株式会社新日本建物 四半期報告書 第39期第1四半期(令和4年4月1日-令和4年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第39期第1四半期(令和4年4月1日-令和4年6月30日)
提出日
提出者 株式会社新日本建物
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社新日本建物(E03994)
                                                            四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2022年8月5日

    【四半期会計期間】               第39期第1四半期(自              2022年4月1日           至   2022年6月30日)

    【会社名】               株式会社新日本建物

    【英訳名】               SHIN-NIHON       TATEMONO     CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長兼社長執行役員

                   近 藤  学

    【本店の所在の場所】               東京都新宿区新宿四丁目3番17号

    【電話番号】               03-5962-0775(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役兼執行役員 管理本部長

                   茂 木 敬 裕

    【最寄りの連絡場所】               東京都新宿区新宿四丁目3番17号

    【電話番号】               03-5962-0775(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役兼執行役員 管理本部長

                   茂 木 敬 裕

    【縦覧に供する場所】               株式会社新日本建物横浜支店

                    (神奈川県横浜市神奈川区台町8番地14)

                   株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/17





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社新日本建物(E03994)
                                                            四半期報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                              第38期           第39期

              回次                                      第38期
                          第1四半期累計期間           第1四半期累計期間
                          自   2021年4月1日         自   2022年4月1日         自   2021年4月1日
             会計期間
                          至   2021年6月30日         至   2022年6月30日         至   2022年3月31日
    売上高                  (千円)         4,134,975            829,823         19,468,361
    経常利益又は経常損失(△)                  (千円)          454,049          △ 263,627          1,515,274

    四半期(当期)純利益又は
                      (千円)          444,699          △ 293,569          1,236,162
    四半期純損失(△)
    持分法を適用した場合の
                      (千円)             ―           ―           ―
    投資利益
    資本金                  (千円)          854,500           854,500           854,500
    発行済株式総数                  (株)        19,914,617           19,914,617           19,914,617

    純資産額                  (千円)         6,835,792           6,872,616           7,612,547

    総資産額                  (千円)         22,397,791           20,297,599           20,419,391

    1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)           22.34          △ 14.75           62.11
    又は1株当たり四半期純損失(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                      (円)            ―           ―           ―
    四半期(当期)純利益
    1株当たり配当額                  (円)            ―           ―         22.00
    自己資本比率                  (%)           30.52           33.86           37.28

     (注)   1.  持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
       2.第38期及び第38期第1四半期累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在
         株式が存在しないため、記載しておりません。
       3.第39期第1四半期累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、1株当たり四半
         期純損失であり潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
    2  【事業の内容】

      当第1四半期累計期間において、当社が営む事業の内容に重要な変更はありませんが、当社における経営資源の配
     分・経営管理体制等の実態を踏まえ、より適切な経営情報の開示を行うため、従来報告セグメントとしていた「戸建
     販売事業」を「その他」へ含めるとともに、「その他」に含まれていた「アセットホールディング事業」を報告セグ
     メントとして記載する方法に変更することといたしました。
                                 2/17







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社新日本建物(E03994)
                                                            四半期報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第1四半期累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資
     者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリス
     ク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
     (1)  業績の状況

      当第1四半期累計期間のわが国経済は、引き続き新型コロナウイルス感染症の感染拡大リスクがあるものの、ワク
     チン接種の進展等により行動制限が解除されたことで、旅行業やサービス業などの個人消費が回復を見せ日本経済の
     正常化への動きがみられましたが、一方で、海外の金利引き上げによる急激な円安やウクライナ情勢の影響などか
     ら、資源・エネルギー価格が上昇しており、また、新型コロナウイルス感染症の変異株への感染者数が再び増加傾向
     にあることなどから、今後の先行きは不透明な状況です。
      当社が属する不動産業界においては、土地や建築コストが高止まりの傾向にありますが、低金利下での良好な資金
     調達環境により、国内外の投資家の投資意欲は依然として高い状態にあります。収益不動産市場においては、安定収
     益が見込まれる都心で利便性の高い資産運用型マンションの需要は引続き堅調に推移いたしました。物流施設におい
     ては、EC(電子商取引)事業の拡大に伴う拡張など需要は底堅い状況にあります。オフィス市場においては、空室率は
     横ばいで推移しているものの事務所の集約や縮小の動きなどもあり、今後の都心エリアの賃料・空室率の動向には注
     意が必要です。
      このような事業環境のもと、当社は流動化事業においては、他デベロッパー向け開発用地を計画的に引渡し、マン
     ション販売事業においては、当初の予定通り前期で売却締結済みの資産運用型マンションの引渡しが第2四半期と
     なったため、その準備を進めつつ、都内で駅近の事業用地の取得活動を積極的に取り組みました。
      この結果、売上高8億29百万円(前年同四半期比79.9%減)、営業利益△2億17百万円(前年同四半期比142.5%
     減)、経常利益△2億63百万円(前年同四半期比158.1%減)、四半期純利益△2億93百万円(前年同四半期比
     166.0%減)となりました。
                    前第1四半期累計期間                     当第1四半期累計期間

                   数量        売上高(百万円)             数量        売上高(百万円)
    流動化事業                  6件          2,721           3件           807
    マンション販売事業                  14戸          1,396            -           6
    アセット
                       -           17          -           16
    ホールディング事業
    その他                   -           0          -           0
    売上高合計                   -         4,134            -          829
    営業利益又は
                       -          510           -         △217
    営業損失(△)
      セグメントの業績は以下のとおりであります。

      なお、当第1四半期会計期間より、経営資源の配分・経営管理体制等の実態を踏まえ、より適切な経営情報の開示
     を行うため、従来報告セグメントとしていた「戸建販売事業」を「その他」へ含めるとともに、「その他」に含まれ
     ていた「アセットホールディング事業」を報告セグメントとして記載する方法に変更することといたしました。
      前第1四半期会計期間のセグメント情報については、変更後の区分により作成したものを記載しております。
      (流動化事業)

      当第1四半期累計期間においては、東京23区において、他デベロッパー向けマンション開発用地の仕入活動を積極
     的に行い、市況をみながら販売活動を進捗させた結果、3物件の引渡しを行い、売上高8億7百万円(前年同四半期
     比70.3%減)、営業利益36百万円(前年同四半期比92.6%減)となりました。
                                 3/17



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社新日本建物(E03994)
                                                            四半期報告書
      (マンション販売事業)
      当第1四半期累計期間においては、当初の予定通り前期で売却締結済みの資産運用型マンションの引渡しが第2四
     半期となったため、当期での物件の引渡しはありませんでしたが、第2四半期での物件引渡しに向けて準備を進めつ
     つ、都内で駅近の事業用地の取得活動を積極的に取り組み、また建設中の販売用不動産が進捗した結果、売上高6百
     万円(前年同四半期比99.5%減)、営業利益△56百万円(前年同四半期比132.4%減)となりました。
      なお、前期に売却契約締結済みの資産運用型マンションの引渡しを、当第2四半期に予定しております。
      (アセットホールディング事業)

      当第1四半期累計期間においては、所有する2棟の賃貸用不動産を継続して運営を行った結果、売上高16百万円
     (前年同四半期比5.9%減)、営業利益5百万円(前年同四半期比5.4%減)となりました。
      (その他)

      当第1四半期累計期間の売上高0百万円(前年同四半期比181.1%増)、営業利益0百万円(前年同四半期比
     184.6%増)となりました。
     (2)  財政状態の分析

      (資産)
      当第1四半期会計期間末における資産合計は、前期末と比べ1億21百万円減少(前期末比0.6%減)し、202億97百
     万円となりました。流動資産は78百万円減少(前期末比0.4%減)の190億67百万円、固定資産は43百万円減少(前期
     末比3.4%減)の12億27百万円となりました。
      流動資産の主な減少要因は、仕掛販売用不動産が7億81百万円増加(前期末比7.6%増)した一方、現金及び預金が
     15億30百万円減少(前期末比21.8%減)したことによるものであります。
      (負債)

      当第1四半期会計期間末における負債合計は、前期末と比べ6億18百万円増加(前期末比4.8%増)し、134億24百
     万円となりました。流動負債は4億69百万円減少(前期末比9.0%減)の47億68百万円、固定負債は10億87百万円増加
     (前期末比14.4%増)の86億56百万円となりました。
      流動負債の主な減少要因は、1年内返済予定の長期借入金が3億56百万円減少(前期末比15.8%減)、未払法人税
     等が1億14百万円減少(前期末比98.9%減)、したことによるものであります。
      固定負債の主な増加要因は、長期借入金が11億76百万円増加(前期末比16.4%増)したことによるものでありま
     す。
      (純資産)

      当第1四半期会計期間末における純資産合計は、前期末と比べ7億39百万円減少(前期末比9.7%減)し、68億72百
     万円となりました。主な要因は、四半期純利益△2億93百万円、剰余金の配当4億37百万円があったことによるもの
     であります。
     (3)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

      当第1四半期累計期間において、当社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題は
     ありません。
     (4)  研究開発活動

      該当事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第1四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 4/17




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社新日本建物(E03994)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     49,060,000
                 計                                    49,060,000
      ② 【発行済株式】

               第1四半期会計期間             提出日現在

                                     上場金融商品取引所名
        種類        末現在発行数(株)            発行数(株)        又は登録認可金融商品               内容
                                       取引業協会名
                ( 2022年6月30日       )   (2022年8月5日)
                                      東京証券取引所            単元株式数
       普通株式             19,914,617           19,914,617
                                      スタンダード市場              100株
         計           19,914,617           19,914,617           ―           ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
                    ―              ―              ―

    2022年6月30日                   19,914,617               854,500              40,983
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 5/17







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社新日本建物(E03994)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
        当第1四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(2022年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】

                                                 2022年6月30日       現在
           区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                     ―           ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                     ―           ―              ―

    議決権制限株式(その他)                     ―           ―              ―

                    (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                                ―              ―
                     普通株式       13,200
                     普通株式     19,765,400
    完全議決権株式(その他)                                  197,654            ―
                     普通株式      136,017

    単元未満株式                                ―              ―
                         19,914,617

    発行済株式総数                                ―              ―
    総株主の議決権                     ―             197,654            ―

     (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が80株含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                                 2022年6月30日       現在
                                                    発行済株式
                               自己名義       他人名義       所有株式数
       所有者の氏名                                             総数に対する
                    所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                            所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
      (自己保有株式)           東京都新宿区新宿四丁目3
                                13,200       ―       13,200         0.1
      株式会社新日本建物           番17号
          計             ―          13,200       ―       13,200         0.1
    2  【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                 6/17









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社新日本建物(E03994)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期財務諸表の作成方法について

      当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
     号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期会計期間(2022年4月1日から2022年6月
     30日まで)及び第1四半期累計期間(2022年4月1日から2022年6月30日まで)に係る四半期財務諸表について、RSM清
     和監査法人による四半期レビューを受けております。
    3.四半期連結財務諸表について

      「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第5条第2項により、
     当社では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目からみて、当企業集団の
     財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を妨げない程度に重要性が乏しいものとし
     て、四半期連結財務諸表は作成しておりません。
                                 7/17















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社新日本建物(E03994)
                                                            四半期報告書
    1  【四半期財務諸表】
      (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度            当第1四半期会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年6月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              7,029,853              5,499,834
        販売用不動産                              1,724,566              2,093,704
        仕掛販売用不動産                              10,238,427              11,020,172
        原材料及び貯蔵品                                1,063              2,681
        前渡金                                17,500              149,600
        前払費用                                25,636              34,174
        関係会社短期貸付金                                   -           100,000
                                       108,331              166,882
        その他
        流動資産合計                              19,145,378              19,067,048
      固定資産
        有形固定資産
         建物                              596,900              596,900
                                      △ 97,618             △ 102,380
          減価償却累計額
          建物(純額)                             499,282              494,519
         構築物
                                        14,192              14,192
                                       △ 6,125             △ 6,480
          減価償却累計額
          構築物(純額)                              8,066              7,711
         工具、器具及び備品
                                        67,412              67,412
                                      △ 47,497             △ 48,926
          減価償却累計額
          工具、器具及び備品(純額)                             19,915              18,486
         土地                               79,594              79,594
         リース資産
                                        18,506              18,506
                                      △ 14,389             △ 15,379
          減価償却累計額
          リース資産(純額)                              4,116              3,127
         有形固定資産合計                              610,974              603,439
        無形固定資産
         借地権                               1,465              1,465
         ソフトウエア                                629              542
                                        8,923              7,885
         リース資産
         無形固定資産合計                               11,017               9,892
        投資その他の資産
         投資有価証券                              228,294              216,104
         関係会社株式                               26,027              26,027
         出資金                               31,530              31,530
         関係会社長期貸付金                               50,000              50,000
         破産更生債権等                               7,733              7,577
         長期前払費用                               5,719              5,416
         差入保証金                               76,886              80,777
         繰延税金資産                              224,938              198,938
         その他                               12,770              12,770
                                      △ 15,603             △ 15,447
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              648,296              613,694
        固定資産合計                              1,270,289              1,227,026
      繰延資産
                                        3,723              3,524
        社債発行費
        繰延資産合計                                3,723              3,524
      資産合計                               20,419,391              20,297,599
                                 8/17




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社新日本建物(E03994)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度            当第1四半期会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年6月30日)
     負債の部
      流動負債
        工事未払金                               296,858              318,116
        短期借入金                              2,159,460              2,131,000
        1年内返済予定の長期借入金                              2,264,228              1,907,235
        1年内償還予定の社債                                50,000              50,000
        リース債務                                8,799              7,632
        未払金                                8,490             202,619
        未払費用                                39,864              23,088
        未払法人税等                               115,396               1,283
        前受金                                23,020              44,020
        預り金                                18,936              69,500
        賞与引当金                                55,526              13,358
                                       197,387                695
        その他
        流動負債合計                              5,237,968              4,768,550
      固定負債
        社債                               200,000              175,000
        長期借入金                              7,157,408              8,333,971
        リース債務                                5,323              4,031
        資産除去債務                                25,976              26,035
        退職給付引当金                                49,616              50,304
        役員退職慰労引当金                               123,808               60,470
                                        6,742              6,619
        その他
        固定負債合計                              7,568,875              8,656,432
      負債合計                               12,806,844              13,424,982
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               854,500              854,500
        資本剰余金
                                        40,983              40,983
         資本準備金
         資本剰余金合計                               40,983              40,983
        利益剰余金
         利益準備金                              159,234              172,641
         その他利益剰余金
                                      6,473,138              5,728,332
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                             6,632,373              5,900,974
        自己株式                               △ 4,192             △ 4,266
        株主資本合計                              7,523,664              6,792,191
      評価・換算差額等
        その他有価証券評価差額金                                88,882              80,425
        評価・換算差額等合計                                88,882              80,425
      純資産合計                                7,612,547              6,872,616
     負債純資産合計                                 20,419,391              20,297,599
                                 9/17







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社新日本建物(E03994)
                                                            四半期報告書
     (2)【四半期損益計算書】
      【第1四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期累計期間              当第1四半期累計期間
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年6月30日)               至 2022年6月30日)
     売上高
      流動化販売高                                2,721,231               807,117
      マンション販売高                                1,396,538                6,320
      アセットホールディング販売高                                 17,102              16,093
                                         103              292
      その他
      売上高合計                                4,134,975               829,823
     売上原価
      流動化販売原価                                2,096,093               713,016
      マンション販売原価                                1,074,794                1,397
                                        8,977              8,899
      アセットホールディング販売原価
      売上原価合計                                3,179,866               723,312
     売上総利益                                  955,109              106,510
     販売費及び一般管理費                                  444,376              323,522
     営業利益又は営業損失(△)                                  510,733             △ 217,012
     営業外収益
      受取利息                                  1,634               383
      受取配当金                                   464              490
      受取地代家賃                                  1,308                16
                                         511              154
      その他
      営業外収益合計                                  3,919              1,044
     営業外費用
      支払利息                                 59,783              47,282
                                         819              377
      その他
      営業外費用合計                                 60,602              47,660
     経常利益又は経常損失(△)                                  454,049             △ 263,627
     特別利益
                                        1,001                -
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                  1,001                -
     税引前四半期純利益又は税引前四半期純損失(△)                                  455,050             △ 263,627
     法人税、住民税及び事業税
                                        64,242                208
                                      △ 53,891              29,733
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   10,351              29,941
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  444,699             △ 293,569
                                10/17








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社新日本建物(E03994)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
      (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)
      当第1四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期累計期間
     に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                           前第1四半期累計期間                 当第1四半期累計期間

                           (自    2021年4月1日              (自    2022年4月1日
                            至   2021年6月30日       )       至   2022年6月30日       )
        減価償却費                       9,547千円                 8,651千円
      (株主資本等関係)

     前第1四半期累計期間(自              2021年4月1日        至   2021年6月30日       )
     1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
        決議       株式の種類                       基準日       効力発生日        配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
     2021年6月25日
               普通株式        437,851        22.00    2021年3月31日        2021年6月28日         利益剰余金
     定時株主総会
     2.基準日が当第1四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期会計期間の末日後となる

      もの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       該当事項はありません。
     当第1四半期累計期間(自              2022年4月1日        至   2022年6月30日       )

     1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
        決議       株式の種類                       基準日       効力発生日        配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
     2022年6月28日
               普通株式        437,829        22.00    2022年3月31日        2022年6月29日         利益剰余金
     定時株主総会
     2.基準日が当第1四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期会計期間の末日後となる

      もの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       該当事項はありません。
                                11/17








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社新日本建物(E03994)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
    【セグメント情報】
    Ⅰ 前第1四半期累計期間(自                2021年4月1日        至   2021年6月30日       )
      報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報並びに収益の分解情報
                                                   (単位:千円)
                                                      四半期
                      報告セグメント
                                     その他           調整額     損益計算書
                                           合計
                         アセットホー
                                     (注)1           (注)2      計上額
                    マンション
               流動化事業           ルディング       計
                                                     (注)3
                     販売事業
                           事業
    売上高
     一時点で移転される財          2,679,862     1,378,655        ―  4,058,517        103   4,058,621        ―  4,058,621
     一定の期間にわたり移
                  ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
     転される財
     顧客との契約から
               2,679,862     1,378,655        ―  4,058,517        103   4,058,621        ―  4,058,621
     生じる収益
     その他の収益      (注)4
                 41,369     17,882     17,102     76,354       ―    76,354       ―    76,354
     外部顧客への売上高          2,721,231     1,396,538       17,102    4,134,871        103   4,134,975        ―  4,134,975

     セグメント間の内部
                  ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
     売上高又は振替高
         計       2,721,231     1,396,538       17,102    4,134,871        103   4,134,975        ―  4,134,975
    セグメント利益            490,788     174,035      5,523     670,347       103    670,450     △ 159,716     510,733

     (注)   1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、建築請負事業、仲介事業、コンサ
         ルティング事業等を含んでおります。
       2.セグメント利益の調整額△159,716千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に報告
         セグメントに帰属しない一般管理費であります。
       3.セグメント利益は、四半期損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       4.  「その他の収益」は、リース取引に関する会計基準に基づく収入等であります                                    。
                                12/17











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社新日本建物(E03994)
                                                            四半期報告書
    Ⅱ 当第1四半期累計期間(自                2022年4月1日        至   2022年6月30日       )
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報並びに収益の分解情報
                                                   (単位:千円)
                                                      四半期
                      報告セグメント
                                     その他           調整額     損益計算書
                                           合計
                         アセットホー
                                     (注)1           (注)2      計上額
                    マンション
               流動化事業           ルディング       計
                                                     (注)3
                     販売事業
                           事業
    売上高
     一時点で移転される財           807,057        ―     15   807,072       292    807,364        ―   807,364
     一定の期間にわたり移
                  ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
     転される財
     顧客との契約から
                807,057        ―     15   807,072       292    807,364        ―   807,364
     生じる収益
     その他の収益      (注)4
                  60    6,320     16,077     22,458       ―    22,458       ―    22,458
     外部顧客への売上高           807,117      6,320     16,093     829,530       292    829,823        ―   829,823

     セグメント間の内部
                  ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
     売上高又は振替高
         計        807,117      6,320     16,093     829,530       292    829,823        ―   829,823
    セグメント利益又は
                 36,198     △ 56,384      5,225    △ 14,959       292   △ 14,667    △ 202,344     △ 217,012
    損失(△)
     (注)   1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、建築請負事業、仲介事業、コンサ
         ルティング事業等を含んでおります。
       2.セグメント利益又は損失の調整額△202,344千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり、
         主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
       3.セグメント利益又は損失は、四半期損益計算書の営業損失と調整を行っております。
       4.「その他の収益」は、リース取引に関する会計基準に基づく収入等であります。
      2.報告セグメントの変更等に関する事項

         当第1四半期累計期間より、経営資源の配分・経営管理体制等の実態を踏まえ、より適切な経営情報の開示
        を行うため、従来報告セグメントとしていた「戸建販売事業」を「その他」へ含めるとともに、「その他」に
        含まれていた「アセットホールディング事業」を報告セグメントとして記載する方法に変更することといたし
        ました。
         なお、前第1四半期累計期間のセグメント情報については、変更後の区分により作成したものを記載してお
        ります。
      (収益認識関係)

      顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
                                13/17








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社新日本建物(E03994)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
      1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第1四半期累計期間             当第1四半期累計期間

                                (自    2021年4月1日           (自    2022年4月1日
                項目
                                至   2021年6月30日       )    至   2022年6月30日       )
    1株当たり四半期純利益又は
                                       22円34銭            △14円75銭
    1株当たり四半期純損失(△)
     (算定上の基礎)
    四半期純利益又は
                                        444,699            △293,569
    四半期純損失(△)(千円)
    普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―             ―
    普通株式に係る四半期純利益又は
                                        444,699            △293,569
    普通株式に係る四半期純損失(△)(千円)
    普通株式の期中平均株式数(株)                                  19,902,285             19,901,305
    (注)   前第1四半期累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載

       しておりません。
       当第1四半期累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、1株当たり四半期純損失であり潜
       在株式が存在しないため記載しておりません。
    2  【その他】

      該当事項はありません。
                                14/17













                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社新日本建物(E03994)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                15/17



















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社新日本建物(E03994)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2022年8月5日

    株式会社新日本建物
     取締役会      御中
                       RSM清和監査法人
                       東  京  事  務  所
                         指定社員

                                   公認会計士       筧 悦生
                         業務執行社員
                         指定社員

                                   公認会計士       戸谷 英之
                         業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社新日本
    建物の2022年4月1日から2023年3月31日までの第39期事業年度の第1四半期会計期間(2022年4月1日から2022年6月
    30日まで)及び第1四半期累計期間(2022年4月1日から2022年6月30日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期
    貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
    れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社新日本建物の2022年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終
    了する第1四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められな
    かった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」
    に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監
    査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断し
    ている。
    四半期財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
    を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
    正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期財務諸表を作成することが適切であ
    るかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関
    する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期財務諸表に対する結論を表明することにある。
                                16/17



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社新日本建物(E03994)
                                                            四半期報告書
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
     認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどう
     か結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
     四半期財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期財務諸表の注記事項が適切で
     ない場合は、四半期財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論
     は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業とし
     て存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に
     準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期財務諸表の表
     示、構成及び内容、並びに四半期財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が
     認められないかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要
    な発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

         報告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                17/17








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク