株式会社INFORICH 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 株式会社INFORICH
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
     【提出書類】                         有価証券届出書

     【提出先】                         関東財務局長
     【提出日】                         2022年11月16日
     【会社名】                         株式会社INFORICH
     【英訳名】                         INFORICH INC.
     【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長兼執行役員CEO  秋山 広宣
     【本店の所在の場所】                         東京都渋谷区神宮前六丁目31番15号
     【電話番号】                         03-4500-9219
     【事務連絡者氏名】                         取締役兼執行役員CFO  橋本 祐樹
     【最寄りの連絡場所】                         東京都渋谷区神宮前六丁目31番15号
     【電話番号】                         03-4500-9221
     【事務連絡者氏名】                         取締役兼執行役員CFO  橋本 祐樹
     【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
     【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額
                              ブックビルディング方式による募集                         209,814,000円
                              売出金額
                              (オーバーアロットメントによる売出し)
                              ブックビルディング方式による売出し    36,960,000円
                              (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                  社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                  券届出書提出時における見込額であります。
                                  なお、募集株式には、日本国内において販売される株式
                                  と、大和証券株式会社の関係会社等を通じて、欧州及び
                                  アジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダ
                                  を除く。)の海外投資家に対して販売される株式が含ま
                                  れております。詳細は「第一部 証券情報 第1 募集
                                  要項 1 新規発行株式」をご参照下さい。
     【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                  1/215









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部【証券情報】
    第1【募集要項】
     1【新規発行株式】
          種類          発行数(株)                        内容
                              1単元の株式数は、100株であります。
         普通株式             56,100(注)3        完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
                              標準となる株式であります。
     (注)1 2022年11月16日開催の取締役会決議によっております。
         2 当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
            名称  株式会社証券保管振替機構
            住所  東京都中央区日本橋兜町7番1号
         3 2022年11月16日開催の取締役会において決議された公募による株式発行の発行株式56,100株のうちの一部
           が、大和証券株式会社の関係会社等を通じて、欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカ
           ナダを除く。)の海外投資家に対して販売(以下、「海外販売」といい、海外販売の対象となる株数を「海
           外販売株数」という。)されることがあります。なお、発行数については、2022年12月2日開催予定の取締
           役会において変更される可能性があります。
           上記発行数は、日本国内において販売(以下、「国内販売」という。)される株数(以下、「国内販売株
           数」という。)と海外販売株数が含まれた、国内販売株数の上限であり、海外販売株数は未定であります。
           国内販売株数及び海外販売株数の最終的な内訳は、本募集の需要状況等を勘案した上で、発行価格決定日
           (2022年12月12日)に決定されます。海外販売株数は「第1 募集要項」に記載の募集(以下、「本募集」
           という。)に係る株式数の範囲内とします。海外販売に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別
           記載事項 2.本邦以外の地域において開始される募集に係る事項について」をご参照下さい。
         4 本募集にあたっては、その需要状況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを追加的に行う場合が
           あります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項」の「1 売出株式(オーバー
           アロットメントによる売出し)」及び「2 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご
           覧下さい。
         5 オーバーアロットメントによる売出しに関連して、上記とは別に2022年11月16日開催の取締役会において、
           大和証券株式会社を割当先とする第三者割当増資を行うことを決議しております。なお、その内容について
           は、「募集又は売出しに関する特別記載事項                     3.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について」を
           ご参照下さい。
         6 本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされておりますが、その内容につきましては、「募集又
           は売出しに関する特別記載事項               4.ロックアップについて」をご参照下さい。
         7 当社は、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」欄記載の金融商品取引業者(以下
           「第1 募集要項」において「引受人」という。)に対し、上記発行数の一部を、当社が指定する販売先
           (親引け先)に売付けることを要請する予定であります。当社が指定する販売先(親引け先)・株式数・目
           的は下表に記載のとおりです。
           指定する販売先(親引け先)                株式数                目的
                           取得金額30百万円に相当する株
           Animoca        Brands
                                           事業シナジーの創出を目的とし
                           式数を上限として要請を行う予
                                           た関係構築のためであります。
           株式会社
                           定であります。
            なお、親引けは、日本証券業協会の定める「株式等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規
           則」に従い、発行者が指定する販売先への売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含む。)で
           あります。
                                  2/215





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【募集の方法】
       2022年12月12日に決定される引受価額にて、引受人は、買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(発行価
      格)で募集を行います。
       引受価額は発行価額(2022年12月2日開催予定の取締役会において決定される払込金額と同額)以上の価額となり
      ます。引受人は払込期日に引受価額の総額を当社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取
      金といたします。当社は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
       なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下、「取引所」という。)の定める有価証券上場規程施行規則第
      246条の規定に定めるブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る
      仮条件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)によ
      り決定する価格で行います。
            区分            発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)

     入札方式のうち入札による募集                         -             -             -

     入札方式のうち入札によらない募集                         -             -             -

     ブックビルディング方式                       56,100           209,814,000             123,420,000

         計(総発行株式)                   56,100           209,814,000             123,420,000

     (注)1 全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2 上場前の公募増資等を行うに際しての手続き等は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則により規定さ
           れております。
         3 発行価額の総額は、会社法第199条第1項第2号所定の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時にお
           ける見込額であります。
         4 資本組入額の総額は、資本金に組入れる額の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格
           (4,400円)の2分の1相当額を資本金に組入れることを前提として算出した見込額であります。
         5 有価証券届出書提出時における想定発行価格(4,400円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
           (見込額)は246,840,000円となります。
                                  3/215











                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【募集の条件】
      (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
      (2)【ブックビルディング方式】

                         申込株数
     発行価格     引受価額     発行価額     資本組入                        申込証拠
                         単位         申込期間                 払込期日
     (円)     (円)     (円)     額(円)                        金(円)
                          (株)
      未定     未定     未定     未定          自 2022年12月13日(火)              未定
                            100                      2022年12月19日(月)
     (注)1     (注)1     (注)2     (注)3           至 2022年12月16日(金)             (注)4
     (注)1 発行価格はブックビルディング方式によって決定いたします。
           発行価格の決定に当たり、2022年12月2日に仮条件を決定する予定であります。
           当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク等を総合的に勘案した上で、2022年12月12日に発
           行価格及び引受価額を決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申告の受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機関
           投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2 2022年12月2日開催予定の取締役会において、発行価額を決定する予定であります。また、前記「2 募集
           の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と発行価額及び2022年12月12日に決定する予定の引受価額とは
           各々異なります。募集株式は全株を引受人が買取ることとしており、発行価格と引受価額との差額の総額
           は、引受人の手取金となります。
         3 2022年11月16日開催の取締役会において、増加する資本金及び資本準備金に関する事項として、増加する資
           本金の額は、会社計算規則第14条第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算
           の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の
           額は、当該資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とすることを決議しております。この取
           締役会決議に基づき、2022年12月12日に資本組入額(資本金に組入れる額)を決定する予定であります。
         4 申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。
           申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込期日に新株式払込金に振替充当いたします。
         5 株式受渡期日は、2022年12月20日(火)(以下、「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。当
           社普通株式の取引所への上場に伴い、株式会社証券保管振替機構が振替機関として当社普通株式を取扱う予
           定であり、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、当社は株券を発行しておらず、株券
           の交付は行いません。
         6 申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7 申込みに先立ち、2022年12月5日から2022年12月9日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
           需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。販売に当た
           りましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性の確保等を
           勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。引受人及びその委託販売先
           金融商品取引業者は、各社の定める配分の基本方針及び社内規則等に従い販売を行う方針であります。配分
           の基本方針については各社の店頭における表示又はホームページにおける表示等をご確認下さい。
         8 引受価額が発行価額を下回る場合は株式の募集を中止いたします。
        ①【申込取扱場所】

          後記「4 株式の引受け」欄の引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の全国の本支店及び営業所で申込
         みの取扱いをいたします。
        ②【払込取扱場所】

                 店名                           所在地
     株式会社三井住友銀行 目黒支店                            東京都品川区上大崎四丁目1番5号
     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
                                  4/215



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【株式の引受け】
                                      引受株式数
      引受人の氏名又は名称                    住所                       引受けの条件
                                       (株)
     大和証券株式会社             東京都千代田区丸の内一丁目9番1号

                                             1 買取引受けによります。

     株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号
                                             2 引受人は新株式払込金とし
                                               て、2022年12月19日までに
     楽天証券株式会社             東京都港区南青山二丁目6番21号
                                               払込取扱場所へ引受価額と
                                               同額を払込むことといたし
     岡三証券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目17番6号                     未定
                                               ます。
                                             3 引受手数料は支払われませ
     丸三証券株式会社             東京都千代田区麹町三丁目3番6
                                               ん。ただし、発行価格と引
                                               受価額との差額の総額は引
     ちばぎん証券株式会社             千葉県千葉市中央区中央二丁目5番1号
                                               受人の手取金となります。
     ひろぎん証券株式会社             広島県広島市中区紙屋町一丁目3番8号

           計                -             56,100           -

     (注)1 引受株式数は、2022年12月2日開催予定の取締役会において決定する予定であります。
         2 上記引受人と発行価格決定日(2022年12月12日)に元引受契約を締結する予定であります。ただし、元引受
           契約の締結後、同契約の解除条項に基づき、同契約を解除した場合、株式の募集を中止いたします。
         3 引受人は、上記引受株式数のうち、500株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取引
           業者に委託販売する方針であります。
     5【新規発行による手取金の使途】

      (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)
              246,840,000                   19,000,000                  227,840,000

     (注)1 払込金額の総額は、引受価額の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(4,400円)を基
           礎として算出した見込額であります。2022年12月2日開催予定の取締役会で決定される会社法第199条第1
           項第2号所定の払込金額の総額とは異なります。
         2 発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下、「消費税等」という。)は含まれておりません。
         3 引受手数料は支払わないため、「発行諸費用の概算額」は、これ以外の費用を合計したものであります。
      (2)【手取金の使途】

           上記の手取概算額227,840千円及び「1 新規発行株式」の(注)5に記載の第三者割当増資の手取概算額
          上限35,960千円については、設備資金(モバイルバッテリー及びバッテリースタンドの取得)として2023年9月
          までに充当する予定であります。
     (注) 設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計画」の項

          をご参照下さい。
                                  5/215






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2【売出要項】
     1【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                               売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類           売出数(株)
                                 (円)       又は名称
             入札方式のうち入札
                            -         -            -
             による売出し
             入札方式のうち入札
     普通株式                       -         -            -
             によらない売出し
             ブックビルディング                           東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
                          8,400       36,960,000
             方式                           大和証券株式会社
     計(総売出株式)            -         8,400       36,960,000                -
     (注)1 オーバーアロットメントによる売出しは、「第1 募集要項」に記載の募集に伴い、その需要状況を勘案し
           て行われる大和証券株式会社による売出しであります。売出数は上限株式数を示したものであり、需要状況
           により減少し、又は全く行わない場合があります。
         2 オーバーアロットメントによる売出しに関連して、大和証券株式会社は、2022年12月20日から2023年1月13
           日までの期間(以下、「シンジケートカバー取引期間」という。)、取引所においてオーバーアロットメン
           トによる売出しに係る株式数を上限とする当社普通株式の買付け(以下、「シンジケートカバー取引」とい
           う。)を行う場合があります。その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.第三者
           割当増資とシンジケートカバー取引について」をご参照下さい。
         3 上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則により規定されて
           おります。
         4 「第1 募集要項」における株式の募集を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
           いたします。
         5 売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(4,400円)で算出した見込額でありま
           す。
         6 振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)2に記載した振替機関と同一
           であります。
     2【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】

      (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
      (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格              申込株数単位        申込証拠金                  引受人の住所及び         元引受契
              申込期間                       申込受付場所
      (円)               (株)       (円)                 氏名又は名称         約の内容
             自 2022年                      大和証券株式会社及び
       未定      12月13日(火)                 未定     その委託販売先金融商
                         100                         -       -
      (注)1       至 2022年               (注)1      品取引業者の本支店及
             12月16日(金)                      び営業所
     (注)1 売出価格及び申込証拠金については、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一といたしま
           す。ただし、申込証拠金には利息をつけません。
         2 売出しに必要な条件については、売出価格決定日(2022年12月12日)において決定する予定であります。
         3 株式受渡期日は、本募集における株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日(2022年12月20日(火))の予定
           であります。当社普通株式の取引所への上場に伴い、株式会社証券保管振替機構が振替機関として当社普通
           株式を取扱う予定であり、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、当社は株券を発行し
           ておらず、株券の交付は行いません。
         4 申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         5 大和証券株式会社及びその委託販売先金融商品取引業者の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条
           件 (2)ブックビルディング方式」の(注)7に記載した販売方針と同様であります。
                                  6/215


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
     1.東京証券取引所グロース市場への上場について
       当社普通株式は、「第1 募集要項」における募集株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含め、大和証
      券株式会社を主幹事会社(以下、「主幹事会社」という。)として、2022年12月20日に東京証券取引所グロース市場
      へ上場される予定であります。
     2.本邦以外の地域において開始される募集に係る事項について

        本募集の発行株式のうちの一部が、大和証券株式会社の関係会社等を通じて、海外販売されることがあります。
       以下は、かかる本募集における海外販売の内容として、企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第1号に
       掲げる各事項を一括して記載したものであります。
        (1)株式の種類
           当社普通株式
        (2)海外販売の発行数(海外販売株数)

           未定
           (注) 上記発行数は、海外販売株数であり、本募集の需要状況等を勘案した上で、発行価格決定日(2022
               年12月12日)に決定されますが、海外販売株数は、本募集に係る株式数の範囲内とします。
        (3)海外販売の発行価格(募集価格)

           未定
           (注)1 海外販売の発行価格の決定方法は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビル
                ディング方式」の(注)1と同様であります。
              2 海外販売の発行価格は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方
                式」に記載の国内販売における発行価格と同一といたします。
        (4)海外販売の発行価額(会社法上の払込金額)

           未定
           (注)1 前記「第1 募集要項 2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、会社法上の払込金額及び2022
                年12月12日に決定される予定の発行価格、引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額と
                の差額の総額は、引受人の手取金となります。
              2 海外販売の発行価額は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方
                式」に記載の国内販売における払込金額と同一といたします。
        (5)海外販売の資本組入額

           未定
           (注) 海外販売の資本組入額は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方
               式」に記載の国内販売における資本組入額と同一といたします。
        (6)海外販売の発行価額の総額

           未定
        (7)海外販売の資本組入額の総額

           未定
           (注) 海外販売の資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金の額であり、会社計算規則第14条第1
               項に従い算出される資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前
               提として算出します。
                                  7/215


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (8)株式の内容
           完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。また、単元
          株式数は100株であります。
        (9)発行方法

           下記(10)に記載の引受人が本募集の発行株式を買取引受けした上で、本募集の発行株式のうちの一部を大
          和証券株式会社の関係会社等を通じて、欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを
          除く。)の海外投資家に対して販売します。
        (10)引受人の名称

           前記「第1 募集要項 4 株式の引受け」に記載の引受人
        (11)募集を行う地域

           欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除く。)
        (12)提出会社が取得する手取金の総額並びに使途ごとの内容、金額及び支出予定時期

           ① 手取金の総額
             払込金額の総額    未定
             発行諸費用の概算額  未定
             差引手取概算額    未定
           ② 手取金の使途ごとの内容、金額及び支出予定時期
             前記「第1 募集要項 5 新規発行による手取金の使途 (2)手取金の使途」に記載のとおり
        (13)海外販売の新規発行年月日(払込期日)

          2022年12月19日(月)
        (14)当該有価証券を金融商品取引所に上場しようとする場合における当該金融商品取引所の名称

          株式会社東京証券取引所
                                  8/215









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について
        オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
      に、主幹事会社が当社株主より借受ける株式であります。これに関連して、当社は、2022年11月16日開催の取締役会
      において、主幹事会社を割当先とする以下の内容の第三者割当による募集株式発行(以下、「本件第三者割当増資」
      という。)の決議を行っております。
     募集株式の種類及び数              当社普通株式 8,400株

     募集株式の払込金額              未定(「第1 募集要項」に記載の募集株式の払込金額と同一とする。)

     割当価格              未定(「第1 募集要項」に記載の募集株式の引受価額と同一とする。)

     払込期日              2023年1月18日

                   増加する資本金の額は、割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項に従い算出さ
     増加資本金及び資本準備金に              れる資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
     関する事項              きは、その端数を切り上げるものとする。また、増加する資本準備金の額は、資本金等
                   増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とする。
     払込取扱場所              東京都品川区上大崎四丁目1番5号 株式会社三井住友銀行 目黒支店
       主幹事会社は、当社株主から借受けた株式を、本件第三者割当増資による株式の割当て又は下記のシンジケートカ
      バー取引若しくはその双方により取得した株式により返還します。
       また、主幹事会社は、上場(売買開始)日から2023年1月13日までの間、オーバーアロットメントによる売出しに
      係る株式数を上限とし、当社株主から借受けている株式の返還に充当するために、シンジケートカバー取引を行う場
      合があります。
       主幹事会社は、シンジケートカバー取引により取得した株式数については、割当てに応じない予定でありますの
      で、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、又は発行そのものが全く行われ
      ない場合があります。
       また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判断で、シンジケートカバー取引を全く行わない
      か、又は買い付けた株式数が上限株式数に達しなくともシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
                                  9/215











                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4.ロックアップについて
       本募集に関連して、当社の株主である日本郵政キャピタル株式会社、GMCM                                   Venture    Capital    PartnersⅠInc.、
      ゴールドマン・サックス・リアルティ・ジャパン有限会社、WISELY                               HARVEST    LIMITED、EMURGO        GROUP   PTE.   LTD.、
      Tridel    Capital    Group   Limited、一般社団法人日本国際経済開発機構(※)、谷家衛、Ayres                               Masaaki、ソースネクス
      ト株式会社、TRIFORCE PARTNERSHIP FUND1投資事業有限責任組合、Chartwell                                                 Capital
      Inc.、Borderland         Global    Limited、MTパートナーズ株式会社、iClick                     Interactive      Asia   Limited、石田克史、日
      本システムテック株式会社、株式会社電通グループ、株式会社ホリプロ、株式会社MCJ、他23名は保有する当社株
      式772,150株について、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後90日目(2023年3月19
      日)までの期間(以下、「ロックアップ期間①」という。)、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普
      通株式の売却等(ただし、売却価格が本募集における発行価格若しくは売出価格の2倍又は2021年11月8日付で当社
      が発行したD種優先株式の発行価格である57,328円を2022年9月30日を効力発生日とする1株につき5株の割合での
      株式分割を踏まえて調整した額である11,466円のいずれか高い方以上での売却等を除く。)を行わない(以下「ロッ
      クアップⅰ」という。)旨を合意しております。
       加えて、HFA2号投資事業有限責任組合、TEPCOライフサービス株式会社、一般社団法人日本国際経済開発
      機構(※)、株式会社アップサイド、HiCAP3号投資事業有限責任組合、HFA3号投資事業有限責任組合、半田
      紡績株式会社、富田大介、FUSIAN CAPITAL株式会社、株式会社IDEA、ナントCVC2号投資事業
      有限責任組合、河野雄介、T.O合同会社、他29名は保有する当社株式267,650株について、主幹事会社に対し、元引
      受契約締結日から上場日(当日を含む)後180日目(2023年6月17日)までの期間(以下、「ロックアップ期間②」
      といい、「ロックアップ期間①」とあわせて以下、「ロックアップ期間」という。)、主幹事会社の事前の書面によ
      る同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、売却価格が本募集における発行価格若しくは売出価格の2倍又は
      2021年11月8日付で当社が発行したD種優先株式の発行価格である57,328円を2022年9月30日を効力発生日とする1
      株につき5株の割合での株式分割を踏まえて調整した額である11,466円のいずれか高い方以上での売却等を除く。)
      を行わない(以下「ロックアップⅱ」という。)旨を合意しております。
       また、株主かつ貸株人である秋山広宣並びに当社の株主である秋山眞智子、秋山朋絵は主幹事会社に対し、ロック
      アップ期間②中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受
      による売出し、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること等を除く。)を行
      わない旨を合意しており、児玉知浩、乾牧夫、高橋朋伯、梶桃郎、他32名は保有する当社の新株予約権21,200個(本
      書提出日現在において目的となる株式は106,000株)について、主幹事会社に対し、ロックアップ期間②中は主幹事
      会社の事前の書面による同意なしには、当社新株予約権及び新株予約権の行使により取得した当社普通株式の売却を
      行わない旨を合意しております。
       さらに、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間②中は主幹事会社の事前の書面による同意なしに、当社普通
      株式の発行、当社普通株式に転換もしくは交換される有価証券の発行又は当社普通株式を取得もしくは受領する権利
      を付与された有価証券の発行等(ただし、本募集、グリーンシューオプション、株式分割及びストックオプション又
      は譲渡制限付株式報酬(ロックアップ期間中に行使又は譲渡されないものであり、かつロックアップ期間中における
      発行等の累計による潜在株式ベースの希薄化率が1%を超えないものに限る)にかかわる発行等を除く。)を行わな
      い旨合意しております。
       ロックアップ期間終了後には上記取引が可能となりますが、当該取引が行われた場合には、当社普通株式の市場価
      格に影響が及ぶ可能性があります。
       なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であっても、その裁量で当該合意の内容
      を全部若しくは一部につき解除できる権限を有しております。
       上記のほか、当社は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募
      集株式の割当等に関し、割当を受けた者との間で継続所有等の確約を行っております。その内容については、「第四
      部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照下さい。
      (※)ロックアップⅰ及びロックアップⅱは2022年9月16日に所有していた株式の種類及び株式の取得時期等に応じて
      合意されております。一般社団法人日本国際経済開発機構は、ロックアップⅰの対象とする株式及びロックアップⅱ
      の対象とする株式の双方を保有しているため重複して記載しております。
                                 10/215





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     5.当社指定販売先への売付け(親引け)について
       当社は、引受人の買取引受による募集において、当社が指定する販売先(親引け先)への販売を引受人に要請する
      予定であります。当社が指定する販売先(親引け先)・株式数・目的は下表に記載の通りです。親引けは、日本証券
      業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」に従い、発行者が指定する販売先へ
      の売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含みます。)であります。
       なお、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」第2条第2項に基
      づき、当社が指定する販売先への売付け(親引け)について、当社は親引け予定先の状況等につき公表し、主幹事会
      社は売付ける株式数を対象として継続所有に関する確約を親引け予定先から書面により取り付けます。
       指定する販売先(親引け先)                  株式数                  目的
                         取得金額30百万円に相当する株式数
       Animoca        Brands
                                          事業シナジーの創出を目的とした関
                         を上限として要請を行う予定であり
                                          係構築のためであります。
       株式会社
                         ます。
     6.目論見書の電子交付

       引受人及びその委託販売先金融商品取引業者は、本募集及びオーバーアロットメントによる売出しにおける目論見
      書の提供を、書面ではなく、全て電子交付により行います。目論見書提供者は、目論見書被提供者から同意を得た上
      で、目論見書に記載された事項を電磁的方法により提供した場合、目論見書の交付をしたものとみなされます(金融
      商品取引法第27条の30の9第1項、企業内容等の開示に関する内閣府令第23条の2第1項)。したがって、当該同意
      が得られない場合、また、当該同意が撤回された場合(企業内容等の開示に関する内閣府令第23条の2第7項)は、
      目論見書の電子交付はできませんが、本募集及びオーバーアロットメントによる売出しにおいて、引受人及び大和証
      券株式会社は当該同意が得られ撤回されていない投資家に対してのみ当社普通株式を販売します。
       当社は、コロナ禍におけるテレワークやWeb会議等の普及もありペーパーレス化が社会的に浸透しつつある中、環
      境への負荷の低減のため、目論見書の電子交付が時流に沿った取組みであると考えており、今回目論見書の完全電子
      化を実施いたします。なお、完全電子化に伴い削減したコストにつきましては、新規事業を含めた中長期的な事業拡
      大と企業価値向上のための投資に充当いたします。
                                 11/215












                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3【その他の記載事項】
      新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
      (1)表紙に当社のロゴマーク                          を記載いたします。

      (2)表紙の次に「1.VISION・MISSION」~「4.業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                 12/215


















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 13/215





















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 14/215





















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 15/215





















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/215





















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/215





















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 18/215





















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 19/215





















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
             回次             第6期       第7期
            決算年月             2020年12月       2021年12月

                          561,905      1,645,439
     売上高              (千円)
     経常損失(△)              (千円)     △ 1,885,341      △ 1,946,355

     親会社株主に帰属する当期純
                   (千円)     △ 1,933,104      △ 2,209,555
     損失(△)
     包括利益              (千円)     △ 1,882,885      △ 2,299,053
                         1,660,654       3,675,449
     純資産額              (千円)
                         3,564,424       5,693,832
     総資産額              (千円)
     1株当たり純資産額               (円)     △ 4,768.19      △ 7,597.17

     1株当たり当期純損失(△)               (円)     △ 1,495.70      △ 1,432.64

     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)         -       -
     当期純利益
                           46.53       64.49
     自己資本比率               (%)
     自己資本利益率               (%)         -       -

     株価収益率               (倍)         -       -

     営業活動によるキャッシュ・
                   (千円)     △ 1,340,701      △ 1,518,975
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                   (千円)     △ 1,131,704       △ 724,586
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                         3,260,877       4,030,036
                   (千円)
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                         1,185,781       3,004,360
                   (千円)
     高
                            130       153
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 6 )      ( 14 )
     (注)1.当社は、第6期より連結財務諸表を作成しております。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.第6期及び第7期は、先行投資に伴う研究開発費や減価償却費等の負担から経常損失及び親会社株主に帰属
           する当期純損失となっております。また、同様の理由により、営業活動によるキャッシュ・フローがマイナ
           スとなっております。
         4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、
           期中平均株価が把握できず、かつ、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
         5.自己資本利益率については、親会社株主に帰属する当期純損失を計上しているため記載しておりません。
         6.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         7.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は年間の平均人員を()外数で記載しております。
         8.前連結会計年度(第6期)及び当連結会計年度(第7期)の連結財務諸表については、金融商品取引法第
           193条の2第1項の規定に基づき、EY新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
         9.当社は、2022年9月1日開催の取締役会決議により、2022年9月30日付で普通株式1株につき5株の割合で
           株式分割を行っております。そのため、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純損失(△)は、第6期の
           期首に当該株式分割が行われたと仮定して算出しております。
                                 20/215



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)提出会社の経営指標等
            回次           第2期      第3期      第4期      第5期      第6期      第7期
           決算年月           2017年6月      2018年6月      2018年12月      2019年12月      2020年12月      2021年12月
     売上高
                  (千円)      99,857      75,000      15,121      95,520      290,488      993,217
     経常利益又は経常損失(△)             (千円)       3,712     △ 78,132     △ 226,075    △ 1,298,804     △ 1,811,527     △ 2,183,592
     当期純利益又は当期純損失
                  (千円)        526    △ 91,212     △ 228,417    △ 2,914,308     △ 1,834,636     △ 2,445,272
     (△)
     資本金             (千円)       1,000     230,168      465,531      169,888      259,935      100,000
     発行済株式総数
     普通株式                  10,000      118,500      137,500      162,536      162,536      162,536
     A種優先株式
                         -      -      -    21,300      21,300      21,300
                  (株)
     B種優先株式
                         -      -      -    23,005      23,005      23,005
     C種優先株式                    -      -      -    28,425      45,022      52,927
     D種優先株式                    -      -      -      -    29,853      98,336
     純資産額             (千円)      12,135      379,268      621,573     1,340,145      2,012,111      3,880,688
     総資産額             (千円)      123,758      534,991      745,270     2,000,365      3,629,567      5,430,736
     1株当たり純資産額
                  (円)     1,213.52      3,200.50      4,520.49     △ 10,289.87      △ 4,335.73     △ 7,344.63
     1株当たり配当額                     -      -      -      -      -      -
                  (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                    (-)      (-)      (-)      (-)      (-)      (-)
     1株当たり当期純利益又は1株
                  (円)      52.64     △ 906.16    △ 1,823.05     △ 17,143.22      △ 1,419.52     △ 1,585.48
     当たり当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり当期
                  (円)        -      -      -      -      -      -
     純利益
     自己資本比率
                  (%)       9.81      70.89      83.40      66.88      55.38      71.39
     自己資本利益率             (%)       4.43       -      -      -      -      -
     株価収益率             (倍)        -      -      -      -      -      -
     配当性向             (%)        -      -      -      -      -      -
     従業員数                     3      8      12      32      45      67
                  (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                    (-)      (-)      (-)      (-)      (6)     (14 )
     (注)1.第2期の消費税等の会計処理は税込み方式によっております。第3期以降の売上高には、消費税等は含まれ
           ておりません。
         2.第3期、第4期、第5期、第6期及び第7期は、先行投資に伴う研究開発費や減価償却費等の負担から経常
           損失及び当期純損失となっております。
         3.第2期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場
           であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。第3期、第4期、第5期、第6期及び第7
           期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
           り、期中平均株価が把握できず、また、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
         4.第3期、第4期、第5期、第6期及び第7期の自己資本利益率については、当期純損失を計上しているため
           記載しておりません。
         5.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         6.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は年間の平均人員を()外数で記載しております。
         7.1株当たり配当額及び配当性向については、配当を実施していないため記載しておりません。
         8.第4期は、決算期変更により2018年7月1日から2018年12月31日までの6ヶ月間となっております。
         9.第2期、第3期、第4期及び第5期については、「会社計算規則」(平成18年法務省令第13号)の規定に基
           づき算出した各数値を記載しており、第6期及び第7期については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方
           法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づき作成しております。
         10.前事業年度(第6期)及び当事業年度(第7期)については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に
           基づき、EY新日本有限責任監査法人により監査を受けておりますが、第2期、第3期、第4期及び第5期に
           ついては、監査を受けておりません。
         11.当社は、2016年9月16日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っており、第2期の期首に当該株式
           分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。また、2018
           年1月31日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行っており、第3期の期首に当該株式分割が行われた
           と仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純損失(△)を算定しております。
         12.当社は、2022年9月1日開催の取締役会決議により、A種優先株式、B種優先株式、C種優先株式及びD種
           優先株式のすべてにつき定款に定める取得条項に基づき2022年9月17日付で自己株式として取得し、対価と
                                 21/215


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           して当該優先株主に当該優先株式1株につき普通株式1株をそれぞれ交付しております。また、当社が取得
           した当該優先株式は、2022年9月17日付で会社法第178条に基づきすべて消却しております。
         13.当社は、2022年9月1日開催の取締役会決議により、2022年9月30日付で普通株式1株につき5株の割合で
           株式分割を行っております。そのため、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益又は1株当たり当期
           純損失(△)は、第6期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算出しております。
         14.当社は、2016年9月16日付で普通株式1株につき100株の株式分割、2018年1月31日付で普通株式1株につ
           き10株の株式分割、2022年9月30日付で普通株式1株につき5株の株式分割を行っております。
            そこで、東京証券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場
           申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(2012年8月21日付東証上審第133
           号)に基づき、第2期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算出した場合の1株当たり指標の推移を
           参考までに掲げると、以下のとおりとなります。
            なお、第2期、第3期、第4期及び第5期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)について
           は、監査を受けておりません。
             回次            第2期      第3期      第4期      第5期      第6期      第7期
            決算年月            2017年6月      2018年6月      2018年12月      2019年12月      2020年12月      2021年12月
     1株当たり純資産額               (円)      24.27      640.10      904.10    △2,057.97      △4,335.73      △7,344.63
     1株当たり当期純利益又は1株当た
                    (円)       1.05    △181.23      △364.61     △3,428.64      △1,419.52      △1,585.48
     り当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                    (円)        -      -      -      -      -      -
     益
     1株当たり配当額                       -      -      -      -      -      -
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                      (-)      (-)      (-)      (-)      (-)      (-)
                                 22/215













                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【沿革】
       当社は、当社代表取締役社長兼執行役員CEOの秋山広宣によりSNSマーケティング連動型プリンターサービス
      の運営を目的として2015年9月に設立されました。その後、秋山は、シェアリングサービス先進国である中国におい
      て、人々が街中に点在する自動販売機のようなバッテリースタンドからスマートフォン用のモバイルバッテリーをレ
      ンタルし、使用後は身近のバッテリースタンドに返却している光景を目の当たりにしました。この経験から所有から
      共有へ変化している時代のニーズは、日本でも同様に存在すると考え、同様のサービスの日本への導入方法を模索い
      たしました。その後、2018年4月に香港でモバイルバッテリーシェアリングサービスを展開するCha                                              Cha  Station
      (Global)     Holdings     Limited(現      INFORICH     ASIA   HOLDINGS     LIMITED)と業務提携が成立し、モバイルバッテリーシェ
      アリングサービスのChargeSPOT事業を開始いたしました。
       「ChargeSPOT」は「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに展開するスマートフォンのモバイル
      バッテリーシェアリングサービスであります。ChargeSPOT事業は、2018年4月のサービス開始から順調に成長してお
      り、2022年9月現在、国内のバッテリースタンド設置台数は35,352台、月間レンタル回数892.5千回、月間アクティ
             ※1
      ブユーザー数        478.3千人、累計アプリダウンロード数4,234千回となりました。また、海外のバッテリースタンド
                         ※2          ※3       ※2
      設置台数は、香港3,280台、台湾6,697台                    、中国本土4,099台          、タイ546台       となりました。今後も各ローカル
      のヒト、モノ、コトにユニークな可能性を見いだし、カルチャーやビジネスの垣根を越えて展開できるような存在に
      進化させることで、世界をブリッジしてまいります。
        ※1 月に1回以上「ChargeSPOT」を利用したユニークユーザー数
        ※2 フランチャイズにより展開しております。
        ※3 うち3,515台は、フランチャイズにより展開しております。
      当社設立以降の変遷は以下のとおりであります。

        年月                          事業の変遷
      2015年9月        東京都目黒区に株式会社INFORICH(当社)を設立
      2015年9月        SNSマーケティング連動型プリンターサービスのFOTOfwd事業を開始
      2016年10月        FOTOfwd事業をPICSPOT事業にサービス名変更
      2018年4月        Cha  Cha  Station    (Global)     Holdings     Limited(現      INFORICH     ASIA   HOLDINGS     LIMITED)と業務提携
              モバイルバッテリーシェアリングサービスのChargeSPOT事業を開始
      2018年5月        防犯カメラ機能付きデジタルサイネージサービスのLiftSPOT事業を開始
              東京都渋谷区に本社を移転
      2019年3月        当社がINFORICH        ASIA   HOLDINGS     LIMITED(現連結子会社)を子会社化
      2019年3月        ChargeSPOT事業へのリソースの集中を目的としてLiftSPOT事業を売却
      2022年1月        ChargeSPOT事業へのリソースの集中を目的としてPICSPOT事業を廃止
      2022年2月        法人向けの販売網及び売上の拡大を目的として、
              東京都渋谷区に株式会社CHARGESPOT MARKETING(現連結子会社)を設立
                                 23/215









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【事業の内容】
       当社グループは当社及び連結子会社5社により構成され、「多様な可能性を見いだし、ボーダレスな価値を育み世
      界をつなぐ」をビジョンとし、日本発のグローバルシェアリンググループとなることを目指しております。
       当社グループが提供するサービスの内容・特徴は以下の通りです。
        (1)当社グループが提供するサービスの内容
          当社グループの事業はChargeSPOT事業の単一セグメントであることからセグメント別の記載はしておりません
         が、当社グループが提供するサービスは、日本初の持ち運び可能なスマホ充電器のシェアリングサービスである
         モバイルバッテリーシェアリングサービスと当該モバイルバッテリーのバッテリースタンドそのものをシェアリ
         ング媒体として広告サービスを提供するサイネージサービスの2つで構成されております。
          ① モバイルバッテリーシェアリングサービス
            モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」は、「どこでも借りられて、どこでも返せる」
           をコンセプトに2018年4月から開始した、主にスマートフォン向けの充電器の貸出サービスであります。ス
           マートフォンは現在、コミュニケーション手段や情報取得端末という側面を超えて、ビジネス利用や普段の
           生活での決済等私たちの日々の生活に欠かせないインフラとなっております。そのため、スマートフォンの
           バッテリー残量切れを防ぐことは利便性の高い日常生活を営む上で必要不可欠となっております。
            こうした社会情勢を踏まえ当社グループは、2018年4月に競合他社に先駆けてモバイルバッテリーシェア
           リングサービスを開始いたしました。
                                 24/215















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            [ChargeSPOTの利用方法]
             「ChargeSPOT」の具体的なサービス利用方法は以下のとおりです。
            [利用料金について](2022年9月末現在)







             「ChargeSPOT」の利用料金は、最初の30分未満で165円(税込。以下同様)、6時間未満330円、24時間
            未満480円、48時間未満660円、その後は、24時間につき330円の追加と設定しております。
             なお、利用可能時間は120時間を上限としており、レンタル開始後120時間を超えた場合は、それまでの
            利用料金と違約金1,650円を含む合計3,300円を徴収することとしております。
             利用料金の決済手段としては、キャリア決済、クレジットカード等をはじめ様々なキャッシュレス決済



              ※
            手段   に対応しており、サービス利用前に決済情報を登録していただくことで料金回収に係るリスクを低
            減しております。
             ※ 使用できる決済手段は以下の通りであります。
              ・各種クレジットカード
               Visa、MasterCard、JCB、Diners                   Club   Card、American        Express、Union        Pay
              ・各種キャリア決済
               d払い、ソフトバンクまとめて支払い、auかんたん決済
              ・各種スマホ決済アプリ
               Apple   Pay、PayPay、メルペイ、LINE              Pay、WeChat      Pay、Paidy、au        PAY、楽天ペイ
              ・その他
               Tポイント
                                 25/215





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            [モバイルバッテリーについて]
             モバイルバッテリーの最大容量は5,000mAhとなっており、ケーブル端子は、USB-C、iOS、Micro                                               USB
            の3種類が附属しているため、国内で普及するほとんどのスマートフォンやその他多くのモバイル機器に
            対応し、汎用性の高いサービスとなっております。
            [バッテリースタンドについて]





                                                           ※
             「ChargeSPOT」のバッテリースタンドは、設置施設の要望に柔軟に対応できるよう、サイズ別に5つ
            のモデルを展開しております。
             ※一部のカスタム台は除く。
       モデル名          S5       S10/S10-A           M10         LL20-J          LL40




     バッテリースロット数               5個          10個         10個          20個          40個
     重量
                   約1.5kg      約3.5kg/約5.3kg             約18kg          約60kg          約100kg
     サイズ(mm)                  264mm×350mm×135mm
              180mm×195mm×135mm                  631mm×346mm×300mm         1,490mm×633mm×500mm          1,956mm×660mm×610mm
     高さ×幅×厚さ                 /226mm×350mm×149mm
          ② サイネージサービス

            当社グループでは各バッテリースタンドのサイネージ画面を広告枠として、広告主や設置先等に提供し、
           広告収入を得ております。配信内容は、全国規模のPRから近隣地区への告知まで、エリア、業種業態、ブ
           ランドやターゲットに合わせた自由なカスタマイズが可能となっており、設置施設毎に独自のサイネージ配
           信を行っております。
                                 26/215





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (2)当社グループが提供するサービスの特徴
         ① 設置先に負担の少ない契約体系
           設置先に提供するバッテリースタンドは、設置先との契約に基づき原則として無償貸与しており、設置先の
          費用負担を低減しております。また、モバイルバッテリーやバッテリースタンドの故障状況はシステム管理さ
          れており、何らかの異常が発覚した場合は、直ちに当社グループのスタッフを派遣し、回収・修理・交換を行
          うことでオペレーションに係る設置先の負担を軽減しております。
         ② ドミナント戦略に基づく「ChargeSPOT」の拡大

           モバイルバッテリーシェアリングサービスは、コンセプトとしている「どこでも借りられて、どこでも返せ
          る」を実現する観点から、人の集積しやすい地域の施設や店舗に集中的に設置することが効果的であると考え
          ております。
           こうした考えに基づき、バッテリースタンドの設置場所は、都市部を中心とした、駅、娯楽施設、コンビニ
          エンスストア、飲食店等に集中して展開しております。また、ラウンダーと呼称するスタッフが各設置場所を
          巡回しモバイルバッテリーの補充または回収を行うことで偏在解消を図っております。
           この結果、2022年9月末現在、国内で35,352台の設置を実現しております。具体的な設置先の例は以下のと
          おりであります。
          区分                           施設名
      コンビニ            セブン-イレブン、ファミリーマート、LAWSON 等
      空港            羽田空港、関西国際空港、中部国際空港 等
      鉄道駅構内            東京メトロ、東急電鉄、JR東海、都営地下鉄、京王電鉄、大阪メトロ 等
      カラオケ            カラオケ館、カラオケの鉄人、JOYSOUND、ビッグエコー 等
      カフェ            タリーズコーヒー、カフェ・ド・クリエ、上島珈琲店、WIRED                               CAFE 等
      携帯電話ショップ            ドコモショップ、Softbank、au、楽天モバイル 等
      薬局            スギ薬局、コクミンドラッグ、クリエイトエス・ディー、ツルハドラッグ 等
      家電量販店            ヤマダ電機、ビックカメラ、エディオン、ラオックス 等
      商業施設            三越伊勢丹、大丸、イオン、三井アウトレットパーク、六本木ヒルズ、マルイ 等
      その他小売店舗            Francfranc、TSUTAYA、ミスターミニット 等
      自治体管理施設            渋谷区、福岡市、神戸市、山梨県、熱海市 等
      遊園地・テーマパーク            ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、富士急ハイランド、キッザニア、サンリオピューロ
                  ランド 等
      その他            郵便局、アパホテル、GiGO、東京国立博物館、歌舞伎座、ラウンドワン、明治神宮球
                  場 等
         ③ 海外マーケットへの進出

           海外では、香港、台湾、中国本土、タイでChargeSPOT事業を展開しております。
           ChargeSPOT事業で使用するモバイルバッテリー及びバッテリースタンドの研究開発は、中国広東省所在の連
          結子会社である殷富利(广州)科技有限公司で行っており、生産は同社から現地の外部企業へ委託しておりま
          す。
           中国国内におけるサービス提供は、殷富利(广州)科技有限公司が中国本土、香港所在の連結子会社
          INFORICH     ASIA   HONG   KONG   LIMITEDが香港及び台湾で展開しており、香港所在の連結子会社INFORICH                                  ASIA
          HOLDINGS     LIMITEDは上記2社の経営管理を行っております。
                                 27/215






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ④ 自前の製品開発
           「ChargeSPOT」で貸し出しするモバイルバッテリーは、当社グループが独自に開発した製品であり、従来の
          コンセント式やBOX型充電器とは異なり、持ち運びが可能となっております。また、充電ケーブル端子は3
          種類附属しており、国内で流通しているほとんどのモバイル機器で使用可能といった特徴があります。また、
          感染症対策の一環として、表面には抗ウイルス、抗菌加工を実施しております。当該モバイルバッテリーは、
          自社開発であるが故に、開発コストが抑えられているとともに、今後の機能改善等について、タイムリーな対
          応が可能となっております。
        [事業系統図]

         以上に述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりとなります。
       ※HW(以下、ハードウェア)はバッテリースタンド及びモバイルバッテリーを指します。







        SW(以下、ソフトウェア)は当社グループのサービスに係るソフトウェアを指します。
                                 28/215









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【関係会社の状況】
                                         議決権の所
                                         有割合又は
          名称          住所       資本金     主要な事業の内容                   関係内容
                                         被所有割合
                                          (%)
     (連結子会社)

                                               ・当社役員1名及び当社執
     INFORICH     ASIA   HOLDINGS
                          15,610千     海外子会社の経営                行役員2名が当該子会社
                 香港                           100
     LIMITED
                          香港ドル     管理                の役員を兼任
     (注)2、5
                                               ・資金の貸付
     INFORICH     ASIA   HONG
                                香港における
                            10千               100
     KONG   LIMITED          香港              ChargeSPOT事業の               ・ハードウェアの販売先
                          香港ドル                 (100)
                                運営、展開
     (注)4、5、6
                                中国本土における               ・当社役員1名が当該子会
                                ChargeSPOT事業の                社の役員を兼任
     殷富利(广州)科技有限                           運営、展開               ・ハードウェアの開発、管
                           1,054千                 100
     公司            中国広東省              「ChargeSPOT」の                理及び保守の委託
                           人民元                (100)
     (注)2、4                           ソフトウエア及び               ・ハードウェアの配送委託
                                ハードウエアの開               ・ソフトウェアの開発、管
                                発・製造管理                理及び保守の委託
     その他 1社               -         -      -         -        -
     (注)1.「主要な事業の内容」欄について、当社グループはChargeSPOT事業の単一セグメントであるため、連結子会
           社が行う主要なサービスを記載しております。
         2.特定子会社に該当しております。
         3.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合であります。
         4.子会社であるINFORICH             ASIA   HOLDINGS     LIMITEDが100%出資しております。
         5.債務超過会社であり、2021年12月末時点で債務超過額は以下のとおりであります。
           INFORICH     ASIA   HOLDINGS     LIMITED        717,584千円
           INFORICH     ASIA   HONG   KONG   LIMITED  789,808千円
         6.INFORICH       ASIA   HONG   KONG   LIMITEDについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売
           上高に占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等  (1)売上高     390,471千円
                     (2)経常損失            △47,300千円
                     (3)当期純損失           △96,887千円
                     (4)純資産額   △789,808千円
                     (5)総資産額    316,697千円
         7.上表のほか、当社は、2022年2月28日付で株式会社CHARGESPOT MARKETING(65%出
           資)を設立いたしました。
         8.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
                                 29/215







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                  2022年9月30日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                189
      ChargeSPOT事業                                              ( 13 )
     (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、最近
           1年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.当社グループはChargeSPOT事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載はしておりません。
         3.2021年9月30日に比べ従業員数が48名増加しておりますが、これは主に業務拡大に伴う新規採用によるもの
           であります。
      (2)提出会社の状況

                                                  2022年9月30日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
            93              34.8              1.8             5,373
              ( 13 )
     (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除く。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会
           社からの派遣社員を含む。)は、最近1年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.当社はChargeSPOT事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載はしておりません。
         4.2021年9月30日に比べ従業員数が31名増加しておりますが、これは主に業務拡大に伴う新規採用によるもの
           であります。
      (3)労働組合の状況

         当社グループにおいて労働組合は組成されておりませんが、労使関係は円滑に推移しております。
                                 30/215












                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
        (1)会社の経営の基本方針
          当社グループは「次の人、次の世代を想い、行動する社会の循環を創る」をミッションとし、シェアする=分
         かち合うためには、人を想うことが大切と考え、人を想い行動する社会の循環を創ることに価値を置いておりま
         す。また、「多様な可能性を見いだし、ボーダレスな価値を育み世界をつなぐ」をビジョンとし、世界を紡ぐ
         シェアリングサービスのプラットフォーマーとして、ボーダレスに人々の想い・文化を紡ぐサービスをカタチに
         することで価値ある未来を切り開いていくべく、日々新たな事業やサービスを模索しております。
          当社グループは、各ローカルのヒト、モノ、コトにユニークな可能性を見いだし、カルチャーやビジネスの垣
         根を越えて展開できるような存在に進化させることで世界をブリッジしてまいります。
          昨今のスマートフォンの爆発的な普及やデータ通信量の増大に伴い、現代生活における充電問題は大きなテー
         マとなっていると考えております。5Gがもたらすイノベーションは、生活をより便利に変えていく一方、ス
         マートフォン端末の消費電力の増加速度が内蔵バッテリーの性能向上速度を上回る状況に拍車がかかっておりま
         す。この中長期的な社会課題を解決するうえで、また、SDGsの観点からも社会全体で利用をシェアする、分
         かち合うスマートフォン補完充電のインフラ整備が不可欠であります。そのために当社グループは、ChargeSPOT
         事業を主力事業として注力しております。
        (2)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

          当社グループは、ChargeSPOT事業において、売上高の継続的かつ累積的な増加を実現するため、月間レンタル
         回数、月間アクティブユーザー数及びバッテリースタンド設置台数を重要指標として経営を行っております。
          月間レンタル回数は、対象月に「ChargeSPOT」からモバイルバッテリーがレンタルされた回数を集計したもの
         であります。当該指標は、レンタル収益の源泉として経営の進捗を測る指標として利用しております。
          月間アクティブユーザー数は、月に一回以上「ChargeSPOT」を利用したユニークユーザー数を集計したもので
         あります。当該指標は、月間レンタル回数の基礎となる指標として、サービスの普及度合や消費者の利用動向、
         キャンペーン等の施策の効果を測るために利用しております。
          バッテリースタンド設置台数は、計数時点で稼働中のバッテリースタンドの台数を集計したものであります。
         当該指標は、月間アクティブユーザー数の基礎となる指標として、事業拡大の進捗を測るために利用しておりま
         す。
                                 31/215











                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (3)経営戦略
          当社グループの事業や事業領域には次のような特徴があり、これらを総合的に勘案したうえで中長期的な経営
         戦略を立案しております。
          ① ChargeSPOT事業の魅力
            ChargeSPOT事業の魅力は3つあり、第一に短い投資回収期間、第二に大口顧客に対する低い依存度、第三
           にバッテリースタンド設置台数及び粒度とレンタル稼働率の相関関係であります。
            a.短い投資回収期間
                                                     ※1
              ChargeSPOT事業で使用するモバイルバッテリーの2022年9月末の国内レンタル稼働率                                          に基づく投
                  ※2
             資回収期間       は30.5日となっており、短期間で投資が回収されるビジネスモデルとなっております。
             また、バッテリースタンドへの投資はリース契約を基本とすることによりキャッシュ・フローに余裕を
             持たせた事業展開を行っております。
              ※1 レンタル稼働率=モバイルバッテリーレンタル数÷市中流通のモバイルバッテリー数
              ※2 投資回収期間=モバイルバッテリーの仕入単価÷(1レンタル当たりの平均収益×レンタル稼
                 働率)
            b.大口顧客に対する低い依存度

              ChargeSPOT事業の主力であるモバイルバッテリーシェアリングサービスの収益は、少額課金の積み上
             げにより構成されており、特定の大口顧客に依存するリスクが相対的に低いビジネスモデルとなってお
             ります。
            c.バッテリースタンドの適切な設置とレンタル稼働率の相関関係

              当社グループの実績によると、バッテリースタンドを視認性が高くユーザー利用が見込める場所にて
             適切に増加させることができれば、モバイルバッテリーのレンタル稼働率が上昇することが確認されて
             おります。これは、設置効率に関する実績データが蓄積され、効果的な設置戦略が推進されること、市
             中でバッテリースタンドを見かける頻度が増すことで広告効果が高まり「どこでも借りられて、どこで
             も返せる」という利便性や返却に関する安心感が訴求されることが大きく関係していると分析しており
             ます。
              また、当社が学習院大学と共同で実施している実証実験によると、バッテリースタンドの設置粒度
             (人口当たりのバッテリースタンド設置台数)とレンタル稼働率にも同様に相関関係があることが確認
             されております。2018年9月に同大学キャンパス内に初期設置を行ったバッテリースタンドから得られ
             た観測データによると設置粒度を調整することでレンタル稼働率は最大45%まで上昇するという結果が
             得られました。今後、実社会においても設置粒度の最適化を図ることで稼働率は上昇していくものと分
             析しております。
              なお、2022年9月末のバッテリースタンド設置台数は国内で35,352台、レンタル稼働率は27.2%と
             なっております。
                                 32/215









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            d.有望な市場ポテンシャル
              当社グループでは、国内事業のターゲットとする市場をTAM(Total                                Addressable      Market)、SAM
             (Serviceable       Addressable      Market)、SOM(Serviceable              Obtainable      Market)に区分し、それぞれに
             対するアプローチを検討しております。
              具体的には、それぞれ以下の考え方により、販売促進を図っております。
              当社グループが国内事業のターゲットとして設定するSAMは、スマートフォンのユーザー数9,324
               ※
             万人   のうち、外出時間中に1回以上充電を行うであろうユーザーの割合(当社推計値)を乗じること
             で算出される規模に設定しております。なお、当該対象者の割合は今後5Gの普及によるバッテリー消
             費量の増加により拡大していくものと考えております。
              SAM     =スマホユーザー数×外出時間中に1回以上充電を行うであろうユーザーの割合

              次に販売ターゲットとなるSOMについては、SAMのうち、モバイルバッテリーシェアリングサー

             ビスの潜在的利用者(モバイルバッテリーシェアリングサービスの利用に関心があるユーザーの割合
             (当社推計値)を乗じることで算出される規模に設定しております。
              SOM     =SAM×モバイルバッテリーシェアリングサービスの潜在的利用者の割合

              当社グループでは、「ChargeSPOT」の設置台数の拡充によりSOMの拡大を図っております。

              さらには、これらのモバイルバッテリーシェアリングに直結するマーケットに加えて、
             「ChargeSPOT」を活用したデジタルサイネージの活用機会の拡大やモバイルバッテリー以外のデバイス
             の充電利用等を進めるなど収益機会拡大を図ることで、SAMを上回るTAMを拡大していくことを目
             指しております。
             ※日本の総人口(参照情報:総務省統計局「人口推計                         2021年10月1日現在」)に2021年におけるス
              マートフォン保有者割合(参照情報:総務省「令和3年通信利用動向調査(個人)」)を乗じて、当
              社が算出した推計値
                <ターゲットとする市場>

                                 33/215










                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ② 海外展開
            当社グループは、海外では、台湾、香港、中国本土及びタイでChargeSPOT事業を展開しており、台湾、中
           国本土の一部及びタイにおいては、フランチャイズ契約に基づき他事業者と協働で展開しております。
            なお、今後は、フランチャイズ等を中心に欧米や中東への進出も計画しております。
          上記を踏まえた具体的な経営戦略は、以下のとおりであります。

           当社グループはChargeSPOT事業のさらなる拡大を実現するため、設置代理店を通じたバッテリースタンドの
                                ※
          増設や、テレビCM、1円レンタルキャンペーン                       等を通じた利用者数増加のための各種施策を実施してまい
          ります。また、使い放題定額制の導入やPayPay・d払い・auPayといった決済アプリから当社サービスを直接
          利用可能にするなど引き続き利便性の向上を図ってまいります。
          ※ 特定の期間中、新規利用者等を対象に24時間未満の利用料金が1円になるキャンペーン
        (4)経営環境

          当社グループの事業が属する経営環境は次のような特徴があります。
          ① 市場分析
            ChargeSPOT事業が対象とするモバイルバッテリーシェアリングサービスの市場規模について、同サービス
           世界最大のマーケットである中国では、2021年3月末現在約360万台(出所:Lead                                      Leo社 「2021年上半期
           中国モバイルバッテリーシェアリングサービス市場洞察レポート」)のバッテリースタンドが稼動してお
           り、国民400人当たり約1台の設置割合となっております。これを日本の人口を基に換算すると約30万台の
           設置規模と算出されます。中国と日本では、市場、技術及び文化等の相違はあるものの、スマホ社会におい
           て「充電不足を解消したい」という根本的なニーズは変わらず、また、今後もさらに増大していくと考えら
           れることから日本においても当該算出台数を超える設置ポテンシャルはあるものと考えております。
            また、一般社団法人シェアリングエコノミー協会と株式会社情報通信総合研究所が共同で発表した「シェ
           アリングエコノミー関連調査2021年度調査結果 2022年1月18日公表」によれば、2021年度のシェアリング
           エコノミーの市場規模は過去最高となる2兆4,198億円となり、さらに2030年度にはその約6倍の14兆2,799
             ※
           億円   となると予測されております。このうち、「モノ」の市場規模は、2021年度で1兆1,882億円、2030年
                   ※
           度で3兆3,444億円          となると予測されております。
            また、株式会社CARTA HOLDINGSによる「デジタルサイネージ広告市場調査 2021年12月9
           日公表」によれば、2021年の国内のデジタルサイネージ市場規模は、前年度比114%の594億円の見込みと
           なっており、2025年予測は2021年比約2倍の1,083億円にまで成長すると予測されております。
            サイネージサービスの市場動向につきましては、東京近郊で都市の再開発・街づくりが活発化したこと
           で、新たに建設された商業施設やオフィスビル、ホテルなどでデジタルサイネージの設置が進みました。地
           方においても、地方創生の盛り上がりから道の駅や観光地などを中心に、デジタルサイネージの設置が広
           がっております。
           ※ 課題解決シナリオ下での最大予測金額
          ② 競争優位性

            当社グループは、競合他社に先駆けてモバイルバッテリーシェアリングサービスを日本に導入しており、
                                                     ※1
           「ChargeSPOT」の国内マーケットシェアは、バッテリースタンドの設置台数ベースで約8割                                            と業界トッ
           プのシェアを有しております。これは、ニューヨーク大学                           Stern   School    of  BusinessのScott        Galloway教
                             ※2
           授が提唱する「Unregulated             Monopoly」       に該当し、競合他社との競争優位性を獲得している状況にある
           と考えております。
            また、当社グループは、自社で製品開発を行うことで市場のニーズをタイムリーに製品へ反映できる体制
           を構築しております。現在リリースしているモバイルバッテリーは、SIAA(抗菌製品技術協議会)基準
           に適合した抗ウイルス・抗菌処理やUSB-C、iOS、Micro                          USBの3種に対応した高い汎用性のバッテリーケー
           ブルなど利便性の高い製品をタイムリーにリリースすることで競合他社との競争優位性を保持しているもの
           と考えております。
           ※1 2022年9月末時点の当社グループの設置台数と競合他社が公表している台数を基に当社で算出
           ※2 高い市場占有率が参入障壁として機能している状態
                                 34/215




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題
          ChargeSPOT事業は国内初の事業であり当社グループはそのマーケットリーダーでもありますが、競合企業の出
         現や、新型コロナウイルス感染症の流行による外出控えなど、事業環境は予断を許さない状況であります。
          このような環境の中、当社グループは「Mission/Vision/Values」をテーマに、海外発のビジネスモデルを
         日本に、そして、日本の技術力を海外に展開していくことで、様々な国や文化の垣根を超えより多くの方々に当
         社グループのサービスをご利用いただけるよう邁進してまいります。
          当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題は以下の通りであります。

          ① 認知度の向上
            当社グループは、収益基盤であるモバイルバッテリーのレンタル収益向上を最優先の経営課題としてお
           り、そのためには当社サービスの認知度向上が重要であると考えております。
            これまで当社グループは、人気アニメキャラクターを起用したテレビCM、人気アプリサービスとのコラ
           ボキャンペーン、人流が多い生活導線への集中設置等、認知度向上に向けた様々な取り組みを行ってまいり
           ました。
            今後も当社サービスのより一層の認知度向上に向けて広告宣伝及びプロモーション活動の強化、バッテ
           リースタンド設置台数の増加に注力してまいります。
          ② 選択と集中

            当社グループは、投資効率の向上を図るため「選択と集中」を考慮したバッテリースタンドの設置戦略が
           重要であると考えています。
            これまで当社グループは、エリア別・業種業態別のバッテリー稼働率を継続的に分析してまいりました。
           今後は、当該分析結果を踏まえて稼働率の高いエリア・業種業態に集中して投資することで、レンタル稼働
           率の向上を図ってまいります。
          ③ 経営基盤の強化

            当社グループは、企業価値を高め、株主の皆様をはじめとするステークホルダーに信頼され、支持される
           企業となるために、コーポレート・ガバナンスへの積極的な取り組みが不可欠であると考えております。
            そのため、内部統制システムの強化、マネジメントの強化、人材育成、損益管理の徹底等、持続的な成長
           を支える経営基盤を強化してまいります。
          ④ 事業資金確保

            当社グループは、更なる事業拡大を見据え、資金調達手段の多様化を図ることで、安定的な事業資金の確
           保に取り組んでおります。今後も持続的な成長を実現するため引き続き財務体質の強化に努めてまいりま
           す。
          ⑤ 業績の黒字化

            当社グループは、スピード重視の経営と積極的な投資という考えに基づき継続的な投資を行っており、研
           究開発費や減価償却費等の負担から2021年12月期までの連結業績は連続した親会社株主に帰属する当期純損
           失となっております。今後も一定期間赤字が継続するものと考えておりますが、各種施策の実施により中期
           経営計画期間内での黒字化を図っていく予定であります。
                                 35/215







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【事業等のリスク】
       本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及び
      キャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクには、以下のようなもの
      があります。
       当社グループは、これらのリスクの発生可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の迅速な対応に努め
      る方針であります。
       具体的には、当該リスクを把握し、管理する体制・枠組みとして当社内にコンプライアンス・リスク管理委員会を
      設置して対応しております。詳しくは「第4 提出会社の状況 4 コーポレート・ガバナンスの状況等 (1)
      コーポレート・ガバナンスの概要 ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由 イ 企業統治の体制の
      概要 f.コンプライアンス・リスク管理委員会」をご参照ください。
       なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであり、将来において発
      生の可能性がある全てのリスクを網羅するものではありません。
       <経営環境に関するリスク>

        (1)当社グループ事業が対象とする市場について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期:長期、影響度:重)
          当社グループの展開するChargeSPOT事業が属するモバイルバッテリーシェアリング市場は年々拡大しておりま
         すが、モバイルバッテリーシェアリング市場の環境整備や新たな法的規制の導入、その他何らかの要因によって
         モバイルバッテリーシェアリング市場の発展が阻害される場合には、当社グループの事業活動が制限される可能
         性があります。当社グループは、アプリケーションと連携した広告展開や他社との差別化を推進することで当該
         リスクの低減を図っておりますが、当該リスクの発生によって、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を
         及ぼす可能性があります。
          デジタルサイネージ市場においては、広告配信手法や販売メニューが多様化し、競争が激化する傾向にありま
         す。また、デジタルサイネージ市場の他に革新的な広告方法や広告配信技術が出現した場合、デジタルサイネー
         ジへの需要が縮小する可能性があります。当社グループは、広告効果の継続的なモニタリングや新機能や新たな
         技術の研究開発を推進することで当該リスクの低減を図っておりますが、当該リスクの発生によって、当社グ
         ループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        (2)競合環境が激化するリスク(顕在化の可能性:中、顕在化の時期:長期、影響度:中)

          当社グループの展開するモバイルバッテリーシェアリングサービスは規制業種ではなく、また、モバイルバッ
         テリーやバッテリースタンドの製造はOEMが可能なため、同サービスへの参画企業の増加による競合激化リス
         クが存在します。
          サイネージサービスにおいては、例えば銀行業におけるATMでのデジタルサイネージ等、既にさまざまな業
         種でデジタルディスプレイによるサイネージサービスが展開されております。これら競合となり得るサービスは
         これからも増加することが想定されます。
          当社グループが展開するChargeSPOT事業のモバイルバッテリーシェアリングサービスのマーケットシェアは、
                                ※
         国内におけるバッテリースタンド設置台数の約8割                        を占めており、収益基盤は安定していると考えておりま
         す。また、当社グループは、今後もバッテリースタンド設置台数及びユーザー数拡大に向けて種々の施策を講じ
         ていく計画ですが、競合環境の激化によりこれらの計画が想定どおり進行しない場合、当社グループの財政状態
         及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
          ※ 2022年9月末時点の当社グループの設置台数と競合他社が公表している台数を基に当社で算出
                                 36/215







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (3)技術革新について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期:長期、影響度:重)
          当社グループの展開するChargeSPOT事業が属するモバイルバッテリーシェアリング業界においては、新しい製
         品やテクノロジーが次々と開発されております。当社グループが、これらの変化へ適切に対応できない場合、当
         社グループの業界における競争力が低下する可能性があります。当社グループにおいては、関連するテクノロ
         ジーの最先端である中国広東省広州市に研究開発拠点を設け、最新の技術革新への対応を図ることにより当該リ
         スクの低減を図っておりますが、当該リスクの発生によって、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及
         ぼす可能性があります。
          また、ChargeSPOT事業を牽引するニーズはスマートフォンの電池性能に大きく影響されるため、将来発売され
         るスマートフォンの内蔵バッテリーの電池性能の向上は、当社グループの事業活動及び業績に大きな影響を与え
         ます。
          スマートフォンの稼働に必要な消費電力は、今後の4Gから5Gへの世代シフト(高容量伝送や使用周波数帯
         の高バンド化)や半導体・ディスプレイの高度化による、これまでになかったアプリケーション機能等の追加等
         により、一層増加することが予想されます。一方で、現在のスマートフォンに内蔵されているリチウムイオン電
         池の性能については、負極材料の改良等による改善の可能性があるものの、現在の電池性能を大きく上回り、上
         記のとおり今後一層の増加が予想される消費電力を完全に賄うことができる程のイノベーションが発生する可能
         性は必ずしも高くないと考えております。また、リチウムイオン系の電池以外の電池技術に関しても、技術及び
         価格の両側面においてスマートフォンで利用可能となるまでに相当程度の長期間を要するものと考えておりま
         す。
          当社グループは、バッテリー技術の動向を継続的にモニタリングしており、重要な技術革新には遅滞なく打開
         策を策定してまいります。
          しかしながら、当社グループの想定していない電池分野における急速な技術革新により、重度なスマートフォ
         ン利用にもかかわらず長時間追加充電を必要としないバッテリー等、消費電力の増加を賄うことができる高性能
         なバッテリーを内蔵したスマートフォンが広く普及する事態となった場合には、当社グループの事業活動、財政
         状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        (4)通信インフラ環境やネットワーク環境について(顕在化の可能性:中、顕在化の時期:短期、影響度:軽)

          当社グループが展開するChargeSPOT事業は、通信インフラ環境やサーバー等のネットワーク環境に依存してお
         ります。当社グループは、安定的なサービス提供のため、通信業者の分散化、サーバーの負荷分散及び監視強
         化、障害が発生した際に早急に復旧するための体制整備等を進めております。しかしながら、自然災害や事故、
         サイバー攻撃、サービス利用者急増に伴う負荷、その他何らかの事由によって当該環境に障害が発生し、サービ
         スを停止せざるを得ない状況となった場合は、機会損失、顧客への損害の発生、サービスに対する信頼性の低下
         等により、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        (5)海外に事業を展開していること(政治や規制、為替など)(顕在化の可能性:中、顕在化の時期:短期、影響

          度:軽)
          当社グループは、日本国内のほか、中国を中心に海外でも事業を展開しております。また、ChargeSPOT事業で
         使用するモバイルバッテリー及びバッテリースタンドの研究開発拠点及び生産委託先企業は中国にあります。当
         社グループは、中国以外に所在する生産委託先の開拓を進める等、同国への依存度の低下を推進しております
         が、同国の政治・経済・社会情勢の変化に伴い、事業環境の悪化や従業員の流出等が発生した場合、当社グルー
         プの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
          また、政治的・経済的要因により、予期できない投資規制、移転価格税制を含む税制や法的規制の変更等が行
         われた場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
          さらに、連結財務諸表を作成するにあたっては現地通貨を円換算する必要があり、換算時に使用する為替レー
         トによっては、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
          なお、本書の提出日現在、当社グループでは、為替予約等は行っておりませんが、当該リスクの変化を継続的
         に評価するとともに、今後は、為替予約等のリスクヘッジ取引等の利用を検討してまいります。
                                 37/215





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (6)自然災害等について(顕在化の可能性:中、顕在化の時期:短期、影響度:中)
          地震、台風、津波等の自然災害、火災、停電、未知の感染症の拡大、国際紛争等(以下「自然災害等」とい
         う。)が発生した場合、当社グループの事業運営に深刻な影響を及ぼす可能性があります。
          また、当社グループの主要な事業拠点である日本の首都圏において大規模な自然災害等が発生した場合には、
         サービスの提供等がやむを得ず一時的に停止する可能性もあり、当社グループの信頼性やブランドイメージを毀
         損する可能性があります。
          当社グループにおいては、自然災害等が発生した場合に備え、事業継続計画の策定等、有事の際の対応策の整
         備を進めておりますが、自然災害等の発生による影響を完全に回避できる保証はなく、物的、人的損害が甚大で
         ある場合には事業の継続自体が困難又は不可能となる可能性があります。
          このように自然災害等が発生した場合、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性がありま
         す。
        (7)感染症について(顕在化の可能性:高、顕在化の時期:短期、影響度:中)

          当社グループが提供するサービスは、ヒトの移動に深く連動しており影響を受けます。感染症拡大に伴い政府
         による緊急事態宣言等が発令された場合、外出自粛や飲食店・サービス業の運営自粛により人流が抑制され、当
         社グループの事業に影響を及ぼす可能性があります。当社グループにおいては、コンビニエンスストア等の外出
         制限時にも往訪頻度が高い場所へバッテリースタンドの設置を進めることで当該リスクの低減を図っております
         が、当該リスクの発生によって、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
          また、生産拠点である中国国内で感染症が拡大した場合は、生産委託先の工場の閉鎖、工場作業員の感染によ
         る生産性の低下などのリスクがあります。当社グループでは年間の発注計画を早期に取りまとめ、オーダー時期
         を早める事で納期遅延のリスク低減を図っております。また、生産拠点の分散を図るべく日本国内における生産
         体制の構築を進めておりますが、当該リスクの発生によって、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及
         ぼす可能性があります。
        (8)風評被害について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期:短期、影響度:軽)

          当社グループの事業運営に関し、悪意を持った第三者が、意図的に噂や憶測、悪評やあいまいな情報を流す、
         または、何らかの事件や事故等の発生に伴う風評により、当社グループに対する誤解、誤認、誇大解釈等が生じ
         た場合は、顧客マインドにマイナスの影響を与え、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性
         があります。
          当社グループは、倫理規程の周知やコンプライアンス研修の実施により役職員のコンプライアンス意識の醸成
         を図り健全な企業経営を推進してまいります。また、悪意のある風評等には毅然とした姿勢で対応する方針であ
         ります。
       <経営戦略に関するリスク>

        (9)継続的な投資と損失計上について(顕在化の可能性:中、顕在化の時期:中期、影響度:中)
          当社グループの展開するChargeSPOT事業は、事業規模の拡大につれて収益性が高まるという特性があります。
          当社グループは、スピード重視の経営と積極的な投資という考えに基づき継続的な投資を行っており、研究開
         発費や減価償却費等の負担から2021年12月期までの連結業績は連続した親会社株主に帰属する当期純損失となっ
         ております。今後も一定期間赤字が継続するものと考えておりますが、中期経営計画期間内での黒字化を図って
         いく予定であります。しかしながら、当該投資によっても当社グループが想定している成果が得られない場合
         は、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (10)フランチャイズについて(顕在化の可能性:中、顕在化の時期:中期、影響度:軽)

          当社グループの台湾、タイ及び中国その他地域の一部におけるChargeSPOT事業は、フランチャイズ契約により
         展開しております。フランチャイズ運営においては、フランチャイズの立ち上げや牽引経験を有した人材の採用
         を積極的に行うことで効率的な事業運営を図っておりますが、何らかの理由で運営に支障が生じた場合や、フラ
         ンチャイズ先においてブランドイメージ等に悪影響を及ぼすような事態が発生した場合は、当社グループの財政
         状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 38/215





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (11)新規事業、業務提携や企業買収等について(顕在化の可能性:中、顕在化の時期:短期、影響度:中)
          当社グループが事業を運営していく中で継続的な成長性や収益性等を維持するためには、新規事業への挑戦や
         他社との業務提携または企業買収(以下、「企業買収等」という)が必要となる可能性があります。その際、当
         該企業買収等が想定した成果を得ることができず、のれんの減損や、事業再編等に伴う事業売却損、事業清算損
         その他これに伴う費用等が発生した場合、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
          当社グループにおいては、企業買収等を実施する前に外部専門家による綿密なデューデリジェンスや事業価値
         評価を実施することで当該リスクの低減を図っておりますが、当該リスクの発生によって、当社グループの財政
         状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (12)資金使途について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期:中期、影響度:中)

          当社グループが上場時の公募増資により調達する資金は、今後の事業拡大に伴う設備資金(バッテリースタン
         ド及びモバイルバッテリーの取得)に充当する計画であります。しかしながら、経営環境等の変化に対応するた
         め、調達資金を計画以外の使途に充当する可能性があります。また、当初の計画どおりに資金が使用された場合
         でも、想定どおりの成果をあげられない可能性があり、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可
         能性があります。
       <企業体制に関するリスク>

       (13)内部管理体制について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期:中期、影響度:中)
          当社グループは、企業価値を最大化すべく、コーポレート・ガバナンスの充実を経営の重要課題と位置づけ、
         多様な施策を実施しております。また、業務の適正及び財務報告の信頼性を確保するため、これらに係る内部統
         制が有効に機能する体制を整備、運用しております。しかしながら、事業の急速な拡大等により、十分な内部管
         理体制の整備、運用が追いつかないという状況が生じる場合には、適切な業務運営が困難となり、当社グループ
         の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (14)有能な人材の確保・育成について(顕在化の可能性:中、顕在化の時期:長期、影響度:中)

          当社グループの事業においては、システムを構築及び維持する技術者のほか、各業務分野において専門性を有
         する人材が必要であり、今後とも業容拡大に応じて継続した人材の確保が必要であると考えております。当社グ
         ループにおいては、通常の採用手法に加え優秀な人材を採用するためのヘッドハント手法を取り入れつつ採用広
         報を積極的に実施することで安定的な人材の確保に努めておりますが、今後、各業務分野及び地域における人材
         獲得競争の激化や市場ニーズの変化等により、優秀な人材の獲得が困難となる場合又は在職する人材の社外流出
         が生じた場合には、当社グループの事業展開、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (15)特定の人物に対する依存について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期:長期、影響度:重)

          当社グループの創業者は、当社の代表取締役社長兼執行役員CEOの秋山広宣であります。同氏は、日本語の
         他、英語、中国語を使いこなすことができ、また、中国におけるネットワークを有していることから、当社グ
         ループの海外展開において重要な役割を担っております。さらに、当社設立以来、経営方針や経営戦略の決定等
         の事業運営においては、重要な役割を果たしております。当社グループとしては、特定の役職員に依存しない組
         織的な経営体制の構築に努めておりますが、専門的な知識、技術及び経験を有する同氏に、何らかの理由によっ
         て不測の事態が生じた場合、又は、同氏が早期に退任するような事態が発生した場合には、当社グループの事業
         展開及び業績等に影響を与える可能性があります。
          また、当社は、銀行借入金の一部について、同氏より債務保証を受けております。何らかの理由によって当該
         保証人が金銭消費貸借契約に定める欠格事由に該当した場合、当社は当該借入金について期限の利益を喪失し、
         当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
          当社グループは、関連当事者取引の合理性、必然性及び取引条件の妥当性等を検証したうえで、可能な限り関
         連当事者取引の解消、縮小に努めており、今後は相手先との交渉により当該債務保証は解消していく方針であり
         ます。
          なお、2021年12月期の関連当事者取引の詳細につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 
         (1)連結財務諸表 注記事項(関連当事者情報)」に記載のとおりであります。
                                 39/215





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       <事業運営に関するリスク>
       (16)モバイルバッテリー及びバッテリースタンドの不具合について(顕在化の可能性:中、顕在化の時期:短期、
         影響度:中)
          当社グループがChargeSPOT事業で使用するモバイルバッテリー及びバッテリースタンドは、市場投入後に不備
         が発生し、想定していた収益を生まない可能性や当該製品の回収費用等が発生する可能性があります。
          当社グループでは、製造委託先の分散化を進めており、品質に問題が発生した場合の損失軽減を図っておりま
         す。また、製品の検品体制を強化しており、開発段階のみならず量産段階においてもパーツごとの耐久テストを
         継続的に行っております。さらに、安定した品質を保つべく常時デザインの改良を行っており、新しいデザイン
         を市場に投入する際は、研究開発拠点の近郊市場で実稼働テストを行った上でグローバル展開に移行することで
         リスクの最小化を図っております。
          品質管理部門においては、隔週で日本と中国間の情報共有の場を設け、製品品質に問題が無いことを確認して
         おります。また、想定されるリスクについては、四半期に一度のコンプライアンス・リスク管理委員会で定常的
         な検討を行い、万が一品質に問題が発生した場合やその可能性が発覚した場合は、直ちに臨時のコンプライアン
         ス・リスク管理委員会を召集し迅速に対応することとしております。
          当社グループでは、上記のような対策を講じリスクの低減を図っておりますが、当該リスクの発生によって当
         社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (17)バッテリースタンドの設置先について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期:中期、影響度:重)

          当社グループがChargeSPOT事業で使用するバッテリースタンドの設置先は、ユーザーにとって利便性が高い場
         所にあるという理由から大手コンビニエンスストア内の占める割合が相対的に高い状態となっております。当社
         グループは、特定の設置先に偏重しないよう設置場所の多様化及び分散拡充を推進しておりますが、何らかの理
         由で大手コンビニエンスストア等との設置契約が継続的に更新されない場合は、バッテリースタンドの設置台数
         が大幅に減少し、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (18)主要な原材料について(顕在化の可能性:中、顕在化の時期:中期、影響度:中)

          当社グループが委託生産しているモバイルバッテリー及びバッテリースタンドにはディスプレイや汎用モ
         ジュールなどの多くの部材が使用されております。当社グループは、仕入先の多角化を進めておりますが、需給
         バランスの崩れ等により購入価格に影響がでた場合や計画通りに購入できない場合には、当社グループの財政状
         態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (19)製造物責任について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期:短期、影響度:中)

          当社グループがChargeSPOT事業で使用しているモバイルバッテリー及びバッテリースタンドは、中国広東省広
         州市の外部工場へ生産委託を行っておりますが、製品開発は当社グループが行っており製造物責任を負っており
         ます。そのため、予期しない理由で発生した事故等により、当社グループの社会的信用の低下や多額の賠償義務
         が生じる場合があります。当社グループは、当該外部工場に厳格な品質管理体制の構築を求めること及び賠償責
         任保険の付保により当該リスクの低減を図っておりますが、当該リスクの発生によって当社グループの財政状態
         及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (20)情報セキュリティについて(顕在化の可能性:低、顕在化の時期:短期、影響度:軽)

          当社グループは、顧客および登録者等の個人情報、その他業務上必要な情報を保有しております。当社は、こ
         のような機密性の高い情報を適切に管理するため、プライバシーマーク(ISO15001)を取得し、個人情報保護規
         程等の社内規程に基づいた情報管理に関する社内ルールの周知徹底をはかる等、セキュリティ対策には万全の措
         置を講じておりますが、万が一これらの情報が漏洩した場合、当社グループの信用やブランド価値が毀損し、当
         社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 40/215






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       <規制等に関するリスク>
       (21)法的規制について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期:短期、影響度:重)
          当社グループがChargeSPOT事業で使用しているモバイルバッテリー、バッテリースタンド等は、「電気用品安
         全法」(PSE法)に定められた「電気用品」に該当するため、この法律による規制を受けております。
          当社グループの製品は当該法律の基準に適合しており、製品製造にあたっては厳格な品質管理体制を整備・運
         用しておりますが、製造・検品の工程に重大な欠陥があった場合、予見できない不具合等が生じた場合または将
         来の法改正等によって当該基準に不適合となった場合は、事業活動が制限され、当社グループの財政状態及び経
         営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (22)許認可について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期:中期、影響度:軽)

          当社グループは、海外グループ会社の設置のための法人認可や製品規格に関する認証等、事業を営む上で様々
         な許認可を取得しており、かかる許認可に基づく基準を遵守する取り組みを行っております。そのため、将来に
         おいて、法令の変更や許認可の有効期限到来時の更新のため、更なる対策を講ずる費用が生ずる可能性がありま
         す。また、将来の事業領域の拡大の際に新たな許認可取得の必要性が生ずる場合には、当該許認可取得のための
         対策費用が生ずる可能性があります。さらに、何らかの原因で許認可の更新が適切に行われない場合、当社グ
         ループの事業運営に支障をきたす可能性があります。
          当社グループでは、社内の管理体制の構築等によりこれら法令を遵守する体制を整備するとともに、規制当局
         の動向及び既存の法規制の改正動向等を踏まえ、適切に対応していく予定でありますが、当該リスクの発生に
         よって、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (23)知的財産権について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期:短期、影響度:中)

          当社グループが使用する商標、モバイルバッテリー、バッテリースタンド等について、現時点で第三者の知的
         財産権を侵害するものはないと認識しております。今後も、顧問弁護士に相談しながら権利侵害を回避するため
         の著作権等の監視、管理等を行っていく方針であります。また、当社グループの保有する知的財産権が侵害され
         ることがないよう、商標等の管理業務の一部を外部の専門家へ委託し、相談体制の確立など関連部署が共同して
         知的財産権の保全に努めております。しかしながら、万が一、当社グループが第三者の知的財産権を侵害した場
         合、または第三者により当社グループの知的財産権が侵害された場合は、当該第三者から損害賠償請求を受け
         る、または第三者からの権利侵害により不利益を被る等により、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を
         及ぼす可能性があります。
       <会計税務に関するリスク>

       (24)固定資産の減損について(顕在化の可能性:中、顕在化の時期:中期、影響度:中)
          当社グループは、「固定資産の減損に係る会計基準」を適用しており、回収可能性が見込めなくなった固定資
         産については減損処理を実施する方針であります。
          当社グループは、ChargeSPOT事業で使用しているモバイルバッテリー、バッテリースタンドを固定資産に計上
         しておりますが、当該資産から得られるキャッシュ・フローの状況等が悪化し、それらの回収可能性が著しく低
         下した場合には減損処理が必要となり、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性がありま
         す。
          当社グループは、各拠点ごとに「ChargeSPOT」の稼働状況に関する実績データを集積及び解析し、稼働が見込
         める場所に集中投資するなど設置戦略に反映することで当該リスクの軽減を図っております。
       (25)税務上の繰越欠損金について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期:長期、影響度:軽)

          当連結会計年度末において、当社には税務上の繰越欠損金が存在しております。当該繰越欠損金は、将来の課
         税所得と相殺され法人税等を減額する効果がありますが、今後の税制改正によって、当該納税負担額が軽減でき
         なくなる可能性があります。また、繰越欠損金が解消された場合、通常の税率に基づく法人税等が発生し、当社
         グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 41/215





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       <株主に関するリスク>
       (26)配当政策について(顕在化の可能性:中、顕在化の時期:中期、影響度:中)
          当社は、株主に対する利益還元を経営上の重要課題の一つとして位置づけておりますが、創業して間もないこ
         とから、現状では、持続的成長と事業拡大に向けた積極的な投資に充当していくことが株主に対する最大の利益
         還元につながると考え、創業以来配当は実施しておりません。
          将来的には、内部留保の充実状況及び企業を取り巻く事業環境を勘案した上で、株主に対して利益還元策を実
         施していく方針ではありますが、現時点において配当実施の可能性及びその時期等については未定であります。
          なお、内部留保資金については、更なる事業拡大のための設備投資、人材採用及び研究開発等に活用していく
         予定であります。
       (27)ベンチャーキャピタル等の組成する投資事業組合について(顕在化の可能性:中、顕在化の時期:短期、影響

         度:中)
          本書提出日現在において、当社発行済株式総数1,790,520株のうち、計202,070株はベンチャーキャピタル等が
         組成した投資事業組合(以下「VC等」という。)が所有しており、VC等が保有する当社株式の公募増資前の
         発行済株式総数に対する割合は、11.29%と高い水準となっております。一般にVC等による未公開企業の株式
         所有目的は、株式公開後に売却しキャピタルゲインを得ることであります。
          当社株式の上場後においてVC等が所有する当社株式を市場にて売却した場合には、当社株式の需給バランス
         が短期的に損なわれ、株価形成に影響を及ぼす可能性があります。
       (28)新株予約権の行使による株式価値の希薄化について(顕在化の可能性:高、顕在化の時期:短期、影響度:

         軽)
          当社グループは、役職員及び社外協力者に対するインセンティブを目的としたストック・オプション制度を採
         用しております。本書の提出日現在における新株予約権による潜在株式数は288,590株であり、これは発行済株
         式総数及び潜在株式数の合計2,079,110株の13.88%に相当いたします。これらの新株予約権が行使された場合に
         は、当社の1株当たりの株式価値が希薄化し、当社の株価に影響を及ぼす可能性があります。
       (29)当社株式の流動性について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期:短期、影響度:軽)

          当社の株主構成は、当社役職員、事業法人及びベンチャーキャピタルが中心となっており、本公募及び売出し
         によって当社株式の流動性の確保に努めることとしておりますが、株式会社東京証券取引所の定める流通株式比
         率は、新規上場時において25.34%にとどまる見込みであります。今後は、当社の事業計画に沿った成長資金の
         公募増資による調達、大口株主への一部売出しの要請、新株予約権の行使による流通株式数の増加等の施策を組
         み合わせることで、流動性の向上を図っていく方針ではありますが、何らかの事情により上場時よりも流動性が
         低下する場合には、当社株式の市場における売買が停滞する可能性があり、それにより当社株式の需給関係にも
         悪影響を及ぼす可能性があります。
       <その他のリスク>

       (30)事業歴が浅いことについて(顕在化の可能性:中、顕在化の時期:中期、影響度:中)
          当社は、2015年9月に設立され、2018年4月にChargeSPOT事業をローンチした比較的事業歴の浅い会社であり
         ます。ChargeSPOT事業におけるモバイルバッテリーシェアリングサービスは、国内初の事業であり当社グループ
         はそのマーケットリーダーでもありますが、未だ成長過程にあると認識しており、今後も積極的な成長投資等に
         より一定期間業績が安定しない可能性があります。
          また、当社グループはIR・広報活動等を通じて積極的に経営状況を開示していく方針でありますが、過年度
         の経営成績は期間業績比較を行うための有効な材料とならず、今後の業績等を判断する情報としては不十分であ
         る可能性があります。
                                 42/215






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
         当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」とい
        う。)の状況の概要は次のとおりであります。
         なお、当社グループはChargeSPOT事業の単一セグメントであるためセグメント別の記載を省略しております。
         ① 財政状態の状況
           第7期連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
            (流動資産)
             当連結会計年度末における流動資産の残高は4,035,791千円(前連結会計年度末比1,541,249千円増)と
            なりました。これは主に、新株発行等により現金及び預金が1,435,172千円増加、売上高増加等により未
            収入金が113,599千円増加したこと等によるものであります。
            (固定資産)

             当連結会計年度末における固定資産の残高は1,658,041千円(同588,158千円増)となりました。これは
            主に、事業用資産のリース解約に伴う買い戻し等により工具、器具及び備品が778,184千円増加したこと
            等によるものであります。
            (流動負債)

             当連結会計年度末における流動負債の残高は1,436,660千円(同176,986千円増)となりました。これは
            主に、借入債務の株式化等により短期借入金が208,620千円減少、長期リース債務からの振替等により
            リース債務が111,404千円増加、業務委託費の増加等により未払金が135,091千円増加、売上高増加等によ
            り前受金が139,116千円増加したこと等によるものであります。
            (固定負債)

             当連結会計年度末における固定負債の残高は581,721千円(同62,374千円減)となりました。これは主
            に、短期リース債務への振替等によりリース債務が45,908千円減少したこと等によるものであります。
            (純資産)

             当連結会計年度末における純資産の残高は3,675,449千円(同2,014,795千円増)となりました。これは
            主に、新株発行による4,312,571千円増加、親会社株主に帰属する当期純損失の計上により利益剰余金が
            2,209,555千円減少したこと等によるものであります。
           第8期第3四半期連結累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年9月30日)

            (流動資産)
             当第3四半期連結会計期間末における流動資産の残高は3,526,487千円(前連結会計年度末比509,303千
            円減)となりました。これは主に、現金及び預金が753,490千円減少した一方で、売上高増加等により未
            収入金が174,585千円増加したこと等によるものであります。
            (固定資産)

             当第3四半期連結会計期間末における固定資産の残高は2,021,785千円(同363,744千円増)となりまし
            た。これは主に、リース資産が597,098千円増加したこと等によるものであります。
            (流動負債)

             当第3四半期連結会計期間末における流動負債の残高は2,435,056千円(同998,395千円増)となりまし
            た。これは主に、短期借入金が530,000千円、リース債務が235,603千円増加したこと等によるものであり
            ます。
            (固定負債)

             当第3四半期連結会計期間末における固定負債の残高は632,607千円(同50,885千円増)となりまし
            た。これは主に、リース債務が93,885千円増加したこと等によるものであります。
            (純資産)

             当第3四半期連結会計期間末における純資産の残高は2,480,610千円(同1,194,839千円減)となりまし
            た。これは主に、親会社株主に帰属する四半期純損失の計上により利益剰余金が890,909千円減少したこ
            と等によるものであります。
         ② 経営成績の状況
           第7期連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
                                 43/215


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            当連結会計年度におけるわが国の経済情勢は、上半期においては新型コロナウイルス感染症の感染拡大に
           より経済活動が停滞したものの、下半期にはワクチン接種が進み、経済活動が回復しました。しかし、2021
           年 12月以降はオミクロン株の流行により、経済の先行きが再び不透明になっております。
            当社グループの主な事業領域であるシェアリングエコノミー領域においては、一般社団法人シェアリング
           エコノミー協会と株式会社情報通信総合研究所が共同で発表した「シェアリングエコノミー関連調査2021年
           度調査結果」において、2021年度のシェアリングエコノミー市場規模が過去最高となる2兆4,198億円を超
           え、さらに2030年度には約6倍の14兆2,799億円となることが分かりました。また、PwCコンサルティン
           グ合同会社が公表した「国内シェアリングエコノミーに関する意識調査2021」では、「シェアリングエコノ
           ミー」という言葉の認知の割合が27.0%、利用経験については21.6%と、年々シェアリングエコノミーの認
           知が拡大している状況となっております。
            このような状況の中、当社グループは、ChargeSPOT事業の拡大に取り組むべく、積極的な投資を進めると
           ともに、パートナー企業との連携を強化してまいりました。また、バッテリースタンドの設置台数は、2021
           年12月末時点で30,229台になるなど「どこでも借りられて、どこでも返せる」の実現に向け着実に増加させ
           ております。さらに、認知拡大に向けてテレビコマーシャルを中心とした広告宣伝活動等に取り組みまし
           た。
            これらの結果、売上高は大きく増加し、1,645,439千円(前連結会計年度比192.8%増)となりました。一
           方、先行投資による費用の増加により、営業損失は1,937,960千円(前連結会計年度は営業損失1,727,729千
           円)、経常損失は1,946,355千円(前連結会計年度は経常損失1,885,341千円)、親会社株主に帰属する当期
           純損失は2,209,555千円(前連結会計年度は親会社株主に帰属する当期純損失1,933,104千円)となりまし
           た。
            当社グループといたしましては、今後もサービス品質のさらなる向上を念頭に置きながら、サービスの認
           知度向上および利用拡大へ取り組んでまいります。
           第8期第3四半期連結累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年9月30日)

            当社グループは、ChargeSPOT事業の拡大に取り組むべく、積極的な投資を進めるとともに、パートナー企
           業との連携を強化してまいりました。日本国内におけるバッテリースタンド設置台数は、2022年9月末時点
           で35,352台になるなど、「どこでも借りられて、どこでも返せる」の実現に向け着実に増加させておりま
           す。
            これらの結果、売上高は2,879,459千円となりました。一方、先行投資による費用の増加により、営業損
           失は1,250,878千円、経常損失は872,443千円、親会社株主に帰属する四半期純損失は890,909千円となりま
           した。
            当社グループといたしましては、今後もサービス品質のさらなる向上を念頭に置きながら、サービスの認
           知および利用拡大へ取り組んでまいります。
                                 44/215









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ③ キャッシュ・フローの状況
           第7期連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
            当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、3,004,360千円と前連結会計年度末に比べ1,818,579千
           円の増加となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおり
           であります。
            (営業活動によるキャッシュ・フロー)
             営業活動により使用した資金は、1,518,975千円(前連結会計年度は1,340,701千円の使用)となりまし
            た。これは主に減少要因として、先行投資を継続して行ったことによる税金等調整前当期純損失
            2,205,542千円(前連結会計年度は税金等調整前当期純損失1,921,629千円)、売上拡大に伴う未収入金の
            増加額155,105千円(前連結会計年度は未収入金の減少額5,805千円)等があった一方で、増加要因とし
            て、減価償却費307,097千円(前連結会計年度は148,090千円)、減損損失238,575千円(前連結会計年度
            は26,722千円)、未払金の増加額134,020千円(前連結会計年度は未払金の増加額10,203千円)等があっ
            たことによるものであります。
            (投資活動によるキャッシュ・フロー)

             投資活動により使用した資金は、724,586千円(前連結会計年度は1,131,704千円の使用)となりまし
            た。これは主に、モバイルバッテリー、バッテリースタンド等の取得による有形固定資産の取得による支
            出1,066,421千円(前連結会計年度は657,208千円)、定期預金の預入による支出398,238千円(前連結会
            計年度は419,829千円)等があった一方で、定期預金の払戻による収入781,645千円(前連結会計年度は該
            当なし)等があったことによるものであります。
            (財務活動によるキャッシュ・フロー)

             財務活動により獲得した資金は、4,030,036千円(前連結会計年度は3,260,877千円の獲得)となりまし
            た。これは主に、株式の発行による収入3,910,899千円(前連結会計年度は2,513,865千円)、セール・ア
            ンド・リースバックによる収入1,015,608千円(前連結会計年度は546,603千円)、短期借入れによる収入
            700,000千円(前連結会計年度は658,620千円)等があった一方で、リース債務の返済による支出
            1,002,948千円(前連結会計年度は206,711千円)、短期借入金の返済による支出580,000千円(前連結会
            計年度は350,000千円)等があったことによるものであります。
         ④ 生産、受注及び販売の実績

          a.生産実績
            当社グループが提供するサービスの性格上、生産実績の記載になじまないため、記載を省略しておりま
           す。
          b.受注実績

            当社グループが提供するサービスの性格上、受注実績の記載になじまないため、記載を省略しておりま
           す。
          c.販売実績

            販売実績は、次のとおりであります。
                           第7期連結会計年度                 第8期第3四半期連結累計期間
         セグメントの名称                  (自 2021年1月1日                   (自 2022年1月1日
                           至 2021年12月31日)                   至 2022年9月30日)
                       金額(千円)          前年同期比(%)               金額(千円)

      ChargeSPOT事業
                         1,645,439             292.8              2,879,459
     (注) 最近2連結会計年度及び第8期第3四半期連結累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売
          実績に対する割合については、総販売実績に対する割合が10%以上の相手先がいないため記載を省略しており
          ます。
                                 45/215




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。なお、文中の将来に関する事項は、本書の提出日現在において判断したものであります。
         ① 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定
           当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されて
          おります。この連結財務諸表の作成にあたって、経営者による会計方針の選択・適用とともに、資産及び負債
          または損益の状況に影響を与える見積りを用いております。これらの見積りについては、過去の実績や現状等
          を勘案し合理的に判断しておりますが、見積りには不確実性が伴うため、実際の結果はこれらと異なることが
          あります。
           当社グループの連結財務諸表を作成するにあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは、
          「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記
          載しております。
         ② 経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

          a.経営成績
            第7期連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
             (売上高)
              当連結会計年度の売上高は、前連結会計年度に比べ1,083,534千円増加し、1,645,439千円(前連結会
             計年度比192.8%増)となりました。これは主に、ChargeSPOT事業の拡大に伴いレンタル収益が増加し
             たことによるものであります。
             (売上原価、売上総利益)

              当連結会計年度の売上原価は、前連結会計年度に比べて314,159千円増加し、801,179千円(同64.5%
             増)となりました。これは主に、モバイルバッテリー及びバッテリースタンドの仕入増加並びにバッテ
             リースタンドの増設に伴う減価償却費の増加によるものであります。
              その結果、売上総利益は前連結会計年度に比べて769,375千円増加し、844,260千円(同1,027.4%
             増)となりました。
             (販売費及び一般管理費、営業損失)

              当連結会計年度の販売費及び一般管理費は、前連結会計年度に比べて979,606千円増加し、2,782,220
             千円(同54.3%増)となりました。これは主にバッテリースタンドの増設に伴う設置料の増加及び人員
             増加に伴う人件費の増加によるものであります。
              その結果、営業損失は1,937,960千円(前連結会計年度は1,727,729千円の営業損失)となりました。
             (営業外収益、営業外費用、経常損失)

              当連結会計年度の営業外収益は、前連結会計年度に比べて90,953千円増加し、116,733千円(同
             352.8%増)となりました。これは主に、為替差益109,780千円を計上したことによります。
              営業外費用は、58,262千円減少し125,129千円(同31.8%減)となりました。これは主に、前連結会
             計年度に計上した為替差損72,040千円が当連結会計年度は発生しなかったことによるものであります。
              その結果、経常損失は1,946,355千円(前連結会計年度は1,885,341千円の経常損失)となりました。
             (特別利益、特別損失、税金等調整前当期純損失)

              特別利益は、リース解約益3,033千円を計上いたしました。
              特別損失は、処分予定または回収可能性の低下した有形固定資産の減損損失238,575千円及び不具合
             対応費用引当金繰入額20,730千円等を計上いたしました。
              その結果、税金等調整前当期純損失は2,205,542千円(前連結会計年度は1,921,629千円の税金等調整
             前当期純損失)となりました。
             (法人税等、親会社株主に帰属する当期純損失)

              法人税等は、主に法人税等調整額の減少8,229千円により7,462千円減少し4,012千円(同65.0%減)
             となりました。
              その結果、親会社株主に帰属する当期純損失は2,209,555千円(前連結会計年度は1,933,104千円の親
             会社株主に帰属する当期純損失)となりました。
                                 46/215



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            第8期第3四半期連結累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年9月30日)
             (売上高)
              当第3四半期連結累計期間の売上高は、2,879,459千円となりました。これは主に、ChargeSPOT事業
             の拡大に伴いレンタル収益が増加したことによるものであります。
             (売上原価、売上総利益)

              当第3四半期連結累計期間の売上原価は、921,862千円となりました。これは主に、モバイルバッテ
             リー及びバッテリースタンドの仕入増加並びにバッテリースタンドの増設に伴う減価償却費が増加した
             ことによるものであります。
              その結果、売上総利益は、1,957,596千円となりました。
             (販売費及び一般管理費、営業損失)

              当第3四半期連結累計期間の販売費及び一般管理費は、3,208,474千円となりました。これは主に
             バッテリースタンドの増設に伴う設置料の増加及び人員増加に伴う人件費の増加によるものでありま
             す。
              その結果、営業損失は1,250,878千円となりました。
             (営業外収益、営業外費用、経常損失)

              当第3四半期連結累計期間の営業外収益は、426,400千円となりました。これは主に、為替差益
             401,788千円を計上したことによります。
              営業外費用は、47,965千円となりました。これは主に、支払利息43,962千円を計上したことによりま
             す。
              その結果、経常損失は872,443千円となりました。
             (特別利益、特別損失、税金等調整前四半期純損失)

              特別利益は、計上しておりません。
              特別損失は、処分予定の有形固定資産の減損損失15,810千円を計上いたしました。
              その結果、税金等調整前四半期純損失は888,253千円となりました。
             (法人税等、親会社株主に帰属する四半期純損失)

              法人税等は、5,530千円となりました。
              その結果、親会社株主に帰属する四半期純損失は890,909千円となりました。
          b.財政状態

            主な増減内容については、「(1)経営成績等の状況の概要 ① 財政状態の状況」に記載のとおりであり
           ます。
         ③ キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

           キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容については、「(1)経営成績等の状況の概要 ③ キャッ
          シュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
           当社グループは、認知度の向上及び利用者数の拡大をすべく、積極的に設備投資及び広告宣伝活動を実施し
          てまいりましたが、今後も設備投資及び広告宣伝投資を継続して実施する方針であります。当社グループの資
          金需要の一定割合は設備投資及び広告宣伝投資であり、必要な資金は自己資金、金融機関からの借入及び増資
          等で資金調達していくことを基本方針としております。なお、これらの資金調達方法の優先順位等に特段方針
          はなく、資金需要の額や使途に合わせて柔軟に検討を行う予定です。
         ④ 経営成績に重要な影響を与える要因

           経営成績に重要な影響を与える要因については、「2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。
         ⑤ 経営者の問題意識と今後の方針

           経営者の問題意識と今後の方針については、「1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載のと
          おりであります。
                                 47/215



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ⑥ 経営方針、経営戦略等又は経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等
           当社グループは、売上高の継続的かつ累積的な増加を実現するため、国内の月間レンタル回数、月間アク
          ティブユーザー数及びバッテリースタンド設置台数を重要指標として運営を行っております。
           各指標の推移は以下のとおりであります。

                                                    第8期
                        第6期連結会計年度            第7期連結会計年度
                                                第3四半期連結累計期間
                        (自 2020年1月1日            (自 2021年1月1日
                                               (自 2022年1月1日
                         至 2020年12月31日)             至 2021年12月31日)
                                                至 2022年9月30日)
       月間レンタル回数         (千回)
                                132.8           546.0             892.5
       月間アクティブユーザー数             (千人)
                                 76.5           305.5             478.3
       バッテリースタンド設置台数              (台)
                                24,788           30,229             35,352
          月間レンタル回数の推移

          月間アクティブユーザー数




          バッテリースタンド設置台数




                                 48/215








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【経営上の重要な契約等】
      (1)「「CHARGE        SPOT 貸与サービスに関する利用規約」についての覚書」及び「合意書」
         (契約内容)
          当社は、モバイルバッテリーシェアリングサービスで供されるバッテリースタンドを株式会社ティーガイアを
         通じて株式会社セブン-イレブン・ジャパンの直営店及びフランチャイズ店に貸与し設置することについて3社
         間契約を締結しております。
         (契約締結日)

          2020年9月30日(覚書締結日)
          2021年6月16日(合意書締結日)
         (契約期間)

          契約締結日から2023年6月15日まで(当事者からの申入れがない限り期間満了後は1年毎自動更新)
      (2)合弁契約の締結

         (契約内容)
          当社は、2022年2月14日付で株式会社光通信及びINEST株式会社(株式会社光通信の子会社)との間で合
         弁契約を締結いたしました。
         (合弁契約の目的)

          当社と光通信グループは、顧客の更なる課題解決を目指し、当社グループのモバイルバッテリーシェアリング
         サービス「ChargeSPOT」の付加価値を高めるサービス開発(以下「当該サービス」という)を共同で行い、IN
         EST株式会社は当該サービスに対するコンサルティングや当該サービスも含めた「ChargeSPOT」のマーケティ
         ングとセールスにおける企画を行っていくことで、それぞれが持つ強みを活かし、日本のモバイルバッテリー
         シェアリングサービスにおいて圧倒的No.1の地位を確立するとともに、顧客のニーズに即した快適なサービス
         を提供しお客様の利便性向上を図ることを目的として合弁契約を締結するに至りました。
         (合弁会社の概要)

      名称             株式会社CHARGESPOT MARKETING
      所在地             東京都渋谷区神宮前六丁目31番15号

      代表者             代表取締役  熊谷 友秀 (注)

      資本金             2,500万円

      事業内容             モバイルバッテリーシェアリングサービス事業

      設立年月日             2022年2月28日

                   株式会社INFORICH  65%
      出資比率             株式会社光通信       20%
                   INEST株式会社     15%
     (注)2022年9月1日付で、谷口慎太郎が代表取締役に就任いたしました。
                                 49/215







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     5【研究開発活動】
        第7期連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
         当社グループの研究開発活動は、主に連結子会社である殷富利(广州)科技有限公司が担っており、バッテリー
        シェアリングサービスに関連する最先端のテクノロジーが集結する中国広東省広州市に研究開発拠点を設け、バッ
        テリースタンド及びモバイルバッテリーに係る機能強化や追加機能、デザイン等の研究開発を行っております。
         当連結会計年度は、モバイルバッテリー及びバッテリースタンドの機能強化による付加価値向上、サイネージ
        サービスにおける新たな価値創造を目指して取り組んでおり、研究開発費の総額は                                      251,707    千円となりました。
         なお、当社グループはChargeSPOT事業の単一セグメントであるためセグメント別の記載を省略しております。
        第8期第3四半期連結累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年9月30日)

         当第3四半期累計期間における研究開発費の総額は、                          70,599   千円であります。
         なお、当第3四半期累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                 50/215

















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
        第7期連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
         当連結会計年度の設備投資の総額は                 1,066,421     千円であり、主にChargeSPOT事業で使用するモバイルバッテリー
        及びバッテリースタンドの取得によるものであります。
         当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
         なお、当社グループはChargeSPOT事業の単一セグメントであるためセグメント別の記載を省略しております。
        第8期第3四半期連結累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年9月30日)

         当第3四半期累計期間の設備投資の総額は                    640,145    千円であり、主にChargeSPOT事業で使用するモバイルバッテ
        リー及びバッテリースタンドの取得によるものであります。
         当第3四半期累計期間において、重要な設備の除却、売却等はありません。
         なお、当社グループはChargeSPOT事業の単一セグメントであるためセグメント別の記載を省略しております。
     2【主要な設備の状況】

       当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       また、当社グループは、ChargeSPOT事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
        (1)提出会社
                                                    2021年12月31日現在
                                   帳簿価額(千円)
        事業所名                                               従業員数
                 設備の内容
       (所在地)                       工具、器具                         (人)
                         建物           リース資産      建設仮勘定       合計
                              及び備品
               本社設備、モバイル
     本社                                                     67
               バッテリー、バッテ           32,360      665,779      580,179      525,281     1,803,601
     (東京都渋谷区)
                                                          (14)
               リースタンド
     (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.帳簿価額は、内部取引に伴う未実現利益消去前の金額を記載しております。
         3.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
         4.上記の他、主要な賃借している設備として、以下のものがあります。
                 事業所名                                年間賃借料
                                 設備の内容
                (所在地)                                 (千円)
            本社
                            本社オフィス                           14,927
            (東京都渋谷区)
        (2)在外子会社

                                                    2021年12月31日現在
                                      帳簿価額(千円)
                事業所名                                       従業員数
        会社名               設備の内容
                (所在地)               工具、器具                         (人)
                                    建設仮勘定       その他       合計
                              及び備品
                      モバイルバッテ
     殷富利(广州)科技有         本社
                      リー、バッテリー          45,602      286,026        -    331,628        49
     限公司         (中国広東省)
                      スタンド
     INFORICH    ASIA  HONG
              本社        バッテリースタン
                                48,301        -      613     48,915        29
                      ド
     KONG  LIMITED       (中国香港)
     (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.帳簿価額は、内部取引に伴う未実現利益消去前の金額を記載しております。
                                 51/215





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【設備の新設、除却等の計画】                  (2022年9月30日現在)
      (1)重要な設備の新設等
                                            着手及び完了予定
                           投資予定金額
                                            年月
      会社名                                                完成後の増
            所在地      設備の内容                  資金調達方法
     事業所名                                                 加能力
                          総額    既支払額
                                             着手     完了
                         (千円)     (千円)
                                    増資資金、セー         2022年     2022年
     当社      東京都      バッテリースタ                  ルアンドリース         6月~     10月~
                          303,857      65,803                       (注)2
     本社      渋谷区      ンド                  バック取引およ         2023年     2023年
                                    び自己資金         5月     9月
                                    増資資金、セー         2022年     2022年
     当社      東京都      モバイルバッテ                  ルアンドリース         6月~     10月~
                          619,031     137,436                       (注)2
     本社      渋谷区      リー                  バック取引およ         2023年     2023年
                                    び自己資金         5月     9月
     (注)1.当社グループの事業は、ChargeSPOT事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しており
           ます。
         2.完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
      (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 52/215














                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                        7,162,080

                  計                             7,162,080

        ②【発行済株式】

                              上場金融商品取引所名又は登録
          種類          発行数(株)                               内容
                              認可金融商品取引業協会名
                                             完全議決権株式であり、権利
                                             内容に何ら限定のない当社に
                                             おける標準となる株式であり
                      1,790,520
      普通株式                         非上場
                                             ます。
                                             単元株式数は100株でありま
                                             す。
                      1,790,520
          計                          -               -
    (注)1.当社は、2022年9月1日開催の取締役会決議により、A種優先株式21,300株、B種優先株式23,005株、C種優
          先株式52,927株及びD種優先株式98,336株のすべてにつき定款に定める取得条項に基づき2022年9月17日付で
          自己株式として取得し、対価として当該優先株主に当該優先株式1株につき普通株式1株をそれぞれ交付して
          おります。また、当社が取得した当該優先株式は、2022年9月17日付で会社法第178条に基づきすべて消却し
          ております。なお、2022年9月28日開催の臨時株主総会において、種類株式を発行する旨の定款の定めを廃止
          しております。
        2.当社は、2022年9月1日開催の取締役会決議により、2022年9月30日付で普通株式1株につき5株の割合で株
          式分割を行っております。これにより、発行済株式総数が1,432,416株増加して1,790,520株となっておりま
          す。
        3.2022年9月28日開催の臨時株主総会決議により、同日付で1単元を100株とする単元株制度を採用しておりま
          す。
                                 53/215










                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
         a.第4回新株予約権
      決議年月日                             2019年3月15日
      付与対象者の区分及び人数(名)                             当社従業員  8(注)6.
      新株予約権の数(個)※                             1,200
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                             普通株式 1,200[6,000](注)1.5.
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                             24,775[4,955](注)1.5.
      新株予約権の行使期間※                             2021年3月16日~2029年3月16日
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                             発行価格   24,775 [4,955]
      価格及び資本組入額(円)※                             資本組入額  12,387.5[2,477.5](注)1.5.
      新株予約権の行使の条件※                             (注)1.
                                  譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締
      新株予約権の譲渡に関する事項※                             役会の決議による承認を要するものとする。
                                  (注)2.
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                             (注)3.
    ※ 最近事業年度の末日(2021年12月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月末
      現在(2022年10月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載し
      ており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)1.本新株予約権の内容
          (1)本新株予約権1個あたりの目的である株式の数(以下「付与株式数」という。)は、当社普通株式5株と
            する。なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含
            む。以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。但し、かかる調整
            は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない本新株予約権の目的である株式の数についてのみ
            行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
             調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
            また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割又は資本金の額の減少を行う場合その他これらの
            場合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるも
            のとする。
          (2)本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又は算定方法
            本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」とい
            う。)に、付与株式数を乗じた金額とする。なお、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併
            合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                  1
             調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割(又は併合)の比率
            また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式
            の処分を行う場合(本新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自
            己株式の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上
            げる。
                                    新規発行株式数×1株あたり払込金額
                             既発行株式数+
                                      新規発行前の1株あたりの時価
             調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新規発行株式数
            なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に係る発行済株式総数から当社普通株式に
            係る自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式に係る自己株式の処分を行う場合には、「新規発
            行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
            さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その
            他これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額
            の調整を行うことができるものとする。
          (3)増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じ
             たときは、その端数を切り上げるものとする。
           ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本
             金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          (4)本新株予約権の行使の条件及び制限
           ① 新株予約権者は、本新株予約権の権利行使時においても、当社又は当社関係会社の取締役、監査役又は
             従業員であることを要する。但し、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由があると取締役
             会が認めた場合は、この限りではない。
                                 54/215


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           ② 当社普通株式が金融商品取引所に上場されていること。但し、当社の取締役会が認めた場合はこの限り
             ではない。
           ③ 新株予約権者は、本新株予約権の行使に係る行使価額の年間(1月1日から12月31日まで)の合計額が
             1,200万円を超えないよう本新株予約権を行使しなければならない。
           ④ 新株予約権者は、割当てられた本新株予約権の個数のうち、その全部又は一部につき本新株予約権を行
             使することができる。但し、新株予約権者は、本新株予約権のうち(a)から(d)に掲げる割合(以下「権
             利行使割合」という。)の個数を限度として、行使することができる。
             (a)権利行使期間の開始日から1年間                      行使可能割合25%
             (b)(a)の期間が経過した日から1年間  行使可能割合50%
             (c)(b)の期間が経過した日から1年間  行使可能割合75%
             (d)(c)の期間が経過した日以降     行使可能割合100%
           ⑤ 新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
           ⑥ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することと
             なるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
           ⑦ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
         2.本新株予約権の取得に関する事項
          (1)当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約若しくは分割計画、
            又は当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承
            認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来を
            もって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
          (2)新株予約権者が権利行使をする前に、上記(注)1.(4)に定める規定により本新株予約権の行使ができ
            なくなった場合は、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
         3.組織再編行為の際の本新株予約権の取扱い
           当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
           (以上を総称して以下「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株
           予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以
           下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。但し、以
           下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契
           約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             新株予約権者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記(注)1.(1)に準じて決定する。
           (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
             え、上記(注)1.(2)で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、本項(3)に従って
             決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
           (5)新株予約権を行使することができる期間
             上表に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から上表に定める行
             使期間の末日までとする。
           (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             上記(注)1.(3)に準じて決定する。
           (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
           (8)その他新株予約権の行使の条件
             上記(注)1.(4)に準じて決定する。
           (9)新株予約権の取得事由及び条件
             上記(注)2に準じて決定する。
          (10)その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
         4.新株予約権に係る新株予約権証券に関する事項
           当社は、本新株予約権に係る新株予約権証券を発行しないものとする。
         5.2022年9月1日開催の取締役会決議により、2022年9月30日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割
           を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使
           時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
           整されております。
         6.付与対象者の退職による権利喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社従業員
           5名となっております。
                                 55/215



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         b.第5回新株予約権
      決議年月日                             2019年3月15日
                                  当社取締役  1
      付与対象者の区分及び人数(名)                             当社従業員  1
                                  社外協力者  1(注)9.
      新株予約権の数(個)※                             13,100
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                             普通株式 13,100[65,500](注)2.8.
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                             24,775[4,955](注)3.8.
      新株予約権の行使期間※                             2019年3月16日~2029年3月15日
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                             発行価格   24,885 [4,977]
      価格及び資本組入額(円)※                             資本組入額  12,442.5[2,488.5](注)6.8.
      新株予約権の行使の条件※                             (注)4.
                                  譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締
      新株予約権の譲渡に関する事項※                             役会の決議による承認を要するものとする。
                                  (注)5.
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                             (注)7.
    ※ 最近事業年度の末日(2021年12月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月末
      現在(2022年10月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載し
      ており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき110円で有償発行しております。
         2.本新株予約権1個あたりの目的である株式の種類及び数は、会社の普通株式5株とする。ただし、本新株予
           約権1個あたりの目的である株式数は、以下の定めにより調整されることがあり、この場合の付与株式数
           は、当該調整後の本新株予約権1個あたりの目的である株式数に本新株予約権の個数を乗じた数に調整され
           るものとする。
           (1)会社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1個
             あたりの目的である株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未
             満の端数は切り捨て、金銭による調整は行わない。なお、「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普
             通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した数を意味するものとする。また、「併合の比
             率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で除した数を、意味す
             るものとする。調整後の株式数は、株式分割の場合は会社法第183条第2項第1号に基づく株式分割の
             割当基準日の翌日以降、株式併合の場合は株式併合の効力発生日の翌日以降に、それぞれ適用されるも
             のとする。
              調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
           (2)会社が株主割当の方法により募集株式の発行又は処分、株式無償割当て又は合併、株式交換、会社分割
             を行う場合その他必要と認められる場合、会社は、会社が適当と認める本新株予約権1個あたりの目的
             となる株式数の調整を行う。
         3.本新株予約権1個あたりの行使に際して出資される財産の価額は、行使価額に本新株予約権1個あたりの目
           的となる株式数を乗じた金額とする。ただし、行使価額は、以下に定めるところに従い調整されることがあ
           る。
           (1)会社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権について、行使価
             額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。調整後の行使
             価額の適用時期は、上記(注)2.(1)の調整後の株式数の適用時期に準じるものとする。
                                   1
              調整後行使価額=調整前行使価額×
                              分割(又は併合)の比率
           (2)会社が、(ⅰ)時価を下回る1株あたりの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを含
             む。以下に定義する潜在株式等の取得原因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に
             伴うものを除く。)、又は(ⅱ)時価を下回る1株あたりの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在
             株式等(取得請求権付株式、取得条項付株式、新株予約権、新株予約権付社債、その他その保有者若し
             くは会社の請求に基づき又は一定の事由の発生を条件として普通株式を取得し得る地位を伴う証券又は
             権利を意味する。以下同様とする。)の発行又は処分(無償割当てによる場合を含む。)を行うとき
             は、未行使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1
             円未満の端数は切り上げる。なお、各用語の意義は、以下に定めるところによるものとする。
             ① 「取得原因」とは、潜在株式等に基づき会社が普通株式を交付する原因となる保有者若しくは会社
               の請求又は一定の事由を意味し、「取得価額」とは、普通株式1株を取得するために当該潜在株式
               等の取得及び取得原因の発生を通じて負担すべき金額を意味するものとし、以下同様とする。
             ② 「時価」とは、調整後の行使価額を適用する日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の金融商品取
               引所における会社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値(終値のない日数を除く。)とす
               る。平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を切り捨てる。但し、会社
               の普通株式が金融商品取引所に上場される前及び上場後45取引日(上場日を含む。)が経過するま
               での期間においては、調整前の行使価額をもって時価とみなす。なお、上記調整による調整後の行
                                 56/215

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
               使価額は、募集又は割当てのための基準日がある場合はその日の翌日、それ以外の場合は普通株式
               又は潜在株式等の発行又は処分の効力発生日(会社法第209条第1項第2号が適用される場合は、
               同 号に定める期間の末日)の翌日以降に適用されるものとする。
                                       新規発行株式数×1株あたり払込金額
                                既発行株式数+
                                         新規発行前の1株あたりの時価
                調整後行使価額=調整前行使価額×
                                     既発行株式数+新規発行株式数
             ③ 上記算式については下記の定めに従うものとする。
               ア 「既発行株式数」とは、調整後の行使価額が適用される日の前日における会社の発行済普通株
                 式総数及び発行済の潜在株式等の目的たる普通株式数を合計した数から、同日における会社の
                 保有する自己株式(普通株式のみ)の数を控除した数を意味するものとする(但し、当該調整
                 事由によって会社の発行済普通株式数若しくは発行済の潜在株式等の目的たる普通株式数又は
                 自己株式(普通株式のみ)の数が変動する場合は、当該変動前の数を基準とする。)。
               イ 会社が自己株式を処分することにより調整が行われる場合においては、「新規発行株式数」は
                 「処分する自己株式の数」と読み替えるものとする。
               ウ 会社が潜在株式等を発行又は処分することにより調整が行われる場合における「新規発行株式
                 数」とは、発行又は処分される潜在株式等の目的たる普通株式の数を、「1株あたり払込金
                 額」とは、目的となる普通株式1株あたりの取得価額を、それぞれ意味するものとする。
           (3)本項(2)の(ⅱ)に定める潜在株式等の取得原因が発生する可能性のある期間が終了した場合には、会社
             は適当と認める行使価額の調整を行う。但し、その潜在株式等の全部について取得原因が発生した場合
             を除く。
           (4)会社が合併、株式交換又は会社分割を行う場合その他必要と認められる場合には、会社は適当と認める
             行使価額の調整を行う。
           (5)会社が株主割当て又は株式無償割当て以外の方法で普通株式又は潜在株式等を発行又は処分する場合に
             おいて、会社が調整を行わない旨を決定した場合には、(注)2.(2)に基づく調整は行われないもの
             とする。
         4.新株予約権の行使条件は以下のとおりです。
           (1)本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は本新株予約権を保有する者(以下「権利
             者」という。)について(注)5.(1)及び(2)に定める取得事由が発生していないことを条件とし、取
             得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、本号(6)該当する場合又は会社
             が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
           (2)権利者は、2020年12月期の事業年度において、売上高が1億4,000万円以上の場合に本新株予約権を行
             使することができる。上記の売上高の判定は、会社が連結計算書類を作成している場合においては会社
             の監査済みかつ株主総会で承認又は報告された連結損益計算書における売上高を参照し、会社が連結計
             算書類を作成していない場合においては、一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して作成
             されかつ取締役会(取締役会非設置会社においては取締役の過半数)に承認された連結損益計算書にお
             ける売上高、又は会社の監査済み(監査役非設置会社においては、不要)かつ株主総会で承認若しくは
             報告された損益計算書における売上高のいずれか高い金額を参照する。
           (3)権利者は、会社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされるまでの期間は、本新株予約権を
             行使することはできないものとする。
           (4)本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各本新株予約権の一部の行使は認められない
             ものとする。
           (5)権利者が1個又は複数の本新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して交付され
             る株式数は整数でなければならず、1株未満の部分についてはこれを切り捨て、株式は割り当てられな
             いものとする。かかる端数の切り捨てについて金銭による調整は行わない。
           (6)上記(2)、(3)及び(注)5.(1)に関わらず、会社の発行済株式総数の過半数の株式について、同時又
             は実質的に同時に特定の第三者(会社の株主を含む。)に移転する旨の書面による合意が、当該株式の
             各保有者と当該第三者との間で成立し、会社の取締役会(取締役会が設置されていない場合は株主総会
             とする。)によって当該株式譲渡に関して譲渡承認の決議がされた場合、権利者は、交付を受けた本新
             株予約権の全てにつき、行使することができる。
           (7)本新株予約権の行使は、権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権
             は相続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとする。
         5.会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件は以下のとおりです。
           会社は、以下の各号に基づき本新株予約権を取得することができる。会社は、以下の各号に定める取得の事
           由が生じた本新株予約権を取得する場合、取締役会の決議(会社が取締役会設置会社でない場合において
           は、株主総会の決議)により別途定める日においてこれを取得するものとする。また、会社は、以下の各号
           に定める取得の事由が生じた本新株予約権の全部又は一部を取得することができ、一部を取得する場合は、
           取締役会の決議(会社が取締役会設置会社でない場合においては、株主総会の決議)により取得する本新株
           予約権を決定するものとする。
           (1)会社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、会社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、
             又は会社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転について、法令上又は会社の定款上必要な会社
             の株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意が必要である場合には総株主の同意の取
             得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議(会社が取締役会設置会社でない場合において
             は、会社法第348条に定める業務の決定の方法に基づく決定))が行われたときは、会社は本新株予約
             権を無償で取得することができる。
                                 57/215


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           (2)次のいずれかに該当する事由が発生した場合、会社は未行使の本新株予約権を無償で取得することがで
             きる。
             ① 権利者が禁錮以上の刑に処せられた場合
             ② 権利者が会社又は子会社と競合する業務を営む法人を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若
               しくは使用人に就任するなど、名目を問わず会社又は子会社と競業した場合。但し、会社の書面に
               よる事前の承認を得た場合を除く。
             ③ 権利者が法令違反その他不正行為により会社又は子会社の信用を損ねた場合
             ④ 権利者が差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立を受け、又は公租公課の滞納処分を
               受けた場合
             ⑤ 権利者が支払停止若しくは支払不能となり、又は振り出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手
               が不渡りとなった場合
             ⑥ 権利者につき破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始その他これ
               らに類する手続開始の申立があった場合
             ⑦ 権利者につき解散の決議が行われた場合
             ⑧ 権利者が反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を
               意味する。以下同じ。)であること、又は資金提供等を通じて反社会的勢力等と何らかの交流若し
               くは関与を行っていることが判明した場合
             ⑨ 2020年12月期の事業年度の売上高が1億4,000万円未満の場合。なお、売上高の判定は、(注)
               4.(2)に規定する方法とする。
             ⑩ 会社が2029年3月15日までに金融商品取引所に上場しなかった場合
         6.増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           (1)本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じ
             たときは、その端数を切り上げるものとする。
           (2)本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記(1)記載の資
             本金等増加限度額から、上記(1)に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
         7.組織再編行為の際の本新株予約権の取扱いについては以下のとおりです。
           会社が組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する権利者に対して、手
           続に応じて、それぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若しくは新設会
           社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下総称して
           「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとする。但し、下記の方針
           に従って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為に係る契約又は計画において定めた場合
           に限るものとする。
           (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
           (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)2.に準じて決定する。
           (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)3.に定める行使価額を調整して得られる再編後行使価額
             に、本項(3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とす
             る。
           (5)新株予約権を行使することができる期間
             権利行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、権利行使期間の末日まで
             とする。
           (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為に係る契約又は計画において定めるものとする。
           (7)取締役会による譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
           (8)組織再編行為の際の取扱い
             本項に準じて決定する。
         8.2022年9月1日開催の取締役会決議により、2022年9月30日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割
           を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使
           時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
           整されております。
         9.付与対象者2名の執行役員就任により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社取締役1
           名、当社執行役員2名となっております。
                                 58/215




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         c.第6回新株予約権
      決議年月日                             2019年3月15日
      付与対象者の区分及び人数(名)                             社外協力者  28(注)9.

      新株予約権の数(個)※                             6,900

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                             普通株式 6,900[34,500](注)2.8.

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                             24,775[4,955](注)3.8.

      新株予約権の行使期間※                             2019年3月16日~2029年3月15日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                             発行価格   24,885 [4,977]
      価格及び資本組入額(円)※                             資本組入額  12,442.5[2,488.5](注)8.
      新株予約権の行使の条件※                             (注)4.
                                  譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締
      新株予約権の譲渡に関する事項※                             役会の決議による承認を要するものとする。
                                  (注)5.
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                             (注)7.
    ※ 最近事業年度の末日(2021年12月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月末
      現在(2022年10月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載し
      ており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき110円で有償発行しております。
         2.本新株予約権1個あたりの目的である株式の種類及び数は、会社の普通株式5株とする。但し、本新株予約
           権1個あたりの目的である株式数は、以下の定めにより調整されることがあり、この場合の付与株式数は、
           当該調整後の本新株予約権1個あたりの目的である株式数に本新株予約権の個数を乗じた数に調整されるも
           のとする。
           (1)会社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1個
             あたりの目的である株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未
             満の端数は切り捨て、金銭による調整は行わない。なお、「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普
             通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した数を意味するものとする。また、「併合の比
             率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で除した数を、意味す
             るものとする。調整後の株式数は、株式分割の場合は会社法第183条第2項第1号に基づく株式分割の
             割当基準日の翌日以降、株式併合の場合は株式併合の効力発生日の翌日以降に、それぞれ適用されるも
             のとする。
              調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
           (2)会社が株主割当の方法により募集株式の発行又は処分、株式無償割当て又は合併、株式交換、会社分割
             を行う場合その他必要と認められる場合、会社は、会社が適当と認める本新株予約権1個あたりの目的
             となる株式数の調整を行う。
         3.本新株予約権1個あたりの行使に際して出資される財産の価額は、行使価額に本新株予約権1個あたりの目
           的となる株式数を乗じた金額とする。但し、行使価額は、以下に定めるところに従い調整されることがあ
           る。
           (1)会社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権について、行使価
             額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。調整後の行使
             価額の適用時期は、(注)2.(1)の調整後の株式数の適用時期に準じるものとする。
                                  1
              調整後行使価額=調整前行使価額×
                              分割・併合の比率
           (2)会社が、(ⅰ)時価を下回る1株あたりの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを含
             む。以下に定義する潜在株式等の取得原因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に
             伴うものを除く。)、又は(ⅱ)時価を下回る1株あたりの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在
             株式等(取得請求権付株式、取得条項付株式、新株予約権、新株予約権付社債、その他その保有者若し
             くは会社の請求に基づき又は一定の事由の発生を条件として普通株式を取得し得る地位を伴う証券又は
             権利を意味する。以下同様とする。)の発行又は処分(無償割当てによる場合を含む。)を行うとき
             は、未行使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1
             円未満の端数は切り上げる。なお、各用語の意義は、以下に定めるところによるものとする。
             ① 「取得原因」とは、潜在株式等に基づき会社が普通株式を交付する原因となる保有者若しくは会社
               の請求又は一定の事由を意味し、「取得価額」とは、普通株式1株を取得するために当該潜在株式
               等の取得及び取得原因の発生を通じて負担すべき金額を意味するものとし、以下同様とする。
             ② 「時価」とは、調整後の行使価額を適用する日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の金融商品取
               引所における会社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値(終値のない日数を除く。)とす
               る。平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を切り捨てる。但し、会社
               の普通株式が金融商品取引所に上場される前及び上場後45取引日(上場日を含む。)が経過するま
               での期間においては、調整前の行使価額をもって時価とみなす。なお、上記調整による調整後の行
               使価額は、募集又は割当てのための基準日がある場合はその日の翌日、それ以外の場合は普通株式
                                 59/215

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
               又は潜在株式等の発行又は処分の効力発生日(会社法第209条第1項第2号が適用される場合は、
               同号に定める期間の末日)の翌日以降に適用されるものとする。
                                       新規発行株式数×1株あたり払込金額
                                既発行株式数+
                                               時価
                調整後行使価額=調整前行使価額×
                                     既発行株式数+新規発行株式数
             ③ 上記算式については下記の定めに従うものとする。
               ア 「既発行株式数」とは、調整後の行使価額が適用される日の前日における会社の発行済普通株
                 式総数及び発行済の潜在株式等の目的たる普通株式数を合計した数から、同日における会社の
                 保有する自己株式(普通株式のみ)の数を控除した数を意味するものとする(但し、当該調整
                 事由によって会社の発行済普通株式数若しくは発行済の潜在株式等の目的たる普通株式数又は
                 自己株式(普通株式のみ)の数が変動する場合は、当該変動前の数を基準とする。)。
               イ 会社が自己株式を処分することにより調整が行われる場合においては、「新規発行株式数」は
                 「処分する自己株式の数」と読み替えるものとする。
               ウ 会社が潜在株式等を発行又は処分することにより調整が行われる場合における「新規発行株式
                 数」とは、発行又は処分される潜在株式等の目的たる普通株式の数を、「1株あたり払込金
                 額」とは、目的となる普通株式1株あたりの取得価額を、それぞれ意味するものとする。
           (3)本項(2)(ⅱ)に定める潜在株式等の取得原因が発生する可能性のある期間が終了した場合には、会社は
             適当と認める行使価額の調整を行う。但し、その潜在株式等の全部について取得原因が発生した場合を
             除く。
           (4)会社が合併、株式交換又は会社分割を行う場合その他必要と認められる場合には、会社は適当と認める
             行使価額の調整を行う。
           (5)会社が株主割当て又は株式無償割当て以外の方法で普通株式又は潜在株式等を発行又は処分する場合に
             おいて、会社が調整を行わない旨を決定した場合には、(注)2.(2)基づく調整は行われないものと
             する。
         4.新株予約権の行使の条件は以下の通りです。
           (1)本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は本新株予約権を保有する者(以下「権利
             者」という。)について(注)5.(1)及び(2)に定める取得事由が発生していないことを条件とし、取
             得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、本項(6)該当する場合又は会社
             が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
           (2)権利者は、2020年12月期の事業年度において、売上高が1億4,000万円以上の場合に本新株予約権を行
             使することができる。上記の売上高の判定は、会社が連結計算書類を作成している場合においては会社
             の監査済みかつ株主総会で承認又は報告された連結損益計算書における売上高を参照し、会社が連結計
             算書類を作成していない場合においては、一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して作成
             されかつ取締役会(取締役会非設置会社においては取締役の過半数)に承認された連結損益計算書にお
             ける売上高、又は会社の監査済み(監査役非設置会社においては、不要)かつ株主総会で承認若しくは
             報告された損益計算書における売上高のいずれか高い金額を参照する。
           (3)権利者は、会社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされるまでの期間は、本新株予約権を
             行使することはできないものとする。
           (4)本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各本新株予約権の一部の行使は認められない
             ものとする。
           (5)権利者が1個又は複数の本新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して交付され
             る株式数は整数でなければならず、1株未満の部分についてはこれを切り捨て、株式は割り当てられな
             いものとする。かかる端数の切り捨てについて金銭による調整は行わない。
           (6)上記(2)、(3)及び(注)5.(1)に関わらず、会社の発行済株式総数の過半数の株式について、同時又
             は実質的に同時に特定の第三者(会社の株主を含む。)に移転する旨の書面による合意が、当該株式の
             各保有者と当該第三者との間で成立し、会社の取締役会(取締役会が設置されていない場合は株主総会
             とする。)によって当該株式譲渡に関して譲渡承認の決議がされた場合、権利者は、交付を受けた本新
             株予約権の全てにつき、行使することができる。
           (7)本新株予約権の行使は、権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権
             は相続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとする。
         5.会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件は以下のとおりです。
           会社は、以下の各号に基づき本新株予約権を取得することができる。会社は、以下の各号に定める取得の事
           由が生じた本新株予約権を取得する場合、取締役会の決議(会社が取締役会設置会社でない場合において
           は、株主総会の決議)により別途定める日においてこれを取得するものとする。また、会社は、以下の各号
           に定める取得の事由が生じた本新株予約権の全部又は一部を取得することができ、一部を取得する場合は、
           取締役会の決議(会社が取締役会設置会社でない場合においては、株主総会の決議)により取得する本新株
           予約権を決定するものとする。
           (1)会社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、会社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、
             又は会社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転について、法令上又は会社の定款上必要な会社
             の株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意が必要である場合には総株主の同意の取
             得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議(会社が取締役会設置会社でない場合において
             は、会社法第348条に定める業務の決定の方法に基づく決定))が行われたときは、会社は本新株予約
             権を無償で取得することができる。
           (2)次のいずれかに該当する事由が発生した場合、会社は未行使の本新株予約権を無償で取得することがで
             きる。
                                 60/215


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ① 権利者が禁錮以上の刑に処せられた場合
             ② 権利者が会社又は子会社と競合する業務を営む法人を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若
               しくは使用人に就任するなど、名目を問わず会社又は子会社と競業した場合。但し、会社の書面に
               よる事前の承認を得た場合を除く。
             ③ 権利者が法令違反その他不正行為により会社又は子会社の信用を損ねた場合
             ④ 権利者が差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立を受け、又は公租公課の滞納処分を
               受けた場合
             ⑤ 権利者が支払停止若しくは支払不能となり、又は振り出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手
               が不渡りとなった場合
             ⑥ 権利者につき破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始その他これ
               らに類する手続開始の申立があった場合
             ⑦ 権利者につき解散の決議が行われた場合
             ⑧ 権利者が反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を
               意味する。以下同じ。)であること、又は資金提供等を通じて反社会的勢力等と何らかの交流若し
               くは関与を行っていることが判明した場合
             ⑨ 2020年12月期の事業年度の売上高が1億4,000万円未満の場合。なお、売上高の判定は、(注)
               4.(2)に規定する方法とする。
             ⑩ 会社が2029年3月15日までに金融商品取引所に上場しなかった場合
         6.増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           (1)本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じ
             たときは、その端数を切り上げるものとする。
           (2)本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記(1)記載の資
             本金等増加限度額から、上記(1)に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
         7.組織再編行為の際の本新株予約権の取扱いについては以下のとおりです。
           会社が組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する権利者に対して、手
           続に応じて、それぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若しくは新設会
           社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下総称して
           「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとする。但し、下記の方針
           に従って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為に係る契約又は計画において定めた場合
           に限るものとする。
           (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
           (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)2.に準じて決定する。
           (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)3.に定める行使価額を調整して得られる再編後行使価額
             に、本項(3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とす
             る。
           (5)新株予約権を行使することができる期間
             権利行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、権利行使期間の末日まで
             とする。
           (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為に係る契約又は計画において定めるものとする。
           (7)取締役会による譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
           (8)組織再編行為の際の取扱い
             本項に準じて決定する。
         8.2022年9月1日開催の取締役会決議により、2022年9月30日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割
           を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使
           時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
           整されております。
         9.付与対象者1名の執行役員就任により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社執行役員
           1名、社外協力者27名となっております。
                                 61/215




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         d.第8回新株予約権
      決議年月日                             2021年10月29日
      付与対象者の区分及び人数(名)                             当社従業員  61(注)6.

      新株予約権の数(個)※                             11,921[10,971]

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                             普通株式 11,921[54,855](注)1.5.

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                             51,595[10,319](注)1.5.

      新株予約権の行使期間※                             2023年11月2日~2031年11月2日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                             発行価格   51,595 [10,319]
      価格及び資本組入額(円)※                             資本組入額  25,797.5[5,159.5](注)1.5.
      新株予約権の行使の条件※                             (注)1.
                                  譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締
      新株予約権の譲渡に関する事項※                             役会の決議による承認を要するものとする。
                                  (注)2.
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                             (注)3.
    ※ 最近事業年度の末日(2021年12月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月末
      現在(2022年10月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載し
      ており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)1.本新株予約権の内容
          (1)本新株予約権1個あたりの目的である株式の数(以下「付与株式数」という。)は、当社普通株式5株と
            する。なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含
            む。以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。但し、かかる調整
            は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない本新株予約権の目的である株式の数についてのみ
            行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
             調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
            また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割又は資本金の額の減少を行う場合その他これらの
            場合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるも
            のとする。
          (2)本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又は算定方法
            本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」とい
            う。)に、付与株式数を乗じた金額とする。なお、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併
            合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                  1
             調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割(又は併合)の比率
            また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式
            の処分を行う場合(本新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自
            己株式の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上
            げる。
                                    新規発行株式数×1株あたり払込金額
                             既発行株式数+
                                      新規発行前の1株あたりの時価
             調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新規発行株式数
            なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に係る発行済株式総数から当社普通株式に
            係る自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式に係る自己株式の処分を行う場合には、「新規発
            行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
            さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その
            他これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額
            の調整を行うことができるものとする。
          (3)増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じ
             たときは、その端数を切り上げるものとする。
           ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本
             金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          (4)本新株予約権の行使の条件及び制限
           ① 新株予約権者は、本新株予約権の権利行使時においても、当社又は当社関係会社の取締役、監査役又は
             従業員であることを要する。但し、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由があると取締役
             会が認めた場合は、この限りではない。
           ② 当社普通株式が金融商品取引所に上場されていること。但し、当社の取締役会が認めた場合はこの限り
             ではない。
                                 62/215


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           ③ 新株予約権者は、本新株予約権の行使に係る行使価額の年間(1月1日から12月31日まで)の合計額が
             1,200万円を超えないよう本新株予約権を行使しなければならない。
           ④ 新株予約権者は、割当てられた本新株予約権の個数のうち、その全部又は一部につき本新株予約権を行
             使することができる。但し、新株予約権者は、本新株予約権のうち(a)から(d)に掲げる割合(以下「権
             利行使割合」という。)の個数を限度として、行使することができる。
             (a)本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場された日の
               開始日から1年間                           行使可能割合25%
             (b)(a)の期間が経過した日から1年間  行使可能割合50%
             (c)(b)の期間が経過した日から1年間  行使可能割合75%
             (d)(c)の期間が経過した日以降     行使可能割合100%
           ⑤ 新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
           ⑥ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することと
             なるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
           ⑦ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
         2.本新株予約権の取得に関する事項
          (1)当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約若しくは分割計画、
            又は当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承
            認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来を
            もって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
          (2)新株予約権者が権利行使をする前に、上記(注)1.(4)に定める規定により本新株予約権の行使ができ
            なくなった場合は、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
         3.組織再編行為の際の本新株予約権の取扱い
           当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
           (以上を総称して以下「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株
           予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以
           下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。但し、以
           下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契
           約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             新株予約権者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記(注)1.(1)に準じて決定する。
           (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
             え、上記(注)1.(2)で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記(3)に従って
             決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
           (5)新株予約権を行使することができる期間
             上表に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から上表に定める行
             使期間の末日までとする。
           (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             上記(注)1.(3)に準じて決定する。
           (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
           (8)その他新株予約権の行使の条件
             上記(注)1.(4)に準じて決定する。
           (9)新株予約権の取得事由及び条件
             上記(注)2に準じて決定する。
          (10)その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
         4.新株予約権に係る新株予約権証券に関する事項
           当社は、本新株予約権に係る新株予約権証券を発行しないものとする。
         5.2022年9月1日開催の取締役会決議により、2022年9月30日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割
           を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使
           時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
           整されております。
         6.付与対象者2名の執行役員就任及び当社従業員3名の退職により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及
           び人数」は、当社執行役員2名、当社従業員54名となっております。
                                 63/215



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         e.第9回新株予約権
      決議年月日                             2021年10月29日
                                  当社取締役                  3
      付与対象者の区分及び人数(名)                             当社従業員                  1
                                  当社子会社の従業員  14
      新株予約権の数(個)※                             11,700
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                             普通株式 11,700(注)2.

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                             51,595(注)2.

      新株予約権の行使期間※                             2021年11月2日~2033年11月1日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                             発行価格   51,645
      価格及び資本組入額(円)※                             資本組入額  25,822.5(注)2.
      新株予約権の行使の条件※                             (注)2.
                                  譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締
      新株予約権の譲渡に関する事項※                             役会の決議による承認を要するものとする。
                                  (注)3.
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                             (注)4.
    ※ 最近事業年度の末日(2021年12月31日)における内容を記載しております。なお、本新株予約権は、2022年10月31日
      付でその全部が消滅しております。
     (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき50円で有償発行しております。
         2.本新株予約権の内容
          (1)本新株予約権1個あたりの目的である株式の数(以下「付与株式数」という。)は、当社普通株式1株と
            する。なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含
            む。以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。但し、かかる調整
            は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない本新株予約権の目的である株式の数についてのみ
            行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
             調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
            また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割又は資本金の額の減少を行う場合その他これらの
            場合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるも
            のとする。
          (2)本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又は算定方法
            本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」とい
            う。)に、付与株式数を乗じた金額とする。なお、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併
            合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                  1
             調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割(又は併合)の比率
            また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式
            の処分を行う場合(本新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自
            己株式の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上
            げる。
                                    新規発行株式数×1株あたり払込金額
                             既発行株式数+
                                      新規発行前の1株あたりの時価
             調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新規発行株式数
            なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に係る発行済株式総数から当社普通株式に
            係る自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式に係る自己株式の処分を行う場合には、「新規発
            行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
            さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その
            他これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額
            の調整を行うことができるものとする。
          (3)増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じ
             たときは、その端数を切り上げるものとする。
                                 64/215


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本
             金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          (4)本新株予約権の行使の条件
           ① 新株予約権者は、2022年12月期から2024年12月期までのいずれかの期において、当社の連結損益計算書
             (連結損益計算書を作成していない場合には損益計算書)に記載された売上高が、2,800百万円を超過
             した場合にのみ、これ以降本新株予約権を行使することができる。なお、上記における売上高の判定に
             際しては、適用される会計基準の変更や当社の業績に多大な影響を及ぼす企業買収等の事象が発生し当
             社の連結損益計算書(連結損益計算書を作成していない場合には損益計算書)に記載された実績数値で
             判定を行うことが適切ではないと取締役会が判断した場合には、当社は合理的な範囲内で当該企業買収
             等の影響を排除し、判定に使用する実績数値の調整を行うことができるものとする。
           ② 上記①に関わらず新株予約権者は、本新株予約権の割当日から行使期間の満了日までにおいて、次に掲
             げる事由のいずれかが生じた場合には、残存するすべての本新株予約権を行使することができないもの
             とする。
             ア 51,595円(ただし、上記(2)において定められた行使価額同様に適切に調整されるものとする)を
               下回る価格を対価とする当社普通株式の発行等が行われたとき(ただし、払込金額が会社法第199
               条第3項・同第200条第2項に定める「特に有利な金額である場合」及び普通株式の株価とは異な
               ると認められる価格である場合ならびに当該株式の発行等が株主割当てによる場合等を除く。)。
             イ 51,595円(ただし、上記(2)において定められた行使価額同様に適切に調整されるものとする。)
               を下回る価格を行使価額とする新株予約権の発行が行われたとき(ただし、当該行使価額が当該新
               株予約権の発行時点における当社普通株式の株価と異なる価格に設定されて発行された場合を除
               く。)。
             ウ 本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されていな
               い場合、51,595円(ただし、上記(2)において定められた行使価額同様に適切に調整されるものと
               する。)を下回る価格を対価とする売買その他の取引が行われたとき(ただし、当該取引時点にお
               ける株価よりも著しく低いと認められる価格で取引が行われた場合を除く。)。
             エ 本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場された場
               合、上場日以降、当該金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値が51,595円(ただ
               し、上記(2)において定められた行使価額同様に適切に調整されるものとする。)を下回る価格と
               なったとき。
           ③ 本新株予約権者は、本新株予約権の権利行使時において、当社または当社の子会社もしくは関連会社の
             取締役、監査役、従業員もしくは顧問、業務委託契約先等の社外協力者であることを要する。ただし、
             任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由があると取締役会が認めた場合は、この限りではな
             い。
           ④ 本新株予約権者は、会社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされるまでの期間は、本新株
             予約権を行使することはできないものとする。
           ⑤ 新株予約権者は、割当てられた本新株予約権の個数のうち、その全部又は一部につき本新株予約権を行
             使することができる。但し、新株予約権者は、本新株予約権のうちアからエに掲げる割合(以下「権利
             行使割合」という)の個数を限度として、行使することができる。
             ア 本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場された日の
               開始日から1年間                          行使可能割合25%
             イ アの期間が経過した日から1年間  行使可能割合50%
             ウ イの期間が経過した日から1年間  行使可能割合75%
             エ ウの期間が経過した日以降     行使可能割合100%
           ⑥ 上記①に定める条件を充たしており、かつ上記②に定める条件に抵触していない場合において、上記④
             及び⑤に関わらず、会社の発行済株式総数の過半数の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第
             三者(会社の株主を含む。)に移転する旨の書面による合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との
             間で成立し、会社の取締役会(取締役会が設置されていない場合は株主総会とする。)によって当該株
             式譲渡に関して譲渡承認の決議がされた場合、本新株予約権者は、交付を受けた本新株予約権の全てに
             つき行使することができる。
           ⑦ 本新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
           ⑧ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過する
             こととなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
           ⑨ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
         3.本新株予約権の取得に関する事項
          (1)当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約若しくは分割計画、
            又は当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承
                                 65/215


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来を
            もって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
          (2)新株予約権者が権利行使をする前に、上記(注)2.(4)に定める規定により本新株予約権の行使ができ
            なくなった場合は、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
         4.組織再編行為の際の本新株予約権の取扱い
           当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
           (以上を総称して以下「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株
           予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以
           下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。但し、以
           下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契
           約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             新株予約権者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記(注)2.(1)に準じて決定する。
           (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
             え、上記(注)2.(2)で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記(3)に従って
             決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
           (5)新株予約権を行使することができる期間
             上表に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から上表に定める行
             使期間の末日までとする。
           (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             上記(注)2.(3)に準じて決定する。
           (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
           (8)その他新株予約権の行使の条件
             上記(注)2.(4)に準じて決定する。
           (9)新株予約権の取得事由及び条件
             上記(注)3に準じて決定する。
          (10)その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
         5.新株予約権に係る新株予約権証券に関する事項
           当社は、本新株予約権に係る新株予約権証券を発行しないものとする。
                                 66/215









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         f.第10回新株予約権
      決議年月日                             2021年10月29日
      付与対象者の区分及び人数(名)                             社外協力者  9

      新株予約権の数(個)※                             1,513

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                             普通株式 1,513(注)2.

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                             51,595(注)2.

      新株予約権の行使期間※                             2021年11月2日~2033年11月1日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                             発行価格   51,645
      価格及び資本組入額(円)※                             資本組入額  25,822.5(注)2.
      新株予約権の行使の条件※                             (注)2.
                                  譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締
      新株予約権の譲渡に関する事項※                             役会の決議による承認を要するものとする。
                                  (注)3.
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                             (注)4.
    ※ 最近事業年度の末日(2021年12月31日)における内容を記載しております。なお、本新株予約権は、2022年10月31日
      付でその全部が消滅しております。
     (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき50円で有償発行しております。
         2.本新株予約権の内容
          (1)本新株予約権1個あたりの目的である株式の数(以下「付与株式数」という。)は、当社普通株式1株と
            する。なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含
            む。以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。但し、かかる調整
            は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない本新株予約権の目的である株式の数についてのみ
            行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
             調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
            また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割又は資本金の額の減少を行う場合その他これらの
            場合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるも
            のとする。
          (2)本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又は算定方法
            本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」とい
            う。)に、付与株式数を乗じた金額とする。なお、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併
            合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                  1
             調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割(又は併合)の比率
            また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式
            の処分を行う場合(本新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自
            己株式の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上
            げる。
                                    新規発行株式数×1株あたり払込金額
                             既発行株式数+
                                      新規発行前の1株あたりの時価
             調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新規発行株式数
            なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に係る発行済株式総数から当社普通株式に
            係る自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式に係る自己株式の処分を行う場合には、「新規発
            行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
            さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その
            他これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額
            の調整を行うことができるものとする。
          (3)増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じ
             たときは、その端数を切り上げるものとする。
           ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本
             金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
                                 67/215


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (4)本新株予約権の行使の条件
           ① 新株予約権者は、2022年12月期から2024年12月期までのいずれかの期において、当社の連結損益計算書
             (連結損益計算書を作成していない場合には損益計算書)に記載された売上高が、2,800百万円を超過
             した場合にのみ、これ以降本新株予約権を行使することができる。なお、上記における売上高の判定に
             際しては、適用される会計基準の変更や当社の業績に多大な影響を及ぼす企業買収等の事象が発生し当
             社の連結損益計算書(連結損益計算書を作成していない場合には損益計算書)に記載された実績数値で
             判定を行うことが適切ではないと取締役会が判断した場合には、当社は合理的な範囲内で当該企業買収
             等の影響を排除し、判定に使用する実績数値の調整を行うことができるものとする。
           ② 上記①に関わらず新株予約権者は、本新株予約権の割当日から行使期間の満了日までにおいて、次に掲
             げる事由のいずれかが生じた場合には、残存するすべての本新株予約権を行使することができないもの
             とする。
             ア 51,595円(ただし、上記(2)において定められた行使価額同様に適切に調整されるものとする。)
               を下回る価格を対価とする当社普通株式の発行等が行われたとき(ただし、払込金額が会社法第
               199条第3項・同第200条第2項に定める「特に有利な金額である場合」及び普通株式の株価とは異
               なると認められる価格である場合ならびに当該株式の発行等が株主割当てによる場合等を除
               く。)。
             イ 51,595円(ただし、上記(2)において定められた行使価額同様に適切に調整されるものとする。)
               を下回る価格を行使価額とする新株予約権の発行が行われたとき(ただし、当該行使価額が当該新
               株予約権の発行時点における当社普通株式の株価と異なる価格に設定されて発行された場合を除
               く。)。
             ウ 本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されていな
               い場合、51,595円(ただし、上記(2)において定められた行使価額同様に適切に調整されるものと
               する。)を下回る価格を対価とする売買その他の取引が行われたとき(ただし、当該取引時点にお
               ける株価よりも著しく低いと認められる価格で取引が行われた場合を除く。)。
             エ 本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場された場
               合、上場日以降、当該金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値が51,595円(ただ
               し、上記(2)において定められた行使価額同様に適切に調整されるものとする。)を下回る価格と
               なったとき。
           ③ 本新株予約権者は、本新株予約権の権利行使時において、当社または当社の子会社もしくは関連会社の
             取締役、監査役、従業員もしくは顧問、業務委託契約先等の社外協力者であることを要する。ただし、
             任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由があると取締役会が認めた場合は、この限りではな
             い。
           ④ 本新株予約権者は、会社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされるまでの期間は、本新株
             予約権を行使することはできないものとする。
           ⑤ 上記①に定める条件を充たしており、かつ上記②に定める条件に抵触していない場合において、上記④
             に関わらず、会社の発行済株式総数の過半数の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第三者
             (会社の株主を含む。)に移転する旨の書面による合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との間で
             成立し、会社の取締役会(取締役会が設置されていない場合は株主総会とする。)によって当該株式譲
             渡に関して譲渡承認の決議がされた場合、本新株予約権者は、交付を受けた本新株予約権の全てにつ
             き、行使することができる。
           ⑥ 本新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
           ⑦ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過する
             こととなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
           ⑧ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
         3.本新株予約権の取得に関する事項
          (1)当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約若しくは分割計画、
            又は当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承
            認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来を
            もって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
          (2)新株予約権者が権利行使をする前に、上記(注)2.(4)に定める規定により本新株予約権の行使ができ
            なくなった場合は、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
         4.組織再編行為の際の本新株予約権の取扱い
           当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
           (以上を総称して以下「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株
           予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以
           下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。但し、以
                                 68/215


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契
           約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             新株予約権者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記(注)2.(1)に準じて決定する。
           (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
             え、上記(注)2.(2)で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記(3)に従って
             決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
           (5)新株予約権を行使することができる期間
             上表に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から上表に定める行
             使期間の末日までとする。
           (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             上記(注)2.(3)に準じて決定する。
           (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
           (8)その他新株予約権の行使の条件
             上記(注)2.(4)に準じて決定する。
           (9)新株予約権の取得事由及び条件
             上記(注)3.に準じて決定する。
          (10)その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
         5.新株予約権に係る新株予約権証券に関する事項
           当社は、本新株予約権に係る新株予約権証券を発行しないものとする。
                                 69/215












                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         g.第11回新株予約権
           当社は時価発行新株予約権信託を活用したインセンティブプランを導入しております。
      決議年月日                             2021年10月29日
                                  「時価発行新株予約権信託設定契約」の受託者                        1
      付与対象者の区分及び人数(名)
      新株予約権の数(個)※                             12,334

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                             普通株式 12,334(注)2.

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                             51,595(注)2.

      新株予約権の行使期間※                             2021年11月2日~2033年11月1日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                             発行価格   51,645
      価格及び資本組入額(円)※                             資本組入額  25,822.5(注)2.
      新株予約権の行使の条件※                             (注)2.
                                  譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締
      新株予約権の譲渡に関する事項※                             役会の決議による承認を要するものとする。
                                  (注)3.
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                             (注)4.
    ※ 最近事業年度の末日(2021年12月31日)における内容を記載しております。なお、本新株予約権は、2022年10月31日
      付でその全部が消滅しております。
     (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき50円で有償発行しております。
         2.本新株予約権の内容
          (1)本新株予約権1個あたりの目的である株式の数(以下「付与株式数」という。)は、当社普通株式1株と
            する。なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含
            む。以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。但し、かかる調整
            は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない本新株予約権の目的である株式の数についてのみ
            行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
             調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
            また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割又は資本金の額の減少を行う場合その他これらの
            場合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるも
            のとする。
          (2)本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又は算定方法
            本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」とい
            う。)に、付与株式数を乗じた金額とする。なお、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併
            合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                  1
             調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割(又は併合)の比率
            また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式
            の処分を行う場合(本新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自
            己株式の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上
            げる。
                                    新規発行株式数×1株あたり払込金額
                             既発行株式数+
                                      新規発行前の1株あたりの時価
             調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新規発行株式数
            なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に係る発行済株式総数から当社普通株式に
            係る自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式に係る自己株式の処分を行う場合には、「新規発
            行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
            さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その
            他これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額
            の調整を行うことができるものとする。
          (3)増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じ
             たときは、その端数を切り上げるものとする。
                                 70/215


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本
             金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          (4)本新株予約権の行使の条件
           ① 新株予約権者は、2022年12月期から2024年12月期までのいずれかの期において、当社の連結損益計算書
             (連結損益計算書を作成していない場合には損益計算書)に記載された売上高が、2,800百万円を超過
             した場合にのみ、これ以降本新株予約権を行使することができる。なお、上記における売上高の判定に
             際しては、適用される会計基準の変更や当社の業績に多大な影響を及ぼす企業買収等の事象が発生し当
             社の連結損益計算書(連結損益計算書を作成していない場合には損益計算書)に記載された実績数値で
             判定を行うことが適切ではないと取締役会が判断した場合には、当社は合理的な範囲内で当該企業買収
             等の影響を排除し、判定に使用する実績数値の調整を行うことができるものとする。
           ② 上記①に関わらず新株予約権者は、本新株予約権の割当日から行使期間の満了日までにおいて、次に掲
             げる事由のいずれかが生じた場合には、残存するすべての本新株予約権を行使することができないもの
             とする。
             (a)51,595円(ただし、上記(2)において定められた行使価額同様に適切に調整されるものとする)を
               下回る価格を対価とする当社普通株式の発行等が行われたとき(ただし、払込金額が会社法第199
               条第3項・同第200条第2項に定める「特に有利な金額である場合」及び普通株式の株価とは異な
               ると認められる価格である場合ならびに当該株式の発行等が株主割当てによる場合等を除く。)。
             (b)51,595円(ただし、上記(2)において定められた行使価額同様に適切に調整されるものとする)を
               下回る価格を行使価額とする新株予約権の発行が行われたとき(ただし、当該行使価額が当該新株
               予約権の発行時点における当社普通株式の株価と異なる価格に設定されて発行された場合を除
               く。)。
             (c)本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されていな
               い場合、51,595円(ただし、上記(2)において定められた行使価額同様に適切に調整されるものと
               する)を下回る価格を対価とする売買その他の取引が行われたとき(ただし、当該取引時点におけ
               る株価よりも著しく低いと認められる価格で取引が行われた場合を除く。)。
             (d)本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場された場
               合、上場日以降、当該金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値が51,595円(ただ
               し、上記(2)において定められた行使価額同様に適切に調整されるものとする)を下回る価格と
               なったとき。
           ③ 本新株予約権者は、本新株予約権の権利行使時において、当社または当社の子会社もしくは関連会社の
             取締役、監査役、従業員もしくは顧問、業務委託契約先等の社外協力者であることを要する。ただし、
             任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由があると取締役会が認めた場合は、この限りではな
             い。
           ④ 本新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
           ⑤ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過する
             こととなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
           ⑥ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
         3.本新株予約権の取得に関する事項
          (1)当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約若しくは分割計画、
            又は当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承
            認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来を
            もって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。ただし、当社と契約関係にある信託会社が
            本新株予約権者である場合にはこの限りではない。
          (2)新株予約権者が権利行使をする前に、上記(注)2.(4)に定める規定により本新株予約権の行使ができ
            なくなった場合は、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。ただし、当社と契約関係にある
            信託会社が本新株予約権者である場合にはこの限りではない。
         4.組織再編行為の際の本新株予約権の取扱い
           当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
           (以上を総称して以下「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株
           予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以
           下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。但し、以
           下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契
           約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             新株予約権者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
                                 71/215

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記(注)2.(1)に準じて決定する。
           (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
             え、上記(注)2.(2)で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記(3)に従って
             決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
           (5)新株予約権を行使することができる期間
             上表に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から上表に定める行
             使期間の末日までとする。
           (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             上記(注)2.(3)に準じて決定する。
           (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
           (8)その他新株予約権の行使の条件
             上記(注)2.(4)に準じて決定する。
           (9)新株予約権の取得事由及び条件
             (注)3に準じて決定する。
          (10)その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
         5.新株予約権に係る新株予約権証券に関する事項
           当社は、本新株予約権に係る新株予約権証券を発行しないものとする。
         6.当社の代表取締役である秋山広宣は、当社の企業価値の増大を図るため当社及び当社子会社並びに関連会社
           の取締役、監査役、従業員もしくは社外協力者(以下「役職員等」という。)向けのインセンティブ・プラ
           ンを導入することを目的として、2021年10月29日開催の臨時株主総会決議に基づき、2021年11月1日付でコ
           タエル信託株式会社を受託者として「時価発行新株予約権信託」(以下「本信託」という。)を設定してお
           ります。
            本信託は、当社の現在及び将来の役職員等に対して、その功績に応じて、第11回新株予約権を配分するも
           のであります。既存の新株予約権を用いたインセンティブ・プランと異なり、現在の役職員等に対して、将
           来の功績評価をもとにインセンティブ分配の多寡を決定することを可能とするとともに、将来採用された役
           職員等に対しても、関与時期によって過度に差が生じることなく同様の基準に従ってインセンティブを分配
           することを可能とするものであります。第11回新株予約権の分配を受けた者は、当該新株予約権の発行要領
           及び取り扱いに関する契約の内容に従って、当該新株予約権を行使することができます。
           本信託の概要は以下のとおりであります。
      名称                   時価発行新株予約権信託
      委託者                   秋山 広宣

      受託者                   コタエル信託株式会社

                         交付基準日に受益候補者の中から本信託にかかる信託契約に基づいて指定
      受益者
                         された者
      信託契約日                   2021年11月1日
      信託の新株予約権数(個)                   12,334

      信託期間満了日(受託者指定日)                   2022年10月末日

      信託の目的                   第11回新株予約権12,334個

                         当社または当社子会社・関連会社の取締役、監査役及び従業員並びに顧問
                         及び業務委託先等のうち、当社が別途定める交付ガイドラインに従い、受
      受益者適格要件
                         益候補者の中から本信託の受益者となるべき者を選定し、受益者の確定手
                         続きが完了した後、受益者が確定します。
                                 72/215




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         h.第12回新株予約権
      決議年月日                         2022年10月13日
                              当社取締役                  1
      付与対象者の区分及び人数(名)                         当社執行役員                 3
                              当社子会社の従業員  18
      新株予約権の数(個)※                         58,500
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                              普通株式 58,500(注)2.
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                         7,000(注)2.
      新株予約権の行使期間※                         2024年4月1日~2034年10月30日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株                         発行価格   7,025
      式の発行価格及び資本組入額(円)※                         資本組入額  3,512.5(注)2.
      新株予約権の行使の条件※                         (注)2.
                              譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締役会の決
      新株予約権の譲渡に関する事項※                         議による承認を要するものとする。
                              (注)3.
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                              (注)4.
      事項※
    ※ 当社は、2022年10月13日開催の取締役会決議により2022年10月31日付で第12回新株予約権を発行しており、上表は、
      提出日の前月末現在(2022年10月31日)における内容を記載しております。
     (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき25円で有償発行しております。
         2.本新株予約権の内容
          (1)本新株予約権1個あたりの目的である株式の数(以下「付与株式数」という。)は、当社普通株式1株と
            する。なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含
            む。以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。但し、かかる調整
            は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない本新株予約権の目的である株式の数についてのみ
            行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
             調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
            また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割又は資本金の額の減少を行う場合その他これらの
            場合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるも
            のとする。
          (2)本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又は算定方法
            本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」とい
            う。)に、付与株式数を乗じた金額とする。
            行使価額は、金7,000円とする。ただし、当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場さ
            れる場合に設定される当社普通株式の公募価格(以下、「公募価格」という。)が、7,000円を上回った
            場合は、行使価額を当該公募価格とする。
            なお、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調
            整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                  1
             調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割(又は併合)の比率
            また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式
            の処分を行う場合(本新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自
            己株式の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上
            げる。
                                    新規発行株式数×1株あたり払込金額
                             既発行株式数+
                                      新規発行前の1株あたりの時価
             調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新規発行株式数
            なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に係る発行済株式総数から当社普通株式に
            係る自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式に係る自己株式の処分を行う場合には、「新規発
            行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
            さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その
            他これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額
            の調整を行うことができるものとする。
                                 73/215

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (3)増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じ
             たときは、その端数を切り上げるものとする。
           ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本
             金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          (4)本新株予約権の行使の条件
           ① 新株予約権者は、2023年12月期から2027年12月期までのいずれかの期において、当社の連結損益計算書
             (連結損益計算書を作成していない場合には損益計算書)に記載された売上高が、10,500百万円を超過
             した場合にのみ、これ以降本新株予約権を行使することができる。なお、上記における売上高の判定に
             際しては、適用される会計基準の変更や当社の業績に多大な影響を及ぼす企業買収等の事象が発生し当
             社の連結損益計算書(連結損益計算書を作成していない場合には損益計算書)に記載された実績数値で
             判定を行うことが適切ではないと取締役会が判断した場合には、当社は合理的な範囲内で当該企業買収
             等の影響を排除し、判定に使用する実績数値の調整を行うことができるものとする。
           ② 本新株予約権者は、本新株予約権の権利行使時において、当社または当社の子会社もしくは関連会社の
             取締役、監査役、従業員もしくは顧問、業務委託契約先等の社外協力者であることを要する。ただし、
             任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由があると取締役会が認めた場合は、この限りではな
             い。
           ③ 本新株予約権者は、会社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされるまでの期間は、本新株
             予約権を行使することはできないものとする。
           ④ 新株予約権者は、割当てられた本新株予約権個数のうち、その全部又は一部につき本新株予約権を行使
             することができる。但し、新株予約権者は、本新株予約権のうち(a)から(d)に掲げる割合(以下、
             「権利行使割合」という)の個数を限度として、行使することができる。
             (a)   本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場された日
                の開始日から1年間                            行使可能割合        25%
             (b)   (a)の期間が経過した日から1年間                   行使可能割合          50%
             (c)   (b)の期間が経過した日から1年間                   行使可能割合          75%
             (d)   (c)の期間が経過した日以降                   行使可能割合       100%
           ⑤ 上記①に定める条件を充たしている場合において、上記③及び④に関わらず、会社の発行済株式総数の
             過半数の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第三者(会社の株主を含む。)に移転する旨の
             書面による合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との間で成立し、会社の取締役会(取締役会が設
             置されていない場合は株主総会とする。)によって当該株式譲渡に関して譲渡承認の決議がされた場
             合、本新株予約権者は、交付を受けた本新株予約権の全てにつき、行使することができる。
           ⑥ 本新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
           ⑦ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過する
             こととなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
           ⑧ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
         3.本新株予約権の取得に関する事項
          (1)当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約若しくは分割計画、
            又は当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承
            認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来を
            もって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
          (2)新株予約権者が権利行使をする前に、上記(注)2.(4)に定める規定により本新株予約権の行使ができ
            なくなった場合は、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
         4.組織再編行為の際の本新株予約権の取扱い
           当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
           (以上を総称して以下「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株
           予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以
           下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。但し、以
           下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契
           約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             新株予約権者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
                                 74/215


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記(注)2.(1)に準じて決定する。
           (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
             え、上記(注)2.(2)で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記(注)4.
             (3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
           (5)新株予約権を行使することができる期間
             上表に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から上表に定める行
             使期間の末日までとする。
           (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             上記(注)2.(3)に準じて決定する。
           (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
           (8)その他新株予約権の行使の条件
             上記(注)2.(4)に準じて決定する。
           (9)新株予約権の取得事由及び条件
             (注)3.に準じて決定する。
          (10)その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
         5.新株予約権に係る新株予約権証券に関する事項
           当社は、本新株予約権に係る新株予約権証券を発行しないものとする。
                                 75/215














                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         i.第13回新株予約権
      決議年月日                         2022年10月13日
                              社外協力者                  9
      付与対象者の区分及び人数(名)
      新株予約権の数(個)※                         7,565
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                              普通株式 7,565(注)2.
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                         7,000(注)2.
      新株予約権の行使期間※                         2024年4月1日~2034年10月30日
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株                         発行価格   7,025
      式の発行価格及び資本組入額(円)※                         資本組入額  3,512.5(注)2.
      新株予約権の行使の条件※                         (注)2.
                              譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締役会の決
      新株予約権の譲渡に関する事項※                         議による承認を要するものとする。
                              (注)3.
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                              (注)4.
      事項※
    ※ 当社は、2022年10月13日開催の取締役会決議により2022年10月31日付で第13回新株予約権を発行しており、上表は、
      提出日の前月末現在(2022年10月31日)における内容を記載しております。
     (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき25円で有償発行しております。
         2.本新株予約権の内容
          (1)本新株予約権1個あたりの目的である株式の数(以下「付与株式数」という。)は、当社普通株式1株と
            する。なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含
            む。以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。但し、かかる調整
            は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない本新株予約権の目的である株式の数についてのみ
            行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
             調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
            また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割又は資本金の額の減少を行う場合その他これらの
            場合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるも
            のとする。
          (2)本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又は算定方法
            本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」とい
            う。)に、付与株式数を乗じた金額とする。
            行使価額は、金7,000円とする。ただし、当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場さ
            れる場合に設定される当社普通株式の公募価格(以下、「公募価格」という。)が、7,000円を上回った
            場合は、行使価額を当該公募価格とする。
            なお、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調
            整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                  1
             調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割(又は併合)の比率
            また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式
            の処分を行う場合(本新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自
            己株式の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上
            げる。
                                    新規発行株式数×1株あたり払込金額
                             既発行株式数+
                                      新規発行前の1株あたりの時価
             調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新規発行株式数
            なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に係る発行済株式総数から当社普通株式に
            係る自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式に係る自己株式の処分を行う場合には、「新規発
            行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
            さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その
            他これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額
            の調整を行うことができるものとする。
          (3)増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じ
             たときは、その端数を切り上げるものとする。
           ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本
             金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          (4)本新株予約権の行使の条件
           ① 新株予約権者は、2023年12月期から2027年12月期までのいずれかの期において、当社の連結損益計算書
             (連結損益計算書を作成していない場合には損益計算書)に記載された売上高が、10,500百万円を超過
                                 76/215

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             した場合にのみ、これ以降本新株予約権を行使することができる。なお、上記における売上高の判定に
             際しては、適用される会計基準の変更や当社の業績に多大な影響を及ぼす企業買収等の事象が発生し当
             社 の連結損益計算書(連結損益計算書を作成していない場合には損益計算書)に記載された実績数値で
             判定を行うことが適切ではないと取締役会が判断した場合には、当社は合理的な範囲内で当該企業買収
             等の影響を排除し、判定に使用する実績数値の調整を行うことができるものとする。
           ② 本新株予約権者は、本新株予約権の権利行使時において、当社または当社の子会社もしくは関連会社の
             取締役、監査役、従業員もしくは顧問、業務委託契約先等の社外協力者であることを要する。ただし、
             任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由があると取締役会が認めた場合は、この限りではな
             い。
           ③ 本新株予約権者は、会社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされるまでの期間は、本新株
             予約権を行使することはできないものとする。
           ④ 上記①に定める条件を充たしている場合において、上記③に関わらず、会社の発行済株式総数の過半数
             の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第三者(会社の株主を含む。)に移転する旨の書面に
             よる合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との間で成立し、会社の取締役会(取締役会が設置され
             ていない場合は株主総会とする。)によって当該株式譲渡に関して譲渡承認の決議がされた場合、本新
             株予約権者は、交付を受けた本新株予約権の全てにつき、行使することができる。
           ⑤ 本新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
           ⑥ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過する
             こととなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
           ⑦ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
         3.本新株予約権の取得に関する事項
          (1)当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約若しくは分割計画、
            又は当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承
            認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来を
            もって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
          (2)新株予約権者が権利行使をする前に、上記(注)2.(4)に定める規定により本新株予約権の行使ができ
            なくなった場合は、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
         4.組織再編行為の際の本新株予約権の取扱い
           当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
           (以上を総称して以下「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株
           予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以
           下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。但し、以
           下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契
           約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             新株予約権者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記(注)2.(1)に準じて決定する。
           (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
             え、上記(注)2.(2)で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記(3)に従って
             決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
           (5)新株予約権を行使することができる期間
             上表に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から上表に定める行
             使期間の末日までとする。
           (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             上記(注)2.(3)に準じて決定する。
           (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
           (8)その他新株予約権の行使の条件
             上記(注)2.(4)に準じて決定する。
           (9)新株予約権の取得事由及び条件
             (注)3.に準じて決定する。
          (10)その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
         5.新株予約権に係る新株予約権証券に関する事項
           当社は、本新株予約権に係る新株予約権証券を発行しないものとする。
                                 77/215




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         j.第14回新株予約権
          当社は時価発行新株予約権信託を活用したインセンティブプランを導入しております。
      決議年月日                         2022年10月13日
                              「時価発行新株予約権信託設定契約」の受託者                       1
      付与対象者の区分及び人数(名)
      新株予約権の数(個)※                         61,670
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                              普通株式 61,670(注)2.
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                         7,000(注)2.
      新株予約権の行使期間※                         2024年4月1日~2034年10月30日
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株                         発行価格   7,025
      式の発行価格及び資本組入額(円)※                         資本組入額  3,512.5(注)2.
      新株予約権の行使の条件※                         (注)2.
                              譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締役会の決
      新株予約権の譲渡に関する事項※                         議による承認を要するものとする。
                              (注)3.
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                              (注)4.
      事項※
    ※ 当社は、2022年10月13日開催の取締役会決議により2022年10月31日付で第14回新株予約権を発行しており、上表は、
      提出日の前月末現在(2022年10月31日)における内容を記載しております。
     (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき25円で有償発行しております。
         2.本新株予約権の内容
          (1)本新株予約権1個あたりの目的である株式の数(以下「付与株式数」という。)は、当社普通株式1株と
            する。なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含
            む。以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。但し、かかる調整
            は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない本新株予約権の目的である株式の数についてのみ
            行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
             調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
            また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割又は資本金の額の減少を行う場合その他これらの
            場合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるも
            のとする。
          (2)本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又は算定方法
            本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」とい
            う。)に、付与株式数を乗じた金額とする。
            行使価額は、金7,000円とする。ただし、当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場さ
            れる場合に設定される当社普通株式の公募価格(以下、「公募価格」という。)が、7,000円を上回った
            場合は、行使価額を当該公募価格とする。
            なお、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調
            整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                  1
             調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割(又は併合)の比率
            また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式
            の処分を行う場合(本新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自
            己株式の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上
            げる。
                                    新規発行株式数×1株あたり払込金額
                             既発行株式数+
                                      新規発行前の1株あたりの時価
             調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新規発行株式数
            なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に係る発行済株式総数から当社普通株式に
            係る自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式に係る自己株式の処分を行う場合には、「新規発
            行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
            さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その
            他これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額
            の調整を行うことができるものとする。
          (3)増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じ
             たときは、その端数を切り上げるものとする。
           ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本
             金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          (4)本新株予約権の行使の条件
                                 78/215

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           ① 新株予約権者は、2023年12月期から2027年12月期までのいずれかの期において、当社の連結損益計算書
             (連結損益計算書を作成していない場合には損益計算書)に記載された売上高が、10,500百万円を超過
             し た場合にのみ、これ以降本新株予約権を行使することができる。なお、上記における売上高の判定に
             際しては、適用される会計基準の変更や当社の業績に多大な影響を及ぼす企業買収等の事象が発生し当
             社の連結損益計算書(連結損益計算書を作成していない場合には損益計算書)に記載された実績数値で
             判定を行うことが適切ではないと取締役会が判断した場合には、当社は合理的な範囲内で当該企業買収
             等の影響を排除し、判定に使用する実績数値の調整を行うことができるものとする。
           ② 本新株予約権者は、本新株予約権の権利行使時において、当社または当社の子会社もしくは関連会社の
             取締役、監査役、従業員もしくは顧問、業務委託契約先等の社外協力者であることを要する。ただし、
             任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由があると取締役会が認めた場合は、この限りではな
             い。
           ③ 本新株予約権者は、会社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされるまでの期間は、本新株
             予約権を行使することはできないものとする。
           ④ 新株予約権者は、割当てられた本新株予約権個数のうち、その全部又は一部につき本新株予約権を行使
             することができる。但し、新株予約権者は、本新株予約権のうち(a)から(d)に掲げる割合(以下、
             「権利行使割合」という)の個数を限度として、行使することができる。
             (a)   本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場された日
                の開始日から1年間                            行使可能割合        25%
             (b)   (a)の期間が経過した日から1年間                   行使可能割合          50%
             (c)   (b)の期間が経過した日から1年間                   行使可能割合          75%
             (d)   (c)の期間が経過した日以降                   行使可能割合       100%
           ⑤ 上記①に定める条件を充たしている場合において、上記③及び④に関わらず、会社の発行済株式総数の
             過半数の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第三者(会社の株主を含む。)に移転する旨の
             書面による合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との間で成立し、会社の取締役会(取締役会が設
             置されていない場合は株主総会とする。)によって当該株式譲渡に関して譲渡承認の決議がされた場
             合、本新株予約権者は、交付を受けた本新株予約権の全てにつき、行使することができる。
           ⑥ 本新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
           ⑦ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過する
             こととなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
           ⑧ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
         3.本新株予約権の取得に関する事項
          (1)当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約若しくは分割計画、
            又は当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承
            認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来を
            もって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
          (2)新株予約権者が権利行使をする前に、上記(注)2.(4)に定める規定により本新株予約権の行使ができ
            なくなった場合は、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
         4.組織再編行為の際の本新株予約権の取扱い
           当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
           (以上を総称して以下「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株
           予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以
           下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。但し、以
           下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契
           約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             新株予約権者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記(注)2.(1)に準じて決定する。
           (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
             え、上記(注)2.(2)で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記(3)に従って
             決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
           (5)新株予約権を行使することができる期間
             上表に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から上表に定める行
             使期間の末日までとする。
           (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             上記(注)2.(3)に準じて決定する。
           (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
           (8)その他新株予約権の行使の条件
             上記(注)2.(4)に準じて決定する。
           (9)新株予約権の取得事由及び条件
             (注)3.に準じて決定する。
                                 79/215

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (10)その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
         5.新株予約権に係る新株予約権証券に関する事項
           当社は、本新株予約権に係る新株予約権証券を発行しないものとする。
         6.当社の代表取締役である秋山広宣は、当社の企業価値の増大を図るため当社及び当社子会社並びに関連会社
           の取締役、監査役、従業員もしくは社外協力者(以下「役職員等」という。)向けのインセンティブ・プラ
           ンを導入することを目的として、2022年10月13日開催の取締役会決議に基づき、2022年10月24日付でコタエ
           ル信託株式会社を受託者として「時価発行新株予約権信託」(以下「本信託」という。)を設定しておりま
           す。
            本信託は、当社の現在及び将来の役職員等に対して、その功績に応じて、第14回新株予約権を配分するも
           のであります。既存の新株予約権を用いたインセンティブ・プランと異なり、現在の役職員等に対して、将
           来の功績評価をもとにインセンティブ分配の多寡を決定することを可能とするとともに、将来採用された役
           職員等に対しても、関与時期によって過度に差が生じることなく同様の基準に従ってインセンティブを分配
           することを可能とするものであります。第14回新株予約権の分配を受けた者は、当該新株予約権の発行要領
           及び取り扱いに関する契約の内容に従って、当該新株予約権を行使することができます。
           本信託の概要は以下のとおりであります。

      名称                   時価発行新株予約権信託
      委託者                   秋山 広宣
      受託者                   コタエル信託株式会社
      受益者                   受益候補者のうち受益者指定日に受益者として確定したもの者
      信託契約日                   2022年10月24日
      信託の新株予約権数(個)                   61,670
      信託期間満了日(受託者指定日)                   2023年4月25日
                         第14回新株予約権61,670個
      信託の目的
                         (2022年10月末現在当社普通株式61,670株相当)
                         受益者指定権者が受益者指定日に以下①②③の受益候補者の中から受益者
                         として指定した者
      割当対象者の範囲                   ① 当社または当社の子会社もしくは関連会社の取締役・監査役
                         ② 当社または当社の子会社もしくは関連会社の従業員
                         ③ 顧問、業務委託契約先等の社外協力者
      新株予約権の交付開始時期                   2024年3月
                         ① 当社または当社の子会社もしくは関連会社の常勤取締役、および従業
                           員においては、その役職ごとの人事考課に基づく過去の貢献度合いな
                           どを総合的に勘案し、新株予約権の将来の交付のための参考数値とし
                           てのポイントを決定する。
                         ② 年間MVP賞等、特別表彰を受けた者に対しては、①とは別にポイント
      達成すべき業績・成果等の交付条件の
                           を決定する。
      詳細
                         ③ 社外協力者については、特に当社に貢献のあった者に対し、別途定め
                           るガイドラインに基づき、その具体的な貢献度合いを審議の上「評価
                           委員会」にてポイントを検討する。
                         ④ 後日、仮に付与されたポイントの多寡を参考に「評価委員会」にて、
                           新株予約権の配分個数を決定する。
                         当社の取締役及び監査役数名によって構成され、社外取締役及び社外監査
                         役が過半数を占める「評価委員会」を開催し、別途定めるガイドラインに
      交付先及び交付数の決定方法
                         基づき、「交付個数」および「受益者指定」に関する審議を行い、決定す
                         る。
      交付ルールを定めた社内ルールの名称                   交付ガイドライン
                                 80/215





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【ライツプランの内容】
          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
                                 81/215



















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (3)【発行済株式総数、資本金等の推移】
               発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
        年月日
               増減数(株)        残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
      2018年1月31日            普通株式        普通株式
                                    -      1,000         -       -
        (注)1           90,000        100,000
      2018年6月18日            普通株式        普通株式
                                  229,168       230,168       229,168       229,168
        (注)2           18,500        118,500
      2018年8月31日            普通株式        普通株式
                                  29,730       259,898        29,730       258,898
        (注)3            2,400       120,900
      2018年9月14日            普通株式        普通株式
                                  14,865       274,763        14,865       273,763
        (注)4            1,200       122,100
      2018年10月1日            普通株式        普通株式
                                  42,117       316,881        42,117       315,881
        (注)5            3,400       125,500
      2018年10月31日            普通株式        普通株式
                                  26,013       342,895        26,013       341,895
        (注)6            2,100       127,600
      2018年11月16日            普通株式        普通株式
                                  56,982       399,877        56,982       398,877
        (注)7            4,600       132,200
      2018年11月30日            普通株式        普通株式
                                  65,653       465,531        65,653       464,531
        (注)8            5,300       137,500
      2019年2月26日            普通株式        普通株式
                                  49,995       515,527        49,995       514,527
        (注)9            4,036       141,536
      2019年3月14日            普通株式        普通株式
                                  260,137       775,664       260,137       774,664
        (注)10           21,000        162,536
                          普通株式
      2019年8月26日          B種優先株式           162,536
                                  500,013      1,275,678        499,990      1,274,655
        (注)11           23,005     B種優先株式
                           23,005
                          普通株式
                          162,536
      2019年8月26日          A種優先株式        A種優先株式
                                  310,170      1,585,848        310,170      1,584,825
        (注)12           21,300        21,300
                        B種優先株式
                           23,005
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
      2019年10月1日          C種優先株式           21,300
                                  535,145      2,120,994        535,145      2,119,971
        (注)13           21,886     B種優先株式
                           23,005
                        C種優先株式
                           21,886
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
      2019年11月20日          C種優先株式           21,300
                                  139,935      2,260,930        139,935      2,259,907
        (注)14            5,723     B種優先株式
                           23,005
                        C種優先株式
                           27,609
                                 82/215




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
               発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
        年月日
               増減数(株)        残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
      2019年12月27日                     21,300
                     -           △2,110,995         149,935          -    2,259,907
        (注)15                B種優先株式
                           23,005
                        C種優先株式
                           27,609
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
      2019年12月30日          C種優先株式           21,300
                                  19,952       169,888        19,952      2,279,859
        (注)16             816    B種優先株式
                           23,005
                        C種優先株式
                           28,425
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
      2020年1月21日          C種優先株式           21,300
                                  49,978       219,867        49,978      2,329,838
        (注)17            2,044     B種優先株式
                           23,005
                        C種優先株式
                           30,469
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
      2020年2月28日          C種優先株式           21,300
                                  124,947       344,814       124,947      2,454,785
        (注)18            5,110     B種優先株式
                           23,005
                        C種優先株式
                           35,579
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
      2020年3月9日          C種優先株式           21,300
                                  129,984       474,798       129,984      2,584,770
        (注)19            5,316     B種優先株式
                           23,005
                        C種優先株式
                           40,895
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
      2020年3月19日          C種優先株式           21,300
                                  19,952       494,750        19,952      2,604,722
        (注)20             816    B種優先株式
                           23,005
                        C種優先株式
                           41,711
                                 83/215




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
               発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
        年月日
               増減数(株)        残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
      2020年4月2日          C種優先株式           21,300
                                   7,482      502,233        7,482     2,612,204
        (注)21             306    B種優先株式
                           23,005
                        C種優先株式
                           42,017
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
      2020年4月30日          C種優先株式           21,300
                                  73,476       575,709        73,476      2,685,681
        (注)22            3,005     B種優先株式
                           23,005
                        C種優先株式
                           45,022
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
                           21,300
      2020年7月15日          D種優先株式        B種優先株式
                                  599,908      1,175,618        599,908      3,285,590
        (注)23           20,929        23,005
                        C種優先株式
                           45,022
                        D種優先株式
                           20,929
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
                           21,300
      2020年12月28日                  B種優先株式
                     -           △1,171,481          4,137         -    3,285,590
        (注)24                   23,005
                        C種優先株式
                           45,022
                        D種優先株式
                           20,929
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
                           21,300
      2020年12月30日          D種優先株式        B種優先株式
                                  255,797       259,935       255,797      3,541,387
        (注)25            8,924        23,005
                        C種優先株式
                           45,022
                        D種優先株式
                           29,853
                                 84/215





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
               発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
        年月日
               増減数(株)        残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
                           21,300
      2021年4月15日          D種優先株式        B種優先株式
                                  304,297       564,232       304,297      3,845,684
        (注)26           10,616        23,005
                        C種優先株式
                           45,022
                        D種優先株式
                           40,469
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
                           21,300
      2021年5月31日          D種優先株式        B種優先株式
                                  293,032       857,264       293,032      4,138,716
        (注)27           10,223        23,005
                        C種優先株式
                           45,022
                        D種優先株式
                           50,692
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
                           21,300
      2021年6月30日                  B種優先株式
                     -               -     857,264     △1,765,860        2,372,856
        (注)28                   23,005
                        C種優先株式
                           45,022
                        D種優先株式
                           50,692
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
                           21,300
      2021年8月4日          D種優先株式        B種優先株式
                                  516,410      1,373,674        516,410      2,889,267
        (注)29           18,016        23,005
                        C種優先株式
                           45,022
                        D種優先株式
                           68,708
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
                           21,300
      2021年10月31日          C種優先株式        B種優先株式
                                  193,289      1,566,963        193,289      3,082,556
        (注)30            7,905        23,005
                        C種優先株式
                           52,927
                        D種優先株式
                           68,708
                                 85/215



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
               発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
        年月日
               増減数(株)        残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
                           21,300
      2021年11月8日          D種優先株式        B種優先株式
                                  849,256      2,416,220        849,256      3,931,813
        (注)31           29,628        23,005
                        C種優先株式
                           52,927
                        D種優先株式
                           98,336
                          普通株式
                          162,536
                        A種優先株式
                           21,300
      2021年12月25日                  B種優先株式
                     -           △2,316,220         100,000          -    3,931,813
        (注)32                   23,005
                        C種優先株式
                           52,927
                        D種優先株式
                           98,336
                  普通株式
                  195,568
                A種優先株式
                  △21,300
      2022年9月17日          B種優先株式          普通株式
                                    -     100,000          -    3,931,813
        (注)33          △23,005         358,104
                C種優先株式
                  △52,927
                D種優先株式
                  △98,336
      2022年9月30日            普通株式        普通株式
                                    -     100,000          -    3,931,813
        (注)34          1,432,416        1,790,520
     (注)1.株式分割(1:10)によるものであります。
         2.有償第三者割当
           発行価格   24,775円
           資本組入額  12,387.5円
           割当先    株式会社ONODERA GROUP、Tridel                             Capital    Group   Limited、
                  ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社、Chartwell                                        Capital    Inc.
                  PEACE          LEAD   LIMITED、中川悠介、井上潔
         3.有償第三者割当
           発行価格   24,775円
           資本組入額  12,387.5円
           割当先    Ace         Fortune    Business     Ltd、Chow     Shiu   Wing   Joseph、
                  CROWN          PROFIT    INVESTMENTS      LIMITED、株式会社ツバキ
         4.有償第三者割当
           発行価格   24,775円
           資本組入額  12,387.5円
           割当先    TATRAS              JAPAN株式会社
         5.有償第三者割当
           発行価格   24,775円
           資本組入額  12,387.5円
           割当先    吉福優、Cheng              Chi  Ming   Brian、森拓也
                                 86/215



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         6.有償第三者割当
           発行価格   24,775円
           資本組入額  12,387.5円
           割当先    Ayres          Masaaki
         7.有償第三者割当
           発行価格   24,775円
           資本組入額  12,387.5円
           割当先    MTパートナーズ株式会社、谷家衛
         8.有償第三者割当
           発行価格   24,775円
           資本組入額  12,387.5円
           割当先    谷家衛、iClick               Interactive      Asia   Limited、Ardian        International       Limited、山口隆幸
         9.有償第三者割当
           発行価格   24,775円
           資本組入額  12,387.5円
           割当先    ソースネクスト株式会社
         10.有償第三者割当
           発行価格   24,775円
           資本組入額  12,387.5円
           割当先    Chan          Tak  Kwan
         11.有償第三者割当
           発行価格   43,469円
           資本組入額  21,735円
           割当先    日本郵政キャピタル株式会社
         12.新株予約権の行使によるものであります。
         13.有償第三者割当
           発行価格   48,903円
           資本組入額  24,451.5円
           割当先    GM         Capital    Management、株式会社ホリプロ、Chartwell                    Capital、
                  Tridal           Capital    Group   Limited
         14.有償第三者割当
           発行価格   48,903円
           資本組入額  24,451.5円
           割当先    児玉健、渡邊崇、山内一馬、ひまわりG4号投資事業有限責任組合、
                  Borderland             Global    Limited
         15.資本金の減少は、財務体質の健全化を目的とした減資(減資割合93.4%)によるものであります。
         16.有償第三者割当
           発行価格   48,903円
           資本組入額  24,451.5円
           割当先    佐伯真唯子、室伏貴行、須田洋輔
         17.有償第三者割当
           発行価格   48,903円
           資本組入額  24,451.5円
           割当先    日本システムテック株式会社
         18.有償第三者割当
           発行価格   48,903円
           資本組入額  24,451.5円
           割当先    株式会社電通グループ、株式会社MCJ、
                  オークファンインキュベートファンド1号投資事業有限責任組合
         19.有償第三者割当
           発行価格   48,903円
           資本組入額  24,451.5円
           割当先    GM         Capital    Management
         20.有償第三者割当
           発行価格   48,903円
           資本組入額  24,451.5円
           割当先    佐々木洋和、株式会社ガルシアアンドカンパニー
         21.有償第三者割当
           発行価格   48,903円
           資本組入額  24,451.5円
           割当先    Cheng          Chi  Ming   Brian
         22.有償第三者割当
           発行価格   48,903円
                                 87/215


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           資本組入額  24,451.5円
           割当先    一般社団法人日本国際経済開発機構、
                  TRIFORCE PARTNERSHIP FUND1投資事業有限責任組合
         23.有償第三者割当
           発行価格   57,328円
           資本組入額  28,664円
           割当先    TEPCOライフサービス株式会社、ナントCVC2号投資事業有限責任組合、
                  一般社団法人日本国際経済開発機構、株式会社総合電商、半田紡績株式会社、
                  株式会社カネモ、藤本要、河野雄介、インプレッション株式会社、
                  株式会社ピー・アンド・イー・ディレクションズ、
                  株式会社ピー・アンド・イー・アセットマネジメント
                  (現 株式会社NSアセットマネジメント)、株式会社さくらキャピタル、
                  株式会社IDEA
         24.資本金の減少は、財務体質の健全化を目的とした減資(減資割合99.6%)によるものであります。
         25.有償第三者割当
           発行価格   57,328円
           資本組入額  28,664円
           割当先    T.O合同会社、HiCAP3号投資事業有限責任組合、
                  HFA2号投資事業有限責任組合、FUSIAN                              CAPITAL株式会社
         26.有償第三者割当
           発行価格   57,328円
           資本組入額  28,664円
           割当先    FIVESTAR                VC   1合同会社、Johannes           Kaps、関﨑大、Steven           William    Hughes、
                  加藤将仁
         27.有償第三者割当
           発行価格   57,328円
           資本組入額  28,664円
           割当先    FUSIAN              CAPITAL株式会社、HFA3号投資事業有限責任組合、
                  FIVESTAR VC 1合同会社、谷井一郎、株式会社TGOホールディングス、
                  Iwami          Eugene    Satoshi、Lok       Matthew、O'Shea        Stephen、伊藤徳彦、山口友宏、山口昌彦、
                  山本英美子、斎藤雄介、村上由一
         28.資本準備金の減少は、欠損填補(減資割合42.7%)によるものであります。
         29.有償第三者割当
           発行価格   57,328円
           資本組入額  28,664円
           割当先    NEXTBLUE1号投資事業有限責任組合、
                  ネクストユニコーン第2号投資事業有限責任組合、長澤和輝、ファインビューテ株式会社、
                  河野美禰子、国本帆高、Zekkei株式会社、Marco                                 Man-Fung     Li、
                  サイブリッジホールディングス株式会社
         30.有償第三者割当
           発行価格   48,903円
           資本組入額  24,451.5円
           割当先    MRA         Investments      Pte,   LTD
         31.有償第三者割当
           発行価格   57,328円
           資本組入額  28,664円
           割当先    ネクストユニコーン第2号投資事業有限責任組合、鹿島研、株式会社アゴーラ・ホスピタリ
                  ティー・グループ、株式会社ケースファンド、K                      Asset   Management株式会社、SBSホール
                  ディングス株式会社、MRA            Investments      Pte,   LTD、南青山FAS株式会社、CSリレーショ
                  ンズ株式会社、ネクストユニコーン第3号投資事業有限責任組合
         32.資本金の減少は、財務体質の健全化を目的とした減資(減資割合95.9%)によるものであります。
         33.2022年9月1日開催の取締役会においてA種優先株式、B種優先株式、C種優先株式及びD種優先株式のす
           べてにつき、定款に定める取得条項に基づき取得し、2022年9月17日付で自己株式として取得し、対価とし
           て当該A種優先株主、B種優先株主、C種優先株主及びD種優先株主にA種優先株式、B種優先株式、C種
           優先株式及びD種優先株式1株につき普通株式1株を交付しております。また、当社が取得したA種優先株
           式、B種優先株式、C種優先株式及びD種優先株式は、2022年9月17日付で会社法第178条に基づきすべて
           消却しております。
         34.2022年9月1日開催の取締役会決議により、2022年9月30日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割
           を行っております。
                                 88/215



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (4)【所有者別状況】
                                                    2022年9月30日現在
                           株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満株
        区分                             外国法人等                  式の状況
              政府及び地          金融商品取     その他の法
                    金融機関                         個人その他       計    (株)
              方公共団体          引業者     人
                                   個人以外      個人
     株主数(人)             -     -     -     49     13     10     49     121      -
     所有株式数(単元)             -     -     -    7,645     4,452      456    5,305     17,858      4,720
     所有株式数の割合
                 -     -     -    42.81     24.93      2.55     29.71      100      -
     (%)
      (5)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  2022年9月30日現在
           区分            株式数(株)            議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                           -             -        -

     議決権制限株式(自己株式等)                           -             -        -

     議決権制限株式(その他)                           -             -        -

     完全議決権株式(自己株式等)                           -             -        -

                                               権利内容に何ら限定のない
                                               当社における標準となる株
                            1,785,800               17,858
     完全議決権株式(その他)               普通株式
                                               式であり、単元株式数は
                                               100株であります。
                              4,720
     単元未満株式               普通株式                        -        -
                            1,790,520
     発行済株式総数                                        -        -
                                           17,858
     総株主の議決権                           -                     -
        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
                                 89/215










                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】  会社法第155条第1号に該当するA種優先株式、B種優先株式、C種優先株式、D種優先株式
                 の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

                  区分                  株式数(株)            価額の総額(円)
                                  A種優先株式 21,300
       取締役会(2022年9月1日)での決議状況                            B種優先株式 23,005
                                                         -
       (取得期間 2022年9月17日)                            C種優先株式 52,927
                                  D種優先株式 98,336
       最近事業年度前における取得自己株式                                     -             -
       最近事業年度における取得自己株式
                                            -             -
       (2021年1月1日~2021年12月31日)
       残存決議株式の総数及び価額の総額                                     -             -
       最近事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                     -             -
                                  A種優先株式 21,300
                                  B種優先株式 23,005
       最近期間における取得自己株式                                                  -
                                  C種優先株式 52,927
                                  D種優先株式 98,336
       提出日現在の未行使割合(%)                                     -             -
      (注) 2022年9月1日開催の取締役会において、A種優先株式、B種優先株式、C種優先株式及びD種優先株式のすべ
         てにつき、定款に定める取得条項に基づき取得することを決議し、2022年9月17日付で自己株式として取得し、
         対価としてA種優先株式、B種優先株式、C種優先株式及びD種優先株式1株につき、それぞれ普通株式1株を
         交付しております。また、当社が取得したA種優先株式、B種優先株式、C種優先株式及びD種優先株式のすべ
         てについて、同日付で消却しております。なお、当社は、2022年9月28日開催の臨時株主総会により、同日付で
         種類株式を発行する旨の定款の定めを廃止しております。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                               最近事業年度                 最近期間
               区分
                                   処分価額の総額                処分価額の総額
                           株式数(株)                株式数(株)
                                     (円)                (円)
       引き受ける者の募集を行った
                                -        -        -        -
       取得自己株式
                                           A種優先株式
                                              21,300
                                           B種優先株式
       消却の処分を行った
                                              23,005
                                -        -                -
                                           C種優先株式
       取得自己株式
                                              52,927
                                           D種優先株式
                                              98,336
       合併、株式交換、株式交付、会社分割に
                                -        -        -        -
       係る移転を行った取得自己株式
       その他(-)                          -        -        -        -
       保有自己株式数                          -        -        -        -
      (注) 2022年9月1日開催の取締役会決議に基づき、自己株式として取得した当該A種優先株式、B種優先株式、C
          種優先株式及びD種優先株式の全てを2022年9月17日付で消却しております。
                                 90/215


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【配当政策】
       当社は、株主に対する利益還元を経営上の重要課題の一つとして位置づけておりますが、創業して間もないことか
      ら、現状では、持続的成長と事業拡大に向けた積極的な投資に充当していくことが株主に対する最大の利益還元につ
      ながると考え創業以来配当は実施しておりません。
       将来的には、内部留保の充実状況及び企業を取り巻く事業環境を勘案した上で、株主に対して利益還元策を実施し
      ていく方針ではありますが、現時点において配当実施の可能性及びその時期等については未定であります。なお、内
      部留保資金については、更なる事業拡大のための設備投資、人材採用及び研究開発等に活用していく予定でありま
      す。
       剰余金の配当を行う場合は、年1回の期末配当を基本方針としており、配当の決定機関は株主総会であります。
       なお、株主への機動的な利益還元を可能にするため、取締役会の決議により毎年6月30日を基準日として中間配当
      を行うことができる旨を定款に定めております。
                                 91/215

















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
         ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
           当社グループは、長期的な競争力の維持向上を図るため、コーポレート・ガバナンスの強化と充実が経営の
          重要課題と認識しております。当社グループは株主、顧客、従業員、取引先、地域社会など様々な利害関係者
          に対して責任ある企業経営を実現することを目的とし、コーポレート・ガバナンスの充実を図るとともに、適
          切な情報開示による透明性・健全性の向上と、市場の変化、経営環境の変化に対応できる組織体制の構築に努
          めてまいります。
         ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

          イ 企業統治の体制の概要
            当社は、監査役会設置会社としてコーポレート・ガバナンス体制を構築しております。この体制により経
           営の最高意思決定機関である取締役会に業務執行の権限・責任を集中させ、業務執行又は取締役から独立し
           た監査役及び監査役会に、取締役会に対する監査機能を担わせることで、適切な経営の意思決定と業務執行
           を実現するとともに組織的に十分牽制の効くコーポレート・ガバナンス体制の確立を目指しております。当
           社の経営上の意思決定、執行及び監督に関わる機関は以下の通りであります。
            a.取締役及び取締役会
              当社は取締役会設置会社であり、取締役会は取締役6名(うち社外取締役3名)で構成され、経営の
             基本方針や法定その他経営上の重要事項の決定及び取締役の業務執行の監督を行っております。取締役
             会は原則として代表取締役社長が議長となり、毎月1回の定例取締役会のほか、必要に応じ機動的に臨
             時取締役会を開催しております。
              取締役会の構成員は以下の通りであります。
              代表取締役社長兼執行役員CEO 秋山 広宣
              取締役副社長 児玉 知浩
              取締役兼執行役員CFO 橋本 祐樹
              社外取締役 岩瀬 大輔
              社外取締役 富本 耕一
              社外取締役 鈴木 シュヴァイスグート 絵里子
            b.監査役及び監査役会

              当社は監査役会設置会社であり、監査役会は監査役3名(常勤監査役1名、非常勤監査役2名の3名
             体制)で構成され、各監査役の監査実施状況の報告や監査役間の協議等を実施しております。監査役会
             は原則として常勤監査役が議長となり、毎月1回の定例監査役会のほか、必要に応じて臨時監査役会を
             開催しております。社外監査役はそれぞれ監査役、弁護士及び公認会計士として豊富な経験と専門的知
             識を有しております。
              監査役は、取締役の職務の執行を監査するため、取締役会及びその他の重要な会議等へ出席しており
             ます。
              監査役会の構成員は以下の通りであります。
              常勤社外監査役 小倉 和宣
              非常勤社外監査役 阿南 剛
              非常勤社外監査役 波多野 佐知子
            c.経営会議

              経営会議は、代表取締役社長、常勤の取締役及び執行役員で構成され、原則として代表取締役社長が
             議長となり週1回開催し、経営計画、経営管理、経営の改善策、コーポレート・ガバナンス体制その他
             経営に関する重要事項について審議しております。また、監査役は、自らの判断により経営会議に出席
             し意見を述べることができます。
              経営会議の構成員は以下の通りであります。
              代表取締役社長兼執行役員CEO 秋山 広宣
              取締役副社長 児玉 知浩
              取締役兼執行役員CFO 橋本 祐樹
              執行役員COO 高橋 朋伯
              執行役員CSO 梶 桃郎
              執行役員CTO 李 同輝
              執行役員CHRO 田中 賢太
              執行役員Officer(グループ会社管理担当) 日下部 麻美
              執行役員Officer(IR担当) 乾 牧夫
            d.内部監査
                                 92/215


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
              当社では、代表取締役社長の承認により、指名された専任の内部監査担当者1名を選任しておりま
             す。内部監査担当者は、内部統制の有効性及び業務実態の適正性について、年間内部監査計画に基づ
             き、全部門及び子会社を網羅するよう内部監査を実施し、代表取締役社長に対して監査結果を報告する
             と ともに、監査対象となった各部門に対して業務改善のための指摘を行い、改善状況について確認して
             おります。なお、内部監査担当者は、内部監査の状況等について、随時、監査役及び会計監査人と連携
             しております。
            e.会計監査人

              当社は、EY新日本有限責任監査法人と監査契約を締結し、独立の立場から会計監査が実施されており
             ます。
            f.コンプライアンス・リスク管理委員会

              当社は、健全かつ適切な経営及び業務執行を図るには、コンプライアンス及びリスク管理の徹底が必
             要不可欠と考えております。
              当社は、コンプライアンス・リスク管理委員会を設置し、企業活動の遵法性、公平性、健全性を確保
             するため、また社会規範、企業倫理に反する行為を防止、是正、また全役職員に倫理意識を浸透させ、
             健全な企業風土を醸成する活動の推進をしております。
              コンプライアンス・リスク管理委員会は、取締役兼執行役員CFOを委員長とし、委員は、代表取締
             役社長兼執行役員CEO、その他委員長が指名する者により構成されており、原則として四半期に1回
             開催しております。また、監査役は、自らの判断により本員会に出席し意見を述べることができます。
            当社のコーポレート・ガバナンスの状況を図示すると、以下の通りとなります。

          ロ 当該体制を採用する理由







            当社は、上記の通り、株主総会、取締役会、監査役会及び会計監査人を設置し、日常的に業務監査等を行
           う役割として内部監査担当者を配置しており、これらの各機関が相互に連携することによって、継続的に企
           業価値を向上させ、ガバナンス体制が有効に機能すると考え、現在の体制を採用しております。
                                 93/215





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ③ 企業統治に関するその他の事項
          イ 内部統制システムの整備の状況
            当社は、経営の適正性の確保、透明性の向上及びコンプライアンス遵守の経営を徹底するため、コーポ
           レート・ガバナンス体制の強化に努めております。また、取締役会において「内部統制システムの基本方
           針」を定める決議をしており、当該基本方針に基づいた運営を行っております。
            「内部統制システムの基本方針」に定める内容は以下の通りであります。
            a 取締役及び役職員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
             (1)法令、定款及び社会規範等の遵守を目的として「コンプライアンス・リスク管理規程」を定めると
              ともに、業務上必要な法令等については定期的に開催されるコンプライアンス・リスク管理委員会を
              通して取締役及び使用人へ必要な啓蒙、教育活動を推進する。
             (2)「内部通報制度運用規程」を制定するとともに、当該制度により不正行為等の防止及び早期発見を
              図る。
             (3)監査役は「監査役監査基準」に基づき、独立した立場で取締役の職務執行状況について監査し、適
              法性に関する疑義を発見した場合は、その事実を指摘し改善するよう取締役及び取締役会に勧告する
              とともに、必要に応じてその行為の差止めを請求する。
             (4)内部監査担当者は、「内部監査規程」に基づき、業務運営及び財産管理の実態を調査し、使用人の
              職務の執行が法令、定款並びに当社規程に適合していることを確認の上、代表取締役に報告する。
             (5)反社会的勢力に対しては、「反社会的勢力排除に関する規程」及び各種マニュアルを制定し、いか
              なる場合においても金銭その他の経済的利益を提供しないことを社内に周知徹底する。
             (6)コンプライアンス・リスク管理委員会は、当社グループにおける不正行為の原因究明、再発防止策
              の策定および情報開示に関する審議を行い、その結果を踏まえて再発防止策の展開等の活動を推進す
              る。
            b 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

             (1)取締役は、「文書管理規程」に従い、取締役の職務の執行に係る情報を文書または電磁的媒体に記
              録し、保存する。取締役及び監査役は、必要に応じてこれらを閲覧できる。
             (2)またデータ化された機密情報については、当社「機密情報管理規程」、「情報システム管理規
              程」、「プライバシーポリシー」、「個人情報保護管理規程」及び各種マニュアルに従い適切なアク
              セス制限やパスワード管理、並びにバックアップ体制を敷くことで機密性の確保と逸失の防止に努め
              る。
            c 損失の危険の管理に関する規程その他の体制

             (1)当社はコーポレートリスクの適切な把握並びに啓蒙を目的として「コンプライアンス・リスク管理
              規程」を制定し、当該規程に基づいてCorporate                      Divisionの担当役員を委員長とするコンプライアン
              ス・リスク管理委員会を組織する。
             (2)コンプライアンス・リスク管理委員会は定期的に開催し、当社業務推進上のリスクの把握並びにリ
              スクへの対策を協議し、その結果を必要に応じて社内通知する。
             (3)コンプライアンス・リスク管理委員会は、リスクが顕在化した場合には、他の部門や外部の専門家
              と連携しその原因を究明し、適切な再発防止策を取締役会に提言する。
            d 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

             (1)当社は毎月1回の定時取締役会を開催し、法定事項の決議、経営に関する重要事項の決定及び業務
              執行の監督等を機動的に行うことで効率的な職務執行に努める。加えて、必要に応じて臨時取締役会
              を開催する。
             (2)当社は取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保する体制として、経営会議を毎週開催
              し、業務執行に関する意思決定を機動的に行う。
             (3)当社は「職務権限規程」及び「業務分掌規程」に基づき権限の委譲を行うことで、迅速かつ効率的
              な意思決定を確保する。
                                 94/215




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            e 当社及びその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
             (1)関係会社の管理は、当社「関係会社管理規程」に従ってCorporate                                 divisionが統括管理し、各関係
              部門が連携して行う。同規程に基づき、一定の事項については、当社の取締役会決議を求め、又は取
              締役会及び関係部門への報告を義務付ける。
             (2)当社のコンプライアンス・リスク管理委員会ではグループ全体及び個社におけるリスク管理とコン
              プライアンスについて役員及び役員に準じる者で審議・検討する。
             (3)当社と子会社は、企業集団として当社グループ共通の価値基準を共有し、一体性を有します。当社
              の内部監査担当者は、当社が定める「内部監査規程」に基づき、当社のみならずグループ会社も監査
              対象として内部監査を実施する。
            f 監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

             (1)監査役の職務を補助すべき使用人を置く事を求めた場合における当該使用人に関する事項
              ① 監査役会が職務を補助する使用人を置くことを求めた場合は、当該使用人を置く。
              ② 配置にあたっての使用人の人数、人選等については、監査役の意見を考慮して検討する。
              ③ 当該使用人の異動及び人事考課は、監査役と協議の上、監査役の意見を尊重して行う。
             (2)前項の使用人の取締役からの独立性に関する事項
              ① 監査役の職務を補助する使用人は、監査役の指揮・命令に従うものとする。
              ② 監査役の職務を補助する使用人は、監査役会事務局を担当するため、業務執行部門の指揮・命令
               に服さない使用人を配置する。
             (3)監査役の職務を補助すべき使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
               当社は、監査役の職務を補助すべき使用人に関し、監査役の指揮命令に従う旨を当社グループの役
              員及び使用人に周知徹底する。
             (4)当社及び子会社の取締役並びに使用人が監査役に報告するための体制その他の当社の監査役への報
              告に関する体制
              ① 当社及び子会社の取締役並びに使用人から監査役への報告に関する手続きを定め、その職務の執
               行状況について、適時適切に報告する。
              ② 当社及び子会社の取締役並びに使用人は、監査役が事業の報告を求めた場合、または監査役が当
               社グループの業務及び財産の状況を調査する場合は、迅速かつ的確に対応する。
              ③ 当社及び子会社の取締役は、会社に著しい損害を及ぼした事実または及ぼす恐れのある事実を発
               見した場合は、直ちに監査役に報告する。
             (5)監査役へ報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保する
              ための体制
               監査役への報告を行った者に対し、当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを行うことを禁
              止し、その旨を周知徹底する。
             (6)監査役の職務の執行について生ずる費用の前払いまたは償還の手続その他の当該職務の執行につい
              て生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する事項
               監査役の職務の執行について生ずる費用又は債務の処理は、適時適切に行う。
             (7)その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
              ① 監査役と代表取締役との会合、監査役と内部監査責任者との会合、並びに監査役、内部監査責任
               者及び会計監査人による三者の会合を定期的に開催する。
              ② 監査役から監査役の職務に関する要望があった場合は、適時適切に対応する。
          ロ 取締役の定数

            当社の取締役は、3名以上とする旨を定款に定めております。
          ハ 取締役の選任決議要件

            当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有す
           る株主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。また、取締役
           の選任決議は、累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。
                                 95/215




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ニ 株主総会の特別決議要件
            当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができ
           る株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の3分の2以上をもって
           行う旨を定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主
           総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。
          ホ 責任限定契約の内容の概要

            当社は、岩瀬大輔、富本耕一、鈴木シュヴァイスグート絵里子、小倉和宣、阿南剛及び波多野佐知子の各
           氏との間で、会社法第427条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく
           損害賠償責任の限度額は、同法第425条第1項に定める額としております。
          ヘ 取締役及び監査役の責任免除

            当社は、取締役及び監査役が期待される役割を十分に発揮できるよう、会社法第426条第1項の規定によ
           り、会社法第423条第1項の取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含
           む。)の責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款に定めてお
           ります。
          ト 自己株式の取得

            当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取
           得することができる旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂
           行を可能とすることを目的とするものであります。
          チ 中間配当

            当社は、取締役会の決議によって、毎年6月30日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主又は登録株
           式質権者に対し、会社法第454条第5項に定める剰余金の配当(中間配当)をすることができる旨を定款に
           定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためであります。
                                 96/215












                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)【役員の状況】
         ① 役員一覧
           男性    7 名 女性      2 名 (役員のうち女性の比率             22.2  %)
                                                       所有株式数
       役職名        氏名       生年月日                略歴              任期
                                                        (株)
                            2002年4月 株式会社二樹エレクトロニクス 入社
                            2004年1月 株式会社バンテック 入社
                            2005年1月 株式会社ユンタク アーティスト契約
                            2007年5月 ユニバーサルミュージック 
                                 アーティスト契約
                            2011年4月 株式会社IGNIS 入社
     代表取締役社長
                            2013年10月 Genten        International      HK Co.,  Limited 
     兼執行役員        秋山 広宣       1980年11月10日      生                         (注3)     356,780
                                 Director就任
      CEO
                            2014年7月 Global        Gate  Japan   Limited Director就任
                            2016年6月 当社 取締役就任
                            2017年9月 当社 代表取締役就任(現任)
                            2019年3月 INFORICH         ASIA  HOLDINGS    LIMITED 
                                 Director就任(現任)
                            2022年1月 在日香港企業家協会 理事就任(現任)
                            1991年4月 新日本製鉄株式会社
                                (現 日本製鉄株式会社)入社
                            2000年5月 株式会社サルーテ 設立 代表取締役就任
                            2004年4月 金沢工業大学虎ノ門大学院 客員教授就任
                            2007年3月 デジット株式会社入社 取締役就任
                                 株式会社Practehcs 
                                 代表取締役就任
      取締役
                            2007年7月 Profuture株式会社 
             児玉 知浩       1968年10月1日      生                         (注3)        -
      副社長
                                 取締役就任(現任)
                            2010年3月 株式会社アイグロー設立 代表取締役就任
                            2016年6月 株式会社サンライズHATAKEカンパ
                                 ニー 
                                 取締役就任
                            2018年3月 株式会社マインド 取締役就任
                            2019年3月 当社 取締役就任(現任)
                            2012年2月 有限責任監査法人トーマツ 入所
                            2017年4月 株式会社インベスターズクラウド
      取締役
                                 (現 株式会社Robot Home)入社
     兼執行役員
             橋本 祐樹       1989年8月17日      生                         (注3)        -
                            2018年8月 株式会社メルカリ 入社
      CFO
                            2019年12月 当社 入社 管理本部長
                            2020年3月 当社 取締役就任(現任)
                            1998年4月 ボストン・コンサルティング・グループ 
                                 入社
                            2001年12月 株式会社リップルウッド・ジャパン 入社
                            2006年10月 ネットライフ企画株式会社
                                (現 ライフネット生命保険株式会社)
                                 取締役就任
                            2009年2月 同社 代表取締役就任
                            2013年6月 株式会社ベネッセホールディングス 
                                 取締役就任
                            2018年6月 ライフネット生命保険株式会社 
                                 取締役就任
                                 AIA  Group   Limited   Group
      取締役       岩瀬 大輔       1976年3月17日      生                         (注3)        -
                                 CDO(グループ最高デジタル責任者)就任
                            2020年6月 株式会社ベネッセホールディングス 
                                 取締役就任
                                 Tiger   Gate  Capital   Limited設立 
                                 Director就任(現任)
                            2020年8月 Spiral Capital株式会社 
                                 マネージングパートナー就任(現任)
                                 YCP  Group   Holdings    Limited 
                                 取締役就任(現任)
                                 当社取締役就任(現任)
                            2021年3月 株式会社メドレー 取締役就任(現任)
                                 KLKTN   Limited Director就任(現任)
                                 97/215


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                       所有株式数
       役職名        氏名       生年月日                略歴              任期
                                                        (株)
                            2011年2月 クレディ・スイス証券株式会社 入社
                            2014年1月 株式会社マナボ
                                (現 SATT AIラボ株式会社)入社
              富本 耕一
       取締役             1985年11月29日      生                         (注3)        -
             (旧姓:角田)               2017年8月 株式会社ヤプリ 入社
                            2018年4月 同社 取締役就任(現任)
                            2022年9月 当社 取締役就任(現任)
                            2008年6月 モルガン・スタンレー証券株式会社
                                (現 モルガン・スタンレーMUFG証券株式
                                 会社)入社
                            2010年4月 UBS証券株式会社 入社
                            2013年10月 コーチ・ジャパン合同会社
                                (現 タペストリー・ジャパン合同会社)入社
                            2015年6月 Skycatch,inc. 
                                 カントリーマネージャー就任
             鈴木 シュヴァイ
       取締役             1986年3月20日      生
                                                   (注3)        -
                            2016年5月 Mistletoe株式会社 
             スグート 絵里子
                                 投資部ディレクター就任
                            2018年5月 Fresco        Capital ゼネラルパートナー就任
                            2018年7月 株式会社Kind Capital 
                                 代表取締役就任(現任)
                            2021年4月 株式会社MPower 
                                 マネージングディレクター就任
                            2022年9月 当社 取締役就任(現任)
                            1979年4月 富士ゼロックス株式会社 入社
                            2007年6月 富士ゼロックスシステムサービス株式会社 
                                 取締役就任
                            2010年6月 同社 代表取締役就任
                            2016年6月 富士ゼロックス株式会社 監査役就任
      常勤監査役        小倉 和宣      1957年3月5日      生                         (注4)        -
                            2019年1月 株式会社リアライブ 監査役就任
                            2020年7月 当社 監査役就任(現任)
                            2021年11月 INFORICH         (GUANGZHOU)     TECHNOLOGY
                                 COMPANY   LIMITED(現 殷富利(广州)科技
                                 有限公司) 監事就任(現任)
                            2001年10月 弁護士登録
                                 森綜合法律事務所
                                (現 森・濱田松本法律事務所)入所
                            2007年4月 末吉綜合法律事務所
                                (現 潮見坂綜合法律事務所)開所 
       監査役       阿南 剛      1977年3月20日      生                         (注4)        -
                                 パートナー就任(現任)
                            2020年7月 株式会社大塚家具 取締役就任
                            2021年5月 当社 監査役就任(現任)
                            2022年6月 株式会社エージーピー 取締役就任(現任)
                            2006年12月 あずさ監査法人
                                (現 有限責任      あずさ監査法人)入所
                            2010年10月 公認会計士登録
                            2011年6月 ライフネット生命保険株式会社 入社
                            2018年2月 株式会社じげん 入社
                            2020年6月 株式会社三光アド 取締役就任(現任)
                                 株式会社ブレイン・ラボ 取締役就任
                            2020年9月 HITOWAキャリアサポート株式会社
       監査役      波多野 佐知子       1983年4月14日      生      (現株式会社ミラクス) 取締役就任(現任)                   (注4)        -
                            2021年5月 当社監査役就任(現任)
                            2021年6月 株式会社アップルワールド 
                                 取締役就任(現任)
                                 株式会社じげん 取締役就任(現任)
                                 株式会社TCV 取締役就任(現任)
                            2022年5月 株式会社Struct 取締役就任(現任)
                            2022年6月 株式会社BizMo 取締役就任(現任)
                            2022年10月 株式会社タイズ 取締役就任(現任)
                             計                           356,780
                                 98/215



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注)1.取締役岩瀬大輔、富本耕一及び鈴木シュヴァイスグート絵里子の各氏は、社外取締役であります。
         2.監査役小倉和宣、阿南剛及び波多野佐知子の各氏は、社外監査役であります。
         3.2022年9月28日開催の臨時株主総会終結の時から、2022年12月期に係る定時株主総会終結の時まででありま
           す。
         4.2022年9月28日開催の臨時株主総会終結の時から、2025年12月期に係る定時株主総会終結の時まででありま
           す。
         5.当社は執行役員制度を導入しており、本書提出日現在の執行役員は以下の8名で構成されております。
           執行役員CEO 秋山 広宣
           執行役員CFO 橋本 祐樹
           執行役員COO 高橋 朋伯
           執行役員CSO 梶 桃郎
           執行役員CTO 李 同輝
           執行役員CHRO 田中 賢太
           執行役員Officer(グループ会社管理担当) 日下部 麻美
           執行役員Officer(IR担当) 乾 牧夫
         ② 社外役員の状況

           当社の社外取締役は3名、社外監査役は3名であります。当社は、社外取締役及び社外監査役を選任するた
          めの独立性に関する基本方針は定めておりませんが、選任にあたっては株式会社東京証券取引所が定める独立
          役員に関する判断基準を参考としております。
           社外取締役の岩瀬大輔氏は、上場企業における代表取締役、社外取締役として豊富な経験と幅広い知見を有
          しており、経営全般についての助言・提言を期待して選任しております。なお、当社と同氏との間に、人的関
          係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
           社外取締役の富本耕一氏は、証券会社での業務を通じて培われた金融や財務会計に関する知見、上場企業に
          おける取締役としての経験と幅広い知見を有していることから、経営全般についての助言・提言を期待してお
          ります。なお、当社と同氏との間に、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
           社外取締役の鈴木シュヴァイスグート絵里子氏は、証券会社及び財務部での業務を通じて培われた金融や財
          務会計に関する知見、企業経営者としての経験と幅広い知見を有していることから、経営全般についての助
          言・提言を期待しております。なお、当社と同氏との間に、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害
          関係はありません。
           社外監査役の小倉和宣氏は、上場企業における監査役としての経験と人事労務に関する豊富な経験と幅広い
          知見を有しております。この幅広い知識と経験を監査業務に活かしていただけるものと判断し、社外監査役と
          して選任しております。なお、当社と同氏との間に、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係は
          ありません。
           社外監査役の阿南剛氏は、弁護士としての資格を保有しており、会社法務全般の分野に関する豊富な知識と
          経験を有しております。この幅広い知識と経験を監査業務に活かしていただけるものと判断し、社外監査役と
          して選任しております。なお、当社と同氏との間に、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係は
          ありません。
           社外監査役の波多野佐知子氏は、公認会計士としての企業会計及び税務に関する専門的知見を有しておりま
          す。この幅広い知識と経験を監査業務に活かしていただけるものと判断し、社外監査役に選任しております。
          なお、当社と同氏との間に、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
         ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内

          部統制部門との関係
           社外取締役は、取締役会に出席することにより経営者の業務執行を監督しております。
           社外監査役は、策定した監査方針及び監査計画に基づき、取締役の意思決定に関する善管注意義務、忠実義
          務等の履行状況を含む職務執行状況の監査、内部統制システムの整備・運営状況の監査等を実施しておりま
          す。また、会計監査人、内部監査担当者及び内部統制部門より定期的に報告を受け、意見交換等を行うことで
          緊密な相互連携を図り、監査の実効性・有効性の強化に努めております。
                                 99/215




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (3)【監査の状況】
         ① 監査役監査の状況
          イ 監査役監査の組織、人員及び手続
            当社は、2021年5月17日の臨時株主総会において、新たに阿南剛及び波多野佐知子の2名が監査役に選任
           され監査役3名体制となったことに伴い監査役会を設置しております。
            当社の監査役会は、常勤監査役小倉和宣、非常勤監査役阿南剛及び波多野佐知子の計3名で構成されてお
           り、3名はいずれも社外監査役であります。また、波多野佐知子は、公認会計士の資格を有しており、財務
           及び会計に関する相当程度の知見を有しております。
            各監査役は、監査役会の開催のほか、監査役会で定めた監査の基本方針・監査計画に従い、取締役会への
           出席、重要な決裁書類等の閲覧及び会計監査人、内部監査担当者の報告や関係者の聴取などにより、コーポ
           レート・ガバナンスの運営状況を監視し、取締役の職務の執行を含む日常活動の業務監査及び会計監査を
           行っております。
          ロ 監査役及び監査役会の活動状況

            監査役会では、策定した監査計画に基づき実施した各監査役の監査業務の報告の他、リスク認識について
           のディスカッション、内部監査や会計監査人との情報共有、各取締役との意見交換等も実施しております。
           また、常勤監査役は、重要な会議への出席や重要書類の閲覧、役職員へのヒアリングといった日常の監査業
           務を実施し、非常勤監査役と情報を共有しております。
            当社の監査役会は原則として月1回開催され、必要に応じて随時開催することとしております。
            最近事業年度における各監査役の監査役会及び取締役会への出席状況は以下のとおりであります。
                                          出席状況
              役職名           氏名
                                   監査役会             取締役会
                                                 ※2
           常勤監査役           小倉 和宣             8/8回(100%)           21/21回     (100%)
                                                 ※3
           非常勤社外監査役           阿南 剛             8/8回(100%)           13/13回     (100%)
                                                 ※3
           非常勤社外監査役           波多野 佐知子             8/8回(100%)           13/13回     (100%)
           ※1 阿南剛及び波多野佐知子は、2021年5月17日開催の臨時株主総会において監査役に選任されましたの
              で、取締役会の出席状況は就任後の状況を記載しております。
           ※2 うち9回は書面決議によっております。
           ※3 うち5回は書面決議によっております。
         ② 内部監査の状況

          イ 内部監査の組織、人員及び手続
            当社では代表取締役社長の承認により、指名された専任の内部監査担当者1名を選任しております。内部
           監査担当者は、内部統制の有効性及び業務実態の適正性について、年間内部監査計画に基づき、全部門及び
           子会社を網羅するよう内部監査を実施し、代表取締役社長に対して監査結果を報告するとともに、監査対象
           となった各部門に対して業務改善のための指摘を行い、改善状況について確認しております。なお、内部監
           査担当者は、内部監査の状況等について、随時、監査役及び会計監査人と連携しております。
          ロ 内部監査、監査役監査及び会計監査の相互連携

            監査役、内部監査担当者及び会計監査人は、三様監査会合を定期的に開催し、課題や改善事項等情報の共
           有化を図っており、効率的かつ効果的な監査を実施するため相互の情報連携を図っております。
            監査役と会計監査人は、定期的に会合の場を設け、会計監査や業務監査の状況を共有し、双方向からの積
           極的な連携により監査の品質向上と効率化に努めております。
            監査役と内部監査担当者は、定期的に会合の場を設け、内部監査の年度活動方針や月次報告等を共有する
           ほか、合同監査の実施等を通じて効果的な監査の実施に努めております。
            内部監査担当者と会計監査人は、定期的に会合の場を設け、主として財務報告に係る内部統制の評価状況
           について協議しております。
         ③ 会計監査の状況

          イ 監査法人の名称
            EY新日本有限責任監査法人
          ロ 継続監査期間

            2年
          ハ 業務を執行した公認会計士

            業務執行社員  藤原 選
            業務執行社員  藤原 由佳
          ニ 監査業務に係る補助者の構成
            公認会計士     10名
            会計士試験合格者等 8名
                                100/215

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            その他       13名
          ホ 監査法人の選定方針と理由

            当社は、会計監査人の選定に際しては、会計監査人としての専門性、独立性、品質管理体制、監査の実施
           体制、当社ビジネスへの理解度等を総合的に評価しております。
            これらを総合的に検討した結果、EY新日本有限責任監査法人は、豊富な実績と経験を有しており、また、
           当社グループの会計監査を適正に実施するための十分な体制を備えているものと判断し、選定しておりま
           す。
            なお、監査役会は、会計監査人による適正な監査の遂行に支障がある場合等、その他必要があると判断し
           た場合は、会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定し、取締役会が監査役会の決定に基づき
           当該議案を株主総会に提出いたします。
          ヘ 監査役及び監査役会による監査法人の評価

            当社の監査役及び監査役会は、会計監査人について評価を行い、当社の会計監査人であるEY新日本有限責
           任監査法人につきましては、専門性、独立性、品質管理体制及び監査業務実施状況等に問題はなく、当社の
           会計監査人として適切であると評価しております。
         ④ 監査報酬の内容等

          イ 監査公認会計士等に対する報酬の内容
                  最近連結会計年度の前連結会計年度                           最近連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
                      20,000                      25,000
     提出会社                               -                       -
     連結子会社                   -           -           -           -
                      20,000                      25,000
         計                           -                       -
          ロ 監査公認会計士等と同一のネットワーク(Ernst&Young及びEY税理士法人)に対する報酬(イを除く)

                  最近連結会計年度の前連結会計年度                           最近連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
                                  4,980                      8,280
     提出会社                   -                       -
                      10,299            1,450           11,794             902
     連結子会社
                      10,299            6,430           11,794            9,182
         計
            当社及び連結子会社における非監査業務の内容は、税務に関するコンサルティング業務等であります。
          ハ その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

            (最近連結会計年度の前連結会計年度)
             該当事項はありません。
            (最近連結会計年度)

             該当事項はありません。
          ニ 監査報酬の決定方針

            当社の事業規模や特性に照らして監査計画、監査内容、監査時間等を勘案し、双方協議のうえ監査役会の
           同意を得て決定しております。
          ホ 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

            当社の監査役会は、会計監査人の監査計画における監査時間・配員計画等の内容、会計監査の職務執行状
           況及び報酬額の見積りの妥当性を確認、検討した結果、会計監査人の報酬等について同意を行っておりま
           す。
                                101/215




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (4)【役員の報酬等】
         ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
           当社の取締役の報酬総額は、2022年3月31日開催の定時株主総会において年額100,000千円以内(決議時点
          の取締役の員数は8名)と決議されております。また、当社の監査役の報酬総額は、2021年10月29日開催の臨
          時株主総会において年額20,000千円以内(決議時点の監査役の員数は3名)と決議されております。
           取締役の報酬額は、株主総会で決議された報酬限度額の範囲内において、取締役会にて一任を受けた代表取
          締役社長兼執行役員CEOである秋山広宣が各取締役の職務、責任及び実績等に応じて決定することとしてお
          ります。監査役の報酬は、株主総会で決議された報酬限度額の範囲内において、監査役の協議により決定する
          ものとしております。
           また、当社では執行役員規程に基づき当社従業員及び取締役から執行役員が選任されます。執行役員の報酬
          につきましては、当該規程に基づき社外取締役と協議の上で代表取締役社長が決定することとしております。
           なお、最近事業年度における当社の役員報酬は固定報酬のみであり、業績連動報酬はありません。
         ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                               報酬等の種類別の総額(千円)                      対象となる役
                 報酬等の総額                                    員の員数
         役員区分
                  (千円)                            左記のうち、         (名)
                         固定報酬      業績連動報酬        退職慰労金
                                              非金銭報酬等         (注)
     取締役
                    79,074       79,074                               5
                                     -       -       -
     (社外取締役を除く)
     監査役
                      -       -       -       -       -       -
     (社外監査役を除く)
                    13,799       13,799                               4
     社外役員                                -       -       -
     (注) 無報酬の取締役1名及び社外役員1名は、表中に含んでおりません。
         ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

           連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
         ④ 使用人兼務役員の使用人給与のうち重要なもの

           該当事項はありません。
      (5)【株式の保有状況】

         ① 投資株式の区分の基準及び考え方
           当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、株
          式の価値の変動又は配当の受領によって利益を得ることを目的とする投資株式を純投資目的の投資株式、それ
          以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式に区分しております。
         ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

           重要性が乏しいため、記載を省略しております。
         ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

           該当事項はありません。
                                102/215






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5【経理の状況】
     1.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
      (2)当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
        府令第64号)に基づいて作成しております。
      (3)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ
        いて作成しております。
     2.監査証明について

      (1)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(2020年1月1日から2020年12月
        31日まで)及び当連結会計年度(2021年1月1日から2021年12月31日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度
        (2020年1月1日から2020年12月31日まで)及び当事業年度(2021年1月1日から2021年12月31日まで)の財務諸
        表について、EY新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
      (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2022年7月1日から
        2022年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2022年1月1日から2022年9月30日まで)に係る四半期連結
        財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、必要に応じて監査法人
      との協議を実施し、その他セミナー等への参加を通して積極的な情報収集活動を行っております。
                                103/215













                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     資産の部
       流動資産
                                      ※ 1,858,610             ※ 3,293,782
        現金及び預金
                                        12,889              31,868
        売掛金
                                        35,486              29,986
        貯蔵品
                                        152,352              265,952
        未収入金
                                        439,717              454,481
        その他
                                        △ 4,514             △ 40,280
        貸倒引当金
                                       2,494,541              4,035,791
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        37,610              37,610
          建物
                                        201,801              979,986
          工具、器具及び備品
                                        732,073              553,151
          リース資産
                                        264,208              489,606
          建設仮勘定
                                         5,646              2,104
          その他
                                       △ 185,063             △ 428,445
          減価償却累計額
                                       1,056,277              1,634,014
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                         2,016              1,089
          その他
                                         2,016              1,089
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        137,050              213,054
          破産更生債権等
                                        11,588              22,937
          その他
                                       △ 137,050             △ 213,054
          貸倒引当金
                                        11,588              22,937
          投資その他の資産合計
                                       1,069,882              1,658,041
        固定資産合計
                                       3,564,424              5,693,832
       資産合計
                                104/215










                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        408,620              200,000
        短期借入金
                                        14,800              15,600
        1年内返済予定の長期借入金
                                       ※ 313,053             ※ 424,457
        リース債務
                                        215,016              350,107
        未払金
                                        25,546               4,968
        未払法人税等
                                        177,064              316,180
        前受金
                                         1,622              7,520
        売上値引引当金
                                                       20,730
        不具合対応費用引当金                                  -
                                        21,641              31,894
        賞与引当金
                                         1,435              2,589
        有給休暇引当金
                                        80,875              62,610
        その他
                                       1,259,674              1,436,660
        流動負債合計
       固定負債
                                        83,700              68,100
        長期借入金
                                       ※ 559,530             ※ 513,621
        リース債務
                                          866
                                                         -
        その他
                                        644,096              581,721
        固定負債合計
                                       1,903,770              2,018,382
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        259,935              100,000
        資本金
                                       6,464,609              5,888,781
        資本剰余金
                                      △ 5,105,181             △ 2,266,401
        利益剰余金
                                       1,619,363              3,722,379
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        39,091
                                                      △ 50,406
        為替換算調整勘定
                                        39,091
        その他の包括利益累計額合計                                             △ 50,406
                                         2,200              3,477
       新株予約権
                                       1,660,654              3,675,449
       純資産合計
                                       3,564,424              5,693,832
     負債純資産合計
                                105/215









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (2022年9月30日)
     資産の部
       流動資産
                                       2,540,291
        現金及び預金
                                        36,677
        売掛金
                                        42,063
        貯蔵品
                                        440,538
        未収入金
                                        491,964
        その他
                                       △ 25,047
        貸倒引当金
                                       3,526,487
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                       1,002,990
          工具、器具及び備品
                                       1,150,249
          リース資産
                                        473,006
          建設仮勘定
                                        84,481
          その他
                                       △ 732,027
          減価償却累計額
                                       1,978,700
          有形固定資産合計
                                         8,940
        無形固定資産
        投資その他の資産
                                        147,694
          破産更生債権等
                                        34,055
          その他
                                       △ 147,605
          貸倒引当金
                                        34,145
          投資その他の資産合計
                                       2,021,785
        固定資産合計
                                       5,548,273
       資産合計
                                106/215











                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                    (単位:千円)

                              当第3四半期連結会計期間
                                (2022年9月30日)
     負債の部
       流動負債
                                       ※ 730,000
        短期借入金
                                        15,600
        1年内返済予定の長期借入金
                                        660,061
        リース債務
                                         5,512
        未払法人税等
                                        506,078
        契約負債
                                        27,202
        引当金
                                        490,600
        その他
                                       2,435,056
        流動負債合計
       固定負債
                                        25,100
        長期借入金
                                        607,507
        リース債務
                                        632,607
        固定負債合計
                                       3,067,663
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        100,000
        資本金
                                       5,888,781
        資本剰余金
                                      △ 3,157,310
        利益剰余金
                                       2,831,470
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                       △ 360,212
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                               △ 360,212
       新株予約権                                  3,477
                                         5,875
       非支配株主持分
                                       2,480,610
       純資産合計
                                       5,548,273
     負債純資産合計
                                107/215










                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)              至 2021年12月31日)
                                        561,905             1,645,439
     売上高
                                        487,020              801,179
     売上原価
                                        74,884              844,260
     売上総利益
                                   ※1 ,※2  1,802,613           ※1 ,※2  2,782,220
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                △ 1,727,729             △ 1,937,960
     営業外収益
                                         1,634              2,643
       受取利息
                                                      109,780
       為替差益                                    -
                                        22,277               1,518
       助成金収入
                                         1,868              2,790
       その他
                                        25,779              116,733
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        59,054              70,898
       支払利息
                                        42,422              38,145
       貸倒引当金繰入額
                                        72,040
       為替差損                                                  -
                                         9,190              15,093
       株式交付費
                                          683              990
       その他
                                        183,391              125,129
       営業外費用合計
     経常損失(△)                                △ 1,885,341             △ 1,946,355
     特別利益
                                                       3,033
                                          -
       リース解約益
                                                       3,033
       特別利益合計                                    -
     特別損失
                                                     ※3  2,231
       固定資産除却損                                    -
                                       ※4  26,722            ※4  238,575
       減損損失
                                         9,565               682
       投資有価証券評価損
                                                     ※5  20,730
                                          -
       不具合対応費用引当金繰入額
                                        36,288              262,220
       特別損失合計
     税金等調整前当期純損失(△)                                △ 1,921,629             △ 2,205,542
     法人税、住民税及び事業税                                    4,228              4,995
                                         7,246
                                                       △ 982
     法人税等調整額
                                        11,475               4,012
     法人税等合計
     当期純損失(△)                                △ 1,933,104             △ 2,209,555
     親会社株主に帰属する当期純損失(△)                                △ 1,933,104             △ 2,209,555
                                108/215








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社INFORICH(E38192)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)              至 2021年12月31日)
     当期純損失(△)                                △ 1,933,104             △ 2,209,555
     その他の包括利益
                                        50,219
                                                      △ 89,498
       為替換算調整勘定
                                       ※ 50,219            ※ △ 89,498
       その他の包括利益合計
     包括利益                                △ 1,882,885             △ 2,299,053
     (内訳)
       親会社株主に係る包括利益                               △ 1,882,885             △ 2,299,053
                                109/215

















                                                          EDINET提出書類
                            &n