グローバルX ロジスティクス・REIT ETF 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 グローバルX ロジスティクス・REIT ETF
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    【表紙】

    【提出書類】                 有価証券届出書

    【提出先】                 関東財務局長 殿

    【提出日】                 2022年9月12日         提出

    【発行者名】                 Global     X Japan株式会社

    【代表者の役職氏名】                 代表取締役社長 姜 昇浩

    【本店の所在の場所】                 東京都千代田区麹町四丁目5番21号

    【事務連絡者氏名】                 仁木 大介

                     連絡場所 東京都千代田区麹町四丁目5番21号

    【電話番号】                 03-5215-5072

    【届出の対象とした募集内                 グローバルX         ロジスティクス・REIT              ETF

    国投資信託受益証券に係る

    ファンドの名称】

    【届出の対象とした募集内                 (1)   当初設定

    国投資信託受益証券の金

                       8億円を上限とします。
    額】
                     (2)   継続申込期間
                       5兆円を上限とします。

    【縦覧に供する場所】                 名 称 株式会社東京証券取引所

                     所在地 東京都中央区日本橋兜町2番1号

                                 1/55









                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】

    (1)【ファンドの名称】

       グローバルX         ロジスティクス・REIT             ETF
    (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

       追加型証券投資信託(契約型)の受益権です。
       信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付はありません。また、提供され、も
      しくは閲覧に供される予定の信用格付もありません。
       ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(以下「社振法」といいます。)の規定の
      適用を受け、受益権の帰属は、後述の「(11)                         振替機関に関する事項」に記載の振替機関および当該
      振替機関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含
      め、以下「振替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります
      (以下、振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいま
      す。)。委託会社は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を
      発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
    (3)【発行(売出)価額の総額】

      ① 当初設定 8億円を上限とします。
      ② 継続申込期間 5兆円を上限とします。
    (4)【発行(売出)価格】

      ① 当初設定 1口当たり1,000円とします。
      ② 継続申込期間 100口当たり取得申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
      (注1)営業日の正午までに取得申込みをした場合には、当日を取得申込受付日として取得申込みを
         受付けます。
      (注2)基準価額は、販売会社または下記にお問合わせ下さい。
        Global    X Japan株式会社

        ・お客様窓口:電話番号 03-5656-5274
         受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで
        ・ホームページアドレス:https://globalxetfs.co.jp/
    (5)【申込手数料】

       販売会社は、当該販売会社が定める申込手数料および当該申込手数料にかかる消費税および地方消
      費税(以下「消費税等」といいます。)に相当する金額を取得申込者から徴収することができるもの
      とします。当該申込手数料は、当該販売会社および受託会社が収受するものとします。
       販売会社については、委託会社にお問合わせ下さい。また、委託会社のホームページでご覧になる
      こともできます。
        Global    X Japan株式会社

        ・お客様窓口:電話番号 03-5656-5274
         受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで
        ・ホームページアドレス:https://globalxetfs.co.jp/
    (6)【申込単位】

       5万口以上5万口単位
    (7)【申込期間】

      ① 当初設定 2022年9月28日
      ② 継続申込期間 2022年9月28日から2023年11月17日まで
       (終了前に有価証券届出書を提出することにより更新されます。)
                                 2/55


                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ただし、原則として、次の1.から3.までに該当する場合は、受益権の取得申込みの受付けを停止し
      ます。なお、次の1.または2.までに該当する場合であっても、委託会社の判断により、受益権の取得
      申込みを受付けることがあります。
       1.当ファンドの計算期間終了日の4営業日前から起算して4営業日以内(ただし、計算期間終了日が
       休業日の場合は、当該計算期間終了日の5営業日前から起算して5営業日以内)
       2.ニューヨーク証券取引所またはオーストラリア証券取引所のいずれかの休業日と同じ日付の日
       3.前各号のほか、委託会社が、運用の基本方針に沿った運用に支障を来すおそれのあるやむを得な
       い事情が生じたものと認めたとき
    (8)【申込取扱場所】

       委託会社にお問合わせ下さい。また、委託会社のホームページでご覧になることもできます。
      Global    X Japan株式会社

      ・お客様窓口:電話番号 03-5656-5274
       受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで
      ・ホームページアドレス:https://globalxetfs.co.jp/
    (9)【払込期日】

       受益権の取得申込者は、販売会社が定める期日(くわしくは、販売会社にお問合わせ下さい。)ま
      でに、取得申込代金(取得申込金額、申込手数料および申込手数料に対する消費税等に相当する金額
      の合計額をいいます。以下同じ。)を販売会社において支払うものとします。
       販売会社は、各取得申込受付日における取得申込金額の総額に相当する金額を、追加信託が行なわ
      れる日に、委託会社の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払込みます。
    (10)【払込取扱場所】

       前(9)の引渡しは、販売会社において行なうものとします。販売会社については、前(5)をご参照下
      さい。
    (11)【振替機関に関する事項】

       振替機関は下記のとおりです。
       株式会社 証券保管振替機構
    (12)【その他】

       該当事項はありません。
                                 3/55








                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】

    (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

       当ファンドは、信託財産の1口当たりの純資産額の変動率を「Solactive                                         Logistics      REIT   Index」
      (以下「対象指数」という場合があります。)の変動率に一致させることを目的とします。一般社団
      法人投資信託協会による商品分類・属性区分は、次のとおりです。
      商品分類表

        単位型投信・                   投資対象資産
                  投資対象地域                    独立区分          補足分類
        追加型投信                  (収益の源泉)
                            株  式

                   国  内                    MMF
        単位型投信                    債  券                  インデックス型
                            不動産投信

                   海  外         (リート)           MRF
                            その他資産

        追加型投信                   (   )                    特殊型
                   内  外                    ETF
                            資産複合
      (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。
      属性区分表

        投資対象資産           決算頻度         投資対象地域          為替ヘッジ        対象インデックス
                          グローバル

       株式
                          (除く日本)
        一般           年1回
        大型株
                          日本
                                               日経225
        中小型株           年2回
       債券
                          北米             あり
        一般           年4回
                                      (  )
                          欧州
        公債
        社債           年6回
                                               TOPIX
                          アジア
        その他債券           (隔月)
        クレジット属性
                          オセアニア
        (     )           年12回
       不動産投信            (毎月)
                          中南米
                                                その他
       その他資産
                                               (Solactive
                          アフリカ             なし
       (   )             日々
                                              Logistics     REIT
       資産複合
                                                Index
                          中近東
       (   )            その他
                          (中東)
        資産配分固定型           (  )
        資産配分変更型
                          エマージング
      (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。
                                 4/55




                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (注1)商品分類の定義
       単位型・      単位型          当初、募集された資金が一つの単位として信託され、その後の
       追加型                追加設定は一切行なわれないファンド
             追加型          一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行なわれ
                       従来の信託財産とともに運用されるファンド
       投資対象      国内          目論見書または投資信託約款(以下「目論見書等」といいま
       地域                す。)において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国
                       内の資産を源泉とする旨の記載があるもの
             海外          目論見書等において、組入資産による主たる投資収益が実質的
                       に海外の資産を源泉とする旨の記載があるもの
             内外          目論見書等において、国内および海外の資産による投資収益を
                       実質的に源泉とする旨の記載があるもの
       投資対象      株式          目論見書等において、組入資産による主たる投資収益が実質的
       資産                に株式を源泉とする旨の記載があるもの
             債券          目論見書等において、組入資産による主たる投資収益が実質的
                       に債券を源泉とする旨の記載があるもの
             不動産投信(リー          目論見書等において、組入資産による主たる投資収益が実質的
             ト)          に不動産投資信託の受益証券および不動産投資法人の投資証券
                       を源泉とする旨の記載があるもの
             その他資産          目論見書等において、組入資産による主たる投資収益が実質的
                       に株式、債券、不動産投信(リート)以外の資産を源泉とする
                       旨の記載があるもの
             資産複合          目論見書等において、株式、債券、不動産投信(リート)およ
                       びその他資産のうち複数の資産による投資収益を実質的に源泉
                       とする旨の記載があるもの
       独立区分      MMF(マネー・          「MMF等の運営に関する規則」に定めるMMF
             マネージメント・
             ファンド)
             MRF(マネー・          「MMF等の運営に関する規則」に定めるMRF
             リザーブ・ファン
             ド)
             ETF          投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令480
                       号)第12条第1号および第2号に規定する証券投資信託ならび
                       に租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第9条の4の2に規定
                       する上場証券投資信託
       補足分類      インデックス型          目論見書等において、各種指数に連動する運用成果をめざす旨
                       の記載があるもの
             特殊型          目論見書等において、投資者に対して注意を喚起することが必
                       要と思われる特殊な仕組みあるいは運用手法の記載があるもの
     (注2)属性区分の定義

       投資対象     株式    一般       大型株、中小型株属性にあてはまらないすべてのもの
       資産
                大型株       目論見書等において、主として大型株に投資する旨の記載があ
                       るもの
                中小型株       目論見書等において、主として中小型株に投資する旨の記載が
                       あるもの
             債券    一般       公債、社債、その他債券属性にあてはまらないすべてのもの
                公債       目論見書等において、日本国または各国の政府の発行する国債
                       (地方債、政府保証債、政府機関債、国際機関債を含みま
                       す。)に主として投資する旨の記載があるもの
                社債       目論見書等において、企業等が発行する社債に主として投資す
                       る旨の記載があるもの
                その他債券       目論見書等において、公債または社債以外の債券に主として投
                       資する旨の記載があるもの
                                 5/55

                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                格付等クレ       目論見書等において、特にクレジットに対して明確な記載があ
                ジットによ       るもの
                る属性
             不動産投信          目論見書等において、主として不動産投信(リート)に投資す
                       る旨の記載があるもの
             その他資産          目論見書等において、主として株式、債券、不動産投信(リー
                       ト)以外に投資する旨の記載があるもの
             資産複合          目論見書等において、複数資産を投資対象とする旨の記載があ
                       るもの
             資産複合 資産配          目論見書等において、複数資産を投資対象とし、組入比率につ
             分固定型          いては固定的とする旨の記載があるもの
             資産複合 資産配          目論見書等において、複数資産を投資対象とし、組入比率につ
             分変更型          いては、機動的な変更を行なう旨の記載があるものもしくは固
                       定的とする旨の記載がないもの
       決算頻度     年1回          目論見書等において、年1回決算する旨の記載があるもの
             年2回          目論見書等において、年2回決算する旨の記載があるもの
             年4回          目論見書等において、年4回決算する旨の記載があるもの
             年6回(隔月)          目論見書等において、年6回決算する旨の記載があるもの
             年12回(毎月)          目論見書等において、年12回(毎月)決算する旨の記載がある
                       もの
             日々          目論見書等において、日々決算する旨の記載があるもの
             その他          上記属性にあてはまらないすべてのもの
       投資対象     グローバル          目論見書等において、組入資産による投資収益が世界の資産を
       地域                源泉とする旨の記載があるもの
             日本          目論見書等において、組入資産による投資収益が日本の資産を
                       源泉とする旨の記載があるもの
             北米          目論見書等において、組入資産による投資収益が北米地域の資
                       産を源泉とする旨の記載があるもの
             欧州          目論見書等において、組入資産による投資収益が欧州地域の資
                       産を源泉とする旨の記載があるもの
             アジア          目論見書等において、組入資産による投資収益が日本を除くア
                       ジア地域の資産を源泉とする旨の記載があるもの
             オセアニア          目論見書等において、組入資産による投資収益がオセアニア地
                       域の資産を源泉とする旨の記載があるもの
             中南米          目論見書等において、組入資産による投資収益が中南米地域の
                       資産を源泉とする旨の記載があるもの
             アフリカ          目論見書等において、組入資産による投資収益がアフリカ地域
                       の資産を源泉とする旨の記載があるもの
             中近東(中東)          目論見書等において、組入資産による投資収益が中近東地域の
                       資産を源泉とする旨の記載があるもの
             エマージング          目論見書等において、組入資産による投資収益がエマージング
                       地域(新興成長国(地域))の資産を源泉とする旨の記載があ
                       るもの
       投資形態     ファミリーファン          目論見書等において、親投資信託(ファンド・オブ・ファンズ
             ド          にのみ投資されるものを除きます。)を投資対象として投資す
                       るもの
             ファンド・オブ・          「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファン
             ファンズ          ド・オブ・ファンズ
       為替ヘッ     あり          目論見書等において、為替のフルヘッジまたは一部の資産に為
       ジ                替のヘッジを行なう旨の記載があるもの
             なし          目論見書等において、為替のヘッジを行なわない旨の記載があ
                       るものまたは為替のヘッジを行なう旨の記載がないもの
                                 6/55


                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       対象イン     日経225          目論見書等において、日経225に連動する運用成果をめざす旨
       デックス                の記載があるもの
             TOPIX          目論見書等において、TOPIXに連動する運用成果をめざす
                       旨の記載があるもの
             その他の指数          目論見書等において、上記以外の指数に連動する運用成果をめ
                       ざす旨の記載があるもの
       特殊型     ブル・ベア型          目論見書等において、派生商品をヘッジ目的以外に用い、積極
                       的に投資を行なうとともに各種指数・資産等への連動もしくは
                       逆連動(一定倍の連動もしくは逆連動を含みます。)をめざす
                       旨の記載があるもの
             条件付運用型          目論見書等において、仕組債への投資またはその他特殊な仕組
                       みを用いることにより、目標とする投資成果(基準価額、償還
                       価額、収益分配金等)や信託終了日等が、明示的な指標等の値
                       により定められる一定の条件によって決定される旨の記載があ
                       るもの
             ロング・ショート          目論見書等において、ロング・ショート戦略により収益の追求
             型/絶対収益追求          をめざす旨もしくは特定の市場に左右されにくい収益の追求を
             型          めざす旨の記載があるもの
             その他型          目論見書等において、特殊型のうち上記に掲げる属性のいずれ
                       にも該当しない特殊な仕組みあるいは運用手法の記載があるも
                       の
      ※商品分類・属性区分の定義について、くわしくは、一般社団法人投資信託協会のホームページ(ア

       ドレス    http://www.toushin.or.jp/)をご参照下さい。
      <信託の限度>

      ・委託会社は、受託会社と合意のうえ、3,500億円を限度として追加信託することができます。
      ・委託会社は、受託会社と合意のうえ、上記の限度を変更することができます。
                                 7/55











                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    <ファンドの特色>
                                 8/55




















                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 9/55





















                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                10/55





















                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【ファンドの沿革】
       2022年9月28日             信託契約締結、当初設定、運用開始
       2022年9月30日             受益権を東京証券取引所に上場(予定)
    (3)【ファンドの仕組み】

              名     称                        関係業務の内容

         Global    X Japan株式会社              当ファンドにかかる証券投資信託契約(以下「信

                            託契約」といいます。)(※1)の委託者であり、
      委託
                            受益権の募集・発行、信託財産の運用指図、信託財
      会社
                            産の計算等を行ないます。
         三井住友信託銀行株式会社                    信託契約(※1)の受託者であり、委託会社の指

                            図に基づく信託財産の管理・処分、信託財産の計算
         (再信託受託会社:株式会社日
      受託
                            等を行ないます。なお、信託事務の一部につき、株
         本カストディ銀行)
      会社
                            式会社日本カストディ銀行に委託することができま
                            す。
         販売会社                    受益権の募集等に関する委託会社との契約(※

                            2)に基づき、受益権の募集の取扱い、一部解約請
      取扱
                            求に関する事務、収益分配金、償還金、一部解約金
      窓口
                            の支払いに関する事務等を行ないます。
      ※1:「投資信託及び投資法人に関する法律」に基づいて、あらかじめ監督官庁に届け出られた信託

         約款の内容に基づき締結されます。証券投資信託の運営に関する事項(運用方針、委託会社お
         よび受託会社の業務、受益者の権利、信託報酬、信託期間等)が規定されています。
      ※2:受益権の募集の取扱い、一部解約請求に関する事務、収益分配金、償還金、一部解約金の支払
         いに関する事務の内容等が規定されています。
      ◎委託会社および受託会社は、それぞれの業務に対する報酬を信託財産から収受します。
      <委託会社等の概況(2022年3月末日現在)>

      ・資本金の額 25億円
      ・沿革
      2019年    9月  2日      設立登記
      2020年    3月11日        金融商品取引業者登録
                  (金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第3174号)
      ・大株主の状況
              名 称                  住 所             所有      比率
                                             株式数
                         605   3rd   Avenue,     43rd   Floor,    New
       Global    X  Management      Company,
                                            250,000株         50%
                         York,   NY,  U.S.A.
       Inc.
       大和アセットマネジメント株式会
                         東京都千代田区丸の内一丁目9番1号                    200,000株         40%
       社
       株式会社大和証券グループ本社                 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号                    50,000株        10%
                                11/55





                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【投資方針】
    (1)【投資方針】

       委託会社は、信託財産の運用にあたっては、次の基本方針にしたがって、その指図を行ないます。
      ① 主として、海外の不動産投資信託証券に投資し、信託財産の1口当たりの純資産額の変動率を
       Solactive      Logistics      REIT   Indexの変動率に一致させることをめざします。
      ② 運用の効率化を図るため、不動産投信指数先物取引等を利用することがあります。このため、不
       動産投資信託証券等の組入総額と不動産投信指数先物取引等の買建玉の時価総額の合計額が、信託
       財産の純資産総額を超えることがあります。
      ③ 為替変動リスクを回避するための為替ヘッジは原則として行ないません。
      ④ 当初設定日直後、大量の追加設定または解約が発生したとき、市況の急激な変化が予想されると
       き、償還の準備に入ったとき等ならびに信託財産の規模によっては、上記の運用が行なわれないこ
       とがあります。
    ※指数の変動をその基準価額の変動に適正に反映するための手法については、<ファンドの特色>をご

      参照下さい。
    (2)【投資対象】

      ① 当ファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
        1.次に掲げる特定資産(投資信託及び投資法人に関する法律施行令第3条に掲げるものをいいま
        す。以下同じ。)
        イ.有価証券
        ロ.デリバティブ取引にかかる権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、後掲
         (5)⑤、⑥および⑦に定めるものに限ります。)
        ハ.約束手形
        ニ.金銭債権のうち、投資信託及び投資法人に関する法律施行規則第22条第1項第6号に掲げるも
         の
        2.次に掲げる特定資産以外の資産
        イ.為替手形
      ② 委託会社は、信託金を、次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみな
       される同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図することができます。
        1.  株券または新株引受権証書
        2.  国債証券
        3.  地方債証券
        4.  特別の法律により法人の発行する債券
        5.  社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株
         引受権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
        6.  特定目的会社にかかる特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいま
         す。)
        7.  特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で定
         めるものをいいます。)
        8.  協同組織金融機関にかかる優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるものをい
         います。)
        9.  特定目的会社にかかる優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品取引
         法第2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
        10.  コマーシャル・ペーパー
        11.  新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)お
         よび新株予約権証券
        12.  外国または外国の者の発行する証券または証書で、前1.から前11.までの証券または証書の
         性質を有するもの
                                12/55



                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        13.  投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものを
         いいます。)
        14.  投資証券、新投資口予約権証券、投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2条
         第1項第11号で定めるものをいいます。)
        15.  外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
        16.  オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをい
         い、有価証券にかかるものに限ります。)
        17.  預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
        18.  外国法人が発行する譲渡性預金証書
        19.  受益証券発行信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定めるものをいいま
         す。)
        20.  抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
        21.  外国の者に対する権利で、貸付債権信託受益権であって前19.の有価証券に表示されるべき
         権利の性質を有するもの
          なお、前1.の証券または証書ならびに前12.および前17.の証券または証書のうち前1.の証券
         または証書の性質を有するものを以下「株式」といい、前2.から前6.までの証券ならびに前14.
         の証券のうち投資法人債券および外国投資証券で投資法人債券に類する証券ならびに前12.およ
         び前17.の証券または証書のうち前2.から前6.までの証券の性質を有するものを以下「公社債」
         といい、前13.の証券および前14.の証券(新投資口予約権証券、投資法人債券および外国投資
         証券で投資法人債券に類する証券を除きます。)を以下「投資信託証券」といいます。
      ③ 委託会社は、信託金を、前②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第
       2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用する
       ことを指図することができます。
        1.  預金
        2.  指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
        3.  コール・ローン
        4.  手形割引市場において売買される手形
        5.  貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
        6.  外国の者に対する権利で前5.の権利の性質を有するもの
    ※指数の変動をその基準価額の変動に適正に反映するための手法については、<ファンドの特色>をご

      参照下さい。
                                13/55









                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【運用体制】
      ① 運用体制
      ファンドの運用体制は以下のとおりとなっております。
       イ.ファンドの運用・管理の各業務の役割分担を社内規程により定めております。
       ロ.ファンドの運用については委託会社の運用部門が統括しています。
       ハ.社内には内部監査を担当する部門、ファンドの運用状況やリスク状況等をモニターし関連部署
         にフィードバックする部門、あるいは運用会議等の開催により、各ファンドの投資方針等にし
         たがって運用が行なわれているか確認する体制を整備しています。
      ② 運用方針の決定にかかる過程








       運用方針は次の過程を経て決定しております。
       イ.ファンド運営上の諸方針の策定
         運用ソリューション部長(CIO)が議長となり商品会議を開催します。商品会議においてファン
        ド運営上の諸方針を審議・決定し、基本計画書を策定します。
       ロ.基本的な運用方針の決定
         運用ソリューション部長(CIO)が議長となり、原則として月1回運用会議を開催し、基本的な
        運用方針を決定します。
       ハ.運用計画書の作成・承認
         ファンドマネージャーは、基本計画書に定められた各ファンドの諸方針と運用会議で決定され
        た基本的な運用方針にしたがって運用計画書を作成します。運用ソリューション部長は、ファン
        ドマネージャーから提示を受けた運用計画書について、基本計画書および運用会議の決定事項と
        の整合性等を確認し、承認します。
      ③ 内部管理体制

       イ.コンプライアンス部によるモニタリング
         コンプライアンス部は責任部室として、運用リスク管理等に係るモニタリング・監視を行ない
        ます。さらに、信託財産等の運用リスクの状況および運用リスク管理等の状況のリスク管理委員
        会への報告、運用リスク管理等を行う上で必要な運用執行部門に対する報告の徴求、および信託
        財産等の運用リスク管理等において重要な問題を発見した場合の取締役会、取締役および内部監
        査室長への適宜の的確な報告の機能を有します。
                                14/55


                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ロ.リスク管理委員会
         コンプライアンス部が事務局となり、全社リスク管理における重要事項の報告・協議、対応方
        針の決定などを行います。運用リスクの管理については、信託財産ごとに、各種投資制限や、基
        本計画書で定める投資ユニバースへの遵守状況等について、コンプライアンス部が日々、事後
        チェックを行います。また、違反があった場合には、コンプライアンス部長が運用ソリューショ
        ン部運用チームに対し、是正等の指示を行います。
       ハ.内部監査室
         内部監査室は、「内部監査規程」の定めるところに従い、運用リスク管理等の適切性および有
        効性を検証するための内部監査を実施し、重要な事項については取締役会等に報告する機能を有
        します。
    ※ 上記の運用体制は2022年6月末日現在のものであり、変更となる場合があります。

    (4)【分配方針】

       収益の分配は、計算期間ごとに、信託財産について生じる配当、受取利息その他これらに類する収
      益の額の合計額から支払利子、信託報酬その他これらに類する費用の額の合計額を控除した額の全額
      について行ないます。
    (5)【投資制限】

      ① 株式(信託約款)
        株式への直接投資は、行ないません。
      ② 投資信託証券(信託約款)

        委託会社は、信託財産に属する投資信託証券(金融商品取引所に上場等され、かつ当該取引所に
       おいて常時売却可能(市場急変等により一時的に流動性が低下している場合を除きます。)な投資
       信託証券(以下「上場投資信託証券」といいます。)を除きます。)の時価総額が、信託財産の純
       資産総額の100分の5を超えることとなる投資の指図をしません。
      ③ 投資する株式等の範囲(信託約款)

       イ.委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、金融商品
        取引所に上場されている株式の発行会社の発行するもの、金融商品取引所に準ずる市場において
        取引されている株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当
        により取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券については、この限りではありませ
        ん。
       ロ.前イ.の規定にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券および新株予約
        権証券で目論見書等において上場または登録されることが確認できるものについては、委託会社
        が投資することを指図することができるものとします。
      ④ 信用取引(信託約款)

       イ.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売り付けることの
        指図をすることができます。なお、当該売付けの決済については、株券の引渡しまたは買戻しに
        より行なうことの指図をすることができるものとします。
       ロ.前イ.の信用取引の指図は、次の1.から6.までに掲げる有価証券の発行会社の発行する株券に
        ついて行なうことができるものとし、かつ次の1.から6.までに掲げる株券数の合計数を超えない
        ものとします。
         1.  信託財産に属する株券および新株引受権証書の権利行使により取得する株券
         2.  株式分割により取得する株券
         3.  有償増資により取得する株券
         4.  売出しにより取得する株券
         5.  信託財産に属する転換社債の転換請求および新株予約権(新株予約権付社債のうち会社法第
         236条第1項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株
         予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(会社法施行前の
         旧商法第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債を含みます。)の新
         株予約権に限ります。)の行使により取得可能な株券
                                15/55


                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         6.  信託財産に属する新株引受権証券および新株引受権付社債券の新株引受権の行使、または信
         託財産に属する新株予約権証券および新株予約権付社債券の新株予約権(前5.に定めるものを
         除きます。)の行使により取得可能な株券
      ⑤ 先物取引等(信託約款)

       イ.委託会社は、わが国の金融商品取引所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8
        項第3号イに掲げるものをいいます。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項
        第3号ロに掲げるものをいいます。)および有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8
        項第3号ハに掲げるものをいいます。)ならびに外国の金融商品取引所におけるこれらの取引と
        類似の取引を行なうことの指図をすることができます。なお、選択権取引は、オプション取引に
        含めるものとします(以下同じ。)。
       ロ.  委託会社は、わが国の金融商品取引所における通貨にかかる先物取引およびオプション取引な
        らびに外国の金融商品取引所における通貨にかかるこれらの取引と類似の取引を行なうことの指
        図をすることができます。
       ハ.  委託会社は、わが国の金融商品取引所における金利にかかる先物取引およびオプション取引な
        らびに外国の金融商品取引所における金利にかかるこれらの取引と類似の取引を行なうことの指
        図をすることができます。
      ⑥ スワップ取引(信託約款)

       イ.委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、異なった通貨、異なった受
        取金利または異なった受取金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引(以下「スワップ
        取引」といいます。)を行なうことの指図をすることができます。
       ロ.スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として、信託期間を超えない
        ものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限り
        ではありません。
       ハ.スワップ取引の評価は、市場実勢金利等をもとに算出した価額で行なうものとします。
       ニ.委託会社は、スワップ取引を行なうにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたとき
        は、担保の提供あるいは受入れの指図を行なうものとします。
      ⑦ 金利先渡取引および為替先渡取引(信託約款)

       イ.委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、金利先渡取引および為替先
        渡取引を行なうことの指図をすることができます。
       ロ.金利先渡取引および為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として、信
        託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものに
        ついてはこの限りではありません。
       ハ.金利先渡取引および為替先渡取引の評価は、市場実勢金利等をもとに算出した価額で行なうも
        のとします。
       ニ.委託会社は、金利先渡取引および為替先渡取引を行なうにあたり担保の提供あるいは受入れが
        必要と認めたときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行なうものとします。
      ⑧ デリバティブ取引等(信託約款)

        委託会社は、デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方
       法により算出した額が、信託財産の純資産総額を超えることとなる投資の指図をしません。
      ⑨ 有価証券の貸付け(信託約款)

       イ.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式、公社債および投
        資信託証券を次の範囲内で貸付けることの指図をすることができます。
         1.  株式の貸付けは、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の
         時価合計額を超えないものとします。
         2.  公社債の貸付けは、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有
         する公社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
         3.  投資信託証券の貸付けは、貸付時点において、貸付投資信託証券の時価合計額が、信託財産
         で保有する投資信託証券の時価合計額を超えないものとします。
       ロ.前イ.に定める限度額を超えることとなった場合には、委託会社は、すみやかにその超える額
        に相当する契約の一部の解約を指図するものとします。
                                16/55


                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ハ.委託会社は、有価証券の貸付けにあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行なう
        ものとします。
      ⑩ 外貨建資産(信託約款)

        外貨建資産への投資割合には、制限を設けません。
      ⑪ 特別の場合の外貨建有価証券への投資制限(信託約款)

        外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる
       場合には、制約されることがあります。
      ⑫ 外国為替予約取引(信託約款)

       イ.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、外国為替の売買の予約取引の指図をする
        ことができます。
       ロ.前イ.の予約取引の指図は、信託財産にかかる為替の買予約の合計額と売予約の合計額との差
        額につき円換算した額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。ただし、信託財産に
        属する外貨建資産の為替変動リスクを回避するためにする当該予約取引の指図については、この
        限りではありません。
       ハ.前ロ.の限度額を超えることとなった場合には、委託会社は所定の期間内に、その超える額に
        相当する為替予約の一部を解消するための外国為替の売買の予約取引の指図をするものとしま
        す。
      ⑬ 信用リスク集中回避(信託約款)

        一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクス
       ポージャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則
       として、それぞれ100分の10、合計で100分の20を超えないものとし、当該比率を超えることとなっ
       た場合には、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内となるよう調整
       を行なうこととします。
      ⑭ 資金の借入れ(信託約款)

       イ.委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解約に伴う支
        払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)
        を目的として、資金借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができま
        す。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用は行なわないものとします。
       ロ.一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から、
        信託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間、または解約代金の入金日までの
        間、もしくは償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間とし、資金借入額
        は当該有価証券等の売却代金、解約代金および償還金の合計額を限度とします。ただし、資金借
        入額は、借入指図を行なう日における信託財産の純資産総額の10%を超えないこととします。
       ハ.借入金の利息は信託財産中から支弁します。
                                17/55








                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【投資リスク】
    (1)  価額変動リスク

       当ファンドは、不動産投資信託証券など値動きのある証券に投資しますので、基準価額は大きく変
      動します。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割込むことがあります。委
      託会社の指図に基づく行為により信託財産に生じた利益および損失は、すべて投資者に帰属します。
       投資信託は預貯金とは異なります。
       投資者のみなさまにおかれましては、当ファンドの内容・リスクを十分ご理解のうえお申込み下さ
      いますよう、よろしくお願い申上げます。
       基準価額の主な変動要因については、次のとおりです。
      ① リート(不動産投資信託)への投資に伴うリスク
       イ.リートは、株式と同様に金融商品取引所等で売買され、その価格は、不動産市況に対する見通
        しや市場における需給等、さまざまな要因で変動します。
        ・リートには資産規模が小さく、流動性が低いものもあります。このようなリートへの投資は、
         流動性の高い株式等に比べ、より制約を受けることが考えられます。
        ・金利の上昇局面においては、他の、より利回りの高い債券等との比較でリートに対する投資価
         値が相対的に低下し、価格が下落することも想定されます。
       ロ.リートの価格や配当は、リートの収益や財務内容の変動の影響を受けます。
        ・リートの収益は、所有する不動産から得られる賃料収入がその大半を占めます。したがって、
         賃料水準や入居率の低下等により賃料収入が減少した場合には、リートの収益が悪化し、価格
         や配当が下落することが考えられます。
        ・リートの資産価値は、所有する不動産の評価等により変動します。市況の悪化、不動産の老朽
         化等によってリートの資産価値が低下した場合には、価格が下落することがあります。なお、
         実物資産である不動産には、人的災害、自然災害等に伴って大きな損害が発生する可能性もあ
         り、このような場合、リートの価格が大幅に下落することも想定されます。
        ・リートでは、投資資金を調達するために金融機関等から借入れを行なうことがあります。した
         がって、金利上昇局面において金利負担等が増加し、収益の悪化要因となることが考えられま
         す。
        ・法人形態のリートでは、経営陣の運営如何によっては収益や財務内容が著しく悪化する可能性
         があります。リートが倒産等に陥り、投資資金が回収できなくなることもありえます。
       ハ.リートに関する法制度(税制、会計制度等)が変更となった場合、リートの価格や配当に影響
        を与えることが想定されます。
        ・その他、不動産を取巻く規制(建築規制、環境規制等)に変更があった場合も、リートの価格
         や配当が影響を受けることが考えられます。
        ・金融商品取引所が定める基準に抵触する等の理由から、リートが上場廃止になることもありま
         す。
       ニ.当ファンドの基準価額は、海外のリート市場の変動の影響を大きく受けます。
       ホ.組入リートの市場価格が下落した場合、基準価額が下落する要因となり、投資元本を割込むこ
        とがあります。
      ② 外国証券への投資に伴うリスク
       イ.為替リスク
         外貨建資産の円換算価値は、資産自体の価格変動のほか、当該外貨の円に対する為替レートの
        変動の影響を受けます。為替レートは、各国の金利動向、政治・経済情勢、為替市場の需給その
        他の要因により大幅に変動することがあります。組入外貨建資産について、当該外貨の為替レー
        トが円高方向に進んだ場合には、基準価額が下落する要因となり、投資元本を割込むことがあり
        ます。
         当ファンドにおいて、為替変動リスクを回避するための為替ヘッジは原則として行ないませ
        ん。そのため、基準価額は為替レートの変動の影響を直接受けます。
                                18/55



                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ロ.カントリー・リスク
         投資対象国・地域において、政治・経済情勢の変化等により市場に混乱が生じた場合、または
        取引に対して新たな規制が設けられた場合には、基準価額が予想外に下落したり、方針に沿った
        運用が困難となることがあります。
      ③ その他
       イ.解約資金を手当てするため組入証券を売却しなければならないことがあります。その際、市場
        規模や市場動向によっては当初期待される価格で解消できないこともあります。この場合、基準
        価額が下落する要因となります。
       ロ.ファンド資産をコール・ローン、譲渡性預金証書等の短期金融資産で運用する場合、債務不履
        行により損失が発生することがあります(信用リスク)。この場合、基準価額が下落する要因と
        なります。
       ハ.市場の急変時等には、前掲「2 投資方針」にしたがった運用ができない場合があります。
       ニ.コンピューター関係の不慮の出来事に起因する市場リスクやシステム上のリスクが生じる可能
        性があります。
    (2)  換金性等が制限される場合

       通常と異なる状況において、お買付け・ご換金に制限を設けることがあります。
       委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得ない事情
      があるときは、お買付け・ご換金の申込みの受付けを中止することがあるほか、すでに受付けたお買
      付け・ご換金の申込みの受付けを取消すことがあります。また、委託会社が必要と認めるときは、お
      買付けの申込みの受付けを中止することがあるほか、すでに受付けたお買付けの申込みの受付けを取
      消すことがあります。ご換金の申込みの受付けが中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に
      行なった当日のご換金の申込みを撤回することができます。ただし、受益者がそのご換金の申込みを
      撤回しない場合には、当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計算日にご換金の申込みを受付
      けたものとして取扱います。
    (3)  その他の留意点

       当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)
      の適用はありません。
      ※ 流動性リスクに関する事項

      ・ 当ファンドは、大量の解約が発生し短期間で解約資金を手当てする必要が生じた場合や主たる
        取引市場において市場環境が急変した場合等に、一時的に組入資産の流動性が低下し、市場実勢
        から期待できる価格で取引できないリスク、取引量が限られてしまうリスクがあります。
         これにより、基準価額にマイナスの影響を及ぼす可能性や、換金の申込みの受付けが中止とな
        る可能性、換金代金のお支払いが遅延する可能性があります。
    ※指数の変動をその基準価額の変動に適正に反映することができないことについては、<ファンドの特

      色>の「●基準価額の動きに関する留意点」をご参照下さい。
                                19/55







                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (4)  リスク管理体制
       委託会社におけるリスク管理体制
        委託会社では、取締役会が決定した運用リスク等管理規程に基づき、運用部門から独立した部署
       および会議体が直接的または間接的に運用部門へのモニタリング・監視を通し、運用リスクの管理
       を行ないます。
      ※ 流動性リスクに対する管理体制






       ・ 委託会社では、流動性リスク管理に関する規程を定め、ファンドの組入資産の流動性リスクの
        モニタリングなどを実施するとともに、緊急時対応策の策定・検証などを行ないます。
       ・ 取締役会等は、流動性リスク管理の適切な実施の確保や流動性リスク管理態勢について、監督
        します。
                                20/55











                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                21/55





















                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】
    (1)【申込手数料】

       販売会社は、当該販売会社が定める申込手数料および当該申込手数料にかかる消費税等に相当する
      金額を取得申込者から徴収することができるものとします。当該申込手数料は、当該販売会社および
      受託会社が収受するものとします。
       販売会社については、委託会社にお問合わせ下さい。また、委託会社のホームページでご覧になる
      こともできます。
       Global    X Japan株式会社

       ・お客様窓口:電話番号 03-5656-5274
        受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで
       ・ホームページアドレス:https://globalxetfs.co.jp/
       申込手数料は、お買付時の商品説明または商品情報の提供、投資情報の提供、取引執行等の対価で

      す。くわしくは販売会社にお問合わせ下さい。
    (2)【換金(解約)手数料】

      ① 換金手数料
        販売会社は、受益者が一部解約請求を行なうときおよび受益権の買取りを行なうときは、当該販
       売会社が定める手数料および当該手数料にかかる消費税等に相当する金額を受益者から徴収するこ
       とができるものとします。具体的な手数料の料率等については、販売会社にお問合わせ下さい。
      ② 信託財産留保額
        ありません。
        換金手数料は、換金に伴う取引執行等の対価です。くわしくは販売会社にお問合わせ下さい。

    (3)【信託報酬等】

      ① 信託報酬の総額は、計算期間を通じて毎日、次のイ.の額にロ.の額を加算して得た額とし、委託
       会社と受託会社との間の配分は以下のとおりとします。信託報酬は、毎日計上され、毎計算期末ま
       たは信託終了のときに信託財産中から支弁します。
       イ.信託財産の純資産総額に年率0.4125%(税抜0.375%)以内を乗じて得た額
         委託会社 年率0.35%(税抜)以内
         受託会社 年率0.025%(税抜)以内
        *上記の信託報酬の配分には、別途消費税率を乗じた額がかかります。
       ロ.信託財産に属する不動産投資信託証券の貸付けにかかる品貸料(貸付不動産投資信託証券から
        発生する分配金相当額等を含まないものとします。)に55%(税抜50%)以内の率を乗じて得た
        額。ただし、不動産投資信託証券の貸付けにあたって担保として現金を受入れた場合には、当該
        品貸料に、当該現金の運用により生じたとみなし得る収益を加算し、貸付けの相手方に支払う当
        該現金に対する利息額を控除して得た額(当該額が負数のときは零とします。)に55%(税抜
        50%)以内の率を乗じて得た額
        なお、提出日現在における上記イ.およびロ.に定める率は、次のとおりとなっております(今
       後、変更されることがあります。)。
        イ.年率0.4125%(税抜0.375%)
        ロ.55%(税抜50%)
      ② 信託報酬にかかる消費税等に相当する金額を、信託報酬支弁のときに信託財産中から支弁しま
       す。
      ③ 提出日現在における信託報酬にかかる委託会社、受託会社への配分については、次のとおりと
       なっております(今後、変更されることがあります。)。
       イ.前①イ.の報酬
         委託会社 年率0.35%(税抜)
         受託会社 年率0.025%(税抜)
        *上記の信託報酬の配分には、別途消費税率を乗じた額がかかります。
                                22/55


                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ロ.前①ロ.の報酬
         委託会社 報酬の60%
         受託会社 報酬の40%
       信託報酬を対価とする役務の内容は、配分先に応じて、それぞれ以下のとおりです。

        委託会社:ファンドの運用と調査、受託会社への運用指図、基準価額の計算、目論見書作成等の
              対価
        受託会社:運用財産の管理、委託会社からの指図の実行の対価
    (4)【その他の手数料等】

      ① 信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用、受託会社の立替えた立替金の利息およ
       び信託財産にかかる監査報酬ならびに当該監査報酬にかかる消費税等に相当する金額は、受益者の
       負担とし、信託財産中から支弁します。なお、受益権の上場にかかる費用および対象株価指数の商
       標(これに類する商標を含みます。)の使用料(以下「商標使用料」といいます。)ならびにこれ
       らにかかる消費税等に相当する金額は、受益者の負担とし、信託財産中から支弁することができま
       す。
        *提出日現在、商標使用料は純資産総額に対して年率0.045%以内を乗じて得た額となります。
      ② 信託財産に属する有価証券等に関連して発生した訴訟係争物たる権利その他の権利に基づいて益
       金が生じた場合、当該支払いに際して特別に必要となる費用(データ処理費用、郵送料等)は、受
       益者の負担とし、当該益金から支弁します。
      ③ 信託財産で有価証券の売買を行なう際に発生する売買委託手数料、当該売買委託手数料にかかる
       消費税等に相当する金額、先物取引・オプション取引等に要する費用は、信託財産中より支弁しま
       す。
      (※)売買委託手数料などの「その他の手数料等」については、運用状況等により変動するため、

        事前に料率、上限額等を示すことができません。
       手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。

    (5)【課税上の取扱い】

       課税上は上場証券投資信託等として取り扱われます。
      ① 個人の投資者に対する課税
       イ.受益権の売却時、解約時および償還時
         売却時、解約時および償還時の差益(譲渡益)については、「申告分離課税」の取扱いとな
        り、20%(所得税          15%および地方税          5%)の税率で課税されます。ただし、2037年12月31日ま
        で基準所得税額に2.1%の税率を乗じた復興特別所得税が課され、税率は20.315%(所得税
        15%、復興特別所得税0.315%および地方税5%)となります。
       ロ.収益分配金の受取時

         収益分配金は、配当所得として課税され、20%(所得税15%および地方税5%)の税率による
        源泉徴収が行なわれます。
         ただし、2037年12月31日まで、収益分配金の受取時に、収益分配金に対する所得税の源泉徴収
        額に2.1%の税率を乗じた復興特別所得税が課され、税率は20.315%(所得税15%、復興特別所
        得税0.315%および地方税5%)となります。
         収益分配金については、源泉徴収のみで課税関係が終了する申告不要制度を選択することがで
        きます。
         一方、確定申告を行なう場合には、申告分離課税または総合課税(配当控除の適用はありませ
        ん。)のいずれかを選択します。
                                23/55




                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ハ.損益通算について
         売却時、解約時および償還時の損失については、確定申告により、上場株式等(特定公社債、
        公募公社債投資信託を含みます。)の譲渡益および償還差益と相殺することができ、申告分離課
        税を選択した上場株式等の配当所得および利子所得との損益通算も可能となります。また、翌年
        以後3年間、上場株式等の譲渡益・償還差益および配当等・利子から繰越控除することができま
        す。売却時、解約時および償還時の差益については、他の上場株式等の譲渡損および償還差損と
        の相殺が可能となります。
      ② 法人の投資者に対する課税

       イ.受益権の売却時、解約時および償還時
         通常の株式の売却時と同様に、受益権の取得価額と売却価額との差額について、他の法人所得
        と合算して課税されます。
       ロ.収益分配金の受取時

                                                     ※
         収益分配金は、配当所得として課税され、15%(所得税15%)の税率で源泉徴収                                            されます。
        なお、地方税の源泉徴収はありません。
         ただし、2037年12月31日までは基準所得税額に2.1%の税率を乗じた復興特別所得税が課さ
        れ、税率は15.315%(所得税15%および復興特別所得税0.315%)となります。益金不算入制度
        の適用はありません。
        ※源泉徴収された税金は法人税額から控除されます。
     (※)外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合があります。

     (※)上記は、2022年6月末現在のものですので、税法が改正された場合等には、上記の内容が変更に
       なることがあります。
     (※)課税上の取扱いの詳細につきましては、税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
                                24/55












                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】
    (1)【投資状況】
       該当事項はありません。
    (2)【投資資産】

       該当事項はありません。
    (3)【運用実績】

       該当事項はありません。
    (4)【設定及び解約の実績】

       該当事項はありません。
                                25/55

















                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考情報)運用実績
      基準価額・純資産の推移

     該当事項はありません。
      分配の推移

     該当事項はありません。
      主要な資産の状況

     該当事項はありません。
      年間収益率の推移

      委託会社のホームページ等で運用状況が開示されている場合があります。




                                26/55











                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】
    1【申込(販売)手続等】

    ① 受益権の取得申込者は、販売会社において取引口座を開設のうえ、取得の申込みを行なうものとし

      ます。
    ② 販売会社は、受益権の取得申込者に対し、5万口以上5万口単位をもって、取得の申込みに応じるこ
      とができます。
    ③ 受益権の取得申込者が、委託会社が別に定める時限(営業日の正午)までに取得申込みをした場合
      には、当日を取得申込受付日として委託会社は当該取得申込みを受付けます。
    ④ 委託会社は、原則として、次の1.から3.に該当する場合は、受益権の取得申込みの受付けを停止し
      ます。なお、次の1.または2.に該当する場合であっても、委託会社の判断により、受益権の取得申込
      みを受付けることがあります。
       1.計算期間終了日の4営業日前から起算して4営業日以内(ただし、計算期間終了日が休業日の場合
       は、当該計算期間終了日の5営業日前から起算して5営業日以内)
       2.  ニューヨーク証券取引所またはオーストラリア証券取引所のいずれかの休業日と同じ日付の日
       3.前各号のほか、委託会社が、運用の基本方針に沿った運用に支障を来すおそれのあるやむを得な
       い事情が生じたものと認めたとき
    ⑤ お買付価額は、お買付申込受付日の翌営業日の基準価額です。ただし、当初設定にかかる受益権の
      価額は、1口につき1,000円とします。
    ⑥ 販売会社は、当該販売会社が定める手数料ならびに当該手数料にかかる消費税等に相当する金額
      を、受益権の取得申込者から徴収することができるものとします。
    ⑦ 委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない事
      情があるときおよび委託会社が必要と認めるときは、取得申込みの受付けを中止することができるほ
      か、すでに受付けた取得申込みの受付けの取消しを行なうことができます。
    ⑧ 取得申込者は販売会社に、取得申込みと同時にまたはあらかじめ、自己のために開設された当ファ
      ンドの受益権の振替を行なうための振替機関等の口座を示すものとし、当該口座に当該取得申込者に
      かかる口数の増加の記載または記録が行なわれます。なお、販売会社は、当該取得申込みの代金の支
      払いと引換えに、当該口座に当該取得申込者にかかる口数の増加の記載または記録を行なうことがで
      きます。また、別に定める金融商品取引清算機関(金融商品取引法第2条第29項に規定する金融商品
      取引清算機関とし、以下「清算機関」といいます。)の業務方法書(以下「業務方法書」といいま
      す。)に定めるところにより、取得申込みを受付けた販売会社が、当該取得申込みの受付けによって
      生じる金銭の委託会社への支払いの債務の負担を清算機関に申込み、これを当該清算機関が負担する
      場合には、振替機関等における当該清算機関の名義の口座に口数の増加の記載または記録が行なわ
      れ、取得申込者が自己のために開設された当ファンドの受益権の振替を行なうための振替機関等の口
      座における口数の増加の記載または記録は、当該清算機関と販売会社(販売会社による清算機関への
      債務の負担の申込みにおいて、当該販売会社の委託を受けて金融商品取引法第2条第27項に定める有
      価証券等清算取次ぎが行なわれる場合には、当該有価証券等清算取次ぎを行なう金融商品取引業者ま
      たは登録金融機関を含みます。)との間で振替機関等を介して行なわれます。別に定める金融商品取
      引清算機関は、株式会社日本証券クリアリング機構とします。委託会社は、追加信託により分割され
      た受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定める事
      項の振替機関への通知を行なうものとします。振替機関等は、委託会社から振替機関への通知があっ
      た場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行ないます。
      受託会社は、追加信託により生じた受益権については追加信託のつど、振替機関の定める方法によ
      り、振替機関へ当該受益権にかかる信託を設定した旨の通知を行ないます。
                                27/55





                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【換金(解約)手続等】
    <一部解約>

    ① 委託会社の各営業日の正午までに受付けた換金の申込み(当該申込みにかかる販売会社所定の事務
      手続きが完了したもの)を、当日の受付分として取扱います。この時刻を過ぎて行なわれる申込み
      は、翌営業日の取扱いとなります。
    ② なお、信託財産の資金管理を円滑に行なうために大口の解約請求には制限を設ける場合がありま
      す。
    ③ 受益者は、自己に帰属する受益権について、5万口以上5万口単位をもって、委託会社に一部解約の
      実行を請求することができます。
    ④ 委託会社は、原則として次の1.から3.に該当する場合は、受益権の一部解約請求の受付けを停止し
      ます。なお、次の1.または2.に該当する場合であっても、委託会社の判断により受益権の一部解約請
      求を受付けることがあります。
       1.計算期間終了日の4営業日前から起算して4営業日以内(ただし、計算期間終了日が休業日の場合
       は、当該計算期間終了日の5営業日前から起算して5営業日以内)
       2.  ニューヨーク証券取引所またはオーストラリア証券取引所のいずれかの休業日と同じ日付の日
       3.前各号のほか、委託会社が、運用の基本方針に沿った運用に支障を来すおそれのあるやむを得な
       い事情が生じたものと認めたとき
    ⑤ 受益者が一部解約請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行なうものとします。
    ⑥ 委託会社は、前③の一部解約請求を受付けた場合には、この信託契約の一部を解約します。なお、
      前⑤の販売会社は、振替機関の定める方法により、振替受益権の抹消にかかる手続きを行なうものと
      します。なお、業務方法書に定めるところにより、当該販売会社が、振替受益権の委託会社への受渡
      しの債務の負担を清算機関に申込み、これを当該清算機関が負担する場合には、当該清算機関が振替
      受益権の抹消にかかる手続きを行ないます。当該抹消にかかる手続きが行われた後に、振替機関は、
      当該一部解約にかかる受益権の口数と同口数の振替受益権を抹消するものとし、社振法の規定にした
      がい振替機関等の口座において当該口数の減少の記載または記録が行なわれます。
    ⑦ 解約価額は、一部解約の実行の請求受付日の翌営業日の基準価額とします。
    ⑧ 解約価額は、原則として、委託会社の各営業日に計算されます。
    ⑨ 解約価額(基準価額)は、販売会社または下記にお問合せ下さい。
        Global    X Japan株式会社
        ・お客様窓口:電話番号 03-5656-5274
         受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで
        ・ホームページアドレス:              https://globalxetfs.co.jp/
    ⑩ 販売会社は、当該販売会社が定める手数料ならびに当該手数料にかかる消費税等に相当する金額
      を、受益権の一部解約請求申込者から徴収することができるものとします。
    ⑪ 委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない事
      情があるときは、一部解約請求の受付けを中止することができるほか、すでに受付けた一部解約請求
      の受付けの取消しを行なうことができます。一部解約の実行の請求の受付けが中止された場合には、
      受益者は当該受付中止以前に行なった当日の一部解約の実行の請求を撤回することができます。ただ
      し、受益者がその一部解約の実行の請求を撤回しない場合には、当該受益権の一部解約の価額は、当
      該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に一部解約の実行の請求を受付けたものとして、
      当該計算日の翌営業日の基準価額とします。一部解約金は、販売会社の営業所等において、一部解約
      の実行の請求受付日から起算して、原則として、5営業日目から受益者に支払います。なお、業務方
      法書に定めるところにより、販売会社が、振替受益権の委託会社への受渡しの債務の負担を清算機関
      に申込み、これを当該清算機関が負担する場合には、受託会社は、前⑥に掲げる手続きにかかわら
      ず、受益者に支払うためにその全額を委託会社の指定する預金口座等に払い込みます。受託会社は、
      一部解約金について、受益者への支払開始日までに、その全額を委託会社の指定する預金口座等に払
      込みます。受託会社は、委託会社の指定する預金口座等に一部解約金を払込んだ後は、受益者に対す
      る支払いにつき、その責に任じません。
                                28/55



                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ⑫ 一部解約の実行の請求を行なう受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受益
      者の請求にかかる信託契約の一部解約を委託会社が行なうのと引換えに、当該一部解約にかかる受益
      権の口数と同口数の抹消の申請を行なうものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座に
      おいて当該口数の減少の記載または記録が行なわれます。
    <有価証券との交換の取扱い>

     受益者は、信託期間中において、自己に帰属する受益権をもって当該受益権の信託財産に対する持分
    に相当する有価証券との交換を請求することはできません。
    <受益権の買取り>

    ① 販売会社は、受益権を上場したすべての金融商品取引所において上場廃止になった場合で、信託終
      了日の3営業日前までに受益者の請求があるときは、その受益権を買取ります。
    ② 前①の買取価額は、買取請求受付日の翌営業日の基準価額とします。
    ③ 販売会社は、当該販売会社が定める手数料ならびに当該手数料にかかる消費税等に相当する金額
      を、受益権の買取請求申込者から徴収することができるものとします。
    ④ 販売会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない事
      情があるときは、委託会社との協議に基づいて前①による受益権の買取りを停止することができるほ
      か、すでに受付けた受益権の買取りを取消すことができます。
    ⑤ 前④の規定により受益権の買取りが停止された場合には、受益者は買取停止以前に行なった当日の
      買取請求を撤回することができます。ただし、受益者がその買取請求を撤回しない場合には、当該受
      益権の買取価額は、買取停止を解除した後の最初の基準価額の計算日に買取請求を受付けたものとし
      て、前②の規定に準じて計算されたものとします。
                                29/55













                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【資産管理等の概要】
    (1)【資産の評価】

       基準価額とは、信託財産の純資産総額を計算日における受益権口数で除した100口当たりの価額を
      いいます。
       純資産総額とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券を除きます。)を法令および一
      般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価(注)により評価して得た信託財産の資産総額から負
      債総額を控除した金額をいいます。
      (注)主要な投資対象資産の評価方法の概要

        ・外国の金融商品取引所上場の投資信託証券:原則として、金融商品取引所における計算時に知
         り得る直近の日の最終相場で評価します。
        ・海外の取引所に上場されている先物取引:原則として、取引所が発表する計算日に知り得る直
         近の日の清算価格または最終相場で評価します。
      なお、外貨建資産(外国通貨表示の有価証券(以下「外貨建有価証券」といいます。)、預金その

     他の資産をいいます。以下同じ。)の円換算については、原則として、わが国における計算日の対顧
     客電信売買相場の仲値によって計算します。また、予約為替の評価は、原則として、わが国における
     計算日の対顧客先物売買相場の仲値によるものとします。
      基準価額は、原則として、委託会社の各営業日に計算されます。
      基準価額は、販売会社または委託会社に問合わせることにより知ることができます。また、委託会
     社のホームページでご覧になることもできます。
      Global    X Japan株式会社

      ・お客様窓口:電話番号 03-5656-5274
       受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで
      ・ホームページアドレス:https://globalxetfs.co.jp/
    (2)【保管】

       該当事項はありません。
    (3)【信託期間】

       無期限とします。ただし、(5)①により信託契約を解約し、信託を終了させることがあります。
    (4)【計算期間】

       毎年2月25日から4月24日まで、4月25日から6月24日まで、6月25日から8月24日まで、8月25日から
      10月24日まで、10月25日から12月24日までおよび12月25日から翌年2月24日までとします。ただし、
      第1計算期間は、2022年9月28日から2022年10月24日までとします。
    (5)【その他】

      ① 信託の終了
        1.委託会社は、受益権の口数が5万口を下ることとなった場合もしくは信託契約を解約すること
        が受益者のため有利であると認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と
        合意のうえ、信託契約を解約し、信託を終了させることができます。この場合において、委託会
        社は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届出ます。
        2.委託会社は、信託期間中において、次のイ.からハ.に該当することとなった場合には、受託会
        社と合意のうえ、この信託契約を解約し、信託を終了させます。この場合において、委託会社
        は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届出ます。
        イ.  受益権を上場したすべての金融商品取引所において上場廃止となった場合
        ロ.  対象指数が廃止された場合
        ハ.  対象指数の計算方法その他の変更等に伴って委託会社または受託会社が必要と認めたこの信
         託約款の変更が書面決議により否決された場合
                                30/55


                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         なお、イ.に該当することとなった場合には、委託会社は、その廃止された日に、信託を終了
        するための手続を開始するものとします。
        3.  委託会社は、前1.の事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行な
        います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに信託契約の解約の理由などの事
        項を定め、当該決議の日の2週間前までに、信託契約にかかる知れている受益者に対し、書面を
        もってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
        4.  前3.の書面決議において、受益者(委託会社および当ファンドの信託財産に当ファンドの受益
        権が属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下本4.において同
        じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、信託契
        約にかかる知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議に
        ついて賛成するものとみなします。
        5.  前3.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上にあたる多数を
        もって行ないます。
        6.  前3.から前5.までの規定は、前2.の規定に基づいて信託契約を解約するとき、あるいは、委託
        会社が信託契約の解約について提案をした場合において、当該提案につき、信託契約にかかるす
        べての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときには適用しません。ま
        た、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合であって、前3.から前5.
        までの手続きを行なうことが困難な場合も同じとします。
        7.委託会社は、監督官庁より信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、信託
        契約を解約し、信託を終了させます。
        8.委託会社が監督官庁より登録の取消しを受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したとき
        は、委託会社は、信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁が信託契約に関す
        る委託会社の業務を他の投資信託委託会社に引継ぐことを命じたときは、②の書面決議で否決さ
        れた場合を除き、当該投資信託委託会社と受託会社との間において存続します。
        9.受託会社が辞任した場合または裁判所が受託会社を解任した場合において、委託会社が新受託
        会社を選任できないときは、委託会社は信託契約を解約し、信託を終了させます。
      ② 信託約款の変更等

        1.委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したとき
        は、受託会社と合意のうえ、信託約款を変更することまたは当ファンドと他のファンドとの併合
        (投資信託及び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併合」
        をいいます。以下同じ。)を行なうことができるものとし、あらかじめ、変更または併合しよう
        とする旨およびその内容を監督官庁に届出ます。なお、信託約款は本②の1.から7.までに定め
        る以外の方法によって変更することができないものとします。
        2.委託会社は、前1.の事項(前1.の変更事項にあっては、その内容が重大なものに該当する場
        合に限り、前1.の併合事項にあっては、その併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに
        該当する場合を除きます。以下「重大な信託約款の変更等」といいます。)について、書面決議
        を行ないます。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な信託約款の変更等
        の内容およびその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、信託約款にかかる知
        れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
        3.前2.の書面決議において、受益者(委託会社および当ファンドの信託財産に当ファンドの受
        益権が属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下本3.におい
        て同じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、信
        託約款にかかる知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決
        議について賛成するものとみなします。
        4.前2.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上にあたる多数
        をもって行ないます。
        5.書面決議の効力は、当ファンドのすべての受益者に対してその効力を生じます。
        6.前2.から前5.までの規定は、委託会社が重大な信託約款の変更等について提案をした場合に
        おいて、当該提案につき、信託約款にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録により同意
        の意思表示をしたときには適用しません。
                                31/55



                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        7.前1.から前6.までの規定にかかわらず、当ファンドにおいて併合の書面決議が可決された場
        合にあっても、当該併合にかかる一または複数の他のファンドにおいて当該併合の書面決議が否
        決された場合は、当該他のファンドとの併合を行なうことはできません。
        8.委託会社は、監督官庁の命令に基づいて信託約款を変更しようとするときは、前1.から前7.ま
        での規定にしたがいます。
      ③ 反対者の買取請求権

        前①の1.から6.までの規定にしたがい信託契約の解約を行なう場合または前②の規定にしたがい
       重大な信託約款の変更等を行なう場合には、書面決議において当該解約または重大な信託約款の変
       更等に反対した受益者は、受託会社に対し、自己に帰属する受益権を、信託財産をもって買取るべ
       き旨を請求することができます。この買取請求権の内容および買取請求の手続きに関する事項は、
       前①の3.または前②の2.に規定する書面に付記します。
      ④ 公告

        1.委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行ない、次のアドレスに掲載し
        ます。
         https://globalxetfs.co.jp/
        2.前1.の電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合
        の公告は、日本経済新聞に掲載します。
      ⑤ 関係法人との契約の更改

        委託会社と販売会社との間で締結される受益権の募集の取扱い等に関する契約は、期間満了の1
       か月(または3か月)前までに、委託会社および販売会社いずれからも何ら意思の表示のないとき
       は、自動的に1年間更新されるものとし、自動延長後の取扱いについてもこれと同様とします。
    4【受益者の権利等】

     信託契約締結当初および追加信託当初の受益者は、委託会社の指定する受益権取得申込者とし、分割

    された受益権は、その取得申込口数に応じて、取得申込者に帰属します。ただし、業務方法書に定める
    ところにより、取得申込みを受付けた販売会社が、当該取得申込みの受付けによって生じる金銭の支払
    いの債務の負担を清算機関に申込み、これを当該清算機関が負担する場合の信託契約締結当初または追
    加信託当初の受益者は当該清算機関とします。
     受益者の有する主な権利の内容、その行使の                         方法等は、次のとおりです。
    ① 収益分配金および償還金の支払い
      <支払方法>
       1.  受益者は、収益分配金(分配金額は、委託会社が決定します。)を持分に応じて請求する権利を
       有します。
       2.  受託会社は、計算期間終了日現在において、氏名または名称、住所および個人番号(行政手続に
       おける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律第2条に規定する個人番号をいいま
       す。)または法人番号(同法同条に規定する法人番号をいいます。)(個人番号もしくは法人番号
       を有しない者または収益の分配につき租税特別措置法第9条の3の2第1項に規定する支払の取扱者を
       通じて交付を受ける者にあっては、氏名または名称および住所とします。)が受託会社に登録され
       ている者(以下「名義登録受益者」といいます。)を当該計算期間終了日における収益分配金受領
       権者とし、収益分配金を当該名義登録受益者に支払います。
       3.  受益者は、原則として前2.に規定する登録を当ファンドの受益権が上場されている金融商品取引
       所の取引参加者(口座管理機関であるものに限ります。以下同じ。)を経由して行なうものとしま
       す。この場合、当該取引参加者は、当該取引参加者が定める手数料および当該手数料にかかる消費
       税等に相当する金額を徴することができるものとします。
       4.  社振法関係法令等に基づき、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益権の名義
       登録の手続きは原則として以下のとおりとします。
       イ.受益権は、前3.の取引参加者の振替口座簿に口数が記載または記録されることにより、当該振
        替口座簿に記載または記録された口数に応じた受益権が帰属します。
                                32/55



                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ロ.前3.の取引参加者は、計算期間終了日までに当該取引参加者にかかる前イ.の受益権の受益者
        の氏名もしくは名称および住所その他受託会社が定める事項を書面等により受託会社に届出るも
        のとします。また、届出た内容に変更が生じた場合は、当該取引参加者所定の方法による当該受
        益者からの申出に基づき、当該取引参加者はこれを受託会社に通知するものとします。
       ハ.前3.の取引参加者は、計算期間終了日現在の当該取引参加者にかかる前イ.の受益権の受益者
        の振替機関の定める事項を(当該取引参加者が直接口座管理機関でない場合はその上位機関を通
        じて)振替機関に報告するとともに、振替機関は業務規程等に基づき、これを受託会社に通知す
        るものとします。
       5.  信託契約締結当初および追加信託時の受益者については、前2.に規定する登録を行なったうえ
       で、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されるものとします。
       6.  前2.に規定する収益分配金の支払いは、原則として、毎計算期間終了後40日以内の委託会社の指
       定する日に、名義登録受益者があらかじめ指定した預金口座等に当該収益分配金を振込む方式によ
       り行なうものとします。なお、名義登録受益者が前3.に規定する取引参加者と別途収益分配金の取
       扱いにかかる契約を締結している場合は、当該契約にしたがい支払われるものとします。
      7.  償還は、信託終了日現在において、氏名または名称、住所および個人番号または法人番号(個人
       番号もしくは法人番号を有しない者にあっては、氏名または名称および住所とします。)が受託会
       社に登録されている者(以下「信託終了時受益者」といいます。)を信託終了日現在における受益
       者として、当該信託終了時受益者に、信託終了時の信託財産の純資産総額に相当する金銭を支払う
       ことにより行ないます。なお、当該信託終了時受益者は、その口座が開設されている振替機関等に
       対して委託会社が当ファンドの償還をするのと引き換えに、当該償還に係る受益権の口数と同口数
       の抹消の申請を行なうものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口数
       の減少の記載または記録が行なわれます。
      8.  信託終了時受益者に交付する金銭の額は、信託終了時の基準価額(信託終了時の純資産総額を受
       益権総口数で除した額をいいます。)に、当該信託終了時受益者に属する受益権の口数を乗じた額
       とします。なお、この場合における税法上の受益権1口あたり元本の額は、信託終了時において信
       託されている金額を受益権総口数で除した金額とします。
      9.  前7.に規定する償還金の支払いは、原則として受託会社が、信託終了後40日以内の委託会社の指
       定する日から行なうものとし、信託終了時受益者は、受託会社から送付される領収書をゆうちょ銀
       行に持ち込む方式や受託会社から振り込まれる預金口座等をあらかじめ指定する方式などにより償
       還金を受領できます。
      10.   受託会社は、支払開始日から5年経過した後に収益分配金について未払残高があるときまたは支
       払開始日から10年経過した後に償還金について未払残高があるときは、当該金額を委託会社に交付
       するものとします。
      11.  受託会社は、前10.の規定により委託会社に収益分配金または償還金を交付した後は、受益者に
       対する支払いにつき、その責に任じません。
      12.  受益者が、収益分配金については前6.に規定する支払開始日から5年間その支払いを請求しない
       とき、ならびに償還金については前9.に規定する支払開始日から10年間その支払いを請求しないと
       きは、その権利を失い、委託会社に帰属します。
    ② 換金請求権

       受益者は、保有する受益権を換金する権利を有します。権利行使の方法等については、「2 換金
      (解約)手続等」をご参照下さい。
                                33/55






                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】
    1【財務諸表】

     当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省

    令第59号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理
    府令第133号)に基づいて作成され、監査法人による監査を受けたうえで、有価証券報告書に記載され
    ます。
    (1)【貸借対照表】

       該当事項はありません。
    (2)【損益及び剰余金計算書】

       該当事項はありません。
    (3)【注記表】

       該当事項はありません。
    (4)【附属明細表】

       該当事項はありません。
    2【ファンドの現況】

        該当事項はありません。

                                34/55












                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】
    (1)  名義書換えの手続き等

       該当事項はありません。
    (2)  名義登録と収益分配金の支払い

       受託会社は、計算期間終了日現在において、氏名または名称、住所および個人番号(行政手続にお
      ける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律第2条に規定する個人番号をいいま
      す。)または法人番号(同法同条に規定する法人番号をいいます。)(個人番号もしくは法人番号を
      有しない者または収益の分配につき租税特別措置法第9条の3の2第1項に規定する支払の取扱者を通じ
      て交付を受ける者にあっては、氏名または名称および住所とします。)が受託会社に登録されている
      者(以下「名義登録受益者」といいます。)を当該計算期間終了日における収益分配金受領権者と
      し、収益分配金を当該名義登録受益者に支払います。
    (3)  受益者に対する特典

       ありません。
    (4)  譲渡制限の内容

       譲渡制限はありません。
    (5)  受益証券の再発行

       受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名式受益証
      券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請求、受益
      証券の再発行の請求を行なわないものとします。
    (6)  受益権の譲渡

      ① 受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記
       載または記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振替の申請をするものとします。
      ② 前①の申請のある場合には、前①の振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保有する受益権の
       口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載また
       は記録するものとします。ただし、前①の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合に
       は、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みま
       す。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が
       行なわれるよう通知するものとします。
      ③ 前①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録され
       ている振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合等
       において、委託会社が必要と認めるときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、振替停
       止日や振替停止期間を設けることができます。
    (7)  受益権の譲渡の対抗要件

       受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗
      することができません。
    (8)  受益権の再分割

       委託会社は、受託会社と協議のうえ、社振法に定めるところにしたがい、一定日現在の受益権を均
      等に再分割できるものとします。
    (9)  質権口記載または記録の受益権の取扱いについて

       振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払
      い、一部解約の実行の請求の受付け、一部解約金および償還金の支払い等については、約款の規定に
      よるほか、民法その他の法令等にしたがって取扱われます。
                                35/55




                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】

    第1【委託会社等の概況】

    1【委託会社等の概況】

    a.  資本金の額

       2022年6月末日現在
       資本金の額    25億円
       発行可能株式総数 50万株
       発行済株式総数  50万株
       過去5年間における資本金の額の増減
        2019年       9月      資本金10億円に増資
        2020年       2月      資本金25億円に増資
    b.  委託会社の機構

      ① 会社の意思決定機構
        業務執行上重要な事項は、取締役会の決議をもって決定します。取締役は、株主総会において選
       任され、その任期は選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の
       終結のときまでです。
        取締役会は、代表取締役を選定し、代表取締役は、会社を代表し、取締役会の決議にしたがい業
       務を執行します。
      ② 投資運用の意思決定機構

        投資運用の意思決定機構の概要は、以下のとおりとなっています。
       イ.商品会議
         運用ソリューション部長(CIO)が議長となり商品会議を開催します。商品会議においてファ
        ンド運営上の諸方針を審議・決定し、基本計画書を策定します。
       ロ.運用会議
         運用ソリューション部長(CIO)が議長となり、原則として月1回運用会議を開催し、基本的な
        運用方針を決定します。
       ハ.運用ソリューション部長・ファンドマネージャー
         ファンドマネージャーは、基本計画書に定められた各ファンドの諸方針と運用会議で決定され
        た基本的な運用方針にしたがって運用計画書を作成します。運用ソリューション部長は、ファン
        ドマネージャーから提示を受けた運用計画書について、基本計画書および運用会議の決定事項と
        の整合性等を確認し、承認します。
       ニ.リスク管理委員会
         コンプライアンス部が事務局となり、全社リスク管理における重要事項の報告・協議、対応方
        針の決定などを行います。運用リスクの管理については、信託財産ごとに、各種投資制限や、基
        本計画書で定める投資ユニバースへの遵守状況等について、コンプライアンス部が日々、事後
        チェックを行います。また、違反があった場合には、コンプライアンス部長が運用ソリューショ
        ン部運用チームに対し、是正等の指示を行います。
                                36/55





                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【事業の内容及び営業の概況】
     委託会社は、「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社として、証券投資信

    託の設定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)
    を行っています。また「金融商品取引法」に定める投資助言業務等の関連する業務を行なっています。
     2022年6月末日現在、委託会社が運用を行なっている投資信託(親投資信託を除きます。)は次のと

    おりです。
          基本的性格                本数           純資産総額(単位:百万円)
      追加型公社債投資信託                        0                  0
      追加型株式投資信託                       20                66,077
      単位型公社債投資信託                        0                  0
      単位型株式投資信託                        0                  0
      合計                       20                66,077
                                37/55















                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】
      1.当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令

       第59号。以下「財務諸表等規則」という。)並びに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引
       業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)に基づいて作成しております。
      2.当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当事業年度(2021年4月1日から

       2022年3月31日まで)の財務諸表についての監査を、有限責任                                  あずさ監査法人により受けておりま
       す。
      3.財務諸表の記載金額は、千円未満を切り捨てて表示しております。

                                38/55
















                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1)【貸借対照表】
                                               (単位:千円)
                             前事業年度                 当事業年度

                           (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     資産の部

      流動資産
                                 4,323,007                 4,149,115
        現金・預金
                                   19,556                 43,757
        未収委託者報酬
                                   58,290                 91,749
        未収収益
                                   26,272                  5,349
        未収入金
                                   21,314                 16,107
        前払費用
                                     127                1,129
        その他
                                 4,448,568                 4,307,209
      流動資産合計
      固定資産
        有形固定資産
        建物附属設備               ※1            14,465     ※1            12,089
                       ※1            20,080     ※1            15,793
        器具備品
        有形固定資産合計                           34,546                 27,883
        無形固定資産
        ソフトウェア                           46,836                 43,423
                                    8,125                   -
        ソフトウェア仮勘定
                                   54,961                 43,423
        無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                   26,339                 27,588
        長期差入保証金
        投資その他の資産合計                           26,339                 27,588
                                  115,847                  98,894
      固定資産合計
                                 4,564,415                 4,406,104
     資産合計
                                39/55










                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                  (単位:千円)
                               前事業年度                  当事業年度
                            (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
     負債の部
      流動負債
                       ※2             39,458      ※2            37,283
        未払金
                                    11,075                  15,664
        未払法人税等
                                     3,085                  3,906
        その他
                                    53,619                  56,854
        流動負債合計
      固定負債
                                       -                  -
        固定負債合計
                                    53,619                  56,854
      負債合計
     純資産の部
      株主資本
                                  2,500,000                  2,500,000
        資本金
        資本剰余金
                                  2,500,000                  2,500,000
         資本準備金
                                  2,500,000                  2,500,000
         資本剰余金合計
        利益剰余金
                                  △  489,203                △  650,749
         その他利益剰余金
                                  △  489,203                △  650,749
           繰越利益剰余金
                                  △  489,203                △  650,749
         利益剰余金合計
                                  4,510,796                  4,349,250
        株主資本合計
                                       -                  -
      評価・換算差額等
                                       -                  -
        評価・換算差額等合計
                                  4,510,796                  4,349,250
      純資産合計
                                  4,564,415                  4,406,104
     負債・純資産合計
                                40/55










                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益計算書】
                                                  (単位:千円)
                             当事業年度                   当事業年度
                           (自  2020年4月1日                 (自  2021年4月1日
                           至  2021年3月31日)                 至   2022年3月31日)
     営業収益
                                   48,662                  161,043
      委託者報酬
                                   141,126                   318,321
      その他営業収益
                                   189,789                   479,364
     営業収益計
     営業費用
                                   76,715                  127,163
      委託計算費
                                   44,914                   28,214
      広告宣伝費
                                   19,780                   26,987
      調査費
                                    7,732                   9,640
      通信費
                                    5,733                    807
      協会費
                                     721                  4,307
      営業雑経費
                                   155,597                   197,120
     営業費用合計
     一般管理費
                                   87,414                  149,759
      役員報酬
                                   97,376                  138,311
      給与
                                   20,927                   28,437
      福利厚生費
                                    4,294                   9,744
      交際費
                                    1,753                   3,875
      旅費交通費
                                   27,217                   29,865
      租税公課
                                   35,214                   20,368
      業務委託費
                                   35,237                   41,265
      不動産賃借料
                      ※1             16,321      ※1             20,497
      固定資産減価償却費
                                   13,000                   10,387
      支払報酬
                                   29,572                    9,832
      諸経費
                                   368,330                   462,345
     一般管理費合計
     営業損失(△)                            △  334,139                 △  180,101
     営業外収益
                                      46                   41
      受取利息
                                   10,008                   20,356
      その他
                      ※2             10,054      ※2             20,453
      営業外収益計
     営業外費用
                                      36                  107
      為替差損
                                      36                  162
      営業外費用計
     経常損失(△)                            △  324,121                 △  159,810
                                      ‐                   ‐
     特別収益
                                      ‐                  778
     特別損失
     税引前当期純損失(△)                            △  324,121                 △  160,589
                                     957                   956
     法人税、住民税及び事業税
                                     957                   956
     法人税等合計
     当期純損失(△)                            △  325,078                 △  161,546
                                41/55




                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【株主資本等変動計算書】
    前事業年度(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
                                42/55




















                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    当事業年度(自2021年4月1日 至2022年3月31日)
                                43/55




















                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    注記事項
    (重要な会計方針)
    1.固定資産の減価償却の方法
     以下の方法・償却期間によっております。
     (1)    有形固定資産
         建物・付属設備  定額法    10~15年
         器具備品     定率法                         5~15年
     (2)    無形固定資産
         ソフトウェア   定額法    5年
    2.収益及び費用の計上基準

     当社の顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業における主な履行義務の内容及び当該履行義
    務を充足する通常の時点(収益を認識する通常の時点)は以下のとおりであります。
     当社は投資信託の信託約款や顧客との契約に基づき、証券投資信託の運用や米国ETFに係る販売サ
    ポート業務についての履行義務を負っております。これらの履行義務は当社の日々のサービス提供時に
    充足されるため、一定期間にわたり収益を認識しております。
    (重要な会計上の見積り)

       該当事項はありません。
    (会計方針の変更)

     (収益認識に関する会計基準等の適用)
    「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                              2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」と
    いう。)等を当事業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、
    当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。これに
    よる当事業年度の損益及び期首利益剰余金に与える影響はありません。
     なお、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従って、前事業年度に係る「収益認識関
    係」注記については記載しておりません。
    (貸借対照表関係)

    ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                      前事業年度                 当事業年度

                    (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
      建物附属設備                      1,133千円                 2,149千円

      器具備品                      9,855千円                17,163千円
                                44/55





                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ※2 関係会社項目
    関係会社に対する資産及び負債には区分掲記されたもののほか次のものがあります。
                        前事業年度               当事業年度

                      (2021年3月31日)               (2022年3月31日)
         未払金                   13,380千円               11,778千円

    (損益計算書関係)

    ※1 減価償却実施額
                      前事業年度                 当事業年度
                    (自   2020年4月1日              (自   2021年4月1日
                     至    2021年3月31日)               至    2022年3月31日)
      有形固定資産                       9,747千円                 8,603千円
      無形固定資産                       6,574千円                11,893千円
    ※2 営業外収益の主要項目

    前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
     損益計算書の営業外収益のうちその他の項目は、主に東京都からの補助金です。
    当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

      損益計算書の営業外収益のうちその他の項目は、主に東京都からの補助金と大和アセットマネジメン
    トからの返金(BPO業務縮小に伴う解決金7,036千円、退職金の払戻3,270千円)です。
    (株主資本等変動計算書関係)

    前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
    1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                                               (単位:千株)
               当事業年度期首            当事業年度           当事業年度           当事業年度末
                                                 株   式    数
               株  式  数            増加株式数           減少株式数
                      500            -           -           500
       普通株式
                      500            -           -           500
       合  計
    2.配当に関する事項

       該当事項はありません。
                                45/55





                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
    1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                                               (単位:千株)
               当事業年度期首            当事業年度           当事業年度           当事業年度末
                                                 株   式    数
               株  式  数            増加株式数           減少株式数
                      500            -           -           500
       普通株式
                      500            -           -           500
       合  計
    2.配当に関する事項

       該当事項はありません。
    (金融商品関係)

    1.金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
         当社は、投資運用業及び投資助言・代理業などの資産運用に関する事業を行っております。資
        金運用については安全性の高い金融商品に限定しております。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

         預金は、信用格付の極めて高い国内銀行の普通預金として預け入れしております。
         証券投資信託に係る運用報酬の未決済額である未収委託者報酬は、運用するファンドの財産が
        信託されており、「投資信託及び投資法人に関する法律」、その他関係法令等により一定の制限
        が設けられているためリスクは極めて軽微であります。
         また、未払金は、当社業務に係る費用の未払額であり、これらのほとんどが1年以内の支払期
        日であります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ①市場リスクの管理
        (ⅰ)為替変動リスクの管理
            財務リスク管理規程において個別の案件ごとに為替リスク管理の検討を行うものとしてお
          りますが、現時点において、為替リスクが発生する商品に投資をしていない為、為替リスク
          は発生しておらず、その検討を行っておりません。
        (ⅱ)価格変動リスクの管理
            当社は、財務リスク管理規程に従い、個別の案件ごとに価格変動リスク管理の検討を行っ
          ており、定期的に時価や発行体の財務状況等を把握しリスク管理委員会において報告を行っ
          ております。
       ②信用リスクの管理
         発行体の信用リスクは財務リスク管理規程に従い、定期的に財務状況等を把握しリスク管理委
        員会において報告を行っております。
    2.金融商品の時価等及び時価のレベルごとの内訳等に関する事項

       前事業年度(2021年3月31日)
      (1)時価をもって貸借対照表価額とする金融資産及び金融負債
       該当事項はありません。
                                46/55



                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)時価をもって貸借対照表価額としない金融資産及び金融負債
       現金・預金、未収収益、未収入金及び未払金は短期間(1年以内)で決済されるため時価が帳簿価
     額に近似するものであることから、記載を省略しております。
       当事業年度(2022年3月31日)

      (1)時価をもって貸借対照表価額とする金融資産及び金融負債
       該当事項はありません。
     (2)時価をもって貸借対照表価額としない金融資産及び金融負債

       現金・預金、未収委託者報酬、未収収益、未収入金及び未払金は短期間(1年以内)で決済される
     ため時価が帳簿価額に近似するものであることから、記載を省略しております。
    (収益認識関係)

      (1)    顧客との契約から生じる収益を分解した情報
        当社は、証券投資信託に関する運用及び米国ETFに係る販売サポート業務を行っております。営
       業収益の内訳は、証券投資信託に関する運用に係る業務が161,043千円、販売サポート業務が
       318,321千円であります。
      (2)    収益を理解するための基礎となる情報

        (重要な会計方針)           の2  . 収益及び費用の計上基準に記載のとおりであります。
      (3)    顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並

       びに当事業年度末において存在する顧客との契約から当事業年度の末日後に認識すると見込まれる
       収益の金額及び時期に関する情報
        重要性が乏しいため記載を省略しております。
    (セグメント情報等)

    [セグメント情報]
       当社は、資産運用に関する事業の単一セグメントであるため記載を省略しております。
    [関連情報]

    前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
      1.サービスごとの情報
        単一のサービス区分の営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略して
        おります。
      2.地域ごとの情報

      (1)営業収益
                                (単位:千円)
             日本           米国          合計
                48,662          141,126          189,789
                                47/55



                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)有形固定資産
        本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
        め、記載を省略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報

                          (単位:千円)
           顧客の名称または氏名                営業収益
         Global    X Management
                              141,126
         Company     LLC
        (注)当社は、資産運用に関する単一セグメントであるため関連するセグメント名の記載を省略
        しております。
    当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

      1.サービスごとの情報
        単一のサービス区分の営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略して
        おります。
      2.地域ごとの情報

      (1)営業収益
                                (単位:千円)
             日本           米国           合計
               161,043           318,321           479,364
      (2)有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
        め、記載を省略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報

                                (単位:千円)

             顧客の名称または氏名                    営業収益

         Global X Management
                                    318,321
         Company     LLC
       (注)当社は、資産運用に関する単一セグメントであるため関連するセグメント名の記載を省略し

      ております。
    [報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報]

      該当事項はありません。
    [報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報]

       該当事項はありません。
                                48/55



                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    [報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報]
       該当事項はありません。
    [関連当事者との取引]

    前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
    1.親会社及び法人主要株主等
                           議決権等の
                                  関係内容
                  資本金または
                           所有(被所                 取引金額         期末残高
          会社等の              事業の
                   出資金
      属性          住所                        取引内容          科目
                                役員の    事業上
                            有)割合
           名称             内容
                                            (千円)         (千円)
                   (百万円)
                                兼任等    の関係
                            (%)
                                   役員の兼
                                       出向者負担
         大和アセット      東京都
                           (被所有)
     その他の                   資産運           任、出向
                                       金の支払い
         マネジメント      千代田   15,174百万円              あり                 未払金
                                            126,633          13,380
     関係会社                   用業           者の受入
                            直接  40%
         株式会社       区
                                        (注1)
                                   れ
    取引条件及び取引条件の決定方針等

        (注1)    出向者及びBPOに係る人件費相当額を支払っております。
    2.兄弟会社等

                          議決権等
                                 関係内容
                 資本金または
                          の所有(被                 取引金額         期末残高
         会社等の               事業
                   出資金
      属性         住所                        取引内容          科目
                               役員の    事業上
                          所有)割合
         名称               内容
                                           (千円)         (千円)
                  (百万円)
                               兼任等    の関係
                           (%)
         Global   X
     その他の
                                       販売支援
                       資産運
         Management
     関係会社          米国   515百万ドル             あり   販売支援              未収収益
                             -              141,126          58,290
                       用業
                                       (注1)
     の子会社
         Company   LLC
    取引条件及び取引条件の決定方針等

        (注1)    Global    X Management       Company     LLCが組成する米国上場投資信託の日本における販売会社
         等への支援業務。販売サポート契約(Service                         Agreement)に従い、個別商品毎の販売残高に応じ
         たフィーを受領しております。
    当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

    1.親会社及び法人主要株主等
                             議決権等の
                                    関係内容
                              所有
                   資本金または
                                               取引金額        期末残高
          会社等の                事業                  取引
                    出資金
      属性          住所             (被所有)                       科目
           名称               内容                  内容
                                   役員の    事業上         (千円)        (千円)
                              割合
                   (百万円)
                                   兼任等    の関係
                              (%)
                                      役員の
                                          出向者負担
         大和アセット
     その他の           東京都          資産    (被所有)          兼任
                                          金の支払い
         マネジメント          15,174百万円                あり                 未払金
                                               131,246         11,778
     関係会社          千代田区          運用業             出向者の
                             直接 40%
         株式会社
                                           (注1)
                                      受入れ
    取引条件及び取引条件の決定方針等

        (注1)    出向者及びBPOに係る人件費相当額を支払っております。
                                49/55




                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2.兄弟会社等
                                   関係内容
                             議決権等
                  資本金または
                            の所有(被                 取引金額        期末残高
                         事業                 取引
                    出資金
      属性    会社等の名称      住所                                   科目
                                  役員の    事業上
                            所有)割合
                         内容                 内容
                                              (千円)        (千円)
                   (百万円)
                                  兼任等    の関係
                             (%)
          Global X                                販売

     その他の
                         資産運             販売            未収
                                          支援
     関係会社           米国   515百万ドル                あり
          Management                    ―                318,321         91,749
                         用業             支援            収益
     の子会社
                                          (注1)
         Company LLC
    取引条件及び取引条件の決定方針等
        (注1)    Global    X Management       Company     LLCが組成する米国上場投資信託の日本における販売会社
         等への支援業務。販売サポート契約(Service                         Agreement)に従い、個別商品毎の販売残高に応じ
         たフィーを受領しております。
    [1株当たり情報]

              前事業年度                         当事業年度
            (自 2020年4月1日                         (自 2021年4月1日
            至 2021年3月31日)                           至 2022年3月31日)
     1株当たり純資産額                  9,021.59円       1株当たり純資産額                  8,698.50円
     1株当たり当期純損失(△)                 △  650.15円      1株当たり当期純損失(△)                 △  323.09円
    (注1)潜在株式調整後1株当たり純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
    (注2)1株当たり純損失の算定上の基礎は、以下の通りであります。
                            前事業年度              当事業年度
                        (自2020年4月1日              (自2021年4月1日
                         至  2021年3月31日)             至  2022年3月31日)
     当期純損失(千円)                           △  325,078             △  161,546
     普通株式の期中平均株式数(株)                            500,000              500,000
    [重要な後発事象]

      該当事項はありません。
                                50/55








                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【利害関係人との取引制限】
     委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる

    行為が禁止されています。
    ① 自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行なうことを内容とした運用を行なうこ
      と(投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそ
      れがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
    ② 運用財産相互間において取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと(投資者の保護に欠け、
      若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府
      令で定めるものを除きます。)。
    ③ 通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法
      人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密
      接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下④⑤にお
      いて同じ。)又は子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該
      金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をい
      います。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引又は店頭デリバティブ取引を行なうこと。
    ④ 委託会社の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行なう投資運用業に関して運用の方針、
      運用財産の額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行なうことを内容とした運用を行なうこ
      と。
    ⑤ 上記③④に掲げるもののほか、委託会社の親法人等又は子法人等が関与する行為であって、投資者
      の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのあるも
      のとして内閣府令で定める行為。
    5【その他】

    a.  事業譲渡または事業譲受、出資の状況その他の重要事項

    b.  訴訟事件その他委託会社に重要な影響を及ぼすことが予想される事実

       訴訟事件その他委託会社に重要な影響を及ぼすことが予想される事実はありません。
                                51/55










                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】
    1【名称、資本金の額及び事業の内容】

    (1)  受託会社
      ① 名称 三井住友信託銀行株式会社
      ② 資本金の額 342,037百万円(2022年3月末日現在)
      ③ 事業の内容
        銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に基づき信託
       業務を営んでいます。
    (2)  販売会社

           ① 名称              ② 資本金の額                ③ 事業の内容

                          単位:百万円
      大和証券株式会社                          100,000
                       (2022年3月末日現在)
                                    金融商品取引法に定める第一種金
                                    融商品取引業を営んでいます。
      エービーエヌ・アムロ・クリ                           5,505
      アリング証券株式会社
                       (2021年12月末日現在)
    2【関係業務の概要】

     受託会社は、信託契約の受託者であり、委託会社の指図に基づく信託財産の管理・処分、信託財産の

    計算等を行ないます。
     販売会社は、受益権の募集の取扱い、信託契約の一部解約に関する事務、収益分配金・償還金・一部
    解約金の支払いに関する事務等を行ないます。
    3【資本関係】

     該当事項はありません。

    <再信託受託会社の概要>

      名称:株式会社日本カストディ銀行
      資本金の額:51,000百万円(2022年3月末日現在)
      事業の内容:銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に
              基づき信託業務を営んでいます。
       再信託の目的:原信託契約にかかる信託事務の一部(信託財産の管理)を原信託受託会社から再信
               託受託会社へ委託するため、原信託財産のすべてを再信託受託会社へ移管すること
               を目的とします。
                                52/55







                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【その他】
    (1)  目論見書の表紙から本文の前までの記載等について

      ① 金融商品取引法(昭和23年法律第25号)第13条の規定に基づく目論見書である旨を記載すること
       があります。
      ② 目論見書の別称として「投資信託説明書(交付目論見書)」または「投資信託説明書(請求目論
       見書)」という名称を用いることがあります。
      ③ 委託会社等の情報、受託会社に関する情報を記載することがあります。
      ④ 詳細な情報の入手方法として、以下の事項を記載することがあります。
       ・委託会社のホームページアドレス、電話番号及び受付時間等
       ・請求目論見書の入手方法及び投資信託約款が請求目論見書に掲載されている旨
      ⑤ 使用開始日を記載することがあります。
      ⑥ 届出の効力に関する事項について、次に掲げるいずれかの内容を記載することがあります。
       ・届出をした日及び当該届出の効力の発生の有無を確認する方法
       ・届出をした日、届出が効力を生じている旨及び効力発生日
      ⑦ 次の事項を記載することがあります。
       ・投資信託の財産は受託会社において信託法に基づき分別管理されている旨
       ・請求目論見書は投資者の請求により販売会社から交付される旨及び当該請求を行った場合にはそ
        の旨の記録をしておくべきである旨
       ・「ご購入に際しては、本書の内容を十分にお読みください。」との趣旨を示す記載
      ⑧ 委託会社、当ファンドのロゴ・マーク等を記載することがあります。
      ⑨ ファンドの形態等を記載することがあります。
      ⑩ 図案を採用することがあります。
      ⑪ ファンドの管理番号等を記載することがあります。
      ⑫ 委託会社のインターネットホームページのアドレスに加え、他のインターネットのアドレス(当
       該アドレスをコード化した図形等も含みます。)を掲載することがあります。
      ⑬ UD    FONT   マークおよび説明文を記載することがあります。
    (2)  当ファンドは、評価機関等の評価を取得、使用する場合があります。

    (3)  交付目論見書に最新の運用実績を記載することがあります。

    (4)  請求目論見書に当ファンドの投資信託約款の全文を記載します。

                                53/55









                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                          独立監査人の監査報告書
                                                   2022年5月23日
    Global    X Japan株式会社
      取締役会 御中
                       有限責任     あずさ監査法人

                         東京事務所

                        指定有限責任社員

                                    公認会計士         間瀬 友未
                        業  務  執  行  社  員
                        指定有限責任社員

                                    公認会計士         深井 康治
                        業  務  執  行  社  員
    監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社
    等の経理状況」に掲げられているGlobal                      X Japan株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの
    第3期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計
    方針及びその他の注記について監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準

    拠して、Global         X Japan株式会社の2022年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度
    の経営成績を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監
    査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当
    監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人と
    してのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
    査証拠を入手したと判断している。
    その他の記載内容

      その他の記載内容は、監査した財務諸表を含む開示書類に含まれる情報のうち、財務諸表及びその監
    査報告書以外の情報である。
      当監査法人は、その他の記載内容が存在しないと判断したため、その他の記載内容に対するいかなる

    作業も実施していない。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を
    作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作
    成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切で

    あるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企
    業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ

    る。
                                54/55



                                                          EDINET提出書類
                                              Global X Japan株式会社(E35933)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重
    要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸
    表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別
    に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性
    があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、

    職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・  不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対

      応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意
      見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・  財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人

      は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する
      内部統制を検討する。
    ・  経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見

      積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・  経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監

      査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不
      確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場
      合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関す
      る財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求
      められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の
      事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・  財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準

      拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに
      財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統

    制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項につい
    て報告を行う。
    利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上

    (注)1. 上記の監査報告書の原本は当社が別途保管しております。




    (注)2. XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                55/55



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。