三菱UFJ 国内リートインデックスファンド 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 三菱UFJ 国内リートインデックスファンド
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      有価証券届出書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      2022年9月16日       提出
      【発行者名】                      三菱UFJ国際投信株式会社
      【代表者の役職氏名】                      取締役社長      横川 直
      【本店の所在の場所】                      東京都千代田区有楽町一丁目12番1号
      【事務連絡者氏名】                      伊藤 晃
      【電話番号】                      03-6250-4740
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      三菱UFJ 国内リートインデックスファンド
      信託受益証券に係るファンドの名称】
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      (1)当初自己設定額
      信託受益証券の金額】
                            100万円を上限とします。
                           (2)継続申込額
                            1兆円を上限とします。
      【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                 1/58














                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】

    (1)【ファンドの名称】

       三菱UFJ       国内リートインデックスファンド(「ファンド」といいます。)
    (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

       追加型証券投資信託の受益権です。

       信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付または信用格付業者から提供さ
       れ、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
       ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(「社振法」といいます。)の規定の適
       用を受け、受益権の帰属は、後記の「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関および当
       該振替機関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関
       を含め、「振替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まり
       ます(振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいま
       す。)。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
    (3)【発行(売出)価額の総額】

       ①当初自己設定:100万円を上限とします。
       ②継続募集期間:1兆円を上限とします。
    (4)【発行(売出)価格】

       ①当初自己設定
       1口当たり1円
       ②継続募集期間
       取得申込受付日の基準価額とします。
       基準価額は、販売会社にてご確認いただけます。
       なお、下記においてもご照会いただけます。
        三菱UFJ国際投信株式会社
        お客様専用フリーダイヤル 0120-151034(受付時間:営業日の9:00~17:00)
        ホームページアドレス https://www.am.mufg.jp/
       (注)基準価額とは、信託財産の純資産総額を計算日における受益権総口数で除して得た額をいいます。
          なお、便宜上1万口当たりに換算した価額で表示することがあります。
    (5)【申込手数料】

       申込価額(発行価格)×2.2%(税抜                     2.0%)を上限として販売会社が定める手数料率
       申込手数料は販売会社にご確認ください。
       申込みには分配金受取コース(一般コース)と分配金再投資コース(累積投資コース)があり、
       分配金再投資コース(累積投資コース)の場合、再投資される収益分配金については、申込手数
       料はかかりません。
    (6)【申込単位】

       販売会社が定める単位
       申込単位は販売会社にご確認ください。
    (7)【申込期間】

       ①当初自己設定
       2022年10月       3日
                                 2/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ②継続募集期間
       2022年10月       3日から2023年12月26日まで
       ※申込期間は、前記期間終了前に有価証券届出書を提出することによって更新される予定です。
    (8)【申込取扱場所】

       販売会社において申込みの取扱いを行います。
       販売会社は、下記にてご確認いただけます。
        三菱UFJ国際投信株式会社
        お客様専用フリーダイヤル 0120-151034(受付時間:営業日の9:00~17:00)
    (9)【払込期日】

       取得申込者は、申込金額および申込手数料(税込)を販売会社が定める日までに支払うものと
       します。
       各取得申込日の発行価額の総額は、追加信託が行われる日(当初自己設定に係る発行価額の総
       額については設定日)に委託会社の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口
       座に払い込まれます。
    (10)【払込取扱場所】

       申込みを受け付けた販売会社です。
    (11)【振替機関に関する事項】

       株式会社証券保管振替機構

    (12)【その他】

       該当事項はありません。
                                 3/58










                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】

    (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

       当ファンドは、東証REIT指数(配当込み)に連動する投資成果をめざして運用を行います。
       信託金の限度額は、1,000億円です。
       *委託会社は、受託会社と合意のうえ、信託金の限度額を変更することができます。
       当ファンドは、一般社団法人投資信託協会が定める商品の分類方法において、以下の商品分類お
       よび属性区分に該当します。
       商品分類表

        単位型・追加型           投資対象地域           投資対象資産            独立区分           補足分類
                              (収益の源泉)
                                 株式
                      国内                      MMF
          単位型                       債券                   インデックス型
                      海外         不動産投信            MRF

          追加型                     その他資産                       特殊型

                      内外         (   )            ETF          (   )
                                資産複合

       属性区分表

         投資対象資産          決算頻度      投資対象地域         投資形態        為替       対象        特殊型
                                        ヘッジ     インデックス
       株式            年1回      グローバル        ファミリー        あり     日経225        ブル・ベア型
        一般          年2回        日本       ファンド       (   )
        大型株          年4回        北米                    TOPIX        条件付運用型
        中小型株          年6回        欧州      ファンド・        なし
        債券          (隔月)        アジア        オブ・              その他        ロング・
       一般            年12回      オセアニア        ファンズ            (東証REI         ショート型/
                                              T指数(配当
                                               込み))
        公債          (毎月)        中南米                              絶対収益
        社債           日々      アフリカ                               追求型
        その他債券          その他       中近東
        クレジット          (   )       (中東)                               その他
        属性                エマージング                               (   )
        (   )
        不動産投信
       その他資産
       (投資信託証券
       (不動産投信))
       資産複合
       (   )
       ※当ファンドが該当する商品分類・属性区分を網掛け表示しています。商品分類および属性区分の内容に

        ついては、一般社団法人投資信託協会のホームページ(https://www.toushin.or.jp/)でご覧いただけ
        ます。
                                 4/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ※ファミリーファンド、ファンド・オブ・ファンズに該当する場合、投資信託証券を通じて投資収益の源
        泉となる資産に投資しますので商品分類表と属性区分表の投資対象資産は異なります。
       ※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載していま
        す。
       商品分類の定義

       単位型・      単位型              当初、募集された資金が一つの単位として信託され、その後の
       追加型                    追加設定は一切行われないファンドをいいます。
             追加型              一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従
                           来の信託財産とともに運用されるファンドをいいます。
       投資対象      国内              信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に
       地域                    国内の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
             海外              信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に
                           海外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
             内外              信託約款において、国内および海外の資産による投資収益を実
                           質的に源泉とする旨の記載があるものをいいます。
       投資対象      株式              信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に
       資産                    株式を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
             債券              信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に
                           債券を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
             不動産投信(リート)              信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に
                           不動産投資信託の受益証券および不動産投資法人の投資証券を
                           源泉とする旨の記載があるものをいいます。
             その他資産              信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に
                           株式、債券および不動産投信以外の資産を源泉とする旨の記載
                           があるものをいいます。
             資産複合              信託約款において、株式、債券、不動産投信およびその他資産
                           のうち複数の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記
                           載があるものをいいます。
       独立区分      MMF(マネー・マ              一般社団法人投資信託協会が定める「MMF等の運営に関する
             ネージメント・ファン              規則」に規定するMMFをいいます。
             ド)
             MRF(マネー・リ              一般社団法人投資信託協会が定める「MMF等の運営に関する
             ザーブ・ファンド)              規則」に規定するMRFをいいます。
             ETF              投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令480
                           号)第12条第1号および第2号に規定する証券投資信託ならび
                           に租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第9条の4の2に規
                           定する上場証券投資信託をいいます。
       補足分類      インデックス型              信託約款において、各種指数に連動する運用成果を目指す旨ま
                           たはそれに準じる記載があるものをいいます。
             特殊型              信託約款において、投資家(受益者)に対して注意を喚起する
                           ことが必要と思われる特殊な仕組みあるいは運用手法の記載が
                           あるものをいいます。
       ※上記定義は一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」を基に委託会社が作成したも
        のです。
       属性区分の定義

       投資対象       株式     一般       次の大型株、中小型株属性にあてはまらない全てのものをいい
       資産                   ます。
                   大型株       信託約款において、主として大型株に投資する旨の記載がある
                          ものをいいます。
                   中小型株       信託約款において、主として中小型株に投資する旨の記載があ
                          るものをいいます。
              債券     一般       次の公債、社債、その他債券属性にあてはまらない全てのもの
                          をいいます。
                                 5/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                   公債       信託約款において、日本国または各国の政府の発行する国債
                          (地方債、政府保証債、政府機関債、国際機関債を含みます。
                          以下同じ。)に主として投資する旨の記載があるものをいいま
                          す。
                   社債       信託約款において、企業等が発行する社債に主として投資する
                          旨の記載があるものをいいます。
                   その他債券       信託約款において、公債または社債以外の債券に主として投資
                          する旨の記載があるものをいいます。
                   クレジット       目論見書または信託約款において、信用力が高い債券に選別し
                   属性       て投資する、あるいは投資適格債(BBB格相当以上)を投資
                          対象の範囲とする旨の記載があるものについて高格付債、ハイ
                          イールド債等(BB格相当以下)を主要投資対象とする旨の記
                          載があるものについて低格付債を債券の属性として併記しま
                          す。
              不動産投信            信託約款において、主として不動産投信に投資する旨の記載が
                          あるものをいいます。
              その他資産            信託約款において、主として株式、債券および不動産投信以外
                          に投資する旨の記載があるものをいいます。
              資産複合            信託約款において、複数資産を投資対象とする旨の記載がある
                          ものをいいます。
       決算頻度       年1回            信託約款において、年1回決算する旨の記載があるものをいい
                          ます。
              年2回            信託約款において、年2回決算する旨の記載があるものをいい
                          ます。
              年4回            信託約款において、年4回決算する旨の記載があるものをいい
                          ます。
              年6回(隔月)            信託約款において、年6回決算する旨の記載があるものをいい
                          ます。
              年12回(毎月)            信託約款において、年12回(毎月)決算する旨の記載があるも
                          のをいいます。
              日々            信託約款において、日々決算する旨の記載があるものをいいま
                          す。
              その他            上記属性にあてはまらない全てのものをいいます。
       投資対象       グローバル            信託約款において、組入資産による投資収益が世界の資産を源
       地域                   泉とする旨の記載があるものをいいます。
              日本            信託約款において、組入資産による投資収益が日本の資産を源
                          泉とする旨の記載があるものをいいます。
              北米            信託約款において、組入資産による投資収益が北米地域の資産
                          を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
              欧州            信託約款において、組入資産による投資収益が欧州地域の資産
                          を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
              アジア            信託約款において、組入資産による投資収益が日本を除くアジ
                          ア地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
              オセアニア            信託約款において、組入資産による投資収益がオセアニア地域
                          の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
              中南米            信託約款において、組入資産による投資収益が中南米地域の資
                          産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
              アフリカ            信託約款において、組入資産による投資収益がアフリカ地域の
                          資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
              中近東(中東)            信託約款において、組入資産による投資収益が中近東地域の資
                          産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
              エマージング            信託約款において、組入資産による投資収益がエマージング地
                          域(新興成長国(地域))の資産(一部組み入れている場合等
                          を除きます。)を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
       投資形態       ファミリーファンド            信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・ファンズに
                          のみ投資されるものを除きます。)を投資対象として投資する
                          ものをいいます。
                                 6/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
              ファンド・オブ・            一般社団法人投資信託協会が定める「投資信託等の運用に関す
              ファンズ            る規則」第2条に規定するファンド・オブ・ファンズをいいま
                          す。
       為替ヘッジ       あり            信託約款において、為替のフルヘッジまたは一部の資産に為替
                          のヘッジを行う旨の記載があるものをいいます。
              なし            信託約款において、為替のヘッジを行わない旨の記載があるも
                          のまたは為替のヘッジを行う旨の記載がないものをいいます。
       対象イン       日経225            信託約款において、日経225に連動する運用成果を目指す旨
       デックス                   またはそれに準じる記載があるものをいいます。
              TOPIX            信託約款において、TOPIXに連動する運用成果を目指す旨
                          またはそれに準じる記載があるものをいいます。
              その他            信託約款において、上記以外の指数に連動する運用成果を目指
                          す旨またはそれに準じる記載があるものをいいます。
       特殊型       ブル・ベア型            信託約款において、派生商品をヘッジ目的以外に用い、積極的
                          に投資を行うとともに各種指数・資産等への連動もしくは逆連
                          動(一定倍の連動もしくは逆連動を含みます。)を目指す旨の
                          記載があるものをいいます。
              条件付運用型            信託約款において、仕組債への投資またはその他特殊な仕組み
                          を用いることにより、目標とする投資成果(基準価額、償還価
                          額、収益分配金等)や信託終了日等が、明示的な指標等の値に
                          より定められる一定の条件によって決定される旨の記載がある
                          ものをいいます。
              ロング・ショート            信託約款において、ロング・ショート戦略により収益の追求を
              型/絶対収益追求型            目指す旨もしくは特定の市場に左右されにくい収益の追求を目
                          指す旨の記載があるものをいいます。
              その他            信託約款において、上記特殊型に掲げる属性のいずれにも該当
                          しない特殊な仕組みあるいは運用手法の記載があるものをいい
                          ます。
       ※上記定義は一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」を基に委託会社が作成したも
        のです。
      [ファンドの目的・特色]

                                 7/58










                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 8/58





















                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
             市況動向および資金動向等により、上記のような運用が行えない場合があります。
















    (2)【ファンドの沿革】


        2022年10月3日             設定日、信託契約締結、運用開始(予定)
    (3)【ファンドの仕組み】

                                 9/58

                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ①委託会社およびファンドの関係法人の役割
               投資家(受益者)
            お申込金↓↑収益分配金、解約代金等
                                募集の取扱い、解約の取扱い、収益分配金・償還
                  販売会社
                                金の支払いの取扱い等を行います。
            お申込金↓↑収益分配金、解約代金等
               受託会社(受託者)
            三菱UFJ信託銀行株式会社
                                          委託会社(委託者)
          (再信託受託会社:日本マスタートラスト
                                        三菱UFJ国際投信株式会社
                   信託銀行株式会社)
                                   信託財産の運用の指図、受益権の発行等を行
          信託財産の保管・管理等を行います。
                                   います。
               投資↓↑損益
                マザーファンド
               投資↓↑損益
              不動産投資信託証券等
       ②委託会社と関係法人との契約の概要

                                               概要
         委託会社と受託会社との契約                          運用に関する事項、委託会社および受託会社とし
         「信託契約」                          ての業務に関する事項、受益者に関する事項等が
                                  定められています。
                                  なお、信託契約は、「投資信託及び投資法人に関
                                  する法律」に基づきあらかじめ監督官庁に届け出
                                  られた信託約款の内容で締結されます。
         委託会社と販売会社との契約                          販売会社の募集の取扱い、解約の取扱い、収益分
         「投資信託受益権の取扱に関する契約」                          配金・償還金の支払いの取扱いに係る事務の内容
                                  等が定められています。
       ③委託会社の概況(2022年6月末現在)

        ・金融商品取引業者登録番号
         金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第404号
        ・設立年月日
         1985年8月1日
        ・資本金
         2,000百万円
        ・沿革
         1997年5月            東京三菱投信投資顧問株式会社が証券投資信託委託業務を開始
         2004年10月            東京三菱投信投資顧問株式会社と三菱信アセットマネジメント株式会社
                     が合併、商号を三菱投信株式会社に変更
         2005年10月            三菱投信株式会社とユーエフジェイパートナーズ投信株式会社が合併、
                     商号を三菱UFJ投信株式会社に変更
         2015年7月            三菱UFJ投信株式会社と国際投信投資顧問株式会社が合併、商号を三
                     菱UFJ国際投信株式会社に変更
        ・大株主の状況
             株 主 名                    住  所               所有株式数        所有比率
        三菱UFJ信託銀行株式
                         東京都千代田区丸の内一丁目4番5号                         211,581株        100.0%
        会社
                                10/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【投資方針】

    (1)【投資方針】

       東証REIT指数マザーファンド受益証券を主要投資対象とします。なお、わが国の金融商品取
       引所に上場している(上場予定を含みます。)不動産投資信託証券(一般社団法人投資信託協会
       規則に定める不動産投資信託証券をいいます。以下同じ。)に直接投資することがあります。
       東証REIT指数マザーファンド受益証券への投資を通じて、主としてわが国の金融商品取引所
       に上場している(上場予定を含みます。)不動産投資信託証券に投資を行います。
       マザーファンド受益証券の組入比率は高位を維持することを基本とします。
       対象インデックスとの連動を維持するため、先物取引等を利用し不動産投資信託証券の実質投資
       比率が100%を超える場合があります。
       市況動向および資金動向等により、上記のような運用が行えない場合があります。
    (2)【投資対象】

       ①投資の対象とする資産の種類
        この信託において投資の対象とする資産(本邦通貨表示のものに限ります。)の種類は、次に
        掲げるものとします。
        1.次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1
           項で定めるものをいいます。以下同じ。)
         イ.有価証券
         ロ.デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、信
            託約款に定める次のものに限ります。)
           a.有価証券先物取引等
           b.スワップ取引
         ハ.約束手形
         ニ.金銭債権
        2.次に掲げる特定資産以外の資産
         イ.為替手形
       ②有価証券の指図範囲
        この信託において投資の対象とする有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価
        証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)は、三菱UFJ国際投信株式会社を委
        託会社とし、三菱UFJ信託銀行株式会社を受託会社とする東証REIT指数マザーファンド
        (「マザーファンド」または「親投資信託」といいます。)の受益証券のほか、次に掲げるも
        のとします。なお、当該有価証券は本邦通貨表示のものに限ります。
        1.株券または新株引受権証書
        2.国債証券
        3.地方債証券
        4.特別の法律により法人の発行する債券
        5.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新
           株引受権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
        6.資産の流動化に係る特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいい
           ます。)
        7.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6
           号で定めるものをいいます。)
        8.協同組織金融機関に係る優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるもの
           をいいます。)
        9.資産の流動化に係る優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品取引
           法第2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
        10.資産の流動化に係る特定目的信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第13号で定め
           るものをいいます。)
        11.コマーシャル・ペーパー
        12.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)
                                11/58

                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           および新株予約権証券
        13.外国または外国の者の発行する証券または証書で、1.から12.の証券または証書の性質
           を有するもの
        14.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるも
           のをいいます。)
        15.投資証券もしくは新投資口予約権証券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項
           第11号で定めるものをいいます。16.において同じ。)で16.で定めるもの以外のもの
        16.投資法人債券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。以下16.に
           おいて同じ。)または外国投資証券で投資法人債券に類する証券
        17.外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいま
           す。)
        18.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるもの
           をいい、有価証券に係るものに限ります。)
        19.預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
        20.外国法人が発行する譲渡性預金証書
        21.受益証券発行信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定めるものをいいま
           す。)
        22.外国の者に対する権利で21.の有価証券の性質を有するもの
        23.抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
        なお、1.の証券または証書ならびに13.および19.の証券または証書のうち1.の証券また
        は証書の性質を有するものを以下「株式」といい、2.から6.までの証券ならびに16.の証
        券ならびに13.および19.の証券または証書のうち2.から6.までの証券の性質を有するも
        のを以下「公社債」といい、14.および15.の証券を以下「投資信託証券」といいます。
       ③金融商品の指図範囲
        この信託において投資の対象とする金融商品(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価
        証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)は、次に掲げるものとします。
        1.預金
        2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託を除きま
           す。)
        3.コール・ローン
        4.手形割引市場において売買される手形
        5.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
        6.外国の者に対する権利で5.の権利の性質を有するもの
      <東証REIT指数マザーファンドの概要>

      (基本方針)
       この投資信託は、東証REIT指数(配当込み)と連動する投資成果をめざして運用を行いま
       す。
      (運用方法)
       ①投資対象
        東証REIT指数(配当込み)に採用されている不動産投資信託証券(一般社団法人投資信託
        協会規則に定める不動産投資信託証券をいいます。以下同じ。)を主要投資対象とします。
       ②投資態度
        主として対象インデックスに採用されている不動産投資信託証券に投資を行い、信託財産の1
        口当たりの純資産額の変動率を対象インデックスの変動率に一致させることを目的とした運用
        を行います。
        原則として、不動産投資信託証券の組入比率は高位を維持します。
        対象インデックスとの連動を維持するため、不動産投信指数先物取引を利用し不動産投資信託
        証券の実質投資比率が100%を超える場合があります。
        市況動向および資金動向等により、上記のような運用が行えない場合があります。
      (投資制限)
       ①株式への投資は行いません。
       ②投資信託証券への投資割合に制限を設けません。
       ③外貨建資産への投資は行いません。
                                12/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ④不動産投信指数先物取引を行うことができます。
       ⑤デリバティブ取引(法人税法第61条の5に定めるものをいいます。)は、価格変動リスクおよ
        び金利変動リスクを回避する目的ならびに投資対象資産を保有した場合と同様の損益を実現す
        る目的以外には利用しません。
    (3)【運用体制】

       ①投資環境見通しの策定











        投資環境会議において、国内外の経済・金融情報および各国証券市場等の調査・分析に基づい
        た投資環境見通しを策定します。
       ②運用戦略の決定
        運用戦略委員会において、①で策定された投資環境見通しに沿って運用戦略を決定します。
       ③運用計画の決定
        ②で決定された運用戦略に基づいて、各運用部はファンド毎の運用計画を決定します。
       ④ポートフォリオの構築
        各運用部の担当ファンドマネジャーは、運用部から独立したトレーディング部に売買実行の指
        示をします。トレーディング部は、事前のチェックを行ったうえで、最良執行をめざして売買
        の執行を行います。
       ⑤投資行動のモニタリング1
        運用部門は、投資行動がファンドコンセプトおよびファンド毎に定めた運用計画に沿っている
        かどうかの自律的なチェックを行い、逸脱がある場合は速やかな是正を指示します。
       ⑥投資行動のモニタリング2
        運用部から独立した管理担当部署(40~60名程度)は、運用に関するパフォーマンス測定、リ
        スク管理および法令・信託約款などの遵守状況等のモニタリングを実施します。この結果は、
                                13/58

                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        運用管理委員会等を通じて運用部門にフィードバックされ、必要に応じて是正を指示します。
       ⑦ファンドに関係する法人等の管理
        受託会社等、ファンドの運営に関係する法人については、その業務に関する委託会社の管理担
        当部署が、体制、業務執行能力、信用力等のモニタリング・評価を実施します。この結果は、
        リスク管理委員会等を通じて委託会社の経営陣に報告され、必要に応じて是正が指示されま
        す。
       ⑧運用・管理に関する監督
        内部監査担当部署(10名程度)は、運用、管理等に関する委託会社の業務全般についてその健
        全性・適切性を担保するために、リスク管理、内部統制、ガバナンス・プロセスの適切性・有
        効性を検証・評価します。その評価結果は問題点の改善方法の提言等も含めて委託会社の経営
        陣に報告される、内部監査態勢が構築されています。
       ファンドの運用体制等は、今後変更される可能性があります。

       なお、委託会社に関する「運用担当者に係る事項」については、委託会社のホームページでご覧
       いただけます。
        「運用担当者に係る事項」 https://www.am.mufg.jp/corp/operation/fm.html
    (4)【分配方針】

       毎決算時に、原則として以下の方針に基づき分配を行います。
       ①分配対象額は、経費等控除後の配当等収益および売買益(評価益を含みます。)等の全額とし
        ます。
       ②収益分配金額は、委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。ただし、分配
        対象収益が少額の場合には分配を行わないことがあります。
       ③収益の分配にあてなかった利益については、信託約款に定める運用の基本方針に基づいて運用
        を行います。
    (5)【投資制限】

      <信託約款に定められた投資制限>
       ①外貨建資産
        外貨建資産への投資は行いません。
       ②新株引受権証券および新株予約権証券
       a.委託会社は、信託財産に属する新株引受権証券および新株予約権証券の時価総額とマザー
         ファンドの信託財産に属する新株引受権証券および新株予約権証券の時価総額のうち信託財
         産に属するとみなした額との合計額が信託財産の純資産総額の100分の20を超えることとな
         る投資の指図をしません。
       b.a.において信託財産に属するとみなした額とは、信託財産に属するマザーファンドの受益
         証券の時価総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める新株引受権証券および新
         株予約権証券の時価総額の割合を乗じて得た額とします。
       ③投資信託証券
        委託会社は、信託財産に属する投資信託証券(上場投資信託証券(金融商品取引所に上場等さ
        れ、かつ当該取引所において常時売却可能(市場急変等により一時的に流動性が低下している
        場合を除きます。)な投資信託証券をいいます。)を除きます。)の時価総額が信託財産の純
        資産総額の100分の5を超えることとなる投資の指図をしません。
       ④同一銘柄の転換社債等
        委託会社は、信託財産に属する同一銘柄の転換社債および転換社債型新株予約権付社債(信託
        約款において、新株予約権付社債のうち、会社法第236条第1項第3号の財産が当該新株予約
        権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないこ
        とをあらかじめ明確にしているものならびに会社法施行前の旧商法第341条の3第1項第7号
        および第8号の定めがあるものをいいます。)の時価総額が信託財産の純資産総額の100分の
        10を超えることとなる投資の指図をしません。
       ⑤スワップ取引
       a.委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、異なった受取金利または
         異なった受取金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引(以下「スワップ取引」と
                                14/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         いいます。)を行うことの指図をすることができます。
       b.スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間を超えない
         ものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの
         限りではありません。
       c.スワップ取引の評価は、原則として、当該取引契約の相手方が提示する価額または価格情報
         会社の提供する価額によるものとします。
       d.委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたとき
         は、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
       ⑥信用取引
       a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売り付けること
         の指図をすることができます。なお、当該売付けの決済については、株券の引渡しまたは買
         戻しにより行うことの指図をすることができます。
       b.a.の信用取引の指図は、次に掲げる有価証券の発行会社の発行する株券について行うこと
         ができるものとし、かつ次に掲げる株券数の合計数を超えないものとします。
        1.信託財産に属する株券および新株引受権証書の権利行使により取得する株券
        2.株式分割により取得する株券
        3.有償増資により取得する株券
        4.売出しにより取得する株券
        5.信託財産に属する転換社債の転換請求および新株予約権(④に規定する転換社債型新株予
           約権付社債の新株予約権に限ります。)の行使により取得可能な株券
        6.信託財産に属する新株引受権証券および新株引受権付社債券の新株引受権の行使、または
           信託財産に属する新株予約権証券および新株予約権付社債券の新株予約権(5.に定める
           ものを除きます。)の行使により取得可能な株券
       ⑦公社債の借入れ
       a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすることがで
         きます。なお、当該公社債の借入れを行うにあたり担保の提供が必要と認めたときは、担保
         の提供の指図を行うものとします。
       b.a.の指図は、当該借入れに係る公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内としま
         す。
       c.信託財産の一部解約等の事由により、b.の借入れに係る公社債の時価総額が信託財産の純
         資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する借
         り入れた公社債の一部を返還するための指図をするものとします。
       ⑧資金の借入れ
       a.委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性を図るため、一部解約に伴う支
         払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借り入れた資金の返済を含みま
         す。)を目的として、または再投資に係る収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資
         金借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当
         該借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
       b.一部解約に伴う支払資金の手当てに係る借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信
         託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開
         始日から信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約
         代金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日
         以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、解約代金および
         償還金の合計額を限度とします。
       c.収益分配金の再投資に係る借入期間は、信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌
         営業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
       ⑨投資する株式等の範囲
       a.委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、金融商
         品取引所に上場されている株式の発行会社の発行するものおよび金融商品取引所に準ずる市
         場において取引されている株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当また
         は社債権者割当により取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券についてはこの
         限りではありません。
       b.a.の規定にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券および新株予約
         権証券で目論見書等において上場または登録されることが確認できるものについては委託会
         社が投資することを指図することができます。
                                15/58

                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ⑩有価証券の貸付
       a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式、投資信託証券
         (金融商品取引所に上場されているものに限ります。以下⑩において同じ。)および公社債
         を次の範囲内で貸し付けることの指図をすることができます。
        1.株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の
           時価合計額を超えないものとします。
        2.投資信託証券の貸付は、貸付時点において、貸付投資信託証券の時価合計額が、信託財産
           で保有する投資信託証券の時価合計額を超えないものとします。
        3.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有
           する公社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
       b.a.に規定する限度額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額
         に相当する契約の一部の解約を指図するものとします。
       c.委託会社は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行うも
         のとします。
       ⑪デリバティブ取引等
        デリバティブ取引等(金融商品取引業等に関する内閣府令第130条第1項第8号に定めるデリ
        バティブ取引をいう。)については、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の
        指標に係る変動その他の理由により発生し得る危険に対応する額として、一般社団法人投資信
        託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が信託財産の純資産総額を超えないことと
        します。
       ⑫信用リスクの分散規制
        一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に係る株式等エクスポージャー、債券等エクス
        ポージャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、
        原則として、それぞれ100分の10、合計で100分の20を超えないものとし、当該比率を超えるこ
        ととなった場合には、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内となるよう調整
        を行うこととします。
      <その他法令等に定められた投資制限>
       ・同一の法人の発行する株式への投資制限
        委託会社は、同一の法人の発行する株式を、その運用の指図を行うすべての委託者指図型投資
        信託につき、投資信託財産として有する当該株式に係る議決権の総数が当該株式に係る議決権
        の総数に100分の50の率を乗じて得た数を超えることとなる場合においては、投資信託財産を
        もって取得することを受託会社に指図しないものとします。
    3【投資リスク】

    (1)投資リスク
       ファンドの基準価額は、組み入れている有価証券等の価格変動による影響を受けますが、これら
       の 運用により信託財産に生じた損益はすべて投資者のみなさまに帰属します。
       したがって、        投資者のみなさまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落によ
       り損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
       投資信託は預貯金と異なります。
       ファンドの基準価額の変動要因として、主に以下のリスクがあります。
       (主なリスクであり、以下に限定されるものではありません。)
                                16/58





                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ※留意事項






       ・ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリングオフ)
        の適用はありません。
       ・ファンドは、大量の解約が発生し短期間で解約資金を手当てする必要が生じた場合や主たる取
        引市場において市場環境が急変した場合等に、一時的に組入資産の流動性が低下し、市場実勢
        から期待できる価格で取引できないリスク、取引量が限られてしまうリスクがあります。これ
        により、基準価額にマイナスの影響を及ぼす可能性や、換金の申込みの受付けが中止となる可
        能性、換金代金のお支払が遅延する可能性があります。
       ・収益分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益の水準を示すものではありま
        せん。収益分配は、計算期間に生じた収益を超えて行われる場合があります。
        投資者の購入価額によっては、収益分配金の一部または全部が、実質的な元本の一部払戻しに
        相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上が
        りが小さかった場合も同様です。
        収益分配金の支払いは、信託財産から行われます。したがって純資産総額の減少、基準価額の
        下落要因となります。
       ・ファンドは、ファミリーファンド方式により運用を行います。そのため、ファンドが投資対象
        とするマザーファンドを共有する他のベビーファンドの追加設定・解約によってマザーファン
        ドに売買が生じた場合などには、ファンドの基準価額に影響する場合があります。
       ・ファンドは、東証REIT指数(配当込み)の動きに連動することをめざして運用を行います
        が、信託報酬、売買委託手数料等を負担すること、先物取引等と当該指数の動きが連動しない
        こと、売買約定価格と当該指数の評価価格の差が生じること、指数構成銘柄と組入銘柄の違い
        およびそれらの構成比に違いが生じること、当該指数を構成する銘柄が変更になること等の要
        因によりカイ離を生じることがあります。
       ・不動産投資信託証券および不動産投資信託証券が保有する不動産に係る法律、税制、会計など
        の制度変更が、不動産投資信託証券の価格や配当率に影響を及ぼすことがあります。不動産投
        資信託証券の投資口数が増加する場合、1口当たりの不動産投資信託証券の収益性が低下する
        ことがあります。
       ・対象指数との連動性を保つために特定の銘柄に集中投資することがあります。そのため、当該
        銘柄の影響を大きく受ける場合があります。
    (2)投資リスクに対する管理体制

       委託会社では、ファンドのコンセプトに沿ったリスクの範囲内で運用を行うとともに運用部から
       独立した管理担当部署によりリスク運営状況のモニタリング等のリスク管理を行い、運用管理委
       員会において、それらの状況の報告を行うほか、必要に応じて改善策を審議しています。
       また、流動性リスク管理に関する規程を定め、ファンドの組入資産の流動性リスクのモニタリン
       グなどを実施するとともに、緊急時対応策を策定し流動性リスクの評価と管理プロセスの検証な
       どを行います。運用管理委員会は、流動性リスク管理の適切な実施の確保や流動性リスク管理態
       勢について、監督します。
       具体的な、投資リスクに対するリスク管理体制は以下の通りです。
                                17/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ①トレーディング担当部署
        有価証券等の売買執行および発注に係る法令等の遵守および監視・牽制を行います。
       ②コンプライアンス担当部署
        法令上の禁止行為、約款の投資制限等のモニタリングを通じ、法令等遵守状況を把握・管理
        し、必要に応じて改善の指導を行います。
       ③リスク管理担当部署
        運用リスク全般の状況をモニタリング・管理するとともに、運用実績の分析および評価を行
        い、必要に応じて改善策等を提言します。また、事務・情報資産・その他のリスクの統括的管
        理を行っています。
       ④内部監査担当部署
        委託会社のすべての業務から独立した立場より、リスク管理体制の適切性および有効性につい
        て評価を行い、改善策の提案等を通して、リスク管理機能の維持・向上をはかります。
       *組織変更等により、前記の名称および内容は変更となる場合があります。

                                18/58
















                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】


















    (1)【申込手数料】

       申込価額(発行価格)×2.2%(税抜                     2.0%)を上限として販売会社が定める手数料率
                                19/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       申込手数料は販売会社にご確認ください。
       申込みには分配金受取コース(一般コース)と分配金再投資コース(累積投資コース)があり、
       分配金再投資コース(累積投資コース)の場合、再投資される収益分配金については、申込手数
       料はかかりません。
       ※申込手数料の対価として提供する役務の内容は、ファンドおよび投資環境の説明・情報提供、購入に関
        する事務手続等です。
    (2)【換金(解約)手数料】

       かかりません。
       ただし、解約時に信託財産留保額(当該基準価額の0.1%)が差し引かれます。
       ※換金(解約)手数料の対価として提供する役務の内容は、商品の換金に関する事務手続等です。
    (3)【信託報酬等】

       ・信託報酬の総額は、ファンドの計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に、年0.55%
        (税抜0.50%)の率を乗じて得た額とし、日々ファンドの基準価額に反映されます。
        1万口当たりの信託報酬:保有期間中の平均基準価額×信託報酬率×(保有日数/365)

        ※上記の計算方法は簡便法であるため、算出された値は概算値になります。
       ・信託報酬は、毎計算期間の6ヵ月終了日および毎計算期末または信託終了のとき信託財産中か

        ら支弁します。
       ・信託報酬の各支払先への配分(税抜)は、以下の通りです。

           支払先        配分(税抜)                 対価として提供する役務の内容
                            ファンドの運用・調査、受託会社への運用指図、基準価額
          委託会社          0.245%
                            の算出、目論見書等の作成等
                            交付運用報告書等各種書類の送付、顧客口座の管理、購入
          販売会社          0.230%
                            後の情報提供等
                            ファンドの財産の保管および管理、委託会社からの運用指
          受託会社          0.025%
                            図の実行等
        ※上記信託報酬には、別途消費税等相当額がかかります。
        ※上場投資信託(リート)は市場の需給により価格形成されるため、上場投資信託の費用は表

        示しておりません。
    (4)【その他の手数料等】

       ・信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用、マザーファンドの解約に伴う信託財
        産留保額、受託会社の立替えた立替金の利息、借入を行う場合の借入金の利息および借入れに
        関する品借料は、受益者の負担とし、信託財産中から支弁します。
       ・信託財産に係る監査費用(消費税等相当額を含みます。)は、ファンドの計算期間を通じて毎
        日、信託財産の純資産総額に一定率を乗じて得た額とし、信託財産中から支弁します。支弁時
        期は信託報酬と同様です。
       ・信託財産(投資している投資信託を含みます。)の組入有価証券の売買の際に発生する売買委
        託手数料等(消費税等相当額を含みます。)、先物取引・オプション取引等に要する費用およ
        び外貨建資産の保管等に要する費用についても信託財産が負担するものとします。
       ※売買条件等により異なるため、あらかじめ金額または上限額等を記載することはできません。

       (注)手数料等については、保有金額または保有期間等により異なるため、あらかじめ合計額等

           を記載することはできません。なお、ファンドが負担する費用(手数料等)の支払い実績
           は、交付運用報告書に開示されていますのでご参照ください。
                                20/58

                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (5)【課税上の取扱い】

       課税上は、株式投資信託として取り扱われます。
       ①個人の受益者に対する課税
        受益者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに解約時および償
        還時の譲渡益については、次の通り課税されます。
        1.収益分配金の課税
           普通分配金が配当所得として課税されます。元本払戻金(特別分配金)は課税されませ
           ん。
           原則として、20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%、地方税5%)の税率で源
           泉徴収(申告不要)されます。なお、確定申告を行い、総合課税(配当控除は適用されま
           せん。)・申告分離課税を選択することもできます。
        2.解約時および償還時の課税
           解約価額および償還価額から取得費(申込手数料(税込)を含みます。)を控除した利益
           (譲渡益)が譲渡所得とみなされて課税されます。
           20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%、地方税5%)の税率による申告分離課
           税が適用されます。
           特定口座(源泉徴収選択口座)を利用する場合、20.315%(所得税15%、復興特別所得税
           0.315%、地方税5%)の税率で源泉徴収され、原則として、申告は不要です。
           解約時および償還時の損失(譲渡損)については、確定申告により収益分配金を含む上場
           株式等の配当所得(申告分離課税を選択した収益分配金・配当金に限ります。)との損益
           通算が可能となる仕組みがあります。
           買取りの取扱いについては、販売会社にお問い合わせください。
        ※公募株式投資信託は税法上、「NISA(少額投資非課税制度)およびジュニアNISA
         (未成年者少額投資非課税制度)」の適用対象です。NISAおよびジュニアNISAをご
         利用の場合、毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所
         得および譲渡所得が一定期間非課税となります。他の口座で生じた配当所得・譲渡所得との
         損益通算はできません。販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方が
         対象となります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
       ②法人の受益者に対する課税
        受益者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに解約時および償
        還時の個別元本超過額については、配当所得として15.315%(所得税15%、復興特別所得税
        0.315%)の税率で源泉徴収されます。地方税の源泉徴収はありません。なお、益金不算入制
        度の適用はありません。
        買取りの取扱いについては、販売会社にお問い合わせください。
       ※分配時において、外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合が

        あります。
       ◇個別元本について

        ①受益者毎の信託時の受益権の価額等(申込手数料(税込)は含まれません。)が当該受益者
         の元本(個別元本)にあたります。
        ②受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託
         を行うつど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。ただし、同一
         ファンドを複数の販売会社で取得する場合や、同一販売会社であっても複数支店等で同一
         ファンドを取得する場合等は、個別元本の算出方法が異なる場合があります。
        ③受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元本か
         ら当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となりま
         す。
       ◇収益分配金について

        受益者が収益分配金を受け取る際、①当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元
        本と同額の場合または当該受益者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額
        が普通分配金となり、②当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を下回って
                                21/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        いる場合には、その下回る部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、当該収益分配金から
        当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が普通分配金となります。
        なお、受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元
        本から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となり
        ます。
       ※上記は2022年6月末現在のものですので、税法が改正された場合等には、上記の内容が変更に

        なることがあります。
       ※課税上の取扱いの詳細については、税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
    5【運用状況】

    (1)【投資状況】

      該当事項はありません。

    (2)【投資資産】

    ①【投資有価証券の主要銘柄】

      該当事項はありません。

    ②【投資不動産物件】

      該当事項はありません。

    ③【その他投資資産の主要なもの】

      該当事項はありません。

    (3)【運用実績】

    ①【純資産の推移】

      該当事項はありません。

    ②【分配の推移】

      該当事項はありません。

    ③【収益率の推移】

      該当事項はありません。

    (4)【設定及び解約の実績】

      該当事項はありません。

                                22/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ≪参考情報≫

    第2【管理及び運営】













    1【申込(販売)手続等】

       ①申込みの受付
        原則として、いつでも申込みができます。
        取得申込者の受益権は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されます。
       ②申込単位

        販売会社が定める単位
       ③申込価額

        当初自己設定:1口当たり1円
        継続募集期間:取得申込受付日の基準価額
       ④申込価額の算出頻度

        原則として、委託会社の営業日に計算されます。
                                23/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ⑤申込単位・申込価額の照会方法

        申込単位および申込価額は、販売会社にてご確認いただけます。
        また、下記においてもご照会いただけます。
         三菱UFJ国際投信株式会社
         お客様専用フリーダイヤル 0120-151034
         (受付時間:営業日の9:00~17:00)
        なお、申込価額は委託会社のホームページでもご覧いただけます。
         ホームページアドレス https://www.am.mufg.jp/
       ⑥申込手数料

        申込価額(発行価格)×2.2%(税抜                     2.0%)を上限として販売会社が定める手数料率
        申込みには分配金受取コース(一般コース)と分配金再投資コース(累積投資コース)があ
        り、分配金再投資コース(累積投資コース)の場合、再投資される収益分配金については、申
        込手数料はかかりません。
       ⑦申込方法

        取得申込者は、販売会社に取引口座を開設のうえ、申込みを行うものとします。
        取得申込者は、申込金額および申込手数料(税込)を販売会社が定める日までに支払うものと
        します。
        なお、申込みには分配金受取コース(一般コース)と分配金再投資コース(累積投資コース)
        があります。申込みコースの取扱いは販売会社により異なる場合があります。
       ⑧申込受付時間

        取得の申込みは、申込期間において、原則として販売会社の営業日の午後3時までに、販売会
        社所定の方法で行われます。取得申込みが行われ、かつ当該取得申込みに係る販売会社所定の
        事務手続きが完了したものを当日の受付分とします。当該時刻を過ぎての申込みに関しては販
        売会社にご確認ください。
       ⑨取得申込みの受付の中止および取消し

        金融商品取引所等における取引の停止、その他やむを得ない事情があるときは、取得申込みの
        受付を中止することおよびすでに受け付けた取得申込みの受付を取り消すことがあります。
        また、信託金の限度額に達しない場合でも、ファンドの運用規模・運用効率等を勘案し、市況
        動向や資金流入の動向等に応じて、取得申込みの受付を中止することがあります。
       ※申込(販売)手続等の詳細に関しては販売会社にご確認ください。

    2【換金(解約)手続等】

       ①解約の受付
        原則として、いつでも解約の請求ができます。
        受益者の解約請求に係る受益権の口数の減少は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録さ
        れます。
       ②解約単位

        販売会社が定める単位
       ③解約価額

        解約請求受付日の基準価額から信託財産留保額を差引いた価額
       ④信託財産留保額

        解約請求受付日の基準価額に0.1%をかけた額
       ⑤解約価額の算出頻度

        原則として、委託会社の営業日に計算されます。
                                24/58

                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ⑥解約価額の照会方法

        解約価額は、販売会社にてご確認いただけます。
        なお、下記においてもご照会いただけます。
         三菱UFJ国際投信株式会社
         お客様専用フリーダイヤル 0120-151034
         (受付時間:営業日の9:00~17:00)
         ホームページアドレス https://www.am.mufg.jp/
       ⑦支払開始日

        解約代金は、原則として解約請求受付日から起算して5営業日目から販売会社において支払い
        ます。
       ⑧解約請求受付時間

        解約の請求は、原則として販売会社の営業日の午後3時までに、販売会社所定の方法で行われ
        ます。解約請求が行われ、かつ当該換金請求に係る販売会社所定の事務手続きが完了したもの
        を当日の受付分とします。当該時刻を過ぎての請求に関しては販売会社にご確認ください。
       ⑨解約請求受付の中止および取消し

        委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、その他やむを得ない事情があるときは、
        解約請求の受付を中止することおよびすでに受け付けた解約請求を取り消すことがあります。
        その場合には、受益者は、当該受付中止以前に行った当日の解約請求を撤回できます。ただ
        し、受益者がその解約請求を撤回しない場合には、当該受付中止を解除した後の最初の基準価
        額の計算日に解約請求を受け付けたものとします。
        また、市況動向等により、大口の解約請求に制限を設ける場合があります。
       ※換金(解約)手続等の詳細に関しては販売会社にご確認ください。

    3【資産管理等の概要】

    (1)【資産の評価】

       ①基準価額の算出方法

        基準価額=信託財産の純資産総額÷受益権総口数
        なお、便宜上1万口当たりに換算した価額で表示することがあります。
        「信託財産の純資産総額」とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入
        有価証券を除きます。)を法令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価または
        一部償却原価法により評価して得た信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額をいいま
        す。
        (資産の評価方法)
        ・株式/上場投資信託証券/不動産投資信託証券
         原則として、金融商品取引所における計算日の最終相場(外国で取引されているものについ
         ては、原則として、金融商品取引所における計算時に知りうる直近の日の最終相場)で評価
         します。
        ・転換社債/転換社債型新株予約権付社債
         原則として、金融商品取引所における計算日の最終相場、計算日に入手した日本証券業協会
         発表の売買参考統計値(平均値)、金融商品取引業者・銀行等の提示する価額または価格情
         報会社の提供する価額のいずれかの価額(外国で取引されているものについては、原則とし
         て、計算日に入手した日本証券業協会発表の売買参考統計値(平均値)、金融商品取引業
         者・銀行等の提示する価額または価格情報会社の提供する価額のいずれかの価額)で評価し
         ます。
        ・公社債等
                                25/58

                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         原則として、計算日に入手した日本証券業協会発表の売買参考統計値(平均値)、金融商品
         取引業者・銀行等の提示する価額(売気配相場を除く。)または価格情報会社の提供する価
         額 のいずれかの価額で評価します。
         残存期間1年以内の公社債等については、一部償却原価法による評価を適用することができ
         ます。
        ・マザーファンド
         計算日における基準価額で評価します。
        ・投資信託証券(上場投資信託証券/不動産投資信託証券を除く。)
         原則として、計算日に知りうる直近の日の基準価額で評価します。
        ・外貨建資産
         原則として、わが国における計算日の対顧客電信売買相場の仲値により円換算します。
        ・外国為替予約取引
         原則として、わが国における計算日の対顧客先物売買相場の仲値により評価します。
        ・市場デリバティブ取引
         原則として、金融商品取引所が発表する計算日の清算値段等で評価します。
       ②基準価額の算出頻度

        原則として、委託会社の営業日に計算されます。
       ③基準価額の照会方法

        基準価額は、販売会社にてご確認いただけます。
        なお、下記においてもご照会いただけます。
         三菱UFJ国際投信株式会社
         お客様専用フリーダイヤル 0120-151034
         (受付時間:営業日の9:00~17:00)
         ホームページアドレス https://www.am.mufg.jp/
    (2)【保管】

       該当事項はありません。

    (3)【信託期間】

       2032年3月25日(2022年10月3日設定)
       ただし、後記「ファンドの償還条件等」の規定によりファンドを償還させることがあります。
       また、委託者は、信託期間満了前に、信託期間の延長が受益者に有利であると認めたときは、受
       託者と合意のうえ、信託期間を延長することができます。
    (4)【計算期間】

       毎年3月26日から翌年3月25日まで
       ただし、各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といいます。)が休業日の場合、各計
       算期間終了日は該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとします。
       なお、第1計算期間は信託契約締結日から2023年3月27日までとし、最終計算期間の終了日は、
       ファンドの信託期間の終了日とします。
    (5)【その他】

       ①ファンドの償還条件等
        委託会社は、以下の場合には、法令および信託約款に定める手続きにしたがい、受託会社と合
        意のうえ、ファンドを償還させることができます。(任意償還)
        ・受益権の口数が10億口を下回ることとなった場合
                                26/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ・信託期間中において、ファンドを償還させることが受益者のため有利であると認めるとき、
         対象インデックスが改廃されたときまたはやむを得ない事情が発生したとき
        このほか、監督官庁よりファンドの償還の命令を受けたとき、委託会社の登録取消・解散・業

        務廃止のときは、原則として、ファンドを償還させます。
        委託会社は、ファンドを償還しようとするときは、あらかじめその旨を監督官庁に届け出ま
        す。
       ②信託約款の変更等

        委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるとき、またはやむを得ない事情が発生したとき
        は、法令および信託約款に定める手続きにしたがい、受託会社と合意のうえ、信託約款を変更
        することまたは受託会社を同一とする他ファンドとの併合を行うことができます。委託会社
        は、変更または併合しようとするときは、あらかじめその旨およびその内容を監督官庁に届け
        出ます。
        委託会社は、監督官庁の命令に基づいて信託約款を変更しようとするときは、上記の手続きに
        したがいます。
       ③ファンドの償還等に関する開示方法

        委託会社は、ファンドの任意償還(信託契約に係るすべての受益者が書面または電磁的記録に
        より同意の意思表示をしたとき、また、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生
        じている場合であって、書面決議の手続を行うことが困難な場合を除きます。)、信託約款の
        変更または併合(変更にあっては、その変更の内容が重大なものに該当する場合に限り、併合
        にあっては、その併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当する場合を除きます。
        以下、「重大な約款変更等」といいます。)をしようとする場合には、書面による決議(「書
        面決議」といいます。)を行います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに
        任意償還等の内容およびその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、受益者
        に対し書面をもって書面決議の通知を発します。受益者は受益権の口数に応じて、議決権を有
        し、これを行使することができます。なお、受益者が議決権を行使しないときは書面決議につ
        いて賛成するものとみなします。書面決議は、議決権を行使することができる受益者の議決権
        の3分の2以上をもって行います。書面決議の効力は、ファンドのすべての受益者に対してそ
        の効力を生じます。
        併合に係るいずれかのファンドにおいて、書面決議が否決された場合、併合を行うことはでき
        ません。
       ④反対受益者の受益権買取請求の不適用

        委託会社がファンドの任意償還、重大な約款変更等を行う場合、書面決議において反対した受
        益者は、受託会社に対し、自己に帰属する受益権を、信託財産をもって買い取るべき旨を請求
        することができます。この規定は、受益者が自己に帰属する受益権についてその全部または一
        部の償還を請求したときに、委託会社が信託約款の規定に基づいて信託契約の一部解約をする
        ことにより当該請求に応じることとする場合には適用しません。
       ⑤関係法人との契約の更改

        委託会社と販売会社との間で締結された「投資信託受益権の取扱に関する契約」の契約期間
        は、契約締結日から1年とします。ただし双方から契約満了日の3ヵ月前までに別段の意思表
        示のないときは、さらに1年間延長するものとし、その後も同様とします。
       ⑥運用報告書

        委託会社は、毎計算期間の末日および償還時に、交付運用報告書を作成し、原則として受益者
        に交付します。なお、信託約款の内容に委託会社が重要と判断した変更、ファンドの任意償還
        等があった場合は、その内容を交付運用報告書に記載します。
       ⑦委託会社の事業の譲渡および承継に伴う取扱い

        委託会社は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、この信託契約に関す
        る事業を譲渡することがあります。また、委託会社は、分割により事業の全部または一部を承
        継させることがあり、これに伴い、この信託契約に関する事業を承継させることがあります。
                                27/58

                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ⑧受託会社の辞任および解任に伴う取扱い

        受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその任
        務に違反して信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、委託会社ま
        たは受益者は、裁判所に受託会社の解任を申立てることができます。受託会社が辞任した場
        合、または裁判所が受託会社を解任した場合、委託会社は、信託約款の規定にしたがい、新受
        託会社を選任します。なお、受益者は、上記によって行う場合を除き、受託会社を解任するこ
        とはできないものとします。委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社はファン
        ドを償還させます。
       ⑨信託事務の再信託

        受託会社は、ファンドに係る信託事務の処理の一部について再信託受託会社と再信託契約を締
        結し、これを委託することがあります。その場合には、再信託に係る契約書類に基づいて所定
        の事務を行います。
       ⑩公告

        委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行い、次のアドレスに掲載しま
        す。
         https://www.am.mufg.jp/
        なお、電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の
        公告は、日本経済新聞に掲載します。
    4【受益者の権利等】

      受益者の有する主な権利は以下の通りです。
    (1)収益分配金に対する受領権
       受益者は、収益分配金を持ち分に応じて受領する権利を有します。
       ①分配金受取コース(一般コース)
        収益分配金は、税金を差引いた後、毎計算期間の終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日
        (原則として決算日から起算して5営業日以内)から、販売会社において、受益者に支払いま
        す。
        ただし、受益者が、収益分配金について支払開始日から5年間その支払いの請求を行わない場
        合はその権利を失い、その金銭は委託会社に帰属します。
       ②分配金再投資コース(累積投資コース)
        収益分配金は、税金を差引いた後、「累積投資契約」に基づいて、決算日の基準価額により自
        動的に無手数料で全額再投資されます。
    (2)償還金に対する受領権

       受益者は、償還金を持ち分に応じて受領する権利を有します。
       償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還日(休業日の場合
       は翌営業日)から起算して5営業日以内)から、販売会社において、受益者に支払います。
       ただし、受益者が、償還金について支払開始日から10年間その支払いの請求を行わない場合はそ
       の権利を失い、その金銭は委託会社に帰属します。
    (3)換金(解約)請求権

       受益者は、自己に帰属する受益権につき、換金(解約)請求する権利を有します。
       くわしくは「第2 管理及び運営 2 換金(解約)手続等」を参照してください。
                                28/58




                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】

       有価証券届出書提出日現在、該当事項はありません。

       ファンドの会計監査は、委託会社の指定する監査法人が行います。監査証明を受けたファンドの
       財務諸表は、有価証券報告書に記載されます。
       委託会社は、信託財産に係る財務諸表の作成にあたっては、「財務諸表等の用語、様式及び作成
       方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)の定めるところによります。
       また、監査証明を受けたファンドの中間財務諸表は、半期報告書に記載されます。
       委託会社は、信託財産に係る中間財務諸表の作成にあたっては、「中間財務諸表等の用語、様式
       及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号)の定めるところによります。
    1【財務諸表】

                                29/58















                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1)【貸借対照表】

      該当事項はありません。

                                30/58



















                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益及び剰余金計算書】

      該当事項はありません。

                                31/58



















                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【注記表】

      該当事項はありません。

    (4)【附属明細表】

      該当事項はありません。

                                32/58

















                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】

    【純資産額計算書】

      該当事項はありません。

    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

    (1)名義書換等

       該当事項はありません。
       ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより定ま
       り、委託会社は、この信託の受益権を取扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取
       消された場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継する者
       が存在しない場合その他やむを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証
       券を発行しません。なお、受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する
       場合を除き、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
    (2)受益者等に対する特典

       該当事項はありません。
    (3)譲渡制限の内容

       該当事項はありません。
    (4)受益権の譲渡

        ①受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権
         が記載または記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとしま
         す。
        ②上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受
         益権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座
         簿に記載または記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設し
         たものでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関
         等の上位機関を含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口
         数の増加の記載または記録が行われるよう通知するものとします。
        ③上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記
         録されている振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異
         なる場合等において、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断し
         たときは、振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
    (5)受益権の譲渡の対抗要件

        受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に
        対抗することができません。
    (6)質権口記載または記録の受益権の取扱いについて

        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権に係る収益分配金の支払
                                33/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        い、解約請求の受付け、解約代金および償還金の支払い等については、信託約款の規定による
        ほか、民法その他の法令等にしたがって取り扱われます。
                                34/58




















                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】

    第1【委託会社等の概況】

    1【委託会社等の概況】

    (1)資本金の額等
        2022年6月末現在、資本金は2,000百万円です。なお、発行可能株式総数は400,000株であり、
        211,581株を発行済です。最近5年間における資本金の額の増減はありません。
    (2)委託会社の機構

       ・会社の意思決定機構
        業務執行の基本方針を決定し、取締役の職務の執行を監督する機関として、取締役会を設置し
        ます。取締役の選任は、総株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席する株主総会にて
        その議決権の過半数をもって行い、累積投票によらないものとします。また、取締役会で決定
        した基本方針に基づき、経営管理全般に関する執行方針その他重要な事項を協議・決定する機
        関として、経営会議を設置します。
       ・投資運用の意思決定機構

        ①投資環境見通しの策定
         投資環境会議において、国内外の経済・金融情報および各国証券市場等の調査・分析に基づ
         いた投資環境見通しを策定します。
        ②運用戦略の決定
         運用戦略委員会において、①で策定された投資環境見通しに沿って運用戦略を決定します。
        ③運用計画の決定
         ②で決定された運用戦略に基づいて、各運用部はファンド毎の運用計画を決定します。
        ④ポートフォリオの構築
         各運用部の担当ファンドマネジャーは、運用部から独立したトレーディング部に売買実行の
         指示をします。トレーディング部は、事前のチェックを行ったうえで、最良執行をめざして
         売買の執行を行います。
        ⑤投資行動のモニタリング1
         運用部門は、投資行動がファンドコンセプトおよびファンド毎に定めた運用計画に沿ってい
         るかどうかの自律的なチェックを行い、逸脱がある場合は速やかな是正を指示します。
        ⑥投資行動のモニタリング2
         運用部から独立した管理担当部署は、運用に関するパフォーマンス測定、リスク管理および
         法令・信託約款などの遵守状況等のモニタリングを実施します。この結果は、運用管理委員
         会等を通じて運用部門にフィードバックされ、必要に応じて是正を指示します。
        ⑦ファンドに関係する法人等の管理
         受託会社等、ファンドの運営に関係する法人については、その業務に関する委託会社の管理
         担当部署が、体制、業務執行能力、信用力等のモニタリング・評価を実施します。この結果
         は、リスク管理委員会等を通じて委託会社の経営陣に報告され、必要に応じて是正が指示さ
         れます。
        ⑧運用・管理に関する監督
         内部監査担当部署は、運用、管理等に関する委託会社の業務全般についてその健全性・適切
         性を担保するために、リスク管理、内部統制、ガバナンス・プロセスの適切性・有効性を検
         証・評価します。その評価結果は問題点の改善方法の提言等も含めて委託会社の経営陣に報
         告される、内部監査態勢が構築されています。
        ファンドの運用体制等は、今後変更される可能性があります。

    2【事業の内容及び営業の概況】

      「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信
                                35/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      託の設定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用
      業)等を行っています。また「金融商品取引法」に定める第二種金融商品取引業および投資助言業
      務 を行っています。
      2022年    6月30日現在における委託会社の運用する証券投資信託は以下の通りです。(親投資信託を
      除きます。)
                                 本 数             純資産総額

                商品分類
                                 (本)             (百万円)
             追加型株式投資信託                          904            19,365,803
             追加型公社債投資信託                           16            1,403,852
             単位型株式投資信託                          93             425,414
             単位型公社債投資信託                           52             160,162
                 合 計                     1,065             21,355,231
      なお、純資産総額の金額については、百万円未満の端数を四捨五入して記載しておりますので、表

      中の個々の数字の合計と合計欄の数字とは一致しないことがあります。
    3【委託会社等の経理状況】

    (1)財務諸表の作成方法について

          委託会社である三菱UFJ国際投信株式会社(以下「当社」という。)の財務諸表は、
        「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和38年大蔵省令第59号)」(以下
        「財務諸表等規則」という。)第2条の規定により、財務諸表等規則及び「金融商品取引業等
        に関する内閣府令(平成19年内閣府令第52号)」に基づき作成しております。
          なお、財務諸表に掲載している金額については、千円未満の端数を切り捨てて表示してお
        ります。
    (2)監査証明について

          当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第37期事業年度(自                                              令和3年4
        月1日    至  令和4年3月31日)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる監査を受
        けております。
    (1)【貸借対照表】

                                                     (単位:千円)
                           第36期                     第37期
                       (令和3年3月31日現在)                     (令和4年3月31日現在)
     (資産の部)
     流動資産
      現金及び預金                    ※2         56,803,388             ※2        51,593,362
      有価証券                                2,001                    293,326
      前払費用                               598,135                     645,109
      未収入金                               31,359                     61,092
      未収委託者報酬                             13,216,357                     15,750,264
                                36/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      未収収益                    ※2           662,230           ※2          783,790
      金銭の信託                             2,300,000                     8,401,300
      その他                               269,506                     295,584
      流動資産合計
                                 73,882,978                     77,823,830
     固定資産

      有形固定資産
       建物                    ※1           548,902           ※1          391,042
       器具備品                    ※1          1,435,369            ※1         1,079,023
       土地                               628,433                     628,433
       有形固定資産合計
                                  2,612,705                     2,098,499
      無形固定資産
       電話加入権                               15,822                     15,822
       ソフトウェア                             3,569,171                     4,381,293
       ソフトウェア仮勘定                           1,895,190                     1,581,652
       無形固定資産合計
                                  5,480,184                     5,978,768
      投資その他の資産
       投資有価証券                             18,616,670                     16,803,642
       関係会社株式                               320,136                     159,536
       投資不動産                    ※1           814,684           ※1          810,684
       長期差入保証金                               538,497                     524,244
       前払年金費用                               258,835                     189,708
       繰延税金資産                               916,962                     982,406
       その他                               45,230                     45,230
       貸倒引当金                              △23,600                     △23,600
       投資その他の資産合計
                                 21,487,417                     19,491,852
      固定資産合計
                                 29,580,307                     27,569,120
     資産合計
                                 103,463,286                     105,392,950
                                                     (単位:千円)

                           第36期                     第37期
                       (令和3年3月31日現在)                     (令和4年3月31日現在)
     (負債の部)
     流動負債
      預り金                               533,622                     565,222
      未払金
       未払収益分配金                               158,856                     197,334
       未払償還金                               133,877                      7,418
       未払手数料                     ※2        5,200,810             ※2        6,423,139
       その他未払金                     ※2        4,412,521             ※2        4,565,457
      未払費用                     ※2        4,755,909             ※2        4,328,968
      未払消費税等                               752,617                    1,112,923
      未払法人税等                               873,027                     769,692
      賞与引当金                               933,381                     942,287
      役員賞与引当金                               160,710                     149,028
      その他                               691,143                      5,517
      流動負債合計
                                 18,606,476                     19,066,990
                                37/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     固定負債

      長期未払金                               21,600                     10,800
      退職給付引当金                             1,145,514                     1,246,300
      役員退職慰労引当金                               117,938                     117,938
      時効後支払損引当金                               245,426                     250,214
      固定負債合計
                                  1,530,479                     1,625,252
     負債合計
                                 20,136,956                     20,692,243
     (純資産の部)

     株主資本
      資本金                             2,000,131                     2,000,131
      資本剰余金
       資本準備金                             3,572,096                     3,572,096
       その他資本剰余金                             41,160,616                     41,160,616
       資本剰余金合計
                                 44,732,712                     44,732,712
      利益剰余金
       利益準備金                               342,589                     342,589
       その他利益剰余金
        別途積立金                             6,998,000                     6,998,000
        繰越利益剰余金                             26,951,289                     29,000,498
       利益剰余金合計
                                 34,291,879                     36,341,088
      株主資本合計
                                 81,024,723                     83,073,932
                                                     (単位:千円)

                             第36期                    第37期
                         (令和3年3月31日現在)                    (令和4年3月31日現在)
     評価・換算差額等
      その他有価証券評価差額金                               2,301,606                    1,626,775
      評価・換算差額等合計
                                   2,301,606                    1,626,775
     純資産合計
                                   83,326,329                    84,700,707
     負債純資産合計
                                  103,463,286                    105,392,950
    (2)【損益計算書】

                                                     (単位:千円)
                           第36期                     第37期
                        (自   令和2年4月1日                  (自   令和3年4月1日
                         至  令和3年3月31日)                   至  令和4年3月31日)
     営業収益
      委託者報酬                             67,963,712                     79,977,953
      投資顧問料                             2,443,980                     2,711,169
      その他営業収益                               21,613                     13,459
      営業収益合計
                                 70,429,306                     82,702,582
     営業費用
      支払手数料                     ※2        26,689,896             ※2        31,644,834
                                38/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      広告宣伝費                               668,150                     720,785
      公告費                                 250                     500
      調査費
       調査費                             2,077,942                     2,430,158
       委託調査費                             12,035,954                     14,557,009
      事務委託費                               798,528                    1,450,062
      営業雑経費
       通信費                               296,490                     138,868
       印刷費                               378,180                     379,428
       協会費                               51,841                     49,590
       諸会費                               16,613                     17,729
       事務機器関連費                             1,977,769                     2,172,978
       その他営業雑経費                             8,391                      649
      営業費用合計
                                 45,000,009                     53,562,596
     一般管理費
      給料
       役員報酬                               352,879                     414,260
       給料・手当                             6,461,546                     6,496,233
       賞与引当金繰入                               933,381                     942,287
       役員賞与引当金繰入                            160,710                     149,028
      福利厚生費                             1,272,568                     1,282,310
      交際費                                2,721                     4,874
      旅費交通費                               22,768                     21,698
      租税公課                               402,939                     430,233
      不動産賃借料                               666,331                     724,961
      退職給付費用                               481,135                     494,615
      役員退職慰労引当金繰入                              11,763                        -
      固定資産減価償却費                             1,358,911                     2,249,287
      諸経費                               413,538                     379,054
      一般管理費合計
                                 12,541,193                     13,588,846
     営業利益
                                 12,888,103                     15,551,139
                                                     (単位:千円)

                           第36期                     第37期
                        (自   令和2年4月1日                  (自   令和3年4月1日
                         至  令和3年3月31日)                   至  令和4年3月31日)
     営業外収益
      受取配当金                               170,807                     243,133
      受取利息                     ※2           2,726          ※2           7,408
      投資有価証券償還益                               81,557                   1,089,101
      収益分配金等時効完成分
                                   275,835                     137,485
      受取賃貸料                    ※2           65,808           ※2          65,808
      その他                               12,504                     36,211
      営業外収益合計
                                   609,239                    1,579,148
     営業外費用
      投資有価証券償還損                               95,946                     3,074
      時効後支払損引当金繰入
                                    16,395                     16,548
      事務過誤費                                 ‐                  76,076
      賃貸関連費用                              13,472                     15,780
                                39/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      その他                               2,932                     7,585
      営業外費用合計
                                   128,747                     119,066
     経常利益
                                  13,368,595                     17,011,221
     特別利益
      投資有価証券売却益                              2,007,655                      605,706
      特別利益合計
                                  2,007,655                      605,706
     特別損失
      投資有価証券売却損                               51,737                     28,188
      投資有価証券評価損                               26,317                     36,558
      固定資産除却損                     ※1            536         ※1          13,094
      特別損失合計
                                    78,591                     77,840
     税引前当期純利益
                                  15,297,659                     17,539,087
     法人税、住民税及び事業税
                         ※2         4,755,427             ※2        5,366,608
     法人税等調整額                              △19,122                      22,446
     法人税等合計
                                  4,736,304                     5,389,054
     当期純利益
                                  10,561,354                     12,150,032
    (3)【株主資本等変動計算書】

       第36期(自          令和2年4月1日        至  令和3年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                   株主資本
                       資本剰余金                  利益剰余金
                                       その他利益剰余金
              資本金                                         株主資本合計
                   資本     その他      資本     利益               利益剰余金
                                      別途     繰越利益
                   準備金    資本剰余金     剰余金合計      準備金                合計
                                      積立金     剰余金
    当期首残高         2,000,131     3,572,096     41,160,616     44,732,712     342,589    6,998,000     25,847,605      33,188,194      79,921,039
    当期変動額
      剰余金の配当                                     △9,457,670      △9,457,670      △9,457,670
      当期純利益                                      10,561,354      10,561,354      10,561,354
      株主資本以外の
      項目の当期変動額
      (純額)
    当期変動額合計            ―     ―     ―     ―    ―     ―   1,103,684      1,103,684      1,103,684
    当期末残高         2,000,131     3,572,096     41,160,616     44,732,712     342,589    6,998,000     26,951,289      34,291,879      81,024,723
                 評価・換算差額等

                その他
                              純資産合計
                      評価・換算
               有価証券
                      差額等合計
               評価差額金
    当期首残高              1,815       1,815       79,922,854
    当期変動額
      剰余金の配当                          △9,457,670
      当期純利益                           10,561,354
      株主資本以外の
      項目の当期変動額           2,299,791       2,299,791         2,299,791
      (純額)
    当期変動額合計            2,299,791       2,299,791         3,403,475
    当期末残高            2,301,606       2,301,606        83,326,329
       第37期(自          令和3年4月1日        至  令和4年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                       資本剰余金                  利益剰余金
                                       その他利益剰余金
                                40/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
              資本金     資本    その他     資本    利益              利益剰余金      株主資本合計
                                      別途    繰越利益
                   準備金    資本剰余金     剰余金合計     準備金                合計
                                      積立金     剰余金
    当期首残高          2,000,131     3,572,096    41,160,616     44,732,712     342,589    6,998,000     26,951,289      34,291,879      81,024,723
      会計方針の変更に
                                            475,687      475,687       475,687
      よる累積的影響額
    会計方針の変更を
              2,000,131     3,572,096    41,160,616     44,732,712     342,589    6,998,000     27,426,976      34,767,566      81,500,410
    反映した当期首残高
    当期変動額
      剰余金の配当                                     △10,576,511      △10,576,511      △10,576,511
      当期純利益                                      12,150,032      12,150,032      12,150,032
      株主資本以外の
      項目の当期変動額
      (純額)
    当期変動額合計             ―     ―     ―     ―    ―     ―   1,573,521      1,573,521       1,573,521
    当期末残高          2,000,131     3,572,096    41,160,616     44,732,712     342,589    6,998,000     29,000,498      36,341,088      83,073,932
                 評価・換算差額等

                その他
                              純資産合計
                      評価・換算
               有価証券
                      差額等合計
               評価差額金
    当期首残高            2,301,606       2,301,606        83,326,329
      会計方針の変更に
                                 475,687
      よる累積的影響額
    会計方針の変更を
                 2,301,606       2,301,606        83,802,017
    反映した当期首残高
    当期変動額
      剰余金の配当                         △10,576,511
      当期純利益                          12,150,032
      株主資本以外の
      項目の当期変動額           △674,831       △674,831        △674,831
      (純額)
    当期変動額合計            △674,831       △674,831         898,690
    当期末残高            1,626,775       1,626,775        84,700,707
    [注記事項]

    (重要な会計方針)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法
      (1)子会社株式及び関連会社株式
        移動平均法による原価法を採用しております。
      (2)その他有価証券
        市場価格のない株式等以外のもの
        時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用し
          ております。
        市場価格のない株式等
        移動平均法による原価法を採用しております。
     2.金銭の信託の評価基準及び評価方法
        時価法を採用しております。
     3.固定資産の減価償却の方法
      (1)有形固定資産及び投資不動産
        定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除
        く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用し
        ております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
          建物                5年~50年
          器具備品              2年~20年
          投資不動産             3年~47年
      (2)無形固定資産
        定額法を採用しております。
        なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採
                                41/58

                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        用しております。
     4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
        外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理し
        ております。
     5.引当金の計上基準
      (1)貸倒引当金
        貸付金等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権
        等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
      (2)賞与引当金
        従業員賞与の支給に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
      (3)役員賞与引当金
        役員賞与の支給に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
      (4)退職給付引当金
        従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づ
        き計上しております。
        ①退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法に
          ついては、給付算定式基準によっております。
        ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
          過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定
          額法により費用処理することとしております。
          数理計算上の差異は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(主として10
          年)による定額法により、発生した事業年度の翌期から費用処理することとしております。
      (5)役員退職慰労引当金
        役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
      (6)時効後支払損引当金
        時効成立のため利益計上した収益分配金及び償還金について、受益者からの今後の支払請求に備え
        るため、過去の支払実績に基づく将来の支払見込額を計上しております。
     6.収益及び費用の計上基準

        当社の顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業における主要な履行義務の内容及び当該履
        行義務を充足する通常の時点(収益を認識する通常の時点)は以下のとおりであります。
      (1)委託者報酬
        投資信託の信託約款に基づき信託財産の運用指図等を行っております。委託者報酬は、純資産総額
        に一定の報酬率を乗じて日々計算され、確定した報酬を投資信託によって主に年2回受領しており
        ます。当該報酬は投資信託の運用期間にわたり収益として認識しております。
      (2)投資顧問料
        顧客との投資一任及び投資助言契約に基づき運用及び助言を行っております。投資顧問料は、純資
        産総額に一定の報酬率を乗じて計算され、確定した報酬を主に年4回受領しております。当該報酬
        は契約期間にわたり収益として認識しております。
     7.その他財務諸表作成のための基礎となる事項
      (1)連結納税制度の適用
        連結納税制度を適用しております。 
      (2)「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」の適用
        令和2年度税制改正において従来の連結納税制度が見直され、グループ通算制度に移行する税制改
        正法(「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号))が令和2年3月31日に公布され
        ておりますが、繰延税金資産の額について、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る
        税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号                                令和2年3月31日)により「税効果会計
        に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号                                 平成30年2月16日)第44項の定めを適
        用せず、改正前の税法の規定に基づいて算定しております。
        なお、翌事業年度の期首から、グループ通算制度を適用する場合における法人税及び地方法人税並
        びに税効果会計の会計処理及び開示の取り扱いを定めた「グループ通算制度を適用する場合の会計
        処理及び開示に関する取扱い」(実務対応報告第42号 令和3年8月12日)を適用する予定でありま
        す。
                                42/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (会計方針の変更)
      (1)収益認識に関する会計基準等の適用
        「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 令和2年3月31日。以下「収益認識会計基
        準」という。)等を当事業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転し
        た時点で当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしま
        した。収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的
        な取扱いに従っており、当事業年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影
        響額を、当事業年度の期首の繰越利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用し
        ております。
         この結果、収益認識会計基準等の適用を行う前と比べて、当事業年度の貸借対照表は、流動負債
        のその他は484,886千円減少、繰延税金資産は148,472千円減少、繰越利益剰余金は336,414千円増
        加しております。
         当事業年度の損益計算書は、委託者報酬、営業利益、経常利益及び税引前当期純利益はそれぞれ
        200,739千円減少しております。
         当事業年度の期首の純資産に累積的影響額が反映されたことにより、株主資本等変動計算書の繰
        越利益剰余金の期首残高は475,687千円増加しております。
        1株当たり情報に与える影響は当該箇所に記載しております。
      (2)時価の算定に関する会計基準等の適用
        「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 令和元年7月4日。以下「時価算定会計基
        準」という。)等を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関す
        る会計基準」(企業会計基準第10号 令和元年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従っ
        て、時価算定会計基準等が定める新たな会計方針を将来にわたって適用することといたしました。
        なお、時価算定会計基準等の適用による、財務諸表への影響はありません。また、「金融商品関
        係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注記を行うことといた
        しました。
    (未適用の会計基準等)

       「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 令和3年6月17日)
      (1)概要
        「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準委員会                                      企業会計基準適用指針第31
        号)の令和3年6月17日の改正は、令和元年7月4日の公表時において、「投資信託の時価の算定」に
        関する検討には、関係者との協議等に一定の期間が必要と考えられるため、また、「貸借対照表に
        持分相当額を純額で計上する組合等への出資」の時価の注記についても、一定の検討を要するた
        め、「時価の算定に関する会計基準」公表後、概ね1年をかけて検討を行うこととされていたもの
        が、改正され、公表されたものです。
      (2)適用予定日
       令和5年3月期の期首より適用します。
      (3)当該会計基準等の適用による影響
       「時価の算定に関する会計基準の適用指針」の適用による財務諸表に与える影響額については、現
       時点で評価中であります。
    (貸借対照表関係)

      ※1.有形固定資産及び投資不動産の減価償却累計額
                                第36期                  第37期
                           (令和3年3月31日現在)                  (令和4年3月31日現在)
        建物                            643,920千円                  805,250千円
        器具備品                          1,545,179千円                  2,054,366千円
        投資不動産                            151,833千円                  157,995千円
      ※2.関係会社に対する主な資産・負債

      区分掲記した以外で各科目に含まれるものは次の通りであります。
                               第36期                  第37期
                           (令和3年3月31日現在)                  (令和4年3月31日現在)
        預金                          40,328,414千円                  43,782,913千円
        未収収益                            14,138千円                  13,741千円
                                43/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        未払手数料                           772,495千円                  836,105千円
        その他未払金                          3,425,136千円                  3,887,520千円
        未払費用                           349,222千円                  337,847千円
    (損益計算書関係)

      ※1.固定資産除却損の内訳
                                第36期                  第37期
                           (自   令和2年4月1日               (自   令和3年4月1日
                             至  令和3年3月31日)                至  令和4年3月31日)
        建物                                 -             2,599千円
        器具備品                              536千円                10,495千円
               計                      536千円                13,094千円
      ※2.関係会社に対する主な取引

      区分掲記した以外で各科目に含まれるものは次の通りであります。
                                第36期                  第37期
                           (自   令和2年4月1日               (自   令和3年4月1日
                             至  令和3年3月31日)                至  令和4年3月31日)
        支払手数料                          5,128,270千円                  5,153,589千円
        受取利息                              143千円                 7,377千円
        受取賃貸料                            65,808千円                  65,808千円
        法人税、住民税及び事業税                          3,492,898千円                  4,062,765千円
    (株主資本等変動計算書関係)

    第36期(自       令和2年4月1日        至  令和3年3月31日)
    1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                 当事業年度期首           当事業年度増加           当事業年度減少            当事業年度末
                 株式数 (株)           株式数 (株)           株式数 (株)           株式数 (株)
       発行済株式
       普通株式               211,581              -           -         211,581
          合計            211,581              -           -         211,581
    2.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
         令和2年6月26日開催の定時株主総会において、次のとおり決議しております。
          ①    配当金の総額                   9,457,670千円
          ②    1株当たり配当額                      44,700円
          ③    基準日                  令和2年3月31日
          ④    効力発生日                  令和2年6月29日
       (2)  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

         令和3年6月28日開催の定時株主総会において、次のとおり決議しております。
          ①    配当金の総額                  10,576,511千円
          ②    配当の原資                    利益剰余金
          ③    1株当たり配当額                      49,988円
          ④    基準日                  令和3年3月31日
          ⑤    効力発生日                  令和3年6月29日
    第37期(自       令和3年4月1日        至  令和4年3月31日)

    1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                 当事業年度期首           当事業年度増加           当事業年度減少            当事業年度末
                 株式数 (株)           株式数 (株)           株式数 (株)           株式数 (株)
       発行済株式
       普通株式               211,581              -           -         211,581
                                44/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          合計            211,581              -           -         211,581
    2.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
         令和3年6月28日開催の定時株主総会において、次のとおり決議しております。
          ①    配当金の総額                  10,576,511千円
          ②    1株当たり配当額                      49,988円
          ③    基準日                  令和3年3月31日
          ④    効力発生日                  令和3年6月29日
       (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

         令和4年6月28日開催の定時株主総会の議案として、普通株式の配当に関する事項を次のとおり
         提案しております。
          ①    配当金の総額                   6,075,125千円
          ②    配当の原資                    利益剰余金
          ③    1株当たり配当額                      28,713円
          ④    基準日                  令和4年3月31日
          ⑤    効力発生日                  令和4年6月29日
    (リース取引関係)

      〈借主側〉
      オペレーティング・リース取引
      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                              第36期                   第37期
                         (令和3年3月31日現在)                   (令和4年3月31日現在)
        1年内                          709,808千円                   709,808千円
        1年超                          709,808千円                   414,054千円
        合計                         1,419,616千円                   1,123,863千円
    (金融商品関係)

    1.金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
          資金運用については銀行預金、金銭の信託(合同運用指定金銭信託)で運用し、金融機関から
        の資金調達は行っておりません。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク
          投資有価証券は主として投資信託であり、価格変動リスクに晒されております。
       (3)金融商品に係るリスク管理体制
          内部管理規程に従って月次でリスク資本を認識し、経営会議に報告しております。
    2.金融商品の時価等に関する事項

       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、市場価格のな
      い株式等は、次表には含まれておりません((注2)参照)。
     第36期(令和3年3月31日現在)

                          貸借対照表
                                       時価(千円)            差額(千円)
                         計上額(千円)
     (1)     有価証券                      2,001             2,001             -
     (2)     金銭の信託                    2,300,000             2,300,000                -
     (3)     投資有価証券                   18,585,310             18,585,310                -
          資産計                   20,887,311             20,887,311                -
    (注1)     「現金及び預金」、「未収委託者報酬」、「未払手数料」については短期間で決済されるため時
          価が帳簿価額に近似するものであることから、記載を省略しております。
    (注2)     時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
            非上場株式(前事業年度の貸借対照表計上額31,360千円)は、市場価格がなく、時価を把握
          することが極めて困難と認められるため、「(3)                          投資有価証券」には含めておりません。
            また、子会社株式及び関連会社株式(前事業年度の貸借対照表計上額                                      子会社株式160,600千
                                45/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          円 関連会社株式159,536千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認
          められるため、記載しておりません。
    (注3)     金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
            金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用
          することにより、当該価額が変動することもあります。
    (注4)     金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額
      第36期(令和3年3月31日現在)                                              (単位:千円)
                                      1年超         5年超
                            1年以内                          10年超
                                     5年以内        10年以内
      現金及び預金                       56,803,388             -         -         -
      金銭の信託                        2,300,000             -         -         -
      未収委託者報酬                       13,216,357             -         -         -
      有価証券及び投資有価証券
       その他有価証券のうち満期があるもの
        投資信託                          2,001      8,412,286         3,123,026          11,398
               合計              72,321,747         8,412,286         3,123,026          11,398
      第37期(令和4年3月31日現在)
                          貸借対照表
                                       時価(千円)            差額(千円)
                         計上額(千円)
      (1)     有価証券                     293,326             293,326              -
      (2)     金銭の信託                    8,401,300             8,401,300               -
      (3)     投資有価証券                   16,772,282             16,772,282                -
           資産計                   25,466,909             25,466,909                -
    (注1)     「現金及び預金」、「未収委託者報酬」、「未払手数料」については短期間で決済されるため時
          価が帳簿価額に近似するものであることから、記載を省略しております。
    (注2)     市場価格のない株式等
            非上場株式(当事業年度の貸借対照表計上額31,360千円)は、市場価格がないため、「(3)
          投資有価証券」には含めておりません。
            また、関連会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額                             関連会社株式159,536千円)は、市場
          価格がないため、記載しておりません。
    (注3)     金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
            金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用
          することにより、当該価額が変動することもあります。
    (注4)     金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額
      第37期(令和4年3月31日現在)                                              (単位:千円)

                                      1年超         5年超
                             1年以内                          10年超
                                      5年以内        10年以内
      現金及び預金                        51,593,362              -         -        -
      金銭の信託                        8,401,300             -         -        -
      未収委託者報酬                        15,750,264              -         -        -
      有価証券及び投資有価証券
       その他有価証券のうち満期があるもの
        投資信託                         293,326        6,911,464         3,695,585            -
               合計              76,038,253         6,911,464         3,695,585            -
    3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

        金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つの
       レベルに分類しております。
       レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される
                 当該時価の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
       レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価
                                46/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                 の算定に係るインプットを用いて算定した時価
       レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
        時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプット
        がそれぞれ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類し
        ております。
          なお、財務諸表等規則附則(令和3年9月24日内閣府令第9号)に基づく経過措置を適用した投資
        信託(貸借対照表計上額              有価証券     293,326千円、投資有価証券16,772,282千円)は、次表には含
        めておりません。
       時価をもって貸借対照表計上額とする金融資産及び金融負債

                                      時価(千円)
             区分
                         レベル1          レベル2         レベル3          合計
        金銭の信託                       -      8,401,300             -     8,401,300
         資産計                      -      8,401,300             -     8,401,300
      (注)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明

        金銭の信託
          取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しており、レベル2の時価に分類しておりま
        す。
    (有価証券関係)

    1.子会社株式及び関連会社株式
       前事業年度の子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額は子会社株式160,600千円、関連会社
      株式159,536千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、記載し
      ておりません。
       また、当事業年度の関連会社株式(貸借対照表計上額は関連会社株式159,536千円)は、市場価格が
      ないため、記載しておりません。
    2.その他有価証券

    第36期(令和3年3月31日現在)
                        貸借対照表計上額               取得原価
                 種類                                  差額(千円)
                           (千円)             (千円)
     貸借対照表計上
              株式                   -             -            -
     額が取得原価を
              債券                   -             -            -
     超えるもの
              その他              14,810,957             11,362,471             3,448,485
                 小計            14,810,957             11,362,471             3,448,485
     貸借対照表計上
              株式                   -             -            -
     額が取得原価を
              債券                   -             -            -
     超えないもの
              その他               6,076,354             6,207,447            △131,093
                 小計            6,076,354             6,207,447            △131,093
            合計                20,887,311             17,569,919             3,317,392
     (注)「その他」には、貸借対照表の「金銭の信託」(貸借対照表計上額は2,300,000千円、取得原価は
        2,300,000千円)を含めております。
       非上場株式(貸借対照表計上額は31,360千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
        困難と認められるため、含めておりません。
    第37期(令和4年3月31日現在)

                        貸借対照表計上額               取得原価
                 種類                                  差額(千円)
                           (千円)             (千円)
     貸借対照表計上
              株式                   -             -            -
     額が取得原価を
              債券                   -             -            -
     超えるもの
              その他               19,193,250             16,560,340             2,632,910
                 小計            19,193,250             16,560,340             2,632,910
     貸借対照表計上
              株式                   -             -            -
                                47/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     額が取得原価を
              債券                   -             -            -
     超えないもの
              その他               6,273,658             6,561,836            △288,177
                 小計            6,273,658             6,561,836            △288,177
            合計                25,466,909             23,122,176             2,344,732
     (注)「その他」には、貸借対照表の「金銭の信託」(貸借対照表計上額は8,401,300千円、取得原価は
        8,400,000千円)を含めております。
       非上場株式(貸借対照表計上額は31,360千円)は、市場価格がないため、含めておりません。
    3.売却したその他有価証券
    第36期(自       令和2年4月1日        至  令和3年3月31日)
        種類          売却額(千円)             売却益の合計額(千円)               売却損の合計額(千円)
     株式                       -               -               -
     債券                       -               -               -
     その他                   5,747,529               2,007,655                 51,737
        合計                5,747,529               2,007,655                 51,737
    第37期(自       令和3年4月1日        至  令和4年3月31日)

        種類          売却額(千円)             売却益の合計額(千円)               売却損の合計額(千円)
     株式                       -               -               -
     債券                       -               -               -
     その他                   4,164,921                605,706                28,188
        合計                4,164,921                605,706                28,188
    4.減損処理を行った有価証券

       前事業年度において、有価証券について26,317千円(その他有価証券のその他26,317千円)減損処理
      を行っております。
       当事業年度において、有価証券について36,558千円(その他有価証券のその他36,558千円)減損処理
      を行っております。
       なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合、及び30%
      以上50%未満下落し、回復可能性等の合理的反証がない場合に行っております。
    (退職給付関係)

    1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、確定給付型の制度として、確定給付企業年金制度(積立型制度)及び退職一時金制度(非積
      立型制度)を設けております。また確定拠出型の制度として、確定拠出年金制度を設けております。
    2.確定給付制度

     (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                              第36期                    第37期
                          (自   令和2年4月1日                 (自   令和3年4月1日
                           至  令和3年3月31日)                  至  令和4年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                      3,718,736       千円              3,729,235       千円
        勤務費用                       203,106                    198,457
        利息費用                        19,110                    21,549
         数理計算上の差異の                     △18,826                    △46,069
         発生額
         退職給付の支払額                     △192,890                    △179,650
         過去勤務費用の発生額                         -                    -
       退職給付債務の期末残高                      3,729,235                    3,723,521
      (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                              第36期                    第37期
                          (自   令和2年4月1日                 (自   令和3年4月1日
                           至  令和3年3月31日)                  至  令和4年3月31日)
                                48/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       年金資産の期首残高                      2,460,824       千円              2,649,846       千円
        期待運用収益                        44,130                    47,588
         数理計算上の差異の                      304,281                     1,824
         発生額
        事業主からの拠出額                          -                    -
        退職給付の支払額                      △159,390                    △115,331
       年金資産の期末残高                      2,649,846                    2,583,927
    (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金

       費用の調整表
                             第36期                    第37期
                         (令和3年3月31日現在)                    (令和4年3月31日現在)
       積立型制度の                     2,810,893       千円              2,675,015       千円
       退職給付債務
       年金資産                    △2,649,846                     △2,583,927
                              161,046                     91,087
       非積立型制度の退職給付債                       918,342                   1,048,506
       務
       未積立退職給付債務                     1,079,388                     1,139,593
       未認識数理計算上の差異                       161,333                     205,679
       未認識過去勤務費用                     △354,043                     △288,681
       貸借対照表に計上された負                       886,678                   1,056,591
       債と資産の純額
       退職給付引当金                     1,145,514                     1,246,300

       前払年金費用                     △258,835                     △189,708
       貸借対照表に計上された負                       886,678                   1,056,591
       債と資産の純額
    (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                              第36期                    第37期
                         (自   令和2年4月1日                 (自   令和3年4月1日
                          至  令和3年3月31日)                  至  令和4年3月31日)
       勤務費用                       203,106     千円               198,457     千円
       利息費用                       19,110                     21,549
       期待運用収益                      △44,130                     △47,588
       数理計算上の差異の                       41,361                    △3,547
       費用処理額
       過去勤務費用の費用処理額                       65,361                     65,361
       その他                       44,446                    109,013
       確定給付制度に係る                       329,255                     343,245
       退職給付費用
       (注)「その他」は受入出向者に係る出向元への退職給付費用負担額、再就職支援金及び退職金で
        す。
    (5)年金資産に関する事項

       ①年金資産の主な内訳
         年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                              第36期                    第37期
                          (令和3年3月31日現在)                   (令和4年3月31日現在)
        債券                        62.7    %                 62.0    %
        株式                        35.4                     36.3
        その他                         1.9                     1.7
          合計                         100                     100
                                49/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ②長期期待運用収益率の設定方法
         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と年金資産
        を構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
     (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

       主要な数理計算上の計算基礎
                              第36期                    第37期
                          (令和3年3月31日現在)                    (令和4年3月31日現在)
        割引率                   0.051~0.59%                     0.078~0.72%
        長期期待運用収益率                     1.5~1.8%                     1.5~1.8%
    3.確定拠出制度

       当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度151,880千円、当事業年度151,370千円であります。
    (税効果会計関係)

    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                            第36期                   第37期
                        (令和3年3月31日現在)                   (令和4年3月31日現在)
    繰延税金資産
     減損損失                          418,394    千円                410,082    千円
     投資有価証券評価損                          188,859                    65,490
     未払事業税                          180,263                    165,702
     賞与引当金                          285,801                    288,528
     役員賞与引当金                           25,472                    25,799
     役員退職慰労引当金                           36,112                    36,112
     退職給付引当金                          350,756                    381,617
     減価償却超過額                           68,024                   145,316
     委託者報酬                          209,938                       -
     長期差入保証金                           48,639                    52,869
     時効後支払損引当金                           75,149                    76,615
     連結納税適用による時価評価                          38,873                    35,311
                               87,023                    76,257
     その他
    繰延税金資産 小計                         2,013,308                    1,759,702
                                 -                    -
    評価性引当額
    繰延税金資産 合計                         2,013,308                    1,759,702
    繰延税金負債

      前払年金費用                        △79,225                    △58,088
      連結納税適用による時価評価                         △1,203                    △1,149
     その他有価証券評価差額金                        △1,015,785                     △717,957
                                △101                    △101
     その他
                            △1,096,346                     △777,296
    繰延税金負債 合計
                              916,962                    982,406

    繰延税金資産の純額
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

      第36期(令和3年3月31日現在)及び第37期(令和4年3月31日現在)
       法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差が法定実効税率の100分の5以下であるた
      め注記を省略しております。
    (収益認識関係)

    1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
       収益及び契約から生じるキャッシュ・フローの性質、金額、時期及び不確実性に影響を及ぼす主要な
                                50/58

                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      要因に基づく区分に当該収益を分解した情報については、重要性が乏しいため記載を省略しておりま
      す。
    2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報
      収益を理解するための基礎となる情報は、「(重要な会計方針)の6.収益および費用の計上基準」に
      記載のとおりであります。
    3.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係 並びに当事
      業年度末において存在する顧客との契約から翌事業年度以降に認識すると見込まれる収益の金額及び時
      期に関する情報
       重要性が乏しいため記載を省略しております。
    (セグメント情報等)

    [セグメント情報]
     第36期(自       令和2年4月1日        至  令和3年3月31日)及び第37期(自                  令和3年4月1日        至  令和4年
     3月31日)
      当社は、資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    [関連情報]

     第36期(自       令和2年4月1日        至  令和3年3月31日)及び第37期(自                  令和3年4月1日        至  令和4年
     3月31日)
     1.製品及びサービスごとの情報
       単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるた
      め、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

      (1)営業収益
         投資信託の受益者の情報を制度上把握していないため、記載を省略しております。
      (2)有形固定資産
          本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3.主要な顧客ごとの情報

       投資信託の受益者の情報を制度上把握していないため、記載を省略しております。
    [報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報]

     当社は、資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    [報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報]

     当社は、資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    [報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報]

     当社は、資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    (関連当事者情報)

    1.関連当事者との取引
      (1)  財務諸表提出会社の親会社及び主要株主等
       第36期(自       令和2年4月1日        至  令和3年3月31日)
                             議決権等
       種   会社等の               事業の    の所有     関連当事者           取引金額           期末残高
                所在地    資本金                   取引の内容            科目
       類    名称               内容   (被所有)      との関係           (注4)           (注4)
                             割合
        ㈱三菱UFJ                                          その他未払金
                東京都     2,141,513    銀行持株     被所有    連結納税       連結納税に      3,492,898           3,425,136
       親
        フィナンシャル・
                千代田      百万円   会社業     間接          伴う支払        千円           千円
       会
        グループ
                区             100.0%           (注1)
       社
                                 当社投資信託の
        三菱UFJ       東京都     324,279   信託業、     被所有           投資信託に      5,128,270    未払手数料        772,495
                                 募集の取扱及び
        信託銀行㈱       千代田      百万円   銀行業     直接          係る事務代        千円           千円
                                 投資信託に係る
                区             100.0%           行手数料の
                                 事務代行の委託
                                        支払
                                 等
                                        (注2)
       親
                                51/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       会
                                 投資の助言       投資助言料       523,327   未払費用        290,120
       社
                                        (注3)        千円           千円
                                 役員の兼任
       第37期(自       令和3年4月1日        至  令和4年3月31日)

                             議決権等
       種   会社等の               事業の    の所有     関連当事者           取引金額           期末残高
                所在地    資本金                   取引の内容            科目
       類    名称              内容    (被所有)      との関係           (注4)           (注4)
                              割合
        ㈱三菱UFJ                                          その他未払金
                東京都    2,141,513    銀行持株     被所有    連結納税       連結納税に      4,062,765           3,887,520
       親
        フィナンシャル・
                千代田     百万円    会社業     間接          伴う支払        千円           千円
       会
        グループ
                区             100.0%           (注1)
       社
                                 当社投資信託の
        三菱UFJ       東京都     324,279    信託業、     被所有           投資信託に      5,153,589    未払手数料        836,105
                                 募集の取扱及び
        信託銀行㈱       千代田     百万円    銀行業     直接          係る事務代        千円           千円
                                 投資信託に係る
                区             100.0%           行手数料の
                                 事務代行の委託
                                        支払
                                 等
                                        (注2)
       親
       会
       社                          投資の助言       投資助言料       499,388   未払費用        272,264
                                        (注3)        千円           千円
                                 役員の兼任
       取引条件及び取引条件の決定方針等

        (注)1.連結納税制度に基づく連結法人税の支払予定額であります。
           2.投資信託に係る事務代行手数料については、商品毎に、過去の料率、市場実勢等を勘案
              して決定しております。
           3.  投資助言料については、市場実勢を勘案して決定しております。
           4.  上記金額のうち、取引金額は消費税等を含まず、期末残高は消費税等を含んで表示して
              おります。
    (2)財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等

       第36期(自       令和2年4月1日        至  令和3年3月31日)
                          議決権等
       種  会社等の              事業の    の所有     関連当事者             取引金額            期末残高
              所在地    資本金                   取引の内容              科目
       類   名称             内容   (被所有)      との関係             (注2)            (注2)
                           割合
        ㈱三菱UFJ     東京都    1,711,958    銀行業    なし   当社投資信託の       投資信託に        3,729,785    未払手数料        764,501
       同
              千代田      百万円          募集の取扱及び       係る事務代          千円           千円
       一  銀行
              区                投資信託に係る       行手数料
       の
                              事務代行の委託       の支払
       親
                              等       (注1)
       会
       社
       を
       持
       つ
       会
       社
       同  三菱UFJ     東京都     40,500   証券業    なし   当社投資信託の       投資信託に        5,655,482    未払手数料       1,193,245
       一       千代田     百万円          募集の取扱及び       係る事務代          千円           千円
        モルガン・
       の       区                投資信託に係る       行手数料
        スタンレー
       親                       事務代行の委託       の支払
        証券㈱
       会                       等       (注1)
       社
       を
       持
       つ
       会
       社
       第37期(自       令和3年4月1日        至  令和4年3月31日)

                                52/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                          議決権等
       種  会社等の             事業の    の所有     関連当事者             取引金額            期末残高
              所在地    資本金                   取引の内容              科目
       類   名称             内容   (被所有)      との関係             (注2)            (注2)
                           割合
        ㈱三菱UFJ     東京都     1,711,958    銀行業    なし   当社投資信託の       投資信託に        4,097,951    未払手数料        838,058
        銀行     千代田      百万円          募集の取扱及び       係る事務代          千円           千円
       同
             区                投資信託に係る       行手数料
       一
                             事務代行の委託       の支払
       の
                             等       (注1)
       親
       会
       社
       を
       持
       つ
       会
       社
       同  三菱UFJ     東京都     40,500   証券業    なし   当社投資信託の       投資信託に        7,025,984    未払手数料       1,319,958

       一       千代田     百万円          募集の取扱及び       係る事務代          千円           千円
         モルガン・
       の       区                投資信託に係る       行手数料
         スタンレー
       親                       事務代行の委託       の支払
         証券㈱
       会                       等       (注1)
       社
       を
       持
       つ
       会
       社
       取引条件及び取引条件の決定方針等
         (注)1.     投資信託に係る事務代行手数料については、商品毎に、過去の料率、市場実勢等を勘案
             して決定しております。
           2.  上記金額のうち、取引金額は消費税等を含まず、期末残高は消費税等を含んで表示して
              おります。
    2.親会社に関する注記

      株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(東京証券取引所、名古屋証券取引所及びニューヨー
      ク証券取引所に上場)
      三菱UFJ信託銀行株式会社(非上場)
    (1株当たり情報)

                                 第36期                第37期
                            (自   令和2年4月1日             (自   令和3年4月1日
                             至  令和3年3月31日)               至  令和4年3月31日)
     1株当たり純資産額                              393,827.09円                400,322.84円
     1株当たり当期純利益金額                               49,916.36円                57,424.97円
    (注)1.     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載して
          おりません。
        2.「会計方針の変更」に記載のとおり、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 
          令和2年3月31日)等を適用し、「収益認識に関する会計基準」第84項ただし書きに定める経過
          的な取扱いに従っております。この結果、当事業年度の1株当たり純資産額は2,248.25円増加
          し、1株当たり純利益金額は658.24円減少しております。
       3.     1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 第36期                第37期
                            (自   令和2年4月1日             (自   令和3年4月1日
                             至  令和3年3月31日)               至  令和4年3月31日)
     当期純利益金額 (千円)                               10,561,354                12,150,032
     普通株主に帰属しない金額 (千円)                                    -                -
     普通株式に係る当期純利益金額
                                    10,561,354                12,150,032
     (千円)
     普通株式の期中平均株式数 (株)                                 211,581                211,581
                                53/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【利害関係人との取引制限】

     委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げ
     る行為が禁止されています。
     ①自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこ
       と(投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させ
       るおそれがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
     ②運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、も
       しくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内
       閣府令で定めるものを除きます。)。
     ③通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親
       法人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業
       者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以
       下④⑤において同じ。)または子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有している
       ことその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める
       要件に該当する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引または店頭デリバ
       ティブ取引を行うこと。
     ④委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方
       針、運用財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行
       うこと。
     ⑤上記③④に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為であって、投
       資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそ
       れのあるものとして内閣府令で定める行為
    5【その他】

     ①定款の変更等
       定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
     ②訴訟事件その他重要事項
       該当事項はありません。
    第2【その他の関係法人の概況】

    1【名称、資本金の額及び事業の内容】

    (1)受託会社
       ①名称:三菱UFJ信託銀行株式会社
       (再信託受託会社:日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
       ②資本金の額:324,279百万円(2022年3月末現在)
       ③事業の内容:銀行業務および信託業務を営んでいます。
    (2)販売会社

                         ②資本金の額
        ①名称                                   ③事業の内容
                             (2022年3月末現在)
                                           銀行業務および信託業務を営ん
        三菱UFJ信託銀行株式会社                      324,279     百万円
                                           でいます。
    2【関係業務の概要】

    (1)受託会社:ファンドの受託会社として、信託財産の保管・管理等を行います。
    (2)販売会社:ファンドの募集の取扱い、解約の取扱い、収益分配金・償還金の支払いの取扱い等

        を行います。
                                54/58


                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【資本関係】

      委託会社と関係法人の主な資本関係は次の通りです。(2022年6月末現在)
      三菱UFJ信託銀行株式会社は委託会社の株式の100.0%(211,581株)を所有しています。
      (注)関係法人が所有する委託会社の株式または委託会社が所有する関係法人の株式のうち、持株
         比率が3%以上のものを記載しています。
    第3【その他】

    (1)目論見書の表紙にロゴマーク、図案およびキャッチ・コピーを採用すること、また使用開始
        日、ファンドの形態、申込みに係る事項、ファンド専用サイトのアドレスなどを記載すること
        があります。
    (2)投資信託説明書(交付目論見書)に、以下の趣旨の文言の全部または一部および有価証券届出

        書の主要内容を記載することがあります。
       ・ファンドに関する投資信託説明書(請求目論見書)を含む詳細な情報は、委託会社のホーム
        ページで閲覧、ダウンロードできます。
       ・本書には、約款の主な内容が含まれていますが、約款の全文は請求目論見書に掲載されていま
        す。
       ・ご購入に際しては、本書の内容を十分にお読みください。
       ・ファンドの商品内容に関して重大な変更を行う場合には、投資信託及び投資法人に関する法律
        に基づき事前に受益者の意向を確認します。
       ・ファンドの財産は、信託法に基づき受託会社において分別管理されています。
       ・請求目論見書は、販売会社にご請求いただければ当該販売会社を通じて交付いたします。(請
        求目論見書をご請求された場合は、その旨をご自身で記録しておくようお願いいたします。)
       ・有価証券届出書の効力の発生の有無については、委託会社のホームページにて確認いただけま
        す。効力が発生するまでに、本書の記載内容が訂正される場合があります。
    (3)投資信託説明書(請求目論見書)に信託約款を掲載します。

    (4)目論見書は電磁的方法により提供されるほか、インターネット、電子媒体等に掲載されること

        があります。
    (5)投信評価機関、投信評価会社等からファンドに対するレーティングを取得し、当該レーティン

        グを使用することがあります。
    (6)目論見書は「投資信託説明書」を別称として使用します。

    (7)目論見書に委託会社のホームページアドレス等を掲載し、当該アドレスにアクセスすることに

        より基準価額等の情報を入手できる旨のご案内を記載することがあります。
                                55/58






                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                    独立監査人の監査報告書

                                              令和4年6月10日

    三菱UFJ国際投信株式会社

       取    締    役    会        御    中

                   有限責任監査法人ト ー マ ツ

                       東    京    事    務    所
                    指定有限責任社

                    員    業務執        公認会計士
                                   青      木      裕      晃
                    行社員
                    指定有限責任社

                    員    業務執        公認会計士
                                   伊      藤      鉄      也
                    行社員
                                56/58














                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託
    会社等の経理状況」に掲げられている三菱UFJ国際投信株式会社の令和3年4月1日から令和4年
    3月31日までの第37期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変
    動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基
    準に準拠して、三菱UFJ国際投信株式会社の令和4年3月31日現在の財政状態及び同日をもって
    終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行っ
    た。監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載さ
    れている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立してお
    り、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基
    礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、監査した財務諸表を含む開示書類に含まれる情報のうち、財務諸表及び
    その監査報告書以外の情報である。
     当監査法人は、その他の記載内容が存在しないと判断したため、その他の記載内容に対するい
    かなる作業も実施していない。
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務
    諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない
    財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用するこ
    とが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基
    づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行
    を監視することにある。
                                57/58










                                                          EDINET提出書類
                                                  三菱UFJ国際投信株式会社(E11518)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬に
    よる重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立
    場から財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する
    可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に
    見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リ
       スクに対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断によ
       る。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
     ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、
       監査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監
       査に関連する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会
       計上の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入
       手した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に
       関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不
       確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起するこ
       と、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対し
       て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに
       入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続
       できなくなる可能性がある。
     ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の
       基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及
       び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価
       する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過
    程で識別した内部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められ
    ているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する
    規定を遵守したこと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻
    害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行
    う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関
    係はない。
                                                    以 上
     (注)1.      上記の監査報告書の原本は当社が別途保管しております。

        2.   XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                58/58





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。