囲で監査役会の決議により決定します。
            4 当事業年度の役員報酬等の決定にあたっては、取締役会および監査役会は会社の営業成績を踏まえ、

              業界あるいは同規模の他企業の水準と従業員の給与との均衡を勘案の上、協議を行いました。
      (5)【株式の保有状況】

         ①投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする株式を純投資目的の投
          資株式とし、これ以外を政策保有株式として区分しております。
         ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
          該当事項はありません。
         ③保有目的が純投資目的である投資株式
                         当事業年度                     前事業年度
          区分
                     銘柄数        貸借対照表計上額の              銘柄数        貸借対照表計上額の
                    (銘柄)         合計額(千円)            (銘柄)         合計額(千円)
     非上場株式                     -           -           -           -

     非上場株式以外の株式                     3        13,783             3        14,106

                              当事業年度

          区分
                   受取配当金の           売却損益の           評価損益の
                   合計額(千円)           合計額(千円)           合計額(千円)
     非上場株式                     -           -           -

     非上場株式以外の株式                    295           -         8,203

                                31/81




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         ④当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの
          該当事項はありません。
         ⑤当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの
          該当事項はありません。
                                32/81



















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
        (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
        号)に基づいて作成しております。
        (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表について、三優監査法人
      による監査を受けております。
        なお、金融商品取引法第24条の2第1項の規定に基づき、有価証券報告書の訂正報告書を提出しておりますが、訂
      正後の連結財務諸表について、三優監査法人による監査を受けております。
      3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するため特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容
      を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人
      財務会計基準機構へ加入し、また、同機構等が主催する研修への参加等の取組みを行っております。
                                33/81













                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     資産の部
       流動資産
        現金及び預金                               3,393,616              3,337,785
                                       2,808,339              3,405,785
        売掛金
        リース投資資産                                318,391              297,151
        商品及び製品                               1,251,755              1,490,718
        仕掛品                                 5,181              4,126
        原材料及び貯蔵品                                109,653              162,544
                                        594,056              972,313
        その他
                                       △24,509              △31,997
        貸倒引当金
                                       8,456,485              9,638,427
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                       1,364,830              1,518,088
          建物及び構築物
                                       △933,569              △979,174
           減価償却累計額
                                        431,260              538,913
           建物及び構築物(純額)
          機械装置及び運搬具                             1,671,698              1,920,700
                                      △1,092,481              △1,159,981
           減価償却累計額
                                        579,217              760,719
           機械装置及び運搬具(純額)
          工具、器具及び備品                             5,620,832              6,610,906
                                      △2,931,863              △3,349,470
           減価償却累計額
                                       2,688,969              3,261,436
           工具、器具及び備品(純額)
          レンタル資産                             2,223,201              2,842,601
                                       △870,257             △1,240,393
           減価償却累計額
                                       1,352,943              1,602,208
           レンタル資産(純額)
          リース資産
                                          -            49,896
                                          -            △1,663
           減価償却累計額
           リース資産(純額)                               -            48,233
          土地
                                        758,456              820,531
                                        22,086              118,153
          建設仮勘定
                                       5,832,934              7,150,196
          有形固定資産合計
        無形固定資産
          のれん                               57,123              27,518
          顧客関連資産                             3,377,857              4,148,735
                                        91,491              151,193
          その他
          無形固定資産合計                             3,526,473              4,327,447
        投資その他の資産
                                      ※1  219,445             ※1  477,481
          投資有価証券
                                        159,132              108,314
          繰延税金資産
          その他                              359,166              330,676
                                       △19,391              △19,391
          投資損失引当金
                                        718,353              897,081
          投資その他の資産合計
                                      10,077,761              12,374,725
        固定資産合計
                                      18,534,246              22,013,152
       資産合計
                                34/81





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     負債の部
       流動負債
        買掛金                                692,900              753,172
                                      ※2  887,440           ※2  1,548,583
        短期借入金
        1年内返済予定の長期借入金                                658,865             1,021,292
                                        175,070              246,342
        未払法人税等
        未払費用                                468,780              522,177
        賞与引当金                                251,396              267,946
                                        821,625             1,028,789
        その他
                                       3,956,079              5,388,304
        流動負債合計
       固定負債
        長期借入金                               1,769,781              2,497,089
                                        51,727
        繰延税金負債                                              115,297
        資産除去債務                                37,117              31,689
                                        264,787              444,808
        その他
                                       2,123,413
        固定負債合計                                             3,088,885
                                       6,079,492              8,477,189
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
        資本金                               1,051,135              1,051,135
        資本剰余金                               1,129,434              1,129,434
                                      10,268,060              11,082,065
        利益剰余金
                                         △46              △48
        自己株式
                                      12,448,583              13,262,587
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                 6,210              5,799
                                         △40             267,576
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                 6,170             273,375
                                      12,454,753              13,535,963
       純資産合計
                                      18,534,246              22,013,152
     負債純資産合計
                                35/81










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                      29,847,863              33,325,162
     売上高
                                     ※1  12,832,630            ※1  14,369,897
     売上原価
                                      17,015,233              18,955,264
     売上総利益
     販売費及び一般管理費
       給与手当                                6,114,659              6,782,409
       福利厚生費                                 597,152              747,406
       貸倒引当金繰入額                                  22,532              31,324
       賞与引当金繰入額                                 240,218              257,181
                                       1,946,422              2,206,038
       減価償却費
       のれん償却額                                  68,282              30,438
                                       6,443,050              7,299,294
       その他
                                      15,432,318              17,354,092
       販売費及び一般管理費合計
                                       1,582,915              1,601,171
     営業利益
     営業外収益
       受取利息                                   694              940
       受取配当金                                  12,688              100,812
       仕入割引                                  17,044              19,153
       持分法による投資利益                                  16,842               5,147
       為替差益                                    -            19,029
       債務勘定整理益                                  14,254              12,341
                                        22,025              30,507
       その他
       営業外収益合計                                  83,549              187,932
     営業外費用
       支払利息                                  78,477              117,896
       為替差損                                  23,896                -
                                         3,208              2,643
       その他
       営業外費用合計                                 105,582              120,539
                                       1,560,882              1,668,564
     経常利益
     特別利益
                                       ※2  14,172             ※2  2,688
       固定資産売却益
                                          -            16,666
       事業分離における移転利益
       特別利益合計                                  14,172              19,354
     特別損失
                                                     ※3  1,281
       固定資産売却損                                    -
                                       ※4  7,751             ※4  1,149
       固定資産除却損
       関係会社株式評価損                                    -            30,007
                                          33              -
       その他
       特別損失合計                                  7,784              32,437
                                       1,567,271              1,655,481
     税金等調整前当期純利益
                                        399,811              456,829
     法人税、住民税及び事業税
                                        61,175              115,864
     法人税等調整額
                                        460,986              572,694
     法人税等合計
                                       1,106,284              1,082,787
     当期純利益
                                       1,106,284              1,082,787
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                36/81





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                       1,106,284              1,082,787
     当期純利益
     その他の包括利益
       その他有価証券評価差額金                                  △151              △411
       為替換算調整勘定                                △332,040               269,585
                                          31            △1,968
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                   ※1,※2   △332,161            ※1,※2   267,205
       その他の包括利益合計
                                        774,123             1,349,992
     包括利益
     (内訳)
                                        774,123             1,349,992
       親会社株主に係る包括利益
       非支配株主に係る包括利益                                    -              -
                                37/81
















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                     1,051,135         1,129,434         9,430,557           △46      11,611,080
     当期変動額
      剰余金の配当                                △268,782                 △268,782
      親会社株主に帰属する当期
                                      1,106,284                 1,106,284
      純利益
      自己株式の取得

      株主資本以外の項目の当期

      変動額(純額)
     当期変動額合計
                        -         -      837,502           -      837,502
     当期末残高                1,051,135         1,129,434        10,268,060           △46      12,448,583
                            その他の包括利益累計額

                                                    純資産合計
                                       その他の包括利益累計額
                 その他有価証券評価差額金            為替換算調整勘定
                                       合計
     当期首残高
                         6,362          331,968           338,331         11,949,412
     当期変動額
      剰余金の配当                                                 △268,782
      親会社株主に帰属する当期
                                                       1,106,284
      純利益
      自己株式の取得                                                    -

      株主資本以外の項目の当期

                         △151         △332,009           △332,161           △332,161
      変動額(純額)
     当期変動額合計                    △151         △332,009           △332,161           505,341
     当期末残高
                         6,210           △40          6,170         12,454,753
                                38/81









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                1,051,135         1,129,434        10,268,060           △46      12,448,583
     当期変動額
      剰余金の配当
                                      △268,782                 △268,782
      親会社株主に帰属する当期
                                      1,082,787                 1,082,787
      純利益
      自己株式の取得                                           △1         △1

      株主資本以外の項目の当期

      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -      814,005          △1       814,003
     当期末残高                1,051,135         1,129,434        11,082,065           △48      13,262,587
                            その他の包括利益累計額

                                                    純資産合計
                                       その他の包括利益累計額
                 その他有価証券評価差額金            為替換算調整勘定
                                       合計
     当期首残高                    6,210           △40          6,170         12,454,753
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                       △268,782
      親会社株主に帰属する当期
                                                       1,082,787
      純利益
      自己株式の取得                                                    △1

      株主資本以外の項目の当期

                         △411          267,616           267,205           267,205
      変動額(純額)
     当期変動額合計                    △411          267,616           267,205          1,081,209
     当期末残高                    5,799          267,576           273,375         13,535,963
                                39/81









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       1,567,271              1,655,481
       税金等調整前当期純利益
                                       2,324,984              2,656,898
       減価償却費
       のれん償却額                                  68,282              30,438
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  4,011              6,992
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  44,216              16,550
       受取利息及び受取配当金                                 △15,088              △103,065
       支払利息                                  78,477              117,896
       為替差損益(△は益)                                  23,830             △17,822
       持分法による投資損益(△は益)                                 △16,842               △5,147
       固定資産売却損益(△は益)                                 △14,172               △1,406
       固定資産除却損                                  7,751              1,149
       関係会社株式評価損                                    -            30,007
                                       △140,118              △466,747
       売上債権の増減額(△は増加)
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                △149,593              △145,923
       リース投資資産の増減額(△は増加)                                  6,834              21,239
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △31,789               47,198
       未払費用の増減額(△は減少)                                  42,089              42,934
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  96,254             △26,485
                                        81,630              60,343
       その他
       小計                                3,978,030              3,920,531
       利息及び配当金の受取額
                                        15,088              103,065
       利息の支払額                                 △70,379              △119,103
                                       △622,642              △381,548
       法人税等の支払額
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                3,300,095              3,522,944
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                               △2,260,970              △2,766,229
       有形固定資産の売却による収入                                  23,691              13,243
       無形固定資産の取得による支出                                 △37,877              △62,793
       関係会社株式の取得による支出                                    -           △282,114
       貸付金の回収による収入                                  30,000                -
                                     ※2  △577,271           ※2  △1,846,690
       事業譲受による支出
       事業譲渡による収入                                  32,513              64,340
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                      △1,074,857                   -
       支出
                                          404            △65,875
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                               △3,864,368              △4,946,120
                                40/81








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                △110,810               630,933
       長期借入れによる収入                                2,216,200              1,660,350
       長期借入金の返済による支出                                △875,221              △681,850
       リース債務の返済による支出                                    -            △1,663
       自己株式の取得による支出                                    -              △1
                                       △268,858              △268,844
       配当金の支払額
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 961,309             1,338,923
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                  △34,948               28,420
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   362,088              △55,831
     現金及び現金同等物の期首残高                                 3,031,528              3,393,616
                                     ※1  3,393,616            ※1  3,337,785
     現金及び現金同等物の期末残高
                                41/81















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1 連結の範囲に関する事項
          (1)連結子会社の数  3社
            連結子会社名
             株式会社ダイオーズ          ジャパン
             Daiohs    U.S.A.,    Inc.
             Blue   Tiger   Coffee    Inc.
          (2)非連結子会社の名称
             台湾德歐仕股份有限公司
             德欧仕咖啡商貿(上海)有限公司
             德欧仕咖啡商貿(北京)有限公司
             Daiohs    Hong   Kong   Limited
             Daiohs    Korea   Co.,Ltd.
             德歐仕捷盟環保科技股份有限公司
             Ebony   Northwest     Coffee    Ltd.
            (連結の範囲から除いた理由)
             上記非連結子会社は、小規模会社であり、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰
            余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
         2 持分法の適用に関する事項

          (1)持分法を適用した非連結子会社及び関連会社の数  7社
           ①非連結子会社 7社
             台湾德歐仕股份有限公司
             德欧仕咖啡商貿(上海)有限公司
             德欧仕咖啡商貿(北京)有限公司
             Daiohs    Hong   Kong   Limited
             Daiohs    Korea   Co.,Ltd.
             德歐仕捷盟環保科技股份有限公司
             Ebony   Northwest     Coffee    Ltd.
             なお、Ebony       Northwest     Coffee    Ltd.については、当社の連結子会社である                    Daiohs    U.S.A.,    Inc.   が、
            当連結会計年度において株式取得したことから持分法を適用した非連結子会社に含めております。
           ②関連会社 -社
           ③持分法適用会社のうち決算日が連結決算日と異なる会社については、各社の直近の事業年度に係る財務諸
           表を使用しております。
          (2)持分法を適用しない関連会社(株式会社カバーオールジャパン他5社)は、当期純損益(持分に見合う
            額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影
            響が軽微であり、かつ全体としても重要性がないため、持分法の適用の範囲から除外しております。
         3 連結子会社の事業年度等に関する事項

           すべての連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
                                42/81







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         4 会計方針に関する事項

          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           ①有価証券
            その他有価証券
            a)時価のあるもの
              連結決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は主
              として、総平均法により算定)
            b)時価のないもの
              総平均法による原価法
           ②たな卸資産
            a)国内連結子会社
              移動平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
            b)在外連結子会社
              先入先出法による低価法
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

           ①有形固定資産(リース資産を除く)
            a)当社及び国内連結子会社
              定率法
               ただし、1998年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)、2016年4月1日以降に取得し
              た建物附属設備及び構築物、及び国内連結子会社のレンタル資産については、定額法によっておりま
              す。
               耐用年数は、建物が主に31年又は38年、工具、器具及び備品が主に5~10年、レンタル資産が3年
              又は5年であります。
            b)在外連結子会社
              定額法
           ②無形固定資産(リース資産を除く)
             当社及び国内連結子会社は、定額法を採用し、在外連結子会社は所在地国の会計基準に基づく定額法を
            採用しております。
             なお、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における使用可能期間(5年)に基づく定額法に
            よっております。
             また、顧客関連資産については、効果の及ぶ期間(主として10年)に基づく定額法によっております。
           ③リース資産
             リース期間(10年)を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          (3)重要な引当金の計上基準
           ①貸倒引当金
             債権の貸倒れによる損失に備えるため、国内連結子会社は、以下の債権分類により、回収不能見込額を
            計上しております。
            a)一般債権
              貸倒実績率によっております。
            b)貸倒懸念債権及び破産更生債権等
              個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
              また在外連結子会社は主として特定の債権について回収不能見込額を計上しております。
           ②賞与引当金
             当社及び国内連結子会社は、従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき計
            上しております。
           ③投資損失引当金
             関係会社に対する投資の損失に備えるため、関係会社の財政状態及び経営成績を考慮して必要額を計上
            しております。
                                43/81




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
          (4)重要な収益及び費用の計上基準
             ファイナンス・リース取引に係る収益の計上基準は、リース料受取時に売上高と売上原価を計上する方
            法によっております。
          (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
             外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理し
            ております。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収
            益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含め
            ております。
          (6)のれんの償却方法及び償却期間
             のれんの償却については、合理的に見積もった期間(5~10年)で均等償却を行っております。
          (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
             手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能で
            あり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資であります。
          (8)その他連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
           ①消費税等の会計処理方法
             税抜方式によっております。
           ②連結納税制度の適用
             連結納税制度を適用しております。
                                44/81















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計
           基準委員会)
         (1)概要

           国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的
          な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、
          FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、
          Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会に
          おいて、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
           企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と
          整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れ
          ることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮す
          べき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされておりま
          す。
         (2)適用予定日

           2022年3月期の期首から適用します。
         (3)当該会計基準等の適用による影響

           「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中
          であります。
         (表示方法の変更)

          (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を当連結会計年
          度の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区
          分に表示する方法に変更しております。
           この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」が                                          265,323    千円減
          少し、「投資その他の資産」の「繰延税金資産」が                        157,279    千円増加しております。また、「固定負債」の
          「繰延税金負債」が          108,044千円減少しております。
           なお、同一納税主体の繰延税金資産と繰延税金負債を相殺して表示しており、変更前と比べて総資産が
          108,044千円減少しております。
           また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に係
          る会計基準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)及び同注解(注9)に記載された内容を追加してお
          ります。ただし、当該内容のうち前連結会計年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項に定
          める経過的な取扱いに従って記載しておりません。
                                45/81








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         (追加情報)
          (有形固定資産残高と減損評価結果に対する疑義の発生について)
           当社グループは、2022年3月期において、連結子会社Daiohs                            U.S.A.,Inc.(以下「米国子会社」という。)
          の監査手続の中で、固定資産管理システムと会計システムとの間に固定資産残高の差異が存在することが判明
          し、有形固定資産の取得価額、減価償却累計額及び帳簿価額(以下「有形固定資産残高」という。)と減損評
          価結果に対する疑義が生じたため、これに関する社内調査を実施しました。
           この調査の過程で、米国子会社において固定資産管理システムと会計システムの突合作業がこれまで行われ
          ていなかったこと、両システム間の差異を把握しながらその重要性の認識を欠いていたため当社や監査人に対
          する報告が行われてこなかったこと、固定資産管理システムの仕様上、過去のデータが参照できないにも関わ
          らずバックアップが保存されてこなかったこと、顧客先に貸し出しているコーヒーブリューワーや浄水サー
          バー等の資産について、適切な台数管理が一部拠点において行われていなかったこと等の事象が判明しまし
          た。
           これらの事象を踏まえて会計監査人である三優監査法人と協議を行った結果、追加的な手続として過去に
          遡ってシステム処理の突合、修正を行っていく作業とともに有形固定資産実査が必要となったため、外部専門
          家を登用し、可及的速やかに有形固定資産残高の差異原因を分析するとともに会計上の誤謬を特定するための
          作業を進めることとなりました。
           有形固定資産実査において、コーヒーブリューワー等の機器については、販売管理システムに登録されてい
          る情報を基に照合作業を行っておりますが、除売却時の入力処理及び機器交換時の変更登録処理が十分に行わ
          れていない状況で、当初システムの登録されている内容は精度が高い前提でおりましたが、実査を進めていく
          中で想定よりも精度が高くないことが判明しました。また、同じ機器でも異なる仕入先から購入すると機器名
          称が異なることもあり、現場での実査の際に、機器の名前が担当者の認識と異なっていることで混乱が生じて
          おります。更に支店間の資産移動が多く、管理会計上の償却費用の移し替えは行っていたものの、固定資産の
          移動を行っていなかったため、減損評価する上であるべき支店別の有形固定資産残高を特定することができま
          せんでした。
           以上のことから、米国子会社では、有形固定資産の購入及び移設の記録を基に、「取得価額」は償却期間が
          終了した資産は除却済、終了していない資産は稼働していることを前提に購入履歴から取得価額を抽出して算
          出し、「減価償却累計額」は取得年月を基に減価償却費を算出して各連結会計年度及び各四半期連結会計期間
          の有形固定資産残高を算出し、各連結会計年度の連結財務諸表、各連結会計年度の各四半期連結会計期間及び
          各四半期連結累計期間に係る四半期連結財務諸表を訂正しました。
           しかし、米国子会社では、過去に遡って固定資産管理システムと会計システムとの間の固定資産残高の突合
          をして修正を行っていく作業や有形固定資産実査が終了しなかったことから、当連結会計年度の期首における
          有形固定資産帳簿価額5,832,934千円(うち米国子会社4,020,199千円)及び当連結会計年度末における有形固
          定資産帳簿価額7,150,196千円(うち米国子会社4,940,468千円)の正確性を十分に検証することができていま
          せん。
           当社グループでは、米国子会社でのシステム変更や証憑保管の徹底などの関連業務の改善、ならびに、財務
          報告の重要性を再度認識させるなどの内部統制の強化を並行して進めてまいります。
                                46/81








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     投資有価証券(株式)                               203,844千円                 462,339千円
     (うち、共同支配企業に対する投資の金額                               40,000千円                 40,000千円)
          ※2 当社及び連結子会社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行と当座貸越契約を締結し

            ております。これらの契約に基づく連結会計年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     当座貸越極度額の総額                              4,287,200千円                 5,539,600千円
     借入実行残高                               887,440                1,548,583
             差引額                      3,399,760                 3,991,017
         (連結損益計算書関係)

          ※1 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含ま
            れております。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2017年4月1日                            (自 2018年4月1日
              至 2018年3月31日)                              至 2019年3月31日)
                           1,331千円                            1,841千円
          ※2 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
     機械装置及び運搬具                                13,544千円                  2,533千円
     工具、器具及び備品                                 628                 154
              計                       14,172                  2,688
          ※3 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
     機械装置及び運搬具                                  -千円                1,281千円
              計                         -                1,281
          ※4 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
     建物及び構築物                                5,913千円                  446千円
     機械装置及び運搬具                                 226                 266
     工具、器具及び備品                                1,611                   9
     ソフトウエア                                  0                426
              計                       7,751                 1,149
                                47/81




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
          ※1 その他の包括利益に係る組替調整額
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                 △218千円               △592千円
      組替調整額                                   -               -
      計
                                       △218               △592
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                               △332,040                269,585
      組替調整額                                   -               -
      計
                                     △332,040                269,585
     持分法適用会社に対する持分相当額:
      当期発生額                                   31             △1,968
      組替調整額                                   -               -
      計
                                         31             △1,968
      税効果調整前合計
                                     △332,228                267,023
      税効果額                                   67               181
     その他の包括利益合計
                                     △332,161                267,205
          ※2 その他の包括利益に係る税効果額

                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      税効果調整前                                 △218千円               △592千円
      税効果額                                   67               181
      税効果調整後
                                       △151               △411
     為替換算調整勘定:
      税効果調整前                               △332,040                269,585
      税効果額                                   -               -
      税効果調整後
                                     △332,040                269,585
     持分法適用会社に対する持分相当額:
      税効果調整前                                   31             △1,968
      税効果額                                   -               -
      税効果調整後
                                         31             △1,968
     その他の包括利益合計
      税効果調整前                               △332,228                267,023
      税効果額                                   67               181
      税効果調整後
                                     △332,161                267,205
                                48/81






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
          1.発行済株式に関する事項
                     当連結会計年度期首          当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
             株式の種類
                     株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)          株式数(株)
             普通株式            13,439,142              -          -      13,439,142

          2.自己株式に関する事項

                     当連結会計年度期首          当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
             株式の種類
                     株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)          株式数(株)
             普通株式                40          -          -          40

          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                                   1株当たり
                          配当金の総額
     (決議)             株式の種類                           基準日        効力発生日
                           (千円)
                                    配当額
     2017年5月15日
                   普通株式          268,782          20円    2017年3月31日         2017年6月22日
     取締役会
            (注)1株当たり配当額20円には、特別配当5円が含まれております。
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                    1株当たり
                     配当金の総額
     (決議)          株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                      (千円)
                                     配当額
     2018年5月15日
               普通株式        268,782     利益剰余金          20円    2018年3月31日         2018年6月20日
     取締役会
            (注)1株当たり配当額20円には、特別配当5円が含まれております。
                                49/81











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
          1.発行済株式に関する事項
                     当連結会計年度期首          当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
             株式の種類
                     株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)          株式数(株)
             普通株式            13,439,142              -          -      13,439,142

          2.自己株式に関する事項

                     当連結会計年度期首          当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
             株式の種類
                     株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)          株式数(株)
             普通株式                40          1         -          41

            (注)普通株式の自己株式の株式数の増加1株は、単元未満株式の買取請求によるものであります。
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                                   1株当たり
                          配当金の総額
     (決議)             株式の種類                           基準日        効力発生日
                           (千円)
                                    配当額
     2018年5月15日
                   普通株式          268,782          20円    2018年3月31日         2018年6月20日
     取締役会
            (注)1株当たり配当額20円には、特別配当5円が含まれております。
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                    1株当たり
                     配当金の総額
     (決議)          株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                      (千円)
                                     配当額
     2019年5月15日
               普通株式        282,221     利益剰余金          21円    2019年3月31日         2019年6月21日
     取締役会
            (注)1株当たり配当額21円には、特別配当6円が含まれております。
                                50/81











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
     現金及び預金勘定                              3,393,616     千円            3,337,785     千円
     現金及び現金同等物                              3,393,616                 3,337,785
          ※2 事業の譲受により増加した資産及び負債の主な内訳は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
     流動資産                                2,705   千円             194,834    千円
     固定資産                               553,401                1,631,267
     のれん                               21,163                 20,588
         資産合計                            577,271                1,846,690
     負債                                 -                 -
     事業譲受価額                               577,271                1,846,690
     現金及び現金同等物                                 -                 -
     差引:事業譲受による支出                               577,271                1,846,690
                                51/81














                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         (リース取引関係)
          (借主側)
        1.ファイナンス・リース取引
          所有権移転外ファイナンス・リース取引
         ① リース資産の内容
          有形固定資産
           トータルサービス事業における国内物流拠点(「建物及び構築物」)であります。
         ② リース資産の減価償却の方法
           連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産
          の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
        2.オペレーティング・リース取引

             オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                     (単位:千円)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

                           (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     1年内                                397,754                  594,440

     1年超                               1,125,659                  1,635,776

             合計                       1,523,414                  2,230,217

          (貸主側)

           ファイナンス・リース取引
            (1)リース投資資産の内訳
              流動資産
                                                     (単位:千円)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

                           (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     リース料債権部分                                429,130                  404,681

     見積残存価額部分                                   -                  -

     受取利息相当額                               △110,739                  △107,529

     リース投資資産                                318,391                  297,151

             (2)リース投資資産に係るリース料債権部分の連結決算日後の回収予定額

              流動資産
                                              (単位:千円)
                               前連結会計年度

                              (2018年3月31日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超

                  1年以内
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
     リース投資資産               164,282       124,216        79,199       45,629       15,802

                                              (単位:千円)

                               当連結会計年度

                              (2019年3月31日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超

                  1年以内
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
     リース投資資産               159,358       114,341        75,341       41,339       14,300

                                52/81



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
          (1)金融商品に対する取組方針
            当社グループは、短期的な運転資金については資金需要に応じ銀行借入により調達しております。一時
           的な余剰資金の運用は短期的な銀行預金ないし安全性の高い債券等に限定しております。デリバティブ取
           引は、全く行なっておりません。
          (2)金融商品の内容及びそのリスク
            営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
            投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されており
           ます。
            営業債務である買掛金は、そのほとんどが2ヶ月以内の支払期日であります。
            借入金の使途は運転資金(主として短期)および設備投資に係る資金調達を目的としたものであり、こ
           のうち一部は、金利の変動リスクに晒されております。
          (3)金融商品に係るリスク管理体制
           ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
            当社は、債権管理規程に従い、営業債権及びその他債権について、取引開始時における与信調査、回収
           状況の継続的なモニタリング、与信限度額の定期的な見直し等を実施しております。連結子会社について
           も、当社の債権管理規程に準じて、同様の管理を行なっております。
           ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
            投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、市況や取引先
           企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
           ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
            当社は、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新することにより流動性リ
           スクを管理しております。
          (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
            金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
           が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
           用することにより、当該価額が変動することがあります。
          2.金融商品の時価等に関する事項

            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
           ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
            前連結会計年度(2018年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額
                                     時価(千円)            差額(千円)
                          (千円)
      (1)現金及び預金                      3,393,616            3,393,616                -
                            2,808,339
      (2)売掛金
                             △24,509
         貸倒引当金(※1)
         売掛金(純額)                    2,783,830            2,783,830
                                                         -
      (3)リース投資資産                       318,391            313,742            △4,648
      (4)投資有価証券
         その他有価証券                     15,601            15,601              -
                            6,511,439            6,506,790
       資産計                                                △4,648
      (1)買掛金                       692,900            692,900               -
      (2)短期借入金                       887,440            887,440               -
      (3)  未払法人税等                     175,070            175,070
                                                         -
      (4)  未払費用
                             468,780            468,780               -
      (5)長期借入金(※2)                      2,428,646            2,401,404             △27,241
                            4,652,838            4,625,596
       負債計                                               △27,241
      (※1)売掛金に対する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しております。
      (※2)1年内返済予定の長期借入金を含んでおります。
                                53/81


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
            当連結会計年度(2019年3月31日)
                       連結貸借対照表計上額
                                     時価(千円)            差額(千円)
                          (千円)
      (1)現金及び預金                      3,337,785            3,337,785                -
                            3,405,785
      (2)売掛金
                             △31,997
         貸倒引当金(※1)
         売掛金(純額)                    3,373,787            3,373,787
                                                         -
      (3)リース投資資産                       297,151            295,122            △2,029
      (4)投資有価証券
         その他有価証券                     15,142            15,142              -
                            7,023,867            7,021,837
       資産計                                                △2,029
      (1)買掛金                       753,172            753,172               -
      (2)短期借入金                      1,548,583            1,548,583                -
      (3)  未払法人税等                     246,342            246,342
                                                         -
      (4)  未払費用
                             522,177            522,177               -
      (5)長期借入金(※2)                      3,518,382            3,479,817             △38,565
                            6,588,658            6,550,093
       負債計                                               △38,565
      (※1)売掛金に対する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しております。
      (※2)1年内返済予定の長期借入金を含んでおります。
    (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに投資有価証券に関する事項

         資 産
          (1)現金及び預金、(2)売掛金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
           によっております。
          (3)リース投資資産
            リース投資資産の時価は、新規に同一の残存期間で同条件のリース契約を締結する場合の金利を用い
           て、元利金の合計額を割り引く方法により算定しております。
          (4)投資有価証券
            これらの時価について、株式等は取引所の価格によっております。
         負 債
          (1)買掛金、(2)短期借入金、(3)未払法人税等、(4)未払費用
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
           によっております。
          (5)長期借入金
            借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引い
           て算定する方法によっております。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                     (単位:千円)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

             区分
                           (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     投資有価証券(非上場株式)                                203,844                  462,339
            これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(4)投
           資有価証券」には含めておりません。なお、投資有価証券(非上場株式)に対して、投資損失引当金19,391
           千円(前連結会計年度           19,391千円)を計上しております。
                                54/81



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
        3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
           前連結会計年度(2018年3月31日)
                                   1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                           (千円)
                                   (千円)         (千円)
     現金及び預金                      3,393,616             -         -         -

                           2,808,339
     売掛金                                  -         -         -
     リース投資資産                       107,050         211,340            -         -
                           6,309,006

             合計                        211,340            -         -
           当連結会計年度(2019年3月31日)

                                   1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                           (千円)
                                   (千円)         (千円)
     現金及び預金                      3,337,785             -         -         -

                           3,405,785
     売掛金                                  -         -         -
     リース投資資産                       107,011         190,140            -         -
                           6,850,581
             合計                        190,140            -         -
        4.借入金の連結決算日後の返済予定額

         前連結会計年度(2018年3月31日)
                                   1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                           (千円)
                                   (千円)         (千円)
     短期借入金                       887,440            -         -         -

     長期借入金                       658,865        1,769,781             -         -
             合計              1,546,305         1,769,781             -         -

         当連結会計年度(2019年3月31日)

                                   1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                           (千円)
                                   (千円)         (千円)
     短期借入金                      1,548,583             -         -         -

     長期借入金                      1,021,292         2,497,089             -         -
             合計              2,569,875         2,497,089             -         -

                                55/81







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1.その他有価証券で時価のあるもの
            前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                            連結貸借対照表計上
                     種類                  取得原価(千円)            差額(千円)
                            額(千円)
                 株式                 15,601           6,649           8,951

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                     小計              15,601           6,649           8,951
                 株式                   -           -           -

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                     小計                -           -           -
               合計                    15,601           6,649           8,951

            当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                            連結貸借対照表計上
                     種類                  取得原価(千円)            差額(千円)
                            額(千円)
                 株式                 15,142           6,783           8,359

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                     小計              15,142           6,783           8,359
                 株式                   -           -           -

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                     小計                -           -           -
               合計                    15,142           6,783           8,359

          2.売却したその他有価証券

            前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)において売却しておりませんので記載を省
            略しております。
            当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)において売却しておりませんので記載を省
            略しております。
          3.減損処理を行った有価証券

            前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)において減損処理を行っておりませんので
            記載を省略しております。
            当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)において、有価証券について                                          30,007千円
            (関連会社株式        30,007千円      )減損処理を行っております。
         (デリバティブ取引関係)

            前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)において当社グループは、デリバティブ取
            引を全く行っておりませんので、該当事項はありません。
            当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)において当社グループは、デリバティブ取
            引を全く行っておりませんので、該当事項はありません。
         (退職給付関係)

            前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)において当社グループには退職給付制度が
            ないため、該当事項はありません。
            当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)において当社グループには退職給付制度が
            ないため、該当事項はありません。
         (ストック・オプション等関係)

            該当事項はありません。
                                56/81



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
           繰延税金資産
            未払費用                             92,239千円             129,592千円
            未払事業税                             13,564              17,388
            貸倒引当金                              7,117              9,313
            賞与引当金                             76,982              82,052
            たな卸資産評価損                             10,470              27,655
                                         32,497             211,997
            減価償却超過額
            投資損失引当金                              5,938              5,938
            税務上の繰越欠損金                             50,925              90,083
            資産除去債務                             11,522              12,537
                                        127,118              161,609
            その他
            繰延税金資産小計                             428,378              748,168
                                        △37,092              △51,448
            評価性引当額
                                        391,285              696,719
            繰延税金資産合計
           繰延税金負債

            その他有価証券評価差額金                             △2,741              △2,559
            資産除去債務に対応する費用                             △2,670              △3,135
            在外子会社の留保利益                            △72,798              △76,600
                                       △205,670              △621,406
            在外子会社における減価償却不足額
            繰延税金負債合計                            △283,880              △703,701
                                        107,405              △6,982
           差引:繰延税金資産又は負債(△)の純額
                                57/81











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因
           となった主な項目別の内訳
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
           法定実効税率
                                   法定実効税率と税効果会                     30.6%
                                  計適用後の法人税等の負担
           (調整)
                                  率との間の差異が法定実効
            評価性引当額の増減                                           0.9
                                  税率の100分の5以下である
                                                       0.7
            住民税均等割
                                  ため注記を省略しておりま
                                                       2.5
            在外子会社に係る税率差異
                                  す。
                                                      △0.1
            その他
                                                       34.6
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
         (企業結合等関係)


           重要性が乏しいため、記載を省略しております。
         (資産除去債務関係)

          資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
          イ   当該資産除去債務の概要
            本社オフィス、工場及び営業所等の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務であります。
          ロ   当該資産除去債務の金額の算定方法
            使用見込期間を取得から2~50年と見積り、割引率は0.000%~2.266%を使用して資産除去債務の金額を
           計算しております。
          ハ   当該資産除去債務の総額の増減
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                  至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
            期首残高                           38,726千円              37,626千円
            有形固定資産の取得に伴う増加額                            234             3,278
            時の経過による調整額                            717              544
            資産除去債務の履行による減少額                          △2,051               △508
            期末残高                           37,626              40,941
                                58/81








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           1.報告セグメントの概要
             当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締
            役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているもので
            あります。
             当社は、主としてオフィス向けのトータルサービス事業を営んでおり、国内においては㈱ダイオーズ
            ジャパンが、米国においてはDaiohs                 U.S.A.,    Inc.がそれぞれ担当しています。
             当社の報告セグメントは各社の事業拠点を基礎とした地域別のセグメントから構成されており、「日
            本」(㈱ダイオーズ          ジャパン)、「米国」(Daiohs               U.S.A.,    Inc.   及びBlue     Tiger   Coffee    Inc.)の2
            つを報告セグメントとしております。
           2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

             報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
            項」における記載と同一であります。
             セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
             報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
           3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

         前連結会計年度(自         2017年4月1日        至  2018年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                                       連結
                             報告セグメント
                                               調整額
                                                    財務諸表計上額
                                              (注1)
                        日本        米国        計
                                                      (注2)
            売上高
             外部顧客への売
                               17,748,622        29,841,303               29,847,863
                       12,092,680                          6,560
             上高
             セグメント間の
             内部売上高又は            10,000          -      10,000       △10,000           -
             振替高
                               17,748,622        29,851,303               29,847,863
                計       12,102,680                         △3,439
                                674,003       1,689,858               1,582,915
            セグメント利益           1,015,855                       △106,943
                               10,646,340        16,980,567               18,534,246
            セグメント資産           6,334,227                       1,553,678
            その他の項目

                               1,880,169        2,320,786               2,324,984
             減価償却費            440,616                        4,198
             のれんの償却額             9,448       58,833        68,282          -      68,282

             持分法適用会社へ
                           -        -        -      74,323        74,323
             の投資額
             有形固定資産及び
                               3,295,472        4,043,004               4,083,386
             無形固定資産の増            747,532                        40,382
             加額
            (注)1 調整額の内容は以下のとおりであります。
                 売上高                                (単位:千円)
                  非連結子会社からの経営指導料等                                        6,560
                  連結消去                                      △10,000

                  合計                                       △3,439

                                59/81




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
                 セグメント利益                            (単位:千円)
                  全社費用(注)                                      △511,336
                  連結消去                                       404,393

                  合計                                      △106,943

                 (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない本社の営業費用であります。
                 セグメント資産                            (単位:千円)

                  全社資産(注)                                      4,057,764
                  連結消去                                     △2,504,085

                  合計                                      1,553,678

                 (注)全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない本社資産であり、その主なものは当社
                    での現金及び預金、管理部門に係る資産であります。
                 減価償却費                              (単位:千円)

                  全社                                        4,198
                  合計                                        4,198

                 持分法適用会社への投資額                       (単位:千円)

                  全社                                       108,692
                  連結消去                                      △34,369

                  合計                                       74,323

                 有形固定資産及び無形固定資産の増加額                 (単位:千円)

                  全社                                       40,382
                  合計                                       40,382

              2 セグメント利益の合計額は、連結損益計算書の営業利益と一致しております。

                                60/81










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         当連結会計年度(自         2018年4月1日        至  2019年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                                       連結
                             報告セグメント
                                               調整額
                                                    財務諸表計上額
                                              (注1)
                        日本        米国        計
                                                      (注2)
            売上高
             外部顧客への売
                               20,003,834        33,318,497               33,325,162
                       13,314,663                          6,664
             上高
             セグメント間の
             内部売上高又は             9,163         -      9,163       △9,163          -
             振替高
                               20,003,834        33,327,661               33,325,162
                計       13,323,827                         △2,499
                                565,350       1,725,128               1,601,171
            セグメント利益           1,159,777                       △123,956
                               13,310,185        20,403,071               22,013,152
            セグメント資産           7,092,886                       1,610,080
            その他の項目

                               2,143,324        2,652,266               2,656,898
             減価償却費            508,941                        4,632
             のれんの償却額            10,043        20,395        30,438          -      30,438

             持分法適用会社へ
                           -        -        -     349,777        349,777
             の投資額
             有形固定資産及び
                               3,449,025        4,265,840               4,321,055
             無形固定資産の増            816,815                        55,214
             加額
            (注)1 調整額の内容は以下のとおりであります。
                 売上高                                (単位:千円)
                  非連結子会社からの経営指導料等                                        6,664
                  連結消去                                       △9,163

                  合計                                       △2,499
                 セグメント利益                            (単位:千円)

                  全社費用(注)                                      △478,159
                  連結消去                                       354,203

                  合計                                      △123,956

                 (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない本社の営業費用であります。
                 セグメント資産                            (単位:千円)

                  全社資産(注)                                      4,161,077
                  連結消去                                     △2,550,996

                  合計                                      1,610,080

                 (注)全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない本社資産であり、その主なものは当社
                    での現金及び預金、管理部門に係る資産であります。
                 減価償却費                              (単位:千円)

                  全社                                        4,632
                  合計                                        4,632

                                61/81




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
                 持分法適用会社への投資額                       (単位:千円)

                  全社                                       377,758
                  連結消去                                      △27,980

                  合計                                       349,777

                 有形固定資産及び無形固定資産の増加額                 (単位:千円)

                  全社                                       55,214
                  合計                                       55,214

              2 セグメント利益の合計額は、連結損益計算書の営業利益と一致しております。

          【関連情報】

           前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2018年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
             単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記
            載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
                                                     (単位:千円)
                 日本            米国            その他             合計
                              17,748,622                        29,847,863
                 12,055,827                          43,413
            (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
            (2)有形固定資産

                                         (単位:千円)
                 日本            米国            合計
                              4,020,199            5,832,934
                  1,812,735
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省
            略しております。
           当連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
             単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記
            載を省略しております。
                                62/81






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
           2.地域ごとの情報
            (1)売上高
                                                     (単位:千円)
                 日本            米国            その他             合計
                              20,003,834                        33,325,162
                 13,257,260                          64,068
            (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
            (2)有形固定資産

                                         (単位:千円)
                 日本            米国            合計
                              4,940,468            7,150,196
                  2,209,728
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省
            略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2018年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2018年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                            日本            米国            合計
              当期末残高                 37,236            19,887            57,123

           (注)当期償却額は、「3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額
              に関する情報」に記載しているため省略しております。
           当連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                            日本            米国            合計
              当期末残高                 27,193              325           27,518

           (注)当期償却額は、「3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額
              に関する情報」に記載しているため省略しております。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2018年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)

            該当事項はありません。
                                63/81




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          関連当事者との取引
           連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
              連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
               前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                             議決権等の
                             所有(被所                 取引金額          期末残高
         会社等の名          資本金又は     事業の内容          関連当事者
      種類         所在地                         取引の内容           科目
                             有)割合
         称又は氏名          出資金     又は職業          との関係           (千円)          (千円)
                             (%)
                                                   その他
                                        資金の回収
                                   当社商品の
         Daiohs                                      30,000   (固定資産)      70,000
                     1,000
                                         (注)1
              Gangnam-          オフィス     所有     販売及び
                                                   (注)2
     子会社    Korea           (百万
                        サービス     直接100%     サービスの
              gu.Seoul
                     ウォン)
         Co.,Ltd.                               利息の受取           その他
                                   提供
                                               1,704           320
                                                  (流動資産)
     (注)1. 各子会社に対する資金の貸付については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
           なお、担保は受入れておりません。
        2. Daiohs           Korea   Co.,Ltd.     に対するその他(固定資産)は長期貸付金であり、連結財務諸表上は持分法の適
           用により上記金額から23,546千円を控除した額を計上しております。
               当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                             議決権等の
                             所有(被所                 取引金額          期末残高
         会社等の名          資本金又は     事業の内容          関連当事者
      種類         所在地                         取引の内容           科目
                             有)割合
         称又は氏名          出資金     又は職業          との関係           (千円)          (千円)
                             (%)
                                                   その他
                                        資金の回収
                                   当社商品の
         Daiohs                                       -  (固定資産)      70,000
                     1,000
                                         (注)1
              Gangnam-          オフィス     所有     販売及び
                                                   (注)2
     子会社    Korea           (百万
                        サービス     直接100%     サービスの
              gu.Seoul
                     ウォン)
         Co.,Ltd.                               利息の受取           その他
                                   提供
                                               1,312           323
                                                  (流動資産)
     (注)1. 各子会社に対する資金の貸付については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
           なお、担保は受入れておりません。
        2. Daiohs           Korea   Co.,Ltd.     に対するその他(固定資産)は長期貸付金であり、連結財務諸表上は持分法の適
           用により上記金額から26,035千円を控除した額を計上しております。
                                64/81











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                               至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
     1株当たり純資産額                                926円75銭               1,007円21銭

     1株当たり当期純利益                                 82円32銭                80円57銭

     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益は潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
                                    12,454,753                13,535,963
     純資産の部の合計額(千円)
     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                   -                -

                                    12,454,753                13,535,963
     普通株式に係る期末の純資産額(千円)
     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普
                                      13,439                13,439
     通株式の数(千株)
         3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                               至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
     1株当たり当期純利益

                                    1,106,284                1,082,787
      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利
                                    1,106,284                1,082,787
      益(千円)
      期中平均株式数(千株)                                13,439                13,439
         (重要な後発事象)

            該当事項はありません。
                                65/81









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
            該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                               当期首残高        当期末残高       平均利率
                区分                                     返済期限
                                (千円)        (千円)       (%)
     短期借入金                            887,440      1,548,583        2.89      -

     1年以内に返済予定の長期借入金                            658,865      1,021,292        3.16      -

     1年以内に返済予定のリース債務                               -      5,388       -     -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                           1,769,781       2,497,089        3.16   2020年~2024年

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                               -     46,703        -  2020年~2028年

     その他有利子負債                               -        -      -     -

                合計                3,316,086       5,119,058         -     -

     (注)1. 「平均利率」については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2. リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務
            を連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
        3. 長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は
            以下のとおりであります。
                        1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内

                          (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
          長期借入金                  845,558         776,930         554,950         319,651

          リース債務                   5,388         5,388         5,388         5,388

         【資産除去債務明細表】

            当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連
           結会計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2
           の規定により記載を省略しております。
      (2)【その他】

         当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
                        7,819,679          15,798,219          24,522,415          33,325,162
     売上高(千円)
     税金等調整前四半期(当期)純
                         346,209          749,230         1,322,340          1,655,481
     利益(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                         235,410          492,204          954,696         1,082,787
     (当期)純利益
     (千円)
     1株当たり四半期(当期)純利
                          17.52          36.62          71.04          80.57
     益(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

                          17.52          19.11          34.41           9.53
     1株当たり四半期純利益(円)
                                66/81



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     資産の部
       流動資産
        現金及び預金                               1,233,795              1,219,582
        前払費用                                 3,627              44,771
        関係会社未収入金                                250,985              345,163
        関係会社経費立替金                                18,848              80,776
        関係会社短期貸付金                                127,421               32,548
                                         1,980              2,997
        その他
        流動資産合計                               1,636,659              1,725,839
       固定資産
        有形固定資産
          建物                              256,968              250,086
          構築物                               35,431              31,006
          工具、器具及び備品                               3,109              2,097
          土地                              758,456              808,145
                                         8,100              57,551
          建設仮勘定
          有形固定資産合計                             1,062,066              1,148,887
        無形固定資産
          ソフトウエア                               15,774              12,414
                                          280              244
          水道施設利用権
          無形固定資産合計                               16,054              12,658
        投資その他の資産
          投資有価証券                               14,106              13,783
          関係会社株式                             1,854,617              2,281,658
          関係会社長期貸付金                              527,508               70,000
          繰延税金資産                               5,073              5,544
          敷金及び保証金                               29,446              29,446
          その他                               6,000                -
          貸倒引当金                              △26,302              △26,302
                                       △19,391              △19,391
          投資損失引当金
          投資その他の資産合計                             2,391,058              2,354,738
        固定資産合計                               3,469,179              3,516,284
       資産合計                                5,105,838              5,242,124
                                67/81








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                      ※3  100,000             ※3  100,000
        短期借入金
                                       ※1  87,239            ※1  100,240
        未払金
        未払費用                                20,761              18,487
        未払法人税等                                93,718              142,409
        未払消費税等                                 2,035              4,029
        預り金                                 3,418              3,460
        賞与引当金                                18,760              18,962
                                          181              192
        その他
        流動負債合計                                326,114              387,781
       固定負債
                                         3,356              3,427
        資産除去債務
        固定負債合計                                 3,356              3,427
       負債合計                                 329,471              391,208
     純資産の部
       株主資本
        資本金                               1,051,135              1,051,135
        資本剰余金
          資本準備金                             1,119,484              1,119,484
                                         9,950              9,950
          その他資本剰余金
          資本剰余金合計                             1,129,434              1,129,434
        利益剰余金
          利益準備金                              101,879              101,879
          その他利益剰余金
           別途積立金                            1,470,000              1,470,000
                                       1,018,048              1,092,822
           繰越利益剰余金
          利益剰余金合計                             2,589,928              2,664,702
        自己株式                                 △46              △48
        株主資本合計                               4,770,451              4,845,224
       評価・換算差額等
                                         5,915              5,691
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                 5,915              5,691
       純資産合計                                4,776,367              4,850,915
     負債純資産合計                                 5,105,838              5,242,124
                                68/81








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                      ※1  763,520             ※1  709,344
     営業収益
                                    ※1,※2   511,336           ※1,※2   478,159
     営業費用
     営業利益                                   252,183              231,184
     営業外収益
       受取利息                                    11              12
                                       ※1  12,674            ※1  100,796
       受取配当金
       業務受託料                                  2,833              2,111
       貸倒引当金戻入額                                  4,719                -
       為替差益                                    -            18,926
                                         2,385              2,340
       その他
       営業外収益合計                                  22,624              124,187
     営業外費用
       支払利息                                   412              438
                                        23,851                -
       為替差損
       営業外費用合計                                  24,264                438
     経常利益                                   250,543              354,933
     特別損失
       固定資産除却損                                    0              -
                                          -            30,007
       関係会社株式評価損
       特別損失合計                                    0            30,007
     税引前当期純利益                                   250,543              324,925
     法人税、住民税及び事業税
                                       △26,116              △18,258
                                          275             △371
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  △25,841              △18,630
     当期純利益                                   276,385              343,555
                                69/81











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                   株主資本
                          資本剰余金                   利益剰余金
                                            その他利益剰余金
               資本金
                         その他資本剰      資本剰余金合                      利益剰余金合
                    資本準備金                 利益準備金
                           余金      計               繰越利益剰余        計
                                          別途積立金
                                                  金
     当期首残高          1,051,135      1,119,484       9,950    1,129,434      101,879     1,470,000      1,010,445      2,582,325
     当期変動額
      剰余金の配当                                           △268,782      △268,782
      当期純利益
                                                  276,385      276,385
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計
                  -      -      -      -      -      -    7,603      7,603
     当期末残高          1,051,135      1,119,484       9,950    1,129,434      101,879     1,470,000      1,018,048      2,589,928
                     株主資本                評価・換算差額等

                                                    純資産合計
                                その他有価証券評価
                 自己株式        株主資本合計                評価・換算差額等合計
                                差額金
     当期首残高
                     △46       4,762,848           6,221         6,221       4,769,070
     当期変動額
      剰余金の配当                      △268,782                           △268,782
      当期純利益
                            276,385                           276,385
      自己株式の取得                                                    -
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純                                △305         △305         △305
      額)
     当期変動額合計
                      -        7,603         △305         △305         7,297
     当期末残高                △46       4,770,451           5,915         5,915       4,776,367
                                70/81









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
          当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                   株主資本
                          資本剰余金                   利益剰余金
                                            その他利益剰余金
               資本金
                         その他資本剰      資本剰余金合                      利益剰余金合
                    資本準備金                 利益準備金
                           余金      計               繰越利益剰余        計
                                          別途積立金
                                                  金
     当期首残高          1,051,135      1,119,484       9,950    1,129,434      101,879     1,470,000      1,018,048      2,589,928
     当期変動額
      剰余金の配当                                           △268,782      △268,782
      当期純利益                                            343,555      343,555
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計             -      -      -      -      -      -    74,773      74,773
     当期末残高
               1,051,135      1,119,484       9,950    1,129,434      101,879     1,470,000      1,092,822      2,664,702
                     株主資本                評価・換算差額等

                                                    純資産合計
                                その他有価証券評価
                 自己株式        株主資本合計                評価・換算差額等合計
                                差額金
     当期首残高                △46       4,770,451           5,915         5,915       4,776,367
     当期変動額
      剰余金の配当                      △268,782                           △268,782
      当期純利益                       343,555                           343,555
      自己株式の取得               △1         △1                           △1
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
                                      △224         △224         △224
      額)
     当期変動額合計                △1        74,772         △224         △224         74,548
     当期末残高
                     △48       4,845,224           5,691         5,691       4,850,915
                                71/81









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1 資産の評価基準及び評価方法
           有価証券の評価基準及び評価方法
          (1)子会社株式及び関連会社株式
           総平均法による原価法
          (2)その他有価証券
           ① 時価のあるもの
             決算日の市場価格等に基づく時価法
             (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は総平均法により算定)
           ② 時価のないもの
             総平均法による原価法
         2 固定資産の減価償却の方法
          (1)有形固定資産
           定率法
            ただし、1998年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した
           建物附属設備及び構築物については、定額法によっております。なお、主な耐用年数は、建物が31年又は38
           年、工具、器具及び備品が10年であります。
          (2)無形固定資産
           定額法
            ただし、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における使用可能期間(5年)に基づく定額法に
           よっております。
         3 引当金の計上基準
          (1)賞与引当金
            従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
          (2)貸倒引当金
            関係会社に対する貸付金等の貸倒れによる損失に備えるため、当社が負担すると見込まれる損失見込額を
           計上しております。
          (3)投資損失引当金
            関係会社に対する投資の損失に備えるため、関係会社の財政状態及び経営成績を考慮して必要額を計上し
           ております。
         4 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
          消費税等の会計処理
           税抜方式によっております。
          連結納税制度
           当社を連結納税親会社として連結納税制度を適用しております。
                                72/81









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         (表示方法の変更)
          (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を当事業年度の
          期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に
          表示する方法に変更しております。
           この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」が                                      6,747千円減少し、「投
          資その他の資産」の「繰延税金資産」が                   5,073千円     増加しております。また、「固定負債」の「繰延税金負
          債」が    1,674千円減少しております。
           なお、繰延税金資産と繰延税金負債を相殺して表示しており、変更前と比べて総資産が                                        1,674千円減少して
          おります。
                                73/81

















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
          ※1 関係会社に対する金銭債務(区分表示したものを除く)
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
      短期金銭債務                                926千円                 856千円
           2 偶発債務

             関係会社の銀行借入に対する保証債務
                前事業年度                            当事業年度
              (2018年3月31日)                            (2019年3月31日)
      Daiohs    U.S.A.,    Inc.                    Daiohs    U.S.A.,    Inc.
                         3,066,086千円                            4,816,966千円
      株式会社ダイオーズ          ジャパン                  株式会社ダイオーズ          ジャパン
                          150,000                            150,000
          ※3 当社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行と当座貸越契約を締結しております。こ

            れらの契約に基づく事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
      当座貸越極度額の総額                              600,000千円                 600,000千円
      借入実行残高                              100,000                 100,000
             差引額                       500,000                 500,000
         (損益計算書関係)

          ※1 関係会社との取引高
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
      営業取引による取引高
         営業収益                           763,520千円                 709,344千円
         営業費用                            10,000                  9,163
      営業取引以外の取引高                              12,234                 100,501
          ※2 当社は持株会社のため販売費に属する費用はありません。すべて一般管理費であります。

            主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                             至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
      役員報酬                              91,564千円                 93,603千円
      給与手当                              131,820                 101,577
      賞与引当金繰入額                              18,760                 18,962
      減価償却費                              23,885                 25,126
      支払手数料                              78,922                 75,641
                                74/81





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
         (有価証券関係)
          子会社株式及び関連会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式2,171,081千円、関連会社株式
         110,576千円、前事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式1,727,081千円、関連会社株式127,536千円)は、市
         場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
         (税効果会計関係)

          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前事業年度              当事業年度
                                   (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
           繰延税金資産
            賞与引当金                              5,744千円              5,806千円
            未払事業税                              1,673              1,877
            関係会社株式評価損                             56,969              66,158
            投資損失引当金                              5,938              5,938
            貸倒引当金                              8,054              8,054
            資産除去債務                              1,027              1,049
            税務上の繰越欠損金                             29,165              34,248
                                         1,498              1,635
            その他
           繰延税金資産小計
                                        110,073              124,769
                                       △102,329              △116,685
            評価性引当額
           繰延税金資産合計                               7,743              8,084
           繰延税金負債

            その他有価証券評価差額金                             △2,610              △2,511
                                          △59              △28
            資産除去債務に対応する費用
           繰延税金負債合計                              △2,670              △2,540
           差引:繰延税金資産の純額                               5,073              5,544
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                     前事業年度              当事業年度
                                   (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
           法定実効税率                              30.6%              30.6%
           (調整)
            評価性引当額の増減                              2.0              4.4
            受取配当金等永久に益金に算入されない項目                            △43.1              △41.4
            住民税均等割                              0.5              0.3
                                        △0.4               0.3
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                             △10.3              △5.7
         (重要な後発事象)

            該当事項はありません。
                                75/81





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                   (単位:千円)
      区分       資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高      減価償却累計額

           建物             256,968       9,208       -     16,089      250,086      645,236

     有形固定      構築物              35,431        -      -     4,425      31,006      59,281
     資産      工具、器具及び備品              3,109       203       -     1,214      2,097      24,586
           土地             758,456       49,688        -      -    808,145        -
           建設仮勘定              8,100      49,451        -      -     57,551        -
               計        1,062,066       108,551        -     21,730     1,148,887       729,104
           商標権               -      -      -      -      -     17,103
     無形固定      ソフトウエア               -      -      -     3,359      12,414      18,343
     資産      水道施設利用権               -      -      -      35      244      288
               計           -      -      -     3,395      12,658      35,735
       (注)無形固定資産の金額が資産の総額の1%以下であるため「当期首残高」、「当期増加額」及び「当期減少額」
          の記載を省略しております。
         【引当金明細表】

                                            (単位:千円)
           科目          当期首残高        当期増加額        当期減少額        当期末残高

      賞与引当金                   18,760        18,962        18,760        18,962

      貸倒引当金                   26,302          -        -      26,302

      投資損失引当金                   19,391          -        -      19,391

      (2)【主な資産及び負債の内容】

          連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)【その他】

          該当事項はありません。
                                76/81







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
    第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                  6月中

      基準日                  3月31日

                        9月30日
      剰余金配当の基準日
                        3月31日
      1単元の株式数                  100株
      単元未満株式の買取り

                        (特別口座)
       取扱場所                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                         三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                        (特別口座)
       株主名簿管理人                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                         三菱UFJ信託銀行株式会社
                              ──────

       取次所
       買取手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                        当会社の公告は、電子公告によりこれを行う。やむを得ない事由によ
                        り、電子公告によることができない場合は、日本経済新聞に掲載してこ
                        れを行う。
      公告掲載方法
                        なお、電子公告は当社ウェブサイトに掲載しており、そのアドレスは次
                        のとおりとする。
                        https://www.daiohs.com
                        2019年9月30日現在の株主に対し、当社製品を以下の基準により贈呈す
                        る。
                         贈呈基準 所有株式数1,000株以上の株主に対し、400杯分のコーヒー
      株主に対する特典
                              及び日本茶を贈呈する。
                              所有株式数300株以上1,000株未満の株主に対し、100杯分の
                              コーヒーを贈呈する。
     (注) 当会社は定款で単元未満株主は、以下に掲げる権利以外の権利を行使することができないと定めております。
          1.会社法第189条の第2項各号に掲げる権利
          2.取得請求権付株式の取得を請求する権利
          3.募集株式または募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                77/81








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
    第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
       当社は金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
      (1)   有価証券報告書及び          事業年度      自 2017年4月1日               2018年6月20日
         その添付書類並びに          (第50期)      至 2018年3月31日               関東財務局長に提出。
         確認書
      (2)   内部統制報告書及び          2018年6月20日関東財務局長に提出
         その添付書類
      (3)   四半期報告書          (第51期第1四半期 自2018年4月1日                     2018年8月14日
         及び確認書                    至2018年6月30日)                      関東財務局長に提出。
                   (第51期第2四半期 自2018年7月1日                     2018年11月14日
                             至2018年9月30日)                      関東財務局長に提出。
                   (第51期第3四半期 自2018年10月1日                     2019年2月14日
                             至2018年12月31日)                      関東財務局長に提出。
                                78/81















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                79/81




















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書

                                                     2023年1月19日

    株式会社ダイオーズ
      取締役会 御中
                              三優監査法人

                                指定社員

                                         公認会計士
                                                齋藤 浩史
                                業務執行社員
                                指定社員

                                         公認会計士
                                                畑村 国明
                                業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いる株式会社ダイオーズの2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の訂正後の連結財務諸表、すなわち、
    連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、
    連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
    連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
    表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
    とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
    は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
    し、これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
    監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
    る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
    の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
    を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
    も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、限定付適正意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    限定付適正意見の根拠

     追加情報(有形固定資産残高と減損評価結果に対する疑義の発生について)に記載のとおり、連結子会社Daiohs
    U.S.A.,Inc.(以下「米国子会社」という)の決算財務報告プロセスの有形固定資産管理に不備があり、内部統制が有効
    に機能していないことが判明した。そこで、米国子会社は、有形固定資産の購入及び移設の記録を基に、有形固定資産の
    取得価額、減価償却累計額及び帳簿価額(以下「有形固定資産残高」という)を算出し、各連結会計年度における連結財
    務諸表を訂正している。しかし、米国子会社では、過去に遡って固定資産管理システムと会計システムとの間の有形固定
    資産残高を突合して修正を行っていく作業及び有形固定資産の実査が終了しなかったことから、当監査法人は前連結会計
    年度における有形固定資産残高の正確性を十分に検証することができなかったため、前連結会計年度の訂正後の連結財務
    諸表に対して限定付適正意見を表明している。
     当該事項は、当連結会計年度末においても解消していないため、当監査法人は当連結会計年度末における有形固定資産
    の帳簿価額7,150,196千円(うち米国子会社4,940,468千円)及び前連結会計年度末における有形固定資産の帳簿価額
    5,832,934千円(うち米国子会社4,020,199千円)について、正確性を十分に検証することができておらず、意見表明の基
    礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手することができなかった。そのため、当連結会計年度の訂正後の連結財務諸表に
    対して限定付適正意見を表明することとした。
     この影響は、有形固定資産残高及び減価償却費等の特定の勘定科目に限定され、他の勘定科目には影響を及ぼさないこ
    とから、当連結会計年度の連結財務諸表全体に及ぼす影響は限定的である。したがって、連結財務諸表に及ぼす可能性の
    ある影響は重要であるが広範ではない。
                                80/81


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイオーズ(E04967)
                                                         訂正有価証券報告書
     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従っ
    て、  会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人
    は、限定付適正意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    限定付適正意見

     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、「限定付適正意見の根拠」に記載した事項の連結財務諸表に及ぼす可能性のあ
    る影響を除き、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社ダイオーズ及び連結子
    会社の2019年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状
    況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    その他の事項

     有価証券報告書の訂正報告書の提出理由に記載されているとおり、会社は、連結財務諸表を訂正している。なお、当監
    査法人は、訂正前の連結財務諸表に対して2019年6月20日に監査報告書を提出しているが、当該訂正に伴い、訂正後の連
    結財務諸表に対して本監査報告書を提出する。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
     ※ 1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

          社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                81/81













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。