DCニッセイ日本株グロースファンド 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 DCニッセイ日本株グロースファンド
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    【表紙】
      【提出書類】                    有価証券届出書

      【提出先】                    関東財務局長殿

      【提出日】                    2022年11月25日        提出

      【発行者名】                    ニッセイアセットマネジメント株式会社

      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  大関 洋

      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区丸の内一丁目6番6号

      【事務連絡者氏名】                    投資信託企画部  茶木 健

                          03-5533-4608

      【電話番号】
      【届出の対象とした募集(売

       出)内国投資信託受益証券                   DCニッセイ日本株グロースファンド
       に係るファンドの名称】
      【届出の対象とした募集内国
                          継続募集額 上限1兆円
       投資信託受益証券の金額】
      【縦覧に供する場所】                    該当事項はありません。
                                 1/92













                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】
      (1)【ファンドの名称】

          DCニッセイ日本株グロースファンド
          (以下「ファンド」または「ベビーファンド」ということがあります)
      (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

        ① 契約型の追加型証券投資信託振替受益権です。
           ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(以下「社振法」といいます)の規
         定の適用を受け、受益権の帰属は、後記「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関お
         よび当該振替機関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、
         振替機関を含め、「振替機関等」といいます)の振替口座簿に記載または記録されることによ
         り定まります(振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」
         といいます)。委託会社は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権を表示す
         る受益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
        ② 委託会社(ニッセイアセットマネジメント株式会社)の依頼により信用格付業者から提供さ
         れもしくは閲覧に供された信用格付、または信用格付業者から提供されもしくは閲覧に供され
         る予定の信用格付はありません。
      (3)【発行(売出)価額の総額】

          1兆円を上限とします。
      (4)【発行(売出)価格】

          取得申込受付日の基準価額です。基準価額は日々変動します。なお、便宜上1万口当りに換算
        した価額で表示されます。
          基準価額につきましては、販売会社または委託会社にお問合せください。また、原則として計
        算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます。
          なお、委託会社へは後記「(8)申込取扱場所」の照会先にお問合せください。
      (5)【申込手数料】

          ありません。
      (6)【申込単位】

          1円以上1円単位とします。
      (7)【申込期間】

          継続申込期間:2022年11月26日(土)~                      2023年5月25日(木)
          ○ 継続申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
      (8)【申込取扱場所】

          申込取扱場所につきましては、以下にお問合せください。
          ニッセイアセットマネジメント株式会社
           コールセンター 0120-762-506
           (9:00~17:00 土日祝日・年末年始を除く)
      (9)【払込期日】

          取得申込者は、各販売会社が定める期日(詳しくは販売会社にお問合せください)までに、申
        込代金を各販売会社に支払うものとします。
          各取得申込日の発行価額の総額は、追加信託が行われる日に各々の販売会社より、委託会社の
        指定する口座を経由して、追加信託金として受託会社の指定するファンド口座(受託会社が再信
        託している場合は、当該再信託受託会社の指定するファンド口座)に払込まれます。
      (10)【払込取扱場所】

          払込取扱場所は申込取扱場所と同じです。以下にお問合せください。
                                 2/92


                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          ニッセイアセットマネジメント株式会社
           コールセンター 0120-762-506
           (9:00~17:00 土日祝日・年末年始を除く)
      (11)【振替機関に関する事項】

          振替機関は下記の通りです。
           株式会社証券保管振替機構
      (12)【その他】

          当ファンドは確定拠出年金法(平成13年法律第88号)に基づく確定拠出年金制度向けのファン
        ドであり、受益権の取得申込みの勧誘は、資産管理機関および国民年金基金連合会(国民年金基
        金連合会が委託する事務委託先金融機関も含みます)に対してのみ行われます。
          ただし、委託会社または販売会社が取得する場合はこの限りではありません。
                                 3/92
















                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】
    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】

      (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

        ① 基本方針

           ファンドは、信託財産の中長期的な成長を図ることを目標に運用を行うことを基本方針とし
         ます。
        ② 運用の形態

           ファンドは「ファミリーファンド方式」で運用を行います。
           ファミリーファンド方式とは、投資者からの資金をまとめてベビーファンドとし、その資金
         をマザーファンドに投資して、その実質的な運用をマザーファンドにて行う仕組みです。
        <イメージ図>
        ③ ファンドの特色




         ◆国内の上場株式等を主要投資対象とし、銘柄選択を重視したアクティブ運用を行います。
          ・当ファンドは、日本株アクティブファンドとして銘柄選択を重視した運用を行います。
                                           ※
          ・徹底した調査・分析に基づくボトムアップ・アプローチ                                 により、投資銘柄を選定しま
           す。
            ※ ボトムアップ・アプローチとは、企業訪問等を通じた個別企業の調査・分析に基づき投資
              価値を判断し、投資銘柄を選別する運用手法のことをいいます。
         ◆成長が期待される企業の株式に投資します。

          ・モノ・サービス需要を中心に成長機会を有すると期待される企業群に対し、企業の経営力
           を評価して投資します。
          ・株価評価・投資タイミング等を検討し、ポートフォリオ・マネジャーがポートフォリオを
           構築します。
                                 4/92







                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            資金動向、市況動向等によっては、前述のような運用ができない場合があります。









        ④ 信託金の上限

           5,000億円とします。ただし、受託会社と合意のうえ、当該限度額を変更することができま
         す。
        ⑤ ファンドの分類

           追加型投信/国内/株式に属します。
           ○ 課税上は株式投資信託として取扱われます。
           ファンドの商品分類表・属性区分表は以下の通りです(該当区分を網掛け表示していま

         す)。
           商品分類表

                                     投資対象資産
              単位型・追加型            投資対象地域
                                    (収益の源泉)
                                      株  式
                          国  内
                                      債  券
               単 位 型
                                     不動産投信
                          海  外
                                     その他資産
               追 加 型
                                     (   )
                          内  外
                                      資産複合
                                 5/92





                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           属性区分表
                                 投資対象
               投資対象資産           決算頻度              投資形態
                                   地域
             株式
              一般
                                 グローバル
              大型株
              中小型株
                                  日 本
                           年1回
             債券

                                  北 米
                           年2回
              一般
                                        ファミリー
              公債
                                  欧 州
                                         ファンド
                           年4回
              社債
              その他債券
                                  アジア
                           年6回
              クレジット属性
                          (隔月)
              (  )
                                 オセアニア
                           年12回

             不動産投信                     中南米
                          (毎月)
                                        ファンド・
             その他資産                     アフリカ
                                         オブ・
                           日 々
              (投資信託証券
                                         ファンズ
              (株式(一般)))                    中近東
                           その他
                                 (中東)
                          (  )
             資産複合
              (   )                    エマー
                                  ジング
              資産配分固定型
              資産配分変更型
         商品分類表

         追加型投信           一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産ととも
                    に運用されるファンドをいう。
         国内           目論見書または約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国内の資
                    産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
         株式           目論見書または約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株式を源
                    泉とする旨の記載があるものをいう。
         属性区分表

         その他資産           目論見書または約款において、主たる投資対象を投資信託証券(マザーファンド)
         (投資信託証券           とし、ファンドの実質的な運用をマザーファンドにて行う旨の記載があるものをい
         (株式(一般)))           う。
                    目論見書または約款において、主として株式に投資する旨の記載があるものをい
                    う。
         年1回           目論見書または約款において、年1回決算する旨の記載があるものをいう。
         日本           目論見書または約款において、組入資産による投資収益が日本の資産を源泉とする
                    旨の記載があるものをいう。
         ファミリーファンド           目論見書または約款において、マザーファンド(ファンド・オブ・ファンズにのみ
                    投資されるものを除く)を投資対象として投資するものをいう。
          前記以外の商品分類および属性区分の定義については、

          一般社団法人       投資信託協会ホームページ(https://www.toushin.or.jp/)をご参照ください。
      (2)【ファンドの沿革】

          2013年2月4日         信託契約締結、ファンドの設定、運用開始
                                 6/92




                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)【ファンドの仕組み】
        ※1 委託会社と受託会社との間で結ばれ、運用の基本方針、収益分配方法、受益権の内容等、ファ












           ンドの運用・管理について定めた契約です。この信託は、信託法(平成18年法律第108号)の適
           用を受けます。
        ※2 委託会社と販売会社との間で結ばれ、委託会社が販売会社に受益権の募集の取扱い、解約に関
           する事務、解約金・収益分配金・償還金の支払い、ならびに収益分配金の再投資等の業務を委
           託し、販売会社がこれを引受けることを定めた契約です。
       委託会社の概況(2022年8月末現在)

        ・金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第369号
        ・設立年月日       :1995年4月4日
        ・資本金の額       :100億円
        ・沿革
           1985年7月1日             ニッセイ・ビーオーティー投資顧問株式会社(後のニッセイ投資顧
                       問株式会社)が設立され、投資顧問業務を開始しました。
           1995年4月4日             ニッセイ投信株式会社が設立され、同年4月27日、証券投資信託委託
                       業務を開始しました。
           1998年7月1日             ニッセイ投信株式会社(存続会社)とニッセイ投資顧問株式会社
                       (消滅会社)が合併し、ニッセイアセットマネジメント投信株式会
                       社として投資一任業務ならびに証券投資信託委託業務の併営を開始
                       しました。
           2000年5月8日             定款を変更し商号をニッセイアセットマネジメント株式会社としま
                       した。
                                 7/92

                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ・大株主の状況
              名   称                  住   所               保有株数       比 率
                                                        100%

           日本生命保険相互会社              東京都千代田区丸の内一丁目6番6号                      108,448株
    2【投資方針】

      (1)【投資方針】

        ① ニッセイ国内グロース株式マザーファンドへの投資を通じて、実質的に国内の成長が期待さ
         れる株式へ投資を行い、信託財産の中長期的な成長をめざします。
        ② 上記マザーファンドの組入比率は原則として高位を保ちます。
        ③ 株式以外の資産(上記マザーファンドを通じて投資する場合は、当該マザーファンドの信託
         財産に属する株式以外の資産のうち、この投資信託の信託財産に属するとみなした部分を含み
         ます)への投資は、原則として信託財産総額の50%以下とします。
        ④ 資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。
                                 8/92















                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (参考)マザーファンドの概要

                     ニッセイ国内グロース株式マザーファンド
       (1)基本方針

           マザーファンドは、信託財産の中長期的な成長を図ることを目標に運用を行うことを基
          本方針とします。
       (2)運用方法
        a 投資対象
           国内の証券取引所上場株式および店頭登録銘柄を主要投資対象とします。
        b 投資態度
         ① 主として国内の成長が期待される株式に投資し、信託財産の中長期的な成長を図るこ
           とを目標にアクティブ運用を行います。
         ② 証券取引所上場株式および店頭登録銘柄を対象に、流動性・成長性等の定量的スク
           リーニングなどにより、投資候補銘柄群を絞ります。
         ③ 21世紀の成長企業群を「生活者」の視点から「3つのC」ととらえ、「健全な生活=
           Clean」、「創造的な生活=Creative」、「快適な生活=Comfortable」の創出に貢献す
           る企業の株式を選別します。
         ④ 上記視点から選別した銘柄群に対し、企業訪問等による調査・分析に基づくボトム
           アップ・アプローチに加え、独自性、展開力、株主価値の観点から、企業経営を全体的
           に評価する形で組入候補銘柄を厳選します。
         ⑤ 市場環境やバリュエーション等を勘案して組入銘柄を絞込み、ポートフォリオを組成
           します。
         ⑥ ファンドのリスク状況を随時モニターし、運用戦略との整合性を維持します。
         ⑦ 株式の実質組入比率は、原則として高位を保ちます。
         ⑧ 株式以外の資産の組入比率は50%以下とします。
         ⑨ 株式の実質組入比率の維持のために、株価指数先物等を活用することがあります。
         ⑩ 資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。
       (3)投資制限
         ① 株式への投資割合には、制限を設けません。
         ② 同一銘柄の株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
         ③ 新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の20%
           以内とします。
         ④ 同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産
           総額の10%以内とします。
         ⑤ 同一銘柄の転換社債、ならびに新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の
           財産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれ
           ぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(以下会社法施行前の旧
           商法第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債を含め「転換
           社債型新株予約権付社債」といいます)への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%
           以内とします。
         ⑥ 投資信託証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内とします。
         ⑦ 外貨建資産への投資は行いません。
         ⑧ 私募により発行された有価証券(短期社債等を除く)および上場予定・登録予定株式
           への投資は、その投資額の合計が、信託財産の純資産総額の15%以下の範囲で行いま
           す。
         ⑨ デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法
           により算出した額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。
         ⑩   一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債
           券等エクスポージャーおよびデリバティブ取引等エクスポージャーの信託財産の純資産
           総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%を超えないものとし、当該
           比率を超えることとなった場合には、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい、当該
           比率以内となるよう調整を行うこととします。
                                 9/92


                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)【投資対象】
       a 主な投資対象
          主として、ニッセイ国内グロース株式マザーファンドに投資します。なお直接、株式等に投資
        を行う場合があります。
       b 約款に定める投資対象
        ① 投資の対象とする資産の種類
           このファンドにおいて投資の対象とする資産(国内の通貨建表示のものに限ります)の種類
         は、次に掲げるものとします。
         1.次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1
           項で定めるものをいいます。以下同じ)
          イ.有価証券
          ロ.デリバティブ取引にかかる権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、
            後記「(5)投資制限 b 約款に定めるその他の投資制限 ③ 先物取引等、④ ス
            ワップ取引および⑤ 金利先渡取引」に定めるものに限ります)
          ハ.約束手形
          ニ.金銭債権
         2.次に掲げる特定資産以外の資産
          イ.為替手形
        ② 有価証券
           主としてニッセイアセットマネジメント株式会社を委託会社とし、三菱UFJ信託銀行株式
         会社を受託会社として締結された「ニッセイ国内グロース株式マザーファンド」(以下「マ
         ザーファンド」といいます)のほか、次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定によ
         り有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除き、国内の通貨建表示のものに限ります)
         に投資します。
         1.株券または新株引受権証書
         2.国債証券
         3.地方債証券
         4.特別の法律により法人の発行する債券
         5.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新
           株引受権付社債券」といいます)の新株引受権証券を除きます)
         6.資産の流動化に関する法律に規定する特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で
           定めるものをいいます)
         7.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6
           号で定めるものをいいます)
         8.協同組織金融機関にかかる優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるも
           のをいいます)
         9.資産の流動化に関する法律に規定する優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証
           券(金融商品取引法第2条第1項第8号で定めるものをいいます)
         10.コマーシャル・ペーパー
         11.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ)お
           よび新株予約権証券
         12.外国または外国の者の発行する証券または証書で、1.から11.までの証券または証書の
           性質を有するもの
         13.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるも
           のをいいます)
         14.投資証券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいま
           す)
         15.外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいま
           す)
         16.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるもの
           をいい、有価証券にかかるものに限ります)
         17.預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます)
         18.外国法人が発行する譲渡性預金証書
                                10/92


                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         19.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託
           の受益証券に限ります)
         20.抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます)
         21.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信
           託の受益証券に表示されるべきもの
         22.外国の者に対する権利で21.の有価証券の性質を有するもの
           なお、1.の証券または証書、12.および17.の証券または証書のうち1.の証券または証
         書の性質を有するものを以下「株式」といい、2.から6.までの証券ならびに12.および
         17.の証券または証書のうち2.から6.までの証券の性質を有するものを以下「公社債」と
         いい、13.および14.の証券を以下「投資信託証券」といいます。
        ③ 金融商品
           信託金を前記②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条第2
         項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。以下④において同
         じ)により運用することができます。
         1.預金
         2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
          す)
         3.コール・ローン
         4.手形割引市場において売買される手形
         5.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
         6.外国の者に対する権利で5.の権利の性質を有するもの
        ④ 前記②にかかわらず、この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託会
         社が運用上必要と認めるときには、信託金を前記③に掲げる金融商品により運用することがで
         きます。
      (3)【運用体制】

        委託会社の組織体制
           社内規程として、投資信託財産及び投資法人資産に係る運用業務規程およびポートフォリオ・マ






           ネジャー/アナリスト服務規程を定めています。また、各投資対象の適切な利用、リスク管理の
           推進を目的として、各投資対象の取扱いに関して規程を設けています。
                                11/92




                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        内部管理体制および意思決定を監督する組織
        <受託会社に対する管理体制等>






         委託会社は、受託会社(再信託先も含む)に対して日々の純資産照合、月次の勘定残高照合などを
         行っています。また、受託業務の内部統制の有効性について、監査人による報告書を定期的に受託
         会社より受取っています。
        ○ 上記運用体制は、今後変更となる場合があります。

      (4)【分配方針】

        ① 原則として以下の方針に基づき分配を行います。
         1.分配対象額の範囲
            経費控除後の配当等収益および売買益(評価益を含みます)等の全額とします。
         2.分配対象額についての分配方針
            委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。
         3.留保益の運用方針
            留保益(収益分配にあてず信託財産に留保した収益)については、元本部分と同一の運用
           を行います。
        ② 分配時期
          毎決算日とし、決算日は2月25日(年1回、該当日が休業日の場合は翌営業日)です。
        ③ 支払方法
         <分配金受取コースの場合>
          原則として決算日から起算して5営業日目までにお支払いします。
         <分配金再投資コースの場合>
          自動的に再投資されます。
         ○ 将来の分配金の支払いおよび水準について、保証するものではありません。

      (5)【投資制限】

       a 約款に定める主な投資制限
        ① 株式への実質投資割合には、制限を設けません。
        ② 同一銘柄の株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
        ③ 新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の20%以
         下とします。
        ④ 同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総
         額の10%以下とします。
        ⑤ 同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予約権付社債への実質投資割合は、信託財産の
         純資産総額の10%以下とします。
        ⑥ 投資信託証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
        ⑦ 外貨建資産への投資は行いません。
        ⑧ 私募により発行された有価証券(短期社債等を除く)および上場予定・登録予定株式への投
         資は、その投資額の合計が、信託財産の純資産総額の15%以下の範囲で行います。
                                12/92


                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ⑨ デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により
         算出した額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。
        ⑩   一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エ
         クスポージャーおよびデリバティブ取引等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する
         比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%を超えないものとし、当該比率を超えることと
         なった場合には、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい、当該比率以内となるよう調整を
         行うこととします。
       b 約款に定めるその他の投資制限
        ① 投資する株式等の範囲
                                                       ※
         1.投資する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、国内の金融商品取引所                                               に上場
           されている株式の発行会社の発行するもの、金融商品取引所に準ずる市場において取引され
           ている株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当によ
           り取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券については、この限りではありませ
           ん。
            ※ 金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取引所および金融商品取引法第2条第8
              項第3号ロに規定する外国金融商品市場をいいます。以下同じ。
         2.前記1.にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券および新株予約
           権証券で目論見書等において上場または登録されることが確認できるものについては、投資
           することができます。
        ② 信用取引の範囲
         1.信託財産を効率的に運用するため、信用取引により株券を売付けることができます。な
           お、当該売付けの決済については、株券の引渡しまたは買戻しにより行うことができます。
         2.前記1.の信用取引は、当該売付けにかかる建玉の時価総額が信託財産の純資産総額の範
           囲内とします。
         3.信託財産の一部解約等の事由により、前記2.の売付けにかかる建玉の時価総額が信託財
           産の純資産総額を超えることとなった場合には、速やかにその超える額に相当する売付けの
           一部を決済するものとします。
        ③ 先物取引等
         1.国内の金融商品取引所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号イ
           に掲げるものをいいます)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号
           ロに掲げるものをいいます)および有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項
           第3号ハに掲げるものをいいます)ならびに外国の金融商品取引所における国内の有価証券
           にかかるこれらの取引と類似の取引を行うことができます。なお、選択権取引はオプション
           取引に含めるものとします(以下同じ)。
         2.国内の金融商品取引所における金利にかかる先物取引およびオプション取引ならびに外国
           の金融商品取引所における国内の金利にかかるこれらの取引と類似の取引を行うことができ
           ます。
        ④ スワップ取引
         1.信託財産に属する資産の効率的な運用ならびに価格変動リスクを回避するため、異なった
           受取金利または異なった受取金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引(以下「ス
           ワップ取引」といいます)を行うことができます。
         2.スワップ取引にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間を超えないもの
           とします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限り
           ではありません。
         3.スワップ取引にあたっては、当該信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の総額とマ
           ザーファンドの信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の総額のうち信託財産に属すると
           みなした額との合計額(以下「スワップ取引の想定元本の合計額」といいます。以下当該
           3.において同じ)が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。なお、信託財産の
           一部解約等の事由により、上記純資産総額が減少して、スワップ取引の想定元本の合計額が
           信託財産の純資産総額を超えることとなった場合には、速やかにその超える額に相当するス
           ワップ取引の一部を解約するものとします。
         4.前記3.においてマザーファンドの信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の総額のう
           ち信託財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの信託財産にかかるスワップ取引の
                                13/92


                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           想定元本の総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める信託財産に属するマザー
           ファンドの時価総額の割合をかけた額をいいます。
         5.スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で
           評価するものとします。
         6.スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、担保の提
           供あるいは受入れを行うものとします。
        ⑤ 金利先渡取引
         1.信託財産に属する資産を効率的に運用するため、金利先渡取引を行うことができます。
         2.金利先渡取引にあたっては、当該取引の決済日が、原則として信託期間を超えないものと
          します。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りで
          はありません。
         3.金利先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で
          評価するものとします。
         4.金利先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、担保の提
          供あるいは受入れを行うものとします。
        ⑥ 有価証券の貸付けおよび範囲
         1.信託財産を効率的に運用するため、信託財産に属する株式および公社債を次の範囲内で貸
           付けることができます。
          ⅰ.株式の貸付けは、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株
            式の時価合計額を超えないものとします。
          ⅱ.公社債の貸付けは、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で
            保有する公社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
         2.前記1.に定める限度額を超えることとなった場合には、速やかにその超える額に相当す
           る契約の一部を解約するものとします。
         3.有価証券の貸付けにあたって必要と認めたときは、担保の受入れを行うものとします。
        ⑦ 有価証券の空売り
         1.信託財産を効率的に運用するため、信託財産において有しない有価証券または後記⑧の規
           定により借入れた有価証券を売付けることができます。なお、当該売付けの決済について
           は、売付けた有価証券の引渡しまたは買戻しにより行うことができます。
         2.前記1.の売付けは、当該売付けにかかる有価証券の時価総額が信託財産の純資産総額の
           範囲内とします。
         3.信託財産の一部解約等の事由により、前記2.の売付けにかかる有価証券の時価総額が信
           託財産の純資産総額を超えることとなった場合には、速やかに、その超える額に相当する売
           付けの一部を決済するものとします。
        ⑧ 有価証券の借入れ
         1.信託財産を効率的に運用するため、有価証券の借入れを行うことができます。なお、当該
           有価証券の借入れを行うにあたり担保の提供が必要と認めたときは、担保の提供を行うもの
           とします。
         2.前記1.は、当該借入れにかかる有価証券の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内と
           します。
         3.信託財産の一部解約等の事由により、前記2.の借入れにかかる有価証券の時価総額が信
           託財産の純資産総額を超えることとなった場合には、速やかに、その超える額に相当する借
           入れた有価証券の一部を返還するものとします。
         4.前記1.の借入れにかかる品借料は信託財産中から支払われます。
        ⑨ 資金の借入れ
         1.信託財産の効率的な運用、ならびに信託財産を安定的に運用するため、一部解約にともな
           う支払資金の手当て(一部解約にともなう支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を
           含みます)を目的として、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的とし
           て、資金借入れ(コール市場を通じる場合を含みます)を行うことができます。なお、当該
           借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
         2.一部解約にともなう支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始
           日から信託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代
           金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者
           への解約代金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が
           5営業日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、有価証
                                14/92

                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           券等の解約代金および有価証券等の償還金の合計額を限度とします。ただし、資金借入額は
           借入を行う日における信託財産の純資産総額の10%を超えないこととします。
         3.収益分配金の再投資にかかる借入期間は信託財産から収益分配金が支払われる日からその
           翌営業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
         4.借入金の利息は信託財産中より支払われます。
       c 法令に定める投資制限
        ① デリバティブ取引等(金融商品取引業等に関する内閣府令第130条第1項第8号)
           金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動その他の理由によ
         り発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社が定めた合理的な方法により算出し
         た額が信託財産の純資産総額を超えることとなる場合において、デリバティブ取引等(金融商
         品取引法第2条第20項に規定するデリバティブ取引をいい、新株予約権証券、新投資口予約権
         証券またはオプションを表示する証券もしくは証書にかかる取引および選択権付債券売買を含
         みます)を行い、または継続することを内容とした運用を行わないものとします。
        ② 信用リスク集中回避(金融商品取引業等に関する内閣府令第130条第1項第8号の2)
           信用リスク(保有する有価証券その他の資産について取引の相手方の債務不履行その他の理
         由により発生し得る危険をいいます)を適正に管理する方法としてあらかじめ委託会社が定め
         た合理的な方法に反することとなる取引を行うことを内容とした運用を行わないものとしま
         す。
        ③ 同一法人の発行する株式(投資信託及び投資法人に関する法律第9条)
           委託会社が指図を行うすべてのファンドで、同一法人の発行する株式の過半数の議決権を取
         得するような運用を行わないものとします。
                                15/92













                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【投資リスク】
      ファンド(マザーファンドを含みます)は、値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額

      は変動します。したがって、投資元本を割込むことがあります。
      ファンドは、預貯金とは異なり、投資元本および利回りの保証はありません。運用成果(損益)は
      すべて投資者の皆様のものとなりますので、ファンドのリスクを十分にご認識ください。
      ファンドは、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。また、登録金
      融機関で購入された場合、投資者保護基金による支払いの対象にはなりません。
      ファンドのお取引に関しては、クーリング・オフ(金融商品取引法第37条の6の規定)の適用はあ
      りません。
      (1)投資リスクおよび留意事項

         ファンドが有する主なリスクおよび留意事項は以下の通りです。
        ・株式投資リスク
          株式は国内および国際的な景気、経済、社会情勢の変化等の影響を受け、また業績悪化(倒
          産に至る場合も含む)等により、価格が下落することがあります。
        ・流動性リスク
          市場規模が小さいまたは取引量が少ない場合、市場実勢から予期される時期または価格で取
          引が行えず、損失を被る可能性があります。
        ・収益分配金に関する留意点
          収益分配金は、預貯金の利息とは異なり、ファンドの信託財産から支払われますので、収益
          分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
          収益分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売
          買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日
          と比べて下落することになります。また、収益分配金の水準は、必ずしも計算期間における
          ファンドの収益率を示すものではありません。
          受益者のファンドの購入価額によっては、支払われる収益分配金の一部または全部が実質的
          に元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金
          額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。
        ・短期金融資産の運用に関する留意点
          コマーシャル・ペーパー、コール・ローン等の短期金融資産で運用する場合、発行者の経
          営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により損失を被ることがありま
          す。
        ・ファミリーファンド方式に関する留意点
          ファンドは、ファミリーファンド方式で運用を行います。このため、マザーファンドに投資
          する他のベビーファンドの追加設定・解約等にともない、ファンドの基準価額が影響を受け
          ることがあります。
        ・委託会社等による当ファンド等の信託財産の保有に関する留意点
          委託会社の株主である日本生命保険相互会社は2022年1月末現在、ファンドの主要投資対象
          であるマザーファンドを他のベビーファンドを通じて実質的に20.4%保有しています。当該
          保有分は日本生命保険相互会社により換金されることがあります。
        ・流動性に関する留意点
          ファンドは、多量の換金の申込みが発生し換金代金を短期間で手当てする必要が生じた場合
          や組入資産の主たる取引市場において市場環境が急変した場合等には、一時的に組入資産の
          流動性が低下し、市場実勢から期待できる価格で取引ができないリスク、取引量が限定され
          るリスク等が顕在します。
          これらにより、基準価額にマイナスの影響を及ぼす可能性、換金の申込みの受付けを中止す
          る、また既に受付けた換金の申込みの受付けを取消しする可能性、換金代金のお支払いが遅
          延する可能性などがあります。
                                16/92




                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)投資リスク管理体制
        1.リスク管理統括部が、以下の通り管理を行います。





          ・運用状況をモニタリングし、リスク、パフォーマンスの分析・評価、ファンドの投資制限
           等遵守状況の事後チェックを行います。また、その情報を運用担当部・室に日々連絡する
           とともに、月次の考査会議で報告します。
          ・売買執行状況の事後チェックを行います。また、その情報を必要に応じて運用担当部・室
           に連絡するとともに、月次の考査会議で報告します。
        2.運用担当部・室は上記の連絡・報告を受けて、必要に応じてポートフォリオの改善を行いま
          す。
        ○ 上記投資リスク管理体制は、今後変更となる場合があります。

        <流動性リスクに関する管理体制>

         委託会社では、流動性リスク管理に関する規程を定め、ファンドの組入資産の流動性リスクの
         モニタリングなどを実施するとともに、緊急時対応策の策定・検証などを行っています。そし
         て取締役会等においては、流動性リスク管理の適切な実施の確保や流動性リスク管理態勢など
         を監督しています。
                                17/92










                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                18/92





















                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】
      (1)【申込手数料】

          ありません。
      (2)【換金(解約)手数料】

          ありません。
      (3)【信託報酬等】

        ① 信託報酬の総額は、ファンドの計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に年1.595%
         (税抜1.45%)の率をかけた額とし、その配分は次の通りです。
                   信託報酬の配分(年率・税抜)
              委託会社           販売会社           受託会社
              0.70%           0.70%           0.05%
          ・表に記載の料率には、別途消費税がかかります。
        ② 前記①の信託報酬については、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日、毎計算期末および信託終
         了のときに信託財産中から支払います。
      (4)【その他の手数料等】

        ① 証券取引の手数料等
           組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料および税金等は、信託財産中から支払い
         ます。この他に、先物取引・オプション取引等に要する費用についても信託財産中から支払い
         ます。
        ② 監査費用
           ファンドの計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に下記の監査報酬率をかけた額と
         し、信託財産中から支払います。
                 純資産総額                     監査報酬率
                                年    0.0022%       (税抜0.002%)
            100億円超       の部分
                                年    0.0033%       (税抜0.003%)
            50億円超     100億円以下 の部分
                                年    0.0055%       (税抜0.005%)
            10億円超 50億円以下 の部分
                  10億円以下 の部分
                                年    0.0110%       (税抜0.010%)
        ③ 信託事務の諸費用
           信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託会社の立替えた立替金の
         利息は、受益者の負担とし、信託財産中から支払います。
        ④ 借入金の利息
           信託財産において一部解約金の支払資金の手当て、または再投資に関する収益分配金の支払
         資金の手当てを目的として資金借入を行った場合、当該借入金の利息は、借入れのつど信託財
         産中から支払います。
        ⑤ 信託財産留保額
           ありません。
         ○ 上記の①、③および④の費用は、運用状況等により変動するため、事前に当該費用の金

            額、その上限額、計算方法を記載することはできません。また、「4 手数料等及び税
            金」に記載している費用と税金の合計額、その上限額、計算方法についても、運用状況お
            よび保有期間等により異なるため、事前に記載することはできません。
                                19/92




                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       <ご参考>
         「4 手数料等及び税金」の「(1)申込手数料」から「(4)その他の手数料等」までに記
       載の主な手数料において、当該手数料を対価とする役務の内容・収受先等は次の通りです。
                      投資者のファンドの取得時に、販売会社からの商品・投資環境の説

         申込手数料             明および情報提供、ならびに販売会社における当該取得にかかる事
                      務手続き等の対価として販売会社が収受
         信託報酬のうち             ファンドの運用、法定書類等の作成、基準価額の算出等の対価とし

         「委託会社」の報酬             て委託会社が収受
                      投資者(受益者)へのファンド購入後の情報提供・運用報告書等各
         信託報酬のうち
                      種書類の送付、また口座内でのファンドの管理および事務手続き等
         「販売会社」の報酬
                      の対価として販売会社が収受
         信託報酬のうち             ファンドの財産の保管・管理、委託会社からの指図の実行等の対価
         「受託会社」の報酬             として受託会社が収受
         証券取引の手数料             有価証券等の売買・取引の際に仲介人に支払う手数料

                      公募投資信託は、外部の監査法人等によるファンドの会計監査が義

         監査費用
                      務付けられているため、当該監査にかかる監査法人等に支払う費用
         借入金の利息             受託会社等から一時的に資金を借入れた場合に発生する利息

      (5)【課税上の取扱い】

         確定拠出年金法に規定する資産管理機関および国民年金基金連合会の場合、所得税および地方
        税はかかりません。また、確定拠出年金制度の加入者については、確定拠出年金の積立金の運用
        にかかる税制が適用されます。
         なお、委託会社または販売会社が取得した場合には、上記の税制は適用されません。
         ○ 税法または確定拠出年金法が改正された場合等には、上記の内容が変更になる場合があり

            ます。課税上の取扱いの詳細につきましては、税務専門家に確認されることをお勧めしま
            す。
                                20/92









                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】
      (1)【投資状況】
                                                   2022年8月31日現在
                 資産の種類
                                       時価合計(円)             投資比率(%)
     親投資信託受益証券                                      1,529,712,647             100.00
                   内 日本                         1,529,712,647             100.00
     コール・ローン、その他の資産(負債控除後)                                         △66,398          △0.00
     純資産総額                                      1,529,646,249             100.00
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
    (参考)

    ニッセイ国内グロース株式 マザーファンド
                                                   2022年8月31日現在
                 資産の種類                      時価合計(円)             投資比率(%)
     株式                                      35,758,873,500              97.62
                   内 日本                        35,758,873,500              97.62
     コール・ローン、その他の資産(負債控除後)                                       872,993,972             2.38
     純資産総額                                      36,631,867,472             100.00
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
      (2)【投資資産】

      ①【投資有価証券の主要銘柄】
                                                   2022年8月31日現在
                                    簿価単価        評価単価
                                                    利率     投資
     順       銘柄名              株数、口数又は
                      種類              簿価金額        評価金額       (%)     比率
            国/地域                額面金額
     位
                                     (円)        (円)       償還日     (%)
       ニッセイ国内グロース株              親投資
                                       2.7724        2.8582      -
     1  式 マザーファンド              信託受      535,201,402                            100.00
                  日本   益証券
                                   1,483,810,772        1,529,712,647          -
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
    種類別及び業種別投資比率

                                                    2022年8月31日現在
             種類           国内/外国               業種            投資比率(%)
                          国内                               100.00
     親投資信託受益証券
                          小計                               100.00
      合 計(対純資産総額比)                                                    100.00
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
    (参考)

    ニッセイ国内グロース株式 マザーファンド
                                                   2022年8月31日現在
                                    簿価単価        評価単価        利率     投資
     順       銘柄名          種類    株数、口数又は
                                    簿価金額        評価金額       (%)     比率
     位       国/地域          業種      額面金額
                                     (円)        (円)       償還日     (%)
       ダイキン工業              株式               24,895.00        24,485.00        -
     1                         50,000                           3.34
                  日本     機械            1,244,750,000        1,224,250,000          -
       HOYA              株式               14,770.00        14,250.00        -
     2                         83,800                           3.26
                  日本   精密機器              1,237,726,000        1,194,150,000          -
       SMC              株式               66,780.00        66,600.00        -
     3                         17,800                           3.24
                  日本     機械            1,188,684,000        1,185,480,000          -
                                21/92


                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       バンダイナムコホールディ
                     株式               10,555.00        10,485.00        -
       ングス
     4                         112,200                           3.21
                     その他製
                  日本                 1,184,271,000        1,176,417,000          -
                        品
       MonotaRO              株式                2,533.00        2,524.00       -
     5                         448,400                           3.09
                  日本    小売業             1,135,797,200        1,131,761,600          -
       日本電産              株式                9,300.00        9,324.00       -
     6                         117,300                           2.99
                  日本   電気機器              1,090,890,000        1,093,705,200          -
       野村総合研究所              株式                3,790.00        3,790.00       -
     7                情報・通         282,300                           2.92
                  日本                 1,069,917,000        1,069,917,000          -
                       信業
       キーエンス              株式               54,190.00        52,840.00        -
     8                         20,200                           2.91
                  日本   電気機器              1,094,638,000        1,067,368,000          -
       オービック              株式
                                     21,100.00        20,770.00        -
     9                情報・通         50,800                           2.88
                  日本                 1,071,880,000        1,055,116,000          -
                       信業
       ダイフク              株式                8,370.00        8,190.00       -
     10                         118,900                           2.66
                  日本     機械             995,193,000        973,791,000         -
       エムスリー              株式                4,738.00        4,521.00       -
     11                サービス         214,900                           2.65
                  日本                 1,018,196,200         971,562,900         -
                        業
       朝日インテック              株式                2,552.00        2,505.00       -
     12                         386,500                           2.64
                  日本   精密機器
                                    986,348,000        968,182,500         -
       村田製作所              株式                7,652.00        7,554.00       -
     13                         126,500                           2.61
                  日本   電気機器               967,978,000        955,581,000         -
       オーエスジー              株式                1,948.00        1,930.00       -
     14                         484,300                           2.55
                  日本     機械             943,416,400        934,699,000         -
       ディスコ              株式               34,850.00        34,200.00        -
     15                         27,300                           2.55
                  日本     機械             951,405,000        933,660,000         -
       信越化学工業              株式               16,900.00        16,315.00        -
     16                         53,400                           2.38
                  日本     化学             902,460,000        871,221,000         -
       シークス              株式                1,087.00        1,117.00       -
     17                         773,000                           2.36
                  日本    卸売業              840,251,000        863,441,000         -
       プレステージ・インターナ
                     株式                 660.00        673.00      -
       ショナル
     18                        1,260,700                            2.32
                     サービス
                  日本                  832,062,000        848,451,100         -
                        業
       シスメックス              株式                8,625.00        8,603.00       -
     19                         97,500                           2.29
                  日本   電気機器               840,937,500        838,792,500         -
       ソニーグループ              株式               11,395.00        11,135.00        -
     20                         71,600                           2.18
                  日本   電気機器               815,882,000        797,266,000         -
       日本M&Aセンターホール
                     株式                1,788.00        1,749.00       -
       ディングス
     21                         451,600                           2.16
                     サービス
                  日本                  807,460,800        789,848,400         -
                        業
       トレンドマイクロ              株式                8,820.00        8,620.00       -
     22                情報・通         89,700                           2.11
                  日本                  791,154,000        773,214,000         -
                       信業
       アズビル              株式                3,950.00        3,990.00       -
     23                         185,000                           2.02
                  日本   電気機器               730,750,000        738,150,000         -
                                22/92


                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       セコム              株式
                                     9,043.00        8,922.00       -
     24                サービス         79,400                           1.93
                  日本                  718,014,200        708,406,800         -
                        業
       大塚商会              株式                4,595.00        4,530.00       -
     25                情報・通         149,000                           1.84
                  日本                  684,655,000        674,970,000         -
                       信業
       ファーストリテイリング              株式               84,000.00        81,950.00        -
     26                          7,700                          1.72
                  日本    小売業              646,800,000        631,015,000         -
       リクルートホールディング
                     株式                4,696.00        4,483.00       -
       ス
     27                         136,200                           1.67
                     サービス
                  日本                  639,595,200        610,584,600         -
                        業
       カシオ計算機              株式                1,318.00        1,322.00       -
     28                         449,900                           1.62
                  日本   電気機器               592,968,200        594,767,800         -
       アイカ工業              株式                3,145.00        3,085.00       -
     29                         191,600                           1.61
                  日本     化学             602,582,000        591,086,000         -
       アドバンテスト              株式                8,250.00        8,000.00       -
     30                         69,000                           1.51
                  日本   電気機器               569,250,000        552,000,000         -
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
    種類別及び業種別投資比率

                                                    2022年8月31日現在
             種類           国内/外国               業種            投資比率(%)
                               電気機器                          20.67
     株式                     国内
                               機械                          16.25
                               情報・通信業                          13.87
                               サービス業                          12.92
                               小売業                           9.23
                               化学                           6.92
                               精密機器                           5.90
                               その他製品                           3.21
                               卸売業                           2.36
                               食料品                           2.32
                               医薬品
                                                          2.05
                               保険業                           1.42
                               非鉄金属                           0.50
                          小計                               97.62
      合 計(対純資産総額比)                                                    97.62
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
      ②【投資不動産物件】

    該当事項はありません。
    (参考)

    ニッセイ国内グロース株式 マザーファンド
    該当事項はありません。
                                23/92





                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ③【その他投資資産の主要なもの】
    該当事項はありません。
    (参考)

    ニッセイ国内グロース株式 マザーファンド
    該当事項はありません。
      (3)【運用実績】

      ①【純資産の推移】
    直近日(2022年8月末)、同日前1年以内における各月末及び下記計算期間末における純資産の推移は次の通りです。
                     純資産総額            純資産総額          1口当たりの         1口当たりの
                     (分配落)            (分配付)           純資産額         純資産額
                      (円)            (円)        (分配落)(円)         (分配付)(円)
           第1計算期間末
                         9,436,767            9,436,767          1.4300         1.4300
          (2014年2月25日)
           第2計算期間末
                        313,204,367            313,204,367           1.7405         1.7405
          (2015年2月25日)
           第3計算期間末
                        374,366,109            374,366,109           1.6150         1.6150
          (2016年2月25日)
           第4計算期間末
                        492,777,716            492,777,716           1.8227         1.8227
          (2017年2月27日)
           第5計算期間末
                        815,526,576            815,526,576           2.2414         2.2414
          (2018年2月26日)
           第6計算期間末
                        893,033,634            893,033,634           2.1880         2.1880
          (2019年2月25日)
           第7計算期間末
                       1,026,849,094            1,026,849,094            2.3406         2.3406
          (2020年2月25日)
           第8計算期間末
                       1,477,438,429            1,477,438,429            3.1750         3.1750
          (2021年2月25日)
           第9計算期間末
                       1,424,965,766            1,424,965,766            2.7887         2.7887
          (2022年2月25日)
           2021年8月末日            1,569,763,003             -            3.2309        -
              9月末日         1,621,942,490             -            3.3373        -
             10月末日         1,634,184,329             -            3.2909        -
             11月末日         1,575,193,142             -            3.1580        -
             12月末日         1,627,688,477             -            3.2000        -
           2022年1月末日            1,453,022,765             -            2.8526        -
              2月末日         1,429,412,248             -            2.8004        -
              3月末日         1,498,404,967             -            2.8884        -
              4月末日         1,430,647,480             -            2.7455        -
              5月末日         1,435,525,583             -            2.7119        -
              6月末日         1,395,573,976             -            2.6213        -
              7月末日         1,511,412,956             -            2.8337        -
              8月末日         1,529,646,249             -            2.8505        -
                                24/92




                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ②【分配の推移】
                                        1口当たりの分配金(円)
                第1計算期間                                         0.0000
                第2計算期間                                         0.0000
                第3計算期間                                         0.0000
                第4計算期間                                         0.0000
                第5計算期間                                         0.0000
                第6計算期間                                         0.0000
                第7計算期間                                         0.0000
                第8計算期間                                         0.0000
                第9計算期間                                         0.0000
           2022年2月26日~2022年8月25日                                   -
      ③【収益率の推移】

                                           収益率(%)
                第1計算期間                                          43.0
                第2計算期間                                          21.7
                第3計算期間                                         △7.2
                第4計算期間                                          12.9
                第5計算期間                                          23.0
                第6計算期間                                         △2.4
                第7計算期間                                          7.0
                第8計算期間                                          35.6
                第9計算期間                                         △12.2
           2022年2月26日~2022年8月25日                                              3.5
    (注)各計算期間の収益率は、計算期間末の基準価額(分配落の額)に当該計算期間の分配金を加算し、当該計算期間の
        直前の計算期間末の基準価額(分配落の額。以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価
        額で除して得た数に100を乗じた額により算出しています(第1計算期間については、前計算期間末分配落基準価額
        の代わりに、設定時の基準価額を用います。)。
      (4)【設定及び解約の実績】

                      設定口数              解約口数              発行済数量
        第1計算期間                  6,599,035                  0          6,599,035
        第2計算期間                 194,345,126               20,990,776              179,953,385
        第3計算期間                 94,650,870              42,804,883              231,799,372
        第4計算期間
                         70,813,890              32,250,294              270,362,968
        第5計算期間                 136,544,920               43,061,762              363,846,126
        第6計算期間                 100,976,589               56,664,241              408,158,474
        第7計算期間                 107,583,180               77,023,344              438,718,310
        第8計算期間                 166,104,696              139,483,308              465,339,698
        第9計算期間                 145,660,828              100,018,558              510,981,968
       2022年2月26日~
                         64,014,497              43,415,989              531,580,476
       2022年8月25日
    (注1)本邦外における設定及び解約はありません。
    (注2)第1計算期間の設定口数には、当初設定口数を含みます。
                                25/92




                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    <参考情報>
                                26/92




















                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】
    1【申込(販売)手続等】

       ① 申込受付
         販売会社において、原則として毎営業日に申込みの受付けを行います。
         原則として午後3時までに販売会社の手続きが完了したものを当日受付分とします。
         金融商品取引所の取引の停止、その他やむを得ない事情があるときは、申込みの受付けを中止
        することおよび既に受付けた申込みの受付けを取消すことがあります。
       ② 取扱コース
         分配金の受取方法により、「分配金受取コース」と「分配金再投資コース」の2つのコースが
        あります(販売会社によっては、どちらか一方のみの取扱いとなる場合があります)。
         分配金再投資コースを選択した場合、販売会社と「自動けいぞく(累積)投資契約」(同様の
        権利義務を規定する名称の異なる契約または規定も含みます)を締結します。
       ③ 申込単位
         1円以上1円単位とします。
       ④ 申込価額(発行価額)
         取得申込受付日の基準価額とします。
       ⑤ 販売価額
         申込価額と同額とします。
         収益分配金を再投資する場合は、各計算期間終了日の基準価額とします。
       ⑥ 申込手数料
         ありません。
       ⑦ その他
        1.ファンドの取得申込者は、販売会社に、取得申込みと同時にまたはあらかじめ、自己のため
         に開設されたファンドの受益権の振替を行うための振替機関等の口座を示すものとし、当該口
         座に当該取得申込者にかかる口数の増加の記載または記録が行われます。なお、販売会社は、
         当該取得申込みの代金の支払いと引換えに、当該口座に当該取得申込者にかかる口数の増加の
         記載または記録を行うことができます。委託会社は、分割された受益権について、振替機関等
         の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定める事項の振替機関への通知を
         行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替機関への通知があった場合、社振法の規
         定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行います。
        2.詳細については、販売会社にお問合せください。なお、販売会社については、委託会社にお
         問合せください。
          ニッセイアセットマネジメント株式会社
           コールセンター 0120-762-506
           (9:00~17:00 土日祝日・年末年始を除く)
    2【換金(解約)手続等】

       ① 換金受付
         販売会社において、原則として毎営業日に換金の受付けを行います。
         原則として午後3時までに販売会社の手続きが完了したものを当日受付分とします。
         金融商品取引所の取引の停止、その他やむを得ない事情があるときは、換金の受付けを中止す
        ることおよび既に受付けた換金の受付けを取消すことがあります。
       ② 換金単位
         1口単位とします。
       ③ 換金価額
         換金請求受付日の基準価額とします。
         ○ 換金手数料はありません。
       ④ 信託財産留保額
         ありません。
       ⑤ 支払開始日
         換金請求受付日から起算して、原則として4営業日目からお支払いします。
                                27/92


                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ⑥ その他
        1.受益者が解約請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行います。委託会社
         は、解約請求を受付けた場合には、この信託契約の一部を解約します。なお、解約請求を行う
         受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受益者の請求にかかるこの信託
         契約の一部解約を委託会社が行うのと引換えに、当該解約にかかる受益権口数と同口数の抹消
         の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口数の減
         少の記載または記録が行われます。
        2.換金請求の受付けが中止された場合には、受益者は当該中止以前に行った当日の換金請求を
         撤回することができます。ただし、受益者が換金請求を撤回しない場合には、当該受益権の換
         金価額は、当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に換金請求を受付けたものと
         して前記③の規定に準じて算出した価額とします。
        3.詳細については、販売会社にお問合せください。なお、販売会社については、委託会社にお
         問合せください。
          ニッセイアセットマネジメント株式会社
           コールセンター 0120-762-506
           (9:00~17:00 土日祝日・年末年始を除く)
    3【資産管理等の概要】

      (1)【資産の評価】

        ① 基準価額とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入有価証券を除き
         ます)を法令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価評価して得た信託財産の
         資産総額から負債総額を差引いた金額(「純資産総額」といいます)を計算日の受益権総口数
         で割った金額をいいます。
        ② ファンドおよびマザーファンドの主な投資資産の評価方法の概要は以下の通りです。
            主な投資資産                       評価方法の概要
          マザーファンド            計算日の基準価額で評価します。
          国内株式            金融商品取引所における計算日の最終相場で評価します。
          国内株式先物取引            金融商品取引所の発表する計算日の清算値段で評価します。
        ③ 外貨建資産(外国通貨表示の有価証券、預金その他の資産をいいます)の円換算について
         は、原則として国内における計算日の対顧客電信売買相場の仲値によって計算します。
        ④ 予約為替の評価は、原則として国内における計算日の対顧客先物売買相場の仲値によるもの
         とします。
        ⑤ 基準価額は、原則として委託会社の毎営業日に計算されます。
        ⑥ 基準価額につきましては、販売会社または委託会社にお問合せください。また、原則として
         計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます。
           なお、委託会社へは以下にお問合せください。
           ニッセイアセットマネジメント株式会社
            コールセンター 0120-762-506
            (9:00~17:00 土日祝日・年末年始を除く)
      (2)【保管】

          該当事項はありません。
      (3)【信託期間】

          無期限です。
      (4)【計算期間】

          毎年2月26日から翌年2月25日までとします。
          上記にかかわらず、各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といいます)が休業日の
        とき、各計算期間終了日は、該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるも
        のとします。ただし、最終計算期間の終了日はファンドの償還日とします。
                                28/92


                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (5)【その他】
        ① 繰上償還
         1.委託会社は、信託期間中において、下記の理由により、受託会社と合意のうえ、この信託
           契約を解約し、ファンドを終了させることができます。この場合、委託会社は、あらかじ
           め、解約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
          ⅰ.この信託契約を解約することが受益者のため有利であると認めるとき
          ⅱ.やむを得ない事情が発生したとき
         2.委託会社は、前記1.により解約するときには、書面による決議(以下「書面決議」とい
           います)を行います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに信託契約の解
           約の理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までにこの信託契約にかかる知れてい
           る受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
         3.前記2.の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の
           受益権が属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下当該
           3.において同じ)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができま
           す。なお、知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決
           議について賛成するものとみなします。
         4.前記2.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当
           たる多数をもって行います。
         5.前記2.から4.までの規定は、委託会社が信託契約の解約について提案をした場合にお
           いて、当該提案につき、この信託契約にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録によ
           り同意の意思表示をしたときには適用しません。また、信託財産の状態に照らし、真にやむ
           を得ない事情が生じている場合であって、前記2.から4.までに規定するこの信託契約の
           解約の手続きを行うことが困難な場合には適用しません。
         6.委託会社は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたが
           い、この信託契約を解約しファンドを終了させます。
         7.委託会社が監督官庁より登録の取消しを受けたとき、解散したときまたは業務を廃止した
           ときは、委託会社はこの信託契約を解約し、ファンドを終了させます。ただし、監督官庁が
           この信託契約に関する委託会社の業務を他の投資信託委託会社に引継ぐことを命じたとき
           は、ファンドは、後記「② 約款の変更等 2.」の書面決議が否決された場合を除き、当
           該投資信託委託会社と受託会社との間において存続します。
         8.受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がそ
           の任務に違反して信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、委託
           会社または受益者は、裁判所に受託会社の解任を申立てることができます。受託会社が辞任
           した場合、または裁判所が受託会社を解任した場合、委託会社は、後記「② 約款の変更
           等」の規定にしたがい、新受託会社を選任します。なお、受益者は、上記によって行う場合
           を除き、受託会社を解任することはできないものとします。委託会社が新受託会社を選任で
           きないときは、委託会社はこの信託契約を解約し、ファンドを終了させます。
         9.償還金については、原則として償還日から起算して5営業日目(償還日が休業日の場合に
           は翌営業日から起算して5営業日目)までにお支払いします。
        ② 約款の変更等
         1.委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したと
           きは、受託会社と合意のうえ、約款を変更することまたはこの信託と他の信託との併合(投
           資信託及び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併合」
           をいいます。以下同じ)を行うことができるものとし、あらかじめ、変更または併合しよう
           とする旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。なお、約款は当該「② 約款の変更等」
           に定める以外の方法によって変更することができないものとします。
         2.委託会社は、前記1.の事項(前記1.の変更事項にあってはその変更の内容が重大なも
           のに該当する場合に限り、併合の事項にあってはその併合が受益者の利益におよぼす影響が
           軽微なものに該当する場合を除き、以下、合わせて「重大な約款の変更等」といいます)に
           ついて、書面決議を行います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大
           な約款の変更等の内容およびその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、
           この約款にかかる知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議
           の通知を発します。
         3.前記2.の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の
           受益権が属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下当該
                                29/92

                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           3.において同じ)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができま
           す。なお、知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決
           議 に賛成するものとみなします。
         4.前記2.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当
           たる多数をもって行います。
         5.書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
         6.前記2.から5.までの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合
           において、当該提案につき、この約款にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録によ
           り同意の意思表示をしたときには適用しません。
         7.前記1.から6.までの規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決
           された場合にあっても、当該併合にかかる一または複数の他の投資信託において当該併合の
           書面決議が否決された場合は、当該他の投資信託との併合を行うことはできません。
         8.委託会社は、監督官庁の命令に基づいて約款を変更しようとするときは、前記1.から
           7.までの規定にしたがいます。
        ③ 反対者の買取請求の不適用
           ファンドは、受益者からの換金請求に対して、この信託契約の一部を解約することにより公
         正な価格をもって支払いに応じることができるため、受益者の保護に欠けるおそれがないもの
         として、前記「① 繰上償還」に規定する信託契約の解約または前記「② 約款の変更等」に
         規定する重大な約款の変更等を行う場合の書面決議において反対した受益者からの買取請求を
         受付けません。
        ④ 公告
           電子公告により行い、委託会社のホームページ(https://www.nam.co.jp/)に掲載します。
           ○ 電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の
             公告は、日本経済新聞に掲載します。
        ⑤ 運用報告書の作成
           委託会社は、ファンドの計算期間の末日毎および償還時に期間中の運用経過のほか信託財産
         の内容、有価証券売買状況などを記載した運用報告書を作成します。
           ・交付運用報告書は、販売会社を通じてファンドの知れている受益者に交付します。
           ・運用報告書(全体版)は、委託会社のホームページ(https://www.nam.co.jp/)に掲載し
            ます。ただし、受益者から運用報告書(全体版)の交付の請求があった場合には、交付し
            ます。
        ⑥ 信託事務処理の再信託
           受託会社は、ファンドにかかる信託事務の処理の一部について、日本マスタートラスト信託
         銀行株式会社と再信託契約を締結し、これを委託することがあります。その場合には、再信託
         にかかる契約書類に基づいて所定の事務を行います。
        ⑦ 関係法人との契約の更改等に関する手続き
           委託会社と販売会社との間で締結された「受益権の募集・販売の取扱等に関する契約」は、
         契約期間満了の3ヵ月前までに委託会社、販売会社いずれかにより別段の意思表示がない限
         り、1年毎に自動更新されます。
                                30/92







                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【受益者の権利等】
       受益者の有する主な権利は以下の通りです。
      (1)収益分配金に対する請求権
         受益者には、委託会社の決定した収益分配金を持分に応じて請求する権利があります。
         分配金受取コースの場合、原則として決算日から起算して5営業日目までに販売会社において
        支払いを開始します。ただし、受益者が、収益分配金について支払開始日から5年間支払いを請
        求しないときは、その権利を失います。
         分配金再投資コースの場合、自動的に再投資されます。再投資により増加した受益権は、振替
        口座簿に記載または記録されます。
      (2)償還金に対する請求権
         受益者には、持分に応じて償還金を請求する権利があります。原則として償還日から起算して
        5営業日目(償還日が休業日の場合には翌営業日から起算して5営業日目)までに販売会社にお
        いて支払いを開始します。ただし、受益者が、償還金について支払開始日から10年間支払いを請
        求しないときは、その権利を失います。
      (3)解約請求権
         受益者には、持分に応じて解約請求する権利があります。権利行使の方法等については、前記
        「2 換金(解約)手続等」の項をご参照ください。
      (4)帳簿閲覧権
         受益者は委託会社に対し、その営業時間内にファンドの信託財産に関する法令で定められた帳
        簿書類の閲覧を請求することができます。
      (5)書面決議における議決権
         委託会社が、書面決議において信託契約の解約(監督官庁の命令による解約等の場合を除きま
        す)または重大な約款の変更等を行おうとする場合において、受益者は、受益権の口数に応じて
        議決権を有し、これを行使することができます。
      (6)他の受益者の氏名等の開示の請求の制限
          受益者は、委託会社または受託会社に対し、次に掲げる事項の開示の請求を行うことはできま
        せん。
          ① 他の受益者の氏名または名称および住所
          ② 他の受益者が有する受益権の内容
                                31/92










                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】
     1)当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大

     蔵省令第59号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12
     年総理府令第133号)に基づいて作成しております。
     なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
     2)当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第9期計算期間(2021年2月26日

     から2022年2月25日まで)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる監査を受けておりま
     す。
                                32/92


















                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    1【財務諸表】
      【DCニッセイ日本株グロースファンド】
      (1)【貸借対照表】
                                                    (単位:円)
                                   第8期              第9期
                                2021年2月25日現在              2022年2月25日現在
     資産の部
       流動資産
        金銭信託                                568,923              498,836
        コール・ローン                              10,106,289              12,058,021
        親投資信託受益証券                            1,477,501,872              1,425,026,318
                                       5,255,513               262,098
        未収入金
        流動資産合計                            1,493,432,597              1,437,845,273
       資産合計                              1,493,432,597              1,437,845,273
     負債の部
       流動負債
        未払解約金
                                       4,923,513                76,568
        未払受託者報酬                                379,458              438,959
        未払委託者報酬                              10,625,668              12,292,433
                                        65,529              71,547
        その他未払費用
        流動負債合計                              15,994,168              12,879,507
       負債合計                                15,994,168              12,879,507
     純資産の部
       元本等
        元本                              465,339,698              510,981,968
        剰余金
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                           1,012,098,731               913,983,798
                                      439,870,025              358,119,399
          (分配準備積立金)
        元本等合計                            1,477,438,429              1,424,965,766
       純資産合計                              1,477,438,429              1,424,965,766
     負債純資産合計                               1,493,432,597              1,437,845,273
                                33/92











                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)【損益及び剰余金計算書】
                                                    (単位:円)
                                   第8期              第9期
                                自 2020年2月26日              自 2021年2月26日
                                至 2021年2月25日              至 2022年2月25日
     営業収益
       受取利息                                   134               95
                                      392,222,324             △ 171,237,394
       有価証券売買等損益
       営業収益合計                               392,222,458             △ 171,237,299
     営業費用
       支払利息                                  2,226              3,509
       受託者報酬                                 662,202              847,044
       委託者報酬                                18,543,817              23,719,953
                                        120,190              139,644
       その他費用
       営業費用合計                                19,328,435              24,710,150
     営業利益又は営業損失(△)                                372,894,023             △ 195,947,449
     経常利益又は経常損失(△)                                372,894,023             △ 195,947,449
     当期純利益又は当期純損失(△)                                372,894,023             △ 195,947,449
     一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                      42,635,632              △ 1,465,607
     約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
     期首剰余金又は期首欠損金(△)                                588,130,784             1,012,098,731
     剰余金増加額又は欠損金減少額                                284,583,794              313,783,554
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                          -              -
       額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                      284,583,794              313,783,554
       額
     剰余金減少額又は欠損金増加額                                190,874,238              217,416,645
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                      190,874,238              217,416,645
       額
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                          -              -
       額
                                          -              -
     分配金
     期末剰余金又は期末欠損金(△)                               1,012,098,731               913,983,798
                                34/92










                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)【注記表】
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                         第9期
              項目                        自 2021年2月26日
                                      至 2022年2月25日
     1.   有価証券の評価基準及び評価方法                 親投資信託受益証券
                         移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価にあ
                         たっては、親投資信託受益証券の基準価額に基づいて評価しております。
    (貸借対照表に関する注記)

                                第8期                  第9期
              項目
                             2021年2月25日現在                  2022年2月25日現在
     1.   期首元本額                           438,718,310円                  465,339,698円
        期中追加設定元本額                           166,104,696円                  145,660,828円
        期中一部解約元本額                           139,483,308円                  100,018,558円
     2.   受益権の総数                           465,339,698口                  510,981,968口

    (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                                第8期                  第9期
              項目               自 2020年2月26日                  自 2021年2月26日
                             至 2021年2月25日                  至 2022年2月25日
     1.    分配金の計算過程                計算期間末における費用控除後の配                  計算期間末における費用控除後の配
                         当等収益(0円)、費用控除後、繰越                  当等収益(0円)、費用控除後、繰越
                         欠損金補填後の有価証券売買等損益                  欠損金補填後の有価証券売買等損益
                         (330,258,755円)、収益調整金                  (0円)、収益調整金(555,867,608
                         (572,230,589円)及び分配準備積立                  円)及び分配準備積立金
                         金(109,611,270円)より分配対象収                  (358,119,399円)より分配対象収益
                         益は1,012,100,614円(1万口当たり                  は913,987,007円(1万口当たり
                         21,749.72円)のため、基準価額の水                  17,886.87円)のため、基準価額の水
                         準、市場動向等を勘案して分配は見                  準、市場動向等を勘案して分配は見
                         送り(0円)としております。                  送り(0円)としております。
                                35/92









                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)
    1.金融商品の状況に関する事項
                                第8期                  第9期
              項目               自 2020年2月26日                  自 2021年2月26日
                             至 2021年2月25日                  至 2022年2月25日
     1.   金融商品に対する取組方針                 当ファンドは、投資信託及び投資法                  同左
                         人に関する法律第2条第4項に定める
                         証券投資信託であり、信託約款に規
                         定する「運用の基本方針」に従い、
                         有価証券等の金融商品に対して投資
                         として運用することを目的としてお
                         ります。
     2.   金融商品の内容及び当該金融商品                 当ファンドが保有する金融商品の種                  同左

         に係るリスク                 類は、有価証券、コール・ローン等
                         の金銭債権及び金銭債務でありま
                         す。親投資信託受益証券の価格変動
                         リスク、為替変動リスク、金利変動
                         リスク等の市場リスク、信用リスク
                         及び流動性リスク等のリスクに晒さ
                         れております。
     3.   金融商品に係るリスク管理体制                 取引の執行・管理については、投資                  同左

                         信託及び投資法人に関する法律及び
                         同施行規則、投資信託協会の諸規
                         則、信託約款、取引権限及び管理体
                         制等を定めた社内規則に従い、運用
                         部門が決裁担当者の承認を得て行っ
                         ております。また、リスク管理部門
                         が日々遵守状況を確認し、市場リス
                         ク、信用リスク及び流動性リスク等
                         のモニターを行い、問題があると判
                         断した場合は速やかに対応できる体
                         制となっております。
                                36/92








                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2.金融商品の時価等に関する事項
                                第8期                  第9期
              項目
                             2021年2月25日現在                  2022年2月25日現在
     1.   貸借対照表計上額、時価及びその                 貸借対照表上の金融商品は原則とし                  同左
         差額                 てすべて時価で評価しているため、
                         貸借対照表計上額と時価との差額は
                         ありません。
     2.   時価の算定方法                 (1)有価証券                  同左

                         「(重要な会計方針に係る事項に関
                         する注記)」にて記載しておりま
                         す。
                         (2)デリバティブ取引
                         該当事項はありません。
                         (3)上記以外の金融商品
                         上記以外の金融商品(コール・ロー
                         ン等の金銭債権及び金銭債務)は短
                         期間で決済されるため、時価は帳簿
                         価額と近似していることから、当該
                         帳簿価額によっております。
     3.   金融商品の時価等に関する事項に                 金融商品の時価には、市場価格に基                  金融商品の時価の算定においては一

         ついての補足説明                 づく価額のほか、市場価格がない場                  定の前提条件等を採用しているた
                         合には合理的に算定された価額が含                  め、異なる前提条件等によった場
                         まれることもあります。当該価額の                  合、当該価額が異なることもありま
                         算定においては一定の前提条件等を                  す。
                         採用しているため、異なる前提条件
                         等によった場合、当該価額が異なる
                         こともあります。
    (有価証券に関する注記)

    売買目的有価証券
                                第8期                  第9期
                             2021年2月25日現在                  2022年2月25日現在
             種類
                                当期の                  当期の
                              損益に含まれた                  損益に含まれた
                              評価差額(円)                  評価差額(円)
     親投資信託受益証券                               344,978,259                 △171,887,840
     合計                               344,978,259                 △171,887,840
    (デリバティブ取引等に関する注記)

    該当事項はありません。
    (関連当事者との取引に関する注記)

    該当事項はありません。
                                37/92




                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1口当たり情報に関する注記)
                                第8期                  第9期
                             2021年2月25日現在                  2022年2月25日現在
     1口当たり純資産額                                3.1750円                  2.7887円
     (1万口当たり純資産額)                               (31,750円)                  (27,887円)
      (4)【附属明細表】

    第1 有価証券明細表
    (1)株式
    該当事項はありません。
    (2)株式以外の有価証券

                                                   2022年2月25日現在
                                 券面総額          評価額
         種類             銘柄                                備考
                                  (円)          (円)
     親投資信託受益証券          ニッセイ国内グロース株式 マ
                                  513,837,781         1,425,026,318
                ザーファンド
     親投資信託受益証券 合計                             513,837,781         1,425,026,318
     合計                                      1,425,026,318
    (注)親投資信託受益証券における券面総額欄の数値は、証券数を表示しております。
    第2 信用取引契約残高明細表

    該当事項はありません。
    第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

    該当事項はありません。
                                38/92











                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考)
    当ファンドは、「ニッセイ国内グロース株式 マザーファンド」受益証券を主要投資対象としており、貸借対照表の資産
    の部に計上された「親投資信託受益証券」は、すべて同親投資信託の受益証券であります。
    開示対象ファンドの開示対象期間末日(以下、「計算日」という。)における同親投資信託の状況は以下の通りでありま
    すが、それらは監査意見の対象外であります。
    ニッセイ国内グロース株式 マザーファンド

    貸借対照表
                                                      (単位:円)
                                             2022年2月25日現在
     資産の部
       流動資産
        金銭信託                                              45,208,507
        コール・ローン                                             1,092,793,789
        株式                                            48,836,102,200
                                                      121,221,825
        未収配当金
        流動資産合計                                            50,095,326,321
       資産合計                                             50,095,326,321
     負債の部
       流動負債
        未払解約金                                              39,942,564
                                                         3,044
        その他未払費用
        流動負債合計                                              39,945,608
       負債合計                                                39,945,608
     純資産の部
       元本等
        元本                                            18,048,896,044
        剰余金
                                                    32,006,484,669
          剰余金又は欠損金(△)
        元本等合計                                            50,055,380,713
       純資産合計                                             50,055,380,713
     負債純資産合計                                               50,095,326,321
    注記表

    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                      自 2021年2月26日
              項目
                                      至 2022年2月25日
     1.   有価証券の評価基準及び評価方法                 株式
                         移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価にあ
                         たっては、金融商品取引所等における最終相場(最終相場のないものにつ
                         いては、それに準ずる価額)、又は金融商品取引業者等から提示される気
                         配相場に基づいて評価しております。
     2.   収益及び費用の計上基準                 受取配当金

                         原則として、配当落ち日において、その金額が確定している場合には当該
                         金額を、未だ確定していない場合には予想配当金額を計上し、残額につい
                         ては入金時に計上しております。
                                39/92





                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (貸借対照表に関する注記)
                      項目                        2022年2月25日現在
     1.   本報告書における開示対象ファンドの期首における当該親投資信託の元                                           18,787,616,376円
        本額
        同期中追加設定元本額                                           2,355,732,248円
        同期中一部解約元本額                                           3,094,452,580円
        元本の内訳
        ファンド名
        DCニッセイ日本株グロースファンド                                            513,837,781円
        ニッセイ日本株グロースファンド(適格機関投資家限定)                                           3,570,871,592円
        ニッセイ日本株グロースファンド(FOFs用)(適格機関投資家専                                           13,464,479,424円
        用)
        ニッセイ日本株グロースオープン                                            499,707,247円
        計                                           18,048,896,044円
     2.   受益権の総数                                           18,048,896,044口

    (金融商品に関する注記)

    1.金融商品の状況に関する事項
                                      自 2021年2月26日
              項目
                                      至 2022年2月25日
     1.   金融商品に対する取組方針                 当ファンドは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第4項に定める証
                         券投資信託であり、信託約款に規定する「運用の基本方針」に従い、有価
                         証券等の金融商品に対して投資として運用することを目的としておりま
                         す。
     2.   金融商品の内容及び当該金融商品                 当ファンドが保有する金融商品の種類は、有価証券、コール・ローン等の

         に係るリスク                 金銭債権及び金銭債務であります。これらは、価格変動リスク、為替変動
                         リスク、金利変動リスク等の市場リスク、信用リスク及び流動性リスク等
                         のリスクに晒されております。
     3.   金融商品に係るリスク管理体制                 取引の執行・管理については、投資信託及び投資法人に関する法律及び同

                         施行規則、投資信託協会の諸規則、信託約款、取引権限及び管理体制等を
                         定めた社内規則に従い、運用部門が決裁担当者の承認を得て行っておりま
                         す。また、リスク管理部門が日々遵守状況を確認し、市場リスク、信用リ
                         スク及び流動性リスク等のモニターを行い、問題があると判断した場合は
                         速やかに対応できる体制となっております。
                                40/92







                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2.金融商品の時価等に関する事項
              項目                        2022年2月25日現在
     1.   貸借対照表計上額、時価及びその                 貸借対照表上の金融商品は原則としてすべて時価で評価しているため、貸
         差額                 借対照表計上額と時価との差額はありません。
     2.   時価の算定方法                 (1)有価証券

                         「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」にて記載しております。
                         (2)デリバティブ取引
                         該当事項はありません。
                         (3)上記以外の金融商品
                         上記以外の金融商品(コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務)は短期
                         間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿
                         価額によっております。
     3.   金融商品の時価等に関する事項に                 金融商品の時価の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、

         ついての補足説明                 異なる前提条件等によった場合、当該価額が異なることもあります。
    (有価証券に関する注記)

    売買目的有価証券
                                      2022年2月25日現在
                                        当期間の
              種類
                                       損益に含まれた
                                       評価差額(円)
     株式                                              △7,006,377,779
     合計                                              △7,006,377,779
    (注)「当期間の損益に含まれた評価差額」は、当該親投資信託の計算期間開始日から開示対象ファンドの期末日までの
        期間(2021年8月26日から2022年2月25日まで)に対応する金額であります。
    (デリバティブ取引等に関する注記)

    該当事項はありません。
    (関連当事者との取引に関する注記)

    該当事項はありません。
    (1口当たり情報に関する注記)

                                      2022年2月25日現在
     1口当たり純資産額                                                  2.7733円
     (1万口当たり純資産額)                                                 (27,733円)
    附属明細表

    第1 有価証券明細表
    (1)株式
                                                   2022年2月25日現在
                                        評価額(円)
             銘柄              株式数                            備考
                                    単価         金額
     日本M&Aセンターホールディングス                         704,000      1,702.00         1,198,208,000
     ヤクルト本社                         70,200      6,090.00          427,518,000
     明治ホールディングス                         16,900      6,750.00          114,075,000
     ベネフィット・ワン                         252,800      2,724.00          688,627,200
     エムスリー                         295,200      4,260.00         1,257,552,000
     アリアケジャパン                         157,700      5,720.00          902,044,000
     MonotaRO                         646,600      2,149.00         1,389,543,400
                                41/92

                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     セブン&アイ・ホールディングス
                              93,600      5,504.00          515,174,400
     信越化学工業                         71,500     17,555.00         1,255,182,500
     アイカ工業                         298,700      3,155.00          942,398,500
     プレステージ・インターナショナル                        1,750,700        693.00        1,213,235,100
     野村総合研究所                         336,600      3,915.00         1,317,789,000
     花王                         72,300      5,280.00          381,744,000
     塩野義製薬                         94,300      7,613.00          717,905,900
     ペプチドリーム                         315,400      1,948.00          614,399,200
     オービック
                              72,600     18,130.00         1,316,238,000
     トレンドマイクロ                         167,100      6,330.00         1,057,743,000
     大塚商会                         232,300      4,410.00         1,024,443,000
     エン・ジャパン                         121,000      3,030.00          366,630,000
     ライオン                         252,000      1,472.00          370,944,000
     住友電気工業                         106,600      1,511.00          161,072,600
     リクルートホールディングス                         148,800      4,914.00          731,203,200
     オーエスジー                         726,700      1,884.00         1,369,102,800
     ディスコ
                              38,200     32,350.00         1,235,770,000
     SMC                         19,400     68,120.00         1,321,528,000
     クボタ                         257,400      2,059.00          529,986,600
     ダイキン工業                         71,100     20,915.00         1,487,056,500
     ダイフク                         142,500      8,260.00         1,177,050,000
     マキタ                         185,500      4,047.00          750,718,500
     日本電産                         159,400      9,917.00         1,580,769,800
     オムロン                         102,100      7,751.00          791,377,100
     ソニーグループ                         104,600      11,810.00         1,235,326,000
     アズビル                         266,700      4,300.00         1,146,810,000
     キーエンス                         24,200     54,480.00         1,318,416,000
     シスメックス                         122,900      8,824.00         1,084,469,600
     カシオ計算機                         701,300      1,337.00          937,638,100
     ファナック                         31,200     21,075.00          657,540,000
     村田製作所                         192,800      7,842.00         1,511,937,600
     良品計画                         370,500      1,711.00          633,925,500
     シークス                         919,700      1,100.00         1,011,670,000
     朝日インテック                         558,500      2,366.00         1,321,411,000
     バンダイナムコホールディングス                         199,400      8,439.00         1,682,736,600
     ユニ・チャーム                         169,300      4,281.00          724,773,300
     ケーズホールディングス                         780,100      1,224.00          954,842,400
     東京海上ホールディングス                         104,100      6,566.00          683,520,600
     KDDI                         79,800      3,691.00          294,541,800
     エヌ・ティ・ティ・データ                         415,300      2,165.00          899,124,500
     スクウェア・エニックス・ホールディ
                              137,500      5,600.00          770,000,000
     ングス
     セコム                         132,600      8,529.00         1,130,945,400
     コナミホールディングス                         68,900      6,620.00          456,118,000
     ダイセキ                         91,500      4,575.00          418,612,500
     ニトリホールディングス                         59,800     17,055.00         1,019,889,000
     ファーストリテイリング                         11,900     61,750.00          734,825,000
     合計                       13,521,800                48,836,102,200
    (2)株式以外の有価証券

                                42/92


                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    該当事項はありません。
    第2 信用取引契約残高明細表

    該当事項はありません。
    第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

    該当事項はありません。
                                43/92


















                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    中間財務諸表
     1)当ファンドの中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭

     和52年大蔵省令第38号)並びに同規則第38条の3及び第57条の2の規定により、「投資信託財産の計算
     に関する規則」(平成12年総理府令第133号)に基づいて作成しております。
     なお、中間財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
     2)当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当中間計算期間(2022年2月26

     日から2022年8月25日まで)の中間財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる中間監査を受
     けております。
                                44/92


















                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      【DCニッセイ日本株グロースファンド】
      (1)【中間貸借対照表】
                                                    (単位:円)
                                   第9期           第10期中間計算期間
                                2022年2月25日現在              2022年8月25日現在
     資産の部
       流動資産
        金銭信託                                498,836              341,109
        コール・ローン                              12,058,021              10,965,279
        親投資信託受益証券                            1,425,026,318              1,534,202,683
                                        262,098             1,444,877
        未収入金
        流動資産合計                            1,437,845,273              1,546,953,948
       資産合計                              1,437,845,273              1,546,953,948
     負債の部
       流動負債
        未払解約金                                76,568             1,308,282
        未払受託者報酬                                438,959              394,536
        未払委託者報酬                              12,292,433              11,048,103
                                        71,547              66,655
        その他未払費用
        流動負債合計                              12,879,507              12,817,576
       負債合計                                12,879,507              12,817,576
     純資産の部
       元本等
        元本                              510,981,968              531,580,476
        剰余金
          中間剰余金又は中間欠損金(△)                            913,983,798             1,002,555,896
                                      358,119,399              329,670,041
          (分配準備積立金)
        元本等合計                            1,424,965,766              1,534,136,372
       純資産合計                              1,424,965,766              1,534,136,372
     負債純資産合計                               1,437,845,273              1,546,953,948
                                45/92











                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)【中間損益及び剰余金計算書】
                                                    (単位:円)
                                第9期中間計算期間              第10期中間計算期間
                                自 2021年2月26日              自 2022年2月26日
                                至 2021年8月25日              至 2022年8月25日
     営業収益
       受取利息                                    30              40
                                      22,448,970              64,059,487
       有価証券売買等損益
       営業収益合計                                22,449,000              64,059,527
     営業費用
       支払利息                                  1,512               870
       受託者報酬                                 408,085              394,536
       委託者報酬                                11,427,520              11,048,103
                                        68,060              66,710
       その他費用
       営業費用合計                                11,905,177              11,510,219
     営業利益又は営業損失(△)                                 10,543,823              52,549,308
     経常利益又は経常損失(△)                                 10,543,823              52,549,308
     中間純利益又は中間純損失(△)                                 10,543,823              52,549,308
     一部解約に伴う中間純利益金額の分配額又は一部解
                                      △ 2,392,201              △ 676,568
     約に伴う中間純損失金額の分配額(△)
     期首剰余金又は期首欠損金(△)                               1,012,098,731               913,983,798
     剰余金増加額又は欠損金減少額                                150,038,988              112,958,177
       中間一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                          -              -
       額
       中間追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                      150,038,988              112,958,177
       額
     剰余金減少額又は欠損金増加額                                114,646,634               77,611,955
       中間一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                      114,646,634               77,611,955
       額
       中間追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                          -              -
       額
                                          -              -
     分配金
     中間剰余金又は中間欠損金(△)                               1,060,427,109              1,002,555,896
                                46/92










                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)【中間注記表】
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                      第10期中間計算期間
              項目                        自 2022年2月26日
                                      至 2022年8月25日
     1.   有価証券の評価基準及び評価方法                 親投資信託受益証券
                         移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価にあ
                         たっては、親投資信託受益証券の基準価額に基づいて評価しております。
    (中間貸借対照表に関する注記)

                                第9期              第10期中間計算期間
              項目
                             2022年2月25日現在                  2022年8月25日現在
     1.   期首元本額                           465,339,698円                  510,981,968円
        期中追加設定元本額                           145,660,828円                  64,014,497円
        期中一部解約元本額                           100,018,558円                  43,415,989円
     2.   受益権の総数                           510,981,968口                  531,580,476口

    (中間損益及び剰余金計算書に関する注記)

    該当事項はありません。
    (金融商品に関する注記)

    金融商品の時価等に関する事項
                                第9期              第10期中間計算期間
              項目
                             2022年2月25日現在                  2022年8月25日現在
     1.   中間貸借対照表計上額、時価及び                 貸借対照表上の金融商品は原則とし                  中間貸借対照表上の金融商品は原則
         その差額                 てすべて時価で評価しているため、                  としてすべて時価で評価しているた
                         貸借対照表計上額と時価との差額は                  め、中間貸借対照表計上額と時価と
                         ありません。                  の差額はありません。
     2.   時価の算定方法                 (1)有価証券                  同左

                         「(重要な会計方針に係る事項に関
                         する注記)」にて記載しておりま
                         す。
                         (2)デリバティブ取引
                         該当事項はありません。
                         (3)上記以外の金融商品
                         上記以外の金融商品(コール・ロー
                         ン等の金銭債権及び金銭債務)は短
                         期間で決済されるため、時価は帳簿
                         価額と近似していることから、当該
                         帳簿価額によっております。
     3.   金融商品の時価等に関する事項に                 金融商品の時価の算定においては一                  同左

         ついての補足説明                 定の前提条件等を採用しているた
                         め、異なる前提条件等によった場
                         合、当該価額が異なることもありま
                         す。
                                47/92



                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (デリバティブ取引等に関する注記)
    該当事項はありません。
    (1口当たり情報に関する注記)

                                第9期              第10期中間計算期間
                             2022年2月25日現在                  2022年8月25日現在
     1口当たり純資産額                                2.7887円                  2.8860円
     (1万口当たり純資産額)                               (27,887円)                  (28,860円)
                                48/92


















                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考)
    当ファンドは、「ニッセイ国内グロース株式 マザーファンド」受益証券を主要投資対象としており、中間貸借対照表の
    資産の部に計上された「親投資信託受益証券」は、すべて同親投資信託の受益証券であります。
    開示対象ファンドの開示対象期間末日(以下、「計算日」という。)における同親投資信託の状況は以下の通りでありま
    すが、それらは監査意見の対象外であります。
    ニッセイ国内グロース株式 マザーファンド

    貸借対照表
                                                      (単位:円)
                                             2022年8月25日現在
     資産の部
       流動資産
        金銭信託                                              26,113,436
        コール・ローン                                              839,441,169
        株式                                            36,216,875,100
                                                      37,289,214
        未収配当金
        流動資産合計                                            37,119,718,919
       資産合計                                             37,119,718,919
     負債の部
       流動負債
        未払解約金                                              65,908,929
                                                         1,541
        その他未払費用
        流動負債合計                                              65,910,470
       負債合計                                                65,910,470
     純資産の部
       元本等
        元本                                            12,807,962,754
        剰余金
                                                    24,245,845,695
          剰余金又は欠損金(△)
        元本等合計                                            37,053,808,449
       純資産合計                                             37,053,808,449
     負債純資産合計                                               37,119,718,919
    注記表

    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                      自 2022年2月26日
              項目
                                      至 2022年8月25日
     1.   有価証券の評価基準及び評価方法                 株式
                         移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価にあ
                         たっては、金融商品取引所等における最終相場(最終相場のないものにつ
                         いては、それに準ずる価額)、又は金融商品取引業者等から提示される気
                         配相場に基づいて評価しております。
     2.   収益及び費用の計上基準                 受取配当金

                         原則として、配当落ち日において、その金額が確定している場合には当該
                         金額を、未だ確定していない場合には予想配当金額を計上し、残額につい
                         ては入金時に計上しております。
                                49/92





                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (貸借対照表に関する注記)
                      項目                        2022年8月25日現在
     1.   本報告書における開示対象ファンドの期首における当該親投資信託の元                                           18,048,896,044円
        本額
        同期中追加設定元本額                                           1,730,014,693円
        同期中一部解約元本額                                           6,970,947,983円
        元本の内訳
        ファンド名
        DCニッセイ日本株グロースファンド                                            530,315,480円
        ニッセイ日本株グロースファンド(適格機関投資家限定)                                           3,545,369,252円
        ニッセイ日本株グロースファンド(FOFs用)(適格機関投資家専                                           8,248,177,060円
        用)
        ニッセイ日本株グロースオープン                                            484,100,962円
        計                                           12,807,962,754円
     2.   受益権の総数                                           12,807,962,754口

    (金融商品に関する注記)

    金融商品の時価等に関する事項
              項目                        2022年8月25日現在
     1.   貸借対照表計上額、時価及びその                 貸借対照表上の金融商品は原則としてすべて時価で評価しているため、貸
         差額                 借対照表計上額と時価との差額はありません。
     2.   時価の算定方法                 (1)有価証券

                         「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」にて記載しております。
                         (2)デリバティブ取引
                         該当事項はありません。
                         (3)上記以外の金融商品
                         上記以外の金融商品(コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務)は短期
                         間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿
                         価額によっております。
     3.   金融商品の時価等に関する事項に                 金融商品の時価の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、

         ついての補足説明                 異なる前提条件等によった場合、当該価額が異なることもあります。
    (デリバティブ取引等に関する注記)

    該当事項はありません。
    (1口当たり情報に関する注記)

                                      2022年8月25日現在
     1口当たり純資産額                                                  2.8930円
     (1万口当たり純資産額)                                                 (28,930円)
                                50/92





                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】
      【純資産額計算書】
                                                   2022年8月31日現在
     Ⅰ 資産総額                                              1,532,430,242円
     Ⅱ 負債総額                                                2,783,993円
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                              1,529,646,249円
     Ⅳ 発行済数量                                               536,620,770口
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                                  2.8505円
    (参考)

    ニッセイ国内グロース株式 マザーファンド
                                                   2022年8月31日現在
     Ⅰ 資産総額                                              36,637,353,747円
     Ⅱ 負債総額                                                5,486,275円
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                              36,631,867,472円
     Ⅳ 発行済数量                                              12,816,313,871口
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                                  2.8582円
                                51/92














                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】
       (1)受益証券の名義書換等

           該当事項はありません。
           ファンドの受益権は、振替受益権となり、委託会社は、この信託の受益権を取扱う振替機関
         が社振法の規定により主務大臣の指定を取消された場合または当該指定が効力を失った場合で
         あって、当該振替機関の振替業を承継する者が存在しない場合その他やむを得ない事情がある
         場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。
           なお、受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無
         記名式受益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券へ
         の変更の請求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
       (2)受益者に対する特典
           ありません。
       (3)譲渡制限
           譲渡制限はありません。ただし、受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらな
         ければ、委託会社および受託会社に対抗することができません。
       (4)受益権の譲渡
          ① 受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受
           益権が記載または記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振替の申請をするもの
           とします。
          ② 前記①の申請のある場合には、前記①の振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保有
           する受益権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える
           振替口座簿に記載または記録するものとします。ただし、前記①の振替機関等が振替先口
           座を開設したものでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該
           他の振替機関等の上位機関を含みます)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座
           に受益権の口数の増加の記載または記録が行われるよう通知するものとします。
          ③ 前記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載また
           は記録されている振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機
           関等が異なる場合等において、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があ
           ると判断したときは、振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
       (5)受益権の再分割
           委託会社は、受託会社と協議のうえ、一定日現在の受益権を均等に再分割できるものとしま
         す。
       (6)質権口記載または記録の受益権の取扱いについて
           振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の
         支払い、解約請求の受付け、解約金および償還金の支払い等については、約款の規定によるほ
         か、民法その他の法令等にしたがって取扱われます。
                                52/92








                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】
    第1【委託会社等の概況】

    1【委託会社等の概況】

      (1)資本金の額
         2022年8月末現在の委託会社の資本金は、100億円です。
         委託会社が発行する株式の総数は13万1,560株で、うち発行済株式総数は10万8,448株です。
         最近5年間における資本金の増減はありません。
      (2)委託会社等の機構

        ① 会社の意思決定機構
          委託会社は最低3名で構成される取締役会により運営されます。取締役は委託会社の株主で
         あることを要しません。取締役は株主総会の決議により選任され、その任期は就任後1年以内
         の最終の決算期に関する定時株主総会終結のときまでとします。ただし、任期満了前に退任し
         た取締役の補欠として選任された取締役の任期は、退任者の残存期間とします。
          取締役会は、取締役の中から代表取締役を選任するとともに、取締役社長1名を選任しま
         す。また、取締役会は、取締役会長1名、取締役副社長、専務取締役および常務取締役各若干
         名を選任することができます。
          取締役会は、法令に別段の定めがある場合を除き、原則として取締役社長が招集し、その議
         長を務めます。
          取締役会の決議は、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役の過半数が出席し、その出
         席取締役の過半数をもって決議します。
        ② 投資運用の意思決定機構
          ファンドの個々の取引の運用指図は、運用基本方針、運用内規および月次運用方針に基づ
         き、委託会社のファンドマネジャーが行います。
          ファンド毎の運用基本方針、具体的な運用ルールである運用内規および月次運用方針につい
         ては、運用部門中心に構成される協議機関において市場動向・ファンダメンタルズ等の投資環
         境分析を踏まえ協議され、運用担当部(室)の部(室)長が決定します。
          ファンドマネジャーは、運用基本方針、運用内規および月次運用方針に基づき、具体的な銘
         柄選択を行い、組入有価証券等の売買の指図を行います。
    2【事業の内容及び営業の概況】

        「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資
       信託の設定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運
       用業)を行っています。また「金融商品取引法」に定める投資助言業務を行っています。
        2022年8月末現在、委託会社が運用するファンドの本数および純資産総額合計額は以下の通りで
       す(ファンド数、純資産総額合計額とも親投資信託を除きます)。
                                          純資産総額合計額

                          ファンド数(本)
               種類
                                          (単位:億円)
                                    421              72,866
         追加型株式投資信託
                                     0                0
         追加型公社債投資信託
                                    142              24,845
         単位型株式投資信託
                                     0                0
         単位型公社債投資信託
                                    563              97,712
               合計
       ○ 純資産総額合計額の金額については、億円未満の端数を切り捨てして記載しておりますの

          で、表中の個々の金額の合計と合計欄の金額とは一致しないことがあります。
                                53/92



                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】
      1.財務諸表の作成方法について

         委託会社であるニッセイアセットマネジメント株式会社(以下「当社」という。)の財務諸表

       は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財
       務諸表等規則」という。)第2条の規定により、財務諸表等規則及び「金融商品取引業等に関する
       内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づき作成しております。
         財務諸表の記載金額は、千円未満の端数を切り捨てて表示しております。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第27期事業年度(自                                           2021年4月1

       日 至    2022年3月31日)の財務諸表について有限責任監査法人トーマツによる監査を受けておりま
       す。
                                54/92















                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (1)【貸借対照表】
                                                (単位:千円)
                             前 事業年度               当事業年度
                            (2021年3月31日)                (2022年3月31日)
      資産の部
        流動資産
                                  40,822,894                38,492,350
          現金・預金
                                       -           6,249,635
          有価証券
                                    718,688                763,755
          前払費用
                                  5,412,597                6,157,565
          未収委託者報酬
                                  2,425,363                3,219,400
          未収運用受託報酬
                                    216,401                265,131
          未収投資助言報酬
                                    38,899                8,403
          その他
                                  49,634,844                55,156,243
          流動資産合計
        固定資産

          有形固定資産
                         ※1          130,411     ※1          150,311
            建物附属設備
                         ※1           1,454    ※1            968
            車両
                         ※1          125,816     ※1          103,050
            器具備品
                                    257,681                254,330
            有形固定資産合計
          無形固定資産

                                  1,225,315                1,840,943
            ソフトウェア
                                    359,445                577,731
            ソフトウェア仮勘定
                                     8,013                8,013
            その他
                                  1,592,774                2,426,688
            無形固定資産合計
          投資その他の資産

                                  37,058,043                30,679,401
            投資有価証券
                                    66,222                66,222
            関係会社株式
                                    237,055                10,629
            長期前払費用
                                    382,751                374,819
            差入保証金
                                  1,200,554                1,413,142
            繰延税金資産
                                    15,154                10,305
            その他
                                  38,959,781                32,554,521
            投資その他の資産合計
                                  40,810,238                35,235,540
          固定資産合計
                                  90,445,083                90,391,783
        資産合計
                                55/92







                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      負債の部
        流動負債
                                    47,039                51,241
          預り金
                                     5,643                8,706
          未払収益分配金
                         ※2         1,911,775      ※2         2,315,345
          未払手数料
                         ※2         1,871,193      ※2         1,728,950
          未払運用委託報酬
                         ※2         1,147,828      ※2           828,040
          未払投資助言報酬
                         ※2         4,839,326      ※2         4,619,477
          その他未払金
                         ※2          132,085     ※2           134,086
          未払費用
                                  1,042,946                 611,046
          未払法人税等
                                    904,947                349,108
          未払消費税等
                                  1,123,336                1,227,440
          賞与引当金
                                    82,891                93,579
          その他
                                  13,109,013                11,967,023
          流動負債合計
        固定負債

                                  2,155,971                2,423,289
          退職給付引当金
                                    27,450                16,750
          役員退職慰労引当金
                                  2,183,421                2,440,039
          固定負債合計
                                  15,292,435                14,407,063
        負債合計
      純資産の部

        株主資本
                                  10,000,000                10,000,000
          資本金
          資本剰余金
                                  8,281,840                8,281,840
            資本準備金
                                  8,281,840                8,281,840
            資本剰余金合計
          利益剰余金
                                    139,807                139,807
            利益準備金
            その他利益剰余金
                                    120,000                120,000
              配当準備積立金
                                    70,000                70,000
              研究開発積立金
                                    350,000                350,000
              別途積立金
                                  55,045,550                56,866,270
              繰越利益剰余金
                                  55,725,357                57,546,077
          利益剰余金合計
                                  74,007,197                75,827,917
          株主資本合計
        評価・換算差額等

                                  1,242,655                 348,871
          その他有価証券評価差額金
                                   △97,204               △  192,067
          繰延ヘッジ損益
                                  1,145,450                 156,803
          評価・換算差額等合計
                                  75,152,647                75,984,720
        純資産合計
                                  90,445,083                90,391,783
      負債・純資産合計
                                56/92





                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)【損益計算書】
                                                 (単位:千円)
                             前 事業年度               当 事業年度
                           (自 2020年4月1日                (自 2021年4月1日
                           至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
        営業収益
                                  26,838,624                29,144,394
          委託者報酬
                                  18,630,497                17,750,312
          運用受託報酬
                                    878,199               1,032,738
          投資助言報酬
                                  46,347,320                47,927,445
         営業収益計
        営業費用
                                  10,412,572                11,524,989
          支払手数料
                                    17,988                62,919
          広告宣伝費
                                       -               125
          公告費
                                  8,251,721                8,730,925
          調査費
                                  2,916,886                3,825,413
            支払運用委託報酬
                                  3,866,188                3,083,142
            支払投資助言報酬
                                    129,355                125,430
            委託調査費
                                  1,339,290                1,696,938
            調査費
                                    256,942                277,534
          委託計算費
                                    760,920                846,156
          営業雑経費
                                    64,179                59,759
            通信費
                                    176,812                173,841
            印刷費
                                    40,454                38,262
            協会費
                                    479,472                574,292
            その他営業雑経費
                                  19,700,144                21,442,649
          営業費用計
        一般管理費
                                    126,093                150,830
          役員報酬
                                  4,103,410                4,699,931
          給料・手当
                                  1,120,241                1,184,037
          賞与引当金繰入額
                                    280,494                369,403
          賞与
                                    797,392                925,165
          福利厚生費
                                    359,252                431,379
          退職給付費用
                                     7,150                8,950
          役員退職慰労引当金繰入額
                                    166,126                162,879
          その他人件費
                                    716,925                766,098
          不動産賃借料
                                    32,816                36,278
          その他不動産経費
                                     6,766               12,883
          交際費
                                     8,778               17,654
          旅費交通費
                                    477,830                552,239
          固定資産減価償却費
                                    395,649                385,352
          租税公課
                                    315,850                349,177
          業務委託費
                                    357,066                484,762
          器具備品費
                                    45,818                46,907
          保険料
                                    30,000                5,126
          寄付金
                                    226,790                247,185
          諸経費
                                  9,574,455               10,836,244
          一般管理費計
                                  17,072,720                15,648,550
      営業利益
      営業外収益
                                      289               2,029
        受取利息
                                     4,705                3,452
        有価証券利息
                          ※1           74,260     ※1           83,809
        受取配当金
                                    40,753                   -
        金融派生商品収益
                                57/92


                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                       -             27,680
        為替差益
                                     8,833               13,992
        団体定期保険配当金
                                     5,810                5,963
        その他営業外収益
                                    134,653                136,927
        営業外収益計
      営業外費用
                                    32,651                   -
        為替差損
                                    24,611                   -
        金融派生商品費用
                                     3,018               20,188
        控除対象外消費税
                                     4,203                 404
        その他営業外費用
                                    64,485                20,592
        営業外費用計
                                  17,142,888                15,764,885
      経常利益
      特別利益
                                     3,376               18,927
        投資有価証券売却益
                                    20,904               510,138
        投資有価証券償還益
                                    24,280               529,065
        特別利益計
      特別損失
                                    49,202                7,280
        投資有価証券売却損
                                    105,236                50,697
        投資有価証券償還損
                          ※2            870   ※2             132
        固定資産除却損
                          ※3           12,614     ※3            9,883
        事故損失賠償金
                                    167,924                67,993
        特別損失計
                                  16,999,244                16,225,956
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                            5,395,622                4,940,051
                                  △  196,661                24,895
      法人税等調整額
                                  5,198,960                4,964,946
      法人税等合計
                                  11,800,283                11,261,009
      当期純利益
                                58/92











                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                   株主資本
               資本金      資本剰余金                   利益剰余金                 株主資本

                                                         合計
                  資本準備金     資本剰余金     利益準備金          その他利益剰余金              利益剰余
                        合計
                                                    金合計
                                 配当準備     研究開発    別途積立金     繰越利益
                                 積立金     積立金         剰余金
     当期首残高

              10,000,000     8,281,840     8,281,840     139,807     120,000     70,000    350,000    48,745,315     49,425,122     67,706,962
     当期変動額

      剰余金の配当

                  -     -     -     -     -     -     - △5,500,048     △5,500,048     △5,500,048
      当期純利益

                  -     -     -     -     -     -     - 11,800,283     11,800,283     11,800,283
      株主資本以外の項

                  -     -     -     -     -     -     -     -     -     -
      目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計

                  -     -     -     -     -     -     -  6,300,235     6,300,235     6,300,235
     当期末残高

              10,000,000     8,281,840     8,281,840     139,807     120,000     70,000    350,000    55,045,550     55,725,357     74,007,197
                  評価・換算差額等             純資産

                               合計
                   繰延ヘッジ
              その他有価          評価・換算
              証券評価差          差額等合計
                     損益
               額金
     当期首残高           512,183     △63,949     448,234    68,155,196

     当期変動額

      剰余金の配当            -     -     -  △5,500,048

      当期純利益            -     -     -  11,800,283

      株主資本以外の項

      目の当期変動額
                730,471     △33,255     697,216      697,216
      (純額)
     当期変動額合計           730,471     △33,255     697,216     6,997,451

     当期末残高          1,242,655      △97,204    1,145,450     75,152,647

                                59/92






                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当事業年度(自2021年4月1日 至2022年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                   株主資本
               資本金      資本剰余金                   利益剰余金                 株主資本

                                                         合計
                  資本準備金     資本剰余金     利益準備金          その他利益剰余金             利益剰余
                        合計                           金合計
                                 配当準備    研究開発    別途積立金     繰越利益
                                 積立金    積立金         剰余金
     当期首残高

              10,000,000     8,281,840     8,281,840     139,807    120,000     70,000    350,000    55,045,550     55,725,357     74,007,197
     当期変動額

      剰余金の配当

                  -     -     -     -    -    -     - △9,440,289     △9,440,289     △9,440,289
      当期純利益

                  -     -     -     -    -    -     - 11,261,009     11,261,009     11,261,009
      株主資本以外の項

                  -     -     -     -    -    -     -     -     -     -
      目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計

                  -     -     -     -    -    -     -  1,820,719     1,820,719     1,820,719
     当期末残高

              10,000,000     8,281,840     8,281,840     139,807    120,000     70,000    350,000    56,866,270     57,546,077     75,827,917
                  評価・換算差額等             純資産

                               合計
                   繰延ヘッジ
              その他有価          評価・換算
              証券評価差          差額等合計
                     損益
               額金
     当期首残高          1,242,655      △97,204    1,145,450     75,152,647

     当期変動額

      剰余金の配当            -     -     -  △9,440,289

      当期純利益            -     -     -  11,261,009

      株主資本以外の項

               △893,783      △94,862    △988,646      △988,646
      目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計          △893,783      △94,862    △988,646      832,073

     当期末残高           348,871    △192,067      156,803    75,984,720

                                60/92







                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    注記事項
    (重要な会計方針)
                                      当事業年度
                                   (自 2021年4月1日
             項目
                                    至 2022年3月31日)
      1.有価証券の評価基準及び                  ① 満期保有目的の債券
        評価方法                 償却原価法(定額法)によっております。
                       ② その他有価証券
                          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資
                          産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算
                          定)によっております。
                       ③ 関係会社株式
                         移動平均法に基づく原価法によっております。
      2.デリバティブ取引等の評                   デリバティブ取引の評価は時価法によっております。
        価基準及び評価方法
      3.固定資産の減価償却の方                  ① 有形固定資産
        法                 定率法(ただし、2016年4月1日以後に取得した建物附属設備
                          については定額法)によっております。なお、主な耐用年数
                          は、建物附属設備3~18年、車両6年、器具備品2~20年であ
                          ります。
                       ② 無形固定資産
                         定額法によっております。なお、自社利用のソフトウェア
                          については社内における利用可能期間(5年)に基づく定額
                          法によっております。
      4.引当金の計上基準                  ① 賞与引当金
                         従業員への賞与の支給に充てるため、当期末在籍者に対す
                          る支給見込額のうち当期負担額を計上しております。
                       ② 退職給付引当金
                         従業員への退職給付に備えるため、当事業年度末における
                          退職給付債務の見込額に基づき計上しております。年俸制
                          適用者の退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を
                          当該事業年度末までの期間に帰属させる方法については、
                          給付算定式基準によっております。数理計算上の差異は、
                          各事業年度の発生時における年俸制適用者の平均残存勤務
                          期間以内の一定の年数(5年)による定額法により按分した
                          額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しておりま
                          す。
                         年俸制非適用者は、退職給付引当金及び退職給付費用の計算
                         に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務と
                         する方法を用いた簡便法を適用しております。なお、受入出
                         向者については、退職給付負担金を出向元に支払っているた
                         め、退職給付引当金は計上しておりません。
                       ③ 役員退職慰労引当金
                         役員への退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく期
                          末要支給額を計上しております。
                                61/92




                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      5.収益及び費用の計上基準                   当社の顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業にお
                       ける主な履行義務の内容及び当該履行義務を充足する通常の時
                       点(収益を認識する通常の時点)は以下のとおりであります。
                       ①投資信託委託業務
                         投資信託委託業務においては、投資信託契約に基づき信託財
                         産の運用指図等を行っております。
                         委託者報酬は、純資産総額に一定の報酬率を乗じて日々計算
                         され、確定した報酬を各契約で定められた運用期間経過後の
                         一時点で個別に収受しております。当該報酬は、運用期間に
                         わたり履行義務が充足されるため、履行義務を充足するにつ
                         れて一定の期間にわたり収益を認識しております。
                       ②投資運用業務
                         投資運用業務においては、投資一任契約に基づき、顧客資産
                         を一任して運用指図等を行っております。
                         運用受託報酬は、純資産総額に一定の報酬率を乗じて計算さ
                         れ、確定した報酬を各契約で定められた運用期間経過後の一
                         時点で個別に収受しております。当該報酬は、運用期間にわ
                         たり履行義務が充足されるため、履行義務を充足するにつれ
                         て一定の期間にわたり収益を認識しております。また、成功
                         報酬は、契約上定められる超過収益の達成等により報酬額及
                         び支払われることが確定した時点で収益として認識しており
                         ます。
                       ③投資助言業務
                         投資助言業務においては、投資助言契約に基づき、運用に関
                         する投資判断の助言等を行っております。
                         投資助言報酬は、純資産総額に一定の報酬率を乗じて計算さ
                         れ、確定した報酬を各契約で定められた運用期間経過後の一
                         時点で個別に収受しております。当該報酬は、契約期間にわ
                         たり履行義務が充足されるため、履行義務を充足するにつれ
                         て一定の期間にわたり収益を認識しております。
      6.外貨建の資産及び負債の                   外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に
        本邦通貨への換算基準               換算し、換算差額は損益として処理しております。
      7.ヘッジ会計の方法                  ①ヘッジ会計の方法
                         繰延ヘッジ処理によっております。
                       ②ヘッジ手段とヘッジ対象
                         ヘッジ会計を適用したヘッジ手段とヘッジ対象は以下の通り
                         であります。
                          ヘッジ手段・・・為替予約、株価指数先物
                          ヘッジ対象・・・自己資金を投資している投資有価証券
                       ③ヘッジ方針
                         ヘッジ指定は、ヘッジ取引日、ヘッジ対象とリスクの種類、
                         ヘッジ手段、ヘッジ割合、ヘッジを意図する期間について、
                         原則として個々取引毎に行います。
                       ④ヘッジ有効性評価の方法
                         ヘッジの有効性の判定については、リスク管理方針に基づ
                         き、主にヘッジ対象とヘッジ手段の時価変動を比較する比率
                         分析によっております。
      8.消費税等の会計処理                   消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっており
                       ます。
                                62/92




                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      9.  連結納税                 日本生命保険相互会社を連結納税親会社とする連結納税制度
                       を適用しており、当制度を前提とした会計処理を行っておりま
                       す。「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効
                       果会計の適用に関する取扱い」(2020年3月31日 企業会計基準
                       委員会 実務対応報告第39号)に基づき、繰延税金資産及び繰
                       延税金負債の額について、改正前の税法の規定に基づいて計上
                       しております。
                                63/92


















                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (会計方針の変更)
     1.収益認識に関する会計基準等の適用
         「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計
        基準」という。)等を当会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移
        転した時点で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することと
        しております。
         収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な
        取扱いに従っており、当会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影
        響額を、当会計期間の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用して
        おります。
         この結果、当会計期間に係る財務諸表への影響はありません。また、利益剰余金の当会計期間
        の期首残高への影響もありません。
     2.時価の算定に関する会計基準等の適用

         「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                               2019年7月4日。以下「時価算定会計
        基準」という。)等を当会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に
        関する会計基準」(企業会計基準第10号                       2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに
        従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することとしてお
        ります。なお、財務諸表に与える影響はありません。また、「金融商品関係」注記において、金
        融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注記を行うこととしました。
    (未適用の会計基準等)

     ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                           2021年6月17日        企業会
      計基準委員会)
      (1)    概要

       「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準委員会 企業会計基準適用指針第31号)
       の2021年6月17日の改正は、2019年7月4日の公表時において、「投資信託の時価の算定」に関する検
       討には、関係者との協議等に一定の期間が必要と考えられるため、また、「貸借対照表に持分相当
       額を純額で計上する組合等への出資」の時価の注記についても、一定の検討を要するため、「時価
       の算定に関する会計基準」公表後、概ね1年をかけて検討を行うこととされていたものが、改正さ
       れ、公表されたものです。
      (2)    適用予定日

       2023年3月期の期首から適用します。
      (3)    当該会計基準等の適用による影響

       「時価の算定に関する会計基準の適用指針」の運用による財務諸表に与える影響額については、
       現時点で評価中であります。
     ・「グループ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する取扱い」(実務対応報告第42号 

       2021年8月12日 企業会計基準委員会)
      (1)    概要

       2020年3月27日に成立した「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において、連
       結納税制度を見直しグループ通算制度へ移行することとされたことを受け、グループ通算制度を適
       用する場合における法人税及び地方法人税並びに税効果会計の会計処理及び開示の取り扱いを明ら
       かにすることを目的として企業会計基準委員会から公表されたものです。
      (2)    適用年月日

       2023年3月期の期首から適用します。
                                64/92



                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)    当該会計基準等の適用による影響
       「グループ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する取扱い」の運用による財務諸表
       に与える影響額については、現時点で評価中であります。
                                65/92




















                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (貸借対照表関係)
    ※1.有形固定資産の減価償却累計額は以下のとおりであります。
                      前事業年度                       当事業年度
                    (2021年3月31日)                       (2022年3月31日)
        建物附属設備                318,792千円                       329,011千円
        車両                 5,275                       5,760
        器具備品                447,285                       494,576
        計                771,352                       829,348
    ※2.当事業年度において、関係会社に対する負債として、未払手数料、未払運用委託報酬、未払投

        資助言報酬、その他未払金、未払費用に含まれるものの合計額は、負債及び純資産の合計額の
        100分の5を超えており、その金額は前事業年度および当事業年度においてそれぞれ4,960,571
        千円、5,317,615千円であります。
    (損益計算書関係)

    ※1.各科目に含まれている関係会社に対するものは、以下のとおりであります。
                      前事業年度                        当事業年度
                    (2021年3月31日)                        (2022年3月31日)
        受取配当金                 9,823千円                       42,069千円

    ※2.固定資産除却損の内訳は以下のとおりであります。

                      前事業年度                        当事業年度
                   (自 2020年4月          1日               (自 2021年4月         1日
                    至 2021年3月31日)                        至 2022年3月31日)
        器具備品                  870                        132

         計                 870                        132

    ※3.事故損失賠償金は、当社の事務処理誤り等により受託資産に生じた損失を当社が賠償したもの

         であります。
                                66/92









                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (株主資本等変動計算書関係)
    前事業年度(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
     1.  発行済株式の種類及び総数
                 当事業年度期首            当事業年度           当事業年度          当事業年度末
                   株式数          増加株式数           減少株式数            株式数
                   (千株)           (千株)           (千株)           (千株)
      発行済株式
        普通株式               108           -           -           108
         合計              108           -           -           108
     2.  配当に関する事項
      ①配当金支払額
      2020年6月29日開催の定時株主総会決議による配当に関する事項
        株式の種類                      普通株式
        配当金の総額                           5,500,048千円
        配当の原資                     利益剰余金
        1株当たり配当額                                50,716円
        基準日                               2020年3月31日
        効力発生日                             2020年6月29日
    当事業年度(自2021年4月1日 至2022年3月31日)

     1.  発行済株式の種類及び総数
                 当事業年度期首            当事業年度           当事業年度          当事業年度末
                   株式数          増加株式数           減少株式数            株式数
                   (千株)           (千株)           (千株)           (千株)
      発行済株式
        普通株式               108           -           -           108
         合計              108           -           -           108
     2.  配当に関する事項
      ①配当金支払額
      2021年6月30日開催の定時株主総会決議による配当に関する事項
        株式の種類                             普通株式
        配当金の総額                  9,440,289千円
        配当の原資                            利益剰余金
        1株当たり配当額                                                  87,049円
        基準日                     2021年3月31日
        効力発生日                   2021年6月30日
      ②基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの
      2022年6月30日開催の定時株主総会において、以下のとおり決議することを予定しております。
        株式の種類                             普通株式
        配当金の総額                  9,008,883千円
        配当の原資                            利益剰余金
        1株当たり配当額                                                  83,071円
        基準日                     2022年3月31日
        効力発生日                   2022年6月30日
                                67/92




                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品関係)
    1.金融商品の状況に関する事項
       当社は、自己勘定の資金運用にあたっては、資金運用規則に沿って、慎重な資金管理、資本金の保
      全、投機の回避に十分に留意しております。また、資金の管理にあたっては、投資信託委託会社とし
      ての業務により当社が受け入れる投資信託財産に属する金銭等との混同を来たさないよう、分離して
      行っております。
       投資有価証券は主として地方債と自社設定投資信託であります。これらは金利の変動リスク及び市
      場価格の変動リスクに晒されております。自己資金運用に係るリスク管理等については、資金運用規
      則のほか資金運用リスク管理規程に従い、適切なリスク管理を図っております。
      上記の自社設定投資信託の一部につきましてはデリバティブを用いてヘッジを行っております。デ
      リバティブを用いたヘッジ取引につきましては、外貨建て資産の為替変動リスクを回避する目的で為
      替予約、外国株式の価格変動リスクを回避する目的で株価指数先物を使ってヘッジ会計を適用してお
      ります。ヘッジ会計の適用にあたっては、資金運用規則のほか資金運用リスク管理規程等に基づき、
      ヘッジ対象のリスクの種類及び選択したヘッジ手段を明確にし、また事前の有効性の確認、事後の有
      効性の検証を行う等、社内体制を整備して運用しております。ヘッジの有効性判定については資金運
      用リスク管理規程に基づき、主にヘッジ対象とヘッジ手段の時価変動を比較する比率分析によってお
      ります。
    2.金融商品の時価等に関する事項

       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、以下のとおりであります。なお、時価を把
      握することが極めて困難と認められる金融商品または市場価格のない株式等(注1)は次表に含まれ
      ておりません。また、短期間で決済されるため時価が簿価に近似する金融商品は、注記を省略してお
      ります。
      前事業年度(2021年3月31日)                   (単位:千円)

                       貸借対照表
                                     時価            差額
                         計上額
      有価証券及び投資有価証券

                          15,018,123            15,023,675               5,551
       満期保有目的の債券
                          22,039,919            22,039,919                -
       その他有価証券
                          77,880,937            77,886,489               5,551
           資産計
      デリバティブ取引(※)
       ヘッジ会計が適用され
                           △65,238            △65,238               -
       ているもの
                           △65,238            △65,238               -
       デリバティブ取引計
    (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務と
        なる項目については△で示しております。
                                68/92






                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      当事業年度(2022年3月31日)                   (単位:千円)
                       貸借対照表
                                     時価            差額
                         計上額
      有価証券及び投資有価証券

                          17,319,017            17,308,937
                                                  △10,080
       満期保有目的の債券
                          19,610,019            19,610,019                -
       その他有価証券
                          75,421,387            75,411,306             △10,080
           資産計
      デリバティブ取引(※)
       ヘッジ会計が適用され
                           △73,870            △73,870               -
       ているもの
                           △73,870            △73,870               -
        デリバティブ取引計
    (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務と
        なる項目については△で示しております。
    (注1)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                             (単位:千円)
              区分             前事業年度
                          (2021年3月31日)
         関係会社株式                         66,222
         市場価格のない株式等

                             (単位:千円)
              区分             当事業年度
                          (2022年3月31日)
         関係会社株式                         66,222
                                69/92










                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
       金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つの
      レベルに分類しております。
       レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される
      当該時価の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
       レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時
      価の算定に係るインプットを用いて算定した時価
       レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
       時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットが
      それぞれ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類してお
      ります。
     (1)時価をもって貸借対照表計上額とする金融商品

      当事業年度(2022年3月31日現在)
                                     時価(千円)
             区分
                         レベル1         レベル2         レベル3
                                                    合計
       デリバティブ取引(※)
                              -     △73,870            -     △73,870
        為替予約
                              -     △73,870            -     △73,870
             合計
         (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の
         債務となる項目については△で示しております。
          なお、投資信託の時価は上記に含めておりません。投資信託の貸借対照表計上額は

         19,610,019千円であります。
    (2)時価をもって貸借対照表計上額としない金融商品
         当事業年度(2022年3月31日現在)
                                     時価(千円)
               区分
                         レベル1         レベル2         レベル3
                                                    合計
          有価証券及び投資有価
          証券
           満期保有目的の債券
                              -    17,308,937             -    17,308,937
            国債・地方債等
                              -    17,308,937             -    17,308,937
               合計
       (注)時価の算定に用いた評価技法および時価の算定に係るインプットの説明

         有価証券及び投資有価証券
           地方債は相場価格を用いて評価しております。当社が保有している地方債は、市場での取
          引頻度が低く、活発な市場における相場価格と認められないため、その時価をレベル2の時
          価に分類しております。
         デリバティブ取引
           為替予約の時価は、為替レート等の観察可能なインプットを用いて割引現在価値法により
          算定しており、レベル2の時価に分類しております。
                                70/92






                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4.金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額
      前事業年度(2021年3月31日)
                                        1年超       5年超
                                 1年以内                      10年超
                                        5年以内       10年以内
                                 (千円)                      (千円)
                                        (千円)       (千円)
                                40,822,894            -       -       -
      ①現金・預金
      ②有価証券及び投資有価証券
       満期保有目的の債券
                                     -  15,020,000            -       -
        国債・地方債等
       その他有価証券のうち満期があるもの
        その他(注)                          2,802,653       17,140,145        2,093,118           -
                                43,625,547       32,160,145        2,093,118           -

                 合計
    (注)投資信託受益証券であります。
      当事業年度(2022年3月31日)

                                        1年超       5年超
                                 1年以内                      10年超
                                        5年以内       10年以内
                                 (千円)                      (千円)
                                        (千円)       (千円)
                                38,492,350            -       -       -
      ①現金・預金
      ②有価証券及び投資有価証券
       満期保有目的の債券

                                 6,250,000       11,070,000            -       -
        国債・地方債等
       その他有価証券のうち満期があるもの
        その他(注)                          6,108,860       12,060,309        1,121,260        101,009
                                50,851,210       23,130,309        1,121,260        101,009

                 合計
    (注)投資信託受益証券であります。
                                71/92










                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (有価証券関係)
    1.満期保有目的の債券
    前事業年度(2021年3月31日)
                            貸借対照表計上額               時価           差額
                    種類
                              (千円)           (千円)           (千円)
                               12,218,123           12,224,015             5,891

               (1)国債・地方債等
     時価が貸借対照
                                    -           -          -
               (2)社債
     表計上額を超え
                                    -           -          -
               (3)その他
     るもの
                               12,218,123           12,224,015             5,891
                    小計
                                2,800,000           2,799,660            △340
               (1)国債・地方債等
     時価が貸借対照
                                    -           -          -
               (2)社債
     表計上額を超え
                                    -           -          -
               (3)その他
     ないもの
                                2,800,000           2,799,660            △340
                    小計
                               15,018,123           15,023,675             5,551
               合計
    当事業年度(2022年3月31日)

                            貸借対照表計上額               時価           差額
                    種類
                              (千円)           (千円)           (千円)
                                4,899,207           4,900,290            1,082

               (1)国債・地方債等
     時価が貸借対照
                                    -           -          -
               (2)社債
     表計上額を超え
                                    -           -          -
               (3)その他
     るもの
                                4,899,207           4,900,290            1,082
                    小計
                               12,419,810           12,408,647           △11,163
               (1)国債・地方債等
     時価が貸借対照
                                    -           -          -
               (2)社債
     表計上額を超え
                                    -           -          -
               (3)その他
     ないもの
                               12,419,810           12,408,647           △11,163
                    小計
                               17,319,017           17,308,937           △10,080
               合計
                                72/92








                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2.その他有価証券
    前事業年度(2021年3月31日)
                                        取得原価または
                            貸借対照表計上額                         差額
                                          償却原価
                   種類
                               (千円)                      (千円)
                                          (千円)
                                    -           -         -
               (1)株式
                                    -           -         -
               (2)債券
               ①  国債・地方債等                   -           -         -
     貸借対照表計上
     額が取得原価ま
               ②  社債                   -           -         -
     たは償却原価を
     超えるもの
               ③  その他                   -           -         -
               (3)その他(注1)                 14,512,369           12,884,500          1,627,869
                               14,512,369           12,884,500          1,627,869

                   小計
                                    -           -         -
               (1)株式
                                    -           -         -
               (2)債券
               ①  国債・地方債等                   -           -         -
     貸借対照表計上
     額が取得原価ま
               ②  社債                   -           -         -
     たは償却原価を
     超えないもの
               ③  その他                   -           -         -
               (3)その他(注1)                 7,527,550           7,711,000         △183,449
                                7,527,550           7,711,000         △183,449

                   小計
                               22,039,919           20,595,500          1,444,419
               合計
    (注1)投資信託受益証券等であります。
    (注2)関係会社株式66,222千円は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もること等
        ができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、記載しておりません。
                                73/92











                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    当事業年度(2022年3月31日)
                                        取得原価または
                            貸借対照表計上額                         差額
                                          償却原価
                   種類
                               (千円)                      (千円)
                                          (千円)
                                    -           -         -
               (1)株式
                                    -           -         -
               (2)債券
               ①  国債・地方債等                   -           -         -
     貸借対照表計上
     額が取得原価ま
               ②  社債                   -           -         -
     たは償却原価を
     超えるもの
               ③  その他                   -           -         -
               (3)その他(注1)                 10,012,022            9,238,000           774,022
                               10,012,022            9,238,000           774,022

                   小計
                                    -           -         -
               (1)株式
                                    -           -         -
               (2)債券
               ①  国債・地方債等                   -           -         -
     貸借対照表計上
     額が取得原価ま
               ②  社債                   -           -         -
     たは償却原価を
     超えないもの
               ③  その他                   -           -         -
               (3)その他(注1)                 9,597,996           10,017,000          △419,003
                                9,597,996           10,017,000          △419,003

                   小計
                               19,610,019           19,255,000           355,019
               合計
    (注1)投資信託受益証券等であります。
    (注2)関係会社株式66,222千円は、市場価格がないことから、上表には記載しておりません。
                                74/92











                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3.売却したその他有価証券
      前事業年度(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
                     売却額(千円)            売却益の合計(千円)              売却損の合計(千円)
          種類
                             -              -              -
    (1)株式
                             -              -              -
    (2)債券
                         3,737,763                3,376             49,202
    (3)その他
                         3,737,763                3,376             49,202
          合計
      当事業年度(自2021年4月1日 至2022年3月31日)

                     売却額(千円)            売却益の合計(千円)              売却損の合計(千円)
          種類
                             -              -              -
    (1)株式
                             -              -              -
    (2)債券
                           72,646              18,927              7,280
    (3)その他
                           72,646              18,927              7,280
          合計
                                75/92














                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (デリバティブ取引関係)
    1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      前事業年度(2021年3月31日)
      該当事項はありません。
      当事業年度(2022年3月31日)

      該当事項はありません。
    2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

      (1)通貨関連
      前事業年度(2021年3月31日)
                                          契約額等の
                                 契約額等                   時価
      ヘッジ会計         デリバティブ          主なヘッジ
                                          うち1年超
                                 (千円)                   (千円)
      の方法        取引の種類等            対象
                                          (千円)
     原則的        為替予約取引          投資

     処理方法        米ドル売建          有価証券
                                 1,239,952              -     △65,238
                                 1,239,952              -     △65,238

                合計
    (注1)時価の算定方法 先物為替相場に基づき算定しております。
    (注2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務
    となる項目については△で示しております。
      当事業年度(2022年3月31日)

                                          契約額等の
                                 契約額等                   時価
      ヘッジ会計         デリバティブ          主なヘッジ
                                          うち1年超
                                 (千円)                   (千円)
      の方法        取引の種類等            対象
                                          (千円)
     原則的        為替予約取引          投資

     処理方法        米ドル売建          有価証券
                                 1,264,288              -     △73,870
                                 1,264,288              -     △73,870

                合計
    (注1)時価の算定方法 先物為替相場に基づき算定しております。
    (注2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務
    となる項目については△で示しております。
                                76/92









                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (退職給付関係)
    1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、確定給付型の制度である退職一時金制度と確定拠出型年金制度を採用しております。退職
      一時金制度については、年俸制適用者及び年俸制非適用者を制度の対象としております。受入出向者
      については、退職給付負担金を支払っており、損益計算書上の退職給付費用には当該金額が含まれて
      おります。
    2.確定給付制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く)

                                      前事業年度             当事業年度

                                  (自 2020年4月          1日    (自 2021年4月         1日
                                    至 2021年3月31日)             至 2022年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                               1,833,391      千円       2,049,929      千円
        勤務費用                                 247,178             296,556
        利息費用                                  5,766             5,724
        数理計算上の差異の発生額                                 28,155             26,217
        退職給付の支払額                                △65,497             △58,809
        その他                                   936            4,869
       退職給付債務の期末残高                               2,049,929             2,324,488
      (2)簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表

                                      前事業年度             当事業年度

                                  (自 2020年4月          1日    (自 2021年4月         1日
                                    至 2021年3月31日)             至 2022年3月31日)
       退職給付引当金の期首残高                                 117,355     千円        134,197     千円
        退職給付費用                                 19,053             19,557
        退職給付の支払額                                 △1,275             △1,342
        その他                                  △936            △4,869
       退職給付引当金の期末残高                                 134,197             147,543
      (3)退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                      前事業年度             当事業年度

                                    (2021年3月31日)             (2022年3月31日)
       非積立型制度の退職給付債務                               2,184,126      千円       2,472,031      千円
       未認識数理計算上の差異                                △28,155             △48,741
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               2,155,971             2,423,289
       退職給付引当金                               2,155,971             2,423,289

       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               2,155,971             2,423,289
                                77/92





                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (4)退職給付費用
                                      前事業年度             当事業年度

                                  (自 2020年4月          1日    (自 2021年4月         1日
                                    至 2021年3月31日)             至 2022年3月31日)
       簡便法で計算した退職給付費用                                 19,053    千円         19,557    千円
       勤務費用                                 247,178             296,556
       利息費用                                  5,766             5,724
       数理計算上の差異の当期費用処理額                                    -           5,631
       確定給付制度に係る退職給付費用                                 271,997             327,469
      (5)数理計算上の計算基礎に関する事項

        主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表しております。)
                                      前事業年度             当事業年度

                                  (自 2020年4月          1日    (自 2021年4月         1日
                                    至 2021年3月31日)             至 2022年3月31日)
       割引率                                    0.28   %          0.35   %
    3.確定拠出制度

      当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度において64,693千円、当事業年度において68,995

      千円であり、退職給付費用に計上しております。
                                78/92












                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 前事業年度                 当事業年度
                                (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
         繰延税金資産
                                   343,965                 375,842     千円
           賞与引当金                             千円
                                   216,469                 134,561
           未払事業税
                                   660,158                 742,011
           退職給付引当金
                                    2,848                 1,565
           税務上の繰延資産償却超過額
                                    8,405                 5,128
           役員退職慰労引当金
                                   156,971                 140,574
           投資有価証券評価差額
                                      -              38,704
           減価償却超過額
                                   96,541                128,909
           その他
           小計                      1,485,360                 1,567,297
                                     △10               △1,808
           評価性引当額
         繰延税金資産合計                        1,485,350                 1,565,488
         繰延税金負債
           特別分配金否認                         4,093                 6,396
           投資有価証券評価差額                        280,701                 145,949
         繰延税金負債合計
                                   284,795                 152,345
         繰延税金資産(△は負債)の純額
                                  1,200,554                 1,413,142
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主要な項目別の内訳

       法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下
      であるため、注記を省略しております。
                                79/92











                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (セグメント情報等)
      [セグメント情報]
      当社は、資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      [関連情報]

      前事業年度(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
      1.サービスごとの情報
       当社のサービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、サービス
      ごとの営業収益の記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

      (1)営業収益
       当社は、本邦の外部顧客に対する営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超える
      ため、記載を省略しております。
      (2)有形固定資産
       本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3.主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載を
      省略しております。
      当事業年度(自2021年4月1日 至2022年3月31日)

      1.サービスごとの情報
       当社のサービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、サービス
      ごとの営業収益の記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

     (1)営業収益
       当社は、本邦の外部顧客に対する営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超える
      ため、記載を省略しております。
     (2)有形固定資産
       本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
      3.主要な顧客ごとの情報

                                      (単位:千円)
            顧客の名称または氏名                       営業収益
                                         6,500,632
         日本生命保険相互会社
      [報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報]

       該当事項はありません。
      [報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報]

       該当事項はありません。
      [報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報]

       該当事項はありません。
                                80/92





                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (収益認識関係)
      1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
         顧客との契約から生じる収益を分解した情報は以下のとおりであります。
                                  (単位:千円)
                             第27期事業年度
             区分                (自   2021年4月      1日
                             至2022年3月31日)
             営業収益
              投資信託委託業務                   29,144,394
              投資運用業務(注)                   17,750,312
              投資助言業務                   1,032,738
              計                     47,927,445
          (注)成功報酬は、損益計算書において運用受託報酬に含めて表示しております。
       2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

          (重要な会計方針)の「5.収益及び費用の計上基準」に記載の通りでございます。
                                81/92















                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (関連当事者との取引)
    1.関連当事者との取引
     財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る。)等
    前事業年度(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
                                  関連当事者
                 資本金又                                        期末
                            議決権等      との関係
                                               取引金額
         会社等                                 取引の
                 は出資金                                        残高
     種類        所在地         事業の内容      の被所有                         科目
         の名称                                 内容
                                 役員の    事業上          (千円)
                             割合
                 (百万円)                                        (千円)
                                 兼任等    の関係
                                         運用受託報           未収運用
                                               3,562,864          988,094
                                          酬の受取          受託報酬
                            (被所有)
        日本生命     大阪府                    兼任有
                                     営業
                                         投資助言報           未収投資
                             直接
     親会社    保険相互     大阪市         生命保険業           出向有
                 100,000
                                                128,262          11,387
                                     取引
                                          酬の受取          助言報酬
         会社    中央区                    転籍有
                            100.00%
                                                    その他
                                          連結納税
                                               4,351,846          4,351,846
                                                    未払金
    当事業年度(自2021年4月1日 至2022年3月31日)

                                  関連当事者
                 資本金又                                        期末
                            議決権等      との関係
                                               取引金額
         会社等                                 取引の
                 は出資金                                        残高
     種類        所在地         事業の内容      の被所有                         科目
         の名称                                 内容
                                 役員の    事業上          (千円)
                             割合
                 (百万円)                                        (千円)
                                 兼任等    の関係
                                         運用受託報           未収運用
                                               6,521,634          1,657,146
                                          酬の受取          受託報酬
                            (被所有)
        日本生命     大阪府                    兼任有
                                     営業
                                         投資助言報           未収投資
                             直接
     親会社    保険相互     大阪市         生命保険業           出向有
                 100,000
                                                120,504          11,837
                                     取引
                                          酬の受取          助言報酬
         会社    中央区                    転籍有
                            100.00%
                                                    その他
                                          連結納税
                                               3,919,311          3,919,311
                                                    未払金
    (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれ
          ております。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          取引条件は第三者との取引価格を参考に、協議の上決定しております。
    2.親会社に関する注記

     親会社情報
      日本生命保険相互会社(非上場)
                                82/92









                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1株当たり情報)
                          前事業年度                当事業年度
                       (自 2020年4月          1日       (自 2021年4月          1日
                        至 2021年3月31日)                至 2022年3月31日)
     1株当たり純資産額                       692,983円25銭                700,655円80銭

      1株当たり当期純利益金額                     108,810円52銭                103,837円87銭

    (注) 1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載して
         おりません。
        2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                          前事業年度                当事業年度

                       (自 2020年4月          1日      (自 2021年4月          1日
                        至 2021年3月31日)                至 2022年3月31日)
     当期純利益                     11,800,283千円               11,261,009千円

                                 -                -
     普通株主に帰属しない金額
     普通株式に係る当期純利益                     11,800,283千円               11,261,009千円
     期中平均株式数                         108千株                108千株
    (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                83/92












                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【利害関係人との取引制限】
        委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲
       げる行為が禁止されています。
       ① 自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこ
        と(投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させる
        おそれがないものとして内閣府令で定めるものを除きます)。
       ② 運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、
        若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内
        閣府令で定めるものを除きます)。
       ③ 通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の
        親法人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引
        業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。
        以下④⑤において同じ)又は子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有しているこ
        とその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要
        件に該当する者をいいます。以下同じ)と有価証券の売買その他の取引又は金融デリバティブ取
        引を行うこと。
       ④ 委託会社の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方
        針、運用財産の額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行
        うこと。
       ⑤ 上記③④に掲げるもののほか、委託会社の親法人等又は子法人等が関与する行為であって、投
        資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれ
        のあるものとして内閣府令で定める行為。
    5【その他】

       ① 定款の変更等
         該当事項はありません。
       ② 訴訟その他の重要事項
         委託会社およびファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はありま
        せん。
                                84/92










                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】
    1【名称、資本金の額及び事業の内容】

       (1)受託会社
        a.名称
          三菱UFJ信託銀行株式会社
        b.資本金の額
          2022年3月末現在、324,279百万円
        c.事業の内容
          銀行法に基づき監督官庁の免許を受けて銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営
         等に関する法律(兼営法)に基づき監督官庁の認可を受けて信託業務を営んでいます。
       (参考)再信託受託会社の概況

        a.名称
          日本マスタートラスト信託銀行株式会社
        b.資本金の額
          2022年3月末現在、10,000百万円
        c.事業の内容
         銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に基づき
         信託業務を営んでいます。
       (2)販売会社

                                          (資本金の額:2022年3月末現在)
                          b.資本金の額
              a.名称                              c.事業の内容
                         (単位:百万円)
                                    保険業法に基づき監督官庁の免許を受
                              1,450,000
         日本生命保険相互会社
                                    け、生命保険業を営んでいます。
    2【関係業務の概要】

       (1)受託会社
         信託財産の保管・管理・計算、外国証券を保管・管理する外国の保管銀行への指図・連絡等を
        行います。
       (2)販売会社
         証券投資信託の募集の取扱いおよび販売を行い、一部解約に関する事務、一部解約金・収益分
        配金・償還金の支払いに関する事務等を代行します。
    3【資本関係】

        日本生命保険相互会社(販売会社)は、委託会社の株式を108,448株(持株比率100%)保有して
       います。
        ○ 委託会社が所有する関係法人の株式または関係法人が所有する委託会社の株式のうち、持株比率
          が5%以上のものを記しています。
                                85/92






                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【その他】
      (1)目論見書の表紙に図案や委託会社の名称およびロゴマーク、イラストを使用すること、また

        ファンドの基本的性格および形態の一部、キャッチコピー、当該届出書に係る目論見書の使用開
        始日を記載することがあります。
      (2)届出書本文「第一部               証券情報」、「第二部             ファンド情報」に記載の内容について、投資者の
        理解を助けるため、その内容を説明した図表等を付加して目論見書のその内容に関連する箇所に
        記載することがあります。
      (3)投資者へ投資信託の仕組み等を説明するため、また届出書本文「第一部                                           証券情報」、「第二
        部  ファンド情報」に記載の内容について投資者の関係法人への照会方法を明確にするため、交
        付目論見書に以下の内容を記載することがあります。
        ・ ファンドは、投資信託及び投資法人に関する法律に基づいて組成された金融商品であり、同
         法では商品内容の重大な変更に際しては、事前に受益者(既にファンドをお持ちの投資者)の
         意向を確認する手続きが規定されています。また、ファンドの信託財産は、受託会社により保
         管されますが、信託法によって受託会社の固有財産との分別管理等が義務付けられています。
        ・ 商品内容・販売会社に関するお問合せは、委託会社のコールセンターで承っております。
        ・ 基準価額については、原則として計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊および委託会社のコー
         ルセンター・ホームページにてご確認いただけます。
          なお、委託会社(ニッセイアセットマネジメント株式会社)への照会先は下記の通りです。
          コールセンター 0120-762-506
          (9:00~17:00 土日祝日・年末年始を除く)
          ホームページ  https://www.nam.co.jp/
      (4)目論見書に以下の内容を記載することがあります。
          投資信託説明書(請求目論見書)は、販売会社にご請求いただければ、当該販売会社を通じて
        交付いたします。
      (5)目論見書に約款を掲載し、届出書本文「第二部                             ファンド情報        第1ファンドの状況           2  投資方
        針」の詳細な内容については、当該約款を参照する旨を記載することで、目論見書の内容の記載
        とすることがあります。
      (6)目論見書の巻末に用語集を掲載することがあります。
      (7)目論見書は電子媒体等として使用される他、インターネット等に掲載されることがあります。
                                86/92










                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     独立監査人の監査報告書

                                                    2022年5月31日

    ニッセイアセットマネジメント株式会社
       取    締    役    会   御中

                      有限責任監査法人 ト ー マ ツ

                           東  京  事  務  所
                       指定有限責任社員

                                   公 認 会 計 士
                                           樋    口    誠    之
                       業  務  執  行  社  員
                       指定有限責任社員

                                   公 認 会 計 士
                                           大     竹      新
                       業  務  執  行  社  員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理
    状況」に掲げられているニッセイアセットマネジメント株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの第
    27期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及
    びその他の注記について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠し
    て、ニッセイアセットマネジメント株式会社の2022年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業
    年度の経営成績を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
    基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人
    は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他
    の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手した
    と判断している。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、監査した財務諸表を含む開示書類に含まれる情報のうち、財務諸表及びその監査報
    告書以外の情報である。
     当監査法人は、その他の記載内容が存在しないと判断したため、その他の記載内容に対するいかなる作業
    も実施していない。
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成
    し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正
    に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切である
    かどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関す
    る事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視する
    ことにある。
                                87/92



                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な
    虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対す
    る意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計す
    ると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断され
    る。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業
    的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応し
      た監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基
      礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リ
      スク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検
      討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積り
      の合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証
      拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
      められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書
      において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が
      適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論
      は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
      として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠し
      ているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が
      基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別し
    た内部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項に
    ついて報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守
    したこと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減
    するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上
    ※ 1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(ニッセイア
        セットマネジメント株式会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                88/92








                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     独立監査人の監査報告書

                                                    2022年3月31日

    ニッセイアセットマネジメント株式会社
       取    締    役    会   御中

                      有限責任監査法人 ト ー マ ツ

                           東  京  事  務  所
                       指定有限責任社員

                                   公 認 会 計 士
                                           百    瀬    和    政   印
                       業  務  執  行  社  員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状
    況」に掲げられているDCニッセイ日本株グロースファンドの2021年2月26日から2022年2月25日までの計算
    期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並びに附属明細表について監査を
    行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠し
    て、DCニッセイ日本株グロースファンドの2022年2月25日現在の信託財産の状態及び同日をもって終了する
    計算期間の損益の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
    基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人
    は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、ニッセイアセットマネジメント株式会社及びファンド
    から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明
    の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成
    し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正
    に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切である
    かどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関す
    る事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な
    虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対す
    る意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計す
    ると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断され
    る。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業
    的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応し
      た監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基
      礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リ
      スク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検
      討する。
                                89/92


                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積り
      の合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証
      拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
      められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書
      において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が
      適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論
      は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、ファンドは継続
      企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠し
      ているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が
      基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の
    重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を
    行う。
    利害関係

     ニッセイアセットマネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会
    計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上
    ※ 1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(ニッセイア
        セットマネジメント株式会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                90/92













                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                   独立監査人の中間監査報告書

                                                    2022年11月22日

    ニッセイアセットマネジメント株式会社
       取    締    役    会   御中

                      有限責任監査法人 ト ー マ ツ

                           東  京  事  務  所
                       指定有限責任社員

                                   公 認 会 計 士
                                           百    瀬    和    政
                       業  務  執  行  社  員
    中間監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状
    況」に掲げられているDCニッセイ日本株グロースファンドの2022年2月26日から2022年8月25日までの中間
    計算期間の中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益及び剰余金計算書並びに中間注記表につい
    て中間監査を行った。
     当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成
    基準に準拠して、DCニッセイ日本株グロースファンドの2022年8月25日現在の信託財産の状態及び同日を
    もって終了する中間計算期間(2022年2月26日から2022年8月25日まで)の損益の状況に関する有用な情報を
    表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行っ
    た。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に記載され
    ている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、ニッセイアセットマネジメント株
    式会社及びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監
    査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財
    務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中
    間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用すること
    が含まれる。
     中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に基づい
    て継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に
    関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書
    において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬によ
    り発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理
    的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
                                91/92




                                                          EDINET提出書類
                                              ニッセイアセットマネジメント株式会社(E12453)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示
      リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断によ
      る。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続
      は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸
      表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の
      監査手続が選択及び適用される。
    ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人
      は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作
      成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
      び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監
      査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性
      が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、中間監
      査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間財務
      諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められて
      いる。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況
      により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成
      基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及び内容、
      並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどうかを評価す
      る。
     監査人は、経営者に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した内
    部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事
    項について報告を行う。
    利害関係

     ニッセイアセットマネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会
    計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上
    ※ 1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本
        は当社(ニッセイアセットマネジメント株式会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれておりません。
                                92/92









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。