株式会社和心 四半期報告書 第20期第2四半期(令和4年4月1日-令和4年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第20期第2四半期(令和4年4月1日-令和4年6月30日)
提出日
提出者 株式会社和心
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2022年8月12日

    【四半期会計期間】               第20期第2四半期(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)

    【会社名】               株式会社和心

    【英訳名】               Wagokoro     co.,   ltd.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役  森 智宏

    【本店の所在の場所】               東京都渋谷区千駄ケ谷三丁目20番12号

    【電話番号】               050-5243-3871

    【事務連絡者氏名】               経理部長  山邊 伸顕

    【最寄りの連絡場所】               東京都渋谷区千駄ケ谷三丁目20番12号

    【電話番号】               050-5243-3871

    【事務連絡者氏名】               経理部長  山邊 伸顕

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/23









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第19期

                                        第20期
                                       第2四半期
             回次               第2四半期                       第19期
                                       連結累計期間
                            連結累計期間
                          自   2021年1月1日         自   2022年1月1日         自   2021年1月1日
            会計期間
                          至   2021年6月30日         至   2022年6月30日         至   2021年12月31日
    売上高                 (千円)          384,758           441,425           902,142
    経常損失(△)                 (千円)         △ 281,965          △ 143,567          △ 493,389

    親会社株主に帰属する
                      (千円)         △ 283,750          △ 96,593         △ 554,756
    四半期(当期)純損失(△)
    四半期包括利益又は包括利益                 (千円)         △ 281,020          △ 96,146         △ 552,576
    純資産額                 (千円)         △ 309,549          △ 501,835          △ 433,387

    総資産額                 (千円)          675,181           530,939           566,851

    1株当たり四半期(当期)
                      (円)          △ 92.47          △ 27.65         △ 175.46
    純損失(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             ―           ―           ―
    四半期(当期)純利益
    自己資本比率                  (%)          △ 48.3         △ 102.1          △ 83.4
    営業活動によるキャッシュ            ・フロー     (千円)         △ 171,560          △ 136,168          △ 331,231

    投資活動によるキャッシュ・フロー                 (千円)           20,535           34,621           69,884

    財務活動によるキャッシュ・フロー                 (千円)          △ 8,312          27,166          114,975

    現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)           93,862           52,446          126,826
    (期末)残高
                             第19期           第20期

                            第2四半期           第2四半期
             回次
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自   2021年4月1日         自   2022年4月1日
            会計期間
                          至   2021年6月30日         至   2022年6月30日
    1株当たり四半期純利益又は
                      (円)          △ 49.78           2.99
    1株当たり四半期純損失(△)
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       2.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期
         (当期)純損失であるため、記載しておりません。
       3.  「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号2020年3月31日。)等を第1四半期連結会計期間の期
         首から適用しており、当第2四半期連結累計期間及び当第2四半期連結会計期間に係る主要な経営指標等に
         ついては、当該会計基準を適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

     当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な
    変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                 2/23




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

     当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投
    資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前連結会計年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
    リスク」についての重要な変更はありません。
     なお、当社グループは、販売体制の再構築や事業コストの適正化に努めてまいりましたが、前連結会計年度に引き続
    き当第2四半期連結累計期間においても、売上高                       441,425    千円、営業損失       141,351    千円、経常損失       143,567    千円、親会社株
    主に帰属する四半期純損失            96,593   千円となり、2022年6月30日時点の四半期連結貸借対照表上                            501,835    千円の債務超過と
    なっております。
     当第2四半期連結累計期間においては、赤字店舗の閉鎖を進めることにより店舗数が減少しましたが、催事等を強化
    し、来店客数が増加したため増収となりました。消費者の購買行動が新型コロナウイルス感染症拡大前の状態に徐々に
    戻り始めつつありますが、インバウンド消費が消失したため本格的な回復には至っておりません。新型コロナウイルス
    感染拡大の収束には一定期間を要すると考えており、今後の需要回復に時間を要する可能性が高いことから、現状、資
    金繰りに懸念が生じております。これらにより、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせる事象または状況が存
    在しております。
     当社グループは、当該状況の解消のために、下記のような改善施策の実行により、収益力及び財務体質の改善を図っ
    てまいります。
     1.安定的な利益確保
     (1)店舗展開の見直し
       2020年春以降、不採算店舗の退店と人員削減によるコスト削減を実施しております。今後も店舗の採算に応じて
       店舗撤退の要否を判断いたしますが、効率経営を念頭に、赤字店舗の閉鎖及び催事の強化を実施することで、コ
       ロナ禍においても利益が出る体質への変革を実行してまいります。
     (2)事業のIT化
       モノ事業における店舗展開以外に、ECサイトにおける販売、OEMサービス、宅配着物レンタルサービス等の強化に
       より、収益の確保を図ってまいります。
     (3)新規事業
       その他事業において静岡県を中心に空き家をリノベーションした不動産賃貸業及び宿泊施設を運営しておりま
       す。また、食肉卸事業を開始しました。今後は売上高の拡大を図ってまいります。
     2.財務状況の安定化
      財務状況の安定化を図るために、取引金融機関の支援も得ながら以下の通りエクイティファイナンスを実行いたし
     ました。
      当社は2021年5月20日開催の取締役会において、第三者割当による新株式の発行並びに第10回新株予約権の発行を
     決議し、同年6月7日に合計71,346千円の払込が完了しております。また、2021年7月1日から2022年6月30日まで
     第10回新株予約権の行使により、150,802千円の資金調達を行っております。今後も財務体質の改善をより確実なもの
     とするために、引続きエクイティファイナンスも検討することで、将来の事業拡大に備えた機動的な資金調達を図っ
     てまいります。
     しかしながら、これら対応策の実現可能性は新型コロナウイルス感染症の今後の広がり方や収束時期が不透明であ

    り、売上高等に及ぼす影響の程度や期間を予測することが困難であるため、現時点では継続企業の前提に関する重要な
    不確実性が認められます。なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する
    重要な不確実性の影響を四半期連結財務諸表には反映しておりません。
                                 3/23





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
    (1)  経営成績の状況
     当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症に伴う活動制限が緩和され、景気は持
    ち直しの動きがみられる一方、物価高騰による個人消費の減退や景況感の悪化、ロシア・ウクライナ情勢長期化など、
    依然として先行き不透明な状況になっております。
     当社の属する小売・サービス業界におきましては、消費者の購買行動が新型コロナウイルス感染症拡大前の状態に
    徐々に戻り始めつつありますが、原材料の仕入価格高騰及び円安による物価上昇、人件費の高騰などが懸念されてお
    り、厳しい状況になっております。また、2022年1~6月の訪日外国人旅行者数は前年同期比427.1%増加(出典:日本
    政府観光局(JNTO))しておりますが、2019年同期比では96.9%減少(出典:日本政府観光局(JNTO))しており、まだインバ
    ウンド消費は回復しておりません。
     このような経済環境の下、            当社は「日本のカルチャーを世界へ」という経営理念に基づき、「                               日本を感じるモノを作
    る」モノ事業と「日本の良さを体験していただく」コト事業                            、及び、その他事業、の3つの事業の強化に引き続き取り
    組みました。      新型コロナウイルス感染症拡大前に比べ店舗数が減少しましたが、催事等を強化し、来店客数が前年同期
    と比較して増加したため増収となりました。当第2四半期連結累計期間においては退店が13店舗、当第2四半期連結累
    計期間末の店舗数は合計32店舗(前連結会計年度末比13店舗減)となりました。一方で、店舗関連費用の削減に取り組
    み、販売費及び一般管理費は             482,209    千円(前年同期比15.3%減)となりました。
     その結果、当第2四半期連結累計期間の経営成績は、売上高                            441,425    千円(前年同期比14.7%増)、営業損失                   141,351
    千円(前年同期は277,539千円の損失)、経常損失は                        143,567    千円(前年同期は281,965千円の損失)、親会社株主に帰属
    する四半期純損失は         96,593   千円(前年同期は283,750千円の損失)となりました。
     各セグメントの経営成績は、次のとおりであります。
     (モノ事業)
      モノ事業においては、          既存の店舗で在庫をメインに営業を進めました。家賃減額交渉も継続して行い、催事を強化
     することにより収益向上を図った結果、増収となりました。                            当第2四半期連結累計期間末における店舗数は、〔かん
     ざし屋wargo〕9店舗(前連結会計年度末比2店舗減)、〔The                             Ichi〕2店舗(同2店舗減)、〔北斎グラフィック〕
     10店舗(同2店舗減)、〔箸や万作〕2店舗(同1店舗減)、〔猫まっしぐら〕2店舗(同1店舗減)、合計25店舗
     (同8店舗減)となりました。その他、ネット通販、OEMサービス等も行っております。
      その結果、モノ事業の売上高は335,685千円、セグメント利益は12,434千円となりました。
     (コト事業)
      コト事業においては、退店            を行った結果、       当第2四半期連結累計期間末における〔きものレンタルwargo〕の店舗数
     は7店舗(前連結会計年度末比5店舗減)となりました。
      その結果、コト事業の売上高は82,843千円、セグメント損失は17,574千円となりました。
     (その他事業)
      その他事業においては、           静岡県を中心に空き家をリノベーションして賃貸する不動産賃貸業を行っております。そ
     の結果、その他事業の売上高は22,896千円、セグメント利益は8,774千円となりました。
                                 4/23







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
    (2)  財政状態の分析
      (資産)
       流動資産は、前連結会計年度末に比べて30,807千円減少し                           214,218    千円となりました。これは主に現金及び預金が
      74,380千円減少し、立替金が28,189千円増加したことなどによります。
       固定資産は、前連結会計年度末に比べて5,104千円減少し                          316,721    千円となりました。これは主に投資その他の資
      産が4,615千円減少したことなどによります。
       その結果、資産合計は、前連結会計年度末に比べて35,912千円減少し                                530,939    千円となりました。
      (負債)
       流動負債は、前連結会計年度末に比べて33,067千円増加し                           672,810    千円となりました。これは主に買掛金が27,346
      千円増加したことなどによります。
       固定負債は、前連結会計年度末に比べて532千円減少し                         359,964    千円となりました。これは主に長期借入金が348千
      円減少したことなどによります。
       その結果、負債合計は、前連結会計年度末に比べて32,535千円増加し                                1,032,774     千円となりました。
      (純資産)
       純資産合計は、前連結会計年度末に比べて68,448千円減少し                            △501,835     千円となりました。これは利益剰余金が
      96,593千円減少したことなどによります。
    (3)キャッシュ・フローの状況 

     当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物の残高は、前連結会計年度末に比べ                                              74,380   千円減少し、
    52,446   千円となりました。
     当第2四半期連結累計期間におけるキャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)
       当第2四半期連結累計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは                                   136,168    千円の支出となりました。これ
      は主に税金等調整前四半期純損失               96,070   千円、関係会社株式売却損益             31,794   千円があったことによるものです。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
       当第2四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは                                   34,621   千円の収入となりました。これ
      は主に関係会社株式の売却による収入                 31,502   千円があったことによるものです。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
       当第2四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは                                   27,166   千円の支出となりました。これ
      は主に株式の発行による収入             27,698   千円によるものです。
    (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

     当第2四半期連結累計期間において新たに発生した事実上及び財政上の対処すべき課題は、事業等のリスクをご参照
    ください。
    (5)  研究開発活動

     該当事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 5/23






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     9,000,000

                計                                   9,000,000

      ②  【発行済株式】

                                   上場金融商品取引所

              第2四半期会計期間末
                        提出日現在発行数(株)
               現在発行数(株)
        種類                            名又は登録認可金融               内容
                         (2022年8月12日)
               ( 2022年6月30日       )
                                    商品取引業協会名
                                              完全議決権株式であ
                                              り、権利内容に何ら限
                                              定のない当社における
                                    東京証券取引所
      普通株式            3,557,600           3,565,100                標準となる株式であり
                                       グロース
                                              ます。なお、単元株式
                                              数は100株でありま
                                              す。
        計           3,557,600           3,565,100          ―           ―
     (注)   「提出日現在発行数」欄には、2022年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
       された株式数は含まれておりません。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
                                 6/23









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
       当第2四半期会計期間において、行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に係る新株予約権が以下のとおり、
       行使されました。
                                     第2四半期会計期間
                                    (2022年4月1日から
                                    2022年6月30日まで)
    当該四半期会計期間に権利行使された当該行使価額修正条項付新株
                                             81,000
    予約権付社債券等の数(個)
    当該四半期会計期間の権利行使に係る交付株式数(株)                                         81,000
    当該四半期会計期間の権利行使に係る平均行使価額等(円)                                          291
    当該四半期会計期間の権利行使に係る資金調達額(百万円)                                           23
    当該四半期会計期間の末日における権利行使された当該行使価額修
                                            375,100
    正条項付新株予約権付社債券等の数の累計(個)
    当該四半期会計期間の末日における当該行使価額修正条項付新株予
                                            375,100
    約権付社債券等に係る累計の交付株式数(株)
    当該四半期会計期間の末日における当該行使価額修正条項付新株予
                                              402
    約権付社債券等に係る累計の平均行使価額等(円)
    当該四半期会計期間の末日における当該行使価額修正条項付新株予
                                              150
    約権付社債券等に係る累計の資金調達額(百万円)
                                 7/23












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     2022年4月1日~
                   81,000     3,557,600        11,805      617,335       11,805      567,856
     2022年6月30日
    (注)第10回新株予約権の行使による増加です。
     (5)  【大株主の状況】

                                                2022年6月30日
                                                  発行済株式
                                                 (自己株式を
                                          所有株式数        除く。)の
          氏名又は名称                    住所
                                           (千株)      総数に対する
                                                  所有株式数
                                                  の割合(%)
    株式会社フォレスト                  東京都渋谷区千駄ケ谷3-20-12                        907       25.50
    森 智宏                  東京都港区                        758       21.30

    最上 夢人                  東京都新宿区                        264       7.43

    佐野 健一                  東京都新宿区                        119       3.34

                      ケイマン諸島、グランド・ケイマン
    EVO  FUND
                      KY1-9005
                                               96       2.70
    (常任代理人EVOLUTION             JAPA
    N証券株式会社)
                      (東京都千代田区紀尾井町4-1)
    株式会社ローカル                  熊本県熊本市西区春日3-15-60                         95       2.68
    中村 彰一                  東京都世田谷区                         61       1.73

    株式会社エアトリ                  東京都港区愛宕2-5-1                         42       1.18

    バリューマネジメント株式会社                  大阪府大阪市北区梅田2-2-2                         39       1.12

    株式会社NATTY         SWANKYホール
                      東京都新宿区西新宿1-19-8                         38       1.06
    ディングス
            計                  ―               2,422        68.08
                                 8/23









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                               2022年6月30日       現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

    完全議決権株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                               35,564            ―
                        3,556,400
                    普通株式
    単元未満株式                             ―              ―
                          1,200
    発行済株式総数                    3,557,600         ―              ―
    総株主の議決権                    ―           35,564            ―

      ②  【自己株式等】

        該当事項はありません。
    2  【役員の状況】

     前連結会計年度の有価証券報告書提出後、当四半期連結累計期間における役員の異動はありません。
                                 9/23












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2022年4月1日から2022年
     6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2022年1月1日から2022年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、監査法人アリアによる四半期レビューを受けております。
                                10/23

















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2021年12月31日)              (2022年6月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               126,826               52,446
        売掛金                                54,235              48,503
        商品                                12,505              27,107
        前渡金                                17,015              20,898
        立替金                                  ―            37,079
                                        34,442              28,182
        その他
        流動資産合計                               245,025              214,218
      固定資産
        有形固定資産
         建物                               57,451              50,392
         土地                               68,446              70,313
                                        3,562              3,200
         その他
         有形固定資産合計                              129,459              123,906
        無形固定資産
         ソフトウエア                               18,105              23,168
                                          64              64
         その他
         無形固定資産合計                               18,169              23,232
        投資その他の資産
         関係会社株式                               9,606              18,193
         敷金                              121,471              111,491
         差入保証金                                 ―            21,015
                                        43,118              18,880
         その他
         投資その他の資産合計                              174,196              169,581
        固定資産合計                               321,825              316,721
      資産合計                                 566,851              530,939
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                11,561              38,907
        短期借入金                                83,200              83,200
        1年内返済予定の長期借入金                               147,601              147,601
        未払金                               174,092              167,585
        未払法人税等                                38,600              27,303
        未払消費税等                                  ―            30,910
        前受金                                  ―            56,598
        預り金                                92,847              95,159
        賞与引当金                                2,677              1,967
                                        89,162              23,576
        その他
        流動負債合計                               639,743              672,810
      固定負債
        長期借入金                               359,637              359,289
                                         859              675
        その他
        固定負債合計                               360,496              359,964
      負債合計                                1,000,239              1,032,774
                                11/23




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2021年12月31日)              (2022年6月30日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               603,486              617,335
        資本剰余金                               608,834              622,683
                                     △ 1,685,622             △ 1,782,216
        利益剰余金
        株主資本合計                              △ 473,301             △ 542,196
      その他の包括利益累計額
                                          76              ―
        その他有価証券評価差額金
        その他の包括利益累計額合計                                  76              ―
      新株予約権
                                        25,289              25,289
                                        14,548              15,071
      非支配株主持分
      純資産合計                                △ 433,387             △ 501,835
     負債純資産合計                                  566,851              530,939
                                12/23















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益及び包括利益計算書】
      【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                至 2021年6月30日)               至 2022年6月30日)
     売上高                                  384,758              441,425
                                        92,709              100,566
     売上原価
     売上総利益                                  292,049              340,858
                                     ※  569,588            ※  482,209
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                 △ 277,539             △ 141,351
     営業外収益
      受取利息                                   100               8
      受取手数料                                  3,000              3,000
      為替差益                                    ―             2,068
                                         363              682
      その他
      営業外収益合計                                  3,463              5,758
     営業外費用
      支払利息                                  1,061              1,809
      為替差損                                   633               ―
      持分法による投資損失                                  5,987              6,164
                                         206               0
      その他
      営業外費用合計                                  7,889              7,974
     経常損失(△)                                 △ 281,965             △ 143,567
     特別利益
      持分変動利益                                    ―            14,458
      助成金収入                                  2,822              3,751
      投資有価証券売却益                                  2,371                ―
                                          ―            31,794
      関係会社株式売却益
      特別利益合計                                  5,193              50,005
     特別損失
      固定資産除却損                                    ―              813
                                          ―             1,695
      減損損失
      特別損失合計                                    ―             2,508
     税金等調整前四半期純損失(△)                                 △ 276,771              △ 96,070
     法人税、住民税及び事業税
                                        9,150                0
                                        △ 710               ―
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   8,440                0
     四半期純損失(△)                                 △ 285,211              △ 96,070
     (内訳)
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                 △ 283,750              △ 96,593
     非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                       △ 1,461               522
     に帰属する四半期純損失(△)
     その他の包括利益
                                        4,191               △ 76
      その他有価証券評価差額金
      その他の包括利益合計                                  4,191               △ 76
     四半期包括利益                                 △ 281,020              △ 96,146
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                △ 279,558              △ 96,669
      非支配株主に係る四半期包括利益                                 △ 1,461               522
                                13/23




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
     (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                至 2021年6月30日)               至 2022年6月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純損失(△)                                △ 276,771              △ 96,070
      減価償却費                                 10,227               9,309
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                   250             △ 710
      受取利息及び受取配当金                                  △ 100              △ 8
      助成金収入                                 △ 2,822             △ 3,751
      支払利息                                  1,061              1,809
      固定資産除却損                                    ―              813
      減損損失                                    ―             1,695
      持分変動損益(△は益)                                    ―           △ 14,458
      持分法による投資損益(△は益)                                  5,987              6,164
      関係会社株式売却損益(△は益)                                 △ 2,371             △ 31,794
      売上債権の増減額(△は増加)                                 24,447               5,731
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                 21,193             △ 12,910
      仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 11,699              27,346
      未払金の増減額(△は減少)                                 △ 1,624             △ 6,666
                                        58,891             △ 13,319
      その他
      小計                                △ 173,329             △ 126,820
      利息及び配当金の受取額
                                         100               8
      利息の支払額                                 △ 1,061             △ 1,809
      助成金の受取額                                  2,822              3,751
                                         △ 91           △ 11,298
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                △ 171,560             △ 136,168
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                △ 34,513              △ 2,429
      無形固定資産の取得による支出                                 △ 8,768             △ 8,739
      関係会社株式の売却による収入                                    ―            31,502
      投資有価証券の売却による収入                                 32,080                ―
      貸付金の回収による収入                                  1,687                ―
      敷金の差入による支出                                 △ 6,400                ―
      保証金の回収による収入                                    ―             6,000
                                        36,449               8,288
      敷金の回収による収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 20,535              34,621
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の増減額(△は減少)                                △ 14,000                ―
      長期借入れによる収入                                  7,000                ―
      長期借入金の返済による支出                                △ 72,474               △ 348
      株式の発行による収入                                 70,106              27,698
      新株予約権の発行による収入                                  1,240                ―
                                        △ 184             △ 184
      リース債務の返済による支出
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 8,312              27,166
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                     ―              ―
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 △ 159,336              △ 74,380
     現金及び現金同等物の期首残高                                  253,198              126,826
                                      ※  93,862            ※  52,446
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                14/23




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
    (継続企業の前提に関する事項)
     当社グループ      は、販売体制の再構築や事業コストの適正化に努めてまいりましたが、前連結会計年度に引き続き、当
    第2四半期連結累計期間においても、                 売上高   441,425    千円、営業損失       141,351    千円、経常損失       143,567    千円、親会社株主に
    帰属する四半期純損失          96,593   千円となり、2022年6月30日時点の四半期連結貸借対照表上                            501,835    千円の債務超過となっ
    ております。
     当第2四半期連結累計期間においては、赤字店舗の閉鎖を進めることにより店舗数が減少しましたが、催事等を強化
    し、来店客数が増加したため増収となりました。消費者の購買行動が新型コロナウイルス感染症拡大前の状態に徐々に
    戻り始めつつありますが、インバウンド消費が消失したため本格的な回復には至っておりません。新型コロナウイルス
    感染拡大の収束には一定期間を要すると考えており、今後の需要回復に時間を要する可能性が高いことから、現状、資
    金繰りに懸念が生じております。これらにより、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせる事象または状況が存
    在しております。
     当社グループは、当該状況の解消のために、下記のような改善施策の実行により、収益力及び財務体質の改善を図っ
    てまいります。
     1.安定的な利益確保
     (1)店舗展開の見直し
       2020年春以降、不採算店舗の退店と人員削減によるコスト削減を実施しております。今後も店舗の採算に応じて
       店舗撤退の要否を判断いたしますが、効率経営を念頭に、赤字店舗の閉鎖及び催事の強化を実施することで、コ
       ロナ禍においても利益が出る体質への変革を実行してまいります。
     (2)事業のIT化
       モノ事業における店舗展開以外に、ECサイトにおける販売、OEMサービス、宅配着物レンタルサービス等の強化に
       より、収益の確保を図ってまいります。
     (3)新規事業
       その他事業において静岡県を中心に空き家をリノベーションした不動産賃貸業及び宿泊施設を運営しておりま
       す。また、食肉卸事業を開始しました。今後は売上高の拡大を図ってまいります。
     2.財務状況の安定化
      財務状況の安定化を図るために、取引金融機関の支援も得ながら以下の通りエクイティファイナンスを実行いたし
     ました。
      当社は2021年5月20日開催の取締役会において、第三者割当による新株式の発行並びに第10回新株予約権の発行を
     決議し、同年6月7日に合計71,346千円の払込が完了しております。また、2021年7月1日から2022年6月30日まで
     第10回新株予約権の行使により、150,802千円の資金調達を行っております。今後も財務体質の改善をより確実なもの
     とするために、引続きエクイティファイナンスも検討することで、将来の事業拡大に備えた機動的な資金調達を図っ
     てまいります。
     しかしながら、これら対応策の実現可能性は新型コロナウイルス感染症の今後の広がり方や収束時期が不透明であ

    り、売上高等に及ぼす影響の程度や期間を予測することが困難であるため、現時点では継続企業の前提に関する重要な
    不確実性が認められます。なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する
    重要な不確実性の影響を四半期連結財務諸表には反映しておりません。
    (会計方針の変更等)

    (収益認識に関する会計基準等の適用)
     「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等を当
    第1四半期連結会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサー
    ビスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。
     収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従っておりま
    すが、利益剰余金期首残高へ与える影響はありません。
     また、収益認識会計基準等の適用による四半期連結財務諸表に与える影響はありません。
     なお、「四半期財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第12号 2020年3月31日)第28-15項に定める経過的な取
    り扱いに従って、前第1四半期連結累計期間に係る顧客との契約から生じる収益を分解した情報を記載しておりませ
    ん。
                                15/23


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
    (時価の算定に関する会計基準等の適用)
     「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)等
    を当第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会
    計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計
    方針を、将来にわたって適用することといたしました。なお、四半期連結財務諸表に与える影響はありません。
    (四半期    連結  財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

     (税金費用の計算)
     税金費用については、当第2四半期                 連結  会計期間を含む       連結会計    年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後
    の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
                                16/23

















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
    (追加情報)
     前連結会計年度の有価証券報告書の(重要な会計上の見積り)((2)連結財務諸表利用者の理解に資するその他の情
    報)に記載した新型コロナウイルス感染症の収束時期等を含む仮定について重要な変更はありません。
    (四半期連結損益及び包括利益計算書関係)

     ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自    2021年1月1日              (自    2022年1月1日
                             至     2021年6月30日       )       至     2022年6月30日       )
        給料及び手当                       190,137    千円             170,265    千円
        地代家賃                       139,965                 98,621
    (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次のとおり
      であります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間

                            (自    2021年1月1日              (自    2022年1月1日
                            至   2021年6月30日       )        至   2022年6月30日       )
        現金及び預金勘定                            108,362千円                 52,446千円
        預入期間が3か月を超える定期預金                           △14,500                    ―
        現金及び現金同等物                            93,862                 52,446
    (株主資本等関係)

     前第2四半期連結累計期間(自                 2021年1月1日        至    2021年6月30日       )
     当社は、2021年6月7日付で、当社代表取締役である森智宏、株式会社ローカル及び柴田裕亮氏から第三者割当増資
    の払込みを受けました。この結果、当第2四半期連結累計期間において資本金及び資本準備金がそれぞれ35,053千円増
    加し、当第2四半期連結会計期間末において資本金が541,586千円、資本剰余金が546,934千円となっております。
     当第2四半期連結累計期間(自                 2022年1月1日        至    2022年6月30日       )

     当第2四半期連結累計期間において、2021年6月7日発行の第10回新株予約権の権利行使により、資本金及び資本準備
    金がそれぞれ13,849千円増加し、当第2四半期連結会計期間末において資本金が617,335千円、資本剰余金が622,683千
    円となっております。
                                17/23









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
    (セグメント情報等)
    【セグメント情報】
    Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自                  2021年1月1日        至    2021年6月30日       )
     1.報告セグメントごとの売上高及び損失の金額に関する情報
                                               (単位:千円)
                                                 四半期連結
                           報告セグメント
                                           調整額     損益計算書
                                           (注1)      計上額
                    モノ事業     コト事業     その他事業        計
                                                  (注2)
    売上高
     外部顧客への売上高               339,362      43,557      1,839     384,758         ―    384,758

     セグメント間の内部売上高
                       ―     ―    1,380      1,380      △ 1,380        ―
     又は振替高
           計         339,362      43,557      3,219     386,138       △ 1,380     384,758
    セグメント損失(△)                △ 84,259    △ 45,013     △ 13,417     △ 142,690      △ 134,848     △ 277,539

     (注)   1.調整額△134,848千円は、本社管理費であります。
       2.セグメント損失(△)は四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
       該当事項はありません。
    Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自                  2022年1月1日        至    2022年6月30日       )

     1.報告セグメントごとの売上高及び損失の金額に関する情報
                                               (単位:千円)
                                                 四半期連結
                           報告セグメント
                                           調整額     損益計算書
                                           (注1)      計上額
                    モノ事業     コト事業     その他事業        計
                                                  (注2)
    売上高
     外部顧客への売上高               335,685      82,843      22,896      441,425         ―    441,425

     セグメント間の内部売上高
                       ―     ―    1,380      1,380      △ 1,380        ―
     又は振替高
           計         335,685      82,843      24,276      442,805       △ 1,380     441,425
    セグメント利益又は損失(△)                 12,434    △ 17,574      8,774      3,633     △ 144,984     △ 141,351

     (注)   1.調整額△144,984千円は、本社管理費であります。
       2.セグメント利益又は損失(△)は四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
       該当事項はありません。
                                18/23







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
    (1株当たり情報)
     1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のと
    おりであります。
                               前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間
                                (自    2021年1月1日           (自    2022年1月1日
                                 至   2021年6月30日       )    至   2022年6月30日       )
    (1)  1株当たり四半期純損失(△)
                                      △92円47銭             △27円65銭
    (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)                                  △283,750              △96,593

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                     ―             ―

     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                       △283,750              △96,593
     四半期純損失(△)(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                  3,068,697             3,493,855
     (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期純損失で
        あるため、記載しておりません。
    (重要な後発事象)

     該当事項はありません。
                                19/23














                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
    2  【その他】
     該当事項はありません。
                                20/23




















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
                                21/23




















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2022年8月12日

    株式会社和心
     取締役会 御中
                            監査法人     アリア

                            東京事務所
                             代表社員
                                      公認会計士       茂 木 秀 俊
                             業務執行社員
                             代表社員
                                      公認会計士       山 中 康 之
                             業務執行社員
     監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193                  条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社和心
    の2022    年1月1日から2022          年12   月31   日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2022                           年4月1日から2022
    年6月30     日まで)及び第2四半期連結累計期間(2022                     年1月1日から2022年6月30              日まで)に係る四半期連結財務諸
    表、すなわち、、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期
    レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社和心及び連結子会社の                                        2022   年3月    31  日現在の財政状
    態及び同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重
    要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    継続企業の前提に関する重要な不確実性

     継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社は、前連結会計年度に引き続き、当第1四半期連結累計
    期間に営業損失       141,351    千円、経常損失       143,567    千円、親会社株主に帰属する四半期純損失                    96,593   千円を計上しており、
    2022   年6   月30   日時点の四半期連結貸借対照表上                501,835    千円の債務超過の状況にあることから、継続企業の前提に重
    要な疑義を生じさせるような状況が存在しており、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。
    なお、当該事象又は状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由については当該注記に記載されている。
    四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な不確実性の影響は四半期連結財務諸表
    に反映されていない。
     当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
    その他の事項

     会社の2021年12月31日をもって終了した前連結会計年度の第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間に係
    る四半期連結財務諸表並びに前連結会計年度の連結財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び監
    査が実施されている。前監査人は、当該四半期連結財務諸表に対して2021年8月13日付けで無限定の結論を表明してお
    り、また、当該連結財務諸表に対して2022年3月31日付けで無限定適正意見を表明している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
                                22/23

                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社和心(E33858)
                                                            四半期報告書
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継 続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・  主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
    手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
    る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・  継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
    られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
    認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかど
    うか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
    四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が
    適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
    の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
    として存続できなくなる可能性がある。
    ・  四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
    基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務
    諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさ
    せる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・  四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
    人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
    人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見
    事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
    監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
    じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以  上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                23/23





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。