合同会社Hash静岡呉服町 有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)

提出書類 有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
提出日
提出者 合同会社Hash静岡呉服町
カテゴリ 有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)

                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
    【表紙】

     【提出書類】                 有価証券届出書
     【提出先】                 関東財務局長

     【提出日】                 2022年7月29日

     【発行者名】                 合同会社     Hash  静岡呉服町

     【代表者の役職氏名】                 代表社員 一般社団法人Hash静岡呉服町

                      職務執行者 荒川和也 
     【主たる事務所の所在の                 東京都港区元赤坂一丁目1番8号

      場所】
     【事務連絡者氏名】                 フィンテックアセットマネジメント株式会社

                      不動産投資顧問部          深堀一機
     【電話番号】                 03-6456-4640(代表)

     【届出の対象とした募集                 毎月分配|家賃収入ファンド・静岡呉服町

      (売出)内国有価証券投
      資事業権利等に係る組合
      等の名称】
     【届出の対象とした募集                 2,920,000,000円

      (売出)内国有価証券投
      資事業権利等の金額】
     【縦覧に供する場所】                 該当事項はありません。

                                 1/60











                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
    第一部【証券情報】

      (1)    【組合等の名称】

       毎月分配|家賃収入ファンド・静岡呉服町(以下「本匿名組合」といいます。)

      (2)    【内国有価証券投資事業権利等の形態等】


       募集される有価証券は、商法(明治三十二年法律第四十八号)第                                   535  条に規定される匿名組合契約に基づ

      く権利者(出資者)が出資対象事業から生ずる収益の配当又は当該出資対象事業に係る財産の分配を受け
      ることができる権利(以下「本匿名組合出資持分」といいます。)であり、電子情報処理組織を用いて移
      転することができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されるもの)として表示さ
      れることにより、金融商品取引法(昭和二十三年法律第二十五号)第                                     2 条第  3 項に定める電子記録移転権利
      に該当する第一項有価証券です。
       本匿名組合出資持分について、格付は取得していません。

       本匿名組合出資持分の権利は、                 Hash   DasH   Holdings     株式会社が提供する電子記録移転権利の発行等を行

      うシステム(以下、「デジタル証券システム」といいます。)で、ブロックチェーン基盤によって生成さ
      れる財産的価値        として    表示されます(以下、本匿名組合出資持分を表示し、デジタル証券システムを用い
      て移転することができる当該財産的価値を「本セキュリティトークン」といいます。)。
       発行された本セキュリティトークンは、デジタル証券システムで構成される取引プラットフォーム(以

      下、「本プラットフォーム」といいます。)で、ブロックチェーン上に記帳処理され、各投資者に本セ
      キュリティトークンを保管するウォレットが付与されます。
       本匿名組合出資持分の権利の移転に関しては、発行者である合同会社                                     Hash  静岡呉服町(発行者としての

      同社を以下、「発行者」といいます。)より委託を受けた                               Hash   DasH  株式会社が「電子帳簿」を作成し、移
      転時に当該電子帳簿を書換えることにより、その財産的価値である本セキュリティトークンの移転がブ
      ロックチェーンへ記帳された                24 時間後(翌営業日)に、本匿名組合出資持分の譲渡の際に求められる営業
      者としての合同会社           Hash  静岡呉服町の承諾が行われたとみなされ、権利の移転が完了します。本匿名組合
      出資持分の譲渡等の取引は、本プラットフォーム上でしか行えず、                                    Hash   DasH  株式会社が相手方となる相対
      取引となります。
       本セキュリティトークンに関し、対応するブロックチェーン基盤、                                    プラットフォーム          の内容は以下のと


      おりです。
        a.  対応するブロックチェーン基盤の種類、内容及び選定理由

         ・対応するブロックチェーン基盤の種類①(パブリック/コンソーシアム/プライベート):

                                 2/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
           ブロックチェーンへの参加者が限定されている「パーミッション型」のうち、データの改ざん

          やトークンの不正流出等を防止する観点から、電子記録移転有価証券表示権利等業者(                                               Hash   DasH
          株 式会社)が管理者となる『プライベート型』となります。
         ・対応するブロックチェーン基盤の種類②(                        Ethereum     、Hyperledger、Corda            等):

           『 Ethereum     』のトークン規格のうち、代替が不可能であり唯一性のあるトークン(                                      NFT  : Non-

          fungible     token   、世界に     1 個しかないトークン)の標準として提案された『ERC1400』であり、具
          体的には、      EEA  (Enterprise        Ethereum     Alliance)準拠の『Quorum』                をプラットフォームとして利
          用いたします。なお、『             Quorum    』は、単位時間当たりの処理能力が高く、取引の秘匿化(プライ
          バシーの保護)などの要件を備えたプラットフォームとなります。
           以上の特性から、セキュリティトークン取扱い上の確実性が高いと考え、同基盤技術を選定す

          るに至りました。
        b.   本プラットフォーム            の名称、内容及び選定理由


         デジタル     証券システムで構成される本プラット                    フォームの名称は「Hash              DasH   Chain」です。本プ

        ラットフォームはHash             DasH株式会社の親会社であるHash                  DasH   Holdings株式会社が提供し、Hash
        DasH株式会社が管理を行っていきます。Hash                        DasH   Holdings株式会社          及びその関係会社には、ブロッ
        クチェーン及び暗号資産、証券勘定システムに精通した人材を豊富に有しております。
         セキュリティトークン            を取扱う上で留意すべき一つは、悪意者によるブロックチェーンに記帳され

        たデータの改ざん、セキュリティトークンの外部流出等を防止することであり、そのためには、シス
        テムの    要となる「秘密鍵」の管理体制が重要と考えます。デジタル証券システムで構成される本プ
        ラットフォームでは、上記事態を招かない防止策として、ブロックチェーン上で管理する顧客資産の
        100%を『コールドウォレット方式』(秘密鍵をオフライン環境で保管)にて保管する措置を講じる等
        その他管理体制について、堅牢なセキュリティ環境が準備されています。
         また、「デジタル証券システム」は、インターネット環境を利用したWEBブラウザやスマートフォ

        ン、タブレット端末等によるオンライン証券取引ですが、既存のオンライン証券取引と異なる大きな
        特徴は、証券ポストトレード業務(証券の決済と資金の清算)において「ブロックチェーン(BC)/分
        散型台帳技術(DLT)」を適用する点となります。具体的には、既存のオンライン証券取引では、株式
        会社証券保管振替機構(ほふり)等が、「決済と清算の機能(受渡業務)」と「証券の保管業務(カ
        ストディ業務)」について関与するのに対し、デジタル証券では、「ブロックチェーン(BC)/分散型
        台帳技術(DLT)」が、セキュリティトークン取引の決済・清算、セキュリティトークンの保管の役割
        と機能を担うも        のです。
         以上の特性から、セキュリティトークン取扱い上の確実性が高いと考え、本プラットフォームを選

        定するに至りました。
                                 3/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
      (3)    【発行(売出)数】
       29,200    口

      (4)    【発行(売出)価額の総額】


       2,920,000,000        円

      (5)    【発行(売出)価格】


       1 口当たり100,000円

      (6)    【申込手数料】


       なし

                                 4/60












                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
      (7)    【申込単位】
       1 口以上1口単位

      (8)    【申込期間】


       2022  年9月29日(木)午後6時から2022年10月31日(月                          )午後6時まで。

      (9)    【申込証拠金】


       申込証拠金は、発行価格と同一の金額とします。

      (10)     【申込取扱場所】


       Hash   DasH  株式会社(インターネット上で本匿名組合出資持分の募集の取扱いを行います。)(以下、本

       匿名組合出資持分の募集の取扱いを行う会社としてのHash                                DasH株式会社を「販売会社」といいます。)
       ・Hash    DasH株    式会社ホームページアドレス:                 https://www.hashdash.co.jp/

      (11)     【払込期日】


       2022  年11月1日(火)

      (12)     【払込取扱場所】


       Hash   DasH  株式会社にご照会ください。

       Hash    DasH株式会社お        客様窓口

       E メール    help@hashdash.zendesk.com

      (13)     【手取金の使途】


       本匿名組合出資持分の募             集による手取金(2,920,000,000円)については、発行会社が取得を予定してい

      る 不動産に係る信託受益権の取得資金等に充当します。
                                 5/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
      (14)     【その他】

      イ.募集の方法
        本匿名組合出資持分については、金融商品取引法で定められる一定数(50名)以上に対する勧誘が行
       われるものとして、募集(金融商品取引法第2条第3項)を行います。募集の取扱いは、販売会社に委託
       します。なお、当該委託に伴い受託者から販売会社に対し、投資家から支払われる申込証拠金の総額
       (ただし、発行者及び販売会社の合意に基づき一部減額されることがあります。)に4.0%を乗じた金額
       並びにこれに係る消費税及び地方消費税相当額が                          取扱手数料      として支払われます。
      ロ.元引受契約、売出しの委託契約等

        本匿名組合出資持分の募集にあたっては、引受等を行う証券会社はありません。本匿名組合出資持分
       の募集の取扱いは、発行者と販売会社との間で締結された合同会社Hash静岡呉服町匿名組合出資募集の
       取扱いに関する契約書(以下「募集取扱契約」といいます。)の条項に基づいています。
      ハ.申込みの方法、申込証拠金の利息、申込証拠金の組合等への振替その他申込み等に関し必要な事項


        投資者は、申込みにあたって事前に販売会社に証券口座を開設する必要があります。口座開設後、イ
       ンターネットでの申込に先立って申込証拠金を販売会社の指定する口座にお振込みいただきます。申込
       みはインターネットで行うことを原則とします。                           投資者は、販売会社のウェブサイト                   における契約申込
       画面に必要事項を入力した上で送信し、販売会社が受信・記録した日において本匿名組合契約締結の申
       込みをなしたものとします。販売会社は、2022年11月1日に申込証拠金を本匿名組合出資の出資金として
       発行者に支払います。本匿名組合契約は、2022年11月1日において出資金の受領を発行者が確認したとき
       に成立するものとします。同日中、投資者は、販売会社のウェブサイトにおいて合意された本匿名組合
       契約を確認できます。なお、申込証拠金として保管される期間についての利息は付されません。
        投資者は本匿名組合契約締結の申込後は、申込みを撤回することはできません。また申込証拠金も本
       匿名組合契約に別途記載のある場合を除き返還いたしません。                                  但し、申込証拠金の総額が2022年10月31
       日までに募集出資金総額である2,920,000,000円に達しなかった場合又は達しないことが明らかとなった
       場合等(下記「本書第二部 発行者情報」「第1 組合等の状況」「6 管理及び運営」「(1) 資産管理
       等の概要」「② 申込(販売)手続等」「ニ 出資の受入れの中止」参照)に、営業者は申込証拠金を
       投資者が指定する口座に速やかに(但し、遅くとも営業者が当該事由を確認した日の翌々営業日まで
       に)送金いたします。
      ニ.本匿名組合出資持分の募集と同時に、本邦以外の地域において内国有価証券投資事業権利等の発行が


        行われる場合には、その発行数、発行価額の総額等
        該当事項はありません。
      ホ.セキュリティトークンに関する主な用語


                                 6/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
       ・セキュリティトークン

          株式、社債、集団投資スキーム持分など                           の 有価証券に関する権利を表象し、ブロック

        チェーン等の分散型台帳技術を用いて発行・管理され、移転することが出来る財産的価値
        (株式・社債等の一項有価証券を表章するトークンは、基本的に株式・社債等として規制
        される一方、集団投資スキーム持分等のいわゆる二項有価証券はトークン化されることに
        より電子記録移転権利として規制されます。)。
         ・ブロックチェーン技術

          インターネット等の情報通信ネットワーク上で、過去の記録(ブロック)と新しい記

        録(ブロック)を脈々と関連(チェーン)させて、処理・記録する仕組み。
         ・分散型台帳技術(DLT:Distributed                         Ledger     Technology)

          ネットワーク上で、情報の記録(台帳)を、複数の者で分散して、共有する仕組み。

        中央集権型台帳システムに比べて、情報(データ)の改ざん等が極めて困難になります。
         ・秘密鍵

          ブロックチェーン上に保管されるデータを制御するための暗号データ。

         ・ウォレット

          セキュリティトークンを保管するシステム上の場所で、各投資者に付与されるもの。

         ・電子記録移転権利

           金融商品取引法第2条第2項各号(集団投資スキーム持分、信託受益権等の「みなし有

        価証券」と言われるもの)                に該当するもので、電子情報処理組織を用いて移転することが
        できる財産的価値           (電子機器その他の物に電子的方法により記録されるものに限る。)                                          と
        して   表示されるもの。当該権利は、金融商品取引法において、原則として第一項有価証券
        として規制される           (金融商品取引法           第2条第3項)        。
      ヘ.本書における用語について


        本書では、特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令(平成五年大蔵省令第二十二号。以下「特
       定有価証券開示府令」といいます。)第六号の五様式に従って「内国有価証券投資事業権利等」との語
       を見出し等に使用することがありますが、募集される有価証券は、特定有価証券開示府令第1条第5号の4
       に定める特定内国電子記録移転権利です。
                                 7/60



                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
    第二部【発行者情報】

    第1  【組合等の状況】

    1 【組合等の概況】

    (1)  【主要な経営指標等の推移】

         本匿名組合の事業年度は             、初年度は2022年11月1日から2023年4月30日、次年度以降は毎年5月1日か

        ら翌年4月30日        まで  の1年間です。本書の提出日現在では第1期を終了していないため、該当事項はあり
        ません。
    (2)  【組合等の目的及び基本的性格】


         本匿名組合の目的は、本匿名組合出資持分の発行者である合同会社                                    Hash  静岡呉服町が、後記に記載

        の本合同会社が取得を予定している不動産(以下「本不動産」といいます)に係る信託受益権に投資
        することにより、本不動産からの賃貸収入を原資とするインカム収入を長期にわたって安定的に享受
        することを目的とします。
    (3)  【組合等の沿革】


         2022  年11月1日(       本匿名組合設立日)より本匿名組合の運営が開始します。したがいまして、本書の

        提出日現在では該当事項はありません。
                                 8/60









                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
    (4)  【組合等の仕組み】

           ① 発行者は、本匿名組合の営業者として各投資者との間で本匿名組合契約を締結









           します。各投資者は当該契約に基づき本匿名組合の営業者である合同会社Hash静岡
           呉服町に匿名組合出資              (以下、「本匿名組合出資」といいます。                          )を行います。
           ② 販売会社は、発行者との間で締結した募集取扱契約に基づき、本匿名組合出資

           持分の募集の取扱いを行います。
           ③ オリジネーターである株式会社                      青山財産ネットワークスは、本不動産の信託受

           益権化に伴い、委託者兼当初受益者として、信託受託者であるファースト信託株式
           会社と不動産管理処分信託契約を結び、本不動産の信託受益権を一時的に取得し、
           本匿名組合の運営開始              後 に、本信託受益権を発行者へ譲渡します。
           ④ 発行者       は、本匿名組合出資を原資として、本信託受益権を取得し、長期にわ

           たって保有します。
           ⑤ 発行者       は、本不動産からの賃料収入を原資として各投資者に、原則として毎

           月、分配を行います。
           ⑥ 発行者       は、本匿名組合の営業者として、取得資産の運用を行うにあたっては、

           資産運用会社であるフィンテックアセットマネジメント株式会社(以下、「本資産
           運用会社」といいます。)との間でアセットマネジメント業務委託契約(以下、
                                 9/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
           「本投資一任契約」といいます。)を締結し、その資産に関する運用権限の全てを
           同社に委託します。
           ⑦ 発行者       が最終的に       本信託受益権を売却した場合は、発行者は当該売却代金を原

           資として、他の債務に優先的に充当し                       た上で、本匿名組合契約の終了後に必要な費
           用を控除した残額を本匿名組合の分配及び出資金の返還として投資者へ支払いま
           す。
           ⑧ 本プラットフォームの提                  供者であるHash          DasH   Holdings株       式会社(販売会社の

           親会社、以下、「STプラットフォーム提供者」といいます。)は、本セキュリティ
           トークンの記録及び移転を行うために用いるブロックチェーン基盤を含むデジタル
           証券システムの提供、及び本セキュリティトークンの発行取引、その後の取得及び
           譲渡取引等の記帳のために用いられるデジタル証券システムにより構成される取引
           プラットフォームを提供します。
           ⑨ 資産保管会社として               のHash     DasH株式会       社 (以下、「資産保管会社」といいま

           す。)    は、本プラットフォームを管理し、本セキュリティトークンの移転に必要な
           秘密鍵の管理等を行います。
           ⑩ また、本匿名組合出資持分の取引は                         本プラットフォームにおいて                  のみ行われ、

           販売会社を介してのみ、本匿名組合出資持分の発行取引及び譲渡取引が行われま
           す。
           ⑪ 本匿名組合出資持分の譲渡取引は、                         本セキュリティトークンの移転が資産保管

           会社により本プラットフォームのブロックチェーン上に記帳された24時間後(翌営
           業日)に、本匿名組合の営業者としての合同会社                              Hash   静岡呉服町       (以下、「営業
           者」といいます。)            が本匿名組合契約の条項に従い                   当該譲渡について承諾したもの
           とみなされ、これにより               本匿名組合出資持分の譲渡の効力が生じます                           。
           ⑫ 事務受託者としての               Hash   DasH   株式会社     (以下、「事務受託者」といいます。)

           は、営業者との業務委託契約に基づき、本セキュリティトークンの移転に関する情
           報を、営業者に通知するとともに共有し、本匿名組合出資持分の権利者の名義書換
           事務を行い、投資者(権利者)名義を記録する電子帳簿の作成を行います。
           ⑬ 本匿名組合出資持分の移転を第三者に対して対抗す                                  るためには、民法(明治29

           年法律第89号)第437条第2項に基づき、確定日付のある証書により営業者の承諾を
           得る必要がありますが、本匿名組合は、確定日付のある証書の取得に                                          係る業務を       事
           務受託者     に委託しており、事務受託者は本匿名組合出資持分の移転の翌営業日中に
           確定日付のある証書の取得を行います。
         運営上の役割                 名称                 関係業務の概要


                                10/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
     イ.               合同会社Hash静岡呉服町              本匿名組合の営業者として、本営業の一切の業務を
     発行者=営業者                              行います。本匿名組合契約に基づき各投資者より受
                                   領した出資金で、本信託受益権を取得・長期保有し
                                   て運用を行います。
     ロ.               毎月分配|家賃収入ファン              該当事項はありません。
     匿名組合               ド・静岡呉服町              (各投資者と本匿名組合の営業者との間で個別に締
                                   結された各匿名組合契約の集合体として位置付けら
                                   れます。匿名組合の事業は営業者が遂行しますの
                                   で、匿名組合自体には業務活動主体としての実体は
                                   存在しません。)
     ハ.               フィンテックアセットマネ              本投資一任契約に基づき本匿名組合の営業者である
     資産運用会社               ジメント株式会社              合同会社Hash静岡呉服町より以下の事務を行いま
                    (投資運用業者)              す。
                                11/60















                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
         運営上の役割                 名称                 関係業務の概要
                                   a .受託資産(本匿名組合出資金その他の資産(当該
                                   資産を運用した結果取得した資産を含みます。)を
                                   いいます。)の運用に関し、金融商品の価値等の分
                                   析に基づく投資判断に基づき投資すること(営業者
                                   により付与された権限に基づき、受託資産の運用指
                                   図及び議決権行使の指図を行うことを含みま
                                   す。)。
                                   b.  受託資産の運用状況について、法令の定めるとこ
                                   ろに従い定期的に報告すること。
                                   c.  b.に定めるもののほか、営業者から受託資産の運
                                   用状況に関し報告を求められたときには、正当な理
                                   由がない限りその指示に従い報告を行うこと。
                                   d.  営業者が、金融商品取引法第42条の4及び金融商
                                   品取引業等に関する内閣府令第132条の規定に準じ
                                   て、本匿名組合契約に基づき支払われた出資金を営
                                   業者の固有財産及び他の運用財産(もしあれば)と
                                   分別して管理することにつき監督すること。
                                   e.  受託資産のほか、本匿名組合財産の運用、管理及
                                   び処分を行うこと。
                                   f.  a.に規定するほか、受託資産に関する議決権その
                                   他本匿名組合財産に係る権利の行使を行うこと。
                                   g.  本匿名組合の運営に関して助言及び補助を行うこ
                                   と。
                                   h.  本匿名組合財産の分配及び組合持分の払戻に関す
                                   る業務を行うこと。
                                   i.  本匿名組合の事業に関し発生した本匿名組合の負
                                   担すべき費用、経費及び報酬等債務の支払を行うこ
                                   と。
                                   j.  その他本匿名組合の目的の達成のため必要な一切
                                   の事務を行うこと(有価証券報告書その他の法令に
                                   従い提出すべき継続開示書類等、投資家保護又はIR
                                   の観点から作成すべき書面(ホームページ等を含
                                   む。)その他の書面の作成の補助を含む。)。
     ニ.               Hash   DasH  株式会社          本プラットフォームを管理し、本セキュリティトー
     資産保管会社                              クンの移転に必要な秘密鍵の管理及び本セキュリ
                    (第一種金融商品取引業
                                   ティトークンの発行及び移転についてブロック
                    者)
                                   チェーン上の記帳処理を行います。
                                12/60





                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
         運営上の役割                 名称                 関係業務の概要
     ホ.               Hash   DasH  株式会社          ・合同会社Hash静岡呉服町との間で締結した                     匿名組
     販売会社(募集の取扱/売買の                               合出資持分の募集取扱契約に基づき、本匿名組合
                    (第一種金融商品取引業
     取次)                               出資持分の募集の取扱いを行います。
                    者)
                                   ・募集後は、本プラットフォームにて、投資者から
                                    の本匿名組合出資持分の売買注文を当社が相手方
                                    となって成約させます。
     へ.               Hash   DasH株式会社            業務委託契約に基づき、本匿名組合の営業者である
     事務受託者                              合同会社    Hash静岡呉服町       より以下の事務について委
                    (第一種金融商品取引業
                                   託を受けております。
                    者)
                                   a.  本セキュリティトークンの移転に関する情報を、
                                   本匿名組合出資持分の発行者・営業者に通知し、共
                                   有するとともに、本匿名組合出資持分の移転に係る
                                   名義書換事務を行い、投資者(権利者)の名義を記
                                   録する電子帳簿の作成を行います。
                                   b.  本匿名組合出資持分の移転に係る確定日付のある
                                   承諾書の作成・管理に係る業務を行います。
                                   c.  本匿名組合の運営に関する助言
                                   d.  上記各号の事務に付随する事務
                                   e.  その他営業者及び事務受託者が随時書面にて合意
                                   した事務
     ト.               Hash   DasH   Holdings株式会         発行者が本セキュリティトークンの発行、取得及び
     ST プラットフォーム提供者                             移転取引の記録を行うために用いるブロックチェー
                    社
                                   ン基盤を含むデジタル証券システムで構成される本
                                   プラットフォームを提供します。
                                13/60










                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
    (5)  【組合等の機構】

           ①    本匿名組合は営業者である合同会                    社Hash静岡呉服町(発行者)と本匿名組合員

           である各投資者との匿名組合契約の締結により成立します。投資者の出資金は全て
           発行者に帰属し、発行者の意思決定により投資活動が行われます。発行者の社員は
           代表社員である一般社団法人Hash静岡呉服町の1名であり、当該社員は業務の執行
           を行いますが、業務を執行する社員が法人のため、会社法第598条第1項により、職
           務執行者1名を選任しています。本書の日付現在、発行者の社員持分は、代表社員
           である一般社団法人Hash静                岡呉服町が、そのすべてを保有しています。
           なお、本書の日付現在、職務執行者の主な略歴は、以下のとおりです。

       氏名         主要略歴                               所有する社員持分


                                               の割合
                1997  年        慶応義塾大学 経済学部卒業
                2001  年        中央青山監査法人
         荒川和也       2005  年        公認会計士登録                        0
                2006  年        あらた監査法人
                2008  年        赤坂有限責任監査法人(現任)
                                14/60












                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
           ② 投資運用の意思決定機構

           イ.発行者の意思決定プロセス

           発行者は、本投資一任契約に基づき本資産運用会社に本件投資に係る運用権限の全

          て、その他必要な事務を委託しています。
           ロ.本資産運用会社の意思決定プロセス

           本資産運用会社の組織体制、意思決定機構は以下の通りです。

             a .業務運営の組織体制

  b.  投資運用プロセス












               本資産運用会社は、下記のプロセスを経て、投資一任業務を行います

                                15/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
            本資産運用会社では、不動産投資顧問部が、主に不動産信託受益権等を投資対象とする匿名組

          合の営業者としての特別目的会社、または資産の流動化に関する法律上の特定目的会社並びにこ
          れ らに準ずる不動産ファンドの営業者(総称して以下、「SPC」といいます。)との投資一任契
          約・投資助言契約・不動産管理処分業務委託契約・アレンジメント契約等(その名称の如何にか
          かわらず、総称して以下、「AM関連業務委託契約」といいます。)に基づく業務(以下、「AM関
          連業務」といいます。)の受託にあたり、資産運用規程の定めに従い、商品企画、投資計画策
          定、SPC資産運用等の投資方針を立案いたします。
           また、当該立案に際しても、社内規程等及び顧客本位の業務運営方針に従い以下の事項に留意

          しております。
          ・ 取得した不動産情報等の適切な管理と当該情報に基づく不動産等調査の実施
          ・ 外部業者及び社外専門家への業務委託により得られた不動産等取得価格の適正性判断
          ・ 調達条件・デット及びエクイティ割合・投資家にかかる適合性原則検証・スキームの遵法
             性・機能性を勘案したストラクチャーの適正性判断
          ・ 社内規程に従って策定された事業計画
           本資産運用会社のコンプライアンス室にて、不動産投資顧問部において受託を検討もしくは実
          施するAM関連業務に関し、案件紹介者・外部委託業者等を含む当該案件の関係者にかかる反社会
          的勢力の介在、利害関係者間取引等の利益相反やマネー・ローンダリングの有無等につき、コン
          プライアンス上・レピュテーションリスク等の内包の有無の視点により、適宜確認し判断してお
          ります。
           当該AM関連業務の企画・立案及び実施にあたり、法令遵守と業務の誠実履行を含む業務適正性
          を図るため、リスク・コンプライアンス委員会・投資運用委員会・取締役会へ付議し、その受託
          の是非につき、これらの社内機関審議を経た上で決定されております。
           なお、各委員会は、各々社内規程に基づき、法令等遵守事項やSPCより受託するAM関連業務にか
          かる意思決定の審議・承認を分掌しており、また、各委員会ともに、当社及び当該案件と利害関
          係ない外部専門家(リスク・コンプライアンス委員会は公認会計士資格も有する弁護士、投資運
          用委員会は不動産鑑定士)を特別委員として招聘し、その承認決議には当該特別委員の賛成を必
          須とすることで、各委員会での決議に客観性・適正性を確保しております。
           各委員会の決議後、取締役会における審議・承認をもって当社内における機関決定を完了いた
          します。
           意思決定のプロセスのいずれのステータスにおいても、策定した「顧客本位の業務運営を実現
          するための方針」及び金融商品取引法その他関連法令等に照らした、適正性・妥当性等の判断を
          行っております。
    (6)  【組合等の出資総額】


         2022  年11月1日     (本匿名組合設立日)に本匿名組合出資が行われる予定です。したがいまして、本書

        の日付現在、該当事項はありません。
                                16/60



                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
    (7)  【その他】

           ① 契約又は規約の変更、営業譲渡又は営業譲受、出資の状況その他の重要事項

           イ.契約又は規約の変更

           該当事項はありません。

           ロ.営業譲渡又は営業譲受

           該当事項はありません。

           ハ.出資の状況その他の重要事項

           2022  年11月1日     (本匿名組合設立日)に本匿名組合出資が行われる予定です。したがいまして、

          本書の日付現在、該当事項はありません。
           ② 訴訟事件その他組合等に重要な影響を及ぼすことが予想される事実


           該当事項はありません。

    2 【投資方針】


    (1)  【投資方針】

         本匿名組合は、本匿名組合出資持分の発行者が、後記                             「(  2 )  投資対象」      に記載の不動産(以下

        「本不動産」といいます。)に係る信託受益権に投資することにより、本不動産からの賃貸収入を原
        資とするインカム収入を長期にわたって安定的に享受することを目的とします。
    (2)  【投資対象】


         本匿名組合の対象は以下に定めるものとします。

         発行者は、各投資者からの本匿名組合出資を原資として、以下に記載の本信託受益権を取得する予

        定です。
           札の辻クロス(一棟建物)における高


                                              高齢者福祉施設(介護
     物件名       齢者施設「ロングライフ・クイーンズ                      用途
                                              付有料老人ホーム)
           静岡呉服町」(専有部分)
                                17/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
                          [投資対象資産の概要]
                                 不動産管理処分信託設定
     運用資産の種類                不動産信託受益権                          2022  年11月2日
                                 年月日
     取得予定年月日                2022  年11月2日                 信託受託者       ファースト信託株式会社

                                 不動産管
                                 理処分信
                                 託契約の
     取得予定価格                2,510   百万円
                                       信託期間満
                                 概要
                                              2032  年10月31日
                                       了日
     鑑定評価額                2,670   百万円
     (価格時点)                (2022年6月30日)
     最寄駅                JR 東海道本線 静岡駅 徒歩11分

     所在地(住居表示)                静岡県静岡市葵区呉服町1丁目30番地
                                       建築時期       2018  年9月10日
                                              鉄骨造一部鉄筋コンクリー
                    静岡県静岡市葵区呉服町1
           地番
                                              ト造、塔屋1階・地下1階付
                    丁目30番
                                              地上13階建複合施設(店
                                       構造       舗、駐車場、多目的ホー
                                              ル、ウエルネス、高齢者施
           建ぺい率         80 %
                                              設、駐輪場)札ノ辻ビル1階
     土地                             建物
                                              及び8階~13階(専有部分)
           容積率         600  %                 用途       介護付有料老人ホーム
           用途地域         商業地                   延床面積       5,209.15    ㎡
                    2,676.16    ㎡のうち敷地権
           敷地面積         割合100万分の7
                                       所有形態       所有権
                    万6956
                    所有権
           所有形態
     建物状況調査報告書(株式会社東京カンテイ)
                    調査時点における修繕費(注1)
      再調達価格                                    PML  値(注2)         調査年月
              緊急       短期       中・長期修繕更新費用
      2,970   百万円        -       -        137.5   百万円          9.4  %      2022  年7月6日
     ( 注1)「緊急」は、機能上、日常業務に支障をきたす不具合が発生している項目、又は法規上の改善の指導を受けて未
       改修の項目等の修繕費用を示しています。「短期」は、標準的な修繕、または内装・設備の更新に関わる費用以
       外で、劣化が進んでいるため早期に改修が望まれる項目、または放置すれば不具合が発生すると思われる項目等
       の修繕費用を示しています。「中・長期修繕更新費用」は、調査会社が作成した長期修繕計画表に基づいて調査
       会社が試算した調査時点である築年数5年目以降12年間の修繕更新費用の総額を記載しています。
     ( 注2)「地震      PML(Probable       Maximum    Loss:予想最大損失率)」は建物の地震リスクを表す指標ですが、ここでは、
       地震   PML  の定義は     PML3   として想定した予定使用期間中(50                 年=一般的な建物の耐用年数)での超過確率                     10%
       の損失額または損失額の再調達価格に対する割合(%)で示しています。ただし、予想損失額は、地震動による
       建物(構造体,仕上げ,建築設備)のみの直接損失に関するものだけであり、機器,家具,什器等の被害や地震
       後の水または火災による損失、被災者に対する補償、営業中断による営業損失等の二次的被害は含まれていませ
       ん。
                                18/60



                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
           [建物状況調査報告書の指摘事項について]
           建物状況調査報告書では、建築基準法もしくは消防法その他の法令又は条例との関係での指摘事項はあ
           りません。
           [建物専有部分の構成]
           一棟建物(地下1階付13階建)における、1、8、9、10、11、12、13の各階部分で合計5,209.15㎡を構成
      特記事項      します。
           [耐震性について]
           建物状況調査報告書によると、現行の新耐震設計法に準拠した設計・施工がなされ、耐震性について特
           段の疑念を生じる点はありません。
           [境界について]
           本書の提出日現在、当該隣地所有者との間に紛争等は発生していません。
     ( 注1)「取得予定日」は、不動産信託受益権売買契約書に基づき記載していますが、変更になる場合があります。

     ( 注2)「取得予定価格」は、不動産信託受益権売買契約書に基づき、売買媒介手数料、公租公課等を含まない売買代金を記

         載しています。
     ( 注3)「鑑定評価額」は、2022年6月30日を価格時点とする不動産鑑定評価書に記載された評価額を記載しています。

     ( 注4)「土地」について、「地番」及び「敷地面積」は、不動産登記簿上の記載に基づいて記載し、「建ぺい率」及び「容

         積率」は、建築基準法、都市計画法等の関係法令に従って定められた数値を記載し、「用途地域」は、都市計画法                                                    第8
         条第1項第1     号に掲げる用途地域の種類を記載し、「所有形態」は、信託受託者が保有する権利の種類を記載していま
         す。
     ( 注5)「建物」について、「建築時期」、「構造」、「階層」及び「延床面積」は、不動産登記簿上の記載に基づいて記載

         し、「用途」は、不動産登記簿上の建物種別のうち主要なものを記載し、「所有形態」は、信託受託者が保有する権
         利の種類を記載しています。
    [不動産鑑定評価書の概要]


      鑑定評価額                                 2,670   百万円
      鑑定評価機関の名称                              株式会社立地評価研究所
      価格時点                                2022  年6月30日
                                   (金額:百万円)※金額は10万円以下を四捨五入して記載
               項目                内容                 概要等
     収益価格                        2,670
         還元法による価格                   2,700
       直接
                                19/60





                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
          運営収益                    202
            潜在総収益(a)~(d)合計                 202
            (a)共益費込貸室賃料収入                 202
            (d)その他収入                  0
          運営費用                    54
            維持管理費                  0
            修繕費                  3
            PM フィー                 1
            公租公課                  15
            損害保険                  5
            その他費用                  30
          運営純収益                    148
            一時金の運用益                  1
            資本的支出                  -6
          純収益                    143
          還元利回り                   5.3  %
         法による価格                   2,660
        DCF
          割引率                   5.1  %
          最終還元利回り                   5.5  %
     積算価格                        2,720
       土地比率                     10.1  %
       建物比率                     89.9  %
     その他、鑑定評価機関が鑑定評価にあたって留

                            特になし
     意した事項
                                20/60










                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
    [施設の概要]
    ① オペレーター(施設運営者)兼テナントの概要
     オペレーター兼テナントの名称              日本ロングライフ株式会社              法人設立              1986  年9月
     所在地              大阪市北区中崎西2-4-12              代表者              炭本 健
     高齢者向け運営施設数(注1)              23 施設             客室数(注2)              1,040  室(2022年6月)
     上場/非上場              非上場:ロングライフホールディング株式会社(東証スタンダード市場上場)の100%子会社
     (注1)「高齢者向け運営施設数」は、オペレーターが運営する高齢者向け施設・住宅及び病院の施設数の合計を記載しています(オペレー

        ターより入手した情報(公表資料を含む)及びオペレーターのホームページ記載の情報(2022年6月末時点))。
     (注2)「客室数」は、オペレーターが運営する高齢者向け施設・住宅の定員数の合計を記載しています(オペレーターより入手した情報
        (公表資料を含む)及び各社のホームページ記載の情報(2022年6月末時点))。
    ロングライフホールディング株式会社(東証スタンダード市場に上場)を持株会社とするロングライフグ

    ループは、ロングライフホールディング株式会社、連結子会社7社、持分法適用関連会社1社、持分法非適用
    非連結子会社1社、及び持分法非適用関連会社2社により構成されており、ホーム介護事業、在宅介護事業、
    福祉用具事業、フード事業、リゾート事業を主たる事業としております。本不動産のテナントである高齢者
    施設のオペレーターは、ホーム介護事業を行う連結子会社の日本ロングライフ株式会社(以下、「本テナン
    ト」といいます。)となります(下記「本テナントに関して留意すべき事項」参照)。
    ② 高齢者施設の概要

                   ロングライフ・クイーンズ静岡呉
     運営施設名称                            開設年月              2018  年10月
                   服町
                                              介護付有料老人ホーム(一般型特
     所在地              静岡県静岡市葵区呉服町1丁目30              類型
                                              定施設入居者生活介護)
     事業主              日本ロングライフ株式会社              居室数              84 室
      静岡市が葵おまち地区で推進する「生涯活躍のまち静岡(CCRC)」において、高齢者の生涯活躍や健康寿

    命の延伸、地域活性化等を目的として、日本ロングライフ株式会社と静岡市は連携協定を締結しておりま
    す。本不動産の施設である「ロングライフ・クイーンズ静岡呉服町」は、CCRCの理念を尊重しつつ、2018年
    10月に呉服町第二地区市街地再開発ビル「札の辻クロス」の高層階にオープンした静岡市の中心部にあるグ
    ランドエイジホームです。
    a.介護付有料老人ホーム

       「介護付有料老人ホーム」とは、介護保険法の「特定施設入居者生活介護」(注1)又は「介護予防特定
      施設入居者生活介護」(注2)の事業者指定を地方自治体から受けた有料老人ホームをいい、各地方自治体
      が策定する高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画に基づき指定されるものです。各地方自治体の指針
      により、「特定施設入居者生活介護」又は「介護予防特定施設入居者生活介護」の事業者指定を受けた有
      料老人ホームのみが、広告やパンフレット等において「介護付」、「ケア付」等の表示を行うことが可能
      な施設とされています。
       (注1)「特定施設入居者生活介護」とは、介護保険法に定められている特定施設(有料老人ホームその他厚生労働省令で定める施設であって、

         同法第8条第21項に規定する地域密着型特定施設でないもの)に入居している要介護者について当該特定施設が提供するサービスの内容、
         これを担当する者その他厚生労働省令で定める事項を定めた計画に基づき行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話
         であって厚生労働省令で定めるもの、機能訓練(リハビリ)及び療養上の世話をいいます。
       (注2)「介護予防特定施設入居者生活介護」とは、介護保険法に定められている特定施設(介護専用型特定施設を除きます。)に入居している

         要支援者について、その介護予防を目的として、当該特定施設が提供するサービスの内容、これを担当する者その他厚生労働省令で定める
         事項を定めた計画に基づき行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の支援であって、厚生労働省令で定めるもの、機能訓
         練(リハビリ)及び療養上の世話をいいます。
                                21/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
    b.生涯活躍のまち静岡(CCRC※)構想

      日本ロングライフ株式会社は、静岡市が推進する「生涯活躍のまち静岡(CCRC)」葵おまち地区につい
      て、高齢者の生涯活躍や健康寿命の延伸、地域活性化のための「生涯活躍のまち静岡(CCRC)構想」の推
      進を目的として、静岡市と連携協定を締結しています。
        ※CCRC(Continuing           Care   Retirement       Community)とは、「仕事をリタイヤした人が健康で活動的に暮
        らし、必要な場合は介護などのケアも継続的に受けられるようなまちづくりのこと」をいいます。
       本不動産の施設は、静岡市5大構想(重要政策)の一つである「『健康長寿のまち』の推進」のうち、最
      も主要な施策として位置づけられる『「健康長寿なライフスタイル」~大人のおまち暮らし~ブランド
      化』をコンセプトとし、以下の重点ポイントに対する取組みとして実施されています。
       ● 健康長寿のまちづくり
       ● 中心市街地活性化
       ● 人口減少対策
    [賃貸借の概要]


     賃貸可能面積              5,209.15㎡              稼働率               100%
     テナント              日本ロングライフ株式会社              テナント数               1
     年間賃料              非開示              敷金・保証金              79百万円
     賃貸借形態              普通賃貸借契約              賃料(固定/変動)              固定
                                        (注1)
                                賃貸借契約残存年数
     賃貸借期間              2018年10月10日から30年間                            26年4カ月 
                   相手方に対し6カ月前までに書面
                                              297百万円に、契約期間に応じた
     中途解約              で申し入れ、相手方が同意した場              違約金
                                              割合を乗じて得られる金額
                   合に限り可能。
     (注1)本不動産の2022年6月30日現在における賃貸借契約残存年数(更新済みの場合は更新された期間を含みます。)を記載しています。

      合同会社Hash静岡呉服町は日本ロングライフ株式会社と賃料固定・長期の賃貸借契約を締結し、長期安定

    的な収益の確保を目指します。本不動産の施設は介護付有料老人ホームであり、オペレーターである日本ロ
    ングライフ株式会社に対しては、入居者からの入居一時金と月額管理料に加えて、入居者の要介護度に応じ
    て市町村等から介護報酬が支払われます。一方で、オペレーターとの間で賃料固定による長期の賃貸借契約
    を締結していることから(更新時も同様の方針になります)、入居者や市町村等からの収入の増減にかかわ
    らず、長期安定的なキャッシュフローを獲得することが可能です。
                                22/60






                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
                     <本不動産のキャッシュフローの流れ>
    [本テナントの親会社に関して留意すべき事項]



      投資対象となる本不動産             は、単一のテナントへ物件全体を賃貸するいわゆるシングル・テナント物件で

    す。本不動産       の収益は、      シングル・      テナントである        本テナント      からの賃料収入        に依存していることから、本
    テナントの資力が悪化する等により賃料の支払いが滞る場合があります                                      (下記    「3 投資リスク」「ホ             . テ
    ナントによる賃料等の支払債務の不履行に関するリスク」                               参照)。
      本テナント      は、ロングライフホールデ              ィング株式会社(東証スタンダード市場に上場、以下、「LLH社」と

    いいます。)がその議決権の100%を保有するLLH社の連結子会社であり、連結売上高に占めるホーム介護セグ
    メントの売上高の割合は約40%(2021年10月期)になります。LLH社におきましては、2021年10月期に係る
    2022年1月28日付け監査報告書において、翌年度(2022年10月期)期首から「収益認識に関する会計基準」を
    適用することにより利益剰余金の期首残高が減少するため、翌年度末時点の純資産の維持に関してシンジ
    ケートローンの財務制限条項に抵触するリスクを理由として「継続企業の前提に関する検討事項」が指摘さ
    れ、上記会計基準の変更の影響を受ける2022年10月期末時点以降の財務制限条項の運用方針については、取
    引金融機関との協議が想定されます                   (下記「3 投資リスク」「ホ.テナントによる賃料等の支払債務の不
    履行に関するリスク」「(ロ)本テナントの親会社に関するリスク」参照)                                         。LLH社の連結財務情報及び本テ
    ナントを中心とするLLH社ホーム介護セグメントの財務情報の要約は以下に記載のとおりです。より最新の情
    報につきましては、LLH社ホームページのIR情                        報等  をご覧ください。
    ① LLH    社の連結財務情報要約            (金額単位:千円)


                                                   2022  年4月30日

                  2019  年10月         2020  年10月         2021  年10月        又は同四半期末
                                                   までの6ヵ月間
     売上高                 13,220,909          13,230,064           12,382,751            6,234,999
     経常利益又は経常損
                                                      ▲  63,334
                       26,233          10,622           103,605
     失(▲)
     当期純利益又は純損
                     ▲  318,450         ▲  89,279          ▲  32,706          ▲  93,813
     失(▲)
     純資産額                 2,772,363          2,578,713           2,455,599           176,971    ※
     総資産額                 17,437,893          19,675,889           17,704,460           16,687,638
    (出所)ロングライフホールディング株式会社の2020年10月期及び2021年10月                                        期 有価証券報告書、及び2022年10月

     期第2四半期報告書          。
                                23/60



                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
    ※2022年10月期における純資産減少の主たる要因は、同年度期首から適用された「収益認識に関する会計基

    準」(企業会計基準第29号)の導入であります。新たに適用された「収益認識に関する会計基準」に従い、
    約 束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれ
    る金額で収益を認識されることになりました結果、従来、契約月に一括で収益認識されていたホーム介護事
    業における入居一時金の非返還対象部分は、平均入居期間にわたり均等に収益認識する方法に変更しまし
    た。リゾート事業における施設利用契約の入会金も同様に契約月での一括認識から契約期間にわたり均等に
    収益認識する方法に変更されました。そして、新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を2022年
    10月期の期首の利益剰余金から減ずる措置が採用されました。その結果、同年度期首の利益剰余金の残高は
    約21億円減少しました。当該減少分につきましては、同年度より一定期間(5年~10年)にわたって収益に
    振り替えられ、売上計上されることになります(参照:LLH会社の2022年10月期第2四半期報告書、四半期連
    結財務諸表、注記事項(会計方針の変更))。
    ② LLH社ホーム介護セグメント(その中心企業は本テナント                                 )の財務情報要約          (金額単位:千円)


                                                2022  年4月30日又は

                  2019  年10月期        2020  年10月期         2021  年10月期         同四半期末
                                                 までの6ヵ月間
     セグメント売上高                4,576,024           4,927,129           5,144,639           2,556,065
     セグメント(経常)利
                     ▲286,273           ▲158,575            86,856          ▲1,479
     益又は損失(▲)
     セグメント資産                10,648,675           11,698,074           11,170,124               -
    (出所):ロングライフホールディング株式会社2020年10月期及び2021年10月期有価証券報告書、及び2022年10月

    期第2四半期報告書
    (3)  【運用体制】

         前記「    1. 組合等の概況」「(           5 ) 組合等の機構」をご参照ください。

        (4)  【分配方針】


         投資者(本匿名組合員)は、出資割合に応じて、本営業から生じる利益の分配を受ける権利を有

        し、又は損失を負担する義務を負います。また、損失の分配の結果、投資者に分配された損失累計額
        が本匿名組合出資の額を超過する場合においても、投資者(本匿名組合員)は本匿名組合出資の範囲
        内でのみこれを負担します。
         営業者である合同          会社Hash静岡呉服町は、原則として毎月、日本において一般に公正妥当な会計慣

        行に従って計算された損益に相                 当する金額と主に非支出費用に相当する金額を、金銭の分配金として
        投資者の出資割合に応じて投資者(本匿名組合員)に対して支払うものとします。但し、営業者は、
        費用として必要な金額を留保することができるものとします。投資者(本匿名組合員)への金銭分配
                                24/60

                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
        は、投資者(本匿名組合員)に割り当てられる利益の範囲内では利益の分配とし、利益を超過しての
        金銭の分配の部分は出資金の払戻しとします。すなわち、本匿名組合の金銭分配におきましては、利
        益 に相当する金額に加え、主に減価償却費を原資として利益を超えた金銭を分配する方針です。一般
        に減価償却費は会計上の費用ですが実際に現金を支出するものではなく、社内に留保されることにな
        ります。本匿名組合は、このように留保される非支出費用の一部又は全部を投資者に還元すべく、利
        益を超えた金銭分配を行うこととしています。その場合、出資者である投資者にとりまして、金銭分
        配のうち利益超過分配部分につきましては、出資金の払戻しとして取扱われます。
         毎月の    金銭  分配は以下の方法で行われます。

        本匿名組合の計算期間は、①毎年5月1日から同年7月末日まで、②毎年8月1日から同年10月末日まで、

        ③毎年11月1日から翌年1月末日まで、及び④毎年2月1日から同年4月末日までの3ヵ月毎の期間となり
        ます。本営業者は、3ヵ月毎の各計算期間に計算された利益相当額等分配可能な金額を、各計算期間の
        末日(計算期日)の属する月の翌々月から始まる3カ月の各月20日(当該日が営業日でない場合は直後
        の営業日)の3回に渡って分配します。
        ※最初の金銭分配は、2023年3月20日となります。

        (5)  【投資制限】


         発行者の投資制限は以下の通りです。

         イ.有価証券の引受け及び信用取引
           発行者は有価証券の引受け及び信用取引は行いません。
         ロ.借入れ
           本匿名組合では、原則として借入れは行いません。但し、対象不動産に関し、想定を超えた大
          規模な修繕又は修繕以外の突発的な資金需要が避けられない事態となった場合は、対象不動産当
          初取得価格の10%を上限の目安として(10%を大きく超える場合は投資者(本匿名組合員)へ事前
          に通知)、金融機関その他関係法人から借入れを行う場合があります。
         ハ.集中投資
           集中投資に関する規定は特にありません。
         ニ.他のファンドへの投資
           発行者は他のファンドへの投資は行いません。
    3 【投資リスク】


        (1)リスク要因

        本匿名組合出資は、元本の返還及び一定の投資目標の達成を保証しているものではありません。
       従って、本匿名組合出資金の一部又は全部に損失が生じ、返還されない可能性があります。以下に
       は、本匿名組合出資への投資に関してリスク要因となる可能性のあると考えられる主な事項を記載し
       ています。但し、以下の事項は、本匿名組合出資への投資に関する全てのリスクを網羅したものでは
       なく、記載以外のリスクも存在します。
                                25/60

                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
        発行者及び本資産運用会社、電子記録移転有価証券表示権利等取扱業者は、これらリスクの回避・
       低減等に極力対応する方針ですが、結果的に十分である保証はありませんので、各投資者は自らの責
       任 において、必要に応じて弁護士、税理士、公認会計士等の専門家に相談する等して、本資料に記載
       された事項その他の事情を慎重に検討した上で投資判断を行って下さい。
        本項に記載されているリスク項目は、以下のとおりです。
      <リスク項目一覧表>

      ① 本匿名組合出資持分の特性に関するリスク
        イ.   本匿名組合の運用方針(長期運用)に係るリスク
        ロ.   本匿名組合出資持分の流動性に係るリスク
        ハ.   早期契約終了に係るリスク
        ニ.   第三者対抗要件の具備に関するリスク
      ② セキュリティトークンに関する技術等固有のリスク
        イ.   秘密鍵に係るリスク
        ロ.   サイバー攻撃に係るリスク
        ハ.   システム障害に係るリスク
      ③ 投資対象に関するリスク
        イ.   不動産の流動性の低さ・売買にかかるコストの大きさ                             に関するリスク
        ロ.   不動産の欠陥・瑕疵のリスク
        ハ.   ヘルスケア施設への投資の特性及びオペレーターであるヘルスケア事
           業者に関するリスク
        ニ.   シングル・テナント物件に関するリスク
        ホ.   テナントによる賃料等の支払債務の不履行に関するリスク
        へ.   有害物質に関するリスク
        ト.   共有物件のリスク
        チ.   区分所有建物に関するリスク
        リ.   価格が変動し、元本が保証されていないリスク
        ヌ.   賃料水準低下のリスク
        ル.   地震・火災・洪水等の災害・保険に関するリスク
        ヲ.   関係法令等の変更に関するリスク
        ワ.   経年劣化などによる資産価値の下落リスク
        カ.   事故等による損害賠償リスク
        ヨ.   税制の変更に関するリスク
        タ.   テナントとの賃貸借契約にかかわる守秘義務に関するリスク
        レ.   市場リスク
        ソ.   新型ウイルス等疫病に関するリスク
        ツ.   利益相反に関するリスク
      ④ 匿名組合に関するリスク
        イ.   権利義務の帰属及び出資金の返還に関するリスク
        ロ.   営業者の意思決定に関するリスク
        ハ.   発行者破綻のリスク
      ⑤ 関係法人等に関するリスク
      ⑥ 本匿名組合の運営に関与する関係法人等への依存に関するリスク
      ⑦ 報酬、費用負担のリスク
                                26/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
      ⑧ 法令、税制及び政府による規制の変更に関するリスク
       ①  本匿名組合出資持分の特性に関するリスク

          実体法上の権利としての本匿名組合出資持分は、営業者との匿名組合契約に基づき、本不動産に
         係る信託受益権を取得し、約40年というかなり長期にわたって運用することを前提としています。
         また、収益の源泉となる投資対象としての本不動産は、通常の共同住宅とは異なり、特定のオペ
         レーターが運営する高齢者施設となります。さらに、本匿名組合出資持分の譲渡については、現状
         では一定の制限が設けられています。
          以上に関する各リスクは以下の通りです。
       イ. 本匿名組合の運用方針(長期運用)に係るリスク
           本匿名組合の契約期間は原則2022年11月1日~2062年10月31日までの40年間となります(但し、
          本契約の契約期間内に本信託受益権又は本不動産の全部の売却が完了しない場合には、営業者は、
          本契約の契約期間の満了日の3ヶ月前までに本匿名組合員に書面又は電磁的方法により通知をする
          ことにより、1年を超えない範囲で本契約の契約期間を延長することができるものとし、その後も
          同様とします(但し、当初の契約期間の満了日から2年を超えない範囲に限るものとしま
          す。)。)。本匿名組合は、上記の長期にわたって対象不動産に係る信託受益権を保有し、安定的
          な賃料収入の確保を目指すものですが、40年という期間には、物件の構造、設備等の機能に著しい
          劣化が進む可能性、また、本不動産を取巻く物理的環境、不動産法制・税務その他の規制環境等が
          大きく変化する可能性、更には、本匿名組合の営業者の事業継続性が困難になる可能性がありま
          す。そのような場合、本匿名組合の収益・健全な継続性に悪影響を及ぼし、                                         結果として投資者への
          分配支払いが行われなくなる、元本の返済・償還の一部又は全部が失われるおそれがあります。
       ロ. 本匿名組合出資持分の流動性に係るリスク

           投資者の本匿名組合出資への投資資金は、払込みを行った日から最終償還日までの間、その流動
          性(譲渡)に制約が課せられます(中途での解約及び一部払戻は、法令上匿名組合の終了原因又は
          解約原因とされている事由が生じた場合を除き、原則としてできません。)。
           本匿名組合出資持分の譲渡に関して、営業者が承諾する譲渡は、Hash                                       DasH株式会社に対する譲
          渡のみです。すなわち、投資者の期中換金の方法としては、Hash                                   Dash株式会社を相手方として売
          却注文を出す相対取引を通じてとなります。Hash                           DasH株式会社は、不動産鑑定評価額を用いて算
          出された基準価額(鑑定評価額NAV)をもとに自社で生成した価格(1口当りの鑑定評価額NAVを参
          照し、経過分配金相当額を調整)を提示し、自社で定めた在庫管理上限値の範囲内で、投資者から
          の売却注文に対応します。従いまして、投資者の希望金額での買取りを確約するものではなく、投
          資者は想定した価格・数量での売却(換金)ができない又は売却自体ができない可能性がありま
          す。
       ハ. 早期契約終了に係るリスク

           本匿名組合は40年と長期の事業継続を前提とした運営を行いますが、市場環境等の要因から、本
          不動産に係る信託受益権の売却が投資者にとって経済合理性があると判断する場合は、物件を売却
          して当ファンドを償還する選択権を有します。また、本匿名組合の契約期間は、2062年10月31日ま
          での40年ですが、現在のテナントとの間で締結している建物賃貸借契約は2048年10月までの約26年
          となり、その後は5年毎の更新を予定しております。本営業者は、現状テナントとの契約更新がな
          されない場合または退去する場合は、他テナントを確保していく対応を行いますが、現時点におい
                                27/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
          ては2048年10月以降の賃貸借契約は確定されていないことに留意が必要です。このため、もしこれ
          ら関係契約が当初の想定よりも早期に終了する場合は、投資者が当初想定していた長期による分配
          の 享受する機会の一部又は全部が失われるリスクがあります。
                                28/60



















                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
       ニ. 第三者対抗要件の具備に関するリスク
           実体法上の権利としての匿名組合出資持分は、一般に債権の一種に分類されると言われており、
          民法では、債権の譲渡は、譲渡人が債務者に通知をし、又は債務者が承諾をしなければ、債務者そ
          の他第三者に対抗することができないとされています。また、それら通知又は承諾は、確定日付の
          ある証書によってしなければ、債務者以外の第三者に対抗することができないとされています。こ
          のため、営業者(発行者)からの事務受託者であるHash                              DasH株式会社は、公証役場での確定日付
          のある譲渡承諾書を作成し、当該承諾書を譲受人たる当社(或いは当社からの譲受人)へ送付する
          ことで第三者対抗要件を備えますが、権利移転(譲渡)の完了と第三者対抗要件の具備までに何ら
          かの理由で乖離が生じた場合、悪意の第三者が先に確定日付のある証書を準備し、第三者として権
          利を主張するリスクがあります。
       ②  本セキュリティトークンに関する技術等固有のリスク

          従来型有価証券である株式・債券等とは異なり、本セキュリティトークンは、「ブロックチェー
         ン(BC)/分散型台帳技術(DLT)」を利用した電子情報処理組織を用いて、発行、配布、権利の記
         録・移転等の管理が行われます。
          この観点から、本ブロックチェーン基盤を有するデジタル証券システムの技術、及び本プラット
         フォームの運営に、外部、内部から何らかの事由で問題が生じた場合は、セキュリティトークンの
         取引、権利の記録・移転、権利から生じる経済効果に影響を及ぼし、損害を被る可能性がありま
         す。
       イ. 秘密鍵に係るリスク

          本セキュリティトークンの発行・配布・移転等の移動データをブロックチェーンへ記帳し、当該
         移動データが正規なデータとして承認されるためには、『秘密鍵』による電子署名済移動データを
         生成し、本データをブロックチェーンへ記帳する必要があります。このため、『秘密鍵』がハッキ
         ング等により第三者へ流出した場合は、不正に発行・配布・移転等の電子署名済移動データが生成
         され、背信的悪意者にデータの改ざんやセキュリティトークンを奪取される事態を招く可能性があ
         ります。この場合、本セキュリティトークンに係る記録の改ざん・消滅、セキュリティトークンの
         不正流出により、権利の移転が行えなくなる、また、実体法上の権利として、分配金等の経済効果
         を享受できない、権利を消失する可能性があります。
       ロ. サイバー攻撃に係るリスク

          本セキュリティトークンは、「ブロックチェーン(BC)/分散型台帳技術(DLT)」を利用した高
         度な電子情報処理組織であるデジタル証券システムを通じて、発行、配布、権利の記録・移転等の
         管理が行われます。そのため、サイバー攻撃による不正アクセス・使用、不正プログラムの侵入が
         行われた場合、本セキュリティトークンに係る記録の改ざん・消滅、セキュリティトークンの不正
         流出により、権利の移転が行えなくなる、また、実体法上の権利として、分配金等の経済効果を享
         受できない、権利を消失する可能性があります。
                                29/60




                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
       ハ. システム障害に係るリスク
          本セキュリティトークンに対応するデジタル証券システムにオンライン上重大な障害が発生した
         場合は、一時的に権利の移転が行えない、ブロックチェーン管理する各投資者のウォレットが照会
         できない等の支障が生じる可能性があります。
       ③  投資対象に関するリスク

          本匿名組合の営業者の投資対象は直接的には、不動産を信託財産とする信託受益権ですが、投資
         リスクとしては、不動産を直接投資・保有する場合と同様の状態にあります。従いまして、本匿名
         組合出資持分は、不動産投資に関するリスクによって悪影響を受ける可能性があります。
          不動産は、不動産価格、賃料水準、稼働率、維持管理経費等の変動などの不動産関連市況の動向
         や経済情勢その他の要因を直接の原因として、収益の低下及び価格の下落が生ずるおそれがありま
         す。また、一般に不動産物件は流動性に乏しく、価格及び時期等の点において、期待通りに取得又
         は売却・資金化できる保証はありません。不動産投資に関するその他の個別的なリスクは以下の通
         りです。
       イ. 不動産の流動性の低さ・売買にかかるコストの大きさに関するリスク

          一般的に不動産は流動性が低い資産であり、またそれぞれの物件の個性が強いため、不動産鑑定
         士による鑑定や諸関係者との交渉等、売却及び取得に多くの時間と費用を要します。また、類似の
         物件が類似の価格で売買されるとは限られません。特に、不動産が共有物件である場合や、土地と
         建物が別人の所有に属する場合等権利関係の態様によっては、取得及び売却により多くの時間と費
         用を要することがあり、本匿名組合出資の分配金額・償還金額等が悪影響を受ける可能性がありま
         す。
       ロ. 不動産の欠陥・瑕疵のリスク

          一般的に不動産には権利、地盤地質、構造等に関し欠陥や瑕疵が存在している可能性がありま
         す。また、適用される法令上の規制に対する遵守や、周辺の土地利用状況等によっても、その欠陥
         や瑕疵となる可能性となるものが含まれています。さらに、不動産をめぐる権利義務関係の複雑性
         ゆえに、買主が取得した権利が第三者の権利、地役権、行政法規等により制限を受けることがあり
         ます。これらにより、本匿名組合出資の分配金額・償還金額等が悪影響を受ける可能性がありま
         す。
       ハ. ヘルスケア施設への投資の特性及びオペレーターであるヘルスケア事業者に関するリスク

          本匿名組合の投資対象である本不動産は、静岡市に所在する一棟建物における区分所有建物及び
         その敷地からなる高齢者施設(介護付き有料老人ホーム)です。高齢者施設は、現状、利用者需要
         増から物件需要が相対的に強い一方で、一般的な共同住宅やオフィスと比較して、その運営・管理
         等に専門的オペレーターを介在させ、オペレーターを唯一のテナントとすることから、特殊性があ
         ると言え、以下のようなリスクが考えられます。今後の長期にわたる運用期間中、当該オペレー
         ターの倒産、業務の懈怠若しくは契約上の義務の不履行等から当該施設の運営・継続に問題が生じ
         た場合、これらのリスクにより、本匿名組合の収益に影響を及ぼし、結果として投資者への分配支
         払いが行われなくなる、元本の返済・償還の一部又は全部が失われるおそれがあります。
         (イ)オペレーターに関するリスク
                                30/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
          業法規制・ノウハウ・財務体質等の各種要請から、オペレーター候補となりうる事業体は限定さ
         れることとなります。したがって、オペレーターによる運営管理が適切に行われなかった場合又は
         オペレーターに一定の交代事由が生じた場合であっても、機動的にオペレーターの交代ができず、
         結 果的に、当該物件のレピュテーションを損ない、ひいては、本匿名組合の収益及び本匿名出資持
         分の市場価格に悪影響を及ぼすおそれがあります。なお、オペレーターの変更については行政上の
         手続が必要であること、また、当該手続につき既存のオペレーターの協力が必要であること等か
         ら、円滑に承継できない可能性があります。
          また、オペレーターにつき、本匿名組合が投資対象とする施設であるか否かにかかわらず、業務
         の懈怠その他義務違反があった場合、食中毒や集団感染などの事故の発生、入居者の転倒事故、入
         居者情報の漏洩、従業員による入居者への虐待、医療事故その他の問題が生じた場合や、オペレー
         ター又は施設に対する不利益な情報や風評が流れた場合、当該オペレーターが業務停止、介護保険
         法又は健康保険法(大正11年法律第70号。その後の改正を含みます。)に基づく指定の取消し、そ
         の他の行政処分を受けた場合、オペレーターが業務遂行に必要な人的・財産的基礎等の維持が困難
         になった場合等には、当該施設の運営に重大な支障が生じる可能性があり、ヘルスケア施設の収益
         性及び資産価値、ひいては、本匿名組合の収益に重大な悪影響を及ぼす可能性があります。
          近時、新型コロナウイルスによる感染症が世界的に拡大し、オペレーターが運営する高齢者向け
         施設(本不動産を含む)において、入居者及び従業員等の間における集団感染の発生や新型インフ
         ルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言に措置・対応により、当該運営施設の業務の停止
         を余儀なくされる可能性があります。オペレーターが業務遂行に必要な人的・財産的基礎等の維持
         が困難になった場合には、本匿名組合の収益等に重大な悪影響を及ぼす可能性があります。
         (ロ)物件の汎用性に関するリスク等
          ヘルスケア施設は、建物の構造、間取り、付帯施設、立地、建築基準法による用途制限等の点
         で、入居者やオペレーターのニーズに応じて、その業務特性を反映した建物の構造や設備を有する
         ことが一般的です。したがって、将来、入居者の属性が変更され、当該施設の設置目的が変更され
         又はオペレーターが退去して新たなヘルスケア事業者がオペレーターとなった際には、その建物を
         そのまま活用できない場合があるほか、ヘルスケア施設以外の用途(例えば、オフィスや住居等の
         用途)に容易に転用が可能でないことが一般的です。したがって、ヘルスケア施設の用途の変更に
         は、多額の費用が掛かり、又は転用自体が困難な場合があり、また、用途が限定されることで購入
         先が限られて想定した価格で売却できない可能性があります。その結果、本匿名組合の収益等が悪
         影響を受ける可能性があります。
          ヘルスケア施設では、固定資産に区分される建物、付属設備等だけでなく、家具、什器、備品、
         装飾品及び厨房機器等の償却資産についても、その定期的な更新投資がヘルスケア施設の競争力維
         持のために不可欠となります。信託受託者が施設及び設備の運営維持費並びにその更新投資に関す
         る費用を負担すべき場合で、かかる費用がヘルスケア施設からの収益に比べ過大な場合、本匿名組
         合の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。また、施設及び設備の更新投資がヘルスケア施設の
         オペレーター負担である場合であっても、当該オペレーターがその運営方針として本匿名組合が必
         要と考える更新投資を行わない場合があり、また、当該オペレーターの信用力によっては、適切な
         更新投資を行うことができない可能性もあり、その結果、施設の競争力が低下し、当該施設の収益
         に悪影響を及ぼし、ひいては、当該施設の資産価値に悪影響を及ぼす可能性があります。
         (ハ)入居一時金に関するリスク
                                31/60



                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
          オペレーターの事業内容及び財務内容が悪化した場合において、入居者がオペレーターに対して
         のみならず、合同会社Hash静岡呉服町に対しても入居一時金残額の返還を求める等、合同会社Hash
         静岡呉服町として法的には許容できない対応を求めてこないとの保証はありません。
          また、オペレーターの事業内容又は財務内容が悪化した場合において、本来は合同会社Hash静岡
         呉服町が債務を負担していないにもかかわらず、当該ヘルスケア施設に係る代替テナントの確保そ
         の他の観点から、合同会社Hash静岡呉服町において入居一時金残額の返還等の負担を余儀なくされ
         る可能性があります。
         (ニ)有料老人ホームに係る制度改正に関するリスク
          有料老人ホームに関連する法令、ガイドラインの改正や介護保険等の制度改正等が有料老人ホー
         ムの運営や競争環境に影響を及ぼし、本匿名組合の投資対象である施設の収益に影響を及ぼし、ひ
         いては、当該施設の資産価値に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ニ. シングル・テナント物件に関するリスク

          投資対象不動産は、単一のテナントへ物件全体を賃貸するいわゆるシングル・テナント物件で
         す。投資対象不動産のテナントの資力が悪化する等により賃料の支払いが滞る場合があります。
          また、シングル・テナント物件の場合、賃貸借面積のすべてについて同時期に代替テナントを探
         索することになる等の理由から、既存テナントが退去した際に、代替テナントが入居するまでの空
         室期間が長期化し、又は代替テナント確保のため賃料水準を引き下げることが必要となる可能性が
         あります。
       ホ. テナントによる賃料等の支払債務の不履行に関するリスク

       (イ)本テナントに関する債務不履行リスク
          本匿名組合事業の収益は、シングル・テナントである本テナント(日本ロングライフ株式会社)
         が支払う賃料に依存しています。従って、本テナントによる賃料の支払いが期限に行われず、又は
         賃料の支払いが履行されない場合には、不動産からの収益が減少し、本匿名組合事業の収益に悪影
         響を及ぼすこととなります。
       (ロ)本テナントの親会社に関するリスク
          本テナントの親会社であるロングライフホールディング株式会社(LLH社)では、同社連結財務諸
         表において、2022年10月期の期首から、新たに「収益認識に関する会計基準」の適用を開始した結
         果、当該期首の利益剰余金が減少することとなり、LLH社のシンジケートローン契約に付されている
         財務制限条項で維持すべきとされている純資産額を2022年10月期年度末時点において確保すること
         ができなくなる見通しであることから、前年度2021年10月期の連結財務諸表に係る2022年1月28日付
         監査報告書において「継続企業の前提に関する検討」が記載されております(上記「本テナントの親
         会社に関して留意すべき事項」参照)。この点につき、LLH社は、2022年10月期に関する2022年6月14
         日付第2四半期報告書において、「この状況の早期解消に向けて、各グループ会社が各セグメント市
         場において、売上拡大やコスト削減対策を実施し、収益向上に努めてまいります。同時に、取引金
         融機関との協議により、当該金融機関に財務制限条項に関わる期限の利益喪失の権利行使をしない
         ことについて合意をいただけるものと判断しており継続企業の前提に関する重要な不確実性は認め
         られないと判断しております。」との認識を表明しております。しかしながら、本テナントの親会
         社の継続事業性に係るリスクは必ずしも払拭できるとは限らないことから、当該リスクが現実化す
         る場合は     、本テナントの事業に関して悪影響を与える可能性は否定できません                                     。
                                32/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
       ヘ. 有害物質に関するリスク
          土地について、一般的に有害物質が埋蔵されている可能性を否定することはできず、かかる有害
         物質が埋蔵されている場合には、当該土地の価額の下落により、本匿名組合の収益が悪影響を受け
         る可能性があります。
       ト. 共有物件のリスク

          不動産が共有持分である場合には、共有者間の規約による制限を受け、かかる規約により、持分
         の第三者への譲渡にあたって他の共有者が先買権や優先交渉権を与えられるとともに、譲渡につい
         て一定の手続が定められます。また、共有物の管理等について民法その他の法令による規制があり
         ます。共有者と共同して当該物件を第三者に賃貸している場合に、当該賃貸借契約に基づく賃貸人
         の権利の全体が共有者の債権者等による差押等の対象となる可能性があります。これらの他にも、
         共有物件に特有の法律上又は実務上のリスクがあり得ます。
       チ. 区分所有建物に関するリスク

          区分所有建物とは建物の区分所有等に関する法律(昭和37年法律第69号。その後の改正を含みま
         す。)(以下「区分所有法」といいます。)の適用を受ける建物で、単独所有の対象となる専有部
         分(居室等)と共有となる共用部分(エントランス部分等)及び建物の敷地部分から構成されま
         す。本匿名組合が保有する不動産は区分所有物件ですので、その管理及び運営は区分所有者間で定
         められる管理規約に服することに加えて、区分所有権を譲渡する場合における一定の                                             事項の承継
         等、管理規約による一定の制限に服する場合があります。また、区分所有者は、自己の専有部分を
         原則として自由に処分することができるため、他の区分所有者の意向に関わりなく区分所有者が変
         更される可能性があり、新たな区分所有者の資力や属性等によっては、当該不動産の価値や収益が
         減少する可能性があります。区分所有法上、各区分所有者は管理規約に別段の定めがない限り、そ
         の持分に応じて共用部分の負担に任ずることとされ、これに反して他の区分所有者が自己の負担す
         べき公租公課、修繕費、保険料等の支払又は積立てを履行しない場合、本匿名組合が影響を受ける
         場合があります。さらに、他の区分所有者は自己の専有部分を原則として自由に賃貸その他使用収
         益することができ、他の区分所有者による使用収益の状況によって本匿名組合が影響を受ける可能
         性があります。
       リ. 価格が変動し、元本が保証されていないリスク

          保有する不動産の価格は、不動産市況、金利・株式相場や社会情勢その他の要因を理由として変
         動することがあります。投資者は、本匿名組合契約の締結により投資を行いますが、本匿名組合契
         約においては、匿名組合員に対する出資の払戻及び収益の分配は保証されていません。よって、不
         動産価格の変動、下落、その結果として出資元本が返還されないというリスクは、最終的には、投
         資者が負担することになります。
       ヌ. 賃料水準低下のリスク

          更新時、契約期間中を問わず、不動産の賃料が当事者の合意により減額される可能性がありま
         す。また、不動産の賃料が賃料相場と比べて適正な水準にあるとは限りません。
       ル. 地震・火災・洪水等の災害・保険に関するリスク

                                33/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
          地震・火災・洪水等の自然災害により、不動産の価格やテナントの支払能力等が影響を受ける可
         能性があります。原則として不動産に対して火災保険等の保険契約が締結されていますが、締結さ
         れていない場合、あるいは保険契約に基いて支払われる保険金の上限額を上回る損害が発生し、又
         は 保険契約に基づく支払が行われない場合には、本匿名組合事業は重大な影響を受ける可能性があ
         ります。
       ヲ. 関係法令等の変更に関するリスク

          将来環境保護を目的とする法令等が制定・施行され、営業者及び投資先会社に大気・土壌・地下
         水等の汚染調査義務、汚染除去義務、汚染による損害の賠償義務等が課される可能性があります。
         また、オフィスビルの管理に影響する関係法令の改正により、商業ビルの管理費用等が増加する可
         能性があります。さらに、法令の改正や、収用、再開発、区画整理等の行政行為等により不動産に
         関する権利が制限される可能性があります。
       ワ. 経年劣化などによる資産価値の下落リスク

          不動産について、滅失、毀損又は劣化等が生じた場合、修繕が必要となることが予想されます。
         かかる修繕に多額の費用を要し、又はかかる修繕が困難な場合には、不動産からの収益が減少する
         ほか、不動産自体の価格が下落する可能性があります。本不動産は今後40年にわたり使用されてい
         くなかで、その建物・設備が経年劣化していくことが予想されます。本匿名組合は長期的な修繕計
         画の観点から修繕費・積立金を毎期約2,000万円強計上していきますが、想定を超えた大規模な修繕
         又は修繕以外の突発的な資金需要が避けられない事態となった場合は、本不動産当初取得価格の約
         10%を上限の目安として金融機関その他関係法人からの借入等を行う可能性があります。このよう
         に、経年劣化対策やそのための資金繰りが本匿名組合事業に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                34/60











                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
       カ. 事故等による損害賠償リスク
          不動産を原因として、他人の生命・身体・財産等に損害を与える場合があります。とりわけ、土
         地の工作物の所有者は民法上無過失責任を負うこととされています。また、原則として不動産に対
         して施設賠償責任保険等の保険契約が締結されていますが、締結されていない場合、あるいは保険
         契約に基づいて支払われる保険金の上限額を上回る損害が発生し、又は保険契約に基づく支払が行
         われない場合には、本匿名組合事業は重大な影響を受ける可能性                                   があります      。
       ヨ. 税制の変更に関するリスク

          税制の変更により、不動産及び不動産関連取引に関する公租公課の負担が増大する可能性があり
         ます。
       タ. テナントとの賃貸借契約にかかわる守秘義務に関するリスク

          テナントとの賃貸借契約上、当該テナントに対し賃貸人が守秘義務を負っている場合がありま
         す。この場合、当該テナントにかかわる賃料の定め又はその他の重要な契約条件を第三者に開示で
         き ないことがあります           。
       レ. 市場リスク

          不動産投資に伴う市場リスクは、営業者の支配力を超えたものです。不動産市場のリスクとして
         は、全般または地域単位の経済情勢、近隣物件の相場、金利、固定資産税率、運営費用、インフ
         レーション      もしく    はデフレーション及び経済力、不動産の需給バランス、入居率、政省令及び国家
         予算政策、ならびに天災その他不動産の建替または大規模修繕を必要とする事態の発生が挙げられ
         ます。さらに、その他の要因も絡んで不動産市場においてはこれまで周期的な変動が見られている
         こと、また、匿名組合員に対する分配及び出資金の返還に不動産が十分な対価により売却または処
         分できる保証はない、という点も不動産市場リスクに含まれます。
       ソ. 新型ウイルス等疫病に関するリスク

          COVID-19(新型コロナウイルス)による疫病等の流行等の外的要因により、不動産の正常な運
         営、管理等が妨げられたり、入居者の減少等により不動産の収益性が低下し、その結果、                                                本匿名    組
         合の収益等に悪影響が生じる可能性があります。
       ツ. 利益相反に関するリスク

          営業者は、本資産運用会社へ投資                   運用  を一任しますが、本資産運用会社が本匿名組合と類似の
         ファンド等に関して今後同様の業務を受託し又は同種契約を締結する可能性があります。さらに、
         営業者は、事務受託者に本匿名組合の運営の一部業務について委託しますが、事務受託者は今後も
         新たに本匿名組合と類似のファンドに関して同様の業務を受託し又は助言契約を締結する可能性が
         あります。
          本資産運用会社及び事務受託者は、それぞれ負担する契約上の義務を尽くして、誠実に本匿名組
         合にとって最適と考えられる業務を行いますが、それら二者が他のファンドに対して負っている善
         管注意義務等との間に利益相反関係が生じる場合には、本匿名組合が投資機会の全てを享受できな
         い可能性があります。
                                35/60



                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
       ④ 匿名組合に関するリスク
       イ.権利義務の帰属及び出資金の返還に関するリスク

          匿名組合契約とは、当事者の一方(匿名組合員)が相手方(営業者)の営業のために出資をし
         て、相手方がその営業から得られる利益又は損失を匿名組合員に分配することを約する契約をいい
         ます。匿名組合契約は、匿名組合出資を行う匿名組合員と営業を行う営業者との間で個別に締結さ
         れます。匿名組合においては、匿名組合出資金は営業を行う営業者に帰属し、営業者は自己の権限
         に基づいて営業を行います。営業者だけが営業の主体として第三者に対して権利義務を有し、投資
         家たる匿名組合員は外部に現れないことから「匿名」組合という名称となっています。
          匿名組合員は、営業者の行為につき第三者に対して権利義務を有さず、匿名組合契約に従って、
         損益の分配のみを受けることになります。また、匿名組合契約の終了時、営業者は匿名組合員に匿
         名組合出資金を返還する義務を負いますが、営業の結果、損失が発生し、匿名組合出資金の返還額
         はゼロとなることもあります。従って、匿名組合契約においては匿名組合員の匿名組合出資金の返
         還が保証されているものではなく、匿名組合員が損失を被る可能性があります。但し、匿名組合員
         の責任は匿名組合出資の範囲内に限定され、出資金額を超えて損失を負担することはありません。
       ロ.営業者の意思決定に関するリスク

          本匿名組合にかかわる全ての運営及び管理は、本匿名組合の営業者である発行者が行うことに
         なっており、これらにつき本匿名組合員が行い、又は指図等により営業者の意思決定に関与するこ
         とはできません。従って、本匿名組合員は、投資対象について確認、調査、投資の承諾等の関与を
         行うことができません。本匿名組合員は、本匿名組合出資への投資をご決定いただくにあたって、
         発行者が行う投資判断を、ご信任いただく必要があります。
       ハ.発行者破綻のリスク

          発行者は、他の一般の法人と同様に、経済的に破綻した場合、破産手続、民事再生手続又は特別
         清算が開始される可能性があります。また、今後の立法、法改正等によって、上記の他の法的倒産
         手続(新たに立法される上記と類似の倒産処理手続も含みます。)が開始される可能性がありま
         す。一方、発行者の財産の所有権はすべて発行者に帰属し、匿名組合員たる投資者はこれに関して
         持分又は所有権その他いかなる権利も有しておらず、発行者に対して債権を有しているにすぎませ
         ん。よって、発行者につき、これらの法的倒産手続が開始した場合には、投資者は他の一般債権者
         と同様の地位に立ち、その出資の一部又は全部が回収できないおそれがあります。
          また、本匿名組合契約には責任財産限定特約が規定されており、本匿名組合員が発行者に対して
         有する一切の債権は、発行者が本匿名組合契約及び本営業に関連する契約に基づき取得し又は受け
         入れた財産、その他本営業に関して取得し又は受け入れた財産(以下「責任財産」といいます。)
         のみを引当てとしており、本匿名組合員は、発行者のその他の財産に対してその責任を追及するこ
         とはできません。また、本匿名組合員は、発行者に対する自己の債権の満足を図るため、責任財産
         以外の発行者のいかなる資産についても強制執行又は保全手続を行うこともできません。さらに、
         本匿名組合員は、責任財産が全て処分又は換価され、本匿名組合契約に従い本匿名組合員その他債
         権者に分配された場合には、本匿名組合契約に基づく未払債務が残存する場合でも、当該債務に係
         る請求権を当然に放棄するものとされます。
       ⑤ 関係法人等に関するリスク

                                36/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
         本匿名組合は、本匿名組合の営業者その他の関係法人、及びそれら以外の主要な法人(以下「関係
        法人等」と総称します。)が深く運営に関与します。これらの法人の                                     業務の懈怠若しくは契約上の義
        務 の不履行     、又は財産の状況の変化等を直接の原因として、収益の低下及び元本の欠損が生ずるおそ
        れがあります。また、関係法人等の倒産は本匿名組合にとってリスクとなります。
         このようなリスクを生じさせ得る地位にある主な関係法人等は以下のとおりです。
        ・発行者(営業者):合同会社Hash静岡呉服町
        ・資産保管会社、事務受託会社兼販売会社:Hash                           DasH株式会社
        ・資産運用会社:フィンテックアセットマネジメント株式会社
        ・オリジネーター:株式会社青山財産ネットワークス
        ・STプラットフォーム提供者:Hash                    DasH   Holdings株式会社
       ⑥ 本匿名組合の運営に関与する関係法人等への依存に関するリスク

         本匿名組合の運用成果は、関係法人等の能力、経験及びノウハウに大きく依拠しますが、かかる業
        務遂行に必要な人的・財政的基礎が各関係法人等において常に維持される保証はありません。とりわ
        け営業者は新しく創設されたもので、投資に関する実績がありません。その他の関係法人等が管理す
        るプロジェクト及び資産の過去の業績は必ずしも営業者の将来の業績の指針とはならないことにご注
        意下さい。
         本匿名組合の運営に関与する関係法人等について、委託を受けた業務の執行につき懈怠その他の違
        反があった場合、その他何らかの事情で業務の遂行が困難になった場合には、本匿名組合の存続及び
        収益等に悪影響を及ぼす可能性があります。
         関係法人等との契約が解約又は解除された場合、新たな業務受託者を選任する必要がありますが、
        速やかに選出できる保証はありません。新たな業務受託者の選任が速やかに行えない場合は、本匿名
        組合の存続及び収益等に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ⑦ 報酬、費用負担のリスク

         発行者は、販売会社、資産運用会社、その他関係法人に対して、直接的又は間接的に費用及び報酬
        を支払う義務を負います。これらの費用及び報酬は、本匿名組合が利益を実現するか否かにかかわら
        ず支払われます。
       ⑧ 法令、税制及び政府による規制の変更に関するリスク

         本匿名組合は、商法等の適用を受けておりますが、契約期間中に本匿名組合に適用のある法令、税
        制及び政府による規制の変更があった場合には、本匿名組合の事業遂行に悪影響が生じる可能性や、
        本匿名組合員の税負担が増大し、その結果、本匿名組合員の受領する分配金又は払込出資金の税負担
        考慮後の返還額に悪影響を及ぼす可能性があります。また、本匿名組合契約に基づく分配金にかかる
        源泉徴収税についての税法の規定又はその解釈・運用等が変更された場合にも同様のリスクがありま
        す。
       (2)   リスク管理体制

         発行者及び本資産運用会社は、以上のようなリスクが投資リスクであることを認識しており、そのう

       えでこのようなリスクに最大限対応できるようリスク管理体制を整備しています。
                                37/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
         しかしながら、当該リスク管理体制については、十分に効果があることが保証されているものではな
       く、リスク管理体制が適切に機能しない場合、投資者に損害が及ぶおそれがあります。
       ① 合同会社の体制

       (イ)投資に関する決定
          発行者は、本投資一任契約に基づき本資産運用会社に投資対象への投資による一切の運用その他必
        要な事務を委託します。したがって、投資対象に対する投資判断は本資産運用会社が行います。本資
        産運用会社は、「本書第二部 発行者情報」「第1 組合等の状況」「1 組合等の概況」「(5) 
        組合等の機構」「②投資運用の意思決定機構」「ロ.本資産運用会社の意思決定プロセス」記載の投
        資プロセスを経たうえで投資判断を行うことにより、投資判断の妥当性を確保し、投資リスクを軽減
        する体制を整備しています。
       (ロ)関係法人等の管理

          本匿名組合に関係する主要な関係法人等は、すべて運営・財務の適正さについて第三者である監査
        法人が監査を行います。また、法的なリスクについては、本匿名組合の組成過程、投資過程にわたっ
        て、日本の法律専門家・会計専門家にそれぞれ諮問しつつ対応します。
       ② 本資産運用会社の体制

         本資産運用会社のリスク管理体制は以下のとおりです。
       (イ)リスク管理規程の整備
          物理的、経済的もしくは信用上の損失または不利益を生じさせるすべての可能性を「リスク」と
         定義し、リスクの状況を的確に把握・評価し必要な措置を講じることにもってリスク管理を行いま
         す。
         具体的な必要措置として以下を定め整備しています。
         ・役職員の責務として法令及び社内規程の遵守
         ・リスクの予見または顕在化の場合のリスク別担当部門への報告
         及び当該部門の指示に従った対応策実行
         ・リスク管理の統括部門の設置
         ・重要リスクについてのリスク・コンプライアンス委員会への報告
         並びに取締役会での対応策協議及び決定。
       (ロ)組織体制

          「本書第二部 発行者情報」「第1 組合等の状況」「1 組合等の概況」「(5) 組合等の機
         構」「②投資運用の意思決定機構」「ロ.本資産運用会社の意思決定プロセス」記載の業務運営の
         組織体制をご確認ください。
       (ハ)利害関係者取引規程

          金融商品取引における顧客の利益が不当に害されることのないよう、利益相反のおそれのある当
         事者間の取引等について、利害関係者の範囲並びに当該範囲に該当する者との取引における取引形
         態毎の行為基準を定めています。
                                38/60



                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
          上記各範囲・基準に該当する場合もしくは該当するおそれがある取引を行おうとする場合は、事
         前に外部有識者を含む投資運用委員会及びリスク・コンプライアンス委員会での審議を必須しま
         す。かつ、利益相反取引であると特定された場合、以下の方法により顧客の保護を確保します。
         ・部門の分離
         ・取引条件又は方法の変更
         ・取引の中止
       (ニ)    内部者取引管理規程

          内部者取引に関する法人関係重要情報を定義・管理し、役職員の株式自己売買の制限等を定め、
         役職員による業務上知り得た非公表の重要情報の私的経済行為への利用を制限しております。
         法人関係重要情報の定義は、金融商品取引法の定義に準拠し、当該法人関係情報の取扱いにつき重
         要情報管理責任者としてコンプライアンス室長を任じ管理を行っております。
         具体的には以下のとおり管理方法を定めております。
         ・法人関係重要情報を取得した際の書面による管理責任者に対する報告
         ・管理責任者による当該情報の判断(法人関係重要情報の該当・非該当)
         ・該当する場合に伝達禁止通知の発出
         ・当該情報の公表の確認と伝達禁止の解除等の管理
    4 【手数料等及び税金】

    (1)  【申込手数料】

         なし

    (2)  【払戻し手数料】


         本匿名組合出資の払戻しはできませんので、該当事項はありません。

    (3)  【管理報酬等】


        ① 管理手数料

          資産運用会社は、本匿名組合に対する「本書第二部 発行者情報」「第1 組合等の状況」
         「1 組合等の概況」「(4) 組合等の仕組み」の表中の「ハ.資産運用会社」の事務に関する手数
         料として、本匿名組合契約期間内における各年度において年間550万円(税込み)に相当する金額を
         本匿名組合財産から受領します。また、事務受託者は、上記同表中の「へ.事務受託者」の事務に関
         する手数料として、本匿名組合契約期間内における各年度において年間550万円(税込み)に相当す
         る金額を本匿名組合財産から受領します。
        ② 組成時報酬
          販売会社は、       本匿名組合の運営開始時に              、本匿名組合の組成業務(スキーム構築・エクイティア
         レンジメント等)に関する報酬として、本匿名組合への出資総額に対して4.40%(税込み)に相当
                                39/60

                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
         する金額を本匿名組合財産から受領します。また、資産運用会社は、本匿名組合の運営開始時に、
         運用実行報酬として、本匿名組合への出資総額に対して1.10%(税込み)に相当する金額を本匿名
         組 合財産から受領します。
        ③ 運用成功報酬
          該当事項はありません。
        (注)プラットフォーム提供者への報酬はありません。
    (4)  【その他の手数料等】


        設立及び運営費用

          発行者は、本不動産に係る信託受益権の取得に要する費用(登録免許税、鑑定費用等)、有価証券

         届出書・目論見書・匿名組合契約書等の書面作成費、弁護士費用、信託銀行への報酬、その他本匿
         名組合の組成に要する費用の実額及び、契約期間中における本不動産に係る費用(租税公課、保険
         料、建物管理費用等)、本匿名組合の運営に要する費用(監査報酬、弁護士費用、事務委託費用、
         有価証券報告書、半期報告書その他の報告書の作成費用、信託報酬、継続鑑定費用、継続建物調査
         費用等)を本匿名組合財産から支払います。これら費用の合計額、上限額、計算方法等は、発生
         時・請求時に初めて具体的に認識するものがあったりすることから、予め具体的に示すことができ
         ませんので、その種類ごとの金額や料率、計算方法等は記載しておりません。
    (5)  【課税上の取扱い】


        ① 国内の個人投資家である匿名組合員の課税

          個人である匿名組合員がその営業者から受ける利益の分配は、原則として、雑所得に分類され他
         の所得と総合して課税標準を構成し累進税率が適用されて所得税額が計算され、所得税の申告納付
         (確定申告)をする必要があります。
          本匿名組合の匿名組合員が個人である日本の居住者の場合に支払われる利益分配については、営
         業者は、その支払の際、利益分配の支払額について20.42%(2013年1月1日から、所得税20%に対
         して2.1%の復興特別所得税が付加)の税率で計算された金額を源泉徴収いたします。個人である匿
         名組合員が、本匿名組合から利益を超える金銭の分配を受け取った場合には、出資の払戻しとして
         取扱われます。
          個人である匿名組合員が本匿名組合出資持分を譲渡(売却)した場合は、譲渡対価としてそれに
         係る譲渡原価との差額が、譲渡所得に分類され他の所得と総合して課税標準を構成し、累進税率が
         適用されて所得税額が計算され、所得税の申告納付(確定申告)をする必要があります。
          本営業者と個人である本匿名組合員との匿名組合契約が終了し、本匿名組合員に返還される金額
         については、返還金額と帳簿価額との差額は原則として雑所得に分類され、収入金額又は必要経費
         に算入することとなります。
         ※所得の区分がどのように取扱われるか等課税上の取扱いについては、各匿名組合員の状況に応じ
         て異なるところがありますので、各匿名組合員において税理士又は課税当局にご相談ください。
                                40/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
        ② 国内の法人投資家である匿名組合員の課税
          内国法人が匿名組合員である場合に、その本営業について生じた利益の額又は損失の額について
         は、現実に利益の分配を受け、又は損失の負担をしない場合であっても、匿名組合契約によりその
         分配を受け又は負担をすべき部分の金額をその計算期間の末日の属する事業年度の益金の額又は損
         金の額に算入します。
          なお、匿名組合の利益の分配は課税所得を計算する際、受取配当等の益金不算入の適用対 象と
         はなりません。
          匿名組合の匿名組合員が内国法人の場合に支払われる利益分配については、営業者は、その支払
         の際、利益分配の支払額について20.42%(2013年1月1日から、所得税20%に対して2.1%の復興特
         別所得税が付加)の税率で計算された金額を源泉徴収いたします。
          源泉徴収された税額については、その内国法人が法人税の確定申告をする際に税額控除の                                                適用を
         受けることができます。内国法人である匿名組合員が、匿名組合から利益を超える金銭の分配を受
         取った場合には、出資の払戻しとして取扱われます。
          法人である本匿名組合員が本電子記録移転権利を譲渡した場合は譲渡益に対し法人税が課せられ

         ます。また、本営業者との匿名組合契約が終了し返還される金額については、返還金額と帳簿価額
         との差額を益金又は損金に算入することとなります。
          法人組合員(組合にかかる重要な業務の執行の決定に関与し、契約を締結するための交渉等自ら

         その執行を行う法人組合員は除かれます。)の組合損失について、組合債務の責任の限度が実質的
         に組合財産の価額とされている場合には、その法人組合員に帰属すべき組合損失のうちその法人組
         合員の出資の価額として計算される金額を超える部分の金額は、損金の額に算入されません。
    5 【運用状況】


    (1)  【投資状況】

         2022  年11月1日より本匿名組合の運営が開始します。したがいまして、本書の日付現在、該当事項は

        ありません。
    (2)  【運用実績】


         2022  年11月1日より本匿名組合の運営が開始します。したがいまして、本書の日付現在、該当事項は

        ありません。
        ①【純資産等の推移】


                                41/60



                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
         2022  年11月1日より本匿名組合の運営が開始します。したがいまして、本書の日付現在、該当事項は

        ありません。
        ②【分配の推移】


         2022  年11月1日より本匿名組合の運営が開始します。したがいまして、本書の日付現在、該当事項は

        ありません。
        ③【自己資本利益率(収益率)の推移】


         2022  年11月1日より本匿名組合の運営が開始します。したがいまして、本書の日付現在、該当事項は

        ありません。
    (3)  【販売及び払戻しの実績】


      2022   年11月1日より本匿名組合の運営が開始します。したがいまして、本書の日付現在、該

    当事項はありません。

    6 【管理及び運営】


    (1)  【資産管理等の概要】

         ①【資産の評価】

           イ.   1 口当たりの純資産額

           本匿名組合出資持分は当初1口10万円で発行され、発行後は                                本匿名組合契約の出資持分1口当た

          りの純資産額は毎月末、出資金総額に当期損益の累計額を加えた金額(純資産額)を総出資口数
          で除して計算されます。当期損益とは、本匿名組合の収益から本匿名組合の費用を控除した残額
          をいいます。当期損益は、日本における一般に公正妥当な会計慣行に従って計算されますが、財
          務会計上一般に公正妥当と認められる会計原則が税法に定められる会計処理の方法と相違する場
          合においては、税法に定められる会計基準に従って計算されます。
           ロ.各本匿名組合員への報告


                                42/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
           発行者は、本匿名組合の事業に関するあらゆる取引について、明瞭かつ正確な会計帳簿その他

          会計に関する記録を作成し、保管します。
           発行者は、金融商品取引法に基づき有価証券報告書、半期報告書、臨時報告書及びそれらの添

          付書類(これらの訂正報告書を含む。)を関東財務局長に提出した場合は、本匿名組合員に遅滞
          なくその旨を通知します。
         ②【申込(販売)手続等】


           イ.匿名組合出資について

           本匿名組合契約上、投資者は出資金を本匿名組合に出資し、当該出資金は発行者が行う本                                                営業

          のみに用いられます。出資金及びそれにより投資・取得された財産は、商法第536条に従い、発行
          者の財産となります。投資者は、申込に先立って申込証拠金を販売会社の指定する口座に一括し
          て支払います。販売会社は、2022年11月1日に申込証拠金を本匿名組合出資の出資金として発行者
          に支払います。発行者は、複数の投資者との間において、本匿名組合契約と同一内容(但し、払
          込出資金額及びそれに基づき計算される出資割合を除きます。)の匿名組合契約を締結すること
          を予定しておりますが、それぞれの契約は別個の契約として取り扱われます。
           実際の、本セキュリティトークンに表示される本匿名組合出資持分の申込手続き等は以下の通

          りです。
           販売会社は、発行者情報・募集情報等を本プラットフォームでブロックチェーン登録した後

          に、自社のウェブサイトで投資者に対して募集を行います。投資者は申込に先立っては申込証拠
          金を販売会社の指定する口座に一括して支払い、購入申込をインターネット上で完結させます。
          募集・申込終了後の2022年11月1日に、発行者は本匿名組合出資持分を表示する本セキュリティ
          トークンを発行し、同時に販売会社において、発行に伴うブロック                                    チェーン移動データを電子署
          名し、ブロックチェーン記帳処理(顧客配分処理)を行います。申込証拠金は本匿名組合出資の
          出資金として発行者に支払われ、発行者から委託を受けて販売会社が管理する電子帳簿には、各
          投資者の本セキュリティトークンの保有が記録されます。
           ロ.出資総額・申込単位

           ・出資総額:2,920,000,000円

           ・1口当たりの払込出資金:10万円

           ・申込口数:1口以上1口単位での申込とします。

           ハ.申込期間

           発行者は、2022年9月29日午後6時から2022年10月31日午後6時まで、販売会社を通じて、一般投

          資者からの匿名組合出資を募ります。
                                43/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
           ※  申込状況によっては、             お申込みの取消しやお申込金額に制限を行う場合がございます。ま

             た、募集申込期間中であっても申し込みを終了させていただく場合があります。
           ニ . 出資の受入れの中止(本匿名組合契約の不成立)

           発行者は、本匿名組合出資の受入にあたり、何らかの事情により出資総額が予定金額に達しな

          い場合、予定金額に達しないことが明らかとなった場合であっても、又は、本信託受益権の譲渡
          の効力が発生しない場合に、発行者において本営業の実施が困難であると判断し、本出資の受入
          自体を中止することがあります。この場合、本匿名組合契約は解除され、初めよりなかったもの
          とみなされ、発行者は、本匿名組合員より既に受け入れた金銭があるときは、当該金銭を無利息
          にて速やかに返還いたします。
           ホ . 出資方法

           本匿名組合への出資については、販売会社が、ウェブサイトで案内するものとし、出資希望者

          は、当該案内に従ってください。
           本匿名組合員は、申込証拠金を販売会社に一括してお支払いください。

          販売会社は、2022年11月1日に申込証拠金を本匿名組合出資の出資金として発行者に

          支払います。なお、申込証拠金として保管される期間についての利息は付されませ
          ん。
           ヘ.追加出資の義務等

           本匿名組合員は、当初の匿名組合出資金の出資後は、出資金、費用、損失の分担、その他名目

          の如何を問わず、追加の金員を出資する義務を一切負いません。但し、本匿名組合にかかる秘密
          保持事項の漏洩による損害など、本匿名組合員の本匿名組合契約の違反について支払うべき損害
          賠償については、この限りではありません。
         ③【払戻し手続等】


           本匿名組合契約の解除は、契約期間中は本匿名組合契約又は商法の規定(商法第                                           540  条)による

          場合を除き、原則として認められていません。したがいまして、本匿名組合契約上出資の払戻し
          を予定しておらず、その前提としての払戻し手続等に関する当該事項はありません。
         ④【存続期間】


           イ. 契約期間

                                44/60



                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
            本匿名組合契約締結日から2062年10月31日までです。事業年度(会計期間)は毎年5月1日から

           翌年4月末日まで(但し、最初の事業年度は、2022年11月1日から2023年4月末日まで)です。但
           し、本契約の契約期間内に本信託受益権又は本不動産の全部の売却が完了しない場合には、営業
           者 は、本契約の契約期間の満了日の3ヶ月前までに本匿名組合員に書面又は電磁的方法により通
           知をすることにより、1年を超えない範囲で本契約の契約期間を延長することができるものと
           し、その後も同様とします(但し、当初の契約期間の満了日から2年を超えない範囲に限るもの
           とします。)。
           ロ. 契約期間の満了

            本匿名組合の契約期間及び会計期間は、下記ハの場合を除いては、2062年10月31日をもって終

           了します     (但し、上記イに記載の通り、営業者は本契約の契約期間を延長することができるもの
           とします。)。発行者は、法令並びに本匿名組合契約の規定に従い、発行者が独自の判断により
           適切と考える方法によって清算を行います。
           ハ. 投資期間満了前の契約終了

             a.  本不動産に係る信託受益権の売却に伴う終了

             本匿名組合契約は、発行者が本不動産に係る信託受益権を第三者に売却し、売却

           代金を原資として、投資者への現金分配(利益分配及び出資金返還)がなされた場
           合。なお、本匿名組合契約終了後、速やかに清算手続きがなされます。
             b.  a.のほか、本匿名組合契約は、以下の場合には、契約期間満了前であっても

             直ちに終了します。
           (a)   本営業の継続が不可能若しくは著しく困難となったと発行者が合理的に判断し

              た場合    で、発行者が本営業の終了を本匿名組合員に通知した場合
           (b)   発行者が合併によらずして解散し又は清算手続に入った場合

           (c)   発行者に対し、破産手続の開始が決定された場合

             c.  本匿名組合契約は、本匿名組合契約のいずれかの当事者が本匿名組合契約の

             重大な違反(重大な表明保証違反を含みます。)を行い、当該違反が是正可能で
             ある場合には、当該違反について当事者が反対当事者に通知を送達してから10営
             業日以内に是正されなかった場合において、終了するものとします(なお、本匿
             名組合契約のいずれかの当事者又はそ                       の役員についての、反社会的勢力の該当性
             又は反社会的行為に関する表明保証違反については、反対当事者は何らの通知を
             行わず本契約を終了させることができるものとします。)。
         ⑤【事業年度】


                                45/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
          本匿名組合の事業年度は、初年度は2022年11月1日から2023年4月30日までです。次年度以降は毎

         年5月1日から翌年4月30日までです。
         ⑥【その他】


           イ.出資の増減に関する事項

           該当事項はありません。

           ロ.解散又は償還条件

           本匿名組合契約の終了事由は、上記「④                      存続期間」に記載のとおりです。

           ハ.契約又は規約の変更

           本匿名組合契約は、発行者及び本匿名組合員の合意によってのみ修正又は変更することができ

          ます。
           ニ.関係法人との契約の更改等に関する手続に関する事項その他重要事項

           発行者と各関係法人との契約における、期間、更新、解約、変更等に関する事項は以下のとお

          りです。
          a. 資産運用会社:フィンテックアセットマネジメント株式会社

         期間         2022年9月1日から本匿名組合契約の終了後、委任された事務の完

                  了する日まで。
         更新         更新はありません。
         解約         契約期間中、いずれかの当事者について、次の各号の事由が一つ
                  でも生じた場合には、他の当事者は、書面による通知により当該
                  契約を解除することができます。
                  ①当該契約に基づく義務の履行を怠り、他方当事者からの書面に
                  よる催告後30日以内にその不履行が是正されない場合
                  ②支払の停止、又は破産、民事再生、会社更生、特別清算その他
                  の倒産手続の申立がなされた場合
         変更等         契約書に記載された事項を変更する必要が生じたときは、当事者
                  合意により当該契約の変更契約書を作成します。
                                46/60





                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
          b. 事務受託者:Hash          DasH  株式会社

         期間         2022年9月1日から本匿名組合契約の終了後、委任された事務の完

                  了する日まで
         更新         該当事項はありません。
         解約         契約期間中、いずれかの当事者について、次の各号の事由が一つ
                  でも生じた場合には、他の当事者は、書面による通知により当該
                  契約を解除することができます。
                  ①当該契約に基づく義務の履行を怠り、他方当事者からの書面に
                  よる催告後30日以内にその不履行が是正されない場合
                  ②支払の停止、又は破産、民事再生、会社更生、特別清算その他
                  の倒産手続の申立がなされた場合
         変更等         該当事項はありません。
    (2)  【利害関係人との取引制限】


         発行者は、自己又は第三者のために本営業と競合する行為を、直接・間接を問わず一切行いませ

        ん。但し、資産運用会社は、本営業と競合する事業を営む第三者のために同種の投資一任業の委託を
        受けることがありま           す。また、資産運用会社は、金融商品取引業等に関する内閣府令第128条第1号若
        しくは第3号又は第129条第1項第1号若しくは第3号に掲げる行為に該当するものを除き、個別の取引
        ごとに全ての本匿名組合員に当該取引の内容及び当該取引を行おうとする理由の説明を行い、全ての
        本匿名組合員の同意を得なければ自己、その取締役若しくは執行役又はその運用を行う他の運用財産
        (金融商品取引法第35条第1項第15号に規定する運用財産をいいます。)との間における取引を行う
        ことを内容とした運用を行うことはできま                       せん。
    (3)  【出資者等の権利】


         本匿名組合員は、本匿名組合契約の規定に従い、主として以下のような権利を有します。

           ① 本匿名組合員は、発行者に対し、出資金の返還及び生じた利益の支払いを請求

           できる権利を有します(ただし、出資金の返還については本匿名組合契約が終了し
           た場合に限ります)。原則                として    、出資金の返還及び生じた利益の支払いは、営業
           者より本匿名組合契約等で約した期日内に履行されますので、                                      本匿名組合員        からの
           請求は、営業者より当該返還及び支払いが履行されない場合に、販売会                                            社である
           Hash   DasH株式会       社を経由して行われるものとします。
         ② 本匿名組合員は、本事業の状況等に関し、必要に応じて営業者に対し質問、資料の提出を要求

           することができます。
         ③ 本匿名組合員は、本匿名組合の業務を執行し、又は本匿名組合を代表する権限を一切有しませ
           ん。
                                47/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
         ④ 本匿名組合員は、本匿名組合の営業者である合同会社Hash静岡呉服町の事前の承諾なく、本匿
           名組合出資持分を他の第三者に譲渡することはできません。                                 本匿名組合出資持分の譲渡(権利
           移転)は、本セキュリティトークンのプラットフォーム上でしか出来ず、本セキュリティトー
           ク ンの移転に伴う電子帳簿の書換えが行われた24時間後(翌営業日)に、                                       営業者が当該移転に
           ついて承諾したものとみなし、譲渡が完了します                          。営業者から委託を受けたHash                 DasH株式会社
           は、当該譲渡について、確定日付ある承諾書を作成します。
                                48/60


















                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
    第2  【関係法人の状況】

    1 【資産運用会社の概況】

    (1)  【名称、資本金の額及び事業の内容】

    ①名称

         フィンテックアセットマネジメント株式会社

    ②資本金の額

         本書の日付現在           50 百万  円

    ③事業の内容

         金融商品取引法に基づく登録を受けて金融商品取引業を営んでいます。

    (2)  【運用体制】


         前記「第1 組合等の状況 1 組合等の概況 (5) 組合等の機構 ② 投資運用の意思決定機構 

        ロ 資産運用会社の意思決定プロセス」をご参照ください。
    (3)  【大株主の状況】


                                              (本書の日付現在)

         氏名又は名称                  住所           所有株式数(株)          比率(%)(注)
                    東京都品川区上大崎三丁目1番1
       フィンテック        グロー
                    号 目黒セントラルスクエア15                       15,246          100.0
       バル株式会社
                    階
        (注 ) 「比率」とは、発行済株式総数に対する所有株式数の比率をいいます。

    (4)  【役員の状況】


                                                 (本書の日付現在)

                                                         所有
      役職名       氏 名                      主要略歴                      株式数
                                                         (株)
                                49/60



                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
                  2001  年10月    税理士法人プライスウォーターハウスクーパース
                         (現PwC税理士法人)入所
                   2005  年7月    株式会社シンプレクス・インベストメント・アドバイザーズ入社
                   2007  年6月    シンプレクス不動産投資顧問株式会社出向
                         ファンドマネジメント部長
                   2011  年4月    フィンテック グローバル株式会社入社
     代表取締役
                   2012  年6月    フィンテックアセットマネジメント株式会社                     取締役
            吉岡   尚子
                                                           0
     社長
                   2014  年7月    フィンテック グローバル株式会社                 グループ事業開発本部
                         プリンシプルインベストメント事業部長
                  2017  年12月    同社   執行役員 プロジェクト推進部長
                  2019  年10月    フィンテックアセットマネジメント株式会社
                         代表取締役社長(現任)
                  2020  年12月    フィンテック グローバル株式会社 取締役(現任)
                   1994  年6月    野村證券株式会社 取締役
                   1997  年6月    野村不動産株式会社 常務取締役
                   2008  年4月    同社 代表取締役副社長            執行役員
                   2011  年4月    同社 特別顧問
             髙橋   宰   2012  年4月    ダイキ株式会社 代表取締役社長 執行役員
     取締役                                                      0
                   2012  年5月    DCM  ホールディングス株式会社 取締役
                   2012  年9月    同社 取締役執行役員 開発担当
                   2014  年7月    株式会社オフィス髙橋 代表取締役社長(現任)
                   2020  年2月    フィンテックアセットマネジメント株式会社 社外取締役(現任)
                   2002  年6月    金融庁検査局、証券取引等監視委員会(併任)に入庁
                   2005  年7月    インベスコ投信投資顧問株式会社
                         (現 インベスコ・アセット・マネジメント株式会社) 入社
                   2009  年7月    社団法人日本証券投資顧問業協会
                         (現   一般社団法人日本投資顧問業協会)
             依田   太
     取締役                                                      0
                         自主規制第一部会(一任)メンバー(現任)
                   2011  年6月    フィンテック グローバル株式会社
                          コンプライアンス・オフィサー(現任)
                         フィンテックアセットマネジメント株式会社 取締役(現任)
                         FGI  キャピタル・パートナーズ株式会社 取締役(現任)
                  2001  年10月    新日本監査法人(現          EY新日本有限責任監査法人) 入社
                   2008  年6月    清和監査法人(現         RSM清和監査法人)入社 パートナー
                   2012  年7月    ベルウェザー総合会計事務所設立 代表
                         株式会社ベルウェザー設立 代表取締役(現任)
                  2014  年11月    やまと監査法人設立 代表社員(現任)
                  2014  年12月    フィンテック グローバル株式会社 社外取締役
             木村   喬
     取締役                                                      0
                   2017  年1月    やまと税理士法人設立 代表社員(現任)
                         やまとパートナーズ株式会社設立 取締役(現任)
                   2017  年6月    株式会社エスクリ 社外取締役
                  2019  年12月    フィンテック グローバル株式会社 社外取締役・監査等委員
                  2020  年12月    フィンテックアセットマネジメント株式会社 取締役(現任)
                   2021  年6月    株式会社エスクリ 社外取締役 監査等委員(現任)
                   1995  年4月    監査法人トーマツ(現           有限責任監査法人トーマツ) 入社
                   2002  年8月    Deloitte     & Touche    LLP(米国)出向
                   2006  年9月    監査法人トーマツ(現           有限責任監査法人トーマツ) 帰任
                   2007  年9月    公認会計士事務所開設
            北川   順一
     監査役                                                      0
                   2018  年6月    フィンテック グローバル株式会社
                         グループ経理統括部長(現任)
                  2019  年11月    フィンテックアセットマネジメント株式会社 監査役(現任)
                         株式会社ムーミン物語 監査役(現任)
                                50/60


                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
    (5)  【事業の内容及び営業の概況】


         金融商品取引法に基づく登録を受けて金融商品取引業を営んでいます。なお、本資産運用会社は、

        本書の日付現在、以下の組合等の資産の運用を受託しています。
                                              純資産額


                                  設立
           組合等の名称              基本的性格
                                        総額     内国有価証券投資事業権
                                 年月日
                                       (千円)      利等1口当たりの額(円)
                                  2019  年
     株式会社    Kukkula    (クエスタ高輪)            信託受益権                366,107            772,378    円
                                  2 月4日
                                51/60















                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
    2 【その他の関係法人の概況】

       (1)【名称、資本金の額及び事業の内容】

        販売会社
      イ.名称
         Hash   DasH株式会社(本店所在地:東京都千代田区九段北一丁目13番5号ヒューリック九段ビル8階)

      ロ.資本の額

         4 億8,500万円(2022年7月29日現在)

      ハ.業務の内容

         金融商品取引法に基づく登録を受けて第一種金融商品取引業を営んでおります。

       (2)【関係業務の概要】

        販売会社は、募集取扱委託契約を締結し、「本書第二部 発行者情報」「第1 組合等の状況」
       「1 組合等の概況」「(4) 組合等の仕組み」の表中の業務を行います。
       (3)【資本関係】

        販売会社は、発行者と資本関係はありません。

                                52/60










                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
      第3【組合等の経理状況】
       1【財務諸表】
        (1)【貸借対照表】
         本匿名組合における第1期の事業年度は2022年11月1日から2023年4月30日を予定しています。本
        書の日付現在、第1期を終了していないため、該当事項はありません。
        (2)【損益計算書】

         本匿名組合における第1期の事業年度は2022年11月1日から2023年4月30日を予定しています。本
        書の日付現在、第1期を終了していないため、該当事項はありません。
                                53/60

















                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
    2 【組合等の現況】

    (1)  【純資産額計算書】

        本匿名組合における第1期の事業年度は2022年11月1日から2023年4月30日を予定していま

        す。本書の日付現在、第1期を終了していないため、該当事項はありません。
        (2)    【投資有価証券の主要銘柄】


         該当事項はありません。

        (3)    【その他投資資産の主要なもの】

         該当事項はありません。

                                54/60













                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
    第4  【その他】

    (1)目論見書の表紙及び裏表紙に発行者及び販売会社の名称及び本店の所在地を記載し、発行者及び販売会

       社のロゴマークや写真、図案を使用することがあります。また、「人生100年時代、欲しかったのは「一
       生モノの不動産投資」」との文章を記載することがあります。
    (2)目論見書の表紙裏に金融サービスの提供に関する法律(平成12年法律第101号、その後の改正を含みま
       す。)にかかる重要事項又はリスク要因について以下のとおり記載することがあります。
       「毎月分配|家賃収入ファンド・静岡呉服町の匿名組合(以下「本匿名組合」といいます。)の出資価
       格は、本匿名組合が投資対象とする不動産の信託受益権の価格変動等による影響を受け、その結果投資
       元本を割り込むことがあります。本匿名組合の出資は投資元本が保証されているものではありませ
       ん。」
    (3)本書「第一部          証券情報」「第二部           発行者情報」「第1           組合等の状況」の主要内容を要約し、目論見書
       の冒頭に記載することがあります。
    (4)目論見書の巻末に本匿名組合契約書を掲載し、本書「第一部                                    証券情報」「第二部            発行者情報」「第1
       組合等の状況」の詳細な内容については、当該契約書を参照する旨を記載することで、届出書の内容の
       記載とすることがあります。
    (5)目論見書は電子媒体等として使用されるほか、インターネットなどに掲載されることがあります。
    (6)目論見書の表紙以降に以下の内容をカラー印刷して掲載します。
                                55/60












                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
                                56/60





















                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
                                57/60





















                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
                                58/60





















                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
                                59/60





















                                                          EDINET提出書類
                                                  合同会社Hash静岡呉服町(E37868)
                                             有価証券届出書(内国有価証券投資事業権利等)
    第5  【内国有価証券投資事業権利等事務の概要】

    (1)名義書換についてその手続、取扱場所、取次所、代理人の名称及び住所並びに手数料

       所定の用紙に必要事項をご記入頂き、記名押印の上、「本書第一部 証券情報」「(10) 申込取扱場
      所」までご提出下さい。
      取扱場所              ●
      取次所              ●
      代理人の名称及び住所              ●
      手数料              ●
    (2)出資者等に対する特典
      該当事項はありません。
    (3)内国有価証券投資事業権利等の譲渡制限の内容
      本匿名組合出資持分の譲渡(権利移転)は、本セキュリティトークンのプラットフォーム上でしか出来
      ず、本セキュリティトークンの移転に伴う電子帳簿の書換え後、営業者に共有されることにより営業者が
      当該移転について承諾したものとみなされ、譲渡が完了します。
    (4)その他内国有価証券投資事業権利等事務に関し投資者に示すことが必要な事項
       該当事項はありません。
                                60/60













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。