株式会社タナベコンサルティンググループ 四半期報告書 第61期第2四半期(令和4年7月1日-令和4年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第61期第2四半期(令和4年7月1日-令和4年9月30日)
提出日
提出者 株式会社タナベコンサルティンググループ
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   近畿財務局長
     【提出日】                   2022年11月11日
     【四半期会計期間】                   第61期第2四半期(自 2022年7月1日 至 2022年9月30日)
     【会社名】                   株式会社タナベコンサルティンググループ
                         (旧会社名      株式会社タナベ経営)
     【英訳名】                   TANABE    CONSULTING      GROUP   CO.,LTD.
                         (旧英訳名 TANABE          CONSULTING      CO.,LTD.)
                         (注)2022年10月1日付の純粋持株会社体制への移行に伴い、会社名及び英
                            訳名を上記のとおり変更いたしました。
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  若松 孝彦
     【本店の所在の場所】                   大阪市淀川区宮原3丁目3番41号
     【電話番号】                   06-7177-4000
     【事務連絡者氏名】                   コーポレート本部 本部長代理 兼 財務部長 隅田 直樹
     【最寄りの連絡場所】                   大阪市淀川区宮原3丁目3番41号
     【電話番号】                   06-7177-4000
     【事務連絡者氏名】                   コーポレート本部 本部長代理 兼 財務部長 隅田 直樹
     【縦覧に供する場所】
                         株式会社タナベコンサルティンググループ
                         (東京都千代田区丸の内1丁目8番2号 鉃鋼ビルディング)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/27










                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第60期           第61期
              回次               第2四半期           第2四半期            第60期
                            連結累計期間           連結累計期間
                           自2021年4月1日           自2022年4月1日           自2021年4月1日

             会計期間
                           至2021年9月30日           至2022年9月30日           至2022年3月31日
                                4,536,670           5,386,112           10,572,179

     売上高                 (千円)
                                 300,258           606,444           931,607

     経常利益                 (千円)
     親会社株主に帰属する四半期

                                 216,716           386,671           604,311
                      (千円)
     (当期)純利益
                                 192,817           403,366           617,242

     四半期包括利益又は包括利益                 (千円)
                                11,274,256           11,646,304           11,517,472

     純資産額                 (千円)
                                13,206,751           14,099,058           13,824,896

     総資産額                 (千円)
                                  12.57           22.54           35.06

     1株当たり四半期(当期)純利益                  (円)
     潜在株式調整後1株当たり

                                  12.57                      35.06
                       (円)                        -
     四半期(当期)純利益
                                   83.3           80.2           81.0

     自己資本比率                  (%)
     営業活動による

                                 133,106           523,078           619,785
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                                 571,971                       619,946
                      (千円)                      △ 111,496
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                      (千円)           △ 399,529          △ 305,499          △ 619,032
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                                7,084,265           7,505,497           7,399,416
                      (千円)
     四半期末(期末)残高
                              第60期           第61期

              回次               第2四半期           第2四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                           自2021年7月1日           自2022年7月1日
             会計期間
                           至2021年9月30日           至2022年9月30日
                                   9.24           14.53

     1株当たり四半期純利益                  (円)
    (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して

          おりません。
        2.当社は、2021年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度の
          期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり四半期(当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり
          四半期(当期)純利益を算定しております。
        3.第61期第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、希薄化効果を
          有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                 2/27




                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
     2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
       要な変更はありません。
        なお、第1四半期連結会計期間において、2022年4月15日付で株式会社タナベコンサルティングを新規設立し、
       連結の範囲に含めております。
        また、当社は、2022年10月1日付の純粋持株会社体制への移行に伴い、「株式会社タナベコンサルティンググ
       ループ」に商号変更しております。
                                 3/27


















                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当第2四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
     (1)財政状態及び経営成績の状況

      ①経営成績の状況
      タナベコンサルティンググループ(TCG)は、2022年10月1日に純粋持株会社体制へ移行し、純粋持株会社である
     当社は「株式会社タナベコンサルティンググループ」へ商号を変更し、事業会社である「株式会社タナベコンサルティ
     ング」へ経営コンサルティング全事業を承継いたしました。
      大企業から中堅企業のトップマネジメント(経営者層)を主要顧客に、グループ約600名のプロフェッショナルが
     チームとなり、経営戦略の策定から現場におけるマネジメント実装・オペレーション支援(プロフェッショナルDX
     サービス)まで、経営の上流から下流までを一気通貫で支援できる「経営コンサルティング・バリューチェーン」を提
     供しております。そして、「経営コンサルティング・バリューチェーン」を引き続き強化・拡大し、中期ビジョン
     「One&Only      世界で唯一無二の新しい経営コンサルティンググループ」の実現を目指しております。
      当第2四半期連結累計期間においては、ウィズコロナ対策が促進される反面、ウクライナにおける地政学リスクの高
     まりにより、資源・エネルギー価格の高位不安定化が常態化し、円安の加速もあり、企業経営におけるコストプレッ
     シャー懸念が上昇いたしました。このような環境下で、成長戦略を立案・推進する「ストラテジー」、DX戦略を立
     案・推進する「デジタル」、人的資本経営を実装させる「HR」、企業価値向上を実現する「ファイナンス・M&
     A」、信頼や共感を生み出す「ブランディング」等の経営コンサルティングの提供を通じ、企業と社会の課題解決に貢
     献してまいりました。
      結果、当社グループの当第2四半期連結累計期間の経営成績は、売上高53億86百万円(対前年同四半期増減率
     +18.7%)、営業利益6億1百万円(同比+102.9%)、経常利益6億6百万円(同比+102.0%)、親会社株主に帰属
     する四半期純利益3億86百万円(同比+78.4%)となり、第2四半期連結累計期間における過去最高売上高及び過去最
     高益を更新いたしました。
                                                     (単位:千円)

                          2022年3月期         2023年3月期
                                            対前年同四半期        対前年同四半期
                           第2四半期         第2四半期
                                              増減額         増減率
                          連結累計期間         連結累計期間
     売上高                        4,536,670         5,386,112        +849,441         +18.7%

     売上総利益                        2,141,331         2,478,818        +337,486         +15.8%

                              47.2%         46.0%        △1.2pt           -

      売上総利益率
     販売費及び一般管理費                        1,844,933         1,877,531         +32,597         +1.8%

     営業利益                         296,397         601,286       +304,889        +102.9%

                               6.5%         11.2%        +4.6pt           -

      営業利益率
     経常利益                         300,258         606,444       +306,186        +102.0%

     税金等調整前四半期純利益                         300,133         608,040       +307,906        +102.6%

     四半期純利益                         199,790         413,563       +213,772        +107.0%

     親会社株主に帰属する四半期純利益                         216,716         386,671       +169,955         +78.4%

                                 4/27



                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
    <経営コンサルティング領域別の売上高分析>
     当社グループの経営コンサルティング領域別売上高の概況は、次のとおりであります。
     なお、従来、経営コンサルティング領域別の売上高を「戦略コンサルティング」、「DXコンサルティング」、「ブラ
    ンド&デザインコンサルティング」、「セールスプロモーション商品」に区分しておりましたが、高度な専門性を総合化
    して発揮できる組織体制へと機能強化・拡充したことに伴い、第1四半期連結会計期間より、以下の区分に変更しており
    ます。
     この変更に伴い、前第2四半期連結累計期間の売上高も変更後の区分で記載しております。
                                                     (単位:千円)
                               2022年3月期        2023年3月期        対前年同       対前年同
      経営コンサルティング
                       内容         第2四半期        第2四半期        四半期       四半期
          領域
                               連結累計期間        連結累計期間         増減額       増減率
                 業種別ビジネス戦略やビ

                 ジョンの策定、サステナビ
                 リティ経営に必要なイノ
     ストラテジー&ドメイン                            1,201,894        1,384,489       +182,594       +15.2%
                 ベーション・SDGs・新
                 規事業等、最適なビジネス
                 モデル変革を実現
                 DX戦略ビジョンを策定

                 し、4つのDX領域(ビジ
                 ネスモデル、マーケティン
     デジタル・DX                             854,580       1,055,075       +200,494       +23.5%
                 グ、HR、マネジメント)
                 の具体的な実装・実行まで
                 を支援
                 HRビジョンに基づく人材

                 ポートフォリオ(人的資本
                 の最適配分、組織開発判断
     HR                             808,161        910,461      +102,299       +12.7%
                 基準等)を定義し、採用・
                 育成・活躍・定着から成る
                 戦略人事システムを構築
                 企業の存続・成長のため

                 に、事業承継・グループ経
                 営や、クロスボーダーも含
     ファイナンス・M&A                             763,634        986,639      +223,004       +29.2%
                 めたFA、デューデリジェ
                 ンス、PMIまでの一気通
                 貫のM&Aを提供
                 パーパスや経営戦略に基づ

                 き、顧客のCXを向上させ
     ブランディング&            るコミュニケーション戦略
                                  732,900        925,141      +192,241       +26.2%
     マーケティング            の立案から実行支援、クリ
                 エイティブまでを一気通貫
                 で提供
                 ブルーダイアリー(手帳)

                 やセールスプロモーション
     プロモーション商品                             175,498        124,304      △51,193       △29.2%
                 ツールを活用して、企業の
                 プロモーション活動を支援
                       ―          4,536,670        5,386,112       +849,441       +18.7%

          計
                                 5/27



                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
     【ストラテジー&ドメイン】
        当該領域における当第2四半期連結累計期間の売上高は、13億84百万円(対前年同四半期増減額+1億82百万円、
      対前年同四半期増減率+15.2%)となりました。
        「中長期ビジョンの策定・推進」「業種別の事業戦略(グローバル含む)・ビジネスモデル再構築」「パーパスの
      再定義」「SDGs実装」等を主として、全体のチームコンサルティング契約数が伸長いたしました。中でも、大企
      業や上場企業向けの専門チームによる経営コンサルティングや地方自治体向けの経営コンサルティング等、大型契約
      が増加いたしました。新しいチームコンサルティングサービスとしては、「CX戦略構築コンサルティング」「IP
      Oに向けたエクイティストーリー策定支援コンサルティング」を開発・推進いたしました。また、当社独自の「SD
      Gs専門サイト」に加え、「ビジョン・中期経営計画策定の専門サイト」も立ち上げました。
     【デジタル・DX】

        当該領域における当第2四半期連結累計期間の売上高は、10億55百万円(対前年同四半期増減額+2億円、対前年
      同四半期増減率+23.5%)となりました。
        「DXビジョン&IT化構想の策定」「デジタルマーケティング」「業種別のERP等の導入・実装」「ブラン
      ディングDX(Webサイト・SNS等)」等を主として、全体のチームコンサルティング契約数が伸長いたしまし
      た。中でも、上場大企業や行政団体向けのBPO(決算業務や開示実務等の財務業務支援)やERPリプレイス、上
      場大企業・地域上場中堅企業・行政法人向けのブランディング(CI/VI)とそのアウトプットとしてのブラン
      ディングサイト制作による売上高が好調に推移いたしました。新しいチームコンサルティングサービスとしては、
      「DXビジョン&ロードマップ構築コンサルティング」「IT化構想支援コンサルティング」を開発・推進いたしま
      した。
     【HR】

        当該領域における当第2四半期連結累計期間の売上高は、9億10百万円(対前年同四半期増減額+1億2百万円、
      対前年同四半期増減率+12.7%)となりました。
        「人事制度再構築」「人事システム実装」「アカデミー(企業内大学)設立」「ジュニアボード(次世代経営チー
      ム育成)」等を主として、当社独自の「HR戦略の専門サイト」も通じた大企業や上場企業からのリード情報も増加
      し、全体のチームコンサルティング契約数が伸長いたしました。中でも、上場中堅企業向けの戦略人事やサクセッ
      ションプラン、タレントマネジメント等、人的資本経営の実装が好調に推移いたしました。また、人材育成セミナー
      として「ファーストコールカンパニーフォーラム2022-体験価値をデザインする」(メタバース形式でのオンデマン
      ド開催)に約1,800名、リニューアルした「次期リーダー候補育成スクール」に約800名の経営者・経営幹部がご参加
      されました。
     【ファイナンス・M&A】

        当該領域における当第2四半期連結累計期間の売上高は、9億86百万円(対前年同四半期増減額+2億23百万円、
      対前年同四半期増減率+29.2%)となりました。
        「事業承継」「グループ経営システム構築」「ホールディングス化支援」「M&A(戦略策定からFA、デューデ
      リジェンス、PMIまで)」等を主として、当社独自の「事業承継・M&A戦略の専門サイト」も通じた大企業や上
      場企業からのリード情報も増加し、全体のチームコンサルティング契約数が伸長いたしました。中でも、地域上場中
      堅企業のホールディングス化・グループ経営支援や地域大企業の海外事業戦略的再編、大企業や上場企業向けの連結
      決算体制構築等の大型契約が増加いたしました。また、金融機関等のアライアンス先と連携した「海外展開戦略(ク
      ロスボーダーM&A含む)」のニーズや地方自治体と連携した事業承継・M&Aセミナーの実施も増加いたしまし
      た。
                                 6/27





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
     【ブランディング&マーケティング】
        当該領域における当第2四半期連結累計期間の売上高は、9億25百万円(対前年同四半期増減額+1億92百万円、
      対前年同四半期増減率+26.2%)となりました。
        「ブランド構築」「CXデザイン」「クリエイティブ」「採用ブランディング」等を主として、全体のチームコン
      サルティング契約数が伸長いたしました。中でも、大企業(ビューティー・コスメ業界、食品業界、教育機関等)向
      けのクリエイティブ&デザインや地域上場中堅企業向けのブランディング・マーケティング(商品・サービスのSN
      Sマーケティングから店頭プロモーションまで、オンライン×オフラインのハイブリッド支援)が好調に推移し、上
      場大企業による子ども向けSDGsイベントのトータルプロモーションも実施いたしました。
     【プロモーション商品】

        当該領域における当第2四半期連結累計期間の売上高は、1億24百万円(対前年同四半期増減額△51百万円、対前
      年同四半期増減率△29.2%)となりました。
        原材料の高騰に伴う価格改定を実施したものの、各種イベント等の中止に伴うプロモーション商品全般の受注の減
      少により、減収となりました。
    <その他の経営活動>

     グループ全体のマーケティング戦略として、見込み顧客獲得のための大型無料Web説明会を7テーマ開催し、合計
    1,400名以上の方々にご参加いただき、顧客創造にもプラスに働いております。
     また、TCGの競争力のあるコンサルティングスタイルである「トップマネジメントアプローチ」、そして顧客生涯価
    値であるLTV(顧客企業と長期の関係を築くビジネスモデル)を向上させることを目的に、「TCG                                                Canvas」(顧客
    企業の経営者や担当者との個別コミュニケーションや各種情報の発信、情報共有の一元化による生産性の向上等を実現す
    るプラットフォーム)を開発し、経営コンサルティング顧客へ提供を開始いたしました。
     コーポレート戦略として、引き続きデジタルツールに積極投資し、社内外のコミュニケーション円滑化と生産性向上を

    推進しております。また、グループ全社員向けのデジタル教育コンテンツである「TCGアカデミー」において、新たに
    「リーダーシップアカデミー」「ファイナンシャルアカデミー」「HRアカデミー」を創設し、プロフェッショナル人材
    の採用・育成を継続しております。さらに、ERPの活用により事業活動の効率化や業績管理の高度化、顧客創造活動の
    効率化を実現し、商品・サービスのブランディング・PRも積極的に実施してまいりました。
                                 7/27










                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
      ②財政状態の状況
      (資産の部)
        当第2四半期連結会計期間末における資産合計は140億99百万円となり、前連結会計年度末比2億74百万円増加い
      たしました。
        流動資産は95億94百万円となり、前連結会計年度末比2億64百万円増加いたしました。主な要因は、有価証券の償
      還があった一方で、預け金が増加したためであります。
        固定資産は45億2百万円となり、前連結会計年度末比6百万円増加いたしました。主な要因は、退職給付に係る資
      産の増加等によるものであります。
      (負債の部)

        当第2四半期連結会計期間末における負債合計は24億52百万円となり、前連結会計年度末比1億45百万円増加いた
      しました。
        流動負債は20億30百万円となり、前連結会計年度末比1億74百万円増加いたしました。主な要因は、前受金の増加
      等によるものであります。
        固定負債は4億22百万円となり、前連結会計年度末比28百万円減少いたしました。主な要因は、長期借入金の減少
      等によるものであります。
      (純資産の部)

        当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は116億46百万円となり、前連結会計年度末比1億28百万円増加
      いたしました。主な要因は、剰余金の配当を行った一方で、親会社株主に帰属する四半期純利益を計上したことによ
      るものであります。
                                 8/27














                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
     (2)キャッシュ・フローの状況
        当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物の残高は75億5百万円となり、前連結会計年度末と比べ
       1億6百万円増加いたしました。
        当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当第2四半期連結累計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは、5億23百万円の収入(前年同期は1
       億33百万円の収入)となりました。
        これは、税金等調整前四半期純利益6億8百万円の計上等の増加要因があったことによるものです。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当第2四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは、1億11百万円の支出(前年同期は5
       億71百万円の収入)となりました。
        これは、有価証券の売却及び償還による収入16億円等の増加要因があった一方で、有価証券の取得による支出8
       億円、預け金の預入による支出8億円等の減少要因があったことによるものです。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        当第2四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは、3億5百万円の支出(前年同期は3
       億99百万円の支出)となりました。
        これは、配当金の支払額2億74百万円等の減少要因があったことによるものです。
     (3)重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

        前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
       析」中の「重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定」の記載について重要な変更はありません。
     (4)経営方針・経営戦略等

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
       りません。
     (5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要
       な変更はありません。
     (6)研究開発活動

        該当事項はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 9/27






                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                      発行可能株式総数(株)
         普通株式                                         70,000,000

                  計                               70,000,000

        ②【発行済株式】

             第2四半期会計期間末                           上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
       種類       現在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                           (2022年11月11日)
             (2022年9月30日)                             取引業協会名
                                         東京証券取引所            単元株式数

                 17,508,400              17,508,400
      普通株式
                                          プライム市場            100株
                 17,508,400              17,508,400

        計                                     -           -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
                                10/27










                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日
                総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                 (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
       2022年7月1日
          ~
                     -   17,508,400            -    1,772,000           -    2,402,800
       2022年9月30日
      (5)【大株主の状況】

                                                  2022年9月30日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
          氏名又は名称                    住所                     総数に対する所有
                                           (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                             2,075         12.09

      田邊 次良                神戸市北区
                                             1,811         10.55
      田邊 洋一郎                川崎市宮前区
                                             1,625          9.47

      楢崎 十紀                京都市左京区
                                             1,038          6.05

      光通信株式会社                東京都豊島区西池袋1丁目4番10号
      日本マスタートラスト信託銀行
                                              765         4.46
                      東京都港区浜松町2丁目11番3号
      株式会社(信託口)
                                              562         3.27
      タナベ経営社員持株会                大阪市淀川区宮原3丁目3番41号
                                              516         3.00

      上田 信一                神奈川県足柄上郡大井町
                                              424         2.47

      タナベ経営取引先持株会                大阪市淀川区宮原3丁目3番41号
      特定有価証券信託受託者
                                              404         2.35
                      東京都千代田区丸の内1丁目3番2号
      株式会社SMBC信託銀行
                                              320         1.86
      木元 仁志                大阪府高槻市
                                             9,543         55.63

             計                  -
                                11/27










                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2022年9月30日現在
              区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
       無議決権株式                            -           -       -

       議決権制限株式(自己株式等)                            -           -       -

       議決権制限株式(その他)                            -           -       -

                         (自己保有株式)
       完全議決権株式(自己株式等)                                       -       -
                                353,800
                         普通株式
                               17,142,900             171,429
       完全議決権株式(その他)                   普通株式                            -
                                 11,700
       単元未満株式                   普通株式                     -       -
                               17,508,400
       発行済株式総数                                       -       -
                                           171,429
       総株主の議決権                            -                  -
     (注)「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が1,300株含まれております。
         また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数13個が含まれております。
        ②【自己株式等】


                                                   2022年9月30日現在
                                                   発行済株式総数に
        所有者の氏名                   自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                  所有者の住所                                 対する所有株式数
         又は名称                  株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                   の割合(%)
       (自己保有株式)
                 大阪市淀川区宮原
                             353,800                 353,800           2.02
      株式会社タナベ経営                                  -
                 3丁目3番41号
         (注)2
                             353,800                 353,800           2.02
          計          -                    -
     (注)1.当第2四半期会計期間末現在、自己株式を353,808株所有しております。
         2.当社は、純粋持株会社体制への移行に伴い、2022年10月1日付で株式会社タナベ経営から株式会社タナベコ
           ンサルティンググループに商号変更しております。
     2【役員の状況】


       該当事項はありません。
                                12/27







                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
       府令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2022年7月1日から
        2022年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2022年4月1日から2022年9月30日まで)に係る四半期連結
        財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                13/27

















                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年9月30日)
     資産の部
       流動資産
                                       7,399,416              7,505,497
        現金及び預金
                                        872,675              815,563
        受取手形、売掛金及び契約資産
                                        800,000               99,980
        有価証券
                                        44,925              61,756
        商品
                                         3,375              6,966
        原材料
                                                      800,000
        預け金                                  -
                                        209,936              305,482
        その他
                                         △ 792             △ 730
        貸倒引当金
                                       9,329,538              9,594,516
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                       1,527,477              1,527,477
          土地
                                        611,210              626,615
          その他(純額)
                                       2,138,687              2,154,092
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        685,097              655,859
          のれん
                                        52,391              65,339
          その他
                                        737,489              721,198
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        210,403              211,003
          長期預金
                                       1,427,778              1,434,813
          その他
                                       △ 19,000             △ 19,000
          貸倒引当金
                                       1,619,181              1,626,816
          投資その他の資産合計
                                       4,495,358              4,502,108
        固定資産合計
                                                       2,433
       繰延資産                                    -
                                      13,824,896              14,099,058
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                        401,777              390,286
        買掛金
                                        210,662              240,581
        未払法人税等
                                        61,932              77,109
        賞与引当金
                                       1,181,742              1,322,325
        その他
                                       1,856,115              2,030,303
        流動負債合計
       固定負債
                                        149,867              134,309
        長期借入金
                                        124,737              124,737
        役員退職慰労引当金
                                        20,020              16,024
        債務保証損失引当金
                                        156,683              147,379
        その他
                                        451,308              422,449
        固定負債合計
                                       2,307,423              2,452,753
       負債合計
                                14/27





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年9月30日)
     純資産の部
       株主資本
                                       1,772,000              1,772,000
        資本金
                                       2,409,619              2,409,621
        資本剰余金
                                       7,159,864              7,272,062
        利益剰余金
                                       △ 187,045             △ 187,034
        自己株式
                                      11,154,437              11,266,649
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         7,607              4,558
        その他有価証券評価差額金
                                        37,286              33,327
        退職給付に係る調整累計額
                                        44,893              37,886
        その他の包括利益累計額合計
                                        14,217              14,142
       新株予約権
                                        303,923              327,626
       非支配株主持分
                                      11,517,472              11,646,304
       純資産合計
                                      13,824,896              14,099,058
     負債純資産合計
                                15/27














                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
                                     ※1  4,536,670            ※1  5,386,112
     売上高
                                       2,395,338              2,907,294
     売上原価
                                       2,141,331              2,478,818
     売上総利益
                                     ※2  1,844,933            ※2  1,877,531
     販売費及び一般管理費
                                        296,397              601,286
     営業利益
     営業外収益
                                         1,539              1,413
       受取利息
                                         1,862              1,900
       生命保険配当金
                                          340             1,280
       助成金収入
                                         1,088              1,454
       その他
                                         4,830              6,048
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          676              526
       支払利息
                                                        250
       創立費償却                                    -
                                          293              113
       その他
                                          969              890
       営業外費用合計
                                        300,258              606,444
     経常利益
     特別利益
                                         3,996              3,996
       債務保証損失引当金戻入額
                                          334               74
       その他
                                         4,330              4,070
       特別利益合計
     特別損失
                                         4,445              2,474
       固定資産除売却損
                                           9
                                                         -
       その他
                                         4,455              2,474
       特別損失合計
                                        300,133              608,040
     税金等調整前四半期純利益
                                        100,343              194,477
     法人税等
                                        199,790              413,563
     四半期純利益
     非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                                       26,891
                                       △ 16,925
     に帰属する四半期純損失(△)
                                        216,716              386,671
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                16/27








                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
                                        199,790              413,563
     四半期純利益
     その他の包括利益
                                          673
       その他有価証券評価差額金                                               △ 6,237
                                        △ 7,647             △ 3,958
       退職給付に係る調整額
       その他の包括利益合計                                 △ 6,973             △ 10,196
                                        192,817              403,366
     四半期包括利益
     (内訳)
                                        209,743              379,664
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                                       23,702
       非支配株主に係る四半期包括利益                                 △ 16,925
                                17/27
















                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
      (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        300,133              608,040
       税金等調整前四半期純利益
                                        41,145              40,054
       減価償却費
                                        27,607              29,238
       のれん償却額
                                         4,445              2,474
       固定資産除売却損益(△は益)
                                           9
       投資有価証券売却損益(△は益)                                                  -
                                                       15,177
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 28,097
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 305              △ 61
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                 △ 46,195             △ 44,866
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                △ 208,473                 -
       債務保証損失引当金の増減額(△は減少)                                 △ 3,996             △ 3,996
       受取利息及び受取配当金                                 △ 1,539             △ 1,413
                                          676              526
       支払利息
                                         3,770              57,111
       売上債権の増減額(△は増加)
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 21,972             △ 49,435
                                        21,857
       仕入債務の増減額(△は減少)                                               △ 11,490
                                        222,651              214,050
       前受金の増減額(△は減少)
                                       △ 118,458             △ 188,552
       その他
                                        193,258              666,858
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  1,527              1,410
       利息の支払額                                  △ 676             △ 568
                                       △ 61,004             △ 144,622
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                        133,106              523,078
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の預入による支出                                    -            △ 1,800
                                        100,000               1,200
       定期預金の払戻による収入
       有価証券の取得による支出                               △ 2,099,906              △ 800,000
                                       2,599,914              1,600,000
       有価証券の売却及び償還による収入
                                           0
       投資有価証券の売却及び償還による収入                                                  -
       出資金の払込による支出                                    -           △ 35,000
       有形及び無形固定資産の取得による支出                                 △ 12,877             △ 32,338
                                          15
       有形及び無形固定資産の売却による収入                                                  -
       差入保証金の差入による支出                                 △ 1,584             △ 33,184
       資産除去債務の履行による支出                                 △ 8,612                -
       預け金の預入による支出                                    -           △ 800,000
                                        △ 4,976             △ 10,373
       その他
                                        571,971
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                              △ 111,496
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       自己株式の取得による支出                                  △ 128               -
       配当金の支払額                                △ 369,191             △ 274,027
                                       △ 30,209             △ 31,472
       その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 399,529             △ 305,499
                                        305,548              106,081
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                       6,778,716              7,399,416
     現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※ 7,084,265             ※ 7,505,497
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                18/27





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         (連結の範囲の重要な変更)
          第1四半期連結会計期間より、新たに設立した株式会社タナベコンサルティングを連結の範囲に含めておりま
         す。
        (会計方針の変更)

         (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
          「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                     2021年6月17日。以下「時価算
         定会計基準適用指針」という。)を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第
         27-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわたっ
         て適用することといたしました。
          これによる当第2四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表に与える影響はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計
         適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算する方法を採用して
         おります。
          ただし、当該見積実効税率を用いて税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果となる場合には、法定実効
         税率を使用する方法によっております。
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※1.売上高の季節的変動
            当社グループが販売しているブルーダイアリー(手帳)の売上高は、第3四半期連結会計期間に集中する
           傾向があるため、四半期連結会計期間別の業績には季節的変動があります。
         ※2.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。

                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    2021年4月1日              (自    2022年4月1日
                             至     2021年9月30日)               至     2022年9月30日)
         給料及び手当                           617,243    千円             525,300    千円
                                     15,200                 18,160
         退職給付費用
                                     24,263                 21,526
         賞与引当金繰入額
         貸倒引当金繰入額                            △ 305                 △ 61
                                19/27








                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次の
           とおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                              至 2021年9月30日)                 至 2022年9月30日)
         現金及び預金勘定                          7,084,265千円                 7,505,497千円
         現金及び現金同等物                          7,084,265                 7,505,497
        (株主資本等関係)

         前第2四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年9月30日)
          1.配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
          決議      株式の種類              配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
       2021年6月25日
                普通株式        370,353         43   2021年3月31日         2021年6月28日         利益剰余金
       定時株主総会
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

            の末日後となるもの
                             1株当たり
                      配当金の総額
          決議      株式の種類              配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
       2021年11月12日
                普通株式        120,782         14   2021年9月30日         2021年12月2日         利益剰余金
        取締役会
          (注)2021年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。「1株当たりの配当
             額」につきましては、当該株式分割前の金額を記載しております。
         当第2四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)

          1.配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
          決議      株式の種類              配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
       2022年6月28日
                普通株式        274,473         16   2022年3月31日         2022年6月29日         利益剰余金
       定時株主総会
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

            の末日後となるもの
                             1株当たり
                      配当金の総額
          決議      株式の種類              配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
       2022年11月10日
                普通株式        154,391         9   2022年9月30日         2022年12月2日         利益剰余金
        取締役会
                                20/27





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          当社グループは、経営コンサルティング事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        (収益認識関係)

         【顧客との契約から生じる収益を分解した情報】
          当社グループは、単一セグメントであり、顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、以下のとおりであ
         ります。
          なお、従来、顧客との契約から生じる収益を分解した情報を「戦略コンサルティング」、「DXコンサルティ
         ング」、「ブランド&デザインコンサルティング」、「セールスプロモーション商品」に区分しておりました
         が、高度な専門性を総合化して発揮できる組織体制へと機能強化・拡充したことに伴い、第1四半期連結会計期
         間より、以下の区分に変更しております。
          この変更に伴い、前第2四半期連結累計期間の顧客との契約から生じる収益を分解した情報も変更後の区分で
         記載しております。
                                                     (単位:千円)

                             前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間
          経営コンサルティング領域                    (自 2021年4月1日                (自 2022年4月1日
                               至 2021年9月30日)                至 2022年9月30日)
     ストラテジー&ドメイン                                 1,201,894                1,384,489
     デジタル・DX                                  854,580               1,055,075

     HR                                  808,161                910,461

     ファイナンス・M&A                                  763,634                986,639

     ブランディング&マーケティング                                  732,900                925,141

     プロモーション商品                                  175,498                124,304

     顧客との契約から生じる収益                                 4,536,670                5,386,112

     その他の収益                                    -                -

     外部顧客への売上高                                 4,536,670                5,386,112

                                21/27









                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下
        のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                 至 2021年9月30日)              至 2022年9月30日)
      (1)  1株当たり四半期純利益
                                       12円57銭              22円54銭
       (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する四半期純利益 (千円)                                216,716              386,671

        普通株主に帰属しない金額     (千円)                                   -              -

        普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        216,716              386,671
        四半期純利益           (千円)
        普通株式の期中平均株式数      (株)                              17,234,015              17,154,578
      (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益
                                       12円57銭                  -
       (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する四半期純利益
                                          -              -
        調整額              (千円)
        普通株式増加数           (株)                                 2,735                -
       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株                               -              -
       当たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株
       式で、前連結会計年度末から重要な変動があった
       ものの概要
    (注)1.当社は、2021年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度の
          期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純
          利益を算定しております。
        2.当第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、希薄化効果を有している潜
          在株式が存在しないため記載しておりません。
                                22/27










                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
        (重要な後発事象)
         (会社分割による純粋持株会社体制への移行)
          当社は、2022年6月28日開催の第60回定時株主総会の承認を経て、2022年10月1日付で当社を分割会社、当社
         の100%子会社である株式会社タナベコンサルティングを承継会社とする吸収分割を実施し、純粋持株会社体制
         へ移行いたしました。
          また、同日付で当社の商号を株式会社タナベコンサルティンググループに変更しております。 
         1.会社分割の概要

         (1)対象となった事業の内容
           経営コンサルティング全事業
         (2)企業結合日

           2022年10月1日
         (3)企業結合の法的形式

           当社を分割会社とし、当社の100%子会社である株式会社タナベコンサルティングを承継会社とする吸収分
          割
         (4)結合後企業の名称

           分割会社:株式会社タナベコンサルティンググループ
           承継会社:株式会社タナベコンサルティング
         (5)会社分割の目的

           当社は   、 日本における経営コンサルティングのパイオニアと呼ばれ                           、 今年で創業65周年を迎えました。               「 企業
          を愛し   、 企業とともに歩み        、 企業繫栄に奉仕する         」 という創業の理念実現に挑み続け                、 全国各地域でチームコン
          サルティングバリューを発揮することで                   、 多くの企業を救い        、 成長へ貢献してまいりました              。「  ファーストコー
          ルカンパニー       100年先も一番に選ばれる会社へ               、 決断を   。」  というコンセプトをクライアント企業と共有し                      、 と
          もに歩んでおります         。
           当社が   、 創業65周年を迎えることを機に               、 中期経営計画(2021~2025)             「 TCG    Future    Vision    2030  」 で掲
          げる  「 One&Only     世界で唯一無二の新しい経営コンサルティンググループ                          」 の実現を目指して        、 当社  、 グループ
          企業である株式会社タナベコンサルティング、株式会社リーディング・ソリューション                                         、 グローウィン・パー
          トナーズ株式会社         、 株式会社ジェイスリーが            、 引き続き    「 All  for  the  Client    すべてはクライアントのため
          に 」、  企業そして社会に貢献し           、 グループ企業価値の最大化を実現すべく                   、 以下の目的により        、 純粋持株会社体制
          へと移行いたしました          。
           ①グループ企業価値の最大化
           ②中期経営計画(2021~2025)              「 TCG    Future    Vision    2030  」 の実現
           ③各事業会社における次世代経営者・リーダー人材の育成 
         2.実施した会計処理の概要

          「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 2019年1月16日)及び「企業結合会計基準及び事業分
         離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 2019年1月16日)に基づき、共通支配下の取
         引として処理しております。
                                23/27






                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
     2【その他】
        2022年11月10日、会社法第370条及び当社定款第26条(取締役会の決議の省略)に基づき、次のとおり第61期の中
      間の剰余金の配当を行うことを決議いたしました。
         ①配当金の総額                   154,391千円
         ②1株当たりの金額                                              9円00銭
         ③支払請求の効力発生日及び支払開始日                               2022年12月2日
        (注)2022年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払を行います。
                                24/27


















                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。

                                25/27




















                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2022年11月11日

    株式会社タナベコンサルティンググループ

      取締役会 御中

                              EY新日本有限責任監査法人

                              大阪事務所
                               指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                坂井 俊介
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                飛田 貴史
                               業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社タナベ
    コンサルティンググループ(旧会社名 株式会社タナベ経営)の2022年4月1日から2023年3月31日までの連結会計年度
    の第2四半期連結会計期間(2022年7月1日から2022年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2022年4月1日か
    ら2022年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期
    連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社タナベコンサルティンググループ(旧会社名 株式会社タナ
    ベ経営)及び連結子会社の2022年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成
    績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかっ
    た。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                26/27





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社タナベコンサルティンググループ(E04887)
                                                            四半期報告書
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
    手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される
    年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
    られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか
    結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四半期
    連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が適切でな
    い場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、
    四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続で
    きなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
    基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務諸
    表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる
    事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
    人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査人
    の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事
    項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
    査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
    いる場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以  上

    (注)1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                27/27








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。