株式会社サイフューズ 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 株式会社サイフューズ
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
    【提出書類】                       有価証券届出書

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       2022年10月27日

    【会社名】                       株式会社サイフューズ

    【英訳名】                       Cyfuse    Biomedical      K.K.

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役  秋 枝 静 香

    【本店の所在の場所】                       東京都港区三田三丁目5番27号 住友不動産三田ツインビル西館

    【電話番号】                       (03)6435-1885(代表)

    【事務連絡者氏名】                       取締役    CFO    経営管理部長  三 條 真 弘

    【最寄りの連絡場所】                       東京都港区三田三丁目5番27号 住友不動産三田ツインビル西館

    【電話番号】                       (03)6435-1885(代表)

    【事務連絡者氏名】                       取締役    CFO    経営管理部長  三 條 真 弘

    【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                       株式

    【届出の対象とした募集(売出)金額】                       募集金額

                           ブックビルディング方式による募集                      1,854,062,500       円
                           売出金額
                           (引受人の買取引受による売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し                        487,378,500      円
                           (オーバーアロットメントによる売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し                        400,128,500      円
                           (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会社法
                              上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証券届出書
                              提出時における見込額であります。
                              なお、本募集に係る募集株式には、日本国内において販売
                              される株式と、株式会社SBI証券の関係会社等を通じ
                              て、欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及
                              びカナダを除く。)の海外投資家に対して販売される株式が
                              含まれております。
                              詳細は、「第一部 証券情報 第1 募集要項 1 新規
                              発行株式」をご参照ください。
    【縦覧に供する場所】                       該当事項はありません。

                                  1/214



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】

    1  【新規発行株式】

         種類            発行数(株)                     内容

                               完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当
        普通株式            1,250,000(注)2           社における標準となる株式であります。なお、単元株
                               式数は100株であります。
     (注)   1.2022年10月27日開催の取締役会決議によっております。
       2.2022年10月27日開催の取締役会において決議された公募による新株式発行(以下「本募集」という。)の発行
         株式1,250,000株のうちの一部が、                株式会社SBI証券         の関係会社等を通じて、欧州及びアジアを中心とす
         る海外市場(ただし、米国及びカナダを除く。)の海外投資家に対して販売(以下「海外販売」といい、海外
         販売の対象となる株数を「海外販売株数」という。)されることがあります。なお、本募集の発行数につい
         ては、2022年11月11日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
         上記発行数は、本募集による日本国内において販売(以下「国内募集」という。)される株数(以下「国内販
         売株数」という。)の上限であります。国内販売株数及び海外販売株数の最終的な内訳は、本募集及び本募
         集と同時に行われる後記「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」に記載の売出
         し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)の需要状況等を勘案した上で、発行価格決定日(2022
         年11月22日)に決定されます。
         海外販売に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.本邦以外の地域において開始
         される募集に係る事項について」をご参照ください。
       3.当社は、      株式会社SBI証券に対し            、 上記引受株式数のうち一部を             、 当社が指定する販売先(親引け先)に
         売付けることを要請する予定であります。当社が指定する販売先(親引け先)・株式数・目的は下表に記載
         のとおりです。
           指定する販売先(親引け先)                      株式数                目的
          PHC株式会社                未定(「第1 募集事項」におけ                 当社と共同研究に関する契約を
          (東京都港区西新橋二丁目38番5                る募集株式のうち、300百万円を上                 締結している先であり、今後も
          号)                限として、2022年11月22日(発行                 関係性を維持・発展させていく
                           価格決定日)に決定される予定)                 ため
          福岡地所株式会社                未定(「第1 募集事項」におけ                 当社の既存株主かつ、業務資本
          (福岡県福岡市博多区住吉一丁目                る募集株式のうち、130百万円を上                 提携契約を締結している先であ
          2番25号)                限として、2022年11月22日(発行                 り、今後も関係性を維持・発展
                           価格決定日)に決定される予定)                 させていくため
          サイフューズ従業員持株会                未定(「第1 募集事項」におけ                 従業員の福利厚生        のため
          (東京都港区三田三丁目5番27                る募集株式のうち、10百万円を上
          号)                限として、2022年11月22日(発行
                           価格決定日)に決定される予定)
         なお、親引けは、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」

         に従い、発行者が指定する販売先への売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含む。)でありま
         す。
       4.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
         名称:株式会社証券保管振替機構
         住所:東京都中央区日本橋兜町7番1号
       5.上記とは別に、2022年10月27日開催の取締役会において、                             株式会社SBI証券を割当先とする当社普通株式
         229,300株の第三者割当増資を行うことを決議しております。
         なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.第三者割当増資とシンジケート
         カバー取引について」をご参照ください。
                                  2/214




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【募集の方法】
      2022年11月22日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
     欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引受
     価額と異なる価額(発行価格)で国内募集を行います。引受価額は2022年11月11日開催予定の取締役会において決定さ
     れる会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総額を当社に払込み、国内募集
     における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受手数料を支払いませ
     ん。
      なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第246
     条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投
     資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況等を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決定する
     価格で行います。
            区分             発行数(株)         発行価額の総額(円)           資本組入額の総額(円)

    入札方式のうち入札による募集                           ―            ―            ―

    入札方式のうち入札によらない募集                           ―            ―            ―

    ブックビルディング方式                        1,250,000          1,854,062,500            1,003,375,000

          計(総発行株式)                  1,250,000          1,854,062,500            1,003,375,000

     (注)   1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
       2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されて
         おります。
       3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
       4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、2022年10月27日開催の取締役会決議に基づき、
         2022年11月22日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
         資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であり
         ます。
       5.発行数、発行価額の総額及び資本組入額の総額は、国内販売株数の上限に係るものであります。海外販売株
         数に係るものにつきましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.本邦以外の地域において
         開始される募集に係る事項について」をご参照ください。
       6.有価証券届出書提出時における想定仮条件(1,470円~2,020円)の平均価格(1,745円)で算出した場合、国内
         募集における発行価格の総額(見込額)は2,181,250,000円となります。
       7.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条件
         (引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状況等
         を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
         なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
         ロットメントによる売出し)」及び「第2 売出要項 4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売
         出し)」をご参照ください。
       8.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
         しに関する特別記載事項 4.ロックアップについて」をご参照ください。
                                  3/214







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【募集の条件】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による募集】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない募集】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

     発行     引受     払込     資本    申込株数                   申込

     価格     価額     金額    組入額     単位        申込期間          証拠金       払込期日
     (円)     (円)     (円)     (円)     (株)                  (円)
     未定     未定     未定     未定         自 2022年11月24日(木)              未定
                        100                      2022年11月30日(水)
     (注)1     (注)1     (注)2     (注)3          至 2022年11月29日(火)             (注)4
     (注)   1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
         発行価格は、2022年11月11日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況等、上場日までの価格変動リス
         ク等を総合的に勘案した上で、2022年11月22日に引受価額と同時に決定する予定であります。
         仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
         が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
         需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
         関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
       2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2022年11月11日開催予定の取締役会において決定される予定であ
         ります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び2022年11月
         22日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手
         取金となります。
       3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、2022年10月27日開催の取締役会において、
         増加する資本金の額は、2022年11月22日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第
         1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
         きは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加
         する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
       4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
         期日に新株式払込金に振替充当いたします。
       5.株式受渡期日は、2022年12月1日(木)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に係
         る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従
         い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、本募集に係る株券
         は、発行されません。
       6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.申込みに先立ち、2022年11月15日から2022年11月21日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
         需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更または撤回することが可能であります。
         販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
         の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
         引受人及びその委託販売先金融商品取引業者は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分
         に関する基本方針及び社内規程等に従い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については各
         社の店頭における表示またはホームページにおける表示等をご確認ください。
       8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
      ①  【申込取扱場所】

        後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の全国の本店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。
      ②  【払込取扱場所】

                店名                          所在地

    株式会社三井住友銀行           日比谷支店

                               東京都港区西新橋一丁目3番1号
    株式会社三菱UFJ銀行 飯田橋支店                           東京都新宿区神楽坂三丁目7

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
                                  4/214



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【株式の引受け】
                                     引受株式数

     引受人の氏名又は名称                    住所                     引受けの条件
                                       (株)
    株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号
    岡三証券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目17番6号

                                            1.買取引受けによりま
                                              す。
    SMBC日興証券株式会
                                            2.引受人は新株式払込
                  東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
    社
                                              金として、2022年 
    三菱UFJモルガン・ス
                                              11月30日までに払込
                  東京都千代田区大手町一丁目9番2号
    タンレー証券株式会社
                                              取扱場所へ引受価額
                                              と同額を払込むこと
    楽天証券株式会社             東京都港区南青山二丁目6番21号                     未定
                                              といたします。
                                            3.引受手数料は支払わ
    アイザワ証券株式会社             東京都港区東新橋一丁目9番1号
                                              れません。ただし、
                                              発行価格と引受価額
    東洋証券株式会社             東京都中央区八丁堀四丁目7番1号
                                              との差額の総額は引
                                              受人の手取金となり
                                              ます。
    松井証券株式会社             東京都千代田区麹町一丁目4番地
    水戸証券株式会社             東京都中央区日本橋二丁目3番10号

          計                ―            1,250,000           ―

     (注)   1.2022年11月11日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
       2.上記引受人と発行価格決定日(2022年11月22日)に元引受契約を締結する予定であります。
       3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
         引業者に販売を委託する方針であります。また、当該委託販売分とは別に                                  引受人は、上記引受株式数のうち
         一部を、他の金融商品取引業者に販売を委託することがあります。
    5  【新規発行による手取金の使途】

     (1)  【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

              2,006,750,000                   15,300,000                1,991,450,000

     (注)   1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
         の総額であり、有価証券届出書提出時における想定仮条件                           (1,470円~2,020円)の平均価格(1,745円)                   を基礎
         として算出した見込額であります。
       2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
       3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
     (2)  【手取金の使途】

       上記手取概算額        1,991,450     千円に、海外販売の手取概算額(未定)及び本第三者割当増資の手取概算額上限
      368,118    千円を合わせた手取概算額合計上限                 2,359,568     千円については、研究開発費として、①現在開発中の再生医
      療パイプライン(末梢神経再生、骨軟骨再生、血管再生)の臨床試験費用、②次世代パイプラインの研究開発を推
      進するための研究開発費用、③各パイプラインの商業化に必要なシステム機器等の開発費用、今後の事業拡大に向
      けた体制強化費用として、④人件費・システム維持費用等としてそれぞれ充当する予定であります。具体的には以
      下のとおりであります。
       ①  現在開発中の再生医療パイプライン(末梢神経再生、骨軟骨再生、血管再生)の臨床試験費用

         再生医療等製品の製造販売を目指して開発を進める再生医療パイプラインについて、2023年12月期から臨床
        試験にかかる研究開発費が発生する予定であり、本臨床試験を円滑に進めるため、                                      関係医療機関での治験実施
        にかかる費用      、人件費、製造に必要な研究資材や消耗品の購入、評価テストや品質チェックにかかる外注費及
        び開発業務受託機関(CRO)等への委託費などに                      1,700,000     千円(2023年12月期に          500,000    千円、2024年12月期に
        800,000    千円、2025年12月期に          400,000    千円)を充当する予定であります。
       ②  次世代パイプラインの研究開発を推進するための研究開発費用

         上記①に記載の再生医療パイプラインに続く、次世代パイプラインの探索及び基礎研究を進め、パイプライ
                                  5/214

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ンの拡充及び当社の企業価値向上を図るため、研究資材や消耗品の購入、非臨床試験や評価試験等を外部専門
        機関に委託する外注費及び人件費などに                   420,000    千円(2023年12月期に          120,000    千円、2024年12月期に          140,000    千
        円、  2025年12月期に       160,000    千円)を充当する予定であります。
       ③  各パイプラインの商業化に必要なシステム機器等の開発費用

         今後の事業拡大に向けて再生医療等製品の製造販売体制を強化するため、培養システム、保管搬送システ
        ム、製造工程管理システム等の各パイプラインの商業化に必要なシステム機器等の開発費用などに                                             105,000    千円
        (2023年12月期に        30,000   千円、2024年12月期に          27,000   千円、2025年12月期に          48,000   千円)を充当する予定であ
        ります。
       ④  人件費・システム維持費用

         将来的な海外展開を見据えた研究開発規模及び事業規模の拡大を図るため、                                   事業開発及びマーケティング等
        にかかる採用費及び人件費、              マネジメント人材にかかる人件費及び上場会社の運営にかかるシステム維持費用
        などに   134,568    千円(2023年12月期に          43,000   千円、2024年12月期に          43,000   千円、2025年12月期に          48,568   千円)を
        充当する予定であります。
       なお、上記調達資金は、具体的な充当時期までは安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。

                                  6/214














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【売出要項】
    1  【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】

      2022年11月22日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件(引
     受人の買取引受による売出し) (2)                 ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出要項」
     において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、発行価
     格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株式受渡期日に引
     受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金
     といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                              売出価額の総額           売出しに係る株式の所有者の

       種類           売出数(株)
                                 (円)          住所及び氏名又は名称
            入札方式のうち入札
       ―                    ―         ―          ―
            による売出し
            入札方式のうち入札
       ―                    ―         ―          ―
            によらない売出し
                                       茨城県つくば市学園南二丁目2番地1
                                       CYBERDYNE株式会社    86,200株
                                       東京都千代田区丸の内二丁目3番2号

                                       ニッセイ・キャピタル5号投資事業有
            ブックビルディング
                                       限責任組合                86,200株
      普通株式                   279,300       487,378,500
            方式
                                       福岡県春日市
                                       秋枝 静香                   53,800株
                                       東京都渋谷区

                                       三條 真弘                    53,100株
    計(総売出株式)            ―        279,300       487,378,500               ―
     (注)   1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されてお
         ります。
       2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
         ます。
       3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定                            仮条件(1,470円~2,020円)の平均価格(1,745円)                      で
         算出した見込額であります。
       4.売出数等については今後変更される可能性があります。
       5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同一
         であります。
       6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況等を勘案し、オーバーアロットメント
         による売出しを行う場合があります。
         なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
         売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照ください。
       7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
         いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 4.ロックアップについて」をご参照ください。
                                  7/214







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

     売出     引受           申込株数      申込                         元引受

                                         引受人の住所及び
     価格     価額     申込期間       単位    証拠金     申込受付場所                     契約の
                                          氏名又は名称
     (円)     (円)             (株)     (円)                          内容
               自 2022年

     未定                                  東京都港区六本木一丁目6
          未定    11月24日(木)             未定    引受人の本店                      未定
     (注)1                   100               番1号
          (注)2     至 2022年            (注)2     及び営業所                     (注)3
     (注)2                                  株式会社SBI証券
              11月29日(火)
     (注)   1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                 ブックビルディング方式」の(注)1.と

         同様であります。
       2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
         申込証拠金には、利息をつけません。
         引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
       3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
         価格決定日(2022年11月22日)に決定する予定であります。
         なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
         は引受人の手取金となります。
       4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
       5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機構
         の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行う
         ことができます。なお、引受人の買取引受による売出しに係る株券は、発行されません。
       6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.上記引受人の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                  ブックビルディング方式」の(注)7.
         に記載した販売方針と同様であります。
                                  8/214










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                 売出価額の総額          売出しに係る株式の所有者の

       種類            売出数(株)
                                   (円)         住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち入札
        ―                      ―          ―         ―
             による売出し
             入札方式のうち入札
        ―                      ―          ―         ―
             によらない売出し
                                          東京都港区六本木一丁目6番
             ブックビルディング                             1号
      普通株式                     229,300        400,128,500
             方式                             株式会社SBI証券
                                                    229,300    株
     計(総売出株式)             ―         229,300        400,128,500             ―
     (注)   1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
         況等を勘案し、株式会社SBI証券が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売
         出しに係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況等により減少若しくは中止される場合が
         あります。
       2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、2022年10月27日開催の取締役会において、株式
         会社SBI証券を割当先とする当社普通株式                     229,300    株の第三者割当増資の決議を行っております。また、
         株式会社SBI証券は、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を
         上限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があります。
         なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.第三者割当増資とシンジケート
         カバー取引について」をご参照ください。
       3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されてお
         ります。
       4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
         いたします。
       5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定                            仮条件(1,470円~2,020円)の平均価格(1,745円)                      で
         算出した見込額であります。
       6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同一
         であります。
    4  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】

     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

    売出価格            申込株数単位       申込証拠金                  引受人の住所及び          元引受契約

          申込期間                     申込受付場所
     (円)             (株)       (円)                  氏名又は名称          の内容
          自 2022年
     未定    11月24日(木)                未定     株式会社SBI証券
                     100                        ―        ―
     (注)1     至 2022年               (注)1     の本店及び営業所
         11月29日(火)
     (注)   1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
         れぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけませ
         ん。
       2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定であ
         ります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に
         従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、オーバーアロッ
         トメントによる売出しに係る株券は、発行されません。
       3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       4.株式会社SBI証券の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出
         し) (2)     ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                  9/214



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
    1.東京証券取引所グロース市場への上場について
      当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
     について、株式会社SBI証券を主幹事会社として、東京証券取引所グロース市場への上場を予定しております。
    2.本邦以外の地域において開始される募集に係る事項について

      本募集の発行株式のうちの一部が、株式会社SBI証券の関係会社等を通じて、海外販売されることがあります。
     以下は、かかる本募集における海外販売の内容として、企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第1号に掲
     げる各事項を一括して掲載したものであります。
     (1)  株式の種類

       当社普通株式
     (2)  海外販売の発行数(海外販売株数)

       未定
       (注) 上記発行数は、海外販売株数であり、本募集及び引受人の買取引受による売出しの需要状況等を勘案した
          上で、発行価格決定日(2022年11月22日)に決定されます。
     (3)  海外販売の発行価格(募集価格)

       未定
       (注)   1.海外販売の発行価格の決定方法は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                        ブックビルディング
           方式」の(注)1.と同様であります。
         2.海外販売の発行価格は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                   ブックビルディング方式」に記
           載の国内募集における発行価格と同一といたします。
     (4)  海外販売の発行価額(会社法上の払込金額)

       未定
       (注)   1.前記「第1 募集要項 2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、会社法上の払込金額及び2022年11
           月 22日に決定される予定の発行価格、引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の
           総額は、引受人の手取金となります。
         2.海外販売の発行価額は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                   ブックビルディング方式」に記
           載の国内募集における払込金額と同一といたします。
     (5)  海外販売の資本組入額

       未定
       (注) 海外販売の資本組入額は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                     ブックビルディング方式」に記
          載の国内募集における資本組入額と同一といたします。
     (6)  海外販売の発行価額の総額

       未定
     (7)  海外販売の資本組入額の総額

       未定
       (注) 海外販売の資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金の額であり、会社計算規則第14条第1項に従
          い算出される資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出し
          ます。
     (8)  株式の内容

       完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。なお、単元株式数
      は100株であります。
                                 10/214



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (9)  発行方法
       下記(10)に記載の引受人が本募集における発行株式を買取引受けした上で、本募集の発行株式のうちの一部を株
      式会社SBI証券の関係会社等を通じて、海外販売します。
     (10)   引受人の名称

       前記「第1 募集要項 4 株式の引受け」に記載の引受人
     (11)   募集を行う地域

       欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除く。)
     (12)   提出会社が取得する手取金の総額並びに使途ごとの内容、金額及び支出予定時期

      ① 手取金の総額
        払込金額の総額    未定
        発行諸費用の概算額  未定
        差引手取概算額    未定
      ② 手取金の使途ごとの内容、金額及び支出予定時期

       前記「第1 募集要項 5 新規発行による手取金の使途 (2)                              手取金の使途」に記載のとおり
     (13)   海外販売の新規発行年月日(払込期日)

       2022年11月30日(水)
     (14)   当該有価証券を金融商品取引所に上場しようとする場合における当該金融商品取引所の名称

       株式会社東京証券取引所
                                 11/214











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について
      オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
     に、株式会社SBI証券が当社株主であるSBI                      Ventures     Two株式会社(以下「貸株人」という。)より借入れる株式で
     あります。これに関連して、当社は、2022年10月27日開催の取締役会において、株式会社SBI証券を割当先とする
     当社普通株式229,300株の第三者割当増資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本
     件第三者割当増資の会社法上の募集事項については、以下のとおりであります。
    募集株式の種類及び数               当社普通株式229,300株
    募集株式の払込金額               未定(「第1 募集要項」に記載の募集株式の払込金額と同一とする。)

    割当価格               未定(「第1 募集要項」に記載の募集株式の引受価額と同一とする。)

    払込期日               2022年12月23日(金)

                   増加する資本金の額は、割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項に従い
    増加資本金及び資本準備金に               算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端
    関する事項               数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。また、増加する資本準備
                   金の額は、資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とする。
                   株式会社三井住友銀行 日比谷支店
    払込取扱場所
                   株式会社三菱UFJ銀行 飯田橋支店
      株式会社SBI証券は、貸株人から借受けた株式を、本件第三者割当増資による株式の割当て又は下記のシンジ
     ケートカバー取引もしくはその双方により取得した株式により返還します。
      また、株式会社SBI証券は、上場(売買開始)日から2022年12月20日までの間、オーバーアロットメントによる売
     出しに係る株式数を上限とし、貸株人から借受けている株式の返還に充当するために、シンジケートカバー取引を行
     う場合があります。
      なお、株式会社SBI証券は、シンジケートカバー取引により取得した株式数については、割当てに応じない予定
     でありますので、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、又は発行そのもの
     が全く行われない場合があります。
      また、シンジケートカバー取引期間内においても、株式会社SBI証券の判断で、シンジケートカバー取引を全く
     行わないか、又は買い付けた株式数が上限株式数に達しなくともシンジケートカバー取引を終了させる場合がありま
     す。
                                 12/214










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4.ロックアップについて
      本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人であるSBI                                   Ventures     Two株式会社、売出人である
     秋枝静香、三條真弘及び           CYBERDYNE株式会社         、並びに当社株主である富士フイルム株式会社、積水化学工業株式会社、
     中山功一、株式会社JTファイナンシャルサービス、株式会社新生銀行、三菱HCキャピタル株式会社、口石幸治、
     太陽ホールディングス株式会社、国立研究開発法人科学技術振興機構、澁谷工業株式会社、川野隆清、岩谷ベン
     チャーキャピタル合同会社、              徳永周彦及びサイフューズ従業員持株会                   は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から
     上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の2023年5月29日までの期間(以下「ロックアップ期間①」という。)
     中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式                            (当社新株予約権及び新株予約権の行使により取得した
     当社普通株式を含む)          の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのた
     めに当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。
      また、   売出人であるニッセイ・キャピタル5号投資事業有限責任組合並びに                                当社株主であるニッセイ・キャピタル
     7号投資事業有限責任組合、三菱UFJキャピタル4号投資事業有限責任組合、名古屋大学・東海地区大学広域ベン
     チャー1号投資事業有限責任組合、SBI                  AI&Blockchain投資事業有限責任組合、サイフューズSKND投資事業有限責任組
     合、DCIハイテク製造業成長支援投資事業有限責任組合、東京都ベンチャー企業成長支援投資事業有限責任組合、QB第
     一号投資事業有限責任組合、DBJキャピタル投資事業有限責任組合及びニッセイ・キャピタル6号投資事業有限責任組
     合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の2023年2月28日まで
     の期間(以下「ロックアップ期間②」といい、ロックアップ期間①とあわせて以下、「ロックアップ期間」とい
     う。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し
     及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取
     引所での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。
      加えて、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間①中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株
     式の発行、当社株式に転換もしくは交換される有価証券の発行または当社株式を取得もしくは受領する権利を付与さ
     れた有価証券の発行(ただし、本募集、株式分割                       及びオーバーアロットメントによる売出しに関連し、2022年10月27
     日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資                                       等を除く。)等を行わない旨合
     意しております。
      なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であってもその裁量で当該合意の内容を
     一部もしくは全部につき解除できる権限を有しております。
      上記のほか、当社は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募
     集株式等の割当等に関し、割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っております。その内容については、「第
     四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照ください。
                                 13/214









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5.独立引受幹事会社について
      当社の主幹事会社である株式会社SBI証券の親法人等であるSBI                                Ventures     Two株式会社、株式会社新生銀行及び
     SBI  AI&Blockchain投資事業有限責任組合は各々当社の株主であり、これらの親法人等が当社の総株主の議決権の100
     分の15以上の議決権を保有していることから、当社は、日本証券業協会「有価証券の引受け等に関する規則」(以下
     「規則」という。)第11条の2に規定する「関係する発行者」に該当いたします。そのため、当社及び株式会社SB
     I証券は、資本及び人的関係において独立性を有し、発行価格等の決定に関与する引受会員(金融商品取引業等に関
     する内閣府令第153条第1項第4号ニに規定する要件の全てを満たす金融商品取引業者。以下、「独立引受幹事会社」
     という。)を定めております。詳細は以下のとおりであります。
                  当社の主幹事会社である株式会社SBI証券は、SBIホールディングス株式会社が
                  中間持株会社であるSBIファイナンシャルサービシーズ株式会社を通じて議決権の
                  100%を所有する子会社であります。また、当社の株主であるSBI                              Ventures     Two株式会
                  社は、SBIホールディングス株式会社が議決権の100%を所有する子会社でありま
                  す。加えて、当社の株主である株式会社新生銀行は、SBIホールディングス株式会
                  社が中間持株会社であるSBI地銀ホールディングス株式会社を通じて議決権の
                  50 .05  %を所有する子会社であります。更に、当社の株主であるSBI                             AI&Blockchain投
      当社と主幹事会社である
                  資事業有限責任組合の無限責任組合員であるSBIインベストメント株式会社は、S
    (1)  株式会社SBI証券との
      関係の具体的な内容
                  BIホールディングス株式会社が中間持株会社であるSBIキャピタルマネジメント
                  株式会社を通じて議決権の100%を所有する子会社であります。従って、SBI                                   Ventures
                  Two株式会社、株式会社新生銀行及びSBI                   AI&Blockchain投資事業有限責任組合は株式
                  会社SBI証券の親法人等に該当し、本有価証券届出書提出日(2022年10月27日)現
                  在、これらの親法人等が保有する当社の総株主の議決権は                           15.44   %であることから、当
                  社は、規則第11条の2に規定する「関係する発行者」に該当いたします。
                  そのため、規則第11条の2に基づき、規則第9条第2項並びに第10条及び第11条の規
                  定を準用するものであります。
    (2)  独立引受幹事会社            岡三証券株式会社
                  具体的な措置の内容は以下のとおりです。
      当該独立引受幹事会員が            ・当社、主幹事会社及び独立引受幹事との間において引受審査の手続きに係る契約を
      価格等の決定に当たり発             締結すること
    (3)  行者から影響を受けない            ・独立引受幹事が、投資家の需要状況等、価格等の決定に必要な情報に関し、主幹事
      ようにするためにとった             会社と同等の情報を入手すること
      具体的な措置の内容            ・発行価格等の決定は、金融商品取引所の規則に定めるブックビルディング方式によ
                   ること
      発行価格の決定方法の具            ブックビルディング方式によって決定いたします。詳細は「第1 募集要項 3 募

    (4)
      体的な内容            集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1.をご参照ください。
                                 14/214









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【その他の記載事項】
     新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
     (1)  表紙に当社のロゴマーク


                                          を記載いたします。
     (2)  裏表紙に当社のロゴマーク                         及びスローガン「CREATING             HOPE   FROM   CELLS」を記載いた


      します。

     (3)  表紙の次に「Fusion!           ~コーポレートマークの意味~」~「業績の推移」をカラー印刷したものを記載いたしま

      す。
                                 15/214














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/214





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/214





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 18/214





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 19/214





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 20/214





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 21/214





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 22/214





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部     【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

         回次          第8期        第9期        第10期        第11期        第12期

        決算年月          2017年12月        2018年12月        2019年12月        2020年12月        2021年12月

    売上高         (千円)        78,922        26,123       121,810        137,484        708,245

    経常利益又は
              (千円)      △ 355,761       △ 383,622       △ 369,495       △ 327,492        144,914
    経常損失(△)
    当期純利益又は
              (千円)      △ 398,096       △ 385,631       △ 371,504       △ 329,501        142,905
    当期純損失(△)
    持分法を適用した
              (千円)          ―        ―        ―        ―        ―
    場合の投資利益
    資本金         (千円)       100,000        100,000        100,000        100,000        100,000
    発行済株式総数
     普通株式         (株)        1,001        1,001        1,001        1,001        1,001
     A種優先株式                 1,637        1,637        1,637        1,637        1,637
     B種優先株式                 3,125        3,125        3,125        3,125        3,125
     C種優先株式                 2,537        3,337        3,337        3,337        3,337
     D種優先株式                  ―        76      1,410        1,610        1,910
     E種優先株式                  ―        ―        ―        ―       110
    純資産額         (千円)      1,470,465        1,483,464        1,778,959        1,549,458        1,900,114
    総資産額         (千円)      1,978,116        1,750,418        2,037,902        2,196,213        2,646,232

    1株当たり
              (円)   △ 1,649,169.33       △ 2,034,415.12       △ 2,405,548.48         △ 5,469.44       △ 5,183.91
    純資産額
    1株当たり配当額
                        ―        ―        ―        ―        ―
    (1株当たり中間          (円)
                       ( ― )      ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)
    配当額)
    1株当たり当期純
    利益又は1株当た          (円)    △ 397,698.79       △ 385,245.79       △ 371,133.37         △ 658.34        285.53
    り当期純損失(△)
    潜在株式調整後
    1株当たり          (円)         ―        ―        ―        ―        ―
    当期純利益
    自己資本比率          (%)        74.3        84.7        87.2        70.5        71.8
    自己資本利益率          (%)         ―        ―        ―        ―       8.3

    株価収益率          (倍)         ―        ―        ―        ―        ―

    配当性向          (%)         ―        ―        ―        ―        ―

    営業活動による
    キャッシュ・         (千円)          ―        ―        ―    △ 294,001        161,537
    フロー
    投資活動による
    キャッシュ・         (千円)          ―        ―        ―      △ 264     △ 50,583
    フロー
    財務活動による
    キャッシュ・         (千円)          ―        ―        ―     488,905        229,206
    フロー
    現金及び現金同等
              (千円)          ―        ―        ―    1,272,879        1,613,040
    物の期末残高
    従業員数
                        15        21        19        19        22
    〔外、平均臨時          (名)
                      〔 1 〕      〔 2 〕      〔 3 〕      〔 2 〕      〔 2 〕
    雇用者数〕
                                 23/214


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注)   1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
         載しておりません。
       2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       3.第11期及び第12期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和38年
         大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、有限責任                                                あ
         ずさ監査法人及び東邦監査法人の監査を受けております。なお、第8期、第9期及び第10期については、会
         社計算規則(平成18年法務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を記載しております。また、当該各数
         値については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を受けておりません。
       4.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
       5.1株当たり純資産額については、優先株主からの払込金額を控除して算定しております。
       6.1株当たり配当額及び配当性向については、配当を実施していないため、記載しておりません。
       7.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、
         期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
       8.  当社は、2022年8月12日開催の取締役会決議により2022年9月2日付で株式1株につき500株の株式分割を
         行っておりますが、第11期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当
         期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額を算定しております。
       9.第8期、第9期、第10期及び第11期の自己資本利益率については、当期純損失を計上しているため記載して
         おりません。
       10.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
       11.第8期、第9期及び第10期は、キャッシュ・フロー計算書を作成しておりませんので、営業活動による
         キャッシュ・フロー、投資活動によるキャッシュ・フロー及び財務活動によるキャッシュ・フロー並びに現
         金及び現金同等物の期末残高については記載しておりません。
       12.第12期につきましては、敷金の差し入れによる支出等により投資活動によるキャッシュ・フローがマイナス
         となっております。
       13.第12期につきましては、短期借入金の増加及び株式の発行等により財務活動によるキャッシュ・フローがプ
         ラスとなっております
       14.定款に基づき、2022年8月19日付でA種優先株主、B種優先株主、C種優先株主、D種優先株主及びE種優
         先株主の株式取得請求権に応じたことにより、すべてのA種優先株式、B種優先株式、C種優先株式、D種
         優先株主及びE種優先株式を自己株式として取得し、対価として当該A種優先株式、B種優先株式、C種優
         先株式、D種優先株主及びE種優先株式1株に対し普通株式1株を交付しております。また、その後、2022
         年8月19日付で当該A種優先株式、B種優先株式、C種優先株式、D種優先株主及びE種優先株式をすべて
         消却しております。なお、当社は2022年9月2日付で種類株式を発行する旨の定款の定めを廃止しておりま
         す。
       15.当社は、2022年9月2日付で株式1株につき500株の株式分割を行っております。
         そこで、東京証券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請
         のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133号)に
         基づき、第8期の期首に           株式分割が行われた         と仮定して算出した場合の1株当たり指標の推移を参考までに
         掲げると、以下のとおりとなります。
         なお、第8期、第9期及び第10期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)については、有限責任
         あずさ監査法人及び東邦監査法人の監査を受けておりません。
            回次            第8期       第9期       第10期       第11期       第12期

           決算年月            2017年12月       2018年12月       2019年12月       2020年12月       2021年12月

    1株当たり純資産額                (円)    △3,298.34       △4,068.83       △4,811.10       △5,469.44       △5,183.91

    1株当たり当期純利益又は
                    (円)     △795.40       △770.49       △742.27       △658.34        285.53
    1株当たり当期純損失(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                    (円)        ―       ―       ―       ―       ―
    当期純利益
    1株当たり配当額                        ―       ―       ―       ―       ―
                    (円)
    (うち1株当たり中間配当額)                       (―)       (―)       (―)       (―)       (―)
                                 24/214





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【沿革】
      株式会社サイフューズは、再生・細胞医療分野・創薬支援分野等をはじめとする先端医療分野においてヒトの細胞
     のみから作製した組織・臓器を新しい製品として、患者さまへの移植や新薬開発等の研究開発現場へ提供することを
     目指して、創業いたしました。
      当社設立以降の会社沿革は、以下のとおりであります。
      年月                           概要

    2010年8月       東京都新宿区に       株式会社サイフューズを設立
    2010年9月       骨軟骨再生の細胞製品開発プロジェクトが国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機
           構(以下、NEDO)の委託事業(橋渡し推進技術開発)に採択
    2011年4月       本店を東京都新宿区から東京都千代田区へ移転
    2011年11月       立体組織再生に関する基本特許(三次元細胞積層技術)に関し、国立大学法人九州大学と独占ライ
           センス契約を締結
    2012年12月       細胞版の3Dプリンタ(バイオ3Dプリンタ)「Regenova®(レジェノバ)」の販売開始
    2013年4月       本店を東京都文京区へ移転。東京大学アントレプレナープラザ内に「東京ラボ」を開設。
    2014年4月       NEDOの委託事業(橋渡し推進技術開発)(2015年から国立研究開発法人日本医療研究開発機構(以
           下、AMED)の委託事業に移行)「立体造形による機能的な生体組織製造技術の開発/細胞を用いた
           機能的な立体組織作成技術の研究開発」(代表:佐賀大学)に採択
    2014年4月       NEDO(2015年からAMED委託事業に移行)の委託事業「再生医療の産業化に向けた細胞製造・加工シ
           ステムの開発」(代表:京都大学)に採択
    2015年5月       ベンチャー起業への国際的表彰「アジア・アントレプレナーシップ・アワード2015」((主催:
           アジア・アントレプレナーシップ・アワード運営委員会、共催:三井不動産株式会社、国立大学
           法人東京大学産学協創推進本部、一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ、一般社団法
           人日本ベンチャー学会、独立行政法人日本貿易振興機構))にて事業の革新性や事業の実行力に
           対する評価を受け、優勝
    2015年9月       北米でバイオ3Dプリンタ「Regenova®(製品名:レジェノバ)」の販売開始
    2017年6月       AMEDの委託事業「革新的医療技術創出拠点プロジェクト/HDMAC技術応用による変形性膝関節症に
           おける広範囲骨軟骨再生」(代表:九州大学)に採択
    2017年7月       AMEDの委託事業「革新的医療シーズ実用化研究事業/バイオ3D                             プリンタにより作製した三次元神
           経導管(Bio      3D  Conduit)を用いた革新的末梢神経再生法の臨床開発」(代表:京都大学)へ参画
    2017年8月       「大学発ベンチャー表彰2017」(主催:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)、国立研究開
           発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO))にて優れた大学発ベンチャーとしての評
           価を受け、「科学技術振興機構理事長賞」を受賞
    2017年8月       「第15回産学官連携功労者表彰」(主催:内閣府、総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産
           省、経済産業省、国土交通省、環境省、一般社団法人日本経済団体連合会、日本学術会議)にて
           産学官連携活動の推進に多大な貢献をした優れた企業としての評価を受け、「日本学術会議会長
           賞」を受賞
    2017年10月       富士フイルム株式会社と           血管再生の細胞製品開発に関する               業務提携
    2018年8月       積水化学工業株式会社と           肝臓構造体の細胞製品開発に関する                業務資本提携
    2018年10月       肝臓構造体の細胞製品開発プロジェクトが、NEDO公募事業「研究開発型ベンチャー支援事業/企
           業間連携スタートアップに対する事業化支援」に採択
    2019年1月       新型のバイオ3Dプリンタ「S-PIKE®(製品名:スパイク)」の販売開始
    2019年2月       「Japan    Venture    Award   2019」   (主催:独立行政法人中小企業基盤整備機構)にて革新的かつ潜
           在成長力の高い事業や、社会的課題の解決に資する事業を行う、志の高いベンチャー企業の経営
           者としての評価を受け、           「中小機構理事長賞」を受賞
    2019年2月       太陽ホールディングス株式会社と               再生・細胞医療分野における再生医療等製品の製品製造に関す
           る 資本業務提携
    2019年5月       東京都の「TOKYO働き方改革宣言企業」に認定
    2019年6月       経済産業省のスタートアップ支援プログラム「J-Startup」企業に選定
    2019年7月       本店を東京都文京区へ移転
                                 25/214


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      年月                           概要
    2019年11月       AMEDの委託事業「バイオ3Dプリンタを用いて造形した小口径Scaffold                                free細胞人工血管の臨床研
           究」(代表:佐賀大学)へ参画
    2020年5月       AMEDの委託事業「末梢神経損傷を対象とした三次元神経導管移植による安全性と有効性を検討す
           る医師主導治験」(代表:京都大学)へ参画
    2020年6月       岩谷産業株式会社と         再生・細胞医療分野における技術開発に関する                     業務資本提携
    2020年10月       太陽ホールディングス株式会社と               再生・細胞医療分野における             包括的パートナーシップ締結
    2020年11月       京都大学医学部附属病院とバイオ3Dプリンタを用いた末梢神経損傷に対する三次元神経導管の医
           師主導治験を開始
    2020年12月       藤森工業株式会社と         再生・細胞医療分野における技術開発に関する                     業務資本提携
    2021年12月       株式会社メディパルホールディングスと                  再生・細胞医療分野における再生医療等製品の安定流通
           に関する    開発投資契約締結
    2022年4月       本店及び東京ラボを東京都港区へ移転
                                 26/214
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3 【事業の内容】
     1.当社の事業概要         及び基盤技術
      (1)  当社の概要
        「細胞から希望をつくる」
        「バイオ3Dプリンティングの技術を用いて、細胞のみから成る立体的な組織・臓器を患者さまへお届けする」
        「細胞(Cyto)が融合(Fusion)する」ことを社名とする、当社『サイフューズ(Cyfuse)』は、2010年の創業以

       来、「革新的な三次元細胞積層技術の実用化を通じて医療の飛躍的な進歩に貢献する」という企業理念のもと、
       細胞のみから作製した立体的な組織・臓器を新しい「3D細胞製品」(*1)として、再生医療分野・創薬分野をはじ
       めとする先端医療の現場へ新しい治療法の選択肢としてお届けすることで、社会に貢献することを目指す再生医
       療ベンチャーです。
        当社は、3D細胞製品等の研究開発及び製造販売並びにこれらの付随業務の単一セグメントでありますが、当社
       独自の基盤技術に基づいて進める再生医療等製品の開発を中心に、以下の3つの領域で事業を展開しておりま
       す。
        ①再生医療領域において、再生医療等製品の承認取得へ向けたパイプライン開発及び研究用細胞製品の受託
        ②創薬支援領域において、製薬企業等を相手方とした創薬支援用のツールとしての細胞製品の開発
        ③デバイス領域において、基盤技術を搭載した三次元細胞積層システム機器(バイオ3Dプリンタ及び消耗品)等
         の開発・販売及び細胞製品開発のための技術応用や新技術開発等
        当社では、事業戦略に基づき、基盤技術をもとに生み出される3D細胞製品という独自の製品を複数の領域で事

       業展開しております。事業展開の内容につきましては、後述の「2.当社のビジネスモデル」をご参照くださ
       い。
        当社の将来の収益の柱となる再生医療等製品については、現在、再生医療等製品の承認取得を目指して、末梢
       神経再生・骨軟骨再生・血管再生にかかる主要パイプラインの臨床開発を実施しております。
        このうち、末梢神経再生のための再生医療等製品(開発コード:CYF-PA1)については、現在医師主導治験を実施
       中で、2023年からの企業治験開始、2025年の承認申請、2026年の承認取得を予定しております。
        本医師主導治験は、2020年11月開始後、本書提出日現在において、外傷性末梢神経損傷を有する患者さまへの
       移植を計画通り実施し、予定した3症例の全症例への移植が終了(2022年内に全症例が経過観察期間を終了する
       予定)しており、安全性の確認及び有効性が推定されることから、再生医療等製品の開発プロセスに沿って承認
       取得に向けた臨床開発を進めております。
        末梢神経再生をはじめとする開発パイプラインの詳細及び再生医療等製品の製造販売承認体制構築の状況等に
       つきましては、後述の「3.当社の開発パイプラインとアライアンス」をご参照ください。
        本製品の開発背景や概要、臨床開発の進捗については、「第21回日本再生医療学会総会」(2022年3月開催)の
       ほか、「末梢神経」の領域の主要学会である「第33回日本末梢神経学会学術集会」(2022年9月開催)や組織工学
       分野の主要な国際学会である「6th                  world   congress     of  the  Tissue    Engineering      and  Regenerative       Medicine
       International       Society」(TERMIS2021,           15-19   Nov開催)においても発表されております。
        なお、医師主導治験後は、2023年から、当社の開発方針に基づき、多施設での臨床試験(企業治験)を2~3
       年の期間をかけて当社主導で実施し、企業治験実施の主たる目的である製品の普及活動、関係医療機関等との連
       携及び製造販売流通体制について十分に体制を整備・構築した上で、本製品の製造販売承認を取得する計画で
       す。
        また、当社では、独自の事業戦略によって、様々な企業及び医療機関等との間でのアライアンス(パートナー
       シップ)により、国内における再生医療等製品の製造及び販売・搬送等のサプライチェーンを構築し、将来の製
       品製造販売が可能な体制を確立しております。アライアンスの状況等の詳細につきましては、後述の「3.当社
       の開発パイプラインとアライアンス」をご参照ください。
                                 27/214




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        今後は、中長期成長のため必要となる製品の実用化に向けて、主要パイプラインの臨床開発及び次世代パイプ
       ラインの研究開発等への先行投資を進めることで一時的に営業損失が膨らむものの、これらの成長資金投資の効
       果が再生医療等製品の上市を予定する2026年頃から現れることにより、将来的には当社の再生医療等製品の販売
       を通じて黒字化達成を図る事業計画です。
        さらに、複数の再生医療等製品の上市に加え、様々な領域での事業展開による収益安定化及び次世代パイプラ
       インの上市並びにパイプラインの拡大による収益拡大を達成し、再生・細胞医療分野において当社の基盤技術の
       ポジションを確立し、将来的には、グローバル展開へ繋げていくことを計画しております。
      (2)  再生医療等製品の概要

        再生医療とは、細胞や組織を用いて、病気やケガなどにより機能を失った組織や臓器を修復・再生させる医療
       であり、患者さまに対して新たな治療法の選択肢を提供し、国民の健康増進に大きく寄与することが期待される
       新しい医療領域です。
        本領域において、ヒト又は動物の細胞に培養等の加工を施したもので、身体の構造・機能の再建・修復・形成
       するものや疾病の治療・予防を目的として使用するものを総称して「再生医療等製品」といいます。
                          図1.再生医療等製品例





       ①   再生医療等製品の開発
         再生医療のパイプライン開発は、一般的に(Ⅰ)基礎研究の実施、(Ⅱ)非臨床試験の実施、(Ⅲ)臨床試験の実
        施、(Ⅳ)製造販売承認申請のプロセスで進められます。
         具体的には、(Ⅰ)及び(Ⅱ)において、動物を用いた移植試験を実施し、製品の安全性と有効性を十分に確認
        します。また(Ⅱ)において製品の製造工程を確立させ、その後、(Ⅰ)及び(Ⅱ)のデータを持って地方厚生局や
        厚生労働省の承認を得た上で、(Ⅲ)の臨床試験に進みます。(Ⅲ)の臨床試験において、一定数の患者で安全性
        と有効性を確認後、取得したデータをもとに(Ⅳ)製造販売承認申請を行い、製造販売承認を取得することで、
        再生医療等製品として販売できることになります。
         医薬品や医療機器の場合には、これまでに得られている数多くの知見や経験を踏まえて、設定すべき品質規
        格や試験、実施すべき特性解析、試験の試験項目や試験法等が整理されているのに対し、再生医療等製品の場
        合には、原材料が生きた細胞であるため、また製品ごとに特性が異なるため、承認までの具体的なプロセスは
        開発品(組織・臓器・適用)ごとに異なり、開発品ごとに独立行政法人医薬品・医療機器総合機構(以下、
        「PMDA」といいます。なお、PMDAとはPharmaceutical                         and  Medical    Devices    Agencyの略称。)との協議・相談
        を重ねながら開発を進め、製品化へ向け審査され進んでいくことになります。
                                 28/214





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ②   再生医療等製品開発のプロセス
         再生医療等製品の研究開発のプロセスは以下のとおりであり、通常、製品化までに7年から15年程度かかる
        といわれております。
                    期間



          プロセス                             主な内容
                   (目安)
      基礎研究            2~3年      開発候補品を探索するための研究開発
      非臨床試験            3~5年      実験動物等への移植を実施し、安全性及び有効性等を確認する試験

      臨床試験            3~7年      患者さまへの移植を実施し、安全性及び有効性等を確認する試験

      製造販売承認申請             1年     再生医療等製品の製造販売承認取得へ向けたPMDAによる審査

         再生医療等製品の開発の場合、その製品の原料として、生きた細胞を用いることから、医薬品のように同一

        合成品を画一的に患者に投与するものとは全く異なります。
         また、医薬品の開発の場合には、健常人への治験(PhaseI)を経て、段階的に大規模な治験(PhaseⅡ,                                               Phase
        Ⅲ)に進みますが、再生医療等製品の場合は、臨床試験入り当初から健常人ではなく実際の患者さまへの移植を
        行う点、症例数としては比較的小規模な臨床試験を実施する点等において、医薬品の開発プロセスと大きく異
        なります。そのため、再生医療等製品の開発においては、PhaseI~IIIのような相(フェーズ)は規定されており
        ません。
         臨床試験においても、実際にヒトの身体へ移植する組織は被験者(臨床試験において移植を受ける患者さま)
        ごとに製造するため、医薬品のように同一合成品を大多数の被験者へ投与するような大規模な臨床試験を実施
        することは困難であり、製品の原料となる細胞は個体差のある不均質なものであることから、医薬品のように
        多数の症例数を積み上げて統計学的に厳密な評価を行うことも困難です。
         従って、再生医療等製品においては、開発品の特性を踏まえ、比較的小規模な臨床試験を実施し、個々の製
        品のリスクとベネフィットのバランスを開発品ごとに個別に評価・審査されることで、個別具体的に製品の評
        価を行っていくことになります。そのため、治験実施症例数等の開発プロトコールや製品の製造販売承認まで
        の開発プロセスについてはPMDAとの協議のもと、製品ごとに個別具体的に設定されることになります。
       ③   当社の開発する再生医療等製品の特徴

         従来、再生医療に用いることを目指した組織や臓器の開発では、ゲルやコラーゲンといった人工材料を用い
        られることが一般的でしたが、当社では人工材料を使用することなく、細胞のみで組織や臓器を作製すること
        を可能にする独自の基盤技術を有しております。
         現在、当社では「患者さまから採取した細胞のみを材料とし、バイオ3Dプリンタを使用して作製した立体的
        な組織・臓器を患者さまご自身の体内へ移植することで、患者さま自身の体内の組織・臓器が有する機能を回
        復・再生させる」という新しい治療コンセプトの再生医療等製品の開発を進めております。
         当社が開発する製品は、液体での細胞を投与する製品(1D製品)やシート状に加工した細胞製品を組織や臓
        器に貼付する製品(2D製品)などの従来の再生医療等製品と異なるコンセプトの3D製品です。
         具体的には、細胞のみから成る細胞塊(スフェロイド)及び自社で製品化した細胞版の3Dプリンタ(バイオ3Dプ
        リンタ)を使用して立体的な組織や臓器を作製するという点に特徴と強みを有しております。
         この基盤技術及びバイオ3Dプリンタを使用して細胞のみで作製された組織や臓器は、移植後の拒絶反応や感
        染症のリスクなどの患者さまに対する負担を軽減し、人工材料や生体材料を使用しないため高い安全性を有す
        る点、生体との親和性も高いことから患者さまご自身の組織や臓器が持つ組織・臓器本来の機能を再生させる
                                 29/214


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ことが可能となり医療機器等が有しない機能(再生能力)を有する点において、これまでの製品とは大きく異な
        る特徴を有しております。
         現在、当社では、「患者さま自身の」生きた細胞を用いて、自分の細胞を自分の体内に戻す「自家細胞製
        品」を中心とした製品開発を進めており、主要パイプラインについては、非臨床試験(動物への移植試験)にお
        いて、安全性と有効性を十分に確認し、再現性のあるデータを取得したうえで、臨床試験(患者さまへの移植試
        験)の段階へ開発を進めております。
         また、任意の形状、立体構造の造形が可能であり、様々なサイズ(口径・長さ)の組織を作製することが可能
        であるというバイオ3Dプリンタの特徴を活かし、あらゆる領域の組織・臓器へ適用拡大することや同じ構造を
        有する組織・臓器を様々な疾患への製品として、適用拡大することも視野に入れた製品開発を行っておりま
        す。
         さらに、使用する細胞に制限はなく、細胞塊を作製することができるあらゆる細胞から立体的な組織・臓器
        を作製することが可能という基盤技術の特徴を活かし、将来的には、iPS細胞や他人の細胞を用いて立体的な組
        織・臓器を作製し、患者さまご自身の細胞(自家細胞)を用いて作製した立体的な組織・臓器と同種の製品とし
        て、適用拡大することも視野に入れた製品開発を行っております。
         当社ではこの独自の基盤技術を用いて、ヒト細胞のみから成る移植可能な臓器を再生医療等製品として患者
        さまへお届けすることで、再生・細胞医療分野において、病気やケガで機能不全になった組織・臓器等に対す
        る新しい治療法の選択肢を提供し、医療の発展に貢献することを目指しています。
         現在、実用化に向け開発を進めている細胞製の神経、骨軟骨、血管のような「再生医療等製品」により、従
        来の治療法では困難であった組織・臓器再生という新たな治療法の選択肢が誕生することで、QOL(Quality                                                  of
        Life)(*2)を大きく向上させることが期待されています。
         また、当社では、バイオ3Dプリンタ(「Regenova®(製品名:レジェノバ)」及び「S-PIKE®(製品名:スパイ
        ク)」による基盤技術の普及とともに、神経・骨軟骨・血管など様々な組織・臓器再生の再生医療等製品開発及
        び病気のメカニズムを解明する病態モデルや新薬の有効性・毒性・代謝等を評価する創薬スクリーニングツー
        ルとしての3D細胞製品の実用化も進めております。
         このように、再生・細胞医療という先端医療の研究開発現場において当社の基盤技術普及が進み、国内外の
        研究機関において、本基盤技術を用いた研究開発が将来の細胞製品の実用化に向け加速しております。
               図2.バイオ3Dプリンティング技術による臓器再生の世界(イメージ)








                                 30/214



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        *1   3D細胞製品             再生医療等製品としての組織・臓器や研究開発の現場で用いる立体
                         的な組織・細胞構造体等、ヒト細胞から作製される「細胞製品」の
                         総称
        *2   QOL(Quality      of  Life)     生活・生命の質。転じて、患者さまの治療中及び治療後の日常的な
                         生活の充実度や満足度
      (3)  当社の基盤技術の特徴

        ヒトの細胞は水分、タンパク質、脂質などから構成されておりますが、これらの細胞成分のうち約65%が水分で
       あることから、細胞のみで立体的な組織や臓器を作製することは困難とされておりました。
        そこで、一般的に細胞から人為的に組織や臓器を作製する場合には、細胞に動物等のコラーゲンやゲル、遺伝
       子等の材料とを混ぜ合わせて作製することが知られており、細胞のみで実際の組織・臓器と同様の厚みや弾力性
       に富む構造を有する立体的な細胞構造体を作製することは困難とされていましたが、当社ではスフェロイドと呼
       ばれる小さな細胞の塊と剣山を使用すること、そして細胞が本来有する凝集(*3)能力に着目して生み出した独
       自の基盤技術を用いることで、細胞のみから厚みと弾力性を有する立体的な組織・臓器を作製することに成功し
       ました。
        当社の基盤技術は、まず細胞を増やし、数万個の細胞を凝集させ、小さなスフェロイド(細胞塊)を作製しま
       す。次に、複数の細胞塊を剣山と呼ばれる針に積み立てて(積層して)スフェロイド(細胞塊)を培養し、全体が融
       合したところで、針から抜き、さらに一定期間培養することで、組織としての強度や弾力性等を向上させ、移植
       可能な組織が完成します。
        また、当社の基盤技術が搭載されたバイオ3Dプリンタは、造形にあたってデザインの自由度が高いという特徴
       も有しており、将来的には複雑な構造を有する組織の作製や組織の大型化にも対応することが可能です。
        さらに、患者さまご自身の細胞(自家細胞)以外の、iPS由来細胞(*4)やES細胞(*5)、さらには他人の細胞
       (同種・他家細胞)についても、組織・臓器の作製に使用することができ、組織作製には細胞の種類による技術的
       な制限がないという特徴から、当社の基盤技術は、数種類の細胞を組み合わせた組織・臓器作製などへの応用可
       能性も有しております。
        当社では、バイオロジーとエンジニアリングが融合した基盤技術を主軸とした事業展開により、再生・細胞医
       療分野の拡大・発展、様々な領域における研究開発促進への寄与及び従来のマーケット拡大等に加え、治療法が
       存在しない領域においては新たなマーケット創出に貢献することを目指してまいります。
        このような当社の基盤技術は、これまでに国内外の研究機関等へのバイオ3Dプリンタの販売・設置を通じた技
       術普及が進んできていることから、今後、さらにこの基盤技術を基礎にした様々な製品開発が進展することによ
       り、再生・細胞医療分野のみならずその周辺産業及び支援産業を含めた成長市場におけるあらゆる製品・サービ
       スのプラットフォームとなる可能性があります。
       <用語解説>

        *3   凝集             似たような細胞は細胞間の接着因子により集まるという細胞凝集現
                         象に基づく、細胞が一つに集まり固まる現象
        *4   iPS由来細胞             iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作られた細胞
        *5   ES細胞             胚性幹細胞。人の受精卵(胚)から作られ、様々な臓器や組織に分化
                         することが可能となる細胞
                                 31/214







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当社の基盤技術(三次元細胞積層技術)による組織作製のフロー
       <STEP1> スフェロイド(細胞塊)作製
             作製したい組織・臓器に応じ選択した種類の細胞を拡大培養し、一定数増やした後、数万個の細胞
             を専用のプレートに播種し、細胞が持つ凝集能力を利用することで、スフェロイド(細胞塊)を作製
             します。
                  図3.細胞が凝集し、スフェロイドが形成されるイメージ


       <STEP2> 積層
             専用のソフトウエアにより入力した3Dデータに従ってスフェロイド(細胞塊)を「剣山」の針上に立
             体的に積み上げる(積層する)ことにより、目的とする組織・臓器の三次元形状を造形します。
                     図4.バイオ3Dプリンタに設置する「剣山」



       <STEP3> 循環培養
             その後、専用容器の中で培養し、「剣山」に積層されたスフェロイド(細胞塊)が互いに融合して一
             体化したところで、立体的な細胞構造体が完成します。
                       図5.移植可能な立体的な細胞構造体


                                 32/214









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                   図6.バイオ3Dプリンタを用いた製造プロセス全体図










      (4)  当社の基盤技術に関する知的財産(特許権等)

        当社は再生・細胞医療領域という先端医療領域において、細胞製品という新規性の高い製品開発を行っている
       先端研究開発型ベンチャー企業であり、当社の事業展開にとって知的財産の創造・管理は極めて重要でありま
       す。
        当社の知的財産の取り扱いにつきましては、中長期的な事業戦略に基づき、現状及び将来的な観点から必要と
       なる権利の保護を進めております。
        具体的には、当社事業の中核をなす細胞製品の製造方法に欠かすことのできない基盤技術については、特許権
       の取得による権利保護を推進し、これまでに論文発表等を介して一般に公開されている既知の情報に関しては、
       敢えて公知化を目的とした特許出願を通じて後に公開情報とする等、当社事業に対する権利侵害、他社による先
       行権利化及び技術模倣の抑止、並びに他者の後発参入への対抗策作りに努めております。
        また、権利化している保有技術以外の、当社独自の培地組成や培養方法等に関する技術情報、組織・臓器作製
       ごとに異なって使用する機器・器具等に関する技術情報については、特許出願を通じて公開情報となった際に模
       倣される可能性があることから、特許出願による権利化の対象にはせず、あくまで秘匿情報としてノウハウ化を
       図ることで、外部への重要技術情報の流出あるいは他者による技術模倣を防ぐ知的財産権戦略をとっておりま
       す。
        このように、当社が保有する技術情報については、特許権等の知的財産権を取得し活用する方法及びノウハウ
       化し秘匿情報として管理し活用する方法とを併用する戦略を採用しております。
        当社の主要な特許の具体的な内容については、以下の一覧表のとおりであり、細胞製品の製造方法に纏わる①
       及び②については国立大学法人九州大学が出願人であり、細胞製品の製造に必須のバイオ3Dプリンタに纏わる③
       及び④については当社が出願人であります。
        当社は、国立大学法人九州大学の有する①及び②の特許について、第三者サブライセンス権(*6)付き独占実
       施・許諾権(*7)を取得しております。
                                 33/214



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社では、独占実施権・許諾権を取得している①及び②のコア技術となる特許を細胞製品開発に関連する複数
       の特許等(③及び④)で補強することにより、当社の細胞製品開発に必要となる特許や技術のそれぞれが単独のも
       のとして孤立することなく連関的に機能し、再生・細胞医療領域において優越的に事業展開できる源泉となるよ
       う設計しております。
       <用語解説>

        *6   第三者サブライセンス権             特許権者(ライセンサー)から特許の実施権を受けた実施権者(ライセ
                         ンシー)が、ライセンスされた特許を、さらに第三者にライセンス
                         (実施を許諾)することのできる権利
        *7   独占実施・許諾権             対象となる特許発明について、ライセンシー以外の第三者の実施・
                         許諾を制限(ライセンシーのみに権利を付与)する内容でライセン
                         サーがライセンシーに付与する権利
       <当社事業にかかる重要な特許>

                            出願国
          発明の名称           出願人              特許番号            内容・特徴
                            (注2)
                                          本発明は、任意の3次元空間に
                                          各種細胞を細胞塊として配置
                                          し、細胞のみから構成される所
                                          望の形状の立体構造体を作製す
                                 ―
                            WO
        ① 細胞の立体構
                                          る方法を提供する。また、細胞
                                 特許第4517125号
                  国立大学法人九州          日本
          造体の製造方
                                          塊を任意の空間に配置するため
                                 US  8198086    B2
                  大学          米国
           (注1)
                                          の支持体を提供する。上記支持
          法
                            欧州     EP  2130910    B1
                                          体を使用して細胞塊を任意の空
                                          間に配置するための方法と立体
                                          的な細胞構築物を製造する方法
                                          を提供する。
                                          本発明は、細胞塊の培養方法、
                                          組織プラグの製造方法及び組織
                                          プラグを提供する。本発明の製
        ② 組織プラグの
                  国立大学法人九州
                            日本     特許第4122280号         造方法では、任意の形状のチャ
              (注1)
                  大学
          製造方法
                                          ンバー内で細胞塊を培養し、そ
                                          の形状に対応する任意の形状の
                                          立体的組織プラグを作製する。
                                 ―         本発明は、立体構造体製造装置
                  当社、澁谷工業株          WO
                                 特許第5896104号         を提供する。本発明により、自
        ③ 細胞の立体構         式会社、国立大学          日本
                                 US  9441194    B2    動的に細胞の立体構造体を製造
          造体製造装置       法人佐賀大学(共同          米国
                                          することができる。
                  出願)          欧州     EP  2725091    B1
                                          本発明は、細胞の立体構造体を
                                          製造するために用いられる細胞
                                 ―
                            WO
                                          構造体製造装置及び細胞構造体
                                 特許第6334837号
        ④ 細胞構造体製                   日本
                  当社                        の製造方法に関する。本発明の
                                 US  10961495     B2
          造装置                 米国
                                          製造装置及び製造方法では、穿
                            欧州     EP  3514225    B1
                                          刺した細胞塊を自由な形状で適
                                          切に突き刺すことができる。
        (注1) 国立大学法人九州大学から当社へ独占ライセンスが付与されております。
        (注2) 主要3か国(日米欧)とWO(国際事務局)を記載しております。欧州特許は、締約国毎ではなく欧州一
            括で表記しております。
     2.当社のビジネスモデル

      (1)  ビジネスモデルの概要
        当社では、従来技術・従来製品との比較優位性を背景に、世界初の革新的な「3D細胞製品」の実用化を主軸と
       して戦略的・多面的に事業展開を進めております。当社は、3D細胞製品等の研究開発及び製造販売並びにこれら
       の付随業務の単一セグメントであり、①再生医療領域において、再生医療等製品の承認取得へ向けたパイプライ
       ン開発及び研究用細胞製品の受託、②創薬支援領域において、製薬企業等を相手方とした創薬支援用のツールと
       しての細胞製品の開発、③デバイス領域において、基盤技術を搭載した三次元細胞積層システム機器(バイオ3Dプ
                                 34/214


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       リンタ及び消耗品)等の開発・販売及び細胞製品開発のための技術応用や新技術開発等を展開しております。
        現在の主たる収益事業である3D細胞製品の開発委託や製造委託等の各種委託は、創薬や再生医療向けに複数の

       製品ラインナップを有しており、その顧客についてもアカデミアから事業会社まで幅広く、またバイオ3Dプリン
       タや関連消耗品のデバイス販売等も展開する等、当社では複数の収益源を有しています。
        中長期的には、再生医療領域、創薬支援領域における共同開発パートナー企業からのライセンス収入、3D細胞
       製品の開発委託、製造委託等の各種受託及び基盤技術を搭載したデバイスの販売・レンタル等により、収益拡大
       を図ってまいります。
        当社では、このような収益源の多様化及び収益性の向上を図ることによって、中長期成長のため必要となる製
       品実用化に向けて、         研究開発をはじめとした先行投資によって継続的に発生する営業損失を                                 段階的に縮減すると
       ともに、アカデミアから事業会社まで幅広い顧客を継続的に獲得し、現在の複数の領域における事業収益を確実
       に成長させることで、製品上市後の収益安定化までの見通しを立てています。
      (2)  当社の事業戦略

        当社では、当社独自のビジネスモデルを発展拡大させ、デバイス普及により「ベース収益の確保」と「シーズ
       探索の拡大」を図り、創薬支援用途等の研究用組織による「早期のマネタイズ」の実現を経て、中長期的には
       「再生医療等製品の承認取得」を目指し、再生医療ベンチャーとしての事業価値最大化を図ってまいります。
        当社独自の基盤技術を中核とした中長期的な事業展開としては、以下を想定しており、現状は、STEP2から
       STEP3に移行している段階にあります。
       <STEP1>
         複数の大学等の開発パートナーと共同研究を実施し、それらを通じて当社研究開発の中核となるパイプライ
        ンの構築を図ってまいります。また、バイオ3Dプリンタ「Regenova®(製品名:レジェノバ)」及び「S-PIKE®(製
        品名:スパイク)」の販売を通じて当社基盤技術の普及を図ってまいります。
       <STEP2>
         複数の企業パートナーとの提携により、各                    パイプラインの製品実用化に向けた臨床開発を                      進めてまいりま
        す。また、細胞製品開発に必要となる基盤技術を応用した臨床用装置や将来の商業生産を想定した新技術の発
        明や次世代デバイスの技術開発を進めてまいります。
       <STEP3>
         再生医療領域の中核パイプラインの実用化に向けた開発を進め、企業パートナーとともに再生医療等製品の
        承認取得を目指してまいります。また、細胞製品実用化に必要となる基盤技術の開発や新技術開発を継続し、
        細胞製品及びその用途の拡大を図ってまいります。さらに、当社が培ってきた基盤技術を新たな領域にも拡大
        するべく、次世代パイプラインの探索及び拡充を図ってまいります。
                        図7.中長期事業戦略(イメージ)






                                 35/214




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ① 再生医療領域
         当社は、再生医療領域において、神経・骨軟骨・血管など様々な組織・臓器再生の再生医療パイプライン開
        発を進めております。詳細は「3.当社の開発パイプラインとアライアンス」以降をご参照ください。
       ② 創薬支援領域

         当社は、創薬支援領域において、製薬企業等を相手方とした創薬支援用のツールとしての細胞製品の開発を
        進めております。
         現在の一般的な新薬開発においては、主にシャーレ上で培養されたマウス由来細胞またはヒト初代培養肝細
        胞(*8)を用いて新薬候補化合物の毒性試験や代謝物の評価(*9)を行いますが、その細胞が有する薬物代謝
        機能(*10)は2~3日で低減してしまうことから、開発現場では、より長期間機能が持続する肝臓サンプルの
        開発が待ち望まれています。
         当社では、新薬創出の開発現場における大きな課題の1つとして挙げられる肝毒性評価(*11)系の不足に対
        する取り組みとして、ヒト肝臓を用いた場合と同様の毒性評価結果が得られ、高い肝機能が長期間にわたり発
        現する新たなツールとして、ヒト肝細胞等の細胞のみからなるヒト肝臓構造体(*12)を開発しました。
         2018年9月には、3D肝臓構造体による毒性評価モデルに関する研究開発について、国立研究開発法人新エネル
        ギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「研究開発型ベンチャー支援事業/企業間連携スタートアップに対する
        事業化支援」の助成事業として採択されました。
         また、同じく2018年9月に、積水メディカル株式会社と共同開発を実施している肝臓構造体の創薬支援領域
        としての実用化を加速していくことを目的として、積水化学工業株式会社と再生・細胞医療分野における研究
        開発及び事業化促進に関する業務提携契約を締結するに至っております。
         今後も、これまで動物試験では検出できなかったヒト特異的な毒性の検出を早期に行い、臨床試験の前にヒ
        ト肝臓で起こりうる有害事象を事前に予測することが可能なヒト肝臓構造体の開発を進め、製薬企業や非臨床
        試験受託会社等の創薬研究のニーズに応えるとともに、将来的には、再生医療領域への応用も視野に実際の患
        者さまへの移植可能な肝臓構造体の研究開発を進めてまいります。
         このように、当社独自の基盤技術は、再生医療の分野での実用化のみならず、創薬支援の分野においても、
        新薬開発における薬剤の評価や、疾患メカニズムの解明へのニーズに対する需要、及び臨床入り後の開発リス
        クの低減、コスト削減や研究効率向上に多面的に貢献することが期待されています。
       <用語解説>

        *8   ヒト初代培養肝細胞             初代培養とは、生体から採取した組織や細胞を播種して培養するこ
                         とを指し、ここでは研究開発用途で培養されたヒトの肝細胞を指す
        *9   代謝物の評価             新薬候補化合物を取り入れることにより、体内で起こる合成や化学
                         反応について身体に与える影響を判断すること
        *10   薬物代謝機能             肝細胞として有している、薬物等の対外物質を分解、排出するため
                         の代謝反応を行う機能
        *11   肝毒性評価             肝臓に対して有害であるか、毒性があるかについて実験等により判
                         断すること
        *12   ヒト肝臓構造体             ヒトの肝機能を有する肝臓構造体
       ③ デバイス領域

         当社は、デバイス領域において、細胞製品開発を進展させる基礎となる基盤技術を普及させるため、バイオ
        3Dプリンタ等のデバイスの開発・販売とともに、細胞製品開発に必要となる技術応用や新技術開発等を進めて
        おります。
         当社は、上記の①再生医療領域及び②創薬支援領域に記載する細胞製品を作製するためのデバイスとして、
        バイオ3Dプリンタ「Regenova®(製品名:レジェノバ)」の販売を行っております。
         これらのデバイスは、専用3Dソフトウエアでスフェロイドの三次元配置を指定して3Dデータを入力し、使用
        する剣山とスフェロイドをセットし稼働させることで、自動的に細胞の立体積層を行うことが可能となりま
        す。
                                 36/214



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         当社は、これらのデバイスの販売を行うとともに、大学等の研究機関や企業の研究所等のデバイス利用者
        (ユーザー)向けに立体組織の作製に関するトレーニングメニューの提供をはじめ、ユーザーの研究を継続的に
        支援するためのサポート、消耗品、周辺機器の提供もあわせて行っております。
         また、基盤技術の技術応用により開発された、再生医療等製品の開発における臨床用三次元細胞積層システ
        ムが、各再生医療プロジェクトの臨床試験において稼働しております。
         さらに、再生・細胞医療分野の研究開発促進及び基盤技術普及を拡大することを目的として、新技術方式(*
        13)を搭載した新型バイオ3Dプリンタ「S-PIKE®                     (製品名:スパイク)」を販売しております。
         なお、「S-PIKE®(製品名:スパイク)」の製品販売については、シスメックス株式会社との販売提携による共
        同販売を行い、基盤技術の普及を進めております。
         当社では、これらデバイスによる基盤技術のグローバル展開を進めることで、様々な分野・領域での共同研
        究や共同開発が拡大し、新たなユーザーへの技術周知やシーズの開拓、細胞製品開発が大きく促進するものと
        見込んでおります。
       <用語解説>
        *13   新技術方式             1本の微細な針にスフェロイドを配列・固定し、その複数のスフェ
                         ロイドが固定された針を整列させることで自由度の高い立体的な組
                         織を作製可能とする、当社が独自に発明・開発した新たな三次元細
                         胞積層技術
                    図8.当社が製品化・販売するバイオ3Dプリンタ



                          図9.当社の事業系統図






     3.当社の開発パイプラインとアライアンス

      (1)  当社の主要パイプラインと開発進捗状況
        当社の企業成長を中長期的に牽引する再生医療等製品の開発においては、従来の再生医療等製品とは異なり、
       人工の足場材料を使用せずに患者さまの細胞のみで作製された再生組織・臓器を、新たな再生医療等製品として
       製品化することを目指して、複数のパイプライン(末梢神経再生、骨軟骨再生、血管再生等の                                           新たな   再生医療等製
       品の開発品ラインナップ)の臨床開発を進めております。
        また、この主要パイプラインに続く次世代のパイプライン(研究開発シーズ)の探索及び拡大を進めておりま
       す。
        本書提出日現在での開発計画に基づく、当社のパイプラインの開発ステータスは以下のとおりです。
        なお、非臨床後期の段階にあるパイプラインに開発コードを付しております。
                                 37/214

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                     図10.当社のパイプラインの開発ステータス






        末梢神経再生のための再生医療等製品(開発コード:CYF-PA1)については、現在医師主導治験を実施中で、2023
       年からの    企業治験開始      、2025年の承認申請、2026年の承認取得を予定しております。
        骨・軟骨再生のための再生医療等製品(開発コード:CYF-CA1)については、現在医師主導治験の準備中で、2023
       年からの医師主導治験開始、2024年からの企業治験開始、2026年の承認申請、2026年内の承認取得を予定してお
       ります。
        血管再生のための再生医療等製品(開発コード:CYF-BA1)については、現在臨床研究を実施中で、2023年以降の
       治験開始、2027年の承認申請、2027年内の承認取得を予定しております。
        ① 末梢神経(開発コード:CYF-PA1)

         a.開発製品の概要
           従来、末梢神経を損傷した患者さまには、ご自身の足から健常な神経を採取し、損傷部位に移植する自
          家神経移植またはシリコン製の人工神経等の移植法が採用されております。
           しかしながら、自己の神経の採取には限界があり、また、採取した箇所に、しびれや痛み、麻痺が生じ
          るなどの課題が、人工神経を移植した場合には神経の機能再生に乏しいという課題がありました。そのた
          め、事故や腫瘍切除時に断裂損傷を受けた方々や自家神経移植が困難な方々にとっては、自己の健常な組
          織を犠牲にすることなく自身のQOL(Quality                     of  Life)を大幅に向上させる新しい治療選択肢が大きく期待
          されています。
           当社では、末梢神経損傷等から四肢の機能の回復を必要とされる患者さまへ、細胞製の三次元神経導管
          を移植することで、断裂した神経を再生し、感覚神経や運動神経が改善される新たな再生医療等製品の開
          発に取り組んでいます。
           これまでの研究成果は「Scientific                     Report」「PLOS         ONE」電子版「Cell            Transplant」
          「Microsurgery」等の論文や米国科学雑誌「Newton」等に掲載され、自身の神経再生を促す新しい治療選
          択肢が大きく期待されています。
         b.開発の進捗状況



           当社が開発中の末梢神経再生のための三次元神経導管(以下、「当社製品」という。)については、独立
          行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)へ治験届を提出し、京都大学医学部附属病院において医師主導治
          験(試験名称「末梢神経損傷を対象とした三次元神経導管移植による安全性と有効性を検討する医師主導治
          験」)(以下、「本治験」という。)を実施しております。
                                 38/214


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           当社ではこれまでに京都大学医学部附属病院整形外科との共同研究において、神経損傷モデル動物を用
          いて三次元神経導管の有効性及び安全性を確認する非臨床試験を実施し、良好な結果を確認しました。
           これらの結果をもとに、臨床試験のステージに開発を進め、末梢神経損傷患者を対象とした医師主導治
          験を実施しております。医師主導治験の概要は下表のとおりです。
                 <末梢神経損傷を対象とした三次元神経導管移植の治験概要>

                   末梢神経損傷を対象とした三次元神経導管移植による安全性と有効性を検討する
         治験名
                   医師主導治験
         治験製品         三次元神経導管(自己皮膚組織由来線維芽細胞から製造する)
         対象疾患         直接の縫合ができない手関節遠位の末梢神経損傷

         症例数         3例

         治験デザイン         単施設、単一群、非盲検、非対照

         評価項目         安全性
         主要評価項目         治験製品あるいは治験製品移植、及び治験製品の製造のために実施する皮膚組織
                   の採取との関連性を否定できない有害事象及び不具合の発現割合
         副次評価項目         有効性
                   1) 移植後48週のSW法による感覚機能検査結果
                   2) 移植後48週の二点識別法による感覚機能検査結果
           本治験は、     2020年11月開始後、         本書提出日現在において、外傷性末梢神経損傷を有する患者さまへの移

          植を計画通り実施し、予定した3症例の全症例への移植が終了                             (2022年内に全症例が経過観察期間を終了
          する予定)     しております。
           本製品移植後、現在は治験実施計画書に基づき、定期的に経過観察及び評価(検査)が実施されておりま
          す。実施されている検査としては、問診・触診等の一般診察の他、自他覚症状の確認感覚機能検査等が行
          われており、運動神経の回復や感覚の改善を術前と術後で比較し、確認がなされております。
           その評価については、例えば、知覚及び触覚の回復度合いを、下記のようなイラスト図で示す評価方法
          (SW法:指針を用いた知覚テスト)を用いて評価が行われております。
                        図11.知覚機能検査の評価方法例






                                 39/214




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           本書提出日現在において、移植が終了した全症例について本製品に起因する有害事象や不具合の発生は
          報告されておらず、順調に回復の兆しが示されていることについて、報告を受けております。
           本治験の進捗状況については、治験実施医療機関である京都大学医学部附属病院整形外科ホームページ
          (https://www.seikei.kuhp.kyoto-u.ac.jp/)において最新の情報が掲載(2022年1月に更新)されておりま
          す。また、2022年3月に開催された第21回日本再生医療学会においても報告がなされました。
             図12.本治験症例における経過観察結果(日本再生医療学会総会発表資料参照)






           医師主導治験後は、当社の開発方針に基づき、2023年から当社が主導する臨床試験である企業治験を実

          施し、2026年に本製品の製造販売承認を取得する計画です。
           具体的には、2~3年の治験実施期間において、単一ではなく複数の治験実施医療機関において、数十
          例の症例数の患者に対して同じ試験内容の治験を共同で実施することにより、将来の医療現場に普及する
          状況が再現されることになり、当社製品の普及活動、関係医療機関等との連携及び製造販売流通体制の構
          築がより具体化していくことになります。企業治験の実施を通じて将来の製品製造販売承認へ向け必要と
          なる体制を着実に構築・整備について十分に体制を整備・構築した上で、本製品の製造販売承認取得後の
          スムーズな販売開始へつなげることが可能となる計画です。
           このような医師主導治験終了後に企業治験を実施するという本開発方針については、複数のパートナー
          企業との共同開発体制により、製造販売体制構築を進め、将来の着実な製品販売拡大につなげるという当
          社独自のアライアンス戦略とも合致するものであります。
           なお、本製品の製造販売体制構築の状況等については、後述の「(2)当社のアライアンス戦略」及び
          「(3)当社のアライアンス状況」をご参照ください。
           また、本医師主導治験の今後の進捗や結果の公表については、2022年内に現在経過観察期間中の3症例
          目を含めた全症例の経過観察期間終了後に、開発主体である医療機関側(京都大学医学部附属病院)にお
          いて、本治験全症例に関する結果を取り纏めた統括報告書完成後の2023年中の発表を予定しております。
         c.医師主導治験等の情報に関する開示等の方針

           臨床試験に関する被験者の個別データについては、治験実施医療機関である京都大学医学部附属病院に
          おいて、本製品移植後から経過観察をスタートし、移植4週目以降より、知覚検査等により本製品の移植
          による神経機能の改善が見られるか否かについて、定期的な検査が実施され、取得・管理されておりま
          す。
           なお、本治験における全実施症例が3例と極めて少数であるという特性上、被験者である患者さまの個
          人情報保護の観点から、移植部位の状況や損傷部位の回復の程度等の個別の症例に関する情報について
          は、極めて慎重に取り扱われることになります。
                                 40/214



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           また、本製品のような新規性の高い製品については、製品開発とは別に将来、本治験による成果を研究
          開発成果として治験実施責任医師による知的財産権化(特許等の申請等)する可能性があることから、当社
          の事業活動によってこれらの研究開発活動を阻害することがないよう、治験実施責任医師と連携して情報
          公開の対象・範       囲・内容を設定しております。
           以上のような事情に鑑み、当社では、臨床試験に関する情報の開示については、被験者である患者さま
          の個人情報保護の観点、治験実施医療機関における情報管理の観点、及び治験実施責任医師の研究開発活
          動における情報保護等の観点を複合的かつ最大限に考慮してまいる方針です。
           本方針を踏まえ、定期的に開催されている学会等での発表を主たる情報開示とし、これに加え、試験進
          捗に応じて公開される抄録や論文等、実施医療機関から公開可能情報が出てきた段階で、かつ、上記3つ
          の情報保護の観点に十分に配慮するかたちで適時適切に情報開示を行ってまいります。
           また、当社では、上記原則に則りつつ、投資家の皆様への情報開示の重要性に鑑み、引き続き、実施医
          療機関との協議や被験者様の同意取得、治験実施医療機関の倫理委員会及び広報部における承認を得た場
          合には、適時適切に情報開示を行ってまいります。
           当社では、今後も、当社が関与する臨床試験については医療機関と連携しながら、適時適切なタイミン
          グで学会発表や論文公開等を通じて進捗報告や結果について公表してまいります。
        ② 骨・軟骨(開発コード:CYF-CA1)

         a.開発製品の概要
           関節の軟骨は血管が通っていないことから自己再生能力が極めて乏しく、一旦損傷すると再生すること
          なく欠損が進行して重度化しやすい部位です。
           従来の軟骨再生製品は、関節表面の薄い軟骨層の損傷のみを対象としており、軟骨層を支える軟骨下骨
          の層まで損傷が及ぶ場合には、人工関節への置換または経過観察による対処療法が選択されていました。
           当社は、患者さま自身の間葉系幹細胞                 (*14)   から当社の基盤技術によって細胞製の骨軟骨構造体(高密度
          スキャフォールドフリー脂肪由来幹細胞構造体:HDMAC(High                             Density    Mesenchymal      stem   cell   scaffold
          free   Autologous      Construct     (HDMAC)    )を作製し、骨軟骨の欠損部へ移植するという新たな治療法の開発を
          進めております。
           この人工の足場材料を使用せずに作製した細胞製の骨軟骨構造体を欠損部へ移植することで、細胞自ら
          が徐々に軟骨と骨に分化して、軟骨及び軟骨層を支える軟骨下骨それぞれの組織を再生することが確認さ
          れており、これまで効果的な治療法に乏しかった患者のQOL(Quality                                of  Life)の向上に向けて大きな期待
          が寄せられています。これまでの研究成果は「Journal                           of  Orthopaedic      Surgery」等に掲載されていま
          す。
         b.開発の進捗状況





           これまでに九州大学病院において、変形性膝関節症をはじめとする患者さまへ細胞製骨軟骨を移植する
          製品開発を目指した臨床試験(プロジェクト名:「高密度スキャフォールドフリー脂肪由来幹細胞構造体
          (以下、「HDMAC」といいます。)を用いた骨軟骨組織再生の臨床研究」)を、国立研究開発法人日本医療研
          究開発機構(以下、「AMED」という。)による支援を受け実施し、全症例の移植を完了し、主要評価項目で
          ある安全性評価を達成し、ヒトでのPOC                  (Proof    of  concept)    を取得致しました。現在、慶應義塾大学ととも
                                 41/214


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          に早期の次相臨床試験開始に向け準備を継続しております。
           当社の細胞製の骨軟骨構造体は、軟骨と軟骨下骨とを同時に再生させることが可能な新規の細胞製品で
          あり、これまで効果的な治療法に乏しかった患者さまのQOL(Quality                                of  Life)の向上に向けて期待が寄せ
          られています。
           今後は、この骨軟骨再生の開発をさらに進めるため、現在、慶應義塾大学と共に次相の臨床試験の開始
          に向け開発を進めており、これまで困難とされてきた関節硝子軟骨(*15)の再生と、さらには骨と軟骨の
          同時再生という治療方法で多くの患者さまに貢献することを目指してまいります。
       <用語解説>




        *14   間葉系幹細胞             間葉(中胚葉性組織)系の細胞に分化する能力を持った細胞
        *15   関節硝子軟骨             関節面を覆う軟骨。一般的に言われる「軟骨」に該当
        ③ 血管(開発コード:CYF-BA1)

         a.開発製品の概要
           現在、腎不全等により血液透析を必要とされる患者さまの多くは、自己血管内シャント(*16)や人工血
          管を使用したバスキュラーアクセス(*17                   )法により治療されています。
           しかしながら、従来の自己血管を用いた治療では、血管の採取に限界があり、また、人工血管では感染
          症や狭窄が生じてしまうことなどの課題がありました。
           当社は、AMEDの支援を受け、「立体造形による機能的な生体組織製造技術の開発/細胞を用いた機能的
          な立体組織作成技術の研究開発」において、国立大学法人佐賀大学と共同で、細胞のみで作製した小口径
          細胞製血管(*18        )の開発を進めてまいりました。
         b.開発の進捗状況




           本 細胞製血管については、これまでにウサギやミニブタでの非臨床試験を実施し、非臨床POC(Proof                                              of
          concept)を取得いたしました。本成果については、「Nature                            communications」に掲載されております。
           これまでに、国立大学法人佐賀大学と共同で進めるAMED委託事業「バイオ3Dプリンタを用いて造形した
          小口径Scaffold        free細胞人工血管の臨床研究」において臨床開発を進めております。
           今後は、感染症に強く、高い弾力性を有する細胞製血管の開発をさらに進め、糖尿病をはじめとする血
          管障害を抱えている透析患者さまへ新たな治療の選択肢の提供をし、将来的には重症下肢虚血(*19                                              )の血
          行再建や冠動脈バイパス術(*20)、脳血管・小児用血管等の領域への適用拡大を目指してまいります。
           さらに将来的には、この細胞のみから作製された管状の細胞構造体による機能再建の技術が発展するこ
          とにより、消化器、泌尿器等のような血管以外の管状構造を有する領域での適応拡大についても展望して
          おります。
       <用語解説>
                                 42/214


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        *16   自己血管内シャント             動脈と静脈を直接つないで大量の血液が通るように施した血管。自
                         己の血管を使用した場合には自己血管内シャントと呼ぶ。(人工血管
                         を使用した場合は人工血管シャント)
        *17   バスキュラーアクセス             血液透析を行うために手術で作製する専用の血管
        *18   小口径細胞製血管             6㎜以下の小口径の細胞のみからなる血管
        *19   重症下肢虚血             下肢(足)への血流障害である閉塞性動脈硬化症などが重症化した症
                         状
        *20   冠動脈バイパス術             心臓に血液を供給する冠動脈が閉塞等の不具合が生じた際に、別の
                         血管を接続する開胸心臓手術
      (2)  当社のアライアンス戦略

        当社では、従来技術・従来製品との比較優位性を背景に、創薬系ベンチャーとは異なる事業戦略に基づき、世
       界初の革新的な再生医療等製品の実用化を主軸として戦略的・多面的に事業展開を進めております。
        当社が開発を進める再生医療等製品においては、医薬品と異なり、個体差のある材料である細胞の採取から培
       養、最終製品の出荷、輸送、患者への移植までの製品が届くステップが個別具体的なものとなるのが特徴です。
        そのため、製品開発プロセスにおいても、単一の化合物についてのライセンスを保有するバイオベンチャー1
       社の企業が単独で、アウトソーシングやライセンスアウトに依存しながら開発を進めていく一般的な創薬系ベン
       チャーでの医薬品の開発(ライセンスアウトした企業自体に開発力が乏しい場合であっても医薬品の製品化自体は
       可能)と異なり、再生医療等製品の製品化にあたっては、企業や医療機関との連携や技術・設備・装置等の共同開
       発体制構築が必要不可欠といえます。
        また、医薬品におけるアライアンスは、ライセンスの権利付与を前提とするのに対して、再生医療におけるア
       ライアンスは、単なる権利移転のみならず、製品製造にかかる技術やノウハウ等の移管を要することから、当社
       では、将来の製造販売体制構築を視野に入れた共同開発体制を構築する独自のアライアンス戦略をとっていま
       す。
        そして着実に開発を進めるため、製造設備等のインフラに関する技術やノウハウ・設備等を有する複数の医療
       機関・事業会社・行政機関等の外部パートナーとの共同開発体制(コンソーシアム)を形成することで、開発を
       加速させております。
        このような当社独自のアライアンス戦略は、①1社単独による開発リスクを低減し、事業化パートナー企業と
       有機的に連携することにより、着実に製品化へ向けた確度の高い開発を進め、開発製品の上市の確度が大きく向
       上するとともに、②実用化に近いパイプラインを複数有し、かつ、製品ごとにターゲットマーケット及び販売戦
       略をすみ分けることで、事業リスクを低減し、事業計画実現の確度を高めるものです。
        再生・細胞医療分野において世界初の製品上市により事業計画を実現することを目指す当社にあっては、その
       独自のアライアンス戦略に基づき、確実な最終製品化のためにライセンスパートナーへの技術移管を含めた製造
       販売体制を構築することが、結果として当社の製品のライセンスの価値を高め、ひいては当社の事業価値を増加
       していくものと考えております。
        したがって、当社の再生医療等製品の上市の蓋然性については、実際の共同開発体制や開発パートナーの開発
       力・技術力が重要な判断指標となります。双方が保有する技術・ノウハウをハイブリッドさせることで、当社製
       品が安定的に供給できる体制になること、及び双方の技術を補完することで新たな市場を共に開拓していくこと
       ができるポテンシャルを有していることを合意の上、患者さまに新しい治療法の選択肢を安心安全にお届けする
       体制を構築していく方針です。
        後述の「(3)当社のアライアンスの状況」に記載のとおり、当社では、すべての主要パイプラインについて、開
       発・製造・販売までを、専門性が高い開発力・技術力を有する複数の開発パートナーが有機的に連携し担うサプ
       ライチェーン構築が進んでおり、これにより、製品化についての蓋然性が高まっております。
        具体的には、本書提出日現在、岩谷産業株式会社、太陽ホールディングス株式会社、日立グローバルライフソ
       リューションズ株式会社、福岡地所株式会社、藤森工業株式会社及び株式会社メディパルホールディングス等の
       事業会社との業務提携等により、商業化を見据えた開発が大きく進んでおります。
        今後は、このコンソーシアムを基盤として、製品の原材料である細胞の調達から製品製造、販売まで一気通貫
       で実施可能なサプライチェーンを構築し、将来の再生医療等製品の販売や顧客獲得拡大を図ってまいります。
                                 43/214




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (3)  当社のアライアンス状況
        当社では現在、現在までに締結したパートナーシップにより、国内における製品の製造及び販売・搬送等のサ
       プライチェーンの核となる部分についてはすでにサプライチェーンを確立しております。
        具体的には、提携パートナー企業である太陽ホールディングス株式会社との間において業務提携契約を締結
       し、この当社独自の製品製造にかかる技術やノウハウ等の移管を含めたアライアンスに基づき、将来の当社製品
       の製造・販売体制構築へ向かって共同で事業化を進めてまいりました。
        当社再生医療等製品の製造・販売体制の構築及び事業化に関する業務提携・製造施設の構築に関する業務提携
       をもとに、当社製品の臨床開発と並行して、太陽ホールディングス株式会社の子会社である太陽ファルマテック
       株式会社への製品製造技術移管を進め、2021年9月末に同社の高槻工場内に当社製品を製造することが可能な施
       設が竣工しました。
        また、本施設には2020年7月に業務提携契約を締結した日立グローバルライフソリューションズ株式会社との間
       で共同開発した、コンパクトかつシームレスな製造設備を導入しており、共同開発成果を実用化する形で、製造
       施設の完成に至っております。本施設及び本体制においては、当社の開発する様々な種類の製品がその対象とな
       る可能性があり、これにより当社においては、自社で製造方法が確立され、量産化に向けた見通しがある状況に
       あります。
        さらに、2021年12月には、再生医療等製品の安定的な流通販売体制を構築することを目的として、株式会社メ
       ディパルホールディングスとの間で「再生医療等製品の実用化へ向けた開発投資契約」を締結し、同社が開発を
       進める再生医療等製品を医療機関へ提供するサプライチェーンの構築及びより一層の製造販売体制強化が実現し
       ております。
        これに加えて、当社では、すでに当社が形成している整形外科領域を中心とする医療機関等との連携を軸とし
       て、医薬品とは異なる再生医療等製品独自の販売ルートを確保している状況にあり、さらに今後の提携パート
       ナー企業との連携による販売ルート拡大も見込まれます。
        今後は、現状の国内での体制構築に加え、グローバルでの事業展開を視野に入れ、海外進出のためのさらなる
       サプライチェーンの拡大や海外の現地企業、研究機関及び医療機関等との連携に基づく海外におけるサプライ
       チェーンの構築等を強化していく方針です。
                                 44/214












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4 【関係会社の状況】
      該当事項はありません。
    5  【従業員の状況】

     (1)  提出会社の状況
                                               2022年9月30日現在
       従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
             21 ( 1 )             38.5              4.1            7,131

             事業部門の名称                           従業員数(人)

    研究開発部                                                7 (-)

    システム開発部                                                3 (1)

    事業推進部                                                5 (-)

    経営管理部                                                6 (-)

                合計                                    21 ( 1 )

     (注)   1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数(嘱託、パートタイマー及び派遣社員は含む。)は、年間の平均人
         員を()内に、外数で記載しております。
       2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       3.当社は細胞製品等の研究開発及び製造販売並びにこれらの付随業務の単一セグメントであるため、セグメン
         ト別の記載は省略しております。
     (2)  労働組合の状況

       労働組合は結成されていませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                 45/214











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
     (1)  経営方針
       「細胞から希望をつくる」
       「細胞のみから成る立体的な組織・臓器を患者さまへお届けする」
       当社は、「革新的な三次元細胞積層技術の実用化を通じて医療の飛躍的な進歩に貢献する」という企業理念のも
      と、2010年の創業以来、「細胞だけで」立体的な組織・臓器を作製し、再生医療・創薬分野をはじめとする再生・
      細胞医療分野において、社会貢献することを企業使命として事業を進めてまいりました。
       当社は、当社独自の人工の足場材料を用いることなく細胞のみで立体的な組織・臓器を作製することを可能とす
      る三次元細胞積層技術(基盤技術)及びこの基盤技術を搭載した細胞版の3Dプリンタ(バイオ3Dプリンタ)を用いて作
      製した立体的な組織・臓器を「細胞製品」として実用化し、患者さまにお届けするとともに、将来的には、当社の
      事業拡大を通じて、日本発の本技術をグローバルに展開し、再生・細胞医療分野での中心的存在になることを目指
      しております。
     (2)  中長期的な経営戦略及び経営環境

       中期経営計画における事業戦略として、バイオ3Dプリンタの普及により「ベース収益の確保」と「シーズ育成環
      境」を実現し、研究用組織(創薬/再生医療研究用途等)で「細胞製品の実用化」を実現する段階を経て、中長期的に
      「再生医療等製品の承認取得」を目指し、再生医療ベンチャーとしての事業価値最大化を図ることとしておりま
      す。
       事業計画の基本方針及び           当社事業を取り巻く経営環境は以下となります。
       1. 再生医療等製品の上市(開発パイプラインの事業化)
       2. 開発会社としての細胞製品の実用化に向けた研究開発体制及び上場会社としての経営管理体制の強化
       3. 上市・上場後の飛躍的成長へ向けた開発パイプラインの拡充及びグローバル展開
      ① 再生医療領域

        開発パートナー企業とともに、複数パイプラインの臨床開発を進め、再生医療等製品の承認取得を実現し、長
       期的ドライバとしての事業確立を目指します。
      ② 創薬支援領域

        開発パートナー企業とともに、創薬支援分野において肝臓構造体の毒性評価モデルの事業化を実現し、中期的
       ドライバとしての事業確立を目指します。
        2019年以降には、CAR導入細胞が相次いで承認される等、再生医療等製品市場は急速に拡大をし、また、2018年
       にはそれまで有効な治療法の存在しなかった脊髄損傷を対象とした製品が承認されるなど、再生医療によりこれ
       まで存在しなかった新たな市場領域が生み出されました。こうした動きは今後iPS細胞技術並びに2020年にノーベ
       ル賞を受賞した「クリスパー・キャス9」といったゲノム編集技術と合わせて新しい細胞を用いた再生医療等製
       品の登場によりますます加速していくと考えられます。
        「2020年度再生医療・遺伝子治療の市場調査業務」の最終報告書(アーサー・ディ・リトル・ジャパン株式会
       社が国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)からの委託調査)では、国内の市場規模は2020年時点の250
       億円から2040年時点の1.1兆円規模まで拡大し、今後20年で40倍以上の規模に成長すると見込まれております。
        領域別でみても、筋骨格領域、神経領域をはじめとして、様々な領域において急速に市場が拡大すると予想さ
       れています。
        筋骨格領域に関しては、現在対象疾患から除外されている変形性膝関節症を対象とする再生医療等製品が上市
       することにより、適応となる患者数が大幅に増えるため、市場が拡大すると想定されます。
        神経領域の疾患に関しては、脊髄損傷に対する再生医療等製品が承認されたことで、今後は、神経系にかかる
       治療法の普及とともに市場が大きく拡大していくことが予想されています。
                                 46/214



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        これ以外にも、直近で角膜疾患を対象とした製品上市が続いている眼領域に加え、肝臓や腎臓が掌る内分泌・
       代謝の領域、心血管・血液領域、泌尿生殖器、消化器、昨今の新型コロナウイルス感染症のような感染症や呼吸
       器に関する領域などいずれの領域も、新たな製品が上市されることで再生医療の新たな治療領域として市場の拡
       大がより一層進んでいくことが予想されています。
        一方、これらの再生医療等製品は細胞治療に分類されるものが主体であり、細胞懸濁液を静脈注射をする治療
       法になっています。今後は、より形状が複雑な製品として、二次元のシート状組織や三次元の立体組織を移植す
       る製品群の開発が進行することが予測されております。
        現在の再生医療領域がおかれている状況下にあって、移植待機患者数の増加等の社会的課題に対して、3D細胞
       製品のような社会的意義の大きい新たな再生医療等製品の誕生により、臓器移植の新たな選択肢としての再生医
       療が実現することへの期待が高まっている状況にあります。
      ③ デバイス領域

        開発パートナー企業とともに、バイオ3Dプリンタによる基盤技術の普及を進めるとともに、再生医療領域にお
       いて必要となる基盤技術の応用や新技術開発を継続し、基盤技術のグローバル・スタンダード化を目指します。
        再生医療周辺産業においても、2015年から2030年までCAGR+23%での成長が予測されており、装置類や消耗品
       類、製造受託などのサービス類が市場をけん引すると見込まれております。また、再生医療に使用する目的以外
       にも、新薬開発や研究用の組織としての製造受託等の各種受託の需要も見込まれており、特に、創薬分野では三
       次元培養によって作製した細胞や3D細胞製品を用いて、生体内により近い環境下での、肝炎、肝臓病、がんなど
       に関する研究が行われています。
        今後、再生医療の産業化・市場拡大が進み、神経、骨、血管などの各種組織・臓器を立体的に作製するニーズ
       が増加することに伴って、再生医療周辺産業の市場もさらに拡大すると見込まれております。
        バイオ3Dプリンタ(装置以外の各種消耗品も含む)市場では、大学や研究機関での技術導入に加え、今後は企
       業での導入が進むと予想されております。特に製薬会社の創薬・スクリーニングでは細胞の使用量が多くなるた
       め、プリンタの需要が高まるとみられます。
        さらに、立体的にヒトの皮膚を培養し化粧品のサンプルテストへの応用、医師の手術用練習ツールとしての人
       工臓器の作製などの様々な領域への技術応用が拡大しており、今後は、医薬における研究以外の様々な分野での
       需要拡大も予想されます。
     (3)  目標とする経営指標等

       当社は、細胞のみで作製された細胞塊(スフェロイド)を三次元積層するという、独自の基盤技術を活用して製造
      する細胞製品を活用した新たな再生医療市場の開拓及び確立を目指し、積極的にシーズ開発及び研究開発等の先行
      投資を行っている段階であり、2021年12月期においては黒字化を達成したものの、安定して利益を計上するに至っ
      ておりません。
       このため、現時点において当社は、現預金残高水準(キャッシュポジション)を経営指標等としております。具
      体的には、今後、経済・金融環境の変化に備えて十分な手元流動性を確保し、中長期的な財務基盤の拡充をはか
      り、再生医療等製品の事業化(上市)に向けた開発を一切止めることなく達成するための経営指標等として、安定
      した資金力(キャッシュポジション)の確保・維持することを重視しております。具体的には、多様な資金確保手
      段を講じ安定的な現預金残高水準を確保・維持することに加え、中長期的には、開発パートナーからの契約一時金
      やマイルストン収入等、開発を進める細胞製品の承認取得、上市に伴うロイヤリティ収入等の実現により経営指標
      等の達成を目指してまいります。
                                 47/214






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (4)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題
       当社は、①細胞製品の実用化・商業化、②経営基盤の強化及び③その他の課題の解決に向けて、以下の取り組み
      を進めております。
      ① 細胞製品開発の実用化・商業化
       (a)  開発パイプラインの実用化
         当社が、再生医療ベンチャーとして中長期的な企業成長と事業価値の最大化を図るためには、再生医療等製
        品の承認取得をはじめとして、当社独自の基盤技術から生み出される3D細胞製品の開発を着実に進め、継続的
        に開発パイプラインの価値を拡大・発展させていく必要があります。
         当社では、早期の再生医療等製品の承認取得を目指し、当社が中心となってパイプライン開発を推し進め、
        高度な開発力・技術力等の専門性を有する複数の事業会社との間で構築した強固かつ効率的な共同開発体制に
        基づき開発を進めるとともに、将来の細胞製品の実用化・商業化を見据え、事業会社とのパートナリングを通
        じた製造販売体制を強化しております。
         また、当社の再生医療等製品の商業化及び将来の安定的・継続的な収益構造の構築に向けて、さらなるパー
        トナリングの強化によるバリューチェーン構築及び再生医療等製品のコスト低減に資する製造体制の整備を進
        めております。
         さらに、当社の製品優位性に基づき将来の再生・細胞医療市場を牽引していくことを視野に入れ、原料の安
        定供給、製造、販売といった各機能についても、パートナー企業との戦略的な提携等を通じて、再生医療等製
        品の安定供給、マーケティング、顧客となる医療機関へのネットワーク、販路構築等の拡大に対処すべく体制
        強化に努めております。
         加えて、現在の主要パイプラインに続く次世代の研究開発シーズの探索も重要であり、さらなる開発パイプ
        ラインの拡充を目指して、引き続き大学や研究機関との共同研究及び自社独自の研究開発についても促進して
        おります。
       (b)  基盤技術普及

         当社では、将来の持続的な企業成長のため、再生・細胞医療領域における基盤技術のポジション確立及び次
        世代のパイプライン(研究開発シーズ)の普及・探索の拡大のため、事業活動とともに、バイオ3Dプリンタ等の
        デバイスを通じた基盤技術普及を着実に遂行していく必要があります。
         そのため、当社は、バイオ3Dプリンタ「Regenova®」及び「S-PIKE®」について販売提携パートナーととも
        に、学会や展示会等での普及活動を進めベース収益の確保を進めるとともに、ユーザーの研究開発を支援し、
        ユーザーの論文投稿等今後の研究開発促進に繋がるフォローアップ活動についても継続してまいります。
         また、バイオ3Dプリンタのグローバル展開を通じた基盤技術のさらなる普及拡大を通じて、当社の3D細胞製
        品開発のみならず、再生・細胞医療分野における様々な研究開発の促進及び新たなシーズの開拓の促進を目指
        してまいります。
      ② 経営基盤の強化

       (a)  組織体制の強化
         当社の製品開発の源泉は、開発会社としての研究開発力・技術開発力にあり、当社が再生医療等製品の承認
        取得へ向けたパイプライン開発や独自の3D細胞製品開発に必要となる技術革新を着実に実行していくために
        は、当社の基盤技術を習得した人材の確保及び人材の育成を中心とした組織体制を強化する必要があります。
         そのため、研究者・技術者がそれぞれの専門性や能力を最大限に発揮できる組織体制を構築し、組織的な開
        発力・技術力の向上を図るとともに、開発や事業の進展に合わせ柔軟に組織体制の見直しを行い、組織体制の
        効率化を進めてまいります。
         さらに、臨床開発に専門性を有する研究者・技術者の育成を中心とした開発組織体制を強化するとともに、
        企業の事業継続性を維持・向上していくため、高度な専門性を有する優秀な人材の確保及び将来の企業成長を
        牽引していく中核的人材の育成にも努めてまいります。
                                 48/214




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (b)  コーポレート・ガバナンスの強化
         当社では、経営会議制度及び執行役員制度を導入し、機動的かつ効率的な会社運営を促進するとともに、社
        内規程の整備・運用や、内部監査・内部統制システムの構築・運用を着実に進めることにより、社内の経営管
        理体制を強化しております。
         当社の取締役会においては、様々な分野につき高度な専門性を有する社外取締役及び社外監査役が参加し、
        慎重かつ闊達な議論を行うことにより、経営の重要な意思決定及び業務執行の監督が十分に機能するととも
        に、取締役会に参加する執行役員が取締役会の意思決定に基づく業務執行を迅速に行う機能を担っておりま
        す。
         また、経営会議においては、経営幹部が各々の職掌にとらわれることなく、会社経営全般の視点及び多角的
        な視点から詳細な審議を行うことにより、代表取締役の機動的な経営判断を補佐しています。
         さらに、当社は、全てのステークホルダーの皆様のご期待に応え、当社の持続的成長及び企業価値の向上を
        目指すべく、コンプライアンス及びコーポレート・ガバナンスの継続的強化・改善を経営上の最優先事項とし
        て掲げ、全社的に取り組んでおります。具体的には、コンプライアンス・リスク委員会を設置・運営してお
        り、会社の事業遂行に関わる様々なリスクの分析・評価及びリスクに対する予防策・発生した場合の対応策を
        検討するとともに、恒常的なコンプライアンス遵守の体制構築・運用についても討議しております。
        今後も、これらの仕組みを通じて経営者の業務執行に対する適宜適切な牽制を図ることにより、コーポレー
        ト・ガバナンスを強化してまいります。
       (c)  財務基盤の強化

         当社は、研究開発型ベンチャー企業であり、製品・サービスの販売及び技術ライセンス等の知的財産権の事
        業化により収益を安定的に確保できるようになるまでは、研究開発に対する多額の先行投資による継続的な営
        業損失と、営業キャッシュ・フローのマイナスを計上することになることから、将来の持続的な企業成長のた
        め、収益の多様化や安定化を図り、財務基盤を強化する必要があります。
         当社では、これまで、独立行政法人科学技術振興機構(JST)、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発
        機構(NEDO)、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)及び東京都等の行政からの研究開発・技術開発に
        対する支援を得るなど効果的な開発資金の獲得及び開発投資により、様々な研究開発や技術開発を進めてまい
        りました。
         また、当社では、効率的で安定した運転資金を確保するため、大手金融機関からの融資枠の供与や政府系金
        融機関からの長期借入を通じて対外信用力を強化する等、間接金融による財務状況の安定性強化に努めてまい
        りました。
         今後も、細胞製品上市による安定的な収益実現まで、細胞製品及びデバイス関連の売上を伸ばす一方、研究
        開発費を中心とした事業活動資金を継続的に外部より調達し、予算管理の徹底を通じてコスト抑制を図るとと
        もに、株式市場からの調達などを含めた資金調達手法の多様化を図ることで、事業活動に必要な資金の安定的
        かつ機動的な調達を通じて財務基盤の強化を目指してまいります。
      ③ その他の課題

        現在、臨床開発段階にある再生・細胞医療分野における複数の主要パイプライン(細胞製品の開発シーズ)に加
       え、次世代のパイプライン(研究開発シーズ)の育成及び探索開発が進捗しており、当社ではパイプライン開発の
       着実な実行とさらなる開発体制強化へ向け、臨床開発への投入を主とした研究開発者・技術者の人員拡充及び施
       設整備・設備投資等を計画しております。
                                 49/214






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【事業等のリスク】
      当社の事業展開その他に関するリスクとなる可能性があると考えられる主な事項について記載しております。
      当社は、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の適切な対応に努める方針で
     ありますが、本株式に関する投資判断は、以下の記載事項及び本書中の本項以外の記載を慎重に検討した上で行なわ
     れる必要があると考えます。
      また、以下の記載は当社に関連するリスクすべてを網羅するものではありませんのでご留意ください。
      なお、本項中の記載内容については、将来に関する事項は本書提出日現在において当社が判断したものでありま
     す。
     1.再生医療領域に関するリスク

      (1)  再生医療の研究開発、再生・細胞医療業界に関するリスク
       ① 先端医療に由来するリスク(発生可能性:中、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:中)
         再生・細胞医療という先端医療領域においては、再生医療の基盤となる学問や技術が急速な進歩を遂げてい
        る中で、再生医療製品そのものに関する研究開発も非常に速いスピードで進んでおり、日々新しい研究開発成
        果や安全性・有効性に関する知見が生まれています。当社が実施している再生医療等製品にかかる再生・細胞
        医療の領域は、国内のみならず、世界的にも注目を集めている研究分野であるため、新しい知識や技術が発見
        されイノベーションが生まれやすい分野であります。特に、当社が現在開発を進めている再生医療パイプライ
        ンのターゲット領域に関しては、当社の細胞性の立体構造体以外に、細胞医薬品などの様々な治療法の開発が
        進展しています。
         また、再生・細胞医療分野においては、米国を中心にすでに様々な研究開発が進んでおり、より実現性の高
        い技術革新が行われる可能性があります。
         当社の基盤技術である三次元細胞積層技術は、現時点では新規性の高い再生医療技術であり、また学術的に
        も従来の製品に比し安全性・有効性・応用可能性等が期待されており、当社では、大学や公的研究機関と連携
        し、技術的優位性を有する先端技術を継続的に開発しております。ただし、本業界における技術革新が想定以
        上のスピードで進み、当社技術が陳腐化にさらされる可能性や、当社が全く想定できない副作用が生じる可能
        性が存在し、そのような最先端の医療に特有の課題やリスクが現実化した場合には、当社の事業戦略や経営成
        績に重大な影響が出る可能性があります。
       ② 市場規模に関するリスク(発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:中)

         再生医療市場は、海外では、すでに、市場の急速な拡大が進んでおり、経済産業省によれば、全世界で、
        2030年:12兆円、2050年:38兆円、日本国内で、2030年:1.0兆円、2050年:2.5兆円、と今後大幅な急成長が
        見込まれています(「再生医療の実用化・産業化に関する報告書(2013年2月)」参照)。
         ただし、今後、再生医療市場の拡大が想定よりも大幅に鈍化する可能性や主要パイプラインが想定する対象
        市場が実際には当社の想定よりも小さくなる可能性も否定できないことから、何らかの要因により、事業計画
        の前提としていた市場そのものが衰退あるいは消滅するような場合には、当社の経営成績及び今後の事業展開
        に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       ③ 製品開発の不確実性に関するリスク(発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:

         中)
         当社の再生医療パイプラインについては、主として患者さまご自身の細胞を使用して作製された組織・臓器
        を患者さまご自身の身体へ移植する、自家移植を前提とした製品開発を進めており、人工材料を使用した製品
        や他人の細胞を使用する他家移植に比べて製品自体の安全性は比較的高いものであり、製品使用時の添付文書
        や同意文書においてリスク状況を患者さまへ十分に説明した上で使用頂きますが、それでも製品出荷後に予期
        せぬ不具合や有害事象等が発生する可能性までは完全には否定できず、それらが発生した場合には、法規制に
        従い適切に対応いたします。
         臨床試験計画は、PMDAとの事前相談を行い綿密な計画を立てておりますが、いまだ再生医療等製品における
        臨床試験の実施自体が多くないことから、臨床試験に必要とされる患者を適切に確保できないこと、試験実施
        施設側の事情により計画通り進行しないこと等の様々な要因によって遅延する可能性があります。
         このような場合には、当社の事業展開や経営成績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
                                 50/214



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ④ 事業基盤の整備・確立に係るリスク(発生可能性:中、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:
         中)
         当社は再生医療等製品の製品供給体制等の事業基盤(インフラ)の整備・確立へ向けた取り組みを推進してお
        りますが、当社が取り組む再生医療分野は、医薬品のような成熟市場とは大きく異なり、現在市場形成途中に
        ある分野であることから、長期的に持続可能な産業として発展するためには、当社のみならず関連する官庁・
        企業・業界一体となって取り組んでいく必要があります。
         また、この取り組みには、量産化等による製造原価低減、医師に適切な内容・量の製品情報を届けることが
        できる効果的なマーケティングの実施、製造販売開始後の市販後調査等のフォローアップ体制の確立などの課
        題が存在し、その課題解決には多くの時間と多額の費用が必要となります。
         以上のような課題解決に向けて、当社では、自社での単独開発による様々なリスクを排除し、着実に開発を
        進めるため、専門性が高い開発力・技術力を有する複数の開発パートナーが、開発・製造・販売までを有機的
        に連携し担うサプライチェーンの構築を進めておりますが、計画どおりにインフラ及びサプライチェーンの整
        備・構築が進まない場合には、当社の事業戦略や経営成績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
      (2)  法的規制に関するリスク

       ① 再生医療等製品開発の関連法規による規制のリスク
         (発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:中)
         再生医療の産業化に向けた環境整備については、2014年11月25日に施行された再生医療等安全性確保法(「再
        生医療等の安全性の確保等に関する法律」)及び医薬品医療機器等法(「医薬品、医療機器等の品質、有効性及
        び安全性の確保等に関する法律」)が成立し、特に薬機法下においては、医薬品、医療機器等の安全かつ迅速な
        提供を図るため、再生医療等製品について早期承認制度に基づいた条件及び期限付承認制度を新設し、再生医
        療の実用化に向けた規制緩和が大幅に進んでおります。
         このような市場環境整備の促進により、今後数年以内に再生医療等製品の承認取得が増えることが予想され
        ていますが、この制度下での承認実績はいまだ実績が乏しく、製品開発過程において従来の製品とは異なる検
        証等を要求される可能性も考えられます。
         当社の想定よりも多数の試験が必要となるような場合には、開発スケジュールに大幅な遅れが生じるなど、
        当社の経営成績及び今後の事業展開に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       ② 法規制改正等の変化に由来するリスク

         (発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:中)
         再生医療等製品に関する法規制については、技術の革新の状況や現時点において予期し得ない事態の発生等
        に対応して、継続的に見直しがなされる可能性があります。
         当社では、そのような見直しがあった場合にもいち早く対応することができるよう体制の整備に努めており
        ますが、法規制の追加や法改正の内容いかんによっては、従来の品質管理基準を上回る品質管理を要求される
        等の理由によって多額の設備投資が必要となる可能性や、法律・ガイドライン等の追加・改正により、これま
        で使用が認められてきた原材料が突如として使用できなくなる可能性、当社の想定通りの内容で薬事承認が下
        りない又は薬事承認の取得に想定以上の時間を要する可能性も否定できません。また、世界的な医療費抑制の
        流れの中で、当社が想定している製品価値よりも低い保険償還価格となる可能性もあります。
         このような事象が発生した場合、当社の事業戦略や経営成績に重大な影響が生じる可能性があります。
      (3)  競合リスク(発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:中)

        当社の3D細胞製品は、当社が独占的に実施権を保有する基盤特許と技術的に模倣することが困難な当社固有の
       製造ノウハウ等の技術情報とを併用することで初めて製造することが可能となることから、実質的に他者による
       参入障壁を形成している状況にあるといえますが、                        再生医療領域に本格参入している企業はまだ比較的少ないも
       のの、研究開発を進めながら参入を検討している潜在的競合相手は少なくないと想定しております。
        そのため、周辺領域を含め当事業に参入している企業や潜在的な競争相手が、当社の保有している知的財産権
       等を上回る新技術を開発し、関連特許を取得する場合や先行して上市した場合などには、当社の経営成績及び今
       後の事業展開に重大な影響を及ぼす可能性があります。
        また、新規の競合品の開発が先行、又は上市した場合は、共同研究開発やアライアンスを実施している企業
       が、その後の事業価値が毀損されると判断して共同研究開発やアライアンスを解消する可能性があります。
        さらに、上市に至った場合でも、他社が当社の製品よりも優れた製品を販売すると、想定したロイヤリティが
       得られないこと等により、当社の事業展開や経営成績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
                                 51/214



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (4)  製品の安全性に関するリスク
       ① ヒトまたは動物由来の原材料の使用に関するリスク
         (発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:小)
         一般的に、再生医療等製品は、その原材料としてヒト細胞を使用するものであることから、使用する細胞に
        由来する感染の危険性を完全に排除し得ないために安全性に関するリスクが高いとされているところ、当社の
        主要パイプラインにおいてはいずれも患者自身の細胞を使用することから、他人の細胞を使用することによる
        感染症のリスクは原理的に存在しません。
         もっとも、一般的に再生医療等製品の開発にあたっては、製造工程で使用する培地に動物由来の原料が使用
        される場合があることから、厳密には製造の過程において動物由来材料に起因する感染リスクが存在します。
        当社では、このような感染リスクを排除・低減するために具体的な方策を研究・実施しておりますが、このよ
        うな感染リスクが現実化した場合には、当社製品に対する信頼が悪化し、当社の事業展開や経営成績に重大な
        影響を及ぼす可能性があります。
         また、仮にこのような事例が生じた場合に当社の過失が否定されたとしても、ネガティブ・イメージによる
        業界全体及び当社製品に対する信頼に悪影響が生じ、当社の事業に影響を与える可能性もあります。
       ② 製品の製造に関するリスク(発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:中)

         当社が開発を進める細胞製品については、その品質管理に万全を期し、常にその充実を図るよう努めており
        ますが、様々な要因による不良品発生や研究開発現場での不適切な取扱いの可能性を完全に否定することはで
        きません。そのため、製品開発の過程において事故等が発生した場合には製造物責任によって係争等に発展す
        る可能性や、製造工程における不具合発生による製品の自主回収の可能性等があります。
         その場合には、特別的な損失として係争等への対応費用や自主回収関連費用等が発生し、当社の事業展開や
        経営成績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
         また、このような場合、結果として当社の過失が否定されたとしても、当社に対する製造物責任に基づく損
        害賠償請求等の係争が発生することで、当社製品に対する信頼が悪化し、当社の事業展開や経営成績に重大な
        影響を及ぼす可能性があります。
      (5)  製造・販売体制の構築に関するリスク

        (発生可能性:中、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:中)
        当社が開発を進める再生医療等製品は、研究開発活動において成果をあげることにとどまらず、その後の製造
       及び販売についても事業として展開していくことを視野に入れております。そのため、当社では、パートナー企
       業等とともに細胞の大量培養技術の開発など製造方法の確立に向けて注力しております。
        しかしながら、再生医療等製品の開発には、多種多様な技術が必要となり、今後、何らかの理由で製造方法の
       確立、製造体制の構築等が困難になった場合には、当社の経営成績及び今後の事業展開に重大な影響を及ぼす可
       能性があります。
        また、当社では現在、パートナー企業等との提携により販売体制の構築を進めておりますが、今後、体制構築
       に何らかの障害が生じ、当社の計画より遅れた場合には、当社の経営成績及び今後の事業展開に重大な影響を及
       ぼす可能性があります。
                                 52/214







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (6)  知的財産権に関するリスク(発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:小)
        当社は研究開発活動等に必要な様々な知的財産権を保有しており、これらは当社所有の権利・ノウハウである
       か、あるいは適法に実施許諾を受けた権利・ノウハウであると認識しております。
        当社では事業に必要な基盤特許については原則として全て自社で確保する方針を採用し、当社の重要な知的財
       産権については定期的に関連特許出願状況等をチェックしており、重大な問題が生じる前にいち早く対策を打つ
       ことができるよう体制の整備を図っております。
        また、当社では、製品製造方法に関わる基盤技術等について、積極的な知的財産権の取得による権利保護を推
       進し、研究論文等による既出情報に関しても、出願特許の公開による公知化を図るなど、他社による権利化や模
       倣を防止することで事業リスク低減に努めております。
        さらに、権利化している製品製造工程以外の、培地組成や各種培養技術等の培養工程や、組織・臓器作製ごと
       に異なって使用する機器・器具等に関する重要度の高い技術情報については、特許出願による権利化の対象には
       せず秘匿情報としてノウハウ化を図ることで、外部への流出あるいは他者による模倣を防ぐ知的財産権戦略を
       とっております。
        今後、当社の基盤技術にかかる主要特許が残存期間を経過し、類似製品が登場する可能性も否定できません
       が、既に当社が提供する製品が、複数の取得済み特許及び秘匿情報とする製造ノウハウにより強固に保護され、
       他者に対して技術的な参入障壁を構築している現状に鑑みると、実際にそのような類似製品が登場し市場におい
       て当社製品と競合するような事態は、基本的には想定されません。
        また、当社では、継続的に新規特許を出願することによって、順次周辺特許の出願等を通じた特許網の拡充に
       努めておりますが、一方で出願中の特許については登録に至らない可能性が存在します。
        さらに、上記の重要なノウハウ等の技術情報については秘密保持契約を課すなどして外部への流出あるいは他
       者による模倣ができないよう管理しておりますが、第三者が独自に同様又は類似のノウハウの開発・知得に成功
       する可能性は完全には否定できません。したがって、出願中特許が成立しない場合、事業に必要な特許が何らか
       の理由で確保できない場合、または当社ノウハウと同様あるいは類似のノウハウを第三者が開発又は知得した場
       合、当社の事業展開や経営成績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
      (7)  研究開発活動に由来するリスク

       ① 研究開発費に関するリスク(発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:中)
         当社は研究開発型企業として、産学連携のもと、様々な大学との共同研究や臨床試験等を進めており、その
        開発対象は広範にわたります。また、当社が進める細胞製品に関わる様々な研究開発・技術開発は、特定の事
        業に結びつくものではなく、多面的な事業展開に関わるため、結果として社内のほぼすべての部署が直接的又
        は間接的に研究開発に深く関与することとなり、販管費に占める研究開発費は高い割合となっております。
         そのため、当社では、予算管理の徹底を通じてコスト抑制を図るとともに、これまで、独立行政法人科学技
        術振興機構(JST)、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、国立研究開発法人日本医療研究
        開発機構(AMED)及び東京都等の行政からの研究開発・技術開発に対する支援を得ながら、様々なパイプライン
        開発や技術開発を進める等によって、効率的な開発投資を実行してまいりました。
         しかしながら、何らかの理由により、効率的な開発投資を進められず、研究開発費が膨らむ場合には、結果
        として当社の事業戦略、業績及び財政状態に影響を与える可能性があります。
       ② 開発期間に関するリスク(発生可能性:中、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:中)

         当社が進めている再生医療等製品開発においては、一般的に製品開発に長期間を要し、実際に上市されるま
        では収益が上がらず損失を計上し続ける可能性があります。
         当社は、複数の主要パイプラインについて臨床試験段階にあることに加え、現在基礎研究や非臨床試験段階
        にあるパイプラインも有していることから、製品の上市までに多額の研究開発費を要する臨床試験を経ること
        が必要であり、さらに臨床試験開始にかかる承認や製造販売承認等のプロセスにも不確定要素が多いことか
        ら、事業計画における想定以上に研究開発期間が延びる可能性があります。
         そのような場合には、研究開発費の増加が当社業績を圧迫する、あるいは、追加の資金調達が必要となるな
        ど、当社の経営成績及び今後の事業展開に重大な影響を及ぼす可能性があります。
                                 53/214



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (8)  ビジネスモデルに由来するリスク
       ① 大学及び研究機関等との関係に由来するリスク
         (発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:小)
         当社は、様々な大学や研究機関等との共同研究を行うなど連携を通じて、研究開発活動や事業基盤の強化を
        行っております。しかしながら、大学・研究機関等との共同研究における知的財産権に関する取り決めや将来
        の研究成果についての分配・還元等に関して、当社の想定と異なる状況に至る可能性が出てきた場合には、当
        社の事業戦略や経営成績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       ② 提携に関するリスク(発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:中)

         当社の事業計画には、外部企業との提携関係を前提にした部分が存在します。
         前提となっている提携関係には既に契約済みのものと今後契約することを想定したものの両方があります
        が、既に契約済みの提携については、相手先企業の経営方針の変更等の当社がコントロールし得ない何らかの
        事情により、期間満了前に終了する可能性や契約条件変更のリスクが全くないとはいえません。一方で、今後
        契約することを想定した提携については、想定どおりの時期・条件で契約できないリスクが存在します。
         いずれのリスクが現実化した場合でも、当社の事業戦略や経営成績に重大な影響を及ぼす可能性がありま
        す。
       ③ 開発戦略に関するリスク(発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:小)

         当社では現時点での開発戦略上、患者さまご自身の細胞を用いる、いわゆる「自家」移植による国内での製
        品開発を前提としてパイプライン開発を進めておりますが、将来的には、パートナリングやアライアンスに
        よって当社の基盤技術の独自性と技術的優位性を最大限に生かし、他領域への適用拡大、iPS細胞等の「他家」
        細胞を用いた開発へ拡大することも目指してまいります。
         しかしながら、過去に製品としての前例がないこと、また、治療における患者のリスクとベネフィットの観
        点などから、必ずしもそのような適応拡大が実現する保証はありません。
         このような場合には当社の事業戦略や経営成績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
     2.その他の事業リスク

      (1)  財務状況に由来するリスク
       ① マイナスの利益剰余金を計上していることに由来するリスク
         (発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:小)
         現時点では当社は研究開発活動を中心とした企業であり、再生医療等製品が販売されるようになるまでは多
        額の研究開発費用が先行して計上されることとなります。
         当社は、将来の利益拡大を目指しておりますが、開発が計画通りに進捗しない場合には、将来において当期
        純利益を計上する時期が遅延する可能性もあります。また、計画通りに当期純利益を計上できない場合には、
        繰越利益剰余金がプラスとなる時期も遅延し、株主に配当を実施する時期が遅れる可能性があります。
       ② 税務上の繰越欠損金に関するリスク

         (発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:小)
         当社には現在のところ税務上の繰越欠損金が存在しておりますが、事業計画の進展から順調に当社業績が推
        移するなどして繰越欠損金による課税所得の控除が受けられなくなった場合には、通常の税率に基づく法人
        税、住民税及び事業税が計上されることとなり、現在想定している当期純利益若しくは当期純損失及びキャッ
        シュ・フローに影響を与える可能性があります。
                                 54/214





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ③ 資金繰り及び資金調達に関するリスク
         (発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:小)
         当社では、研究開発活動の推進に伴い、2021年12月期においては通期黒字を達成したものの、これまで営業
        損失及び営業キャッシュ・フローのマイナスを継続しており、今後も事業の進捗に伴って運転資金、研究開発
        投資及び設備投資等の資金需要の増加が予想されます。
         当社はこれまでに、第三者割当増資によるエクイティ・ファイナンス、事業提携の実現によるパイプライン
        の収益化(一時金の獲得など)、並びに国をはじめとする公的補助金等の活用などにより資金需要に対応してお
        り、今後もこのような多様な資金調達と資金繰りの工夫により、継続的に当社の財務基盤の強化を図っていく
        方針ですが、これらの取組みが想定どおり進まない場合等、資金繰りの状況によっては当社の事業展開や経営
        成績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
         また、今後増資などのエクイティ・ファイナンスを実施した場合には、当社の発行済株式数が増加すること
        により1株当たりの株式価値が希薄化する可能性があります。
       ④ 配当政策に関するリスク

         (発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:小)
         再生医療等製品の研究開発には多額の先行投資が必要であり、その投資回収までの期間も長期に及ぶ傾向が
        あり、当社も創業以来繰越利益剰余金がマイナスを継続しています。このような状況下にあっては、積極的な
        研究開発活動の推進によって企業価値を向上していくことこそが株主利益の最大化に繋がるものであると考え
        ております。そのため、当面は内部留保の充実に努め研究開発資金の確保を優先することを基本方針としてお
        ります。
         株主への利益還元については、重要な経営課題の1つであると認識しており、将来的には経営成績と財政状
        態を勘案して配当による利益還元も検討してまいりますが、今後の事業等の進捗によっては利益配当までに時
        間を要する可能性があります。
       ⑤ 資本構成に関するリスク(発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:小)

         本書提出日現在における当社の発行済株式のうち、ベンチャーキャピタル及びベンチャーキャピタルが組成
        した投資事業組合が所有している株式の保有割合は34.3%であります。
         一般に、ベンチャーキャピタル等が未公開株式に投資を行う目的は、株式公開後の当該株式の売却による
        キャピタルゲインの獲得にあることから、当該株式の公開後に、それまで保有していた株式の全部または一部
        を売却することが想定されます。当該株式売却により、短期的な需給バランスの悪化を生じさせ、当社株式の
        市場価格が低下する可能性があります。
      (2)  新株予約権に関するリスク(発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:小)

        当社は、中長期のインセンティブプランとして、当社の役職員及び社外協力者に対するストック・オプション
       制度を採用し、会社法第236条、第238条及び第239条の規定に基づき、株主総会の決議において承認を受け、新株
       引受権を取締役、従業員及び社外協力者に対して付与しております。
        本書提出日現在における当社の発行済株式総数は5,918,000株、新株予約権による潜在株式数は862,000株(発行
       済株式総数に対する割合14.6%)であり、これら当該新株予約権の行使が行われた場合には、当社の1株当たりの
       株式価値が希薄化する可能性があります。
        また、本書提出日現在において、売出人である秋枝静香及び三條真弘の保有する新株予約権による潜在株式数
       は合計   618,000    株(発行済株式総数に対する割合               10.4  %)に相当しますが、当該            2 名は、本売出しによって得た資
       金の一部を各々が保有する新株予約権の行使代金に充当することで、安定株主比率の向上を目的とした新株予約
       権の行使を行い、取得した株式を継続保有する方針であります。
        実際に当該行使が行われた場合には当社の1株当たりの株式価値の希薄化が進む可能性があります。
        なお、当社では、今後も優秀な人材確保のために、同様なインセンティブプランを継続して実施していく方針
       を有しており、今後付与される新株予約権の行使が行われた場合には、当社の1株当たりの株式価値が希薄化す
       る可能性があります。
      (3)  小規模組織及び少数の事業推進者への依存に由来するリスク

        (発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:小)
        当社は、本書提出日現在、取締役5名、監査役3名及び従業員22名の小規模組織であり、内部管理体制はこの
       ような組織規模に応じたものとなっております。今後の事業拡大に伴い、内部管理体制の一層の充実を図る方針
       ではありますが、当社が事業拡大に応じて適切かつ十分な組織対応ができず、組織効率が低下し十分な事業活動
       が行えない場合には、当社の事業展開や経営成績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
                                 55/214



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        また、当社の事業活動は、現在の経営陣、事業を推進する各部門の責任者と構成員等に依存するところがあり
       ます。そのため、当該技術ノウハウの確保及び発展の見地から、常に優秀な人材の確保と育成に努めております
       が、人材確保又は育成が順調に進まない場合、並びに重要な役職員の流出が生じた場合には、当社の事業展開や
       経営成績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
      (4)  機密情報を漏洩するリスク(発生可能性:小、発生する可能性ある期間:特定時期無し、影響度:小)

        当社は、ITセキュリティ及び情報管理について、外部専門家の関与により、セキュリティの強化に努めており
       ますが、役職員、外部委託先の不注意又は故意の行為、又は第三者による意図的な攻撃(コンピュータウィルスの
       侵入やサイバー攻撃)などにより、当社の運用システムの停止、中断などセキュリティ上の問題や、研究開発にか
       かる秘密情報の漏洩が発生する可能性があり、これにより当社の研究開発に対する実害、知的財産等にかかる重
       大な機密情報の流出・漏洩が生じた場合には、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 56/214

















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりで
      あります。また、当社は、細胞製品等の研究開発及び製造販売並びにこれらの付随業務の単一セグメントのため、
      セグメントごとの記載はしておりません。
      ① 経営成績の状況

       第12期事業年度(自 2021年1月1日至 2021年12月31日)
        当事業年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大が続く中、段階的に経済活
       動が再開され株式市場は徐々に回復に向かいましたが、新たな変異株であるオミクロン株の出現により、年末に
       かけて感染者数の急拡大が懸念され、依然予断を許さない状況が続いております。そのため、工場の稼働率低下
       による部品不足や、原材料の調達、輸送費用等の高騰も様々な業界で課題となっており、先行き不透明な状況が
       続きました。
        国内における再生医療・細胞治療分野においては、2021年に開催された厚生労働省                                       薬事・食品衛生審議会           再
       生医療等製品・生物由来技術部会において、すでに承認を受けている11品目に加え、国内で新たに5つの再生医
       療等製品の製造販売承認が了承され、新たな再生医療等製品の上市への期待感が高まりました。
        このような状況の下、当社は独自のプラットフォーム技術を用いた革新的な再生医療等製品や3D細胞製品の創
       出を通じて、新たな再生医療・細胞医療の実用化・産業化に貢献するべく、研究・技術開発を中核とする事業活
       動を推進してまいりました。また、細胞製品開発と並行して、デバイス販売や共同研究活動等により、当社の基
       盤技術を国内外に普及させる事業活動にも取り組んでまいりました。具体的には、①再生医療領域において、再
       生医療等製品の承認取得へ向けたパイプライン開発及び研究用細胞製品の受託、②創薬支援領域において、製薬
       企業・非臨床試験受託企業等を相手方とした創薬支援用のツールとしての細胞製品の開発、③デバイス領域にお
       いて、基盤技術を搭載したバイオ3Dプリンタ等の三次元細胞積層システム機器の開発・販売等を多面的に展開し
       ております。
        なお、当事業年度においては、臨床試験をはじめとする研究開発について概ね計画通りに進めてまいりまし
       た。新型コロナウイルス感染症の長期化に伴う資材・部品の調達遅延が発生する等、今後の開発スケジュールや
       開発進捗等に影響が生じる可能性がありますが、特定の取引先への依存を回避する等バックアップ体制を整備し
       ながら事業活動を進めてまいります。
        各領域における開発状況及び経営成績の概況は、以下のとおりです。
       a.再生医療領域

         当社では、主要な再生医療パイプライン(末梢神経再生、骨軟骨再生、血管再生等の革新的な3D細胞製品)に
        ついて、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(以下、「AMED」という。)の支援のもと、早期の再生医療等
        製品の承認取得・実用化を目指し、各大学・研究機関及び連携企業等の共同開発パートナーとともに臨床開発
        及び研究開発を進めております。
        (a)  末梢神経再生

          末梢神経再生については、これまでに国立大学法人京都大学とともにAMED委託事業「革新的医療シーズ実
         用化研究事業/バイオ3Dプリンタにより作製した三次元神経導管(Bio                                 3D  Conduit)を用いた革新的末梢神経
         再生法の臨床開発」において、末梢神経損傷を受けた患者さまへ移植するための「細胞製神経導管」の開発
         に取り組んでおります。
          当事業年度においては、2020年度より採択されたAMED委託事業「末梢神経損傷を対象とした三次元神経導
         管移植による安全性と有効性を検討する医師主導治験」において、京都大学とともに臨床試験を継続実施し
         てまいりました。本臨床試験のデータを集積しながら今後、本医師主導治験後の次の治験に向けて準備を進
         めてまいります。
                                 57/214




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (b)  骨軟骨再生
          骨・軟骨再生については、軟骨だけでなく軟骨下骨まで損傷が進行している患者さまへ軟骨と軟骨下骨と
         を同時に再生させることが可能な「細胞製骨軟骨」の開発に取り組んでおります。
          これまでに九州大学病院において、変形性膝関節症をはじめとする患者さまへ細胞製骨軟骨を移植する製
         品開発を目指した臨床試験(プロジェクト名:「高密度スキャフォールドフリー脂肪由来幹細胞構造体
         (HDMAC)を用いた骨軟骨組織再生の臨床研究」)を、AMED委託事業「再生医療実用化研究事業/高密度スキャ
         フォールドフリー脂肪由来幹細胞構造体を用いた骨軟骨組織再生の実用化推進臨床研究」による支援を受け
         実施してまいりました。
          当事業年度においては、次相臨床試験開始に向けて、慶應義塾大学病院とともに製造施設及び治験体制構
         築を進めてまいりました。
        (c)  血管再生

          血管再生については、これまでにAMEDの支援を受け、人工透析患者さまへ移植可能な細胞製の血管構造体
         「小口径細胞製人工血管」の開発に取り組んでおります。
          当事業年度においては、国立大学法人佐賀大学と共同で進めるAMED委託事業「バイオ3Dプリンタを用いて
         造形した小口径Scaffold            free細胞人工血管の臨床研究」において、株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジ
         ニアリングとともに臨床試験を継続実施してまいりました。引き続き、国立大学法人佐賀大学との連携を図
         りながら、臨床試験の完了に向けて今後も開発を続けてまいります。
        (d)  その他

          当社が実用化を目指す細胞製品の開発においては、基盤技術を用いて細胞のみで立体的な構造体を作製す
         るコアプロセス(スフェロイドの作製~三次元細胞積層による立体化~立体構造体の組織化)が極めて重要で
         す。当社では、細胞製品の実用化・産業化に向け、このコアプロセスの機械化及び生産設備開発に取り組ん
         でおり製造設備及び製造設備等のインフラに関する技術・ノウハウ等を有する企業とのパートナーシップ強
         化を加速し、必要となる培養技術やプロセス開発等、商業化に必要となる技術開発を進めております。
          当事業年度においては、当社と細胞製品の製造に関する包括的パートナーシップ契約を締結している太陽
         ホールディングス株式会社の子会社である太陽ファルマテック株式会社の高槻工場内に、当社の製品製造が
         可能な細胞加工施設が2021年9月末に竣工しました。本施設には当社の業務提携先である日立グローバルラ
         イフソリューションズ株式会社と共同で構築した、コンパクトかつシームレスな製造設備「次世代モジュー
         ル型CPC」が導入されており、3社共同体制に基づく製造施設構築の実現にいたりました。
          また、2021年12月には、再生・細胞医療分野における安定的な流通体制を構築することを目的として、株
         式会社メディパルホールディングスとの間で再生医療等製品の実用化へ向けた開発投資契約を締結し、当社
         が開発を進める再生医療等製品の事業化の実現に向け、サプライチェーンの構築及びより一層の体制強化を
         行うことができました。
          そのほか、藤森工業株式会社との間では、細胞の大量培養に関する共同技術開発を、また、岩谷産業株式
         会社との間では、凍結保管技術の開発を進めてまいりました。
          以上のように当社では、今後もパートナー企業との間で戦略的パートナーシップの強化を進め、当社の革
         新的な再生医療等製品の早期の実用化に向け開発を進めてまいります。
       b.創薬支援領域

         当社では、創薬支援領域において、独自の基盤技術により、人工の足場材料を使用せずに、ヒト肝細胞等の
        細胞のみから、高い肝機能が長期間にわたり発現する3D肝臓構造体を開発し、製薬企業や非臨床試験受託会社
        等の創薬研究のニーズに応える創薬支援用途でのツール開発を進めております。
         当事業年度においては、これまで国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」と
        いう。)による「研究開発型ベンチャー支援事業/企業間連携スタートアップに対する事業化支援」の支援を受
        け開発した「3D肝臓構造体による毒性評価モデル」について、業務提携パートナーである積水化学工業株式会
        社、大阪サニタリー株式会社及び株式会社SCREENホールディングスとともに、3D肝臓構造体の事業化に向けた
        共同開発を進めてまいりました。
                                 58/214




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       c.デバイス領域
         当社では、基盤技術を搭載したバイオ3Dプリンタによる技術普及を進めることにより、再生・細胞医療領域
        におけるポジション確立及びシーズ普及・探索を目指すとともに、細胞製品の実用化に必要となる技術応用及
        び新技術開発を進めております。
        (a)  技術普及

          当事業年度において、当社のバイオ3Dプリンタ「Regenova®」(製品名:レジェノバ)及び「S-PIKE®」(製品
         名:スパイク)は、国内外のアカデミア等の研究機関を中心として設置され、再生・細胞医療分野や創薬分野
         における研究開発現場において稼働しております。またバイオ3Dプリンタを設置した研究機関との共同研究
         により、新たな細胞製品の開発が進められております。
        (b)  技術応用・新技術開発

          当事業年度において、当社基盤技術の技術応用により開発した、再生医療パイプラインの臨床試験に用い
         る臨床用の三次元細胞積層システムが末梢神経再生及び血管再生の臨床試験において稼働しております。ま
         た、当社の再生医療等製品の生産体制構築へ向けて、各パートナー企業と共に細胞製品製造システムの共同
         技術開発を実施しました。
          今後も上記活動を継続し、バイオ3Dプリンタ「Regenova®」及び「S-PIKE®」の販売を通じて当社の知名度
         向上、基盤技術の普及拡大及びパートナー企業とともにグローバル展開を図ることで、当社の細胞製品開発
         のみならず、再生・細胞医療分野における様々な研究開発の促進及び新たなシーズの開拓を促進してまいり
         ます。
         以上の結果、当事業年度における売上高は、共同開発パートナーからの開発進捗に応じた契約一時金及び細

        胞製品等の製造支援、デバイスの販売・レンタル、その関連部品の販売等により、708,245千円となりました。
         一方、販売費及び一般管理費は、合計で500,033千円となりました。
         これらの結果、当事業年度の営業利益は70,569千円となりました。
         また、AMED等からの助成金受領等により、営業外収益を89,424千円計上した一方、借入金の利息等の支払に
        より営業外費用を15,078千円計上したことから、経常利益は144,914千円、当期純利益は142,905千円となり、
        創業来初めて通期での黒字化を実現いたしました。黒字転換の大きな要因としては、当社が開発を進める再生
        医療等製品の事業化に向けた開発が順調に進展したこと、及びパートナー企業との連携強化により開発が促進
        したことに伴う契約一時金の受領や各種業務支援、研究受託・開発受託・製造受託・評価受託等の各種受託の
        増加により、売上高が大幅に増加したことが影響しております。
         なお、当社の事業は再生医療等製品の研究開発及び製造販売並びにこれらに関連する事業の単一セグメント
        であるため、セグメント別の記載を省略しています。
       第13期第2四半期累計期間(自 2022年1月1日至 2022年6月30日)

        当第2四半期累計期間におけるわが国の経済は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が長期化する中、ワク
       チン接種の普及拡大による新規感染者数の減少及び感染予防策を講じた外出規制の緩和に伴い、緩やかな回復傾
       向がみられたものの、感染力の強いオミクロン株の流行、原油価格高騰等による原材料価格の上昇、ウクライナ
       情勢の緊迫など、依然として先行きは不透明な状況が続きました。
        当社では、独自のプラットフォーム技術による革新的な再生医療等製品などの3D細胞製品の創出を通じて、新
       たな再生医療・細胞医療の実用化・産業化に貢献するべく、細胞製品にかかる研究・技術開発を中核とする事業
       活動を継続的に進めております。また、細胞製品開発と並行して、デバイス販売や細胞製品の共同研究等によ
       り、当社の基盤技術を国内外に普及させる事業活動にも取り組んでおります。
        当第2四半期累計期間における各領域における事業活動の進捗及び経営成績の概況は、以下のとおりです。
                                 59/214




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       a.再生医療領域
         当社では、再生医療領域において、バイオ3Dプリンタを用いた新たな再生医療等製品の承認取得・実用化を
        目指し、各大学・研究機関及び連携企業等の共同開発パートナーと臨床開発及び研究開発を進めるとともに、
        再生医療等製品の製品開発及び研究用細胞製品の受託等の事業活動を進めております。
         再生医療等製品としての承認取得を目指す主要パイプラインの製品開発状況及び関連技術開発状況は下記の
        とおりです。
        (a)  末梢神経再生

          交通事故や労働災害等で末梢神経損傷を受けた患者さまへ移植する「細胞製神経導管」の開発に取り組ん
         でおります。これまで、国立大学法人京都大学とともにAMED委託事業「革新的医療シーズ実用化研究事業/
         バイオ3Dプリンタにより作製した三次元神経導管(Bio                         3D  Conduit)を用いた革新的末梢神経再生法の臨床開
         発」に採択され、「細胞製神経導管」の開発を進めてまいりました。その結果、生きた細胞のみからなる三
         次元の神経導管の開発に成功し、非臨床試験において有効性及び安全性データを取得しました。その結果を
         もとに、2020年11月より末梢神経を損傷した患者さまに、バイオ3Dプリンタから作製した神経導管を移植す
         る世界初の末梢神経再生の医師主導治験(2020年度よりAMED委託事業「末梢神経損傷を対象とした三次元神経
         導管移植による安全性と有効性を検討する医師主導治験」に採択)を実施いたしました。
          本医師主導治験において、外傷性末梢神経損傷の患者さまへ「細胞製神経導管」を移植し、計画通り全症
         例の移植が完了いたしました。当第2四半期累計期間においては、経過観察期間として安全性及び有効性を
         確認するとともに、今後、関係医療機関等とともに、再生医療等製品としての承認取得に向けて準備を進め
         てまいります。
          また、本末梢神経再生については、文部科学省「情報ひろば」における展示会にて、これまでの活動報告
         を行いました。
        (b)  骨・軟骨再生

          骨・軟骨再生については、軟骨だけでなく軟骨下骨まで損傷が進行している患者さまへ軟骨と軟骨下骨と
         を同時に再生させることが可能な「細胞製骨軟骨」の開発に取り組んでおります。
          これまでに九州大学病院において、「細胞製骨軟骨」を移植する臨床開発(プロジェクト名:「高密度ス
         キャフォールドフリー脂肪由来幹細胞構造体を用いた骨軟骨組織再生の臨床研究」)を、AMEDによる支援を受
         け実施し、安全性を確認しております。
          当第2四半期累計期間においては、次相臨床試験の開始に向けて、慶應義塾大学病院とともに製造施設及
         び治験体制構築を進めました。
          また、慶應義塾大学と共に進める共同研究開発が、AMED橋渡し研究プログラム「バイオ3Dプリンタ技術を
         用いた膝関節特発性骨壊死に対する骨軟骨再生治療」に事業採択されました。
        (c)  血管再生

          血管再生については、人工透析患者さまへ移植可能な細胞製の血管構造体「細胞製人工血管」の開発に取
         り組んでおります。
          これまでに、国立大学法人佐賀大学と共同でAMED委託事業「バイオ3Dプリンタを用いて造形した小口径
         Scaffold     free細胞人工血管の臨床研究」において臨床開発を進め、株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジ
         ニアリングとともに臨床開発を進めてまいりました。当第2四半期累計期間においては、引き続き、本臨床
         開発を実施しております。
                                 60/214





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (d)  その他
          当社が実用化を目指す細胞製品の開発においては、基盤技術を用いて細胞のみで立体構造体を作製するコ
         アプロセス(スフェロイドの作製~三次元細胞積層による立体化~立体構造体の組織化)が極めて重要です。
         当社では、このコアプロセスの着実な遂行に向け、必要となる培養技術やプロセス開発等、商業化に必要と
         なる技術開発を進めており、製造設備及び製造設備等のインフラに関する技術・ノウハウ等を有する企業と
         のパートナーシップ強化を進めております。
          当第2四半期累計期間においては、当社と細胞製品の製造に関する包括的パートナーシップ契約を締結し
         ている太陽ホールディングス株式会社との間で、当社の再生医療等製品の製造・販売へ向けた製造・品質体
         制の構築を進めました。
          その他、藤森工業株式会社との間で、細胞の大量培養に関する共同技術開発を、また岩谷産業株式会社と
         の間で、凍結保管技術の開発を進めております。
          また、福岡地所株式会社との間で、再生・細胞医療分野等における事業活動を通じた地域創生を実現する
         ことを目的とした業務資本提携をいたしました。
          以上のように当社では、パートナー企業との間で戦略的パートナーシップの強化を進め、将来の当社の革
         新的な再生医療等製品の実用化を進めてまいります。
       b.創薬支援領域

         当社では、創薬支援領域において、独自の基盤技術により、スキャフォールドを使用せずに、ヒト肝細胞等
        の細胞のみから、高い肝機能が長期間にわたり発現する3D肝臓構造体を開発し、製薬企業や非臨床試験受託会
        社等の創薬研究のニーズに応える創薬支援用途の細胞製品開発を進めております。当第2四半期累計期間にお
        いては、これまでに国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構による支援を受け開発した「3D肝
        臓構造体による毒性評価モデル」について、業務提携パートナーである積水化学工業株式会社、大阪サニタ
        リー株式会社及び株式会社SCREENホールディングスとともに3D肝臓構造体を用いた創薬支援モデルの事業化に
        向け開発を進めました。
         また、腸管デバイスの開発については新たに、東京都中小企業振興公社が運営する「TOKYO戦略的イノベー
        ション促進事業」に事業採択されました。
         今後は、自社においてプラットフォーム技術を有する強みを活かし、肝臓をベースとした創薬支援モデルを
        多領域に展開してまいります。
       c.デバイス領域

         当社では、デバイス領域において、基盤技術を搭載したバイオ3Dプリンタ等の三次元細胞積層システム機器
        の開発・販売等の事業活動を進めております。また、バイオ3Dプリンタによる基盤技術普及を進めることによ
        り、再生・細胞医療領域におけるポジション確立及びシーズ普及・探索を目指すとともに、細胞製品の実用化
        に必要となる技術応用及び新技術開発を進めております。今後は再生医療等製品の実用化及び臨床開発に向け
        たデバイス類の開発及びサポートにも注力してまいります。
        以上の結果、当第2四半期累計期間における売上高は、細胞製品の製造支援及びデバイスの販売その関連部品

       の販売等により、332,504千円となりました。
        一方、販売費及び一般管理費は、合計で308,727千円となりました。
        これらの結果、当第2四半期累計期間の営業損失は96,974千円となりました。
        また、第7回革新的事業展開設備投資支援事業助成金受領等により、営業外収益を29,566千円計上した一方、
       借入金の利息等の支払により営業外費用を8,718千円計上したことから、経常損失は76,127千円、加えて、本社移
       転費用の発生等により特別損失を37,807千円計上し、四半期純損失は114,938千円となりました。
        なお、当社の事業は再生医療等製品の研究開発及び製造販売並びにこれらに関連する事業の単一セグメントで
       あるため、セグメント別の記載を省略しています。
                                 61/214




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 財政状態の状況
       第12期事業年度(自 2021年1月1日至 2021年12月31日)
       (資産)
        当事業年度における総資産は、前事業年度末に比べ450,018千円増加し、2,646,232千円となりました。主な増
       加要因は、増資の払込、営業債権の回収及び助成金の入金に伴う現金及び預金の増加340,161千円であります。
       (負債)
        当事業年度における負債については、前事業年度末に比べ99,363千円増加し、746,117千円となりました。主な
       増加要因は、短期借入金の増加78,800千円及び未払消費税等の増加30,668千円であり、主な減少要因は、返済に
       伴う長期借入金の減少23,202千円及びリース債務の減少16,081千円であります。
       (純資産)
        当事業年度末における純資産については、前事業年度末に比べ350,655千円増加し、1,900,114千円となりまし
       た。主な増加要因は、増資に伴う資本金及び資本剰余金の増加207,750千円及び当期純利益の計上に伴う増加
       142,905千円であります。
        この結果、自己資本比率は71.8%と前事業年度末に比べ1.3ポイント増加しました。
       第13期第2四半期累計期間(自 2022年1月1日至 2022年6月30日)

       (資産)
        当第2四半期会計期間末における総資産は、前事業年度末に比べ204,158千円増加し、2,850,391千円となりま
       した。主な増加要因は、新拠点に係る有形固定資産の増加149,387千円及び現金及び預金の増加114,955千円であ
       ります。
       (負債)
        当第2四半期会計期間末における負債については、前事業年度末に比べ203,297千円増加し、949,415千円とな
       りました。主な増加要因は、短期借入金の増加148,520千円及び新拠点への移転に伴う未払金の増加60,047千円で
       あり、主な減少要因は、未払消費税等の減少30,668千円及び前受金の減少60,301千円であります。
       (純資産)
        当第2四半期会計期間末における純資産については、前事業年度末に比べ861千円増加し、1,900,975千円とな
       りました。主な増加要因は、第三者割当増資等に伴う資本金及び資本準備金の増加114,744千円であり、主な減少
       要因は、四半期純損失の計上114,938千円であります。
        この結果、自己資本比率は66.6%と前事業年度末に比べ5.2ポイント減少しました。
      ③ キャッシュ・フローの状況

       第12期事業年度(自 2021年1月1日至 2021年12月31日)
        当事業年度末における現金及び現金同等物の残高は、前事業年度末に比べ340,161千円増加し、1,613,040千円
       となりました。当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動により得られた資金は161,537千円となり、前年同期と比べ455,539千円の収入の増加となりまし
        た。
         この収入は主に、税引前当期純利益が144,914千円(前期は税引前当期純損失327,492千円)、助成金・補助
        金が82,853千円(前年同期比19,902千円増加)あった一方で、売上債権の増加額が37,701千円(前年同期比
        30,055千円増加)あったことなどによるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動により支出した資金は50,583千円となり、前年同期と比べ50,319千円の支出の増加となりました。
        この支出は主に、敷金の差し入れによる支出が50,583千円あったことなどによるものです。
                                 62/214




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動により得られた資金は229,206千円となり、前年同期と比べ259,699千円の収入の減少となりまし
        た、この収入は主に、短期借入金の純増減額による69,201千円及び株式の発行が207,750千円あったことなどに
        よるものです。
       第13期第2四半期累計期間(自 2022年1月1日至 2022年6月30日)

        当第2四半期累計期間末における現金及び現金同等物の残高は、前事業年度末に比べ14,955千円増加し、
       1,627,996千円となりました。当第2四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次
       のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         税引前四半期純損失の計上等により43,463千円の支出となりました。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         移転に伴う固定資産の取得及び定期預金の預入等により260,726千円の支出となりました。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         長期借入金及び短期借入金の借入並びに株式の発行等により319,145千円の収入となりました。
      ④ 生産、受注及び販売の実績

       a.生産実績
         当社が提供するサービスの性格上、生産実績の記載になじまないため、記載を省略しております。
       b.受注実績

         当社が提供するサービスの性格上、受注実績の記載になじまないため、記載を省略しております。
                                 63/214











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       c.販売実績
         当社は、細胞製品等の研究開発及び製造販売並びにこれらの付随業務の単一セグメントであることから、第
        12期事業年度及び第13期第2四半期累計期間の販売実績を領域分野ごとに示すと、次のとおりであります。
                            第12期事業年度               第13期第2四半期累計期間

                          (自 2021年1月1日                 (自 2022年1月1日
                           至 2021年12月31日)                 至 2022年6月30日)
            事業分野の名称
                        販売高(千円)        前年同期比(%)             販売高(千円)
        再生医療領域                   516,140          831.5                 93,234

        創薬支援領域                   30,000         300.0                 20,000

        デバイス領域                   162,104          247.8                219,269

              合計             708,245          515.1                332,504

         (注)   1.  上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
           2.当事業年度において、販売実績に著しい変動がありました。これは、再生医療領域においてはパイ
             プライン開発の進捗に伴う各種受託の増加及び権利に関する一時収益があったこと、創薬支援領域
             においては共同開発に係る各種受託件数が増加したこと、またデバイス領域においてはバイオ3Dプ
             リンタ類の受注が増加したことによるものであります。
           3.最近2事業年度及び第13期第2四半期累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販
             売実績に対する割合は次のとおりであります。
                                               第13期第2四半期

                         第11期事業年度           第12期事業年度
                                                 累計期間
                       (自 2020年1月1日           (自 2021年1月1日
                                              (自 2022年1月1日
              相手先          至 2020年12月31日)           至 2021年12月31日)
                                               至 2022年6月30日)
                       金額(千円)      割合(%)     金額(千円)      割合(%)     金額(千円)      割合(%)
        国立大学法人京都大学                43,662       31.8     53,510       7.6    47,619       14.3

        シカゴ大学                29,741       21.6       ―      ―    1,016       0.3

        シスメックス株式会社                20,105       14.6     3,089       0.4     3,969       1.2

        株式会社メディパルホール
                           ―      ―   300,000       42.4       ―      ―
        ディングス
        太陽ファルマテック株式会社                  ―      ―   257,869       36.4    120,019       36.1
        岩谷産業株式会社                  ―      ―      ―      ―    63,936       19.2

        フランス国立衛生医学研究所                  ―      ―      ―      ―    40,463       12.2

                                 64/214








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
      ① 重要な     会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

        当社の財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。
       その作成には、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告金額並びに開示に影響を
       与える見積りを必要としております。経営者は、これらの見積りを行うにあたり、過去の実績等を勘案し合理的
       に判断しておりますが、実際の結果は、見積りによる不確実性のため、これらの見積りと異なる結果をもたらす
       場合があります。当社の財務諸表の作成にあたって採用している重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 
       財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項 重要な会計方針」に記載しております。
        なお、特に以下の事項は、経営者の会計上の見積りの判断が財政状態及び経営成績に重要な影響を及ぼすと考
       えております。
       (固定資産の減損処理)

         固定資産の減損については、資産のグルーピングを行ったうえで、減損の兆候あり、かつ資産グループから
        得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合に、減損損失を認識するものとしてお
        ります。当社は、固定資産の金額的重要性が乏しいため、重要な会計上の見積りには該当しないと判断してお
        ります。
       (繰延税金資産)

         期末に税務上の繰越欠損金を有する場合の繰延税金資産の回収可能性の判断については、税務上の繰越欠損
        金が将来の一時差異等加減算前課税所得の見積額及び将来加算一時差異の解消見込額と相殺され、税金負担額
        を軽減することができると認められる範囲内で計上するものとされています。当社は、税務上の欠損金が継続
        しており、繰延税金資産の回収可能性を合理的に見積もることは困難と判断し、繰延税金資産を計上しており
        ません。
         また、新型コロナウイルス感染症による今後の影響等を含む仮定に関する情報は、「第5 経理の状況 
        1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項 (追加情報)」に記載しております。
      ② 経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

       a.財政状態の分析
        第12期事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
         当事業年度における財政状態の分析については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成
        績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)                      経営成績等の状況の概要 ②財政状態の状況」に記載のとおり
        であります。
        第13期第2四半期累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年6月30日)

         当第2四半期累計期間における財政状態の分析については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状
        態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)                           経営成績等の状況の概要 ②財政状態の状況」に記
        載のとおりであります。
       b.経営成績の分析

        第12期事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
         当事業年度における経営成績の分析については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成
        績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)                      経営成績等の状況の概要 ①経営成績の状況」に記載のとおり
        であります。
                                 65/214



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        第13期第2四半期累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年6月30日)
         当第2四半期累計期間における経営成績の分析については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状
        態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)                           経営成績等の状況の概要 ①経営成績の状況」に記
        載のとおりであります。
       c.経営成績に重要な影響を与える要因について

         経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のとお
        りであります。
       d.経営者の問題認識と今後の方針について

         経営者の問題認識と今後の方針については、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき
        課題等」に記載のとおりであります。
      ③   キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに                        資本の財源及び資金の流動性についての分析

        キャッシュ・フローの状況の分析につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成
       績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)                      経営成績等の状況の概要 ③キャッシュ・フローの状況」に記載
       のとおりであります。
        当社の運転資金需要の主なものは、パイプライン開発に係る研究開発費及び人材の獲得、維持にかかるシステ
       ム費等の営業費用であります。
        当社では、今後、経済・金融環境の変化に備えて十分な手元流動性を確保し、中長期的な財務基盤の拡充をは
       かり、再生医療等製品の事業化(上市)に向けた開発を一切止めることなく達成するため、安定した資金力
       (キャッシュポジション)」を重視し、多様な資金確保手段を講じることとしております。具体的には、十分な
       資金を自己資金で確保しながらも、不測の事態を想定し、必要に応じてコミットメントライン等の与信枠を活用
       し銀行借入等による調達を行うことで現預金残高を維持していく方針であります。
      ④ 経営成績に重要な影響を与える要因について

        経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のとお
       り、様々なリスク要因が当社の経営成績に影響を与えるおそれがあることを認識しております。
        これらリスク要因の発生を回避するためにも、運営する事業の強化、人員増強、財務基盤の安定化等、継続的
       な経営基盤の強化が必要であるものと認識し、実行に努めております。
      ⑤ 経営者の問題意識と今後の方針について

        経営者の問題意識と今後の方針については、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき                                                  課
       題等」をご参照ください。
                                 66/214








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【経営上の重要な契約等】
     相手方の名称          契約名称         契約締結日         契約期間            主な契約内容

                                        ・国立大学法人九州大学の細胞の立
                               2016年4月1         体構造体の製造方法に関する特許
                               日~許諾地域に         権の再実施許諾権付独占的通常実
    国立大学法人九
             特許実施許諾契約書          2016年4月1日         おける全ての特         施権を当社に対し許諾する。
    州大学
                               許権が消滅する        ・許諾の対価として、当社は、国立
                               まで         大学法人九州大学に対して一定の
                                         実施料を支払う。
                                        ・国立大学法人九州大学の組織プラ
                               2017年6月1         グの製造方法に関する特許権の再
                               日~許諾地域に         実施許諾権付独占的通常実施権を
    国立大学法人九
             特許実施許諾契約書          2017年6月1日         おける全ての特         当社に対し許諾する。
    州大学
                               許権が消滅する        ・許諾の対価として、当社は、国立
                               まで         大学法人九州大学に対して一定の
                                         実施料を支払う。
                               2017年10月31
    富士フイルム株                           日~「血管プロ        細胞医療分野における研究開発及び
             業務提携契約          2017年10月31日
    式会社                           ジェクトの終了        事業化促進を行う。
                               日まで」
                               2018年8月30
    積水化学工業株                                   細胞医療分野における研究開発及び
             業務・資本提携契約          2018年8月30日         日~終期の定め
    式会社                                   事業化促進を行う。
                               なし
                               2020年10月1
                                        再生・細胞医療分野における新たな
    太陽ホールディ                           日~本契約に基
             業務提携契約書          2020年10月1日                  細胞製品の製造・販売にかかる体
    ングス株式会社                           づく個別契約の
                                         制構築を行う。
                               終了時まで
                               本契約締結日か        ・当社の開発する再生医療等製品へ
                               ら対象とする再         の開発投資を行う。
    株式会社メディ
                               生医療等製品が        ・再生医療等製品に関して当社が取
    パルホールディ        開発投資契約          2021年12月22日
                               日本で販売が開         得するライセンス収入に応じたロ
    ングス
                               始された日から         イヤルティをメディパルホール
                               20年後まで         ディングス株式会社へ支払う。
                                 67/214









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【研究開発活動】
     (1)  研究開発体制
       当事業年度の研究開発活動においては、独自のプラットフォーム技術を用いた革新的な再生医療等製品や3D細胞
      製品の創出を通じて、新たな再生医療・細胞医療の実用化・産業化に貢献するべく、再生医療等製品の臨床開発及
      び技術開発を中核とする研究開発活動を推進してまいりました。
       当社では、東京と福岡の2拠点に研究施設を有しており、基礎研究から非臨床研究段階及び臨床グレードの製造
      まで対応可能な自社が運営管理する研究施設を構築し、主として事業ステージや開発ステージに合わせた研究や製
      造等を行っております。サイフューズ東京(所在地:東京都港区三田)では、主に、臨床研究に入る前段階(基礎
      研究から非臨床研究段階)にある再生医療等製品の開発、機能性細胞製デバイス(FCD)の探索研究から製品製造ま
      でを担っております。サイフューズ福岡(所在地:福岡市中央区天神)では、主に、ヒト臨床試験の段階にある再
      生医療等製品の開発を担っております。このように、九州と東京の両拠点の人材及び施設にかかる利点を最大限に
      活用することで、効率的な研究開発及び事業活動を進めております。
       当社の研究開発部門においては、複数のキャリアを有する人材を複数名配置し、かつ、様々なプロジェクトに横
      断的に従事させることで、業務の属人化を抑制するとともに、長期にわたって再生医療等製品の開発並びに当社製
      品の開発プロセスを熟知している研究開発者を中心として、研究開発部門の共通技術のレベルアップを図るなど、
      少数精鋭の専門人財によって研究開発体制が構築されております。
       また、当社の実施するような革新的な細胞製品開発においては、バイオロジーのみならずエンジニアリングの力
      も必要になりますが、当社では社内にバイオロジー専門の研究開発者のみならず、機械工学やロボティクス等の高
      い専門性を有するエンジニアも所属していることにより、他社にはないワンストップでの研究開発及び技術開発を
      可能としております。
     (2)  パイプラインの開発状況

       パイプラインの開発状況に関する詳細は「第1 企業の概況 3 事業の内容」をご参照ください。
      第12期事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

       当事業年度の研究開発費の総額は               266,490    千円となりました。
       研究開発費の主な内容は、パイプライン開発の臨床試験費用及び非臨床試験費用に関わる外部委託費でありま
      す。
       パイプライン開発状況につきましては、「(1)                      経営成績等の状況の概要 ①経営成績の状況」に記載のとおりで
      あります。
      第13期第2四半期累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年6月30日)

       当第2四半期累計期間の研究開発費の総額は                    137,456    千円となりました。
       研究開発費の主な内容は、パイプライン開発の臨床試験及び非臨床試験に関する外部委託費であります。
       パイプライン開発状況につきましては、「(1)                      経営成績等の状況の概要 ①経営成績の状況」に記載のとおりで
      あります。     なお、当第2四半期累計期間において、当社の研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                 68/214







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

      第12期事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
       当事業年度中に実施いたしました当社の設備投資等の総額は、                             63,783   千円であり、主なものは本店及びラボ移転
      に伴う敷金の支払い並びに研究開発用設備等の購入であります。
       なお、当社の事業は細胞製品等の研究開発及び製造販売並びにこれらの付随業務の単一セグメントであるため、
      セグメント別の記載を省略しております。
      第13期第2四半期累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年6月30日)

       当第2四半期累計期間中に実施いたしました当社の設備投資等の総額は、                                  164,434    千円であり、主なものは本店及
      びラボ移転に伴う建設費及び什器類・開発機器類の購入費であります。
       なお、当社の事業は細胞製品等の研究開発及び製造販売並びにこれらの付随業務の単一セグメントであるため、
      セグメント別の記載を省略しております。
    2 【主要な設備の状況】

                                               2021年12月31日現在
                                帳簿価額(千円)
      事業所名                                             従業員数
              設備の内容
      (所在地)                                              (名)
                     建物附属      機械及び      工具、器具
                                        その他       合計
                      設備      装置     及び備品
     東京オフィス
               本社機能        1,300        ―       0      ―     1,300       6(1)
     (東京都文京区)
      東京ラボ
               研究設備         607     11,239      13,798         0    25,645       13(1)
     (東京都文京区)
      福岡ラボ
               研究設備         322       0      0      ―      322      3(-)
    (福岡県福岡市東区)
     (注)   1.  上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       2.  東京オフィス、東京ラボ及び福岡ラボについては建物を賃借しており、年間賃借料は16,012千円でありま
         す。
       3.  従業員数は就業員数であり、臨時雇用者数(人材会社からの派遣社員)は、( )内に外数で記載しておりま
         す。
       4.東京オフィス及び東京ラボは、2022年4月9日付で東京都港区へ移転しております。
       5.福岡ラボは、2022年9月2日付で福岡県福岡市中央区へ移転しております。
    3  【設備の新設、除却等の計画】

     (1)  重要な設備の新設等(2022年9月30日現在)
       該当事項はありません。
     (2)  重要な設備の除却等(2022年9月30日現在)

       該当事項はありません。
                                 69/214







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    23,000,000

                計                                   23,000,000

     (注)1.定款に基づき、2022年8月19日付でA種優先株主、B種優先株主、C種優先株主、D種優先株主及びE種
          優先株主の株式取得請求権に応じたことにより、すべてのA種優先株式、B種優先株式、C種優先株式、
          D種優先株主及びE種優先株式を自己株式として取得し、対価として当該A種優先株式、B種優先株式、
          C種優先株式、D種優先株主及びE種優先株式1株に対し普通株式1株を交付しております。また、その
          後、2022年8月19日付で当該A種優先株式、B種優先株式、C種優先株式、D種優先株主及びE種優先株
          式をすべて消却しております。なお、当社は2022年9月2日付で種類株式を発行する旨の定款の定めを廃
          止しております。
        2.2022年9月1日開催の臨時株主総会において、2022年9月2日付で効力発生する株式分割に伴う定款の一
          部変更を行い、発行可能株式総数は22,500,000株増加し、23,000,000株となっております。
      ②  【発行済株式】

                             上場金融商品取引所名又は

        種類           発行数(株)                               内容
                            登録認可金融商品取引業協会名
      普通株式                5,894,500           非上場               (注)1
        計               5,894,500            ―               ―

     (注)   1.完全議決権株式であり、株主としての権利内容に制限のない標準となる株式であります。なお、単元株式数
         は100株であります。
       2.2022年8月19日付でA種優先株主、B種優先株主、C種優先株主、D種優先株主及びE種優先株主の株式取
         得請求権に応じたことにより、すべてのA種優先株式、B種優先株式、C種優先株式、D種優先株主及びE
         種優先株式を自己株式として取得し、対価として当該A種優先株式、B種優先株式、C種優先株式、D種優
         先株主及びE種優先株式1株に対し普通株式1株を交付しております。また、その後、2022年8月19日付で
         当該A種優先株式、B種優先株式、C種優先株式、D種優先株主及びE種優先株式をすべて消却しておりま
         す。
       3.2022年9月1日開催の臨時株主総会において、2022年9月2日付で効力発生する株式分割に伴う定款の一部
         変更を行い、発行可能株式総数は22,500,000株増加し、23,000,000株となっております。
       4.2022年9月1日開催の臨時株主総会決議により定款の一部変更が行われ、2022年9月2日付で1単元を100
         株とする単元株制度を採用しております。
                                 70/214







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
       第3回新株予約権
                        2014年2月17日取締役会決議

              (付与対象の区分及び人数:当社取締役1名、当社従業員4名)(注)1
                              事業年度末現在               提出日の前月末現在
                             (2021年12月31日)                (2022年9月30日)
    新株予約権の数(個)                            46               同左
    新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式                 同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)                           46(注)2              23,000   (注)2、7

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                          50,000(注)3                100  (注)3、7

                             2016年2月18日から
    新株予約権の行使期間                                            同左
                             2024年2月17日まで
    新株予約権の行使により株式を発行する場合                      発行価格  50,000(注)3                発行価格  100        (注)3、7
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)                      資本組入額 25,000(注)4                資本組入額 50       (注)4、7
    新株予約権の行使の条件                           (注)5                同左
                          本新株予約権を譲渡するとき
    新株予約権の譲渡に関する事項                      は、当社取締役会の決議による                      同左
                          承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                (注)6                同左
    関する事項
     (注)   1 付与対象者のうち、当社取締役就任による区分変更及び従業員の退職等により、本書提出日現在の付与対象
         者の区分及び人数は、当社取締役1名、当社従業員1名及び元当社役員・従業員4名となっております。
       2 新株予約権1個あたり普通株式1株とします。
         当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。但
         し、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につい
         て行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。
          (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
         その他行使価額の調整事由が生じた場合にも、各新株予約権につき、調整後株式数に調整後行使価額を乗じ
         た額が調整前株式数に調整前行使価額を乗じた額と同額になるよう、各新株予約権の行使により発行される
         株式の数は適切に調整されるものとします。
       3 新株予約権1個あたり行使に際して払込むべき金額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」という。)
         に新株予約権1個の行使により発行される株式の数を乗じた金額とします。行使価額は、金50,000円としま
         す。新株予約権発行後に、株式の分割又は併合が行われる場合、上記払込金額は分割又は併合の比率に応じ
         次の算式により調整されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                 1
          調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
         新株予約権割当日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、又は
         当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行います。
       4 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果端数が生じたときは、その端数を切
         上げるものとします。
       5 1.    本新株予約権のうち行使可能となるものは、新株予約権者が当社の役員又は従業員(以下「役務等提供
         者」と総称します。)としての地位を有することとなった日から、それらのいずれの地位も喪失した日(死亡
         し又は就業不能となった場合には当該日)までの期間(以下「参画期間」といいます。)に応じ、以下のとお
         りとします。但し、1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。(1)                                   参画期間が2年未満の場合             零
         (2)  参画期間が2年以上3年未満の場合                 割当予約権数の2分の1までの個数(3)                  参画期間が3年以上4年
         未満の場合      割当予約権数の4分の3までの個数(4)                  参画期間が4年以上の場合             割当予約権数までの個数。
         なお、新株予約権者の参画期間の起算日は、上記「参画期間の起算日」に記載される日とします。                                             2.  新株
         予約権者は、本新株予約権が前項に従って行使可能となった場合であっても、当社が取締役会において、そ
         の株式を国内又は国外の証券取引所に上場することを決議する日までは、これを行使しないものとします。
         但し、新株予約権者の死亡により法定相続人がこれを行使する場合(新株予約権者の死亡から6ヶ月以内の
         行使に限ります。)には、この限りではありません。                        3.  当社につき支配権移転事由を生じさせる取引を行う
         ことを当社の取締役会が決定した場合、新株予約権者が当社の役務等提供者としての地位を有することと
         なった日から、当該決定を行った日までの期間(以下「適用期間」といいます。)に応じ、以下の個数の本新
         株予約権が行使可能となるものとします。但し、1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。(1)                                                適
         用期間が2年以上3年未満までの場合                  割当予約権数の4分の3までの個数(2)                  適用期間が3年以上の場合
                                 71/214

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         割当予約権数までの個数4.             「支配権移転事由」とは、(i)              一又は一連の取引による他の事業体による当社
         の買収(合併、会社分割、株式移転、株式譲渡、その他の手法による組織再編を含むが、株主構成を維持し
         た まま行われる取引を含みません。)であって、当社の当該取引の直前における名義株主が、当該取引の直
         後において、存続会社または買収主体の議決権の過半数を保有していない場合(但し、主として資金調達を
         目的として当社が株式を発行する場合は、支配権移転事由に該当しないものとします。)、又は(ii)                                              当社の
         全部もしくは実質的に全部の資産もしくは事業の譲渡をいうものとします。5.                                    参画期間が4年未満の場合
         において、新株予約権者が当社の役務等提供者としての地位を喪失したことにより、行使可能とならなかっ
         た本新株予約権については、新株予約権者がこれを放棄したものとみなします。この場合、当社は当該新株
         予約権を失効したものとして取扱うことができ、新株予約権者はそれ以降当該新株予約権を行使することが
         できません。6.        当社は、正当な理由があると認める場合には、取締役会の決議により、直ちに新株予約権
         者に付与された本新株予約権のすべてを失効させることができるものとします。この場合、新株予約権者は
         それ以降本新株予約権のすべてにつきこれを行使することができないものとします。7.                                        「正当な理由」と
         は、(i)    新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行していない旨を当社が通知した後も引続
         き、新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行しないこと(但し、就業不能の場合を除きま
         す。)、(ii)      新株予約権者が犯罪その他の不正行為に関与したこと、(iii)                             新株予約権者が当社の事業に適
         用される業法その他の法令に違反したこと、(iv)                       新株予約権者が当社に対する機密保持義務、競業避止義
         務、知的財産権の譲渡に関する義務に違反したこと、(v)                           新株予約権者が当社の就業規則等に基づく懲戒処
         分を受けたこと、又は(vi)             新株予約権者が反社会的勢力に該当し、反社会的勢力を当社の経営活動に関与
         させ、自らもしくは関係者をして資金提供その他の行為を行うことを通じて反社会的勢力の維持、運営に協
         力もしくは関与し、又は反社会的勢力と交流を持つことをいうものとします。8.                                     新株予約権者の死亡によ
         り法定相続人が本新株予約権を行使する権限を有することとなる場合にこれを準用します。この場合におい
         て「正当な理由」とは、当該法定相続人が当社の競業他社に勤務していること、当該法定相続人が反社会的
         勢力に該当し、反社会的勢力を当社の経営活動に関与させ、自らもしくは関係者をして資金提供その他の行
         為を行うことを通じて反社会的勢力の維持、運営に協力もしくは関与し、又は反社会的勢力と交流を持つこ
         と、又は当該法定相続人の行為が当社の利益に著しく反すると当社が認めることをいうものとします。9.新
         株予約権の相続は、新株予約権者の法定相続人に限りこれを認める。但し、当該法定相続人は、新株予約権
         者の死亡から6ヶ月を経過した後は、当該新株予約権を行使することができません。
       6 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         下「組織再編行為」と総称する。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する
         新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会
         社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付します。この場合にお
         いては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。本項の
         取扱いは、本項に定める条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併
         契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めることを条件とします。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と
          同一の数をそれぞれ交付します。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とします。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)2に準じて決定します。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
          した再編後の行使価額に当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られるものとします。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとします。
         ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとします。
         ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
          上記⑥に準じて決定します。
         ⑧新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)4に準じて決定します。
       7 2022年8月12日開催の取締役会決議により、2022年9月2日付で普通株式1株につき500株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」を
         調整しております。
                                 72/214





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第4回新株予約権
                        2014年7月28日取締役会決議

              (付与対象の区分及び人数:当社取締役1名、当社従業員6名)(注)1
                              事業年度末現在               提出日の前月末現在
                             (2021年12月31日)                (2022年9月30日)
    新株予約権の数(個)                            60               同左
    新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式                 同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)                           60(注)2              30,000   (注)2、7

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                          50,000(注)3                100  (注)3、7

                             2016年7月29日から
    新株予約権の行使期間                                            同左
                             2024年2月17日まで
    新株予約権の行使により株式を発行する場合                      発行価格  50,000(注)3                発行価格  100        (注)3、7
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)                      資本組入額 25,000(注)4                資本組入額 50       (注)4、7
    新株予約権の行使の条件                           (注)5                同左
                          本新株予約権を譲渡するとき
    新株予約権の譲渡に関する事項                      は、当社取締役会の決議による                      同左
                          承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                (注)6                同左
    関する事項
     (注)   1 付与対象者のうち、当社取締役及び従業員の退職等により、本書提出日現在の付与対象者の区分及び人数
         は、当社従業員2名及び元当社役員・従業員4名となっております。
       2 新株予約権1個あたり普通株式1株とします。
         当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。但
         し、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につい
         て行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。
          (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
         その他行使価額の調整事由が生じた場合にも、各新株予約権につき、調整後株式数に調整後行使価額を乗じ
         た額が調整前株式数に調整前行使価額を乗じた額と同額になるよう、各新株予約権の行使により発行される
         株式の数は適切に調整されるものとします。
       3 新株予約権1個あたり行使に際して払込むべき金額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」という。)
         に新株予約権1個の行使により発行される株式の数を乗じた金額とします。行使価額は、金50,000円としま
         す。新株予約権発行後に、株式の分割又は併合が行われる場合、上記払込金額は分割又は併合の比率に応じ
         次の算式により調整されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                 1
          調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
         新株予約権割当日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、又は
         当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行います。
       4 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果端数が生じたときは、その端数を切
         上げるものとします。
       5 1.    本新株予約権のうち行使可能となるものは、新株予約権者が当社の役員又は従業員(以下「役務等提供
         者」と総称します。)としての地位を有することとなった日から、それらのいずれの地位も喪失した日(死亡
         し又は就業不能となった場合には当該日)までの期間(以下「参画期間」といいます。)に応じ、以下のとお
         りとします。但し、1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。(1)                                   参画期間が2年未満の場合             零
         (2)  参画期間が2年以上3年未満の場合                 割当予約権数の2分の1までの個数(3)                  参画期間が3年以上4年
         未満の場合      割当予約権数の4分の3までの個数(4)                  参画期間が4年以上の場合             割当予約権数までの個数。
         なお、新株予約権者の参画期間の起算日は、上記「参画期間の起算日」に記載される日とします。2.                                               新株
         予約権者は、本新株予約権が前項に従って行使可能となった場合であっても、当社が取締役会において、そ
         の株式を国内又は国外の証券取引所に上場することを決議する日までは、これを行使しないものとします。
         但し、新株予約権者の死亡により法定相続人がこれを行使する場合(新株予約権者の死亡から6ヶ月以内の
         行使に限ります。)には、この限りではありません。3.                          当社につき支配権移転事由を生じさせる取引を行う
         ことを当社の取締役会が決定した場合、新株予約権者が当社の役務等提供者としての地位を有することと
         なった日から、当該決定を行った日までの期間(以下「適用期間」といいます。)に応じ、以下の個数の本新
         株予約権が行使可能となるものとします。但し、1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。(1)                                                適
         用期間が2年以上3年未満までの場合                  割当予約権数の4分の3までの個数(2)                  適用期間が3年以上の場合
         割当予約権数までの個数4.             「支配権移転事由」とは、(i)              一又は一連の取引による他の事業体による当社
         の買収(合併、会社分割、株式移転、株式譲渡、その他の手法による組織再編を含むが、株主構成を維持し
                                 73/214

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         たまま行われる取引を含みません。)であって、当社の当該取引の直前における名義株主が、当該取引の直
         後において、存続会社または買収主体の議決権の過半数を保有していない場合(但し、主として資金調達を
         目 的として当社が株式を発行する場合は、支配権移転事由に該当しないものとします。)、又は(ii)                                             当社の
         全部もしくは実質的に全部の資産もしくは事業の譲渡をいうものとします。5.                                    参画期間が4年未満の場合
         において、新株予約権者が当社の役務等提供者としての地位を喪失したことにより、行使可能とならなかっ
         た本新株予約権については、新株予約権者がこれを放棄したものとみなします。この場合、当社は当該新株
         予約権を失効したものとして取扱うことができ、新株予約権者はそれ以降当該新株予約権を行使することが
         できません。6.        当社は、正当な理由があると認める場合には、取締役会の決議により、直ちに新株予約権
         者に付与された本新株予約権のすべてを失効させることができるものとします。この場合、新株予約権者は
         それ以降本新株予約権のすべてにつきこれを行使することができないものとします。7.                                        「正当な理由」と
         は、(i)    新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行していない旨を当社が通知した後も引続
         き、新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行しないこと(但し、就業不能の場合を除きま
         す。)、(ii)      新株予約権者が犯罪その他の不正行為に関与したこと、(iii)                             新株予約権者が当社の事業に適
         用される業法その他の法令に違反したこと、(iv)                       新株予約権者が当社に対する機密保持義務、競業避止義
         務、知的財産権の譲渡に関する義務に違反したこと、(v)                           新株予約権者が当社の就業規則等に基づく懲戒処
         分を受けたこと、又は(vi)             新株予約権者が反社会的勢力に該当し、反社会的勢力を当社の経営活動に関与
         させ、自らもしくは関係者をして資金提供その他の行為を行うことを通じて反社会的勢力の維持、運営に協
         力もしくは関与し、又は反社会的勢力と交流を持つことをいうものとします。8.                                     新株予約権者の死亡によ
         り法定相続人が本新株予約権を行使する権限を有することとなる場合にこれを準用します。この場合におい
         て「正当な理由」とは、当該法定相続人が当社の競業他社に勤務していること、当該法定相続人が反社会的
         勢力に該当し、反社会的勢力を当社の経営活動に関与させ、自らもしくは関係者をして資金提供その他の行
         為を行うことを通じて反社会的勢力の維持、運営に協力もしくは関与し、又は反社会的勢力と交流を持つこ
         と、又は当該法定相続人の行為が当社の利益に著しく反すると当社が認めることをいうものとします。9.新
         株予約権の相続は、新株予約権者の法定相続人に限りこれを認める。但し、当該法定相続人は、新株予約権
         者の死亡から6ヶ月を経過した後は、当該新株予約権を行使することができません。
       6 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         下「組織再編行為」と総称する。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する
         新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会
         社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付します。この場合にお
         いては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。本項の
         取扱いは、本項に定める条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併
         契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めることを条件とします。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と
          同一の数をそれぞれ交付します。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とします。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)2に準じて決定します。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
          した再編後の行使価額に当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られるものとします。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとします。
         ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとします。
         ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
          上記⑥に準じて決定します。
         ⑧新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)4に準じて決定します。
       7 2022年8月12日開催の取締役会決議により、2022年9月2日付で普通株式1株につき500株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」を
         調整しております。
                                 74/214





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第6回新株予約権
                        2016年1月21日取締役会決議

                   (付与対象の区分及び人数:当社従業員19名)(注)1
                              事業年度末現在               提出日の前月末現在
                             (2021年12月31日)                (2022年9月30日)
          新株予約権の数(個)                       94               同左
      新株予約権の目的となる株式の種類                         普通株式                 同左

      新株予約権の目的となる株式の数(株)                         94(注)2              47,000   (注)2、7

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                        70,000(注)3                140  (注)3、7

                             2018年1月22日から
         新株予約権の行使期間                                       同左
                             2026年1月21日まで
    新株予約権の行使により株式を発行する場合の                      発行価格  70,000(注)3                発行価格  140        (注)3、7
      株式の発行価格及び資本組入額(円)                    資本組入額 35,000(注)4                資本組入額 70       (注)4、7
         新株予約権の行使の条件                       (注)5                同左
                          本新株予約権を譲渡するときは、
       新株予約権の譲渡に関する事項                  当社取締役会の決議による承認を                      同左
                             要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                (注)6                同左
            関する事項
     (注)   1 付与対象者のうち、当社取締役就任による区分変更及び従業員の退職等により、本書提出日現在の付与対象
         者の区分及び人数は、当社取締役2名、当社従業員6名及び元当社従業員7名となっております。
       2 新株予約権1個あたり普通株式1株とします。
         当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。但
         し、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につい
         て行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。
          (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
         その他行使価額の調整事由が生じた場合にも、各新株予約権につき、調整後株式数に調整後行使価額を乗じ
         た額が調整前株式数に調整前行使価額を乗じた額と同額になるよう、各新株予約権の行使により発行される
         株式の数は適切に調整されるものとします。
       3 新株予約権1個あたり行使に際して払込むべき金額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」という。)
         に新株予約権1個の行使により発行される株式の数を乗じた金額とします。行使価額は、金70,000円としま
         す。新株予約権発行後に、株式の分割又は併合が行われる場合、上記払込金額は分割又は併合の比率に応じ
         次の算式により調整されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                 1
          調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
         新株予約権割当日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、又は
         当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行います。
       4 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果端数が生じたときは、その端数を切
         上げるものとします。
       5 1.    本新株予約権のうち行使可能となるものは、新株予約権者が当社の役員又は従業員(以下「役務等提供
         者」と総称します。)としての地位を有することとなった日から、それらのいずれの地位も喪失した日(死亡
         し又は就業不能となった場合には当該日)までの期間(以下「参画期間」といいます。)に応じ、以下のとお
         りとします。但し、1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。(1)                                   参画期間が2年未満の場合             零
         (2)  参画期間が2年以上3年未満の場合                 割当予約権数の2分の1までの個数(3)                  参画期間が3年以上4年
         未満の場合      割当予約権数の4分の3までの個数(4)                  参画期間が4年以上の場合             割当予約権数までの個数。
         なお、新株予約権者の参画期間の起算日は、上記「参画期間の起算日」に記載される日とします。2.                                               新株
         予約権者は、本新株予約権が前項に従って行使可能となった場合であっても、当社が取締役会において、そ
         の株式を国内又は国外の証券取引所に上場することを決議する日までは、これを行使しないものとします。
         但し、新株予約権者の死亡により法定相続人がこれを行使する場合(新株予約権者の死亡から6ヶ月以内の
         行使に限ります。)には、この限りではありません。3.                          当社につき支配権移転事由を生じさせる取引を行う
         ことを当社の取締役会が決定した場合、新株予約権者が当社の役務等提供者としての地位を有することと
         なった日から、当該決定を行った日までの期間(以下「適用期間」といいます。)に応じ、以下の個数の本新
         株予約権が行使可能となるものとします。但し、1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。(1)                                                適
         用期間が2年以上3年未満までの場合                  割当予約権数の4分の3までの個数(2)                  適用期間が3年以上の場合
         割当予約権数までの個数4.             「支配権移転事由」とは、(i)              一又は一連の取引による他の事業体による当社
         の買収(合併、会社分割、株式移転、株式譲渡、その他の手法による組織再編を含むが、株主構成を維持し
                                 75/214

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         たまま行われる取引を含みません。)であって、当社の当該取引の直前における名義株主が、当該取引の直
         後において、存続会社または買収主体の議決権の過半数を保有していない場合(但し、主として資金調達を
         目 的として当社が株式を発行する場合は、支配権移転事由に該当しないものとします。)、又は(ii)                                             当社の
         全部もしくは実質的に全部の資産もしくは事業の譲渡をいうものとします。5.                                    参画期間が4年未満の場合
         において、新株予約権者が当社の役務等提供者としての地位を喪失したことにより、行使可能とならなかっ
         た本新株予約権については、新株予約権者がこれを放棄したものとみなします。この場合、当社は当該新株
         予約権を失効したものとして取扱うことができ、新株予約権者はそれ以降当該新株予約権を行使することが
         できません。6.        当社は、正当な理由があると認める場合には、取締役会の決議により、直ちに新株予約権
         者に付与された本新株予約権のすべてを失効させることができるものとします。この場合、新株予約権者は
         それ以降本新株予約権のすべてにつきこれを行使することができないものとします。7.                                        「正当な理由」と
         は、(i)    新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行していない旨を当社が通知した後も引続
         き、新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行しないこと(但し、就業不能の場合を除きま
         す。)、(ii)      新株予約権者が犯罪その他の不正行為に関与したこと、(iii)                             新株予約権者が当社の事業に適
         用される業法その他の法令に違反したこと、(iv)                       新株予約権者が当社に対する機密保持義務、競業避止義
         務、知的財産権の譲渡に関する義務に違反したこと、(v)                           新株予約権者が当社の就業規則等に基づく懲戒処
         分を受けたこと、又は(vi)             新株予約権者が反社会的勢力に該当し、反社会的勢力を当社の経営活動に関与
         させ、自らもしくは関係者をして資金提供その他の行為を行うことを通じて反社会的勢力の維持、運営に協
         力もしくは関与し、又は反社会的勢力と交流を持つことをいうものとします。8.                                     新株予約権者の死亡によ
         り法定相続人が本新株予約権を行使する権限を有することとなる場合にこれを準用します。この場合におい
         て「正当な理由」とは、当該法定相続人が当社の競業他社に勤務していること、当該法定相続人が反社会的
         勢力に該当し、反社会的勢力を当社の経営活動に関与させ、自らもしくは関係者をして資金提供その他の行
         為を行うことを通じて反社会的勢力の維持、運営に協力もしくは関与し、又は反社会的勢力と交流を持つこ
         と、又は当該法定相続人の行為が当社の利益に著しく反すると当社が認めることをいうものとします。9.新
         株予約権の相続は、新株予約権者の法定相続人に限りこれを認める。但し、当該法定相続人は、新株予約権
         者の死亡から6ヶ月を経過した後は、当該新株予約権を行使することができません。
       6 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         下「組織再編行為」と総称する。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する
         新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会
         社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付します。この場合にお
         いては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。本項の
         取扱いは、本項に定める条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併
         契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めることを条件とします。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と
          同一の数をそれぞれ交付します。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とします。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)2に準じて決定します。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
          した再編後の行使価額に当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られるものとします。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとします。
         ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとします。
         ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
          上記⑥に準じて決定します。
         ⑧新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)4に準じて決定します。
       7 2022年8月12日開催の取締役会決議により、2022年9月2日付で普通株式1株につき500株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」を
         調整しております。
                                 76/214





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第7回新株予約権
                       2016年6月16日取締役会決議、

                   (付与対象の区分及び人数:当社従業員1名)(注)1
                              事業年度末現在               提出日の前月末現在
                             (2021年12月31日)                (2022年9月30日)
    新株予約権の数(個)                            11               同左
    新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式                 同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)                           11(注)2              5,500   (注)2、7

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                          70,000(注)3                140  (注)3、7

                             2018年6月17日から
    新株予約権の行使期間                                            同左
                             2026年6月16日まで
    新株予約権の行使により株式を発行する場合                      発行価格  70,000(注)3                発行価格  140        (注)3、7
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)                      資本組入額 35,000(注)4                資本組入額 70       (注)4、7
    新株予約権の行使の条件                           (注)5                同左
                          本新株予約権を譲渡するとき
    新株予約権の譲渡に関する事項                      は、当社取締役会の決議による                      同左
                          承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                (注)6                同左
    関する事項
     (注)   1 付与対象者のうち、当社取締役就任による区分変更により、本書提出日現在の付与対象者の区分及び人数
         は、当社取締役1名となっております。
       2 新株予約権1個あたり普通株式1株とします。
         当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。但
         し、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につい
         て行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。
          (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
         その他行使価額の調整事由が生じた場合にも、各新株予約権につき、調整後株式数に調整後行使価額を乗じ
         た額が調整前株式数に調整前行使価額を乗じた額と同額になるよう、各新株予約権の行使により発行される
         株式の数は適切に調整されるものとします。
       3 新株予約権1個あたり行使に際して払込むべき金額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」という。)
         に新株予約権1個の行使により発行される株式の数を乗じた金額とします。行使価額は、金70,000円としま
         す。新株予約権発行後に、株式の分割又は併合が行われる場合、上記払込金額は分割又は併合の比率に応じ
         次の算式により調整されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                 1
          調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
         新株予約権割当日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、又は
         当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行います。
       4 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果端数が生じたときは、その端数を切
         上げるものとします。
       5 1.    本新株予約権のうち行使可能となるものは、新株予約権者が当社の役員又は従業員(以下「役務等提供
         者」と総称します。)としての地位を有することとなった日から、それらのいずれの地位も喪失した日(死亡
         し又は就業不能となった場合には当該日)までの期間(以下「参画期間」といいます。)に応じ、以下のとお
         りとします。但し、1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。(1)                                   参画期間が2年未満の場合             零
         (2)  参画期間が2年以上3年未満の場合                 割当予約権数の2分の1までの個数(3)                  参画期間が3年以上4年
         未満の場合      割当予約権数の4分の3までの個数(4)                  参画期間が4年以上の場合             割当予約権数までの個数。
         なお、新株予約権者の参画期間の起算日は、上記「参画期間の起算日」に記載される日とします。2.                                               新株
         予約権者は、本新株予約権が前項に従って行使可能となった場合であっても、当社が取締役会において、そ
         の株式を国内又は国外の証券取引所に上場することを決議する日までは、これを行使しないものとします。
         但し、新株予約権者の死亡により法定相続人がこれを行使する場合(新株予約権者の死亡から6ヶ月以内の
         行使に限ります。)には、この限りではありません。3.                          当社につき支配権移転事由を生じさせる取引を行う
         ことを当社の取締役会が決定した場合、新株予約権者が当社の役務等提供者としての地位を有することと
         なった日から、当該決定を行った日までの期間(以下「適用期間」といいます。)に応じ、以下の個数の本新
         株予約権が行使可能となるものとします。但し、1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。(1)                                                適
         用期間が2年以上3年未満までの場合                  割当予約権数の4分の3までの個数(2)                  適用期間が3年以上の場合
         割当予約権数までの個数4.             「支配権移転事由」とは、(i)              一又は一連の取引による他の事業体による当社
         の買収(合併、会社分割、株式移転、株式譲渡、その他の手法による組織再編を含むが、株主構成を維持し
                                 77/214

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         たまま行われる取引を含みません。)であって、当社の当該取引の直前における名義株主が、当該取引の直
         後において、存続会社または買収主体の議決権の過半数を保有していない場合(但し、主として資金調達を
         目 的として当社が株式を発行する場合は、支配権移転事由に該当しないものとします。)、又は(ii)                                             当社の
         全部もしくは実質的に全部の資産もしくは事業の譲渡をいうものとします。5.                                    参画期間が4年未満の場合
         において、新株予約権者が当社の役務等提供者としての地位を喪失したことにより、行使可能とならなかっ
         た本新株予約権については、新株予約権者がこれを放棄したものとみなします。この場合、当社は当該新株
         予約権を失効したものとして取扱うことができ、新株予約権者はそれ以降当該新株予約権を行使することが
         できません。6.        当社は、正当な理由があると認める場合には、取締役会の決議により、直ちに新株予約権
         者に付与された本新株予約権のすべてを失効させることができるものとします。この場合、新株予約権者は
         それ以降本新株予約権のすべてにつきこれを行使することができないものとします。7.                                        「正当な理由」と
         は、(i)    新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行していない旨を当社が通知した後も引続
         き、新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行しないこと(但し、就業不能の場合を除きま
         す。)、(ii)      新株予約権者が犯罪その他の不正行為に関与したこと、(iii)                             新株予約権者が当社の事業に適
         用される業法その他の法令に違反したこと、(iv)                       新株予約権者が当社に対する機密保持義務、競業避止義
         務、知的財産権の譲渡に関する義務に違反したこと、(v)                           新株予約権者が当社の就業規則等に基づく懲戒処
         分を受けたこと、又は(vi)             新株予約権者が反社会的勢力に該当し、反社会的勢力を当社の経営活動に関与
         させ、自らもしくは関係者をして資金提供その他の行為を行うことを通じて反社会的勢力の維持、運営に協
         力もしくは関与し、又は反社会的勢力と交流を持つことをいうものとします。8.                                     新株予約権者の死亡によ
         り法定相続人が本新株予約権を行使する権限を有することとなる場合にこれを準用します。この場合におい
         て「正当な理由」とは、当該法定相続人が当社の競業他社に勤務していること、当該法定相続人が反社会的
         勢力に該当し、反社会的勢力を当社の経営活動に関与させ、自らもしくは関係者をして資金提供その他の行
         為を行うことを通じて反社会的勢力の維持、運営に協力もしくは関与し、又は反社会的勢力と交流を持つこ
         と、又は当該法定相続人の行為が当社の利益に著しく反すると当社が認めることをいうものとします。9.新
         株予約権の相続は、新株予約権者の法定相続人に限りこれを認める。但し、当該法定相続人は、新株予約権
         者の死亡から6ヶ月を経過した後は、当該新株予約権を行使することができません。
       6 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         下「組織再編行為」と総称する。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する
         新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会
         社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付します。この場合にお
         いては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。本項の
         取扱いは、本項に定める条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併
         契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めることを条件とします。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と
          同一の数をそれぞれ交付します。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とします。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)2に準じて決定します。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
          した再編後の行使価額に当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られるものとします。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとします。
         ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとします。
         ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
          上記⑥に準じて決定します。
         ⑧新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)4に準じて決定します。
       7 2022年8月12日開催の取締役会決議により、2022年9月2日付で普通株式1株につき500株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」を
         調整しております。
                                 78/214





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第9回新株予約権
                        2017年6月16日取締役会決議

                   (付与対象の区分及び人数:当社取締役2名)(注)2
                              事業年度末現在               提出日の前月末現在
                             (2021年12月31日)                (2022年9月30日)
    新株予約権の数(個)                            310                0
    新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式                 同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)                           310(注)3                0(注)3

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                          70,000(注)4                140(注)4,7

                             2017年6月17日から
    新株予約権の行使期間                                            同左
                             2027年6月16日まで
                                          発行価格  142.8(注)1、
    新株予約権の行使により株式を発行する場合                      発行価格  71,400(注)1、4
                                          4、7
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)                      資本組入額 35,700(注)5
                                          資本組入額 71(注)5、7
    新株予約権の行使の条件                           (注)6                同左
                          本新株予約権を譲渡するとき
    新株予約権の譲渡に関する事項                      は、当社取締役会の決議による                      同左
                          承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                (注)7                同左
    関する事項
     (注)   1 本新株予約権は、新株予約権1個につき1,400円で有償発行しています。
       2 付与対象者の権利行使により、本書提出日現在の付与対象者の区分及び人数は、当社取締役0名となってお
         ります。
       3 新株予約権1個あたり普通株式1株とします。
         当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。但
         し、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につい
         て行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。
          (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
         その他行使価額の調整事由が生じた場合にも、各新株予約権につき、調整後株式数に調整後行使価額を乗じ
         た額が調整前株式数に調整前行使価額を乗じた額と同額になるよう、各新株予約権の行使により発行される
         株式の数は適切に調整されるものとします。
       4 新株予約権1個あたり行使に際して払込むべき金額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」という。)
         に新株予約権1個の行使により発行される株式の数を乗じた金額とします。行使価額は、金70,000円としま
         す。新株予約権発行後に、株式の分割又は併合が行われる場合、上記払込金額は分割又は併合の比率に応じ
         次の算式により調整されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                 1
          調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
         新株予約権割当日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、又は
         当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行います。
       5 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果端数が生じたときは、その端数を切
         上げるものとします。
       6 1.    本新株予約権の行使期間において次に掲げる各事由が生じた場合には、残存するすべての本新株予約権
         を行使することができないものとします。(1)                     行使価額を下回る価格を対価とする当社普通株式の発行等が
         行われた場合(払込金額が会社法第199条第3項・同第200条第2項に定める「特に有利な金額である場合」
         を除く。)     (2)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場され
         ていない場合において、行使価額を下回る価格を対価とする売買その他の取引が行われたとき(ただし、資
         本政策目的等により当該取引時点における株式価値よりも著しく低いと認められる価格で取引が行われた場
         合を除く。)(3)        本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場さ
         れた場合において、当該金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値が、行使価額を下回る価格
         となったとき(4)        本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場さ
         れていない場合において、各事業年度末日を基準日としてDCF法並びに類似会社比較法等の方法により評
         価された株式評価額が行使価額を下回ったとき(ただし、株式評価額が一定の幅をもって示された場合、当
         社の取締役会が株式評価機関と協議の上、本項への該当を判断するものとする。)2.当社につき支配権移転
         事由を生じさせる取引を行うことを当社の取締役会が決定した場合、新株予約権者は、その保有するすべて
                                 79/214


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         の本新株予約権につきこれを行使することができます。3.「支配権移転事由」とは、(i)                                         一又は一連の取引
         による他の事業体による当社の買収(合併、会社分割、株式移転、株式譲渡、その他の手法による組織再編
         を 含むが、株主構成を維持したまま行われる取引を含みません。)であって、当社の当該取引の直前におけ
         る名義株主が、当該取引の直後において、存続会社又は買収主体の議決権の過半数を保有していない場合
         (但し、主として資金調達を目的として当社が株式を発行する場合は、支配権移転事由に該当しないものと
         します。)、又は(ii)          当社の全部もしくは実質的に全部の資産もしくは事業の譲渡をいうものとします。4.
         当社は、正当な理由があると認める場合には、取締役会の決議により、直ちに新株予約権者に付与された本
         新株予約権のすべてを失効させることができるものとします。この場合、新株予約権者はそれ以降本新株予
         約権のすべてにつきこれを行使することができないものとします。5.「正当な理由」とは、(i)                                            新株予約権
         者が役務等提供者としての職務を適切に遂行していない旨を当社が通知した後も引続き、新株予約権者が役
         務等提供者としての職務を適切に遂行しないこと(但し、就業不能の場合を除きます。)、(ii)                                           新株予約権
         者が犯罪その他の不正行為に関与したこと、(iii)                        新株予約権者が当社の事業に適用される業法その他の法
         令に違反したこと、(iv)            新株予約権者が当社に対する機密保持義務、競業避止義務、知的財産権の譲渡に
         関する義務に違反したこと、(v)               新株予約権者が当社の就業規則等に基づく懲戒処分を受けたこと、又は
         (vi)   新株予約権者が反社会的勢力に該当し、反社会的勢力を当社の経営活動に関与させ、自らもしくは関
         係者をして資金提供その他の行為を行うことを通じて反社会的勢力の維持、運営に協力もしくは関与し、又
         は反社会的勢力と交流を持つことをいうものとします。6.                           新株予約権者が死亡した場合、その相続人によ
         る新株予約権の権利行使は認めないものとします。ただし、取締役会が正当な理由があると認めた場合は、
         この限りではありません。
       7 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         下「組織再編行為」と総称する。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する
         新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会
         社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付します。この場合にお
         いては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。本項の
         取扱いは、本項に定める条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併
         契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めることを条件とします。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と
          同一の数をそれぞれ交付します。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とします。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)3に準じて決定します。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
          した再編後の行使価額に当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られるものとします。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとします。
         ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとします。
         ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
          上記⑥に準じて決定します。
         ⑧新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)5に準じて決定します。
                                 80/214







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第10回新株予約権
                        2017年6月16日取締役会決議

                   (付与対象の区分及び人数:当社従業員11名)(注)1
                              事業年度末現在               提出日の前月末現在
                             (2021年12月31日)                (2022年9月30日)
    新株予約権の数(個)                            104                同左
    新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式                 同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)                           104(注)2              52,000   (注)2、7

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                          70,000(注)3                140  (注)3、7

                             2019年6月17日から
    新株予約権の行使期間                                            同左
                             2027年6月16日まで
    新株予約権の行使により株式を発行する場合                      発行価格  70,000(注)3                発行価格  140        (注)3、7
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)                      資本組入額 35,000(注)4                資本組入額 70       (注)4、7
    新株予約権の行使の条件                           (注)5                同左
                          本新株予約権を譲渡するとき
    新株予約権の譲渡に関する事項                      は、当社取締役会の決議による                      同左
                          承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                (注)6                同左
    関する事項
     (注)   1 付与対象者のうち、当社取締役就任による区分変更及び従業員の退職等により、本書提出日現在の付与対象
         者の区分及び人数は、当社取締役2名、当社従業員6名及び元当社従業員3名となっております。
       2 新株予約権1個あたり普通株式1株とします。
         当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。但
         し、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につい
         て行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。
          (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
         その他行使価額の調整事由が生じた場合にも、各新株予約権につき、調整後株式数に調整後行使価額を乗じ
         た額が調整前株式数に調整前行使価額を乗じた額と同額になるよう、各新株予約権の行使により発行される
         株式の数は適切に調整されるものとします。
       3 新株予約権1個あたり行使に際して払込むべき金額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」という。)
         に新株予約権1個の行使により発行される株式の数を乗じた金額とします。行使価額は、金70,000円としま
         す。新株予約権発行後に、株式の分割又は併合が行われる場合、上記払込金額は分割又は併合の比率に応じ
         次の算式により調整されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                 1
          調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
         新株予約権割当日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、又は
         当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行います。
       4 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果端数が生じたときは、その端数を切
         上げるものとします。
       5 1.    本新株予約権のうち行使可能となるものは、新株予約権者が当社の役員又は従業員(以下「役務等提供
         者」と総称します。)としての地位を有することとなった日から、それらのいずれの地位も喪失した日(死亡
         し又は就業不能となった場合には当該日)までの期間(以下「参画期間」といいます。)に応じ、以下のとお
         りとします。但し、1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。(1)                                   参画期間が2年未満の場合             零
         (2)  参画期間が2年以上の場合             割当予約権数までの個数。なお、新株予約権者の参画期間の起算日は、上
         記「参画期間の起算日」に記載される日とします。2.                         新株予約権者は、本新株予約権が前項に従って行使
         可能となった場合であっても、当社が取締役会において、その株式を国内又は国外の証券取引所に上場する
         ことを決議する日までは、これを行使しないものとします。但し、新株予約権者の死亡により法定相続人が
         これを行使する場合(新株予約権者の死亡から6ヶ月以内の行使に限ります。)には、この限りではありませ
         ん。3.    当社につき支配権移転事由を生じさせる取引を行うことを当社の取締役会が決定した場合、新株予
         約権者が当社の役務等提供者としての地位を有することとなった日から、当該決定を行った日までの期間
         (以下「適用期間」といいます。)に応じ、以下の個数の本新株予約権が行使可能となるものとします。但
         し、1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。(1)                            適用期間が2年未満の場合             零(2)   適用期間が
         2年以上の場合        割当予約権数までの個数4.             「支配権移転事由」とは、(i)              一又は一連の取引による他の事
         業体による当社の買収(合併、会社分割、株式移転、株式譲渡、その他の手法による組織再編を含むが、株
         主構成を維持したまま行われる取引を含みません。)であって、当社の当該取引の直前における名義株主
                                 81/214

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         が、当該取引の直後において、存続会社または買収主体の議決権の過半数を保有していない場合(但し、主
         として資金調達を目的として当社が株式を発行する場合は、支配権移転事由に該当しないものとしま
         す。)、    又は(ii)     当社の全部もしくは実質的に全部の資産もしくは事業の譲渡をいうものとします。5.                                       参
         画期間が2年未満の場合において、新株予約権者が当社の役務等提供者としての地位を喪失したことによ
         り、行使可能とならなかった本新株予約権については、新株予約権者がこれを放棄したものとみなします。
         この場合、当社は当該新株予約権を失効したものとして取扱うことができ、新株予約権者はそれ以降当該新
         株予約権を行使することができません。6.                    当社は、正当な理由があると認める場合には、取締役会の決議
         により、直ちに新株予約権者に付与された本新株予約権のすべてを失効させることができるものとします。
         この場合、新株予約権者はそれ以降本新株予約権のすべてにつきこれを行使することができないものとしま
         す。7.    「正当な理由」とは、(i)            新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行していない旨を
         当社が通知した後も引続き、新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行しないこと(但し、就
         業不能の場合を除きます。)、(ii)                新株予約権者が犯罪その他の不正行為に関与したこと、(iii)                             新株予約
         権者が当社の事業に適用される業法その他の法令に違反したこと、(iv)                                 新株予約権者が当社に対する機密
         保持義務、競業避止義務、知的財産権の譲渡に関する義務に違反したこと、(v)                                     新株予約権者が当社の就業
         規則等に基づく懲戒処分を受けたこと、又は(vi)                       新株予約権者が反社会的勢力に該当し、反社会的勢力を
         当社の経営活動に関与させ、自らもしくは関係者をして資金提供その他の行為を行うことを通じて反社会的
         勢力の維持、運営に協力もしくは関与し、又は反社会的勢力と交流を持つことをいうものとします。8.                                                新
         株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとします。ただし、取
         締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限りではありません。
       6 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         下「組織再編行為」と総称する。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する
         新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会
         社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付します。この場合にお
         いては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。本項の
         取扱いは、本項に定める条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併
         契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めることを条件とします。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と
          同一の数をそれぞれ交付します。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とします。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)2に準じて決定します。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
          した再編後の行使価額に当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られるものとします。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとします。
         ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとします。
         ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
          上記⑥に準じて決定します。
         ⑧新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)4に準じて決定します。
       7 2022年8月12日開催の取締役会決議により、2022年9月2日付で普通株式1株につき500株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」を
         調整しております。
                                 82/214






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第12回新株予約権
                        2018年8月10日取締役会決議

                    (付与対象の区分及び人数:当社取締役2名)
                              事業年度末現在               提出日の前月末現在
                             (2021年12月31日)                (2022年9月30日)
    新株予約権の数(個)                            450                340
    新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式                 同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)                           450(注)2              170,000    (注)2、7

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                          70,000(注)3                140  (注)3、7

                             2018年8月11日から
    新株予約権の行使期間                                            同左
                             2028年8月10日まで
                                          発行価格  142.8          (注)1、
                          発行価格  71,400(注)1、3
    新株予約権の行使により株式を発行する場合
                                          3、7
                          資本組入額        35,700(注)4
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                          資本組入額        71.4  (注)4、7
    新株予約権の行使の条件                           (注)5                同左
                          本新株予約権を譲渡するとき
    新株予約権の譲渡に関する事項                      は、当社取締役会の決議による                      同左
                          承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                (注)6                同左
    関する事項
     (注)   1 本新株予約権は、新株予約権1個につき1,400円で有償発行しています。
       2 新株予約権1個あたり普通株式1株とします。
         当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。但
         し、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につい
         て行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。
          (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
         その他行使価額の調整事由が生じた場合にも、各新株予約権につき、調整後株式数に調整後行使価額を乗じ
         た額が調整前株式数に調整前行使価額を乗じた額と同額になるよう、各新株予約権の行使により発行される
         株式の数は適切に調整されるものとします。
       3 新株予約権1個あたり行使に際して払込むべき金額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」という。)
         に新株予約権1個の行使により発行される株式の数を乗じた金額とします。行使価額は、金70,000円としま
         す。新株予約権発行後に、株式の分割又は併合が行われる場合、上記払込金額は分割又は併合の比率に応じ
         次の算式により調整されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                 1
          調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
         新株予約権割当日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、又は
         当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行います。
       4 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果端数が生じたときは、その端数を切
         上げるものとします。
       5 1.    本新株予約権の行使期間において次に掲げる各事由が生じた場合には、残存するすべての本新株予約権
         を行使することができないものとします。(1)                     行使価額を下回る価格を対価とする当社普通株式の発行等が
         行われた場合(払込金額が会社法第199条第3項・同第200条第2項に定める「特に有利な金額である場合」
         を除く。)。(2)        本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場さ
         れていない場合において、行使価額を下回る価格を対価とする売買その他の取引が行われたとき(ただし、
         資本政策目的等により当該取引時点における株式価値よりも著しく低いと認められる価格で取引が行われた
         場合を除く。)。(3)          本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上
         場された場合において、当該金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値が、行使価額を下回る
         価格となったとき。(4)           本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも
         上場されていない場合において、各事業年度末日を基準日としてDCF法並びに類似会社比較法等の方法に
         より評価された株式評価額が行使価額を下回ったとき(ただし、株式評価額が一定の幅をもって示された場
         合、当社の取締役会が株式評価機関と協議の上、本項への該当を判断するものとする。)。2.                                           前項の定めに
         かかわらず、当社につき支配権移転事由を生じさせる取引を行うことを当社の取締役会が決定した場合、新
         株予約権者は、その保有するすべての本新株予約権につきこれを行使することができます。3.「支配権移転
         事由」とは、(i)        一又は一連の取引による他の事業体による当社の買収(合併、会社分割、株式移転、株式
                                 83/214


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         譲渡、その他の手法による組織再編を含むが、株主構成を維持したまま行われる取引を含みません。)で
         あって、当社の当該取引の直前における名義株主が、当該取引の直後において、存続会社又は買収主体の議
         決 権の過半数を保有していない場合(但し、主として資金調達を目的として当社が株式を発行する場合は、
         支配権移転事由に該当しないものとします。)、又は(ii)                           当社の全部もしくは実質的に全部の資産もしくは
         事業の譲渡をいうものとします。4.                 当社は、正当な理由があると認める場合には、取締役会の決議によ
         り、直ちに新株予約権者に付与された本新株予約権のすべてを失効させることができるものとします。この
         場合、新株予約権者はそれ以降本新株予約権のすべてにつきこれを行使することができないものとします。
         5.「正当な理由」とは、(i)             新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行していない旨を当社が
         通知した後も引続き、新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行しないこと(但し、就業不能
         の場合を除きます。)、(ii)             新株予約権者が犯罪その他の不正行為に関与したこと、(iii)                             新株予約権者が
         当社の事業に適用される業法その他の法令に違反したこと、(iv)                              新株予約権者が当社に対する機密保持義
         務、競業避止義務、知的財産権の譲渡に関する義務に違反したこと、(v)                                  新株予約権者が当社の就業規則等
         に基づく懲戒処分を受けたこと、又は(vi)                    新株予約権者が反社会的勢力に該当し、反社会的勢力を当社の
         経営活動に関与させ、自らもしくは関係者をして資金提供その他の行為を行うことを通じて反社会的勢力の
         維持、運営に協力もしくは関与し、又は反社会的勢力と交流を持つことをいうものとします。6.                                            新株予約
         権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとします。ただし、取締役会
         が正当な理由があると認めた場合は、この限りではありません。
       6 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         下「組織再編行為」と総称する。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する
         新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社
         (以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付します。この場合におい
         ては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。本条の取
         扱いは、本条に定める条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契
         約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めることを条件とします。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と
          同一の数をそれぞれ交付します。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とします。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)2に準じて決定します。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
          した再編後の行使価額に当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られるものとします。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとします。
         ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとします。
         ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
          上記⑥に準じて決定します。
         ⑧新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)4に準じて決定します。
       7 2022年8月12日開催の取締役会決議により、2022年9月2日付で普通株式1株につき500株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」を
         調整しております。
                                 84/214






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第13回新株予約権
                        2018年8月10日取締役会決議

               (付与対象の区分及び人数:当社取締役2名、従業員9名)(注)1
                              事業年度末現在               提出日の前月末現在
                             (2021年12月31日)                (2022年9月30日)
    新株予約権の数(個)                            150                同左
    新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式                 同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)                           150(注)2              750,000    (注)2、7

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                          70,000(注)3                140  (注)3、7

                             2020年8月11日から
    新株予約権の行使期間                                            同左
                             2028年8月10日まで
    新株予約権の行使により株式を発行する場合                      発行価格  70,000(注)3                発行価格  140        (注)3、7
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)                      資本組入額 35,000(注)4                資本組入額 70       (注)4、7
    新株予約権の行使の条件                           (注)5                同左
                          本新株予約権を譲渡するとき
    新株予約権の譲渡に関する事項                      は、当社取締役会の決議による                      同左
                          承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                (注)6                同左
    関する事項
     (注)   1 付与対象者のうち、当社取締役就任による区分変更及び従業員の退職等により、本書提出日現在の付与対象
         者の区分及び人数は、当社取締役3名、当社従業員7名及び元当社従業員1名となっております。
       2 新株予約権1個あたり普通株式1株とします。
         当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。但
         し、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につい
         て行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。
          (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
         その他行使価額の調整事由が生じた場合にも、各新株予約権につき、調整後株式数に調整後行使価額を乗じ
         た額が調整前株式数に調整前行使価額を乗じた額と同額になるよう、各新株予約権の行使により発行される
         株式の数は適切に調整されるものとします。
       3 新株予約権1個あたり行使に際して払込むべき金額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」という。)
         に新株予約権1個の行使により発行される株式の数を乗じた金額とします。行使価額は、金70,000円としま
         す。新株予約権発行後に、株式の分割又は併合が行われる場合、上記払込金額は分割又は併合の比率に応じ
         次の算式により調整されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                 1
          調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
         新株予約権割当日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、又は
         当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行います。
       4 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果端数が生じたときは、その端数を切
         上げるものとします。
       5 1.    本新株予約権のうち行使可能となるものは、新株予約権者が当社の役員又は従業員(以下「役務等提供
         者」と総称します。)としての地位を有することとなった日から、それらのいずれの地位も喪失した日(死亡
         し又は就業不能となった場合には当該日)までの期間(以下「参画期間」といいます。)に応じ、以下のとお
         りとします。但し、1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。(1)                                   参画期間が2年未満の場合             零
         (2)  参画期間が2年以上の場合             割当予約権数までの個数。なお、新株予約権者の参画期間の起算日は、上
         記「参画期間の起算日」に記載される日とします。2.                         新株予約権者は、本新株予約権が前項に従って行使
         可能となった場合であっても、当社が取締役会において、その株式を国内又は国外の証券取引所に上場する
         ことを決議する日までは、これを行使しないものとします。但し、新株予約権者の死亡により法定相続人が
         これを行使する場合(新株予約権者の死亡から6ヶ月以内の行使に限ります。)には、この限りではありませ
         ん。3.    当社につき支配権移転事由を生じさせる取引を行うことを当社の取締役会が決定した場合、新株予
         約権者が当社の役務等提供者としての地位を有することとなった日から、当該決定を行った日までの期間
         (以下「適用期間」といいます。)に応じ、以下の個数の本新株予約権が行使可能となるものとします。但
         し、1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。(1)                            適用期間が2年未満の場合             零(2)   適用期間が
         2年以上の場合        割当予約権数までの個数4.             「支配権移転事由」とは、(i)              一又は一連の取引による他の事
         業体による当社の買収(合併、会社分割、株式移転、株式譲渡、その他の手法による組織再編を含むが、株
         主構成を維持したまま行われる取引を含みません。)であって、当社の当該取引の直前における名義株主
                                 85/214

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         が、当該取引の直後において、存続会社または買収主体の議決権の過半数を保有していない場合(但し、主
         として資金調達を目的として当社が株式を発行する場合は、支配権移転事由に該当しないものとしま
         す。)、    又は(ii)     当社の全部もしくは実質的に全部の資産もしくは事業の譲渡をいうものとします。5.                                       参
         画期間が2年未満の場合において、新株予約権者が当社の役務等提供者としての地位を喪失したことによ
         り、行使可能とならなかった本新株予約権については、新株予約権者がこれを放棄したものとみなします。
         この場合、当社は当該新株予約権を失効したものとして取扱うことができ、新株予約権者はそれ以降当該新
         株予約権を行使することができません。6.                    当社は、正当な理由があると認める場合には、取締役会の決議
         により、直ちに新株予約権者に付与された本新株予約権のすべてを失効させることができるものとします。
         この場合、新株予約権者はそれ以降本新株予約権のすべてにつきこれを行使することができないものとしま
         す。7.    「正当な理由」とは、(i)            新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行していない旨を
         当社が通知した後も引続き、新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行しないこと(但し、就
         業不能の場合を除きます。)、(ii)                新株予約権者が犯罪その他の不正行為に関与したこと、(iii)                             新株予約
         権者が当社の事業に適用される業法その他の法令に違反したこと、(iv)                                 新株予約権者が当社に対する機密
         保持義務、競業避止義務、知的財産権の譲渡に関する義務に違反したこと、(v)                                     新株予約権者が当社の就業
         規則等に基づく懲戒処分を受けたこと、又は(vi)                       新株予約権者が反社会的勢力に該当し、反社会的勢力を
         当社の経営活動に関与させ、自らもしくは関係者をして資金提供その他の行為を行うことを通じて反社会的
         勢力の維持、運営に協力もしくは関与し、又は反社会的勢力と交流を持つことをいうものとします。8.                                                新
         株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとします。ただし、取
         締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限りではありません。
       6 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         下「組織再編行為」と総称する。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する
         新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社
         (以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付します。この場合におい
         ては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。本条の取
         扱いは、本条に定める条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契
         約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めることを条件とします。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と
          同一の数をそれぞれ交付します。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とします。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)1に準じて決定します。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
          した再編後の行使価額に当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られるものとします。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとします。
         ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとします。
         ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
          上記⑥に準じて決定します。
         ⑧新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)3に準じて決定します。
       7 2022年8月12日開催の取締役会決議により、2022年9月2日付で普通株式1株につき500株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」を
         調整しております。
                                 86/214






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第14回新株予約権
                        2019年4月12日取締役会決議

               (付与対象の区分及び人数:当社取締役2名、従業員12名)(注)1
                              事業年度末現在               提出日の前月末現在
                             (2021年12月31日)                (2022年9月30日)
    新株予約権の数(個)                            340                337
    新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式                 同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)                           340(注)2              168,500    (注)2、7

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                          110,000(注)3                220  (注)3、7

                             2021年4月13日から
    新株予約権の行使期間                                            同左
                             2029年4月12日まで
                          発行価格  110,000(注)3
    新株予約権の行使により株式を発行する場合                                     発行価格  220        (注)3、7
                          資本組入額        55,000(注)4
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)                                     資本組入額 110        (注)4、7
    新株予約権の行使の条件                           (注)5                同左
                          本新株予約権を譲渡するとき
    新株予約権の譲渡に関する事項                      は、当社取締役会の決議による                      同左
                          承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                (注)6                同左
    関する事項
     (注)   1 付与対象者のうち、当社取締役就任による区分変更及び従業員の退職等により、本書提出日現在の付与対象
         者の区分及び人数は、当社取締役3名及び当社従業員10名となっております。
       2 新株予約権1個あたり普通株式1株とします。
         当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。但
         し、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につい
         て行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。
          (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
         その他行使価額の調整事由が生じた場合にも、各新株予約権につき、調整後株式数に調整後行使価額を乗じ
         た額が調整前株式数に調整前行使価額を乗じた額と同額になるよう、各新株予約権の行使により発行される
         株式の数は適切に調整されるものとします。
       3 新株予約権1個あたり行使に際して払込むべき金額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」という。)
         に新株予約権1個の行使により発行される株式の数を乗じた金額とします。行使価額は、金110,000円とし
         ます。新株予約権発行後に、株式の分割又は併合が行われる場合、上記払込金額は分割又は併合の比率に応
         じ次の算式により調整されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                 1
          調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
         新株予約権割当日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、又は
         当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行います。
       4 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果端数が生じたときは、その端数を切
         上げるものとします。
       5 1.    本新株予約権のうち行使可能となるものは、新株予約権者が当社の役員又は従業員(以下「役務等提供
         者」と総称します。)としての地位を有することとなった日から、それらのいずれの地位も喪失した日(死亡
         し又は就業不能となった場合には当該日)までの期間(以下「参画期間」といいます。)に応じ、以下のとお
         りとします。但し、1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。(1)                                   参画期間が2年未満の場合             零
         (2)  参画期間が2年以上の場合             割当予約権数までの個数。なお、新株予約権者の参画期間の起算日は、上
         記「参画期間の起算日」に記載される日とします。2.                         新株予約権者は、本新株予約権が前項に従って行使
         可能となった場合であっても、当社が取締役会において、その株式を国内又は国外の証券取引所に上場する
         ことを決議する日までは、これを行使しないものとします。但し、新株予約権者の死亡により法定相続人が
         これを行使する場合(新株予約権者の死亡から6ヶ月以内の行使に限ります。)には、この限りではありませ
         ん。3.    当社につき支配権移転事由を生じさせる取引を行うことを当社の取締役会が決定した場合、新株予
         約権者が当社の役務等提供者としての地位を有することとなった日から、当該決定を行った日までの期間
         (以下「適用期間」といいます。)に応じ、以下の個数の本新株予約権が行使可能となるものとします。但
         し、1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。(1)                            適用期間が2年未満の場合             零(2)   適用期間が
         2年以上の場合        割当予約権数までの個数4.             「支配権移転事由」とは、(i)              一又は一連の取引による他の事
         業体による当社の買収(合併、会社分割、株式移転、株式譲渡、その他の手法による組織再編を含むが、株
         主構成を維持したまま行われる取引を含みません。)であって、当社の当該取引の直前における名義株主
                                 87/214

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         が、当該取引の直後において、存続会社または買収主体の議決権の過半数を保有していない場合(但し、主
         として資金調達を目的として当社が株式を発行する場合は、支配権移転事由に該当しないものとしま
         す。)、    又は(ii)     当社の全部もしくは実質的に全部の資産もしくは事業の譲渡をいうものとします。5.                                       参
         画期間が2年未満の場合において、新株予約権者が当社の役務等提供者としての地位を喪失したことによ
         り、行使可能とならなかった本新株予約権については、新株予約権者がこれを放棄したものとみなします。
         この場合、当社は当該新株予約権を失効したものとして取扱うことができ、新株予約権者はそれ以降当該新
         株予約権を行使することができません。6.                    当社は、正当な理由があると認める場合には、取締役会の決議
         により、直ちに新株予約権者に付与された本新株予約権のすべてを失効させることができるものとします。
         この場合、新株予約権者はそれ以降本新株予約権のすべてにつきこれを行使することができないものとしま
         す。7.    「正当な理由」とは、(i)            新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行していない旨を
         当社が通知した後も引続き、新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行しないこと(但し、就
         業不能の場合を除きます。)、(ii)                新株予約権者が犯罪その他の不正行為に関与したこと、(iii)                             新株予約
         権者が当社の事業に適用される業法その他の法令に違反したこと、(iv)                                 新株予約権者が当社に対する機密
         保持義務、競業避止義務、知的財産権の譲渡に関する義務に違反したこと、(v)                                     新株予約権者が当社の就業
         規則等に基づく懲戒処分を受けたこと、又は(vi)                       新株予約権者が反社会的勢力に該当し、反社会的勢力を
         当社の経営活動に関与させ、自らもしくは関係者をして資金提供その他の行為を行うことを通じて反社会的
         勢力の維持、運営に協力もしくは関与し、又は反社会的勢力と交流を持つことをいうものとします。8.                                                新
         株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとします。ただし、取
         締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限りではありません。
       6 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         下「組織再編行為」と総称する。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する
         新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社
         (以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付します。この場合におい
         ては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。本条の取
         扱いは、本条に定める条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契
         約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めることを条件とします。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と
          同一の数をそれぞれ交付します。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とします。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)1に準じて決定します。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
          した再編後の行使価額に当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られるものとします。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとします。
         ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとします。
         ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
          上記⑥に準じて決定します。
         ⑧新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)3に準じて決定します。
       7 2022年8月12日開催の取締役会決議により、2022年9月2日付で普通株式1株につき500株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」を
         調整しております。
                                 88/214






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第15回新株予約権
                        2019年7月12日取締役会決議

                     (付与対象の区分及び人数:従業員1名)
                              事業年度末現在               提出日の前月末現在
                             (2021年12月31日)                (2022年9月30日)
    新株予約権の数(個)                            10               同左
    新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式                 同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)                           10(注)1              5,000   (注)1、7

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                          110,000(注)2                220  (注)2、7

                             2021年7月13日から
    新株予約権の行使期間                                            同左
                             2029年7月12日まで
                          発行価格  110,000(注)2
    新株予約権の行使により株式を発行する場合                                     発行価格  220        (注)2、7
                          資本組入額        55,000(注)3
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)                                     資本組入額 110        (注)3、7
    新株予約権の行使の条件                           (注)4                同左
                          本新株予約権を譲渡するとき
    新株予約権の譲渡に関する事項                      は、当社取締役会の決議による                      同左
                          承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                (注)5                同左
    関する事項
     (注)   1 新株予約権1個あたり普通株式1株とします。
         当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。但
         し、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につい
         て行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。
          (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
         その他行使価額の調整事由が生じた場合にも、各新株予約権につき、調整後株式数に調整後行使価額を乗じ
         た額が調整前株式数に調整前行使価額を乗じた額と同額になるよう、各新株予約権の行使により発行される
         株式の数は適切に調整されるものとします。
       2 新株予約権1個あたり行使に際して払込むべき金額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」という。)
         に新株予約権1個の行使により発行される株式の数を乗じた金額とします。行使価額は、金110,000円とし
         ます。新株予約権発行後に、株式の分割又は併合が行われる場合、上記払込金額は分割又は併合の比率に応
         じ次の算式により調整されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                 1
          調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
         新株予約権割当日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、又は
         当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行います。
       3 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果端数が生じたときは、その端数を切
         上げるものとします。
       4 1.    本新株予約権のうち行使可能となるものは、新株予約権者が当社の役員又は従業員(以下「役務等提供
         者」と総称します。)としての地位を有することとなった日から、それらのいずれの地位も喪失した日(死亡
         し又は就業不能となった場合には当該日)までの期間(以下「参画期間」といいます。)に応じ、以下のとお
         りとします。但し、1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。(1)                                   参画期間が2年未満の場合             零
         (2)  参画期間が2年以上の場合             割当予約権数までの個数。なお、新株予約権者の参画期間の起算日は、上
         記「参画期間の起算日」に記載される日とします。2.                         新株予約権者は、本新株予約権が前項に従って行使
         可能となった場合であっても、当社が取締役会において、その株式を国内又は国外の証券取引所に上場する
         ことを決議する日までは、これを行使しないものとします。但し、新株予約権者の死亡により法定相続人が
         これを行使する場合(新株予約権者の死亡から6ヶ月以内の行使に限ります。)には、この限りではありませ
         ん。3.    当社につき支配権移転事由を生じさせる取引を行うことを当社の取締役会が決定した場合、新株予
         約権者が当社の役務等提供者としての地位を有することとなった日から、当該決定を行った日までの期間
         (以下「適用期間」といいます。)に応じ、以下の個数の本新株予約権が行使可能となるものとします。但
         し、1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。(1)                            適用期間が2年未満の場合             零(2)   適用期間が
         2年以上の場合        割当予約権数までの個数4.             「支配権移転事由」とは、(i)              一又は一連の取引による他の事
         業体による当社の買収(合併、会社分割、株式移転、株式譲渡、その他の手法による組織再編を含むが、株
         主構成を維持したまま行われる取引を含みません。)であって、当社の当該取引の直前における名義株主
         が、当該取引の直後において、存続会社または買収主体の議決権の過半数を保有していない場合(但し、主
         として資金調達を目的として当社が株式を発行する場合は、支配権移転事由に該当しないものとしま
                                 89/214

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         す。)、又は(ii)        当社の全部もしくは実質的に全部の資産もしくは事業の譲渡をいうものとします。5.                                       参
         画期間が2年未満の場合において、新株予約権者が当社の役務等提供者としての地位を喪失したことによ
         り、  行使可能とならなかった本新株予約権については、新株予約権者がこれを放棄したものとみなします。
         この場合、当社は当該新株予約権を失効したものとして取扱うことができ、新株予約権者はそれ以降当該新
         株予約権を行使することができません。6.                    当社は、正当な理由があると認める場合には、取締役会の決議
         により、直ちに新株予約権者に付与された本新株予約権のすべてを失効させることができるものとします。
         この場合、新株予約権者はそれ以降本新株予約権のすべてにつきこれを行使することができないものとしま
         す。7.    「正当な理由」とは、(i)            新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行していない旨を
         当社が通知した後も引続き、新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行しないこと(但し、就
         業不能の場合を除きます。)、(ii)                新株予約権者が犯罪その他の不正行為に関与したこと、(iii)                             新株予約
         権者が当社の事業に適用される業法その他の法令に違反したこと、(iv)                                 新株予約権者が当社に対する機密
         保持義務、競業避止義務、知的財産権の譲渡に関する義務に違反したこと、(v)                                     新株予約権者が当社の就業
         規則等に基づく懲戒処分を受けたこと、又は(vi)                       新株予約権者が反社会的勢力に該当し、反社会的勢力を
         当社の経営活動に関与させ、自らもしくは関係者をして資金提供その他の行為を行うことを通じて反社会的
         勢力の維持、運営に協力もしくは関与し、又は反社会的勢力と交流を持つことをいうものとします。8.                                                新
         株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとします。ただし、取
         締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限りではありません。
       5 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         下「組織再編行為」と総称する。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する
         新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社
         (以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付します。この場合におい
         ては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。本条の取
         扱いは、本条に定める条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契
         約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めることを条件とします。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と
          同一の数をそれぞれ交付します。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とします。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)1に準じて決定します。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
          した再編後の行使価額に当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られるものとします。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとします。
         ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとします。
         ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
          上記⑥に準じて決定します。
         ⑧新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)3に準じて決定します。
                                 90/214








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第16回新株予約権
                        2021年12月22日取締役会決議

                    (付与対象の区分及び人数:当社取締役3名)
                              事業年度末現在               提出日の前月末現在
                             (2021年12月31日)                (2022年9月30日)
    新株予約権の数(個)                            240                同左
    新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式                 同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)                           240(注)2              120,000    (注)2、7

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                          125,000(注)3                250  (注)3、7

                             2021年12月23日から
    新株予約権の行使期間                                            同左
                             2031年12月22日まで
                                          発行価格       255.4   (注)1、3、
                          発行価格       127,700(注)1、3
    新株予約権の行使により株式を発行する場合
                                          7
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)
                          資本組入額 63,850(注)4
                                          資本組入額 127.7         (注)4、7
    新株予約権の行使の条件                           (注)5                同左
                          本新株予約権を譲渡するとき
    新株予約権の譲渡に関する事項                      は、当社取締役会の決議による                      同左
                          承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                (注)6                同左
    関する事項
     (注)   1 本新株予約権は、新株予約権1個につき2,700円で有償発行しています。
       2 新株予約権1個あたり普通株式1株とします。
         当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。但
         し、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につい
         て行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。
          (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
         その他行使価額の調整事由が生じた場合にも、各新株予約権につき、調整後株式数に調整後行使価額を乗じ
         た額が調整前株式数に調整前行使価額を乗じた額と同額になるよう、各新株予約権の行使により発行される
         株式の数は適切に調整されるものとします。
       3 新株予約権1個あたり行使に際して払込むべき金額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」という。)
         に新株予約権1個の行使により発行される株式の数を乗じた金額とします。行使価額は、金125,000円とし
         ます。新株予約権発行後に、株式の分割又は併合が行われる場合、上記払込金額は分割又は併合の比率に応
         じ次の算式により調整されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                 1
          調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
         新株予約権割当日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、又は
         当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行います。
       4 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果端数が生じたときは、その端数を切
         上げるものとします。
       5 1.    本新株予約権の行使期間において次に掲げる各事由が生じた場合には、残存するすべての本新株予約権
         を行使することができないものとします。(1)                     行使価額を下回る価格を対価とする当社普通株式の発行等が
         行われた場合(払込金額が会社法第199条第3項・同第200条第2項に定める「特に有利な金額である場合」
         を除く。)。(2)        本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場さ
         れていない場合において、行使価額を下回る価格を対価とする売買その他の取引が行われたとき(ただし、
         資本政策目的等により当該取引時点における株式価値よりも著しく低いと認められる価格で取引が行われた
         場合を除く。)。(3)          本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上
         場された場合において、当該金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値が、行使価額を下回る
         価格となったとき。(4)           本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも
         上場されていない場合において、各事業年度末日を基準日としてDCF法並びに類似会社比較法等の方法に
         より評価された株式評価額が行使価額を下回ったとき(ただし、株式評価額が一定の幅をもって示された場
         合、当社の取締役会が株式評価機関と協議の上、本項への該当を判断するものとする。)。2.                                           前項の定めに
         かかわらず、当社につき支配権移転事由を生じさせる取引を行うことを当社の取締役会が決定した場合、新
         株予約権者は、その保有するすべての本新株予約権につきこれを行使することができます。3.「支配権移転
         事由」とは、(i)        一又は一連の取引による他の事業体による当社の買収(合併、会社分割、株式移転、株式
                                 91/214


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         譲渡、その他の手法による組織再編を含むが、株主構成を維持したまま行われる取引を含みません。)で
         あって、当社の当該取引の直前における名義株主が、当該取引の直後において、存続会社又は買収主体の議
         決 権の過半数を保有していない場合(但し、主として資金調達を目的として当社が株式を発行する場合は、
         支配権移転事由に該当しないものとします。)、又は(ii)                           当社の全部もしくは実質的に全部の資産もしくは
         事業の譲渡をいうものとします。4.                 当社は、正当な理由があると認める場合には、取締役会の決議によ
         り、直ちに新株予約権者に付与された本新株予約権のすべてを失効させることができるものとします。この
         場合、新株予約権者はそれ以降本新株予約権のすべてにつきこれを行使することができないものとします。
         5.「正当な理由」とは、(i)             新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行していない旨を当社が
         通知した後も引続き、新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行しないこと(但し、就業不能
         の場合を除きます。)、(ii)             新株予約権者が犯罪その他の不正行為に関与したこと、(iii)                             新株予約権者が
         当社の事業に適用される業法その他の法令に違反したこと、(iv)                              新株予約権者が当社に対する機密保持義
         務、競業避止義務、知的財産権の譲渡に関する義務に違反したこと、(v)                                  新株予約権者が当社の就業規則等
         に基づく懲戒処分を受けたこと、又は(vi)                    新株予約権者が反社会的勢力に該当し、反社会的勢力を当社の
         経営活動に関与させ、自らもしくは関係者をして資金提供その他の行為を行うことを通じて反社会的勢力の
         維持、運営に協力もしくは関与し、又は反社会的勢力と交流を持つことをいうものとします。6.                                            新株予約
         権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとします。ただし、取締役会
         が正当な理由があると認めた場合は、この限りではありません。
       6 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         下「組織再編行為」と総称する。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する
         新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社
         (以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付します。この場合におい
         ては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。本条の取
         扱いは、本条に定める条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契
         約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めることを条件とします。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
         組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同
         一の数をそれぞれ交付します。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とします。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)2に準じて決定します。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
          した再編後の行使価額に当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られるものとします。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとします。
         ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとします。
         ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
          上記⑥に準じて決定します。
         ⑧新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)4に準じて決定します。
       7 2022年8月12日開催の取締役会決議により、2022年9月2日付で普通株式1株につき500株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」を
         調整しております。
                                 92/214






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第17回新株予約権
                        2021年12月21日取締役会決議

                    (付与対象の区分及び人数:従業員12名)(注)1
                              事業年度末現在               提出日の前月末現在
                             (2021年12月31日)                (2022年9月30日)
    新株予約権の数(個)                            123                116
    新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式                 同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)                           123(注)2              58,000   (注)2、7

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                          125,000(注)3                250  (注)3、7

                             2023年12月23日から
    新株予約権の行使期間                                            同左
                             2031年12月22日まで
                          発行価格  125,000(注)3
    新株予約権の行使により株式を発行する場合                                     発行価格  250        (注)3、7
                          資本組入額        62,500(注)4
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)                                     資本組入額 125        (注)4、7
    新株予約権の行使の条件                           (注)5                同左
                          本新株予約権を譲渡するとき
    新株予約権の譲渡に関する事項                      は、当社取締役会の決議による                      同左
                          承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                (注)6                同左
    関する事項
     (注)   1 付与対象者のうち、従業員の退職等により、本書提出日現在の付与対象者の区分及び人数は、当社従業員11
         名となっております。
       2 新株予約権1個あたり普通株式1株とします。
         当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。但
         し、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につい
         て行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。
          (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
         その他行使価額の調整事由が生じた場合にも、各新株予約権につき、調整後株式数に調整後行使価額を乗じ
         た額が調整前株式数に調整前行使価額を乗じた額と同額になるよう、各新株予約権の行使により発行される
         株式の数は適切に調整されるものとします。
       3 新株予約権1個あたり行使に際して払込むべき金額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」という。)
         に新株予約権1個の行使により発行される株式の数を乗じた金額とします。行使価額は、金125,000円とし
         ます。新株予約権発行後に、株式の分割又は併合が行われる場合、上記払込金額は分割又は併合の比率に応
         じ次の算式により調整されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                 1
          調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
         新株予約権割当日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、又は
         当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行います。
       4 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果端数が生じたときは、その端数を切
         上げるものとします。
       5 1.    本新株予約権のうち行使可能となるものは、新株予約権者が当社の役員又は従業員(以下「役務等提供
         者」と総称します。)としての地位を有することとなった日から、それらのいずれの地位も喪失した日(死亡
         し又は就業不能となった場合には当該日)までの期間(以下「参画期間」といいます。)に応じ、以下のとお
         りとします。但し、1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。(1)                                   参画期間が2年未満の場合             零
         (2)  参画期間が2年以上の場合             割当予約権数までの個数。なお、新株予約権者の参画期間の起算日は、上
         記「参画期間の起算日」に記載される日とします。2.                         新株予約権者は、本新株予約権が前項に従って行使
         可能となった場合であっても、当社が取締役会において、その株式を国内又は国外の証券取引所に上場する
         ことを決議する日までは、これを行使しないものとします。但し、新株予約権者の死亡により法定相続人が
         これを行使する場合(新株予約権者の死亡から6ヶ月以内の行使に限ります。)には、この限りではありませ
         ん。3.    当社につき支配権移転事由を生じさせる取引を行うことを当社の取締役会が決定した場合、新株予
         約権者が当社の役務等提供者としての地位を有することとなった日から、当該決定を行った日までの期間
         (以下「適用期間」といいます。)に応じ、以下の個数の本新株予約権が行使可能となるものとします。但
         し、1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。(1)                            適用期間が2年未満の場合             零(2)   適用期間が
         2年以上の場合        割当予約権数までの個数4.             「支配権移転事由」とは、(i)              一又は一連の取引による他の事
         業体による当社の買収(合併、会社分割、株式移転、株式譲渡、その他の手法による組織再編を含むが、株
         主構成を維持したまま行われる取引を含みません。)であって、当社の当該取引の直前における名義株主
                                 93/214

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         が、当該取引の直後において、存続会社または買収主体の議決権の過半数を保有していない場合(但し、主
         として資金調達を目的として当社が株式を発行する場合は、支配権移転事由に該当しないものとしま
         す。)、    又は(ii)     当社の全部もしくは実質的に全部の資産もしくは事業の譲渡をいうものとします。5.                                       参
         画期間が2年未満の場合において、新株予約権者が当社の役務等提供者としての地位を喪失したことによ
         り、行使可能とならなかった本新株予約権については、新株予約権者がこれを放棄したものとみなします。
         この場合、当社は当該新株予約権を失効したものとして取扱うことができ、新株予約権者はそれ以降当該新
         株予約権を行使することができません。6.                    当社は、正当な理由があると認める場合には、取締役会の決議
         により、直ちに新株予約権者に付与された本新株予約権のすべてを失効させることができるものとします。
         この場合、新株予約権者はそれ以降本新株予約権のすべてにつきこれを行使することができないものとしま
         す。7.    「正当な理由」とは、(i)            新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行していない旨を
         当社が通知した後も引続き、新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行しないこと(但し、就
         業不能の場合を除きます。)、(ii)                新株予約権者が犯罪その他の不正行為に関与したこと、(iii)                             新株予約
         権者が当社の事業に適用される業法その他の法令に違反したこと、(iv)                                 新株予約権者が当社に対する機密
         保持義務、競業避止義務、知的財産権の譲渡に関する義務に違反したこと、(v)                                     新株予約権者が当社の就業
         規則等に基づく懲戒処分を受けたこと、又は(vi)                       新株予約権者が反社会的勢力に該当し、反社会的勢力を
         当社の経営活動に関与させ、自らもしくは関係者をして資金提供その他の行為を行うことを通じて反社会的
         勢力の維持、運営に協力もしくは関与し、又は反社会的勢力と交流を持つことをいうものとします。8.                                                新
         株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとします。ただし、取
         締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限りではありません。
       6 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         下「組織再編行為」と総称する。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する
         新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社
         (以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付します。この場合におい
         ては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。本条の取
         扱いは、本条に定める条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契
         約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めることを条件とします。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と
          同一の数をそれぞれ交付します。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とします。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)1に準じて決定します。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
          した再編後の行使価額に当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られるものとします。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとします。
         ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとします。
         ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
          上記⑥に準じて決定します。
         ⑧新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)3に準じて決定します。
       7 2022年8月12日開催の取締役会決議により、2022年9月2日付で普通株式1株につき500株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」を
         調整しております。
                                 94/214






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第18回新株予約権
                        2022年3月4日取締役会決議

                    (付与対象の区分及び人数:当社取締役3名)
                              事業年度末現在               提出日の前月末現在
                             (2021年12月31日)                (2022年9月30日)
    新株予約権の数(個)                            ―                260
    新株予約権の目的となる株式の種類                            ―              普通株式

    新株予約権の目的となる株式の数(株)                            ―             130,000    (注)7

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                            ―             250(注)3     、7

                                            2022年3月14日から
    新株予約権の行使期間                            ―
                                            2032年3月13日まで
                                          発行価格       255.4(注)1、3        、
    新株予約権の行使により株式を発行する場合
                                 ―
                                          7
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                          資本組入額 127.7(注)4            、7
    新株予約権の行使の条件                            ―               (注)5
                                          本新株予約権を譲渡するとき
    新株予約権の譲渡に関する事項                            ―         は、当社取締役会の決議による
                                          承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                 ―               (注)6
    関する事項
     (注)   1 本新株予約権は、新株予約権1個につき2,700円で有償発行しています。
       2 新株予約権1個あたり普通株式1株とします。
         当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。但
         し、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につい
         て行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。
          (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
         その他行使価額の調整事由が生じた場合にも、各新株予約権につき、調整後株式数に調整後行使価額を乗じ
         た額が調整前株式数に調整前行使価額を乗じた額と同額になるよう、各新株予約権の行使により発行される
         株式の数は適切に調整されるものとします。
       3 新株予約権1個あたり行使に際して払込むべき金額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」という。)
         に新株予約権1個の行使により発行される株式の数を乗じた金額とします。行使価額は、金125,000円とし
         ます。新株予約権発行後に、株式の分割又は併合が行われる場合、上記払込金額は分割又は併合の比率に応
         じ次の算式により調整されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                 1
          調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
         新株予約権割当日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、又は
         当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行います。
       4 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果端数が生じたときは、その端数を切
         上げるものとします。
       5 1.    本新株予約権の行使期間において次に掲げる各事由が生じた場合には、残存するすべての本新株予約権
         を行使することができないものとします。(1)                     行使価額を下回る価格を対価とする当社普通株式の発行等が
         行われた場合(払込金額が会社法第199条第3項・同第200条第2項に定める「特に有利な金額である場合」
         を除く。)。(2)        本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場さ
         れていない場合において、行使価額を下回る価格を対価とする売買その他の取引が行われたとき(ただし、
         資本政策目的等により当該取引時点における株式価値よりも著しく低いと認められる価格で取引が行われた
         場合を除く。)。(3)          本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上
         場された場合において、当該金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値が、行使価額を下回る
         価格となったとき。(4)           本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも
         上場されていない場合において、各事業年度末日を基準日としてDCF法並びに類似会社比較法等の方法に
         より評価された株式評価額が行使価額を下回ったとき(ただし、株式評価額が一定の幅をもって示された場
         合、当社の取締役会が株式評価機関と協議の上、本項への該当を判断するものとする。)。2.                                           前項の定めに
         かかわらず、当社につき支配権移転事由を生じさせる取引を行うことを当社の取締役会が決定した場合、新
         株予約権者は、その保有するすべての本新株予約権につきこれを行使することができます。3.「支配権移転
         事由」とは、(i)        一又は一連の取引による他の事業体による当社の買収(合併、会社分割、株式移転、株式
                                 95/214


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         譲渡、その他の手法による組織再編を含むが、株主構成を維持したまま行われる取引を含みません。)で
         あって、当社の当該取引の直前における名義株主が、当該取引の直後において、存続会社又は買収主体の議
         決 権の過半数を保有していない場合(但し、主として資金調達を目的として当社が株式を発行する場合は、
         支配権移転事由に該当しないものとします。)、又は(ii)                           当社の全部もしくは実質的に全部の資産もしくは
         事業の譲渡をいうものとします。4.                 当社は、正当な理由があると認める場合には、取締役会の決議によ
         り、直ちに新株予約権者に付与された本新株予約権のすべてを失効させることができるものとします。この
         場合、新株予約権者はそれ以降本新株予約権のすべてにつきこれを行使することができないものとします。
         5.「正当な理由」とは、(i)             新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行していない旨を当社が
         通知した後も引続き、新株予約権者が役務等提供者としての職務を適切に遂行しないこと(但し、就業不能
         の場合を除きます。)、(ii)             新株予約権者が犯罪その他の不正行為に関与したこと、(iii)                             新株予約権者が
         当社の事業に適用される業法その他の法令に違反したこと、(iv)                              新株予約権者が当社に対する機密保持義
         務、競業避止義務、知的財産権の譲渡に関する義務に違反したこと、(v)                                  新株予約権者が当社の就業規則等
         に基づく懲戒処分を受けたこと、又は(vi)                    新株予約権者が反社会的勢力に該当し、反社会的勢力を当社の
         経営活動に関与させ、自らもしくは関係者をして資金提供その他の行為を行うことを通じて反社会的勢力の
         維持、運営に協力もしくは関与し、又は反社会的勢力と交流を持つことをいうものとします。6.                                            新株予約
         権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとします。ただし、取締役会
         が正当な理由があると認めた場合は、この限りではありません。
       6 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         下「組織再編行為」と総称する。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する
         新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社
         (以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付します。この場合におい
         ては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。本条の取
         扱いは、本条に定める条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契
         約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めることを条件とします。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と
          同一の数をそれぞれ交付します。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とします。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)2に準じて決定します。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
          した再編後の行使価額に当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られるものとします。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとします。
         ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとします。
         ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
          上記⑥に準じて決定します。
         ⑧新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)4に準じて決定します。
       7 2022年8月12日開催の取締役会決議により、2022年9月2日付で普通株式1株につき500株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」を
         調整しております。
                                 96/214






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【ライツプランの内容】
        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        当社は、会社法に基づき新株予約権を発行しております。
                        2013年1月18日取締役会決議

                     第1回新株予約権(2013年1月23日発行)
                              事業年度末現在               提出日の前月末現在
                             (2021年12月31日)                (2022年9月30日)
    新株予約権の数(個)                            17                3
    新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式                 同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)                           17(注)1              1,500   (注)1、6

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                          50,000(注)2                100  (注)2、6

                          2013年1月23日から(a)当社の
                          株式が国内又は国外の証券取引
    新株予約権の行使期間                      所に上場する日、又は(b)2023                      同左
                          年1月22日のうちいずれか早く
                          到来する日まで。
    新株予約権の行使により株式を発行する場合                      発行価格  50,000(注)2                発行価格  100(注)2           、6
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)                      資本組入額 25,000(注)3                資本組入額 50(注)3          、6
    新株予約権の行使の条件                           (注)4                同左
                          本新株予約権を譲渡するとき
    新株予約権の譲渡に関する事項                      は、当社取締役会の決議による                      同左
                          承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                (注)5                同左
    関する事項
     (注)   1 新株予約権1個あたり普通株式1株とします。
         当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。但
         し、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につい
         て行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。
          (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
         その他行使価額の調整事由が生じた場合にも、各新株予約権につき、調整後株式数に調整後行使価額を乗じ
         た額が調整前株式数に調整前行使価額を乗じた額と同額になるよう、各新株予約権の行使により発行される
         株式の数は適切に調整されるものとします。
       2 新株予約権1個あたり行使に際して払込むべき金額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」という。)
         に新株予約権1個の行使により発行される株式の数を乗じた金額とします。行使価額は、金50,000円としま
         す。新株予約権発行後に、株式の分割又は併合が行われる場合、上記払込金額は分割又は併合の比率に応じ
         次の算式により調整されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                 1
          調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
         新株予約権割当日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、又は
         当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行います。
       3 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果端数が生じたときは、その端数を切
         上げるものとします。
                                 97/214




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       4 1.(1)     本新株予約権は、取締役会において、その株式を国内又は国外の証券取引所に上場することを決議す
         る日までは、行使することができません。(2)                     当社につき支配権移転事由を生じさせる取引を行うことを当
         社の取締役会が決定した場合、新株予約権者は、その保有するすべての本新株予約権につきこれを行使する
         ことができます。2.          正当な理由があると認める場合には、取締役会の決議により、直ちに付与された本新
         株予約権のすべてを失効させることができます。この場合、それ以降本新株予約権のすべてにつきこれを行
         使することができないものとします。3.                   本契約において「支配権移転事由」とは、(i)                     一又は一連の取引
         による他の事業体による当社の買収(合併、会社分割、株式移転、株式譲渡、その他の手法による組織再編
         を含むが、株主構成を維持したまま行われる取引を含まない。)であって、当社の当該取引の直前における
         名義株主が、当該取引の直後において、存続会社又は買収主体の議決権の過半数を保有していない場合(但
         し、主として資金調達を目的として当社が株式を発行する場合は、支配権移転事由に該当しない)、又は
         (ii)   当社の全部もしくは実質的に全部の資産もしくは事業の譲渡をいいます。4.                                   「正当な理由」とは、
         (i)  新株予約権者が本契約又は当社及び新株予約権者が当事者となっている他の契約に違反している旨を当
         社が通知した後も引続き、新株予約権者がその違反を是正しないこと、(ii)                                   新株予約権者が犯罪その他の
         不正行為に関与したこと、(iii)               新株予約権者が当社の機密を第三者に漏洩その他開示をしたこと、(ⅳ)
         新株予約権者が反社会的勢力に該当し、反社会的勢力を当社の経営活動に関与させ、自らまたは関係者をし
         て資金提供その他の行為を行うことを通じて反社会的勢力の維持、運営に協力若しくは関与し、または反社
         会的勢力と交流を持つことをいいます。5.新株予約権の相続は、新株予約権者の法定相続人に限りこれを認
         めます。但し、当該法定相続人は、新株予約権者の死亡から6ヶ月を経過した後は、当該新株予約権を行使
         することができません。
       5 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         下「組織再編行為」と総称する。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する
         新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会
         社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付します。この場合にお
         いては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。本項の
         取扱いは、本項に定める条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併
         契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めることを条件とします。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と
          同一の数をそれぞれ交付します。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とします。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)1に準じて決定します。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
          した再編後の行使価額に当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られるものとします。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとします。
         ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとします。
         ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
          上記⑥に準じて決定します。
         ⑧新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)3に準じて決定します。
       6 2022年8月12日開催の取締役会決議により、2022年9月2日付で普通株式1株につき500株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」を
         調整しております。
                                 98/214






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        2013年2月13日取締役会決議
                     第2回新株予約権(2013年2月25日発行)
                              事業年度末現在               提出日の前月末現在
                             (2021年12月31日)                (2022年9月30日)
    新株予約権の数(個)                            25                0
    新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式                 同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)                           25(注)1                 0

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                          50,000(注)2                100(注)2、6

                          2013年2月25日から(a)当社の
                          株式が国内又は国外の証券取引
    新株予約権の行使期間                      所に上場する日、又は(b)2023                      同左
                          年1月22日のうちいずれか早く
                          到来する日まで。
    新株予約権の行使により株式を発行する場合                      発行価格  50,000(注)2                発行価格  100(注)2、6
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)                      資本組入額 25,000(注)3                資本組入額 50(注)3、6
    新株予約権の行使の条件                           (注)4                同左
                          本新株予約権を譲渡するとき
    新株予約権の譲渡に関する事項                      は、当社取締役会の決議による                      同左
                          承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                (注)5                同左
    関する事項
     (注)   1 新株予約権1個あたり普通株式1株とします。
         当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。但
         し、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につい
         て行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。
          (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
         その他行使価額の調整事由が生じた場合にも、各新株予約権につき、調整後株式数に調整後行使価額を乗じ
         た額が調整前株式数に調整前行使価額を乗じた額と同額になるよう、各新株予約権の行使により発行される
         株式の数は適切に調整されるものとします。
       2 新株予約権1個あたり行使に際して払込むべき金額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」という。)
         に新株予約権1個の行使により発行される株式の数を乗じた金額とします。行使価額は、金50,000円としま
         す。新株予約権発行後に、株式の分割又は併合が行われる場合、上記払込金額は分割又は併合の比率に応じ
         次の算式により調整されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                 1
          調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
         新株予約権割当日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、又は
         当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行います。
       3 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果端数が生じたときは、その端数を切
         上げるものとします。
                                 99/214






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       4 1.(1)     本新株予約権は、取締役会において、その株式を国内又は国外の証券取引所に上場することを決議す
         る日までは、行使することができません。(2)当社につき支配権移転事由を生じさせる取引を行うことを当
         社の取締役会が決定した場合、新株予約権者は、その保有するすべての本新株予約権につきこれを行使する
         ことができます。2.          正当な理由があると認める場合には、取締役会の決議により、直ちに付与された本新
         株予約権のすべてを失効させることができます。この場合、それ以降本新株予約権のすべてにつきこれを行
         使することができないものとします。3.                   本契約において「支配権移転事由」とは、(i)                     一又は一連の取引
         による他の事業体による当社の買収(合併、会社分割、株式移転、株式譲渡、その他の手法による組織再編
         を含むが、株主構成を維持したまま行われる取引を含まない。)であって、当社の当該取引の直前における
         名義株主が、当該取引の直後において、存続会社又は買収主体の議決権の過半数を保有していない場合(但
         し、主として資金調達を目的として当社が株式を発行する場合は、支配権移転事由に該当しない)、又は
         (ii)   当社の全部もしくは実質的に全部の資産もしくは事業の譲渡をいいます。4.                                   「正当な理由」とは、
         (i)  新株予約権者が本契約又は当社及び新株予約権者が当事者となっている他の契約に違反している旨を当
         社が通知した後も引続き、新株予約権者がその違反を是正しないこと、(ii)                                   新株予約権者が犯罪その他の
         不正行為に関与したこと、(iii)               新株予約権者が当社の機密を第三者に漏洩その他開示をしたこと、(ⅳ)
         新株予約権者が反社会的勢力に該当し、反社会的勢力を当社の経営活動に関与させ、自らまたは関係者をし
         て資金提供その他の行為を行うことを通じて反社会的勢力の維持、運営に協力若しくは関与し、または反社
         会的勢力と交流を持つことをいいます。5.新株予約権の相続は、新株予約権者の法定相続人に限りこれを認
         めます。但し、当該法定相続人は、新株予約権者の死亡から6ヶ月を経過した後は、当該新株予約権を行使
         することができません。
       5 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         下「組織再編行為」と総称する。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する
         新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会
         社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付します。この場合にお
         いては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。本項の
         取扱いは、本項に定める条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併
         契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めることを条件とします。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と
          同一の数をそれぞれ交付します。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とします。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)1に準じて決定します。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
          した再編後の行使価額に当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られるものとします。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとします。
         ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとします。
         ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
          上記⑥に準じて決定します。
         ⑧新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)3に準じて決定します。
       6 2022年8月12日開催の取締役会決議により、2022年9月2日付で普通株式1株につき500株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」を
         調整しております。
                                100/214






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        2016年12月14日取締役会決議
                     第8回新株予約権(2016年12月15日発行)
                              事業年度末現在               提出日の前月末現在
                             (2021年12月31日)                (2022年9月30日)
    新株予約権の数(個)                            10                0
    新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式                 同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)                           10(注)1                 0

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                          70,000(注)2                140(注)2、6

                          2016年12月15日から(a)当社の
                          株式が国内又は国外の証券取引
    新株予約権の行使期間                      所に上場する日、又は(b)2026                      同左
                          年12月14日のうちいずれか早く
                          到来する日まで
    新株予約権の行使により株式を発行する場合                      発行価格  70,000(注)2                発行価格  140(注)2、6
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)                      資本組入額 35,000(注)3                資本組入額 70(注)3、6
    新株予約権の行使の条件                           (注)4                同左
                          本新株予約権を譲渡するとき
    新株予約権の譲渡に関する事項                      は、当社取締役会の決議による                      同左
                          承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                (注)5                同左
    関する事項
     (注)   1 新株予約権1個あたり普通株式1株とします。
         当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。但
         し、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につい
         て行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。
         (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
         その他行使価額の調整事由が生じた場合にも、各新株予約権につき、調整後株式数に調整後行使価額を乗じ
         た額が調整前株式数に調整前行使価額を乗じた額と同額になるよう、各新株予約権の行使により発行される
         株式の数は適切に調整されるものとします。
       2 新株予約権1個あたり行使に際して払込むべき金額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」という。)
         に新株予約権1個の行使により発行される株式の数を乗じた金額とします。行使価額は、金70,000円としま
         す。新株予約権発行後に、株式の分割又は併合が行われる場合、上記払込金額は分割又は併合の比率に応じ
         次の算式により調整されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                 1
          調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
         新株予約権割当日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、又は
         当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行います。
       3 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果端数が生じたときは、その端数を切
         上げるものとします。
                                101/214






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       4 1.    (1)  本新株予約権は、取締役会において、その株式を国内又は国外の証券取引所に上場申請することを
         決議する日までは、行使することができません。(2)                         当社につき支配権移転事由を生じさせる取引を行うこ
         とを当社の取締役会が決定した場合、新株予約権者は、その保有するすべての本新株予約権につきこれを行
         使することができます。2.             当社は、正当な理由があると認める場合には、取締役会の決議により、直ちに
         新株予約権者に付与された本新株予約権のすべてを失効させることができます。この場合、新株予約権者は
         それ以降本新株予約権のすべてにつきこれを行使することができないものとします。3.                                        本契約において
         「支配権移転事由」とは、(i)              一又は一連の取引による他の事業体による当社の買収(合併、会社分割、株
         式移転、株式譲渡、その他の手法による組織再編を含むが、株主構成を維持したまま行われる取引を含まな
         い。)であって、当社の当該取引の直前における名義株主が、当該取引の直後において、存続会社又は買収
         主体の議決権の過半数を保有していない場合(但し、主として資金調達を目的として当社が株式を発行する
         場合は、支配権移転事由に該当しない)、又は(ii)                        当社の全部もしくは実質的に全部の資産もしくは事業の
         譲渡をいいます。4.          「正当な理由」とは、(i)            新株予約権者が本契約又は当社及び新株予約権者が当事者
         となっている他の契約に違反している旨を当社が通知した後も引続き、新株予約権者がその違反を是正しな
         いこと、(ii)       新株予約権者が犯罪その他の不正行為に関与したこと、(iii)                             新株予約権者が当社の機密を
         第三者に漏洩その他開示をしたこと、(ⅳ)                    新株予約権者が反社会的勢力に該当し、反社会的勢力を当社の
         経営活動に関与させ、自らまたは関係者をして資金提供その他の行為を行うことを通じて反社会的勢力の維
         持、運営に協力若しくは関与し、または反社会的勢力と交流を持つことをいいます。6.                                        無償取得は、支配
         権移転事由が発生し、当社が新株予約権者に対し通知をしたにもかかわらず、支配権移転事由の効力発生日
         までに新株予約権者が本新株予約権を行使せず、これが支配権移転事由に該当する取引の実行の障害となる
         場合など、当該取引の実行のためやむを得ない場合を除くほか、これを行わないものとします。7.新株予約
         権の相続は、新株予約権者の法定相続人に限りこれを認めます。但し、当該法定相続人は、新株予約権者の
         死亡から6ヶ月を経過した後は、当該新株予約権を行使することができません。
       5 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         下「組織再編行為」と総称する。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する
         新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会
         社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付します。この場合にお
         いては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。本項の
         取扱いは、本項に定める条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併
         契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めることを条件とします。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と
          同一の数をそれぞれ交付します。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とします。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)1に準じて決定します。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
          した再編後の行使価額に当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られるものとします。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとします。
         ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとします。
         ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
          上記⑥に準じて決定します。
         ⑧新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)3に準じて決定します。
       6 2022年8月12日開催の取締役会決議により、2022年9月2日付で普通株式1株につき500株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」を
         調整しております。
                                102/214





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        2017年6月16日取締役会決議
                     第11回新株予約権(2017年6月17日発行)
                              事業年度末現在               提出日の前月末現在
                             (2021年12月31日)                (2022年9月30日)
    新株予約権の数(個)                            10                0
    新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式                 同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)                           10(注)1                 0

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                          70,000(注)2                140(注)2、6

                          2017年6月17日から(a)当社の
                          株式が国内又は国外の証券取引
    新株予約権の行使期間                      所に上場する日、又は(b)2027                      同左
                          年6月16日のうちいずれか早く
                          到来する日まで。
    新株予約権の行使により株式を発行する場合                      発行価格  70,000(注)2                発行価格  140(注)2、6
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)                      資本組入額 35,000(注)3                資本組入額 70(注)3、6
    新株予約権の行使の条件                           (注)4                同左
                          本新株予約権を譲渡するとき
    新株予約権の譲渡に関する事項                      は、当社取締役会の決議による                      同左
                          承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関
                                (注)5                同左
    する事項
     (注)   1 新株予約権1個あたり普通株式1株とします。
         当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。但
         し、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につい
         て行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。
          (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
         その他行使価額の調整事由が生じた場合にも、各新株予約権につき、調整後株式数に調整後行使価額を乗じ
         た額が調整前株式数に調整前行使価額を乗じた額と同額になるよう、各新株予約権の行使により発行される
         株式の数は適切に調整されるものとします。
       2 新株予約権1個あたり行使に際して払込むべき金額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」という。)
         に新株予約権1個の行使により発行される株式の数を乗じた金額とします。行使価額は、金70,000円としま
         す。新株予約権発行後に、株式の分割又は併合が行われる場合、上記払込金額は分割又は併合の比率に応じ
         次の算式により調整されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                 1
          調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
         新株予約権割当日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、又は
         当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行います。
       3 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果端数が生じたときは、その端数を切
         上げるものとします。
       4 (1)本新株予約権は、取締役会において、その株式を国内又は国外の証券取引所に上場申請することを決議
         する日までは、行使することができません。(2)当社につき支配移転事由を生じさせる取引を行うことを当
         社取締役会が決定した場合、新株予約権者は、その保有するすべての本新株予約権につきこれを行使するこ
         とができます。なお、「支配移転事由」とは、(ⅰ)一又は一連の取引による他の事業体による当社の買収
         (合併、株式分割、株式移転、株式譲渡、その他の手法による組織再編を含むが、株主構成を維持したまま
         行われる取引を含まない。)であって、当社の当該取引の直前における名義株主が、当該取引の直後におい
         て、存続会社又は買収主体の議決権の過半数を保有していない場合(但し、主として資金調達を目的として
         当社が株式を発行する場合は、支配移転事由に該当しない)、又は(ⅱ)当社の全部もしくは実質的に全部の
         資産もしくは事業の譲渡をいいます。(3)新株予約権の相続は、新株予約権者の法定相続人に限りこれを認
         めます。但し、当該法定相続人は、新株予約権の死亡から6カ月を経過した後は、当該新株予約権を行使す
         ることができません。新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないも
         のとします。ただし、取締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限りではありません。
                                103/214



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       5 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         下「組織再編行為」と総称する。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する
         新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会
         社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付します。この場合にお
         いては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。本項の
         取扱いは、本項に定める条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併
         契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めることを条件とします。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と
          同一の数をそれぞれ交付します。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とします。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)1に準じて決定します。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
          した再編後の行使価額に当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られるものとします。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとします。
         ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとします。
         ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
          上記⑥に準じて決定します。
         ⑧新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)3に準じて決定します。
                                104/214













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
             発行済株式         発行済株式        資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

      年月日       総数増減数         総数残高                       増減額       残高
               (株)         (株)        (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
    2017年11月10日        C種優先株式
                                513,000       613,000       513,000      1,977,727
      (注)1          2,280    B種優先株式       3,125
                    C種優先株式       2,280
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
    2017年11月17日        C種優先株式
                                 57,825      670,825       57,825     2,035,552
      (注)2           257   B種優先株式       3,125
                    C種優先株式       2,537
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
    2017年12月31日
               ―                △570,825        100,000         ―   2,035,552
      (注)3             B種優先株式       3,125
                    C種優先株式       2,537
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
    2018年1月31日        C種優先株式
                                 14,850      114,850       14,850     2,050,402
      (注)4           66  B種優先株式       3,125
                    C種優先株式       2,603
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
    2018年2月28日        C種優先株式
                                 14,400      129,250       14,400     2,064,802
      (注)5           64  B種優先株式       3,125
                    C種優先株式       2,667
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
    2018年3月26日        C種優先株式
                                 14,850      144,100       14,850     2,079,652
      (注)6           66  B種優先株式       3,125
                    C種優先株式       2,733
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
    2018年8月31日        C種優先株式
                                135,900       280,000       135,900      2,215,552
      (注)7           604   B種優先株式       3,125
                    C種優先株式       3,337
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
    2018年11月15日        D種優先株式
                    B種優先株式       3,125
                                 19,000      299,000       19,000     2,234,552
      (注)8           76
                    C種優先株式       3,337
                    D種優先株式           76
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
    2018年12月31日
                    B種優先株式       3,125
               ―                △199,000        100,000         ―   2,234,552
      (注)9
                    C種優先株式       3,337
                    D種優先株式           76
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
    2019年1月18日        D種優先株式
                    B種優先株式       3,125
                                100,000       200,000       100,000      2,334,552
      (注)10           400
                    C種優先株式       3,337
                    D種優先株式          476
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
    2019年2月15日        D種優先株式
                    B種優先株式       3,125
                                 75,000      275,000       75,000     2,409,552
      (注)11           300
                    C種優先株式       3,337
                    D種優先株式          776
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
    2019年3月26日        D種優先株式
                    B種優先株式       3,125
                                 2,500      277,500        2,500     2,412,052
      (注)12           10
                    C種優先株式       3,337
                    D種優先株式          786
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
    2019年4月3日        D種優先株式
                    B種優先株式       3,125
                                100,000       377,500       100,000      2,512,052
      (注)13           400
                    C種優先株式       3,337
                    D種優先株式       1,186
                                105/214



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             発行済株式         発行済株式        資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金
      年月日       総数増減数         総数残高                       増減額       残高
               (株)         (株)        (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
    2019年4月26日        D種優先株式
                    B種優先株式       3,125
                                 56,000      433,500       56,000     2,568,052
      (注)14           224
                    C種優先株式       3,337
                    D種優先株式       1,410
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
    2019年12月31日
                    B種優先株式       3,125
               ―                △333,500        100,000         ―   2,568,052
      (注)15
                    C種優先株式       3,337
                    D種優先株式       1,410
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
    2020年6月30日        D種優先株式
                    B種優先株式       3,125
                                 50,000      150,000       50,000     2,618,052
      (注)16           200
                    C種優先株式       3,337
                    D種優先株式       1,610
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
    2020年12月31日
                    B種優先株式       3,125
               ―                 △50,000       100,000         ―   2,618,052
      (注)17
                    C種優先株式       3,337
                    D種優先株式       1,610
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
    2021年1月29日        D種優先株式
                    B種優先株式       3,125
                                 75,000      175,000       75,000     2,693,052
      (注)18           300
                    C種優先株式       3,337
                    D種優先株式       1,910
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
                    B種優先株式       3,125
    2021年7月30日        E種優先株式
                                 28,875      203,875       28,875     2,721,927
      (注)19           110   C種優先株式       3,337
                    D種優先株式       1,910
                    E種優先株式          110
                    普通株式           1,001
                    A種優先株式       1,637
                    B種優先株式       3,125
    2021年12月31日
               ―                △103,875        100,000         ―   2,721,927
      (注)20             C種優先株式       3,337
                    D種優先株式       1,910
                    E種優先株式          110
                    普通株式           1,211
                    A種優先株式       1,637
                    B種優先株式       3,125
    2022年3月11日          普通株式
                                 7,497      107,497        7,497     2,729,424
      (注)21           210   C種優先株式       3,337
                    D種優先株式       1,910
                    E種優先株式          110
                    普通株式           1,211
                    A種優先株式       1,637
                    B種優先株式       3,125
    2022年3月25日        E種優先株式
                                 49,875      157,372       49,875     2,779,299
      (注)22           190   C種優先株式       3,337
                    D種優先株式       1,910
                    E種優先株式          300
                    普通株式           1,421
                    A種優先株式       1,637
                    B種優先株式       3,125
    2022年8月8日          普通株式
                                 7,497      164,869        7,497     2,786,796
    (注)23             210   C種優先株式       3,337
                    D種優先株式       1,910
                    E種優先株式          300
                                106/214





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
              発行済株式         発行済株式        資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金
      年月日       総数増減数          総数残高                       増減額       残高
               (株)         (株)        (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
                普通株式
                 10,309
            A種優先株式       △
                 1,637
            B種優先株式
    2022年8月19日            △3,125
                     普通株式         11,730
                                    ―    164,869         ―   2,786,796
    (注)24        C種優先株式
                △3,337
            D種優先株式
                △1,910
            E種優先株式
                 △300
    2022年8月23日           普通株式

                     普通株式         11,734
                                   100     164,969         100    2,786,896
    (注)23              4
    2022年8月26日           普通株式

                     普通株式         11,736
                                    50    165,019         50   2,786,946
    (注)23              2
    2022年8月30日           普通株式

                     普通株式         11,744
                                   200     165,219         200    2,787,146
    (注)23              8
    2022年9月2日           普通株式

                     普通株式     5,872,000
                                    ―    165,219         ―   2,787,146
    (注)25           5,860,256
    2022年9月26日           普通株式

                     普通株式     5,884,500
                                   625     165,844         625    2,787,771
    (注)23            12,500
    2022年9月26日           普通株式

                     普通株式     5,889,500
                                   350     166,194         350    2,788,121
    (注)23             5,000
    2022年9月26日           普通株式

                     普通株式     5,894,500
                                   350     166,544         350    2,788,471
    (注)23             5,000
                                107/214






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社サイフューズ(E38156)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注) 
     1.有償第三者割当増資
       発行価格             450,000円
       資本組入額            225,000円
       割当先:富士フイルム株式会社、名古屋大学・東海地区大学広域ベンチャー1号投資事業有限責任組合、ニッセ
           イ・キャピタル7号投資事業有限責任組合、株式会社新生銀行 他2社
     2.有償第三者割当増資
       発行価格             450,000円
       資本組入額            225,000円
       割当先:QB      第一号投資事業有限責任組合、三菱UFJキャピタル4号投資事業有限責任組合
     3.無償減資
     4.有償第三者割当増資
       発行価格             450,000円
       資本組入額            225,000円
       割当先:SMBCベンチャーキャピタル3号投資事業有限責任組合
     5.有償第三者割当増資
       発行価格             450,000円
       資本組入額            225,000円
       割当先:グローウィン4号投資事業組合