株式会社アイズ 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 株式会社アイズ
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
     【提出書類】                         有価証券届出書

     【提出先】                         関東財務局長
     【提出日】                         2022年11月17日
     【会社名】                         株式会社アイズ
     【英訳名】                         EYEZ,INC.
     【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長  福島 範幸
     【本店の所在の場所】                         東京都渋谷区渋谷三丁目12番22号
     【電話番号】                         03-6419-8505(代表)
     【事務連絡者氏名】                         取締役 管理部門長  今村 武史
     【最寄りの連絡場所】                         東京都渋谷区渋谷三丁目12番22号
     【電話番号】                         03-6419-8505(代表)
     【事務連絡者氏名】                         取締役 管理部門長  今村 武史
     【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
     【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額
                              ブックビルディング方式による募集      257,550,000円
                              売出金額
                              (引受人の買取引受による売出し)
                              ブックビルディング方式による売出し     464,600,000円
                              (オーバーアロットメントによる売出し)
                              ブックビルディング方式による売出し     115,140,000円
                              (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                  社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                  券届出書提出時における見込額であります。
     【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                  1/119










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部【証券情報】
    第1【募集要項】
     1【新規発行株式】
          種類          発行数(株)                        内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
         普通株式           150,000(注)2.          標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株でありま
                              す。
     (注)1.2022年11月17日開催の取締役会決議によっております。
         2.発行数については、2022年12月2日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
         3.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋兜町7番1号
         4.上記とは別に、2022年11月17日開催の取締役会において、株式会社SBI証券を割当先とする当社普通株式
           57,000株の第三者割当増資を行うことを決議しております。
           なお、その内容については、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジ
           ケートカバー取引について」をご参照下さい。
                                  2/119















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【募集の方法】
       2022年12月13日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
      欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引
      受価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は2022年12月2日開催予
      定の取締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総
      額を当社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対し
      て引受手数料を支払いません。
       なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第
      246条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条
      件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決
      定する価格で行います。
            区分            発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
     入札方式のうち入札による募集                         -             -             -

     入札方式のうち入札によらない募集                         -             -             -

     ブックビルディング方式                      150,000           257,550,000             139,380,000

         計(総発行株式)                  150,000           257,550,000             139,380,000

     (注)1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されており
           ます。
         3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
         4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、2022年11月17日開催の取締役会決議に基づき、
           2022年12月13日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
           資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であ
           ります。
         5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(2,020円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
           (見込額)は303,000,000円となります。
         6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条
           件(引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状
           況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、後記「第2 売出要項 3 売出株式(オーバー
           アロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご
           参照下さい。
         7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、後記「募集又は
           売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  3/119








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【募集の条件】
      (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
      (2)【ブックビルディング方式】

                         申込株数
     発行価格     引受価額     払込金額     資本組入                        申込証拠
                         単位         申込期間                 払込期日
     (円)     (円)     (円)     額(円)                        金(円)
                          (株)
      未定     未定     未定     未定          自 2022年12月14日(水)              未定
                            100                      2022年12月20日(火)
     (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.           至 2022年12月19日(月)             (注)4.
     (注)1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
           発行価格は、2022年12月2日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
           等を総合的に勘案した上で、2022年12月13日に引受価額と同時に決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
           関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2022年12月2日開催予定の取締役会において決定される予定であ
           ります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び2022年12月
           13日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手
           取金となります。
         3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、2022年11月17日開催の取締役会において、
           増加する資本金の額は、2022年12月13日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第
           1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
           きは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加
           する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
         4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
           期日に新株式払込金に振替充当いたします。
         5.株式受渡期日は、2022年12月21日(水)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募
           集に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規
           程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、本募集
           に係る株券は、発行されません。
         6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.申込みに先立ち、2022年12月6日から2022年12月12日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
           需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更または撤回することが可能であります。
           販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
           の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
           引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
           い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については各社の店頭における表示またはホーム
           ページにおける表示等をご確認下さい。
         8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
        ①【申込取扱場所】

          後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の全国の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。
                                  4/119




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【払込取扱場所】
                 店名                           所在地
     株式会社三井住友銀行 渋谷駅前支店                            東京都渋谷区道玄坂一丁目2番3号

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
     4【株式の引受け】

                                      引受株式数
      引受人の氏名又は名称                    住所                       引受けの条件
                                       (株)
                                             1.買取引受けによります。
                                             2.引受人は新株式払込金とし
                                               て、2022年12月20日までに
                                               払込取扱場所へ引受価額と
                                               同額を払込むことといたし
     株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号                     150,000
                                               ます。
                                             3.引受手数料は支払われませ
                                               ん。ただし、発行価格と引
                                               受価額との差額の総額は引
                                               受人の手取金となります。
           計                -             150,000            -
     (注)1.引受株式数は、2022年12月2日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
         2.上記引受人と発行価格決定日(2022年12月13日)に元引受契約を締結する予定であります。
                                  5/119













                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     5【新規発行による手取金の使途】
      (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)
              278,760,000                   10,000,000                  268,760,000

     (注)1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
           の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(2,020円)を基礎として算出した見込額であ
           ります。
         2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
         3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
      (2)【手取金の使途】

            上記の手取概算額268,760千円に「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額
           上限105,928千円を合わせた、手取概算額合計上限374,688千円については、①更なる事業拡大に向けた広告
           宣伝費、②人員拡大のための新規採用費、③既存長期借入金の一部返済に充当する予定であります。その具
           体的な内容は以下の通りであります。
           ① 広告宣伝費

           広告宣伝費については、メディアレーダーの会員数の増加を目的とした自社広告の拡大及びトラミーにおけ
           る案件獲得に向けた展示会への出展並びに広告費用として249,140千円(2023年12月期:111,000千円、2024
           年12月期:138,140千円)を充当する予定であります。
           ② 新規採用費

           新規採用費については、メディアレーダー及びトラミーのセールス体制の更なる強化を目的として必要な人
           材確保のための採用費及び人件費として62,873千円(2023年12月期:31,748千円、2024年12月期:31,125千
           円)を充当する予定であります。
           ③ 長期借入金の一部返済

           当社の将来における負債コストを削減すること目的に、2023年12月期中において既存の長期借入金の一部返
           済として62,675千円を充当する予定であります。
      なお、上記調達資金は、具体的な充当時期までは安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。

                                  6/119










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2【売出要項】
     1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
       2022年12月13日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
      (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出
      要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価
      格、発行価格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株
      式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は
      引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                               売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類           売出数(株)
                                 (円)       又は名称
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             による売出し
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             によらない売出し
                                        東京都港区
                                        福島 範幸
                                                       130,000株
                                        神奈川県茅ケ崎市
             ブックビルディング
     普通株式                    230,000       464,600,000       牧田 伸一
             方式
                                                       60,000株
                                        東京都中央区
                                        三谷 翔一
                                                       40,000株
     計(総売出株式)            -        230,000       464,600,000                -
     (注)1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
           ます。
         3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(2,020円)で算出した見込額でありま
           す。
         4.売出数等については今後変更される可能性があります。
         5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同
           一であります。
         6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
           よる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
           売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
         7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
           いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  7/119







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
      (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
      (2)【ブックビルディング方式】

                       申込株数
     売出価格     引受価額                  申込証拠             引受人の住所及び氏名又は             元引受契
                 申込期間       単位           申込受付場所
     (円)     (円)                  金(円)             名称             約の内容
                        (株)
                                          東京都港区六本木一丁目6
                                          番1号
                                          株式会社SBI証券
                                          東京都千代田区大手町一丁

                                          目5番1号
                                          みずほ証券株式会社
                                          東京都中央区日本橋小舟町

                                          8番1号
                                          あかつき証券株式会社
               自 2022年12月

      未定                                    東京都中央区八丁堀四丁目
           未定      14日(水)             未定    引受人の本店及                      未定
     (注)1.                     100                7番1号
          (注)2.     至 2022年12月             (注)2.     び営業所                     (注)3.
     (注)2.                                     東洋証券株式会社
                 19日(月)
                                          東京都千代田区麹町一丁目

                                          4番地
                                          松井証券株式会社
                                          東京都港区赤坂一丁目12番

                                          32号
                                          マネックス証券株式会社
                                          大阪府大阪市中央区今橋一

                                          丁目8番12号
                                          岩井コスモ証券株式会社
     (注)1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1.
           と同様であります。
         2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
           申込証拠金には、利息をつけません。
           引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
         3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
           価格決定日(2022年12月13日)に決定する予定であります。
           なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
           は引受人の手取金となります。
         4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
         5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
           構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
           行うことができます。なお、引受人の買取引受による売出しに係る株券は、発行されません。
         6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.上記引受人の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)
           7.に記載した販売方針と同様であります。
                                  8/119


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         8.引受人は、引受人の買取引受による売出しにかかる株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希
           望する引受人以外の金融商品取引業者に販売を委託する方針であります。また、当該委託販売分とは別に引
           受人は、上記引受株式数のうち一部を、他の金融商品取引業者に販売を委託することがあります。
                                  9/119




















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                               売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類           売出数(株)
                                 (円)       又は名称
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             による売出し
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             によらない売出し
             ブックビルディング                           東京都港区六本木一丁目6番1号
     普通株式                     57,000       115,140,000
             方式                           株式会社SBI証券      57,000株
     計(総売出株式)            -         57,000       115,140,000                -
     (注)1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
           況を勘案し、株式会社SBI証券が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出
           しに係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合があり
           ます。
         2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、2022年11月17日開催の取締役会において、株式
           会社SBI証券を割当先とする当社普通株式57,000株の第三者割当増資の決議を行っております。また、株
           式会社SBI証券は、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上
           限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があります。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
           カバー取引について」をご参照下さい。
         3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
           いたします。
         5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(2,020円)で算出した見込額でありま
           す。
         6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同
           一であります。
                                 10/119











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
      (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
      (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格              申込株数単位        申込証拠金              引受人の住所及び
              申込期間                     申込受付場所                元引受契約の内容
      (円)               (株)       (円)             氏名又は名称
            自 2022年12月
                                   株式会社SB
       未定       14日(水)                未定
                         100          I証券の本店           -         -
      (注)1.      至 2022年12月                (注)1.
                                   及び営業所
              19日(月)
     (注)1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
           れぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけませ
           ん。
         2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定で
           あります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」
           に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、オーバーア
           ロットメントによる売出しに係る株券は、発行されません。
         3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         4.株式会社SBI証券の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出
           し) (2)ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                 11/119












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
     1.東京証券取引所グロース市場への上場について
       当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
      について、株式会社SBI証券を主幹事会社として、東京証券取引所グロース市場への上場を予定しております。
     2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

       オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
      に、主幹事会社が当社株主である福島範幸(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。これに関連し
      て、当社は、2022年11月17日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式57,000株の第三者割
      当増資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本件第三者割当増資の会社法上の
      募集事項については、以下のとおりであります。
     募集株式の種類及び数              当社普通株式 57,000株
     募集株式の払込金額              未定(「第1 募集要項」に記載の募集株式の払込金額と同一とする。)

     割当価格              未定(「第1 募集要項」に記載の募集株式の引受価額と同一とする。)

     払込期日              2023年1月18日

                   増加する資本金の額は、割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項に従い算出さ
     増加資本金及び資本準備金に              れる資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
     関する事項              きは、その端数を切り上げるものとする。また、増加する資本準備金の額は、資本金等
                   増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とする。
                   東京都渋谷区道玄坂一丁目2番3号
     払込取扱場所
                   株式会社三井住友銀行 渋谷駅前支店
       主幹事会社は、当社株主から借受けた株式を、本件第三者割当増資による株式の割当て又は下記のシンジケートカ
      バー取引もしくはその双方により取得した株式により返還します。
       また、主幹事会社は、上場(売買開始)日から2023年1月13日までの間、オーバーアロットメントによる売出しに
      係る株式数を上限とし、当社株主から借受けている株式の返還に充当するために、シンジケートカバー取引を行う場
      合があります。
       なお、主幹事会社は、シンジケートカバー取引により取得した株式数については、割当てに応じない予定でありま
      すので、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、又は発行そのものが全く行
      われない場合があります。
       また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判断で、シンジケートカバー取引を全く行わない
      か、又は買い付けた株式数が上限株式数に達しなくともシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
                                 12/119









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3.ロックアップについて
       本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である福島範幸、売出人である牧田伸
      一及び三谷翔一、当社株主である合同会社シエル並びに当社新株予約権者である今村武史は、主幹事会社に対し、元
      引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の2023年6月18日までの期間(以下「ロックアッ
      プ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式(当社新株予約権及び新株予約権の
      行使により取得した当社普通株式を含む)の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメン
      トによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。
       また、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の
      発行、当社株式に転換若しくは交換される有価証券の発行または当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された
      有価証券の発行(ただし、本募集、株式分割及びオーバーアロットメントによる売出しに関連し、2022年11月17日開
      催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等を除く。)等を行わない旨合意し
      ております。
       なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であってもその裁量で当該合意の内容を
      一部若しくは全部につき解除できる権限を有しております。
       上記のほか、当社は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募
      集株式等の割当等に関し、割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っております。その内容については、「第
      四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照下さい。
                                 13/119















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3【その他の記載事項】
      新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
      (1)表紙に当社のロゴ                      を記載いたします。

      (2)表紙の次に「1経営方針」~「3業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                 14/119


















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 15/119





















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/119





















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/119





















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 18/119





















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 19/119





















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 20/119





















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 21/119





















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 22/119





















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      提出会社の状況
            回次            第11期       第12期       第13期       第14期       第15期
           決算年月            2017年12月       2018年12月       2019年12月       2020年12月       2021年12月

                         280,199       325,315       360,209       455,804       605,424
     売上高             (千円)
                          69,886       64,016       104,331       121,208        75,506
     経常利益             (千円)
     当期純利益又は当期純損失
                          25,822               43,214       78,074       47,414
                  (千円)              △ 65,243
     (△)
     持分法を適用した場合の投
                  (千円)          -       -       -       -       -
     資利益
                          8,000       8,000       8,000       8,000       8,000
     資本金             (千円)
                           800       800       800       800     800,000
     発行済株式総数              (株)
                                                43,451       90,866
     純資産額             (千円)      △ 12,594      △ 77,837      △ 34,623
                         256,458       287,031       303,514       409,479       468,985
     総資産額             (千円)
                                                54.31       113.58
     1株当たり純資産額              (円)    △ 15,742.60      △ 97,297.11      △ 43,279.22
     1株当たり配当額                       -       -       -       -       -
     (うち1株当たり中間配当              (円)
                           ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     額)
     1株当たり当期純利益又は
                        32,278.39               54,017.89          97.59       59.27
                   (円)            △ 81,554.51
     1株当たり当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)         -       -       -       -       -
     当期純利益
                                                 10.6       19.4
     自己資本比率              (%)         -       -       -
                                               1,768.8         70.6
     自己資本利益率              (%)         -       -       -
     株価収益率              (倍)         -       -       -       -       -

     配当性向              (%)         -       -       -       -       -

     営業活動によるキャッ
                                               104,765        74,010
                  (千円)          -       -       -
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                  (千円)          -       -       -     △ 1,000      △ 50,198
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                                                12,295       11,028
                  (千円)          -       -       -
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                                               211,018       245,858
                  (千円)          -       -       -
     残高
                            18       19       23       29       42
     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                      ( -)       ( -)       ( 2 )      ( 7 )      ( 8 )
     (注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.持分法を適用した場合の投資利益については、当社は関連会社を有していないため記載しておりません。
         4.1株当たり配当額及び配当性向については、配当を実施していないため、記載しておりません。
         5.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第11期から第14期は潜在株式が存在していないため、第
           15期は潜在株式が存在するものの、当社株式は非上場株式であり、期中平均株価を把握できないため記載し
           ておりません。
         6.第13期に終結した元従業員の横領に係る回収不能額を第11期から第13期にかけて計上しております。
           なお当該横領事件の法的手続き及び再発防止体制の構築等は完了し運用しております。
         7.第11期から第13期の自己資本利益率については、自己資本がマイナスであるため記載しておりません。
                                 23/119


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         8.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         9.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であります。ま
           た、( )内に臨時雇用者(アルバイト、パートタイマー、派遣社員を含む)の年間の平均人員を外数で記
           載しております。
         10.第14期及び第15期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
           年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、仰星監査
           法人の監査を受けております。なお、第11期、第12期及び第13期については、「会社計算規則」(平成18年
           法務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を記載しておりますが、当該各数値については、仰星監査
           法人の監査を受けておりません。
         11.第11期から第13期はキャッシュ・フロー計算書を作成しておりませんので、キャッシュ・フローに係る各項
           目について記載しておりません。
         12.当社は、2021年4月16日付で普通株式1株につき1,000株の割合で株式分割を行いましたが、第14期の期首
           に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
         13.当社は、2021年4月16日付で普通株式1株につき1,000株の割合で株式分割を行っております。
           そこで、東京証券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申
           請のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133
           号)に基づき、第11期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算出した場合の1株当たり指標の推移を
           参考までに掲げると、以下のとおりとなります。
           なお、第11期、第12期及び第13期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)については、仰星監
           査法人の監査を受けておりません。
              回次              第11期       第12期       第13期       第14期       第15期
             決算年月              2017年12月       2018年12月       2019年12月       2020年12月       2021年12月

     1株当たり純資産額                  (円)      △15.74       △97.30       △43.28        54.31      113.58

     1株当たり当期純利益又は
                       (円)       32.28      △81.55        54.02       97.59       59.27
     1株当たり当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                       (円)        -       -       -       -       -
     益
     1株当たり配当額                          -       -       -       -       -
                       (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                         (-)       (-)       (-)       (-)       (-)
                                 24/119










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【沿革】
        2007年2月        東京都渋谷区に株式会社アイズを設立(資本金8,000千円)

        2007年4月        クチコミマーケティングのプラットフォーム「レビューブログ(現トラミー)」サービスを開始
        2007年12月        Google    LLC「Google      AdWords」の代理販売開始
        2009年10月        ヤフー株式会社「Yahoo!プロモーション広告」の正規代理店に認定
        2011年10月        本社を東京都渋谷区内で移転
        2013年8月        パークフィールド株式会社より「メディアレーダー」を無償で事業譲受
        2014年1月        メディアレーダー「リード獲得機能」を付加し、サービス提供を開始
        2014年12月        本社を東京都渋谷区内で移転
        2016年7月        アクティビティのプラットフォーム「ウィークル」サービス提供開始
        2016年8月        クラウドサービスのプラットフォーム「クラウドレーダー」サービス提供開始
        2017年8月        Twitter    Japan株式会社「Twitter広告」の認定代理店に認定
        2020年5月        メディアレーダー「セミナー集客機能」の提供を開始
        2020年10月        ブログに限らずSNS案件の販売を強化するため「レビューブログ」から「トラミー」へリニュー
                アル
                女性向け情報メディア「トラマガ」サービス提供開始
        2021年3月        メディアレーダー主催の「オンラインセミナーイベント」を開始
                メディアレーダー「リード入札機能」の提供を開始
        2021年5月        本社を東京都渋谷区内で移転
        2022年10月        メディアレーダー「一括ダウンロード機能」の提供を開始
                メディアレーダー「動画掲載機能」の提供を開始
                                 25/119













                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【事業の内容】
       当社は「みんなの感動と幸せを追求する」を経営理念とし、「世の中を変革する台風の目になる」をビジョンとし
      て掲げ、既存の業界を変革するwin-winなマッチングプラットフォームサービスを複数展開しております。
       当社の主要サービスは、広告業界のプラットフォーム「メディアレーダー」およびクチコミマーケティングのプ
      ラットフォーム「トラミー」となり、いずれも広告業のサービスで、当社事業セグメントはプラットフォーム事業の
      単一セグメントとなります。セグメント情報を記載していないため、以下では事業を構成する主要サービス(①メ
      ディアレーダー、②トラミー)および③その他のサービスを説明いたします。
      ① メディアレーダー






       メディアレーダーは「広告業界のインフラへ」を掲げ、「自分たちも使いたくなるサービス」をモットーに、広
      告・マーケティングに関するサービスの売り手(以下、「掲載社」という。)と買い手(以下、「会員」という。)
      をつなぐBtoBプラットフォームです。掲載社にとっては、展示会への出展や、セミナーの開催、お問合せ獲得などと
      同様に、BtoBマーケティングにおける見込み顧客情報(以下、「リード」という。)の獲得に位置づけられるサービ
      スであり、TV局、ラジオ局、出版社、WEBメディア、マーケティングサービスの提供会社などさまざまで、広告・
      マーケティングサービスをお持ちの企業様に、通年でのリード獲得を目的にご利用いただいております。
                                 26/119










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       メディアレーダーの事業展開の基盤は「広告・マーケティングに関する情報の充実」「リード提供」となり、メ







      ディアレーダーのWEBサイトに広告・マーケティングに関する情報のみを集約することで、広告主や広告代理店など
      広告・マーケティングに携わる方に対して、情報を探しやすく、取得および参加しやすくするなど利便性を高めた
      サービスとしております。会員は、資料ダウンロード、動画視聴、セミナー申し込みをする際に、無料の会員登録が
      必要となり、登録された会員情報をリードとしてサービス提供元となる掲載社へ提供しており、当社ではこのリード
      提供を対価としてマネタイズしております。掲載社は獲得したリードに対して営業活動が可能となるため、プッシュ
      型の営業をするよりも有利にすすめることが可能となるため、多くの企業様にご利用いただいております。
       A、掲載社に対するシンプルなプラン設定

       メディアレーダーには、有料プラン(以下、「通常プラン」という。)と無料プランの2パターンとなります。
       通常プランの場合、毎月の予算上限を設定しプラン登録いたします。資料や動画、セミナー情報の掲載やメディア
      レーダーが主催するオンラインセミナーイベント(以下、「セミナーイベント」という。)への登壇などの方法で営
      業活動に必要不可欠なリード(会員の部署名、担当者名、連絡先など)を獲得することができます。無料プランの場
      合、資料や動画の掲載は可能ですがリード獲得はできません。
       B、掲載社、各社の利用ニーズに合わせた機能が充実

       メディアレーダーでは、広告媒体資料・マーケティングサービスなどの資料掲載や、セミナー動画やセミナー情報
      の掲載、セミナーイベントへの登壇などリード獲得方法が複数存在します。その他にも独自開発した「リード入札機
      能(注1)」、「一括ダウンロード機能(注2)」等も提供しており、掲載社が獲得するリード数を増やしたいタイ
      ミングでリード単価をあげることで、資料や動画の表示ロジックのスコアに影響し露出を高めることが可能です。ま
      た、一括ダウンロード機能をONにすることで資料の一括ダウンロードの表示枠に露出されダウンロード数を伸ばすこ
      とが可能となっており、掲載社はいつでも好きな時にプラン、予算、リード単価、掲載情報の公開・非公開などの設
      定変更が可能です。また、メディアレーダーの広告枠としてメルマガ配信枠などを掲載社に販売しており、メルマガ
      配信でもリード増加が狙えます。
       C、会員の属性

       会員は業種を問わず、広告主や広告代理店など広告・マーケティングに携わる方に「サービス利用」「サービスの
      比較検討/情報収集」等を目的にご利用いただいております。
       D、メディアレーダーの集客施策

       メディアレーダーでは、サービスに関連性の高いキーワードでSEO対策(注3)を実施し、検索結果からの自然流
      入に注力しております。その他に会員へのメルマガ配信や広告出稿による集客施策を実施しております。
       E、営業履歴管理、リードの一元管理

       メディアレーダーでは、掲載社向けに獲得したリードに対して、営業ステータスや営業履歴を記載する「簡易的な
      SFA機能(注4)」を提供しております。また、掲載社ホームページなどでも媒体資料やメディアガイドなどの資料
                                 27/119


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      を掲載している場合、メディアレーダーとホームページそれぞれ管理するのではなく、ホームページ側の資料ダウン
      ロード先をメディアレーダーに設定することで、メディアレーダー内でリードを一元管理する「インバウンドCRM機
      能」  を提供しており、インバウンドCRM経由の資料ダウンロードは課金対象外の0円でリード開示となります。
      (注1)リード入札機能は、掲載社自ら資料ダウンロードや動画視聴された際のリード単価をそれぞれ設定(資料

      リードの単価は@2,000円~@10,000円、動画リードは@3,000円~@10,000円)することで露出を高めるなどが可能
      な機能で、当社が独自開発し情報処理装置として特許出願しております。
      (注2)一括ダウンロード機能は、掲載社が一括ダウンロードでの資料露出を希望した場合に、一括ダウンロード可
      能な資料としてサイト上で露出される機能です。会員はカテゴリ別やキーワードごとに一括ダウンロード可能な資料
      についてはまとめてダウンロードすることが可能となりました。
      (注3)SEOは、Search           Engine    Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)の略で「検索エンジ
      ン最適化」のことを示し、Googleなどの検索エンジンで、あるキーワードを検索した際に特定のウェブサイトを検索
      結果の上位や目立つ場所に表示させるための対策をSEO対策といいます。
      (注4)SFAは、「Sales            Force   Automation」の頭文字を取った略語で、営業支援システムのことをいいます。
    [メディアレーダーの系統図]

                                 28/119















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    ② トラミー
     トラミーの事業展開の基盤は「SNSを利用する多くの一般女性会員」「品質管理」「リード管理および獲得」となりま
    す。トラミーはSNS(注5)を利用する20~40代の一般女性を中心とした約12万人(2022年7月時点)の会員を保有して
    おります。クライアントの商品やサービスをトラミー会員が体験し、体験した会員自身が利用するSNS上でクチコミ・レ
    ビューを公開(情報発信)するサービスであり、一連の業務をすべて当社がディレクションすることで品質を確保してお
    ります。また、会員が投稿した広告物やアンケートデータはクライアントのHPや広告等に自由に掲載(二次利用)可能と
    しており、当社はこれらを対価としてクライアントへ提供しております。
     主なクライアントは代理店を通した取引を中心にスキンケアやメイクアップ、日用品、健康食品/サプリメントなどの
    女性が定期的に購入する商品(消耗品)を取り扱う企業が中心となっており、トラミーを活用した広告商品の他にSNS上
    で影響力が高いインフルエンサー(注6)の提供も行っており、クライアント企業の商品の性質や広告宣伝の目的等に応
    じて最適な広告商品を提供する体制を整え、クライアントに申し込みいただいた広告商品の成果物の納品、役務の提供を
    おこなうことでマネタイズしております。
     A、主要プラン




     トラミーの主要プランは「サンプルレビュー(注7)、会員の利用人数は200名~」、「購入レビュー(注8)、会員
    の利用人数は150名~」を基本プランとしており、多くの会員による商品体験・商品クチコミを基本プランとして提供し
    ている特徴がございます。クライアント様の商品等に合わせて実施人数や内容を調整しており、会員は商品現品やトラ
    ミーポイントを謝礼としてご応募いただいております。
     B、当社によるディレクション
     ご発注から納品までのスケジュールの作成、参加者の募集、当選者の選定、商品の発送または購入依頼、会員によるク
    チコミ投稿、会員により投稿URLの申請およびアンケートの回答、投稿URLの審査、クライアントへ成果物の納品、会員へ
    謝礼付与まで一貫して当社にて対応しており、クライアントにかかる手間を少なくしております。
     C、納品物に対する品質管理の徹底






     クライアントの商材に合わせた広告物の関連法令の確認体制や、ステルス・マーケティング(注9)防止策として、広
    告物に出典元や便益タグ等の情報元の記載を義務付け、顧問弁護士による監修の元で独自開発した関連法令チェックツー
    ルの活用、目視による確認、顧問弁護士へ相談する体制を整備しております。
     D、リード管理および獲得
     トラミーでは、クライアントとなる代理店および広告主への営業活動が重要となり、既存クライアントに対してメルマ
    ガ配信や架電による定期的なアプローチを行っております。また、新規リード獲得においては、広告業界向けの展示会出
    展、運用型広告の出稿、メディアレーダーを活用したリード獲得を継続的に行うことで成長を見込んでおります。
                                 29/119




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (注5)SNSは、Social           Networking      Service(ソーシャルネットワーキングサービス)の略で、インターネット上で繋が





    りを作れるような場を提供しているサービスのことをいいます。
    (注6)インフルエンサーは、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のことをいいます。
    (注7)サンプルレビューは、当選者のご自宅に商品を発送し、商品体験後、会員自身が利用するSNS上でクチコミ・レ
    ビューを公開するプランとなります。
    (注8)購入レビューは、当選者に当選通知を送り、当選者自身がECサイトや店頭で商品購入を行い、体験後、会員自身
    が利用するSNS上でクチコミ・レビューを公開するプランとなります。
    (注9)ステルス・マーケティングは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすることをいいます。
    [トラミーの系統図]

                                 30/119













                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    ③ その他
    ・インターネット広告代理販売
     Google、Yahoo、Twitter、Facebook、Instagram、LINE、TikTokなどの主要インターネットメディアが提供する広告枠
    を一部代理販売しており、各媒体に対する広告出稿額に対して運用管理費の手数料率を定め運用代行の対価としておりま
    す。インターネット広告代理販売は、その他事業の売上の中心となるサービスとなっており、代理店を通した取引を中心
    に拡大しており、クライアント直接の取引も行っております。
    ・クラウドレーダー
     メディアレーダーの横展開モデルとなっており、クラウドサービスのプラットフォームとなっており、掲載社へ「リー
    ド獲得×成果報酬」にてサービス提供しております。
    ・グローバルレーダー
     メディアレーダーの横展開モデルとなっており、グローバル対策サービスのプラットフォームとなっており、掲載社へ
    「リード獲得×成果報酬」にてサービス提供しております。
    ・ウィークル
     アクティビティのプラットフォームとなっており、掲載社へ「予約獲得×成果報酬」にてサービス提供しております。
    ・ママプレス(mamaPRESS)
     ママ向け情報メディアとして運営し広告商品として提供、クライアントの商品の性質や広告宣伝の目的等に応じて広告
    商品の提供の幅を広げます。メディアレーダーを活用することでママ向けの商材を持つクライアントのリード獲得を予定
    しております。
    ・トラマガ
     20歳から34歳までの女性向け情報メディアとして運営し広告商品として提供、クライアントの商品の性質や広告宣伝の
    目的等に応じて広告商品の提供の幅を広げます。メディアレーダーを活用することで20歳から34歳までの女性向けの商材
    を持つクライアントのリード獲得を予定しております。
                                 31/119















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    [全社 事業系統図]
                                 32/119




















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【関係会社の状況】
       該当事項はありません。
     5【従業員の状況】

      (1)提出会社の状況
                                                  2022年10月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
           54               28.2              2.5             4,427
              ( 7 )
    (注)当社は前事業年度末に比べ従業員数が12名増加しております。主な理由は、業容の拡大に伴い営業人員の採用が増加
      したことによるものであります。
     当社はプラットフォーム事業の単一セグメントであるため、事業部門別に記載しております。

               事業部門の名称                            従業員数(人)
      セールス部門                                           45    (7)

      管理部門                                            9   (0)

                                                 54
                 合計                                   ( 7 )
     (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数(アルバイト、パートタイマー、派遣社員を含む)は、最近1年間の平均人員を( )外数で記載し
           ております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
      (2)労働組合の状況

        当社において労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                 33/119












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において、当社が判断したものであります。
      (1)経営方針

       当社は以下を経営方針として掲げております。
       「世の中を変革する台風の目になる」というビジョンのもと、時代の流れを見極め、成長市場に合わせたプラット
      フォーム型のサービスを複数展開していくことで、「世の中を変革」していくことが当社の使命であると考えており
      ます。
      (2)  経営環境

       当社の企業構造、主要サービス、顧客基盤は、「3[事業の内容]」に記載しております。当社の重要な経営環境
      として「①業界の変革×②オンラインでのリード獲得」があげられます。
      ①業界の変革

       当社が属する広告業界は、インターネットやスマートフォンの普及後、従来のマス広告からインターネット広告へ
      と広告業界は変革期に入り、株式会社電通が発表した「2021年                             日本の広告費」によると、インターネット広告費
      27,052億円(前年比121.4%)で総広告費に対する割合は39.8%と変化しており、この傾向は継続されると予測され
      ております。この変革期の中心にインターネット広告が存在し、当社メディアレーダーおよびトラミーが属してお
      り、今後も成長が見込めると考えております。また、インターネット広告に属するインフルエンサーマーケティング
      市場につきましては、当社「トラミー」が属しております。少数の発信力の高いインフルエンサーを活用するサービ
      スや広告主とインフルエンサーを直接つなぐサービスが存在する中で、当社「トラミー」は、多くの一般会員を当社
      がディレクションしサービス提供することで類似サービスと差別化を図っており売上規模も拡大しております。株式
      会社サイバー・バズが2020年10月に発表した「国内ソーシャルメディアマーケティングの市場動向調査」によると、
      インフルエンサーマーケティング市場は2025年には723億円の市場に達すると予測されており、今後もトラミーの成
      長が見込めると考えております。また、当社ではメディアレーダーを運営している為、トラミーをはじめとしたその
      他マーケティング支援サービスにおいても、メディアレーダーを活用することで、金銭的なコストをかけずリード獲
      得が可能なため、競争の激しいインターネット広告市場においても競争優位性がありシェア拡大を図ります。
      ②オンラインでのリード獲得

       BtoBの分野でもサービスの販売に向けて、リード獲得するサービスがさまざまな誕生しており、当社の提供するメ
      ディアレーダーは広告業界に特化したリード獲得サービスとなっております。当社メディアレーダーが属する国内デ
      ジタルマーケティング関連サービス市場の予測としましては、IT専門調査会社                                    IDC  Japan   株式会社が2021年12月に
      掲載した「国内デジタルマーケティング関連サービス市場予測を発表」によると、2020年の国内デジタルマーケティ
      ング関連サービス市場は、前年比2.6%増の4,305億円となりました。2020年~2025年の年間平均成長率(CAGR:
      Compound     Average    Growth    Rate)は7.2%、2025年の市場規模は6,102億円になる見込みと市場予測されており、
      「サービス事業者は、顧客接点を起点とした変革を進める手段としてデジタルマーケティングを用い、企業のデジタ
      ルトランスフォーメーション(DX)を横断的に支援すべきである」と述べており、競争が激化し変革期である広告業
      界向けのオンラインリード獲得サービスは、サービス事業者において顧客接点の起点となる必要不可欠なサービスで
      あり、当社「メディアレーダー」が先行して広告・マーケティング業界のリードジェン(注1)市場を開拓し売上規
      模を拡大しており、今後も成長が見込めると考えております。
      (注1)リードジェンとは、見込み顧客を獲得するための活動をいいます。

      (3)  経営戦略等

       当社が今後更なる成長を遂げるためには、「(5)                        優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題」に記載の事項へ対
      応していくことが経営戦略上、重要であると認識しております。そのため当社は、自社サービスの強化・向上や優秀
      な人材の採用、教育を通じた組織体制の整備を行い、広告・マーケティング業界のリードジェン市場の開拓とクライ
      アントニーズに対応できる新たなマーケティング手法の開発、さらに既存事業で培ったノウハウを他業界へ横展開さ
      せることで、事業拡大を図る方針です。
      (4)  経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

       当社の重視する経営指標は売上高成長率と売上総利益率を指標としております。2018年12月期から2021年12月期ま
      での当該指標の推移は以下の表のとおりとなります。
                   2018年12月期           2019年12月期           2020年12月期           2021年12月期
       売上高成長率                 16.1%           10.7%           26.5%           32.8%
                                 34/119

                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       売上総利益率                 79.7%           84.7%           88.5%           88.9%
       高収益で成長しているメディアレーダーおよびトラミーの販売を引き続き拡大していくための指標として、メディ

      アレーダー「平均リード単価(注1)」「課金ダウンロード数(注2)」、トラミー「案件数」「案件単価」が当
      面、最も重要な経営管理指標と考えており、2019年12月期から2021年12月期までの当該指標の推移は以下の表のとお
      りとなります。また、主要サービス以外の新たなマーケティング手法やサービスの成長も経営の安定化及び企業価値
      の増大に不可欠であり、事業の柱となる複数のマッチングプラットフォームサービスの運営を重要な目標として事業
      活動を推進しております。
                    2019年12月        2020年12月        2021年12月
                      期        期        期
        平均リード単価              2,000円        2,000円        2,151円
        課金ダウンロード             66,077件        93,250件        109,215件
        数
        案件数               426件        515件        628件
        案件単価              378千円        398千円        432千円
      (注1)平均リード単価は、資料ダウンロードによるリード提供の平均単価としております。
      (注2)課金ダウンロード数は、資料ダウンロードによるリード提供で発生したリード数としております。
      (5)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

       自社サービスの販売は、他社サービスの代理販売と比較し、利益率の高い商品であるため、事業上及び財務上の改
      善に繋がるため、メディアレーダーおよびトラミーにおいて、自社サービスとしてのオリジナルの展開を強化するこ
      とで、当社でしか提供できない価値をクライアント企業へ提供し、当社の競争力を高めていくことが重要であると考
      えております。
      ①メディアレーダーの強化

       メディアレーダーのさらなる事業成長、「広告業界のインフラへ」というビジョンの実現にむけて、前事業年度に
      リリースした「リード入札機能(注3)」および「セミナーイベント」、本事業年度にリリースした「一括ダウン
      ロード機能(注4)」「動画掲載機能(注5)」をそれぞれ普及・拡大させ、会員となる広告主や広告代理店に対し
      てサービス認知度をさらに高めることで、サービスの利用を促進する必要があると考えております。
      (注3)掲載社自ら資料ダウンロードや動画視聴された際のリード単価をそれぞれ設定(資料リードの単価は@

      2,000円~@10,000円、動画リードは@3,000円~@10,000円)することで露出を高めるなどが可能な機能です。
      (注4)掲載社が一括ダウンロードでの資料露出を希望した場合に、一括ダウンロード可能な資料としてサイト上で
      露出される機能です。会員はカテゴリ別やキーワードごとに一括ダウンロード可能な資料についてはまとめてダウン
      ロードすることが可能となりました。
      (注5)掲載社が動画を掲載できる機能で、会員が動画視聴した際にリード獲得できる機能となります。
      ②トラミーの強化

       トラミーのさらなる事業成長にむけて、既存クライアントに対するリピート案件の獲得および新規クライアントに
      対する案件の獲得を目的としたリード獲得、1案件あたりの取引単価の向上を目的とした営業教育を継続的に実施し
      ていく必要があると考えております。今後も引き続き、主要代理店取引を伸ばしつつ、クライアントへ直接販売する
      販売ルートも強化するとともに、現状のクライアントの多くが属するコスメ業界に加え、様々な業界に属するクライ
      アントと幅広く取引できるよう案件の拡大および取引単価の向上を図ってまいります。
      ③ 特許出願

       当社は、「模造サイトへの防衛」および「更なる成長を図る」ために自社サービスで独自開発予定の技術を、専門
      家に相談の上で特許出願可能なものは特許出願を進める意向でおります。
      ④ 組織体制、販売管理体制の整備

       当社は、成長フェーズにあった組織体制の確立と優秀な人材の確保、また確保した人員の早期育成の仕組みが不可
      欠だと考えております。採用活動の強化を図るとともに、社内研修制度、販売管理体制の仕組みの確立を行ってまい
      ります。
      ⑤ 情報管理体制の強化

                                 35/119


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当社は、会員の個人情報を多く取得しており、その情報管理を強化していくことが重要であると考えております。
      具体的には個人情報管理規程を制定し、その取得・提供・管理についての方針を定めております。また、個人情報取
      扱のアクセス権限者を限定したうえで、アクセスログについても取得し、不正なアクセスがないか随時モニタリング
      を 実施しております。また、個人情報以外のパーソナルデータとして、cookie情報や行動履歴情報等の取扱いについ
      ても、日本インタラクティブ広告協会(JIAA)の「行動ターゲティング広告ガイドライン」を遵守した取扱いを実施
      しております。
       これらの施策により個人情報の取扱い等の管理を徹底しておりますが、今後も社内教育・研修の実施やシステム整
      備などを継続的に行ってまいります。
      ⑥ 内部管理体制の強化

       当社は成長段階にあり、業務運営の効率化やリスク管理のための内部管理体制の強化が重要な課題であると考えて
      おります。このため、当社といたしましては、内部監査室、監査役会、リスク・コンプライアンス委員会を設置し、
      経営の公正性・透明性を確保するための内部管理体制強化に取り組んでまいります。
      ⑦ 広告審査体制の整備

       当社の各事業における広告審査体制としては、マニュアルを制定し、その審査・提供・管理についての方針を定め
      ております。さらに、広告・投稿審査ツールを利用することにより、網羅的に法令違反の可能性がある投稿を広く
      ピックアップし、ツールからアラートが上がった投稿に対して、社内チェックに加え、必要に応じて弁護士への確認
      を行っており、当社の広告・投稿審査体制は十分な実行性を確保すべく取り組んでおります。
      ⑧ 法規制等の変動に対応する社内体制

       当社の事業は、広告関連法令、インターネット広告業界の自主規制、各種SNSプラットフォーム規約等の制約を受
      けますが、それら規制の改正、変更等の事業環境の変化に迅速に対応するため、各事業部と管理部門が連携して情報
      の収集、分析、管理を行っております。また、規制等の変更に伴い対応が必要である際は、社内への周知、教育等に
      よりその徹底を図っており、これら対応を継続的に行ってまいります。
      ⑨ 財務基盤の確立と安定的な配当

       当社は、未だ成長フェーズの過程にあることから、事業規模の拡大、競争力の確保及び財務体質の強化に向けた内
      部留保の充実が将来に向けた株主価値の最大化に資すると考え、これまで配当を実施しておらず、今後においても将
      来への事業規模の拡大に向けた人材や設備に資金を投じながら、財務体質の強化も視野に入れつつ、必要な内部留保
      を確保することを基本方針としておりますが、株主への利益還元も重要な課題として、配当実施時期の検討について
      も継続的に取り組んでまいります。
                                 36/119










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【事業等のリスク】
       本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある
      事項には、以下のようなものがあります。
       また、必ずしもリスク要因には該当しない事項につきましても、投資者の投資判断上、重要であると考えられる事
      項については、投資者に対する積極的な情報開示の観点から以下に開示しております。当社では、事業上のリスクに
      係る事項については、「4 コーポレート・ガバナンスの状況等(1)コーポレート・ガバナンスの概要 ②                                                   企業
      統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由 イ.企業統治の体制の概要 d.リスク・コンプライアンス委員
      会」に記載のとおり、リスク・コンプライアンス委員会にて把握し、管理する体制・枠組みとしております。
       なお、文中の将来に関する事項は本書提出日現在において当社が判断したものであり、将来において発生の可能性
      があるすべてのリスクを網羅するものではありません。
      (1)  インターネット広告市場の変化

       当社のプラットフォーム事業におけるサービスは主にメディアレーダー、トラミーで構成され、広告の買い手、広
      告の売り手、どちらも顧客にできる特徴をもって事業展開しておりますが、主要事業が「広告業(特にインターネッ
      ト広告)」に限られる為、技術革新や法改正など広告業界動向に大きな影響を及ぼす改革が発生した場合、当社の経
      営成績に影響を与える可能性があります。
      (2)  主要SNSのユーザー利用動向やプラットフォーム事業の規制変更等によるリスク

       当社広告商品は、Instagram、Facebook、Twitter、LINE、TikTok等の主要SNSプラットフォーム上でのマーケティ
      ング手法を中心としております。利用者が増加傾向にあるSNSプラットフォームは広告媒体としての訴求力が高まる
      ことから、各SNSプラットフォームのユーザーの利用動向は重要な指標となるため、当社ではこれらの動向に関する
      情報収集を行っておりますが、既存のSNSにおけるユーザーの利用動向の変化や、新たなSNSの流行に対して、当社の
      適切な会員組織化等の対応が遅れた場合、当社の業績に影響を与える可能性があります。
       また、広告関連の規約・規制等の変更により、従来可能であった広告手法を用いることが出来なくなる可能性があ
      り、当社のマーケティング手法や体制等の対応が遅れた場合や、SNSのセキュリティ面の不備により当該プラット
      フォームの信頼性に疑義が発生した場合には、当社の経営成績に影響を与える可能性があります。
      (3)  業界動向に関するリスクについて

       当社は、主にSNSを活用したマーケティング事業を行っております。株式会社電通の「2021年日本の広告費」によ
      れば、2021年のインターネット広告費27,052億円(前年比121.4%)の成長をしております。今後も同市場は堅調に
      推移すると予想しておりますが、市場成長が阻害されるような状況が生じた場合、また、インターネット広告市場を
      含む広告業界においては、景気変動により広告主の広告支出が増減する傾向があるため、国内マクロ経済の動向及び
      国内主要産業部門における事業環境が変化した場合には、当社の経営成績及び財政状態に影響を与える可能性があり
      ます。
      (4)  事業経営環境に関するリスクについて

       当社メディアレーダーの主要サービスは、広告業界において法人営業に特化し各種サービスを提供しております。
      現在は、顧客企業の営業やマーケティング関連への投資マインドの上昇を背景として事業拡大をしておりますが、今
      後国内外の経済情勢や景気動向等の理由により顧客企業の営業やマーケティング関連への投資マインドが減退するよ
      うな場合には、当社事業及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      (5)  季節変動による業績への影響

       当社のサービスであるトラミーは、毎年3月において取引が集中する傾向があります。これにより、会計年度にお
      ける各四半期の売上高、営業利益等との間に変動があり、今後も同様の傾向が続く可能性があります。当社では今
      後、比較的季節変動が少ないメディアレーダーのサービスをさらに普及させることに努め、季節的な変動の与える影
      響を相対的に小さくすることで、全社ベースの売上高の変動を安定させてまいります。
      (6)  技術革新への対応について

       当社が属するインターネット業界においては、新技術の開発及びそれに基づく新しいサービスの導入が頻繁に行わ
      れており、あわせて顧客のニーズも非常に変化の激しい業界となっております。そのため常に新しい技術要素に対し
      て情報の収集、蓄積、分析及び習得に取り組んでおります。しかしながら、技術革新において当社が予期しない急激
      な変化があり、その対応が遅れた場合や新技術に対応するため予定していないシステムへの投資が必要になった場合
      には、当社の事業及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      (7)  検索エンジンからの集客について

                                 37/119


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当社のサービスであるメディアレーダーは、GoogleやYahoo!                             JAPANの検索サイトからの集客が非常に重要でありま
      す。検索サイトにおける検索アルゴリズムの大幅な変更が行われ、これまでの検索エンジン最適化(SEO)対策が有
      効に機能しなかった場合、当社の事業および業績に大きな影響を与える可能性があります。
       当該リスクへの対策として、検索アルゴリズム変更に関する情報の取得、検索キーワードにおける順位変動のモニ
      タリング、サイトのアクセス解析、検索結果の上位サイト分析をもとに検索アルゴリズムの変更に応じたSEO対策を
      継続してまいります。
      (8)  法的規制について

       当社は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(以下「薬機法」とする。)」、
      「健康増進法」、「個人情報の保護に関する法律」、「不当景品類及び不当表示防止法」、「著作権法」、「商標
      法」、等の規制を受けております。当社では法令や各種ガイドライン等の順守を徹底し事業運営を行っております
      が、万一これらの違反に該当するような事態が発生した場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       また、今後新たな法令の制定、既存法令等の解釈変更がなされ事業が制約を受けることになった場合、当社の経営
      成績に影響を及ぼす可能性があります。
      (9)  クチコミマーケティングの信頼性の低下による業績悪化のリスク

       当社のサービスであるトラミーは、クライアント企業のマーケティングに対しサービスを提供しており、その多様
      なニーズに応えるため、会員の確保が必要になります。その為、会員に対し、クライアント企業の広告案件の継続的
      なご紹介やSNSへの投稿に関する法令・ガイドラインの遵守等の有用な情報を提供することにより、親密かつ広範な
      ネットワークを構築しております。また、良質な会員を確保するため、会員審査(投稿内容の審査)の基準を定め、
      健全な会員組織の運営のための体制を整えております。さらに、「薬機法」第66条第1項及び「健康増進法」第65条
      第1項では、規制の対象が「何人も」と規定されていることから、当社の広告・投稿審査体制は、顧問弁護士事務所
      の監修の下、独自開発した広告・投稿審査ツールを利用することにより、網羅的に法令違反の可能性がある投稿を広
      くピックアップし、ツールからアラートが上がった投稿に対して、社内チェックに加え、必要に応じて弁護士への確
      認を行っており、当社の広告・投稿審査体制は十分な実行性を確保すべく努めております。しかしながら、様々な要
      因の変化により会員との信頼関係が低下した場合や、クライアント企業のニーズに合ったユーザーを当社会員として
      十分に確保できない場合、当社会員が広告審査基準等を遵守しない又は当社の広告案件以外において炎上する等の当
      社で管理することが困難な事態が発生した場合には、当社の経営成績及び財政状態に影響を与える可能性がありま
      す。
      (10)   個人情報の管理に係るリスクについて

       当社は、トラミー、メディアレーダーを通じて取得した個人情報を保有しており、「個人情報の保護に関する法
      律」の規定に則って作成したプライバシーポリシーに沿って管理しております。また「個人情報保護規程」、「パス
      ワードポリシー」、「認可ソフトウェア一覧」等の規程を制定し、個人情報の漏洩が発生しない仕組みを構築してお
      ります。しかし、情報セキュリティに係るリスク等により個人情報が漏洩した場合や個人情報の収集過程で問題が生
      じた場合、当社の信用の下落等の損害が発生し、当社の経営成績に影響を与える可能性があります。
      (11)   特定人物への依存について

       当社代表取締役社長である福島範幸は、当社の創業者であり、会社経営の最高責任者として経営方針や事業戦略の
      決定をはじめ、当社の事業推進において重要な役割を果たしております。当社では同氏に過度に依存しない経営体制
      の構築を進めており、取締役会や事業運営のための経営会議等における取締役及び幹部社員の情報共有や経営組織の
      強化を図っております。しかしながら、何らかの理由により同氏が当社の業務を継続することが困難になった場合、
      当社の事業及び経営成績に影響を与える可能性があります。
      (12)   訴訟リスクについて

       当社では、リスク・コンプライアンス規程を制定し、役職員に対して当該規程を遵守させることで、法令違反等の
      発生リスクの低減に努めております。しかしながら、当社及び役職員の法令違反等の有無に関わらず、会員や取引
      先、第三者との間で予期せぬトラブルが発生し、訴訟に発展する可能性があります。提起された訴訟の内容及び結果
      によっては、多大な訴訟対応費用の発生や企業ブランドイメージの悪化等により、当社の経営成績及び財政状態に影
      響を与える可能性があります。
      (13)   新株予約権行使による株式価値希薄化に関するリスクについて

       当社は、当社の取締役及び従業員に対するインセンティブを目的として、ストック・オプションを付与しておりま
      す。本書提出日現在のストック・オプションによる潜在株式総数は79,520株であり、発行済株式総数800,000株の
      9.9%に相当します。これらのストック・オプションが行使された場合、保有株式の価値が希薄化する可能性があり
      ます。
                                 38/119


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (14)   小規模組織について

       当社は、2022年10月31日現在において、取締役4名、監査役3名、従業員54名と小規模な組織となっており、内部
      管理体制もこれに応じたものとなっております。当社は、今後の事業規模の拡大に応じて、人員の強化と内部管理体
      制の一層の充実を図っていく方針でありますが、これらの施策が適時適切に進行しなかった場合には、当社の事業及
      び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      (15)   人材の獲得及び育成

       今後当社の事業をさらに拡大し、成長をつづけていくためには優秀な人材の確保と育成が重要課題となっておりま
      す。当社では人材の確保に向けた情報収集やインターン制度の導入など人材確保に向けた取り組みを講じております
      が、こうした人材の確保が計画通りに進まなかった場合や、育成が計画通りに進まなかった場合、あるいは重要な人
      材が社外に流出した場合には、競争力の低下や事業拡大の制約要因が生じ、当社の事業及び経営成績に影響を与える
      可能性があります。
      (16)   情報セキュリティに係るリスクについて

       当社では、「情報システム管理規程」を制定し、コンピューターシステムの瑕疵、実施済みのセキュリティ対策の
      危殆化、マルウェア・コンピューターウィルス、コンピューターネットワークへの不正侵入、役職員の過誤、自然災
      害、アクセス増加等の一時的な過負荷等により、重要データの漏洩、コンピュータープログラムの不正改ざん、シス
      テムダウン等の防止に向けた仕組みを講じておりますが、当該事象が発生した場合、第三者からの損害賠償請求、信
      用下落等により、当社の経営成績及び財政状態に影響を与える可能性があります。
      (17)   内部管理体制について

       当社は、企業価値の拡大を図る中でコーポレート・ガバナンスが有効に機能することが不可欠であると認識してお
      ります。業務の適正性及び財務報告の信頼性の確保のための内部統制システムの適切な運用、さらに健全な倫理論に
      基づく法令遵守を徹底するにあたり充分な体制を構築していると考えておりますが、今後の事業運営及び事業拡大に
      対応するため、内部管理体制について一層の充実を図る必要があると認識しております。しかしながら、事業の急速
      な拡大により、十分な内部管理体制の構築が追いつかない状況が生じる場合には、適切な業務運営が困難となり、当
      社の事業及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      (18)   自然災害等に係るリスクについて

       自然災害・感染症拡大等により物流が停止した場合のほか、広告が自粛されるような事態が生じた場合、当社メ
      ディアレーダー、トラミーが影響を受ける可能性があり、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       また、当社事業拠点及びサーバー等の設備については、定期的なバックアップや点検等によりトラブルの事前回避
      及び防止に努めておりますが、当社の本店所在地である東京都渋谷区において大地震、台風等の自然災害または事
      故、火災等により、業務の停止、当社設備等の損壊、電力供給の制限等の不測の事態が生じた場合には、当社の経営
      成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (19)   配当政策について

       当社は、株主への利益還元を経営上の重要な課題として認識しております。しかしながら、未だ成長フェーズの過
      程にあることから、事業規模の拡大、競争力の確保及び財務体質の強化に向けた内部留保の充実が将来に向けた株主
      価値の最大化に資すると考え、これまで配当を実施しておりません。
       今後においても将来への事業規模の拡大に向けた人材や設備に資金を投じながら、財務体質の強化も視野に入れつ
      つ、必要な内部留保を確保していくことを基本方針としており、これらを総合的に勘案しながら株主への利益還元の
      時期を検討してまいりますが、現時点における配当の実施及び実施時期は未定であります。
      (20)   新型コロナウイルスに関するリスクについて

       新型コロナウイルス感染症拡大や緊急事態宣言に伴う経済活動の低下は国内外に多大な影響を及ぼしましたが、当
      社においても、一部のクライアントで見込み顧客獲得の停止、広告の停止、商品開発の遅れに伴うプロモーション時
      期の遅れ、人流の行動制限による案件の一時停止、延期などの影響が生じました。
       当社は各サービスのオンライン商談体制の構築を行い、店頭購入およびイベント等の行動制限の影響が大きいプロ
      モーションプランを停止、外出を伴わないプランの提案を中心に営業活動をすることで影響を最小化する取り組みを
      広げております。
       新型コロナウイルス感染症については現在も収束の目途が立っていないため、今後も事業計画に影響を及ぼす可能
      性はあります。
                                 39/119


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
         当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおり
        であります。
        ① 財政状態の状況
         第15期事業年度(自 2021年1月1日  至 2021年12月31日)
         (資産)
           当事業年度末における資産合計は468,985千円となり、前事業年度末に比べ59,505千円増加いたしました。
           流動資産は、前事業年度末に比べ30,704千円増加いたしました。これは主に現金及び預金が34,840千円増加
          したことによるものであります。
           固定資産は、前事業年度末に比べ28,801千円増加いたしました。これは主に新オフィス移転に伴う有形固定
          資産25,660千円及び新オフィス入居に伴う敷金27,106千円の増加に対し、繰延税金資産の取崩24,946千円に
          よるものです。
         (負債)

           当事業年度末における負債合計は378,118千円となり、前事業年度末に比べ12,090千円増加いたしました。
           流動負債は、前事業年度末に比べ3,988千円減少いたしました。これは主に未払金17,224千円、預り金3,244
          千円及び未払法人税等2,848千円の増加に対し、買掛金23,481千円及び未払消費税等5,154千円減少によるもの
          であります。
           固定負債は、前事業年度末に比べ16,079千円増加いたしました。これは長期借入金が7,620千円及び新オフ
          ィス入居に伴う資産除去債務が8,459千円増加したことによるものです。
         (純資産)

           当事業年度末における純資産合計は90,866千円となり、前事業年度末に比べ47,414千円増加いたしました。
          これは当期純利益47,414千円計上したことによるものです。
           この結果、自己資本比率は19.4%(前事業年度末は10.6%)となりました。
         第16期第3四半期累計期間(自 2022年1月1日  至 2022年9月30日)

         (資産)
           当第3四半期会計期間末における資産合計は612,716千円となり、前事業年度末に比べ143,731千円増加いた
          しました。これは主に現金及び預金が102,700千円、売掛金が45,810千円増加したことによるものです。
         (負債)

           当第3四半期会計期間末における負債合計は434,547千円となり、前事業年度末に比べ56,429千円増加いた
          しました。これは主に買掛金23,431千円、未払法人税等38,147千円、未払消費税等12,635千円の増加に対し、
          長期借入金18,495千円が減少したことによるものです。
         (純資産)

           当第3四半期会計期間末における純資産合計は178,169千円となり、前事業年度末に比べ87,302千円増加い
          たしました。これは四半期純利益87,302千円の計上によるものです。
        ②経営成績の状況

         第15期事業年度(自 2021年1月1日  至 2021年12月31日)
          当事業年度における日本経済は、新型コロナウイルス感染症対策としてワクチン接種の対象が拡大され、政
         府、自治体による緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置は2021年9月30日を以てすべて解除となりましたが、
         オミクロン株による感染拡大など、引き続き経済の先行きは不透明な状況が続いております。
          一方で、当社が展開するサービスを取り巻く環境は、オフラインでのマーケティング活動が制限されたこと等
         により、企業のマーケティング活動のデジタルシフトが加速しており、広告業界のプラットフォーム「メディア
         レーダー」およびクチコミマーケティングのプラットフォーム「トラミー」の需要は引続き拡大傾向に有り、堅
         調な成長を続けております。
         サービス別の主な取り組みについては下記の通りとなります。

         (メディアレーダー)

                                 40/119


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          メディアレーダーにおいては、資料ダウンロード売上の向上を目的とし、「リード入札機能」によるリード単
         価の向上およびメディアレーダー主催の「セミナーイベント」の開催による売上獲得を目的とした対策を実施し
         てまいりました。なお、メディアレーダー売上の96.3%がリカーリング売上(注1)となっております。
         (注1)リカーリング売上、メディアレーダーの新規取引を除く既存取引(継続およびリピート)の売上となり
         ます。
         (トラミー)

          トラミーにおいては、案件数の増加を目的とした既存顧客および新規顧客への営業活動を実施しております。
         また、顧問弁護士監修のもと、独自の関連法令チェックツールの開発を行い、通常の投稿内容の審査に加えて、
         関連法令に対する審査が行える体制を整備いたしました。
          これらの結果、当事業年度の売上高は605,424千円(前事業年度比32.8%増)となりました。営業利益は上場

         準備に伴う管理体制の強化による人員及び管理費用並びに広告宣伝費の増加から75,829千円(前事業年度比
         36.9%減)となりました。経常利益は75,506千円(前事業年度比37.7%減)、当期純利益は47,414千円(前事業
         年度比39.3%減)となりました。
          なお、当社はプラットフォーム事業の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載は省略しておりま
         す。
         第16期第3四半期累計期間(自 2022年1月1日  至 2022年9月30日)

          当第3四半期累計期間における日本経済は、新型コロナウィルス感染症対策としてワクチン接種の対象が拡大
         され、政府、自治体による緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置は2022年3月21日を以てすべて解除となりま
         したが、オミクロン株による感染拡大リスクは続いており、原油価格や原材料価格の上昇が及ぼす企業業績や個
         人消費への影響、ウクライナ情勢など、経済の先行きは不透明な状況が続いております。
          一方で、当社が展開するサービスを取り巻く環境は、オフラインでのマーケティング活動が制限されたこと等
         により、企業のマーケティング活動のデジタルシフトが加速しており、広告・マーケティングサービスに特化し
         た見込み顧客獲得サービス「メディアレーダー」およびソーシャルメディアの利用者を自社会員組織としたマー
         ケティング支援サービス「トラミー」の需要は引続き拡大傾向に有り、堅調な成長を続けております。
         サービス別の主な取り組みについては下記の通りとなります。

        (メディアレーダー)
          メディアレーダーにおいては、資料ダウンロードによる売上の拡大およびセミナーイベントの開催による売上
         の拡大を目的とした対策を実施してまいりました。
          その結果、当第3四半期累計期間における資料ダウンロードによる売上は238,384千円、セミナーイベントに
         よる売上は37,950千円となり、リカーリング売上が96.6%となりました。
        (トラミー)

          トラミーにおいては、既存クライアントに対するリピート案件の獲得および新規クライアントに対する案件の
         獲得を目的としたリード獲得、1案件あたりの取引単価の向上を目的とした営業教育を実施してまいりました。
         その結果、当第3四半期累計期間における案件数は554案件(前年比+62案件)、案件単価は528千円(前年比
         +114千円)となりました。
         これらの結果、当第3四半期累計期間の経営成績は、売上高636,802千円、営業利益133,480千円、経常利益

        130,612千円、四半期純利益は87,302千円となりました。
         なお、当社はプラットフォーム事業の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載は省略しております。
        ③ キャッシュ・フローの状況

         第15期事業年度(自 2021年1月1日  至 2021年12月31日)
          当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は245,858千円となり、前事業年度末に
         比べ34,840千円増加しました。
          当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動の結果得られた資金は74,010千円(前年同期は104,765千円の資金の獲得)となりました。これは主
         に増加要因として売上債権の増加額22千円(前年同期比26,932千円減少)、立替金の減少額9,867千円(前年同
         期は立替金の増加額10,330千円)、法人税等の支払額69千円(前年同期比23,504千円減少)等があった一方で、
         減少要因として、税引前当期純利益75,279千円(前年同期比44,480千円減少)、仕入債務の減少額23,481千円
         (前年同期は仕入債務の増加額30,222千円)等があったことによるものであります。
                                 41/119

                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動の結果支出した資金は50,198千円(前年同期は1,000千円の支出)となりました。これは主に、敷金
         の回収による収入9,843千円があったものの、新オフィス入居に伴う賃貸借契約により発生した敷金の差入によ
         る支出37,835千円、有形固定資産の取得による支出19,489千円があったことによるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動の結果得られた資金は11,028千円(前年同期は12,295千円の資金の獲得)となりました。これは長期
         借入れによる収入30,000千円(前年同期比94,456千円減少)、長期借入金の返済による支出18,972千円(前年同
        期比93,189千円減少)があったことによるものであります。
        ④ 生産、受注及び販売の実績

         a.生産実績
           当社が行う事業は、提供するサービスの性格上、生産実績の記載になじまないため、当該記載を省略してお
          ります。
         b.受注実績

           当社が行う事業は、提供するサービスの性格上、受注実績の記載になじまないため、当該記載を省略してお
          ります。
         c.販売実績

           第15期事業年度及び第16期3四半期累計期間の販売実績は次のとおりであります。なお、当社はプラット
          フォーム事業の単一セグメントであるため、サービス別に記載しております。
                                              第16期第3四半期累計期間
                               第15期事業年度
                                               (自 2022年1月1日
           サービスの名称                  (自 2021年1月1日
                                                至 2022年9月30日)
                              至 2021年12月31日)
                          金額(千円)         前年同期比(%)              金額(千円)

      メディアレーダー                        284,513           147.8              298,103

      トラミー                        270,906           130.2              293,112

      その他                         50,004           90.6              45,586

             合計                 605,424           132.8              636,802

     (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.主な相手先別の販売実績は、当該販売実績の総販売実績に対する割合がいずれも100分の10未満であるため
           記載を省略しております。
                                 42/119








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
        経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
      なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
      ① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

       第15期事業年度(自 2021年1月1日  至 2021年12月31日)
       当社の当事業年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりであります。
       (資産)
        総資産468,985千円(前期末比59,505千円増)のうち、現金及び預金が245,858千円(前期末比34,840千円増)と
        52.4%を占めております。受取手形及び売掛金は120,067千円(前期末比23千円増)で総資産の25.6%となってお
        り、高い流動性を確保しております。
        当社の事業はプラットフォーム事業であり、既存顧客からの継続的なサービスの利用に伴う売上代金回収期間と
        外注費の支払期間の差が少ないことから、営業キャッシュ・フローは利益に比例して増減いたします。
       (負債)

        負債のうち、長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む)180,066千円(前期末比11,028千円増)の有利
        子負債があり、負債・純資産合計額の38.4%を占めております。これは新型コロナウィルス感染症による先行き不
        透明感が増した2020年11月に調達した資金でありますが、その後の事業が順調に推移した結果、余裕資金として保
        有することができております。
       (純資産)

        純資産額の変動は、当期純利益の計上による増加のみで構成されております。
       (売上高)

        売上高は605,424千円と前年同期比に比べ149,619千円(32.8%)増加しました。これはコロナ禍においてオフラ
        インでのマーケティング活動が制限されたこと等により、企業のマーケティング活動のデジタルシフトが加速した
        ことに加え、メディアレーダーにおいては、資料ダウンロード売上の向上を目的とし、「リード入札機能」による
        リード単価の向上およびメディアレーダー主催の「セミナーイベント」の開催による売上獲得を目的とした対策を
        実施し、トラミーにおいては、案件数の増加を目的とした既存顧客および新規顧客への営業活動を実施した結果、
        売上高が伸長したものです。
       (売上原価及び売上総利益)

        売上原価は、67,037千円と前年同期比に比べ14,634千円(27.9%)増加しました。メディアレーダーの売上が順
        調に推移したことから全体の売上原価率が前年同期の11.5%から11.1%と改善し、売上総利益は538,386千円と前
        年同期に比べて134,984千円(33.5%)増加しました。
       (販売費及び一般管理費)

        販売費及び一般管理費は462,557千円と前年同期と比べて179,412千円(63.4%)増加しました。これは、上場準
        備に伴う管理体制の強化による人員及び管理費用並びに広告宣伝費が増加したことによるものです。この結果、営
        業利益は75,829千円と前年同期と比べ44,428千円(36.9%)減少しました。
       (営業外収益、営業外費用及び経常利益)

        営業外収益は1,308千円と前年同期に比べて2,549千円(66.1%)減少しました。これは前年において補助金収入
        があったためであり、営業外収益の主な内訳はポイント失効に伴うポイント失効戻入益によるものです。営業外費
        用は1,630千円と前年同期に比べて1,275千円(43.9%)減少しました。営業外費用の内訳は支払利息であります。
        この結果、経常利益は75,506千円と前年同期と比べて45,701千円(37.7%)減少しました。
       (法人税等合計及び当期純利益)

        法人税等合計は27,864千円と前年同期に比べて13,820千円(33.2%)減少しました。この結果、当期純利益は
        47,414千円と前年同期に比べて30,660千円(39.3%)減少しました。
       当社の経営成績に重要な影響を与える要因として、当社主力サービスのメディアレーダー及びトラミーの強化があ

      ります。
       メディアレーダーにおいては、今後も会員となる広告主、広告代理店のニーズを満たす資料、動画、セミナー情報
      の拡充を行い、機能充実、利便性の向上、セミナーイベントの規模拡大を図ることで、「広告業界のインフラへ」と
      いうビジョンの実現にむけて成長スピードを加速させていくことが重要と考えております。
                                 43/119


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       またトラミーにおいては、主要代理店取引を伸ばしつつ、クライアントへ直接販売する販売ルートを強化するとと
      もに、現状のクライアントの多くが属するコスメ業界に加え、様々な業界に属するクライアントと幅広く取引できる
      よう案件の拡大および取引単価の向上が重要と考えております。
      ② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容

       当事業年度のキャッシュ・フローの分析につきましては、「(1)                                経営成績等の状況の概要 ③キャッシュ・フ
      ローの状況」に記載のとおりであります。当社のビジネスモデルの特性から、利益額と営業キャッシュ・フローは比
      例的に増減します。当事業年度においては、新オフィスの移転に伴う有形固定資産の取得による支出及び新オフィス
      入居に伴う敷金の差入に伴う支出等から、投資活動によるキャッシュ・フローにおいて50,198千円の支出がありまし
      た。また、財務活動によるキャッシュ・フローにおいては長期借入金による収入もあり、11,028千円の収入となりま
      した。これらの要因から現金及び現金同等物の期末残高は245,858千円(34,840千円増)となりました。
      ③ 資本の財源及び資金の流動性についての分析

       当社の資本の財源及び資金の流動性については、主に外注費、広告宣伝費及び人件費の支払いが中心となり、設備
      資金については無いことから、売上代金の入金に至る期間までの運転資金が資金需要となります。また、今後の会社
      規模の拡大に合わせた組織体制の確立及び優秀な人材の確保に向けて、今後も積極的に採用活動を進める方針です。
       当社ではこれら運転資金に対応した資金調達は、自己資金及び金融機関からの借入を中心に検討を行い、必要に応
      じて社債発行及び新株発行等による資金調達も検討していく方針としております。
      ④ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

       当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されております。その
      作成には経営者により会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告金額並びに開示に影響を与える
      見積りを必要とします。経営者は、これらの見積りについて、過去の実績等を勘案し合理的に判断しておりますが、
      実際の結果は、見積り特有の不確実性が存在するため、これらの見積りとは異なる場合があります。当社の財務
      諸表の作成に当たり会計上の見積りに用いた仮定のうち重要なものはないため、重要な会計上の見積りに該当す
      る項目はないと判断しております。なお、当社の財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5                                            経理の状況
      1  財務諸表等      注記事項     (重要な会計方針)」に記載のとおりであります。
                                 44/119












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【経営上の重要な契約等】
       該当事項はありません。
     5【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                 45/119



















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
      第15期事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
       当事業年度において実施した設備投資等の総額は                        27,932   千円であり、その主なものは、今後の業況の拡大による社
      員数の増加を見据え、2021年5月にオフィス増床を目的として東京都渋谷区内にて本社移転を行ったことに伴う、建
      物附属設備21,039千円、工具、器具及び備品6,892千円であります。
       また、この移転に伴い、旧本社設備の除却を行っておりますが、除却に伴う財務諸表への影響は2020年12月期にお
      いて減損損失として計上済となっております。
       なお、当社はプラットフォーム事業の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載は省略しております。
      第16期第3四半期累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年9月30日)

       当第3四半期累計期間の設備投資等の総額は、                       426  千円であります。その内容は、従業員が使用するノートパソコ
      ンであります。
     2【主要な設備の状況】

                                                    2021年12月31日現在
                                    帳簿価額(千円)
        事業所名                                              従業員数
                   設備の内容
                                 工具、器具及
        (所在地)                                               (人)
                          建物附属設備              ソフトウエア         合計
                                  び備品
     本社
                  事務所設備           20,100       5,560        950     26,610       42(8)
     (東京都渋谷区)
     (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額に消費税等は含まれておりません。
        3.従業員数の()は、臨時雇用者数を外書しております。
        4.本社建物は賃借物件であり、年間賃借料は33,910千円であります。
        5.2021年5月にオフィス増床を目的として本社移転を行っており、上記年間賃借料は移転前の賃借料を含んで
           おります。
        6.当社はプラットフォーム事業の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載は省略しております。
     3【設備の新設、除却等の計画】(2022年10月31日現在)

      (1)重要な設備の新設等
       該当事項はありません。
      (2)重要な設備の除却等

       該当事項はありません。
                                 46/119








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                        3,200,000

                  計                             3,200,000

        ②【発行済株式】

                                 上場金融商品取引所名又は登録
           種類            発行数(株)                              内容
                                 認可金融商品取引業協会名
                                                 完全議決権株式であ
                                                 り、権利内容に何ら限
                                                 定のない、当社におけ
                         800,000
      普通株式                                 非上場
                                                 る標準となる株式であ
                                                 り、単元株式数は100株
                                                 であります。
                         800,000
           計                             -              -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
        第1回新株予約権
      決議年月日                             2021年3月31日
                                  当社取締役 3
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  当社使用人 26(注)10.
                                  79,760    [79,520]
      新株予約権の数(個)※
                                  普通株式     79,760    [79,520](注)1.
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※
                                  444  (注)2
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※
      新株予約権の行使期間※                             自 2023年4月1日  至 2031年3月31日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                             発行価格  444
      価格及び資本組入額(円)※                             資本組入額 222(注)4.
      新株予約権の行使の条件※                             (注)7.
                                  新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要す
      新株予約権の譲渡に関する事項※
                                  るものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                             (注)8.
     ※ 最近事業年度の末日(2021年12月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月末
       現在(2022年10月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[]内に記載してお
       り、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
    (注)1.新株予約権の目的である株式の種類及び数
         新株予約権の目的である株式の種類は当社普通株式とし、新株予約権の目的である株式の数は、新株予約権1
         個あたり1株とする。
         なお、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的である株式の数を調整するものとする。
         ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数に
         ついて行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
           調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         また、上記のほか、(注)2.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額に定める行使価額の調整事由が
         生じた場合にも、各新株予約権につき、調整後株式数に調整後行使価額を乗じた額が調整前株式数に調整前行
         使価額を乗じた額と同額になるよう、各新株予約権の行使により発行される株式の数は適切に調整されるもの
         とする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株
         式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
                                 47/119


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       2.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
         各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、当該新株予約権を行使することにより交付を受けるこ
         とができる株式1株当たりの払込金額(以下「行使価額」という。)に当該新株予約権の目的である株式の数
         を乗じた金額とする。
         行使価額は、金444円とする。
         なお、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、行使価額は次の算式により調整されるものとし、調整による
         1円未満の端数は切り上げる。
                                   1
          調整後行使価額 = 調整前行使価額 × ──────────
                               分割・併合の比率
         また、本新株予約権の割当日後、時価を下回る価額で新株を発行する場合又は自己株式を処分する場合(新株
         予約権の行使、株式交換による自己株式の移転の場合によるものを除く。)は、次の算式により行使価額を調
         整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                 新規発行株式数×1株当たりの払込金額
                        既発行株式数+───────────────────
                                     新規発行前の株価
          調        整  後  = 調    整  前 × ──────────────────────────
           行使価額        行使価額        既発行株式数+新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した数

         とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」と読み替えるものとする。
         さらに上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他これ
         らの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調整を行
         うことができるものとする。
       3.新株予約権の行使期間
         2023年4月1日から2031年3月31日まで
       4.資本金及び資本準備金に関する事項
         ① 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
           に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果端数が生じたときは、その端数を
           切り上げるものとする。
         ② 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金等
           増加限度額から同①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
       5.譲渡による新株予約権の取得の制限
         譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の決議による承認を要するものとする。
       6.新株予約権の取得条項
         ① 当社は、新株予約権の割当を受けた者が(注)7.新株予約権の行使の条件に定める規定により、権利を行
           使する条件に該当しなくなった場合には新株予約権を無償で取得することができる。
         ② 当社株主総会及び取締役会において、当社を消滅会社とする合併、当社を分割会社とする吸収分割・新設
           分割及び当社が完全子会社となる株式交換又は株式移転を行う場合、当社は無償で本新株予約権を取得す
           ることができる。
         ③ 当社は、新株予約権者が新株予約権の全部又は一部を放棄した場合は、取締役会が別途定める日に、当該
           新株予約権を無償で取得することができる。
       7.新株予約権の行使の条件
         ① 新株予約権発行時において当社取締役又は監査役若しくは従業員であった者は、新株予約権の行使時にお
           いて、当社又は当社子会社の取締役又は監査役若しくは従業員の地位にあることを要す。
         ② 新株予約権者の相続人による新株予約権の行使は認めない。
       8.組織再編に伴う新株予約権の承継
         当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
          上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において
          残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会
          社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約
          権を以下の条件に沿ってそれぞれ交付する。この場合においては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会
          社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、本号の取扱いは、本号に定める条件に沿って再編対象
          会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契
          約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
                                 48/119


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)1.新株予約権の目的である株式の種類及び数に準じて決定す
           る。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
           した再編後の行使価額に上記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           を乗じて得られるものとする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           (注)3.新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為
           の効力発生日のいずれか遅い日から、(注)3.新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使すること
           ができる期間の満了日までとする。
         ⑥ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
         ⑦ 再編対象会社による新株予約権の取得
           (注)6.新株予約権の取得条項に準じて決定する。
         ⑧ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           (注)4.資本金及び資本準備金に関する事項に準じて決定する。
       9.新株予約権の行使により発生する端数の処理
         新株予約権を行使した新株予約権者に交付する株式の数に1株に満たない端数がある場合には、これを切り捨
         てるものとする。
       10.付与対象者の退職による権利の喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社取締役
         3名、当社使用人22名となっております。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
                                 49/119











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【その他の新株予約権等の状況】
          該当事項はありません。
      (3)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
      2021年4月16日
                   799,200       800,000          -      8,000         -       -
         (注)
     (注)株式分割(1:1,000)によるものであります。
      (4)【所有者別状況】

                                                    2022年10月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満株
                                                       式の状況
       区分                             外国法人等
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                          個人その他       計     (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -     -     -      1     -     -      3     4   -
     所有株式数
               -     -     -    4,000       -     -    4,000     8,000     -
     (単元)
     所有株式数の割
               -     -     -    50.00       -     -    50.00      100    -
     合(%)
                                 50/119














                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (5)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2022年10月31日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                            -       -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                            -       -            -

      議決権制限株式(その他)                            -       -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                            -       -            -

                                               権利内容に何ら限定のな
                                               い、当社における標準と
                               800,000             8,000
      完全議決権株式(その他)                   普通株式
                                               なる株式であり、単元株
                                               式数は100株であります。
      単元未満株式                            -       -            -
                               800,000
      発行済株式総数                                   -            -
                                            8,000
      総株主の議決権                            -                   -
        ②【自己株式等】

        該当事項はありません。
                                 51/119













                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】
        該当事項はありません。
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
     3【配当政策】

       当社は、株主への利益還元を経営上の重要な課題として認識しております。しかしながら、未だ成長フェーズの過
      程にあることから、事業規模の拡大、競争力の確保及び財務体質の強化に向けた内部留保の充実が将来に向けた株主
      価値の最大化に資すると考え、これまで配当を実施しておりません。
       当事業年度の配当につきましては、事業規模の拡大、競争力の確保及び財務体質の強化に向けた内部留保の充実を
      目的として、配当を実施しておりません。
       内部留保資金については、将来への事業規模の拡大に向けた人材や設備に資金を投じながら、財務体質の強化も視
      野に入れつつ、必要な内部留保を確保していくことを基本方針としており、これらを総合的に勘案しながら株主への
      利益還元の時期を検討してまいります。
       なお、剰余金の配当を行う場合は、期末配当の年1回を基本方針としており、期末配当の決定機関は株主総会と
      なっております。また、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当制度を採用しており、取締役会決議によ
      り、毎年6月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款で定めております。
                                 52/119











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
       ①     コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は、経営の効率化を図ると同時に、公正かつ透明性の高い経営を実践していくことにより、企業価値の継
        続的な向上を図り、当社のすべてのステークホルダー(利害関係者)からの高い信頼を得ることをコーポレー
        ト・ガバナンスの基本的な考え方としております。また、当社では「コンプライアンス」を社会に対する責任を
        果たすための大切な基礎として捉えており、その徹底が事業活動を継続していくうえで不可欠の要件であると認
        識し、コーポレート・ガバナンスの強化とともに、当社のコンプライアンス経営を積極的に推進しております。
       ②     企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

        イ.企業統治の体制の概要
         当社は会社法上の機関として、株主総会、取締役会、監査役会及び会計監査人を設置しております。また、コ
        ーポレート・ガバナンス体制を担保するものとして、リスク・コンプライアンス委員会を設置しております。併
        せて、代表取締役は、内部監査の実施を内部監査室に指示し、その結果の報告を求めることにより、経営に対す
        る監督の強化を図っております。さらに、必要に応じて弁護士等の外部専門家の助言及び指導をいただくこと
        で、コーポレート・ガバナンス体制を補強しております。
         当社では取締役会が経営の基本方針や重要な業務の執行を自ら決定し、監査役が独立した立場から取締役の職
        務執行を監査する体制が、経営の効率性と健全性を確保するのに有効であると判断し、監査役会設置会社の体制
        を採用しております。
        当社の企業統治の体制の模式図は以下のとおりであります。

         a.取締役会









           当社の取締役会は、取締役4名(うち、社外取締役1名)で構成され、法令及び定款並びに社内規程に定
           められた事項の決議の他、重要な業務執行の決定を行い、各取締役の相互牽制により各業務執行取締役の
           職務の監督を行っております。取締役会は毎月1回の定時取締役会の開催の他に、必要に応じて臨時取締
           役会を開催し、迅速かつ効率的な意思決定を行える体制をとっております。
         b.監査役会

                                 53/119


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           当社の監査役会は、常勤の社外監査役1名と非常勤の社外監査役2名で構成され、原則として毎月1回定
           期開催を行っており、必要に応じて臨時開催を行い、ガバナンスの運用状況を監視しております。また、
           監査役は、取締役会への出席、各取締役との面談を通じて、常勤監査役を中心に当社の日常的な事業活動
           等 を通じて、各取締役の職務執行の監督を行っております。さらに、常勤監査役は、経営会議、リスク・
           コンプライアンス委員会への出席を通じて、監査役として意見を述べるほか、会計監査人及び内部監査室
           と連携しながら、監査の実効性及び効率性の向上に努めております。
         c.経営会議

           当社の経営会議は毎月1回開催されており、常勤の取締役及び各部署の責任者であるマネージャーにより
           構成されており、これに常勤監査役、内部監査室がオブザーバーとして参加しております。経営会議で
           は、経営に関する重要な事項の討議の他、当社の事業運営に関する全社的並びに総括的なリスク管理の報
           告及び対応策の検討を行う場としております。
         d.リスク・コンプライアンス委員会

           当社では、当社の事業運営全般に係るリスクを未然に防止すること並びに重大なコンプライアンス違反や
           事故等の発生に伴う、会社の損失の最小化を図ることを目的として、リスク・コンプライアンス委員会を
           設置しております。同委員会は、原則として四半期に1回開催しており、必要に応じて臨時で開催するこ
           とができるものとしております。同委員会は代表取締役社長を委員長とし、委員を常勤の取締役及び各部
           署の責任者であるマネージャーで構成しております。また常勤監査役及び内部監査室は任意で同委員会に
           出席できるものとしております。
         e.内部監査室

           当社の健全な発展を継続させていくことを目的として、法令及び社内規程の遵守、計画的・効果的・効率
           的な業務の運営管理を目的として、代表取締役の直轄組織として内部監査室を設置しております。内部監
           査室は、当社の全ての部門を監査対象とし、業務監査及び会計監査並びに代表取締役の特命により実施す
           る特命監査を行うこととしております。業務監査は、原則として年1回全ての部門に対して実施しており
           ます。また、必要に応じて監査役会及び会計監査人と連携して、効率的な内部監査の実施に努めておりま
           す。
         f.会計監査人

           当社は、仰星監査法人と監査契約を締結し、適時適切な監査が実施されております。選任においては、当
           社の業務内容及び会計方針に精通していること等の要素を複合的に勘案し、適切な会計監査人を選任して
           おります。
       ③     企業統治に関するその他の事項

         a.内部統制システムの整備の状況
          当社は、2021年1月20日開催の取締役会において、「内部統制システムに関する基本方針」を定める決議を
          行い、当該方針に基づき、内部統制システムの運用を行っております。
          当該方針で定めた体制及び事項は以下のとおりであります。
         1.業務執行の基本方針
          当社では、経営理念として「みんなの感動と幸せを追求する」を定め、経営の基本方針とし、全ての取締
         役、使用人への行動規範並びに企業価値向上のための基準として位置付ける。
         2.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
        (1)企業行動規範をはじめ、取締役及び使用人が遵守すべき社内規程等を定め、法令等への順守体制を確立す
           る。
        (2)職務執行については、法令、定款及び社内規程等に基づき、取締役会、経営会議の会議体又は稟議書によ
           り決定する。
        (3)取締役及び使用人に対するコンプライアンスの教育・研修を継続的に行う。
        (4)代表取締役社長直轄の内部監査室は、当社のコンプライアンスの状況・業務の適正性に関する内部監査を
           実施し、その結果を取締役会及び監査役会に報告する。
        (5)法令違反等を未然に防止する体制として内部通報制度を導入する。
        (6)反社会的勢力には全社において、組織的に毅然とした態度で対応し、必要に応じて警察等関係機関や顧問
           弁護士と連携する。
         3.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
          取締役会において、「文書管理規程」、「情報セキュリティ基本方針」その他の社内規程を整備するものと
         し、適宜見直すものとする。取締役の職務執行に係る情報は、法令、定款、及び「文書管理規程」、「情報セ
                                 54/119


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         キュリティ基本方針」等の社内規程、方針等に従い、文書(紙又は電磁的媒体)に記録して適切に保管、管理
         し、取締役が必要に応じて閲覧できる体制を整備する。
         4.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
        (1)経営上、重要事項に係るリスクは、リスク・コンプライアンス委員会において十分な協議・審議を行い、
           取締役会への報告と提案を行う。
        (2)市場リスク、信用リスク、情報漏洩リスク等の個別のリスクについては、それぞれ社内規程に定める方法
           により、適切な管理を行う。
        (3)労働災害、自然災害等への対応については、社内連絡体制を構築するとともに組織的な対応を行う。
         5.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
        (1)的確かつ迅速な企業経営を重要課題と位置づけ、コーポレート・ガバナンス体制の充実を図りながら、素
           早い意思決定と効率的な経営体制の構築に努める。
        (2)取締役会は少なくとも月に1回以上開催し、情報の共有及び意思の疎通を図り、会社の重要事項を決議す
           るとともに、各取締役は他の取締役の業務執行を監督する。
        (3)取締役会の下に経営会議を設置し、原則として月に1回開催する。経営会議では、取締役会から委譲され
           た権限の範囲内における様々な経営課題について意思決定を行う。
        (4)取締役会は、経営組織、各取締役の職務分掌を定め、各取締役は職務分掌に基づき適切に業務を執行す
           る。
         6.監査役の職務を補助すべき使用人に関する事項
          内部監査室に専従者を配置し、監査役の求めに応じて、監査役の職務を補助させる。
         7.6.の使用人の他の取締役からの独立性に関する事項並びに当該使用人に対する監査役の指示の実効性の確
           保に関する事項
        (1)内部監査室に専従する使用人を置くものとする。
        (2)内部監査室の専従者は監査役より指示された業務の実施に関して、取締役からの指示、命令を受けないこ
           ととする。
        (3)内部監査室の専従者の人事異動、評価、懲戒処分等に関しては、事前に監査役に報告し、その了承を得る
           こととする。
        (4)内部監査室の使用人は、監査役会に出席し、監査役会より指示された業務の実施内容及び結果につき報告
           を行う。
         8.取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制
        (1)取締役会、経営会議といった会議体に限らず、取締役より監査役に対して適宜又は監査役の求めに応じ情
           報提供を行う。
        (2)常勤の監査役は経営会議に出席し、監査役会において又は他の監査役の求めに応じ他の監査役に対し経営
           会議における議題及び審議の経過を報告する。
        (3)取締役及び使用人は、法令等に違反する事項、会社の信用、業績等に重大な影響を与える事項、又は重大
           な影響を与えるおそれのある事項が発覚した時には、速やかに監査役に報告する。
        (4)取締役及び使用人は、監査役が職務の執行に関する事項の報告を求めた場合又は業務及び財産の調査を行
           う場合は、これに協力するものとし迅速かつ適切に対応する。
        (5)内部監査室は、監査役会に対し、定期的に当社における内部監査の結果その他活動状況の報告を行うもの
           とする。
        (6)リスク・コンプライアンス委員会は、監査役会に対し、定期的に当社における内部通報の状況の報告を行
           うものとする。
         9.8.の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制
           内部通報制度を利用した通報者又は監査役に報告した取締役若しくは使用人が当該報告を行ったことを理由
           とした不利益となる一切の行為を禁止する。
         10.財務報告の信頼性を確保するための体制
          当社は、財務報告の信頼性を確保するため、経理規程類を整備するとともに、「財務報告に係る内部統制の
          整備に関する基本方針」を定め、財務報告において不正や誤謬が発生するリスクを管理し、予防及び牽制機
          能を整備・運用・評価し、不備があれば是正していく体制を整備する。
         11.監査役の職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
          当社は、監査役がその職務の執行について生ずる費用の前払い等を請求した時は、速やかにこれに応じる。
         12.その他監査役会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
        (1)監査役会は、会計監査人及び内部監査室と連携、協力し、さらに各監査役との連携を高め、実効性のある
           監査を実施するものとする。
        (2)監査役は、代表取締役との間で定期的に意見の交換を実施する。
         13.反社会的勢力に対する対応方針
        (1)当社は、市民社会の秩序や安全を脅かす反社会的勢力・団体に対しては一切の関係を遮断し、それらの活
           動を助長するようなことも行わない。
                                 55/119

                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (2)反社会的勢力への対応を統轄する部署を設け、警察及び公益社団法人警視庁管内特殊暴力防止対策連合会
           などの関係諸団体に加盟し、緊密に連携を図るとともに、反社会的勢力による不当要求、組織暴力及び犯
           罪行為に対しては、直ちに関係部門と協議し対応するとともに、警察等関係機関と連携する等、組織的に
           対応を行う。
         b.リスク管理体制の整備の状況
          当社は、リスク管理及びコンプライアンスに係る社内規程として「リスク・コンプライアンス規程」を定
          め、最高責任者を代表取締役社長とし、当社のリスク管理及びコンプライアンス体制を推進しております。
          また、常設の機関として、リスク・コンプライアンス委員会を設置しております。当該委員会は、委員長を
          代表取締役社長とし、常勤の取締役、各マネージャー、その他委員会が指名するものを委員として構成して
          おります。さらに、常勤監査役及び内部監査担当者も任意で出席できることとしております。当該委員会
          は原則として四半期に一度開催することとしており、必要に応じて臨時で開催することとしており、適切な
          リスク管理の運営を行うべく体制の構築を行っております。
          情報セキュリティについては、当社が保有する情報資産を適切に取り扱うことを目的として「情報システム
          管理規程」、「個人情報保護規程」等の規程並びにマニュアルを定めております。
          また、顧問弁護士等の外部の専門家との連携を図り、適時適切に助言を受けることのできる体制を整えてお
          ります。
         c.取締役及び監査役の定数
          当社取締役の定数は10名以内、監査役の定数は4名以内とする旨を定款で定めております。
         d.取締役選任の決議要件
          当社は、取締役の選任決議については、株主総会において、議決権を行使することができる株主の議決権の
          3分の1以上を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によ
          らないものとする旨を定款で定めております。
         e.株主総会の特別決議要件
          当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を
          行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をも
          って行う旨定款で定めております。
         f.責任限定契約の内容の概要
          当社は、社外取締役1名及び非常勤の社外監査役2名との間で、会社法第427条第1項の規定に基づき、同
          法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。これは、社外取締役及び社外監査役
          が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備すること
          を目的とするものであります。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令の定める最低責任限度額と
          しております。
         g.中間配当
          当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって、毎年6月30日を基準日として中間
          配当をすることができる旨定款に定めております。これは、経営成績を踏まえた機動的な配当政策を可能と
          するためであります。
                                 56/119








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
          男性    7 名 女性      -名 (役員のうち女性の比率              -%)
                                                      所有株式数
       役職名        氏名       生年月日                略歴             任期
                                                       (株)
                             1998年4月 大日本印刷㈱入社
                             2001年1月 株式会社ディジット入社
                             2001年3月 株式会社スプートニク入社
                             2002年1月 株式会社マクロミル入社
                             2006年4月 株式会社エー・アイ・ピー(現                 楽天
                                                       600,000
      代表取締役社長        福島 範幸      1974年3月17日      生                       (注)3.
                                  インサイト・グローバル株式会社)                     (注)5.
                                  転籍
                             2007年2月 当社設立、代表取締役社長(現任)
                             2019年6月 合同会社シエル設立、代表社員
                                  (現任)
                             2002年4月 株式会社フェスティバル入社
                             2003年4月 株式会社タイム企画入社
                             2005年4月 株式会社クリエイト入社
                             2007年5月 株式会社クリスタルスタッフ(現
                                  パーソルマーケティング株式会社)入
      取締役副社長兼                            社
              三谷 翔一      1983年5月13日      生                       (注)3.      70,000
                             2008年12月 株式会社G.D           Media     Mark
      セールス部門長
                                  eting入社
                             2010年10月 当社入社
                             2018年1月 当社取締役副社長
                             2021年1月 当社取締役副社長兼セールス部門長
                                  (現任)
                             1999年4月 株式会社北國銀行入行
                             2005年5月 北村労務会計事務所入所
                             2006年7月 坂井会計事務所入所
                             2008年10月 日本ERI株式会社(現ERIホール
                                  ディングス株式会社)入社
                             2010年4月 株式会社クロタニコーポレーション
                                  (現黒谷株式会社)入社
                             2011年9月 株式会社北海道ブブ入社
                             2013年3月 株式会社フェローテックセラミックス
       取締役
              今村 武史      1975年1月23日      生       入社               (注)3.       -
       管理部門長
                             2014年4月 ホームポジション株式会社入社
                             2014年8月 同社取締役
                             2020年11月 当社入社
                             2021年1月 当社取締役管理部門長兼人財総務部
                                  マネージャー兼システム部マネー
                                  ジャー
                             2021年4月 当社取締役管理部門長兼システム部
                                  マネージャー
                             2021年7月 当社取締役管理部門長(現任)
                                 57/119







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                      所有株式数
       役職名        氏名       生年月日                略歴             任期
                                                       (株)
                             1998年4月 野村證券株式会社入社
                             1999年4月 モルガン・スタンレー・インベストメ
                                  ント・マネジメント株式会社入社
                             2001年3月 バンクオブアメリカNA入社
                             2005年7月 ロンドン大学経営学修士課程修了
                             2005年9月 日本ロレアル株式会社入社
                             2009年6月 株式会社デジタルアイデンティティ
                                   設立、取締役
                             2010年5月 株式会社ビズスタイル取締役
                             2011年2月 株式会社ビズスタイル代表取締役
                             2011年3月 株式会社デジタルアイデンティティ
                                   代表取締役
                             2015年6月 株式会社デジタルアイデンティティ
                                   代表取締役社長CEO
                             2017年6月 株式会社Orchestra Investment
                                  代表取締役(現任)
                             2017年7月 株式会社ライフテクノロジー(現株式
                                  会社Sharing     Innovations)取締役
       取締役       中村 慶郎      1974年10月22日      生                       (注)3.       -
                             2017年8月 株式会社あゆた(現株式会社Sharing
                                  Innovations)代表取締役会長
                             2018年4月 株式会社ライフテクノロジー(現株式
                                  会社Sharing     Innovations)代表取締
                                  役
                             2018年7月 株式会社Sharing            Innovations
                                  代表取締役CEO
                             2019年1月 株式会社Sharing            Innovations
                                  取締役会長
                             2019年4月 株式会社Orchestra             Holdings
                                  代表取締役社長(現任)
                             2020年10月 株式会社クラウドアーチ代表取締役社
                                  長(現任)
                             2020年11月 株式会社Orchestra             Professionals
                                  代表取締役(現任)
                             2021年3月 当社取締役(現任)
                             2021年11月 株式会社アールストーン取締役
                                  (現任)
                             1981年4月 日の丸自動車株式会社(現日の丸交通
                                  株式会社)入社
                             1984年4月 ボルゲン電機株式会社(現 株式会社
                                  テクノエレクトリック)入社
                             1992年6月 株式会社長大入社
       常勤監査役       八代 博隆      1960年7月31日      生  1997年1月 株式会社シンクプラス入社                    (注)4.       -
                             2007年6月 株式会社オープンハウス入社
                             2007年9月 アイビーシー株式会社入社
                             2012年12月 同社監査役
                             2021年1月 当社監査役
                             2021年3月 当社常勤監査役(現任)
                             2005年10月 株式会社ピスコム入社
                             2010年1月 東陽監査法人入所
                             2014年2月 姫野省吾公認会計士税理士事務所開
                                  設、所長(現任)
                             2016年8月 H&T        management     design合同会社設
       監査役       姫野 省吾      1982年9月11日      生                       (注)4.       -
                                  立、代表社員(現任)
                             2018年8月 株式会社HIFAS設立、代表取締役
                                  (現任)
                             2021年3月 当社監査役(現任)
                             2022年7月 株式会社らかんスタジオ社外監査役
                                  (現任)
                                 58/119



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                      所有株式数
       役職名        氏名       生年月日                略歴             任期
                                                       (株)
                             1985年4月 株式会社やまと入社
                             1986年9月 株式会社インテックリース入社
                             2000年9月 株式会社ネットワーク研究所入社
                             2004年9月 株式会社アースシップ入社
                             2006年9月 株式会社フラグシップ入社
                             2007年4月 株式会社ナラワ取締役管理本部長兼
                                  経営企画室長
                             2008年7月 株式会社アメイズメント入社
                             2009年3月 デンタルサポート株式会社入社
                             2013年2月 株式会社エージェントゲート監査役
       監査役       浅見 靖則      1963年1月12日      生                       (注)4.       -
                             2013年8月 株式会社オリーブメディカルサポート
                                  取締役
                             2013年11月 株式会社ケイティーバイオ代表取締役
                             2015年2月 ナレッジスイート株式会社常勤監査役
                             2019年1月 ベストリハ株式会社常勤監査役
                             2020年1月 株式会社Onion社外監査役(現任)
                             2020年11月 InstaVR株式会社社外監査役(現任)
                             2021年3月 当社監査役(現任)
                             2021年5月 株式会社CLUE常勤社外監査役(現任)
                             計                          670,000
     (注)1.取締役 中村 慶郎は、社外取締役であります。
         2.監査役 八代 博隆、姫野 省吾、浅見 靖則は、社外監査役であります。
        3.2022年3月30日開催の定時株主総会の終結の時から、2023年12月期に係る定時株主総会の終結の時までであ
          ります。
        4.2021年3月31日開催の定時株主総会の終結の時から、2024年12月期に係る定時株主総会の終結の時までであ
          ります。
        5.代表取締役社長福島範幸の所有株式数は、資産管理会社である合同会社シエルが所有する株式数を含んだ実
          質所有株式数を記載しております。
        ② 社外役員の状況

         イ.社外取締役及び社外監査役の員数
           当社の社外取締役は1名、社外監査役は3名であります。
         ロ.社外取締役及び社外監査役が当社の企業統治において果たす機能及び役割と当社との関係

           社外取締役である中村慶郎氏は、その経歴を通じて培った経営の専門家としての経験・見識を活かし、取締
          役会の意思決定の妥当性・適正性を確保するための発言を行って頂ける方として選任しております。なお、同
          氏が代表取締役を務める株式会社Orchestra                     Holdingsの子会社である株式会社デジタルアイデンティティ及
          び株式会社Sharing         Innovationsとは、過去に当社メディアレーダーのプラットフォームサービスの取引実績
          がございましたが、現在取引実績はございません。その他同氏とは提出会社との人的関係、資本的関係又は取
          引関係その他の利害関係はありません。
           社外監査役である八代博隆氏は、長年の管理部門における幅広い業務経験から人事、総務のほか経理財務に
          精通しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しており、また上場会社での監査役経験から、当社
          の常勤監査役として、経営の監督とチェック機能を発揮して頂ける方として選任しております。同氏とは提出
          会社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
           社外監査役である姫野省吾氏は、公認会計士として財務及び会計に関する専門的かつ高い知見と、会計監査
          業務を通じた幅広い経験を有していることから、客観的かつ公正な立場で取締役の職務の執行を監査していた
          だける方として選任しております。同氏とは提出会社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関
          係はありません。
           社外監査役である浅見靖則氏は、上場会社を含む複数の企業での取締役及び監査役経験により、当社の経営
          の監督とチェック機能を発揮して頂ける方として選任しております。同氏とは提出会社との人的関係、資本的
          関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
           当社は、社外取締役又は社外監査役を選任するための独立性に関する基準又は方針として明確に定めたもの
          はありませんが、選任にあたっては、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣からの独立した立場で社外
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

         統制部門との関係
           社外取締役は、取締役会に出席し、決議事項に関する審議や決定に参加するほか、業務執行等の報告を受け
                                 59/119

                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          る等の監督及び適切な助言等を行っております。
           社外監査役は、取締役会及び監査役会において、専門知識及び豊富な経験に基づき意見・提言を行っており
          ます。また、常勤監査役は、社内の様々な部門に対してヒアリングを行い内部統制に関する指摘・指導を行っ
          ております。また、内部統制部門とは必要に応じて随時、相互の意見を交換、質問等を行うとともに、会計監
          査人及び内部監査とは、定期的に打ち合わせを開催し、三者間の意見交換を行うこと等により、業務の適正性
          の確保に努めております。
                                 60/119



















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (3)【監査の状況】
         ①  監査役監査の状況
          当社における監査役監査は、常勤の社外監査役1名、非常勤の社外監査役2名の体制で実施しており、監査役
         会が定めた監査方針及び監査計画に基づき、当社の内部統制システムを通じて業務及び財産の状況を監査してお
         ります。
          最近事業年度において監査役会を10回開催しており、個々の監査役の出席状況については、次のとおりであり
         ます。
              氏名            役職名            開催回数             出席回数
            八代 博隆             常勤監査役              10回             10回
            姫野 省吾             社外監査役              10回             10回
            浅見 靖則             社外監査役              10回             10回
          監査役会における主な検討事項は、監査の方針、監査計画、職務分担、内部統制システムの整備・運用状況、

         会計監査人の監査の方法及び結果の相当性、常勤監査役による月次活動報告に基づく情報共有等であります。
          また、常勤監査役の活動としては、稟議書などの決裁書面について常時閲覧できる体制になっており、監査機
         能の強化を図るとともに、取締役会の他、事業部報告会やリスクマネジメント委員会などといった重要な会議へ
         の出席や事業部への往査、取締役や重要な使用人からの意見聴取等を行うこと等により、実効性ある監査に取り
         組んでおります。
          社外監査役姫野省吾氏は、公認会計士として会計に関する専門知識と豊富な経験を有していることに加え、当
         社及び    当社経営陣から独立した地位を有していることから、客観的・中立的立場にて、その知識と経験を当社
         の監査    体制の強化に活かしていただけることを期待し、社外監査役に選任しております。
          社外監査役浅見靖則氏は、複数の事業会社の監査役としての豊富な経験を当社の監査体制の強化に活かしてい
         ただけるものと判断し、選任しています。
         ②  内部監査の状況

          当社の内部監査組織は、代表取締役社長直属の独立した内部監査室(内部監査責任者1名)が、年度監査計画
         を立案し、原則として、毎期全ての部署を対象として内部監査を実施しております。
         ③  会計監査の状況

          イ.監査法人の名称
           仰星監査法人
          ロ.継続監査期間

           2年間
          ハ.業務を執行した公認会計士

           業務執行社員 宮島 章
           業務執行社員 三木 崇央
          ニ.監査業務に係る補助者の構成

           当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士2名、その他5名であります。
          ホ.監査法人の選定方針と理由

           監査役会は、職業的専門家としての高い知見を有し、独立性及び監査品質が確保されており、当社の業務内
          容や事業規模を踏まえ、コスト面を含めて効率的かつ効果的な監査業務の運営が期待できるか等を総合的に勘
          案し、監査法人を選定する方針としております。
           仰星監査法人を選定した理由としては、上記の基準を満たし、厳正かつ適正な会計監査業務を行えるものと
          判断したことによります。
           また、監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、株主
          総会に提出する監査法人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定いたします。
           また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査役全員の
          同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集さ
          れる株主総会において、会計監査人を解任した旨及びその理由を報告いたします。
          へ.監査役及び監査役会による監査法人の評価

           当社の監査役及び監査役会は、監査法人に対して評価を行っております。この評価については、監査法人と
                                 61/119


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          定期的にコミュニケーションを図っており、監査方針や監査計画等について情報交換を実施することで監査法
          人の監査実施体制、品質管理体制及び独立性を把握するとともに、監査報酬等を総合的に勘案して評価を実施
          しております。
         ④  監査報酬の内容等

          イ.監査公認会計士等に対する報酬の内容
                最近事業年度の前事業年度                            最近事業年度
          監査証明業務に基づく報酬             非監査業務に基づく報酬            監査証明業務に基づく報酬             非監査業務に基づく報酬
             (千円)             (千円)             (千円)             (千円)
                 8,500              -           12,500               -
          ロ.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(イ.を除く)

           該当事項はありません。
          ハ.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

           該当事項はありません。
          ニ.監査報酬の決定方針

           当社の監査公認会計士等に対する監査報酬は、過年度の監査実績、当社の事業規模及び業務の特性等をもと
          に、監査公認会計士等より提示された監査計画、監査体制、監査時間等を総合的に検討の上、監査役会の同意
          を得た上で決定しております。
          ホ.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           最近事業年度の末日において、会社法第2条第11号に規定する会計監査人設置会社ではないため、該当事項
          はありません。
                                 62/119












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (4)【役員の報酬等】
      ①    役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に関する事項
       当社は、役員の報酬等の額の決定に関する方針を定めており、その内容は報酬総額の限度内において、経営内
      容、世間水準、社員給与等のバランス及び責任の度合い等を考慮して定めることとしております。
       決定方法は、取締役(社外取締役を除く。)の報酬は取締役会が決定する権限を有しており、取締役会から委任さ
      れた代表取締役が、株主総会が決定する報酬総額の限度内において役員報酬の個人別金額を設定し、取締役会がこれ
      を決定しております。取締役の報酬総額の限度は、2020年12月24日開催の臨時株主総会において、年額200,000千円
      以内で決議されております。
       また、監査役の報酬は株主総会が決定する報酬総額の限度内において監査役の協議で決定することとしておりま
      す。監査役の報酬総額の限度は、2020年12月24日開催の臨時株主総会において、年額30,000千円以内で決議されてお
      ります。
       なお、当社は役員の報酬等において業績連動報酬制度は採用しておりません。
      ②役員区分ごとの報酬等の種類別の総額、報酬等の総額及び対象となる役員の員数

                                                     対象となる役
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                  報酬等の総額
        役員区分                                              員の員数
                   (千円)
                            固定報酬        業績連動報酬          退職慰労金
                                                       (人)
     取締役
                      47,340         47,340                         3
                                          -         -
     (社外取締役を除く)
     監査役
                        -         -         -         -     -
     (社外監査役を除く)
                      12,108         12,108                         5
     社外役員                                     -         -
    (注)社外役員には、2021年3月31日開催の第14期定時株主総会の終結の時を以て辞任した社外監査役1名を含んでおり
       ます。
      ③    役員ごとの報酬等の総額等

       役員等の報酬が1億円以上であるものが存在しないため、記載しておりません。
      ④    使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

       使用人兼務役員は存在しないため、記載しておりません。
                                 63/119










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (5)【株式の保有状況】
      ①    投資株式の区分の基準及び考え方
       当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、専ら株式
      の価値の変動または配当の受領によって利益を得ることを目的として保有する株式を純投資目的である投資株式、そ
      れ以外を目的として保有する株式を純投資目的以外の目的である投資株式としております。
      ②    保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a     保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内
         容
         当社は上場株式を保有しておりませんので保有方針等については記載しておりません。
       b    投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額

        該当事項はありません。
      ③    保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
                                 64/119















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5【経理の状況】
     1.財務諸表及び四半期財務諸表の作成方法について
      (1) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基
         づいて作成しております。
      (2) 当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
         第63号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

      (1) 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(2020年1月1日から2020年12月31日
         まで)及び当事業年度(2021年1月1日から2021年12月31日まで)の財務諸表について、仰星監査法人により監
         査を受けております。
      (2) 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2022年7月1日から2022年
         9月30日まで)及び第3四半期累計期間(2022年1月1日から2022年9月30日まで)に係る四半期財務諸表につ
         いて、仰星監査法人による四半期レビューを受けております。
     3.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表について

       当社は子会社がありませんので、連結財務諸表及び四半期連結財務諸表を作成しておりません。
     4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
      適切に把握できる体制を整備するため、社内体制の構築、会計専門誌の購読、セミナーへの参加等を行っておりま
      す。
                                 65/119













                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     1【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        211,018              245,858
        現金及び預金
                                          501             1,056
        受取手形
                                        119,542              119,011
        売掛金
                                         1,704              2,406
        仕掛品
                                          20              32
        貯蔵品
                                         7,810              13,945
        前払費用
                                        14,367               4,499
        立替金
                                         8,195              8,195
        未収還付法人税等
                                          657              657
        未収消費税等
                                         3,138              2,822
        その他
                                         △ 964            △ 1,788
        貸倒引当金
                                        365,993              396,697
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                         3,449              21,039
          建物附属設備
                                      ※1  △ 3,449
                                                       △ 939
           減価償却累計額
                                           0            20,100
           建物附属設備(純額)
          工具、器具及び備品                                             6,892
                                          -
                                          -            △ 1,332
           減価償却累計額
                                                       5,560
           工具、器具及び備品(純額)                               -
                                           0            25,660
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                                        958
          商標権                                 -
                                         1,425               950
          ソフトウエア
                                         1,425              1,909
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                          822             1,320
          長期前払費用
                                        29,508               4,562
          繰延税金資産
                                       ※2  1,000             ※2  1,000
          長期預金
                                        10,729              37,835
          敷金
                                        42,060              44,718
          投資その他の資産合計
                                        43,486              72,287
        固定資産合計
                                        409,479              468,985
       資産合計
                                 66/119







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        112,430               88,948
        買掛金
                                        17,652              21,060
        1年内返済予定の長期借入金
                                        33,259              50,484
        未払金
                                         7,219              7,997
        未払費用
                                        11,974              14,822
        未払法人税等
                                        22,116              16,961
        未払消費税等
                                         9,615              6,759
        前受金
                                          374             3,619
        預り金
                                        214,641              210,653
        流動負債合計
       固定負債
                                        151,386              159,006
        長期借入金
                                                       8,459
                                          -
        資産除去債務
                                        151,386              167,465
        固定負債合計
                                        366,027              378,118
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                         8,000              8,000
        資本金
        利益剰余金
          その他利益剰余金
                                        35,451              82,866
           繰越利益剰余金
                                        35,451              82,866
          利益剰余金合計
                                        43,451              90,866
        株主資本合計
                                        43,451              90,866
       純資産合計
                                        409,479              468,985
     負債純資産合計
                                 67/119











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                               当第3四半期会計期間
                                (2022年9月30日)
     資産の部
       流動資産
                                        348,559
        現金及び預金
                                        164,821
        売掛金
                                         2,001
        仕掛品
                                           8
        貯蔵品
                                        13,662
        前払費用
                                         9,280
        立替金
                                         2,079
        その他
                                        △ 5,579
        貸倒引当金
                                        534,835
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        21,039
          建物附属設備
                                        △ 1,997
           減価償却累計額
                                        19,042
           建物附属設備(純額)
          工具、器具及び備品                               7,319
                                        △ 2,595
           減価償却累計額
                                         4,723
           工具、器具及び備品(純額)
                                        23,766
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                         1,910
          商標権
                                          428
          ソフトウエア
                                          718
          ソフトウエア仮勘定
                                         3,057
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                         1,196
          長期前払費用
                                       ※1  1,000
          長期預金
                                        37,835
          敷金
                                        11,025
          繰延税金資産
                                        51,057
          投資その他の資産合計
                                        77,881
        固定資産合計
                                        612,716
       資産合計
                                 68/119









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                    (単位:千円)

                               当第3四半期会計期間
                                (2022年9月30日)
     負債の部
       流動負債
                                        112,380
        買掛金
                                        23,038
        1年内返済予定の長期借入金
                                        48,972
        未払金
                                         4,543
        未払費用
                                        52,970
        未払法人税等
                                        29,596
        未払消費税等
                                         2,846
        前受金
                                          993
        預り金
                                        10,218
        賞与引当金
                                           1
        その他
                                        285,560
        流動負債合計
       固定負債
                                        140,511
        長期借入金
                                         8,476
        資産除去債務
                                        148,987
        固定負債合計
                                        434,547
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                         8,000
        資本金
                                        170,169
        利益剰余金
                                        178,169
        株主資本合計
                                        178,169
       純資産合計
                                        612,716
     負債純資産合計
                                 69/119











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                               (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)              至 2021年12月31日)
                                        455,804              605,424
     売上高
                                        52,402              67,037
     売上原価
                                        403,402              538,386
     売上総利益
                                      ※1  283,144             ※1  462,557
     販売費及び一般管理費
                                        120,257               75,829
     営業利益
     営業外収益
                                           0              1
       受取利息
                                         3,282
       補助金収入                                                  -
                                          515              864
       ポイント失効戻入益
                                                        350
       受取和解金                                    -
                                          59              91
       雑収入
                                         3,857              1,308
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         2,906              1,630
       支払利息
                                         2,906              1,630
       営業外費用合計
                                        121,208               75,506
     経常利益
     特別損失
                                           0
       貸倒損失                                                  -
                                       ※2  1,448
       減損損失                                                  -
                                                      ※3  227
                                          -
       固定資産除却損
                                         1,448               227
       特別損失合計
                                        119,759               75,279
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                    1,211              2,918
                                        40,472              24,946
     法人税等調整額
                                        41,684              27,864
     法人税等合計
                                        78,074              47,414
     当期純利益
                                 70/119











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【売上原価明細書】
                              前事業年度                  当事業年度
                          (自 2020年1月1日                  (自 2021年1月1日
                           至 2020年12月31日)                  至 2021年12月31日)
                    注記                 構成比                  構成比

           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                    番号                 (%)                  (%)
     Ⅰ労務費                           3,188        6.1           3,254        4.9

                               49,214                  63,782
     Ⅱ経費                ※                  93.9                  95.1
      売上原価                                 100.0                  100.0
                               52,402                  67,037
     (注)    ※主な内訳はつぎのとおりであります。

                                                当事業年度
                              前事業年度
                                             (自 2021年1月1日
             項目              (自 2020年1月1日
                                              至 2021年12月31日)
                            至 2020年12月31日)
     外注費(千円)                                 49,214                  63,782
                                 71/119















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期損益計算書】
          【第3四半期累計期間】
                                    (単位:千円)
                               当第3四半期累計期間
                               (自 2022年1月1日
                                至 2022年9月30日)
                                        636,802
     売上高
                                        59,878
     売上原価
                                        576,923
     売上総利益
                                        443,443
     販売費及び一般管理費
                                        133,480
     営業利益
     営業外収益
                                           2
       受取利息
                                          17
       ポイント失効戻入益
                                          70
       雑収入
                                          91
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          959
       支払利息
                                         2,000
       株式公開費用
                                         2,959
       営業外費用合計
                                        130,612
     経常利益
     特別損失
                                          204
       ソフトウエア除却損
                                          204
       特別損失合計
                                        130,407
     税引前四半期純利益
                                        49,567
     法人税、住民税及び事業税
                                        △ 6,462
     法人税等調整額
                                        43,104
     法人税等合計
                                        87,302
     四半期純利益
                                 72/119











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                                                      (単位:千円)
                                株主資本
                                利益剰余金
                                                     純資産合計
                          その他利益剰余金
                    資本金                         株主資本合計
                                   利益剰余金合計
                           繰越利益剰余金
     当期首残高                  8,000       △ 42,623        △ 42,623        △ 34,623        △ 34,623

     当期変動額
      当期純利益                         78,074         78,074         78,074         78,074
     当期変動額合計
                        -       78,074         78,074         78,074         78,074
     当期末残高                  8,000        35,451         35,451         43,451         43,451
          当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

                                                      (単位:千円)
                                株主資本
                                利益剰余金
                                                     純資産合計
                          その他利益剰余金
                    資本金                         株主資本合計
                                   利益剰余金合計
                           繰越利益剰余金
     当期首残高                  8,000        35,451         35,451         43,451         43,451

     当期変動額
      当期純利益                         47,414         47,414         47,414         47,414
     当期変動額合計                   -       47,414         47,414         47,414         47,414
     当期末残高                  8,000        82,866         82,866         90,866         90,866
                                 73/119











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                               (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)              至 2021年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        119,759               75,279
       税引前当期純利益
                                         3,009              5,004
       減価償却費及びその他の償却費
                                         1,448
       減損損失                                                  -
                                                        227
       固定資産除却損                                    -
                                           0
       その他特別損失                                                  -
                                          219              823
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
       受取利息                                   △ 0             △ 1
                                         2,906              1,630
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 26,954               △ 22
                                         4,353
       前受金の増減額(△は減少)                                               △ 2,855
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 231             △ 714
                                                       9,867
       立替金の増減額(△は増加)                                 △ 10,330
                                        30,222
       仕入債務の増減額(△は減少)                                               △ 23,481
                                         2,085              17,224
       未払金の増減額(△は減少)
                                         4,757
                                                      △ 7,376
       その他
                                        131,245               75,605
       小計
       利息の受取額                                    0              1
       利息の支払額                                 △ 2,906             △ 1,526
                                       △ 23,574               △ 69
       法人税等の支払額
                                        104,765               74,010
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の預入による支出                                 △ 1,000                -
       有形固定資産の取得による支出                                    -           △ 19,489
       無形固定資産の取得による支出                                    -            △ 1,000
       長期前払費用の取得による支出                                    -            △ 1,717
       敷金の差入による支出                                    -           △ 37,835
                                                       9,843
                                          -
       敷金の回収による収入
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 1,000             △ 50,198
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        124,456               30,000
       長期借入れによる収入
                                       △ 112,161              △ 18,972
       長期借入金の返済による支出
                                        12,295              11,028
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        116,060               34,840
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        94,958              211,018
     現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 211,018             ※ 245,858
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 74/119








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
           1.棚卸資産の評価基準及び評価方法
             仕掛品
              個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用
             しております。
           2.固定資産の減価償却の方法

            (1)有形固定資産
              定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額
             法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物附属設備  15年
            (2)無形固定資産

              定額法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              自社利用のソフトウエア  5年(社内における利用可能期間)
           3.引当金の計上基準

            貸倒引当金
              債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定
             の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しています。
           4.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           5.その他財務諸表作成のための基礎となる事項

             消費税等の会計処理
              消費税および地方消費税の会計処理は税抜方式によっており、控除対象外消費税等については、当事
             業年度の費用として処理しております。
                                 75/119









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
           1.棚卸資産の評価基準及び評価方法
             仕掛品
              個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用
             しております。
           2.固定資産の減価償却の方法

            (1)有形固定資産
              定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額
             法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物附属設備     15年
              工具、器具及び備品  8年
            (2)無形固定資産

              定額法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              商標権          10年
              自社利用のソフトウエア  5年(社内における利用可能期間)
           3.引当金の計上基準

            貸倒引当金
              債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定
             の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しています。
           4.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           5.その他財務諸表作成のための基礎となる事項

             消費税等の会計処理
              消費税および地方消費税の会計処理は税抜方式によっており、控除対象外消費税等については、当事
             業年度の費用として処理しております。
                                 76/119









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (未適用の会計基準等)
          前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
           1.収益認識に関する会計基準等
           ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                            2020年3月31日         企業会計基準委員会)
           ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                     2020年3月31日         企業会計
             基準委員会)
           ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号                                     2020年3月31日        企業会
             計基準委員会)
           (1)   概要
              国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包
              括的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS
              第15号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業
              年度から、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業
              会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表
              されたものです。         企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方
              針として、IFRS第15号と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第
              15号の基本的な原則を取り入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで
              我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代
              替的な取扱いを追加することとされています。
           (2)   適用予定日

              2022年12月期の期首から適用します。
           (3)   当該会計基準等の適用による影響

              「収益認識に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額はございません。
           2.時価の算定に関する会計基準等

           ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                           2019年7月4日        企業会計基準委員会)
           ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                    2019年7月4日        企業会計
             基準委員会)
           ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号                             2019年7月4日        企業会計基準委員会)
           ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号                          2019年7月4日        企業会計基準委員会)
           ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号                                     2020年3月31日        企業会
             計基準委員会)
           (1)   概要
              国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、公正価値測定についてほぼ同
              じ内容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米
              国会計基準においてはAccounting                 Standards       CodificationのTopics            820「公正価値測定」)を定
              めている状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び
              開示に関して、日本基準を国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関す
              る会計基準」等が公表されたものです。企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発に
              あたっての基本的な方針として、統一的な算定方法を用いることにより、国内外の企業間における財
              務諸表の比較可能性を向上させる観点から、IFRS第13号の定めを基本的にすべて取り入れることとさ
              れ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわ
              せない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定めることとされております。
           (2)   適用予定日

              2022年12月期の期首から適用します。
           (3)   当該会計基準等の適用による影響

              「時価の算定に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額はございません。
                                 77/119



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           3.会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準
           ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号                                           2020年3月
            31日 企業会計基準委員会)
           (1)   概要
              「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る注記情
              報の充実について検討することが提言されたことを受け、企業会計基準委員会において、所要の改正
              を行い、会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準として公表されたもので
              す。なお、「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に
              係る注記情報の充実を図るに際しては、関連する会計基準等の定めが明らかな場合におけるこれまで
              の実務に影響を及ぼさないために、企業会計原則注解(注1-2)の定めを引き継ぐこととされておりま
              す。
           (2)   適用予定日

              2021年12月期の期末から適用します。
                                 78/119
















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
           1.収益認識に関する会計基準等
           ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                            2020年3月31日         企業会計基準委員会)
           ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                     2021年3月26日         企業会計
             基準委員会)
           ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号                                     2020年3月31日        企業会
             計基準委員会)
           (1)   概要
              国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包
              括的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS
              第15号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業
              年度から、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業
              会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表
              されたものです。         企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方
              針として、IFRS第15号と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第
              15号の基本的な原則を取り入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで
              我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代
              替的な取扱いを追加することとされています。
           (2)   適用予定日

              2022年12月期の期首から適用します。
           (3)   当該会計基準等の適用による影響

              「収益認識に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額はございません。
           2.時価の算定に関する会計基準等

           ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                           2019年7月4日        企業会計基準委員会)
           ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                    2021年6月17日        企業会計
             基準委員会)
           ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号                             2019年7月4日        企業会計基準委員会)
           ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号                          2019年7月4日        企業会計基準委員会)
           ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号                                     2020年3月31日        企業会
             計基準委員会)
           (1)   概要
              国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、公正価値測定についてほぼ同
              じ内容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米
              国会計基準においてはAccounting                 Standards       CodificationのTopics            820「公正価値測定」)を定
              めている状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び
              開示に関して、日本基準を国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関す
              る会計基準」等が公表されたものです。企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発に
              あたっての基本的な方針として、統一的な算定方法を用いることにより、国内外の企業間における財
              務諸表の比較可能性を向上させる観点から、IFRS第13号の定めを基本的にすべて取り入れることとさ
              れ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわ
              せない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定めることとされております。
           (2)   適用予定日

              2022年12月期の期首から適用します。
           (3)   当該会計基準等の適用による影響

              「時価の算定に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額はございません。
                                 79/119




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (表示方法の変更)
          前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

          「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用
           「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当事業年度の財務諸
          表から適用しておりますが、財務諸表に記載すべき重要な会計上の見積りはありません。
         (追加情報)

          前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
           新型コロナウイルス感染症の拡大による影響について
           新型コロナウイルス感染症については、経済や企業活動に広範囲の影響を与えており、今後の感染拡大の状
          況や収束時期等を正確に予測することは困難な状態にあります。
           当社は、現時点で入手可能な情報に基づき、新型コロナウイルス感染症拡大による影響が今後も一定期間継
          続するものと仮定し、固定資産の減損及び繰延税金資産の回収可能性等の見積りを行っておりますが、財務諸
          表に与える影響は軽微であるものと判断しております。
          当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

           新型コロナウイルス感染症の拡大による影響について
           新型コロナウイルス感染症については、経済や企業活動に広範囲の影響を与えており、今後の感染拡大の状
          況や収束時期等を正確に予測することは困難な状態にあります。
           当社は、現時点で入手可能な情報に基づき、新型コロナウイルス感染症拡大による影響が今後も一定期間継
          続するものと仮定し、固定資産の減損及び繰延税金資産の回収可能性等の見積りを行っておりますが、財務諸
          表に与える影響は軽微であるものと判断しております。
                                 80/119












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (貸借対照表関係)
          ※1 減価償却累計額には、減損損失累計額を含めて表示しております。
          ※2 担保資産及び担保付債務

             担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2020年12月31日)                 (2021年12月31日)
     長期預金                                1,000千円                 1,000千円
             契約するにあたり相手先から当該資産を担保に供することを求められたことによるものです。

         (損益計算書関係)

          ※1 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度12%、当事業年度14%、一般管理費に属する費用の

            おおよその割合は前事業年度88%、当事業年度86%であります。
             販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
                             至 2020年12月31日)                 至 2021年12月31日)
     役員報酬                                37,230千円                 59,448千円
     給料及び手当                                93,939                 155,284
     減価償却費                                 697                2,804
     広告宣伝費                                28,127                 60,597
     貸倒引当金繰入額                                 225                 816
          ※2 減損損失

             前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
           場所              用途              種類              金額
      本社ビル              事務所設備              建物附属設備                     1,448千円

              当社は、プラットフォーム事業並びにこれらの付帯業務を単一の事業として行っており、事業用資産

             については当社全体をキャッシュ・フロー生成単位として識別し、グルーピングを行っております。た
             だし、処分予定の資産や遊休資産については、個別に取り扱っております。
              2020年12月において、当社は本社移転の意思決定を行い、その本社移転に伴い、旧本社設備につき将
             来の使用見込みがなくなったことから、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失と
             して計上しております。なお、当該資産の回収可能価額は、正味売却価額により測定しておりますが、
             売却可能性が見込めないため、零としております。
             当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

              該当事項はありません。
          ※3 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
                             至 2020年12月31日)                 至 2021年12月31日)
     建物附属設備                                  -千円                 227千円
                                 81/119





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (株主資本等変動計算書関係)
          前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                       当事業年度期首株         当事業年度増加株         当事業年度減少株         当事業年度末株式
                       式数(株)         式数(株)         式数(株)         数(株)
     発行済株式

      普通株式                        800          -         -         800

             合計                 800          -         -         800

           2.自己株式に関する事項

             該当事項はありません。
           3.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

             該当事項はありません。
           4.配当に関する事項

             該当事項はありません。
          当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

           1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                       当事業年度期首株         当事業年度増加株         当事業年度減少株         当事業年度末株式
                       式数(株)         式数(株)         式数(株)         数(株)
     発行済株式

      普通株式   (注)1.2.                        800       799,200            -       800,000

             合計                 800       799,200            -       800,000

     (注)1.当社は、2021年4月16日付で普通株式1株につき1,000株の割合で株式分割を行っております。
        2.普通株式の発行済株式総数の増加799,200株は株式分割によるものであります。
           2.自己株式に関する事項

             該当事項はありません。
           3.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                   新株予約権
                              新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                      当事業年度
                   の目的とな
          内訳                                            末残高
                          当事業年度       当事業年度       当事業年度       当事業年度
                   る株式の種
                                                      (千円)
                           期首       増加       減少       末
                     類
     ストック・オプションとし
                     -       -       -       -       -       -
     ての第1回新株予約権
              合計              -       -       -       -       -
     (注)1.当社は未公開企業であり、付与時の単位あたり本源的価値は0円であるため、当事業年度末残高はありませ
          ん。
        2.ストック・オプションとしての第1回新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
           4.配当に関する事項

            (1)配当金支払額
              該当事項はありません。
            (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

              該当事項はありません。
                                 82/119



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
                             至 2020年12月31日)                 至 2021年12月31日)
     現金及び預金勘定                               211,018千円                 245,858千円
     現金及び現金同等物                               211,018                 245,858
         (金融商品関係)

          前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社は、資金運用については安全性の高い短期的な預金等に限定して行っております。また、資金調
             達については主に銀行借入にする方針であります。
              なお、デリバティブ取引は行わない方針であります。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
              借入金は、主に営業活動に必要な資金の調達を目的としたものであり、流動性リスクに晒されており
             ます。
              営業債務である未払金は、そのほとんどが1ヶ月以内の支払期日のものであります。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ①  信用リスクの管理
              取引開始時に契約先の信用状況の把握に努めております。また、与信管理マニュアルに従い、経理財
             務部が取引先の信用状況を定期的にモニタリングし、取引先ごとに財務状況等の悪化等による回収懸念
             の早期把握やリスク軽減を図っております。
             ②  資金調達に係る流動性リスクの管理

              当社は、経理財務部が適時に資金計画を作成・更新するとともに、手元流動性を一定水準以上に維持
             すること等により、流動性リスクを管理しております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することもあります。
                                 83/119








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.金融商品の時価等に関する事項
             貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
            ことが極めて困難と認められるものは含まれておりません。((注)2.参照)
                          貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                            (千円)
      (1)現金及び預金                          211,018            211,018              -

      (2)受取手形                            501
                                  △4
           貸倒引当金(※1)
                                  497            497            -

      (3)売掛金

                                119,542
                                 △960
           貸倒引当金(※2)
                                118,582            118,582              -

      (4)長期預金
                                 1,000            1,000             -
       資産計                         331,098            331,098              -

      (1)買掛金                          112,430            112,430              -

      (2)未払金                           33,259            33,259              -
      (3)未払法人税等                           11,974            11,974              -

      (4)未払消費税等                           22,116            22,116              -

      (5)長期借入金(※3)                          169,038            162,666            △6,371
       負債計                         348,818            342,446            △6,371

     (※1)受取手形については、対応する貸倒引当金を控除しております
     (※2)売掛金については、対応する貸倒引当金を控除しております
     (※3)1年内返済予定の長期借入金は、長期借入金に含めて表示しております。
    (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

         資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形、(3)売掛金
           これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
           よっております。
          (4)長期預金
           長期預金の時価については、取引金融機関から提示された価額によっております。
         負 債

          (1)買掛金、(2)未払金、(3)未払法人税等、(4)未払消費税等
           これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
           よっております。
          (5)長期借入金
           長期借入金の時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入をおこなった場合に想定される利率
           で割り引いた現在価値により算定しております。
       2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                    (単位:千円)
                                 当事業年度

                 区分
                               (2020年12月31日)
          敷金                              10,729
         敷金については、本社の賃貸借契約に伴うものであり、市場価格がなく、かつ合理的に返還予定時期を見積も
         る事が出来ない事から、時価を把握する事が極めて困難であるため、時価開示の対象としておりません。
           3.金銭債権の決算日後の償還予定額
                                 84/119


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      211,018            -         -         -

      受取手形                        501          -         -         -
      売掛金                      119,542            -         -         -

      長期預金                        -        1,000           -         -
             合計               331,063          1,000           -         -

           4.長期借入金の決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                    5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                    (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      長期借入金              17,652       17,892       21,492       21,492       20,388       70,122
          合計          17,652       17,892       21,492       21,492       20,388       70,122

    (※)1年内返済予定の長期借入金は、長期借入金に含めて表示しております。
                                 85/119














                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社は、資金運用については安全性の高い短期的な預金等に限定して行っております。また、資金調
             達については主に銀行借入にする方針であります。
              なお、デリバティブ取引は行わない方針であります。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
              借入金は、主に営業活動に必要な資金の調達を目的としたものであり、流動性リスクに晒されており
             ます。
              営業債務である未払金は、そのほとんどが1ヶ月以内の支払期日のものであります。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ①  信用リスクの管理
              取引開始時に契約先の信用状況の把握に努めております。また、与信管理規程に従い、取引先の信用
             状況を定期的にモニタリングし、取引先ごとに財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握やリスク
             軽減を図っております。
             ②  資金調達に係る流動性リスクの管理

              当社は、担当部署が適時に資金計画を作成・更新するとともに、手元流動性を一定水準以上に維持す
             ること等により、流動性リスクを管理しております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することもあります。
                                 86/119












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.金融商品の時価等に関する事項
             貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
            ことが極めて困難と認められるものは含まれておりません。((注)2.参照)
                          貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                            (千円)
      (1)現金及び預金                          245,858            245,858              -

      (2)受取手形                           1,056
                                  △8
           貸倒引当金(※1)
                                 1,047            1,047             -

      (3)売掛金

                                119,011
                                △1,778
           貸倒引当金(※2)
                                117,232            117,232              -

      (4)長期預金
                                 1,000            1,000             -
       資産計                         365,138            365,138              -

      (1)買掛金                           88,948            88,948              -

      (2)未払金                           50,484            50,484              -
      (3)未払法人税等                           14,822            14,822              -

      (4)未払消費税等                           16,961            16,961              -

      (5)長期借入金(※3)                          180,066            175,340            △4,725
       負債計                         351,282            346,557            △4,725

     (※1)受取手形については、対応する貸倒引当金を控除しております
     (※2)売掛金については、対応する貸倒引当金を控除しております
     (※3)1年内返済予定の長期借入金は、長期借入金に含めて表示しております。
    (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

         資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形、(3)売掛金
           これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
           よっております。
          (4)長期預金
           長期預金の時価については、取引金融機関から提示された価額によっております。
         負 債

          (1)買掛金、(2)未払金、(3)未払法人税等、(4)未払消費税等
           これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
           よっております。
          (5)長期借入金
           長期借入金の時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入をおこなった場合に想定される利率
           で割り引いた現在価値により算定しております。
       2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                    (単位:千円)
                                 当事業年度

                 区分
                               (2021年12月31日)
          敷金                              37,835
         敷金については、本社の賃貸借契約に伴うものであり、市場価格がなく、かつ合理的に返還予定時期を見積も
         る事が出来ない事から、時価を把握する事が極めて困難であるため、時価開示の対象としておりません。
           3.金銭債権の決算日後の償還予定額
                                 87/119


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      245,858            -         -         -

      受取手形                       1,056           -         -         -
      売掛金                      119,011            -         -         -

      長期預金                        -        1,000           -         -
             合計               365,926          1,000           -         -

           4.長期借入金の決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                    5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                    (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      長期借入金              21,060       24,660       24,660       23,556       17,724       68,406
          合計          21,060       24,660       24,660       23,556       17,724       68,406

    (※)1年内返済予定の長期借入金は、長期借入金に含めて表示しております。
                                 88/119














                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (ストック・オプション等関係)
          前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
           該当事項はありません。
           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                                      第1回新株予約権
                        当社取締役  3名
     付与対象者の区分及び人数
                        当社従業員  26名
     株式の種類及び付与数(株)                   普通株式 79,920株
     付与日                   2021年4月16日

                        「第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)新株予約権等の状況」に
     権利確定条件
                        記載のとおりであります。
     対象勤務期間                   期間の定めはありません。
     権利行使期間                   自 2023年4月1日  至 2031年3月31日

            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

              当事業年度(2021年12月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
             ションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                             第1回新株予約権
     権利確定前               (株)

      前事業年度末                                  -

      付与                                79,920

      失効                                 160

      権利確定                                  -

      未確定残                                79,760

     権利確定後               (株)

      前事業年度末                                  -

      権利確定                                  -

      権利行使                                  -

      失効                                  -

      未行使残                                  -

                                 89/119





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ② 単価情報
                             第1回新株予約権
     権利行使価格(円)                                  444

     行使時平均株価(円)                                   -

     付与日における公正な評価単価(円)                                   -

           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

            ストック・オプション付与時点において、当社は株式を金融商品取引所に上場していないため、公正な
           評価単価を単位当たりの本源的価値により算定しております。また、単位当たりの本源的価値を算定する
           基礎となる当社株式の評価方法は、DCF法により算定された価格に基づき決定しております。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

            将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しておりま
           す。
           5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的

             価値の合計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源
             的価値の合計額
            (1)          当事業年度末における本源的価値の合計額  -千円
            (2)          当事業年度において権利行使されたストック・オプションの
              権利行使日における本源的価値の合計額   -千円
                                 90/119













                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (税効果会計関係)
          前事業年度(2020年12月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                        当事業年度
                                      (2020年12月31日)
            繰延税金資産
             税務上の繰越欠損金(注)                               20,567千円
             減価償却超過額                                 803
             資産除去債務(敷金償却)                                1,253
             未確定債務                                6,427
             貸倒引当金繰入超過額                                 84
                                            1,090
             未払事業税
            繰延税金資産小計
                                            30,226
             税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額                                 -
                                              -
             将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
            評価性引当額小計                                  -
            繰延税金資産合計                                30,226
            繰延税金負債
                                            △717
             未収事業税
            繰延税金負債合計                                 △717
            繰延税金資産(負債)の純額                                29,508
           (注)税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

                       1年超      2年超      3年超      4年超

                 1年以内                             5年超       合計
                       2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                 (千円)                            (千円)       (千円)
                       (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
        税務上の繰越欠
                    -      -      -      -      -    20,567        20,567
        損金(※1)
        評価性引当額            -      -      -      -      -      -        -

        繰延税金資産            -      -      -      -      -    20,567     (※2)20,567

        (※1)     税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
        (※2)     税務上の繰越欠損金20,567千円(法定実効税率を乗じた金額)について、繰延税金資産20,567千円を計上
           しております。当該税務上の繰越欠損金については、将来の課税所得の見込み等により、回収可能と判断
           し、評価性引当金を認識しておりません。
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
              法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下
             であるため注記を省略しております。
                                 91/119






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(2021年12月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当事業年度
                                    (2021年12月31日)
            繰延税金資産
             減価償却超過額                              425千円
             資産除去債務                             2,926
             未確定債務                             6,264
             貸倒引当金繰入超過額                              329
                                          1,380
             未払事業税
            繰延税金資産小計
                                         11,326
                                         △3,255
             将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
            評価性引当額小計                             △3,255
            繰延税金資産合計                              8,070
            繰延税金負債
             資産除去債務に対応する除去費用                            △2,790
                                          △717
             未収事業税
            繰延税金負債合計                             △3,508
            繰延税金資産(負債)の純額                              4,562
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                      当事業年度
                                    (2021年12月31日)
            法定実効税率
                                         34.59%
            (調整)
             法人税特別控除                           △0.66
             住民税均等割                            0.19
             評価性引当額の増減                            4.33
                                         △1.44
             その他
            税効果会計適用後の法人税等の負担率                             37.01
                                 92/119










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (資産除去債務関係)
          前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
            当社は本社事務所の不動産賃貸借契約に基づく退去時における原状回復義務を資産除去債務として認識し
           ておりますが、当該債務の金額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
            なお、貸借契約に関連する敷金が資産に計上されているため、当事業年度末における資産除去債務は、負
           債計上に代えて、不動産賃貸借契約に関連する敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的
           に見積り、当事業年度の負担に属する金額を費用計上し、同額の敷金を減額する方法によっております。
          当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

           資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
            (1)  当該資産除去債務の概要
              本社の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務であります。
            (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法

              使用見込期間を15年と見積り、割引率は0.276%として、資産除去債務の金額を算定しております。
            (3)  当該資産除去債務の総額の増減

                                      当事業年度
                                   (自 2021年1月1日
                                    至 2021年12月31日)
            期首残高                                  -千円
            有形固定資産の取得に伴う増加額                                8,443
            時の経過による調整額                                  15
            期末残高                                8,459
                                 93/119












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
            1.報告セグメントの概要
             当社は、プラットフォーム事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
           当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

            1.報告セグメントの概要
             当社は、プラットフォーム事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【関連情報】

           前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
            1.製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                      メディアレーダー            トラミー          その他          合計

     外部顧客への売上高                      192,523          208,113          55,167         455,804
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
             本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
             (2)有形固定資産

             本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手がいないため、記載を省略し
             ております。
           当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

            1.製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                      メディアレーダー            トラミー          その他          合計

     外部顧客への売上高                      284,513          270,906          50,004         605,424
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
             本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
             (2)有形固定資産

             本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手がいないため、記載を省略し
             ております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
            当社は、単一セグメントであるため、記載を省略しております。
           当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

            該当事項はありません。
                                 94/119


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前事業年度(自 2020年1月1日                 至 2020年12月31日)
            該当事項はありません。
           当事業年度(自 2021年1月1日                 至 2021年12月31日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
            該当事項はありません。
           当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

            該当事項はありません。
                                 95/119
















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【関連当事者情報】
          前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
           関連当事者との取引
            財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
                             議決権等の
                    資本金又
                         事業の内
          会社等の名                   所有(被所     関連当事者           取引金額          期末残高
                    は出資金
      種類          所在地         容又は職               取引の内容           科目
          称又は氏名                   有)割合     との関係
                                             (千円)          (千円)
                    (千円)     業
                              (%)
                                       当社銀行借
                                       入に対する
                                              169,038      -     -
                                       債務被保証
                                       (注)2.
                         代表取締     (被所有)
     役員     福島範幸       -    -             債務被保証
                         役社長
                             直接 25.0
                                       賃貸借契約
                                       に対する債
                                              -     -     -
                                       務被保証
                                       (注)3.
     (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.当社の銀行借入に対して、債務保証を受けております。取引金額には、被保証債務の当該事業年度期末残高
           を記載しております。なお、保証料は支払っておりません。
         3.当社の事務所物件の賃借料に対して債務保証を受けており、年間の支払家賃は、21,530千円であります。な
           お、保証料は支払っておりません。
          当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

           関連当事者との取引
            財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
                             議決権等の
                    資本金又
                         事業の内
          会社等の名                   所有(被所     関連当事者           取引金額          期末残高
                    は出資金
      種類          所在地         容又は職               取引の内容           科目
          称又は氏名                   有)割合     との関係
                                             (千円)          (千円)
                    (千円)     業
                              (%)
                                       当社銀行借
                                       入に対する
                                              180,066      -     -
                                       債務被保証
                                       (注)2.
                         代表取締     (被所有)
     役員     福島範幸                        債務被保証
                 -    -
                                       賃貸借契約
                         役社長     直接 25.0
                                       に対する債
                                       務被保証
                                              -     -     -
                                       (注)
                                       3.4.
     (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.当社の銀行借入に対して、債務保証を受けております。取引金額には、被保証債務の当該事業年度期末残高
           を記載しております。なお、保証料は支払っておりません。
         3.当社の事務所物件の賃借料に対して債務保証を受けており、年間の支払家賃は、10,765千円であります。な
           お、保証料は支払っておりません。
         4.新オフィス移転に伴い、2021年6月30日付で当該賃貸借契約は解約となっております。
                                 96/119







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (1株当たり情報)
          前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                                当事業年度
                             (自 2020年1月1日
                              至 2020年12月31日)
     1株当たり純資産額                                54.31円

     1株当たり当期純利益                                97.59円

     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、当社は潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.当社は、2021年4月16日付で普通株式1株につき1,000株の割合で株式分割を行っております。当事業年度
           の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しており
           ます。
         3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                当事業年度
                             (自 2020年1月1日
                              至 2020年12月31日)
     当期純利益(千円)                                78,074

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -

     普通株式に係る当期純利益(千円)                                78,074

     普通株式の期中平均株式数(株)                               800,000

          当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

                                当事業年度
                             (自 2021年1月1日
                              至 2021年12月31日)
     1株当たり純資産額                                113.58円

     1株当たり当期純利益                                59.27円

     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、当社は潜在株式が存在するものの、当社株式は非上場株
           式であり、期中平均株価を把握できないため記載しておりません。
        2.当社は、2021年4月16日付で普通株式1株につき1,000株の割合で株式分割を行っております。前事業年度
           の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しており
           ます。
         3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                当事業年度
                             (自 2021年1月1日
                              至 2021年12月31日)
     当期純利益(千円)                                47,414

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -

     普通株式に係る当期純利益(千円)                                47,414

     普通株式の期中平均株式数(株)                               800,000

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後                       新株予約権1種類(新株予
     1株当たり当期純利益の算定に含めなかった                      約権の数79,760個)。
     潜在株式の概要                       なお、新株予約権の概要は「第4
                            提出会社の状況         1   株式等の状
                           況   (2)新株予約権等の状況            ①  ス
                           トックオプション制度の内容」に記
                           載のとおりであります。
                                 97/119



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な後発事象)
          前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
          1.株式分割
           当社は、2021年3月22日開催の取締役会決議に基づき、2021年4月16日付をもって株式分割を行っておりま
          す。
          (1)  株式分割の目的
           当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的として株式分割を実施いたしました。
          (2)  株式分割の概要
          ①分割方法
            2021年4月15日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有株式数を、普通株式1株につき1,000株
           の割合をもって分割しております。
          ②分割により増加する株式数
           株式分割前の発行済株式総数                                800株
           今回の分割により増加する株式数                        799,200株
           株式分割後の発行済株式総数                          800,000株
           株式分割後の発行可能株式総数    3,200,000株
          (3)  株式分割の効力発生日
           2021年4月16日
          (4)  1株当たり情報に与える影響
           当該株式分割が前事業年度の期首に行われたと仮定した場合の1株当たり情報は、以下のとおりでありま
          す。
                                前事業年度                当事業年度
                             (自 2020年1月1日                (自 2021年1月1日
                             至 2020年12月31日)                至 2021年12月31日)
          1株当たり純資産額                          54.31円                113.58円

          1株当たり当期純利益                          97.59円                59.27円

          潜在株式調整後1株当たり当期純
                                     -円                -円
          利益
          2.ストックオプションとしての新株予約権の発行

           当社は、2021年3月31日開催の定時株主総会並びに2021年3月31日開催の臨時取締役会において、会社法第
          236条、第238条及び第239条の規定に基づき、当社の取締役3名及び従業員26名に対して新株予約権を発行す
          ることを決議しております。詳細は、「第4                     提出会社の状況        1  株式等の状況       (2)  新株予約権等の状況          ①
          ストックオプション制度の内容」に記載のとおりであります。
          当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

           該当事項はありません。
                                 98/119








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【注記事項】
          (会計方針の変更)
          1.収益認識に関する会計基準等の適用
            「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。)等を第1四半期会計期間の期
           首から適用しております。これによる四半期財務諸表に与える影響はありません。
          2.時価の算定に関する会計基準の適用

            「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。)等を第1四半期会計期間の
           期首から適用しております。これによる四半期財務諸表に与える影響は軽微であります。
          (会計上の見積りの変更)

           該当事項はありません。
          (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

           該当事項はありません。
          (追加情報)

           (新型コロナウイルス感染症の拡大による影響について)
            新型コロナウイルス感染拡大による会計上の見積りに与える影響につきましては、有価証券届出書の(追
           加情報)「新型コロナウイルス感染症の拡大による影響について」に記載した内容から重要な変更はありま
           せん。
          (四半期貸借対照表関係)

           ※1 担保資産及び担保付債務
              担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               当第3四半期会計期間
                               (2022年9月30日)
          長期預金                             1,000千円
               契約するにあたり相手先から当該資産を担保に供することを求められたことによるものです。

          (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

           当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累
          計期間に係る減価償却費は、次のとおりであります。
                                  当第3四半期累計期間
                                 (自 2022年1月1日
                                  至 2022年9月30日)
          減価償却費                                2,794千円
          (株主資本等関係)

           当第3四半期累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年9月30日)
           1.配当金支払額
             該当事項はありません。
           2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日

            後となるもの
             該当事項はありません。
           3.株主資本の金額の著しい変動

             該当事項はありません。
                                 99/119



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (持分法損益等)
            当社は関連会社を有していないため、該当事項はありません。
          (企業結合等関係)

            該当事項はありません。
          (セグメント情報等)

           【セグメント情報】
            当第3四半期累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年9月30日)
             当社は、プラットフォーム事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          (収益認識関係)

           顧客との契約から生じる収益を分解した情報
                                                    (単位:千円)
                                          当第3四半期累計期間
                                     (自 2022年1月1日 至 2022年9月30日)
           メディアレーダー                                             298,103
           トラミー                                             293,112
           その他                                             45,586
           顧客との契約から生じる収益                                             636,802
           外部顧客への売上高                                             636,802
          (1株当たり情報)

           1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                              当第3四半期累計期間
                                             (自 2022年1月1日
                                               至 2022年9月30日)
           1株当たり四半期純利益                                          109円13銭

           (算定上の基礎)

            四半期純利益(千円)                                          87,302

            普通株主に帰属しない金額(千円)                                            -

            普通株式に係る四半期純利益(千円)                                          87,302

            普通株式の期中平均株式数(株)                                          800,000

           希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり四半期純利
           益の算定に含めなかった潜在株式で、前事業年度末から重要な変動                                             -
           があったものの概要
          (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、当社は潜在株式が存在するものの、当社株式は非
             上場株式であり、期中平均株価を把握できないため記載しておりません。
          (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                100/119






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑤【附属明細表】
         【有価証券明細表】
         該当事項はありません。
         【有形固定資産等明細表】

                                          当期末減価償
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額      差引当期末残
        資産の種類
                                          償却累計額
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)            (千円)     高(千円)
                                           (千円)
     有形固定資産
      建物附属設備
                    3,449      21,039       3,449      21,039       939      939     20,100
      工具、器具及び備品
                     -     6,892       -     6,892      1,332      1,332      5,560
        有形固定資産計             3,449      27,932       3,449      27,932       2,272      2,272      25,660
     無形固定資産
      商標権
                     -     1,000       -     1,000       41      41      958
      ソフトウエア
                    2,373       -      -     2,373      1,423       474      950
        無形固定資産計             2,373      1,000       -     3,373      1,464       516     1,909
     長期前払費用               1,794      1,717      1,959      1,817       232      232     1,320
     (注)1.当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
           建物附属設備     新オフィス移転に伴う内部造作及び資産除去債務  21,039千円
           工具、器具及び備品  新オフィス移転に伴う什器備品の購入                                           6,892千円
         【社債明細表】

         該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                              当期首残高       当期末残高        平均利率
                区分                                     返済期限
                               (千円)       (千円)        (%)
     1年以内に返済予定の長期借入金                            17,652       21,060        1.215       -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                           151,386       159,006        1.984    2023年~2031年

                合計                169,038       180,066       -        -

     (注)1.平均利率については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の貸借対照表日後5年間の返済予定額は以下のとおりで
           あります。
                           1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内
                             (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
           長期借入金                    24,660        24,660        23,556        17,724

         【引当金明細表】

                                     当期減少額        当期減少額
                    当期首残高        当期増加額                         当期末残高
           区分                          (目的使用)         (その他)
                     (千円)        (千円)                         (千円)
                                     (千円)        (千円)
      貸倒引当金                   964        823         -        -       1,788

         【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が財務諸表等規則第8条の28に規定する注記事項として記載されているため、資
         産除去債務明細表の記載を省略しております。
                                101/119



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)【主な資産及び負債の内容】
        ① 流動資産
         イ.現金及び預金
                 区分                          金額(千円)
      預金

       普通預金                                             245,858
                 小計                                   245,858

                 合計                                   245,858

         ロ.受取手形

           相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      株式会社大広                                               1,056

                 合計                                    1,056

           期日別内訳

                 期日別                          金額(千円)
        2022年3月                                               1,056

                 合計                                    1,056

                                102/119













                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ハ.売掛金
           相手先別内訳
                  相手先                          金額(千円)
      株式会社プロネクサス                                               13,700

      株式会社ソニー・ミュージックマーケティングユナイテッド                                               7,747
      株式会社広美                                               5,373

      株式会社メディコム                                               4,312

      株式会社エイトリンクス                                               3,061

      その他                                               84,816
                   合計                                 119,011

           売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

      当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                          回収率(%)         滞留期間(日)
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                     (A)  +  (D)

                                           (C)
                                                       2
                                               ×  100
        (A)         (B)         (C)         (D)
                                         (A)  +  (B)
                                                      (B)
                                                      365
         119,542        1,194,346         1,194,878          119,011            90.9          36

     (注) 当期発生高には消費税等が含まれております。
         ニ.仕掛品

                 品目                          金額(千円)
      トラミー配送料                                               2,300

      トラミーポイント                                                 106
                 合計                                    2,406

        ② 固定資産

         イ.敷金
                 品目                          金額(千円)
      本社賃借敷金                                               37,835

                 合計                                   37,835

                                103/119







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③ 流動負債
         イ.買掛金
           相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      GOOGLE    JAPAN   G.K.

                                                    26,293
      TWITTER    ASIA   PACIFIC    PTE.   LTD.
                                                    17,683
      トラミーポイント                                               15,894

      PayPayカード株式会社                                               10,584

      アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・イン
                                                     7,166
      コーポレイテッド
      その他                                               11,326
                 合計                                   88,948

         ロ.未払金

                 相手先                          金額(千円)
      従業員給与・賞与                                               31,694

      GOOGLE    JAPAN   G.K.
                                                     9,579
      アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・イン
                                                     2,295
      コーポレイテッド
      従業員立替経費                                               1,067
      小鹿猛志                                               1,020

      その他                                               4,827
                 合計                                   50,484

      (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                104/119









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                 毎年1月1日から同年12月31日まで

      定時株主総会                 毎事業年度末日の翌日から3か月以内

      基準日                 毎年12月31日

      株券の種類                 -

      剰余金の配当の基準日                 毎年12月31日、毎年6月30日

      1単元の株式数                 100株

      株式の名義書換え(注)1.

       取扱場所               東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社 証券代行部

       株主名簿管理人               東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社

       取次所               三井住友信託銀行株式会社 全国各支店

       名義書換手数料               無料

       新券交付手数料               -

      単元未満株式の買取り

       取扱場所               東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社 証券代行部

       株主名簿管理人               東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社

       取次所               三井住友信託銀行株式会社 全国各支店(注)1.

       買取手数料               無料

                      当会社の公告方法は、電子公告とする。ただし、事故その他やむを得ない事由に

                      よって電子公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載す
      公告掲載方法                る方法とする。
                      公告掲載URL
                      https://www.eyez.jp/ir/notice
      株主に対する特典                該当事項はありません。

     (注)1.当社株式は、東京証券取引所グロース市場への上場に伴い、社債、株式等の振替等に関する法律第128条第

          1項に規定する振替株式となることから、該当事項はなくなる予定です。
        2.当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外に権利を行使することができない
          旨、定款に定めております。
          (1)         会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          (2)         会社法第166条第1項各号の規定による請求をする権利
          (3)         株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                105/119



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
       当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2【その他の参考情報】

       該当事項はありません。
                                106/119


















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第三部【特別情報】
    第1【連動子会社の最近の財務諸表】
      当社は、連動子会社を有していないため、該当事項はありません。
                                107/119



















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第四部【株式公開情報】
    第1【特別利害関係者等の株式等の移動状況】
                                                   価格
          移動前所有者           移動前所有者      移動後所有者           移動後所有者
                移動前所有                 移動後所有            移動株数
     移動年月日     の氏名又は名           の提出会社と      の氏名又は名           の提出会社と            (単価)     移動理由
                者の住所                 者の住所            (株)
          称           の関係等      称           の関係等            (円)
                     特別利害関係
                                      特別利害関係
                                                   700,000    株主構成の
      2020年          神奈川県茅     者等(当社の            東京都中央               70
          牧田 伸一                 三谷 翔一           者等(当社の            (10,000)    見直しによ
     1月21日           ケ崎市     取締役)(注)            区
                                              (注)5
                                                   (注)4   る(注)7
                                      取締役)
                     6
     (注)1.当社は、東京証券取引所グロース市場への上場を予定しておりますが、株式会社東京証券取引所(以下「同
           取引所」という。)が定める有価証券上場規程施行規則(以下「同施行規則」という。)第266条の規定に
           基づき、特別利害関係者等が、新規上場申請日の直前事業年度の末日から起算して2年前の日(2020年1月
           1日)から上場日の前日までの期間において、当社の発行する株式又は新株予約権の譲受け又は譲渡(上場
           前の公募等を除き、新株予約権の行使を含む。以下「株式等の移動」という。)を行っている場合には、当
           該株式等の移動の状況を同施行規則第231条第1項第2号に規定する「新規上場申請のための有価証券報告
           書(Ⅰの部)」に記載することとされております。
         2.当社は、同施行規則第267条の規定に基づき、上場日から5年間、上記株式等の移動の状況に係る記載内容
           についての記録を保存することとし、幹事取引参加者は、当社が当該記録を把握し、かつ、保存するための
           事務組織を適切に整備している状況にあることを確認するものとするとされております。また、当社は、当
           該記録につき、同取引所が必要に応じて行う提出請求に応じなければならないとされております。同取引所
           は、当社が当該提出請求に応じない場合は、当社の名称及び当該提出請求により応じない状況にある旨を公
           表することができるとされております。また、同取引所は、当該提出請求により提出された記録を検討した
           結果、上記株式等の移動の状況に係る記載内容が明らかに正確でなかったと認められる場合には、当社及び
           幹事取引参加者の名称並びに当該記載内容が正確でなかったと認められる旨を公表することができるとされ
           ております。
         3.特別利害関係者等の範囲は次のとおりであります。
          (1)当社の特別利害関係者………役員、その配偶者及び二親等内の血族(以下「役員等」という。)、役員等
                         により総株主の議決権の過半数が所有されている会社並びに関係会社及びそ
                         の役員
          (2)当社の大株主上位10名
          (3)当社の人的関係会社及び資本的関係会社並びにこれらの役員
          (4)金融商品取引業者等(金融商品取引法第28条第8項に規定する有価証券関連業を行う者に限る)並びにそ
            の役員、人的関係会社及び資本的関係会社
        4.譲渡人と譲受人が協議の上、決定いたしました。
        5.2021年3月22日開催の取締役会決議により、2021年4月16日付で普通株式1株につき1,000株の割合で株式
          分割を行っておりますが、上記「移動株数」及び「価格(単価)」は、当該株式分割前の「移動株数」及び
          「価格(単価)」を記載しております。
        6.牧田 伸一氏は、2020年12月31日付で当社取締役を辞任しており、2021年1月1日付より当社従業員として
          在籍しております。
        7.三谷 翔一氏が当社取締役に就任したことによる当社株主構成の見直しのためによるものです。
                                108/119







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2【第三者割当等の概況】
     1【第三者割当等による株式等の発行の内容】
              項目                 新株予約権①
      発行年月日                         2021年4月16日

                              第1回新株予約権
      種類
                            (ストックオプション)
      発行数                         普通株式 79,920株
                                      444円
      発行価格
                                     (注)3
      資本組入額                                222円
      発行価額の総額                             35,484,480円

      資本組入額の総額                             17,742,240円

                          2021年3月31日開催の定時株主
                          総会において、会社法第236条、
                          第238条及び第239条の規定に基
      発行方法
                          づく新株予約権の付与(ストッ
                          クオプション)に関する決議を
                          行っております。
      保有期間等に関する確約                          (注)2.
     (注)1.第三者割当等による募集株式の割当て等に関する規制に関し、株式会社東京証券取引所(以下「同取引所」
           という。)の定める規則は、以下のとおりであります。
         (1)       同取引所の定める有価証券上場規程施行規則(以下「同施行規則」という。)第272条の規定において、
           新規上場申請者が、新規上場申請日の直前事業年度の末日から起算して1年前より後において、役員又は
           従業員等に報酬として新株予約権の割当てを行っている場合には、当該新規上場申請者は、割当てを受け
           た役員又は従業員等との間で、報酬として割当てを受けた新株予約権の継続所有、譲渡時及び
           同取引所からの当該所有状況に係る照会時の同取引所への報告その他同取引所が必要と認める事項につい
           て確約を行うものとし、当該書類を同取引所が定めるところにより提出するものとされております。
         (2)       新規上場申請者が、前項の規定に基づく書面の提出等を行わないときは、同取引所は新規上場申請の不受
           理又は受理の取消しの措置をとるものとします。
         (3)       当社の場合、新規上場申請日の直前事業年度の末日は2021年12月31日であります。
        2.同取引所の定める同施行規則第272条第1項第1号の規定に基づき、当社は、割当てを受けた役員又は従業
           員等との間で、報酬として割当てを受けた新株予約権を、原則として、割当てを受けた日から上場日の前日
           又は新株予約権の行使を行う日のいずれか早い日まで所有する等の確約を行っております。
        3.発行価格は、DCF(ディスカウント・キャッシュ・フロー)法により算出した価格に基づき決定しており
           ます。DCF法を採用した理由は、当社株式は非上場株式であるため、事業計画に基づき算定される将来生
           み出すキャッシュフローの現在価値から株式価値を算定する方法が適切であると判断したためであります。
         4.新株予約権の行使時の払込金額、行使期間、行使の条件及び譲渡に関する事項については、以下のとおりと
           なっております。
                                       新株予約権①
      行使時の払込金額                                    444円

      行使期間                            2023年4月1日から2031年3月31日まで

                          「第二部 企業情報 第4提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)                                新
      行使の条件
                          株予約権等の状況」に記載のとおりであります。
      新株予約権の譲渡に関する事項                    新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要する。
                                109/119




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【取得者の概況】
                                取得者の職              価格
                                      割当株数            取得者と提出会社
      取得者の氏名又は名称               取得者の住所          業及び事業             (単価)
                                       (株)            との関係
                                の内容等             (円)
                                                  特別利害関係者等
                                            7,814,400      (大株主上位10名)
     福島 範幸              東京都港区            会社役員        17,600
                                              (444)    (当社の代表取締
                                                  役)
                                                  特別利害関係者等
                                            6,038,400
     三谷 翔一              東京都中央区            会社役員        13,600          (大株主上位10名)
                                              (444)
                                                  (当社の取締役)
                                            4,084,800
     安部 浩生              神奈川県鎌倉市            会社員         9,200          当社の従業員
                                              (444)
                                            3,552,000
     君島 佑介              東京都狛江市            会社員         8,000          当社の従業員
                                              (444)
                                            2,841,600
     光清 拓也              東京都練馬区            会社員         6,400          当社の従業員
                                              (444)
                                            2,308,800
     谷津 雄大              埼玉県和光市            会社員         5,200          当社の従業員
                                              (444)
                                            1,598,400      特別利害関係者等
     今村 武史              神奈川県横浜市港北区            会社役員         3,600
                                              (444)    (当社の取締役)
                                            1,065,600
     小池 祐太              東京都練馬区            会社員         2,400          当社の従業員
                                              (444)
                                             888,000
     竹本 梨花子              東京都荒川区            会社員         2,000          当社の従業員
                                              (444)
                                             710,400
     平福 基              東京都世田谷区            会社員         1,600          当社の従業員
                                              (444)
                                             710,400
     竹田 英二              埼玉県春日部市            会社員         1,600          当社の従業員
                                              (444)
                                             710,400
     久保園 陸              埼玉県和光市            会社員         1,600          当社の従業員
                                              (444)
                                             710,400
     石井 邦              東京都練馬区            会社員         1,600          当社の従業員
                                              (444)
                                             710,400
     佐藤 綾香              東京都練馬区            会社員         1,600          当社の従業員
                                              (444)
                                             355,200
     福田 傑              東京都世田谷区            会社員          800         当社の従業員
                                              (444)
                                             355,200
     青木 洋平              神奈川県川崎市高津区            会社員          800         当社の従業員
                                              (444)
                                             355,200
     遠藤 壮樹              埼玉県所沢市            会社員          800         当社の従業員
                                              (444)
                                             106,560
     奥田 戒應              神奈川県横浜市磯子区            会社員          240         当社の従業員
                                              (444)
                                              71,040
     佐京 麻衣              埼玉県和光市            会社員          160         当社の従業員
                                              (444)
                                              71,040
     鈴木 菜々子              神奈川県川崎市宮前区            会社員          160         当社の従業員
                                              (444)
                                              71,040
     佐久本 紘奈子              東京都町田市            会社員          160         当社の従業員
                                              (444)
                                              71,040
     伊藤 ひかり              静岡県富士市            会社員          160         当社の従業員
                                              (444)
                                110/119



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                取得者の職              価格
                                      割当株数            取得者と提出会社
      取得者の氏名又は名称               取得者の住所          業及び事業             (単価)
                                       (株)            との関係
                                の内容等             (円)
                                              35,520
     松本 ひなの              神奈川県川崎市宮前区            会社員          80        当社の従業員
                                              (444)
                                              35,520
     水越 南海              東京都北区            会社員          80        当社の従業員
                                              (444)
                                              35,520
     野呂 美月              東京都日野市            会社員          80        当社の従業員
                                              (444)
    (注) 退職等により権利喪失したものに関しては記載を省略しています。
     3【取得者の株式等の移動状況】

     該当事項はありません。
                                111/119
















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3【株主の状況】
                                                  株式(自己株式を
                                          所有株数数        除く。)の総数に
          氏名又は名称                    住所
                                           (株)       対する所有株式数
                                                  の割合(%)
     合同会社シエル(注)1.2.                  東京都港区高輪一丁目27番47号                      400,000           45.48
                                             217,600           24.74
     福島 範幸(注)2.3.                  東京都港区
                                             (17,600)           (2.00)
     牧田 伸一(注)2.5.                  神奈川県茅ケ崎市                      130,000           14.78
                                              83,600           9.51
     三谷 翔一(注)2.4.                  東京都中央区
                                             (13,600)           (1.55)
                                              9,200           1.05
     安部 浩生(注)5.                  神奈川県鎌倉市
                                             (9,200)           (1.05)
                                              8,000           0.91
     君島 佑介(注)5.                  東京都狛江市
                                             (8,000)           (0.91)
                                              6,400           0.73
     光清 拓也(注)5.                  東京都練馬区
                                             (6,400)           (0.73)
                                              5,200           0.59
     谷津 雄大(注)5.                  埼玉県和光市
                                             (5,200)           (0.59)
                                              3,600           0.41
     今村 武史(注)4.                  神奈川県横浜市港北区
                                             (3,600)           (0.41)
                                              2,400           0.27
     小池 祐太(注)5.                  東京都練馬区
                                             (2,400)           (0.27)
                                              2,000           0.23
     竹本 梨花子(注)5.                  東京都荒川区
                                             (2,000)           (0.23)
                                              1,600           0.18
     平福 基(注)5.                  東京都世田谷区
                                             (1,600)           (0.18)
                                              1,600           0.18
     竹田 英二(注)5.                  埼玉県春日部市
                                             (1,600)           (0.18)
                                              1,600           0.18
     久保園 陸(注)5.                  埼玉県和光市
                                             (1,600)           (0.18)
                                              1,600           0.18
     石井 邦(注)5.                  東京都練馬区
                                             (1,600)           (0.18)
                                              1,600           0.18
     佐藤 綾香(注)5.                  東京都練馬区
                                             (1,600)           (0.18)
                                               800          0.09
     福田 傑(注)5.                  東京都世田谷区
                                              (800)          (0.09)
                                               800          0.09
     青木 洋平(注)5.                  神奈川県川崎市高津区
                                              (800)          (0.09)
                                               800          0.09
     遠藤 壮樹(注)5.                  埼玉県所沢市
                                              (800)          (0.09)
                                               240          0.03
     奥田 戒應(注)5.                  神奈川県横浜市磯子区
                                              (240)          (0.03)
                                               160          0.02
     佐京 麻衣(注)5.                  埼玉県和光市
                                              (160)          (0.02)
                                               160          0.02
     鈴木 菜々子(注)5.                  神奈川県川崎市宮前区
                                              (160)          (0.02)
                                               160          0.02
     佐久本 紘奈子(注)5.                  東京都町田市
                                              (160)          (0.02)
                                               160          0.02
     伊藤 ひかり(注)5.                  静岡県富士市
                                              (160)          (0.02)
                                112/119



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                  株式(自己株式を
                                          所有株数数        除く。)の総数に
          氏名又は名称                    住所
                                           (株)       対する所有株式数
                                                  の割合(%)
                                                80         0.01
     松本 ひなの(注)5.                  神奈川県川崎市宮前区
                                               (80)         (0.01)
                                                80         0.01
     水越 南海(注)5.                  東京都北区
                                               (80)         (0.01)
                                                80         0.01
     野呂 美月(注)5.                  東京都日野市
                                               (80)         (0.01)
                                             879,520           100.00
             計
                                             (79,520)           (9.04)
     (注)1.特別利害関係者等(役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社)

         2.特別利害関係者等(大株主上位10名)
         3.特別利害関係者等(当社の代表取締役)
         4.特別利害関係者等(当社の取締役)
         5.当社の従業員
         6.株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合は、小数点以下第3位を四捨五入しておりま
           す。
         7.()内は、新株予約権による潜在株式数及びその割合であり、内数であります。
                                113/119














                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2022年11月10日

    株式会社 アイズ

      取締役会 御中

                             仰星監査法人

                             東京事務所

                              指定社員

                                       公認会計士
                                              宮島 章
                              業務執行社員
                              指定社員

                                       公認会計士
                                              三木 崇央
                              業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社アイズの2021年1月1日から2021年12月31日までの第15期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損
    益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について
    監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
    アイズの2021年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況
    を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
    理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査
    法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
    することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
    必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
    価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要があ
    る場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                114/119






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
    いかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
    る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
     立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
     査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実
     施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
     関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、
     継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付け
     る。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚
     起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見
     を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の
     事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどう
     かとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象
     を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の
    重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためのセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                          以上
     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                115/119








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2022年11月10日

    株式会社 アイズ

      取締役会 御中

                             仰星監査法人

                             東京事務所

                              指定社員

                                       公認会計士
                                              宮島 章
                              業務執行社員
                              指定社員

                                       公認会計士
                                              三木 崇央
                              業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社アイズの2020年1月1日から2020年12月31日までの第14期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損
    益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
    アイズの2020年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況
    を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
    理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査
    法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
    することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
    必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
    価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要があ
    る場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                116/119






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
    いかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
    る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
     立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
     査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実
     施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
     関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、
     継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付け
     る。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚
     起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見
     を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の
     事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどう
     かとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象
     を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の
    重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためのセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                          以上
     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                117/119








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2022年11月10日

    株式会社 アイズ

      取締役会 御中

                             仰星監査法人

                             東京事務所

                              指定社員

                                       公認会計士
                                              宮島 章
                              業務執行社員
                              指定社員

                                       公認会計士
                                              三木 崇央
                              業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アイズ
    の2022年1月1日から2022年12月31日までの第16期事業年度の第3四半期会計期間(2022年7月1日から2022年9月30日
    まで)及び第3四半期累計期間(2022年1月1日から2022年9月30日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸
    借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
    る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アイズの2022年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第
    3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」に
    記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人
    としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断してい
    る。
    四半期財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
    作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
    表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期財務諸表を作成することが適切である
    かどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する
    事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                118/119






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アイズ(E38163)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
     手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
     る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
     られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論
     付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四半期財
     務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期財務諸表の注記事項が適切でない場合
     は、四半期財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、四半期レ
     ビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなく
     なる可能性がある。
    ・ 四半期財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準
     拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期財務諸表の表示、
     構成及び内容、並びに四半期財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認めら
     れないかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                          以上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券

           届出書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                119/119









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。