株式会社アスタリスク 有価証券報告書 第16期(令和3年9月1日-令和4年8月31日)

提出書類 有価証券報告書-第16期(令和3年9月1日-令和4年8月31日)
提出日
提出者 株式会社アスタリスク
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                     有価証券報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                     近畿財務局長

    【提出日】                     2022年11月25日

    【事業年度】                     第16期(自 2021年9月1日 至 2022年8月31日)

    【会社名】                     株式会社アスタリスク

    【英訳名】                     Asterisk     Inc.

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役執行役員社長  鈴木 規之

    【本店の所在の場所】                     大阪市淀川区西中島五丁目6番16号

    【電話番号】                     050-5536-1185(代表)

    【事務連絡者氏名】                     取締役執行役員 管理統括室長  山本 和矢

    【最寄りの連絡場所】                     大阪市淀川区西中島五丁目6番16号

    【電話番号】                     050-5838-7864

    【事務連絡者氏名】                     取締役執行役員 管理統括室長  山本 和矢

    【縦覧に供する場所】                     株式会社アスタリスク 東京事業所

                          (東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7水天宮HSビル2F)

                         株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/105







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1)   連結経営指標等
            回次            第13期       第14期       第15期       第16期

           決算年月            2019年8月       2020年8月       2021年8月       2022年8月

    売上高             (千円)      1,144,765       1,398,155       1,792,912       2,407,387

    経常利益             (千円)        54,852       101,510       238,850       473,724

    親会社株主に帰属する

                 (千円)        71,973       68,970       173,856       322,542
    当期純利益
    包括利益             (千円)        74,151       68,326       176,203       320,477

    純資産額             (千円)       228,387       296,714       472,917      2,072,219

    総資産額             (千円)       739,390      1,056,515       1,479,719       2,519,553

    1株当たり純資産額              (円)        44.61       57.95       92.37       293.71

    1株当たり当期純利益              (円)        14.06       13.47       33.96       46.82

    潜在株式調整後

                  (円)         -       -       -      45.06
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率              (%)        30.9       28.1       32.0       82.2

    自己資本利益率              (%)        37.6       26.3       45.2       25.3

    株価収益率              (倍)         -       -       -      30.4

    営業活動による

                 (千円)        16,365       10,764       380,379       300,046
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                 (千円)       △ 35,712      △ 56,642      △ 303,632      △ 518,668
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                 (千円)        39,430       119,542        16,716       780,593
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                 (千円)       174,514       247,289       348,721       936,086
    期末残高
    従業員数                       70       77       83       89
                  (人)
    (外、平均臨時雇用者数)                      ( 12 )      ( 11 )      ( 17 )      ( 20 )
     (注)   1.第13期から第15期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株
         式は非上場であったたため、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
       2.第13期から第15期の株価収益率については、当社株式は非上場であったため、記載しておりません。
       3.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日)等を第16期の期首から適用してお
         り、第16期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
       4.従業員数は就業人員(当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グルー
         プへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年
         間の平均人員を( )外数で記載しております。
       5.第13期から第16期の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
         (昭和51年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、P
         wC京都監査法人の監査を受けております。
       6.2021年11月5日開催の取締役会決議により、2021年11月26日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割
         を行っておりますが、第13期の期首に当該株式分割が行われたものと仮定し、1株当たり純資産額及び1株
         当たり当期純利益を算定しております。
                                  2/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
     (2)   提出会社の経営指標等
            回次            第12期       第13期       第14期       第15期       第16期

           決算年月            2018年8月       2019年8月       2020年8月       2021年8月       2022年8月

    売上高             (千円)      1,362,779       1,078,126       1,320,091       1,994,304       1,924,879

    経常利益             (千円)       202,820        93,855       32,448       265,936       405,539

    当期純利益又は

                 (千円)       179,045       107,421       △ 9,344      176,817       277,068
    当期純損失(△)
    資本金             (千円)       150,000       150,000       150,000       150,000       789,412

    発行済株式総数              (株)      1,280,000       1,280,000       1,280,000       1,280,000       7,055,400

    純資産額             (千円)       181,813       289,235       279,890       456,707      2,012,601

    総資産額             (千円)       740,728       775,540      1,008,960       1,348,031       2,420,835

    1株当たり純資産額              (円)        35.51       56.49       54.67       89.20       285.26

    1株当たり配当額                       -       -       -       -       -
                   (円)
    (うち1株当たり
                           ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
    中間配当額)
    1株当たり当期純利益又は
                   (円)       34.97       20.98       △ 1.83       34.53       40.22
    1株当たり当期純損失(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                   (円)         -       -       -       -      38.71
    当期純利益
    自己資本比率              (%)        24.5       37.3       27.7       33.9       83.1

    自己資本利益率              (%)       194.0        45.6        -      48.0       22.4

    株価収益率              (倍)         -       -       -       -      35.4

    配当性向              (%)         -       -       -       -       -

    従業員数                       37       39       43       50       56
                  (人)
    (外、平均臨時雇用者数)                       ( 9 )      ( 11 )      ( 9 )      ( 15 )      ( 18 )
    株主総利回り              (%)         -       -       -       -       -
    (比較指標:-)              (%)        ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
    最高株価              (円)         -       -       -       -      5,917
    最低株価              (円)         -       -       -       -      1,190

     (注)   1.第14期は、海外連結子会社の株式評価損と債権に対する貸倒引当金を計上したことにより、当期純損失を計
         上しております。
       2.1株当たり配当額及び配当性向については、配当を実施していないため、記載しておりません。
       3.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日)等を第16期の期首から適用してお
         り、第16期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
       4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第12期、第13期及び第15期におきましては、潜在株式は
         存在するものの、当社株式は非上場であったため、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
         第14期におきましては、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であったため、期中平均株価が把握
         できないため、また1株当たり当期純損失のため記載しておりません。
       5.自己資本利益率については、第14期は当期純損失計上のため、記載しておりません。
       6.第12期から第15期の株価収益率については、当社株式は非上場であったため、記載しておりません。
       7.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用
         者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しておりま
         す。
                                  3/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       8.第12期から第16期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
         年大蔵省令第59号)に基づき作成しております。なお、第13期から第16期の財務諸表については、金融商品
         取引法第193条の2第1項の規定に基づき、PwC京都監査法人の監査を受けておりますが、第12期の財務
         諸表については、当該監査を受けておりません。
       9.2021年9月30日付をもって東京証券取引所マザーズに上場したため、第12期から第16期までの株主総利回り
         及び比較指標については記載しておりません。
       10.第12期から第15期の最高株価、最低株価については、2021年9月30日に東京証券取引所マザーズに上場した
         ため、記載しておりません。
       11.2021年11月5日開催の取締役会決議により、2021年11月26日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割
         を行っておりますが、第12期の期首に当該株式分割が行われたものと仮定し、1株当たり純資産額及び1株
         当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失を算定しております。
       12.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所グロース市場(2022年4月3日までは東京証券取引所マザーズ市
         場)における株価を記載しております。ただし、当社株式は2021年9月30日から東京証券取引所マザーズ市
         場(現 同取引所グロース市場)に上場いたしましたので、その以前の株価については該当事項がありませ
         ん。
                                  4/105
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    2 【沿革】
       当社設立以後の企業集団に係る経緯は、次のとおりであります。
       年月                          概要
      2006年9月      「ITを通じて皆様の会社を笑顔にすること」を目的として、滋賀県大津市に資本金560万円で株式会
            社アスタリスクを設立。
            システムの受託開発を主に事業を開始。
      2007年1月      企業向けリモートアクセスサービスの代理販売を開始。
      2008年4月      関西地方での事業活動拡大を目的とし、大阪市淀川区に大阪事業所を開設。
            「モバイルソリューションのアスタリスク」を会社のコンセプトとする。
      2008年6月      資本金1,000万円に増資。
      2008年6月      Apple   Inc.によるiPhone3Gの発売を機に、これらを用いたシステムの研究を開始。
      2010年3月      iPhoneなどを活用したモバイルPOS(「Point                      Of  Sales」(販売時点情報管理)の略)システム
            Salaseeを発表。現在の主要事業AsReader事業への転換のきっかけとなる。
      2010年11月      関東地方での事業活動を目的とし、東京都港区に東京事業所を開設。
      2011年5月      本店を大阪市淀川区に移転(大阪市淀川区の大阪事業所を本店に変更)。
      2012年5月      モバイル端末用のシステム開発を目的として、中国遼寧省大連市に100%出資の子会社大連明日星科
            技有限公司(資本金379,848人民元、現 連結子会社)を設立。
      2013年10月      iPod   touchに接続するバーコードリーダー(AsReader)販売開始。
      2014年7月      iPhone、iPod       touchに接続するRFIDリーダー/ライター(電波を用いてRFタグのデータを非接触で
            読み書きするシステム)(AsReader)販売開始。
      2014年8月      iPhoneに接続するバーコードリーダー(AsReader)販売開始。
      2015年1月      欧米でのAsReader販売を目的として、米国カリフォルニア州トーランス市に100%出資の子会社
            AsReader,     Inc.(資本金50,000米ドル、現 連結子会社)を設立。
      2015年11月      当社開発プログラムSalasee(POSシステム)の著作権をプログラムソース含め他社に譲渡。
      2016年3月      ベンチャーキャピタル5社の引受による第三者割当増資を実施。
            資本金1億5千万円、資本準備金1億4千万円となる。
      2017年10月      研究開発の技術センターとして、中国広東省深圳市に事務所を開設。
      2017年10月      iPhone、iPod       touchに接続する自動販売機業界向けハンディターミナル(AsReader)販売開始。
      2017年12月      iPhone、iPod       touchに接続する物流業界向けハンディターミナル(AsReader)販売開始。
      2018年2月      欧州でのAsReader販売の拠点として、オランダロッテルダム市に100%出資の子会社AsReader
            Europe    B.V.(資本金50,000ユーロ、現 連結子会社)を設立。
      2019年5月      AsReader,Inc.の本店を米国オレゴン州ポートランド市に移転。
      2019年5月      伊藤忠紙パルプ株式会社と資本業務提携契約を締結。
      2019年6月      東京事業所を東京都中央区に移転。
      2020年11月      東海地方での事業活動を目的とし、名古屋市中区に名古屋営業所を開設。
      2021年9月      東京証券取引所マザーズ市場に上場。
      2022年4月      東京証券取引所の市場区分の見直しにより、東京証券取引所のマザーズ市場からグロース市場に移
            行。
                                  5/105






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    3 【事業の内容】
     (1)   当社グループの構成
       当社グループは、当社(株式会社アスタリスク)と海外連結子会社3社により構成され、その事業内容を
      AsReader事業とシステムインテグレーション事業で構成されております。
     (2)   事業の概況

      当社グループは、「ITを通じて、三方笑顔(お客様の笑顔/社員の笑顔/世間の笑顔)を創造し、人類・社会の
     進歩発展に貢献します。」を経営理念とし、独自開発の各種リーダー及び人検出・動体追跡技術と端末処理技術を活
     用した製品の研究開発・製造・販売と、これら製品を活用するためのシステム開発を主な事業として展開しておりま
     す。
      ①製品開発について
      当社グループは「AsReader(AsteriskのReader)」ブランドで各種製品の企画・開発・販売を行っております。お客
     様のニーズをいち早く吸い上げ、製品企画・開発に活かすべく、体制を整えております。
      また、自社で製造工場を持たないファブレス企業であり、製品量産段階については協力会社に生産を委託しており
     ます。
      なお、主な製品ラインナップは以下のとおりであります。
               セグメント              区分             製品類
                                   1次元バーコード(注1)リーダー
                                   2次元バーコード(注2)リーダー
                            リーダー
                                   RFID(注3)リーダー/ライター
                                   赤外線通信(注4)リーダー
               AsReader事業
                                   セミセルフレジ
                            画像認識
                                   侵入禁止区域監視システム
                             保守      リーダー類の保守サービス
                             アプリ      アプリケーションソフト利用料
                                   アプリケーション、ソフトウェア等の
          システムインテグレーション事業                  システム
                                   受託開発・保守サービス
         (注1)1次元バーコード:バー(黒い線)とスペース(白い線)のパターンに、数字や文字や記号を置き換
           えたもの。一方向にだけ情報を持つ。
         (注2)2次元バーコード:バー(黒い線)とスペース(白い線)のパターンに、数字や文字や記号を置き換
           えたもの。縦横の二方向に情報を持つ。
         (注3)RFID:Radio         Frequency     Identificationの略。電波を用いてRFタグ(注5)のデータを非接触で読み書
           きするシステム。
         (注4)赤外線通信:赤外線によるワイヤレス通信の総称。当社グループの製品では、自動販売機内の情報を
           やりとりするために使用。
         (注5)RFタグ:電波を用いて、内蔵したメモリのデータを非接触で読み書きする媒体。
     ②販売方法について

      当社グループは、直販及び代理店等を通じて、お客様に製品を販売しております。
      販売方法については、製品の必要数量を購入していただくショット型(売り切り型)が大半を占めております。
     ショット型については、概ね4~5年の期間でお客様の製品リプレイスサイクルが見込まれ、長期間を想定した場
     合、ストック型(継続型)と捉えることも可能となっております。
      AsReader製品群や受託開発システムの保守サービス・アプリケーションソフト利用料といったストック型の販売も
     行っておりますが、第16期(2022年8月期)においては、連結売上高に対して約11.9%となっております。
      今後、AsReader製品群の販売拡大を目指すとともに、保守サービス等のストック型の積極的な販売拡大を行ってま
     いります。
     ③アメリカを中心とした海外展開について

      当社グループは、AsReader製品群は世界的にもニーズがあるものと考え、アメリカ・オランダに現地法人を設立
     し、販売拠点を設置しております。現地においてAsReader製品群の認知は高まってきており、第16期(2022年8月
     期)においてはアメリカにおいて、大手飲料メーカーの大型案件の納品を完了することができました。
      今後もAsReader製品群の広告宣伝を積極的に行い、海外での販売活動を進めていく方針としております。
                                  6/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
     (3)   当社の提供する主なソリューション領域
      ① 製造業界
        2014年、国内自動車メーカーに新車管理用途でRFIDリーダーを納入、出荷、保管、移動の管理に使用されてい
       ます。現在では、物流センターや販売会社への新車搬入管理にも使用が拡大しています。その他、機械メーカー
       など様々な製造現場で生産ラインの点検用や、部品のトレーサビリティー(注6)などへの応用が進んでいます。
       (注6)トレーサビリティーとは、trace(追跡)とability(できること)を組み合わせた言葉。
        その製品が「いつ、どこで、だれによって作られたのか」を明らかにすべく、原材料の調達から生産、そして
       消費又は廃棄まで追跡可能な状態にすること。
      ② 物流業界

        2014年、倉庫会社に対するバーコードリーダーの納入から始まり、2017年には大手運送会社において個人宅配
       送用に導入が開始されました。AsReaderの導入により、配送状況をリアルタイムに把握することが可能になった
       他、電子帳票化によるペーパーレスも可能にしました。その他、パレット、かご台車、オリコンなどにRFタグを
       貼付してRFIDリーダーで読み取ることにより、積み荷の個体管理も広がりを見せています。
      ③ 小売業界

        小売業界では、まず、海外チョコレートメーカーの催事用POSレジで採用されました。その後、システムも含め
       たソリューションパッケージとしての展開が広がり、化粧品、眼鏡、酒類、ホームセンター、大型雑貨店などに
       順次広がっており、ネットスーパーでの使用も拡大しています。2020年11月にはPOSレジセルフ化に対応したソ
       リューションも発表、レジ合理化の他、動態追跡と精算データの紐づけによる不正清算抑止への効果も期待され
       ています。
      ④ 自動販売機業界

        2017年より、赤外線通信によるリーダーの販売を開始しました。この導入により、リアルタイムでのデータ送
       信が可能となり、端末故障によるデータ喪失のリスクが解消され、迅速なデータ分析、顧客対応を可能にしまし
       た。
      ⑤ 医療業界

        2014年、大学附属病院で3点照合(担当看護師、患者のID、薬剤)での利用が開始されました。それまではパソ
       コンへのデータ入力が必要でしたが、データを通信により電子カルテと連携することにより、大幅に作業効率が
       向上しました。また各社の電子カルテシステムとの連携を促進し、スムーズな導入が可能となっており、多くの
       医療施設で利用されています。
      ⑥ アパレル業界

         現在、各業界でRFタグ導入の動きが加速していますが、その先陣を切っているのがアパレル業界です。当社が
       開発したセルフレジシステムにより、簡便で正確な精算システムを実現しました。また、リアルタイムでの売上
       状況や在庫状況の把握を可能にし、店頭オペレーションの高度化や売り場の改善などに貢献しています。 
                                  7/105







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       [事業系統図]
            (注)SI事業:システムインテグレーション事業













                                  8/105







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    4 【関係会社の状況】
                                       議決権の

                               主要な事業
         名称          住所      資本金             所有割合          関係内容
                                の内容
                                        (%)
    (連結子会社)
                                             ・当社からの委託によるソ
                                              フトウエア開発
                              システムイン
                                             ・ハードウエアの一部の開
    大連明日星科技有限公司             中国          379   テグレーショ
                                         100.0     発
    (注)3             遼寧省大連市        千人民元     ン事業
                                             ・アジア市場へのハードウ
                              AsReader事業
                                              エア販売
                                             ・役員の兼任      1 名
    (連結子会社)
                                             ・米国及び欧州市場への
    AsReader,Inc.             米国オレゴン州         50,000
                              AsReader事業           100.0     ハードウエア販売
    (注)3、4、5             ポートランド市         米ドル
                                             ・役員の兼任1名
    (連結子会社)
                                             ・欧州市場へのハードウエ
    AsReader     Europe    B.V.
                 オランダ         50,000                    ア販売
                              AsReader事業           100.0
                 ロッテルダム市         ユーロ                   ・資金援助あり
    (注)6
                                             ・役員の兼任1名
     (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
       2.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
       3.特定子会社に該当しております。
       4.AsReader,Inc.については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を
         超えております。
        主要な損益情報等 ① 売上高                                      689,099千円
                  ② 経常利益                              21,776〃
                  ③ 当期純利益                             15,443〃
                  ④ 純資産額                           △25,344〃
                  ⑤ 総資産額                            156,401〃
       5.債務超過会社であり、2022年6月末時点で債務超過額は25,344千円であります。
       6.債務超過会社であり、2022年6月末時点で債務超過額は85,944千円であります。
                                  9/105











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    5  【従業員の状況】
     (1)   連結会社の状況
                                               2022年8月31日       現在
             セグメントの名称                            従業員数(人)
    AsReader事業                                           35   ( 13 )

    システムインテグレーション事業                                           42   ( 2 )

    全社(共通)                                           12   ( 5 )

                合計                               89   ( 20 )

     (注)   1.従業員数は就業人員(当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グルー
         プへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、最
         近1年間の平均人員を( )外数で記載しております。
       2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理統括室(総務セクション、広報セクション、経営管理セ
         クション)に所属しているものであります。
     (2) 提出会社の状況

                                               2022年8月31日       現在
       従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
               56
                            40.6              4.6            5,186
               ( 18 )
             セグメントの名称                           従業員数(人)

    AsReader事業                                           29   ( 13 )

    システムインテグレーション事業                                           18   ( 2 )

    全社(共通)                                           9  ( 3 )

                合計                               56   ( 18 )

     (注)   1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用
         者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、最近1年間の平均人員を( )外数で記載して
         おります。
       2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理統括室(総務セクション、広報セクション、経営管理セ
         クション)に所属しているものであります。
     (3)労働組合の状況

       当社グループにおいて労働組合はありませんが、労使関係は円満であり、特記すべき事項はありません。
                                 10/105







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)   経営理念
       当社グループは、以下の経営理念のもと、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を実現し、社会的使命と責
      任を果たし、「信頼される企業」であることを目指します。
      <経営理念>
       ITを通じて、三方笑顔(お客様の笑顔/社員の笑顔/世間の笑顔)を創造し、人類・社会の進歩発展に貢献しま
       す。
       1.自己の良心をもって、信頼と安心を築き、三方笑顔を創造します。
       2.早さを追求し、スピードあふれる行動をもって、三方笑顔を創造します。
       3.新しいIT技術、斬新なサービスをもって、三方笑顔を創造します。
      <アスタリスク人の宣言>
       1.プロとしての熱意
       2.徹底の徹底
       3.土俵の真ん中で相撲をとる
       4.時間軸を第一に
       5.目的、ねらい、コンセプトの明確化
       6.夢のある提案をし続け、固定客化
       7.何事も「数値」をもって行動
       8.常に明るく前向きで、楽しむことを工夫する
     (2)   経営環境及び経営方針

       インターネットによるビジネス革命、スマートデバイスの普及によるモバイル情報革命など、IT技術の変革、IoT
      (Internet      of  Thingsの略。モノに通信機能を搭載してインターネットに接続し、情報伝達をする仕組み)による
      業務改革が世界的に広がりを見せているなかで、当社はモバイルによるソリューションを徹底的に追求し、ハード
      ウエアと、長年培ったソフトウエア技術の融合による新たなサービスを創造してまいります。
       その中でも、当社グループの主力製品はAsReaderシリーズになります。AsReaderシリーズは、iPhoneやAndroidと
      いったスマートフォンに取り付ける、当社開発のバーコードやRFID読取装置・赤外線通信装置であります。
       当社グループは、伊藤忠紙パルプ株式会社との資本業務提携による営業体制の強化や、企業向けのスマートフォ
      ン販売促進を行っている国内携帯通信キャリア、スマートフォンメーカーとの協業を進め、当社グループの主力製
      品であるAsReaderシリーズの売上高拡大を目指し、さらなる成長を目指します。
     (3)   経営戦略

      当社グループは、次の経営戦略を軸としております。
      ① 既存主力事業の拡大
        当社グループの既存主力事業であるAsReader事業は、次に掲げるような経営環境の中、事業の拡大を見込んで
       おります。
       イ あらゆる業界でのニーズ
         AsReaderシリーズは、製造業界、物流業界、小売業界、自動販売機業界、医療業界、アパレル業界など、幅
        広い業界で導入いただいており、各業界への営業活動を行うことで今後も引き続き、幅広い業界での導入を見
        込んでおります。
       ロ 各種専用業務用端末から汎用性の高いスマートフォンへの転換
         専用コンピューターがパソコンに置き換わったように、ハンディターミナルのような既存の各種専用業務用
        端末(ハンディーターミナル、デジタルカメラ、トランシーバー、PDAなどの各種リーダー)が汎用性の高いス
        マートフォンに置き換わり、スマートフォン1台で様々な業務を行うことが可能となり、「スマートフォンで
        業務を行う」ことが主流になることで、スマートフォンに取り付けて使用する当社グループの製品の導入機会
        が増加すると見込んでおります。
                                 11/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       ハ スマートフォン法人利用台数の増加
         次のような理由から、法人利用の携帯通信端末がフィーチャーフォンからスマートフォンへ切り替わってい
        き、スマートフォン法人利用台数が増加することを見込んでおります。当該増加により、スマートフォンに取
        り付けて使用するAsReaderシリーズの導入機会が増加すると見込んでおります。
        ①国内携帯通信キャリアの動向
         当社は国内携帯通信キャリアと協業した営業を行っております。その中で、当社製品のような業務効率化ソ
        リューションの提案とともに、法人へのスマートフォン販売に力を入れている傾向にあり、今後も国内携帯通
        信キャリアによる法人販売強化は続くものと見込んでおります。
        ②通信料金の低下傾向
         大手国内携帯通信キャリアのサブブランドなどの登場により、スマートフォンの通信料金を抑えることが可
        能な環境になりました。
       ニ 経済産業省による宣言
         経済産業省が、2017年4月にコンビニ各社と「コンビニ電子タグ1,000億枚宣言」を発表し、2018年3月に一
        般社団法人日本チェーンドラッグストア協会と「ドラッグストアスマート化宣言」を発表しており、RFID等を
        活用したサプライチェーンの効率化を推進する動きがあります。
         またRFタグの単価が高価であることがRFIDソリューションの導入時の障壁となっておりましたが、RFタグの
        普及に伴い単価が低下してきており、当社グループのRFID関連商品の販売を行いやすくなることを見込んでお
        ります。
      ② 新製品の拡販

        当社グループが新たに開発・販売した、次の新製品の拡販を行ってまいります。
       イ セミセルフレジ
         「人検出・動体追跡」技術により、購買客が有人レジでの購買品登録後、複数設置された自動精算機のどれ
        を選択しても、正しく精算することが可能になります。当該製品を導入することで、レジ係員の現金等の受け
        渡しといった負担が軽減され、動体追跡と精算データを紐付けることで、精算自動化の懸念点である不正精算
        (不払い)の抑止も可能にするソリューションです。
       ロ 画像認識安全監視システム「AsWatcher」
         画像認識技術で侵入禁止ゾーンを監視しておき、侵入禁止ゾーンに人が立ち入った場合に、警報を鳴らした
        り、電灯を点滅させたりするセキュリティ対策製品になります。企業のセキュリティ強化に有効なソリュー
        ションです。
      ③ 営業力の強化

        当社グループは次の施策により、営業力の強化を見込んでおります。
       イ 伊藤忠紙パルプ株式会社との資本業務提携
         伊藤忠紙パルプ株式会社と資本業務提携を通じ、両社の持つ固有のノウハウを共有し、リソースを融合する
        ことで、顧客企業へのより広範なビジネスソリューションの創出・提供を行い、相互の事業発展とビジネスに
        おいてのIoT、自動認識の新しい価値づくりを進めております。
       ロ 国内携帯通信キャリアやスマートフォンメーカーとの協業
         企業向けのスマートフォン販売促進を行っている国内携帯通信キャリアやスマートフォンメーカーとの協業
        を進め、当社グループの主力製品であるAsReaderシリーズの販売拡大を進めております。
      ④ 海外展開

        海外におけるバーコードリーダー、RFIDリーダーの市場は国内よりも大きく、AsReaderシリーズの販売機会が
       あると見込み、海外でのAsReaderシリーズ販売を目的とした連結子会社を米国(2015年1月)及び欧州(2018年
       2月)に設立し、現地法人による販売活動を行っております。
        米国については、病院、警察署、消防署、国際宇宙ステーション、牧場など、多くの場所でAsReaderシリーズ
       の導入を行っております。米国では大型案件を獲得した後に他の業界でも話題となり、他の業界での案件獲得が
       進みやすくなる傾向にあります。2021年2月に飲料メーカーからの約17,500台の受注を獲得し、当該導入実績を
       機に、さらなる水平展開・案件獲得を目指してまいります。
        欧州については、現地法人設立後、代理店網の構築など基盤作りを進めてきましたが、新型コロナウイルスの
       感染拡大により営業活動が停止状態にありました。徐々に客先訪問が可能になりつつありますが、基盤構築には
                                 12/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       まだある程度の時間が必要と考えています。現在、欧州市場では、ラグジュアリーブランドでの商材管理や、ア
       パレル向け、郵政関係、スーパーマーケット向け、自動車メーカーなどでの在庫管理案件の交渉を進めており、
       案 件化に向けて取り組んでまいります。また、いくつかの代理店候補と取引条件の交渉を開始しております。
     (4)   経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

      当社グループでは受注高を経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標としております。
      当社グループ製品に対する将来需要を表す尺度であり、将来業績の先行指標として機能し、今後の経営成績と強い
     関連性があります。将来業績にとって重要な指標であり、事業活動におきましても常に受注高を意識して行動し、当
     社グループの業績評価の指標としております。
      受注高=受注件数×受注単価であることを常に念頭に置き、「受注件数」をいかに増やし、「受注単価」をいかに
     上げるかを、営業活動の行動規範としております。また、これら構成要素を分析して、現状認識、課題確認、戦略立
     案に活用しております。
     (5)   優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

      ① 製造に関する課題
         当社の主力製品であるAsReaderシリーズは、すべて海外の生産委託協力会社にEMS生産により製造委託をして
       おります。このため、急な生産変更が困難であり、適宜適切な需要把握に基づく計画的な生産が必要になってお
       ります。また、世界経済情勢の変化に伴う為替変動のリスクが常に介在し、原価構造が悪化する可能性がありま
       す。
      ② 営業手法の転換

        ハードとソフトを融合した事業展開を目指すことが、当社にとって総合力を発揮し、他社との優位性を活かす
       大きな武器と考えており、この融合による業務改革のソリューション提案、具体的には課題に即したシステムの
       構築や統合、ニーズに対応するアプリやハードの提供につなげることが事業基盤の強化につながります。統合し
       たソリューションとして提案する課題解決ベンダーとして、既存のシステム開発会社やシステムコンサルタン
       ト、或いは自動認識機器メーカーといった従来のビジネス領域に対して、当社は全てを提供できるワンストップ
       課題解決ベンダーとしての展開を行っております。
        また当社はB       to  Bの領域で、高い専門性を活かして業務上の課題解決策を提供するため、エンドユーザーへの
       直接営業を主にしておりましたが、全国展開、グローバル展開を遂行する上での課題であった、営業網の脆弱さ
       を強化する目的で、伊藤忠紙パルプ株式会社との資本業務提携や、名古屋営業所の開設、その他代理店網を構築
       し、広範囲な営業網を通じて、独自の自動認識ソリューションを全国の企業へとアプローチしてまいります。
      ③ グローバル市場の開拓と海外管理体制の強化

         当社の主力製品であるAsReaderシリーズの市場は、米国、欧州を中心に海外に大きく広がっていくと予想して
       おります。事業拡大のためにはこの市場の攻略が不可欠であります。米国については、米国子会社であります
       AsReader,Inc.が販売拠点となり、病院などの医療機関向けやイベント会社向け、米国海軍向け、警察署向け、牧
       場での家畜管理向け、飲料メーカー向けなどに販路を形成しております。欧州については、オランダにあります
       子会社AsReaderEurope           B.V.が代理店開拓を行い販売網の構築を目指す他、当社からの人員派遣等も含めた総合的
       な対応を検討しております。アジア地域は、中国の大連市にある子会社の大連明日星科技有限公司を安定した販
       売拠点として確立する予定であり、引き続き、中国、台湾を中心にさらなる市場開拓を進めてまいります。
        今後、海外での安定した販売網を構築し、業務用自動認識機器需要のボリュームゾーンを狙うにあたり、エリ
       ア・マーケティングも必要になってまいります。そのポイントとしては①ターゲット市場の明確化②最適販路の
       設定③現地適合商品の開発が重要になります。特に、現地適合商品の開発は、欧米の巨大市場を攻略する際には
       重要であり、そのための開発体制の強化が必要不可欠であります。国ごとの品質基準の違いに対応した品質保証
       の体制構築や、それぞれの国の市場特性に合った、現地商品に対抗できる商品開発のための社内体制構築が課題
       であると考えております。課題の解決に向けて、海外における主要展示会に参加し、多方面のユーザーからの
       様々な要求や商品への要望及び機能的な訴求点を確認し、開発の指針としております。また、グローバル管理体
       制の構築が重要課題であり、現在、基幹システムや会計システム等の海外との連携による管理強化に取り組んで
       おります。
      ④ 新技術(自動認識技術)の深耕と新商品の上市

        当社は常に顧客であるエンドユーザーのニーズを調査し、ニーズを満たす製品販売に向けた技術開発、商品開
                                 13/105

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       発を推進しており、その展開を拡大することにより収益を確保し、持続的な成長につなげてまいります。自動認
       識技術の深耕が将来のコアコンピタンス(企業の中核となる強み)になると考え、特許などの取得にも注力し、当
       該 技術を用いた新商品の販売により、社会に新しい価値を提供してまいります。また、画像認識技術としては、
       人物認識やシンボル分析(バーコードやQRコード、その他記号の分析)などを中心に研究し、ロジカルなアルゴリ
       ズムに加え、AI(人工知能)での機械学習やディープラーニング(深層学習。人間が自然に行うタスクをコン
       ピューターに学習させる機械学習の手法のひとつ)などの活用により、画像認識の精度を上げてきました。バー
       コードやRFIDで蓄積してきた画像認識技術とセンサー技術を融合することにより、自動認識を用いたDX(デジタ
       ルトランスフォーメーション、デジタル技術による変容)が可能となります。新しい試みとしては、療養型病棟
       を想定した画像認識による人追跡(人検出・動体追跡)技術で入院患者の動線を捕捉し、徘徊を防止するシステ
       ムの構築など、セキュリティ面での当社技術の活用が期待されております。
        具体的な商品としては、当社開発の「人検出・動体追跡」技術により、購買客が有人レジでの購買品登録後、
       複数設置された自動精算機のどれを選択しても、正しく精算が可能になるというセミセルフレジを2020年11月に
       発表いたしました。レジ係員の現金等の受け渡しといった負担が大きく軽減され、動体追跡と精算データを紐付
       けることで、精算自動化の懸念点である不正精算(不払い)の抑止も可能にするソリューションです。小売業
       界、アパレル業界や医療業界をターゲット市場として導入を推進してまいります。
      ⑤ RFID市場での知名度の向上

        当社がRFIDリーダー/ライターを発表した2014年7月から約8年が経過しましたが、市場における当社知名度
       はまだ高いとはいえない状況にあります。今後、既存製品について他社製品との差別化をさらに進め、またRFID
       リーダーの使用により製商品の個品管理を可能にするアプリケーションAs                                   Force(アズフォース)等をソリュー
       ション・ツールとして市場に投入、各種展示会出展やAsReader                             Conference(当社単独で開催しており、AsReader
       の導入先活用事例や自動認識技術についての説明、最新のRFタグ情報の提供など、AsReader新製品情報や海外事
       例の説明等を行う発表会)の開催などを通じて、当社の強みのアピール、RFID市場における知名度の向上を図っ
       てまいります。
      ⑥ 地域密着型営業活動の推進

        当社は、地域に密着した個別営業による素早い顧客サービスが重要であると考えており、それらを徹底するこ
       ととしています。その一環として、2020年11月に名古屋営業所を開設しておりますが、今後も、顧客満足度の向
       上と事業発展のため、順次、営業所を開設し、全国のお客様に満足していただける体制の構築を図ってまいりま
       す。
      ⑦ ストックビジネスの拡大

        当社では、これまで都度提供されていたメンテナンスに関する年間保守契約について見直しを行い、顧客の細
       かなニーズに応えるべくAsReader                Care   Selectとしてサービスを開始し、新規契約を推進する他、既存システム
       にも連携して在庫管理やPOSレジを可能にするアプリケーションAsReader                                   Apps(アズリーダーアップス)の拡
       大、及び顔認証技術であるAsReader                  One(アズリーダーワン)を用いたスマートロックアプリケーション
       AsReader     GoMA(アズリーダーゴマッ)の月額課金によるサービスの開始など、ストックビジネスの構築、推進を
       図ってまいります。
                                 14/105







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      ⑧ 特許戦略の構築
        当社では、特許や技術ノウハウなどの知的財産は、重要な経営資源であるという認識のもと、知的財産戦略を
       定め、新規市場と新規顧客開拓のための知的財産マネジメントの充実を推進してまいります。
        権利化については、営業・開発・生産・管理が一体となった知的財産戦略活動により、知的財産権の出願、権
       利化などを推進し、知的財産権の積極的活用により、市場における優位性の確保を図ってまいります。また、第
       三者特許の侵害を防ぐための施策を定め、リスク回避に向けた取り組み、体制を構築しております。さらに、知
       的財産活動のレベル向上のため、顧問弁理士による特許勉強会なども実施しております。
       (特許係争に関する注意事項)

        株式会社ファーストリテイリング(株式会社ユニクロと株式会社ジーユーを含む。)と係争中の特許(特許第
       6469758号等)につきましては、一連の特許全てを株式会社NIPに譲渡しております。このため損害賠償やライセ
       ンスなどの判断についても、特許権者である株式会社NIPの交渉事項となります。
       (当該係争の当社グループに与える影響)
        当該裁判の判決結果及び損害賠償やライセンス料における交渉等の進展があった場合でも、株式会社NIPと当
       社の特許譲渡契約において、当社に責任が及ぶものや当社が受領する対価はなく、今後の当社グループの経営成
       績への影響はございません。
        なお、当該特許は譲渡しましたが、当社は本件特許の実施許諾を株式会社NIPより受けており、商品やサービ
       スの提供を継続することが可能ですが、株式会社NIPに対して特許使用料の支払いが必要となります。
      ⑨ 人材の確保

        当社は少人数で効率的な組織運営を行ってまいりましたが、今後の事業規模の拡大を考えた場合、優秀な人材
       の確保を経営の重要課題としております。人材採用においては、当社の経営理念への共感、意欲、業務推進能力
       を兼ね備えた即戦力の中途採用や新卒者の定期採用を行ってまいります。
      ⑩ 内部管理体制の強化

        当社は、現状、小規模な組織であり、業務執行体制もこれに応じたものになっております。今後、企業価値の
       継続的な増大を図るにあたっては、業務執行体制の充実を図り、コーポレート・ガバナンスが有効に機能するよ
       うな仕組みを強化・維持していくことが不可欠であると認識しております。そのため、業務の適正性及び財務報
       告の信頼性の確保のための内部統制システムの適切な運用、さらに健全な倫理観に基づく法令遵守を徹底してま
       いります。
      ⑪ リスクマネジメントへの取り組み

        近年、想定しない規模で自然災害や感染症等が発生しており、かかる環境下において事業継続計画(BCP)の重
       要性が増しております。大規模な自然災害が発生した場合でも、被害を最小限にとどめ、復旧までの時間を最小
       限におさえて業務を継続できるよう、業務インフラ、緊急時連絡体制、本社屋をはじめとする各設備の見直しを
       行ってまいります。また、新型コロナウイルス感染症のようなパンデミックの発生に際しては社会全体での取り
       組みが必要となりますが、当社としても、感染症の発生初期→感染拡大期→蔓延期→回復期を想定し、役員、従
       業員に向けて適切な対策を検討・実施してまいります。
                                 15/105






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が当社グループの財政状態、経営成績及び
     キャッシュ・フローの状況に重要な影響を及ぼす可能性があると認識している主要なリスクには、以下のようなもの
     があります。なお、以下のうち、将来に関する事項は、本書提出日現在において、当社グループが判断したものであ
     ります。
    (1)   経済環境、社会的及び政治的動向に関するリスクについて

     当社グループの主要な市場である国及び地域の経済環境、社会的及び政治的動向により、当社グループの業績に影響
    を及ぼす可能性があります。日本、米国及び当社グループが事業活動を行うその他の主要な市場において、景気後退に
    よる個人消費や民間設備投資の減少によって、当社グループが提供する製品・サービスの需要が減少する可能性があり
    ます。今のところ、当該リスクが短期的に顕在化する可能性は低いと予想しております。対策として、優位な品質とコ
    ストを実現するための革新的な新技術の確立を目指しており、特許出願も進めていますが、これらが計画どおり進まな
    い場合は、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
    (2)   海外生産について

     当社グループの主力製品のAsReaderシリーズのハードウエアについては、海外企業に製造委託するEMS生産となってお
    ります。このうち、Apple社製品用のリーダー機器はApple社のMFi認証の認定工場を保有する韓国のSPS                                                Inc.のみ生産が
    可能です。当社グループの当連結会計年度の売上高2,407,387千円の中で、当該企業の生産に依存している売上高は約
    52.2%であります。MFi認証はケーブルやイヤフォン、ホームオートメーション(家電制御)など様々な製品のジャンル
    が存在しますが、AsReaderのようなLightningコネクタ(Apple社の携帯機器などで用いられる、通信・充電のためのケー
    ブル及び端子の規格)で接続できるリーダー機器を製造できるのは、MFi認証の認定工場のみになります。また、当該生
    産拠点においては、予期しない法律や規制の変更、経済的変動及び政治的混乱等のリスク、地震など大きな災害発生の
    リスク、委託企業の経営悪化による生産への影響リスクが存在いたします。今後においても、製造委託による安定的な
    生産は可能と考えており、短期的に当該リスクが顕在化する可能性は低いと予測しております。対策として、当該企業
    との良好な関係の構築、維持に努めること、生産拠点の分散、生産技術の蓄積、自社生産のノウハウ獲得などの対策を
    講じておりますが、リスクが顕在化した場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があり
    ます。
    (3)   品質に関するリスクについて

     当社グループは、世界が様々なITソリューションを模索する中で、従来にない仕様、機能を搭載した製品を開発、展
    開することを目指しており、新製品も断続的に販売していくこととしています。このような状況下で、従来の知見にな
    い品質上の課題が発現し、当該トラブル解決のための費用発生や品質に起因する販売の遅れが生じた場合、従業員の人
    為的ミス又は不測の事態の発生等による保守・製品保証に関する費用の発生などが生じた場合には、当社グループの財
    政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。当該リスクが短期的に顕在化する可能性は低いと予想しており
    ます。
    (4)   為替リスクについて

     当社グループの主力製品のAsReaderシリーズは、海外企業に製造を委託するEMS生産によっております。また海外市場
    での販売が増加することを見込んでおり、この外貨獲得が海外調達の為替変動リスクと相殺されることも想定している
    ため、事業構造の変化によるリスクの変動も考慮の上、リスクヘッジを検討してまいります。現状アメリカドルによる
    決済を行っておりますが、為替の変動による調達コストの変動が、同製品の競争力に大きな影響を及ぼす可能性があり
    ます。また、当社グループは、海外における子会社の売上、費用、資産を含む現地通貨建ての項目を、連結財務諸表の
    作成のために円換算しております。これらの項目の現地通貨における価値が変わらなかったとしても、急激な為替変動
    により、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
    (5)   研究開発投資について

     当社グループは先端技術の研究開発を行うための投資を行っており、今後も積極的な研究開発投資を実行していく予
    定ですが、当該研究開発活動が計画どおりに進む保証はなく、十分な成果が適時に上がる保証もありません。
     また、当社グループが選定した研究開発テーマに基づき開発した新規技術やそれを応用した製品が普及しない場合
    や、技術革新によって当社の研究開発技術が陳腐化した場合、事業環境の変化等によりさらなる研究開発費の負担が生
    じた場合などには、先行投資した研究開発費の回収が困難になるなど、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を
    及ぼす可能性があります。現在、積極的な販促活動、マーケティング活動により市場の動向やニーズは的確に把握でき
    ていると考えており、短期的に当該リスクが顕在化する可能性は低く、長期的なリスクと認識しております。
                                 16/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    (6)   知的財産権について
     当社グループは知的財産権(特許権等)の保護について、社内の管理体制を強化し、細心の注意を払っておりますが、
    将 来当社グループが認識していない第三者の所有する知的財産権を侵害した場合、又は当社グループが知的財産権を有
    する技術に対し第三者から当該権利を侵害された場合は、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性
    があります。現在、徹底した関連特許の調査を実施していますが、すべての特許を網羅的に把握することは困難であ
    り、当該リスクは常に存在すると認識しています。当社グループとしては、徹底的な調査とともに、積極的に特許取得
    を進め、複数の企業で所有する特許権等を相互に許諾し合うクロスライセンスによるリスク回避なども念頭に入れた特
    許戦略を構築してまいります。
    (7)   代表者への依存について

     当社代表取締役執行役員社長である鈴木規之は、当社グループの創業者であるため、創業以来の最高経営責任者であ
    り、当社グループの事業運営における事業戦略の策定や業界における人脈の活用等に関して、重要な役割を果たしてお
    ります。当社グループは、当人への過度な依存を回避すべく、経営管理体制の強化、経営幹部職員の育成、採用を図っ
    ておりますが、現時点において当人に対する依存度は高い状況にあると考えております。今後において、何らかの理由
    により当人の当社グループにおける業務遂行の継続が困難となった場合、当社グループの事業運営等に影響を及ぼす可
    能性があります。
    (8)   製造物責任について

     当社グループは、ハードウエアのメーカーとして、製造物責任を負っております。予期しない理由で発生した事故等
    により、当社グループの社会的信用の低下や多額の賠償義務が生じる場合があります。具体的には、安全設計や安全構
    造及び表示による残留リスクの低減などの基本対応のほか、通常有すべき安全性の確保について万全の対策、生産委託
    先の保証体制の充実、米国についてはPL保険への加入を通じて、当該リスクの低減策を講じておりますが、当該リスク
    の発生によって、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
    (9)   装着するスマートデバイス仕様変更の可能性について

     当社グループの製品のうち、iPhoneなどのスマートデバイスに装着して使用することを前提とした製品について、ス
    マートデバイス側でサイズの変更等があった場合は、必要なモデルチェンジがタイムリーにできるよう常に情報収集に
    努め、開発を進めておりますが、対応コストの負担や対応期間中の販売ロスにより、当社グループの財政状態及び経営
    成績に影響を及ぼす可能性があります。ただし、当社グループの製品は、このような仕様変更にも対応可能な商品特性
    を有していることから、当該リスクが顕在化する可能性は低いと考えております。
    (10)   業績の変動について

     環境の変化等により予定した大型案件の獲得が実現しなかった場合や、納入先の運用テスト遅延などの理由により製
    品納入のタイミングが決算期末を越えて遅延した場合の他、大型案件の納入が特定の期や四半期に集中した場合には、
    当社グループの通期や四半期の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
    (11)   欠品による販売機会損失、滞留在庫の評価損について

     当社グループが販売する製品の大部分は自社企画製品であり、需要予測のもと製造発注を行いますが、実際の受注は
    市場ニーズの変化等の様々な要因に左右されます。そのため、追加製造が受注量に対応できず販売機会の損失が発生す
    る可能性があります。また、受注量が需要予測に達しない場合は、当社グループに過剰在庫が発生し、キャッシュ・フ
    ローへの影響や棚卸資産評価損が発生し、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
    (12)   固定資産の減損について

     当社グループが保有する固定資産に減損の兆候が発生した場合は、将来キャッシュ・フロー等を算定し減損損失を計
    上する可能性があり、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 17/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    (13)   投資有価証券に関わるリスク
     当社グループは、投資有価証券について、発行会社の財務状況や今後の見通しなどに鑑み、時価が著しく下落し、そ
    の回復が見込めない場合には、減損処理により評価損を計上する可能性があります。このような状況になった場合、当
    社グループの財政状態及び経営成績に悪影響を与える可能性があります。
    (14)   繰越欠損金の課税所得繰入れについて

     当社グループは、第16期連結会計年度末時点において税務上の繰越欠損金125,272千円があるため、課税所得が減殺さ
    れ、納税負担額が軽減されております。今後、業績の推移又は税制の改正内容によっては、税務上の繰越欠損金の全額
    を使用し、納税負担額を軽減できる可能性や繰越欠損金の繰越期間(第16期連結会計年度末時点における繰越期間は5年
    超)の満了により欠損金が消滅し、納税負担額を軽減できない可能性があります。繰越欠損金が解消された場合、通常の
    税率に基づく法人税等が発生し、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
    (15)   新型コロナウイルス等の感染症の影響について

     新型コロナウイルスの感染拡大の影響について、今後の広がり方や収束時期等についての統一的な見解は発表されて
    おりませんが、当社としてはこの状況が2023年8月期中には収束し、平常時の経済状況に戻ると想定しております。し
    かし、今後の感染者数の急激な増加等により、再度、外出自粛や都道府県をまたぐ移動の自粛等の施策が行われた場
    合、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
    (16)   法的規制等について

     当社グループの主力製品であるAsReaderシリーズの一部について、当該製品を使用するために各国の電波法の認証を
    受ける必要がある製品があります。当該認証手続きを行わず製品を使用した場合、販売先が法令違反になる可能性があ
    ります。対策としては各生産工場、認証代行会社との定期的な情報交換や、JAISA(一般社団法人日本自動認識システム
    協会)やRAIN      RFIDアライアンスなどの業界団体の情報を適時確認して、販売先が法令違反になることがないよう指導し
    ておりますが、認証条件の変更を当社グループが把握できておらず、販売先が法令違反となってしまった場合、当社グ
    ループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
    (17)   人材育成・確保について

     当社グループが成長を続けていくために不可欠な要素の一つが、優秀な人材の確保であります。当社グループは今後
    の事業規模拡大を見据えて、人材の採用及び人材育成を重要な経営課題の一つと位置付けており、統括的なプロジェク
    トマネジメント能力を有する人材を重点的に確保しつつ、将来当社グループを担う人材の育成に注力しております。
     しかしながら、人材育成が円滑に進まない場合、又は各部門において中心的役割を担う特定の従業員が万一社外に流
    出した場合には、当社グループの事業戦略及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
    (18)   大株主について

     当社創業者かつ代表取締役執行役員社長である鈴木規之の本書提出日の前月末(2022年10月31日)現在での議決権所有
    割合は、直接所有分として2.3%であります。また、鈴木規之の資産管理会社であるトリプルウィン株式会社の議決権を
    合算した所有割合は47.7%となっております。鈴木規之及び当該資産管理会社は引続き当社の株式を保有する見通しで
    ありますが、議決権の行使に当たっては、株主共同利益を追求するとともに少数株主の利益にも配慮する方針でありま
    す。しかしながら、何らかの事情によって、鈴木規之又は当該資産管理会社が当社株式をやむを得ず売却することと
    なった場合、当社株式の市場価格及び議決権行使の状況等に影響を及ぼす可能性があります。
    (19)   配当政策について

     当社は、現在成長過程にあり、内部留保の充実を図ることが必要な段階にあることから、現在は内部留保の確保が重
    要であると考え、会社設立以来配当を行っておりません。株主利益の最大化を重要な経営目標の一つとして認識してお
    りますが、現在は内部留保の充実に注力することを基本的な方針としております。また、内部留保資金の使途につきま
    しては、今後予想される経営環境の変化に対応できる経営体制強化及び事業拡大のための投資等に充当していく予定で
    あります。今後の株主への配当につきましては、業績や配当性向、将来的な成長戦略などを総合的に勘案し、配当政策
    を決定する方針でありますが、本書提出日の前月末(2022年10月31日)現在、配当実施の可能性及びその実施時期につい
    ては未定であります。
                                 18/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    (20)   ストックオプションの行使による株式価値の希薄化について
     当社グループは、役員及び従業員に対するインセンティブを目的として、ストックオプション制度を採用していま
    す。本書提出日の前月末(2022年10月31日)現在付与しているストックオプションに加え、今後付与されるストックオプ
    ションについて行使が行われた場合には、既存株主が保有する株式の価値が希薄化する可能性があります。本書提出日
    の前月末(2022年10月31日)現在、これらのストックオプションによる潜在株式は293,400株であり、本書提出日の前月末
    (2022年10月31日)現在の発行済株式総数7,055,400株の4.1%に相当しています。
                                 19/105


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1) 経営成績等の状況の概要
        当社グループ(当社、連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」とい
       う。)の状況の概要は次のとおりであります。
        なお、当連結会計年度の期首から「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                                        2020年3月31日。)等を
       適用しております。当連結会計年度に係る各数値については、当該会計基準等を適用した後の数値となっており
       ます。当該会計基準等の適用が財政状態及び経営成績等に与える影響の詳細については、「第5[経理の状
       況] 1[連結財務諸表等] (1)連結財務諸表 注記事項」の(会計方針の変更)と(セグメント情報等)を
       ご参照ください。
       ① 経営成績の状況
        当連結会計年度におけるわが国の経済は、ワクチン接種拡大や行動制限の緩和により緩やかな回復はみられた
       ものの、円安傾向は続き原材料価格の高騰やウクライナ情勢の緊迫した状況等から国際社会の混乱による経済の
       下振れ懸念を抱えており、依然として先行き不透明な状態となっております。
        こうした経済環境のもと、当社グループは「モノ認識」と「モバイル」を軸とした事業展開を行っておりま
       す。バーコードリーダー、RFIDリーダー/ライター、赤外線通信リーダーなどの「AsReader」の販売と、当該製
       品を活用するためのアプリケーションやシステムの提供により、お客様のDXを推進、省力化・効率化を進めて
       まいりました。また、次期主力製品のための画像認識技術の研究・開発を進めております。中でも人検出・動体
       追跡技術を用いたセミセルフレジシステム及び、製品及び特定の形状の製品をカウントするアプリケーションに
       つきましては、当連結会計年度に導入いただいた事例も発生し、2022年8月期中の販売開始を実現することとな
       りました。さらに、中長期的な成長を維持する観点から、営業・研究開発・広報・管理面での人材強化や、新た
       なDX提案に向けた研究開発の促進を図っております。とりわけ画像解析技術を活用したソリューションビジネ
       スの発展のため、AIの先端技術を開発するArchiTek株式会社と資本業務提携いたしました。
        以上の結果、当連結会計年度の業績は、売上高                      2,407,387千円       (前連結会計年度比         34.3%増    )、営業利益      400,204

       千円  (前連結会計年度比         76.6%増    )、経常利益      473,724千円      (前連結会計年度比         98.3%増    )、親会社株主に帰属する当
       期純利益    322,542千円      (前連結会計年度比         85.5%増    )となりました。
        セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

       (AsReader事業)
        AsReader事業の連結売上高は             1,992,388千円       (前連結会計年度比         35.8%増    )、セグメント利益は          576,753千円      (前連
       結会計年度比      57.2%増    )となりました。当社主力商品である「AsReader」の販売では、一部導入時期が遅れている
       案件もありますが、国内向けについては、小売業界向けの新規導入、製造業界、自動販売機業界、医療業界への
       販売が概ね堅調に推移したことに加え、防水対応の附属品販売や海外用途でのRFID関係の特需があり、また先述
       のように次期主力製品である人検出・動体追跡技術を用いたセミセルフレジシステムの導入及び、製品や特定の
       形状の製品をカウントするアプリケーションの販売が始まりました。海外向けについては、飲料メーカーへの大
       口納入がありました。
       (システムインテグレーション事業)

        システムインテグレーション事業の連結売上高は                       414,998千円      (前連結会計年度比         27.4%増    )、セグメント利益は
       29,153千円     (前連結会計年度比         25.5%減    )となりました。ソフトウエアの受託開発につきましては、ハードウエア
       との融合による新しいビジネスモデルへの転換を図り、利益体質の構築を目指してまいりました。
        小売業界、アパレル業界、物流業界、自動販売機業界向けシステム開発の受注、納品があり、概ね堅調に推移
       しましたが、一部進捗が遅れている案件について、予定原価が受注金額を超過する見込みとなり受注損失引当金
       を計上いたしましたが、セグメント利益については29,153千円を計上することができました。
                                 20/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       ② 財政状態の状況
       (資産)
        当連結会計年度末における資産合計は、                   2,519,553千円       となり、前連結会計年度末に比べ                1,039,833千円増加         い
       たしました。
        主な要因は、現金及び預金の増加586,764千円、研究所の建設による建設仮勘定等による有形固定資産の増加
       381,903千円、売掛金及び契約資産の増加163,986千円(注)、ArchiTek株式会社との資本業務提携による投資有価
       証券の増加104,000千円、その他流動資産の未収還付法人税等の増加13,317千円、その他流動資産の短期貸付金の
       増加12,095千円、原材料及び貯蔵品の減少18,437千円、商品及び製品の減少204,869千円によるものです。
        (注)連結貸借対照表上、前連結会計年度は「売掛金」、当連結会計年度は「売掛金及び契約資産」として表示
          されております。
       (負債)

        当連結会計年度末における負債合計は、                    447,333千円      となり、前連結会計年度末に比べ                559,468千円減少        いたし
       ました。
        主な要因は、短期借入金の減少361,000千円、長期借入金の減少80,477千円、1年内返済予定の長期借入金の減
       少56,755千円、契約負債の減少53,487千円(前連結会計年度は「その他流動負債のうちの前受金、前受収益」)に
       よるものです。
       (純資産)

        当連結会計年度末における純資産合計は                   2,072,219千円       となり、前連結会計年度末に比べ                1,599,302千円増加         い
       たしました。
        主な要因は、株式上場による資本金の増加639,412千円及び資本剰余金の増加639,412千円、利益剰余金の増加
       322,542千円によるものであります。
       ③ キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末に比べ、                                              587,364千
       円増加   し、  936,086千円      となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次
       のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動の結果得られた資金は              300,046千円      (前連結会計年度は、          380,379千円      の獲得)となりました。
        これは主に、税金等調整前当期純利益474,706千円、棚卸資産の減少297,585千円が資金増加の要因、その他流
       動資産の立替金及び前払費用の増加13,847千円、仕入債務の減少78,623千円、売上債権の増加159,618千円、法人
       税等の支払163,295千円、その他流動負債の契約負債の減少53,487千円(前連結会計年度は「その他流動負債のう
       ちの前受金、前受収益」)及びその他流動負債の未払消費税等の減少14,798千円が資金減少の要因であります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動の結果使用した資金は              518,668千円      (前連結会計年度は、          303,632千円      の使用)となりました。
        これは主に、貸付金の回収による収入23,425千円が資金増加の要因、貸付けによる支出35,520千円、投資有価
       証券の取得による支出104,000千円及び有形固定資産の取得による支出395,369千円が資金減少の要因でありま
       す。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動の結果得られた資金は              780,593千円      (前連結会計年度は、          16,716千円     の獲得)となりました。
        これは主に、株式の発行による収入1,278,825千円が資金増加の要因、短期借入金の純減少額361,000千円、長
       期借入金の返済による支出137,232千円が資金減少の要因であります。
                                 21/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       ④ 生産、受注及び販売の実績
        a.生産実績
         当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
             セグメントの名称                   金額(千円)              前年同期比(%)

       AsReader事業                                 -               -

       システムインテグレーション事業                              414,998                127.4

                合計                      414,998                127.4

     (注)   1.金額は販売価格によっております。
       2.AsReader事業につきましては生産を外部に委託しておりますので、該当事項はありません。
        b.受注実績

         当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                          受注高        前年同期比         受注残高        前年同期比

         セグメントの名称
                          (千円)         (%)        (千円)         (%)
    AsReader事業                      1,450,993           94.2       147,225          29.7

    システムインテグレーション事業                       530,285          174.4        80,822          90.9

            合計              1,981,278           107.4        228,047          39.0

     (注)   金額は販売価格によっており、セグメント間の取引については相殺消去しております。
        c.販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
          セグメントの名称                   金額(千円)              前年同期比(%)

    AsReader事業                              1,992,388                 135.8

    システムインテグレーション事業                               414,998                127.4

             合計                     2,407,387                 134.3

     (注)   1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
       2.最近2連結会計年度における主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のと
         おりであります。
                        前連結会計年度                   当連結会計年度

                       (自    2020年9月1日                 (自    2021年9月1日
                       至   2021年8月31日       )          至   2022年8月31日       )
         相手先
                    金額(千円)          割合(%)         金額(千円)          割合(%)
    Unitech    America,Inc.

                          -          -       586,140           24.3
    ソフトバンク株式会社                   360,458           20.1        245,035           10.2

    株式会社NIP                      -          -       245,000           10.2

    株式会社NTTドコモ                   226,164           12.6        161,267            6.7

                                 22/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      (2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
       す。なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
       ① 重要な会計上の見積もり及び当該見積もりに用いた仮定

        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
       ております。この連結財務諸表の作成にあたっては、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収
       益・費用の報告数値に影響を与える見積りを必要とします。経営者は、これらの見積りについて過去の実績や現
       状等を勘案し合理的に判断しておりますが、実際の結果が見積りと異なる場合があります。
        なお、当社の連結財務諸表で採用する重要な会計方針は「第5経理の状況 1連結財務諸表等 (1)連結財務
       諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)」に記載のとおりです。
        (繰延税金資産の回収可能性)

        当社グループは、繰延税金資産を回収可能と考えられる金額まで減額するために評価性引当額を計上しており
       ます。評価性引当額の必要性を検討するにあたっては、将来の課税所得見込み及び税務計画を検討しますが、繰
       延税金資産の全部又は一部を将来回収できないと判断した場合、繰延税金資産を取崩し、費用として計上いたし
       ます。
       (受注制作のソフトウエアに係る売上高及び売上原価)

        当社グループは、ソフトウエア受託開発に係る収益につき、連結会計年度末までの進捗部分について工事進行
       基準(プロジェクトの進捗率の見積りは原価比例法)を適用しております。収益総額、見積総原価及び決算日に
       おける進捗率について、当初の見積りが変更された場合、認識された損益に影響を及ぼす可能性があります。
       (棚卸資産の評価減)

        当社グループは、棚卸資産の評価基準について原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用してお
       り、正味売却価額が簿価を下回る場合は簿価の切下げを行うほか、期末数量に対して一定以上の販売実績や払出
       実績がない場合に、棚卸資産の評価減を実施しております。
       ② 経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

       (売上高) 
        当連結会計年度の売上高は、              2,407,387千円       (前年同期比      34.3%増    )となりました。セグメント別の売上高につ
       いては次のとおりとなっております。
        AsReader事業:国内では自動車メーカー、ホームセンター、工具メーカー向けの新規納入、飲料メーカー、医

       療品業界への販売が堅調に推移し、海外向けでは畜産業向けのRFID、飲料メーカー向けのバーコードリーダーの
       新規納入があり、順調に売上を伸ばしました。その結果、当連結会計年度におけるセグメント売上高は、
       1,992,388千円       (前年同期比      35.8%増    )となっております。
        システムインテグレーション事業:飲食店向けのシステム開発、家電量販店向けシステム開発、アパレル向け
       システム開発、飲料メーカー向けシステム開発、リース会社向けシステム開発、物流向けシステム開発、菓子店
       向けシステム開発受注があり、一部案件は計画より進捗が遅れているものの、当連結会計年度におけるセグメン
       ト売上高は、      414,998千円      (前年同期比      27.4%増    )となりました。
       (営業費用及び営業利益)

        当連結会計年度の売上原価及び販売費及び一般管理費を合算した営業費用は、2,007,182千円(前年同期比
       28.2%増)となりました。これは売上高増加に伴う売上原価の増加及び、販売費及び一般管理費における、人員
       増加に伴う給与の増加、新規上場関連費用の増加、特許訴訟関連の裁判関連費用の増加によるものです。当該営
       業費用の増加要因を上回る売上総利益の増加があり、この結果、営業利益は、                                     400,204千円      (前年同期比      76.6%
       増 )となりました。
                                 23/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       (営業外損益及び経常利益)
        当連結会計年度において、受取利息及び配当金122千円、為替差益72,243千円等により営業外収益が                                                73,653千
       円 、支払利息23千円により営業外費用が                  132千円    発生しております。この結果、経常利益は、                     473,724千円      (前年
       同期比   98.3%増    )となりました。
       (特別損益、法人税等及び親会社株主に帰属する当期純利益)

        当連結会計年度において、補助金収入により、特別利益が                            981千円    発生、特別損失は固定資産除却損が少額発生
       しております。法人税、住民税及び事業税と法人税等調整額を合算した法人税等は                                      152,164千円      となりました。こ
       の結果、親会社株主に帰属する当期純利益は、                     322,542千円      (前年同期比      85.5%増    )となりました。
       ③ キャッシュ・フローの分析

         各キャッシュ・フローの分析については、「(1)経営成績等の状況の概要③ キャッシュ・フローの状況」
        に記載のとおりであります。
       ④ 経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等について

         当連結会計年度の受注高は、              1,981百万円      、受注件数は2,771件、受注単価は673千円となりました。前年同期
        と比較して受注高は         136百万円の増加        し、件数は514件増加しましたが、受注単価は121千円減少しております。
        小売業界、製造業界、自動販売機業界、医療業界向けを中心に受注獲得がてきております。
       ⑤ 経営成績に重要な影響を与える要因について

         当社グループの将来の財政状態及び経営成績に重要な影響を与えるリスク要因については、「2 事業等の
        リスク」に記載のとおりであります。
       ⑥ 資本の財源及び資金の流動性についての分析

        当社グループにおける資金需要は、主として短期の運転資金であります。運転資金のうち主なものは売上原価
       である生産委託先からの製品仕入高やシステムインテグレーション事業における開発委託先への外注費、画像認
       識技術・センサー技術・RFID技術等の研究による研究開発費の先行支出であります。これらにつきまして、自己
       資金、金融機関からの短期借入金により資金を調達することとしております。また、長期の運転資金や設備投資
       につきましては、自己資金、金融機関からの長期借入金、新株発行による調達資金により充当することを基本方
       針としております。
        なお、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の期末残高は                                936,086千円      、有利子負債の残高はございま
       せん。
                                 24/105









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    4  【経営上の重要な契約等】
     契約会社名      相手方の名称       国名    契約品目      契約締結日          契約内容            契約期間

    株式会社
                                   売買基本契約             1年
           SPS  Inc.
    アスタリスク              韓国   AsReader      2016年9月1日
                                   AsReaderの製造に関する契約             (1年ごとの自動更新)
    (当社)
                                   開発・製造・販売ライセンス
                                   〔主な内容〕
    株式会社                              ・認証製品の開発許可及び認
                                               1年
           Apple   Inc.
    アスタリスク              米国   AsReader      2012年11月26日        証製品が製造可能な指定工
                                               (1年ごとの自動更新)
    (当社)                               場への製造委託の許可
                                   ・Apple社製品のための商品で
                                    あることの表示許可
                                   資本業務提携
                                   〔資本業務提携の理由〕
                                    伊藤忠紙パルプ株式会社と
                                   資本業務提携を通じ、両社の
                                   持つ固有のノウハウを共有
                                   し、リソースを融合すること
                                   で、顧客企業へのより広範な
                                   ビジネスソリューションの創
                                   出・提供を行い、相互の事業
                                   発展とビジネスにおいての
                                   IoT、自動認識の新しい価値づ
                                   くりをしていくことで、今後
                                   当社グループの業績拡大と発
                                   展に大きく繋がるものと考
                                   え、本資本業務提携契約を締
                                   結することといたしました。
                                   〔業務提携の内容〕
                                   a.伊藤忠紙パルプ株式会社の
    株式会社
           伊藤忠紙パルプ                        商社機能と、当社の商品力を
    アスタリスク              日本     -    2019年5月31日                        -
           株式会社                        活用した双方の業務拡大の推
    (当社)
                                   進
                                   b.顧客開拓のための営業活動
                                   の相互支援
                                   c.新製品開発提案
                                   d.製品開発、生産業務
                                   〔資本提携の内容〕
                                   当社代表取締役執行役員社長
                                   (鈴木規之)は、2019年6月4
                                   日に、伊藤忠紙パルプ株式会
                                   社との間で市場外の相対取引
                                   により当社普通株式128,000株
                                   を譲渡する契約を締結しまし
                                   た。これにより伊藤忠紙パル
                                   プ株式会社の総株主等の議決
                                   権に対する保有割合は10.0%
                                   (本書提出日現在での保有割合
                                   は3.9%)となり、当社の主要
                                   株主となりました。
                                 25/105









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    5  【研究開発活動】
      当社グループの研究開発活動は、すべてAsReader事業に属しております。
      当社グループの研究開発の大部分を当社が行っており、一部ハードウエア及びソフトウエアの開発を中国の子会社
     (大連明日星科技有限公司)が担っております。顧客企業がIoT活用やDXなどを推進することができるようなAsReader
     製品の開発を進めております。
      当社の主力製品であるバーコードリーダーやRFIDリーダーにおいて、iPod                                   touchの生産終了や昨今の円安の影響で

     の価格上昇により企業でのスマートデバイスの導入はiOS製品よりAndroid製品がより増加しております。この市場の
     ニーズに伴い当社でもAndroid製品に対応したリーダー製品の開発を進めており既に市場に投入できる性能の製品を展
     開しておりますが、さらに多くのお客様の要望に応えることのできる高性能で且つ価格を抑えた戦略モデルの開発を
     進めております。
      また昨今の半導体不足の影響により既存製品も部材の見直し等の再開発が必要となり、殆どの主要製品について刷
     新を行ってまいりました。
      研究開発のカテゴリとしては、自動認識の分野で目に見えるものを識別する画像認識技術と、目に見えないものを
     識別するRFID技術を2つの柱とし、それぞれの新製品に繋がる基礎技術の研究を行っております。主な研究開発の成
     果は以下のとおりであり、当連結会計年度における当社グループの研究開発費は                                     27,715   千円となりました。
      (1)画像認識技術(モノ認識、人追跡)の研究の成果

        前期から引き続き人検出・動体追跡、画像合成、画像追跡などの技術開発を実施してまいりましたが、その成
       果のひとつとして、アパレル業界にRFIDと動体追跡を組み合わせたPOSシステムを提供いたしました。このPOSシ
       ステムはセルフレジとなりますが、お客様自身が購入商品を当社のRFID読取装置(ReadingTub)の上に置くこと
       により購入商品が一括読み取りされ、その後お客様が離れた場所にある複数の自動精算装置に移動し、任意の自
       動精算装置の前に立つだけで、購入商品の支払いが可能となります。当社の動体追跡のAI技術により、このRFID
       読取装置から自動精算装置の間を移動するお客様と購入商品の動きを追跡管理することで、一般のセルフレジの
       課題である操作の難しさを、より簡素化した支払いの仕組みとして構築しております。
      (2)生体認証技術(顔、虹彩、声紋)の研究の成果

        画像認識技術の一貫で顔や虹彩での認証、また声紋の認証など複数の生体情報を組み合わせた認証技術の研究
       を進めています。この研究開発の結果として、2022年4月にスマートデバイスで顔認証を行うクラウドサービス
       「AsReader      One(アズリーダーワン)」を発表しました。AsReader                          Oneは当社のコンセプトである「モノ認識」
       と「モバイル」のコンセプトのもと、既存の自動認識製品とは異なる新しい事業となりますが、顔認証により数
       万人の登録者から瞬時に個人の特定ができるため、店舗での会員管理やビルの入出管理など多くのシーンで利用
       することができます。更にAsReader                 Oneを活用した独自の入退場管理システムの開発も進めており、2022年内に
       リリースを行う予定で進めております。
      (3)RFIDリーダーの運用を考慮したバリエーションの研究の成果

        2022年8月期にアメリカのRFID展示会にて、プロトタイプを出展したRFIDリーダーのエクステンドタイプは、
       日本国内でのお客様からのニーズを踏まえ、更に高所や狭所での棚卸しなどにおいて、運用上使いやすい形状と
       なるよう、研究を行いました。その結果、ラケット形にリデザインした新しいRFIDリーダー「PADDLE-Type」を、
       2022年6月のアメリカのRFID展示会で出展し、2023年8月期のリリースを予定しております。また主にRFIDの市
       場規模が大きい中国市場を見据え、汎用の小型RFIDの研究も進めております。こちらに関しても中国国内で公に
       展示会が開催されるようになり次第、プロトタイプの出展を予定しております。
                                 26/105





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

      当連結会計年度における当社グループの設備投資は、AsReader事業に係る設備投資として製品の金型等生産設備
     11,587千円、パソコン145千円、及びソフトウエアの取得8,556千円、システムインテグレーション事業に係る設備投
     資として子会社におけるパソコン等設備投資492千円、全社に係る設備投資として研究施設に係る建設仮勘定380,076
     千円、パソコン等IT設備投資(ハードウエア及びソフトウエア)1,358千円となっております。この結果、当連結会計
     年度の設備投資総額は          402,217    千円となっております。なお、重要な設備の除却又は売却は行っておりません。
    2 【主要な設備の状況】

      当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
      当社は、ハードウエアの生産をEMS生産によっているため、生産のための主要な設備はありませんが、金型につきま
     しては、当社の固定資産に計上し、生産委託会社に無償貸与しております。
      システムインテグレーション事業に関する主要な設備はありません。
      全社共通で、研究施設建設用地及び建設仮勘定、展示会などの販促活動で使用するLEDパネル、PC等があります。
     (1) 提出会社

                                                2022年8月31日       現在
                                    帳簿価額(千円)
      事業所名       セグメント                                         従業員数
                   設備の内容
                          建物    工具、
      (所在地)        の名称                                         (人)
                                    土地    ソフト
                          附属    器具及び               その他     合計
                                   (面積㎡)     ウエア
                          設備     備品
                   本社ソフト
                                   292,589
             全社共通      ウエア、販          -   1,838         1,100   380,076     675,604        10
                                   (346.13)
    本社
                   促用LED、PC
    (大阪市淀川区)
             AsReader      金型及び検
                            -   9,489       -  15,220     4,816     29,526       33
             事業      査機器
    東京事業所               ショールー
             全社共通              1,351       -     -    -     -   1,351       1
    (東京都中央区)               ム
    名古屋営業所
             全社共通      営業用車両          -     -     -    -     0     0     -
    (名古屋市中区)
     (注)   1.帳簿価額のうち「その他」は、車両運搬具、建設仮勘定及びソフトウエア仮勘定であります。
       2.帳簿価額は、未実現利益控除前の金額であります。
       3.上記の他、連結会社以外の者から賃借している主要な設備として、以下のものがあります。
                事業所名                                 年間賃借料

                           セグメントの名称            設備の内容
                (所在地)                                   (千円)
          本社
                           全社共通          本社事務所                12,828
          (大阪市淀川区)
          東京事業所
                           全社共通          事務所                10,874
          (東京都中央区)
          名古屋営業所
                           全社共通          事務所                  600
          (名古屋市中区)
                                 27/105






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
     (2)   在外子会社
       主要な設備は該当事項ありません。連結会社以外の者から賃借している主要な設備として、以下のものがありま
      す。
                                               2022年8月31日       現在
                     事業所名                          年間賃借料      従業員数
        会社名                     セグメントの名称          設備の内容
                     (所在地)                          (千円)       (人)
                              AsReader事業
                 本社事務所
    大連明日星科技有限公司                         システムインテグ         事務所          2,662       24
                 (中国 遼寧省大連市)
                              レーション事業
                              AsReader事業
                 深圳事務所
    大連明日星科技有限公司                         システムインテグ         事務所          1,713       4
                 (中国 広東省深圳市)
                              レーション事業
                 本社事務所
    AsReader,Inc.            (米国 オレゴン州             AsReader事業         事務所          2,813       5
                  ポートランド市)
                 本社事務所
    AsReader     Europe    B.V.
                 (オランダ             AsReader事業         事務所          2,024       2
                  ロッテルダム市)
    3 【設備の新設、除却等の計画】

      重要な設備の新設、除却等の計画は次のとおりであります。
     (1)   重要な設備の新設

                             投資予定金額             着手及び完了予定年月
        事業所名      セグメント                       資金調達                完成後の
    会社名                 設備の内容
        (所在地)       の名称                       方法               増加能力
                             総額   既支払額
                                           着手      完了
                             (千円)    (千円)
        大阪本社            新型AsReader
     当社    (大阪市     AsReader事業       とケースの金        25,000     -   自己資金     2022年9月      2023年8月       (注)2
         淀川区)            型
                     生産管理・研
         研究所
                     究開発施設                 借入金
                             930,000    674,315
     当社    (大阪市      全社共通                           2021年7月      2023年1月       (注)2
                     (土地及び建                 増資資金
         淀川区)
                     物)
         研究所

                     研究開発・評
     当社    (大阪市     AsReader事業               20,000     -   増資資金     2022年12月      2023年8月       (注)2
                     価設備
         淀川区)
     (注)   1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。

       2.完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
     (2)   重要な設備の除却等

      該当事項はありません。
                                 28/105








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    28,200,000

                計                                   28,200,000

      ②  【発行済株式】

               事業年度末現在           提出日現在

                                 上場金融商品取引所
        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                 商品取引業協会名
               ( 2022年8月31日       )  (2022年11月25日)
                                           完全議決権株式であり、権利
                                           内容に何ら限定のない当社に
                                  東京証券取引所
      普通株式           7,055,400          7,055,400               おける標準となる株式であり
                                   グロース市場
                                           ます。なお、単元株式数は
                                           100株であります。
        計          7,055,400          7,055,400         ―            ―
     (注) 提出日現在の発行数には、2022年11月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
        された株式数は、含まれておりません。
                                 29/105












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
     (2) 【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
    第1回新株予約権
    決議年月日                       2015年4月20日
                        当社取締役                  5
                        当社監査役                  2(注)3
    付与対象者の区分及び人数(名)
                        当社従業員                                          26
                        子会社取締役                 1
    新株予約権の数(個) ※                               11,850 [11,850](注)1
    新株予約権の目的となる株式の種類、内
                                普通株式        47,400 [47,400](注)1
    容及び数(株) ※
                                       25  (注)2
    新株予約権の行使時の払込金額(円)※
                                    自 2017年4月21日
    新株予約権の行使期間 ※
                                    至 2025年4月20日
    新株予約権の行使により株式を発行する
                                   発行価格                25 
    場合の株式の発行価格及び資本組入額
                                   資本組入額    12.50 
    (円) ※
                        ①本新株予約権は、当社の株式が株式会社東京証券取引所又はその他の証
                        券取引所が開設する証券市場に上場する日までは本新株予約権の権利を行
                        使することができないものとする。
                        ②新株予約権の割当を受けた者(以下、「新株予約権者」という。)が死
                        亡した場合、相続人による新株予約権の相続は認めない。
                        ③新株予約権者が権利行使時においても当社又は当社子会社の取締役、監
    新株予約権の行使の条件 ※
                        査役、執行役員又は使用人の地位にあることを条件とする。ただし、新株
                        予約権の割当てを受けた者が任期満了により退任又は定年退職した場合、
                        その他正当な理由がある場合は、この限りではない。
                        ④その他の行使の条件については、株主総会及び取締役会決議に基づき、
                        当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約書」に定める
                        ところによる。
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※                     本新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                         -
    に関する事項 ※
     ※ 当事業年度の末日(2022年8月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
       現在(2022年10月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
       載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式の数は1株であります。
         権利付与日以降、当社が株式分割(株式無償割当を含む。以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式
         により目的である株式の数を調整いたします。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使
         されていない新株予約権の目的である株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数について
         は、これを切り捨てるものとします。
          調整後株式数         = 調整前株式数         × 分割・併合の比率
       2.新株予約権の行使時の払込金額
         権利付与日以降、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整により
         生じる1円未満の端数は切り上げるものとします。
                                1
          調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                            分割・併合の比率
         また、発行日以降、当社が時価を下回る価額で新株を発行する場合(新株予約権の行使によるものを除
         く。)、又は、当社が時価を下回る価額で自己株式を処分する場合(以下の算式において、新規発行には処
         分も含むものとし、その場合の「新規発行株式数」は「処分する自己株式数」と「新規発行前の株価」は
         「処分前の株価」と読み替えるものとする。)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1
         円未満の端数は切り上げるものとします。
                                     新規発行株式数×1株当たりの払込金額
                            既発行株式数      +
                                          新規発行前の株価
          調整後行使価額       = 調整前行使価額        ×
                                    既発行株式数+新規発行株式数
         なお、算式中の既発行株式数には当社が保有する自己株式を含まないものとします。
       3.従業員の退職による権利喪失、取締役の退任(従業員への変更)、監査等委員会設置会社への移行に伴う監
         査役から取締役監査等委員への就任、従業員から子会社取締役への就任及び権利行使により、本書提出日の
         前月末(2022年10月31日)現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社取締役(監査等委員である取締役
         を除く)1名、当社従業員1名、子会社取締役1名となっております。
       4.2021年11月26日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行ったことにより「新株予約権の目的とな
         る株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権行使により株式を発行
         する場合の株式の発行価額及び資本組入額」が調整されております。
                                 30/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    第2回新株予約権
    決議年月日                       2016年10月1日
                        当社取締役                                        1
                        当社従業員                                        18(注)3
    付与対象者の区分及び人数(名)
                        子会社取締役                                       1
                        子会社従業員                                       1
    新株予約権の数(個) ※                               5,000 [5,000](注)1
    新株予約権の目的となる株式の種類、内
                                普通株式        20,000 [20,000](注)1
    容及び数(株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額(円)※                                  250 (注)2
                                    自 2018年11月1日
    新株予約権の行使期間 ※
                                    至 2026年8月31日
    新株予約権の行使により株式を発行する
                                  発行価格                   250 
    場合の株式の発行価格及び資本組入額
                                  資本組入額    125 
    (円) ※
                        ①本新株予約権は、当社の株式が株式会社東京証券取引所又はその他の証
                        券取引所が開設する証券市場に上場する日までは本新株予約権の権利を行
                        使することができないものとする。
                        ②新株予約権の割当を受けた者(以下、「新株予約権者」という。)が死
                        亡した場合、相続人による新株予約権の相続は認めない。
                        ③新株予約権者が権利行使時においても当社又は当社子会社の取締役、監
    新株予約権の行使の条件 ※
                        査役又は使用人の地位にあることを条件とする。ただし、新株予約権の割
                        当てを受けた者が任期満了により退任又は定年退職した場合、その他正当
                        な理由がある場合は、この限りではない。
                        ④その他の行使の条件については、株主総会及び取締役会決議に基づき、
                        当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約書」に定める
                        ところによる。
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※                     本新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                         -
    に関する事項 ※
     ※ 当事業年度の末日(2022年8月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
       現在(2022年10月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
       載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式の数は1株であります。
         権利付与日以降、当社が株式分割(株式無償割当を含む。以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式
         により目的である株式の数を調整いたします。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使
         されていない新株予約権の目的である株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数について
         は、これを切り捨てるものとします。
          調整後株式数         = 調整前株式数         × 分割・併合の比率
       2.新株予約権の行使時の払込金額
         権利付与日以降、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整により
         生じる1円未満の端数は切り上げるものとします。
                                1
          調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                            分割・併合の比率
         また、発行日以降、当社が時価を下回る価額で新株を発行する場合(新株予約権の行使によるものを除
         く。)、又は、当社が時価を下回る価額で自己株式を処分する場合(以下の算式において、新規発行には処
         分も含むものとし、その場合の「新規発行株式数」は「処分する自己株式数」と「新規発行前の株価」は
         「処分前の株価」と読み替えるものとする。)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1
         円未満の端数は切り上げるものとします。
                                     新規発行株式数×1株当たりの払込金額
                            既発行株式数      +
                                          新規発行前の株価
          調整後行使価額       = 調整前行使価額        ×
                                    既発行株式数+新規発行株式数
         なお、算式中の既発行株式数には当社が保有する自己株式を含まないものとします。
       3.従業員の退職、子会社取締役の退任による権利喪失、子会社従業員から子会社取締役への就任及び権利行使
         により、本書提出日の前月末(2022年10月31日)現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社取締役(監
         査等委員である取締役を除く)1名、子会社取締役1名となっております。
       4.2021年11月26日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行ったことにより「新株予約権の目的とな
         る株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権行使により株式を発行
         する場合の株式の発行価額及び資本組入額」が調整されております。
                                 31/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    第3回新株予約権
    決議年月日                       2018年12月28日
                        当社取締役(監査等委員である取締役を除く)                         3
                        当社取締役監査等委員                                   3
    付与対象者の区分及び人数(名)
                        当社従業員                                        42(注)3
                        子会社取締役                                       3
    新株予約権の数(個) ※                                7,000 [7,000](注)1
    新株予約権の目的となる株式の種類、内
                                普通株式  28,000 [28,000](注)1
    容及び数(株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額(円)※                                  375 (注)2
                                    自 2021年2月1日
    新株予約権の行使期間 ※
                                    至 2028年11月30日
    新株予約権の行使により株式を発行する
                                  発行価格                    375 
    場合の株式の発行価格及び資本組入額
                                 資本組入額    187.50 
    (円) ※
                        ①本新株予約権は、当社の株式が株式会社東京証券取引所又はその他の証
                        券取引所が開設する証券市場に上場する日までは本新株予約権の権利を行
                        使することができないものとする。
                        ②新株予約権の割当を受けた者(以下、「新株予約権者」という。)が死
                        亡した場合、相続人による新株予約権の相続は認めない。
                        ③新株予約権者が権利行使時においても当社又は当社子会社の取締役、監
    新株予約権の行使の条件 ※
                        査役又は使用人の地位にあることを条件とする。ただし、新株予約権の割
                        当てを受けた者が任期満了により退任又は定年退職した場合、その他正当
                        な理由がある場合は、この限りではない。
                        ④その他の行使の条件については、株主総会及び取締役会決議に基づき、
                        当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約書」に定める
                        ところによる。
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※                     本新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                         -
    に関する事項 ※
     ※ 当事業年度の末日(2022年8月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
       現在(2022年10月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
       載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式の数は1株であります。
         権利付与日以降、当社が株式分割(株式無償割当を含む。以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式
         により目的である株式の数を調整いたします。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使
         されていない新株予約権の目的である株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数について
         は、これを切り捨てるものとします。
          調整後株式数         = 調整前株式数         × 分割・併合の比率
       2.新株予約権の行使時の払込金額
         権利付与日以降、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整により
         生じる1円未満の端数は切り上げるものとします。
                                1
          調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                            分割・併合の比率
         また、発行日以降、当社が時価を下回る価額で新株を発行する場合(新株予約権の行使によるものを除
         く。)、又は、当社が時価を下回る価額で自己株式を処分する場合(以下の算式において、新規発行には処
         分も含むものとし、その場合の「新規発行株式数」は「処分する自己株式数」と「新規発行前の株価」は
         「処分前の株価」と読み替えるものとする。)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1
         円未満の端数は切り上げるものとします。
                                     新規発行株式数×1株当たりの払込金額
                            既発行株式数      +
                                          新規発行前の株価
          調整後行使価額       = 調整前行使価額        ×
                                    既発行株式数+新規発行株式数
         なお、算式中の既発行株式数には当社が保有する自己株式を含まないものとします。
       3.従業員の退職、子会社取締役の退任による権利喪失及び従業員から子会社取締役への就任及び権利行使によ
         り、本書提出日の前月末(2022年10月31日)現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社取締役(監査等
         委員である取締役を除く)1名、当社従業員2名、子会社取締役2名となっております。
       4.2021年11月26日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行ったことにより「新株予約権の目的とな
         る株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権行使により株式を発行
         する場合の株式の発行価額及び資本組入額」が調整されております。
                                 32/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    第4回新株予約権
    決議年月日                       2021年1月5日
                        当社取締役(監査等委員である取締役を除く)                         4
                        当社従業員                                        46(注)3
    付与対象者の区分及び人数(名)
                        子会社取締役                                       4
    新株予約権の数(個) ※                               49,500 [49,500](注)1
    新株予約権の目的となる株式の種類、内
                                普通株式  198,000 [198,000](注)1
    容及び数(株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額(円)※                                  575 (注)2
                                    自 2023年1月6日
    新株予約権の行使期間 ※
                                    至 2031年1月5日
    新株予約権の行使により株式を発行する
                                  発行価格                     575 
    場合の株式の発行価格及び資本組入額
                                 資本組入額     287.50 
    (円) ※
                        ①本新株予約権は、当社の株式が株式会社東京証券取引所又はその他の証
                        券取引所が開設する証券市場に上場する日までは本新株予約権の権利を行
                        使することができないものとする。
                        ②新株予約権の割当を受けた者(以下、「新株予約権者」という。)が死
                        亡した場合、相続人による新株予約権の相続は認めない。
    新株予約権の行使の条件 ※
                        ③新株予約権者が権利行使時においても当社又は当社子会社の取締役、監
                        査役又は使用人の地位にあることを条件とする。
                        ④その他の行使の条件については、株主総会及び取締役会決議に基づき、
                        当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約書」に定める
                        ところによる。
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※                     本新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                         -
    に関する事項 ※
     ※ 当事業年度の末日(2022年8月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
       現在(2022年10月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
       載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式の数は1株であります。
         権利付与日以降、当社が株式分割(株式無償割当を含む。以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式
         により目的である株式の数を調整いたします。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使
         されていない新株予約権の目的である株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数について
         は、これを切り捨てるものとします。
          調整後株式数         = 調整前株式数         × 分割・併合の比率
       2.新株予約権の行使時の払込金額
         権利付与日以降、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整により
         生じる1円未満の端数は切り上げるものとします。
                                1
          調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                            分割・併合の比率
         また、発行日以降、当社が時価を下回る価額で新株を発行する場合(新株予約権の行使によるものを除
         く。)、又は、当社が時価を下回る価額で自己株式を処分する場合(以下の算式において、新規発行には処
         分も含むものとし、その場合の「新規発行株式数」は「処分する自己株式数」と「新規発行前の株価」は
         「処分前の株価」と読み替えるものとする。)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1
         円未満の端数は切り上げるものとします。
                                     新規発行株式数×1株当たりの払込金額
                            既発行株式数      +
                                          新規発行前の株価
          調整後行使価額       = 調整前行使価額        ×
                                    既発行株式数+新規発行株式数
         なお、算式中の既発行株式数には当社が保有する自己株式を含まないものとします。
       3.従業員の退職による権利喪失、従業員から取締役への就任及び取締役(監査等委員である取締役を除く)か
         ら取締役(監査等委員)への就任により、本書提出日の前月末(2022年10月31日)現在の「付与対象者の区分
         及び人数」は、当社取締役(監査等委員である取締役を除く)4名、当社取締役(監査等委員)1名、当社従
         業員44名、子会社取締役4名となっております。
       4.2021年11月26日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行ったことにより「新株予約権の目的とな
         る株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権行使により株式を発行
         する場合の株式の発行価額及び資本組入額」が調整されております。
                                 33/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      ②  【ライツプランの内容】
        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)   【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

       年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    2021年9月30日
                 350,000      1,630,000        531,300       681,300       531,300       671,300
    (注)1
    2021年10月29日
                 52,500      1,682,500         79,695       760,995        79,695       750,995
    (注)2
    2021年9月30日~
    2022年11月25日             81,200      1,763,700         28,410       789,405        28,410       779,405
    (注)3
    2021年11月26日
                5,291,100       7,054,800           -     789,405          -     779,405
    (注)4
    2021年11月26日~
    2022年8月31日               600    7,055,400           7    789,412          7    779,412
    (注)3
     (注)1.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
         発行価格                3,300円
         引受価額               3,036円
         資本組入れ額    1,518円
         払込金総額  1,062,600千円
       2.有償一般募集(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
          割当価格      3,036円
          資本組入れ額    1,518円
          割当先             野村證券株式会社
       3.新株予約権の行使による増加であります。
       4.株式分割(1:4)によるものであります。
                                 34/105








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
     (5)   【所有者別状況】

                                                2022年8月31日       現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満
      区分                            外国法人等                   株式の状況
           政府及び
                      金融商品      その他                個人
                                                       (株)
           地方公共     金融機関                                 計
                      取引業者      の法人                その他
            団体
                                個人以外      個人
    株主数(人)          -     2     29     58     13     21    6,155     6,278        -

    所有株式数
               -     24    2,729     35,513       280      74   31,831     70,451      10,300
    (単元)
    所有株式数
               -    0.03     3.87     50.41      0.40     0.11     45.18     100.00        -
    の割合(%)
     (6)   【大株主の状況】

                                               2022年8月31日       現在
                                                  発行済株式
                                                  (自己株式を
                                           所有株式数        除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                            (株)      総数に対する
                                                  所有株式数
                                                  の割合(%)
    トリプルウィン株式会社                滋賀県大津市朝日が丘2丁目3番9号                        3,200,000          45.35
    伊藤忠紙パルプ株式会社                東京都中央区日本橋大伝馬町1-4                         278,300         3.94

    鈴木   規之

                    滋賀県大津市                         162,000         2.29
    野村證券株式会社                東京都中央区日本橋1丁目13番1号                         122,200         1.73

    熊本   尚樹

                    滋賀県草津市                         121,000         1.71
    三菱UFJキャピタル5号投資
                    東京都中央区日本橋2丁目3番4号                         120,000         1.70
    事業有限責任組合
    薛  文宝
                    兵庫県尼崎市                         60,000         0.85
    松島 裕一郎                大阪市西淀川区                         51,000         0.72

    大川   貴之

                    神戸市中央区                         31,000         0.43
    株式会社SBI証券                東京都港区六本木1丁目6番1号                         30,446         0.43

           計                   -              4,175,946          59.18

                                 35/105







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
     (7)   【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                                2022年8月31日       現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
    無議決権株式                        -          -          -

    議決権制限株式(自己株式等)                        -          -          -

    議決権制限株式(その他)                        -          -          -

    完全議決権株式(自己株式等)                        -          -          -

                                         権利内容に何ら限定のない当社にお
                                         ける標準となる株式であります。
                     普通株式    7,045,100
    完全議決権株式(その他)                                70,451
                                         なお、単元株式数は100株でありま
                                         す。
                     普通株式      10,300
    単元未満株式                                   -          -
    発行済株式総数                     7,055,400              -          -

    総株主の議決権                        -        70,451            -

      ② 【自己株式等】

        該当事項はありません。
    2 【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】         該当事項はありません。
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

       該当事項はありません。
    3 【配当政策】

      当社は、将来の事業展開などを総合的に勘案しつつ、株主各位に対する利益還元である配当と経営体制強化及び今
     後の事業拡大のための内部留保、そして経営活性化のための役員及び従業員へのインセンティブにも留意し、適正な
     利益配分を実施することを基本方針としております。
      一方で、当社は現在成長過程にあり、内部留保の充実を図ることが必要な段階にあることから、設立以来剰余金の
     配当を実施しておりません。今後は、業績や配当性向、将来的な成長戦略などを総合的に勘案して決定していく方針
     ですが、現時点において配当実施の可能性及びその実施時期については未定であります。
      内部留保資金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応できる経営体制強化及び事業拡大のための投
     資等に充当していく予定であります。なお、剰余金の配当を行う場合、年1回の期末配当を基本的な方針としてお
     り、その決定機関は株主総会であります。また、毎年2月末日を基準日として、取締役会の決議によって、中間配当
     をすることができる旨を定款に定めております。
                                 36/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)   【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、企業価値の継続的向上を目的に、経営の透明性と健全性の確保及び環境の変化に迅速・適切に対応で
       きる経営機能の強化を図ることがコーポレート・ガバナンスの確立において重要であると考えております。今後
       も適切なコーポレート・ガバナンスのあり方を検討してまいります。
      ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

       イ.企業統治の体制の概要
         当社は、2018年11月25日開催の定時株主総会における定款変更により、監査役会設置会社から監査等委員会
        設置会社に移行し、取締役会、監査等委員会及び会計監査人を設置しております。
         当社のコーポレート・ガバナンス体制は、以下の図のとおりであります。監査役会設置会社から監査等委員
        会設置会社に移行し、取締役1名と独立性の高い社外取締役2名で構成される監査等委員会により監督、監査
        機能の充実を図ることは、経営の透明性を高め、企業価値の向上に資すると考えております。
       ※ コーポレート・ガバナンス体系図

                                 37/105















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
        a.取締役会
          構成員:鈴木規之(代表取締役執行役員社長(議長))、熊本尚樹、加藤栄多郎、山本和矢、辻本希世士(社外
         取締役)、石田泰一(取締役・監査等委員)、岩﨑文夫(社外取締役・監査等委員)、山元教有(社外取締役・監
         査等委員)
          取締役会は、取締役5名(監査等委員である取締役を除く。うち、社外取締役1名)、監査等委員である取
         締役3名(社外取締役2名)の計8名で構成されております。効率的かつ迅速な意思決定を行えるよう、定例
         取締役会を毎月1回開催するほか、必要に応じて臨時取締役会を開催しており、経営方針及び経営戦略等の
         重要事項の決定並びに各取締役の業務執行状況の監督を行っております。
        b.監査等委員会

          構成員:石田泰一(取締役・監査等委員(委員長))、岩﨑文夫(社外取締役・監査等委員)、山元教有(社外取
         締役・監査等委員)
          監査等委員会は、取締役1名と社外取締役2名で構成され、うち1名が常勤監査等委員であります。各監
         査等委員は取締役会や経営会議その他重要な会議に出席し、決裁稟議、議事録等の閲覧を行い、当社グルー
         プの取締役、執行役員及び従業員より主要な業務執行状況について定期的に必要な情報の提供を受け、客観
         的、中立的な立場で当社のコーポレート・ガバナンス体制、コンプライアンス体制の監視を行っています。
         毎月1回定例監査等委員会を開催しているほか、必要に応じて臨時監査等委員会を開催しています。また、
         内部監査担当及び会計監査人と定期的に会合を開催することにより、監査機能の強化に努めることとしてお
         ります。
        c.会計監査人

          当社は、PwC京都監査法人と監査契約を締結し、適時適切な監査が実施されております。
        d.経営会議

          構成員:鈴木規之(代表取締役執行役員社長(議長))、熊本尚樹、加藤栄多郎、山本和矢、薛文宝(執行役員
         及び子会社取締役)、Paul            Archuleta     Whitney(子会社取締役)
          オブザーバー:辻本希世士(社外取締役)、石田泰一(取締役・監査等委員)、岩﨑文夫(社外取締役・監査等
         委員)、山元教有(社外取締役・監査等委員)
          経営会議では、経営の重要課題が各執行役員から事前に議案として提案されます。当社のスピード経営の
         根幹となる重要な意思決定の会議と位置づけるとともに、情報の共有、決議事案の進捗状況も合わせて確認
         します。原則として毎週1回開催され、機密性を確保した上で、大阪本社、東京事業所、子会社である大連
         明日星科技有限公司本社及び              AsReader,Inc.本社等をWeb会議で接続し、経営の重要課題に関する審議・決定
         を行っております。
        e.報酬委員会

          構成員:鈴木規之(代表取締役執行役員社長(委員長))、辻本希世士(社外取締役)、岩﨑文夫(社外取締役・
         監査等委員)、山元教有(社外取締役・監査等委員)
          報酬委員会は、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の個別の報酬について、透明性及び公平性を確
         保する目的で設置され、職務、成果及び貢献度等を総合的に判断し、個別の報酬に関する審議を行い、決定
         しております。原則として定時株主総会終了後に開催しております。
        f.コンプライアンス・情報セキュリティ委員会

          構成員:古田拓也(管理統括室総務セクションマネージャー(委員長))、鈴木規之、熊本尚樹、加藤栄多
         郎、石田泰一、大川貴之、福田昌和、大隅昌豊
          コンプライアンス・情報セキュリティ委員会は、コンプライアンス及び情報セキュリティに係る体制の構
         築及びその推進に関する事項、リスク管理に関する事項等について検討、審議等を行います。四半期に1回
         の開催を原則としており、委員長の決定により必要に応じて随時開催できるものとしております。
                                 38/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       ロ.当該体制を採用する理由
         当社は取締役会及び監査等委員会を設置しており、監査等委員は3名で構成されており、その内2名が社外
        取締役であります。監査等委員はともに、議事録及び稟議書等の閲覧による重要な経営情報の把握を通じて、
        経営監視機能を果たしております。また監査等委員でない社外取締役として弁護士・弁理士の有資格者を選任
        し、法律的・特許技術的側面からの外部の意見を取り入れております。このように、会社から独立した立場の
        社外取締役の客観的・中立的な視点を当社の合理的な経営判断及び経営の透明性、健全性の確保に活かすとと
        もに、経営の監視・監督を行うことにより、コーポレート・ガバナンスの実効性の確保が図られると考えてお
        ります。
      ③ その他の企業統治に関する事項

       ・内部統制システムの整備の状況
         当社では、各種社内規程を整備し、役職者の責任の明確化を行うことで規程遵守の徹底を図り、内部統制シ
        ステムが有効に機能する体制を確保しております。また、法令等の遵守状況及び内部統制機能の有効性を確認
        するため、監査等委員及び内部監査担当が役職員の業務執行状況を監視し、必要な監査を実施しております。
         また、業務の適正性を確保するための体制として、取締役会にて、「内部統制システム構築に関する基本方
        針」を定めております。その内容は次のとおりです。
        (取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制)

         取締役及び執行役員は、企業倫理の確立並びに取締役及び使用人による法令、定款及び社内規程の遵守の確
        保を目的として制定した「アスタリスクグループ倫理規程」及び「コンプライアンス規程」を率先垂範すると
        ともに、その遵守の重要性につき繰り返し情報発信することにより、その周知徹底を図る。
         管理統括室総務セクションは、「アスタリスクグループ倫理規程」及び「コンプライアンス規程」の周知徹
        底のための活動を行い、内部監査担当は、アスタリスクグループにおける法令、定款及び社内規程の遵守状況
        の監査、問題点の指摘及び改善策の提案等を行う。
         取締役は、重大な法令違反その他法令及び社内規程の違反に関する重要な事実を発見した場合には、直ちに
        監査等委員会に報告するとともに、遅滞なく取締役会において報告する。
         監査等委員及び第三者機関を情報提供先とする内部者通報制度「内部通報制度運用規程」の利用を促進し、
        アスタリスクグループにおける法令違反又は「アスタリスクグループ倫理規程」及び「コンプライアンス規
        程」の違反又はそのおそれのある事実の早期発見に努める。
         市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは一切の関係を遮断するとともに、これら反社会的勢
        力に対しては、警察等の外部専門機関と緊密に連携し、全社を挙げて毅然とした態度で対応する。
        (取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する事項)

         情報セキュリティについては、「セキュリティ規程」及び「個人情報保護規程」に基づき、情報セキュリ
        ティに関する責任体制を明確化し、情報セキュリティの維持・向上のための施策を継続的に実施する。情報セ
        キュリティに関する具体的施策については、「コンプライアンス・情報セキュリティ委員会」で審議し、アス
        タリスクグループ全体で横断的に推進する。
         取締役及び使用人の職務に関する各種の文書、帳票類等については、適用ある法令及び「文書管理規程」に
        基づき適切に作成、保存、管理する。
         株主総会議事録、取締役会議事録、経営会議議事録、重要事項に関する決裁など、取締役の職務の執行に必
        要な文書については、取締役及び監査等委員が常時閲覧することができる方法で保存、管理する。
         個人情報については、法令及び「個人情報保護規程」に基づき厳重に管理する。
        (損失の危険の管理に関する規程その他の体制)

         事業部門は、その担当事業に関するリスクの把握に努め、優先的に対応すべきリスクを選定したうえで、具
        体的な対応方針及び対策を決定し、適切にリスク管理を実施する。
         スタッフ部門は、その担当事項に関するリスクの把握に努め、優先的に対応すべきリスクを選定したうえ
        で、具体的な対応方針及び対策を決定し、リスク管理を適切に実施するとともに、担当事項に関して事業部門
        及び子会社が行うリスク管理を横断的に支援する。
                                 39/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
         事業部門及びスタッフ部門は、自部門の業務の適正又は効率的な遂行を阻害するリスクを洗い出し、適切に
        リスク管理を実施する。
         コンプライアンス・情報セキュリティ委員会は、リスク管理に関する重要な事項を審議するとともに、アス
        タリスクグループのリスク管理の実施について監督する。
         経営上の重大なリスクへの対応方針その他リスク管理の観点から重要な事項については、経営会議において
        十分な審議を行うほか、特に重要なものについては取締役会において報告する。
         事業部門及びスタッフ部門は、アスタリスクグループの事業に関する重大なリスクを認識したとき又は重大
        なリスクの顕在化の兆しを認知したときは、速やかに管掌取締役にその状況を報告するとともに、特に重要な
        ものについては、取締役会及び監査等委員会に報告する。
         アスタリスクグループのリスク管理体制及びリスク管理の実施状況については、内部監査担当と連携して監
        査を行う。
        (取締役の職務執行の効率性の確保に関する体制)

         取締役会は、執行役員に対して権限委譲を行い、事業運営に関する迅速な意思決定及び機動的な職務執行を
        推進する。
         取締役会は、原則として月1回定時に開催するほか、必要に応じて臨時に開催し、機動的な意思決定を行
        う。
         取締役会は、アスタリスクグループの中期経営目標及び年間予算を決定し、その執行状況を監督する。
         執行役員は、取締役会で定めた中期経営目標及び年間予算に基づき効率的な職務執行を行い、予算の進捗状
        況については、事業責任者会議及び経営会議で確認し、取締役会に報告する。
         取締役の職務執行状況については、適宜、取締役会に報告する。
         執行役員その他の使用人の職務権限の行使は、「職務権限規程」及び「稟議規程」に基づき適正かつ効率的
        に行う。
        (アスタリスクグループにおける業務の適正を確保するための体制)

         当社は、「アスタリスクグループ倫理規程」を通じて、子会社の遵法体制その他業務の適正を確保するため
        の体制の整備に関する指導及び支援を行う。
         当社は、アスタリスクグループにおける経営の健全性及び効率性の向上を図るため、各子会社について、取
        締役及び監査等委員を必要に応じて派遣するとともに、重要な案件は経営会議で審議し、管理統括室は、子会
        社の事業運営に関する重要な事項について子会社から報告を受け、協議を行う。
         アスタリスクグループにおける経営の健全性の向上及び業務の適正の確保のために必要なときは、子会社の
        事業運営に関する重要な事項について、子会社の職務権限規程に則り当社の承認を必要とするほか、特に重要
        な事項については当社の経営会議での審議及び取締役会への付議を行う。
         管理統括室は、子会社がその業務の適正又は効率的な遂行を阻害するリスクを洗い出し、適切にリスク管理
        を行えるよう指導及び支援する。
         内部監査担当は、業務の適正性に関する子会社の監査を行う。
         監査等委員は、往査を含め、子会社の監査を行うとともに、アスタリスクグループにおける業務の適正の確
        保のため、内部監査担当と意見交換等を行い、連携を図る。
         当社は、アスタリスクグループにおける業務の適正化及び効率化の観点から、業務プロセスの改善及び標準
        化に努めるとともに、情報システムによる一層の統制強化を図る。
        (財務報告の信頼性を確保するための体制)

         アスタリスクグループの財務報告に係る内部統制については、国内外の法令に基づき、評価、維持、改善等
        を行う。
         当社の各部門及び子会社は、自らの業務の遂行にあたり、職務分離による牽制、日常的モニタリング等を実
        施し、財務報告の適正性の確保に努める。
                                 40/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
        (監査等委員の職務を補助すべき使用人及び当該使用人の取締役からの独立性に関する事項)
         監査等委員が、自らの職務遂行を補助する使用人の設置を希望した場合は、専任スタッフを配置する。当該
        スタッフの人事考課、異動、懲戒等については、監査等委員の承認を要する。
        (当該株式会社の監査等委員会の取締役及び使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項)

         監査等委員会から職務を補助すべき者として配置された使用人等は監査等委員会から指示を受けた業務を執
        行することとし、取締役はそれに基づく当該使用人等の職務の執行を妨げない。
        (取締役及び使用人が監査等委員に報告するための体制その他の監査等委員への報告に関する体制)

         取締役及び使用人は、監査等委員の求めに応じて、随時その職務の執行状況その他に関する報告を行う。ま
        た、当社は、子会社の取締役及び使用人が、監査等委員の求めに応じて、随時その職務の執行状況その他に関
        する報告を行うよう指導する。
         管理統括室長は、アスタリスクグループにおける内部者通報制度「内部通報制度運用規程」の運用状況を確
        認するとともに、監査等委員に定期的に報告する。また、管理統括室長及び管理統括室総務セクションマネー
        ジャーは、アスタリスクグループの取締役に「コンプライアンス規程」及び「アスタリスクグループ倫理規
        程」に違反する事実があると認める場合その他緊急の報告が必要な場合は、監査等委員に直ちに報告する。
         内部者通報制度に基づく通報又は監査等委員に対する職務の執行状況その他に関する報告を行ったことを理
        由として、アスタリスクグループの取締役及び使用人に対し不利な取り扱いを行わない。
         重要な決裁書類は、監査等委員の閲覧に供する。
        (監査等委員の監査が実効的に行われることを確保するための体制)

         監査等委員は、取締役会に出席するほか必要と認める重要な会議に出席する。
         常勤の監査等委員に対しては、執務環境の独立性に配慮する。
         監査等委員は、随時経理システム等の社内情報システムの情報を閲覧することができる。
         監査等委員は、月1回定時に監査等委員会を開催するほか、必要に応じて臨時に開催し、監査実施状況等に
        ついて情報交換及び協議を行うとともに、会計監査人から定期的に会計監査に関する報告を受け、意見交換を
        行う。
         監査等委員が職務の執行のために合理的な費用の支払いを求めたときは、これに応じる。
       ・リスク管理体制の整備の状況

        当社のリスク管理体制の整備の状況については、コンプライアンス・情報セキュリティ委員会を設置し、事業
       部長、室長及びシステム責任者を委員として、原則四半期に1回の開催をしております。同委員会は、具体的な
       リスクを想定、分類し、有事の際の迅速かつ適切な情報伝達と緊急体制を整備するものとし、随時経営会議に対
       してリスク管理に関する事項を報告するものといたします。なお、不測の事態が発生した場合には、代表取締役
       執行役員社長を本部長とする対策本部を設置し、早期解決に向けた対策を講じるとともに、再発防止策を策定す
       るものといたします。
       ・子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

        当社は、関係会社管理規程に基づき、子会社における業務の有効性と効率性、財務報告の信頼性、事業活動に
       関わる法令等の遵守及び資産の保全状況を管理しております。また、内部監査担当による内部監査の結果を代表
       取締役執行役員社長に報告し、監査等委員による監査の結果を取締役会に報告することにより、子会社の業務の
       適正を確保しております。
      ④ 取締役の定数

        当社の取締役は15名以内、うち監査等委員である取締役は5名以内とする旨定款に定めております。
                                 41/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      ⑤ 取締役の選任の決議要件
        当社は、取締役の選任決議について、監査等委員である取締役とそれ以外の取締役に区分して、議決権を行使
       することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款
       に定めております。また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
      ⑥ 株主総会の特別決議要件

        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
       の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めており
       ます。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
       目的とするものであります。
      ⑦ 責任限定契約の内容の概要

        当社は、会社法第427条第1項の規定により、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び会計監査人
       との間に、同法第423条第1項の賠償責任を限定する契約を締結できる旨を定款に定めております。当社は取締役
       (業務執行取締役等であるものを除く。)の全員と当該契約を締結しており、当該契約に基づく賠償責任限度額
       は、法令が定める額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該業務執行取締役等でない取締
       役又は会計監査人が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限定されます。
      ⑧ 中間配当

        当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年2月末日を基準日として、中間配当
       を行うことができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためでありま
       す。
      ⑨ 取締役の責任免除

        当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって、同法第423条第1項の取締役(取締役で
       あった者を含む。)の賠償責任について法令に定める要件に該当する場合には、賠償責任額から法令に定める最低
       責任限度額を控除して得た額を限度として免除することができる旨定款に定めております。これは、取締役が職
       務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的と
       するものであります。
      ⑩ 自己株式の取得

        当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己株式を取得するこ
       とができる旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に応じて機動的な資本政策の遂行を可能にする
       ためであります。
                                 42/105








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
     (2)   【役員の状況】
      ① 役員一覧
    男性  8 名 女性      -名(役員のうち女性の比率             -%)
                                                    所有株式数
       役職名        氏名       生年月日               略歴            任期
                                                     (株)
                            1997年4月     東レ株式会社入社
                            1998年4月     株式会社東レシステムセンターへ出
                                  向
                            2006年9月     当社設立 代表取締役社長就任
                            2012年5月     大連明日星科技有限公司設立            董事
                                  長就任(現任)
    代表取締役執行役員
                                                    3,362,000
             鈴 木 規 之       1972年8月31日      生                      (注)3
       社長                     2014年10月     当社代表取締役執行役員社長就任                   (注)7
                                  (現任)
                            2015年1月     AsReader,    Inc.設立    CEO就任(現
                                  任)
                            2018年2月     AsReader    Europe   B.V.設立    CEO就任
                                  (現任)
                            1995年4月     京都三菱自動車販売株式会社入社
                            2007年2月     当社入社 業務システム開発部兼シ
                                  ステム販売部 責任者就任
                            2008年8月     株式会社アンサ設立 代表取締役就
       取締役
                                  任
       執行役員
             熊 本 尚 樹       1972年10月20日      生  2010年9月     当社モバイルICT事業部 部長就任               (注)3    121,000
      生産技術室長
                            2011年6月     当社取締役就任(現任)
    兼技術委員会委員長
                            2014年9月     当社技術室長就任
                            2014年10月     当社執行役員就任(現任)
                            2017年9月     当社技術委員会委員長就任(現任)
                            2018年6月     当社生産技術室長就任(現任)
                            1998年2月     株式会社ディジ・テック研究所
                                  (現 株式会社ディジ・テック)入
                                  社
                            2011年1月     当社入社 営業部 部長兼ビジネス
       取締役
                                  ソリューション開発事業部 部長就
       執行役員       加 藤 栄多郎       1973年3月13日      生                      (注)3       -
                                  任
       事業部長
                            2012年9月     当社取締役就任(現任)
                            2014年4月     当社東京事業部長就任
                            2014年10月     当社執行役員就任(現任)
                            2020年9月     当社事業部長就任(現任)
                            1999年3月     星光ビル管理株式会社入社
                            2001年10月     スタイル株式会社入社
                            2004年1月     青木会計事務所入所
                            2006年6月     オールスターズインベストメント株
                                  式会社入社
                            2007年6月     アスカ監査法人入社
                            2012年7月     株式会社ディースパーク入社
       取締役
                            2014年11月     株式会社ラグザス・クリエイト入社
       執行役員       山 本 和 矢       1978年9月17日      生                      (注)3       -
                            2016年5月     一般社団法人イーモアマインドクリ
      管理統括室長
                                  エーション協会入社
                            2017年7月     株式会社新生ビジネスパートナーズ
                            2019年11月     株式会社エヌ・エル・エヌ入社
                            2020年8月     当社入社 執行役員管理統括室副室
                                  長就任
                            2021年11月     当社取締役執行役員管理統括室長就
                                  任(現任)
                            2000年4月     弁護士登録
                            2000年4月     村辻法律事務所(現        ウェルブライト
                                  法律事務所)入所
                            2001年7月     弁理士登録
                            2003年3月     辻本法律特許事務所 入所 副所長
                                  就任
       取締役      辻 本 希世士       1973年1月20日      生                      (注)3       -
                            2006年3月     ニューヨーク州弁護士登録
                            2006年4月     国立大学法人山口大学客員教授(現
                                  任)
                            2009年1月     辻本法律特許事務所 所長就任(現
                                  任)
                            2020年11月     当社社外取締役就任(現任)
                                 43/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
                                                    所有株式数
       役職名        氏名       生年月日               略歴            任期
                                                     (株)
                            1980年4月     鐘紡株式会社(現       クラシエホール
                                  ディングス株式会社)入社
                            1998年10月     同社フィラメント事業部 大阪販売
                                  部部長就任
                            2004年11月     同社取締役フィラメント事業部長就
                                  任
                            2005年7月     KBセーレン株式会社へ転籍 取締役
                                  就任
    取締役(監査等委員)         石 田 泰 一       1955年12月12日      生                      (注)3      -
                            2008年6月     同社監査役就任
                            2012年9月     エム・テクニック株式会社入社
                            2013年9月     株式会社ピコ・エイダ入社
                            2014年2月     当社入社
                            2014年4月     当社管理統括室長就任
                            2014年11月     当社取締役執行役員就任
                            2021年11月     当社取締役・監査等委員就任(現
                                  任)
                            1972年4月     阪急電鉄株式会社入社
                            1996年6月     阪急タクシー株式会社取締役就任
                            2007年4月     同社代表取締役社長就任
                            2009年6月     能勢電鉄株式会社代表取締役常務就
                                  任
    取締役(監査等委員)         岩 﨑 文 夫       1948年9月24日      生                      (注)4     8,000
                            2010年4月     学校法人宝塚音楽学校理事・校長就
                                  任
                            2014年11月     当社監査役就任
                            2018年11月     当社社外取締役・監査等委員就任
                                  (現任)
                            1996年4月     澤電気機械株式会社入社
                            2013年4月     当社監査役就任
                            2016年10月     澤電気機械株式会社 営業部副部長
    取締役(監査等委員)         山 元 教 有       1972年8月11日      生                      (注)4     16,000
                                  就任(現任)
                            2018年11月     当社社外取締役・監査等委員就任
                                  (現任)
                           計                        3,507,000
     (注)   1.辻本希世士、岩﨑文夫及び山元教有は、社外取締役であります。
       2.当社の監査等委員会の体制は次のとおりであります。
         委員長 石田泰一、委員 岩﨑文夫、委員 山元教有
         なお、石田泰一は常勤の監査等委員であります。常勤の監査等委員を選定することで、社内の情報収集、情
         報共有及び内部監査担当等との連携を図り、効率的な監査、監督を行う体制を整備しております。
       3.2022年8月期に係る定時株主総会終結の時から、2023年8月期に係る定時株主総会の終結の時まででありま
         す。
       4.2022年8月期に係る定時株主総会終結の時から、2024年8月期に係る定時株主総会の終結の時まででありま
         す。
       5.当社は、2021年11月27日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行っております。所有株式数は当
         該株式分割後の株数となっております。
       6.当社は、取締役会の選任による執行役員制度を導入しています。執行役員は、取締役4名を含め5名で構成
         されております。この目的は、取締役会での経営意思を迅速に執行するためであり、主に事業部、室の業務
         執行を担当します。取締役を兼任しない執行役員は以下のとおりです。
                役名                職名                氏名
                             生産技術室室付兼
               執行役員                              薛   文 宝
                          大連明日星科技有限公司総経理
       7.鈴木規之の所有株式数には、鈴木規之の資産管理会社であるトリプルウィン株式会社の所有株式3,200,000
         株を加算して記載しております。
                                 44/105






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      ② 社外役員の状況
       a)社外取締役
        当社では、当社との間に特別な利害関係がなく、一般株主と利益相反の生じるおそれがないことを社外役員の
       独立性の基準としております。また、社外役員の選任につきましては、会社法上の要件に加え、株式会社東京証
       券取引所の独立役員に関する基準を参考にしており、具体的には専門的な知見に基づく客観的かつ適切な監督と
       いった機能及び役割を担える人材を選任しております。
        当社は、取締役8名のうち3名を社外取締役として選任しており、そのうちの2名が監査等委員であります。
        監査等委員でない社外取締役の辻本希世士は、弁護士及び弁理士の資格を保有しており、その高い専門性と豊
       富な経験及び企業法務や特許関連に関する相当程度の知見を有するものであります。取締役会や経営会議の場
       で、その専門的見地からの有効な助言を行っております。辻本希世士が代表を務める辻本法律特許事務所とは、
       当社取締役に就任する直前2ヶ月の期間、当社の状況を早期に知っていただくために顧問契約を締結しておりま
       した。当該顧問契約は当社取締役に就任と同時に満了し、本書提出日現在において、同事務所と当社との間に
       は、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
        監査等委員である社外取締役の岩﨑文夫は、経営者としての経験と知識を有し、その知識、経験に基づく経営
       全般の助言を行っております。
        監査等委員である社外取締役の山元教有は、中小企業診断士の資格を保有しており、その高い専門性と豊富な
       経験及び企業経営や財務、会計に関する相当程度の知識を有するものであります。取締役会や経営会議の場で、
       その専門的見地からの有効な助言を行っております。
       b)社外取締役との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係
        当社と社外取締役との資本的関係につきましては、「①役員一覧」のとおり当社の株式を保有しております。
        新株予約権について、社外取締役の保有数は、辻本希世士1,000個(4,000株)であります。
        これら以外に社外取締役との間に人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
      ③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門

      との関係
       社外取締役は、取締役会、経営会議に参加して他の取締役と十分な協議を行うとともに、情報収集を行い、監査
      等委員会監査、内部監査、会計監査との連携を図り、経営の妥当性について監督を行っております。また、内部統
      制システムの構築・運用状況等について、監督・監査を行っております。
                                 45/105










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
     (3)   【監査の状況】
      ① 監査等委員会監査の状況
        監査等委員会は取締役1名と社外取締役2名で構成されており、うち1名の常勤監査等委員を選定しておりま
       す。各監査等委員は、毎事業年度において策定される監査等委員会監査計画に従って監査を行い、原則として月
       1回開催される監査等委員会において情報共有を図っており、必要に応じて臨時監査等委員会を開催しておりま
       す。また、監査等委員会は、内部監査担当者より定期的に内部監査実施状況及び結果について報告を受ける体制
       をとっております。また、監査等委員である社外取締役 山元教有は中小企業診断士資格があり、財務及び会計
       に関しても相当程度の知見を有しております。
        当事業年度の監査等委員会における個々の監査等委員の出席状況については次のとおりであります。
              (2022年8月期)
                   氏 名           開催回数           出席回数
                  石田 泰一              10           10
                  岩﨑 文夫              13           13
                  山元 教有              13           13
        監査等委員会の主な検討事項は、取締役会議案の事前確認、内部統制システムの整備及び運用状況、会計監査

       人の監査の相当性などです。
        また、常勤監査等委員は、毎週1回開催される経営会議や毎月1回開催される全体会議などの重要な会議にす
       べて出席するとともに、監査計画に基づき、本社及び主要な事業所において重要な決裁書類等の閲覧、業務及び
       財産の状況を調査いたしました。また、通常、子会社については、主要な子会社への往査を実施し、子会社の取
       締役等との面談等を行いますが、2021年8月期については、新型コロナウイルスの影響で渡航が困難な状況で
       あったことから、往査に代え、Web会議システムを活用し、子会社取締役及び現地法人の責任者とのヒアリングを
       とおして、意思疎通及び情報の収集を行いました。
        なお、常勤監査等委員は、常勤者としての特性を踏まえ、社内の情報収集に努め、内部統制システムの整備及び
       運用状況を日常的に監視・検証するとともに、監査活動結果を監査等委員会において報告し、他の監査等委員と
       の情報の共有及び意思疎通に努めました。
      ② 内部監査の状況

        当社における内部監査は、代表取締役執行役員社長直轄の内部監査担当(兼務)2名が内部監査業務を実施して
       おります。内部監査規程に基づき、年間の内部監査計画に沿って、当社の組織・制度及び業務活動全般の監査を
       実施しており、監査結果は代表取締役執行役員社長及び被監査部門の責任者に都度報告を行っております。改善
       指示事項については、後日、改善状況の確認のためのフォローアップ監査を行っております。内部監査担当が所
       属する部署を他の内部監査担当が監査することにより、自己監査を回避しております。
        また、内部監査担当者は、監査等委員会及び会計監査人との情報交換を行っており、相互連携により内部監査
       の実効性及び効率性の向上を図っております。財務報告に係る内部統制については、内部統制基本方針及び内部
       統制基本計画に基づき、内部監査担当が内部統制監査を実施し、代表取締役へ内部統制監査報告を行っておりま
       す。
      ③ 会計監査の状況

       イ.監査法人の名称
        PwC京都監査法人
       ロ.継続監査期間

       9年間
       ハ.業務を執行した公認会計士

         指定社員     業務執行社員       浦上卓也
         指定社員     業務執行社員       田口真樹
       ニ.監査業務に係る補助者の構成

                                 46/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
        当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士1名、その他9名であります。
       ホ.監査法人の選定方針及び理由

        監査法人の選定に際しては、監査法人の品質管理体制、独立性、当社グループのビジネスに対する知識・理解
       に問題がないこと、監査計画並びに監査報酬の妥当性等を総合的に勘案して判断することとしております。
        監査等委員会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号のいずれかに該当し、改善の見込みがないと認められ
       る場合には、監査等委員全員の同意に基づき監査等委員会が会計監査人を解任いたします。この場合、監査等委
       員会が選定した監査等委員は、解任後最初に招集される株主総会において、会計監査人を解任した旨及びその理
       由を報告いたします。また、監査等委員会は、上記の場合のほか、会計監査人の独立性及び専門性、並びに会計
       監査人の職務の執行に関する状況等を総合的に勘案し、その必要があると判断した場合には、会計監査人の解任
       又は不再任に関する株主総会議案の内容を決定する方針です。
        PwC京都監査法人の選定理由については、独立性、専門性、効率性、国際性などを総合的に勘案した結果、
       当社グループの会計監査が適正に行われる体制を備えていると判断したためであります。
       ヘ.監査等委員会による監査法人の評価

        当社の監査等委員会が行う会計監査人の評価に係る基準については、監査報告内容及び監査計画の概要並びに
       監査体制の説明に係る定期的な面談や提出された報告書等により、会計監査人の独立性、適切性等を総合的に評
       価しております。その結果、監査法人が有効に機能し、独立性・専門性ともに問題はなく、当社グループの会計
       監査人として適切であると評価しております。
      ④ 監査報酬の内容等

       イ.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                     当連結会計年度
         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
        提出会社              15,000             -         15,800             -
       連結子会社                 -           -           -           -

         計             15,000             -         15,800             -

       ロ.監査公認会計士等と同一のネットワーク(PwC)に属する組織に対する報酬(イ.を除く)

                      前連結会計年度                     当連結会計年度
         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
        提出会社                -           -           -           -
       連結子会社               5,458            -         6,522            -

         計             5,458            -         6,522            -

       ハ.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         該当事項はありません。
       ニ.監査報酬の決定方針

         当社は監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針を定めておりませんが、監査日程や当社の業務内容等
        を勘案して、監査法人と協議の上、監査等委員会の同意を得て、決定しております。
       ホ.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対して、当社の監査等委員会は、公益社団法人日本監査役
        協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務指針」及び「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する
        監査役等の実務指針」を踏まえ、会計監査人から説明を受けた会計監査計画の監査日数や人員配置等の内容、
                                 47/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
        前年度の監査実績の検証と評価、会計監査人の監査の遂行状況の相当性、報酬の前提となる見積の算出根拠及
        び当社の事業規模や事業内容に照らして適切かどうかについて上場企業の監査報酬額との比較を行う等、総合
        的 に検証した結果を踏まえ、同意しております。
     (4)   【役員の報酬等】

      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
       ⅰ 取締役(監査等委員を除く。)
       (役員の報酬の額の方針の決定の方法)
        株主総会において決議した報酬限度内で、取締役会より委任した報酬委員会において、役員の報酬の額の決定
       の方針及び個別の報酬を決定しております。
       (当該方針の内容の概要)
        当社を取り巻く経営環境を踏まえ、定期的に外部専門会社の調査データに基づく、同業他社又は同規模の他社
       報酬水準の客観的データ等を利用しながら、役位と職務価値、責任の重み等を勘案し妥当な水準を設定すること
       にしております。
       (当事業年度に係る個人別の報酬等の内容が当該方針に沿うものであると取締役会が判断した理由)
        当社においては、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬等の額の方針の決定の方法に記載のとお
       り、取締役会の委任決議に基づき、報酬委員会において個人別の報酬等の内容が決定されていることから、当該
       方針に沿うものであると判断しております。
       ⅱ 監査等委員である取締役
        監査等委員である取締役の固定報酬については、監査等委員である取締役の職務と責任に応じた報酬額を、監
       査等委員会で決定しております。
        2022年8月期の役員の報酬等に関しては、2020年11月28日開催の定時株主総会において、監査等委員である取
       締役について年額30,000千円以内(決議時の監査等委員である取締役の員数は3名)、その他の取締役について
       年額100,000千円以内(決議時の取締役(監査等委員である取締役を除く。)の員数は4名)とする旨を決定して
       おります。
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                報酬等の種類別の総額(千円)

                       報酬等の総額
                                                 対象となる役
             役員区分
                                                 員の員数(人)
                        (千円)
                                     業績連動
                               固定報酬            退職慰労金
                                      報酬
        取締役(監査等委員を除く。)
                          23,520      23,520        -      -       4
        (社外取締役を除く。)
        取締役(監査等委員)
                          3,000      3,000        -      -       1
        (社外取締役を除く。)
        社外役員                  5,370      5,370        -      -       3

       (注) 上記の取締役(監査等委員を除く。)(社外取締役を除く。)の4名のうち3名は、使用人兼務役員であ

        り、取締役分の報酬のみを記載しております。
      ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

        連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
                                 48/105





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      ④ 使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの
           総額(千円)              対象となる役員の員数(人)                       内容
                                         執行組織の事業部長又は室長として
                   20,306                    3
                                         の給与であります。
      ⑤ 役員の報酬等の額の決定過程における取締役会の活動内容

        取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬等は、株主総会において承認された取締役の報酬総額の範
       囲内で、2021年11月の取締役会で報酬額決定を委任した報酬委員会にて、各取締役の報酬額を決定しておりま
       す。
      ⑥ 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者

        当社の役員報酬等について、取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び監査等委員である取締役のそれ
       ぞれに対し、株主総会決議により報酬等の限度額の範囲内において、取締役(監査等委員である取締役を除
       く。)については取締役会から委任を受けた報酬委員会の決議により決定し、監査等委員である取締役の報酬は
       監査等委員会の決議により決定しております。
     (5)   【株式の保有状況】

       ①投資株式の区分の基準及び考え方
         当社は、    株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする投資株式については
        純投資目的である投資株式とし、それ以外の投資株式については、純投資目的以外の目的である投資株式と判
        断しております。
       ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

        a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
         の内容
          当社は、取締役会において、保有の合理性及び保有の可否を検証しております。
          毎年、取締役会において、出資後の状況を当初の保有目的と照らしてモニタリングを実施しております。
        b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                       銘柄数     貸借対照表計上額の合計額
                      (銘柄)          (千円)
          非上場株式                 1          104,000
          非上場株式以外の株式                 -              -
         (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                       銘柄数     株式数の増加に係る取得価
                                           株式数の増加の理由
                      (銘柄)       額の合計額(千円)
          非上場株式                 1          104,000     資本業務提携による取得
          非上場株式以外の株式                 -              -       -
         (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

          該当事項はありません。
        c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

          該当事項はありません。
       ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

         該当事項はありません。
                                 49/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
      基づいて作成しております。
     (2)   当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づい

      て作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2021年9月1日から2022年8月31日ま
     で)の連結財務諸表及び事業年度(2021年9月1日から2022年8月31日まで)の財務諸表について、PwC京都監査法人
     により監査を受けております。
    3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するため、公益財団法人財務会計基準機構への加入、監査法人等が主催す
     るセミナーへの参加や会計専門誌の定期購読等により、会計基準等の内容を適切に把握し、会計基準等の変更につい
     て的確に対応することができる体制を整えております。
                                 50/105













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年8月31日)              (2022年8月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               349,321              936,086
                                                   ※1   328,675
        売掛金及び契約資産                                  -
        売掛金                               164,689                 -
        商品及び製品                               481,284              276,415
        原材料及び貯蔵品                                62,517              44,080
        その他                                39,461              70,723
                                       △ 1,305             △ 2,905
        貸倒引当金
        流動資産合計                              1,095,969              1,653,075
      固定資産
        有形固定資産
         建物附属設備                               1,993              1,993
                                        △ 442             △ 642
          減価償却累計額
          建物附属設備(純額)                              1,550              1,351
         車両運搬具
                                         641              641
                                        △ 534             △ 641
          減価償却累計額
          車両運搬具(純額)                               106               0
         工具、器具及び備品
                                       127,468              134,086
                                      △ 118,440             △ 122,926
          減価償却累計額
          工具、器具及び備品(純額)                              9,027              11,160
         土地
                                       292,589              292,589
                                          -            380,076
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                              303,274              685,177
        無形固定資産                                12,653              17,593
        投資その他の資産
         投資有価証券                                 -            104,000
         繰延税金資産                               55,690              48,914
         その他                               12,486              11,146
                                        △ 355             △ 355
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               67,821              163,705
        固定資産合計                               383,750              866,477
      資産合計                                1,479,719              2,519,553
                                 51/105







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年8月31日)              (2022年8月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                               162,873              163,265
                                    ※2   361,000
        短期借入金                                                -
        1年内返済予定の長期借入金                                56,755                -
        未払金                                40,727              35,601
        未払法人税等                               119,084              116,868
        契約負債                                  -            53,619
        賞与引当金                                38,936              43,710
        製品保証引当金                                11,183              17,245
        受注損失引当金                                   1            4,781
                                       134,119               10,597
        その他
        流動負債合計                               924,681              445,689
      固定負債
        長期借入金                                80,477                -
                                        1,643              1,643
        資産除去債務
        固定負債合計                                82,120               1,643
      負債合計                                1,006,801               447,333
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               150,000              789,412
        資本剰余金                               140,000              779,412
                                       179,091              501,633
        利益剰余金
        株主資本合計                               469,091             2,070,458
      その他の包括利益累計額
                                        3,825              1,761
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                3,825              1,761
      純資産合計                                 472,917             2,072,219
     負債純資産合計                                 1,479,719              2,519,553
                                 52/105










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年9月1日              (自 2021年9月1日
                                至 2021年8月31日)               至 2022年8月31日)
                                                  ※5  2,407,387
     売上高                                 1,792,912
                                     ※1  955,677           ※1  1,320,359
     売上原価
     売上総利益                                  837,234             1,087,027
                                   ※2 、 ※3  610,585          ※2 、 ※3  686,823
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                  226,649              400,204
     営業外収益
      受取利息及び配当金                                    25              122
      雑収入                                  1,251              1,286
                                        15,185              72,243
      為替差益
      営業外収益合計                                 16,462              73,653
     営業外費用
      支払利息                                  4,261                23
                                          -              108
      雑支出
      営業外費用合計                                  4,261               132
     経常利益                                  238,850              473,724
     特別利益
      特許権売却益                                 18,000                -
      補助金収入                                  9,473               981
      受取保険金                                    33              -
                                          56              -
      その他
      特別利益合計                                 27,562                981
     特別損失
                                                      ※4  0
                                          -
      固定資産除却損
      特別損失合計                                    -               0
     税金等調整前当期純利益                                  266,413              474,706
     法人税、住民税及び事業税
                                       121,424              152,703
                                      △ 28,867               △ 539
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   92,556              152,164
     当期純利益                                  173,856              322,542
     親会社株主に帰属する当期純利益                                  173,856              322,542
                                 53/105









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年9月1日              (自 2021年9月1日
                                至 2021年8月31日)               至 2022年8月31日)
     当期純利益                                  173,856              322,542
     その他の包括利益
                                        2,346             △ 2,064
      為替換算調整勘定
                                      ※  2,346           ※  △  2,064
      その他の包括利益合計
     包括利益                                  176,203              320,477
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                 176,203              320,477
      非支配株主に係る包括利益                                    -              -
                                 54/105
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
       前連結会計年度(自 2020年9月1日 至 2021年8月31日)
                                                   (単位:千円)
                                   株主資本
                   資本金          資本剰余金           利益剰余金          株主資本合計
    当期首残高                  150,000           140,000            5,234          295,234
    当期変動額
     新株の発行                                                    -
     親会社株主に帰属する当
                                            173,856           173,856
     期純利益
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純額)
    当期変動額合計                    -           -         173,856           173,856
    当期末残高                  150,000           140,000           179,091           469,091
                     その他の包括利益累計額

                                        純資産合計
                             その他の包括
                 為替換算調整勘定
                            利益累計額合計
    当期首残高                   1,479           1,479          296,714
    当期変動額
     新株の発行                                         -
     親会社株主に帰属する当
                                            173,856
     期純利益
     株主資本以外の項目
                       2,346           2,346           2,346
     の当期変動額(純額)
    当期変動額合計                   2,346           2,346          176,203
    当期末残高                   3,825           3,825          472,917
       当連結会計年度(自 2021年9月1日 至 2022年8月31日)

                                                   (単位:千円)
                                   株主資本
                   資本金          資本剰余金           利益剰余金          株主資本合計
    当期首残高                  150,000           140,000           179,091           469,091
    当期変動額
     新株の発行                 639,412           639,412                     1,278,825
     親会社株主に帰属する当
                                            322,542           322,542
     期純利益
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純額)
    当期変動額合計                  639,412           639,412           322,542          1,601,367
    当期末残高                  789,412           779,412           501,633          2,070,458
                     その他の包括利益累計額

                                        純資産合計
                             その他の包括
                 為替換算調整勘定
                            利益累計額合計
    当期首残高                   3,825           3,825          472,917
    当期変動額
     新株の発行                                      1,278,825
     親会社株主に帰属する当
                                            322,542
     期純利益
     株主資本以外の項目
                      △ 2,064          △ 2,064          △ 2,064
     の当期変動額(純額)
    当期変動額合計                  △ 2,064          △ 2,064         1,599,302
    当期末残高                   1,761           1,761         2,072,219
                                 55/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年9月1日              (自 2021年9月1日
                                至 2021年8月31日)               至 2022年8月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                 266,413              474,706
      減価償却費                                 41,013              18,570
      補助金収入                                 △ 9,473              △ 981
      受取保険金                                  △ 33              -
      特許権売却益                                △ 18,000                -
      受注損失引当金の増減額(△は減少)                                    1            4,780
      製品保証引当金の増減額(△は減少)                                  1,643              6,061
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 1,449              1,600
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                 14,946               2,964
      受取利息及び受取配当金                                  △ 25             △ 122
      固定資産除却損                                    -               0
      支払利息                                  4,261                23
      売上債権の増減額(△は増加)                                 179,859             △ 159,618
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                △ 223,638              297,585
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 13,237             △ 78,623
      その他の流動資産の増減額(△は増加)                                 23,049             △ 16,082
      その他の流動負債の増減額(△は減少)                                 92,970             △ 73,986
      未払金の増減額(△は減少)                                  △ 183            △ 5,475
                                        3,288             △ 9,141
      その他
      小計                                 387,881              462,260
      利息及び配当金の受取額
                                          25              122
      利息の支払額                                 △ 3,798               △ 23
      法人税等の支払額                                △ 31,235             △ 163,295
      補助金の受取額                                  9,473               981
      保険金の受取額                                    33              -
                                        18,000                -
      特許権売却益の受取額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 380,379              300,046
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                △ 302,053             △ 395,369
      投資有価証券の取得による支出                                    -           △ 104,000
      貸付けによる支出                                    -           △ 35,520
      貸付金の回収による収入                                    -            23,425
      無形固定資産の取得による支出                                 △ 1,527             △ 9,049
      定期預金の払戻による収入                                    -              600
                                         △ 52             1,245
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 303,632             △ 518,668
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                 91,000             △ 361,000
      長期借入れによる収入                                 90,000                -
      長期借入金の返済による支出                                △ 164,284             △ 137,232
                                          -           1,278,825
      株式の発行による収入
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 16,716              780,593
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   7,969              25,394
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  101,432              587,364
     現金及び現金同等物の期首残高                                  247,289              348,721
                                     ※  348,721            ※  936,086
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 56/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
        1.連結の範囲に関する事項
          すべての子会社を連結しております。
          連結子会社の数
           3 社
          連結子会社の名称
           大連明日星科技有限公司
           AsReader,Inc.
           AsReader       Europe    B.V.
        2.連結子会社の事業年度等に関する事項

          連結子会社の決算日は、12月31日であります。
          連結財務諸表の作成にあたっては、6月末日の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた重要な取引
         については、連結上必要な調整を行っております。
        3.会計方針に関する事項

         (1)   重要な資産の評価基準及び評価方法
          ① 有価証券
           a その他有価証券
            ア   市場価格のない株式等以外のもの
              連結決算日の市場価格等に基づく時価法を採用しております。(評価差額は全部純資産直入法に
              より処理し、売却原価は移動平均法により算出しております。)
            イ   市場価格のない株式等
              移動平均法による原価法を採用しております。
              なお、市場価格のない有価証券については、1株当たりの純資産額と取得原価を比較して1株当
              たり純資産額が50%を下回っている場合に減損処理の要否を検討しておりますが、将来の超過収
              益力等を反映した価額を実質価額とすることが合理的と判断される場合には、当該金額を純資産
              額に代えて減損処理の要否を検討しております。
          ② 棚卸資産

           a 商品、製品、原材料 
            移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法による算定)を採用
           しております。
           b 貯蔵品
            最終仕入原価法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法による算定)を
           採用しております。
         (2)   重要な減価償却資産の減価償却の方法

          ① 有形固定資産
            主として定率法を採用しております。但し、建物並びに2016年4月以降に取得した建物附属設備及び
           構築物につきましては、定額法を採用しております。なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物附属設備     10~15年
             工具、器具及び備品                2~10年
          ② 無形固定資産
            定額法を採用しております。ソフトウエアについては、市場販売目的のソフトウエアは、見込販売期
           間(3年以内)に基づく定額法、自社利用のソフトウエアは、見込利用可能期間(5年以内)に基づく
           定額法を採用しております。
         (3)   重要な引当金の計上基準

          ① 貸倒引当金
                                 57/105

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
            債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定
           の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
          ② 賞与引当金

            従業員に対する賞与支給に備えるため、賞与支給見込額のうち当連結会計年度負担額を計上しており
           ます。
          ③ 製品保証引当金

            販売した製品の保証期間内に発生する費用の支出に備えるため、過年度の実績に基づいた見積額を計
           上しております。
          ④ 受注損失引当金

            ソフトウエア受託開発において、その制作途上で損失が見込まれ、かつ、その金額を合理的に見積る
           ことができる契約について、損失見込額を計上しております。
         (4)   重要な収益及び費用の計上基準

           当社及び連結子会社の顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業における主な履行義務の内容及
          び当該履行義務を充足する通常の時点(収益を認識する通常の時点)は以下のとおりであります。                                              いずれ
          についても取引の対価は履行義務を充足してから主として1年以内に受領しているため、重要な金融要素は含んで
          おりません。また、対価の金額が変動しうる重要な変動対価はありません。
          ①製品の販売
           AsReader事業においては、主にバーコードリーダー、RFIDリーダー/ライター、赤外線通信装置とその
          附属品の製造及び販売を行っております。このような製品の販売については、顧客に製品をそれぞれ出荷
          した時点で収益を認識しております。
          ②工事契約

           システムインテグレーション事業においては、主に顧客との請負契約により顧客仕様のシステム開発を
          行っております。このようなシステム開発については、開発の進捗により履行義務が充足されていくもの
          と判断しており、一定の期間にわたり充足される履行義務として、ごく短い期間にわたり充足される履行
          義務を除き、履行義務の充足に係る進捗度を見積り、当該進捗度に基づき収益を認識しております。履行
          義務の充足に係る進捗度の見積りは、予想される開発原価総額に占める発生した開発原価の割合に基づい
          ております。また、ごく短い期間にわたり充足される履行義務については、完全に履行義務を充足した時
          点で収益を認識しております。
          ③保守サービス

           当社及び連結子会社が顧客に提供した製品やシステムに関する保守サービスを提供しております。この
          ような保守サービスについては、顧客に役務を提供した時点で収益を認識しております。
         (5)   重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

           外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理し
          ております。
           なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用
          は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めて計上して
          おります。
         (6)   連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

           手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能で
          あり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資であります。
                                 58/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       (重要な会計上の見積り)
         当連結財務諸表の作成にあたり、当社グループが行った重要な会計上の見積り及び使用した仮定は次の通り
        です。見積りの基礎となる仮定は継続的に見直しています。見積りの変更による影響は、見積りを変更した期
        間及び将来の期間において認識しています。なお、これらの見積り及び仮定に関する不確実性により、将来の
        期間において資産または負債の帳簿価額に対して重要な修正が求められる結果となる可能性があります。
        ①棚卸資産の評価

         当社グループの連結貸借対照表上の棚卸資産の計上額、そのうち、商品及び製品の計上額及び商品評価減と
        して控除された金額は、以下のとおりであります。
                                             (単位:千円)
                             前連結会計年度              当連結会計年度
                            (自 2020年9月1日              (自 2021年9月1日
                            至 2021年8月31日)               至 2022年8月31日)
         棚卸資産                          543,801              320,495
         (うち、商品及び製品)                          481,284              276,415
         (うち、商品評価減控除額)                           51,659              60,415
        (算出方法)

         棚卸資産の評価方法は、主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下
        げの方法により算定)を採用しています。
        (主要な仮定)
         当該棚卸資産の評価方法は、過去の販売実績に基づく在庫回転率や市場の状況などに着目し、将来の販売計
        画の実現可能性を見積もっており、主要な仮定に該当すると判断しております。
        (翌年度以降への影響)
         当社グループの事業においては、製品のライフサイクルが比較的短いことから、製品の販売可能性について
        不確実性を伴います。正味売却価額が想定よりも下回った場合あるいは、過去に評価減を計上した商品が販売
        計画を上回って販売された場合、一定の在庫回転率まで低下した場合には、棚卸資産の期末残高及び売上原価
        に影響を及ぼします。
        ②繰延税金資産

                                             (単位:千円)
                             前連結会計年度              当連結会計年度
                            (自 2020年9月1日              (自 2021年9月1日
                            至 2021年8月31日)               至 2022年8月31日)
         繰延税金資産                           55,690              48,914
        当社グループは、当連結会計年度末において、連結貸借対照表上、繰延税金資産を48,914千円計上していま
        す。
        (算出方法)
         当社グループでは繰延税金資産の回収可能性について毎期検討を行っております。当社グループの繰延税金
        資産の回収可能額は、将来の課税所得の予測に大きく依存しておりますが、課税所得の予測は将来の事業環境
        や当社グループの事業活動の推移、その他の要因により変化します。
        (主要な仮定)
         当連結会計年度末における繰延税金資産の回収可能性の検討においては、過去3年実績及び当連結会計年度
        の経営成績や、中期計画(3ヶ年)を総合的に勘案し、企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可
        能性に関する適用指針」に定められた要件に基づき当社及び連結子会社を分類しております。その上で、中期
        計画に基づき、将来3年以内の期間にわたる課税所得を見積るとともに、各会社の分類に応じて中期計画の実
        現可能性を勘案したうえで一時差異等の解消時期をスケジューリングし、繰延税金資産の回収可能性を判断し
        ております。
         将来の課税所得の見積り及び将来減算一時差異等のスケジューリングは、繰延税金資産の回収可能性を見積
        る上での主要な仮定に該当すると判断しております。
         課税所得の見積りの際に使用した中期計画は、販売戦略を考慮して見積られた将来の売上予測や過去実績を
        踏まえた営業利益率に基づいております。
                                 59/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
        (翌年度以降への影響)
         当該見積りについて、将来の不確実な経済条件の変動等により見直しが必要となった場合、翌連結会計年度
        以降の連結財務諸表において認識する繰延税金資産及び法人税等調整額の金額に影響を与える可能性がありま
        す。
      (会計方針の変更)

       (収益認識に関する会計基準等の適用)
        「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                       2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等を当連結
       会計年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交換に受
       け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。
        これによる変更点等はございません。
        収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従っており、
       当連結会計年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当連結会計年度の期首の利益
       剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。
        また、収益認識会計基準等の適用に伴い、前連結会計年度の貸借対照表において、「流動資産」に表示してい
       た「売掛金」は、当連結会計年度より「売掛金及び                        契約資産    」に含めて表示し、「流動負債」に表示していた
       「その他」は、当連結会計年度より「契約負債」及び「その他」に含めて表示しております。なお、収益認識会
       計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度について新たな表示方法により組替えを行っ
       ておりません。
        この結果、当連結会計年度において、連結財務諸表に与える影響はありません。なお、利益剰余金の当期首残高に影
       響はありません。
       (時価の算定に関する会計基準等の適用)

        「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                        2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)等を当連結
       会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号                                                 2019年
       7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計方針を、将来にわたって
       適用することとしております。
        なお、当連結会計年度において、連結財務諸表に与える影響はありません。
        また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注記を行うこ
       ととしました。ただし、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号                                                  2019年
       7月4日)第7-4項に定める経過的な取扱いに従って、当該注記のうち前連結会計年度に係るものについては記
       載しておりません。
       (追加情報)

        (新型コロナウイルス感染症の影響について)
          新型コロナウイルス感染症について、当連結会計年度において当社グループの業績に与える影響は限定的
         でありました。
          今後の収束時期等の影響を予測するのは困難な状況にありますが、現時点で入手可能情報に基づき会計上
         の見積りを会計処理に反映しております。また、新型コロナウイルス感染症による将来的な影響は依然とし
         て不透明であり、将来における当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 60/105





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       (連結貸借対照表関係)
    ※1 売掛金及び契約資産のうち、顧客との契約から生じた債権及び契約資産の金額は、次のとおりであります。
                              当連結会計年度
                             ( 2022年8月31日       )
        売掛金
                                  261,649    千円
        契約資産                           67,026   千円
    ※2 当座貸越契約

        当社は、運転資金の効率的かつ安定的な調達を行うため、取引銀行4行と当座貸越契約を締結しております。これらの
       契約に基づく連結会計年度末における当座貸越契約に係る借入未実行残高等は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             ( 2021年8月31日       )         ( 2022年8月31日       )
        当座貸越極度額                            350,000千円                 350,000千円
        借入実行残高                           61,000千円                   -千円
        差引額                           289,000千円                 350,000千円
       (連結損益計算書関係)

    ※1 期末棚卸高は収益性の低下による簿価切下後の金額であり、次の棚卸資産評価損が売上原価に含まれておりま
       す。
                               前連結会計年度               当連結会計年度

                              (自    2020年9月1日            (自    2021年9月1日
                              至   2021年8月31日       )      至   2022年8月31日       )
                                    36,824   千円            8,755   千円
    ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                               前連結会計年度               当連結会計年度

                              (自    2020年9月1日            (自    2021年9月1日
                              至   2021年8月31日       )      至   2022年8月31日       )
       給料手当                             172,955    千円           183,343    千円
       販売促進費                             33,161               58,862
       支払手数料                             99,785              101,806
       貸倒引当金繰入額                             △ 1,424               1,600
       製品保証引当金繰入額                              1,643               6,061
       賞与引当金繰入額                             21,902               19,023
    ※3    一般管理費に含まれる研究開発費の総額は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度               当連結会計年度

                              (自    2020年9月1日            (自    2021年9月1日
                              至   2021年8月31日       )      至   2022年8月31日       )
                                    28,580   千円            27,715   千円
    ※4 固定資産除却損の内容は、次のとおりです。

                               前連結会計年度               当連結会計年度
                              (自    2020年9月1日            (自    2021年9月1日
                              至   2021年8月31日       )      至   2022年8月31日       )
                                     - 千円              0 千円
       工具、器具及び備品
       合計                              -               0
    ※5 顧客との契約から生じる収益

        売上高については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分して記載しておりません。顧客と
                                 61/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       の契約から生じる収益の金額は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係) 1.顧客との契約から生じる収益
       を分解した情報」に記載しております。
                                 62/105




















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       (連結包括利益計算書関係)
    ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度               当連結会計年度

                              (自    2020年9月1日            (自    2021年9月1日
                              至   2021年8月31日       )      至   2022年8月31日       )
      為替換算調整勘定:
                                    2,346   千円           △2,064    千円
       当期発生額
       税効果調整前
                                    2,346              △2,064
                                      -               -
       税効果額
      その他の包括利益合計                              2,346              △2,064
       (連結株主資本等変動計算書関係)

     前連結会計年度(自           2020年9月1日        至    2021年8月31日       )
     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                      当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度末

                      期首株式数(株)         増加株式数(株)         減少株式数(株)          株式数(株)
     普通株式                   1,280,000             -         -      1,280,000
           合計             1,280,000             -         -      1,280,000

     2.自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                 目的となる株式の数(株)
                   新株予約権の                                 当連結会計
           新株予約権
    会社名               目的となる                                 年度末残高
                           当連結会計                   当連結会計
            の内訳
                                   増加      減少
                    株式の種類                                  (千円)
                           年度期首                    年度末
         2015年ストックオプ
         ションとしての新株             -       -      -      -      -      -
         予約権(第1回)
         2016年ストックオプ
         ションとしての新株             -       -      -      -      -      -
         予約権(第2回)
     提出
     会社
         2018年ストックオプ
         ションとしての新株             -       -      -      -      -      -
         予約権(第3回)
         2021年ストックオプ
         ションとしての新株             -       -      -      -      -      -
         予約権(第4回)
              合計               -      -      -      -      -
     4.配当に関する事項

       該当事項はありません。
                                 63/105






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自           2021年9月1日        至    2022年8月31日       )
     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                      当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度末

                      期首株式数(株)         増加株式数(株)         減少株式数(株)          株式数(株)
     普通株式                   1,280,000         5,775,400             -      7,055,400
           合計             1,280,000         5,775,400             -      7,055,400

    (変動事由の概要)
      普通株式の増加の内訳は、次のとおりであります。
       公募による新株の発行による増加         350,000株
       第三者割当増資による新株の発行による増加                           52,500株
       新株予約権の行使に伴う新株の発行による増加                            81,800株
       株式分割による増加                                      5,291,100株
     2.自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                 目的となる株式の数(株)
                   新株予約権の                                 当連結会計
           新株予約権
    会社名               目的となる                                 年度末残高
                           当連結会計                   当連結会計
            の内訳
                                   増加      減少
                    株式の種類                                  (千円)
                           年度期首                    年度末
         2015年ストックオプ
         ションとしての新株             -       -      -      -      -      -
         予約権(第1回)
         2016年ストックオプ
         ションとしての新株             -       -      -      -      -      -
         予約権(第2回)
     提出
     会社
         2018年ストックオプ
         ションとしての新株             -       -      -      -      -      -
         予約権(第3回)
         2021年ストックオプ
         ションとしての新株             -       -      -      -      -      -
         予約権(第4回)
              合計               -      -      -      -      -
     4.配当に関する事項

       該当事項はありません。
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

    ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度               当連結会計年度

                              (自    2020年9月1日            (自    2021年9月1日
                              至   2021年8月31日       )      至   2022年8月31日       )
      現金及び預金勘定                             349,321    千円           936,086    千円
      預入期間が3か月を超える定期預金                              △600                -
      現金及び現金同等物                             348,721               936,086
                                 64/105





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       (リース取引関係)
        1.ファイナンス・リース取引
          所有権移転外ファイナンス・リース取引
           重要性が乏しいため、記載を省略しています。
        2.オペレーティング・リース取引

           重要性が乏しいため、記載を省略しています。
                                 65/105


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       (金融商品関係)
     1.金融商品の状況に関する事項
      (1)   金融商品に対する取組方針
        資金運用については、短期的な預金等に限定しており、余剰資金は安全性の高い金融資産で運用しておりま
       す。デリバティブは、投機的な取引を行わない方針であります。設備投資及び短期的な運転資金を銀行等金融機
       関からの借入れにより調達しております。
      (2)   金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
        当該リスクに関しては、当社の与信管理規程及びグループ会社販売及び売掛債権管理規程に従い、取引先ごと
       の期日管理及び残高管理を行うとともに主な取引先の状況を定期的にモニタリングし、財務状況の悪化等による
       回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
        連結子会社についても、当社のグループ会社販売及び売掛債権管理規程に準じて、同様の管理を行っておりま
       す。
        営業債務である買掛金及び未払金は、1年以内の支払期日であります。
      (3)   金融商品に係るリスク管理体制

       ①信用リスクの管理
        与信管理規程に従い、取引先ごとに設定した与信限度額を販売管理システムに登録し、システムへの受注等登
       録が与信残を超えて登録ができないようにし、管理しております。
        また、全取引先に対して1年ごとに信用調査会社の評点を取得し、与信限度額の見直しを図っております。
       ②市場リスクの管理
        定期的に時価や発行体の財務状況等を把握し、保有状況を継続的に見直しております。
       ③資金調達に係る流動性リスク
        各事業部・室が作成した販売計画・仕入計画をもとに、管理統括室経営管理セクションが適時に資金繰計画を
       作成・更新することにより、流動性リスクを管理しております。
      (4)   金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
       より、当該価額が変動することがあります。
                                 66/105









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
     2.金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
       前連結会計年度(        2021年8月31日       )

                        連結貸借対照表計上額

                                      時価(千円)           差額(千円)
                            (千円)
     (1)   長期借入金(1年内返済予定のも
                               137,232           135,479           △1,752
       のを含む。) 
      負債計                         137,232           135,479           △1,752
       当連結会計年度(        2022年8月31日       )

                        連結貸借対照表計上額

                                      時価(千円)           差額(千円)
                            (千円)
     (1)   投資有価証券 ※
                                 -           -           -
      資産計                            -           -           -
     ※   以下の市場価格のない株式等は、観察可能な市場価格がなく、「(1)投資有価証券」には含まれておりません。当該市場価
      格のない株式等の連結貸借対照表計上額は以下のとおりであります。
          区分           当連結会計年度
         非上場株式                 104,000千円
     (注)   1.「現金及び預金」については、現金であること、及び預金は短期間で決済されるため時価が帳簿価格に近似

         するものであることから、記載を省略しております。                         「売掛金及び契約資産」「買掛金」「契約負債」「未払金」
         「未払法人税等」       は短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似するものであることから、記載を省略して
         おります。
                                 67/105












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       2.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
        前連結会計年度(        2021年8月31日       )
                                   1年超         5年超
                          1年以内                          10年超
                                  5年以内         10年以内
                          (千円)                          (千円)
                                   (千円)         (千円)
     現金及び預金                       349,321           -         -         -
     売掛金                       164,689           -         -         -
             合計               514,011           -         -         -
        当連結会計年度(        2022年8月31日       )

                                   1年超         5年超
                          1年以内                          10年超
                                  5年以内         10年以内
                          (千円)                          (千円)
                                   (千円)         (千円)
     現金及び預金                       936,086           -         -         -
     売掛金及び契約資産                       328,675           -         -         -
             合計              1,264,761            -         -         -
       3.長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

        前連結会計年度(        2021年8月31日       )
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                   5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                  (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金              361,000         -       -       -       -       -
     長期借入金               56,755       42,577       15,900       8,400       8,400       5,200
          合計          417,755       42,577       15,900       8,400       8,400       5,200
        当連結会計年度(        2022年8月31日       )

         該当事項はありません。
       4.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

         金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベルに分
        類しております。
         レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価
        の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
         レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定
        に係るインプットを用いて算定した時価
         レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
         時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ属するレベ

        ルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
         ① 時価をもって連結貸借対照表計上額とする金融資産及び負債

           該当事項はありません。
         ② 時価をもって連結貸借対照表計上額としない金融資産及び金融負債

           該当事項はありません。
                                 68/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       (退職給付関係)
        該当事項はありません。
                                 69/105




















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       (ストック・オプション等関係)
     1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
       当社はストック・オプション付与日時点において未公開会社であり、ストック・オプション等の単位当たりの                                                    本
      源的価値    は0円であるため、費用計上はしておりません。
     2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

      (1)   ストック・オプションの内容
                   第1回           第2回           第3回           第4回
                ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション
                                     当社取締役(監査等委
                                     員である取締役を除
                                                当社取締役(監査等委
                当社取締役  5名           当社取締役  1名
                                     く)          3名
                                                員である取締役を除
    付与対象者の区分及び            当社監査役  2名           当社従業員  18名
                                                く)      4名
                                     当社取締役監査等委
    人数            当社従業員  26名           子会社取締役 1名
                                     員       3名
                                                当社従業員  46名
                子会社取締役 1名           子会社従業員 1名
                                                子会社取締役 4名
                                     当社従業員  42名
                                     子会社取締役 3名
    株式の種類別のストッ
                普通株式     330,000株      普通株式     102,400株      普通株式     202,000株      普通株式     200,000株
    ク・オプションの数
    (注)
    付与日            2015年6月1日           2016年10月24日           2019年2月1日           2021年1月15日
                「第4 提出会社の           「第4 提出会社の           「第4 提出会社の           「第4 提出会社の
                状況 1 株式等の           状況 1 株式等の           状況 1 株式等の           状況 1 株式等の
    権利確定条件            状況 (2)新株予約           状況 (2)新株予約           状況 (2)新株予約           状況 (2)新株予約
                権等の状況」に記載           権等の状況」に記載           権等の状況」に記載           権等の状況」に記載
                のとおりです。           のとおりです。           のとおりです。           のとおりです。
                対象勤務期間の定め           対象勤務期間の定め           対象勤務期間の定め           対象勤務期間の定め
    対象勤務期間
                なし           なし           なし           なし
                自 2017年4月21日           自 2018年11月1日           自 2021年2月1日           自 2023年1月6日
    権利行使期間
                至 2025年4月20日           至 2026年8月31日           至 2028年11月30日           至 2031年1月5日
     (注)   ストック・オプション付与時における内容を記載しております。また、ストック・オプションの数は株式数に換
       算して記載しております。
        なお、2021年11月26日付株式分割(普通株式1株につき4株の割合)による分割後の株式数に換算して記載し
       ております。
      (2)   ストック・オプションの規模及びその変動状況

        当連結会計年度(2022年8月31日)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプション
       の数については、株式数に換算して記載しております。
       ①ストック・オプションの数
                   第1回           第2回           第3回           第4回
                ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション
    権利確定前   (株)
     前連結会計年度末                  220,800           56,000          144,000           198,000
     付与                    -           -           -           -
     失効                    -           -           -           -
     権利確定                  220,800           56,000          144,000             -
     未確定残                                                  198,000
    権利確定後   (株)
     前連結会計年度末                    -           -           -           -
     権利確定                  220,800           56,000          144,000             -
     権利行使                  173,400           36,000          116,000             -
     失効                    -           -           -           -
     未行使残                  47,400           20,000           28,000             -
     (注)   2021年11月26日付株式分割(普通株式1株につき4株の割合)による分割後の株式数に換算して記載しておりま
       す。
                                 70/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       ②単価情報
                   第1回           第2回           第3回           第4回
                ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション
    権利行使価格        (円)            25          250           375           575
    行使時平均株価        (円)          1,578           1,549           1,571            -

    付与日における

             (円)            -           -           -           -
    公正な評価単価
     (注)   2021年11月26日付株式分割(普通株式1株につき4株の割合)による分割後の権利行使価格に換算して記載して
       おります。
     3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

       当連結会計年度において付与されたストック・オプションはありません。
     4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数及び失効が確定している数のみ反
      映させる方法を採用しております。
     5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値

      の合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合
      計額
      (1)   当連結会計年度末における本源的価値の合計額                           417,214千円
      (2)   当連結会計年度において権利行使されたストック・オプション及び自社株式オプションの権利行使日における
      本源的価値の合計額  511,643千円
                                 71/105












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前連結会計年度             当連結会計年度

                                   ( 2021年8月31日       )     ( 2022年8月31日       )
       繰延税金資産
        税務上の繰越欠損金(注)                               23,112   千円         27,010   千円
        未実現利益                               17,129            △1,496
        未払事業税                                 -           7,300
        賞与引当金                               10,417             10,833
        棚卸資産                               15,807             18,487
        製品保証引当金                                3,422             5,277
        貸倒引当金                                 497           1,320
                                        1,800             2,010
        その他
        繰延税金資産小計
                                       72,186             70,742
        税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)                              △12,155             △17,450
                                        △611             △622
        将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
        評価性引当額小計                              △12,767             △18,073
        繰延税金資産合計
                                       59,419             52,669
       繰延税金負債
                                        3,729             3,754
        その他
        繰延税金負債合計                                3,729             3,754
       繰延税金資産の純額                                55,690             48,914
    (注) 税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

       前連結会計年度(           2021年8月31日       )
                       1年超      2年超      3年超      4年超
                1年以内                             5年超        合計
                      2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
    税務上の繰越欠損金
                    -      -      -      -      -    23,112       23,112千円
    (注)1
    評価性引当額               -      -      -      -      -   △12,155       △12,155
    繰延税金資産(注)2               -      -      -      -      -    10,956       10,956
    (注)1.税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
    (注)2.税務上の繰越欠損金について、繰延税金資産を計上しております。当該繰延税金資産は、当社における税務上
       の繰越欠損金について認識しており、将来の計画等により課税所得見込額を計算した結果、回収可能と判断して
       おります。
       当連結会計年度(           2022年8月31日       )

                       1年超      2年超      3年超      4年超
                1年以内                             5年超        合計
                      2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
    税務上の繰越欠損金
                    -      -      -      -      -    27,010       27,010千円
    (注)1
    評価性引当額               -      -      -      -      -   △17,450       △17,450
    繰延税金資産(注)2               -      -      -      -      -    9,559       9,559
    (注)1.税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
    (注)2.税務上の繰越欠損金について、繰延税金資産を計上しております。当該繰延税金資産は、当社における税務上
       の繰越欠損金について認識しており、将来の計画等により課税所得見込額を計算した結果、回収可能と判断して
       おります。
                                 72/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ
      た主要な項目別の内訳
                                   前連結会計年度             当連結会計年度

                                   ( 2021年8月31日       )     ( 2022年8月31日       )
       法定実効税率
                                         30.6  %           - %
       (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                                  0.0             -
        住民税均等割額                                  0.4             -
        税額控除                                  -             -
        評価性引当額の増減額                                 △6.1              -
        留保金課税                                  5.9             -
        子会社税率差異                                  0.5             -
                                          3.4             -
        その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  34.7              -
       (注)   当連結会計年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の
       100分の5以下であるため注記を省略しております。
       (収益認識関係)

     1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
      当連結会計年度(自 2021年9月1日                   至 2022年8月31日)
                                                   (単位:千円)
                            報告セグメント
                                             その他
                            システムインテ
                                                      合計
                                              (注)
                    AsReader事業       グレーション事           計
                               業
     日本                 1,289,644         395,534       1,685,178           -    1,685,178
     米国                  688,744          -     688,744          -     688,744
     その他                  14,000        19,463        33,463          -      33,463
    顧客との契約から生じる収益                  1,992,388         414,998       2,407,387           -    2,407,387
    その他の収益                     -        -        -        -        -
    外部顧客への売上高                  1,992,388         414,998       2,407,387           -    2,407,387
     (注)    「その他」の区分は報告セグメントに含まれない全社共通に係るものになります。
     2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

       (1)製品の販売
        AsReader事業においては、主にバーコードリーダー、RFIDリーダー/ライター、赤外線通信装置とその附属品
       の製造及び販売を行っております。このような製品の販売については、顧客に製品をそれぞれ出荷した時点で収
       益を認識しております。
       (2)工事契約

        システムインテグレーション事業においては、主に顧客との請負契約により顧客仕様のシステム開発を行って
       おります。このようなシステム開発については、開発の進捗により履行義務が充足されていくものと判断してお
       り、一定の期間にわたり充足される履行義務として、ごく短い期間にわたり充足される履行義務を除き、履行義
       務の充足に係る進捗度を見積り、当該進捗度に基づき収益を認識しております。履行義務の充足に係る進捗度の
       見積りは、予想される開発原価総額に占める発生した開発原価の割合に基づいております。また、ごく短い期間
       にわたり充足される履行義務については、完全に履行義務を充足した時点で収益を認識しております。
       (3)保守サービス

        当社及び連結子会社が顧客に提供した製品やシステムに関する保守サービスを提供しております。このような
       保守サービスについては、顧客に役務を提供した時点で収益を認識しております。
                                 73/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
     3.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当連結会計年度

      末において存在する顧客との契約から翌連結会計年度以降に認識すると見込まれる収益の金額及び時期に関する情
      報
      (1)   契約資産及び契約負債の残高等
                                     (単位:千円)
                               当連結会計年度
                           期首残高          期末残高
      顧客との契約から生じた債権                        121,393          261,649
      契約資産                        43,296          67,026
      契約負債                        107,107           53,619
      契約資産は、(主な顧客)との(サービスの内容)契約について期末日時点で完了しているが未請求の(履行義務

     の内容)     に係る対価に対する当社及び連結子会社の権利に関するものであります。契約資産は、対価に対する当社及
     び連結子会社の権利が無条件になった時点で顧客との契約から生じた債権に振り替えられます。当該(サービスの内
     容)に関する対価は、(条件の内容)に従い、(請求の時期)に請求し、(回収の時期)に受領しております。
      契約負債は、主に、(履行義務の充足の時期)に収益を認識する(主な顧客)との(サービスの内容)契約につい
     て、(支払条件)に基づき顧客から受け取った(期間)分の前受金に関するものであります。契約負債は、収益の認
     識に伴い取り崩されます。
      当連結会計年度に認識された収益の額のうち期首現在の契約負債残高に含まれていた額は、84,581千円でありま
     す。また、当連結会計年度において、契約負債が53,488千円減少した主な理由は、顧客からの前受金による増加及び
     顧客に対する収益の認識による前受金の減少によるものであります。
      (2)   残存履行義務に配分した取引価格

       残存履行義務に配分した取引価格の総額及び収益の認識が見込まれる期間は、以下のとおりであります。
                                  (単位:千円)
                               当連結会計年度
      1年以内                               31,926
      1年超2年以内                                9,833
      2年超3年以内                                8,012
      3年超                                3,847
                合計                     53,619
                                 74/105









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     1.報告セグメントの概要
       当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資源の
      配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
       当社は、製品・サービス別にセクション(部署)を置き、包括的な戦略を立案し、事業活動を行っております。
       したがって、当社は、扱う製品・サービス別に「AsReader事業」「システムインテグレーション事業」の2つを
      報告セグメントとしております。
       「AsReader事業」は、スマートフォンやタブレットに代表される「モバイル」による業務改革をコンセプトにし
      たハードウエア製品と、当社独自の画像認識技術やAI技術を用いたソフトウエアとしての製品・サービスの開発及
      び販売を行っている事業です。「システムインテグレーション事業」は、AsReader導入などに関わるソフトウエア
      の受託開発を中心とした事業です。
     2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
      ける記載と概ね同一であります。報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
     3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

       前連結会計年度(自           2020年9月1日        至    2021年8月31日       )
                                                   (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                   連結財務諸表
                                              調整額
                        システムイン                合計             計上額
                                              (注1)
                 AsReader事業       テグレーショ         計                    (注2)
                         ン事業
     売上高
      外部顧客への売上高            1,467,230        325,682      1,792,912       1,792,912           -   1,792,912
      セグメント間の内部
                      -       -       -       -       -       -
      売上高又は振替高
          計        1,467,230        325,682      1,792,912       1,792,912           -   1,792,912
     セグメント利益              366,919       39,127      406,047       406,047      △ 179,397       226,649

     セグメント資産              671,641       59,218      730,860       730,860       748,858      1,479,719

     その他の項目

      減価償却費             39,430        209     39,639       39,639       1,374      41,013
      有形固定資産及び無
                    9,993       1,005      10,999       10,999      294,782       305,782
      形固定資産の増加額
     (注)1.調整額は以下のとおりであります。
       (1) セグメント利益の調整額              △179,397千円       は、報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費
         用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
       (2) セグメント資産の調整額              748,858千円      は、報告セグメントに配分していない全社資産であります。全社資産
         は、主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金、研究所用土地、繰延税金資産、等であります。
       (3) 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額                          294,782千円      は、主に研究所用土地であります。
       2.セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
       3.セグメント負債については、事業セグメントに負債を配分していないため、記載しておりません。
                                 75/105





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       当連結会計年度(自           2021年9月1日        至    2022年8月31日       )
                                                   (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                   連結財務諸表
                                              調整額
                        システムイン                合計             計上額
                                              (注1)
                 AsReader事業       テグレーショ         計                    (注2)
                         ン事業
     売上高
      外部顧客への売上高            1,992,388        414,998      2,407,387       2,407,387           -   2,407,387
      セグメント間の内部
                      -       -       -       -       -       -
      売上高又は振替高
          計        1,992,388        414,998      2,407,387       2,407,387           -   2,407,387
     セグメント利益              576,753       29,153      605,906       605,906      △ 205,702       400,204

     セグメント資産              577,504       102,825       680,330       680,330      1,839,222       2,519,553

     その他の項目

      減価償却費             16,814        457     17,271       17,271       1,298      18,570
      有形固定資産及び無
                    15,566        492     16,059       16,059      380,217       396,276
      形固定資産の増加額
     (注)1.調整額は以下のとおりであります。
       (1) セグメント利益の調整額              △205,702千円       は、報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費
         用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
       (2) セグメント資産の調整額              1,839,222千円       は、報告セグメントに配分していない全社資産であります。全社資
         産は、主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金、研究所用土地、研究所に係る建設仮勘定、投資有価
         証券、繰延税金資産、等であります。
       (3) 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額                          380,217千円      は、主に研究所にかかる建設仮勘定でありま
         す。
       2.セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
       3.セグメント負債については、事業セグメントに負債を配分していないため、記載しておりません。
                                 76/105











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       【関連情報】
     前連結会計年度(自           2020年9月1日        至    2021年8月31日       )
     1.製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

      (1)   売上高
                                                    (単位:千円)
          日本             アメリカ              その他              合計
            1,595,325               187,644               9,942            1,792,912
     (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
      (2)   有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の額が連結貸借対照表の有形固定資産の額の90%を超えるため、記載を省略
       しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

                                                   (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
     ソフトバンク株式会社                               360,458     AsReader事業

     株式会社NTTドコモ                               226,164     AsReader事業

                                 77/105












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自           2021年9月1日        至    2022年8月31日       )
     1.製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

      (1)   売上高
                                                    (単位:千円)
          日本             アメリカ              その他              合計
            1,685,178               688,744              33,463            2,407,387
     (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
      (2)   有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の額が連結貸借対照表の有形固定資産の額の90%を超えるため、記載を省略
       しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

                                                   (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
     Unitech    America.Inc.
                                    586,140     AsReader事業
     ソフトバンク株式会社                               245,035     AsReader事業

     株式会社NIP                               245,000     AsReader事業

       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

      該当事項はありません。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

      該当事項はありません。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

      該当事項はありません。
                                 78/105









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       【関連当事者情報】
      関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       (1)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る。)等
        前連結会計年度(自           2020年9月1日        至    2021年8月31日       )
                               議決権等
         会社等の         資本金又                  関連当          取引         期末
                        事業の内容        の所有          取引の
     種類    名称又は     所在地    は出資金                  事者と          金額    科目    残高
                        又は職業       (被所有)           内容
          氏名        (百万円)                  の関係          (千円)         (千円)
                               割合(%)
                       物流システム                 当社製品
                                                   売掛
     主要                  業務の請負及                  の販売
         伊藤忠紙     東京都                 (被所有)      資本業          16,951     金    2,093
     株主               1,100    びそれに関連                 出向者費
         パルプ㈱     中央区                 直接10.00      務提携           5,926    買掛      -
    (法人)                   する商品の売                 用・材料
                                                    金
                       買等                  仕入
      (注)当社製品の販売について、価格その他の取引条件は、他の取引先と同様に一般の取引条件にもとづいて交渉の

        うえ決定しております。
        当連結会計年度(自           2021年9月1日        至    2022年8月31日       )

                               議決権等
         会社等の         資本金又                  関連当          取引         期末
                        事業の内容        の所有          取引の
     種類    名称又は     所在地    は出資金                  事者と          金額    科目    残高
                        又は職業       (被所有)           内容
          氏名        (百万円)                  の関係          (千円)         (千円)
                               割合(%)
                       物流システム                 当社製品
                                                   売掛
     主要    伊藤忠紙               業務の請負及                  の販売
              東京都                 (被所有)      資本業            785    金     864
     株主    パルプ㈱           1,100    びそれに関連                 出向者費
              中央区                 直接10.00      務提携            442   買掛      -
    (法人)     (注3)              する商品の売                 用・材料
                                                    金
                       買等                  仕入
      (注)1.取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

        2.当社製品の販売について、価格その他の取引条件は、他の取引先と同様に一般の取引条件にもとづいて
          交渉のうえ決定しております。
        3.伊藤忠紙パルプ株式会社が議決権の10.0%を保有しておりましたが、当連結会計年度において公募による
          新株式の発行及び第三者割当増資による新株式の発行を行ったことにより、関連当事者ではなくなりまし
          た。取引金額は関連当事者であった期間の金額を、議決権の所有(被所有)割合及び期末残高には関連当
          事者ではなくなった時点の数値及び金額をそれぞれ記載しております。
       (2)連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

        前連結会計年度(自           2020年9月1日        至    2021年8月31日       )
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自           2021年9月1日        至    2022年8月31日       )

         該当事項はありません。
                                 79/105







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                            (自    2020年9月1日              (自    2021年9月1日
                             至   2021年8月31日       )       至    2022年8月31日       )
    1株当たり純資産額                                 92.37   円             293.71   円
    1株当たり当期純利益                                 33.96   円             46.82   円
    潜在株式調整後1株当たり当期純利益                                  - 円             45.06   円

     (注)   1.前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式
         は非上場であったため、期中平均株価が把握できませんので、記載しておりません。
       2.当社は2021年11月26日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度の
         期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益を算定しておりま
         す。
       3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                            (自    2020年9月1日              (自    2021年9月1日
                             至   2021年8月31日       )       至    2022年8月31日       )
    1株当たり当期純利益
     親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                173,856                322,542

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期
                                     173,856                322,542
     純利益(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                               5,120,000                6,889,230
    潜在株式調整後1株当たり当期純利益

     親会社株主に帰属する当期純利益調整額
                                        -                -
     (千円)
     (うち支払利息(税額相当額控除後)(千
                                        -                -
     円))
     普通株式増加数(株)                                  -             268,877
     (うち転換社債型新株予約権付社債
                                        -                -
     (株))
     (うち新株予約権(株))                                  -             268,877
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後                      新株予約権4種類(新株予約権                新株予約権4種類(新株予約権
    1株当たり当期純利益の算定に含めなかった                      の数618,800個)。                の数289,400個)。
    潜在株式の概要                      なお、新株予約権の概要は「第                なお、新株予約権の概要は「第
                          4 提出会社の状況、1 株式                4 提出会社の状況、1 株式
                          等の状況、(2)        新株予約権等        等の状況、(2)        新株予約権等
                          の状況」に記載のとおりであり                の状況」に記載のとおりであり
                          ます。                ます。
                                 80/105







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       (重要な後発事象)
     (資本業務提携契約の締結)
       当社は、2022年10月14日開催の取締役会において、「鍵のない世界の実現」を目指し、家・エントランス・自転
      車の鍵をスマートフォンで管理する「スマートロック」を開発・製造・販売するCANDY                                        HOUSE   JAPAN株式会社(以下
      「CANDY    HOUSE   JAPAN」といいます。)との間で、資本業務提携を行うことについて決議し、同日、資本業務提携契
      約を締結いたしました。
      1.資本業務提携の理由

       当社が行っている画像認識技術(人追跡、顔認証など)ソリューションカテゴリーにおける社会実装に向けて、
      CANDY   HOUSE   JAPANの「スマートロック(SESAMEシリーズ)」と、当社が開発を進めている「顔認証技術(AsReader
      One)」との親和性が高く、両者が保有する技術、ノウハウについて、相互に協力し合い、双方の発展に資すること
      を目的として提携いたします。
      2.資本業務提携の内容等

       (1)業務提携の内容
        当社とCANDY       HOUSE   JAPANとの間で資本業務提携契約を締結しております。主な施策は、CANDY                                   HOUSE   JAPANの
       スマートロックの開発技術と当社の顔認証技術を活用し、双方の事業の発展・拡大を推進することを目的として
       おります。
       (2)資本提携の内容

        当社がCANDY       HOUSE   JAPANに対して出資を行います。
       (今回の出資により、出資比率は発行済株式総数の2.5%程度となります。)
       なお、出資額及び諸条件につきましては公表を差し控えさせていただきます。
      3.資本業務提携先の会社概要(2022年9月30日時点)

                      CANDY   HOUSE   JAPAN株式会社
      (1)名称
      (2)所在地                東京都中央区入船1丁目9番8号
      (3)代表者の役職・氏名                代表取締役 古 哲明
      (4)事業内容                不動産(個人、法人)管理向けのIoT製品の製造・販売及びSaaS管理システム
      (5)資本金                100百万円
      (6)設立年月日                2017年10月25日
      (7)大株主及び持株比率                代表取締役 古 哲明 55.4%
      (8)上場会社と当該会社との間                資本関係            当社と当該会社との間には、記載すべき資本関係
      の関係                            はありません。また、当社の関係者及び関係会社
                                  と当該会社の関係者及び関係会社の間には、特筆
                                  すべき資本関係はありません。
                      人的関係            当社と当該会社との間には、記載すべき人的関係
                                  はありません。また、当社の関係者及び関係会社
                                  と当該会社の関係者及び関係会社の間には、特筆
                                  すべき人的関係はありません。
                      取引関係            当社と当該会社との間には、記載すべき取引関係
                                  はありません。また、当社の関係者及び関係会社
                                  と当該会社の関係者及び関係会社の間には、特筆
                                  すべき取引関係はありません
                      関連当事者への該当状            当該会社は、当社の関連当事者には該当しませ
                      況            ん。また、当該会社の関係者及び関係会社は、当
                                  社の関連当事者には該当しません。
                                 81/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      4.日程
      (1)取締役会決議                        2022年10月14日
      (2)資本業務提携契約締結日                        2022年10月14日
      (3)引受新株式の払込日                        2022年10月31日
      5.今後の見通し

       本件は、中長期的な観点から当社の業績及び企業価値向上に資するものと考えております。したがって、当期の
      業績に与える影響は軽微であると見込んでおりますが、重要な影響を与える事象が生じましたら、明らかになった
      時点で速やかに開示いたします。
                                 82/105

















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      ⑤ 【連結附属明細表】
       【社債明細表】
        社債の発行はありません。
       【借入金等明細表】

                         当期首残高        当期末残高         平均利率

            区分                                      返済期限
                          (千円)        (千円)         (%)
    短期借入金                       361,000           -       0.96      -

    1年以内に返済予定の長期借入金                        56,755           -       0.75      -

    長期借入金
                            80,477           -       0.60      -
    (1年以内に返済予定のものを除く。)
    その他有利子負債                          -        -        -     -
            合計               498,232           -     -        -

       【資産除去債務明細表】

        当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
       計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定によ
       り記載を省略しております。
     (2) 【その他】

        当連結会計年度における四半期情報等
       (累計期間)               第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度

       売上高(千円)                  732,625        1,373,132         1,822,054         2,407,387

       税金等調整前四半期(当期)

                          87,688         283,427         323,461         474,706
       純利益(千円)
       親会社株主に帰属する四半

                          62,228         175,647         198,695         322,542
       期(当期)純利益(千円)
       1株当たり四半期(当期)純

                           9.55         26.03         29.05         46.82
       利益(円)
       (会計期間)               第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

       1株当たり四半期純利益

                           9.55         16.08          3.27         17.55
       (円)
                                 83/105







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    2 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2021年8月31日)              (2022年8月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               217,190              719,045
                                                   ※1  494,318
        売掛金及び契約資産                                  -
                                     ※1  482,700
        売掛金                                                -
        商品及び製品                               222,598              265,327
        原材料及び貯蔵品                                62,517              44,080
                                     ※1  10,544            ※1  12,197
        前渡金
        前払費用                                4,110              3,715
                                     ※1  68,206           ※1  116,547
        その他
                                      △ 83,162             △ 102,056
        貸倒引当金
        流動資産合計                               984,706             1,553,175
      固定資産
        有形固定資産
         建物附属設備                               1,993              1,993
                                        △ 442             △ 642
          減価償却累計額
          建物附属設備(純額)                              1,550              1,351
         車両運搬具
                                         641              641
                                        △ 534             △ 641
          減価償却累計額
          車両運搬具(純額)                               106               0
         工具、器具及び備品
                                       128,350              142,142
                                      △ 118,025             △ 130,814
          減価償却累計額
          工具、器具及び備品(純額)                             10,325              11,328
         土地
                                       292,589              292,589
                                          -            380,076
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                              304,572              685,346
        無形固定資産
         ソフトウエア                               15,310              16,320
                                          -             4,816
         ソフトウエア仮勘定
         無形固定資産合計                               15,310              21,136
        投資その他の資産
         投資有価証券                                 -            104,000
         出資金                                 1              1
         関係会社株式                               4,830              4,830
         長期前払費用                               2,590              1,065
         繰延税金資産                               27,604              42,865
         その他                               8,770              8,770
                                        △ 355             △ 355
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               43,442              161,178
        固定資産合計                               363,324              867,660
      資産合計                                1,348,031              2,420,835
                                 84/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2021年8月31日)              (2022年8月31日)
     負債の部
      流動負債
                                     ※1  149,140            ※1  161,088
        買掛金
                                     ※2  361,000
        短期借入金                                                -
        1年内返済予定の長期借入金                                56,755                -
        未払金                                35,498              34,868
        未払費用                                4,568              4,751
        未払法人税等                               105,975              100,185
        預り金                                1,403              2,332
        契約負債                                  -            50,684
        前受収益                                35,093                -
        賞与引当金                                29,475              30,653
        製品保証引当金                                11,183              17,245
        受注損失引当金                                   1            4,781
                                        19,108                -
        その他
        流動負債合計                               809,202              406,591
      固定負債
        長期借入金                                80,477                -
                                        1,643              1,643
        資産除去債務
        固定負債合計                                82,120               1,643
      負債合計                                 891,323              408,234
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               150,000              789,412
        資本剰余金
                                       140,000              779,412
         資本準備金
         資本剰余金合計                              140,000              779,412
        利益剰余金
         その他利益剰余金
                                       166,707              443,776
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                              166,707              443,776
        株主資本合計                               456,707             2,012,601
      純資産合計                                 456,707             2,012,601
     負債純資産合計                                 1,348,031              2,420,835
                                 85/105








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2020年9月1日              (自 2021年9月1日
                                至 2021年8月31日)               至 2022年8月31日)
     売上高                                 1,994,304              1,924,879
     売上原価
      商品期首棚卸高                                 274,739              222,598
      当期商品仕入高                                 761,489              547,735
      他勘定受入高                                 35,764              15,447
                                       333,824              498,132
      当期製品製造原価
      合計                                1,405,817              1,283,913
      他勘定振替高
                                        4,298             △ 1,760
                                       222,598              265,327
      商品期末棚卸高
      売上原価                                1,178,920              1,020,346
     売上総利益                                  815,383              904,533
                                     ※2  563,145            ※2  585,368
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                  252,237              319,164
     営業外収益
                                       ※1  896           ※1  1,377
      受取利息及び配当金
      貸倒引当金戻入額                                 11,565                -
      雑収入                                   625              602
                                        4,871             100,732
      為替差益
      営業外収益合計                                 17,959              102,712
     営業外費用
      支払利息                                  4,261                23
      貸倒引当金繰入額                                    -            16,205
                                          -              108
      雑支出
      営業外費用合計                                  4,261              16,338
     経常利益                                  265,936              405,539
     特別利益
      特許権売却益                                 18,000                -
      補助金収入                                  1,497               125
                                          33              -
      受取保険金
      特別利益合計                                 19,530                125
     特別損失
                                                      ※3  0
                                          -
      固定資産除却損
      特別損失合計                                    -               0
     税引前当期純利益                                  285,466              405,664
     法人税、住民税及び事業税
                                       112,590              143,857
                                       △ 3,942             △ 15,261
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  108,648              128,596
     当期純利益                                  176,817              277,068
                                 86/105






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      ③  【株主資本等変動計算書】
       前事業年度(自 2020年9月1日 至 2021年8月31日)
                                                  (単位:千円)
                               株主資本
                        資本剰余金            利益剰余金
                                  その他
                                                    純資産合計
                                              株主資本
                資本金
                                 利益剰余金
                           資本剰余金            利益剰余金
                                               合計
                     資本準備金
                            合計            合計
                                  繰越利益
                                  剰余金
    当期首残高            150,000      140,000      140,000      △ 10,109     △ 10,109      279,890      279,890
    当期変動額
     新株の発行                                            -      -
     当期純利益                              176,817      176,817      176,817      176,817
    当期変動額合計              -      -      -    176,817      176,817      176,817      176,817
    当期末残高            150,000      140,000      140,000      166,707      166,707      456,707      456,707
       当事業年度(自 2021年9月1日 至 2022年8月31日)

                                                  (単位:千円)
                               株主資本
                        資本剰余金            利益剰余金
                                  その他
                                                    純資産合計
                                              株主資本
                資本金
                                 利益剰余金
                           資本剰余金            利益剰余金
                                               合計
                     資本準備金
                            合計            合計
                                  繰越利益
                                  剰余金
    当期首残高            150,000      140,000      140,000      166,707      166,707      456,707      456,707
    当期変動額
     新株の発行           639,412      639,412      639,412                  1,278,825      1,278,825
     当期純利益                              277,068      277,068      277,068      277,068
    当期変動額合計            639,412      639,412      639,412      277,068      277,068     1,555,893      1,555,893
    当期末残高            789,412      779,412      779,412      443,776      443,776     2,012,601      2,012,601
                                 87/105










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法
       (1)子会社株式
        移動平均法による原価法
      (2)その他有価証券
        ①市場価格のない株式等以外のもの
                      決算期末日の市場価格等に基づく時価法を採用しております。
                     (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により
                      算出しております。)
        ②市場価格のない株式等   移動平均法による原価法を採用しております。
                      なお、市場価格のない有価証券については、1株当たりの純資産額と取得原価を比較
                      して1株当たり純資産額が50%を下回っている場合に減損処理の要否を検討しており
                      ますが、将来の超過収益力等を反映した価額を実質価額とすることが合理的と判断さ
                      れる場合には、当該金額を純資産額に代えて減損処理の要否を検討しております。
     2.棚卸資産の評価基準及び評価方法

       商品、製品、原材料  移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法による
                  算定)を採用しております。    
       貯蔵品        最終仕入原価法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法に
                  よる算定)を採用しております。
     3.固定資産の減価償却の方法

      (1)   有形固定資産
        定率法を採用しております。但し、建物並びに2016年4月以降に取得した建物附属設備及び構築物につきまし
       ては、定額法を採用しております。なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
         建物附属設備     10~15年
         工具、器具及び備品             2~10年
      (2)   無形固定資産
        定額法を採用しております。ソフトウエアについては、市場販売目的のソフトウエアは、見込販売期間(3年
       以内)に基づく定額法、自社利用のソフトウエアは、見込利用可能期間(5年以内)に基づく定額法を採用して
       おります。
     4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

       外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
     5.引当金の計上基準

      (1)   貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
       ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      (2)   賞与引当金
        従業員に対する賞与支給に備えるため、賞与支給見込額のうち当事業年度負担額を計上しております。
      (3)   製品保証引当金
        販売した製品の保証期間内に発生する費用の支出に備えるため、過年度の実績に基づいた見積額を計上してお
       ります。
      (4)   受注損失引当金
        ソフトウエア受託開発において、その制作途上で損失が見込まれ、かつ、その金額を合理的に見積ることがで
       きる契約について、損失見込額を計上しております。
     6.収益及び費用の計上基準

       当社の顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業における主な履行義務の内容及び当該履行義務を充足す
      る通常の時点(収益を認識する通常の時点)は以下のとおりであります。                                  いずれについても取引の対価は履行義務を
                                 88/105

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      充足してから主として1年以内に受領しているため、重要な金融要素は含んでおりません。また、対価の金額が変動しうる重要
      な変動対価はありません。
      ①製品の販売
        AsReader事業においては、主にバーコードリーダー、RFIDリーダー/ライター、赤外線通信装置とその附属品
       の製造及び販売を行っております。このような製品の販売については、顧客に製品をそれぞれ出荷した時点で収
       益を認識しております。
      ②工事契約

        システムインテグレーション事業においては、主に顧客との請負契約により顧客仕様のシステム開発を行って
       おります。このようなシステム開発については、開発の進捗により履行義務が充足されていくものと判断してお
       り、一定の期間にわたり充足される履行義務として、ごく短い期間にわたり充足される履行義務を除き、履行義
       務の充足に係る進捗度を見積り、当該進捗度に基づき収益を認識しております。履行義務の充足に係る進捗度の
       見積りは、予想される開発原価総額に占める発生した開発原価の割合に基づいております。また、ごく短い期間
       にわたり充足される履行義務については、完全に履行義務を充足した時点で収益を認識しております。
      ③保守サービス

        当社が顧客に提供した製品やシステムに関する保守サービスを提供しております。このような保守サービスに
       ついては、顧客に役務を提供した時点で収益を認識しております。
                                 89/105














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      (重要な会計上の見積り)
        当社は、財務諸表の作成にあたり、当社が行った重要な会計上の見積り及び使用した仮定は次の通りです。見
       積りの基礎となる仮定は継続的に見直しています。見積りの変更による影響は、見積りを変更した期間及び将来
       の期間において認識しています。なお、これらの見積り及び仮定に関する不確実性により、将来の期間において
       資産または負債の帳簿価額に対して重要な修正が求められる結果となる可能性があります。
       ①棚卸資産の評価

        当社の貸借対照表上の棚卸資産の計上額、そのうち、商品及び製品の計上額及び商品評価減として控除された
       金額は、以下のとおりであります。
                                             (単位:千円)
                              前事業年度              当事業年度
                            (自 2020年9月1日              (自 2021年9月1日
                            至 2021年8月31日)               至 2022年8月31日)
         棚卸資産                          285,115              309,407
         (うち、商品及び製品)                          222,598              265,327
         (うち、商品評価減控除額)                           51,659              60,415
       (算出方法)
        棚卸資産の評価方法は、主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げ
       の方法により算定)を採用しています。
       (主要な仮定)
        当該棚卸資産の評価方法は、過去の販売実績に基づく在庫回転率や市場の状況などに着目し、将来の販売計画
       の実現可能性を見積もっており、主要な仮定に該当すると判断しております。
       (翌年度以降への影響)
        当社の事業においては、製品のライフサイクルが比較的短いことから、製品の販売可能性について不確実性を
       伴います。正味売却価額が想定よりも下回った場合あるいは、過去に評価減を計上した商品が販売計画を上回っ
       て販売された場合、一定の在庫回転率まで低下した場合には、棚卸資産の期末残高及び売上原価に影響を及ぼし
       ます。
       ②繰延税金資産

                                             (単位:千円)
                              前事業年度              当事業年度
                            (自 2020年9月1日              (自 2021年9月1日
                            至 2021年8月31日)               至 2022年8月31日)
         繰延税金資産                           27,604              42,865
       (算出方法)

        当社では繰延税金資産の回収可能性について毎期検討を行っております。当社の繰延税金資産の回収可能額
       は、将来の課税所得の予測に大きく依存しておりますが、課税所得の予測は将来の事業環境や当社の事業活動の
       推移、その他の要因により変化します。
       (主要な仮定)
        当事業年度末における繰延税金資産の回収可能性の検討においては、過去3年実績及び当事業年度の経営成績
       や、中期計画(3ヶ年)を総合的に勘案し、企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する
       適用指針」に定められた要件に基づき分類しております。その上で、中期計画に基づき、将来3年以内の期間に
       わたる課税所得を見積るとともに、会社の分類に応じて中期計画の実現可能性を勘案したうえで一時差異の解消
       時期をスケジューリングし、繰延税金資産の回収可能性を判断しております。
        将来の課税所得の見積り及び将来減算一時差異のスケジューリングは、繰延税金資産の回収可能性を見積る上
       での主要な仮定に該当すると判断しております。
        課税所得の見積りの際に使用した中期計画は、販売戦略を考慮して見積られた将来の売上予測や過去実績を踏
       まえた営業利益率に基づいております。
                                 90/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       (翌年度以降への影響)
        当該見積りについて、将来の不確実な経済条件の変動等により見直しが必要となった場合、翌事業年度以降の
       財務諸表において認識する繰延税金資産及び法人税等調整額の金額に影響を与える可能性があります。
                                 91/105




















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      (会計方針の変更)
      (収益認識に関する会計基準等の適用)
        「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)
       等を当事業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービ
       スと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。
        これによる変更点等はございません。
        収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って
       おり、当事業年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当事業年度の期首の繰
       越利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。
        また、収益認識会計基準等の適用に伴い、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」に表示していた
       「売掛金」は、当事業年度より「売掛金及び                     契約資産    」に含めて表示し、「流動負債」に表示していた「その
       他」は、当事業年度より「契約負債」及び「その他」に含めて表示しております。なお、収益認識会計基準第89-
       2項に定める経過的な取扱いに従って、前事業年度について新たな表示方法により組替えを行っておりません。
        この結果、当事業年度において、財務諸表に与える影響はありません。なお、繰越利益剰余金の当期首残高に
       影響はありません。
      (時価の算定に関する会計基準等の適用)

        「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                           2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)
       等を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準
       第10号    2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計方
       針を、将来にわたって適用することとしております。
        なお、当事業年度において、財務諸表に与える影響はありません。
       (追加情報)

        (新型コロナウイルス感染症の影響について)
          新型コロナウイルス感染症について、当事業年度において当社の業績に与える影響は限定的でありまし
         た。
          今後の収束時期等の影響を予測するのは困難な状況にありますが、現時点で入手可能情報に基づき会計上
         の見積りを会計処理に反映しております。また、新型コロナウイルス感染症による将来的な影響は依然とし
         て不透明であり、将来における当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 92/105









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
    ※1 関係会社に対する資産及び負債
       区分掲記されたもの以外で各科目に含まれているものは、次のとおりであります。
                                前事業年度               当事業年度

                               ( 2021年8月31日       )       ( 2022年8月31日       )
       流動資産
        売掛金                            324,201    千円              - 千円
        売掛金及び契約資産                              - 千円           194,644    千円
        流動負債
        買掛金                            17,118   千円            17,644   千円
        上記のほか、関係会社に対する資産として前渡金及びその他(流動資産)に含まれるものの合計額は、前事業年
       度において57,711千円、当事業年度末において78,019千円であります。
    ※2 当座貸越契約

        当社は、運転資金の効率的かつ安定的な調達を行うため、取引銀行4行と当座貸越契約を締結しております。これらの
       契約に基づく当事業年度末における当座貸越契約に係る借入未実行残高等は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度

                             ( 2021年8月31日       )         ( 2022年8月31日       )
        当座貸越極度額                          350,000千円                 350,000千円
        借入実行残高                         61,000千円                   -千円
        差引額                         289,000千円                 350,000千円
       (損益計算書関係)

    ※1 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
                                前事業年度               当事業年度

                              (自    2020年9月1日            (自    2021年9月1日
                              至   2021年8月31日       )      至   2022年8月31日       )
       関係会社からの受取利息                              887  千円            1,273   千円
    ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度61%、当事業年度58%、一般管理費に属する費用のおおよそ

      の割合は前事業年度39%、当事業年度42%であります。
       販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度               当事業年度

                              (自    2020年9月1日            (自    2021年9月1日
                              至   2021年8月31日       )      至   2022年8月31日       )
       給料手当                             146,671    千円           146,997    千円
       減価償却費                              6,146               5,101
       貸倒引当金繰入額                             △ 1,317               2,688
       製品保証引当金繰入額                              1,643               6,061
       賞与引当金繰入額                             20,961               20,129
       支払手数料                             137,722               133,327
    ※3 固定資産除却損の内容は、次のとおりです。

                                前事業年度               当事業年度
                              (自    2020年9月1日            (自    2021年9月1日
                              至   2021年8月31日       )      至   2022年8月31日       )
                                     - 千円              0 千円
       工具、器具及び備品
       合計                              -               0
                                 93/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       (有価証券関係)
      子会社株式(貸借対照表計上額は関係会社株式                      前事業年度     4,830千円     、当事業年度      4,830千円     )は、市場価格のない株
     式等に該当いたします。
                                 94/105



















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前事業年度           当事業年度
                                  ( 2021年8月31日       )    ( 2022年8月31日       )
       繰延税金資産
        貸倒引当金                              25,556   千円        31,337   千円
        未払事業税                                -          7,300
        賞与引当金                              10,417           10,833
        棚卸資産                              15,807           18,487
        関係会社株式                               3,803           3,803
        製品保証引当金                               3,422           5,277
                                       1,800           2,010
        その他
       繰延税金資産小計
                                      60,806           79,050
                                     △29,473           △34,443
       将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
       評価性引当額小計                              △29,473           △34,443
       繰延税金資産合計
                                      31,333           44,606
       繰延税金負債
                                       3,729           1,741
        その他
       繰延税金負債合計                                3,729           1,741
       繰延税金資産の純額                               27,604           42,865
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ

      た主要な項目別の内訳
                                   前事業年度           当事業年度

                                  ( 2021年8月31日       )    ( 2022年8月31日       )
       法定実効税率
                                        30.6  %          - %
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                  0.0            -
       住民税均等割                                  0.4            -
       税額控除                                  -           -
       評価性引当額の増減額                                 △1.2             -
       留保金課税                                  5.5            -
                                         2.8            -
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                 38.1            -
       (注)   当事業年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分
       の5以下であるため注記を省略しております。
       (収益認識関係)

      顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係)」に
     同一の内容を記載しているため、注記を省略しております。
                                 95/105





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
       (重要な後発事象)
     (資本業務提携契約の締結)
       当社は、2022年10月14日開催の取締役会において、「鍵のない世界の実現」を目指し、家・エントランス・自転
      車の鍵をスマートフォンで管理する「スマートロック」を開発・製造・販売するCANDY                                        HOUSE   JAPAN株式会社(以下
      「CANDY    HOUSE   JAPAN」といいます。)との間で、資本業務提携を行うことについて決議し、同日、資本業務提携契
      約を締結いたしました。
      1.資本業務提携の理由

       当社が行っている画像認識技術(人追跡、顔認証など)ソリューションカテゴリーにおける社会実装に向けて、
      CANDY   HOUSE   JAPANの「スマートロック(SESAMEシリーズ)」と、当社が開発を進めている「顔認証技術(AsReader
      One)」との親和性が高く、両者が保有する技術、ノウハウについて、相互に協力し合い、双方の発展に資すること
      を目的として業務提携いたします。
      2.資本業務提携の内容等

      (1)業務提携の内容
       当社とCANDY       HOUSE   JAPANとの間で資本業務提携契約を締結しております。主な施策は、CANDY                                   HOUSE   JAPANのス
      マートロックの開発技術と当社の顔認証技術を活用し、双方の事業の発展・拡大を推進することを目的としており
      ます。
      (2)資本提携の内容

       当社がCANDY       HOUSE   JAPANに対して出資を行います。
      (今回の出資により、出資比率は発行済株式総数の2.5%程度となります。)
      なお、出資額及び諸条件につきましては公表を差し控えさせていただきます。
      3.資本業務提携先の会社概要(2022年9月30日時点)

                      CANDY   HOUSE   JAPAN株式会社
      (1)名称
      (2)所在地                東京都中央区入船1丁目9番8号
      (3)代表者の役職・氏名                代表取締役 古 哲明
      (4)事業内容                不動産(個人、法人)管理向けのIoT製品の製造・販売及びSaaS管理システム
      (5)資本金                100百万円
      (6)設立年月日                2017年10月25日
      (7)大株主及び持株比率                代表取締役 古 哲明 55.4%
      (8)上場会社と当該会社との間                資本関係            当社と当該会社との間には、記載すべき資本関係
      の関係                            はありません。また、当社の関係者及び関係会社
                                  と当該会社の関係者及び関係会社の間には、特筆
                                  すべき資本関係はありません。
                      人的関係            当社と当該会社との間には、記載すべき人的関係
                                  はありません。また、当社の関係者及び関係会社
                                  と当該会社の関係者及び関係会社の間には、特筆
                                  すべき人的関係はありません。
                      取引関係            当社と当該会社との間には、記載すべき取引関係
                                  はありません。また、当社の関係者及び関係会社
                                  と当該会社の関係者及び関係会社の間には、特筆
                                  すべき取引関係はありません
                      関連当事者への該当状            当該会社は、当社の関連当事者には該当しませ
                      況            ん。また、当該会社の関係者及び関係会社は、当
                                  社の関連当事者には該当しません。
                                 96/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      4.日程
      (1)取締役会決議                        2022年10月14日
      (2)資本業務提携契約締結日                        2022年10月14日
      (3)引受新株式の払込日                        2022年10月31日
      5.今後の見通し

       本件は、中長期的な観点から当社の業績及び企業価値向上に資するものと考えております。したがって、当期の
      業績に与える影響は軽微であると見込んでおりますが、重要な影響を与える事象が生じましたら、明らかになった
      時点で速やかに開示いたします。
                                 97/105

















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
      ④ 【附属明細表】
       【有形固定資産等明細表】
                                       当期末減価

                当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      償却累計額      当期償却額      差引当期末
       資産の種類
                 (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     又は償却累       (千円)     残高(千円)
                                       計額(千円)
    有形固定資産
     建物附属設備             1,993        -      -    1,993       642      199     1,351
     車両運搬具              641      -      -     641      641      106       0

     工具、器具及び備品            128,350      19,427      5,635     142,142      130,814      18,424      11,328

     土地            292,589         -      -   292,589         -      -   292,589

     建設仮勘定              -   380,076         -   380,076         -      -   380,076
      有形固定資産計           423,574      399,504       5,635     817,443      132,097      18,730     685,346

    無形固定資産

     ソフトウエア            58,321      5,754       -    64,076      47,756      4,744     16,320
     ソフトウエア仮勘定              -    4,816       -    4,816       -      -    4,816
      無形固定資産計            58,321      10,570        -    68,892      47,756      4,744     21,136

     (注)   1.当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
                     製品の金型等生産設備        17,924千円
          工具、器具及び備品
                     パソコン等IT設備                          1,503千円
                     研究施設に係る建設仮勘定                       380,076千円
          建設仮勘定
                     社内使用システム                        5,754千円
          ソフトウエア
                     顔認証技術に係るソフトウエア仮勘定                    4,816千円
          ソフトウエア仮勘定
       2.当期減少額のうち主なものは次の通りであります。
                     製品の金型等生産設備                           4,418千円
          工具、器具及び備品
                     パソコン等IT設備                          1,217千円
       【引当金明細表】

                                 当期減少額         当期減少額

               当期首残高         当期増加額                           当期末残高
       区分                          (目的使用)         (その他)
                (千円)         (千円)                           (千円)
                                  (千円)         (千円)
    貸倒引当金
                  83,162        102,056            -       83,162        102,056
    (流動資産)
    貸倒引当金
                    355         355         -        355         355
    (固定資産)
    賞与引当金              29,475         30,653         29,475           -       30,653
    製品保証引当金              11,183         17,245           -       11,183         17,245

    受注損失引当金                 1       4,781           -         1       4,781

    (注) 「当期減少額(その他)」欄の金額は、洗替額であります。
     (2) 【主な資産及び負債の内容】

       連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
     (3) 【その他】

       該当事項はありません。
                                 98/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
    事業年度              毎年9月1日から翌年8月31日まで

    定時株主総会              毎年11月

    基準日              8月31日

                  2月末日
    剰余金の配当の基準日
                  8月31日
    1単元の株式数              100株
    単元未満株式の買取り

                  大阪市中央区伏見町三丁目6番3号
     取扱場所
                  三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
     株主名簿管理人
                  三菱UFJ信託銀行株式会社
     取次所              -
     買取手数料              無料

                  電子公告により行う。ただしやむを得ない事由により、電子公告をすることができ
                  ない場合は、官報に掲載する方法により行う。
    公告掲載方法
                  なお、当社の公告掲載URLは、以下のとおりであります。
                  https://www.asx.co.jp/
    株主に対する特典              該当事項はありません。
     (注) 当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない旨、
        定款に定めております。
        (1)   会社法第189条第2項各号に掲げる権利
        (2)   取得請求権付株式の取得を請求する権利
        (3)   募集株式又は募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 99/105











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

      当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定される親会社等はありません。
    2 【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)   有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

       事業年度      第15期   (自    2020年9月1日        至    2021年8月31日       ) 2021年11月29日近畿財務局長に提出。
     (2)    内部統制報告書及びその添付書類

       2021年11月29日近畿財務局長に提出
     (3)   四半期報告書及び確認書

        第16期   第1四半期(自         2021年9月1日        至    2021年11月30日       ) 2022年1月14日近畿財務局長に提出。
        第16期   第2四半期(自         2021年12月1日        至    2022年2月28日       ) 2022年4月14日近畿財務局長に提出。
        第16期   第3四半期(自         2022年3月1日        至    2022年5月31日       ) 2022年7月15日近畿財務局長に提出。
     (4)    臨時報告書

       2021年12月8日近畿財務局長に提出
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
       時報告書であります。
     (5)    有価証券届出書の訂正届出書

       2021年9月9日近畿財務局長に提出
       2021年9月17日近畿財務局長に提出
       2021年8月25日提出の有価証券届出書に係る訂正届出書であります。
                                100/105










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                101/105



















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2022年11月24日

    株式会社アスタリスク
     取締役会 御中
                         PwC京都監査法人

                         京都事務所
                          指定社員

                                   公認会計士       浦  上  卓  也
                          業務執行社員
                          指定社員

                                   公認会計士       田  口  真  樹
                          業務執行社員
     監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ
     ている株式会社アスタリスクの2021年9月1日から2022年8月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、
     連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算
     書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、
     株式会社アスタリスク及び連結子会社の2022年8月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の
     経営成績及びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準にお
     ける当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国に
     おける職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理
     上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断してい
     る。
     監査上の主要な検討事項

      監査上の主要な検討事項とは、当連結会計年度の連結財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に
     重要であると判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、連結財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査
     意見の形成において対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
     繰延税金資産の回収可能性の検討

        監査上の主要な検討事項の内容及び決定理由                                  監査上の対応
      会社グループは、         連結財務諸表の重要な会計上の見積                   当監査法人は、繰延税金資産の回収可能性の妥当性を
     り注記及び税効果会計関係注記              において    開示していると        検討するために、下記の手続を実施した。
     おり、2022年8月31日現在、繰延税金資産(繰延税金負                           ・企業の分類の判定を含む、繰延税金資産の回収可能性
     債控除後)48,914千円を連結貸借対照表に計上してい                            の判断に関連する内部統制の整備・運用状況の有効性
     る。また、税務上の繰越欠損金及び将来減算一時差異に                            を評価した。
     係る繰延税金資産は、将来の収益力に基づく課税所得の                           ・経営者が繰延税金資産の回収可能性の評価にあたって
     見込みにより、回収可能と判断した部分について計上し                            実施した企業の分類の判定について会計基準への準拠
     ている。その結果、評価性引当金を18,073千円計上して                            性を検討した。
     いる。                           ・期末における将来減算一時差異及び税務上の繰越欠損
                                 金の解消見込年度のスケジューリング及び相殺の適切
      「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企
                                 性を検討した。
     業会計基準適用指針第26号)における会社分類に基づ
                                ・将来の一時差異等加減算前課税所得の見積り額につい
     き、将来減算一時差異、税務上の繰越欠損金及び将来加
                                 て、将来の課税所得見込みの基礎となる中期計画と繰
     算一時差異の解消見込年度のスケジューリング及び将来
                                 延税金資産の回収可能性の検討資料の整合性を検証し
     の一時差異等加減算前課税所得に基づき、繰延税金資産
                                 た。
     を計上している。将来の一時差異等加減算前課税所得
                                ・過去の中期計画の達成状況を踏まえて、将来の一時差
     は、中期計画に基づいて算定されている。主要な仮定は
                                 異等加減算前課税所得の見積りを行っていることの妥
     将来の課税所得の見積り、将来減算一時差異及び税務上
                                 当性を検証した。
     の繰越欠損金の解消見込年度のスケジューリングであ
                                ・中期計画の信頼性について、過去の中期計画と実績と
     る。
                                 の乖離分析及び中期計画と直近実績(2022年9月、10
      当該見積りに使用された主要な仮定は、経営者による
                                 月)との乖離分析を実施した。
     主観的な判断を伴い、見積りの不確実性が高い領域であ
     り、財務報告に影響を及ぼす可能性があることから、当
     監査法人は当該事項を監査上の主要な検討事項として選
     定した。
                                102/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
     その他の記載内容
      その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告
     書以外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査等委員会の責任
     は、その他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
      当監査法人の連結財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他
     の記載内容に対して意見を表明するものではない。
      連結財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載
     内容と連結財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、ま
     た、そのような重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
      当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報
     告することが求められている。
      その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
     連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適
     正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示す
     るために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切である
     かどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を
     開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     連結財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を
     表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸
     表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家
     としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
      ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手
       続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分か
       つ適切な監査証拠を入手する。
      ・連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク
       評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
      ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性
       及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
      ・経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に
       基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるか
       どうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務
       諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合
       は、連結財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日ま
       でに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可
       能性がある。
      ・連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠してい
       るかどうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基
       礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      ・連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠
       を入手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独
       で監査意見に対して責任を負う。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重
     要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並び
     に監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガード
     を講じている場合はその内容について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会と協議した事項のうち、当連結会計年度の連結財務諸表の監査で特に重要であると判断し
     た事項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が
     禁止されている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利
     益を上回ると合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
     利害関係

      会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係は
     ない。
                                                      以  上

     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

         会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                103/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2022年11月24日

    株式会社アスタリスク
     取締役会 御中
                         PwC京都監査法人

                         京都事務所
                          指定社員

                                   公認会計士       浦  上  卓  也
                          業務執行社員
                          指定社員

                                   公認会計士       田  口  真  樹
                          業務執行社員
     監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ
     ている株式会社アスタリスクの2021年9月1日から2022年8月31日までの第16期事業年度の財務諸表、すなわち、貸
     借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行っ
     た。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
     会社アスタリスクの2022年8月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な
     点において適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準にお
     ける当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国におけ
     る職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たして
     いる。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

      監査上の主要な検討事項とは、当事業年度の財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要であ
     ると判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形成に
     おいて対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
     繰延税金資産の回収可能性の検討

        監査上の主要な検討事項の内容及び決定理由                                  監査上の対応
      会社は、財務諸表の         重要な会計上の見積り注記及び税効                  当監査法人は、繰延税金資産の回収可能性の妥当性を
     果会計関係注記       において開示しているとおり、2022年8                    検討するために、下記の手続を実施した。
     月31日現在、繰延税金資産(繰延税金負債控除後)                           ・企業の分類の判定を含む、繰延税金資産の回収可能性
     42,865千円を貸借対照表に計上している。                            の判断に関連する内部統制の整備・運用状況の有効性
      「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企                            を評価した。
     業会計基準適用指針第26号)における会社分類に基づ                           ・経営者が繰延税金資産の回収可能性の評価にあたって
     き、将来減算一時差異及び将来加算一時差異の解消見込                            実施した企業の分類の判定について会計基準への準拠
     年度のスケジューリング及び将来の一時差異等加減算前                            性を検討した。
     課税所得に基づき、繰延税金資産を計上している。将来                           ・期末における将来減算一時差異の解消見込年度のスケ
     の一時差異等加減算前課税所得は、中期計画に基づいて                            ジューリング及び相殺の適切性を検討した。
     算定されている。主要な仮定は、将来の課税所得の見積                           ・将来の一時差異等加減算前課税所得の見積り額につい
     り及び将来減算一時差異の解消見込年度のスケジューリ                            て、将来の課税所得見込みの基礎となる中期計画と繰
     ングである。                            延税金資産の回収可能性の検討資料の整合性を検証し
      当該見積りに使用された主要な仮定は、経営者による                            た。
     主観的な判断を伴い、見積りの不確実性が高い領域であ                           ・過去の中期計画の達成状況を踏まえて、将来の一時差
     り、財務報告に影響を及ぼす可能性があることから、当                            異等加減算前課税所得の見積りを行っていることの妥
     監査法人は当該事項を監査上の主要な検討事項として選                            当性を検証した。
     定した。                           ・中期計画の信頼性について、過去の中期計画と実績と
                                 の乖離分析及び中期計画と直近実績(2022年9月、10
                                 月)との乖離分析を実施した。
                                104/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社アスタリスク(E36860)
                                                           有価証券報告書
     その他の記載内容
      その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告
     書以外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査等委員会の責任
     は、その他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
      当監査法人の財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の記
     載内容に対して意見を表明するものではない。
      財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内容
     と財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そのよ
     うな重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
      当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報
     告することが求められている。
      その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
     財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうか
     を評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する
     必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
     がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の
     意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家
     としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
      ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手
       続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分か
       つ適切な監査証拠を入手する。
      ・財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
       の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
      ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性
       及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
      ・経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
       き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどう
       か結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注
       記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表
       に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査
       証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
      ・財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
       どうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引
       や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重
     要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並び
     に監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガード
     を講じている場合はその内容について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会と協議した事項のうち、当事業年度の財務諸表の監査で特に重要であると判断した事項を
     監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止され
     ている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回
     ると合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上

     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

         会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                105/105



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。