株式会社コーチ・エィ 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 株式会社コーチ・エィ
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
    【提出書類】                       有価証券届出書

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       2022年11月17日

    【会社名】                       株式会社コーチ・エィ

    【英訳名】                       COACH   A Co.,   Ltd.

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役 社長執行役員  鈴木 義幸

    【本店の所在の場所】                       東京都千代田区九段南二丁目1番30号

    【電話番号】                       03-3237-8050(代表)

    【事務連絡者氏名】                       取締役 執行役員CFO  纐纈 順史

    【最寄りの連絡場所】                       東京都千代田区九段南二丁目1番30号

    【電話番号】                       03-3237-8050(代表)

    【事務連絡者氏名】                       取締役 執行役員CFO  纐纈 順史

    【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                       株式

    【届出の対象とした募集(売出)金額】                       募集金額

                           ブックビルディング方式による募集                        600,525,000      円
                           売出金額
                           (引受人の買取引受による売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し                        439,600,000      円
                           (オーバーアロットメントによる売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し                        171,915,000      円
                           (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会社
                              法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証券届
                              出書提出時における見込額であります。
    【縦覧に供する場所】                       該当事項はありません。
                                  1/140






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】

    1  【新規発行株式】

       種類        発行数(株)                        内容

                        完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準と
      普通株式          450,000    (注)2
                        なる株式であります。単元株式数は100株であります。
     (注)   1.2022年11月17日開催の取締役会決議によっております。
       2.発行数については、2022年12月2日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
       3.当社は、野村證券株式会社に対し、                  上記引受株式数のうち、取得金額86,988千円に相当する株式数を上限と
         して  、福利厚生を目的に、当社社員持株会を当社が指定する販売先(親引け先)として要請する予定でありま
         す。
         なお、親引けは、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」
         に従い、発行者が指定する販売先への売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含む。)でありま
         す。
       4.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
         名称:株式会社証券保管振替機構
         住所:東京都中央区日本橋兜町7番1号
       5.上記とは別に、2022年11月17日開催の取締役会において、野村證券株式会社を割当先とする当社普通株式
         109,500    株の第三者割当増資を行うことを決議しております。
         なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
         カバー取引について」をご参照下さい。
                                  2/140













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【募集の方法】
      2022年12月13日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
     欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引受
     価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は2022年12月2日開催予定の取
     締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総額を当
     社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受
     手数料を支払いません。
      なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第246
     条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投
     資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決定する価
     格で行います。
             区分              発行数(株)         発行価額の総額(円)           資本組入額の総額(円)

    入札方式のうち入札による募集                             ―           ―           ―

    入札方式のうち入札によらない募集                             ―           ―           ―

    ブックビルディング方式                          450,000         600,525,000           324,990,000

          計(総発行株式)                     450,000         600,525,000           324,990,000

     (注)   1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
       2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されて
         おります。
       3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
       4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、2022年11月17日開催の取締役会決議に基づき、
         2022年12月13日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
         資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であり
         ます。
       5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(                       1,570   円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額(見
         込額)は    706,500,000      円となります。
       6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条件
         (引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」に当たっては、需要状況を
         勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
         なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
         ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照
         下さい。
       7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
         しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  3/140








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【募集の条件】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による募集】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない募集】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                     資本    申込株数                   申込

    発行価格     引受価額     払込金額
                    組入額     単位        申込期間         証拠金        払込期日
     (円)     (円)     (円)
                     (円)     (株)                  (円)
                              自  2022年12月14日(水)
     未定     未定     未定     未定                       未定
                          100                      2022年12月21日(水)
     (注)1     (注)1     (注)2     (注)3          至  2022年12月19日(月)           (注)4
     (注)   1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
         発行価格は、2022年12月2日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
         等を総合的に勘案した上で、2022年12月13日に引受価額と同時に決定する予定であります。
         仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
         が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
         需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
         関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
       2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2022年12月2日開催予定の取締役会において決定される予定であ
         ります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び2022年12月
         13日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手
         取金となります。
       3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、2022年11月17日開催の取締役会において、
         増加する資本金の額は、2022年12月13日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第
         1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
         きは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加
         する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
       4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
         期日に新株式払込金に振替充当いたします。
       5.株式受渡期日は、2022年12月22日(木)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に係
         る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従
         い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
       6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.申込みに先立ち、2022年12月6日から2022年12月12日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
         需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。
         販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
         の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
         引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
         い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については引受人の店頭における表示又はホーム
         ページにおける表示等をご確認下さい。
       8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
                                  4/140






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ①  【申込取扱場所】
        後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の全国の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。
      ②  【払込取扱場所】

                  店名                          所在地

    株式会社三菱UFJ銀行 新丸の内支店                               東京都千代田区丸の内一丁目4番1号

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
    4  【株式の引受け】

                                     引受株式数

    引受人の氏名又は名称                     住所                      引受けの条件
                                       (株)
    野村證券株式会社           東京都中央区日本橋一丁目13番1号
                                           1.買取引受けによります。
    みずほ証券株式会社           東京都千代田区大手町一丁目5番1号
                                           2.引受人は新株式払込金と
                                             して、2022年12月21日ま
    楽天証券株式会社           東京都港区南青山二丁目6番21号
                                             でに払込取扱場所へ引受
                                             価額と同額を払込むこと
    株式会社SBI証券           東京都港区六本木一丁目6番1号                       未定      といたします。
                                           3.引受手数料は支払われま
                                             せん。ただし、発行価格
    岡三証券株式会社           東京都中央区日本橋一丁目17番6号
                                             と引受価額との差額の総
                                             額は引受人の手取金とな
    丸三証券株式会社           東京都千代田区麹町三丁目3番6
                                             ります。
    松井証券株式会社           東京都千代田区麹町一丁目4番地
         計                 ―            450,000            ―

     (注)   1.2022年12月2日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
       2.上記引受人と発行価格決定日(2022年12月13日)に元引受契約を締結する予定であります。
       3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
         引業者に販売を委託する方針であります。
                                  5/140










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【新規発行による手取金の使途】
     (1)  【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

               649,980,000                  16,000,000                 633,980,000

     (注)   1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
         の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,570円)を基礎として算出した見込額であり
         ます。
       2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
       3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
     (2)  【手取金の使途】

       上記の手取概算額633,980千円については、「1 新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取概算
      額上限158,161千円と合わせて、運転資金及び設備資金に充当する予定であります。具体的には、以下のとおりであ
      ります。
         ①   運転資金

                                    TM
           当社が開発し提供しているシステミック・コーチング                          では、品質の高いコーチングを複数のコーチに
          より組成されるチームにより実施するため、当社の事業成長のためにはコーチ人材の拡大が必須となりま
          す。そのため、       2023年12月期及び2024年12月期においてコーチ人材の採用拡大及びコーポレート人材の採
          用拡大を行なう予定です。これらの人員増加による人件費及び採用費に対する資金として402,886千円
          (2023年12月期:180,740千円、2024年12月期:222,146千円)を充当する予定であります。
           コーチングセッションでは、クライアント企業の機密情報、個人情報等、秘匿性の高い情報に触れる機

          会が多くなっております。昨今では、ランサムウェア等のサイバー攻撃技術が向上しており、当社も時代
          の流れに伴走した情報セキュリティ投資を継続する必要があります。また、今後大きな自然災害が起こる
          ことも想定した情報セキュリティ体制が必要です。そのため、                             現在使用している社内サーバーを災害等に
          備え、クラウドに移すことで情報セキュリティを強化するとともに、現在拠点ごとに構築している認証基
          盤をインターネット上に移管する「ゼロトラスト化」を進めてまいります。
           これら情報セキュリティ投資に対する資金として143,497千円(2023年12月期:70,835千円、2024年12月
          期:72,662千円)を充当する予定であります。
           当社は、1対1のコーチング及びクラスのスケジュール、コーチング履歴、アセスメント結果等を管理

          する独自のシステムを構築しております。このコーチング管理ツール等のシステム保守運用資金として
          79,560千円(2023年12月期:39,780千円、2024年12月期:39,780千円)を充当する予定であります。
           現在当社グループは日本に加え、米国、中国、タイに現地拠点を有しております。日系企業のグローバ

          ル規模での組織変革のニーズに対応すべく、アジア、北米、欧州での新規拠点設立を検討してまいりま
          す。そこで、新規拠点設立先候補の市場調査等の検討費用として、2023年12月期に20,000千円を充当する
          予定であります。
                                  6/140






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ② 設備資金
           サービス開発投資として、クライアント企業の組織内の「対話」を促進するための新プラットフォーム
                                          TM
          のソフトウエア開発を計画しております。                    システミック・コーチング             による組織開発は、当社が提供す
                        TM
          るシステミック・コーチング              によりクライアント企業の組織内に「対話」が起きることで、組織に変革
          を起こすことを目的としています。                 新プラットフォームの仕様についての詳細は検討中ではございます
          が、プラットフォーム上でコーチング学習やコーチングのフィードバックを恒常的に行うことで、コーチ
          ングサービス提供後も全社で「対話」を促進していくことが狙いとなります。また、受注管理システム等
          の管理用システム改修を計画しております。これらのソフトウエア投資資金として144,000千円(2023年12
          月期:72,000千円、2024年12月期:72,000千円)を充当する予定であります。
       また、残額については、2025年12月期以降の運転資金として人件費及び採用費に充当する予定であります。

       なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。
       (注) 設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計
           画」の項をご参照下さい。
                                  7/140















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【売出要項】
    1  【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】

      2022年12月13日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件(引
     受人の買取引受による売出し) (2)                 ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出要項」
     において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、発行価
     格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株式受渡期日に引
     受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金
     といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                               売出価額の総額          売出しに係る株式の所有者の

       種類            売出数(株)
                                 (円)         住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち入札
       ―                     ―         ―          ―
             による売出し
             入札方式のうち入札
       ―                     ―         ―          ―
             によらない売出し
                                       東京都千代田区       三番町6番地

             ブックビルディング
    普通株式                      280,000       439,600,000       株式会社伊藤ホールディングス 
             方式
                                                    280,000株
    計(総売出株式)             ―         280,000       439,600,000               ―

     (注)   1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されてお
         ります。
       2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
         ます。
       3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(                                1,570   円)で算出した見込額であります。
       4.売出数等については今後変更される可能性があります。
       5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同一
         であります。
       6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しに当たっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
         よる売出しを行う場合があります。
         なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
         売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
       7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
         いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  8/140









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                          申込株数     申込                        元引受

    売出価格     引受価額                                    引受人の住所及び
                 申込期間          単位    証拠金     申込受付場所                   契約の
     (円)     (円)                                    氏名又は名称
                           (株)    (円)                        内容
     未定                                       東京都中央区日本橋
              自  2022年12月14日(水)
          未定                     未定    引受人の本店                     未定
     (注)1                        100               一丁目13番1号
         (注)2     至  2022年12月19日(月)               (注)2    及び全国各支店                    (注)3
     (注)2                                       野村證券株式会社
     (注)   1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                 ブックビルディング方式」の(注)1.と
         同様であります。
       2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
         申込証拠金には利息をつけません。引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引
         受価額と同一となります。
       3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
         価格決定日(2022年12月13日)に決定する予定であります。なお、元引受契約においては、引受手数料は支払
         われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額は引受人の手取金となります。
       4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
       5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機構
         の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行う
         ことができます。
       6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.上記引受人の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                  ブックビルディング方式」の(注)7.
         に記載した販売方針と同様であります。
                                  9/140










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                               売出価額の総額           売出しに係る株式の所有者の

       種類            売出数(株)
                                 (円)          住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち入札
       ―                     ―         ―          ―
             による売出し
             入札方式のうち入札
       ―                     ―         ―          ―
             によらない売出し
                                       東京都中央区日本橋一丁目13番1号
             ブックビルディング
    普通株式                      109,500       171,915,000       野村證券株式会社
             方式
                                                    109,500    株
    計(総売出株式)             ―         109,500       171,915,000               ―
     (注)   1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
         況を勘案し、野村證券株式会社が行う売出しであります。したがって、オーバーアロットメントによる売出
         しに係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合があり
         ます。
       2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、2022年11月17日開催の取締役会において、野村
         證券株式会社を割当先とする当社普通株式                   109,500    株の第三者割当増資の決議を行っております。また、野
         村證券株式会社は、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限
         とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があります。
         なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
         カバー取引について」をご参照下さい。
       3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されてお
         ります。
       4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
         いたします。
       5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(                                1,570   円)で算出した見込額であります。
       6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同一
         であります。
    4  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】

     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                      申込株数                                 元引受

    売出価格                       申込証拠金                  引受人の住所及び
             申込期間          単位            申込受付場所                   契約の
     (円)                       (円)                 氏名又は名称
                       (株)                                内容
         自  2022年12月14日(水)

     未定                       未定     野村證券株式会社の
                        100                        ―       ―
     (注)1     至  2022年12月19日(月)                 (注)1     本店及び全国各支店
     (注)   1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ

         れぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には利息をつけません。
       2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定であ
         ります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に
         従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
       3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       4.野村證券株式会社の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出し) 
         (2)  ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                 10/140



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
    1.東京証券取引所スタンダード市場への上場について

      当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
     について、野村證券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所スタンダード市場への上場を予定しております。
    2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

      オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
     に、主幹事会社が当社株主である                株式会社伊藤ホールディングス               (以下「貸株人」という。)より借入れる株式であり
     ます。これに関連して、当社は、2022年11月17日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式
     109,500    株の第三者割当増資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本件第三者割当
     増資の会社法上の募集事項については、以下のとおりであります。
                       当社普通株式                                               109,500    株

    (1)   募集株式の数
    (2)   募集株式の払込金額                未定 (注)1

                       増加する資本金の額は割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項
                       に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の
       増加する資本金及び資本準備金
    (3)                   結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとす
       に関する事項
                       る。また、増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額から増加す
                       る資本金の額を減じた額とする。 (注)2
    (4)   払込期日                2023年1月20日(金)
     (注)   1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、2022年12月2日開催予定の取締役会において決定される予定
         の「第1 募集要項」における新規発行株式の払込金額(会社法上の払込金額)と同一とする予定でありま
         す。
       2.割当価格は、2022年12月13日に決定される予定の「第1 募集要項」における新規発行株式の引受価額と同
         一とする予定であります。
      また、主幹事会社は、2022年12月22日から2023年1月16日までの間、貸株人から借入れる株式の返却を目的とし

     て、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
     バー取引を行う場合があります。
      主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、当該株式数については、割当てに応じ
     ない予定でありますので、その場合には本件第三者割当増資における発行数の全部又は一部につき申込みが行われ
     ず、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、又は発行そのものが全く行われ
     ない場合があります。また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判断でシンジケートカバー取
     引を全く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
                                 11/140








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3.ロックアップについて
      本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人及び売出人である株式会社伊藤ホールディング
     ス、当社株主である伊藤守、伊藤光太郎、コーチ・エィ社員持株会、鈴木義幸、栗本渉、纐纈順史、片岡詳子、桜井
     一紀、市毛智雄、青木美知子、稲川由太郎、清水達也、片桐多佳子、戸田ちえ子、篠口恵美子、後藤淑子、石渡理恵
     子、平野圭子、丹羽陽子、森直子、内村創、望月寛及び長田祐典は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場
     (売買開始)日(当日を含む)後180日目の2023年6月19日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしに
     は、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのた
     めに当社普通株式を貸し渡すこと等を除く。)を行わない旨合意しております。
      また、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の2023年6月
     19日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の発行、当社普通株式に転換若しく
     は交換される有価証券の発行又は当社普通株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行等(ただ
     し、本募集、株式分割、ストック・オプションとしての新株予約権の発行、譲渡制限付株式報酬にかかわる発行及び
     オーバーアロットメントによる売出しに関連し、2022年11月17日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社
     を割当先とする第三者割当増資等を除く。)を行わない旨合意しております。
      なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除で
     きる権限を有しております。
      上記のほか、当社は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」の規定に基づき、上場前の第三者割当等によ
     る募集株式等の割当等に関し、当社普通株式の割当を受けた者(コーチ・エィ社員持株会、纐纈順史、鈴木義幸、片
     岡詳子、片桐多佳子、有吉祐介、栗本渉、大山悠及び長田祐典)との間に継続所有等の確約を行っております。                                                    その
     内容については、「第四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照ください。
                                 12/140













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【その他の記載事項】
     新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項

     (1)表紙に当社のロゴマーク                                  を記載いたします。

     (2)裏表紙に当社のロゴマーク                                  を記載いたします。

     (3)表紙の次に        「パーパス」      ~ 「業績等の推移」        をカラー印刷したものを記載いたします。

                                 13/140
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 14/140





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 15/140





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/140





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/140





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 18/140





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 19/140





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 20/140





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部     【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
                 回次                  第20期          第21期

                決算年月                  2020年12月          2021年12月

    売上高                       (千円)         2,432,901          3,306,541

    経常利益又は経常損失(△)                       (千円)         △ 395,627          416,650

    親会社株主に帰属する当期純利益
                            (千円)         △ 299,041          245,260
    又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)
    包括利益                       (千円)         △ 289,962          300,414
    純資産額                       (千円)         1,309,402          1,643,217

    総資産額                       (千円)         2,248,856          3,121,427

    1株当たり純資産額                        (円)          766.18          943.07

    1株当たり当期純利益
                            (円)         △ 174.98          142.10
    又は1株当たり当期純損失(△)
    潜在株式調整後1株当たり当期純利益                        (円)            -          -
    自己資本比率                        (%)           58.2          52.6

    自己資本利益率                        (%)            -         16.6

    株価収益率                        (倍)            -          -

    営業活動によるキャッシュ・フロー                       (千円)         △ 131,883          957,440

    投資活動によるキャッシュ・フロー                       (千円)         △ 57,172         △ 62,115

    財務活動によるキャッシュ・フロー                       (千円)         △ 26,797          33,109

    現金及び現金同等物の期末残高                       (千円)         1,207,179          2,146,734

    従業員数

                                       167          145
                            (名)
                                       〔 8 〕       〔 11 〕
    〔ほか、平均臨時雇用人員〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2.  当社は、2022年9月16日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っております。第20期
          の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益又は1株当たり
          当期純損失を算定しております。
       3.  第20期において、新型コロナウイルス感染拡大に伴う営業活動の制限による受注減、及びコーチングサービ
          ス提供実施の遅滞による売上減により、経常損失並びに親会社株主に帰属する当期純損失を計上しており、
          包括利益がマイナスとなっております。また、同様の理由により第20期の営業活動によるキャッシュ・フ
          ローがマイナスとなっております。
       4.  当社はコーチングサービス提供にかかわる社内システム開発を継続的に行っており、第20期、第21期は無形
          固定資産の取得により、投資活動によるキャッシュ・フローがマイナスとなっております。
       5.第20期は、配当金の支払により財務活動によるキャッシュ・フローがマイナスとなっております。
       6.第20期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式
          が存在しないため、記載しておりません。
          第21期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりませ
          ん。
       7.第20期の自己資本利益率は              親会社株主に帰属する          当期純損失のため記載しておりません。
       8.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
       9.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者人員は年間の平均人員                               (契約社員、アルバイトを含み、派遣社員は
                                 21/140


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          除く)   を〔 〕内に外数で記載しております。
       10.第20期及び第21期の連結財務諸表については、                        「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
          (1976年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、                        金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、仰
          星監査法人により監査を受けております。
                                 22/140



















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 提出会社の経営指標等
            回次             第17期       第18期       第19期       第20期       第21期

           決算年月             2017年12月       2018年12月       2019年12月       2020年12月       2021年12月

    売上高               (千円)      2,849,778       3,025,265       2,675,778       2,012,759       2,863,166

    経常利益
                   (千円)       243,985       271,126       205,482      △ 361,327       327,990
    又は経常損失(△)
    当期純利益
                   (千円)       315,108       225,782       210,667      △ 239,719       150,120
    又は当期純損失(△)
    資本金               (千円)       100,000       100,000       100,000       100,000       100,000
    発行済株式総数               (株)       8,221      822,100       854,500       854,500       871,200

    純資産額               (千円)      1,123,010       1,320,304       1,615,743       1,351,805       1,616,801

    総資産額               (千円)      2,716,072       2,378,321       2,396,294       2,172,540       2,995,661

    1株当たり純資産額               (円)     137,287.30        1,614.06       1,890.86        790.99       927.91

    1株当たり配当額
                            -       -      30.00         -      30.00
                   (円)
                           ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
    (1株当たり中間配当額)
    1株当たり当期純利益又は
                   (円)     38,521.85         276.02       247.20      △ 140.26        86.97
    1株当たり当期純損失(△)
    潜在株式調整後
                   (円)         -       -       -       -       -
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率               (%)        41.3       55.5       67.4       62.2       54.0
    自己資本利益率               (%)        33.4       18.5       14.4        -      10.1

    株価収益率               (倍)         -       -       -       -       -

    配当性向               (%)         -       -      12.1        -      17.2

    従業員数
                            140       146       160       145       130
    〔ほか、平均臨時               (名)
                           〔 5 〕      〔 6 〕      〔 7 〕      〔 7 〕     〔 10 〕
    雇用人員〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2.当社は、2018年4月17日付で普通株式1株につき普通株式100株の割合で株式分割を行っております。第18
          期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定してお
          ります。    また、2022年9月16日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っております。
          第20期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益又は1株
          当たり当期純損失を算出しております。
       3.第20期において、          新型コロナウイルス感染拡大に伴う営業活動の制限による受注減、及びコーチングサービ
          ス提供実施の遅滞による売上減により、経常損失並びに当期純損失を計上しております。
       4.当社は、2018年11月12日開催の臨時株主総会決議に基づき、2019年1月24日を払込期日とする第三者割当増
          資による新株式の発行及び自己株式の処分を実施いたしました。この結果、第19期において、普通株式が
          32,400株増加しております。
       5.当社は、2021年3月22日開催の定時株主総会決議及び2021年5月24日開催の取締役会決議に基づき、2021年
          6月30日を払込期日とする第三者割当増資による新株式の発行を実施いたしました。この結果、第21期にお
          いて、普通株式が16,700株増加しております。
       6.当社は、      2022年8月22日開催の取締役会決議に基づき、2022年9月16日付で普通株式1株につき普通株式2
          株の割合で株式分割を実施いたしました。この結果、第22期において、普通株式が871,200株増加し、発行
          済株式総数は1,742,400株となっております。
       7.第17期、第18期、第19期及び第21期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在し
          ないため、記載しておりません。
          また、第20期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、また潜在
          株式が存在しないため、記載しておりません。
       8.第20期の自己資本利益率は当期純損失のため記載しておりません。
       9.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
                                 23/140



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       10.第17期、第18期及び第20期の1株当たり配当額及び配当性向は配当を実施していないため記載しておりませ
          ん。
       11.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者人員                       (契約社員、アルバイトを含み、派遣社員は除く)                        は年間の平
          均人員を〔 〕内に外数で記載しております。
       12.第20期及び第21期の財務諸表については、                     「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年
          大蔵省令第59号)に基づき作成しており、                   金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、仰星監査法人
          により監査を受けております。
          なお、第17期、第18期及び第19期の財務諸表については、                           「会社計算規則」(2006年法務省令第13号)に基づ
          き算出した各数値を記載しており、当該数値については                          金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく
          仰星監査法人の監査を受けておりません。
       13.  当社は、2018年4月17日付で普通株式1株につき普通株式100株の割合で株式分割を行っております。                                               ま
          た、2022年9月16日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っております。                                            そこで、東
          京証券取引所自主規制法人            (現 日本取引所自主規制法人)               の引受担当者宛通知「『新規上場申請のための
          有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(2012年8月21日付東証上審第133号)に基づ
          き、第17期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定した場合の1株当たり指標の推移を参考までに
          掲げると、以下のとおりとなります。
          なお、第17期、第18期及び第19期の数値                  (1株当たり配当額についてはすべての数値)                      については、仰星監
          査法人の監査を受けておりません。
            回次             第17期       第18期       第19期       第20期       第21期

           決算年月             2017年12月       2018年12月       2019年12月       2020年12月       2021年12月

    1株当たり純資産額                (円)       686.43       807.03       945.43       790.99       927.91

    1株当たり当期純利益又は
                   (円)       192.60       138.00       123.60      △140.26         86.97
    1株当たり当期純損失(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                   (円)         -       -       -       -       -
    当期純利益
    1株当たり配当額                        -       -      15.00         -      15.00
                   (円)
                          (-)       (-)              (-)
    (1株当たり中間配当額)                                    (-)               (-)
                                 24/140












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【沿革】
      当社グループは、1997年10月に東京都千代田区においてコーチ養成機関として、当社の前身である「有限会社コー
     チ・トゥエンティワン」を創業いたしました。
      同月「CTP(コーチ・トレーニング・プログラム)」を開始し、コーチの育成に着手しました。
      その後、1999年4月に経営者向け「エグゼクティブ・コーチング」を開始し、1999年10月に「株式会社コーチ・
     トゥエンティワン」に組織変更しました。2001年8月には、法人事業部を分社化し、企業に特化したサービス提供を
     目的とする当社(株式会社コーチ・エィ)を設立しました。当社設立後は、次のとおりであります。
       年月                           概要

            株式会社コーチ・トゥエンティワンが、法人事業部を分社化し、東京都千代田区                                     一番町   において株
     2001年8月
            式会社コーチ・エィを設立
            企業のマネジメント層を対象とした研修を中心に、エグゼクティブに対する1on1コーチングの提
     2001年10月
            供を開始
     2007年2月       東京都千代田区九段南に本社を移転
            コーチングが組織にもたらす成果についての研究及び新たなサービスの研究を行うため、                                          コーチン
     2007年5月
            グ研究所有限事業責任組合            を設立
            主要顧客の海外進出に合わせて、中国及びシンガポールで事業を開始するため、上海、香港及びシ
            ンガポールに、       それぞれ高起企業管理咨詢             (上海)    有限公司、     COACH   A (Hong   Kong)   Co.,   Ltd.及び
     2010年6月
            COACH   A Pte.   Ltd.   (Singapore)を設立           (注)1
            エグゼクティブを起点とした組織開発に注力するため、当社が株式会社コーチ・トゥエンティワン
     2011年1月
            を吸収合併、合わせて米国COACH               A CO.,   LTD.の株式を取得
            企業向けに社内コーチ育成を目的としたDriving                       Corporate     Dynamism(DCD)の提供を開始
     2011年1月
            タイで事業を開始するため、バンコクにCOACH                     A (Thailand)      Co.,   Ltd.を設立

     2013年5月
            企業の次世代リーダーに向けたコーチング型マネジメントを学ぶためのプログラムCoachacademia
     2015年5月
            (コーチャカデミア)™(現コーチ・エィ                   アカデミア)の提供を開始
            米国での事業を拡大するため、新たにCOACH                     A Inc.を設立(米国COACH           A CO.,   LTD.は2017年10月に
     2016年8月
            清算)
            コーチング研究所有限事業責任組合のリサーチ機能を機動的に活用するため、当社のコーチング研
     2017年4月
            究所部門に機能を移行し、コーチング研究所有限事業責任組合は解散
            中国における事業を強化するため、香港の営業機能を当社及び上海に移行し、当社における香港支
     2018年3月
            店を設立
            COACH   A Pte.   Ltd.   (Singapore)を清算
     2019年3月
            米国での事業拡大を機動的に実施するため、ASHA                       SAN  INC.(現COACH       A INTERNATIONAL       INC.)を設
     2019年10月
            立
            米国での事業拡大のため、ASHA               SAN  INC.がCoach      Inc.com    Inc.、Corporate        Coaches,     Inc.、Coach
     2019年11月
            U,  Inc.及びCorporate         Coach   U International,        Inc.の4社を買収
            米国の経営資源効率化のため、ASHA                 SAN  INC.の子会社として新たにCOACH               U,  INC.を設立
     2020年1月
            組織変革をドライブさせるためのコミュニケーションを起こすサービス「3分間コーチ」の提供を
     2020年6月
            開始
            ASHA   SAN  INC.はCoach      Inc.com    Inc.、Corporate        Coaches,     Inc.、Coach      U,  Inc.及びCorporate
            Coach   U International,        Inc.の4社の株式を新設したCOACH                U,  INC.へ現物出資し、COACH            U,  INC.
     2020年12月       が4社を子会社化 (注)2
            米国の組織再編を行うため、Coach                 Inc.com    Inc.、Corporate        Coaches,     Inc.、Coach      U,  Inc.及び
            Corporate     Coach   U International,        Inc.の4社を清算
            ASHA   SAN  INC.からCOACH       A INTERNATIONAL       INC.に社名変更
     2021年3月
            米国COACH     A Inc.を清算

     2021年6月
    (注)1.高起企業管理咨詢              (上海)    有限公司は、本書において、COACH                A Co.,   Ltd.   (Shanghai)の名称で統一してお
         ります。
        2.2020年1月に設立したCOACH               U,  INC.は、2020年12月に清算したCoach                 U,  Inc.と同名であります。
                                 25/140



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3 【事業の内容】
      当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下「当社」という。)及び連結子会社5社(COACH                                               A Co.,   Ltd.
     (Shanghai)、COACH          A INTERNATIONAL       INC.、COACH       U,  INC.、COACH       A (Thailand)      Co.,   Ltd.及びCOACH        A (Hong
     Kong)   Co.,   Ltd.(清算手続き中))の計6社で構成されており、日本国内及び海外において、コーチング事業を展開
                                  TM
     しております。コーチング事業は、システミック・コーチング                              による組織開発ビジネスとコーチング人材育成ビジ
     ネスから構成されており、法人クライアントをメインターゲットとしております。なお、当社グループは、コーチン
     グ事業の単一セグメントであるためセグメント別の記載を省略しております。
      コーチングとは、対話を通して、目標達成に向けた能力、リソース、可能性を最大化するプロセスです。
      従来のコーチングは、          「コーチ」と「クライアント(コーチングを受ける人)」の二者の関係を通じて、クライア
     ント個人の理想と言われる能力と、現状とのギャップを示し(「気づきを与える」等)、行動変容を促すことで、理
     想と現状のギャップを埋め、定めた目標の達成を支援します。また、その目標達成に向けて、行動変容を起こせるよ
     うな能力開発を行います。具体的には、部門の生産性向上を目標と定めたリーダーに対してコーチングを行う場合、
     生産性向上に成功しているリーダーのデータをもとに、コーチング対象者に足りない能力は何かを明らかにしていき
     ます。そこから、必要な能力取得に向けての意識や行動についてコーチングすることで、目標達成を目指していきま
     す。
                              TM
      一方で、当社グループはシステミック・コーチング                         を提供しています。システミックとは、全体を不可分な一体
     と捉えることを意味します。問題のある部分を見つけて修正するのではなく、全体に働きかけるのが、システミック
     なアプローチです。組織の中では、様々な領域、階層において、人々が異なる意見や価値観を持ち寄り、互いに影響
     しあうことによって、様々なアイディアが共創されます。そのため、ある特定の個人をどれだけ強固なリーダーとし
     て能力開発しても、その能力が発揮されるか否かは、周囲との関わり次第です。当社では「リーダー開発」と「組織
     開発」は本来不可分なもので、両者は同時に開発されていくことが自然であると捉えています。個人の能力開発だけ
                                                         TM
     でなく、周囲と「どう関わっていくか」という関係性までを扱うコーチングとして、システミック・コーチング                                                     を
     提供しています。具体的には、部門の生産性向上を目標と定めたリーダーにコーチングを行う場合、従来のコーチン
     グに加え、部下や部下間、他部門との関係などの関係性に関するテーマを多く扱うことで、コーチング対象者を起点
     に組織全体に新たな対話を起こします。その対話から生まれるアイディアや部門間のコラボレーションによって、
     リーダーとしての能力及び部門や組織のパフォーマンスが向上し、目標達成を目指します。
                  TM
      システミック・コーチング             は、組織開発に向けたコーチングであるため、組織内にヒエラルキーや部門間の隔た
     りが存在する事で生じる、コミュニケーションの減少や生産性の低下等の課題を潜在的に持つ企業が主なクライアン
     ト企業となります。
                  TM
      システミック・コーチング             には4つの特徴があります。
      1つ目は、「リザルト・フォーカスト(Result                      focused)」です。「リザルト・フォーカスト」とは、組織にどの
                                                         TM
     ような変化を起こすかを、具体的な目標として定め、それを達成する事を指します。システミック・コーチング                                                     で
     は、組織変革が起きた結果生まれるビジネスインパクトを重要視します。
      2つ目は、「プロセス・オリエンテッド                   (Process     oriented)」です。「プロセス・オリエンテッド」とは、リー
     ダーとその周囲のキーパーソンの間の対話をベースにした関係性を重要視する事を指します。システミック・コーチ
       TM
     ング   では、リーダーと周囲のキーパーソンに新たな対話を起こし、目標やビジネスインパクト、周囲との関係性を
     再構築させながら、組織変革を実現し、目標達成を目指します。
      3つ目は、「エビデンス・ベースト(Evidence                      based)」です。「エビデンス・ベースト」とは、組織の変化を客
     観的なデータによって測定し明らかにすることを指します。専従のリサーチ・アナリストを擁するコーチング研究所
     と自社開発のリサーチツールにより、周囲との新たな関わりや目標に対する成果を測定・可視化します。そのデータ
                       TM
     に基づいて、システミック・コーチング                   のアプローチを更新・修正し、組織変革による目標達成を目指します。
      4つ目は「チームベースド・コーチング(Team-based                         coaching)」です。「チームベースド・コーチング」とは、
     顧客企業ごとにプロジェクトチームを組成し、1人だけではなく複数人に同時にコーチングを提供することです。当
     社は、正社員として雇用したコーチを、国際コーチング連盟の認定資格や一般財団法人生涯学習開発財団の認定資格
     者になるよう育成し、「チームベースド・コーチング」を実現しています。一般的なコーチングとは異なり、チーム
     で組織の課題や変化を共有し、コーチ同士のコミュニケーションによって顧客企業に最適化されたコーチングを提供
     します。
                                 26/140


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                           TM
      当社グループは、システミック・コーチング                      による組織開発ビジネスとコーチング人材育成ビジネスの2つのビ
     ジネスから構成され、エグゼクティブ・コーチング(EC)及びDriving                                Corporate     Dynamism     (DCD)を中心としたシステ
              TM
     ミック・コーチング          による組織開発ビジネスを主要事業ドメインとしており、上場企業が主な取引先となっており
     ます。主要なサービスは以下のとおりであり、企業の組織階層に合わせたサービスを提供しております。なお、全て
     のサービスはオンラインでの提供が可能となっております。
                                          標準的な1クールあたりの提








         サービス名(注1)(注2)
                                          供期間
                    エグゼクティブ・コーチング              (EC)

       a                                    8~9ヵ月程度
                    Dialogue     Activation      for  Innovative

       b                                    6ヵ月程度
                    Business     Execution(DAIBE)
                    Driving    Corporate     Dynamism     (DCD)

       c                                    7~8ヵ月程度
       d              3 分間コーチ                     7時間

                                           6ヵ月程度/12ヵ月程度

                    コーチ・エィ       アカデミア
       e
                    (リーダー向けコース/プレミアムコース)
                                           (リーダー/プレミアム)
                    Core   Essential     Program    (CEP)

       f                                    12ヵ月程度
                    Core   Essential     Fast   Track   Program    (CEFTP)

       g                                    6ヵ月程度
     (注)   1.a-eは、当社、COACH            A Co.,   Ltd.   (Shanghai)及びCOACH          A (Thailand)      Co.,   Ltd.が、fとgは、COACH

          U,INC.が提供しています。
        2.a、c、e、f、gは、1受講者あたりの販売単価を設定しております。b、dにつきましては、1クールあたり
          の販売単価を設定しております。
                                 27/140



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     a.エグゼクティブ・コーチング               (EC)
       ECとは、取締役、CXO等のトップマネジメント層を対象に、目指す組織変革や成長を促進するために、エグゼク
      ティブ・コーチとの1対1のコーチングを提供するサービスです。エグゼクティブが起点となって組織変革を行う
      ために、下図のとおりにエグゼクティブとコーチとの間に問いを置き、進行します。
       本サービスの特徴は、クライアント企業の組織の変革に最適化されたコンテンツとフィードバックです。当社







                    TM
      は、  システミック・コーチング             に基づき、エグゼクティブのリーダーシップの洗練と組織全体の変革に向けて、
      当社のエグゼクティブ・コーチが培ってきた経験から、クライアント企業に最適化された問いやコンテンツを開
      発・アップデートし続けています。またフィードバックでは、コーチのフィードバックに加え、多様な独自のアセ
                                TM
      スメントやツールを用いて、システミック・コーチング                           をベースとしたフィードバックを提供しています。主な
      アセスメントとしては、エグゼクティブのリーダーシップを棚卸する「360度リーダーシップアセスメント」、コー
      チによるキーパーソンへのインタビュー「キーパーソンインタビュー」、エグゼクティブとコーチが協同で設問設
      計し、エグゼクティブのテーマをより明確化したオリジナルのアンケート「ブーメラン」等があります。
     b.Dialogue      Activation      for  Innovative      Business     Execution     (DAIBE)

       DAIBEとは、経営チームを対象とした対話型ワークショップとアセスメントを用いて、トップの実現したい経営
      チームを創ることを支援するサービスです。本サービスは1対1のコーチングを提供するECとは異なり、経営チー
      ム全体を対象としたワークショップです。下図のとおり、経営チームメンバーに向けた6回のワークショップ、
      トップとのワークショップ振り返り面談、当社独自のアセスメント「DAIBE                                   Assessment」の3つの要素で構成され
      ています。ワークショップでは、当社のコーチによるファシリテーションのもと、経営チーム全員でテーマに基づ
      いた対話を行います。「DAIBE               Assessment」では、経営チームメンバー間の関係性、リーダーシップ、コミュニ
      ケーションの現状を可視化します。
                              TM




       本サービスの特徴は、システミック・コーチング                        に基づき、組織変革の鍵である経営チームの「関係性」にア
      プローチし、組織の全体に持続的な変革を実現することです。ワークショップとアセスメントを通じて、経営チー
                                 28/140


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ムに対話を起こし、経営チームの一体感を醸成します。経営チーム内の関係性の変容を促進し、対話を活性化させ
      る事で、未来を共創するコラボレイティブな経営チームを構築します。
     c.  Driving    Corporate     Dynamism     (DCD)

       DCDとは、主に組織のミドルマネジメント層を対象に、1対1のコーチによるコーチングセッションと、クラス
      コーチと複数参加者によるオンラインクラス形式のコーチング学習を通じて、組織変革に向けリーダーとして周囲
      のパフォーマンスを向上させるためにコーチングを実践活用できるよう支援するサービスです。
      上記に向けて、本サービスは下図のとおり進行します。
       ①「ステークホルダーへのコーチング」では、DCD受講者がステークホルダー(組織変革のキーパーソンとなる次
      世代リーダー)をリーダーとして開発するために、コーチングを実践します。②「当社コーチとのコーチング」で
      は、DCD受講者が行うステークホルダーへのコーチングや関係性を主なテーマとして、当社のコーチがDCD受講者に
      対して1対1のコーチングを行います。そこで、コーチングの学びと実践について継続的にフィードバックを受け
      ます。③「オンラインクラスへの参加」では、オンライン形式で、当社のコーチのファシリテーションのもと、組
      織変革やリーダー開発に関する重要なテーマや対話について、様々なバックグラウンドを持つ他社のリーダーと共
      に学習します。④「アセスメント」では、これら3つのプロセスから起こるDCD受講者とステークホルダーの変化
      を、当社独自のアセスメントで可視化し、フィードバックします。
       本サービスの特徴は、「体験学習」というアプローチです。「体験学習」とは、実践を繰り返す中で能力を開発







      していくアプローチです。DCDではこの手法を用いて、研修やトレーニングのように講師が技法を伝えるのではな
      く、学習者が実践を通じてコーチングを習得していくことを促します。
                                 TM
       これらのプロセスや特徴は、システミック・コーチング                           に基づき、DCD受講者とステークホルダーが組織の中で
      多くの人と対話を起こすように設計しており、サービスを通じて、組織変革を加速させることを実現します。
                                 29/140






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     d.  3分間コーチ
       3分間コーチとは、全社員を対象に、「Webアンケート」、「ワークショップ」、「フォローアップ」の3つのプ
      ロセスを通じて、参加者がクライアント企業の組織内で対話を起こし、組織変革を加速させるサービスです。
       「Webアンケート」とは、コミュニケーションの特徴を可視化するアセスメントで、ワークショップで扱います。
      「ワークショップ」では、コーチのファシリテーションのもと、最大24名の参加者をランダムで2人から3人組に
      分け、すぐに実践できる3分間の様々なコーチング・エクササイズを行います。「フォローアップ」では、3ヵ月
      間、参加者にリーダーの行動促進に役立つ情報をメールで配信し、知識とスキルを定着させます。
       本サービスの特徴は、「変容的学習」というアプローチです。「変容的学習」とは、知識をインプットするので





      はなく、人とコミュニケーションを交わし、自分自身の考え方を変化させる学習アプローチです。このワーク
                          TM
      ショップでは、システミック・コーチング                     に基づき、コーチングのスキルを教え、個人の能力開発を行うのでは
      なく、参加者同士がコミュニケーションを交わす事で、考え方や関係性の変化を生み出し、組織全体の変革を加速
      させることを実現します。
     e.  コーチ・エィ       アカデミア

       コーチ・エィ       アカデミアとは、組織で働くコーチングを学びたい個人を主な対象として、1対1のコーチによる
      コーチングセッションと、クラスコーチと複数参加者によるオンラインクラス形式のコーチング学習を通じて、基
      本的なコーチングスキルだけではなく、コーチング型マネジメントがなぜ機能するのか(理論)、具体的かつ効果
      的な活用の仕方を継続的に学ぶ、実践的・体系的なプログラムです。
       本サービスは、下図のとおり、3つのプロセスで構成されております。「理解」では、オンライン形式のクラ
      ス・トレーニングで、職種や役職、世代を超えた様々な立場の受講者同士が、コーチングスキルについて共に学び
      ます。海外からの受講者も交え、ダイバーシティを備えたクラスを実現しています。クラスでは、インプットのみ
      による一方通行の学習ではなく、ディスカッションやロールプレイ等アウトプットの機会を重視した「双方向」の
      学習アプローチを導入しています。「実践」では、オンラインクラスで学んだコーチングスキルなどを、アウト
      プットとして周囲にコーチングを実践します。実践を行うことで得た課題や学びを、オンラインクラスや1対1の
      コーチングで扱い、学習を促進していきます。「コーチングを受ける」では、アカデミア受講者一人ひとりにコー
      チがつき、受講者は目標達成と学習促進に向けたコーチングを受けます。コーチから継続的にコーチングやフィー
      ドバックを受けることで、目標達成やコーチ力の向上を実現します。なお、本サービスは「リーダー向けコース」
      と「プレミアムコース」に分かれており、「プレミアムコース」は「リーダー向けコース」に比べてオンラインク
      ラスの内容、1対1コーチング回数が多くなっております。
                                 30/140





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       本サービスのプレミアムコースは、国際コーチング連盟の基準を満たした、「ACTP                                       (Accredited      Coach   Training







      Program)」と認定されている世界基準のサービスとなっております。国際コーチング連盟とは、米国に本部を置
      き、世界中にコーチングやコーチという職業の健全な普及を目的として設立された非営利団体です。主にコーチと
      いう職業を守るための倫理規定や、コーチングとは何かを定めたコーチのコア・コンピテンシ―の策定、プログラ
      ムの認定制度やコーチの資格制度の運営などを行っています。本サービスのプレミアムコースの受講を修了し、当
      社が運営する認定試験に合格すると、国際コーチング連盟のコーチ資格の受験に必要な条件の一部を満たすことが
      できます。なお、国際コーチング連盟の認定コーチの資格は、コーチングの練度に応じて、ACC(アソシエイト認定
      コーチの略称)、PCC(プロフェッショナル認定コーチの略称)、MCC(マスター認定コーチの略称)の3種類に分
      かれており、本サービスはこのACC及びPCCの条件の一部を満たすものです。加えて、専門的なコーチングトレーニ
      ングに参加し、学んだことを証明する一般財団法人生涯学習開発財団認可資格の認定コーチ、認定プロフェッショ
      ナルコーチ、認定マスターコーチも取得することが可能となっております。
     f.  Core   Essential     Program    (CEP)/    Core   Essential     Fast   Track   Program    (CEFTP)

       CEP及びCEFTPは、プロのコーチを目指す個人を対象に、COACH                             U,  INC.が提供するコーチング学習サービスです。
      使用するマテリアルやクラスは英語にて実施されており、クラス・トレーニングは、オンライン形式で行います。
      CEPでは、15か月間にわたりプロのコーチに必要なコーチングスキルを様々な地域の受講者と学びます。一方CEFTP
      は、6日間の実践型及び体験型のワークショップを中心に、短期集中型でコーチングを学びます。これらのサービ
      スの特徴は、「最先端の情報とツール」、「指導するコーチの品質の高さ」です。COACH                                         U,  INC.では、25年にわた
      り、コーチングモデルやアセスメントツールを研究・開発しています。指導するコーチ陣は、国際コーチング連盟
      のコーチ資格を保有しており、豊富な経験と高いクオリティを備えています。世界で活躍するコーチ陣が、長い歴
      史の中で培ってきた最先端技術や研究を用いて指導する事で、実践的かつ効果的な学習サービスの提供を実現して
      います。またこれらのサービスは、世界各地で、英語で提供されており、国籍を越えて様々な文化や背景を持つ受
      講者とともに学ぶことができます。なお、これらのサービスも、国際コーチング連盟により、「ACTP                                               (Accredited
      Coach   Training     Program)」と認定されたプログラムとなります。
                                 31/140





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       以上述べた事項を事業系統図によって示すと、次のとおりであります。
       (事業系統図)

     (注)   1.前連結会計年度において当社の連結子会社であったCOACH                             A Inc.は、2021年6月22日に清算結了している






          ことから、事業系統図から除外しております。
        2.COACH     A (Hong   Kong)   Co.,   Ltd.は、清算手続き中であることから、事業系統図から除外しております。
        3.当社のサービス提供は、主に正社員のコーチが行っておりますが、コーチ・エィ                                       アカデミア及びCOACH          U,
          INC.が提供するサービス等の一部を、業務委託先である委託コーチに、外部委託しております。
                                 32/140












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4 【関係会社の状況】
                                           議決権の所有

                                     主要な事業
           名称             住所       資本金            (又は被所有)         関係内容
                                      の内容
                                            割合(%)
    (連結子会社)
                                                  役員の兼任(1
    COACH   A (Hong   Kong)   Co.,Ltd.
                     中国           8,080千     コーチング
                                                  名)あり
                                              100.0
                     香港特別行政区          香港ドル     事業
    (注)4、5
                                                  資金貸付あり
                                                  役員の兼任(4

    高起企業管理咨詢         (上海)    有限公
                                                  名)あり
                     中国           5,635千     コーチング
                                              100.0    コーチングの委
    司
                     上海市           人民元    事業
                                                  託及び受託あり
    (注)4、6
                                                  資金貸付あり
                                                  役員の兼任(3

                                                  名)あり
    COACH   A (Thailand)      Co.,   Ltd.
                     タイ国           3,000千     コーチング          100.0
                                                  コーチングの委
                     バンコク市         タイバーツ      事業         (1.3)
    (注)4
                                                  託及び受託あり
                                                  資金貸付あり
                                                  役員の兼任(2

    COACH   A INTERNATIONAL       INC.
                     米国               純粋持株会
                               1米ドル               100.0    名)あり
                     ニューヨーク州               社
    (注)7
                                                  資金貸付あり
                                                  役員の兼任(3

    COACH   U,  INC.
                     米国            100千    コーチング          100.0    名)あり
                     ニューヨーク州           米ドル    事業         (100.0)     コーチングの委
    (注)4、8
                                                  託及び受託あり
     (注)   1.当社グループは、コーチング事業の単一セグメントであります。
       2.「議決権の所有(又は被所有)割合」欄の(内書)は間接所有であります。
       3.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
       4.特定子会社であります。
       5.清算手続き中であります。
       6.  本書においては、COACH           A Co.,   Ltd.   (Shanghai)の名称で統一しております。
       7.当社の連結子会社である             ASHA   SAN  INC.  は、2021年3月にCOACH           A INTERNATIONAL       INC.に名称変更しており
          ます。
       8.  COACH   A INTERNATIONAL       INC.の100%子会社であります。
       9.前連結会計年度において連結子会社であったCOACH                          A Inc.は、2021年6月に清算結了しております。
                                 33/140









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                2022年10月31日現在
            従業員数(名)
                     148  ( 11 )

     (注)1.従業員数は就業人員であります。
       2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の                    最近1   年間の平均雇用人員であります。
       3.臨時従業員には、契約社員、アルバイトを含み、派遣社員は除いております。
       4.当社グループは、コーチング事業の単一セグメントであるため、セグメント                                     別の  記載を省略しております。
     (2) 提出会社の状況

                                                2022年10月31日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
            136  ( 11 )              38.4              6.8             8,803

     (注)   1.従業員数は就業人員であります。

       2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の                    最近1年間の      平均雇用人員であります。
       3.臨時従業員には、契約社員、アルバイトを含み、派遣社員は除いております。
       4.当社は、コーチング事業の単一セグメントであるため、セグメント                                 別の  記載を省略しております。
       5.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
     (3) 労働組合の状況

       当社グループにおいて労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満であり、特記すべき事項はありませ
      ん。
                                 34/140












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

       文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において、当社グループが判断したものであります。
     (1)  会社の経営の基本方針

       当社グループのパーパス(Purpose)は「私たちは世界中の人が、対話に参加できる機会を創り出し、社会に貢献
      しています。」です。
       コーチングとは、対話を通して、目標達成に向けた能力、リソース、可能性を最大化するプロセスです。
       対話は、「互いの共通性」に焦点を当て安心感を醸成することを主目的とする会話とは異なり、「互いの違い」
      にフォーカスします。対話することで、それぞれが培ってきた経験や価値観をもとに情報交換し、お互いの違いを
      顕在化させていきながら、「物事に対する新たな洞察」を一緒につくりだしていきます。そのため、対話に参加し
      ている人は、違いによる緊張感や違和感を持つこともあるでしょう。しかし、「違い」に蓋をし、対話を避けてし
      まっては、組織において、行動やルーティンの変化は起こりにくくなり、その前進が阻害されてしまいます。組織
      のあらゆる場面で、一時的な躊躇や不快感を避けずに、変革に向けた対話を意図的に起こすことのできるリーダー
      を開発し、組織の未来に貢献をすること、それが当社グループの社会における存在意義です。
       当該パーパス(Purpose)を実現し続けるために、当社グループは主力ビジネスであるシステミック・コーチング
      TM
       による組織開発ビジネスにより、クライアント企業の組織変革を実現させるとともに、コーチング人材育成ビジ
      ネスにより、対話を起こすことのできるリーダーを開発し続けていきます。
     (2)  経営上の目標の       達成状況を判断するための客観的な指標等

       当社グループが重視している経営指標は、売上高の先行指標としての受注高、売上高、営業利益及びコーチ人数
      (委託コーチを除く。)であります。売上高及び営業利益を継続的に成長させるとともに、品質の高いサービスを
      提供するコーチ人数を確保することにより企業価値の向上を実現してまいります。なお、当社ではコーチ人数を当
      社の役員であるコーチ及び従業員であるコーチの人数と定義しております。
     (3)  経営環境

      ①  市場の状況
       COVID-19パンデミックは、世界的な経済活動の停滞を招き、リモートワークの普及によって、企業等の組織形態
      は大きく変容を迫られました。また当社グループのクライアント企業だけでなく、日系企業の経営環境は厳しさを
      増しております。
       我が国における国内企業向け研修サービス市場は、2021年度年間5,210億円(注1)で新型コロナウイルス感染
      拡大の影響があった2020年度を除いては、ほぼ横ばいに推移しているものの、“2022年度に入り、4月からスター
      トする新人研修の実施タイミングに合わせて対面型の集合研修を再開する動きが活発化していること、オンライン
      を活用したコロナ禍対応型の研修スタイルとの相乗効果によりサービス需要の取り込みも高水準で推移していく方
      向にある(注1)”と考えております。
       しかしながら、2018年9月に厚生労働省が公表した『平成30年版 労働経済の分析 働き方の多様化に応じた人
      材育成の在り方について』によれば、我が国においては“GDP                             に占める企業の能力開発費の割合が、国際的にみて
      突出して低い水準にとどまっており(注2)”、本書提出日現在においても、人材開発への投資は欧米企業と比較
      しても遅れている状況であると当社は考えております。
       このような環境の中、“経営陣においては、企業理念や存在意義(パーパス)、経営戦略を明確化した上で、経
      営戦略と連動した人材戦略を策定・実行すべきである。(注3)”とされており、人的資本への投資が今後さらに
      高まっていくものと考えております。
       また、競争環境としては、近年1on1コーチングによる個人開発、コーチング学習及び研修、コーチとコーチン
      グ対象者のマッチングなど、コーチングに関連した事業を行う企業が増加してまいりました。しかしながら、大企
      業をはじめとする組織に対してサービスを提供することで、個人だけでなく組織全体の変革を目的としたコーチン
      グを提供するためには、一定数以上のコーチの存在、国際コーチング連盟                                  や一般財団法人生涯学習開発財団の認定
      資格を保有するコーチ育成及びコーチング品質維持の仕組み、コーチングに関するデータを管理しサービス提供に
      よる効果を測定するためのIT及び専門組織の存在が必要となるため、現時点においては大企業に対してコーチング
      サービスを提供できる企業は限定されております。
                                 35/140


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (注1)出典:株式会社矢野経済研究所.『2022 企業向け研修サービス市場の実態と展望』,2022年7月

       (注2)出典:厚生労働省.『平成30年版 労働経済の分析 働き方の多様化に応じた人材育成の在り方につい
            て』,2018年9月
       (注3)出典:経済産業省.『持続的な企業価値の向上と人的資本に関する研究会                                      報告書    ~人材版伊藤レポー
            ト~』,2020年9月
      ②  競争優位性

       文中の当社の強みに関する事項は、本書提出日現在において、当社が判断したものであります。
       当社グループは、当社の前身である有限会社コーチ・トゥエンティワンが、1997年10月にコーチ・トレーニン

      グ・プログラムの提供を開始してから                 、コーチ人材を育成するとともに、定量的な実証を試みながら、多くのクラ
      イアント企業の組織変革の支援をしてまいりました。当社の強みは以下のとおりと認識しています。
       a.  正社員としてのコーチとコーチ育成

        当社は、116名(2022年10月末時点)のコーチを有しており、その大部分を正社員として雇用しております。
       また、コーチの多くは、国際コーチング連盟もしくは一般財団法人生涯学習開発財団の認定資格の保有者です。
                                              TM
       確かなコーチングスキルを持つコーチがチームとなって、                           システミック・コーチング             を実現しています。
        また当社では、コーチ育成に多面的に取り組んでいます。コーチングは、理論を理解するだけでなく、幅広い
       知識とコーチング対象者一人ひとりに合わせたコミュニケーション力を必要とします。そのため、当社は、20年
       以上蓄積したコーチングノウハウにより独自のコーチ育成プログラムを構築・活用しており、人材育成を行って
       おります。
       b.国際コーチング連盟及び国内外の教育分野との連携

        当社の前身である有限会社コーチ・トゥエンティワンは、1997年10月よりコーチ・トレーニング・プログラム
       (現コーチ・エィ アカデミア)を提供しております。プログラムを開発するにあたり、米国から有識者を招く
       など、コーチングに関する技能面だけでなく、背景にある価値観や理論を深く研究してまいりました。なお、当
       該プログラムは1999年10月に国際コーチング連盟の認定を受けております。
        また、コーチングに関する書籍を発刊してきたほか、メールマガジン等のオウンドメディアを通じて、組織や
       チームを率いるリーダーに、コーチングをはじめ、リーダーシップやマネジメントに関する情報を提供していま
       す。また、国内外の大学及び大学院の教育・研究分野と連携し、大学での講義やコーチング研究も行っておりま
       す。
       c.  自社開発のコーチング管理システムとコーチング研究所

        あらゆるコーチングセッションは、統合された自社開発のシステムで運用・管理されています。コーチング対
       象者は、スケジュール、これまでの対話の記録、アセスメント結果等を確認できます。
        当社組織内にあるコーチング研究所は、こうして蓄積してきた膨大なデータを活用し、コーチングの効果を定
       量的に分析する取り組みを続けています。
        このようにコーチングそのものの品質だけでなく、オペレーショナルな仕組みと膨大なデータから得られる洞
       察を活用し、より効果的な組織開発を実現しています。
       d.  グローバルでのサービス展開

        当社のクライアント企業には、グローバル展開を進めている企業も多く、当社は海外現地法人の組織開発プロ
       ジェクトも手がけてまいりました。当社は、現地法人を設立し、英語・中国語・タイ語にも対応した正社員の
       コーチを有しており、現地企業向けにもコーチングを提供しています。
     (4)  経営戦略等

       今後、さらなる成長のために、当社グループは、以下の3つのポイントを中心に事業展開を行います。
                    TM

      ①  システミック・コーチング             の拡大
                                 36/140


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                         TM
       主力であるシステミック・コーチング                  による組織開発ビジネスにおいては、ECを起点にして、DAIBE、DCD、3
      分間コーチ等各種サービスを提供することを通じて、クライアント企業組織の変革をより効果的に促すシステミッ
              TM
      ク・  コーチング      を広げてまいります。
      ②  サービス開発とそれを支えるIT投資・情報セキュリティ強化

       当社のサービスは、コーチによる対話とともに、各種アセスメント等を通じた客観的データによるフィードバッ
      クやコーチングに関する理解を深めることを通じて、コーチング対象者はより深い気づきを得られ、自らの考え方
      や行動を変化させていくことが可能になります。これらを可能にする各種ITシステムの開発を各プログラムの成長
      ステージに合わせて、継続してまいります。また事業の根幹を支えるITシステムのセキュリティ強化への投資は最
      重要項目としています。
      ③  事業のグローバル化

                    TM
       システミック・コーチング             による組織開発ビジネスについては、既存の海外拠点だけでなく、新規に拠点を設
      立することで海外進出した日系企業を中心に、グローバルでのサービス展開を強化してまいります。コーチング人
      材育成ビジネスについては、買収により当社グループとなった米国子会社であるCOACH                                        U,  INC.のブランド力、受
      講生ネットワークを活用してまいります。
     (5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

       当社の優先的に対処すべき事業上の課題は以下のとおりです。なお、優先的に対処すべき財務上の課題について
      は、無借金経営を行っていること、キャッシュ・フロー・手元流動性共に大きな問題はないため、該当事項はござ
      いません。
      ①  コーチ人材の更なる採用

                                TM
       当社が開発し提供しているシステミック・コーチング                          では、品質の高いコーチングを複数のコーチにより組成
      されるチームにより実施するため、当社の事業成長のためにはコーチ人材の拡大が必須となります。我が国におい
      ては、コーチングという分野が徐々に浸透し始めてきたものの、その知名度は未だ高いとは言えません。この度の
      上場により、当社及びコーチング自体の知名度を高めることが、コーチ人材の採用拡大に寄与するものと考えてお
      り、今後更なるコーチ人材の採用に力を入れてまいります。
      ②  サービス品質向上を支えるIT開発・情報セキュリティ

                    TM
       システミック・コーチング             では、コーチによるコーチングだけでなく、各種アセスメント、客観的データに基
      づくデータ提供等を行うため、ITシステムの向上はサービス品質の向上に直結するものと考えております。当社で
      は統一されたシステムによりサービス提供を行うとともに、数々のデータを蓄積してまいりましたが、IT技術は継
      続的に発展しており、当社サービスを支えるIT投資にも終わりはありません。
       また、コーチングセッションでは、クライアント企業の機密情報、個人情報等、秘匿性の高い情報に触れる機会
      が多くなっております。昨今では、ランサムウェア等のサイバー攻撃技術が向上しており、当社も技術の進化に対
      応した情報セキュリティ投資を継続する必要があります。
       この度の上場により調達する資金にて、これらのIT開発及び情報セキュリティへの更なる投資を進めてまいりま
      す。
      ③  グローバル展開の加速

       当社のクライアント企業の多くは日本以外にも拠点を有するグローバル企業です。クライアント企業の組織開発
      を「点」ではなく「面」で展開するためには、当社自身がグローバルに拠点を持ち、現地の言語にも対応したコー
      チを有していく必要があります。当社は2022年10月末現在、日本以外に米国、タイ、中国の3か国に拠点を有して
      おりますが、未だクライアント企業のニーズには応えきれていないと考えております。今後更なるグローバル拠点
      の拡大を進めるため、この度の調達資金を活用してまいります。
                                 37/140



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【事業等のリスク】
      本書に記載した当社グループの事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資家の投資判断に重要な影響を
     及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。
      当社グループでは、リスクマネジメント・コンプライアンス委員会を設置し、定期的に各リスクの発生可能性と経
     営に対する影響度を勘案し、リスク低減のための施策を通じて、リスクの発生の回避とともに、発生した場合の対応
     に努めております。
      なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において、当社グループが判断したものであり、将来において
     発生する可能性のある当社株式への投資に関するリスク全てを網羅するものではありません。
     (1)  情報漏洩(発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:大)

       コーチングにおいては、コーチとクライアント企業との信頼関係が対話の価値を高める土台となります。当社の
      サービスは無形かつ人間の思考という目に見えないものに作用するものです。したがって、クライアント企業から
      の信頼獲得は当社グループの企業価値創造の源泉となります。当社グループは、事業の特性上、クライアント企業
      の機密情報に触れる機会が多く、また、多数の個人情報を取得しており、それらが外部に漏洩した場合、当社事業
      の根幹に重大な影響を与えます。したがって、その取扱いには細心の注意を払っており、従業員に対する情報セ
      キュリティ教育を継続的に行う等、情報管理の重要性を継続して啓発するとともに、「情報システム基本規程」を
      定め、情報システムの安全性の確保にも努めております。また、情報セキュリティに係るIT投資を継続的に実施し
      ております。しかしながら、今後、ランサムウェア等によるサイバー攻撃が常態化するなど、より強力な不正アク
      セス等の外部からの攻撃やシステムトラブルの発生、当社グループ従業員の故意又は過失による情報の漏洩、喪
      失、不正利用等が発生した場合、補償費用の発生や損害賠償請求訴訟の提起等に伴う費用の増加のみならず、取引
      先からの契約打ち切り、新規受注獲得が困難になるなどレピュテーションや当社のブランド価値が棄損することと
      なり、当社グループの事業・業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (2)  経営陣等特定の人材への依存(発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:大)

       当社代表取締役鈴木義幸をはじめとする当社経営陣は、当社グループの経営の執行だけでなく、クライアント企
      業に対しエグゼクティブ・コーチングを行っており、コーチングに関するノウハウや、各界のエグゼクティブ層と
      の強い人脈と関連業界動向に関する情報収集等に関して豊富な知識と経験を有しております。当社では特定の人材
      に過度に依存しないように、経営体制の整備、権限移譲及び次代を担う人材の育成強化を進めておりますが、何ら
      かの理由により現在の経営陣が業務執行できなくなった場合、一時的な受注高・売上高の減少や営業力の低下が生
      じ、当社の事業・業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (3)  世界的な経済危機等の発生(発生可能性:中、発生時期:特定時期なし、影響度:中)

       当社の事業モデルは、景気動向や特定の財の価格変動の影響を受けづらく、通常の景気循環においては、好不況
      に関わらず、組織変革のニーズは高く、当社のサービスの需要は一定程度見込まれると考えております。しかしな
      がら現在、国際情勢の不透明感は増しており、パンデミック、紛争の発生、世界的なインフレーション・スタグフ
      レーション、金融危機、原材料や特定の戦略物資の枯渇・価格の高騰、地政学リスクの高まり等、世界的な経済危
      機等の発生可能性は高まっているものと認識しております。当社は主に、日本企業との取引が多いため、クライア
      ント企業がこうした経済危機の影響を強く受けた場合、当社グループのサービスの受注動向に落ち込みが生じ、当
      社の業績・財務状況に大きな影響を与える可能性があります。なお、2020年2月より世界的に流行した新型コロナ
      ウイルス感染症(COVID-19)パンデミックにおいて、急激な外部環境の変化に伴い、当社サービスの需要も一時的
      に減退し、業績の悪化が見られました。具体的には、アカデミアについては、在宅ワーク化に伴う自己学習需要の
      増加から売上高は増加したものの、EC、DCDについては企業の予算縮小等の影響により売上高は一時的に減少致しま
      した。しかしながら、オンラインでのサービス提供の強化、対面と同等の品質を担保する取り組みを強化すること
      で、地理的な制約の影響を受けず、コーチングをクライアント企業に提供できる体制を構築し、業績影響への低減
      を図っております。
                                 38/140




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (4)  人的資本の確保及び定着(発生可能性:中、発生時期:特定時期なし、影響度:中)
       当社グループにおいては、事業の特性上、コーチングスキルを習得し、クライアント企業との良好な関係性を構
      築できる人材の採用・育成が人事戦略の根幹となります。加えて当社のパーパスに共感するメンバーを惹きつける
      組織及び企業文化を備えていることが業績向上に直結します。人材不足が加速していく日本において、当社グルー
      プがかかる人材にとって魅力のある職場であり続けられなかった場合、人材採用が計画通りに進捗しない、競合他
      社への流出や独立等により、収益の確保が一時的に難しくなる可能性があります。また、人材育成や次世代経営陣
      養成等が不十分な場合、競争力の低下を招くことになり、当社の事業・業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (5)  売上高構成(発生可能性:中、発生時期:特定時期なし、影響度:中)

                               TM
       当社グループの提供する           システミック・コーチング             は、大企業の組織改革などで採用される事例が増加してい
      ます。大企業での採用が決定すると、当社のコーチがチームとなってコーチングセッションやアセスメント等を実
      施します。また、当社は売上高に占める上位クライアント企業比率が高い傾向があります。上位クライアント企業
      の組織変革が終了する、経営陣の世代交代に伴い当社サービスを継続しない等の理由により、当社との取引が縮小
      ないしは終了する可能性を見越したうえで、営業戦略を展開しておりますが、受注金額規模が大きい上位クライア
      ント企業のリピートが取りやめになった場合、当社の業績及び財務状態に影響を与える場合があります。なお、当
      社の受注高は、クライアント企業の予算編成時期に集中する傾向があります。
     (6)  海外での事業展開(発生可能性:中、発生時期:短期、影響度:中)

       当社グループは、現在、アジア地域及び米国を中心に海外に事業展開をしております。過去には、現地企業の
      トップ又は現地企業の親会社である日本企業のトップとの強固なリレーションが築けなかったことを主な要因とし
      て、当社海外拠点の業績が計画通りに立ち上がらず、債務超過、拠点閉鎖に至ったことがあります。今後も、積極
      的な海外展開を進めて行く方針でありますが、計画通りに業績が立ち上がらない場合のほか、海外事業を推進する
      人材の確保ができない、為替の急激且つ大幅な変動、事業展開先の国における政治体制の混乱、経済情勢の悪化、
      商慣習の相違によるトラブル、法規制等の商取引に関するルールの変更等が発生した場合、売上高や利益の減少を
      招く等、当社グループの事業・業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (7)  競合及び新規参入ないしは新発想のサービスの出現(発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:中)

                       TM
       当社のシステミック・コーチング                 は当社独自の哲学を持ったユニークなプロダクトとなっております。他の
      コーチングサービス提供事業者や企業研修支援事業者、ビジネスコンサルテーション事業者等の近接するサービス
      はございますが、現時点においては、大企業向けにコーチングサービスを提供できる企業は限定的です。将来の競
      争環境については、エグゼクティブ・コーチング領域で低価格戦略を打ち出すプレーヤーの出現や代替するテクノ
                                             TM
      ロジーが開発される可能性がありますが、当社が提供するシステミック・コーチング                                        のように、組織全体の変革
      を目的としたサービスを提供する競合の出現可能性は低く、業績への影響も比較的軽微と認識しています。しかし
      ながら、現在は想定できない新発想の組織開発が可能なサービスが開発・販売され普及が進んだ場合、当社の業
      績・財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
     (8)  災害(発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:中)

       当社グループは、コーチによる「対話」がサービスであるため、災害発生時に損害を受ける固定資産は極めて限
      定的ですが、当社グループの従業員が勤務する事業所や、当社グループの事業を支えるITインフラが被害を受けた
      場合、また当社グループに勤務する者が多数被災するなどの人的損傷が発生した場合、業務遂行が遅延する、もし
      くは不可能になる可能性があります。また、当社グループのクライアント企業の中には、メーカー等大規模災害に
      より被害を受ける可能性の高い事業者も多数含まれますので、大規模な地震や台風、津波等の自然災害が発生した
      場合、受注の減少を招き、当社の事業・業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 39/140




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (9)  クライアント企業の重要情報(発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:中)
       当社グループは、コーチングセッションやリサーチの過程において、クライアント企業の未公表の重要な事実に
      接する可能性があります。そのため自社の重要情報の取り扱いと同様に、クライアント企業の重要情報についても
      インサイダー取引防止規程を定め、従業員に対する関連教育を継続的に行う等、インサイダー取引防止に努めてお
      ります。しかしながら、今後、当社グループ従業員によるインサイダー取引が発生した場合、当社グループの事
      業・業績に影響を及ぼす可能性があります。
    (10)知的財産権(発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:小)

                                 TM
       当社グループが提供しているシステミック・コーチング                           は、当社が独自で開発した組織変革を起こすプロダク
      トであり、エグゼクティブ・コーチングなどの1on1のコーチングセッションを重要な要素とするものであります
      が、コーチングセッション自体は、特許権等によって保護される技術ではありません。また、当社グループはコン
      プライアンスを重視しておりますが、万が一、第三者の知的財産権を侵害するような事態となった場合、当該第三
      者に対して損害賠償金等の支払いを余儀なくされ、更に、訴訟等に発展することにより、当社グループの評判が悪
      化し、事業・業績に影響を及ぼす可能性があります。
    (11)訴訟等(発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:小)

       当社グループは、現在、訴訟やその他の係争は抱えておらず、未然の紛争防止に努めておりますが、取引先との
      トラブルなどが発生し、訴訟等に発展した場合、損害賠償金の支払いを余儀なくされたり、当社に非がない場合で
      も応訴に多額の費用を要するなど、当社の事業・業績に影響を及ぼす可能性があります。
    (12)法規制(発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:小)

       現在のところ日本においてコーチング事業そのものを規制する法令は存在しておりませんが、当社の個別の企業
      活動においては、民法、会社法、消費者契約法、個人情報保護法等の法令が適用されます。当社がこれらの法令に
      違反した場合、当社は、民事上の損害賠償責任を負担し、刑事罰又は行政上の制裁の対象となる可能性がありま
      す。また、これらの法令に改正があった場合、あるいは、日本又は当社が事業を展開する海外において、コーチン
      グ事業そのものに影響を及ぼす法令が制定された場合、当社グループはかかる法令を遵守するために追加的な費用
      を負担するなど、当社の事業・業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (13)   大株主との関係について(発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:小)

       当社の取締役である伊藤守及び同人の資産管理会社である株式会社伊藤ホールディングスの保有株式は、本書提
      出日現在で議決権の87.9%となっており、上場後も引き続き安定株主として一定割合を保有する予定ですが、議決
      権行使に当たっては、株主共同の利益を追求するとともに、少数株主の利益にも配慮する方針を有しております。
      しかしながら、将来的に何らかの事情により当社株式が売却された場合には、当社株式の市場価格及び流通状況等
      に影響を及ぼす可能性があります。
       伊藤守は、取締役に就任しておりますが、代表権や業務執行権限を有しておらず、株主共同の利益の観点から取
      締役の業務執行状況を監督し、創業者として商品開発等について助言を行う役割を担うこととしております。
       また、伊藤守は株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンの株式の100%を保有しており、同社は当社の関連当
      事者に該当します。当社は出版事業を営む株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンに対してコーチングサービ
      スを提供するとともに、コーチング関連書籍の出版並びに購入取引を行っておりますが、取引に際しては関連当事
      者取引管理規程に従って、取締役会において、取引の必要性と                             取引条件の妥当性        を審議し、事前承認を得ることと
      しております。
       なお、株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンと当社グループとの間に競合関係はなく、当社グループの事
      業遂行において、同社の事前承認又は事前報告を必要とする事項もありません。
                                 40/140




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
      ①  財政状態の状況
      第21期連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
      (資産)
       当連結会計年度末における総資産合計は、3,121,427千円となり、前連結会計年度末に比べ872,571千円増加して
      おります。
       流動資産は、前連結会計年度末に比べ938,270千円増加し、2,340,819千円となりました。これは主に、受注好調
      に伴い営業活動によるキャッシュ・フローが増加したことを主として、現金及び預金が939,475千円増加したことに
      よるものであります。
       固定資産は、前連結会計年度末に比べ65,698千円減少し、780,608千円となりました。これは主に、繰越欠損金の
      解消により繰延税金資産が137,481千円減少したこと、保有する上場株式の時価の上昇により投資有価証券が
      124,560千円増加したことによるものであります。
      (負債)
       当連結会計年度末における負債合計は、1,478,210千円となり、前連結会計年度末に比べ538,756千円増加してお
      ります。
       流動負債は、前連結会計年度末に比べ555,679千円増加し、1,449,914千円となりました。これは主に、システ
               TM
      ミック・コーチング          による組織開発ビジネスの受注好調に伴い前受金が197,032千円増加したこと、業績好調に伴
      う社員還元として賞与引当金及び役員賞与引当金が196,891千円増加したこと、売上増加により未払消費税等が
      87,396千円増加したことによるものであります。
       固定負債は、前連結会計年度末に比べ16,923千円減少し、28,296千円となりました。これは主に、在宅勤務の増
      加を受けた本社オフィスの減床により資産除去債務が15,756千円減少したことによるものであります。
      (純資産)
       当連結会計年度末における純資産合計は、1,643,217千円であり、前連結会計年度末に比べて333,814千円増加し
      ております。これは主に、当期純利益の計上に伴い利益剰余金が245,260千円増加したことと、保有する上場株式の
      時価の上昇によりその他有価証券評価差額金が81,474千円増加したことによるものであります。
       以上の結果、主な安全性分析における指標としては、流動比率が161.4%、自己資本比率が52.6%となりました。
      第22期第3四半期連結累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年9月30日)

      (資産)
       当第3四半期連結会計期間末における資産合計は、3,439,701千円となり、前連結会計年度末に比べ318,273千円
      増加しております。これは主に、受注好調に伴い営業活動によるキャッシュ・フローが増加したことを主として、
      現金及び預金が251,500千円増加したこと、保有する上場株式の時価の上昇により投資有価証券が44,400千円増加し
      たことによるものです。
      (負債)
       当第3四半期連結会計期間末における負債合計は、1,339,489千円となり、前連結会計年度末に比べ138,721千円
      減少しております。これは主に、賞与支払により賞与引当金及び役員賞与引当金が170,085千円減少したことによる
      ものです。
      (純資産)
       当第3四半期連結会計期間末における純資産合計は、2,100,212千円となり、前連結会計年度末に比べ456,995千
      円増加しております。これは主に、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上に伴い利益剰余金が452,364千円増加
      したことによるものです。
       以上の結果、主な安全性分析における指標としては、流動比率が200.0%、自己資本比率が61.1%となりました。
                                 41/140




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 経営成績の状況
      第21期連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
       当連結会計年度における当社グループの経営環境といたしましては、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染
      拡大は2年目を迎え、経済活動は低迷を続けるものの、先進国を中心にワクチンが普及し、経済活動の再開が進ん
      だ結果、景気は回復基調へ転じました。一方で、グローバルサプライチェーンや物流の停滞等、資源価格の上昇、
      半導体をはじめとする部材の供給不足など世界的なインフレ圧力が増しており、各国中央銀行が利上げを検討する
      など、マクロ経済環境も大きく変化をしてまいりました。
       このような状況のもと、当社におきましては、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、新規受注に向けた営業
      活動が一部制限されることがございましたが、オンラインセミナーの開催、ビデオ会議システムを活用した社内外
      とのコミュニケーション、リモートワークの推進などにより事業活動を継続しております。前連結会計年度におい
      ては、新型コロナウイルスの影響により、企業の予算縮小等、一時的に需要が減退したものの、当連結会計年度に
                                        TM
      おいては、経済活動の再開と同時にEC、DCD等のシステミック・コーチング                                   による組織開発ビジネスは復調致しま
      した。また、コーチング人材育成ビジネスも、前年に引き続き在宅学習需要は高く、堅調に推移しました。
       これらの結果、売上高は3,306,541千円(前連結会計年度比35.9%増)、営業利益は361,938千円(前連結会計年
      度は381,022千円の営業損失)、経常利益は416,650千円(前連結会計年度は395,627千円の経常損失)、親会社株主
      に帰属する当期純利益は245,260千円(前連結会計年度は299,041千円の親会社株主に帰属する当期純損失)となり
      ました。
       なお、当社グループはコーチング事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載を省略しておりま
      す。
      第22期第3四半期連結累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年9月30日)

       当第3四半期連結累計期間における当社グループの経営環境といたしましては、新型コロナウイルス感染症の拡
      大下における厳しい行動制限は緩和され、経済活動正常化による個人消費の緩やかな持ち直しは見られるものの、
      米国の金利上昇による急激な円安の進行やウクライナ情勢の影響による資源価格の高騰を背景とした物価上昇な
      ど、先行きは依然として不透明な状況であります。
                               TM
       以上の環境の下、主力のシステミック・コーチング                         による組織開発ビジネスにおいては、受注・売上ともに
      EC、DCDを中心に堅調に推移しました。またコーチング人材育成ビジネスにおいては、パンデミックの発生により在
      宅勤務が増えた影響を受け前期は高い水準で推移しましたが、需要の一巡が見られました。
       これらの結果、当第3四半期連結累計期間における売上高は2,651,032千円、営業利益は493,682千円、経常利益
      は584,398千円、親会社株主に帰属する四半期純利益は478,500千円となりました。
       なお、当社グループはコーチング事業の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略しておりま
      す。
      ③  キャッシュ・フローの状況

      第21期連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
       当連結会計年度末における現金及び現金同等物は2,146,734千円と前連結会計年度末と比べて939,554千円の増加
      となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)
       当連結会計年度において営業活動によるキャッシュ・フローは957,440千円の収入(前連結会計年度は131,883千
      円の支出)となりました。主な収入要因は、税金等調整前当期純利益388,638千円、前受金の増加額192,001千円、
      賞与引当金の増加額128,834千円、役員賞与引当金の増加額67,760千円であります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
       当連結会計年度において投資活動によるキャッシュ・フローは62,115千円の支出(前連結会計年度は57,172千円
      の支出)となりました。支出要因は無形固定資産の取得による支出58,962千円、有形固定資産の取得による支出
      46,099千円であり、収入要因は敷金の回収による収入42,946千円であります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
       当連結会計年度において財務活動によるキャッシュ・フローは33,109千円の収入(前連結会計年度は26,797千円
      の支出)となりました。また、主な収入要因は株式発行による収入33,400千円であります。
                                 42/140



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  生産、受注及び販売の実績
       a.  生産実績
        当社グループは生産活動を行っておりませんので、該当事項はありません。
       b.  受注実績

        第21期連結会計年度         及び第22期第3四半期連結累計期間                における受注実績は、次のとおりであります。
                         第21期連結会計年度                   第22期第3四半期連結累計期間
                         (自  2021年1月1日                   (自  2022年1月1日
                          至 2021年12月31日)                       至 2022年9月30日)
      セグメントの名称
                 受注高      前年同期比       受注残高      前年同期比        受注高       受注残高
                 (千円)       (%)      (千円)       (%)      (千円)        (千円)
     コーチング事業             3,246,187         115.1     1,157,175         101.2     2,792,879         1,326,009
     (注)   上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       c.  販売実績

        第21期連結会計年度         及び第22期第3四半期連結累計期間                における販売実績は、次のとおりであります。
                        第21期連結会計年度                   第22期第3四半期連結累計期間
                        (自  2021年1月1日                    (自  2022年1月1日
                         至 2021年12月31日)                       至 2022年9月30日)
     セグメントの名称
                    販売高(千円)             前年同期比(%)               販売高(千円)
     コーチング事業                     3,306,541               135.9              2,651,032

     (注)   1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2.主な相手先別の販売実績及び総販売実績に対する割合については、                                  総販売実績に対する割合が100分の10以
         上の相手先がいないため、記載を省略しております。
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
      す。なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
      ①  重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

       当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成しており、
      その作成に当たっては、経営者による会計方針の選択と適用を前提として、資産・負債及び収益・費用の金額に影
      響を与える見積りを必要とします。当社グループの連結財務諸表の作成に当たり採用した重要な会計方針と会計上
      の見積りの詳細につきましては、「第5                   経理の状況      1  連結財務諸表等        (1)  連結財務諸表 注記事項」の(連結
      財務諸表作成のための基本となる重要な事項)(重要な会計上の見積り)に記載しております。
       なお、引当金の計上や資産の評価等の見積りについては、当社グループにおける過去実績や将来計画を勘案し判
      断しておりますが、見積り特有の不確実性が存在するため、実際の結果とは異なる場合があります。当社グループ
      の連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものは以下の
      とおりであります。
      (繰延税金資産の回収可能性)

       繰延税金資産は、過去の税務上の欠損金の発生状況及び中期経営計画に基づく課税所得の発生時期及び金額の見
      積りにより企業分類を判定した上で、一時差異等の解消年度のスケジューリングを行い、回収可能と見込まれる金
      額について計上しております。
       見積りの基礎となる中期経営計画の仮定は、主要顧客を中心とした将来の受注見込を基に売上高を予測し、サー
      ビス提供を実現するための人員計画やシステム投資を考慮して発生が見込まれる費用を予測したものとなります。
       当該見積りは、将来の不確実な経済条件の発動などによって影響を受ける可能性があり、課税所得の時期及び金
      額の見積りに変更が必要となった場合には、繰延税金資産の計上額が変動し、当社グループの業績に影響を与える
      可能性があります         。
                                 43/140



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (固定資産の減損)
       固定資産の減損に係る回収可能性の評価に当たっては、資産のグルーピングを行い、収益性が著しく低下した資
      産グループについて、固定資産の帳簿価額を回収可能価額まで減損し、当該減少額を減損損失として計上すること
      としております。
       なお、当社グループは、コーチング事業の単一セグメントであり、各社が保有している固定資産は、各社が展開
      するサービス全体の向上に寄与しており、各サービスに配分すべき性質を有しておりません。従って、各拠点(親
      会社、各子会社)を概ね独立したキャッシュ・フローを生み出す最小単位とし、グルーピングを行っております。
      また、回収可能価額については各社の事業計画に基づく将来キャッシュ・フローを使用価値と見なして測定してお
      ります。なお、各社の事業計画の仮定は、主要顧客を中心とした将来の受注見込を基に売上高を予測し、サービス
      提供を実現するための人員計画やシステム投資を考慮して発生が見込まれる費用を予測したものとなります。
       減損の兆候の把握、減損損失の認識及び測定にあたって、慎重に検討を行っておりますが、事業計画や市場環境
      の変化により、その見積り額の前提とした条件や仮定に変更が生じた場合、減損処理が必要となる可能性がありま
      す。
      ②  経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

       a.経営成績の分析
       第21期連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
       (売上高)
        当連結会計年度における売上高は3,306,541千円(前連結会計年度比35.9%増)となりました。
        2021年12月期は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックにおいて、急激な外部環境の変化に伴
       い、当社サービス需要も一時的に減退し、業績の悪化が見られましたが、オンラインでのサービス提供の強化、
                                              TM
       対面と同様の品質を担保する取り組みを強化したことで、システミック・コーチング                                        による組織開発ビジネス
       及びコーチング人材育成ビジネス共に受注が拡大した結果、売上高は大幅に伸長致しました。
       (売上原価)
        当連結会計年度における売上原価は、主にコーチの退職に伴う社員人件費の減少、及び在宅勤務の増加を受け
       てオフィス有効活用を検討した結果の本社フロア減床による地代家賃の減少により1,837,944千円(前連結会計年
       度比4.0%減)となりました。
       (販売費及び一般管理費)
        当連結会計年度における販売費及び一般管理費は、主に業績好調に伴う社員還元としての賞与引当金の増加、
       及び新たに導入した営業管理システム運用にかかる外注業務委託費の増加により、1,106,658千円(前連結会計年
       度比23.0%増)となりました。
       (営業外損益)
        当連結会計年度における営業外収益は54,786千円(前連結会計年度比367.0%増)となりました。主な内容は、
       為替差益50,856千円、受取配当金1,200千円、助成金収入1,570千円であります。
        当連結会計年度における営業外費用は73千円(前連結会計年度比99.7%減)となりました。この内容は、雑損
       失であります。
       (特別損益、      親会社株主に帰属する当期純利益               )
        当連結会計年度における特別利益は1,967千円(前連結会計年度比94.6%減)                                    となりました。主な内容は、資
       産除去債務履行差額1,520千円であります。
        当連結会計年度における特別損失は29,979千円(前連結会計年度比9.5%減)となりました。この内容は、固定
       資産除却損6,508千円、減損損失9,016千円、事業構造改善費用14,455千円であります。
        以上の結果、親会社株主に帰属する当期純利益は245,260千円(前連結会計年度は299,041千円の親会社株主に
       帰属する当期純損失)となりました。
                                 44/140




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第22期第3四半期連結累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年9月30日)
       (売上高)
        当第3四半期連結累計期間における売上高は2,651,032千円となりました。コーチング人材育成ビジネスは、新
       型コロナウイルス感染拡大に伴う在宅学習需要が一巡したことで低調となったものの、システミック・コーチン
        TM
       グ  による組織開発ビジネスについては、企業の組織開発需要を捉え、堅調に推移したことによります。
       (売上原価)
        当第3四半期連結累計期間における売上原価は、コーポレート機能強化のための組織変更・人事異動のための
       社員人件費の減少、及び前年4月に行われた本社フロア減床のための地代家賃の減少により1,179,574千円となり
       ました。
       (販売費及び一般管理費)
        当第3四半期連結累計期間における販売費及び一般管理費は、主に前述の組織変更・人事異動に伴う社員人件
       費の増加により、977,775千円となりました。
       (営業外損益)
        当第3四半期連結累計期間における営業外収益は98,583千円となりました。主な内容は、円安の進行による為
       替差益94,442千円、受取配当金2,100千円、助成金収入1,100千円であります。
        当第3四半期連結累計期間における営業外費用は7,867千円となりました。主な内容は、上場関連費用7,830千
       円であります。
       (特別損益、      親会社株主に帰属する四半期純利益                )
        当第3四半期連結累計期間における特別損失は4,774千円となりました。主な内容は、ゴルフ会員権評価損
       2,722千円、及び固定資産除却損1,623千円であります。
        以上の結果、親会社株主に帰属する四半期純利益は478,500千円となりました。
       b.  財政状態の分析

        財政状態の分析につきましては、「                 第2   事業の状況      3  経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・
       フローの状況の分析          (1)  経営成績等の状況の概要            ①  財政状態の状況」に記載しております。
       c.  キャッシュ・フローの状況の分析

        各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因については、「第2                               事業の状況      3  経営者による財政状態、経
       営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析                     (1)  経営成績等の状況の概要            ③  キャッシュ・フローの状況」に
       記載しております。
        なお、当社グループは原則、サービス提供開始時に全額一括請求を行う前金受領制を営業取引の条件としてお
       り、営業キャッシュ・フローを確保することで投資及び財務キャッシュ・フローを賄っております。
      ③  経営成績に重要な影響を与える要因について

       経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2                           事業の状況      2  事業等のリスク」に記載しておりま
      す。
      ④  資本の財源及び資金の流動性に係る情報

       当社の資金需要は、人件費、オフィス家賃等であり、財源については主に営業活動によるキャッシュ・フローで
      ある自己資金により充当しております。                   また、当連結会計年度末の現金及び預金は、2,145,943千円であり、十分
      な短期流動性を確保していると考えております。当社は設立以来無借金経営を継続しており、資本の源泉は営業活
      動によるキャッシュ・フローを財源としておりますが、大規模投資が必要になった場合又は流動性が悪化した場合
      には、金融機関からの借入やエクイティファイナンスを実施致します。
                                 45/140




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑤  経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等
       「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等                                  (2)  経営上の目標達成状況を判断するた
      めの客観的な指標等」に記載のとおり、当社は売上高の先行指標としての受注高、売上高、営業利益及びコーチ人
      数(委託コーチを除く。)を重要指標としております。当連結会計年度においては、受注高3,246,187千円(前連
      結会計年度比15.1%増)、売上高3,306,541千円(前連結会計年度比35.9%増)、営業利益361,938千円(前連結会
      計年度は381,022千円の営業損失)となりました。                        前連結会計年度においては、新型コロナウイルスの影響によ
      り、企業の予算縮小等、一時的に需要が減退したものの、当連結会計年度においては、経済活動の再開と同時に
                         TM
      EC、DCD等のシステミック・コーチング                   による組織開発ビジネスは復調致しました。また、コーチング人材育成
      ビジネスも、前年に引き続き在宅学習需要は高く、堅調に推移しました。また、当連結会計年度期末のコーチ人数
      は119名(前連結会計年度比5名減)となりましたが、引き続き品質の高いサービスを提供するコーチ人数を確保
      すること努めてまいります。
      ⑥  経営者の問題認識と今後の方針について

       経営者の問題認識と今後の方針については、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題
      等」に記載しております。
    4  【経営上の重要な契約等】

       該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                 46/140













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

     第21期連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
      当連結会計年度の設備投資については、当社のサービス提供に係るシステムの安定運用を目的とした設備投資を継
     続的に実施しております。なお、有形固定資産の他、無形固定資産への投資を含めて記載しております。
      当連結会計年度の設備投資の総額は                 97,834   千円であります。その主なものとしては、本社のレイアウト工事関連及
     びサービス提供に係るシステムの安定運用を目的としたサーバー開発であります。なお、当社グループはコーチング
     事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
      重要な設備の除却又は売却等は行っておりません。
     第22期第3四半期連結累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年9月30日)

      当第3四半期連結累計期間の設備投資の総額は                      39,275   千円であります。その主なものとしては、サービス提供に係
     るシステムの安定運用を目的としたサーバー開発であります。なお、当社グループはコーチング事業の単一セグメン
     トであるため、セグメント別の記載を省略しております。
      重要な設備の除却又は売却等は行っておりません。
    2 【主要な設備の状況】

     (1) 提出会社
                                                2021年12月31日現在
                                    帳簿価額(千円)
      事業所名         セグメン                                      従業員数
                                  工具、
                      設備の内容
                            建物附属           ソフト
      (所在地)         トの名称                                       (名)
                                 器具及び          その他     合計
                             設備          ウエア
                                  備品
       本社                                                 130
             コーチング事業         本社機能       58,593     17,608     156,879     16,592     249,674
    (東京都千代田区)                                                    (10)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
       2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員                             (契約社員、アルバイトを含み、派遣社員は除
          く)  であります。
       3.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       4.上記の他、連結会社以外から賃借している設備の内容は、下記のとおりであります。
              事業所名                             年間賃借料

                      セグメントの名称           設備の内容
              (所在地)                              (千円)
          本社
                      コーチング事業            本社機能            114,137
          (東京都千代田区)
          香港支店
                      コーチング事業            業務施設             1,495
          (中国香港特別区)
     (2)国内子会社

       該当事項はありません。
                                 47/140







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  在外子会社
                                                2021年12月31日現在
                                          帳簿価額(千円)
                                                     従業員数
                    事業所名      セグメント
                                             工具、
          会社名                       設備の内容
                                       建物附属
                    (所在地)       の名称
                                                      (名)
                                            器具及び      合計
                                        設備
                                             備品
                    中国      コーチング                               5
    COACH   A Co.,   Ltd.   (Shanghai)
                                 業務施設          -     -    -
                    上海市      事業                              (-)
                    タイ国      コーチング                               8
    COACH   A (Thailand)      Co.,   Ltd.
                                 業務施設         813    5,046    5,859
                    バンコク市      事業                              (1)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
       2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員                             (契約社員、アルバイトを含み、派遣社員は除
          く)  であります。
       3.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       4.COACH     A Co.,   Ltd.   (Shanghai)については、全額減損損失を計上しているため、期末帳簿価額はありませ
          ん。
       5.上記の他、連結会社以外から賃借している設備の内容は、下記のとおりであります。
                             事業所名       セグメントの               年間賃借料

                会社名                           設備の内容
                             (所在地)         名称              (千円)
                           中国         コーチング
          COACH   A Co.,   Ltd.   (Shanghai)
                                           業務施設           10,763
                           上海市         事業
                           米国         コーチング
          COACH   A Inc.
                                           業務施設             746
                           ニューヨーク州         事業
                           タイ国         コーチング
          COACH   A (Thailand)      Co.,   Ltd.
                                           業務施設            7,312
                           バンコク市         事業
         (注)   COACH   A Inc.は2021年6月22日に清算結了いたしました。
    3  【設備の新設、除却等の計画】                 ( 2022年10月31日現在           )

       当社グループはコーチング事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
     (1)  重要な設備の新設等
                               投資予定額
                                        資金調     着手    完了予定     完成後の
     会社名        所在地         設備の内容
                              総額    既支払額
                                        達方法     年月     年月    増加能力
                              (千円)     (千円)
                                                 2024年
              本社         ソフトウエア                    増資    2023年
                                                 12月期     (注)   3
    提出会社                          96,000      -
          (東京都千代田区)          (コーチング関連)                    資金    3月
                                                 (注)   2
                                                 2024年
             本社        ソフトウエア                   増資    2023年
                                                 12月期     (注)   3
    提出会社                          48,000      -
          (東京都千代田区)            (管理用)                  資金    6月
                                                 (注)   2
     (注)   1.上記の金額に消費税等は含まれておりません。
       2.完了予定年月は2024年12月期中を予定しており、月は未定であります。
       3.完成後の        増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
     (2)  重要な設備の除却等

       該当事項はありません。
                                 48/140







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                      6,969,600

                 計                                     6,969,600

    (注)   2022年8月22日開催の取締役会決議により、2022年9月16日付で株式分割に伴う定款変更を行い、発行可能株式総
      数は2,969,600株増加し、6,969,600株となっております。
      ② 【発行済株式】

                             上場金融商品取引所名又は

        種類          発行数(株)                                内容
                            登録認可金融商品取引業協会名
                                            完全議決権株式であり、権利内
                                            容に何ら限定のない当社におけ
       普通株式                1,742,400           非上場
                                            る標準となる株式であります。
                                            単元株式数は100株でありま
                                            す。
        計              1,742,400            -               -
    (注)   2022年8月22日開催の取締役会決議により、2022年9月16日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分
      割を行っております。これにより発行済株式総数は871,200株増加し、1,742,400株となっております。
     (2) 【新株予約権等の状況】

      ①  【ストック・オプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
                                 49/140








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                  (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    2018年4月17日
                   813,879       822,100          -     100,000          -       -
    (注1)
    2019年1月24日
                   32,400       854,500          -     100,000          -       -
    (注2)
    2021年6月30日
                   16,700       871,200        16,700       116,700        16,700       16,700
    (注3)
    2021年12月15日
                     -     871,200       △16,700        100,000          -     16,700
    (注4)
    2022年9月16日
                   871,200      1,742,400           -     100,000          -     16,700
    (注5)
     (注)   1.株式分割(1:100)によるものであります。
       2.有償第三者割当増資
         発行価格     2,000円
         主な割当先 コーチ・エィ社員持株会、他5名
         なお、会社計算規則第14条第1項に従い算出される資本金増加限度額が零のため、資本組入されず、資本金
         及び資本準備金は増加しておりません。
       3.有償第三者割当増資
         発行価格     2,000円
         資本組入額      1 ,000円
         主な割当先 コーチ・エィ社員持株会、纐纈順史、鈴木義幸、片岡詳子、他5名
       4.2021年10月18日開催の臨時株主総会の決議に基づき、2021年12月15日付で資本金を減少させ、その他資本剰
         余金に振替えております。この結果、資本金が16,700千円減少(減資割合14.3%)しております。
       5.2022年8月22日開催の取締役会決議に基づき、2022年9月16日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合
         で株式分割を行っております。
     (4)  【所有者別状況】

                                                2022年10月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満
           政府及び
      区分                                               株式の状況
                                  外国法人等
                      金融商品     その他の                 個人
           地方公共     金融機関                                 計
                                                       (株)
                      取引業者      法人               その他
                                個人以外      個人
            団体
    株主数
              -     -     -      2     -     -     29     31      -
    (人)
    所有株式数
              -     -     -   14,454       -     -    2,970     17,424        -
    (単元)
    所有株式数
              -     -     -    82.95       -     -    17.05     100.00        -
    の割合(%)
     (5)  【議決権の状況】

      ① 【発行済株式】
                                                2022年10月31日現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
    無議決権株式                    -          -              -
    議決権制限株式(自己株式等)                    -          -              -
    議決権制限株式(その他)                    -          -              -
    完全議決権株式(自己株式等)                    -          -              -
                                         権利内容に何ら限定のない当社にお
                     普通株式
    完全議決権株式(その他)                                17,424    ける標準となる株式であります。な
                         1,742,400
                                         お、単元株式数は100株であります。
    単元未満株式                    -          -              -
    発行済株式総数                     1,742,400          -              -
    総株主の議決権                    -            17,424            -
                                 50/140



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 【自己株式等】
        該当事項はありません。
    2 【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】           該当事項はありません。
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

        該当事項はありません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

        該当事項はありません。
    3 【配当政策】

       当社は、株主への利益還元を経営の重要な施策の一つとして位置付けており、必要な内部留保を確保しつつ、安
      定的な利益還元を継続的に行うことを基本方針としております。内部留保資金については、将来における企業成長
      と経営環境の変化に対応するための資源として利用していく予定であります。
       当社は、基準日を12月31日とする年1回の期末配当を基本方針とし、中間配当も実施することができる旨定款に
      定めております。当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがあ
      る場合を除き、取締役会の決議により定めることができる旨を定款で定めております。
       当事業年度の剰余金の配当につきましては、連結配当性向10%を目安としつつ、中期での投資計画、景気動向、
      キャッシュ・フローの状況などを総合的に勘案し、1株当たり30.00円の配当を実施することを決定いたしました。
       (注)   基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。
                         配当金の総額
            決議年月日                       1株当たり配当額(円)
                          (千円)
           2022年3月29日
                           26,136             30.00
           定時株主総会決議
     (注)2022年9月16日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割をしております。当該分割について当
        事業年度の期首に行われたと仮定した場合の1株当たり配当額は15.00円であります。
                                 51/140








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ①  企業統治の体制
       当社は、監査等委員会設置会社を採用しており、監査等委員である社外取締役2名を含む取締役9名によって構
      成される取締役会と、監査等委員である取締役3名によって構成される監査等委員会によるコーポレート・ガバナ
      ンス体制を構築しております。加えて、取締役会に付議する事項の他、全般的な業務執行に関する経営上の重要な
      事項につき審議する決裁会議及び企業目的の達成を阻害するリスクに係る事象の報告と討議及び全社コンプライア
      ンスの推進に係る事項につき審議するリスクマネジメント・コンプライアンス委員会を設置し、これら各機関の相
      互連携によって、経営の健全性及び透明性を確保できる体制としております。
       a.  取締役会

        当社の取締役会は、本書提出日現在において、監査等委員でない取締役6名及び監査等委員である取締役3名
       で構成されており、監査等委員である取締役のうち2名は社外取締役です。毎月1回の定時取締役会の他、必要
       に応じて臨時取締役会を開催しております。取締役会は、経営上の重要事項の意思決定及び取締役等の業務執行
       の監督を行っております。
        (構成員:鈴木義幸(議長/代表取締役)、稲川由太郎、栗本渉、纐纈順史、青木美知子、伊藤守、片岡詳
       子、亀﨑英敏(社外)、英公一(社外))
       b.  監査等委員会

        当社の監査等委員会は、本書提出日現在において、社外取締役である非常勤の監査等委員2名及び常勤の監査
       等委員1名で構成され、当社のガバナンスの在り方とその運用状況を監視し、取締役等の職務執行の監査を行っ
       ております。なお、社外取締役である監査等委員の内1名は公認会計士、常勤の監査等委員は弁護士であり、専
       門的知見に基づく経営監視を実施しております。
        監査等委員会は毎月1回開催されており、各監査等委員は、監査等委員会で決定された監査方針及び業務分担
       に従い、監査を実施しております。
        (構成員:片岡詳子(常勤監査等委員、選定監査等委員、特定監査等委員)、亀﨑英敏(監査等委員、社
       外)、英公一(監査等委員、社外) ※議長は互選により決定)
       c.指名・報酬委員会

        当社は、全ての社外取締役を構成員として含む「指名・報酬委員会」を、2022年10月24日に設置いたしまし
       た。同委員会は、コーポレート・ガバナンスの強化を図るため、取締役会の任意の諮問機関として、指名・報酬
       に関する事項等の決定に関し取締役会における意思決定に関わるプロセスの透明性・客観性を高めることを目的
       として設置するものです。            必要に応じて随時開催し、招集は原則として委員長が決定することとしております。
        (構成員:片岡詳子(監査等委員)、亀﨑英敏(監査等委員、社外)、英公一(監査等委員、社外)、鈴木義
       幸、纐纈順史 ※委員長は委員会決議により決定予定)
       d.  決裁会議

        決裁会議は、      代表取締役社長、業務執行取締役、常勤の監査等委員及び執行役員で構成され                                    、原則として毎週
       1回開催しております。同会議では、取締役会に付議すべき事項及び業務執行に関する経営上の重要な事項につ
       いての協議が行われ、協議の後、代表取締役社長が決裁を行っております。
        (構成員:鈴木義幸(議長/代表取締役)、稲川由太郎、栗本渉、纐纈順史、青木美知子、片岡詳子、長田祐
       典、片桐多佳子、桜井一紀、内村創、大山悠、有吉祐介、望月寛)
       e.  リスクマネジメント・コンプライアンス委員会

        当社グループの目的達成を阻害する要因(リスク)を定期的に抽出し、その発生可能性と影響度に基づき重要
       性を評価し、当該重要性に応じて適切な対応策を策定・実施すること、及び当社グループが法令等を守り、社会
       からの要請に適合した企業活動を営むこと(コンプライアンス)を確保・推進するための体制として、「リスク
       マネジメント・コンプライアンス委員会」を設置しております。同委員会は四半期に1回開催されており、業務
       執行取締役及び執行役員で構成し、常勤の監査等委員及び内部監査室長がオブザーバーで参加しております。当
       社グループ内におけるインシデント情報を網羅的・一元的に管理し、事案の内容に応じた最適な対応策を立案・
       実施するとともに、定期的に取締役会に報告しております。
                                 52/140

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (構成員:鈴木義幸(委員長/代表取締役)、稲川由太郎、栗本渉、纐纈順史、青木美知子、片岡詳子、長田
       祐典、片桐多佳子、桜井一紀、内村創、大山悠、有吉祐介、望月寛、梯麻紀)
       f.  内部統制システムの整備の状況

        当社は取締役会において、以下のとおり、「内部統制システム構築に関する基本方針」を決議し、同基本方針
       に基づき、体制の整備及び運用を行っております。
       「内部統制システム構築に関する基本方針」

        当社は、法令・定款に適合し、適正かつ効率的な業務遂行を通じた企業価値の向上を図るため、会社法第399
       条の13第1項第1号及び会社法施行規則第110条の4に則り、以下のとおり、内部統制システム構築に関する基
       本方針を定めます。
       1.職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
        ・当社は、監査等委員会設置会社であり、複数の社外取締役の選任を通じて、経営に対する取締役会の監督機
         能を強化し、経営判断の透明性、公正性を確保します。取締役会は、法令、定款、及び社内規程に則して重
         要事項を決定するとともに取締役の職務の執行を監督します。
        ・当社は、執行役員制度を導入し、職務の執行と監督を分離するとともに、執行の迅速化を図ります。
        ・当社は、当社及びグループ会社の健全な事業活動を推進するため、「コンプライアンス推進規程」を定め、
         社長を委員長とする「リスクマネジメント・コンプライアンス委員会」を設置し、委員会で審議・報告した
         内容を取締役会に報告します。
        ・当社は、当社及びグループ会社の内部監査が実効的に行われることを確保するため、「内部監査規程」を定
         め、高い専門性を有する内部監査室による監査を実施します。
        ・当社は、「内部通報制度運用規程」を定め、当社及びグループ会社の法令違反、社内規程違反等、コンプラ
         イアンスに関する相談・通報窓口として、社内外にホットライン(内部通報制度)を設置し、その利用につ
         きすべての役職員に周知します。
        ・当社は、「反社会的勢力排除に関する規程」を定め、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的な勢力・団
         体との一切の関係を遮断し、いかなる利益供与も行いません。
       2.職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

        ・当社は、グループの中期経営計画及び年度計画(数値目標等を含む。)を策定し、取締役会がその執行状況
         を監督します。
        ・当社は、経営に関する重要事項を協議し、迅速・円滑に意思決定するため、取締役、執行役員等で構成する
         決裁会議を設置し、「決裁会議規程」に基づき運営します。
        ・当社は、業務分担及び指揮命令系統を通じて効率的な業務執行を実現するため、「職務権限規程」を定める
         とともに、「組織規程」及び「職務分掌規程」により、事業目的を達成するために適切な組織機構を構築し
         ます。
       3.リスク管理に関する体制

        ・当社は、「リスクマネジメント規程」を定め、当社及びグループ会社のリスクマネジメントに関する基本的
         事項を決定するとともに、「リスクマネジメント・コンプライアンス委員会」を設置し、事業活動を取り巻
         く様々なリスクの評価・見直しを図り、適宜対策を講じます。
        ・当社は、「リスクマネジメント・コンプライアンス委員会」より報告される重要リスクへの対策、危機管理
         等について、その適用が有効に行われているかを取締役会にて監督します。
                                 53/140





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       4.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
        ・当社は、情報管理に関する社内規程に従い、重要な会議の議事録等取締役の職務の執行に係る情報を適正に
         保存及び管理します。
        ・当社は、適正な情報利用及び管理を目的とした情報セキュリティ体制を構築します。
       5.グループ会社の業務の適正を確保するための体制

        ・当社は、グループ会社の管理に関する「関係会社管理規程」に基づき、当社の取締役又は執行役員を関係会
         社管理責任者と定め、グループ会社の重要な業務執行について当社が承認を行います。
        ・当社は、グループ会社経営全般に関して当社とグループ会社との間で定期的にミーティングを開催し、重要
         な情報を共有します。
        ・関係会社管理責任者は、重大な法令違反その他のコンプライアンスに関する重要事項を発見した際には、遅
         滞なく当社の取締役に報告するものとし、当社の取締役は関係会社管理責任者に対し、適切な対応を講じる
         よう、必要な指示を行います。
       6.監査等委員会の職務を補助すべき使用人に関する事項、当該使用人の監査等委員以外の取締役からの独立性に

        関する事項及び使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
        ・当社は、監査等委員会の職務を補助し、職務執行を支援するため、コーポレート本部又は内部監査室に使用
         人を配置します。
        ・当社は、監査等委員会の職務を補助すべき使用人の人選、異動、処遇の変更においては監査等委員会等の同
         意を得ることとします。
        ・監査等委員会の職務を補助すべき使用人に対する指揮命令権限は、監査等委員会に帰属するものとします。
       7.監査等委員会への報告に関する体制

        ・当社の役職員は、当社又はグループ会社の業務執行に関し重大な法令もしくは社内ルールの違反又は会社に
         著しい損害を及ぼすおそれのある事実があることを発見したときは、直ちに監査等委員会に報告を行いま
         す。
        ・当社は、グループ会社の役職員が、当社又はグループ会社の業務執行に関し重大な法令もしくは社内ルール
         の違反又は会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見したときに、これらの者又はこれらの者から
         報告を受けた者が、当社の監査等委員会に報告を行う体制を整備します。
       8.   監査等委員会に報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取り扱いを受けないことを確保するた

        めの体制
        ・当社は、当社及びグループ会社の取締役・使用人等が、当該報告をしたことを理由として、解雇その他の不
         利益処分を一切行わないものとします。
       9.   監査等委員会の職務の執行について生ずる費用の前払い又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ず

        る費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
        ・当社は、監査等委員会の職務の執行上必要と認められる費用について予算化し、その前払い等の請求がある
         ときは当該請求が適正でない場合を除き、速やかにこれに応じることとします。
                                 54/140






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       なお、当社の企業統治の体制の模式図は以下のとおりであります。
      ②  当該企業統治の体制を採用する理由







       当社は、2020年3月30日開催の定時株主総会において、監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行いた
      しました。この移行は、取締役会の監督機能をより強化すると同時に、経営に関する意思決定の迅速化を図り、経
      営の公正性及び効率性を高め、当社のコーポレート・ガバナンス体制の一層の強化を図ることを目的としており、
      当社の現在の事業規模、事業内容等を勘案し、現行の体制が最も効率的・効果的に経営監視機能を実現でき、迅速
      かつ適切に経営上の意思決定や業務執行を行うことができる体制であると判断し、現行の体制を採用しておりま
      す。
      ③  責任限定契約の内容の概要

       当社は、監査等委員との間で、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を、同
      法第425条第1項に定める最低責任限度額に限定する契約を締結しております。
      ④  役員等賠償責任保険(D&O保険)契約の内容の概要

       当社は、取締役等が過大な賠償責任を負担することによる経営判断の萎縮を避けつつ、優秀な外部人材の確保に
      寄与すべく、取締役・執行役員・管理職従業員等を被保険者とする会社役員等賠償責任保険契約を保険会社と締結
      しております。なお、当該保険に係る保険料は取締役会における承認の上、会社負担としております。
      ⑤  剰余金の配当等の決定機関

       当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除
      き、取締役会の決議により定めることができる旨を定款で定めております。これは、剰余金の配当等を取締役会の
      権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものです。
      ⑥  株主総会の特別決議要件

       当社は、株主総会の特別決議事項の審議を円滑に行うことを目的とし、会社法第309条第2項に定める決議は、
      議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上に
      当たる多数をもって行う旨定款に定めております。
      ⑦  取締役の定数

       当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は10名以内、監査等委員である取締役は3名以上とする旨定
      款に定めております。
                                 55/140



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑧  取締役の選任の決議要件
       当社は、取締役の選任決議について、監査等委員である取締役とそれ以外の取締役とを区別して、議決権を行使
      することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累
      積投票によらないものとする旨を定款に定めております。
      ⑨  会計監査人の責任免除

       当社は、会計監査人の責任を合理的な範囲にとどめ、その期待される役割を十分に果たし得るようにするため、
      会社法第426条第1項の規定に基づき、取締役会の決議によって、会計監査人(会計監査人であった者を含む)の損
      害賠償責任について、法令の限度において免除することができる旨を定款に定めております。
                                 56/140

















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【役員の状況】
      ①    役員一覧
     男性   7 名 女性    2 名(役員のうち女性の比率            22 %)
                                                       所有
      役職名       氏名      生年月日                  略歴               任期    株式数
                                                       (株)
                         1991年4月      株式会社マッキャンエリクソン博報堂(現株式会
                              社マッキャンエリクソン) 入社
                         1996年7月      株式会社アイ.ビー.ディー 入社
                         1997年10月      株式会社コーチ・トゥエンティワン 取締役副社
     代表取締役
            鈴木 義幸      1967年11月11日             長                    (注)2     20,000
     社長執行役員
                         2001年10月      当社 取締役副社長
                         2007年1月      当社 取締役社長
                         2018年1月      当社 代表取締役社長(現任)
                         2020年1月      当社 社長執行役員(現任)
                         1986年4月      大日本印刷株式会社 入社
                         1991年7月      HARLOW   MEYER   SAVAGE, INC.      入社
                         1994年3月      上田ハーロー株式会社(現株式会社外為どっと
                              コム) 出向
                         1997年6月      プラウドフットジャパン株式会社 入社
                         2002年6月      ニチモウ株式会社 入社
                         2003年6月      同 代表取締役 専務執行役員
                         2006年10月      春日居観光開発株式会社 専務取締役 支配人
      取締役
           稲川  由太郎
                 1963年12月29日                                  (注)2     2,000
    副社長執行役員
                         2007年11月      同 代表取締役社長
                         2011年3月      当社 入社
                         2011年7月      当社 執行役員
                         2012年7月      COACH   A Co.,  Ltd.  (Shanghai) 出向 董事総
                              経理
                         2019年4月      COACH   A Co.,  Ltd.  (Shanghai) 董事       (現任)
                         2020年1月      当社 副社長執行役員(現任)
                         2020年1月      当社 取締役(現任)
                         1996年4月      株式会社エム・アイ・ティー 入社
                         2004年1月      当社 入社
                         2011年1月      当社 取締役
                         2017年1月      COACH   A Inc.  (米国法人) 取締役
                         2018年1月      当社 取締役兼専務執行役員
      取締役
                         2019年4月      COACH   A Co.,  Ltd.  (Shanghai)     董事長(現任)
            栗本 渉     1973年9月12日                                  (注)2     10,000
    副社長執行役員
                         2019年9月      当社 取締役 辞任
                         2020年1月      当社 副社長執行役員(現任)
                         2021年3月      当社 取締役(現任)
                         2022年3月      COACH   A INTERNATIONAL      INC.  Director(現任)
                         2022年3月      COACH   U, INC.   Director(現任)
                         1996年9月      株式会社代々木会計事務所 入社
                         2001年9月      株式会社リクルートコンピュータパブリシング
                              (現株式会社リクルート) 入社
                         2009年4月      株式会社リクルート(現株式会社リクルートホー
                              ルディングス) 転籍
                         2012年10月      株式会社リクルートアドミニストレーション(現
                              株式会社リクルート) 転籍
                         2017年3月      当社 入社
                         2018年1月      当社 執行役員
      取締役
            纐纈 順史      1969年9月11日                                  (注)2     10,000
                         2018年4月      COACH   A (Hong   Kong)   Co.,  Ltd.  董事(現任)
     執行役員CFO
                         2018年4月      COACH   A (Thailand)     Co.,  Ltd.  取締役(現任)
                         2019年4月      COACH   A Inc.  (米国法人)     Secretary
                         2019年4月      COACH   A Co.,  Ltd.  (Shanghai)     監事(現任)
                         2019年10月      ASHA  SAN  INC.  (現COACH    A INTERNATIONAL      INC.)
                              Secretary(現任)
                         2020年1月      COACH   U, INC.   Secretary(現任)
                         2020年1月      当社 執行役員CFO(現任)
                         2020年1月      当社 取締役(現任)
                         1994年4月      東京海上火災保険株式会社(現東京海上日動火災
                              保険株式会社) 入社
                         2002年7月      東京海上あんしん生命保険株式会社 出向
                         2006年12月      当社 入社
      取締役
                         2012年9月      当社 執行役員(現任)
           青木  美知子
                 1968年9月1日                                  (注)2     2,800
      執行役員
                         2017年1月      COACH   A (Thailand)     Co.,  Ltd. 取締役(現任)
                         2021年3月      当社 取締役(現任)
                         2022年3月      COACH   U, INC.   Director(現任)
                         2022年4月      菱洋エレクトロ株式会社 社外取締役(現任)
                                 57/140



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                        所有
      役職名       氏名      生年月日                  略歴               任期    株式数
                                                        (株)
                         1982年10月      株式会社アイ.ビー.ディー(株式会社イッツ・
                               ア・ビューティフル・デイに商号変更後、株式会
                               社イトウ・ドット・コムに合併し解散) 設立 
                               代表取締役
                         1989年8月      株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン 設
                               立 代表取締役(現任)
                         1990年7月      株式会社キャッチボール・トゥエンティワン・イ
                               ンターネット・コンサルティング(現キャッチ
                               ボール・トゥエンティワン) 設立 代表取締役
                                                       1,530,800
                               (現任)
      取締役      伊藤 守     1951年10月8日                                  (注)2
                                                       (注)4
                         1997年10月      株式会社コーチ・トゥエンティワン 設立 代表
                               取締役
                         2001年8月      当社 設立 代表取締役
                         2016年6月      株式会社ごきげん125設立          代表取締役(現任)
                         2017年8月      株式会社伊藤ホールディングスを株式会社イト
                               ウ・ドット・コムから分割により設立 代表取締
                               役(現任)
                         2018年3月      当社 代表取締役及び取締役 退任
                         2019年9月      当社 取締役(現任)
                         1998年4月      北野幸一法律事務所 入所
                         2000年4月      法律事務所DoSOLO!         設立(共同経営)
                         2001年10月      松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会
                               社) 入社
                         2007年11月      株式会社ファーストリテイリング 入社
                         2012年11月      株式会社ユー・エス・ジェイ(現合同会社ユー・
                               エス・ジェイ) 入社
    取締役(常勤)
            片岡 詳子      1968年6月26日                                  (注)3     10,000
                         2018年1月      当社 入社
     (監査等委員)
                         2019年12月      株式会社ディ・アイ・システム 社外取締役(現
                               任)
                         2020年3月      当社 取締役(監査等委員)(現任)
                         2021年8月      プライムロード株式会社 監査役(現任)
                         2022年6月      国際紙パルプ商事株式会社(現KPPグループホール
                               ディングス株式会社)取締役(監査等委員)(現
                               任)
                         1966年4月      三菱商事株式会社 入社
                         2000年7月      台湾三菱商事会社 社長
                         2005年4月      三菱商事株式会社 代表取締役副社長執行役員
      取締役
            亀﨑 英敏      1943年4月1日       2007年4月      日本銀行 政策委員会審議委員                    (注)3      -
     (監査等委員)
                         2012年5月      APECビジネス諮問委員会 日本委員
                         2018年3月      当社 監査役
                         2020年3月      当社 取締役(監査等委員)(現任)
                         1981年10月      アーンスト・アンド・ウィニー公認会計士共同事
                               務所(現EY新日本有限責任監査法人) 入所
                         1997年5月      太田昭和監査法人(現EY新日本有限責任監査法
                               人) 社員
                         2003年7月      新日本監査法人(現EY新日本有限責任監査法
                               人) 代表社員
                         2008年10月      同法人 金融部門長
                         2010年8月      同法人 常務理事
      取締役
                         2012年8月      同法人 経営専務理事、監査業務本部長、金融事
            英 公一     1958年7月9日                                  (注)3      -
     (監査等委員)
                               業部長
                         2014年7月      同法人理事長及びEY        Global   Japan   Area  Managing
                               Partner 就任
                         2014年7月      損害保険契約者保護機構 監事(現任)
                         2016年7月      英 公認会計士事務所       公認会計士(現任)
                         2019年7月      株式会社T&K     TOKA  取締役(監査等委員)(現任)
                         2020年3月      当社 取締役(監査等委員)(現任)
                         2021年6月      株式会社エフエム東京 監査役(現任)
                            計                          1,585,600

     (注)   1.取締役亀﨑英敏及び英公一は、社外取締役であります。

       2.監査等委員以外の取締役の任期は、2021年12月期に係る定時株主総会終結の時から2022年12月期に係る定時
         株主総会終結の時までであります。
       3.監査等委員である取締役の任期は、2021年12月期に係る定時株主総会終結の時から2023年12月期に係る定時
         株主総会終結の時までであります。
       4.  伊藤守及び株式会社伊藤ホールディングスが保有する株式の合計数であります。
                                 58/140



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       5.当社は、取締役会の監督機能を強化するとともに意思決定と執行の迅速化のため、執行役員制度を導入して
         おります。取締役でない執行役員は以下のとおりであります。
         執行役員 長田祐典、片桐多佳子、桜井一紀、内村創、大山悠、有吉祐介、望月寛
      ②  社外役員の状況

       当社は、本書提出日現在において、社外取締役を2名選任しております。
       亀﨑英敏は、過去に上場会社において代表取締役副社長執行役員を務めた経験を有しており、コーポレート・ガ
      バナンスに関する豊富な知見を当社監査に反映していただくことを期待して、社外取締役として招聘しておりま
      す。英公一は、公認会計士として豊富な経験を積んでおり、会計・財務に関する相当程度の知識・経験を有してい
      ることから、社外取締役として招聘しております。監査等委員である両名は、監査の方法や結果について、内部監
      査室、常勤監査等委員との相互連携を図っております。また、月に一度開催される定時取締役会に出席し、意見を
      述べる等、取締役等の業務の執行状況や内部統制の状況について確認を行うとともに、必要に応じ、取締役等に説
      明や報告を求める等、業務執行の適法性や妥当性について監査を行っております。
       なお、社外取締役2名と当社との間に、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
       当社は、社外取締役を選任するための独立性に関する基準又は方針を定めてはおりませんが、その選任に際して
      は、株式会社東京証券取引所が定める独立性基準を参考とし、候補者の経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営
      陣から独立した立場で社外取締役としての職務を遂行できる十分な独立性が確保できること、一般株主と利益相反
      が生じる恐れのないことを個別に判断することとしております。
      ③  社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員監査及び会計監査人監査との相互連携並びに内部統制部

        門との関係
       当社は、社外取締役を2名選任しておりますが、両名とも監査等委員であり、監査等委員会を通じて、内部監査
      室及び会計監査人と相互に連携するとともに、内部統制部門と意思疎通を図り、監査の実効性向上に努めておりま
      す。
       監査等委員会と内部監査室は、常勤監査等委員において、内部監査室が実施する監査に必要に応じて同行し、協
      同して監査を行っております。また、常勤監査等委員と内部監査室長が月1回定例会議を実施する他、四半期に1
      回程度、内部監査室長が監査等委員会に出席し、監査等委員による監査及び内部監査に関し、監査項目や監査結果
      等について意見交換を実施しております。
       監査等委員会と会計監査人は、四半期ごとにミーティングを実施し、相互の監査計画及び結果を交換するととも
      に、問題点の情報共有とディスカッションを行っております。更なる相互連携のため、このミーティングには、内
      部監査室長も出席することとしております。
       監査等委員のうち1名は、常勤監査等委員として日常的にコーポレートを所管する取締役及び経営管理部や人
      事・総務・法務部のメンバーと意思疎通を図り、必要に応じて、社外取締役である監査等委員が直接コミュニケー
      ションする機会を設定しております。
                                 59/140








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【監査の状況】
      ①  監査等委員会による監査の状況
       当社の監査等委員会は、常勤監査等委員1名と非常勤の社外取締役である監査等委員2名の計3名で構成され、
      社外取締役である監査等委員のうち1名(英公一)は、公認会計士として豊富な経験を積んでおり、会計・財務に
      関する相当程度の知識・経験を有しております。監査等委員会の開催日程は、原則として取締役会と同日としてお
      り、第21期は13回開催し、いずれも監査等委員全員が出席しております。監査等委員会においては、会計監査人の
      選解任に関する議案の内容の決定等、法定の職務を行うほか、常勤監査等委員が監査活動において把握した問題点
      や業務運営状況等について、監査調書に基づき他の監査等委員に報告を行い、問題点の改善方法等について検討
      し、認識を共有しております。
       常勤監査等委員は、監査等委員会において策定した監査計画に従い、議事録、稟議書等の書類の閲覧、関係者へ
      のヒアリング、子会社往査を含む実地調査等の方法により監査を実施し、監査調書を作成し、これを他の監査等委
      員に共有しております。毎月開催される取締役会には監査等委員全員が出席し、必要に応じて意見を述べるほか、
      常勤監査等委員は決裁会議、全体ミーティングその他重要な会議にも出席し、取締役の業務執行状況の監査を実施
      しております。
      ②  内部監査の状況

       当社の内部監査は、代表取締役社長直属の独立した組織として設置された内部監査室(人員2名)が、内部監査
      規程に基づき、会社財産の保全と経営効率の向上を目的に実施しております。内部監査室は、事前に代表取締役社
      長の承認を得た年間監査計画に基づき策定された監査実施計画に従って、合法性と合理性の観点から監査を行って
      おります。監査結果は代表取締役社長に報告するとともに、改善の必要がある場合は、被監査部門に対して改善指
      示書を提示し、改善状況を確認する等、当社の業務全般にわたって、改善・合理化に関する情報の提供や助言・提
      案等を行っております。なお、当社の内部監査は子会社も対象としております。
      ③  会計監査の状況

       a.  監査法人の名称
        仰星監査法人
       b.  継続監査期間

        2年間
       c.  業務を執行した公認会計士

        業務執行社員 福田          日武
        業務執行社員 小川          聡
       d.  監査業務に係る補助者の構成

        当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士5名、会計士試験合格者等8名であります。
       e.  監査法人の選定方針と理由

        会計監査人の選定に際しては、会計監査人に求められる専門性、独立性及び適切性を有し、品質管理体制を具
       備していることを確認し、選定する方針としており、仰星監査法人は、かかる観点から、当社の会計監査が適正
       かつ妥当に行われることを確保する体制を備えていると判断したため選定しました。
        なお、監査等委員会は、会計監査人の職務の執行に支障がある等、その必要があると判断した場合は、株主総
       会に提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定いたします。
        また、監査等委員会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合
       は、監査等委員全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査等委員会が選定した監査等
       委員は、解任後最初に招集される株主総会におきまして、会計監査人を解任した旨及び解任の理由を報告いたし
       ます。
                                 60/140



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       f.  監査等委員及び監査等委員会による監査法人の評価
        当社の監査等委員及び監査等委員会は、会計監査人の監査の方法及び監査結果の相当性などを勘案するととも
       に、会計監査人との面談、意見交換等を通じて適否の判断を行っており、会計監査人としての職務遂行は適正に
       行われていると評価しております。
      ④  監査報酬の内容等

       a.  監査公認会計士等に対する報酬の内容
                      前連結会計年度                      当連結会計年度

        区分
                監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社               10,000             -         18,300             -
      連結子会社                 -           -           -           -
        計             10,000             -         18,300             -
       b.  監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(aを除く)

        該当事項はありません。
       c.  その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

        該当事項はありません。
       d.  監査報酬の決定方針

        監査公認会計士から監査計画の内容及び監査工数の見積りについて説明を受け、過年度の監査実績も考慮し、
       適切性を検証した上で監査等委員会の同意を得て決定する方針としております。
       e.  監査等委員会が監査報酬に同意した理由

        会計監査人の監査計画の内容及び報酬見積りについて説明を受け、職務遂行状況が適切であるかについて検証
       を行った上で、監査報酬について同意しております。
                                 61/140










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (4)  【役員の報酬等】
        当社は2022年10月24日開催の取締役会において、任意の諮問委員会である指名・報酬委員会を設置することを
       決議しました。また、下記のとおり、役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針を定めておりま
       す。
      ①  役員の報酬     等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

       a.  基本方針
        当社の役員の報酬は、下記の考え方に基づき決定することとしております。
       1.客観性・透明性を高めるため、明確な基準に基づく報酬制度とする。
       2.優秀な人材の定着、または新たな獲得のため、魅力のある報酬水準を目指す。
       3.持続的な成長を目指すため、短期のみならず中長期の業績を意識した報酬体系とする。
       4.企業価値・株主価値向上を重視した報酬体系とする。
       b.報酬水準の考え方

        取締役の報酬水準については、外部コンサルタントからの客観的な報酬データ等を活用のうえ、類似の業種、
       同規模の企業の役員報酬水準をベンチマークとして設定し、当社の経営状況を鑑みて、報酬水準を設定すること
       としております。
       c.報酬構成の概要

        取締役(監査等委員である者を除く)の報酬は、以下のとおり、金銭報酬として、固定報酬としての基本報酬
       及び業績連動報酬、ならびに、非金銭報酬としての株式報酬の3項目により構成し、監査等委員である取締役の
       報酬は、経営の監督機能を十分に機能させるため、基本報酬のみで構成することとしております。
        なお、2020年3月30日開催の第19期定時株主総会において、取締役(監査等委員である者を除く)の報酬額は
       年額3億円以内、監査等委員である取締役の報酬額は年額50百万円以内とそれぞれ決議されており、決議時点に
       おいて、これらの限度額に基づく報酬等の支給対象となる役員は、取締役(監査等委員である者を除く)4名、
       監査等委員である取締役3名であります。
        イ 金銭報酬

          ・基本報酬
           取締役(監査等委員である者を除く)の基本報酬は固定報酬として、取締役の職位と執行役員の役位に
           基づき決定し、毎月支給することとしております。
          ・業績連動報酬
           執行役員を兼務する取締役に対して、重要な経営指標である売上高・受注高・営業利益等を、業績連動
           報酬に対する指標として設定し、それらの目標達成度に基づき年間支給額を決定し、翌事業年度の基本
           報酬と併せて分割して支給することとしております。
        ロ 非金銭報酬
          執行役員を兼務する取締役に対して、執行役員の役位に応じて、当社株式等を毎年付与することとしてお
          ります。
       d.金銭報酬の額、業績連動報酬等の額又は非金銭報酬等の額の取締役の個人別の報酬等の額に対する割合の決定

        に関する方針
        職位、役位、職責、他社の動向等を踏まえ、企業価値の持続的な向上に寄与するために最適な支給割合となる
       よう決定することとしております。
       e.報酬の決定のプロセス

        報酬の水準及び報酬額の妥当性と決定プロセスの透明性を担保するため、具体的な報酬支給額については、全
       ての社外取締役が構成員に含まれる指名・報酬委員会における審議を経て、その答申をもって、取締役会で決定
       することとしております。
                                 62/140


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               報酬等の種類別の総額(千円)

                                                    対象となる
                  報酬等の総額
        役員区分                                            役員の員数
                   (千円)
                                                      (名)
                          固定報酬      業績連動報酬         賞与     退職慰労金
    取締役
                    191,314       122,941         -     68,373         -        6
    (監査等委員及び社外取締
    役を除く)
    監査等委員
                     16,702       16,702         -       -       -        1
    (社外取締役を除く)
    社外役員                12,000       12,000         -       -       -        2
    (注) 上記の役員報酬については、2021年12月に決議された旧「取締役の個人別報酬等の内容に係る決定方針」に従い
        決定されたものであり、各取締役の役位、職責、在任年数、会社の業績、各取締役の業績及びその評価等を総合
        的に考慮し、代表取締役が人事担当取締役と協議し、内規に基づいて決定しております。
      ③  提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

       報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
      ④  使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

       該当事項はありません。
                                 63/140














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【株式の保有状況】
      ①  投資株式の区分の基準及び考え方
       純投資目的である投資株式とは、株式の配当や値上がり益を得ることを目的として保有する株式を意図し、純投
      資目的以外の目的である株式とは、発行会社との関係性から事業上の何らかの便益を目的として保有する株式と位
      置付けております。
      ②  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.  保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内
        容
        当社は、保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式について、取引先とのビジネスにおける関係強化を
       目的として、当社事業の安定的発展を図るために保有しています。取締役会において、当該銘柄の保有目的が適
       切か、保有に伴う便益やリスクを検証し、保有の適否を判断することとしています。
       b.  銘柄数及び貸借対照表計上額

                       銘柄数       貸借対照表計上額の
                       (銘柄)         合計額(千円)
        非上場株式                 -               -
        非上場株式以外の株式                 1             181,500
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                       銘柄数
                              株式数の増加に係る取得
                                             株式数の増加の理由
                               価額の合計額(千円)
                       (銘柄)
        非上場株式                 -               -          -
        非上場株式以外の株式                 -               -          -
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                       銘柄数
                              株式数の減少に係る売却
                               価額の合計額(千円)
                       (銘柄)
        非上場株式                 -               -
        非上場株式以外の株式                 -               -
       c.  特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

       特定投資株式
                  当事業年度           前事業年度
                                                     当社の株
                                      保有目的、定量的な保有効果
                 株式数(株)           株式数(株)
          銘柄                                           式の保有
                                      及び株式数が増加した理由
                                                      の有無
                貸借対照表計上額           貸借対照表計上額
                  (千円)           (千円)
                      30,000           30,000
                                     安定的な取引関係の維持・強化
        株式会社壽屋                                               無
                                     のため
                     181,500           56,940
        (注)   定量的な保有効果の記載は困難ですが、「(5)株式の保有状況②a」の記載内容に基づいて、その保有効
          果を検証しております。
      ③  保有目的が純投資目的である投資株式

       該当事項はありません。
      ④  当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

       該当事項はありません。
      ⑤  当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

       該当事項はありません。
                                 64/140


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号。以下
      「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2)  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     (3)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下「財務
      諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2 監査証明について

     (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(2020年1月1日から2020年12月31
      日まで)及び当連結会計年度(2021年1月1日から2021年12月31日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度(2020年1
      月1日から2020年12月31日まで)及び当事業年度(2021年1月1日から2021年12月31日まで)の財務諸表について、仰
      星監査法人により監査を受けております。
     (2)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2022年7月1日から2022
      年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2022年1月1日から2022年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表
      について、仰星監査法人による四半期レビューを受けております。
    3   連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握し、会計制度の変更に迅速に対応できる体制を整備するため、専門的情報を有する団体等が主催する
     研修への参加、会計専門誌の定期購読等により専門知識の蓄積に努めております。
                                 65/140











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              1,206,468              2,145,943
        売掛金                               120,335              116,545
                                     ※1   3,244            ※1   3,196
        棚卸資産
                                        72,500              75,134
        その他
        流動資産合計                              1,402,549              2,340,819
      固定資産
        有形固定資産
         建物附属設備                              127,847              126,867
                                      △ 82,220             △ 67,460
          減価償却累計額及び減損損失累計額
          建物附属設備(純額)                             45,626              59,407
         工具、器具及び備品
                                       165,892               77,394
                                      △ 131,447              △ 53,804
          減価償却累計額及び減損損失累計額
          工具、器具及び備品(純額)                             34,445              23,590
         有形固定資産合計                               80,071              82,997
        無形固定資産
         ソフトウエア                              141,981              156,879
         のれん                              182,453              178,392
                                        24,106              16,592
         その他
         無形固定資産合計                              348,541              351,863
        投資その他の資産
         投資有価証券                               56,940              181,500
         敷金及び保証金                              152,712               93,688
         繰延税金資産                              193,597               56,116
                                        14,443              14,443
         その他
         投資その他の資産合計                              417,693              345,747
        固定資産合計                               846,307              780,608
      資産合計                                2,248,856              3,121,427
                                 66/140









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                42,938              62,552
        未払金                                68,975              66,225
        未払法人税等                                13,711              43,555
        未払消費税等                                8,088              95,485
        未払費用                                1,622              34,428
        前受金                               663,532              860,565
        賞与引当金                                79,619              208,750
        役員賞与引当金                                   -            67,760
                                        15,745              10,590
        その他
        流動負債合計                               894,234             1,449,914
      固定負債
        退職給付に係る負債                                5,152              3,985
        資産除去債務                                38,542              22,786
                                        1,524              1,524
        その他
        固定負債合計                                45,219              28,296
      負債合計                                 939,454             1,478,210
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               100,000              100,000
        資本剰余金                                54,976              88,376
                                      1,112,993              1,358,254
        利益剰余金
        株主資本合計                              1,267,970              1,546,631
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                27,432              108,907
                                        13,999             △ 12,321
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                41,432              96,586
      純資産合計                                1,309,402              1,643,217
     負債純資産合計                                 2,248,856              3,121,427
                                 67/140









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (2022年9月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              2,397,443
        売掛金                               128,191
        棚卸資産                                2,919
                                        90,421
        その他
        流動資産合計                              2,618,977
      固定資産
        有形固定資産
         建物附属設備(純額)                               54,311
                                        18,363
         工具、器具及び備品(純額)
         有形固定資産合計                               72,675
        無形固定資産
         のれん                              203,539
         ソフトウエア                              152,237
                                        19,525
         その他
         無形固定資産合計                              375,302
        投資その他の資産
         投資有価証券                              225,900
         敷金及び保証金                               93,560
         繰延税金資産                               37,243
                                        16,043
         その他
         投資その他の資産合計                              372,746
        固定資産合計                               820,724
      資産合計                                3,439,701
                                 68/140











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (2022年9月30日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                61,595
        未払金                                35,573
        未払法人税等                                68,607
        未払消費税等                                50,150
        未払費用                                14,814
        前受金                               948,336
        賞与引当金                               106,425
                                        24,158
        その他
        流動負債合計                              1,309,661
      固定負債
        資産除去債務                                23,860
        退職給付に係る負債                                4,427
                                        1,540
        その他
        固定負債合計                                29,827
      負債合計                                1,339,489
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               100,000
        資本剰余金                                88,376
                                      1,810,618
        利益剰余金
        株主資本合計                              1,998,995
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                               137,949
                                      △ 36,732
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                               101,217
      純資産合計                                2,100,212
     負債純資産合計                                 3,439,701
                                 69/140










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
     売上高                                 2,432,901              3,306,541
                                      1,914,271              1,837,944
     売上原価
     売上総利益                                  518,629             1,468,596
                                    ※1   899,651           ※1   1,106,658
     販売費及び一般管理費
     営業利益又は営業損失(△)                                 △ 381,022              361,938
     営業外収益
      受取利息                                   218              183
      受取配当金                                   450             1,200
      為替差益                                    -            50,856
      助成金収入                                 10,633               1,570
                                         429              975
      その他
      営業外収益合計                                 11,731              54,786
     営業外費用
      為替差損                                 26,336                 -
                                          -              73
      雑損失
      営業外費用合計                                 26,336                73
     経常利益又は経常損失(△)                                 △ 395,627              416,650
     特別利益
      保険解約益                                 36,330                 -
      資産除去債務履行差額                                    -            1,520
                                          -             447
      その他
      特別利益合計                                 36,330               1,967
     特別損失
                                                    ※2   9,016
      減損損失                                    -
      固定資産除却損                                 33,137               6,508
                                          -            14,455
      事業構造改善費用
      特別損失合計                                 33,137              29,979
     税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純損
                                      △ 392,434              388,638
     失(△)
     法人税、住民税及び事業税
                                        16,498              45,538
                                      △ 109,892               97,839
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  △ 93,393              143,377
     当期純利益又は当期純損失(△)                                 △ 299,041              245,260
     親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                      △ 299,041              245,260
     帰属する当期純損失(△)
                                 70/140







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
     当期純利益又は当期純損失(△)                                 △ 299,041              245,260
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  1,416              81,474
                                        7,661             △ 26,320
      為替換算調整勘定
                                     ※1   9,078           ※1   55,153
      その他の包括利益合計
     包括利益                                 △ 289,962              300,414
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                △ 289,962              300,414
                                 71/140
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2022年1月1日
                                至 2022年9月30日)
     売上高                                 2,651,032
                                      1,179,574
     売上原価
     売上総利益                                 1,471,458
     販売費及び一般管理費                                  977,775
     営業利益                                  493,682
     営業外収益
      受取利息                                   136
      受取配当金                                  2,100
      為替差益                                 94,442
      助成金収入                                  1,100
                                         803
      その他
      営業外収益合計                                 98,583
     営業外費用
      上場関連費用                                  7,830
                                          37
      その他
      営業外費用合計                                  7,867
     経常利益                                  584,398
     特別損失
      固定資産除却損                                  1,623
      ゴルフ会員権評価損                                  2,722
                                         427
      その他
      特別損失合計                                  4,774
     税金等調整前四半期純利益                                  579,623
     法人税、住民税及び事業税
                                        90,738
                                        10,385
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  101,123
     四半期純利益                                  478,500
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                  478,500
                                 72/140









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2022年1月1日
                                至 2022年9月30日)
     四半期純利益                                  478,500
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 29,042
                                      △ 24,411
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                  4,630
     四半期包括利益                                  483,131
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 483,131
                                 73/140
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                  資本金          資本剰余金           利益剰余金          株主資本合計
    当期首残高                 100,000           54,976         1,437,669           1,592,646
    当期変動額
     剰余金の配当                                     △ 25,635          △ 25,635
     親会社株主に帰属
                                          △ 299,041          △ 299,041
     する当期純損失(△)
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純額)
    当期変動額合計                   -           -       △ 324,676          △ 324,676
    当期末残高                 100,000           54,976         1,112,993           1,267,970
                         その他の包括利益累計額

                  その他                     その他の
                                                 純資産合計
                            為替換算
                  有価証券                     包括利益
                            調整勘定
                 評価差額金                     累計額合計
    当期首残高                 26,016           6,337          32,353         1,625,000
    当期変動額
     剰余金の配当                                        -        △ 25,635
     親会社株主に帰属
                                             -       △ 299,041
     する当期純損失(△)
     株主資本以外の項目
                      1,416           7,661           9,078           9,078
     の当期変動額(純額)
    当期変動額合計                  1,416           7,661           9,078         △ 315,597
    当期末残高                 27,432           13,999           41,432         1,309,402
                                 74/140











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                  資本金          資本剰余金           利益剰余金          株主資本合計
    当期首残高                 100,000           54,976         1,112,993           1,267,970
    当期変動額
     新株の発行                16,700           16,700                     33,400
     減資                △ 16,700           16,700                        -
     親会社株主に帰属
                                           245,260           245,260
     する当期純利益
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純額)
    当期変動額合計                   -         33,400          245,260           278,660
    当期末残高                 100,000           88,376         1,358,254           1,546,631
                         その他の包括利益累計額

                  その他                     その他の
                                                 純資産合計
                            為替換算
                  有価証券                     包括利益
                            調整勘定
                 評価差額金                     累計額合計
    当期首残高                 27,432           13,999           41,432         1,309,402
    当期変動額
     新株の発行                                        -         33,400
     減資                                        -           -
     親会社株主に帰属
                                             -        245,260
     する当期純利益
     株主資本以外の項目
                      81,474          △ 26,320           55,153           55,153
     の当期変動額(純額)
    当期変動額合計                 81,474          △ 26,320           55,153          333,814
    当期末残高                 108,907          △ 12,321           96,586         1,643,217
                                 75/140











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期
                                      △ 392,434              388,638
      純損失(△)
      減価償却費                                 69,059              72,122
      減損損失                                    -            9,016
      のれん償却額                                 20,922              21,506
      受取利息及び受取配当金                                  △ 668            △ 1,383
      為替差損益(△は益)                                 31,727             △ 48,249
      固定資産除却損                                 33,770               7,203
      売上債権の増減額(△は増加)                                 66,639               4,419
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                    47              48
      仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 39,330              16,962
      前受金の増減額(△は減少)                                 178,642              192,001
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 3,008              87,402
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 6,991             128,834
      役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                △ 10,000              67,760
      保険解約益                                △ 36,330                 -
                                        25,322              12,633
      その他
      小計                                △ 62,632              958,918
      利息及び配当金の受取額
                                         668             1,383
                                      △ 69,920              △ 2,861
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                △ 131,883              957,440
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 4,599             △ 46,099
      無形固定資産の取得による支出                                △ 88,902             △ 58,962
      保険積立金の払戻による収入                                 36,330                 -
                                          -            42,946
      敷金の回収による収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 57,172             △ 62,115
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      リース債務の返済による支出                                 △ 1,162              △ 290
      株式の発行による収入                                    -            33,400
                                      △ 25,635                 -
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 26,797              33,109
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                  △ 10,414              11,119
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 △ 226,267              939,554
     現金及び現金同等物の期首残高                                 1,433,447              1,207,179
                                   ※1   1,207,179            ※1   2,146,734
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 76/140







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
       前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
      1 連結の範囲に関する事項
       (1)   連結子会社の数
          6社
         連結子会社の名称
          COACH    A Inc.
          COACH    A Co.,   Ltd.   (Shanghai)
          COACH    A (Hong   Kong)   Co.,   Ltd.
          COACH    A (Thailand)      Co.,   Ltd.
          ASHA    SAN  INC.
          COACH   U,  INC. 
         COACH   U,  INC.  を当連結会計年度において新たに設立したことから、連結の範囲に含めております。また、
         Coach   Inc.com    Inc.、Corporate        Coaches,     Inc.、Coach      U,  Inc.、及び      Corporate     Coach   U International,
         Inc.を当連結会計年度において清算したことから、当該4社を連結の範囲から除外しております。
      2 持分法の適用に関する事項

       (1)  持分法を適用した関連会社数
         該当事項はありません。
       (2)  持分法を適用しない関連会社のうち主要な会社等の名称

         該当事項はありません。
      3 連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      4 会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ①  有価証券
         その他有価証券
           時価のあるもの
            決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動
           平均法により算定)
           時価のないもの
            移動平均法による原価法
        ②  棚卸資産
         個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
                                 77/140






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
        ①  有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに
        2016年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物附属設備                2~18年
           工具、器具及び備品           2~15年
        ②  無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法を採用しております。
          なお、自社利用ソフトウエアについては社内の利用可能期間(5年)に基づいております。
        ③  リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
       (3)     重要な引当金の計上基準

        ①  貸倒引当金
          債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
        については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ②  賞与引当金
          従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上し
        ております。
       (4)  退職給付に係る会計処理の方法

         当社は、確定拠出型の制度として特定退職金共済制度を採用しております。なお、一部の在外連結子会社
        は、所在地国の制度に基づき計算された期末要支給額を退職給付債務として計上しております。
       (5)  重要な収益及び費用の計上基準

         売上高の計上基準
         コーチング事業の売上高については、コーチング実績に対応して収益を計上しております。
       (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
        か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (7)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

         外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
        ります。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費
        用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めております。
       (8)  のれんの償却方法及び償却期間

         のれんの償却については、10年間の定額法により償却を行っております。
       (9)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
         消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 78/140




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
      1 連結の範囲に関する事項
       (1)   連結子会社の数
          5社
         連結子会社の名称
          COACH    A Co.,   Ltd.   (Shanghai)
          COACH    A (Hong   Kong)   Co.,   Ltd.
          COACH    A (Thailand)      Co.,   Ltd.
          COACH    A INTERNATIONAL       INC.
          COACH   U,  INC. 
         COACH   A INTERNATIONAL       INC.は、2021年3月19日付で             ASHA   SAN  INC.  から名称変更しております。
         また、前連結会計年度において子会社であったCOACH                         A Inc.は、2021年6月22日に清算結了いたしました。
      2 持分法の適用に関する事項

       (1)  持分法を適用した関連会社数
         該当事項はありません。
       (2)  持分法を適用しない関連会社のうち主要な会社等の名称

         該当事項はありません。
      3 連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      4 会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ①  有価証券
         その他有価証券
           時価のあるもの
            決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動
           平均法により算定)
           時価のないもの
            移動平均法による原価法
        ②  棚卸資産
         個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

        ①  有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに
        2016年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物附属設備                2~18年
           工具、器具及び備品           2~15年
        ②  無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法を採用しております。
          なお、自社利用ソフトウエアについては社内の利用可能期間(5年)に基づいております。
        ③  リース資産

          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                 79/140


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)     重要な引当金の計上基準
        ①  貸倒引当金
          債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
        については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ②  賞与引当金
          従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上し
        ております。
        ③  役員賞与引当金
          役員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上して
        おります。
       (4)  退職給付に係る会計処理の方法

         当社は、確定拠出型の制度として特定退職金共済制度を採用しております。なお、一部の在外連結子会社
        は、所在地国の制度に基づき計算された期末要支給額を退職給付債務として計上しております。
       (5)  重要な収益及び費用の計上基準

         売上高の計上基準
         コーチング事業の売上高については、コーチング実績に対応して収益を計上しております。
       (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
        か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (7)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

         外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
        ります。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費
        用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めております。
       (8)  のれんの償却方法及び償却期間

         のれんの償却については、10年間の定額法により償却を行っております。
       (9)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
         消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 80/140








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (重要な会計上の見積り)
      当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
       繰延税金資産の回収可能性
      (1)   当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
       繰延税金資産          56,116千円
      (2)   識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

       繰延税金資産は、過去の税務上の欠損金の発生状況及び中期経営計画に基づく課税所得の発生時期及び金額の見
      積りにより企業分類を判定した上で、一時差異等の解消年度のスケジューリングを行い、回収可能と見込まれる金
      額について計上しております。
       見積りの基礎となる中期経営計画の仮定は、主要顧客を中心とした将来の受注見込を基に売上高を予測し、サー
      ビス提供を実現するための人員計画やシステム投資を考慮して発生が見込まれる費用を予測したものとなります。
       当該見積りは、将来の不確実な経済条件の発動などによって影響を受ける可能性があり、実際に発生した課税所
      得の時期及び金額が見積りと異なった場合、翌連結会計年度の連結財務諸表において、繰延税金資産の金額に重要
      な影響を与える可能性があります                。
       (未適用の会計基準等)

     前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
     1 収益認識に関する会計基準
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日)
      (1)   概要

        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
         ステップ1:顧客との契約を識別する。
         ステップ2:契約における履行義務を識別する。
         ステップ3:取引価格を算定する。
         ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
         ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2)   適用予定日

        2022年12月期の期首より適用予定であります。
      (3)   当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
     2 時価の算定に関する会計基準等

      ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)
      ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
      ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
      ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
      ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
                                 81/140





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (1)   概要
        国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算
       定に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関する
       ガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
      ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
      ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
        また、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注
       記事項が定められました。
      (2)   適用予定日

        2022年12月期の期首より適用予定であります。
      (3)   当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
     3 会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準

      ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31日)
      (1)  概要

        関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に、採用した会計処理の原則及び手続きの概要を示すことを目
       的とするものです。
      (2)  適用予定日

        2021年12月期の年度末より適用予定であります。
     4 会計上の見積りの開示に関する会計基準

      ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)
      (1)  概要

        当年度の財務諸表に計上した金額が会計上の見積りによるもののうち、翌年度の財務諸表に重要な影響を及ぼ
       すリスクがある項目における会計上の見積りの内容について、財務諸表利用者の理解に資する情報を開示するこ
       とを目的とするものです。
      (2)  適用予定日

        2021年12月期の年度末より適用予定であります。
     当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

     1 収益認識に関する会計基準
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2021年3月26日)
      (1)   概要

       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
       ステップ1:顧客との契約を識別する。
       ステップ2:契約における履行義務を識別する。
       ステップ3:取引価格を算定する。
       ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
       ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
                                 82/140



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)   適用予定日
       2022年12月期の期首より適用予定であります。
      (3)   当該会計基準等の適用による影響

       「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額はありません。
     2 時価の算定に関する会計基準等

      ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)
      ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
      ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
      ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
      ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日)
      (1)   概要

        国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算
       定に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関する
       ガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
      ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
      ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
       また、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注記
      事項が定められました。
      (2)   適用予定日

        2022年12月期の期首より適用予定であります。
      (3)   当該会計基準等の適用による影響

        「時価の算定に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額はありません。
       (表示方法の変更)

      当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
      (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)
      「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当連結会計年度の年度末
     に係る連結財務諸表から適用し、連結財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
      ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取り扱いにしたがって、前連結会
     計年度に係る内容については記載しておりません。
       (追加情報)

      前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)及び当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年
      12月31日)
       新型コロナウイルス感染症の影響による会計上の見積りへの影響
        新型コロナウイルス感染症の影響につきましては、今後の収束時期等を正確に予測することは困難な状況にあ
       りますが、直近の営業状況等から当該感染症の影響は限定的であると判断しております。翌連結会計年度以降に
       ついても、当該感染症が受注状況やサービスの実施に与える影響は限定的であるという仮定に基づき、繰延税金
       資産の回収可能性などの見積りを行っております。
                                 83/140




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結貸借対照表関係)
      ※1    棚卸資産の内訳
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (2020年12月31日)                 (2021年12月31日)
        商品                          2,751千円                 2,716千円
                                   493  〃               480  〃
        貯蔵品
       (連結損益計算書関係)

      ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2020年1月1日              (自    2021年1月1日
                             至   2020年12月31日)               至   2021年12月31日)
        役員報酬                         109,609千円                 152,256千円
                                 363,919    〃             356,692    〃
        給料及び手当
                                 118,022    〃             159,984    〃
        業務委託費
                                 17,624    〃             46,537    〃
        賞与引当金繰入
                                    - 〃             67,760    〃
        役員賞与引当金繰入
                                  3,119   〃              3,299   〃
        退職給付費用
      ※2    減損損失

        前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

         当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
          場所              用途              種類            金額(千円)
                                建物附属設備                        7,847
    中国 上海市              事業用資産              工具、器具及び備品                         464

                                ソフトウエア                         704

                                合計                        9,016

       当社グループは、コーチング事業の単一セグメントであり、各社が保有している固定資産は、各社が展開する
      サービス全体の向上に寄与しており、各サービスに配分すべき性質を有しておりません。従って、各拠点(親会
      社、各子会社)を概ね独立したキャッシュ・フローを生み出す最小単位とし、グルーピングを行っております。
       当連結会計年度において、上海拠点の業績が当初計画を下回る状況が継続していることから、当該拠点に係る資
      産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(9,016千円)として特別損失に計上いた
      しました。
       なお、当該回収可能価額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローに基づく使用価値がマイナス
      であるため、回収可能価額を零として評価しております。
                                 84/140






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結包括利益計算書関係)
      ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                                       (千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2020年1月1日              (自    2021年1月1日
                             至   2020年12月31日)               至   2021年12月31日)
        その他有価証券評価差額金
          当期発生額                           2,160                124,560
                                     -                 -
          組替調整額
            税効果調整前
                                   2,160                124,560
                                   △743               △43,085
            税効果額
            その他有価証券評価差額金                           1,416                81,474
        為替換算調整勘定
         当期発生額                          8,871               △26,817
                                     -                496
          組替調整額
            税効果調整前
                                   8,871               △26,320
                                  △1,210                    -
            税効果額
          為替換算調整勘定
                                   7,661               △26,320
               その他の包括利益合計                    9,078                55,153
                                 85/140














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                 854,500              -           -        854,500
     2 自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3 新株予約権等に関する事項

       該当事項はありません。
     4 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                            配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類       配当の原資                        基準日       効力発生日
                             (千円)       配当額(円)
    2020年3月30日
              普通株式       利益剰余金          25,635        30.00    2019年12月31日        2020年3月31日
    定時株主総会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

        該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                 854,500            16,700              -        871,200
     (変動事由の概要)
      第三者割当の新株式発行による増加 16,700株
     2 自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3 新株予約権等に関する事項

       該当事項はありません。
     4 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
        該当事項はありません。
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                            配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類       配当の原資                        基準日       効力発生日
                             (千円)       配当額(円)
    2022年3月29日
              普通株式       利益剰余金          26,136        30.00    2021年12月31日        2022年3月31日
    定時株主総会
                                 86/140




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりでありま
      す。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2020年1月1日              (自    2021年1月1日
                             至   2020年12月31日)               至   2021年12月31日)
        現金及び預金                        1,206,468千円                 2,145,943千円
                                   711  〃               790  〃
        その他(有価証券)
        現金及び現金同等物                        1,207,179千円                 2,146,734千円
       (リース取引関係)

       前連結会計年度(2020年12月31日)
        重要性が乏しいため記載を省略しております。
       当連結会計年度(2021年12月31日)

        重要性が乏しいため記載を省略しております。
                                 87/140















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (金融商品関係)
     前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、一時的な余資は安全性の高い金融資産で運用し、デリバティブ等投機的な取引は行わない方
       針であります。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である売掛金は、取引先の信用リスクに晒されております。
        投資有価証券は、株式であり、主として市場価格の変動リスクに晒されております。
        営業債務である買掛金は、1年以内の支払期日であります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

        当社グループは、営業取引においては基本的に前金受領による信用リスクの軽減を図っております。
        投資有価証券は、定期的に発行体の財務状況等を把握しております。
        買掛金は、月次に資金繰り計画を作成するなどの方法により流動性リスクを管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
       より、当該価額が変動することもあります。
     2 金融商品の時価等に関する事項

       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。                                       なお、時価を把握すること
      が極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注3)参照)。
                       連結貸借対照表計上額                時価            差額
                          (千円)            (千円)            (千円)
    (1)  現金及び預金
                             1,206,468            1,206,468                -
    (2)  売掛金
                              120,335            120,335               -
    (3)  投資有価証券及び有価証券
     その他有価証券                         57,651            57,651               -
           資産計                  1,384,454            1,384,454                -
    (4)  買掛金
                              42,938            42,938               -
           負債計                   42,938            42,938               -
    (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

     資   産
      (1)  現金及び預金、並びに(2)            売掛金
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (3)  投資有価証券及び有価証券
        投資有価証券の時価について、株式は取引所の価格によっております。
     負   債
      (4)  買掛金
        買掛金はすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
                                 88/140




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (注2)    金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額
                                       1年超       5年超

                               1年以内                      10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                      (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                           1,206,468           -       -       -
    売掛金                            120,335          -       -       -
                合計                1,326,803           -       -       -
    (注3)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                   連結貸借対照表計上額

                区分
                                       (千円)
    敷金及び保証金                                           152,712
       敷金及び保証金については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上表に含め
      ておりません。
     当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、一時的な余資は安全性の高い金融資産で運用し、デリバティブ等投機的な取引は行わない方
       針であります。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である売掛金は、取引先の信用リスクに晒されております。
        投資有価証券は、主として株式であり、市場価格の変動リスクに晒されております。
        営業債務である買掛金は、1年以内の支払期日であります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

        当社グループは、営業取引においては基本的に前金受領による信用リスクの軽減を図っております。
        投資有価証券は、定期的に発行体の財務状況等を把握しております。
        買掛金は、月次に資金繰り計画を作成するなどの方法により流動性リスクを管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
       より、当該価額が変動することもあります。
                                 89/140







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。                                       なお、時価を把握すること
      が極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注3)参照)。
                       連結貸借対照表計上額                時価            差額
                          (千円)            (千円)            (千円)
    (1)  現金及び預金
                             2,145,943            2,145,943                -
    (2)  売掛金
                              116,545            116,545               -
    (3)  投資有価証券及び有価証券
     その他有価証券                         182,290            182,290               -
           資産計                  2,444,779            2,444,779                -
    (4)  買掛金
                              62,552            62,552               -
           負債計                   62,552            62,552               -
    (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

     資   産
      (1)  現金及び預金、並びに(2)            売掛金
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (3)  投資有価証券及び有価証券
        投資有価証券の時価について、株式は取引所の価格によっております。
     負   債
      (4)  買掛金
        買掛金はすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
    (注2)    金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

                                       1年超       5年超

                               1年以内                      10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                      (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                           2,145,943           -       -       -
    売掛金                            116,545          -       -       -
                合計                2,262,488           -       -       -
    (注3)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                   連結貸借対照表計上額

                区分
                                       (千円)
    敷金及び保証金                                            93,688
       敷金及び保証金については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上表に含め
      ておりません。
                                 90/140






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (有価証券関係)
      前連結会計年度(2020年12月31日)
    1 その他有価証券
                       連結貸借対照表計上額               取得原価             差額

            区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
    連結貸借対照表計上額が取得原価を
    超えるもの
     株式                          56,940            15,000            41,940
     債券                             -            -            -
     その他                           711             74            636
            小計                   57,651            15,074            42,576
    連結貸借対照表計上額が取得原価を
    超えないもの
     株式                             -            -            -
     債券                             -            -            -
     その他                             -            -            -
            小計                     -            -            -
            合計                   57,651            15,074            42,576
      当連結会計年度(2021年12月31日)

    1 その他有価証券
                       連結貸借対照表計上額               取得原価             差額

            区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
    連結貸借対照表計上額が取得原価を
    超えるもの
     株式                         181,500             15,000            166,500
     債券                             -            -            -
     その他                           790             74            715
            小計                  182,290             15,074            167,215
    連結貸借対照表計上額が取得原価を
    超えないもの
     株式                             -            -            -
     債券                             -            -            -
     その他                             -            -            -
            小計                     -            -            -
            合計                  182,290             15,074            167,215
                                 91/140








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (退職給付関係)
      前連結会計年度(2020年12月31日)
      1 採用している退職給付制度の概要
        当社は、確定拠出型の制度として特定退職金共済制度を採用しております。なお、一部の在外連結子会社は、
       所在地国の公的制度を採用しております。
      2 確定給付制度(簡便法を適用した制度を除く。)

       (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
         退職給付債務の期首残高                            3,212千円
                                     2,095   〃
          勤務費用
                                     △155   〃
          その他
                                     5,152   〃
         退職給付債務の期末残高
       (2)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産の調整

        表
         非積立型制度の退職給付債務                            5,152千円
                                     5,152   〃
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額
         退職給付に係る負債                            5,152千円

                                       - 〃
         退職給付に係る資産
                                     5,152   〃
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額
       (3)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

         勤務費用                            2,095千円
                                     2,095   〃
         確定給付制度に係る退職給付費用
      3 確定拠出制度

        当社の確定拠出制度への要拠出額は、16,320千円でありました。
                                 92/140










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(2021年12月31日)
      1 採用している退職給付制度の概要
        当社は、確定拠出型の制度として特定退職金共済制度を採用しております。なお、一部の在外連結子会社は、
       所在地国の公的制度を採用しております。
      2 確定給付制度(簡便法を適用した制度を除く。)

       (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
         退職給付債務の期首残高                            5,152千円
                                    △1,154    〃
          勤務費用
                                      △11   〃
          その他
                                     3,985   〃
         退職給付債務の期末残高
       (2)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産の調整

        表
         非積立型制度の退職給付債務                            3,985千円
                                     3,985   〃
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額
         退職給付に係る負債                            3,985千円

         退職給付に係る資産                              - 〃
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             3,985〃
       (3)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

         勤務費用                           △1,154千円
                                    △1,154    〃
         確定給付制度に係る退職給付費用
      3 確定拠出制度

        当社の確定拠出制度への要拠出額は、14,850千円でありました。
                                 93/140










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度          当連結会計年度

                                     (2020年12月31日)          (2021年12月31日)
       繰延税金資産
        賞与引当金                                  25,562千円          69,497千円
                                        30,189    〃       22,254    〃
        前受金
                                        217,900    〃       87,948    〃
        税務上の繰越欠損金(注)2
                                        12,850    〃       7,358   〃
        資産除去債務
                                        26,967    〃       26,098    〃
        その他
       繰延税金資産小計
                                        313,469千円          213,156千円
                                       △81,897     〃      △87,948     〃
       税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2
                                       △18,438     〃      △9,137    〃
       将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
       評価性引当額小計(注)1                                △100,335千円           △97,086千円
       繰延税金資産合計
                                        213,133千円          116,070千円
       繰延税金負債

        その他有価証券評価差額金                                  14,507千円          57,592千円
                                         5,029   〃       2,362   〃
        その他
       繰延税金負債合計                                  19,536千円          59,954千円
       繰延税金資産純額                                 193,597千円           56,116千円
     (注)1.前連結会計年度において、評価性引当額が増加した主な理由は連結子会社における税務上の繰越欠損金の

         増加によるものであります。当連結会計年度において、評価性引当額に重要な変動はありません。
        2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

      前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                     1年超      2年超      3年超      4年超
              1年以内                                5年超       合計
                    2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
              (千円)                               (千円)      (千円)
                    (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
    税務上の繰越欠
               136,002         -      -      -      -    81,897      217,900
    損金(※1)
    評価性引当額              -      -      -      -      -   △81,897      △81,897
                                                     (※2)
    繰延税金資産           136,002         -      -      -      -      -
                                                    136,002
       (※1)    税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
       (※2)    税務上の繰越欠損金217,900千円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産136,002千円を計上
           しております。当該税務上の繰越欠損金については、将来の課税所得の見込み等により、回収可能と判断
           した部分については評価性引当額を認識しておりません。
      当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

                     1年超      2年超      3年超      4年超
              1年以内                                5年超       合計
                    2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
              (千円)                               (千円)      (千円)
                    (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
    税務上の繰越欠
                  -      -      -      -      -    87,948      87,948
    損金(※1)
    評価性引当額              -      -      -      -      -   △87,948      △87,948
    繰延税金資産              -      -      -      -      -      -      -
       (※1)     税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
                                 94/140




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった
     主要な項目別の内訳
      前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
      税金等調整前当期純損失を計上したため、注記を省略しております。
      当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

       法定実効税率                                  34.6%

       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                   6.1%
       受取配当金益金不算入                                   0.0%
       評価性引当額の増減
                                         △0.8%
       住民税均等割等                                   0.1%
       軽減税率による影響                                  △0.3%
       海外子会社の税率差異                                  △3.0%
       のれん償却額                                   1.9%
                                         △1.7%
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  36.9%
                                 95/140














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (企業結合等関係)
     前連結会計年度(自         2020年1月1日 至          2020年12月31日)
      共通支配下の取引等
     1 取引の概要
      (1)  結合当事企業の名称及びその事業の内容
        名称             COACH   U,  INC.
        事業の内容 コーチング事業
      (2)  企業結合日
        2020年12月31日
      (3)  企業結合の法的形式
        当社の連結子会社であるASHA              SAN  INC.が保有するCoach          Inc.com    Inc.、Corporate        Coaches,     Inc.、Coach      U,
       Inc.、Corporate        Coach   U International,        Inc.の株式の全てをCOACH            U,  INC.(当社の連結子会社)へ現物出資
      (4)  結合後企業の名称
        COACH   U,  INC.
      (5)  その他取引の概要に関する事項
        当社は、2019年10月に米国新会社(ASHA                  SAN  INC.)を設立し、同年11月にASHA               SAN  INC.がCoach      Inc.com
       Inc.、Corporate        Coaches,     Inc.、Coach      U,  Inc.、Corporate        Coach   U International,        Inc.の4社(Coach         Uグ
       ループ)を取得しています。
        その後、当連結会計年度において、経営資源の効率化のために、北米地域におけるグローバル事業の組織再編
       を行っております。その一環として新たにCOACH                      U,  INC.を設立し、従来より当社の連結子会社としていたCoach
       Inc.com    Inc.、Corporate        Coaches,     Inc.、Coach      U,  Inc.、Corporate        Coach   U International,        Inc.の4社の
       株式の全てをCOACH         U,  INC.へ現物出資しています。
        また、当該4社は、         COACH   U,  INC.  へ資産を譲渡し、最終的に2020年12月31日付で清算をしております。
     2 実施した会計処理の概要

      「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」に基づき、共
      通支配下の取引として処理しております。なお、当該取引から発生する損益については、連結上相殺消去されるこ
      とから、当社グループの連結業績に与える影響はありません。
     当連結会計年度(自         2021年1月1日 至          2021年12月31日)

      該当事項はありません。
                                 96/140









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (資産除去債務関係)
      前連結会計年度(2020年12月31日)
       資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
       (1)  当該資産除去債務の概要

         主に本社の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務であります。
       (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法

         本社建物の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等について、建物1坪当たり費用を見積り、それらを建築
        坪数に乗じて資産除去債務を算出しております。
       (3)  当該資産除去債務の総額の増減

         期首残高                         37,727千円
                                    782  〃
         有形固定資産の取得に伴う増加額
                                     33  〃
         その他増減額(△は減少)
         期末残高                         38,542千円
      当連結会計年度(2021年12月31日)

       資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
       (1)  当該資産除去債務の概要

         主に本社の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務であります。
       (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法

         本社建物の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等について、建物1坪当たり費用を見積り、それらを建築
        坪数に乗じて資産除去債務を算出しております。
       (3)  当該資産除去債務の総額の増減

         期首残高                         38,542千円
                                  △16,188     〃
         資産除去債務の履行による減少額
                                    432  〃
         その他増減額(△は減少)
         期末残高                         22,786千円
                                 97/140









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
        当社グループは、コーチング事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

        当社グループは、コーチング事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       【関連情報】

     前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
     1 製品及びサービスごとの情報
       単一のサービス区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しており
      ます。
     2 地域ごとの情報

      (1)  売上高
                                      (単位:千円)
          日本             その他              合計
            1,928,652               504,248             2,432,901
     (注)   売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
      (2)  有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を
       省略しております。
     3 主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありませ
      ん。
     当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

     1 製品及びサービスごとの情報
       単一のサービス区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しており
      ます。
     2 地域ごとの情報

      (1)  売上高
                                      (単位:千円)
          日本             その他              合計
            2,778,350               528,190             3,306,541
     (注)   売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
      (2)  有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を
       省略しております。
     3 主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありませ
      ん。
                                 98/140



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
       前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

        COACH A Co., Ltd.(Shanghai)において9,016千円の減損損失を計上しております。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
        当社グループは、コーチング事業の単一セグメントであり、記載を省略しております。
       当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

        当社グループは、コーチング事業の単一セグメントであり、記載を省略しております。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

        該当事項はありません。
                                 99/140













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【関連当事者情報】
       前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
      1 関連当事者との取引
         連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                              議決権
                     資本金         等の所
          会社等の                事業の         関連当           取引          期末
                     又は出         有(被         取引の
     種類    名称又は      所在地          内容又         事者と           金額     科目     残高
                     資金         所有)          内容
           氏名               は職業         の関係          (千円)          (千円)
                     (千円)          割合
                               (%)
                                       コーチン
    役員及び                              役員の
                                             35,870    買掛金      2,712
                                       グの受託
    その近親     株式会社                         兼任
    者が議決     ディスカ                編集企         コーチ
               東京都
    権の過半     ヴァー・            22,000    画及び     -    ングの     印税収入       2,146    前受金        44
               千代田区
    数を所有     トゥエン                出版業         受託
    している     ティワン                         書籍の
                                       書籍の購
                                              8,824       -     -
    会社                              購入
                                       入
    (注)1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
       2.取引条件及び取引条件の決定方針等
         コーチングの受託、印税収入及び書籍の購入は、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っており
         ます。
      2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

      1 関連当事者との取引
         連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                              議決権
                     資本金         等の所
          会社等の                事業の         関連当           取引          期末
                     又は出         有(被         取引の
     種類    名称又は      所在地          内容又         事者と           金額     科目     残高
                     資金         所有)          内容
           氏名               は職業         の関係          (千円)          (千円)
                     (千円)          割合
                               (%)
    役員及び
                                       コーチン
    その近親     株式会社                         役員の
                                              8,360    前受金        55
                                       グの受託
    者が議決     ディスカ                編集企         兼任
               東京都
    権の過半     ヴァー・            22,000    画及び     -    コーチ
               千代田区
    数を所有     トゥエン                出版業         ングの
                                       印税収入       6,692       -     -
    している     ティワン                         受託
    会社
    (注)1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
       2.取引条件及び取引条件の決定方針等
         コーチングの受託及び印税収入は、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
      2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

        該当事項はありません。
                                100/140






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

                          (自    2020年1月1日                (自    2021年1月1日
                           至   2020年12月31日)                至   2021年12月31日)
    1株当たり純資産額                               766円18銭                  943円07銭
    1株当たり当期純利益又は
                                  △174円98銭                   142円10銭
    1株当たり当期純損失(△)
     (注)    1.前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、また、
         潜在株式が存在しないため記載しておりません。当連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益に
         ついては、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       2.当社は、2022年9月16日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っております。前連結
         会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利                                             益又は1
         株当たり当期純損失を算出しております。
       3.1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (自    2020年1月1日           (自    2021年1月1日
                                  至   2020年12月31日)            至   2021年12月31日)
    1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失
     親会社株主に帰属する当期純利益又は
                                        △299,041               245,260
     親会社株主に帰属する当期純損失(△)(千円)
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                        -              -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する
     当期純利益又は親会社株主に帰属する                                    △299,041               245,260
     当期純損失(△)(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                    1,709,000              1,725,928
       4.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                項目
                                  (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
    純資産の部の合計額(千円)                                    1,309,402              1,643,217
    純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                        -              -

    普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                    1,309,402              1,643,217

    1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式
                                        1,709,000              1,742,400
    の数(株)
                                101/140








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (重要な後発事象)
      前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
      (連結子会社の清算)
       当社は、2021年1月18日開催の取締役会において、下記のとおり、当社の連結子会社であるCOACH                                              A Inc.を清算
      することを決議いたしました。
       1 清算に至った理由

         当社は、連結子会社であるCOACH                A Inc.について、業績低迷に伴い経営改善を進めて参りましたが、現在の
        同社がおかれた事業環境においては安定的な収益を確保することが困難であるとの判断に至り、この度同社の
        清算手続きに入ることを決定いたしました。
       2 清算する子会社の概要

        (1)  名称     COACH     A Inc.
        (2)  所在地     405   Lexington     Avenue,    26th   Floor,    New  York,   NY  10174
        (3)  代表者     Director,      CEO,   CFO 栗本 渉
        (4)  事業内容     コーチング事業
        (5)  資本金     1米ドル
        (6)  出資比率     当社100%
       3 日程

         今後、現地の法令に従い必要な手続きが完了次第、清算結了となる予定です。
       4 当該清算による損益への影響

         当該連結子会社の清算に伴う影響は軽微であります。
       5 当該清算による営業活動等への影響

         COACH   A Inc.の清算後につきましても、既存顧客に対するサービス等については、引き続き当社及び当社の
        各拠点において対応する予定でございます。また、当該清算が営業活動等へ及ぼす影響は軽微であります。
      当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

      (株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更)
       当社は、2022年8月22日開催の取締役会決議において、2022年9月16日付で株式分割及び株式分割に伴う定款の
      一部変更について決議しております。
       1 株式分割及び定款の一部変更の目的

         株式を分割することにより、柔軟な資本政策の実施を可能とすることを目的としております。
       2 株式分割の概要

        (1)   分割の方法
          2022年9月15日を基準日として、同日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有する普通株式
         を、1株につき2株の割合をもって分割します。
        (2)  分割により増加する株式数

         ①  株式分割前の発行済株式総数:871,200株
         ②  今回の分割により増加する株式数:871,200株
         ③  株式分割後の発行済株式総数:1,742,400株
         ④  株式分割後の発行可能株式総数:6,969,600株
        (3)   分割の日程

         ①  基準日公告日:2022年9月1日
                                102/140


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ②  基準日:2022年9月15日
         ③  効力発生日:2022年9月16日
        (4)   1株当たり情報に及ぼす影響

          1株当たり情報に及ぼす影響は、(1株当たり情報)に記載しております。
        (5)   株式分割に伴う定款の一部変更

         ①  定款変更の理由
           今回の株式分割に伴い、会社法第184条第2項の規定に基づき、2022年9月16日をもって、当社定款第6
          条で定める発行可能株式総数の変更を行っております。
         ②  定款の変更内容

           変更内容は、次のとおりであります。
                                           (下線は変更箇所を示します。)
    現行定款                            変更後定款
                                (発行済株式総数)

     (発行済株式総数)
                                第6条 当会社の発行可能株式総数は、                  6,969,600     株とす
    第6条 当会社の発行可能株式総数は、                  400万   株とする。
                                る。
         ③  定款変更の日程

           効力発生日:2022年9月16日
                                103/140













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
      (会計方針の変更等)
                         当第3四半期連結累計期間

                     (自    2022年1月1日         至   2022年9月30日)
     (会計方針の変更)
      (収益認識に関する会計基準等の適用)
      「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)
     等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財
     又はサービスと交換に受け取れると見込まれる金額で収益を認識することとしております。
      収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項のただし書きに定める経過的な取扱いに従って
     おりますが、利益剰余金期首残高に与える影響はありません。
      この結果、売上高及び損益に与える影響はありません。
      (時価の算定に関する会計基準等の適用)

      「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
     う。)等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基
     準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が
     定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することといたしました。
      なお、四半期連結財務諸表に与える影響はありません。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)


       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
      期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次の
      とおりであります。
                         当第3四半期連結累計期間
                          (自    2022年1月1日
                          至   2022年9月30日)
       減価償却費                             50,376   千円
                                    18,618    〃
       のれんの償却額
       (株主資本等関係)

      当第3四半期連結累計期間(自                2022年1月1日 至           2022年9月30日)
      1   配当金支払額
                            配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類       配当の原資                        基準日       効力発生日
                             (千円)       配当額(円)
    2022年3月29日
              普通株式       利益剰余金          26,136         30.0   2021年12月31日        2022年3月31日
    定時株主総会
      2   基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。
                                104/140






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
        当社グループの事業セグメントは、コーチング事業のみの単一セグメントであり重要性が乏しいため、セグメ
       ント情報の記載を省略しております。
       (収益認識関係)

       顧客との契約から生じる収益を分解した情報
      当第3四半期連結累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年9月30日)
      当社グループの事業セグメントは、コーチング事業のみの単一セグメントであり、顧客との契約から生じる収益を
     地域別に分解した情報は以下のとおりであります。
                         (単位:千円)
                         コーチング事業
      日本                      2,211,149
      その他                       439,883
      顧客との契約から生じる収益                      2,651,032
      その他の収益                          -
      外部顧客への売上高                      2,651,032
       (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                    当第3四半期連結累計期間

                                     (自    2022年1月1日
                                      至   2022年9月30日)
    1株当たり四半期純利益                                        274円62銭
    (算定上の基礎)
     親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)
                                             478,500
     普通株主に帰属しない金額(千円)
                                                -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)
                                             478,500
     普通株式の期中平均株式数(株)
                                            1,742,400
    (注)1.2022年8月22日開催の取締役会決議により、2022年9月16日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合で
         株式分割を行っております。当連結会計年度の期首に当該分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純利
         益を算定しております。
       2.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                105/140







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑤ 【連結附属明細表】(2021年12月31日現在)
       【社債明細表】
        該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

        該当事項はありません。
       【資産除去債務明細表】

        明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、記載
       を省略しております。
     (2) 【その他】

        該当事項はありません。
                                106/140
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               886,233             1,898,117
                                    ※2   161,201            ※2   127,536
        売掛金
        有価証券                                  711              790
                                     ※1   3,244            ※1   3,196
        棚卸資産
        前払費用                                23,671              50,410
        関係会社短期貸付金                                62,000              135,004
                                     ※2   11,079            ※2   11,141
        未収入金
        預け金                                1,042                -
                                     ※2   35,394            ※2   12,215
        その他
        流動資産合計                              1,184,578              2,238,412
      固定資産
        有形固定資産
         建物附属設備                               36,311              58,593
                                        25,059              17,608
         工具、器具及び備品
         有形固定資産合計                               61,370              76,202
        無形固定資産
         ソフトウエア                              141,198              156,879
                                        24,106              16,592
         その他
         無形固定資産合計                              165,305              173,471
        投資その他の資産
         投資有価証券                               56,940              181,500
         関係会社株式                                 0              0
         関係会社長期貸付金                              593,870              395,368
         敷金及び保証金                              144,390               86,372
         繰延税金資産                              173,436               35,058
         その他                               14,443              14,443
                                      △ 221,794             △ 205,167
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              761,286              507,575
        固定資産合計                               987,962              757,249
      資産合計                                2,172,540              2,995,661
                                107/140








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     負債の部
      流動負債
                                     ※2   68,581            ※2   85,753
        買掛金
        リース債務                                  968               -
        未払金                                69,302              65,821
                                     ※2   18,403            ※2   51,420
        未払費用
        未払法人税等                                  265             29,587
        未払消費税等                                6,385              93,416
        前受金                               541,506              763,107
        賞与引当金                                72,024              198,396
        役員賞与引当金                                   -            67,760
                                        7,343              3,832
        その他
        流動負債合計                               784,782             1,359,096
      固定負債
        資産除去債務                                34,427              18,239
                                        1,524              1,524
        その他
        固定負債合計                                35,952              19,763
      負債合計                                 820,735             1,378,860
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               100,000              100,000
        資本剰余金
         資本準備金                                 -            16,700
                                        54,976              71,676
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                               54,976              88,376
        利益剰余金
         利益準備金                               5,063              5,063
         その他利益剰余金
          別途積立金                             50,000              50,000
                                      1,114,332              1,264,453
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                             1,169,396              1,319,516
        株主資本合計                              1,324,372              1,507,893
      評価・換算差額等
                                        27,432              108,907
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                27,432              108,907
      純資産合計                                1,351,805              1,616,801
     負債純資産合計                                 2,172,540              2,995,661
                                108/140







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
                                   ※1   2,012,759            ※1   2,863,166
     売上高
                                   ※1   1,685,482            ※1   1,664,658
     売上原価
     売上総利益                                  327,277             1,198,508
                                    ※2   687,970          ※1 ,※2   856,541
     販売費及び一般管理費
     営業利益又は営業損失(△)                                 △ 360,693              341,966
     営業外収益
                                     ※1   5,316            ※1   4,296
      受取利息
      受取配当金                                   450             1,200
      助成金収入                                  8,195              1,059
                                          62              450
      その他
      営業外収益合計                                 14,023               7,006
     営業外費用
      為替差損                                  1,904               580
                                        12,753              20,401
      貸倒引当金繰入額
      営業外費用合計                                 14,657              20,982
     経常利益又は経常損失(△)                                 △ 361,327              327,990
     特別利益
      保険解約益                                 36,330                 -
                                          -            1,520
      資産除去債務履行差額
      特別利益合計                                 36,330               1,520
     特別損失
      固定資産除却損                                 33,137               6,229
      関係会社株式評価損                                 15,907                 -
                                                   ※1   34,596
      関係会社整理損                                    -
                                          -            12,250
      事業構造改善費用
      特別損失合計                                 49,044              53,076
     税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                 △ 374,042              276,433
     法人税、住民税及び事業税
                                        4,494              31,020
                                      △ 138,817               95,292
     法人税等調整額
     法人税等合計                                 △ 134,322              126,313
     当期純利益又は当期純損失(△)                                 △ 239,719              150,120
                                109/140









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【売上原価明細書】
                            前事業年度                 当事業年度

                          (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
                          至 2020年12月31日)                 至 2021年12月31日)
                    注記               構成比                 構成比
           区分               金額(千円)                 金額(千円)
                    番号                (%)                 (%)
    Ⅰ 労務費                        1,366,464        77.0         1,337,164        77.7
                              407,921                 384,200

    Ⅱ 経費               ※1                 23.0                 22.3
      合計                                100.0                 100.0

                             1,774,385                 1,721,364
                              88,902                 56,706

      他勘定振替高               ※2
      売上原価

                             1,685,482                 1,664,658
     (注)    ※1    主な内訳は、次のとおりであります。

               項目             前事業年度(千円)                 当事業年度(千円)
         賃借料                           135,455                 89,962

         業務委託費                           163,152                 172,218

         消耗品費                           11,301                 24,753

         旅費交通費                           14,598                 5,431

         研修費                            1,776                 4,165

         減価償却費                           38,531                 48,589

        ※2    他勘定振替高の内容は、次のとおりであります。

               項目             前事業年度(千円)                 当事業年度(千円)
         ソフトウエア仮勘定                           88,902                 56,706

                計                     88,902                 56,706

       (原価計算の方法)

      当社の原価計算は、個別原価計算による実際原価計算であります。
                                110/140








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                                 (単位:千円)
                         株主資本
                             資本剰余金
                 資本金
                         その他資本
                                資本剰余金合計
                          剰余金
    当期首残高               100,000         54,976         54,976
    当期変動額
     剰余金の配当                                  -
     当期純損失(△)                                  -
     利益準備金の積立                                  -
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純額)
    当期変動額合計                 -         -         -
    当期末残高               100,000         54,976         54,976
                                  株主資本

                             利益剰余金
                            その他利益剰余金                      株主資本合計
                利益準備金                         利益剰余金合計
                         別途積立金        繰越利益剰余金
    当期首残高                2,500        50,000       1,382,250         1,434,750         1,589,727
    当期変動額
     剰余金の配当                               △ 25,635        △ 25,635        △ 25,635
     当期純損失(△)                              △ 239,719        △ 239,719        △ 239,719
     利益準備金の積立               2,563                △ 2,563          -         -
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純額)
    当期変動額合計                2,563          -     △ 267,918        △ 265,354        △ 265,354
    当期末残高                5,063        50,000       1,114,332         1,169,396         1,324,372
                   評価・換算差額等

                 その他
                                 純資産合計
                         評価・換算
                 有価証券
                         差額等合計
                評価差額金
    当期首残高               26,016         26,016       1,615,743
    当期変動額
     剰余金の配当                         -      △ 25,635
     当期純損失(△)                         -     △ 239,719
     利益準備金の積立                         -         -
     株主資本以外の項目
                    1,416         1,416         1,416
     の当期変動額(純額)
    当期変動額合計                1,416         1,416       △ 263,938
    当期末残高               27,432         27,432       1,351,805
                                111/140





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
                                          (単位:千円)
                             株主資本
                                 資本剰余金
                 資本金
                                 その他資本
                         資本準備金                資本剰余金合計
                                  剰余金
    当期首残高               100,000           -      54,976         54,976
    当期変動額
     新株の発行              16,700         16,700                 16,700
     減資             △ 16,700                 16,700         16,700
     当期純利益                                          -
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純額)
    当期変動額合計                 -      16,700         16,700         33,400
    当期末残高               100,000         16,700         71,676         88,376
                                  株主資本

                             利益剰余金
                            その他利益剰余金                      株主資本合計
                利益準備金                         利益剰余金合計
                         別途積立金        繰越利益剰余金
    当期首残高                5,063        50,000       1,114,332         1,169,396         1,324,372
    当期変動額
     新株の発行                                                 33,400
     減資                                                   -
     当期純利益                               150,120         150,120         150,120
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純額)
    当期変動額合計                 -         -      150,120         150,120         183,520
    当期末残高                5,063        50,000       1,264,453         1,319,516         1,507,893
                   評価・換算差額等

                 その他
                                 純資産合計
                         評価・換算
                 有価証券
                         差額等合計
                評価差額金
    当期首残高               27,432         27,432       1,351,805
    当期変動額
     新株の発行                         -      33,400
     減資                         -         -
     当期純利益                         -      150,120
     株主資本以外の項目
                   81,474         81,474         81,474
     の当期変動額(純額)
    当期変動額合計               81,474         81,474        264,995
    当期末残高               108,907         108,907        1,616,801
                                112/140





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
     前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
      1 資産の評価基準及び評価方法
        (1)   有価証券の評価基準及び評価方法
        ①  関係会社株式
          移動平均法による原価法
        ②   その他有価証券
          時価のあるもの
          決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動
         平均法により算定)
         時価のないもの
          移動平均法による原価法
        (2)   棚卸資産の評価基準及び評価方法

          個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
      2 固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに2016
        年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物附属設備     2~18年
          工具、器具及び備品  2~15年
       (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法を採用しております。
         なお、自社利用ソフトウエアについては社内の利用可能期間(5年)に基づいております。
       (3)  リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      3 引当金の計上基準

       (1)  貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
        については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  賞与引当金
         従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上してお
        ります。
      4 収益及び費用の計上基準

        売上高の計上基準
        コーチング事業の売上高については、コーチング実績に対応して収益を計上しております。
      5 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                113/140



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
      1 資産の評価基準及び評価方法
        (1)   有価証券の評価基準及び評価方法
        ①  関係会社株式
          移動平均法による原価法
        ②   その他有価証券
          時価のあるもの
          決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動
         平均法により算定)
         時価のないもの
          移動平均法による原価法
        (2)   棚卸資産の評価基準及び評価方法

          個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
      2 固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに2016
        年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物附属設備     2~18年
          工具、器具及び備品  2~15年
       (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法を採用しております。
         なお、自社利用ソフトウエアについては社内の利用可能期間(5年)に基づいております。
       (3)  リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      3 引当金の計上基準

       (1)  貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
        については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  賞与引当金
         従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上してお
        ります。
       (3)  役員賞与引当金
         役員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上しており
        ます。
      4 収益及び費用の計上基準

        売上高の計上基準
        コーチング事業の売上高については、コーチング実績に対応して収益を計上しております。
      5 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                114/140



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (重要な会計上の見積り)
      繰延税金資産の回収可能性
      (1)   当事業年度の財務諸表に計上した金額
       繰延税金資産          35,058千円
      (2)   識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

       連結財務諸表「注記事項(重要な会計上の見積り)繰延税金資産の回収可能性」に同一の内容を記載しているた
      め、注記を省略しております。
       (表示方法の変更)

     (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)
       「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当事業年度の年度末に係
      る財務諸表より適用し、財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
       ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前事業年度に
      係る内容については記載しておりません。
       (追加情報)

       新型コロナウイルス感染症の影響による会計上の見積りへの影響
       連結財務諸表「注記事項(              追加情報    )」に同様の内容を記載しているため、注記を省略しております。
                                115/140













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (貸借対照表関係)
    ※1    棚卸資産の内訳
                               前事業年度                 当事業年度

                              (2020年12月31日)                 (2021年12月31日)
        商品                          2,751千円                 2,716千円
                                   493  〃               480  〃
        貯蔵品
    ※2    関係会社に対する金銭債権及び金銭債務

       区分表示されたもの以外で当該関係会社に対する金銭債権及び金銭債務の金額は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度

                              (2020年12月31日)                 (2021年12月31日)
        短期金銭債権                         71,647千円                 71,104千円
                                 44,552    〃             42,425    〃
        短期金銭債務
       (損益計算書関係)

    ※1 関係会社との取引高
                               前事業年度                 当事業年度

                             (自    2020年1月1日              (自    2021年1月1日
                             至   2020年12月31日)               至   2021年12月31日)
        営業取引による取引高
         売上高                          12,710千円                 15,327千円
                                 23,008    〃              9,040   〃
         仕入高
                                  5,302   〃             38,882    〃
        営業取引以外の取引による取引高
    ※2    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度

                             (自    2020年1月1日              (自    2021年1月1日
                             至   2020年12月31日)               至   2021年12月31日)
        役員報酬                         109,609千円                 152,256千円
                                 252,699    〃             220,181    〃
        給料及び手当
                                 97,863    〃             144,695    〃
        業務委託費
                                 14,750    〃             42,442    〃
        賞与引当金繰入
                                    - 〃             67,760    〃
        役員賞与引当金繰入
                                 26,988    〃             19,175    〃
        減価償却費
        おおよその割合

                                                    3%
        販売費                            4%
                                                    97%
        一般管理費                            96%
                                116/140







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (有価証券関係)
      前事業年度(2020年12月31日)
       関係会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、関係会社株式の時価を記
      載しておりません。
       なお、時価を把握することが極めて困難と認められる関係会社株式の貸借対照表計上額は以下のとおりです。
                          (単位:千円)
          区分            2020年12月31日
    関係会社株式                           0
          計                     0
      当事業年度(2021年12月31日)

       関係会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、関係会社株式の時価を記
      載しておりません。
       なお、時価を把握することが極めて困難と認められる関係会社株式の貸借対照表計上額は以下のとおりです。
                          (単位:千円)
          区分            2021年12月31日
    関係会社株式                           0
          計                     0
                                117/140














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
    1  繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                              前事業年度          当事業年度

                            (2020年12月31日)          (2021年12月31日)
       繰延税金資産
        賞与引当金                         24,913千円          68,625千円
                               136,002    〃         - 〃
        繰越欠損金
                                64,355    〃       64,355    〃
        子会社株式評価損
                                75,063    〃       69,641    〃
        貸倒引当金
                                24,964    〃       31,319    〃
        その他
       繰延税金資産小計                         325,299千円          233,942千円
                              △133,536     〃     △140,306     〃
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                               191,763千円           93,636千円
       繰延税金負債

        その他有価証券評価差額金                         14,507千円          57,592千円
                                3,819   〃        985  〃
        その他
       繰延税金負債合計                         18,326千円          58,577千円
       繰延税金資産純額                         173,436千円           35,058千円
    2  法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主

     要な項目別の内訳
      前事業年度(自       2020年1月1日        至  2020年12月31日)
      税引前当期純損失を計上したため、注記を省略しております。
      当事業年度(自       2021年1月1日        至  2021年12月31日)

       法定実効税率                                  34.6%

       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                   8.6%
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                  △0.0%
       住民税均等割額                                   0.2%
       評価性引当額の増減額                                   2.5%
                                         △0.2%
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  45.7%
                                118/140







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (重要な後発事象)
      前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
      (連結子会社の清算)
       当社は、2021年1月18日開催の取締役会において、下記のとおり、当社の連結子会社であるCOACH                                              A Inc.を清算
      することを決議いたしました。
       1 清算に至った理由

         当社は、連結子会社であるCOACH                A Inc.について、業績低迷に伴い経営改善を進めて参りましたが、現在の
        同社がおかれた事業環境においては安定的な収益を確保することが困難であるとの判断に至り、この度同社の
        清算手続きに入ることを決定いたしました。
       2 清算する子会社の概要

        (1)  名称     COACH     A Inc.
        (2)  所在地     405   Lexington     Avenue,    26th   Floor,    New  York,   NY  10174
        (3)  代表者     Director,      CEO,   CFO 栗本 渉
        (4)  事業内容     コーチング事業
        (5)  資本金     1米ドル
        (6)  出資比率     当社100%
       3 日程

         今後、現地の法令に従い必要な手続きが完了次第、清算結了となる予定です。
       4 当該清算による損益への影響

         当該連結子会社の清算に伴う影響は軽微であります。
       5 当該清算による営業活動等への影響

         COACH   A Inc.の清算後につきましても、既存顧客に対するサービス等については、引き続き当社及び当社の
        各拠点において対応する予定でございます。また、当該清算が営業活動等へ及ぼす影響は軽微であります。
      当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

      (株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更)
       当社は、2022年8月22日開催の取締役会決議において、2022年9月16日付で株式分割及び株式分割に伴う定款の
      一部変更について決議しております。
       1 株式分割及び定款の一部変更の目的

         株式を分割することにより、柔軟な資本政策の実施を可能とすることを目的としております。
       2 株式分割の概要

        (1)   分割の方法
          2022年9月15日を基準日として、同日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有する普通株式
         を、1株につき2株の割合をもって分割します。
        (2)  分割により増加する株式数

         ①  株式分割前の発行済株式総数:871,200株
         ②  今回の分割により増加する株式数:871,200株
         ③  株式分割後の発行済株式総数:1,742,400株
         ④  株式分割後の発行可能株式総数:6,969,600株
        (3)   分割の日程

         ①  基準日公告日:2022年9月1日
                                119/140


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ②  基準日:2022年9月15日
         ③  効力発生日:2022年9月16日
        (4)   1株当たり情報に及ぼす影響

          前事業年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定した場合における(1株当たり情報)の各数値は次の
         とおりであります。
                        前事業年度              当事業年度
                     (自2020年1月1日             (自2021年1月1日 
                      至2020年12月31日)               至2021年12月31日)
    1株当たり純資産額                        790円99銭              927円91銭

    1株当たり当期純利益又は

                           △140円26銭               86円97銭
    1株当たり当期純損失(△)
        (5)   株式分割に伴う定款の一部変更

         ①  定款変更の理由
           今回の株式分割に伴い、会社法第184条第2項の規定に基づき、2022年9月16日をもって、当社定款第6
          条で定める発行可能株式総数の変更を行っております。
         ②  定款の変更内容

           変更内容は、次のとおりであります。
                                           (下線は変更箇所を示します。)
    現行定款                            変更後定款
                                (発行済株式総数)

     (発行済株式総数)
                                第6条 当会社の発行可能株式総数は、                  6,969,600     株とす
    第6条 当会社の発行可能株式総数は、                  400万   株とする。
                                る。
         ③  定款変更の日程

           効力発生日:2022年9月16日
                                120/140










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④ 【附属明細表】(2021年12月31日現在)
       【有価証券明細表】
        【株式】
                 銘柄                    株式数(株)          貸借対照表計上額(千円)

    投資有価証券         その他有価証券         株式会社壽屋                    30,000            181,500
                  計                         30,000            181,500
        【その他】

               種類及び銘柄                      投資口数等          貸借対照表計上額(千円)

                      みずほ銀行      MMF
    有価証券         その他有価証券                            687,143口               790
                  計                           -           790
       【有形固定資産等明細表】

                    期首      当期       当期      当期       期末     減価償却       期末

        資産の種類
                  帳簿価額      増加額      減少額      償却額     帳簿価額      累計額     取得原価
    有形固定資産
     建物附属設備               36,311      36,310      4,120      9,907     58,593      56,149     114,742

     工具、器具及び備品               25,059      2,347      1,769      8,028     17,608      45,357      62,966

       有形固定資産計            61,370      38,657      5,890     17,935      76,202     101,507      177,709

    無形固定資産

     ソフトウエア              141,198      66,476        967    49,829     156,879      132,606      289,485

     その他               24,106      51,697      59,212         -   16,592      13,450      30,042

       無形固定資産計            165,305      118,174      60,179      49,829     173,471      146,056      319,527

     (注)   1.当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
         建物附属設備           本社のレイアウト工事関連                           36,310千円
         ソフトウエア           当社システムの安定運用を目的としたサーバー開発                           59,915千円
       2.当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。

         その他           ソフトウエア仮勘定からソフトウエア勘定への振替                           59,212千円
       【引当金明細表】

                   当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高

         科目
                    (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
    貸倒引当金                   221,794           22,563          39,190          205,167
    賞与引当金                   72,024          198,396           72,024          198,396
    役員賞与引当金                      -        67,760             -        67,760
     (2)  【主な資産及び負債の内容】(2021年12月31日現在)

        連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
     (3) 【その他】

        該当事項はありません。
                                121/140



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度              毎年1月1日から         同年12月31日まで

     定時株主総会              毎事業年度      の終了後3箇月以内

     基準日              毎事業年度末日

     株券の種類              -

                  毎年6月30日
     剰余金の配当の基準日
                  毎年12月31日
     1単元の株式数              100株
     株式の名義書換え
    (注)1
      取扱場所              東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
      株主名簿管理人              東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社

      取次所              三菱UFJ信託銀行株式会社 全国各支店

      名義書換手数料              無料

      新券交付手数料              -

     単元未満株式の買取り

      取扱場所              東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部

      株主名簿管理人              東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社

      取次所              三菱UFJ信託銀行株式会社 全国各支店 (注)1

      買取手数料              無料

                 当社の公告方法は電子公告としております。ただし事故その他やむを得ない事由により
                 電子公告    によることができない場合は、日本経済新聞に掲載する方法により行います                                   。
     公告掲載方法
                 当社の公告掲載URLは次のとおりです。
                  https://www.coacha.com/info/notice/
     株主に対する特典              該当事項はありません。
    (注)1.当社株式は、東京証券取引所スタンダード市場への上場に伴い、社債、株式等の振替に関する法律第128条
         第1項に規定する振替株式となることから、該当事項はなくなる予定です。
       2.当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない旨
         を、定款に定めております。
         (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
         (2)取得請求権付株式の取得を請求する権利
         (3)募集株式又は募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                122/140





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

      当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
    2 【その他の参考情報】

      該当事項はありません。
                                123/140


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第三部 【特別情報】
    第1   【連動子会社の最近の財務諸表】

        当社は連動子会社を有しておりませんので、該当事項はありません。
                                124/140



















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第四部 【株式公開情報】
    第1   【特別利害関係者等の株式等の移動状況】

                      移動前

                                      移動後
          移動前      移動前                 移動後
                           移動後
     移動                所有者の                      移動株数     価格(単価)
                                      所有者の
          所有者の      所有者の                 所有者の                      移動理由
                          所有者の氏名
     年月日                提出会社との                        (株)     (円)
                                     提出会社との
                           又は名称
         氏名又は名称       住所                 住所
                                      関係等
                      関係等
                                    特別利害関係
                                    者等(当社取締
         コ ー チ ・
               東京都千代                      役、  大株主上
         エィ            特別利害関                                 持株会退会
     2020年          田区  九段南               東京都     位10名、当社            3,200,000
         社員持株会            係者等(大株      纐纈順史                  3,200        による持分
    1月27日          2丁目1番                 中央区     関係会社の取            (1,000)
         理事長             主上位10名)                                 払戻し
               30号                      締役、董事、
         梯麻紀
                                    監事、
                                    Secretary    )
                                    特別利害関係
         コ ー チ ・
               東京都千代                      者等(  当社関係
         エィ            特別利害関            タイ国                     持株会退会
     2020年          田区  九段南                    会社の取締             800,000
         社員持株会            係者等(大株      青木美知子      バンコク             800        による持分
    3月16日          2丁目1番                      役 )、 当社執行          (1,000)
         理事長            主上位10名)            市                     払戻し
               30号                      役員
         梯麻紀
                                    (注)5
         コ ー チ ・
               東京都千代
         エィ            特別利害関                                 持株会退会
     2020年          田区  九段南               東京都                 200,000
         社員持株会            係者等(大株      長田祐典          当社執行役員         200        による持分
    3月16日          2丁目1番                 世田谷区                (1,000)
         理事長            主上位10名)                                 払戻し
               30号
         梯麻紀
         コ ー チ ・
               東京都千代
         エィ            特別利害関                                 持株会退会
     2020年          田区  九段南               東京都                 200,000
         社員持株会            係者等(大株      片桐多佳子          当社執行役員         200        による持分
    3月16日          2丁目1番                 品川区                (1,000)
         理事長            主上位10名)                                 払戻し
               30号
         梯麻紀
         コ ー チ ・
               東京都千代                      特別利害関係
         エィ            特別利害関                                 持株会退会
     2020年          田区九段南                 東京都     者等(当社取締            3,400,000
         社員持株会            係者等(大株      片岡詳子                  3,400        による持分
    3月30日          2丁目1番                 品川区     役、大株主上            (1,000)
         理事長            主上位10名)                                 払戻し
               30号                      位10名)
         梯麻紀
         コ ー チ ・
               東京都千代
         エィ            特別利害関                                 持株会退会
     2021年          田区  九段南               東京都                 600,000
         社員持株会            係者等(大株      内村創          当社執行役員         600        による持分
    4月19日          2丁目1番                 町田市                (1,000)
         理事長            主上位10名)                                 払戻し
               30号
         梯麻紀
                                    特別利害関係
                    特別利害関                者等(  当社取締
                    係者等(大株                役の二親等内
     2022年          東京都                 東京都                63,200,000
         伊藤守            主 上 位 10  伊藤光太郎          の血族   、 大株    63,200         親族間移動
    4月12日          千代田区                 千代田区                (1,000)
                    名、当社取                主  上  位  10
                    締役)                名)、当社従
                                    業員(注)6
         コ ー チ ・                       特別利害関係
               東京都千代
         エィ            特別利害関            タイ国     者等(  当社関係              持株会退会
     2022年          田区  九段南                                600,000
         社員持株会            係者等(大株      望月寛      バンコク     会社の取締         600        による持分
    4月18日          2丁目1番                                 (1,000)
         理事長            主上位10名)            市     役 )、 当社執行              払戻し
               30号
         梯麻紀                            役員
                                                     移動前所有
                          エムアンド      東京都調
                                    特別利害関係                 者の売却意
                    特別利害関      カンパニー      布 市 調              9,400,000
     2022年          東京都                      者等(大株主上                 向により、
         鎌田勝            係者等(大株      合同会社      布ヶ丘四             9,400     (1,000)
    10月11日           調布市                      位10名)                 自身の保有
                    主上位10名)      代表社員       丁目25番                (注)8
                                    (注)7                 する会社へ
                          鎌田勝      地8
                                                     株式を移動
    (注)   1.当社は、東京証券取引所             スタンダード市場        への上場を予定しておりますが、               株式会社東京証券取引所(以
         下、「同取引所」という。)             が定める有価証券上場規程施行規則(以下「同施行規則」という。)第266条の規
         定に基づき、特別利害関係者等が、新規上場申請日の直前事業年度の末日から起算して2年前の日(2020年1
         月1日)から上場日の前日までの期間において、当社の発行する株式又は新株予約権の譲受け又は譲渡(上場
         前の公募等を除き、新株予約権の行使を含む。以下「株式等の移動」という。)を行っている場合には、当該
         株式等の移動の状況を同施行規則第204条第1項第4号に規定する「新規上場申請のための有価証券報告書
         (Ⅰの部)」に記載するものとするとされております。
                                125/140

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社コーチ・エィ(E38178)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       2.当社は、同施行規則第267条の規定に基づき、上場日から5年間、上記株式等の移動状況に係る記載内容につ
         いての記録を保存することとし、幹事取引参加者は、当社が当該記録を把握し、かつ、保存するための事務
         組織を適切に整備している状況にあることを確認するものとするとされております。また、当社は、当該記
         録につき、同取引所が必要に応じて行う提出請求に応じなければならないとされております。同取引所は、
         当社が当該提出請求に応じない場合は、当社の名称及び当該提出請求に応じない状況にある旨を公表するこ
         とができるとされております。また、同取引所は、当該提出請求により提出された記録を検討した結果、上
         記株式等の移動の状況に係る記載内容が明らかに正確でなかったと認められる場合には、当社及び幹事取引
         参加者の名称並びに当該記載内容が正確でなかったと認められる旨を公表することができるとされておりま
         す。
       3.特別利害関係者等の範囲は次のとおりであります。
         (1)当社の特別利害関係者………役員、その配偶者及び二親等内の血族(以下、「役員等」という。)、役
                         員等により総株主の議決権の過半数を所有されている会社並びに関係会
                         社及びその役員
         (2)当社の大株主上位10名
         (3)当社の人的関係会社及び資本的関係会社並びにこれらの役員
         (4)金融商品取引業