SBIアセットマネジメント株式会社 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)-第1期(2021/11/10-2022/10/20)

提出書類 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)-第1期(2021/11/10-2022/10/20)
提出日
提出者 SBIアセットマネジメント株式会社
カテゴリ 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)-第1期(2021/11/10-2022/10/20)

                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】
     【提出書類】                      有価証券報告書

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      2023年1月20日

     【計算期間】                      第1期  自 2021年11月10日

                                至 2022年10月20日
     【ファンド名】                      SBI    パリ協定ネット・ゼロ            インデックス・ファンド

     【発行者名】                      SBIアセットマネジメント株式会社

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長 梅本 賢一

     【本店の所在の場所】                      東京都港区六本木一丁目6番1号

     【事務連絡者氏名】                      中村 慎吾

     【連絡場所】                      東京都港区六本木一丁目6番1号

     【電話番号】                      03-6229-0170

     【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。

                                  1/128









                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第一部     【ファンド情報】

    第1   【ファンドの状況】

    1  【ファンドの性格】

     (1)  【ファンドの目的及び基本的性格】
      ①ファンドの目的
       この投資信託(以下「本ファンド」という場合があります。)は、S&P500パリ協定準拠気候指数(円
       換算ベース)に概ね連動する投資成果をめざして運用を行います。
       *S&P500パリ協定準拠気候指数とは、米国の代表的な株価指数であるS&P500指数採用銘柄の中から、
         パリ協定温室効果ガス排出削減目標を実践しようとする企業で構成される株価指数です。英語では
         「S&P500     Paris-Aligned        Climate     Net  Total   Return    Index」と表記されます。なお、S&P500パリ協
         定準拠気候指数(円換算ベース)は、S&P500パリ協定準拠気候指数をもとに、委託会社が円換算し
         たものです。
      ②ファンドの基本的性格

       ■ファンドの商品分類
          ファンドは、一般社団法人投資信託協会が定める商品分類において、「追加型投信/海外/株
         式/インデックス型」に分類されます。ファンドの商品分類、属性区分の詳細につきましては、以
         下のようになります。
          なお、ファンドが該当しない商品分類及び属性区分、その定義につきましては、一般社団法人投
         資信託協会のホームページ(https://www.toushin.or.jp/)でご覧ください。
       ◎商品分類

          ファンドの商品分類は「追加型投信/海外/株式/インデックス型」です。
      商品分類表(ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。)

                                    投資対象資産
         単位型・追加型              投資対象地域                          補足区分
                                   (収益の源泉)
                                      株式
                         国内
          単位型投信                            債券         インデックス型
                         海外           不動産投信

          追加型投信                          その他資産             特殊型

                         内外           (   )
                                     資産複合

                                  2/128





                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      商品分類の定義

           該当分類                        分類の定義
                    一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の
          追加型投信
                    信託財産とともに運用されるファンドをいいます。
                    目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資
            海外         収益が実質的に海外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいい
                    ます。
                    目論見書または信託約款において、組入資産による主たる投資収益
            株式
                    が実質的に株式を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
                    目論見書または信託約款において、各種指数に連動する運用成果を
         インデックス型
                    目指す旨の記載があるものをいいます。
       ◎属性区分

      ファンドの属性区分
                    その他資産
          投資対象資産
                    (投資信託証券(株式 一般))
           決算頻度          年1回
          投資対象地域           北米

           投資形態          ファミリーファンド

          為替ヘッジ          なし

          その他の指数           S&P500パリ協定準拠気候指数(円換算ベース)

      属性区分表(ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。)

        投資対象資産          決算頻度       投資対象地域          投資形態       為替ヘッジ        インデックス
       株式             年1回

        一般            年2回       グローバル
        大型株            年4回      (日本を含む)                           日経225
        中小型株            年6回         北米
       債券            (隔月)         欧州       ファミリー          あり
        一般            年12回        アジア        ファンド       (    )          TOPIX
        公債           (毎月)        オセアニア
                                   ファンド・
        社債            日々        中南米         オブ・
                                   ファンズ
                                                  その他(S&P500パ
                                                  リ協定準拠気候
        その他債券            その他        アフリカ                  なし
                                                  指数(円換算
                                                  ベース))
        クレジット           (   )         中近東

        属性                   (中東)
        (    )                  エマージング
       不動産投信
      その他資産
      (投資信託証券(株
      式 一般))
       資産複合

      ※属性区分の投資対象資産に記載している「その他資産」は、投資信託証券(株式 一般)です。

      ※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載してお
       ります。
                                  3/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      属性区分の定義

           該当区分                         区分の定義
                     目論見書または信託約款において、組入れ資産が主として投資信託
      その他資産(投資信託証券              証券であり、実質的に株式を投資対象とする旨の記載があるものを
         (株式 一般))            いいます。(株式 一般)とは、大型株、中小型株属性にあてはま
                     らないすべてのものをいいます。
                     目論見書または信託約款において、年1回決算する旨の記載がある
            年1回
                     ものをいいます。
                     目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が北
            北米
                     米地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
                     目論見書または信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・
        ファミリーファンド             ファンズにのみ投資されるものを除く。)を投資対象として投資する
                     ものをいいます。
                     ヘッジなし
                     目論見書または信託約款において、為替のヘッジを行わない旨の記
          為替ヘッジ
                     載があるものまたは為替のヘッジを行う旨の記載がないものをいい
                     ます。
          その他の指数           日経225、TOPIXにあてはまらない全てのものをいいます。
                                  4/128













                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ③信託金の限度額

         5,000   億円を上限とします。
          ・委託会社は受託会社と合意のうえ、当該限度額を変更することができます。
      ④ファンドの特色

     (2)  【ファンドの沿革】












         2021年11月10日         信託契約締結、ファンドの設定・運用開始
                                  5/128






                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (3)  【ファンドの仕組み】

        ①ファンドの仕組み
        ②委託会社及び本ファンドの関係法人との契約等の概要




       (注)受託会社は、業務の一部を再信託先である株式会社日本カストディ銀行に委託しています。




                                  6/128












                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        ③委託会社の概況(2022年10月末日現在)

        (ⅰ)資本金
           4億20万円
        (ⅱ)沿革
            委託会社は、投資運用業務(投資信託の委託者としての業務、登録投資法人との資産の運用
           契約に基づく運用業務または投資一任契約に基づく運用業務)及び投資助言業務(投資顧問契
           約に基づく助言業務)を行う金融商品取引業者です。
            委託会社は、旧株式会社日本債券信用銀行(現株式会社あおぞら銀行)を設立母体として成立
           し、その後、株主の異動によりソフトバンクグループの一員となりました。2002年5月1日に
           は、同グループのソフトバンク・インベストメント株式会社の子会社である、ソフトバンク・
           アセット・マネジメント株式会社と合併し、エスビーアイ・アセット・マネジメント株式会社
           に商号変更しました。
            2005年7月1日には、SBIアセットマネジメント株式会社に商号を変更しました。
            2006年8月2日には、委託会社の親会社(現SBIホールディングス株式会社)の主要株主であ
           るソフトバンク株式会社(現ソフトバンクグループ株式会社)の子会社が、現SBIホール
           ディングス株式会社の全株式を売却したことにより、ソフトバンクグループから独立し、SB
           Iグループの一員となりました。
            2019年12月20日には、委託会社の全株式をSBIアセットマネジメント・グループ株式会社
           (SBIAMG)が、モーニングスター株式会社より取得しました。SBIAMGはモーニン
           グスター株式会社傘下の資産運用会社を統括する中間持株会社です。
            2022年8月1日に、SBIアセットマネジメント株式会社、SBIボンド・インベストメン
           ト・マネジメント株式会社、SBI地方創生アセットマネジメント株式会社の3社合併をしま
           した。なお、SBIアセットマネジメント株式会社を存続会社とし、合併後は同社名を継承し
           ました。
            2022年10月1日には、モーニングスター株式会社がSBIAMGを吸収合併したことにより、
           モーニングスター株式会社は過半数を超える筆頭株主となりました。
        1986年    8月29日          日債銀投資顧問株式会社として設立

        1987年    2月20日          有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律第4条にかかる登録
        1987年    9月  9日        有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律第24条1項の規定に基
                      づく投資一任契約業務の認可
        2000年11月28日              証券投資信託及び証券投資法人に関する法律第6条の規定に基づく証券
                      投資信託委託業の認可
        2001年    1月  4日        あおぞらアセットマネジメント株式会社に商号変更
        2002年    5月  1日        ソフトバンク・アセット・マネジメント株式会社との合併により、エス
                      ビーアイ・アセット・マネジメント株式会社に商号変更
        2005年    7月  1日        SBIアセットマネジメント株式会社に商号変更
        2007年    9月30日          金融商品取引法等の施行により同法第29条の規定に基づく金融商品取引
                      業者の登録(関東財務局長(金商)第311号)
        2022年    8月1日          SBIアセットマネジメント株式会社、SBIボンド・インベストメン
                      ト・マネジメント株式会社、SBI地方創生アセットマネジメント株式
                      会社の3社合併。SBIアセットマネジメント株式会社を存続会社と
                      し、合併後は同社名を継承。
                                  7/128




                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        (ⅲ)大株主の状況

             株 主 名                  住   所              所有株数       所有比率
        モーニングスター株式会社                東京都港区六本木一丁目6番1号                    961,645株       87.5%

                         Suite   2201,22nd      Floor,

        PIMCO      ASIA
                         Two  International        Finance     Centre,
                                             29,507株       2.7%
        LIMITED
                         8 Finance     Street,Central,Hong           Kong
                                  8/128

















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2  【投資方針】

     (1)  【投資方針】
       1.基本方針
          本ファンドは、S&P500パリ協定準拠気候指数(円換算ベース)に概ね連動する投資成果をめざし
         て運用を行います。
         *S&P500パリ協定準拠気候指数とは、米国の代表的な株価指数であるS&P500指数採用銘柄の中か
          ら、パリ協定温室効果ガス排出削減目標を実践しようとする企業で構成される株価指数です。英
          語では「S&P500         Paris-Aligned        Climate     Net  Total    Return    Index」と表記されます。なお、
          S&P500パリ協定準拠気候指数(円換算ベース)は、S&P500パリ協定準拠気候指数をもとに、委託
          会社が円換算したものです。
       2.運用方法

       (ⅰ)投資対象
          SBI    パリ協定ネット・ゼロ            インデックス・マザーファンド(以下「マザーファンド」といい
          ます。)受益証券を主要投資対象とします。
       (ⅱ)投資態度
       ① マザーファンド受益証券への投資を通じて、主としてETF(上場投資信託証券)に投資することに
                            ※
          より、S&P500パリ協定準拠気候指数                   (円換算ベース)に概ね連動する投資成果をめざします。
          ※米国の代表的な株価指数であるS&P500指数採用銘柄の中から、パリ協定温室効果ガス排出削減
           目標を実践しようとする企業で構成される株価指数です。
       ② マザーファンド受益証券への投資割合は、原則として高位を維持します。
       ③ 実質組入外貨建資産については、為替ヘッジを行いません。
       ④ 資金動向、市況動向に急激な変化が生じたとき等ならびに信託財産の規模によっては、上記の運
          用ができない場合があります。
     (2)  【投資対象】

          ① 投資の対象とする資産の種類(信託約款第16条)
           本ファンドが投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
           1.次に掲げる特定資産(投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定めるものをいい
             ます。以下同じ。)
            イ  有価証券
            ロ  金銭債権
            ハ  約束手形
           2.次に掲げる特定資産以外の資産
            為替手形
          ② 運用の指図範囲等(信託約款第17条第1項)
           委託会社は、信託金を、主として、SBIアセットマネジメント株式会社を委託会社とし、株
           式会社りそな銀行を受託会社として締結されたマザーファンド受益証券のほか、次の有価証券
           (金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除き
           ます。)に投資することを指図します。
           1.コマーシャル・ペ-パーおよび短期社債等
           2.外国または外国の者の発行する証券または証書で、前号の証券または証書の性質を有する
             もの
           3.国債証券、地方債証券、特別の法律により設立された法人の発行する債券および社債券
             (新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券の新株引受権証券および
             短期社債等を除きます。)
           4.外国法人が発行する譲渡性預金証書
                                  9/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
           5.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の
             受益証券に限ります。)
           6.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるもの
             をいいます。)
           7.投資証券、新投資口予約権証券、投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2条
             第1項第11号で定めるものをいいます。)
             なお、3.の証券および7.の投資法人債券を以下「公社債」といい、公社債に係る運用の
             指図は買い現先取引(売戻し条件付の買入れ)及び債券貸借取引(現金担保付き債券借入
             れ)に限り行うことができるものとします。また、6.の証券ならびに7.の証券(新投資
             口予約権証券および投資法人債券を除きます。)を以下「投資信託証券」といいます。
          ③ 金融商品の指図範囲(信託約款第17条第2項)
            委託会社は、信託金を、②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法
           第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。次項におい
           て同じ。)により運用することを指図することができます。
           1.預金
           2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
             す。)
           3.コール・ローン
           4.手形割引市場において売買される手形
          ④ 前記②の規定に関わらず、この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委
           託会社が運用上必要と認めるときには、委託会社は、信託金を前記③1.から4.までに掲げる
           金融商品により運用することの指図ができます。
          ⑤ マザーファンドの概要
          下記概要は、有価証券届出書提出日現在のものであり今後、変更になる場合があります。
         ファンド名            SBI    パリ協定ネット・ゼロ            インデックス・マザーファンド
         基本方針            この投資信託は、S&P500パリ協定準拠気候指数(円換算ベース)に概ね連
                    動する投資成果をめざして運用を行います。
         主な投資対象            別に定めるETF(上場投資信託証券)を主要投資対象とします。
         投資態度            ①別に定めるETF(上場投資信託証券)への投資を通じて、S&P500パリ
                               ※
                      協定準拠気候指数          (円換算ベース)に概ね連動する投資成果をめざし
                      ます。
                     ※米国の代表的な株価指数であるS&P500指数採用銘柄の中から、パリ協
                      定温室効果ガス排出削減目標を実践しようとする企業で構成される株
                      価指数です。
                    ②ETF(上場投資信託証券)への投資割合は、原則として高位を維持し
                      ます。
                    ③組入外貨建資産については、為替ヘッジを行いません。
                    ④資金動向、市況動向等に急激な変化が生じたとき等ならびに信託財産の
                      規模によっては、上記の運用ができない場合があります。
         ベンチマーク            S&P500パリ協定準拠気候指数(円換算ベース)
         主な投資制限            ①投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への投資割合は、信託
                      財産の純資産総額の5%以下とします。
                    ②外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
                    ③株式への直接投資は行いません。
                    ④デリバティブの直接利用は行いません。
                    ⑤外国為替予約取引は、為替変動リスクを回避する目的以外には利用しま
                      せん。
                    ⑥一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクス
                      ポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ取引等エクス
                      ポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則として、それ
                      ぞれ100分の10、合計で100分の20を超えないものとし、当該比率を超え
                      ることとなった場合には、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則
                      に従い当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
                                 10/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         信託期間            無期限(設定日:2021年11月10日)
         決算日            毎年10月20日(休業日の場合は翌営業日)
                    初回決算は、2022年10月20日(木)とします。
         信託財産留保額            ありません。
         信託金の限度額            5,000億円
         受託銀行            株式会社りそな銀行
         委託会社            SBIアセットマネジメント株式会社
    (参考情報)投資対象ファンドの概要

    マザーファンド受益証券を通じて、実質的に投資する投資対象ファンドの概要です(2022年10月末日現

    在)。
               リクソー     NET  ZERO   2050   S&P500パリ協定         ETF

     名        称
               (Lyxor     Net  Zero   2050   S&P500    Climate     PAB  (DR)   UCITS   ETF)
     種        別
               ETF(上場投資信託証券)
                              ※
               S&P500パリ協定準拠気候指数                (S&P500     Paris-Aligned        Climate     Net  Total   Return
     運   用   方   針
               Index)に連動する投資成果をめざします。
               ※米国の代表的な株価指数であるS&P500指数採用銘柄の中から、パリ協定温室効果ガ
                ス排出削減目標を実践しようとする企業で構成される株価指数です。
     基   準   通   貨
               米ドル
     管  理  報  酬  等
               純資産総額に対し年0.07%
     委   託   会   社
               Amundi    Asset   Management      SAS/所在地:フランス共和国
    ※上記内容は、今後変更となる場合があります。
     (3)  【運用体制】

       運用業務方法に関する社内規則に則り、以下のプロセスで運用が行われます。
       ① 市場環境分析・企業分析
          ファンドマネジャー、アナリスト(5~7名程度)による市場環境、業種、個別企業などの調
          査・分析及び基本投資戦略の協議・策定を行います。
       ② 投資基本方針の策定
          最高運用責任者のもとで開催される「運用会議」において、市場動向・投資行動・市場見通し・
          投資方針等を策定します。
          最高運用責任者は、組織規定の運用部門の長とします。
       ③ 運用基本方針の決定
          「運用会議」の策定内容を踏まえ、常勤取締役(1~3名)、最高運用責任者、運用部長(1
          名)及び運用部マネジャーをもって構成される「投資戦略委員会」において、運用の基本方針が
          決定されます。
       ④ 投資銘柄の策定、ポートフォリオの構築
          ファンドマネジャーは、この運用の基本方針に沿って、各ファンドの運用計画書を策定し、最高
          運用責任者の承認後、売買の指図を行います。
          ただし、未公開株及び組合への投資を行う場合は、それぞれ「未公開株投資委員会」(6名程
          度)、「組合投資委員会」(6名程度)での承認後、売買の指図等を行います。
       ⑤ パフォーマンス分析、リスク分析・評価
          ファンドのリスク特性分析、パフォーマンスの要因分析の報告及び監視を行い、運用方針の確
          認・見直しを行います。
                                 11/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
           コンプライアンス部長がファンドに係る意思決定を監督します。








        <受託会社に対する管理体制>

         受託会社(再信託先を含む)に対しては、日々の純資産照合、月次の勘定残高照合などを行い業務
        遂行状況を確認しています。また、受託会社より内部統制の整備及び運用状況の報告書を受け取って
        います。
        上記体制は、今後、変更となる場合があります。

     (4)  【分配方針】

         年1回(毎年10月20日。ただし、休業日の場合は翌営業日。)決算を行い、原則として以下の方針
       に基づき分配を行います。
         ① 分配対象額は、繰越分も含めた経費控除後の配当等収益(マザーファンドの信託財産に属する
           配当等収益のうち、信託財産に属するとみなした額(以下「みなし配当等収益」といいま
           す。)を含みます。)および売買益(評価益を含み、みなし配当等収益を控除して得た額とし
           ます。)等の全額とします。
         ② 収益分配金額は、委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して分配金額を決定します。た
           だし、分配対象額が少額の場合等には、委託会社の判断により分配を行わないことがありま
           す。
         ③ 留保益の運用については、特に制限を定めず、委託会社の判断に基づき、元本部分と同一の運
           用を行います。
         (注) 分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者に、
            原則として決算日から起算して5営業日目までに支払いを開始します。
     (5)  【投資制限】

         本ファンドは、以下の投資制限にしたがいます。
         ① 信託約款の「運用の基本方針」に定める投資制限
          (ⅰ)   マザーファンド受益証券への投資割合には制限を設けません。
          (ⅱ)   投資信託証券(マザーファンド受益証券および上場投資信託証券を除きます。)への実質投
             資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
          (ⅲ)   外貨建資産への実質投資割合には制限を設けません。
                                 12/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          (ⅳ)   株式への直接投資は行いません。
          (ⅴ)   デリバティブの直接利用は行いません。
          (ⅵ)   外国為替予約取引は、為替変動リスクを回避する目的以外には利用しません。
          (ⅶ)   一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エ
             クスポージャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比
             率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることと
             なった場合には、一般社団法人投資信託協会規則に従い当該比率以内となるよう調整を行う
             こととします。
         ② 信託約款上のその他の投資制限
          (ⅰ)有価証券の貸付の指図および範囲(信託約款第20条)
             委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する公社債および上場
            投資信託証券を次の各号の範囲内で貸付の指図をすることができます。
             1.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保
              有する公社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
             2.上場投資信託証券の貸付は、貸付時点において、貸付上場投資信託証券の時価合計額
              が、信託財産で保有する上場投資信託証券の時価合計額を超えないものとします。
            ②  前項各号に定める限度額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超え
              る額に相当する契約の一部の解約を指図するものとします。
            ③  委託会社は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行う
              ものとします。
          (ⅱ)特別の場合の外貨建有価証券への投資制限(信託約款第21条)
             外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認め
            られる場合には、制約されることがあります。
          (ⅲ)外国為替予約取引の指図               (信託約款第22条)
             委託会社は、信託財産に属する資産の為替変動リスクを回避するため、外国為替の売買の
            予約取引の指図をすることができます。
         ③ その他の法令上の投資制限

          本ファンドに適用されるその他の法令上の投資制限は以下の通りです。
          委託会社は、委託会社が運用の指図を行うすべての投資信託について、信託財産として有する同
         一法人の発行する株式にかかる議決権の総数が、当該株式にかかる議決権の総数に100分の50の率を
         乗じて得た数を超えることとなる場合には、かかる株式を取得することを受託会社に指図すること
         はできません。(投信法第9条)
         ④ その他
          (ⅰ)資金の借入れ(信託約款第29条)
           (イ)委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、信託財産に
              おいて一部解約に伴う支払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借
              入れた資金の返済を含みます。)を目的として、または再投資にかかる収益分配金の支
              払資金の手当てを目的として、資金の借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)
              の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用は行わない
              ものとします。
           (ロ)一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日
              から信託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約
              代金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは
              受益者への解約代金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日ま
              での期間が5営業日以内である場合の当該期間とし、資金の借入額は当該有価証券等の売
              却代金、有価証券等の解約代金及び有価証券等の償還金の合計額を限度とします。ただ
              し、資金の借入額は、借入指図を行う日における信託財産の純資産総額の10%を超えな
              いこととします。
           (ハ)収益分配金の再投資に係る借入期間は信託財産から収益分配金が支弁される日からその
              翌営業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
                                 13/128

                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
           (ニ)借入金の利息は、受益者の負担とし、信託財産中から支弁します。
                                 14/128




















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    3  【投資リスク】

        本ファンドは、値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。また、外貨建資
      産には為替リスクもあります。したがって、投資者の皆様の投資元本は保証されているものではなく、
      基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割込むことがあります。信託財産に生じた利益及び損
      失は、すべて投資者の皆様に帰属します。また、投資信託は預貯金と異なります。本ファンドの基準価
      額の主な変動要因としては以下のものがあります。なお、基準価額の変動要因は以下に限定されるもの
      ではありません。
     ・ 株価変動リスク

        一般に株価は政治・経済情勢や発行企業の業績等の影響を受け変動しますので、組入れる株式の価格
        が変動し、本ファンドの基準価額は影響を受け、損失を被ることがあります。
     ・ 為替変動リスク

        為替レートは、各国・地域の金利動向、政治・経済情勢、為替市場の需給その他の要因により大幅に
        変動することがあります。組入外貨建資産について、当該外貨の為替レートが円高方向に進んだ場
        合、本ファンドの基準価額は影響を受け、損失を被ることがあります。
     ・ 信用リスク

        組入れる金融商品等の発行体が経営不安や倒産等に陥った場合に資金回収ができなくなるリスクや、
        それが予想される場合にその金融商品等の価格下落で損失を被る可能性があります。また、金融商品
        等の取引相手方にデフォルト(債務不履行)が生じた場合等、本ファンドの基準価額は影響を受け、
        損失を被ることがあります。
     ・ 流動性リスク

        組入れる金融商品等の市場規模が小さく取引量が限られる場合などには、機動的に売買できない可能
        性があります。また、保有する金融商品等が期待された価格で処分できず、本ファンドの基準価額は
        影響を受け、損失を被ることがあります。
     ・ カントリーリスク

        投資対象国・地域において、政治・経済情勢の変化、外国為替規制、資本規制、税制の変更等の事態
        が生じた場合、又はそれが予想される場合には、方針に沿った運用が困難になり、基準価額の下落要
        因となる可能性があります。
        その他の留意点

        ○本ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の
         適用はありません。
        ○本ファンドは、大量の解約が発生し短期間で解約資金を手当てする必要が生じた場合や主たる取引
         市場において市場環境が急変した場合等に、一時的に組入資産の流動性が低下し、市場実勢から期
         待される価格で取引できないリスク、取引量が限られてしまうリスクがあります。これにより、基
         準価額にマイナスの影響を及ぼす可能性や、換金の申込みの受付が中止となる可能性、換金代金の
         お支払いが遅延する可能性があります。
        ○投資信託は預金や保険契約と異なり、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありま
         せん。
        ○銀行など登録金融機関でご購入いただく投資信託は投資者保護基金の支払対象ではありません。
        ○収益分配金の水準は、必ずしも計算期間における本ファンドの収益の水準を示すものではありませ
         ん。収益分配は、計算期間に生じた収益を超えて行われる場合があります。
        ○投資者の購入価額によっては、収益分配金の一部または全部が、実質的な元本の一部払戻しに相当
         する場合があります。
                                 15/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        ○収益分配金の支払いは、信託財産から行われます。したがって純資産総額の減少、基準価額の下落
         要因となります。
        ○本ファンドは、ファミリーファンド方式で運用を行います。当該運用方式には運用の効率性等の利
         点がありますが、投資対象とするマザーファンドにおいて、他のベビーファンドの資金変動等に伴
         う売買等が生じ、マザーファンドの組入れETF(上場投資信託証券)に売買等が生じた場合等に
         は、本ファンドの基準価額は影響を受けることがあります。
        ○有価証券の貸付取引等を行う場合には、取引先リスク(取引の相手方(レンディング・エージェン
         トを含みます。)の倒産等により契約が不履行になる等)が生じる場合があります。
     《リスク管理体制》

        ① 運用に関するリスク管理体制
          委託会社では、ファンドのパフォーマンスの分析及び運用リスクの管理をリスク管理関連の
         各委員会を設けて行っております。
          流動性リスクの管理においては、委託会社が規程を定め、ファンドの組入資産の流動性リス
         クのモニタリングなどを実施するとともに、緊急時対応策の策定・検証などを行います。取締
         役会等は、流動性リスク管理の適切な実施の確保や流動性リスク管理態勢について、監督しま
         す。
     最高運用責任者による統括

                                 16/128














                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      運用者の意思決定方向を調整・相互確認するために、下記の会議を運営します。

                                    内              容

       会議の名称           頻度
                        常勤取締役、最高運用責任者、運用部長及び運用部マネジャー
      投資戦略委員会           原則月1回        をもって構成する。
                        ①運用の基本方針②市場見通し、等について協議する。
                        最高運用責任者、運用部及び商品企画部に在籍する者をもって
                        構成する。
        運用会議         原則月1回
                        ①市場動向②今月の投資行動③市場見通し④今後の投資方針、
                        等についての情報交換、議論を行う。
                        常勤取締役、最高運用責任者、リスク管理部長、商品企画部
                        長、マーケティング部長、運用部長及び運用部マネジャーを
     リスク管理委員会           原則月1回        もって構成する。
                        ファンドのリスク特性分析、パフォーマンスの要因分析の報告
                        及び監視を行う。
                        運用担当者及び調査担当者をもって構成する。
     ファンドマネジャー
                  随時      個別銘柄の調査報告及び情報交換、ファンドの投資戦略につい
         会議
                        て議論を行う。
                        最高運用責任者、運用部長、未公開株運用担当者、未公開株調
     未公開株投資委員会              随時      査担当者及びコンプライアンス部長をもって構成する。
                        未公開株式の購入及び売却の決定を行う。
                        最高運用責任者、運用部長、組合運用担当者、組合の投資する
                        資産の調査担当者及びコンプライアンス部長をもって構成す
      組合投資委員会             随時
                        る。
                        組合への新規投資及び契約変更の決定を行う。
                        常勤取締役及びコンプライアンス部長をもって構成する。
     コンプライアンス
                 原則月1回        法令等、顧客ガイドライン、社内ルールの遵守状況の報告及び
        委員会
                        監視を行う。
                               上記体制は、今後、変更となる場合があります。
      ②コンプライアンス

        コンプライアンス委員会において、業務全般にかかる法令諸規則、社内ルール等を遵守していくため
      の諸施策の検討や諸施策の実施状況の報告等が行われています。また、コンプライアンス部長は、遵守
      状況の管理・監督を行うとともに、必要に応じて当社の役職員に諸施策の実行を指示します。
      ③機関化回避に関する運営

        グループ内取引による機関化を回避するために、グループ企業との各種取引について監査をする外部
      専門家(弁護士)を選任した上で、自ら率先垂範して運営しています。
                                 17/128






                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                 18/128





















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    4  【手数料等及び税金】

     (1)  【申込手数料】
        ありません。
     (2)  【換金(解約)手数料】

        ありません。
     (3)  【信託報酬等】

                     ファンドの日々の純資産総額に年0.0638%(税抜:年0.058%)の率を乗じ
                     て得た金額とします。当該報酬は、毎日計上され、毎計算期間の最初の6ヵ
                     月終了日(休業日の場合は翌営業日)及び毎計算期末または信託終了のと
                     きファンドから支払われます。
                     信託報酬=運用期間中の基準価額×信託報酬率
                     <信託報酬の配分(税抜)>
                      支払先         料率              役務の内容
                                      ファンドの運用、基準価額の算出、ディ
             ファンド
                      委託会社        年0.022%
                                      スクロージャー等の対価
                                      購入後の情報提供、運用報告書等各種書
                      販売会社        年0.022%        類の送付、口座内でのファンドの管理及
                                      び事務手続き等の対価
                                      運用財産の管理、委託会社からの指図の
                      受託会社        年0.014%
                                      実行等の対価
                     上記各支払先への料率には、別途消費税等相当額がかかります。
            投資対象とす         年0.07%程度
            る投資信託証         *マザーファンド受益証券を通じて投資するETF(上場投資信託証券)
             *
                     の信託報酬等です。
            券
                     年0.1338%(税込)程度
                *
                     *ファンドが実質的に投資対象とする投資信託証券の信託報酬を加味し
         実質的な負担
                     た、投資者の皆様が負担する信託報酬率になります。
                                 19/128









                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (4)  【その他の手数料等】

        本ファンドから支払われる費用には以下のものがあります。ただし、これらに限定されるものではあ
      りません。
        ①  有価証券売買時にかかる売買委託手数料
        ②  信託事務の処理に要する諸費用(⑥に規定する諸費用を除きます。)
        ③  借入金の利息
        ④  信託財産に関する租税
        ⑤  受託会社の立替えた立替金の利息
        ⑥  その他諸費用
        (ⅰ)受益権の管理事務に関連する費用
        (ⅱ)有価証券届出書、有価証券報告書等の作成、印刷及び提出にかかる費用
        (ⅲ)目論見書の作成、印刷及び交付にかかる費用
        (ⅳ)信託約款の作成、印刷及び届出に係る費用
        (ⅴ)運用報告書の作成、印刷及び交付にかかる費用
        (ⅵ)ファンドの受益者に対してする公告にかかる費用ならびに信託約款の変更または信託契約の解
           約にかかる事項を記載した書面の作成、印刷及び交付にかかる費用
        (ⅶ)信託財産にかかる監査報酬
          上記①~⑤の費用(それに付随する消費税等相当額を含みます。)については、ファンドからそ
         の都度支払われます。また、上記⑥その他諸費用は、ファンドの計算期間を通じて毎日計上されま
         す。かかる費用は、毎計算期の最初の6ヵ月終了日(当該日が休業日の場合は翌営業日)及び毎計算
         期末または信託終了のときに、信託財産中から委託会社に対して支払われます。
          なお、上記①~⑥の費用及び手数料等の合計額については、投資者の皆様がファンドを保有され
         る期間等に応じて異なりますので、表示することができません。また、運用状況等により変動する
         ものであり、事前に料率、上限額等を表示することができません。
        ⑦  委託会社は、上記⑥その他諸費用(それに付随する消費税等相当額を含みます。)の支払いを信託
         財産のために行い、支払金額の支弁を信託財産から受けることができます。この場合、委託会社は
         現に信託財産のために支払った金額の支弁を受ける際に、あらかじめ受領する金額に上限を付する
         ことができます。また、委託会社は、実際に支払う金額の支弁を受ける代わりに、かかる費用等の
         金額をあらかじめ合理的に見積もった上で、実際または予想される費用額を上限として固定率また
         は固定金額にて信託財産からその支弁を受けることもできます。
        ⑧  上記⑦その他諸費用の上限、固定率または固定金額を定める場合、委託会社は、信託財産の規模等
         を考慮して、信託の設定時または期中に、あらかじめ委託会社が定めた範囲内でかかる上限、固定
         率または固定金額を変更することができます。
        ⑨  上記⑦その他諸費用の固定率または固定金額を定める場合、かかる費用等の額は、信託約款に規定
         する計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に応じて計上されます。かかる費用等(それに
         付随する消費税等相当額を含みます。)は、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日(当該日が休業日の場
         合は翌営業日)及び毎計算期末または信託終了時に信託財産中から支弁します。
        ⑩  その他の報酬
         有価証券の貸付を行った場合に限り、その対価としての品貸料(マザーファンド(当該マザーファ
        ンドの約款において、品貸料の一部を、同マザーファンドに投資を行っている証券投資信託の報酬と
        して収受する規定のあるものに限ります。)における品貸料については、他の証券投資信託が同一の
        マザーファンドに投資を行っている場合は、マザーファンドの純資産総額における当該各証券投資信
        託の投資の時価総額に応じて、毎日按分するものとします。)の55%(税抜50%)以内の額としま
        す。かかる費用は、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日(当該日が休業日の場合は翌営業日)及び毎計
        算期末または信託終了時に信託財産中から支弁するものとし、委託会社と受託会社との配分は別に定
        めます。
         なお、有価証券の貸付は現在行っておりませんので、それに関連する報酬はかかりません。
     (5)  【課税上の取扱い】

                                 20/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        収益分配時・換金(解約)・償還時に受益者が負担する税金は2022年10月末日現在、以下の通りで
      す。なお、以下の内容は税法が改正された場合等には、変更となることがあります。
        ① 個人の受益者に対する課税
        イ.収益分配金に対する課税
          収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金は、配当所得として課税され、20.315%(所得税
         15%、復興特別所得税0.315%及び地方税5%)の税率による源泉徴収が行われ、申告不要制度が適
         用されます。なお、確定申告による総合課税(配当控除は適用されません。)もしくは申告分離課
         税のいずれかを選択することも可能です。
        ロ.解約金及び償還金に対する課税

          換金(解約)及び償還時の差益(個別元本超過額)は譲渡所得とみなされ、20.315%(所得税
         15%、復興特別所得税0.315%及び地方税5%)の税率により、申告分離課税が適用されます。
          なお、源泉徴収口座(特定口座)を選択することも可能です。
         ・少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」、未成年者少額投資非課税制度「愛称:ジュ

          ニアNISA(ジュニアニーサ)」をご利用の場合
          公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度及び未成年者少額投資非課税制度の適用対象で
         す。NISA及びジュニアNISAをご利用の場合、毎年一定額の範囲で新たに購入した公募株式
         投資信託などから生じる配当所得及び譲渡所得が一定期間非課税となります。ご利用になれるのは
         販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方が対象となります。詳しくは、販
         売会社にお問い合わせください。
        ② 法人の投資者に対する課税

         収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに換金(解約)及び償還時の差益(個別元本超
        過額)については配当所得として課税され、15.315%(所得税15%及び復興特別所得税0.315%)の税
        率で源泉徴収が行われます。地方税の源泉徴収はありません。収益分配金のうち所得税法上課税対象
        となるのは普通分配金のみであり、元本払戻金(特別分配金)には課税されません。
         また、原則として、益金不算入制度の適用はありません。
        ③ 確定拠出年金加入者に対する課税

         確定拠出年金法に規定する資産管理機関の場合、収益分配金ならびに解約・償還益(個別元本超過
        額)については、所得税及び地方税は非課税となっております。
         なお、確定拠出年金制度の加入者については、確定拠出年金の積立金の運用にかかる税制が適用さ
        れます。
      <注1>個別元本について

        ① 受益者ごとの信託時の受益権の価額等(申込手数料及び当該申込手数料にかかる消費税等に相当
         する金額は含まれません。)が当該受益者の元本(個別元本)にあたります。
        ② 受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託を行
         うつど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
          ただし、個別元本は、複数支店で同一ファンドをお申込の場合等により把握方法が異なる場合が
         ありますので、販売会社にお問い合わせください。
        ③ 受益者が元本払戻金(特別分配金)を受取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当該
         元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。
      <注2>収益分配金の課税について

        ① 追加型証券投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる
         「元本払戻金(特別分配金)」(受益者ごとの元本の一部払戻しに相当する部分)の区分がありま
         す。
        ② 受益者が収益分配金を受取る際、イ.当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本
         と同額の場合または当該受益者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通
                                 21/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         分配金となり、ロ.当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を下回っている場合
         には、その下回る部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、当該収益分配金から当該元本払戻
         金 (特別分配金)を控除した額が普通分配金となります。
      ※外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合があります。

      ※詳しくは、販売会社または税務署等にお問い合わせください。
      ※税法が改正された場合等には、上記の内容が変更となる場合があります。
      ※課税上の取扱いの詳細については、税務専門家に確認されることをお勧めします。
                                 22/128


















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】

    (1)【投資状況】

             資産の種類                国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

    親投資信託受益証券                       日本                  533,535,288            100.60
    現金・預金・その他の資産(負債控除後)                       ―                  △3,219,150            △0.60
                合計(純資産総額)                            530,316,138            100.00
    (2)【投資資産】

    ①【投資有価証券の主要銘柄】

    イ.評価額上位銘柄明細
                                 帳簿価額      帳簿価額       評価額      評価額     投資
                           数量又は
    順位  国/地域     種類        銘柄名                単価      金額      単価      金額     比率
                           額面総額
                                  (円)      (円)      (円)      (円)     (%)
     1  日本   親投資信託    SBIパリ協定ネット・ゼロイ              517,091,770        1.0013    517,763,990        1.0318     533,535,288     100.61
          受益証券    ンデックス・マザーファンド
    種類別投資比率
                                         (2022年10月31日現在)
                 種類                     投資比率(%)
              親投資信託受益証券                                  100.61
                 合計                              100.61
    (注)投資比率とは、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
    ②【投資不動産物件】

    該当事項はありません。
    ③【その他投資資産の主要なもの】

    該当事項はありません。
    (3)【運用実績】

    ①【純資産の推移】

    2022年10月31日(直近日)現在、同日前1年以内における各月末ならびに下記計算期間末の純資産の推移は次
    の通りです。
                              純資産総額(円)               1口当たり純資産額(円)
              期別
                           (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
      第1計算期間末          (2022年10月20日)            514,218,339         514,218,339           0.9957         0.9957
                2021年11月末日            459,084,726             ―      0.9878           ―
                   12月末日            551,340,460             ―      1.0270           ―
                2022年    1月末日
                            538,909,900             ―      0.9292           ―
                    2月末日
                            545,302,285             ―      0.9234           ―
                    3月末日
                            598,844,481             ―      1.0246           ―
                    4月末日
                            524,209,151             ―      0.9793           ―
                    5月末日
                            527,473,201             ―      0.9606           ―
                                 23/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                    6月末日
                            521,495,931             ―      0.9410           ―
                    7月末日
                            546,138,337             ―      0.9870           ―
                    8月末日
                            511,737,908             ―      0.9954           ―
                    9月末日
                            483,456,236             ―      0.9474           ―
                   10月末日            530,316,138             ―      1.0260           ―
    (注)表中の末日とはその月の最終営業日を指します。
    ②【分配の推移】

          期                  計算期間                  1口当たりの分配金(円)

       第1計算期間末         2021年11月10日~2022年10月20日                                        0.0000
    ③【収益率の推移】

          期                  計算期間                     収益率(%)

       第1計算期間末         2021年11月10日~2022年10月20日                                         △0.4
    (注)各計算期間の収益率は、計算期間末の基準価額(分配落ち)に当該計算期間の分配金を加算し、当該計算期間の直前
      の計算期間末の基準価額(分配落ち。以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除し
      て得た数に100を乗じた数を記載しております。
      なお、第1計算期間の収益率は、前計算期間末(設定時)の基準価額を10,000円として計算しております。
    (4)【設定及び解約の実績】

        期             計算期間             設定口数(口)        解約口数(口)        発行済み口数(口)

      第1計算期間末        2021年11月10日~2022年10月20日                       800,884,554        284,451,817         516,432,737
    (注)本邦外における設定及び解約の実績はありません。
    第1計算期間の設定口数には、当初設定口数を含みます。
    (参考)

    SBIパリ協定ネット・ゼロインデックス・マザーファンド

    投資状況

                                                 (2022年10月31日現在)
             資産の種類                国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)
    投資信託受益証券                       ルクセンブルク                  520,559,976            97.56
    現金・預金・その他の資産(負債控除後)                       ―                  12,974,963            2.43
                合計(純資産総額)                            533,534,939            100.00
    (注)投資比率とは、マザーファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
    投資資産

    投資有価証券の主要銘柄

                                                 (2022年10月31日現在)
                                 帳簿価額      帳簿価額       評価額      評価額     投資
                           数量又は
    順位  国/地域     種類        銘柄名                単価      金額      単価      金額    比率
                           額面総額
                                  (円)      (円)      (円)      (円)    (%)
     1 ルクセン   投資信託受    LYXOR  NET  ZERO  2050  S&P  500      146,084      3,415.91     499,009,854        3,563.42     520,559,976     97.57
      ブルク    益証券
                                 24/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (注)投資比率とは、マザーファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
    種類別・業種別構成比率

                                         (2022年10月31日現在)
                 種類                     投資比率(%)
              投資信託受益証券                                  97.57
                 合計                               97.57
    (注)投資比率とは、マザーファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
    投資不動産物件

    該当事項はありません。
    その他投資資産の主要なもの

    該当事項はありません。
                                 25/128















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    <参考情報>

                                 26/128




















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                 27/128





















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第2   【管理及び運営】

    1  【申込(販売)手続等】

       (ⅰ)お申込日
         毎営業日お申込いただけます。
         原則として、営業日の午後3時までに販売会社が受付けた分を当日のお申込みとします。
         上記時間を過ぎての受付は、翌営業日の取扱いとなります。
         ただし、継続申込期間中は、次のいずれかに該当する場合には、購入・換金のお申込みの受付を行
         いません。
          ・ニューヨークの証券取引所の休業日 ・ニューヨークの商業銀行の休業日
          ・ロンドンの証券取引所の休業日    ・ロンドンの商業銀行の休業日
          ・委託会社の指定する日
         詳しくは販売会社へお問い合せください。なお、下記照会先においてもご確認いただけます。

           委託会社における照会先:
            SBIアセットマネジメント株式会社(委託会社)
            電話番号     03-6229-0097(受付時間:毎営業日の午前9時~午後5時)
            ホームページ        http://www.sbiam.co.jp/
       (ⅱ)お申込単位

         ・分配金の受取方法により、お申込には2つの方法があります。(販売会社によっては、どちらか
          一方のみの取扱いとなる場合があります)
         ・お申込単位は、各販売会社が定めるものとします。(当初1口=1円)
          ①分配金受取コース
          ②分配金再投資コース
           再投資される収益分配金については1口単位とします。
          取得申込に際して、本ファンドにかかる「自動けいぞく投資契約」(取扱販売会社によっては名
          称が異なる場合もございます。)を取扱販売会社との間で結んでいただきます。
          また、確定拠出年金を通じて取得申込を行う場合は、当該定めにしたがうものとします。
          詳しくは販売会社にお問い合わせください。なお、上記(ⅰ)に記載の照会先においてもご確認い

          ただけます。
       (ⅲ)お申込価額

         取得申込受付日の翌営業日に算出される基準価額
       (ⅳ)お申込手数料

         ありません。
       ※本ファンドの受益権は、振替制度の適用を受けており、取得申込者は販売会社に、取得申込と同時に

        または予め、自己のために開設されたファンドの当該取得申込者が受益権の振替を行うための振替機
        関等の口座を示すものとし、当該口座に当該取得申込者にかかる口数の増加の記載または記録が行わ
        れます。なお、販売会社は、当該取得申込の代金の支払いと引き換えに、当該口座に当該取得申込者
        にかかる口数の増加の記載または記録を行うことができます。
         委託会社は、追加信託により分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載

        または記録をするため社振法に定める事項の振替機関への通知を行うものとします。振替機関等は、
        委託会社から振替機関への通知があった場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への
        新たな記載または記録を行います。受託会社は、追加信託により生じた受益権については追加信託の
                                 28/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        つど、振替機関の定める方法により、振替機関へ当該受益権にかかる信託を設定した旨の通知を行い
        ます。
         上記にかかわらず、委託会社は、金融商品取引所(金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品
        取引所及び金融商品取引法第2条第8項第3号ロに規定する外国金融商品市場をいいます。以下同じ。な
        お、金融商品取引所を単に「取引所」という場合があり、取引所のうち、有価証券の売買または金融
        商品取引法第28条第8項第3号もしくは同項第5号の取引を行う市場ないしは当該市場を開設するものを
        「証券取引所」という場合があります。)等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の
        停止、その他やむを得ない事情があるときは、販売会社は、受益権の取得申込みの受付を中止するこ
        と、及びすでに受付けた取得申込みを取消すことができます。
         なお、取得申込みの受付が中止または取消しされた場合には、受益者は当該受付中止または取消し
        以前に行った当日の取得申込みを撤回できます。ただし、受益者がその取得申込みを撤回しない場合
        には、当該受益権の取得の価額は、当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に取得申込
        みを受付けたものとし、上記の規定に準じて算出した価額とします。
                                 29/128
















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2  【換金(解約)手続等】

       a.換金の受付
         毎営業日お申込みいただけます。
         原則として営業日の午後3時までに販売会社が受付けた分を当日のお申込みとします。
         上記時間を過ぎての受付は、翌営業日のお取扱いとなります。
         ただし、換金申込日当日が次のいずれかに該当する場合には、購入・換金のお申込みの受付を行い
         ません。
          ・ニューヨークの証券取引所の休業日 ・ニューヨークの商業銀行の休業日
          ・ロンドンの証券取引所の休業日    ・ロンドンの商業銀行の休業日
          ・委託会社の指定する日
         詳しくは販売会社へお問い合せください。なお、下記照会先においてもご確認いただけます。

           委託会社における照会先:
           SBIアセットマネジメント株式会社(委託会社)
           電話番号     03-6229-0097(受付時間:毎営業日の午前9時~午後5時)
           ホームページ        http://www.sbiam.co.jp/
       b.換金単位
         最低単位を1円単位または1口単位として、販売会社が定める単位をもって一部解約の実行を請求
         することができます。
         換金単位は販売会社により異なる場合がありますので、販売会社にご確認ください。
         なお、上記に記載の照会先においてもご確認いただけます。
       c.換金価額
         解約請求受付日の翌営業日に算出される基準価額となります。
         換金手数料はありません。基準価額については、上記a.の照会先においてもご確認いただけま
         す。
       d.換金代金のお支払い
         原則として、換金代金は、受益者の一部解約の実行の請求を受付けた日から起算して6営業日目か
         らお支払いします。
       e.その他
         信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口解約または換金の請求金額が多額となる場合には制限
         を設ける場合があります。
         上記にかかわらず、委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決
        済機能の停止、その他やむを得ない事情があるときは、一部解約の実行の請求の受付を中止すること
        及びすでに受付けた一部解約の実行の請求の受付を取消すことができます。
         なお、一部解約の実行の請求の受付が中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に行った当
        日の一部解約の実行の請求を撤回できます。ただし、受益者が当該一部解約の実行の請求を撤回しな
        い場合には、当該受益権の一部解約の価額は、当該受付中止を解除した後の最初の解約請求受付期間
        に一部解約の実行の請求を受付けたものとし、上記の規定に準じて計算された価額とします。
        ※本ファンドの受益権は、振替制度の適用を受けており、換金の請求を行う受益者は、その口座が開
         設されている振替機関等に対して当該受益者の請求にかかるこの信託契約の一部解約を委託会社が
         行うのと引換えに、当該一部解約にかかる受益権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社
         振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口数の減少の記載または記録が行われま
         す。
         換金の請求を受益者がするときは、振替受益権をもって行うものとします。
                                 30/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    3  【資産管理等の概要】

     (1)  【資産の評価】
        (ⅰ)   基準価額の算出方法
           基準価額とは、信託財産に属する資産(信託約款第23条に規定する借入公社債を除きます。)
          を法令及び一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価または一部償却原価法により評価し
          て得た信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額(以下「純資産総額」といいます。)を
          計算日における受益権総口数で除した金額をいいます。ただし、便宜上1万口当たりで表示され
          ます。
        (ⅱ)   主な投資対象資産の評価方法
             マザーファンド           原則として、基準価額計算日の基準価額で評価します。
                        原則として、基準価額計算日の対顧客電信売買相場の仲値で
               外貨建資産
                        円換算を行います。
        (ⅲ)   基準価額の算出頻度・照会方法等
           本ファンドの基準価額は毎営業日算出されます。最新の基準価額(1万口当たり)は最寄りの
          取扱販売会社にお問い合わせいただければ、いつでもお知らせいたします。また、日本経済新聞
          にも原則として計算日の翌日付の朝刊に基準価額(1万口当たり)が掲載されています。なお、
          下記照会先においてもご確認いただけます。
             委託会社における照会先:

             SBIアセットマネジメント株式会社(委託会社)
             電話番号     03-6229-0097(受付時間:毎営業日の午前9時~午後5時)
             ホームページ        http://www.sbiam.co.jp/
     (2)  【保管】

         本ファンドの受益権は社振法の規定の適用を受け、受益権の帰属は振替機関等の振替口座簿に記載
         または記録されることにより定まるため、原則として受益証券は発行されません。したがって、受
         益証券の保管に関する該当事項はありません。
     (3)  【信託期間】

         本ファンドの信託期間は2021年11月10日から開始し、原則として無期限です。
         ただし、後記の「(5)その他」の規定等によりファンドを償還させることがあります。
     (4)  【計算期間】

         この信託の計算期間は、毎年10月21日から翌年10月20日までとすることを原則とします。なお、第1
        計算期間は、2021年11月10日から2022年10月20日までとします。各計算期間終了日に該当する日が休
        業日のとき、各計算期間終了日は翌営業日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとしま
        す。
                                 31/128






                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (5)  【その他】

        (ⅰ)信託の終了
         ① 委託会社は、信託期間中において、信託契約の一部を解約することにより受益権の口数が10億
           口を下回ることとなった場合、またはこの信託契約を解約することが受益者のため有利である
           と認めるとき、またはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、この信託
           契約を解約し、信託を終了させることができます。この場合において、委託会社は、あらかじ
           め、解約しようとする旨を監督官庁に届出ます。
         ② 委託会社は、S&P500パリ協定準拠気候指数が改廃されたとき、または本ファンドの実質的な投
           資対象であるETF(上場投資信託証券)が上場廃止となる場合には、この信託契約を解約
           し、信託を終了させます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しようとする旨
           を監督官庁に届け出ます。
         ③ 委託会社は、前記①の事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行
           います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに信託契約の解約の理由などの
           事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この信託契約にかかる知れている受益者に対
           し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
         ④ 前記③の書面決議において、受益者(委託会社及びこの信託の信託財産にこの信託の受益権が
           属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下同じ。)は受益権
           の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、この信託契約にかか
           る知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について
           賛成するものとみなします。
         ⑤ 前記③の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上にあたる多
           数をもって行います。
         ⑥ 前記③から⑤までの規定は、委託会社が信託契約の解約について提案をした場合において、当
           該提案につき、この信託契約にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意
           思表示をしたときには適用しません。また、信託財産の状況に照らし真にやむを得ない事情が
           生じている場合であって、前記③から⑤までに規定する手続きを行うことが困難な場合にも適
           用しません。
        (ⅱ)その他の事由による信託の終了
          委託会社は、監督官庁より、この信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、
         信託契約を解約し信託を終了させます。
          委託会社が監督官庁より登録の取消しを受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは
         委託会社は、この信託契約を解約し信託を終了させます。ただし、監督官庁がこの信託契約に関す
         る委託会社の業務を他の投資信託委託会社に引継ぐことを命じたときは、下記「(ⅲ)約款変更」
         ②の書面決議で否決された場合を除き、当該投資信託委託会社と受託会社との間において存続しま
         す。
          受託会社が辞任した場合または裁判所が受託会社を解任した場合において、委託会社が新受託会
         社を選任できないときは、委託会社は信託契約を解約し、信託を終了させます。
        (ⅲ)約款変更
         ① 委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したとき
           は、受託会社と合意のうえ、この信託約款を変更することまたはこの信託と他の信託との併合
           (投資信託及び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併
           合」をいいます。以下同じ。)を行うことができるものとし、あらかじめ、変更または併合し
           ようとする旨及びその内容を監督官庁に届出ます。なお、この信託約款は本条に定める以外の
           方法によって変更することができないものとします。
         ② 委託会社は、前記①の事項(前記①の変更事項にあっては、その内容が重大なものに該当する
           場合に限り、前項の併合事項にあっては、その併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なもの
           に該当する場合を除きます。以下「重大な約款の変更等」といいます。)について、書面決議
           を行います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な約款変更の変更等
           の内容およびその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この信託約款にか
                                 32/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
           かる知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発しま
           す。
         ③ 前記②の書面決議において、受益者は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使する
           ことができます。なお、信託契約にかかる知れている受益者が議決権を行使しないときは、当
           該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
         ④ 前記②の書面決議は議決権が行使できる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって
           行います。
         ⑤ 書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
         ⑥ 前記②から⑤までの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合におい
           て、当該提案につき、この信託契約にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録により同
           意の意思表示をしたときには適用しません。
         ⑦ 前記①から⑥の規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決された場合に
           あっても、当該併合にかかる1つまたは複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否
           決された場合は、当該他の投資信託との併合を行うことはできません。
        (ⅳ)公告
          委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行い、次のアドレスに掲載しま
        す。
          http://www.sbiam.co.jp/
          なお、電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の公
         告は、日刊工業新聞に掲載します。
        (ⅴ)反対受益者の受益権買取請求の不適用
          本ファンドは、受益者が信託約款第41条の規定による一部解約請求を行ったときは、委託会社が
         信託契約の一部の解約をすることにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に
         一部解約金として支払われることとなる委託者指図型投資信託に該当するため、前記(ⅰ)の信託契
         約の解約または前期(ⅲ)の重大な信託約款の変更等を行う場合において、投資信託及び投資法人に
         関する法律第18条第1項に定める反対受益者による受益権買取請求の規定の適用を受けません。
        (ⅵ)運用報告書の作成
          ファンドは、毎計算期末             (毎年10月20日。ただし、当該日が休業日の場合は翌営業日。)及び
         信託終了時に期中の運用経過のほか信託財産の内容、有価証券売買状況などを記載した交付運用報
         告書を作成し、販売会社を通じて知れている受益者に交付します。運用報告書(全体版)は、委託
         会社のホームページに掲載します。ただし、受益者から運用報告書(全体版)の請求があった場合
         には、これを交付します。
        (ⅶ)関係法人との契約の更改
          募集・販売契約
          委託会社と販売会社との間の募集・販売契約は、当事者の別段の意思表示のない限り、1年ごと
         に自動的に更新されます。募集・販売契約は、当事者間の合意により変更することができます。
                                 33/128







                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    4  【受益者の権利等】

       受益者の有する主な権利は次の通りです。
       (ⅰ)収益分配金・償還金の請求権
         受益者は、ファンドの収益分配金・償還金を所有する受益権の口数に応じて委託会社に請求する権
        利を有します。収益分配金の請求権は支払開始日から5年間、償還金の請求権は支払開始日から10年
        間その支払いを請求しないときはその権利を失い、委託会社が受託会社から交付を受けた金銭は、委
        託会社に帰属します。
        (注)本ファンドの受益権は、振替制度の適用を受けており、その場合の分配金は、決算日において
           振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者に、原則として決算日から起算し
           て5営業日目までに支払いを開始します。
       (ⅱ)換金請求権

         受益者は、保有する受益権について販売会社に換金を請求する権利を有します。
       (ⅲ)帳簿閲覧権

         受益者は委託会社に対し、その営業時間内に本ファンドの信託財産に関する帳簿書類の閲覧・謄写
        を請求することができます。
                                 34/128














                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】

    1)  本ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
       年大蔵省令第59号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規
       則」(平成12年総理府令第133号)に基づいて作成しております。
        なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
    2)  本ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1期計算期間(2021年11

       月10日から2022年10月20日まで)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる監査
       を受けております。
                                 35/128

















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    1【財務諸表】

    【SBIパリ協定ネット・ゼロインデックス・ファンド】

    (1)【貸借対照表】

                                                     (単位:円)
                                           第1期
                                        2022年10月20日現在
     資産の部
       流動資産
                                                         9,600
        コール・ローン
                                                      515,299,946
        親投資信託受益証券
                                                      515,309,546
        流動資産合計
                                                      515,309,546
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                                        229,611
        未払解約金
                                                        35,986
        未払受託者報酬
                                                        113,030
        未払委託者報酬
                                                        712,580
        その他未払費用
                                                       1,091,207
        流動負債合計
                                                       1,091,207
       負債合計
     純資産の部
       元本等
                                                      516,432,737
        元本
        剰余金
                                                      △ 2,214,398
         期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                                      514,218,339
        元本等合計
                                                      514,218,339
       純資産合計
                                                      515,309,546
     負債純資産合計
                                 36/128









                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                     (単位:円)
                                           第1期
                                        自 2021年11月10日
                                        至 2022年10月20日
     営業収益
                                                       4,929,946
       有価証券売買等損益
                                                       4,929,946
       営業収益合計
     営業費用
                                                          162
       支払利息
                                                        76,068
       受託者報酬
                                                        238,945
       委託者報酬
                                                       1,728,650
       その他費用
                                                       2,043,825
       営業費用合計
                                                       2,886,121
     営業利益又は営業損失(△)
                                                       2,886,121
     経常利益又は経常損失(△)
                                                       2,886,121
     当期純利益又は当期純損失(△)
     一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                                       △ 349,189
     約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
     期首剰余金又は期首欠損金(△)                                                      -
                                                       1,867,788
     剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減
                                                       1,867,788
       少額
                                                       7,317,496
     剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増
                                                       7,317,496
       加額
                                                           -
     分配金
                                                      △ 2,214,398
     期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                 37/128











                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【注記表】

    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
    1.有価証券の評価基準及び評価方法                  親投資信託受益証券
                      移動平均法に基づき、時価で評価しております。時価評価にあたっては、基準価
                      額で評価しております。
    2.その他                  ファンドの計算期間

                      本ファンドの計算期間は原則として、毎年10月21日から翌年10月20日までとして
                      おりますが、第1期計算期間は期首が設定日のため、当計算期間は2021年11月10日
                      から2022年10月20日までとなっております。
    (貸借対照表に関する注記)

                                               第1期
                    項目
                                            2022年10月20日現在
    1.   計算期間末日における受益権の総数                                              516,432,737口
    2.   元本の欠損
       純資産額が元本総額を下回る場合におけるその差額                                               2,214,398円
    3.
       1口当たり純資産額                                                0.9957円
       (10,000口当たり純資産額)                                                (9,957円)
    (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                               第1期
                           自  2021年11月10日
                           至  2022年10月20日
     1.  分配金の計算過程
       費用控除後の配当等収益額                             A                     -円
       費用控除後・繰越欠損金補填後の有価証券等損益額                             B                  3,246,625円
       収益調整金額                              C                      -円
       分配準備積立金額                             D                     -円
       本ファンドの分配対象収益額                             E=A+B+C+D                  3,246,625円
       本ファンドの期末残存口数                             F                 516,432,737口
       10,000口当たり収益分配対象額                             G=E/F×10,000                    62.86円
       10,000口当たり分配金額                             H                     -円
       収益分配金金額                             I=F×H/10,000                     -円
     2.  追加情報
       2016年1月29日の日本銀行による「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の導入発表後、国内短期金融市場では
       利回り水準が低下しております。この影響により、利息に相当する額を本ファンドが実質的に負担する場合には受
       取利息のマイナスまたは支払利息として表示しております。
                                 38/128






                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)

    Ⅰ金融商品の状況に関する事項
                                       第1期
                                    自  2021年11月10日
            項目
                                    至  2022年10月20日
    1.金融商品に対する取組方針                  本ファンドは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第4項に定める証券投資
                      信託であり、信託約款に規定する運用の基本方針に従い、有価証券等の金融商品
                      に対して投資として運用することを目的としております。
    2.金融商品の内容及び金融商品に係                  本ファンドが保有する金融商品の種類は、有価証券、コール・ローン等の金銭債権

    るリスク                  及び金銭債務であります。
                      これらは、価格変動リスク、金利変動リスクなどの市場リスク、信用リスク及び
                      流動性リスクにさらされております。
    3.金融商品に係るリスクの管理体制                  常勤取締役、最高運用責任者、リスク管理部長、商品企画部長、マーケティング

                      部長、運用部長及び運用部マネジャーをもって構成するリスク管理委員会にて、
                      ファンドのリスク特性分析、パフォーマンスの要因分析の報告及び監視を行い、
                      運用者の意思決定方向を調整・相互確認しております。
                      ①市場リスクの管理
                      市場リスクに関しては、資産配分等の状況を常時、分析・把握し、投資方針に沿っ
                      ているか等の管理を行なっております。
                      ②信用リスクの管理
                      信用リスクに関しては、発行体や取引先の財務状況等に関する情報収集・分析を常
                      時、継続し、格付等の信用度に応じた組入制限等の管理を行なっております。
                      ③流動性リスクの管理
                      流動性リスクに関しては、必要に応じて市場流動性の状況を把握し、取引量や組
                      入比率等の管理を行なっております。
    Ⅱ金融商品の時価等に関する事項

                                       第1期
            項目
                                    2022年10月20日現在
    1.貸借対照表計上額、時価及びその                  貸借対照表上の金融商品は原則としてすべて時価で評価しているため、貸借対照
      差額                表計上額と時価との差額はありません。
    2.時価の算定方法                  ①親投資信託受益証券

                      (重要な会計方針に係る事項に関する注記)に記載しております。
                      ②上記以外の金融商品
                      これらの商品は短期間で決済されるため、帳簿価額は時価と近似していることか
                      ら、当該帳簿価額を時価としております。
    3.金融商品の時価等に関する事項に                  金融商品の時価の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる

      ついての補足説明                前提条件等によった場合、当該価額が異なることもあります。
    4.金銭債権及び満期のある有価証券                  金銭債権

      の計算期間末日後の償還予定額
                      全額が1年以内に償還されます。
                      有価証券(売買目的有価証券を除く。)のうち満期のあるもの
                      該当事項はありません。
                                 39/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (有価証券に関する注記)

    売買目的有価証券
                                      第1期
                                   自  2021年11月10日
           種類
                                   至  2022年10月20日
                            最終の計算期間の損益に含まれた評価差額(円)
       親投資信託受益証券                                                5,257,675
           合計                                            5,257,675
    (デリバティブ取引等に関する注記)

    該当事項はありません。
    (関連当事者との取引に関する注記)

                               第1期
                           自  2021年11月10日
                           至  2022年10月20日
                          該当事項はありません。
    (その他の注記)

    本ファンドの当該計算期間における元本額の変動
                                                  第1期
                                               自  2021年11月10日
                      項目
                                               至  2022年10月20日
    投資信託財産に係る元本の状況
    期首元本額                                                304,189,666円
    期中追加設定元本額                                                496,694,888円
    期中一部解約元本額                                                284,451,817円
    (4)【附属明細表】

    第1 有価証券明細表
     (1)株式
    該当事項はありません。
     (2)株式以外の有価証券

                                                     (単位:円)
       種 類                  銘 柄                券面総額(口)         評価額      備考
    親投資信託受益証券          SBIパリ協定ネット・ゼロインデックス・マザーファン                              514,630,926       515,299,946
              ド
                      合計                      514,630,926       515,299,946
    第2 信用取引契約残高明細表

    該当事項はありません。
    第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

    該当事項はありません。
                                 40/128




                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    <参考情報>

     本報告書の開示対象であるファンド(SBIパリ協定ネット・ゼロインデックス・ファンド)は「SBI

     パリ協定ネット・ゼロインデックス・マザーファンド」の受益証券を主要な投資対象としており、貸借対
     照表の資産の部に計上されている親投資信託受益証券は、すべて同マザーファンドの受益証券でありま
     す。同マザーファンドの2022年10月20日現在(以下「計算日」という。)の状況は次に示すとおりであり
     ますが、それらは監査意見の対象外であります。
    SBIパリ協定ネット・ゼロインデックス・マザーファンド

    貸借対照表

                                                     (単位:円)
                                        2022年10月20日現在
     資産の部
       流動資産
        預金                                                158,300
        コール・ローン                                              10,338,852
                                                      504,798,988
        投資信託受益証券
        流動資産合計                                              515,296,140
       資産合計                                               515,296,140
     負債の部
       流動負債
                                                          28
        未払利息
        流動負債合計                                                  28
       負債合計                                                    28
     純資産の部
       元本等
        元本                                              514,630,926
        剰余金
                                                        665,186
         剰余金又は欠損金(△)
        元本等合計                                              515,296,112
       純資産合計                                               515,296,112
     負債純資産合計                                                 515,296,140
                                 41/128








                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    注記表

    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
    1.有価証券の評価基準及び評価方法                  投資信託受益証券
                      移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価にあたって
                      は、金融商品取引所における最終相場によっております。
    2.デリバティブ等の評価基準及び評                  為替予約取引

      価方法
                      個別法に基づき、国内における計算日の対顧客先物売買相場の仲値で評価してお
                      ります。
    3.外貨建資産・負債の本邦通貨への                  信託財産に属する外貨建資産・負債の円換算は、原則として、わが国における計

      換算基準                算日の対顧客電信売買相場の仲値によって計算しております。
    4.収益及び費用の計上基準                  ①受取配当金

                      原則として、投資信託受益証券の分配落ち日において、予想配当金額を計上して
                      おります。
                      ②為替差損益
                      約定日基準で計上しております。
    5.その他                  外貨建資産等の会計処理

                      外貨建資産等については、投資信託財産の計算に関する規則第60条の規定に基づ
                      き、通貨の種類ごとに勘定を設けて、邦貨建資産等と区別する方法を採用してお
                      ります。従って、外貨の売買については、同規則第61条の規定により処理し、為
                      替差損益を算定しております。
    (貸借対照表に関する注記)

                    項目                        2022年10月20日現在
    1.   計算日における受益権の総数                                              514,630,926口
    2.
       1口当たり純資産額                                                1.0013円
       (10,000口当たり純資産額)                                               (10,013円)
                                 42/128









                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)

    Ⅰ金融商品の状況に関する事項
                                    自  2021年11月10日
            項目
                                    至  2022年10月20日
    1.金融商品に対する取組方針                  本ファンドは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第4項に定める証券投資
                      信託であり、信託約款に規定する運用の基本方針に従い、有価証券等の金融商品
                      に対して投資として運用することを目的としております。
    2.金融商品の内容及び金融商品に係                  本ファンドが保有する金融商品の種類は、有価証券、デリバティブ取引、コール・

    るリスク                  ローン等の金銭債権及び金銭債務であります。
                      これらは、価格変動リスク、金利変動リスクなどの市場リスク、信用リスク及び
                      流動性リスクにさらされております。
                      また、主に為替変動リスクを回避すること等を目的として、為替予約取引を行っ
                      ております。為替予約取引に係る主要なリスクは、為替相場の変動による価格変
                      動リスク及び取引相手の信用状況の変動により損失が発生する信用リスクであり
                      ます。
    3.金融商品に係るリスクの管理体制                  常勤取締役、最高運用責任者、リスク管理部長、商品企画部長、マーケティング

                      部長、運用部長及び運用部マネジャーをもって構成するリスク管理委員会にて、
                      ファンドのリスク特性分析、パフォーマンスの要因分析の報告及び監視を行い、
                      運用者の意思決定方向を調整・相互確認しております。
                      ①市場リスクの管理
                      市場リスクに関しては、資産配分等の状況を常時、分析・把握し、投資方針に沿っ
                      ているか等の管理を行なっております。
                      ②信用リスクの管理
                      信用リスクに関しては、発行体や取引先の財務状況等に関する情報収集・分析を常
                      時、継続し、格付等の信用度に応じた組入制限等の管理を行なっております。
                      ③流動性リスクの管理
                      流動性リスクに関しては、必要に応じて市場流動性の状況を把握し、取引量や組
                      入比率等の管理を行なっております。
    Ⅱ金融商品の時価等に関する事項

            項目                        2022年10月20日現在
    1.貸借対照表計上額、時価及びその                  貸借対照表上の金融商品は原則としてすべて時価で評価しているため、貸借対照
      差額                表計上額と時価との差額はありません。
    2.時価の算定方法                  ①投資信託受益証券

                      (重要な会計方針に係る事項に関する注記)に記載しております。
                      ②上記以外の金融商品
                      これらの商品は短期間で決済されるため、帳簿価額は時価と近似していることか
                      ら、当該帳簿価額を時価としております。
    3.金融商品の時価等に関する事項に                  金融商品の時価の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる

      ついての補足説明                前提条件等によった場合、当該価額が異なることもあります。
    4.金銭債権及び満期のある有価証券                  金銭債権

      の計算日後の償還予定額
                      全額が1年以内に償還されます。
                      有価証券(売買目的有価証券を除く。)のうち満期のあるもの
                      該当事項はありません。
                                 43/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (有価証券に関する注記)

    売買目的有価証券
                                   自  2021年11月10日
                                   至  2022年10月20日
           種類
                              当期間の損益に含まれた評価差額(円)
        投資信託受益証券                                             △150,957,684
           合計                                          △150,957,684
    (デリバティブ取引等に関する注記)

    該当事項はありません。
    (関連当事者との取引に関する注記)

                           自  2021年11月10日
                           至  2022年10月20日
                          該当事項はありません。
    (その他の注記)

    元本額の変動
                                               自  2021年11月10日
                      項目
                                               至  2022年10月20日
    投資信託財産に係る元本の状況
    期首元本額                                                304,180,000円
    期中追加設定元本額                                                382,438,478円
    期中一部解約元本額                                                171,987,552円
    期末元本額                                                514,630,926円
    元本の内訳※
    SBIパリ協定ネット・ゼロインデックス・ファンド                                                514,630,926円
    (注)※は当該親投資信託受益証券を投資対象とする証券投資信託ごとの元本額
    附属明細表

    第1 有価証券明細表
     (1)株式
    該当事項はありません。
     (2)株式以外の有価証券

      通貨      種 類               銘 柄              券面総額(口)          評価額      備考
    米ドル     投資信託受益証券         LYXOR   NET  ZERO   2050   S&P  500               146,084      3,365,775.36
                                             146,084      3,365,775.36
                   米ドル小計
                                                  (504,798,988)
                                                   504,798,988
                       合計
                                                  (504,798,988)
    (注1)通貨種類毎の小計欄の(              )内は、邦貨換算額(単位:円)であります。
    (注2)合計金額欄の(          )内は、外貨建有価証券に係わるもので、内書であります。
                                 44/128





                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    外貨建有価証券の内訳

                                     組入投資信託
                                                  合計金額に
          通貨               銘柄数             受益証券
                                                  対する比率
                                      時価比率
    米ドル              投資信託受益証券              1銘柄          98.0%              100.0%
    (注)組入投資信託受益証券時価比率は、純資産に対する通貨ごとの比率であります。
    第2 信用取引契約残高明細表

    該当事項はありません。
    第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

    該当事項はありません。
                                 45/128
















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】
     【純資産額計算書】

                                2022年10月31日現在
    Ⅰ 資産総額                               533,537,006       円

    Ⅱ 負債総額                                3,220,868     円
    Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               530,316,138       円
    Ⅳ 発行済口数                               516,896,165       口
    Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                  1.0260    円
      (1万口当たり純資産額)                                 (10,260     円)
    (参考)

    SBIパリ協定ネット・ゼロインデックス・マザーファンド

    純資産額計算書

                                2022年10月31日現在
    Ⅰ 資産総額                               533,534,974       円

    Ⅱ 負債総額                                    35 円
    Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               533,534,939       円
    Ⅳ 発行済口数                               517,091,770       口
    Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                  1.0318    円
      (1万口当たり純資産額)                                 (10,318     円)
                                 46/128










                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第4   【内国投資信託受益証券事務の概要】

     (1)  名義書換についてその手続、取扱場所、取次所、代理人の名称及び住所並びに手数料
        該当事項はありません。
     (2)  受益者に対する特典

        該当事項はありません。
     (3)  受益権の譲渡

         受益権の譲渡制限は設けておりません。
         ① 受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が
           記載または記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振替の申請をするものとします。
         ② 前記①の申請のある場合には、振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保有する受益権の口
           数の減少及び譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載また
           は記録するものとします。ただし、前記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場
           合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含
           みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載また
           は記録が行われるよう通知するものとします。
         ③ 前記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録
           されている振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異な
           る場合等において、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したと
           きは、振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
     (4)  受益権の譲渡の対抗要件

         受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社及び受託会社に対抗す
        ることができません。
     (5)  受益権の再分割

         委託会社は受託会社と協議のうえ、社振法に定めるところにしたがい、一定日現在の受益権を均等
        に再分割できるものとします。
     (6)  償還金

         償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以
        前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定され
        た受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については
        原則として取得申込者とします。)に支払います。
     (7)  質権口記載または記録の受益権の取扱いについて

         振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払
        い、一部解約の実行の請求の受付、一部解約金及び償還金の支払い等については、信託約款の規定に
        よるほか、民法その他の法令等にしたがって取扱われます。
                                 47/128





                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第二部     【委託会社等の情報】

    第1   【委託会社等の概況】

    1  【委託会社等の概況】

      ① 資本金の額
       (ⅰ)資本金の額(2022年10月末日現在)
          委託会社の資本金の額は金4億20万円です。
       (ⅱ)発行する株式の総数
          委託会社の発行する株式の総数は146万4,000株です。
       (ⅲ)発行済株式の総数
          委託会社がこれまでに発行した株式の総数は1,099,411株です。
       (iv)最近5年間における主な資本金の額の増減
          2022年1月31日に資本金を10億5,020万円に増資しました。
          2022年3月23日に資本金を4億20万円に減資しました。
      ② 委託会社の機構

        (i)会社の意思決定機構
          経営の意思決定機関として取締役会をおきます。取締役会は、委託会社の業務執行の基本方針を
         決定し、取締役の職務を監督します。代表取締役である社長は、委託会社を代表し、全般の業務執
         行について指揮統括します。取締役は、委嘱された業務の執行にあたり、また、社長に事故有ると
         きにその職務を代行します。委託会社の一切の活動における法令遵守に関して管理監督する機関と
         してコンプライアンス委員会をおきます。コンプライアンス委員会は、委託会社が法律上・規制上
         の一切の要件と社内の方針とを遵守するという目的に関し、法律により許可されているすべての権
         限を行使することができます。監査役は、委託会社の会計監査及び業務監査を行います。
        (ⅱ)投資運用の意思決定機構

         ア)市場環境分析・企業分析
          ファンドマネジャー、アナリストによる市場環境、業種、個別企業などの調査・分析及び基本投
          資戦略の協議・策定を行います。
         イ)投資基本方針の策定
          最高運用責任者のもとで開催される「運用会議」において、市場動向・投資行動・市場見通し・
          投資方針等を策定します。
         ウ)運用基本方針の決定
          「運用会議」の策定内容を踏まえ、常勤取締役、最高運用責任者、運用部長及び運用部マネ
          ジャーをもって構成される「投資戦略委員会」において運用の基本方針が決定されます。
         エ)投資銘柄の策定、ポートフォリオの構築
          ファンドマネジャーは、この運用の基本方針に沿って、各ファンドの運用計画書を策定し、最高
          運用責任者の承認後、売買の指図を行います。ただし、未公開株及び組合への投資を行う場合
          は、それぞれ「未公開株投資委員会」、「組合投資委員会」での承認後、売買の指図等を行いま
          す。
         オ)パフォーマンス分析、リスク分析・評価
          ファンドのリスク特性分析、パフォーマンスの要因分析の報告及び監視を行い、運用方針の確
          認・見直しを行います。
                                 48/128




                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      2  【事業の内容及び営業の概況】

      「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託者は、証券投資信託の設
     定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)                                                 を行ってい
     ます。また「金融商品取引法」に定める投資一任契約に係る業務(投資運用業)、投資助言業務(投資助
     言・代理業)及び第二種金融商品取引業に係る業務の一部を行っています。
      現在、委託会社が運用を行っている投資信託(マザーファンドは除きます)は以下の通りです。
                                              (2022年10月末日現在)

              ファンドの種類                    本数          純資産総額(百万円)
       追加型株式投資信託                            237                  1,493,987
       単位型株式投資信託                            602                  1,724,040
       合計                            839                  3,218,027
                                 49/128















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】

     (1) 財務諸表及び中間財務諸表の作成方法について
          委託会社であるSBIアセットマネジメント株式会社(以下「当社」という)の財務諸
        表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)
        ならびに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19
        年8月6日内閣府令第52号)により作成しております。
          また、当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規
        則」(昭和52年大蔵省令第38号)ならびに同規則第38条及び第57条の規定に基づき、「金
        融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)により作成して
        おります。
         なお、財務諸表及び中間財務諸表の金額については、千円未満の端数を切り捨てて表示
         しております。
      (2) 監査証明について

          当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(自                                             2021年4
        月1日  至       2022年3月31日)の財務諸表及び当事業年度の中間会計期間(自                                      2022年4月
        1日  至      2022年9月30日)の中間財務諸表について、有限責任監査法人トーマツの監査及
        び中間監査を受けております。
                                 50/128












                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (1)  【貸借対照表】

                                                    (単位:千円)
                                前事業年度               当事業年度
                               (2021年3月31日)               (2022年3月31日)
     資産の部
      流動資産
       現金・預金                               1,281,158                569,638
       前払費用                                24,575               22,597
       未収委託者報酬                                482,776               572,712
       未収運用受託報酬                                 1,091               6,634
                                       25,257               25,626
       その他
       流動資産合計                               1,814,859               1,197,210
      固定資産
       有形固定資産
                                      ※ 13,748              ※ 12,234
        建物
                                       ※ 3,540              ※ 2,499
        器具備品
        有形固定資産合計                               17,288               14,734
       無形固定資産
        商標権                                1,352               1,203
        ソフトウエア                                2,626               1,309
                                         67               67
        その他
        無形固定資産合計                                4,046               2,579
       投資その他の資産
        投資有価証券                               956,238              1,051,219
        関係会社株式                                 ―             22,031
        繰延税金資産                               140,000               170,818
                                       11,613               11,469
        その他
        投資その他の資産合計                              1,107,852               1,255,540
       固定資産合計                               1,129,187               1,272,854
      繰延資産
                                         ―              4,170
       株式交付費
       繰延資産合計                                   ―              4,170
      資産合計                                2,944,046               2,474,235
                                 51/128









                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                                    (単位:千円)

                                前事業年度               当事業年度
                               (2021年3月31日)               (2022年3月31日)
     負債の部
      流動負債
       預り金                                 2,370               1,926
       未払金                                383,631               384,755
        未払手数料                               333,627               331,045
         その他未払金                                50,003               53,709
       未払法人税等                                92,760               105,725
                                       19,520               26,630
       未払消費税等
       流動負債合計                                498,282               519,036
      負債合計                                 498,282               519,036
     純資産の部
      株主資本
       資本金                                400,200               400,200
       資本剰余金
        その他資本剰余金                                  ―            1,350,000
       資本剰余金合計                                  ―            1,350,000
       利益剰余金
        利益準備金                               30,012               100,050
        その他利益剰余金
                                      2,310,952                240,094
         繰越利益剰余金
        利益剰余金合計                              2,340,964                340,144
       株主資本合計                               2,741,164               2,090,344
       評価・換算差額等
                                      △295,400               △135,145
       その他有価証券評価差額金
       評価・換算差額等合計                               △295,400               △135,145
      純資産合計                                2,445,764               1,955,198
     負債純資産合計                                 2,944,046               2,474,235
                                 52/128










                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)  【損益計算書】

                                                    (単位:千円)
                                前事業年度               当事業年度
                              (自  2020年4月1日             (自  2021年4月1日
                               至   2021年3月31日)              至   2022年3月31日)
     営業収益
      委託者報酬                                2,242,459               2,468,525
                                        1,259               10,623
      運用受託報酬
      営業収益計                                2,243,719               2,479,148
     営業費用
      支払手数料                                1,472,682               1,557,540
      広告宣伝費                                 11,011                7,417
      調査費                                 33,280               38,368
      委託計算費                                 109,479               147,361
      営業雑経費                                 23,297               24,534
       通信費                                  720               727
       印刷費                                19,915               21,008
       協会費                                 2,429               2,630
       諸会費                                  189               167
       その他営業雑経費                                  43               ―
      営業費用計                                1,649,751               1,775,222
     一般管理費
      給料                                 136,492               123,426
       役員報酬                                27,899               23,837
       給料・手当                                108,592                99,438
       賞与                                   ―               150
      福利厚生費                                 19,637               17,716
      交際費                                    0               ―
      寄付金                                   ―              4,402
      旅費交通費                                   341                98
      租税公課                                  9,743               17,336
      不動産賃借料                                 13,750               10,160
      退職給付費用                                  3,963               2,820
      固定資産減価償却費                                  4,560               5,219
      事務委託費                                 13,751               12,484
      消耗品費                                   810               767
                                       16,387               13,098
      諸経費
      一般管理費計                                 219,438               207,532
     営業利益                                  374,528               496,394
     営業外収益
      受取利息                                    6               4
      受取配当金                                 51,201               32,400
      雑収入                                  1,682                175
      営業外収益計                                 52,890               32,579
     営業外費用
      為替差損                                    1               69
      株式交付費償却                                   ―               379
                                         ―               36
      雑損失
      営業外費用計                                    1              485
     経常利益                                  427,417               528,489
                                 53/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                                    (単位:千円)

                                前事業年度               当事業年度
                              (自  2020年4月1日             (自  2021年4月1日
                               至   2021年3月31日)              至   2022年3月31日)
     特別損失
                                         ―             326,300
      投資有価証券評価損
      特別損失合計                                    ―             326,300
     税引前当期純利益                                  427,417               202,189
     法人税、住民税及び事業税
                                       137,856               163,769
     法人税等調整額                                  △7,202              △100,993
     法人税等合計                                  130,653                62,775
     当期純利益                                  296,763               139,413
                                 54/128
















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)  【株主資本等変動計算書】

     前事業年度(自  2020年4月1日  至  2021年3月31日)    

                                                   (単位:千円)
                        株主資本                  評価・換算差額等
                       利 益 剰 余 金
                                       その他有価          評価・
                                              繰延
                        その他
                                                      純資産合計
                                   株主資本
                              利益
                                             ヘッジ    換算差額
              資本金                         証券評価差
                       利益剰余金
                  利益準備
                                    合計
                              剰余金
                                             損益
                                                  等合計
                        繰越利益
                                         額金
                    金
                              合計
                        剰余金
     当期首残高         400,200     30,012     2,014,188     2,044,200     2,444,400     △367,962      3,343   △364,618      2,079,782
     当期変動額
     当期純利益                    296,763     296,763     296,763                    296,763
      株主資本以外の項
      目の当期変動額                                    72,561    △3,343     69,218      69,218
      (純額)
     当期変動額合計            ―     ―    296,763     296,763     296,763     72,561    △3,343     69,218     365,982
     当期末残高         400,200     30,012     2,310,952     2,340,964     2,741,164     △295,400        ―  △295,400      2,445,764
     当事業年度(自  2021年4月1日  至  2022年3月31日)    

                                                   (単位:千円)
                                   株主資本
                          資本剰余金                利益剰余金
                                          その他利益
                                                       株主資本
                           その他      資本
                 資本金                           剰余金
                      資本                利益          利益剰余金
                                                        合計
                            資本     剰余金
                      準備金                準備金            合計
                                           繰越利益
                           剰余金      合計
                                           剰余金
     当期首残高             400,200       ―     ―     ―   30,012     2,310,952      2,340,964      2,741,164
     当期変動額
      合併による増加                        50,000     50,000           256,295      256,295      306,295
      準備金の積立                                  70,038     △70,038         ―      ―
      剰余金の配当                                      △2,396,530      △2,396,530      △2,396,530
      新株の発行             650,000     650,000           650,000                      1,300,000
      資本金から剰余金への
                △650,000           650,000     650,000                         ―
     振替
      準備金から剰余金への                 △650,000
                            650,000        ―                       ―
     振替
      当期純利益                                        139,413      139,413      139,413
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               ―     ―  1,350,000     1,350,000      70,038    △2,070,858      △2,000,820       △650,820
     当期末残高             400,200       ―  1,350,000     1,350,000      100,050      240,094      340,144     2,090,344
                                 55/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                        評価・換算差額等

                    その他有価証券        評価・換算差額等           純資産合計
                     評価差額金
                               合計
     当期首残高                  △295,400         △295,400          2,445,764
     当期変動額
      合併による増加                                     306,295
      準備金の積立                                        ―
      剰余金の配当                                    △2,396,530
      新株の発行                                     1,300,000
      資本金から剰余金への振替                                        ―
      準備金から剰余金への振替                                        ―
      当期純利益                                     139,413
      株主資本以外の項目の
                        160,254         160,254          160,254
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                   160,254         160,254         △490,565
     当期末残高                  △135,145         △135,145          1,955,198
                                 56/128













                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     注記事項

     (重要な会計方針)
       1.有価証券の評価基準及び評価方法
       (1)子会社株式
         移動平均法による原価法
       (2)その他有価証券
         市場価格のない株式等以外のもの
              時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
       2.デリバティブの評価基準及び評価方法

          時価法を採用しております。
       3.固定資産の減価償却の方法

          ① 有形固定資産
             定額法を採用しております。なお主な耐用年数は、建物が8-15年、器具備品が3-15
             年であります。
          ② 無形固定資産
             定額法を採用しております。自社利用のソフトウエアについては社内における利用可
             能期間(5年)に基づく定額法によっております。
       4.繰延資産の処理方法

          株式交付費
            3年間で均等償却しております。
       5.収益及び費用の計上基準

        当社の事業である投資運用業における主な履行義務の内容及び当該履行義務を充足する通常
        の時点(収益を認識する通常の時点)は、以下のとおりであります。
           委託者報酬          投資信託約款に基づく信託報酬で、ファンド設定以降、日々の純資

                     産残高に一定率を乗じて算出された額が、当該ファンドの運用期間
                     に渡り収益として認識されます。
           運用受託報酬          投資一任契約ごとに定められた運用対象資産、残高、期間、料率等
                     の条件に基づき算出された額が、運用を受託した期間に渡り収益と
                     して認識されます。
                                 57/128








                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (会計方針の変更)

     (収益認識に関する会計基準等の適用)
      「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号  2020年3月31日。以下「収益認識会計基
     準」という。)等を当事業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した
     時点で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしまし
     た。これにより財務諸表に与える影響はありません。
      なお、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従って、前事業年度に係る「収益認
     識関係」注記については記載しておりません。
     (時価の算定に関する会計基準等の適用)

      「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号  2019年7月4日。以下「時価算定会計基
     準」という。)等を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する
     会計基準」(企業会計基準第10号  2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、
     時価算定会計基準等が定める新たな会計方針を将来にわたって適用することといたしました。これに
     より財務諸表に与える影響はありません。
      また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注
     記を行うこととしております。ただし、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基
     準適用指針第19号          2019年7月4日)第7-4項に定める経過的な取扱いに従って、当該注記のうち前
     事業年度に係るものについては記載しておりません。
    (未適用の会計基準等)

      「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                        2021年6月17日         企業
     会計基準委員会)
     (1)概要

      「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準委員会                                   企業会計基準適用指針第31
      号)の2021年6月17日の改正は、2019年7月4日の公表時において、「投資信託の時価の算定」に
      関する検討には、関係者との協議等に一定の期間が必要と考えられるため、「時価の算定に関する
      会計基準」公表後、概ね1年をかけて検討を行うこととされていたものが、改正され、公表された
      ものです。
     (2)適用予定日

      2023年3月期の期首から適用します。
     (3)当該会計基準等の適用による影響

      「時価の算定に関する会計基準の適用指針」の適用による財務諸表に与える影響額については、現
      時点で評価中であります。
    (表示方法の変更)

     (貸借対照表)
       前事業年度において、独立掲記しておりました「無形固定資産」の「電話加入権」67千円は、当
       事業年度において金額的重要性が乏しいため「無形固定資産」の「その他」に含めて表示してお
       ります。
       また、前事業年度において、独立掲記しておりました「投資その他の資産」の「長期差入保証
       金」10,137千円は、当事業年度において金額的重要性が乏しいため「投資その他の資産」の「そ
       の他」に含めて表示しております。この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の財務諸
       表の組換えを行っております。
                                 58/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (貸借対照表関係)

                前事業年度                           当事業年度

              (2021年3月31日)                           (2022年3月31日)
     ※  有形固定資産の減価償却累計額は以下のとおりであり                             ※  有形固定資産の減価償却累計額は以下のとおり
        ます。                             であります。
        建物                 3,457千円            建物                 4,972千円
        器具備品                 4,674千円            器具備品                 5,714千円
        合計                 8,132千円            合計                10,686千円
      (損益計算書関係)

      該当事項はありません。
      (株主資本等変動計算書関係)

      前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
    1.発行済株式に関する事項
       株式の種類        当事業年度期首株式数               増加           減少       当事業年度末株式数

     普通株式(株)                 36,600             ―           ―         36,600

    2.自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
    3.新株予約権等に関する事項

      該当事項はありません。
    4.配当に関する事項

       該当事項はありません。
      当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

    1.発行済株式に関する事項
       株式の種類        当事業年度期首株式数               増加           減少       当事業年度末株式数

     普通株式(株)                 36,600           20,800             ―         57,400

     (注)普通株式の増加20,800株は、第三者割当による新株の発行による増加であります。
    2.自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
    3.新株予約権等に関する事項

      該当事項はありません。
                                 59/128




                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    4.配当に関する事項

    (1)配当金支払額 
                       配当金の総額          1株当たり
       (決議)        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (千円)        配当額(円)
     2021年8月25日
                普通株式          1,090,680           29,800     2021年8月25日         2021年8月26日
     株主総会
     2022年2月14日
                普通株式          1,305,850           22,750     2022年2月14日         2022年2月15日
     株主総会
    (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

      該当事項はありません。
    (金融商品関係)

      前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
        1.金融商品の状況に関する事項
         (1)  金融商品に対する取組方針
            当社は、自社が運用する投資信託の商品性維持を目的として、当該投資信託を投資有価証券
           として保有しております。また、デリバティブ取引については、保有する特定の投資有価証券
           の価格変動リスクを低減させる目的で利用しており、投機的な取引は行わない方針でありま
           す。その他、一時的な余剰資金の運用については短期的な預金等に限定しております。なお、
           事業及び設備投資に必要な自己資金を有しているため、外部からの資金調達の計画はありませ
           ん。
         (2)  金融商品の内容及びそのリスク
            営業債権である未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、顧客の信用リスクに晒されており
           ますが、これらの債権は、受託銀行にて分別管理されている信託財産及び年金資産より生じる
           信託報酬債権であり、その信用リスクは軽微であります。投資有価証券はファンドの自己設定
           に関連する投資信託であり、基準価額の変動リスクに晒されております。この自己設定投資信
           託の一部につきましては、指数先物によるデリバティブ取引にてリスクの低減を図っておりま
           す。営業債務である未払手数料等は、1年以内の支払期日であります。
         (3)  金融商品に係るリスク管理体制
          ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
            営業債権については経理規程に従い、取引先ごとに期日及び残高を管理しております。
          ②  市場リスク(価格、為替や金利等の変動リスク)の管理
            投資有価証券については、定期的に基準価額を把握することにより管理しております。
            デリバティブ取引は、取引執行部門とヘッジ有効性の評価部門を分離し、日々評価額及び評
            価損益の管理を行っております。
         2.金融商品の時価等に関する事項

            2021年3月31日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の
           とおりであります。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表
           には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                                 60/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                             (単位:千円)

                                 貸借対照表          時価       差額
                                  計上額
           (1)  現金・預金                      1,281,158        1,281,158           ―
           (2)  未収委託者報酬                       482,776        482,776          ―
           (3)  未収運用受託報酬                        1,091        1,091         ―
           (4)  投資有価証券
                                    956,238        956,238          ―
                 その他有価証券
           資産計                        2,721,264        2,721,264           ―
            未払金                        383,631        383,631          ―
           負債計                         383,631        383,631          ―
           デリバティブ取引
            ヘッジ会計が適用されていないもの                            350        350        ―
           デリバティブ取引計(注)                            350        350        ―
               (注)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。
     (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

      資産

       (1)現金・預金  (2)未収委託者報酬  (3)未収運用受託報酬
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
        ります。
       (4)投資有価証券
            その他有価証券(投資信託)は基準価額によっております。
      負債
       未払金
       短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      デリバティブ取引
       注記事項(デリバティブ取引関係)をご参照ください。
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                     (単位:千円)
                   区分              貸借対照表計上額
            長期差入保証金                              10,137
          長期差入保証金については、期限の定めが無いため、将来キャッシュ・フローの算定が困難であ
          ることから、時価開示の対象とはしておりません。
                                 61/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (注3)金銭債権の決算日後の償還予定額

                              (単位:千円)
                               1年以内
            現金・預金                      1,281,158
            未収委託者報酬                       482,776
            未収運用受託報酬                        1,091
                  合計               1,765,026
      当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

        1.金融商品の状況に関する事項
         (1)  金融商品に対する取組方針
            当社は、自社が運用する投資信託の商品性維持を目的として、当該投資信託を投資有価証券
           として保有しております。また、デリバティブ取引については、保有する特定の投資有価証券
           の価格変動リスクを低減させる目的で利用しており、投機的な取引は行わない方針でありま
           す。その他、一時的な余剰資金の運用については短期的な預金等に限定しております。なお、
           事業及び設備投資に必要な自己資金を有しているため、外部からの資金調達の計画はありませ
           ん。
         (2)  金融商品の内容及びそのリスク
            営業債権である未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、顧客の信用リスクに晒されており
           ますが、これらの債権は、受託銀行にて分別管理されている信託財産及び年金資産より生じる
           信託報酬債権であり、その信用リスクは軽微であります。投資有価証券はファンドの自己設定
           に関連する投資信託であり、基準価額の変動リスクに晒されております。この自己設定投資信
           託の一部につきましては、指数先物によるデリバティブ取引にてリスクの低減を図っておりま
           す。営業債務である未払手数料等は、1年以内の支払期日であります。
         (3)  金融商品に係るリスク管理体制
          ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
            営業債権については経理規程に従い、取引先ごとに期日及び残高を管理しております。
          ②  市場リスク(価格、為替や金利等の変動リスク)の管理
            投資有価証券については、定期的に基準価額を把握することにより管理しておりま
        す。   
            デリバティブ取引は、取引執行部門とヘッジ有効性の評価部門を分離し、日々評価額及び評
            価損益の管理を行っております。
         (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

            金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用
           することにより、当該価額が変動することもあります。また、「デリバティブ取引関係」注記
           におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に
           係る市場リスクを示すものではありません。
                                 62/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        2.金融商品の時価等に関する事項

         2022年3月31日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであり
         ます。
        当事業年度(2022年3月31日)

                            貸借対照表
                                          時価           差額
                             計上額
                                        (千円)           (千円)
                             (千円)
           投資有価証券                       1,051,219           1,051,219               ―
          資産計                     1,051,219           1,051,219               ―
          デリバティブ取引(*3)                         41           41           ―
     (*1)「現金・預金」「未収委託者報酬」「未収運用受託報酬」「未払金」は、短期間で決済されるため時
        価が帳簿価額に近似するものであることから、記載を省略しております。
      (*2)市場価格のない株式等は、「投資有価証券」には含まれておりません。当該金融商品の貸借対照表計
        上額は以下のとおりであります。        
                区分            貸借対照表計上額
                              (千円)
         関係会社株式
          子会社株式                         22,031
     (*3)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は、純額で表示しております。
     (注)金銭債権の決算日後の償還予定額

                            (単位:千円)
                              1年以内
         現金・預金                         569,638
         未収委託者報酬                         572,712
         未収運用受託報酬                          6,634
                合計                 1,148,985
      3.金融商品の時価のレベルごとの内訳に関する事項

         金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つの
        レベルに分類しております。          
         レベル1の時価:             観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成
                     される当該時価の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により
                     算定した時価
         レベル2の時価:             観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以
                     外の時価の算定に係るインプットを用いて算定した時価
         レベル3の時価:             観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
          時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプッ

         トがそれぞれ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類
         しております。
                                 63/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        時価で貸借対照表に計上している金融商品

         当事業年度(2022年3月31日) 
                                         時価(千円)
                 区分
                              レベル1        レベル2        レベル3         合計
        デリバティブ取引
         指数先物関連                          ―        41        ―        41
          資産計                          ―        41        ―        41
       (注1)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明
           デリバティブ取引
           取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しており、レベル2の時価に分類してお
            ります。
       (注2)「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                              2019年7月4日)

            第26項に定める経過措置を適用した投資信託については、上記の表には含めておりません。貸
            借対照表における当該投資信託の金額は1,051,219千円であります。
     (有価証券関係)

     1.子会社株式
       前事業年度(2021年3月31日)

        該当事項はありません。
       当事業年度(2022年3月31日)

        市場価格のない株式等の貸借対照表計上額
                               貸借対照表計上額
                 区分
                                  (千円)
         子会社株式                             22,031
     2.その他有価証券

        前事業年度(2021年3月31日)

                                                    (単位:千円)

                   区分              貸借対照表計上額           取得原価          差額
                      (1)株式                  ―          ―        ―
                      (2)債券                  ―          ―        ―
         貸借対照表計上額が取得原価
                      (3)その他                 1,394          1,000         394
         を超えるもの
                          小計             1,394          1,000         394
                      (1)株式                  ―          ―        ―
                      (2)債券                  ―          ―        ―
         貸借対照表計上額が取得原価
                      (3)その他                954,843         1,381,010        △426,166
         を超えないもの
                          小計            954,843         1,381,010        △426,166
                   合計                   956,238         1,382,010        △425,771
                                 64/128




                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        当事業年度(2022年3月31日)

                                                    (単位:千円)

                   区分              貸借対照表計上額           取得原価          差額
                      (1)株式                  ―          ―        ―
                      (2)債券                  ―          ―        ―
         貸借対照表計上額が取得原価
                      (3)その他                 1,641          1,000         641
         を超えるもの
                          小計             1,641          1,000         641
                      (1)株式                  ―          ―        ―
                      (2)債券                  ―          ―        ―
         貸借対照表計上額が取得原価
                      (3)その他               1,049,578          1,245,010        △195,431
         を超えないもの
                          小計           1,049,578          1,245,010        △195,431
                   合計                  1,051,219          1,246,010        △194,790
        (注)表中の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額であります。
     3.売却したその他有価証券

        前事業年度(2021年3月31日)

                                                    (単位:千円)

              区分            売却額          売却益の合計額             売却損の合計額
         (1)株式                       ―             ―             ―
         (2)債券                       ―             ―             ―
         (3)その他                     15,865              794              ―
              合計                15,865              794              ―
        当事業年度(2022年3月31日)

         該当事項はありません。
     4.減損処理を行ったその他有価証券

         当事業年度において、投資有価証券(その他有価証券の投資信託)について326,300千円の減損処理
        を行っております。なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落
        した場合には全て減損処理を行い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と
        認められた額について減損処理を行っております。
     (デリバティブ取引関係)

      前事業年度(2021年3月31日)
       1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
         株式関連
             区分      取引の種類            契約額等       契約額等の                評価損益
                                               時価
                               (千円)       うち1年超                (千円)
                                              (千円)
                                     (千円)
            市場取引       指数先物取引
                    買建               7,910        ―        350       350
                  合計                7,910        ―        350       350
        (注)時価の算定方法
           取引先金融機関から提示された価格等に基づいております。
       2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

         該当事項はありません。
                                 65/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      当事業年度(2022年3月31日)
       1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
         株式関連
             区分      取引の種類            契約額等       契約額等の                評価損益
                                               時価
                               (千円)       うち1年超                (千円)
                                              (千円)
                                      (千円)
            市場取引       指数先物取引
                    買建               10,356         ―        41       41
                  合計                10,356         ―        41       41
        (注)時価の算定方法
           取引先金融機関から提示された価格等に基づいております。
       2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

         該当事項はありません。
     (退職給付関係)

     1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、確定拠出型年金制度を採用しております。
     2.確定拠出制度

       当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度(自                            2020年4月1日  至           2021年3月31日)3,963千
      円、当事業年度(自           2021年4月1日  至           2022年3月31日)2,820千円であります。
     (税効果会計関係)

               前事業年度                           当事業年度

             (2021年3月31日)                           (2022年3月31日)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳                           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産                           繰延税金資産
        電話加入権                    438千円       電話加入権                    438千円
         未払事業税                   3,830        投資有価証券評価損                   99,913
         その他未払税金                   1,424         未払事業税                   3,406
         その他有価証券評価差額金                  130,492          その他未払税金                   3,817
                          3,936
         その他                             その他有価証券評価差額金                   59,644
       繰延税金資産小計                             その他                   3,598
                         140,121
                           ―
       評価性引当額                           繰延税金資産小計
                                                    170,818
                                                      ―
       繰延税金資産合計                  140,121        評価性引当額
       繰延税金負債                           繰延税金資産合計                  170,818
                          △120
        その他有価証券評価差額金
       繰延税金負債合計                    △120        繰延税金負債
       繰延税金資産の純額                   140,000        繰延税金負債合計                     ―
                                 繰延税金資産の純額                  170,818
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との                           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との

      間に重要な差異があるときの、当該差異原因となった主要な                           間に重要な差異があるときの、当該差異原因となった主要な
      項目別の内訳                           項目別の内訳
       当事業年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税                                       同左

      等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下で
      あるため注記を省略しております。
    (企業結合等関係)

      共通支配下の取引等
                                 66/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       当社は、    2021年3月17日の取締役会において、                   当社を   吸収合併存続会社         とし、同一の親会社を持つ会社であ
      る SBIオルタナティブ・インベストメンツ株式会社                          を 吸収合併消滅会社とする吸収合併契約の締結を承
      認 決議し、効力発生日である              2021年5月1日付をもって吸収合併いたしました。 
       1.取引の概要

       (1)結合当事企業の名称
         存続会社:当社
         消滅会社:SBIオルタナティブ・インベストメンツ株式会社
       (2)企業結合日
         2021年5月1日
       (3)企業結合の法的形式
         当社を存続会社とし、SBIオルタナティブ・インベストメンツ株式会社を消滅会社とする吸収合
          併。
       (4)結合後企業の名称
         SBIアセットマネジメント株式会社
       (5)取引の目的
         経営資源の有効活用及び最適化を図ることを目的としております。
     2.実施した会計処理の概要

        「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指
         針」に基づき、共通支配下の取引として会計処理を行いました。
    (収益認識関係)

       当社は、投資運用業の単一セグメントであり、顧客との契約から生じる収益の区分は概ね単一であるこ
      とから、顧客との契約から生じる収益を分解した情報の記載は重要性が乏しいため省略しております。ま
      た、顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は「重要な会計方針5.収益及び費用
      の計上基準」記載のとおりであります。
    (セグメント情報)

     前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
      (セグメント情報)
        当社の事業は、投資運用業及び投資助言業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                 67/128








                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (関連情報)

        1.製品及びサービスごとの情報
          単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるた
         め、記載を省略しております。
        2.地域ごとの情報

        (1)売上高
          本邦の外部顧客への売上高に区分した金額が損益計算書の売上高の90%を超えるため、地域ごと
         の売上高の記載を省略しております。
        (2)有形固定資産
          本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
        3.主要な顧客ごとの情報

                                             (単位:千円)
                      顧客の名称                       営業収益
         SBI中小型割安成長株ファンドジェイリバイブ
                                                 517,208
         (年2回決算型)
     (報告セグメントごとの減損損失に関する情報)

       該当事項はありません。
     (報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報)

       該当事項はありません。
     (報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報)

       該当事項はありません。
     当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

      (セグメント情報)
        当社の事業は、投資運用業及び投資助言業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      (関連情報)

        1.製品及びサービスごとの情報
          単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるた
         め、記載を省略しております。
        2.地域ごとの情報

        (1)営業収益
          本邦の外部顧客への営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域
         ごとの営業収益の記載を省略しております。
        (2)有形固定資産
          本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
        3.主要な顧客ごとの情報

                                             (単位:千円)
                      顧客の名称                       営業収益
                                 68/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         SBI中小型割安成長株ファンドジェイリバイブ
                                                 339,734
         (年2回決算型)
     (報告セグメントごとの減損損失に関する情報)

       該当事項はありません。
     (報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報)

       該当事項はありません。
     (報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報)

       該当事項はありません。
    (関連当事者情報)

     前事業年度 (自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

     1.関連当事者との取引

      財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等
                              議決権等
                     資本金又                          取引        期末
         会社等の名称                 事業の内容     の所有            取引の
     種類           所在地     は出資金             関連当事者との関係             金額    科目    残高
         又は氏名                又は職業    (被所有)             内容
                     (百万円)                          (千円)        (千円)
                              割合(%)
    同一の
                                          販売委託
    親会社
        株式会社SBI証券       東京都港区       48,323   証券業      ―   販売委託        支払手数     533,728    未払金    148,196
    を持つ
                                          料
    会社
     (注)1.取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2.販売委託の条件は、市場価格を勘案し、取引先との協議によって決定しております。
     2.親会社に関する注記

       親会社情報
       SBIアセットマネジメント・グループ株式会社(非上場)
       モーニングスター株式会社(東京証券取引所市場第一部に上場)
       SBIグローバルアセットマネジメント株式会社(非上場)
       SBIホールディングス株式会社(東京証券取引所市場第一部に上場)
                                 69/128








                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     当事業年度 (自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

     1.関連当事者との取引

      財務諸表提出会社と関連当事者との取引

       (ア)財務諸表提出会社の親会社
                              議決権等
                     資本金又                          取引        期末
         会社等の名称                 事業の内容     の所有            取引の
     種類           所在地     は出資金             関連当事者との関係             金額    科目    残高
         又は氏名                又は職業    (被所有)             内容
                     (百万円)                          (千円)        (千円)
                              割合(%)
                              (被所有)    役員の兼任

        モーニングスター                 金融情報                 増資の引
    親会社           東京都港区       3,363        間接   データ購入            1,300,000      ―     ―
        株式会社                 サービス業                 受
                              100.0%    人員出向・受入
     (注)当社の行った株主割当による増資(普通株式20,800株)を引き受けたものです。

       (イ)財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等

                              議決権等
                     資本金又                          取引        期末
         会社等の名称                 事業の内容     の所有            取引の
     種類           所在地     は出資金             関連当事者との関係             金額    科目    残高
         又は氏名                又は職業    (被所有)             内容
                     (百万円)                          (千円)        (千円)
                              割合(%)
    同一の
                                          販売委託
    親会社
        株式会社SBI証券       東京都港区       48,323   証券業      ―   販売委託        支払手数     640,268    未払金    167,508
    を持つ
                                          料
    会社
     (注)   販売委託の条件は、市場価格を勘案し、取引先との協議によって決定しております。
     2.親会社に関する注記

       親会社情報
       SBIアセットマネジメント・グループ株式会社(非上場)
       モーニングスター株式会社(東京証券取引所プライム市場に上場)
       SBIグローバルアセットマネジメント株式会社(非上場)
       SBIホールディングス株式会社(東京証券取引所プライム市場に上場)
      (1株当たり情報)

                            前事業年度                 当事業年度
                          自 2020年4月1日                 自 2021年4月1日
                          至 2021年3月31日                 至 2022年3月31日
     1株当たり純資産額                            66,824円16銭                  34,062円69銭

     1株当たり当期純利益                            8,108円30銭                  3,483円69銭

                       なお、潜在株式調整後1株当た                 なお、潜在株式調整後1株当た
                       り当期純利益金額については、                 り当期純利益金額については、
                       潜在株式が存在しないため記載                 潜在株式が存在しないため記載
                       しておりません。                 しておりません。
                                 70/128





                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (注)1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                              前事業年度                 当事業年度

                           自 2020年4月1日                 自 2021年4月1日
                           至 2021年3月31日                 至 2022年3月31日
     当期純利益(千円)                                296,763                 139,413

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                   ―                 ―

     普通株式に係る当期純利益(千円)                                296,763                 139,413

     期中平均株式数(株)                                36,600                 40,019

     (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 71/128














                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (参考)SBIボンド・インベストメント・マネジメント株式会社の経理状況

    ※当該(参考)においてSBIボンド・インベストメント・マネジメント株式会社を「委託会社」また
    は「当社」といいます。
    ①  財務諸表の作成方法について

      委託会社であるSBIボンド・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「当社」という)
     の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式および作成方法に関する規則(昭和38年大蔵省令第59
     号)」(以下「財務諸表等規則」という)第2条の規定により、財務諸表等規則および「金融商品取
     引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づき作成されております。
       財務諸表の金額については、千円未満の端数を切り捨てて表示しております。
    ②  監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当事業年度                                         (自  令和3年4月1日
     至  令和4年3月31日)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる監査を受けておりま
     す。
                                 72/128













                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                 73/128





















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                 74/128





















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    財務諸表等

     (1)貸借対照表
                                                    (単位:千円)
                                前事業年度               当事業年度
                              (令和3年3月31日)               (令和4年3月31日)
     資産の部
      流動資産
       現金・預金                                694,448               952,283
       前払費用                                17,973               17,878
       未収委託者報酬                                213,053               254,036
       未収運用受託報酬                                24,496               22,481
                                        1,348               1,806
       その他
       流動資産合計                                951,320              1,248,485
      固定資産
       有形固定資産
                                       ※ 2,495              ※  2,307
        建物
                                        ※ 167
                                                       ※  301
        器具備品
        有形固定資産合計                                2,662               2,609
       無形固定資産
        ソフトウエア                               13,220               15,780
        商標権                                 163               131
        無形固定資産合計                               13,383               15,911
       投資その他の資産
        投資有価証券                                 109               114
        長期前払費用                                2,609                412
        繰延税金資産                                6,273               8,312
                                        9,040               9,040
        その他
        投資その他の資産合計                               18,032               17,879
       固定資産合計                                34,078               36,400
      資産合計                                 985,399              1,284,886
                                                    (単位:千円)


                                前事業年度               当事業年度
                              (令和3年3月31日)               (令和4年3月31日)
     負債の部
      流動負債
       未払金                                77,049               94,288
        未払手数料                               50,571               62,038
         その他未払金                                26,478               32,249
       未払消費税等                                27,207               10,175
       未払法人税等                                107,361                81,465
       未払費用                                34,963               33,321
       預り金                                 1,595                207
       その他                                39,578               60,394
       流動負債合計                                287,757               279,853
      負債合計                                 287,757               279,853
     純資産の部
      株主資本
       資本金                                150,000               150,000
       資本剰余金
                                 75/128

                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                       150,000               150,000
        資本準備金
        資本剰余金合計                                150,000               150,000
       利益剰余金
        その他利益剰余金
         繰越利益剰余金                              397,635               705,022
        利益剰余金合計                               397,635               705,022
       株主資本合計                                697,635              1,005,022
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                                    6               10
       評価・換算差額等合計                                    6               10
      純資産合計                                 697,641              1,005,032
     負債純資産合計                                  985,399              1,284,886
                                 76/128
















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)  損益計算書

                                                    (単位:千円)
                                前事業年度               当事業年度
                              (自  令和2年4月1日             (自  令和3年4月1日
                              至   令和3年3月31日)              至   令和4年3月31日)
     営業収益
      委託者報酬                                 913,541              1,121,008
      運用受託報酬                                 89,835               85,106
      営業収益計                                1,003,376               1,206,115
     営業費用
      支払手数料                                 212,582               258,998
      広告宣伝費                                 11,000                 750
      支払報酬                                  2,500               2,000
      協会費                                  2,540               2,932
      委託計算費                                 170,862               235,594
                                       81,785               99,084
      委託調査費
      営業費用計                                 481,271               599,359
     一般管理費
      給料                                 62,995               76,010
       役員報酬                                25,850               28,650
       給料・手当                                37,145               43,660
       賞与                                   ―              3,700
      法定福利費                                  8,602               12,205
      福利厚生費                                  1,456               1,708
      退職給付費用                                  2,489               3,171
      派遣社員費                                   ―              2,323
      募集費                                   250              6,925
      業務委託費                                 17,606               21,495
      不動産賃借料                                  8,116               8,116
      修繕維持費                                  2,056               2,056
      固定資産減価償却費                                  3,451               5,673
      租税公課                                 10,325               11,936
      什器備品費                                   162                ―
      支払報酬                                  6,579               6,180
                                        5,116               6,059
      諸経費
      一般管理費計                                 129,207               163,862
     営業利益                                  392,897               442,893
     営業外収益
      受取利息                                    2               2
      為替差益                                   129                70
                                         245               448
      雑収入
      営業外収益計                                   377               522
     営業外費用
                                          0               ―
      その他
      営業外費用計                                    0               ―
     経常利益                                  393,273               443,416
     税引前当期純利益                                  393,273               443,416
     法人税、住民税及び事業税
                                       122,381               138,069
                                       △3,335               △2,040
     法人税等調整額
     当期純利益                                  274,228               307,387
                                 77/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)株主資本等変動計算書

     前事業年度(自        令和2年4月1日 至 令和3年3月31日)
                                                 (単位:千円)
                                  株主資本
                          資本剰余金             利益剰余金
                                    その他利益
                                                  株主資本
                                            利益
                  資本金                   剰余金
                             資本剰余金
                                                   合計
                       資本準備金                    剰余金
                               合計
                                    繰越利益
                                            合計
                                     剰余金
     当期首残高              150,000      150,000      150,000       123,406       123,406        423,406
     当期変動額
      当期純利益                                274,228       274,228        274,228
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                ―      ―      ―     274,228       274,228        274,228
     当期末残高              150,000      150,000      150,000       397,635       397,635        697,635
                    評価・換算差額等

                                 純資産合計
                 その他有価証        評価・換算差
                 券評価差額金        額等合計
     当期首残高                 △1        △1     423,404
     当期変動額
      当期純利益                             274,228
      株主資本以外の項目の
                       8        8       8
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  8        8    274,236
     当期末残高                  6        6    697,641
                                 78/128









                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     当事業年度(自        令和3年4月1日 至 令和4年3月31日)

                                                 (単位:千円)
                                  株主資本
                          資本剰余金             利益剰余金
                                    その他利益
                                                  株主資本
                                            利益
                  資本金                   剰余金
                             資本剰余金
                                                   合計
                       資本準備金                    剰余金
                               合計
                                    繰越利益
                                            合計
                                     剰余金
     当期首残高              150,000      150,000      150,000       397,635       397,635        697,635
     当期変動額
      当期純利益                                307,387       307,387        307,387
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                ―      ―      ―     307,387       307,387        307,387
     当期末残高              150,000      150,000      150,000       705,022       705,022       1,005,022
                    評価・換算差額等

                                 純資産合計
                 その他有価証       評価・換算差
                 券評価差額金        額等合計
     当期首残高                  6        6    697,641
     当期変動額
      当期純利益                             307,387
      株主資本以外の項目の
                       3        3       3
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  3        3    307,391
     当期末残高                  10        10    1,005,032
                                 79/128









                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      [注記事項]

    (重要な会計方針)
    1.有価証券の評価基準及び評価方法
      その他有価証券
        市場価格のない株式等以外のもの
          時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理)を採用しております。
    2.固定資産の減価償却の方法

     ① 有形固定資産
       定額法によっております。(ただし、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備については定
       率法によっております。)
       なお、耐用年数は以下のとおりであります。 
          建物     8~18年

          器具備品   5年
     ②  無形固定資産

       定額法によっております。
       なお、耐用年数は以下のとおりであります。 
          ソフトウエア 5年

          商標権             10年
    3.収益及び費用の計上基準

       当社の事業である投資運用業における主な履行義務の内容及び当該履行義務を充足する通常の
       時点(収益を認識する通常の時点)は、以下のとおりであります。
       委託者報酬          投資信託約款に基づく信託報酬で、ファンド設定以降、日々の純資産残高

                  に一定率を乗じて算出された額が、当該ファンドの運用期間に渡り収益と
                  して認識されます。
       運用受託報酬          投資一任契約ごとに定められた運用対象資産、残高、期間、料率等の条件
                  に基づき算出された額が、運用を受託した期間に渡り収益として認識され
                  ます。
    4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理
       控除対象外消費税及び地方消費税は、当事業年度の費用として処理しております。
                                 80/128






                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (重要な会計上の見積り)

    1.当事業年度の財務諸表に計上した金額
       繰延税金資産   8,312千円
    2.識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

       繰延税金資産の認識は、将来の事業計画に基づく課税所得の発生時期及び金額によって見積っておりま
      す。当該見積りは、将来の不確実な経済条件の変動などによって影響を受ける可能性があり、実際に発生
      した課税所得の時期及び金額が見積りと異なった場合、翌事業年度の計算書類において、繰延税金資産の
      金額に重要な影響を与える可能性があります。
    (会計方針の変更)

     (収益認識に関する会計基準等の適用)
      「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号  2020年3月31日。以下「収益認識会計基
     準」という。)等を当事業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した
     時点で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしまし
     た。なお、財務諸表に与える影響はありません。
     (時価の算定に関する会計基準等の適用)

      「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号  2019年7月4日。以下「時価算定会計基
     準」という。)等を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する
     会計基準」(企業会計基準第10号  2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、
     時価算定会計基準等が定める新たな会計方針を将来にわたって適用することといたしました。なお、
     財務諸表に与える影響はありません。
      また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注
     記を行うこととしております。
    (未適用の会計基準等)

      「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                        2021年6月17日         企業
     会計基準委員会)
     (1)概要

      「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準委員会                                   企業会計基準適用指針第31
      号)の2021年6月17日の改正は、2019年7月4日の公表時において、「投資信託の時価の算定」に
      関する検討には、関係者との協議等に一定の期間が必要と考えられるため、「時価の算定に関する
      会計基準」公表後、概ね1年をかけて検討を行うこととされていたものが、改正され、公表された
      ものです。
     (2)適用予定日

      2023年3月期の期首から適用します。
     (3)当該会計基準等の適用による影響

      「時価の算定に関する会計基準の適用指針」の適用による財務諸表に与える影響額については、現
      時点で評価中であります。
    (表示方法の変更)

     (貸借対照表)
                                 81/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        前事業年度において、独立掲記しておりました「流動資産」の「未収入金(1,174千円)」「立
       替金(174千円)」は、金額的重要性が乏しいため、当事業年度より「流動資産」の「その他」に
       含めて表示しております。
       また、前事業年度において、独立掲記しておりました「投資その他の資産」の「長期差入保証金
       (9,040千円)」は、金額的重要性が乏しいため、当事業年度より「投資その他の資産」の「その
       他」に含めて表示しております。
        この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の財務諸表の組み換えを行っております。
    (貸借対照表関係)

               前事業年度                           当事業年度
            (令和3年3月31日現在)                           (令和4年3月31日現在)
     ※ 有形固定資産の減価償却累計額                           ※ 有形固定資産の減価償却累計額
        建物                   515千円        建物                   778千円
        器具備品                   632千円        器具備品                   732千円
    (株主資本等変動計算書関係)

               前事業年度                           当事業年度
     (自 令和2年4月1日             至  令和3年3月31日)             (自 令和3年4月1日             至  令和4年3月31日)
    1.発行済株式の種類及び総数                           1.発行済株式の種類及び総数
            当事業             当事業              当事業             当事業
       株式の          増加    減少             株式の          増加    減少
           年度期首              年度末              年度期首              年度末
       種類          (株)    (株)              種類          (株)    (株)
            (株)             (株)              (株)             (株)
       普通                           普通
             6,000     ―    ―    6,000              6,000     ―    ―    6,000
       株式                           株式
    2.自己株式に関する事項                           2.自己株式に関する事項
      該当事項はありません。                           該当事項はありません。
    3.新株予約権等に関する事項                           3.新株予約権等に関する事項

      該当事項はありません。                           該当事項はありません。
    4.配当に関する事項                           4.配当に関する事項

      該当事項はありません。                           該当事項はありません。
                                 82/128







                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品関係)

               前事業年度                           当事業年度
            (令和3年3月31日)                           (令和4年3月31日)
    1.金融商品の状況に関する事項                           1.金融商品の状況に関する事項
     ①  金融商品に対する取組方針                          ①  金融商品に対する取組方針
     当社は、資金運用については、短期的な預金等に限定し                           当社は、資金運用については、短期的な預金等に限定し
     ております。                           ております。
     ②  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク                          ②  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク
     管理体制                           管理体制
     未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、主に投資運用                           未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、主に投資運用
     業等からの債権であり、取引の性質上、基本的に信用リス                           業等からの債権であり、取引の性質上、基本的に信用リス
     クは軽微であると考えておりますが、顧客別の債権残高を                           クは軽微であると考えておりますが、顧客別の債権残高を
     社内で管理し、入金の遅延等があった場合には速やかに社                           社内で管理し、入金の遅延等があった場合には速やかに社
     内の関係部署が顧客及び受託銀行に連絡する体制を整えて                           内の関係部署が顧客及び受託銀行に連絡する体制を整えて
     おります。未払金は、そのほとんどが1ヵ月以内の支払期                           おります。未払金は、そのほとんどが1ヵ月以内の支払期
     日であります。                           日であります。
     当社は、年度事業計画を策定し、これに基づいて必要と                           当社は、年度事業計画を策定し、これに基づいて必要と
     なる運転資金を検討し、充足する十分な手元流動性を維持                           なる運転資金を検討し、充足する十分な手元流動性を維持
     することで、流動性リスクを管理しております。                           することで、流動性リスクを管理しております。
    2.金融商品の時価等に関する事項                           2.金融商品の時価等に関する事項

               貸借対照      時価     差額
                                ( 1)「現金・預金」「未収委託者報酬」「未収運用受託報
               表計上額                 酬」「未収投資助言報酬」「未払手数料」「その他未払
                     (千円)     (千円)
                                金」   は短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似す
                (千円)
                                るものであることから、記載を省略しております。
      (1)  現金・預金         694,448     694,448       ―
      (2)  未収委託
                                (2)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
                213,053     213,053       ―
        者報酬
                                 金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んで
                                いるため、異なる前提条件等を採用することにより、当該
      (3)  未収運用
                 24,496     24,496       ―
                                価額が変動することもあります。
        受託報酬
      資産計           931,998     931,998       ―
                                3.金融商品の時価のレベルごとの内訳に関する事項
      (1)未払手数料           50,571     50,571       ―
                                 投資信託(貸借対照表計上額 114千円)に関する
                                事項については、「財務諸表等の用語、様式及び作
      (2)その他未払金           26,478     26,478       ―
                                成方法に関する規則の一部改正に伴う経過措置」
      負債計           77,049     77,049       ―
                                (令和二年三月六日内閣府令第九号)に基づき、記
                                載を省略しております。
    (注1)金融商品の時価の算定方法に関する事項
    資産
                                4.金銭債権の決算日後の償還予定額
     (1)  現金・預金、       (2)  未収委託者報酬
     (3)  未収運用受託報酬
                                               1年以内      1年超
     これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額に
                                                (千円)      (千円)
     ほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
                                 (1)  現金・預金              952,283        ―
     負債
                                 (2)  未収委託者報酬
                                                 254,036        ―
     (1)  未払手数料、       (2)  その他未払金
                                 (3)  未収運用受託報酬
                                                 22,481       ―
     これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額に
                                 資産計               1,228,801         ―
     ほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
    (注2)金銭債権の決算日後の償還予定額
                                 83/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                   1年以内       1年超
                   (千円)       (千円)
      (1)  現金・預金            694,448         ―
      (2)  未収委託者報酬
                    213,053         ―
      (3)  未収運用受託報酬
                     24,496         ―
      資産計              931,998         ―
    (退職給付関係)


               前事業年度                           当事業年度
      (自   令和2年4月1日          至  令和3年3月31日)             (自   令和3年4月1日          至  令和4年3月31日)
    1.採用している退職給付金制度の概要
                                1.採用している退職給付金制度の概要
     当社は、確定拠出年金制度を採用しております。
                                 当社は、確定拠出年金制度を採用しております。
    2.確定拠出制度
                                2.確定拠出制度
     当社の確定拠出制度への要拠出額は2,489千円で
                                 当社の確定拠出制度への要拠出額は3,171千円で
                                 あります。
     あります。
                                 84/128













                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (税効果会計関係)

               前事業年度                           当事業年度
            (令和3年3月31日現在)                           (令和4年3月31日現在)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な                           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な
      原因別の内訳                            原因別の内訳
       繰延税金資産                           繰延税金資産
        未払事業税                  6,219千円          未払事業税                  4,119千円
                           57千円                          4,197千円
        その他                           その他
       繰延税金資産小計                   6,276千円        繰延税金資産小計                   8,317千円
        税務上の繰越欠損金に係る                            税務上の繰越欠損金に係る
                              -                           -
        評価性引当額                           評価性引当額
        将来減算一時差異等の合計に                            将来減算一時差異等の合計に
                              -                           -
        係る評価性引当額                           係る評価性引当額
         評価性引当額小計                       -      評価性引当額小計                       -
       繰延税金資産合計                   4,772千円        繰延税金資産合計                   8,317千円
       繰延税金負債                           繰延税金負債

                           △3千円                           △4千円
       その他有価証券評価差額金                           その他有価証券評価差額金
       繰延税金負債合計                    △3千円       繰延税金負債合計                    △4千円
       繰延税金資産(△負債)の純額                   6,273千円        繰延税金資産(△負債)の純額                   8,312千円
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等                           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等

      の負担率との間に重要な差異があるときの、当                           の負担率との間に重要な差異があるときの、当
      該差異原因となった主要な項目別の内訳                           該差異原因となった主要な項目別の内訳
       法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等                           法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等

      の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の                           の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の
      5以下であるため注記を省略しております。                           5以下であるため注記を省略しております。
                                 85/128











                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (収益認識関係)

     当事業年度(自          令和3年4月1日          至  令和4年3月31日)
       当社は、投資運用業の単一セグメントであり、顧客との契約から生じる収益の区分は概ね単一であるこ
      とから、顧客との契約から生じる収益を分解した情報の記載は重要性が乏しいため省略しております。ま
      た、顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は「重要な会計方針5.収益及び費用
      の計上基準」記載のとおりであります。
    (セグメント情報等)

               前事業年度                           当事業年度
      (自   令和2年4月1日          至  令和3年3月31日)             (自   令和3年4月1日          至  令和4年3月31日)
    1.セグメント情報                           1.セグメント情報
     当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を                           当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を
     省略しております。                           省略しております。
    2.関連情報                           2.関連情報
     ①製品及びサービスごとの情報                           ①製品及びサービスごとの情報
     単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益                           単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益
     が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を                           が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を
     省略しております。                           省略しております。
     ②地域ごとの情報                           ②地域ごとの情報
     営業収益                           営業収益
     本邦の外部顧客への営業収益に区分した金額が損益計                           本邦の外部顧客への営業収益に区分した金額が損益計
     算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略して                           算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略して
     おります。                           おります。
     有形固定資産                           有形固定資産
     本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当                           本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当
     事項はありません。                           事項はありません。
    3.主要な顧客ごとの情報                           3.主要な顧客ごとの情報
     特定の顧客に対する営業収益で損益計算書の営業収益の                           特定の顧客に対する営業収益で損益計算書の営業収益の
     10%以上を占める相手先がないため、記載を省略してお                           10%以上を占める相手先がないため、記載を省略してお
     ります。                           ります。
                                 86/128







                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (関連当事者情報)

    前事業年度     (自  令和2年4月1日          至  令和3年3月31日)
    1.関連当事者との取引

     財務諸表提出会社と関連当事者との取引
     (ア)財務諸表提出会社の親会社等
                              議決権等
                     資本金又                          取引       期末
         会社等の名称                 事業の内容     の所有            取引の
     種類           所在地     は出資金             関連当事者との関係             金額    科目    残高
         又は氏名                又は職業    (被所有)             内容
                     (百万円)                          (千円)       (千円)
                              割合(%)
                                          人件費
                                                  その他
                                          の立替     67,546        4,662
                         株式等の保
                                                  未払金
                                           (注2)
                         有を通じた     (被所有)    役員の兼務
        SBIホールディ
    親会社           東京都港区       98,711   企業グルー     間接    不動産の転貸借
        ングス株式会社
                         プの統括・     90.00%    出向等
                                          保証金の
                                                  差入
                         運営等
                                          差入       ―      9,040
                                                  保証金
                                           (注2)
    (注)1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
      2.独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
     (イ)財務諸表提出会社のその他の関係会社等

                              議決権等
                     資本金又                          取引       期末
         会社等の名称                 事業の内容     の所有            取引の
     種類           所在地     は出資金             関連当事者との関係             金額    科目    残高
         又は氏名                又は職業    (被所有)             内容
                     (百万円)                          (千円)       (千円)
                              割合(%)
                                          運用受託        未収運
        SBI生命保険株
               東京都港区       47,500   生命保険業       ― 投資一任契約        報酬     20,231   用受託     5,915
        式会社
                                          (注2)        報酬
    親会社
    の子会
                                          運用受託        未収運
    社
        SBI損害保険株
               東京都港区       20,500   損害保険業       ― 投資一任契約        報酬      3,686   用受託     523
        式会社
                                          (注2)        報酬
    (注)1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
      2.独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
    2.親会社に関する注記

      親会社情報
      SBIホールディングス株式会社(東京証券取引所に上場)
      SBIグローバルアセットマネジメント株式会社(非上場)
       モーニングスター株式会社(東京証券取引所に上場)
      SBIアセットマネジメント・グループ株式会社(非上場)
                                 87/128







                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    当事業年度(自        令和3年4月1日          至  令和4年3月31日)

    1.関連当事者との取引

     財務諸表提出会社と関連当事者との取引
     (ア)財務諸表提出会社の親会社等
                              議決権等
                     資本金又                          取引       期末
         会社等の名称                 事業の内容     の所有            取引の
     種類           所在地     は出資金             関連当事者との関係             金額    科目    残高
         又は氏名                又は職業    (被所有)             内容
                     (百万円)                          (千円)       (千円)
                              割合(%)
                                          人件費
                                                  その他
                                          の立替     92,452        6,113
                         株式等の保
                                                  未払金
                                           (注2)
                         有を通じた     (被所有)    役員の兼務
        SBIホールディ
    親会社           東京都港区       99,312   企業グルー     間接    不動産の転貸借
        ングス株式会社
                         プの統括・     90.00%    出向等
                                          保証金の
                                                  差入
                         運営等
                                          差入       ―      9,040
                                                  保証金
                                           (注2)
    (注)1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
      2.独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
     (イ)財務諸表提出会社のその他の関係会社等

                              議決権等
                     資本金又                          取引       期末
         会社等の名称                 事業の内容     の所有            取引の
     種類           所在地     は出資金             関連当事者との関係             金額    科目    残高
         又は氏名                又は職業    (被所有)             内容
                     (百万円)                          (千円)       (千円)
                              割合(%)
    親会社                                      運用受託        未収運
        SBI生命保険株
    の子会           東京都港区       47,500   生命保険業       ― 投資一任契約        報酬     22,231   用受託     6,264
        式会社
    社                                      (注2)        報酬
    (注)1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
      2.独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
    2.親会社に関する注記

      親会社情報
      SBIホールディングス株式会社(東京証券取引所に上場)
      SBIグローバルアセットマネジメント株式会社(非上場)
       モーニングスター株式会社(東京証券取引所に上場)
      SBIアセットマネジメント・グループ株式会社(非上場)
                                 88/128








                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (1株当たり情報)

               前事業年度                           当事業年度
      (自   令和2年4月1日          至  令和3年3月31日)             (自   令和3年4月1日          至  令和4年3月31日)
     1株当たり純資産額                            116,273円65銭          1株当たり純資産額          167,505円49銭
                                 1株当たり当期純利益金額                         51,231円27銭
     1株当たり当期純利益金額        45,704円75銭
     なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につい                           なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につい

     ては、潜在株式が存在しないため記載しておりません。                           ては、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     (注)   1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下の                         (注)   1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下の

     とおりであります。                           とおりであります。
      当期純利益                            274,228千円          当期純利益                            307,387千円
       普通株主に帰属しない金額                            -千円        普通株主に帰属しない金額                            -千円
       普通株主に係る当期純利益                      274,228千円           普通株主に係る当期純利益                      307,387千円
       期中平均株式数            6,000株                             期中平均株式数            6,000株
    (重要な後発事象)

     該当事項はありません。
                                 89/128












                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (参考)SBI地方創生アセットマネジメント株式会社の経理状況

    ※当該(参考)においてSBI地方創生アセットマネジメント株式会社を「委託会社」または「当社」
    といいます。
    ①  財務諸表の作成方法について

      委託会社であるSBI地方創生アセットマネジメント株式会社(以下「当社」という)の財務諸表
     は、「財務諸表等の用語、様式および作成方法に関する規則(昭和38年大蔵省令第59号)」(以下
     「財務諸表等規則」という)第2条の規定により、財務諸表等規則および「金融商品取引業等に関す
     る内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づき作成されております。
       財務諸表の金額については、千円未満の端数を切り捨てて表示しております。
    ②  監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当事業年度                                         (自  令和3年4月1日
     至  令和4年3月31日)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる監査を受けておりま
     す。
                                 90/128













                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                 91/128





















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                 92/128





















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    財務諸表等

     (1)貸借対照表
                                                    (単位:千円)
                                前事業年度               当事業年度
                              (令和3年3月31日)               (令和4年3月31日)
     資産の部
      流動資産
       現金・預金                                479,070               948,676
       前払費用                                  381              2,417
       未収委託者報酬                                81,365               68,969
       未収運用受託報酬                                  430               472
       未収投資助言報酬                                  ―               11
       立替金                                  31               ―
       その他                                 1,078                795
       流動資産合計                                562,358              1,021,342
      固定資産
       有形固定資産
                                       ※ 2,511              ※  2,324
        建物
                                        ※ 335
                                                       ※  251
        器具備品
        有形固定資産合計                                2,847               2,576
       無形固定資産
                                        4,939               3,210
        ソフトウエア
        無形固定資産合計                                4,939               3,210
       投資その他の資産
        繰延税金資産                                4,772               15,279
                                        9,041               9,041
        その他
        投資その他の資産合計                               13,814               24,321
       固定資産合計                                21,601               30,107
      資産合計                                 583,959              1,051,449
                                                    (単位:千円)


                                前事業年度               当事業年度
                              (令和3年3月31日)               (令和4年3月31日)
     負債の部
      流動負債
       未払金                                26,705               27,205
        未払手数料                                3,683               3,230
         その他未払金                                23,021               23,975
       未払消費税等                                36,697               25,942
       未払法人税等                                65,861               145,971
       未払費用                                10,737               25,904
       前受金                                17,367                 ―
       前受収益                                  275               275
       預り金                                 1,306                909
       仮受金                                  ―             40,254
       流動負債合計                                158,951               266,463
      固定負債
       長期前受収益                                   687               412
       固定負債合計                                   687               412
      負債合計                                 159,638               266,876
     純資産の部
                                 93/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      株主資本
       資本金                                150,000               150,000
       資本剰余金
                                       150,000               150,000
        資本準備金
        資本剰余金合計                                150,000               150,000
       利益剰余金
        その他利益剰余金
                                       124,320               484,573
         繰越利益剰余金
        利益剰余金合計                               124,320               484,573
       株主資本合計                                424,320               784,573
      純資産合計                                 424,320               784,573
     負債純資産合計                                  583,959              1,051,449
                                 94/128

















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)  損益計算書

                                                    (単位:千円)
                                前事業年度               当事業年度
                              (自  令和2年4月1日             (自  令和3年4月1日
                              至   令和3年3月31日)              至   令和4年3月31日)
     営業収益
      委託者報酬                                 601,172               911,890
      運用受託報酬                                  1,882               1,689
                                         ―               46
      投資助言報酬
      営業収益計                                 603,054               913,626
     営業費用
      支払手数料                                 38,380               43,472
      支払報酬                                   165                ―
      協会費                                  1,439               2,545
      委託計算費                                 106,815               161,292
                                       19,818               44,333
      委託調査費
      営業費用計                                 166,618               251,643
     一般管理費
      給料                                 69,053               79,990
       役員報酬                                21,725               25,325
       給料・手当                                46,959               54,635
       賞与                                   368                30
      法定福利費                                  8,841               9,032
      福利厚生費                                  1,166                844
      退職給付費用                                  1,459               1,105
      派遣社員費                                   ―               798
      業務委託費                                  4,426               2,722
      販売促進費                                  1,540               1,627
      旅費交通費                                   511               815
      システム利用料                                 10,939               16,313
      不動産賃借料                                  8,117               8,117
      修繕維持費                                  2,056               2,056
      固定資産減価償却費                                  2,080               2,077
      租税公課                                  7,142               9,962
      支払報酬                                  4,806               5,221
                                        4,243               11,061
      諸経費
      一般管理費計                                 126,385               151,746
     営業利益                                  310,049               510,236
     営業外収益
      受取利息                                    0               1
                                        5,589               8,898
      雑収入
      営業外収益計                                  5,590               8,900
     営業外費用
                                          9               0
      為替差損
      営業外費用計                                    9               0
     経常利益                                  315,631               519,136
     税引前当期純利益                                  315,631               519,136
     法人税、住民税及び事業税
                                       60,633               169,390
                                       △5,145               △10,507
     法人税等調整額
     当期純利益                                  260,142               360,252
                                 95/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)株主資本等変動計算書

     前事業年度(自        令和2年4月1日 至 令和3年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                               株主資本
                        資本剰余金             利益剰余金
                                  その他利益
                                                      純資産合計
                                               株主資本
                                          利益
               資本金                   剰余金
                           資本剰余金
                                                合計
                     資本準備金                     剰余金
                            合計
                                  繰越利益
                                          合計
                                  剰余金
     当期首残高           150,000      150,000      150,000      △135,822       △135,822        164,177       164,177
     当期変動額

      当期純利益                              260,142       260,142       260,142       260,142

     当期変動額合計             ―      ―      ―    260,142       260,142       260,142       260,142

     当期末残高           150,000      150,000      150,000       124,320       124,320       424,320       424,320

     当事業年度(自        令和3年4月1日 至 令和4年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                               株主資本
                        資本剰余金             利益剰余金
                                  その他利益
                                                      純資産合計
                                               株主資本
                                          利益
               資本金                   剰余金
                           資本剰余金
                                                合計
                     資本準備金                     剰余金
                            合計
                                  繰越利益
                                          合計
                                  剰余金
     当期首残高           150,000      150,000      150,000       124,320       124,320       424,320       424,320
     当期変動額

      当期純利益                              360,252       360,252       360,252       360,252

     当期変動額合計             ―      ―      ―    360,252       360,252       360,252       360,252

     当期末残高           150,000      150,000      150,000       484,573       484,573       784,573       784,573

                                 96/128






                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      [ 注記事項     ]

    (重要な会計方針)
    1.固定資産の減価償却の方法
     ①  有形固定資産
       定率法によっております。(ただし、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備については定
       額法によっております。)
       なお、耐用年数は以下のとおりであります。 
          建物     8~18年

          器具備品   8年
     ②  無形固定資産

       定額法によっております。
       自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によって
       おります。
    2.収益及び費用の計上基準

       当社の事業である投資運用業における主な履行義務の内容及び当該履行義務を充足する通常の
       時点(収益を認識する通常の時点)は、以下のとおりであります。
       委託者報酬          投資信託約款に基づく信託報酬で、ファンド設定以降、日々の純資産残高

                  に一定率を乗じて算出された額が、当該ファンドの運用期間に渡り収益と
                  して認識されます。
       運用受託報酬          投資一任契約ごとに定められた運用対象資産、残高、期間、料率等の条件
                  に基づき算出された額が、運用を受託した期間に渡り収益として認識され
                  ます。
       投資助言報酬          投資助言契約に基づき、顧客が運用対象とする投資資産に関し、ポート
                  フォリオ改善等の投資助言を行うものです。当該役務の提供がなされ、そ
                  の報酬額が支払われることが確定した時点で収益として認識されます。
    3.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理
       控除対象外消費税及び地方消費税は、当事業年度の費用として処理しております。
    (重要な会計上の見積り)

    1.当事業年度の財務諸表に計上した金額
       繰延税金資産   15,279千円
    2.識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

       繰延税金資産の認識は、将来の事業計画に基づく課税所得の発生時期及び金額によって見積っており
      ます。当該見積りは、将来の不確実な経済条件の変動などによって影響を受ける可能性があり、実際に
      発生した課税所得の時期及び金額が見積りと異なった場合、翌事業年度の計算書類において、繰延税金
      資産の金額に重要な影響を与える可能性があります。
                                 97/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (会計方針の変更)

     (収益認識に関する会計基準等の適用)
      「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号  2020年3月31日。以下「収益認識会計基
     準」という。)等を当事業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した
     時点で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしまし
     た。なお、財務諸表に与える影響はありません。
     (時価の算定に関する会計基準等の適用)

      「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号  2019年7月4日。以下「時価算定会計基
     準」という。)等を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する
     会計基準」(企業会計基準第10号  2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、
     時価算定会計基準等が定める新たな会計方針を将来にわたって適用することといたしました。なお、
     財務諸表に与える影響はありません。
    (表示方法の変更)

     (貸借対照表)
        前事業年度において、独立掲記しておりました「流動資産」の「未収入金」は、金額的重要性が
       乏しいため「流動資産」の「その他」に含めて表示しております。
       また、前事業年度において、独立掲記しておりました「投資その他の資産」の「長期差入保証
       金」は、金額的重要性が乏しいため「投資その他の資産」の「その他」に含めて表示しておりま
       す。
        この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の財務諸表の組み換えを行っております。
                                 98/128











                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (貸借対照表関係)

               前事業年度                           当事業年度
            (令和3年3月31日現在)                           (令和4年3月31日現在)
     ※ 有形固定資産の減価償却累計額                           ※ 有形固定資産の減価償却累計額
        建物                   517千円        建物                   782千円
        器具備品                   287千円        器具備品                   371千円
    (株主資本等変動計算書関係)

               前事業年度                           当事業年度
     (自 令和2年4月1日             至  令和3年3月31日)             (自 令和3年4月1日             至  令和4年3月31日)
    1.発行済株式の種類及び総数                           1.発行済株式の種類及び総数
            当事業             当事業              当事業             当事業
       株式の          増加    減少             株式の          増加    減少
           年度期首              年度末              年度期首              年度末
       種類          (株)    (株)              種類          (株)    (株)
            (株)             (株)              (株)             (株)
       普通                           普通
             6,000     ―    ―    6,000              6,000     ―    ―    6,000
       株式                           株式
    2.自己株式に関する事項                           2.自己株式に関する事項
      該当事項はありません。                           該当事項はありません。
    3.新株予約権等に関する事項                           3.新株予約権等に関する事項

      該当事項はありません。                           該当事項はありません。
    4.配当に関する事項                           4.配当に関する事項

      該当事項はありません。                           該当事項はありません。
                                 99/128










                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品関係)

               前事業年度                           当事業年度
            (令和3年3月31日)                           (令和4年3月31日)
    1.金融商品の状況に関する事項                           1.金融商品の状況に関する事項
     ①  金融商品に対する取組方針                          ①  金融商品に対する取組方針
     当社は、資金運用については、短期的な預金等に限定し                           当社は、資金運用については、短期的な預金等に限定し
     ております。                           ております。
     ②  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク                          ②  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク
     管理体制                           管理体制
     未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、主に投資運用                           未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、主に投資運用
     業等からの債権であり、取引の性質上、基本的に信用リス                           業等からの債権であり、取引の性質上、基本的に信用リス
     クは軽微であると考えておりますが、顧客別の債権残高を                           クは軽微であると考えておりますが、顧客別の債権残高を
     社内で管理し、入金の遅延等があった場合には速やかに社                           社内で管理し、入金の遅延等があった場合には速やかに社
     内の関係部署が顧客及び受託銀行に連絡する体制を整えて                           内の関係部署が顧客及び受託銀行に連絡する体制を整えて
     おります。未払金は、そのほとんどが1ヵ月以内の支払期                           おります。未払金は、そのほとんどが1ヵ月以内の支払期
     日であります。                           日であります。
     当社は、年度事業計画を策定し、これに基づいて必要と                           当社は、年度事業計画を策定し、これに基づいて必要と
     なる運転資金を検討し、充足する十分な手元流動性を維持                           なる運転資金を検討し、充足する十分な手元流動性を維持
     することで、流動性リスクを管理しております。                           することで、流動性リスクを管理しております。
    2.金融商品の時価等に関する事項                           2.金融商品の時価等に関する事項

                                ( 1)「現金・預金」「未収委託者報酬」「未収運用受託報
               貸借対照      時価     差額
                                酬」「未収投資助言報酬」「未払手数料」「その他未払
               表計上額
                     (千円)     (千円)
                                金」   は短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似す
                (千円)
                                るものであることから、記載を省略しております。
      (1)  現金・預金         479,070     479,070       ―
      (2)  未収委託
                                (2)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
                 81,365     81,365       ―
                                 金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んで
        者報酬
                                いるため、異なる前提条件等を採用することにより、当該
      (3)  未収運用
                                価額が変動することもあります。
                  430     430     ―
        受託報酬
                                3.金融商品の時価のレベルごとの内訳に関する事項
      資産計           560,866     560,866       ―
                                 重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      (1)未払手数料            3,683     3,683      ―
      (2)その他未払金           23,021     23,021       ―
                                4.金銭債権の決算日後の償還予定額
      負債計           26,705     26,705       ―
                                               1年以内      1年超
    (注1)金融商品の時価の算定方法に関する事項
     資産
                                                (千円)      (千円)
     (1)  現金・預金、       (2)  未収委託者報酬
                                 (1)  現金・預金              948,676        ―
     (3)  未収運用受託報酬
                                 (2)  未収委託者報酬
                                                 68,969       ―
     これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額に
                                 (3)  未収運用受託報酬
                                                   472      ―
     ほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
                                 (4)  未収投資助言報酬                11
     負債
                                 資産計               1,018,129         ―
     (1)  未払手数料、       (2)  その他未払金
     これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額に
     ほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
    (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融

     商品
                                100/128

                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
           区分        貸借対照表計上額
       長期差入保証金                   9,041
     長期差入保証金については、期限の定めが無いため、
     将来キャッシュ・フローの算定が困難であることから、
     時価開示の対象とはしておりません。
    (注3)金銭債権の決算日後の償還予定額

                   1年以内       1年超
                   (千円)       (千円)
      (1)  現金・預金            479,070         ―
      (2)  未収委託者報酬
                     81,365         ―
      (3)  未収運用受託報酬
                      430       ―
      資産計              560,866         ―
    (退職給付関係)


               前事業年度                           当事業年度
      (自   令和2年4月1日          至  令和3年3月31日)             (自   令和3年4月1日          至  令和4年3月31日)
    1.採用している退職給付金制度の概要
                                1.採用している退職給付金制度の概要
     当社は、確定拠出年金制度を採用しております。
                                 当社は、確定拠出年金制度を採用しております。
    2.確定拠出制度
                                2.確定拠出制度
     当社の確定拠出制度への要拠出額は1,459千円で
                                 当社の確定拠出制度への要拠出額は1,105千円で
                                 あります。
     あります。
                                101/128











                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (税効果会計関係)

               前事業年度                           当事業年度
            (令和3年3月31日現在)                           (令和4年3月31日現在)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な                           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な
      原因別の内訳                            原因別の内訳
       繰延税金資産                           繰延税金資産
        未払事業税                 4,032千円          未払事業税                 6,914千円
                          739千円                          8,365千円
        その他                           その他
       繰延税金資産小計                   4,772千円         繰延税金資産小計                  15,279千円
        税務上の繰越欠損金に係る                            税務上の繰越欠損金に係る
                             -                           -
        評価性引当額                           評価性引当額
        将来減算一時差異等の合計                            将来減算一時差異等の合計
                             -                           -
        に係る評価性引当額                           に係る評価性引当額
         評価性引当額小計                     -       評価性引当額小計                     -
       繰延税金資産合計                           繰延税金資産合計
                         4,772千円                           15,279千円
       繰延税金負債                           繰延税金負債

       繰延税金負債合計                       -     繰延税金負債合計                       -
       繰延税金資産(△負債)の純額                  4,772千円         繰延税金資産(△負債)の純額                 15,279千円
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等                           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等

      の負担率との間に重要な差異があるときの、当                           の負担率との間に重要な差異があるときの、当
      該差異原因となった主要な項目別の内訳                           該差異原因となった主要な項目別の内訳
       法定実行税率                    30.62%      法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負

                                担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下
       (調整)
       評価性引当額増減                    △13.1%      であるため注記を省略しております。
                            0.06%
       その他
       税効果会計適用後の法人税等
                           17.58%
       の負担率
                                102/128











                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (収益認識関係)

       当社は、投資運用業の単一セグメントであり、顧客との契約から生じる収益の区分は概ね単一であるこ
      とから、顧客との契約から生じる収益を分解した情報の記載は重要性が乏しいため省略しております。ま
      た、顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は「重要な会計方針5.収益及び費用
      の計上基準」記載のとおりであります。
    (セグメント情報等)

               前事業年度                           当事業年度
      (自   令和2年4月1日          至  令和3年3月31日)             (自   令和3年4月1日          至  令和4年3月31日)
    1.セグメント情報                           1.セグメント情報
     当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を                           当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を
     省略しております。                           省略しております。
    2.関連情報                           2.関連情報
     ①製品及びサービスごとの情報                           ①製品及びサービスごとの情報
     単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益                           単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益
     が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を                           が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を
     省略しております。                           省略しております。
     ②地域ごとの情報                           ②地域ごとの情報
     営業収益                           営業収益
     本邦の外部顧客への営業収益に区分した金額が損益計                           本邦の外部顧客への営業収益に区分した金額が損益計
     算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略して                           算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略して
     おります。                           おります。
     有形固定資産                           有形固定資産
     本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当                           本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当
     事項はありません。                           事項はありません。
    3.主要な顧客ごとの情報                           3.主要な顧客ごとの情報
     特定の顧客に対する営業収益で損益計算書の営業収益の                           特定の顧客に対する営業収益で損益計算書の営業収益の
     10%以上を占める相手先がないため、記載を省略してお                           10%以上を占める相手先がないため、記載を省略してお
     ります。                           ります。
                                103/128








                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (関連当事者情報)

    前事業年度     (自  令和2年4月1日          至  令和3年3月31日)
    1.関連当事者との取引

     財務諸表提出会社と関連当事者との取引
     (ア)財務諸表提出会社の親会社等
                              議決権等
                     資本金又                          取引       期末
         会社等の名称                 事業の内容     の所有            取引の
     種類           所在地     は出資金             関連当事者との関係             金額    科目    残高
         又は氏名                又は職業    (被所有)             内容
                     (百万円)                          (千円)       (千円)
                              割合(%)
                                          人件費
                                                  その他
                                          の立替     57,103        4,831
                         株式等の保
                                                  未払金
                                           (注2)
                         有を通じた     (被所有)    役員の兼務
        SBIホールディ
               東京都港区       98,711   企業グルー     間接    不動産の転貸借
        ングス株式会社
                         プの統括・     53.00%    出向等
                                          保証金の
                                                  差入
                         運営等
                                          差入       ―      9,041
                                                  保証金
                                           (注2)
    親会社
                                          従業員の
                                                  未収入
                                          出向      3,529        280
                                                  金
                                           (注3)
                         金融情報     (被所有)
        モーニングスター
               東京都港区       2,115   サービスの     間接    出向等
        株式会社
                         提供     53.00%
                                          従業員の
                                                  その他
                                          出向      2,699       1,132
                                                  未払金
                                           (注3)
    (注)1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
      2.独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
      3.出向に関する協定書に基づき、出向者に係る給料・手当、賞与、福利厚生費等の実額を出向負担金
        として負担しております。
     (イ)財務諸表提出会社のその他の関係会社等

                              議決権等
                     資本金又                          取引       期末
         会社等の名称                 事業の内容     の所有            取引の
     種類           所在地     は出資金             関連当事者との関係             金額    科目    残高
         又は氏名                又は職業    (被所有)             内容
                     (百万円)                          (千円)       (千円)
                              割合(%)
                                          投資シス
        SBIボンド・イ
                         投資運用業         出向等        テム共同
        ンベストメント・                                           未収入
               東京都港区        150  及び投資助       ― 投資システム共同        利用料の      5,367        582
        マネジメント株式                                           金
                         言業         利用        請求
        会社
                                           (注2)
    親会社
                                          従業員の
                                                  未収入
    の子会
                                          出向       840        72
                                                  金
    社
                                           (注3)
        SBIアセットマ                 投資運用業
        ネジメント株式会       東京都港区        400  及び投資助       ― 出向等
                                          従業員の
        社                 言業
                                                  その他
                                          出向     12,337        1,410
                                                  未払金
                                          (注3)
    (注)1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
      2.独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
      3.出向に関する協定書に基づき、出向者に係る給料・手当、賞与、福利厚生費等の実額を出向負担金として
        負担しております。
    2.親会社に関する注記

      親会社情報
      SBIホールディングス株式会社(東京証券取引所に上場)
      SBIグローバルアセットマネジメント株式会社(非上場)
       モーニングスター株式会社(東京証券取引所に上場)
      SBIアセットマネジメント・グループ株式会社(非上場)
    当事業年度(自        令和3年4月1日          至  令和4年3月31日)
    1.関連当事者との取引

     財務諸表提出会社と関連当事者との取引
                                104/128

                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (ア)財務諸表提出会社の親会社等
                              議決権等
                     資本金又                          取引       期末
         会社等の名称                 事業の内容     の所有            取引の
     種類           所在地     は出資金             関連当事者との関係             金額    科目    残高
         又は氏名                又は職業    (被所有)             内容
                     (百万円)                          (千円)       (千円)
                              割合(%)
                                          人件費
                                                  その他
                         株式等の保                 の立替     49,765        2,610
                                                  未払金
                         有を通じた     (被所有)             (注2)
        SBIホールディ                          不動産の転貸借
               東京都港区       99,312   企業グルー     間接
        ングス株式会社                          出向等
                                          保証金の
                         プの統括・     53.00%
                                                  差入
                                          差入       ―      9,041
                         運営等
                                                  保証金
                                           (注2)
    親会社
                                          従業員の
                                                  未収入
                                          出向       350        ―
                                                  金
                         金融情報     (被所有)
                                           (注3)
        モーニングスター
               東京都港区       3,363   サービスの     間接    出向等
        株式会社
                                          従業員の
                         提供     53.00%
                                                  その他
                                          出向      15,492       1,527
                                                  未払金
                                           (注3)
    (注)1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれており
       ます。
      2.独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
      3.出向に関する協定書に基づき、出向者に係る給料・手当、賞与、福利厚生費等の実額を出向負担金として
        負担しております。
     (イ)財務諸表提出会社のその他の関係会社等

                              議決権等
                     資本金又                          取引       期末
         会社等の名称                 事業の内容     の所有            取引の
     種類           所在地     は出資金             関連当事者との関係             金額    科目    残高
         又は氏名                又は職業    (被所有)             内容
                     (百万円)                          (千円)       (千円)
                              割合(%)
                                          投資シス
        SBIボンド・イ
                         投資運用業         出向等        テム共同
        ンベストメント・                                           未収入
               東京都港区        150  及び投資助       ― 投資システム共同        利用料の      8,196        795
        マネジメント株式                                           金
                         言業         利用        請求
        会社
                                           (注2)
    親会社
                                          従業員の
    の子会                                              未収入
                                          出向       258        ―
    社                                              金
                                           (注3)
        SBIアセットマ                 投資運用業
        ネジメント株式会       東京都港区        400  及び投資助       ― 出向等
        社                 言業
                                          従業員の
                                                  その他
                                          出向     10,652         585
                                                  未払金
                                          (注3)
    (注)1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
      2.独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
      3.出向に関する協定書に基づき、出向者に係る給料・手当、賞与、福利厚生費等の実額を出向負担金として
        負担しております。
    2.親会社に関する注記

      親会社情報
      SBIホールディングス株式会社(東京証券取引所に上場)
      SBIグローバルアセットマネジメント株式会社(非上場)
       モーニングスター株式会社(東京証券取引所に上場)
      SBIアセットマネジメント・グループ株式会社(非上場)
    (1株当たり情報)

               前事業年度                           当事業年度
      (自   令和2年4月1日          至  令和3年3月31日)             (自   令和3年4月1日          至  令和4年3月31日)
                                105/128




                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     1株当たり純資産額                            70,720円09銭
                                 1株当たり純資産額          130,762円25銭
                                 1株当たり当期純利益金額                         60,042円16銭
     1株当たり当期純利益金額                         43,357円09銭
                                 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につい

     なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につい
                                ては、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     ては、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                 (注)   1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下の

     (注)   1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下の
                                とおりであります。
     とおりであります。
                                  当期純利益                            360,252千円
      当期純利益                            260,142千円
                                   普通株主に帰属しない金額                            -千円
       普通株主に帰属しない金額                            -千円
                                   普通株主に係る当期純利益                      360,252千円
       普通株主に係る当期純利益                      260,142千円
                                   期中平均株式数            6,000株
       期中平均株式数            6,000株
    (重要な後発事象)

     該当事項はありません。
                                106/128














                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     中間財務諸表 

     (1)中間貸借対照表
                                                    (単位:千円)
                                              当中間会計期間
                                             (2022年9月30日)
     資産の部
      流動資産
       現金・預金                                                490,050
       短期貸付金                                               2,300,000
       前払費用                                                60,383
       未収委託者報酬                                                934,144
       未収運用受託報酬                                                33,785
                                                        16,611
       その他
       流動資産合計                                               3,834,974
      固定資産
       有形固定資産
                                                      ※1  27,120
        建物
                                                       ※1  3,177
        器具備品
        有形固定資産合計                                               30,297
       無形固定資産
        商標権                                                1,250
        ソフトウエア                                               23,984
                                                          67
        その他
        無形固定資産合計                                               25,302
       投資その他の資産
        投資有価証券                                               934,051
        関係会社株式                                               22,031
        繰延税金資産                                               211,548
                                                        29,479
        その他
        投資その他の資産合計                                             1,197,111
       固定資産合計                                               1,252,710
      繰延資産
       株式交付費                                                  3,412
       繰延資産合計                                                  3,412
      資産合計                                                5,091,098
                                107/128








                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                                    (単位:千円)

                                              当中間会計期間
                                             (2022年9月30日)
     負債の部
      流動負債
       預り金                                                119,122
       未払金                                                619,254
        未払手数料                                               468,883
         その他未払金                                                150,371
       未払法人税等                                                132,241
                                                      ※2  24,920
       未払消費税等
                                                        1,188
       その他
       流動負債合計                                                896,728
      負債合計                                                 896,728
     純資産の部
      株主資本
       資本金                                                400,200
       資本剰余金
                                                      3,352,137
        その他資本剰余金
        資本剰余金合計                                               3,352,137
       利益剰余金
        利益準備金                                               100,050
        その他利益剰余金
                                                       552,937
          繰越利益剰余金
        利益剰余金合計                                               652,987
       株主資本合計                                               4,405,325
      評価・換算差額等
                                                      △210,955
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                                △210,955
      純資産合計                                                4,194,369
     負債純資産合計                                                 5,091,098
                                108/128









                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (2)中間損益計算書

                                                    (単位:千円)
                                             当中間会計期間
                                            (自  2022年4月1日
                                            至   2022年9月30日)
    営業収益
      委託者報酬                                                1,556,799
      運用受託報酬                                                  25,287
      営業収益計                                                1,582,086
    営業費用
      支払手数料                                                 809,154
      広告宣伝費                                                   2,614
      委託調査費                                                  40,572
      委託計算費                                                 149,751
      営業雑経費                                                  15,003
       通信費                                                    330
       印刷費                                                  11,815
       協会費                                                   2,830
       諸会費                                                    27
      営業費用計                                                1,017,096
    一般管理費
      給料                                                 100,314
       役員報酬                                                 16,258
       給料・手当                                                 76,532
       賞与                                                   7,523
      福利厚生費                                                  12,222
      交際費                                                     1
      寄付金                                                   2,352
      旅費交通費                                                    312
      租税公課                                                  13,551
      不動産賃料                                                   7,760
      退職給付費用                                                   1,922
                                                       ※ 3,656
      固定資産減価償却費
      消耗品費                                                    760
      事務委託費                                                  18,679
                                                        7,624
      諸経費
      一般管理費計                                                 169,160
    営業利益                                                   395,829
    営業外収益
      受取利息                                                   3,897
      受取配当金                                                  53,400
                                                           1
      その他
      営業外収益計                                                  57,299
    営業外費用
     為替差損                                                     488
     株式交付費償却                                                     758
     雑損失                                                     251
                                109/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     営業外費用計                                                    1,498
    経常利益                                                   451,630
                                110/128




















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                                    (単位:千円)

                                             当中間会計期間
                                            (自  2022年4月1日
                                            至   2022年9月30日)
    税引前中間純利益                                                   451,630
      法人税、住民税及び事業税                                                 128,611
                                                        10,175
      法人税等調整額
      法人税等合計                                                 138,786
    中間純利益                                                   312,843
    (3)中間株主資本等変動計算書


       当中間会計期間(自              2022年4月1日  至  2022年9月30日)    
                                                     (単位:千円)
                                    株主資本
                          資本剰余金               利益剰余金
                                         その他利益
                        その他      資本
                  資本金                        剰余金            株主資本合計
                                    利益           利益剰余金
                        資本     剰余金
                                   準備金             合計
                                         繰越利益
                        剰余金      合計
                                          剰余金
     当期首残高              400,200     1,350,000      1,350,000       100,050       240,094       340,144      2,090,344
     当中間期変動額
      合併による増加                   2,002,137      2,002,137                          2,002,137
      中間純利益                                      312,843       312,843       312,843
      株主資本以外の項目の
      当中間期変動額(純額)
     当中間期変動額合計                ―   2,002,137      2,002,137         ―    312,843       312,843      2,314,981
     当中間期末残高              400,200     3,352,137      3,352,137       100,050       552,937       652,987      4,405,325
                      評価・換算差額等

                                    純資産合計
                   その他有価証券
                          評価・換算差額等
                             合計
                    評価差額金
     当期首残高                 △135,145        △135,145        1,955,198
      当中間期変動額
      合併による増加                                2,002,137
      中間純利益                                 312,843
      株主資本以外の項目の
                      △75,810        △75,810        △75,810
      当中間期変動額(純額)
     当中間期変動額合計                 △75,810        △75,810       2,239,171
     当中間期末残高                 △210,955        △210,955        4,194,369
                                111/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    注記事項

    (重要な会計方針)

     1.資産の評価基準及び評価方法
        有価証券
         子会社株式
          移動平均法による原価法
         その他有価証券
          市場価格のない株式等以外のもの
            時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により
            算定)
     2.デリバティブの評価基準及び評価方法

        時価法を採用しております。
     3.固定資産の減価償却の方法

        ①有形固定資産
         主として定額法を採用しております。なお主な耐用年数は、建物が8-18年、器具備品が3
        -15年であります。
        ②無形固定資産
         定額法を採用しております。自社利用のソフトウエアについては社内における利用可能期間
        (5年)に基づく定額法によっております。
     4.収益及び費用の計上基準

         当社の事業である投資運用業における主な履行義務の内容及び当該履行義務を充足する通常
        の時点(収益を認識する通常の時点)は、以下のとおりであります。
           委託者報酬          投資信託約款に基づく信託報酬で、ファンド設定以降、日々の純資

                     産残高に一定率を乗じて算出された額が、当該ファンドの運用期間
                     に渡り収益として認識されます。
           運用受託報酬          投資一任契約ごとに定められた運用対象資産、残高、期間、料率等
                     の条件に基づき算出された額が、運用を受託した期間に渡り収益と
                     して認識されます。
     5.その他中間財務諸表作成のための重要な事項

         繰延資産の処理方法
          株式交付費  3年間で均等償却しております。
    (会計方針の変更)

     (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
      「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号  2021年6月17日。以
     下「時価算定会計基準適用指針」という。)を当中間会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準
     適用指針第27-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会
     計方針を将来にわたって適用することといたしました。なお、中間財務諸表に与える影響はありませ
     ん。  
                                112/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (中間貸借対照表関係)

      ※1  有形固定資産の減価償却累計額

                                           当中間会計期間
                                         (2022年9月30日)
          建物                                                7,717千円
          器具備品                                                7,446千円
      ※2  消費税及び地方消費税の取扱い

          仮払消費税等及び仮受消費税等は、相殺のうえ、「未払消費税等」として表示しております。
    (中間損益計算書関係)

        ※  減価償却実施額

                                           当中間会計期間
                                         (自  2022年4月1日
                                          至  2022年9月30日)
          有形固定資産                                                1,566千円
                                                      2,089千円
          無形固定資産
    (中間株主資本等変動計算書関係)

     当中間会計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)

     1.発行済株式に関する事項
                 当事業年度                              当中間会計期間末

       株式の種類                     増加株式数           減少株式数
                期首株式数(株)                                 株式数(株)
       普通株式              57,400         1,042,011               ―       1,099,411
      (注1)当社は、2022年7月28日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っております。
          これに伴い、普通株式の発行済株式総数は、516,600株増加いたしました。
      (注2)2022年8月1日を効力発生とする吸収合併に伴い、結合当事企業の既存株主に対し、存続会社で
          ある当社普通株式の割当交付を行ったことにより、525,411株増加しております。
     2.自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3.新株予約権等に関する事項

       該当事項はありません。
     4.配当に関する事項

       該当事項はありません。
                                113/128




                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ( 金融商品関係       )

      1.金融商品の時価等に関する事項
        中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、市場価
        格のない株式等は、「投資有価証券」には含まれておりません((注)2.参照)。また、「現金・預
        金」「短期貸付金」「未収委託者報酬」「未収運用受託報酬」「未払金」は、短期間で決済されるた
        め時価が帳簿価額に近似するものであることから、記載を省略しております。
        当中間会計期間(2022年9月30日)

                           中間貸借対照表
                                         時価           差額
                             計上額
                                        (千円)           (千円)
                            (千円)
       投資有価証券                          934,051            934,051              ―
       資産計                         934,051            934,051              ―
       デリバティブ取引(注1)                          △251            △251             ―
      (注)1.      デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は、純額で表示しております。
      (注)2.市場価格のない株式等の中間貸借対照表計上額は以下のとおりであります。

                 区分             中間貸借対照表計上額
                                  (千円)
         関係会社株式
          子会社株式                             22,031
      (注)3.金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用するこ
        とにより、当該価額が変動することもあります。また、「デリバティブ取引関係」注記におけるデリ
        バティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示
        すものではありません。
      2.金融商品の時価のレベルごとの内訳に関する事項

         金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つの
        レベルに分類しております。          
         レベル1の時価:            観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成
                    される当該時価の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により
                    算定した時価
         レベル2の時価:            観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以
                    外の時価の算定に係るインプットを用いて算定した時価
         レベル3の時価:            観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
          時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプッ

         トがそれぞれ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類
         しております。
                                114/128




                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        時価で中間貸借対照表に計上している金融商品

         当中間会計期間(2022年9月30日) 
                                        時価(千円)
                 区分
                              レベル1        レベル2        レベル3         合計
        投資有価証券
         投資信託                          ―     934,051          ―     934,051
        デリバティブ取引
         指数先物関連                          ―      △251         ―      △251
          資産計                          ―     933,799          ―     933,799
       (注)      時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明
            投資信託
            市場における取引価格が存在せず、かつ、解約等に関して市場参加者からリスクの対価を
             求められるほどの重要な制限がないことから、基準価額を時価としており、その時価をレ
             ベル2の時価に分類しております。
           デリバティブ取引
            取引先金融機関から提示された価格等に基づいて算定されており、レベル2の時価に分類
             しております。
    (有価証券関係)

      1.子会社株式
        市場価格のない株式等の中間貸借対照表計上額
                              中間貸借対照表計上額
                 区分
                                  (千円)
         子会社株式                             22,031
        2.その他有価証券

         当中間会計期間(2022年9月30日)
                                  中間貸借対照表
                   区分                        取得原価(千円)          差額(千円)
                                  計上額(千円)
                      (1)株式                  ―          ―        ―
         中間貸借対照表計上額が
                      (2)債券                  ―          ―        ―
                      (3)その他                 1,391          1,100         291
         取得原価を超えるもの
                          小計             1,391          1,100         291
                      (1)株式                  ―          ―        ―
         中間貸借対照表計上額が
                      (2)債券                  ―          ―        ―
                      (3)その他                932,660         1,237,010        △304,349
         取得原価を超えないもの
                          小計            932,660         1,237,010        △304,349
                   合計                   934,051         1,238,110        △304,058
                                115/128





                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (デリバティブ取引関係)

      当中間会計期間(2022年9月30日)
       1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
         株式関連
                                     契約額等の
                               契約額等                時価       評価損益
             区分      取引の種類                  うち1年超
                               (千円)               (千円)        (千円)
                                     (千円)
            市場取引       指数先物取引
                    買建               8,516        ―       △251       △251
                  合計                8,516        ―       △251       △251
        (注)時価の算定方法
           取引先金融機関から提示された価格等に基づいております。
       2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

         該当事項はありません。
    (企業結合等関係)

      共通支配下の取引等
       当社は、    2022年7月29日の臨時株主総会において、                      当社を   吸収合併存続会社         とし、同一の親会社を持つ会社
      である   SBIボンド・インベストメント・マネジメント株式会社ならびにSBI地方創生アセットマネジ
      メント株式会社        を 吸収合併消滅会社とする吸収合併契約の締結を承認決議し、効力発生日である                                        2022年8
      月1日付をもって吸収合併いたしました。 
       1.取引の概要

       (1)結合当事企業の名称及び当該事業の内容
         存続会社:当社
         消滅会社:SBIボンド・インベストメント・マネジメント株式会社
               SBI地方創生アセットマネジメント株式会社
         なお、事業の内容は、いずれも投資運用業を主とする金融商品取引業であります。
       (2)企業結合日
         2022年8月1日
       (3)企業結合の法的形式
         当社を吸収合併存続会社とし、SBIボンド・インベストメント・マネジメント株式会社ならびに
         SBI地方創生アセットマネジメント株式会社                        を 吸収合併消滅会社とする吸収合併。
       (4)結合後企業の名称
         SBIアセットマネジメント株式会社
       (5)取引の目的
         アセットマネジメント事業3社の経営資源を統合することにより、業務の効率化と収益力および組
         織体制の一層の強化を図ることを目的としております。
      2.実施した会計処理の概要

        「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指
         針」に基づき、共通支配下の取引として会計処理を行いました。
                                116/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (収益認識関係)

       当社は、投資運用業の単一セグメントであり、顧客との契約から生じる収益の区分は概ね単一であるこ
      とから、顧客との契約から生じる収益を分解した情報の記載は重要性が乏しいため省略しております。ま
      た、顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は「重要な会計方針 4.収益及び費
      用の計上基準」記載のとおりであります。
    (セグメント情報等)


      当中間会計期間(自  2022年4月1日  至  2022年9月30日)
      (セグメント情報)
        当社の事業は、投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      (関連情報)

        1.製品及びサービスごとの情報
          単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が中間損益計算書の営業収益の90%を超え
         るため、記載を省略しております。
        2.地域ごとの情報

        (1)営業収益
         本邦の外部顧客への営業収益が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略してお
        ります。
        (2)有形固定資産
          本邦以外に所在している固定資産がないため、該当事項はありません。
        3.主要な顧客ごとの情報

         特定の顧客に対する営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないた
          め、記載を省略しております。
      (報告セグメントごとの減損損失に関する情報)

       該当事項はありません。
      (報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報)

       該当事項はありません。
      (報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報)

       該当事項はありません。
                                117/128





                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (1株当たり情報)

      1株当たり純資産額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                              当中間会計期間
                     項        目
                                             (2022年9月30日)
       1株当たり純資産額                                            3,815円10銭
       (算定上の基礎)
       純資産の部の合計額(千円)                                             4,194,369
       純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                                 ―
       普通株式に係る中間会計期間末の純資産額(千円)                                             4,194,369
       1株当たり純資産額の算定に用いられた中間会計期間末の
                                                     1,099,411
       普通株式の数(株)
      (注).当社は、2022年7月28日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っております。
          当期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株あたり純資産を算定しております。
      1株当たり中間純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                              当中間会計期間
                     項        目
                                            (自  2022年4月1日
                                             至  2022年9月30日)
       1株当たり中間純利益金額                                             417円60銭
       (算定上の基礎)
       中間純利益金額(千円)                                               312,843
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                                 ―
       普通株式に係る中間純利益金額(千円)                                               312,843
       普通株式の期中平均株式数(株)                                               749,137
       (注1)   潜在株式調整後1株当たり中               間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま

          せん。
       (注2)   当社は、2022年7月28日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っております。
          当期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株あたり中間純利益を算定しております。
    (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                118/128






                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    4  【利害関係人との取引制限】
       委託者は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行
      為が禁止されています。
     ① 自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投
      資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがな
      いものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
     ② 運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、もしくは
      取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定め
      るものを除きます。)。
     ③ 通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託者の親法人等
      (委託者の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係
      を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下④⑤において同
      じ。)または子法人等(委託者が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品
      取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以
      下同じ。)と有価証券の売買その他の取引または金融デリバティブ取引を行うこと。
     ④ 委託者の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運用
      財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
     ⑤ 上記③④に掲げるものの他、委託者の親法人等または子法人等が関与する行為であって、投資者の保
      護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのあるものと
      して内閣府令で定める行為
    5  【その他】

     (1) 定款の変更         、その他の重要事項
     (イ)定款の変更
         2022年6月22日付で、発行可能株式総数を変更する定款の変更を行いました。
     (ロ)その他の重要事項
        SBIアセットマネジメント株式会社は、2022年8月1日に、SBIアセットマネジメント株式会
        社、SBIボンド・インベストメント・マネジメント株式会社、SBI地方創生アセットマネジメン
        ト株式会社の3社合併をいたしました。なお、SBIアセットマネジメント株式会社を存続会社と
        し、合併後は同商号を継承いたしました。
     (2) 訴訟事件その他会社に重要な影響を与えることが予想される事実

         該当事項はありません。
                                119/128








                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】

    1【名称、資本金の額及び事業の内容】

                               資本金の額

                名    称                             事業の内容
                             (2022年3月末日現在)
                                         銀行法に基づき銀行業を
                                         営むとともに、金融機関
                                         の信託業務の兼営等に関
     受託会社      株式会社りそな銀行                      279,928百万円
                                         する法律(兼営法)に基づ
                                         き信託業務を営んでいま
                                         す。
                                         銀行法に基づき銀行業を
                                         営むとともに、金融機関
     再信託受                                     の信託業務の兼営等に関
           株式会社日本カストディ銀行                      51,000百万円
     託会社                                     する法律(兼営法)に基づ
                                         き信託業務を営んでいま
                                         す。
                                         「金融商品取引法」に定
     販売会社      株式会社SBI証券                      48,323百万円        める第一種金融商品取引
                                         業を営んでいます。
                                120/128













                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2【関係業務の概要】

      (1)受託会社
         本ファンドの受託会社として、信託財産の保管・管理・計算等を行います。
      (2)再信託受託会社
         本ファンドの受託会社と再信託契約を締結し、信託事務の一部を行います。
      (3)販売会社
         本ファンドの販売会社として募集・販売の取扱い、一部解約事務および収益分配金・解約金・償還
         金の支払い等を行います。
    3【資本関係】

      (1)受託会社
         該当事項はありません。
      (2)再信託受託会社
         該当事項はありません。
      (3)販売会社
         該当事項はありません。
                                121/128














                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第3【参考情報】

    当計算期間において、ファンドにかかる金融商品取引法第25条第1項各号に掲げる書類は以下の通り提出さ
    れております。
      有価証券届出書        2021年10月8日

      有価証券届出書の訂正届出書  2022年8月1日
      半期報告書          2022年8月9日
      有価証券届出書の訂正届出書  2022年8月9日
                                122/128

















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                      独立監査人の監査報告書

                                                    2022年5月30日

    SBIアセットマネジメント株式会社
     取  締  役  会             御中

                       有限責任監査法人トーマツ

                       東 京 事 務 所
                       指定有限責任社員

                                 公認会計士
                                          木 村 尚 子
                       業務執行社員
                       指定有限責任社員

                                 公認会計士
                                          郷右近 隆 也
                       業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状況」に
    掲げられているSBIアセットマネジメント株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの第36期事業年度の財務
    諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を
    行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、SBIア
    セットマネジメント株式会社の2022年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての
    重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
    理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査
    法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、監査した財務諸表を含む開示書類に含まれる情報のうち、財務諸表及びその監査報告書以外の
    情報である。
     当監査法人は、その他の記載内容が存在しないと判断したため、その他の記載内容に対するいかなる作業も実施して
    いない。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
    することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
    必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
    価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要があ
    る場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                123/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
    いかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
    る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続
     を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
     な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
     び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結
     論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に
     注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外
     事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいてい
     るが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかど
     うかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計
     事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な不備を
    含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上 

    ※1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。




      2.XBRLデータは監査の対象に含まれておりません。
                                124/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                      独立監査人の監査報告書

                                                     2023年1月5日

    SBIアセットマネジメント株式会社

       取締役会 御中

                     有限責任監査法人ト ー マ ツ

                            東 京 事 務 所
                    指定有限責任社員

                               公認会計士
                                      中 島 紀 子
                    業務執行社員
     監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経
     理状況」に掲げられているSBI                  パリ協定ネット・ゼロ            インデックス・ファンドの2021年11月10日か
     ら2022年10月20日までの計算期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表
     並びに附属明細表について監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準
     拠して、SBI         パリ協定ネット・ゼロ            インデックス・ファンドの2022年10月20日現在の信託財産の状
     態及び同日をもって終了する計算期間の損益の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているも
     のと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監
     査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当
     監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、SBIアセットマネジメント株式会社及び
     ファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人
     は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     その他の記載内容

      その他の記載内容は、有価証券報告書及び有価証券届出書(訂正有価証券届出書を含む。)に含まれ
     る情報のうち、財務諸表及びその監査報告書以外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を
     作成し開示することにある。
      当監査法人の財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人
     はその他の記載内容に対して意見を表明するものではない。
      財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その
     他の記載内容と財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検
     討すること、また、そのような重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか
     注意を払うことにある。
      当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、
     その事実を報告することが求められている。
      その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
                                125/128



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作
     成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切で
     あるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企
     業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重
     要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸
     表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別
     に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性
     があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、
     職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対
      応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見
      表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
     ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人
      は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内
      部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見
      積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監
      査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確
      実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合
      は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財
      務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められ
      ている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状
      況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準
      拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財
      務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統
     制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項につい
     て報告を行う。
     利害関係

      SBIアセットマネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会
     計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以 上 
     ※ 1. 上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており

          ます。
       2. XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                126/128


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                    独立監査人の中間監査報告書

                                                    2022年11月24日

    SBIアセットマネジメント株式会社
     取  締  役  会              御中

                       有限責任監査法人トーマツ

                       東京事務所
                        指定有限責任社員

                                 公認会計士
                                        郷右近 隆 也
                        業務執行社員
    中間監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等
    の経理状況」に掲げられているSBIアセットマネジメント株式会社の2022年4月1日から2023年3月31
    日までの第37期事業年度の中間会計期間(2022年4月1日から2022年9月30日まで)に係る中間財務諸
    表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びそ
    の他の注記について中間監査を行った。
     当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の
    作成基準に準拠して、SBIアセットマネジメント株式会社の2022年9月30日現在の財政状態及び同日
    をもって終了する中間会計期間(2022年4月1日から2022年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情
    報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を
    行った。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に
    記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立してお
    り、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明
    の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中
    間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示
    のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び
    運用することが含まれる。
     中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成すること
    が適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準
    に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
                                127/128





                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    中間財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表
    示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監
    査報告書において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正
    又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を
    通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚
       偽表示リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人
       の判断による。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。な
       お、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又
       は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした
       監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
     ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監
       査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財
       務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合
       理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手
       した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重
       要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認めら
       れる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な
       不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対して除外事項付
       意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手した監査証
       拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性が
       ある。
     ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表
       の作成基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構
       成及び内容、並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示している
       かどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別し
    た内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているそ
    の他の事項について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以 上

     ※1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しておりま


     す。
       2.XBRLデータは中間監査の対象に含まれておりません。
                                128/128


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。