マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    【表紙】
     【提出書類】                  有価証券届出書
     【提出先】                  関東財務局長殿
     【提出日】                  2023年1月25日
     【発行者名】                  マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社
     【代表者の役職氏名】                  代表取締役  山本 真一
     【本店の所在の場所】                  東京都千代田区丸の内一丁目8番1号
                       丸の内トラストタワー             N館
     【事務連絡者氏名】                  谷澤 儀彦
     【電話番号】                  03-6267-1955
     【届出の対象とした募集(売                  マニュライフ・円ハイブリッド債券インカム・ファンド(年1
     出)内国投資信託受益証券に係                  回決算型)
     るファンドの名称】
     【届出の対象とした募集(売                  1兆円を上限とします。
     出)内国投資信託受益証券の金
     額】
     【縦覧に供する場所】                  該当事項はありません。
                                  1/104














                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】
    (1)【ファンドの名称】
       マニュライフ・円ハイブリッド債券インカム・ファンド(年1回決算型)
       上記ファンドを「当ファンド」または単に「ファンド」ということがあります。
    (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

       ファンドは、マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社を委託者(以下「委託会
       社」といいます。)とし、三菱UFJ信託銀行株式会社を受託者(以下「受託会社」といいま
       す。)とする追加型証券投資信託の受益権です。当初元本は、1口当たり1円です。
       委託会社の依頼により、信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付、または信
       用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
       ファンドの受益権は、「社債、株式等の振替に関する法律」(以下「社振法」といいます。)の規
       定の適用を受けることとし、受益権の帰属は、後記の(11)[振替機関に関する事項]に記載の振替機
       関および当該振替機関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、
       振替機関を含め、以下「振替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることに
       より定まります(振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を以下「振替受益
       権」といいます。)。委託会社は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権を表示
       する受益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
    (3)【発行(売出)価額の総額】

       1兆円を上限とします。
    (4)【発行(売出)価格】

                           ※
       取得申込受付日の翌営業日の基準価額                     とします。
       ※基準価額とは、ファンドの純資産総額を計算日における受益権総口数で除して得た1口当たりの
        純資産価額をいいます。なお、当ファンドでは1万口当たりの価額で表示されます。
       なお、収益分配金の再投資については、各計算期間終了日の基準価額とします。

       基準価額は、販売会社または委託会社に問い合わせることにより知ることができるほか、原則とし
       て、計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます。
                        ファンドの正式名称                            新聞掲載略称
        マニュライフ・円ハイブリッド債券インカム・ファンド(年1回決算型)                                             円ハイブ1Y
                                  2/104








                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        <照会先>
       *販売会社は、上記照会先にてご確認いただけます。


    (5)【申込手数料】

       申込金額(取得申込受付日の翌営業日の基準価額に取得口数を乗じて得た額)に、2.2%(税抜
       2.0%)を上限として販売会社が独自に定める率を乗じて得た金額とします。なお、収益分配金を
       再投資する場合は、手数料はかかりません。
       *税法が改正された場合等には、税率等が変更される場合があります。
       具体的な手数料の料率、徴収時期、徴収方法等については、販売会社にお問い合わせ下さい。
       ※販売会社は、(4)[発行(売出)価格]に記載されている照会先にてご確認いただけます。
    (6)【申込単位】

       販売会社が定める単位とします。
       詳細につきましては、販売会社にお問い合わせ下さい。
       *再投資される収益分配金については1口単位とします。
       ※販売会社は、(4)[発行(売出)価格]に記載されている照会先にてご確認いただけます。
    (7)【申込期間】

       2023年1月26日(木)から2023年7月25日(火)まで
    (8)【申込取扱場所】

       販売会社において申込みの取扱いを行います。
       ※販売会社は、(4)[発行(売出)価格]に記載されている照会先にてご確認いただけます。
    (9)【払込期日】

       取得申込者は、申込金額を販売会社が定める日までにお支払い下さい。
       払込期日は販売会社により異なる場合がありますので、販売会社にご確認下さい。
       振替受益権にかかる各取得申込日の発行価額の総額は、追加信託が行われる日に委託会社の指定す
       る口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込まれます。
    (10)【払込取扱場所】

       お申込みの販売会社とします。
       ※販売会社は、(4)[発行(売出)価格]に記載されている照会先にてご確認いただけます。
                                  3/104






                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (11)【振替機関に関する事項】
       振替機関は下記の通りです。
       株式会社証券保管振替機構
    (12)【その他】

      ①申込みの方法
        受益権の取得申込に際しては、販売会社所定の方法でお申込み下さい。
        分配金の受取方法により、収益の分配時に分配金を受取るコース(以下「分配金受取コース」と
        いいます。)と、分配金が税引後無手数料で再投資されるコース(以下「分配金再投資コース」と
        いいます。)の2つの申込方法があります。
        お申込みの際に、「分配金受取コース」か「分配金再投資コース」か、どちらかのコースをお申
        出下さい。なお、販売会社や申込形態によっては、どちらか一方のみの取扱いとなる場合や、買
        付単位が異なる場合等があります。
      ②取得申込みの受付けの中止、既に受付けた取得申込みの受付けの取消し
        金融商品取引所(金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取引所および金融商品取引法
        第2条第8項第3号ロに規定する外国金融商品市場をいいます。以下同じ。)における取引の停
        止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない事情等があるときは、取得申込みの受付けを中止
        すること、および既に受付けた取得申込みの受付けを取消す場合があります。
      ③振替受益権について
        ファンドの受益権は、投資信託振替制度(「振替制度」という場合があります。)による受益権
        です。社振法の規定の適用を受け、上記(11)[振替機関に関する事項]に記載の振替機関の振替業
        にかかる業務規程等の規則にしたがって取扱われるものとします。
        ファンドの分配金、償還金、解約代金は、社振法および上記(11)[振替機関に関する事項]に記載
        の振替機関の業務規程その他の規則にしたがって支払われます。
        (参考)
         ●   投資信託振替制度とは、
           ファンドの受益権の発生、消滅、移転をコンピュータシステムにて管理します。
           ファンドの設定、解約、償還等がコンピュータシステム上の帳簿(「振替口座簿」といい
           ます。)への記載・記録によって行なわれますので、受益証券は発行されません。
      ④申込証拠金はありません。また取得申込金額に利息は付きません。
      ⑤日本以外の地域における発行は行いません。
      ⑥以下の日には、ご購入のお申込みができません。
        ・ニューヨークの銀行休業日
        ・ロンドンの銀行休業日
        ※詳しい申込不可日については、販売会社または委託会社にお問い合わせ下さい。
      ⑦原則として、午後3時までに販売会社が受付けたものを当日の申込み分とします。
                                  4/104






                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】
    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】

    (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
      ①  当ファンドは、インカム収益の確保と信託財産の成長をめざして運用を行います。
        当ファンドは、一般社団法人投資信託協会が定める商品分類の方法において、以下の商品分類お

        よび属性区分に該当します。
       ・商品分類表

                                             投資対象資産
          単位型・追加型                  投資対象地域
                                            (収益の源泉)
      単位型                 国内                 株式
                                        債券
      追加型                 海外                 不動産投信
                                        その他資産
                       内外                 資産複合
     (注)当ファンドが該当する部分を網掛け表示しています。
       ・属性区分表

       投資対象資産            決算頻度         投資対象地域            投資形態           為替ヘッジ
      株式           年1回           グローバル          ファミリー           あり(フルヘッ
       一般                     (含む日本)          ファンド           ジ)
       大型株           年2回
       中小型株                               ファンド・オ
                           日本
                 年4回                    ブ・
                                                なし
      債券                               ファンズ
                           北米
       一般           年6回(隔月)
       公債
                           欧州
       社債
                 年12回(毎月)
       その他債券
                           アジア
                 日々
      不動産投信
                           オセアニア
                 その他
      その他資産
                           中南米
      (投資信託証券
      (債券 その他債
                           アフリカ
      券))
                           中近東(中
      資産複合                     東)
       資産配分固定型
       資産配分変更型
                           エマージング
      ※当ファンドが該当する部分を網掛け表示しています。

      ※ファミリーファンド、ファンド・オブ・ファンズに該当する場合、投資信託証券を通じて投資収益
       の源泉となる資産に投資しますので商品分類表と属性区分表の投資対象資産は異なります。
      ※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載して
       います。
                                  5/104


                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ・商品分類の定義について
      単位型・     単位型           当初、募集された資金が一つの単位として信託され、その後の追加
      追加型                設定は一切行われないファンドをいいます。
           追加型           一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の
                      信託財産とともに運用されるファンドをいいます。
      投資対象     国内           目論見書または信託約款において、組入資産による主たる投資収益
      地域                が実質的に国内の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいま
                      す。
           海外           目論見書または信託約款において、組入資産による主たる投資収益
                      が実質的に海外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいま
                      す。
           内外           目論見書または信託約款において、国内および海外の資産による投
                      資収益を実質的に源泉とする旨の記載があるものをいいます。
      投資対象     株式           目論見書または信託約款において、組入資産による主たる投資収益
      資産                が実質的に株式を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
           債券           目論見書または信託約款において、組入資産による主たる投資収益
                      が実質的に債券を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
           不動産投信           目論見書または信託約款において、組入資産による主たる投資収益
           (リート)           が実質的に不動産投資信託の受益証券および不動産投資法人の投資
                      証券を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
           その他資産           目論見書または信託約款において、組入資産による主たる投資収益
                      が実質的に株式、債券および不動産投信以外の資産を源泉とする旨
                      の記載があるものをいいます。
           資産複合           目論見書または信託約款において、株式、債券、不動産投信および
                      その他資産のうち複数の資産による投資収益を実質的に源泉とする
                      旨の記載があるものをいいます。
      ※上記定義は一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」を基に委託会社が作成し
       たものです。
                                  6/104











                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ・属性区分の定義について
      投資対象     株式     一般     次の大型株、中小型株属性にあてはまらない全てのものをいいま
      資産                す。
                大型株     目論見書または信託約款において、主として大型株に投資する旨の
                      記載があるものをいいます。
                中小型株     目論見書または信託約款において、主として中小型株に投資する旨
                      の記載があるものをいいます。
           債券     一般     次の公債、社債、その他債券属性にあてはまらない全てのものをい
                      います。
                公債     目論見書または信託約款において、日本国または各国の政府の発行
                      する国債(地方債、政府保証債、政府機関債、国際機関債を含みま
                      す。以下同じ。)に主として投資する旨の記載があるものをいいま
                      す。
                社債     目論見書または信託約款において、企業等が発行する社債に主とし
                      て投資する旨の記載があるものをいいます。
                その他     目論見書または信託約款において、公債または社債以外の債券に主
                債券     として投資する旨の記載があるものをいいます。
                クレジッ     目論見書または信託約款において、上記の一般、公債、社債、その
                ト属性     他債券の「発行体」による区分のほか、特にクレジットに対して明
                      確な記載があるものについては、その区分に加え「高格付債」「低
                      格付債」等を併記することも可とします。
           不動産投信           目論見書または信託約款において、主として不動産投信に投資する
                      旨の記載があるものをいいます。
           その他資産           目論見書または信託約款において、組入れている資産を記載しま
                      す。
           資産複合     資産配分     目論見書または信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入
                固定型     比率については固定的とする旨の記載があるものをいいます。
                資産配分     目論見書または信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入
                変更型     比率については、機動的な変更を行う旨の記載があるものもしくは
                      固定的とする旨の記載がないものをいいます。
      決算頻度     年1回           目論見書または信託約款において、年1回決算する旨の記載がある
                      ものをいいます。
           年2回           目論見書または信託約款において、年2回決算する旨の記載がある
                      ものをいいます。
           年4回           目論見書または信託約款において、年4回決算する旨の記載がある
                      ものをいいます。
           年6回(隔月)           目論見書または信託約款において、年6回決算する旨の記載がある
                      ものをいいます。
           年12回(毎月)           目論見書または信託約款において、年12回(毎月)決算する旨の記
                      載があるものをいいます。
           日々           目論見書または信託約款において、日々決算する旨の記載があるも
                      のをいいます。
           その他           上記属性にあてはまらない全てのものをいいます。
      投資対象     グローバル           目論見書または信託約款において、組入資産による投資収益が世界
      地域                の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
           日本           目論見書または信託約款において、組入資産による投資収益が日本
                      の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
           北米           目論見書または信託約款において、組入資産による投資収益が北米
                      地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
           欧州           目論見書または信託約款において、組入資産による投資収益が欧州
                      地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
           アジア           目論見書または信託約款において、組入資産による投資収益が日本
                      を除くアジア地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいま
                      す。
                                  7/104


                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           オセアニア           目論見書または信託約款において、組入資産による投資収益がオセ
                      アニア地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
           中南米           目論見書または信託約款において、組入資産による投資収益が中南
                      米地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
           アフリカ           目論見書または信託約款において、組入資産による投資収益がアフ
                      リカ地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
           中近東(中東)           目論見書または信託約款において、組入資産による投資収益が中近
                      東地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
           エマージング           目論見書または信託約款において、組入資産による投資収益がエ
                      マージング地域(新興成長国(地域))の資産を源泉とする旨の記
                      載があるものをいいます。
      投資形態     ファミリーファン           目論見書または信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・
           ド           ファンズにのみ投資されるものを除きます。)を投資対象として投
                      資するものをいいます。
           ファンド・オブ・           一般社団法人投資信託協会が定める「投資信託等の運用に関する規
           ファンズ           則」第2条に規定するファンド・オブ・ファンズをいいます。
      為替     あり           目論見書または信託約款において、為替のフルヘッジまたは一部の
      ヘッジ                資産に為替のヘッジを行う旨の記載があるものをいいます。
           なし           目論見書または信託約款において、為替のヘッジを行わない旨の記
                      載があるものまたは為替のヘッジを行う旨の記載がないものをいい
                      ます。
      ※上記定義は一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」を基に委託会社が作成し
       たものです。
      ② 信託金の限度額

       委託会社は、受託会社と合意のうえ、1兆円を限度として信託金を追加することができます。ただ
       し、委託会社は受託会社と合意のうえ、当該限度額を変更することができます。
                                  8/104











                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ③  ファンドの特色
                                  9/104




















                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 10/104





















                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 11/104





















                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【ファンドの沿革】
       2019年10月25日                    当初設定日、信託契約締結、運用開始
    (3)【ファンドの仕組み】

      ①  委託会社・ファンドの関係法人の役割
     <関係法人と締結している契約の概要>











     注1)投資信託を運営するルールを規定したもの。運用の基本方針、投資対象、投資制限、信託報酬、受益者の権利等の内容が規定事項
        です。当契約は「投資信託及び投資法人に関する法律」に基づき、あらかじめ監督官庁に届け出がなされた信託約款の内容に基
        づき締結されます。
     注2)投資信託を販売するルールを両者間で規定したもの。ファンド販売の取扱い、収益分配金・一部解約金・償還金の支払い、解約請
        求の受付等の業務の内容が規定事項です。
                                 12/104






                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ②  委託会社の概況(2022年10月末現在)
        1.  資本金の額     1億4,050万円
        2.  沿革
          2004年4月      8日          エムエフシー・グローバル・インベストメント・マネジメ
                          ント・ジャパン株式会社設立
          2005年10月7日                社団法人日本証券投資顧問業協会※加入
          2007年9月30日                投資運用業、投資助言・代理業登録
          2011年1月11日                マニュライフ・アセット・マネジメント株式会社に商号変
                          更
          2016年4月28日                第二種金融商品取引業登録
          2016年7月      1日          マニュライフ・インベストメンツ・ジャパン株式会社と合
                          併、一般社団法人投資信託協会加入
          2017年10月2日                一般社団法人第二種金融商品取引業協会加入
          2020年4月      1日          マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社
                          に商号変更
          ※2012年7月2日付けで一般社団法人日本投資顧問業協会に変更になっています。
        3.  大株主の状況
                 名称                   住所            持株数     持株比率

                                                      100%

         マニュライフ生命保険株式会社                  東京都新宿区西新宿三丁目20番2号                    2,027株
    2【投資方針】

    (1)【投資方針】
      ①  主要投資対象
        主として円ハイブリッド債券インカム・マザーファンド(以下「マザーファンド」といいま
        す。)の受益証券を投資対象とします。
      ②  投資態度

        1.マザーファンド受益証券への投資を通じて、主に円建てのハイブリッド債券に投資することに
         より、インカム収益の確保と投資信託財産の成長をめざして運用を行います。
        2.マザーファンドの受益証券の組入比率は、原則として高位を維持します。
        3.実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図り
         ます。
        4.当初の設定日直後、大量の追加設定または解約が発生したとき、金融商品市況の急激な変化が
         発生または予想されるとき、償還の準備により資金化が必要なときなど、また信託財産の規模
         によっては上記の運用ができない場合があります。
                                 13/104






                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【投資対象】
      ①  当ファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
        1.次に掲げる特定資産(「特定資産」とは投資信託及び投資法人に関する法律(以下「投信法」
         といいます。)第2条第1項で定めるものをいいます。以下同じ。)
         イ.有価証券
         ロ.  デリバティブ取引にかかる権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、約款
           第21条、第22条、第23条および第24条に定めるものに限ります。)
         ハ.約束手形(イに掲げるものに該当するものを除きます。)
         ニ.金銭債権(イおよびハに掲げるものに該当するものを除きます。)
        2.次に掲げる特定資産以外の資産
         イ.為替手形
      ②  委託会社は、信託金を、主としてマザーファンドの受益証券および次の有価証券(金融商品取引
        法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資す
        ることを指図します。
       1. 転換社債の転換および新株予約権(新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財
          産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単
          独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(以下、会社法施行前の旧商法第
          341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債を含め「転換社債型新株予
          約権付社債」といいます。)の新株予約権に限ります。)の行使により取得した株券、新株
          引受権証券および新株予約権証券の権利行使により取得した株券、社債権者割当または株主
          割当により取得した株券および優先株券
       2. 国債証券
       3. 地方債証券
       4. 特別の法律により法人の発行する債券
       5. 社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株
          引受権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
       6. 特定目的会社に係る特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいま
          す。)
       7. 特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で
          定めるものをいいます。)
       8. 協同組織金融機関に係る優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるものをい
          います。)
       9. 特定目的会社に係る優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品取引法
          第2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
       10.      コマーシャル・ペーパー
       11.      新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)お
          よび新株予約権証券
       12.      外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質を有する
          もの
       13.      投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものを
          いいます。)
       14.      投資証券、投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるも
          のをいいます。)
       15.      外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
       16.      オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをい
          い、有価証券に係るものに限ります。)
       17.      預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
       18.      外国法人が発行する譲渡性預金証書
       19.      指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受
          益証券に限ります。)
       20.      抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
                                 14/104


                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       21.      貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の
          受益証券に表示されるべきもの
       22.      外国の者に対する権利で前号の有価証券の性質を有するもの
        なお、第1号の証券または証書、第12号ならびに第17号の証券または証書のうち第1号の証券また
        は証書の性質を有するものを以下「株式」といい、第2号から第6号までの証券および第12号なら
        びに第17号の証券または証書のうち第2号から第6号までの証券の性質を有するものおよび第14号
        に記載する証券のうち投資法人債券および外国投資証券で投資法人債券に類する証券を以下「公
        社債」といい、第13号の証券および第14号の証券(投資法人債券および外国投資証券で投資法人
        債券に類する証券を除きます。)を以下「投資信託証券」といいます。
      ③  委託会社は、信託金を、上記②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法
        第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用
        することを指図することができます。
        1.預金
        2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
        3.コール・ローン
        4.手形割引市場において売買される手形
        5.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
        6.外国の者に対する権利で前号の権利の性質を有するもの
    (3)【運用体制】

                                 15/104













                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     投信営業部が策定した運用の基本方針およびファンドの設定・償還
      商品政策会議
                     に関する事項について、決議を行います。
                     法務・コンプライアンス部が法令・諸規則、信託約款、運用のガイ
                     ドライン等の遵守状況をモニタリングし、その結果を報告します。
                     流動性リスク管理担当部署は組入資産の流動性リスクをモニタリン
                     グし、閾値を超えている場合には当委員会に報告します。当委員会
      リスク管理委員会               は、ガイドラインモニタリングにより必要と認められた場合、関連
                     部署に改善等の指示を行います。また流動性リスク管理態勢が不十
                     分であると判断した場合には、適切に態勢の見直し等を行う等の必
                     要な措置をとることを担当者に指示し、その実施状況を確認しま
                     す。
      ※上記の会議および委員会は、代表取締役、担当する運用部長、投信営業部長、担当する営業部
        長、オペレーション部長、法務・コンプライアンス部長および関連部署の代表者により構成され
        ています。
      ※上記体制は、2022年10月末現在のものであり、今後変更となる場合があります。
      ◆ 運用体制に関する社内規則等

        1.運用に関する社内規程およびリスク管理に関する規程等(以下「当規程」といいます。)に基
         づき、適切な管理を行うと共に、内部牽制の維持に努めます。
        2.実際の運用においては、当規程により利益相反となる取引、インサイダー取引等の防止措置を
         設けております。
      ◆ ファンドの関係法人に対する管理体制等

        1.  受託会社または受託会社の再委託先に対しては、日々の純資産総額の照合、月次の勘定残高
          の照合等を行います。
          また、受託会社の監査人が受託業務に関する内部統制の有効性・妥当性について評価した報
          告書を受託会社より受取ります。
        2.  運用の委託を行う場合、その外部運用委託先に対しては、継続的に運用体制、リスク管理体
          制等に関して、適宜に調査・評価を行います。また、その外部運用委託先には定期的に運用
          状況と運用ガイドラインの遵守状況の報告を求めます。
    (4)【分配方針】

      毎決算時(原則毎年10月25日。ただし、休業日の場合は翌営業日とします。第1期決算日は2020年
      10月26日。)に、原則として以下の方針に基づき分配を行います。
      ①  分配対象額の範囲は、経費控除後の繰越分を含めた利子・配当等収益および売買益(評価益を含
        みます。)等の全額とします。
      ②  収益分配額は、委託会社が基準価額の水準・市況動向等を勘案して決定します。ただし、分配対
        象額が少額の場合等には、分配を行わないことがあります。
      ③  留保益(収益分配に充てず信託財産に留保した利益)については、特に制限を設けず運用の基本
        方針に基づき運用を行います。
                                 16/104





                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (5)【投資制限】
    <信託約款に定められた投資制限>
      ①  債券への実質投資割合には制限を設けません。
      ②  投資信託証券(マザーファンド受益証券および上場投資信託証券を除きます。)への実質投資割
         合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
      ③  株式への投資は、転換社債を転換および新株予約権(転換社債型新株予約権付社債の新株予約権
        に限ります。)を行使したものに限るもとのし、株式への実質投資割合は信託財産の純資産総額
        の10%以下とします。
      ④  同一銘柄の株式、転換社債および転換社債型新株予約権付社債への実質投資割合は、信託財産の
        純資産総額の5%以下とします。
      ⑤  一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクス
        ポージャー及びデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則
        としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場合に
        は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内となるよう調整を行うこととしま
        す。
      ⑥  デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出
        した額が、信託財産の純資産総額を超えることとなる投資の指図をしません。
      ⑦  信用取引、空売り、有価証券の貸付け・借入れは行いません。
      ⑧  資金の借入れ
       a)委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解約に伴う
          支払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みま
          す。)を目的として、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当を目的として、資
          金借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当
          該借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
       b)一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から
          信託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払
          開始日から信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解
          約代金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業
          日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、有価証券等の
          解約代金および有価証券等の償還金の合計額を限度とします。ただし、資金借入額は、借入
          指図を行う日における信託財産の純資産総額の10%を超えないこととします。
       c)収益分配金の再投資にかかる借入期間は、信託財産から収益分配金が支弁される日からその
          翌営業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
       d)借入金の利息および融資枠の設定に要する費用は受益者の負担とし、信託財産中より支弁し
          ます。
    <法令に基づく投資制限>

      同一法人の発行する株式について、委託会社が運用する投資信託全体で、その企業の議決権の過半
      数を保有することとなる取引は行いません。(投資信託及び投資法人に関する法律)
    <参考>マザーファンドの概要

    (1)投資方針
      ① 基本方針
         インカム収益の確保と信託財産の成長をめざして運用を行います。
      ② 主要投資対象
         主に日本企業が発行する円建てのハイブリッド債券を投資対象とします。
                                 17/104


                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ③ 投資態度
       イ.  主として日本企業が発行する円建てのハイブリッド債券に投資します。ただし、市場動向等
          によっては円建ての普通社債、日本国債、日本企業が発行する外貨建てのハイブリッド債券
          等に投資する場合があります。
       ロ.  信託財産の効率的な運用に資するため、および価格変動リスクを回避するため、債券先物取
          引やクレジット・デリバティブ取引等のデリバティブ取引を利用することがあります。
       ハ.  ハイブリッド債券の組入れ比率は原則として高位を維持します。ハイブリッド債券の格付け
          は、取得時においてBBB格相当以上(R&I、JCR、S&PのいずれかでBBB-以上または
          Moody'sでBBB3以上)とします。
       ニ.  外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図ります。
       ホ.  当初の設定日直後、大量の追加設定または解約が発生したとき、金融商品市況の急激な変化
          が発生または予想されるとき、償還の準備により資金化が必要なときなど、また信託財産の
          規模によっては、上記の運用ができない場合があります。
    (2)主な投資制限

      ①  債券への投資割合には制限を設けません。
      ②  投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%
        以下とします。
      ③  株式への投資は、転換社債を転換および新株予約権(転換社債型新株予約権付社債の新株予約権
        に限ります。)を行使したものに限るもとのし、株式への投資割合は信託財産の純資産総額の
        10%以下とします。
      ④  同一銘柄の株式、転換社債および転換社債型新株予約権付社債への投資割合は、信託財産の純資
        産総額の5%以下とします。
      ⑤  一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクス
        ポージャー及びデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則
        としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場合に
        は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内となるよう調整を行うこととしま
        す。
      ⑥  デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出
        した額が、信託財産の純資産総額を超えることとなる投資の指図をしません。
      ⑦  信用取引、空売り、有価証券の貸付け・借入れは行いません。
                                 18/104








                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【投資リスク】
    (1)投資リスク
      (注:投資信託はリスク商品であり、投資元本は保証されず、収益や投資利回り等も確定されてい

       ない商品です。)
      当ファンドは、マザーファンドを通じて値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額はそ

      の影響を受け変動します。
      投資信託は預貯金と異なり、投資元本は保証されているものではありません。また、基準価額の下
      落により損失を被り、投資元本を割込むことがあります。ファンドの運用による利益および損失
      は、すべて投資者(受益者)の皆様に帰属します。
    <主な変動要因>

       ①  金利変動リスク
         公社債等の価格は、金利変動の影響を受け変動します。一般的に金利が上昇した場合には公社
         債等の価格は下落します。組入公社債等の価格が下落した場合、ファンドの基準価額が下落す
         る要因となります。
       ②  信用リスク
         公社債等の価格は、発行体の信用状況によっても変動します。発行体が債務不履行を発生させ
         た場合、またはその可能性が予想される場合には、公社債等の価格は下落します。また、投資
         している有価証券等の発行企業の倒産、財務状況または信用状況が悪化した場合、もしくはこ
         れらに関する外部評価の悪化があった場合等の影響を受け、ファンドの基準価額が下落する要
         因となります。
       ③  ハイブリッド債券固有のリスク
         一般的に、ハイブリッド債券は普通社債等に比べて市場規模や取引量が小さく、流動性が低い
         ため、市場実勢から期待される価格で売買できない可能性があります。この場合、ファンドの
         基準価額が下落する要因となります。
         [弁済の劣後]
         一般的に、ハイブリッド債券の法的弁済順位は普通社債に劣後します。したがって、発行体が
         倒産等となった場合、他の優先する債権が全額支払われない限り、ハイブリッド債券は元利金
         の支払を受けられません。また、一般的に普通社債と比較して低い格付けが格付機関により付
         与されています。
         [繰上償還の延期]
         一般的に、ハイブリッド債券には繰上償還(コール)条項が設定されており、繰上償還の実施は
         発行体が決定することとなっています。予定された期日に繰上償還が実施されない場合、ある
         いは実施されないと見込まれる場合には、当該ハイブリッド債券の価格が大きく下落すること
         があります。
         [利息の繰延べまたは停止]
         ハイブリッド債券には利息の支払繰延条項を有するものがあり、発行体の財務状況や収益の悪
         化等により、利息の支払いが繰延べまたは停止される可能性があります。
                                 19/104





                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         [元本削減または株式転換]
         一部のハイブリッド債券には、経営破綻や監督当局により実質的に破綻していると認定された
         場合、発行体の自己資本比率が一定基準を下回った場合等に、元本の一部または全部が削減さ
         れたり、強制的に株式に転換されるものがあります。それらが実施された場合には損失が一旦
         確定し、ファンドの基準価額は影響を受け、大きく損失を被ることがあります。なお、普通株
         式に転換された場合には、株価変動リスクを負うことになります。
       ④  特定業種への集中投資リスク
         当ファンドは、実質的に特定の業種に関連する企業が発行するハイブリッド債券を投資対象と
         する場合があるため、幅広い業種に分散投資を行うファンドと比較して基準価額の変動が大き
         くなる可能性があります。
       ⑤  流動性リスク
         有価証券等を売却あるいは取得しようとする際に、市場に十分な需要や供給がない場合や取引
         規制等により十分な流動性の下で取引を行えない、または取引が不可能となる場合は、市場実
         勢から期待される価格で売買できない可能性があります。この場合、ファンドの基準価額が下
         落する要因となります。
       ⑥  為替変動リスク
         組入外貨建資産について、原則として対円での為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図
         りますが、為替変動リスクを完全に排除できるものではなく、円と投資対象通貨の為替変動の
         影響を受ける場合があります。なお、為替ヘッジを行う場合、円金利が当該外貨の金利より低
         い場合には、その金利差相当分のコストがかかります。
                                 20/104













                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    <その他の留意点>
       ①  クーリング・オフの非適用
         当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オ
         フ)の適用はありません。
       ②  流動性リスクに関する事項
         当ファンドは、大量の解約が発生し短期間で解約資金を手当てする必要が生じた場合や主たる
         取引市場において市場環境が急変した場合等に、一時的に組入資産の流動性が低下し、市場実
         勢から期待できる価格で取引できないリスク、取引量が限られてしまうリスクがあります。こ
         れにより、基準価額にマイナスの影響を及ぼす可能性や、換金の申込みの受付けが中止となる
         可能性、換金代金のお支払が遅延する可能性があります。
       ③  収益分配金に関する留意事項
         分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払
         われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
         分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)
         を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日の基準価
         額と比べて下落することになります。また、分配金水準は、必ずしも計算期間におけるファン
         ドの収益率を示すものではありません。投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一
         部または全部が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の
         運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。
       ④  繰上償還等に関わる留意点
         当ファンドは、信託期間中であっても、信託財産の純資産総額が30億円を下回ることとなった
         場合、またやむを得ない事情が発生した場合には繰上償還することがあります。また、投資環
         境の変化等により、委託会社が申込期間を更新しないことや申込みを停止することがありま
         す。この場合は新たに当ファンドを購入することはできなくなります。
       ⑤  法令・税制・会計等の変更の可能性に関わる留意点
         当ファンドに適用される法令・税制・会計等は、変更になる可能性があります。
       ⑥  申込受付けの中止等の可能性に関わる留意点
         委託会社は、金融商品取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない
         事情(社会的基盤の機能不全や予測不能な事態の発生等)があるときは、取得申込受付けを中
         止すること、および既に受付けた取得申込受付けを取消すことができます。また同様の事情が
         ある場合、解約の申込受付けを中止すること、および既に受付けた解約の申込受付けを取消す
         ことができます。その場合には、受益者は当該受付け中止以前に行った当日の解約の申込みを
         撤回できます。ただし、受益者がその解約の申込みを撤回しない場合には、当該受付け中止を
         解除した後の最初の基準価額計算日に解約の申込みを受付けたものとします。
       ⑦  その他
         ・資金動向や市況動向等によっては、当ファンドの投資方針に基づいた運用ができなくなる場
          合があります。
         ・コンピューター・ネットワーク関係の不慮の出来事等の諸事情により、金融証券取引が一時
          的に停止し運用等に支障を来たす場合があります。
    当ファンドが有する主なリスクおよび留意点は上記の通りです。ただし、すべてのリスクおよび留意点

    を完全には網羅しておりませんのでご留意下さい。
                                 21/104




                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)投資リスクに対する管理体制
      ◆ リスク管理関連の会議
                     法務・コンプライアンス部が法令・諸規則、信託約款、運用のガイ





                     ドライン等の遵守状況をモニタリングし、その結果を報告します。
                     流動性リスク管理担当部署は組入資産の流動性リスクをモニタリン
                     グし、閾値を超えている場合には当委員会に報告します。当委員会
      リスク管理委員会               は、ガイドラインモニタリングにより必要と認められた場合、関連
                     部署に改善等の指示を行います。また流動性リスク管理態勢が不十
                     分であると判断した場合には、適切に態勢の見直し等を行う等の必
                     要な措置をとることを担当者に指示し、その実施状況を確認しま
                     す。
      ※上記の委員会は、代表取締役社長、債券運用本部長、株式運用部長、機関投資家営業部長、オペ
       レーション部長、法務・コンプライアンス部長、投信営業部長、人事部長および経理部長により構
       成されています。
      ※上記体制は、2022年10月末現在のものであり、今後変更となる場合があります。
                                 22/104









                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)参考情報
                                 23/104




















                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】
    (1)【申込手数料】
       原則として、申込金額(取得申込受付日の翌営業日の基準価額×申込口数)に、2.2%(税抜
       2.0%)を上限として、販売会社が独自に定める率を乗じて得た金額とします。申込手数料は、お
       申込時にご負担いただきます。
       *購入時手数料は、商品および投資環境に関する情報提供等、ならびに購入に関する事務手続きの
        対価として販売会社が得る手数料です。詳細につきましては、販売会社までお問い合わせ下さ
        い。
       (「税抜」における「税」とは消費税等相当額をいいます。以下同じ。)
       ただし、受益者が収益分配金を再投資する場合のファンドの発行価格は各計算期間終了日(決算
       日)の基準価額とし、この場合の再投資にかかる手数料はかかりません。
       具体的な手数料の料率、徴収時期、徴収方法等については、販売会社にお問い合わせ下さい。
       *税法が改正された場合等には、税率等が変更される場合があります。
       なお、販売会社は下記にてご確認いただけます。

    (2)【換金(解約)手数料】



      ①  換金(解約)手数料
        ありません。
      ②  信託財産留保額
        ありません。
                                 24/104










                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【信託報酬等】
      委託会社および受託会社の信託報酬の総額は、ファンドの計算期間を通じて毎日、以下により計算
      されます。
      ■投資者が信託財産で間接的にご負担いただく費用
      信託報酬の総額:
      毎日のファンドの純資産総額に年率0.594~0.770%(税抜0.54~0.70%)を乗じて得た額としま
      す。
      信託報酬の配分は、次のとおりとなります。
                 信託報酬の配分(税抜)信託報酬=運用期間中の基準価額×信託報酬率
                                      0.5%未満       0.5%以上1%         1%以上
              新発10年固定利付国債の利回り
                                       の場合       未満の場合         の場合
      委託会社:ファンドの運用とそれに伴う調査、受託会社への指
                                       0.26%        0.30%        0.34%
           図、基準価額の算出等の対価
      販売会社:運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファンドの
                                       0.26%        0.30%        0.34%
           管理、購入後の情報提供等の対価
      受託会社:運用財産の管理、委託会社からの指図の実行等の対価
                                       0.02%        0.02%        0.02%
                    合計                   0.54%        0.62%        0.70%

     *信託報酬率は、毎年3月および9月の最終営業日における日本相互証券株式会社の発表する新発10

       年固定利付国債の利回り(終値)にて判定し、当該最終営業日の翌月の21日以降で、前日が営業日
       である最初の営業日から適用するものとします。
      ファンドの信託報酬は、日々の基準価額に反映され、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日および毎計

      算期末または信託終了のときにファンドから支払われます。
      *税法が改正された場合等には、税率等が変更される場合があります。

      *上記の信託報酬率は、今後変更される場合があります。
    (4)【その他の手数料等】

      信託報酬以外にも、下記の費用が発生する場合は、信託財産から支払われます。
      ・ご購入するファンドが信託財産で間接的に負担するもの

     時 期                項     目                        費 用 額
     毎 日    法定書類等の作成等に要する費用、監査費用等は、ファンドから                                ファンドの純資産総額に
          ご負担いただきます。                                対して年率0.2%(税込)
          ・法定書類等の作成費用とは、有価証券届出書、有価証券報告書                                を上限として合理的に見
           および臨時報告書、目論見書、投資信託約款、運用報告書、投                               積もった額が毎日計上さ
           資信託約款の変更または信託契約の解約にかかる事項を記載し                               れ、ファンドから支払わ
           た書面の作成、印刷、交付、提出、届出および公告等にかかる                               れます。
           費用です。
          ・監査費用とは、監査法人等に支払うファンドの監査にかかる費
           用です。
          ・上記のほか、法律顧問および税務顧問に対する報酬および費
           用、投資信託振替制度にかかる手数料および費用等がありま
           す。
     都 度    組入有価証券等の売買にかかる売買委託手数料、信託事務の諸費                                実額(消費税等相当額を含
          用等は、ファンドからご負担いただきます。                                みます。)
          ・有価証券等の売買にかかる売買委託手数料は、有価証券等の売
           買の際に証券会社等に支払う費用です。
          ・信託事務の諸費用とは、信託財産に関する租税、信託事務の処
           理に要する費用、受託会社が立替えた立替金の利息、借入金の
           利息、融資枠の設定費用等です。
                                 25/104



                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ※その他の手数料等は、運用状況、保有期間等により変動するため、事前に料率、上限額等を記載
       することができません。
      ※ファンドの費用の合計額については、運用状況および保有期間等により異なるため、事前に合計
       額または上限額あるいは計算方法を記載できません。
    (5)【課税上の取扱い】

      課税上は、株式投資信託として取扱われます。
     ①    個人の受益者に対する課税

          期間         対象     課税対象      所得の種類               税率等
                                                      ※1
                                      源泉徴収(申告不要)20.315%
                 収益分配金      普通分配金       配当所得
       2014年1月       1日
                                              ※1
                                     (所得税15.315%            地方税5.000%)
           ~
                                              ※2        ※1
                 一部解約金
                                       申告分離課税          20.315%
       2037年12月31日
                         譲渡益      譲渡所得
                                              ※1
                   償還金
                                     (所得税15.315%            地方税5.000%)
      ※12037年12月31日までの所得税の税率には、復興特別所得税が含まれています。2038年1月1日以
        降、税率は20%(所得税15%および地方税5%)となります。
      ※2原則として確定申告が必要ですが、特定口座(源泉徴収あり)をご利用の場合は、源泉徴収さ
        れ、申告不要制度が適用されます。
      ・収益分配金に対する課税は、確定申告を行うことにより総合課税または申告分離課税のいずれかを
       選択することもできます。
      ・配当控除の適用はありません。
     [損益通算について]

      換金(解約時)および償還時の差損(譲渡損失)については、確定申告等により上場株式等の譲渡
      益、上場株式等の配当等および特定公社債等(公募公社債投資信託を含みます。)の利子所得等(申
      告分離課税を選択したものに限ります。)との通算が可能です。また、換金(解約時)および償還時
      の差益(譲渡益)、普通分配金および特定公社債等の利子所得等(申告分離課税を選択したものに限
      ります。)については、上場株式等の譲渡損失と損益通算が可能です。詳しくは、販売会社にお問い
      合わせ下さい。
     ※公募株式投資信託は、税法上、少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」および未成年者少額
      投資非課税制度「愛称:ジュニアNISA」の適用対象です。NISAおよびジュニアNISAをご利用の場
      合、毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託等から生じる配当所得および譲渡所得
      が一定期間非課税となります。販売会社で非課税口座を開設する等、一定の条件に該当する方が対
      象となります。詳しくは、販売会社にお問い合わせ下さい。
     ※外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合があります。
     ②  法人の受益者に対する課税

                 所得税法上の対象額                          税率等
      収益分配金            普通分配金額
                                2014年1月1日から2037年12月31日までは源泉
      一部解約金         解約価額の個別元本超過額
                                       ※
                                徴収15.315%        (所得税)
        償還金       償還価額の個別元本超過額
      ※2037年12月31日までの所得税の税率には、復興特別所得税が含まれています。2038年1月1日以
       降、税率は15%(所得税15%)となります。
                                 26/104



                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ・税額控除制度が適用されます。なお、法人税の益金不算入制度は適用されません。
      その他、詳しくは販売会社にお問い合わせ下さい。
     *上記は2022年10月末現在のものであり、税法が改正された場合等には、税率等が変更になる場合が

       あります。
     *税金の取扱いの詳細については、税務の専門家にご確認されることをお勧めします。
      ◆ 個別元本について

      1.  追加型株式投資信託について、受益者ごとの信託時の受益権の価額等(申込手数料および当該申
         込手数料にかかる消費税等相当額は含まれません。)が当該受益者の元本(個別元本)にあた
         ります。
      2.  受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託を行
         うつど、当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
       3.  ただし、同一ファンドを複数の販売会社で取得する場合や同一販売会社であっても複数支店等で
         同一ファンドを取得する場合等は、個別元本の算出方法が異なる場合があります。
       4.  受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から
         当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。
         (「元本払戻金(特別分配金)」については、下記の「◆収益分配金の課税について」をご参
         照下さい。)
       *詳しくは、販売会社にお問い合わせ下さい。
    -まとめ-

                     購入形態                     個別元本の計算
       原  則       同一ファンドを1回ご購入した場合                     ご購入時のファンドのご購入価額
             同一のファンドを複数回ご購入した場合                     原則として、ファンドのご購入のつど、加重平
                                   均により再計算
             同一のファンドを複数の販売会社でご購入
       例  外                            販売会社ごとに算出
             した場合
             同一販売会社の複数の口座で同一ファンド
                                   口座ごとに算出される場合があります。
             をご購入した場合
    ◆ 収益分配金の課税について
     ● 分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配
        金)」(受益者ごとの元本の一部払戻しに相当する部分)があります。
     ● 受益者が収益分配金を受取る際
      ①  収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の1口当たりの個別元本と同額かまたは上回っている場
         合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となります。
      ②  収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の1口当たりの個別元本を下回っている場合には、収益
         分配金の範囲内でその下回っている部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、収益分配金
         から元本払戻金(特別分配金)を控除した金額が普通分配金となります。
         なお、収益分配金発生時に、その個別元本から元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、そ
         の後の受益者の個別元本となります。
                                 27/104





                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                       <分配金に関するイメージ図>
     *上記の図表はイメージ図であり、収益分配金を保証するものではありません。




    税法が改正された場合等には、上記の記載が変更になる場合があります。
                                 28/104
















                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】
      以下は当ファンドの2022年10月31日現在の運用状況であります。
      また、投資比率は、小数第3位を切り捨てているため、当該比率の合計が合わない場合があります。
    (1)【投資状況】

              資産の種類                  国/地域         時価合計(円)         投資比率(%)
     親投資信託受益証券                                  239,530,169,166              100.00
                                 日本
     現金・預金・その他の資産(負債控除後)                            -        △23,651,496            △0.00
            合計(純資産総額)                      -      239,506,517,670              100.00
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
    (2)【投資資産】

    ①【投資有価証券の主要銘柄】
    イ.主要銘柄の明細
                                 帳簿価額      帳簿価額      評価額      評価額      投資
     順 国/
          種類        銘柄名          数量      単価      金額      単価      金額      比率
     位 地域
                                  (円)      (円)      (円)      (円)      (%)
        親投資信託      円ハイブリッド債券イン
      日本                    239,362,615,336            239,506,322,215
     1                             1.0006           1.0007   239,530,169,166        100.00
        受益証券      カム・マザーファンド
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該銘柄の評価額の比率です。
    ロ.投資有価証券の種類別投資比率

             種類                  投資比率(%)
                                        100.00
     親投資信託受益証券
                                        100.00
     合計
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該種類の評価額の比率です。
    ②【投資不動産物件】

      該当事項はありません。
    ③【その他投資資産の主要なもの】

      該当事項はありません。
    (参考)円ハイブリッド債券インカム・マザーファンド

    (1)投資状況
                                          時価合計(円)         投資比率(%)
             資産の種類                   国/地域
     社債券                       日本              305,897,061,500               87.30
                            アメリカ                712,236,000             0.20
                                  小計        306,609,297,500               87.50
     現金・預金・その他の資産(負債控除後)                             ―        43,777,045,676              12.49
           合計(純資産総額)                       ―        350,386,343,176              100.00
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
                                 29/104




                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)投資資産
    ①  投資有価証券の主要銘柄
    イ.主要銘柄の明細
                          帳簿価額      帳簿価額      評価額      評価額             投資
     順 国/               数量又は                             利率
         種類     銘柄名             単価      金額      単価      金額        償還期限     比率
     位 地域               額面総額                             (%)
                           (円)      (円)      (円)      (円)             (%)
     1 日本   社債券    第1回日本航       20,800,000,000         96.66   20,105,280,000         95.99   19,965,920,000        1.6  2058/10/11      5.69
             空株式会社利
             払繰延条項・
             期限前償還条
             項付無担保社
     2 日本   社債券    第3回ENE       22,000,000,000         89.53   19,697,480,000         89.64   19,721,020,000        1.31   2081/6/15     5.62
             OSホール
             ディングス株
             式会社利払繰
             延条項・期限
             前
     3 日本   社債券    第1回日本生       19,900,000,000         94.83   18,871,170,000         95.51   19,007,883,000        0.97   2051/5/11     5.42
             命第6回劣後
             ローン流動化
             株式会社利払
             繰延条項・期
     4 日本   社債券    第6回楽天株       20,600,000,000         92.02   18,956,120,000         90.33   18,607,980,000         3 2060/11/4     5.31
             式会社利払繰
             延条項・期限
             前償還条項付
             無担保社債
     5 日本   社債券    第2回株式会       18,500,000,000         96.79   17,906,150,000         97.82   18,096,700,000        1.05   2051/1/28     5.16
             社かんぽ生命
             保険利払繰延
             条項・期限前
             償還条項付無
     6 日本   社債券    第1回明治安       18,100,000,000         95.09   17,211,290,000         95.80   17,340,162,000        0.88   2051/8/2     4.94
             田生命第1回
             劣後ローン流
             動化株式会社
             利払繰延条項
     7 日本   社債券    第3回パナソ       16,200,000,000         92.24   14,943,528,000         92.25   14,945,796,000         1 2081/10/14      4.26
             ニック株式会
             社利払繰延条
             項・期限前償
             還条項付無担
     8 日本   社債券    第4回ソフト       13,900,000,000         96.88   13,467,015,000         97.06   13,491,896,000         3  2056/2/4     3.85
             バンクグルー
             プ株式会社利
             払繰延条項・
             期限前償還条
     9 日本   社債券    第1回NTN       11,100,000,000        100.98   11,209,113,000        101.15   11,228,205,000        2.5  2051/3/18     3.20
             株式会社利払
             繰延条項・期
             限前償還条項
             付無担保社債
     10 日本   社債券    第7回イオン       10,100,000,000         93.85   9,479,759,000        94.50   9,544,702,000       1.74   2050/12/2     2.72
             株式会社利払
             繰延条項・期
             限前償還条項
             付無担保社債
     11 日本   社債券    第9回イオン       10,900,000,000         88.90   9,690,536,000        87.18   9,502,729,000       1.734    2056/9/8     2.71
             株式会社利払
             繰延条項・期
             限前償還条項
             付無担保社債
     12 日本   社債券    第3回第一生       9,200,000,000        96.84   8,909,556,000        97.51   8,971,472,000       1.124   9999/99/99      2.56
             命ホールディ
             ングス株式会
             社利払繰延条
             項・任意償還
                                 30/104


                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     13 日本   社債券    第3回野村       8,000,000,000        99.34   7,947,600,000        99.55   7,964,320,000        1.3  9999/99/99      2.27
             ホールディン
             グス株式会社
             任意償還条項
             付無担保永久
             社
     14 日本   社債券    第34回株式       8,600,000,000        82.85   7,125,358,000        84.61   7,276,718,000       1.85   2041/6/14     2.07
             会社光通信無
             担保社債
     15 日本   社債券    第1回東北電       5,300,000,000        99.79   5,289,082,000        99.78   5,288,764,000       1.545   2057/9/14     1.50
             力株式会社利
             払繰延条項・
             期限前償還条
             項付無担保社
     16 日本   社債券    第4回ソフト       5,400,000,000        95.27   5,144,958,000        95.53   5,158,782,000        2.4  2028/9/15     1.47
             バンクグルー
             プ株式会社無
             担保社債
     17 日本   社債券    第3回東京セ       5,100,000,000        98.99   5,048,796,000        98.04   5,000,244,000       1.66   2080/7/30     1.42
             ンチュリー株
             式会社利払繰
             延条項・期限
             前償還条項付
     18 日本   社債券    第1回A号株       5,000,000,000        97.34   4,867,350,000        98.13   4,906,500,000        1.1  9999/99/99      1.40
             式会社商工組
             合中央金庫任
             意償還条項付
             無担保永久社
     19 日本   社債券    第2回大日本       4,900,000,000        96.69   4,738,202,000        97.32   4,768,778,000       1.55   2050/9/9     1.36
             住友製薬株式
             会社利払繰延
             条項・期限前
             償還条項付無
     20 日本   社債券    第4回第一生       4,800,000,000        95.98   4,607,040,000        97.56   4,682,880,000        0.9  9999/99/99      1.33
             命ホールディ
             ングス株式会
             社利払繰延条
             項・任意償還
     21 日本   社債券    第5回ソフト       4,870,000,000        95.54   4,652,798,000        95.75   4,663,268,500       2.75   2056/6/21     1.33
             バンクグルー
             プ株式会社利
             払繰延条項・
             期限前償還条
     22 日本   社債券    第3回関西電       4,800,000,000        95.50   4,584,288,000        96.27   4,621,056,000       1.259   2082/3/20     1.31
             力株式会社利
             払繰延条項・
             期限前償還条
             項付無担保社
     23 日本   社債券    第1回日本生       4,500,000,000        94.44   4,249,890,000        95.22   4,284,900,000       1.03   2052/5/10     1.22
             命第7回劣後
             ローン流動化
             株式会社利払
             繰延条項・期
     24 日本   社債券    第20回楽天       5,100,000,000        81.62   4,162,875,000        82.86   4,226,115,000        1.5  2036/12/2     1.20
             株式会社無担
             保社債
     25 日本   社債券    第1回全共連       4,400,000,000        95.03   4,181,320,000        95.75   4,213,308,000       0.87  2051/10/25      1.20
             第1回劣後
             ローン流動化
             株式会社利払
             繰延条項・期
             限
     26 日本   社債券    第6回イオン       4,300,000,000        94.99   4,084,828,000        96.12   4,133,504,000       2.52  2054/12/11      1.17
             株式会社利払
             繰延条項・期
             限前償還条項
             付無担保社債
                                 31/104


                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     27 日本   社債券    第37回株式       4,700,000,000        85.37   4,012,766,000        86.66   4,073,443,000       1.33   2036/11/4     1.16
             会社光通信無
             担保社債
     28 日本   社債券    第1回株式会       3,400,000,000        100.47    3,416,014,000        100.65    3,422,270,000        1.6  2056/4/27     0.97
             社商船三井利
             払繰延条項・
             期限前償還条
             項付無担保社
     29 日本   社債券    第1回ニプロ       3,400,000,000        99.86   3,395,240,000        99.86   3,395,274,000        1.6  2055/9/28     0.96
             株式会社利払
             繰延条項・期
             限前償還条項
             付無担保社債
     30 日本   社債券    第3回東北電       3,300,000,000        99.84   3,294,918,000        99.60   3,286,932,000       2.099   2062/9/15     0.93
             力株式会社利
             払繰延条項・
             期限前償還条
             項付無担保社
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該銘柄の評価額の比率です。
     ロ.業種別及び種類別投資比率

                          投資比率(%)
            種 類
                                  87.50

     社債券
                                  87.50

     合計
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該種類の評価額の比率です。
    ②  投資不動産物件

      該当事項はありません。
    ③  その他投資資産の主要なもの

                             買建/            帳簿価額         評価額      投資比率
     資産の種類        取引所        資産の名称           数量   通貨
                              売建            (円)        (円)      (%)
     債券先物取引       大阪証券取引所        長期国債標準物先物          売建   1,013   円   149,928,544,995        150,704,010,000        △43.01
    (注1)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の評価額の比率です。
    (注2)先物取引は、主たる取引所の発表する清算値段又は最終相場で評価しています。
                                 32/104









                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【運用実績】
    ①【純資産の推移】
    2022年10月末日及び同日前1年以内における各月末ならびに下記決算期末の純資産の推移は次の通りで
    す。
                               純資産総額(円)              1口当たり純資産額(円)
                 年月日
                            (分配落)          (分配付)        (分配落)       (分配付)
              (2020年10月26日)            10,307,122,496          10,307,122,496           1.0063       1.0063
       第1期
              (2021年10月25日)           150,176,457,540          150,176,457,540            1.0418       1.0418
       第2期
              (2022年10月25日)           241,812,637,850          241,812,637,850            0.9825       0.9825
       第3期
                         156,285,946,124                  ―    1.0433         ―
               2021年10月末日
                         179,692,033,552                  ―    1.0446         ―
               2021年11月末日
                         199,544,994,235                  ―    1.0450         ―
               2021年12月末日
                         217,453,007,810                  ―    1.0455         ―
               2022年1月末日
                         232,573,093,034                  ―    1.0408         ―
               2022年2月末日
                         227,621,016,334                  ―    1.0320         ―
               2022年3月末日
                         240,452,652,183                  ―    1.0297         ―
               2022年4月末日
                         234,596,081,056                  ―    1.0263         ―
               2022年5月末日
                         244,772,585,164                  ―    1.0149         ―
               2022年6月末日
                         251,203,623,556                  ―    1.0054         ―
               2022年7月末日
                         251,634,797,297                  ―    1.0004         ―
               2022年8月末日
                         247,927,040,148                  ―    0.9882         ―
               2022年9月末日
                         239,506,517,670                  ―    0.9824         ―
               2022年10月末日
    ②【分配の推移】

                         計算期間               1口当たりの分配金(円)
                      自 2019年10月25日
                                                      0.0000
          第1期
                      至 2020年10月26日
                      自 2020年10月27日

                                                      0.0000
          第2期
                      至 2021年10月25日
                      自   2021年10月26日

                                                      0.0000
          第3期
                      至   2022年10月25日
    ③【収益率の推移】

                                            収益率(%)
                         計算期間
                      自 2019年10月25日
                                                        0.6
          第1期
                      至 2020年10月26日
                      自 2020年10月27日

                                                        3.5
          第2期
                      至 2021年10月25日
                      自   2021年10月26日

                                                       △5.7
          第3期
                      至   2022年10月25日
    (注)各計算期間の収益率は、計算期間末の基準価額(分配落ち)に当該計算期間の分配金を加算し、
        当該計算期間の直前の計算期間末の基準価額(分配落ち。以下「前期末基準価額」といいま
        す。)を控除した額を前期末基準価額で除して得た数に100を乗じた数です。
                                 33/104



                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (4)【設定及び解約の実績】
                              設定口数          解約口数         発行済み口数
                 計算期間
                               (口)          (口)          (口)
              自 2019年10月25日

                            12,398,477,653           2,155,396,351          10,243,081,302
       第1期
              至 2020年10月26日
              自 2020年10月27日

                            144,661,482,849           10,759,287,434          144,145,276,717
       第2期
              至 2021年10月25日
              自 2021年10月26日

                                                246,114,576,710
       第3期                     190,042,334,776           88,073,034,783
              至 2022年10月25日
    (注1)本邦外における設定及び解約の実績はありません。
    (注2)第1期の設定口数には当初募集期間中の設定口数を含みます。
                                 34/104
















                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考情報)
                                 35/104




















                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 36/104





















                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】
    1【申込(販売)手続等】

      ① 申込みの受付(販売会社の営業日)
         2023年1月26日(木)から2023年7月25日(火)まで
      ② 申込単位
         販売会社が定める単位とします。
         詳しくは販売会社にお問い合わせ下さい。
      ③ 申込価額
        取得申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
        なお、収益分配金の再投資については、各計算期間終了日の基準価額とします。
         基準価額は、販売会社または委託会社に問い合わせることにより知ることができるほか、原則
         として、計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます。
                        ファンドの正式名称                            新聞掲載略称
        マニュライフ・円ハイブリッド債券インカム・ファンド(年1回決算型)                                             円ハイブ1Y
        また、下記の委託会社のホームページでご覧になることもできます。

       <照会先>
      ④ 申込手数料



        1.申込金額(取得申込受付日の翌営業日の基準価額×申込口数)に、2.2%(税抜2.0%)を上
          限として、販売会社がそれぞれ別に定める申込手数料率を乗じて得た額となります。申込手
          数料は、お申込時にご負担いただきます。
         *税法が改正された場合等には、税率等が変更される場合があります。
        2.受益者が収益分配金を再投資する場合のファンドの発行価格は各計算期間終了日(決算日)
          の基準価額とし、この場合の再投資にかかる手数料はかかりません。
        具体的な手数料の料率、徴収時期、徴収方法等については、販売会社にお問い合わせ下さい。
      ⑤ 申込価額の算出頻度
         原則として、委託会社の毎営業日に計算されます。
      ⑥ 申込単位・申込価額の照会方法
         申込単位および申込価額は、販売会社にてご確認いただけます。また、上記③の<照会先>に
         おいてもご確認いただけます。
      ⑦ 申込方法
         取得申込者は、販売会社に取引口座を開設のうえ、申込みを行うものとします。
         分配金の受取方法により、「分配金受取コース」と「分配金再投資コース」の2つの申込方法が
         あります。販売会社によっては、どちらか一方のみの取扱いとなる場合があります。
         「分配金再投資コース」の申込みには、取得申込者と販売会社との間で別に定める自動けいぞ
         く投資契約(販売会社によっては別の名称で同様の権利義務関係を規定する契約を使用する場
         合があり、この場合は当該別の名称に読み替えます。)を締結するものとします。
                                 37/104



                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ⑧ 申込受付時間
         原則として、午後3時までに販売会社が受付けた取得申込み(当該申込みの受付けにかかる販
         売会社所定の事務手続きが完了したもの)を当日の申込みとします。当該時刻を過ぎての申込
         みは、翌営業日に受付けたものとして取扱います。なお、販売会社によっては、上記より早い
         時刻に取得申込みを締切ることとしている場合があります。
      ⑨ 申込代金の支払期日
         取得申込者は、申込金額(取得申込受付日の翌営業日の基準価額に取得口数を乗じて得た額)
         に、申込手数料および当該手数料にかかる消費税相当額を加算した額を販売会社が定める日ま
         でにお支払い下さい。
         払込期日は販売会社により異なる場合がありますので、販売会社にご確認下さい。振替受益権
         にかかる各取得申込日の発行価額の総額は、追加信託が行われる日に委託会社の指定する口座
         を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払込まれます。
      ⑩ その他
         ・金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない事情があ
          るときは、取得申込みの受付けを中止すること、および既に受付けた取得申込みを取消すこ
          とがあります。
         ・受益権の取得申込者は、販売会社に、取得申込みと同時にまたは予め、自己のために開設さ
          れたファンドの受益権の振替を行うための振替機関等の口座を示すものとし、当該口座に当
          該取得申込者にかかる口数の増加の記載または記録が行われます。なお、販売会社は、当該
          取得申込みの代金の支払いと引換えに、当該口座に当該取得申込者にかかる口数の増加の記
          載または記録を行うことができます。委託会社は、追加信託により分割された受益権につい
          て、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定める事項の振
          替機関への通知を行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替機関への通知があっ
          た場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行い
          ます。受託会社は、追加信託により生じた受益権については追加信託のつど、振替機関の定
          める方法により、振替機関へ当該受益権にかかる信託を設定した旨の通知を行います。
    2【換金(解約)手続等】

      ① 解約の受付(販売会社の営業日)
         原則として、いつでも解約の請求ができます。
         ただし、以下の日は解約の請求ができません。
          ニューヨークの銀行休業日
          ロンドンの銀行休業日
         ※詳しい申込不可日については、販売会社または委託会社にお問い合わせ下さい。
      ② 解約単位
         販売会社が定める単位とします。
         詳しくは販売会社にお問い合わせ下さい。
      ③ 解約価額
         解約価額は、解約申込受付日の翌営業日の基準価額です。
                                 ※
         1万口当たりの手取額は、解約価額から税金                         (解約価額が個別元本を上回っている場合)を
         差し引いた額となります。
         ※税金については、第1[ファンドの状況]4[手数料等及び税金](5)[課税上の取扱い]をご覧下さ
          い。
                                 38/104



                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ※基準価額は、販売会社または委託会社に問い合わせることにより知ることができるほか、原
          則として、計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます。また、委託会社のホーム
          ページでご覧になることもできます。
          照会先は、第2[管理及び運営]1[申込(販売)手続等]③申込価額の記載をご参照下さい。
       ④ 換金手数料
         ありません。
       ⑤ 信託財産留保額
         ありません。
       ⑥ 解約価額の算出頻度
         原則として、委託会社の毎営業日に計算されます。
       ⑦ 支払開始日
         原則として、解約請求受付日から起算して6営業日目から販売会社において支払います。
       ⑧ 解約請求受付時間
         原則として、午後3時までに受付けた解約請求(当該解約請求の受付けにかかる販売会社所定
         の事務手続きが完了したもの)を当日の請求とします。当該時刻を過ぎての請求は翌営業日に
         受付けたものとして取扱います。なお、販売会社によっては、上記より早い時刻に解約請求を
         締切ることとしている場合があります。
         ・ファンドの資金管理を円滑に行うため、大口解約については、委託会社の判断により解約金
          額や解約受付時間に制限を設ける場合があります。
       ⑨ その他
         ・委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得
          ない事情があるときは、解約の申込みの受付けを中止すること、および既に受付けた解約請
          求を取消すことがあります。このような場合には、投資者の皆様は解約の申込みを撤回する
          ことができます。撤回しない場合は、委託会社が解約請求の中止を解除した後の最初の基準
          価額の計算日に、この解約請求を受付けたものとします。
         ・解約の請求を行う受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受益者の請
          求にかかるこの信託契約の解約を委託会社が行うのと引換えに、当該解約にかかる受益権の
          口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座
          において当該口数の減少の記載または記録が行われます。
    3【資産管理等の概要】

    (1)【資産の評価】
       ① 基準価額の算出方法
         基準価額=信託財産の純資産総額÷受益権総口数×1万口
        (注)「信託財産の純資産総額」とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券を除き
            ます。)を法令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価評価して得た信託
            財産の資産総額から負債総額を控除した金額をいいます。
       ② 主な評価方法
         信託財産に属する資産については、法令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時
         価評価します。
                                 39/104





                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <主な資産の評価方法>
      マザーファンド                    原則として、計算日における基準価額で評価します。

                          原則として、金融商品取引所における計算日の最終相

      株式                    場(外国で取引されているものについては、計算日に
                          知り得る直近の日の最終相場)で評価します。
                          原則として、計算日における以下のいずれかの価額で
                          評価します。(注)
                          ①日本証券業協会が発表する売買参考統計値(平均値)
      公社債等
                          ②金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(売気配
                           相場を除く)
                          ③価格情報会社の提供する価額
                          原則として、わが国における計算日の対顧客電信売買
      外貨建資産
                          相場の仲値によって計算します。
                          原則として、わが国における計算日の対顧客電信売買
      外国為替予約取引
                          相場の仲値によって計算します。
      (注)外国で取引されているものについては、原則として、基準価額計算日の前営業日とします。
       ③ 基準価額の算出頻度
         原則として、委託会社の毎営業日に計算されます。
       ④ 基準価額の照会方法
         基準価額は、販売会社または委託会社に問い合わせることにより知ることができるほか、原則
         として、計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます。また、委託会社のホームページ
         でご覧になることもできます。
         照会先は、第2[管理及び運営]1[申込(販売)手続等]③申込価額の記載をご参照下さい。
    (2)【保管】

       該当事項はありません。
    (3)【信託期間】

       原則として、2019年10月25日から2029年10月25日までとします。
    (4)【計算期間】

       原則として、毎年10月26日から翌年10月25日までとします。
       上記にかかわらず、上記により各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といいます。)が
       休業日の場合には、各計算期間終了日は該当日の翌営業日とし、その翌日から次の計算期間が開始
       されるものとします。なお、最終計算期間の終了日は、信託期間の終了日とします。
    (5)【その他】

     1.ファンドの償還条件等
       ① 委託会社は、以下の場合には、法令および信託約款に定める手続きにしたがい、受託会社と合
         意のうえ、ファンドを償還させることができます。(繰上償還)
         ・信託財産の純資産総額が30億円を下回ることとなった場合
         ・信託期間中において、ファンドを償還させることが受益者のため有利であると認めるとき、
          またはやむを得ない事情が発生したとき
         委託会社は、ファンドを償還しようとするときは、あらかじめその旨を監督官庁に届出ます。
                                 40/104



                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ② 委託会社は、上記①の事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行
         います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに投資信託契約の解約の理由等
         の事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この投資信託契約にかかる知れている受益者
         に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
       ③ 上記②の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の投資信託財産にこの信託の受
         益権が属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下本③におい
         て同じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、
         知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛
         成するものとみなします。
       ④ 上記②の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多
         数をもって行います。
       ⑤ 上記②から④までの規定は、委託会社が投資信託契約の解約について提案をした場合におい
         て、当該提案につき、この投資信託契約にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録によ
         り同意の意思表示をしたときには適用しません。また、信託財産の状況に照らし真にやむを得
         ない事情が生じている場合であって、上記②から④までの手続きを行うことが困難な場合には
         適用しません。
       ⑥ このほか、監督官庁よりファンドの償還の命令を受けたとき、委託会社の登録の取消・解散・
         業務廃止のときは、原則として、ファンドを償還させます。また、受託会社が委託会社の承諾
         を受けてその任務を辞任した場合または裁判所が受託会社を解任した場合において、委託会社
         が新受託者を選任できない場合もファンドを償還させることがあります。ただし、監督官庁が
         この信託契約に関する委託会社の業務を他の投資信託委託会社に引継ぐことを命じたときは、
         下記のその内容が重大な約款変更の書面決議が否決された場合を除き、当該投資信託委託会社
         と受託会社の間で存続します。
     2.信託約款の変更等

       ① 委託会社は、受益者の利益のために必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したとき
         は、受託会社と合意のうえ、この投資信託約款を変更することまたはこの信託と他の信託との
         併合(投資信託及び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併
         合」をいいます。以下同じ。)を行うことができるものとし、あらかじめ、変更または併合し
         ようとする旨およびその内容を監督官庁に届出ます。なお、この信託約款はここに定める以外
         の方法によって変更することができないものとします。
       ② 委託会社は、上記①の事項(上記①の変更事項にあってはその内容が重大なものに該当する場
         合に限り、上記①の併合事項にあってはその併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに
         該当する場合を除きます。以下、合わせて「重大な約款の変更等」といいます。)について、
         書面決議を行います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な約款の変
         更等の内容およびその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この信託約款
         にかかる知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発
         します。
       ③ 上記②の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の投資信託財産にこの信託の受
         益権が属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下本③におい
         て同じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、
         知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛
         成するものとみなします。
       ④ 上記②の書面決議は、議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる
         多数をもって行います。
                                 41/104



                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ⑤ 書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
       ⑥ 上記②から⑤までの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合におい
         て、当該提案につき、この投資信託約款にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録によ
         り同意の意思表示をしたときには適用しません。
       ⑦ 上記①から⑥までの規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決された場
         合にあっても、当該併合にかかる一または複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が
         否決された場合は、当該他の投資信託との併合を行うことはできません。
     3.反対受益者の受益権買取請求の不適用

       この信託は、受益者が一部解約請求を行ったときは、委託会社が信託契約の一部の解約をすること
       により当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部解約金として支払われること
       となる委託者指図型投資信託に該当するため、信託契約の解約または重大な約款の変更等を行う場
       合において、投資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める反対受益者による受益権買
       取請求の規定の適用を受けません。
     4.公告

       委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告により行い、次のアドレスに掲載します。
       www.manulifeim.co.jp/
       ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告による公告をすることができない場合は、
       日本経済新聞に掲載する方法により公告を行います。
     5.運用報告書

       毎年10月の決算時、および償還時に交付運用報告書を作成し、販売会社を通じて知れている受益者
       に対して交付します。
       運用報告書(全体版)は、委託会社のホームページにおいて開示します。ただし、受益者から運用
       報告書(全体版)の請求があった場合には、これを交付します。
     6.関係法人との契約の更改

       委託会社と各販売会社との間で締結される「募集・販売の取扱い等に関する契約」の期間は、契約
       締結日から1ヵ年とし、期間満了3ヵ月前までに相手方に対し、何らの意思表示のないときには、
       自動的に1ヵ年延長されるものとし、その後も同様とします。
    4【受益者の権利等】

       受益者の権利の主な内容は以下の通りです。
       ① 収益分配金に対する請求権
         受益者は、委託会社の決定した収益分配金を持分に応じて請求する権利を有します。
         ・収益分配金は原則として決算日から起算して5営業日目までに、販売会社の営業所等におい
          て受益者に支払います。
         ・受益者が、収益分配金の支払開始日から5年間支払いを請求しないときは、その権利を失い
          ます。
         ・「分配金再投資コース」にかかる収益分配金は、課税後、原則として毎計算期間の終了日
          (決算日)の翌営業日に自動けいぞく投資契約に基づいて再投資されます。
                                 42/104




                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         (注)「分配金再投資コース」にかかる収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座
            簿に記載または記録されている受益者(当該収益分配金にかかる決算日以前において一部
            解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該収益分配金にかかる計算期
            間の末日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載また
            は記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に対し分配された
            のち、遅滞なく収益分配金の再投資にかかる受益権の買付けに充当されます。なお、再投
            資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
      ② 償還金に対する請求権
         受益者は、持分に応じて償還金を請求する権利を有します。
         ・償還金は、原則として償還日(休業日の場合は翌営業日)から起算して5営業日目までに受
          益者に支払います。
         ・償還金の支払いは、販売会社の営業所等において行います。
         ・受益者が、信託終了による償還金について支払開始日から10年間その支払いを請求しないと
          きは、その権利を失います。
         (注)償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者
            (償還日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該
            償還日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社名義で記載または記
            録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に支払います。
      ③ 換金(解約)請求権
         受益者は、自己の有する受益権につき、解約を請求する権利を有します。
         ・解約代金は、受益者の請求を受けた日から起算して、原則として6営業日目から支払いま
          す。
         ・解約の請求を行う受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受益者の請
          求にかかるこの信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引換えに、当該一部解約にかかる
          受益権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関
          等の口座において当該口数の減少の記載または記録が行われます。
         ・解約代金の支払いは、販売会社の営業所等において行います。
         (第2[管理及び運営]2[換金(解約)手続等]をご参照下さい。)
                                 43/104









                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】
    1 当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵

       省令第59号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成
       12年総理府令第133号)に基づき作成しております。
       なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
    2 当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当計算期間(2021年10月26日

       から2022年10月25日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人により監査を受け
       ております。
                                 44/104

















                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    1【財務諸表】
    【マニュライフ・円ハイブリッド債券インカム・ファンド(年1回決算型)】
    (1)【貸借対照表】
                                                    (単位:円)
                                  前計算期間              当計算期間
                               (2021年10月25日現在)              (2022年10月25日現在)
     資産の部
       流動資産
        親投資信託受益証券                           150,176,457,540              241,812,637,850
                                      404,126,639             1,742,055,338
        未収入金
        流動資産合計                           150,580,584,179              243,554,693,188
       資産合計                             150,580,584,179              243,554,693,188
     負債の部
       流動負債
        未払解約金                              141,646,494             1,007,013,317
        未払受託者報酬                               9,619,188              27,059,590
        未払委託者報酬                              250,098,925              703,549,439
                                       2,762,032              4,432,992
        その他未払費用
        流動負債合計                              404,126,639             1,742,055,338
       負債合計
                                      404,126,639             1,742,055,338
     純資産の部
       元本等
        元本                           144,145,276,717              246,114,576,710
        剰余金
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                           6,031,180,823             △ 4,301,938,860
          (分配準備積立金)                           1,301,524,028              2,783,447,144
                                    150,176,457,540              241,812,637,850
        元本等合計
       純資産合計                             150,176,457,540              241,812,637,850
     負債純資産合計                              150,580,584,179              243,554,693,188
                                 45/104











                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益及び剰余金計算書】
                                                    (単位:円)
                                  前計算期間              当計算期間
                                自 2020年10月27日              自 2021年10月26日
                                至 2021年10月25日              至 2022年10月25日
     営業収益
                                     1,685,466,716             △ 13,040,803,748
       有価証券売買等損益
       営業収益合計                              1,685,466,716             △ 13,040,803,748
     営業費用
       受託者報酬                                11,679,113              49,598,278
       委託者報酬                               303,656,772             1,289,555,218
                                       4,358,718              9,189,744
       その他費用
       営業費用合計                               319,694,603             1,348,343,240
     営業利益又は営業損失(△)                               1,365,772,113             △ 14,389,146,988
     経常利益又は経常損失(△)                               1,365,772,113             △ 14,389,146,988
     当期純利益又は当期純損失(△)                               1,365,772,113             △ 14,389,146,988
     一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                      110,414,728            △ 1,414,860,105
     約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
     期首剰余金又は期首欠損金(△)                                 64,041,194             6,031,180,823
     剰余金増加額又は欠損金減少額                               4,998,814,771              6,197,713,971
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                     4,998,814,771              6,197,713,971
       額
     剰余金減少額又は欠損金増加額                                287,032,527             3,556,546,771
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                      287,032,527             3,556,546,771
       額
                                           -              -
     分配金
     期末剰余金又は期末欠損金(△)                               6,031,180,823             △ 4,301,938,860
                                 46/104












                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【注記表】
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

    1.有価証券の評価基準及び評価方法                  親投資信託受益証券
                       移動平均法に基づき、時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、親投資信託受益証券の基準価額で評価しております。
    2.その他財務諸表作成のための基礎                   該当事項はありません。
      となる事項
    (重要な会計上の見積りに関する注記)

                前計算期間                            当計算期間
              2021年10月25日現在                            2022年10月25日現在
     当計算期間の財務諸表の作成にあたって行った会計上の見                            同左
     積りが当計算期間の翌計算期間の財務諸表に重要な影響を
     及ぼすリスクは識別していないため、注記を省略しており
     ます。
    (貸借対照表に関する注記)

                                     前計算期間             当計算期間
                 項 目
                                   2021年10月25日現在             2022年10月25日現在
    1.   元本の推移
       期首元本額                               10,243,081,302円             144,145,276,717円
       期中追加設定元本額                               144,661,482,849円             190,042,334,776円
       期中一部解約元本額                               10,759,287,434円             88,073,034,783円
    2.   計算期間末日における受益権の総数                               144,145,276,717口             246,114,576,710口
    3.   計算期間末日における1口当たり純資産額                                   1.0418円             0.9825円
       計算期間末日における1万口当たり純資産額                                   10,418円              9,825円
    4.   元本の欠損                                       貸借対照表上の純資産額が
                                              元本総額を下回っており、
                                       -
                                              その差額は4,301,938,860円
                                              であります。
    (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                                前計算期間                 当計算期間
                              自  2020年10月27日               自  2021年10月26日
              項 目
                              至  2021年10月25日               至  2022年10月25日
       分配金の計算過程
       計算期間末における配当等収益から費用を
                                   668,129,613円                1,906,683,591円
       控除した額
       有価証券売買等損益から費用を控除した額                            583,717,816円                      0円
       信託約款に規定される収益調整金                           4,729,656,795円                 3,392,159,181円
       信託約款に規定される分配準備積立金                            49,676,599円                876,763,553円
       分配対象収益                           6,031,180,823円                 6,175,606,325円
       (1万口当たり)                                418円                 250円
       分配金額                                 0円                 0円
                                        0円                 0円
       (1万口当たり)
                                 47/104





                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)
     Ⅰ 金融商品の状況に関する事項
    1.金融商品に対する取組方針                   当ファンドは、「投資信託及び投資法人に関する法律」第2条第4項に定める
                      証券投資信託であり、有価証券等の金融商品への投資を信託約款に定める「運用
                      の基本方針」に基づき行っております。
    2.金融商品の内容及び当該金融商品                   当ファンドが保有する金融商品の種類は、有価証券、金銭債権及び金銭債務で
       に係るリスク                あります。当ファンドが保有する有価証券の詳細は、有価証券に関する注記に記
                      載しております。
                       これらの金融商品に係るリスクは、市場リスク(価格変動、金利変動等)、信
                      用リスク、流動性リスク等であります。
    3.金融商品に係るリスク管理体制                  複数の部署と下記の会議体によりリスク管理を行っております。
                      ・投資信託パフォーマンス・レビュー
                       信託財産のパフォーマンスとそのリスクについて定期的な考査を行い、課題事
                       項の指摘、改善を求めます。
                      ・リスク管理委員会
                       信託財産の運用リスクを運用部門と独立して把握、管理し、課題事項の指摘、
                       改善を求めます。
     Ⅱ 金融商品の時価等に関する事項

                             前計算期間                   当計算期間
            項  目
                           2021年10月25日現在                   2022年10月25日現在
    1.貸借対照表計上額、時価及びその                   貸借対照表計上額は期末の時価で計上                  同左
       差額                しているため、その差額はありません。
    2.時価の算定方法                  (1)有価証券                   (1)有価証券
                       売買目的有価証券                  同左
                      (重要な会計方針に係る事項に関する注
                      記)に記載しております。
                      (2)デリバティブ取引                   (2)デリバティブ取引
                       該当事項はありません。                  同左
                      (3)上記以外の金融商品                   (3)上記以外の金融商品
                       上記以外の金融商品(コールローン                  同左
                      等)は、短期間で決済され、時価は帳簿
                      価額と近似していることから、当該金融
                      商品の帳簿価額を時価としております。
    3.金融商品の時価等に関する事項に                   金融商品の時価には、市場価格に基づ                   金融商品の時価の算定においては一定
       ついての補足説明                く価額のほか、市場価格がない場合には                   の前提条件等を採用しているため、異な
                      合理的に算定された価額が含まれており                   る前提条件等によった場合、当該価額が
                      ます。当該価額の算定においては一定の                   異なることもあります。
                      前提条件等を採用しているため、異なる
                      前提条件によった場合、当該価額が異な
                      ることもあります。
    (有価証券に関する注記)

    売買目的有価証券
                           前計算期間                    当計算期間
                         2021年10月25日現在                    2022年10月25日現在
           種類
                     当計算期間の損益に含まれた評価差額                    当計算期間の損益に含まれた評価差額
                            (円)                    (円)
    親投資信託受益証券                            2,033,632,648                   △9,324,063,544
           合計                      2,033,632,648                   △9,324,063,544
                                 48/104




                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (デリバティブ取引に関する注記)
    取引の時価等に関する事項
    該当事項はありません。
    (関連当事者との取引に関する注記)

    該当事項はありません。
                                 49/104


















                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (4)【附属明細表】
    ① 有価証券明細表

    (ア)株式
    該当事項はありません。
    (イ)株式以外の有価証券

                                                      (単位:円)
        種 類                銘 柄                口数         評価額       備考

     親投資信託受益証券          円ハイブリッド債券インカム・マザーファンド                        241,643,487,409           241,812,637,850
                   合計                   241,643,487,409           241,812,637,850
    ② 信用取引契約残高明細表
    該当事項はありません。
    ③ デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

    該当事項はありません。
                                 50/104














                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考)
      当ファンドは「円ハイブリッド債券インカム・マザーファンド」受益証券を主要投資対象としてお
    り、貸借対照表の資産の部に計上された「親投資信託受益証券」は、すべて同親投資信託の受益証券で
    す。
      なお、同親投資信託の状況は次の通りです。以下に記載した情報は監査の対象外であります。
    円ハイブリッド債券インカム・マザーファンド

    (1)貸借対照表

                                                      (単位:円)
                                (2021年10月25日現在)               (2022年10月25日現在)
     資産の部
       流動資産
        金銭信託                             8,832,380,810               45,445,875,813
        社債券                            219,361,849,000               307,321,588,000
        派生商品評価勘定                              566,200,501               658,473,332
        未収利息                              732,676,261              1,329,454,822
        前払費用                              246,282,731                    -
        差入委託証拠金                              712,800,000              1,562,000,000
        流動資産合計                            230,452,189,303               356,317,391,967
       資産合計                             230,452,189,303               356,317,391,967
     負債の部
       流動負債
        派生商品評価勘定                                 2,541                 -
        前受金                              490,990,000               695,530,354
        未払金                             2,983,386,000                     -
        未払解約金                              671,834,220              2,743,427,865
        未払利息                                   -           34,943,399
        受入担保金                                   -           10,000,000
        その他未払費用                               1,203,505               3,610,493
        流動負債合計                             4,147,416,266               3,487,512,111
       負債合計                              4,147,416,266               3,487,512,111
     純資産の部
       元本等
        元本                            214,566,756,297               352,584,506,955
        剰余金
          剰余金又は欠損金(△)                           11,738,016,740                 245,372,901
        元本等合計                            226,304,773,037               352,829,879,856
       純資産合計                             226,304,773,037               352,829,879,856
     負債純資産合計                               230,452,189,303               356,317,391,967
                                 51/104






                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)注記表
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

    1.有価証券の評価基準及び評価方法                  社債券
                       個別法に基づき、原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(但し、売
                      気配相場は使用しない)、又は価格情報会社の提供する価額で評価しておりま
                      す。
    2.デリバティブ等の評価基準及び評                  (1)先物取引
      価方法                 個別法に基づき、原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、原則として本書における開示対象ファンドの期末日に
                      知りうる直近の日の主たる取引所の発表する清算値段又は最終相場によっており
                      ます。
                      (2)クレジット・デフォルト・スワップ取引
                       個別法に基づき、原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、金融商品取引業者、銀行等の提示する価額又は価格情
                      報会社の提供する価額で評価しております。
                       適正な評価額を入手できなかった場合又は入手した評価額が時価と認定できな
                      い事由が認められた場合は、投資信託委託会社が忠実義務に基づいて合理的事由
                      をもって時価と認めた価額もしくは受託者と協議のうえ両者が合理的事由をもっ
                      て時価と認めた価額で評価しております。
    3.その他財務諸表作成のための基礎                   該当事項はありません。
      となる事項
    (重要な会計上の見積りに関する注記)

              2021年10月25日現在                            2022年10月25日現在
     本書における開示対象ファンドの当期間の財務諸表の作                            同左
     成にあたって行った会計上の見積りが本書における開示
     対象ファンドの当期間の翌期間の財務諸表に重要な影響
     を及ぼすリスクは識別していないため、注記を省略して
     おります。
    (貸借対照表に関する注記)

                 項 目                  2021年10月25日現在             2022年10月25日現在
    1.   元本の推移
       本書における開示対象ファンドの期首における当該親投                               15,009,237,167円             214,566,756,297円
       資信託の元本額
       同期中における追加設定元本額                               213,518,352,276円             248,051,342,138円
       同期中における解約元本額                               13,960,833,146円             110,033,591,480円
       同期末日における元本の内訳
       マニュライフ・円ハイブリッド債券インカム・ファンド                               72,178,913,744円             110,941,019,546円
       (3ヵ月決算型)
       マニュライフ・円ハイブリッド債券インカム・ファンド                               142,387,842,553円             241,643,487,409円
       (年1回決算型)
       合計                               214,566,756,297円             352,584,506,955円
    2.   本書における開示対象ファンドの期末日における当該親                               214,566,756,297口             352,584,506,955口
       投資信託の受益権の総数
    3.   本書における開示対象ファンドの期末日における当該親                                   1.0547円             1.0007円
       投資信託の1口当たり純資産額
       (1万口当たり純資産額)                                   10,547円             10,007円
                                 52/104




                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)
     Ⅰ 金融商品の状況に関する事項
    1.金融商品に対する取組方針                   当ファンドは、「投資信託及び投資法人に関する法律」第2条第4項に定める
                      証券投資信託であり、有価証券等の金融商品への投資を信託約款に定める「運用
                      の基本方針」に基づき行っております。
    2.金融商品の内容及び当該金融商品                   当ファンドが保有する金融商品の種類は、有価証券、デリバティブ取引、金銭
       に係るリスク                債権及び金銭債務であります。当ファンドが保有する有価証券の詳細は、有価証
                      券に関する注記に記載しております。
                       これらの金融商品に係るリスクは、市場リスク(価格変動、金利変動等)、信
                      用リスク、流動性リスク等であります。
                       当ファンドは、信託財産の効率的な運用に資するためにクレジット・デフォル
                      ト・スワップ取引を利用しております。当該クレジット・デフォルト・スワップ
                      取引に係る主要なリスクは、価格変動リスクであります。
                       当ファンドは、対象インデックスとの連動及び運用の効率化に資するために債
                      券先物取引を利用しております。債券先物取引に係る主要なリスクは、対象指数
                      又は対象証券の値動き、債券市場の需要等を反映して変動する価格変動リスクで
                      あります。
                       また、デリバティブ取引に関する契約額等は、あくまでもデリバティブ取引に
                      おける名目的な契約額または計算上の想定元本であり、当該金額自体がデリバ
                      ティブ取引の市場リスクの大きさを示すものではありません。
    3.金融商品に係るリスク管理体制                  複数の部署と下記の会議体によりリスク管理を行っております。
                      ・投資信託パフォーマンス・レビュー
                       信託財産のパフォーマンスとそのリスクについて定期的な考査を行い、課題事
                       項の指摘、改善を求めます。
                      ・リスク管理委員会
                       信託財産の運用リスクを運用部門と独立して把握、管理し、課題事項の指摘、
                       改善を求めます。
     Ⅱ 金融商品の時価等に関する事項

            項  目
                           2021年10月25日現在                   2022年10月25日現在
    1.貸借対照表計上額、時価及びその                   貸借対照表計上額は期末の時価で計上                  同左
       差額                しているため、その差額はありません。
    2.時価の算定方法                  (1)有価証券                   (1)有価証券
                       売買目的有価証券                  同左
                      (重要な会計方針に係る事項に関する注
                      記)に記載しております。
                      (2)デリバティブ取引                   (2)デリバティブ取引
                       (デリバティブ取引に関する注記)に                  同左
                      記載しております。
                      (3)上記以外の金融商品                   (3)上記以外の金融商品
                       上記以外の金融商品(コールローン                  同左
                      等)は、短期間で決済され、時価は帳簿
                      価額と近似していることから、当該金融
                      商品の帳簿価額を時価としております。
    3.金融商品の時価等に関する事項に                   金融商品の時価には、市場価格に基づ                   金融商品の時価の算定においては一定
       ついての補足説明                く価額のほか、市場価格がない場合には                   の前提条件等を採用しているため、異な
                      合理的に算定された価額が含まれており                   る前提条件等によった場合、当該価額が
                      ます。当該価額の算定においては一定の                   異なることもあります。
                      前提条件等を採用しているため、異なる
                      前提条件によった場合、当該価額が異な
                      ることもあります。
                                 53/104





                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (有価証券に関する注記)
    売買目的有価証券
                         2021年10月25日現在                    2022年10月25日現在
           種類
                    当期間の損益に含まれた評価差額(円)                    当期間の損益に含まれた評価差額(円)
    社債券                             600,771,000                  △25,350,487,000
           合計                       600,771,000                  △25,350,487,000
    (注)当期間の損益に含まれた評価差額は、当親投資信託の期首日から本書における開示対象ファンドの期末日までの期

        間に対応する金額であります。
    (デリバティブ取引に関する注記)

    取引の時価等に関する事項
    1.債券関連
     (2021年10月25日現在)
                                                      (単位:円)
       区分        種類        契約額等                    時価         評価損益

                                 うち1年超
      市場取引      債券先物取引
             売建          163,894,597,960                -   163,328,400,000            566,197,960
            合計           163,894,597,960                -   163,328,400,000            566,197,960
     (2022年10月25日現在)
                                                      (単位:円)
       区分        種類        契約額等                    時価         評価損益

                                 うち1年超
      市場取引      債券先物取引
             売建          148,529,224,820                -   148,000,000,000            529,224,820
            合計           148,529,224,820                -   148,000,000,000            529,224,820
    (注)1.時価の算定方法

         債券先物取引の時価については、以下のように評価しております。
         原則として開示対象ファンドの期末日に知りうる直近の日の主たる取引所の発表する清算値段又は最終相場で評
         価しております。このような時価が発表されていない場合には、開示対象ファンドの期末日に最も近い最終相場
         や気配値等、原則に準ずる方法で評価しております。
       2.債券先物取引の残高は、契約額ベースで表示しております。
       3.契約額等には手数料相当額を含んでおりません。
    2.クレジットデリバティブ関連

     (2021年10月25日現在)
    該当事項はありません。
                                 54/104





                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2022年10月25日現在)
                                                      (単位:円)
       区分        種類        契約額等                     時価         評価損益

                                 うち1年超
            買付
    市場取引以外の
       取引
             クレジット・デ
             フォルト・ス          50,500,000,000          50,500,000,000          50,370,751,488           129,248,512
             ワップ取引
            合計            50,500,000,000          50,500,000,000          50,370,751,488           129,248,512
    (注)クレジット・デフォルト・スワップ取引

        1.時価の算定方法
         クレジット・デフォルト・スワップ取引の時価については、以下のように評価しております。
         原則として本書における開示対象ファンドの期末日に知りうる直近の日の金融商品取                                        引業者、銀行等の提示す
         る価額又は価格情報会社の提供する価額で                   評価しております。
        2.クレジット・デフォルト・スワップ取引の残高は、契約額ベースで表示しております。
        3. 時価額等には手数料相当額を含んでおります。
        4.契約額等及び時価の合計欄の金額は、各々の合計金額であります。
    (関連当事者との取引に関する注記)

    該当事項はありません。
                                 55/104













                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)附属明細表
    ① 有価証券明細表

    (ア)株式
    該当事項はありません。
    (イ)株式以外の有価証券

                                                      (単位:円)
        種 類                銘 柄               券面総額          評価額       備考

               日本生命第5回B号利払繰延条項・期限前償還                          500,000,000           483,900,000
        社債券
               条項付無担保社債
               第1回朝日生命保険相互会社利払繰延条項・期                          800,000,000           787,288,000
               限前償還条項付無担
               第1回A号株式会社商工組合中央金庫任意償還                         5,000,000,000           4,867,350,000
               条項付無担保永久社
               アフラック
                                        700,000,000           709,898,000
               第3回ヒューリック株式会社利払繰延条項・期                          600,000,000           599,952,000
               限前償還条項付無担
               第4回ヒューリック株式会社利払繰延条項・期                         1,700,000,000           1,683,561,000
               限前償還条項付無担
               第2回野村不動産ホールディングス株式会社利                          100,000,000           97,564,000
               払繰延条項・期限前
               第3回森ビル株式会社利払繰延条項・期限前償                         1,000,000,000            995,740,000
               還条項付無担保社債
               第2回大日本住友製薬株式会社利払繰延条項・                         4,900,000,000           4,738,202,000
               期限前償還条項付無
               第3回楽天株式会社利払繰延条項・期限前償還                          900,000,000           846,477,000
               条項付無担保社債
               第20回楽天株式会社無担保社債                         5,100,000,000           4,162,875,000
               第6回楽天株式会社利払繰延条項・期限前償還                        20,600,000,000           18,956,120,000
               条項付無担保社債
               第3回ENEOSホールディングス株式会社利                        22,000,000,000           19,697,480,000
               払繰延条項・期限前
               第3回DMG森精機株式会社利払繰延条項・任                         1,600,000,000           1,587,952,000
               意償還条項付無担保
               第4回DMG森精機株式会社利払繰延条項・任                         1,600,000,000           1,530,480,000
               意償還条項付無担保
               第1回株式会社ツバキ・ナカシマ利払繰延条                         1,400,000,000           1,347,136,000
               項・期限前償還条項付
               第1回NTN株式会社利払繰延条項・期限前償                        11,100,000,000           11,209,113,000
               還条項付無担保社債
               第3回パナソニック株式会社利払繰延条項・期                        16,200,000,000           14,943,528,000
               限前償還条項付無担
               第2回株式会社かんぽ生命保険利払繰延条項・                        19,000,000,000           18,390,100,000
               期限前償還条項付無
               第1回日本生命第5回劣後ローン流動化株式会                         1,400,000,000           1,346,842,000
               社利払繰延条項・期
               第1回日本生命第6回劣後ローン流動化株式会                        20,400,000,000           19,345,932,000
               社利払繰延条項・期
               第1回明治安田生命第1回劣後ローン流動化株                        18,600,000,000           17,688,042,000
               式会社利払繰延条項
                                 56/104


                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
               第1回全共連第1回劣後ローン流動化株式会社
                                       4,400,000,000           4,181,320,000
               利払繰延条項・期限
               第1回日本生命第7回劣後ローン流動化株式会                         4,500,000,000           4,249,890,000
               社利払繰延条項・期
               第1回ニプロ株式会社利払繰延条項・期限前償                         3,400,000,000           3,395,240,000
               還条項付無担保社債
               第5回イオン株式会社利払繰延条項・期限前償
                                        200,000,000           190,864,000
               還条項付無担保社債
               第6回イオン株式会社利払繰延条項・期限前償                         4,300,000,000           4,084,828,000
               還条項付無担保社債
               第7回イオン株式会社利払繰延条項・期限前償                        10,100,000,000           9,479,759,000
               還条項付無担保社債
               第8回イオン株式会社利払繰延条項・期限前償                         3,100,000,000           2,845,273,000
               還条項付無担保社債
               第9回イオン株式会社利払繰延条項・期限前償                        10,900,000,000           9,690,536,000
               還条項付無担保社債
               第14回株式会社三菱UFJフィナンシャル・                          500,000,000           474,575,000
               グループ任意償還条
               第6回三井住友トラスト・ホールディングス株                          500,000,000           501,325,000
               式会社
               第5回株式会社みずほフィナンシャルグループ                         2,000,000,000           2,014,480,000
               任意償還条項付無担
               第13回株式会社みずほフィナンシャルグルー                         1,100,000,000           1,044,681,000
               プ任意償還条項付無
               第3回東京センチュリー株式会社利払繰延条                         5,100,000,000           5,048,796,000
               項・期限前償還条項付
               第2回オリックス株式会社利払繰延条項・期限                          500,000,000           476,400,000
               前償還条項付無担保
               第4回オリックス株式会社利払繰延条項・期限                         2,500,000,000           2,397,675,000
               前償還条項付無担保
               第2回株式会社大和証券グループ本社任意償還                          300,000,000           291,270,000
               条項付無担保永久社
               第2回野村ホールディングス株式会社任意償還                          300,000,000           303,081,000
               条項付無担保永久社
               第3回野村ホールディングス株式会社任意償還                         8,000,000,000           7,947,600,000
               条項付無担保永久社
               第3回第一生命ホールディングス株式会社利払                         9,200,000,000           8,909,556,000
               繰延条項・任意償還
               第4回第一生命ホールディングス株式会社利払                         4,800,000,000           4,607,040,000
               繰延条項・任意償還
               第5回三井住友海上火災保険株式会社利払繰延                         1,200,000,000           1,157,832,000
               条項・期限前償還条
               第3回東京建物株式会社利払繰延条項・期限前                         3,100,000,000           2,948,720,000
               償還条項付無担保社
               第117回近鉄グループホールディングス株式                          400,000,000           341,204,000
               会社無担保社債
               第1回株式会社商船三井利払繰延条項・期限前                         3,400,000,000           3,416,014,000
               償還条項付無担保社
               第1回日本航空株式会社利払繰延条項・期限前                        20,800,000,000           20,105,280,000
               償還条項付無担保社
               第20回株式会社光通信無担保社債                          200,000,000           180,332,000
                                 57/104


                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
               第23回株式会社光通信無担保社債                          600,000,000           542,004,000
               第31回株式会社光通信無担保社債                         3,000,000,000           2,632,950,000
               第34回株式会社光通信無担保社債                         8,600,000,000           7,125,358,000
               第37回株式会社光通信無担保社債                         4,700,000,000           4,012,766,000
               第3回関西電力株式会社利払繰延条項・期限前
                                       4,800,000,000           4,584,288,000
               償還条項付無担保社
               第1回中国電力株式会社利払繰延条項・期限前                         3,200,000,000           3,006,528,000
               償還条項付無担保社
               第1回東北電力株式会社利払繰延条項・期限前                         5,300,000,000           5,289,082,000
               償還条項付無担保社
               第2回東北電力株式会社利払繰延条項・期限前                         1,700,000,000           1,693,761,000
               償還条項付無担保社
               第3回東北電力株式会社利払繰延条項・期限前                         3,300,000,000           3,294,918,000
               償還条項付無担保社
               第2回九州電力株式会社利払繰延条項・期限前                         1,100,000,000           1,084,919,000
               償還条項付無担保社
               第3回九州電力株式会社利払繰延条項・期限前                         2,000,000,000           1,935,400,000
               償還条項付無担保社
               第43回東京電力パワーグリッド株式会社社債                          200,000,000           180,590,000
               第46回東京電力パワーグリッド株式会社社債                         1,400,000,000           1,296,134,000
               第48回東京電力パワーグリッド株式会社社債                         1,200,000,000           1,079,016,000
               第5回ソフトバンクグループ株式会社利払繰延                         4,870,000,000           4,652,798,000
               条項・期限前償還条
               第4回ソフトバンクグループ株式会社利払繰延                        13,900,000,000           13,467,015,000
               条項・期限前償還条
               第4回ソフトバンクグループ株式会社無担保社                         5,400,000,000           5,144,958,000
               債
                   合計                   325,270,000,000           307,321,588,000
    ② 信用取引契約残高明細表
    該当事項はありません。
    ③ デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

    「注記表(デリバティブ取引に関する注記)」に記載しております。
                                 58/104








                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】
    以下のファンドの現況は2022年10月31日現在です。
    【純資産額計算書】
                                     241,770,065,241
      Ⅰ 資産総額                                        円
                                      2,263,547,571
      Ⅱ 負債総額                                        円
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               239,506,517,670
                                              円
                                     243,791,528,469
      Ⅳ 発行済口数                                        口
      Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                    0.9824
                                              円
       (1万口当たり純資産額)                                    (9,824    円)
    (参考)円ハイブリッド債券インカム・マザーファンド

     純資産額計算書
                                     554,154,256,981
      Ⅰ 資産総額                                        円
                                     203,767,913,805
      Ⅱ 負債総額                                        円
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               350,386,343,176
                                              円
                                     350,144,026,441
      Ⅳ 発行済口数                                        口
      Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                    1.0007
                                              円
       (1万口当たり純資産額)                                   (10,007     円)
                                 59/104














                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】
    (1)受益証券の名義書換等

        該当事項はありません。
        ファンドの受益権は振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります。委
        託会社は、この信託の受益権を取扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取り消さ
        れた場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継する者が存
        在しない場合その他やむを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を
        発行しません。
        なお、受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名
        式受益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更
        の請求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
    (2)受益者等に対する特典

        該当事項はありません。
    (3)受益権の譲渡

        譲渡制限はありません。
      ① 受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が
         記載または記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振替の申請をするものとします。
      ② 上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保有する受
         益権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿
         に記載または記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したも
         のでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上
         位機関を含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加
         の記載または記録が行われるよう通知するものとします。
      ③ 上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録
         されている振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異な
         る場合等において、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したと
         きは、振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
    (4)受益権の譲渡の対抗要件

        受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対
        抗することができません。
    (5)受益権の再分割

        委託会社は、受託会社と協議のうえ、一定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。
    (6)質権口記載または記録の受益権の取扱いについて

        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払
        い、一部解約の実行の請求の受付け、一部解約金および償還金の支払い等については、約款の規
        定によるほか、民法その他の法令等にしたがって取扱われます。
                                 60/104




                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (7)償還金
        償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日
        以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設
        定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権
        については原則として取得申込者とします。)に支払います。
                                 61/104



















                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】
    第1【委託会社等の概況】
    1【委託会社等の概況】
    (1)資本金の額(2022年10月末現在)
          資本金の額           1億4,050万円
                     発行可能株式の総数   8,400株
                     発行済株式総数     2,027株
          最近5年間の資本金の額の増減:  該当事項はありません。
    (2)委託会社の機構

      ①    会社の意思決定機構
        業務執行上重要な事項は、取締役会の決議をもって決定します。取締役は、株主総会において選
        任され、その任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総
        会終結のときまでです。取締役会は代表取締役を選定し、代表取締役は会社を代表し、取締役会
        の決議にしたがい業務を執行します。取締役の変更があった場合には、監督官庁に届出ます。
        取締役会は、少なくとも3ヵ月に1回は開催します。ただし、必要に応じて随時開催することが
        できます。監査役は1名以上とし、取締役会に出席することを要します。
      ②    投資運用の意思決定機構

        1.商品政策会議による運用方針の決定
          委託会社の設定する投資信託に関する運用方針は、投信営業部が策定し、商品政策会議にお
          いて審議、承認・決定されます。商品政策会議は、代表取締役、担当する運用部長、投信営
          業部長、担当する営業部長、オペレーション部長、法務・コンプライアンス部長および関連
          部署の代表者により構成されています。
        2.  運用部門における運用方針の策定と運用の実行
          ・商品政策会議で審議・決定された運用の基本方針に基づき、運用を実行します。
          ・ポートフォリオの状況について、運用リスク等の評価・分析を行い、ポートフォリオの状
            況を常に把握します。
        3.  リスク管理部門における管理
          委託会社では、以下の検証機能を有しています。
          ・投資信託パフォーマンス・レビュー
            投資信託財産の運用状況(パフォーマンス)およびその運用リスク等の評価・分析を行い
            ます。また外部運用委託先等のモニタリング結果についても同様の報告・審議を行い、適
            切に管理を行っています。
            モニタリングの結果、運用面での改善が必要と判断される場合は、商品政策会議に諮り、
            対処方法を検討します。
          ・リスク管理委員会
            法令、諸規則の遵守状況、投資信託約款および運用ガイドラインに基づく運用制限の遵守
            状況、組入資産の流動性リスクのモニタリング等の結果を報告します。
            違反または留意すべき事項を発見した場合は、関連部署に対して解消・改善の指示などを
            行い、適切な管理を行っています。
                                 62/104




                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【事業の内容及び営業の概況】
       「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信
       託の設定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用
       業)を行っております。また「金融商品取引法」に定める第二種金融商品取引業にかかる業務の一
       部および投資助言・代理業の一部を行うことができます。
       2022年10月31日現在における委託会社の運用する証券投資信託は次のとおりです(ただし、親投資

       信託を除きます。)。
                            本数(本)            純資産総額(百万円)
              種  類
       単位型株式投資信託                        19                       37,305

       追加型株式投資信託                        51                      716,949

         株式投資信託 合計                      70                      754,255

       単位型公社債投資信託                        4                      11,608

       追加型公社債投資信託                        -                         -

         公社債投資信託 合計                        4                      11,608

       総合計                        74                      765,863

                                 63/104













                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】
    1.当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第

       59号)ならびに、同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19
       年内閣府令第52号)により作成しております。
       当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大
       蔵省令第38号)ならびに、同規則第38条第1項及び第57条第1項の規定に基づき、「金融商品取引業
       等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)により作成しております。
    2.財務諸表及び中間財務諸表の記載金額は、千円未満の端数を切り捨てて表示しております。

    3.当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第18期事業年度(令和                                               3年  4月  1日か

       ら令和    4年  3月31日まで)の財務諸表及び第19期事業年度に係る中間会計期間(令和4年4月1日
       から令和4年9月30日まで)の中間財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人により監査を受
       けております。
    4.当社は子会社はありませんので、連結財務諸表及び中間連結財務諸表を作成しておりません。

                                 64/104














                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1)【貸借対照表】
                              前事業年度                  当事業年度
            期別
                          (令和    3年  3月31日現在)           (令和    4年  3月31日現在)
                     注記     内訳      金額     構成比      内訳      金額     構成比
            科目
                         (千円)      (千円)      (%)     (千円)      (千円)      (%)
                     番号
      (資産の部)
      Ⅰ 流動資産
                               2,705,534                  3,289,315
       1.現金・預金
                                20,071                  22,928
       2.前払費用
                     ※2          870,412                  705,950
       3.未収運用受託報酬
                                44,562                  40,497
       4.未収投資助言報酬
                                263,661                  884,137
       5.未収委託者報酬
                                143,276                  175,839
       6.その他未収収益
                                 1,506                   792
       7.その他流動資産
                                       90.0                  92.9
                               4,049,025                  5,119,461
        流動資産計
      Ⅱ 固定資産

                                41,393                  41,246
       1.有形固定資産
        (1)  建物           ※1     25,050                  27,224
        (2)  器具備品           ※1     16,342                  14,022
                                 6,266                  8,059
       2.無形固定資産
        (1)  ソフトウェア                6,266                  8,059
                                404,302                  339,705
       3.投資その他の資産
        (1)  繰延税金資産               286,235                  221,737
        (2)  敷金               118,067                  117,775
        (3)  投資有価証券                  -                 192
                                       10.0                  7.1
                                451,962                  389,012
        固定資産計
                                      100.0                  100.0

                               4,500,987                  5,508,473
        資産合計
      (負債の部)
      Ⅰ 流動負債
                                233,146                  492,711
       1.未払金
        (1)  未払消費税等               133,654                  78,962
        (2)  未払代行手数料                99,360                 413,573
        (3)  その他未払金                                   175
                            131
                     ※2          509,070                  448,880
       2.未払費用
                                134,699                  209,689
       3.未払法人税等
                                22,343                  36,882
       4.役員賞与引当金
                                140,612                  166,913
       5.賞与引当金
                                40,777                  39,673
       6.預り金
                                   -                9,886
       7.前受収益
                               1,080,649        24.0         1,404,637        25.5
        流動負債計
      Ⅱ 固定負債

                                   -               14,900
       1.役員賞与引当金
       2.賞与引当金                         20,980                  59,876
                                   -               71,963
       3.長期前受収益
                                       0.5                  2.7
                                20,980                 146,740
        固定負債計
                               1,101,630        24.5         1,551,378        28.2

        負債合計
      (純資産の部)
      Ⅰ 株主資本
                                140,500        3.1          140,500        2.6
       1.資本金
                                85,500                  85,500
       2.資本剰余金
        (1)  資本準備金                85,500             1.9    85,500             1.6
                               3,173,357                  3,731,100
       3.利益剰余金
        (1)  その他利益剰余金              3,173,357                  3,731,100
         (i)  繰越利益剰余金             3,173,357               70.5   3,731,100               67.7
        株主資本計                      3,399,357                  3,957,100
      Ⅱ 評価・換算差額等

                                 65/104

                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       1.その他有価証券評価
                                   -
                                                    △4
        差額金
                                   -
        評価・換算差額等計                                            △4
                                       75.5         3,957,095        71.8

        純資産合計                      3,399,357
                                      100.0                  100.0
        負債・純資産合計                      4,500,987                  5,508,473
                                 66/104



















                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益計算書】
                                前事業年度                 当事業年度
                            (自 令和       2年  4月  1日     (自 令和       3年  4月  1日
             期別
                             至 令和     3年  3月31日)         至 令和     4年  3月31日)
                        注記     内訳      金額     百分比      内訳      金額     百分比
             科目
                           (千円)      (千円)      (%)     (千円)      (千円)      (%)
                        番号
      Ⅰ 営業収益
       1.運用受託報酬                 ※1         2,360,939                 2,135,993
       2.投資助言報酬                           366,377                 404,480
       3.委託者報酬                          1,582,395                 2,872,181
       4.その他営業収益                           314,703                 296,538
        営業収益計                               100.0                 100.0
                                 4,624,415                 5,709,193
      Ⅱ 営業費用
       1.広告宣伝費                            42,981                 56,874
       2.調査費                           264,997                 270,603
       3.委託費                           990,113                1,032,157
       4.支払手数料                           473,860                1,100,800
       5.営業雑経費                            21,659                 26,167
        営業費用計                                38.8                 43.6
                                 1,793,613                 2,486,604
      Ⅲ 一般管理費
       1.給料                 ※1         1,638,561                 1,944,372
        (1)  役員報酬                 125,491                 199,422
        (2)  給料・手当                 939,282                 924,803
        (3)  賞与                 302,287                 548,619
        (4)  賞与引当金繰入額                 150,870                 122,324
        (5)  役員賞与引当金繰入額                  23,502                 50,085
        (6)  その他報酬給料                    988                  0
        (7)  福利厚生費                  96,139                 99,116
       2.交際費                            1,607                 1,602
       3.旅費交通費                            3,014                 1,417
       4.租税公課                            37,008                 39,843
       5.不動産賃借料                           119,348                 121,608
       6.退職給付費用                            46,123                 50,704
       7.固定資産減価償却費                            6,340                 6,560
       8.業務委託費                            27,732                 18,620
       9.諸経費                            78,454                 80,201
        一般管理費計                                42.3                 39.7
                                 1,958,191                 2,264,930
         営業利益                               18.9                 16.8
                                  872,610                 957,659
      Ⅳ 営業外収益
       1.受取利息及び配当金                               7                14
       2.雑収入                              -                 1
       3.為替差益                              -                 -
        営業外収益計                                0.0                 0.0
                                     7                15
      Ⅴ 営業外費用
       1.雑損失                              66              32,241
       2.為替差損                            9,642                12,299
        営業外費用計                                0.2                 0.8
                                   9,708                44,540
         経常利益                               18.7                 16.0
                                  862,909                 913,133
      Ⅵ 特別損失
       1.特別退職金                            8,789                25,011
       2.固定資産除却損                              94                 -
        特別損失計                                0.2                 0.4
                                   8,884                25,011
         税引前当期純利益                               18.5                 15.6
                                  854,024                 888,122
         法人税、住民税及び                               3.3                 4.7
                                  154,495                 265,879
         事業税
         法人税等調整額                               2.9                 1.1
                                  133,136                 64,499
         当期純利益                               12.2                 9.8
                                  566,393                 557,742
                                 67/104


                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【株主資本等変動計算書】
       前事業年度(自 令和             2年  4月  1日  至 令和          3年  3月31日)
                                                   (単位:千円)
                          株主資本                   評価・換算差額等
                    資本剰余金           利益剰余金
                           その他利益                 その他     評価・
                                                       純資産合計
                                       株主資本
             資本金               剰余金                有価証券     換算差額等
                  資本    資本剰余金            利益剰余金
                                        合計
                                            評価差額金       合計
                  準備金     合計            合計
                            繰越利益
                            剰余金
     当期首残高
              140,500     85,500      85,500     2,606,964      2,606,964     2,832,964        -     -  2,832,964
     当期変動額
      当期純利益
                             566,393      566,393     566,393                566,393
     当期変動額合計
                -    -      -    566,393      566,393     566,393       -     -   566,393
     当期末残高
              140,500     85,500      85,500     3,173,357      3,173,357     3,399,357        -     -  3,399,357
       当事業年度(自 令和             3年  4月  1日  至 令和          4年  3月31日)

                                                   (単位:千円)
                          株主資本                   評価・換算差額等
                    資本剰余金           利益剰余金
                           その他利益                 その他     評価・
                                                       純資産合計
                                       株主資本
             資本金               剰余金                有価証券     換算差額等
                  資本    資本剰余金            利益剰余金
                                        合計
                                            評価差額金       合計
                  準備金     合計            合計
                            繰越利益
                            剰余金
     当期首残高
              140,500     85,500      85,500     3,173,357      3,173,357     3,399,357        -     -  3,399,357
     当期変動額
      当期純利益
                             557,742      557,742     557,742                557,742
      株主資本以外の
      項目の当期変動
                                               △4     △4     △4
      額(純額)
     当期変動額合計
                -    -      -    557,742      557,742     557,742       △4     △4    557,738
     当期末残高
              140,500     85,500      85,500     3,731,100      3,731,100     3,957,100        △4     △4   3,957,095
                                 68/104









                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    重要な会計方針
    1.有価証券の評価基準及び評価方法
    (1)その他有価証券
      市場価格のない株式等以外のもの
      期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理しております。)
    2.固定資産の減価償却の方法

    (1)有形固定資産
      定率法によっております。ただし、建物については、定額法を採用しております。
      なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
       建物           12~50年
       器具備品 4~15年
    (2)無形固定資産

      自社利用のソフトウェアについては、社内における見込み利用可能期間(5年)による定額法を採
      用しております。
    3.引当金の計上基準

    (1)賞与引当金
      従業員の賞与の支払に備えて、賞与支給見込額のうち当事業年度に負担すべき額を計上しておりま
      す。
    (2)役員賞与引当金
      役員賞与の支払に備えて、賞与支給見込額のうち当事業年度に負担すべき額を計上しております。
    4.収益及び費用の計上基準

      当社は、資産運用サービスから運用受託報酬、投資助言報酬、委託者報酬を稼得しております。こ
      れらには成功報酬が含まれる場合があります。
    (1)運用受託報酬

      運用受託報酬は、投資顧問契約に基づき、契約期間の総資産額等に対する一定割合として認識さ
      れ、確定した報酬を顧問口座によって主に年2回、もしくは年1回受取ります。当該報酬は期間の
      経過とともに履行義務が充足されるという前提に基づき、顧問口座の運用期間にわたり収益として
      認識しております。
    (2)投資助言報酬

      投資助言報酬は、投資助言契約に基づき、契約期間の総資産額等に対する一定割合として認識さ
      れ、確定した報酬を主に年4回、もしくは年2回受取ります。当該報酬は期間の経過とともに履行
      義務が充足されるという前提に基づき、運用期間にわたり収益として認識しております。
                                 69/104



                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)委託者報酬
      委託者報酬は、投資信託の信託約款に基づき日々の純資産総額に対する一定割合として認識され、
      確定した報酬を投資信託によって主に年4回、もしくは年2回受取ります。当該報酬は期間の経過
      とともに履行義務が充足されるという前提に基づき、投資信託の運用期間にわたり収益として認識
      しております。
    (4)成功報酬

      成功報酬は、対象となる顧問口座の特定のベンチマークまたはその他のパフォーマンス目標を上回
      る超過運用益に対する一定割合として認識されます。当該報酬は成功報酬を受領する権利が確定し
      た時点で収益として認識しております。
    5.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

      外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理し
      ております。
    6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

    (1)消費税等の会計処理
      消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 70/104












                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    重要な会計上の見積り
    1.繰延税金資産の回収可能性
    (1)当事業年度の財務諸表に計上した金額
       221,737千円
    (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する事項

      ①    当事業年度の財務諸表に計上した金額の算出方法
         将来減算一時差異に対して、将来の収益力に基づく課税所得及びタックス・プランニングに基
         づき、繰延税金資産の回収可能性を判断しております。
      ②    当事業年度の財務諸表に計上した金額の算出に用いた主要な仮定
         課税所得の見積りは中期経営計画を基礎としております。
         中期経営計画では、当事業年度において新型コロナウイルスの金融市場および投資家心理に及
         ぼす影響は限定的であったことから、順調な収益増加が見込まれると仮定してしています。
         課税所得の見積りの基礎となる中期経営計画における主要な仮定は、運用残高の増加、主要顧
         客に対する実績報酬、並びに営業費用及び一般管理費の増加です。
         2022年1~12月の運用残高の流入と流出を相殺した予想実質増加額は、過去の実績推移
         をもとに足元の経営環境を加味して見積もっております。また、以降の各年度における運用残
         高の実質増加額は、2022年1~12月の予想実質増加額と同程度と仮定して見積もってお
         ります。
         ただし、解約及び償還の実績・予定等も別途考慮しております。
         実績報酬は、来期以降は保守的に緩やかに減少すると見積もっています。
         営業費及び一般管理費については来期以降は緩やかに増加すると見積もっています。
      ③    翌事業年度の財務諸表に与える影響
         中期経営計画の前提となっている運用残高増加と実績報酬は、見積りの不確実性が高く金融市
         場による影響を受ける可能性があり、実際に生じた課税所得の時期及び金額が見積もりと異
         なった場合、繰延税金資産の取崩しにより当社の財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性があり
         ます。
    会計方針の変更

    1.収益認識に関する会計基準等の適用
    「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」と
    いう。)等を当事業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、
    当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。なお、
    財務諸表に与える影響はありません。
    また、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従って、前事業年度に係る「収益認識関
    係」注記については記載しておりません。
                                 71/104




                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2.時価の算定に関する会計基準の適用
    「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」
    という。)等を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基
    準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定
    会計基準等が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することとしました。
    なお、財務諸表に与える影響はありません。
                                 72/104


















                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    注記事項
    (貸借対照表関係)
               前事業年度                          当事業年度
           (令和    3年  3月31日現在)                    (令和    4年  3月31日現在)
      ※1 有形固定資産の減価償却累計額                           ※1 有形固定資産の減価償却累計額 
         58,903千円                          63,004千円
      ※2 関係会社に対する資産及び負債は次の                          ※2 関係会社に対する資産及び負債は次の

         とおりであります。                          とおりであります。
                         (千円)                          (千円)
                         104,103                           92,095
         未収運用受託報酬                          未収運用受託報酬
                          55,374                          56,763
         未払費用                          未払費用
    (損益計算書関係)

               前事業年度                          当事業年度
            (自 令和       2年  4月  1日               (自 令和       3年  4月  1日
             至 令和     3年  3月31日)                  至 令和     4年  3月31日)
      ※1 関係会社との取引に係るものが次のと                          ※1 関係会社との取引に係るものが次のと
         おり含まれております。  (千円)                          おり含まれております。  (千円)
                        1,200,020                          1,078,065
         運用受託報酬                          運用受託報酬
                        1,576,212                          1,944,372
         給料                          給料
    (株主資本等変動計算書関係)

     前事業年度(自 令和              2年  4月  1日  至 令和          3年  3月31日)
     発行済株式の種類及び総数に関する事項
       株式の種類          当事業年度          当事業年度          当事業年度          当事業年度末
                 期首株式数          増加株式数          減少株式数            株式数
        普通株式             2,027株             -          -         2,027株
     当事業年度(自 令和              3年  4月  1日  至 令和          4年  3月31日)

     発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
       株式の種類          当事業年度          当事業年度          当事業年度          当事業年度末
                 期首株式数          増加株式数          減少株式数            株式数
        普通株式             2,027株             -          -         2,027株
                                 73/104







                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品関係)
    1.金融商品の状況に関する事項
     (1)    金融商品に対する取組方針
       当社は第二種金融商品取引業及び投資運用業、投資助言業並びに投資運用と投資助言のための媒
       介・代理業を行なっております。これらの業務を行なうために資本金及び営業収益は現金及び預金
       並びに一部の有価証券として運用しております。なお、現金及び預金の残高は潤沢にあるため、外
       部からの資金調達は株式の発行、借入ともに予定しておりません。またデリバティブ取引も行なっ
       ておりません。
     (2)    金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

       金融商品の主たる残高は現金及び預金並びに投資有価証券です。その他の項目は未収及び未払の
       残高です。営業債権である未収運用受託報酬は、顧客先別に信用リスクを勘案しており、財務状況
       等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
       また、営業債権である未収委託者報酬の基礎となる投資信託財産は、信託法により信託銀行の固
       有資産と分別管理されており、当該報酬は、計理上毎日の未払費用として投資信託財産の負債項目
       に計上されております。このため、信用リスクはありません。
       投資有価証券はファンドへのシードマネーです。今後の基準価額の下落によっては、売却損・評
       価損や計上による利益減少や、評価差額金の減少により純資産が減少するなど、価格変動リスクに
       晒されておりますが、リスク管理規程に基づき、毎月時価を把握しリスクをモニタリングしており
       ます。
    2.金融商品の時価等に関する事項

      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
     前事業年度(令和           3年  3月31日現在)

                                                (単位:千円)
                               貸借対照表              時価         差額
                                計上額
      投資有価証券
                                      -           -       -
       その他有価証券
     当事業年度(令和           4年  3月31日現在)

                                                (単位:千円)
                               貸借対照表              時価         差額
                                計上額
      投資有価証券
                                     192           192       -
       その他有価証券
    (注1)金融商品の時価の算定方法に関する事項

      (1)     現金・預金、(2)          未収運用受託報酬、(3)             未収委託者報酬、(4)            未払金
        これらは短期間で決済されるため、時価が帳簿価額に近似するものであることから、記載を省
        略しております。
                                 74/104


                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (注2)金銭債権の決算日後の償還予定額
     前事業年度(令和           3年  3月31日現在)

                                                (単位:千円)
                             1年以内                 1年超
      (1)  現金・預金                         2,705,534                      -
      (2)  未収運用受託報酬                          870,412                     -
      (3)  未収委託者報酬                          263,661                     -
      (4)  その他未収収益                          233,146                     -
             合計                    4,072,753                      -
     当事業年度(令和           4年  3月31日現在)

                                                (単位:千円)
                             1年以内                 1年超
      (1)  現金・預金                         3,289,315                      -
      (2)  未収運用受託報酬                          705,950                     -
      (3)  未収委託者報酬                          884,137                     -
      (4)  未払金                          492,711                     -
             合計                    5,372,115                      -
    3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

      時価の算定に関する会計基準の適用指針第26項に従い経過措置を適用し、投資信託については開示
       しておりません。
    (有価証券関係)

    1.その他有価証券
     前事業年度(令和           3年  3月31日現在)
       該当なし
     当事業年度(令和           4年  3月31日現在)

                                                (単位:千円)
                               貸借対照表
           区分            種類                  取得原価           差額
                                計上額
      貸借対照表計上額が
                                                      △  6
                     投資信託               192         199
      取得原価を超えないもの
                                                      △  6
                合計                    192         199
                                 75/104






                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
              前事業年度                             当事業年度

          (令和    3年  3月31日現在)                      (令和    4年  3月31日現在)
                        (千円)                             (千円)
      繰延税金資産                             繰延税金資産
       税務上の繰越欠損金(注)                 79,259                               -
                                   税務上の繰越欠損金
                        146,766                             137,684
       未払費用                             未払費用
                        49,479                             69,442
       賞与引当金                             賞与引当金
                         9,590                            13,265
       未払事業税                             未払事業税
                         1,139                             1,344
       その他                             その他
                        286,235                             221,737
       繰延税金資産小計                             繰延税金資産小計
                           -                             -
       評価性引当額                             評価性引当額
                        286,235                             221,737
       繰延税金資産合計                             繰延税金資産合計
    (注)税務上の繰越欠損金及び繰延税金資産の繰越期限別の金額

      前事業年度                                                                               (単位:千円)
                     1年超      2年超      3年超      4年超
              1年以内                                5年超        合計
                     2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
       税務上の
      繰越欠損金            -      -      -    79,259         -      -      79,259
        (a)
                  -      -      -      -      -      -        -
     評価性引当金額
                  -      -       0   79,259         0      -   (b)79,259
      繰延税金資産
      (a)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。

      (b)税務上の繰越欠損金79,259千円(法定実効税率を乗じた額)について、同額の繰延税金資産を

         計上しております。当該繰延税金資産を計上した税務上の繰越欠損金は、平成25年3月期から
         平成28年6月期において、平成28年7月に吸収合併した旧マニュライフ・インベストメンツ・
         ジャパン株式会社において税引前当期純損失を合計1,303百万円計上したことにより生じたもの
         であり、中期経営計画に基づいた将来の課税所得の見込みにより、回収可能と判断し評価性引
         当額を認識しておりません。
                                 76/104







                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異
       の原因となった主要な項目別の内訳
              前事業年度                             当事業年度

          (令和    3年  3月31日現在)                      (令和    4年  3月31日現在)
                        30.62%                             30.62%
      法定実効税率                             法定実効税率
      (調整)                             (調整)
       交際費等永久に損金に算入                             交際費等永久に損金に算入
                         3.56%                             7.10%
       されない項目                             されない項目
                         0.27%                             0.26%
       住民税均等割                             住民税均等割
                        △0.77%                             △0.78%
       その他                             その他
      税効果会計適用後の法人税等                             税効果会計適用後の法人税等
                        33.68%                             37.20%
      の負担率                             の負担率
    (資産除去債務関係)

     前事業年度(自 令和              2年  4月  1日  至 令和          3年  3月31日)
      資産除去債務の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
     当事業年度(自 令和              3年  4月  1日  至 令和          4年  3月31日)

      資産除去債務の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
    (収益認識関係)

    1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
                                           (単位:千円)
                             当事業年度
                          (自 令和       3年  4月  1日
                           至 令和     4年  3月31日)
                                      2,135,993
                     運用受託報酬
                                       404,480
                     投資助言報酬
                                      2,382,145
                     委託者報酬
                                       490,036
                     成功報酬
                                       296,538
                     その他営業収益
                                      5,709,193
    2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

       [重要な会計方針]4 収益及び費用の計上基準に記載のとおりであります。
    3.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに                                                      当

       事業年度末において存在する顧客との契約から当事業年度の末日後に認識すると見込まれる収益の
       金額及び時期に関する情報
       重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 77/104



                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (セグメント情報等)
     前事業年度       (自 令和       2年  4月  1日  至 令和          3年  3月31日)
     1.セグメント情報
       当社は資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2.関連情報

      (1)     商品及びサービスごとの情報
        単一の商品・サービスの区分の外部顧客からの営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超え
        るため、記載を省略しております。
      (2)     地域ごとの情報

      ① 営業収益
                                                   (単位:千円)

            香港       シンガポール                     その他            合計
                               日本
             478,790          147,013                    23,346           3,042,020
                               2,392,869
       (注)営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国または地域に分類しております。

           なお、委託者報酬1,582,395千円については、制度上、顧客情報を知りえないため、含まれ
           ておりません。
      ② 有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
        め、記載を省略しております。
      (3)     主要な顧客ごとの情報

                                     (単位:千円)
              顧客の名称             営業収益       関連するセグメント

         マニュライフ生命保険

                           1,230,411
                                    資産運用業
         株式会社
         マニュライフ・インベストメ
                            475,839
         ント・マネジメント(HK)リ                            資産運用業
         ミテッド
         適格機関投資家A                   606,533

                                    資産運用業
         適格機関投資家B                   134,781

                                    資産運用業
                                 78/104




                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        (注)運用受託報酬については、守秘義務によりその顧客の名称に代えて種類と顧客を区別する
            ための記号を記載しております。なお、委託者報酬については、制度上、顧客情報を知り
            えないため、記載を省略しております。
     3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

       該当事項はありません。
     4.報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

       該当事項はありません。
     5.報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

       該当事項はありません。
     当事業年度(自 令和              3年  4月  1日  至 令和          4年  3月31日)

     1.セグメント情報
       当社は資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2.関連情報

      (1)     商品及びサービスごとの情報
        単一の商品・サービスの区分の外部顧客からの営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超え
        るため、記載を省略しております。
      (2)     地域ごとの情報

      ① 営業収益
                                                   (単位:千円)
            香港       シンガポール            日本                     合計
                                        その他
             469,982          125,050         2,137,488                      2,837,012
                                          104,490
       (注)営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国または地域に分類しております。

           なお、委託者報酬2,872,181千円については、制度上、顧客情報を知りえないため、含まれ
           ておりません。
      ② 有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
        め、記載を省略しております。
                                 79/104




                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)     主要な顧客ごとの情報
                                     (単位:千円)
              顧客の名称             営業収益       関連するセグメント

         マニュライフ生命保険

                           1,078,065
                                    資産運用業
         株式会社
         マニュライフ・インベストメ
                            466,895
         ント・マネジメント(HK)リ                            資産運用業
         ミテッド
         適格機関投資家A                   463,931

                                    資産運用業
         適格機関投資家B                   141,303

                                    資産運用業
        (注)運用受託報酬については、守秘義務によりその顧客の名称に代えて種類と顧客を区別する

            ための記号を記載しております。なお、委託者報酬については、制度上、顧客情報を知り
            えないため、記載を省略しております。
     3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

       該当事項はありません。
     4.報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

       該当事項はありません。
     5.報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

       該当事項はありません。
    (関連当事者情報)

     1.関連当事者との取引
      (ア)     財務諸表提出会社の親会社及び主要株主等
        前事業年度(自 令和                 2年  4月  1日  至 令和          3年  3月31日)
      種類    会社等の      所在地   資本金又は     事業の内容      議決権等の      関連当事者       取引    取引金額      科目   期末残高
          名称又は          出資金     又は職業       所有     との関係      の内容    (千円)         (千円)
           氏名        (百万円)           (被所有)
                              割合(%)
                                              1,200,020
     親会社    マニュライフ       東京都    56,400    生命保険業      (被所有)      投資一任     運用受託         未収運用     104,103
          生命保険      新宿区              直接   100.0     契約     報酬の         受託報酬
          株式会社                          事務委託      受取
                                    役員の兼務
                                              1,706,195
                                          出向者         未払費用      55,374
                                         負担金等           等
                                 80/104




                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        当事業年度(自 令和                 3年  4月  1日  至 令和          4年  3月31日)
      種類    会社等の      所在地   資本金又は     事業の内容      議決権等の      関連当事者       取引    取引金額      科目   期末残高
          名称又は          出資金     又は職業       所有     との関係      の内容    (千円)         (千円)
           氏名        (百万円)           (被所有)
                              割合(%)
     親会社    マニュライフ       東京都    56,400    生命保険業      (被所有)      投資一任     運用受託    1,078,065     未収運用      92,095
          生命保険      新宿区              直接   100.0     契約     報酬の         受託報酬
          株式会社                          事務委託      受取
                                    役員の兼務
                                          出向者    2,077,037     未払費用      56,763
                                         負担金等           等
      (イ)   財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子

    会社等
        前事業年度(自 令和                 2年  4月  1日  至 令和          3年  3月31日)
                    資本金又は
      種類    会社等の      所在地         事業の内容      議決権等の     関連当事者      取引の内容      取引金額     科目  期末残高
                     出資金
          名称又は                又は職業       所有    との関係           (千円)       (千円)
                    (百万円)
           氏名                    (被所有)
                               割合(%)
     同一の     Manulife       Hong    (百万     有価証券等       なし    事務代行      リエゾン      98,928    その   12,017
     親会社    Investment            香港    に係る投資                  報酬         他未
                 Kong,
     を持つ    Management            ドル)     顧問業務                           収収
                 China
      会社    (Hong   Kong)         1,926                                益
           Limited
                                     委任契約      投資助言      217,029    その   22,060
                                            報酬         他未
                                                     収収
                                                      益
                                      再委任     再委託費      187,246    未払   36,621
                                      契約     の支払         費用
          Manulife      Boston,     (千米ド     有価証券等       なし     再委任     再委託費      453,808    未払   283,062
          Investment       U.S.A     ル)    に係る投資            契約     の支払         費用
          Management            1.0    顧問業務
           U.S.
            LLC
                                 81/104










                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        当事業年度(自 令和                 3年  4月  1日  至 令和          4年  3月31日)
      種類    会社等の      所在地    資本金又は      事業の内容      議決権等の     関連当事者      取引の内容      取引金額     科目  期末残高
          名称又は           出資金     又は職業       所有    との関係           (千円)       (千円)
           氏名         (百万円)           (被所有)
                               割合(%)
     同一の     Manulife       Hong    (百万     有価証券等       なし    事務代行      リエゾン      131,454    その   16,696
     親会社    Investment            香港    に係る投資                  報酬         他未
                 Kong,
     を持つ    Management            ドル)     顧問業務                           収収
                 China
      会社    (Hong   Kong)         2,840                                益
           Limited
                                     委任契約      投資助言          その
                                                 275,585        22,387
                                            報酬         他未
                                                     収収
                                                      益
                                      再委任     再委託費      178,079    未払   16,463
                                      契約     の支払         費用
          Manulife      Boston,     (千米ド     有価証券等       なし     再委任     再委託費      431,604    未払   212,163
          Investment       U.S.A     ル)    に係る投資            契約     の支払         費用
          Management             61    顧問業務
           U.S.
            LLC
          Manulife      Boston,     (千米ド     有価証券等       なし    事務代行     手数料報酬       9,600   前受   67,204
          Investment       U.S.A     ル)    に係る投資                           収益
          Management            19,954     顧問業務
           Private
           Markets
          (US)   LLC
      (注) 1.上記(ア)~(イ)の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高

            には消費税等が含まれております。
          2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          (1)          出向者負担金については、親会社の給料基準に基づいて金額を決定しております。
          (2)          運用受託報酬の受取、投資助言報酬の受取、リエゾン報酬の受取、再委託費の支払等
              については、一般の取引条件と同様に決定しております。
                                 82/104









                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記
      (1)     親会社情報
        マニュライフ生命保険株式会社 (非上場)
    (1株当たり情報)

                前事業年度                           当事業年度
            (自 令和       2年  4月  1日                (自 令和       3年  4月  1日
             至 令和     3年  3月31日)                    至 令和     4年  3月31日)
      1株当たり純資産額                  1,677,038.75円          1株当たり純資産額                  1,952,193.17円
      1株当たり当期純利益金額                   279,424.33円         1株当たり当期純利益金額                   275,156.72円
      なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金                           なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金

      額については、潜在株式が存在しないため記載                           額については、潜在株式が存在しないため記載
      しておりません。                           しておりません。
    (注)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は以下のとおりであります。

                                 前事業年度                当事業年度
                             (自 令和       2年  4月  1日    (自 令和       3年  4月  1日
                               至 令和     3年  3月31日)        至 令和     4年  3月31日)
      当期純利益金額(千円)                                 566,393                557,742
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -                -
      普通株式に係る当期純利益金額(千円)                                 566,393                557,742
      普通株式の期中平均株式数(株)                                  2,027                2,027
    (重要な後発事象)

      該当事項なし
                                 83/104










                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    中間財務諸表
    (1)中間貸借対照表

                             第19期中間会計期間末

                            (令和4年9月30日現在)
                               注記番号     内訳(千円)            金額(千円)
                    科目
            (資産の部)
            Ⅰ 流動資産
                                                     4,157,038
             1.現金・預金
             2.前払費用                                           28,511
             3.未収運用受託報酬
                                                       318,533
             4.未収投資助言報酬
                                                       41,533
             5.未収委託者報酬
                                                       999,875
             6.その他未収収益
                                                       114,601
                                ※1
             7.仮払消費税等
                                                       108,122
             8.前払消費税等
                                ※1
                                                       101,574
             9.その他流動資産
                                                        7,795
              流動資産計
                                                     5,877,585
            Ⅱ 固定資産
             1.有形固定資産
                                                       39,737
              (1)建物                    ※2       26,438
              (2)器具備品
                                 ※2       13,298
             2.無形固定資産
                                                        6,659
              (1)ソフトウェア
                                        6,659
             3.投資その他の資産
                                                       410,587
              (1)繰延税金資産
                                       299,707
              (2)敷金
                                       110,690
              (3)投資有価証券
                                         188
              固定資産計
                                                       456,983
              資産合計
                                                     6,334,568
            (負債の部)
            Ⅰ 流動負債
                                                       725,212
             1.未払金
                                ※1       252,217
              (1)仮受消費税等
              (2)未払代行手数料                         472,359
              (3)その他未払金
                                         635
             2.未払費用                                         442,958
             3.未払法人税等
                                                       251,420
             4.役員賞与引当金
                                                       110,710
             5.賞与引当金
                                                       377,996
             6.預り金
                                                       41,924
             7.前受収益
                                                        9,886
              流動負債計
                                                     1,960,107
            Ⅱ 固定負債
             1.役員賞与引当金
                                                       24,453
             2.賞与引当金
                                                       107,374
             3.長期前受収益
                                                       67,020
                                                       198,848
               固定負債計
                                                     2,158,956
              負債合計
            (純資産の部)
            Ⅰ 株主資本
                                                       140,500
             1.資本金
             2.資本剰余金
                                                       85,500
                                        85,500
              (1)資本準備金
             3.利益剰余金
                                                     3,949,619
                                      3,949,619
              (1)その他利益剰余金
               (i)繰越利益剰余金                          3,949,619
                                                     4,175,619
              株主資本計
            Ⅱ 評価・換算差額等
                                                        △  7
             1.その他有価証券評価差額金
                                 84/104

                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                        △  7
              評価・換算差額等計
                                                     4,175,612
              純資産合計
              負債・純資産合計                                         6,334,568
                                 85/104




















                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)中間損益計算書
                             第19期中間会計期間

                            (自 令和4年4月1日
                             至 令和4年9月30日)
                                       内訳(千円)           金額(千円)

                   科目             注記番号
          Ⅰ 営業収益
           1.運用受託報酬                                             760,645
           2.投資助言報酬
                                                       172,921
           3.委託者報酬
                                                      1,889,148
           4.その他営業収益
                                                       147,383
            営業収益計
                                                      2,970,099
          Ⅱ 営業費用
           1.広告宣伝費
                                                       20,660
           2.調査費
                                                       137,912
           3.委託費
                                                       551,753
           4.支払手数料
                                                       778,398
           5.営業雑経費
                                                       12,886
            営業費用計
                                                      1,501,612
          Ⅲ 一般管理費
           1.給料
                                                       903,816
            (1)役員報酬                              31,224
            (2)給料・手当
                                          455,626
            (3)賞与
                                          15,479
            (4)賞与引当金繰入額
                                          264,226
            (5)役員賞与引当金繰入額
                                          83,691
            (6)その他報酬給料
                                           4,407
            (7)福利厚生費
                                          49,158
           2.交際費
                                                        1,561
           3.旅費交通費
                                                        2,469
           4.租税公課
                                                       19,975
           5.不動産賃借料
                                                       59,620
           6.退職給付費用
                                                       23,997
           7.固定資産減価償却費
                                                        3,467
           8.業務委託費
                                                       34,274
           9.諸経費
                                                       40,964
            一般管理費計
                                                      1,090,147
             営業利益
                                                       378,339
          Ⅳ 営業外収益
           1.受取利息及び配当金
                                                          7
            営業外収益計
                                                          7
          Ⅴ 営業外費用
           1.雑損失
                                                          0
           2.為替差損
                                                        6,983
            営業外費用計
                                                        6,984
             経常利益
                                                       371,362
             税引前中間純利益
                                                       371,362
             法人税、住民税及び事業税
                                                       230,811
             法人税等調整額
                                                      △  77,969
             中間純利益
                                                       218,519
                                 86/104




                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)中間株主資本等変動計算書
    第19期中間会計期間(自 令和4年4月1日  至 令和4年9月30日)

                                                   (単位:千円)
                           株主資本                   評価・換算差額等
                     資本剰余金          利益剰余金
                             その他利益
                                                        純資産
                                             その他
                                        株主資本          評価・換算
                              剰余金
                                                        合計
              資本金                               有価証券
                        資本剰余金          利益剰余金
                                         合計         差額等合計
                  資本準備金
                                            評価差額金
                         合計          合計
                             繰越利益
                              剰余金
     当期首残高                                          △ 4    △ 4
              140,500      85,500     85,500    3,731,100     3,731,100     3,957,100                3,957,095
     当中間期変動額
      中間純利益
                -     -     -   218,519     218,519     218,519       -     -   218,519
      株主資本以外の
      項目の当中間期
                                               △ 2    △ 2    △ 2
                -     -     -     -     -     -
      変動額(純額)
     当中間期変動額合計                                          △ 2    △ 2
                -     -     -   218,519     218,519     218,519                218,517
     当中間期末残高
                                               △ 7    △ 7
              140,500      85,500     85,500    3,949,619     3,949,619     4,175,619                4,175,612
                                 87/104














                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    重要な会計方針
      1.有価証券の評価基準及び評価方法

        (1)その他有価証券
            市場価格のない株式等以外のもの
             中間会計期間期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法によ
            り処理しております。)
      2.固定資産の減価償却の方法

        (1)有形固定資産
            定率法によっております。ただし、建物については、定額法を採用しております。
            なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
              建物     12~50年
              器具備品 4~15年
            また、取得価額が10万円以上20万円未満の資産については、法人税法の規定に基づき、
           3年間で均等償却を行っております。
        (2)無形固定資産
            自社利用のソフトウェアについては、社内における見込み利用可能期間(5年)による
           定額法を採用しております。
      3.引当金の計上基準

       (1)賞与引当金
          従業員の賞与の支払に備えて、賞与支給見込額のうち当中間会計期間に負担すべき額を計上
         しております。
       (2)役員賞与引当金
          役員賞与の支払に備えて、賞与支給見込額のうち当中間会計期間に負担すべき額を計上して
         おります。
      4.収益及び費用の計上基準

        当社は、資産運用サービスから運用受託報酬、投資助言報酬、委託者報酬を稼得しております。
        これらには成功報酬が含まれる場合があります。
        (1)運用受託報酬
            運用受託報酬は、投資顧問契約に基づき、契約期間の総資産額等に対する一定割合とし
           て認識され、確定した報酬を顧問口座によって主に年2回、もしくは年1回受取ります。
           当該報酬は期間の経過とともに履行義務が充足されるという前提に基づき、顧問口座の運
           用期間にわたり収益として認識しております。
        (2)投資助言報酬
            投資助言報酬は、投資助言契約に基づき、契約期間の総資産額等に対する一定割合とし
           て認識され、確定した報酬を主に年4回、もしくは年2回受取ります。当該報酬は期間の
           経過とともに履行義務が充足されるという前提に基づき、運用期間にわたり収益として認
           識しております。
        (3)委託者報酬
            委託者報酬は、投資信託の信託約款に基づき日々の純資産総額に対する一定割合として
           認識され、確定した報酬を              投資信託によって主に年4回、もしくは年2回受取ります。当
           該報酬は期間の経過とともに履行義務が充足される                           という前提に基づき、投資信託の運用
           期間にわたり収益として認識しております。
                                 88/104



                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        (4)成功報酬
            成功報酬は、対象となる顧問口座の特定のベンチマークまたはその他のパフォーマンス
           目標を上回る超過運用益に対する一定割合として認識されます。当該報酬は成功報酬を受
           領する権利が確定した時点で収益として認識しております。
      5.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

        外貨建金銭債権債務は、中間会計期間末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益
        として処理しております。
      6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       (1)消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
    会計方針の変更

      1.時価の算定に関する会計基準等の適用
        「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日。
        以下「時価算定会計基準適用指針」という。)を当中間会計期間の期首から適用し、時価算定会
        計基準適用指針第27-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定め
        る新たな会計方針を将来にわたって適用することといたしました。これによる、中間財務諸表に
        与える影響はありません。
                                 89/104













                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    注記事項
    (中間貸借対照表関係)
                     当中間会計期間末
                  (令和4年9月30日現在)
     ※1      消費税等の取り扱い
           仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺せず、それぞれ、流動資産
           及び流動負債にて表示しております。
           有形固定資産の減価償却累計額                 65,070千円

     ※2
    (中間損益計算書関係)

      該当事項はありません。
    (中間株主資本等変動計算書関係)

       当中間会計期間(自 令和4年4月1日  至 令和4年9月30日)
       発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                当事業年度期首           当中間会計期間           当中間会計期間           当中間会計期間末
      株式の種類
                  株式数          増加株式数           減少株式数            株式数
       普通株式           2,027株                 -           -     2,027株
    (金融商品関係)

    1.金融商品の時価等に関する事項
       中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
       当中間会計期間末(令和4年9月30日現在)

                                                   (単位:千円)
                     中間貸借対照表
                                      時価              差額
                        計上額
     投資有価証券
                              188              188              -
      その他有価証券
    (注1)金融商品の時価の算定方法に関する事項

      (1)  現金・預金、(2)          未収運用受託報酬、(3)未収委託者報酬、(4)未払金
         これらは短期間で決済されるため、時価が帳簿価額に近似するものであることから、記載を省
         略しております。
    (注2)金銭債権の当中間会計期間末日後の償還予定額

      当中間会計期間末(令和4年9月30日現在)
                                     (単位:千円)
                         1年以内             1年超
     (1)  現金・預金                    4,157,038                 -
     (2)  未収運用受託報酬                     318,533               -
     (3)  未収委託者報酬                     999,875               -
     (4)  未払金                     725,212               -
            合計                6,200,659                 -
                                 90/104




                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
        金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つ
       のレベルに分類しております。
                観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当
     レベル1の時価
                該時価の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
                観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の算定
     レベル2の時価
                に係るインプットを用いて算定した時価
     レベル3の時価          観察できない時価の算定に係るインプットを用いて算定した時価

      時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットが

       それぞれ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類してお
       ります。
    (1)時価で中間貸借対照表に計上している金融商品

      当中間会計期間(自 令和4年4月1日  至 令和4年9月30日)
                                                   (単位:千円)
                                    時価
         区分
                   レベル1           レベル2           レベル3
                                                     合計
     投資有価証券                    -          188            -          188
        資産計                 -          188            -          188
    (注)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明

        投資有価証券
        金融商品の時価について、投資信託は基準価額によっております。
    (有価証券関係)

    1.その他有価証券
      当中間会計期間末(令和4年9月30日現在)
                                                   (単位:千円)
                              中間貸借対照表
           区分            種類                   取得原価           差額
                                 計上額
     中間貸借対照表計上額が
                                     188          199          △10
                      投資信託
     取得原価を超えないもの
               合  計                    188          199          △10
    (資産除去債務関係)

      当中間会計期間(自 令和4年4月1日  至 令和4年9月30日)
       資産除去債務の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 91/104







                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (収益認識関係)
    1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
                                                   (単位:千円)
                            当中間会計期間
                          自 令和4年4月1日
                          至 令和4年9月30日
                                         760,645

                        運用受託報酬
                                         172,921
                        投資助言報酬
                                        1,889,148
                          委託者報酬
                                             0
                           成功報酬
                                         147,383
                       その他営業収益
                                        2,970,099
    2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

        [重要な会計方針]4 収益及び費用の計上基準に記載のとおりであります。
    3.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当

       中間会計期間末において存在する顧客との契約から当中間会計期間の末日後に認識すると見込まれ
       る収益の金額及び時期に関する情報
        重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 92/104













                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (セグメント情報等)
     当中間会計期間(自 令和4年4月1日  至 令和4年9月30日)
     1.セグメント情報
       当社は資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2.関連情報

       (1)商品及びサービスごとの情報
        単一の商品・サービスの区分の外部顧客からの営業収益が中間損益計算書の営業収益の90%を
        超えるため、記載を省略しております。
       (2)地域ごとの情報

       ①     営業収益
                                           (単位:千円)
             香港        シンガポール            日本         その他           合計
              219,157           37,734         761,365           62,692        1,080,950
        (注)営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国または地域に分類しております。
             なお、委託者報酬1,889,148千円については、制度上、顧客情報を知りえないため、含
             まれておりません。
       ②     有形固定資産

          本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超
         えるため、記載を省略しております。
       (3)主要な顧客ごとの情報

                                           (単位:千円)
             顧客の名称                         営業収益            関連するセグメント
         マニュライフ生命保険株式会社                              471,867
                                                 資産運用業
         マニュライフ・インベストメント・
                                       217,325
                                                 資産運用業
         マネジメント(HK)リミテッド
         (注)委託者報酬については、制度上、顧客情報を知りえないため、記載を省略しておりま
            す。
     3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

       該当事項はありません。
     4.報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

       該当事項はありません。
     5.報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

       該当事項はありません。
                                 93/104





                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1株当たり情報)
                     当中間会計期間
                  (自 令和4年4月1日
                   至 令和4年9月30日)
                                2,059,996.37
           1株当たり純資産額                             円
                                  107,804.41
           1株当たり中間純利益金額                             円
      なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、

      潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       (注)1株当たり中間純利益金額の算定上の基礎は以下のとおりであります。

                                           当中間会計期間
                                        (自 令和4年4月1日
                                         至 令和4年9月30日)
         中間純利益金額(千円)                                              218,519
         普通株主に帰属しない金額(千円)                                                 -
         普通株式に係る中間純利益金額(千円)                                              218,519
         普通株式の期中平均株式数(株)                                               2,027
    (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 94/104













                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【利害関係人との取引制限】
       委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げ
       る行為が禁止されています。
      ①  自己またはその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこ
       と(投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させる
       おそれがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
      ②  運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、若し
       くは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣
       府令で定めるものを除きます。)。
      ③  通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親
       法人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業
       者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以
       下④⑤において同じ。)または子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有している
       ことその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める
       要件に該当する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引または店頭デリバ
       ティブ取引を行うこと。
      ④  委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方
       針、運用財産の額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行
       うこと。
      ⑤  上記③④に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為であって、投
       資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそ
       れのあるものとして内閣府令で定める行為。
    5【その他】

      ①  定款の変更
        委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
      ②  訴訟事件その他重要事項

        委託会社およびファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はありませ
        ん。
                                 95/104









                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】
    1【名称、資本金の額及び事業の内容】
     (1)受託会社
             名  称                  資本金の額                 事業の内容
     三菱UFJ信託銀行株式会社                           324,279百万円          銀行法に基づき銀行業を営む
                             (2022年10月末現在)             とともに、金融機関の信託業
                                          務の兼業等に関する法律に基
     (再信託受託会社)                            10,000百万円
                                          づき信託業務を営んでいま
                             (2022年9月末現在)
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                                          す。
     会社
    (2)販売会社

             名  称                  資本金の額                 事業の内容
                                          金融商品取引法に定める第一種
     SMBC日興証券株式会社                            10,000百万円
                                          金融商品取引業を営んでいま
                              (2022年9月末現在)
                                          す。
     岩井コスモ証券株式会社                            13,500百万円
                              (2022年9月末現在)
     岡三証券株式会社                             5,000百万円
                              (2022年3月末現在)
     大和証券株式会社                           100,000百万円
                              (2022年9月末現在)
     東海東京証券株式会社                             6,000百万円
                              (2022年3月末現在)
     野村證券株式会社                            10,000百万円
                              (2022年10月末現在)
     浜銀TT証券株式会社                             3,307百万円
                              (2022年9月末現在)
     北洋証券株式会社                             3,000百万円
                              (2022年3月末現在)
     三菱UFJモルガン・スタンレー証                            40,500百万円
     券株式会社                        (2022年9月末現在)
     株式会社十六銀行                            36,839百万円        銀行法に基づき、銀行業を営ん
                              (2022年3月末現在)            でいます。
     株式会社千葉銀行                           145,069百万円
                              (2022年3月末現在)
     株式会社北洋銀行                           121,101百万円
                              (2022年3月末現在)
     株式会社三井住友銀行                          1,770,996百万円
                              (2022年3月末現在)
     株式会社三菱UFJ銀行                          1,711,958百万円
                              (2022年9月末現在)
     株式会社横浜銀行                           215,628百万円
                              (2022年9月末現在)
     三菱UFJ信託銀行株式会社                           324,279百万円         銀行法に基づき銀行業を営むと
                              (2022年10月末現在)            ともに、金融機関の信託業務の
                                          兼業等に関する法律に基づき信
                                          託業務を営んでいます。
    2【関係業務の概要】

    (1)「受託会社」は、主に以下の業務を行います。
      ①  投資信託財産の保管、管理及び計算
      ②  委託会社の指図に基づく投資信託財産の処分
    (2)「販売会社」は、主に以下の業務を行います。

                                 96/104

                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ①  受益権の募集の取扱い
      ②  収益分配金、償還金及び解約金の支払いの取扱い
      ③  投資信託説明書(交付目論見書)、投資信託説明書(請求目論見書)、運用報告書の交付の取扱
       い
      ④  解約請求の受付、買取請求の受付・実行
    3【資本関係】

      (持ち株比率5%以上を記載します。)
       該当事項はありません。
                                 97/104

















                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【その他】
    (1)目論見書の表紙から本文の前までの記載等について
       ① 金融商品取引法(昭和23年法律第25号)第13条の規定に基づく目論見書である旨を記載するこ

         とがあります。

       ② 目論見書の別称として「投資信託説明書(交付目論見書)」または「投資信託説明書(請求目

         論見書)」という名称を用いる場合があります。

       ③ 委託会社等の情報、受託会社に関する情報を記載することがあります。

       ④ 詳細な情報の入手方法として、以下の事項を記載することがあります。

         ・委託会社のホームページアドレス、電話番号および受付時間等

         ・請求目論見書の入手方法および投資信託約款が請求目論見書に掲載されている旨

       ⑤ 使用開始日を記載することがあります。

       ⑥ 届出の効力に関する事項について、次に掲げるいずれかの内容を記載することがあります。

         ・届出をした日および当該届出の効力の発生の有無を確認する方法

         ・届出をした日、届出が効力を生じている旨および効力発生日

       ⑦ 次の事項を記載することがあります。

         ・投資信託の財産は受託会社において信託法に基づき分別管理されている旨

         ・請求目論見書は投資者の請求により販売会社から交付される旨および当該請求を行った場合

          にはその旨を記録しておくべきである旨

         ・「ご購入に際しては、本書の内容を十分にお読み下さい。」との主旨を示す記載

       ⑧ 委託会社や当ファンドのロゴ・マーク等を使用することがあります。

       ⑨ ファンドの形態等を記載することがあります。

       ⑩ 図案を採用することがあります。

    (2)交付目論見書に最新の運用実績を記載することがあります。

    (3)請求目論見書に当ファンドの投資信託約款の全文を記載します。

                                 98/104








                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                       独立監査人の監査報告書
                                                令和4年5月27日

    マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社

     取 締 役 会  御 中

                      EY新日本      有限責任監査法人

                      東  京  事  務  所
                      指定有限責任社員
                                   公認会計士   水永 真太郎
                      業  務  執  行  社  員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委
    託会社等の経理状況」に掲げられているマニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社
    の令和3年4月1日から令和4年3月31日までの第18期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借
    対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を
    行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
    に準拠して、マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社の令和4年3月31日現在
    の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適正に表示
    しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行っ
    た。監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載され
    ている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、
    また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎とな
    る十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、監査した財務諸表を含む開示書類に含まれる情報のうち、財務諸表及びそ
    の監査報告書以外の情報である。
     当監査法人は、その他の記載内容が存在しないと判断したため、その他の記載内容に対するいか
    なる作業も実施していない。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸
    表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務
    諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含
    まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づい
    て継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視すること
    にある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬によ
    る重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場か
    ら財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性
    があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれ
    る場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                 99/104


                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに
      対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さら
      に、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人
      は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連す
      る内部統制を検討する。
    ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の
      見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した
      監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要
      な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認めら
      れる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実
      性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明す
      ることが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいてい
      るが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に
      準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並
      びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内
    部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事
    項について報告を行う。
     監査人は、監査役に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守した
    こと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は
    軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係
    はない。
                                                     以  上
    (注  1) 上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

    (注  2) XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                100/104











                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                    独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                     2023年1月13日

    マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社

      取 締 役 会 御 中
                           PwCあらた有限責任監査法人
                                東京事務所
                            指定有限責任社員
                                     公認会計士 久 保 直 毅
                            業務執行社員
    監査意見


     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状況」に掲
    げられているマニュライフ・円ハイブリッド債券インカム・ファンド(年1回決算型)の2021年10月26日から2022年10月
    25日までの計算期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並びに附属明細表について監査
    を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、マニュラ
    イフ・円ハイブリッド債券インカム・ファンド(年1回決算型)の2022年10月25日現在の信託財産の状態及び同日をもっ
    て終了する計算期間の損益の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠
     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
    理に関する規定に従って、マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社及びファンドから独立しており、ま
    た、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証
    拠を入手したと判断している。
    その他の記載内容
     その他の記載内容は、有価証券報告書及び有価証券届出書に含まれる情報のうち、財務諸表及びその監査報告書以外の
    情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。
     当監査法人の財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の記載内
    容に対して意見を表明するものではない。
     財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内容と財
    務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そのような重要
    な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告す
    ることが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
    財務諸表に対する経営者の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
    することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
    必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
    価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要があ
    る場合には当該事項を開示する責任がある。
    財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
    いかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
    る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
                                101/104



                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
     立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
     査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実
     施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
     関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、
     継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付け
     る。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚
     起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見
     を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の
     事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどう
     かとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象
     を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な不備を
    含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係
     マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公
    認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以    上
    (注)1.      上記の監査報告書の原本は当社が別途保管しております。

        2.   XBRLデータは監査の対象には含まれていません。

                                102/104












                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                      独立監査人の中間監査報告書
                                               令和4年11月18日

    マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社

     取 締 役 会  御 中

                      EY新日本      有限責任監査法人

                      東  京  事  務  所
                      指定有限責任社員
                                   公認会計士   水永 真太郎
                      業  務  執  行  社  員
    中間監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委
    託会社等の経理状況」に掲げられているマニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社
    の令和4年4月1日から令和5年3月31日までの第19期事業年度の中間会計期間(令和4年4
    月1日から令和4年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益
    計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行っ
    た。
     当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸
    表の作成基準に準拠して、マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社の令和4年9
    月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間(令和4年4月1日から令和4年
    9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査
    を行った。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から
    独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、中間
    監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
    て中間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な
    虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統
    制を整備及び運用することが含まれる。
     中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成する
    ことが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の
    作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任
    がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視すること
    にある。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報
    の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得
    て、中間監査報告書において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚
    偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利
    用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
                                103/104



                                                          EDINET提出書類
                                      マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社(E30703)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過
    程を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚
      偽表示リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査
      人の判断による。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手す
      る。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断によ
      り、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等
      を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
    ・中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監
      査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間
      財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
    ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合
      理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手
      した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して
      重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認
      められる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は
      重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対して除
      外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手
      した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなく
      なる可能性がある。
    ・中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表
      の作成基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、
      構成及び内容、並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示して
      いるかどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識
    別した内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められ
    ているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守した
    こと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は
    軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係
    はない。
                                                     以  上
    (注  1) 上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

    (注  2) XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                104/104









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。