株式会社 大垣共立銀行 四半期報告書 第211期第1四半期(令和4年4月1日-令和4年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第211期第1四半期(令和4年4月1日-令和4年6月30日)
提出日
提出者 株式会社 大垣共立銀行
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    四半期報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                    関東財務局長

     【提出日】                    2022年8月5日

                          第211期第1四半期(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)

     【四半期会計期間】
     【会社名】                    株式会社大垣共立銀行

                          The  Ogaki   Kyoritsu     Bank,   Ltd.

     【英訳名】
     【代表者の役職氏名】                    取締役頭取  境 敏幸

     【本店の所在の場所】                    岐阜県大垣市郭町3丁目98番地

                          (0584)74-2111(代表)

     【電話番号】
     【事務連絡者氏名】                    統括執行役員総合企画部長  五藤 義徳

     【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区八丁堀2丁目6番1号

                          株式会社大垣共立銀行 東京事務所

                          (03)3552-8093(代表)

     【電話番号】
     【事務連絡者氏名】                    東京事務所長  松岡 庸介

     【縦覧に供する場所】                    株式会社大垣共立銀行 名古屋支店

                          (名古屋市中区栄3丁目6番1号)

                          株式会社大垣共立銀行 東京支店

                          (東京都中央区八丁堀2丁目6番1号)

                          株式会社大垣共立銀行 大阪支店

                          (大阪市中央区本町3丁目5番7号)

                          株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                          株式会社名古屋証券取引所

                          (名古屋市中区栄3丁目8番20号)

     (注)東京支店及び大阪支店は金融商品取引法の規定による縦覧に供する場所ではありませんが、投資者の便宜のため
        縦覧に供する場所としております。
                                 1/29



                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                        2021年度        2022年度
                      第1四半期連結        第1四半期連結          2021年度
                        累計期間        累計期間
                      (自 2021年        (自 2022年        (自 2021年

                         4月1日           4月1日           4月1日
                       至 2021年         至 2022年         至 2022年
                         6月30日)           6月30日)           3月31日)
                           28,969        32,543        115,400

     経常収益             百万円
                             0        0        1

      うち信託報酬            百万円
                           4,315        6,646        16,671

     経常利益             百万円
     親会社株主に帰属する四半
                           3,060        4,553
                  百万円                        ――
     期純利益
     親会社株主に帰属する当期
                                           10,620
                  百万円        ――        ――
     純利益
                           7,839
     四半期包括利益             百万円               △ 20,099        ――
     包括利益             百万円        ――        ――        △ 4,015

                          336,971        301,729        323,287

     純資産額             百万円
                         7,614,495        7,587,059        7,721,232

     総資産額             百万円
                           73.22        109.39

     1株当たり四半期純利益              円                       ――
                                           254.50

     1株当たり当期純利益              円       ――        ――
     潜在株式調整後1株当たり

                           73.11        109.29
                   円                       ――
     四半期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                                           254.22
                   円       ――        ――
     当期純利益
                            4.25        3.79        4.01
     自己資本比率              %
                           1,226        1,237        1,235

     信託財産額             百万円
     (注)1.自己資本比率は、((四半期)期末純資産の部合計-(四半期)期末新株予約権-(四半期)期末非支配株主持
          分)を(四半期)期末資産の部の合計で除して算出しております。
         2.信託財産額は、「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律」に基づく信託業務に係る信託財産額を記載し
          ております。なお、連結会社のうち、該当する信託業務を営む会社は当社1社であります。
     2【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容については、重要な変更はありま
      せん。
       また、主要な関係会社についても、異動はありません。
                                 2/29





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載し
      た事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       以下の記載における将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)財政状態及び経営成績の状況
         当第1四半期連結累計期間のわが国経済は、3月にまん延防止等重点措置が解除されたこともあり、ウクライナ
        情勢など不透明要因は残るものの、持ち直しの動きがみられます。
         個人消費は、3年ぶりに行動制限がなかった大型連休中のサービス消費が回復するなど、持ち直しの動きがみら
        れます。ただ、足元で続く物価上昇が消費に与える影響が懸念されます。輸出は、感染再拡大による中国経済の減
        速から中国向けが落ち込んでいることもあり、概ね横ばいで推移しております。設備投資は、企業収益の上昇を受
        けて緩やかに回復しております。
         当社グループの主要な営業地域である東海地方の経済におきましては、主要産業である自動車産業は半導体不足
        による部品調達難が続いていることから、生産台数の下方修正が続いております。一方、名古屋市内主要百貨店の
        5月売上高は前年同月比4割増と新型コロナウイルスの感染が拡大する前の2019年の水準を概ね回復しました。
         金融環境を振り返りますと、日米の金融政策の違いによる金利差拡大からドル円相場は円安が加速し、1ドル
        137円台をつける場面も見られました。日経平均株価は、米国の利上げ警戒感から弱含む展開が繰り返され、6月
        末は2万6,393円で取引を終えました。
         このような金融経済環境のもと、当社は「お客さまの共感と感動を呼び、地域に必要とされる企業グループ」を
        目指して、本部・営業店・グループ会社が一丸となり中期経営計画「『Let’s                                     Do  It!』~社員輝き 地域伸びゆ
        く~」を推進してまいりました。
      (財政状態)

         当社グループの当第1四半期連結会計期間末の総資産は、貸出金等は増加したものの現金預け金やコールローン
        等が減少したことにより前年度末比1,341億73百万円減少して7兆5,870億59百万円となりました。負債につきまし
        ては、預金等は増加したものの借用金やコールマネー等が減少したことにより前年度末比1,126億15百万円減少し
        て7兆2,853億30百万円となりました。
         主要な勘定残高につきましては、貸出金は大企業向けや個人向け貸出が増加したことにより前年度末比586億93
        百万円増加して4兆3,414億58百万円となりました。有価証券は市場動向を注視しつつ運用した結果、前年度末比
        3億90百万円増加して1兆5,361億14百万円となりました。預金は個人預金や法人預金が増加したことにより前年
        度末比145億22百万円増加して5兆6,885億50百万円となりました。
      (経営成績)
         当社グループの当第1四半期連結累計期間の連結経常収益は、国債等債券売却益等が減少したものの、外国為替
        売買益や株式等売却益等が増加したことなどから、前年同期比35億73百万円増加して325億43百万円となりまし
        た。連結経常費用は、営業経費等が減少したものの、国債等債券売却損が増加したことなどから、前年同期比12億
        42百万円増加して258億96百万円となりました。
         その結果、連結経常利益は前年同期比23億31百万円増加して66億46百万円となりました。また、親会社株主に帰
        属する四半期純利益は、前年同期比14億93百万円増加して45億53百万円となりました。
      (セグメントの状況)
         当第1四半期連結累計期間のセグメントの状況につきましては、次のとおりとなりました。
         銀行業につきましては、経常収益は前年同期比36億83百万円増加して211億83百万円、セグメント利益は前年同
        期比24億98百万円増加して60億26百万円となりました。
         リース業につきましては、経常収益は前年同期比1億31百万円減少して100億37百万円、セグメント利益は前年
        同期比65百万円減少して2億61百万円となりました。
         信用保証業につきましては、経常収益は前年同期比14百万円減少して7億90百万円、セグメント利益は前年同期
        比4百万円増加して3億90百万円となりました。
         銀行業、リース業及び信用保証業以外のその他につきましては、経常収益は前年同期比55百万円減少して20億74
        百万円、セグメント利益は前年同期比77百万円減少して23百万円の赤字となりました。
                                 3/29



                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
      (参考)
      国内・国際業務部門別収支
         当第1四半期連結累計期間の資金運用収支は、国内業務部門で前年同期比3億38百万円増加して120億66百万
        円、国際業務部門で前年同期比3億99百万円増加して11億98百万円となり、合計で7億38百万円増加して132億64
        百万円となりました。
         役務取引等収支は、国内業務部門で前年同期比3億6百万円増加して19億31百万円、国際業務部門で前年同期比
        9百万円減少して16百万円となり、合計で2億97百万円増加して19億48百万円となりました。
         また、その他業務収支は、国内業務部門で前年同期比4億8百万円減少して2億82百万円、国際業務部門で前年
        同期比4百万円増加して5億92百万円となり、合計で4億3百万円減少して8億75百万円となりました。
                              国内業務部門        国際業務部門        相殺消去額         合計
         種類            期別
                             金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
                前第1四半期連結累計期間                 11,727         799        -      12,526
     資金運用収支
                当第1四半期連結累計期間                 12,066        1,198         -      13,264
                前第1四半期連結累計期間                 11,879         900        △0      12,779
      うち資金運用収益
                当第1四半期連結累計期間                 12,165        1,704         △0      13,868
                前第1四半期連結累計期間                  152        101        △0        252
      うち資金調達費用
                当第1四半期連結累計期間                   98       506        △0        604
                前第1四半期連結累計期間                   0       -        -        0
     信託報酬
                当第1四半期連結累計期間                   0       -        -        0
                前第1四半期連結累計期間                 1,624         26        -      1,650
     役務取引等収支
                当第1四半期連結累計期間                 1,931         16        -      1,948
                前第1四半期連結累計期間                 3,742         46        -      3,788
      うち役務取引等収益
                当第1四半期連結累計期間                 4,076         43        -      4,120
                前第1四半期連結累計期間                 2,118         19        -      2,138
      うち役務取引等費用
                当第1四半期連結累計期間                 2,145         26        -      2,172
                前第1四半期連結累計期間                  691        587        -      1,279
     その他業務収支
                当第1四半期連結累計期間                  282        592        -       875
                前第1四半期連結累計期間                  720        593        △0       1,314
      うちその他業務収益
                当第1四半期連結累計期間                  381       2,066         △0       2,448
                前第1四半期連結累計期間                   29        5       △0        35
      うちその他業務費用
                当第1四半期連結累計期間                   98      1,474         △0       1,572
     (注)1.「国内業務部門」とは、当社及び連結子会社の円建取引であります。また、「国際業務部門」とは、当社及
          び連結子会社の外貨建取引(含むユーロ円建取引)であります。ただし、円建対非居住者取引、特別国際金融
          取引勘定分等は国際業務部門に含めております。
         2.「相殺消去額」は、「国内業務部門」と「国際業務部門」の資金貸借の利息額に係る消去額等であります。
         3.資金調達費用は、金銭の信託運用見合費用(前第1四半期連結累計期間0百万円、当第1四半期連結累計期
          間0百万円)を控除して表示しております。
                                 4/29






                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
      (参考)
      国内・国際業務部門別役務取引の状況
         当第1四半期連結累計期間の役務取引等収益は、国内業務部門では前年同期比3億34百万円増加して40億76百万
        円、国際業務部門では前年同期比2百万円減少して43百万円となり、合計で3億31百万円増加して41億20百万円と
        なりました。
         また、役務取引等費用は、国内業務部門で前年同期比27百万円増加して21億45百万円、国際業務部門で前年同期
        比6百万円増加して26百万円となり、合計で34百万円増加して21億72百万円となりました。
                                 国内業務部門          国際業務部門            合計
          種類             期別
                                金額(百万円)          金額(百万円)          金額(百万円)
                  前第1四半期連結累計期間                   3,742           46        3,788
     役務取引等収益
                  当第1四半期連結累計期間                   4,076           43        4,120
                  前第1四半期連結累計期間                    767          -         767
      うち預金・貸出業務
                  当第1四半期連結累計期間                    876          -         876
                  前第1四半期連結累計期間                    807          40         848
      うち為替業務
                  当第1四半期連結累計期間                    677          39         717
                  前第1四半期連結累計期間                     0         -          0
      うち信託関連業務
                  当第1四半期連結累計期間                     0         -          0
                  前第1四半期連結累計期間                    421          -         421
      うち証券関連業務
                  当第1四半期連結累計期間                    382          -         382
                  前第1四半期連結累計期間                    950          -         950
      うち代理業務
                  当第1四半期連結累計期間                   1,271           -        1,271
                  前第1四半期連結累計期間                     48          -          48
      うち保護預り・
      貸金庫業務
                  当第1四半期連結累計期間                     49          -          49
                  前第1四半期連結累計期間                    508           3         511
      うち保証業務
                  当第1四半期連結累計期間                    495           3         499
                  前第1四半期連結累計期間                   2,118           19        2,138
     役務取引等費用
                  当第1四半期連結累計期間                   2,145           26        2,172
                  前第1四半期連結累計期間                    157           5         162
      うち為替業務
                  当第1四半期連結累計期間                     67          5         73
     (注)「国内業務部門」とは、当社及び連結子会社の円建取引であります。また、「国際業務部門」とは、当社及び連
        結子会社の外貨建取引(含むユーロ円建取引)であります。ただし、円建対非居住者取引、特別国際金融取引勘定分
        等は国際業務部門に含めております。
                                 5/29








                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
      (参考)
      国内・国際業務部門別預金残高の状況
        ○預金の種類別残高(末残)
                                 国内業務部門          国際業務部門            合計
          種類             期別
                                金額(百万円)          金額(百万円)          金額(百万円)
                  前第1四半期連結会計期間                 5,539,717           37,972        5,577,690
     預金合計
                  当第1四半期連結会計期間                 5,657,042           31,507        5,688,550
                  前第1四半期連結会計期間                 3,669,289             -      3,669,289
      うち流動性預金
                  当第1四半期連結会計期間                 3,846,273             -      3,846,273
                  前第1四半期連結会計期間                 1,839,500             -      1,839,500
      うち定期性預金
                  当第1四半期連結会計期間                 1,780,739             -      1,780,739
                  前第1四半期連結会計期間                   30,928          37,972          68,900
      うちその他
                  当第1四半期連結会計期間                   30,030          31,507          61,537
                  前第1四半期連結会計期間                   81,046            -       81,046
     譲渡性預金
                  当第1四半期連結会計期間                   71,053            -       71,053
                  前第1四半期連結会計期間                 5,620,764           37,972        5,658,737
     総合計
                  当第1四半期連結会計期間                 5,728,096           31,507        5,759,604
     (注)1.「国内業務部門」とは、当社及び連結子会社の円建取引であります。また、「国際業務部門」とは、当社及
          び連結子会社の外貨建取引(含むユーロ円建取引)であります。ただし、円建対非居住者取引、特別国際金融取
          引勘定分等は国際業務部門に含めております。
         2.流動性預金=当座預金+普通預金+貯蓄預金+通知預金
         3.定期性預金=定期預金
         4.その他=納税準備預金+別段預金+非居住者円預金+外貨預金
                                 6/29











                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
      (参考)
      貸出金残高の状況
        ○業種別貸出状況(末残・構成比)
                           前第1四半期連結会計期間                 当第1四半期連結会計期間
             業種別
                          金額(百万円)         構成比(%)        金額(百万円)         構成比(%)
     国内(除く特別国際金融取引勘定分)                         4,303,740         100.00         4,341,458         100.00
      製造業                         564,842        13.12         516,881        11.91
      農業,林業                          5,358        0.13          5,530        0.13
      漁業                            0      0.00            0      0.00
      鉱業,採石業,砂利採取業                           295       0.01           112       0.00
      建設業                         111,682         2.60         114,159         2.63
      電気・ガス・熱供給・水道業                         60,367        1.40         64,260        1.48
      情報通信業                         14,219        0.33         12,180        0.28
      運輸業,郵便業                         91,379        2.12         91,492        2.11
      卸売業,小売業                         309,951         7.20         292,785         6.74
      金融業,保険業                         111,909         2.60         106,758         2.46
      不動産業,物品賃貸業                         419,378         9.74         422,819         9.74
      学術研究,専門・技術サービス業                         22,091        0.51         21,952        0.51
      宿泊業,飲食サービス業                         24,226        0.56         23,994        0.55
      生活関連サービス業,娯楽業                         39,850        0.93         39,113        0.90
      教育,学習支援業                          7,618        0.18          7,201        0.17
      医療・福祉                         115,507         2.68         118,569         2.73
      その他のサービス                         39,752        0.92         40,044        0.92
      国・地方公共団体                         511,481        11.89         557,559        12.84
      その他                        1,820,804         42.31        1,866,294         42.99
      国内店名義現地貸                         33,021        0.77         39,746        0.91
     特別国際金融取引勘定分                             -       -          -       -
      政府等                            -       -          -       -
      金融機関                            -       -          -       -
      その他                            -       -          -       -
                                      ――                 ――
              合計                 4,303,740                 4,341,458
     (注)当社及び連結子会社の合計を記載しておりますが、連結手続上消去されたものについては、上記記載から除いて
        おります。
                                 7/29







                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
      (参考)
      「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律」に基づく信託業務の状況
         連結会社のうち、「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律」に基づき信託業務を営む会社は、当社1社であ
        ります。
       ○信託財産の運用/受入状況(信託財産残高表)

                               資産
                              前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間

                             (2022年3月31日)                 (2022年6月30日)
              科目
                          金額(百万円)         構成比(%)        金額(百万円)         構成比(%)
     銀行勘定貸                           1,235        100         1,237        100
              合計                  1,235        100         1,237        100
                               負債

                              前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間

                             (2022年3月31日)                 (2022年6月30日)
              科目
                          金額(百万円)         構成比(%)        金額(百万円)         構成比(%)
     金銭信託                           1,235        100         1,237        100
              合計                  1,235        100         1,237        100
       ○元本補填契約のある信託の運用/受入状況(末残)

                              前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間
                             (2022年3月31日)                 (2022年6月30日)
              科目
                          金銭信託      貸付信託       合計     金銭信託      貸付信託       合計
                         (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
     銀行勘定貸                       1,235       -    1,235      1,237       -    1,237
             資産計              1,235       -    1,235      1,237       -    1,237
     元本                       1,235       -    1,235      1,237       -    1,237
     その他                         0     -      0     -      -      -
             負債計              1,235       -    1,235      1,237       -    1,237
      (2)会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定につい
        て重要な変更はありません。
      (3)経営方針・経営戦略等

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
      (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要
        な変更はありません。
      (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 8/29


                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          80,000,000
                  計                                80,000,000
        ②【発行済株式】

             第1四半期会計期間                         上場金融商品取引所名
                         提出日現在発行数(株)
       種類      末現在発行数(株)                         又は登録認可金融商品                内容
                          (2022年8月5日)
             (2022年6月30日)                         取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                      プライム市場
                 41,831,897             41,831,897
     普通株式                                             単元株式数100株
                                     名古屋証券取引所
                                      プレミア市場
                                          ──           ──
                 41,831,897             41,831,897
       計
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総        発行済株式総
                              資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数        数残高
                               (百万円)        (百万円)       減額(百万円)        高(百万円)
                (千株)        (千株)
     2022年4月1日~
                     -     41,831          -     46,773          -     36,034
     2022年6月30日
      (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 9/29








                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
          当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(2022年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】

                                                  2022年6月30日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
                                        ──
     無議決権株式                             -                         -
                                        ──
     議決権制限株式(自己株式等)                             -                         -
     議決権制限株式(その他)                             -            -            -

                       (自己保有株式)
                                        ──
     完全議決権株式(自己株式等)                                                     -
                               206,500
                       普通株式
                             41,468,600              414,686
     完全議決権株式(その他)                  普通株式                                   -
                                        ──
                               156,797
     単元未満株式                  普通株式                                   -
                                        ──            ──
                             41,831,897
     発行済株式総数
                                                     ──
                                           414,686
     総株主の議決権                       ──
     (注)上記の「完全議決権株式(その他)」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が600株含まれておりま
        す。また、「議決権の数」の欄に、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数が6個含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2022年6月30日現在
                                                   発行済株式総数に
                              自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
     所有者の氏名又は名称              所有者の住所                               対する所有株式数
                              株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                   の割合(%)
     (自己保有株式)            岐阜県大垣市郭町3丁目
                                206,500              206,500           0.49
                                          -
     株式会社大垣共立銀行            98番地
                      ──
                                206,500              206,500           0.49
          計                                -
     2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                10/29









                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」
      (昭和57年大蔵省令第10号)に準拠しております。
     2.当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(自2022年4月1日 至

      2022年6月30日)及び第1四半期連結累計期間(自2022年4月1日 至2022年6月30日)に係る四半期連結財務諸表
      について、有限責任          あずさ監査法人の四半期レビューを受けております。
                                11/29


















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年6月30日)
     資産の部
                                       1,663,726              1,472,889
       現金預け金
                                         8,567              3,143
       コールローン及び買入手形
                                         2,676              3,167
       買入金銭債権
                                          187              154
       商品有価証券
                                         4,950              4,954
       金銭の信託
                                     ※1  1,535,723            ※1  1,536,114
       有価証券
                                     ※1  4,282,764            ※1  4,341,458
       貸出金
                                       ※1  5,334             ※1  4,986
       外国為替
                                       ※1  82,795             ※1  81,837
       リース債権及びリース投資資産
                                       ※1  93,944             ※1  99,080
       その他資産
                                        32,431              31,313
       有形固定資産
                                         4,727              4,645
       無形固定資産
                                        14,646              14,850
       退職給付に係る資産
                                         1,913              1,965
       繰延税金資産
                                       ※1  14,438             ※1  14,733
       支払承諾見返
       貸倒引当金                                 △ 27,582             △ 28,221
                                         △ 15             △ 15
       投資損失引当金
                                       7,721,232              7,587,059
       資産の部合計
     負債の部
                                       5,674,027              5,688,550
       預金
                                        58,991              71,053
       譲渡性預金
                                        51,281              39,773
       コールマネー及び売渡手形
                                        78,630              69,628
       売現先勘定
                                        123,831              143,954
       債券貸借取引受入担保金
                                       1,312,923              1,184,230
       借用金
                                          565              432
       外国為替
                                         1,235              1,237
       信託勘定借
                                        66,186              67,875
       その他負債
                                         1,647                39
       賞与引当金
                                          790              793
       退職給付に係る負債
                                          34              30
       役員退職慰労引当金
                                          157              115
       睡眠預金払戻損失引当金
                                          856              885
       ポイント引当金
                                           0              0
       特別法上の引当金
                                        10,198                20
       繰延税金負債
                                         2,147              1,974
       再評価に係る繰延税金負債
                                        14,438              14,733
       支払承諾
                                       7,397,945              7,285,330
       負債の部合計
                                12/29







                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年6月30日)
     純資産の部
                                        46,773              46,773
       資本金
                                        37,834              37,834
       資本剰余金
                                        177,372              180,872
       利益剰余金
                                         △ 399             △ 400
       自己株式
                                        261,580              265,080
       株主資本合計
                                        41,263              17,054
       その他有価証券評価差額金
       繰延ヘッジ損益                                  △ 304             △ 931
                                         2,497              2,093
       土地再評価差額金
                                         4,605              4,608
       退職給付に係る調整累計額
                                        48,061              22,825
       その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    77              81
                                        13,567              13,740
       非支配株主持分
                                        323,287              301,729
       純資産の部合計
                                       7,721,232              7,587,059
     負債及び純資産の部合計
                                13/29














                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年6月30日)               至 2022年6月30日)
                                        28,969              32,543
     経常収益
                                        12,779              13,868
       資金運用収益
                                         9,220              9,008
        (うち貸出金利息)
                                         3,117              4,408
        (うち有価証券利息配当金)
                                           0              0
       信託報酬
                                         3,788              4,120
       役務取引等収益
                                         1,314              2,448
       その他業務収益
                                       ※1  11,086             ※1  12,105
       その他経常収益
                                        24,653              25,896
     経常費用
                                          253              604
       資金調達費用
                                          111               80
        (うち預金利息)
                                         2,138              2,172
       役務取引等費用
                                          35             1,572
       その他業務費用
                                        11,430              10,727
       営業経費
                                       ※2  10,796             ※2  10,819
       その他経常費用
                                         4,315              6,646
     経常利益
                                           7              12
     特別利益
                                           7              12
       固定資産処分益
                                          32              64
     特別損失
                                          32              31
       固定資産処分損
                                           0              32
       減損損失
                                           0              0
       金融商品取引責任準備金繰入額
                                         4,290              6,594
     税金等調整前四半期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                     742             1,700
                                          291              182
     法人税等調整額
                                         1,033              1,882
     法人税等合計
                                         3,256              4,711
     四半期純利益
                                          196              158
     非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         3,060              4,553
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                14/29









                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年6月30日)               至 2022年6月30日)
                                         3,256              4,711
     四半期純利益
                                         4,583
     その他の包括利益                                                △ 24,810
                                         4,252
       その他有価証券評価差額金                                               △ 24,188
                                          198
       繰延ヘッジ損益                                                △ 626
                                          132               3
       退職給付に係る調整額
                                         7,839
     四半期包括利益                                                △ 20,099
     (内訳)
                                         7,682
       親会社株主に係る四半期包括利益                                               △ 20,278
                                          157              179
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                15/29
















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (会計方針の変更)
        (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
        「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                   令和3年6月17日。以下「時価算定
        会計基準適用指針」という。)を当第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第27-
        2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわたって適用
        することといたしました。時価算定会計基準適用指針の適用による四半期連結財務諸表に与える影響は軽微であり
        ます。
        (追加情報)

         前連結会計年度の有価証券報告書に(重要な会計上の見積り)として記載した(新型コロナウイルス感染症の収
        束時期に関する仮定)について、新型コロナウイルス感染症の今後の広がり方や収束時期等を含む仮定に重要な変
        更はありません。
                                16/29
















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
         ※1.銀行法及び金融機能の再生のための緊急措置に関する法律に基づく債権は次のとおりであります。なお、
           債権は、四半期連結貸借対照表の「有価証券」中の社債(その元本の償還及び利息の支払の全部又は一部に
           ついて保証しているものであって、当該社債の発行が有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)によ
           るものに限る。)、貸出金、外国為替、「その他資産」中の未収利息及び仮払金並びに支払承諾見返の各勘
           定に計上されるもの並びに注記されている有価証券の貸付けを行っている場合のその有価証券(使用貸借又
           は賃貸借契約によるものに限る。)等であります。
                              前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間
                             (2022年3月31日)                 (2022年6月30日)
         破産更生債権及びこれらに準ずる
                                  9,337百万円                 10,276百万円
         債権額
         危険債権額                         45,422百万円                 45,099百万円
         三月以上延滞債権額                           43百万円                 146百万円
         貸出条件緩和債権額                         8,374百万円                 8,132百万円
         合計額                         63,177百万円                 63,655百万円
          なお、上記債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。
          2.元本補填契約のある信託の元本金額は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間
                             (2022年3月31日)                 (2022年6月30日)
         金銭信託                         1,235百万円                 1,237百万円
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※1.その他経常収益には、次のものを含んでおります。
                            前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                             (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                              至 2021年6月30日)                   至 2022年6月30日)
         リース業に係る収益                         9,956百万円                 9,845百万円
         株式等売却益                          384百万円                1,562百万円
         ※2.その他経常費用には、次のものを含んでおります。

                            前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                             (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                              至 2021年6月30日)                   至 2022年6月30日)
         リース業に係る費用                         9,358百万円                 9,307百万円
         貸倒引当金繰入額                          490百万円                 661百万円
         株式等償却                          272百万円                  49百万円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりでありま
        す。
                            前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                            (自    2021年4月1日              (自    2022年4月1日
                             至   2021年6月30日)               至   2022年6月30日)
         減価償却費                         1,101百万円                  834百万円
                                17/29





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
        (株主資本等関係)
         前第1四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)
         1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2021年6月22日
              普通株式          1,462       35.00    2021年3月31日         2021年6月23日         利益剰余金
     定時株主総会
         2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           該当事項はありません。
         当第1四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)

         1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2022年6月21日
              普通株式          1,456       35.00    2022年3月31日         2022年6月22日         利益剰余金
     定時株主総会
         2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           該当事項はありません。
                                18/29













                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          前第1四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)
          1.報告セグメントごとの経常収益及び利益の金額に関する情報並びに収益の分解情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連
                      報告セグメント
                                      その他                結損益計
                                             合計     調整額
                                      (注)2                 算書計上
                銀行業     リース業     信用保証業        計
                                                       額
     経常収益
      貸出業務            94      -      -      94      -      94      -      94

      有価証券投資業
                  -      -      -      -      -      -      -      -
      務
      リース関連業務            -     713      -     713      -     713      -     713
      その他           2,748        0     476     3,225      1,141      4,366       -    4,366

      顧客との契約か
                 2,842       713      476     4,032      1,141      5,174       -    5,174
      ら生じる収益
      その他の収益          14,298      9,280       11    23,591       203    23,794        -    23,794
      外部顧客に対す
                17,141      9,994       488    27,623      1,345     28,969           28,969
                                                     -
      る経常収益
      セグメント間の
                  357      175      317      850      784     1,634
                                                  △ 1,634       -
      内部経常収益
                17,499      10,169       805    28,474      2,130     30,604           28,969
         計                                          △ 1,634
                 3,528       326      386     4,241       53    4,295       20    4,315

     セグメント利益
         (注)1.一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。
            2.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、コンピュータ関連業
             務、証券業務、クレジットカード業務等を含んでおります。
            3.調整額は、セグメント間取引消去であります。
            4.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
           (固定資産に係る重要な減損損失)
             減損損失の計上額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
           (のれんの金額の重要な変動)
             該当事項はありません。
           (重要な負ののれん発生益)
             該当事項はありません。
                                19/29







                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
          当第1四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)
          1.報告セグメントごとの経常収益及び利益の金額に関する情報並びに収益の分解情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連
                      報告セグメント
                                      その他                結損益計
                                             合計     調整額
                                      (注)2                 算書計上
                銀行業     リース業     信用保証業        計
                                                       額
     経常収益
      貸出業務            83      -      -      83      -      83      -      83

      有価証券投資業
                  -      -      -      -      -      -      -      -
      務
      リース関連業務            -     793      -     793      -     793      -     793
      その他           2,957        0     463     3,421      1,140      4,561       -    4,561

      顧客との契約か
                 3,040       793      463     4,297      1,140      5,437       -    5,437
      ら生じる収益
      その他の収益          17,841      9,097        5   26,944       160    27,105        -    27,105
      外部顧客に対す
                20,882      9,891       468    31,242      1,300     32,543           32,543
                                                     -
      る経常収益
      セグメント間の
                  300      146      321      769      773     1,543
                                                  △ 1,543       -
      内部経常収益
                21,183      10,037       790    32,011      2,074     34,086           32,543
         計                                          △ 1,543
                 6,026       261      390     6,678           6,654           6,646

     セグメント利益                                   △ 23           △ 7
         (注)1.一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。
            2.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、コンピュータ関連業
             務、証券業務、クレジットカード業務等を含んでおります。
            3.調整額は、セグメント間取引消去であります。
            4.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
           (固定資産に係る重要な減損損失)
             減損損失の計上額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
           (のれんの金額の重要な変動)
             該当事項はありません。
           (重要な負ののれん発生益)
             該当事項はありません。
                                20/29








                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
        (金融商品関係)
        1.金融商品の時価等に関する事項
         企業集団の事業の運営において重要なものであり、前連結会計年度の末日に比して著しい変動が認められるもの
        は、次のとおりであります。
       前連結会計年度(2022年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                            連結貸借対照表
                                          時価           差額
                              計上額
      有価証券
       満期保有目的の債券                          35,957           35,956             △0
       その他有価証券                         1,473,160           1,473,160               -
      貸出金                          4,282,764
                                △22,087
       貸倒引当金(※1)
                                4,260,676           4,258,082            △2,594
              資産計                 5,769,795           5,767,200            △2,594
      預金                          5,674,027           5,674,104               76
      譲渡性預金                           58,991           58,991             -
      借用金                          1,312,923           1,312,918              △4
              負債計                 7,045,942           7,046,014               71
      デリバティブ取引(※2)
       ヘッジ会計が適用されていないもの                           △889           △889             -
       ヘッジ会計が適用されているもの                           △483           △483             -
           デリバティブ取引計                     △1,372           △1,372              -
     (※1)貸出金に対応する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しております。
     (※2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
         いては、△で表示しております。
                                21/29










                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
       当第1四半期連結会計期間(2022年6月30日)
                                                    (単位:百万円)
                            四半期連結貸借
                                          時価           差額
                             対照表計上額
      有価証券(※1)
       満期保有目的の債券                          35,885           35,824            △60
       その他有価証券                         1,486,243           1,486,243               -
      貸出金                          4,341,458
                                △22,605
       貸倒引当金(※2)
                                4,318,852           4,296,570            △22,281
              資産計                 5,840,980           5,818,638            △22,342
      預金                          5,688,550           5,688,612               62
      譲渡性預金                           71,053           71,053             -
      借用金                          1,184,230           1,184,168              △62
              負債計                 6,943,834           6,943,834               0
      デリバティブ取引(※3)
       ヘッジ会計が適用されていないもの                          △3,362           △3,362              -
       ヘッジ会計が適用されているもの                          △1,337           △1,337              -
           デリバティブ取引計                     △4,700           △4,700              -
     (※1)有価証券には、「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                               令和3年6月17
         日)第24-3項及び第24-9項の基準価額を時価とみなす取扱いを適用した投資信託が含まれております。
     (※2)貸出金に対応する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しております。
     (※3)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
         いては、△で表示しております。
     (注1)    市場価格のない株式等及び組合出資金の四半期連結貸借対照表(連結貸借対照表)計上額は次のとおりであ

         り、金融商品の時価情報の「その他有価証券」には含めておりません。
                                                (単位:百万円)
                               前連結会計年度           当第1四半期連結会計期間
                 区 分
                              (2022年3月31日)              (2022年6月30日)
         非上場株式等                            17,049               5,789
         組合出資金                             9,555              8,196
                                22/29








                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
        2.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
         企業集団の事業の運営において重要なものであり、前連結会計年度の末日に比して著しい変動が認められるもの
        は、次のとおりであります。
       前連結会計年度(2022年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                        時価
            区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
     有価証券
      その他有価証券
       国債・地方債等                    80,203         469,944            -       550,147
       社債                      -       336,776            -       336,776
       株式                    114,316          2,286           -       116,603
       その他(※1)                    136,747         117,446            -       254,193
            資産計               331,266         926,454            -      1,257,720
     デリバティブ取引(※2)
      金利関連取引                       -        △457           -        △457
      通貨関連取引                       -        △914           -        △914
         デリバティブ取引計                    -       △1,372            -       △1,372
     (※1)「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(令和2年3月6日内閣
         府令第9号)附則第5条第6項の経過措置を適用した投資信託等については、上記表には含めておりません。連
         結貸借対照表における当該投資信託等の金額は215,440百万円であります。
     (※2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
         いては、△で表示しております。
       当第1四半期連結会計期間(2022年6月30日)

                                                    (単位:百万円)
                                        時価
            区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
     有価証券
      その他有価証券
       国債・地方債等                    83,189         464,824            -       548,014
       社債                      -       329,128            -       329,128
       株式                    101,692          2,282           -       103,975
       その他(※1)                    172,572         320,548          4,783        497,904
            資産計               357,454        1,116,784            4,783       1,479,022
     デリバティブ取引(※2)
      金利関連取引                       -       △1,312            -       △1,312
      通貨関連取引                       -       △3,387            -       △3,387
         デリバティブ取引計                    -       △4,700            -       △4,700
     (※1)「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                       令和3年6月17日)第24-3項及
         び第24-9項の基準価額を時価とみなす取扱いを適用した投資信託については、上記表には含めておりません。
         四半期連結貸借対照表における当該投資信託等の金額は7,220百万円であります。
     (※2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
         いては、△で表示しております。
                                23/29



                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
        (有価証券関係)
         企業集団の事業の運営において重要なものであり、前連結会計年度の末日に比して著しい変動が認められるもの
        は、次のとおりであります。
        その他有価証券

         前連結会計年度(2022年3月31日)
                                    連結貸借対照表計上
                        取得原価(百万円)                          差額(百万円)
                                    額(百万円)
      株式                        43,534            116,603             73,069
      債券                        889,735            886,923            △2,811
       国債                        80,588            80,203             △385
       地方債                        470,982            469,944            △1,037
       社債                        338,164            336,776            △1,388
      その他                        481,054            469,633            △11,420
             合計               1,414,323            1,473,160              58,837
         当第1四半期連結会計期間(2022年6月30日)

                                    四半期連結貸借対照
                        取得原価(百万円)                          差額(百万円)
                                    表計上額(百万円)
      株式                        42,126            103,975             61,848
      債券                        882,004            877,142            △4,861
       国債                        84,071            83,189             △881
       地方債                        466,395            464,824            △1,571
       社債                        331,537            329,128            △2,409
      その他                        537,784            505,125            △32,659
             合計               1,461,916            1,486,243              24,327
     (注) その他有価証券のうち、当該有価証券の時価が取得原価に比べて著しく下落しており、時価が取得原価まで回
        復する見込があると認められないものについては、当該時価をもって四半期連結貸借対照表計上額(連結貸借対
        照表計上額)とするとともに、評価差額を当第1四半期連結累計期間(連結会計年度)の損失として処理(以下
        「減損処理」という。)しております。
         前連結会計年度における減損処理額は、株式150百万円であります。
         当第1四半期連結累計期間における減損処理額はありません。
         なお、時価が取得原価に比べて30%以上下落した場合に著しい下落があったものとしておりますが、減損処理
        にあたっては、当第1四半期連結会計期間末(当連結会計年度末)における時価が取得原価に比べて50%以上下
        落した場合には全て減損処理を行い、30%から50%下落した場合には、回復の可能性を考慮して必要と認めた額
        について減損処理を行っております。
                                24/29








                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
        (デリバティブ取引関係)
         企業集団の事業の運営において重要なものであり、前連結会計年度の末日に比して著しい変動が認められるもの
        は、次のとおりであります。
        通貨関連取引

        前連結会計年度(2022年3月31日)
      区分         種類          契約額等(百万円)             時価(百万円)           評価損益(百万円)

      店頭    通貨オプション                      200,591             △0             865

               合計            ――――                 △0             865
     (注)上記取引については時価評価を行い、評価損益を連結損益計算書に計上しております。
         なお、「銀行業における外貨建取引等の会計処理に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業
        種別委員会実務指針第25号             令和2年10月8日)等に基づきヘッジ会計を適用している通貨スワップ取引等及び外
        貨建金銭債権債務等に付されたもので当該外貨建金銭債権債務等の連結貸借対照表表示に反映されているもの、又
        は当該外貨建金銭債権債務等が連結手続上消去されたものについては、上記記載から除いております。
        当第1四半期連結会計期間(2022年6月30日)

      区分         種類          契約額等(百万円)             時価(百万円)           評価損益(百万円)

      店頭    通貨オプション                      525,224             △0            2,079

               合計            ――――                 △0            2,079
     (注)上記取引については時価評価を行い、評価損益を四半期連結損益計算書に計上しております。
         なお、「銀行業における外貨建取引等の会計処理に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業
        種別委員会実務指針第25号             令和2年10月8日)等に基づきヘッジ会計を適用している通貨スワップ取引等及び外
        貨建金銭債権債務等に付されたもので当該外貨建金銭債権債務等の四半期連結貸借対照表表示に反映されているも
        の、又は当該外貨建金銭債権債務等が連結手続上消去されたものについては、上記記載から除いております。
        (収益認識関係)

        顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
                                25/29










                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、
        次のとおりであります。
                                 前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                  (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                   至 2021年6月30日)              至 2022年6月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益                         円            73.22             109.39
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益                      百万円             3,060              4,553
       普通株主に帰属しない金額                      百万円              -              -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                             百万円             3,060              4,553
       純利益
       普通株式の期中平均株式数                      千株            41,789              41,624
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                         円            73.11             109.29

      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額                      百万円              -              -
       普通株式増加数                      千株              62              36
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1
      株当たり四半期純利益の算定に含めなかった潜
                                           -              -
      在株式で、前連結会計年度末から重要な変動が
      あったものの概要
        (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
     2【その他】

       該当事項はありません。
                                26/29










                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                27/29




















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
                      独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2022年8月5日

    株式会社大垣共立銀行

      取締役会 御中

                           有  限  責  任     あ  ず  さ  監  査  法  人

                           名古屋事務所
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             鈴木 賢次
                           業  務  執  行  社  員
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             内田 宏季
                           業  務  執  行  社  員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社大垣共
    立銀行の2022年4月1日から2023年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2022年4月1日から2022年
    6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2022年4月1日から2022年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、す
    なわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを
    行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社大垣共立銀行及び連結子会社の2022年6月30日現在の財政状
    態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要
    な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・   主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
     手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
     る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                28/29



                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社 大垣共立銀行(E03568)
                                                            四半期報告書
    ・   継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
     られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
     認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかど
     うか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
     四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が
     適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
     の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
     として存続できなくなる可能性がある。
    ・   四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
     基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務
     諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさ
     せる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・   四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
     人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
     人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上
    (注)1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                29/29











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク