株式会社山陰合同銀行 四半期報告書 第120期第1四半期(令和4年4月1日-令和4年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第120期第1四半期(令和4年4月1日-令和4年6月30日)
提出日
提出者 株式会社山陰合同銀行
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】                     四半期報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                     関東財務局長

    【提出日】                     2022年8月12日

    【四半期会計期間】                     第120期第1四半期(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)

    【会社名】                     株式会社山陰合同銀行

    【英訳名】                     The  San-in    Godo   Bank,Ltd.

    【代表者の役職氏名】                     取締役頭取  山 崎  徹

    【本店の所在の場所】                     島根県松江市魚町10番地

    【電話番号】                     (0852)55局1000番(代表)

    【事務連絡者氏名】                     執行役員経営企画部長  田 中 良 和

                         島根県松江市魚町10番地

    【最寄りの連絡場所】
                         株式会社山陰合同銀行経営企画部主計グループ
    【電話番号】                     (0852)55局1043番
    【事務連絡者氏名】                     主計グループ長  三 原  圭

    【縦覧に供する場所】                     株式会社山陰合同銀行鳥取営業部

                          (鳥取市栄町402番地)
                         株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/32









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                          2021年度            2022年度

                         第1四半期連結            第1四半期連結             2021年度
                          累計期間            累計期間
                       (自  2021年    4月  1日    (自  2022年    4月  1日    (自  2021年    4月  1日
                        至  2021年    6月30日)       至  2022年    6月30日)       至  2022年    3月31日)
    経常収益               百万円            21,816            32,789            95,111

    経常利益               百万円            4,643            7,114           20,791

    親会社株主に帰属する
                   百万円            3,443            4,950             ―
    四半期純利益
    親会社株主に帰属する
                   百万円              ―            ―          14,485
    当期純利益
    四半期包括利益               百万円            7,214          △ 25,398              ―
    包括利益               百万円              ―            ―         △ 23,125

    純資産額               百万円           385,198            324,498            353,191

    総資産額               百万円          6,668,423            6,518,305            6,775,158

    1株当たり四半期純利益                円           22.09            31.73             ―

    1株当たり当期純利益                円             ―            ―          92.88

    潜在株式調整後
                    円           22.06            31.69             ―
    1株当たり四半期純利益
    潜在株式調整後
                    円             ―            ―          92.77
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率                %            5.7            4.9            5.2
     (注)    自己資本比率は、((四半期)期末純資産の部合計-(四半期)期末新株予約権-(四半期)期末非支配株主持分)を
       (四半期)期末資産の部の合計で除して算出しております。
    2  【事業の内容】

      当第1四半期連結累計期間において、当行及び当行の関係会社が営む事業の内容については、重要な変更はありませ
     ん。なお、株式会社山陰オフィスサービス(「その他」セグメントに区分)は、2022年4月1日を効力発生日として、合
     銀ビジネスサービス株式会社(「その他」セグメントに区分)を吸収合併いたしました。
                                 2/32







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第1四半期連結累計期間において、財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の異常な変動等、投資者の
     判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項は発生しておらず、前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
     リスク」について重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      以下の記載における将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況
     (財政状態)
       預金等(譲渡性預金を含む)は、期中776億円増加し、5兆1,011億円となりました。これは、法人・金融機関部門
      で減少した一方で、個人・公金部門において増加したことによるものです。
       貸出金は、地方公共団体向け貸出で減少した一方で、個人・法人・金融機関向けともに増加したことから、期中
      159億円増加し、        3兆9,254億円      となりました。
       有価証券は、金利リスク低減を目的とした売却を実施したことや評価損益の減少により、期中2,389億円減少し、
      1兆6,925億円      となりました。
       連結自己資本比率(国内基準)は、前連結会計年度末比0.41ポイント上昇し、11.77%となりました。
     ① 主要勘定の状況(連結)                                                                   (単位:百万円)

                                        当第1四半期
                              前連結会計年度                     増減
                                        連結会計期間
                                 (A)                 (B)-(A)
                                          (B)
    預金等                             5,023,487         5,101,150           77,663
     預金                            4,872,042         4,893,920           21,878
     譲渡性預金                             151,444         207,229          55,785
    貸出金                             3,909,437         3,925,422           15,985
    有価証券                             1,931,505         1,692,533         △238,972
     ② 金融再生法開示債権及びリスク管理債権の状況(連結)                 (単位:百万円)

                                        当第1四半期
                              前連結会計年度                     増減
                                        連結会計期間
                                 (A)                 (B)-(A)
                                          (B)
    破産更生債権及びこれらに準ずる債権                              11,542         11,737           195
    危険債権                              37,902         36,634         △1,268
    要管理債権                              18,057         17,873          △184
     三月以上延滞債権                                147         322         175
     貸出条件緩和債権                              17,910         17,550          △360
    小計(リスク管理債権) ①                              67,502         66,246         △1,256
    正常債権                             3,985,582         3,998,926           13,344
    総与信(合計) ②                             4,053,085         4,065,172           12,087
    不良債権比率 (%)  ① / ②                               1.66         1.62        △0.04

     ③ 有価証券の評価損益(連結)                             (単位:百万円)

                                        当第1四半期
                              前連結会計年度                     増減
                                        連結会計期間
                                 (A)                 (B)-(A)
                                          (B)
    満期保有目的                               △420         △616         △196
    その他有価証券                              10,377        △29,634         △40,011
     うち株式                              26,806         25,097         △1,709
     うち債券                               9,094         2,766        △6,328
     うちその他                             △25,523         △57,498         △31,975
    合  計                               9,956        △30,251         △40,207
     (注) 「その他有価証券」については、時価評価しておりますので、上記の表上は、(四半期)連結貸借対照表計上額
       と取得原価との差額を記載しております。
                                 3/32


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
     (経営成績)
       当行は、1995年より「地域の夢、お客様の夢をかなえる創造的なベストバンク」を経営理念として掲げ、経営の
      健全性の確保を図りながら、地域のためにお役に立つことを基本方針としております。
       当行グループでは、持続可能な地域社会の実現に向け、以前より、リレーションシップバンキング、地方創生、
      地域貢献活動などを通じて社会・環境問題の解決に資する取り組みを行っております。これに加え、昨年度よりサ
      ステナビリティへの取り組みも強化しております。
       新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、お客様や従業員の安心・安全の確保と安定的な金融サービスの維持
      を最優先に、地域経済の悪化防止と早期回復に向け、地域の産業・事業の支援にグループ一体となって重点的に取
      り組んでいます。
       このような中、当第1四半期連結累計期間の経常利益は前年同期比24億71百万円増加の71億14百万円となりまし
      た。これは、海外金利の上昇を受け、金利リスクの低減を目的とした有価証券の売却により、債券関係損益が減少
      した一方で、貸出金利息や有価証券利息配当金などの資金利益や、事業支援手数料などの役務取引等利益の増加に
      加え、与信費用が減少したことなどによるものです。また、親会社株主に帰属する四半期純利益は、前年同期比15
      億7百万円増加の49億50百万円となりました。
      ① 損益状況(連結)                                 (単位:百万円)

                               前第1四半期         当第1四半期
                                                   増減
                              連結累計期間         連結累計期間
                                                  (B)-(A)
                                 (A)         (B)
    連結粗利益                              14,890         12,911         △1,979
     資金利益                              12,795         15,500          2,705
     役務取引等利益                               1,912         2,294          382
     その他業務利益                                183       △4,883         △5,066
      うち債券関係損益                               △363        △6,270         △5,907
    営業経費                              10,497         10,318          △179
    一般貸倒引当金繰入額 ①                               △11          ―         11
    不良債権処理額 ②                                510         △27         △537
     貸出金償却                                 1         1         0
     個別貸倒引当金繰入額                                495          ―        △495
     特定海外債権引当勘定繰入額                                ―         ―         ―
     債権売却損                                16          2        △14
     その他                                △2         △31         △29
    貸倒引当金戻入益 ③                                ―         335         335
    株式等関係損益                                24        3,261         3,237
    その他                                726         896         170
    経常利益                               4,643         7,114         2,471
    特別損益                               △160          △42          118
    税金等調整前四半期純利益                               4,483         7,072         2,589
    法人税、住民税及び事業税                                199        1,576         1,377
    法人税等調整額                                832         555        △277
    非支配株主に帰属する四半期純利益又は損失(△)                                 7        △9         △16
    親会社株主に帰属する四半期純利益                               3,443         4,950         1,507
    与信費用 ①+②-③                                499        △363         △862

     (注)    連結粗利益=(資金運用収益-資金調達費用)+(役務取引等収益-役務取引等費用)+
              (その他業務収益-その他業務費用)
                                 4/32




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
       セグメントごとの業績につきましては、「銀行業」で経常収益が前年同期比111億9百万円増加の288億50百万円、
      セグメント利益は前年同期比24億30百万円増加の70億71百万円となりました。また、「リース業」では、経常収益
      が前年同期比1億3百万円減少の39億4百万円、セグメント利益は前年同期比84百万円増加の1億27百万円となり、信
      用保証業務等を行う「その他」では、経常収益が前年同期比70百万円減少の3億32百万円、セグメント利益は前年同
      期比51百万円減少の△11百万円となりました。
     (2)  会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

       新型コロナウイルス感染症拡大の影響に関する会計上の見積りに用いた仮定については、第4「経理の状況」1
      「四半期連結財務諸表」「注記事項」(追加情報)に記載しております。
    (参考)

      ① 国内・国際業務部門別収支
        当第1四半期連結累計期間の資金運用収支は、国内業務部門135億円、国際業務部門20億円となり、合計で155億
       円と前年同期比27億5百万円の増加となりました。役務取引等収支は、国内業務部門22億61百万円、国際業務部門
       32百万円となり、合計で22億94百万円と前年同期比3億82百万円の増加となりました。また、その他業務収支は、
       国内業務部門36億60百万円、国際業務部門△85億44百万円となり、合計で△48億83百万円と前年同期比50億66百
       万円の減少となりました。
                              国内業務部門         国際業務部門           合計

        種類             期別
                              金額(百万円)         金額(百万円)         金額(百万円)
                前第1四半期連結累計期間                  11,179          1,615         12,795
    資金運用収支
                当第1四半期連結累計期間                  13,500          2,000         15,500
                                                       19
                前第1四半期連結累計期間                  11,493          1,721
                                                     13,195
     うち資金運用収益
                                                       20
                当第1四半期連結累計期間                  13,746          2,238
                                                     15,964
                                                       19
                前第1四半期連結累計期間                    313         106
                                                       399
     うち資金調達費用
                                                       20
                当第1四半期連結累計期間                    246         238
                                                       464
                前第1四半期連結累計期間                   1,863           48        1,912
    役務取引等収支
                当第1四半期連結累計期間                   2,261           32        2,294
                前第1四半期連結累計期間                   2,911           63        2,975
     うち役務取引等収益
                当第1四半期連結累計期間                   3,315           49        3,365
                前第1四半期連結累計期間                   1,048           15        1,063
     うち役務取引等費用
                当第1四半期連結累計期間                   1,053           17        1,071
                前第1四半期連結累計期間                    186         △2         183
    その他業務収支
                当第1四半期連結累計期間                   3,660        △8,544         △4,883
                前第1四半期連結累計期間                   4,415           62        4,478
     うちその他業務収益
                当第1四半期連結累計期間                   7,645         1,178         8,823
                前第1四半期連結累計期間                   4,229           64        4,294
     うちその他業務費用
                当第1四半期連結累計期間                   3,984         9,723         13,707
     (注)   1 「国内業務部門」とは、当行国内店及び国内に本店を有する連結子会社(以下、「国内連結子会社」とい
        う。)の円建取引であります。また、「国際業務部門」とは、当行国内店の外貨建取引であります。ただし、
        円建対非居住者取引、特別国際金融取引勘定分等は国際業務部門に含めております。
       2 連結会社間の取引相殺後の計数を記載しております。
       3 資金調達費用は金銭の信託運用見合費用(前第1四半期連結累計期間:国内業務部門0百万円、国際業務部門
        ―百万円、当第1四半期連結累計期間:国内業務部門0百万円、国際業務部門─百万円)を控除して表示してお
        ります。
       4 資金運用収益及び資金調達費用の合計欄の上段の計数は、国内業務部門と国際業務部門の間の資金貸借の利
        息であります。
                                 5/32



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
      ② 国内・国際業務部門別役務取引の状況
        当第1四半期連結累計期間の役務取引等収益は、国内業務部門33億15百万円、国際業務部門49百万円となり、合
       計で33億65百万円と前年同期比3億90百万円の増加となりました。また、役務取引等費用は、国内業務部門10億53
       百万円、国際業務部門17百万円となり、合計で10億71百万円と前年同期比8百万円の増加となりました。
                              国内業務部門         国際業務部門           合計

        種類             期別
                              金額(百万円)         金額(百万円)         金額(百万円)
                前第1四半期連結累計期間                   2,911           63        2,975
    役務取引等収益
                当第1四半期連結累計期間                   3,315           49        3,365
                前第1四半期連結累計期間                    608          47         655
     うち預金・貸出業務
                当第1四半期連結累計期間                   1,176           32        1,208
                前第1四半期連結累計期間                    683          15         699
     うち為替業務
                当第1四半期連結累計期間                    572          15         587
                前第1四半期連結累計期間                    547          ―         547
     うち証券関連業務
                当第1四半期連結累計期間                    441          ―         441
                前第1四半期連結累計期間                    230          ―         230
     うち代理業務
                当第1四半期連結累計期間                    219          ―         219
                前第1四半期連結累計期間                    119          0        120
     うち保証業務
                当第1四半期連結累計期間                    117          0        117
                前第1四半期連結累計期間                   1,048           15        1,063
    役務取引等費用
                当第1四半期連結累計期間                   1,053           17        1,071
                前第1四半期連結累計期間                    113          13         126
     うち為替業務
                当第1四半期連結累計期間                    51         15         67
     (注)   1 「国内業務部門」とは、当行国内店及び国内連結子会社の円建取引であります。また、「国際業務部門」と
        は、当行国内店の外貨建取引であります。ただし、円建対非居住者取引、特別国際金融取引勘定分等は国際業
        務部門に含めております。
       2 連結会社間の取引相殺後の計数を記載しております。
      ③ 国内・国際業務部門別預金残高の状況

       ○ 預金の種類別残高(末残)
                              国内業務部門         国際業務部門           合計
        種類             期別
                              金額(百万円)         金額(百万円)         金額(百万円)
                前第1四半期連結会計期間                 4,554,829           35,787        4,590,617
    預金合計
                当第1四半期連結会計期間                 4,857,673           36,247        4,893,920
                前第1四半期連結会計期間                 2,980,549             ―      2,980,549
     うち流動性預金
                当第1四半期連結会計期間                 3,203,518             ―      3,203,518
                前第1四半期連結会計期間                 1,566,319           5,000       1,571,319
     うち定期性預金
                当第1四半期連結会計期間                 1,647,868           10,000        1,657,868
                前第1四半期連結会計期間                   7,960         30,787         38,748
     うちその他
                当第1四半期連結会計期間                   6,287         26,247         32,534
                前第1四半期連結会計期間                  346,698            ―       346,698
    譲渡性預金
                当第1四半期連結会計期間                  207,229            ―       207,229
                前第1四半期連結会計期間                 4,901,527           35,787        4,937,315
    総合計
                当第1四半期連結会計期間                 5,064,902           36,247        5,101,150
     (注)   1 「国内業務部門」とは、当行国内店及び国内連結子会社の円建取引であります。また、「国際業務部門」と
        は、当行国内店の外貨建取引であります。ただし、円建対非居住者取引、特別国際金融取引勘定分等は国際業
        務部門に含めております。
       2 連結会社間の債権・債務相殺後の計数を記載しております。
       3 流動性預金=当座預金+普通預金+貯蓄預金+通知預金
       4 定期性預金=定期預金+定期積金
                                 6/32



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
      ④ 国内・海外別貸出金残高の状況
       ○ 業種別貸出状況(末残・構成比)
                         前第1四半期連結会計期間                 当第1四半期連結会計期間
           業種別
                        金額(百万円)         構成比(%)        金額(百万円)         構成比(%)
    国内(除く特別国際金融取引勘定分)                       3,567,670        100.00         3,925,422        100.00
     製造業                        441,318       12.36          445,993       11.36
     農業,林業                         10,594       0.29          10,805       0.27
     漁業                         3,374       0.09          4,019       0.10
     鉱業,採石業,砂利採取業                         1,519       0.04          1,437       0.03
     建設業                        127,697        3.57         122,987        3.13
     電気・ガス・熱供給・水道業                        112,953        3.16         139,542        3.55
     情報通信業                         21,098       0.59          28,450       0.72
     運輸業,郵便業                        168,507        4.72         182,857        4.65
     卸売業,小売業                        362,134       10.15          405,467       10.32
     金融業,保険業                        136,376        3.82         167,856        4.27
     不動産業,物品賃貸業                        482,701       13.52          566,041       14.41
     各種サービス業                        396,123       11.10          416,962       10.62
     地方公共団体                        282,607        7.92         245,460        6.25
     その他                       1,020,661        28.60         1,187,538        30.25
    海外及び特別国際金融取引勘定分                           ―      ―           ─      ─
     政府等                           ―      ―           ─      ─
     金融機関                           ―      ―           ─      ─
     その他                           ―      ―           ─      ─
            合計                3,567,670        ―         3,925,422        ―
     (注)   1 「国内」とは、当行(海外店を除く)及び国内連結子会社であります。
       2 「海外」とは、当行の海外店及び海外連結子会社であります。なお、当行は海外店及び海外連結子会社を保
        有しておりません。
       3 連結会社間の債権・債務相殺後の計数を記載しております。
    3  【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
                                 7/32










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)
               普通株式                                    495,021,000
                計                                  495,021,000
      ②  【発行済株式】

            第1四半期会計期間            提出日現在          上場金融商品取引所
       種類      末現在発行数(株)            発行数(株)          名又は登録認可金融                内容
             ( 2022年6月30日       )   (2022年8月12日)            商品取引業協会名
                                    東京証券取引所
      普通株式          156,977,472          156,977,472                      単元株式数 100株
                                    プライム市場
       計         156,977,472          156,977,472            ―             ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                 (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
    2022年4月     1日~
                     ─    156,977         ─     20,705         ─     15,516
    2022年6月30日
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 8/32







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                                2022年6月30日       現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                        ―      ―              ―
    議決権制限株式(自己株式等)                        ―      ―              ―
    議決権制限株式(その他)                        ―          ─          ―
                    (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                             ―              ―
                    普通株式
                         175,400
                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                              1,565,079              ―
                       156,507,900
                    普通株式
    単元未満株式                             ―              ―
                         294,172
    発行済株式総数                   156,977,472          ―              ―
    総株主の議決権                    ―          1,565,079              ―
     (注)   1 上記の「完全議決権株式(その他)」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式4,000株(議決権40
        個)、株式給付信託(BBT)が所有する当行株式794,000株(議決権7,940個)が含まれております。
       2 上記の「単元未満株式」の欄には、当行所有の自己株式が71株含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                              2022年6月30日       現在
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                           総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                           所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
    (自己保有株式)
                 島根県松江市魚町10番地               175,400         -    175,400        0.11
    株式会社山陰合同銀行
          計             ―          175,400         -    175,400        0.11
     (注) 株式給付信託(BBT)の信託財産として、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)(東京都中央区晴海1丁目8番
       12号)が所有する当行株式794,000株(発行済株式総数に対する所有株式数の割合0.50%)は上記自己株式等に含め
       ておりません。
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 9/32









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1 当行の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令

     第64号)に基づいて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」
     (1982年大蔵省令第10号)に準拠しております。
    2 当行は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(自2022年4月1日 至2022年6月

     30日)及び第1四半期連結累計期間(自2022年4月1日 至2022年6月30日)に係る四半期連結財務諸表について、EY新日
     本有限責任監査法人の四半期レビューを受けております。
                                10/32

















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年6月30日)
     資産の部
      現金預け金                                 775,086              745,605
      買入金銭債権                                 11,699              11,614
      金銭の信託                                  4,998              4,998
                                  ※1 ,※2  1,931,505           ※1 ,※2  1,692,533
      有価証券
                                    ※1  3,909,437            ※1  3,925,422
      貸出金
                                     ※1  10,020            ※1  6,895
      外国為替
      リース債権及びリース投資資産                                 29,287              29,035
                                     ※1  77,013            ※1  63,822
      その他資産
      有形固定資産                                 34,220              33,840
      無形固定資産                                  4,374              4,287
      退職給付に係る資産                                  1,589              1,974
      繰延税金資産                                 15,408              28,138
                                     ※1  13,269            ※1  12,493
      支払承諾見返
      貸倒引当金                                △ 42,571             △ 42,174
                                        △ 182             △ 182
      投資損失引当金
      資産の部合計                                6,775,158              6,518,305
     負債の部
      預金                                4,872,042              4,893,920
      譲渡性預金                                 151,444              207,229
      コールマネー及び売渡手形                                 120,895               87,403
      債券貸借取引受入担保金                                 429,129              254,201
      借用金                                 703,317              664,926
      外国為替                                    50              90
      その他負債                                 117,160               59,958
      賞与引当金                                   950               ―
      退職給付に係る負債                                  9,503              9,415
      株式給付引当金                                   420              450
      役員退職慰労引当金                                    57              40
      睡眠預金払戻損失引当金                                   279              270
      その他の偶発損失引当金                                   812              777
      繰延税金負債                                   570              569
      再評価に係る繰延税金負債                                  2,061              2,058
                                        13,269              12,493
      支払承諾
      負債の部合計                                6,421,967              6,193,807
                                11/32







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年6月30日)
     純資産の部
      資本金                                 20,705              20,705
      資本剰余金                                 22,058              22,058
      利益剰余金                                 301,096              302,758
                                        △ 643             △ 627
      自己株式
      株主資本合計                                 343,217              344,895
      その他有価証券評価差額金
                                        7,137             △ 20,687
      繰延ヘッジ損益                                  2,688               △ 9
      土地再評価差額金                                  2,348              2,341
                                       △ 2,814             △ 2,631
      退職給付に係る調整累計額
      その他の包括利益累計額合計                                  9,358             △ 20,986
      新株予約権
                                         123              109
                                         491              480
      非支配株主持分
      純資産の部合計                                 353,191              324,498
     負債及び純資産の部合計                                 6,775,158              6,518,305
                                12/32














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                               (自 2021年 4月 1日              (自 2022年 4月 1日
                                至 2021年 6月30日)               至 2022年 6月30日)
     経常収益                                   21,816              32,789
      資金運用収益                                 13,195              15,964
        (うち貸出金利息)                                8,790              9,732
        (うち有価証券利息配当金)                                4,185              5,590
      役務取引等収益                                  2,975              3,365
      その他業務収益                                  4,478              8,823
                                      ※1  1,167            ※1  4,635
      その他経常収益
     経常費用                                   17,172              25,674
      資金調達費用                                   400              464
        (うち預金利息)                                  280              215
      役務取引等費用                                  1,063              1,071
      その他業務費用                                  4,294              13,707
      営業経費                                 10,497              10,318
                                       ※2  916            ※2  113
      その他経常費用
     経常利益                                   4,643              7,114
     特別利益
                                          3              38
      固定資産処分益                                    3              38
     特別損失                                    164               80
      固定資産処分損                                    9              4
                                         154               76
      減損損失
     税金等調整前四半期純利益                                   4,483              7,072
     法人税、住民税及び事業税
                                         199             1,576
                                         832              555
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   1,031              2,131
     四半期純利益                                   3,451              4,940
     非支配株主に帰属する四半期純利益又は
                                          7             △ 9
     非支配株主に帰属する四半期純損失(△)
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   3,443              4,950
                                13/32









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                               (自 2021年 4月 1日              (自 2022年 4月 1日
                                至 2021年 6月30日)               至 2022年 6月30日)
     四半期純利益                                   3,451              4,940
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  3,378             △ 27,824
      繰延ヘッジ損益                                   197            △ 2,697
                                         186              183
      退職給付に係る調整額
      その他の包括利益合計                                  3,762             △ 30,338
     四半期包括利益                                   7,214             △ 25,398
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  7,213             △ 25,388
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    0             △ 9
                                14/32















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

       当第1四半期連結累計期間(自                2022年4月1日       至    2022年6月30日       )
       (1)  連結の範囲の重要な変更
         合銀ビジネスサービス株式会社は、株式会社山陰オフィスサービスを存続会社とする吸収合併により消滅し
        たことから、当第1四半期連結会計期間より連結の範囲から除外しております。
       (2)  持分法適用の範囲の重要な変更
         該当事項はありません。
       (3)  連結子会社の事業年度等に関する事項の変更
         該当事項はありません。
      (四半期連結財務諸表の作成にあたり適                  用した特有の会計処理)

      当第1四半期連結累計期間(自                2022年4月1日       至    2022年6月30日       )

      1 税金費用の処理
        一部の連結子会社の税金費用は、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税
       効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じることにより算定
       しております。
      (追加情報)

       (新型コロナウイルス感染症拡大の影響に関する会計上の見積り)

        新型コロナウイルス感染症の影響に関する仮定については、前連結会計年度の有価証券報告書における(重要
       な会計上の見積り)に記載した内容から、重要な変更はありません。
       (信託を通じて自社の株式を交付する取引)

        当行は、中長期的な業績の向上と、企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的として、当行の取締役
       (監査等委員である取締役を除く)及び執行役員(以下、「取締役等」という。)に対し、「株式給付信託(BB
       T)」を導入しております。
       1  取引の概要
         本制度のもと当行は、対象となる取締役等に対し当行が定めた役員株式給付規程に基づき、事業年度毎にポ
        イントを付与し、取締役等の退任時に累計ポイントに相当する当行株式及び当行株式を退任日時点の時価で換
        算した金額相当の金銭(以下、「当行株式等」という。)を信託を通じて給付します。取締役等に対し給付する
        当行株式等については、予め信託設定した金銭により取得し、信託財産として分別管理しております。
       2  信託が保有する当行株式
         信託が保有する当行株式を信託における帳簿価額により、純資産の部に自己株式として計上しております。
        前連結会計年度末及び当第1四半期連結会計期間末における当該自己株式の帳簿価額は486百万円、株式数は794
        千株であります。
                                15/32






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
      (四半期連結貸借対照表関係)
    ※1 銀行法及び金融機能の再生のための緊急措置に関する法律に基づく債権は次のとおりであります。なお、債権

      は、連結貸借対照表の「有価証券」中の社債(その元本の償還及び利息の支払の全部又は一部について保証している
      ものであって、当該社債の発行が有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)によるものに限る。)、貸出金、外国
      為替、「その他資産」中の未収利息及び仮払金並びに支払承諾見返の各勘定に計上されているもの並びに注記され
      ている有価証券の貸付けを行っている場合のその有価証券(使用貸借又は賃貸借契約によるものに限る。)でありま
      す。
                               前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                               ( 2022年3月31日       )        ( 2022年6月30日       )
        破産更生債権及びこれらに準ずる債権額                        11,542百万円               11,737百万円
        危険債権額                        37,902百万円               36,634百万円
        三月以上延滞債権額                          147百万円               322百万円
        貸出条件緩和債権額                        17,910百万円               17,550百万円
        合計額                        67,502百万円               66,246百万円
       なお、上記債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。
    ※2 「有価証券」中の社債のうち、有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)による社債に対する保証債務の額

            前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
            ( 2022年3月31日       )         ( 2022年6月30日       )
              93,273百万円                 94,177百万円
      (四半期連結損益計算書関係)

    ※1 その他経常収益には、次のものを含んでおります。

                          前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                           (自    2021年    4月  1日        (自    2022年    4月  1日
                           至   2021年    6月30日)           至   2022年    6月30日)
        貸倒引当金戻入益                          ―百万円                335百万円
        償却債権取立益                          0百万円                 0百万円
    ※2 その他経常費用には、次のものを含んでおります。

                          前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                           (自    2021年    4月  1日        (自    2022年    4月  1日
                           至   2021年    6月30日)           至   2022年    6月30日)
        貸出金償却                          1百万円                 1百万円
        貸倒引当金繰入額                         484百万円                 ―百万円
        株式等償却                          74百万円                 0百万円
        貸出債権等の売却に伴う損失                          16百万円                 2百万円
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期連

     結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                          前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                           (自    2021年    4月  1日        (自    2022年    4月  1日
                           至   2021年    6月30日)           至   2022年    6月30日)
        減価償却費                         693百万円                 710百万円
                                16/32





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
      (株主資本等関係)
     前第1四半期連結累計期間(自                2021年4月1日       至    2021年6月30日       )

     1 配当金支払額

                    配当金の総額       1株当たり
       (決議)       株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)      配当額(円)
    2021年6月22日
              普通株式         1,723        11   2021年3月31日         2021年6月23日        利益剰余金
    定時株主総会
     (注)   2021年6月22日定時株主総会決議による配当金の総額には、株式給付信託(BBT)が保有する当行株式に対する
      配当金9百万円が含まれております。
     2 基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日後

      となるもの
       該当事項はありません。
     当第1四半期連結累計期間(自                2022年4月1日       至    2022年6月30日       )

     1 配当金支払額

                    配当金の総額       1株当たり
       (決議)       株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)      配当額(円)
    2022年6月22日
              普通株式         3,292        21   2022年3月31日         2022年6月23日        利益剰余金
    定時株主総会
     (注)   2022年6月22日定時株主総会決議による配当金の総額には、株式給付信託(BBT)が保有する当行株式に対する
      配当金16百万円が含まれております。
     2 基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日後

      となるもの
       該当事項はありません。
                                17/32











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     前第1四半期連結累計期間(自               2021年4月1日       至    2021年6月30日       )
     1 報告セグメントごとの経常収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                                                   四半期連結
                       報告セグメント
                                    その他      合計     調整額    損益計算書
                    銀行業     リース業       計
                                                    計上額
    経常収益
       外部顧客に対する
                    17,599      3,957     21,556       260    21,817       △ 0   21,816
      経常収益
       セグメント間の内部
                      142      49     191     142     334    △ 334      ―
      経常収益
           計          17,741      4,007     21,748       402    22,151      △ 335    21,816
    セグメント利益                 4,641       43    4,685       40    4,725      △ 81    4,643
     (注) 1 一般企業の売上高に代えて、それぞれ経常収益を記載しております。
        2 「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、信用保証業等を含んでおり
          ます。
        3 外部顧客に対する経常収益の調整額△0百万円は、「その他」の貸倒引当金戻入益であります。
        4 セグメント利益の調整額△81百万円は、全てセグメント間取引消去によるものであります。
        5 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
     2 報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

      (固定資産に係る重要な減損損失)
      「銀行業」において、遊休資産に区分された土地・建物について減損損失を計上しております。
      なお、当該減損損失の計上額は、当第1四半期連結累計期間においては、154百万円であります。
      (のれんの金額の重要な変動)
      該当事項はありません。
      (重要な負ののれん発生益)
      該当事項はありません。
     当第1四半期連結累計期間(自               2022年4月1日       至    2022年6月30日       )

     1 報告セグメントごとの経常収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                                                   四半期連結
                       報告セグメント
                                    その他      合計     調整額    損益計算書
                    銀行業     リース業       計
                                                    計上額
    経常収益
       外部顧客に対する
                    28,733      3,859     32,593       214    32,807      △ 18    32,789
      経常収益
       セグメント間の内部
                      116      45     161     118     280    △ 280      ―
      経常収益
           計          28,850      3,904     32,755       332    33,087      △ 298    32,789
    セグメント利益又は損失(△)                 7,071      127    7,198      △ 11    7,186      △ 72    7,114
     (注) 1 一般企業の売上高に代えて、それぞれ経常収益を記載しております。
        2 「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、信用保証業等を含んでおり
          ます。
        3 外部顧客に対する経常収益の調整額△18百万円は、「その他」の貸倒引当金繰入額であります。
        4 セグメント利益又は損失の調整額△72百万円は、全てセグメント間取引消去によるものであります。
        5 セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
     2 報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

      (固定資産に係る重要な減損損失)
      「銀行業」において、遊休資産に区分された土地・建物・動産について減損損失を計上しております。
      なお、当該減損損失の計上額は、当第1四半期連結累計期間においては、76百万円であります。
      (のれんの金額の重要な変動)
      該当事項はありません。
      (重要な負ののれん発生益)
      該当事項はありません。
                                18/32



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
      (金融商品関係)
     1 金融商品の時価等に関する事項
       四半期連結貸借対照表計上額(連結貸借対照表計上額)、時価及びこれらの差額は、次のとおりであります。な
      お、四半期連結貸借対照表計上額(連結貸借対照表計上額)の重要性が乏しい科目及び市場価格のない株式等並びに
      組合出資金を、次表には含めておりません((注1)参照)。
     前連結会計年度(        2022年3月31日       )

                              連結貸借対照表
               科   目                       時   価(百万円)       差   額(百万円)
                              計上額(百万円)
    (1)  現金預け金
                                  775,086         775,086            ―
    (2)  有価証券
      満期保有目的の債券                            93,675         93,254          △420
      その他有価証券(*1)                           1,815,717         1,815,717             ―
    (3)  貸出金
                                 3,909,437
                                  △40,924
       貸倒引当金(*2)
                                 3,868,513         3,884,431           15,918
    資産計                             6,552,992         6,568,489           15,497
    (1)  預金
                                 4,872,042         4,872,755            712
    (2)  譲渡性預金
                                  151,444         151,444            ―
    (3)  コールマネー及び売渡手形
                                  120,895         120,895            ―
    (4)  債券貸借取引受入担保金
                                  429,129         429,129            ―
    (5)  借用金
                                  703,317         701,379         △1,938
    負債計                             6,276,830         6,275,604          △1,225
    デリバティブ取引(*3)
     ヘッジ会計が適用されていないもの                             (5,509)         (5,509)           ―
     ヘッジ会計が適用されているもの(*4)                             10,132         10,132           ―
    デリバティブ取引計                               4,623         4,623           ―
     (*1)     その他有価証券には、「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6
        月17日。以下「時価算定会計基準適用指針」という。)第24-9項を適用した、投資信託財産が不動産である投
        資信託が含まれており、その連結貸借対照表計上額及び時価は9,161百万円であります。
     (*2) 貸出金に対応する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しております。
     (*3) その他資産・負債に計上しているデリバティブ取引を一括して表示しております。
         デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。なお、合計で正味の債務と
        なる項目は(        )で表示することとしております。
     (*4) ヘッジ対象である貸出金・有価証券等の相場変動の相殺のためにヘッジ手段として指定した金利スワップ等
        であり、主に繰延ヘッジを適用しております。なお、これらのヘッジ関係に、「LIBORを参照する金融商品に関
        するヘッジ会計の取扱い」(実務対応報告第40号 2022年3月17日。以下「実務対応報告第40号」という。)を
        適用しております。
     当第1四半期連結会計期間(             2022年6月30日       )

                              四半期連結貸借
               科   目
                              対照表計上額         時 価(百万円)         差 額(百万円)
                               (百万円)
    (1)  現金預け金
                                  745,605         745,605            ―
    (2)  有価証券
      満期保有目的の債券                            94,679         94,063          △616
      その他有価証券(*1)                           1,576,076         1,576,076             ―
    (3)  貸出金
                                 3,925,422
                                 △40,780
       貸倒引当金(*2)
                                 3,884,642         3,880,113          △4,529
    資産計                             6,301,004         6,295,859          △5,145
    (1)  預金
                                 4,893,920         4,894,564            643
    (2)  譲渡性預金
                                  207,229         207,229            ―
    (3)  コールマネー及び売渡手形
                                  87,403         87,403           ―
    (4)  債券貸借取引受入担保金
                                  254,201         254,201            ―
    (5)  借用金
                                  664,926         660,889         △4,037
    負債計                             6,107,682         6,104,288          △3,393
    デリバティブ取引(*3)
     ヘッジ会計が適用されていないもの                             (6,035)         (6,035)           ―
     ヘッジ会計が適用されているもの(*4)                               699         699          ―
    デリバティブ取引計                              (5,336)         (5,336)           ―
                                19/32



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
     (*1)     その他有価証券には、時価算定会計基準適用指針第24-9項を適用した、投資信託財産が不動産である投資信
        託が含まれており、その四半期連結貸借対照表計上額及び時価は9,238百万円であります。
     (*2) 貸出金に対応する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しております。
     (*3) その他資産・負債に計上しているデリバティブ取引を一括して表示しております。
         デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。なお、合計で正味の債務と
        なる項目は(        )で表示することとしております。
     (*4) ヘッジ対象である貸出金等の相場変動の相殺のためにヘッジ手段として指定した金利スワップ等であり、特
        例処理を適用しております。なお、これらのヘッジ関係に、実務対応報告第40号を適用しております。
      (注1) 市場価格のない株式等及び組合出資金の四半期連結貸借対照表計上額(連結貸借対照表計上額)は次のとお

         りであり、金融商品の時価情報の「その他有価証券」には含まれておりません。
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
               区分
                                ( 2022年3月31日       )       ( 2022年6月30日       )
     非上場株式(*1)(*2)                                    2,139              2,142
     組合出資金(*3)                                   19,974              19,634
     その他                                      0              0
               合計                        22,113              21,777
     (*1) 非上場株式については、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号                                                    2020
        年3月31日     )第5項に基づき、時価開示の対象とはしておりません。
     (*2) 前連結会計年度において、非上場株式について37百万円減損処理を行っておりま
        す。           
         当第1四半期連結累計期間において、非上場株式について0百万円減損処理を行っております。
     (*3) 組合出資金については、時価算定会計基準適用指針第24-16項に基づき、時価開示の対象とはしておりませ
        ん。
     2 金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

       金融商品の時価を、時価の算定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベルに分類
      しております。
       レベル1の時価:        観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価の算
               定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
       レベル2の時価:        観察可能な時価に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定に係るイン
               プットを用いて算定した時価
       レベル3の時価:        観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
       時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ属す

      るレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
                                20/32









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
     (1) 時価で四半期連結貸借対照表(連結貸借対照表)に計上している金融商品
     前連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                    時価(百万円)
          区分
                      レベル   1       レベル   2       レベル   3        合計
    有価証券
      その他有価証券
       国債                  514,110            ―          ―       514,110
       地方債                     ―       266,147            ―       266,147
       短期社債                     ―          ―          ―          ―
       社債                     ―        72,672            ―        72,672
       株式                  43,568            ―          ―        43,568
       その他(*1)                  116,667          793,389            ―       910,056
    資産計                    674,346         1,132,209             ―      1,806,555
    デリバティブ取引(*2)
      金利関連                      ―        4,753           ―        4,753
      通貨関連                      ―         (129)           ―         (129)
      株式関連                      ―          ―          ―          ―
      債券関連                      ―          ―          ―          ―
      商品関連                      ―          ―          ―          ―
     クレジット・デリバティブ                      ―          ―          ―          ―
    デリバティブ取引計                       ―        4,623           ―        4,623
     (*1)時価算定会計基準適用指針第24-9項を適用する投資信託財産が不動産である投資信託は、上表に含めており
        ません。なお、当該投資信託の連結貸借対照表計上額は9,161百万円であります。
     (*2)その他資産・負債に計上しているデリバティブ取引を一括して表示しております。
         デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。なお、合計で正味の債務と
        なる項目は( )で表示することとしております。
     当第1四半期連結会計期間(             2022年6月30日       )

                                    時価(百万円)
          区分
                      レベル   1       レベル   2       レベル   3        合計
    有価証券
      その他有価証券
       国債                  416,386            ―          ―       416,386
       地方債                     ―       266,880            ―       266,880
       短期社債                     ―          ―          ―          ―
       社債                     ―        71,027            ―        71,027
       株式                  39,761            ―          ―        39,761
       その他(*1)                   33,009         739,752            20       772,781
    資産計                    489,158         1,077,660             20      1,566,838
    デリバティブ取引(*2)
      金利関連                      ―         888          ―         888
      通貨関連                      ―        (6,224)            ―        (6,224)
      株式関連                      ―          ―          ―          ―
      債券関連                      ―          ―          ―          ―
      商品関連                      ―          ―          ―          ―
     クレジット・デリバティブ                      ―          ―          ―          ―
    デリバティブ取引計                       ―        (5,336)            ―        (5,336)
                                21/32



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
     (*1)時価算定会計基準適用指針第24-9項を適用する投資信託財産が不動産である投資信託は、上表に含めており
        ません。なお、当該投資信託の四半期連結貸借対照表計上額は9,238百万円であります。
     (*2)その他資産・負債に計上しているデリバティブ取引を一括して表示しております。
         デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。なお、合計で正味の債務と
        なる項目は( )で表示することとしております。
     (2) 時価で四半期連結貸借対照表(連結貸借対照表)に計上している金融商品以外の金融商品

     前連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                     時価(百万円)
            区分
                         レベル   1      レベル   2      レベル   3       合計
    現金預け金                         ―       775,086            ―       775,086
    有価証券
      満期保有目的の債券
       国債                       ―         ―         ―         ―
       地方債                       ―         ―         ―         ―
       社債                       ―         301        92,860         93,161
       その他                       ―         92         ―         92
    貸出金                         ―         ―      3,884,431         3,884,431
    資産計                         ―       775,480        3,977,291         4,752,772
    預金                         ―      4,872,755             ―      4,872,755
    譲渡性預金                         ―       151,444            ―       151,444
    コールマネー及び売渡手形                         ―       120,895            ―       120,895
    債券貸借取引受入担保金                         ―       429,129            ―       429,129
    借用金                         ―       701,379            ―       701,379
    負債計                         ―      6,275,604             ―      6,275,604
     当第1四半期連結会計期間(             2022年6月30日       )

                                     時価(百万円)
            区分
                         レベル   1      レベル   2      レベル   3       合計
    現金預け金                         ―       745,605            ―       745,605
    有価証券
      満期保有目的の債券
       国債                       98         ―         ―         98
       地方債                       ―         ―         ―         ―
       社債                       ―         201        93,673         93,874
       その他                       ―         90         ―         90
    貸出金                         ―         ―      3,880,113         3,880,113
    資産計                         98       745,896        3,973,787         4,719,782
    預金                         ―      4,894,564             ―      4,894,564
    譲渡性預金                         ―       207,229            ―       207,229
    コールマネー及び売渡手形                         ―       87,403           ―       87,403
    債券貸借取引受入担保金                         ―       254,201            ―       254,201
    借用金                         ―       660,889            ―       660,889
    負債計                         ―      6,104,288             ―      6,104,288
                                22/32




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
      (有価証券関係)
     1 満期保有目的の債券

     前連結会計年度(        2022年3月31日       )
                    連結貸借対照表
                                  時価(百万円)             差額(百万円)
                    計上額(百万円)
    国債                        ―             ―             ―
    地方債                        ―             ―             ―
    短期社債                        ―             ―             ―
    社債                      93,575             93,161              △413
    その他                        100              92             △7
         合計                 93,675             93,254              △420
     当第1四半期連結会計期間(            2022年6月30日       )

                   四半期連結貸借対照表
                                  時価(百万円)             差額(百万円)
                    計上額(百万円)
    国債                        100              98             △2
    地方債                         ―             ―             ―
    短期社債                         ―             ―             ―
    社債                       94,478             93,874              △604
    その他                        100              90             △9
         合計                 94,679             94,063              △616
     2 その他有価証券

     前連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                 連結貸借対照表
                    取得原価(百万円)                            差額(百万円)
                                 計上額(百万円)
    株式                      16,762             43,568             26,806
    債券                      843,836             852,930              9,094
     国債                      505,480             514,110              8,629
     地方債                      266,287             266,147              △139
     短期社債                        ―             ―             ―
     社債                      72,068             72,672               604
    その他                      946,903             921,379             △25,523
         合計                1,807,501             1,817,879               10,377
     当第1四半期連結会計期間(            2022年6月30日       )

                                四半期連結貸借対照表
                    取得原価(百万円)                           差額(百万円)
                                  計上額(百万円)
    株式                       14,664             39,761             25,097
    債券                      751,528             754,294              2,766
     国債                      413,188             416,386              3,198
     地方債                      267,640             266,880              △759
     短期社債                         ―             ―             ―
     社債                       70,699             71,027               327
    その他                      839,518             782,020             △57,498
         合計                1,605,711             1,576,076              △29,634
                                23/32




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
     3 減損処理を行った有価証券
       売買目的有価証券以外の有価証券(市場価格のない株式等及び組合出資金を除く)のうち、当該有価証券の時価が
      取得原価に比べて著しく下落しており、時価が取得原価まで回復する見込みがあると認められないものについて
      は、当該時価をもって四半期連結貸借対照表計上額(連結貸借対照表計上額)とするとともに、評価差額を当第1四半
      期連結累計期間(連結会計年度)の損失として処理(以下、「減損処理」という。)しております。
       前連結会計年度における減損処理額は83百万円(全て株式)であります。
       当第1四半期連結累計期間における減損処理額は―百万円であります。
       また、時価が「著しく下落した」と判断されるのは、下記(1)又は(2)の①から③のいずれかに該当した場合とし
      ております。
       (1)  基準日の時価が取得原価又は償却原価に比べ50%以上下落した場合。
       (2)  基準日の時価が取得原価又は償却原価に比べ30%以上下落した場合。
        ①  株式・投資信託は、時価が基準日から起算して過去1年間に一度も取得原価の70%を超えていない場合。た
        だし、基準日より1年以内に新規取得した銘柄で30%以上下落した銘柄は、個別にその下落要因等を検討し、
        回復可能性の判定を行う。
        ②  株式は、当該株式の発行会社が債務超過の状態にある場合、又は2期連続して当期損失を計上した場合。
        ③  債券は、時価の下落が金利の上昇ではなく、信用リスクの増大に起因する場合。
      (金銭の信託関係)

     1 満期保有目的の金銭の信託
     前連結会計年度(        2022年3月31日       )
      該当事項はありません。
     当第1四半期連結会計期間(            2022年6月30日       )
      該当事項はありません。
     2 その他の金銭の信託(運用目的及び満期保有目的以外)

     前連結会計年度(        2022年3月31日       )
      該当事項はありません。
     当第1四半期連結会計期間(            2022年6月30日       )
      該当事項はありません。
      (デリバティブ取引関係)

     1 ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引

     (1)  金利関連取引
     前連結会計年度(        2022年3月31日       )
      区分         種類         契約額等(百万円)             時価(百万円)           評価損益(百万円)
           金利先物                     ─            ─            ─
     金融商品
      取引所
           金利オプション                     ─            ─            ─
           金利先渡契約                     ─            ─            ─
           金利スワップ                   57,465             886            886
      店頭
           金利オプション                     ─            ─            ─
           その他                     ─            ─            ─
           合  計                ―                886            886
     (注)   上記取引については時価評価を行い、評価損益を連結損益計算書に計上しております。
     当第1四半期連結会計期間(            2022年6月30日       )

      区分         種類         契約額等(百万円)             時価(百万円)           評価損益(百万円)
           金利先物                     ─            ─            ─
     金融商品
      取引所
           金利オプション                     ─            ─            ─
           金利先渡契約                     ─            ─            ─
           金利スワップ                   57,367             888            888
      店頭
           金利オプション                     ─            ─            ─
           その他                     ─            ─            ─
           合  計                ―                888            888
     (注)   上記取引については時価評価を行い、評価損益を四半期連結損益計算書に計上しております。
     (2)  通貨関連取引

                                24/32


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
     前連結会計年度(        2022年3月31日       )
      区分         種類         契約額等(百万円)             時価(百万円)           評価損益(百万円)
           通貨先物                     ―            ―            ―
     金融商品
      取引所
           通貨オプション                     ―            ―            ―
           通貨スワップ                   114,409            △6,260            △6,260
           為替予約                   25,383            △162            △162
      店頭
           通貨オプション                   30,254              0           27
           その他                     ―            ―            ―
           合  計                ―              △6,423            △6,395
     (注)   上記取引については時価評価を行い、評価損益を連結損益計算書に計上しております。
     当第1四半期連結会計期間(            2022年6月30日       )

      区分         種類         契約額等(百万円)             時価(百万円)           評価損益(百万円)
           通貨先物                     ─            ─            ─
     金融商品
      取引所
           通貨オプション                     ─            ─            ─
           通貨スワップ                   147,062            △7,044            △7,044
           為替予約                   27,539             104            104
      店頭
           通貨オプション                   23,019              0           15
           その他                     ─            ─            ─
           合  計                ―              △6,939            △6,924
     (注)   上記取引については時価評価を行い、評価損益を四半期連結損益計算書に計上しております。
     (3)  株式関連取引

     前連結会計年度(        2022年3月31日       )
      該当事項はありません。
     当第1四半期連結会計期間(            2022年6月30日       )
      該当事項はありません。
     (4)  債券関連取引

     前連結会計年度(        2022年3月31日       )
      該当事項はありません。
     当第1四半期連結会計期間(            2022年6月30日       )

      該当事項はありません。
     (5)  商品関連取引

     前連結会計年度(        2022年3月31日       )
      該当事項はありません。
     当第1四半期連結会計期間(            2022年6月30日       )
      該当事項はありません。
     (6)  クレジット・デリバティブ取引

     前連結会計年度(        2022年3月31日       )
      該当事項はありません。
     当第1四半期連結会計期間(            2022年6月30日       )
      該当事項はありません。
                                25/32





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
     2 ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
     (1)  金利関連取引
     前連結会計年度(        2022年3月31日       )
     ヘッジ会計の方法              種類         主なヘッジ対象           契約額等(百万円)            時価(百万円)
     原則的処理方法         金利スワップ           有価証券                   50,000          3,866
     金利スワップの
                                                 (注)   2
              金利スワップ           貸出金                    7,326
       特例処理
            合  計                  ―            ─             3,866
     (注)   1 主として「銀行業における金融商品会計基準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協
        会業種別委員会実務指針第24号 2022年3月17日)に基づき、繰延ヘッジによっております。
       2 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている貸出金と一体として処理されているため、
        その時価は「(金融商品関係)」の当該貸出金の時価に含めて記載しております。
     当第1四半期連結会計期間(            2022年6月30日       )

     ヘッジ会計の方法              種類         主なヘッジ対象           契約額等(百万円)            時価(百万円)
     原則的処理方法         金利スワップ                ―                ─          ─
     金利スワップの
                                                 (注)   2
              金利スワップ           貸出金                    7,244
       特例処理
            合  計                  ―            ─              ─
     (注)   1 主として「銀行業における金融商品会計基準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協
        会業種別委員会実務指針第24号 2022年3月17日)に基づき、繰延ヘッジによっております。
       2 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている貸出金と一体として処理されているため、
        その時価は「(金融商品関係)」の当該貸出金の時価に含めて記載しております。
     (2)  通貨関連取引

     前連結会計年度(        2022年3月31日       )
     ヘッジ会計の方法              種類         主なヘッジ対象           契約額等(百万円)           時価(百万円)
              通貨スワップ                                 ―          ―
     原則的処理方法                    コールマネー
              為替予約                              153,201           6,266
              通貨スワップ                                 ―          ―
      為替予約等の
                              ─
       振当処理
              為替予約                                 ―          ―
            合  計                  ―            ─             6,266
     (注)    主として「銀行業における外貨建取引等の会計処理に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協
       会業種別委員会実務指針第25号 2020年10月8日)に基づき、繰延ヘッジによっております。
     当第1四半期連結会計期間(            2022年6月30日       )

     ヘッジ会計の方法              種類         主なヘッジ対象           契約額等(百万円)           時価(百万円)
              通貨スワップ                                ─          ─
     原則的処理方法                    コールマネー
              為替予約                              171,804            699
              通貨スワップ                                ─          ─
      為替予約等の
                              ─
       振当処理
              為替予約                                ─          ─
            合  計                  ―            ─              699
     (注)      主として「銀行業における外貨建取引等の会計処理に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協
       会業種別委員会実務指針第25号 2020年10月8日)に基づき、繰延ヘッジによっております。
     (3)  株式関連取引

     前連結会計年度(        2022年3月31日       )
      該当事項はありません。
     当第1四半期連結会計期間(            2022年6月30日       )
      該当事項はありません。
                                26/32




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
     (4)  債券関連取引
     前連結会計年度(        2022年3月31日       )
      該当事項はありません。
     当第1四半期連結会計期間(            2022年6月30日       )
      該当事項はありません。
      (企業結合等関係)

       (共通支配下の取引等)
        株式会社山陰オフィスサービス(当行の連結子会社)は、2022年4月1日を効力発生日として、合銀ビジネス
       サービス株式会社(当行の連結子会社)を吸収合併いたしました。
       1 取引の概要
       (1)  結合当事企業の名称及びその事業の内容
             結合当事企業の名称                        事業の内容
         株式会社山陰オフィスサービス                   文書/証票等作成、庶務部門請負業務、計算業務
             被結合当事企業の名称                         事業の内容

         合銀ビジネスサービス株式会社                   用度品管理、文書の発受信業務
       (2)  企業結合日

         2022年4月1日
       (3)  企業結合の法的形式

         株式会社山陰オフィスサービスを存続会社、合銀ビジネスサービス株式会社を消滅会社とする吸収合併
       (4)  結合後企業の名称

         株式会社山陰オフィスサービスの名称に変更はありません。
       (5)  その他取引の概要に関する事項

         グループ経営の効率化を目的とするものであります。
       2 実施した会計処理の概要

         「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                         2019年1月16日)及び「企業結合会計基準及び事業分離
        等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号                             2019年1月16日)に基づき、共通支配下の取引と
        して処理しております。
                                27/32







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
      (収益認識関係)
      顧客との契約から生じる収益のうち重要なものは役務取引等収益に計上されており、その内訳は以下のとおりであ
     ります。
                                      (単位:百万円)
                   前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
           区分
                    (自    2021年    4月  1日      (自    2022年    4月  1日
                    至   2021年    6月30日)        至   2022年    6月30日)
       役務取引等収益                      2,975              3,365
         預金・貸出業務                     655             1,208
         為替業務                     699              587
         証券関連業務                     547              441
         代理業務                     230              219
         保証業務                     120              117
         その他                     722              790
      (注) 役務取引等収益のうち、預金・貸出業務、為替業務は銀行業セグメントから、証券関連業務、代理業務、
         保証業務、その他は主に銀行業及びその他事業セグメントから発生しております。なお、上表には「収益認
         識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)対象外の収益も含んでおります。
      (1株当たり情報)

      1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、次の
     とおりであります。なお、1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益の算定上、自己株式に
     計上した株式給付信託(BBT)が保有する当行株式(前第1四半期連結累計期間平均株式数888千株、当第1四半期連結
     累計期間平均株式数794千株)は、それぞれ期中平均株式数の計算において控除する自己株式数に含めております。
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                               (自 2021年      4月  1日      (自 2022年      4月  1日
                               至 2021年      6月30日)        至 2022年      6月30日)
    (1)1株当たり四半期純利益                      円             22.09              31.73
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益                   百万円              3,443              4,950
      普通株主に帰属しない金額                   百万円                ―              ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                         百万円              3,443              4,950
      四半期純利益
      普通株式の期中平均株式数                    千株             155,839              155,989
    (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                      円             22.06              31.69
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                         百万円                ―              ―
      調整額
      普通株式増加数                    千株               224              167
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整
    後1株当たり四半期純利益の算定に含めな
                                   ―              ―
    かった潜在株式で、前連結会計年度末から
    重要な変動があったものの概要
      (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                28/32





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
    2  【その他】
      該当事項はありません。
                                29/32




















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                30/32



















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2022年8月10日

    株式会社山陰合同銀行
     取締役会 御中
                       EY新日本有限責任監査法人

                       東京事務所
                       指定有限責任社員

                                   公認会計士       伊 加 井  真 弓
                       業務執行社員
                       指定有限責任社員

                                   公認会計士       小 松 﨑   謙
                       業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社山陰合同
    銀行の2022年4月1日から2023年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2022年4月1日から2022年6月30日
    まで)及び第1四半期連結累計期間(2022年4月1日から2022年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四
    半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社山陰合同銀行及び連結子会社の2022年6月30日現在の財政
    状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重
    要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                31/32



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社山陰合同銀行(E03583)
                                                            四半期報告書
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
     当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
     いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
     において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
     注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
     いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
     企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
     成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
     財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
     信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
     査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
     監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見
    事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
    監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
    じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上
     (注)1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当行(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                32/32










PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。