株式会社東邦銀行 四半期報告書 第120期第1四半期(令和4年4月1日-令和4年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第120期第1四半期(令和4年4月1日-令和4年6月30日)
提出日
提出者 株式会社東邦銀行
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】                   四半期報告書

    【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                   関東財務局長

    【提出日】                   2022年8月3日

    【四半期会計期間】                   第120期第1四半期(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)

    【会社名】                   株式会社東邦銀行

    【英訳名】                   The Toho Bank, Ltd.

    【代表者の役職氏名】                   取締役頭取  佐 藤  稔

    【本店の所在の場所】                   福島県福島市大町3番25号

    【電話番号】                   福島(024)523-3131(大代表)

    【事務連絡者氏名】                   常務執行役員総合企画部長  田 辺 直 之

    【最寄りの連絡場所】                   東京都中央区京橋一丁目6番1号

                      株式会社東邦銀行         総合企画部東京事務所
    【電話番号】                   東京(03)3535-5835(代表)

    【事務連絡者氏名】                   総合企画部東京事務所長  佐 藤 恭 央

    【縦覧に供する場所】                   株式会社東邦銀行東京支店

                       (東京都中央区京橋一丁目6番1号)

                      株式会社東京証券取引所

                       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/25







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                          2021年度第1四半期           2022年度第1四半期

                                                   2021年度
                            連結累計期間           連結累計期間
                          (自  2021年4月1日          (自  2022年4月1日          (自  2021年4月1日
                          至 2021年6月30日       )   至 2022年6月30日       )   至 2022年3月31日       )
    経常収益                 百万円           15,357           15,356           60,227
     うち信託報酬                 百万円             0           0           0

    経常利益                 百万円           2,467           2,470           10,217

    親会社株主に帰属する四半期純利益                 百万円           1,768           1,734             -

    親会社株主に帰属する
                      百万円             -           -          6,753
    当期純利益
    四半期包括利益                 百万円           1,743          △ 1,181             -
    包括利益                 百万円             -           -          3,295

    純資産額                 百万円          191,945           190,551           192,740

    総資産額                 百万円         6,949,379           7,062,144           7,135,413

    1株当たり四半期純利益金額                  円           7.01           6.88            -

    1株当たり当期純利益金額                  円            -           -          26.79

    潜在株式調整後1株当たり
                       円            -           -           -
    四半期純利益金額
    潜在株式調整後1株当たり
                       円            -           -           -
    当期純利益金額
    自己資本比率                  %           2.76           2.69           2.70
    信託財産額                 百万円           3,950           4,929           4,555

     (注)   1 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、潜在株式が

         ないので記載しておりません。
       2 自己資本比率は、(四半期)期末純資産の部合計を(四半期)期末資産の部の合計で除して算出しておりま
        す。
       3 信託財産額は、「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律」に基づく信託業務に係るものを記載しており
        ます。なお、該当する信託業務を営む会社は提出会社1社であります。
    2  【事業の内容】

      当第1四半期連結累計期間において、当行及び当行の関係会社が営む事業の内容については、重要な変更はありま
     せん。また、主要な関係会社についても、異動はありません。 
                                 2/25






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第1四半期連結累計期間において、当連結会社の事業等のリスクに重要な変更及び新たに生じたリスクはありま
     せん。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       以下の記載における将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

     (経営成績)
       経常収益は、      貸出金利息が減少したものの、有価証券利息配当金の増加などにより、前年同期比微減の                                         153  億 56
      百万円となりました。
       経常費用は、      国債等債券償還損が増加しましたが、コスト構造改革の推進による経費の圧縮及び与信関係費用の
      減少により、前年同期比4百万円減少し                  128  億 86 百万円となりました。
       この結果、     経常利益は、前年同期比3百万円増加し                  24 億 70 百万円となりました。また、親会社株主に帰属する四
      半期純利益は、法人税等の増加により、前年同期比                        34 百万円減少し      17 億 34 百万円となりました         。
       なお、業務の根幹をなすコアの利益である「コア業務純益」は、                              有価証券利息配当金増を主因とした資金利益の
      増加に加え、経費の圧縮により、前年同期比7億                      68 百万円増加し      36 億 99 百万円となりました。
       セグメントごとの財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
        ・銀行業
          経常収益は、      有価証券利息配当金の増加などにより、前年同期比2億14百万円増加し137億81百万円とな
         りました。また、セグメント利益は、国債等債券償還損や与信関係費用の増加などにより、前年同期比51百
         万円減少し27億1百万円となりました。
        ・証券業
          経常収益は、      売上高の減少により、前年同期比2億8百万円減少し2億21百万円となりました。また、セ
         グメント利益は、経常収益の減少により、前年同期比1億84百万円減少し△20百万円となりました。
        ・リース業
          経常収益は、      売上金は減少したものの、有価証券利息配当金の増加により、前年同期比2百万円増加し19
         億56百万円となりました。また、セグメント利益は、経費の圧縮により、前年同期比77百万円増加し3億24
         百万円となりました。
        ・信用保証業
          経常収益は、      貸倒引当金戻入益の計上により、前年同期比88百万円増加し6億47百万円となりました。ま
         た、セグメント利益は、経常収益の増加及び与信関係費用の減少により、前年同期比3億円増加し6億9百
         万円となりました。
        ・その他
          経常収益は、      グループ会社の業務収益増加などにより、前年同期比1億52百万円増加し9億95百万円とな
         りました。また、セグメント利益は、経常収益の増加により、前年同期比86百万円増加し5億3百万円とな
         りました。
     (財政状態)

       (a)    預金・譲渡性預金等
          譲渡性預金を含む総預金は、個人預金及び法人預金の増加を主因として、前年度末比633億円増加し6兆
         2,715億円となりました。
       (b)    貸出金
          貸出金は、新型コロナ対策資金の一巡等により事業性貸出が減少しましたが、公共貸出の増加を主因とし
         て、前年度末比722億円増加し3兆7,398億円となりました。
       (c)    有価証券
          有価証券は、金融市場の変動に耐えうる安定的な収益確保のため、有価証券のポートフォリオ再構築に取
         り組んだ結果、前年度末比186億円増加し5,409億円となりました。
       (d)       自己資本比率
          自己資本比率は、9.78%と引き続き十分な水準を維持しております。
                                 3/25


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
     (参考)
     ① 国内・国際業務部門別収支
       当第1四半期連結累計期間の資金運用収支は、国内業務部門で                             84億64百万円      、国際業務部門で        3億66百万円      、合
      計では前第1四半期連結累計期間比                4億37百万円増加し         88億31百万円      となりました。
       また、役務取引等収支は、国内業務部門で                    21億81百万円      、国際業務部門で        5百万円    、合計では前第1四半期連結
      累計会計期間比       66百万円減少し       21億87百万円      、その他業務収支は、国内業務部門で△3億58百万円、国際業務部門
      で16百万円、合計では同           8億73百万円減少し         △3億42百万円となりました。
       以上の各収支を合計した連結業務粗利益は、国内業務部門で102億88百万円、国際業務部門で3億87百万円、合計
      では前第1四半期連結累計期間比5億2百万円減少し106億76百万円となりました。
                                  国内業務部門         国際業務部門           合計

            種類             期別
                                  金額(百万円)         金額(百万円)         金額(百万円)
                    前第1四半期連結累計期間                  8,174          218        8,393
       資金運用収支
                    当第1四半期連結累計期間                  8,464          366        8,831
                                                         0
                    前第1四半期連結累計期間                  8,244          225
                                                       8,468
        うち資金運用収益
                                                         0
                    当第1四半期連結累計期間                  8,530          386
                                                       8,916
                                                         0
                    前第1四半期連結累計期間                   69         6
                                                         75
        うち資金調達費用
                                                         0
                    当第1四半期連結累計期間                   65         20
                                                         85
                    前第1四半期連結累計期間                    0        -         0
       信託報酬
                    当第1四半期連結累計期間                    0        -         0
                    前第1四半期連結累計期間                  2,248           5      2,254
       役務取引等収支
                    当第1四半期連結累計期間                  2,181           5      2,187
                    前第1四半期連結累計期間                  3,584          11       3,595
        うち役務取引等収益
                    当第1四半期連結累計期間                  3,468          12       3,481
                    前第1四半期連結累計期間                  1,335           6      1,341
        うち役務取引等費用
                    当第1四半期連結累計期間                  1,286           6      1,293
                    前第1四半期連結累計期間                   481         49        531
       その他業務収支
                    当第1四半期連結累計期間                  △358          16       △342
                    前第1四半期連結累計期間                  2,305          150        2,455
        うちその他業務収益
                    当第1四半期連結累計期間                  2,237          16       2,253
                    前第1四半期連結累計期間                  1,823          100        1,924
        うちその他業務費用
                    当第1四半期連結累計期間                  2,595          -       2,595
     (注)   1 国内業務部門とは、当行及び連結子会社の円建取引であり、国際業務部門は当行の外貨建取引であります。
        ただし、円建対非居住者取引、特別国際金融取引勘定分等は国際業務部門に含めております。
       2 資金調達費用は、金銭の信託運用見合費用(前第1四半期連結累計期間0百万円、当第1四半期連結累計期
        間0百万円)を控除しております。
       3 資金運用収益及び資金調達費用の合計欄の上段の計数は、国内業務部門と国際業務部門の間の資金貸借の利
        息であります。
                                 4/25





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
     ② 国内・国際業務部門別役務取引の状況
       役務取引等収益は、国内業務部門が                 34億68百万円      、国際業務部門が        12百万円    となり、合計で       34億81百万円      となり
      ました。
       役務取引等費用は、国内業務部門が                 12億86百万円      、国際業務部門が        6百万円    となり、合計で       12億93百万円      となり
      ました。
                                  国内業務部門         国際業務部門           合計

            種類             期別
                                  金額(百万円)         金額(百万円)         金額(百万円)
                    前第1四半期連結累計期間                  3,584          11       3,595
       役務取引等収益
                    当第1四半期連結累計期間                  3,468          12       3,481
                    前第1四半期連結累計期間                   530         -        530
        うち預金・貸出業務
                    当第1四半期連結累計期間                   567         -        567
                    前第1四半期連結累計期間                   981         11        992
        うち為替業務
                    当第1四半期連結累計期間                   823         12        835
                    前第1四半期連結累計期間                   185         -        185
        うち証券関連業務
                    当第1四半期連結累計期間                   129         -        129
                    前第1四半期連結累計期間                   66         -         66
        うち代理業務
                    当第1四半期連結累計期間                   62         -         62
                    前第1四半期連結累計期間                   25         -         25
        うち保護預り・
        貸金庫業務
                    当第1四半期連結累計期間                   24         -         24
                    前第1四半期連結累計期間                   291          0       291
        うち保証業務
                    当第1四半期連結累計期間                   291          0       291
                    前第1四半期連結累計期間                   246         -        246
        うち投資信託の
        窓口販売業務
                    当第1四半期連結累計期間                   211         -        211
                    前第1四半期連結累計期間                   328         -        328
        うち保険関連業務
                    当第1四半期連結累計期間                   245         -        245
                    前第1四半期連結累計期間                  1,335           6      1,341
       役務取引等費用
                    当第1四半期連結累計期間                  1,286           6      1,293
                    前第1四半期連結累計期間                   133          6       139
        うち為替業務
                    当第1四半期連結累計期間                   55         6        62
       (注)国際業務部門には、当行の外国為替業務等に関する収益、費用を計上しております。
                                 5/25








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
     ③ 国内・国際業務部門別預金残高の状況
       ○ 預金の種類別残高(末残)
                                  国内業務部門         国際業務部門           合計

            種類             期別
                                  金額(百万円)         金額(百万円)         金額(百万円)
                    前第1四半期連結会計期間                5,600,182           9,018      5,609,201
       預金合計
                    当第1四半期連結会計期間                5,673,023           7,456      5,680,480
                    前第1四半期連結会計期間                4,365,349            -     4,365,349
        うち流動性預金
                    当第1四半期連結会計期間                4,456,223            -     4,456,223
                    前第1四半期連結会計期間                1,199,998            -     1,199,998
        うち定期性預金
                    当第1四半期連結会計期間                1,177,631            -     1,177,631
                    前第1四半期連結会計期間                 34,835         9,018        43,853
        うちその他
                    当第1四半期連結会計期間                 39,168         7,456        46,624
                    前第1四半期連結会計期間                 577,059           -      577,059
       譲渡性預金
                    当第1四半期連結会計期間                 591,075           -      591,075
                    前第1四半期連結会計期間                6,177,242           9,018      6,186,261
       総合計
                    当第1四半期連結会計期間                6,264,098           7,456      6,271,555
      (注)   1 国内業務部門とは当行及び連結子会社の円建取引であり、国際業務部門は当行の外貨建取引であります                                                 。
         ただし、円建対非居住者取引、特別国際金融取引勘定分等は国際業務部門に含めております。
        2 流動性預金=当座預金+普通預金+貯蓄預金+通知預金
        3 定期性預金=定期預金+定期積金
     ④ 貸出金残高の状況

       ○ 業種別貸出状況(末残・構成比)
                         前第1四半期連結会計期間                  当第1四半期連結会計期間

            業種別
                         金額(百万円)         構成比(%)        金額(百万円)         構成比(%)
      国内
                            3,753,056         100.00         3,739,892         100.00
      (除く特別国際金融取引勘定分)
       製造業                        219,166         5.84         206,731         5.53
       農業,林業                         6,922        0.19          5,962        0.16
       漁業                         1,471        0.04          1,754        0.05
       鉱業,採石業,砂利採取業                         2,306        0.06          1,512        0.04
       建設業                        78,968        2.11          79,206        2.12
       電気・ガス・熱供給・水道業                        244,035         6.50         248,104         6.63
       情報通信業                        13,279        0.35          16,002        0.43
       運輸業,郵便業                        65,378        1.74          60,879        1.63
       卸売業,小売業                        174,607         4.65         169,792         4.54
       金融業,保険業                        91,942        2.45          94,390        2.52
       不動産業,物品賃貸業                        400,182        10.66          395,164        10.57
       地方公共団体                        761,882        20.30          796,395        21.29
       個人                        796,090        21.21          809,306        21.64
       その他                        896,822        23.90          854,688        22.85
      特別国際金融取引勘定分                          -       -           -       -
             合計               3,753,056        ―          3,739,892        ―
                                 6/25



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
     ⑤ 「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律」に基づく信託業務の状況
       「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律」に基づき信託業務を営む会社は提出会社1社です。
      (a)   信託財産の運用/受入状況(信託財産残高表/連結)

                             資産
                          前連結会計年度                当第1四半期連結会計期間
                         ( 2022年3月31日       )           ( 2022年6月30日       )
           科目
                     金額(百万円)          構成比(%)         金額(百万円)          構成比(%)
    銀行勘定貸                      4,555         100.00          4,929         100.00
           合計               4,555         100.00          4,929         100.00
                             負債

                                          当第1四半期連結会計期間
                          前連結会計年度
                                            ( 2022年6月30日       )
                         ( 2022年3月31日       )
           科目
                     金額(百万円)          構成比(%)         金額(百万円)          構成比(%)
    金銭信託                      4,555         100.00          4,929         100.00
           合計               4,555         100.00          4,929         100.00
     (注)   共同信託他社管理財産 前連結会計年度 -百万円 当第1四半期連結会計期間                                       -百万円
      (b)   元本補填契約のある信託の運用/受入状況(末残)

                                          当第1四半期連結会計期間
                         前連結会計年度
                                            ( 2022年6月30日       )
                         ( 2022年3月31日       )
           科目
                     金銭信託      貸付信託       合計     金銭信託      貸付信託       合計
                     (百万円)      (百万円)       (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
    銀行勘定貸                   4,555        -     4,555      4,929        -     4,929
    資産計                   4,555        -     4,555      4,929        -     4,929
    元本                   4,555        -     4,555      4,929        -     4,929
     負債計                   4,555        -     4,555      4,929        -     4,929
     (2)  キャッシュ・フローの状況

       当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりませんので、キャッ
      シュ・フローの状況の分析は記載しておりません。
     (3)  会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

       当第1四半期連結累計期間において、前連結会計年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経
      営成績及びキャッシュ・フローの分析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定について重要な変更はあ
      りません    。
     (4)  経営方針・経営戦略等

       当第1四半期連結累計期間において、当連結会社の経営方針・経営戦略等について重要な変更はありません。 
     (5)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

       当第1四半期連結累計期間において、当連結会社の優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題に重要な変更及
      び新たに生じた課題はありません。
     (6)  研究開発活動

       該当事項はありません。
                                 7/25




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
     (7)  従業員数
       当第1四半期連結累計期間において、著しい変動は認められないため、記載を省略しております。
     (8)  主要な設備

       ①新設、休止、大規模改修、除却、売却等について、当第1四半期連結累計期間に著しい変動があった設備は次
       の通りであります。
        新設

                   店舗名                           投資金額
            セグメント
       会社名                  所在地       区分     設備の内容              完成年月
             の名称
                   その他                           (百万円)
                          東京都
        当行      銀行業      東京寮              新設       社宅         297   2022年5月
                          豊島区
       ②前連結会計年度末に計画した重要な設備の新設、除去等について、重要な変更はありません。

    3  【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
                                 8/25















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    798,256,000

                計                                  798,256,000

      ② 【発行済株式】

              第1四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              ( 2022年6月30日       )  (2022年8月3日)          商品取引業協会名
                                 東京証券取引所
                                           単元株式数は100株でありま
      普通株式          252,500,000          252,500,000
                                           す。
                                 プライム市場
        計         252,500,000          252,500,000          ―            ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                 (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
    2022年6月30日                ―    252,500         ―     23,519         ―     13,653
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 9/25






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                              2022年6月30日       現在
           区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                          -     ―――                     -

    議決権制限株式(自己株式等)                          -     ―――                     -

    議決権制限株式(その他)                          -          -                -

                    (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                               ―――                     -
                    普通株式       443,500
                    普通株式     251,875,600
    完全議決権株式(その他)                                2,518,756                    -
                    普通株式       180,900

    単元未満株式                               ―――                     -
    発行済株式総数                     252,500,000          ―――             ―――

    総株主の議決権                    ―――            2,518,756            ―――

     (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当行所有の自己株式21株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                              2022年6月30日       現在
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                           総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                           所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
    (自己保有株式)             福島県福島市大町3番25
                                443,500         -    443,500        0.17
    株式会社東邦銀行             号
          計            ―――           443,500         -    443,500        0.17
     (注) 株主名簿上は当行名義となっておりますが、実質的に所有していない株式が1千株(議決権の数10個)ありま
        す。
    2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                10/25









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1 当行の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第

     64号)に基づいて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」(1982
     年大蔵省令第10号)に準拠しております。
    2 当行は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(自2022年4月1日 至2022

     年6月30日)及び第1四半期連結累計期間(自2022年4月1日 至2022年6月30日)に係る四半期連結財務諸表につい
     て、EY新日本有限責任監査法人の四半期レビューを受けております。
                                11/25

















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
    1  【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年6月30日)
     資産の部
      現金預け金                                2,797,310              2,630,937
      買入金銭債権                                 12,205              12,351
      商品有価証券                                   524               17
      金銭の信託                                  7,850              8,150
                                   ※1 ,※2  522,325           ※1 ,※2  540,975
      有価証券
                                    ※2  3,667,632            ※2  3,739,892
      貸出金
                                      ※2  1,407            ※2  2,089
      外国為替
      リース債権及びリース投資資産                                 12,521              12,309
                                     ※2  75,751            ※2  75,514
      その他資産
      有形固定資産                                 34,621              34,588
      無形固定資産                                  9,147              9,748
      退職給付に係る資産                                  1,124              1,133
      繰延税金資産                                 12,055              13,064
                                      ※2  8,323            ※2  9,261
      支払承諾見返
                                      △ 27,388             △ 27,891
      貸倒引当金
      資産の部合計                                7,135,413              7,062,144
     負債の部
      預金                                5,740,536              5,680,480
      譲渡性預金                                 467,640              591,075
      債券貸借取引受入担保金                                    -            17,082
      借用金                                 685,497              528,746
      外国為替                                   132              254
      信託勘定借                                  4,555              4,929
      その他負債                                 31,997              36,022
      退職給付に係る負債                                   288               48
      睡眠預金払戻損失引当金                                   413              413
      偶発損失引当金                                   370              385
      ポイント引当金                                   210              199
      特別法上の引当金                                    0              0
      繰延税金負債                                   510              510
      再評価に係る繰延税金負債                                  2,193              2,181
                                        8,323              9,261
      支払承諾
      負債の部合計                                6,942,672              6,871,592
     純資産の部
      資本金                                 23,519              23,519
      資本剰余金                                 13,653              13,653
      利益剰余金                                 152,204              152,958
                                        △ 145             △ 145
      自己株式
      株主資本合計                                 189,231              189,985
      その他有価証券評価差額金
                                        3,842               846
      土地再評価差額金                                  △ 422             △ 450
                                          88              169
      退職給付に係る調整累計額
      その他の包括利益累計額合計                                  3,509               566
      純資産の部合計                                 192,740              190,551
     負債及び純資産の部合計                                 7,135,413              7,062,144
                                12/25



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年6月30日)               至 2022年6月30日)
     経常収益                                   15,357              15,356
      資金運用収益                                  8,468              8,916
        (うち貸出金利息)                                6,764              6,477
        (うち有価証券利息配当金)                                1,323              1,645
      信託報酬                                    0              0
      役務取引等収益                                  3,595              3,481
      その他業務収益                                  2,455              2,253
                                       ※1  837            ※1  705
      その他経常収益
     経常費用                                   12,890              12,886
      資金調達費用                                    75              85
        (うち預金利息)                                  65              58
      役務取引等費用                                  1,341              1,293
      その他業務費用                                  1,924              2,595
      営業経費                                  8,339              8,009
                                      ※2  1,209             ※2  902
      その他経常費用
     経常利益                                   2,467              2,470
     特別利益
                                          39              17
      固定資産処分益                                    39              17
     特別損失                                     68               8
      固定資産処分損                                    43               5
      減損損失                                    25               3
                                          0              0
      金融商品取引責任準備金繰入額
     税金等調整前四半期純利益                                   2,438              2,479
     法人税、住民税及び事業税
                                         209              498
                                         460              245
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    669              744
     四半期純利益                                   1,768              1,734
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   1,768              1,734
                                13/25









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年6月30日)               至 2022年6月30日)
     四半期純利益                                   1,768              1,734
     その他の包括利益                                    △ 25            △ 2,915
      その他有価証券評価差額金                                  △ 130            △ 2,996
                                         105               80
      退職給付に係る調整額
     四半期包括利益                                   1,743             △ 1,181
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  1,743             △ 1,181
                                14/25
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
      (会計方針の変更)
       (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
       「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                   2021年6月17日。以下「時価算定会
      計基準適用指針」という。)を当第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第27-2項
      に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわたって適用する
      ことといたしました。これにより、市場価格のない投資信託財産が不動産である投資信託について時価評価を行っ
      ております。
      (追加情報)

      新型コロナウイルス感染症の影響に関する一定の仮定
       新型コロナウイルス感染症の影響に関する一定の仮定については、前連結会計年度の有価証券報告書における
      「重要な会計上の見積り」に記載した内容から重要な変更を行っておりません。
      (四半期連結貸借対照表関係)

     ※1 有価証券中の社債のうち、有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)による社債に対する保証債務の額
                前連結会計年度                      当第1四半期連結会計期間
               ( 2022年3月31日       )                 ( 2022年6月30日       )
                 67,414   百万円                       64,413   百万円
     ※2 銀行法及び金融機能の再生のための緊急措置に関する法律に基づく債権は次のとおりであります。なお、債権

       は、連結貸借対照表の「有価証券」中の社債(その元本の償還及び利息の支払の全部又は一部について保証して
       いるものであって、当該社債の発行が有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)によるものに限る。)、
       貸出金、外国為替、「その他資産」中の未収利息及び仮払金並びに支払承諾見返の各勘定に計上されるもの並び
       に注記されている有価証券の貸付けを行っている場合のその有価証券(使用貸借又は賃貸借契約によるものに限
       る。)であります。
                              前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間

                              ( 2022年3月31日       )         ( 2022年6月30日       )
        破産更生債権及びこれらに準ずる債権                         18,072   百万円              18,626   百万円
        危険債権額                         24,824   百万円              25,102   百万円
        三月以上延滞債権額                          165  百万円               132  百万円
        貸出条件緩和債権額                         6,715   百万円              6,440   百万円
        合計額                         49,778   百万円              50,302   百万円
       なお、上記債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。

                                15/25








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
      (四半期連結損益計算書関係)
      ※1     その他経常収益には、次のものを含んでおります。
                          前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                           (自    2021年4月1日              (自    2022年4月1日
                           至   2021年6月30日       )       至   2022年6月30日       )
        株式等売却益                         83 百万円                - 百万円
        償却債権取立益                         0 百万円                0 百万円
      ※2     その他経常費用には、次のものを含んでおります。

                          前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                           (自    2021年4月1日              (自    2022年4月1日
                           至   2021年6月30日       )       至   2022年6月30日       )
        貸倒引当金繰入額                        659  百万円               503  百万円
        株式等売却損                         4 百万円               244  百万円
        株式等償却                        402  百万円                0 百万円
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
      期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                          前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間

                           (自    2021年4月1日              (自    2022年4月1日
                           至   2021年6月30日       )       至   2022年6月30日       )
        減価償却費                        579  百万円               581  百万円
      (株主資本等関係)

      前第1四半期連結累計期間(自                2021年4月1日        至   2021年6月30日       )
     1.  配当金支払額
                    配当金の総額       1株当たり

       (決議)       株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)      配当額(円)
    2021年6月23日
              普通株式          504      2.00    2021年3月31日         2021年6月24日         利益剰余金
    定時株主総会
     2.  基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。

     3.株主資本の著しい変動

       該当事項はありません。

                                16/25






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
      当第1四半期連結累計期間(自                2022年4月1日        至   2022年6月30日       )
     1.  配当金支払額
                    配当金の総額       1株当たり

       (決議)       株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)      配当額(円)
    2022年6月23日
              普通株式         1,008       4.00    2022年3月31日         2022年6月24日         利益剰余金
    定時株主総会
     2.  基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。

     3.株主資本の著しい変動

       該当事項はありません。

                                17/25















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     前第1四半期連結累計期間(自                2021年4月1日        至    2021年6月30日       )
     1.報告セグメントごとの経常収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                      報告セグメント
                                                    四半期連結損益
                                     その他      合計     調整額
                                                     計算書計上額
               銀行業     証券業     リース業     信用保証業
    経常収益
     外部顧客に対する経
                12,801       430    1,666      211     263    15,373      △ 15    15,357
     常収益
     セグメント間の内部
                 765      0    286     347     580    1,980    △ 1,980        -
     経常収益
        計       13,566       430    1,953      559     843    17,353     △ 1,995      15,357
     セグメント利益
                2,753      164     247     309     417    3,892    △ 1,425      2,467
     (注)1.一般企業の売上高に代えて、それぞれ経常収益を記載しております。
       2.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、クレジットカード業務等でありま
          す。
       3.外部顧客に対する調整額△15百万円は、貸倒引当金繰入額等の調整であります。
       4.セグメント利益の調整額△1,425百万円は、セグメント間取引消去△1,425百万円等であります。
       5.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

      (固定資産に係る重要な減損損失)
         銀行業セグメントにおいて、営業損益の減少によるキャッシュ・フローの低下及び使用方法の変更や地価の著
       しい下落等により投資額の回収が見込めなくなった資産について、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減
       少額を減損損失として特別損失に計上しております。
        なお、当該減損損失の計上額は、当第1四半期連結累計期間においては、25百万円であります。
      (のれんの金額の重要な変動)

        該当事項はありません。
      (重要な負ののれん発生益)

        該当事項はありません。
                                18/25









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
     当第1四半期連結累計期間(自                2022年4月1日        至    2022年6月30日       )
     1.報告セグメントごとの経常収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                      報告セグメント
                                                    四半期連結損益
                                     その他      合計     調整額
                                                     計算書計上額
               銀行業     証券業     リース業     信用保証業
    経常収益
     外部顧客に対する経
                12,932       221    1,632      285     364    15,436      △ 79    15,356
     常収益
     セグメント間の内部
                 848      -     324     361     631    2,166    △ 2,166        -
     経常収益
        計       13,781       221    1,956      647     995    17,602     △ 2,245      15,356
     セグメント利益又はセ
                2,701      △ 20     324     609     503    4,119    △ 1,648      2,470
     グメント損失(△)
     (注)1.一般企業の売上高に代えて、それぞれ経常収益を記載しております。
       2.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、クレジットカード業務等でありま
          す。
       3.外部顧客に対する調整額△79百万円は、貸倒引当金繰入額等の調整であります。
       4.セグメント利益又はセグメント損失の調整額△1,648百万円は、セグメント間取引消去△1,648百万円等であ
          ります。
       5.セグメント利益又はセグメント損失は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

      (固定資産に係る重要な減損損失)
        銀行業セグメントにおいて、営業損益の減少によるキャッシュ・フローの低下及び使用方法の変更や地価の著
       しい下落等により投資額の回収が見込めなくなった資産について、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減
       少額を減損損失として特別損失に計上しております。
        なお、当該減損損失の計上額は、当第1四半期連結累計期間においては、3百万円であります。
      (のれんの金額の重要な変動)

        該当事項はありません。
      (重要な負ののれん発生益)

        該当事項はありません。
                                19/25









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
      (金融商品関係)
       金融商品の四半期連結貸借対照表計上額その他の金額は、前連結会計年度の末日と比較して著しい変動がないた
      め、記載を省略しております。
      (有価証券関係)

       有価証券の四半期連結貸借対照表計上額その他の金額は、前連結会計年度の末日と比較して著しい変動がないた
      め、記載を省略しております。
      (金銭の信託関係)

       金銭の信託の四半期連結貸借対照表計上額その他の金額は、前連結会計年度の末日と比較して著しい変動がない
      ため、記載を省略しております。
      (デリバティブ取引関係)

       デリバティブ取引の四半期連結会計期間末の契約額等は、前連結会計年度の末日と比較して著しい変動がないた
      め、記載を省略しております。
      (収益認識関係)

       顧客との契約から生じる収益を分解した情報
     前第1四半期連結累計期間(自                2021年4月1日        至    2021年6月30日       )
                                                   (単位:百万円)
                              報告セグメント
                                                その他
                                                       合計
                                                (注1)
                      銀行業       証券業      リース業      信用保証業
    役務取引等収益                    3,131        166       -       -      -    3,298

     預金貸出業務                    462       -       -       -      -     462

     為替業務                    992       -       -       -      -     992

     証券関連業務                    18      166       -       -      -     185

     代理業務                    66       -       -       -      -      66

     保護預り、     貸金庫業務               25       -       -       -      -      25

     保証業務                    84       -       -       -      -      84

     投信業務                    246       -       -       -      -     246

     保険関連業務                    328       -       -       -      -     328

     その他業務                    905       -       -       -      -     905

    その他経常収益                     -       0       0       0     222      222

    顧客との契約から生じる経常収益                    3,131        166        0       0     222     3,521

    上記以外の経常収益(注2)                    9,669        263      1,666        211       25    11,836

    外部顧客に対する経常収益                   12,801        430      1,666        211      247    15,357

    (注1)「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、クレジットカード業務等であります。
    (注2)上記以外の経常収益には、主に次の取引が含まれております。
       (1)企業会計基準第10号「金融商品会計基準」の範囲に含まれる金融商品に係る取引
       (2)  企業会計基準第13号「リース会計基準」の範囲に含まれるリース取引
       (3)  金融商品の組成又は取得に際して受け取る手数料
                                20/25



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
     当第1四半期連結累計期間(自                2022年4月1日        至    2022年6月30日       )
                                                   (単位:百万円)
                              報告セグメント
                                                その他
                                                       合計
                                                (注1)
                      銀行業       証券業      リース業      信用保証業
    役務取引等収益                    2,844        103       -       -      -    2,948

     預金貸出業務                    470       -       -       -      -     470

     為替業務                    835       -       -       -      -     835

     証券関連業務                    25      103       -       -      -     129

     代理業務                    62       -       -       -      -      62

     保護預り、     貸金庫業務               24       -       -       -      -      24

     保証業務                    -       -       -       -      -      -

     投信業務                    211       -       -       -      -     211

     保険関連業務                    245       -       -       -      -     245

     その他業務                    969       -       -       -      -     969

    その他経常収益                     -       0       0       0     326      326

    顧客との契約から生じる経常収益                    2,844        103        0       0     326     3,274

    上記以外の経常収益(注2)                   10,088        117      1,631        218       25    12,082

    外部顧客に対する経常収益                   12,932        221      1,632        218      351    15,356

    (注1)「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、クレジットカード業務等であります。
    (注2)上記以外の経常収益には、主に次の取引が含まれております。
       (1)企業会計基準第10号「金融商品会計基準」の範囲に含まれる金融商品に係る取引
       (2)  企業会計基準第13号「リース会計基準」の範囲に含まれるリース取引
       (3)  金融商品の組成又は取得に際して受け取る手数料
                                21/25










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、次のとおりであります。
                             前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間

                              (自    2021年4月1日             (自    2022年4月1日
                               至   2021年6月30日       )      至   2022年6月30日       )
       1株当たり四半期純利益金額                   円               7.01                6.88
       (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する
                        百万円                1,768                1,734
        四半期純利益
        普通株主に帰属しない金額                  百万円                 -                -
        普通株式に係る親会社株主に
                        百万円                1,768                1,734
        帰属する四半期純利益
        普通株式の期中平均株式数                  千株              252,056                252,056
      (注)   潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式がないので記載しておりません。
      (重要な後発事象)

       子会社の設立
        当行は、2022年5月13日開催の取締役会において設立を決議した100%出資によるコンサルティング子会社
       を、2022年8月2日付で設立いたしました。
      1.設立の目的

      (1)当行グループが主たる営業基盤とする福島県において、事業を営むお客さまが外部環境の変化や後継者問題
        等により事業の休廃業を余儀なくされるケースが存在するなか、東邦コンサルティングパートナーズでは、経
        営資産の円滑な承継、事業の持続的成長を重要なテーマと捉え、事業承継支援、M&A支援を主な事業とし、
        お客さまのよき伴走者(パートナー)として、コンサルティングサービスを提供してまいります。
      (2)また、事業承継以外の分野でも、コンサルティング専門会社として「ワンストップ」で伴走支援を行う観点
        から、お取引先の成長戦略を描く事業計画の策定や人的資源の最大活用に向けた人事制度策定等の支援を行っ
        てまいります。
      2.新設子会社の概要

        会 社 名  株式会社東邦コンサルティングパートナーズ
        本社所在地  福島県福島市大町4番4号
        資 本 金  1億円(別途、資本準備金1億円)
        株 主 構 成       株式会社東邦銀行(100%子会社)
        設 立 日  2022年8月2日
        開業予定日  2022年10月4日
        業        務     事業承継支援、事業計画策定支援、M&A支援、人事制度策定支援 等
    2  【その他】

      該当事項はありません。
                                22/25





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                23/25



















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2022年8月3日

    株式会社東邦銀行
     取締役会 御中
                        EY新日本有限責任監査法人

                        東 京 事 務 所

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       髙  嶋  清  彦
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       中  桐     徹
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社東邦銀
    行の2022年4月1日から2023年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2022年4月1日から2022年6
    月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2022年4月1日から2022年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、す
    なわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビュー
    を行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社東邦銀行及び連結子会社の2022年6月30日現在の財政状
    態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重
    要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
     当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
     いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
     において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
     注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
     いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
                                24/25


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社東邦銀行(E03550)
                                                            四半期報告書
     企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
     成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
     財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
     信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
     査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
     監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見
    事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
    監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
    じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以 上
    ※1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当行(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

     2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                25/25














PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。