One円建て債券ファンドⅡ 2022-09 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 One円建て債券ファンドⅡ 2022-09
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    【表紙】
     【提出書類】                       有価証券届出書
     【提出先】                       関東財務局長殿
     【提出日】                       2022年7月15日        提出
     【発行者名】                       アセットマネジメントOne株式会社
     【代表者の役職氏名】                       取締役社長  菅野 暁
     【本店の所在の場所】                       東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
     【事務連絡者氏名】                       酒井 隆
     【電話番号】                       03-6774-5100
     【届出の対象とした募集(売出)内国投
                            One円建て債券ファンドⅡ 2022-09
     資信託受益証券に係るファンドの名称】
     【届出の対象とした募集(売出)内国投                       当初申込期間:500億円を上限とします。
     資信託受益証券の金額】                       継続申込期間:500億円を上限とします。
     【縦覧に供する場所】                       該当事項はありません。
                                 1/76














                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】
    (1)【ファンドの名称】
      One円建て債券ファンドⅡ 2022-09
      ただし、愛称として「            円結び    Ⅱ  2022-09          」という名称を用いる場合があります。
      (以下「ファンド」または「当ファンド」といいます。)
    (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

      契約型の追加型証券投資信託の受益権(以下「受益権」といいます。)
      信用格付業者から提供されもしくは閲覧に供された信用格付、または信用格付業者から提供されも
      しくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
      ファンドの受益権は、「社債、株式等の振替に関する法律」(以下「社振法」といいます。)の規
      定の適用を受けており、受益権の帰属は、後述の「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機
      関等(後述の「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関および当該振替機関の下位の口座
      管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含めます。)をいいます。
      以下同じ。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります(振替口座簿に記載また
      は記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。委託会社である                                                 アセット
      マネジメントOne株式会社              (以下、「委託会社」といいます。)は、やむを得ない事情等がある場合
      を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記
      名式の形態はありません。
    (3)【発行(売出)価額の総額】

      当初申込期間:500億円を上限とします。
      継続申込期間:500億           円を上限とします。
    (4)【発行(売出)価格】

      当初申込期間
      受益権1口当たり1円とします。
      継続申込期間
                 ※
      お申込日の基準価額            とします。
      「分配金再投資コース」により収益分配金を再投資する場合は、各計算期間終了日の基準価額とし
      ます。
      ※「基準価額」とは、純資産総額(ファンドの資産総額から負債総額を控除した金額)を計算日の
       受益権総口数で除した価額をいいます。(ただし、便宜上1万口当たりに換算した基準価額で表示
       することがあります。)
      <基準価額の照会方法等>

      基準価額は、設定日以降の委託会社の毎営業日において、委託会社により計算され、公表されま
      す。
      ※当ファンドの基準価額は、以下の方法でご確認ください。
       ・販売会社へのお問い合わせ
       ・委託会社への照会
          ホームページ URL            http://www.am-one.co.jp/
                                 2/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          コールセンター:          0120-104-694       (受付時間:       営業日の午前9時から午後5時まで                   )
       ・計算日翌日付の日本経済新聞朝刊の「オープン基準価格」の欄をご参照ください。
    (5)【申込手数料】

      お申込日の基準価額(当初申込期間中においては、1口当たり1円とします。)に、1.1%(税抜
      1.0%)を上限に各販売会社が定める手数料率を乗じて得た額とします。
      ※償還乗換え等によるお申込みの場合、販売会社によりお申込手数料が優遇される場合がありま
       す。
      ※「分配金再投資コース」により収益分配金を再投資する場合は、お申込手数料はかかりません。
      ※詳しくは販売会社にお問い合わせください。
    (6)【申込単位】

      各販売会社が定める単位とします。
      「分配金受取コース」および「分配金再投資コース」によるお申込みが可能です。お申込みになる
      販売会社によっては、どちらか一方のコースのみの取扱いとなる場合があります。
      ※取扱コースおよびお申込単位は、販売会社にお問い合わせください。
      ※「分配金再投資コース」により収益分配金を再投資する場合は、1口単位となります。
      ※当初元本は1口当たり1円です。
    (7)【申込期間】

      当初申込期間:2022年8月1日から2022年9月2日まで
      継続申込期間:        2022年9月5日       から  2022年9月9日       まで
      ※ 2022年9月10日以降、購入のお申込みの受付は行いません。
    (8)【申込取扱場所】

      当ファンドのお申込みにかかる取扱い等は販売会社が行います。
      ※販売会社は、以下の方法でご確認ください。
       ・委託会社への照会
          ホームページ URL            http://www.am-one.co.jp/
          コールセンター:          0120-104-694       (受付時間:       営業日の午前9時から午後5時まで                   )
    (9)【払込期日】

      当初申込期間
      取得申込者は、当初申込期間中に、買付代金を販売会社に支払うものとします。
      当初申込みにかかる申込金額の総額は、販売会社によって、設定日に、委託会社の指定する口座を
      経由して受託会社の指定するファンド口座(受託会社が信託事務の一部について委託を行っている
      場合は当該委託先の口座)に払込まれます。
      継続申込期間
      取得申込者は、お申込みをされた販売会社が定める所定の日までに、買付代金を販売会社に支払う
      ものとします。各取得申込日の発行価額の総額は、販売会社によって、追加信託が行われる日に、
      委託会社の指定する口座を経由して受託会社の指定するファンド口座(受託会社が信託事務の一部
      について委託を行っている場合は当該委託先の口座)に払込まれます。
                                 3/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (10)【払込取扱場所】

      取得申込者は、販売会社の定める方法により、販売会社に買付代金を支払うものとします。
      ※払込取扱場所についてご不明な点は、以下の方法でご確認ください。
       ・委託会社への照会
          ホームページ URL            http://www.am-one.co.jp/
          コールセンター:          0120-104-694       (受付時間:       営業日の午前9時から午後5時まで                   )
    (11)【振替機関に関する事項】

      ファンドの受益権にかかる振替機関は以下                       の通りです。
         株式会社証券保管振替機構
    (12)【その他】

      お申込みに際しては、販売会社所定の方法でお申込みください。
      当ファンドは、収益の分配が行われた場合に収益分配金を受領する「分配金受取コース」と収益分
      配金を無手数料で再投資する「分配金再投資コース」があり、「分配金再投資コース」を取得申込
      者が選択した場合、取得申込者は販売会社との間で「自動けいぞく投資約款」にしたがい分配金再
      投資に関する契約を締結します。なお、販売会社によっては、当該契約または規定について同様の
      権利義務関係を規定する名称の異なる契約または規定を使用することがあり、この場合、当該別の
      名称に読み替えるものとします。
      当ファンドのお申込みは、原則として2022年9月9日までにおいて、                                     販売会社の毎営業日に行われま
      す。当初申込期間中のお申込みの受付は、販売会社の営業時間中とし、継続申込期間中のお申込み
      の受付は、原則として午後3時までにお申込みが行われ、かつ、お申込みの受付にかかる販売会社の
      所定の事務手続きが完了したものを当日のお申込みとします。
      ただし、2022年9月10日以降、お申込みの受付は行いません。
      委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、決済機能の停止、その他やむを得ない事情が
      あるときは、お申込みの受付を中止することおよびすでに受付けたお申込みの受付を取り消すこと
      ができるものとします。
      ※当初申込期間中において、資金動向、投資対象市場環境等によっては、購入のお申込みの受付を
       中止することおよびすでに受付けた購入のお申込みの受付を取り消し、当ファンドの設定を見送
       ることがあります。
      ※受益権の取得申込者は委託会社または販売会社に、取得申込みと同時にまたはあらかじめ、自己
       のために開設されたファンドの受益権の振替を行うための振替機関等の口座を示すものとし、当
       該口座に当該取得申込者にかかる口数の増加の記載または記録が行われます。
       なお、委託会社または販売会社は、当該取得申込みの代金の支払いと引き換えに、当該口座に当
       該取得申込者にかかる口数の増加の記載または記録を行うことができます。委託会社は、分割さ
       れた受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定
       める事項の振替機関への通知を行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替機関への通
       知があった場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を
       行います。受託会社は、信託契約締結日に生じた受益権については信託契約締結時に、また追加
       信託により生じた受益権については追加信託のつど、振替機関の定める方法により、振替機関へ
       当該受益権にかかる信託を設定した旨の通知を行います。
                                 4/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ○振替受益権について

        ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、上記「(11)振替機関に関する事項」に記
        載の振替機関の振替業にかかる業務規程等の規則にしたがって取り扱われるものとします。
        ファンドの収益分配金、償還金、解約代金は、社振法および上記「(11)振替機関に関する事
        項」に記載の振替機関の業務規程その他の規則にしたがって支払われます。
        (参考)

        ◆投資信託振替制度
         投資信託振替制度とは、ファンドの受益権の発生、消滅、移転をコンピュータシステムにて
         管理するものです。ファンドの設定、解約、償還等がコンピュータシステム上の帳簿(「振
         替口座簿」といいます。)への記載・記録によって行われますので、受益証券は発行されま
         せん。
                                 5/76















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】
    第1【ファンドの状況】
    1【ファンドの性格】
    (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
      ①当ファンドは、安定した収益の確保と信託財産の着実な成長を図ることを目的として、運用を行
       います。
      ②当ファンドの信託金限度額は、500億円とします。ただし、委託会社は、受託会社と合意のうえ、
       限度額を変更することができます。
    <ファンドの特色>

                                 6/76
















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ※上記の慣例は有価証券届出書提出日(2022年7月15日)時点




       の状況を説明したものであり、将来的に維持・継続される
       ことを示唆・保証するものではありません。
      ※運用プロセスは、有価証券届出書提出日(2022年7月15日)時点のものであり、今後予告なく変更される場合があります。







                                 7/76









                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <商品分類>
       ・商品分類表
                             投資対象資産
        単位型・追加型           投資対象地域         (収益の源泉とな
                              る資産)
                              株  式

                    国  内
          単位型                   債  券
                    海  外         不動産投信

          追加型                   その他資産

                    内  外         (    )
                              資産複合

       (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。

       ・商品分類定義

                 一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財

        追    加    型
                 産とともに運用されるファンドをいう。
                 目論見書または投資信託約款において、国内および海外の資産による投資
        内       外
                 収益を実質的に源泉とする旨の記載があるものをいう。
                 目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が
        債       券
                 実質的に債券を源泉とする旨の記載があるものをいう。
                                 8/76









                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <属性区分>
       ・属性区分表
         投資対象資産             決算頻度          投資対象地域
        (実際の組入資産)
            株式           年1回          グローバル

            一般                     (日本を含む)
            大型株            年2回
           中小型株
                                   日本
                       年4回
            債券
                                   北米
            一般           年6回
            公債           (隔月)
                                   欧州
            社債
          その他債券
                       年12回           アジア
         クレジット属性
                      (毎月)
           (  )
                                 オセアニア
                       日々
          不動産投信                        中南米
                       その他
          その他資産                       アフリカ
                      (  )
          (   )
                                  中近東
           資産複合                       (中東)
          (   )
         資産配分固定型                       エマージング
         資産配分変更型
       (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。

                                 9/76








                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ・属性区分定義

         債券・一般         公債、社債、その他の債券属性にあてはまらない全てのものをいう。

                  目論見書または投資信託約款において、年1回決算する旨の記載があるも

          年 1 回
                  のをいう。
         グローバル

                  目論見書または投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本を
                  含む世界の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
        (日本を含む)
      (注1)商品分類および属性区分は、委託会社が目論見書または約款の記載内容等に基づいて分類し

          ています。
      (注2)当ファンドが該当しない商品分類および属性区分の定義につきましては、一般社団法人投資
          信託協会のホームページ(https://www.toushin.or.jp/)でご覧いただけます。
    (2)【ファンドの沿革】

      2022年9月5日  信託契約締結、ファンドの設定、ファンドの運用開始(予定)
                                10/76













                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【ファンドの仕組み】
      ・「証券投資信託契約」の概要









       委託会社と受託会社との間においては、当ファンドにかかる証券投資信託契約を締結しておりま
       す。
       当該契約の内容は、当ファンドの運用の基本方針、投資対象、投資制限、受益者の権利等を規定
       したものです。
      ・「募集・販売の取扱い等に関する契約」の概要

       委託会社と販売会社との間においては、募集・販売の取扱い等に関する契約を締結しておりま
       す。
       当該契約の内容は、証券投資信託の募集・販売の取扱い、一部解約に関する事務、収益分配金の
       再投資、収益分配金・一部解約金および償還金の受益者への支払い等に関する包括的な規則を定
       めたものです。
                                11/76






                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ○委託会社の概況
       名称:    アセットマネジメントOne株式会社

       本店の所在の場所:           東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
       資本金の額

        20億円(     2022年4月28日        現在)
       委託会社の沿革

        1985年7月1日             会社設立
        1998年3月31日             「証券投資信託法」に基づく証券投資信託の委託会社の免許取得
        1998年12月1日             証券投資信託法の改正に伴う証券投資信託委託業のみなし認可
        1999年10月1日             第一ライフ投信投資顧問株式会社を存続会社として興銀エヌダブ
                      リュ・アセットマネジメント株式会社および日本興業投信株式会社
                      と合併し、社名を興銀第一ライフ・アセットマネジメント株式会社
                      とする。
        2008年1月1日             「興銀第一ライフ・アセットマネジメント株式会社」から「DIA
                      Mアセットマネジメント株式会社」に商号変更
        2016年10月1日             DIAMアセットマネジメント株式会社、みずほ投信投資顧問株式
                      会社、新光投信株式会社、みずほ信託銀行株式会社(資産運用部
                      門)が統合し、商号をアセットマネジメントOne株式会社に変更
       大株主の状況

                                               ( 2022年4月28日        現在)
               株主名                     住所            所有株数      所有比率
                                                    ※
                                               28,000株
       株式会社みずほフィナンシャルグ
                                                          ※2
                           東京都千代田区大手町一丁目5番5号
                                                      70.0%
                                                    1
       ループ
                           東京都千代田区有楽町一丁目13番1

                                                          ※2
       第一生命ホールディングス株式会社                                         12,000株
                                                      30.0%
                           号
       ※1:A種種類株式(15,510株)を含みます。
       ※2:普通株式のみの場合の所有比率は、株式会社みずほフィナンシャルグループ51.0%、第一生
          命ホールディングス株式会社49.0%
    2【投資方針】

    (1)【投資方針】
      <基本方針>
       この投資信託は、安定した収益の確保と信託財産の着実な成長を図ることを目的として、運用を
       行います。
      <投資対象>

       円建ての各種債券(           海外で発行される円建ての債券を含みます                       。 )を主要投資対象とします。
                                12/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <投資態度>

       ①国内外の企業が発行する円建ての債券(劣後債等を含みます。)、円建てのソブリン債(国
         債、国際機関債、政府関係機関ならびに地方自治体が発行する債券)を主要投資対象としま
         す。
       ②投資する債券は、取得時においてBBB格相当以上(BBB-も含みます。)の格付けを取得している
         債券、もしくはそれらと同等の信用力を有すると判断される債券を投資対象とします。
       ③主として、当ファンドの信託期間終了前に満期償還や繰上償還が見込まれる債券に投資しま
         す。
       ④原則として、当ファンドが投資を行う債券は満期日または繰上償還日まで保有することで、金
         利変動リスクを低減し、安定した利子の獲得をめざします。ただし、信用リスク、利回り向上
         等の観点から、満期日前または繰上償還日前に保有債券を売却する場合があります。
       ⑤保有債券が信託期間中に満期償還される場合、繰上償還される場合、または償還日前に売却さ
         れる場合には、信託期間終了前に満期償還や繰上償還が見込まれる別の債券に投資する場合が
         あります。
       ⑥運用にあたっては、債券の発行体の信用力、バリュエーション、流動性等に基づき投資魅力度
         の高い銘柄を選定しながら、分散投資によりリスクの低減を図ります。
       ⑦当初設定時および償還準備に入った場合には、組入資産の流動性等を考慮して、円建てのソブ
         リン債への組入比率を高める場合があります。
       ⑧当初設定時および償還準備に入った場合、またはファンドの資金動向、市況動向等によって
         は、上記のような運用ができない場合があります。
    (2)【投資対象】

      ①投資の対象とする資産の種類(約款第16条)
       この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
        1.次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項に定
         めるものをいいます。以下同じ。)
         イ.有価証券
         ロ.デリバティブ取引にかかる権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、約款
           第23条、第24条および第25条に定めるものに限ります。)
         ハ.金銭債権
         ニ.約束手形
        2.次に掲げる特定資産以外の資産
         イ.為替手形
      ②運用の指図範囲等(約款第17条第1項)

       委託会社は、信託金を、主として次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証
       券とみなされる同項各号に掲げる権利を除き、かつ本邦通貨表示のものに限ります。)に投資す
       ることを指図します。
       1.国債証券
       2.地方債証券
       3.特別の法律により法人の発行する債券
                                13/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       4.社債券(新株引受権証券と社債券が一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引受
        権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。なお、社債券のうちで、新株予約
        権 付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債であっ
        て当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしている
        もの、ならびに会社法施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある新株予約
        権付社債を総称して以下「転換社債型新株予約権付社債」といいます。)
       5.資産の流動化に関する法律に規定する特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるも
        のをいいます。)
       6.転換社債の転換および新株予約権(転換社債型新株予約権付社債の新株予約権に限ります。)
        の行使、株主割当または社債権者割当により取得した株券
       7.コマーシャル・ペーパー
       8.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)およ
        び新株予約権証券
       9.外国または外国の者の発行する証券または証書で、上記1.~8.の証券または証書の性質を有す
        るもの
       10.投資法人債券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。)または外国投資
        証券で投資法人債券に類する証券
       11.外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
       12.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをい
        い、有価証券にかかるものに限ります。)
       13.預託証券または預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
       14.外国法人が発行する譲渡性預金証書
       15.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益
        証券に限ります。)
       16.抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
       17.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受
        益証券に表示されるべきもの
       18.外国の者に対する権利で上記17.の有価証券の性質を有するもの
       なお、6.の証券、9.および13.の証券または証書のうち6.の証券の性質を有するものを以下「株
       式」といい、1.から5.までの証券ならびに10.の証券ならびに9.および13.の証券または証書のう
       ち1.から5.までの証券の性質を有するものを以下「公社債」といいます。
      ③運用の指図範囲等(約款第17条第2項)

       委託会社は、信託金を、上記②に掲げる有価証券のほか次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2
       条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用する
       ことの指図をすることができます。
       1.  預金
       2.  指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
       3.  コール・ローン
       4.  手形割引市場において売買される手形
       5.  貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
       6.  外国の者に対する権利で上記5.の権利の性質を有するもの
                                14/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【運用体制】

      a.ファンドの運用体制
       ① 投資環境見通しおよび運用方針の策定








          経済環境見通し、資産別市場見通し、資産配分方針および資産別運用方針は月次で開催する
          「投資環境会議」および「投資方針会議」にて協議、策定致します。これらの会議は運用本
          部長・副本部長、運用グループ長等で構成されます。
       ② 運用計画の決定

          各ファンドの運用は「投資環境会議」および「投資方針会議」における協議の内容を踏まえ
          て、ファンド毎に個別に任命された運用担当者が行います。運用担当者は月次で運用計画書
          を作成し、運用本部長の承認を受けます。運用担当者は承認を受けた運用計画に基づき、運
          用を行います。
       ③ 売買執行の実施

          運用担当者は、売買計画に基づいて売買の執行を指図します。トレーディング担当者は、最
          良執行をめざして売買の執行を行います。
       ④ モニタリング

          運用担当部署から独立したコンプライアンス・リスク管理担当部署(人数60~70人程度)
          は、運用に関するパフォーマンス測定、リスク管理および法令・信託約款などの遵守状況等
          のモニタリングを実施し、必要に応じて対応を指示します。
          定期的に開催されるリスク管理に関する委員会等において運用リスク管理状況、運用実績、
          法令・信託約款などの遵守状況等について検証・報告を行います。
                                15/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ⑤ 内部管理等のモニタリング
          内部監査担当部署(人数10~20人程度)が運用、管理等に関する業務執行の適正性・妥当
          性・効率性等の観点からモニタリングを実施します。
      b.ファンドの関係法人に関する管理

         ファンドの関係法人である受託会社に対して、その業務に関する委託会社の管理担当部署は、
         内部統制に関する外部監査人による報告書等の定期的な提出を求め、必要に応じて具体的な事
         項に関するヒアリングを行う等の方法により、適切な業務執行体制にあることを確認します。
      c.運用体制に関する社内規則

         運用体制に関する社内規則として運用管理規程および職務責任権限規程等を設けており、運用
         担当者の任務と権限の範囲を明示するほか、各投資対象の取り扱いに関して基準を設け、ファ
         ンドの商品性に則った適切な運用の実現を図ります。
         また、売買執行、投資信託財産管理および法令遵守チェック等に関する各々の規程・内規を定
         めています。
      ※運用体制は       2022年4月28日        現在のものであり、今後変更となる場合があります。

    (4)【分配方針】

      ①収益分配方針
       毎決算時(原則として毎年1月14日(休業日の場合は翌営業日))に、原則として以下の方針に基
       づき収益の分配を行います。
       (1)分配対象額の範囲は、繰越分を含めた経費控除後の配当等収益および売買益(評価益を含みま
         す。)等の全額とします。
       (2)分配金額は、委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して、決定します。ただし、分配対
         象額が少額の場合は分配を行わない場合があります。
       (3)留保益の運用については、特に制限を設けず、運用の基本方針に基づいて運用を行います。
      ②収益の分配方式

       (1)信託財産から生ずる毎計算期末における利益は、次の方法により処理します。
        1)配当金、利子、貸付有価証券にかかる品貸料およびこれ等に類する収益から支払利息を控除
          した額(以下「配当等収益」といいます。)は、諸経費、信託報酬および当該信託報酬にかか
          る消費税および地方消費税(以下「消費税等」といいます。)に相当する金額を控除した後、
          その残金を受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配金にあてるため、その一
          部を分配準備積立金として積み立てることができます。
        2)売買損益に評価損益を加減した額(以下「売買益」といいます。)は、諸経費、信託報酬お
          よび当該信託報酬にかかる消費税等に相当する金額を控除し、繰越欠損金のあるときはその全
          額を売買益をもって補填した後、受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配に
          あてるため、分配準備積立金として積み立てることができます。
       (2)毎計算期末において、信託財産につき生じた損失は、次期に繰り越します。
      ③収益分配金の支払い

                                16/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当
       該収益分配金にかかる決算日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きま
       す。  また、当該収益分配金にかかる決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のた
       め、委託会社または販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取
       得申込者とします。)に、原則として決算日から起算して5営業日までにお支払いを開始します。
       「分配金再投資コース」をお申込みの場合は、収益分配金は税引き後無手数料で再投資されます
       が、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
    (5)【投資制限】

      ①株式への投資は、転換社債の転換および新株予約権の行使、株主割当または社債権者割当により
       取得したものに限り行えるものとし、その投資割合は信託財産の純資産総額の10%未満としま
       す。(約款「運用の基本方針」2.運用方法(3)投資制限)
      ②外貨建資産への投資は行いません。                    (約款「運用の基本方針」2.運用方法(3)投資制限)
      ③ デリバティブ取引の利用はヘッジ目的に限定します。(約款「運用の基本方針」2.運用方法(3)
       投資制限)
      ④ 一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクス
       ポージャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原
       則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場合に
       は、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内となるよう調整を行う
       こととします。(約款「運用の基本方針」2.運用方法(3)投資制限)
      ⑤投資する株式等の範囲(約款第20条)
       委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、金融商品取
       引所に上場されている株式の発行会社の発行するもの、金融商品取引所に準ずる市場において取
       引されている株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当に
       より取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券については、この限りではありませ
       ん。
      ⑥信用取引の指図範囲(約款第22条)
       1)委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売付けることの指
        図をすることができます。なお、当該売付けの決済については、株券の引き渡しまたは買戻し
        により行うことの指図をすることができるものとします。
       2)上記1)の信用取引の指図は、次の1.~3.に掲げる有価証券の発行会社の発行する株券について
        行うことができるものとし、かつ次の1.~3.に掲げる株券数の合計数を超えないものとしま
        す。
        1.信託財産に属する株券
        2.株式分割により取得する株券
        3.信託財産に属する転換社債の転換請求および新株予約権(転換社債型新株予約権付社債の新
          株予約権に限ります。)の行使により取得可能な株券
      ⑦先物取引等の運用指図(約款第23条)
       1)委託会社は、信託財産に属する資産の価格変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引
        所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号イに掲げるものをいいま
        す。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ロに掲げるものをいいま
        す。)および有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ハに掲げるものをいい
                                17/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ます。)ならびに外国の金融商品取引所におけるわが国の有価証券にかかるこれらの取引と類似
        の取引を次の範囲で行うことの指図をすることができます。なお、選択権取引は、オプション取
        引 に含めて取扱うものとします(以下同じ。)。
        1.先物取引の売建およびコール・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、ヘッジ対象と
          する有価証券(以下「ヘッジ対象有価証券」といいます。)の時価総額の範囲内とします。
        2.先物取引の買建およびプット・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、ヘッジ対象有
          価証券の組入可能額(信託財産の組入ヘッジ対象有価証券を差引いた額)に信託財産が限月ま
          でに受取る組入公社債、組入外国貸付債権信託受益証券、組入貸付債権信託受益権、組入抵当
          証券および組入指定金銭信託の受益証券の利払金および償還金を加えた額を限度とし、かつ信
          託財産が限月までに受取る組入有価証券にかかる利払金および償還金等ならびに上記(2)投資
          対象③運用の指図範囲等1.~4.に掲げる金融商品で運用している額の範囲内とします。
        3.コール・オプションおよびプット・オプションの買付の指図は、⑦で規定する全オプション
          取引にかかる支払いプレミアム額の合計額が取引時点の信託財産の純資産総額の5%を上回ら
          ない範囲内とします。
       2)委託会社は、信託財産に属する資産の価格変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引
        所における金利にかかる先物取引およびオプション取引ならびに外国の金融商品取引所における
        わが国の金利にかかるこれらの取引と類似の取引を次の範囲で行うことの指図をすることができ
        ます。
        1.先物取引の売建およびコール・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、ヘッジ対象と
          する金利商品(信託財産が1年以内に受取る組入有価証券の利払金および償還金等ならびに上
          記(2)投資対象③運用の指図範囲等1.~4.に掲げる金融商品で運用されているものをいい、
          以下「ヘッジ対象金利商品」といいます。)の時価総額の範囲内とします。
        2.先物取引の買建およびプット・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、信託財産が限
          月までに受取る組入有価証券にかかる利払金および償還金等ならびに上記(2)投資対象③運用
          の指図範囲等1.~4.に掲げる金融商品で運用している額の範囲内とします。
        3.コール・オプションおよびプット・オプションの買付の指図は、支払いプレミアム額の合計
          額が取引時点のヘッジ対象金利商品の時価総額の5%を上回らない範囲内とし、かつ⑦で規定
          する全オプション取引にかかる支払いプレミアム額の合計額が取引時点の信託財産の純資産総
          額の5%を上回らない範囲内とします。
      ⑧スワップ取引の運用指図(約款第24条)
       1)委託会社は、信託財産に属する資産の価格変動リスクを回避するため、異なった受取金利、ま
         たは異なった受取金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引(以下「スワップ取引」
         といいます。)を行うことの指図をすることができます。
       2)スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間を超えないも
        のとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限り
        ではありません。
       3)スワップ取引の指図にあたっては、当該信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の総額が、
        信託財産の純資産総額を超えないものとします。なお、信託財産の一部解約等の事由により、当
        該純資産総額が減少して、スワップ取引の想定元本の総額が信託財産の純資産総額を超えること
        となった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当するスワップ取引の一部の解約を
        指図するものとします。
                                18/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       4)スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評価
        するものとします。
       5) 委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供または受入れが必要と認めたときは、担
        保の提供または受入れの指図を行うものとします。
      ⑨金利先渡取引の運用指図(約款第25条)
       1)委託会社は、信託財産に属する資産の価格変動リスクを回避するため、金利先渡取引を行うこ
        との指図をすることができます。
       2)金利先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として信託期間を超えないもの
        とします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りで
        はありません。
       3)金利先渡取引の指図にあたっては、当該信託財産にかかる金利先渡取引の想定元本の総額が、
        信託財産にかかるヘッジ対象金利商品の時価総額を超えないものとします。なお、信託財産の
        一部解約等の事由により、上記ヘッジ対象金利商品の時価総額が減少して、金利先渡取引の想
        定元本の総額がヘッジ対象金利商品の時価総額を超えることとなった場合には、委託会社は、
        速やかにその超える額に相当する金利先渡取引の一部の解約を指図するものとします。
       4)金利先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評価
        するものとします。
       5)委託会社は、金利先渡取引を行うにあたり担保の提供または受入れが必要と認めたときは、担
        保の提供または受入れの指図を行うものとします。
      ⑩デリバティブ取引等にかかる投資制限(約款第26条)
       デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところにしたがい、合理
       的な方法により算出した額が信託財産の純資産総額を超えないものとします。
      ⑪有価証券の貸付の指図および範囲(約款第27条)
       1)委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式および公社債を次
        の1.2.の範囲内で貸付の指図をすることができます。
        1.株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時
          価合計額を超えないものとします。
        2.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有す
          る公社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
       2)上記1)1.2.に定める限度額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える
        額に相当する契約の一部の解約を指図するものとします。
       3)委託会社は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行うもの
        とします。
      ⑫公社債の空売りの指図および範囲(約款第28条)
       1)委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産の計算においてする信託財産に
        属さない公社債を売付けることの指図をすることができます。なお、当該売付けの決済につい
        ては、公社債(信託財産により借入れた公社債を含みます。)の引渡しまたは買戻しにより行
        うことの指図をすることができるものとします。
       2)上記1)の売付けの指図は、当該売付けにかかる公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範
        囲内で行うものとします。
                                19/76



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       3)信託財産の一部解約等の事由により、上記2)の売付けにかかる公社債の時価総額が信託財産の
        純資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する売
        付けの一部を決済するための指図をするものとします。
      ⑬公社債の借入れの指図および範囲(約款第29条)
       1)委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすることができ
        ます。なお、当該公社債の借入れを行うにあたり担保の提供が必要と認めたときは、担保の提
        供の指図を行うものとします。
       2)上記1)の指図は、当該借入れにかかる公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内とし
        ます。
       3)信託財産の一部解約等の事由により、上記2)の借入れにかかる公社債の時価総額が信託財産の
        純資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する借
        入れた公社債の一部を返還するための指図をするものとします。
       4)上記1)の借入れにかかる品借料は信託財産中から支弁します。
      ⑭資金の借入れ(約款第35条)
       1)委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、および運用の安定性を図るため、一部解
        約に伴う支払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を
        含みます。)を目的とし             て、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的とし
        て、   資金借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。な
        お、当該借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
       2)一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信
        託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開始
        日から信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金
        支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内であ
        る場合の当該期間とし、資金借入額は、借入れ指図を行う日の信託財産の純資産総額の10%以
        内における、当該有価証券等の売却代金または解約代金および有価証券等の償還金の合計額を
        限度とします。
       3)収益分配金の再投資にかかる借入期間は信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営
        業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
       4)借入金の利息は信託財産中より支弁します。
      ⑮同一法人の発行する株式への投資制限(投資信託及び投資法人に関する法律第9条)
       委託会社は、同一の法人の発行する株式について、委託会社が運用の指図を行う全ての委託者指
       図型投資信託につき、投資信託財産として有する当該株式にかかる議決権(株主総会において決
       議をすることができる事項の全部につき議決権を行使することができない株式についての議決権
       を除き、会社法第879条第3項の規定により議決権を有するものとみなされる株式についての議決
       権を含む。)の総数が、当該株式にかかる議決権の総数に100分の50を乗じて得た数を超えること
       となる場合においては、投資信託財産をもって当該株式を取得することを受託会社に指図しては
       なりません。
    3【投資リスク】

      <基準価額の主な変動要因>
      当ファンドは、値動きのある有価証券等に投資しますので、ファンドの基準価額は変動します。これ
      らの運用による損益はすべて投資者のみなさまに帰属します。したがって、投資者のみなさまの投資
                                20/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むこと
      があります。
      また、投資信託は預貯金と異なります。
      ○ 金利変動リスク

       金利の上昇(公社債の価格の下落)は、基準価額の下落要因となります。
       金利の変動は、公社債等の価格に影響をおよぼします。金利の上昇は、一般に公社債の価格を下落
       させ、基準価額が下落する要因となります。
      ○信用リスク

       投資する有価証券の発行者の財政難・経営不安・倒産等の発生は、基準価額の下落要因となりま
       す。
       有価証券等の価格は、その発行体に債務不履行等が発生または予想される場合には、その影響を受
       け変動します。当ファンドが投資する債券の発行者が経営不安・倒産に陥った場合、またこうした
       状況に陥ると予想される場合、信用格付けが格下げされた場合等には、債券の価格が下落したり、
       その価値がなくなることがあり、基準価額が下落する要因となります。
      ○流動性リスク

       投資資産の市場規模が小さいことなどで希望する価格で売買できない場合は、基準価額の下落要
       因となります。
       有価証券等を売却または取得する際に市場規模や取引量、取引規制等により、その取引価格が影響
       を受ける場合があります。一般に市場規模が小さい場合や取引量が少ない場合には、市場実勢から
       期待できる価格どおりに取引できないことや、値動きが大きくなることがあり、基準価額に影響を
       およぼす要因となります。
      〇 劣後債への投資に伴う固有のリスク

       劣後債への投資は、普通社債と比較して相対的にリスクが大きくなります。
       劣後債への投資には、普通社債への投資と比較して、次のような固有のリスクがあり、価格変動リ
       スクや信用リスクは相対的に大きいものとなります。
       ①劣後リスク(法的弁済順位が劣後するリスク)
        一般に劣後債の法的な弁済順位は株式に優先し、普通社債より劣後します。したがって、発行体
        が破綻などに陥った場合、他の優先する債権が全額支払われない限り、元利金の支払いを受ける
        ことができません(法的弁済順位の劣後)。また劣後債は一般に普通社債と比較して低い格付け
        が格付会社により付与されていますが、その格付けがさらに下落する場合には、劣後債の価格が
        大きく下落する可能性があります。
       ②繰上償還延期リスク
        一般に劣後債には、繰上償還(コール)条項が付与されています。繰上償還日に償還されること
        を前提として取引されている債券は、市場環境などの要因によって、予定された期日に繰上償還
        が実施されなかった場合、あるいは繰上償還されないと見込まれる場合には、当該債券の価格が
        大きく下落する可能性があります。
       ③利払い繰延リスク
                                21/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        劣後債には、利息の支払繰延条項を有する債券があります。当該債券においては、発行体の財務
        状況や収益動向などの要因によって、利息の支払いが繰り延べまたは停止される可能性がありま
        す。
      〇 カントリーリスク

       投資する国・地域の政治・経済の不安定化等は、基準価額の下落要因となります。
       投資対象国・地域の政治経済情勢、通貨規制、資本規制、税制、また取引規制等の要因によって資
       産価格や通貨価値が大きく変動する場合があります。海外に投資する場合には、これらの影響を受
       け、基準価額が下落する要因となります。
      ※基準価額の変動要因は、上記に限定されるものではありません。

      <その他の留意点>

       ○当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オ
        フ)の適用はありません。
       ○当ファンドは、大量の解約が発生し短期間で解約資金を手当てする必要が生じた場合や主たる取
        引市場において市場環境が急変した場合等に、一時的に組入資産の流動性が低下し、市場実勢か
        ら期待できる価格で取引できないリスク、取引量が限られてしまうリスクがあります。これによ
        り、基準価額にマイナスの影響をおよぼす可能性や、換金のお申込みの受付が中止となる可能
        性、すでに受付けた換金のお申込みの受付が取り消しとなる可能性、換金代金のお支払が遅延す
        る可能性があります。
       ○有価証券の貸付等においては、取引相手先の倒産等による決済不履行リスクを伴います。
       ○収益分配金に関する留意点として、以下の事項にご留意ください。
       ・収益分配は、計算期間中に発生した運用収益(経費控除後の配当等収益および売買益(評価益
         を含みます。))を超えて行われる場合があります。したがって、分配金の水準は、必ずしも
         計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。
       ・受益者の個別元本の状況によっては、分配金の全額または一部が、実質的には元本の一部払戻
         しに相当する場合があります。個別元本とは、追加型投資信託を保有する受益者毎の取得元本
         のことで、受益者毎に異なります。
       ・分配金は純資産総額から支払われます。このため、分配金支払い後の純資産総額は減少するこ
         ととなり、基準価額が下落する要因となります。計算期間中の運用収益以上に分配金の支払い
         を行う場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。
       ○資金動向、市況動向等によっては、投資態度にしたがった運用ができない場合があります。
       ○委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、決済機能の停止、その他やむを得ない事情
        があるときは、お申込みの受付または解約の受付を中止することおよびすでに受付けたお申込み
        の受付または解約の受付を取り消すことができるものとします。
       〇当初申込期間中において、資金動向、投資対象市場環境等によっては、購入のお申込みの受付を
        中止することおよびすでに受付けた購入のお申込みの受付を取り消し、当ファンドの設定を見送
        ることがあります。
       ○当ファンドは、信託契約を解約することが受益者のために有利であると認める場合、信託財産の
        純資産総額が30億円を下回ることとなった場合、その他やむを得ない事情が発生した場合は、当
        初定められていた信託期間の途中でも信託を終了(繰上償還)する場合があります。
                                22/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ○投資した債券が満期償還される場合、繰上償還される場合、または償還日前に売却される場合に
        は、別の債券に投資することがあり、金利低下局面等においては、再投資した債券の利回りが、
        当 初投資した債券の利回りより低くなる可能性があります。
       ○注意事項

        ・当ファンドは、値動きのある有価証券等に投資します                               ので、ファンドの基準価額は                変動しま
         す。
        ・投資信託は、預金等や保険契約ではありません。また、預金保険機構および保険契約者保護機
         構の保護の対象ではありません。加えて、証券会社を通して購入していない場合には投資者保
         護基金の対象にもなりません。
        ・投資信託は、購入金額について元本保証および利回り保証のいずれもありません。
        ・投資信託は、投資した資産の価値が減少して購入金額を下回る場合があり、これによる損失は
         購入者が負担することとなります。
      <リスク管理体制>

      委託会社におけるファンドの投資リスクに対する管理体制については、以下のとおりです。
      ・運用リスクの管理:運用担当部署から独立したコンプライアンス・リスク管理担当部署が、運用リ
       スクを把握、管理し、その結果に基づき運用担当部署へ対応の指示等を行うことにより、適切な管
       理を行います。
      ・運用パフォーマンス評価:運用担当部署から独立したリスク管理担当部署が、ファンドの運用パ
       フォーマンスについて定期的に分析を行い、結果の評価を行います。
      ・運用評価委員会:上記のとおり運用リスクの管理状況、運用パフォーマンス評価等の報告を受け、
       運用評価委員会は総合的な見地から運用状況全般の管理・評価を行います。
      ・流動性リスク管理:委託会社では、流動性リスク管理に関する規程を定め、ファンドの組入資産の







       流動性リスクのモニタリング等を実施するとともに、緊急時対応策の策定・検証等を行います。運
       用評価委員会等は、流動性リスク管理の適切な実施の確保や流動性リスク管理態勢について、監督
       します。
      ※リスク管理体制は           2022年4月28日        現在のものであり、今後変更となる場合があります。
                                23/76

                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                24/76





















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                25/76





















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】
    (1)【申込手数料】
      お申込日の基準価額(当初申込期間中においては、1口当たり1円とします。)に、1.1%(税抜
      1.0%)を上限に各販売会社が定める手数料率を乗じて得た額とします。
      ※償還乗換え等によるお申込みの場合、販売会社によりお申込手数料が優遇される場合がありま
       す。
      ※「分配金再投資コース」により収益分配金を再投資する場合は、お申込手数料はかかりません。
      ※詳しくは販売会社にお問い合わせください。
      お申込手数料は、商品や投資環境の説明および情報提供等、ならびに購入に関する事務手続き等に

      かかる費用の対価として、販売会社に支払われます。
    (2)【換金(解約)手数料】

      ありません。
    (3)【信託報酬等】

      ファンドの日々の純資産総額に対して、年率0.341%~年率0.539%(税抜0.31%~税抜0.49%)
                               *1                           *2
      信託報酬率は、ポートフォリオ構築完了日時点                           における、組入債券の平均最終利回り(年率)
      の水準に応じた次に掲げる率とし、委託会社のホームページで公表します。
      *1  投資対象債券の組入比率が信託財産の純資産総額の95%以上となり、委託会社がポートフォリ
         オの構築が完了したと判断した時点
      *2  平均最終利回りとは、各組入債券の最終利回りを各購入金額で加重平均した値であり、最終利
                                             *3
         回りとは、債券を購入し満期償還または繰上償還まで保有した場合                                      に得られる収益の債券購
         入金額に対する割合です。
      *3  繰上償還条項付債券(あらかじめ複数の時点で繰上償還できる条件が設定されている債券)の
         場合は、初回の繰上償還可能日を償還日とみなして算出します。
                                26/76









                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        平均最終利回り(年率)                      信託報酬の配分(税抜)(年率)

            信託報酬
                           委託会社           販売会社          受託会社
           税込(税抜)
     (1)1.1%以上の場合
                           0.23%          0.23%          0.03%
       年率0.539%(0.49%)
     (2)0.9%以上1.1%未満の場合
                           0.20%          0.20%          0.03%
       年率0.473%(0.43%)
     (3)0.8%以上0.9%未満の場合
                           0.17%          0.17%          0.03%
       年率0.407%(0.37%)
     (4)0.8%未満の場合
                           0.14%          0.14%          0.03%
       年率0.341%(0.31%)
                        信託財産の運用、          購入後の情報提          運用財産の保管・
                        目論見書等各種書          供、交付運用報告          管理、委託会社か
                        類の作成、基準価          書等各種書類の送          らの運用指図の実
            主な役務
                        額の算出等の対価          付、口座内での          行等の対価
                                  ファンドの管理等
                                  の対価
      ※信託報酬=運用期間中の基準価額×信託報酬率
      ※信託報酬は、毎日計上(ファンドの基準価額に反映)され、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日(休
       業日の場合は翌営業日)および毎計算期末または信託終了のときに信託報酬にかかる                                              消費税等相
       当額  とともに信託財産から支払われます。
      ※設定日以降、ポートフォリオ構築完了日から起算して3営業日目までの信託報酬率は、「(4)
       0.8%未満の場合」の料率(年率0.341%(税抜0.31%))が適用されます。なお、ポートフォリ
       オ構築完了日に決定された信託報酬率は、信託期間を通じて変動することはありません。
      ※上記の平均最終利回り(年率)は、信託報酬率を確定するために計算される、ポートフォリオ構
       築完了時点で組入れている債券の特性による数値基準であり、信託期間を通した運用成果を示
       唆、あるいは信託財産の運用成果を保証するものではありません。
      ※税法が改正された場合等には、上記内容が変更になることがあります。
    (4)【その他の手数料等】

      ・信託財産留保額
       解約時に、解約請求受付日の基準価額に0.3%の率を乗じて得た額とします。
      ・その他の費用

       その他費用・手数料として、お客様の保有期間中、以下の費用等を信託財産からご負担いただき
       ます。
       ①信託財産に関する租税、特定資産の価格等の調査に要する費用および当該費用にかかる消費税
        等に相当する金額、信託事務の処理に要する諸費用ならびに受託会社の立て替えた立替金の利息
        および借入金の利息等は、受益者の負担とし、信託財産から支払われます。
       ②監査法人等に支払うファンドの監査にかかる費用は、受益者の負担とし、毎日計上(ファンド
        の基準価額に反映)され、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日(休業日の場合は翌営業日)および
        毎計算期末または信託終了のとき、当該監査に要する費用にかかる消費税等相当額とともに信託
        財産から支払われます。
                                27/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ③有価証券の売買時の売買委託手数料および有価証券取引にかかる手数料・税金、先物・オプ
        ション取引に要する費用、当該手数料にかかる消費税等相当額および外国での資産の保管等に要
        す る費用は、受益者の負担とし、信託財産から支払われます。
      ※上記の「その他の費用」については、定期的に見直されるものや売買条件等により異なるものが
       あるため、事前に料率・上限額等を示すことができません。
      ※税法が改正された場合等は、上記内容が変更になることがあります。
    (5)【課税上の取扱い】

      ◇当ファンドは、課税上「株式投資信託」として取扱われます。
      ○個人の受益者に対する課税
       ①収益分配時
         収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、配当所得として、20.315%(所得税
         15.315%(復興特別所得税を含みます。)および地方税5%)の税率で源泉徴収による申告不要
         制度が適用されます。なお、確定申告により、申告分離課税または総合課税                                         (配当控除の適用
         なし)のいずれかを選択することもできます。
         詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
       ②解約時および償還時
                               ※
         解約時および償還時の差益(譲渡益)                       については、譲渡所得として、20.315%(所得税
         15.315%(復興特別所得税を含みます。)および地方税5%)の税率での申告分離課税が適用さ
         れます。
         原則として確定申告が必要ですが、特定口座(源泉徴収口座)を利用する場合、20.315%(所
         得税15.315%(復興特別所得税を含みます。)および地方税5%)の税率による源泉徴収が行わ
         れます。
         ※解約価額および償還価額から取得費用(申込手数料および当該手数料にかかる消費税等に相
          当する金額を含みます。)を控除した利益。
          買取請求による換金の際の課税については、販売会社にお問い合わせください。
       ③損益通算について
         解約(換金)時および償還時の差損(譲渡損)については、確定申告を行うことにより上場株式
         等(上場株式、上場投資信託(ETF)、上場不動産投資信託(REIT)、公募株式投資信託および
         特定公社債等(公募公社債投資信託を含みます。)など。以下同じ。)の譲渡益ならびに上場
         株式等の配当所得および利子所得の金額(配当所得については申告分離課税を選択したものに
         限ります。)との損益通算ならびに3年間の繰越控除の対象とすることができます。また、特定
         口座(源泉徴収口座)をご利用の場合、その口座内において損益通算を行います(確定申告不
         要)。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
      ※少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」および未成年者少額投資非課税制度「愛称:

       ジュニアNISA(ジュニアニーサ)」をご利用の場合
       NISAおよびジュニアNISAは、上場株式や公募株式投資信託などにかかる非課税制度で
       す。毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得および譲渡
       所得が一定期間非課税となります。ご利用になれるのは、販売会社で非課税口座を開設するな
       ど、一定の条件に該当する方が対象となります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
       なお、同非課税口座内で少額上場株式等にかかる譲渡損失が生じた場合には、課税上譲渡損失は
                                28/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ないものとみなされ、他の口座の上場株式等の譲渡益および上場株式等の配当所得等の金額との
       損益通算を行うことはできませんので、ご留意ください。
      ○法人の受益者に対する課税

       収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに解約時および償還時の個別元本超過額につ
       いては、15.315%(所得税15.315%(復興特別所得税を含みます。))の税率による源泉徴収が
       行われます。なお、地方税の源泉徴収は行われません。
       買取請求による換金の際の課税については、販売会社にお問い合わせください。
       なお、益金不算入制度の適用はありません。
      ※外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合があります。

      ※上記は、      2022年4月末       現在のものです。税法が改正された場合等には、上記の内容が変更になる場
       合があります。
      ※課税上の取扱いの詳細については税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
      ◇個別元本方式について

       受益者毎の信託時の受益権の価額等を当該受益者の元本とする個別元本方式は次のとおりです。
      <個別元本について>

       ①受益者毎の信託時の受益権の価額等(申込手数料および当該申込手数料にかかる消費税等に相
         当する金額は含まれません。)が当該受益者の元本(個別元本)にあたります。
       ②受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託を
         行うつど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
         ただし、同一ファンドの受益権を複数の販売会社で取得する場合については販売会社毎に個別
         元 本の算出が行われます。また、同一販売会社であっても複数支店等で同一ファンドの受益権
         を取得する場合は当該支店等毎に、「分配金受取コース」と「分配金再投資コース」の両コー
         スで同一ファンドの受益権を取得する場合はコース別に個別元本の算出が行われる場合があり
         ます。
       ③収益分配金に元本払戻金(特別分配金)が含まれる場合、収益分配金発生時にその個別元本か
         ら当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となりま
         す。(「元本払戻金(特別分配金)」については、下記の<収益分配金の課税について>を参
         照。)
      <収益分配金の課税について>

       収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配
       金)」(受益者毎の元本の一部払戻しに相当する部分)の区分があります。
       収益分配の際       、①当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本と同額の場合または
       当該受益者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となり、②
       当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を下回っている場合には、その下回る
       部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、当該収益分配金から当該元本払戻金(特別分配
       金)を控除した額が普通分配金となります。
                                29/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       なお、収益分配金に元本払戻金(特別分配金)が含まれる場合、収益分配金発生時にその個別元
       本から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となりま
       す。
      ※税法が改正された場合等は、上記内容が変更になることがあります。

                                30/76


















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】
    ファンドは、2022年9月5日から運用を開始する予定であるため有価証券届出書提出日現在、資産を有しておりません。

    (1)【投資状況】

    該当事項はありません。
    (2)【投資資産】

    該当事項はありません。
    (3)【運用実績】

    該当事項はありません。
    (4)【設定及び解約の実績】

    該当事項はありません。
                                31/76















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    <<参考情報>>
                                32/76




















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】
    1【申込(販売)手続等】
      お申込みに際しては、販売会社所定の方法でお申込みください。
      当ファンドは、収益の分配が行われた場合に収益分配金を受領する「分配金受取コース」と収益分配
      金を無手数料で再投資する「分配金再投資コース」があり、「分配金再投資コース」を取得申込者が
      選択した場合、取得申込者は販売会社との間で「自動けいぞく投資約款」にしたがい分配金再投資に
      関する契約を締結します。なお、販売会社によっては、当該契約または規定について同様の権利義務
      関係を規定する名称の異なる契約または規定を使用することがあり、この場合、当該別の名称に読み
      替えるものとします。
      当ファンドのお申込みは、原則として                     2022年9月9日までにおいて、                販売会社の毎営業日に行われま
      す。  当初申込期間中のお申込みの受付は、販売会社の営業時間中とし、継続申込期間中の                                              お申込みの
      受付は、原則として午後3時までにお申込みが行われ、かつ、お申込みの受付にかかる販売会社の所
      定の事務手続きが完了したものを当日のお申込みとします。
      ただし、2022年9月10日以降、お申込みの受付は行いません。
      委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、決済機能の停止、その他やむを得ない事情があ
      るときは、お申込みの受付を中止することおよびすでに受付けたお申込みの受付を取り消すことがで
      きるものとします。
      ※当初申込期間中において、資金動向、投資対象市場環境等によっては、購入のお申込みの受付を中
       止することおよびすでに受付けた購入のお申込みの受付を取り消し、当ファンドの設定を見送るこ
       とがあります。
      ※受益権の取得申込者は委託会社または販売会社に、取得申込みと同時にまたはあらかじめ、自己の
       ために開設されたファンドの受益権の振替を行うための振替機関等の口座を示すものとし、当該口
       座に当該取得申込者にかかる口数の増加の記載または記録が行われます。
       なお、委託会社または販売会社は、当該取得申込みの代金の支払いと引き換えに、当該口座に当該
       取得申込者にかかる口数の増加の記載または記録を行うことができます。委託会社は、分割された
       受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定める事
       項の振替機関への通知を行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替機関への通知があっ
       た場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行います。
       受託会社は、信託契約締結日に生じた受益権については信託契約締結時に、また追加信託により生
       じた受益権については追加信託のつど、振替機関の定める方法により、振替機関へ当該受益権にか
       かる信託を設定した旨の通知を行います。
     ・お申込価額

      当初申込期間
      受益権1口当たり1円とします。
      継続申込期間
                 ※
      お申込日の基準価額            とします。
      「分配金再投資コース」により収益分配金を再投資する場合は、各計算期間終了日の基準価額とし
      ます。
      ※「基準価額」とは、純資産総額(ファンドの資産総額から負債総額を控除した金額)を計算日の
       受益権総口数で除した価額をいいます。(ただし、便宜上1万口当たりに換算した基準価額で表示
       することがあります。)
                                33/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       <基準価額の照会方法等>

       基準価額は、設定日以降の委託会社の毎営業日において、委託会社により計算され、公表されま
       す。
       ※当ファンドの基準価額は、以下の方法でご確認ください。
        ・販売会社へのお問い合わせ
        ・委託会社への照会
           ホームページ URL            http://www.am-one.co.jp/
           コールセンター:          0120-104-694       (受付時間:       営業日の午前9時から午後5時まで                   )
     ・お申込手数料

      お申込日の基準価額           (当初申込期間中においては、1口当たり1円とします。)                                 に、1.1%(税抜
      1.0%)を上限に各販売会社が定める手数料率を乗じて得た額とします。
      ※償還乗換え等によるお申込みの場合、販売会社によりお申込手数料が優遇される場合がありま
       す。
      ※「分配金再投資コース」により収益分配金を再投資する場合は、お申込手数料はかかりません。
      ※詳しくは販売会社にお問い合わせください。
     ・お申込単位

      各販売会社が定める単位とします。
      「分配金受取コース」および「分配金再投資コース」によるお申込みが可能です。お申込みになる
      販売会社によっては、どちらか一方のコースのみの取扱いとなる場合があります。
      ※ 取扱コースおよびお           申込単位は、販売会社にお問い合わせください。
      ※「分配金再投資コース」によ                 り 収益分配金を再投資する場合は、1口単位となります。
      ※当初元本は1口当たり1円です。
     ・払込期日

      当初申込期間
      取得申込者は、当初申込期間中に、買付代金を販売会社に支払うものとします。
      当初申込みにかかる申込金額の総額は、販売会社によって、設定日に、委託会社の指定する口座を
      経由して受託会社の指定するファンド口座(受託会社が信託事務の一部について委託を行っている
      場合は当該委託先の口座)に払込まれます。
      継続申込期間
      取得申込者は、お申込みをされた販売会社が定める所定の日までに、買付代金を販売会社に支払う
      ものとします。各取得申込日の発行価額の総額は、販売会社によって、追加信託が行われる日に、
      委託会社の指定する口座を経由して受託会社の指定するファンド口座(受託会社が信託事務の一部
      について委託を行っている場合は当該委託先の口座)に払込まれます。
    2【換金(解約)手続等】

      受益者は、自己に帰属する受益権につき、委託会社に対し解約の請求をすることができます。委託会
      社は、解約の請求を受付けた場合には、信託契約の一部を解約します。
                                34/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      解約の請求の受付は、原則として販売会社の毎営業日の午後3時までに行われ、かつ、解約の受付に
      かかる販売会社の所定の事務手続きが完了したものを当日のお申込みとします。なお、信託財産の資
      金管理を円滑に行うため、大口の解約請求に制限を設ける場合があります。
      ※解約の請求を行う受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受益者の請求にか
       かるこの信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引き換えに、当該一部解約にかかる受益権の口
       数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において
       当該口数の減少の記載または記録が行われます。
       なお、受益者が解約の請求をするときは、委託会社または販売会社に対し振替受益権をもって行う
       ものとします。
      委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、決済機能の停止、その他やむを得ない事情があ
      るときは、解約の受付を中止することおよびすでに受付けた解約の請求の受付を取り消すことができ
      ます。解約の受付が中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に行った当日の解約の請求を撤
      回できます。ただし、受益者がその解約の請求を撤回しない場合には、当該受益権の解約価額は、当
      該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に解約の請求を受付けたものとして、下記に準じ
      て計算した価額とします。
    ・解約価額

      解約価額は、解約請求受付日の基準価額から信託財産留保額として当該基準価額に0.3%の率を乗じ
      て得た額を控除した額とします。
      解約価額は、設定日以降の委託会社の毎営業日において、委託会社により計算され、公表されます。
      ※当ファンドの解約価額は、以下の方法でご確認ください。
       ・販売会社へのお問い合わせ
       ・委託会社への照会
         コールセンター:          0120-104-694       (受付時間:       営業日の午前9時から午後5時まで                   )
    ・解約単位

      各販売会社が定める単位とします。
      ※解約単位は販売会社にお問い合わせください。
    ・解約代金の受渡日

      解約代金は、原則として解約請求受付日より起算して5営業日目から販売会社の営業所等において支
      払います。
                                35/76






                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【資産管理等の概要】
    (1)【資産の評価】
      基準価額とは、純資産総額(信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入有価証券
      を除きます。)を法令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価評価して得た信託財
      産の資産総額から負債総額を控除した金額)を、計算日における受益権総口数で除した金額をいい
      ます。
      <主な投資対象の時価評価方法の原則>

         投資対象                          評価方法
       公社債等           計算日における以下のいずれかの価額
                  ・日本証券業協会が発表する売買参考統計値(平均値)
                  ・金融商品取引業者、銀行などの提示する価額(売り気配相場を除きま
                   す。)
                  ・価格情報会社の提供する価額
      基準価額(1万口当たり)は、設定日以降の委託会社の毎営業日において、委託会社により計算さ

      れ、公表されます。
      ※当ファンドの基準価額は、以下の方法でご確認ください。
       ・販売会社へのお問い合わせ
       ・委託会社への照会
         ホームページ URL            http://www.am-one.co.jp/
         コールセンター:          0120-104-694       (受付時間:       営業日の午前9時から午後5時まで                   )
    (2)【保管】

      該当事項はありません。
    (3)【信託期間】

      信託期間は、2022年9月5日(設定日)から原則として2028年1月14日までです。
      ※下記(5)その他          イ.償還規定の場合には、信託終了前に信託契約を解約し、信託を終了させるこ
       とがあります。         また、委託会社は、信託期間満了前に、信託期間の延長が受益者に有利であると
       認めたときは、受託会社と協議のうえ、信託期間を延長することができます。
    (4)【計算期間】

      a.計算期間は、原則として毎年1月15日から翌年1月14日までとします。ただし、第1計算期間は、信
       託契約締結日から2023年1月16日                 までとします。
      b.上記a.の規定にかかわらず、上記a.の原則により各計算期間終了日に該当する日(以下「該当
       日」といいます。)が休業日のとき、各計算期間終了日は、該当日の翌営業日とし、その翌日よ
       り次の計算期間が開始されるものとします。ただし、最終計算期間の終了日は、信託期間の終了
       日とします。
                                36/76



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (5)【その他】
      イ.償還規定
       a.委託会社は、信託期間中において、信託契約を解約することが受益者のために有利であると認め
        る場合、信託財産の純資産総額が30億円を下回ることとなった場合、またはやむを得ない事情が
        発生した場合は、受託会社と合意のうえ、信託契約を解約し、信託を終了させることができま
        す。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届け出ま
        す。
       b.委託会社は、上記a.の事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行い
        ます。この場合において、あらかじめ、書面決議の日および信託契約の解約の理由などの事項を
        定め、当該決議の日の2週間前までに、信託契約にかかる知れている受益者に対し、書面をもっ
        てこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
       c.上記b.の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が
        属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下イ.償還規定c.にお
        いて同じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、
        知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成
        するものとみなします。
       d.上記b.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
        もって行います。
       e.上記b.からd.までの規定は、委託会社が信託契約の解約について提案をした場合において、当該
        提案につき、信託契約にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表示を
        したときには適用しません。また、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じてい
        る場合であって、上記b.からd.までの手続きを行うことが困難な場合にも適用しません。
       f.委託会社は、監督官庁より信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、信託契
        約を解約し信託を終了させます。
       g.委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、
        委託会社は、信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁が、信託契約に関する
        委託会社の業務を他の投資信託委託会社に引き継ぐことを命じたときは、下記「ロ.信託約款の
        変更等b.」の書面決議が否決された場合を除き、当該投資信託委託会社と受託会社との間におい
        て存続します。
       h.受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその任務
        に違反して信託財産に著しい損害を与えたこと、その他重要な事由があるときは、委託会社また
        は受益者は、裁判所に受託会社の解任を申立てることができます。受託会社が辞任した場合、ま
        たは裁判所が受託会社を解任した場合、委託会社は下記「ロ.信託約款の変更等」の規定にした
        がい、新受託会社を選任します。なお、受益者は、上記によって行う場合を除き、受託会社を解
        任することはできないものとします。委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社は
        信託契約を解約し、信託を終了させます。
       i.この信託は、受益者が一部解約請求を行ったときは、委託会社が信託契約の一部の解約をするこ
        とにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部解約金として支払われる
        こととなる委託者指図型投資信託に該当するため、信託契約の解約を行う場合において、投資信
        託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める反対受益者による受益権買取請求の規定の適
        用を受けません。
                                37/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ロ.信託約款の変更等
       a.委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、
        受託会社と合意のうえ、信託約款を変更することまたはこの信託と他の投資信託との併合(投資
        信託及び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併合」をいい
        ます。以下同じ。)を行うことができるものとし、あらかじめ、変更または併合しようとする旨
        およびその内容を監督官庁に届け出ます。なお、信託約款はa.からg.に定める以外の方法によっ
        て変更することができないものとします。
       b.委託会社は、上記a.の事項(上記a.の変更事項にあっては、その内容が重大なものに該当する場
        合に限り、上記a.の併合事項にあっては、その併合が受益者の利益におよぼす影響が軽微なもの
        に該当する場合を除きます。以下「重大な約款の変更等」といいます。)について、書面決議を
        行います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な約款の変更等の内容お
        よびその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、信託約款にかかる知れている
        受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
       c.上記b.の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が
        属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下ロ.信託約款の変更
        等c.において同じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができま
        す。なお、知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議に
        ついて賛成するものとみなします。
       d.上記b.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
        もって行います。
       e.書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
       f.上記b.からe.までの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合において、
        当該提案につき、信託約款にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表
        示をしたときには適用しません。
       g.上記a.からf.の規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決された場合に
        あっても、当該併合にかかる一または複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否決さ
        れた場合は、当該他の投資信託との併合を行うことはできません。
       h.委託会社は、監督官庁の命令に基づいて信託約款を変更しようとするときは、上記a.からg.の規
        定にしたがいます。
       i.この信託は、受益者が一部解約請求を行ったときは、委託会社が信託契約の一部の解約をするこ
        とにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部解約金として支払われる
        こととなる委託者指図型投資信託に該当するため、重大な約款の変更等を行う場合において、投
        資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める反対受益者による受益権買取請求の規定
        の適用を受けません。
      ハ.関係法人との契約の更改

        証券投資信託の募集・販売の取扱い等に関する契約について、委託会社と販売会社との間の当該
        契約は、原則として期間満了の3ヵ月前までに当事者間の別段の意思表示がない限り、1年毎に自
        動的に更新されます。当該契約は、当事者間の合意により変更することができます。
      ニ.公告

                                38/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行い、委託会社のホームページに
        掲載します。
        (URL     http://www.am-one.co.jp/              )
        なお、電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の公
        告は、日本経済新聞に掲載して行います。
      ホ.運用報告書

        ・委託会社は、毎年1月14日(休業日の場合は翌営業日とします。)および償還時に交付運用報
         告書を作成し、販売会社を通じて受益者に対して交付します。
        ・運用報告書(全体版)は、委託会社のホームページにおいて開示します。ただし、受益者から
         運用報告書(全体版)の請求があった場合には、これを交付します。
         (URL http://www.am-one.co.jp/)
    4【受益者の権利等】

      (1)収益分配金請求権
       受益者は、委託会社の決定した収益分配金を、持ち分に応じて請求する権利を有します。
       受益者が収益分配金支払開始日から5年間支払いを請求しないときは、その権利を失い、受託会社
       から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
       収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当
       該収益分配金にかかる決算日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きま
       す。また、当該収益分配金にかかる計算期間の末日以前に設定された受益権で取得申込代金支払
       前のため、委託会社または販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則と
       して取得申込者とします。)に、原則として決算日から起算して5営業日までにお支払いを開始し
       ます。
       なお、「分配金再投資コース」により収益分配金を再投資する受益者に対しては、委託会社は受
       託会社から受けた収益分配金を、原則として毎計算期間終了日の翌営業日に販売会社に交付しま
       す。販売会社は、受益者に対し遅滞なく収益分配金の再投資にかかる受益権の売付を行います。
       再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
      (2)償還金請求権

       受益者は、持ち分に応じて償還金を請求する権利を有します。
       受益者が信託終了による償還金について支払開始日から10年間支払いを請求しないときは、その
       権利を失い、受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
       償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日
       以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きま                                   す。また、当該償還日以前に設
       定された受益権で取得申込代金支払前のため、委託会社または販売会社の名義で記載または記録
       されている受益権については原則として取得申込者とします。)                                   に、原則として償還日(休業日
       の場合は翌営業日)から起算して5営業日までにお支払いを開始します。
      (3)一部解約請求権

       受益者は、自己に帰属する受益権について、一部解約の実行の請求をすることができます。
                                39/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (4)帳簿書類の閲覧・謄写の請求権
       受益者は、委託会社に対し、その営業時間内に当該受益者にかかる信託財産に関する帳簿書類の
       閲覧または謄写を請求することができます。
                                40/76



















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】
      ファンドの運用は、2022年9月5日から開始する予定であり、ファンドは有価証券届出書提出日現在、資産を有してお

      りません。
      ファンドの会計監査は、監査法人により行われる予定であり、監査証明を受けたファンドの財務諸表は、計算期間ご
      とに作成する有価証券報告書および計算期間の半期に作成する半期報告書に記載されます。
      委託会社は、ファンドの信託財産に係る財務諸表の作成にあたっては、「投資信託財産の計算に関する規則」の定め
      るところによります。
    1【財務諸表】

    該当事項はありません。
                                41/76
















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】
    該当事項はありません。
                                42/76




















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】
    (1)受益証券の名義書換
      該当事項はありません。
      ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより定まりま
      す。委託会社は、この信託の受益権を取り扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取
      り消された場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継する者
      が存在しない場合その他やむを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券
      を発行しません。
      なお、受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名式
      受益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請
      求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
    (2)受益者等名簿

      該当事項はありません。
    (3)受益者に対する特典

      該当事項はありません。
    (4)受益権の譲渡制限

      譲渡制限はありません。
      ①受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記
       載または記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振替の申請をするものとします。
      ②上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保有する受益
       権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記
       載または記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでな
       い場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を
       含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載また
       は記録が行われるよう通知するものとします。
      ③上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録さ
       れている振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場
       合等において、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、
       振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
    (5)受益権の譲渡の対抗要件

      受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗
      することができません。
    (6)受益権の再分割

      委託会社は、社振法に定めるところにしたがい、受託会社と協議のうえ、一定日現在の受益権を均
      等に再分割できるものとします。
    (7)質権口記載又は記録の受益権の取り扱いについて

                                43/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払
      い、一部解約の実行の請求の受付、一部解約金および償還金の支払い等については、約款の規定に
      よ るほか、民法その他の法令等にしたがって取り扱われます。
                                44/76



















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】
    第1【委託会社等の概況】
    1【委託会社等の概況】
      (1)資本金の額(          2022年4月28日        現在)
            資本金の額        20億円
                     ※
            発行する株式総数              100,000株
                         (普通株式       上限100,000株、A種種類株式                 上限30,000株)
            発行済株式総数     40,000株
                         (普通株式24,490株、A種種類株式15,510株)
            ※種類株式の発行が可能
            直近5カ年の資本金の増減:該当事項はありません。

      (2)会社の機構(          2022年4月28日        現在)

       ① 会社の意思決定機構
         業務執行上重要な事項は、取締役会の決議をもって決定します。
         取締役は株主総会で選任されます。取締役(監査等委員である取締役を除く。)の任期は、そ
         の選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで
         とし、任期の満了前に退任した取締役(監査等委員である取締役を除く。)の補欠として選任
         された取締役(監査等委員である取締役を除く。)の任期は、現任取締役(監査等委員である
         取締役を除く。)の任期の満了の時までとします。
         また、監査等委員である取締役の任期は、その選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終
         のものに関する定時株主総会の終結の時までとし、任期の満了前に退任した監査等委員である
         取締役の補欠として選任された監査等委員である取締役の任期は、退任した監査等委員である
         取締役の任期の満了の時までとします。
         取締役会は、決議によって代表取締役を選定します。代表取締役は、会社を代表し、取締役会
         の決議にしたがい業務を執行します。
         また、取締役会の決議によって、取締役社長を定めることができます。
         取締役会は、法令に別段の定めがある場合を除き、原則として取締役社長が招集します。取締
         役会の議長は、原則として取締役社長があたります。
         取締役会の決議は、法令に別段の定めがある場合を除き、議決に加わることができる取締役の
         過半数が出席し、出席取締役の過半数をもって行います。
       ② 投資運用の意思決定機構

         1.投資環境見通しおよび運用方針の策定
          経済環境見通し、資産別市場見通し、資産配分方針および資産別運用方針は月次で開催する
          「投資環境会議」および「投資方針会議」にて協議、策定致します。これらの会議は運用本
          部長・副本部長、運用グループ長等で構成されます。
         2.運用計画、売買計画の決定
          各ファンドの運用は「投資環境会議」および「投資方針会議」における協議の内容を踏まえ
          て、ファンド毎に個別に任命された運用担当者が行います。運用担当者は月次で運用計画書
                                45/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          を作成し、運用本部長の承認を受けます。運用担当者は承認を受けた運用計画に基づき、運
          用を行います。
    2【事業の内容及び営業の概況】

      「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、投資信託の設
      定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)なら
      びにその受益証券(受益権)の募集又は私募(第二種金融商品取引業)を行っています。また、「金
      融商品取引法」に定める投資助言・代理業を行っています。
      2022年4月28日        現在、委託会社の運用する投資信託は以下の通りです。(親投資信託を除く)
                                      純資産総額(単位:円)

             基本的性格               本数
                                 26          1,471,714,623,702
          追加型公社債投資信託
                                810          14,822,397,858,988
           追加型株式投資信託
                                 27            53,750,145,946
          単位型公社債投資信託
                                220           1,232,854,578,168
           単位型株式投資信託
                               1,083            17,580,717,206,804
               合計
                                46/76














                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】
    1.委託会社であるアセットマネジメントOne株式会社(以下「委託会社」という。)の財務諸表は、

     「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)ならびに同規則
     第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)
     により作成しております。
    2.委託者の財務諸表及び中間財務諸表に掲記される科目その他の事項の金額については、従来、千円

     単位で記載しておりましたが、第37期事業年度の中間会計期間より百万円単位で記載することに変更
     いたしました。その結果、第36期事業年度の財務諸表の金額については千円未満の端数を、第37期事
     業年度の財務諸表及び中間財務諸表の金額については百万円未満の端数を切り捨てて記載しておりま
     す。
    3.委託会社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき第37期事業年度(自2021年4月1日至

     2022年3月31日)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人の監査を受けております。
                                47/76














                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1)【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)

                                第36期                 第37期
                            (2021年3月31日現在)                 (2022年3月31日現在)
            (資産の部)
      流動資産
                                      36,734
       現金・預金                                                 31,421
                                      25,670
       金銭の信託                                                 30,332
                                      16,804
       未収委託者報酬                                                 17,567
                                       5,814
       未収運用受託報酬                                                 4,348
                                        317
       未収投資助言報酬                                                  309
                                         7
       未収収益                                                    5
                                        724
       前払費用                                                 1,167
                                       2,419
       その他                                                 2,673
                                      88,493
                   流動資産計                                    87,826
      固定資産

                                       1,119
       有形固定資産                                                 1,268
                                        915
                              ※1
        建物                                        ※1         1,109
                              ※1         202
        器具備品                                        ※1          158
                                         0
        建設仮勘定                                                  -
                                       3,991
       無形固定資産                                                 4,561
                                       2,878
        ソフトウエア                                                3,107
                                       1,109
        ソフトウエア仮勘定                                                1,449
                                         3
        電話加入権                                                  3
                                      11,153
       投資その他の資産                                                 10,153
                                        261
        投資有価証券                                                 241
                                       5,299
        関係会社株式                                                5,349
                                       1,324
        長期差入保証金                                                1,102
                                       3,676
        繰延税金資産                                                3,092
                                        591
        その他                                                 367
                                      16,264
                   固定資産計                                    15,983
             資産合計                         104,757                 103,810
                                48/76







                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                 (単位:百万円)
                               第36期                 第37期
                           (2021年3月31日現在)                 (2022年3月31日現在)
           (負債の部)
      流動負債
       預り金                               3,730                 1,445
       未払金                               7,337                 7,616
        未払収益分配金                                0                 0
        未払償還金                                9                 9
        未払手数料                              6,889                 7,430
        その他未払金                               437                 175
       未払費用                               9,713                 8,501
       未払法人税等                               4,199                 2,683
       未払消費税等                               2,106                 1,330
       賞与引当金                               1,789                 1,933
       役員賞与引当金                                 76                 69
                  流動負債計                   28,954                 23,581
      固定負債
       退職給付引当金                               2,292                 2,507
       時効後支払損引当金                                157                 147
                  固定負債計                   2,450                 2,655
            負債合計                         31,404                 26,236
           (純資産の部)
      株主資本
       資本金                               2,000                 2,000
       資本剰余金                               19,552                 19,552
        資本準備金                              2,428                 2,428
        その他資本剰余金                              17,124                 17,124
       利益剰余金                               51,800                 56,020
        利益準備金                               123                 123
        その他利益剰余金                              51,676                 55,896
         別途積立金                            31,680                 31,680
         繰越利益剰余金                            19,996                 24,216
                  株主資本計                   73,353                 77,573
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                                △0                 △0
              評価・換算差額等計                         △0                 △0
            純資産合計                         73,353                 77,573
          負債・純資産合計                          104,757                 103,810
                                49/76





                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益計算書】
                                                  (単位:百万円)

                              第36期                  第37期
                          (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                            至 2021年3月31日)                   至 2022年3月31日)
      営業収益
       委託者報酬                       89,905                 108,563
       運用受託報酬                       17,640                  16,716
       投資助言報酬                        1,103                  1,587
       その他営業収益                         781                  12
                営業収益計                    109,430                  126,879
      営業費用
       支払手数料                       37,003                  45,172
       広告宣伝費                         424                  391
       公告費                          0                  0
       調査費                       30,794                  36,488
        調査費                      11,302                  10,963
        委託調査費                      19,491                  25,525
       委託計算費                         543                  557
       営業雑経費                         938                  842
        通信費                        46                  35
        印刷費                        680                  606
        協会費                        71                  66
        諸会費                        23                  26
        支払販売手数料                        116                  106
                営業費用計                     69,704                  83,453
      一般管理費
       給料                       10,586                  10,377
        役員報酬                        163                  168
        給料・手当                       9,030                  8,995
        賞与                       1,392                  1,213
       交際費                          8                  6
       寄付金                          7                 15
       旅費交通費                         50                  40
       租税公課                         912                  367
       不動産賃借料                        1,499                  1,674
       退職給付費用                         524                  495
       固定資産減価償却費                        1,078                  1,389
       福利厚生費                         44                  42
       修繕費                          0                  0
       賞与引当金繰入額                        1,789                  1,933
       役員賞与引当金繰入額                         76                  69
       機器リース料                          0                  0
       事務委託費                        3,793                  3,901
       事務用消耗品費                         68                  45
       器具備品費                          0                  0
       諸経費                         152                  217
               一般管理費計                      20,594                  20,578
      営業利益                                19,132                  22,848
                                50/76



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                  (単位:百万円)
                              第36期                  第37期
                          (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                            至 2021年3月31日)                   至 2022年3月31日)
      営業外収益
       受取利息                        27                  13
       受取配当金                        2           ※1      559
       時効成立分配金・償還金                        0                  0
       為替差益                        7                  7
       金銭の信託運用益                      1,229                   -
       雑収入                        13                  19
       時効後支払損引当金戻入額                        13                  10
               営業外収益計
                                     1,293                   610
      営業外費用
       投資信託償還損                        0                 -
       金銭の信託運用損                        -                 743
       早期割増退職金                        48                  20
       雑損失                        0                 -
               営業外費用計                        48                 764
      経常利益                               20,376                  22,694
      特別利益
       固定資産売却益                        -                  0
                特別利益計                       -                  0
     特別損失
       固定資産除却損                        1                  5
       投資有価証券売却損                        -                  6
       ゴルフ会員権売却損                        -                  3
       オフィス再編費用                        -            ※2      509
                特別損失計                       1                 525
     税引前当期純利益                                20,375                  22,169
      法人税、住民税及び事業税                                7,418                  6,085
      法人税等調整額                               △1,168                    584
      法人税等合計                                6,249                  6,669
      当期純利益                               14,125                  15,499
                                51/76







                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【株主資本等変動計算書】
     第36期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                   株主資本
                       資本剰余金                   利益剰余金
                                       その他利益剰余金
                                                        株主資本
                        その他    資本剰余金
             資本金
                                  利益               利益剰余金
                                                         合計
                  資本準備金
                                       別途     繰越利益
                                  準備金                 合計
                       資本剰余金      合計
                                      積立金      剰余金
     当期首残高

               2,000     2,428     17,124     19,552      123    31,680      17,871      49,674      71,227
     当期変動額
      剰余金の配当
                                            △12,000      △12,000      △12,000
      当期純利益
                                             14,125      14,125      14,125
      株主資本以外の
      項目の当期変動
                                                            -
      額(純額)
     当期変動額合計
                                         -    2,125      2,125      2,125
                -     -     -     -    -
     当期末残高
               2,000     2,428     17,124     19,552      123    31,680      19,996      51,800      73,353
              評価・換算差額等

                         純資産

              その他
                  評価・換算
                         合計
             有価証券
                  差額等合計
             評価差額金
     当期首残高

                △0     △0      71,227
     当期変動額
      剰余金の配当
                          △12,000
      当期純利益
                          14,125
      株主資本以外の
      項目の当期変動
                0     0       0
      額(純額)
     当期変動額合計
                0     0     2,125
     当期末残高
                △0     △0      73,353
                                52/76








                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第37期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                   株主資本
                       資本剰余金                   利益剰余金
                                       その他利益剰余金
                                                        株主資本
             資本金          その他    資本剰余金
                                  利益               利益剰余金
                                                         合計
                  資本準備金
                                       別途     繰越利益
                                  準備金                 合計
                       資本剰余金      合計
                                      積立金      剰余金
     当期首残高

               2,000     2,428     17,124     19,552      123    31,680      19,996      51,800      73,353
     当期変動額
      剰余金の配当
                                            △11,280      △11,280      △11,280
      当期純利益
                                             15,499      15,499      15,499
      株主資本以外の
      項目の当期変動
                                                            -
      額(純額)
     当期変動額合計
                                         -    4,219      4,219      4,219
                -     -     -     -    -
     当期末残高
               2,000     2,428     17,124     19,552      123    31,680      24,216      56,020      77,573
              評価・換算差額等

                         純資産

              その他
                  評価・換算
                         合計
             有価証券
                  差額等合計
             評価差額金
     当期首残高

                △0     △0      73,353
     当期変動額
      剰余金の配当
                          △11,280
      当期純利益
                          15,499
      株主資本以外の
      項目の当期変動
                △0     △0       △0
      額(純額)
     当期変動額合計
                △0     △0      4,219
     当期末残高
                △0     △0      77,573
                                53/76









                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    重要な会計方針
     1.  有価証券の評価基準及び評価                 (1)子会社株式及び関連会社株式
                           移動平均法による原価法
       方法
                       (2)その他有価証券
                           市場価格のない株式等以外のもの
                            決算日の市場価格等に基づく時価法
                            (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価
                             は移動平均法により算定)
                           市場価格のない株式等
                            移動平均法による原価法
     2.  金銭の信託の評価基準及び評                 時価法

       価方法
     3.  固定資産の減価償却の方法                 (1)有形固定資産

                          定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取
                         得した建物附属設備については、定額法を採用しております。
                           なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
                                  …
                           建物           8~18年
                                  …
                           器具備品           2~20年
                       (2)無形固定資産
                           定額法を採用しております。
                           なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利
                          用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。
     4.  外貨建の資産及び負債の本邦                 外貨建金銭債権債務は、期末日の直物等為替相場により円貨に換
                        算し、換算差額は損益として処理しております。
       通貨への換算基準
     5.  引当金の計上基準                 (1)賞与引当金

                           従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、将来の支
                         給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上しております。
                       (2)役員賞与引当金
                           役員に対して支給する賞与の支出に充てるため、将来の支給
                         見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上しております。
                       (3)退職給付引当金
                           従業員の退職給付に備えるため、退職一時金制度について、
                         当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上して
                         おります。
                         ①退職給付見込額の期間帰属方法
                          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度
                          末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準
                          によっております。
                         ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                          過去勤務費用については、その発生時の従業員の平均残存勤
                          務期間内の一定の年数(5年)による定額法により按分した
                          額を費用処理しております。
                          数理計算上の差異については、各事業年度の発生時の従業員
                          の平均残存勤務期間内の一定の年数(5年または10年)によ
                          る定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度か
                          ら費用処理しております。
                       (4)時効後支払損引当金
                           時効成立のため利益計上した収益分配金及び償還金につい
                         て、受益者からの今後の支払請求に備えるため、過去の支払実
                         績に基づく将来の支払見込額を計上しております。
                                54/76



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     6.収益及び費用の計上基準                   当社は、資産運用サービスから委託者報酬、運用受託報酬及び投
                        資助言報酬を稼得しております。これらには成功報酬が含まれる
                        場合があります。
                        (1)委託者報酬
                           委託者報酬は、投資信託の信託約款に基づき、日々の純資産
                         総額に対する一定割合として認識され、確定した報酬を投資信
                         託によって主に年1回又は2回受取ります。当該報酬は期間の
                         経過とともに履行義務が充足されるという前提に基づき、投資
                         信託の運用期間にわたり収益として認識しております。
                        (2)運用受託報酬
                           運用受託報酬は、投資顧問契約で定められた報酬に基づき、
                         確定した報酬を顧問口座によって主に年1回又は2回受取りま
                         す。当該報酬は期間の経過とともに履行義務が充足されるとい
                         う前提に基づき、顧問口座の運用期間にわたり収益として認識
                         しております。
                        (3)投資助言報酬
                           投資助言報酬は、投資助言契約で定められた報酬に基づき、
                         確定した報酬を顧問口座によって主に年1回又は4回受取りま
                         す。当該報酬は期間の経過とともに履行義務が充足されるとい
                         う前提に基づき、顧問口座の運用期間にわたり収益として認識
                         しております。
                       (4)成功報酬
                           成功報酬は、対象となる投資信託または顧問口座の特定のベ
                         ンチマークまたはその他のパフォーマンス目標を上回る超過運
                         用益に対する一定割合として認識されます。当該報酬は成功報
                         酬を受領する権利が確定した時点で収益として認識しておりま
                         す。
     7.消費税等の会計処理                   消費税及び地方消費税の会計処理は税抜き方式によっておりま
                        す。
                                55/76











                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (会計上の見積りの変更)
                              第37期

                     (自   2021年4月1日        至  2022年3月31日)
      当社は、当事業年度において、新しい働き方を踏まえたオフィスレイアウトの見直しを決定しまし
     た。これに伴い、当事業年度において、本社オフィスに係る内部造作物等の有形固定資産の見積耐用
     年数の見直しを行い、将来にわたり変更しております。また、本社オフィスの不動産賃借契約に伴う
     原状回復義務として認識していた資産除去債務について、退去時に必要とされる原状回復費用及び使
     用見込期間の見積の変更を行っております。これにより、従来の方法と比べて、当事業年度の営業利
     益、経常利益及び税引前当期純利益はそれぞれ334百万円減少しております。
    (会計方針の変更)

      1.  収益認識に関する会計基準等の適用
       「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                             2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」
     という。)等を当会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点
     で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。
     当該会計方針の変更による影響はありません。
      2.  時価の算定に関する会計基準等の適用

       「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                              2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」
     という。)等を当会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計
     基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算
     定会計基準等が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することといたしました。当該会計方
     針の変更による影響はありません。
       また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注
     記を行うことといたしました。
    (未適用の会計基準等)

    ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(会計基準適用指針第31号 2021年6月17日)
    (1)概要
      投資信託の時価の算定及び注記に関する取扱い並びに貸借対照表に持分法相当額を純額で計上する
     組合等への出資の時価の注記に関する取扱いが定められました。
    (2)適用予定日
      当社は、当該会計基準等を2022年4月1日に開始する事業年度の期首から適用する予定であります。
    (3)当該会計基準等の適用による影響
      当該会計基準等の適用による影響は、評価中であります。
                                56/76







                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    注記事項
    (貸借対照表関係)
    ※1.有形固定資産の減価償却累計額
                                                     (百万円)
                                第36期                 第37期
                            (2021年3月31日現在)                 (2022年3月31日現在)
      建物                                  407                 415
      器具備品                                  978                 966
    (損益計算書関係)

    ※1.各科目に含まれている関係会社に対する営業外収益は、次のとおりであります。
                                                     (百万円)
                                第36期                 第37期
                            (自   2020年4月      1日        (自   2021年4月      1日
                              至  2021年3月31日)                至  2022年3月31日)
      受取配当金                                   -                543
    ※2.オフィス再編費用

       オフィス再編費用は、主に本社オフィスレイアウトの見直しによるものです。
    (株主資本等変動計算書関係)

      第36期(自       2020年4月1日        至  2021年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                  当事業年度期首            当事業年度           当事業年度          当事業年度末
      発行済株式の種類
                  株式数(株)         増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
                       24,490             -           -         24,490

        普通株式
                       15,510             -           -         15,510

        A種種類株式
                       40,000             -           -         40,000
          合計
     2.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                       配当金の総額         1株当たり配
          決議        株式の                        基準日         効力発生日
                        (百万円)        当額(円)
                  種類
                 普通株式

       2020年6月17日
                           12,000       300,000
                                        2020年3月31日          2020年6月18日
       定時株主総会
                 A種種類
                  株式
     (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                        配当金の総額        1株当たり配当
         決議      株式の    配当の                       基準日         効力発生日
                        (百万円)         額(円)
               種類    原資
               普通

               株式
      2021年6月16日              利益
                           11,280       282,000
                                        2021年3月31日          2021年6月17日
      定時株主総会             剰余金
               A種種
               類株式
                                57/76



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      第37期(自       2021年4月1日        至  2022年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                  当事業年度期首            当事業年度           当事業年度          当事業年度末
      発行済株式の種類
                  株式数(株)          増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
                       24,490              -           -        24,490

         普通株式
                       15,510              -           -        15,510

        A種種類株式
                       40,000              -           -        40,000

          合計
     2.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                       配当金の総額         1株当たり配
          決議        株式の                        基準日         効力発生日
                        (百万円)        当額(円)
                  種類
                 普通株式

       2021年6月16日
                           11,280       282,000
                                        2021年3月31日          2021年6月17日
       定時株主総会
                 A種種類
                  株式
     (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

        2022年6月16日開催予定の定時株主総会において、以下のとおり決議を予定しております。
                        配当金の総額        1株当たり配当
         決議      株式の    配当の                       基準日         効力発生日
                        (百万円)         額(円)
               種類    原資
               普通

               株式
      2022年6月16日              利益
                           12,360       309,000
                                        2022年3月31日          2022年6月17日
      定時株主総会             剰余金
               A種種
               類株式
                                58/76










                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品関係)
    1.金融商品の状況に関する事項
     (1)金融商品に対する取組方針
        当社は、投資運用業を営んでおります。資金運用については、短期的な預金等に限定しておりま
       す。
        当社が運用を行う投資信託の商品性を適正に維持するため、当該投資信託を特定金外信託を通じ
       て、または直接保有しております。なお、特定金外信託を通じて行っているデリバティブ取引は後
       述するリスクを低減する目的で行っております。当該デリバティブ取引は、実需の範囲内でのみ利
       用することとしており、投機的な取引は行わない方針であります。
     (2)金融商品の内容及びそのリスク

        金銭の信託の主な内容は、当社運用ファンドの安定運用を主な目的として資金投入した投資信託
       及びデリバティブ取引であります。金銭の信託に含まれる投資信託は為替及び市場価格の変動リス
       クに晒されておりますが、デリバティブ取引(為替予約取引、株価指数先物取引及び債券先物取
       引)を利用して一部リスクを低減しております。
        営業債権である未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、相手先の信用リスクに晒されておりま
       す。
        投資有価証券は、主にその他有価証券(投資信託)、業務上の関係を有する企業の株式であり、
       発行体の信用リスクや市場価格の変動リスクに晒されております。
        営業債務である未払手数料は、1年以内の支払期日であります。
     (3)金融商品に係るリスク管理体制

        ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
          預金の預入先については、余資運用規程に従い、格付けの高い預入先に限定することによ
        り、リスクの軽減を図っております。
          営業債権の相手先の信用リスクに関しては、当社の信用リスク管理の基本方針に従い、取引
        先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、主な相手先の信用状況を把握する体制として
        います。
          投資有価証券の発行体の信用リスクに関しては、信用情報や時価の把握を定期的に行うこと
        で管理しています。
        ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
          組織規程における分掌業務の定めに基づき、リスク管理担当所管にて、取引残高、損益及び
        リスク量等の実績管理を行い、定期的に社内委員会での報告を実施しております。
        ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
          取引実行担当所管からの報告に基づき、資金管理担当所管が資金繰りを確認するとともに、
        十分な手許流動性を維持することなどにより、流動性リスクを管理しております。
     (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定され
       た価額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前
       提条件等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                59/76







                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2.金融商品の時価等に関する事項
       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
    第36期(2021年3月31日現在)

                        貸借対照表計上額                時価            差額
                          (百万円)             (百万円)            (百万円)
                               25,670             25,670              -
     (1)金銭の信託
     (2)投資有価証券
                                  1             1           -
        その他有価証券
                               25,672             25,672              -
            資産計
    第37期(2022年3月31日現在)

                        貸借対照表計上額                時価            差額
                          (百万円)             (百万円)            (百万円)
                               30,332             30,332              -
     (1)金銭の信託
     (2)投資有価証券
                                  1             1           -
        その他有価証券
                               30,334             30,334              -
            資産計
    (注1)現金・預金、未収委託者報酬、未収運用受託報酬及び未払手数料は、短期間で決済されるため

       時価が帳簿価額に近似するものであることから、注記を省略しております。
    (注2)金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

    第36期(2021年3月31日現在)
                           1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内           10年超
                          (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
                             36,734           -         -          -
     (1)現金・預金
                             25,670           -         -          -
     (2)金銭の信託
                             16,804           -         -          -
     (3)未収委託者報酬
                              5,814          -         -          -
     (4)未収運用受託報酬
     (5)投資有価証券
                               -         1        -          -
        その他有価証券(投資信託)
                             85,024            1        -          -
              合計
    第37期(2022年3月31日現在)

                           1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内           10年超
                          (百万円)         (百万円)        (百万円)         (百万円)
                             31,421           -        -          -
     (1)現金・預金
                             30,332           -        -          -
     (2)金銭の信託
                             17,567           -        -          -
     (3)未収委託者報酬
                              4,348          -        -          -
     (4)未収運用受託報酬
     (5)投資有価証券
                               -         1        -          -
        その他有価証券(投資信託)
                             83,670            1        -          -
              合計
                                60/76




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
       金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレ
     ベルに分類しております。
      レベル1の時価        : 観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される
                当該時価の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
      レベル2の時価        : 観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価
                の算定に係るインプットを用いて算定した時価
      レベル3の時価        : 観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
       時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットが
     それぞれ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しており
     ます。
      時価で貸借対照表に計上している金融商品

                                      時価(百万円)
              区分
                           レベル1         レベル2         レベル3
                                                       合計
                                -       6,932           -      6,932
     (1)金銭の信託
                                -         -         -        -
     (2)投資有価証券
                                -         -         -        -
        その他有価証券
                                -       6,932           -      6,932
             資産計
     「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)第26項

    に従い、経過措置を適用した投資信託は上表には含めておりません。貸借対照表における当該投資信託
    の金額は、金銭の信託23,399百万円、投資有価証券1百万円となります。
    (注1)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明

     金銭の信託
       信託財産は、主として投資信託、デリバティブ取引、その他の資産(コールローン・委託証拠金
     等)で構成されております。
       信託財産を構成する金融商品の時価について、投資信託は基準価額、デリバティブ取引は、取引相
     手先金融機関より提示された価格によっております。また、その他の資産については短期間で決済さ
     れるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
    (注2)市場価格のない株式等の貸借対照表計上額は次の通りであります。
       これらについては、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号
     2020年3月31日)第5項に従い、2.金融商品の時価等に関する事項及び3.金融商品の時価のレベルご
     との内訳等に関する事項で開示している表中には含めておりません。
                                                     (百万円)
                                第36期                 第37期
                            (2021年3月31日現在)                 (2022年3月31日現在)
      投資有価証券(その他有価証券)
       非上場株式                                 259                 239
      関係会社株式
       非上場株式                                5,299                 5,349
                                61/76






                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (有価証券関係)
    1.  子会社株式及び関連会社株式
       子会社株式(第36期の貸借対照表計上額5,299百万円、第37期の貸借対照表計上額5,349百万円)
      については市場価格がないことから、貸借対照表日における時価及び貸借対照表計上額と当該時価
      との差額の記載は省略しております。
    2.  その他有価証券

       第36期(2021年3月31日現在)
                                                     (百万円)
                    貸借対照表日における
            区分                         取得原価              差額
                      貸借対照表計上額
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
                                -             -             -
       ①株式
                                -             -             -
       ②投資信託
                                -             -             -
       小計
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
                                -             -             -
       ①株式
                                1             2            △0
       ②投資信託
                                1             2            △0
       小計
                                1             2            △0
       合計
      (注)非上場株式(貸借対照表計上額259百万円)については、市場価格がないことから、上表に
         含めておりません。
       第37期(2022年3月31日現在)

                                                     (百万円)
                    貸借対照表日における
            区分                         取得原価              差額
                      貸借対照表計上額
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
                                -             -             -
       ①株式
                                -             -             -
       ②投資信託
                                -             -             -
       小計
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
                                -             -             -
       ①株式
                                1             2            △0
       ②投資信託
                                1             2            △0
       小計
                                1             2            △0
       合計
      (注)非上場株式(貸借対照表計上額239百万円)については、市場価格がないことから、上表に
         含めておりません。
                                62/76





                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3.事業年度中に売却したその他有価証券
       第36期(自       2020年4月1日        至  2021年3月31日)
                          売却額          売却益の合計額             売却損の合計額
             区分
                         (百万円)             (百万円)             (百万円)
       投資信託                          0            -             0
       (注)投資信託の「売却額」、「売却益の合計額」及び「売却損の合計額」は、償還によるもので
         あります。
       第37期(自       2021年4月1日        至  2022年3月31日)

                          売却額          売却益の合計額             売却損の合計額
             区分
                         (百万円)             (百万円)             (百万円)
                                 13             -             6
       株式
    (退職給付関係)

    1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、確定給付型の制度として退職一時金制度(非積立型制度であります)を採用しておりま
      す。確定拠出型の制度としては確定拠出年金制度を採用しております。
    2.確定給付制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                      (百万円)
                                     第36期              第37期
                                 (自   2020年4月1日           (自   2021年4月1日
                                 至   2021年3月31日)            至   2022年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                                   2,422              2,479
        勤務費用                                   303              295
        利息費用                                    2              2
        数理計算上の差異の発生額                                   △4              △14
        退職給付の支払額                                  △245              △185
        過去勤務費用の発生額                                   △1               -
        その他                                    1              -
       退職給付債務の期末残高                                   2,479              2,576
      (2)退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                                      (百万円)
                                     第36期              第37期
                                (2021年3月31日現在)              (2022年3月31日現在)
       非積立型制度の退職給付債務                                   2,479              2,576
       未積立退職給付債務                                   2,479              2,576
       未認識数理計算上の差異                                    △84              △35
       未認識過去勤務費用                                   △102               △33
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   2,292              2,507
       退職給付引当金                                   2,292              2,507

       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   2,292              2,507
                                63/76




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                                      (百万円)
                                     第36期              第37期
                                 (自   2020年4月1日           (自   2021年4月1日
                                 至   2021年3月31日)            至   2022年3月31日)
       勤務費用                                    303              295
       利息費用                                      2              2
       数理計算上の差異の費用処理額                                     41              34
       過去勤務費用の費用処理額                                     69              69
       その他                                    △7              △3
       確定給付制度に係る退職給付費用                                    409              398
     (注)上記退職給付費用以外に早期割増退職金として、前事業年度において48百万円、当事業年度に
       おいて20百万円を営業外費用に計上しております。
      (4)数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎
                                     第36期              第37期
                                (2021年3月31日現在)              (2022年3月31日現在)
       割引率                                   0.09%              0.09%
       予想昇給率                              1.00%~3.76%              1.00%~3.76%
    3.確定拠出制度

     当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度100百万円、当事業年度97百万円であります。
                                64/76













                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                第36期                 第37期
                             (2021年3月31日現在)                 (2022年3月31日現在)
                                   (百万円)                  (百万円)
       繰延税金資産
                                260                  156
        未払事業税
                                 10                  10
        未払事業所税
                                547                  592
        賞与引当金
                                 92                  92
        未払法定福利費
                               1,410                   845
        運用受託報酬
                                 18                  13
        資産除去債務
        減価償却超過額(一括償却資産)                          25                  12
                                 51                  58
        減価償却超過額
         繰延資産償却超過額(税法上)                        301                  292
                                701                  767
        退職給付引当金
                                 48                  45
        時効後支払損引当金
                                  7                  7
        ゴルフ会員権評価損
                                166                  166
         関係会社株式評価損
                                 28                  28
         投資有価証券評価損
                                  3                  2
         その他
                                  0                  0
         その他有価証券評価差額金
                               3,676                  3,092
       繰延税金資産小計
                                 -                  -
         評価性引当額
                               3,676                  3,092
       繰延税金資産合計
       繰延税金負債
                                 -                  -
         その他有価証券評価差額金
                                 -                  -
       繰延税金負債合計
                               3,676                  3,092
       繰延税金資産の純額
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主要な項目別の内訳

       法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下
      であるため、注記を省略しております。
                                65/76







                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (企業結合等関係)
      当社(以下「AMOne」という)は、2016年7月13日付で締結した、DIAMアセットマネジメント株式会社
    (以下「DIAM」という)、みずほ投信投資顧問株式会社(以下「MHAM」という)、みずほ信託銀行株式
    会社(以下「TB」という)及び新光投信株式会社(以下「新光投信」という)(以下総称して「統合4
    社」という)間の「統合契約書」に基づき、2016年10月1日付で統合いたしました。
    1.結合当事企業

                    DIAM           MHAM            TB
      結合当事企業                                             新光投信
                投資運用業務、投           投資運用業務、投           信託業務、銀行業           投資運用業務、投
       事業の内容
                資助言・代理業務           資助言・代理業務           務、投資運用業務           資助言・代理業務
    2.企業結合日

      2016年10月1日
    3.企業結合の方法

      ①MHAMを吸収合併存続会社、新光投信を吸収合併消滅会社とする吸収合併、②TBを吸収分割会社、
     吸収合併後のMHAMを吸収分割承継会社とし、同社がTB資産運用部門に係る権利義務を承継する吸収分
     割、③DIAMを吸収合併存続会社、MHAMを吸収合併消滅会社とする吸収合併の順に実施しております。
    4.結合後企業の名称

      アセットマネジメントOne株式会社
    5.企業結合の主な目的

      当社は、株式会社みずほフィナンシャルグループ(以下「MHFG」という)及び第一生命ホールディ
     ングス株式会社(以下「第一生命」という)の資産運用ビジネス強化・発展に対する強力なコミット
     メントのもと、統合4社が長年にわたって培ってきた資産運用に係わる英知を結集し、MHFGと第一生命
     両社グループとの連携も最大限活用して、お客さまに最高水準のソリューションを提供するグローバ
     ルな運用会社としての飛躍を目指してまいります。
    6.合併比率

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併における合併比率は以下の通りであります。
                         DIAM                      MHAM
        会社名
                       (存続会社)                      (消滅会社)
      合併比率(*)                    1                     0.0154
      (*)普通株式と種類株式を合算して算定しております。
    7.交付した株式数

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併において、DIAMは、MHAMの親会社であるMHFGに対して、その所
     有するMHAMの普通株式103万8,408株につき、DIAMの普通株式490株及び議決権を有しないA種種類株式
     15,510株を交付しました。
    8.経済的持分比率(議決権比率)

      MHFGが企業結合直前に所有していた当社に対する経済的持分比率                                    50.00%
      MHFGが企業結合日に追加取得した当社に対する経済的持分比率                                    20.00%
      MHFGの追加取得後の当社に対する経済的持分比率                                    70.00%
      なお、MHFGが所有する議決権比率については50.00%から51.00%に異動しております。
    9.取得企業を決定するに至った主な根拠

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併において、法的に消滅会社となるMHAMの親会社であるMHFGが、
     結合後企業の議決権の過半数を保有することになるため、企業結合の会計上はMHAMが取得企業に該当
     し、DIAMが被取得企業となるものです。
                                66/76



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    10.会計処理
      「企業結合に関する会計基準」(企業結合会計基準第21号 平成25年9月13日公表分)及び「企業結
     合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月
     13日公表分)に基づき、「3.企業結合の方法」①の吸収合併及び②の吸収分割については共通支配下
     の取引として処理し、③の吸収合併については逆取得として処理しております。
    11.被取得企業に対してパーチェス法を適用した場合に関する事項

      (1)被取得企業の取得原価及びその内訳
          取得の対価         MHAMの普通株式            144,212百万円
          取得原価                    144,212百万円
      (2)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間
          a.発生したのれんの金額                    76,224百万円
                              被取得企業から受け入れた資産及び引き受けた
          b.発生原因
                              負債の純額と取得原価との差額によります。
          c.のれんの償却方法及び償却期間                    20年間の均等償却
      (3)企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
          a.資産の額        資産合計                     40,451百万円
                   うち現金・預金                   11,605百万円
                   うち金銭の信託                   11,792百万円
          b.負債の額        負債合計                     9,256百万円
                   うち未払手数料及び未払費用                    4,539百万円
         (注)顧客関連資産に配分された金額及びそれに係る繰延税金負債は、資産の額及び負債の額
             には含まれておりません。
      (4)のれん以外の無形固定資産に配分された金額及び主要な種類別の内訳並びに全体及び主要な種
          類別の加重平均償却期間
          a.無形固定資産に配分された金額
                                       53,030百万円
          b.主要な種類別の内訳
           顧客関連資産
                                       53,030百万円
          c.全体及び主要な種類別の加重平均償却期間
           顧客関連資産
                                          16.9年
    12.被取得企業に対してパーチェス法を適用した場合の差額

      (1)貸借対照表項目
                           第36期               第37期
                       (2021年3月31日現在)               (2022年3月31日現在)
       流動資産                      -百万円               -百万円
       固定資産                    84,609百万円               76,763百万円
       資産合計                    84,609百万円               76,763百万円
       流動負債                      -百万円               -百万円
       固定負債                     5,570百万円               4,740百万円
       負債合計                     5,570百万円               4,740百万円
       純資産                    79,038百万円               72,022百万円
      (注)固定資産及び資産合計には、のれん及び顧客関連資産の金額が含まれております。
       のれん                   59,074百万円               55,263百万円
       顧客関連資産                   29,793百万円               25,175百万円
                                67/76




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)損益計算書項目
                           第36期               第37期
                       (自   2020年4月1日            (自   2021年4月1日
                        至    2021年3月31日)             至    2022年3月31日)
       営業収益                      -百万円               -百万円
       営業利益                    △8,823百万円               △8,429百万円
       経常利益                    △8,823百万円               △8,429百万円
       税引前当期純利益                    △8,823百万円               △8,429百万円
       当期純利益                    △7,288百万円               △7,015百万円
       1株当たり当期純利益                  △182,220円85銭               △175,380円68銭
      (注)営業利益には、のれん及び顧客関連資産の償却額が含まれております。
       のれんの償却額                    3,811百万円               3,811百万円
       顧客関連資産の償却額                    5,016百万円               4,618百万円
                                68/76
















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (資産除去債務関係)
       当社は建物所有者との間で不動産賃貸借契約を締結しており、賃借期間終了時に原状回復する義務
     を有しているため、契約及び法令上の資産除去債務を認識しております。
       なお、当該賃貸借契約に関連する長期差入保証金(敷金)が計上されているため、資産除去債務の
     負債計上に代えて、当該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、その
     うち当期の負担に属する金額を費用計上し、直接減額しております。
    (収益認識関係)

    1.  収益の分解情報
      当事業年度の収益の構成は次の通りです。
                           第37期
                        (自   2021年4月1日
                        至   2022年3月31日)
       委託者報酬                     108,259百万円
       運用受託報酬                      14,425百万円
       投資助言報酬                      1,587百万円
       成功報酬(注)                      2,594百万円
       その他営業収益                        12百万円
       合計                     126,879百万円
      (注)成功報酬は、損益計算書において委託者報酬及び運用受託報酬に含めて表示しております。
    2.  収益を理解するための基礎となる情報

      収益を理解するための基礎となる情報は「重要な会計方針                                6.収益及び費用の計上基準」に記載の通
    りであります。
    (セグメント情報等)

    1.セグメント情報
       当社は、資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    2.関連情報

      第36期(自       2020年4月1日        至  2021年3月31日)         及び  第37期(自       2021年4月1日        至  2022年3月31日)
      (1)サービスごとの情報
        サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、サービスごと
       の営業収益の記載を省略しております。
      (2)地域ごとの情報
       ①営業収益
         本邦の外部顧客に対する営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるた
        め、記載を省略しております。
       ②有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
        め、記載を省略しております。
      (3)主要な顧客ごとの情報
        特定の顧客に対する営業収益で損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記
       載を省略しております。
                                69/76





                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (関連当事者情報)
    1.関連当事者との取引
    (1)親会社及び法人主要株主等
    第36期(自       2020年4月1日        至  2021年3月31日)
    該当はありません。
    第37期(自       2021年4月1日        至  2022年3月31日)

    該当はありません。
    (2)子会社及び関連会社等

    第36期(自       2020年4月1日        至  2021年3月31日)
    該当はありません。
    第37期(自       2021年4月1日        至  2022年3月31日)

    該当はありません。
    (3)兄弟会社等

    第36期(自       2020年4月1日        至  2021年3月31日)
                資本金    事業の    議決権
                             関係内容
      会社等の      住所    又は   内容又    等の所             取引の内容       取引金額       科目    期末残高
     属
                           役員の     事業上
        名称        出資金    は職業    有(被                    (百万円)           (百万円)
     性
                           兼任等     の関係
                        所有)
                        割合
     親
      株式会社     東京都    14,040    銀行業     -    -   当社設定     投資信託の         6,435    未払       1,457
     会
      みずほ銀     千代田                   投資信託     販売代行手             手数料
                億円
     社
      行     区                   の販売     数料
     の
      みずほ証     東京都    1,251    証券業     -    -   当社設定     投資信託の         12,767     未払       2,524
     子
      券株式会     千代田                   投資信託     販売代行手             手数料
                億円
     会
      社     区                   の販売     数料
     社
    第37期(自       2021年4月1日        至  2022年3月31日)

                資本金    事業の    議決権      関係内容
      会社等の      住所    又は   内容又    等の所             取引の内容       取引金額       科目    期末残高
                           役員の     事業上
     属
        名称        出資金    は職業    有(被                   (百万円)           (百万円)
                           兼任等     の関係
     性
                        所有)
                        割合
     親  株式会社     東京都    14,040    銀行業     -    -   当社設定     投資信託の         7,789    未払       1,592

     会  みずほ銀     千代田                   投資信託     販売代行手             手数料
                億円
     社  行     区                   の販売     数料
     の
      みずほ証     東京都    1,251    証券業     -    -   当社設定     投資信託の         16,373     未払       2,651
     子
      券株式会     千代田                   投資信託     販売代行手             手数料
                億円
     会
      社     区                   の販売     数料
     社
    取引条件及び取引条件の決定方針等
    (注1)投資信託の販売代行手数料は、一般的取引条件を勘案した個別契約により決定しております。
    (注2)上記の取引金額には消費税等が含まれておりません。期末残高には、消費税等が含まれており
         ます。
                                70/76




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2.親会社又は重要な関連会社に関する注記
     (1)親会社情報
       株式会社みずほフィナンシャルグループ
       (東京証券取引所及びニューヨーク証券取引所に上場)
     (2)重要な関連会社の要約財務諸表

       該当はありません
    (1株当たり情報)

                               第36期                  第37期
                           (自   2020年4月1日               (自   2021年4月1日
                            至  2021年3月31日)                至  2022年3月31日)
     1株当たり純資産額                           1,833,828円44銭                  1,939,327円79銭
     1株当たり当期純利益金額                            353,145円08銭                  387,499円36銭
    (注1)潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していないため記載して
        おりません。
    (注2)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               第36期                  第37期
                           (自   2020年4月1日               (自   2021年4月1日
                            至  2021年3月31日)                至  2022年3月31日)
     当期純利益金額                             14,125百万円                  15,499百万円
     普通株主及び普通株主と同等の株
                                        -                  -
     主に帰属しない金額
     普通株式及び普通株式と同等の株
                                  14,125百万円                  15,499百万円
     式に係る当期純利益金額
     普通株式及び普通株式と同等の株
     式の期中平均株式数                               40,000株                  40,000株
     (うち普通株式)                              (24,490株)                  (24,490株)

     (うちA種種類株式)                              (15,510株)                  (15,510株)

    (注1)A種種類株式は、剰余金の配当請求権及び残余財産分配請求権について普通株式と同等の権利を
        有しているため、1株当たり情報の算定上、普通株式に含めて計算しています。
                                71/76








                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【利害関係人との取引制限】
      委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる
      行為が禁止されています。
     (1)自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこ
        と(投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させ
        るおそれがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
     (2)運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと                                        ( 投資者の保護に欠け、も
        しくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内
        閣府令で定めるものを除きます。                  ) 。
     (3)通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親
        法人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業
        者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以
        下(4)(5)において同じ。)または子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有し
        ていることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で
        定める要件に該当する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引または店頭デ
        リバティブ取引を行うこと。
     (4)委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方
        針、運用財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行
        うこと。
     (5)上記(3)(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為であっ
        て、投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させ
        るおそれのあるものとして内閣府令で定める行為。
    5【その他】

      (1)定款の変更、事業譲渡又は事業譲受、出資の状況その他の重要事項
        該当事項はありません。
      (2)訴訟事件その他の重要事項
        委託会社およびファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はありま
        せん。
                                72/76








                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】
    1【名称、資本金の額及び事業の内容】
      (1)受託会社
      名称           みずほ信託銀行株式会社

                  247,369百万円(2021年3月末日現在)
      資本金の額
      事業の内容           日本において銀行業務および信託業務を営んでいます。

      (2)販売会社

        販売会社の名称、資本金の額および事業内容は以下の通りです。
                          資本金の額
            名      称                          事  業  の  内  容
                         (単位:百万円)
                               19,562

      株式会社青森銀行                             日本において銀行業務を営んでおります。
                               85,113

      株式会社常陽銀行(※)                             日本において銀行業務を営んでおります。
                               48,868

      株式会社筑波銀行                             日本において銀行業務を営んでおります。
                              145,069

      株式会社千葉銀行                             日本において銀行業務を営んでおります。
                               52,243

      株式会社八十二銀行                             日本において銀行業務を営んでおります。
                               27,408

      株式会社栃木銀行                             日本において銀行業務を営んでおります。
     (注)資本金の額は2021年3月末日現在

     (※)2022年8月8日より、募集の取扱いおよび販売を開始いたします。
    2【関係業務の概要】

      「受託会社」は、以下の業務を行います。
      (1)委託会社の指図に基づく信託財産の管理、保管、処分
      (2)信託財産の計算
      (3)信託財産に関する報告書の作成
      (4)その他上記に付帯する業務
      「販売会社」は、以下の業務を行います。

      (1)募集の取扱いおよび販売
      (2)追加設定の申込事務
      (3)信託契約の一部解約事務
      (4)受益者に対する収益分配金、一部解約金および償還金の支払い
      (5)受益者に対する収益分配金の再投資
      (6)受益者に対する投資信託説明書(目論見書)および運用報告書の交付
      (7)その他上記に付帯する業務
    3【資本関係】

                                73/76


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      該当事項はありません。
      ※持株比率5%以上を記載します。
    第3【その他】

    (1)目論見書の表紙等にロゴ・マーク、図案を使用し、ファンドの基本的性格を記載する場合がありま
      す。また、以下の内容を記載することがあります。
      ・金融商品取引法第13条の規定に基づく目論見書である旨
      ・委託会社の金融商品取引業者登録番号
      ・詳細情報の入手方法
        ①委託会社のホームページアドレス、電話番号および受付時間など
        ②請求目論見書の入手方法およびファンドの投資信託約款の全文が請求目論見書に掲載されてい
         る旨
      ・目論見書の使用開始日
      ・届出の効力に関する事項について、次に掲げるいずれかの内容を記載することがあります。
        ①届出をした日および当該届出の効力の発生の有無を確認する方法
        ②届出をした日、届出が効力を生じている旨および効力発生日
      ・ファンドの内容に関して重大な変更を行う場合には、投資信託及び投資法人に関する法律(昭和
        26年法律第198号)に基づき事前に受益者の意向を確認する旨
      ・投資信託の財産は、信託法に基づき受託会社において分別管理されている旨
       ・請求目論見書は投資者の請求により販売会社から交付される旨および当該請求を行った場合には
        その旨の記録をしておくべきである旨
       ・「ご購入に際しては、本書の内容を十分にお読みください」との趣旨を示す記載
    (2)有価証券届出書第一部「証券情報」、第二部「ファンド情報」に記載の内容について、投資家の理
      解を助けるため、その内容を説明した図表等を付加して目論見書のその内容に関する箇所に記載する
      ことがあります。また、第二部「ファンド情報」第1「ファンドの状況」5「運用状況」について、
      有価証券届出書提出後の随時入手可能な直近の情報および同情報についての表での表示に加えて、グ
      ラフで表示した情報を目論見書に記載することがあります。
    (3)投資信託説明書(請求目論見書)に約款の全文を掲載します。
    (4)目論見書は電子媒体等として使用されるほか、インターネットなどに掲載されることがあります。
    (5)目論見書は目論見書の別称として「投資信託説明書」と称して使用する場合があります。
    (6)投信評価機関、投信評価会社などによる評価を取得・使用する場合があります。
                                74/76







                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の監査報告書
                                                2022年5月26日

    アセットマネジメントOne株式会社

      取 締 役 会          御 中
                          EY新日本有限責任監査法人

                          東  京  事  務  所
                          指定有限責任社員

                                       公認会計士         丘本 正彦
                          業  務  執  行  社  員
                          指定有限責任社員

                                       公認会計士         長谷川 敬
                          業  務  執  行  社  員
    監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等
    の経理状況」に掲げられているアセットマネジメントOne株式会社の2021年4月1日から2022年3月
    31日までの第37期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、
    重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠し
    て、アセットマネジメントOne株式会社の2022年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事
    業年度の経営成績を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
    基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人
    は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他
    の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手した
    と判断している。
    その他の記載内容

      その他の記載内容は、監査した財務諸表を含む開示書類に含まれる情報のうち、財務諸表及びその監査報
    告書以外の情報である。
      当監査法人は、その他の記載内容が存在しないと判断したため、その他の記載内容に対するいかなる作業
    も実施していない。
    財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成
    し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正
    に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切である
    かどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関す
    る事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することに
    ある。
    財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な
    虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対す
    る意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計す
    ると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断され
    る。
                                75/76



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業
    的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応し
     た監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基
     礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リ
     スク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検
     討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積り
     の合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証
     拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書
     において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が
     適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論
     は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
     として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠し
     ているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が
     基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部
    統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について
    報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこ
    と、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するた
    めにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
    (注1)上記の監査報告書の原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。

    (注2)XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                76/76










PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。