MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社 四半期報告書 第15期第1四半期(令和4年4月1日-令和4年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第15期第1四半期(令和4年4月1日-令和4年6月30日)
提出日
提出者 MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2022年8月5日
     【四半期会計期間】                   第15期第1四半期(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)
     【会社名】                   MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社
     【英訳名】                   MS&AD   Insurance     Group   Holdings,     Inc.
     【代表者の役職氏名】                   取締役社長 グループCEO 原 典之
     【本店の所在の場所】                   東京都中央区新川二丁目27番2号
     【電話番号】                   03-5117-0270(代表)
     【事務連絡者氏名】                   人事・総務部 文書・法務室 部長 平出 陽
     【最寄りの連絡場所】                   東京都中央区新川二丁目27番2号
     【電話番号】                   03-5117-0270(代表)
     【事務連絡者氏名】                   人事・総務部 文書・法務室 部長 平出 陽
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                         株式会社名古屋証券取引所
                         (名古屋市中区栄三丁目8番20号)
                                 1/32












                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                           第14期       第15期
              回次             第1四半期       第1四半期         第14期
                          連結累計期間       連結累計期間
                           自 2021年      自 2022年      自 2021年
                            4月1日        4月1日         4月1日
            連結会計期間
                           至 2021年      至 2022年      至 2022年
                            6月30日        6月30日         3月31日
                            1,298,270       1,314,730        5,132,042

     経常収益                (百万円)
                             981,247      1,027,597        3,609,052
     正味収入保険料                (百万円)
                             165,145        93,550       390,499
     経常利益                (百万円)
     親会社株主に帰属する
                             118,748        60,426       262,799
                     (百万円)
     四半期(当期)純利益
                             254,481               310,470
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)               △ 68,603
                            3,330,460       3,173,171        3,302,749
     純資産額                (百万円)
                           24,492,557       25,217,387        25,033,846
     総資産額                (百万円)
     1株当たり四半期
                             212.84       110.52        474.52
                       (円)
     (当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                             212.75       110.48        474.32
                       (円)
     四半期(当期)純利益
                              13.42       12.40        13.02
     自己資本比率                  (%)
     (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してお
          りません。
         2 当社及び一部の在外連結子会社が導入している株式報酬制度により設定された信託が保有する当社株式は、
          1株当たり四半期(当期)純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額の算定上、期
          中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
     2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。また、主要な関係会社に異動はありません。
                                 2/32








                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        本項に記載した将来に関する事項は、四半期報告書提出日現在において判断したものであります。
      (1) 財政状態及び経営成績の状況
         当第1四半期連結累計期間における当社グループの経営成績は次のとおりとなりました。
        [連結主要指標]

                     前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間
                      (自 2021年4月1日             (自 2022年4月1日
                                                比較増減        増減率
                      至 2021年6月30日)              至 2022年6月30日)
      正味収入保険料         (百万円)
                             981,247            1,027,597        46,350        4.7%
      生命保険料         (百万円)

                             83,194            △160,456      △243,651       △292.9%
      経常利益         (百万円)

                             165,145              93,550     △71,594       △43.4%
      親会社株主に帰属する四半期
                             118,748              60,426     △58,321       △49.1%
      純利益         (百万円)
         正味収入保険料は、国内損害保険事業において自動車損害賠償責任保険で減収したものの、海上保険や自動車保

        険などで増収し、海外事業においてもアジア、欧州、米州の各地域で増収したことや為替影響などにより、前年同
        期に比べ463億円増加し、1兆275億円となりました。
         生命保険料は、保険料収入は増加したものの、円安の影響等により運用目標値に到達した外貨建契約の払戻しが
        増加したことなどにより、前年同期に比べ2,436億円減少し、△1,604億円となりました。
         経常利益は、国内損害保険事業が6月の関東を中心とした雹災の影響や交通事故の増加による自動車保険の発生
        保険金(正味支払保険金と支払備金繰入額の合計)の増加を主因に減益となったこと、海外事業がロシアによるウ
        クライナ侵攻に関連する保険金の見積額を計上したことを主因に減益となったこと、また、国内生保事業において
        も減益となったことにより、前年同期に比べ715億円減少し、935億円となりました。経常利益に特別損益、法人税
        等などを加減した親会社株主に帰属する四半期純利益は、前年同期に比べ583億円減少し、604億円となりました。
                                 3/32










                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
         保険種目別の保険料・保険金は次のとおりであります。
        イ 元受正味保険料(含む収入積立保険料)

                     前第1四半期連結累計期間                     当第1四半期連結累計期間
                       (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                       至 2021年6月30日)                      至 2022年6月30日)
          区分
                    金額       構成比     対前年増減         金額       構成比     対前年増減
                   (百万円)         (%)     (△)率(%)        (百万円)         (%)     (△)率(%)
      火災               202,266        18.8       8.6      217,533        19.5       7.5

      海上                74,833        7.0      7.0       86,445        7.7      15.5

      傷害                81,996        7.6     △7.1        83,249        7.4      1.5

      自動車               436,409        40.6       3.1      441,951        39.6       1.3

      自動車損害賠償責任                73,416        6.8      2.5       68,998        6.2     △6.0

      その他               205,832        19.2       5.0      218,606        19.6       6.2

          合計          1,074,756         100.0       3.8     1,116,785         100.0       3.9

     (うち収入積立保険料)                (14,438)        (1.3)     (△41.2)         (11,928)        (1.1)     (△17.4)
     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺後の金額であります。
         2 元受正味保険料(含む収入積立保険料)とは、元受保険料から元受解約返戻金及び元受その他返戻金を控除
          したものであります。(積立型保険の積立保険料を含む。)
        ロ 正味収入保険料

                     前第1四半期連結累計期間                     当第1四半期連結累計期間
                       (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                       至 2021年6月30日)                      至 2022年6月30日)
          区分
                    金額       構成比     対前年増減         金額       構成比     対前年増減
                   (百万円)         (%)     (△)率(%)        (百万円)         (%)     (△)率(%)
      火災               144,502        14.7      15.0       156,133        15.2       8.0

      海上                55,880        5.7      5.7       63,237        6.2      13.2

      傷害                68,380        7.0      2.1       73,375        7.1      7.3

      自動車               448,658        45.7       3.1      458,172        44.6       2.1

      自動車損害賠償責任                69,866        7.1     △9.2        62,835        6.1     △10.1

      その他               193,959        19.8       4.4      213,844        20.8      10.3

          合計           981,247        100.0       4.0     1,027,597         100.0       4.7

     (注) 諸数値はセグメント間の内部取引相殺後の金額であります。
                                 4/32






                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
        ハ 正味支払保険金
                     前第1四半期連結累計期間                     当第1四半期連結累計期間
                       (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                       至 2021年6月30日)                      至 2022年6月30日)
          区分
                    金額       構成比     対前年増減         金額       構成比     対前年増減
                   (百万円)         (%)     (△)率(%)        (百万円)         (%)     (△)率(%)
      火災                94,958        20.5      12.4       111,520        22.0      17.4

      海上                17,391        3.8      0.6       19,092        3.8      9.8

      傷害                27,292        5.9     △10.7         32,525        6.4      19.2

      自動車               199,254        43.0       5.3      212,543        42.0       6.7

      自動車損害賠償責任                47,743        10.3     △12.3         45,359        9.0     △5.0

      その他                76,671        16.5      △4.3        85,274        16.8      11.2

          合計           463,312        100.0       1.6      506,315        100.0       9.3

     (注) 諸数値はセグメント間の内部取引相殺後の金額であります。
                                 5/32















                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
         セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。
      ① 国内損害保険事業(三井住友海上火災保険株式会社)

         連結子会社である三井住友海上火災保険株式会社の経営成績は次のとおりとなりました。
        [三井住友海上火災保険株式会社(単体)の主要指標]

                     前第1四半期累計期間             当第1四半期累計期間
                     (自 2021年4月1日             (自 2022年4月1日             比較増減        増減率
                      至 2021年6月30日)              至 2022年6月30日)
      正味収入保険料         (百万円)
                            389,049             391,446        2,397       0.6%
      正味損害率              (%)

                              57.0             61.6       4.6       -
      正味事業費率             (%)

                              34.1             34.3       0.2       -
      保険引受利益         (百万円)

                             36,182              6,305     △29,876       △82.6%
      経常利益             (百万円)

                             83,149             53,419      △29,729       △35.8%
      四半期純利益         (百万円)

                             63,784             42,920      △20,864       △32.7%
     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります
         2 正味損害率=(正味支払保険金+損害調査費)÷正味収入保険料
         3 正味事業費率=(諸手数料及び集金費+保険引受に係る営業費及び一般管理費)÷正味収入保険料
         保険引受の概況は次のとおりであります。

         正味収入保険料は、自動車損害賠償責任保険で減収したものの、海上保険や新種保険(以下の各表における区分
        上は「その他」に含まれる。)で増収したことなどにより、前年同期に比べ23億円増加し、3,914億円となりまし
        た。一方、正味支払保険金は、火災保険や自動車保険で増加したことなどにより、前年同期に比べ176億円増加
        し、2,161億円となりました。以上により、正味損害率は61.6%と、前年同期に比べ4.6ポイント上昇しました。ま
        た、保険引受に係る営業費及び一般管理費が増加したことなどにより、正味事業費率は34.3%と、前年同期に比べ
        0.2ポイント上昇しました。
         これらに収入積立保険料、満期返戻金、支払備金繰入額、責任準備金戻入額などを加減した保険引受利益は、前
        年同期に比べ298億円減少し、63億円となりました。
         資産運用の概況は次のとおりであります。

         利息及び配当金収入が前年同期に比べ63億円増加し、524億円となったことなどから、積立型保険の満期返戻金
        などに充当する運用益を控除した残額の資産運用収益は、前年同期に比べ48億円増加し、578億円となりました。
        一方、資産運用費用は、有価証券評価損が40億円増加したことなどにより、前年同期に比べ38億円増加し、63億円
        となりました。
         これらの結果、経常利益は前年同期に比べ297億円減少し、534億円となりました。四半期純利益は、前年同期に

        比べ208億円減少し、429億円となりました。
                                 6/32







                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
         保険種目別の保険料・保険金は次のとおりであります。
        イ 元受正味保険料(含む収入積立保険料)

                      前第1四半期累計期間                     当第1四半期累計期間
                       (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                       至 2021年6月30日)                      至 2022年6月30日)
          区分
                    金額       構成比     対前年増減         金額       構成比     対前年増減
                   (百万円)         (%)     (△)率(%)        (百万円)         (%)     (△)率(%)
      火災                80,057        17.2       5.1       85,287        17.8       6.5

      海上                27,230        5.8      8.8       34,424        7.2      26.4

      傷害                53,376        11.4     △11.5         53,816        11.2       0.8

      自動車               176,609        37.8       1.5      175,961        36.7      △0.4

      自動車損害賠償責任                35,183        7.5      1.2       32,851        6.8     △6.6

      その他                94,811        20.3       9.8       97,458        20.3       2.8

          合計           467,269        100.0       2.3      479,798        100.0       2.7

     (うち収入積立保険料)                (10,630)        (2.3)     (△42.7)         (8,578)        (1.8)     (△19.3)
     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 元受正味保険料(含む収入積立保険料)とは、元受保険料から元受解約返戻金及び元受その他返戻金を控除
          したものであります。(積立型保険の積立保険料を含む。)
        ロ 正味収入保険料

                      前第1四半期累計期間                     当第1四半期累計期間
                       (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                       至 2021年6月30日)                      至 2022年6月30日)
          区分
                    金額       構成比     対前年増減         金額       構成比     対前年増減
                   (百万円)         (%)     (△)率(%)        (百万円)         (%)     (△)率(%)
      火災                43,021        11.0      12.7       41,455        10.6      △3.6

      海上                15,346        3.9      8.4       20,242        5.2      31.9

      傷害                41,486        10.7       1.5       42,970        11.0       3.6

      自動車               173,868        44.7       1.4      173,402        44.3      △0.3

      自動車損害賠償責任                36,092        9.3     △11.2         32,185        8.2     △10.8

      その他                79,233        20.4      13.0       81,188        20.7       2.5

          合計           389,049        100.0       3.6      391,446        100.0       0.6

     (注) 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
                                 7/32







                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
        ハ 正味支払保険金
                      前第1四半期累計期間                     当第1四半期累計期間
                       (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                       至 2021年6月30日)                      至 2022年6月30日)
          区分
                    金額      対前年増減      正味損害率         金額      対前年増減      正味損害率
                   (百万円)       (△)率(%)        (%)      (百万円)       (△)率(%)        (%)
      火災                31,148       △3.9       75.9       44,276        42.1      109.9

      海上                6,764      △20.4        47.8        6,165      △8.9       32.3

      傷害                17,032       △6.5       45.0       21,271        24.9      53.5

      自動車                79,177        7.3      54.1       83,817        5.9      58.0

      自動車損害賠償責任                25,957      △11.8        80.3       24,629       △5.1       85.6

      その他                38,483       △1.9       50.8       36,033       △6.4       46.5

          合計           198,562        △1.5       57.0       216,193         8.9      61.6

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 正味損害率は正味支払保険金に損害調査費を加えて算出しております。
      ② 国内損害保険事業(あいおいニッセイ同和損害保険株式会社)

         連結子会社であるあいおいニッセイ同和損害保険株式会社の経営成績は次のとおりとなりました。
        [あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(単体)の主要指標]

                     前第1四半期累計期間             当第1四半期累計期間
                     (自 2021年4月1日             (自 2022年4月1日             比較増減        増減率
                      至 2021年6月30日)              至 2022年6月30日)
      正味収入保険料 (百万円)                       323,454             322,501        △952      △0.3%

      正味損害率    (%)                        58.5             65.7       7.2       -

      正味事業費率   (%)                        35.7             36.3       0.6       -

      保険引受利益  (百万円)                       20,556             11,776      △8,779       △42.7%

      経常利益    (百万円)                       39,824             36,096      △3,727       △9.4%

      四半期純利益  (百万円)                       27,089             23,985      △3,104       △11.5%

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 正味損害率=(正味支払保険金+損害調査費)÷正味収入保険料
         3 正味事業費率=(諸手数料及び集金費+保険引受に係る営業費及び一般管理費)÷正味収入保険料
         保険引受の概況は次のとおりであります。

         正味収入保険料は、自動車保険で増収したものの、自動車損害賠償責任保険や新種保険で減収したことなどによ
        り、前年同期に比べ9億円減少し、3,225億円となりました。一方、正味支払保険金は、自動車保険や新種保険で
        増加したことなどにより、前年同期に比べ215億円増加し、1,908億円となりました。以上により、正味損害率は
        65.7%と、前年同期に比べ7.2ポイント上昇しました。また、諸手数料及び集金費が増加したことなどにより、正
        味事業費率は36.3%と、前年同期に比べ0.6ポイント上昇しました。
         これらに収入積立保険料、満期返戻金、支払備金繰入額、責任準備金戻入額などを加減した保険引受利益は、前
        年同期に比べ87億円減少し、117億円となりました。
         資産運用の概況は次のとおりであります。

         利息及び配当金収入が前年同期に比べ32億円増加し212億円となり、また、有価証券売却益が前年同期に比べ65
        億円増加し141億円となったことなどから、積立型保険の満期返戻金などに充当する運用益を控除した残額の資産
        運用収益は、前年同期に比べ78億円増加し、329億円となりました。一方、資産運用費用は、有価証券売却損が増
        加したことなどにより、前年同期に比べ27億円増加し、57億円となりました。
                                 8/32



                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
         これらの結果、経常利益は前年同期に比べ37億円減少し、360億円となりました。四半期純利益は前年同期に比
        べ31億円減少し、239億円となりました。
         保険種目別の保険料・保険金は次のとおりであります。

        イ 元受正味保険料(含む収入積立保険料)

                      前第1四半期累計期間                     当第1四半期累計期間
                       (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                       至 2021年6月30日)                      至 2022年6月30日)
          区分
                    金額       構成比     対前年増減         金額       構成比     対前年増減
                   (百万円)         (%)     (△)率(%)        (百万円)         (%)     (△)率(%)
      火災                61,341        17.6       5.7       65,988        18.6       7.6

      海上                  -      -      -         -      -      -

      傷害                21,803        6.2     △2.0        22,510        6.4      3.2

      自動車               180,768        51.8       2.9      181,289        51.2       0.3

      自動車損害賠償責任                38,232        11.0       3.7       36,147        10.2      △5.5

      その他                46,656        13.4       7.5       47,980        13.6       2.8

          合計           348,802        100.0       3.7      353,916        100.0       1.5

     (うち収入積立保険料)                (3,808)        (1.1)     (△36.6)         (3,349)        (0.9)     (△12.1)
     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 元受正味保険料(含む収入積立保険料)とは、元受保険料から元受解約返戻金及び元受その他返戻金を控除
          したものであります。(積立型保険の積立保険料を含む。)
        ロ 正味収入保険料

                      前第1四半期累計期間                     当第1四半期累計期間
                       (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                       至 2021年6月30日)                      至 2022年6月30日)
          区分
                    金額       構成比     対前年増減         金額       構成比     対前年増減
                   (百万円)         (%)     (△)率(%)        (百万円)         (%)     (△)率(%)
      火災                40,453        12.5       6.4       39,818        12.3      △1.6

      海上                1,592        0.5     △15.0         1,605       0.5      0.8

      傷害                16,687        5.2      4.8       17,593        5.5      5.4

      自動車               191,757        59.3       4.1      194,827        60.4       1.6

      自動車損害賠償責任                33,688        10.4      △7.1        30,580        9.5     △9.2

      その他                39,273        12.1       8.9       38,076        11.8      △3.0

          合計           323,454        100.0       3.6      322,501        100.0      △0.3

     (注) 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
                                 9/32





                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
        ハ 正味支払保険金
                      前第1四半期累計期間                     当第1四半期累計期間
                       (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                       至 2021年6月30日)                      至 2022年6月30日)
          区分
                    金額      対前年増減      正味損害率         金額      対前年増減      正味損害率
                   (百万円)       (△)率(%)        (%)      (百万円)       (△)率(%)        (%)
      火災                36,051        13.4      92.8       40,765        13.1      106.7

      海上                1,304       30.3      82.1        2,827      116.7      176.7

      傷害                6,352      △1.8       44.0        7,079       11.4      46.8

      自動車                86,113        9.0      51.8       91,670        6.5      54.3

      自動車損害賠償責任                21,694      △12.8        73.6       20,642       △4.8       77.8

      その他                17,791        5.9      47.9       27,843        56.5      75.9

          合計           169,307         5.9      58.5       190,829        12.7      65.7

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 正味損害率は正味支払保険金に損害調査費を加えて算出しております。
      ③ 国内損害保険事業(三井ダイレクト損害保険株式会社)

         連結子会社である三井ダイレクト損害保険株式会社の経営成績は次のとおりとなりました。
         正味収入保険料は前年同期に比べ3億円減少し、86億円となりました。一方、正味支払保険金は前年同期に比べ
        1億円増加し、48億円となりました。正味損害率は63.8%と、前年同期に比べ3.7ポイント上昇しました。
         また、諸手数料及び集金費並びに保険引受に係る営業費及び一般管理費は前年同期並みの26億円となりました。
        正味事業費率は31.1%と、前年同期に比べ1.0ポイント上昇しました。
         保険引受利益は前年同期並みの10億円となりました。四半期純利益は前年同期並みの10億円となりました。
         この結果、出資持分考慮後の四半期純利益(セグメント利益)は前年同期に比べ1億円増加し、10億円となりま
        した。
        (注) 正味損害率=(正味支払保険金+損害調査費)÷正味収入保険料
            正味事業費率=(諸手数料及び集金費+保険引受に係る営業費及び一般管理費)÷正味収入保険料
                                10/32










                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
      ④ 国内生命保険事業(三井住友海上あいおい生命保険株式会社)
         連結子会社である三井住友海上あいおい生命保険株式会社の経営成績は次のとおりとなりました。
         保険料等収入は、個人保険の保険料が減少したことなどにより前年同期に比べ20億円減少し、1,174億円となり
        ました。
         経常利益は、新型コロナウイルス感染症による給付金請求が増加したことなどにより前年同期に比べ15億円減少
        し、87億円となりました。
         四半期純利益は前年同期に比べ11億円減少し、53億円となりました。
         保有契約高、新契約高及び保有契約年換算保険料の状況は次のとおりであります。

        イ 保有契約高

                    前事業年度              当第1四半期会計期間
                  (2022年3月31日)                (2022年6月30日)
         区分
                                         対前年度末
                   金額   (億円)         金額   (億円)
                                        増減(△)率(%)
      (1)  個人保険

                       232,274           230,817          △0.6
      (2)  個人年金保険
                        6,203           6,147         △0.9
      (3)  団体保険

                        96,180           98,072          2.0
      (4)  団体年金保険
                          2           2       △1.7
      個人合計((1)+(2))                  238,477           236,965          △0.6

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 個人年金保険については、年金支払開始前契約の年金支払開始時における年金原資と年金支払開始後契約の
          責任準備金を合計したものであります。
         3 団体年金保険については、責任準備金の金額であります。
        ロ 新契約高

                   前第1四半期累計期間                      当第1四半期累計期間
                    (自 2021年4月1日                      (自 2022年4月1日
                    至 2021年6月30日)                       至 2022年6月30日)
         区分
                新契約+転換             転換による      新契約+転換                   転換による
                        新契約                  対前年増減       新契約
                による純増加              純増加     による純増加                    純増加
                        (億円)                   (△)率(%)       (億円)
                 (億円)             (億円)       (億円)                   (億円)
      (1)  個人保険
                   4,721      4,721        -      3,372     △28.6      3,372        -
      (2)  個人年金保険
                    11      11      -        8   △24.6         8     -
      (3)  団体保険

                    160      160      ―        235     46.6      235      ―
      (4)  団体年金保険
                    -      -     ―        -      -      -     ―
        個人合計

                   4,732      4,732        -      3,381     △28.5      3,381        -
       ((1)+(2))
     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 新契約の個人年金保険の金額は年金支払開始時における年金原資であります。
                                11/32





                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
        ハ 保有契約年換算保険料
                    前事業年度              当第1四半期会計期間
                  (2022年3月31日)                (2022年6月30日)
         区分
                                         対前年度末
                   金額   (億円)         金額   (億円)
                                        増減(△)率(%)
      個人保険                   4,057           4,049         △0.2

      個人年金保険                    381           379        △0.4
          合計               4,438           4,428         △0.2

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 年換算保険料とは、1回当たりの保険料について保険料の支払方法に応じた係数を乗じ、1年当たりの保険
          料に換算した金額(一時払契約等は、保険料を保険期間で除した金額)であります。
         個人保険・個人年金保険を合計した新契約高は、収入保障保険の減少などにより前年同期に比べ1,350億円減少

        し、3,381億円となりました。一方、個人保険・個人年金保険を合計した解約失効契約高は前年同期に比べ386億円
        減少し、3,312億円となりました。これらの結果、個人保険・個人年金保険を合計した保有契約高は前事業年度末
        に比べ0.6%減少し、23兆6,965億円となりました。
         保有契約年換算保険料は前事業年度末に比べ9億円減少し、4,428億円となりました。
      ⑤ 国内生命保険事業(三井住友海上プライマリー生命保険株式会社)

         連結子会社である三井住友海上プライマリー生命保険株式会社の経営成績は次のとおりとなりました。
         保険料等収入は、マーケット環境の改善に加え、主力商品の改定や営業・研修活動の積極展開により前年同期に
        比べ889億円増加し、3,094億円となりました。
         経常利益は、新たに標準責任準備金制度の対象となった外貨建保険に係る責任準備金繰入負担や金利上昇に伴う
        債券等の評価損などにより前年同期に比べ155億円減少し、54億円となりました。
         四半期純利益は前年同期に比べ117億円減少し、32億円となりました。
         保有契約高、新契約高及び保有契約年換算保険料の状況は次のとおりであります。

        イ 保有契約高

                    前事業年度              当第1四半期会計期間
                  (2022年3月31日)                (2022年6月30日)
         区分
                                         対前年度末
                   金額   (億円)         金額   (億円)
                                        増減(△)率(%)
      (1)  個人保険

                        45,874           46,105          0.5
      (2)  個人年金保険
                        22,161           21,721         △2.0
      (3)  団体保険

                          -           -         -
      (4)  団体年金保険
                          -           -         -
      個人合計((1)+(2))                  68,036           67,827         △0.3

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 個人年金保険については、年金支払開始前契約の年金支払開始時における年金原資(ただし、個人変額年金
          保険については保険料積立金)と年金支払開始後契約の責任準備金を合計したものであります。
                                12/32





                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
        ロ 新契約高
                   前第1四半期累計期間                      当第1四半期累計期間
                    (自 2021年4月1日                      (自 2022年4月1日
                    至 2021年6月30日)                       至 2022年6月30日)
         区分
                新契約+転換             転換による      新契約+転換                   転換による
                        新契約                  対前年増減       新契約
                による純増加              純増加     による純増加                    純増加
                        (億円)                   (△)率(%)       (億円)
                 (億円)             (億円)       (億円)                   (億円)
      (1)  個人保険

                   1,785      1,785        -      2,262      26.7     2,262        -
      (2)  個人年金保険
                    194      194      -       366     88.2      366      -
      (3)  団体保険

                    -      -     ―        -      -      -     ―
      (4)  団体年金保険
                    -      -     ―        -      -      -     ―
        個人合計

                   1,980      1,980        -      2,628      32.7     2,628        -
       ((1)+(2))
     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 新契約の個人年金保険の金額は、年金支払開始時における年金原資(ただし、個人変額年金保険については
          契約時の保険料積立金)であります。
        ハ 保有契約年換算保険料

                    前事業年度              当第1四半期会計期間
                  (2022年3月31日)                (2022年6月30日)
         区分
                                         対前年度末
                   金額   (億円)         金額   (億円)
                                        増減(△)率(%)
      個人保険                   4,284           4,472          4.4

      個人年金保険                   2,475           2,471         △0.2

          合計               6,759           6,943          2.7

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 年換算保険料とは、1回当たりの保険料について保険料の支払方法に応じた係数を乗じ、1年当たりの保険
          料に換算した金額(一時払契約等は、保険料を保険期間で除した金額)であります。
         個人保険・個人年金保険を合計した新契約高は前年同期に比べ648億円増加し、2,628億円となりました。一方、

        個人保険・個人年金保険を合計した解約失効契約高は前年同期に比べ2,636億円増加し、4,274億円となりました。
        個人保険・個人年金保険を合計した保有契約高は、解約の影響等により前事業年度末に比べ0.3%減少し、6兆
        7,827億円となりました。
         保有契約年換算保険料は前事業年度末に比べ184億円増加し、6,943億円となりました。
                                13/32








                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
      ⑥ 海外事業(海外保険子会社)
         海外保険子会社セグメントの経営成績は次のとおりとなりました。
        [海外保険子会社の主要指標]

                     前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                      (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日             比較増減       増減率
                       至 2021年6月30日)               至 2022年6月30日)
     正味収入保険料            (百万円)
                             259,781              304,929       45,147      17.4%
     経常利益               (百万円)

                              13,233              1,124     △12,108      △91.5%
     セグメント利益
                              8,873             △2,560      △11,433      △128.9%
     又は損失(△)            (百万円)
     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 セグメント損益は出資持分考慮後の四半期純損益に相当する金額であります。
         正味収入保険料は、アジア、欧州、米州の各地域で増収したことや為替影響などにより前年同期に比べ451億円

        増加し、3,049億円となりました。
         経常利益は、ロシアによるウクライナ侵攻に関連する保険金の見積額を計上したことや各地域における資産運用
        損益の減少を主因に前年同期に比べ121億円減少し、11億円となりました。
         出資持分考慮後の四半期純損益(セグメント損益)は前年同期に比べ114億円減少し、25億円の損失となりまし
        た。
         財政状態は次のとおりであります。

         当第1四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べ1,835億円増加し、25兆2,173億円となりまし
        た。主な総資産の内訳は、有価証券が16兆6,070億円(前連結会計年度末比3,522億円減少)、現金及び預貯金が2
        兆4,304億円(同734億円増加)、金銭の信託が2兆959億円(同567億円増加)であります。
      (2) 会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
        析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な変更はありません。
      (3) 経営方針・経営戦略等若しくは指標等

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等若しくは指標等について
        重要な変更及び新たに定めたものはありません。
      (4) 事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更及び新たに生じた課題
        はありません。
      (5) 研究開発活動

         該当事項はありません。
      (6) 主要な設備

         当第1四半期連結累計期間において、新たに確定した重要な設備の改修の計画は以下のとおりであります。
                                  投資予定金額                着手及び完了予定
       会社名           セグメントの                         資金調達
             所在地              内容
       設備名             名称              総額    既支払額       方法
                                                  着手     完了
                                 (百万円)     (百万円)
     あいおいニッ

     セイ同和損害        大阪市     あいおいニッ                               2022年     2027年
                         改修工事         2,301      -  自己資金
     保険株式会社        中央区     セイ同和損保                               10月     2月
     御堂筋ビル
     3【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                14/32


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                     900,000,000

                  計                                   900,000,000

        ②【発行済株式】

                第1四半期会計期間末              提出日現在
         種類         現在発行数(株)             発行数(株)         上場金融商品取引所名               内容
                (2022年6月30日)            (2022年8月5日)
                                         東京証券取引所
                                         (プライム市場)
                    593,632,891            593,767,347
        普通株式                                            単元株式数100株
                                         名古屋証券取引所
                                         (プレミア市場)
                    593,632,891            593,767,347
         計                                   ―          ―
     (注) 2022年6月27日開催の取締役会決議により、2022年7月26日付で譲渡制限付株式報酬としての新株式の発行を
         行い、提出日現在、発行済株式総数が134,456株増加しております。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                       資本準備金       資本準備金
                              資本金増減額        資本金残高
        年月日
                総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                               (百万円)       (百万円)
                (千株)       (千株)                      (百万円)       (百万円)
     2022年4月1日~
                     -     593,632          -     100,534          -     729,790
     2022年6月30日
     (注) 2022年6月27日開催の取締役会決議により、2022年7月26日付で譲渡制限付株式報酬としての新株式の発行を
         行い、提出日現在、発行済株式総数が134千株、資本金及び資本準備金がそれぞれ274百万円増加しております。
      (5)【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                15/32






                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
          当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の確認ができないため、記載するこ
         とができないことから、直前の基準日である2022年3月31日現在の株主名簿により記載しております。
        ①【発行済株式】
                                                 (2022年6月30日現在)
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                              -            -       -

      議決権制限株式(自己株式等)                              -            -       -

      議決権制限株式(その他)                              -            -       -

                         (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                         -  単元株式数100株
                               46,187,000
                         普通株式
                               545,874,400            5,458,744
      完全議決権株式(その他)                    普通株式                        同上
                                                 一単元(100株)未満
                                1,571,491
      単元未満株式                    普通株式                      -
                                                 の株式
                               593,632,891
      発行済株式総数                                         -       -
                                           5,458,744
      総株主の議決権                              -                  -
     (注)1 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が1,700株含まれ
           ております。
           なお、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数17個は、「議決権の数」欄に含まれております。
         2 「単元未満株式」欄の普通株式には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が11株、自己株式が24株含まれ
           ております。
        ②【自己株式等】

                                                (2022年6月30日現在)
                                                    発行済株式総数
                              自己名義所有        他人名義所有       所有株式数の
       所有者の氏名又は名称              所有者の住所                               に対する所有株
                              株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    式数の割合(%)
     (自己保有株式)
     MS&ADインシュアランス               東京都中央区新川
                               46,187,000               46,187,000           7.78
                                          -
     グループホールディングス               二丁目27番2号
     株式会社
                               46,187,000               46,187,000           7.78
           計            -                   -
    (注) 新株予約権の行使及び単元未満株式の買増・買取により、当第1四半期会計期間末日現在の自己株式数は、
        46,142,102株となっております。
     2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                16/32







                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1 四半期連結財務諸表の作成方法について

        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)並びに同規則第61条及び第82条の規定に基づき「保険業法施行規則」(平成8年大蔵省令第5号)に準拠
      して作成しております。
     2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(自 2022年4月1日 
      至 2022年6月30日)及び第1四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)に係る四半期連結
      財務諸表について、有限責任              あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                17/32

















                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年6月30日)
     資産の部
                                       2,357,036              2,430,442
       現金及び預貯金
                                        146,489              148,029
       買入金銭債権
                                       2,039,135              2,095,924
       金銭の信託
                                      16,959,321              16,607,069
       有価証券
                                        985,242              991,349
       貸付金
                                        487,691              489,534
       有形固定資産
                                        443,159              444,369
       無形固定資産
                                       1,529,465              1,866,521
       その他資産
                                        30,265              30,809
       退職給付に係る資産
                                        40,653              98,779
       繰延税金資産
                                       ※2  23,000             ※2  23,000
       支払承諾見返
                                        △ 7,614             △ 8,444
       貸倒引当金
                                      25,033,846              25,217,387
       資産の部合計
     負債の部
                                      18,608,139              18,736,927
       保険契約準備金
                                       2,467,600              2,540,158
        支払備金
                                      16,140,539              16,196,769
        責任準備金等
                                        782,902              782,902
       社債
                                       1,837,250              2,059,061
       その他負債
                                        137,710              135,155
       退職給付に係る負債
                                          176              158
       役員退職慰労引当金
                                        30,006              11,687
       賞与引当金
                                                        252
       株式給付引当金                                    -
                                        266,381              269,271
       特別法上の準備金
                                        266,381              269,271
        価格変動準備金
                                        45,528              25,798
       繰延税金負債
                                       ※2  23,000             ※2  23,000
       支払承諾
                                      21,731,096              22,044,215
       負債の部合計
     純資産の部
       株主資本
                                        100,534              100,534
        資本金
                                        553,680              552,805
        資本剰余金
                                       1,251,280              1,258,331
        利益剰余金
                                       △ 159,850             △ 164,592
        自己株式
                                       1,745,644              1,747,078
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                       1,565,167              1,361,971
        その他有価証券評価差額金
        繰延ヘッジ損益                                 △ 998            △ 12,612
                                                       30,643
        為替換算調整勘定                               △ 52,492
                                         1,566              1,122
        退職給付に係る調整累計額
                                       1,513,242              1,381,124
        その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   762              607
                                        43,099              44,361
       非支配株主持分
                                       3,302,749              3,173,171
       純資産の部合計
                                      25,033,846              25,217,387
     負債及び純資産の部合計
                                18/32




                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年6月30日)               至 2022年6月30日)
                                       1,298,270              1,314,730
     経常収益
                                     ※2  1,116,658              ※2  903,596
       保険引受収益
                                        981,247             1,027,597
        (うち正味収入保険料)
                                        14,438              11,928
        (うち収入積立保険料)
                                         8,789              8,518
        (うち積立保険料等運用益)
                                       ※1  83,194           ※1  △ 160,456
        (うち生命保険料)
                                        26,669
        (うち支払備金戻入額)                                                -
                                      ※3  173,224             ※3  402,657
       資産運用収益
                                        94,030              105,990
        (うち利息及び配当金収入)
                                        15,425              179,495
        (うち金銭の信託運用益)
                                        29,137              31,004
        (うち有価証券売却益)
                                        37,915
        (うち特別勘定資産運用益)                                                -
        (うち積立保険料等運用益振替)                                △ 8,789             △ 8,518
                                         8,387              8,476
       その他経常収益
                                       1,133,125              1,221,179
     経常費用
                                        930,247              944,861
       保険引受費用
                                        463,312              506,315
        (うち正味支払保険金)
                                        47,764              51,365
        (うち損害調査費)
                                        189,349              194,447
        (うち諸手数料及び集金費)
                                        39,745              37,011
        (うち満期返戻金)
                                        102,478               87,085
        (うち生命保険金等)
                                                       45,414
        (うち支払備金繰入額)                                  -
                                        86,610              22,159
        (うち責任準備金等繰入額)
                                        25,219              91,533
       資産運用費用
                                          482             19,870
        (うち金銭の信託運用損)
                                         4,276              4,576
        (うち売買目的有価証券運用損)
                                         1,046              14,000
        (うち有価証券売却損)
                                         7,023              7,492
        (うち有価証券評価損)
                                                       44,828
        (うち特別勘定資産運用損)                                  -
                                        171,804              178,654
       営業費及び一般管理費
                                         5,854              6,130
       その他経常費用
                                         3,854              2,529
        (うち支払利息)
                                        165,145               93,550
     経常利益
     特別利益                                     243               38
                                          243               38
       固定資産処分益
                                         3,903              8,245
     特別損失
                                         1,099              3,988
       固定資産処分損
                                         1,025              1,365
       減損損失
                                         1,778              2,890
       特別法上の準備金繰入額
                                         1,778              2,890
        価格変動準備金繰入額
                                        161,485               85,343
     税金等調整前四半期純利益
                                        42,085              23,832
     法人税等
                                        119,399               61,511
     四半期純利益
                                          651             1,084
     非支配株主に帰属する四半期純利益
                                        118,748               60,426
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                19/32




                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年6月30日)               至 2022年6月30日)
                                        119,399               61,511
     四半期純利益
     その他の包括利益
                                        59,580
       その他有価証券評価差額金                                              △ 201,693
       繰延ヘッジ損益                                 △ 2,028             △ 10,894
                                        70,200              70,369
       為替換算調整勘定
       退職給付に係る調整額                                  △ 493             △ 441
                                         7,823              12,544
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        135,082
       その他の包括利益合計                                              △ 130,114
                                        254,481
     四半期包括利益                                                △ 68,603
     (内訳)
                                        252,929
       親会社株主に係る四半期包括利益                                               △ 71,690
                                         1,552              3,087
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                20/32















                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
     (税金費用の計算)
      国内連結会社の税金費用については、主として、税引前四半期純利益に一時差異等に該当しない差異の金額が重要な
     場合にはその金額を加減した上で法定実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

     (従業員向け株式報酬制度)
      当社は、当第1四半期連結会計期間より、当社の連結子会社である三井住友海上火災保険株式会社、あいおいニッセ
     イ同和損害保険株式会社、三井ダイレクト損害保険株式会社、三井住友海上あいおい生命保険株式会社及び三井住友海
     上プライマリー生命保険株式会社(以下、「参加会社」という。)の従業員向け株式報酬制度(以下、「本制度」とい
     う。)を導入しております。
      (1)  取引の概要
         本制度は、参加会社の従業員(以下、「従業員」という。)のうち一定の要件を充足する者に対して、当社が設
        定した株式交付信託を通じて当社株式を交付する仕組みであります。従業員に交付される当社株式の数は、従業員
        区分に基づく区分や当社グループの業績等に応じて付与されるポイント数によって定まります。信託は、参加会社
        から当社を介して拠出された資金を基に、交付が見込まれる相当数の当社株式を株式市場から一括して取得してお
        ります。
      (2)  信託に残存する自社の株式
         信託に残存する当社株式を信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により純資産の部に自己株式とし
        て計上しております。当第1四半期連結会計期間末の当該自己株式の帳簿価額は4,034百万円、株式数は990千株で
        あります。
     (グループ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する取扱いの適用)

      当社及び一部の国内連結子会社は、当第1四半期連結会計期間より、連結納税制度からグループ通算制度へ移行して
     おります。これに伴い、法人税及び地方法人税並びに税効果会計の会計処理及び開示については、「グループ通算制度
     を適用する場合の会計処理及び開示に関する取扱い」(企業会計基準委員会 実務対応報告第42号 2021年8月12日。
     以下、「実務対応報告第42号」という。)に従っております。また、実務対応報告第42号第32項(1)に基づき、実務対
     応報告第42号の適用に伴う会計方針の変更による影響はないものとみなしております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

     1 保険業法第118条に規定する特別勘定の資産及び負債の額は次のとおりであります。
                            (単位:百万円)
         前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
        (2022年3月31日)               (2022年6月30日)
               1,888,006               1,720,462
    ※2 リミテッド・パートナーシップが行う取引の履行に関する保証

      前連結会計年度(2022年3月31日)
       三井住友海上火災保険株式会社は、リミテッド・パートナーシップが行う取引の履行に関して保証を行っておりま
      す。なお、当連結会計年度末時点における当該保証対象取引の現在価値の合計額は64,113百万円であり、実質保証額
      がないため、支払承諾見返及び支払承諾には計上しておりません。
      当第1四半期連結会計期間(2022年6月30日)

       三井住友海上火災保険株式会社は、リミテッド・パートナーシップが行う取引の履行に関して保証を行っておりま
      す。なお、当四半期連結会計期間末時点における当該保証対象取引の現在価値の合計額は47,810百万円であり、実質
      保証額がないため、支払承諾見返及び支払承諾には計上しておりません。
                                21/32





                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結損益計算書関係)
    ※1 生命保険料は、保険料収入から解約等の返戻金(以下、「解約返戻金等」という。)及び支払再保険料を控除して
      表示しており、その内訳は次のとおりであります。
                                             (単位:百万円)
                         前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                         (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                          至 2021年6月30日)                 至 2022年6月30日)
      保険料収入                           329,261               380,077
      解約返戻金等及び支払再保険料                          △246,066               △540,534
      生命保険料                            83,194             △160,456
    ※2 保険引受収益には、外貨建再保険取引に関する為替リスクの軽減を目的としたデリバティブ取引に係る金融派生商

      品収益を含んでおり、その金額は次のとおりであります。
                                             (単位:百万円)
                         前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                         (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                          至 2021年6月30日)                 至 2022年6月30日)
      保険引受収益                              88             7,177
    ※3 資産運用収益には為替差益を含んでおり、その金額は次のとおりであります。

                                             (単位:百万円)
                         前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                         (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                          至 2021年6月30日)                 至 2022年6月30日)
      資産運用収益                            2,058              75,294
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期連結
    累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとおりであ
    ります。
                                      (単位:百万円)
                  前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間

                   (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                    至 2021年6月30日)                 至 2022年6月30日)
      減価償却費                      19,814               22,460
      のれんの償却額                      2,911               3,375
                                22/32








                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
        (株主資本等関係)
    前第1四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)
    1 配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり
        決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     2021年6月28日
                普通株式         44,656         80   2021年3月31日         2021年6月29日         利益剰余金
     定時株主総会
    2 基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日後と

     なるもの
      該当事項はありません。
    当第1四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)

    1 配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり
        決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     2022年6月27日
                普通株式         53,375        97.5    2022年3月31日         2022年6月28日         利益剰余金
     定時株主総会
    (注) 2022年6月27日定時株主総会の決議による配当金の総額には、一部の在外連結子会社が導入している株式報酬制
        度により設定された信託が保有する当社株式に対する配当金20百万円を含んでおります。
    2 基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日後と

     なるもの
      該当事項はありません。
                                23/32












                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
     1    報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
      前第1四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)
                                                    (単位:百万円)
                           国内損害保険事業                     国内生命保険事業
                            (あいおいニッ        (三井ダイレクト         (三井住友海上        (三井住友海上プ
                   (三井住友海上)
                            セイ同和損保)          損保)      あいおい生命)        ライマリー生命)
                      389,049        323,454         8,961       119,358        196,986
      売上高(注1)
      セグメント利益又は
                       63,784        27,089          837       6,517        15,088
      損失(△)
                                                    (単位:百万円)

                                                    四半期連結損益
                     海外事業
                              その他                 調整額
                                      合計               計算書計上額
                              (注2)                (注3、4)
                   (海外保険子会社)
                                                       (注5)
                      270,031         3,795      1,311,637                 1,064,441
      売上高(注1)                                        △ 247,195
      セグメント利益又は
                       8,873        4,397       126,589                 118,748
                                               △ 7,841
      損失(△)
     (注)1 売上高は、損害保険事業にあっては正味収入保険料、生命保険事業にあっては保険料収入、その他の事業に
         あっては経常収益、四半期連結損益計算書計上額にあっては正味収入保険料及び生命保険料の合計の金額を記載
         しております。
        2 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメント及びその他の収益を稼得する事業活動であ
         り、報告セグメント以外の国内保険会社が営む国内損害保険事業、国内保険会社以外のグループ会社が営む金融
         サービス事業及びリスク関連サービス事業並びに当社によるグループ会社以外の会社への事業投資であります。
        3 売上高の調整額は、四半期連結損益計算書の生命保険料と生命保険事業における保険料収入との差額△
         246,066百万円、その他の事業に係る経常収益の調整額△1,128百万円であります。
        4 セグメント利益又は損失の調整額は、セグメント間取引消去△9,211百万円、各報告セグメントに配分してい
         ない全社費用△3,142百万円、前連結会計年度に計上した海外保険子会社の事業年度の末日と連結会計年度の末
         日との差異期間に生じた自然災害(2021年2月北米寒波)に係る損益の調整額戻入10,300百万円のほか、国内保
         険子会社に対するパーチェス法適用に係る損益の調整額やのれんの償却額等△5,787百万円を含んでおります。
         全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない当社の管理部門に係る費用であります。
        5 セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の親会社株主に帰属する四半期純利益と調整を行っており
         ます。
                                24/32









                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
      当第1四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)
                                                    (単位:百万円)
                           国内損害保険事業                     国内生命保険事業
                            (あいおいニッ        (三井ダイレクト         (三井住友海上        (三井住友海上プ
                   (三井住友海上)
                            セイ同和損保)          損保)      あいおい生命)        ライマリー生命)
                      391,446        322,501         8,652       117,134        255,701
      売上高(注1)
      セグメント利益又は
                       42,920        23,985         1,007        5,397        3,289
      損失(△)
                                                    (単位:百万円)

                                                    四半期連結損益
                     海外事業
                              その他                 調整額
                                      合計               計算書計上額
                              (注2)                (注3、4)
                   (海外保険子会社)
                                                       (注5)
                      309,855         7,100      1,412,394                  867,141
      売上高(注1)                                        △ 545,253
      セグメント利益又は
                                3,491        77,531                 60,426
                      △ 2,560                       △ 17,104
      損失(△)
     (注)1 売上高は、損害保険事業にあっては正味収入保険料、生命保険事業にあっては保険料収入、その他の事業に
         あっては経常収益、四半期連結損益計算書計上額にあっては正味収入保険料及び生命保険料の合計の金額を記載
         しております。
        2 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメント及びその他の収益を稼得する事業活動であ
         り、報告セグメント以外の国内保険会社が営む国内損害保険事業、国内保険会社以外のグループ会社が営む金融
         サービス事業及びリスク関連サービス事業並びに当社によるグループ会社以外の会社への事業投資であります。
        3 売上高の調整額は、四半期連結損益計算書の生命保険料と生命保険事業における保険料収入との差額△
         540,534百万円、その他の事業に係る経常収益の調整額△4,718百万円であります。
        4 セグメント利益又は損失の調整額は、セグメント間取引消去△9,170百万円、各報告セグメントに配分してい
         ない全社費用△3,073百万円のほか、国内保険子会社に対するパーチェス法適用に係る損益の調整額やのれんの
         償却額等△4,859百万円を含んでおります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない当社の管理部門に係
         る費用であります。
        5 セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の親会社株主に帰属する四半期純利益と調整を行っており
         ます。
     2 報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

      (固定資産に係る重要な減損損失)
      前第1四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)
        不動産が売却予定となったこと等により、「あいおいニッセイ同和損保」において1,704百万円の減損損失を計上
      しております。
      当第1四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)

        遊休不動産に係る不動産価格の下落等により、「あいおいニッセイ同和損保」において1,497百万円の減損損失を
      計上しております。
                                25/32






                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
        (有価証券関係)
      本項目は企業集団の事業の運営において重要なものとして記載しております。
     1 満期保有目的の債券

     前連結会計年度(2022年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
           種類         連結貸借対照表計上額                  時価              差額

      公社債                    1,220,261              1,355,323               135,061

      外国証券                      3,875              3,852              △22

      その他                      12,794              12,794                -

           合計               1,236,931              1,371,971               135,039

     (注) 連結貸借対照表において買入金銭債権として処理されているコマーシャルペーパーを「その他」に含めてお
         ります。
     当第1四半期連結会計期間(2022年6月30日)

                                                    (単位:百万円)
                    四半期連結貸借対照表
           種類                           時価              差額
                        計上額
      公社債                    1,222,835              1,318,313               95,477

      外国証券                      4,324              4,426               101

      その他                      10,234              10,234                -

           合計               1,237,395              1,332,975               95,579

     (注) 四半期連結貸借対照表において買入金銭債権として処理されているコマーシャルペーパーを「その他」に含
         めております。
     2 責任準備金対応債券

     前連結会計年度(2022年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
           種類         連結貸借対照表計上額                  時価              差額

      公社債                    1,928,505              1,808,470              △120,034

      外国証券                     762,307              765,773               3,466
           合計               2,690,812              2,574,244              △116,567

     当第1四半期連結会計期間(2022年6月30日)

                                                    (単位:百万円)
                    四半期連結貸借対照表
           種類                           時価              差額
                        計上額
      公社債                    1,948,829              1,688,145              △260,683

      外国証券                     592,010              564,374             △27,636

           合計               2,540,839              2,252,520              △288,319

                                26/32




                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
     3 その他有価証券
     前連結会計年度(2022年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
           種類            取得原価           連結貸借対照表計上額                  差額

      公社債                     2,942,768              3,091,347               148,578

      株式                      943,916             2,782,250              1,838,333

      外国証券                     3,476,345              3,666,310               189,964

      その他                      294,132              311,557              17,424

           合計                7,657,163              9,851,465              2,194,301

     (注)1 市場価格のない株式等及び組合出資金等は、上表には含めておりません。
         2 連結貸借対照表において現金及び預貯金として処理されている譲渡性預金並びに買入金銭債権として処理
          されているコマーシャルペーパー及び貸付債権信託受益権を「その他」に含めております。
         3 その他有価証券(市場価格のない株式等及び組合出資金等を除く。)について32,701百万円(うち、株式
          2,724百万円、外国証券29,976百万円)減損処理を行っております。
           なお、当社及び国内連結子会社は、原則として、時価が取得原価に比べて30%以上下落した銘柄を対象に
          減損処理を行っております。
     当第1四半期連結会計期間(2022年6月30日)

                                                    (単位:百万円)
                                  四半期連結貸借対照表
           種類            取得原価                            差額
                                      計上額
      公社債                     2,887,835              2,986,981               99,145

      株式                      927,558             2,658,138              1,730,579

      外国証券                     3,689,508              3,820,702               131,193

      その他                      305,395              310,421               5,026

           合計                7,810,297              9,776,243              1,965,945

     (注)1 市場価格のない株式等及び組合出資金等は、上表には含めておりません。
         2 四半期連結貸借対照表において現金及び預貯金として処理されている譲渡性預金並びに買入金銭債権とし
          て処理されているコマーシャルペーパー及び貸付債権信託受益権を「その他」に含めております。
         3 その他有価証券(市場価格のない株式等及び組合出資金等を除く。)について6,568百万円(うち、株式
          429百万円、外国証券6,138百万円)減損処理を行っております。
           なお、当社及び国内連結子会社は、原則として、時価が取得原価に比べて30%以上下落した銘柄を対象に
          減損処理を行っております。
                                27/32







                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
        (金銭の信託関係)
     企業集団の事業の運営において重要なものであり、かつ、前連結会計年度の末日に比して著しい変動が認められるもの
    は、次のとおりであります。
    運用目的、満期保有目的以外の金銭の信託

    前連結会計年度(2022年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
          種類             取得原価           連結貸借対照表計上額                  差額

      金銭の信託                     1,294,713              1,261,657              △33,055

    当第1四半期連結会計期間(2022年6月30日)

                                                    (単位:百万円)
                                  四半期連結貸借対照表
          種類             取得原価                             差額
                                     計上額
      金銭の信託                     1,506,991              1,425,240              △81,750

                                28/32















                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
      1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下
     のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                 至 2021年6月30日)                 至 2022年6月30日)
    (1)1株当たり四半期純利益                                 212円84銭               110円52銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                       118,748                60,426
      (百万円)
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -               -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                       118,748                60,426
      四半期純利益(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                 557,897               546,715
    (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                 212円75銭               110円48銭

     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
      (百万円)
      普通株式増加数(千株)                                   251               188
      (うち新株予約権(千株))                                   (251)               (188)

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式
                                          -               -
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
     の概要
    (注) 当社及び一部の在外連結子会社が導入している株式報酬制度により設定された信託が保有する当社株式は、1株
        当たり四半期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額の算定上、期中平均株式数の計算におい
        て控除する自己株式に含めております。なお、当第1四半期連結累計期間に控除した当該自己株式の期中平均株式
        数は770千株であります。
        (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
     2【その他】

       該当事項はありません。
                                29/32







                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                30/32




















                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
                      独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2022年8月5日

    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社

      取締役会 御中

                          有限責任     あずさ監査法人

                           東京事務所
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             山 田 裕 行
                            業  務  執  行  社  員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             廣 瀨 文 人
                            業  務  執  行  社  員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             石 井 顕 一
                            業  務  執  行  社  員
    監査人の結論
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているMS&ADイン
    シュアランスグループホールディングス株式会社の2022年4月1日から2023年3月31日までの連結会計年度の第1四半期
    連結会計期間(2022年4月1日から2022年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2022年4月1日から2022年6月
    30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益
    計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社及び
    連結子会社の2022年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示
    していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー手
     続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される
     年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                31/32


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                            四半期報告書
    ・継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認めら
     れると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどう
     か結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四
     半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が適
     切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の
     結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業と
     して存続できなくなる可能性がある。
    ・四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基
     準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務諸
     表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせ
     る事項が認められないかどうかを評価する。
    ・四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査人
     は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査人
     の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                         以 上
     (注)1 上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。
         2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                32/32












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク