株式会社GENOVA 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 株式会社GENOVA
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
     【提出書類】                         有価証券届出書

     【提出先】                         関東財務局長
     【提出日】                         2022年11月18日
     【会社名】                         株式会社GENOVA
     【英訳名】                         GENOVA,    Inc.
     【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長 平瀬 智樹
     【本店の所在の場所】                         東京都渋谷区渋谷二丁目21番1号 渋谷ヒカリエ34F
     【電話番号】                         03-5766-1820
     【事務連絡者氏名】                         取締役執行役員 武田 幸治
     【最寄りの連絡場所】                         東京都渋谷区渋谷二丁目21番1号 渋谷ヒカリエ34F
     【電話番号】                         03-5766-1820
     【事務連絡者氏名】                         取締役執行役員 武田 幸治
     【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
     【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額
                              ブックビルディング方式による募集     1,089,237,600円
                              売出金額
                              (引受人の買取引受による売出し)
                              ブックビルディング方式による売出し    4,081,088,000円
                              (オーバーアロットメントによる売出し)
                              ブックビルディング方式による売出し     804,320,000円
                              (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                  社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                  券届出書提出時における見込額であります。なお、引受
                                  人の買取引受による売出しには、日本国内において販売
                                  される株式と、引受人の関係会社等を通じて、欧州及び
                                  アジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダ
                                  を除く。)の海外投資家に対して販売される株式が含ま
                                  れております。詳細は、「第一部 証券情報 第2 売
                                  出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出
                                  し)」をご参照ください。
     【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                  1/153








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部【証券情報】
    第1【募集要項】
     1【新規発行株式】
          種類          発行数(株)                        内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
         普通株式           728,100(注)2.          標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株でありま
                              す。
     (注)1.2022年11月18日開催の取締役会決議によっております。
         2.発行数については、2022年12月5日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
         3.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋兜町7番1号
         4.上記とは別に、2022年11月18日開催の取締役会において、株式会社SBI証券を割当先とする当社普通株式
           457,000株の第三者割当増資を行うことを決議しております。
           なお、その内容については、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.第三者割当増資とシンジ
           ケートカバー取引について」をご参照下さい。
                                  2/153















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【募集の方法】
       2022年12月14日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
      欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引
      受価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は2022年12月5日開催予
      定の取締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総
      額を当社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対し
      て引受手数料を支払いません。
       なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第
      246条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条
      件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決
      定する価格で行います。
            区分            発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
     入札方式のうち入札による募集                         -             -             -

     入札方式のうち入札によらない募集                         -             -             -

     ブックビルディング方式                      728,100          1,089,237,600              589,469,760

         計(総発行株式)                  728,100          1,089,237,600              589,469,760

     (注)1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されており
           ます。
         3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
         4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、2022年11月18日開催の取締役会決議に基づき、
           2022年12月14日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
           資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であ
           ります。
         5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,760円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
           (見込額)は1,281,456,000円となります。
         6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条
           件(引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状
           況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、後記「第2 売出要項 3 売出株式(オーバー
           アロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご
           参照下さい。
         7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、後記「募集又は
           売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  3/153








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【募集の条件】
      (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
      (2)【ブックビルディング方式】

                         申込株数
     発行価格     引受価額     払込金額     資本組入                        申込証拠
                         単位         申込期間                 払込期日
     (円)     (円)     (円)     額(円)                        金(円)
                          (株)
      未定     未定     未定     未定          自 2022年12月15日(木)              未定
                            100                      2022年12月22日(木)
     (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.           至 2022年12月20日(火)             (注)4.
     (注)1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
           発行価格は、2022年12月5日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
           等を総合的に勘案した上で、2022年12月14日に引受価額と同時に決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
           関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2022年12月5日開催予定の取締役会において決定される予定であ
           ります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び2022年12月
           14日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手
           取金となります。
         3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、2022年11月18日開催の取締役会において、
           増加する資本金の額は、2022年12月14日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第
           1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
           きは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加
           する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
         4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
           期日に新株式払込金に振替充当いたします。
         5.株式受渡期日は、2022年12月23日(金)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募
           集に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規
           程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、本募集
           に係る株券は、発行されません。
         6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.申込みに先立ち、2022年12月7日から2022年12月13日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
           需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更または撤回することが可能であります。
           販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
           の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
           引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
           い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については各社の店頭における表示またはホーム
           ページにおける表示等をご確認下さい。
         8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
        ①【申込取扱場所】

          後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の全国の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。
                                  4/153




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【払込取扱場所】
                 店名                           所在地
     株式会社三井住友銀行 渋谷駅前支店                            東京都渋谷区道玄坂一丁目2番3号

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
     4【株式の引受け】

                                      引受株式数
      引受人の氏名又は名称                    住所                       引受けの条件
                                       (株)
                                             1.買取引受けによります。
                                             2.引受人は新株式払込金とし
                                               て、2022年12月22日までに
                                               払込取扱場所へ引受価額と
                                               同額を払込むことといたし
     株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号                     728,100
                                               ます。
                                             3.引受手数料は支払われませ
                                               ん。ただし、発行価格と引
                                               受価額との差額の総額は引
                                               受人の手取金となります。
           計                -             728,100            -
     (注)1.引受株式数は、2022年12月5日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
         2.上記引受人と発行価格決定日(2022年12月14日)に元引受契約を締結する予定であります。
                                  5/153













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     5【新規発行による手取金の使途】
      (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)
             1,178,939,520                    30,000,000                 1,148,939,520

     (注)1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
           の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,760円)を基礎として算出した見込額であ
           ります。
         2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
         3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
      (2)【手取金の使途】

          上記の手取概算額1,148,939千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の
          手取概算額上限739,974千円とあわせて、①人材の採用費及び教育費やその人件費1,380,475千円、②営業拠点
          の拡充508,438千円に充当する予定であります。
          ①人材の採用費及び教育費やその人件費

           当社経営戦略「人材の採用・育成」に則り、当社はメディカルプラットフォーム事業およびスマートクリ
          ニック事業のさらなる強化・拡大を目指しており、新規顧客からの問い合わせに対応する営業及びサポートセ
          ンターの人員拡充やバックオフィスの人員拡充や、事業拡大のための優秀な人材を確保するために、人件費及
          び採用費、教育費として1,380,475千円(2023年3月期に381,657千円、2024年3月期に463,231千円、2025年
          3月期に535,586千円)を充当する予定であります。
          ②営業拠点拡充資金

           当社経営戦略に則り、より多くの顧客に対応するため営業拠点を増やすことが重要であり、上述のとおり人
          員の拡充も計画していることから東京分室や名古屋支店の増床や未出店の中国地方や四国地方に支店を開設す
          るための費用として508,438千円(2023年3月期70,000千円、2024年3月期359,873千円、2025年3月期78,564
          千円)を充当する予定であります。
     (注) 設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計画」の項

          をご参照下さい。
                                  6/153










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2【売出要項】
     1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
       2022年12月14日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
      (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出
      要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価
      格、発行価格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株
      式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は
      引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                               売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類           売出数(株)
                                 (円)       又は名称
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             による売出し
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             によらない売出し
                                        東京都渋谷区

                                        平瀬 智樹         950,000株
                                        東京都品川区西五反田二丁目20番4号

                                        タイムズイノベーションキャピタル
                                        合同会社          640,000株
                                        東京都港区赤坂一丁目12番32号

                                        ドコモ・イノベーションファンド投資
                                        事業組合          400,000株
                                        東京都港区

                                        提橋 由幾         152,000株
                                        東京都港区三田三丁目14番10号

             ブックビルディング
                                        株式会社クララオンライン                 60,000株
     普通株式                   2,318,800       4,081,088,000
             方式
                                        東京都目黒区
                                        真野 友義                        40,000株
                                        東京都渋谷区

                                        内藤 信至                        18,000株
                                        神奈川県横浜市青葉区

                                        福井 元明                        18,000株
                                        東京都江東区

                                        武田 幸治                        14,000株
                                        東京都板橋区

                                        日置 真太郎                       10,000株
                                  7/153





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                               売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類           売出数(株)
                                 (円)       又は名称
                                        東京都港区

                                        加藤 綾子(三輪 綾子)   8,800株
                                        神奈川県厚木市

                                        後藤 保夫          8,000株
     計(総売出株式)            -       2,318,800       4,081,088,000                 -

     (注)1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         2.引受人の買取引受による売出しにかかる売出株式2,318,800株のうち一部は、株式会社SBⅠ証券及びクレ
           ディ・スイス証券株式会社の関係会社等を通じて、欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及
           びカナダを除く。)の海外投資家に対して販売(以下「海外販売」といい、海外販売される株数を「海外販
           売株数」という。)されることがあります。
           上記売出数は、日本国内において販売(以下「国内販売」という。)される株数(以下「国内販売株数」と
           いう。)と海外販売株数が含まれた、国内販売株数の上限であり、海外販売株数は未定であります。国内販
           売株数及び海外販売株数の最終的な内訳は、本募集及び引受人の買取引受による売出しの需要状況等を勘案
           したうえで、売出価格決定日(2022年12月14日)に決定されます。引受人の買取引受による売出しにかかる
           売出株数については、今後変更される可能性があります。海外販売に関しましては、後記「募集又は売出し
           に関する特別記載事項 2.本邦以外の地域において開始される売出しに係る事項について」をご参照くだ
           さい。
         3.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
           ます。
         4.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,760円)で算出した見込額でありま
           す。なお、当該総額は国内販売株数の上限にかかるものであり、海外販売株数にかかるものにつきまして
           は、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.本邦以外の地域において開始される売出しに係る事項に
           ついて」をご参照ください。
         5.売出数等については今後変更される可能性があります。
         6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同
           一であります。
         7.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
           よる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
           売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
         8.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
           いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  8/153







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
      (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
      (2)【ブックビルディング方式】

                     申込株     申込証
     売出価格     引受価額                     申込受付                        元引受契
               申込期間      数単位     拠金          引受人の住所及び氏名又は名称
     (円)     (円)                      場所                       約の内容
                      (株)    (円)
                                    東京都港区六本木一丁目6番1号
                                    株式会社SBI証券
                                    東京都港区六本木一丁目6番1号

                                    クレディ・スイス証券株式会社
                                    東京都中央区日本橋一丁目13番1号

                                    野村證券株式会社
                                    東京都千代田区丸の内三丁目3番1号

                                    SMBC日興証券株式会社
                                    東京都千代田区丸の内一丁目9番1号

                                    大和証券株式会社
                                    東京都千代田区大手町一丁目9番2号

                                    三菱UFJモルガン・スタンレー証券株
               自 2022年                引受人
      未定                              式会社
           未定    12月15日(木)             未定    の本店                         未定
     (注)1.                   100
          (注)2.     至 2022年           (注)2.     及び営                        (注)3.
     (注)2.                               東京都中央区日本橋小舟町8番1号
              12月20日(火)                 業所
                                    あかつき証券株式会社
                                    東京都中央区日本橋一丁目17番6号

                                    岡三証券株式会社
                                    愛知県名古屋市中村区名駅四丁目7番1

                                    号
                                    東海東京証券株式会社
                                    東京都千代田区麹町一丁目4番地

                                    松井証券株式会社
                                    東京都港区赤坂一丁目12番32号

                                    マネックス証券株式会社
                                    東京都港区南青山二丁目6番21号

                                    楽天証券株式会社
     (注)1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1.
           と同様であります。
         2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
           申込証拠金には、利息をつけません。
           引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
         3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
           価格決定日(2022年12月14日)に決定する予定であります。
                                  9/153


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
           は引受人の手取金となります。
         4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
         5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
           構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
           行うことができます。なお、引受人の買取引受による売出しに係る株券は、発行されません。
         6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.上記引受人の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)
           7.に記載した販売方針と同様であります。
         8.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
           引業者に販売を委託する方針であります。また、当該委託販売分とは別に引受人は、上記引受株式数のうち
           一部を、他の金融商品取引業者に販売を委託することがあります。
                                 10/153

















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                               売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類           売出数(株)
                                 (円)       又は名称
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             による売出し
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             によらない売出し
             ブックビルディング                           東京都港区六本木一丁目6番1号
     普通株式                    457,000       804,320,000
             方式                           株式会社SBI証券     457,000株
     計(総売出株式)            -        457,000       804,320,000                -
     (注)1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
           況を勘案し、株式会社SBI証券が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出
           しに係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合があり
           ます。
         2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、2022年11月18日開催の取締役会において、株式
           会社SBI証券を割当先とする当社普通株式457,000株の第三者割当増資の決議を行っております。また、
           株式会社SBI証券は、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を
           上限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があります。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.第三者割当増資とシンジケート
           カバー取引について」をご参照下さい。
         3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
           いたします。
         5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,760円)で算出した見込額でありま
           す。
         6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同
           一であります。
                                 11/153











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
      (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
      (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格              申込株数単位        申込証拠金              引受人の住所及び
              申込期間                     申込受付場所                元引受契約の内容
      (円)               (株)       (円)             氏名又は名称
             自 2022年
                                   株式会社SB
       未定      12月15日(木)                 未定
                         100          I証券の本店           -         -
      (注)1.       至 2022年               (注)1.
                                   及び営業所
             12月20日(火)
     (注)1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
           れぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけませ
           ん。
         2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定で
           あります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」
           に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、オーバーア
           ロットメントによる売出しに係る株券は、発行されません。
         3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         4.株式会社SBI証券の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出
           し) (2)ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                 12/153












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
     1.東京証券取引所グロース市場への上場について
       当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
      について、株式会社SBI証券を主幹事会社として、東京証券取引所グロース市場への上場を予定しております。
     2.本邦以外の地域において開始される売出しに係る事項について

       引受人の買取引受による売出しに係る売出株式のうちの一部が、株式会社SBI証券及びクレディ・スイス証券株
      式会社の関係会社等を通じて、海外販売されることがあります。以下は、かかる引受人の買取引受による売出しにお
      ける海外販売の内容として、企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第1号に掲げる各事項を一括して掲載
      したものであります。
      (1)株式の種類
         当社普通株式
      (2)海外販売の売出数(海外販売株数)

         未定
         (注) 上記の売出数は、海外販売株数であり、本募集及び引受人の買取引受による売出しの需要状況等を勘案
             したうえで、売出価格決定日(2022年12月14日)に決定されます。
      (3)海外販売の売出価格

         未定
         (注)1.海外販売の売出価格の決定方法は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディ
              ング方式」の(注)1と同様であります。
            2.海外販売の売出価格は、前記「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出
              し) (2)ブックビルディング方式」に記載の国内販売における売出価格と同一といたします。
      (4)海外販売の引受価額

         未定
         (注) 海外販売の引受価額は、本募集における引受価額と同一といたします。
      (5)海外販売の売出価額の総額

         未定
      (6)株式の内容

         完全議決権株式であり、株主として権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。
         なお、単元株式数は100株であります。
      (7)売出方法

         下記(8)に記載の引受人が引受人の買取引受による売出しにかかる売出数を買取引受けしたうえで、引受人の買
        取引受による売出しにかかる売出数の一部を株式会社SBI証券及びクレディ・スイス証券株式会社の関係会社等
        を通じて、海外販売いたします。
      (8)引受人の名称

         前記「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方
        式」に記載の引受人
      (9)売出しを行う者の氏名又は名称

         前記「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」に記載の売出人
      (10)売出しを行う地域

         欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除く。)
      (11)海外販売の受渡年月日

         2022年12月23日(金)
                                 13/153



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (12)当該有価証券を金融商品取引所に上場しようとする場合における当該金融商品取引所の名称
         株式会社東京証券取引所
     3.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

       オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
      に、主幹事会社が当社株主である平瀬智樹(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。これに関連し
      て、当社は、2022年11月18日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式457,000株の第三者
      割当増資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本件第三者割当増資の会社法上
      の募集事項については、以下のとおりであります。
     募集株式の種類及び数              当社普通株式 457,000株
     募集株式の払込金額              未定(「第1 募集要項」に記載の募集株式の払込金額と同一とする。)

     割当価格              未定(「第1 募集要項」に記載の募集株式の引受価額と同一とする。)

     払込期日              2023年1月24日

                   増加する資本金の額は、割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項に従い算出さ
     増加資本金及び資本準備金に              れる資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
     関する事項              きは、その端数を切り上げるものとする。また、増加する資本準備金の額は、資本金等
                   増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とする。
                   東京都渋谷区道玄坂一丁目2番3号
     払込取扱場所
                   株式会社三井住友銀行 渋谷駅前支店
       主幹事会社は、当社株主から借受けた株式を、本件第三者割当増資による株式の割当て又は下記のシンジケートカ
      バー取引もしくはその双方により取得した株式により返還します。
       また、主幹事会社は、上場(売買開始)日から2023年1月19日までの間、オーバーアロットメントによる売出しに
      係る株式数を上限とし、当社株主から借受けている株式の返還に充当するために、シンジケートカバー取引を行う場
      合があります。
       なお、主幹事会社は、シンジケートカバー取引により取得した株式数については、割当てに応じない予定でありま
      すので、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、又は発行そのものが全く行
      われない場合があります。
       また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判断で、シンジケートカバー取引を全く行わない
      か、又は買い付けた株式数が上限株式数に達しなくともシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
     4.ロックアップについて

       本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人かつ当社役員である平瀬智樹、売出人
      かつ当社役員である武田幸治、日置真太郎、真野友義、提橋由幾、福井元明、加藤綾子(三輪綾子)及び後藤保夫、
      当社役員である鈴木孝昭、売出人である内藤信至並びに当社株主であるGENOVA                                    従業員持株会、株式会社平瀬商店、
      株式会社クレディセゾン、株式会社LEOC、株式会社爽健グローバル、チームラボ株式会社、石田克史、松下智樹及び
      後藤敏仁は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の2023年6月
      20日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式
      の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸
      し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。
       また、売出人であるドコモ・イノベーションファンド投資事業組合並びに当社株主である青山圭秀は、主幹事会社
      に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の2023年3月22日までの期間中、主幹事
      会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、当社普通株式の売却価格が本募集等における発行
      価格又は売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う株式会社東京証券取引所での売却等を除く。)等
      は行わない旨合意しております。
       また、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の
      発行、当社株式に転換若しくは交換される有価証券の発行または当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された
      有価証券の発行(ただし、本募集、株式分割及びオーバーアロットメントによる売出しに関連し、2022年11月18日開
      催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等を除く。)等を行わない旨合意し
      ております。
       なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であってもその裁量で当該合意の内容を
      一部若しくは全部につき解除できる権限を有しております。
                                 14/153



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3【その他の記載事項】
      新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
      (1)表紙に当社の社章                    を記載いたします。

      (2)表紙の次に「経営方針」~「業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                 15/153


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/153





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/153





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 18/153





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 19/153





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 20/153





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 21/153





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 22/153





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
              回次              第16期       第17期
             決算年月              2021年3月       2022年3月

                           3,768,667       4,802,057
     売上高                 (千円)
                            804,352      1,059,480
     経常利益                 (千円)
                            629,350       686,269
     親会社株主に帰属する当期純利益                 (千円)
                            631,621       682,424
     包括利益                 (千円)
                            776,835      1,492,338
     純資産額                 (千円)
                           1,873,432       2,819,344
     総資産額                 (千円)
                             48.67       91.90
     1株当たり純資産額                  (円)
                             39.88       42.96
     1株当たり当期純利益                  (円)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                       (円)        -       -
     益
                              41.0       52.7
     自己資本比率                  (%)
                             138.9       60.9
     自己資本利益率                  (%)
     株価収益率                  (倍)        -       -

                           1,056,024        623,774
     営業活動によるキャッシュ・フロー                 (千円)
     投資活動によるキャッシュ・フロー                 (千円)      △ 68,176     △ 179,061

                                    59,885
     財務活動によるキャッシュ・フロー                 (千円)      △ 75,090
                           1,151,428       1,639,503
     現金及び現金同等物の期末残高                 (千円)
                              185       242
     従業員数
                       (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                         ( 23 )     ( 24 )
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、
           期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
         2.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         3.第16期及び第17期の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
           (昭和51年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、
           太陽有限責任監査法人の監査を受けております。
         4.当社は、2021年5月14日開催の取締役会決議により、2021年6月10日付で普通株式1株につき10株の割合で
           株式分割を行っており、2022年7月13日開催の取締役会決議により、2022年8月19日付で普通株式1株につ
           き200株の割合で株式分割を行っております。当該株式分割が第16期の期首に行われたと仮定して、1株当
           たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
         5.第17期の投資活動によるキャッシュ・フローは、本社移転に伴う事務所設備工事や内装工事費用及び敷金の
           差入により△179,061千円のマイナスとなっております。
         6.第17期の財務活動によるキャッシュ・フローは、長期借入金の借り換えや新規取引銀行による短期借入金の
           実施、ストック・オプションの行使による株式の発行による収入があり、59,885千円のプラスに転じまし
           た。
         7.第17期の従業員数が前連結会計年度に比べ57名増加したのは、業容の拡大に伴う増員等によるものでありま
           す。
         8.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日)等を第17期の期首から適用してお
           り、第17期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
         9.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
           向者を含む。)であり、臨時雇用者数(派遣社員、契約社員、アルバイト、インターンを含む。)は、年間
           の平均人員を( )外数で記載しております。
                                 23/153


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 24/153





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)提出会社の経営指標等
              回次             第13期       第14期       第15期       第16期       第17期
             決算年月             2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

                          1,824,377       2,222,436       2,484,835       3,640,785       4,672,743
     売上高                (千円)
                            25,027       71,341       62,358       773,705      1,023,481
     経常利益                (千円)
                                   39,926       87,460       605,237       666,477
     当期純利益又は当期純損失(△)                (千円)      △ 92,457
                           194,750       194,750       100,000       100,000       115,000
     資本金                (千円)
                            7,890       7,890       7,890       7,890       80,900
     発行済株式総数                (株)
                            5,555       45,482      132,943       738,180      1,434,458
     純資産額                (千円)
                           605,884       599,263       856,875      1,824,871       2,722,771
     総資産額                (千円)
                            678.72      5,739.17      16,824.21         46.76       88.65
     1株当たり純資産額                (円)
     1株当たり配当額                         -       -       -       -       -
                     (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                        ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     1株当たり当期純利益
                                  5,060.45      11,085.03         38.35       41.72
                     (円)    △ 11,826.08
     又は1株当たり当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                     (円)         -       -       -       -       -
     当期純利益
                             0.9       7.6       15.5       40.4       52.7
     自己資本比率                (%)
                                   157.7        98.3       139.0        61.4
     自己資本利益率                (%)         -
     株価収益率                (倍)         -       -       -       -       -

     配当性向                (%)         -       -       -       -       -

                             139       129       145       159       215
     従業員数
                     (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 32 )      ( 30 )     ( 23 )      ( 21 )      ( 22 )
     (注)1.第13期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場
           であり、期中平均株価が把握できないため、また、1株当たり当期純損失であるため、記載しておりませ
           ん。第14期、第15期、及び第16期、第17期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は
           存在するものの、当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
         2.第13期の自己資本利益率は、当期純損失であるため記載しておりません。
         3.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         4.1株当たり配当額及び配当性向については、配当を実施していないため記載しておりません。
         5.第16期及び第17期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
           年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、太陽有限
           責任監査法人により監査を受けております。なお、第13期、第14期及び第15期については、「会社計算規
           則」(平成18年法務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を記載しております。また、当該各数値に
           ついては、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を受けておりません。
         6.第17期の従業員が前事業年度末に比べ56名増加したのは、業容の拡大に伴う増員等によるものであります。
         7.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日)等を第17期の期首から適用してお
           り、第17期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
         8.当社は、2021年5月14日開催の取締役会決議により、2021年6月10日付で普通株式1株につき10株の割合で
           株式分割を行っており、2022年7月13日開催の取締役会決議により、2022年8月19日付で普通株式1株につ
           き200株の割合で株式分割を行っております。当該株式分割が第16期の期首に行われたと仮定して、1株当
           たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
         9.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数(派遣社員、契約社員、アルバイト、インターンを含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載
           しております。
         10.当社は、2021年6月10日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っており、2022年8月19日付で
           普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っております。
           そこで、東京証券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申
           請のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(2012年8月21日付東証上審第133
                                 25/153


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           号)に基づき、第13期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算出した場合の1株当たり指標の推移を
           参考までに掲げると、以下のとおりとなります。
           なお、第13期、第14期及び第15期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)については、太陽有
           限責任監査法人の監査を受けておりません。
              回次              第13期       第14期       第15期       第16期       第17期
             決算年月              2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

     1株当たり純資産額                  (円)       0.33       2.86       8.41      46.76       88.65

     1株当たり当期純利益
                       (円)      △5.91        2.53       5.54      38.35       41.72
     又は1株当たり当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                  (円)        -       -       -       -       -
     1株当たり配当額                          -       -       -       -       -
                       (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                         (-)       (-)       (-)       (-)       (-)
     2【沿革】

          年月                           概要
        2005年7月        東京都港区六本木においてインターネットウェブコンテンツ開発会社として、資本金1,000万円
                で当社を設立
        2006年2月        本社を東京都渋谷区神南に移転
        2006年8月        愛知県名古屋市中区に名古屋支店開設
        2006年12月        本社を東京都渋谷区宇田川町に移転
        2009年3月        大阪府大阪市中央区に大阪支店開設
        2010年4月        福岡県福岡市中央区に福岡支店開設
        2012年12月        ウェブサイトのコーディング業務を担う日本向けオフショア開発拠点として中国・大連に智樹
                (大連)技術開発有限公司を設立
        2013年7月        沖縄県那覇市に沖縄営業所開設
        2014年6月        plimo(レスポンシブ対応GENOVA               CMS)サービス提供開始
        2017年8月        Medical    DOC(医療情報サイト)サービス提供開始
        2017年8月        NOMOCa-Stand(スマート簡易自動精算機/再来受付機)、NOMOCa-Regi(医療機関・診療所専用
                セルフ精算レジ)サービス提供開始
        2018年3月        北海道札幌市中央区に札幌営業所開設
        2018年5月        ウェブサイト制作サービスの収益性の改善を図るため、当社よりウェブサイトを中心としたweb
                マーケティング業務を移管し、株式会社GENOVA                      DESiGNを設立
        2018年12月        株式会社NDPマーケティングとの合弁会社である株式会社GENOVAマーケティングの運営開始
        2019年5月        CLINIC    BOT(LINEを活用したチャットボットシステム)サービス提供開始
        2020年11月        石川県金沢市に金沢営業所開設
        2021年3月        株式会社新世紀と自動受付精算機の製造委託契約締結
        2021年9月        本店を東京都渋谷区渋谷に移転
        2022年3月        株式会社新世紀 自動受付精算機の保守委託契約締結
        2022年5月        宮城県仙台市青葉区に仙台営業所開設
                                 26/153







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【事業の内容】
       当社グループは、「ヒトと医療をつないで健康な社会を創る」をミッションに掲げ、利用者(患者)にとって分か
      りやすく情報の信頼性が高いwebメディアを運営するメディカルプラットフォーム事業と、医療機関現場における診
      療行為以外の利便性向上や効率化につながるサービスの開発及び提供を行うスマートクリニック事業の2つで構成し
      ております。
       メディカルプラットフォーム事業は、近年の高齢化に伴う持続的な健康意識の高まりを受け、正しい予防情報や健
      康知識を求める人々に医療情報を提供するため、「Medical                            DOC」(メディカルドック)という自社メディアにおい
      て、医師が監修する医療情報記事の掲載や、身近な健康問題への関心を高める啓蒙コンテンツとして、著名人による
      闘病体験記事、未病への取組記事等を配信しております。また、自社メディアへ医療機関の紹介記事を制作するサー
      ビスを提供しております。
       「Medical      DOC」では利用者が目当ての医療機関を簡単に探すことができるように、全国の医療機関の情報をデー
      タベース化し、地域や診療科目といった区分で容易に検索できるような機能を提供しております。
       このように当社が運営する医療メディアは、利用者及び医療機関双方にとって有用なサービスとして認識されてお
      り、2022年10月末時点で、医療情報に関する記事数3,649件、月間PV数は約730万PVに達しております。
       当社グループは、自社メディアへ医療機関の紹介記事を掲載するための有料記事制作を請け負っており、メディカ
      ルプラットフォーム事業の収益源となっております。メディカルプラットフォーム事業は、医療機関に長年サービス
      を提供することで培った全国の医療機関との営業接点や、当社メディアの医療広告規制に準拠した記事制作ノウハウ
      及び品質管理体制に強みがあります。
       スマートクリニック事業は、医療機関現場における診療行為以外の利便性向上や効率化につながるサービスの開発
      及び提供を目的に、医療機関向けに「NOMOCa-Stand」(ノモカスタンド)というスマート簡易自動精算機・再来受付
      機や「NOMOCa-Regi」(ノモカレジ)というスマートレジを販売しております。
       また、LINE上からの予約や気軽に直接医療機関に問い合わせ予約を行うことのできる「CLINIC                                            BOT」の提供も行
      なっております。
       当社グループは、2022年3月末時点で累計既存顧客数約11,000件(注1)の営業接点があることや、2022年3月期の
      既存顧客売上高比率は52.1%(注2)となっていることなど、現場の不満や課題の汲み上げによりサービス改善を
      行っております。その結果、2022年3月期の当社の主要なサービスの年間契約件数は2,705件に達しております。
      (注)1. 医療機関で契約中、もしくは過去契約実績がある顧客数(法人数)として算出しております。

         2. 年間契約件数に占める「過去に一度でも取引のある顧客」の割合として算出しております。
       当社グループが運営する事業は主にメディカルプラットフォーム事業とスマートクリニック事業の2つの事業で構

      成され、主に以下の3つの主要サービスから成り立っております。
       なお、当社グループは、当社と連結子会社である株式会社GENOVA                               マーケティング、株式会社GENOVA                DESiGN、智樹
      (大連)技術開発有限公司の4社で構成されております。株式会社GENOVA                                 マーケティングは、メディカルプラット
      フォーム事業におけるサイトの企画や記事制作の管理等を担っております。株式会社GENOVA                                          DESiGNは、その他の事
      業としてウェブサイト制作や運用保守を担っており、智樹(大連)技術開発有限公司は、その他の事業であるウェブサ
      イト制作におけるHTMLコーディング作業を担っております。
      当社グループの各事業の内容

      (メディカルプラットフォーム事業)

      (1)   Medical    DOC(メディカルドック):医療メディアサービス
       現在の当社グループ主力商品である「Medical                       DOC」(メディカルドック)は、利用者の不安の解消を目指した医
      療メディアです。健康であり続けたい、予防医療や治療医療、自分の病気のことを身近な周りの人に理解してほしい
      など、利用者間や利用者と医療従事者の間には大きな情報格差が存在します。そうした情報格差を解消すべく
      Medical    DOCを運用しております。
      運営する当社のメディアに対して、有料で医療機関の紹介記事の制作を請け負っております。医療機関においては、

      当社メディアに記事を掲載することにより、立地や医療機関の特長から集めたい患者層に的確にアプローチすること
      ができるメリットがあります。
                                 27/153




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (スマートクリニック事業)
      (1)   NOMOCa(ノモカ):業務効率化サービス
       スマートクリニック事業の主力サービスであるNOMOCa-Standは医療機関(無床診療所)向けスマート簡易自動精算
      機・再来受付機です。電子カルテとの連携など、レセプトコンピュータ(診療報酬を請求するために「レセプト(診
      療報酬明細書)」を作成するコンピューターシステム)との連携が可能な仕組みになっております。医療機関に特化
      した設計が特徴となっております。少子高齢化により医療機関における働き手の確保が難しくなるなか、医療機関に
      おける受付業務の省力化、効率化を実現するためのサービスとして展開しております。これらの商品は株式会社新世
      紀に製造を委託しており、当社及び販売代理店を通じて商品の販売を行っております。医療機関現場における利便性
      向上に資する商品を提供することで事業展開しており、2022年10月時点で累計導入台数1,274台に達しております。
      (2)   CLINIC    BOT:LINEを使ったCRMサービス

       当社グループは、LINEを使ったCRMサービスを医療機関に提供しております。従来、LINEの公式アカウントでは、
      通知登録を希望されている患者に対して、適宜、情報を一斉案内することはできましたが、患者単位で情報を管理
      し、セグメンテーション・ターゲティングをした情報発信はできませんでした。医療機関は、CLINIC                                               BOTを導入する
      ことにより、患者に対してターゲティングした情報配信が行えるようになり、また、患者がLINEを通じて直接医療機
      関に問い合わせをすることができるようになります。
       さらに、患者がLINE上から診療予約を行うことが可能になり、LINEを通じて診察券の機能を付加することができる
      ようになるなど、医療機関と患者とのコミュニケーションを円滑にするサービスを提供しております。
           名称                概要                     特性

       NOMOCa-Stand

                                       受付機能をオプションで付加することがで
       (ノモカスタンド)
                                       き、科目のニーズに応じた運用が可能です。
                   既に医療機関向けにリリースされてい
                                       実際に以下の科目別開発を行ってまいりまし
                   る予約システム、レセプトコンピュー
                                       た。
                   タ、電子カルテシステムと連携が可能
                                       ・整形外科におけるリハビリ運用対応
                   な非対面型の自動精算機・再来受付
                                       ・診察券のない診療所
                   機。
                                       ・救急対応診療所の夜間無人会計対応
                                       ・その他未収金回収対応など
       NOMOCa-Regi

       (ノモカレジ)
                                       保険診療はもちろん、同一施設内における他

                   患者自らお金を投入し、窓口会計速度
                                       法人の物販対応も可能です。またNOMOCa-
                   の向上と会計ミスの防止に役立つ、医
                                       Standとの連携や有床診療所対応も可能と
                   療機関専門の自動会計釣銭機。
                                       なっております。
                                 28/153








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (その他事業)
       当社グループは、主に医療機関向けのWebサイト制作や、制作したWebサイトの運用保守を提供しております。な
      お、Webサイト制作は以前の主力サービスであったことから、現在は運用保守や、既存のお客様からの追加修正等の
      対応が主な内容となっており、新規の顧客開拓は積極的に行わない方針です。
      [事業系統図]

      以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
     4【関係会社の状況】







                                             議決権の
                                             所有割合
                             資本金
          名称            住所             主要な事業の内容          又は被所        関係内容
                             (千円)
                                             有割合
                                             (%)
    (連結子会社)
                                                  Webサイトの制作及
     智樹(大連)技術開発             中国遼寧省大連市大             1,360
                                                  び運用保守等の委託
                                              100.0
                                  その他事業
     有限公司(注)1             連高新技術産業園区
                                                  役員の兼任      1名
                             千人民元
     Matice    International                                         海外関係会社統括

                  香港湾仔告士打道
                                              100.0
                                  その他事業
                               4,150
                                                  役員の兼任      1名
                  128号祥豊大廈22楼
     Limited (注)1・3
                            千香港ドル
     株式会社GENOVAマーケ                                             広告運用、管理業務
                                  メディカルプラット
                  東京都渋谷区             1,000                51.0
     ティング                                             等の受託
                                  フォーム事業
                                                  NOMOCa-Standの開発
                                  スマートクリニック
                                                  業務委託
     株式会社GREP (注)3             東京都文京区             6,160                51.6
                                  事業
                                                  役員の兼任      1名
                                                  Webサイトの制作及
     株式会社GENOVA        DESiGN
                  東京都渋谷区             5,000                100.0    び運用保守等の業務
                                  その他事業
                                                  委託
     (注)1.特定子会社に該当しております。
         2.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
         3.Matice      International       Limited及び株式会社GREPは、2022年10月末現在清算決了済であります。
                                 29/153



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                  2022年10月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                  166
      メディカルプラットフォーム事業                                               ( -)
                                                  52
      スマートクリニック事業                                               ( -)
                                                  218
       報告セグメント計                                              ( -)
                                                  37
      その他                                               ( -)
                                                  46
      全社(共通)                                               ( 21 )
                                                  301
                 合計                                   ( 21 )
     (注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
           向者を含む。)であり、臨時雇用者数(派遣社員、契約社員、アルバイト、インターンを含む。)は、最近
           1年間の平均人員を(           )外数で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
         3.最近日までの1年間において従業員67名増加しております。主な理由は業容の拡大に伴う増員等によるもの
           であります。
      (2)提出会社の状況

                                                  2022年10月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
            273              28.2              3.1             5,014
              ( 19 )
              セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                  161
      メディカルプラットフォーム事業                                               ( -)
                                                  49
      スマートクリニック事業                                               ( -)
                                                  210
       報告セグメント計                                              ( -)
                                                  17
      その他                                               ( -)
                                                  46
      全社(共通)                                               ( 19 )
                                                  273
                 合計                                   ( 19 )
     (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数(派遣社員、契約社員、アルバイト、インターンを含む。)は、最近1年間の平均人員を(                                              )外数
           で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
         4.最近日までの1年間において従業員68名増加しております。主な理由は業容の拡大に伴う増員等によるもの
           であります。
      (3)労働組合の状況

        当社及び当社の連結子会社において、労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                 30/153





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)経営方針
        当社グループのミッションは、「ヒトと医療をつないで健康な社会を創る」であります。医療は人々にとって必要
      不可欠な存在でありますが、利用者(患者)が知りたい情報が正確に伝わらず、健康・病気・治療に不安を抱いてお
      ります。また利用者(患者)と医療従事者は快適な医療体験を求めており医療行為ではない待ち時間、受付業務、精
      算業務に不満を抱いております。
        当社グループは、メディカルプラットフォーム事業とスマートクリニック事業を通じて、このような不安と不満の
      解決を図ることで、社会的な責任を果たしながら継続的な企業価値の向上に努めてまいります。
      (2)経営戦略

       当社は以下の3つの項目について注力してまいります。
      ①クライアント基盤の更なる拡大
       多くの人々に支持されるサービスを背景に、現在のクライアントである医科・歯科診療所シェアの更なる拡大を目
      指してまいります。継続的な新規顧客の開拓に加え、過去受注した顧客に対する再販を加速することで更なる成長を
      目指します。
      ②契約件数の拡大

       当社グループでは契約件数を重視しており、セグメント別の年間契約件数の増加を目指します。
      ③人材の採用・育成

        顧客開拓及び契約数の増加において欠かせないのがサービスを届ける人材です。積極的な教育投資及び採用投資を
      実施してまいります。
      (3)経営環境

        当社グループの事業が対象とする市場は、医療業界における広告市場および医療システム市場です。当社グループ
      は、医療機関全体で28.1万事業所(注1)を市場全体のターゲットと考えており、そのうち、17.1万医院(注2)
      が、現在のサービスで提供可能なターゲット範囲と考えており、大きな開拓余地があると考えております。このよう
      な市場環境下において、多くの顧客を獲得するため、当社では営業組織の拡充に取り組んでまいりました。
        当社ではメディカルプラットフォーム事業のメインサービスである「Medical                                    DOC」(医療メディア)とスマート
      クリニック事業の「NOMOCa             Stand、NOMOCa       Regi」(自動精算機・再来受付機等)、「CLINIC                       BOT」(LINEを使った
      CRMサービス)を提供しております。
        Medical    DOCでは医療機関との適切な患者マッチングを実現すべくサービスを提供しており、全国8つの地域に営業
      拠点を展開しております。
        NOMOCaシリーズでは医院の業務負荷軽減を目指してサービスを展開しており、全国8つの営業拠点に加え、多くの
      代理店網を整備しております。医療機関の業務負荷軽減のニーズは今後益々加速すると考えられ、自社サービスはも
      とより、他社サービスと連携することで拡充し、シェア拡大はもちろんのこと、クロスセルによる更なる成長を目指
      します。そのような販売体制で、更に薬局や柔道整復の施術所など医療周辺領域においても同様の課題は存在するた
      め、当該市場シェアを獲得していくことも将来的な戦略としております。
        また、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、医療機関と診療所の機能分化・連携等の推進、かかりつけ機能
      の普及、医療・介護分野におけるデータ利活用やオンライン化の加速、PHR(Personal                                         Health    Record:個人の健
      康・医療・介護に関する情報)の拡充も含めたデータヘルスオンラインでの健康相談の活用の推進などの対策が政府
      により掲げられており、その他にも新型コロナウイルス感染者や濃厚接触者に対する対策、長期に亘るテレワークに
      よる健康状況、メンタルヘルスなどの医療・健康関連の情報ニーズが多岐にわたり、適切な医療情報の発信を求めら
      れています。
        このような中、「健康・医療・介護」を包摂した医療全般に浸透・普及させるため、厚生労働省や総務省が情報化
      推進を行っております。加えて、超高齢化社会、医療・健康関連テクノロジーの変革とともに、健康寿命の増進・医
      療資源の配分適正化が求められ、今後さらなる医療・健康産業の市場規模の拡大が見込まれております。
                                 31/153




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (注)1.     令和3(2021)年医療施設(動態)調査・病院報告の概況によれば、医科診療所約10.4万件、歯科診療所約






           6.7万件、となっており、また、令和2年度衛生行政報告例(就業医療関係者)によれば、薬局約6万件、柔
           道整復の施術所約5万件となっており、これらを合算した事業所数として算出しております。
          2.  現状、当社のサービスの提供ターゲットは、歯科診療所、および、医科診療所であります。令和3(2021)
           年医療施設(動態)調査・病院報告の概況によれば、医科診療所約10.4万件、歯科診療所約6.7万件となっ
           ており、これらを合算した事業所数として算出しております。
          3.2018年3月期以降メディカルプラットフォーム事業及びスマートクリニック事業領域のサービスを契約いた
           だいた顧客数
      (4)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

        当社グループは、中長期的な企業価値最大化を目指す上で、売上高、営業利益のほか、成長性と収益性を重視して
      おり、売上高成長率、営業利益率を重要な指標としております。具体的には、全国の拠点ごとの顧客数の最大化を図
      ると同時に、サービスラインナップの強化を図ることで、「セグメント別の契約件数の増加」に取り組んでまいりま
      す。また、これらを実現するため、営業人員一人当たり売上高(注)についても重要指標として捉えております。
      2022年3月期においては、営業人員一人当たり売上高34,358千円、メディカルプラットフォーム事業の年間契約件数
      2,233件、スマートクリニック事業の年間契約件数472件となっておりますが、これらを最大化するための営業人員の
      採用、教育、サービスラインナップへの投資を行っていく方針です。
      (注)単体売上高を当社に所属する期初営業人員数と期末営業人員数の平均値で除して算出しています。
      (5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

        上記を踏まえ、当社グループは以下の項目を優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題として認識しており、こ
      れに対処してまいります。
        ①既存事業の継続的な成長

         持続的な成長を続けるためには、既存事業であるメディカルプラットフォーム事業及びスマートクリニック事
        業を通じた医療業界における顧客基盤の拡大、及び、顧客単価の向上が重要であると考えております。
         既存事業においては、これまでサービス単価の観点から成約に至っていない層に向けた低単価サービスの企画
        開発を行うことで、顧客数の更なる拡大を目指して参ります。また既存の顧客に対しては、顧客の声を取り入れな
        がらサービスの改善を行い、顧客満足度の向上やオプションサービス(メディカルプラットフォーム事業では、動
        画を組み込んだ記事作成、スマートクリニック事業では、QR決済機能オプション)等によるアップセルを図り、顧
        客単価の向上に努め、継続的な成長を目指してまいります。
        ②組織体制の強化

         今後、日本では世界が経験したことのない高齢化社会を迎えようとしており、当社グループが属する市場にお
        いては、事業環境の変化がますます激しくなっていくことが予測されます。
         このような変化に対応すべく、当社グループでは、顧客基盤の拡大、既存サービスの信頼性・利便性の強化及
        び新規事業開発等の様々な取り組みにより継続的な成長を図っていくことが必要であると考えております。その実
        行のためには、各事業フェーズに沿った組織デザインの整備及び多様なバックグラウンドを有する優秀な人材の採
        用・育成により、持続的成長が可能な組織体制をさらに強化していくことが重要であると認識しております。
                                 32/153

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         このような組織体制の強化を実現するためにも当社グループでは様々な経営資源の活用により、事業環境の変
        化により生じる課題に取り組んでまいります。
        ③営業人員の平均勤続年数の向上

         当社の今後の成長において、優秀な人材を適時に採用し、教育することは極めて重要であると考えております。
        当該状況の中、当社の営業社員の平均勤続年数は、当社の営業以外の社員と比べて短い傾向にあります。
         当社では社歴・経験・年齢に関係なく、社内基準により昇給・昇格・インセンティブ給与が得られる評価制度を
        採用しておりますが、営業人員の平均勤続年数の向上に向けて、各種研修の充実、モチベーションの向上、職場環
        境のよりよい整備に努めてまいります。
        ④情報管理体制の強化

         当社グループは、展開する各サービスの運営過程において、個人情報を含む顧客情報やその他の機密情報を取
        り扱っております。そのため、当社グループでは、情報管理体制を事業上の重要事項と認識しており、当該情報の
        取扱いについて        は、情報管理規程等や業務フローを定めて厳格に管理しております。また、全従業員を対象とし
        た社内教育、当該情報管理体制の構築・運用に積極的に取り組んでおります。
         なお、ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)を取得しており、情報管理の徹底を行っておりま
        す。
        ⑤コーポレート・ガバナンス及び内部管理体制の強化

         当社グループが持続的成長により中長期的な企業価値を創出するには、利用者(患者)・医療関係者・従業
        員・地域社会等の多様なステークホルダーとの協働が不可欠と考えており、このような多様なステークホルダーか
        らの信頼を得るためにはコーポレート・ガバナンス体制及び内部管理体制のさらなる強化により、公正・透明な経
        営を行うことが重要な経営課題と考えておりコンプライアンス体制及び内部管理体制の強化を図ってまいります。
        ⑥財務上の課題

         当社グループは、これまで金融機関からの借入に大きく依存せず、資金需要は自己資金及び営業活動による
        キャッシュ・フローを源泉とした財務基盤を維持しており、優先的に対処すべき財務上の課題はありませんが、上
        記事業上の課題に対する対処及び継続的な設備投資を実行できるよう、内部留保の確保と株主還元の適切なバラン
        スを検討し、既存事業の営業キャッシュ・フローの改善等に対処するなど、財務体質のさらなる強化に努めてまい
        ります。
                                 33/153










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【事業等のリスク】
        本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及び
      キャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであり
      ます。
        なお、文中に記載している将来に関する事項は、本書提出日現在において入手可能な情報に基づき当社グループが
      判断したものであります。
      (1)業界への依存について (顕在化の可能性:低/影響度:大/発生時期:特定時期なし)

       当社グループの事業が対象とする市場は、医療業界における広告市場および医療システム市場であり、医療機関全
      体を市場全体のターゲットと考えております。当社グループの売上高の多くは、医療機関へのサービス提供によるも
      のとなっています。当該市場においては、高齢化社会の進展等を背景に健康寿命の増進・医療資源の配分適正化が求
      められ、今後さらなる医療・健康産業の市場規模の拡大が見込まれております。しかしながら、予期せぬ要因等によ
      り、市場の成長が停滞し、あるいは市場が縮小する等した場合や、市場動向に当社グループが対応できない場合に
      は、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。
      (2)事業領域特有の各種規制について (顕在化の可能性:低/影響度:大/発生時期:特定時期なし)

       当社グループが属している医療関連のインターネット市場では、サービス等を展開する上で、「医薬品、医療機器
      等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」及び「医療広告ガイドライン」等の各種法令や監督官庁の指
      針、ガイドライン等による規制の適用を受けております。当社グループではこれら法規制に準拠して事業活動を行う
      ため、規程やマニュアル、チェックリスト等を制定し、これらに基づいて業務を行っております。しかしながら、各
      種規制の見直しが進んでおり、各種法令や業界団体による規制等の改廃、新設が行われた際に、当社グループがこれ
      らに対応できない場合には、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。
      (3)競合について (顕在化の可能性:低/影響度:大/発生時期:特定時期なし)

       当社グループのメディカルプラットフォーム事業とスマートクリニック事業は、同様の事業領域において類似した
      サービスを提供している企業が一定数存在しております。
      メディカルプラットフォーム事業は、医療情報を提供するメディアを運営し、医療機関から費用を頂くビジネスモデ
      ルではありますが、利用者のために分かりやすく正確な医療情報を提供することを目的として事業展開しておりま
      す。また、スマートクリニック事業は、医療機関の現場において必要となるレセプトコンピュータ等、他システムの
      連携性において、様々な企業が提供するシステムとの連携ができることや、医療機関現場のニーズを捉えた設計を可
      能とし、事業展開しております。このような競争環境の下、当社グループでは徹底した利用者目線で事業を運営する
      ことを心がけており、利用者(患者)と医療機関の不安と不満の解消を目指すべく、他社との差別化を図り事業展開し
      ております。しかしながら、当領域においては、高齢化社会の進展等により今後も市場の成長が見込まれることか
      ら、新規参入等の影響により競争が激化した場合には、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性がありま
      す。
      (4)インターネット関連市場について (顕在化の可能性:低/影響度:大/発生時期:特定時期なし)

       当社グループのメディカルプラットフォーム事業は、インターネットを利用した医療関連における事業展開を行っ
      ております。かかるインターネット業界においては、急速な技術革新が進んでおり、当社グループではこれらに対応
      すべく、最新の技術に関するセミナーや勉強会への出席により最新の技術の把握に努め対応を図っております。ただ
      し、予期しない技術革新(閲覧媒体の変化や閲覧方法の変化、インターネット上のメディア運営に支障を与える事
      象)等があった場合や適時な対応ができない場合には、インターネット利用の順調な発展が阻害され、当社グループ
      の事業及び業績に影響を与える可能性があります。
      (5)人材の確保及び育成について (顕在化の可能性:中/影響度:大/発生時期:特定時期なし)

      当社グループが持続的な成長を実現していくためには、医療関連の諸法令、規制等の知識をもとに情報コンテンツを
      制作・提供するための多様で優秀な人材採用及びそれらに関する育成が重要と考えております。
      しかしながら、当社グループの平均勤続年数は5年に満たず、退職率も15%を上回っておりますが、これは営業職の
      早期退職(3年未満)によるものが主な原因となります。入社前における医療業界と短期的な社会貢献性への期待
      が、入社後の現実に乖離が生じたことや、育成の中でスキルが追い付かないことにより、早期退職が発生しておりま
      すが、それらの防止に向けた採用面接の強化、新人に重点をおいた教育研修の充実を行っております。早期退職の改
      善がなされない場合、また昨今の経済のリ・オープニングによる採用競争の激化により、人材の確保及び育成が計画
      どおりに推移しないなど、事業を遂行する上で必要な人員を十分に確保できない場合には、当社グループの事業及び
      業績に影響を与える可能性があります。
      (6)技術力の向上について (顕在化の可能性:低/影響度:大/発生時期:特定時期なし)
                                 34/153


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当社グループが提供するスマート簡易自動精算機・再来受付機等については、継続的に顧客の要求を満たす機能の
      改善等を図っております。しかしながら、既存技術の進化や新たな開発が遅れ、また市場における技術標準の急速な
      変化によって、当社グループが保有する技能・ノウハウ(レセプトコンピュータの連携機能や筐体のさらなる小型
      化)  等が陳腐化し、競争優位性を喪失する可能性があります。その場合、当社が同業他社と比較して優位性あるサー
      ビス提供ができず、受注機会を逸した場合は、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。
      (7)品質関連について (顕在化の可能性:低/影響度:大/発生時期:特定時期なし)

       当社グループのメディカルプラットフォーム事業は、発信する情報の正確性が経済的価値の源泉であると認識して
      おります。そのため、制作した記事の品質の低下または法令違反等の不適切な記事の掲載があった場合は、当社グ
      ループの社会的信用が毀損し、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。
      スマートクリニック事業では、技術の高度化、顧客におけるサービスの使用方法の多様化、外部調達した部材の欠陥
      などにより、出荷時に発見できない欠陥、異常または故障が商品に存在する可能性があります。この場合、サービス
      の返品や交換、損失の補償などの結果につながり、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。
      (8)クレームについて (顕在化の可能性:中/影響度:中/発生時期:特定時期なし)

       当社グループの事業は、顧客等から品質やサービス、納期等に対する意見・不満、電話営業等のクレームやトラブ
      ルが発生する場合があります。顧客の声を広く集めるためサポートセンターの設置、クレームを早期発見し、是正す
      る仕組みの導入、電話営業の手法の見直しを行い、クレームやトラブルを削減する取り組みを行っております。ま
      た、実際に発生したクレームやトラブルの内容について、社内で実例をもとに研修を行い、同様のクレームが発生し
      ないよう再発防止策を講じておりますが、これらの対策が継続して効果が出ない場合、クレームやトラブルの発生に
      より、当社に対する顧客からの信頼が低下し、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。
      (9)特定の取引先への依存について (顕在化の可能性:中/影響度:大/発生時期:特定時期なし)

       当社グループのスマートクリニック事業における商品は、その機材の生産について製造委託し(詳細は                                                経営上の重
      要な契約等をご参照ください。)、特定のグループ外企業に依存しております。現在、当該企業と取引関係は良好で
      すが、当該企業の受注状況や経営戦略の状況により、供給量の減少や供給が滞った場合には、当社グループの業績に
      影響を与える可能性があります。
      (10)半導体、原材料の価格変動について (顕在化の可能性:低/影響度:中/発生時期:特定時期なし)

       現在、半導体や鉄鋼、非鉄金属を素材とした原材料に国際的な供給不足とこれに伴う価格高騰が起きております。
      これらを使用する当社のサービスにおいて、価格高騰が当初の予想を上回りコスト増を自社で吸収しきれない場合、
      または価格上昇分を製品価格に転嫁できない場合は、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
      (11)当社株式の流動性について(顕在化の可能性:中/影響度:中/顕在化の時期:1年以内)

       当社の株主構成は代表取締役社長である平瀬智樹により、議決権の過半数を所有されている会社となっており、本
      公募及び売出しによって当社株式の流動性の確保に努めることとしておりますが、㈱東京証券取引所の定める流通
      株式比率は新規上場時において28.9%に留まる見込みです。今後は、既存株主への一部売出しの要請、新株予約権の
      行使による流通株式数の増加分を勘案し、これらの組み合わせにより、流動性の向上を図っていく方針ではあります
      が、何らかの事情により上場時よりも流動性が低下する場合には、当社株式の市場における売買が停滞する可能性が
      あり、それにより当社株式の需給関係にも悪影響を及ぼす可能性があります。
      (12)販売価格の変動に関するリスクについて (顕在化の可能性:低/影響度:中/発生時期:特定時期なし)

       当社グループのスマートクリニック事業における商品に使用する部材について、当社グループ外の企業から供給を
      受けております。そのため、当社グループは、収益確保のため部材の調達コストの削減に継続して取組んでおります
      が、かかる調達コストの上昇分を適正に販売価格に転嫁することが出来ない可能性があります。従って、部材等の価
      格上昇を当社商品の販売価格に十分に反映出来ない場合、あるいは、当社商品の販売価格引下げを部材等の購入価格
      に十分に反映出来ない場合、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
                                 35/153





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (13)M&A及び業務提携について (顕在化の可能性:中/影響度:大/発生時期:特定時期なし)
       当社グループは、事業拡大のために既存事業とのシナジーが見込まれる場合には、事業戦略の一環としてM&Aや業
      務提携等を行う方針です。対象会社の業績や財務内容、契約関係のデューデリジェンスにより詳細に調査して進めて
      まいりますが、買収後、想定外のリスクが顕在化した場合や、当初期待した効果が得られず、目的が達成できない場
      合において、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。
       なお、現時点では決定しているM&Aや業務提携はありません。
      (14)特定人物への依存について (顕在化の可能性:低/影響度:大/発生時期:特定時期なし)

       当社グループでは、現在、代表取締役社長平瀬智樹が経営戦略の決定を始め、事業開発や営業活動等、グループの
      事業推進に重要な役割を果たしております。そのため、当社グループでは過度に依存しない体制を構築すべく、経営
      組織の強化を図っておりますが、何らかの理由により同氏の業務継続が困難となった場合には、当社グループの事業
      及び業績に影響を与える可能性があります。
      (15)風評に関するリスクについて (顕在化の可能性:低/影響度:大/発生時期:特定時期なし)

       当社グループの事業においては、利用者や医療関係者の信用、評判が大きな影響力を持つと認識しています。ま
      た、業容の拡大に伴い、特にインターネット上においては根拠のないあるいは事実に基づかない誹謗中傷が一定数発
      生する可能性があり、当社グループが運営する情報メディアの信頼性を棄損する可能性があります。従いまして、イ
      ンターネット等において当社グループに帰責事由のない悪評が発生した場合は、速やかに適切な対応を図る方針とし
      ておりますが、何らかの理由により当社グループの評判が損なわれた場合、当社グループの社会的信用が毀損し、当
      社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。
      (16)資金使途について (顕在化の可能性:中/影響度:中/発生時期:特定時期なし)

       新規株式上場時に計画している公募増資による調達資金の使途につきましては、人材確保のための採用・教育・研
      修費用、人員拡大に伴うオフィス移転費用に充当する予定であります。しかしながら、経営環境の急激な変化等が生
      じ、その変化に柔軟に対応していくため、調達資金の使途を現時点の計画以外の使途へ変更する可能性があります。
      その場合は速やかに資金使途の変更について開示を行う予定であります。
       また計画どおりに使用された場合でも、経営環境の急激な変化により、想定どおりの投資効果を得られない可能性
      があります。
      (17)新株予約権の行使による株式価値の希薄化について (顕在化の可能性:高/影響度:中/発生時期:特定時

      期1年以内)
       当社グループでは、役員及び従業員に対して、長期的な企業価値向上に対するインセンティブを目的として、当社
      の新株予約権(以下、「ストック・オプション」という。)を付与しております。
       提出日現在における当社の発行済株式総数は16,180,000株であり、これら新株予約権の権利が行使された場合は、
      新たに936,000株(5.47%)の新株式が発行され、当社の1株当たりの株式価値は希薄化する可能性があります。
       また、今後におきましても、役員及び従業員に対してインセンティブとしてストック・オプションを付与する可能
      性があります。これらのストック・オプションが権利行使された場合、当社株式が新たに発行され、既存の株主が有
      する株式の価値及び議決権割合が希薄化する可能性があります。
      (18)配当政策について (顕在化の可能性:中/影響度:中/発生時期:特定時期なし)

       当社は、現在成長過程にあると認識しており、事業拡大や組織体制の整備への投資のため、内部留保の充実が重要
      であると考え、会社設立以来配当を実施しておりません。一方で株主への利益還元を今後の重要な課題として認識し
      ており、今後、事業基盤の整備等を進め、株主に対して、継続的かつ安定的な配当を行うことを検討してく方針であ
      ります。なお、現時点においては配当の実施時期等については未定であります。
      (19)個人情報について (顕在化の可能性:低/影響度:大/発生時期:特定時期なし)

       当社グループは、展開する各サービスの運営過程において、個人情報を含む顧客情報やその他の機密情報を取り
      扱っております。当社グループでは、これらの情報管理を事業上の重要事項と認識しており、当該情報の取扱いにつ
      いては、情報管理規程等や業務フローを定めて厳格に管理しております。また、全従業員を対象とした社内教育、当
      該情報管理体制の構築・運用に積極的に取り組んでおります。しかしながら、これらの情報は、当社グループ又は業
      務委託先の従業員及び関係者の故意・過失、悪意を持った第三者の攻撃、その他想定外の事態の発生により、漏洩、
      破壊又は改ざんされる可能性が完全に排除されているとはいえず、何らかの要因からこれらの事態が生じた場合に
      は、適切な対応を行うための費用増加、損害賠償請求、信用失墜及び顧客との取引停止等によって、当社グループの
      事業及び業績に影響を与える可能性があります。
      (20)自然災害、事故、戦争、感染症等について (顕在化の可能性:中/影響度:中/発生時期:特定時期なし)
       当社グループでは、各事業、営業所拠点等が継続的かつ安定的に運営できるよう日常的に災害、事故、感染症等の
      発生に備え、対策を講じております。しかしながら、今後、想定以上の自然災害の頻発・甚大化、大規模な地震、火
                                 36/153

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      災や大規模停電、インフラ損壊などの大事故、戦争、ウイルス・伝染病等の集団感染(パンデミック)などの事態が
      発生した場合、当社グループのサービス提供や事業遂行などに影響を与える可能性があります。
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)経営成績等の状況の概要
         当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」と
        いう。)の状況の概要は次のとおりであります。
         なお、当連結会計年度より、「収益認識に関する会計基準」(企業会計会計基準29号 2020年3月31日)等を適
        用しております。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項(会計方針の
        変更)」に記載のとおりであります。
        ① 財政状態の状況

         第17期連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
        (資産)
         当連結会計年度末における流動資産は2,440,482千円となり、前連結会計年度末に比べ818,436千円増加いたし
        ました。これは主に現金及び預金が488,075千円、受取手形及び売掛金が329,832千円増加したことによるもので
        あります。固定資産は378,862千円となり、前連結会計年度末に比べ127,475千円増加いたしました。これは主に
        建物及び構築物が73,352千円、敷金が40,813千円増加したことによるものであります。
         この結果、総資産は、2,819,344千円となり、前連結会計年度末に比べ945,911千円増加いたしました。
        (負債)

          当連結会計年度末における流動負債は1,231,200千円となり、前連結会計年度末に比べ200,466千円増加いたし
         ました。これは主に買掛金が23,618千円、未払金が52,296千円、未払法人税等116,399千円増加したことによる
         ものであります。固定負債は95,805千円となり、前連結会計年度末に比べ29,941千円増加いたしました。これは
         主に長期借入金が6,483千円増加した一方で、リース債務が5,598千円減少したことによるものであります。
          この結果、負債合計は、1,327,006千円となり、前連結会計年度末に比べ230,408千円増加いたしました。
        (純資産)

          当連結会計年度末における純資産合計は1,492,338千円となり、前連結会計年度末に比べ715,503千円増加いた
         しました。これは主に親会社株主に帰属する当期純利益686,269千円、新株予約権の行使により資本金及び資本
         剰余金がそれぞれ15,000千円増加したことによるものであります。
          この結果、自己資本比率は52.7%(前連結会計年度末は41.0%)となりました。
         第18期第2四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)

        (資産)
         当第2四半期連結会計期間末における総資産は                       、 前連結会計年度末と比べ240,693千円増加し                    、 3,060,037千円とな
        りました    。 これは主に現金及び預金が238,765千円増加したこと                        、 売掛金が42,250千円減少したこと               、 有形固定資産が
        27,006千円増加したことによるものであります                     。
        (負債)

         当第2四半期連結会計期間末における負債合計は、前連結会計年度末に比べ198,532千円減少し、1,128,473千円
        となりました。これは主に買掛金が23,861千円減少したこと、短期借入金が50,196千円減少したこと、未払法人税
        等が58,978千円減少したこと、長期借入金が49,294千円減少したことによるものであります。
        (純資産)

         当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は                         、 前連結会計年度末に比べ439,225千円増加し                    、 1,931,564千円
        となりました      。 これは主に親会社株主に帰属する四半期純利益438,222千円を計上したことにより利益剰余金が増加
        したことによるものであります              。
                                 37/153




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ② 経営成績の状況
         第17期連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
          当連結会計年度(2021年4月1日~2022年3月31日)におけるわが国の経済は、新型コロナウイルス感染症に
         よる影響を大きく受けることになりました。当社グループが属するヘルスケア産業においても例外ではなく、度
         重なる緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により全国の医療機関は感染症対策をはじめ、多くの変化を迫られ
         ることとなりました。
          新型コロナウイルス第5波が2021年8月に、第6波が2022年2月にかけてピークに達し、感染者・濃厚接触者が
         急増し、クリニック側での患者対応の増大、当社内でも営業活動が制限されるなど、依然として不透明な状況が
         続いております。このような事業環境の下、当社グループでは「ヒトと医療をつないで健康な社会を創る」こと
         をミッションに、医療メディアを中心としたメディカルプラットフォーム事業とスマート簡易自動精算機・再来
         受付機の販売を中心としたスマートクリニック事業を展開しております。
          これらの結果、当連結会計年度における売上高は4,802,057千円(前期比27.4%増)となり、営業利益は
         1,054,676千円(前期比32.0%増)、経常利益は1,059,480千円(前期比31.7%増)、親会社株主に帰属する当期
         純利益は686,269千円(前期比9.0%増)となりました。
        セグメント別の経営成績は次のとおりであります。

         (メディカルプラットフォーム事業)
          メディカルプラットフォーム事業では、利用者の不安や不満の解決を目指し、当社医療メディアである
         「Medical     DOC」を中心に事業を展開しております。「Medical                        DOC」では、健康維持に関する情報や予防促進の
         ための情報など、1,000名を超える監修医師と連携し情報発信を行っております。
          当連結会計年度においては、PV数増加に伴い知名度が向上し、有料記事制作の契約件数が増加したことによ
         り、「Medical       DOC」は堅調に推移いたしました。
          これらの結果、セグメント売上高は2,896,096千円(前期比41.2%増)、セグメント利益は1,449,944千円(前
         期比35.2%増)となりました。
         (スマートクリニック事業)

          スマートクリニック事業では、患者が医療機関内で効率的な医療行為を受診できる環境を提供すべく、スマー
         ト簡易自動精算機・再来受付機を中心に事業を展開しております。
          当連結会計年度においては、医療機関の非接触・非対面に向けた取り組み、また、待ち時間の解消や事務作業
         の効率化などのニーズにより簡易自動精算機・再来受付機の販売は堅調に推移いたしました。また、CLINIC                                                  BOT
         は、契約実績が増加したことにより、導入による効果を説明しやすくなったことや、販売体制の拡充を行ったこ
         とにより契約件数が大きく増加いたしました。
          これらの結果、セグメント売上高は1,253,058千円(前期比17.5%増)、セグメント利益は298,092千円(前期
         比55.2%増)となりました。
         第18期第2四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)

          当第2四半期連結累計期間における我が国の経済は、新型コロナウイルス感染症による影響を受けつつも感染
         防止のための行動制限が課されることもなかったため、持ち直しの動きが見られました。
          一方で医療機関においては、新型コロナウイルス感染症オミクロン変異株「BA.5株」が流行し、外来医療体制
         が逼迫することとなりました。
          今後も、新型コロナウイルス感染症の動向をはじめ、急激な為替変動やウクライナ情勢の地政学的影響等によ
         り、資源やエネルギー・食料品価格の高騰など、経済情勢の先行きは依然として不透明な状況にあります。
          このような事業環境のもと、当社グループでは「ヒトと医療をつないで健康な社会を創る」ことをミッション
         に、メディカルプラットフォーム事業とスマートクリニック事業を展開しております。
          メディカルプラットフォーム事業及びスマートクリニック事業においては人員の増強を継続したことで売上高
         は堅調に推移しました。一方で人員増に伴う事務所の増床や拡充を実施したため、固定費は増加いたしました。
          セグメントごとの業績を示すと、以下のとおりです。
          ①メディカルプラットフォーム事業

          メディカルプラットフォーム事業では、一般利用者の不安と不満の解決を目指し、当社医療メディアである
         「Medical     DOC」を中心に事業を展開しております。「Medical                        DOC」では、医療機関の高い検索性に加え、健康
         維持に関する情報や予防促進のための情報など、1,000名を超える監修医師と連携し情報発信を行っておりま
         す。
          当第2四半期連結累計期間における、メディカルプラットフォーム事業の売上高は顧客事業所数が順調に増加
         したことにより堅調に推移致しました。
          セグメント売上高は1,808,470千円、セグメント利益は985,390千円となりました。
                                 38/153


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ②スマートクリニック事業

          スマートクリニック事業では、医療機関において利用者へスマートな医療体験を提供すべく、スマート簡易自
         動精算機/再来受付機、LINEを使ったCRM・MAツールの提供を中心に事業を展開しております。
          当第2四半期連結累計期間においては医療提供を担う医療人材不足が継続しており、各プロダクトの顧客への
         導入は堅調に推移致しました。
          セグメント売上高は840,677千円、セグメント利益は184,274千円となりました。
          これらの結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は2,916,323千円となり、営業利益は695,964千円、

         経常利益は699,518千円、親会社株主に帰属する四半期純利益は438,222千円となりました。
        ③ キャッシュ・フローの状況

         第17期連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
          当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下、「資金」という)は、前連結会計年度末に比べ488,074
         千円増加し、1,639,503千円となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要
         因は次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動の結果得られた資金は623,774千円(前年同期は1,056,024千円の収入)となりました。主な増加要因
         は、販売が堅調に伸長したことにより売上高が増加したため、税金等調整前当期純利益が1,058,867千円、本店
         移転に伴い固定資産の減価償却が発生したことから減価償却費37,302千円となりました。主な減少要因は販売が
         堅調に伸長したことにより売掛金が増加し、売上債権の増加額が343,154千円したことや法人税等の支払額
         273,692千円によるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動の結果使用した資金は179,061千円(前年同期は68,176千円の支出)となりました。主な増加要因
         は、敷金及び保証金の回収による収入35,501千円であり、主な減少要因は本店移転によるものであり、有形固定
         資産の取得による支出110,411千円、敷金及び保証金の差入による支出93,212千円によるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動の結果得られた資金は59,885千円(前年同期は75,090千円の支出)となりました。増加要因は、短期
         借入金の純増加額による収入39,870千円、長期借入れによる収入50,000千円、株式の発行による収入29,800千円
         であり、減少要因は長期借入金の返済による支出53,933千円、リース債務の返済による支出5,851千円によるも
         のであります。
         第18期第2四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)

          当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物は1,893,269千円となりました。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動の結果獲得した資金は、法人税等の支払額297,026千円があるものの、税金等調整前四半期純利益を
         702,396千円計上したことにより433,576千円の収入となりました。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動の結果使用した資金は71,467千円となりました。これは主に有形固定資産の取得による支出47,049千
         円及び敷金及び保証金の差入による支出45,887千円によるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動の結果使用した資金は109,015千円となりました。これは主に短期借入金の純減少額が50,196千円、
         長期借入金の返済による支出が55,894千円によるものであります。
                                 39/153




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④ 生産、受注及び販売の実績
         a.生産実績
         当社グループが提供するサービスの性格上、生産実績の記載になじまないため、記載を省略しております。
         b.受注実績

                        第17期連結会計年度               第18期第2四半期連結累計期間
                        (自 2021年4月1日                  (自 2022年4月1日
                         至 2022年3月31日)                  至 2022年9月30日)
           セグメントの名
                     受注高(千円)           前期比(%)           受注高(千円)
              称
            メディカルプ
            ラットフォー             3,039,815          46.9             1,800,323
            ム事業
            スマートクリ
                        1,161,456          12.6              756,746
            ニック事業
             その他            207,868        △52.2               95,746
              合計           4,409,140          24.7             2,652,816

         c.販売実績

          第17期連結会計年度及び第18期第2四半期連結累計期間の販売実績をセグメント別に示すと次のとおりであり
         ます。
                        第17期連結会計年度               第18期第2四半期連結累計期間
                        (自 2021年4月1日                  (自 2022年4月1日
                         至 2022年3月31日)                  至 2022年9月30日)
           セグメントの名
                     販売高(千円)           前期比(%)           販売高(千円)
              称
            メディカルプ
            ラットフォー             2,896,096          41.2             1,808,470
            ム事業
            スマートクリ
                        1,253,058          17.5              840,677
            ニック事業
             その他            652,902          0.3             267,176
              合計           4,802,057          27.4             2,916,323

         (注)1.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合については、その割合が100分
             の10以上に該当する相手先がないため記載を省略しております。
            また、サービスごとの販売実績は次のとおりであります。

                         第17期連結会計年度               第18期第2四半期連結累計期間
                         (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                          至 2022年3月31日)                 至 2022年9月30日)
            サービスの名称          販売高(千円)          前期比(%)           販売高(千円)
            Medical    DOC
                         2,896,096          41.2            1,808,470
            NOMOCa             1,103,187          10.7             687,409

            CLINIC    BOT
                          149,870         171.8             153,267
            その他              652,902          0.3            267,176

              合計           4,802,057          27.4            2,916,323

                                 40/153





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
          経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は、次のとおりであり
         ます。なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
        ① 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

          当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されてお
         ります。
          当社グループの連結財務諸表の作成にあたって採用している重要な会計方針は「第5                                        経理の状況1       連結財務
         諸表等    連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載しております。
          この連結財務諸表の作成にあたって、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告
         金額並びに開示に影響を与える判断・仮定・見積りを必要としておりますが、これらは期末日における資産・負
         債の金額、開示期間の収益・費用の金額及び開示情報に影響を与えます。ただし、これらの見積り、判断並びに
         仮定は、実際の結果とは異なる場合があります。
          連結財務諸表に関して、経営者が認識している特に重要な見積りを伴う会計方針は、以下のとおりです。
         貸倒引当金

          当社は、債権の貸倒損失に備えるため一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
         いては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。経済環境や取引先の経営環境の急激な
         悪化などに起因し、貸倒実績率を超える債権の貸倒れや回収遅延が生じた場合、追加で貸倒引当金の計上が必要
         となる可能性があります。
        ②財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

         a.  財政状態に関する認識及び分析・検討内容
          「(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態の状況」に記載のとおりであります。
         b.  経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

         第17期連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
         (売上高)
          当連結会計年度における売上高は、メディカルプラットフォーム事業では運営するメディアのPV数が増加した
         ことから顧客事業所数が順調に増加し、契約件数が2,233件(前期は1,603件)となりました。スマートクリニッ
         ク事業では精算業務の改善ニーズの高まりにより契約件数が472件(前期は398件)となり、両セグメントにおい
         て契約件数が増加したことや、サービスごとの営業手法の改善や組織的な営業効率の改善やオンライン商談の定
         着により営業効率が向上した結果、4,802,057千円(前期比27.4%増)となりました。
         (売上原価、売上総利益)

          当連結会計年度における売上原価は、2つの事業セグメントのうち、原価率の低いメディカルプラットフォー
         ム事業の売上高の構成比率が高まったことにより、原価率が、3.0ポイント減少の27.2%と低下し、1,304,459千
         円(前期比14.5%増)となりました。その結果、売上総利益は3,497,597千円(前期比33.0%増)となりまし
         た。
         (販売費及び一般管理費、営業利益)

          当連結会計年度における販売費及び一般管理費は、積極的に採用を実施したことに伴う人員の増加、昇給昇
         格、決算賞与により人件費218,421千円増加、本社移転に伴い地代家賃が127,074千円増加、主にメディカルプ
         ラットフォーム事業に関連する販売促進を強化したことに伴う販売促進費が91,050千円、上場準備にかかる各種
         費用の発生などにより支払手数料が55,932千円増加したことから、2,442,920千円(前期比33.5%増)となりま
         した。その結果、営業利益は1,054,676千円(前期比32.0%増)となりました。
         (営業外収益、営業外費用、経常利益)

          当連結会計年度における営業外収益は、主に受注後のキャンセルに伴う解約金収入が5,002千円増加したこと
         により、11,221千円(前期比24.2%増)となりました。営業外費用は、主に為替差損が3,649千円発生したこと
         により6,418千円(前期比71.7%増)となりました。その結果、経常利益は1,059,480千円(前期比31.7%増)と
         なりました。
                                 41/153



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (特別利益、特別損失)
          当連結会計年度における特別利益は発生しておりません。特別損失は関係会社株式売却損が発生したことによ
         り、613千円(前期比-)となりました。
         (親会社株主に帰属する当期純利益)

          当連結会計年度における親会社株主に帰属する当期純利益は、法人税等が370,608千円発生したことから、
         686,269千円(前期比9.0%増)となりました。
         第18期第2四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)

         (売上高)
          当第2四半期連結累計期間における売上高は、メディカルプラットフォーム事業では運営するメディアのPV数
         が増加したことから顧客事業所数が順調に増加し、契約件数が1,338件となり、前期実績の半数を超過しまし
         た。スマートクリニック事業では医療提供を担う医療人材不足が継続し、精算業務の改善ニーズが引き続き高ま
         り、契約件数が347件となり、前期実績の半数を超過いたしました。これらの結果、2,916,323千円となりまし
         た。
         (売上原価、売上総利益)

          当第2四半期連結累計期間における売上原価は、769,325千円(原価率は26.4%)となりました。その結果、売
         上総利益は2,146,998千円となりました。
         (販売費及び一般管理費、営業利益)

          当第2四半期連結累計期間における販売費及び一般管理費は、1,451,034千円となりました。その結果、営業
         利益は695,964千円となりました。
         (営業外収益、営業外費用、経常利益)

          当第2四半期連結累計期間における営業外収益は、主に受注後のキャンセルに伴う解約金収入が2,412千円発
         生したことにより、4,821千円となりました。営業外費用は、主に支払利息が1,265千円発生したことにより
         1,268千円となりました。その結果、経常利益は699,518千円となりました。
         (特別利益、特別損失)

          当第2四半期連結累計期間における特別利益は主に子会社清算益3,174千円が発生したことにより5,568千円と
         なりました。特別損失は子会社清算損が2,690千円発生いたしました。
         (親会社株主に帰属する当期純利益)

          当第2四半期連結累計期間における親会社株主に帰属する当期純利益は、法人税等が263,480千円発生したこ
         とから、438,222千円となりました。
                                 42/153








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③ キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報
          キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容については、「(1)経営成績等の状況の概要③キャッシュ・フ
         ローの状況」に含めて記載しております。
          当社グループは、事業運営上、必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としておりま
         す。
          当社グループの主な資金需要は、事業規模の拡大による人件費に係る運転資金となります。これらの資金需要
         につきましては、自己資金によることを基本としておりますが、必要に応じて銀行借入で調達する方針でありま
         す。
          当社グループの事業は先行投資となる仕入等は無く、提供サービスに対する対価を顧客から受領するビジネス
         モデルであります。現時点で、短期的な資本の財源及び資金の流動性に問題はありませんが、今後も資金の残高
         及び各キャッシュ・フローの状況を常にモニタリングしつつ、資本の財源及び資金の流動性の確保・向上に努め
         て参ります。
          尚、第18期第2四半期末における現金及び現金同等物の残高は1,893,269千円であり、当社グループの事業を
         推進していく上で十分な流動性を確保しております。
        ④ 経営成績に重要な影響を与える要因について

          「2 事業等のリスク」に記載のとおり、様々なリスク要因が当社グループの経営成績に重要な影響を与える
         可能性があると認識しております。
          そのため、当社は常に市場動向、政府の政策に留意しつつ、内部管理体制の強化、優秀な人材の確保と育成等
         に力を入れ、当社の経営成績に重要な影響を与えるリスクに対し、適切に対応を行ってまいります。
        ⑤ 経営の問題意識と今後の方針について

          今後の方針については、「1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」をご参照ください。
        ⑥ 経営目標の達成状況を判断するための客観的な指標等の進捗について

          当社グループは、事業の進捗を図るため売上高及び営業利益を重要な経営指標としており、高い成長と高収益
         な事業体制を構築するため売上高成長率と営業利益率についても重要な経営指標としております。
          また、売上高を構成する要素としてセグメント別の年間契約件数を経営成績に影響を与える重要な指標として
         捉えております。加えて、当社グループは全国の医療機関に向けた営業力を強みとしており、それを図る指標と
         して、営業人員一人当たり売上高を重要な経営指標として位置付けております。
          当該指標に対する今後の方針としては、2軸のセグメントをそれぞれ強化していくことで売上高、営業利益の
         成長につなげていきたいと考えております。また、顧客満足度の向上の結果セグメント別の年間契約件数及び営
         業人員一人当たり売上高の増加に繋がると考えており、顧客満足度の向上を促すためのサポート体制を構築して
         おります。
          尚、各指標については、売上高、営業利益、セグメント別の年間契約件数は堅調に伸長し、営業人員一人当た
         り売上高は16期に比べ17期は伸長し、18期第2四半期累計期間は17期と同水準であります。売上高成長率及び営
         業利益率も20%を超過しており、経営目標の達成に向けて進捗は良好であると判断しております。
                                                第18期第2四半期連結累
                       第16期連結会計年度             第17期連結会計年度
                                                    計期間
            決算情報等
                      (自 2020年4月1日             (自 2021年4月1日             (自 2022年4月1日
                       至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)              至 2022年9月30日)
         売上高(千円)                    3,768,667             4,802,057             2,916,323
         営業利益(千円)                     799,050            1,054,676              695,964
         売上高成長率(%)                       47.8             27.4              -
         営業利益率(%)                       21.2             22.0             23.9
         年間契約件数(件)
         メディカルプラット
                               1,603             2,233             1,338
         フォーム事業
         スマートクリニック事業                       398             472             347
         営業人員一人当たり
                               32,799             34,358             16,174
         売上高(千円)
                                 43/153



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【経営上の重要な契約等】
      契約会社名        相手方の名称          契約締結日              契約内容               契約期間

      株式会社                          当社が販売する自動受付精算機                 2021年3月1日から

       GENOVA      株式会社新世紀         2021年3月1日          (NOMOCa-Stand,NOMOCa-Regi)                 2022年2月28日まで
      (当社)                             の製造委託契約             以後1年毎の自動延長
      株式会社                          当社が販売する自動受付精算機                 2022年3月25日から
       GENOVA      株式会社新世紀         2022年3月25日          (NOMOCa-Stand,NOMOCa-Regi)の                  2025年3月24日まで
      (当社)                              保守委託契約             以後1年毎の自動延長
     5【研究開発活動】

      第17期連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
       当連結会計年度の主な研究開発活動は、メディカルプラットフォーム事業のオンライン診療システム開発とスマー
      トクリニック事業の自動精算機の開発であり、主に顧客の利便性向上のための機能改善を行っており、研究開発費は
      33,655   千円であります。
       開発体制については、専属2名と外部委託先にて行っており、主な内容はメディカルプラットフォーム事業ではオ
      ンライン診療システムの開発外注費8,375千円、スマートクリニック事業はNOMOCa-Stand等の開発人件費及び外注費
      25,115千円であります。
      第18期第2四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)

       当第2四半期連結累計期間の主な研究開発活動は、メディカルプラットフォーム事業のオンライン診療システム開
      発及び新規商材開発とスマートクリニック事業の自動精算機の開発であり、主に顧客の利便性向上のための機能改善
      を行っており、研究開発費の総額は                15,298   千円であります。
       開発体制については、専属2名と外部委託先にて行っており、メディカルプラットフォーム事業はオンライン診療
      システムの開発外注費1,559千円、スマートクリニック事業はNOMOCa-Stand等の開発人件費及び外注費12,549千円で
      あります。尚、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありませ
      ん。
                                 44/153











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
      第17期連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
        当社グループは、主要サービスの利用拡大、安定的にサービスの維持・向上を図ること、また、市場ニーズ、技術
      革新等に対応した新しいサービス、機能提供を主目的として、設備投資を行っております。
        当連結会計年度の設備投資額は              123,009    千円となりました。主な内容は本店移転に伴う設備の取得98,515千円、業
      務用PC及びIT機器管理システムの取得15,761千円であります。
      第18期第2四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)

        当社グループは、主要サービスの利用拡大、安定的にサービスの維持・向上を図ること、また、市場ニーズ、技術
      革新等に対応した新しいサービス、機能提供を主目的として、設備投資を行っております。
        当連結会計年度の設備投資額は              50,423   千円となりました。主な内容は仮設の東京分室移転に伴う設備の取得13,041
      千円、大阪支店の増床移転に伴う設備の取得13,038千円、東京本社の備品及び複合機の取得6,002千円、業務用PC及
      びIT機器管理システムの取得5,885千円であります。
     2【主要な設備の状況】

       当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
      (1)提出会社
                                                    2022年3月31日現在
                                       帳簿価額
           事業所名                                            従業員数
                     設備の内容       建物及び     工具、器具
           (所在地)                           車両運搬具      リース資産       合計     (人)
                            構築物     及び備品
                                       (千円)      (千円)      (千円)
                           (千円)      (千円)
       本社オフィス
                    事務所用設備                                      215
       (東京都渋谷区)                      78,388      16,888      5,402      6,078     106,758
                    リース資産
                                                         (20)
       ほか3支店、3営業所
       (注)1.従業員数の(            )は、臨時雇用者の年間平均雇用人数を外書しております。
          2.本社の建物は全て賃借しており、その年間賃借料は166,709千円であります。
      (2)国内子会社

      重要性がないため、記載を省略しております。
      (3)在外子会社

      重要性がないため、記載を省略しております。
     3【設備の新設、除却等の計画】(2022年10月31日現在)

     (1)重要な設備の新設
                              投資予定金額            着手及び完了予定年月
      事業所名
                                     資金調達
           セグメント         設備の内容                                完成後の増加能力
                             総額    既支払額
                                      方法
      (所在地)
                                          着手     完了
                             (千円)    (千円)
       当社
                                      増資
      東京分室
            全社      事務所設備及び敷金                       2022年11月     2024年4月        (注)
                            325,000      -
                                     資金等
      (東京)
       当社
                                      増資
     名古屋支社       全社      事務所設備及び敷金                       2023年4月     2024年3月        (注)
                            136,310      -
                                     資金等
      (愛知)
       当社
                                      増資
     中国地方支店       全社      事務所設備及び敷金                       2023年4月     2024年3月        (注)
                             23,564     -
                                     資金等
      (未定)
       当社
                                      増資
     四国地方支店       全社      事務所設備及び敷金                       2024年4月     2025年3月        (注)
                             23,564     -
                                     資金等
      (未定)
     注)完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
     (2)重要な設備の除却等

      該当事項はありません。
                                 45/153



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                       60,000,000

                  計                             60,000,000

     (注)2022年6月28日開催の定時株主総会決議により、定款の一部変更を行い、発行可能株式総数を300,000株に変更
        し、2022年7月13日開催の取締役会決議により、2022年8月19日付で株式分割に伴う定款の一部変更を行い、発
        行可能株式総数は59,700,000株増加し、60,000,000株となっております。
        ②【発行済株式】
                                     上場金融商品取引所
            種類              発行数(株)           名又は登録認可金融               内容
                                     商品取引業協会名
                                               完全議決権株式であり、権
                                               利内容に何ら限定のない当
                           16,180,000
      普通株式                                  非上場       社における標準となる株式
                                               であります。なお、単元株
                                               式数は100株であります。
                           16,180,000
             計                            -            -
     (注)1.2022年7月13日開催の取締役会決議により、2022年8月19日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分
           割をおこなっております。これにより、発行済株式総数は16,099,100株増加し、16,180,000株となってお
           ります。
         2.2022年8月19日開催の臨時株主総会決議により、1単元を100株とする単元株制度を採用しております。
                                 46/153












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
                          第3回新株予約権                    第5回新株予約権
      決議年月日                    2017年12月13日                    2020年10月13日
                     当社取締役            2(注)5
      付与対象者の区分及び人数
                                         当社取締役 4
      (名)               当社従業員            115(注)5
      新株予約権の数(個)※               357[348](注)1                    120(注)1
      新株予約権の目的となる株
                     普通株式 3,570[696,000]                    普通株式 1,200[240,000]
      式の種類、内容及び数
                     (注)6                    (注)6
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込
                     25,000[125](注)2、6                    25,000[125](注)2、6
      金額(円)※
                     自  2019年11月30日                  自  2022年7月1日
      新株予約権の行使期間           ※
                     至  2027年11月29日                  至  2030年6月25日
      新株予約権の行使により株
                     発行価格        25,000[125]              発行価格        25,000[125]
      式を発行する場合の株式の
                     資本組入額      12,500[63]              資本組入額      12,500[63]
      発行価格及び資本組入額
                     (注)2、6                    (注)2、6
      (円)※
      新株予約権の行使の条件
                     (注)3
      ※
      新株予約権の譲渡に関する
                     新株予約権について譲渡、担保権の設定、その他一切の処分をすることができない
      事項   ※
                     ものとする。
      組織再編成行為に伴う新株
      予約権の交付に関する事項
                     (注)4
      ※
      ※  最近事業年度の末日(2022年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前
        月末現在(2022年10月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内
        に記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日現在は10株、提出日の前月末現在は
           2,000株であります。
           ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を
           調整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
           調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  分割・併合の比率
          2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調
           整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                 1
          調整後払込金額        =  調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
            また、新株予約権の割当日後に行使価額を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合
           は、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                      新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
                              既発行株式数       +
          調整後払込金額        =  調整前払込金額        ×                 調整前払込金額
                                    既発行株式数       +  新規発行株式数
          3.新株予約権の行使の条件

           ①  新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時において、当社又は当
            社子会社の取締役、監査役、執行役員、従業員若しくは社外協力者(顧問、アドバイザー、コンサルタ
            ントその他名目の如何を問わず当社若しくは当社子会社との間で委任、請負等の継続的な契約関係にあ
            る者を意味する。)又はこれらに準じた地位を保有している場合に限り新株予約権を行使することがで
            きる。ただし、会社が正当な理由があると認めた場合は、この限りではない。
           ②  新株予約権者が死亡した場合でも相続はできないものとする。
           ③  新株予約権者は、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約書」に違反した場合には
            行使できない。
          4.   当社が組織再編行為を実施する際の新株予約権の取扱い
                                 47/153


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
            (以上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日の直
            前において残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの
            場 合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」とい
            う。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株
            予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って
            再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は
            株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           ①  交付する再編対象会社の新株予約権の数
            組織再編行為の効力発生日の直前において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権
            の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
           ②  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類再編対象会社の普通株式とする。
           ③  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)1に準じて決定する。
           ④  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
            え、表中で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新株
            予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
           ⑤  新株予約権を行使することができる期間
            表中に定める新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
            ら、表中に定める新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
           ⑥  新株予約権の行使の条件
            (注)3に準じて決定する。
          5.付与対象者の退職による権利の喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は当社取締
           役1名、当社従業員55名、当社子会社取締役3名、当社子会社従業員6名、当社顧問1名であります。
          6.2022年7月13日開催の取締役会決議により、2022年8月19日付で普通株式1株につき200株の割合で株式
           分割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権
           の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入
           額」が調整されております。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
                                 48/153









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (3)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
      2017年6月16日
                     320      7,890       40,000       194,750        40,000       155,750
        (注1)
      2020年3月31日
                      -      7,890      △94,750        100,000      △155,750           -
        (注2)
      2021年6月10日
                    71,010       78,900         -     100,000          -       -
        (注3)
      2021年10月8日
                    2,000       80,900       15,000       115,000        15,000       15,000
        (注4)
      2022年8月19日
                  16,099,100       16,180,000           -     115,000          -     15,000
        (注5)
     (注)1.有償第三者割当
          発行価格   250,000円
          資本組入額  125,000円
          割当先    タイムズイノベーションキャピタル合同会社
         2.2020年3月12日開催の臨時株主総会決議により、財務体質の健全化を目的として、資本金の額及び資本準備

          金の額を減少するとともに、これにより生じたその他資本剰余金の全額をその他利益剰余金の欠損填補に充当
          しております。この結果、資本金が94,750千円(減資割合48.7%)減少し、資本準備金が155,750千円(減資
          割合100.0%)減少しております。
         3.2021年6月10日付の株式分割(1:10)による増加であります。

         4.第1回新株予約権(ストック・オプション)の行使によるものであります。

         5.2022年8月19日付の株式分割(1:200)による増加であります。

      (4)【所有者別状況】

                                                    2022年10月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
            政府及び地           金融商品     その他の
                  金融機関                          個人その他       計     (株)
            方公共団体           取引業者      法人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -     -     -      8     -      1     31     40    -
     所有株式数
               -     -     -    28,572       -    2,000     131,228     161,800      -
     (単元)
     所有株式数の割
               -     -     -    17.66       -    1.24     81.10      100    -
     合(%)
                                 49/153







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (5)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2022年10月31日現在
              区分              株式数(株)          議決権の数(個)              内容
     無議決権株式                              -          -        -

     議決権制限株式(自己株式等)                              -          -        -

     議決権制限株式(その他)                              -          -        -

     完全議決権株式(自己株式等)                              -          -        -

                                                  権利内容に何ら限定
                                                  のない当社における
                                                  標準となる株式であ
                               16,180,000            161,800
     完全議決権株式(その他)                     普通株式
                                                  ります。単元株式数
                                                  は100株でありま
                                                     す。
     単元未満株式                              -          -        -
                               16,180,000
     発行済株式総数                                        -        -
                                           161,800
     総株主の議決権                              -                  -
        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
     2【自己株式の取得等の状況】

          【株式の種類等】
          該当事項はありません。
      (1)【株主総会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
     3【配当政策】

       当社は、現在成長段階にあると認識しており、事業拡大や組織体制整備への投資のため、内部留保の充実が重要で
      あると考え、会社設立以来配当を実施しておらず、今後の配当実施の可能性および時期については未定であります。
      しかしながら、株主還元を適切に行っていくことが経営上重要であると認識しており、事業基盤の整備状況や投資計
      画、業績や財政状態等を総合的に勘案しながら、将来的には、安定的な配当を行うことを検討していく方針でありま
      す。また、内部留保資金につきましては、今後の事業展開を図るため、人材確保及び人材教育、ならびに中長期的な
      事業原資として利用していく方針であります。なお、剰余金の配当を行う場合、年1回の期末配当を基本としてお
      り、配当の決定機関は株主総会であります。また、当社は、取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、
      中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
                                 50/153




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社グループは「ヒトと医療をつないで健康な社会を創る」をミッションに掲げており、それを実現させる
         ためには、コーポレート・ガバナンスの強化と充実が経営の重要課題だと認識しております。株主やパート
         ナー企業等全てのステークホルダーとの対話を重視し、そのような活動を通して認識される社会的責任に配慮
         しながら、効率経営を推進し、持続的な成長に努めております。
        ②  企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

         a 企業統治の体制の概要
          当社は、会社法に基づく機関として、株主総会及び取締役会、監査役会を設置するとともに、日常的に事業
         を監視する役割として内部監査担当を任命し、対応を行っております。これらの各機関の相互連携により、経
         営の健全性・効率性を確保できるものと認識しているため、現状の企業統治体制を採用しております。
         本書提出日現在のコーポレート・ガバナンスの体制は以下のとおりであります。

         (A)取締役会
           取締役会は、取締役8名(うち社外取締役4名)で構成され、取締役会規則に基づき、毎月1回開催して
          おり、会社の経営の重要な意思決定を行うとともに、取締役の職務執行を監督しております。
          取締役会における議長は、平瀬智樹(代表取締役社長)が務めております。なお、構成員につきましては
          「(2)役員の状況 ①役員一覧」をご参照ください。
         (B)監査役会及び監査役

           監査役会は常勤監査役2名、非常勤監査役2名(うち社外監査役4名)からなり、監査役会で決議された
          監査計画に基づき、監査を行っております。また、監査役は取締役会及び経営会議等の重要な会議へ出席する
          ほか、取締役に業務の報告を求めるとともに、主要な子会社、事業所及び営業所を往査のうえ業務及び財産等
          の状況の調査を行うことにより、取締役の職務執行を監査しております。さらに、内部監査室とは、常勤監査
          役が適時情報を共有し監査役会において内部監査の状況を共有しております。会計監査人とは定期的に情報を
          共有する場を持ち、各監査の状況を相互に共有して連携を図っております。
           監査役会における議長は、佐々木強(常勤監査役)が務めております。
           なお、構成員につきましては「(2)役員の状況 ①役員一覧」をご参照ください。
         (C)経営会議

           経営会議は、当社代表取締役社長平瀬智樹、取締役(社外取締役を除く。)、また必要に応じて代表取締
          役社長が指名する者で構成されており、原則月2回以上、定期的に開催しております。経営会議では、当社
          グループの組織、運営、その他の経営に関する重要な事項の審議を行い、取締役会への付議議案についての
          意思決定プロセスの明確化及び透明性の確保を図っております。
         (D)内部監査

           内部監査は、代表取締役社長直轄の内部監査室(内部監査室長1名)が実施しております。内部監査室
          は、年間内部監査計画に基づき、当社グループの各子会社、事業所及び営業所を往査の上、業務遂行状況等を
          監査しており、当該監査の結果については代表取締役社長に報告し、必要に応じて改善指示、フォローアップ
          監査を実施しております。監査役会には定期的に情報を共有しております。また、会計監査人とは定期的に情
          報を共有する場を持ち、各監査の状況を相互に共有して連携を図っております。
         (E)会計監査人

           当社の会計監査人は、太陽有限責任監査法人であり、関係法令に則り会計監査を行っております。
         (F)指名・報酬委員会

           当社は、取締役の指名、報酬等に係る評価、決定プロセスの透明性及び客観性を担保することで、取締役
          会の機能の独立性、客観性と説明責任を強化し、当社のコーポレート・ガバナンス体制のより一層の充実を図
          ることを目的とし、取締役会の諮問機関として、任意の指名・報酬委員会(社外取締役3名、社内取締役2
          名)を設置しており、取締役の指名、報酬体系等に関する原案等についての諮問に対する答申を行っており、
          客観的な立場から意見聴取を行った上、取締役会にて決定いたします。
          (委員長:取締役武田幸治、委員:代表取締役社長平瀬智樹、社外取締役提橋由幾、社外取締役福井元明、社
           外取締役鈴木孝昭)
                                 51/153


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (G)リスク管理委員会
           当社ではリスク管理規程に基づき、管理担当取締役を委員長とするリスク管理委員会がリスク管理を統括
          しております。リスク管理委員会は、当社グループにおけるリスクの分析及び評価を行うとともに、認識した
          リスクに対する監視を継続し、活動の状況について定期的に取締役会に報告を行っております。経営に重大な
          影響を及ぼす可能性のあるリスクが発生した場合には、リスク管理委員会にて対応策を検討し、取締役会に提
          言を行うこととしており、緊急時には、リスク管理委員会にて速やかな情報伝達と指揮命令を行う体制を整備
          しております。
         (H)コンプライアンス委員会

           経営におけるコンプライアンス関連の事項に総合的に対処・対応するためにコンプライアンス委員会を設
          けております。委員長には代表取締役社長が就き、常勤役員、各部門長、その他委員長が指名した者を委員と
          して組織されております。コンプライアンス委員会は原則として半期に1回開催されるほか、必要に応じて機
          動的に臨時で開催され、コンプライアンスに関する問題を未然に防ぐための予防策の検討、それに伴う業務
          ルールの見直しや研修計画、リスクマネジメントに関して協議を行っております。
           当社のコーポレート・ガバナンス体制の整備の状況を模式図で示すと以下のとおりとなります。

          b  当該体制を採用する理由







            当社は、監査役会設置会社であります。社外取締役を擁した取締役会、社外監査役を擁した監査役会を設
           置する体制が、経営の意思決定における監督機能と業務執行の適正性を確保し、経営の健全性及び透明性を
           高め、経営スピード及び経営効率を図る上で最適と判断しており、現在の体制を採用しております。社外取
           締役は、取締役会において、豊富な経営経験や高い見識に基づき、中立的立場から経営判断の妥当性や倫理
           性の観点により意見を述べております。社外監査役は、取締役会において、業務上の豊富な経験と専門的見
           地に基づき、意思決定の妥当性及び適切性を確保するための発言を行っております。
        ③  企業統治に関するその他の事項

         (a)内部統制システムの整備の状況
           当社は「ヒトと医療をつないで健康な社会を創る」をミッションとしており、このミッションのもと、継
          続的な成長と企業価値の最大化を図りつつ、コーポレート・ガバナンスの強化に努めていくことが重要な経営
          課題と位置付けています。そのうえで、業務の適正を確保するために必要な内部統制システムの確保・整備
          は、必要なプロセスであるため、2021年2月26日開催の取締役会にて、「内部統制システムの基本方針」を定
          める決議を行っており、現在その基本方針に基づき内部統制システムの運用を行っております。その概要は以
          下のとおりです。
                                 52/153




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (A)取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制並びに業務の適正
           を確保するために必要な体制
           ⅰ 取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合すること並びに業務の適正を確保するため、
             「コンプライアンス管理規程」を定める。
           ⅱ 「コンプライアンス管理規程」を、職務を遂行するにあたり遵守すべき行動基準とし、全役員及び使
             用人に対し周知徹底を図る。
           ⅲ 「内部通報規程」に基づき社内外に通報窓口を設置し、不祥事の未然防止を図る。
           ⅳ 取締役は、重大な法令違反、コンプライアンス違反その他重要な事実を発見した場合、速やかに取締
             役会に報告する。
           ⅴ 監査役は、「監査役監査基準」に基づき、取締役の職務執行について監査を行う。
           ⅵ 内部監査部門は、社内規則に基づき内部監査を実施し、使用人の職務における法令、定款及び社内規
             則の遵守状況並びにその他業務の遂行状況を検証する。
           ⅶ 監査役及び監査役会は、当社の法令、定款及び社内規則等の遵守状況に問題があると認められた場合
             は、改善策を講ずるよう取締役会に要求する。
           ⅷ 取締役及び使用人の法令及び定款違反等の行為については「賞罰委員会規程」を制定し、適正に処分
             を行う。
          (B)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
           ⅰ 取締役及び使用人の職務施行に係る文書その他重要な情報については、法令、定款及び「文書管理規
             程」その他社内規則に基づき作成、保存、管理する。
           ⅱ 保存期間は、文書又は情報の種類、重要性に応じて「文書管理規程」その他社内規則に規定された期
             間とする。
           ⅲ 取締役及び監査役は、必要に応じてこれらの文書等を閲覧することができるものとする。
          (C)   損失の危険の管理に関する規程その他の体制
           ⅰ リスク管理の基礎として定める「コンプライアンス管理規程」に基づき、リスクを横断的に管理する
             コンプライアンス委員会を設置し、リスクマネジメント活動を推進する。
           ⅱ 経営会議等において定期的に実施される業務執行状況の報告等を通じ、リスクの状況を適時に把握、
             管理する。
           ⅲ 内部監査部門は、「内部監査規程」に基づき、管理の状況について監査を行う。
           ⅳ 「リスク管理規程」を制定し、想定されるリスクに応じた有事に備えるとともに、有事が発生した場
             合には、当該規程に従い迅速かつ適切に対応する。
           ⅴ 当社商品及びサービスに関するクレーム等の風評被害が発生するおそれがある場合には、「リスク管
             理規程」に従い外部専門家と協力して迅速かつ適切な対応をとる。
          (D)   取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
           ⅰ 取締役会を原則月1回定期的に開催し、経営状況を共有するとともに、各組織の活動状況を把握し取
             締役自らの業務執行の効率化を図る。
           ⅱ 経営会議を原則月2回定期的に開催し、当社の様々な課題を早期に発見・共有するとともに、各職務
             の執行が効率的に行われることを補完する。
          (E)   当社及びその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
           ⅰ 子会社の取締役等(会社法施行規則第100条第1項第5号イに定める「取締役等」をいう。以下同じ)の
             職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制
             子会社との間で定期的に経営状況及び財務状況の報告会を開く。
           ⅱ 子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
            イ.「グループリスク管理規程」を制定し、想定されるリスクに応じた有事に備えるとともに、有事が発
              生した場合には、当該規程に従い迅速かつ適切に対応する。
            ロ.子会社商品及びサービスに関するクレーム等の風評被害が発生するおそれがある場合には、子会社か
              らの報告を受け、当社及び子会社が連携して、「グループリスク管理規程」に従い外部専門家と協力
              して迅速かつ適切な対応をとる。
           ⅲ 子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
            イ.  当社は、子会社の機関設計及び業務執行体制につき、子会社の事業、規模、当社グループ内における
              位置付け等を勘案の上、定期的に見直し、効率的にその業務が執行される体制が構築されるよう、監
              督する。
            ロ.  当社は、子会社における意思決定について、子会社の「取締役会規程」、「職務権限規程」その他の
              各種規程に基づき、子会社における業務執行者の権限と責任を明らかにさせ、組織的かつ効率的な業
              務執行が行われるよう、必要に応じて指導を行う。
           ⅳ 子会社の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
            イ.  当社グループ行動規範を適用する。
                                 53/153


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            ロ.  子会社における内部統制システムの整備に関する指導及び支援を行う。
            ハ.  当社監査役において子会社の監査役と意見交換を行い、連携する。
          (F)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項
            監査役が、その職務を補助すべき使用人(以下「補助使用人」という。)を置くことを求めた場合、必
           要な員数及び求められる資質について、監査役と協議の上、適任と認められる人員を配置する。
          (G)補助使用人の取締役からの独立性に関する事項
           ⅰ 補助使用人は、監査役の指揮命令下で業務を行い、監査役以外からの指揮命令は受けない。
           ⅱ 補助使用人の任命・異動、人事評価及び懲戒等については、監査役の意見を尊重する。
          (H)   監査役の補助使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
            補助使用人は、監査役に専属することとし、他の業務を一切兼務させないことにより、監査役の補助使
           用人に対する指示の実効性を確保する。
          (I)   取締役及び使用人が監査役に報告するための体制、その他の監査役への報告に関する体制
           ⅰ 取締役及び使用人は、法令に違反する事実、会社に著しい損害を与えるおそれのある事実を発見した
             ときには、監査役に対して、当該事実に関する事項を速やかに報告しなければならない。また、監査
             役から業務執行に関する事項の報告を求められた場合においても速やかに報告を行わなければならな
             い。
           ⅱ 前項により監査役に対して報告した者が当該報告をしたことを理由として不利益な取扱いを受けない
             ことを確保するための体制を構築する。
          (J)   子会社の取締役等、監査役及び使用人又はこれらの者から報告を受けた者が当社の監査役に報告をする
           ための体制
           ⅰ 当社は、子会社との間で予め、子会社の取締役等、監査役及び使用人又はこれらの者から報告を受け
             た者が、子会社の取締役会若しくは監査役を介して又は直接に、当社の取締役、監査役、使用人に報
             告することができる体制を整備する。
           ⅱ 当社は、前項の体制により当社取締役又は使用人が、子会社の取締役等、監査役及び使用人又はこれ
             らの者から報告を受けた者から報告を受けたときは、速やかに当社の監査役に報告する体制を整備す
             る。
           ⅲ 前各項により報告した者が当該報告をしたことを理由として不利益な取扱いを受けないことを確保す
             るための体制を構築する。
          (K)   その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
           ⅰ 監査役は、取締役会、経営会議その他経営に関する重要な会議に出席し、経営において重要な意思決
             定及び業務の執行状況を把握するとともに、意見を述べることができる。
           ⅱ 監査役は、代表取締役社長と定期的に意見交換を行う。
           ⅲ 監査役は、内部監査担当者、会計監査人と定期的に情報交換を行い、連携を図る。
          (L)   監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続、その他の当該職務の執行について生ず
           る費用又は債務の処理に関する方針に関する事項
            監査役の職務の執行に協力し監査の実効性を担保するために、監査費用のための予算を確保する。
          (M)   反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方・措置
           ⅰ 暴力を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人である反社会的勢力による被害を防止するため、
             「反社会的勢力排除宣言」を定める。
           ⅱ 反社会的勢力に対しては、弁護士や警察等の外部機関と連携して組織的な対応を図るものとし、平素
             より情報収集に努め、速やかに対処できる体制を整備する。
                                 54/153







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (b)   リスク管理体制の整備の状況
           当社は、持続可能な成長を確保するために「リスク管理規程」を制定し、全社的なリスク管理体制の強化
          を図っております。代表取締役社長及び各管掌取締役並びに執行役員等が潜在的なリスクに対して注意を払
          い、リスクの早期発見と顕在化しているリスクについては、その影響を分析し、リスク管理委員会及びコンプ
          ライアンス委員会において必要な協議をするために、リスクの評価、対策等の協議を行い、具体的な対応を検
          討しております。また、必要に応じて弁護士、公認会計士等外部の専門家の助言を受けられる体制を整えてお
          り、リスクの未然防止と早期発見に努めております。
        ④責任限定契約の内容の概要

          当社は、取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)との間で、会社法第
         426条第1項の責任について職務を遂行するにあたり期待される役割を十分に発揮することを目的として、取締
         役会の決議によって法令の定める範囲内で免除することができる旨を定款に定めております。
          また、当社は、非業務執行取締役及び監査役との間において会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423
         条第1項の規定による損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約は非業務執行取締役及び監査
         役が任務を怠ったことによる損害賠償責任の限度額を法令が規定する額とするものであります。
        ⑤ 定款で定めた取締役の員数

         当社は、取締役の員数を3名以上とする旨を定款に定めております。
        ⑥ 取締役の選任の決議要件

          取締役の選任決議は、株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
         株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。また、取締役の選任決議について
         は、累積投票によらない旨を定款で定めております。
        ⑦ 株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、株主総会の円滑な運営を行うた
         め、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2
         以上をもって行う旨を定款に定めております。
        ⑧ 会社の支配に関する基本方針について

         当社では、株式会社の支配に関する基本方針については特に定めておりません。
        ⑨ 剰余金の配当などの決定機関

         当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除き、
         取締役会の決議により決定することができる旨を定款に定めております。これは、自己株式の取得や剰余金の
         配当等を取締役会の権限とすることで、機動的な財務施策並びに配当政策を実施することを可能とするためで
         あります。
                                 55/153








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
          男性  11 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             8.3  %)
                                                       所有株式数
      役職名      氏名      生年月日                  略歴               任期
                                                        (株)
                        1997年12月 株式会社テレウェイヴ入社
                        2000年4月 テレウェイヴリンクス取締役
                        2001年6月 同社常務取締役
     代表取締役                                                  9,581,600
           平瀬 智樹      1978年2月5日                                  (注)3
      社長                  2005年7月 当社設立、当社代表取締役社長(現任)
                                                        (注)6
                        2013年4月 株式会社横浜フリエスポーツクラブ社外取締役
                        2021年8月 一般財団法人日本スウェーデン歯科学会理事(現任)
                        2007年12月 監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入所
                        2018年4月 当社入社、当社経理担当部長
                        2018年6月 当社取締役
                        2018年7月 当社取締役財務経理部長兼総務部長
                        2019年4月 当社取締役財務経理部長兼総務部長兼業務部長
                        2019年6月 当社常務取締役財務経理部長兼総務部長兼業務部長
                        2019年7月 当社常務取締役管理本部長兼財務経理部長兼人事総務部
      取締役
                             長兼業務部長
           武田 幸治      1982年1月13日                                  (注)3      34,000
     執行役員
                        2020年6月 当社取締役執行役員兼管理本部長兼財務経理部長兼総務
                             労務部長兼業務部長
                        2020年7月 当社取締役執行役員兼財務経理部長兼総務労務部長兼業
                             務部長
                        2020年10月 当社取締役執行役員兼総務労務部長
                        2021年9月 当社取締役執行役員
                        2022年4月 当社取締役執行役員兼上場準備室長(現任)
                        2006年4月 三井情報株式会社入社
                        2013年2月 ソニックメディカルジャパン合同会社設立、同社入社
                        2015年2月 日本データカード株式会社入社
                        2016年12月 株式会社GREP設立、同社取締役
                        2017年7月 当社入社、当社執行役員兼医療サービス企画開発部長
      取締役
          日置 真太郎      1982年9月22日                                  (注)3      42,000
     執行役員                   2019年6月 当社取締役執行役員兼医療サービス企画開発部長
                        2020年3月 株式会社GREP代表取締役社長
                        2020年6月 当社取締役執行役員
                        2022年1月 当社取締役執行役員兼スマートクリニック事業部長(現
                             任)
                        2003年4月 株式会社レーサム入社
                        2005年6月 チームラボ株式会社入社
                        2009年7月 株式会社NDPマーケティング設立、同社取締役
                        2019年6月 当社取締役
      取締役
           真野 友義      1976年9月12日       2021年6月 当社取締役執行役員                           (注)3     140,000
     執行役員
                        2021年8月 当社取締役執行役員兼DtoPメディカルプラットフォーム
                             事業部長(現メディカルプラットフォーム事業部長)
                             2021年9月 当社取締役執行役員兼総務労務部長
                        2022年4月 当社取締役執行役員(現任)
                        2003年6月 株式会社メディシス設立、同社代表取締役
                        2012年3月 医療法人社団One-for-all監事(現任)
                        2014年9月 NPO法人キッズアートプロジェクト理事(現任)
                        2016年9月 一般社団法人予防医療普及協会設立                   同法人代表理事
                             (現任)
      取締役     提橋 由幾      1982年1月2日                                  (注)3     352,000
                        2017年5月 一般社団法人日本医療ベンチャー協会設立、同法人理事
                             (現任)
                        2018年6月 当社取締役(現任)
                        2019年6月 データインデックス株式会社代表取締役社長CEO(現
                             任)
                        2021年6月 一般社団法人国際医療健康交流機構代表理事(現任)
                        2008年4月 株式会社みずほ銀行入行
                        2019年2月 株式会社ファーストパートナーズ入社、同社執行役員
                        2019年3月 株式会社Wells           Partners設立、同社代表取締役(現任)
      取締役     福井 元明      1985年1月7日                                  (注)3      20,000
                        2020年6月 当社取締役(現任)
                        2020年12月 株式会社IFA.com設立、同社代表取締役(現任)
                        2022年1月 一般社団法人Q's            Blanket理事(現任)
                                 56/153



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                       所有株式数
      役職名      氏名      生年月日                  略歴               任期
                                                        (株)
                        2016年6月 たかさき医療総合法律事務所(現弁護士法人MIA法律事
                             務所)設立
                        2017年1月 医療法人社団ルミエール監事(現任)
                        2017年12月 弁護士法人AIT医療総合事務所(現弁護士法人MIA法律事
                             務所)設立、同法人代表弁護士
                        2019年7月 弁護士法人MIA法律事務所名称変更、パートナー弁護士
      取締役     鈴木 孝昭      1979年12月28日                                  (注)3      10,400
                             (現任)
                        2020年2月 株式会社givers取締役(現任)
                        2020年6月 医療法人令秋会理事(現任)
                        2021年6月 当社取締役(現任)
                        2022年2月 医療法人社団深志清流会理事(現任)
                        2012年4月 順天堂大学医学部産婦人科学講座医師(現任)
                        2019年7月 東京産婦人科医会広報委員(現任)
                        2019年9月 一般社団法人予防医療普及協会理事(現任)
      取締役     三輪 綾子      1984年6月30日                                  (注)3      17,600
                        2021年6月 当社取締役(現任)
                        2021年9月 東京産婦人科医会母体保護法委員(現任)
                        2022年4月 THIRD        CLINIC   GINZA開設、同院院長(現任)
                        1957年4月 川崎重工株式会社入社
                        1986年10月 株式会社アマダ入社
     常勤監査役      後藤 保夫      1939年1月2日       1995年6月 同社取締役                           (注)4      16,000
                        1997年6月 同社常務取締役
                        2006年12月 当社常勤監査役(現任)
                        1979年4月 株式会社住友銀行(現三井住友銀行)入行
                        2008年4月 株式会社クオーク入社、同社執行役員
                        2009年4月 株式会社セディナ入社、同社執行役員
                        2013年4月 株式会社セディナオートリース専務取締役
     常勤監査役      佐々木 強      1956年2月20日                                  (注)4       -
                        2016年7月 一般財団法人省エネルギーセンター常任監事
                        2020年10月 一般社団法人Global             Healthcare     Hub入職、事務局長
                        2020年11月 株式会社         zero&one入社、同社執行役員
                        2021年6月 当社常勤監査役(現任)
                        2005年10月 弁護士登録(第二東京弁護士会)
      監査役     古原 暁      1982年3月8日       2005年10月 あさひ法律事務所入所(現任)                           (注)4       -
                        2013年6月 当社監査役(現任)
                        1991年10月 監査法人テイケイエイ飯塚毅事務所入所
                        1999年2月 同監査法人社員
                        2001年7月 監査法人テイケイエイ飯塚毅事務所と監査法人太田昭和
                             センチュリーが合併(現EY新日本有限責任監査法人)、
                             同監査法人社員
                        2017年9月 税理士法人横浜総合会計(現H-1税理士法人)入所
      監査役     毛利 篤雄      1963年4月4日                                  (注)4       -
                        2018年3月 同税理士法人社員(現任)
                        2018年6月 当社監査役(現任)
                        2020年1月 H-1コンサルティンググループ株式会社取締役(現任)
                        2020年4月 H-1マネジメント株式会社取締役(現任)
                        2020年10月 きさらぎ監査法人(現Mooreみらい監査法人)社員(現
                             任)
                           計                            10,213,600
    (注)1.取締役         提橋由幾、福井元明、鈴木孝昭及び三輪綾子は、社外取締役であります。
       2.監査役      後藤保夫、佐々木強、古原暁及び毛利篤雄は、社外監査役であります。
       3.取締役の任期は、2022年8月19日開催の臨時株主総会終結の時から、2023年3月期に係る定時株主総会の終結
         の時までであります。
       4.監査役の任期は、2022年8月19日開催の臨時株主総会終結の時から、2026年3月期に係る定時株主総会の終結
         の時までであります。
       5.当社では、取締役会の一層の活性化を促し、取締役会の意思決定・業務執行の監督機能と各部の業務執行機能
         を明確に区分し、経営効率の向上を図るため執行役員制度を導入しております。執行役員は次の10名です。
         武田幸治、日置真太郎、真野友義、大井昇、中村竹郎、原田千冬、新谷章、福嶋翼、亀田野恵留、中谷顯士
       6.代表取締役社長平瀬智樹の所有株式数は、資産管理会社である株式会社平瀬商店が所有する株式数を含んでお
         ります。
       7.法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役1名を選
         任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                   所有株式数
            氏名      生年月日                  略歴
                                                    (株)
                                 57/153


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        2004年10月 長島大野常松法律事務所入所
                        2010年9月 Yetter        Coleman   LLP入職
                        2011年8月 Nagashima         Ohno  & Tsunematsu     NY LLP入職
          金山  卓晴
                1978年10月19日                                      -
                        2012年12月 あさひ法律事務所 入所、カウンセル
                        2014年1月 同事務所 パートナー(現任)
                        2016年6月 当社補欠監査役(現任)
        ②  社外役員の状況

          当社は、コーポレート・ガバナンスにおいて、外部からの客観的、中立的な経営監視機能が重要であると考
         えているため、社外取締役4名、社外監査役4名を選任しております。
          なお、当社は社外取締役及び社外監査役の独立性に関する基準や方針は設けておりませんが、その選任に当
         たっては、株式会社東京証券取引所が定める独立性に関する判断基準等を参考にしております。
          社外取締役の提橋由幾は、医療機関の開業や経営支援、医薬品添付文書のデータベース事業を展開するなど

         医療従事者との人脈や医療業界への見識が広く、医療業界の見地からも当社の持続的な企業価値の向上に向け
         て、社外取締役としての職務を適切に遂行していただけるものと判断しております。なお、当社は、提橋由幾
         が代表理事を務める一般社団法人予防医療普及協会と医療に関する記事制作等の取引があり、また、同氏が代
         表取締役に就任している時期に株式会社メディシスとアドバイザリー業務として業務委託契約を締結しており
         ました。ただし、一般取引先と同様の条件で特記すべき取引関係にはなく、この取引関係は、同氏の社外取締
         役としての独立性に影響を及ぼすものではなく、現在は取引及び業務委託契約は終了しております。同氏は、
         当社の株式352,000株、新株予約権(新株予約権の目的となる株式数60,000株)を保有しております。上記以外
         に、当社と同氏との間には人的関係、資本的関係、取引関係、その他の利害関係はありません。
          社外取締役の福井元明は、銀行での業務経験を活かし、資金調達、M&A、IPO支援等の金融に関連する各種コ
         ンサルティング業務を独立系ファイナンシャル・アドバイザーとして経営し、資産運用コンサルティングとし
         て多くの会社の経営アドバイスを実施しており、会社経営の見地から当社の持続的な企業価値の向上に向け
         て、社外取締役としての職務を適切に遂行していただけるものと判断しております。同氏は、当社の株式
         20,000株、新株予約権(新株予約権の目的となる株式数60,000株)を保有しております。上記以外に、当社と
         同氏との間には人的関係、資本的関係、取引関係、その他の利害関係はありません。
          社外取締役の鈴木孝昭は、弁護士及び眼科医の医師として専門的な知識と経験を有しており、当社の属する
         医療業界への見識が広く、また法律の専門家として当社の属する各種法令・規則についての知識を多く有して
         いることから法的見地からのガバナンス強化が期待され、当社の持続的な企業価値の向上のため、社外取締役
         としての職務を適切に遂行していただけるものと判断しております。同氏は、当社の株式10,400株を保有して
         おります。上記以外に、当社と同氏との間には人的関係、資本的関係、取引関係、その他の利害関係はありま
         せん。
          社外取締役の三輪綾子は、産婦人科医の医師として専門的な知識と経験を有しており、当社の属する医療業
         界への見識が広く、また医師として蓄積された経験や知識から、社内にこれまで以上に多様な価値観を取り込
         むことが期待され、当社の持続的な企業価値の向上のため、社外取締役としての職務を適切に遂行していただ
         けるものと判断しております。同氏は、当社の株式17,600株を保有しております。上記以外に、当社と同氏と
         の間には人的関係、資本的関係、取引関係、その他の利害関係はありません。
          社外監査役の後藤保夫は株式会社アマダで取締役を歴任した経歴があり、企業経営に携わり培った豊富な経
         験と高い見識をもって当社の監査を担っております。なお、同氏は、当社の株式を16,000株所有しておりま
         す。上記以外に、当社と同氏との間には人的関係、資本的関係、取引関係、その他の利害関係はありません。
          社外監査役の佐々木強は長年、株式会社三井住友銀行で多くの会社経営者と会社経営に関する相談やアドバ
         イスを行った実績があり、企業経営に携わり培った豊富な経験と高い見識をもって当社の監査を担っておりま
         す。当社と同氏との間にはそれ以外に人的関係、資本的関係、取引関係、その他の利害関係はありません。
          社外監査役の古原暁は弁護士資格を有し、専門的な法律知識を有しており、その専門性をもって当社の監査
         を担っております。なお、当社と同氏との間には人的関係、資本的関係、取引関係、その他の利害関係はあり
         ません。
          社外監査役の毛利篤雄は公認会計士・税理士の資格を有し、会計・税務面について豊富な知識・経験を有し
         ていることから、その専門性をもって当社の監査を担っております。なお、当社と同氏との間には人的関係、
         資本的関係、取引関係、その他の利害関係はありません。
        ③  社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

         統制部門との関係
          当社の社外取締役及び社外監査役は、取締役会で議案等に対し適宜質問や監督・監査上の所感を述べ、実質
         的な意見交換を行っております。また、社外監査役は、会計監査人及び内部監査部門と定例的に会議をもち、
                                 58/153


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         情報の収集及び課題の共有を図っております。また、内部統制に関しては、内部監査室及び会計監査人との間
         で認識を共有するとともに、財務経理部等と連携し、内部統制組織の継続的な改善を進めております。
      (3)【監査の状況】

          ①  監査役監査の状況
           当社は監査役会設置会社であり、監査役は、定期的な監査役会の開催のほか、取締役会への出席、その他社
          内の重要な会議への出席、会社財産の調査及び業務の調査等を通じて取締役の業務を十分に監査できる体制と
          なっており、不正行為又は法令もしくは定款に違反する事実の発生防止にも取り組んでおります。また、必要
          に応じて、内部監査担当者と意見及び情報の交換を行っております。さらに監査役は、会計監査人より監査結
          果報告を聴取し、必要に応じて監査計画、監査実施状況等について会計監査人に報告を求めるなど情報の共有
          を図り、監査機能の有効性・効率性を高めるための取組みを行っております。
          最近事業年度(2022年3月期)において、当社は監査役会を16回開催しており、個々の監査役の出席状況は次
          のとおりです。
                 氏名                開催回数                 出席回数
          後藤 保夫                               16                 16
          古原 暁                               16                 16
          毛利 篤雄                               16                 14
          佐々木 強                               13                 13
           監査役会の主な検討事項は、取締役会議案と決議内容の妥当性、経営会議、リスク管理委員会、コンプライ
          アンス委員会での内容審議、内部統制システム及びリスク管理体制の整備運用状況、会計監査人による会計監
          査の妥当性等について独立した立場から検討を行い、必要に応じて提言を実施しております。
           常勤監査役は、役職員との個別面談、経営会議等の重要な会議への出席、稟議書等の社内書類の閲覧等によ
          り会社の状況を把握し、経営の健全性を監査するとともに、非常勤監査役への情報共有を行うことで監査機能
          の充実を図っております。
          ②  内部監査の状況

           当社では、代表取締役直轄の内部監査室(1名)を設置しており、内部監査計画に従い、当社及びグループ
          全子会社を網羅するよう内部監査を実施しております。代表取締役社長は、監査結果の報告に基づき、内部監
          査担当者を通じて被監査部門に対して改善を指示し、その結果を報告させることで内部統制の維持改善を図っ
          ております。
           内部監査は、「内部監査規程」に基づき、会社の業務運営が法令並びに会社の規程類を遵守して適正に行わ
          れているかを評価することを目的としております。
           また、内部監査担当者と監査役、会計監査人が監査を有効かつ効率的に進めるため、財務経理部等と連携
          し、適宜情報交換を行っており、効率的な監査に努めております。
          ③  会計監査の状況

          a  監査法人の名称
           太陽有限責任監査法人
          b  継続監査期間

           2年
          c  業務を執行した公認会計士

           指定有限責任社員業務執行社員 柳  承煥
           指定有限責任社員業務執行社員 山内 紀彰
          d  監査業務に係る補助者の構成

           公認会計士 6名
           会計士試験合格者等 11名
           その他 8名
                                 59/153




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          e  監査法人の選定方針と理由
            当社の監査役会は、公益社団法人日本監査役協会が公表している「会計監査人の評価及び選定基準策定に
           関する監査役等の実務指針」等を参考に、会計監査人の品質管理の状況、独立性及び専門性、監査体制が整
           備されていること、具体的な監査計画並びに監査報酬が合理的かつ妥当であることを確認し、監査実績など
           を踏まえたうえで、会計監査人を総合的に評価し、選定について判断しております。
            また、会計監査人が会社法第340条第1項に定める解任事由に該当するときは、監査役会の同意に基づく
           解任、又は監査役会の決議により、株主総会に提出する会計監査人の解任に関する議案の内容の決定を行い
           ます。また、監査役会は、会計監査人の独立性、専門性及び監査活動の適切性、妥当性の評価等を勘案し、
           株主総会に提出する会計監査人を再任しないことに関する議案の内容を決定します。
            現監査法人を選定した理由は、当社の事業特性を踏まえて、同監査法人の監査実績、当社に対する監査体
           制等が当社の事業規模に適しており、当社の選定方針と合わせて総合的に勘案した結果、適任であると判断
           したためです。
          f  監査役及び監査役会による監査法人の評価

            監査役会は、公益社団法人日本監査役協会が公表する「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査
           役等の実務指針」を踏まえ、監査法人との定期的な意見交換を通じて、監査法人の品質管理体制の構築状
           況、監査チームの独立性と専門性及び業務遂行状況の確認を行い、総合的に評価しております。確認の結
           果、会計監査人としての職務の遂行が適正に行われていると評価しており、太陽有限責任監査法人を適任と
           判断しております。
          ④  監査報酬の内容等

           a  監査公認会計士等に対する報酬の内容
                最近連結会計年度の前連結会計年度                           最近連結会計年度

        区分
              監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報
              報酬(千円)            酬(千円)            報酬(千円)            酬(千円)
                    9,300                       14,600

      提出会社                            -                       -
      連結子会社                -           -            -            -

                    9,300                       14,600

         計                        -                       -
          b  監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(aを除く)

            該当事項はありません。
          c  その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

            該当事項はありません。
          d  監査報酬の決定方針

            当社の監査公認会計士等に対する監査報酬は、明文化した決定方針はありませんが、監査公認会計士等
           の監査計画の内容、職務遂行の状況、報酬見積りの算定根拠等の妥当性を総合的に勘案し、取締役会で監
           査役会の同意を得て決定しております。
          e  監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

            取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対して、当社の監査役会が会社法第399条第1項の同意
           をした理由は、監査役会が、会社法第399条第1項に基づき、取締役や関係部署及び会計監査人に必要事項
           を確認し、監査計画の内容や執行状況、提示された報酬見積り額の根拠などが適切であるかを審議し、適
           切であると判断したためであります。
                                 60/153




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (4)【役員の報酬等】
         ①  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
           当社では、取締役の報酬に関する手続の公正性・透明性・客観性を強化し、当社コーポレート・ガバナンス
          の充実を図るため、任意の諮問機関として指名・報酬委員会を設置(社外取締役3名を含む5名の取締役で構
          成)しており、また、取締役の固定報酬の額等の決定方法について「役員報酬に関する内規」を定めておりま
          す。
           当社の役取締役の報酬等は、2021年6月29日開催の第16回定時株主総会において、取締役の年間報酬総額の
          上限を160,000千円と決議いただいております(決議日時点での取締役の員数は同定時株主総会で新たに選任
          された取締役を含め8名)。監査役の報酬等は、2021年6月29日開催の第16回定時株主総会において、年間報
          酬総額の上限を45,000千円と決議いただいております(決議日時点では監査役の員数は同定時株主総会で新た
          に選任された監査役を含め4名)。
           取締役の報酬等につきましては、「役員報酬に関する内規」に基づき、株主総会で決議された報酬限度額の
          範囲内で、その職責や貢献度、業務の遂行状況、他社水準等を参考に業務執行取締役が原案を作成して、報酬
          委員会の答申又は意見を踏まえたうえで取締役会にて決定しております。監査役の報酬につきましては、株主
          総会で決議された報酬限度額の範囲内で、監査役会にて協議を行い、決定しております。
         ②  役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                  報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる
                     報酬等の総額
             役員区分                                        役員の員数
                       (千円)            業績連動            左記のうち、
                             固定報酬            退職慰労金               (人)
                                    報酬           非金銭報酬等
          取締役
                        105,450      105,450                             4
                                       -      -       -
          (社外取締役を除く)
          監査役
                          -      -      -      -       -       -
          (社外監査役を除く)
                        40,350      40,350                            8
          社外役員                             -      -       -
         ③  役員ごとの報酬等の総額等

          報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
         ④  使用人兼務役員の使用人給与のうち重要なもの

          使用人兼務役員が存在しないため、記載しておりません。
                                 61/153










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (5)【株式の保有状況】
         ①   投資株式の区分の基準及び考え方
            当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式について、専ら株
           式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的として保有する株式を純投資目的であ
           る投資株式に、それ以外を純投資目的以外の目的である投資株式に区分しています。
         ②   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

          a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
            の内容
            当社は、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資すると判断した場合には、政策保有株式と
           して株式を保有します。取締役会は、保有先企業との取引状況や保有先企業の財務指標、株価、株価指標、
           配当等を確認するとともに政策保有株式の保有に伴う便益(事業上の関係等)やリスクが資本コストに見
           合っているか等を毎年検証し、保有の適否を判断します。
          b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                         銘柄数      貸借対照表計上額の
                         (銘柄)        合計額(千円)
                            3            692
           非上場株式
           非上場株式以外の株式                 -             -
            (最近事業年度において株式数が増加した銘柄)

            該当事項はありません。
            (最近事業年度において株式数が減少した銘柄)

            該当事項はありません。
          c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

            該当事項はありません。
         ③   保有目的が純投資目的である投資株式

          該当事項はありません。
         ④   最近事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

          該当事項はありません。
         ⑤   最近事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

          該当事項はありません。
                                 62/153








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5【経理の状況】
     1.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
      (2)当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣

        府令第64号)に基づいて作成しております。
      (3)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。)に基

        づいて作成しております。
     2.監査証明について

      (1)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(2020年4月1日から2021年3月
        31日まで)及び当連結会計年度(2021年4月1日から2022年3月31日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度
        (2020年4月1日から2021年3月31日まで)及び当事業年度(2021年4月1日から2022年3月31日まで)の財務諸
        表について、太陽有限責任監査法人により監査を受けております。
      (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2022年7月1日から

        2022年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2022年4月1日から2022年9月30日まで)に係る四半期連結
        財務諸表について、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、会計専門誌の定期購買並び
      に監査法人及び各種団体の主催する研修・セミナーへの積極的な参加を行っております。
                                 63/153












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       1,166,429              1,654,504
        現金及び預金
                                        393,288
        受取手形及び売掛金                                                -
                                                      723,120
        売掛金                                  -
                                         6,683              15,605
        商品
                                        23,820               9,327
        仕掛品
                                        52,616              70,812
        その他
                                       △ 20,791             △ 32,887
        貸倒引当金
                                       1,622,045              2,440,482
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        25,746              99,098
          建物及び構築物
                                         7,306              11,928
          車両運搬具
                                        33,722              49,807
          工具、器具及び備品
                                        19,202              19,202
          リース資産
                                       △ 59,825             △ 72,101
          減価償却累計額
                                        26,152              107,936
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                         4,107
          のれん                                               -
                                         1,700              5,042
          その他
                                         5,807              5,042
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                                     ※1  11,556
                                          692
          投資有価証券
                                        129,180              169,993
          敷金
                                        69,148              63,604
          繰延税金資産
                                        35,455              20,728
          その他
                                       △ 15,050                -
          貸倒引当金
                                        219,426              265,883
          投資その他の資産合計
                                        251,387              378,862
        固定資産合計
                                       1,873,432              2,819,344
       資産合計
                                 64/153









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        86,551              110,170
        買掛金
                                                     ※2  62,370
                                        22,500
        短期借入金
                                        39,204              28,788
        1年内返済予定の長期借入金
                                         5,851              5,598
        リース債務
                                        97,607              149,904
        未払金
                                        105,023              134,228
        未払費用
                                        205,868              322,268
        未払法人税等
                                        124,721               91,970
        未払消費税等
                                                      281,336
        契約負債                                  -
                                        284,495
        前受金                                                -
                                        30,500              15,000
        賞与引当金
                                        28,411              29,565
        その他
                                       1,030,733              1,231,200
        流動負債合計
       固定負債
                                        58,086              64,569
        長期借入金
                                         7,777              2,178
        リース債務
                                                       29,057
                                          -
        その他
                                        65,863              95,805
        固定負債合計
                                       1,096,597              1,327,006
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        100,000              115,000
        資本金
                                                       15,000
        資本剰余金                                  -
                                        659,907             1,354,597
        利益剰余金
                                        759,907             1,484,597
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         8,237              2,404
        為替換算調整勘定
                                         8,237              2,404
        その他の包括利益累計額合計
                                          200
       新株予約権
                                                         -
                                         8,489              5,336
       非支配株主持分
                                        776,835             1,492,338
       純資産合計
                                       1,873,432              2,819,344
     負債純資産合計
                                 65/153








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                              当第2四半期連結会計期間
                                (2022年9月30日)
     資産の部
       流動資産
                                       1,893,269
        現金及び預金
                                        680,870
        売掛金
                                        106,972
        その他
                                       △ 30,656
        貸倒引当金
                                       2,650,455
        流動資産合計
       固定資産
                                        134,942
        有形固定資産
                                         5,061
        無形固定資産
        投資その他の資産
                                        46,690
          繰延税金資産
                                        222,888
          その他
                                        269,578
          投資その他の資産合計
                                        409,582
        固定資産合計
                                       3,060,037
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                        86,308
        買掛金
                                        12,174
        短期借入金
                                        22,188
        1年内返済予定の長期借入金
                                        284,872
        契約負債
                                        263,290
        未払法人税等
                                        12,500
        賞与引当金
                                        399,559
        その他
                                       1,080,892
        流動負債合計
       固定負債
                                        15,275
        長期借入金
                                        32,306
        その他
                                        47,581
        固定負債合計
                                       1,128,473
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        115,000
        資本金
                                        15,000
        資本剰余金
                                       1,792,820
        利益剰余金
                                       1,922,820
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         2,714
        為替換算調整勘定
                                         2,714
        その他の包括利益累計額合計
                                         6,028
       非支配株主持分
                                       1,931,564
       純資産合計
                                       3,060,037
     負債純資産合計
                                 66/153






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
                                                   ※1  4,802,057
                                       3,768,667
     売上高
                                       1,139,749              1,304,459
     売上原価
                                       2,628,918              3,497,597
     売上総利益
                                   ※2 ,※3  1,829,867           ※2 ,※3  2,442,920
     販売費及び一般管理費
                                        799,050             1,054,676
     営業利益
     営業外収益
                                          132              160
       受取利息及び受取配当金
                                         1,591              6,594
       解約金収入
                                         3,407              2,392
       受取手数料
                                         2,779              1,642
       消費税差額
                                         1,127               432
       その他
                                         9,038              11,221
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         2,597              2,151
       支払利息
                                                       3,649
       為替差損                                    -
                                         1,133               611
       固定資産除却損
                                           5              5
       その他
                                         3,736              6,418
       営業外費用合計
                                        804,352             1,059,480
     経常利益
     特別損失
                                                      ※4  613
                                          -
       関係会社株式売却損
                                                        613
       特別損失合計                                    -
                                        804,352             1,058,867
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   204,673              364,985
                                                       5,623
                                       △ 31,174
     法人税等調整額
                                        173,498              370,608
     法人税等合計
                                        630,853              688,258
     当期純利益
                                         1,503              1,988
     非支配株主に帰属する当期純利益
                                        629,350              686,269
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                 67/153









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
                                        630,853              688,258
     当期純利益
     その他の包括利益
                                          768
                                                      △ 5,833
       為替換算調整勘定
                                          768
       その他の包括利益合計                                               △ 5,833
                                        631,621              682,424
     包括利益
     (内訳)
                                        630,118              680,435
       親会社株主に係る包括利益
                                         1,503              1,988
       非支配株主に係る包括利益
                                 68/153
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
          【四半期連結損益計算書】
           【第2四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2022年4月1日
                                至 2022年9月30日)
                                       2,916,323
     売上高
                                        769,325
     売上原価
                                       2,146,998
     売上総利益
                                      ※ 1,451,034
     販売費及び一般管理費
                                        695,964
     営業利益
     営業外収益
                                          113
       受取利息及び配当金
                                         2,412
       解約金収入
                                         1,869
       受取手数料
                                          426
       その他
                                         4,821
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         1,265
       支払利息
                                           2
       その他
                                         1,268
       営業外費用合計
                                        699,518
     経常利益
     特別利益
                                         2,394
       固定資産売却益
                                         3,174
       子会社清算益
                                         5,568
       特別利益合計
     特別損失
                                         2,690
       子会社清算損
                                         2,690
       特別損失合計
                                        702,396
     税金等調整前四半期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   246,566
                                        16,914
     法人税等調整額
                                        263,480
     法人税等合計
                                        438,915
     四半期純利益
                                          692
     非支配株主に帰属する四半期純利益
                                        438,222
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 69/153









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【四半期連結包括利益計算書】
           【第2四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2022年4月1日
                                至 2022年9月30日)
                                        438,915
     四半期純利益
     その他の包括利益
                                          310
       為替換算調整勘定
                                          310
       その他の包括利益合計
                                        439,225
     四半期包括利益
     (内訳)
                                        438,533
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                          692
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 70/153
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                          (単位:千円)
                                  株主資本
                         資本金     資本剰余金      利益剰余金      株主資本合計
     当期首残高                     100,000        -     30,556     130,556
     当期変動額
      新株の発行
                            -      -            -
      親会社株主に帰属する当期純利益                                 629,350      629,350
      連結除外に伴う利益剰余金の増加額                                   -      -
      株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
     当期変動額合計                       -      -    629,350      629,350
     当期末残高                     100,000        -    659,907      759,907
                         その他の包括利益累計額

                                           非支配株主
                                     新株予約権            純資産合計
                                            持分
                         為替換算     その他の包括
                         調整勘定     利益累計額合計
     当期首残高                      7,469      7,469       200     6,986     145,213
     当期変動額
      新株の発行                                               -
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                                   629,350
      連結除外に伴う利益剰余金の増加額                                               -
      株主資本以外の項目の当期変動額(純額)                      768      768       -     1,503      2,271
     当期変動額合計
                            768      768       -     1,503     631,621
     当期末残高                      8,237      8,237       200     8,489     776,835
                                 71/153










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                          (単位:千円)
                                  株主資本
                         資本金     資本剰余金      利益剰余金      株主資本合計
     当期首残高                     100,000        -    659,907      759,907
     当期変動額
      新株の発行                     15,000      15,000            30,000
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                       686,269      686,269
      連結除外に伴う利益剰余金の増加額                                  8,420      8,420
      株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                           15,000      15,000      694,690      724,690
     当期末残高                     115,000       15,000     1,354,597      1,484,597
                         その他の包括利益累計額

                                           非支配株主
                                     新株予約権            純資産合計
                                            持分
                         為替換算     その他の包括
                         調整勘定     利益累計額合計
     当期首残高
                           8,237      8,237       200     8,489     776,835
     当期変動額
      新株の発行                                             30,000
      親会社株主に帰属する当期純利益                                             686,269
      連結除外に伴う利益剰余金の増加額
                                                    8,420
      株主資本以外の項目の当期変動額(純額)                    △ 5,833     △ 5,833      △ 200    △ 3,153     △ 9,187
     当期変動額合計                     △ 5,833     △ 5,833      △ 200    △ 3,153     715,503
     当期末残高                      2,404      2,404       -     5,336    1,492,338
                                 72/153










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        804,352             1,058,867
       税金等調整前当期純利益
                                        12,599              37,302
       減価償却費
                                         2,009              1,275
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 10,019              △ 2,954
                                        30,500
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                               △ 15,500
       受取利息及び受取配当金                                  △ 132             △ 160
                                         2,597              2,151
       支払利息
                                        19,807
       売上債権の増減額(△は増加)                                              △ 343,154
                                                       5,597
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 3,561
                                        18,551              23,620
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                                      281,336
       契約負債の増減額(△は減少)                                    -
                                        112,478
       前受金の増減額(△は減少)                                              △ 273,621
                                        72,035              124,753
       その他
                                       1,061,218               899,514
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   131              159
       利息の支払額                                 △ 2,576             △ 2,207
                                        △ 2,748            △ 273,692
       法人税等の支払額
                                       1,056,024               623,774
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 16,651             △ 110,411
       無形固定資産の取得による支出                                    -            △ 4,891
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却による
                                                    ※2  △ 4,616
                                          -
       支出
       敷金及び保証金の差入による支出                                 △ 78,933             △ 93,212
                                          105             35,501
       敷金及び保証金の回収による収入
                                        28,733
       貸付金の回収による収入                                                  -
                                        △ 1,430             △ 1,430
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 68,176             △ 179,061
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        10,969              39,870
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                                       50,000
       長期借入れによる収入                                    -
       長期借入金の返済による支出                                 △ 80,110             △ 53,933
                                                       29,800
       株式の発行による収入                                    -
                                        △ 5,949             △ 5,851
       リース債務の返済による支出
                                                       59,885
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 75,090
                                          439             1,479
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        913,196              506,078
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        238,231             1,151,428
     現金及び現金同等物の期首残高
     連結除外に伴う現金及び現金同等物の減少額                                     -           △ 18,003
                                     ※1  1,151,428            ※1  1,639,503
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 73/153






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                    (単位:千円)
                              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2022年4月1日
                                至 2022年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        702,396
       税金等調整前四半期純利益
                                        22,061
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 2,231
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 2,500
       固定資産売却益                                 △ 2,394
       子会社清算益                                 △ 3,174
                                         2,690
       子会社清算損
       受取利息及び受取配当金                                  △ 113
                                         1,265
       支払利息
                                        42,250
       売上債権の増減額(△は増加)
                                          992
       棚卸資産の増減額(△は増加)
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 23,860
                                         3,536
       契約負債の増減額(△は減少)
                                        △ 9,225
       その他
                                        731,692
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   113
       利息の支払額                                 △ 1,203
                                       △ 297,026
       法人税等の支払額
                                        433,576
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        15,001
       定期預金の払戻による収入
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 47,049
       無形固定資産の取得による支出                                  △ 909
                                         4,469
       子会社の清算による収入
       敷金及び保証金の差入による支出                                 △ 45,887
                                         4,337
       敷金及び保証金の回収による収入
                                        △ 1,430
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 71,467
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 50,196
       長期借入金の返済による支出                                 △ 55,894
                                        △ 2,925
       リース債務の返済による支出
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 109,015
                                          673
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        253,766
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                       1,639,503
     現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※ 1,893,269
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 74/153







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
         1.連結の範囲に関する事項
          (1)連結子会社の数 6社
            主要な連結子会社の名称
             Matice    International       Limited
             智樹(大連)技術開発有限公司
             株式会社GENOVAマーケティング
             株式会社GREP
             株式会社GENOVA        DESiGN
             株式会社TORINO
          (2)主要な非連結子会社の名称等

            株式会社NOMOCaは、当連結会計年度において清算手続中であるため、連結の範囲から除外しておりま
            す。
         2.持分法の適用に関する事項

            持分法を適用しない非連結子会社の名称
            株式会社NOMOCaは小規模会社であり、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持
            分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼさないため、連結の範囲から除外してお
            ります。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項

            連結子会社のうち、智樹(大連)技術開発有限公司及びMatice                            International       Limitedの決算日は12月31
            日であります。これら2社につきましては、連結決算日(3月31日)において仮決算を実施したうえで連
            結しております。
         4.会計方針に関する事項

          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           イ 有価証券
              その他有価証券
              時価のないもの
               移動平均法による原価法を採用しております。
           ロ 棚卸資産
             ① 商品
               先入先出法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)を採用しておりま
               す。
             ② 仕掛品

               個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)を採用しております。
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

           イ 有形固定資産(リース資産を除く)
             定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降取得した建物附属設備については定額法を
            採用しております。
             なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物及び構築物   8~15年
              工具、器具及び備品 4~10年
              車両運搬具     3~4年
           ロ 無形固定資産(リース資産を除く)
             定額法を採用しております。
             なお、自社利用目的のソフトウエアについては、自社における利用可能期間(5年)に基づいており
            ます。
           ハ リース資産
             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
                                 75/153


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          (3)重要な引当金の計上基準

           イ 貸倒引当金
             債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定
            の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
           ロ 賞与引当金
             従業員の賞与支給に備えるため、支給見込額に基づき当連結会計年度負担額を計上しております。
          (4)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

            外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理し
           ております。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収
           益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非
           支配株主持分に含めております。
          (5)のれんの償却方法及び償却期間

            のれんの償却については、5年間の定額法により償却を行っております。
          (6)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
           クしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          (7)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

            消費税等の会計処理
             税抜方式を採用しております。
         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

         1.連結の範囲に関する事項
          (1)連結子会社の数 3社
            主要な連結子会社の名称
             智樹(大連)技術開発有限公司
             株式会社GENOVAマーケティング
             株式会社GENOVA        DESiGN
             株式会社TORINOにつきましては、当連結会計年度において株式を売却したため、連結の範囲から除外
             しております。
          (2)主要な非連結子会社の名称等

            前連結会計年度において連結子会社でありました株式会社GREP、Matice                                 International       Limitedは当連
            結会計年度において清算手続中であるため連結から除外しております。株式会社NOMOCaは、当連結会計
            年度において清算が結了しております。
         2.持分法の適用に関する事項

            持分法を適用しない非連結子会社の名称
            株式会社GREP、Matice           International       Limitedは小規模会社であり、総資産、売上高、当期純損益(持分
            に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼさないた
            め、連結の範囲から除外しております。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項

            連結子会社のうち、智樹(大連)技術開発有限公司の決算日は12月31日であり、連結決算日(3月31日)に
            おいて仮決算を実施したうえで連結しております。
                                 76/153




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         4.会計方針に関する事項
          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           イ 有価証券
              その他有価証券
              市場価格のない株式等
               移動平均法による原価法を採用しております。
           ロ 棚卸資産

             ① 商品
               先入先出法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)を採用しておりま
               す。
             ② 仕掛品

               個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)を採用しております。
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

           イ 有形固定資産(リース資産を除く)
             定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降取得した建物附属設備については定額法を
            採用しております。
             なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物及び構築物   5~15年
              工具、器具及び備品 2~15年
              車両運搬具     2~4年
           ロ 無形固定資産(リース資産を除く)
             定額法を採用しております。
             なお、自社利用目的のソフトウエアについては、自社における利用可能期間(5年)に基づいており
            ます。
           ハ リース資産
             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          (3)重要な引当金の計上基準

           イ 貸倒引当金
             債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定
            の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
           ロ 賞与引当金
             従業員の賞与支給に備えるため、支給見込額に基づき当連結会計年度負担額を計上しております。
          (4)重要な収益及び費用の計上基準

             当社及び連結子会社の顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業における主な履行義務の内容
            及び当該履行義務を充足する通常の時点(収益を認識する通常の時点)は以下のとおりであります。
            ①商品の販売

             商品の販売には、医療記事の制作や自動精算機等の販売が含まれます。原則として商品の引渡時点に
            て顧客が当該商品に対する支配を獲得することにより、履行義務が充足されると判断し、通常は引渡時
            点で収益を認識しております。
             なお、商品の販売から生じる収益について、取引価格は顧客との契約に基づき算定しております。
            商品の販売に対する対価は、商品の引渡時点で収益を認識しており、重要な金融要素は含んでおりませ
            ん。
            ②サービスの提供

             サービスの提供には、サーバーの運用・管理・保守サービスが含まれます。
            このようなサービスの提供については、履行義務が一定の期間において充足される場合には、履行義務
            が提供される期間にわたって収益を認識しております。
            取引価格は顧客との契約に基づき算定しております。また、サービスの提供に対する対価は、契約にお
            ける履行義務を充足するにつれて、一定の期間にわたり収益を認識しております。
                                 77/153


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
            外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理し
           ております。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収
           益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非
           支配株主持分に含めております。
          (6)のれんの償却方法及び償却期間

            のれんの償却については、5年間の定額法により償却を行っております。
          (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
           クしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
         (重要な会計上の見積り)

          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
            会計上の見積りにより当連結会計年度の連結財務諸表にその額を計上した項目であって、翌連結会計年度

           の連結財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性があるものは、次のとおりであります。
           1.貸倒引当金

           (1)  当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                (千円)
                           当連結会計年度
              貸倒引当金(流動)                △20,791
              貸倒引当金(固定)                △15,050
           (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

           ①  算出方法

            貸倒引当金の算出方法は、「注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」の「4.会
           計方針に関する事項」「(3)重要な引当金の計上基準」に記載しております。
           ②  主要な仮定

            一般債権については貸倒実績率により貸倒引当金を計上しており、貸倒実績率は売掛金の経過月数と過去
           の貸倒実績をもとに計算しております。これは、将来の貸倒損失は過去の貸倒実績に近似するという仮定に
           基づいております。
            貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           ③翌連結会計年度の財務諸表に与える影響

            経済環境や取引先の経営環境の急激な悪化などに起因し、貸倒実績率を超える債権の貸し倒れや回収遅延
           が生じた場合、翌連結会計年度の貸倒引当金の計上金額に影響を及ぼす可能性があります。
                                 78/153







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
            会計上の見積りにより当連結会計年度の連結財務諸表にその額を計上した項目であって、翌連結会計年度

           の連結財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性があるものは、次のとおりであります。
           1.貸倒引当金

           (1)  当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                        (千円)
                           前連結会計年度         当連結会計年度
              貸倒引当金(流動)                △20,791         △32,887
              貸倒引当金(固定)                △15,050            -
           (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

           ①  算出方法

            貸倒引当金の算出方法は、「注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」の「4.会
           計方針に関する事項」「(3)重要な引当金の計上基準」に記載しております。
           ②  主要な仮定

            一般債権については貸倒実績率により貸倒引当金を計上しており、貸倒実績率は売掛金の経過月数と過去
           の貸倒実績をもとに計算しております。これは、将来の貸倒損失は過去の貸倒実績に近似するという仮定に
           基づいております。
            貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           ③翌連結会計年度の財務諸表に与える影響

            経済環境や取引先の経営環境の急激な悪化などに起因し、貸倒実績率を超える債権の貸し倒れや回収遅延
           が生じた場合、翌連結会計年度の貸倒引当金の計上金額に影響を及ぼす可能性があります。
                                 79/153











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (会計方針の変更)
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

          (収益認識に関する会計基準等の適用)
           「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          2021年3月26日。以下「収益認識会計基準」とい
          う。)及び「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                       2020年3月31日)を適
          用しており、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交換に受け取る
          と見込まれる金額で収益を認識しております。
           収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従っ
          ており、当連結会計年度の期首より前に新たな会計基準を遡及適用した場合の累積的影響額を、当連結会計年
          度の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用する方法を採用しておりますが、結
          果として、当連結会計年度の利益剰余金の期首残高に変動はありません。
           従来の基準と比較した場合の当連結会計年度の損益への影響はありません。
           収益認識会計基準等を適用したため、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」に表示して
          いた「売掛金及び受取手形」は、当連結会計年度より「売掛金」と表示することとしました。また、前連結会
          計年度の連結貸借対照表において、「流動負債」に表示していた「前受金」は、当連結会計年度より「契約負
          債」に含めて表示することとしました。なお、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従っ
          て、前連結会計年度に係る「収益認識関係」注記については記載しておりません。
          (時価の算定に関する会計基準等の適用)

           「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                           2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
          う。)等を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」
          (企業会計基準第10号           2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等
          が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することといたしました。なお、この適用による連結財務諸
          表に与える影響はありません。
           また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注記を行う
          ことといたしました。ただし、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19
          号 2019年7月4日)第7-4項に定める経過的な取扱いに従って当該注記のうち前連結会計年度に係るもの
          については記載しておりません。
                                 80/153










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (未適用の会計基準等)
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       (収益認識に関する会計基準等)
       ・「収益認識に関する会計基準」
        (企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
       ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」
        (企業会計基準適用指針第30号 2021年3月26日 企業会計基準委員会)
       1.概要

         国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会
        計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいて
        はTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12月15
        日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括
        的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
         企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合
        性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出
        発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場
        合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
       2.適用予定日

        2022年3月期の期首から適用します。
       3.当該会計基準等の適用による影響

       「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響はありません。
       (時価の算定に関する会計基準等)

       ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
       ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日公表分 企業会計
        基準委員会)
       ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
       ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
       ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計基準
        委員会)
       1.概要

         国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同じ内容の
        詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国会計基準においては
        Accounting      Standards     CodificationのTopic          820「公正価値測定」)を定めている状況を踏まえ、企業会計基準委
        員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関して、日本基準を国際的な会計基準との整合
        性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」等が公表されたものです。
         企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な算定方
        法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、IFRS第13号の定め
        を基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮し、財務諸表間の比
        較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定めることとされております。
       2.適用予定日

        2022年3月期の期首から適用します。
       3.当該会計基準等の適用による影響

       「時価の算定に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響はありません。
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

           該当事項はありません。
                                 81/153



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (追加情報)
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
           新型コロナウイルス感染症の拡大は経済や企業活動に広範な影響を与える事象であり、その収束時期や影響
          の程度を合理的に予測することは困難ではあるものの、現時点で入手可能な情報に基づき、想定しておりま
          す。
           また、貸倒引当金等の計上、固定資産の減損、繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積りについては当
          該仮定に基づき会計上の見積りを行っております。
           なお、この仮定は不確実性が高く、収束が遅延し、影響が長期化した場合には将来において損失が発生する
          可能性があります。
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

           新型コロナウイルス感染症の拡大は経済や企業活動に広範な影響を与える事象であり、その収束時期や影響
          の程度を合理的に予測することは困難ではあるものの、現時点で入手可能な情報に基づき、少なくとも2023年
          3月期までの1年間はその影響が継続し、2024年3月期以降はその影響は限定的であると想定しております。
          また、貸倒引当金等の計上、固定資産の減損、繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積りについては当該
          仮定に基づき会計上の見積りを行っております。
           なお、この仮定は不確実性が高く、収束が遅延し、影響が長期化した場合には将来において損失が発生する
          可能性があります。
         (連結貸借対照表関係)

          ※1 非連結子会社に対するものは、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
    投資有価証券(株式)                                  -千円               10,864千円

          ※2 当社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行2行と当座貸越契約を締結しておりま

            す。連結会計年度末における当座貸越契約に係る借入金未実行残高は次の通りであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
    当座貸越極度額                                  -千円               400,000千円

    借入実行残高                                  -                 -
             差引額                          -               400,000
                                 82/153









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結損益計算書関係)
          ※1 顧客との契約から生じる収益
            売上高については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分して記載しておりません。顧
           客との契約から生じる収益の金額は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係)1.顧客との契約から生じ
           る収益を分解した情報」に記載しております。
          ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                              至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     給料及び手当                               801,805千円                1,006,962千円
     貸倒引当金繰入額                               △10,019                   8,975
     賞与引当金繰入額                                26,290                  9,057
          ※3 一般管理費に含まれる研究開発費の総額

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                              至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
                                     46,391千円                 33,655千円
          ※4 関係会社株式売却損の内容は次のとおりであります。

             当連結会計年度において、当社の連結子会社であった株式会社TORINOの全株式を譲渡したこと伴い発生
            した売却損であります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                              至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     株式会社TORINO株式売却                                  -千円                 613千円
         (連結包括利益計算書関係)

          ※ その他の包括利益に係る組替調整額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     為替換算調整額
      当期発生額                                768千円               △5,833千円
     その他の包括利益合計
                                      768               △5,833
                                 83/153








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                       当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                       首株式数(株)         加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     普通株式                        7,890           -         -        7,890

             合計                7,890           -         -        7,890

           2.自己株式の種類及び株式数に関する事項

            該当事項はありません。
           3.新株予約権等に関する事項

                                 新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                             当連結会計
       区分       新株予約権の内訳           目的となる株                             年度末残高
                               当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                          式の種類                             (千円)
                                年度期首      年度増加      年度減少      年度末
            2012年ストック・オプション
     提出会社                        -       -       -       -       -       200
           としての第1回新株予約権
            2018年ストック・オプション
     提出会社                        -       -       -       -       -        -
           としての第3回新株予約権
            2020年ストック・オプション
     提出会社                        -       -       -       -       -        -
           としての第5回新株予約権
              合計               -       -       -       -       -       200
           4.配当に関する事項

            該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

           1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                       当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                       首株式数(株)         加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     普通株式                        7,890         73,010           -       80,900

             合計                7,890         73,010           -       80,900

           (変動事由の概要)
           株式分割による増加    71,010株
           新株予約権行使による増加               2,000株
           2.自己株式の種類及び株式数に関する事項

            該当事項はありません。
           3.新株予約権等に関する事項

                                 新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                             当連結会計
       区分       新株予約権の内訳           目的となる株                             年度末残高
                               当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                          式の種類                             (千円)
                                年度期首      年度増加      年度減少      年度末
            2018年ストック・オプション
     提出会社                        -       -       -       -       -        -
           としての第3回新株予約権
            2020年ストック・オプション
     提出会社                        -       -       -       -       -        -
           としての第5回新株予約権
              合計               -       -       -       -       -        -
                                 84/153



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           4.配当に関する事項
            該当事項はありません。
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     現金及び預金勘定                              1,166,429千円                 1,654,504千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                               △15,001                 △15,001
     現金及び現金同等物                              1,151,428                 1,639,503
          ※2 当連結会計年度に株式の売却により連結子会社でなくなった会社の資産及び負債の主な内訳

          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

           株式の売却により連結子会社でなくなったことに伴う売却時の資産及び負債の内訳並びに株式の売却価額と
          売却による支出との関係は次のとおりであります。
          株式会社TORINO

          流動資産                     31,050千円
          固定資産                      434千円
          流動負債                    △23,854千円
          固定負債                      △16千円
          株式売却損                     △613千円
          売却価額                     7,000千円
          (株)TORINOの現金及び現金同等物                    △11,616千円
          差引:売却による支出                    △4,616千円
                                 85/153











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (リース取引関係)
         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
         1.ファイナンス・リース取引
          (借主側)
          所有権移転外ファイナンス・リース取引
          ① リース資産の内容
           (イ)有形固定資産
              主として社内において使用しているPC(工具、器具及び備品)であります。
           (ロ)無形固定資産
              主として本社における会計システム等のソフトウエアであります。
          ② リース資産の減価償却の方法

           連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4                         会計方針に関する事項           (2)  重要な減価償却資産の
           減価償却の方法」に記載のとおりであります。
         2.オペレーティング・リース取引

           重要性が乏しいため、注記を省略しております。
         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

         1.ファイナンス・リース取引
          (借主側)
          所有権移転外ファイナンス・リース取引
          ① リース資産の内容
           (イ)有形固定資産
              主として社内において使用しているPC(工具、器具及び備品)であります。
           (ロ)無形固定資産
              主として本社における会計システム等のソフトウエアであります。
          ② リース資産の減価償却の方法

           連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4                         会計方針に関する事項           (2)  重要な減価償却資産の
           減価償却の方法」に記載のとおりであります。
         2.オペレーティング・リース取引

           重要性が乏しいため、注記を省略しております。
                                 86/153









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (金融商品関係)
         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
         1.金融商品の状況に関する事項

         (1)金融商品に対する取組方針
            当社グループは、事業を行うための資金計画に照らして、必要な資金(主に銀行借入)を調達しておりま
           す。一時的な余資は安全性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入により調達してお
           ります。デリバティブ取引は行わない方針であります。
         (2)金融商品の内容及びそのリスク

            営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客及び取引先の信用リスクに晒されております。当該リスクに
           関しては、相手先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、回収遅延債権について定期的な報告を求
           め、回収懸念の早期把握によりリスク軽減を図っております。
            敷金は、主に事務所の賃貸借契約に伴うものであり、預託先の信用リスクに晒されております。営業債務
           である買掛金、未払金は、ほとんど1年以内の支払期日であります。短期借入金、長期借入金及びリース債
           務は、運転資金及び設備投資に必要な資金調達を目的としたものであります。そのうち一部は資金調達に係
           る金利リスク及び流動性リスクに晒されております。
         (3)金融商品に係るリスク管理体制

           ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
            当社グループは、債権管理規程に従い、営業債権について、財務経理部が主要な取引先の状況を定期的に
           モニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の
           早期把握や軽減を図っております。当期の連結貸借対照表日現在における最大信用リスク額は、信用リスク
           に晒される金融資産の連結貸借対照表価額により表されています。
           ②  市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
           当社グループは、借入金利の変動リスクについて、定期的に市場金利の状況、金融情勢及び借入金残高を
          勘案することにより管理しております。
           ③  資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
            当社グループは、各部署からの報告に基づき財務経理部が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、
           手許流動性の維持などにより流動性リスクを管理しております。
         (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

            金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が
           含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用す
           ることにより、当該価額が変動することもあります。
                                 87/153









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         2.金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
           ることが極めて困難と認められるものは、次表には含まれておりません((注)2.参照)。
                         連結貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                            (千円)
      (1)現金及び預金                         1,166,429            1,166,429               -

      (2)受取手形及び売掛金                          393,288

                               △20,791
        貸倒引当金(*1)
                                372,496            372,496              -

      (3)敷金
                                129,180            129,118             △61
       資産計                        1,668,106            1,668,044              △61

      (1)買掛金                           86,551            86,551              -

      (2)短期借入金                           22,500            22,500              -
      (3)未払金                           97,607            97,607              -

      (4)未払法人税等                          205,868            205,868              -

      (5)未払消費税等                          124,721            124,721              -

      (6)長期借入金(*2)                           97,290            98,637            1,347

      (7)リース債務(*2)                           13,629            13,267            △361
       負債計                         648,168            649,154              985

     (*1)受取手形及び売掛金に計上している貸倒引当金を控除しております。
     (*2)長期借入金及びリース債務は、1年以内に期限の到来する金額を含めております。
     (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

     資  産
     (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
      これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっております。
     (3)敷金

      敷金の時価については、契約ごとに契約終了時期を合理的に算定し、その期間および信用リスクを加味した利率によ
     り割り引いた現在価値を算定しております。
     負  債

     (1)  買掛金、(2)      短期借入金、(3)        未払金、(4)      未払法人税等、(5)         未払消費税等
      これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
     おります。
     (6)  長期借入金、(7)        リース債務

      これらの時価は、借入またはリース取引を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定しておりま
     す。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

               区分       当連結会計年度(千円)
             非上場株式              692
            これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上記表に
           は含めておりません。
                                 88/153



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                     1,166,429             -         -         -

      受取手形及び売掛金                      393,288            -         -         -
      敷金                      56,749         12,068         77,992           -
             合計              1,616,466           12,068         77,992           -

         4.短期借入金、長期借入金、リース債務の連結決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                    5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                    (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      短期借入金              22,500         -       -       -       -       -

      長期借入金              39,204       14,976       10,610        6,000       6,000       20,500
                                           ―       ―       ―
      リース債務               5,851       5,598       2,178
          合計          67,555       20,574       12,788        6,000       6,000       20,500

                                 89/153














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
         1.金融商品の状況に関する事項

         (1)金融商品に対する取組方針
            当社グループは、事業を行うための資金計画に照らして、必要な資金(主に銀行借入)を調達しておりま
           す。一時的な余資は安全性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入により調達してお
           ります。デリバティブ取引は行わない方針であります。
         (2)金融商品の内容及びそのリスク

            営業債権である売掛金は、顧客及び取引先の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては、相
           手先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、回収遅延債権について定期的な報告を求め、回収懸念の
           早期把握によりリスク軽減を図っております。敷金は、主に事務所の賃貸借契約に伴うものであり、預託先
           の信用リスクに晒されております。営業債務である買掛金、未払金は、ほとんど1年以内の支払期日であり
           ます。
            短期借入金、長期借入金及びリース債務は、運転資金及び設備投資に必要な資金調達を目的としたもので
           あります。そのうち一部は資金調達に係る金利リスク及び流動性リスクに晒されております。
         (3)金融商品に係るリスク管理体制

           ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
            当社グループは、債権管理規程に従い、営業債権について、財務経理部が主要な取引先の状況を定期的に
           モニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の
           早期把握や軽減を図っております。当期の連結貸借対照表日現在における最大信用リスク額は、信用リスク
           に晒される金融資産の連結貸借対照表価額により表されています。
           ②  市場リスク(為替や金利などの変動リスク)の管理
           当社グループは、借入金利の変動リスクについて、定期的に市場金利の状況、金融情勢及び借入金残高を
          勘案することにより管理しております。
           ③  資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
            当社グループは、各部署からの報告に基づき財務経理部が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、
           手許流動性の維持などにより流動性リスクを管理しております。
         (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

            金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
           り、当該価額が変動することもあります。
         2.金融商品の時価等に関する事項

            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                         連結貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                            (千円)
      (1)敷金                          169,993            171,171             1,177
       資産計                         169,993            171,171             1,177

      (2)長期借入金(*3)                           93,357            96,137            2,780

      (3)リース債務(*3)                           7,777            7,648            △129
       負債計                         101,134            103,785             2,650

     (*1)「現金及び預金」「売掛金」「買掛金」「短期借入金」「未払金」「未払消費税等」「未払法人税等」について
        は、現金であること、及び短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似するものであることから、記載を省略し
        ております。
     (*2)市場価格のない株式等の連結貸借対照表計上額は以下のとおりであります。

               区分       当連結会計年度(千円)
             非上場株式             11,556
     (*3)長期借入金およびリース債務は、1年以内に期限の到来する金額を含めております。
                                 90/153


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (注)1.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                     1,654,504             -         -         -

      売掛金                      723,120            -         -         -
      敷金                       3,607        187,571            -         -
             合計              2,381,233          187,571            -         -

         (注)2.短期借入金、長期借入金、リース債務の連結決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                    5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                    (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      短期借入金              62,370         -       -       -       -       -

      長期借入金              28,788       25,128       12,941        6,000       6,000       14,500
      リース債務               5,598       2,178         -       -       -       -
          合計          96,756       27,306       12,941        6,000       6,000       14,500

     3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

     金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベルに分類してお
     ります。
     レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価の算定の対
              象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
     レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定に係るイン
              プットを用いて算定した時価
     レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
               時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットが
              それぞれ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しており
              ます。
     (1)   時価で連結貸借対照表に計上している金融商品

      該当事項はありません。
     (2)   時価で連結貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品

                                  時価(千円)
          区分
                    レベル1          レベル2          レベル3           合計
                        -                    -
      敷金                           171,171                    171,171
                        -                    -
       資産計                          171,171                    171,171
                        -                    -
      長期借入金                           96,137                    96,137
                        -                    -
      リース債務                            7,648                    7,648
                        -                    -
       負債計                          103,785                    103,785
     (注)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明

     敷金

      敷金の時価については、返還時期を見積もったうえ、将来キャッシュ・フローを国債の利回りで割り引いた現在価値
     により算出しており、レベル2の時価に分類しております。
                                 91/153



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     長期借入金
      長期借入金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利が反映されるため、時価は帳簿価格と近似しているこ
     とから、当該帳簿価格によっており、レベル2の時価に分類しております。また、固定金利によるものは、元利金の合
     計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割引いた現在価値により算定しており、レベル2の時価に分類
     しております。なお、連結貸借対照表に計上しております短期借入金のうち、1年以内返済予定の長期借入金に該当す
     るものは、当該項目に含めて記載しております。
     リース債務

      リース債務の時価は、元利金の合計額と、当該債務の残存期間及び信用リスクを加味した利率を基に、割引現在価値
     法により算定しており、レベル2の時価に分類しております。
         (有価証券関係)

         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
          1.その他有価証券
            重要性が乏しいため、記載を省略しております。
          2.売却したその他有価証券

            該当事項はありません。
          3.減損処理を行った有価証券

            該当事項はありません。
         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

          1.その他有価証券

            重要性が乏しいため、記載を省略しております。
          2.売却したその他有価証券

            該当事項はありません。
          3.減損処理を行った有価証券

            該当事項はありません。
                                 92/153










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (ストック・オプション等関係)
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
             該当事項はありません。
           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                   第1回ストック・オプション              第3回ストック・オプション              第5回ストック・オプション
                                 当社取締役      2名
                   当社代表取締役社長          1名                  当社取締役      4名
      付与対象者の区分及び人数
                                 当社従業員      115名
      株式の種類別のストック・
                   普通株式     400,000株         普通株式     1,168,000株         普通株式     240,000株
      オプションの数(注)
      付与日              2012年8月20日              2018年1月5日              2020年10月16日
                   権利確定条件は付されてお              権利確定条件は付されてお              権利確定条件は付されてお
      権利確定条件
                   りません。              りません。              りません。
      対象勤務期間              期間の定めはありません。              期間の定めはありません。              期間の定めはありません。
                   自  2012年8月21日            自  2019年11月30日            自  2022年7月1日
      権利行使期間
                   至  2022年6月30日            至  2027年11月29日            至  2030年6月25日
    (注) 株式数に換算して記載しております。なお、2021年6月10日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を
        行っており、2022年8月19日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っているため、当該株式分割に
        よる調整後の株式数を記載しております。
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

              当連結会計年度(2021年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オ
             プションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                   第1回ストック・オプション              第3回ストック・オプション              第5回ストック・オプション
      権利確定前          (株)
       前連結会計年度末                        -              -              -
       付与                        -              -           240,000
       失効                        -              -              -
       権利確定                        -              -              -
       未確定残                        -              -           240,000
      権利確定後          (株)
       前連結会計年度末                     400,000              762,000                -
       権利確定                        -              -              -
       権利行使                        -              -              -
       失効                        -              -              -
       未行使残                     400,000              762,000                -
    (注)株式数に換算して記載しております。なお、2021年6月10日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っ
        ており、2022年8月19日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っているため、当該株式分割による
        調整後の株式数を記載しております。
                                 93/153




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ② 単価情報
                                        第3回
                            第1回                        第5回
                         ストック・オプション            ストック・オプション            ストック・オプション
     権利行使価格               (円)             74.5             125            125
     行使時平均株価               (円)              -            -            -
     付与日における公正な評価単価               (円)              -            -            -
    (注)2021年6月10日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っており、2022年8月19日付で普通株式1株に
        つき200株の割合で株式分割を行っているため、当該株式分割による調整後の価格を記載しております。
           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

             ストック・オプション付与日時点において、当社株式は未公開株式であるため、ストック・オプション
            の公正な評価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積りによっております。また、単位当たりの
            本源的価値を算定する基礎となる当社株式の評価方法は、ディスカウント・キャッシュ・フロー法及び類
            似会社比較法により算出した価格を総合的に勘案して決定しております。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

             基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採
            用しております。
           5.ストック・オプションの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値の合

             計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価
             値の合計額
           (1)  当連結会計年度末における本源的価値の合計額

             ―千円
           (2)  当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計

             額
             ―千円
                                 94/153











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
             該当事項はありません。
           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                       第1回ストック・オ          第3回ストック・オ          第5回ストック・オ
                         プション          プション          プション
                                 当社取締役      2名
                       当社代表取締役社長
            付与対象者の区分及
                                           当社取締役      4名
            び人数                    当社従業員      115名
                       1名
            株式の種類別のス
                         普通株式          普通株式          普通株式
            トック・オプション
                         400,000株          1,168,000株           240,000株
            の数(注)
            付与日          2012年8月20日          2018年1月5日          2020年10月16日
                       権利確定条件は付さ          権利確定条件は付さ          権利確定条件は付さ
            権利確定条件
                       れておりません。          れておりません。          れておりません。
                       期間の定めはありま          期間の定めはありま          期間の定めはありま
            対象勤務期間
                       せん。          せん。          せん。
                       自  2012年8月21日         自  2019年11月30日         自  2022年7月1日
            権利行使期間
                       至  2022年6月30日         至  2027年11月29日         至  2030年6月25日
    (注) 株式数に換算して記載しております。なお、2021年6月10日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を
        行っており、2022年8月19日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っているため、当該株式分割に
        よる調整後の株式数を記載しております。
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

              当連結会計年度(2022年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オ
             プションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                          第1回           第3回           第5回
                       ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション
       権利確定前            (株)
       前連結会計年度末                        -            -        240,000
       付与                        -            -           -
       失効                        -            -           -
       権利確定                        -            -           -
       未確定残                        -            -        240,000
       権利確定後            (株)
       前連結会計年度末                     400,000            762,000             -
       権利確定                        -            -           -
       権利行使                     400,000              -           -
       失効                        -          48,000             -
       未行使残                        -         714,000             -
    (注)株式数に換算して記載しております。なお、2021年6月10日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っ
        ており、2022年8月19日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っているため、当該株式分割による
        調整後の株式数を記載しております。
                                 95/153




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ② 単価情報
                                     第3回
                          第1回                      第5回
                      ストック・オプション           ストック・オプション            ストック・オプション
        権利行使価格           (円)           74.5            125           125
        行使時平均株価           (円)            -            -           -
        付与日における
                   (円)            -            -           -
        公正な評価単価
    (注)2021年6月10日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っており、2022年8月19日付で普通株式1株に
        つき200株の割合で株式分割を行っているため、当該株式分割による調整後の価格を記載しております。
           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

             ストック・オプション付与日時点において、当社株式は未公開株式であるため、ストック・オプション
            の公正な評価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積りによっております。また、単位当たりの
            本源的価値を算定する基礎となる当社株式の評価方法は、ディスカウント・キャッシュ・フロー法及び類
            似会社比較法により算出した価格を総合的に勘案して決定しております。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

             基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採
            用しております。
           5.ストック・オプションの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値の合

             計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価
             値の合計額
           (1)  当連結会計年度末における本源的価値の合計額

             ―千円
           (2)  当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計
             額
             ―千円
                                 96/153











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (税効果会計関係)
          前連結会計年度(2021年3月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (2021年3月31日)
            繰延税金資産
             貸倒引当金                             12,397千円
             賞与引当金                             10,524
             未払事業所税                              573
             未払事業税                             21,300
             減価償却超過額                             8,967
             関係会社株式評価損                             14,241
             敷金                             6,098
             その他                             7,800
            繰延税金資産小計
                                         81,905
                                        △12,756
             将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
            評価性引当額小計
                                        △12,756
            繰延税金資産合計                              69,148
            繰延税金資産の純額                              69,148
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                     当連結会計年度

                                    (2021年3月31日)
            法定実効税率
                                          34.6%
            (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              0.6
             住民税均等割                              0.2
             役員給与損金不算入額                              0.5
             のれん償却額                              0.1
             税額控除                             △3.4
             評価性引当額の増減                             △9.6
             その他                             △1.4
            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                          21.6
                                 97/153









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(2022年3月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     当連結会計年度

                                    (2022年3月31日)
            繰延税金資産
             貸倒引当金                             10,070千円
             賞与引当金                             4,741
             未払事業所税                             1,031
             未払事業税                             13,990
             減価償却超過額                             6,636
             関係会社株式評価損                             12,606
             敷金                             6,487
             その他                             19,537
            繰延税金資産小計
                                         75,100
                                        △11,495
             将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
            評価性引当額小計
                                        △11,495
            繰延税金資産合計                              63,604
            繰延税金資産の純額                              63,604
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                     当連結会計年度

                                    (2022年3月31日)
            法定実効税率
                                          30.6%
            (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              0.6
             住民税均等割                              0.2
             役員給与損金不算入額                              0.1
             のれん償却額                              0.1
             連結子会社との税率差異                              0.1
             税額控除                             △4.2
             留保金課税                              6.7
             税率変更による差異                              0.7
             その他                              0.1
            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                          35.0
           3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

            2021年10月に新株予約権が行使された結果、資本金が増加したことに伴い、外形標準課税が適用されるこ
           ととなりました。これに伴い、繰延税金資産の計算に使用される法定実効税率は、従来の34.6%から、2021
           年4月1日に開始する連結会計年度以降に解消が見込まれる一時差異については30.6%となります。
           この税率変更により、繰延税金資産の金額が7,877千円減少し、法人税等調整額が同額増加しております。

                                 98/153






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (資産除去債務関係)
         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
          当社グループは、本社オフィス等の不動産賃貸借契約に基づき、退去時における原状回復に係る債務を資産
         除去債務として認識しております。
          なお、賃貸借契約に関連する敷金が資産に計上されているため、当該資産除去債務の負債計上に代えて、当
         該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当連結会計年度の負担に属
         する金額を費用計上する方法によっております。
         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

          当社グループは、本社オフィス等の不動産賃貸借契約に基づき、退去時における原状回復に係る債務を資産
         除去債務として認識しております。
          なお、賃貸借契約に関連する敷金が資産に計上されているため、当該資産除去債務の負債計上に代えて、当
         該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当連結会計年度の負担に属
         する金額を費用計上する方法によっております。
         (収益認識関係)

        前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

       1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
                                                   (単位:千円)
                       報告セグメント
                                           その他
                                                     合計
              メディカルプラッ         スマートクリニッ
                                           (注)
                                    計
              トフォーム事業           ク事業
     一時点で移転さ
                  2,808,035         1,031,978        3,840,013          324,006         4,164,019
     れる財
     一定の期間にわ
     たり移転される              88,060         221,080        309,141         328,896          638,037
     財
     顧客との契約か
                  2,896,096         1,253,058        4,149,154          652,902         4,802,057
     ら生じる収益
     その他の収益                -         -        -         -          -
     外部顧客への
                  2,896,096         1,253,058        4,149,154          652,902         4,802,057
     売上高
        (注) 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、WEB制作・保守事業、コンサ
           ルティング事業等を含んでおります。
       2.収益を理解するための基礎となる情報

         収益を理解するための基礎となる情報は、「(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)4.会計方針
         に関する事項(4)重要な収益及び費用の計上基準」に記載のとおりであります。
       3.当連結会計年度及び翌連結会計年度以降の収益の金額を理解するための情報

         (1)契約負債の残高
                                   (単位:千円)
                               当連結会計年度
         契約負債(期首残高)                             284,495
         契約負債(期末残高)                             281,336
         契約負債は、主にメディカルプラットフォーム事業およびスマートクリニック事業、その他のWEB制作・保守事
         業に係る顧客からの前受金に関するものであります。契約負債は、収益の認識に伴い取り崩されます。
         当連結会計年度に認識された収益の額のうち期首現在の契約負債残高に含まれていた額は、261,393千円であり
         ます。
         (2)残存履行義務に配分した取引金額

                                 99/153


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         当社グループでは、当初に予想される契約期間が1年を超える重要な契約がないため、実務上の便法を適用し、
         残存履行義務に配分した取引価格に関する記載を省略しております。また、顧客との契約から生じる対価の中に
         取引価格に含まれていない重要な金額はありません。
         (セグメント情報等)

          【セグメント情報】
           前連結会計年度(自          2020年4月1日        至  2021年3月31日)
      1.報告セグメントの概要
         当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、
        経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
         当社は、本社に製品・サービス別の事業本部を置き、各事業本部は、取り扱う製品・サービスについて国内及び
        海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
         従って、当社グループは、「メディカルプラットフォーム事業」、「スマートクリニック事業」の2つを報告セ
        グメントとしております。
      2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

         報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な
        事項)」における記載と概ね同一であります。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいており
        ます。
      3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

                                                     (単位:千円)
                        報告セグメント
                                                        連結
                    メディカル                  その他            調整額      財務諸表
                          スマート                  合計
                    プラット                 (注1)           (注2,3)       計上額
                          クリニッ       計
                    フォーム事                                    (注4)
                          ク事業
                      業
       売上高
                    2,051,708     1,066,270      3,117,978      650,689     3,768,667            3,768,667
        外部顧客への売上高                                             -
        セグメント間の内部
                       -     -      -     -      -      -      -
        売上高又は振替高
                    2,051,708     1,066,270      3,117,978      650,689     3,768,667            3,768,667

            計                                        -
                    1,072,425      192,093     1,264,519      193,386     1,457,906             799,050

       セグメント利益                                          △ 658,855
                     261,062     194,237      455,300     127,649      582,949     1,290,482      1,873,432

       セグメント資産
       その他の項目

                      4,841     2,573      7,414     1,379      8,794      3,804      12,599
        減価償却費
                       361     411      772    1,236      2,009            2,009

        のれん償却額                                             -
        有形固定資産及び
                      6,590     3,429      10,020      1,878      11,898       5,561      17,459
        無形固定資産の増加額
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、WEB制作・保守事業、コンサル
            ティング事業等を含んでおります。
          2.セグメント利益の調整額△658,855千円は報告セグメントに配分していない全社共通費用であります。
          3.セグメント資産の調整額1,290,482千円は、主に報告セグメントに帰属しない全社的資産であります。
          4.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                100/153




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           当連結会計年度(自          2021年4月1日        至  2022年3月31日)
      1.報告セグメントの概要
         当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、
        経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
         当社は、本社に製品・サービス別の事業本部を置き、各事業本部は、取り扱う製品・サービスについて国内及び
        海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
         従って、当社グループは、「メディカルプラットフォーム事業」、「スマートクリニック事業」の2つを報告セ
        グメントとしております。
      2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

         報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な
        事項)」における記載と概ね同一であります。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいており
        ます。
      3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

                                                     (単位:千円)
                        報告セグメント
                                                        連結
                    メディカル                  その他            調整額      財務諸表
                          スマート                  合計
                    プラット                 (注1)           (注2,3)       計上額
                          クリニッ       計
                    フォーム事                                    (注4)
                          ク事業
                      業
       売上高
                    2,896,096     1,253,058      4,149,154      652,902     4,802,057            4,802,057
        外部顧客への売上高                                             -
        セグメント間の内部
                       -     -      -     -      -      -      -
        売上高又は振替高
                    2,896,096     1,253,058      4,149,154      652,902     4,802,057            4,802,057
            計                                        -
                    1,449,944      298,092     1,748,036      230,938     1,978,974            1,054,676

       セグメント利益                                          △ 924,297
                     560,326     285,088      845,415     123,503      968,919     1,850,425      2,819,344

       セグメント資産
       その他の項目

                     15,298      6,661      21,959      3,183      25,142      12,160      37,302
        減価償却費
                       314      21      336     938     1,275            1,275

        のれん償却額                                             -
        有形固定資産及び
                     49,292     21,478      70,771     11,070      81,841      41,167      123,009
        無形固定資産の増加額
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、WEB制作・保守事業、コンサル
            ティング事業等を含んでおります。
          2.セグメント利益の調整額△924,297千円は報告セグメントに配分していない全社共通費用であります。
          3.セグメント資産の調整額1,850,425千円は、主に報告セグメントに帰属しない全社的資産であります。
          4.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          【関連情報】

           前連結会計年度(自          2020年4月1日        至  2021年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
             セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
                                101/153


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           3.主要な顧客ごとの情報
             外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を
             省略しております。
           当連結会計年度(自          2021年4月1日        至  2022年3月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
             セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を
            省略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

          前連結会計年度(自          2020年4月1日        至  2021年3月31日)
            該当事項はありません。
          当連結会計年度(自          2021年4月1日        至  2022年3月31日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

            前連結会計年度(自          2020年4月1日        至  2021年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                  メディカル        スマート
                 プラットフォー        クリニック         計      その他      全社・消去         合計
                   ム事業        事業
                       361       411       772      1,236               2,009
           当期償却額                                        -
                      1,265        432      1,698       2,408               4,107
           当期末残高                                        -
            当連結会計年度(自          2021年4月1日        至  2022年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                  メディカル        スマート
                 プラットフォー        クリニック         計      その他      全社・消去         合計
                   ム事業        事業
                       314       21      336       938              1,275
           当期償却額                                        -
           当期末残高            -       -       -       -       -       -
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

          前連結会計年度(自          2020年4月1日        至  2021年3月31日)
            該当事項はありません。
          当連結会計年度(自          2021年4月1日        至  2022年3月31日)

            該当事項はありません。
                                102/153




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【関連当事者情報】
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
           1.関連当事者との取引
            (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
            (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
               該当事項はありません。
            (イ)連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                             議決権等の
                    資本金又
                         事業の内
          会社等の名                   所有(被所     関連当事者           取引金額          期末残高
      種類          所在地    は出資金     容又は職               取引の内容           科目
          称又は氏名                   有)割合     との関係
                                             (千円)          (千円)
                    (千円)     業
                              (%)
                                       当社銀行借
                                       入に対する
                                  被債務保証            97,290     -     -
                                       債務被保証
     主要株主                    当社代表
                                       (注1)
                             (被所有)
          平瀬  智樹
     (個人)            -    -   取締役社
                             直接63.54
                                       当社不動産
                         長
     兼役員
                                       賃貸借契約
                                  被債務保証
                                              67,824     -     -
                                       の債務被保
                                       証(注2)
    (注)1.当社の銀行借入金について、代表取締役社長                          平瀬智樹より債務保証を受けております。なお、取引金額は、
          連結会計年度末の対象となる借入金残高を記載しております。これに係る保証料の支払はありません。
        2.当社は、本社及び一部の不動産賃貸借契約に対して代表取締役社長                                 平瀬智樹より債務保証を受けておりま
          す。不動産賃貸借契約の債務被保証の取引金額には、年間賃借料を記載しており、保証料の支払は行っており
          ません。
           2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

             該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

           1.関連当事者との取引
            (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
            (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
               該当事項はありません。
            (イ)連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                             議決権等の
                    資本金又
                         事業の内
          会社等の名                   所有(被所     関連当事者           取引金額          期末残高
                    は出資金
      種類          所在地         容又は職               取引の内容           科目
          称又は氏名                   有)割合     との関係
                                             (千円)          (千円)
                    (千円)     業
                              (%)
                                       新株予約権
                                  新株予約権
                                       の行使(注
                                              29,800
                                  の行使
                                       1)
                                       当社銀行借
                                       入に対する
                                  被債務保証            44,500     -     -
                                       債務被保証
                                       (注2)
     主要株主                    当社代表
                             (被所有)
          平瀬  智樹
                         取締役社
     (個人)            -    -
                                       当社不動産
                             直接62.24
     兼役員                    長
                                       賃貸借契約
                                  被債務保証
                                              41,154     -     -
                                       の債務被保
                                       証(注3)
                                       当社不動産
                                       賃貸借契約
                                  被債務保証            1,968    未払金      1,223
                                       の債務被保
                                       証(注3)
    (注)1.2012年8月20日開催の取締役会決議に基づき付与された新株予約権の当連結会計年度における権利行使を記載
          しております。なお、取引金額欄は、当連結会計年度における新株予約権の権利行使による付与株式数に行使
          時の払込金額を乗じた金額を記載しております。
        2.当社の銀行借入金について、代表取締役社長                       平瀬智樹より債務保証を受けております。なお、取引金額は、
          連結会計年度末の対象となる借入金残高を記載しております。これに係る保証料の支払はありません。
        3.当社は、本社及び一部の不動産賃貸借契約に対して代表取締役社長                                 平瀬智樹より債務保証を受けておりま
          す。不動産賃貸借契約の債務被保証の取引金額には、年間賃借料を記載しており、保証料の支払は行っており
          ません。
                                103/153


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.親会社又は重要な関連会社に関する注記
             該当事項はありません。
         (1株当たり情報)

    前連結会計年度(自 2020年4月1日                   至 2021年3月31日)
                               当連結会計年度
                             (自 2020年4月1日
                              至 2021年3月31日)
     1株当たり純資産額                               48.67円

     1株当たり当期純利益                               39.88円

     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であるた
           め、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
         2.当社は、2021年6月10日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行っており、2022年8月19日付で普通株
           式1株につき200株の割合で株式分割を行っておりますが、当連結会計年度の期首に当該株式分割が行われ
           たと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
         3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当連結会計年度
                             (自 2020年4月1日
                              至 2021年3月31日)
     1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                             629,350

      普通株主に帰属しない金額(千円)                               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期
                                   629,350
      純利益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                           15,780,000
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後                     2012年8月20日取締役会決議第1
     1株当たり当期純利益の算定に含めなかった                     回新株予約権(新株予約権の数
     潜在株式の概要                     200個)
                          2017年12月13日取締役会決議第3
                          回新株予約権(新株予約権の数
                          381個)
                          2020年10月13日取締役会決議第5
                          回新株予約権(新株予約権の数
                          120個)
                                104/153








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    当連結会計年度(自 2021年4月1日                      至 2022年3月31日)
                               当連結会計年度
                             (自 2021年4月1日
                              至 2022年3月31日)
     1株当たり純資産額                               91.90円

     1株当たり当期純利益                               42.96円

     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であるた
           め、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
         2.当社は、2021年6月10日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行っており、2022年8月19日付で普通株
           式1株につき200株の割合で株式分割を行っておりますが、前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われ
           たと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
         3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当連結会計年度
                             (自 2021年4月1日
                              至 2022年3月31日)
     1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                             686,269

      普通株主に帰属しない金額(千円)                               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期
                                   686,269
      純利益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                           15,971,780
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後                     2017年12月13日取締役会決議第3
     1株当たり当期純利益の算定に含めなかった                     回新株予約権(新株予約権の数
     潜在株式の概要                     357個)
                          2020年10月13日取締役会決議第5
                          回新株予約権(新株予約権の数
                          120個)
                                105/153











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な後発事象)
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
          1.株式分割
            当社は、2021年5月14日開催の取締役会において株式分割、及び株式分割に伴う定款の一部変更を行う
           ことを決議し、次のとおり実行いたしました。
          (1)株式分割の目的

            当社株式の投資単位当たりの金額を引き下げ、投資しやすい環境を整えるとともに、株式の流動性の
           向上と投資家層の拡大を図ることを目的としております。
          (2)株式分割の概要

           ①  分割の方法
              2021年6月9日を基準日として、同日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有する普
             通株式を、1株につき10株の割合をもって分割いたしました。
           ②  分割により増加する株式数

              株式分割前の発行済株式総数                    7,890株
              株式分割により増加する株式数                   71,010株
              株式分割後の発行済株式総数                   78,900株
              株式分割後の発行可能株式総数                   624,000株
           ③  分割の日程

              基準日                2021年6月9日
              効力発生日                2021年6月10日
           ④  1株当たり情報に及ぼす影響

             株式の分割による影響は、(1株当たり情報)に記載しております。
          2.第6回株式報酬型ストック・オプションの付与について

            当社は、2021年6月11日開催の取締役会において、会社法第236条、第238条及び第239条の規定に基づ
           き、当社取締役に対して、株式報酬型ストック・オプションとして発行する新株予約権の募集事項の決定
           を当社取締役会に委任することについて承認を求める議案を2021年6月29日開催の第16回定時株主総会に
           付議することを決議し、第16回定時株主総会において承認されました。
          (1)目的

             当社は、取締役に対する報酬制度に関して、当社の業績と株式価値との連動性を一層強固なものと
            し、中長期的な業績向上と企業価値向上へのインセンティブとすることを目的として、当社取締役に対
            して株式報酬型ストック・オプションとして新株予約権を発行するものです。
          (2)新株予約権の発行要領

           ①  新株予約権の名称
             第6回株式報酬型新株予約権
           ②  新株予約権の目的である株式の種類及び数

             当社普通株式100株を新株予約権の目的となる株式数の上限とする。
             なお、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的と
            なる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行
            使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数
            については、これを切り捨てる。
                調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率

             また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合
            又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲
            で調整されるものとする。
                                106/153

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           ③  新株予約権の総数

             100個を上限とする。なお、新株予約権1個当たりの目的となる株式数は、1株とする。
            (ただし、②に定める株式の数の調整を行った場合は、同様の調整を行う。)
             上記の総数は割当予定数であり、引受けの申込みの数が割当予定数に満たない場合等、割り当てる
            新株予約権の総数が減少したときには、割り当てる新株予約権の総数をもって発行する新株予約権の
            総数とする。
           ④  新株予約権の割当てを受ける者及び割当数

            当社取締役   8名 100個
             上記の割当数は割当予定数であり、引受けの申込みの数が割当予定数に満たない場合には、割当数
            は当該申込みの数とする。
           ⑤  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額

             新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、次により決定される1株当たりの払込金額
            (以下「行使価額」という。)に④に定める新株予約権1個の株式数を乗じた金額とする。行使価額
            は、112,500円とする。
             なお、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価
            額を調整し、1円未満の端数は切り上げる。
                                          1
                                  ×
             調整後行使価額        =   調整前行使価額
                                       分割・併合の比率
             また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行又は自己株式の処分をする場合(新株予約

            権の行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる
            1円未満の端数は切り上げる。
                         既発行         調整前         新規発行         1株当たり
                               ×          +          ×
                         株式数         行使価額
             調整後行使価額        =
                                             株式数         払込金額
                                  既発行株式数       +  新規発行株式数
             上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を

            控除した数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり
            払込金額」を「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
             さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移
            転を行なう場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で株主総
            会決議により調整されるものとする。
           ⑥  新株予約権を行使することが出来る期間 2023年7月1日から2031年6月28日まで

           ⑦  新株予約権の行使の条件

            (A)新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時において、当社
               又は当社子会社の取締役、監査役、執行役員、従業員若しくは社外協力者(顧問、アドバイ
               ザー、コンサルタントその他名目の如何を問わず当社若しくは当社子会社との間で委任、請負等
               の継続的な契約関係にある者を意味する。)又はこれらに準じた地位を保有している場合に限り
               新株予約権を行使することができる。ただし、会社が正当な理由があると認めた場合は、この限
               りではない。
            (B)新株予約権者が死亡した場合でも相続はできないものとする。
            (C)新株予約権者は、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約書」に違反した場
            合には行使できない。
           ⑧  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項

             新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条
            第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生
                                107/153


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            じたときは、その端数を切り上げるものとする。本新株予約権の行使により株式を発行する場合にお
            いて増加する資本準備金の額は、上記の資本金等増加限度額から上記に定める増加する資本金の額を
            減 じた額とする。
           ⑨  譲渡による新株予約権の取得の制限

            譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の承認を要する。
           ⑩  新株予約権の取得の事由及び条件

            (A)新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案、当社が分割会
              社となる吸収分割契約承認もしくは新設分割計画承認の議案又は当社が完全子会社となる株式交換
              契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要
              の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社取締役会が別途定める日をもって、当社は
              無償で新株予約権を取得することができる。
            (B)新株予約権者が権利行使をする前に、前記⑦に規定する条件により権利行使できなくなった場合
              は、当社取締役会が別途定める日をもって、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
           ⑪  組織再編成行為時における新株予約権の取扱い

             当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式
            移転(以上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発
            生日の直前において残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対
            し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編
            対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合に
            おいては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただ
            し、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設
            分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
            (A)交付する再編対象会社の新株予約権の数

              組織再編行為の効力発生日の直前において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株
              予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
            (B)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
              再編対象会社の普通株式とする。
            (C)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
              組織再編行為の条件等を勘案のうえ、前記②に準じて決定する。
            (D)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
              交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の
              うえ、前記⑤で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記(C)に従って決定
              される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
            (E)新株予約権を行使することができる期間
              前記⑥に定める新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか
              遅い日から、前記⑥に定める新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
            (F)新株予約権の行使の条件
              前記⑦に準じて決定する。
            (G)増加する資本金及び資本準備金に関する事項
              前記⑧に準じて決定する。
                                108/153





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (H)譲渡による新株予約権の取得の制限
              譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
            (I)新株予約権の取得事由
              前記⑩に準じて決定する。
            (J)組織再編行為の際の取り扱い
              本⑪に準じて決定する。
           ⑫  新株予約権の行使により交付する株式の数の端数の取扱い

              新株予約権者に交付する株式の数に1株に満たない端数がある場合には、これを切り捨てるものと
              する。
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

         当社は2022年7月13日開催の取締役会において、株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更を行うことを決
         議しました。また、2022年8月19日開催の臨時株主総会決議に基づき、同日付で定款の一部を変更し、単元株制
         度を採用しております。
         1.株式分割、単元株制度の採用の目的

         (1)株式分割の目的、単元株制度の採用の目的
          投資単位当たりの金額を引き下げることにより、株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることととも
          に、単元株式数(売買単位)を100株に統一することを目標とする全国証券取引所の「売買単位集約に向けた
          行動計画」を考慮し、1単元を100株とする単元株制度を採用いたしました。
         (2)株式分割の概要

         ①分割の方法
          2022年8月18日を基準日として、同日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有する普通株式1株に
          つき200株の割合をもって分割します。
         ②分割により増加する株式数

          株式分割前の発行済株式総数                     80,900株
          今回の株式分割により増加する株式数                    16,099,100株
          株式分割後の発行済株式総数                   16,180,000株
          株式分割後の発行可能株式総数                   60,000,000株
         (注)株式分割前の発行済株式総数は、2022年7月13日時点での発行済株式総数に基づくものであり、新株予
             約権の行使によって株式分割の基準日までの間に変動する可能性があります。
         (3)分割の日程

          基準日公告日             2022年8月3日
          基準日                      2022年8月18日
          効力発生日                    2022年8月19日
         (4)1株当たり情報に及ぼす影響

          当該株式分割が前連結会計年度の期首に行われたと仮定した場合の1株当たり情報は、以下の通りです。
                               当連結会計年度
                              (自 2021年4月1日
                               至 2022年3月31日)
          1株当たり当期純利益                           42円96銭

          潜在株式調整後1株当たり当期純利益                              -

          2.株式分割に伴う定款の一部変更

         (1)定款変更の理由
            今回の株式分割に伴い、会社法第184条第2項の規定に基づく取締役会決議により、当社定款第5条を変更
           し、発行可能株式総数を変更するものとします。
          (2)定款変更の内容
            変更の内容は以下の通りです。(下線部は変更部分)
                                109/153


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                    現行定款                        変更後定款
          (発行可能株式総数)                         (発行可能株式総数)
          第5条 当会社の発行可能株式総数は、                  300,000株       第5条 当会社の発行可能株式総数は、                  60,000,000
          とする。                         株 とする。
          (3)定款変更の日程

            効力発生日 2022年8月19日
         3.単元株制度の概要

           単元株制度を採用し、普通株式の単元株式数を100株といたしました。
         4.その他

          (1)資本金の額の変更
            今回の株式分割に際して、資本金の額の変更はありません。
                                110/153
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【注記事項】
          (追加情報)
            新型コロナウイルス感染症の拡大は経済や企業活動に広範な影響を与える事象であり、その収束時期や
           影響の程度を合理的に予測することは困難ではあるものの、現時点で入手可能な情報に基づき、少なくと
           も2023年3月期まではその影響が継続し、2024年3月期以降はその影響は限定的であると想定しておりま
           す。
            また、貸倒引当金等の計上、固定資産の減損、繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積りについて
           は当該仮定に基づき会計上の見積りを行っております。
            なお、この仮定は不確実性が高く、収束が遅延し、影響が長期化した場合には将来において損失が発生
           する可能性があります。
          (四半期連結損益計算書関係)

           ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                 当第2四半期連結累計期間
                                  (自 2022年4月1日
                                   至 2022年9月30日)
           給料及び手当                               630,036千円
           賞与引当金繰入額                                11,059
           貸倒引当金繰入額                               △2,231
          (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

           ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下
             記のとおりであります。
                                 当第2四半期連結累計期間
                                  (自 2022年4月1日
                                   至 2022年9月30日)
           現金及び預金勘定                              1,893,269千円
           預入期間が3か月を超える定期預金                                  -
           現金及び現金同等物                              1,893,269
          (セグメント情報等)

           【セグメント情報】
            当第2四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)
            報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                        報告セグメント
                                                       四半期連結
                    メディカル                  その他            調整額     損益計算書
                          スマート                  合計
                    プラット                 (注1)           (注2,3)       計上額
                          クリニッ       計
                    フォーム事                                    (注3)
                          ク事業
                      業
       売上高
                    1,808,470      840,677     2,649,147      267,176     2,916,323            2,916,323
        外部顧客への売上高                                             -
        セグメント間の内部

                       -     -      -     -      -      -      -
        売上高又は振替高
                    1,808,470      840,677     2,649,147      267,176     2,916,323            2,916,323

            計                                        -
                     985,390     184,274     1,169,665       83,157     1,252,822             695,964

       セグメント利益                                          △ 556,858
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、WEB制作・保守事業、コンサル
            ティング事業等を含んでおります。
          2.セグメント利益の調整額△556,858千円は報告セグメントに配分していない全社共通費用であります。
          3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                111/153



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社GENOVA(E38215)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (収益認識関係)
         顧客との契約から生じる収益を分解した情報
          当第2四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)        (単位:千円)
                       報告セグメント
                                           その他
                                                     合計
              メディカルプラッ         スマートクリニッ
                                           (注1)
                                    計
              トフォーム事業           ク事業
     一時点で移転さ
                  1,761,192          690,100       2,451,293          105,564         2,556,857
     れる財
     一定の期間にわ
     たり移転される              47,277         150,576        197,854         161,611          359,465
     財
     顧客との契約か
                  1,808,470          840,677       2,649,147          267,176         2,916,323
     ら生じる収益
     その他の収益                -         -        -         -          -
     外部顧客への
                  1,808,470          840,677       2,649,147          267,176         2,916,323
     売上高
        (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、WEB制作・保守事業、コンサル
           ティング事業等を含んでおります。
          (1株当たり情報)

           1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                         当第2四半期連結累計期間
                                          (自 2022年4月1日