ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンド 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンド
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    【表紙】
    【提出書類】                    有価証券届出書

    【提出先】                    関東財務局長

    【提出日】                    2022年11月25日

    【発行者名】                    ブラックロック・ジャパン株式会社

    【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 有田 浩之

    【本店の所在の場所】                    東京都千代田区丸の内一丁目8番3号

    【事務連絡者氏名】                    坂井 瑛美

    【電話番号】                    03-6703-7940

    【届出の対象とした募集(売出)内国投資                    ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンド

     信託受益証券に係るファンドの名称】
    【届出の対象とした募集(売出)内国投資                    2,000億円を上限とします。

     信託受益証券の金額】
    【縦覧に供する場所】                    該当事項はありません。

     (注) 本書において文中および表中の数字は四捨五入された数値として表示されている場合があり、従って合計とし

        て表示された数字はかかる数値の総和と必ずしも一致するとは限りません。
                                  1/114










                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】
    (1)【ファンドの名称】

      ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンド
      (以下「当ファンド」または「ファンド」といいます。)
    (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

      追加型証券投資信託の受益権です。
      当初元本は、1口当り1円です。
      ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(以下、「社振法」といいます。)の規定の適用を受け、
     受益権の帰属は、後述の「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関および当該振替機関の下位の口座管理機関
     (社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下「振替機関等」といいます。)の振替口
     座簿に記載または記録されることにより定まります(以下、振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受
     益権を「振替受益権」といいます。)。委託会社であるブラックロック・ジャパン株式会社は、やむを得ない事情等
     がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の
     形態はありません。
      当ファンドについて、委託会社の依頼により、信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付また
     は信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
    (3)【発行(売出)価額の総額】

      2,000億円を上限とします。
      ※当ファンドの運用戦略に適した運用規模・運用効率を勘案し、市場環境や資金流入の動向に応じて信託金の限度
       額を下回る段階で購入申込の受付を停止する場合があります。
    (4)【発行(売出)価格】

      購入受付日の基準価額とします。
      基準価額につきましては、販売会社または下記にお問い合わせください。
       ブラックロック・ジャパン株式会社
       電話番号:03-6703-4300(受付時間 営業日の9:00~17:00)
       ホームページアドレス:www.blackrock.com/jp/
    (5)【申込手数料】

     ① 購入時の申込手数料(以下「購入時手数料」といいます。)は、購入受付日の基準価額に3.30%(税抜3.00%)
      を上限として、販売会社が独自に定める率を乗じて得た額とします。詳細は販売会社にお問い合わせください。
      (販売会社につきましては、「(8)申込取扱場所」に記載の照会先までお問い合わせください。)
       なお、購入時手数料には消費税に相当する金額および地方消費税に相当する金額(以下「消費税等相当額」とい
      います。)が含まれています(以下同じ。)。
     ② 分配金の受取方法により、「一般コース」、「累積投資コース」の2つのコースがあります。「累積投資コー

      ス」を選択した投資者が、分配金を再投資する場合は、無手数料とします。
    (6)【申込単位】

      分配金の受取方法により、収益の分配時に分配金を受け取る「一般コース」と、分配金が税引き後、無手数料で再
     投資される「累積投資コース」の2つの購入方法があります。
      取扱いを行うコースおよび購入の申込単位(以下「購入単位」といいます。)は、各販売会社により異なります。
     詳細は販売会社にお問い合わせください。
                                  2/114




                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (7)【申込期間】
      2022年11月26日から2023年5月26日まで
      申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
    (8)【申込取扱場所】

      ファンドの申込取扱場所(以下「販売会社」といいます。)については下記にお問い合わせください。
      ブラックロック・ジャパン株式会社
      電話番号:03-6703-4300(受付時間 営業日の9:00~17:00)
      ホームページアドレス:www.blackrock.com/jp/
    (9)【払込期日】

      投資者は、販売会社が定める日までに購入代金(購入受付日の基準価額に購入口数を乗じた金額に、購入時手数料
     を加算した金額をいいます。)を販売会社に支払うものとします。
      振替受益権に係る各購入受付日の発行価額の総額は、販売会社によって追加信託が行われる日に委託会社の指定す
     る口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込まれます。
    (10)【払込取扱場所】

      上記「(8)申込取扱場所」で払い込みください。
    (11)【振替機関に関する事項】

      振替機関は、株式会社証券保管振替機構です。
    (12)【その他】

     ① 購入代金の利息
       購入代金には利息をつけません。
     ② 日本以外の地域における発行

       行いません。
     ③ 振替受益権について

       ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、上記「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関の振替
      業にかかる業務規程等の規則にしたがって取り扱われるものとします。
       ファンドの分配金、償還金、換金代金は、社振法および上記「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関の
      業務規程その他の規則にしたがって支払われます。
      (参考)

       ◆ 投資信託振替制度とは、
        ・ファンドの受益権の発生、消滅、移転をコンピュータシステムにて管理します。
        ・ファンドの設定、換金、償還等がコンピュータシステム上の帳簿(「振替口座簿」といいます。)への記
         載・記録によって行われますので、受益証券は発行されません。
                                  3/114






                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】
    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】

     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
      ① 「ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンド」(以下「当ファンド」または「ファンド」といいま
       す。)は、信託財産の中長期的な成長を目指します。
      ② 当ファンドは、追加型証券投資信託であり、追加型投信/国内/株式に属しています。下記は、一般社団法人

       投資信託協会の「商品分類に関する指針」に基づき当ファンドが該当する商品分類・属性区分を網掛け表示して
       います。
      <商品分類表>

      単位型・追加型          投資対象地域         投資対象資産(収益の源泉)
      単位型投信         国内           株式
      追加型投信         海外           債券
               内外           不動産投信
                          その他資産(    )
                          資産複合
      <属性区分表>

          投資対象資産            決算頻度       投資対象地域          投資形態
      株式              年1回       グローバル         ファミリー
       一般              年2回       日本         ファンド
       大型株              年4回       北米
       中小型株              年6回       欧州         ファンド・
      債券              (隔月)       アジア         オブ・
       一般              年12回       オセアニア         ファンズ
       公債              (毎月)       中南米
       社債              日々       アフリカ
       その他債券              その他       中近東
      クレジット属性                     (中東)
      不動産投信                     エマージング
      その他資産
      (投資信託証券(株式))
      資産複合
       資産配分固定型
       資産配分変更型
                                  4/114






                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <各分類および区分の定義>
      Ⅰ.商品分類
      単位型投信・追加型           追加型投信         一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信
      投信の区分                   託財産とともに運用されるファンドをいう。
      投資対象地域による           国内         目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資収
      区分                   益が実質的に国内の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
      投資対象資産による           株式         目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資収
      区分                   益が実質的に株式を源泉とする旨の記載があるものをいう。
      Ⅱ.属性区分

      投資対象資産による           その他資産(投資          目論見書または投資信託約款において、主として投資信託証券に
      属性区分           信託証券(株式))          投資する旨の記載があるものをいう。ただし、当ファンドは、投
                           資信託証券(親投資信託)を通じて主として株式に投資する。
      決算頻度による属性           年1回          目論見書または投資信託約款において、年1回決算する旨の記載
      区分                     があるものをいう。
      投資対象地域による           日本          目論見書または投資信託約款において、組入資産による投資収益
      属性区分                     が日本の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
      投資形態による属性           ファミリーファンド          目論見書または投資信託約款において、親投資信託(ファンド・
      区分                     オブ・ファンズにのみ投資されるものを除く。)を投資対象とし
                           て投資するものをいう。
       上記は、一般社団法人投資信託協会の定義を基に委託会社が作成したものを含みます。なお、上記以外の商品分
      類・属性区分の定義については、一般社団法人投資信託協会のホームページ(www.toushin.or.jp/)をご参照くだ
      さい。
      ③ 信託金の限度額は、2,000億円です。ただし、委託会社は受託会社と合意のうえ、当該限度額を変更することが

       できます。
       ※当ファンドの運用戦略に適した運用規模・運用効率を勘案し、市場環境や資金流入の動向に応じて信託金の限
        度額を下回る段階で購入申込の受付を停止する場合があります。
                                  5/114











                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ④ ファンドの特色
                                  6/114




















                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【ファンドの沿革】
      2018年9月18日              信託契約締結、ファンドの設定日、運用開始
     (3)【ファンドの仕組み】

      <契約等の概要>











       a.「証券投資信託契約」
         ファンドの設定・運営に関する事項、信託財産の運用・管理に関する事項、委託会社および受託会社の業務
        に関する事項、投資者に関する事項等について規定しています。
       b.「受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約」

         委託会社が販売会社に委託する受益権の募集販売の取扱い、換金事務、投資者に対する収益分配金および換
        金代金の支払い、その他これらの業務に付随する業務等について規定しています。
                                  7/114





                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <ファンドの仕組み>
       当ファンドは、ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・マザーファンドをマザーファンドとするファミリー
      ファンド方式で運用します。
      <委託会社の概況>




       2022年8月末現在の委託会社の概況は、以下のとおりです。
       a.資本金    3,120百万円
       b.沿革

       1985年1月        メリルリンチ投資顧問株式会社
               (後のメリルリンチ・インベストメント・マネジャーズ株式会社)設立
               1987年3月 証券投資顧問業者として登録
               1987年6月 投資一任業務認可を取得
               1997年12月 投資信託委託業務免許を取得
       1988年3月        バークレイズ・デズート・ウェッド投資顧問株式会社
               (後のバークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社)設立
               1988年6月 証券投資顧問業者として登録
               1989年1月 投資一任業務認可を取得
               1998年3月 投資信託委託業務免許を取得
       1999年4月        野村ブラックロック・アセット・マネジメント株式会社
               (後のブラックロック・ジャパン株式会社)設立
               1999年6月 証券投資顧問業者として登録
               1999年8月 投資一任業務認可を取得
       2006年10月        メリルリンチ・インベストメント・マネジャーズ株式会社を存続会社として、
               ブラックロック・ジャパン株式会社と合併
               新会社商号:「ブラックロック・ジャパン株式会社」
       2009年12月        バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社を存続会社として、
               ブラックロック・ジャパン株式会社と合併
               新会社商号:「ブラックロック・ジャパン株式会社」
       c.大株主の状況

                                              所有
             株主名                   住所                   所有比率
                                              株式数
       ブラックロック・ジャパン・
                         東京都千代田区丸の内一丁目8番3号                    15,000株       100%
       ホールディングス合同会社
                                  8/114





                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【投資方針】
     (1)【投資方針】
      ① 親投資信託受益証券への投資を通じて主としてわが国の株式へ投資します。
      ② 親投資信託受益証券の組入比率は、原則として高位を保ちます。
      ③ ポートフォリオの構築に当たっては、投資対象企業の経営・財務分析を行い、長期的な成長戦略および安定的
       で優れた企業統治(ガバナンス)力を持つ企業の株式を厳選し、中長期的に投資します。
      ④ 銘柄選択に当たっては、財務諸表等の定量的情報のみでなく、投資対象企業との継続的な対話を通じて得た当
       該企業の長期的経営戦略等に関する定性的情報を重視します。
      ⑤ 資金動向、市況動向、残存信託期間等によっては、上記のような運用ができない場合もあります。
      ※ 委託会社は、自己または第三者の利益を図るために投資者の利益を害することとなる潜在的なおそれのある取

        引を行いまたは行うことがある場合、投資者の利益を害しないことを確保するため、売買執行管理規程等の社
        内規程により管理します。
     <参考> マザーファンドの運用の基本方針

                 ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・マザーファンド
                          -  運用の基本方針        -

    1.基本方針
      この投資信託は、信託財産の中長期的な成長を目指します。
    2.運用方法
     (1)投資対象
        国内の金融商品取引所に上場しているわが国の株式を主要投資対象とします。
     (2)投資態度
      ①   主として国内の金融商品取引所に上場しているわが国の株式へ投資します。
      ②   ポートフォリオの構築に当たっては、投資対象企業の経営・財務分析を行い、長期的な成長戦略および安定
        的で優れた企業統治(ガバナンス)力を持つ企業の株式を厳選し、中長期的に投資します。
      ③   銘柄選択に当たっては、財務諸表等の定量的情報のみでなく、投資対象企業との継続的な対話を通じて得た
        当該企業の長期的経営戦略等に関する定性的情報を重視します。
      ④   資金動向、市況動向、残存信託期間等によっては、上記のような運用ができない場合もあります。
     (3)投資制限
      ①   株式への投資割合には制限はありません。
      ②   株式以外の資産への投資割合は、原則として信託財産総額の50%未満とします。
      ③   同一銘柄の株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
      ④   外貨建資産への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
      ⑤   投資信託証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
      ⑥   一般社団法人投資信託協会規則に定めるデリバティブ取引等については、同規則に定める合理的な方法によ
        り算出した額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。
      ⑦   一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に係る株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーお
        よびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、
        合計で20%を超えないものとし、当該比率を超えることとなった場合には、同規則にしたがい当該比率以内
        となるよう調整を行います。
                                  9/114





                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【投資対象】
      ① 投資対象とする資産の種類
        この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投
       資法人に関する法律(以下「投信法」といいます。)第2条第1項で定めるものをいいます。)とします。
       a.有価証券
       b.デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、約款に定めるものに限
         ります。)
       c.約束手形(a.に掲げるものに該当するものを除きます。)
       d.金銭債権(a.およびc.に掲げるものに該当するものを除きます。)
      ② 投資対象とする有価証券

        委託会社は、信託金を、主としてブラックロック・ガバナンス・フォーカス・マザーファンドの受益証券のほ
       か、次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除
       きます。)に投資することを指図します。
       a.株券または新株引受権証書
       b.国債証券
       c.地方債証券
       d.特別の法律により法人の発行する債券
       e.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引受権付社債
         券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
       f.資産の流動化に関する法律に規定する特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいい
         ます。)
       g.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で定めるものを
         いいます。)
       h.協同組織金融機関の優先出資に関する法律に規定する優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で
         定めるものをいいます。)
       i.資産の流動化に関する法律に規定する優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品取引
         法第2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
       j.コマーシャル・ペーパー
       k.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)および新株予約権
         証券
       l.外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質を有するもの
       m.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいいます。)
       n.投資証券、新投資口予約権証券もしくは投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第
         11号で定めるものをいいます。)
       o.外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
       p.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをいい、有価証券
         に係るものに限ります。)
       q.預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
       r.外国法人が発行する譲渡性預金証書
       s.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証券に限り
         ます。)
       t.抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
       u.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証券に表
         示されるべきもの
       v.外国の者に対する権利で前号の有価証券の性質を有するもの
                                 10/114



                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        なお、a.の証券または証書、l.ならびにq.の証券または証書のうちa.の証券または証書の性質を有す
       るものを以下「株式」といい、b.からf.までの証券およびl.ならびにq.の証券または証書のうちb.か
       らf.までの証券の性質を有するもの、およびn.のうち投資法人債券を以下「公社債」といい、m.の証券お
       よびn.の証券(投資法人債券を除きます。)を以下「投資信託証券」といいます。
      ③ 投資対象とする金融商品

        当ファンドの設定、換金、償還、投資環境の変動等への対応等、委託会社が運用上必要と認めるときには、有
       価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号
       に掲げる権利を含みます。)により運用することの指図ができます。
       a.預金
       b.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
       c.コール・ローン
       d.手形割引市場において売買される手形
       e.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
       f.外国の者に対する権利で前号の権利の性質を有するもの
     (3)【運用体制】

      ① ファンドの運用・管理の各業務の役割分担を社内規程により定めております。
      ② ファンドの運用については委託会社の運用部門が統括しています。

        社内には内部監査を担当する部門、ファンドの運用状況やリスク状況等をモニターし関連部署にフィードバッ
       クする部門、或いは投資委員会等開催により、ファンドの投資方針等に従って運用が行われているか確認する組
       織、機能が確立しています。
      ③ 当ファンドの運用は、日本株式運用チーム(ファンダメンタル株式運用部を含めて6名程度)が担当いたしま

       す。
       <運用体制・運用プロセス>

                                 11/114










                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       <追加的記載事項>
       ブラックロック・グループ





                                   *
        ブラックロック・グループは、運用資産残高約8.49兆ドル                            (約1,153兆円)を持つ世界最大級の独立系資産運用
       グループであり、当社はその日本法人です。
        当グループは、世界各国の機関投資家および個人投資家のため、株式、債券、キャッシュ・マネジメントおよ
       びオルタナティブ商品といった様々な資産クラスの運用を行っております。また、機関投資家向けに、リスク管
       理、投資システム・アウトソーシングおよびファイナンシャル・アドバイザリー・サービスの提供を行っており
       ます。
       * 2022年6月末現在。(円換算レートは1ドル=135.855円を使用)
     (4)【分配方針】

      ① 収益分配方針
        年1回の毎決算時(原則として2月25日。休業日の場合は翌営業日。)に、原則として以下の方針に基づき、
       分配を行います。
       a.分配対象額の範囲
         分配対象額の範囲は、経費控除後の繰越分を含めた利子・配当等収益および売買損益(繰越欠損補填後、評
        価損益を含みます。)等の全額とします。
       b.分配対象収益についての分配方針

         分配金額は、委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。
       c.留保益の運用方針

         留保益の運用については特に制限を設けず、委託会社の判断に基づき、元本部分と同一の運用を行います。
       ※基準価額水準、市況動向等によっては分配を行わないことがあります。将来の分配金の支払いおよびその金額

        について保証するものではありません。
      ② 収益の分配

       a.信託財産から生じる毎計算期末における利益は、次の方法により処理するものとします。
        (a)  利子、配当金およびこれらに類する収益から支払利息を控除した額(以下「配当等収益」といいます。)
         は、諸経費、諸費用(消費税に相当する金額および地方消費税に相当する金額(以下「消費税等相当額」と
         いいます。)を含みます。以下同じ。)、信託報酬(消費税等相当額を含みます。以下同じ。)を控除した
         後、その残額を投資者に分配することができます。なお、次期以降の分配に充てるため、その一部を分配準
         備積立金として積み立てることができます。
                                 12/114



                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        (b)  売買損益に評価損益を加減した利益金額(以下「売買益」といいます。)は、諸経費、諸費用および当該
         諸費用に係る消費税等に相当する金額ならびに信託報酬および当該信託報酬に係る消費税等に相当する金額
         を控除し、繰越欠損金のあるときは、その全額を売買益をもって補てんした後、投資者に分配することがで
         きます。なお、次期以降の分配に充てるため、分配準備積立金として積み立てることができます。
       b.毎計算期末において、信託財産につき生じた損失は、次期に繰り越すものとします。

      ③ 収益分配金の支払い

       a.支払時期と支払場所
        (a)  一般コースの場合
          毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として5営業日以内)に、毎計算期間の末
         日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている投資者にお支払いを開始します。収益分配
         金は販売会社の営業所等において支払います。
        (b)  累積投資コースの場合

          累積投資契約に基づき、受託会社が委託会社の指定する預金口座等に払い込むことにより、原則として毎
         計算期間終了日の翌営業日に収益分配金が販売会社に支払われます。この場合、販売会社は投資者に対し遅
         滞なく収益分配金の再投資にかかる受益権の売り付けを行います。当該売り付けにより増加した受益権は、
         振替口座簿に記載または記録されます。
       b.時効

         投資者が、a.(a)に規定する支払開始日から5年間支払い請求を行わない場合はその権利を失い、委託会社
        が受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属します。
     (5)【投資制限】

      ① 当ファンドの約款で定める投資制限
       a.投資する株式等の範囲
        (a) 委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、金融商品取引所に上
         場されている株式の発行会社の発行するものおよび金融商品取引所に準ずる市場において取引されている株
         式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当により取得する株式、新株引
         受権証券および新株予約権証券については、この限りではありません。
        (b) (a)にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券および新株予約権証券で目論見書等
         において上場または登録されることが確認できるものについては、委託会社が投資することを指図すること
         ができるものとします。
       b.投資する株式等への投資比率の制限

         株式以外の資産(他の投資信託受益証券を通じて投資する場合は、当該他の投資信託の信託財産に属する株
        式以外の資産のうち、この投資信託の信託財産に属するとみなした部分を含みます。)への投資割合は、原則
        として信託財産総額の50%未満とします。
       c.同一銘柄の株式への投資制限

         同一銘柄の株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
       d.外貨建資産への投資制限

         外貨建資産への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
                                 13/114




                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       e.特別の場合の外貨建有価証券への投資制限
         外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により、特に必要と認められる場合に
        は、制約されることがあります。
       f.投資する投資信託証券(マザーファンドを除きます。)への投資制限

         投資信託証券(マザーファンドを除きます。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とし
        ます。
       g.信用取引の指図範囲

        (a)  委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売り付けることの指図をする
         ことができます。なお、当該売り付けの決済については、株券の引き渡しまたは買い戻しにより行うことの
         指図をすることができるものとします。
        (b)  (a)の信用取引の指図は、当該売り付けにかかる建玉の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内としま
         す。
        (c)  信託財産の換金等の事由により、(b)の売り付けにかかる建玉の時価総額が信託財産の純資産総額を超える
         こととなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する売り付けの一部を決済するための指
         図をするものとします。
       h.先物取引等の運用指図

        (a)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用ならびに価格変動リスクを回避するため、わが国の金
         融商品取引所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号イに掲げるものをいいま
         す。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ロに掲げるものをいいます。)およ
         び有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ハに掲げるものをいいます。)ならびに外
         国の取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることができます。なお、選択権取引
         はオプション取引に含めて取り扱うものとします(以下同じ。)。
        (b)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用ならびに価格変動リスクを回避するため、わが国の取
         引所における通貨に係る先物取引ならびに外国の取引所における通貨に係る先物取引およびオプション取引
         を行うことの指図をすることができます。
        (c)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用ならびに価格変動リスクを回避するため、わが国の取
         引所における金利に係る先物取引およびオプション取引ならびに外国の取引所におけるこれらの取引と類似
         の取引を行うことの指図をすることができます。
       i.スワップ取引の運用指図

        (a)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リスクおよび為替変
         動リスクを回避するため、異なった通貨、異なった受取金利または異なった受取金利とその元本を一定の条
         件のもとに交換する取引(以下「スワップ取引」といいます。)を行うことの指図をすることができます。
        (b)  スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間を超えないものとしま
         す。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りではありません。
        (c)  スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額または価格情報会
         社が提供する価額等、法令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがって評価するものとします。
        (d)  委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、担保の提供
         あるいは受入れの指図を行うものとします。
       j.金利先渡取引および為替先渡取引の運用指図

        (a)  委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、金利先渡取引および為替先渡取引を行うことの指図
         をすることができます。
                                 14/114



                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        (b)  金利先渡取引および為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として信託期間を超え
         ないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りではあ
         りません。
        (c)  委託会社は、金利先渡取引および為替先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めた
         ときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
       k.有価証券の貸付の指図

        (a)  委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する有価証券の貸付の指図をすること
         ができます。
         イ.株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時価合計額を
           超えないものとします。
         ロ.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有する公社債の
           額面金額の合計額を超えないものとします。
        (b)  (a)に定める限度額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する契約の
         一部の解約を指図するものとします。
        (c)  委託会社は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行うものとします。
       l.公社債の空売りの指図範囲

        (a)  委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産の計算においてする信託財産に属さない公
         社債を売り付けることの指図をすることができます。なお、当該売り付けの決済については、公社債(信託
         財産により借入れた公社債を含みます。)の引き渡しまたは買い戻しにより行うことの指図をすることがで
         きるものとします。
        (b)  (a)の売り付けの指図は、当該売り付けにかかる公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内としま
         す。
        (c)  信託財産の換金等の事由により、(b)の売り付けにかかる公社債の時価総額が信託財産の純資産総額を超え
         ることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する売り付けの一部を決済するための
         指図をするものとします。
       m.公社債の借入れ

        (a)  委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすることができます。な
         お、当該公社債の借入れを行うにあたり、担保の提供が必要と認めたときは、担保の提供の指図を行うもの
         とします。
        (b)  (a)の指図は、当該借入れにかかる公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内で行うものとしま
         す。
        (c)  信託財産の換金等の事由により、(b)の借入れにかかる公社債の時価総額が信託財産の純資産総額を超える
         こととなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する借入れた公社債の一部を返還するた
         めの指図をするものとします。
        (d)  (a)の借入れにかかる品借料は信託財産中から支弁します。
       n.外国為替予約の指図および範囲

         委託会社は、信託財産に属する外貨建資産とマザーファンドの信託財産に属する外貨建資産のうち信託財産
        に属するとみなした額(信託財産に属するマザーファンドの時価総額にマザーファンドの信託財産の純資産総
        額に占める外貨建資産の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。)との合計額について、当該外貨建資産
        の為替ヘッジのため、外国為替の売買の予約を指図することができます。
                                 15/114




                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       o.資金の借入れ
        (a)  委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、換金に伴う支払資金の手当て
         (換金に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目的として、または再投資に
         かかる収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)
         の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
        (b)  換金に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、投資者への換金代金支払開始日から信託財産で保有す
         る有価証券等の売却代金の受渡日までの間または投資者への換金代金支払開始日から信託財産で保有する有
         価証券等の換金代金入金日までの間もしくは投資者への換金代金支払開始日から信託財産で保有する有価証
         券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券等
         の売却または換金代金および有価証券等の償還金の合計額を限度とします。ただし、資金の借入額は、借入
         れ指図を行う日における信託財産の純資産総額の10%を超えないこととします。
        (c)  収益分配金の再投資にかかる借入期間は信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営業日までと
         し、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
        (d)  借入金の利息は信託財産中より支弁します。
       p.デリバティブ取引等に係る投資制限

         一般社団法人投資信託協会規則に定めるデリバティブ取引等については、同規則に定める合理的な方法によ
        り算出した額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。
       q.信用リスク集中回避のための投資制限

         一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に係る株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーお
        よびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合
        計で20%を超えないものとし、当該比率を超えることとなった場合には、同規則にしたがい当該比率以内とな
        るよう調整を行います。
      ②  投信法等関係法令で定める投資制限

        同一の法人の発行する株式
        委託会社は、同一の法人の発行する株式について、次のa.の数がb.の数を超えることとなる場合には、当
       該株式を投資信託財産で取得することを受託会社に指図しないものとします。
        a.委託会社が運用の指図を行うすべてのファンドで保有する当該株式に係る議決権の総数
        b.当該株式に係る議決権の総数に100分の50の率を乗じて得た数
                                 16/114









                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【投資リスク】
     (1)  投資リスク
       ファンドの基準価額は、組入れられている有価証券の値動きによる影響を受けます。これらの信託財産の運用に
      より生じた損益はすべて投資者の皆様に帰属します。したがって、当ファンドは元金および元金からの収益の確保
      が保証されているものではなく、基準価額の下落により投資者は損失を被り、元金を割り込むことがあります。ま
      た、投資信託は預貯金と異なります。
       当ファンドにかかる主なリスクは以下の通りです。
      ① 基準価額の変動要因

       a.国内株式投資のリスク
         当ファンドは、日本国内に本拠を置く企業の普通株式を主要投資対象とします。したがって、国内の経済お
        よび市場動向または組入株式の発行会社の経営・財務状況に応じて組入株式の株価および配当金が変動し、当
        ファンドの運用成果に影響を与えます。
       b.集中投資のリスク

         当ファンドは、絞り込んだ銘柄・少数の銘柄に投資することを想定しています。したがって、相対的に多く
        の銘柄に分散投資を行った場合と比較すると、個別組入銘柄や業種の株価動向の影響を受けやすくなり、基準
        価額の値動きが大きくなる場合があります。また、当ファンドが投資する特定の銘柄を売買しようとする際
        に、市場の動向等によっては購入もしくは売却が困難または不可能になる可能性もあります。さらに、銘柄選
        定の結果、関連する法的規制等の変更に伴い、当ファンドの運用成果に影響を与える場合があります。
       c.中小型株式投資のリスク

         当ファンドは、銘柄選定の結果、株式市場の平均に比べ株式時価総額の小さな企業が発行する株式に投資す
        る場合があります。これらの株式の価格は、株式市場の平均に比べて結果としてより大きく値上がり、または
        値下がりする可能性があり、これら株価の変動に応じて、当ファンドの運用成果に影響を与えることがありま
        す。
         これは比較的規模の小さい企業は大規模の企業に比べ収益の変動が大きくなる傾向があることに加え、株式
        市場における需給関係の変動の影響を受けやすいためです。
      ② ファンド運営上のリスク

       a.購入および換金の受付の中止・取消
         金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があ
        るときは、受益権の購入および換金の受付を中止する場合があります。また、この場合、既に受付けた受益権
        の購入および換金の受付を取り消す場合があります。
       b.ファンドの繰上償還

         当ファンドは換金により当ファンドの受益権の口数が30億口を下回ることとなった場合、または投資者のた
        め有利と認められる場合、その他やむを得ない事情が発生したとき等は、ファンドを償還させる場合がありま
        す。
       c.法令・税制・会計等の変更

         法令・税制・会計方法等は今後変更される可能性があります。
                                 17/114





                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       d.流動性リスクに関する事項
         当ファンドが保有する資産の市場環境等の状況により、保有有価証券の流動性が低下し、投資者からの換金
        請求に制約がかかる等のリスク(流動性リスク)があります。当ファンドにおいて流動性リスクが顕在化する
        と考えられる状況は以下の通りです。
         ・経済全体または個別企業の業績の影響により、株価変動が大きくなるまたは取引量が著しく少なくなる
          等、株式市場動向が不安定になった場合
        ※金融商品取引所等における取引の停止時、決済機能の停止時または大口の換金請求については、換金請求に
         制限がかかる場合があります。
       e.収益分配金に関する留意点

         分配金は、預貯金の利息とは異なりファンドの純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その
        金額相当分、基準価額は下がります。
         分配金は、計算期間中に発生した運用収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて
        支払われる場合があります。計算期間中に運用収益があった場合においても、当該運用収益を超えて分配を
        行った場合、当期決算日の基準価額は前期決算日の基準価額と比べて下落することになります。したがって、
        分配金の水準は必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。
         投資者の個別元本の状況によっては、分配金の一部または全部が、実質的に元本の一部払戻しに相当する場
        合があります。個別元本とは、追加型投資信託を保有する投資者毎の取得元本のことで、投資者毎に異なりま
        す。
     (2)  リスクの管理体制

       委託会社ではリスク管理を重視しており、独自開発のシステムを用いてリスク管理を行っております。具体的に
      は、運用担当部門から独立したリスク管理担当部門においてファンドの投資リスクおよび流動性リスクの計測・分
      析、投資・流動性制限のモニタリングなどを行うことにより、ファンドの投資リスク(流動性リスクを含む)が運
      用方針に合致していることを確認し、その結果を運用担当部門にフィードバックするほか、社内の関係者で共有し
      ております。また、委託会社の業務に関するリスクについて社内規程を定めて管理を行っております。
       ※ リスクの管理体制は、変更となる場合があります。

                                 18/114










                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考情報)
                                 19/114




















                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】
     (1)【申込手数料】
      ① 購入時の申込手数料(以下「購入時手数料」といいます。)は、購入受付日の基準価額に3.30%(税抜
       3.00%)を上限として、販売会社が独自に定める率を乗じて得た額とします。詳細は販売会社にお問い合わせく
       ださい。
       販売会社につきましては、下記にお問い合わせください。
        ブラックロック・ジャパン株式会社
        電話番号:03-6703-4300 (受付時間 営業日の9:00~17:00)
        ホームページアドレス:www.blackrock.com/jp/
        なお、購入時手数料には、消費税等相当額が含まれています(以下同じ。)。

        購入時手数料は、購入時の商品説明、販売に関する事務手続き等の役務の対価として販売会社にお支払いいた

       だくものです。
      ② 分配金の受取方法により、「一般コース」、「累積投資コース」の2つのコースがあります。「累積投資コー

       ス」を選択した投資者が、分配金を再投資する場合は、無手数料とします。
     (2)【換金(解約)手数料】

      ① 換金手数料
        ありません。
      ② 信託財産留保額

        ありません。
     (3)【信託報酬等】

      ① 信託報酬の総額
        計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に年1.452%(税抜1.32%)の率を乗じて得た額とします。信託
       報酬に係る委託会社、販売会社、受託会社の間の配分および当該報酬を対価とする役務の内容は次の通りとしま
       す。
                  信託報酬の配分                    役務の内容
                   年0.715%         ファンドの運用、基準価額の計算、運用報告書等各種書
         委託会社
                  (税抜0.65%)         類の作成等
                   年0.715%         運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファンドの管
         販売会社
                  (税抜0.65%)         理、購入後の情報提供等
                   年0.022%
         受託会社                  運用財産の管理、委託会社からの指図の実行等
                  (税抜0.02%)
      ② 信託報酬の支払時期と支払方法等

        信託報酬は、日々計上され、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日(当該終了日が休業日の場合はその翌営業
       日)、および毎計算期末または信託終了のとき信託財産中から支弁するものとします。
        委託会社および販売会社に対する信託報酬は、ファンドから委託会社に対して支弁されます。信託報酬の販売
       会社への配分は、ファンドから委託会社に支弁された後、委託会社より販売会社に対して支払われます。受託会
       社の報酬は、ファンドから受託会社に対して支弁されます。
     (4)【その他の手数料等】

      ① 信託財産において換金代金等の支払資金に不足が生じるときに資金借入れの指図を行った場合はその都度、当
       該借入金の利息は信託財産中より支弁します。
                                 20/114



                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ② 信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託会社の立替えた立替金の利息(以下「諸経
       費」といいます。)は、投資者の負担とし、その都度、信託財産中から支弁します。
      ③ 下記の諸費用(以下「諸費用」といいます。)および諸費用に係る消費税等相当額は、投資者の負担とし、信

       託財産中から支弁することができます。
        1.受益権の管理事務に関連する費用
        2.有価証券届出書、有価証券報告書等法定提出書類の作成、印刷および提出に係る費用
        3.目論見書の作成、印刷および交付に係る費用
        4.信託約款の作成、印刷および届出に係る費用
        5.運用報告書の作成、印刷、交付および提出に係る費用
        6.公告に係る費用
        7.他の信託との併合および信託約款の変更またはファンドの償還に係る事項を記載した書面の作成、印刷お
         よび交付に係る費用
        8.この信託の監査人、法律顧問および税務顧問に対する報酬および費用
         委託会社は、年0.11%(税抜0.10%)を上限とする、上記の諸費用の金額をあらかじめ合理的に見積もった
        上で算出する率を毎日純資産総額に対して乗じて得た額、または上記の諸費用の金額をあらかじめ合理的に見
        積もった上で算出する額を、上記の諸費用の支払の合計額とみなして、ファンドから受領することができま
        す。諸費用および諸費用に係る消費税等相当額は、日々計上され、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日(当該終
        了日が休業日の場合はその翌営業日)および毎計算期末または信託終了のとき信託財産中から支払われるもの
        とします。
      ④ ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料(消費税等相当額を含みます。)、先物取引・

       オプション取引等に要する費用は、その都度、信託財産中より支弁します。
     (5)【課税上の取扱い】

       課税上は株式投資信託として取扱われます。
       日本の居住者(法人を含む。)である投資者に対する課税については、以下のような取扱いとなります。
      ① 個別元本方式について
       a.追加型株式投資信託について、投資者毎の信託時の受益権の価額等(購入時手数料は含まれません。)が当
        該投資者の元本(「個別元本」といいます。)にあたります。
       b.投資者が同一ファンドの受益権を複数回購入した場合、個別元本は、当該投資者が追加信託を行うつど当該

        投資者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
       c.同一ファンドを複数の販売会社で購入する場合については各販売会社毎に、個別元本の算出が行われます。

        また、同一販売会社であっても複数支店等で同一ファンドを購入する場合は当該支店等毎に個別元本の算出が
        行われる場合があります。
       d.投資者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当該元本払戻

        金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該投資者の個別元本となります。(「元本払戻金(特別分配
        金)」については、下記「③収益分配金の課税について」を参照。)
      ② 換金時および償還時の課税について

       a.個人の投資者の場合
         換金時および償還時の差益(譲渡益)が課税対象となります。
       b.法人の投資者の場合

         換金時および償還時の個別元本超過額が課税対象となります。
                                 21/114



                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ③ 収益分配金の課税について
        追加型株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる「元本払戻金
       (特別分配金)」(投資者毎の元本の一部払戻しに相当する部分)の区分があります。
        投資者が収益分配金を受け取る際、①当該収益分配金落ち後の基準価額が当該投資者の個別元本と同額の場合
       または当該投資者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となり、②当該収益
       分配金落ち後の基準価額が当該投資者の個別元本を下回っている場合には、その下回る部分の額が元本払戻金
       (特別分配金)となり、当該収益分配金から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が普通分配金となりま
       す。
        なお、投資者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当該元本
       払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該投資者の個別元本となります。
      ④ 個人、法人の課税の取扱いについて

       a.個人の投資者に対する課税
        (a)  収益分配金の課税について
          支払いを受ける収益分配金のうち、課税扱いとなる普通分配金については、配当所得として、20.315%
         (所得税15.315%、地方税5%)の税率による源泉徴収が行われます。原則として、申告は不要です。
          また、確定申告を行うことにより総合課税(配当控除あり)と申告分離課税(20.315%(所得税
         15.315%、地方税5%))のいずれかを選択することができます。
        (b)  換金時および償還時の差益の課税について

          換金時および償還時の差益(換金価額および償還価額から購入費用(購入時手数料および当該購入時手数
         料にかかる消費税等相当額を含みます。)を控除した利益)は、譲渡益として課税対象(譲渡所得等)とな
         り、20.315%(所得税15.315%、地方税5%)の税率による申告分離課税が適用されます。原則として確定
         申告が必要ですが、特定口座(源泉徴収口座)の利用が可能な場合があります。
          換金時および償還時に損失(譲渡損)が生じた場合には、確定申告することで、他の株式等の譲渡益、上

         場株式等の配当所得および特定公社債等の利子所得の金額(申告分離課税を選択したものに限ります。)と
         の損益通算ならびに3年間の繰越控除の対象とすることができます。
          また、換金時および償還時の差益(譲渡益)については、他の株式等の譲渡損と損益を相殺することがで
         きます。
        ※少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」がご利用になれます。NISAをご利用の場合、毎年、

         一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託等から生じる配当所得および譲渡所得が一定期間非課税と
         なります。ご利用になれるのは、販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方が対象と
         なります。なお、NISAの口座では、特定口座や一般口座で生じた配当所得および譲渡所得との損益通算
         はできません。非課税の対象となる金額、期間等を含めて詳しくは販売会社にお問い合わせください。
       b.法人の投資者に対する課税

         法人の投資者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに換金時および償還時の
        個別元本超過額については、15.315%(所得税15.315%、地方税の源泉徴収はありません。)の税率による源
        泉徴収が行われます。なお、当ファンドについては、法人税の課税対象となりますが、益金不算入制度の適用
        はありません。
       ※外貨建資産への投資により外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合がありま

        す。
       ※上記は2022年8月末現在のものですので、税法が改正された場合等には、税率等が変更される場合がありま

        す。税金の取扱いの詳細については、税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
                                 22/114



                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5  【運用状況】
      以下の運用状況は2022年8月末現在のものです。
      「ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンド」
     (1)  【投資状況】
               資産の種類                    金額(円)            投資比率(%)

                                   3,579,884,031                 100.02

    親投資信託受益証券
                  内 日本                 3,579,884,031                 100.02

    コール・ローン、その他の資産(負債控除後)                                 △889,440               △0.02

    純資産総額                               3,578,994,591                 100.00

     (2)  【投資資産】

      ①  【投資有価証券の主要銘柄】
                                簿価単価     簿価金額     評価単価     評価金額     投資比率

    順位       銘柄      国/地域     種類     数量(口)
                                 (円)     (円)     (円)     (円)     (%)
       ブラックロック・ガバナン
                     親投資信託
     1  ス・フォーカス・マザー           日本        2,906,457,767       1.1390    3,310,724,322       1.2317    3,579,884,031       100.02
                     受益証券
       ファンド
     (注) 投資比率は、純資産総額に対する評価金額の比率です。
     種類別投資比率

                      種類                    投資比率(%)

                   親投資信託受益証券                         100.02

         (注) 投資比率は、純資産総額に対する評価金額の比率です。
      ②  【投資不動産物件】

        該当事項はありません。
      ③  【その他投資資産の主要なもの】

        該当事項はありません。
                                 23/114








                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)  【運用実績】
      ①  【純資産の推移】
        2022年8月末現在、同日前1年以内における各月末および各計算期間末の純資産の推移は次の通りです。
                        純資産総額(円)                 1口当たりの純資産額(円)

                     (分配落)          (分配付)          (分配落)          (分配付)
    第1期(2019年2月25日)                16,261,278,250           (同左)            0.9111       (同左)
    第2期(2020年2月25日)                9,754,234,899          (同左)            0.9642       (同左)
    第3期(2021年2月25日)                5,414,877,449          (同左)            1.1089       (同左)
    第4期(2022年2月25日)                3,552,295,397          (同左)            1.0818       (同左)
    2021年8月末現在                4,426,480,554            ―           1.1753        ―
    2021年9月末現在                4,506,815,302            ―           1.2414        ―
    2021年10月末現在                4,416,924,658            ―           1.2370        ―
    2021年11月末現在                4,060,415,138            ―           1.1702        ―
    2021年12月末現在                4,125,895,265            ―           1.1988        ―
    2022年1月末現在                3,896,165,208            ―           1.1363        ―
    2022年2月末現在                3,574,648,920            ―           1.0886        ―
    2022年3月末現在                3,696,249,545            ―           1.1434        ―
    2022年4月末現在                3,494,039,874            ―           1.0977        ―
    2022年5月末現在                3,521,011,389            ―           1.1214        ―
    2022年6月末現在                3,445,221,710            ―           1.1038        ―
    2022年7月末現在                3,568,436,919            ―           1.1472        ―
    2022年8月末現在                3,578,994,591            ―           1.1627        ―
      ②  【分配の推移】

                                      1口当たりの分配金(円)

               第1期                            ―
               第2期                            ―
               第3期                            ―
               第4期                            ―
         2022年2月26日~2022年8月25日                                  ―
      ③  【収益率の推移】

                                         収益率(%)

               第1期                           △8.9
               第2期                            5.8
               第3期                            15.0
               第4期                           △2.4
         2022年2月26日~2022年8月25日                                  8.4
     (注) 収益率とは、計算期間末の基準価額(分配付の額)から当該計算期間の直前の計算期末の基準価額(分配落の額。
        以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除して得た数に100を乗じて得た数で
        す。なお、第1期計算期間については、前期末基準価額を10,000円(1万口当たり)として計算しています。
                                 24/114




                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (4)  【設定及び解約の実績】
                     設定数量(口)             解約数量(口)             発行済数量(口)

         第1期              18,052,508,093               205,124,526            17,847,383,567
         第2期              1,910,555,346             9,642,052,660             10,115,886,253
         第3期               349,797,874            5,582,716,493             4,882,967,634
         第4期               456,574,602            2,055,893,164             3,283,649,072
      2022年2月26日~
                        106,814,343             311,209,279            3,079,254,136
       2022年8月25日
                                 25/114

















                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考情報)
     「ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・マザーファンド」
     (1)  投資状況
              資産の種類                    金額(円)            投資比率(%)

    株式                                3,478,274,100                 97.16
                  内 日本                   3,478,274,100                 97.16
    コール・ローン、その他の資産(負債控除後)                                 101,511,443                 2.84
    純資産総額                                3,579,785,543                 100.00
     (注)    当ファンドは、ファミリーファンド方式による運用を行っているため、実質の運用はマザーファンドにおいて
        行っております。
     (2)  投資資産

      ① 投資有価証券の主要銘柄
                                                         投資

                     国/               簿価単価     簿価金額     評価単価     評価金額
    順位         銘柄           種類    業種     数量
                                                         比率
                     地域               (円)     (円)     (円)     (円)
                                                         (%)
     1  日立製作所               日本   株式   電気機器      29,400   5,661.00     166,433,400      6,996.00     205,682,400      5.75
     2  ソニーグループ               日本   株式   電気機器      15,500   11,810.00     183,055,000     11,135.00     172,592,500      4.82
     3  東京海上ホールディングス               日本   株式   保険業      21,700   6,566.00     142,482,200      7,792.00     169,086,400      4.72
     4  日本電気               日本   株式   電気機器      32,700   4,905.00     160,393,500      5,100.00     166,770,000      4.66
     5  ヤマハ               日本   株式   その他製品      28,900   5,356.12     154,791,984      5,460.00     157,794,000      4.41
     6  ブリヂストン               日本   株式   ゴム製品      29,200   4,680.00     136,656,000      5,353.00     156,307,600      4.37
     7  トヨタ自動車               日本   株式   輸送用機器      74,200   2,104.00     156,116,800      2,101.50     155,931,300      4.36
                           その他
     8  オリックス               日本   株式         67,600   2,224.50     150,376,200      2,296.00     155,209,600      4.34
                           金融業
     9  信越化学工業               日本   株式   化学       9,400   17,555.00     165,017,000     16,315.00     153,361,000      4.28
    10  富士フイルムホールディングス               日本   株式   化学      21,100   7,307.79     154,194,400      7,111.00     150,042,100      4.19
    11  テルモ               日本   株式   精密機器      32,700   3,899.28     127,506,571      4,506.00     147,346,200      4.12
                           証券、商品
    12  ジャフコ グループ               日本   株式         71,600   1,761.19     126,101,618      2,025.00     144,990,000      4.05
                           先物取引業
    13  日本航空               日本   株式   空運業      53,100   2,268.21     120,442,423      2,574.00     136,679,400      3.82
    14  三菱UFJフィナンシャル・グループ               日本   株式   銀行業      185,000     710.10    131,369,670      721.10    133,403,500      3.73
    15  キリンホールディングス               日本   株式   食料品      56,700   1,850.27     104,910,632      2,294.50     130,098,150      3.63
    16  三井不動産               日本   株式   不動産業      45,700   2,519.50     115,141,150      2,823.50     129,033,950      3.60
    17  本田技研工業               日本   株式   輸送用機器      34,600   3,532.00     122,207,200      3,724.00     128,850,400      3.60
    18  三菱商事               日本   株式   卸売業      28,200   4,232.59     119,359,230      4,564.00     128,704,800      3.60
    19  リンナイ               日本   株式   金属製品      11,500   9,191.72     105,704,865     10,720.00     123,280,000      3.44
    20  花王               日本   株式   化学      20,200   5,280.00     106,656,000      6,055.00     122,311,000      3.42
    21  ダイキン工業               日本   株式   機械       4,700   20,915.00      98,300,500     24,485.00     115,079,500      3.21
    22  キーエンス               日本   株式   電気機器       2,000   54,480.00     108,960,000     52,840.00     105,680,000      2.95
    23  三菱ケミカルグループ               日本   株式   化学      141,400     808.00    114,251,200      733.00    103,646,200      2.90
    24  リクルートホールディングス               日本   株式   サービス業      22,700   4,914.00     111,547,800      4,483.00     101,764,100      2.84
    25  ミネベアミツミ               日本   株式   電気機器      35,000   2,502.00     87,570,000     2,418.00     84,630,000     2.36
     (注) 投資比率は、純資産総額に対する評価金額の比率です。
                                 26/114



                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      種類別及び業種別投資比率
                       種類                    投資比率(%)

                                                97.16
          株式
                         業種
               食料品                                  3.63
               化学                                 14.79
               ゴム製品                                  4.37
               金属製品                                  3.44
               機械                                  3.21
               電気機器                                 20.54
               輸送用機器                                  7.96
               精密機器                                  4.12
               その他製品                                  4.41
               空運業                                  3.82
               卸売業                                  3.60
               銀行業                                  3.73
               証券、商品先物取引業                                  4.05
               保険業                                  4.72
               その他金融業                                  4.34
               不動産業                                  3.60
               サービス業                                  2.84
         (注) 投資比率は、純資産総額に対する評価金額の比率です。
      ② 投資不動産物件

       該当事項はありません。
      ③ その他投資資産の主要なもの

       該当事項はありません。
                                 27/114










                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考情報)
                                 28/114




















                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】
    1【申込(販売)手続等】

     (1)  申込方法
       受益権の投資者は、販売会社と有価証券の取引に関する契約を締結します。販売会社は有価証券の取引にかかわ
      る約款を投資者に交付し、投資者は当該約款に基づく取引口座の設定を申込む旨の申込書を提出します。
       分配金の受取方法により、収益の分配時に分配金を受け取る「一般コース」と分配金が税引き後無手数料で再投
      資される「累積投資コース」の2つの申込コースがあります。
       * 販売会社によっては、当該契約または規定について、同様の権利義務関係を規定する名称の異なる契約また
         は規定を使用することがあり、この場合、当該別の名称に読み替えるものとします。
       「累積投資コース」を選択する投資者は、当該販売会社との間で「累積投資約款」にしたがって契約を締結しま
      す。
       取扱いを行うコースは各販売会社により異なりますので、詳細は販売会社にお問い合わせください。
       投資者は販売会社に、購入と同時にまたは予め当該投資者が受益権の振替を行うための振替機関等の口座を申し
      出るものとし、当該口座に当該投資者に係る口数の増加の記載または記録が行われます。なお、販売会社は、当該
      購入の代金の支払いと引き換えに、当該口座に当該投資者に係る口数の増加の記載または記録を行うことができま
      す。委託会社は、追加信託により分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録
      をするため社振法に定める事項の振替機関への通知を行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替機関へ
      の通知があった場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行います。受
      託会社は、信託契約締結日に生じた受益権については信託契約締結時に、追加信託により生じた受益権については
      追加信託のつど、振替機関の定める方法により、振替機関へ当該受益権に係る信託を設定した旨の通知を行いま
      す。
     (2)  申込期間

       当ファンドの購入は、申込期間における販売会社の各営業日に、販売会社の本・支店、営業所等でお受けしてい
      ます。なお、申込期間は、有価証券届出書を提出することによって更新されます。
     (3)  受付時間

       購入の受付は、申込期間中の午後3時までに受付けたものを当日のお申込みとします。ただし、受付時間は販売
      会社により異なることがあります。詳細は販売会社にお問い合わせください。受付時間を過ぎての購入の申込は翌
      営業日の取扱いとします。
       販売会社につきましては、下記にお問い合わせください。

        ブラックロック・ジャパン株式会社
        電話番号:03-6703-4300(受付時間 営業日の9:00~17:00)
        ホームページアドレス:www.blackrock.com/jp/
     (4)  購入単位

       分配金の受取方法により、収益の分配時に分配金を受け取る「一般コース」と、分配金が税引き後、無手数料で
      再投資される「累積投資コース」の2つのコースがあります。
       取扱いを行うコースおよび購入の申込単位(以下「購入単位」といいます。)は、各販売会社により異なります
      ので、詳細は販売会社にお問い合わせください。
     (5)  購入価額

       購入受付日の基準価額とします。なお、購入価額には、購入時手数料は含まれておりません。
                                 29/114




                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (6)  購入時手数料
      ①  購入受付日の基準価額に3.30%(税抜3.00%)を上限として、販売会社が独自に定める率を乗じて得た額としま
       す。詳細は販売会社にお問い合わせください。なお、購入時手数料には消費税等相当額が含まれています。
      ② 「累積投資コース」を選択した投資者が、分配金を再投資する場合は、無手数料とします。

     (7)  購入代金のお支払い

       投資者は、購入の販売会社が定める日までに当ファンドの購入代金(購入価額に購入口数を乗じた金額に、購入
      時手数料(消費税等相当額を含みます。)を加算した金額をいいます。)を販売会社に支払うものとします。
     (8)  購入の受付の中止、既に受付けた購入の受付の取消

       金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があると
      きは、委託会社の判断により、受益権の購入の受付を中止することおよび既に受付けた購入の受付を取り消すこと
      があります。
                                 30/114















                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【換金(解約)手続等】
     (1)  換金の申込と受付
       投資者は、自己に帰属する受益権について、委託会社に換金の申込をすることができます。投資者が換金の申込
      をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行うものとします。換金の申込の受付は、午後3時までと
      なっております。ただし、受付時間は各販売会社により異なることがあります。詳細は販売会社にお問い合わせく
      ださい。受付時間を過ぎての換金の申込は翌営業日の取扱いとします。
     (2)  換金単位

       換金単位は、各販売会社により異なります。詳細は販売会社にお問い合わせください。
     (3)  換金価額

       換金価額は、換金受付日の基準価額とします。なお、手取額は、換金価額から所得税および地方税を差し引いた
      金額となります。
       当ファンドの換金価額等につきましては販売会社または下記に問い合わせることにより知ることができます。
        ブラックロック・ジャパン株式会社
        電話番号:03-6703-4300(受付時間 営業日の9:00~17:00)
     (4)  換金受付の制限

       信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口の換金には制限を設ける場合があります。詳細は販売会社にお問い
      合わせください。
     (5)  換金代金の支払い

       換金代金は原則として換金受付日から起算して5営業日目から販売会社においてお支払いします。
     (6)  換金の申込の受付中止および取消

       委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない
      事情があるときは、換金の申込の受付を中止することおよび既に受付けた換金の申込の受付を取り消すことができ
      ます。換金の申込の受付が中止された場合には、投資者は当該受付中止以前に行った当日の換金の申込を撤回でき
      ます。ただし、投資者がその換金の申込を撤回しない場合には、当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計
      算日に換金の申込を受付けたものとします。
                                 31/114









                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【資産管理等の概要】
     (1)【資産の評価】
       基準価額とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入公社債を除きます。)を法令および
      一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価評価して得た信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額
      (「純資産総額」といいます。)を、計算日における受益権総口数で除した金額をいいます。なお、外貨建資産
      (外国通貨表示の有価証券(「外貨建有価証券」といいます。)、預金その他の資産をいいます。以下同じ。)の
      円換算については、原則として、わが国における計算日の対顧客電信売買相場の仲値によって計算します。また、
      予約為替の評価は、原則として、わが国における計算日の対顧客先物売買相場の仲値によるものとします。
       基準価額(1万口当り)は委託会社の営業日に毎日算出されます。投資者は、販売会社または下記に問い合わせ
      ることにより知ることができます。
       また、日々の基準価額(1万口当り)は翌日の日本経済新聞に掲載されております。ファンド名は「ガバナンス
      F」と省略されて記載されております。
       当ファンドの主たる投資対象の評価方法は以下の通りです。

       マザーファンドの受益証券:原則として計算日の基準価額で評価します。
       (参考)マザーファンドの主たる投資対象の評価方法
       国内株式:原則として基準価額計算日の金融商品取引所の最終相場で評価します。
       ブラックロック・ジャパン株式会社

       電話番号:03-6703-4300(受付時間 営業日の9:00~17:00)
       ホームページアドレス:www.blackrock.com/jp/
     (2)【保管】

       該当事項はありません。
     (3)【信託期間】

       この信託の期間は、2018年9月18日から2028年2月25日までとします。ただし、委託会社は、信託期間満了前に
      信託期間の延長が投資者に有利であると認めたときは、受託会社と協議のうえ、信託期間を延長することができま
      す。
     (4)【計算期間】

       計算期間は2月26日から翌年2月25日までとすることを原則とします。ただし、第1計算期間は、信託契約締結
      日から2019年2月25日までとします。計算期間終了日に該当する日が休業日のときは該当日の翌営業日を計算期間
      の終了日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとします。
     (5)【その他】

      ① ファンドの償還条件等
       a.委託会社は、信託期間中において、当ファンドを償還することが投資者のため有利であると認めるとき、ま
        たはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、当ファンドを償還させることができます。
        この場合において、委託会社は、あらかじめ、償還しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
       b.委託会社は換金により、当ファンドの受益権の口数が30億口を下回ることとなった場合には、受託会社と合

        意のうえ、当ファンドを償還させることができます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、償還しよ
        うとする旨を監督官庁に届け出ます。
                                 32/114




                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       c.a.およびb.の場合において、委託会社は、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行いま
        す。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびにファンドの償還の理由などの事項を定め、当該決
        議の日の2週間前までに、この信託契約に係る知れている投資者に対し、書面をもってこれらの事項を記載し
        た書面決議の通知を発します。
       d.c.の書面決議において、投資者(委託会社および当ファンドの信託財産に当ファンドの受益権が属すると

        きの当該受益権に係る投資者としての受託会社を除きます。以下d.において同じ。)は受益権の口数に応じ
        て、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている投資者が議決権を行使しないときは、
        当該知れている投資者は書面決議について賛成するものとみなします。
       e.c.の書面決議は議決権を行使することができる投資者の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行い

        ます。
       f.c.~e.までの規定は、委託会社が当ファンドの償還について提案をした場合において、当該提案につ

        き、この信託契約に係るすべての投資者が書面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときには適用し
        ません。また、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合であって、c.~e.まで
        の手続を行うことが困難な場合も同じとします。
       g.委託会社は、監督官庁より当ファンドの償還の命令を受けたときはその命令に従い、当ファンドを償還させ

        ます。
       h.委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、委託会社は

        当ファンドを償還させます。
       i.h.にかかわらず、監督官庁がこの信託契約に関する委託会社の業務を他の投資信託委託会社に引き継ぐこ

        とを命じたときは、当ファンドは、「②信託約款の変更b.」に規定する書面決議が否決された場合を除き、
        当該投資信託委託会社と受託会社との間において存続します。
       j.受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその任務に背いた場

        合、その他重要な事由が生じたときは、委託会社または投資者は、裁判所に受託会社の解任を請求することが
        できます。受託会社が辞任した場合、または裁判所が受託会社を解任した場合、委託会社は、信託約款の変更
        の規定にしたがい、新受託会社を選任します。委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社は当
        ファンドを償還させます。
      ② 信託約款の変更

       a.委託会社は、投資者の利益のため必要と認めるとき、またはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社
        と合意のうえ、この信託約款を変更することまたは当ファンドと他の信託との併合(投資信託及び投資法人に
        関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併合」をいいます。以下同じ。)を行うことが
        できるものとし、あらかじめ、変更または併合しようとする旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。な
        お、この信託約款は以下に定める以外の方法によって変更することができないものとします。
       b.委託会社は、a.の事項(a.の変更事項にあっては、その内容が重大なものに該当する場合に限り、併合

        の事項にあってはその併合が投資者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当する場合を除き、合わせて「重大
        な約款の変更等」といいます。)について、書面決議を行います。この場合において、あらかじめ、書面決議
        の日ならびに重大な約款の変更等の内容およびその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、
        この信託約款に係る知れている投資者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発しま
        す。
                                 33/114



                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       c.b.の書面決議において、投資者(委託会社および当ファンドの信託財産に当ファンドの受益権が属すると
        きの当該受益権に係る投資者としての受託会社を除きます。以下c.において同じ。)は受益権の口数に応じ
        て、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている投資者が議決権を行使しないときは、
        当該知れている投資者は書面決議について賛成するものとみなします。
       d.b.の書面決議は議決権を行使することができる投資者の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行い

        ます。
       e.書面決議の効力は、当ファンドのすべての投資者に対してその効力を生じます。

       f.b.~e.までの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合において、当該提案につ

        き、この信託約款に係るすべての投資者が書面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときには適用し
        ません。
       g.a.~f.までの規定にかかわらず、当ファンドにおいて併合の書面決議が可決された場合にあっても、当

        該併合にかかる一または複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否決された場合は、当該他の投資
        信託との併合を行うことはできません。
       h.委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときはa.~f.の規定にしたが

        います。
      ③ 信託事務の委託

        受託会社は、当ファンドにかかる信託事務の処理の一部について日本マスタートラスト信託銀行株式会社と再
       信託契約を締結し、これを委託することがあります。その場合には、再信託にかかる契約書類に基づいて所定の
       事務を行います。
      ④ 運用報告書の作成

        毎決算時および償還時に、委託会社が期間中の運用経過のほか信託財産の内容、有価証券売買状況などを記載
       した「交付運用報告書」を作成し、販売会社を通じて知れている受益者にお届けいたします。
      ⑤ 関係法人との契約の更改等に関する手続き

        「受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約」の期間は1年とし、委託会社、販売会社いずれからも別段の
       意思表示のないときは、自動的に1年間延長されるものとし、自動延長後の取扱いについてもこれと同様です。
      ⑥ 公告

        委託会社が投資者に対してする公告は、電子公告により行い、次のアドレスに掲載します。
        www.blackrock.com/jp/
        ただし、当該公告方法に支障がある場合には、日本経済新聞による公告を行います。
                                 34/114






                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【受益者の権利等】
      当ファンドの受益者(投資者)の有する主な権利は次の通りです。
     (1)  収益分配金受領権
       投資者は、委託会社の決定した収益分配金を、持ち分に応じて委託会社から受領する権利を有します。
       <一般コース>
        毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として5営業日以内)に、毎計算期間の末日に
       おいて振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている投資者(当該収益分配金にかかる計算期間の末日以
       前において換金が行われた受益権にかかる投資者を除きます。また、当該収益分配金にかかる計算期間の末日以
       前に設定された受益権で購入代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原
       則として投資者とします。)にお支払いを開始します。
        投資者が、収益分配金について支払開始日から5年間支払い請求を行わない場合はその権利を失い、委託会社
       が受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属します。
       <累積投資コース>
        受託会社が委託会社の指定する預金口座等に払い込むことにより、原則として、毎計算期間終了日の翌営業日
       に、収益分配金が販売会社に交付されます。
        販売会社は、累積投資契約に基づき、投資者に対し遅滞なく収益分配金の再投資にかかる受益権の売付けを行
       います。当該売付けにより増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
     (2)  償還金受領権

       投資者は、委託会社の決定した償還金を、持ち分に応じて委託会社から受領する権利を有します。
       償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還日から起算して5営業日以内)に
      償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている投資者(償還日以前において換金が行われた
      受益権にかかる投資者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受益権で購入代金支払前のため販売会社の
      名義で記載または記録されている受益権については原則として投資者とします。)にお支払いを開始します。な
      お、当該投資者は、その口座が開設されている振替機関等に対して委託会社がこの信託の償還をするのと引き換え
      に、当該償還に係る受益権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等
      の口座において当該口数の減少の記載または記録が行われます。
       償還金の支払いは、販売会社において行います。
       投資者が、償還金について支払開始日から10年間支払いの請求を行わない場合はその権利を失い、委託会社が受
      託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属するものとします。
     (3)  受益権の換金請求権

       投資者は、自己に帰属する受益権について、委託会社に換金を請求する権利を有します。
       換金代金は、換金受付日から起算して、原則として5営業日目から投資者に支払います。
       換金の請求を行う投資者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該投資者の請求に係る換金を委託
      会社が行うのと引き換えに、当該換金に係る受益権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定に
      したがい当該振替機関等の口座において当該口数の減少の記載または記録が行われます。
     (4)  反対受益者の買取請求の不適用

       当ファンドは、投資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める反対受益者による受益権の買取請求の
      規定の適用を受けません。
     (5)  帳簿書類の閲覧または謄写の請求権

       投資者は、委託会社に対し、その営業時間内に当ファンドの信託財産に関する帳簿書類の閲覧または謄写を請求
      することができます。
                                 35/114




                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】
    (1)  当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)及

    び同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府令第133号)に基づいて作成
    しております。
     なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
    (2)  当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第4期計算期間(2021年2月26日から2022年2

    月25日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による監査を受けております。
    (3)  当ファンドは、ファミリーファンド方式により運用を行っておりますので、参考情報として「ブラックロック・ガ

    バナンス・フォーカス・マザーファンド」の貸借対照表、注記表及び附属明細表を記載しております。
     なお、当該参考情報は監査意見の対象外となっております。
    (4)  当ファンドの中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第

    38号)並びに同規則第38条の3及び第57条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府
    令第133号)に基づき作成しております。
     なお、中間財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
    (5)  当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当中間計算期間(2022年2月26日から2022年8

    月25日まで)の中間財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による中間監査を受けております。
    (6)  当ファンドは、ファミリーファンド方式により運用を行っておりますので、参考情報として「ブラックロック・ガ

    バナンス・フォーカス・マザーファンド」の貸借対照表、注記表を記載しております。
     なお、当該参考情報は監査意見の対象外となっております。
                                 36/114











                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    1【財務諸表】
    【ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンド】
     (1)【貸借対照表】
                                                    (単位:円)
                                  第3期              第4期
                               (2021年2月25日現在)              (2022年2月25日現在)
     資産の部
      流動資産
        親投資信託受益証券                            5,462,784,999              3,584,332,993
                                     53,126,207               5,748,856
        未収入金
      流動資産合計                              5,515,911,206              3,590,081,849
     資産合計                               5,515,911,206              3,590,081,849
     負債の部
      流動負債
        未払解約金                              53,126,207               5,748,856
        未払受託者報酬                               710,543              471,106
        未払委託者報酬                              46,188,307              30,624,890
                                      1,008,700               941,600
        その他未払費用
      流動負債合計                               101,033,757               37,786,452
     負債合計                                101,033,757               37,786,452
     純資産の部
     元本等
      元本                              4,882,967,634              3,283,649,072
      剰余金
        期末剰余金又は期末欠損金(△)                             531,909,815              268,646,325
                                     597,412,948              361,576,868
        (分配準備積立金)
      元本等合計                              5,414,877,449              3,552,295,397
     純資産合計                               5,414,877,449              3,552,295,397
     負債純資産合計                               5,515,911,206              3,590,081,849
                                 37/114











                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】
                                                    (単位:円)
                                  第3期              第4期
                               (自 2020年2月26日              (自 2021年2月26日
                                至 2021年2月25日)               至 2022年2月25日)
     営業収益
                                     840,905,650               34,173,684
      有価証券売買等損益
      営業収益合計                               840,905,650               34,173,684
     営業費用
      受託者報酬                                1,607,478               976,537
      委託者報酬                               104,491,848               63,481,015
                                      2,217,600              1,877,700
      その他費用
      営業費用合計                               108,316,926               66,335,252
     営業利益又は営業損失(△)                                732,588,724              △ 32,161,568
     経常利益又は経常損失(△)                                732,588,724              △ 32,161,568
     当期純利益又は当期純損失(△)                                732,588,724              △ 32,161,568
     一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                     15,637,566              82,929,785
     約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
     期首剰余金又は期首欠損金(△)                               △ 361,651,354              531,909,815
     剰余金増加額又は欠損金減少額                                213,344,498               79,593,139
      当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減
                                     213,344,498                   -
      少額
      当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減
                                          -          79,593,139
      少額
     剰余金減少額又は欠損金増加額                                 36,734,487              227,765,276
      当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増
                                          -          227,765,276
      加額
      当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増
                                     36,734,487                  -
      加額
                                          -              -
     分配金
     期末剰余金又は期末欠損金(△)                                531,909,815              268,646,325
                                 38/114











                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【注記表】
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
    1 有価証券の評価基準及び評価方法
      親投資信託受益証券は移動平均法に基づき、当該親投資信託受益証券の基準価額で時価評価しております。
    2 収益及び費用の計上基準

      有価証券売買等損益の計上基準
      約定日基準で計上しております。
    (重要な会計上の見積りに関する注記)

    当計算期間の財務諸表の作成にあたって行った会計上の見積りが当計算期間の翌計算期間の財務諸表に重要な影響を及
    ぼすリスクは識別していないため、注記を省略しております。
                                 39/114
















                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (貸借対照表に関する注記)
                           第3期                   第4期
          項目
                       (2021年2月25日現在)                   (2022年2月25日現在)
     1 当該計算期間の末日にお
       ける受益権総数                       4,882,967,634口                   3,283,649,072口
     2 1口当たり純資産額                             1.1089円                   1.0818円

    (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                           第3期                   第4期
           項目
                        (自 2020年2月26日                   (自 2021年2月26日
                        至 2021年2月25日)                   至 2022年2月25日)
       分配金の計算過程             当計算期末における、費用控除後の配                   当計算期末における、費用控除後の配

                    当等収益(76,451,758円)、費用控除                   当等収益(7,261,475円)、費用控除
                    及び繰越欠損金補填後の有価証券売買                   及び繰越欠損金補填後の有価証券売買
                    等損益(455,679,198円)、収益調整金                   等損益(0円)、収益調整金(有価証券
                    (有価証券売買等損益相当額)(0                   売買等損益相当額)(0円)、収益調整
                    円)、収益調整金(その他収益調整                   金(その他収益調整金)(61,315,463
                    金)(19,926,577円)、分配準備積立                   円)、分配準備積立金(354,315,393
                    金(65,281,992円)により、分配対象                   円)により、分配対象収益は
                    収益は617,339,525円となりました                   422,892,331円となりましたが、委託
                    が、委託会社が基準価額水準・市況動                   会社が基準価額水準・市況動向等を勘
                    向等を勘案し、当期は分配を見合わせ                   案し、当期は分配を見合わせました。
                    ました。
                                 40/114












                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)
    Ⅰ 金融商品の状況に関する事項
    1 金融商品に対する取組方針
    当ファンドは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第4項に定める証券投資信託であり、信託約款に規定する
    「運用の基本方針」に従い、有価証券等の金融商品に対して投資として運用することを目的としております。
    2 金融商品の内容及び金融商品に係るリスク

    当ファンドが保有する金融商品の種類は、有価証券、コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務であります。当ファン
    ドが保有する有価証券は親投資信託受益証券であります。
    当ファンドの主な投資リスクとして、「国内株式投資のリスク」、「集中投資のリスク」、「中小型株式投資のリス
    ク」等があります。
    3 金融商品に係るリスク管理体制

    (1)  市場リスクの管理
    ブラックロックソリューション・グリーンパッケージプロダクションチームが日次で計測し、運用部、その他の関係部
    署等にレポートをイントラネットで配信しております。また、運用ガイドラインのモニタリングはポートフォリオ・コ
    ンプライアンスチームが行っており、ガイドライン等を逸脱していた場合、関係部署へ報告され、適切な調整を行いま
    す。
    (2)  信用リスクの管理
    ファンダメンタル債券運用部により、国内債券の個別信用リスク及び銘柄間の相対価値については独自の定量・定性分
    析等を行っております。外国債券銘柄等については、社内のリサーチ・データベースによりグローバル・クレジット・
    チームとの情報・分析結果を共有しております。
    (3)  取引先リスクの管理
    リスク・クオンツ分析部は当社の親会社である米国のBlackRock,                               Inc.のRQA     Counterparty       & Concentration       Riskチー
    ムと共に既存の承認済み取引先の信用悪化のモニタリングを行っており、取引先のデフォルトに対する取引先リスク、
    発行体リスクのファンドへの影響を分析しております。また、新規取引先の承認に際しては、リスク・クオンツ分析部
    が新規取引先申請の内容に問題がないかどうか確認を行い、当社の親会社である米国のBlackRock,                                                  Inc.のRQA
    Counterparty       & Concentration       Riskチームへ申請を行っております。
    また、毎月開催される投資委員会では、リスク管理・運用分析手法等について審議を行っております。

                                 41/114









                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    Ⅱ 金融商品の時価等に関する事項
               第3期                           第4期
            (2021年2月25日現在)                          (2022年2月25日現在)
    1 貸借対照表計上額、時価及び差額                           1 貸借対照表計上額、時価及び差額
      貸借対照表上の金融商品は原則としてすべて時価                           同左
      で評価しているため、貸借対照表計上額と時価と
      の差額はありません。
    2 時価の算定方法                           2 時価の算定方法

      (1)  有価証券                         (1)  有価証券
      「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」に                           同左
      記載しております。
      (2)  コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務                        (2)  コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務

      これらの科目は短期間で決済されるため、時価は                           同左
      帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
      によっております。
    3 金融商品の時価等に関する事項の補足説明                           3 金融商品の時価等に関する事項の補足説明

      金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほ                           同左
      か、市場価格がない場合には合理的に算定された
      価額が含まれております。当該価額の算定におい
      ては一定の前提条件等を採用しているため、異な
      る前提条件等によった場合、当該価額が異なるこ
      ともあります。
    4 金銭債権の計算期間末日後の償還予定額                           4 金銭債権の計算期間末日後の償還予定額

      金銭債権については全て1年以内に償還予定であり                           同左
      ます。
    (関連当事者との取引に関する注記)

    該当事項はありません。
                                 42/114










                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (その他の注記)
    1 期中元本変動額
                             第3期                  第4期
            項目
                         (2021年2月25日現在)                  (2022年2月25日現在)
    期首元本額                          10,115,886,253円                  4,882,967,634円
    期中追加設定元本額                            349,797,874円                  456,574,602円
    期中一部解約元本額                           5,582,716,493円                  2,055,893,164円
    2 有価証券関係

    第3期(2021年2月25日現在)
    売買目的有価証券
                       当計算期間の損益に含まれた
           種類
                          評価差額(円)
       親投資信託受益証券                     786,308,790

           合計                  786,308,790

    第4期(2022年2月25日現在)

    売買目的有価証券
                       当計算期間の損益に含まれた
           種類
                          評価差額(円)
       親投資信託受益証券                     △61,365,517

           合計                 △61,365,517

    3 デリバティブ取引関係

      該当事項はありません。
                                 43/114










                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (4)【附属明細表】
      第1 有価証券明細表
       (1)  株式
         該当事項はありません。
       (2)  株式以外の有価証券

        種 類               銘 柄               券面総額          評価額(円)          備考
               ブラックロック・ガバナンス・フォー
    親投資信託受益証券                                 3,150,508,037          3,584,332,993
               カス・マザーファンド
    親投資信託受益証券 合計                                 3,150,508,037          3,584,332,993
    合計                                 3,150,508,037          3,584,332,993

     (注) 親投資信託受益証券における券面総額欄の数値は、口数を表示しております。
      第2 信用取引契約残高明細表

         該当事項はありません。
      第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

         該当事項はありません。
                                 44/114














                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考情報)
     当ファンドは、「ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・マザーファンド」受益証券を主要投資対象としてお
    り、貸借対照表の資産の部に計上された親投資信託受益証券は、すべて同マザーファンドの受益証券であります。同マ
    ザーファンドの2022年2月25日現在(以下「計算日」という)の状況は次の通りであります。
     なお、以下に記載した情報は監査意見の対象外であります。
                「ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・マザーファンド」の状況

    (1)  貸借対照表
                                    (2022年2月25日現在)
               項目
                                       金額(円)
    資産の部
      流動資産
       金銭信託                                         110,402,374
       株式                                        3,474,459,340
       未収配当金                                          5,178,200
      流動資産合計                                         3,590,039,914
    資産合計                                           3,590,039,914
    負債の部
      流動負債
       未払解約金                                          5,748,856
      流動負債合計                                           5,748,856
    負債合計                                             5,748,856
    純資産の部
    元本等
      元本                                         3,150,508,037
      剰余金
       剰余金又は欠損金(△)                                         433,783,021
      元本等合計                                         3,584,291,058
    純資産合計                                           3,584,291,058
    負債純資産合計                                           3,590,039,914
    (注)親投資信託の計算期間は、原則として、毎年2月26日から翌年2月25日までであります。
                                 45/114









                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)注記表
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
    有価証券の評価基準及び評価方法
    株式は移動平均法に基づき、原則として以下の通り時価評価しております。
    (1)  金融商品取引所等に上場されている有価証券
    金融商品取引所等に上場されている有価証券は、原則として当該取引所等における計算日において知りうる直近の最終
    相場で評価しております。
    (2)  金融商品取引所等に上場されていない有価証券
    当該有価証券については、原則として、金融機関の提示する価額又は価格情報会社の提供する価額のいずれかから入手
    した価額で評価しております。
    (3)  時価が入手できなかった有価証券
    適正な評価額を入手できなかった場合又は入手した評価額が時価と認定できない事由が認められた場合は、委託会社が
    忠実義務に基づいて合理的事由をもって時価と認めた価額もしくは受託者と協議のうえ両者が合理的事由をもって時価
    と認めた価額で評価しております。
    (重要な会計上の見積りに関する注記)

    本報告書における開示対象ファンドの当計算期間の財務諸表の作成にあたって行った会計上の見積りが本報告書におけ
    る開示対象ファンドの当計算期間の翌計算期間の財務諸表に重要な影響を及ぼすリスクは識別していないため、注記を
    省略しております。
                                 46/114













                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (貸借対照表に関する注記)
              項目                    (2022年2月25日現在)
    1 当該計算日における受益権総数                                       3,150,508,037口
    2 1口当たり純資産額                                          1.1377円
                                 47/114



















                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)
    Ⅰ 金融商品の状況に関する事項
    1 金融商品に対する取組方針
    当ファンドは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第4項に定める証券投資信託であり、信託約款に規定する
    「運用の基本方針」に従い、有価証券等の金融商品に対して投資として運用することを目的としております。
    2 金融商品の内容及び金融商品に係るリスク

    当ファンドが保有する金融商品の種類は、有価証券、コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務であります。当ファン
    ドが保有する有価証券は株式であります。
    当ファンドの主な投資リスクとして、「国内株式投資のリスク」、「集中投資のリスク」、「中小型株式投資のリス
    ク」等があります。
    3 金融商品に係るリスク管理体制

    (1)  市場リスクの管理
    ブラックロックソリューション・グリーンパッケージプロダクションチームが日次で計測し、運用部、その他の関係部
    署等にレポートをイントラネットで配信しております。また、運用ガイドラインのモニタリングはポートフォリオ・コ
    ンプライアンスチームが行っており、ガイドライン等を逸脱していた場合、関係部署へ報告され、適切な調整を行いま
    す。
    (2)  信用リスクの管理
    ファンダメンタル債券運用部により、国内債券の個別信用リスク及び銘柄間の相対価値については独自の定量・定性分
    析等を行っております。外国債券銘柄等については、社内のリサーチ・データベースによりグローバル・クレジット・
    チームとの情報・分析結果を共有しております。
    (3)  取引先リスクの管理
    リスク・クオンツ分析部は当社の親会社である米国のBlackRock,Inc.のRQA                                   Counterparty       & Concentration       Riskチー
    ムと共に既存の承認済み取引先の信用悪化のモニタリングを行っており、取引先のデフォルトに対する取引先リスク、
    発行体リスクのファンドへの影響を分析しております。また、新規取引先の承認に際しては、リスク・クオンツ分析部
    が新規取引先申請の内容に問題がないかどうか確認を行い、当社の親会社である米国のBlackRock,Inc.のRQA
    Counterparty       & Concentration       Riskチームへ申請を行っております。
    また、毎月開催される投資委員会では、リスク管理・運用分析手法等について審議を行っております。

                                 48/114









                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    Ⅱ 金融商品の時価等に関する事項
                        (2022年2月25日現在)
    1 貸借対照表計上額、時価及び差額
      貸借対照表上の金融商品は原則としてすべて時価で評価しているため、貸借対照表計上額と時価との
      差額はありません。
    2 時価の算定方法

      (1)  有価証券
      「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」に記載しております。
       (2)   コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
      これらの科目は短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
      よっております。 
    3 金融商品の時価等に関する事項の補足説明

      金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
      額が含まれております。当該価額の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前
      提条件等によった場合、当該価額が異なることもあります。
    4 金銭債権の計算日後の償還予定額

      金銭債権については全て1年以内に償還予定であります。
    (関連当事者との取引に関する注記)

     該当事項はありません。
                                 49/114












                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (その他の注記)
    1 本報告書における開示対象ファンドの当該計算期間における当該親投資信託の元本額の変動及び計算日における元
    本の内訳
                       (2022年2月25日現在)
    同計算期間の期首元本額                                        4,757,694,652円
    同計算期間中の追加設定元本額                                         408,906,273円
    同計算期間中の一部解約元本額                                        2,016,092,888円
    同計算期間末日の元本額※                                        3,150,508,037円
    ※当該親投資信託受益証券を投資対象とする投資信託の元本額は次の通りです。

    ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンド                                        3,150,508,037円

    合計                                        3,150,508,037円
    2 有価証券関係

    売買目的有価証券
                                 (2022年2月25日現在)
             種類
                             当計算期間の損益に含まれた評価差額(円)
             株式                      △128,694,987

             合計                      △128,694,987

    (注)「当計算期間の損益に含まれた評価差額」の欄には、当該親投資信託の期首から計算日までの評価差額を記載し
    ております。
    3 デリバティブ取引関係

      該当事項はありません。 
                                 50/114











                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)附属明細表
    第1 有価証券明細表
     (1)  株式
                                         評価額(円)
               銘 柄               株 式 数                        備考
                                      単 価         金 額
     信越化学工業                           12,000      17,555.00         210,660,000
     三菱ケミカルホールディングス                           213,900        808.00        172,831,200
     花王                           20,200      5,280.00         106,656,000
     テルモ                           33,200      3,661.00         121,545,200
     富士フイルムホールディングス                           19,600      7,310.00         143,276,000
     ブリヂストン                           35,500      4,680.00         166,140,000
     リンナイ                           14,600      9,320.00         136,072,000
     リクルートホールディングス                           24,900      4,914.00         122,358,600
     ダイキン工業                            6,600     20,915.00         138,039,000
     ミネベアミツミ                           35,000      2,502.00         87,570,000
     日立製作所                           36,700      5,661.00         207,758,700
     日本電気                           34,100      4,905.00         167,260,500
     ソニーグループ                           18,500      11,810.00         218,485,000
     キーエンス                            2,400     54,480.00         130,752,000
     トヨタ自動車                           103,900       2,104.00         218,605,600
     本田技研工業                           34,600      3,532.00         122,207,200
     ヤマハ                           28,400      5,340.00         151,656,000
     三菱UFJフィナンシャル・グループ                           177,100        707.40        125,280,540
     オリックス                           88,400      2,224.50         196,645,800
     ジャフコ グループ                           71,700      1,712.00         122,750,400
     東京海上ホールディングス                           29,400      6,566.00         193,040,400
     三井不動産                           50,400      2,519.50         126,982,800
     日本航空                           39,200      2,242.00         87,886,400
     合計                          1,130,300                3,474,459,340
     (2)  株式以外の有価証券

       該当事項はありません。
    第2 信用取引契約残高明細表

       該当事項はありません。
    第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

       該当事項はありません。
                                 51/114








                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    【中間財務諸表】
     【ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンド】
    (1)【中間貸借対照表】
                                     (単位:円)
                                当中間計算期間末
                               (2022年8月25日現在)
     資産の部
      流動資産
        親投資信託受益証券                            3,637,610,488
                                     22,000,000
        未収入金
      流動資産合計                              3,659,610,488
     資産合計                               3,659,610,488
     負債の部
      流動負債
        未払解約金                              22,000,000
        未払受託者報酬                               384,862
        未払委託者報酬                              25,019,337
                                       946,000
        その他未払費用
      流動負債合計                               48,350,199
     負債合計                                 48,350,199
     純資産の部
     元本等
      元本                              3,079,254,136
      剰余金
        中間剰余金又は中間欠損金(△)                             532,006,153
                                     327,969,897
        (分配準備積立金)
      元本等合計                              3,611,260,289
     純資産合計                               3,611,260,289
     負債純資産合計                               3,659,610,488
                                 52/114











                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【中間損益及び剰余金計算書】
                                     (単位:円)
                                当中間計算期間
                               (自 2022年2月26日
                                至 2022年8月25日)
     営業収益
                                     310,806,473
      有価証券売買等損益
      営業収益合計                               310,806,473
     営業費用
      受託者報酬                                 384,862
      委託者報酬                               25,019,337
                                       946,000
      その他費用
      営業費用合計                               26,350,199
     営業利益又は営業損失(△)                                284,456,274
     経常利益又は経常損失(△)                                284,456,274
     中間純利益又は中間純損失(△)                                284,456,274
     一部解約に伴う中間純利益金額の分配額又は一部解
                                      8,214,731
     約に伴う中間純損失金額の分配額(△)
     期首剰余金又は期首欠損金(△)                                268,646,325
     剰余金増加額又は欠損金減少額                                 12,836,614
      中間追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減
                                     12,836,614
      少額
     剰余金減少額又は欠損金増加額                                 25,718,329
      中間一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増
                                     25,718,329
      加額
                                          -
     分配金
     中間剰余金又は中間欠損金(△)                                532,006,153
                                 53/114












                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【中間注記表】
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
    1 有価証券の評価基準及び評価方法
    親投資信託受益証券は移動平均法に基づき、当該親投資信託受益証券の基準価額で時価評価しております。
    2 収益及び費用の計上基準

    有価証券売買等損益の計上基準
    約定日基準で計上しております。
    (会計方針の変更に関する注記)

    (時価の算定に関する会計基準等の適用)
    「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)等を当
    中間計算期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定
    める新たな会計方針を将来にわたって適用することとしました。これによる、財務諸表への影響は軽微であります。
    また、金融商品に関する注記に記載の通り、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項の注記は行っておりま
    せん。
                                 54/114















                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (中間貸借対照表に関する注記)
                        当中間計算期間末
          項目
                       (2022年8月25日現在)
     1 当該中間計算期間の末日
                              3,079,254,136口
       における受益権総数
     2 1口当たり純資産額                            1.1728円
    (中間損益及び剰余金計算書に関する注記)

    該当事項はありません。
                                 55/114

















                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)
    Ⅰ 金融商品の時価等に関する事項
             当中間計算期間末
            (2022年8月25日現在)
    1 中間貸借対照表計上額、時価及び差額
      中間貸借対照表上の金融商品は原則としてすべて
      時価で評価しているため、中間貸借対照表計上額
      と時価との差額はありません。
    2 時価の算定方法

      (1)  有価証券
      「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」に
      記載しております。
      (2)  コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務

      これらの科目は短期間で決済されるため、時価は
      帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
      によっております。
    3 金融商品の時価等に関する事項の補足説明

      金融商品の時価の算定においては一定の前提条件
      等を採用しているため、異なる前提条件等によっ
      た場合、当該価額が異なることもあります。
    4 金銭債権の中間計算期間末日後の償還予定額

      金銭債権については全て1年以内に償還予定であ
      ります。
    Ⅱ 金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

    「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」附則(令和3年9月24日改正内閣府令第61号)第4条第5項
    に従い、記載を省略しております。
                                 56/114











                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (その他の注記)
    1 期中元本変動額
                          当中間計算期間末
            項目
                         (2022年8月25日現在)
    期首元本額                           3,283,649,072円
    期中追加設定元本額                            106,814,343円
    期中一部解約元本額                            311,209,279円
    2 有価証券関係

      該当事項はありません。
    3 デリバティブ取引関係

      該当事項はありません。
                                 57/114















                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考情報)
     当ファンドは、「ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・マザーファンド」受益証券を主要投資対象としてお
    り、中間貸借対照表の資産の部に計上された親投資信託受益証券は、すべて同マザーファンドの受益証券であります。
    同マザーファンドの2022年8月25日現在(以下「計算日」という)の状況は次の通りであります。
     なお、以下に記載した情報は監査意見の対象外であります。
                「ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・マザーファンド」の状況

    (1)  貸借対照表
                                     (2022年8月25日現在)
               項目
                                        金額(円)
    資産の部
     流動資産
      金銭信託                                          140,836,138
      株式                                         3,512,775,630
      未収配当金                                           6,108,550
     流動資産合計                                          3,659,720,318
    資産合計                                           3,659,720,318
    負債の部
     流動負債
      未払解約金                                          22,000,000
     流動負債合計                                           22,000,000
    負債合計                                            22,000,000
    純資産の部
    元本等
     元本                                          2,928,597,125
     剰余金
      剰余金又は欠損金(△)                                          709,123,193
     元本等合計                                          3,637,720,318
    純資産合計                                           3,637,720,318
    負債純資産合計                                           3,659,720,318
    (注)親投資信託の計算期間は、原則として、毎年2月26日から翌年2月25日までであります。
                                 58/114









                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)注記表
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
    1 有価証券の評価基準及び評価方法
    株式は移動平均法に基づき、原則として以下の通り時価評価しております。
    (1)  金融商品取引所等に上場されている有価証券
    金融商品取引所等に上場されている有価証券は、原則として当該取引所等における計算日において知りうる直近の最終
    相場で評価しております。
    (2)  金融商品取引所等に上場されていない有価証券
    当該有価証券については、原則として、金融機関の提示する価額又は価格情報会社の提供する価額のいずれかから入手
    した価額で評価しております。
    (3)時価が入手できなかった有価証券
    適正な評価額を入手できなかった場合又は入手した評価額が時価と認定できない事由が認められた場合は、委託会社が
    忠実義務に基づいて合理的事由をもって時価と認めた価額もしくは受託者と協議のうえ両者が合理的事由をもって時価
    と認めた価額で評価しております。
    (会計方針の変更に関する注記)

    (時価の算定に関する会計基準等の適用)
    「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)等を開示
    対象ファンドの当中間計算期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項に定める経過的な取扱いに従って、時価算
    定会計基準等が定める新たな会計方針を将来にわたって適用することとしました。これによる、財務諸表への影響は軽
    微であります。
    また、金融商品に関する注記に記載の通り、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項の注記は行っておりま
    せん。
                                 59/114












                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (貸借対照表に関する注記)
              項目                    (2022年8月25日現在)
    1 当該計算日における受益権総数                                       2,928,597,125口
    2 1口当たり純資産額                                          1.2421円

                                 60/114



















                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)
    Ⅰ   金融商品の時価等に関する事項
                        (2022年8月25日現在)
    1 貸借対照表計上額、時価及び差額
      貸借対照表上の金融商品は原則としてすべて時価で評価しているため、貸借対照表計上額と時価との
      差額はありません。
    2 時価の算定方法

      (1)  有価証券
      「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」に記載しております。
       (2)コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
      これらの科目は短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
      よっております。 
    3 金融商品の時価等に関する事項の補足説明

      金融商品の時価の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提条件等によった
      場合、当該価額が異なることもあります。
    4 金銭債権の計算日後の償還予定額

      金銭債権については全て1年以内に償還予定であります。
    Ⅱ 金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

    「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」附則(令和3年9月24日改正内閣府令第61号)第4条第5項
    に従い、記載を省略しております。
                                 61/114













                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (その他の注記)
    1 本報告書における開示対象ファンドの当該                      中間  計算期間における当該親投資信託の元本額の変動及び計算日におけ
    る元本の内訳
                      (2022年8月25日現在)
    同中間計算期間の期首元本額                                       3,150,508,037円
    同中間計算期間中の追加設定元本額                                        101,351,690円
    同中間計算期間中の一部解約元本額                                        323,262,602円
    同中間計算期間末日の元本額※                                       2,928,597,125円
    ※当該親投資信託受益証券を投資対象とする投資信託の元本額は次の通りです。

    ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンド

                                           2,928,597,125円
    合計                                       2,928,597,125円
    2 有価証券関係

      該当事項はありません。
    3 デリバティブ取引関係

      該当事項はありません。 
                                 62/114














                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2  【ファンドの現況】
     【純資産額計算書】(2022年8月末現在)
     「ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンド」
    Ⅰ 資産総額                                            3,581,023,783円

    Ⅱ 負債総額                                              2,029,192円

    Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                            3,578,994,591円

    Ⅳ 発行済数量                                            3,078,274,125口

    Ⅴ 1単位当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                                1.1627円

     (参考情報)

     「ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・マザーファンド
    Ⅰ 資産総額                                            3,580,925,295円

    Ⅱ 負債総額                                              1,139,752円

    Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                            3,579,785,543円

    Ⅳ 発行済数量                                            2,906,457,767口

    Ⅴ 1単位当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                                1.2317円

                                 63/114












                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】
    1 受益証券の名義書換え等

      該当事項はありません。
    2 受益者名簿の閉鎖の時期

      受益者名簿は作成していません。
    3 投資者に対する特典

      該当事項はありません。
    4 内国投資信託受益証券の譲渡制限の内容

      当ファンド受益証券の譲渡制限は設けておりません。
    5 受益証券の再発行

      投資者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名式受益証券から記名式受
     益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請求、受益証券の再発行の請求を行わない
     ものとします。
    6 受益権の譲渡

     ① 投資者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該投資者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録さ
      れている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
     ② ①の申請のある場合には、①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数の減少および譲受
      人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録するものとします。ただし、①
      の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該
      他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加
      の記載または記録が行われるよう通知するものとします。
     ③ ①の振替について、委託会社は、当該投資者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されている振替口座簿
      に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合等において、委託会社が必要と認めた
      ときまたはやむをえない事情があると判断したときは、振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
    7 受益権の譲渡の対抗要件

      受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗することができ
     ません。
    8 受益権の再分割

      委託会社は、受益権の再分割を行いません。ただし、受託会社と協議のうえ、社振法に定めるところにしたがい、
     一定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。
    9 償還金

      償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている投資者(償還日以前において換金
     が行われた受益権にかかる投資者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受益権で購入代金支払前のため販
     売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として投資者とします。)に支払います。なお、当
     該投資者は、その口座が開設されている振替機関等に対して委託会社が当ファンドの償還をするのと引き換えに、当
     該償還に係る受益権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座に
     おいて当該口数の減少の記載または記録が行われます。また、受益証券を保有している投資者に対しては、償還金
     は、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日から受益証券と引き換えに当該投資者に支払います。
                                 64/114



                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    10 質権口記載または記録の受益権の取り扱いについて
      振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、換金の申込の
     受付け、換金代金および償還金の支払い等については、約款の規定によるほか、民法その他の法令等にしたがって取
     り扱われます。
                                 65/114



















                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】
    第1【委託会社等の概況】

    1【委託会社等の概況】

     (1)  資本金の額等
      ①  資本金        3,120百万円
      ②  発行する株式の総数  36,000株

      ③  発行済株式の総数   15,000株

      ④  直近5ヵ年における主な資本金の額の増減

       2017年12月7日付で、資本金を2,435百万円から3,120百万円に増額しました。
     (2)  委託会社の機構

      ①  経営の意思決定機構
      <株主総会>
       株主により構成される会社における最高の意思決定機関として、取締役の選任、利益処分の承認、定款の変更
       等、会社法および定款の定めにしたがって重要事項の決定を行います。
      <取締役会>

       取締役により構成され、当社の業務執行を決定し、その執行について監督します。
      <エグゼクティブ委員会他各委員会>

       当社における適切な経営戦略の構築、業務執行体制の構築および業務運営の推進を目的として、エグゼクティブ
       委員会を設置します。また、その他各種委員会を設置し、業務の能率的運営および責任体制の確立を図っていま
       す。
      ②  運用の意思決定機構

       投資委員会
       ・投資委員会にて運用にかかる投資方針、パフォーマンスおよびリスク管理に関する重要事項を審議します。
       運用担当部署

       ・各運用担当部署では、投資委員会の決定にしたがい、ファンドの個別の運用計画を策定し、各部署の投資プロ
        セスを通して運用を行います。
       ポートフォリオ・マネジャー

       ・ポートフォリオ・マネジャーは、策定された運用計画に基づき、個別銘柄を選択し売買に関する指図を行いま
        す。
       リスク管理

       ・委託会社ではリスク管理を重視しており、独自開発のシステムを用いてリスク管理を行っております。具体的
        には、運用担当部門から独立したリスク管理担当部門においてファンドの投資リスクおよび流動性リスクの計
        測・分析、投資・流動性制限のモニタリングなどを行うことにより、ファンドの投資リスク(流動性リスクを
        含む)が運用方針に合致していることを確認し、その結果を運用担当部門にフィードバックするほか、社内の
        関係者で共有しております。また、委託会社の業務に関するリスクについて社内規程を定めて管理を行ってお
        ります。
    2【事業の内容及び営業の概況】

      投信法に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託の設定を行うとともに金融商品取引法に定める
                                 66/114


                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を行っています。また、金融商品取引法に定める投資助言業務、第
     一種金融商品取引業務および第二種金融商品取引業務等を行っています。
      委託会社の運用する証券投資信託は2022年8月末現在、以下の通りです(親投資信託を除きます。)。
                種類                本数(本)            純資産総額(百万円)
            追加型株式投資信託                        186             10,203,443

            単位型株式投資信託                        73              452,181

                合計                    259             10,655,624

                                 67/114

















                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】
     1.財務諸表の作成方法について

        委託会社であるブラックロック・ジャパン株式会社(以下「当社」という。)の財務諸表は、「財務諸表等の
       用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。)第2条及び「金融商品取引業等に関する内閣
       府令」(2007年8月6日内閣府令第52号。)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第35期事業年度(自2021年1月1日 至2021年12月31
       日)の財務諸表について有限責任監査法人トーマツによる監査を受けております。
     3.財務諸表に記載している金額については、百万円未満の端数を切り捨てて表示しております。

                                 68/114
















                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                     第34期             第35期
                                  (2020年12月31日現在)             (2021年12月31日現在)
    資産の部
     流動資産
      現金・預金                                    17,786             17,813
      立替金                                      29             16
      前払費用                                     190             223
      未収入金                      ※2                3            527
      未収委託者報酬                                    1,756             2,017
      未収運用受託報酬                                    2,166             2,244
      未収収益                      ※2               872             981
                                            0             2
      その他流動資産
      流動資産計                                    22,805             23,827
     固定資産
      有形固定資産
       建物附属設備                     ※1              1,002              789
                                           480             575
       器具備品                     ※1
       有形固定資産計                                   1,482             1,364
      無形固定資産
                                            6             10
       ソフトウエア
       無形固定資産計                                     6             10
      投資その他の資産
       投資有価証券                                    142              50
       長期差入保証金                                   1,122             1,118
       前払年金費用                                    899            1,001
       長期前払費用                                     34             12
                                           888             889
       繰延税金資産
       投資その他の資産計                                   3,088             3,072
       固定資産計                                   4,577             4,448
      資産合計                                    27,383             28,275
                                 69/114









                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                   (単位:百万円)
                                     第34期             第35期
                                  (2020年12月31日現在)             (2021年12月31日現在)
    負債の部
     流動負債
      預り金                                     121             143
      未払金                      ※2
       未払収益分配金                                     4             4
       未払償還金                                     74             70
       未払手数料                                    444             459
       その他未払金                                   1,508             2,991
      未払費用                      ※2               859             760
      未払消費税等                                     210             272
      未払法人税等                                     343             402
      前受金                                      84             166
      賞与引当金                                    1,987             2,156
                                           195             203
      役員賞与引当金
      流動負債計                                    5,835             7,630
     固定負債
      退職給付引当金                                      69             82
                                           783             784
      資産除去債務
      固定負債計                                     853             866
     負債合計                                     6,688             8,497
    純資産の部

     株主資本
      資本金                                    3,120             3,120
      資本剰余金
       資本準備金                                   3,001             3,001
                                          3,846             3,846
       その他資本剰余金
       資本剰余金合計                                   6,847             6,847
      利益剰余金
       利益準備金                                    336             336
       その他利益剰余金
                                          10,386              9,470
        繰越利益剰余金
       利益剰余金合計                                   10,723              9,807
      株主資本合計                                    20,691             19,775
     評価・換算差額等
                                            3             3
      その他有価証券評価差額金
      評価・換算差額等合計                                      3             3
     純資産合計                                     20,694             19,778
    負債・純資産合計                                      27,383             28,275
                                 70/114






                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                     第34期             第35期
                                  (自 2020年      1月  1日     (自 2021年      1月  1日
                                  至 2020年12月31日)              至 2021年12月31日)
    営業収益
     委託者報酬                                     5,605             6,653
     運用受託報酬                       ※1              7,342             8,355
                                          12,092             14,536
     その他営業収益                       ※1
      営業収益計
                                          25,041             29,546
    営業費用
     支払手数料                                     1,405             1,534
     広告宣伝費                                      127             170
     調査費
      調査費                                     352             298
                                          3,346             4,326
      委託調査費                      ※1
      調査費計
                                          3,698             4,625
     委託計算費                                       85             94
     営業雑経費
      通信費                                      64             51
      印刷費                                      82             95
                                            49             39
      諸会費
      営業雑経費計                                     195             187
     営業費用計
                                          5,512             6,611
    一般管理費
     給料
      役員報酬                                     601             579
      給料・手当                                    4,691             5,106
                                          2,384             2,616
      賞与
      給料計
                                          7,678             8,302
     退職給付費用                                      331             352
     福利厚生費                                     1,028             1,073
     事務委託費                       ※1              2,701             3,360
     交際費                                       16             11
     寄付金                                       1             -
     旅費交通費                                       60             24
     租税公課                                      246             260
     不動産賃借料                                      905             902
     水道光熱費                                       60             53
     固定資産減価償却費                                      428             426
     資産除去債務利息費用                                       0             0
     事務過誤取引損                                       -            519
                                           390             348
     諸経費
     一般管理費計                                     13,851             15,638
     営業利益
                                          5,677             7,296
                                 71/114






                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                   (単位:百万円)
                                     第34期             第35期
                                  (自 2020年      1月  1日     (自 2021年      1月  1日
                                  至 2020年12月31日)              至 2021年12月31日)
    営業外収益
     為替差益                                       -            102
                                            5             1
     その他
     営業外収益計
                                            5            103
    営業外費用
     為替差損                                       20              -
                                            0             0
     固定資産除却損
     営業外費用計                                       20              0
    経常利益
                                          5,662             7,398
    特別利益
     特別利益計
                                            -             -
    特別損失
                                            -             0
     特別退職金
     特別損失計                                       -             0
    税引前当期純利益
                                          5,662             7,398
    法人税、住民税及び事業税                                      1,970             2,415
                                           △64              △0
    法人税等調整額
    当期純利益                                      3,756             4,984
                                 72/114














                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【株主資本等変動計算書】
    第34期 (自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                                                   (単位:百万円)
                            株主資本                   評価・換算差額等
                     資本剰余金            利益剰余金
                                               その他    評価・
                                                       純資産
                                  その他利
                                           株主資本    有価証券     換算
                                                        合計
                      その他     資本            利益
              資本金
                                  益剰余金
                   資本            利益準
                                           合計    評価    差額等
                       資本    剰余金            剰余金
                  準備金             備金
                                  繰越利益
                                               差額金     合計
                      剰余金     合計            合計
                                   剰余金
    2020年1月1日残高           3,120    3,001    3,846    6,847     336   14,330    14,666    24,634      1    1  24,636
    当期変動額
     剰余金の配当                               △7,700    △7,700    △7,700            △7,700
     当期純利益                                3,756    3,756    3,756            3,756
    株主資本以外の項目の
                                                  1    1    1
    当期変動額(純額)
    当期変動額合計             -    -    -    -    -  △3,943    △3,943    △3,943       1    1  △3,942
    2020年12月31日残高           3,120    3,001    3,846    6,847     336   10,386    10,723    20,691      3    3  20,694
    第35期 (自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

                                                   (単位:百万円)
                            株主資本                   評価・換算差額等
                     資本剰余金            利益剰余金
                                               その他    評価・
                                                       純資産
                                  その他利
                                           株主資本    有価証券     換算
                                                        合計
                      その他     資本            利益
              資本金
                                  益剰余金
                   資本            利益準
                                           合計    評価    差額等
                       資本    剰余金            剰余金
                  準備金             備金
                                  繰越利益
                                               差額金     合計
                      剰余金     合計            合計
                                   剰余金
    2021年1月1日残高           3,120    3,001    3,846    6,847     336   10,386    10,723    20,691      3    3  20,694
    当期変動額
     剰余金の配当                               △5,900    △5,900    △5,900            △5,900
     当期純利益                                4,984    4,984    4,984            4,984
    株主資本以外の項目の
                                                  0    0    0
    当期変動額(純額)
    当期変動額合計             -    -    -    -    -  △915    △915    △915      0    0  △915
    2021年12月31日残高           3,120    3,001    3,846    6,847     336   9,470    9,807    19,775      3    3  19,778
                                 73/114










                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    注 記 事 項
    [重要な会計方針]

    1.  有価証券の評価基準及び評価方法
         有価証券
          その他有価証券
          時価のあるもの
          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、
          移動平均法により算定)を採用しております。
    2.  デリバティブ取引等の評価基準及び評価方法

        時価法を採用しております。
    3.  固定資産の減価償却方法

      (1)   有形固定資産
        定額法により償却しております。なお、主な耐用年数は建物附属設備6~18年、器具備品3~15年であります。
      (2)   無形固定資産

        自社利用のソフトウエアの減価償却方法については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっ
        ております。
    4.  引当金の計上基準

      (1)   貸倒引当金の計上方法
        債権の貸倒損失に備えるため、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見
        込額を計上しております。
      (2)   退職給付引当金の計上方法
        ①  旧退職金制度
          適格退職年金制度移行日現在在籍していた従業員については、旧退職金制度に基づく給付額を保証してい
          るため、期末現在の当該給付額と年金制度に基づく給付額との差額を引当て計上しております。
        ②  確定拠出年金制度

          確定拠出年金制度(DC)による退職年金制度を有しております。
        ③  確定給付年金制度

          キャッシュ・バランス型の年金制度(CB)の退職年金制度を有しております。CBには、一定の利回り保証
          を付しており、これの将来の支払に備えるため、確定給付型の会計基準に準じた会計処理方法により引当
          金を計上しております。
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当期までの期間に帰属させる方法については、ポイント
          基準によっております。
          過去勤務債務は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(9年)による定額法により費
          用処理しております。
          数理計算上の差異は各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(9年)によ
          る定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理または費用から控除することとして
          おります。
                                 74/114




                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)   賞与引当金の計上方法
        従業員の賞与の支払に備えて、賞与支給見込額の当事業年度負担額を計上しております。
      (4)   役員賞与引当金の計上方法

        役員の賞与の支払に備えて、賞与支給見込額の当事業年度負担額を計上しております。
    5.  外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準

      外貨建金銭債権債務は、期末の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
    6.  その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

      (1)  消費税等の処理方法
        消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
      (2)  連結納税制度の適用
        親会社であるブラックロック・ジャパン・ホールディングス合同会社を連結納税親会社として、連結納税制度
        を適用しております。
      (3)  連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用
        当社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創設されたグループ通算制度へ
        の移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目については、「連結納
        税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号                                                2020年
        3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号
        2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の税法の規定
        に基づいております。
    (未適用の会計基準等)

    「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)
    「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日)
      (1)   概要
        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5:履行義務を充足したときに又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2)   適用予定日
        2022年12月期の期首より適用予定であります。
      (3)   当該会計基準等の適用による影響
        影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
    「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準30号 2019年7月4日)

    「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
    「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
    「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
    (1)   概要
      国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算定に
     関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関するガイダン
     ス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
      ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
                                 75/114



                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注記事項
     が定められました。
    (2)   適用予定日
      2022年12月期の期首より適用予定であります。
    (3)   当該会計基準等の適用による影響
      影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
    (貸借対照表関係)

    ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                            前事業年度
                                             当事業年度
                          (2020年12月31日)                  (2021年12月31日)
    建物附属設備                       2,010 百万円                  2,246 百万円
    器具備品                       1,290 百万円                  1,470 百万円
    ※2 関係会社に対する資産及び負債

    各科目に含まれているものは次のとおりであります。
                            前事業年度                  当事業年度
                          (2020年12月31日)                  (2021年12月31日)
    未収入金                         - 百万円                 524 百万円
    未収収益                        185 百万円                  377 百万円
    その他未払金                       1,496 百万円                  1,940 百万円
    未払費用                         89 百万円                 112 百万円
    ※3 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行2行と当座貸越契約を締結しております。これら契約に基

    づく事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                            前事業年度                  当事業年度
                          (2020年12月31日)                  (2021年12月31日)
    当座貸越極度額                       1,000 百万円                   1,000 百万円
    借入実行残高                         -                  -
    差引額                       1,000 百万円                   1,000 百万円
    (損益計算書関係)

    ※1 関係会社に対する営業収益及び営業費用
    各科目に含まれているものは次のとおりであります。
                            前事業年度                  当事業年度
                          (自 2020年1月1日                  (自 2021年1月1日
                          至 2020年12月31日)                  至 2021年12月31日)
    運用受託報酬                        247 百万円                   249 百万円
    その他営業収益                       5,052 百万円                  6,036 百万円
    委託調査費                        763 百万円                 1,178 百万円
    事務委託費                        851 百万円                 1,204 百万円
                                 76/114






                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (株主資本等変動計算書関係)
    前事業年度 (自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
    1.  発行済株式に関する事項
                前事業年度期首             増加          減少        前事業年度末
     普通株式(株)              15,000            -          -        15,000
    2.  自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
    3.  新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

      該当事項はありません。
    4.  配当に関する事項

     (1)  配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり

         決議      株式の種類                        基準日        効力発生日
                       (百万円)       配当額(円)
       2020年3月30日
                普通株式        7,700       513,333       2019年12月31日          2020年3月30日
       株主総会決議
    当事業年度 (自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

    1.  発行済株式に関する事項
                当事業年度期首             増加          減少        当事業年度末
     普通株式(株)              15,000            -          -        15,000
    2.  自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
    3.  新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

      該当事項はありません。
    4.  配当に関する事項

     (1)  配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり

         決議      株式の種類                        基準日        効力発生日
                       (百万円)       配当額(円)
       2021年3月30日
                普通株式        5,900       393,333       2020年12月31日          2021年3月30日
       株主総会決議
                                 77/114







                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (リース取引関係)
    オペレーティング・リース取引
    オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに掛かる未経過リース料は以下のとおりであります。
                            当事業年度
                          (自 2021年1月1日
                          至 2021年12月31日)
    1年以内                        835 百万円
    1年超                         -
    合計                        835 百万円
      (注) 上記未経過リース料には、解約損害金を含めております。
    (金融商品関係)

    1.  金融商品の状況に関する事項
      (1)   金融商品に対する取組方針
        当社は、資金運用については短期的な預金等に限定し、また、資金調達については関連当事者からの長期借入
        に限定しています。
      (2)   金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

        営業債権である未収委託者報酬、未収運用受託報酬及び未収収益は、顧客及び関係会社の信用リスクに晒され
        ています。当該リスクに関しては、当社の経理規程に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行い、個別
        に未収債権の回収可能性を管理する体制をしいております。
        営業債務である未払手数料及び未払費用はその全てが1年以内の支払期日となっております。
        営業債務は流動性リスクに晒されていますが、当社では資金繰計画を作成するなどの方法により管理しており
        ます。
    2.  金融商品の時価等に関する事項

      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、金額的重要性が低いものに
      ついては含めておりません。
    前事業年度 (2020年12月31日)
                         貸借対照表計上額               時価            差額
                          (百万円)            (百万円)            (百万円)
    (1) 現金・預金                         17,786            17,786              -
    (2) 未収委託者報酬                         1,756            1,756             -
    (3) 未収運用受託報酬                         2,166            2,166             -
    (4) 未収収益                          872            872            -
    (5) 長期差入保証金                         1,122            1,123              1
            資産計                 23,704            23,705              1
    (1) 未払手数料                          444            444            -
    (2) 未払費用                          859            859            -
            負債計                  1,304            1,304             -
                                 78/114






                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    当事業年度 (2021年12月31日)
                         貸借対照表計上額               時価            差額
                          (百万円)            (百万円)            (百万円)
    (1) 現金・預金                         17,813            17,813              -
    (2) 未収委託者報酬                         2,017            2,017             -
    (3) 未収運用受託報酬                         2,244            2,244             -
    (4) 未収収益                          981            981            -
    (5) 未収入金                          527            527            -
    (6) 長期差入保証金                         1,118            1,119              0
            資産計                 24,703            24,704              0
    (1) 未払手数料                          459            459            -
    (2) 未払費用                          760            760            -
    (3) その他未払金                         2,991            2,991             -
            負債計                  4,210            4,210             -
    (注1)    金融商品の時価の算定方法に関する事項
     資 産
     (1)  現金・預金、(2)        未収委託者報酬、(3)          未収運用受託報酬、(4)           未収収益及び(5)        未収入金
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
     (6)  長期差入保証金

       事務所敷金の時価については、事務所の敷金を合理的に見積もった返済期日までの期間を基にしたインターバン
       ク市場で取引されている円金利スワップレートで割り引いて算定する方法によっています。また従業員社宅敷金
       の時価については、平均残存勤務期間を基にしたインターバンク市場で取引されている円金利スワップレートで
       割り引いて算定する方法によっています。
     負 債

     (1)  未払手数料、(2)        未払費用及び(3)        その他未払金
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
    (注2)    金銭債権の決算日後の償還予定額

    前事業年度(2020年12月31日)
                     1年以内        1年超        5年超       10年超
                             5年以内       10年以内
                     (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
    (1) 現金・預金                 17,786          -        -        -
    (2) 未収委託者報酬                  1,756         -        -        -
    (3) 未収運用受託報酬                  2,166         -        -        -
    (4) 未収収益                   872        -        -        -
          合計           22,581          -        -        -
                                 79/114






                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    当事業年度(2021年12月31日)
                     1年以内        1年超        5年超       10年超
                             5年以内       10年以内
                     (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
    (1) 現金・預金                 17,813          -        -        -
    (2) 未収委託者報酬                  2,017         -        -        -
    (3) 未収運用受託報酬                  2,244         -        -        -
    (4) 未収収益                   981        -        -        -
    (5) 未収入金                   527        -        -        -
          合計           23,584          -        -        -
     (退職給付関係)

    前事業年度 (自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
    1.  採用している退職給付制度の概要
      当社は、旧バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社で設けられていた、①旧退職金制度を引き続き有
      しています。当社は、2009年12月2日に旧ブラックロック・ジャパン株式会社との合併に伴い、旧ブラックロック・
      ジャパン株式会社における退職年金制度(②確定拠出年金制度及び③確定給付年金制度)を承継しました。また、
      2011年1月1日付で旧バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社から引き継いだ適格退職年金制度は
      キャッシュ・バランス型の③確定給付年金制度に移行しました。従って、2011年1月1日以降、①から③の三つの制
      度を有しています。
    2.  確定給付制度

      (1)   退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度
                               (自  2020年1月     1日
                               至   2020年12月31日)
    退職給付債務の期首残高
                                   2,047
     勤務費用
                                    297
     利息費用
                                    11
     数理計算上の差異の発生額                               △82
     退職給付の支払額                               △123
     過去勤務費用の発生額
                                     -
    退職給付債務の期末残高                               2,149
      (2)   年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度
                               (自  2020年1月     1日
                               至   2020年12月31日)
    年金資産の期首残高                               2,979
     期待運用収益                                14
     数理計算上の差異の発生額                                92
     事業主からの拠出額                                350
     退職給付の支払額                               △123
    年金資産の期末残高                               3,313
                                 80/114




                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)   退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の調整表
                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度
                               (2020年12月31日)
    積立型制度の退職給付債務                               2,080
    年金資産                              △3,313
                                  △1,233
    非積立型制度の退職給付債務
                                    69
    未積立退職給付債務
                                  △1,163
    未認識数理計算上の差異                                296
    未認識過去勤務費用                                37
    貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               △829
    退職給付引当金                                69
    前払年金費用                               △899
    貸借対照表に計上された負債と資産の純額
                                   △829
      (4)   退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度
                               (自  2020年1月     1日
                               至   2020年12月31日)
    勤務費用                                297
    利息費用                                11
    期待運用収益                               △14
    数理計算上の差異の費用処理額                               △36
    過去勤務費用の処理額                                △4
    確定給付制度に係る退職給付費用合計                                252
    特別退職金                                 -
    合計                                252
      (5)   年金資産に関する事項

       ①年金資産の主な内訳
        年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                 前事業年度
                               (2020年12月31日)
    合同運用
                                   100%
    合計                               100%
      合同運用による年金資産の主な商品分類ごとの比率は、債券74%、株式24%及びその他3%となっております。
      ②長期期待運用収益率の算定方法

       年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する多
       様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
                                 81/114





                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (6)   数理計算上の計算基礎に関する事項
                                 前事業年度
                               (自  2020年1月     1日
                               至   2020年12月31日)
    割引率                               1.0%
    長期期待運用収益率                               0.5%
    3.  確定拠出制度

      当社の確定拠出制度への要拠出額は、78百万円                        でありました。
    当事業年度 (自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

    1.  採用している退職給付制度の概要
      当社は、旧バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社で設けられていた、①旧退職金制度を引き続き有
      しています。当社は、2009年12月2日に旧ブラックロック・ジャパン株式会社との合併に伴い、旧ブラックロック・
      ジャパン株式会社における退職年金制度(②確定拠出年金制度及び③確定給付年金制度)を承継しました。また、
      2011年1月1日付で旧バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社から引き継いだ適格退職年金制度は
      キャッシュ・バランス型の③確定給付年金制度に移行しました。従って、2011年1月1日以降、①から③の三つの制
      度を有しています。
    2.  確定給付制度

      (1)   退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                  (単位:百万円)
                                 当事業年度
                               (自  2021年1月     1日
                               至   2021年12月31日)
    退職給付債務の期首残高
                                   2,149
     勤務費用
                                    322
     利息費用
                                    20
     数理計算上の差異の発生額                                188
     退職給付の支払額                               △94
     過去勤務費用の発生額
                                     0
    退職給付債務の期末残高                               2,588
      (2)   年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                  (単位:百万円)
                                 当事業年度
                               (自  2021年1月     1日
                               至   2021年12月31日)
    年金資産の期首残高                               3,313
     期待運用収益                                 9
     数理計算上の差異の発生額                                17
     事業主からの拠出額                                359
     退職給付の支払額                               △94
    年金資産の期末残高                               3,606
                                 82/114





                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)   退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の調整表
                                  (単位:百万円)
                                 当事業年度
                               (2021年12月31日)
    積立型制度の退職給付債務                               2,505
    年金資産                              △3,606
                                  △1,100
    非積立型制度の退職給付債務
                                    82
    未積立退職給付債務
                                  △1,018
    未認識数理計算上の差異                                65
    未認識過去勤務費用                                33
    貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               △919
    退職給付引当金                                82
    前払年金費用                              △1,001
    貸借対照表に計上された負債と資産の純額
                                   △919
      (4)   退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                  (単位:百万円)
                                 当事業年度
                               (自  2021年1月     1日
                               至   2021年12月31日)
    勤務費用                                322
    利息費用                                20
    期待運用収益                                △9
    数理計算上の差異の費用処理額                               △59
    過去勤務費用の処理額                                △3
    確定給付制度に係る退職給付費用合計                                270
    特別退職金                                 0
    合計                                270
      (5)   年金資産に関する事項

        ①年金資産の主な内訳
         年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                 当事業年度
                               (2021年12月31日)
    合同運用                               100%
    合計                               100%
      合同運用による年金資産の主な商品分類ごとの比率は、債券87%、株式13%及びその他1%となっております。
        ②長期期待運用収益率の算定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成す
         る多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
                                 83/114





                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (6)   数理計算上の計算基礎に関する事項
                                 当事業年度
                               (自  2021年1月     1日
                               至   2021年12月31日)
    割引率                               0.7%
    長期期待運用収益率                               0.3%
    3.  確定拠出制度

      当社の確定拠出制度への要拠出額は、80百万円                        でありました。
    (税効果会計関係)

    1.        繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                               (単位:百万円)
                                前事業年度              当事業年度
                              (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
      繰延税金資産
       未払費用                             215              161
       賞与引当金                             608              660
       資産除去債務                             239              240
       未払事業税                              72              89
       退職給付引当金                              21              25
       有形固定資産                              2              1
       その他                              95              78
      繰延税金資産合計
                                  1,256              1,257
      繰延税金負債
       退職給付引当金                            △275              △306
       資産除去債務に対応する除去費用                             △90              △59
       その他                             △1              △1
      繰延税金負債合計
                                  △367              △367
      繰延税金資産の純額
                                   888              889
      (注) 前事業年度及び当事業年度における繰延税金資産の純額は、貸借対照表の以下の項目に含まれておりま

         す。
                                               (単位:百万円)
                                前事業年度              当事業年度
                              (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
      固定資産-繰延税金資産
                                   888              889
    2.  法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                  前事業年度             当事業年度
                                (2020年12月31日)             (2021年12月31日)
     法定実効税率
                                    30.6   %          30.6   %
     (調整)
      交際費等永久に損金に算入されない項目                                2.9             2.0
                                     0.0             0.0
      その他
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                               33.6   %          32.6   %
                                 84/114




                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (資産除去債務関係)
    資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
    1.  当該資産除去債務の概要
      当社事業所の定期建物賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
    2.  当該資産除去債務の金額の算定方法

      使用見込期間を合理的に見積り、割引率は0.16%~0.18%を使用して資産除去債務の金額を計算しております。
    3.  当該資産除去債務の総額の増減

                                               (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自  2020年1月     1日       (自  2021年1月     1日
                               至   2020年12月31日)             至   2021年12月31日)
    期首残高                                782              783
    時の経過による調整額                                 0              0
    期末残高                                783              784
    (セグメント情報等)

    前事業年度 (自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
    1.  セグメント情報
      当社は主として投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    2.  関連情報

      (1)   製品及びサービスごとの情報
                                                  (単位:百万円)
                   委託者報酬          運用受託報酬            その他           合計
       外部顧客営業収益               5,605          7,342          12,092           25,041
      (2)    地域ごとの情報

        ①  売上高
                                                  (単位:百万円)
           日本             北米             その他              合計
             12,247             10,417              2,375             25,041
           (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
        ②  有形固定資産

          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
          略しております。
      (3)   主要な顧客ごとの情報

        営業収益の10%以上を占める主要な顧客は以下のとおりです。
                                                  (単位:百万円)
               相手先                営業収益            関連するセグメント名
      ブラックロック・ファイナンシャル・
                                5,299              投資運用業
      マネジメント・インク
      ブラックロック・ファンド・アドバイザーズ                          2,874              投資運用業
                                 85/114




                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3.  報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報
      該当事項はありません。
    4.  報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

      当社は主として投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    5.  報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

      該当事項はありません。
    当事業年度 (自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

    1.  セグメント情報
      当社は主として投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    2.  関連情報

      (1)   製品及びサービスごとの情報
                                                  (単位:百万円)
                   委託者報酬          運用受託報酬            その他           合計
       外部顧客営業収益               6,653          8,355          14,536           29,546
      (2)    地域ごとの情報

        ①  売上高
                                                  (単位:百万円)
           日本             北米             その他              合計
             14,396             13,081              2,067             29,546
           (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
        ②  有形固定資産

          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
          略しております。
      (3)   主要な顧客ごとの情報

        営業収益の10%以上を占める主要な顧客は以下のとおりです。
                                                  (単位:百万円)
               相手先                営業収益            関連するセグメント名
      ブラックロック・ファイナンシャル・
                                6,285              投資運用業
      マネジメント・インク
      ブラックロック・ファンド・アドバイザーズ                          4,259              投資運用業
    3.  報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

      該当事項はありません。
    4.  報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

      当社は主として投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    5.  報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

      該当事項はありません。
                                 86/114




                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (関連当事者情報)
    1.  関連当事者との取引
       財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      (1)   財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る。)等
         前事業年度 (自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                             議決権等      関連
         会社等の                事業の
                    資本金又         の所有     当事者          取引金額          期末残高
     種類     名称又は       所在地         内容又は               取引の内容            科目
                    は出資金         (被所有)      との          (百万円)          (百万円)
          氏名               職業
                             割合(%)      関係
                                       運用受託報酬        247
                                                 未収収益        185
        ブラックロック・
                米国     73        (被所有)     投資顧問
                                       受入手数料       5,052
        ファイナンシャ                  投資
    親会社            ニュー     百万         間接     契約の
        ル・マネジメン                 顧問業
                                       委託調査費        763
               ヨーク州     米ドル          100    再委任等
        ト・インク
                                                          89
                                                 未払費用
                                       事務委託費        851
        ブラックロック・
                             (被所有)
        ジャパン・ホール         日本                  株式の    連結法人税
                     1万円
    親会社                    持株会社      直接                1,496   その他未払金       1,496
        ディングス合同会        東京都                   保有等    の個別帰属額
                              100
        社
         当事業年度 (自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

                             議決権等      関連
         会社等の                事業の
                    資本金又         の所有     当事者          取引金額          期末残高
     種類     名称又は       所在地         内容又は               取引の内容            科目
                    は出資金         (被所有)      との          (百万円)          (百万円)
          氏名               職業
                             割合(%)      関係
                                       運用受託報酬        249  未収収益        377
        ブラックロック・
                米国     73        (被所有)     投資顧問
                                       受入手数料       6,036   未収入金        524
        ファイナンシャ                  投資
    親会社            ニュー     百万         間接     契約の
        ル・マネジメン                 顧問業
                                       委託調査費       1,178
               ヨーク州     米ドル          100    再委任等
        ト・インク
                                                         112
                                                 未払費用
                                       事務委託費       1,204
        ブラックロック・
                             (被所有)
        ジャパン・ホール         日本                  株式の    連結法人税の
    親会社                 1万円     持株会社      直接                1,940   その他未払金       1,940
        ディングス合同会        東京都                   保有等    個別帰属額
                              100
        社
      (2)   財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等

         前事業年度 (自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
         該当事項はありません。
         当事業年度 (自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

         該当事項はありません。
      (3)   財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

         前事業年度 (自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                               議決権等      関連
          会社等の                事業の
                      資本金又         の所有     当事者     取引の    取引金額         期末残高
     種類     名称又は       所在地         内容又は                         科目
                      は出資金         (被所有)      との     内容    (百万円)         (百万円)
           氏名                職業
                               割合(%)      関係
                                        受入手数料      2,874
     同一の    ブラックロック・         米国                  投資顧問
                      1,000    投資
    親会社を    ファンド・アドバ        カリフォル               なし     契約の    委託調査費       220  未収収益       314
                      米ドル    顧問業
    持つ会社    イザーズ         ニア州                  再委任等
                                        事務委託費        16
                                 87/114





                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         当事業年度 (自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
                               議決権等      関連
          会社等の                事業の
                      資本金又         の所有     当事者     取引の    取引金額         期末残高
     種類     名称又は       所在地         内容又は                         科目
                      は出資金         (被所有)      との     内容    (百万円)         (百万円)
           氏名                職業
                               割合(%)      関係
                                        受入手数料      4,259
     同一の    ブラックロック・         米国                  投資顧問
                      1,000    投資
    親会社を    ファンド・アドバ        カリフォル               なし     契約の    委託調査費       282  未収収益       321
                      米ドル    顧問業
    持つ会社    イザーズ         ニア州                  再委任等
                                        事務委託費        20
    (注) 1.取引条件及び取引条件の決定方針等

        (1)  運用受託報酬については、一般取引条件と同様に決定しております。
        (2)  受入手数料については、一般取引条件と同様に決定しております。
        (3)  委託調査費については、一般取引条件と同様に決定しております。
        (4)  事務委託費については、一般取引条件と同様に決定しております。
    2.  親会社に関する注記

      (1)   親会社情報
        ブラックロック・インク(ニューヨーク証券取引所に上場)
        ブラックロック・ファイナンシャル・マネジメント・インク(非上場)
        ブラックロック・ジャパン・ホールディングス合同会社(非上場)
    (1株当たり情報)

                             前事業年度              当事業年度
                           (自  2020年1月     1日       (自  2021年1月     1日
             項目
                           至   2020年12月31日)             至   2021年12月31日)
    1株当たり純資産額                       1,379,616     円  17  銭    1,318,566     円  41  銭
    1株当たり当期純利益金額                        250,430    円  95  銭     332,267    円  26  銭
    (注) 1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                             前事業年度              当事業年度
                           (自  2020年1月     1日       (自  2021年1月     1日
             項目
                           至   2020年12月31日)             至   2021年12月31日)
    当期純利益         (百万円)                            3,756               4,984
    普通株主に帰属しない金額  (百万円)                             -              -
    普通株式に係る当期純利益  (百万円)                            3,756               4,984
    普通株式の期中平均株式数    (株)                           15,000               15,000
                                 88/114








                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    【中間財務諸表】
    1.中間財務諸表の作成方法について

     委託会社であるブラックロック・ジャパン株式会社(以下「当社」という。)の中間財務諸表すなわち中間貸借対照
    表、中間損益計算書及び中間株主資本等変動計算書は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」
    (1977年大蔵省令第38号)並びに同規則第38条及び第57条の規定により「金融商品取引業等に関する内閣府令」(2007年内
    閣府令第52号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

     当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間会計期間(自2022年1月1日 至2022年6月30日)の中
    間財務諸表について有限責任監査法人トーマツによる中間監査を受けております。
    3.財務諸表に記載している金額については、百万円未満の端数を切り捨てて表示しております。

                                 89/114
















                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)  中間貸借対照表
                                     (単位:百万円)
                                  中間会計期間末
                                  (2022年6月30日)
    資産の部
     流動資産
      現金・預金                      ※2            13,423
      立替金                                    42
      前払費用                                    232
      未収入金                                     2
      未収委託者報酬                                   1,953
      未収運用受託報酬                                   2,425
                                          765
      未収収益
      流動資産計                                  18,845
     固定資産
      有形固定資産
       建物附属設備                     ※1              668
                                          539
       器具備品                     ※1
       有形固定資産計                                  1,207
      無形固定資産
                                          16
       ソフトウエア
       無形固定資産計                                   16
      投資その他の資産
       投資有価証券                                   62
       長期差入保証金                                  1,121
       前払年金費用                                  1,033
       長期前払費用                                   12
                                          464
       繰延税金資産
       投資その他の資産計                                  2,694
      固定資産計                                   3,918
     資産合計                                   22,764
                                 90/114










                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                     (単位:百万円)
                                  中間会計期間末
                                  (2022年6月30日)
    負債の部
     流動負債
      預り金                                    166
      未払金
       未払収益分配金                                    4
       未払償還金                                   70
       未払手数料                                   448
       その他未払金                                   669
      未払費用                                    847
      未払消費税等                                    222
      未払法人税等                                    272
      前受金                                    280
      賞与引当金                                    867
      役員賞与引当金                                    55
                                           0
      為替予約
      流動負債計                                   3,907
     固定負債
      退職給付引当金                                    91
                                          784
      資産除去債務
      固定負債計                                    876
     負債合計                                    4,783
    純資産の部

     株主資本
      資本金                                   3,120
      資本剰余金
       資本準備金                                  3,001
                                         3,846
       その他資本剰余金
       資本剰余金合計                                  6,847
      利益剰余金
       利益準備金                                   336
       その他利益剰余金
                                         7,679
        繰越利益剰余金
       利益剰余金合計                                  8,015
      株主資本合計                                  17,983
     評価・換算差額等
                                          △2
      その他有価証券評価差額金
      評価・換算差額等合計                                    △2
     純資産合計                                   17,981
     負債・純資産合計                                   22,764
                                 91/114





                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)  中間損益計算書
                                      (単位:百万円)
                                   中間会計期間
                                  (自 2022年1月1日
                                   至 2022年6月30日)
    営業収益
     委託者報酬                                     3,329
     運用受託報酬                                     4,777
                                          7,878
     その他営業収益
      営業収益計
                                         15,985
    営業費用
     支払手数料                                      782
     広告宣伝費                                      70
     調査費
      調査費                                     178
                                          2,791
      委託調査費
      調査費計
                                          2,970
     委託計算費                                      47
     営業雑経費
      通信費                                     38
      印刷費                                     39
                                           22
      諸会費
      営業雑経費計                                     100
       営業費用計
                                          3,972
    一般管理費
     給料
      役員報酬                                     662
      給料・手当                                    2,927
                                          1,528
      賞与
      給料計
                                          5,118
     退職給付費用                                      239
     福利厚生費                                      544
     事務委託費                                     1,868
     交際費                                      13
     寄付金                                       1
     旅費交通費                                      32
     租税公課                                      141
     不動産賃借料                                      451
     水道光熱費                                      33
     固定資産減価償却費                        ※1              214
     資産除去債務利息費用                                       0
                                           205
     諸経費
      一般管理費計                                    8,863
     営業利益
                                          3,150
                                 92/114





                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                      (単位:百万円)
                                   中間会計期間
                                  (自 2022年1月1日
                                   至 2022年6月30日)
    営業外収益
     受取配当金                                       0
     受取利息                                       0
     為替差益                                      105
     雑益                                       0
                                            2
     その他
      営業外収益計                                     108
    営業外費用
     有価証券売却損                                       2
     固定資産除却損                                       0
                                            0
     雑損
      営業外費用計                                      2
    経常利益
                                          3,255
    税引前中間純利益                                      3,255
    法人税、住民税及び事業税                                       819
                                           427
    法人税等調整額
    中間純利益                                      2,008
                                 93/114













                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)  中間株主資本等変動計算書
    中間会計期間 (自 2022年1月1日 至 2022年6月30日)

                                                    (単位:百万円)
                            株主資本                   評価・換算差額等
                     資本剰余金            利益剰余金
                                                        純資産
                                              その他有価
                                 その他利益
                                          株主資本        評価・換算
                                                        合計
                          資本
              資本金                                証券評価
                                  剰余金
                  資本   その他資本         利益        利益剰余金
                                           合計       差額等合計
                          剰余金
                                               差額金
                  準備金    剰余金        準備金         合計
                                 繰越利益
                          合計
                                  剰余金
    当期首残高           3,120    3,001     3,846    6,847     336    9,470     9,807   19,775       3     3  19,778
    当中間期変動額
     剰余金の配当                              △3,800     △3,800    △3,800       0     0 △3,800
     中間純利益                               2,008     2,008    2,008             2,008
    株主資本以外の項目の当
                                                 △5     △5    △5
    中間期変動額(純額)
    当中間期変動額合計            -    -     -    -    -  △1,791     △1,791    △1,791      △5     △5  △1,797
    当中間期末残高           3,120    3,001     3,846    6,847     336    7,679     8,015   17,983      △2     △2  17,981
                                 94/114















                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     注 記 事 項
      (重要な会計方針)
                                      中間会計期間

                                     自 2022年1月       1日
            項 目
                                     至 2022年6月30日
    1.  有価証券の評価基準及び評価方法                   その他有価証券

                         時価のあるもの
                          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法
                         により処理し、売却原価は、移動平均法により算定)を採用しておりま
                         す。
    2.  デリバティブ取引等の評価基準及び評                   時価法を採用しております。

      価方法
    3.  固定資産の減価償却方法                   (1)  有形固定資産

                          定額法により償却しております。                 なお、主な耐用年数は建物附属設
                         備5~18年、器具備品3~15年であります。
                        (2)  無形固定資産

                          自社利用のソフトウエアの減価償却方法については、社内における利
                         用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
    4.  引当金の計上基準                   (1)  貸倒引当金の計上方法

                          債権の貸倒損失に備えるため、貸倒懸念債権等特定の債権については
                         個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
                        (2)  退職給付引当金の計上方法

                         ① 旧退職金制度
                           適格退職年金制度移行日現在在籍していた従業員については、旧退
                          職制度に基づく給付額を保証しているため、中間会計期間末現在の当
                          該給付額と年金制度に基づく給付額との差額を引当て計上しておりま
                          す。
                         ② 確定拠出年金制度
                           確定拠出年金制度(DC)については拠出額を費用計上しておりま
                          す。
                         ③ 確定給付年金制度
                           キャッシュ・バランス型の年金制度(CB)の退職年金制度を有して
                          おります。CBには、一定の利回り保証を付しており、これの将来の支
                          払に備えるため、確定給付型の会計基準に準じた会計処理方法により
                          引当金を計上しております。
                           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当期までの期間に
                          帰属させる方法については、ポイント基準によっております。
                           過去勤務債務は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一
                          定の年数(9年)による定額法により費用処理しております。
                           数理計算上の差異は各事業年度の発生時における従業員の平均残存
                          勤務期間以内の一定の年数(9年)による定額法により按分した額を
                          それぞれ発生の翌事業年度から費用処理または費用から控除すること
                          としております。
                        (3)  賞与引当金の計上方法

                          従業員の賞与の支払に備えて、賞与支給見込額の当中間会計期間負担
                         額を計上しております。
                                 95/114



                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                      中間会計期間
                                     自 2022年1月       1日
            項 目
                                     至 2022年6月30日
                        (4)  役員賞与引当金の計上方法
                          役員の賞与の支払に備えて、賞与支給見込額の当中間会計期間負担額
                         を計上しております。
                        (5)  早期退職慰労引当金の計上方法

                          早期退職慰労金の支払に備えて、早期退職慰労金支給見込額の当中間
                         会計期間負担額を計上しております。
    5.  外貨建の資産又は負債の本邦通貨への                   外貨建金銭債権債務は、中間会計期間末の直物為替相場により円貨に換算

                        し、換算差額は損益として処理しております。
      換算基準
    6.  収益及び費用の計上基準                   当社は、資産運用サービスから委託者報酬、運用受託報酬、その他営業収

                        益および成功報酬を稼得しております。当社の顧客との契約から生じる収
                        益に関する主要な事業における主要な履行義務の内容及び当該履行義務を
                        充足する通常の時点(収益を認識する通常の時点)は以下のとおりであり
                        ます。
                         委託者報酬:当社は投資信託の信託約款に基づき、投資信託の運用につ
                        いて履行義務を負っております。委託者報酬は、投資信託の信託約款に基
                        づき日々の純資産価額に対する一定割合として計算され、投資信託の運用
                        期間にわたり収益認識しております。
                         運用受託報酬:当社は顧客との投資一任契約及び投資助言契約に基づき
                        運用及び助言について履行義務を負っております。運用受託報酬は、対象
                        顧客との投資一任契約等に基づき純資産価額に対する一定割合として計算
                        され、対象口座の運用期間にわたり収益認識しております。
                         その他営業収益:当社はグループ会社との契約に基づき委託された業務
                        について履行義務を負っております。グループ会社から受領する収益は、
                        当社のグループ会社との契約で定められた算式に基づき、当社がグループ
                        会社にオフショアファンド関連のサービス等を提供する期間にわたり月次
                        で収益認識しております。
                         成功報酬:成功報酬は対象となるファンドまたは口座の運用益に対する
                        一定割合、もしくは特定のベンチマークまたはその他のパフォーマンス目
                        標を上回る超過運用益に対する一定割合として計算されます。当該報酬は
                        契約上支払われることが確定した時点で収益認識しております。
    7.  その他中間財務諸表作成のための基本                   (1)  連結納税制度の適用

      となる重要な事項                   親会社であるブラックロック・ジャパン・ホールディングス合同会社を連
                        結納税親会社として、連結納税制度を適用しております。
                        (2)  連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用

                        当社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)にお
                        いて創設されたグループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行
                        にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目については、「連結納税
                        制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱
                        い」(実務対応報告第39号             2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税
                        効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号
                        2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負
                        債の額について、改正前の税法の規定に基づいております。
                                 96/114




                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (会計方針の変更)
                            中間会計期間

                           自 2022年1月       1日
                           至 2022年6月30日
    (収益認識に関する会計基準等の適用)
    「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等を当中
    間会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交換
    に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。
     収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
    り、当中間会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当中間会計期間の期首の
    繰越利益剰余金に反映させ、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。
     これによる中間財務諸表に与える影響はありません。
    (時価の算定に関する会計基準等の適用)

    「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)等を当
    中間会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号
    2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計方針を、将来に
    わたって適用することとしました。これによる中間財務諸表に与える影響はありません。
     また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項の注記を行うこととし
    ました。
      (中間貸借対照表関係)

                            中間会計期間

                            2022年6月30日
    ※1 有形固定資産の減価償却累計額
          建物附属設備                      2,367百万円
          器具備品                      1,561百万円
    ※2 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行2行と当座貸越契約を締結しております。これら契約に基

       づく当中間会計期間末の借入未実行残高は次のとおりであります。
          当座貸越極度額                      1,000百万円
          借入実行残高                           -
          差引額                      1,000百万円
      (中間損益計算書関係)

                           中間会計期間

                          自 2022年1月       1日
                          至 2022年6月30日
    ※1 減価償却実施額
          有形固定資産                       212百万円
          無形固定資産                        2百万円
                                 97/114






                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (中間株主資本等変動計算書関係)
                           中間会計期間

                          自 2022年1月       1日
                          至 2022年6月30日
    1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                 前事業年度末          当中間会計期間          当中間会計期間           当中間会計
                   株式数         増加株式数          減少株式数          期間末株式数
      発行済株式
       普通株式               15,000            -          -        15,000
         合計            15,000            -          -        15,000
    2.自己株式の種類及び株式数に関する事項

      該当事項はありません。
    3.  新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

      該当事項はありません。
    4.  配当に関する事項

    (1)  配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり

         決議      株式の種類                        基準日        効力発生日
                       (百万円)       配当額(円)
       2022年3月31日
                普通株式        3,800       253,333       2021年12月31日          2022年3月31日
       株主総会決議
    (2)  基準日が当中間会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間会計期間後となるもの

      該当事項はありません。
      (リース取引関係)

                           中間会計期間

                          自 2022年1月       1日
                          至 2022年6月30日
      オペレーティング・リース取引
      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料

          1年以内                       835百万円
          1年超                           -
          合計                       835百万円
       (注)上記未経過リース料には、解約損害金を含めております。

                                 98/114







                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (金融商品関係)
                           中間会計期間

                          自 2022年1月       1日
                          至 2022年6月30日
    1. 金融商品の状況に関する事項

      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社は、資金運用については短期的な預金等に限定し、また、資金調達については関連当事者からの長期
        借入に限定しています。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

        営業債権である未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、顧客の信用リスクに晒されています。当該リス
        クに関しては、当社の経理規程に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行い、個別に未収債権の回
        収可能性を管理する体制を敷いております。
        営業債務である未払手数料はその全てが1年以内の支払期日となっております。
        営業債務は流動性リスクに晒されていますが、当社では資金繰計画を作成するなどの方法により管理して
        おります。
    2. 金融商品の時価等に関する事項

        2022年6月30日(中間期の決算日)における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、
        次のとおりです。なお、金額的重要性が低いと判断するものは含めておりません。
                                              (単位:百万円)
                      中間貸借対照表計上額                時価          差額
         長期差入保証金                   1,121          1,117           △3
      (注   1)

      現金・預金、未収委託者報酬、未収運用受託報酬、未収収益、未払手数料、未払費用、その他未払金は、短期
      間で決済されるため時価が帳簿価額に近似するものであることから、記述を省略しています。
      (注   2)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

      金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、
      当該価額が変動することもあります。
    3.   金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

         金融商品の時価を、時価等の算定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つの
         レベルに分類しております。
         レベル1の時価:同一の資産又は負債の活発な市場における(無調整の)相場価格により算定した時価
         レベル2の時価:レベル1のインプット以外の直接又は間接的に観察可能なインプットを用いて算定し
                 た時価
         レベル3の時価:重要な観察できないインプットを使用して算定した時価
         時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれ
         ぞれ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
                                              (単位:百万円)

                   レベル1         レベル2         レベル3          合計
       長期差入保証金               -       1,117            -       1,117
      (注)時価の算定に用いた評価技法及びインプットの説明
      長期差入保証金
       長期差入保証金の時価については、当該保証金の回収までの期間を基にリスクフリーレートで割り引いた現
      在価値により算定しているため、レベル2の時価に分類しております。
       なお、当該時価は帳簿価額と近似していることから長期差入保証金は当該帳簿価額によって計上しておりま
      す。
                                 99/114



                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (資産除去債務関係)
                           中間会計期間

                          自 2022年1月       1日
                          至 2022年6月30日
     資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
    1. 当該資産除去債務の概要

      当社事業所の定期建物賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
    2. 当該資産除去債務の金額の算定方法

      使用見込期間を合理的に見積り、割引率は0.16%~0.18%を使用して資産除去債務の金額を計算しておりま
      す。
    3. 当中間会計期間における当該資産除去債務の総額の増減

      期首残高                    784   百万円
      有形固定資産の取得に伴う増加額                     -  百万円
                            0
      時の経過による調整額                       百万円
                           784
      中間会計期間末残高                       百万円
      (収益認識関係)

                           中間会計期間

                          自 2022年1月       1日
                          至 2022年6月30日
    1. 顧客との契約から生じる収益を分解した情報
      委託者報酬                   3,329    百万円

      運用受託者報酬                   3,735    百万円
      成功報酬 (注)                   1,042    百万円
                          7,878
      その他営業収益                       百万円
                         15,985
      合計                       百万円
      (注)成功報酬は、中間損益計算書において運用受託報酬に含めて表示しております。

    2. 顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

      (重要な会計方針)6.           収益及び費用の計上基準に記載のとおりです。
    3. 顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに中間会計期間

      末において存在する顧客との契約から当中間会計期間の末日後に認識すると見込まれる収益の金額及び時期に
      関する情報
      重要性が乏しいため、記載を省略しています。
                                100/114







                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (セグメント情報等)
                           中間会計期間

                          自 2022年1月       1日
                          至 2022年6月30日
    1. セグメント情報
      当社は主として投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    2. 関連情報

     (1) 製品及びサービスに関する情報
                                   (単位:百万円)
               委託者       運用受託
                              その他        合計
                報酬        報酬
       外部顧客         3,329        4,777        7,878       15,985
       営業収益
     (2) 地域に関する情報

       ①  売上高
                                   (単位:百万円)
         日本         北米         その他          合計
         7,896
                  6,843         1,246         15,985
     (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
       ②  有形固定資産

         本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
         記載を省略しております。
     (3) 主要な顧客に関する情報

       営業収益の10%以上を占める主要な顧客は以下のとおりです。
                                   (単位:百万円)
                                    関連する
              相手先              営業収益
                                   セグメント名
      ブラックロック・ファイナンシャル・
                            3,372        投資運用業
      マネジメント・インク
      ブラックロック・ファンド・アドバイ
                            2,052        投資運用業
      ザーズ
                                101/114









                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (1株当たり情報)
                      中間会計期間

                     自 2022年1月       1日
                     至 2022年6月30日
    1株当たり純資産額                          1,198,751円05銭
    1株当たり中間純利益                           133,905円30銭
    なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記

    載しておりません。
    1株当たり中間純利益の算定上の基礎

    損益計算書上の中間純利益                            2,008百万円
    1株当たり中間純利益の算定に
                                2,008百万円
    用いられた普通株式に係る中間純利益
    期中平均株式数                              15,000株
      (重要な後発事象)

    該当事項はありません。

                                102/114














                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【利害関係人との取引制限】
      委託会社は、金融商品取引法の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為が禁止されて
     います。
     (1)  自己またはその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保
      護に欠け、若しくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府
      令で定めるものを除きます。)。
     (2)  運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、若しくは取引の公
      正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして金融商品取引業等に関する内閣府令
      で定めるものを除きます。)。
     (3)  通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人等(委託会
      社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の委託会社と密接な関係を有する法人その他の団体とし
      て金融商品取引法施行令で定める要件に該当する者をいいます。以下(4)(5)において同じ。)または子法人等(委
      託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の委託会社と密接な関係を有する法人その他の団体
      として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引または金融デリバ
      ティブ取引を行うこと。
     (4)  委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運用財産の額
      若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
     (5)  上記に掲げるもののほか、投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失
      墜させるおそれのあるものとして金融商品取引業等に関する内閣府令で定める行為。
                                103/114













                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5【その他】
      定款の変更、事業譲渡または事業譲受、出資の状況その他の重要事項
         変更年月日                          変更事項
       2007年9月18日          証券業登録に伴う商号変更(「バークレイズ・グローバル・インベスターズ証券投
                  信投資顧問株式会社」に変更)のため、定款変更を行いました。
       2007年9月30日          商号変更(「バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社」に変更)のた
                  め、定款変更を行いました。
       2007年9月30日          公告の方法を変更するため、定款変更を行いました。
       2007年12月27日          事業を営むことの目的を変更するため、定款変更を行いました。
       2008年7月1日          グループ会社の1つであるバークレイズ・グローバル・インベスターズ・サービス
                  株式会社を吸収合併し、それに伴い資本金の額を変更いたしました。
       2008年7月1日          株式取扱規則に関する記述を追加するため、定款変更を行いました。
       2009年6月22日          本店所在地変更のため、定款変更を行いました。
       2009年12月2日          ブラックロック・ジャパン株式会社と合併
                  商号変更(「ブラックロック・ジャパン株式会社」に変更)および定款変更を行い
                  ました。
       2011年4月1日          グループ会社であるブラックロック証券株式会社を吸収合併し、それに先立ち定款
                  変更および資本金の額の変更を行いました。
       2013年10月5日          MGPA   Japan   LLCより不動産投資関連の事業を譲受し、それに先立ち定款変更を行い
                  ました。
       2014年12月1日          決算期を3月31日から12月31日に変更するため、定款変更を行いました。
                                104/114













                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】
    1【名称、資本金の額及び事業の内容】

     (1)  受託会社
      ・名称         :三菱UFJ信託銀行株式会社
      ・資本金の額         :324,279百万円(2022年3月末現在)
      ・事業の内容         :銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に基づき
                信託業務を営んでいます。
     <再信託受託会社の概要>

      ・名称         :日本マスタートラスト信託銀行株式会社
      ・資本金の額         :10,000百万円(2022年3月末現在)
      ・事業の内容         :銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に基づき
                信託業務を営んでいます。
      ・再信託の目的         :原信託契約にかかる信託事務の一部(信託財産の管理)を原信託受託会社から再信託受託会
                社(日本マスタートラスト信託銀行株式会社)へ委託するため、原信託財産の全てを再信託
                受託会社へ移管することを目的とします。
     (2)  販売会社

                      資本金の額(百万円)
             名称                               事業の内容
                      (2022年3月末現在)
                                  金融商品取引法に基づき、第一種金融商品取引業を

      SMBC日興証券株式会社                     10,000
                                  営んでおります。
    2【関係業務の概要】

     (1)  受託会社
       受託会社として、当ファンドの信託財産の保管・管理・計算、外国証券を保管・管理する外国の保管銀行への指
      図・連絡等を行います。
     (2)  販売会社

       当ファンドの販売会社として、募集の取扱いおよび販売を行い、換金に関する事務、収益分配金の再投資に関す
      る事務、収益分配金・換金代金・償還金の支払いに関する事務等を行います。
    3【資本関係】

     (1)  受託会社
       該当事項はありません。
     (2)  販売会社

       該当事項はありません。
                                105/114






                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【その他】
    1 交付目論見書の表紙等に、以下の事項を記載します。

     (1)  委託会社等の情報
      ① 委託会社名
      ② 金融商品取引業者登録番号
      ③ 設立年月日
      ④ 資本金
      ⑤ 当該委託会社が運用する投資信託財産の合計純資産総額
      ⑥ 「ファンドの運用の指図を行う者である。」旨
     (2)  受託会社に関する情報
       受託会社名および「ファンドの財産の保管および管理を行う者である。」旨
     (3)  詳細情報の入手方法
       詳細な情報の入手方法として、以下の事項を記載します。
      ① 委託会社のホームページアドレス、電話番号および受付時間等
      ② 請求目論見書の入手方法および投資信託約款が請求目論見書に添付されている旨
     (4)  交付目論見書の使用開始日
     (5)  届出の効力に関する事項
       金商法第4条第1項又は第2項の規定による届出の効力に関する事項について、次に掲げるいずれかの内容を記
      載します。
      ① 届出をした日および当該届出の効力の発生の有無を確認する方法
      ② 届出をした日、届出が効力を生じている旨および効力発生日
     (6)  その他の記載事項
      ① 商品内容に関して重大な変更を行う場合には、投資信託及び投資法人に関する法律(昭和26年法律第198号、以
        下「投信法」という。)に基づき事前に受益者の意向を確認する旨
      ② 投資信託の財産は受託会社において信託法に基づき分別管理されている旨
      ③ 請求目論見書は投資者の請求により販売会社から交付される旨および当該請求を行った場合にはその旨の記録
        をしておくべきである旨
      ④ 「ご購入に際しては、本書の内容を十分にお読みください。」との趣旨を示す記載
    2 交付目論見書の「投資リスク」記載箇所に金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用

     がない旨を記載します。
    3 目論見書は別称として、「投資信託説明書」と称して使用する場合があります。

    4 目論見書は電子媒体等として使用される他、インターネット等に掲載されることがあります。

                                106/114







                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2022年    2月28日

    ブラックロック・ジャパン株式会社
     取    締   役    会    御          中
                           有限責任監査法人ト ー マ ツ

                              東  京  事  務  所

                            指定有限責任社員
                                       公認会計士       山 田  信 之
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                       公認会計士       中 島  紀 子
                            業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状況」に掲
    げられているブラックロック・ジャパン株式会社の2021年1月1日から2021年12月31日までの第35期事業年度の財務諸表、
    すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ブラック
    ロック・ジャパン株式会社の2021年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重
    要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
    理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査
    法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
    することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
    必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
    価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要があ
    る場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                107/114







                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
    いかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
    る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手
      続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ
      適切な監査証拠を入手する。
     ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
      の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性
      及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
      き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか
      結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事
      項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対し
      て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基
      づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
      どうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や
      会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な不備
    を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以 上
    (注)   1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており

         ます。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                108/114








                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                 独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                    2022年4月13日

    ブラックロック・ジャパン株式会社
     取 締 役 会 御 中
                           PwCあらた有限責任監査法人

                               東京事務所

                            指定有限責任社員
                                       公認会計士 和田 渉
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                       公認会計士 榊原 康太
                            業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状況」に掲
    げられているブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンドの2021年2月26日から2022年2月25日までの計算期
    間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並びに附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ブラッ
    クロック・ガバナンス・フォーカス・ファンドの2022年2月25日現在の信託財産の状態及び同日をもって終了する計算
    期間の損益の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、ブラックロック・ジャパン株式会社及びファンドから独立しており、また、監査人とし
    てのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手した
    と判断している。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを
    評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要
    がある場合には当該事項を開示する責任がある。
                                109/114







                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示が
    ないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決
    定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続
     を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
     な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
     び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結
     論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に
     注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外
     事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいてい
     るが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかど
     うかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計
     事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な不備
    を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係

     ブラックロック・ジャパン株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定に
    より記載すべき利害関係はない。
                                                     以    上
    (注)1.上記の監査報告書の原本は当社が別途保管しております。

       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                110/114








                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                      独立監査人の中間監査報告書
                                                    2022年8月31日

    ブラックロック・ジャパン株式会社
     取締役会 御中
                           有限責任監査法人ト ー マ ツ

                              東京事務所
                            指定有限責任社員

                                       公認会計士       山田 信之
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                       公認会計士       水野 龍也
                            業務執行社員
    中間監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状況」に掲
    げられているブラックロック・ジャパン株式会社の2022年1月1日から2022年12月31日までの第36期事業年度の中間会計
    期間(2022年1月1日から2022年6月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間
    株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠
    して、ブラックロック・ジャパン株式会社の2022年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間
    (2022年1月1日から2022年6月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査
    の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、
    我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任
    を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断してい
    る。
    中間財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作
    成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有
    用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成することが適切であるか
    どうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事
    項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                111/114






                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    中間財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資
    者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書において独立の立場か
    ら中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に
    又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断
    される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じて、職業的
    専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに
      対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、中間監
      査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手
      続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基
      づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
     ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク
      評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表
      示に関連する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関連す
      る注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に
      基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかど
      うか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、中間監査報告書において中間財務
      諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合
      は、中間財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日
      までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可
      能性がある。
     ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準
      拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及び内容、並びに中間財務諸
      表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した内部統制の重
    要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事項について報告を行
    う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以 上
    (注)   1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管して

         おります。
       2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                112/114






                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
              独 立 監 査 人 の 中 間 監 査 報 告                                  書
                                                    2022年11月9日

    ブラックロック・ジャパン株式会社
     取 締 役 会 御 中
                           PwCあらた有限責任監査法人

                               東京事務所

                            指定有限責任社員
                                       公認会計士 鶴田 光夫
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                       公認会計士 榊原 康太
                            業務執行社員
    中間監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状況」に掲
    げられているブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンドの2022年2月26日から2022年8月25日までの中間計
    算期間の中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益及び剰余金計算書並びに中間注記表について中間監査を
    行った。
     当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠
    して、ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンドの2022年8月25日現在の信託財産の状態及び同日をもって
    終了する中間計算期間(2022年2月26日から2022年8月25日まで)の損益の状況に関する有用な情報を表示しているも
    のと認める。
    中間監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査
    の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、
    我が国における職業倫理に関する規定に従って、ブラックロック・ジャパン株式会社及びファンドから独立しており、
    また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分か
    つ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作
    成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有
    用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成することが適切であるか
    どうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事
    項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
                                113/114







                                                          EDINET提出書類
                                               ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    中間財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資
    者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書において独立の立場か
    ら中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に
    又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断
    される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じて、職業的
    専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対
     応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、中間監査の
     意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一
     部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、
     分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
    ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評
     価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に
     関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関連する
     注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基
     づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか
     結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の
     注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財
     務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手し
     た監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性があ
     る。
    ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠
     しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及び内容、並びに中間財務諸表が
     基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、経営者に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した内部統制の重
    要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事項について報告を行
    う。
    利害関係

     ブラックロック・ジャパン株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定に
    より記載すべき利害関係はない。
                                                     以    上
    (注)1.上記の中間監査報告書の原本は当社が別途保管しております。

       2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                114/114






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。