HSホールディングス株式会社 四半期報告書 第66期第1四半期(令和4年4月1日-令和4年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第66期第1四半期(令和4年4月1日-令和4年6月30日)
提出日
提出者 HSホールディングス株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2022年8月10日
                         第66期第1四半期(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)
     【四半期会計期間】
     【会社名】
                         HSホールディングス株式会社
     【英訳名】
                         HS  Holdings     Co.,   Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  原田 泰成
     【本店の所在の場所】                   東京都港区虎ノ門五丁目11番1号
                         オランダヒルズ森タワーRoP1307号
                         03(4560)0398(代表)
     【電話番号】
     【事務連絡者氏名】                   取締役      松村 恭也
     【最寄りの連絡場所】                   東京都港区虎ノ門五丁目11番1号
                         オランダヒルズ森タワーRoP1307号
                         03(4560)0398(代表)
     【電話番号】
     【事務連絡者氏名】                   取締役      松村 恭也
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/26












                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第65期           第66期
              回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第65期
                              累計期間           累計期間
                           自 2021年4月1日           自 2022年4月1日           自 2021年4月1日
             会計期間
                           至 2021年6月30日           至 2022年6月30日           至 2022年3月31日
                                  13,407           16,389           61,566
     営業収益                (百万円)
                                  3,423           7,361           17,813

     経常利益                (百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
                                  1,389           3,233           6,545
                     (百万円)
     (当期)純利益
                                  5,027           5,680           13,947
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)
                                  75,896           79,795           74,427

     純資産額                (百万円)
                                 540,297           557,734           577,449

     総資産額                (百万円)
     1株当たり四半期(当期)純利
                                  35.06           103.46           169.53
                      (円)
     益
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)              -           -           -
     四半期(当期)純利益
                                   10.5           10.0            9.1
     自己資本比率                 (%)
    (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
          おりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
     2【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                 2/26










                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は前事業年度の有価証券報告書に記載した
      事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)  財政状態及び経営成績の状況

         当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響が長期化す
        る中、ワクチン接種の進展などにより経済社会活動が徐々に正常化しつつありますが、新たな変異株であるオミク
        ロン株の感染拡大や資源・エネルギー価格の高騰によるインフレ懸念など景気の先行きは不透明感が増しておりま
        す。世界経済においても、ワクチン接種や各種経済政策などによる景気の回復傾向は見られますが、世界的なイン
        フレ率の上昇やロシアのウクライナ侵攻による地政学的リスクの高まりなど世界経済の先行きは依然として不透明
        な状況にあります。
         このような環境の中、当社グループの当第1四半期連結累計期間の営業収益は163億89百万円(前年同期比29億
        81百万円増)、経常利益は73億61百万円(前年同期比39億38百万円増)となりました。また、親会社株主に帰属す
        る四半期純利益は32億33百万円(前年同期比18億43百万円増)となりました。
         当社グループは、当社、連結子会社4社及び持分法適用関連会社2社で構成されており、セグメントごとの分類

        は次のとおりであります。
        銀行関連事業      ハーン銀行(Khan                     Bank   LLC)、キルギスコメルツ銀行(OJSC                 Kyrgyzkommertsbank)、

                    ソリッド銀行(JSC                     Solid   Bank)
        債権管理回収関連事業  エイチ・エス債権回収株式会社
        その他事業       当社、H.S.                  International       (Asia)    Limited、株式会社外為どっとコム
         報告セグメントごとの業績を示すと、次のとおりであります。

        ① 銀行関連事業

          銀行関連事業の当第1四半期連結累計期間の営業収益は153億10百万円(前年同期比35億49百万円増)、営業
         利益は48億4百万円(前年同期比18億89百万円増)となりました。また、持分法適用関連会社であるソリッド銀
         行の業績は、持分法による投資損益に反映されます。
        ハーン銀行(本店所在地:モンゴル国)

          モンゴル経済につきましては、中国主要都市のロックダウンや輸出入の制限など中国における新型コロナウイ
         ルス感染拡大防止策の影響を受け、中国向けの石炭等資源輸出が大きく減少したことなどから、実質GDP(1-
         3月)は前年同期比で3.8%減少、インフレ率は食品価格等の上昇により前年同期比14.4%上昇となりました。
         また、中国向け輸出が減少した影響から貿易収支(1-3月)が前年同期比47.3%減少し、外貨準備高は33億ド
         ル台(前年同期比30.5%減少)まで減少しております。外貨準備高の減少により、為替市場では米ドルに対して
         現地通貨トゥグルグ(以下、MNTという。)の通貨安が進行し前年同期比で米ドルに対して3.5%下落(ドル
         高)、円に対しては5.9%上昇(円安)となりました。
          モンゴルの銀行業界につきましては、モンゴル政府が実施した低金利融資や延滞している融資の返済期間延長
         などの景気対策の結果、金融セクターの融資残高は前年同期比で25.2%増加、延滞債権残高は24.4%減少、不良
         債権残高は5.1%増加となりました。
          このような環境の中、モンゴルにおいて最大級の商業銀行であるハーン銀行につきましては、大口企業向け融
         資や中小企業向け融資、また、モンゴル国のデジタル化の方針に従い個人向けのデジタルバンキングサービスを
         中心に積極的に展開してまいりました。モンゴル政府が実施した低金利融資の景気対策により融資残高が大きく
         増加したことから資金運用収益が増加するとともに、モンゴル政府が実施した施策による普通預金・当座預金に
         対する利息の支払い免除が継続されていることにより資金調達費用が大きく減少し、加えてデジタルバンキング
         サービスの推進による手数料収入が増加したことから、大幅な増収増益となりました。
          結果として、現地通貨ベースでは、預金残高は前年同期比で0.6%減少、融資残高は40.0%増加、資金運用収
         益は11.1%増加、四半期純利益は96.3%増加いたしました。ただし、当社の連結財務諸表を作成する際に使用し
         ているIFRSベースの同行の四半期純利益は、貸倒引当金繰入額に差異があるため、前年同期比49.5%の増加と
         なっております。また、融資残高の内訳としましては、法人向け融資は前年同期比で39.9%増加、個人向け融資
         は23.8%増加、農牧業向け融資は62.4%増加いたしました。
                                 3/26


                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
        キルギスコメルツ銀行(本店所在地:キルギス共和国)

          キルギス経済につきましては、現状、ロシアによるウクライナ侵攻による影響は軽微であり、新型コロナウイ
         ルス感染症の収束によりサービス業や製造業の回復が続き、実質GDP(1-3月)は前年同期比で4.5%増加とな
         りました。また、インフレ率は、世界的な資源価格や食料品価格の上昇の影響を受け、前年同期比で11.7%の上
         昇となりました。
          ロシア・ウクライナ情勢を背景に、キルギスコメルツ銀行は、主に貸出残高と預金残高の維持や既存顧客のサ
         ポートに注力いたしました。リスクとコンプライアンス管理を徹底するとともに貸出業務を慎重に行い、ロシア
         における大手銀行や企業に対する制裁の影響から国際業務の見直しを行いました。一方で、高止まりしているイ
         ンフレ率や不透明な国際情勢を背景に、資金調達コストや預金コストが上昇しました。また、カード事業やオン
         ライン・モバイルバンキングの強化を引き続き実施してまいりました。
          今後につきましては、ロシア・ウクライナ情勢を背景にキルギス経済の先行きが不透明な状況となっておりま
         す。このような環境の中、キルギスコメルツ銀行は安定した預金基盤の構築と顧客のニーズに応える融資商品の
         提供に注力するとともに、中小企業融資とリテール事業に特化し非金利収入の割合の拡大を図ります。
        ソリッド銀行(本店所在地:ロシア連邦)

          ロシア経済につきましては、ウクライナ侵攻による幅広い経済制裁を受けている状況ではありますが、一方
         で、石油価格の上昇、新型コロナウイルス感染症の収束による経済活動の回復が続いていることから、実質GDP
         (1-3月)は前年同期比で3.5%増加し、現地通貨ルーブルの下落や各種経済制裁の影響からインフレ率は前
         年同期比で11.5%上昇となりました。ルーブルの急落に対応するため、ロシア中央銀行は主要政策金利を一時的
         に9.5%から20.0%まで引き上げました。
          このような環境の中、ソリッド銀行につきましては、融資残高と預金残高の維持や預金コストの削減に注力し
         ました。また、新規顧客への融資を慎重に行い、銀行保証や外為取引などの非金利収入の拡大にも注力いたしま
         した。
          今後につきましては、ロシア・ウクライナ情勢に起因する幅広い経済制裁を背景に、ロシア経済の先行きにつ
         いて厳しい状況が続くと予想されます。このため、現地通貨ルーブルの為替動向、原油価格の推移、経済制裁及
         び国際情勢の緊迫化等の様々な要因により、ソリッド銀行の業績に影響を与える可能性がありますが、今後もソ
         リッド銀行は優良企業への貸出増加、預金コストの削減等に注力するとともに、新たなビジネスに取り組み収益
         拡大を図ってまいります。
        ② 債権管理回収関連事業

          サービサー業界につきましては、新型コロナウイルス感染症による景気悪化の影響が続く中、2022年3月にま
         ん延防止等重点措置が解除され国内経済の持ち直しの動きもみられつつありますが、依然として各金融機関にお
         いて不良債権処理には至らず不良債権市場に供給される債権は減少しており、業界の競争は激しく債権の買取価
         格の高騰が続いており、注視が必要な状況です。
          このような環境の中、エイチ・エス債権回収株式会社につきましては、良質な不良債権の積み上げに務めてお
         ります。既存の取引先金融機関からの不良債権の買取を中心に、取得した債権から適切に管理回収を行い堅調な
         事業収益を確保しつつ、銀行を中心とした金融機関以外にも不良債権市場のシェア拡大を目指し、安定的な債権
         の取得を継続しております。買取債権においては、有担保案件からの回収及び収益性の高い債権からの回収が堅
         調に進捗したことにより営業収益及び営業利益は増加いたしました。
          結果として、当第1四半期連結累計期間の営業収益は10億77百万円(前年同期比3億22百万円増)、営業利益
         は3億86百万円(前年同期比2億77百万円増)となりました。
        ③ その他事業

          当社(単体)の他、他のセグメントに分類されていない連結子会社及び持分法適用関連会社は、その他事業に
         分類しております。なお、持分法適用関連会社の業績は、持分法による投資損益に反映されます。
          当社(単体)の営業収益は、主に関係会社からの配当金及び経営管理料で構成されます。当第1四半期連結累
         計期間においては、子会社からの配当金の減少や人件費の増加により営業損失となっております。
          その他事業の当第1四半期連結累計期間の営業収益は39百万円(前年同期比1億33百万円減)、営業損失は2
         億99百万円(前年同期は営業利益48百万円)となりました。
                                 4/26




                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
        ④ 持分法による投資損益
          持分法適用関連会社である株式会社外為どっとコム及びソリッド銀行の業績は、持分法による投資損益に反映
         されます。
          株式会社外為どっとコムにつきましては、ボラティリティ拡大により取引数量が大幅に増加したため、当第1
         四半期連結累計期間の業績は前年同期比で増収増益となりました。結果として、当第1四半期連結累計期間の持
         分法による投資利益は4億14百万円(前年同期比1億97百万円増)となりました。
        また、財政状態は次のとおりであります。

        ① 資産

          当第1四半期連結会計期間末の資産合計につきましては、5,577億34百万円となり、前期末比197億15百万円減
         少しました。
          これは主に、「貸出金」が357億95百万円、「投資有価証券」が27億67百万円増加し、一方で「有価証券」が
         598億89百万円減少したことによるものであります。
          主な増減要因は、「有価証券」及び「投資有価証券」はハーン銀行における資金運用に伴う増減、「貸出金」
         はハーン銀行から顧客への貸出金の増加によるものであります。
        ② 負債

          当第1四半期連結会計期間末の負債合計につきましては、4,779億39百万円となり、前期末比250億83百万円減
         少しました。
          これは主に、「預金」が187億52百万円、「売現先勘定」が101億10百万円減少したことによるものでありま
         す。
          主な増減要因は、「預金」はハーン銀行が顧客から預かる預金の減少、「売現先勘定」はハーン銀行における
         売現先取引により発生した金銭債務の減少によるものであります。
        ③ 純資産

          当第1四半期連結会計期間末の純資産合計につきましては、797億95百万円となり、前期末比53億68百万円増
         加しました。
          これは主に、「利益剰余金」が29億20百万円、「非支配株主持分」が20億77百万円増加したことによるもので
         あります。
      (2)  会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         前事業年度の有価証券報告書に記載した「第2 3.経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
        の状況の分析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な変更はありません。
      (3)  経営方針・経営戦略等

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
      (4)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要
        な変更はありません。
      (5)  研究開発活動

         該当事項はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 5/26




                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                     149,000,000

                  計                                    149,000,000

        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末            提出日現在発行数          上場金融商品取引所名
        種類      現在発行数(株)               (株)        又は登録認可金融商品                内容
              (2022年6月30日)            (2022年8月9日)           取引業協会名
                                     東京証券取引所           単元株式数は100株であ
                   40,953,500           40,953,500
       普通株式
                                     スタンダード市場           ります。
                   40,953,500           40,953,500
         計                                 -            -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                   (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     2022年4月1日~
                      -   40,953,500           -     12,223         -      7,818
     2022年6月30日
      (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 6/26








                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2022年6月30日現在
            区分            株式数(株)           議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                           -             -        -

     議決権制限株式(自己株式等)                           -             -        -

     議決権制限株式(その他)                           -             -        -

                            9,704,500
     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式                       -        -
                           31,240,500              312,405
     完全議決権株式(その他)                普通株式                               -
                              8,500
     単元未満株式                普通株式                       -        -
                           40,953,500
     発行済株式総数                                       -        -
                                         312,405
     総株主の議決権                           -                    -
        (注) 「単元未満株式」欄には、当社所有の自己保有株式が54株含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2022年6月30日現在
                                                     発行済株式総
                                自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       数に対する所
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       有株式数の割
                                                     合(%)
                  東京都港区虎ノ門五丁目1
     HSホールディングス株式会
                                 9,704,500              9,704,500         23.70
                  1番1号 オランダヒルズ                         -
     社
                  森タワーRoP1307号
                                 9,704,500              9,704,500         23.70
           計             -                    -
     2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 7/26










                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1 四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)並びに同規則第61条及び第82条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣
      府令第52号)及び「有価証券関連業経理の統一に関する規則」(1974年11月14日付日本証券業協会自主規制規則)に
      準拠して作成しております。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2022年4月1日から2022
      年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2022年4月1日から2022年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、RSM清和監査法人により四半期レビューを受けております。
                                 8/26

















                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年6月30日)
     資産の部
       流動資産
                                        88,137              89,565
        現金及び預金
                                         1,211
        買現先勘定                                                 -
                                        140,099               80,210
        有価証券
                                        285,094              320,890
        貸出金
                                         1,106              1,519
        デリバティブ債権
                                        19,574              19,754
        その他
                                       △ 21,006             △ 22,162
        貸倒引当金
                                        514,216              489,776
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                         7,935              8,134
          建物及び構築物(純額)
                                         6,334              6,305
          器具及び備品(純額)
                                          125              103
          土地
                                          434              462
          リース資産(純額)
                                          703              970
          建設仮勘定
                                        15,534              15,975
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                         2,249              2,285
          ソフトウエア
                                          36              34
          その他
                                         2,286              2,320
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        34,250              37,018
          投資有価証券
                                         9,470              9,809
          関係会社株式
                                          150              155
          長期差入保証金
                                          647              677
          繰延税金資産
                                         1,356              2,459
          その他
                                         △ 461             △ 459
          貸倒引当金
                                        45,413              49,661
          投資その他の資産合計
                                        63,233              67,957
        固定資産合計
                                        577,449              557,734
       資産合計
                                 9/26









                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年6月30日)
     負債の部
       流動負債
                                          77              110
        預り金
                                        410,706              391,953
        預金
                                        10,277                167
        売現先勘定
                                         2,306              2,113
        短期借入金
                                        25,168              30,233
        1年内返済予定の長期借入金
                                          208              276
        リース債務
                                          379             1,115
        未払法人税等
                                          31              44
        賞与引当金
                                        10,900              11,429
        その他
                                        460,056              437,444
        流動負債合計
       固定負債
                                        35,674              32,228
        長期借入金
                                          283              239
        リース債務
                                         6,861              7,908
        繰延税金負債
                                           4              4
        役員退職慰労引当金
                                           5              6
        退職給付に係る負債
                                          135              107
        その他
                                        42,965              40,495
        固定負債合計
                                        503,022              477,939
       負債合計
                                10/26













                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年6月30日)
     純資産の部
       株主資本
                                        12,223              12,223
        資本金
                                         5,897              5,897
        資本剰余金
                                        53,386              56,306
        利益剰余金
                                       △ 11,822             △ 11,822
        自己株式
                                        59,684              62,605
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          377              355
        その他有価証券評価差額金
                                          13
        繰延ヘッジ損益                                               △ 14
                                        △ 7,535             △ 7,116
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                △ 7,144             △ 6,774
                                        21,887              23,964
       非支配株主持分
                                        74,427              79,795
       純資産合計
                                        577,449              557,734
     負債純資産合計
                                11/26














                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年6月30日)               至 2022年6月30日)
     営業収益
                                          278
       受入手数料                                                  -
                                          511
       トレーディング損益                                                  -
                                          100
       金融収益                                                  -
                                        10,039              12,404
       資金運用収益
                                         1,565              2,354
       役務取引等収益
                                          156              551
       その他業務収益
                                          755             1,078
       売上高
                                        13,407              16,389
       営業収益合計
     金融費用                                     13
                                                         -
                                         5,595              5,026
     資金調達費用
                                                        250
     その他業務費用                                      -
                                          396              423
     売上原価
                                         7,402              10,688
     純営業収益
     販売費及び一般管理費
                                          460              466
       取引関係費
                                         1,707              1,820
       人件費
                                          677              874
       不動産関係費
                                          175               80
       事務費
                                          727              819
       減価償却費
                                          83              115
       租税公課
                                                       1,096
       貸倒引当金繰入額                                   △ 32
                                          453              456
       その他
                                         4,253              5,730
       販売費及び一般管理費合計
                                         3,148              4,957
     営業利益
     営業外収益
                                          39              54
       受取利息及び配当金
                                          217              414
       持分法による投資利益
                                          44             1,908
       為替差益
                                           2              43
       その他
                                          303             2,421
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          14               8
       支払利息
                                           5              7
       シンジケートローン手数料
                                           5
       投資事業組合運用損                                                  -
                                           2              2
       その他
                                          28              17
       営業外費用合計
                                         3,423              7,361
     経常利益
                                12/26






                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年6月30日)               至 2022年6月30日)
     特別利益
                                           0              7
       固定資産売却益
                                          16
                                                         -
       投資有価証券売却益
                                          17               7
       特別利益合計
     特別損失
                                           4              5
       固定資産売却損
                                                         1
                                           -
       本社移転費用
                                           4              7
       特別損失合計
                                         3,435              7,361
     税金等調整前四半期純利益
                                          631             1,517
     法人税、住民税及び事業税
                                          487              929
     法人税等調整額
                                         1,118              2,446
     法人税等合計
                                         2,317              4,914
     四半期純利益
                                          927             1,681
     非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         1,389              3,233
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                13/26














                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年6月30日)               至 2022年6月30日)
                                         2,317              4,914
     四半期純利益
     その他の包括利益
       その他有価証券評価差額金                                   △ 97             △ 86
                                          25
       繰延ヘッジ損益                                                 △ 55
                                         2,752               982
       為替換算調整勘定
                                          30
                                                        △ 75
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         2,710               765
       その他の包括利益合計
                                         5,027              5,680
     四半期包括利益
     (内訳)
                                         2,873              3,602
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         2,154              2,077
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                14/26















                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         (1)連結の範囲の重要な変更
           該当事項はありません。
         (2)持分法適用の範囲の重要な変更

           該当事項はありません。
        (会計方針の変更)

         (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
          「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号、2021年6月17日。以下「時価算
         定会計基準適用指針」という。)を当第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第
         27-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわたっ
         て適用することといたしました。なお、四半期連結財務諸表に与える影響はありません。
        (追加情報)

         (新型コロナウイルス感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
          前連結会計年度の有価証券報告書の(追加情報)(新型コロナウイルス感染拡大の影響に関する会計上の見積
         り)に記載した新型コロナウイルス感染症の今後の広がり方や収束時期等を含む仮定について重要な変更はあり
         ません。
         (モンゴル銀行法の改正に伴う当社グループの財政状態及び経営成績に及ぼす影響)

          2021    年1月29     日、モンゴル国国家大会議において、銀行法の改正に関する法案(英語法案名「Draft                                        Law  on
         Amendmet     to  the  Banking    Law」)および銀行法改正法の遵守に関する規制法案(英語法案名「Draft                                  Law  on
         Regulation      for  Complying     with   the  Law  on  Amendment     to  the  Banking    Law」)が承認可決され、2021年2月
         25日に施行されました。
          銀行法の改正に関する法案は、銀行の株式の集中を減らし、銀行監督の独立性を高めることを主な目的とし
         て、1人の株主である個人および法人は、単独で、または関連当事者とともに、銀行の発行済株式総数の20%を
         超えて、銀行の株式を保有することが禁止されるというものです。また、銀行法改正法の遵守に関する規制法案
         では、既存の銀行に対して、2023年12月31日までに1人の株主の株式を20%以内に維持するという要件を満たす
         ものとし、1人の株主の株式を20%以内に維持するための計画を2021年7月1日までにモンゴル中央銀行に提出
         するものとされていましたが、当社は2021年6月30日に提出しました。当該法律に定められた期間内に要件を満
         たさなかった株主に対しては、配当受領権および議決権が停止され、株式の強制売却を命じられることとなりま
         す。
          Khan    Bank   LLCは、当第1四半期連結会計期間末において持分比率55.30%の株式を当社が保有する当社連結子
         会社でありますが、2022年4月20日開催のKhan                      Bank   LLCの臨時株主総会において、新株発行による新規株式公
         開を行うことを決議し、これにより当社が保有するハーン銀行株式の持分比率が50%を下回ることとなり、当連
         結会計年度以降において同行が当社の連結子会社から持分法適用関連会社に移動する見込みとなりました。
          なお、同行が当社の連結子会社から持分法適用関連会社に移動する時期については、2022                                          年6月3日、モン
         ゴルの国会にあたる立法府である国家大会議において、新規株式公開の期限を2022年6月から2023年6月へと1
         年延期する改正法案が可決されたことを受けて、ハーン銀行においても新規株式公開に向けたスケジュール等を
         再検討することとなったため、現時点では未定であります。
          今後、さらに当社の持分比率が減少し、翌四半期連結会計期間以降の当社グループの財政状態及び経営成績に
         重大な影響を及ぼす可能性があります。
                                15/26






                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
         (持分法適用関連会社株式の譲渡)
          当社は、2021年12月13日開催の取締役会において、当社の持分法適用関連会社である株式会社外為どっとコム
         (以下「同社」という。)の株式の全てを伊藤忠商事株式会社(以下「譲渡先」という。)に譲渡すること(以
         下「本株式譲渡」という。)を決議いたしました。当該譲渡により、同社は当社の持分法適用関連会社に該当し
         ないこととなります。
         1.本株式譲渡の理由
           当社は、当社の目指す金融コングロマリット化を促進し、取扱商品の拡充を図ることを目的として、2006年
          5月に同社の株式を間接的に取得し、同社は当社の持分法適用会社となりました。同社は、当社グループの一
          員となって以降、主要事業である外国為替保証金取引事業の将来の成長に向けた新たな商品やサービスの創
          出、顧客の立場に立ったサービスの提供の徹底及び強化への取り組み等を推進し、着実に業績を上げてまいり
          ました。一方で、同社の主要事業である外国為替保証金取引業界においては、依然として厳しい競争環境が続
          いております。
           このような状況の中、国内及び海外におけるネットワークを通じて、繊維、機械、情報・通信関連、金属、
          石油等エネルギー関連、生活資材、化学品、食糧・食品等の各種商品の国内、輸出入及び海外取引、更には損
          害保険代理業、金融業、建設業、不動産の売買、倉庫業並びにそれらに付帯または関連する業務及び事業への
          投資など、幅広いビジネスを展開する譲渡先より本株式譲渡の打診を受けました。
           これを受け、当社は本株式譲渡について譲渡先と協議し、検討を行ってまいりました。その結果、外部の第
          三者算定機関による同社の株式価値算定結果と照らして、譲渡価額が妥当と判断できること、また、譲渡先は
          同社を持分法適用会社化して更なる発展を目指す方針であることなどを総合的に勘案した結果、本株式譲渡を
          行うことが当社及び同社の今後の企業価値の更なる向上に資すると判断するに至り、本株式譲渡契約を締結い
          たしました。
         2.異動する持分法適用関連会社の概要
          (1) 名称     株式会社外為どっとコム
          (2) 主な事業内容 外国為替保証金取引事業
         3.株式譲渡先の概要
          (1) 名称     伊藤忠商事株式会社
          (2) 主な事業内容 総合商社
         4.譲渡株式数、譲渡価額及び譲渡前後の所有株式の状況
          (1) 譲渡前の所有株式数 62,979株(持株比率40.19%)
          (2) 譲渡株式数     62,979株(持株比率40.19%)
          (3) 譲渡後の所有株式数   -株(持株比率-%)
          (4) 譲渡価額    12,900百万円
         5.株式譲渡実行日
            2022年8月~9月(注)
           (注)必要な競争法令等その他の法令等上の手続等により株式譲渡実行日は変動する可能性がございます。
         6.業績に与える影響
           本株式譲渡により、翌四半期連結会計期間以降において、関係会社株式売却益として特別利益を計上する見
          込みですが、連結決算における影響額は現在精査中であります。
                                16/26








                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
          1 保証債務等
          (1)保証債務
            ハーン銀行(Khan         Bank   LLC)及びキルギスコメルツ銀行(OJSC                  Kyrgyzkommertsbank)にて、営業保証業務
           (信用状の発行等)を行っております。当該業務における保証債務残高は次のとおりです。
               前連結会計年度                         当第1四半期連結会計期間
              (2022年3月31日)                            (2022年6月30日)
     債務保証                     5,543百万円       債務保証                     6,625百万円
     信用状の発行                     1,060       信用状の発行                     1,309
          (2)偶発債務

          当社は、2022年4月18日付にて伊藤忠商事株式会社より訴訟を提起され、2022年5月24日にその訴状を受領い
         たしました。
          当社は、2021年12月13日に開催された取締役会において、当社の持分法適用関連会社である株式会社外為どっ
         とコムの株式の全てを伊藤忠商事株式会社(以下「譲渡先」という。)に譲渡することを決定し、株式譲渡契約
         を締結いたしました。その後、新経営陣に体制が移行し、本株式譲渡契約について譲渡先と再交渉を行ってまい
         りましたが、この度、締結された株式譲渡契約に基づく名義書換請求手続きの実施、および債務不履行に起因又
         は関連する損害賠償請求の訴訟が提起されたものであります。
          なお、本件訴訟が当社グループの今後に与える影響につきましては、現時点で合理的に予測することは困難で
         あります。
          2 当座貸越契約及び貸出コミットメントに係る貸出未実行残高は次のとおりであります。

               前連結会計年度                         当第1四半期連結会計期間
              (2022年3月31日)                            (2022年6月30日)
     貸出未実行残高                    25,864百万円       貸出未実行残高                    30,125百万円
          3 税務訴訟等

          当社の連結子会社であるハーン銀行(Khan                     Bank   LLC)は、モンゴル税務当局から334百万円(法人税等)の更
         正処分を受けておりますが、同社としては指摘内容の一部につき根拠がないものと判断し、裁判所に提訴してお
         ります。
          従って、この334百万円の追徴課税のうち292百万円は、発生する可能性が高くないものと判断し、債務を認識
         しておりません。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                             (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                              至 2021年6月30日)                 至 2022年6月30日)
     減価償却費                                727  百万円               819  百万円
                                17/26







                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
        (株主資本等関係)
     Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自2021年4月1日 至2021年6月30日)
        配当金支払額
                            1株当たり

       (決 議)        株式の種類      配当金の総額                基準日        効力発生日        配当の原資
                             配当額
      2021年6月29日

                普通株式       475百万円         12円    2021年3月31日         2021年6月30日         利益剰余金
      定時株主総会
     Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自2022年4月1日 至2022年6月30日)

        配当金支払額
                            1株当たり

       (決 議)        株式の種類      配当金の総額                基準日        効力発生日        配当の原資
                             配当額
      2022年6月28日

                普通株式       312百万円         10円    2022年3月31日         2022年6月29日         利益剰余金
      定時株主総会
                                18/26















                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)
             報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                 調整額      損益計算書
                                                       計上額
                                                 (注)1
                 銀行関連      証券関連      債権管理回       その他
                                           計
                                                       (注)2
                  事業      事業     収関連事業        事業
     営業収益

      外部顧客に対する
                  11,761        890      754       0    13,407             13,407
                                                    -
      営業収益
      セグメント間の内部
                          23            172      195
                     -             -                 △ 195       -
      営業収益又は振替高
          計
                  11,761        913      754      173     13,602             13,407
                                                  △ 195
     セグメント利益又は
                   2,914       146      108       48     3,217             3,148
                                                   △ 68
     損失(△)
     (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額△68百万円は、セグメント間取引消去であります。
         2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)

          1. 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                 調整額      損益計算書
                                                 (注)1       計上額
                  銀行関連        債権管理回         その他
                                           計
                                                       (注)2
                  事業       収関連事業         事業
     営業収益

      外部顧客に対する
                    15,310        1,077          1     16,389             16,389
                                                    -
      営業収益
      セグメント間の内部
                                      38        38
                      -        -                     △ 38       -
      営業収益又は振替高
          計
                    15,310        1,077         39      16,427             16,389
                                                   △ 38
     セグメント利益又は
                    4,804         386               4,890        67     4,957
                                    △ 299
     損失(△)
     (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額67百万円は、セグメント間取引消去であります。
         2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2. 報告セグメントの変更等に関する事項

             前連結会計年度末において、エイチ・エス証券株式会社の株式を売却し、同社は子会社でなくなったた
            め連結の範囲から除外しております。
             これにより、当第1四半期連結会計期間より、報告セグメントは「銀行関連事業」「債権管理回収関連
            事業」「その他事業」の3つとなっております。
                                19/26





                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
        (金融商品関係)
          金融商品の四半期連結貸借対照表計上額その他の金額は、前連結会計年度の末日と比較して著しい変動があり
         ません。
        (有価証券関係)

          有価証券の四半期連結貸借対照表計上額その他の金額は、前連結会計年度の末日と比較して著しい変動があり
         ません。
        (デリバティブ取引関係)

          デリバティブ取引の四半期連結会計期間末の契約額等は、前連結会計年度の末日と比較して著しい変動があり
         ません。
        (収益認識関係)

         顧客との契約から生じる収益を分解した情報
         前第1四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)

                                                  (単位:百万円)
                                   報告セグメント
                                             その他
                      銀行関連        証券関連       債権管理回
                                                      計
                       事業        事業      収関連事業         事業
                          759        -        -        -       759
          カード業務
                          631        -        -        -       631
          デジタルバンキング業務
                          110        -        -        -       110
          為替業務
                          109        -        -        -       109
          決済・送金業務
                          25        -        -        -        25
          ドキュメンタリー業務
                           7       -        -        -        7
          現金業務
          受入手数料
                          -       192        -        -       192
            株券
                          -        0       -        -        0
            債券
                          -        57        -        -        57
            受益証券
                          -        28        -        -        28
            その他
                          31        -        25        0       57
          その他の業務
         顧客との契約から生じ
                        1,675         278        25        0      1,980
         る収益
                        10,085         611        729        -      11,427
         その他の収益
                        11,761         890        754         0     13,407
         外部顧客への売上高
                                20/26








                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
         当第1四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)
                                                  (単位:百万円)
                                   報告セグメント
                                          その他
                       銀行関連         債権管理回
                                                     計
                        事業        収関連事業           事業
                          1,182           -         -        1,182
          カード業務
                           933          -         -         933
          デジタルバンキング業務
                           289          -         -         289
          為替業務
                           140          -         -         140
          決済・送金業務
                            42         -         -         42
          ドキュメンタリー業務
                            17         -         -         17
          現金業務
                            38         25          1         66
          その他の業務
         顧客との契約から生じ
                          2,644           25          1       2,671
         る収益
                          12,666          1,051           -       13,717
         その他の収益
                          15,310          1,077            1       16,389
         外部顧客への売上高
        (1株当たり情報)

          1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2021年6月30日)               至 2022年6月30日)
     1株当たり四半期純利益                                 35円06銭               103円46銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                 1,389               3,233

       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                        1,389               3,233
       利益(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                39,644               31,248
     (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                21/26









                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
        (重要な後発事象)

        (株式取得による持分法適用会社化)
         当社は、2022年7月28日開催の取締役会決議において、ブランド品・貴金属・宝飾品等のリユース買取卸売・小
        売事業を行う株式会社STAYGOLD(以下「STAYGOLD」といいます。)の株式を取得し、同社を持分法適用会社とする
        旨の決議を行いました。
        (1)  目的

          当社は、自己投資業務の(プリンシパル投資業務)の一環と致しまして、企業の育成、再生及び発展に取り組
         んでおります。STAYGOLDの主要事業であるリユース事業の市場は、スマートフォンの普及に伴うEC・CtoC市場の
         拡大及び参入事業者の増加による拡大等により、成長傾向にあります。STAYGOLDはWebマーケティングに強みを
         有し、若年層からの支持が大きく、買取・販売が拡大してきておりますところ、出店を加速していることも相
         俟って、今後さらなる成長が見込まれます。当社はこれまで国内外で各種金融サービスを展開してまいりました
         が、培ってきた知見やリレーションシップを活用することにより、同社の更なる成長を支援できるものと考え、
         企業育成事業としてSTAYGOLDを持分法適用関連会社とし、同社及び当社グループの更なる発展を目指してまいり
         ます。
        (2)  株式取得の相手の名前

          フリソス投資事業有限責任組合
        (3)  株式取得する会社の概要

          名称:        株式会社STAYGOLD
          所在地:       東京都渋谷区東三丁目11番10号 恵比寿ビル2階
          代表者の役職・氏名: 代表取締役 柏村 淳司
          事業内容:      ブランド品・貴金属・宝飾品等のリユース買取卸売・小売事業
          資本金:       90百万円
          設立年月日:     2014年4月14日
        (4)  株式取得の時期

          2022年7月29日
        (5)  取得する株式の数、取得価額及び取得後の持分比率

          取得株式数:    12,250株
          取得価額:     6,500百万円
          取得後の持分比率: 49%
        (6)  支払資金の調達及び支払方法

         当社グループの手元資金に基づき、取得の対価を現金で支払いました。
        (7)  今後の見通し

         本件が当社の2023年3月期の連結業績に与える影響は軽微であります。
        (重要な子会社の株式の売却)

         当社は、2022年7月29日開催の取締役会決議において、当社の連結子会社であるエイチ・エス債権回収株式会社
        (以下「エイチ・エス債権回収」という。)の全株式を譲渡することを決議し、同日付で株式譲渡契約を締結いた
        しました。本株式譲渡により、エイチ・エス債権回収は当社の連結子会社から除外されることとなります。
        (1)  売却の理由

          エイチ・エス債権回収は、当社により2006年に設立され、爾後債権管理・回収業を着実に発展させてまいりま
         した。国内の銀行、信用金庫、信用組合、クレジットカード会社等の金融サービス関連会社より特定金銭債権の
         回収を受託するほか、特定金銭債権を時価で買い取る方法により金融サービス関連会社の不良債権処理に貢献す
         るとともに、債務者の再生に貢献してまいりました。
          一方で、エイチ・エス債権回収の主要事業である債権管理・回収業界においては、依然として厳しい競争環境
         が続いております。
          このような状況の中、当社といたしましては、現状として当社グループの経営資源が限定されていることを考
         慮し、当社の収益力および企業価値を一層高めるために、より高い資本効率を実現し、シナジー効果を最大限に
                                22/26

                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
         発揮する体制の構築を目指し、経営資源の集中投下や機動的なM&Aを推進することを検討してまいりました。
          その過程において、様々な角度から検討を進めた結果、当社は、エイチ・エス債権回収の機能や顧客層での強
         み を活かしつつ、譲渡先と連携したシナジーを生み出していくことによって、新たなサービスの提供や業務の多
         様化等を図っていくことが期待できるとする譲渡先の意向に賛同し、本株式譲渡を行うことが当社及びエイチ・
         エス債権回収の今後の企業価値の更なる向上に資するものであると判断するに至り、本株式譲渡契約を締結いた
         しました。
        (2)  株式譲渡の方法

          金銭を対価とする株式譲渡契約
        (3)  売却する相手会社の名称

          株式会社きらぼし銀行
        (4)  売却の時期

          契約締結日:   2022年7月29日
          株式譲渡実行日: 2022年10月3日(予定)
         (注)株式譲渡の実行は、関係法令に基づく主務官庁(法務省・金融庁)等の承認等、取引実行のための前提条
         件がみたされることを条件としております。
        (5)  当該子会社の名称、事業内容及び当社との取引

          名称:     エイチ・エス債権回収株式会社
          事業内容:   サービサー業
          当社との取引: 資金貸付及び契約に基づく経営管理料を受領しております。
        (6)  売却する株式の数、売却価額、売却損益及び売却後の持分比率

          売却株式数:    10,000株(議決権所有割合:100%)
          売却価額:     3,200百万円
          売却損益:     売却時点の当該子会社の純資産額が未確定なため、現在精査中であります。
          売却後の持分比率: -%
        (7)  譲渡した事業が含まれていた報告セグメント

          債権管理回収関連事業
     2【その他】

         該当事項はありません。
                                23/26








                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                24/26




















                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2022年8月10日

    HSホールディングス株式会社
      取締役会 御中
                            RSM清和監査法人

                            東京事務所
                             指定社員
                                      公認会計士       市川 裕之
                             業務執行社員
                             指定社員
                                      公認会計士       金城 琢磨
                             業務執行社員
    監査人の結論

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているHSホールディン
    グス株式会社の2022年4月1日から2023年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2022年4月1日から
    2022年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2022年4月1日から2022年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
    表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
    ビューを行った。
      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、HSホールディングス株式会社及び連結子会社の2022年6月30日現在の
    財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全て
    の重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
     手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
     る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
     られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
     認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかど
     うか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
     四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が
     適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
     の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
     として存続できなくなる可能性がある。
                                25/26


                                                          EDINET提出書類
                                                 HSホールディングス株式会社(E03770)
                                                            四半期報告書
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
     基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務
     諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさ
     せる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表示するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
     人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
     人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

      会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上

     (注)1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                26/26














PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。