JPM USコア債券ファンド(為替ヘッジなし、年1回決算型) 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 JPM USコア債券ファンド(為替ヘッジなし、年1回決算型)
カテゴリ 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】
     【提出書類】                        有価証券届出書の訂正届出書

     【提出先】                        関東財務局長殿

     【提出日】                        2022年8月12日

     【発行者名】                        JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社

     【代表者の役職氏名】                        代表取締役社長  大越 昇一

     【本店の所在の場所】                        東京都千代田区丸の内二丁目7番3号 東京ビルディング

     【事務連絡者氏名】                        内藤 敏信

                            (連絡場所)
                            東京都千代田区丸の内二丁目7番3号 東京ビルディング
     【電話番号】                        03-6736-2000
     【届出の対象とした募集(売出)内国投資                        JPM USコア債券ファンド(為替ヘッジなし、年1回決算

      信託受益証券に係るファンドの名称】                       型)
     【届出の対象とした募集(売出)内国投資                        2兆円を上限とします。

      信託受益証券の金額】
     【縦覧に供する場所】                        該当事項はありません。

                                 1/56












                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    Ⅰ.【有価証券届出書の訂正届出書の提出理由】
     本日、半期報告書を提出いたしましたので、2022年2月14日付で提出した有価証券届出書(以下「原届出

    書」といいます。)の関係情報を新たな情報により訂正するため、また記載事項の一部訂正を行うため、訂
    正届出書を提出いたします。
    Ⅱ.【訂正の内容】

    第二部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】
    1【ファンドの性格】
    (1)ファンドの目的及び基本的性格

    (ニ)ファンドの特色

    <訂正前>
      (略)
      ④ 投資先ファンドの特徴
       ■ 米国総合債券ファンド
        (略)
               *1
        ベンチマーク          ブルームバーグ米国総合インデックス
                         Ⓐ
                    「Bloombe     rg  」およびブルームバーグ米国総合インデックスは、Bloomberg                            Finance
                    L.P.  および、同インデックスの管理者であるBloomberg                       IndexServices       Limited    (以下
                    「BISL」)をはじめとする関連会社(以下、総称して「ブルームバーグ」)のサービ
                    スマークであり、J.P.モルガン・アセット・マネジメントによる特定の目的での使用
                    のために使用許諾されています。ブルームバーグはJ.P.モルガン・アセット・マネジ
                    メントとは提携しておらず、また、J.P.                   モルガン・アセット・マネジメントが設定す
                    る商品を承認、支持、レビュー、推奨するものではありません。ブルームバーグは、
                    J.P.モルガン・アセット・マネジメントが設定する商品に関連するいかなるデータも
                    しくは情報の適時性、正確性、または完全性についても保証しません。
                                                     *2
        運用会社          J.P.モルガン・インベストメント・マネージメント・インク                                    (米国法
                  人)(以下「JPMIM社」という場合があります。)
        (略)
       ■ マネープール・ファンド

        (略)
                                            *2
        運用会社          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社                            (委託会社)
                  マネープール・マザーファンドの運用の指図の権限をJPモルガン・ア
                                          *2
                  セット・マネジメント(UK)リミテッド                         (英国法人)に委託します
                  (以下「運用委託先」という場合があります。)。
        *1(略)
        *2(略)
    <訂正後>

      (略)
      ④ 投資先ファンドの特徴
       ■ 米国総合債券ファンド
        (略)
                                 2/56


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                *1
        ベンチマーク          ブルームバーグ米国総合インデックス
                          Ⓡ
                    「Bloombe     rg  」およびブルームバーグ米国総合インデックスは、Bloomberg                            Finance
                    L.P.  および、同インデックスの管理者であるBloomberg                       IndexServices       Limited    (以下
                    「BISL」)をはじめとする関連会社(以下、総称して「ブルームバーグ」)のサービ
                    スマークであり、J.P.モルガン・アセット・マネジメントによる特定の目的での使用
                    のために使用許諾されています。ブルームバーグはJ.P.モルガン・アセット・マネジ
                    メントとは提携しておらず、また、J.P.                   モルガン・アセット・マネジメントが設定す
                    る商品を承認、支持、レビュー、推奨するものではありません。ブルームバーグは、
                    J.P.モルガン・アセット・マネジメントが設定する商品に関連するいかなるデータも
                    しくは情報の適時性、正確性、または完全性についても保証しません。
                                                      *2
        運用会社          J.P.モルガン・インベストメント・マネージメント・インク                                     (米国
                   法人)(以下「JPMIM社」という場合があります。)
                   2022年6月末時点において実際に運用を行っている運用会社であり、今後変
                   更される場合があります。
        (略)
       ■ マネープール・ファンド

        (略)
                                            *2
        運用会社          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社                            (委託会社)
                  マネープール・マザーファンドの運用の指図の権限をJPモルガン・ア
                                          *2
                  セット・マネジメント(UK)リミテッド                         (英国法人)に委託します
                  (以下「運用委託先」という場合があります。)。
                  2022年6月末時点では運用委託先が実際に運用を行っていますが、今後変
                  更される場合があります。
        *1(略)
        *2(略)
      (注)    資金動向、市況動向、経済情勢、投資環境等の変化に対応するために、やむを得ない事情がある場

        合には、前記にしたがった運用が行えないことがあります。
    (3)ファンドの仕組み

    <訂正前>
      (略)
    (ハ)委託会社の概況
      ① 資本金 2,218百万円(               2021  年 12 月末現在)
      (略)
      ⑤ 大株主の状況(           2021  年 12 月末現在)
      (以下略)
    <訂正後>

      (略)
    (ハ)委託会社の概況
      ① 資本金 2,218百万円(               2022  年 6 月末現在)
      (略)
      ⑤ 大株主の状況(           2022  年 6 月末現在)
      (以下略)
    2【投資方針】

                                 3/56

                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1)投資方針

    <訂正前>
    (略)
    (ロ)投資態度
      ① マザーファンドの投資態度
        マザーファンド           は、  投資対象とする投資適格債券に投資することにより、配当等収益を確保し、信託
       財産の中長期的な成長をはかることを目的として、                             米国総合債券ファンドの組入比率を高位に保ちま
       す。また、円建ての公社債への投資により安定した収益を確保することを目的として、マネープール・
       ファンドにも必ず投資します。
      ② 投資先ファンドの投資態度および運用プロセス

       (略)
       ■ マネープール・ファンド

       ・ 投資態度
         マネープール・マザーファンドを通じ、日本の発行体が発行する円建ての公社債を中心に投資し、
        元本の安定性と安定した収益の確保を図るとともに、高い流動性の確保に配慮します。
       ・ 運用プロセス
       (以下略)
    <訂正後>

    (略)
    (ロ)投資態度
      ① マザーファンドの投資態度
        マザーファンド           は、  投資対象とする投資適格債券に投資することにより、配当等収益を確保し、信託
       財産の中長期的な成長をはかることを目的として、                             米国総合債券ファンドの組入比率を高位に保ちま
       す。また、円建ての公社債への投資により安定した収益を確保することを目的として、マネープール・
       ファンドにも必ず投資します。
        なお、資金動向、市況動向、経済情勢、投資環境等の変化に対応するために、やむを得ない事情があ
       る場合には、前記にしたがった運用が行えないことがあります。
      ② 投資先ファンドの投資態度および運用プロセス

       (略)
       ■ マネープール・ファンド

       ・ 投資態度
          マネープール・マザーファンドを通じ、日本の発行体が発行する円建ての公社債を中心に投資
         し、元本の安定性と安定した収益の確保を図るとともに、高い流動性の確保に配慮します。                                                   ただ
         し、市況動向に急激な変化が生じた場合、残存元本が運用に支障をきたす水準となったとき等やむ
         を得ない事情が発生した場合には、このような運用ができないことがあります。
       ・ 運用プロセス
       (以下略)
    (2)投資対象

    <訂正前>
       (略)
                                 4/56

                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考)マザーファンドの投資対象
       (略)
    (ホ)マザーファンドが投資対象とする投資先ファンドの名称、主要投資対象、主な運用方針および運用会
       社の名称は、以下のとおりです。
       ■ 米国総合債券ファンド

                  (略)
       (略)
                  J.P.モルガン・インベストメント・マネージメント・インク(米国法人)
       運用会社
       ■ マネープール・ファンド

       (略)           (略)
       運用会社           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(委託会社)
                 マネープール・マザーファンドの運用の指図の権限をJPモルガン・アセッ
                 ト・マネジメント(UK)リミテッド(英国法人)に委託します。
    <訂正後>

       (略)
    (参考)マザーファンドの投資対象
       (略)
    (ホ)マザーファンドが投資対象とする投資先ファンドの名称、主要投資対象、主な運用方針および運用会
       社の名称は、以下のとおりです。
       ■ 米国総合債券ファンド

                  (略)
       (略)
                  J.P.モルガン・インベストメント・マネージメント・インク(米国法人)
       運用会社
                  2022年6月末時点において実際に運用を行っている運用会社であり、今後変更
                  される場合があります。
       ■ マネープール・ファンド

       (略)           (略)
       運用会社           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(委託会社)
                 マネープール・マザーファンドの運用の指図の権限をJPモルガン・アセッ
                 ト・マネジメント(UK)リミテッド(英国法人)に委託します。
                 2022年6月末時点では運用委託先が実際に運用を行っていますが、今後変更さ
                 れる場合があります。
    (3)運用体制

    <訂正前>
    (イ)マザーファンドの運用体制
       (略)
      (注)前記の運用体制、組織名称等は、2022年                     1月4日    現在のものであり、今後変更となる場合があります。

       (略)

    (ハ)投資先ファンドの運用体制

                                 5/56


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        以下は、投資先ファンドにおける運用体制です。
       ■ 米国総合債券ファンド

        ① 当該投資先ファンドの運用は、JPMIM社のグローバル債券運用グループに所属する米国コア
         債券運用チーム(約10名             (2021年9月末現在)            )のポートフォリオ・マネジャーが行います。
        (略)
        (注1)(略)

        (注2)前記の運用体制、組織名称等は、                   2021  年 12 月末現在のものであり、今後変更となる場合があります。
       ■ マネープール・ファンド

         以下は、当該投資先ファンドの主要投資先であるマネープール・マザーファンドにおける運用体制
        です。
        ①   マネープール・マザーファンドの運用は、グローバル債券運用グループのグローバル・レイツ・
         チーム(約20名         (2021年9月末現在)            )に所属するJPモルガン・アセット・マネジメント(U
         K)リミテッドのポートフォリオ・マネジャーが行います。
        (略)
        (注)前記の運用体制、組織名称等は、                  2021  年 12 月末現在のものであり、今後変更となる場合があります。

      (以下略)

    <訂正後>

    (イ)マザーファンドの運用体制
       (略)
      (注)前記の運用体制、組織名称等は、2022年                     6月末   現在のものであり、今後変更となる場合があります。

       (略)

    (ハ)投資先ファンドの運用体制

        以下は、投資先ファンドにおける運用体制です。
       ■ 米国総合債券ファンド

        ① 当該投資先ファンドの運用は、JPMIM社のグローバル債券運用グループに所属する米国コア
         債券運用チーム(約10名             (2022年3月末現在)            )のポートフォリオ・マネジャーが行います。
        (略)
        (注1)(略)

        (注2)前記の運用体制、組織名称等は、                   2022  年 6 月末現在のものであり、今後変更となる場合があります。
       ■ マネープール・ファンド

         以下は、当該投資先ファンドの主要投資先であるマネープール・マザーファンドにおける運用体制
        です。
        ① マネープール・マザーファンドの運用は、グローバル債券運用グループのグローバル・レイツ・
         チーム(約20名         (2022年3月末現在)            )に所属するJPモルガン・アセット・マネジメント(U
         K)リミテッドのポートフォリオ・マネジャーが行います。
        (略)
        (注)前記の運用体制、組織名称等は、                  2022  年 6 月末現在のものであり、今後変更となる場合があります。

                                 6/56


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (以下略)

    3【投資リスク】

    (1)リスク要因

     原届出書「第二部 ファンド情報 第1 ファンドの状況 3 投資リスク(1)リスク要因」末尾の参

    考情報について、以下の内容に更新・訂正されます。
    <更新・訂正後>

                                 7/56
















                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)    投資リスクに関する管理体制
















    <訂正前>
       (略)
    (ロ)投資先ファンドにおけるリスク管理

      ■ 米国総合債券ファンド
       (略)
        ( 2021  年 12 月末現在)
                                 8/56


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (略)

      ■ マネープール・ファンド

       (略)
        ( 2021  年 12 月末現在)
       (以下略)

    <訂正後>

       (略)
    (ロ)投資先ファンドにおけるリスク管理

      ■ 米国総合債券ファンド
       (略)
        ( 2022  年 6 月末現在)
       (略)

      ■ マネープール・ファンド

       (略)
        ( 2022  年 6 月末現在)
       (以下略)

    4【手数料等及び税金】

    (3)信託報酬等

    <訂正前>
      (略)
        信託報酬は、毎日費用計上し、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日、毎計算期間終了日および信託終了
       日の翌営業日に信託財産中から支弁されます。
      (以下略)
    <訂正後>

      (略)
        信託報酬は、毎日費用計上し、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日                                    (休業日の場合は翌営業日)                、毎計
       算期間終了日および信託終了日の翌営業日に信託財産中から支弁されます。
      (以下略)
    (4)その他の手数料等

    <訂正前>
      (略)
      (ホ)委託会社は、前記(ハ)および(ニ)の支弁を、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日、毎計算期間終
        了日および信託終了日の翌営業日以降に、信託財産中から受けるものとします。委託会社が信託財産
        から支弁を受ける金額については、計算期間を通じて毎日費用計上するものとします。
                                 9/56


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (ヘ)ご参考:投資先ファンドのその他の手数料等

       (略)
       ■ 米国総合債券ファンド
                *
       ① 事務管理費用          が実費でかかります。
         ただし、当該投資先ファンドの会計期間中につき、日々の純資産総額に対し                                            0.11%    (年率)を上限
        とします。
         *   当該投資先ファンドの運用資産を保管する保管銀行が提供する運用資産の管理・保管業務等、および監査法人が
          提供する同ファンドについての監査業務の対価として支払われます。
       (略)
       ■ マネープール・ファンド
       (略)
                          *
       ④ 当該投資先ファンドの監査費用                    は、実際に支払う金額を支弁する方法に代えて、信託財産の純資産
        総額に年率0.022%(税抜0.02%)を乗じて得た額(ただし、年間330万円(税抜300万円)を上限とし
        ます。)を当該監査費用とみなし、委託会社はそのみなし額の支弁を、当該投資先ファンドの毎計算
        期間の最初の6ヵ月終了日、毎計算期間終了日および信託終了日の翌営業日以降、当該投資先ファン
        ドの信託財産中から受けるものとします。委託会社が当該投資先ファンドの信託財産から支弁を受け
        る金額については、当該投資先ファンドの計算期間を通じて毎日費用計上するものとします。
      (以下略)
    <訂正後>

      (略)
      (ホ)委託会社は、前記(ハ)および(ニ)の支弁を、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日                                                (休業日の場合
        は翌営業日)       、毎計算期間終了日および信託終了日の翌営業日以降に、信託財産中から受けるものと
        します。委託会社が信託財産から支弁を受ける金額については、計算期間を通じて毎日費用計上する
        ものとします。
      (ヘ)ご参考:投資先ファンドのその他の手数料等

       (略)
       ■ 米国総合債券ファンド
                *
       ① 事務管理費用          が実費でかかります。
         ただし、当該投資先ファンドの会計期間中につき、日々の純資産総額に対し                                            0.10%    (年率)を上限
        とします。
       (略)
       ■ マネープール・ファンド
       (略)
                          *
       ④ 当該投資先ファンドの監査費用                    は、実際に支払う金額を支弁する方法に代えて、信託財産の純資産
        総額に年率0.022%(税抜0.02%)を乗じて得た額(ただし、年間330万円(税抜300万円)を上限とし
        ます。)を当該監査費用とみなし、委託会社はそのみなし額の支弁を、当該投資先ファンドの毎計算
        期間の最初の6ヵ月終了日               (休業日の場合は翌営業日)                、毎計算期間終了日および信託終了日の翌営
        業日以降、当該投資先ファンドの信託財産中から受けるものとします。委託会社が当該投資先ファン
        ドの信託財産から支弁を受ける金額については、当該投資先ファンドの計算期間を通じて毎日費用計
        上するものとします。
      (以下略)
    (5)課税上の取扱い

    <訂正前>
                                10/56

                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (略)
        なお、税法が改正された場合には、以下の内容が変更になることがあります。以下の税制は                                                   2021  年 12
       月末現在適用されるものです。
      (略)

      ③ 法人、個人別の課税の取扱について

      (a)個人の受益者に対する課税
      (略)
       (ニ)少額投資非課税制度について
         公募株式投資信託は、税法上の少額投資非課税制度である「NISA」および「ジュニアNIS
        A」の適用対象です。毎年、                NISAをご利用の場合は年間120万円の範囲で、またジュニアNISA
        をご利用の場合は年間80万円                の範囲で     、 新たに    取得  した公募株式投資信託等から生じる配当所得およ
        び譲渡所得が       5年間    非課税となります。           ご利用になれるのは、その年の1月1日現在、NISAをご
        利用の場合は満20歳以上の方、ジュニアNISAをご利用の場合は満20歳未満の方で、                                               販売会社で非
        課税口座を開設する等、一定の条件に該当する方が対象となります。なお、                                         少額投資非課税制度をご
        利用の場合、       非課税口座で生じた配当所得および譲渡所得を、非課税口座以外で生じた配当所得およ
        び譲渡所得と損益通算することはできません。詳しくは販売会社にご確認ください。
      (以下略)
    <訂正後>

      (略)
        なお、税法が改正された場合には、以下の内容が変更になることがあります。以下の税制は                                                   2022  年 6
       月末現在適用されるものです。
      (略)

      ③ 法人、個人別の課税の取扱について

      (a)個人の受益者に対する課税
      (略)
       (ニ)少額投資非課税制度について
          公募株式投資信託は、税法上の少額投資非課税制度である「NISA」および「ジュニアNIS
         A」の適用対象です。            少額投資非課税制度をご利用の場合、                     毎年、    一定額    の範囲で新たに        購入  した
         公募株式投資信託等から生じる配当所得および譲渡所得が                                一定期間     非課税となります。販売会社で
         非課税口座を開設する等、一定の条件に該当する方が対象となります。なお、非課税口座で生じた
         配当所得および譲渡所得を、非課税口座以外で生じた配当所得および譲渡所得と損益通算すること
         はできません。詳しくは販売会社にご確認ください。
      (以下略)
    5【運用状況】

     原届出書「第二部 ファンド情報 第1 ファンドの状況 5 運用状況」について、以下の内容に更

    新・訂正されます。
    <更新・訂正後>
    (1)投資状況
                                              (2022年6月1日現在)
                                11/56


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
              資産の種類                  国/地域        時価合計(円)          投資比率(%)
      親投資信託受益証券                           日本         944,957,680           100.04

      現金・預金・その他の資産(負債控除後)                           -          △417,004          △0.04
             合計(純資産総額)                              944,540,676           100.00
     (注)投資比率とは、当ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。投資比率は四捨五入です。
        親投資信託は、全て「GIM USコア債券マザーファンド(為替ヘッジなし)(適格機関投資家専用)」です(以
        下同じ)。
      (参考)GIM USコア債券マザーファンド(為替ヘッジなし)(適格機関投資家専用)

                                              (2022年6月1日現在)
              資産の種類                  国/地域        時価合計(円)          投資比率(%)
      投資信託受益証券                           日本           994,453          0.07
      投資証券                        ルクセンブルク           1,369,815,983             99.44
      現金・預金・その他の資産(負債控除後)                           -          6,740,536           0.49
             合計(純資産総額)                            1,377,550,972            100.00
     (注)投資比率とは、マザーファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。投資比率は四捨五入です。
    (2)投資資産

       ① 投資有価証券の主要銘柄
                                               (2022年6月1日現在)
                                     帳簿価額     帳簿価額     評価額     評価額     投資
      順 国/
           種類          銘柄名            口数     単価     金額     単価     金額     比率
      位 地域
                                     (円)     (円)    (円)    (円)    (%)
              GIM USコア債券マザーファンド
         親投資信託
      1 日本       (為替ヘッジなし)(適格機関投資家専                  792,882,766      1.1531    914,340,179     1.1918    944,957,680     100.04
         受益証券
              用)
      (参考)GIM USコア債券マザーファンド(為替ヘッジなし)(適格機関投資家専用)

                                               (2022年6月1日現在)
                                    帳簿価額     帳簿価額     評価額     評価額     投資
      順
        国/地域      種類       銘柄名         口数     単価     金額     単価     金額     比率
      位
                                    (円)     (円)     (円)     (円)    (%)
                 JPM US AGGR  BOND  X(MTH)   JPY
      1 ルクセンブルク      投資証券                 124,201.286     10,802.89     1,341,733,755      11,029    1,369,815,983      99.44
                 GIMジャパン・マネープー
             投資信託
      2 日本          ル・ファンドF(適格機関投               996,247     1.0016      997,840    0.9982      994,453    0.07
             受益証券
                 資家専用)
      種類別投資比率

                                              (2022年6月1日現在)
                     種類                       投資比率(%)

      親投資信託受益証券                                         100.04

      (参考)GIM USコア債券マザーファンド(為替ヘッジなし)(適格機関投資家専用)

                                              (2022年6月1日現在)
                     種類                       投資比率(%)

      投資信託受益証券                                          0.07

      投資証券                                          99.44

       ② 投資不動産物件

                                12/56


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         該当事項はありません。
       ③ その他投資資産の主要なもの

         該当事項はありません。
                                13/56



















                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)運用実績
       ① 純資産の推移
         2022年6月1日および同日前1年以内における各月末ならびに下記計算期間末の純資産の推移は次
        の通りです。
                                             1口当たり       1口当たり
                            純資産総額         純資産総額
                                             純資産額       純資産額
         期         年月日          (百万円)         (百万円)
                                              (円)       (円)
                            (分配落)         (分配付)
                                             (分配落)       (分配付)
        1期       (2019年11月15日)                  478         478     1.0260       1.0260
        2期       (2020年11月16日)                 1,346         1,346      1.0513       1.0513
        3期       (2021年11月15日)                 1,106         1,106      1.1289       1.1289
                2021年6月末日                1,507           -     1.0993         -
                2021年7月末日                1,466           -     1.1002         -
                2021年8月末日                1,443           -     1.1008         -
                2021年9月末日                1,409           -     1.1083         -
                2021年10月末日                1,136           -     1.1248         -
                2021年11月末日                1,059           -     1.1254         -
                2021年12月末日                1,025           -     1.1332         -
                2022年1月末日                 991         -     1.1158         -
                2022年2月末日                 968         -     1.0971         -
                2022年3月末日                 976         -     1.1304         -
                2022年4月末日                 944         -     1.1612         -
                2022年5月末日                 936         -     1.1510         -
                2022年6月1日                 944         -     1.1605         -
       ② 分配の推移

          期      1口当たり分配金(円)
         1期              0.0000
         2期              0.0000
         3期              0.0000
      4期(中間期)                 0.0000
       ③ 収益率の推移

          期         収益率(%)
         1期              2.60
         2期              2.47
         3期              7.38
      4期(中間期)                 1.86
     (注)収益率とは計算期間末の基準価額(分配付)から当該計算期間の直前の計算期間末の基準価額(分配落)(以下「前
        期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除したものです。
                                14/56




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (4)設定及び解約の実績
       下記計算期間中の設定および解約の実績ならびに当該計算期間末の残存口数は次の通りです。
          期        設定口数(口)              解約口数(口)              残存口数(口)
         1期           466,853,940                 789,596            466,064,344

         2期           953,123,778              138,842,146             1,280,345,976

         3期           464,780,618              764,659,352              980,467,242

      4期(中間期)              29,623,634              206,806,889              803,283,987

     (注1)第1期の設定口数には、当初申込期間中の設定口数を含みます。
     (注2)設定口数、解約口数は、全て本邦内におけるものです。
                                15/56
















                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <参考情報>
     最新の運用実績は、委託会社ホームページ(https://www.jpmorgan.com/jp/am/)、または販売会社でご確認いただけます。
     過去の実績を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。
          基準日            2022  年6月1日              設定日            2019  年6月10日
         純資産総額              944 百万円             決算回数               年1回
                                          分配の推移
     基準価額・純資産の推移
                                           期       年月        円
                                           1期      2019  年11月         0
                                           2期      2020  年11月         0
                                           3期      2021  年11月         0
                                                 設定来累計           0
                                          *分配金は税引前1万口当たりの金額です。
     *基準価額は、1万口当たり、信託報酬控除後です。

     ポートフォリオの構成状況                                    種類別構成状況

                資産の種類                 投資比率※1             種類         投資比率※2
     JPM USアグリゲート・ボンド(Xクラス)(円建て)                               99.4%     社債                 32.3%
     GIMジャパン・マネープール・ファンドF(適格機関投資家専用)                               0.1%     国債・政府機関債等                 27.5%
     現金・預金・その他の資産(負債控除後)                               0.5%     住宅ローン担保証券等                 25.0%
     合計(純資産総額)                              100.0%     商業用不動産担保証券                 12.1%
                                         資産担保証券                  0.8%
                                         地方債                  0.2%
     組入上位銘柄

     年間収益率の推移



     *年間収益率(%)=(年末営業日の基準価額÷前年末営業日の基準価額-1)×100



     *2019年の年間収益率は設定日から年末営業日、2022年の年間収益率は前年末営業日から2022年6月1日までのものです。
     *ベンチマークは設定していません。
     *当ページにおける「ファンド」は、JPM USコア債券ファンド(為替ヘッジなし、年1回決算型)です。
         運用実績において、金額は表示単位以下を切捨て、投資比率および収益率は表示単位以下を四捨五入して記載しています。
     ※1 各比率はファンドの純資産総額に対する比率を記載しています。
     ※2 ファンドは各投資先ファンドを通じて投資を行うため、各投資先ファンドの投資銘柄をファンドが直接保有しているものとみなし、ファン
       ドの純資産総額に対する投資比率として計算しています。なお、運用実績の基準日のファンドの基準価額算出に使用されているデータ(J
       PM USアグリゲート・ボンド(Xクラス)(円建て)およびGIMジャパン・マネープール・ファンドF(適格機関投資家専用)は
       2022年5月最終営業日のもの)を使用しています。
                                16/56




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】
    <訂正前>

     1.当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省
       令第59号)ならびに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年
       総理府令第133号)に基づき作成しております。
       なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
     2.当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3期計算期間(2020年11月17日

       から2021年11月15日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による監査を受けてお
       ります。
    <訂正後>

     1.当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省
       令第59号)ならびに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年
       総理府令第133号)に基づき作成しております。
        また、当ファンドの中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」
       (昭和52年大蔵省令第38号)ならびに同規則第38条の3および第57条の2の規定により、「投資信託財
       産の計算に関する規則」(平成12年総理府令第133号)に基づき作成しております。
       なお、財務諸表           および中間財務諸表           に記載している金額は、円単位で表示しております。
     2.当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3期計算期間(2020年11月17日

       から2021年11月15日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による監査を受けてお
       ります。
        また、当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当中間計算期間(2021年11
       月16日から2022年5月15日まで)の中間財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による中間
       監査を受けております。
     原届出書「第二部 ファンド情報 第3 ファンドの経理状況 1 財務諸表」について、以下の中間財

    務諸表に関する事項が追加されます。
    <追加>

                                17/56







                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    中間財務諸表
    【JPM USコア債券ファンド(為替ヘッジなし、年1回決算型)】
    (1)【中間貸借対照表】
                                                    (単位:円)
                                 前計算期間末             当中間計算期間末
                               (2021年11月15日現在)              (2022年5月15日現在)
     資産の部
       流動資産
        親投資信託受益証券                             1,113,329,033               928,434,075
                                      13,353,438               4,350,265
        未収入金
        流動資産合計                             1,126,682,471               932,784,340
       資産合計                              1,126,682,471               932,784,340
     負債の部
       流動負債
        未払解約金                              13,353,438               4,350,265
        未払受託者報酬                                235,474              162,538
        未払委託者報酬                               5,886,797              4,063,296
                                        313,844              541,668
        その他未払費用
        流動負債合計                              19,789,553               9,117,767
       負債合計                                19,789,553               9,117,767
     純資産の部
       元本等
                                    ※1  980,467,242             ※1  803,283,987
        元本
        剰余金
          中間剰余金又は中間欠損金(△)                            126,425,676              120,382,586
                                      76,524,980              60,650,799
          (分配準備積立金)
        元本等合計                             1,106,892,918               923,666,573
       純資産合計                              1,106,892,918               923,666,573
     負債純資産合計                               1,126,682,471               932,784,340
                                18/56











                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【中間損益及び剰余金計算書】
                                                    (単位:円)
                                 前中間計算期間              当中間計算期間
                                (自 2020年11月17日              (自 2021年11月16日
                                至 2021年5月16日)               至 2022年5月15日)
     営業収益
                                      43,620,360              22,206,361
       有価証券売買等損益
       営業収益合計                                43,620,360              22,206,361
     営業費用
       受託者報酬                                 235,585              162,538
       委託者報酬                                5,889,646              4,063,296
                                        313,988              541,668
       その他費用
       営業費用合計                                6,439,219              4,767,502
     営業利益又は営業損失(△)                                 37,181,141              17,438,859
     経常利益又は経常損失(△)                                 37,181,141              17,438,859
     中間純利益又は中間純損失(△)                                 37,181,141              17,438,859
     一部解約に伴う中間純利益金額の分配額又は一部解
                                       1,708,025               702,414
     約に伴う中間純損失金額の分配額(△)
     期首剰余金又は期首欠損金(△)                                 65,720,926              126,425,676
     剰余金増加額又は欠損金減少額                                 17,516,250               3,882,742
       中間追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                      17,516,250               3,882,742
       額
     剰余金減少額又は欠損金増加額                                 9,830,150              26,662,277
       中間一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                       9,830,150              26,662,277
       額
                                          -              -
     分配金
     中間剰余金又は中間欠損金(△)                                108,880,142              120,382,586
                                19/56












                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【中間注記表】
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                 当中間財務諸表対象期間
      有価証券の評価基準および               親投資信託受益証券
      評価方法                移動平均法に基づき、親投資信託受益証券の基準価額で評価して
                     おります。
    (会計方針の変更に関する注記)

     当中間計算期間末(2022年5月15日現在)
      (時価の算定に関する会計基準等の適用)
       「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」と
      いう。)等を当中間計算期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項に定める経過的な取扱いに従っ
      て、時価算定会計基準等が定める新たな会計方針を将来にわたって適用することとしました。これによ
      る、財務諸表への影響は軽微であります。
    (中間貸借対照表に関する注記)

                                 前計算期間末             当中間計算期間末
                区分
                              (2021   年11月15日現在)            (2022   年5月15日現在)
      ※1期首元本額                          1,280,345,976        円        980,467,242       円
        期中追加設定元本額                         464,780,618       円         29,623,634      円
        期中一部解約元本額                         764,659,352       円        206,806,889       円
      受益権の総数                           980,467,242       口        803,283,987       口
       1口当たりの純資産額                             1.1289    円           1.1499    円
      ( 1万口当たりの純資産額)                             (11,289    円)           (11,499    円)
    (中間損益及び剰余金計算書に関する注記)

     該当事項はありません。
                                20/56









                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)
      金融商品の時価等に関する事項
                           前計算期間末                 当中間計算期間末
                        (2021   年11月15日現在)               (2022   年5月15日現在)
      1.中間貸借対照表計上                貸借対照表計上額は前計算期                   中間貸借対照表計上額は当中
        額、時価およびその差             間末の時価で計上しているた                  間計算期間末の時価で計上して
        額             め、その差額はありません。                  いるため、その差額はありませ
                                        ん。
      2.時価の算定方法               (1)  有価証券                 (1)  有価証券
                       「重要な会計方針に係る事                  同左
                      項に関する注記」に記載して
                      おります。
                     (2)  有価証券以外の金融商品                 (2)  有価証券以外の金融商品
                       有価証券以外の金融商品                  同左
                      は、短期間で決済され、時価
                      は帳簿価額と近似しているこ
                      とから、当該金融商品の帳簿
                      価額を時価としております。
      3.金融商品の時価等に関                金融商品の時価には、市場価                   金融商品の時価の算定におい
        する事項についての補             格に基づく価額のほか、市場価                  ては、一定の前提条件等を採用
        足説明             格がない場合には合理的に算定                  しているため、異なる前提条件
                     された価額が含まれておりま                  によった場合、当該価額が異な
                     す。当該価額の算定において                  ることもあります。
                     は、一定の前提条件等を採用し
                     ているため、異なる前提条件に
                     よった場合、当該価額が異なる
                     こともあります。
    (デリバティブ取引等に関する注記)

     該当事項はありません。
                                21/56










                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考)
       当ファンドは「GIM USコア債券マザーファンド(為替ヘッジなし)(適格機関投資家専用)」受
      益証券を主要投資対象としており、中間貸借対照表の資産の部に計上された「親投資信託受益証券」は、
      全て同親投資信託の受益証券であります。
       尚、同親投資信託の状況は以下の通りであります。
      「GIM USコア債券マザーファンド(為替ヘッジなし)(適格機関投資家専用)」の状況

       尚、以下に記載した情報は監査の対象外であります。
    (1)貸借対照表

                                                   (単位:円)
                                (2021   年11月15日現在)           (2022   年5月15日現在)
                            注記
               区分
                            番号
                                    金額              金額
      資産の部
      流動資産
       金銭信託                             21,687,777              18,964,707
       投資信託受益証券                               997,840              994,254
       投資証券                           1,604,805,094              1,370,547,621
       未収入金                             10,400,000                   -
                                     3,900,363              3,263,806
       未収配当金
      流動資産合計                            1,641,791,074              1,393,770,388
      資産合計
                                  1,641,791,074              1,393,770,388
      負債の部
      流動負債
       未払解約金                             13,353,438              4,350,265
                                      929,227              685,560
       その他未払費用
      流動負債合計                              14,282,665              5,035,825
      負債合計
                                    14,282,665              5,035,825
      純資産の部
      元本等
       元本                     ※1      1,410,883,252              1,176,481,006
       剰余金
                                   216,625,157              212,253,557
        剰余金又は欠損金(△)
      元本等合計                            1,627,508,409              1,388,734,563
      純資産合計
                                  1,627,508,409              1,388,734,563
      負債純資産合計                            1,641,791,074              1,393,770,388
                                22/56






                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)注記表
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                 当財務諸表対象期間
      有価証券の評価基準お            投資信託受益証券
      よび評価方法             移動平均法に基づき、投資信託受益証券の基準価額で評価しておりま
                  す。
                  投資証券
                   移動平均法に基づき、以下のとおり原則として時価で評価しておりま
                  す。
                  (1)  金融商品取引所等に上場されている有価証券
                    金融商品取引所等に上場されている有価証券は、原則として金融商品
                   取引所等における最終相場(外貨建証券の場合は知りうる直近の最終相
                   場)で評価しております。
                    当該金融商品取引所等の最終相場がない場合には、当該金融商品取引
                   所等における直近の日の最終相場で評価しておりますが、直近の日の最
                   終相場によることが適当でないと認められた場合は、当該金融商品取引
                   所等における気配相場で評価しております。
                  (2)  金融商品取引所等に上場されていない有価証券
                    当該有価証券については、原則として、日本証券業協会発表の売買参
                   考統計値(平均値)、金融機関の提示する価額(ただし、売気配相場は
                   使用しない)又は価格提供会社の提供する価額のいずれかから入手した
                   価額で評価しております。
                  (3)  時価が入手できなかった有価証券
                    適正な評価額を入手できなかった場合又は入手した評価額が時価と認
                   定できない事由が認められた場合は、委託会社が忠実義務に基づいて合
                   理的事由をもって時価と認めた価額もしくは受託者と協議のうえ両者が
                   合理的事由をもって時価と認めた価額で評価しております。
    (会計方針の変更に関する注記)

     (2022年5月15日現在)
      (時価の算定に関する会計基準等の適用)
       「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」と
      いう。)等を当期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項に定める経過的な取扱いに従って、時価
      算定会計基準等が定める新たな会計方針を将来にわたって適用することとしました。これによる、財務諸
      表への影響は軽微であります。
                                23/56








                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (貸借対照表に関する注記)
                区分              (2021   年11月15日現在)            (2022   年5月15日現在)
      ※1期首元本額                          2,025,779,625        円       1,410,883,252        円
        期中追加設定元本額                         588,854,867       円         42,248,689      円
        期中解約元本額                        1,203,751,240        円        276,650,935       円
      元本の内訳(注)
        JPM USコア債券ファンド(為替
                                 965,174,715       円        786,541,914       円
        ヘッジなし、年1回決算型)
        JPM USコア債券ファンド(為替
                                 445,708,537       円        389,939,092       円
        ヘッジなし、隔月決算型)
               合 計                 1,410,883,252        円       1,176,481,006        円
      受益権の総数                          1,410,883,252        口       1,176,481,006        口
       1口当たりの純資産額                             1.1535    円           1.1804    円
      ( 1万口当たりの純資産額)                             (11,535    円)           (11,804    円)
     (注)当該親投資信託受益証券を投資対象とする証券投資信託ごとの元本額
    (金融商品に関する注記)

      金融商品の時価等に関する事項
                     (2021   年11月15日現在)                  (2022   年5月15日現在)
      1.貸借対照表計            貸借対照表計上額は期末の時価で                     同左
        上額、時価お         計上しているため、その差額はあり
        よびその差額         ません。
      2.時価の算定方           (1)  有価証券                   (1)  有価証券
        法           「重要な会計方針に係る事項に                   同左
                  関する注記」に記載しておりま
                  す。
                 (2)  有価証券以外の金融商品                   (2)  有価証券以外の金融商品
                   有価証券以外の金融商品は、短                   同左
                  期間で決済され、時価は帳簿価額
                  と近似していることから、当該金
                  融商品の帳簿価額を時価としてお
                  ります。
      3.金融商品の時            金融商品の時価には、市場価格に                     金融商品の時価の算定において
        価等に関する         基づく価額のほか、市場価格がない                     は、一定の前提条件等を採用してい
        事項について         場合には合理的に算定された価額が                     るため、異なる前提条件によった場
        の補足説明         含まれております。当該価額の算定                     合、当該価額が異なることもありま
                 においては、一定の前提条件等を採                     す。
                 用しているため、異なる前提条件に
                 よった場合、当該価額が異なること
                 もあります。
    (デリバティブ取引等に関する注記)

      該当事項はありません。
                                24/56




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】
       原届出書「第二部 ファンド情報 第3 ファンドの経理状況 2 ファンドの現況」について、以下

      の内容に更新・訂正されます。
    <更新・訂正後>

    【純資産額計算書】
                                              (2022年6月1日現在)
                     種類                      金額           単位
        Ⅰ 資産総額                                    944,957,680          円

        Ⅱ 負債総額                                       417,004        円
        Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                    944,540,676          円
        Ⅳ 発行済口数                                    813,942,766          口

        Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                       1.1605       円
       (参考)GIM USコア債券マザーファンド(為替ヘッジなし)(適格機関投資家専用)

                                              (2022年6月1日現在)
                     種類                      金額           単位
        Ⅰ 資産総額                                   1,389,955,315           円
        Ⅱ 負債総額                                     12,404,343         円

        Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                   1,377,550,972           円
        Ⅳ 発行済口数                                   1,155,838,455           口

        Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                       1.1918       円
                                25/56










                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】
    第1【委託会社等の概況】
    1【委託会社等の概況】

    <訂正前>

      ① 資本金の額(          2021  年 12 月末現在)
      (略)
      ②(略)

      ③ 投資運用の意思決定機構

      (略)
     (注)   前記(イ)および(ロ          )の意思決定機構、組織名称等は               、2022年    1月4日    現在のものであり、今後変更となる場合があ

       ります。
    <訂正後>

      ① 資本金の額(          2022  年 6 月末現在)
       (略)
      ②(略)

      ③ 投資運用の意思決定機構

      (略)
     (注)   前記(イ)および(ロ          )の意思決定機構、組織名称等は               、2022   年 6 月末  現在のものであり、今後変更となる場合があり

       ます。
    2【事業の内容及び営業の概況】


       届出書「第三部 委託会社等の情報 第1 委託会社等の概況 2 事業の内容及び営業の概況」につ
      いて、以下の内容に更新・訂正されます。
    <更新・訂正後>

       投資信託及び投資法人に関する法律に定める投資信託委託会社として、証券投資信託の設定を行うとと
      もに、金融商品取引法に定める金融商品取引業者として当該証券投資信託および投資一任契約に基づき委
      託された資産の運用(投資運用業)を行っています。また金融商品取引法に定める以下の業務を行ってい
      ます。
       ・投資助言・代理業
       ・有価証券の募集もしくは売出しの取扱いまたは私募の取扱いに関する第一種金融商品取引業
       ・有価証券の募集もしくは売出しの取扱いまたは私募の取扱い、および証券投資信託の募集または私募
        に関する第二種金融商品取引業
       委託会社が設定・運用している投資信託は、2022年6月末現在以下のとおりです(親投資信託は本数の
      み。)。
                             本数       純資産額(百万円)
         公募追加型株式投資信託                       58             667,833
                                26/56


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         公募単位型株式投資信託                       -                -
         公募追加型債券投資信託                       -                -
         公募単位型債券投資信託                       -                -
         私募投資信託                       71           4,979,510
         総合計                      129            5,647,343
         親投資信託                       50                -
        (注)百万円未満は四捨五入
                                27/56


















                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】
     原届出書「第三部 委託会社等の情報 第1 委託会社等の概況 3 委託会社等の経理状況」につい

    て、以下の内容に更新・訂正されます。
    <更新・訂正後>

      1.委託会社であるJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(以下「当社」という。)の財務諸
       表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務
       諸表等規則」という。)並びに同規則第2条の規定により、「金融商品取引業等に関する内閣府令」
       (平成19年内閣府令第52号。以下「金融商品取引業等に関する内閣府令」という。)に基づいて作成し
       ております。
        なお、財務諸表の記載金額は、千円未満の端数を切り捨てて表示しております。
      2.当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第32期事業年度(2021年4月1日から

       2022年3月31日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による監査を受けておりま
       す。
                                28/56














                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                 第31期                 第32期
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     資産の部
      流動資産
       現金及び預金                             18,142,958                 18,159,513
       前払費用                                21,674                 14,017
       未収入金                                8,485                18,237
       未収委託者報酬                              2,100,011                 1,938,156
       未収収益                              2,599,647                  956,791
       関係会社短期貸付金                              1,700,000                 1,000,000
                                       4,938                14,727
       その他
       流動資産合計                             24,577,716                 22,101,444
      固定資産
       有形固定資産
        器具備品                              21,892                 21,892
                                      △12,845                 △16,377
        器具備品減価償却累計額
        有形固定資産計                               9,046                 5,514
       投資その他の資産
        関係会社株式                              60,000                 60,000
        投資有価証券                              192,744                2,343,640
        敷金保証金                              83,967                 76,522
        前払年金費用                              150,945                 189,042
        繰延税金資産                              393,031                 891,939
                                       8,754                 5,500
        その他
        投資その他の資産合計                              889,443                3,566,646
       固定資産合計                               898,490                3,572,160
      資産合計                              25,476,207                 25,673,604
                                29/56









                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                    (単位:千円)
                                 第31期                 第32期
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     負債の部
      流動負債
       預り金                               152,810                 172,706
       未払金                              1,657,429                 3,043,065
        未払手数料                              969,445                 900,327
        その他未払金                              687,983                2,142,738
       未払費用                               513,505                 154,360
       未払法人税等                              1,604,718                  582,160
       賞与引当金                               852,844                 924,994
                                       66,485                 54,793
       役員賞与引当金
       流動負債合計                              4,847,794                 4,932,080
      固定負債
       長期未払金                               230,152                 259,178
       賞与引当金                               468,136                 743,912
                                      132,202                 128,761
       役員賞与引当金
       固定負債合計                               830,491                1,131,851
      負債合計                               5,678,285                 6,063,932
     純資産の部

      株主資本
       資本金                              2,218,000                 2,218,000
       資本剰余金
                                     1,000,000                 1,000,000
        資本準備金
        資本剰余金合計                             1,000,000                 1,000,000
       利益剰余金
        利益準備金                              33,676                 33,676
        その他利益剰余金
                                    16,546,042                 16,475,344
          繰越利益剰余金
        利益剰余金合計                            16,579,718                 16,509,020
       株主資本合計                             19,797,718                 19,727,020
      評価・換算差額等
                                         202             △117,348
       その他有価証券評価差額金
       評価・換算差額等合計                                 202             △117,348
      純資産合計                              19,797,921                 19,609,672
      負債・純資産合計                              25,476,207                 25,673,604
                                30/56





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 第31期                 第32期
                             (自2020年4月1日                 (自2021年4月1日
                              至2021年3月31日)                 至2022年3月31日)
     営業収益
      委託者報酬                              11,210,022                 11,638,721
      運用受託報酬                               9,990,252                 7,817,385
      業務受託報酬                               1,781,474                 2,379,908
                                       93,012                132,493
      その他営業収益
      営業収益合計
                                    23,074,762                 21,968,508
     営業費用
      支払手数料                               5,711,697                 5,885,809
      広告宣伝費                                 92,591                105,330
      調査費                               1,989,635                 1,887,761
       委託調査費                              1,704,125                 1,597,303
       調査費                               267,484                 273,818
       図書費                                18,025                 16,638
      委託計算費                                279,663                 263,612
      営業雑経費                                202,218                 182,365
       通信費                                12,892                  8,534
       印刷費                               147,956                 138,892
                                       41,369                 34,938
       協会費
      営業費用合計
                                     8,275,806                 8,324,879
     一般管理費
      給料                               5,189,294                 5,437,200
       役員報酬及び賞与                               282,890                 325,451
       給料・手当                              2,896,911                 2,845,134
       賞与                               867,658                1,166,857
       賞与引当金繰入額                              1,070,437                 1,021,409
       役員賞与引当金繰入額                                71,396                 78,348
      福利厚生費                                376,875                 373,895
      交際費                                 12,096                 12,247
      寄付金                                 16,761                 10,608
      旅費交通費                                   687                3,585
      租税公課                                171,713                 152,691
      不動産関連費用                               1,071,717                 1,074,147
      退職給付費用                                195,441                 179,059
      退職金                                215,744                  48,776
      消耗器具備品費                                 19,208                 10,588
      事務委託費                                246,791                 214,091
      関係会社等配賦経費                               2,096,413                 2,065,052
      減価償却費                                 6,092                 3,532
                                       70,894                 89,441
      諸経費
      一般管理費合計                               9,689,732                 9,674,918
     営業利益                                5,109,223                 3,968,710
                                31/56



                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                    (単位:千円)
                                 第31期                 第32期
                             (自2020年4月1日                 (自2021年4月1日
                              至2021年3月31日)                 至2022年3月31日)
     営業外収益
      受取配当金                 ※ 1              352,360                    24
      投資有価証券売却益                                   268                  0
      受取利息                 ※ 1               8,463                 5,171
      為替差益                                 27,896                   -
                                         326               11,371
      その他営業外収益
      営業外収益合計
                                      389,316                  16,567
     営業外費用
      為替差損                                   -              128,721
                                       2,756                   -
      その他営業外費用
      営業外費用合計                                 2,756                128,721
     経常利益                                5,495,782                 3,856,556
     税引前当期純利益                                5,495,782                 3,856,556
     法人税、住民税及び事業税
                                     1,960,274                 1,474,283
                                     △427,280                 △447,028
     法人税等調整額
     法人税等合計                                1,532,993                 1,027,254
     当期純利益                                3,962,788                 2,829,301
                                32/56












                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【株主資本等変動計算書】
       第31期(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                   株主資本

                        資本剰余金                 利益剰余金

                                          その他利益

                                                         株主資本
               資本金                            剰余金
                            資本剰余金                     利益剰余金         合計
                     資本準備金              利益準備金
                              合計                     合計
                                          繰越利益
                                           剰余金
     当期首残高          2,218,000       1,000,000       1,000,000         33,676     14,583,253       14,616,930       17,834,930

     当期変動額

      剰余金の配当             -       -       -       -  △2,000,000       △2,000,000       △2,000,000

      当期純利益             -       -       -       -   3,962,788       3,962,788       3,962,788

      株主資本以外

      の項目の当期             -       -       -       -       -       -       -
      変動額(純額)
     当期変動額合計              -       -       -       -   1,962,788       1,962,788       1,962,788

     当期末残高          2,218,000       1,000,000       1,000,000         33,676     16,546,042       16,579,718       19,797,718

                評価・換算差額等

               その他有       評価・換      純資産合計

               価証券評       算差額等
               価差額金        合計
     当期首残高              54       54  17,834,985

     当期変動額

      剰余金の配当             -       -  △2,000,000

      当期純利益             -       -   3,962,788

      株主資本以外

      の項目の当期            147       147       147
      変動額(純額)
     当期変動額合計              147       147   1,962,936

     当期末残高              202       202   19,797,921

                                33/56





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       第32期(自2021年4月1日 至2022年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                   株主資本

                        資本剰余金                 利益剰余金

                                          その他利益

                                                         株主資本
               資本金                            剰余金
                            資本剰余金                     利益剰余金         合計
                     資本準備金              利益準備金
                              合計                     合計
                                          繰越利益
                                           剰余金
     当期首残高          2,218,000       1,000,000       1,000,000         33,676     16,546,042       16,579,718       19,797,718

     当期変動額

      剰余金の配当             -       -       -       -  △2,900,000       △2,900,000       △2,900,000

      当期純利益             -       -       -       -   2,829,301       2,829,301       2,829,301

      株主資本以外

      の項目の当期             -       -       -       -       -       -       -
      変動額(純額)
     当期変動額合計              -       -       -       -   △70,698       △70,698       △70,698

     当期末残高          2,218,000       1,000,000       1,000,000         33,676     16,475,344       16,509,020       19,727,020

                評価・換算差額等

               その他有       評価・換      純資産合計

               価証券評       算差額等
               価差額金        合計
     当期首残高              202       202   19,797,921

     当期変動額

      剰余金の配当             -       -  △2,900,000

      当期純利益             -       -   2,829,301

      株主資本以外

      の項目の当期         △117,550       △117,550       △117,550
      変動額(純額)
     当期変動額合計          △117,550       △117,550       △188,249

     当期末残高          △117,348       △117,348      19,609,672

                                34/56





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    注記事項
    (重要な会計方針)
    1.有価証券の評価基準及び評価方法
      (1)関係会社株式
       移動平均法による原価法を採用しております。
      (2)その他有価証券

       市場価格のない株式等以外のもの
        期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
       均法により算定)を採用しております。
       市場価格のない株式等
        移動平均法による原価法を採用しております。
    2.引当金の計上基準

      (1)賞与引当金
        従業員に対する賞与の支給に備えるため、当事業年度に帰属する額を計上しております。
      (2)役員賞与引当金

        役員に対する賞与の支給に備えるため、当事業年度に帰属する額を計上しております。
      (3)退職給付引当金

        従業員に対する退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務と年金資産の見込額に基
       づき退職給付引当金を計上しております。ただし、当事業年度末においては、年金資産の額が、退職給
       付債務に未認識数理計算上の差異等を加減した額を超過するため、資産の部に前払年金費用を計上して
       おります。
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法について
       は、期間定額基準によっております。
        過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(8年)
       による定額法により、発生した事業年度から費用処理しております。
        数理計算上の差異は、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(8年)によ
       る定額法により按分額を、それぞれ発生した翌事業年度から費用処理することとしております。
    3.固定資産の減価償却の方法

       有形固定資産
        定率法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
        器具備品 5年
                                35/56






                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4.収益及び費用の計上基準
       当社は、投資運用サービスから委託者報酬、運用受託報酬、業務受託報酬およびその他営業収益を稼得
      しております。これらには成功報酬が含まれる場合があります。
       委託者報酬:当該報酬は投資信託の信託約款に基づき日々の純資産価額を基礎として算定し、投資信託
      の運用期間にわたり収益として認識しております。
       運用受託報酬:当該報酬は対象顧客との投資一任契約等に基づき純資産価額を基礎として算定し、対象
      口座の運用期間にわたり収益として認識しております。
       業務受託報酬およびその他営業収益:グループ会社から受領する収益は、当社のグループ会社との契約
      で定められた算式に基づき月次で算定し、当該報酬は当社がグループ会社にオフショアファンド関連の
      サービス等を提供する期間にわたり収益として認識しております。
       成功報酬:成功報酬は対象となるファンドまたは口座の運用益に対する一定割合、もしくは特定のベン
      チマークまたはその他のパフォーマンス目標を上回る超過運用益に対する一定割合として認識されます。
      当該報酬は契約上支払われることが確定した時点で収益として認識しております。
    5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
    (会計方針の変更に関する注記)

     「収益認識に関する会計基準」を当期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時
    点で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。これ
    による当期の財務諸表に与える影響はありません。
     「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
    います。)等を当期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計
    基準第10号2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新
    たな会計方針を、将来にわたって適用することとしました。これによる当期の財務諸表に与える影響はあり
    ません。
    (重要な会計上の見積りに関する注記)

     当事業年度の財務諸表等の作成にあたって行った会計上の見積りが当事業年度の翌事業年度の財務諸表等
    に重要な影響を及ぼすリスクを識別していないため、注記を省略しております。
                                36/56








                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (貸借対照表関係)
    関係会社に対する資産及び負債
                第31期                            第32期
             (2021年3月31日)                            (2022年3月31日)
     関係会社に対する資産および負債には区分掲記さ                            関係会社に対する資産および負債には区分掲記さ
     れたもの以外に注記すべき事項はありません。                            れたもの以外に注記すべき事項はありません。
    (損益計算書関係)

    ※1 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
                                 第31期                 第32期
                            (自  2020  年4月1日            (自2021年4月1日
                              至 2021  年3月31日)             至 2022  年3月31日)
     関係会社からの受取利息                                8,463千円                 5,171千円
     関係会社からの受取配当金                               344,000千円                    -千円
    (株主資本等変動計算書関係)

    第31期(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
    1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                当事業年度期首             当事業年度            当事業年度           当事業年度末
                  株式数          増加株式数            減少株式数             株式数
     発行済株式

      普通株式               56,265              -            -         56,265

        合計             56,265              -            -         56,265

    2.配当に関する事項

    配当金支払額
                      配当金の総額         1株当たり配当額
       (決議)        株式の種類                             基準日         効力発生日
                        (千円)          (円)
     2020  年6月23日

               普通株式          2,000,000            35,546     2020  年3月31日       2020  年6月26日
     定時株主総会
                                37/56








                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第32期(自2021年4月1日 至2022年3月31日)
    1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                当事業年度期首             当事業年度            当事業年度           当事業年度末
                  株式数          増加株式数            減少株式数             株式数
     発行済株式

      普通株式               56,265              -            -         56,265

        合計             56,265              -            -         56,265

    2.配当に関する事項

    配当金支払額
                      配当金の総額         1株当たり配当額
       (決議)        株式の種類                             基準日         効力発生日
                        (千円)          (円)
     2021  年6月24日

               普通株式          2,900,000            51,541     2021  年3月31日       2021  年6月28日
     定時株主総会
    (リース取引関係)

                第31期                            第32期
            (自  2020  年4月1日                       (自2021年4月1日
             至2021年3月31日)                            至2022年3月31日)
     該当事項はありません。                            オペレーティング・リース取引のうち解約不能の

                                 ものに係る未経過リース料は以下のとおりであり
                                 ます。
                                  1年以内                2,087   千円

                                  1年超                7,133   千円
                                  合計                9,221   千円
                                38/56










                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品関係)
      1.金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
         自社が設定する投資信託やグループ会社が運用する投資信託について、その設定時に運用上十分な
        信託財産があることが見込めない場合に、「シードキャピタル」として当該投資信託を自己資金によ
        り取得することがあります。
         当社は、営業活動援助のため、子会社であるJPMAMジャパン・ケイマン・ファンド・リミテッドへの
        短期貸付を行っております。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク

         営業債権のうち、自社が設定・運用する投資信託から受領する未収委託者報酬、及び未収収益のう
        ち国内年金基金等から受領する債権については信託銀行により分別管理されている信託財産から回収
        され、一般債権とは異なり、信用リスクは極めて低いと認識しております。海外グループ会社に対す
        る未収収益は未払費用と部分的に相殺され、信用リスクが軽減されております。また、外貨建て債権
        の未収収益については為替の変動リスクに晒されておりますが、外貨建て債務と部分的に相殺され、
        為替変動リスクが軽減されております。
         営業債務である未払金は基本的に3ヶ月以内の支払い期日であり、未払手数料、及び未払費用につ
        いてはそのほとんどが6ヶ月以内の支払い期日であります。一部外貨建てのものについては、為替の
        変動リスクに晒されておりますが、上述の通り外貨建て債権と部分的に相殺され、リスクが軽減され
        ております。
         関係会社に対し短期貸付を行っており、関係会社短期貸付金は貸出先の信用リスクに晒されており
        ます。関係会社短期貸付金は、3ヶ月の期日であり、金利の変動リスクは僅少です。
         投資有価証券のうち、上述のシードキャピタルは、市場価格の変動リスクに晒されております。
         敷金保証金は建物等の賃貸契約に関連する保証金であり、差入先の信用リスクに晒されておりま
        す。
       (3)金融商品に係るリスク管理体制

        ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
          営業債権のうち、海外グループ会社に対する未収収益は担当部署が各関係会社ごとに期日及び残
         高を定期的に管理し、回収懸念の早期把握を図っております。
          関係会社短期貸付金は、子会社であるJPMAMジャパン・ケイマン・ファンド・リミテッドの営業活
         動から得られるキャッシュ・フローをモニタリングしており、貸倒や回収遅延の懸念はほぼないと
         認識しております。
        ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
          外貨建ての営業債権債務のうち、大半を占める米国ドル建ての債権債務に対しての為替変動リス
         クについては担当部署が月次でモニタリングしており、債権もしくは債務の超過に対して米国ドル
         建て預金と円建て預金との間で資金移動をして為替変動リスクの軽減に努めております。
        ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
          各部署からの報告に基づき担当部署が適宜資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性の
         維持などにより流動性リスクを管理しております。
                                39/56





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      2.金融商品の時価等に関する事項
       (1)貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、金額的重要
        性が低いと判断するものは次表には含めておりません。また、「市場価格のない株式等」は次表には
        含めておりません((注2)参照)。
       第31期(2021年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                            貸借対照表計上額               時価           差額
       長期未払金                          230,152           230,152              -

       負債計                          230,152           230,152              -

      (注1)時価と貸借対照表計上額との差額の表への記載を省略しているものとその理由

       資産
       「現金及び預金」「未収委託者報酬」「未収収益」「関係会社短期貸付金」
        これらは短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似するものであることから、注記を省略してい
       ます。
       負債
       「未払手数料」「その他未払金」「未払費用」
        これらは短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似するものであることから、注記を省略してい
       ます。
      (注2)市場価格のない株式等

        下記の関係会社株式及び投資有価証券(合同会社出資金)については、市場価格のない株式等と認め
       られるため、上表に含めておりません。
                                   (単位:千円)
                                貸借対照表計上額
       関係会社株式                               60,000
       投資有価証券(合同会社出資金)                               188,432
                                40/56









                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       第32期(2022年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                            貸借対照表計上額               時価           差額
       投資有価証券                         2,034,881           2,034,881               -

       資産計                         2,034,881           2,034,881               -

       長期未払金                          259,178           259,178              -

       負債計                          259,178           259,178              -

      (注1)時価と貸借対照表計上額との差額の表への記載を省略しているものとその理由

       資産
       「現金及び預金」「未収委託者報酬」「未収収益」「関係会社短期貸付金」
        これらは短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似するものであることから、注記を省略してい
       ます。
       負債
       「未払手数料」「その他未払金」「未払費用」
        これらは短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似するものであることから、注記を省略してい
       ます。
      (注2)市場価格のない株式等

        下記の関係会社株式及び投資有価証券(合同会社出資金)については、市場価格のない株式等と認め
       られるため、上表に含めておりません。
                                   (単位:千円)
                                貸借対照表計上額
       関係会社株式                               60,000
       投資有価証券(合同会社出資金)                               308,759
       (2)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

         金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用するこ
        とにより、当該価額が変動することもあります。
       (3)金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

         金融商品の時価を、時価の算定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つ
        のレベルに分類しております。
         レベル1の時価:同一の資産又は負債の活発な市場における(無調整の)相場価格により算定した
                   時価
         レベル2の時価:レベル1のインプット以外の直接又は間接的に観察可能なインプットを用いて算
                   定した時価
         レベル3の時価:重要な観察できないインプットを使用して算定した時価
         時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットが
        それぞれ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しており
        ます。
                                41/56



                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       時価をもって貸借対照表計上額とする金融商品以外の金融商品
       第31期(2021年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計

       長期未払金                       -      230,152            -      230,152

       負債計                       -      230,152            -      230,152

       第32期(2022年3月31日)

                                                   (単位:千円)
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計

       長期未払金                       -      259,178            -      259,178

       負債計                       -      259,178            -      259,178

      (注)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明

       「長期未払金」
        長期未払金の時価については、当該未払金の支払までの期間を基に信用リスクを加味した利率で割り
       引いた現在価値により算定しており、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳簿価額によってお
       ります。これに伴い、レベル2の時価に分類しております。
        なお、(金融商品関係)の「2.金融商品の時価等に関する事項」に記載の「投資有価証券」は、投

       資信託受益証券であり、「時価の算定に関する会計基準の適用指針」第26項の経過措置を適用してお
       り、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」第5-2項の注記を行っておりません。
        当該投資信託受益証券の貸借対照表計上額は(金融商品関係)の「2.金融商品の時価等に関する事
       項」に記載しております。
                                42/56










                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      3.金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額
       第31期(2021年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10 年超
                                  5年以内         10 年以内
       現金及び預金                  18,142,958              -         -         -

       未収委託者報酬                   2,100,011             -         -         -

       未収収益                   2,599,647             -         -         -

       関係会社短期貸付金                   1,700,000             -         -         -

              合計            24,542,617              -         -         -

       第32期(2022年3月31日)

                                                   (単位:千円)
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10 年超
                                  5年以内         10 年以内
       現金及び預金                  18,159,513              -         -         -

       未収委託者報酬                   1,938,156             -         -         -

       未収収益                    956,791            -         -         -

       関係会社短期貸付金                   1,000,000             -         -         -

              合計            22,054,462              -         -         -

                                43/56











                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (有価証券関係)
    1.関係会社株式
     関係会社株式 (第31期の貸借対照表計上額は60,000千円、第32期の貸借対照表計上額は60,000千円)に
    ついては市場価格のない株式等と認められるため、記載しておりません。
    2.その他有価証券

    第31期(2021年3月31日)
     投資有価証券(合同会社出資金) (貸借対照表計上額 188,432千円)については市場価格のない株式等
    と認められるため、次表には記載しておりません。
                                                   (単位:千円)
                     種類      貸借対照表計上額             取得原価            差額
     貸借対照表計上額が取              その他

                                  4,312           4,020            292
     得原価を超えるもの               投資信託
               合計                   4,312           4,020            292

    第32期(2022年3月31日)

     投資有価証券(合同会社出資金) (貸借対照表計上額 308,759千円)については市場価格のない株式等
    と認められるため、次表には記載しておりません。
                                                   (単位:千円)
                     種類      貸借対照表計上額             取得原価            差額
     貸借対照表計上額が取              その他

                                  5,415           5,010            405
     得原価を超えるもの               投資信託
     貸借対照表計上額が取              その他

                               2,029,466           2,199,010           △169,543
     得原価を超えないもの               投資信託
               合計                2,034,881           2,204,020           △169,138

    3.当事業年度中に売却したその他有価証券

    第31期(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
                                                    (単位:千円)
          種類             売却額            売却益の合計額              売却損の合計額
      その他

       投資信託                     3,768               268               -
    第32期(自2021年4月1日 至2022年3月31日)

                                                    (単位:千円)
          種類             売却額            売却益の合計額              売却損の合計額
      その他

       投資信託                       10               0             -
                                44/56




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (退職給付関係)
    1.採用している退職給付制度の概要
       当社は確定拠出型年金制度、及びキャッシュバランス型年金制度を採用しております。
    2.キャッシュバランス型年金制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                        第31期            第32期
                                     (2021年3月31日)            (2022年3月31日)
                                          (千円)            (千円)
       退職給付債務の期首残高                                   1,395,783            1,464,414
        勤務費用                                   167,249            161,163
        利息費用                                    6,979            7,322
        数理計算上の差異の発生額                                    53,192            13,354
        退職給付の支払額                                  △158,789             △84,742
       退職給付債務の期末残高                                   1,464,414            1,561,511
      (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                        第31期            第32期
                                     (2021年3月31日)            (2022年3月31日)
                                          (千円)            (千円)
       年金資産の期首残高                                   1,604,595            1,776,761
        期待運用収益                                    8,023            5,330
        数理計算上の差異の発生額                                   149,600            △78,815
        事業主からの拠出額                                   173,332            161,872
        退職給付の支払額                                  △158,789             △84,742
       年金資産の期末残高                                   1,776,761            1,780,406
      (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の

        調整表
                                        第31期            第32期
                                     (2021年3月31日)            (2022年3月31日)
                                          (千円)            (千円)
       積立型制度の退職給付債務                                   1,464,414            1,561,511
       年金資産                                  △1,776,761            △1,780,406
                                          △312,347            △218,895
       未認識数理計算上の差異                                    161,402             29,853
       未認識過去勤務費用                                       -            -
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   △150,945            △189,042
       前払年金費用                                   △150,945            △189,042
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   △150,945            △189,042
                                45/56






                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                        第31期            第32期
                                    (自2020年4月1日            (自2021年4月1日
                                     至2021年3月31日)            至2022年3月31日)
                                          (千円)            (千円)
        勤務費用                                   167,249            161,163
        利息費用                                    6,979            7,322
        期待運用収益                                   △8,023            △5,330
        数理計算上の差異の費用処理額                                  △32,260            △39,380
        過去勤務債務の費用処理額                                      -            -
        その他(注1)                                    1,303            1,758
       キャッシュバランス型年金制度に係る退職給付費用(注2)                                    135,248            125,533
      (注1)その他の金額は、主に当社への出向者分の退職給付費用であります。
      (注2)当社からの出向者分の退職給付費用は、上記金額に含まれておりません。
      (5)年金資産に関する事項

        ① 年金資産の主な内訳
         年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                        第31期            第32期
                                     (2021年3月31日)            (2022年3月31日)
          債券                                  13 %           30 %
          現金及び預金                                  87 %           70 %
          合計                                  100  %           100  %
        ② 長期期待運用収益率の設定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産
        を構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

                                        第31期            第32期
                                     (2021年3月31日)            (2022年3月31日)
        主要な数理計算上の計算基礎
        割引率                                    0.5  %           0.5  %
        長期期待運用収益率                                    0.5  %           0.3  %
    3.確定拠出制度

       当社の確定拠出制度への要拠出額は、第31期事業年度60,193千円、第32期事業年度53,526千円でありま
      す。
                                46/56







                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     第31期              第32期
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
    繰延税金資産                                    (千円)              (千円)
      賞与引当金                                  391,656              494,974
      未払費用                                  82,101              92,420
      未払事業税                                  86,823              43,648
      長期前払費用                                  100,644              108,639
      減価償却超過額                                  146,344              156,941
      その他有価証券評価差額金                                     -            51,790
                                         6,254              6,965
      その他
    繰延税金資産小計                                    813,822              955,380
      評価性引当額                                 △374,481               △5,556
    繰延税金資産合計                                    439,340              949,824
    繰延税金負債
                                        △46,309              △57,884
    繰延税金負債合計
    繰延税金資産又は繰延税金負債(△)の純額                                    393,031              891,939
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

       因となった主要な項目別の内訳
                                  第31期                 第32期
                               (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     法定実効税率                                  30.62   %              30.62   %
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                1.85  %               5.45  %
       評価性引当額                               △4.81%                 △9.56%
       住民税等均等割                                0.08  %               0.09  %
       過年度法人税等                                0.16  %               0.03  %
                                      △0.01%                  0.00  %
       その他
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  27.90   %              26.63   %
                                47/56







                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (収益認識関係)
    顧客との契約から生じる収益を分解した情報
     当社は、資産運用業の単一セグメントであり、顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、以下のと
    おりであります。
    第31期(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                     委託者報酬       運用受託報酬        業務受託報酬          その他         合計

     残高報酬                11,210,022         7,849,150        1,781,474          93,012      20,933,660

     成功報酬                     -    2,141,101            -        -    2,141,101

           合計          11,210,022         9,990,252        1,781,474          93,012      23,074,762

    第32期(自2021年4月1日 至2022年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                     委託者報酬       運用受託報酬        業務受託報酬          その他         合計

     残高報酬                11,638,721         7,767,763        2,379,908         132,493      21,918,886

     成功報酬                     -      49,621          -        -      49,621

           合計          11,638,721         7,817,385        2,379,908         132,493      21,968,508

    (セグメント情報等)

    セグメント情報
     当社は、資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    関連情報

    第31期(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
    1.サービスごとの情報

                                                     (単位:千円)
                  委託者報酬        運用受託報酬         業務受託報酬          その他         合計
     外部顧客への売上高              11,210,022         9,990,252         1,781,474          93,012       23,074,762

    2.地域ごとの情報

    営業収益
                                                    (単位:千円)
         日本           英国           香港           その他            合計
        12,799,203            4,977,728           3,394,022           1,903,807           23,074,762

    (注)営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
                                48/56




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3.主要な顧客ごとの情報
                                                    (単位:千円)
              顧客の名称                     営業収益            関連するセグメント
     JPMorgan     Asset   Management      (UK)   Limited

                                      4,966,592           資産運用業
     JPMorgan     Asset   Management      (Asia   Pacific)

                                      3,333,286           資産運用業
     Limited
    第32期(自2021年4月1日 至2022年3月31日)

    1.サービスごとの情報

                                                     (単位:千円)
                  委託者報酬        運用受託報酬         業務受託報酬          その他         合計
     外部顧客への売上高              11,638,721         7,817,385         2,379,908          132,493       21,968,508

    2.地域ごとの情報

    営業収益
                                                    (単位:千円)
         日本           英国           香港           その他            合計
        12,737,897            3,941,639           2,874,061           2,414,909           21,968,508

    (注)営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
    3.主要な顧客ごとの情報

                                                    (単位:千円)
              顧客の名称                     営業収益            関連するセグメント
     JPMorgan     Asset   Management      (UK)   Limited

                                      3,923,766           資産運用業
     JPMorgan     Asset   Management      (Asia   Pacific)

                                      2,802,256           資産運用業
     Limited
                                49/56









                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (関連当事者情報)
    1.関連当事者との取引
    第31期(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
    親会社
                                議決権等
                       資本金又     事業の    の所有    関連当事者      取引の    取引金額          期末残高
      種類    会社等の名称        所在地                                   科目
                       は出資金     内容    (被所     との関係      内容    (千円)          (千円)
                                有)割合
         JP  モルガン・
                                被所有
         チェース・ホー         米国     213,649
     親会社                      持株会社     間接    人件費の立替       -      -   未払金     391,741
         ルディングス・       ニューヨーク      百万米ドル
                                100%
         エルエルシー
    (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
        当社の役職員への賞与の支払いの一部はJPモルガン・チェース・ホールディングス・エルエルシー
        (以下、「親会社」という。)により行われております。これらの費用は親会社より当社に請求され
        るものであり、未払いの金額については親会社に対する債務として処理しております。
    子会社

                               議決権等
                      資本金又     事業の    の所有    関連当事者      取引の    取引金額          期末残高
      種類    会社等の名称       所在地                                    科目
                      は出資金     内容    (被所     との関係      内容    (千円)          (千円)
                               有)割合
                                         資金の貸付
                                              8,000,000
                                          (注)
                                                    関係会社
                                                        1,700,000
         JPMAMジャパ                 外国投資
                                                   短期貸付金
               英国領
                                         資金の回収     9,100,000
         ン・ケイマ                 信託の管     所有    資金の貸借等
               ケイマン諸島
     子会社    ン・ファン            3,500千円     理会社と     直接    及び役員の兼
               グランドケイ
         ド・リミテッ                 しての業     100%    任
                                         受取利息       8,463    未収収益        17
               マン
         ド                  務
                                         配当の受取      344,000      -      -
    (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
        資金の貸付については、貸付利率は市場金利を勘案して利率を合理的に決定しており、返済条件は期
        間3ヶ月であります。なお、担保は受け入れておりません。
    兄弟会社等

                                議決権等
                       資本金又     事業の    の所有    関連当事者      取引の    取引金額          期末残高
      種類    会社等の名称        所在地                                   科目
                       は出資金     内容    (被所     との関係      内容    (千円)          (千円)
                                有)割合
                                          運用受託
     最終的な
                                              4,733,256     未収収益     790,138
         JPMorgan    Asset
                                           報酬
     親会社が             英国     24 百万            投資の助言ま
         Management
                           投資運用業      なし
     同一であ            ロンドン      ポンド             たは投資一任
         (UK)  Limited
                                           調査費     994,861    未払費用     299,344
     る会社
         JPMorgan    Asset
     最終的な
         Management
     親会社が             香港     60 百万            投資の助言ま      運用受託
                           投資運用業      なし              3,325,196     未収収益     968,603
     同一であ            セントラル      香港ドル             たは投資一任       報酬
         (Asia   Pacific)
     る会社
         Limited
    (注1)取引金額および期末残高には、消費税等は含まれておりません。
    (注2)取引条件及び取引条件の決定方針等
         運用受託報酬及び調査費に関しては、運用の再委託の一般的な手数料率を勘案し、協議の上、再委
         託契約を結んで行っております。
                                50/56





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第32期(自2021年4月1日 至2022年3月31日)
    親会社
                                議決権等
                       資本金又     事業の    の所有    関連当事者      取引の    取引金額          期末残高
      種類    会社等の名称        所在地                                   科目
                       は出資金     内容    (被所     との関係      内容    (千円)          (千円)
                                有)割合
         JP  モルガン・
                                被所有
         チェース・ホー         米国     214,618
     親会社                      持株会社     間接    人件費の立替       -      -   未払金     419,815
         ルディングス・       ニューヨーク      百万米ドル
                                100%
         エルエルシー
    (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
        当社の役職員への賞与の支払いの一部はJPモルガン・チェース・ホールディングス・エルエルシー
        (以下、「親会社」という。)により行われております。これらの費用は親会社より当社に請求され
        るものであり、未払いの金額については親会社に対する債務として処理しております。
    子会社

                               議決権等
                      資本金又     事業の    の所有    関連当事者      取引の    取引金額          期末残高
      種類    会社等の名称       所在地                                    科目
                      は出資金     内容    (被所     との関係      内容    (千円)          (千円)
                               有)割合
                                         資金の貸付
                                              5,000,000
                                          (注)
                                                    関係会社
                                                        1,000,000
         JPMAMジャパ                 外国投資
                                                   短期貸付金
               英国領
                                         資金の回収     5,700,000
         ン・ケイマ                 信託の管     所有    資金の貸借等
               ケイマン諸島
     子会社    ン・ファン            3,500千円     理会社と     直接    及び役員の兼
               グランドケイ
         ド・リミテッ                 しての業     100%    任
                                         受取利息       5,171    未収収益        10
               マン
         ド                  務
                                         配当の受取        -    -      -
    (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
        資金の貸付については、貸付利率は市場金利を勘案して利率を合理的に決定しており、返済条件は期
        間3ヶ月であります。なお、担保は受け入れておりません。
    兄弟会社等

                                議決権等
                       資本金又     事業の    の所有    関連当事者      取引の    取引金額          期末残高
      種類    会社等の名称        所在地                                   科目
                       は出資金     内容    (被所     との関係      内容    (千円)          (千円)
                                有)割合
                                          運用受託
     最終的な
                                              3,567,211     未収収益     291,744
         JPMorgan    Asset
                                           報酬
     親会社が             英国     24 百万            投資の助言ま
         Management
                           投資運用業      なし
     同一であ            ロンドン      ポンド             たは投資一任
         (UK)  Limited
                                           調査費    1,133,637      未払金    1,448,636
     る会社
         JPMorgan    Asset
     最終的な
         Management
     親会社が             香港    2,790百万              投資の助言ま      運用受託
                           投資運用業      なし              2,794,833     未収収益     123,299
     同一であ            セントラル      香港ドル             たは投資一任       報酬
         (Asia   Pacific)
     る会社
         Limited
    (注1)取引金額および期末残高には、消費税等は含まれておりません。
    (注2)取引条件及び取引条件の決定方針等
         運用受託報酬及び調査費に関しては、運用の再委託の一般的な手数料率を勘案し、協議の上、再委
         託契約を結んで行っております。
    2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

       親会社情報
       直接親会社   JPモルガン・アセット・マネジメント(アジア)インク(非上場)
       最終的な親会社 JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(ニューヨーク証券取引所、ロンドン
                証券取引所に上場)
                                51/56




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1株当たり情報)
                                      第31期             第32期
                                  (自2020年4月1日             (自2021年4月1日
                                    至2021年3月31日)             至2022年3月31日)
    1 株当たり純資産額                                  351,869.22円             348,523.46円
    1 株当たり当期純利益                                  70,430.80円             50,285.28円
     なお、当事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していないた
    め記載しておりません。
    1株当たりの当期純利益の算定上の基礎

                                      第31期             第32期
                                  (自2020年4月1日             (自2021年4月1日
                                    至2021年3月31日)             至2022年3月31日)
    損益計算書上の当期純利益                                  3,962,788     千円         2,829,301     千円
    普通株主に帰属しない金額                                        -             -
    普通株式に係る当期純利益                                  3,962,788     千円         2,829,301     千円
    普通株式の期中平均株式数                                     56,265   株          56,265   株
    (重要な後発事象に関する注記)

     該当ありません。
                                52/56














                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                独 立 監 査 人 の 中 間 監 査 報 告 書
                                                  2022年7月20日

    JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社

      取 締 役 会 御 中

                            PwCあらた有限責任監査法人

                               東京事務所
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士       鶴 田 光 夫
                              業務執行社員
    中間監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状況」
    に掲げられているJPM            USコア債券ファンド(為替ヘッジなし、年1回決算型)の2021年11月16日から2022年5
    月15日までの中間計算期間の中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益及び剰余金計算書並びに中間注記
    表について中間監査を行った。
     当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準
    拠して、JPM        USコア債券ファンド(為替ヘッジなし、年1回決算型)の2022年5月15日現在の信託財産の状態
    及び同日をもって終了する中間計算期間(2021年11月16日から2022年5月15日まで)の損益の状況に関する有用な情
    報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監
    査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人
    は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社及びファンド
    から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表
    明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を
    作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成
    し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成することが適切である
    かどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関す
    る事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投
    資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書において独立の立
    場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、
    個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があ
    ると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じて、職業
    的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに
     対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、中間監
     査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手
     続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基
     づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
    ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク
     評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表
     示に関連する内部統制を検討する。
                                53/56



                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関連す
     る注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に
     基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかど
     うか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、中間監査報告書において中間財務
     諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合
     は、中間財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日
     までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくな
     る可能性がある。
    ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準
     拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及び内容、並びに中間財務諸
     表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、経営者に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した内部統制の
    重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事項について報告を
    行う。
    利害関係

     JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会
    計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                    以  上

    (注)1.上記の中間監査報告書の原本は当社が別途保管しております。

       2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。

      次へ

                                54/56












                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                  2022年6月6日

    JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社

      取 締 役 会 御 中

                            PwCあらた有限責任監査法人

                               東京事務所
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士       鶴 田 光 夫
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員
                                       公認会計士       山 口 健 志
                              業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状
    況」に掲げられているJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの
    第32期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその
    他の注記について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、JP
    モルガン・アセット・マネジメント株式会社の2022年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の
    経営成績を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準にお
    ける当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国におけ
    る職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たして
    いる。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、監査した財務諸表を含む開示書類に含まれる情報のうち、財務諸表及びその監査報告書以外
    の情報である。
     当監査法人は、その他の記載内容が存在しないと判断したため、その他の記載内容に対するいかなる作業も実施し
    ていない。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に
    表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうか
    を評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する
    必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
    がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の
    意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家
    としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手
     続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ
     適切な監査証拠を入手する。
                                55/56



                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性
     及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか
     結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事
     項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対し
     て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基
     づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
     どうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や
     会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な不
    備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                    以  上

    (注)1.上記の監査報告書の原本は当社が別途保管しております。

       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。

                                56/56













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。