スパークス・ベスト・ピック・ファンドⅡ(日本・アジア)マーケットヘッジあり スパークス・ベスト・ピック・ファンドⅡ(日本・アジア)マーケットヘッジなし 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                   有価証券届出書

      【提出先】                   関東財務局長

      【提出日】                   2022年11月25日

      【発行者名】                   スパークス・アセット・マネジメント株式会社

      【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長 阿部           修平

      【本店の所在の場所】                   東京都港区港南一丁目2番70号 品川シーズンテラス

      【事務連絡者氏名】                   田中 美紀子

      【電話番号】                   03-6711-9200

      【届出の対象とした募集(売出)内国投                   スパークス・ベスト・ピック・ファンドⅡ(日本・アジア)マーケットヘッジ

       資信託受益証券に係るファンドの名                  あり
       称】
                         スパークス・ベスト・ピック・ファンドⅡ(日本・アジア)マーケットヘッジ
                         なし
      【届出の対象とした募集(売出)内国投                   各ファンドとも5,000億円を上限とします。
       資信託受益証券の金額】
      【縦覧に供する場所】                   該当事項はありません。
                                  1/115













                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】

    (1)  【ファンドの名称】
       スパークス・ベスト・ピック・ファンドⅡ(日本・アジア)マーケットヘッジあり
       スパークス・ベスト・ピック・ファンドⅡ(日本・アジア)マーケットヘッジなし
       (注)以下、上記を総称して                「スパークス・ベスト・ピック・ファンドⅡ(日本・アジア)」もしくは
        「スパークス・ベスト・ピック・ファンドⅡ」                         または「ファンド」という場合があります。また、そ
        れぞれを「マーケット            ヘッジあり」、「マーケットヘッジなし」という場合が                              あります。
    (2)  【内国投資信託受益証券の形態等】
     ① 追加型証券投資信託受益権です。(各ファンドとも当初元本は1口=1円)
     ② 信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付はありません。また、信用格付業者から
      提供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
     *   ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(「社振法」といいます。以下同じ。)の規定
      の適用を受けており、受益権の帰属は後述の「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関および当
      該振替機関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、
      以下「振替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります(以下、
      振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。委託会社
      は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。また、
      振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
    (3)  【発行(売出)価額の総額】
       各ファンドとも5,000億円を上限とします。
    (4)  【発行(売出)価格】
       各ファンドとも        購入申込受付日の翌営業日の基準価額*とします。
    *「基準価額」とは、ファンドの資産総額から負債総額を控除した金額(「純資産総額」といいます。)を
      計算日における受益権総口数で除した1口当たりの純資産価額をいいます。
      基準価額は、組入有価証券等の値動き等により日々変動します。基準価額は便宜上1万口当たりで表示
      することがあります。            基準価額につきましては、下記の委託会社の照会先または販売会社(後記(8)申込
      取扱場所を参照)にお問い合わせください。
        <委託会社の照会先>
         スパークス・アセット・マネジメント株式会社
         〔ホームページ〕          https://www.sparx.co.jp/
         〔電話番号]            03-6711-9200
         (受付時間:営業日の            9 : 00 ~ 17 : 00 )
    (5)  【申込手数料】

       購入申込受付日の翌営業日の基準価額                     に 3.3  %(税抜3.0%)を上限として販売会社が定める手数料率を
     乗じて得た額とします。
       販売会社によっては、「マーケットヘッジあり」と「マーケットヘッジなし」との間で、スイッチング
     (乗換え)を行うことができます。
       なお、収益分配金を再投資する場合には手数料はかかりません。
       詳しくは、販売会社(後記(8)申込取扱場所を参照)までお問い合わせください。
    (6)  【申込単位】
       販売会社が別に定める単位とします。
       取扱コースには、収益の分配時に、収益分配金を受取る「分配金受取コース」と税引き後の収益分配金
     を無手数料で再投資する「分配金再投資コース」の2つのコースがあります。
       収益分配金を再投資する場合には、1口の整数倍をもって購入申込ができます。
       ただし、販売会社によっては、どちらか1つのコースのみのお取り扱いの場合があります。
       詳しくは、販売会社(後記(8)申込取扱場所を参照)までお問い合わせください。
                                  2/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (7)  【申込期間】
       2022  年11月26日から2023年5月26日まで
       *申込期間は上記期間満了前に有価証券届出書を提出することにより更新されます。
    (8)  【申込取扱場所】
       販売会社にてお申込みを取扱います。
       販売会社については、下記の委託会社の照会先にお問い合わせください。
        <委託会社の照会先>
         スパークス・アセット・マネジメント株式会社
         〔ホームページ〕          https://www.sparx.co.jp/
         〔電話番号〕            03-6711-9200
         (受付時間:営業日の            9 : 00 ~ 17 : 00 )
    (9)  【払込期日】

       ファンドの受益権の購入申込者は、販売会社(上記(8)申込取扱場所を参照)が指定する日までに申込
      金額を販売会社に支払うものとします。振替受益権に係る各購入申込日の発行価額の総額は、追加信託が
      行われる日に委託会社の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込まれます。
    (10)  【払込取扱場所】
       申込金額は、購入申込みを受付けた販売会社に払い込むものとします。
       販売会社については、上記(8)申込取扱場所をご参照ください。
    (11)  【振替機関に関する事項】
       ファンドの受益権に係る振替機関は以下の通りです。
        株式会社 証券保管振替機構
    (12)  【その他】
     ① 申込証拠金はありません。
     ② 日本以外の地域における発行は行いません。
     ③ 振替受益権について
       ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、上記「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替
      機関の振替業に係る業務規程等の規則に従って取り扱われるものとします。ファンドの分配金、償還金、
      換金代金は、社振法および上記「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関の業務規程その他の規
      則に従って支払われます。
                                  3/115








                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】
    1【ファンドの性格】
    (1)  【ファンドの目的及び基本的性格】
     ① ファンドの目的
       当ファンドは、        信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。
     ② 信託金の限度額
       委託会社は、受託会社と合意のうえ、各ファンドとも5,000億円を限度として信託金を追加することが
      できるものとします。なお、委託会社は、受託会社と合意のうえ、各ファンドとも限度額を変更すること
      ができます。
     ③ 基本的性格
      「スパークス・ベスト・ピック・ファンドⅡ(日本・アジア)マーケットヘッジあり」
        当ファンド      は、一般社団法人投資信託協会が定める商品分類方法において、「追加型投信/内外/株
       式/特殊型(絶対収益追求型)」に分類されます。
        ※ 当ファンド      は、課税上は株式投資信託として取扱われます。
       <商品分類表>
                                                補足分類
         単位型・追加型             投資対象地域            投資対象資産
                                  (収益の源泉)
                        国内            株式
           単位型投信                          債券          インデックス型
                        海外           不動産投信
                                   その他資産              特殊型
           追加型投信
                                             (絶対収益追求型)
                                   (   )
                        内外           資産複合
        (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。
      <商品分類定義>
     1.単位型投信・追加型投信                :  追加型投信
        による商品分類                ※ 一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行わ
                        れ従来の信託財産とともに運用されるファンドをいいます。
     2.投資対象地域による                :  内外
        商品分類                ※ 目論見書又は投資信託約款において、国内及び海外の資産
                        による主たる投資収益を実質的に源泉とする旨の記載がある
                        ものをいいます。
     3.投資対象資産(収益の源                :  株式
        泉)による商品分類                ※ 目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主た
                        る投資収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載があるもの
                        をいいます。
     4.補足分類                :  特殊型(絶対収益追求型)
                        ※目論見書又は投資信託約款において、投資者に対して注意
                        を喚起することが必要と思われる特殊な仕組みあるいは運用
                        手法の記載があるものをいいます。
    <属性区分表>

     投資対象資産         決算頻度      投資対象地域           投資形態         為替ヘッジ           特殊型
     株式         年1回      グローバル        ファミリーファンド                  ブル・ベア型
      一般        年2回      日本
      大型株        年4回      北米
      中小型株        年6回      欧州                      あり

             (隔月  )
     債券               アジア                     (  )      条件付運用型
                                  4/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      一般        年 12 回    オセアニア        ファンド・オブ・
             (毎月  )            ファンズ
      公債              中南米
      社債        日々      アフリカ                           ロング・ショート型/
                                              絶対収益追求型
      その他債券        その他      中近東                      なし
             (   )    (中東  )
      クレジット
      属性
                    エマージング
      (  )
                                              その他
     不動産投信                                          (  )
     その他資産
     ( 投資信託証券
     ( 株式 一般))
     資産複合
     (  )
      (注) 当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。
      (注) ファミリーファンド、ファンド・オブ・ファンズに該当する場合、投資信託証券を通じて投資収益の源
         泉となる資産へ投資しますので、商品分類表と属性区分表の投資対象資産は異なります。
      <属性区分定義>
      1.投資対象資産による               :  その他資産(投資信託証券(株式 一般))
         属性区分               ※目論見書又は投資信託約款において、投資信託証券を通じ
                        て主として株式のうち大型株、中小型株属性にあてはまらな
                        いすべてのものに投資する旨の記載があるものをいいます。
      2.決算頻度による               :  年2回
         属性区分               ※目論見書又は投資信託約款において、年2回決算する旨の
                        記載があるものをいいます。
      3.投資対象地域による               :  日本、アジア
         属性区分               ※目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資
                        収益が日本、アジアの資産を源泉とする旨の記載があるもの
                        をいいます。
      4.投資形態による               :  ファンド・オブ・ファンズ
         属性区分               ※「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファ
                        ンド・オブ・ファンズをいいます。
      5.為替ヘッジによる               :  為替ヘッジなし
         属性区分               ※目論見書又は投資信託約款において、為替のヘッジを行な
                        わない旨の記載があるもの又は為替のヘッジを行う旨の記載
                        がないものをいいます。
      6.特殊型               :  絶対収益追求型
                        ※目論見書又は投資信託約款において、特定の市場に左右さ
                        れにくい収益の追求を目指す旨の記載があるものをいいま
                        す。
                                  5/115







                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      「スパークス・ベスト・ピック・ファンドⅡ(日本・アジア)マーケットヘッジなし」
        当ファンド      は、一般社団法人投資信託協会が定める商品分類方法において、「追加型投信/内外/株
       式」に分類されます。
        ※ 当ファンド      は、課税上は株式投資信託として取扱われます。
       <商品分類表>
          単位型・追加型             投資対象地域            投資対象資産
                                  (収益の源泉)
                         国内            株式
           単位型投信                          債券
                         海外           不動産投信
                                   その他資産
           追加型投信
                                   (   )
                         内外           資産複合
       (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。
      <商品分類定義>
     1.単位型投信・追加型投信                :  追加型投信
        による商品分類                ※ 一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行わ
                        れ従来の信託財産とともに運用されるファンドをいいます。
     2.投資対象地域による                :  内外
        商品分類                ※ 目論見書又は投資信託約款において、国内及び海外の資産
                        による主たる投資収益を実質的に源泉とする旨の記載がある
                        ものをいいます。
     3.投資対象資産(収益の源                :  株式
        泉)による商品分類                ※ 目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主た
                        る投資収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載があるもの
                        をいいます。
       <属性区分表>
        投資対象資産         決算頻度       投資対象地域            投資形態         為替ヘッジ
       株式         年1回       グローバル         ファミリーファンド
        一般        年2回       日本
        大型株        年4回       北米
        中小型株        年6回       欧州                        あり
                 (隔月  )
       債券                 アジア                       (  )
        一般        年 12 回     オセアニア         ファンド・オブ・
                 (毎月  )              ファンズ
        公債               中南米
        社債        日々       アフリカ
        その他債券        その他       中近東                        なし
                 (   )    (中東  )
        クレジット
        属性
                        エマージング
        (  )
       不動産投信
       その他資産
       (投資信託証券
       (株式 一般      ))
       資産複合
       (  )
      (注) 当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。
      (注) ファミリーファンド、ファンド・オブ・ファンズに該当する場合、投資信託証券を通じて投資収益の源
         泉となる資産へ投資しますので、商品分類表と属性区分表の投資対象資産は異なります。
      <属性区分定義>
                                  6/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      1.投資対象資産による               :  その他資産(投資信託証券(株式 一般))
         属性区分               ※目論見書又は投資信託約款において、投資信託証券を通じ
                        て主として株式のうち大型株、中小型株属性にあてはまらな
                        いすべてのものに投資する旨の記載があるものをいいます。
      2.決算頻度による               :  年2回
         属性区分               ※目論見書又は投資信託約款において、年2回決算する旨の
                        記載があるものをいいます。
      3.投資対象地域による               :  日本、アジア
         属性区分               ※目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資
                        収益が日本、アジアの資産を源泉とする旨の記載があるもの
                        をいいます。
      4.投資形態による               :  ファンド・オブ・ファンズ
         属性区分               ※「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファ
                        ンド・オブ・ファンズをいいます。
      5.為替ヘッジによる               :  為替ヘッジなし
         属性区分               ※目論見書又は投資信託約款において、為替のヘッジを行な
                        わない旨の記載があるもの又は為替のヘッジを行う旨の記載
                        がないものをいいます。
       ※上記の記載は、一般社団法人投資信託協会が定める分類方法に基づく商品分類および属性

        区分を、委託会社が目論見書又は約款の記載内容等にて、分類し記載しております。
        なお、当ファンドが該当しない商品分類および属性区分につきましては、一般社団法人投
        資信託協会のホームページ(https://www.toushin.or.jp/)をご参照ください。
                                  7/115













                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ④ ファンドの特色
      ファンドの目的
      「マーケットヘッジあり」
        当ファンドは、主として投資信託証券を通じて、日本を含むアジアの株式に投資するとともに、株価
       指数先物取引等を活用し、日本を含む投資対象国の株式市場の変動リスクの低減を図りつつ、信託財産
       の中長期的な成長を目指して運用を行います。
      「マーケットヘッジなし」
        当ファンドは、主として投資信託証券を通じて、日本を含むアジアの株式に投資し、信託財産の中長
       期的な成長を目指して運用を行います。
                                  8/115

















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  9/115





















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 10/115





















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)  【ファンドの沿革】












       2019  年10月15日 信託契約締結、当ファンドの設定・運用開始
     (3)  【ファンドの仕組み】

       当ファンドは、ファンド・オブ・ファンズ形式で運用を行います。
       主として、投資対象ファンドである以下の投資信託証券への投資を通じて、実質的な運用を行います。
       当ファンド                      投資対象ファンド(投資信託証券)
       マーケット       外国投資信託証券                  SPARX・日本アジア・ベスト・ピック・ファンド
       ヘッジあり       (ケイマン籍外国投資法人)                  (ヘッジありクラス/円建)
         の場合
               国内証券投資信託
                                スパークス・マネー・マザーファンド
               (親投資信託)
       マーケット       外国投資信託証券                  SPARX・日本アジア・ベスト・ピック・ファンド
       ヘッジなし       (ケイマン籍外国投資法人)
                                (ヘッジなしクラス/円建)
         の場合
               国内証券投資信託                  スパークス・マネー・マザーファンド
               (親投資信託)
                                 11/115




                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ① ファンドの関係法人









       *図表中の(注1)、(注2)については、以下の表中より各々読み替えてください。









        (注1)           マーケットヘッジあり                    マーケットヘッジなし
        (注2)         (ヘッジありクラス/円建)                    (ヘッジなしクラス/円建)
    ( ご参考    )投資対象ファンドであるケイマン籍外国投資法人の関係法人

                                 12/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ※1  運用委託契約





         投資対象ファンドであるケイマン籍外国投資法人(以下、「外国投資信託証券」といいます。)と管理運用会社
        との間で締結される運用委託契約で、外国投資信託証券の投資方針に従って、管理運用会社に委託される投資運
        用の内容等が定められています。また、管理運用会社が、投資助言会社からの投資助言を受けて投資運用を行う
        ことが定められています。
      ※2  投資助言契約
         管理運用会社と投資助言会社との間で締結される投資助言契約で、投資助言会社が管理運用会社に対して、外国
        投資信託証券の投資方針に従って、投資助言を行う内容等が定められています。
      ※3  受託管理契約
         外国投資信託証券と管理事務会社との間で締結されるファンド管理業務                                 に係る受託管理契約で、管理事務会社                 に
        委託される外国投資信託証券の管理運営業務の内容                        (ファンドの受託業務並びに管理事務(基準                    価額  算出、報告
        等)業務及び登録名義書換業務)等が定められて                      います。
         また、委託される外国投資信託証券の管理業務を代理人に再委託することが定められています。
      ※4  保管契約
         外国投資信託証券と保管会社との間で締結される                       ファンド資産の保管業務に係る保管                契約で、保管会社に委託さ
        れる外国投資信託証券資産の保管               業務等の内容(ファンド資産の保管業務並びにファンドの管理事務業務の代行
        業務及び登録名義書換業務の代行業務)等が定められています。
      ② 委託会社の概況

      a.資本金     25億円(2022年8月末日現在)
      b.会社の沿革
         2006  年   4月   持株会社への移行に伴い、スパークス・アセット・マネジメント投信株式

                 会社の子会社として、スパークス分割準備株式会社を設立。
         2006  年   10 月  商号をスパークス・アセット・マネジメント株式会社に変更                                。

                 投資顧問業及び投資一任契約に係る業務並びに投資信託委託業をスパーク
                 ス・アセット・マネジメント投信株式会社(現スパークス・グループ株式
                 会社)より会社分割により承継。
         2010  年   7月   スパークス証券株式会社を吸収合併し、第一種金融商品取引業を開始。

      c.大株主の状況(2022年8月末日現在)
            氏名又は名称                     住所           所有株式数        所有比率
                         東京都港区港南一丁目2番70号
      スパークス・グループ株式会社                                       50,000    株      100  %
                         品川シーズンテラス
                                 13/115




                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【投資方針】
    (1)  【投資方針】
      1.基本方針
        この投資信託は、信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。
      2.運用方法
      (1)投資対象
         投資信託証券(投資信託または外国投資信託の受益証券および投資法人または外国投資法人の投資
        証券をいいます。以下同じ。)を主要投資対象とします。
      (2)投資態度
       ① 主として、以下の投資信託証券への投資を通じて、信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行
        います。
        「マーケットヘッジあり」の場合
         ・ケイマン籍外国投資法人:                SPARX・日本アジア・ベスト・ピック・ファンド(ヘッジありク
                         ラス/円建)
         ・国内証券投資信託:スパークス・マネー・マザーファンド受益証券
        「 マーケットヘッジなし」の場合
         ・ケイマン籍外国投資法人:SPARX・日本アジア・ベスト・ピック・ファンド(ヘッジなしク
                         ラス/円建)
         ・国内証券投資信託:スパークス・マネー・マザーファンド受益証券
       ② ケイマン籍外国投資法人である外国投資信託証券の組入れは原則として高位を保つことを基本とし

        ます。各投資信託証券への投資比率は、原則として市況環境および投資対象ファンドの収益性等を勘
        案して決定します。なお、資金動向等によっては、各投資信託証券への投資比率を引き下げることも
        あります。
       ③ 実質的な組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
       ④ 市況動向に急激な変化が生じたとき、ならびに残存信託期間、残存元本が運用に支障をきたす水準
        になったとき等やむを得ない事情が発生した場合には、上記のような運用ができない場合がありま
        す。
    (2)  【投資対象】
    (投資の対象とする資産の種類)
      この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
       1.次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定め
        るものをいいます。以下同じ。)
          イ.有価証券
          ロ.金銭債権
          ハ.約束手形
       2.次に掲げる特定資産以外の資産
          イ.為替手形
    (運用の指図範囲等)
     ① 委託会社は、信託金を、主として外国投資信託証券である(※)およびスパークス・アセット・マネ
       ジメント株式会社を委託会社とし、三井住友信託銀行株式会社を受託会社として締結された親投資信託
       であるスパークス・マネー・マザーファンド受益証券のほか、次の有価証券(金融商品取引法第2条第
       2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図す
       ることができます。
       1.  コマーシャル       ・ペーパー及び短期社債等
       2.外国または外国の者の発行する証券または証書で、前号の証券または証書の性質を有するもの
       3.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいい
        ます。)
                                 14/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       4.投資証券もしくは外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11                                       号で定めるものをいいま
        す。)
       5.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託に限りま
        す。)
          (注)上記(※)については、以下の表中より各々読み替えてください。
                当ファンド                     外国投資信託証券
             マーケットヘッジあり              SPARX・日本アジア・ベスト・ピック・ファンド
                 の場合          (ヘッジありクラス/円建)
             マーケットヘッジなし              SPARX・日本アジア・ベスト・ピック・ファンド
                 の場合          (ヘッジなしクラス/円建)
     ② 委託会社は、信託金を、上記①に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2

       条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。以下本条において同
       じ。)により運用することを指図することができます。
       1.預金
       2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託を除きます。)
       3.コール・ローン
       4.手形割引市場において売買される手形
     ③ 上記①にかかわらず、この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託会社が運用
       上必要と認めるときは、委託会社は、信託金を、上記②1.から4.までに掲げる金融商品により運用す
       ることの指図ができます。
      追加的記載事項

     ファンドが投資対象とする投資信託証券の概要
     1.外国投資信託証券
        「SPARX・日本アジア・ベスト・ピック・ファンド(ヘッジありクラス/円建)」
        「SPARX・日本アジア・ベスト・ピック・ファンド(ヘッジなしクラス/円建)」
       (注)各クラス固有の場合は、個別記載しております。それ以外は、各クラス共通事項です。
      形態/表示通貨          ケイマン籍外国投資法人/円建
                <(ヘッジありクラス/円建)>
                日本を含むアジア企業の株式または日本を含むアジア地域の金融商品取引所
                に上場している株式(これに準ずるものを含みます。)を主要投資対象とす
                るとともに、当クラスにおいては日本を含む投資対象国の株式市場の変動リ
      主な投資対象         スクの低減を図ることを目的として、株価指数先物取引等を活用します。
                <(ヘッジなしクラス/円建)>
                日本を含むアジア企業の株式または日本を含むアジア地域の金融商品取引所
                に上場している株式(これに準ずるものを含みます。)を主要投資対象とし
                ます。
                <(ヘッジありクラス/円建)>
                ボトムアップ・リサーチによる個別銘柄調査に基づき、魅力的なビジネスと
                卓越した経営陣を併せ持つ企業で、企業価値に対して割安と考えられる銘柄
                の中から厳選して集中的に投資を行うとともに、当クラスにおいては日本を
                含む投資対象国の株式市場の変動リスクの低減を図ることを目的として、株
        投資方針
                価指数先物取引等を活用します。
                <(ヘッジなしクラス/円建)>
                ボトムアップ・リサーチによる個別銘柄調査に基づき、魅力的なビジネスと
                卓越した経営陣を併せ持つ企業で、企業価値に対して割安と考えられる銘柄
                の中から厳選して集中的に投資を行います。
                一発行体への投資割合は、原則として純資産総額の35%以内とします。
      主な投資制限
       為替ヘッジ         外貨建資産については、原則として為替ヘッジは行いません。
       運用報酬等         純資産総額に対して年率0.80%程度。
                その他、受託会社報酬、保管会社報酬などの費用がかかります。
                                 15/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      その他の費用         監査費用、有価証券売買時の売買委託手数料、信託財産に関する租税、信託
                事務の処理に要する諸費用、組入資産の保管費用・管理費用等。
                ※その他費用は運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額
                等を示すことができません。
      管理運用会社         スパークス・アジア・キャピタル・マネジメント・リミテッド
      投資助言会社         スパークス・アジア・インベストメント・アドバイザーズ・リミテッド
      管理事務会社         HSBCトラスティー(ケイマン)リミテッド
      保管会社及び管          HSBC・インスティテューショナル・トラスト・サービシズ(アジア)リ
      理事務会社の代          ミテッド
         理人
    ■スパークス・アジア・キャピタル・マネジメント・リミテッドについて■

      (投資対象ファンドである外国投資信託証券の管理運用会社)
      ・SPARXグループ傘下のファンド運営子会社であり、投資対象ファンドである外国投資信託証券の運
       営管理を担当しています。
    ■スパークス・アジア・インベストメント・アドバイザーズ・リミテッドについて■
      (投資対象ファンドである外国投資信託証券の投資助言会社)
      ・SPARXグループの一員であり、アジア地域への投資やオルタナティブ投資を強みとする投資助言会
       社です。
      ・スパークス・アジア・キャピタル・マネジメント・リミテッドに対して投資助言を行っています。
     ・香港に拠点を構え、多数の投資プロフェッショナルを有しています。
    2.国内証券投資信託

                    「スパークス・マネー・マザーファンド」

      形態/表示通貨          親投資信託/円建
       設定年月日         2007  年11月30日
        信託期間        無期限
                この投資信託は、信託財産の着実な成長をはかることを目標として安定運用
        基本方針
                を行います。
      主な投資対象         わが国の公社債を主要投資対象とします。
        投資態度        主としてわが国の公社債に投資を行い利息等収益の確保をはかります。
                ・株式(新株予約権証券を含みます。)への投資は、信託財産の純資産総額
                の30%以下とします。
      主な投資制限         ・同一銘柄の株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内としま
                す。
                ・外貨建資産への投資は行いません。
        決算日        毎年11月10日(休日の場合は翌営業日)(年1回)
                該当事項はありません。
        収益分配
        信託報酬        該当事項はありません。
                有価証券売買時の売買委託手数料、信託財産に関する租税、信託事務の処理
                に要する諸費用、組入資産の保管費用・管理費用等。
      その他の費用
                ※その他費用は運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額
                等を示すことができません。
        委託会社        スパークス・アセット・マネジメント株式会社
                三井住友信託銀行株式会社
        受託会社
                (再信託先:       株式会社日本カストディ銀行                )
    ※ 上記の概要は、当該各投資信託証券固有の事情により、今後、内容が変更される場合があります。

    (3)  【運用体制】

      当ファンドは、ファンド・オブ・ファンズ形式で運用を行います。
      主として、投資対象ファンドである投資信託証券への投資を通じて、実質的な運用を行いま                                                 す。
                                 16/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ①   ファンドの運用体制           (2022年8月末日現在)
         当社においては、創業以来「マクロはミクロの集積である。」との一貫した投資哲学の下、運用調査






       の担当者自身が個々の企業に対して経営者との面談を含む深度ある調査を積み重ねています。その知見
       と経験に基づく個々の企業の投資価値に対する高い評価能力が、当ファンドの銘柄選択と投資判断を支
       えております。調査結果及びその分析と評価等は、運用調査に携わるファンド・マネージャーとアナリ
       ストが共有し、その内容を検討し、調査や評価の手法と能力の向上にチームとして取組み、個人の力量
       に過度に依存しない安定的な運用体制の維持に努めております。従って、当社が運用するファンドの投
       資判断を担うためには、その基盤となる調査や評価について当社固有の知見や手法を会得する必要があ
       り、ファンド・マネージャーには、他社における運用経験だけでは不十分であり、当社での十分な調査
       経験が必要とされます。
         当ファンドは、下記のチーフ・インベストメント・オフィサー(以下、「CIO」といいます。)の
       指揮・監督の下、CIOに指名されたファンド・マネージャーが日々の具体的な運用を担当します。運
       用に係る最終的な責任はCIOが担っております。
         なお、2022年8月末日現在において、CIOの指揮・監督の下、運用調査に携わる人員数は15名、運
       用経験年数は総計約220年(平均約14年)、また当社での運用経験年数合計は、約184年(平均約12年)
       となっております。また、日本証券アナリスト保有者8名、米国証券アナリスト検定会員(CFA)保有
       者3名、海外MBA保有者3名となっております。
         藤村 忠弘
          当社代表取締役専務 チーフ・インベストメント・オフィサー(CIO)
          日本証券アナリスト協会検定会員、米国証券アナリスト検定会員(CFA)
          1986年に国内の投信委託会社に入社、米国留学等を経て、
          1999年7月に当社入社以降、継続して日本株式の運用調査部門に所属。
          運用経験年数:約32年(他社での運用経験:約9年、当社での運用経験:約23年)
      ②   意思決定プロセス
       a. ファンド・マネージャーは、CIOの指揮・監督の下、チーム全体での調査活動等の成果を踏ま
         え、投資環境の分析、期待リターンとリスクの予測や当ファンドに対する設定や解約の動向分析など
         を実施し、当ファンドの約款等の定めを遵守して「運用計画書」を作成し、「投資政策委員会」
         (10~20名程度)での審議を求めます。
       b. 投資政策委員会は、当社取締役会で指名された者が主催し、各ファンド・マネージャーから提出さ
         れた運用計画書をリスク管理部門、リーガル・コンプライアンス部門等の責任者と共に審議します。
         ファンド・マネージャーは、承認された運用計画書に基づき日々の具体的な投資活動を行います。投
         資政策委員会は原則として月2回開催される他、必要に応じ臨時に開催されます。
       c. 上記の意思決定プロセスは、当社取締役会が定めた「投資信託に係る運用管理」に関する規程及び
         「投資政策委員会」に関する規程に基づきます。投資政策委員会の運営状況は「コンプライアンス委
         員会」(10~20名程度)においても確認の上、取締役会に報告され、適正な業務運営の確保に努めて
         おります。
                                 17/115

                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ③ 議決権の行使指図に関する基本的考え方
        当ファンドは、主として個々の企業に対する調査を重視した銘柄選択と投資判断に基づく運用を行っ
       ており、当該企業の経営方針等に賛同できる企業を投資先として選定した場合には、会社提案に賛成の
       意思表示を行うのが通常ですが、指図に先立ち、全ての議案につき株主利益の向上に資するかを検証し
       ております。なお、行使ガイドラインと運営プロセスは社内で規則化されており、議決権の適切な行使
       に務めております。また、海外株式の議決権行使につきましては、基本的に上述の方針に準じますが、
       各国の状況に応じて個別に対応することがあります。
      ④ 委託会社によるファンドの関係法人(販売会社を除く)に対する管理体制等
        受託会社(再信託受託会社を含む)からは、受託業務の内部統制の有効性についての監査人による報
       告書を定期的に受領して検証し、必要な場合には受託会社の運営体制を実査することとしております。
      (ご参考)

      ■スパークス・アジア・インベストメント・アドバイザーズ・リミテッドにおける投資助言体制
                                             (2022    年8月末日現在)
       スパークス・アジア・インベストメント・アドバイザーズ・リミテッドは、香港を本拠地とするSPA
      RXグループの一員であり、アジア地域への投資やオルタナティブ投資を強みとする投資助言会社です。
       <投資助言責任者>





       Poh   Chung Fong(ポー チュン フォン)
        アジア株式運用チーム・ファンド・マネージャー
        MBA  ・CFA資格保持者
        運用経験年数:約21年(他社での運用経験:約2年、当社での運用経験:約19年)
      ※上記の(3)運用体制は、今後変更となる場合があります。
    (4)  【分配方針】
       毎決算時(毎年2月27日および8月27日、休業日の場合は翌営業日)に、原則として以下の方針に基づ
      き、分配を行います。
      (1)分配対象額の範囲
         経費控除後の繰越分を含めた利子・配当等収入および売買益(評価益を含みます。)等の全額とし
        ます。
      (2)分配対象収益についての分配方針
         分配金額は、委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。ただし、分配対象額が
        少額の場合等には、分配を行わないこともあります。
      (3)留保益の運用方針
         留保益の運用については、特に制限を設けず、委託会社の判断に基づき、元本部分と同一の運用を
        行います。
    ※ 上記の      分配  方針は将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。
                                 18/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ※ 分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当該分配金に
      係る決算日以前において一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該分配金に係る決
      算日以前に設定された受益権で購入申込代金支払い前のため販売会社の名義で記載または記録されている
      受 益権については原則として購入申込者とします。)に、原則として決算日から起算して5営業日目まで
      に支払を開始します。「分配金再投資コース」をお申込の場合は、分配金は税引後無手数料で再投資され
      ますが、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
    (5)  【投資制限】
     <信託約款で定める投資制限>
      ① 投資信託証券への投資割合には制限を設けません。
      ② 株式への直接投資は行いません。
      ③ 外貨建資産への直接投資は行いません。
      ④ デリバティブの直接利用は行いません。
      ⑤   一 般社団法人投資信託協会の規則に定める一の者に対するエクスポージャーは、信託財産の純資産総
       額の  35 %以内とすることとし、当該比                 率を超えることとなった場合には、一般社団法人投資                             信託協会の
       規則に従い当該比          率以内となるよう調整を行うこととします。
      ⑥   資金  の借入れ

       a)委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解約に伴う支払資
          金の手当て(       一部  解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目的
          として、または再投資に係る収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入(コール市場
          を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券等
          の運用は行わないものとします。
       b)一部解約に伴う支払資金の手当てに係る借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信託財産
          で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開始日から信託
          財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金支払開始日から
          信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間
          とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、解約代金および償還金の合計額を限度とします。
       c)収益分配金の再投資に係る借入期間は、信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営業日
          までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
       d)借入金の利息は信託財産中より支弁します。
     <法令で     定める    投資制限>
      ① デリバティブ取引に係る投資制限(金融商品取引業等に関する内閣府令第130条第1項第8号)
        委託会社は、信託財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変
       動その他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社が定めた合理的な方法に
       より算出した額が当該信託財産の純資産額を超えることとなる場合                                    において     、デリバティブ取引(新株
       予約権証券、新投資口予約権証券またはオプションを表示する証券もしくは証書に係る取引および選択
       権付債券売買を含みます。)を行い、または継続することを受託会社に指図しないものとします。
      ② 同一法人の発行する株式への投資制限(投資信託及び投資法人に関する法律第9条)
        委託会社は、同一の法人の発行する株式を、その運用の指図を行うすべての委託者指図型投資信託に
       つき、信託財産として有する当該株式に係る議決権の総数(株主総会において決議をすることができる
       事項の全部につき議決権を行使することができない株式についての議決権を除き、会社法第879条第3項
       の規定により議決権を有するものとみなされる株式についての議決権を含みます。)が、当該株式に係
       る議決権の総数に100分の50を乗じて得た数を超えることとなる場合においては、信託財産をもって当該
       株式を取得することを受託会社に指図することが禁じられています。
      ③ 信用リスク集中回避のための投資制限(金融商品取引業等に関する内閣府令第130条第1項第8号の
       2)
        委託会社は、運用財産に関し、信用リスク(保有する有価証券その他の資産について取引の相手方の
       債務不履行その他の理由により発生し得る危険をいう。)を適正に管理する方法としてあらかじめ委託
                                 19/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       会社が定めた合理的な方法に反することとなる取引を行うことを内容とした指図を行わないものとしま
       す。
        上記を管理する方法として、一般社団法人投資信託協会「投資信託等の運用に関する規則 信用リス
       ク集中回避のための投資制限」において規定される一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エ
       クスポージャー及びデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則と
       してそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場合には、一般社
       団法人投資信託協会の規則に従い当該比率以内となるよう調整を行うこととされています。
        しかしながら、当ファンドにおいては、一般社団法人投資信託協会「信用リスク集中回避のための投
       資制限の例外」を適用して特化型運用を行うこととし、一般社団法人投資信託協会「投資信託等の運用
       に関する規則 信用リスク集中回避のための投資制限」において規定される一の者に対する株式等エク
       スポージャー、債券等エクスポージャー及びデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額
       に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とするところを35%以内と読み替えて運用
       を行います。
                                 20/115
















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【投資リスク】

      基準価額の変動要因
       「マーケットヘッジあり」においては、主として投資信託証券への投資等を通じて、内外の株式などの
      値動きのある有価証券に投資するとともに、株価指数先物取引等を活用しますので、ファンドの基準価額
      は変動します。また、外貨建資産に投資しますので為替の変動により、基準価額は変動します。なお、
      「マーケットヘッジあり」固有の投資リスクとして株式ヘッジに伴うリスクもあります。
       「マーケットヘッジなし」においては、主として投資信託証券への投資等を通じて、内外の株式などの
      値動きのある有価証券に投資しますので、ファンドの基準価額は変動します。また、外貨建資産に投資し
      ますので為替の変動により、基準価額は変動します。
       従って、投資者の皆さまの投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被
      り、投資元金を割り込むことがあります。ファンドの運用による損益はすべて投資者の皆さまに帰属しま
      す。また、投資信託は預貯金と異なります。
      (注)各ファンド固有の場合は、個別記載しております。それ以外は、各ファンド共通事項です。
    (1)価格変動リスク

       当ファンドは、実質的に内外の株式などを主要な投資対象としますので、当ファンドへの投資には、株
      式投資にかかる価格変動等の様々なリスクが伴うことになります。当ファンドに組入れられる株式の価格
      は短期的または長期的に下落していく可能性があり、これらの価格変動または流動性に予想外の変動が
      あった場合、重大な損失が生じる場合があります。
    (2)カントリーリスク
       一般的に海外の株式などに投資する場合、投資対象国・地域の政治、経済、社会情勢の変化等により金
      融・証券市場が混乱して株式などの価格が大きく変動する可能性があり、基準価額が大きく下落する要因
      となります。また、新興国市場への投資は先進国への投資と比較して価格変動、流動性、為替変動、政治
      要因等のリスクが高いと考えられています。また、情報の開示などの基準が先進国とは異なることから投
      資判断に際して正確な情報を十分に確保できない場合があります。国有化、資産の収用、あるいは通貨の
      回金の制限等により、かかる国への投資はリスクを増大させることがあり、その結果、重大な損失が生じ
      る場合があります。
    (3)為替変動リスク
       当ファンドは、原則として為替ヘッジを行いませんので、投資対象国の通貨と日本円との間の為替変動
      の影響を受けます。外国為替相場の変動により投資を行う投資対象国の通貨建て資産の価格が変動し、こ
      れにより基準価額が変動し、損失を生じる場合があります。
    (4)集中投資のリスク
       当ファンドは、分散投資を行う一般的な投資信託とは異なり、銘柄を絞り込んだ運用を行うため、市場
      動向にかかわらず基準価額の変動は非常に大きくなる可能性があります。
    (5)「マーケットヘッジあり」固有の投資リスク
      <株式ヘッジに伴うリスク>
       「マーケットヘッジあり」においては、実質的に日本を含む投資対象国の株式市場の変動リスクの低減
      を図ることを目的として、株価指数先物取引等の売建てを行いますので、株式ヘッジに伴うリスクがあり
      ます。そのため、日本を含む投資対象国の株式市場全体が上昇しても必ずしも基準価額が上昇するわけで
      はありません。また、完全に株式市場全体の動きの影響を排除できるものではありません。組入投資信託
      証券の株式ポートフォリオの価格上昇の寄与が株価指数先物の価格上昇の寄与より小さい場合、または、
      組入投資信託証券の株式ポートフォリオの価格下落の影響が株価指数先物の価格下落の影響より大きい場
      合等には、基準価額が下落する可能性があります。組入投資信託証券の株式ポートフォリオの価格が下落
      し、株価指数先物の価格が上昇する場合、基準価額の下落幅が拡大することがあります。
    (6)信用リスク
       組入れられる株式や債券等の有価証券やコマーシャル・ペーパー等短期金融商品は、発行体に債務不履
      行が発生あるいは懸念される場合には価格が下がることがあり、また、投資資金を回収できなくなること
      があります。なお、株式等の値動きに連動する債券については、債券の発行者に起因するリスクのほか、
                                 21/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      対象とする企業の株価の変動の影響を受けますので、対象とする企業が倒産や大幅な業績悪化に陥った場
      合には、当該債券の価値が大きく下落し、基準価額が大きく下落する要因となります。
       当ファンドは、ベンチマーク等を意識せず、組入投資信託証券を通じて厳選した少数の投資銘柄群に絞
      り込んで集中投資することとしているため、個別銘柄への投資において、当ファンドの純資産総額に対し
      て実質的に10%を超えて集中投資することが想定されています。そのため、集中投資を行った投資銘柄に
      おいて経営破綻や経営・財務状況の悪化などが生じた場合には、大きな損失が発生することがあります。
    (7)流動性リスク
       当ファンドは、実質的に流動性の低い資産に投資をする場合があり、市場規模や取引量が少ない場合、
      組入れ銘柄を売却する際に市場実勢から期待される価格で売却できず、重大な損失が生じる場合がありま
      す。
    (8)一部解約による資金流出等に伴うリスク
       当ファンドの一部解約による資金流出に伴い、基準価額が影響を受ける場合があります。大量の解約が
      あった場合、解約代金を手当てするため保有有価証券を売却しなければならないことがあります。その際
      には市場動向や取引量等の状況によって、基準価額が大きく変動することがあります。
    (9)金利変動リスク
       金利変動リスクとは、金利変動により公社債の価格が下落するリスクをいいます。一般に金利が上昇し
      た場合には、既に発行されて流通している公社債の価格は下落します。当ファンドが主要投資対象の一つ
      とする親投資信託である「スパークス・マネー・マザーファンド」は、本邦通貨表示の短期の公社債を中
      心に投資を行いますので、金利上昇は当ファンドの基準価額を下落させる要因となることがあります。
    (10)運用制限に伴うリスク
       当ファンドの運用は、規制上または社内方針等により売買を制限されることがあります。委託会社また
      はその関連会社(以下「委託会社グループ」)が投資を行っている(検討している場合を含む)銘柄も含
      め、特定の銘柄の未公開情報を受領している場合には、当該銘柄の売買が制限される場合があります。ま
      た委託会社グループが行う投資または他の運用業務に関連して、当ファンドにおいて投資にかかる売買を
      制限されることがあります。従って、これらにより当ファンドの運用実績に影響を及ぼす可能性がありま
      す。
      <その他の留意事項>
      ●システムリスク・市場リスクなどに関する事項
       証券市場および外国為替市場は、世界的な経済事情の急変またはその国における天災地変、政変、経済
      事情の変化、政策の変更もしくはコンピューター・ネットワーク関係の不慮の出来事などの諸事情により
      閉鎖されることがあります。このような場合、一時的に設定・解約等ができないこともあります。また、
      これらにより、一時的に当ファンドの運用方針に基づく運用ができなくなるリスクなどもあります。
      ●法令・税制・会計方針などの変更に関する事項
       当ファンド       に適用される法令・税制・会計方針などは、今後変更される場合があります。
       また、投資対象とする地域の中では、金融市場や証券市場にかかる法令・制度などが先進国と比較して
      未整備であったり先進国とは異なったりすること、法令・制度・税制・決済ルールに変更が加えられる可
      能性が先進国よりも高いと考えられること、市場取引の仲介業者等の固有の事情から、投資行動に予期せ
      ぬ制約を受けたり、様々な要因から投資成果への悪影響や損失を被ったりする可能性があります。
      ※基準価額の変動要因(投資リスク)は、上記に限定されるものではありません。
      <その他の留意点>
      ■当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適
       用はありません。
      ■収益分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益の水準を示すものではありません。収
       益分配は、計算期間に生じた収益を超えて行われる場合があります。投資者の購入価額によっては、収
       益分配金の一部または全部が、実質的な元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後
       の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。収益分配の支払い
       は、信託財産から行われます。従って純資産総額の減少、基準価額の下落要因となります。
      ■購入・換金等に関する留意点
                                 22/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ・委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむ
       を得ない事情があるときは、購入・換金申込受付を中止することおよびすでに受付けた購入・換金の申
       込 受付を取り消すことができます。
      ・信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口の換金申込には制限を設ける場合があります。
      ・販売会社の営業日であっても、以下に該当する日は、購入・換金(スイッチングを含みます。)申込の
       受付は行いません。
        ① 香港の金融商品取引所の休業日および銀行休業日等
        ② 上記①のほか、一部解約金の支払い等に支障を来すおそれがあるとして委託会社が定める日
         ※ただし、当ファンドの運営および受益者に与える影響を考慮して受付を行う場合があります。
         ※詳しくは販売会社までお問い合わせください。
      ・当ファンドは、大量の解約が発生し短期間で解約資金を手当てする必要が生じた場合や主たる取引市場
       において市場環境が急変した場合等に、一時的に組入資産の流動性が低下し、市場実勢から期待できる
       価格で取引できないリスク、取引量が限られてしまうリスクがあります。これにより、基準価額にマイ
       ナスの影響を及ぼす可能性や、換金の申込みの受付けが中止となる可能性、換金代金のお支払が遅延す
       る可能性があります。
      <リスクの管理体制>
      委託会社では、投資リスクを適切に管理するため、運用部門ではファンドの特性に沿ったリスク範囲内で
     運用を行うよう留意しています。また、運用部門から独立した管理担当部門によりモニタリング等のリスク
     管理を行っています。
      委託会社では、流動性リスク管理に関する規程を定め、ファンドの組入資産の流動性リスクのモニタリン
     グなどを実施するとともに、緊急時対応策の策定・検証などを行います。
      取締役会等は、流動性リスク管理の適切な実施の確保や流動性リスク管理態勢について、監督します。
       (ご参考)SPARX・日本アジア・ベスト・ピック・ファンドの管理体制






         スパークス・アジア・キャピタル・マネジメント・リミテッドは、スパークス・アジア・インベス
        トメント・アドバイザーズ・リミテッドのリスク管理部門から、日々ベースでファンドの保有銘柄の
        価格・流動性リスクならびにパフォーマンス分析など、モニタリング等の報告を受けて評価を行いま
        す。委託会社においてもスパークス・アジア・インベストメント・アドバイザーズ・リミテッドのリ
        スク管理部門のモニタリング等の報告の詳細を参照して、リスク管理を行います。
       ※上記のリスク管理体制は2022年8月末日現在のものであり、今後変更となる場合があります。

                                 23/115



                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 24/115





















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】
    (1)  【申込手数料】
       購入申込受付日の翌営業日の基準価額に3.3%(税抜3.0%)を上限として販売会社が定める手数料率を
      乗じて得た額とします            。ただし、分配金の再投資により取得する口数について手数料はかかりません。
       申込手数料は、商品の説明、販売の事務等の対価として販売会社が受け取るものです。
      ※ ファンドの申込手数料              等 の詳細については、下記の委託会社の照会先または販売会社にお問い合わせ
       ください。
         <委託会社の照会先>
    (2)  【換金(解約)手数料】


       換金(換金)時の手数料はありません。
       ただし、換金(解約)時に換金申込受付日の翌営業日の基準価額から信託財産留保額※(当該基準価額
      に0.15%の率を乗じて得た額)が差し引かれます。
       ※ 信託財産留保額とは、解約に伴う資産売却などに対応するコストを換金時にご負担いただくもので
        す。信託財産留保額は、ファンドに留保されるものであり、これにより、換金した受益者と保有を継
        続される受益者との公平性を図るものです。
    (3)  【信託報酬等】

      ① 信託報酬の総額は計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に年率                                         0.968%(税抜        0.88%)を乗
       じて得た額とします。
        運用管理費用(信託報酬)=運用期間中の基準価額×信託報酬率
      ② 上記①の信託報酬は、毎計算期末または信託終了の時に信託財産中から支弁するものとし、委託会
       社、販売会社および受託会社との間の配分は、以下の通り定めます。
                                                     (内訳:税抜)
              委託会社                   販売会社                  受託会社
             年率   0.15%               年率   0.70%               年率   0.03%
       <支払先の役務の内容>

              委託会社                   販売会社                  受託会社
        ファンドの運用、開示書類等の                  購入後の情報提供、運用報告書等                   ファンドの財産の保管・管

        作成、基準価額の算出等の対価                  各種書類の送付、口座内でのファ                   理、委託会社からの指図の実
                         ンドの管理および事務手続き等の                   行等の対価
                         対価
      ③ 信託報酬に係る消費税等に相当する金額を、信託報酬等支弁の時に信託財産中から支弁します。

      ※ 委託会社および販売会社に対する信託報酬は、ファンドから委託会社に対して支弁されます。
        信託報酬の販売会社への配分は、販売会社が行なうファンドの募集・販売の取扱い等に関する業務に
       対する代行手数料であり、ファンドから委託会社に支弁された後、委託会社より販売会社に対して支払
       われます。受託会社の報酬はファンドから受託会社に対して支弁されます。
      <投資対象とする外国投資信託証券>
        ケイマン籍外国投資法人である「SPARX・日本アジア・ベスト・ピック・ファンド」における運
       用報酬は、純資産総額に対して年率0.80%程度。
        その他、受託会社報酬、保管会社報酬などの費用がかかります。
        上記の費用は、投資対象とする投資信託証券に係る信託財産の運用、基準価額の計算、運用財産の管
       理等の対価として各関係法人に支弁されます。
      <実質的な負担>
                                 25/115

                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        受益者が実質的にご負担いただく信託報酬率(概算)は年率                                 1.768%程度(税込)となります。ただ
       し、この値はあくまでも実質的な信託報酬の目安であり、ファンドにおける実際の当該ファンドの組入
       れ 状況や純資産額等によっては、実質的な信託報酬は変動します。
    (4)  【その他の手数料等】
       組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、信託財産に関する租税、信託事務の処理等に関す
      る諸費用、および受託会社の立替えた立替金の利息等は、受益者の負担とし、その都度、信託財産中から
      支弁します。
      ① 上記に定める費用のほか、以下の諸費用は、受益者の負担とし、信託財産中から支弁することができ
       ます。
       1.振替受益権にかかる費用ならびにやむを得ない事情などにより受益証券を発行する場合における発
        行および管理事務に係る費用
       2.有価証券届出書、有価証券報告書、半期報告書および臨時報告書(これらの訂正も含みます。)等
        の作成、印刷および提出に係る費用
       3.目論見書および仮目論見書(訂正事項分を含みます。)等の作成、販売用資料、商品内容説明用資
        料の作成、印刷および交付に係る費用
       4.信託約款の作成、印刷および届出に係る費用
       5.運用報告書の作成、印刷および交付に係る費用
       6.この信託の受益者に対して行う公告に係る費用ならびに信託約款の変更または信託契約の解約に係
        る事項を記載した書面の作成、印刷および交付に係る費用
       7.この信託の法律顧問および税務顧問に対する報酬および費用
       8.会計監査費用(※会計監査費用は、ファンドの監査人に対する報酬および費用です。)
      ② 委託会社は、上記①の諸費用の支払いを信託財産のために行い、その金額を合理的に見積もった結
       果、信託財産の純資産総額に対して年率0.11%(税抜0.10%)を上限とする額を、かかる諸費用の合計
       額とみなして、実際の金額のいかんにかかわらず、信託財産より受領することができます。ただし、委
       託会社は、信託財産の規模等を考慮して、信託の設定時または期間中に、随時、上記の料率の範囲内で
       諸費用の年率を見直して、それを変更することができます。
      ③ 上記①の諸費用は、ファンドの計算期間を通じて毎日計上されます。かかる諸費用ならびに当該諸費
       用に対する消費税等相当額は、毎計算期末または信託終了の時に、信託財産中から委託会社に対して支
       弁されます。
      <(ご参考)投資対象とする投資信託証券に係る主な費用>
      ・組入有価証券の売買時の売買委託手数料
      ・信託事務の処理に要する諸費用
      ・外貨建資産の保管費用
      ・信託財産に関する租税 など
      ※ 組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料は、有価証券の売買の際、売買仲介人に支払う手
       数料等に係る費用です。
      ※ 外貨建資産の保管費用は、海外における保管銀行等に支払う有価証券等の保管及び資金の送金・資産
       の移転等に要する費用です。
     ※ 『その他の手数料等』は、運用状況等により変動するため、事前に料率・上限額等を表示することができ
      ません。
    (※)投資者の皆さまからご負担いただく                        上記手数料等の合計額については、購入金額や保有期間等に応
        じて異なりますので、あらかじめ表示することができません。
    (5)  【課税上の取扱い】
      課税上は株式投資信託として取扱われます。
      公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度                          及び未成年者少額投資非課税制度                  の適用対象です。
      ① 個人、法人別の課税について
      1)個人の受益者に対する課税
       ・収益分配金に対する課税
                                 26/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         2037年12月31日までは20.315%(所得税および復興特別所得税15.315%および地方税5%)となり
        ます。2038年1月1日以降は20%(所得税15%および地方税5%)となる予定です。確定申告による
        総 合課税または申告分離課税の選択も可能です。
       ・解約金および償還金に対する課税
         解約時および償還時の差益は譲渡所得とみなされ、譲渡益については、申告分離課税が適用されま
        す(特定口座(源泉徴収あり)の利用も可能です)。その税率は、2037年12月31日までは20.315%
        (所得税および復興特別所得税15.315%および地方税5%)となります。2038年1月1日以降は20%
        (所得税15%および地方税5%)となる予定です。
         解約時および償還時の差損については、確定申告等により上場株式等の譲渡益および上場株式等の
        配当所得(申告分離課税を選択したものに限ります。)との損益通算が可能です。
         また、特定公社債等(公募公社債投資信託を含みます。)の利子所得および譲渡所得等との損益通
        算も可能です。
      2)法人の受益者に対する課税
        法人の受益者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに解約時および償
       還時の個別元本超過額について2037年12月31日までは15.315%(所得税および復興特別所得税
       15.315%)となります。2038年1月1日以降は15%(所得税15%)となる予定です。
      ② 個別元本について
      1)追加型株式投資信託について、受益者毎の信託時の受益権の価額等(申込手数料および当該手数料に
        係る消費税等相当額は含まれません。)が当該受益者の元本(個別元本)にあたります。
      2)受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託を行う都
        度当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
      3)各受益権毎に、同一ファンドを複数の販売会社で取得する場合については、各販売会社毎に個別元本
        の算出が行われます。また、同一販売会社であっても、複数支店等で同一ファンドを取得する場合は
        当該支店毎に、個別元本の算出が行われる場合があります。
      4)受益者が元本払戻金(特別分配金)を受取った場合、分配金発生時にその個別元本から当該元本払戻
        金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。
      ③ 分配金の課税について
        追加型株式投資信託の分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と非課税扱いとなる「元本払戻金
       (特別分配金)」(受益者毎の元本の一部払戻しに相当する部分)の区分があります。受益者が分配金
       を受取る際、a)当該分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本と同額の場合または当該受益者
       の個別元本を上回っている場合には、当該分配金の金額が普通分配金となり、b)当該分配金落ち後の
       基準価額が当該受益者の個別元本を下回っている場合には、分配金の範囲内で、その下回る部分の額が
       元本払戻金(特別分配金)となり、当該分配金から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が普通
       分配金となります。なお、受益者が元本払戻金(特別分配金)を受取った場合、分配金発生時にその個
       別元本から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となりま
       す。
      (注)少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」及び未成年者少額投資非課税制度「愛称:ジュ
         ニアNISA(ニーサ)」をご利用の場合
         毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得及び譲渡所得が一定
         期間非課税となります。他の口座で生じた配当所得・譲渡所得との損益通算はできません。ご利用に
         なれるのは、販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方が対象となります。詳
         しくは、販売会社にお問い合わせください。
      (注)    外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合があります。
      (注)    上記は、2022       年8月末日現在        のものです。
         税法が改正された場合等には、上記の内容が変更になることがあります。
         課税上の取扱いの詳細につきましては、税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
      <ご参考>

      ・   税金は表に記載の時期に適用されます。
                                 27/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ・   以下の表は個人投資者の源泉徴収時の税率であり、課税方法等により異なる場合があります。
            時期            項目                    税金
                              配当所得として課税
           分配時         所得税及び地方税
                              普通分配金に対して20.315%
                              譲渡所得として課税
       換金(解約)時及び償還時              所得税及び地方税
                              換金(解約)時及び償還時の差益(譲渡益)に対して20.315%
      ※少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」及び未成年者少額投資非課税制度「愛称:ジュニア
       NISA」をご利用の場合
        毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得及び譲渡所得が一定
       期間非課税となります。ご利用になれるのは、販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該
       当する方が対象となります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
      ※ 外国税額控除の適用となった場合には、                     分配時の税金が上記と異なる場合があります。
      ※上記は、      2022  年8月末日現在        のものです。
      ※法人の場合は上記とは異なります。
      ※税法が改正された場合等には、税率等が変更される場合があります。
       税金の取扱いの詳細については、税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
                                 28/115















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】
    以下は2022年8月31日現在の状況です。
    投資比率とは、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
    投資比率の内訳と合計は四捨五入の関係で合わない場合があります。
    (1)  【投資状況】
      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジあり>
                                       時価合計            投資比率
             資産の種類               国/地域
                                        ( 円)           ( %)
             投資証券             ケイマン諸島               966,904,148              96.51
          親投資信託受益証券                  日本                9,779           0.00
          現金・預金・その他の資産(負債控除後)                                35,003,354              3.49
                合計(純資産総額)                        1,001,917,281              100.00

      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジなし>

                                       時価合計            投資比率
             資産の種類               国/地域
                                        ( 円)           ( %)
             投資証券             ケイマン諸島               375,461,411              98.50
          親投資信託受益証券                  日本                9,779           0.00
          現金・預金・その他の資産(負債控除後)                                5,696,324             1.49
                合計(純資産総額)                          381,167,514             100.00

    (2)  【投資資産】

    ①【投資有価証券の主要銘柄】
      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジあり>
                                      上段:簿価単価         上段:簿価金額
                                                       投資比
                                        (円)         (円)
      順   国/
                                                        率
              種類        銘柄名        業種    数量
      位   地域
                                      下段:評価単価         下段:評価金額
                                                       (%)
                                        (円)         (円)
                  SPARX・日本ア
                                         10,946.00       970,450,468
                  ジア・ベスト・ピッ
        ケイマ
                                                        96.51
       1      投資証券                 -    88,658
                  ク・ファンド(ヘッ
        ン諸島
                  ジありクラス/円
                                         10,906.00       966,904,148
                  建)
             親投資信     スパークス・マ
                                           1.0160         9,770
                                                         0.00
       2  日本    託受益証     ネー・マザーファン            -    9,616
                                           1.0170         9,779
              券   ド
      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジなし>

                                      上段:簿価単価         上段:簿価金額
                                                       投資比
                                        (円)         (円)
      順   国/
                                                        率
              種類        銘柄名        業種    数量
      位   地域
                                      下段:評価単価         下段:評価金額
                                                       (%)
                                        (円)         (円)
                                 29/115



                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  SPARX・日本ア
                                         13,532.00       378,341,188
                  ジア・ベスト・ピッ
        ケイマ
                                                        98.50
      1      投資証券                 -    27,959
                  ク・ファンド(ヘッ
        ン諸島
                  ジなしクラス/円
                                         13,429.00       375,461,411
                  建)
             親投資信     スパークス・マ
                                           1.0160         9,770
                                                         0.00
      2  日本    託受益証     ネー・マザーファン            -    9,616
                                           1.0170         9,779
              券   ド
      種類別及び業種別投資比率

      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジあり>
                           国内/                      投資比率
              種類                         業種
                            外国                      (%)
          親投資信託受益証券                  国内           -                 0.00
            投資証券                外国           -                96.51
                        合計                               96.51
      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジなし>

                           国内/                      投資比率
              種類                         業種
                            外国                      (%)
          親投資信託受益証券                  国内           -                 0.00
            投資証券                外国           -                98.50
                        合計                               98.50
    ②【投資不動産物件】

      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジあり>
       該当事項はありません。
      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジなし>
       該当事項はありません。
    ③【その他投資資産の主要なもの】

      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジあり>
       該当事項はありません。
      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジなし>
       該当事項はありません。
    (参考)スパークス・マネー・マザーファンドの投資状況

                                       時価合計            投資比率
              資産の種類               国/地域
                                        ( 円)           ( %)
              国債証券                日本            10,048,000             98.76
          現金・預金・その他の資産(負債控除後)                                  126,487            1.24
                合計(純資産総額)                          10,174,487             100.00

    投資有価証券の主要銘柄  

                                 30/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                       上段:簿価単        上段:簿価金額
                                                       投資比
                                        価(円)         (円)
      順  国/地
                                                        率
            種類      銘柄名         業種       数量
      位   域
                                       下段:評価単        下段:評価金額
                                                       (%)
                                        価(円)         (円)
                           0.1%
                                           101.13      10,112,700
           国債証     第347回長期
                                                        98.76
      1  日本                        10,000,000
           券     国債10年
                                           100.48      10,048,000
                        2027  年6月20日
      (注)国債証券の業種欄には、利率、償還日を表示しています。
    種類別及び業種別投資比率

                         国内/                          投資比率
              種類                         業種
                          外国                          (%)
                                                       98.76

            国債証券             国内             -
                                                       98.76

                          合計
    投資不動産物件

      該当事項はありません。
    その他投資資産の主要なもの

      該当事項はありません。
    (3)  【運用実績】

    ①【純資産の推移】
      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジあり>
                                            1 口当たり       1 口当たり
                        純資産総額(円)          純資産総額(円)          純資産額        純資産額
        期        年月日
                          (分配落)          (分配付)          (円)        (円)
                                            (分配落)        (分配付)
       1 期     (2020   年2月27日)           371,931,713          371,931,713           1.0653        1.0653
       2 期     (2020   年8月27日)           736,301,126          743,504,068           1.2267        1.2387
       3 期     (2021   年3月1日)          3,059,165,577          3,088,059,500            1.2705        1.2825
       4 期     (2021   年8月27日)          2,815,679,149          2,843,019,857            1.2358        1.2478
       5 期     (2022   年2月28日)          1,473,022,009          1,473,022,009            1.0759        1.0759
       6 期     (2022   年8月29日)          1,005,461,485          1,005,461,485            1.0254        1.0254
                                        ―
             2021  年8月末日          2,847,991,351                     1.2458         ― 
                                        ―
             2021  年9月末日          2,752,154,248                     1.2297         ― 
                                        ―
             2021  年10月末日          2,574,026,362                     1.2856         ― 
                                        ―
             2021  年11月末日          2,258,022,574                     1.2772         ― 
                                        ―
             2021  年12月末日          2,053,670,074                     1.2069         ― 
                                        ―
             2022  年1月末日          1,806,060,509                     1.1140         ― 
                                        ―
             2022  年2月末日          1,473,022,009                     1.0759         ― 
                                        ―
             2022  年3月末日          1,390,371,998                     1.0904         ― 
                                        ―
             2022  年4月末日          1,193,501,134                     1.0334         ― 
                                        ―
             2022  年5月末日          1,130,215,179                     1.0246         ― 
                                        ―
             2022  年6月末日          1,121,388,279                     1.0464         ― 
                                 31/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                        ―
             2022  年7月末日          1,037,956,253                     1.0265         ― 
                                        ―
             2022  年8月末日          1,001,917,281                     1.0217         ― 
      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジなし>

                                            1 口当たり       1 口当たり
                        純資産総額(円)          純資産総額(円)          純資産額        純資産額
        期        年月日
                          (分配落)          (分配付)          (円)        (円)
                                            (分配落)        (分配付)
       1 期     (2020   年2月27日)           128,584,034          128,584,034           1.0496        1.0496
       2 期     (2020   年8月27日)           113,729,275          113,729,275           1.2972        1.2972
       3 期     (2021   年3月1日)           576,769,162          576,769,162           1.4528        1.4528
       4 期     (2021   年8月27日)           838,124,054          838,124,054           1.4565        1.4565
       5 期     (2022   年2月28日)           629,797,356          629,797,356           1.2387        1.2387
       6 期     (2022   年8月29日)           384,044,826          384,044,826           1.2129        1.2129
                                        ―
             2021  年8月末日           848,252,337                    1.4741         ― 
                                        ―
             2021  年9月末日           828,199,113                    1.4937         ― 
                                        ―
             2021  年10月末日           950,860,627                    1.5391         ― 
                                        ―
             2021  年11月末日           917,789,486                    1.5069         ― 
                                        ―
             2021  年12月末日           836,797,253                    1.4411         ― 
                                        ―
             2022  年1月末日           742,019,884                    1.2807         ― 
                                        ―
             2022  年2月末日           629,797,356                    1.2387         ― 
                                        ―
             2022  年3月末日           669,872,044                    1.3015         ― 
                                        ―
             2022  年4月末日           426,765,831                    1.1763         ― 
                                        ―
             2022  年5月末日           476,539,522                    1.1879         ― 
                                        ―
             2022  年6月末日           478,221,926                    1.1963         ― 
                                        ―
             2022  年7月末日           379,167,522                    1.1990         ― 
                                        ―
             2022  年8月末日           381,167,514                    1.2038         ― 
    ②【分配の推移】

      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジあり>
                                              1 口当たりの分配金
           期                  計算期間
                                                  ( 円)
                    自  2019年10月15日            至  2020年2月27日
           1 期                                           0.0000
                    自  2020年2月28日            至  2020年8月27日
           2 期                                           0.0120
                    自  2020年8月28日            至  2021年3月1日
           3 期                                           0.0120
                    自  2021年3月2日           至  2021年8月27日
           4 期                                           0.0120
                    自  2021年8月28日            至  2022年2月28日
           5 期                                           0.0000
                    自  2022年3月1日           至  2022年8月29日
           6 期                                           0.0000
      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジなし>

                                              1 口当たりの分配金
           期                  計算期間
                                                  ( 円)
                    自  2019年10月15日            至  2020年2月27日
           1 期                                           0.0000
                    自  2020年2月28日            至  2020年8月27日
           2 期                                           0.0000
                                 32/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                    自  2020年8月28日            至  2021年3月1日
           3 期                                           0.0000
                    自  2021年3月2日           至  2021年8月27日
           4 期                                           0.0000
                    自  2021年8月28日            至  2022年2月28日
           5 期                                           0.0000
                    自  2022年3月1日           至  2022年8月29日
           6 期                                           0.0000
    ③【収益率の推移】

      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジあり>
                                     前期末          当期末
                                                      収益率
        期            計算期間
                                  1口当たり純資産          1口当たり純資産
                                                       %
                                   (分配落)円          (分配付)円
            自  2019年10月15日          至  2020年2月27日               1.0000          1.0653
        1 期                                                6.53
            自  2020年2月28日         至  2020年8月27日               1.0653          1.2387
        2 期                                               16.28
            自  2020年8月28日          至  2021年3月1日              1.2267          1.2825
        3 期                                                4.55
             自  2021年3月2日         至  2021年8月27日               1.2705          1.2478     △  1.79
        4 期
            自  2021年8月28日         至  2022年2月28日               1.2358          1.0759    △  12.94
        5 期
             自  2022年3月1日         至  2022年8月29日               1.0759          1.0254     △  4.69
        6 期
      (注)収益率は、計算期間末の1口当たり純資産額(分配付の額)から当該計算期間の直前の計算期間
      末の1口当たり純資産額(分配落の額。以下「前期末純資産額」という。)を控除した額を前期末純資
      産額で除して得た数に100を乗じて得た数字です。分配金は課税前のものです。
      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジなし>

                                     前期末          当期末
                                                      収益率
        期            計算期間
                                  1口当たり純資産          1口当たり純資産
                                                       %
                                   (分配落)円          (分配付)円
           自  2019年10月15日          至  2020年2月27日               1.0000          1.0496
       1 期                                                4.96
            自  2020年2月28日          至  2020年8月27日               1.0496          1.2972
       2 期                                               23.59
            自  2020年8月28日          至  2021年3月1日              1.2972          1.4528
       3 期                                               12.00
            自  2021年3月2日         至  2021年8月27日               1.4528          1.4565
       4 期                                                0.25
            自  2021年8月28日          至  2022年2月28日               1.4565          1.2387    △  14.95
       5 期
            自  2022年3月1日         至  2022年8月29日               1.2387          1.2129     △  2.08
       6 期
      (注)収益率は、計算期間末の1口当たり純資産額(分配付の額)から当該計算期間の直前の計算期間
      末の1口当たり純資産額(分配落の額。以下「前期末純資産額」という。)を控除した額を前期末純資
      産額で除して得た数に100を乗じて得た数字です。分配金は課税前のものです。
    (4)  【設定及び解約の実績】

      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジあり>
                                      設定口数       (口)     解約口数       (口)
         期              計算期間
              自  2019年10月15日           至  2020年2月27日
        1 期                                350,821,392            1,673,969
              自  2020年2月28日          至  2020年8月27日
        2 期                                358,263,978           107,166,166
              自  2020年8月28日           至  2021年3月1日
        3 期                               2,015,940,868            208,359,165
              自  2021年3月2日          至  2021年8月27日
        4 期                                539,545,549           668,980,090
              自  2021年8月28日          至  2022年2月28日
        5 期                                 29,568,734          938,817,300
              自  2022年3月1日          至  2022年8月29日
        6 期                                 21,868,276          410,424,871
      (注1)本邦外における設定および解約の実績はありません。
                                 33/115

                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (注2)設定口数には当初募集期間中の設定口数を含みます。
      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジなし>

                                      設定口数       (口)     解約口数       (口)
         期              計算期間
              自  2019年10月15日           至  2020年2月27日
        1 期                                150,181,387           27,667,910
              自  2020年2月28日          至  2020年8月27日
        2 期                                 40,235,068           75,077,746
              自  2020年8月28日           至  2021年3月1日
        3 期                                323,833,161           14,500,389
              自  2021年3月2日          至  2021年8月27日
        4 期                                225,589,206           47,148,850
              自  2021年8月28日          至  2022年2月28日
        5 期                                 81,116,774          148,106,501
              自  2022年3月1日          至  2022年8月29日
        6 期                                 52,866,538          244,695,096
      (注1)本邦外における設定および解約の実績はありません。
      (注2)設定口数には当初募集期間中の設定口数を含みます。
                                 34/115
















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (参考情報)
      3.運用実績(マーケットヘッジあり)
      (参考情報)

















      3.運用実績(マーケットヘッジなし)
                                 35/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 36/115





















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】
     1【申込(販売)手続等】
     (1)原則として、申込期間中において販売会社所定の手続きに従って購入申込を行うものとします。
        購入単位は販売会社が別に定める単位とします。
        当ファンドの取扱コースには、収益の分配時に、分配金を受取る「分配金受取コース」と税引き後の
       分配金を無手数料で再投資する「分配金再投資コース」の2つのコースがあります。
        また、「マーケットヘッジあり」と「マーケットヘッジなし」との間で、スイッチング(乗換え)を
       行うことができます。
        ただし、販売会社によっては、どちらか一方の取扱コースもしくはスイッチング(乗換え)のお取り
       扱いがない場合があります。詳しくは販売会社までお問い合わせください。
     (2)購入申込不可日
        販売会社の営業日であっても、以下に該当する日は、購入(スイッチングを含みます。)申込の受付
       は行いません。
        ①香港の金融商品取引所の休業日および銀行休業日等
        ②上記①のほか、一部解約金の支払い等に支障を来すおそれがあるとして委託会社が定める日
        ※ファンドの運営および受益者に与える影響を考慮して受付を行うことがあります。
        ※詳しくは販売会社までお問い合わせください。
     (3)購入申込時限
        ファンド     の購入申込の受付は、原則として午後3時までに購入申込が行われ、かつ当該購入申込の受
       付に係る販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の受付分として取扱います。当該受付時間を
       過ぎた場合は翌営業日の受付となります。なお、販売会社によって受付時間が異なる場合があります。
       詳しくは販売会社までお問い合わせください。
     (4)購入申込に係る制限
        委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他や
       むを得ない事情があるときは、購入申込受付を中止することおよびすでに受付けた購入申込受付を取り
       消すことができます。
     (5)購入価額
        購入申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
     (6)購入時手数料
        購入  申込受付日の翌営業日の基準価額に3.3%(税抜3.0%)を上限として販売会社が定める手数料率
       を乗じて得た額とします              。ただし、分配金の再投資により取得する口数について手数料はかかりませ
       ん。詳しくは販売会社までお問い合わせください。
     (7)購入代金の支払い
        販売会社が指定する期日までに購入代金を販売会社にお支払ください。
                                 37/115







                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ※   ファンド     の申込(販売)手続等            の 詳細については、下記の委託会社の照会先または販売会社にお問い合
      わせください。
         <委託会社の照会先>
    * 購入申込者は販売会社に、購入申込と同時にまたは予め、自己のために開設されたファンドの受益権の


      振替を行うための振替機関等の口座を示すものとし、当該口座に当該購入申込者に係る口数の増加の記載
      または記録が行われます。なお、販売会社は、当該購入申込の代金の支払いと引き換えに、当該口座に当
      該購入申込者に係る口数の増加の記載または記録を行うことができます。委託会社は、追加信託により分
      割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定める
      事項の振替機関への通知を行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替機関への通知があった場
      合、社振法の規定に従い、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行います。受託会社は、追
      加信託により生じた受益権については追加信託の都度、振替機関の定める方法により、振替機関へ当該受
      益権に係る信託を設定した旨の通知を行います。
     2【換金(解約)手続等】
     (1)原則として、販売会社所定の手続きに従って換金申込を行うものとします。
        換金単位は、販売会社が別に定める単位とします。
        また、    「マーケットヘッジあり」と「マーケットヘッジなし」                              との間で、スイッチング(乗換え)を
       行うことができます。ただし、販売会社によっては、スイッチング(乗換え)のお取り扱いがない場合
       があります。詳しくは販売会社までお問い合わせください。
     (2)   換金申込不可日
        販売会社の営業日であっても、以下に該当する日は、換金(スイッチングを含みます。)申込の受付
       は行いません。
        ①香港の金融商品取引所の休業日および銀行休業日等
        ②上記①のほか、一部解約金の支払い等に支障を来すおそれがあるとして委託会社が定める日
        ※ファンドの運営および受益者に与える影響を考慮して受付を行うことがあります。
        ※詳しくは販売会社までお問い合わせください。
     (3)換金申込時限
        ファンド     の換金申込の受付は、原則として午後3時までに換金申込が行われ、かつ当該換金申込の受
       付に係る販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の受付分として取扱います。当該受付時間を
       過ぎた場合は翌営業日の受付となります。なお、販売会社によって受付時間が異なる場合があります。
       詳しくは販売会社までお問い合わせください。
     (4)換金価額
        換金  申込  受付日の翌営業日の基準価額から当該基準価額に0.15%の率を乗じて得た額を信託財産留保
       額として控除した額とします。
        信託財産留保額とは、解約に伴う資産売却などに対応するコストを換金時にご負担いただくもので
       す。信託財産留保額は、ファンドに留保されるものであり、これにより、換金した受益者と保有を継続
       される受益者との公平性を図るものです。
     (5)換金制限
        委託  会社  は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他や
       むを得ない事情があるときは、換金申込                      受付を中止することおよびすでに                  受付けた換金の申込受付を取
       り消すことができます。
        また、信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口の換金申込には制限を設ける場合があります。
     (6)換金(解約)手数料
        換金(換金)時の手数料はありません。
     (7)換金代金の支払い
                                 38/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        原則として      換金申込     受付日から起算して7営業日目からお支払いします。
     ※ ファンドの換金(解約)手続等の詳細については、下記の委託会社の照会先または販売会社にお問い合
      わせください。
         <委託会社の照会先>
    *   換金申込     を行う受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受益者の請求に係るこの


      信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引き換えに、当該一部解約に係る受益権の口数と同口数の抹消
      の申請を行うものとし、社振法の規定に従い当該振替機関等の口座において当該口数の減少の記載または
      記録が行われます。
    3【資産管理等の概要】
    (1)【資産の評価】
        基準価額とは、信託財産に属する資産を法令および一般社団法人投資信託協会規則に従って時価または
      一部償却     原価法    により評価(注)して得た信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額(以下「純資
      産総額」といいます。)を、計算日における受益権総口数で除した金額をいいます。
      (注)主要な投資対象資産の評価方法の概要
          投資  証券:    当該投資証券の基準価額で評価しております。
          親投資信託受益証券:原則として時価で評価しております。時価評価にあたっては、親投資信託受
                     益証券の基準価額に基づいて評価しております。
                                 39/115












                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        基 準価額    は便宜上1万口当たりで表示されることがあります。なお、基準価額につきましては、下記の
      委託会社の照会先または販売会社にお問い合わせください。
        <委託会社の照会先>
           スパークス・アセット・マネジメント株式会社
          〔ホームページ〕          https://www.sparx.co.jp/
          〔電話番号]            03-6711-9200
           (受付時間:営業日の            9 : 00 ~ 17 : 00 )
     (2)【保管】

        該当事項はありません。
     (3)【信託期間】
        信託期間は、2019年10月15日(信託契約締結日)から2029年8月27日までとします。
        ただし、下記「(5)その他 a.信託契約の終了(繰上償還)」に該当する場合は信託期間中におい
      て信託を終了することがあります。
     (4)【計算期間】
       ① 当ファンドの計算期間は、                 毎年2    月28日から8月27日および8月28日から翌年2月27日までとする
        ことを原則とします。ただし、第1計算期間は信託契約締結日から2020年2月27日までとします。
       ② 上記①にかかわらず、上記①の原則により各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といい
        ます。)が休業日のとき、各計算期間終了日は、該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計算期間
        が開始されるものとします。ただし、最終計算期間の終了日は、信託期間の終了日とします。
     (5)【その他】
      a.信託契約の終了(繰上償還)
       <信託契約の解約>
       ① 委託会社は、信託期間中において、信託契約の一部を解約することにより、この信託にかかる受益
        権の口数が30億口を下回ったとき、またはこの信託契約を解約することが受益者のために有利である
        と認めるとき、またはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、この信託契約を
        解約し、信託を終了させることができます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しよ
        うとする旨を監督官庁に届出ます。
       ② 委託会社は、この投資信託が主要投資対象とする外国投資信託証券が存続しないこととなる場合
        は、この信託契約を解約し、信託を終了させます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解
        約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
       ③ 委託会社は、上記①の事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行ない
        ます。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに信託契約の解約の理由などの事項を定
        め、当該決議の日の2週間前までに、この信託契約に係る知れている受益者に対し、書面をもってこ
        れらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
       ④ 上記③の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が属
        するときの当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本④において同じ。)は受益
        権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決
        権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
       ⑤ 上記③の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
        もって行います。
       ⑥ 上記③から上記⑤までの規定は、上記②に基づいてこの信託契約を解約するとき、あるいは委託会
        社が信託契約の解約について提案をした場合において、当該提案につき、この信託契約に係るすべて
        の受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときには適用しません。また、信託財
        産の状況に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合であって、上記③から上記⑤までに規定
        するこの信託契約の解約の手続きを行うことが困難な場合には適用しません。
       <信託契約に関する監督官庁の命令>
       ① 委託会社は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令に従い、信託契約
        を解約し信託を終了させます。
                                 40/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ② 委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款の変更をしようとするときは、下記b.の規
        定に従います。
       <委託会社の登録取消等に伴う取扱い>
       ① 委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、委
        託会社は、この信託契約を解約し、信託を終了させます。
       ② 上記①にかかわらず、監督官庁がこの信託契約に関する委託会社の業務を他の投資信託委託会社に
        引き継ぐことを命じたときは、この信託は下記b.②の書面決議が否決された場合を除き、当該投資
        信託委託会社と受託会社の間において存続します。
       <受託会社の辞任および解任に伴う取扱い>
       ① 受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその任務に
        違反して信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由が生じたときは、委託会社または受益
        者は、裁判所に受託会社の解任を申立てることができます。受託会社が辞任した場合、または裁判所
        が受託会社を解任した場合、委託会社は、下記b.に従い新受託会社を選任します。なお、受益者
        は、上記によって行う場合を除き、受託会社を解任することはできないものとします。
       ② 委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社はこの信託契約を解約し信託を終了させま
        す。
      b.信託約款の変更等
       ① 委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、受
        託会社と合意のうえ、この信託約款を変更することまたはこの信託と他の信託との併合(投資信託及
        び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併合」をいいます。以下
        同じ。)を行うことができるものとし、あらかじめ、変更または併合しようとする旨およびその内容
        を監督官庁に届出ます。なお、この信託約款は本b.に定める以外の方法によって変更することがで
        きないものとします。
       ② 委託会社は、上記①の事項(上記①の変更事項にあっては、その内容が重大なものに該当する場合
        に限り、上記①の併合事項にあっては、その併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当す
        る場合を除きます。以下、あわせて「重大な約款の変更等」といいます。)について、書面決議を行
        います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な約款の変更等の内容およびそ
        の理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この信託約款に係る知れている受益者に
        対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
       ③ 上記②の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が属
        するときの当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本③において同じ。)は受益
        権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決
        権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
       ④ 上記②の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
        もって行います。
       ⑤ 書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
       ⑥ 上記②から上記⑤までの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合におい
        て、当該提案につき、この信託約款に係るすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思
        表示をしたときには適用しません。
       ⑦ 上記①から⑥にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決された場合にあっても、
        当該併合に係る一または複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否決された場合は、当該
        他の投資信託との併合を行うことはできません。
      c.運用報告書
        委託会社は、ファンドの計算期間終了後および償還後に期中の運用経過、組入有価証券の内容および
       有価証券の売買状況などのうち、重要な事項を記載した「交付運用報告書」を作成し、原則として販売
       会社を通じて受益者へ交付します。
        また、委託会社は、「運用報告書(全体版)」を作成し、次のアドレスに掲載します。
         https://www.       sparx   .co.jp/
                                 41/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        上記に     かかわらず      、受益者から運用報告書の交付の請求があった場合には、これを交付するものとし
       ます。
      d.反対受益者の受益権買取請求の不適用
        当ファンドは、受益者が一部解約の実行の請求を行なったときは、委託会社が信託契約の一部の解約
       をすることにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部解約金として支払われ
       ることとなる委託者指図型投資信託に該当するため、信託契約の解約または上記b.に規定する重大な信
       託約款の変更等を行なう場合において、投資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める反対
       受益者による受益権買取請求の規定の適用を受けません。
      e.信託期間の延長
        委託会社は、信託期間満了前に、信託期間延長が受益者に有利であると認めたときは、受託会社と協
       議のうえ、信託期間を延長することができます。
      f.他の受益者の氏名等の開示の請求の制限
        当ファンドの受益者は、委託会社または受託会社に対し、次に掲げる事項の開示の請求を行うことは
       できません。
        1.他の受益者の氏名または名称および住所
        2.他の受益者が有する受益権の内容
      g.公告
       ① 委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告により行い、次のアドレスに掲載します。
          https://www.sparx.co.jp/
       ② 上記①に関わらず、事故その他やむを得ない事由によって公告を電子公告によって行うことができ
        ない場合には、公告は日本経済新聞に掲載することとします。
      h.関係法人との契約更改等に関する手続き
       ① 販売会社との「募集・販売の取扱い等に関する契約」については、期間満了の3ヵ月前までに別段
        の意思表示のないときは、自動的に1年間延長されるものとし、自動延長後の取扱いについてもこれ
        と同様とします。
    4【受益者の権利等】
      (1 )収益分配金に対する請求権
        受益者は、委託会社が支払を決定した収益分配金を持分に応じて請求する権利を有します。
       ① 収益分配金は、毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として計算期間終了
        日から起算して5営業日まで)から、毎計算期間の末日において振替機関等の振替口座簿に記載また
        は記録されている受益者(当該収益分配金に係る計算期間の末日以前において一部解約が行われた受
        益権に係る受益者を除きます。また、当該収益分配金に係る計算期間の末日以前に設定された受益権
        で取得申込代金支払前のため委託会社の指定する販売会社の名義で記載または記録されている受益権
        については原則として取得申込者とします。)に支払いを開始するものとします。収益分配金の支払
        いは、販売会社の営業所等において行います。
       ② 上記①にかかわらず、別に定める契約に基づいて収益分配金を再投資する受益者に対しては、受託
        会社が委託会社の指定する預金口座等に払い込むことにより、原則として、毎計算期間終了日の翌営
        業日に、収益分配金が委託会社の指定する販売会社に交付されます。この場合、委託会社の指定する
        販売会社は、受益者に対し遅滞なく収益分配金の再投資にかかる受益権の売付を行います。当該売付
        けにより増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
       ③ 受益者が収益分配金について支払開始日から5年間その支払を請求しないときは、その権利を失
        い、受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属します。
      (2 )償還金に対する請求権
        受益者は、ファンドの償還金(信託終了時における信託財産の純資産総額を受益権総口数で除した額
       をいいます。以下同じ。)を持分に応じて請求する権利を有します。
       ① 償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として信託終了日から起算して
        5営業日まで)から、信託終了日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益
        者(信託終了日以前において一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該信託終
                                 42/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        了日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため委託会社の指定する販売会社の名義で記載
        または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に支払いを開始するもの
        と します。なお、当該受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して委託会社がこの信託
        の償還をするのと引き換えに、当該償還に係る受益権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、
        社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口数の減少の記載または記録が行われま
        す。償還金の支払いは、販売会社の営業所等において行います。
       ② 受益者が信託終了による償還金について支払開始日から10年間その支払を請求しないときは、その
        権利を失い、受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属します。
      (3 )受益権の一部解約請求権
        受益者は、自己に帰属する受益権につき、販売会社が定める単位をもって、一部解約の実行を請求す
       ることができます。詳しくは、前掲「第2 管理及び運営 2換金(解約)手続等」をご参照くださ
       い。
      (4 )帳簿閲覧権
        受益者は、委託会社に対し、その営業時間内に当ファンドの信託財産に関する帳簿書類の閲覧を請求
       することができます。
                                 43/115















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】
    1)当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省

       令第59号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12
       年総理府令第133号)(以下「投資信託財産計算規則」という。)に基づいて作成しております。
    2)財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。

    3)当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づいて、第6期計算期間(2022年

       3月1日から2022年8月29日まで)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による「財
       務諸表等の監査証明に関する内閣府令」(昭和32年大蔵省令第12号)第3条第1項に基づく監査を
       受けております。
                                 44/115
















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1【財務諸表】

     【スパークス・ベスト・ピック・ファンドⅡ(日本・アジア)マーケットヘッジあり】
     (1)【貸借対照表】
                                                     (単位:円)
                                 第5期計算期間末              第6期計算期間末
                                (2022年2月28日現在)              (2022年8月29日現在)
      資産の部
       流動資産
                                       92,309,582              41,135,517
         コール・ローン
                                     1,486,010,338               970,450,468
         投資証券
                                          9,771              9,770
         親投資信託受益証券
                                     1,578,329,691              1,011,595,755
         流動資産合計
                                     1,578,329,691              1,011,595,755
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       93,468,450                  -
         未払解約金
                                         381,498              194,592
         未払受託者報酬
                                       10,809,058               5,513,374
         未払委託者報酬
                                           252              112
         未払利息
                                         648,424              426,192
         その他未払費用
                                      105,307,682               6,134,270
         流動負債合計
                                      105,307,682               6,134,270
       負債合計
      純資産の部
       元本等
                                     1,369,143,831               980,587,236
                                    ※1               ※1
         元本
         剰余金
                                      103,878,178               24,874,249
          期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                       38,204,233              27,218,628
          (分配準備積立金)
                                     1,473,022,009              1,005,461,485
         元本等合計
                                     1,473,022,009              1,005,461,485
       純資産合計
                                     1,578,329,691              1,011,595,755
      負債純資産合計
                                 45/115









                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                     (単位:円)
                                  第5期計算期間              第6期計算期間
                                 自 2021年8月28日              自 2022年3月1日
                                 至 2022年2月28日              至 2022年8月29日
      営業収益
                                     △ 232,128,249              △ 52,647,871
       有価証券売買等損益
                                     △ 232,128,249              △ 52,647,871
       営業収益合計
      営業費用
                                         48,333              24,458
       支払利息
                                         381,498              194,592
       受託者報酬
                                       10,809,058               5,513,374
       委託者報酬
                                         648,424              426,192
       その他費用
                                       11,887,313               6,158,616
       営業費用合計
                                     △ 244,015,562              △ 58,806,487
      営業利益又は営業損失(△)
                                     △ 244,015,562              △ 58,806,487
      経常利益又は経常損失(△)
                                     △ 244,015,562              △ 58,806,487
      当期純利益又は当期純損失(△)
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                      △ 23,809,616             △ 10,296,510
      約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
                                      537,286,752              103,878,178
      期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                        7,471,007               133,690
      剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減
                                        7,471,007               133,690
       少額
                                      220,673,635               30,627,642
      剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増
                                      220,673,635               30,627,642
       加額
                                           -              -
                                          ※1              ※1
      分配金
                                      103,878,178               24,874,249
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                 46/115










                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)  【注記表】
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                  第6期計算期間
          区分                       自 2022年3月1日
                                 至 2022年8月29日
      1 .有価証券の評価           (1)  「投資証券」
        基準及び評価方
                  移動平均法に基づき、当該投資証券の基準価額で評価しております。
        法
                 (2)  「親投資信託受益証券」
                  移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価にあ
                 たっては、親投資信託受益証券の基準価額に基づいて評価しております。
      2 .収益及び費用の           「有価証券売買等損益」
        計上基準
                   約定日基準で計上しております。
      3 .その他            当ファンドは、原則として毎年2月27日と8月27日を計算期間の末日として
                 おりますが、前計算期間および当計算期間においては当該日が休業日である
                 ため、当計算期間を2022年3月1日から2022年8月29日としております。
    (貸借対照表に関する注記) 

                              第5期計算期間末                第6期計算期間末
               区分
                             (2022   年2月28日現在)             (2022   年8月29日現在)
      ※1   計算期間末日における受益権の                        1,369,143,831        口         980,587,236       口
         総数
       2  1 口当たり純資産額                           1.0759    円            1.0254    円
         (1万口当たり純資産額)                          (10,759    円)            (10,254    円)
    (損益及び剰余金計算書に関する注記)

               第5期計算期間                          第6期計算期間
              自 2021年8月28日                           自 2022年3月1日
              至 2022年2月28日                          至 2022年8月29日
      ※1 分配金の計算過程                           ※1 分配金の計算過程
          該当事項はありません。                           該当事項はありません。
                                 47/115








                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)
    (1)金融商品の状況に関する事項
                                  第6期計算期間
          区分                       自 2022年3月1日
                                至 2022年8月29日
      1 .金融商品に対           当ファンドは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第4項に定める証
       する取組方針          券投資信託であり、当ファンドは、信託約款に定める運用の基本方針に基づ
                 き運用を行っています。
      2 .金融商品の内          ①金融商品の内容
       容及びその金融
                   当ファンドの当計算期間において投資した金融商品の種類は、以下の通
       商品に係るリス
                  りであります。
       ク
                  ・有価証券
                    当ファンドが当計算期間の末日時点で保有する有価証券の詳細は、
                   「(その他の注記)2.有価証券関係」の通りであります。
                  ・コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
                 ②金融商品に係るリスク
                  当ファンドは、以下のリスクを内包しております。
                  A)市場リスク
                   ・株価等変動リスク
                   ・金利変動リスク
                   ・為替変動リスク
                  B)流動性リスク
                  C)信用リスク
      3 .金融商品に係           弊社では、上記2の②に掲げるリスクを適切に管理するため、管理担当部
       るリスク管理体          門によりモニタリング等のリスク管理を行っています。
       制
                  体制としては、リスク管理業務担当部門を中心として、リスク管理を行っ
                 ています。また、リスク管理業務担当部門を中心として、随時レビューが行
                 われる他、月次の投資政策委員会においてもレビューが行われます。
      4 .金融商品の時           当ファンドの時価の算定においては一定の前提条件を採用しているため、
       価等に関する事          異なる前提条件等によった場合、当該価額が異なることもあります。
       項についての補
       足説明
                                 48/115








                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)金融商品の時価等に関する事項
                                   第6期計算期間
           区分                       自 2022年3月1日
                                  至 2022年8月29日
      1 .貸借対照表計上額、              当ファンドにおいて投資している金融商品は原則として全て時価評価
       時価及びその差額             しているため、貸借対照表計上額と時価との差額は生じておりません。
      2 .時価の算定方法             ①有価証券
                      有価証券に該当する貸借対照表上の勘定科目、及びその時価の算定
                     方法については、「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)1.有
                     価証券の評価基準及び評価方法」の通りであります。
                    ②コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
                      上記①以外のその他の科目については、帳簿価額を時価として評価
                     しております。
    (関連当事者との取引に関する注記)

               第5期計算期間                          第6期計算期間
              自 2021年8月28日                           自 2022年3月1日
              至 2022年2月28日                          至 2022年8月29日
       該当事項はありません。                           該当事項はありません。
    (その他の注記)

    1 .元本の移動
                            第5期計算期間                  第6期計算期間
             区分              自 2021年8月28日                  自 2022年3月1日
                           至 2022年2月28日                  至 2022年8月29日
      期首元本額                         2,278,392,397        円          1,369,143,831        円
      期中追加設定元本額                           29,568,734      円            21,868,276      円
      期中一部解約元本額                          938,817,300       円           410,424,871       円
    2 .有価証券関係

    売買目的有価証券
                             当計算期間の損益に含まれた評価差額(円)
             種類
                           第5期計算期間末                 第6期計算期間末
                          (2022   年2月28日現在)              (2022   年8月29日現在)
                               △  216,788,176                △  45,658,870
            投資証券
                                     △  73                △  1
         親投資信託受益証券
                               △  216,788,249                △  45,658,871
            資産合計
    3 .デリバティブ取引関係

               第5期計算期間                          第6期計算期間
              自 2021年8月28日                           自 2022年3月1日
              至 2022年2月28日                          至 2022年8月29日
       該当事項はありません。                           該当事項はありません。
                                 49/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (4)  【附属明細表】
    第1 有価証券明細表
    (1)  株式(2022年8月29日現在)
    該当事項はありません。
    (2)  株式以外の有価証券(2022年8月29日現在)
        種類               銘柄              口数(口)         評価額(円)         備考
             SPARX・日本アジア・ベスト・ピッ

       投資証券      ク・ファンド(ヘッジありクラス/円                           88,658       970,450,468
             建)
                   合計                     88,658       970,450,468

        種類               銘柄             券面総額(円)          評価額(円)         備考

      親投資信託

             スパークス・マネー・マザーファンド                            9,616         9,770
       受益証券
                   合計                      9,616         9,770

    第2 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     「(その他の注記)3.デリバティブ取引関係」に記載することとしています。
                                 50/115













                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    参考情報
    当ファンドは、「スパークス・マネー・マザーファンド」受益証券を主要な投資対象としており、貸借対照
    表の資産の部に計上された「親投資信託受益証券」は、すべて同親投資信託の受益証券です。なお、同親投
    資信託の状況は以下の通りです。
    「スパークス・マネー・マザーファンド」の状況

    なお、以下に記載した情報は監査対象外であります。
    (1)  貸借対照表
                                (2022   年2月28日現在)           (2022   年8月29日現在)
                           注記
               区分
                           番号
                                  金額(円)              金額(円)
      資産の部
       流動資産
        コール・ローン                                119,556              124,543
        国債証券                              10,045,000              10,038,400
        未収利息                                 1,890              1,890
        流動資産合計                              10,166,446              10,164,833
       資産合計                               10,166,446              10,164,833
      負債の部
       負債合計
      純資産の部
       元本等
        元本                   ※1          10,004,018              10,004,018
        剰余金
          剰余金又は欠損金(△)                              162,428              160,815
        元本等合計                              10,166,446              10,164,833
       純資産合計                               10,166,446              10,164,833
      負債純資産合計                                10,166,446              10,164,833
    (2)  注記表

    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                 自 2022年3月1日
          区分
                                 至 2022年8月29日
      1 .有価証券の評価           「国債証券」
        基準及び評価方
                  個別法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価にあたっ
        法
                 ては、金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(ただし、売気配は使用い
                 たしません)、価格情報会社の提供する価額または日本証券業協会の売買統
                 計値(平均値)の何れかに基づいて評価しております。
      2 .収益及び費用の           「有価証券売買等損益」
        計上基準
                   約定日基準で計上しております。
    (その他の注記)  

               区 分               (2022   年2月28日現在)            (2022   年8月29日現在)
      ※1.   期首                        2021  年8月28日             2022  年3月1日
       期首元本額                            9,994,224      円         10,004,018      円
       期首より計算期間末日までの追加設定                              9,794   円              - 円
       元本額
                                 51/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       期首より計算期間末日までの一部解約                                - 円              - 円
       元本額
       計算期間末日における元本の内訳※
        スパークス・アジア中東株式ファン                           9,964,333      円         9,964,333      円
        ド(隔月分配型)
        スパークス・アジア中東株式ファン                             10,659    円           10,659    円
        ド(資産成長型)
        スパークス・ベスト・ピック・ファ                             9,616   円            9,616   円
        ンドⅡ(日本・アジア)マーケット
        ヘッジあり
        スパークス・ベスト・ピック・ファ                             9,616   円            9,616   円
        ンドⅡ(日本・アジア)マーケット
        ヘッジなし
        スパークス・日本アジア厳選株ファ                             9,794   円            9,794   円
        ンド・ヘッジ型(ダイワ投資一任専
        用)
                        ( 合計)          10,004,018      円         10,004,018      円
      2 .計算期間末日における受益権の総数                            10,004,018      口         10,004,018      口
      3 .1口当たり純資産額                              1.0162    円           1.0161    円
      (1 万口当たり純資産額)                             (10,162    円)           (10,161    円)
      ※当該親投資信託受益証券を投資対象とする投資信託ごとの元本額
    (3 )附属明細表

    第1 有価証券明細表
    (1)  株式(2022年8月29日現在)
    該当事項はありません。
    (2)  株式以外の有価証券(2022年8月29日現在)
        種類             銘柄           券面総額(円)           評価額(円)          備考
       国債証券       第347回長期国債10年                      10,000,000          10,038,400

                  合計                  10,000,000          10,038,400

    第2 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

    該当事項はありません。
                                 52/115








                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (参考情報)
                                 53/115




















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 54/115





















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【スパークス・ベスト・ピック・ファンドⅡ(日本・アジア)マーケットヘッジなし】

     (1)【貸借対照表】
                                                     (単位:円)
                                 第5期計算期間末              第6期計算期間末
                                (2022年2月28日現在)              (2022年8月29日現在)
      資産の部
       流動資産
                                       31,598,328               8,267,144
         コール・ローン
                                      612,718,068              378,341,188
         投資証券
                                          9,771              9,770
         親投資信託受益証券
                                      644,326,167              386,618,102
         流動資産合計
                                      644,326,167              386,618,102
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        9,874,652                  -
         未払解約金
                                         142,475               78,780
         未払受託者報酬
                                        4,036,793              2,232,002
         未払委託者報酬
                                           86              22
         未払利息
                                         474,805              262,472
         その他未払費用
                                       14,528,811               2,573,276
         流動負債合計
                                       14,528,811               2,573,276
       負債合計
      純資産の部
       元本等
                                      508,454,200              316,625,642
                                     ※1              ※1
         元本
         剰余金
                                      121,343,156               67,419,184
          期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                       31,397,149              17,318,317
          (分配準備積立金)
                                      629,797,356              384,044,826
         元本等合計
                                      629,797,356              384,044,826
       純資産合計
                                      644,326,167              386,618,102
      負債純資産合計
                                 55/115









                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                     (単位:円)
                                  第5期計算期間              第6期計算期間
                                 自 2021年8月28日              自 2022年3月1日
                                 至 2022年2月28日              至 2022年8月29日
      営業収益
                                     △ 114,867,839               3,692,619
       有価証券売買等損益
                                     △ 114,867,839               3,692,619
       営業収益合計
      営業費用
                                         19,234              11,456
       支払利息
                                         142,475               78,780
       受託者報酬
                                        4,036,793              2,232,002
       委託者報酬
                                         474,805              262,472
       その他費用
                                        4,673,307              2,584,710
       営業費用合計
                                     △ 119,541,146               1,107,909
      営業利益又は営業損失(△)
                                     △ 119,541,146               1,107,909
      経常利益又は経常損失(△)
                                     △ 119,541,146               1,107,909
      当期純利益又は当期純損失(△)
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                      △ 8,328,456              6,228,113
      約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
                                      262,680,127              121,343,156
      期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                       37,321,157               8,602,499
      剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減
                                       37,321,157               8,602,499
       少額
                                       67,445,438              57,406,267
      剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増
                                       67,445,438              57,406,267
       加額
                                           -              -
                                          ※1              ※1
      分配金
                                      121,343,156               67,419,184
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                 56/115










                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)  【注記表】
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                  第6期計算期間
          区分                       自 2022年3月1日
                                 至 2022年8月29日
      1 .有価証券の評価           (1)  「投資証券」
        基準及び評価方
                  移動平均法に基づき、当該投資証券の基準価額で評価しております。
        法
                 (2)  「親投資信託受益証券」
                  移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価にあ
                 たっては、親投資信託受益証券の基準価額に基づいて評価しております。
      2 .収益及び費用の           「有価証券売買等損益」
        計上基準
                   約定日基準で計上しております。
      3 .その他            当ファンドは、原則として毎年2月27日と8月27日を計算期間の末日として
                 おりますが、前計算期間および当計算期間においては当該日が休業日である
                 ため、当計算期間を2022年3月1日から2022年8月29日としております。
    (貸借対照表に関する注記) 

                              第5期計算期間末                第6期計算期間末
               区分
                             (2022   年2月28日現在)             (2022   年8月29日現在)
      ※1   計算期間末日における受益権の                         508,454,200       口         316,625,642       口
         総数
       2  1 口当たり純資産額                           1.2387    円            1.2129    円
         (1万口当たり純資産額)                          (12,387    円)            (12,129    円)
    (損益及び剰余金計算書に関する注記)

               第5期計算期間                          第6期計算期間
              自 2021年8月28日                           自 2022年3月1日
              至 2022年2月28日                          至 2022年8月29日
      ※1 分配金の計算過程                           ※1 分配金の計算過程
          該当事項はありません。                           該当事項はありません。
                                 57/115








                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)
    (1)金融商品の状況に関する事項
                                  第6期計算期間
          区分                       自 2022年3月1日
                                至 2022年8月29日
      1 .金融商品に対           当ファンドは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第4項に定める証
       する取組方針          券投資信託であり、当ファンドは、信託約款に定める運用の基本方針に基づ
                 き運用を行っています。
      2 .金融商品の内          ①金融商品の内容
       容及びその金融
                   当ファンドの当計算期間において投資した金融商品の種類は、以下の通
       商品に係るリス
                  りであります。
       ク
                  ・有価証券
                    当ファンドが当計算期間の末日時点で保有する有価証券の詳細は、
                   「(その他の注記)2.有価証券関係」の通りであります。
                  ・コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
                 ②金融商品に係るリスク
                  当ファンドは、以下のリスクを内包しております。
                  A)市場リスク
                   ・株価等変動リスク
                   ・金利変動リスク
                   ・為替変動リスク
                  B)流動性リスク
                  C)信用リスク
      3 .金融商品に係           弊社では、上記2の②に掲げるリスクを適切に管理するため、管理担当部
       るリスク管理体          門によりモニタリング等のリスク管理を行っています。
       制
                  体制としては、リスク管理業務担当部門を中心として、リスク管理を行っ
                 ています。また、リスク管理業務担当部門を中心として、随時レビューが行
                 われる他、月次の投資政策委員会においてもレビューが行われます。
      4 .金融商品の時           当ファンドの時価の算定においては一定の前提条件を採用しているため、
       価等に関する事          異なる前提条件等によった場合、当該価額が異なることもあります。
       項についての補
       足説明
                                 58/115








                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)金融商品の時価等に関する事項
                                   第6期計算期間
           区分                       自 2022年3月1日
                                  至 2022年8月29日
      1 .貸借対照表計上額、              当ファンドにおいて投資している金融商品は原則として全て時価評価
       時価及びその差額             しているため、貸借対照表計上額と時価との差額は生じておりません。
      2 .時価の算定方法             ①有価証券
                      有価証券に該当する貸借対照表上の勘定科目、及びその時価の算定
                     方法については、「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)1.有
                     価証券の評価基準及び評価方法」の通りであります。
                    ②コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
                      上記①以外のその他の科目については、帳簿価額を時価として評価
                     しております。
    (関連当事者との取引に関する注記)

               第5期計算期間                          第6期計算期間
              自 2021年8月28日                           自 2022年3月1日
              至 2022年2月28日                          至 2022年8月29日
       該当事項はありません。                           該当事項はありません。
    (その他の注記)

    1 .元本の移動
                            第5期計算期間                  第6期計算期間
             区分              自 2021年8月28日                  自 2022年3月1日
                           至 2022年2月28日                  至 2022年8月29日
      期首元本額                          575,443,927       円           508,454,200       円
      期中追加設定元本額                           81,116,774      円            52,866,538      円
      期中一部解約元本額                          148,106,501       円           244,695,096       円
    2 .有価証券関係

    売買目的有価証券
                             当計算期間の損益に含まれた評価差額(円)
             種類
                            第5期計算期間末                 第6期計算期間末
                          (2022   年2月28日現在)              (2022   年8月29日現在)
                               △  109,751,044                  △  906,151
            投資証券
                                    △  73                △  1
         親投資信託受益証券
                               △  109,751,117                  △  906,152
            資産合計
    3 .デリバティブ取引関係

               第5期計算期間                          第6期計算期間
              自 2021年8月28日                           自 2022年3月1日
              至 2022年2月28日                          至 2022年8月29日
       該当事項はありません。                           該当事項はありません。
                                 59/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (4)  【附属明細表】
    第1 有価証券明細表
    (1)  株式(2022年8月29日現在)
    該当事項はありません。
    (2)  株式以外の有価証券(2022年8月29日現在)
        種類               銘柄              口数(口)         評価額(円)         備考
             SPARX・日本アジア・ベスト・ピッ

       投資証券      ク・ファンド(ヘッジなしクラス/円                           27,959       378,341,188
             建)
                   合計                     27,959       378,341,188

        種類               銘柄             券面総額(円)          評価額(円)         備考

      親投資信託

             スパークス・マネー・マザーファンド                            9,616         9,770
       受益証券
                   合計                      9,616         9,770

    第2 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     「(その他の注記)3.デリバティブ取引関係」に記載することとしています。
                                 60/115













                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    参考情報
    当ファンドは、「スパークス・マネー・マザーファンド」受益証券を主要な投資対象としており、貸借対照
    表の資産の部に計上された「親投資信託受益証券」は、すべて同親投資信託の受益証券です。なお、同親投
    資信託の状況は以下の通りです。
    「スパークス・マネー・マザーファンド」の状況

    なお、以下に記載した情報は監査対象外であります。
    (1)  貸借対照表
                                (2022   年2月28日現在)           (2022   年8月29日現在)
                           注記
               区分
                           番号
                                  金額(円)              金額(円)
      資産の部
       流動資産
        コール・ローン                                119,556              124,543
        国債証券                              10,045,000              10,038,400
        未収利息                                 1,890              1,890
        流動資産合計                              10,166,446              10,164,833
       資産合計                               10,166,446              10,164,833
      負債の部
       負債合計
      純資産の部
       元本等
        元本                   ※1          10,004,018              10,004,018
        剰余金
          剰余金又は欠損金(△)                              162,428              160,815
        元本等合計                              10,166,446              10,164,833
       純資産合計                               10,166,446              10,164,833
      負債純資産合計                                10,166,446              10,164,833
    (2)  注記表

    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                 自 2022年3月1日
          区分
                                 至 2022年8月29日
      1 .有価証券の評価           「国債証券」
        基準及び評価方
                  個別法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価にあたっ
        法
                 ては、金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(ただし、売気配は使用い
                 たしません)、価格情報会社の提供する価額または日本証券業協会の売買統
                 計値(平均値)の何れかに基づいて評価しております。
      2 .収益及び費用の           「有価証券売買等損益」
        計上基準
                   約定日基準で計上しております。
    (その他の注記)  

               区 分               (2022   年2月28日現在)            (2022   年8月29日現在)
      ※1.   期首                        2021  年8月28日             2022  年3月1日
       期首元本額                            9,994,224      円         10,004,018      円
       期首より計算期間末日までの追加設定                              9,794   円             - 円
       元本額
                                 61/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       期首より計算期間末日までの一部解約                                - 円             - 円
       元本額
       計算期間末日における元本の内訳※
        スパークス・アジア中東株式ファン                           9,964,333      円         9,964,333      円
        ド(隔月分配型)
        スパークス・アジア中東株式ファン                             10,659    円           10,659    円
        ド(資産成長型)
        スパークス・ベスト・ピック・ファ                             9,616   円            9,616   円
        ンドⅡ(日本・アジア)マーケット
        ヘッジあり
        スパークス・ベスト・ピック・ファ                             9,616   円            9,616   円
        ンドⅡ(日本・アジア)マーケット
        ヘッジなし
        スパークス・日本アジア厳選株ファ                             9,794   円            9,794   円
        ンド・ヘッジ型(ダイワ投資一任専
        用)
                        ( 合計)          10,004,018      円         10,004,018      円
      2 .計算期間末日における受益権の総数                            10,004,018      口         10,004,018      口
      3 .1口当たり純資産額                              1.0162    円           1.0161    円
      (1 万口当たり純資産額)                             (10,162    円)          (10,161    円)
      ※当該親投資信託受益証券を投資対象とする投資信託ごとの元本額
    (3 )附属明細表

    第1 有価証券明細表
    (1)  株式(2022年8月29日現在)
    該当事項はありません。
    (2)  株式以外の有価証券(2022年8月29日現在)
        種類             銘柄           券面総額(円)           評価額(円)          備考
       国債証券       第347回長期国債10年                      10,000,000          10,038,400

                  合計                  10,000,000          10,038,400

    第2 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

    該当事項はありません。
                                 62/115








                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考情報)

                                 63/115




















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 64/115





















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】
    【純資産額計算書】
      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジあり>
                                             (2022年8月31日現在)
      Ⅰ 資産総額                                         1,001,975,578        円
      Ⅱ 負債総額                                             58,297    円
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                         1,001,917,281        円
      Ⅳ 発行済口数                                          980,646,399       口
      Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)
                                                   1.0217    円
      <スパークス・ベスト・ピック・ファンドII(日本アジア)マーケットヘッジなし>

                                             (2022年8月31日現在)
      Ⅰ 資産総額                                          381,190,043       円
      Ⅱ 負債総額                                             22,529    円
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                          381,167,514       円
      Ⅳ 発行済口数                                          316,646,561       口
      Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)
                                                   1.2038    円
      (参考)スパークス・マネー・マザーファンド

      純資産額計算書
                                             (2022年8月31日現在)
      Ⅰ 資産総額                                          10,174,487      円
      Ⅱ 負債総額                                               -  円
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                          10,174,487      円
      Ⅳ 発行済口数                                          10,004,018      口
      Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)
                                                   1.0170    円
                                 65/115









                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

    (1)名義書換について
       該当事項はありません。
    (2)受益者等に対する特典
       該当するものはありません。
    (3)譲渡制限の内容
       譲渡制限は設けておりません。
    (4)受益証券の再発行
       委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名式受益証券から記名式受
      益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請求、受益証券の再発行の請求
      を行わないものとします。
    (5)受益権の譲渡
      ① 受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載ま
       たは記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
      ② 上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口
       数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録
       するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受人
       の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社振法の規
       定に従い、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行われるよう通知するものと
       します。
      ③ 上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されて
       いる振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合等におい
       て、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、振替停止日や振替
       停止期間を設けることができます。
    (6)受益権の譲渡の対抗要件
       受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗する
      ことができません。
    (7)受益権の再分割
       委託会社は、社振法に定めるところに従い、受託会社と協議のうえ、一定日現在の受益権を均等に再分
      割できるものとします。
    (8)   償還  金
       償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前に
      おいて一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受益権で
      取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得
      申込者とします。)に支払います。
    (9)質権口記載または記録の受益権の取扱いについて
       振替機関等の振替口座簿の質権口記載または記録されている受益権に係る収益分配金の支払い、一部解
      約の実行の請求の受付、一部解約金および償還金の支払い等については、約款の規定によるほか、民法そ
      の他の法令等に従って取り扱われます。
                                 66/115





                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】

    第1【委託会社等の概況】
    1【委託会社等の概況】
     (1)資本金の額(2022年8月末日現在)
        資本金         25億円
        発行可能株式総数   50,000株
        発行済株式総数    50,000株
        最近5年間における資本金の額の増減
              該当事項はありません。
     (2)委託会社の機構(2022年8月末日現在)
       ① 経営体制
         当社の意思決定機関としてある取締役会は10名以内の取締役で構成されます。取締役の選任は、株
        主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上にあたる株式を有する株
        主が出席し、その議決権の過半数をもってこれを行い、累積投票によらないものとします。
         取締役の任期は、就任後1年以内の最終の決算期に関する定時株主総会の終結のときまでとし、補
        欠または増員により選任された取締役の任期は、他の取締役の任期の満了すべき時までとします。
         取締役会は、その決議をもって、取締役の中から取締役社長1名を選定し、また必要に応じて取締
        役会長1名、取締役副社長、専務取締役、常務取締役各若干名を選任することができます。
         取締役会の決議をもって代表取締役を決定します。代表取締役は、会社を代表し、取締役会の決議
        に従い、業務を執行します。取締役会は、法令または定款に定めてある事項の他、当社の経営上重要
        な事項を決定します。
         また、取締役会から代表取締役社長に委任された重要な業務執行の決定その他経営に関する重要な
        事項について審議することを目的として経営会議を設置しています。
       ② 運用体制
        1)当ファンドでは、運用調査本部                   が運用・調査を担当します。                下記の意思決定プロセスに基づき、
          運用を行います。
        2)意思決定プロセス
         a.ファンド・マネージャーは、                  チーフ・インベストメント・オフィサー(以下、「CIO」とい
           います。)      の指揮・監督の下、チーム全体での調査活動等の成果を踏まえ、投資環境の分析、
           期待リターンとリスクの予測や当ファンドに対する設定や解約の動向分析などを実施し、当
           ファンドの約款等の定めを遵守して「運用計画書」を作成し、「投資政策委員会」での審議を
           求めます。
         b.  投資政策委員会は、当社取締役会で指名された者が主催し                               、各ファンド・マネージャーから提
           出された運用計画書をリスク管理部門、リーガル・コンプライアンス部門等の責任者と共に審
           議します。ファンド・マネージャーは、承認された運用計画書に基づき日々の具体的な投資活
           動を行います。投資政策委員会は原則として月2回開催される他、必要に応じ臨時に開催され
           ます。
         c.上記の意思決定プロセスは、当社取締役会が定めた「投資信託に係る運用管理」に関する規程
           及び「投資政策委員会」に関する規程に基づきます。投資政策委員会の運営状況は「コンプラ
           イアンス委員会」においても確認の上、取締役会に報告され、適正な業務運営の確保に努めて
           おります。
    2【事業の内容及び営業の概況】
       投資信託及び投資法人に関する法律に定める投資信託委託会社として、証券投資信託の設定を行うとと
      もに、金融商品取引法に定める金融商品取引業者として当該証券投資信託および投資一任契約に基づき委
      託された資産の運用(投資運用業)を行っています。また金融商品取引法に定める以下の業務を行ってい
      ます。
       ・投資助言・代理業
       ・有価証券の募集もしくは売出しの取扱いまたは私募の取扱いに関する第一種金融商品取引業
                                 67/115

                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ・有価証券の募集もしくは売出しの取扱いまたは私募の取扱い、および証券投資信託の募集または私募
        に関する第二種金融商品取引業
       委託会社の      運用  する投資信託は        2022  年8月31日現在        次の通りです。
       (ただし、親投資信託を除きます。)
        種類                      本数           純資産総額(百万円)
        追加型株式投資信託                             41             412,895

        単位型株式投資信託                             3             20,118

        合計                             44             433,013

       金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第346号

       加入協会/日本証券業協会 一般社団法人投資信託協会
             一般社団法人日本投資顧問業協会
             一般社団法人第二種金融商品取引業協会
                                 68/115















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】

     1.財務諸表の作成方法について
       委託会社であるスパークス・アセット・マネジメント株式会社(以下「委託会社」という)の財務諸表は、「財務諸表
      等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)並びに同規
      則第2条の規定により、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づいて作成しておりま
      す。
     2.監査証明について

       委託会社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第16期事業年度(2021年4月1日から2022年3月31日
      まで)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
                                 69/115

















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1)【貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前事業年度               当事業年度
                                (2021年3月31日)               (2022年3月31日)
     (資産の部)
      流動資産
       現金・預金                                  9,627               9,656
       預託金                                   200               200
       未収委託者報酬                                  1,048               1,048
                                     ※3               ※3
       未収投資顧問料                                  1,372               1,487
       前払費用                                   116               122
       未収収益                                    4               4
                                     ※3               ※3
       未収入金                                    48               10
                                           0               1
       その他
       流動資産合計                                  12,418               12,531
      固定資産
       有形固定資産
                                     ※2               ※2
        建物                                   73               40
                                     ※2               ※2
        工具、器具及び備品                                  140                85
                                     ※2               ※2
        リース資産                                   0               7
        有形固定資産合計                                  214               132
       無形固定資産
                                           0               2
        ソフトウェア
        無形固定資産合計                                   0               2
       投資その他の資産
        投資有価証券                                   -               20
        差入保証金                                   12                3
        長期前払費用                                   5               2
                                          359               317
        繰延税金資産
        投資その他の資産合計                                  377               343
       固定資産合計                                   592               478
      資産合計                                   13,011               13,010
                                 70/115










                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                    (単位:百万円)
                                  前事業年度               当事業年度
                                (2021年3月31日)               (2022年3月31日)
     (負債の部)
      流動負債
       預り金                                    78               18
       未払手数料                                   208               183
                                     ※3               ※3
       その他未払金                                  2,838               2,799
       未払法人税等                                   364               203
       未払消費税等                                   205                47
       前受収益                                    14               13
       リース債務                                    0               1
       株式給付引当金                                    96               51
       長期インセンティブ引当金                                    75               13
                                           2               3
       その他
       流動負債合計                                  3,885               3,337
      固定負債
       リース債務                                    -                6
       株式給付引当金                                   298               351
                                          145               123
       長期インセンティブ引当金
       固定負債合計
                                          443               481
      特別法上の準備金
                                     ※1               ※1
       金融商品取引責任準備金                                    0               0
       特別法上の準備金合計                                    0               0
      負債合計                                   4,329               3,818
     (純資産の部)
      株主資本
       資本金                                  2,500               2,500
       資本剰余金
        資本準備金                                   27               27
                                           19               19
        その他資本剰余金
        資本剰余金合計                                   47               47
       利益剰余金
        利益準備金                                  597               597
        その他利益剰余金
                                         5,536               6,047
         繰越利益剰余金
        利益剰余金合計                                 6,134               6,644
       株主資本合計                                  8,681               9,192
      純資産合計                                   8,681               9,192
     負債純資産合計                                    13,011               13,010
                                 71/115







                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前事業年度               当事業年度
                               (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     営業収益
      委託者報酬                                   5,903               5,922
                                     ※               ※
      投資顧問料収入                                   5,663               6,191
      受入手数料                                     20               20
                                           8               12
      その他営業収益
      営業収益計                                   11,596               12,147
     営業費用
      支払手数料                                   1,681               2,111
      広告宣伝費                                    100                99
      調査費                                    259               241
      委託計算費                                     28               29
      営業雑経費
       通信費                                    26               23
       印刷費                                    10                8
       協会費                                    17               17
       諸会費                                    12               24
                                           2               3
       その他
      営業費用計                                   2,139               2,559
     一般管理費
      給料                                   1,851               1,915
       役員報酬                                    97               96
       給料・手当                                   896               960
       賞与                                   858               858
      株式給付引当金繰入額                                    175               104
      長期インセンティブ引当金繰入額                                    151               △8
      旅費交通費                                     13               35
                                     ※               ※
      事務委託費                                    827              1,042
      業務委託費                                    424               441
      不動産賃借料                                    252               235
      租税公課                                    130               114
      固定資産減価償却費                                    151                92
      交際費                                     3               7
                                          182               181
      諸経費
      一般管理費計                                   4,166               4,164
     営業利益                                    5,291               5,423
     営業外収益
      受取利息                                     0               0
      受取賃貸料                                     28               24
      為替差益                                     17               125
                                           3               3
      雑収入
      営業外収益計                                     50               154
     営業外費用
      雑損失                                     4               4
      営業外費用計                                     4               4
     経常利益                                    5,337               5,574
                                 72/115




                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                   (単位:百万円)
                                  前事業年度               当事業年度
                               (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     特別利益
                                           0               -
      金融商品取引責任準備金戻入
      特別利益計                                     0               -
     特別損失
                                           -                0
      金融商品取引責任準備金繰入額
      特別損失計                                     -                0
     税引前当期純利益                                    5,337               5,574
     法人税、住民税及び事業税
                                         1,928               1,721
                                          △82                42
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    1,845               1,763
     当期純利益                                    3,491               3,810
                                 73/115















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【株主資本等変動計算書】
         前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                    株主資本
                              資本剰余金                   利益剰余金

                                                その他利益

                  資本金                              剰余金
                              その他資本      資本剰余金                   利益剰余金
                       資本準備金                   利益準備金
                              剰余金      合計                   合計
                                                繰越利益剰
                                                余金
     当期首残高              2,500        27      19      47      597     4,545      5,142

     当期変動額

      剰余金の配当                                           △2,500      △2,500

      当期純利益                                            3,491      3,491

      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計                -      -      -      -      -      991      991
     当期末残高              2,500        27      19      47      597     5,536      6,134

                  株主資本

                       純資産合計
                 株主資本合
                 計
     当期首残高              7,689      7,689

     当期変動額

      剰余金の配当            △2,500      △2,500

      当期純利益             3,491      3,491

      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純                     -
      額)
     当期変動額合計               991      991
     当期末残高              8,681      8,681

                                 74/115








                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                    株主資本
                              資本剰余金                   利益剰余金

                                                その他利益

                  資本金                              剰余金
                              その他資本      資本剰余金                   利益剰余金
                       資本準備金                   利益準備金
                              剰余金      合計                   合計
                                                繰越利益剰
                                                余金
     当期首残高              2,500        27      19      47      597     5,536      6,134

     当期変動額

      剰余金の配当                                           △3,300      △3,300

      当期純利益                                            3,810      3,810

      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計                -      -      -      -      -      510      510
     当期末残高              2,500        27      19      47      597     6,047      6,644

                  株主資本

                       純資産合計
                 株主資本合
                 計
     当期首残高              8,681      8,681

     当期変動額

      剰余金の配当            △3,300      △3,300

      当期純利益             3,810      3,810

      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純                     -
      額)
     当期変動額合計               510      510
     当期末残高              9,192      9,192

                                 75/115








                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    重要な会計方針
     1.有価証券の評価基準及び評価方法
       その他有価証券
        市場価格のない株式等以外のもの
         時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は総平均法により算定)を採用しております。
        市場価格のない株式等
         主として総平均法による原価法を採用しております。
        (投資事業組合等への出資)
         投資事業有限責任組合及びそれに類する組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券とみなされるも
         の)については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近の決算書を基礎とし、持分相当額を純額
         で取り込む方法によっております。
     2.固定資産の減価償却の方法

      ① 有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した有形固定資産については、定額法を採用してお
       ります。
        なお、主な耐用年数は、以下の通りであります。
        建物         5年
        工具、器具及び備品  4年~10年
      ② 無形固定資産(リース資産を除く)
        ソフトウエア(自社利用)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。
      ③ リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
        リース期間を耐用年数として、残存価額を零とする定額法を採用しております。
     3.引当金の計上基準

      ① 株式給付引当金
        株式交付規程に基づく従業員へ当社親会社(スパークス・グループ株式会社)の株式の給付に備えるため、当事業年
       度末における株式給付債務の見込額に基づき計上しております。
      ② 長期インセンティブ引当金
        役員等に対して支給するインセンティブ報酬の支出に備えるため、当事業年度末における支給見込額に基づき計上し
       ております。
     4.収益及び費用の計上基準

     当社は、主な収益を残高報酬及び成功報酬と認識しております。
      ① 残高報酬
        残高報酬は、当社が運用するファンドについて、契約に基づき、管理・運用する義務があり、運用資産残高又はコ
       ミットメント額に一定の料率を乗じた金額で測定し報酬として受領しており、運用期間にわたり収益を認識しておりま
       す。取引の対価は履行義務を充足してから主として1年以内に受領しており、重大な金融要素は含んでおりません。
      ② 成功報酬(株式運用)
        成功報酬(株式運用)は、残高報酬と同様、契約に基づき、管理・運用する義務があり、過去のパフォーマンスの最
       高値を上回った部分の一定割合を報酬として受領しており、当該時点に収益を認識しております。取引の対価は履行義
       務を充足してから主として1年以内に受領しており、重大な金融要素は含んでおりません。
      ③ 成功報酬(再生可能エネルギーファンドが投資する合同会社の匿名組合出資持分を売却した場合の成功報酬)
        成功報酬(再生可能エネルギーファンドが投資する合同会社の匿名組合出資持分を売却して譲渡益が発生する場合に
       受領する報酬)は、当社が運用する再生可能エネルギーファンドについて、パフォーマンス目標を上回る匿名組合出資
       持分の譲渡益に対する一定割合を報酬として受領しており、当該時点に収益を認識しております。取引の対価は履行義
       務を充足してから主として1年以内に受領しており、重大な金融要素は含んでおりません。
                                 76/115





                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
      ① 外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
        外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
      ② 連結納税制度の適用
        連結納税制度を適用しております。
      ③ 連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用
        当社は、翌事業年度から、連結納税制度からグループ通算制度へ移行することとなります。ただし、「所得税法等の
       一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創設されたグループ通算制度への移行及びグループ通算制度へ
       の移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目については、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に
       係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号 2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会
       計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金
       資産及び繰延税金負債の額について、改正前の税法の規定に基づいております。
        なお、翌事業年度の期首から、グループ通算制度を適用する場合における法人税及び地方法人税並びに税効果会計の
       会計処理及び開示の取扱いを定めた「グループ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する取扱い」(実務対
       応報告第42号        2021年8月12日)を適用する予定であります。
                                 77/115
















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (会計方針の変更)
      (収益認識に関する会計基準等の適用)
       「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等を当事
      業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交換に受け取る
      と見込まれる金額で収益を認識することといたしました。この変更による当財務諸表への影響はありません。
       また、収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項のただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
      りますが、利益剰余金期首残高に与える影響はありません。
       なお、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従って、前事業年度に係る「収益認識関係」注記については
      記載しておりません。
      (時価の算定に関する会計基準等の適用)

       「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                             2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)等を当
      事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号                                                     2019年7
      月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用
      することといたしました。この変更による当財務諸表への影響はありません。
                                 78/115
















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (未適用の会計基準等)
     ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日 企業会計基準委員会)
     (1)概要

       「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準委員会 企業会計基準適用指針第31号)の2021年6月17日
      の改正は、2019年7月4日の公表時において、「投資信託の時価の算定」に関する検討には、関係者との協議等に一定の
      期間が必要と考えられるため、また、「貸借対照表に持分相当額を純額で計上する組合等への出資」の時価の注記につい
      ても、一定の検討を要するため、「時価の算定に関する会計基準」公表後、概ね1年をかけて検討を行うこととされてい
      たものが、改正され、公表されたものです。
     (2)適用予定日

       2023年3月期の期首から適用します。
     (3)当該会計基準等の適用による影響

       「時価の算定に関する会計基準の適用指針」の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であり
      ます。
     ・「グループ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する取扱い」(実務対応報告第42号 2021年8月12日 企業

      会計基準委員会)
     (1)概要

       2020年3月27日に成立した「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において、連結納税制度を見
      直しグループ通算制度へ移行することとされたことを受け、グループ通算制度を適用する場合における法人税及び地方法
      人税並びに税効果会計の会計処理及び開示の取扱いを明らかにすることを目的として企業会計基準委員会から公表された
      ものです。
     (2)適用予定日

       2023年3月期の期首から適用します。
     (3)当該会計基準等の適用による影響

       「グループ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する取扱い」の適用による財務諸表に与える影響額につい
      ては、現時点で評価中であります。
                                 79/115










                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (追加情報に関する注記)
     (株式付与ESOP信託)
       当社親会社(スパークス・グループ株式会社)は、グループ従業員(当社、当社親会社及び当社兄弟会社4社(スパーク
      ス・グリーンエナジー&テクノロジー株式会社、スパークス・アセット・トラスト&マネジメント株式会社、スパーク
      ス・AI&テクノロジーズ・インベストメント株式会社、及びスパークス・イノベーション・フォー・フューチャー株式
      会社。)の従業員)に対し、業績向上や株価上昇に対する意欲の高揚を促すことにより、中長期的な企業価値向上を図る
      ことを目的として、「株式付与ESOP信託」を導入しております。なお、当社は「従業員等に信託を通じて自社の株式
      を交付する取引に関する実務上の取扱い」(企業会計基準委員会実務対応報告第30号(平成27年3月26日)の指針に従っ
      て会計処理を行っております。
     (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)

      当社では、繰延税金資産の回収可能性や固定資産の減損会計等の会計上の見積りについて、財務諸表作成時において入手
     可能な情報に基づき実施しております。
      新型コロナウイルス感染症による当社への影響は、今後の広がり方や収束時期等の見通しが不透明な状況であるものの、
     現時点において会計上の見積りに重要な影響を与えるものではないと判断しております
                                 80/115
















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     注記事項
     (貸借対照表関係)
                前事業年度                            当事業年度
              (2021年3月31日)                            (2022年3月31日)
     ※1.特別法上の準備金の計上を規定した法令の条項は、                            ※1.特別法上の準備金の計上を規定した法令の条項は、
       次のとおりであります。                            次のとおりであります。
       金融商品取引責任準備金…金融商品取引法第46条の5                            金融商品取引責任準備金…金融商品取引法第46条の5
     ※2.有形固定資産の減価償却累計額                            ※2.有形固定資産の減価償却累計額
        建物                   275百万円         建物                   308百万円
        工具、器具及び備品                   312百万円         工具、器具及び備品                   349百万円
        リース資産                   26百万円        リース資産                    1百万円
     ※3.関係会社に対する資産及び負債                            ※3.関係会社に対する資産及び負債
        未収投資顧問料                   519百万円         未収投資顧問料                   536百万円
        未収入金                   36百万円        未収入金                    0百万円
        その他未払金                  1,677百万円          その他未払金                  1,508百万円
                                 81/115















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (損益計算書関係)
                前事業年度                            当事業年度
             (自 2020年4月1日                            (自 2021年4月1日
              至 2021年3月31日)                            至 2022年3月31日)
     ※ 関係会社に対する取引の主なもの                            ※ 関係会社に対する取引の主なもの
       投資顧問料                   2,313百万円         投資顧問料                   2,205百万円
       事務委託費                    375百万円        事務委託費                    440百万円
                                 82/115


















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (株主資本等変動計算書関係)
      前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
      1.発行済株式に関する事項
         株式の種類           当事業年度期首             増加          減少        当事業年度末
     普通株式(株)                     50,000            -          -        50,000

      2.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
                 株式の種類                            基準日        効力発生日
     (決議)                    (百万円)          (円)
     2020年6月22日
                普通株式             2,500         50,000     2020年3月31日         2020年6月23日
     定時株主総会
       (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                    配当金の総額              1株当たり配
              株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                (百万円)              当額(円)
     2021年6月21日
              普通株式          3,300    利益剰余金          66,000     2021年3月31日         2021年6月22日
     定時株主総会
      当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

      1.発行済株式に関する事項
         株式の種類           当事業年度期首             増加          減少        当事業年度末
     普通株式(株)                     50,000            -          -        50,000

                                 83/115












                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      2.配当に関する事項
       (1)配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
                 株式の種類                            基準日        効力発生日
     (決議)                    (百万円)          (円)
     2021年6月21日
                普通株式             3,300         66,000     2021年3月31日         2021年6月22日
     定時株主総会
       (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                    配当金の総額              1株当たり配
              株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                (百万円)              当額(円)
     2022年6月20日
              普通株式          3,800    利益剰余金          76,000     2022年3月31日         2022年6月21日
     定時株主総会
                                 84/115
















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (リース取引関係)
      前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

       重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 85/115



















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (金融商品関係)
     1.金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
         当社は、資金運用については安全性の高い金融商品や預金等の他、ファンド組成等のためのシードマネー等に限定
        し、資金調達については原則として親会社による株式引受によっております。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

         営業債権である未収投資顧問料及び未収委託者報酬に係る信用リスクは、当社グループが管理あるいは運用する
        ファンド、一任運用財産自体がリスクの高い取引を限定的にしか行っていないポートフォリオ運用であることから、
        極めて限定的であると判断しております。
         また、営業債権債務の一部には外貨建てのものがあり、為替の変動リスクに晒されておりますが、当該営業債権債
        務のネットポジションを毎月把握しており、さらに必要と判断した場合には、先物為替予約等を利用してヘッジする
        予定にしております。
         投資有価証券は、主に投資事業有限責任組合への出資です。
       (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれて
        おります。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当
        該価額が変動することがあります。
     2.金融商品の時価等に関する事項

        貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。また現金は注記を省略しており、預
       金は短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似することから、注記を省略しております。
        前事業年度(2021年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                         貸借対照表計上額               時価            差額
     (1)預託金                           200            200             -

     (2)未収委託者報酬                          1,048            1,048              -
     (3)未収投資顧問料                          1,372            1,372              -

     (4)未収収益                            4            4            -

            資産計                   2,625            2,625              -

     (1)未払手数料                           208            208             -

     (2)その他未払金                          2,838            2,838              -
     (3)未払法人税等                           364            364             -

            負債計                   3,411            3,411              -

     (注)金銭債権の決算日後の償還予定額

                                                    (単位:百万円)
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
     預託金                        200          -         -         -

     未収委託者報酬                       1,048           -         -         -

     未収投資顧問料                       1,372           -         -         -

     未収収益                         4         -         -         -

             合計                2,625           -         -         -

                                 86/115



                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        当事業年度(2022年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                         貸借対照表計上額               時価            差額
     (1)預託金                           200            200             -

     (2)未収委託者報酬                          1,048            1,048              -
     (3)未収投資顧問料                          1,487            1,487              -

     (4)未収収益                            4            4            -
            資産計                   2,740            2,740              -

     (1)未払手数料                           183            183             -

     (2)その他未払金                          2,799            2,799              -
     (3)未払法人税等                           203            203             -
            負債計                   3,186            3,186              -

     (注)1.貸借対照表に持分相当額を純額で計上する組合その他これに準ずる事業体への出資については記載を省略してお
    ります。当該出資の貸借対照表計上額は20百万円であります。
     (注)2.金銭債権の決算日後の償還予定額
                                                    (単位:百万円)
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
     預託金                        200          -         -         -

     未収委託者報酬                       1,048           -         -         -

     未収投資顧問料                       1,487           -         -         -

     未収収益                         4         -         -         -

             合計                2,740           -         -         -

                                 87/115











                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
         金融商品の時価を、時価の算定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベルに分類
        しております。
         レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価の算定
                  の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
         レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定に係る
                  インプットを用いて算定した時価
         レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
          時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ属す
         るレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
      ① 時価をもって貸借対照表計上額とする金融資産及び金融負債

       該当事項はありません。
      ② 時価をもって貸借対照表計上額としない金融資産及び金融負債

                                                  (単位:百万円)
                                     時価
          区分
                    レベル1           レベル2           レベル3            合計
      預託金                  -          200           -          200
      未収委託者報酬                  -         1,048            -         1,048
      未収投資顧問料                  -         1,487            -         1,487
      未収収益                  -           4          -           4
      未払手数料                  -          183           -          183
      その他未払金                  -         2,799            -         2,799
      未払法人税等                  -          203           -          203
      (注)時価の算定に用いた評価技法及びインプットの説明

      預託金、未収委託者報酬、未収投資顧問料及び未収収益

       これらの時価は、一定の期間ごとに区分した債権ごとに、債権額と満期までの期間及び信用リスクを加味した利率を基に
      割引現在価値法により算定しており、レベル2の時価に分類しております。
      未払手数料、その他未払金及び未払法人税等

       これらの時価は、一定の期間ごとに区分した債権ごとに、その将来キャッシュ・フローと、その返済期日までの期間及び
      信用リスクを加味した利率を基に割引現在価値法により算定しており、レベル2の時価に分類しております。
                                 88/115











                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (有価証券関係)
      1.その他有価証券
        前事業年度(2021年3月31日)
         該当事項はありません。
        当事業年度(2022年3月31日)

         重要性が乏しいため記載を省略しております。
                                 89/115


















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (デリバティブ取引関係)
     1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      (1)通貨関連
       前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
        該当事項はありません。
       当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

        該当事項はありません。
      (2)金利関連

       前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
        該当事項はありません。
       当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

        該当事項はありません。
      (3)株式関連

       前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
        該当事項はありません。
       当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

        該当事項はありません。
    2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

      (1)通貨関連
       前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
        該当事項はありません。
       当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

        該当事項はありません。
      (2)金利関連

       前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
        該当事項はありません。
       当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

        該当事項はありません。
      (3)株式関連

       前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
        該当事項はありません。
       当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

        該当事項はありません。
                                 90/115






                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (退職給付関係)
      前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       該当事項はありません。
      当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

       該当事項はありません。
                                 91/115



















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (ストック・オプション等関係)
      前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       該当事項はありません。
      当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

       該当事項はありません。
                                 92/115



















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 前事業年度           当事業年度
                               (2021年3月31日)           (2022年3月31日)
        繰延税金資産
         資産除去債務                             52           56
         未払事業税                             71           43
         未確定債務否認                            227           242
         株式給付引当金否認                            121           123
         長期インセンティブ引当金否認                             67           41
         減価償却超過額                             58           61
         金融商品取引責任準備金                             0           0
                                      18           16
         その他
        繰延税金資産小計                             617           586
        評価性引当額                            △258           △269
        繰延税金資産合計                             359           317
        繰延税金資産の純額                             359           317
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主

       要な項目別の内訳
                                 前事業年度           当事業年度
                               (2021年3月31日)           (2022年3月31日)
        法定実効税率
                                     30.6%     法定実効税率と税効果
        (調整)                                  会計適用後の法人税等
         交際費等永久に損金に算入されない項目                            1.1     の負担率との間の差異
         住民税均等割                            0.1     が法定実効税率の100
         評価性引当金の増減                            2.5     分の5以下であるため
         その他                            0.3     注記を省略しておりま
                                          す。
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                             34.6
                                 93/115











                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (持分法損益等)
      前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       該当事項はありません。
      当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

       該当事項はありません。
                                 94/115



















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (資産除去債務関係)
      前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

       重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 95/115



















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (賃貸等不動産関係)
      前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       該当事項はありません。
      当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

       該当事項はありません。
                                 96/115



















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (収益認識関係)
      1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
       当社は、投信投資顧問業の単一セグメントであり、主要な顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、以下のとお
      りであります。
                                 当事業年度
                              (自 2021年4月1日
                               至 2022年3月31日)
        残高報酬(注1)                               11,286    百万円
        成功報酬(株式運用)(注2)                                582
        成功報酬(再生可能エネルギーファンドが
        投資対象である発電所を売却して譲渡益が                                245
        発生する場合に受領する報酬)(注3)
        その他                                 32
                 合計                       12,147
        (注1)残高報酬のうち、委託者報酬にかかるものが5,500百万円、投資顧問料収入にかかるものが5,785百万円それ
            ぞれ含まれております。
        (注2)成功報酬(株式運用)のうち、委託者報酬にかかるものが422百万円、投資顧問料収入にかかるものが160百
            万円それぞれ含まれております。
        (注3)成功報酬(再生可能エネルギーファンドが投資対象である発電所を売却して譲渡益が発生する場合に受領す
            る報酬)245百万円は、損益計算書上、投資顧問料収入に含まれております。
      2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

       重要な会計方針 4.収益及び費用の計上基準に記載のとおりであります。
      3.当事業年度及び翌事業年度以降の収益の金額を理解するための情報

       重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 97/115












                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (セグメント情報等)
      [セグメント情報]
       前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
        当社は、投信投資顧問業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

        当社は、投信投資顧問業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      [関連情報]

       前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       1 サービスごとの情報
         投信投資顧問業及び関連サービスに関する外部顧客への営業収益が、損益計算書の営業収益の90%を超えるため、
        記載を省略しております。
       2 地域ごとの情報

        (1)営業収益
                                                    (単位:百万円)
        日本         欧州        バミューダ          アジア         その他          合計
          8,689         2,218          104          48         535        11,596

     (注) 営業収益の地域区分は、契約相手方の所在地(ファンドの場合は組成地)を基礎として分類しております。
        (2)有形固定資産

          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略し
         ております。
       3 主要な顧客ごとの情報

                                                   (単位:百万円)
         顧客の名称又は氏名                     営業収益               関連するセグメント名
     スパークス・新・国際優良日本株ファ
                                     1,519     投信投資顧問業
     ンド
     未来創生2号投資事業有限責任組合                                1,205     投信投資顧問業
     (注) ファンドの最終受益者は、販売会社や他のファンドを通じて投資されること等があるため、合理的に把握すること
         が困難であります。
                                 98/115









                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
       1 サービスごとの情報
         投信投資顧問業及び関連サービスに関する外部顧客への営業収益が、損益計算書の営業収益の90%を超えるため、
        記載を省略しております。
       2 地域ごとの情報

        (1)営業収益
                                                    (単位:百万円)
        日本         欧州        バミューダ          アジア         その他          合計
          8,635         2,583          179          67         681        12,147

     (注) 営業収益の地域区分は、契約相手方の所在地(ファンドの場合は組成地)を基礎として分類しております。
        (2)有形固定資産

          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略し
         ております。
       3 主要な顧客ごとの情報

                                                   (単位:百万円)
         顧客の名称又は氏名                     営業収益               関連するセグメント名
     スパークス・新・国際優良日本株ファ
                                     2,086     投信投資顧問業
     ンド
     (注) ファンドの最終受益者は、販売会社や他のファンドを通じて投資されること等があるため、合理的に把握すること
         が困難であります。
      [報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報]

       前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
        該当事項はありません。
       当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

        該当事項はありません。
      [報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報]

       前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
        該当事項はありません。
       当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

        該当事項はありません。
      [報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報]

       前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
        該当事項はありません。
       当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

        該当事項はありません。
                                 99/115





                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     [関連当事者情報]
      前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
      1 関連当事者との取引
       (1)財務諸表提出会社の親会社
                              議決権等の
                   資本金又は                          取引金額          期末残高
          会社等の名                    所有(被所     関連当事者
      種類         所在地    出資金     事業の内容                取引の内容     (百万円)      科目    (百万円)
          称                    有)割合     との関係
                   (百万円)                          (注2)          (注2)
                               (%)
                                         業務委託
                                        報酬の支払        375  未払金        128
                                         (注1)
                                         運用報酬
                                                  未収投資
                                         等の受取       2,313           519
                                                  顧問料
                                         (注1)
          スパーク                               配当金の
               東京都          純粋持株会     (被所有)     グループ管            2,500   -        -
     親会社     ス・グルー            8,587                    支払
               港区          社     直接 100     理会社
          プ株式会社
                                         連結納税
                                         による個       1,549   未払金       1,549
                                         別帰属額
                                         私募の取
                                         扱手数料
                                                 0 前受収益         7
                                         の受領
                                         (注1)
    取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注1) 市場価格を勘案し一般的な取引条件と同様に決定しております。
     (注2) 上記の表における期末残高には消費税等を含めており、取引金額には消費税等を含めておりません。
                                100/115













                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (2)財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社
                               議決権等の
                                              取引金額         期末残高
                    資本金又は          所有(被所     関連当事者
      種類    会社等の名称       所在地         事業の内容                取引の内容     (百万円)      科目   (百万円)
                    出資金          有)割合     との関係
                                              (注2)         (注2)
                               (%)
                                         賃貸料の受
                         再生可能エ
                                    本社事務所
          スパークス・
                                         取        12  未収入金        3
                         ネルギーに
                                    の賃貸
          グリーンエナ
                                         (注1)
                東京都          おける発電
          ジー&テクノ            25 百万円         なし
                港区          事業及びそ
                                         業務委託報
          ロジー株式会
                         のコンサル
                                    業務の委託     酬の支払         2 未払金        1
          社
                         ティング
                                         (注1)
                                         業務委託報
          スパークス・
                                    業務の委託     酬の受取         3 未収入金        1
          アセット・ト
                                         (注1)
                東京都
          ラスト&マネ           100 百万円   資産運用業     なし
                港区
                                         賃貸料の受
          ジメント株式
                                    本社事務所
                                         取        10  未収入金        3
          会社
                                    の賃貸
                                         (注1)
          スパークス・
                                         業務委託報
                                    業務の委託     酬の受取         0 未収入金        0
          AI&テクノ
                                         (注1)
          ロジーズ
                東京都
                     50 百万円   資産運用業     なし
                港区
          ・インベスト
                                         賃貸料の受
                                    本社事務所
          メント株式会
                                         取         2 未収入金        0
                                    の賃貸
                                         (注1)
          社
                                         手数料の受
                                    私募の取扱              0
                                         取          前受収益        0
                                    手数料
                                         (注1)
          スパークス・
          イノベーショ                               業務委託報
                東京都
          ン・フォー・            50 百万円   資産運用業     なし     業務の委託     酬の受取         0 未収入金        0
                港区
          フューチャー                               (注1)
          株式会社
                                         賃貸料の受
                                    本社事務所
                                         取         2 未収入金        1
                                    の賃貸
                                         (注1)
     同一の親
                                         手数料の受
     会社をも
                                    販売会社     取         8 未収収益        2
     つ会社
                                         (注1)
                                    海外籍ファ
          SPARX
                                         運用報酬等
                バミュー      1,926  千            ンドの運
          Overseas                資産運用業     なし          の受取        92  未払金        4
                ダ諸島      米ドル              用・管理の
                                         (注1)
          Ltd.
                                    委託
                                         業務委託報
                                    業務の委託     酬の受取         4 未収入金        1
                                         (注1)
                                    海外籍ファ
                                         運用報酬等
                                    ンドの運               未収投資
          SPARX   Asset
                                         の受取         1         0
                                    用・管理の               顧問料
                                         (注1)
          Management
                韓国     4,230  百万
                                    委託
                         資産運用業     なし
                ソウル     韓国ウォン
          Korea   Co.,
                                         業務委託報
          Ltd.
                                    業務の委託     酬の支払        46  未払金        74
                                         (注1)
          SPARX
                                         アドバイザ
                米国
                      1,000  千  投資アドバ          アドバイザ     リー報酬の
          Capital
                カリフォ               なし                  148  未払金        -
                      米ドル   イザリー業          リー契約     支払
          Investments,
                ルニア州
                                         (注1)
          Inc.
                                         運用助言報
                                    運用の委託     酬の支払        40  未払金        10
                                         (注1)
          SPARX   Asia
                                         業務委託報
                中国香港
          Investment
                      3,100  千            業務の委託     酬の支払        135  未払金        36
                特別行政          資産運用業     なし
                     香港ドル                    (注1)
          Advisors
                区
          Limited                          海外籍ファ
                                         運用報酬等
                                    ンドの運               未収投資
                                         の受取         3         1
                                    用・管理の               顧問料
                                         (注1)
                                    委託
    取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注1) 市場価格を勘案し一般的な取引条件と同様に決定しております。
                                101/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (注2) 上記の表のうち、日本国内の会社については期末残高に消費税を含めており、取引金額に消費税等を含めており
          ません。また、日本国外の会社については期末残高及び取引金額に消費税等を含めておりません。
      2 親会社に関する注記

        親会社情報
         スパークス・グループ株式会社(株式会社東京証券取引所市場第一部に上場)
      当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

      1 関連当事者との取引
       (1)財務諸表提出会社の親会社
                              議決権等の
                   資本金又は                          取引金額          期末残高
          会社等の名                    所有(被所     関連当事者
      種類         所在地    出資金     事業の内容                取引の内容     (百万円)      科目    (百万円)
          称                    有)割合     との関係
                   (百万円)                          (注2)          (注2)
                               (%)
                                        業務委託報
                                        酬の支払        440  未払金        124
                                        (注1)
                                        運用報酬等
                                                  未収投資
                                        の受取       2,205           536
                                                  顧問料
                                        (注1)
          スパーク                               配当金の支
               東京都          純粋持株会     (被所有)     グループ管            3,300   -        -
     親会社     ス・グルー            8,587                   払
               港区          社     直接 100     理会社
          プ株式会社
                                        連結納税に
                                        よる個別帰       1,382   未払金       1,382
                                        属額
                                        私募の取扱
                                        手数料の受
                                                 0 前受収益         7
                                        領
                                        (注1)
    取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注1) 市場価格を勘案し一般的な取引条件と同様に決定しております。
     (注2) 上記の表における期末残高には消費税等を含めており、取引金額には消費税等を含めておりません。
                                102/115











                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (2)財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社
                               議決権等の
                                              取引金額         期末残高
                    資本金又は          所有(被所     関連当事者
      種類    会社等の名称       所在地         事業の内容                取引の内容     (百万円)      科目   (百万円)
                    出資金          有)割合     との関係
                                              (注2)         (注2)
                               (%)
                                         賃貸料の受
                         再生可能エ
                                    本社事務所
          スパークス・
                                         取        10  未収入金        2
                         ネルギーに
                                    の賃貸
          グリーンエナ
                                         (注1)
                東京都          おける発電
          ジー&テクノ            25 百万円         なし
                港区          事業及びそ
                                         業務委託報
          ロジー株式会
                         のコンサル
                                    業務の委託     酬の支払         2 未払金        1
          社
                         ティング
                                         (注1)
                                         業務委託報
          スパークス・
                                    業務の委託     酬の受取         6 未収入金        1
          アセット・ト
                                         (注1)
                東京都
          ラスト&マネ           100 百万円   資産運用業     なし
                港区
                                         賃貸料の受
          ジメント株式
                                    本社事務所
                                         取         9 未収入金        2
          会社
                                    の賃貸
                                         (注1)
                                         業務委託報
          スパークス・
                                    業務の委託     酬の受取         0 未収入金        0
          AI&テクノ
                                         (注1)
                東京都
          ロジーズ・イ            50 百万円   資産運用業     なし
                港区
                                         賃貸料の受
          ンベストメン
                                    本社事務所
                                         取         2 未収入金        0
          ト株式会社
                                    の賃貸
                                         (注1)
                                         手数料の受
                                    私募の取扱
                                         取         0 前受収益        6
                                    手数料
                                         (注1)
          スパークス・
          イノベーショ                               業務受託報
                東京都
          ン・フォー・            50 百万円   資産運用業     なし     業務の受託     酬の受取         0 未収入金        0
                港区
     同一の親
          フューチャー                               (注1)
     会社をも
          株式会社
                                         賃貸料の受
     つ会社
                                    本社事務所
                                         取         2 未収入金        0
                                    の賃貸
                                         (注1)
                                         手数料の受
                                    販売会社     取         9 未収収益        2
                                         (注1)
                                    海外籍ファ
          SPARX
                                         運用報酬等
                バミュー      1,926  千            ンドの運
          Overseas                資産運用業     なし          の受取        166  未収入金        5
                ダ諸島      米ドル              用・管理の
                                         (注1)
          Ltd.
                                    委託
                                         業務委託報
                                    業務の委託     酬の受取         4 未収入金        1
                                         (注1)
                                    海外籍ファ
                                         運用報酬等
                                    ンドの運               未収投資
          SPARX   Asset
                                         の受取         0         0
                                    用・管理の               顧問料
          Management                               (注1)
                韓国     4,230  百万
                                    委託
                         資産運用業     なし
                ソウル     韓国ウォン
          Korea   Co.,
                                         業務委託報
          Ltd.
                                    業務の委託     酬の支払        349  未払金        82
                                         (注1)
          SPARX
                                         アドバイザ
                米国
                      1,000  千  投資アドバ          アドバイザ     リー報酬の
          Capital
                カリフォ               なし                  186  未払金        -
                      米ドル   イザリー業          リー契約     支払
          Investments,
                ルニア州
                                         (注1)
          Inc.
                                103/115






                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                               議決権等の
                                              取引金額         期末残高
                    資本金又は          所有(被所     関連当事者
      種類    会社等の名称       所在地         事業の内容                取引の内容     (百万円)      科目   (百万円)
                    出資金          有)割合     との関係
                                              (注2)         (注2)
                               (%)
                                         運用助言報
                                    運用の委託     酬の支払        148  未払金        62
                                         (注1)
          SPARX   Asia
                                         業務委託報
     同一の親           中国香港
          Investment
                      3,100  千            業務の委託     酬の支払        107  未払金        4
     会社をも           特別行政          資産運用業     なし
                     香港ドル                    (注1)
          Advisors
     つ会社           区
                                    海外籍ファ
          Limited
                                         運用報酬等
                                    ンドの運               未収投資
                                         の受取         6         3
                                    用・管理の               顧問料
                                         (注1)
                                    委託
    取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注1) 市場価格を勘案し一般的な取引条件と同様に決定しております。
     (注2) 上記の表のうち、日本国内の会社については期末残高に消費税を含めており、取引金額に消費税等を含めており
          ません。また、日本国外の会社については期末残高及び取引金額に消費税等を含めておりません。
      2 親会社に関する注記

        親会社情報
         スパークス・グループ株式会社(株式会社東京証券取引所プライム市場に上場)
                                104/115














                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1株当たり情報)
                前事業年度                            当事業年度
             (自 2020年4月1日                            (自 2021年4月1日
              至 2021年3月31日)                            至 2022年3月31日)
     1株当たり純資産額                   173,635円19銭         1株当たり純資産額                   183,840円71銭

     1株当たり当期純利益金額                   69,838円86銭        1株当たり当期純利益金額                   76,205円52銭

      なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につい                             なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につい

     ては、潜在株式が存在しないため記載しておりません。                            ては、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     (注)1.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前事業年度末                当事業年度末
               項目
                              (2021年3月31日)                (2022年3月31日)
     純資産の部の合計額(百万円)                                8,681                9,192

     純資産の部の合計額から控除する金額
                                      -                -
     (百万円)
     普通株式に係る期末純資産額(百万円)                                8,681                9,192
     1株当たり純資産額の算定に用いられた普通株
                                    50,000                50,000
     式の数(株)
     (注)2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前事業年度                当事業年度
               項目               (自 2020年4月1日                (自 2021年4月1日
                              至 2021年3月31日)                至 2022年3月31日)
     当期純利益(百万円)                                3,491                3,810

     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                 -                -

     普通株式に係る当期純利益(百万円)                                3,491                3,810

     普通株式の期中平均株式数(株)                               50,000                50,000

                                105/115











                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (重要な後発事象)
      当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
       該当事項はありません。
                                106/115




















                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【利害関係人との取引制限】
      委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為
     が禁じられています。
      ①   自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投
       資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがない
       ものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
      ②   運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、若しく
       は取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定め
       るものを除きます。)。
      ③   通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人
       等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な
       関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。下記④および下記⑤
       において同じ。)又は子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当
       該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をい
       います。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引又は店頭デリバティブ取引を行うこと。
      ④   委託会社の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運用
       財産の額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
      ⑤ 上記③および上記④に掲げるもののほか、委託会社の親法人等又は子法人等が関与する行為であっ
       て、投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれ
       のあるものとして内閣府令で定めるもの。
    5【その他】

    (1)定款の変更等
       定款の変更に関しては、株主総会において株主の決議が必要となります。
    (2)訴訟事件その他の重要事項
       委託会社および当ファンドに重要な影響を与えると予想される訴訟事件等はありません。
                                107/115










                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】
    1【名称、資本金の額及び事業の内容】
      ① 受託会社
        名   称  三井住友信託銀行株式会社
        資本金の額  342,037百万円(2022年3月末日現在)
        事業  の内容  銀行法に基づき銀行業を営むとともに金融機関の信託業務の兼営等に関する法律(兼
                 営法)に基づき、信託業を営んでいます。
        <再信託受託会社の概要>
        名   称          株式会社日本カストディ銀行
        資本金の額          51,000    百万円(2022年3月末日現在)
        事業の内容  銀行法に基づき銀行業を営むとともに金融機関の信託業務の兼営等に関する法律(兼
                営法)に基づき、信託業を営んでいます。
        再信託の目的 原信託契約にかかる信託事務の一部(信託財産の管理)を原信託受託会社から再信託
                受託会社(      株式会社日本カストディ銀行                )へ委託するため、原信託財産のすべてを再
                信託受託会社へ移管することを目的とします。
      ②   販売  会社
                           資本金の額
             名称                                事業の内容
                        (2022   年3月末日      現在)
                                      金融商品取引法に基づき、第一種金
       大和証券株式会社                       100,000    百万円
                                      融商品取引業を営んでいます。
    2【関係業務の概要】

      ① 受託会社:ファンドの受託会社として信託財産に属する有価証券等の管理・計算事務を行います。な
              お、信託事務の一部を            株式会社日本カストディ銀行                に委託します。
      ② 販売会社:受益権の募集・販売の取扱い、一部解約に関する事務および一部解約金、分配金、償還金
              の支払いに関する業務等を行います。
    3【資本関係】
      ① 受託会社:該当事項はありません。
      ②   販売会社:      該当事項はありません。
                                108/115









                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【その他】
     (1)目論見書の別称として「投資信託説明書(交付目論見書)」または「投資信託説明書(請求目論見
       書)」という名称を用いることがあります。
     (2)目論見書の表紙から本文の前までの記載等について
      ① 金融商品取引法(昭和23年法律第25号)第13条の規定に基づく目論見書である旨を記載することがあ
       ります。
      ② 委託会社等の情報、受託会社に関する情報を記載することがあります。
      ③ 詳細な情報の入手方法として、以下の事項を記載することがあります。
       ・委託会社のホームページアドレス、電話番号及び受付時間等
       ・請求目論見書の入手方法及び投資信託約款が請求目論見書に掲載されている旨
      ④ 使用開始日を記載することがあります。
      ⑤ 届出の効力に関する事項について、次に掲げるいずれかの内容を記載することがあります。
       ・届出をした日及び当該届出の効力の発生の有無を確認する方法
       ・届出をした日、届出が効力を生じている旨及び効力発生日
      ⑥ 次の事項を記載することがあります。
       ・投資信託の財産は受託会社において信託法に基づき分別管理されている旨
       ・請求目論見書は投資者の請求により販売会社から交付される旨及び当該請求を行った場合にはその旨
         の記録をしておくべきである旨
       ・「ご購入に際しては、本書の内容を十分にお読みください。」との趣旨を示す記載
      ⑦ 委託会社及び当ファンドのロゴ・マーク、サブタイトル等を記載することがあります。
      ⑧ ファンドの形態等を記載することがあります。
      ⑨ 図案を採用することがあります。
     (3)当ファンドは、評価機関等の評価を取得、使用する場合があります。
     (4)交付目論見書に最新の運用実績を記載することがあります。
     (5)請求目論見書に当ファンドの投資信託約款の全文を記載します。
                                109/115











                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                    独  立  監  査  人  の  監  査  報  告  書

                                                2022年6月20日

     スパークス・アセット・マネジメント株式会社

      取   締  役  会 御    中
                      EY  新日本     有限責任監査法人

                       東     京    事    務    所
                       指定有限責任社員

                                    公認会計士          岩 部 俊 夫
                       業務執行社員
                       指定有限責任社員

                                    公認会計士          市 川 克 也
                       業務執行社員
     監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委
     託会社等の経理状況」に掲げられているスパークス・アセット・マネジメント株式会社の2021
     年4月1日から2022年3月31日までの第16期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
     表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行っ
     た。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
     に準拠して、スパークス・アセット・マネジメント株式会社の2022年3月31日現在の財政状
     態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適正に表示している
     ものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行っ
     た。監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載され
     ている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、
     また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎とな
     る十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     その他の記載内容

      その他の記載内容は、監査した財務諸表を含む開示書類に含まれる情報のうち、財務諸表及びその監
     査報告書以外の情報である。
      当監査法人は、その他の記載内容が存在しないと判断したため、その他の記載内容に対するいかなる
     作業も実施していない。
     財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸
     表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務
     諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含
     まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適
     切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づい
     て継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視すること
     にある。
     財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬によ
     る重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場か
     ら財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性
     があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれ
     る場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じ
     て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスク
      に対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さら
      に、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
                                110/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査
      人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連
      する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上
      の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手し
      た監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重
      要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認め
      られる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確
      実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明
      することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいて
      いるが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
      に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、
      並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内

     部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事
     項について報告を行う。
      監査人は、監査役に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守した
     こと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は
     軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係
     はない。
                                                        以  上
     (注)1.上記の監査報告書の原本は当社が別途保管しております。

        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                111/115












                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                    独  立  監  査  人  の  監  査  報  告  書

                                              2022年10月14日

     スパークス・アセット・マネジメント株式会社

      取 締 役 会  御 中

                      EY  新日本     有限責任監査法人

                      東 京 事 務 所

                      指定有限責任社員

                                   公認会計士         市 川  克 也 
                      業  務  執  行  社  員
     監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、
     「ファンドの経理状況」に掲げられているスパークス・ベスト・ピック・ファンドⅡ(日本・アジ
     ア)マーケットヘッジありの2022年3月1日から2022年8月29日までの計算期間の財務
     諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並びに附属明細表について監査を
     行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
     に準拠して、スパークス・ベスト・ピック・ファンドⅡ(日本・アジア)マーケットヘッジありの
     2022年8月29日現在の信託財産の状態及び同日をもって終了する計算期間の損益の状況を、
     全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行っ
     た。監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載され
     ている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、スパークス・アセット・
     マネジメント株式会社及びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責
     任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判
     断している。
     その他の記載内容

      その他の記載内容は、有価証券報告書及び有価証券届出書(訂正有価証券届出書を含む。)に含
     まれる情報のうち、財務諸表及びその監査報告書以外の情報である。経営者の責任は、その他の記
     載内容を作成し開示することにある。
      当監査法人の財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査
     法人はその他の記載内容に対して意見を表明するものではない。
      財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、
     その他の記載内容と財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるか
     どうか検討すること、また、そのような重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候が
     あるかどうか注意を払うことにある。
      当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合に
     は、その事実を報告することが求められている。
      その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸
     表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務
     諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含
     まれる。
                                112/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適
     切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づい
     て継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬によ
     る重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場か
     ら財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性
     があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれ
     る場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じ
     て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスク
      に対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さら
      に、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
     ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査
      人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連
      する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上
      の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手し
      た監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重
      要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認め
      られる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確
      実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明
      することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいて
      いるが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
      に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、
      並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内
     部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事
     項について報告を行う。
     利害関係

      スパークス・アセット・マネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との
     間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
     (注)1.上記の監査報告書の原本は当社が別途保管しております。

        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                113/115







                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                    独  立  監  査  人  の  監  査  報  告  書

                                              2022年10月14日

     スパークス・アセット・マネジメント株式会社

      取 締 役 会  御 中

                      EY  新日本     有限責任監査法人

                      東 京 事 務 所

                      指定有限責任社員

                                   公認会計士         市 川  克 也 
                      業  務  執  行  社  員
     監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、
     「ファンドの経理状況」に掲げられているスパークス・ベスト・ピック・ファンドⅡ(日本・アジ
     ア)マーケットヘッジなしの2022年3月1日から2022年8月29日までの計算期間の財務
     諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並びに附属明細表について監査を
     行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
     に準拠して、スパークス・ベスト・ピック・ファンドⅡ(日本・アジア)マーケットヘッジなしの
     2022年8月29日現在の信託財産の状態及び同日をもって終了する計算期間の損益の状況を、
     全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行っ
     た。監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載され
     ている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、スパークス・アセット・
     マネジメント株式会社及びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責
     任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判
     断している。
     その他の記載内容

      その他の記載内容は、有価証券報告書及び有価証券届出書(訂正有価証券届出書を含む。)に含
     まれる情報のうち、財務諸表及びその監査報告書以外の情報である。経営者の責任は、その他の記
     載内容を作成し開示することにある。
      当監査法人の財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査
     法人はその他の記載内容に対して意見を表明するものではない。
      財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、
     その他の記載内容と財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるか
     どうか検討すること、また、そのような重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候が
     あるかどうか注意を払うことにある。
      当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合に
     は、その事実を報告することが求められている。
      その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸
     表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務
     諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含
     まれる。
                                114/115


                                                          EDINET提出書類
                                           スパークス・アセット・マネジメント株式会社(E11161)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適
     切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づい
     て継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬によ
     る重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場か
     ら財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性
     があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれ
     る場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じ
     て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスク
      に対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さら
      に、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
     ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査
      人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連
      する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上
      の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手し
      た監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重
      要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認め
      られる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確
      実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明
      することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいて
      いるが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
      に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、
      並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内
     部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事
     項について報告を行う。
     利害関係

      スパークス・アセット・マネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との
     間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
     (注)1.上記の監査報告書の原本は当社が別途保管しております。

        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                115/115







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。