株式会社南日本銀行 四半期報告書 第115期第2四半期(令和4年7月1日-令和4年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第115期第2四半期(令和4年7月1日-令和4年9月30日)
提出日
提出者 株式会社南日本銀行
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】                   四半期報告書

    【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                   関東財務局長

    【提出日】                   2022年11月24日

    【四半期会計期間】                   第115期第2四半期(自           2022年7月1日        至  2022年9月30日)

    【会社名】                   株式会社 南日本銀行

    【英訳名】                   The  Minami-Nippon       Bank,Ltd.

    【代表者の役職氏名】                   取締役頭取  齋藤 眞一

    【本店の所在の場所】                   鹿児島市山下町1番1号

    【電話番号】                   鹿児島(099)226-1111(代表)

    【事務連絡者氏名】                   常務取締役総合企画部長                田中 暁爾

    【最寄りの連絡場所】                   東京都千代田区鍛冶町1丁目9番16号 丸石第二ビル8F

                      株式会社南日本銀行 東京事務所
    【電話番号】                   東京(03)3258-7311
    【事務連絡者氏名】                   東京事務所長  西前 真宜

    【縦覧に供する場所】                   株式会社南日本銀行 熊本営業部

                      (熊本市中央区下通1丁目7番20号)

                      証券会員制法人福岡証券取引所

                      (福岡市中央区天神2丁目14番2号)

                                 1/67








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

       当行は、特定事業会社(企業内容等の開示に関する内閣府令第17条の15第2項に規定する事業を行う会社)に該
      当するため、第2四半期会計期間については、中間(連結)会計期間に係る主要な経営指標等の推移を掲げており
      ます。
     (1)  最近3中間連結会計期間及び最近2連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移
                       2020年度       2021年度       2022年度
                       中間連結       中間連結       中間連結       2020年度       2021年度
                       会計期間       会計期間       会計期間
                      (自2020年       (自2021年       (自2022年       (自2020年       (自2021年
                       4月1日       4月1日       4月1日       4月1日       4月1日
                       至2020年       至2021年       至2022年       至2021年       至2022年
                       9月30日)       9月30日)       9月30日)       3月31日)       3月31日)
    連結経常収益              百万円       8,087       8,068       7,399       15,973       15,497
    連結経常利益              百万円       1,288       1,732        887      1,772       2,892

    親会社株主に帰属する
                  百万円       1,060       1,423        766        -       -
    中間純利益
    親会社株主に帰属する
                  百万円         -       -       -      1,704       2,212
    当期純利益
    連結中間包括利益              百万円        1,432       1,251        320        -       -
    連結包括利益              百万円         -       -       -      2,567       1,378

    連結純資産額              百万円       42,012       52,508       37,408       43,148       52,635

    連結総資産額              百万円      866,417       880,038       855,530       862,512       882,898

    1株当たり純資産額               円     3,343.23       3,594.05       3,572.38       3,473.44       3,589.33

    1株当たり中間純利益               円      120.66       165.55        74.65         -       -

    1株当たり当期純利益               円        -       -       -     189.49       243.18

    潜在株式調整後
                   円       56.76       75.86       35.50         -       -
    1株当たり中間純利益
    潜在株式調整後
                   円        -       -       -      91.17       69.90
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率               %       4.84       5.96       4.37       5.00       5.96
    営業活動による
                  百万円       59,347        8,736      △ 5,546       40,361       10,710
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                  百万円      △ 5,694      △ 1,698       △ 777     △ 1,128      △ 2,635
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                  百万円       △ 391      8,065      △ 15,551        △ 392      8,065
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の中間
                  百万円      145,847       146,530       125,690       131,426       147,566
    期末(期末)残高
    従業員数
                          687       660       653       647       634
                   人
                         〔 246  〕     〔 236  〕     〔 219  〕     〔 242  〕     〔 230  〕
    〔外、平均臨時従業員数〕
     (注)   1.自己資本比率は、((中間)期末純資産の部合計-(中間)期末株式引受権-(中間)期末新株予約権-
         (中間)期末非支配株主持分)を(中間)期末資産の部の合計で除して算出しております。
                                 2/67




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     (2)  当行の最近3中間会計期間及び最近2事業年度に係る主要な経営指標等の推移
            回次           第113期    中    第114期    中    第115期    中    第113期       第114期

           決算年月            2020年9月       2021年9月       2022年9月       2021年3月       2022年3月

    経常収益              百万円       7,866       7,840       7,170       15,519       15,009

    経常利益              百万円       1,282       1,728        923      1,771       2,885

    中間純利益              百万円       1,056       1,419        802        -       -

    当期純利益              百万円         -       -       -      1,704       2,205

    資本金              百万円       16,601       20,851       13,351       16,601       20,851

                      普通株式       普通株式       普通株式       普通株式       普通株式
                         8,096       8,096       8,096       8,096       8,096
                      A種優先株式       A種優先株式       A種優先株式       A種優先株式       A種優先株式
    発行済株式総数              千株
                         3,000       3,000         -      3,000       3,000
                             B種優先株式       B種優先株式               B種優先株式
                                  850       850               850
    純資産額              百万円       42,180       52,518       37,502       43,194       52,712
    総資産額              百万円      863,771       877,483       853,422       860,013       880,633

    預金残高              百万円      780,530       778,572       780,773       776,225       782,042

    貸出金残高              百万円      584,033       588,835       580,768       590,840       588,157

    有価証券残高              百万円       84,412       83,479       83,133       80,268       83,220

                      普通株式       普通株式       普通株式       普通株式       普通株式
                           -       -       -      25.00       25.00
                      A種優先株式       A種優先株式       A種優先株式       A種優先株式       A種優先株式
    1株当たり配当額               円
                           -       -       -      59.80       60.30
                             B種優先株式       B種優先株式               B種優先株式
                                  -       -             87.74
    自己資本比率               %       4.88       5.98       4.39       5.02       5.98
                          685       659       652       645       633

    従業員数
                   人
                         〔 240  〕     〔 230  〕     〔 215  〕     〔 236  〕     〔 224  〕
    〔外、平均臨時従業員数〕
     (注)   1.自己資本比率は、((中間)期末純資産の部合計-(中間)期末株式引受権-(中間)期末新株予約権)を
         (中間)期末資産の部の合計で除して算出しております。
    2  【事業の内容】

      当第2四半期連結累計期間において、当行及び当行の関係会社が営む事業の内容については、重要な変更はありま
     せん。また、主要な関係会社についても、異動はありません。
                                 3/67







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前事業年度の有価証券
      報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       以下の記載における将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況
       当第2四半期連結累計期間における我が国の経済は、新型コロナウイルス感染症の影響はあるものの、行動制限
      の緩和などウィズコロナの新たな段階への移行が続く中で、個人消費を中心に景気は持ち直しの動きがみられまし
      た。しかしながら、緊迫した国際情勢並びに急激な円安進行に伴う資源価格上昇や物価の高騰などの影響により、
      今後の経済の見通しは不透明な状況にあります。
       鹿児島県経済におきましても、観光・宿泊・飲食関連は、行動制限の緩和や政府の観光支援策等により持ち直し
      の動きが見られるものの、基幹産業である農業においては、飼料・肥料価格の高騰による影響が今後拡大する懸念
      もあるなど、全体としては厳しい状況が続くものと考えられます。
       このような環境のもと、私ども南日本銀行グループは、取引先事業者に対して迅速な資金繰り支援を行うととも
      に、WIN-WINネット業務(新販路開拓支援業務)による本業支援などの経営改善支援等に取組んでまいりました。今
      後も、お取引先のニーズに合致した金融サービスを提供し、新型コロナウイルス感染症の影響によって一段と厳し
      い状況にある事業者及び個人のお客さまにしっかりと寄り添い、地域経済の回復・活性化に貢献してまいります。
       以上のような経済情勢のもと、当第2四半期連結累計期間の財政状態及び経営成績につきましては、以下のとお
      りとなりました。
       預金は、安定した資金調達を第一に考え、個人預金を中心に増強を図りましたが、当第2四半期連結会計期間の
      残高は、前連結会計年度末に比べ               13億4千5百万円減少          して  7,805億7千8百万円          となりました。
       貸出金は、中小企業貸出を中心に増強を図りましたが、当第2四半期連結会計期間の残高は、前連結会計年度末
      に比べ   73億6千9百万円減少          して  5,803億8百万円        となりました。
       有価証券は、前連結会計年度末に比べ                 8千7百万円減少        して  831億1千2百万円         となりました。
       経常収益は、貸出金利息や国債等債券売却益の減少等により、前第2四半期連結累計期間に比べ                                             6億6千9百万
      円減少   して  73億9千9百万円        となりました。
       経常費用は、営業経費は減少しましたが、与信関連費用の増加等により、前第2四半期連結累計期間に比べ                                                  1億
      7千5百万円増加        して  65億1千1百万円        となりました。
       この結果、当第2四半期連結累計期間の経常利益は、前第2四半期連結累計期間に比べ                                         8億4千5百万円減少          し
      て 8億8千7百万円        となり、親会社株主に帰属する中間純利益は、前第2四半期連結累計期間に比べ                                     6億5千7百
      万円減少    して  7億6千6百万円        となりました。
                                 4/67








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      国内・国際業務部門別収支
       (経営成績説明)当第2四半期連結累計期間の資金運用収益は、前第2四半期連結累計期間に比べ                                              2億4千8百
      万円減少    して  64億6千4百万円        となりました。また、資金調達費用は、前第2四半期連結累計期間に比べ                                  8百万円
      減少  して  6千万円    となりました。この結果、資金運用収支は、前第2四半期連結累計期間に比べ                                    2億3千9百万円
      減少  して  64億4百万円      となりました。
       役務取引等収支は、前第2四半期連結累計期間に比べ                         1千3百万円減少        して  1億9千5百万円のマイナス              となり
      ました。
       その他業務収支は、前第2四半期連結累計期間に比べ                         1億6千5百万円減少          して  2百万円    となりました。
                             国内業務部門        国際業務部門       相殺消去額(△)          合計

        種類            期別
                             金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
               前第2四半期連結累計期間                 6,642          1       -      6,643
    資金運用収支
               当第2四半期連結累計期間                 6,402          1       -      6,404
               前第2四半期連結累計期間                 6,710          2       △0       6,712
     うち資金運用
     収益
               当第2四半期連結累計期間                 6,462          2       △0       6,464
               前第2四半期連結累計期間                   67        0       △0        68
     うち資金調達
     費用
               当第2四半期連結累計期間                   60        0       △0        60
               前第2四半期連結累計期間                 △181         △0        -      △182
    役務取引等収支
               当第2四半期連結累計期間                 △195         △0        -      △195
               前第2四半期連結累計期間                  770        -        -       770
     うち役務取引等
     収益
               当第2四半期連結累計期間                  715        -        -       715
               前第2四半期連結累計期間                  951         0       -       952
     うち役務取引等
     費用
               当第2四半期連結累計期間                  911         0       -       911
               前第2四半期連結累計期間                  167         0       -       167
    その他業務収支
               当第2四半期連結累計期間                   13       △11         -        2
               前第2四半期連結累計期間                  214         0       -       214
     うちその他業務
     収益
               当第2四半期連結累計期間                   23        -        -        23
               前第2四半期連結累計期間                   46        -        -        46
     うちその他業務
     費用
               当第2四半期連結累計期間                   10        11        -        21
     (注)   1. 国内業務部門は当行の円建取引及び連結子会社の業務、国際業務部門は当行の外貨建取引であります。
       2. 「相殺消去額」は、国内業務部門と国際業務部門の間の資金貸借利息であります。
       3. 資金調達費用は、金銭の信託見合費用(前第2四半期連結累計期間                                 0百万円    、当第2四半期連結累計期間
        0百万円    )を控除して表示しております。 
                                 5/67







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      国内・国際業務部門別役務取引の状況
       (経営成績説明)役務取引等収益は、前第2四半期連結累計期間に比べて                                  5千5百万円減少        して、   7億1千5百
      万円  となりました。
       役務取引等費用は、前第2四半期連結累計期間に比べて                           4千1百万円減少        して、   9億1千1百万円        となりまし
      た。
                             国内業務部門        国際業務部門       相殺消去額(△)          合計
        種類            期別
                             金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
               前第2四半期連結累計期間                  770        -        -       770
    役務取引等収益
               当第2四半期連結累計期間                  715        -        -       715
               前第2四半期連結累計期間                  282        -        -       282
     うち預金・貸出
     業務
               当第2四半期連結累計期間                  288        -        -       288
               前第2四半期連結累計期間                  289        -        -       289
     うち為替業務
               当第2四半期連結累計期間                  236        -        -       236
               前第2四半期連結累計期間                   69        -        -        69
     うち証券関連
     業務
               当第2四半期連結累計期間                   56        -        -        56
               前第2四半期連結累計期間                   98        -        -        98
     うち代理業務
               当第2四半期連結累計期間                  105        -        -       105
               前第2四半期連結累計期間                   3       -        -        3
     うち保護預り・
     貸金庫業務
               当第2四半期連結累計期間                   3       -        -        3
               前第2四半期連結累計期間                   7       -        -        7
     うち保証業務
               当第2四半期連結累計期間                   9       -        -        9
               前第2四半期連結累計期間                  951         0       -       952
    役務取引等費用
               当第2四半期連結累計期間                  911         0       -       911
               前第2四半期連結累計期間                   49        0       -        49
     うち為替業務
               当第2四半期連結累計期間                   22        0       -        22
     (注) 国内業務部門は当行の円建取引及び連結子会社の業務、国際業務部門は当行の外貨建取引であります。
      国内・国際業務部門別預金残高の状況

       ○ 預金の種類別残高(末残)
                             国内業務部門        国際業務部門       相殺消去額(△)          合計
        種類            期別
                             金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
               前第2四半期連結会計期間                778,009          427        -     778,437
    預金合計
               当第2四半期連結会計期間                780,394          184        -     780,578
               前第2四半期連結会計期間                382,209          -        -     382,209
     うち流動性預金
               当第2四半期連結会計期間                404,408          -        -     404,408
               前第2四半期連結会計期間                393,949          -        -     393,949
     うち定期性預金
               当第2四半期連結会計期間                374,563          -        -     374,563
               前第2四半期連結会計期間                 1,850         427        -      2,278
     うちその他
               当第2四半期連結会計期間                 1,421         184        -      1,606
               前第2四半期連結会計期間                778,009          427        -     778,437
    総合計
               当第2四半期連結会計期間                780,394          184        -     780,578
     (注)   1. 国内業務部門は当行の円建取引、国際業務部門は当行の外貨建取引であります。
       2. 預金の区分は、次のとおりであります。
        ①  流動性預金=当座預金+普通預金+貯蓄預金+通知預金
        ②  定期性預金=定期預金+定期積金
                                 6/67



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      国内・国際業務部門別貸出金残高の状況
       ○ 業種別貸出状況(末残・構成比)
                        前第2四半期連結会計期間                  当第2四半期連結会計期間

           業種別
                       金 額(百万円)          構成比(%)        金 額(百万円)          構成比(%)
    国内
                            588,355        100.00          580,308        100.00
    (除く特別国際金融取引勘定分)
     製造業                        27,287        4.64          27,474        4.73
     農業、林業                         6,824        1.16          6,680        1.15
     漁業                         2,880        0.49          2,522        0.43
     鉱業、採石業、砂利採取業                          -       -          124       0.02
     建設業                        44,252        7.52          44,956        7.75
     電気・ガス・熱供給・水道業                        10,345        1.76          9,740        1.68
     情報通信業                         1,646        0.28          2,063        0.36
     運輸業、郵便業                        12,303        2.09          12,736        2.19
     卸売業、小売業                        61,124        10.39          60,117        10.36
     金融業、保険業                         5,046        0.86          4,965        0.86
     不動産業、物品賃貸業                        127,172        21.61          128,348        22.12
     その他の各種サービス業                        103,978        17.67          100,175        17.26
     地方公共団体                        16,272        2.77          16,541        2.85
     その他                        169,226        28.76          163,867        28.24
    海外及び特別国際金融取引勘定分                          -       -           -       -
     政府等                          -       -           -       -
     金融機関                          -       -           -       -
     その他                          -       -           -       -
           合計                588,355          -        580,308          -
     (注)     国内とは当行及び連結子会社であります。
     (2)  キャッシュ・フローの状況

       営業活動によるキャッシュ・フローは、貸倒引当金及び借用金の減少等により、                                      55億4千6百万円のマイナス
      (前年同期比      142億8千3百万円減少           )となりました。
       投資活動によるキャッシュ・フローは、有価証券の取得等により、                               7億7千7百万円のマイナス              (前年同期比      9
      億2千万円増加       )となりました。
       財務活動によるキャッシュ・フローは、自己株式の取得等により、                               155億5千1百万円のマイナス              (前年同期比
      236億1千6百万円減少           )となりました。
       この結果、現金及び現金同等物の当中間連結会計期間末残高は、                              1,256億9千万円        (前連結会計年度末比          218億7
      千5百万円減少       )となりました。
     (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題
       地域金融機関を取り巻く経営環境は、顧客ニーズの多様化や金融機関同士の競争激化、また、中長期的には人口
      減少が見込まれる中で、厳しさを増しております。このような中、当行は地域を支える金融機関として、お取引先
      への更なる経営支援に取組み、企業を強くし、雇用や商流の維持・拡大を図ることで、地元鹿児島を中心とした地
      域経済の活性化にこれまで以上に取組んでまいります。また、そのためには継続的な収益を確保することも重要で
      あり、お客様のニーズを捉え、お客様に適した商品・サービスの提供に努めることで収益機会の拡大を図ってまい
      ります。
                                 7/67





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     (自己資本比率の状況)
     (参考)
      自己資本比率は、銀行法第14条の2の規定に基づき、銀行がその保有する資産等に照らし自己資本の充実の状況が
     適当であるかどうかを判断するための基準(平成18年金融庁告示第19号。以下、「告示」という。)に定められた算式
     に基づき、連結ベースと単体ベースの双方について算出しております。
      なお、当行は、国内基準を適用のうえ、信用リスク・アセットの算出においては標準的手法を採用しております。
     連結自己資本比率(国内基準)                  (単位:億円、%)

                                   2022年9月30日
       1.連結自己資本比率(2/3)                                     8.09

       2.連結における自己資本の額                                     386

       3.リスク・アセットの額                                    4,779

       4.連結総所要自己資本額                                     191

     単体自己資本比率(国内基準)                  (単位:億円、%)

                                   2022年9月30日
       1.自己資本比率(2/3)                                     8.14

       2.単体における自己資本の額                                     386

       3.リスク・アセットの額                                    4,748

       4.単体総所要自己資本額                                     189

                                 8/67











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     (資産の査定)
     (参考)
      資産の査定は、「金融機能の再生のための緊急措置に関する法律」(平成10年法律第132号)第6条に基づき、当行の
     中間貸借対照表の社債(当該社債を有する金融機関がその元本の償還及び利息の支払の全部又は一部について保証して
     いるものであって、当該社債の発行が金融商品取引法(昭和23年法律第25号)第2条第3項に規定する有価証券の私募
     によるものに限る。)、貸出金、外国為替、その他資産中の未収利息及び仮払金、支払承諾見返の各勘定に計上される
     もの並びに中間貸借対照表に注記することとされている有価証券の貸付けを行っている場合のその有価証券(使用貸借
     又は賃貸借契約によるものに限る。)について債務者の財政状態及び経営成績等を基礎として次のとおり区分するもの
     であります。
    1.破産更生債権及びこれらに準ずる債権

      破産更生債権及びこれらに準ずる債権とは、破産手続開始、更生手続開始、再生手続開始の申立て等の事由により
     経営破綻に陥っている債務者に対する債権及びこれらに準ずる債権をいう。
    2.危険債権

      危険債権とは、債務者が経営破綻の状態には至っていないが、財政状態及び経営成績が悪化し、契約に従った債権
     の元本の回収及び利息の受取りができない可能性の高い債権をいう。
    3.要管理債権

      要管理債権とは、三月以上延滞債権及び貸出条件緩和債権をいう。
    4.正常債権

      正常債権とは、債務者の財政状態及び経営成績に特に問題がないものとして、上記1から3までに掲げる債権以外
     のものに区分される債権をいう。
     資産の査定の額

                               2021年9月30日               2022年9月30日
    債権の区分
                                金額(億円)               金額(億円)
    破産更生債権及びこれらに準ずる債権                                    64               65

    危険債権                                    196               191

    要管理債権                                    53               50

    正常債権                                   5,623               5,551

    3  【経営上の重要な契約等】

       該当事項はありません。
                                 9/67







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    32,000,000

              B種優先株式                                     32,000,000

                計                                   32,000,000

      ②  【発行済株式】
                           提出日現在        上場金融商品取引所

               第2四半期会計期間
               末現在発行数       (株)
        種類                  発行数    (株)    名又は登録認可金融                内容
               ( 2022年9月30日       )
                         (2022年11月24日)          商品取引業協会名
    普通株式               8,096,430          8,096,430      福岡証券取引所              (注1)
    B種優先株式                850,000          850,000        非上場            (注2)

         計          8,946,430          8,946,430          -            -

    注1.   権利内容に何ら限定のない当行における標準となる株式であり、単元株式数は、100株であります。また、会社法
      第322条第2項の規定による定款の定めはありません。
     2.  単元株式数は、100株であり、議決権はありません。議決権を有しないこととしている理由は、資本増強にあたり
      既存の株主への影響を考慮したためであります。また、会社法第322条第2項の規定による定款の定めはありませ
      ん。
      B種優先株式の内容は下記のとおりであります。
      (1)  B種優先配当金
       ①  B種優先配当金
        当行は、定款第38条に定める剰余金の配当をするときは、当該剰余金の配当に係る基準日の最終の株主名簿に
       記載または記録されたB種優先株式を有する株主(以下、「B種優先株主」という。)またはB種優先株式の登
       録株式質権者(以下、「B種優先登録株式質権者」という。)に対し、普通株式を有する株主(以下、「普通株
       主」という。)および普通株式の登録株式質権者(以下、「普通登録株式質権者」という。)に先立ち、B種優
       先株式1株につき、B種優先株式1株当たりの払込金額相当額(ただし、B種優先株式につき、株式の分割、株
       式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった場合には、適切に調整される。)に、年率1.75%を
       乗じて算出した額(ただし、B種優先株式の払込期日の属する事業年度においては、当該払込期日(同日を含
       む。)から当該基準日(同日を含む。)までの日数につき1年を365日とする日割計算により算出した額)の金
       銭(円位未満小数第4位まで算出し、その小数第4位を切り上げる。)(以下、「B種優先配当金」という。)
       の配当をする。ただし、当該基準日の属する事業年度においてB種優先株主またはB種優先登録株式質権者に対
       して第10項に定めるB種優先中間配当金を支払ったときは、その額を控除した額とする。
       ②  非累積条項
        ある事業年度においてB種優先株主またはB種優先登録株式質権者に対してする剰余金の配当の額がB種優先
       配当金の額に達しないときは、その不足額は翌事業年度以降に累積しない。
       ③  非参加条項
        B種優先株主またはB種優先登録株式質権者に対しては、B種優先配当金の額を超えて剰余金の配当は行わな
       い。ただし、当行が行う吸収分割手続の中で行われる会社法第758条第8号ロもしくは同法第760条第7号ロに規
       定される剰余金の配当または当行が行う新設分割手続の中で行われる同法第763条第12号ロもしくは第765条第1
       項第8号ロに規定される剰余金の配当についてはこの限りではない。
      (2)  B種優先中間配当金
        当行は、定款第39条に定める中間配当をするときは、当該中間配当に係る基準日の最終の株主名簿に記載また
       は記録されたB種優先株主またはB種優先登録株式質権者に対し、普通株主および普通登録株式質権者に先立
       ち、B種優先株式1株につき、B種優先配当金の額の2分の1を上限とする金銭(以下、「B種優先中間配当
       金」という。)を支払う。
      (3)  残余財産の分配
       ①  残余財産の分配
        当行は、残余財産を分配するときは、B種優先株主またはB種優先登録株式質権者に対し、普通株主および普
       通登録株式質権者に先立ち、B種優先株式1株につき、B種優先株式1株当たりの払込金額相当額(ただし、B
       種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった場合には、適切
       に調整される。)に下記③に定める経過B種優先配当金相当額を加えた額の金銭を支払う。
                                10/67

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
       ②  非参加条項
        B種優先株主またはB種優先登録株式質権者に対しては、上記①のほか、残余財産の分配は行わない。
       ③  経過B種優先配当金相当額
        B種優先株式1株当たりの経過B種優先配当金相当額は、残余財産の分配が行われる日(以下、「分配日」と
       いう。)において、分配日の属する事業年度の初日(同日を含む。)から分配日(同日を含む。)までの日数に
       B種優先配当金の額を乗じた金額を365で除して得られる額(円位未満小数第4位まで算出し、その小数第4位
       を切り上げる。)をいう。ただし、分配日の属する事業年度においてB種優先株主またはB種優先登録株式質権
       者に対してB種優先中間配当金を支払ったときは、その額を控除した額とする。
      (4)  議決権B種優先株主は、全ての事項につき株主総会において議決権を行使することができない。
      (5)  種類株主総会
        当行が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、B種優
       先株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
      (6)  金銭を対価とする取得条項
       ①  金銭を対価とする取得条項
        当行は、2028年10月1日以降、取締役会が別に定める日(以下、「取得日」という。)が到来したときは、法
       令上可能な範囲で、B種優先株式の全部または一部を取得することができる。ただし、取締役会は、金融庁の事
       前の確認を得ている場合に限り、取得日を定めることができる。この場合、当行は、かかるB種優先株式を取得
       するのと引換えに、下記②に定める財産をB種優先株主に対して交付するものとする。なお、B種優先株式の一
       部を取得するときは、按分比例の方法による。
       ②  取得と引換えに交付すべき財産
        当行は、B種優先株式の取得と引換えに、B種優先株式1株につき、B種優先株式1株当たりの払込金額相当
       額(ただし、B種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった
       場合には、適切に調整される。)に経過B種優先配当金相当額を加えた額の金銭を交付する。なお、本②におい
       ては、第(3)項③に定める経過B種優先配当金相当額の計算における「残余財産の分配が行われる日」および
       「分配日」をいずれも「取得日」と読み替えて、経過B種優先配当金相当額を計算する。
      (7)  普通株式を対価とする取得条項
       ①  普通株式を対価とする取得条項
        当行は、2031年10月1日(以下、「一斉取得日」という。)をもって、一斉取得日までに当行に取得されてい
       ないB種優先株式の全てを取得する。この場合、当行は、かかるB種優先株式を取得するのと引換えに、各B種
       優先株主に対し、その有するB種優先株式数にB種優先株式1株当たりの払込金額相当額(ただし、B種優先株
       式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった場合には、適切に調整さ
       れる。)を乗じた額を下記②に定める普通株式の時価(以下、「一斉取得価額」という。)で除した数の普通株
       式を交付するものとする。B種優先株式の取得と引換えに交付すべき普通株式の数に1株に満たない端数がある
       場合には、会社法第234条に従ってこれを取扱う。
       ②  一斉取得価額
        一斉取得価額は、一斉取得日に先立つ45取引日目に始まる30連続取引日の毎日(当行の終値(以下、「終値」
       という。)が算出されない日を除く。)の終値の平均値に相当する金額(円                                   位未満小数第       1 位まで算出し、そ
       の小数第1位を切り捨てる。)とする。ただし、かかる計算の結果、一斉取得価額が490円(以下、「下限取得
       価額」という。)を下回る場合は、一斉取得価額は下限取得価額(ただし、下記③による調整を受ける。)とす
       る。
       ③  下限取得価額の調整
        イ.B種優先株式の発行後、次の各号のいずれかに該当する場合には、下限取得価額を次に定める算式(以
         下、「下限取得価額調整式」という。)により調整する(以下、調整後の取得価額を「調整後下限取得価
         額」という。)。下限取得価額調整式の計算については、円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位
         を切り捨てる。
                                    交付普通株式数×1株当たりの払込金額
                             既発行
                                  +
                            普通株式数
                                            時価
          調整後下限取得        調整前下限取得
                  =        ×
             価額        価額
                                 既発行普通株式数+交付普通株式数
         (ⅰ)   下限取得価額調整式に使用する時価(下記ハ.(ⅰ)に定義する。以下同じ。)を下回る払込金額をもっ
          て普通株式を発行または自己株式である普通株式を処分する場合(無償割当ての場合を含む。)(ただ
          し、当行の普通株式の交付を請求できる取得請求権付株式もしくは新株予約権(新株予約権付社債に付さ
          れたものを含む。以下本③において同じ。)その他の証券(以下、「取得請求権付株式等」という。)、
          または当行の普通株式の交付と引換えに当行が取得することができる取得条項付株式もしくは取得条項付
          新株予約権その他の証券(以下、「取得条項付株式等」という。)が取得または行使され、これに対して
          普通株式が交付される場合を除く。)
           調整後下限取得価額は、払込期日(払込期間が定められた場合は当該払込期間の末日とする。以下同
          じ。)(無償割当ての場合はその効力発生日)の翌日以降、または株主に募集株式の割当てを受ける権利
          を与えるためもしくは無償割当てのための基準日がある場合はその日の翌日以降、これを適用する。
         (ⅱ)   株式の分割をする場合
           調整後下限取得価額は、株式の分割のための基準日に分割により増加する普通株式数(基準日における
          当行の自己株式である普通株式に係り増加する普通株式数を除く。)が交付されたものとみなして下限取
          得価額調整式を適用して算出し、その基準日の翌日以降、これを適用する。
         (ⅲ)   下限取得価額調整式に使用する時価を下回る価額(下記ニ.に定義する意味を有する。以下、本(ⅲ)、
                                11/67

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
          下記(ⅳ)および(ⅴ)ならびに下記ハ.(ⅳ)において同じ。)をもって当行の普通株式の交付を請求できる取
          得請求権付株式等を発行する場合(無償割当ての場合を含む。)
           調整後下限取得価額は、当該取得請求権付株式等の払込期日(新株予約権の場合は割当日)(無償割当
          ての場合はその効力発生日)に、または株主に取得請求権付株式等の割当てを受ける権利を与えるためも
          しくは無償割当てのための基準日がある場合はその日に、当該取得請求権付株式等の全部が当初の条件で
          取得または行使されて普通株式が交付されたものとみなして取得価額調整式を適用して算出し、その払込
          期日(新株予約権の場合は割当日)(無償割当ての場合はその効力発生日)の翌日以降、またはその基準
          日の翌日以降、これを適用する。
           上記にかかわらず、上記の普通株式が交付されたものとみなされる日において価額が確定しておらず、
          後日一定の日(以下、「価額決定日」という。)に価額が決定される取得請求権付株式等を発行した場合
          において、決定された価額が下限取得価額調整式に使用する時価を下回る場合には、調整後下限取得価額
          は、当該価額決定日に残存する取得請求権付株式等の全部が価額決定日に確定した条件で取得または行使
          されて普通株式が交付されたものとみなして下限取得価額調整式を適用して算出し、当該価額決定日の翌
          日以降これを適用する。
         (ⅳ)   当行が発行した取得請求権付株式等に、価額がその発行日以降に修正される条件(本イ.または下記ロ.
          と類似する希薄化防止のための調整を除く。)が付されている場合で、当該修正が行われる日(以下、
          「修正日」という。)における修正後の価額(以下、「修正価額」という。)が下限取得価額調整式に使
          用する時価を下回る場合
           調整後下限取得価額は、修正日に、残存する当該取得請求権付株式等の全部が修正価額で取得または行
          使されて普通株式が交付されたものとみなして下限取得価額調整式を適用して算出し、当該修正日の翌日
          以降これを適用する。
         (ⅴ)   取得条項付株式等の取得と引換えに下限取得価額調整式に使用される時価を下回る価額をもって普通株
          式を交付する場合
           調整後下限取得価額は、取得日の翌日以降これを適用する。
           ただし、当該取得条項付株式等について既に上記(ⅲ)または(ⅳ)による下限取得価額の調整が行われて
          いる場合には、調整後下限取得価額は、当該取得と引換えに普通株式が交付された後の完全希薄化後普通
          株式数(下記ホ.に定義する。)が、当該取得の直前の既発行普通株式数を超えるときに限り、当該超過す
          る普通株式数が交付されたものとみなして下限取得価額調整式を適用して算出し、取得の直前の既発行普
          通株式数を超えないときは、本(ⅴ)による調整は行わない。
         (ⅵ)   株式の併合をする場合
           調整後下限取得価額は、株式の併合の効力発生日以降、併合により減少した普通株式数(効力発生日に
          おける当行の自己株式である普通株式に係り減少した普通株式数を除く。)を負の値で表示して交付普通
          株式数とみなして下限取得価額調整式を適用して算出し、これを適用する。
        ロ.上記イ.(ⅰ)ないし(ⅵ)に掲げる場合のほか、合併、会社分割、株式交換または株式移転等により、下限取
         得価額の調整を必要とする場合は、取締役会が適当と判断する下限取得価額に変更される。
        ハ.(ⅰ)下限取得価額調整式に使用する「時価」は、調整後下限取得価額を適用する日の前日まで(当該適用
          する日の前日を含む。)の直近の5連続取引日(ただし、終値のない日は除き、当該適用する日の前日が
          取引日ではない場合は、当該適用する日の前日の直前の取引日までの5連続取引日とする。)の終値の平
          均値とする。ただし、平均値の計算は円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切り捨てる。な
          お、上記5連続取引日の間に、下限取得価額の調整事由が生じた場合、調整後下限取得価額は、本③に準
          じて調整する。
         (ⅱ)   下限取得価額調整式に使用する「調整前下限取得価額」は、調整後下限取得価額を適用する日の前日に
          おいて有効な下限取得価額とする。
         (ⅲ)   下限取得価額調整式に使用する「既発行普通株式数」は、基準日がある場合はその日(上記イ.(ⅰ)な
          いし(ⅲ)に基づき当該基準日において交付されたものとみなされる普通株式数は含まない。)の、基準日
          がない場合は調整後下限取得価額を適用する日の1ヶ月前の日の、当行の発行済普通株式数(自己株式で
          ある普通株式の数を除く。)に当該下限取得価額の調整の前に上記イ.およびロ.に基づき「交付普通株式
          数」とみなされた普通株式であって未だ交付されていない普通株式数を加えたものとする。
         (iv)   下限取得価額調整式に使用する「1株当たりの払込金額」とは、上記イ.(ⅰ)の場合には、当該払込金
          額(無償割当ての場合は0円)(金銭以外の財産による払込の場合には適正な評価額)、上記イ.(ⅱ)およ
          び(ⅵ)の場合には0円、上記イ.(ⅲ)ないし(ⅴ)の場合には価額(ただし、(ⅳ)の場合は修正価額)とす
          る。
        ニ.上記イ.(ⅲ)ないし(ⅴ)および上記ハ.(ⅳ)において「価額」とは、取得請求権付株式等または取得条項付
         株式等の発行に際して払込みがなされた額(新株予約権の場合には、その行使に際して出資される財産の価
         額を加えた額とする。)から、その取得または行使に際して当該取得請求権付株式等または取得条項付株式
         等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価額を控除した金額を、その取得または行使に際して交付さ
         れる普通株式数で除した金額をいう。
        ホ.上記イ.(ⅴ)において「完全希薄化後普通株式数」とは、調整後下限取得価額を適用する日の既発行普通株
         式数から、上記ハ.(ⅲ)に従って既発行普通株式数に含められている未だ交付されていない普通株式数で当該
         取得条項付株式等に係るものを除いて、当該取得条項付株式等の取得により交付される普通株式数を加えた
         ものとする。
        ヘ.上記イ.(ⅰ)ないし(ⅲ)において、当該各行為に係る基準日が定められ、かつ当該各行為が当該基準日以降
         に開催される当行の株主総会における一定の事項に関する承認決議を停止条件としている場合には、上記イ.
                                12/67


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
         (ⅰ)ないし(ⅲ)の規定にかかわらず、調整後下限取得価額は、当該承認決議をした株主総会の終結の日の翌
         日以降にこれを適用する。
        ト.下限取得価額調整式により算出された上記イ.第2文を適用する前の調整後下限取得価額と調整前下限取得
         価額との差額が1円未満にとどまるときは、下限取得価額の調整は、これを行わない。ただし、その後下限
         取得価額調整式による下限取得価額の調整を必要とする事由が発生し、下限取得価額を算出する場合には、
         下限取得価額調整式中の調整前下限取得価額に代えて調整前下限取得価額からこの差額を差し引いた額(た
         だし、円位未満小数第2位までを算出し、その小数第2位を切り捨てる。)を使用する。
      (8)  株式の分割または併合および株式無償割当て
       ①  分割または併合
        当行は、株式の分割または併合を行うときは、普通株式およびB種優先株式の種類ごとに、同時に同一の割合
       で行う。
       ②  株式無償割当て
        当行は、株式無償割当てを行うときは、普通株式およびB種優先株式の種類ごとに、当該種類の株式の無償割
       当てを、同時に同一の割合で行う。
      (9)  法令変更等
        法令の変更等に伴い本要項の規定について読み替えその他の措置が必要となる場合には、当行の取締役会は合
       理的に必要な措置を講じる。
      (10)   その他
        上記各項は、各種の法令に基づく許認可等の効力発生を条件とする。
                                13/67















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     (2)  【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
                                14/67


















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額       資本金残高
         年月日         総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                   (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
     2022年9月29日(注1)                  -     11,946      △7,500       13,351      △7,500        4,250
     2022年9月30日(注2)               △3,000        8,946        -     13,351         -     4,250

   (注1)会社法第447条第1項及び会社法第448条第1項の規定に基づく資本金の額及び資本準備金の額の減少による、そ

       の他資本剰余金への振替(資本金減資割合35.9%、資本準備金減資割合63.8%)
   (注2)自己株式(A種優先株式3,000千株)の消却
     (5)  【大株主の状況】

     ①所有株式数別
                                               2022年9月30日       現在
                                                    発行済株式
                                                   (自己株式を
                                            所有株式数        除く。)の
         氏名又は名称                      住所
                                             (千株)      総数に対する
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
    南日本銀行行員持株会                鹿児島県鹿児島市山下町1番1号                            864       9.71
    株式会社日本カストディ銀行
                                                384
                    東京都中央区晴海1丁目8番12号                                   4.32
    (信託口)
                                                309
    一般財団法人岩崎育英文化財団                鹿児島県鹿児島市山下町9番5号                                   3.48
                                                309

    株式会社みずほ銀行                東京都千代田区大手町1丁目5番5号                                   3.48
    株式会社日本カストディ銀行
                                                308
                    東京都中央区晴海1丁目8番12号                                   3.47
    (信託口4)
                                                280
    株式会社福岡銀行                福岡県福岡市中央区天神2丁目13番1号                                   3.16
                                                227

    明治安田生命保険相互会社                東京都千代田区丸の内2丁目1番1号                                   2.56
                                                217

    西日本信用保証株式会社                福岡県福岡市早良区百道浜2丁目2番22号                                   2.44
                                                201

    共栄火災海上保険株式会社                東京都港区新橋1丁目18番6号                                   2.26
                                                192

    朝日生命保険相互会社                東京都新宿区四谷1丁目6番1号                                   2.17
           計                   ――                 3,295       37.05

     (注) 上記の信託銀行所有株式数のうち、当該銀行の信託業務に係る株式数は、次のとおりであります。
         株式会社日本カストディ銀行(信託口)                               384千株
         株式会社日本カストディ銀行(信託口4)                                     308千株
                                15/67





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     ②所有議決権別
                                               2022年9月30日       現在
                                                   総株主の議決権
                                            所有議決権数       に対する所有議
         氏名又は名称                      住所
                                                   決権数の割合
                                             (個)
                                                     (%)
    南日本銀行行員持株会                鹿児島県鹿児島市山下町1番1号                           8,642       10.84
    株式会社日本カストディ銀行
                    東京都中央区晴海1丁目8番12号                           3,840        4.82
    (信託口)
    株式会社みずほ銀行                東京都千代田区大手町1丁目5番5号                           3,096        3.89
    株式会社日本カストディ銀行
                    東京都中央区晴海1丁目8番12号                           3,088        3.87
    (信託口4)
    株式会社福岡銀行                福岡県福岡市中央区天神2丁目13番1号                           2,808        3.52
    一般財団法人岩崎育英文化財団                鹿児島県鹿児島市山下町9番5号                           2,596        3.26

    明治安田生命保険相互会社                東京都千代田区丸の内2丁目1番1号                           2,276        2.86

    西日本信用保証株式会社                福岡県福岡市早良区百道浜2丁目2番22号                           2,172        2.73

    共栄火災海上保険株式会社                東京都港区新橋1丁目18番6号                           2,011        2.52

    朝日生命保険相互会社                東京都新宿区四谷1丁目6番1号                           1,927        2.42

           計                   ――                32,456        40.73

     (注) 上記の信託銀行所有議決権数のうち、当該銀行の信託業務に係る所有議決権数は、次のとおりであります。
         株式会社日本カストディ銀行(信託口)                                      3,840個
         株式会社日本カストディ銀行(信託口4)                              3,088個
                                16/67












                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                               2022年9月30日       現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
                    B種優先株式
    無議決権株式                             -             (注1)
                         850,000
    議決権制限株式(自己株式等)                    -          -              -
    議決権制限株式(その他)                    -          -              -

                    (自己保有株式)
                    普通株式
    完全議決権株式(自己株式等)                             -              -
                          50,700
                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                               79,685           (注2)
                        7,968,500
                    普通株式
    単元未満株式                             -      1単元(100株)未満の株式
                          77,230
    発行済株式総数                    8,946,430         -              -
    総株主の議決権                    -           79,685            -

      (注)1.    B種優先株式の内容については、「1                 株式等の状況       (1)株式の総数等        ②発行済株式」に記載しておりま
         す。
        2.  上記の「完全議決権株式(その他)」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が300株含まれてお
         ります。また「議決権の数」の欄に、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数が3個含まれておりま
         す。
      ②  【自己株式等】

                                               2022年9月30日       現在
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
                                                  総数に対する
       所有者の氏名
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
                                                   所有株式数
        又は名称
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合    (%)
    (自己保有株式)
                 鹿児島市山下町1番1号                50,700         -     50,700        0.56
    株式会社南日本銀行
          計             -          50,700         -     50,700        0.56

    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                17/67







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
     1.当行は、特定事業会社(企業内容等の開示に関する内閣府令第17条の15第2項に規定する事業を行う会社)に該

      当するため、第2四半期会計期間については、中間連結財務諸表及び中間財務諸表を作成しております。
     2.当行の中間連結財務諸表は、「中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成11年大蔵省令

      第24号)に基づいて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」
      (昭和57年大蔵省令第10号)に準拠しております。
     3.当行の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38

      号)に基づいて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」(昭
      和57年大蔵省令第10号)に準拠しております。
     4.当行は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間連結会計期間(自2022年4月1日 至2022年9

      月30日)の中間連結財務諸表及び中間会計期間(自2022年4月1日 至2022年9月30日)の中間財務諸表につい
      て、EY新日本有限責任監査法人の中間監査を受けております。
                                18/67















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     1【中間連結財務諸表】
      (1)【中間連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年9月30日)
     資産の部
                                     ※4  194,924            ※4  173,772
      現金預け金
      商品有価証券                                    6              0
      金銭の信託                                   390              389
                                 ※1 ,※2 ,※4 ,※8  83,199        ※1 ,※2 ,※4 ,※8  83,112
      有価証券
                                  ※2 ,※3 ,※5  587,677         ※2 ,※3 ,※5  580,308
      貸出金
                                       ※2  687            ※2  711
      外国為替
      リース債権及びリース投資資産                                  1,529              1,451
                                    ※2 ,※4  9,250           ※2 ,※4  9,229
      その他資産
                                    ※6 ,※7  11,693           ※6 ,※7  11,575
      有形固定資産
      無形固定資産                                   672              557
      退職給付に係る資産                                   365              381
      繰延税金資産                                  1,319              1,416
                                      ※2  3,833            ※2  4,003
      支払承諾見返
                                      △ 12,650             △ 11,380
      貸倒引当金
      資産の部合計                                 882,898              855,530
     負債の部
      預金                                 781,923              780,578
      借用金                                 35,000              23,600
      その他負債                                  7,461              7,846
      退職給付に係る負債                                   418              402
      睡眠預金払戻損失引当金                                    38              69
      偶発損失引当金                                   417              452
                                      ※6  1,169            ※6  1,169
      再評価に係る繰延税金負債
                                        3,833              4,003
      支払承諾
      負債の部合計                                 830,263              818,121
     純資産の部
      資本金                                 20,851              13,351
      資本剰余金                                 13,139               5,548
      利益剰余金                                 16,402              16,712
                                        △ 153             △ 153
      自己株式
      株主資本合計                                 50,240              35,458
      その他有価証券評価差額金
                                         133             △ 330
                                      ※6  2,410            ※6  2,410
      土地再評価差額金
                                        △ 150             △ 131
      退職給付に係る調整累計額
      その他の包括利益累計額合計                                  2,394              1,948
      非支配株主持分                                    1              0
      純資産の部合計                                 52,635              37,408
     負債及び純資産の部合計                                  882,898              855,530
                                19/67






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      (2)【中間連結損益計算書及び中間連結包括利益計算書】
       【中間連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
     経常収益                                   8,068              7,399
      資金運用収益                                  6,712              6,464
        (うち貸出金利息)                                5,951              5,724
        (うち有価証券利息配当金)                                  477              421
      役務取引等収益                                   770              715
      その他業務収益                                   214               23
                                       ※1  372            ※1  195
      その他経常収益
     経常費用                                   6,336              6,511
      資金調達費用                                    68              60
        (うち預金利息)                                  53              39
      役務取引等費用                                   952              911
      その他業務費用                                    46              21
                                      ※2  5,042            ※2  4,867
      営業経費
                                       ※3  226            ※3  650
      その他経常費用
     経常利益                                   1,732               887
     特別利益
                                          1              -
      固定資産処分益                                    1              -
     特別損失                                    159               18
      固定資産処分損                                    3              8
                                       ※4  74            ※4  9
      減損損失
                                          82              -
      退職給付信託返還損
     税金等調整前中間純利益                                   1,574               869
     法人税、住民税及び事業税
                                         274               9
                                        △ 123               93
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    150              103
     中間純利益                                   1,423               765
     非支配株主に帰属する中間純利益又は非支配株主に
                                          0             △ 0
     帰属する中間純損失(△)
     親会社株主に帰属する中間純利益                                   1,423               766
                                20/67









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
       【中間連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
     中間純利益                                   1,423               765
     その他の包括利益                                   △ 171             △ 445
      その他有価証券評価差額金                                  △ 214             △ 464
                                          42              19
      退職給付に係る調整額
     中間包括利益                                   1,251               320
     (内訳)
      親会社株主に係る中間包括利益                                  1,251               321
      非支配株主に係る中間包括利益                                    0             △ 0
                                21/67
















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      (3)【中間連結株主資本等変動計算書】
     前中間連結会計期間(自             2021年4月1日         至   2021年9月30日)
                                           (単位:百万円)
                               株主資本
                  資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
    当期首残高               16,601        8,880       14,416        △ 153      39,745
    当中間期変動額
     新株の発行               4,250       4,250                     8,500
     剰余金の配当                             △ 380             △ 380
     親会社株主に帰属する中
                                  1,423              1,423
     間純利益
     自己株式の取得                                     △ 0      △ 0
     自己株式の処分                       △ 0              0       0
     土地再評価差額金の取崩                              154              154
     非支配株主との取引に係
                            10                     10
     る親会社の持分変動
     株主資本以外の項目の当
     中間期変動額(純額)
    当中間期変動額合計                4,250       4,259       1,196        △ 0     9,706
    当中間期末残高               20,851       13,140       15,613        △ 153      49,452
                         その他の包括利益累計額

                                             非支配株主持分        純資産合計
                その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利益
                       土地再評価差額金
                 評価差額金              調整累計額       累計額合計
    当期首残高                940      2,565       △ 122      3,382        19     43,148
    当中間期変動額
     新株の発行                                                  8,500
     剰余金の配当                                                  △ 380
     親会社株主に帰属する中
                                                        1,423
     間純利益
     自己株式の取得                                                   △ 0
     自己株式の処分                                                    0
     土地再評価差額金の取崩                                                   154
     非支配株主との取引に係
                                                         10
     る親会社の持分変動
     株主資本以外の項目の当
                    △ 214      △ 154        42      △ 326       △ 19      △ 345
     中間期変動額(純額)
    当中間期変動額合計                △ 214      △ 154        42      △ 326       △ 19      9,360
    当中間期末残高                726      2,410        △ 80      3,056        -     52,508
                                22/67








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     当中間連結会計期間(自             2022年4月1日         至   2022年9月30日)
                                           (単位:百万円)
                               株主資本
                  資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
    当期首残高               20,851       13,139       16,402        △ 153      50,240
    当中間期変動額
     資本金から剰余金への振
                   △ 7,500       7,500                       -
     替
     剰余金の配当                             △ 456             △ 456
     親会社株主に帰属する中
                                   766              766
     間純利益
     自己株式の取得                                   △ 15,091      △ 15,091
     自己株式の消却                     △ 15,090              15,090         -
     株主資本以外の項目の当
     中間期変動額(純額)
    当中間期変動額合計               △ 7,500      △ 7,590        309       △ 0    △ 14,781
    当中間期末残高               13,351        5,548       16,712        △ 153      35,458
                         その他の包括利益累計額

                                             非支配株主持分        純資産合計
                その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利益
                       土地再評価差額金
                 評価差額金              調整累計額       累計額合計
    当期首残高                133      2,410       △ 150      2,394         1     52,635
    当中間期変動額
     資本金から剰余金への振
                                                         -
     替
     剰余金の配当                                                  △ 456
     親会社株主に帰属する中
                                                        766
     間純利益
     自己株式の取得                                                 △ 15,091
     自己株式の消却                                                    -
     株主資本以外の項目の当
                    △ 464        -       19      △ 445       △ 0     △ 445
     中間期変動額(純額)
    当中間期変動額合計                △ 464        -       19      △ 445       △ 0    △ 15,226
    当中間期末残高                △ 330      2,410       △ 131      1,948         0     37,408
                                23/67









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      (4)【中間連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前中間純利益                                  1,574               869
      減価償却費                                   692              626
      減損損失                                    74               9
      持分法による投資損益(△は益)                                   △ 0             △ 0
      貸倒引当金の増減(△)                                  △ 298            △ 1,270
      退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                  2,015                4
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  △ 30              △ 7
      退職給付信託返還に伴う有価証券の増加額                                 △ 1,705                -
      睡眠預金払戻損失引当金の増減(△)                                  △ 30              30
      偶発損失引当金の増減額(△は減少)                                    14              34
      資金運用収益                                 △ 6,712             △ 6,464
      資金調達費用                                    68              60
      有価証券関係損益(△)                                  △ 104              101
      金銭の信託の運用損益(△は運用益)                                   △ 1              0
      固定資産処分損益(△は益)                                    1              8
      貸出金の純増(△)減                                  2,005              7,368
      預金の純増減(△)                                  2,367             △ 1,344
      借用金(劣後特約付借入金を除く)の純増減
                                        5,000             △ 11,400
      (△)
      預け金(日銀預け金を除く)の純増(△)減                                 △ 3,191              △ 723
      外国為替(資産)の純増(△)減                                   △ 3             △ 24
      リース債権及びリース投資資産の純増(△)減                                   170               77
      資金運用による収入                                  6,740              6,495
      資金調達による支出                                  △ 82             △ 65
                                         204              521
      その他
      小計                                  8,769             △ 5,092
      法人税等の支払額                                  △ 67             △ 453
      法人税等の還付額                                    35              -
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  8,736             △ 5,546
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有価証券の取得による支出                                △ 10,414              △ 8,095
      有価証券の売却による収入                                  7,474              3,145
      有価証券の償還による収入                                  1,250              4,270
      有形固定資産の取得による支出                                  △ 97             △ 50
      有形固定資産の売却による収入                                   168               -
                                         △ 79             △ 48
      無形固定資産の取得による支出
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 1,698              △ 777
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      株式の発行による収入                                  8,457                -
      配当金の支払額                                  △ 381             △ 460
      自己株式の取得による支出                                   △ 0           △ 15,091
      子会社の自己株式の取得による支出                                  △ 10              -
                                          0              -
      自己株式の売却による収入
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  8,065             △ 15,551
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                     -              -
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   15,104             △ 21,875
     現金及び現金同等物の期首残高                                  131,426              147,566
                                     ※1  146,530            ※1  125,690
     現金及び現金同等物の中間期末残高
                                24/67



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
     (中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1.連結の範囲に関する事項
    (1)連結子会社           1 社
       なんぎんリース株式会社
    (2)非連結子会社
       該当ありません。
    2.持分法の適用に関する事項
    (1)持分法適用の非連結子会社
       該当ありません。
    (2)持分法適用の関連会社                1 社
       南九州サービス株式会社
    (3)持分法非適用の非連結子会社
       該当ありません。
    (4)持分法非適用の関連会社
       該当ありません。
    3.連結子会社の中間決算日等に関する事項
      連結子会社の中間決算日は次のとおりであります。
       9月末日 1社
    4.会計方針に関する事項
    (1)商品有価証券の評価基準及び評価方法
       商品有価証券の評価は、時価法(売却原価は移動平均法により算定)により行っております。
    (2)有価証券の評価基準及び評価方法
       ① 有価証券の評価は、満期保有目的の債券については移動平均法による償却原価法(定額法)、その他有価証
        券については時価法(売却原価は移動平均法により算定)、ただし市場価格のない株式等については移動平均
        法による原価法により行っております。
         なお、その他有価証券の評価差額については、全部純資産直入法により処理しております。
       ② 有価証券運用を主目的とする単独運用の金銭の信託において信託財産として運用されている有価証券の評価
        は、時価法により行っております。
    (3)デリバティブ取引の評価基準及び評価方法
       デリバティブ取引の評価は、時価法により行っております。
    (4)固定資産の減価償却の方法
      ①  有形固定資産(リース資産を除く)
       当行の有形固定資産は、定率法(ただし、1998年4月1日以後に取得した建物(建物附属設備を除く。)並びに
      2016年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)を採用し、年間減価償却費見積額を期
      間により按分し計上しております。
       また、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建 物:     8年~50年
         その他:     5年~30年
       連結子会社の有形固定資産については、資産の見積耐用年数に基づき、主として定率法により償却しておりま
      す。
      ②  無形固定資産(リース資産を除く) 
       無形固定資産は、定額法により償却しております。なお、自社利用のソフトウェアについては、当行及び連結子
      会社で定める利用可能期間(5年)に基づいて償却しております。
      ③  リース資産
       所有権移転外ファイナンス・リース取引に係る「有形固定資産」中のリース資産は、リース期間を耐用年数とし
      た定額法により償却しております。なお、残存価額については、リース契約上に残価保証の取決めがあるものは当
      該残価保証額とし、それ以外のものは零としております。
    (5)貸倒引当金の計上基準
      当行の貸倒引当金は、予め定めている償却・引当基準に則り、次のとおり計上しております。
       「銀行等金融機関の資産の自己査定並びに貸倒償却及び貸倒引当金の監査に関する実務指針」(日本公認会計士協
      会銀行等監査特別委員会報告第4号 2022年4月14日)に規定する正常先債権及び要注意先債権に相当する債権につ
      いては、主として今後1年間の予想損失額又は今後3年間の予想損失額を見込んで計上しており、予想損失額は、1
      年間又は3年間の貸倒実績を基礎とした貸倒実績率の過去の一定期間における平均値に基づき損失率を求め、これに
      将来見込み等必要な修正を加えて算定しております。破綻懸念先債権に相当する債権については、債権額から担保の
      処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額のうち必要と認める額を計上しております。破綻
      先債権及び実質破綻先債権に相当する債権については、債権額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能
      見込額を控除した残額を計上しております。
       破綻懸念先及び貸出条件緩和債権等を有する債務者で与信額が一定額以上の大口債務者のうち、債権の元本の回収
      及び利息の受取りに係るキャッシュ・フローを合理的に見積ることができる債権については、当該キャッシュ・フ
                                25/67

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      ローを貸出条件緩和実施前の約定利子率で割引いた金額と債権の帳簿価額との差額を貸倒引当金とする方法(キャッ
      シュ・フロー見積法)により計上しております。
       すべての債権は、資産の自己査定基準に基づき、営業関連部署の協力の下に資産査定部署が資産査定を実施してお
      ります。
       連結子会社の貸倒引当金は、一般債権については過去の貸倒実績率等を勘案して必要と認めた額を、貸倒懸念債権
      等特定の債権については、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額をそれぞれ計上しております。
    (6)  睡眠預金払戻損失引当金の計上基準
      睡眠預金払戻損失引当金は、負債計上を中止した預金について、預金者からの払戻請求に備えるため、将来の払戻
      請求に応じて発生する損失を見積り必要と認める額を計上しております。
    (7)  偶発損失引当金の計上基準
      偶発損失引当金は、信用保証協会との責任共有制度の代位弁済に伴い発生する負担金等の支払い等に備えるため、
      将来発生する損失額を見積り計上しております。
    (8)  退職給付に係る会計処理の方法
      退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間連結会計期間末までの期間に帰属させる方法については給
      付算定式基準によっております。また、過去勤務費用及び数理計算上の差異の費用処理方法は次のとおりでありま
      す。
      数理計算上の差異:各連結会計年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(10年)による定額法に
                より按分した額を、それぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理
    (9)外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
      当行の外貨建資産・負債については、中間連結決算日の為替相場による円換算額を付しております。
    (10)   重要な収益及び費用の計上基準
      ①  顧客との契約から生じる収益の計上基準
       当行及び連結子会社の顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業における主な履行義務は、金融サービス
      に係る役務の提供であり、主に約束したサービスが顧客に移転した時点で、当該サービスと交換に受け取ると見込
      まれる金額で収益を認識しております。
      ②  ファイナンス・リース取引に係る収益及び費用の計上方法
       リース料受取時に売上高と売上原価を計上する方法によっております。
    (11)   重要なヘッジ会計の方法
     為替変動リスク・ヘッジ
      当行の外貨建金融資産・負債から生じる為替変動リスクに対するヘッジ会計の方法は、「銀行業における外貨建取
     引等の会計処理に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別委員会実務指針第25号 2020年10
     月8日)に規定する繰延ヘッジによっております。
      ヘッジ有効性評価の方法については、外貨建金銭債権債務等の為替変動リスクを減殺する目的で行う通貨スワップ
     取引及び為替スワップ取引等をヘッジ手段とし、ヘッジ対象である外貨建金銭債権債務等に見合うヘッジ手段の外貨
     ポジション相当額が存在することを確認することによりヘッジの有効性を評価しております。
      なお、一部の資産・負債については、金利スワップの特例処理を行っております。
    (12)   中間連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
      中間連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲は、中間連結貸借対照表上の「現金預け金」のうち現金及
     び日本銀行への預け金であります。
                                26/67









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     (会計方針の変更)
     (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
        「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日。以下「時価算
       定会計基準適用指針」という。)を当中間連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第27-2項
       に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわたって適用す
       ることといたしました。これによる当中間連結財務諸表に与える影響はありません。
        なお、「金融商品関係」注記の金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項における投資信託に関する
       注記事項においては、時価算定会計基準適用指針第27-3項に従って、前連結会計年度に係るものについては記載
       しておりません。
     (追加情報)

      (新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積り)
        当中間連結会計期間における新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積り及び当該見積りに用い
       た仮定については、前連結会計年度の有価証券報告書の(重要な会計上の見積り)に記載した内容から重要な変
       更はありません。
                                27/67















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      (中間連結貸借対照表関係)
    ※1.非連結子会社及び関連会社の株式の総額
                            前連結会計年度                当中間連結会計期間
                            ( 2022年3月31日       )         ( 2022年9月30日       )
         株 式                         17 百万円                17 百万円
    ※2.銀行法及び金融機能の再生のための緊急措置に関する法律に基づく債権は次のとおりであります。なお、債権

      は、中間連結貸借対照表の「有価証券」中の社債(その元本の償還及び利息の支払の全部又は一部について保証し
      ているものであって、当該社債の発行が有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)によるものに限る。)、
      貸出金、外国為替、「その他資産」中の未収利息及び仮払金並びに支払承諾見返の各勘定に計上されるもの並びに
      注記されている有価証券の貸付けを行っている場合のその有価証券(使用貸借又は賃貸借契約によるものに限
      る。)であります。
                                 前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                 ( 2022年3月31日       )       ( 2022年9月30日       )
         破産更生債権及びこれらに準ずる債権額                           8,198   百万円            6,536   百万円
         危険債権額
                                  17,900   百万円           19,118   百万円
         三月以上延滞債権額
                                    - 百万円             - 百万円
         貸出条件緩和債権額                           5,316   百万円            5,001   百万円
         合計額
                                  31,415   百万円           30,656   百万円
       破産更生債権及びこれらに準ずる債権とは、破産手続開始、更生手続開始、再生手続開始の申立て等の事由によ
      り経営破綻に陥っている債務者に対する債権及びこれらに準ずる債権であります。
       危険債権とは、債務者が経営破綻の状態には至っていないが、財政状態及び経営成績が悪化し、契約に従った債
      権の元本の回収及び利息の受取りができない可能性の高い債権で破産更生債権及びこれらに準ずる債権に該当しな
      いものであります。
       三月以上延滞債権とは、元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から三月以上遅延している貸出金で破産更生債
      権及びこれらに準ずる債権並びに危険債権に該当しないものであります。
       貸出条件緩和債権とは、債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として、金利の減免、利息の支払猶予、元
      本の返済猶予、債権放棄その他の債務者に有利となる取決めを行った貸出金で破産更生債権及びこれらに準ずる債
      権、危険債権並びに三月以上延滞債権に該当しないものであります。
       なお、上記債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。
    ※3.手形割引は、「銀行業における金融商品会計基準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協

      会業種別委員会実務指針第24号 2022年3月17日)に基づき金融取引として処理しております。これにより受け入
      れた商業手形は、売却又は(再)担保という方法で自由に処分できる権利を有しておりますが、その額面金額は次
      のとおりであります。
            前連結会計年度                当中間連結会計期間
           ( 2022年3月31日       )         ( 2022年9月30日       )
              2,000   百万円              1,936   百万円
                                28/67







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
    ※4.担保に供している資産は次のとおりであります。
                            前連結会計年度                当中間連結会計期間
                            ( 2022年3月31日       )         ( 2022年9月30日       )
        担保に供している資産
         有価証券                       4,040   百万円              4,029   百万円
        担保資産に対応する債務
         コールマネー及び売渡手形                         - 百万円                - 百万円
       上記のほか、為替決済、日本銀行共通担保等の担保として、次のものを差し入れております。

                            前連結会計年度                当中間連結会計期間
                            ( 2022年3月31日       )         ( 2022年9月30日       )
         預け金                         8 百万円                8 百万円
         有価証券                       38,545   百万円              38,771   百万円
         その他の資産                       7,000   百万円              7,000   百万円
       また、その他資産には、敷金等が含まれておりますが、その金額は次のとおりであります。
                            前連結会計年度                当中間連結会計期間
                            ( 2022年3月31日       )         ( 2022年9月30日       )
         敷金等                         77 百万円                75 百万円
       なお、手形の再割引は、「銀行業における金融商品会計基準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認
      会計士協会業種別委員会実務指針第24号                   2022年3月17日)に基づき金融取引として処理しておりますが、これによ
      り引き渡した商業手形はありません。
    ※5.当座貸越契約及び貸付金に係るコミットメントライン契約は、顧客からの融資実行の申し出を受けた場合に、契

      約上規定された条件について違反がない限り、一定の限度額まで資金を貸付けることを約する契約であります。こ
      れらの契約に係る融資未実行残高は次のとおりであります。
                            前連結会計年度                当中間連結会計期間
                            ( 2022年3月31日       )         ( 2022年9月30日       )
        融資未実行残高                       50,294   百万円              50,909   百万円
          うち契約残存期間が1年以内のもの
                              48,680   百万円              48,924   百万円
       なお、これらの契約の多くは、融資実行されずに終了するものであるため、融資未実行残高そのものが必ずしも
      当行及び連結子会社の将来のキャッシュ・フローに影響を与えるものではありません。これらの契約の多くには、
      金融情勢の変化、債権の保全及びその他相当の事由があるときは、当行が実行申し込みを受けた融資の拒絶又は契
      約極度額の減額をすることができる旨の条項が付けられております。また、契約時において必要に応じて不動産・
      有価証券等の担保を徴求するほか、契約後も定期的に予め定めている行内手続に基づき顧客の業況等を把握し、必
      要に応じて契約の見直し、与信保全上の措置等を講じております。
                                29/67








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
    ※6.土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布                           法律第34号)に基づき、当行の事業用の土地の再評価を行い、
      評価差額については、当該評価差額に係る税金相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債の部に計上し、
      これを控除した金額を「土地再評価差額金」として純資産の部に計上しております。
       再評価を行った年月日
        1998年3月31日
       同法律第3条第3項に定める再評価の方法
        土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第4号に定める地価税の課税価格
       の計算の基礎となる土地の価格に、奥行価格補正等の合理的な調整を行って算出。
       同法律第10条に定める再評価を行った事業用の土地の当中間連結会計期間末における時価の合計額と当該事業用
       の土地の再評価後の帳簿価額の合計額との差額
            前連結会計年度                当中間連結会計期間
           ( 2022年3月31日       )         ( 2022年9月30日       )
              3,412   百万円              3,411   百万円
    ※7.有形固定資産の減価償却累計額

                            前連結会計年度                当中間連結会計期間
                            ( 2022年3月31日       )         ( 2022年9月30日       )
         減価償却累計額                       8,674   百万円              8,809   百万円
    ※8.「有価証券」中の社債のうち、有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)による社債に対する保証債務の額

            前連結会計年度                当中間連結会計期間
           ( 2022年3月31日       )         ( 2022年9月30日       )
               910  百万円               740  百万円
                                30/67













                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      (中間連結損益計算書関係)
    ※1.その他経常収益には、次のものを含んでおります。
                     前中間連結会計期間                  当中間連結会計期間
                     (自    2021年4月1日                (自    2022年4月1日
                     至   2021年9月30日       )         至   2022年9月30日       )
         株式等売却益                  52 百万円                   77 百万円
         貸倒引当金戻入益                  298  百万円                   - 百万円
    ※2.営業経費には、次のものを含んでおります。

                     前中間連結会計期間                  当中間連結会計期間
                     (自    2021年4月1日                (自    2022年4月1日
                     至   2021年9月30日       )         至   2022年9月30日       )
         給料・手当                 1,993   百万円                 1,982   百万円
         退職給付費用                  30 百万円                   33 百万円
    ※3.その他経常費用には、次のものを含んでおります。

                     前中間連結会計期間                  当中間連結会計期間
                     (自    2021年4月1日                (自    2022年4月1日
                     至   2021年9月30日       )         至   2022年9月30日       )
         貸倒引当金繰入額                  - 百万円                  283  百万円
         株式等売却損                  116  百万円                   21 百万円
         株式等償却                   0 百万円                  172  百万円
    ※4.営業利益の減少によるキャッシュ・フローの低下及び地価の下落した資産について、帳簿価額を回収可能価額ま

     で減額し、減損損失として特別損失に計上しております。
     減損を認識した資産又は資産グループ及び種類毎の減損損失額は次のとおりです。
     前中間連結会計期間(自             2021年4月1日        至    2021年9月30日       )
      鹿児島県内
           用途             種類            減損損失
         営業用店舗等               土地                74百万円
           合計             -               74百万円
     (資産グループの概要及びグルーピングの方法)

        営業用店舗等の営業用資産については、個別に継続的な収支の把握を行っていることから、原則として営業店
       単位で、遊休資産等については、各々が独立した資産としてグルーピングしております。また、本部、コン
       ピュータセンター、社宅、ATMコーナー等については独立したキャッシュ・フローを生みださないことから共
       用資産としております。連結子会社については、個社ごとにグルーピングしております。
     (回収可能価額)

        減損損失の測定に使用した回収可能価額は、正味売却価額であり、路線価、固定資産税評価額等から処分費用
       見込額を控除して算出しております。
                                31/67







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     当中間連結会計期間(自             2022年4月1日        至    2022年9月30日       )
      鹿児島県外
           用途             種類            減損損失
         営業用店舗等               建物                9百万円
           合計             -                9百万円
     (資産グループの概要及びグルーピングの方法)

        営業用店舗等の営業用資産については、個別に継続的な収支の把握を行っていることから、原則として営業店
       単位で、遊休資産等については、各々が独立した資産としてグルーピングしております。また、本部、コン
       ピュータセンター、社宅、ATMコーナー等については独立したキャッシュ・フローを生みださないことから共
       用資産としております。連結子会社については、個社ごとにグルーピングしております。
     (回収可能価額)

        減損損失の測定に使用した回収可能価額は、正味売却価額であり、路線価、固定資産税評価額等から処分費用
       見込額を控除して算出しております。
                                32/67















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      (中間連結株主資本等変動計算書関係)
     前中間連結会計期間(自           2021年4月1日        至  2021年9月30日       )

      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                                                   (単位:千株)
                 当連結会計年度
                         当中間連結会計        当中間連結会計        当中間連結会計
                                                    摘要
                         期間増加株式数        期間減少株式数        期間末株式数
                   期首株式数
    発行済株式
     普通株式                  8,096         -        -      8,096

     A種優先株式                  3,000         -        -      3,000

     B種優先株式                   -       850        -       850    (注)1

         合計            11,096         850        -      11,946

    自己株式

     普通株式                   49        0        0       50   (注)2,3

         合計              49        0        0       50

     (注)1.B種優先株式の増加は、第三者割当による新株の発行によるものであります。
        2.普通株式の自己株式の増加は、単元未満株式の取得によるものであります。
        3.普通株式の自己株式の減少は、単元未満株式の売渡によるものであります。
      2.配当に関する事項

      (1)    当中間連結会計期間中の配当金支払額
                       配当金の総額
                              1株当たり配当額
      (決議)         株式の種類                           基準日        効力発生日
                                 (円)
                       (百万円)
    2021年6月29日
               普通株式             201       25.00    2021年3月31日         2021年6月30日
    定時株主総会
    2021年6月29日
              A種優先株式              179       59.80    2021年3月31日         2021年6月30日
    定時株主総会
      (2)   基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間連結会計期間の末日後となるも

       の
         該当事項はありません。
                                33/67








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     当中間連結会計期間(自           2022年4月1日        至  2022年9月30日       )
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                                                   (単位:千株)
                 当連結会計年度
                         当中間連結会計        当中間連結会計        当中間連結会計
                                                    摘要
                         期間増加株式数        期間減少株式数        期間末株式数
                   期首株式数
    発行済株式
     普通株式                  8,096         -        -      8,096

     A種優先株式                  3,000         -      3,000         -   (注)1

     B種優先株式                   850        -        -       850

         合計            11,946          -      3,000        8,946

    自己株式

     普通株式                   50        0       -        50   (注)2

     A種優先株式                   -      3,000        3,000         -  (注)3,4

         合計              50      3,000        3,000         50

     (注)1.A種優先株式の減少は、A種優先株式の消却によるものであります。
        2.普通株式の自己株式の増加は、単元未満株式の取得によるものであります。
        3.A種優先株式の自己株式の増加は、A種優先株式の取得によるものであります。
        4.A種優先株式の自己株式の減少は、A種優先株式の消却によるものであります。
      2.配当に関する事項

      (1)    当中間連結会計期間中の配当金支払額
                       配当金の総額
                              1株当たり配当額
      (決議)         株式の種類                           基準日        効力発生日
                                 (円)
                       (百万円)
    2022年6月24日
               普通株式             201       25.00    2022年3月31日         2022年6月27日
    定時株主総会
    2022年6月24日
              A種優先株式              180       60.30    2022年3月31日         2022年6月27日
    定時株主総会
    2022年6月24日
              B種優先株式              74       87.74    2022年3月31日         2022年6月27日
    定時株主総会
      (2)   基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間連結会計期間の末日後となるも

       の
         該当事項はありません。
                                34/67







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      (中間連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1.現金及び現金同等物の中間期末残高と中間連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                           前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間
                           (自    2021年4月1日              (自    2022年4月1日
                           至   2021年9月30日       )       至   2022年9月30日       )
        現金預け金勘定                        188,114    百万円             173,772    百万円
        普通預け金                        △40,848    百万円             △47,370    百万円
        定期預け金                          △7  百万円               △7  百万円
                                 △726   百万円              △703   百万円
        その他の預け金
        現金及び現金同等物                        146,530    百万円             125,690    百万円
     (リース取引関係)

     1.ファイナンス・リース取引

      所有権移転外ファイナンス・リース取引 
       ①リース資産の内容 
         有形固定資産 
          主として、事務機器等であります。 
       ②リース資産の減価償却の方法 

        中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項」の「(4)固定資産の減価
       償却の方法」に記載のとおりであります。 
     2.オペレーティング・リース取引

      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料 
                                (単位:百万円)
                    前連結会計年度            当中間連結会計期間
                   ( 2022年3月31日       )     ( 2022年9月30日       )
           1年内                 32             28
           1年超                 64             55
           合 計                 96             83
                                35/67









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     (金融商品関係)
    1.金融商品の時価等に関する事項

       中間連結貸借対照表計上額(連結貸借対照表計上額)、時価及びこれらの差額は、次のとおりであります。な
      お、市場価格のない株式等及び組合出資金は、次表には含めておりません((注1)参照)。また、現金預け金、
      外国為替(資産)は、短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似することから、注記を省略しております。
     前連結会計年度(        2022年3月31日       )

                                                  (単位:百万円)
                                 連結貸借対照表
                                            時 価         差 額
                                   計上額
    (1)   商品有価証券
       売買目的有価証券                                 6         6        -
    (2)   金銭の信託                                390         390         -
    (3)   有価証券
       満期保有目的の債券                                943         934         △9
       その他有価証券                              81,185         81,185           -
    (4)   貸出金                              587,677
                                    △12,477
        貸倒引当金(*1)
                                     575,200         587,331         12,131
    資産計                                657,726         669,847         12,121
    (1)   預金                              781,923         781,942           18
    (2)   借用金                              35,000         35,000           -
    負債計                                816,923         816,942           18
    デリバティブ取引(*2)
     ヘッジ会計が適用されていないもの                                  -         -         -
     ヘッジ会計が適用されているもの                                  -         -         -
    デリバティブ取引計                                   -         -         -
     (*1) 貸出金に対応する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しております。

     (*2) その他資産・負債に計上しているデリバティブ取引を一括して表示しております。
         デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目に
        ついては、( )で表示しております。
                                36/67







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     当中間連結会計期間(          2022年9月30日       )
                                                  (単位:百万円)
                                  中間連結貸借
                                            時 価         差 額
                                  対照表計上額
    (1)   商品有価証券
       売買目的有価証券                                 0         0        -
    (2)   金銭の信託                                389         389         -
    (3)   有価証券
       満期保有目的の債券                                768         750        △18
       その他有価証券                              81,234         81,234           -
    (4)   貸出金                              580,308
                                    △11,167
        貸倒引当金(*1)
                                     569,141         578,672          9,531
    資産計                                651,534         661,046          9,512
    (1)   預金                              780,578         780,594           15
    (2)   借用金                              23,600         23,600           -
    負債計                                804,178         804,194           15
    デリバティブ取引(*2)
     ヘッジ会計が適用されていないもの                                  -         -         -
     ヘッジ会計が適用されているもの                                  -         -         -
    デリバティブ取引計                                   -         -         -
     (*1) 貸出金に対応する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しております。

     (*2) その他資産・負債に計上しているデリバティブ取引を一括して表示しております。
         デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目に
        ついては、( )で表示しております。
     (注1) 市場価格のない株式等及び組合出資金の中間連結貸借対照表計上額(連結貸借対照表計上額)は次のとおり

        であり、金融商品の時価情報の「その他有価証券」には含めておりません。
                                                  (単位:百万円)
                                   前連結会計年度            当中間連結会計期間
                区 分
                                  ( 2022年3月31日       )     ( 2022年9月30日       )
    非上場株式(*1)(*2)                                       950             951
    組合出資金(*3)                                       119             158
     (*1) 非上場株式については、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 
         2020年3月31日)第5項に基づき、時価開示の対象とはしておりません。
     (*2) 前連結会計年度において、非上場株式について0百万円減損処理を行っております。
         当中間連結会計期間において、非上場株式については、減損処理は該当ありません。
     (*3) 組合出資金については、「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021
         年6月17日)第24-16項に基づき、時価開示の対象とはしておりません。
                                37/67





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
    2.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
       金融商品の時価を、時価の算定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベルに分

      類しております。
       レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価の算

               定の対象となる資産または負債に関する相場価格により算定した時価
       レベル2の時価:観察可能な時価に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定に係るイン
               プットを用いて算定した時価
       レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
       時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ属す

      るレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
     (1) 時価で中間連結貸借対照表(連結貸借対照表)に計上している金融商品

     前連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                                  (単位:百万円)
                                       時 価
            区 分
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計
    金銭の信託                           -        390         -        390
    商品有価証券及び有価証券
     売買目的有価証券
      国債                           6        -         -         6
     その他有価証券
      国債                      21,739           -         -      21,739
      地方債                        -      22,686           -      22,686
      社債                        -      17,560           -      17,560
      株式                       5,206          -         -       5,206
      その他                         1       303         -        305
    デリバティブ取引                           -         -         -         -
            資産計                26,954         40,940           -      67,894
    デリバティブ取引                           -         -         -         -
            負債計                   -         -         -         -
     (*) 「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)第26項に定め
        る経過措置を適用した投資信託等については、上記表には含めてはおりません。連結貸借対照表における当該
        投資信託等の金額は13,687百万円であります。
                                38/67






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     当中間連結会計期間(          2022年9月30日       )
                                                  (単位:百万円)
                                       時 価
            区 分
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計
    金銭の信託                           -        389         -        389
    商品有価証券及び有価証券
     売買目的有価証券
      国債                           0        -         -         0
     その他有価証券
      国債                      19,698           -         -      19,698
      地方債                        -      25,564           -      25,564
      社債                        -      16,607           -      16,607
      株式                       5,115          -         -       5,115
      その他                       5,933         8,314          -      14,247
    デリバティブ取引                           -         -         -         -
            資産計                30,747         50,875           -      81,623
    デリバティブ取引                           -         -         -         -
            負債計                   -         -         -         -
     (2) 時価で中間連結貸借対照表(連結貸借対照表)に計上している金融商品以外の金融商品

     前連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                                  (単位:百万円)
                                       時 価
            区 分
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計
    有価証券
     満期保有目的の債券
      社債                           -         33        900         934
    貸出金                           -         -      587,331         587,331
            資産計                   -         33      588,231         588,265
    預金                           -      781,942           -      781,942
    借用金                           -      35,000           -      35,000
            負債計                   -      816,942           -      816,942
                                39/67







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     当中間連結会計期間(          2022年9月30日       )
                                                  (単位:百万円)
                                       時 価
            区 分
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計
    有価証券
     満期保有目的の債券
      社債                           -         28        722         750
    貸出金                           -         -      578,672         578,672
            資産計                   -         28      579,394         579,423
    預金                           -      780,594           -      780,594
    借用金                           -      23,600           -      23,600
            負債計                   -      804,194           -      804,194
    (注1) 時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明

     資 産

      金銭の信託
        有価証券運用を主目的とする単独運用の金銭の信託において信託財産として運用されている有価証券について
       は、株式は取引所の価格、債券は取引所の価格又は取引金融機関から提示された価格によっており、構成物のレ
       ベルに基づき、レベル2の時価に分類しております。
      商品有価証券及び有価証券

        商品有価証券及び有価証券については、活発な市場における無調整の相場価格を利用できるものはレベル1の
       時価に分類しております。主に上場株式や国債がこれに含まれます。
        公表された相場価格を用いていたとしても市場が活発でない場合にはレベル2の時価に分類しております。主
       に地方債、社債がこれに含まれます。また、市場における取引価格が存在しない投資信託について、解約又は買
       戻請求に関して市場参加者からリスクの対価を求められるほどの重要な制限がない場合には基準価額を時価と
       し、レベル2の時価に分類しております。
        自行保証付私募債は、内部格付、期間に基づく区分ごとに、元利金の合計額を同様の起債を行った場合に想定
       される利率で割り引いて時価を算定しており、当該割引率が観測不能であることからレベル3の時価に分類して
       おります。
      貸出金

        貸出金については、貸出金の種類及び内部格付、期間に基づく区分ごとに、元利金の合計額を同様の新規貸出
       を行った場合に想定される利率で割り引いて時価を算定しております。このうち変動金利によるものは、短期間
       で市場金利を反映するため、貸出先の信用状態が実行後大きく異なっていない場合は時価と帳簿価額が近似して
       いることから、帳簿価額を時価としております。
        また、破綻先、実質破綻先及び破綻懸念先に対する債権等については、見積将来キャッシュ・フローの割引現
       在価値、又は、担保及び保証による回収見込額等に基づいて貸倒見積高を算定しているため、時価は中間連結決
       算日(連結決算日)における中間連結貸借対照表(連結貸借対照表)上の債権等計上額から貸倒引当金計上額を
       控除した金額に近似しており、当該価額を時価としております。
        貸出金のうち、当該貸出を担保資産の範囲内に限るなどの特性により、返済期限を設けていないものについて
       は、返済見込み期間及び金利条件等から、時価は帳簿価額と近似しているものと想定されるため、帳簿価額を時
       価としております。
        上記時価については、時価に対して観察できないインプットによる影響額が重要であるため、すべてレベル3
       の時価に分類しております。
                                40/67





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     負 債
      預金
        要求払預金については、中間連結決算日(連結決算日)に要求された場合の支払額(帳簿価額)を時価とみな
       しております。また、定期預金の時価は、一定の期間ごとに区分して、将来のキャッシュ・フローを割り引いて
       現在価値を算定しております。その割引率は、新規に預金を受け入れる際に使用する利率を用いております。な
       お、預入期間が短期間(1年以内)のものは、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価と
       しております。上記時価は、すべてレベル2の時価に分類しております。
      借用金

        借用金は契約期間が短期間(1年以内)であるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
       を時価としており、レベル2の時価に分類しております。
      (有価証券関係)

      ※「子会社株式及び関連会社株式」については、中間財務諸表における注記事項として記載しております。

      1.満期保有目的の債券

      前連結会計年度(         2022年3月31日       現在)
                     連結貸借対照表             時価          差額

                種類
                     計上額    (百万円)
                                 (百万円)          (百万円)
             社債               100          100           0
    時価が連結貸借対
    照表計上額を超え
    るもの
                小計             100          100           0
             社債               843          833          △10

    時価が連結貸借対
    照表計上額を超え
    ないもの
                小計             843          833          △10
                            943          934          △9

           合計
      当中間連結会計期間(           2022年9月30日       現在)

                     中間連結貸借対照表

                                  時価          差額
                種類
                     計上額    (百万円)
                                 (百万円)          (百万円)
             社債               100          100           0
    時価が中間連結貸
    借対照表計上額を
    超えるもの
                小計             100          100           0
             社債               668          650          △18

    時価が中間連結貸
    借対照表計上額を
    超えないもの
                小計             668          650          △18
                            768          750          △18

           合計
                                41/67







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      2.その他有価証券
      前連結会計年度(         2022年3月31日       現在)
                      連結貸借対照表            取得原価           差額

                種類
                     計上額(百万円)           (百万円)          (百万円)
              株式             2,316          1,268          1,048
              債券             44,925          44,487            438

               国債            21,739          21,490            249

    連結貸借対照表計
    上額が取得原価を           地方債            15,247          15,097            149
    超えるもの
               社債            7,938          7,899            39
              その他             2,498          2,296           201

                小計           49,740          48,052           1,688

              株式             2,890          3,563          △673

              債券             17,060          17,199           △138

               地方債            7,439          7,500           △60

    連結貸借対照表計
    上額が取得原価を
    超えないもの
               社債            9,621          9,699           △78
              その他             11,494          12,248           △754

                小計           31,445          33,011          △1,566

                           81,185          81,063            121

           合計
      当中間連結会計期間(           2022年9月30日       現在)

                     中間連結貸借対照表             取得原価           差額

                種類
                      計上額(百万円)            (百万円)          (百万円)
              株式              2,273          1,244          1,029
              債券             36,921          36,589            331

               国債            19,698          19,492            206

    中間連結貸借対照
    表計上額が取得原           地方債            11,896          11,798            98
    価を超えるもの
               社債             5,326          5,299            27
              その他              1,923          1,692           230

                小計           41,118          39,526           1,592

              株式              2,841          3,411          △569

              債券             24,949          25,199           △250

               地方債            13,668          13,800           △131

    中間連結貸借対照
    表計上額が取得原
    価を超えないもの
               社債            11,281          11,399           △118
              その他             12,324          13,638          △1,314

                小計           40,115          42,249          △2,134

                           81,234          81,775           △541

           合計
                                42/67



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      3.減損処理を行った有価証券
         売買目的有価証券以外の有価証券(市場価格のない株式等及び組合出資金を除く)のうち、当該有価証券の
        時価が取得原価に比べて著しく下落しており、時価が取得原価まで回復する見込みがあると認められないもの
        については、当該時価をもって中間連結貸借対照表計上額(連結貸借対照表計上額)とするとともに、評価差
        額を当中間連結会計期間(連結会計年度)の損失として処理(以下、「減損処理」という。)しております。
         前連結会計年度における減損処理額は、該当ありません。
         当中間連結会計期間における減損処理額は、1億7千2百万円であります。
         また、時価が「著しく下落した」と判断するための基準は、以下のとおりであります。
         ① 時価の下落率が50%以上の場合。
         ② 時価の下落率が30%以上50%未満の場合、下記イ~ハの何れかに該当する場合は回復可能性があると認
          められないと判断し、減損処理を行う。
          イ.株式の時価が過去2年間にわたり、30%以上下落した状態にある場合。
          ロ.株式の発行会社が債務超過の状態にある場合。
          ハ.株式の発行会社が2期連続で損失を計上しており、翌期も連続して損失を計上すると予想される場
           合。
         ③ 時価の下落率が30%未満の場合には、著しく下落には該当せず、減損処理は行わない。
      (金銭の信託関係)

      1.満期保有目的の金銭の信託
       前連結会計年度(         2022年3月31日       現在)
        該当事項はありません。
       当中間連結会計期間(           2022年9月30日       現在)
        該当事項はありません。
      2.その他の金銭の信託(運用目的及び満期保有目的以外)

       前連結会計年度(         2022年3月31日       現在)
        該当事項はありません。
       当中間連結会計期間(           2022年9月30日       現在)
        該当事項はありません。
                                43/67










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      (その他有価証券評価差額金)
      中間連結貸借対照表(連結貸借対照表)に計上されているその他有価証券評価差額金の内訳は、次のとおりであり

     ます。
     前連結会計年度(         2022年3月31日       現在)
                                         金額(百万円)

    評価差額                                                   121

     その他有価証券                                                   121

     その他の金銭の信託                                                   -

     繰延税金資産                                                   12

     (△)繰延税金負債                                                   -

    その他有価証券評価差額金(持分相当額調整前)                                                   133

     (△)非支配株主持分相当額                                                   △0

     (+)持分法適用会社が所有するその他有価証券に
                                                       -
       係る評価差額金のうち親会社持分相当額
    その他有価証券評価差額金                                                   133
     当中間連結会計期間(           2022年9月30日       現在)

                                         金額(百万円)

    評価差額                                                  △541

     その他有価証券                                                  △541

     その他の金銭の信託                                                   -

     繰延税金資産                                                   210

     (△)繰延税金負債                                                   -

    その他有価証券評価差額金(持分相当額調整前)                                                  △330

     (△)非支配株主持分相当額                                                   △0

     (+)持分法適用会社が所有するその他有価証券に
                                                       -
       係る評価差額金のうち親会社持分相当額
    その他有価証券評価差額金                                                  △330
                                44/67







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      (デリバティブ取引関係)

      1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引

        ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引について、取引の対象物の種類ごとの中間連結決算日(連結
       決算日)における契約額又は契約において定められた元本相当額、時価及び評価損益並びに当該時価の算定方法
       は、次のとおりであります。なお、契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを
       示すものではありません。
       (1)金利関連取引

        前連結会計年度(           2022年3月31日       現在)
         該当事項はありません。
        当中間連結会計期間(             2022年9月30日       現在)
         該当事項はありません。
       (2)通貨関連取引

        前連結会計年度(            2022年3月31日       現在)
         該当事項はありません。
        当中間連結会計期間(              2022年9月30日       現在)
         該当事項はありません。
       (3)株式関連取引

        前連結会計年度(           2022年3月31日       現在)
         該当事項はありません。
        当中間連結会計期間(             2022年9月30日       現在)
         該当事項はありません。
       (4)債券関連取引

        前連結会計年度(           2022年3月31日       現在)
         該当事項はありません。
        当中間連結会計期間(             2022年9月30日       現在)
         該当事項はありません。
       (5)商品関連取引

        前連結会計年度(           2022年3月31日       現在)
         該当事項はありません。
        当中間連結会計期間(             2022年9月30日       現在)
         該当事項はありません。
       (6)クレジット・デリバティブ取引

        前連結会計年度(           2022年3月31日       現在)
         該当事項はありません。
        当中間連結会計期間(             2022年9月30日       現在)
         該当事項はありません。
                                45/67




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
        ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引について、取引の対象物の種類ごと、ヘッジ会計の方法別の中
       間連結決算日(連結決算日)における契約額又は契約において定められた元本相当額及び時価並びに当該時価の
       算定方法は、次のとおりであります。なお、契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場
       リスクを示すものではありません。
       (1)金利関連取引

        前連結会計年度(           2022年3月31日       現在)
         該当事項はありません。
        当中間連結会計期間(             2022年9月30日       現在)
         該当事項はありません。
       (2)通貨関連取引

        前連結会計年度(           2022年3月31日       現在)
         該当事項はありません。
        当中間連結会計期間(             2022年9月30日       現在)
         該当事項はありません。
       (3)株式関連取引

        前連結会計年度(           2022年3月31日       現在)
         該当事項はありません。
        当中間連結会計期間(             2022年9月30日       現在)
         該当事項はありません。
       (4)債券関連取引

        前連結会計年度(           2022年3月31日       現在)
         該当事項はありません。
        当中間連結会計期間(             2022年9月30日       現在)
         該当事項はありません。
                                46/67










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      (資産除去債務関係)
        資産除去債務の総額に重要性がないため、注記を省略しております。
      (賃貸等不動産関係)

        賃貸等不動産の総額に重要性がないため、注記を省略しております。
      (収益認識関係)

       顧客との契約から生じる収益を分解した情報
                                                  (単位:百万円)
                             前中間連結会計期間                当中間連結会計期間
                             (自   2021年4月1日              (自   2022年4月1日
               区分
                              至  2021年9月30日       )        至  2022年9月30日       )
       役務取引等収益                                770                715
        預金・貸出業務                                282                288
        為替業務                                289                236
        証券関連業務                                69                56
        代理業務                                98                105
        保護預り・貸金庫業務                                3                3
        保証業務                                 7                9
        その他                                18                17
       顧客との契約から生じる経常収益                                770                715
       上記以外の経常収益                               7,298                6,683
       経常収益                               8,068                7,399
                                47/67












                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
       当行グループは、報告セグメントが銀行業のみであり、当行グループの業績における「その他」の重要性が乏し

      いため、記載を省略しております。なお、「その他」にはリース業務等が含まれております。
     【関連情報】

     前中間連結会計期間(自            2021年4月1日        至  2021年9月30日       )
      1.サービスごとの情報
                                                (単位:百万円)
                                有価証券
                        貸出業務                  その他         合計
                                投資業務
         外部顧客に対する
                           5,951          745        1,372         8,068
         経常収益
        (注)一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。
      2.地域ごとの情報

       (1)経常収益
        当行グループは、本邦の外部顧客に対する経常収益に区分した金額が中間連結損益計算書の経常収益の90%を
       超えるため、記載を省略しております。
       (2)有形固定資産

        当行グループは、本邦に所在している有形固定資産の金額が中間連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%
       を超えるため、記載を省略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報

        特定の顧客に対する経常収益で中間連結損益計算書の経常収益の10%以上を占めるものがないため、記載を省
       略しております。
     当中間連結会計期間(自            2022年4月1日        至  2022年9月30日       )

      1.サービスごとの情報
                                                (単位:百万円)
                                有価証券
                        貸出業務                  その他         合計
                                投資業務
         外部顧客に対する
                           5,724          522        1,152         7,399
         経常収益
        (注)一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。
      2.地域ごとの情報

       (1)経常収益
        当行グループは、本邦の外部顧客に対する経常収益に区分した金額が中間連結損益計算書の経常収益の90%を
       超えるため、記載を省略しております。
       (2)有形固定資産

        当行グループは、本邦に所在している有形固定資産の金額が中間連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%
       を超えるため、記載を省略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報

        特定の顧客に対する経常収益で中間連結損益計算書の経常収益の10%以上を占めるものがないため、記載を省
       略しております。
                                48/67



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
       当行グループは、報告セグメントが銀行業のみであり、当行グループの業績における「その他事業」の重要性が
      乏しいため、記載を省略しております。
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       該当事項はありません。
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       該当事項はありません。
                                49/67

















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
     1.1株当たり純資産額
                                前連結会計年度             当中間連結会計期間
                               ( 2022年3月31日       )       ( 2022年9月30日       )
    1株当たり純資産額                                3,589円33銭              3,572円38銭
     2.1株当たり中間純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり中間純利益及び算定上の基礎

                               前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                              (自    2021年4月1日            (自    2022年4月1日
                               至   2021年9月30日       )     至   2022年9月30日       )
    (1)  1株当たり中間純利益
                          円             165.55               74.65
     (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する中間純利益                   百万円               1,423                766

     普通株主に帰属しない金額                   百万円                91              165

      うち定時株主総会決議による優先配当
                         百万円                91              165
      額
     普通株式に係る親会社株主に帰属する中
                         百万円               1,332                600
     間純利益
     普通株式の期中平均株式数                    千株              8,046              8,045
    (2)  潜在株式調整後1株当たり中間純利益

                          円              75.86              35.50
     (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する中間純利益調整額                   百万円                91              165

      うち支払利息(税額相当額控除後)                  百万円                -              -

      うち優先株式に係る金額                  百万円                91              165

     普通株式増加数                    千株              10,714              13,535

    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整
    後1株当たり中間純利益の算定に含めな                                     -              -
    かった潜在株式の概要
     (注)1.前中間連結会計期間の定時株主総会決議による優先配当額は、2022年3月31日を基準日として配当を予定し
         ている額のうち、前中間連結会計期間に帰属するものとして算定された額を記載しております。また、当中
         間連結会計期間の定時株主総会決議による優先配当額は、2023年3月31日を基準日として配当を予定してい
         る額のうち、当中間連結会計期間に帰属するものとして算定された額を記載しております。
     (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                50/67






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
    2  【その他】
      該当事項はありません。
                                51/67




















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     3【中間財務諸表】
      (1)【中間貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度             当中間会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年9月30日)
     資産の部
                                     ※4  194,924            ※4  173,772
      現金預け金
      商品有価証券                                    6              0
      金銭の信託                                   390              389
                                 ※1 ,※2 ,※4 ,※6  83,220        ※1 ,※2 ,※4 ,※6  83,133
      有価証券
                                  ※2 ,※3 ,※5  588,157         ※2 ,※3 ,※5  580,768
      貸出金
                                       ※2  687            ※2  711
      外国為替
      その他資産                                  7,861              7,893
                                    ※2 ,※4  7,861           ※2 ,※4  7,893
        その他の資産
      有形固定資産                                 11,646              11,538
      無形固定資産                                   667              553
      前払年金費用                                   508              504
      繰延税金資産                                  1,254              1,359
                                      ※2  3,833            ※2  4,003
      支払承諾見返
                                      △ 12,523             △ 11,206
      貸倒引当金
      資産の部合計                                 880,633              853,422
     負債の部
      預金                                 782,042              780,773
      借用金                                 35,000              23,600
      その他負債                                  5,075              5,515
        未払法人税等                                  550               73
        リース債務                                   7              21
        資産除去債務                                  16              16
        その他の負債                                4,500              5,403
      退職給付引当金                                   344              336
      睡眠預金払戻損失引当金                                    38              69
      偶発損失引当金                                   417              452
      再評価に係る繰延税金負債                                  1,169              1,169
                                        3,833              4,003
      支払承諾
      負債の部合計                                 827,921              815,919
                                52/67









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度             当中間会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年9月30日)
     純資産の部
      資本金                                 20,851              13,351
      資本剰余金                                 13,152               5,561
        資本準備金                                11,750               4,250
        その他資本剰余金                                1,402              1,311
      利益剰余金                                 16,317              16,662
        利益準備金                                1,326              1,418
        その他利益剰余金                                14,990              15,244
         繰越利益剰余金                               14,990              15,244
                                        △ 153             △ 153
      自己株式
      株主資本合計                                 50,167              35,422
      その他有価証券評価差額金
                                         133             △ 330
                                        2,410              2,410
      土地再評価差額金
      評価・換算差額等合計                                  2,544              2,079
      純資産の部合計                                 52,712              37,502
     負債及び純資産の部合計                                  880,633              853,422
                                53/67














                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      (2)【中間損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前中間会計期間              当中間会計期間
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
     経常収益                                   7,840              7,170
      資金運用収益                                  6,497              6,253
        (うち貸出金利息)                                5,955              5,728
        (うち有価証券利息配当金)                                  477              421
      役務取引等収益                                   754              702
      その他業務収益                                   214               23
                                       ※1  373            ※1  190
      その他経常収益
     経常費用                                   6,111              6,246
      資金調達費用                                    53              39
        (うち預金利息)                                  53              39
      役務取引等費用                                   952              911
      その他業務費用                                    46              21
                                      ※2  4,835            ※2  4,672
      営業経費
                                       ※3  223            ※3  601
      その他経常費用
     経常利益                                   1,728               923
     特別利益
                                          1              -
      固定資産処分益                                    1              -
     特別損失                                    159               18
      固定資産処分損                                    3              8
      減損損失                                    74               9
                                          82              -
      退職給付信託返還損
     税引前中間純利益                                   1,570               905
     法人税、住民税及び事業税
                                         274               9
                                        △ 123               93
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    150              103
     中間純利益                                   1,419               802
                                54/67










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      (3)【中間株主資本等変動計算書】
     前中間会計期間(自           2021年4月1日         至   2021年9月30日)
                                                   (単位:百万円)
                                   株主資本
                             資本剰余金                  利益剰余金
                                               その他利益
                 資本金
                             その他資本
                                                剰余金
                      資本準備金           資本剰余金合計       利益準備金           利益剰余金合計
                             剰余金
                                              繰越利益剰余金
    当期首残高              16,601       7,500      1,402      8,902      1,250      13,086      14,337
    当中間期変動額
     新株の発行              4,250      4,250            4,250
     剰余金の配当                                            △ 380     △ 380
     中間純利益                                            1,419      1,419
     利益準備金の積立                                       76     △ 76      -
     自己株式の取得
     自己株式の処分                           △ 0     △ 0
     土地再評価差額金の取崩                                             154      154
     株主資本以外の項目の当
     中間期変動額(純額)
    当中間期変動額合計              4,250      4,250       △ 0    4,249       76     1,117      1,193
    当中間期末残高              20,851      11,750       1,402      13,152       1,326      14,204      15,531
                    株主資本              評価・換算差額等

                                               純資産合計
                            その他有価証券       土地再評価      評価・換算
                 自己株式     株主資本合計
                             評価差額金       差額金     差額等合計
    当期首残高              △ 153     39,688       940     2,565      3,505      43,194
    当中間期変動額
     新株の発行                    8,500                         8,500
     剰余金の配当                    △ 380                        △ 380
     中間純利益                    1,419                         1,419
     利益準備金の積立                     -                         -
     自己株式の取得              △ 0     △ 0                        △ 0
     自己株式の処分               0      0                         0
     土地再評価差額金の取崩                     154                         154
     株主資本以外の項目の当
                               △ 214     △ 154     △ 368     △ 368
     中間期変動額(純額)
    当中間期変動額合計               △ 0    9,693      △ 214     △ 154     △ 368     9,324
    当中間期末残高              △ 153     49,381       725     2,410      3,136      52,518
                                55/67







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     当中間会計期間(自           2022年4月1日         至   2022年9月30日)
                                                   (単位:百万円)
                                   株主資本
                             資本剰余金                  利益剰余金
                                               その他利益
                 資本金
                             その他資本
                                                剰余金
                      資本準備金           資本剰余金合計       利益準備金           利益剰余金合計
                             剰余金
                                              繰越利益剰余金
    当期首残高              20,851      11,750       1,402      13,152       1,326      14,990      16,317
    当中間期変動額
     資本金から剰余金への振
                  △ 7,500            7,500      7,500
     替
     準備金から剰余金への振
                        △ 7,500      7,500       -
     替
     剰余金の配当                                            △ 456     △ 456
     中間純利益                                             802      802
     利益準備金の積立                                       91     △ 91      -
     自己株式の取得
     自己株式の消却                         △ 15,090     △ 15,090
     株主資本以外の項目の当
     中間期変動額(純額)
    当中間期変動額合計              △ 7,500     △ 7,500       △ 90    △ 7,590       91      254      345
    当中間期末残高              13,351       4,250      1,311      5,561      1,418      15,244      16,662
                    株主資本              評価・換算差額等

                                               純資産合計
                            その他有価証券       土地再評価      評価・換算
                 自己株式     株主資本合計
                             評価差額金       差額金     差額等合計
    当期首残高              △ 153     50,167       133     2,410      2,544      52,712
    当中間期変動額
     資本金から剰余金への振
                          -                         -
     替
     準備金から剰余金への振
                          -                         -
     替
     剰余金の配当                    △ 456                        △ 456
     中間純利益                     802                         802
     利益準備金の積立                     -                         -
     自己株式の取得            △ 15,091     △ 15,091                        △ 15,091
     自己株式の消却             15,090        -                         -
     株主資本以外の項目の当
                               △ 464       -     △ 464     △ 464
     中間期変動額(純額)
    当中間期変動額合計               △ 0   △ 14,745       △ 464       -     △ 464    △ 15,210
    当中間期末残高              △ 153     35,422       △ 330     2,410      2,079      37,502
                                56/67







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
     (重要な会計方針)
    1.商品有価証券の評価基準及び評価方法
      商品有価証券の評価は、時価法(売却原価は移動平均法により算定)により行っております。
    2.有価証券の評価基準及び評価方法
     (1)有価証券の評価は、満期保有目的の債券については移動平均法による償却原価法(定額法)、子会社株式及び関
     連会社株式については移動平均法による原価法、その他有価証券については時価法(売却原価は移動平均法により算
     定)、ただし市場価格のない株式等については移動平均法による原価法により行っております。
       なお、その他有価証券の評価差額については、全部純資産直入法により処理しております。
     (2)有価証券運用を主目的とする単独運用の金銭の信託において信託財産として運用されている有価証券の評価は、
     時価法により行っております。 
    3.デリバティブ取引の評価基準及び評価方法
      デリバティブ取引の評価は、時価法により行っております。
    4.固定資産の減価償却の方法
      (1)有形固定資産(リース資産を除く)
       有形固定資産は、定率法(ただし、1998年4月1日以後に取得した建物(建物附属設備を除く。)並びに2016年
      4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)を採用し、年間減価償却費見積額を期間によ
      り按分し計上しております。
       また、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建 物:     8年~50年
         その他:     5年~30年
      (2)無形固定資産(リース資産を除く)
       無形固定資産は、定額法により償却しております。なお、自社利用のソフトウェアについては、行内における利
      用可能期間(5年)に基づいて償却しております。
      (3)リース資産
       所有権移転外ファイナンス・リース取引に係る「有形固定資産」中のリース資産は、リース期間を耐用年数とし
      た定額法により償却しております。なお、残存価額については、リース契約上に残価保証の取決めがあるものは当
      該残価保証額とし、それ以外のものは零としております。
    5.引当金の計上基準
    (1)貸倒引当金
       貸倒引当金は、予め定めている償却・引当基準に則り、次のとおり計上しております。
      「銀行等金融機関の資産の自己査定並びに貸倒償却及び貸倒引当金の監査に関する実務指針」(日本公認会計士協
     会銀行等監査特別委員会報告第4号 2022年4月14日)に規定する正常先債権及び要注意先債権に相当する債権につ
     いては、主として今後1年間の予想損失額又は今後3年間の予想損失額を見込んで計上しており、予想損失額は、1
     年間又は3年間の貸倒実績を基礎とした貸倒実績率の過去の一定期間における平均値に基づき損失率を求め、これに
     将来見込み等必要な修正を加えて算定しております。破綻懸念先債権に相当する債権については、債権額から担保の
     処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額のうち必要と認める額を計上しております。破綻
     先債権及び実質破綻先債権に相当する債権については、債権額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能
     見込額を控除した残額を計上しております。
      破綻懸念先及び貸出条件緩和債権等を有する債務者で与信額が一定額以上の大口債務者のうち、債権の元本の回収
     及び利息の受取りに係るキャッシュ・フローを合理的に見積ることができる債権については、当該キャッシュ・フ
     ローを貸出条件緩和実施前の約定利子率で割引いた金額と債権の帳簿価額との差額を貸倒引当金とする方法(キャッ
     シュ・フロー見積法)により計上しております。
      すべての債権は、資産の自己査定基準に基づき、営業関連部署の協力の下に資産査定部署が資産査定を実施してお
     ります。
    (2)退職給付引当金
      退職給付引当金は、従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に
     基づき、当中間会計期間末において発生していると認められる額を計上しております。また、退職給付債務の算定に
     あたり、退職給付見込額を当中間会計期間末までの期間に帰属させる方法については給付算定式基準によっておりま
     す。なお、過去勤務費用及び数理計算上の差異の費用処理方法は次のとおりであります。
      数理計算上の差異:各事業年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(10年)による定額法により按
                分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理
                                57/67




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
    (3)  睡眠預金払戻損失引当金
      睡眠預金払戻損失引当金は、負債計上を中止した預金について、預金者からの払戻請求に備えるため、将来の払戻
     請求に応じて発生する損失を見積り必要と認める額を計上しております。
    (4)  偶発損失引当金
      偶発損失引当金は、信用保証協会との責任共有制度の代位弁済に伴い発生する負担金等の支払い等に備えるため、
     将来発生する損失額を見積り計上しております。
    6.  外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
      外貨建資産・負債は、中間決算日の為替相場による円換算額を付しております。
    7.  収益及び費用の計上基準
      顧客との契約から生じる収益の計上基準
      当行の顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業における主な履行義務は、金融サービスに係る役務の提供
     であり、主に約束したサービスが顧客に移転した時点で、当該サービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を
     認識しております。
    8.  ヘッジ会計の方法
      為替変動リスク・ヘッジ
      外貨建金融資産・負債から生じる為替変動リスクに対するヘッジ会計の方法は、「銀行業における外貨建取引等の
     会計処理に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別委員会実務指針第25号 2020年10月8日)
     に規定する繰延ヘッジによっております。
      ヘッジ有効性評価の方法については、外貨建金銭債権債務等の為替変動リスクを減殺する目的で行う通貨スワップ
     取引及び為替スワップ取引等をヘッジ手段とし、ヘッジ対象である外貨建金銭債権債務等に見合うヘッジ手段の外貨
     ポジション相当額が存在することを確認することによりヘッジの有効性を評価しております。
      なお、一部の資産・負債については、金利スワップの特例処理を行っております。
    9.  その他中間財務諸表作成のための重要な事項
     (1)退職給付に係る会計処理
      退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の会計処理の方法は、中間連結財務諸表における
     これらの会計処理の方法と異なっております。
     (2)消費税等の会計処理
      有形固定資産に係る控除対象外消費税等は当中間会計期間の費用に計上しております。
     (会計方針の変更)

     (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
        「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日。以下「時価算
       定会計基準適用指針」という。)を当中間会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第27-2項に定
       める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわたって適用するこ
       とといたしました。
        これによる中間財務諸表に与える影響はありません。
     (追加情報)

      (新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積り)
        当中間会計期間における新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮
       定については、前事業年度の有価証券報告書の(重要な会計上の見積り)に記載した内容から重要な変更はあり
       ません。
                                58/67







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      (中間貸借対照表関係)
    ※1.関係会社の株式総額
                             前事業年度                当中間会計期間
                            ( 2022年3月31日       )         ( 2022年9月30日       )
         株 式                         40 百万円                40 百万円
    ※2.銀行法及び金融機能の再生のための緊急措置に関する法律に基づく債権は次のとおりであります。なお、債権

      は、中間貸借対照表の「有価証券」中の社債(その元本の償還及び利息の支払の全部又は一部について保証してい
      るものであって、当該社債の発行が有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)によるものに限る。)、貸出
      金、外国為替、「その他資産」中の未収利息及び仮払金並びに支払承諾見返の各勘定に計上されるもの並びに注記
      されている有価証券の貸付けを行っている場合のその有価証券(使用貸借又は賃貸借契約によるものに限る。)で
      あります。
                                   前事業年度             当中間会計期間
                                 ( 2022年3月31日       )      ( 2022年9月30日       )
         破産更生債権及びこれらに準ずる債権額                           8,198   百万円           6,536   百万円
         危険債権額
                                  17,900   百万円          19,118   百万円
         三月以上延滞債権額
                                    - 百万円             - 百万円
         貸出条件緩和債権額                            5,316   百万円           5,001   百万円
         合計額
                                  31,415   百万円          30,656   百万円
       破産更生債権及びこれらに準ずる債権とは、破産手続開始、更生手続開始、再生手続開始の申立て等の事由によ
      り経営破綻に陥っている債務者に対する債権及びこれらに準ずる債権であります。
       危険債権とは、債務者が経営破綻の状態には至っていないが、財政状態及び経営成績が悪化し、契約に従った債
      権の元本の回収及び利息の受取りができない可能性の高い債権で破産更生債権及びこれらに準ずる債権に該当しな
      いものであります。
       三月以上延滞債権とは、元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から三月以上遅延している貸出金で破産更生債
      権及びこれらに準ずる債権並びに危険債権に該当しないものであります。
       貸出条件緩和債権とは、債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として、金利の減免、利息の支払猶予、元
      本の返済猶予、債権放棄その他の債務者に有利となる取決めを行った貸出金で破産更生債権及びこれらに準ずる債
      権、危険債権並びに三月以上延滞債権に該当しないものであります。
       なお、上記債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。
    ※3.手形割引は、「銀行業における金融商品会計基準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協
      会業種別委員会実務指針第24号 2022年3月17日)に基づき金融取引として処理しております。これにより受け入
      れた商業手形は、売却又は(再)担保という方法で自由に処分できる権利を有しておりますが、その額面金額は次
      のとおりであります。
             前事業年度                当中間会計期間
           ( 2022年3月31日       )         ( 2022年9月30日       )
              2,000   百万円              1,936   百万円
                                59/67







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
    ※4.担保に供している資産は次のとおりであります。
                             前事業年度                当中間会計期間
                            ( 2022年3月31日       )         ( 2022年9月30日       )
        担保に供している資産
         有価証券                       4,040   百万円              4,029   百万円
        担保資産に対応する債務
         コールマネー                         - 百万円                - 百万円
       上記のほか、為替決済、日本銀行共通担保等の担保として、次のものを差し入れております。

                             前事業年度                当中間会計期間
                            ( 2022年3月31日       )         ( 2022年9月30日       )
         預け金                         8 百万円                8 百万円
         有価証券                       38,545   百万円              38,771   百万円
         その他の資産                       7,000   百万円              7,000   百万円
       また、その他の資産には、敷金等が含まれておりますが、その金額は次のとおりであります。
                             前事業年度                当中間会計期間
                            ( 2022年3月31日       )         ( 2022年9月30日       )
         敷金等                         73 百万円                71 百万円
       なお、手形の再割引は、「銀行業における金融商品会計基準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認
      会計士協会業種別委員会実務指針第24号 2022年3月17日)に基づき金融取引として処理しておりますが、これによ
      り引き渡した商業手形はありません。
    ※5.当座貸越契約及び貸付金に係るコミットメントライン契約は、顧客からの融資実行の申し出を受けた場合に、契

      約上規定された条件について違反がない限り、一定の限度額まで資金を貸付けることを約する契約であります。こ
      れらの契約に係る融資未実行残高は次のとおりであります。
                             前事業年度                当中間会計期間
                            ( 2022年3月31日       )         ( 2022年9月30日       )
        融資未実行残高                       50,514   百万円              51,149   百万円
          うち契約残存期間が1年以内のもの
                              48,900   百万円              49,164   百万円
       なお、これらの契約の多くは、融資実行されずに終了するものであるため、融資未実行残高そのものが必ずしも
      当行の将来のキャッシュ・フローに影響を与えるものではありません。これらの契約の多くには、金融情勢の変
      化、債権の保全及びその他相当の事由があるときは、当行が実行申し込みを受けた融資の拒絶又は契約極度額の減
      額をすることができる旨の条項が付けられております。また、契約時において必要に応じて不動産・有価証券等の
      担保を徴求するほか、契約後も定期的に予め定めている行内手続に基づき顧客の業況等を把握し、必要に応じて契
      約の見直し、与信保全上の措置等を講じております。
    ※6.「有価証券」中の社債のうち、有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)による社債に対する保証債務の額

             前事業年度                当中間会計期間
           ( 2022年3月31日       )         ( 2022年9月30日       )
               910  百万円               740  百万円
                                60/67







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
      (中間損益計算書関係)
    ※1.その他経常収益には、次のものを含んでおります。
                      前中間会計期間                  当中間会計期間
                     (自    2021年4月1日                (自    2022年4月1日
                     至   2021年9月30日       )         至   2022年9月30日       )
         株式等売却益                  52 百万円                   77 百万円
         貸倒引当金戻入益                  307  百万円                   - 百万円
    ※2.減価償却実施額は次のとおりであります。

                      前中間会計期間                  当中間会計期間
                     (自    2021年4月1日                (自    2022年4月1日
                     至   2021年9月30日       )         至   2022年9月30日       )
         有形固定資産                  144  百万円                  157  百万円
         無形固定資産                  168  百万円                  161  百万円
    ※3.その他経常費用には、次のものを含んでおります。

                      前中間会計期間                  当中間会計期間
                     (自    2021年4月1日                (自    2022年4月1日
                     至   2021年9月30日       )         至   2022年9月30日       )
         貸倒引当金繰入額                  - 百万円                  237  百万円
         株式等売却損                  116  百万円                   21 百万円
         株式等償却                   0 百万円                  172  百万円
      (有価証券関係)

       子会社株式及び関連会社株式
       前事業年度(      2022年3月31日       現在)

                     貸借対照表計上額
                                 時価(百万円)           差額(百万円)
                      (百万円)
        子会社株式                     -           -           -
        関連会社株式                     -           -           -
        合計                     -           -           -
       当中間会計期間(        2022年9月30日       現在)

                     貸借対照表計上額
                                 時価(百万円)           差額(百万円)
                      (百万円)
        子会社株式                     -           -           -
        関連会社株式                     -           -           -
        合計                     -           -           -
       (注)上表に含まれない市場価格のない株式等の中間貸借対照表計上額(貸借対照表計上額)

                                          (単位:百万円)
                           前事業年度             当中間会計期間
                         ( 2022年3月31日       )     ( 2022年9月30日       )
         子会社株式                          35              35
         関連会社株式                           5              5

      (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                61/67


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     4【その他】
      該当事項はありません。
                                62/67




















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                63/67



















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
                      独立監査人の中間監査報告書
                                                    2022年11月22日

    株式会社南日本銀行
     取締役会 御中
                         EY新日本有限責任監査法人

                         東 京 事 務 所
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士      宮田 八郎
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士      中園 龍也
                         業務執行社員
    中間監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社南日本銀行の2022年4月1日から2023年3月31日までの連結会計年度の中間連結会計期間(2022年4月1日
    から2022年9月30日まで)に係る中間連結財務諸表、すなわち、中間連結貸借対照表、中間連結損益計算書、中間連結包
    括利益計算書、中間連結株主資本等変動計算書、中間連結キャッシュ・フロー計算書、中間連結財務諸表作成のための
    基本となる重要な事項及びその他の注記について中間監査を行った。
     当監査法人は、上記の中間連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基
    準に準拠して、株式会社南日本銀行及び連結子会社の2022年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する中間
    連結会計期間(2022年4月1日から2022年9月30日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する有用な情
    報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査
    の基準における当監査法人の責任は、「中間連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人
    は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのそ
    の他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手
    したと判断している。
    中間連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基準に準拠して中間連結財務
    諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間連結財務諸
    表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     中間連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間連結財務諸表を作成することが適切
    であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基準に基づいて継続企
    業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    中間連結財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間連結財務諸表の有用な情報の表示に関して
    投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書において独立の立
    場から中間連結財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があ
    り、個別に又は集計すると、中間連結財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要
    性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じて、職業的
                                64/67

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
    専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による中間連結財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスク
     に対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、中間監
     査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続
     の一部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬による中間連結財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基
     づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
    ・ 中間連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間連結財務諸表の作成と有用な情報
     の表示に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関連する
     注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として中間連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠
     に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかど
     うか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、中間監査報告書において中間連結財
     務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間連結財務諸表の注記事項が適切でない場
     合は、中間連結財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告
     書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる
     可能性がある。
    ・ 中間連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基
     準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに中
     間連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどうかを評価する。
    ・ 中間連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証
     拠を入手する。監査人は、中間連結財務諸表の中間監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人
     は、単独で中間監査意見に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した
    内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事項につい
    て報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以 上
     (注)   1 上記の中間監査報告書の原本は当行(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

       2 XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                65/67






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
                      独立監査人の中間監査報告書
                                                    2022年11月22日

    株式会社南日本銀行
     取締役会 御中
                        EY新日本有限責任監査法人

                        東 京 事 務 所
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士      宮田 八郎
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士      中園 龍也
                         業務執行社員
    中間監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社南日本銀行の2022年4月1日から2023年3月31日までの第115期事業年度の中間会計期間(2022年4月1日
    から2022年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計
    算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠
    して、株式会社南日本銀行の2022年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間(2022年4月1日
    から2022年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査
    の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、
    我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任
    を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断してい
    る。
    中間財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作
    成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有
    用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成することが適切であるか
    どうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事
    項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資
    者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書において独立の立場か
    ら中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に
    又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断
    される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じて、職業的
    専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対
     応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、中間監査の
                                66/67

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社南日本銀行(E03670)
                                                            四半期報告書
     意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一
     部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、
     分 析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
    ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評
     価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に
     関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関連する
     注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基
     づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか
     結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の
     注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財
     務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手し
     た監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠
     しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及び内容、並びに中間財務諸表が
     基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した
    内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事項につい
    て報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上

     (注)   1 上記の中間監査報告書の原本は当行(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

       2 XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                67/67









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。