株式会社ユニリタ 有価証券報告書 第40期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第40期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)
提出日
提出者 株式会社ユニリタ
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                     有価証券報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                     関東財務局長

    【提出日】                     2022年6月24日

    【事業年度】                     第40期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

    【会社名】                     株式会社ユニリタ

    【英訳名】                     UNIRITA    Inc.

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役 社長執行役員 北野 裕行

    【本店の所在の場所】                     東京都港区港南二丁目15番1号

    【電話番号】                     03-5463-6381(代表)

    【事務連絡者氏名】                     経理部 部長 藤井 伴巳

    【最寄りの連絡場所】                     東京都港区港南二丁目15番1号

    【電話番号】                     03-5463-6381(代表)

    【事務連絡者氏名】                     経理部 部長 藤井 伴巳

    【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/121









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1) 連結経営指標等
           回次           第36期       第37期       第38期       第39期       第40期

          決算年月           2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

    売上高            (千円)      7,056,886       9,422,699       10,138,223       10,061,205       10,441,411

    経常利益            (千円)      1,454,288       1,029,201       1,153,718        887,066       828,757

    親会社株主に帰属する
                (千円)       965,537       624,399       893,435       840,867       522,254
    当期純利益
    包括利益            (千円)      1,118,312        686,939       986,002       737,190       462,705
    純資産額            (千円)     11,432,041       11,698,656       11,040,464       11,279,018       10,969,281

    総資産額            (千円)     15,437,885       15,419,717       14,731,810       14,865,697       14,364,017

    1株当たり純資産額             (円)      1,360.11       1,391.84       1,439.42       1,470.53       1,457.70

    1株当たり
                 (円)       114.87        74.28       108.07       109.62        68.59
    当期純利益金額
    潜在株式調整後1株
                 (円)         ―       ―       ―       -       -
    当たり当期純利益金額
    自己資本比率             (%)        74.1       75.9       74.9       75.9       76.4
    自己資本利益率             (%)         8.7       5.4       7.9       7.5       4.7

    株価収益率             (倍)        15.5       22.2       14.6       17.8       26.3

    営業活動による
                (千円)      1,028,447        411,698      1,626,452        586,565       644,879
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                (千円)      △ 448,601     △ 1,347,015       △ 134,203       △ 95,107       69,326
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                (千円)      △ 392,026      △ 436,250     △ 2,110,081       △ 502,182      △ 777,318
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                (千円)      9,336,395       7,960,736       7,338,098       7,332,893       7,280,179
    期末残高
    従業員数             (名)         524       552       563       635       668
    (注)潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
                                  2/121







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
           回次           第36期       第37期       第38期       第39期       第40期

          決算年月           2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

    売上高            (千円)      5,502,269       5,547,386       5,922,919       5,839,826       5,672,903

    経常利益            (千円)      1,282,900        902,770       577,520       560,588       602,393

    当期純利益            (千円)       861,773       406,799       498,964       650,194       458,435

    資本金            (千円)      1,330,000       1,330,000       1,330,000       1,330,000       1,330,000

    発行済株式総数             (株)     8,500,000       8,500,000       8,500,000       8,500,000       8,000,000

    純資産額            (千円)     11,078,591       11,132,300       10,083,817       10,125,805        9,741,864

    総資産額            (千円)     13,445,257       13,396,420       12,611,362       12,629,047       11,889,405

    1株当たり純資産額             (円)      1,318.06       1,324.46       1,314.69       1,320.17       1,294.59

    1株当たり配当額                    46.00       54.00       62.00       66.00       67.00
                 (円)
    (うち1株当たり
                        ( 23.00   )    ( 27.00   )    ( 30.00   )    ( 33.00   )    ( 33.00   )
    中間配当額)
    1株当たり
                 (円)       102.52        48.39       60.35       84.77       60.20
    当期純利益金額
    潜在株式調整後1株
                 (円)         ―       ―       ―       -       -
    当たり当期純利益金額
    自己資本比率             (%)        82.4       83.1       80.0       80.2       81.9
    自己資本利益率             (%)         8.0       3.7       4.7       6.4       4.6

    株価収益率             (倍)        17.4       34.1       26.2       23.0       29.9

    配当性向             (%)        44.9       111.6       102.7        77.9       111.3

    従業員数             (名)         258       258       270       298       291

    株主総利回り             (%)       101.3        97.1       96.8       120.7       116.4
    (比較指標:TOPIX
                 (%)       ( 115.9   )    ( 110.0   )     ( 99.6  )    ( 141.5   )    ( 144.3   )
    (配当込み))
    最高株価             (円)       1,920       1,871       2,060       2,310       1,973
    最低株価             (円)       1,603       1,380       1,451       1,455       1,750

     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
       2.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
                                  3/121







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    2  【沿革】
      当社は、当社、株式会社ビジネスコンサルタント、株式会社リンクレア(旧社名ビーコンシステム株式会社)および
     株式会社ビーコン         インフォメーション          テクノロジー(旧社名株式会社ソフトウェア・エージー・オブ・ファーイース
     ト)で構成される「ビーコングループ」に属しておりました。ビーコングループは、株式会社ビジネスコンサルタント
     が母体で、同社から独立した株式会社リンクレア、株式会社リンクレアから独立した株式会社ビーコン                                                インフォメー
     ション    テクノロジーで形成されております。
      これらの各社は、相互に資本関係がありますが、取引、資金および人事の決定過程を通じて、他のビーコングルー
     プ各社からの影響は受けておりません。
      当社は、1977年7月以後株式会社ソフトウェア・エージー・オブ・ファーイーストが国内で販売していた「A-
     AUTO」(コンピュータ・システムの複雑なジョブのスケジュールを自動化し、ITシステム運用管理の効率化を実現す
     るツールである日本国産のソフトウェア・プロダクト)を米国市場で販売する目的で、1982年5月、東京都中央区に株
     式会社ビジネスコンサルタントの子会社(出資比率50.5%)としてスリービー株式会社の商号で設立されました。
      1987年10月、スリービー株式会社の社名を「株式会社ビーエスピー」に変更し、「A-AUTO」を輸出するため事業を
     再開し、1993年7月、当社は株式会社ソフトウェア・エージー・オブ・ファーイーストのITシステム運用関連の事
     業を継承し、コンピュータ・システム運用管理ソフトウェア・プロダクトの専門会社として本格的な活動を開始いた
     しました。
      その後、2014年1月に、当社は株式会社ビーコン                       インフォメーション          テクノロジーを連結子会社化し、2015年4
     月には当社が株式会社ビーコン               インフォメーション          テクノロジーを吸収合併し、株式会社ユニリタに商号変更しま
     した。
      当社およびビーコングループ各社の設立年表は以下のとおりであります。
                                  4/121













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
       年月                           沿革

     1982年5月       東京都中央区において「A-AUTO」を米国市場で販売する目的でスリービー株式会社(現、株式会
            社ユニリタ)を設立(資本金10百万円)
     1987年10月       スリービー株式会社を株式会社ビーエスピーへ商号変更
     1988年12月       株式会社ソフトウェア・エージー・オブ・ファーイースト(1996年8月、株式会社ビーコン                                          イン
            フォメーション        テクノロジーに商号変更し、2015年4月、当社と合併)と海外販売代理店契約締
            結
     1989年9月       シンガポールにおいて、シンガポール$12,500を出資(当社出資比率25.0%)して関連会社                                         BSP
            Singapore     Pte.Ltd.を設立(2004年12月解散)
     1993年7月       株式会社ソフトウェア・エージー・オブ・ファーイーストのITシステム運用関連の事業を継承
            し、本格的な活動を開始
     1995年4月       大阪市中央区に大阪事業所開設(2013年5月同区博労町に移転)
     1995年8月       アメリカ合衆国ニューヨーク州において、US$100,000を出資(当社出資比率50.0%)して、最
            新のマーケット情報の収集、および米国での販売拠点として、関連会社                                 BSP  International
            Corp.を設立(2009年3月解散)
     1996年10月       名古屋市中村区に名古屋事業所開設(2011年11月同市西区名駅に移転)
     1997年4月       札幌市厚別区に札幌事業所開設(2010年4月閉鎖)
     1998年1月       本社を東京都港区に移転(2003年11月同区港南に移転)
     1999年6月       ISO9001認証取得
     2001年4月       ソリューション事業を本格的に展開するため、東京都港区において5,000万円を出資して、株式
            会社ビーエスピーソリューションズを設立
     2006年3月       ジャスダック証券取引所(東京証券取引所JASDAQ市場)に株式上場
     2006年10月       株式会社ビーエスピー・プリズムを設立(2008年10月吸収合併)
     2008年1月       中華人民共和国において連結子会社                 備実必(上海)軟件科技有限公司(略称、BSP上海)を設立
     2009年5月       東京都品川区に新たな研究開発拠点としてBSP                     R&Dセンター開設
     2012年8月       株式会社ビーコン         インフォメーション          テクノロジー(2015年4月、吸収合併)との資本・業務提
            携関係を強化し、同社を持分法適用関連会社とする
     2014年1月       株式会社ビーコン         インフォメーション          テクノロジーを子会社とする
     2014年5月       ソフトウェア・エー・ジー株式会社とパートナー契約を締結
     2015年1月       普通株式1株につき2株の割合で株式分割を実施し、発行済株式総数が8,500,000株に増加
     2015年4月       株式会社ビーコン         インフォメーション          テクノロジーを吸収合併し、
            株式会社ユニリタに商号変更
     2016年5月       移動体向けIoT型ソリューションを提供する株式会社ユニ・トランドを完全子会社として設立
     2017年4月       西日本地域向けの当社製品販売・サポート業務を担う株式会社ユニリタプラスを完全子会社とし
            て設立
     2018年2月       株式会社無限を子会社とする
     2018年11月       株式会社ビジネスアプリケーションを子会社とする
     2021年4月       子会社の株式会社ビーアイティ・サポートを株式会社ユニリタエスアールへ商号変更
     2022年4月       東京証券取引所スタンダード市場に上場
     2022年4月       子会社の株式会社アスペックスと株式会社ビジネスアプリケーションが合併し、株式会社ヒュー
            アップテクノロジーに商号変更
                                  5/121





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    3 【事業の内容】
      当社グループは、当社(株式会社ユニリタ)と以下、完全子会社である、株式会社ビーエスピーソリューションズ、
     備実必(上海)軟件科技有限公司(BSP上海)、株式会社アスペックス、株式会社ビーティス、株式会社データ総研、株式
     会社ユニ・トランド、株式会社ユニリタプラス、株式会社無限、瀋陽無限軟件開発有限公司、株式会社ビジネスアプ
     リケーション、株式会社ユニリタエスアールの12社及び持分法適用の関連会社であるNEVELL株式会社1社で構成され
     ています。(2022年3月31日現在)
      当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。
      以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。
      なお、当連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第5                                            経理の状況       1   連結
     財務諸表等       (1)  連結財務諸表        注記事項(セグメント情報等)」をご参照ください。
     (1)  プロダクトサービス事業

       中期的な収益基盤としてグループの成長投資を支える源泉を担う位置付けです。これまで培ってきたシステム運
      用領域の事業の強みを進化させDX(デジタルトランスフォーメーション)の環境下における顧客ニーズへの対応力
      強化と事業効率の追求により、「安心して使い続けていただける」サービス提供と新規事業開発のリソースを創出
      するものです。
       当社はこれまで、自社開発のオープン系パッケージソフトを中心に、システム運用領域では、基幹業務システム
      の運用を正確・効率的に稼働させるために必要なソフトウェア製品ならびにサービスを提供しています。中でも、
      メインフレーム事業では、金融機関や生損保、大手製造業のお客様を中心とした基幹業務システムの運用管理のた
      めのメインフレーム(大型汎用機)コンピュータ向け自社ソフトウェア製品の販売・サポート事業を30余年にわた
      り行っており、業界での競争優位性の源泉となっています。
       本事業においては、主に当社および株式会社ビーティスにおいて製品・サービス開発及び顧客への提供を行って
      おり、株式会社ユニリタプラスでは西日本地区で、備実必(上海)軟件科技有限公司(BSP上海)では中国での製品販売
      と保守サービスを行っています。
     (2)  クラウドサービス事業

       当社グループでは、プロダクトの売り方の変化への対応と併せて、これまでの事業で培った知見をもとに顧客の
      DXを支援するためのクラウド環境でのサービス開発を進めています。
       今日のデジタル技術の進化は、顧客ニーズや購買動向を「所有から利用」へと大きく転換させる誘因となってい
      ます。この潮流変化は、当社のプロダクトの提供方法についてもサービス化への対応を迫るものですが、同時に
      マーケットの拡大の機会にもつながります。当社グループにおけるマーケット開拓では、これまでの事業で比率の
      高かったIT課題解決領域から事業課題、社会課題解決へと領域を拡大することで、顧客がサービスとしての便益を
      求める新しい市場でスケールするビジネスモデルの構築を目指します。そして、将来の事業の柱として確立させる
      ためにリソースを集中し、次なる収益基盤としての成長を目指します。
       本事業においては、主に当社、株式会社アスペックス、株式会社無限、株式会社ビジネスアプリケーションおよ
      び株式会社ユニ・トランドにて製品開発及び販売、保守サービスを行っております。
     (3)  プロフェッショナルサービス事業

       当社グループのコアコンピタンスである「データ」「プロセス」「サービス」の3つのマネジメント領域におけ
      る強みと専門性を持つ子会社群(株式会社ビーエスピーソリューションズ、株式会社データ総研、株式会社無限、
      株式会社ユニリタエスアール)で構成されています。
       本セグメントは、プロダクトサービスやクラウドサービスの顧客価値を高める役割を果たし、グループ事業の第
      2の成長エンジンとして機能させる位置付けです。顧客がDXの成功体験を実現するためには、ITサービスベンダー
      としてもサービス連携における幅広い対応力が求められます。当社グループとしては、業界内でも競争優位性のあ
      るシステム運用やデータマネジメントのコンサルティングから、サービスの導入支援、システムインテグレーショ
      ン、システム運用のアウトソーシングに至るサービスをワンストップで提供できる体制を構築します。
       本事業においては、主に株式会社ビーエスピーソリューションズ、株式会社データ総研、株式会社無限および株
      式会社ユニリタエスアールにてサービス提供を行っております。
                                  6/121



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
       以上に述べた当社グループの事業内容、および関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。
       <事業系統図>
      (注1)    2015年4月1日に株式会社ビーエスピーと株式会社ビーコン                            インフォメーション          テクノロジーは合併し、
















         株式会社ユニリタとなりました。
      (注2)    株式会社ユニ・トランドは2016年5月11日に設立されました。
      (注3)    株式会社ユニリタプラスは2017年4月3日に設立されました。
      (注4)    株式会社無限は2018年2月15日に子会社となりました。
      (注5)    株式会社ビジネスアプリケーションは2018年11月5日に子会社となりました。
         なお、関係会社各社の事業内容は、「4 関係会社の状況」に記載のとおりであります。
                                  7/121


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    4 【関係会社の状況】
                                         議決権所有

                            資本金
                                         (被所有)割合
                                  主要な事業
         名称           住所        又は                       関係内容
                                   の内容
                                            被所有
                                        所有割合
                            出資金
                                        (%)
                                            割合(%)
    (連結子会社)
                                 ITシステム運              コンサルテーションを通じ
    ㈱ビーエスピー
                                 用に関するソ              た当社製品の顧客企業への
    ソリューションズ             東京都港区           150百万円            100.0     ―
                                 リューション              紹介等
    (注)1
                                 の提供              役員の兼任あり
                                 データベース
                                                コンサルテーションを通じ
                                 設計に関連し
    ㈱データ総研             東京都中央区            90百万円            100.0     ―  た当社製品の顧客企業への
                                 たコンサル
                                                販売
                                 ティング
                                 SaaS型勤怠管
                                                資金の貸付
    ㈱アスペックス             東京都港区            45百万円     理サービスの       100.0     ―
                                                役員の兼任あり
                                 提供
                                 BCP(事業継続
    ㈱ビーティス             東京都中央区            25百万円     計画)サービ       100.0     ―  役員の兼任あり
                                 スの提供
                                 移動体向け
                                 IoT  型  ソ          資金の貸付
    ㈱ユニ・トランド             東京都港区            80百万円            100.0     ―
                                 リューション              役員の兼任あり
                                 事業
                                                中国における当社製品の販
    備実必(上海)軟件科技有限公                                           売・サポート
                 中華人民共和国            1,380千    ソフトウェア
    司                                    100.0     ―  当社各事業部からの製品開
                 上海市            米ドル    の開発・販売
    (注)1                                           発や保守一部請負
                                                役員の兼任あり
                                 西日本地域に
                                 おける製品販              西日本地域における当社製
    ㈱ユニリタプラス             大阪府大阪市中央区            25百万円            100.0     ―
                                 売及びサービ              品の販売・サポート
                                 スの提供
                                 システムイン
                                 テグレーショ
                                                資金の貸付
                                 ン事業及び自
    ㈱無限                                           当社各事業部からの製品開
                 東京都新宿区            30百万円     社パッケージ       100.0     ―
    (注)1、4                                           発や保守一部請負
                                 ソフトの企
                                                役員の兼任あり
                                 画、開発、販
                                 売
                                 人材サービス
                                 業界の業務管
                                                連結子会社からの製品開発
    ㈱ビジネスアプリケーション                             理システムの       100.0
                 東京都練馬区            80百万円                 ―  や保守一部請負
    (注)3                             開発、販売、       (100.0)
                                                役員の兼任あり
                                 保守、サポー
                                 トサービス
                                 ITシステム運
                                 用に関する設
                                                当社各事業部からの製品開
                                 計、構築及び
    ㈱ユニリタエスアール             東京都港区            45百万円            100.0     ―  発や保守一部請負
                                 アウトソ
                                                役員の兼任あり
                                 ーシングサー
                                 ビスの提供
                                                中国における当社グループ
                 中華人民共和国             324千   ソフトウェア              各事業部からの製品開発や
    瀋陽無限軟件開発有限公司                                    100.0     ―
                 瀋陽市            米ドル    の開発・販売              保守一部請負
                                                役員の兼任あり
    (持分法適用関連会社)
    NEVELL㈱             北海道札幌市                ソフトウェア        30.3
                             9百万円                 ―  ―
    (注)3             白石区                の開発・販売       (30.3)
     (注)   1.特定子会社であります。
       2.有価証券届出書または有価証券報告書を提出している会社はありません。
       3.議決権の所有割合の(              )内は、間接所有割合で内数であります。
       4.株式会社無限については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%
         を超えております。
         主要な損益情報等                (1)売上高                 2,738百万円
                     (2)経常利益                  111百万円
                     (3)当期純利益                  80百万円
                     (4)純資産額                  425百万円
                     (5)総資産額               1,312百万円
                                  8/121




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    5 【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                               2022年3月31日       現在
             セグメントの名称                            従業員数(名)
     プロダクトサービス                                                 140

     クラウドサービス                                                 132

     プロフェッショナルサービス                                                 247

     全社(共通)                                                 149

                                                      668

     (注)   1.従業員数は就業人員であります。
       2.全社(共通)は、セグメント共通の営業部門、研究開発部門、人事・総務及び経理等の管理部門の従業員で
         あります。
     (2)  提出会社の状況

                                               2022年3月31日       現在
       従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
              291              39.6             12.3             6,906

             セグメントの名称                            従業員数(名)

     プロダクトサービス                                                  85

     クラウドサービス                                                  78

     プロフェッショナルサービス                                                  -

     全社(共通)                                                 128

                合計                                      291

     (注)   1.従業員数は就業人員であります。

       2.全社(共通)は、セグメント共通の営業部門、研究開発部門、人事・総務及び経理等の管理部門の従業員で
         あります。
       3.平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。
     (3)  労働組合の状況

       労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  9/121







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  経営の基本方針

       当社の基本方針は、「共感をカタチにし、ユニークを創造するITサービスカンパニーへ」です。当社では、実効
      性あるコーポレートガバナンスのもと、グループの経営資源とITソリューション力を活かした事業活動を通じて、
      事業会社としての経済的価値と社会課題解決による社会的価値の両立を実現する経営を目指していきます。
     (2)  当社グループの対処すべき課題と対処方針等

       「環境認識と現中期経営計画の基本的考え方」 
       経済産業省が2018年9月に発表した「DXレポート」内で警告されている「2025年の崖」、まであと3年です。コ
      ロナ禍の影響もあって、日本においても社会や企業活動のデジタル化は加速したものの、いまだ世界との差は大き
      いと指摘されており、より一層DX市場は拡大していくと考えられています。
       日本のIT環境における課題としては、「既存基幹システムの老朽化」「高齢化による世代交代の必要性」「テク
      ノロジーの進化に伴う先端IT人材の不足」等が挙げられています。これらの課題に適切に対応できない場合、シス
      テムの維持管理費が高額化することが予想されるため業務基盤の維持・継承が困難になる危険性が高まります。ま
      た、高度化しているDX市場ではサイバーセキュリティやシステムトラブルへの対応もより高度化が求められ、保守
      運用の担い手が不足すると海外からの攻撃などによるリスクも上昇します。
       このようにITサービス企業が果たすべき役割がますます重要となる中、当社が策定した前期(2022年3月期)を
      初年度とする現行3カ年中期経営計画(現中期経営計画)では、グループの持つ「データマネジメント」「サービ
      スマネジメント」「プロセスマネジメント」の3つのコアコンピタンスを基に、DXの環境下、お客様のビジネスモ
      デル変革をサポートするためのサービスを提供し、事業成長を目指す計画です。
       現中期経営計画の基本方針は、「共感をカタチにし、ユニークを創造するITサービスカンパニーへ」です。当社
      では、実効性あるコーポレートガバナンスのもと、グループの経営資源を活かした事業活動を通じて、事業会社と
      しての経済的価値と社会課題解決による社会的価値の両立を実現するCSV経営を目指していきます。
       「課題認識を踏まえた経営戦略と2022年度施策への展開」 

       コロナ禍がもたらした社会や経済活動におけるデジタル化の加速は、これまで遅れがちだった日本の産業界や企
      業における、デジタル・トランスフォーメーション(DX)への取り組みの加速化を促しています。DXは今やビジネ
      スにおいて必須ともいえ、顧客との関係、企業の組織運営や従業員の働き方、デジタルを活用したビジネスモデル
      の創出にまでDXのマーケットは拡大しています。しかしながら、企業のDXへの取り組みには、バラツキがあり、IT
      サービス企業にとって、ITの進化をお客様の成功体験に反映させる役割はますます大きくなっています。
       このようなマーケット変化に適応するために、当社グループでは、現中期経営計画において、全事業活動をサー
      ビス提供型へとシフトさせるビジネスモデル変革を通じ、サステナブルな企業体の実現を目指しています。現中期
      経営計画の重要戦略の骨子は下記のとおりです。
      <重要戦略>

      「サービス提供型事業の創出」 
      ・プロダクト(自動化事業、帳票事業、メインフレーム事業)については、企業の情報システム部門へのシステム
      運用に集中し、社会基盤を支えるお客様への高付加価値サービスを持続的に提供する体制を構築する。
      ・プロダクト事業で培った自社開発製品の強みを活かし、所有型と利用型双方の顧客ニーズへの対応を図る。ま
      た、そこからサービス提供型事業を創出し、安定的な収益源への成長を実現する。
      「カテゴリ別戦略によるクラウドサービス事業の拡大」 

      ・クラウドサービスの種類を、①IT活用クラウド事業「企業のIT活用や合理化を支援」、②事業推進クラウド事業
      「ビジネス成長に不可欠なサービス提供」、③ソーシャルクラウド事業「社会課題解決型事業の確立」、以上の3
      つに分類し、カテゴリ毎にユニークなクラウドサービスを創出し、成長を実現する。
      「新たな事業セグメントに対応したグループ機能の再編」 

                                 10/121

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      ・グループの事業セグメントを「プロダクトサービス」「クラウドサービス」「プロフェッショナルサービス」の
      3つに再編し、環境変化のスピードと多様化するマーケットに適応する事業体制を構築し、ITによる社会課題解決
      の ための事業を推進する。
      「企業価値向上に向けた経営基盤の強化」 

      ・多様化する働き方への対応を通じ、生産性の向上、文化創造とコミュニケーション活性化、人財投資とエンゲー
      ジメントの向上を図る。
      ・実効性あるコーポレートガバナンスのもと、効率的な経営により企業活動のパフォーマンスを上げ企業価値を向
      上させるための体制構築を通じ経営基盤の強化を図る。
       上記のような中期経営計画の重要戦略に基づき、スピードを増す環境変化に対する課題認識のもと、戦略の実効

      性を高めるべく2022年度施策へと展開しています。
       当社グループとしては、対処すべき経営課題として、①組織モデルの変革、②マネジメントの変革、③人的資本
      の観点からの社員の変革、等を行うことが必要と認識しており、それらの認識を踏まえ、年度施策を策定していま
      す。
      年度施策①「事業と組織モデルの変革」 

       経営環境の変化に適応し、企業価値を向上させるためには、両利きの経営のコンセプトのもと既存事業の深化と
      新規事業の拡大によりリソースを最適化し、企業体として新たな価値観と文化の醸成を目指します。当社グループ
      がこれまで培ってきた経営資源である既存事業と、来るべき環境を見据えた成長のための新規事業を、一つの事業
      体の中で「サービスシフト」のコンセプトに基づき構成した事業セグメントによるグループ経営により、全体最適
      な組織運営とグループシナジーの創出を推進します。
      年度施策②「マネジメントの変革」 

       「事業と組織モデルの変革」施策と同期をとり、お客様を最上位とする逆ピラミッド型マネジメントを構築し、
      お客様起点のプロセスへの改革を進めます。また、ITの進化に伴い、お客様層が「情報システム部門」から「事業
      部門」へと広がり、課題領域もIT活用から社会課題へと広がるなか、課題解決のための提案には総合力と対応ス
      ピードが求められます。お客様の求める価値を重視し、グループや部門をまたがるスクラムチームで組織的に取り
      組みます。
      年度施策③「人的資本の観点からの社員の変革」 

       お客様起点の「マネジメントの変革」のベースとして、当社には自社が何のために存在しているのかという企業
      理念や企業の存在意義(パーパス)を明確化したCREDO※があります。
      ※事業報告Web開示「業務の適正を確保するための体制 ①職務執行の基本方針」参照
       当社では、CREDOの下、経営戦略と人事戦略に一貫性を持たせ連動させるための施策を推進します。このことは、
      リモートワークが進むなかで、社員が企業と同じ方向を向き、やりがいや意欲をもって仕事に取り組むためにも重
      要な要素です。リスキル(学び直し)、人事ローテーション、部門人材別重点投資等の施策を推進し、社員の能力
      や経験、意欲などを向上させることで、各社員の業務におけるアウトプットを最大化するべく取り組んでいきま
      す。
       当社グループでは、上記の戦略と施策に基づき、サステナブルな企業体の実現に向け、全事業活動をサービス提

      供型へとシフトさせるビジネスモデルの変革に取り組んでまいります。
                                 11/121





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可
     能性のある事項には、以下のようなものがあります。ただし、以下に記載したリスクは当社グループに関するすべて
     のリスクを網羅したものではなく、記載された事項以外の予見しがたいリスクも存在します。また、本項において
     は、将来に関する事項が含まれておりますが、これらは当連結会計年度末現在において判断したものです。
     (1)  外部環境(IT市場)リスク

       世界規模で加速するデジタルトランスフォーメーション(DX)の環境下では、今後、新たなデジタルビジネスの立
      ち上がりや、ゲームチェンジャーともいうべき企業の出現、さらには想定外の変化の発生も考えられます。デジタ
      ル技術の革新スピードは速く、その方向性を予測することは極めて難しいため、当社グループが先進技術に適合し
      た魅力的な新サービスをタイムリーに開発できるとは限りません。当社グループは、サステナブルな社会基盤を支
      えるお客様のDXを支援するべく、当社の強みを深化させた高付加価値型のサービス事業を推進してまいりますが、
      加速化するデジタル技術の革新スピードやお客様ニーズに適応できない場合、当社グループの業績に重要な影響を
      与える可能性があります。当社グループでは、中期経営計画の進捗管理やローリングを通じ、かかる環境変化によ
      るリスクの低減を図っております。
     (2)  事業形態上のリスク

       当社グループのプロダクトサービス事業やクラウドサービス事業においては、お客様の高度なデータ活用を担う
      プロダクトやサービスならびにシステム運用の自動化や帳票管理など特定領域向けのプロダクトやサービスの提供
      を行っています。現在のデジタル技術の進化のスピードは極めて速く、競争環境の中で、当社グループの事業領域
      への参入を図るためのお客様の囲い込み、あるいはオープンソース方式による類似機能のソフトウエアの提供など
      により、プロダクトやサービスの提供による収益が極端に減少し、当社グループの業績に重要な影響を与える可能
      性があります。
       当社グループの各事業において、完成責任を負う請負契約で受注した場合、契約内容の曖昧性等による当初想定
      していた見積りからの乖離や、開発段階に当初想定し得ない技術的な問題、プロジェクト管理等の問題が発生し、
      請負金額に対しコスト超過となることがあります。このような不採算案件が発生した場合、想定を超える原価の発
      生や納期遅延に伴う損害に対する賠償金の支払い等により、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がありま
      す。
       当社グループのプロダクトサービス事業におけるメインフレーム事業は、現在、高い収益性を保持しています。
      本事業の製品は、お客様の基幹システムに多く組み込まれているため、オペレーティングシステム(OS)の変更等
      に伴う保守サービスが重要であり、本事業の安定的な収益源になっております。しかしながら、企業の統廃合、IT
      技術革新、クラウド化の進展等により従来のメインフレームコンピュータが使用されなくなったり、当社グループ
      が適時適切に製品の改良版の提供ができず、保守サービスの解約が急激に増加したりした場合、当社グループの業
      績に重要な影響を与える可能性があります。
     (3)  投資戦略上のリスク

       当社グループは、競争力を維持し顧客の需要を喚起し、ユニークな製品やサービスを持続的に提供していくため
      に研究開発投資を積極的に推進する計画です。当社グループは、「サービス提供型事業の創出」戦略の下、システ
      ム運用の強みを活かしたプロダクトのサービス化とクラウドサービスのカテゴリ別戦略でサービス提供型事業の売
      上を拡大させることを目標に、研究開発投資を継続的に行っています。しかしながら、絶えず変化する市場動向を
      適時的確に把握できない場合や技術開発で競合他社に先行されてしまう場合等、開発投資からの収益化に成功しな
      い可能性があります。
                                 12/121





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
     (4)  情報セキュリティ上のリスク
       当社グループの製品やサービスが、他人の特許等の存在を知らずに使用したことによる知的財産権侵害などを理
      由とした訴訟その他の請求(以下「訴訟等」といいます)の対象とされる可能性があるほか、当社グループの製品や
      サービスに起因するシステム障害などによってお客様に損害を与え、このために訴訟等を提起される可能性もあ
      り、その訴訟等の内容によっては、当社グループの業績に重要な影響を与える可能性があります。
       当社グループでは、情報セキュリティに関する体制やグループ法務機能を強化し、必要な社員教育等を行うこと
      でかかる事態を予防するとともに事態が発生した際の損失を最小化するための体制を構築しております。
     (5)  訴訟リスク

       当社グループは、業務遂行上、お客様が保有するさまざまな機密情報に接する機会が多いため、慎重かつ厳格な
      情報管理体制の下、業務を遂行しています。しかしながら、このような機密情報の取り扱いに関し、万一、何らか
      の理由で紛失、破壊、漏洩等が生じた場合、当社グループの社会的信用の低下や失墜、損害賠償責任の発生等によ
      り、当社グループの業績および事業活動等に影響を及ぼす可能性があります。
     (6)  M&A、資本業務提携のリスク

       当社グループは、技術革新のスピードの速いIT業界にあってマーケットニーズに俊敏に対応し持続的成長を実現
      するために、M&Aおよび資本・業務提携を重要な成長戦略の要素と考えています。当社グループは、事業を補完し成
      長させるために、他企業の買収、他企業への出資、他企業との提携および協力体制構築等の検討を行い、その結
      果、当社グループの業績に貢献すると判断した場合には、これらを実行することがあり得ます。これらの実行にあ
      たっては、対象となる企業の財務・税務・法務・事業内容等に関するデューデリジェンス(買収監査)を行い、意思
      決定のために必要な情報収集のもと各種リスクの低減を図りますが、実行後に次のような事項が発生することを完
      全に払拭することはできません。すなわち、市場および競争環境に著しい変化が生じた場合、事前に認識していな
      かった問題が顕在化した場合、買収した事業における優秀な人材を保持し又は従業員の士気を維持することができ
      ない場合、当初想定した計画との間に齟齬が生じ当社グループの期待する成果が得られない場合等には、当社グ
      ループの業績に重要な影響を及ぼす可能性があります。
     (7)  震災等の災害リスク

       異常気象や地震等により突如引き起こされる大きな災害は、社会のライフラインを一瞬で破壊します。IT業界に
      おいても、電力供給の停止や制限下におけるデータ管理、システム運用を保持することの重要性がクローズアップ
      されています。当社グループにおいても、提供する製品やサービスが社会インフラの維持に関わっているという認
      識を強く持ち、危機管理委員会によるBCP計画策定などを通じ、災害対策には十分配慮してまいりますが、想定を超
      えた災害等が発生した場合、当社グループの業績に重要な影響を与える可能性があります。
     (8)  新型コロナ感染症拡大(パンデミック)のリスク

       新型コロナ感染症拡大という未曾有の被害は、社会や経済、生活のあり方まで一変させました。コロナ禍の
      ニューノーマルへの取り組みは、社会全体のデジタル変革をも加速させており、このような環境下、当社グループ
      では、強みとする「データマネジメント」「サービスマネジメント」「プロセスマネジメント」を基盤としたノウ
      ハウやソリューションをもとにウィズ・コロナ、アフター・コロナのマーケットニーズに対応する計画です。しか
      しながら、このようなパンデミックへの対応は、社会や産業界においても想定外の事項が多数発生するものであり
      ます。そのような状況下、企業の緊急対応によって通常のシステム投資が抑制されることにより、当社グループの
      推進する事業計画の進捗を阻害する場合があり、当社グループの業績に重要な影響を及ぼす可能性があります。
      なお、以上に述べた事項は当社グループの事業活動その他に係る全てのリスクを網羅したものではなく、記載され

     た事項以外のリスクも存在しています。
                                 13/121




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッ
      シュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
      ① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容
        当連結会計年度(2021年4月1日~2022年3月31日まで。以下、当期)におけるわが国経済は、昨年9月末の
       コロナ感染第5波の収束、緊急事態宣言の全面解除を受けて、対面型サービスを中心に個人消費が増加し景気をけ
       ん引しました。しかし、年明けよりオミクロン株の感染急拡大と多くの地域でのまん延防止等重点措置の適用に
       よって個人消費が再び悪化、さらにウクライナ情勢悪化による資源価格高騰や金融市場の動揺といったマイナス
       影響により、景気の本格回復には至りませんでした。
        コロナ禍も2年を過ぎた現在、社会や経済活動の多くの場面でデジタル化は加速しており、その潮流はこれま
       でとは異なる消費者動向の拡大をもたらしています。そして、このような変化に対し、産業界や企業も、デジタ
       ルトランスフォーメーション(DX)による環境適応を加速化しています。DXは今やビジネスにおいて必須となっ
       ており、顧客との関係、企業の組織運営や従業員の働き方、デジタルを活用したビジネスモデルの創出にまでDX
       のマーケットは拡大しています。
        当社では、このような環境を捉え、「共感をカタチにし、ユニークを創造するITサービスカンパニーへ」を基
       本方針とする中期経営計画(2021年度から2023年度)を推進しています。本中計では、当社グループが事業を展開
       するマーケットについて、これまでのIT活用領域から社会課題解決の領域までひろげるとともに、お客様の成功
       を基点とし、お客様とともに「課題×IT(デジタル技術)=成果」の視点からサービスを提供することのできる
       事業形態への転換(サービスシフト)を進めています。
        当期のサービスシフトに関する主な成果は、下記のようなものです。

       ・プロダクトサービスでは、当社の製品やサービスの多くが、お客様にとって「社会的インフラを支える、止め
        られない業務」において利用されています。そのような既存のお客様をクラウドリフトやクラウドシフトと
        いった新しいIT環境への対応サポート等で守るとともに、既存の技術とノウハウを活かした新しいサービス開
        発として「現行システムのクラウド移行」「帳票の電子化、Web配信」「印刷から配送までのアウトソーシン
        グ」等に取り組みました。
       ・いま、ITベンダーにおいては、クラウドビジネスを展開するうえでカギとなるサービス利用者の継続利用を促
        すための顧客満足度や品質向上のためにサービスマネジメントの活用が注目され始めています。そのような
        中、クラウドサービスでは、IT活用クラウド事業の主力サービスとして、サービスマネジメント機能を提供す
        る「LMIS(エルミス)」が、当期において複数の外部機関からの受賞評価を受けるなど認知度が向上し業績を
        伸ばしました。現在、同サービスは、提供開始10年を迎え、国内大手企業「150社以上」で「12,000を超える
        ユーザ」に支持されるまでに成長しました。
       ・プロフェッショナルサービスでは、DXの潮流の中、DX推進の柱となるデータを真にビジネスに活かし顧客価値
        を最大化するニーズの増加により、データマネジメント領域やサービスマネジメント領域のコンサルティング
        が求められてきています。そして、その知見やコンサルメソッドを持つ当社グループ企業においてはパート
        ナーや他社との共同提案が増加し、コンサルティング事業が堅調に推移しました。また、グループ各社の強み
        を活かしたコンサルからシステム開発、オペレーションまでの一連の流れに、ユニリタクラウドサービスを組
        み合わせた、ワンストップ型サービスの実績も積み上がりました。
        なお、当期において受賞等により外部機関からの評価をいただいたサービスや取り組みの内容は以下のような
       ものです。
                                 14/121





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
       ●一般社団法人        ASP・SaaS・AI/IoTクラウド産業協会主催
       「第15回     ASPIC   IoT・AI・クラウドアワード2021」
             部門              受賞名              製品・サービス名
        運用部門             経営改革貢献賞               LMIS

        支援業務系             働き方改革貢献賞               infoScoop×Digital          Workforce

        ASP・SaaS部門
        データ活用系             奨励賞               ちょこっとデータ変換/加工
        ASP・SaaS部門
        基幹業務系             ニュービジネスモデル賞               Growwwing
        ASP・SaaS部門
       ●一般社団法人日本サブスクリプションビジネス振興会主催

       「日本サブスクリプションビジネス大賞2021」
             部門              受賞名              製品・サービス名
        企業向け(B2B)部門             特別賞               LMIS

       ●アイティクラウド株式会社主催

       「ITreview      Grid   Award   2021-2022」
             部門              受賞名              製品・サービス名
        サービスデスク・             Leader賞               LMIS

        インシデント管理部門
                                    (左記2部門における受賞は、
                                    Spring,Summer,Fall,Winterと
        ヘルプデスク部門             High   performer賞
                                    4期連続)
       ●総務省主催       「令和3年度       テレワーク先駆者百選」

        80%以上の高いテレワーク実施率と、フレックスタイム制や遠隔地勤務などの社員のワークライフバランスの推
        進活動が評価され選出。
       (新型コロナウイルス感染症の影響)

        長引くコロナ禍のなか、産業界ではビジネスモデルや働き方の変革の実現にデジタル技術の活用が進みまし
       た。各企業では、システム整備に伴うセキュリティ基盤の整備、テレワークによるコミュニケーションの円滑化
       などのニーズが発生し、当社では、それらのニーズを具現化させるための支援を行う各種クラウドサービスの販
       売が伸長しました。
        一方、感染拡大防止のための人流抑制の影響により、バス事業者向け位置情報支援サービスや通勤費管理サー
       ビスなどは売上が伸び悩みましたが、影響は総じて限定的なものに留まりました。
        このような事業活動の結果、当期の業績は、                     売上高104億41百万円          (前年同期比      3.8%増    )、  営業利益6億93百万

       円 (同  8.4%減    )、  経常利益8億28百万円           (同  6.6%減    )、  親会社株主に帰属する当期純利益5億22百万円                      (同  37.9%
       減 )、となりました。
        親会社株主に帰属する当期純利益の減少の主な要因については、前年度第3四半期連結累計期間に計上した投
       資有価証券売却益(5          億19百万円)の反動減によるものです。
        また、資本施策として、2021年11月11日には、自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)による自己株
       式145,000株を取得し、11月30日付にて500,000株(消却前の発行済株式総数に対する割合5.9%)の自己株式消却
       を行いました。
                                 15/121



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
        各セグメントの業績は、次のとおりです。
        なお、当社では当期より下表のように事業セグメントの再編を行っております。これにより、前年同期との比
       較では、前期の旧セグメント内容を当期の新セグメントに組み替えて行っています。
       プロダクトサービス






        当期の業績は、売上高44億20百万円(前年同期比4.5%増)、営業利益12億54百万円(同5.8%増)となりまし
       た。
        自動化事業ではオンプレミス製品をクラウド化へと移行する需要の取り込みが奏功したこと、メインフレーム
       事業ではキャッシュレス決済の増加による金融業界からの案件の受注等が活況であったことが、業績をけん引し
       ました。帳票事業では、第4四半期に受注した大型案件が貢献しました。また、帳票業務の法改正による電子化
       ニーズを捉えた「まるっと帳票サービス」もユニリタクラウドサービスと連携し新たな市場向けに販促を展開
       し、案件受注につながりました。
       クラウドサービス

        当期の業績は、売上高29億58百万円(前年同期比2.5%増)、営業損失3億65百万円(前年同期は2億29百万円
       の営業損失)となりました。
        IT活用クラウド事業においては、「LMIS」「Digital                         Workforce」などの主力サービスが企業のDX投資を追い風
       に堅調に推移しました。事業推進クラウド事業においては、通期を通して、人材派遣業界の旺盛なクラウド化
       ニーズを取り込み、ブランド力を活かした主力の「DigiSheet」「Staff-V」などの人材派遣や人事管理向けの
       サービスが堅調に推移しました。一方、新たな市場開拓を展開している、カスタマーサクセス向けクラウドサー
       ビス「Growwwing」や、企業間コミュニケーションを支援する、「Smart×Portal」などのサービス群は、リード
       獲得や提案機会は増加傾向にありますが、先行投資を積極的に行っていることから損益面ではマイナスとなりま
       した。
        さらに、バス事業者向け位置情報サービスならびに通勤費管理サービスは長引くコロナ禍の影響を受け売上が
       伸び悩みました。
       プロフェッショナルサービス

        当期の業績は、売上高30億62百万円(前年同期比4.0%増)、営業利益84百万円(同22.9%減)となりました。
        コンサルティング事業では、情報システム部門に加えて事業部門向けのコンサルティング案件やデータマネジ
       メント案件の引き合いが、年間を通して増加し堅調に推移しました。システムインテグレーション事業では、一
       括請負型の新規案件を受注し業績に寄与しました。また、技術面での競争力を備えるべくビジネスクラウドのプ
       ラットフォーム構築技術者の育成、お客様のDXニーズに応えるためにグループ力を活かしたワンストップ型サー
       ビス提供による新規案件も増加しました。一方、利益面では、連結子会社における退職給付制度変更の影響等に
       より減益となりました。
       (脚注)

       ・デジタルトランスフォーメーション(DX)
        経済産業省による定義は、「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを
                                 16/121


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
        基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上
        の優位性を確立すること。」
        ・サービスシフト
        顧客の求める価値が商品そのものから、その商品を使うことで「どんな問題を解決できるか」や、さらには「どんな体験・感動を得
        られるか」へと移行する中、従来型のモノ自体の品質や機能の提供から、それを使用する局面、使用することで得られる価値をサー
        ビスとして提供することへと移行していくこと。
       ・ASPIC   IoT・AI・クラウドアワード
        一般社団法人      ASP・SaaS・AI/IoTクラウド産業協会(略称:ASPIC)は、総務省などの後援により、日本国内で提供されているASP・
        SaaS/IaaS・PaaS/IoT/AIのサービスとデータセンター及びそれらを利用するユーザ企業を審査し、「ASPIC                                           IoT・AI・クラウドア
        ワード」において、国内で優秀な「社会に有益」かつ、「安心・安全」なクラウドサービス等の表彰を行っている。
       ・日本サブスクリプションビジネス大賞
        一般社団法人日本サブスクリプションビジネス振興会が主催する「日本サブスクリプションビジネス大賞」は、『お得』『お悩み解
        決』『便利』の3要素を持つ優れたサブスクサービスを表彰している。サブスクリプション型のサービスを振興するとともに新たなサ
        ブスクサービス創出のきっかけづくりのため、2019年に創設された。
       ・ITreview     Grid  Award
        BtoB向けIT製品      / SaaSのレビュープラットフォーム「ITreview(ITレビュー)」を運営するアイティクラウド株式会社が主催し、最
        新のレビューデータを反映する形で四半期ごとに発表掲載された製品レビュー(口コミ)をもとに選定した顧客満足度の高い製品を
        表彰するもの。満足度と認知度の高い製品を「Leader」に、満足度が高い製品を「High                                  Performer」としてそれぞれ表彰。
       ・サブスクリプションモデル
        企業が顧客に対して商品・サービスを一定期間提供し、月単位や年単位などの利用料を回収するビジネスモデル。発祥であるIT業界
        で特に広がりを見せていますが、製造業・小売業などでも新しいビジネス形態として新サービスが多く生まれている。
       ・カスタマーサクセス
        「顧客が自社の課題を解決し、成功することを導く」サービスを指す。企業側から見たとき、“カスタマーサポート”がエンドユー
        ザからの問い合わせに受動的に対応するサービスであるのに対し、“カスタマーサクセス”はエンドユーザのサービス利用状況に応
        じて能動的にアプローチする姿勢を指している。
        資産、負債及び純資産の状況として、当期末における資産は、前期末と比較して5億1百万円減少し143億64百

       万円となりました。これは主に、ソフトウェアが66百万円及び流動資産・その他が64百万円増加した一方で、投
       資有価証券が4億29百万円、建物が28百万円及び土地が73百万円減少したことによるものであります。
        負債は、前期末と比較して1億91百万円減少し33億94百万円となりました。これは主に、前受収益が27百万円
       及び買掛金が16百万円増加した一方で、未払法人税等が1億54百万円減少したことによるものであります。
        純資産は、前期末と比較して3億9百万円減少し109億69百万円となりました。これは主に、利益剰余金が2億
       40百万円及びその他有価証券評価差額金が69百万円減少したことによるものであります。利益剰余金について
       は、親会社株主に帰属する当期純利益の計上により5億22百万円増加し、配当金の支払いにより5億6百万円及
       び自己株式消却により2億56百万円減少しております。
        この結果、当期末の自己資本比率は76.4%(前期末は75.9%)となりました。
      ② キャッシュ・フローの状況

        当期末における現金及び現金同等物(以下、資金)は前期末と比較して                                52百万円減少      し、  72億80百万円      となりま
       した。当期における各キャッシュ・フローの状況とそれらの主な要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動による       資金の増加は6億44百万円            となりました。主な資金増加要因は、税金等調整前当期純利益の
        計上8億27百万円であります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動による       資金の増加は69百万円          となりました。主な資金増加要因は、投資有価証券の償還による収入
        3億円及び有形固定資産の売却による収入1億12百万円であり、主な資金減少要因は、無形固定資産の取得に
        よる支出4億27百万円であります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動による       資金の減少は7億77百万円            となりました。支出の主な内容は、配当金の支払額5億6百万円
        及び自己株式取得による支出2億67百万円であります。
                                 17/121




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      ③ 生産、受注及び販売の実績
       a.生産実績
         当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                                  (単位:千円)
                                   当連結会計年度
             セグメントの名称                     (自    2021年4月1日            前年同期比(%)
                                  至   2022年3月31日       )
    プロダクトサービス                                       611,275           129.4
    クラウドサービス                                       614,158           103.5

    プロフェッショナルサービス                                      3,010,432            103.0

                合計                          4,235,866            106.2

     (注)   金額は、販売価格によっております。
       b.仕入実績

         当連結会計年度における仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                                  (単位:千円)
                                   当連結会計年度
             セグメントの名称                     (自    2021年4月1日            前年同期比(%)
                                  至    2022年3月31日       )
    プロダクトサービス                                       246,187           170.7
    クラウドサービス                                       524,837           102.9

    プロフェッショナルサービス                                       89,227          133.7

                合計                           860,251           119.3

     (注)   1.金額は、仕入価格によっております。
       2.仕入高は主にロイヤリティでありま                  す。
       3.当連結会計年度において、仕入実績に著しい変動がありました。これは主に、プロダクトサービス事業にお
         ける既存情報システムのオンプレミスからクラウドへの移行需要等による                                  ユニリタクラウドサービスの売上
         増に伴う仕入増によるものであります。
                                 18/121










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
       c.受注実績
         当連結会計年度における受注状況をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
      セグメントの名称             受注高(千円)         前年同期比(%)          受注残高(千円)          前年同期比(%)

    プロダクトサービス                    682,080         144.2           116,417         243.5

    クラウドサービス                    632,972         101.8           85,921         117.5

    プロフェッショナル
                       2,969,338          100.9           334,324          91.1
    サービス
         合計              4,284,391          106.1           536,664         110.0
     (注)   1.金額は、販売価格によっておりま                 す。
       2.当連結会計年度において、受注実績に著しい変動がありました。これは、プロダクトサービス事業におい
         て、顧客企業におけるメインフレームからのダウンサイジングや基幹システムおよび帳票基盤のクラウド移
         行に対する需要拡大を受け、これらに関連する技術支援サービスの受注単価及び件数が増大したことによる
         ものです。
       d.販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                                  (単位:千円)
                                   当連結会計年度
             セグメントの名称                     (自    2021年4月1日            前年同期比(%)
                                  至    2022年3月31日       )
    プロダクトサービス                                      4,420,826            104.5
    クラウドサービス                                      2,958,014            102.5

    プロフェッショナルサービス                                      3,062,569            104.0

                合計                          10,441,411            103.8

                                 19/121











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
      す。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
      ① 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
       a.損益の状況
         当連結会計年度(以下、「当期」)の損益の状況につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態
        及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容」に記載のとおりであります。
       b.財政状態の分析
         当社グループは、適切な流動性の維持、事業活動のための資金確保および健全なバランスシートの維持を財
        務方針としております。
         当期末における資産、負債及び純資産に関する状況につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ①財政
        状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容」に記載のとおりであります。
      ② キャッシュ・フローの状況の分析・検討並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

       a.キャッシュ・フローの状況の分析
         当期のキャッシュ・フローの分析につきましては、「(1)                            経営成績等の状況の概要 ② キャッシュ・フ
        ローの状況」に記載のとおりであります。
       b.契約債務
         2022年3月31日現在の契約債務の概要は以下のとおりであります。
                               年度別要支払額(千円)

    契約債務              合計       1年以内       1年超3年以内        3年超5年以内          5年超

    リース債務                1,324        1,114         209         -        -

         当社グループの第三者に対する保証は、ユニリタ共済会の金融機関からの借入金に対する債務保証であり、

        2022年3月31日現在の債務残高は、84,479千円であります。
       c.財務政策
         当社グループは、運転資金および設備資金につきましては、自己資金により資金調達することとしておりま
        す。
         また、金融機関との間で10億円のコミットメントライン契約を締結しておりますが、当連結会計年度末にお
        いて当契約に係る借入れは実行されておりません(借入未実行残高10億円)。
       d.資本政策
         当期においては、資本効率向上、株式流動性向上、などの観点から、次のような資本施策を実施しました。
                                 20/121








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
          資本施策として、2021年11月11日には、自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)により自己株式
         145,000株を取得し、11月30日付にて500,000株(消却前の発行済株式総数に対する割合5.9%)の自己株式消
         却を行いました。
          また、   資本効率向上      策として、相互持合いをしている一部の保有株式について見直し解消を進め、2022年
         3月に、上場企業有価証券2銘柄の売却を行い、その売却益73百万円を特別利益に計上しました。
      ③ 重要な会計方針及び見積り

        連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものについ
       ては、第5 経理の状況 1              連結財務諸表等 (1)          連結財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)に記載のと
       おりであります。
      ④ 経営成績に重要な影響を与える要因について

        「2   事業等のリスク」に記載のとおりであります。
    4  【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      当連結会計年度(以下、当期)における研究開発費は                        328  百万円(前期比       38.7%減    )となり、対売上高比率は            3.1%   (前期
     は 5.3%   )となりました。各セグメント別の研究開発活動の状況及び研究開発費の金額は以下のとおりであります。
     (1)  クラウドサービス事業
       当事業においては、お客様ニーズを見据え、サービス力強化のための研究開発に注力しました。
       当期の主な成果としては、「Waha!                 Transformer」の機能拡充、前期に引き続き「Growwwing」を開発し、サブス
      クリプションビジネスにおける「LTVの最大化」を実現するためのカスタマーサクセス活動を管理・支援するプラッ
      トフォームとして提供しました。
       当期におけるクラウド事業に係る研究開発費は                     172  百万円であります。
     (2)  プロダクトサービス事業

       当事業においては既存の主力製品に新たな付加価値を追加するための研究開発を主に実施しました。
       当期の主    な成果としては、「bindit」を開発し、                   SaaS型で提供されるアプリケーション同士の連携に特化した、
      ノーコードでアプリケーションの連携が自動化できるクラウドベースのiPaaSツールを開発しました。
       当期におけるプロダクト事業に係る研究開発費は                      25 百万円であります。
     (3)  プロフェッショナルサービス事業

       当事業については、クラウドサービス事業やプロダクトサービス事業にて開発し、提供している製品・サービス
      に関連するコンサルティングや技術支援サービスを提供する事業であることから、研究開発活動は行っておらず、
      当該費用は発生しておりません。
     (4)  その他

       上記セグメントに属さない研究開発費は                  130  百万円であります。
                                 21/121






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

      当社グループでは、製品ラインアップの拡充強化および既存製品の競争力の向上を目的として、主にソフトウエア
     のために    427  百万円の投資を実施いたしました。各セグメントにおける設備投資の内容は次のとおりであります。
      クラウドサービス事業においては、自社製品である「LMIS」および「経費業務管理のクラウドサービス」等の競争
     力向上のために       238  百万円の投資を実施いたしました。
      プロダクトサービス事業においては、自社製品である「A-AUTO」および「Waha!                                     Transformer」等の競争力向上のた
     めに  156  百万円の投資を実施いたしました。
      なお、所要資金は、自己資金によっております。
      また、当連結会計年度における重要な設備の除却または売却におきましては、R&Dセンターの本社への統合に伴
     い除却を実施しております。
      なお、連結子会社である株式会社アスペックスが保有しておりました土地及び建物を売却したことなどに伴い、固
     定資産売却益を18百万円計上しております。
    2 【主要な設備の状況】

     (1)  提出会社
                                                2022年3月31日       現在
                                    帳簿価額(千円)
              セグメントの       設備の
       事業所名                                                 従業員数
      (所在地)                                                 (名)
               名称      内容
                             工具、器具                ソフト
                                   土地     リース
                         建物                          合計
                                   (面積㎡)      資産
                             及び備品                ウエア
             クラウドサービ
             ス
    本社               事務所                  -
                          19,020     40,687               402,841     462,549      291
             プロダクトサー                              -
    (東京都港区)               設備備品                  (-)
             ビス
    札幌テクノセンター               事務所                57,220

                                                   57,220
             全社資産               -     -          -     -          -
    (札幌市厚別区)               設備備品                (4,368)
     (注)   1.当社の事業形態上、全ての設備をセグメント別に配分することは困難でありますが、ソフトウエアに含まれ
         る市場販売目的のソフトウエアのうち、セグメント情報に明確に関連付けることが可能な資産は次のとおり
         であります。
         クラウドサービス  121,288千円
         プロダクトサービス 260,747千円
       2.札幌テクノセンターの帳簿価額は、減損損失計上後の金額であります。
       3.主要な賃借設備は、札幌テクノセンターを除く本社、および各事業所事務所であり、賃借料の合計は1億48
          百万円(年間)であります。
                                 22/121









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
     (2)  国内子会社
                                                2022年3月31日       現在
                                    帳簿価額(千円)
                      設備の                                 従業員数
          事業所名
              セグメントの名
     会社名
                       内容                                 (名)
                 称              工具、器具
         (所在地)                           土地    リース     ソフト
                           建物                        合計
                                    (面積㎡)      資産    ウエア
                               及び備品
              クラウドサービ

         本社
              ス       事務所                 -
                            10,420      957         1,177    351,722     364,278      180
    ㈱無限     (東京都新
              プロフェッショ       設備備品                 (-)
         宿区)
              ナルサービス
         本社
    ㈱アスペッ          クラウドサービ       事務所                 -
                             371    5,857              23,516     29,746      11
         (東京都豊                                  -
    クス          ス       設備備品                 (-)
         島区)
     (注)   1.㈱無限については、ソフトウエアのうち市場販売目的のソフトウエアは349,543千円であり、「クラウド
         サービス」及び「プロフェッショナルサービス」の両セグメントにおいて事業の用に供しておりますが、同
         社の事業形態により当該ソフトウエアを各セグメントに明確に関連付けることは困難であります。
       2.主要な賃借設備は、各本社であり、賃借料の合計は46百万円(年間)であります。
     (3)  在外子会社

       主要な設備はありません。
    3 【設備の新設、除却等の計画】

     (1)  重要な設備の新設等
       重要な設備の新設等の計画はありません。
     (2)  重要な設備の除却等

       設備更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                 23/121












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    15,000,000

                計                                   15,000,000

      ② 【発行済株式】

               事業年度末現在           提出日現在

                                 上場金融商品取引所
        種類                          名又は登録認可金融                内容
                発行数(株)          発行数(株)
                                  商品取引業協会名
              ( 2022年3月31日       )  (2022年6月24日)
                                  (東京証券取引所
                                  旧ジャスダック市
                                     場)
      普通株式           8,000,000          8,000,000                   単元株式数100株
                                  東京証券取引所
                                 現スタンダード市場
        計          8,000,000          8,000,000          ―            ―
     (2) 【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日
                総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (千円)       (千円)
                 (千株)       (千株)                     (千円)       (千円)
    2021年11月30日(注)               △500       8,000        ―   1,330,000          ―   1,450,500
     (注) 自己株式を消却したものであります。
                                 24/121





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                               2022年3月31日       現在
                       株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                    単元未満
      区分                           外国法人等
                                                   株式の状況
           政府及び
                                          個人
                     金融商品     その他の
                                                     (株)
           地方公共     金融機関                                計
                     取引業者      法人
                                          その他
            団体
                               個人以外      個人
    株主数
              ―      8     14     54     43      7   5,402     5,528       ―
    (人)
    所有株式数
              ―    9,534      996    27,328      2,013       11   40,086     79,968      3,200
    (単元)
    所有株式数
              ―    11.93      1.25     34.17      2.52     0.01     50.13     100.00        ―
    の割合(%)
     (注) 自己株式474,967株は、「個人その他」に4,749単元及び「単元未満株式の状況」に67株を含めて記載しており
        ます。
     (6)  【大株主の状況】

                                               2022年3月31日       現在
                                                    発行済株式
                                                   (自己株式を
                                                    除く。)の
                                            所有株式数
         氏名又は名称                      住所
                                              (株)
                                                   総数に対する
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
    ユニリタ社員持株会                 東京都港区港南二丁目15-1                         442,543         5.88
    株式会社ビジネスコンサルタント                 東京都千代田区神田相生町1番地                         440,000         5.84

    株式会社リンクレア                 東京都港区港南二丁目16-3                         425,000         5.65

    光通信株式会社                 東京都豊島区西池袋一丁目4-10                         408,400         5.42

    株式会社三菱UFJ銀行                 東京都千代田区丸の内二丁目7-1                         374,800         4.98

    株式会社クエスト                 東京都港区芝浦一丁目12-3                         274,000         3.64

    株式会社みどり会                 大阪府大阪市中央区西心斎橋二丁目2-3                         270,000         3.58

    三菱UFJ信託銀行株式会社                 東京都千代田区丸の内一丁目4-5                         255,000         3.39

    株式会社アイネット                 神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目3-1                         250,000         3.32

    日本情報産業株式会社                 東京都渋谷区渋谷三丁目1-4                         250,000         3.32

            計                    ―              3,389,743         45.05

     (注) 上記のほか当社所有の自己株式474,967株があります。
                                 25/121







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                               2022年3月31日       現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                    ―          ―             ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―             ―

    議決権制限株式(その他)                    ―          ―             ―

                    (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                               ―             ―
                    普通株式      474,900
                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                                 75,219           ―
                         7,521,900
                    普通株式
    単元未満株式                               ―             ―
                           3,200
    発行済株式総数                     8,000,000          ―             ―
    総株主の議決権                    ―             75,219           ―

     (注) 「単元未満株式数」の欄には、当社所有の自己保有株式が67株含まれております。
      ② 【自己株式等】

                                               2022年3月31日       現在
                                                   発行済株式
                                            所有株式数
                               自己名義       他人名義
       所有者の氏名                                           総数に対する
                    所有者の住所                         の合計
                               所有株式数       所有株式数
        又は名称                                           所有株式数
                                (株)       (株)
                                              (株)
                                                   の割合(%)
                 東京都港区港南二丁目
    (自己保有株式)
                                474,900         ―    474,900        5.93
    株式会社ユニリタ
                 15-1
          計             ―          474,900         ―    474,900        5.93
                                 26/121











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    2 【自己株式の取得等の状況】
                  会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得
       【株式の種類等】
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

               区分                 株式数(株)            価額の総額(百万円)

    取締役会(2021年11月10日)での決議状況
                                      160,000                293
    (取得期間 2021年11月11日~2021年11月11日)
    当事業年度前における取得株式数                                     ―              ―
    当事業年度における取得株式数                                  145,000                266
    残存決議株式の総数及び価額の総数                                   15,000                27
    当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                    9.4              9.4
    当期間における取得自己株式                                     ―              ―
    提出日現在の未行使割合(%)                                    9.4              9.4
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

               区分                  株式数(株)             価額の総額(円)

    当事業年度における取得自己株式                                     -              -

    当期間における取得自己株式                                     -              -

     (注) 当期間における取得自己株式には、2022年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
        りによる株式は含まれておりません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                           当事業年度                   当期間

           区分
                               処分価額の総額                  処分価額の総額
                       株式数(株)                  株式数(株)
                                 (円)                  (円)
    引き受ける者の募集を行った取得
                         ―         ―         ―         ―
    自己株式
    消却の処分を行った取得自己株式                     500,000       771,764,107          ―         ―
    合併、株式交換、株式交付、
    会社分割に係る移転を行った取得                    ―         ―         ―         ―
    自己株式
    その他                    ―         ―         ―         ―
    保有自己株式数(注)                     474,967        ―          474,967        ―

     (注) 当期間における保有自己株式数には、2022年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
        及び買増請求による売渡しによる株式数は含めておりません。
                                 27/121





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    3  【配当政策】
      当社は、長期的な観点から企業価値の増大に努めるとともに、株主の皆さまに長期にわたって安定的な利益還元を
     行うことを経営の重要課題と認識しております。
      配当による利益還元については、株主資本配当率(DOE:Dividend                              on  Equity    Ratio)を採用し、資本効率ならびに財
     務の健全性を踏まえた株主還元を行ってまいります。
      当社の剰余金の配当は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を基本としており、これらの剰余金の配当の
     決定機関は取締役会であります。なお、当社は、「剰余金の配当その他会社法第459条第1項に定める事項について
     は、法令に別段の定めのある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める。」「取締役会の決
     議によって、毎年9月30日を基準日として、会社法第454条第5項に定める剰余金の配当(中間配当)を行うことができ
     る。」旨を定款に定めております。
      当期の期末配当金につきましては、1株につき                     34円00銭    となります。
      これにより、2022年3月期の1株当たり年間配当金は、中間配当金                               33円00銭    を含めて、     67円00銭    となります。
      次期の普通配当金につきましては、中間配当金                      34円00銭    、期末配当金      34円00銭    となり、年間配当金は          68円00銭    を予
     定しております。
      内部留保資金については、財務体質強化のほか、研究開発、M&A、人材の育成および品質力向上等に投資し、中長期
     的な成長に向けたグループ事業基盤の強化に取り組んでまいります。
      なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                             配当金の総額               1株当たり配当額

             決議年月日
                              (百万円)                 (円)
        2021年11月10日
                                      253               33.00
        取締役会決議
        2022年5月13日
                                      255               34.00
        取締役会決議
                                 28/121












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
       当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、当社の経営にかかわりを持つ株主、債権者、取引
      先、使用人、地域社会といった諸々の利害関係者(ステークホルダー)との関係を適切に調整しつつ株主利益を尊重
      し、企業価値を高めることを経営者の責務と認識しております。そのためには、経営執行の過程において取締役会
      の合議機能、監査役の監視機能あるいは社内組織・業務分掌における牽制機能などを有効に発揮させることによっ
      て、経営の健全性、公平性、透明性を担保することが重要であると考えております。
     ① 企業統治の体制

      a 企業統治の体制の概要
       (a)会社法上の法定の機関に関する内容
        イ.株主総会
          株主の株主総会への出席率を高めるため、株主総会集中日開催を避けることを心がけております。なお、
         開かれた株主総会の運営を図るため、説明責任の徹底と、株主懇談会を通じたディスクロージャーを行うこ
         とに特徴があります。議長は、定款の定めにより、代表取締役社長である北野裕行氏であります。
        ロ.取締役会
          取締役会は、健全な経営を維持する上で、経営陣の業務執行の監視機能として、社外取締役の登用を行っ
         ております。取締役の構成は、社外取締役(非常勤)2名を含む7名で構成されており、月1回の定例取締役会
         を開催することとしております。議長は、代表取締役である北野裕行氏。構成員は、取締役である竹藤浩樹
         氏、新藤匡浩氏、巳波淳氏、藤原達哉氏、三ツ木義人氏、原大氏。監査役である竹中豊典氏、御子柴一彦
         氏、佐藤昌敏氏であります。
        ハ.代表取締役社長
          取締役会の議長であり取締役会を統括するとともに、社長執行役員として取締役会の決議を執行し、当社
         業務全般を統括します。
        ニ.監査役会
          監査役会は、監査役3名(常勤社外監査役1名、非常勤社外監査役2名)で構成され、月1回の定例監査役
         会を開催することとしております。当社は従来から監査役機能に重点を置き、経営に対する監視の強化を図
         り、経営者が株主利益への奉仕という本来的使命から逸脱することを防いでおります。構成員は、竹中豊典
         氏、御子柴一彦氏、佐藤昌敏氏であります。
        ホ.会計監査人
          当社は、EY新日本有限責任監査法人を会計監査人に選任し、公正な会計監査を受け、会計処理の適正性の
         確保に努めております。
       (b)会社が任意に設置している機関に関する内容

        イ.経営会議
          経営会議は、常勤取締役および常勤監査役により構成され、毎月1回定期開催されます。経営会議では取
         締役会付議事項の決定および経営に関する基本方針、戦略の検討を行っております。議長は、代表取締役で
         ある北野裕行氏。構成員は、取締役である竹藤浩樹氏、新藤匡浩氏、藤原達哉氏、巳波淳氏、常勤監査役の
         竹中豊典氏であります。
        ロ.執行役員会
          執行役員会は、執行役員および常勤監査役により構成され、原則として隔週で開催されます。執行役員会
         では、取締役会への報告事項、提案事項の検討および業務執行に係る意思決定と部門別業務計画の進捗
         チェック等を行っております。議長は、社長執行役員である北野裕行氏。構成員は、常務執行役員である新
         藤匡浩氏、藤原達哉氏。執行役員である巳波淳氏、野村剛一氏、金子紀子氏、高野元氏、加藤亮氏、吉田一
         也氏であります。
                                 29/121




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
        ハ.内部監査室
          社長執行役員の直轄組織として内部監査室を設置しており、担当人員は内部監査室長1名を配置し、必要
         のある場合は社長執行役員の承認を得たうえで他部門の者を監査の業務につかせております。内部監査室で
         は、業務監査、会計監査および特命監査を行っております。室長は、嶋田幸誠氏であります。
        ニ.指名・報酬委員会
          指名・報酬委員会は、取締役および経営幹部の指名・報酬等に関する手続きの公正性・透明性・客観性を
         強化し、コーポレート・ガバナンスの充実を図るとともに、取締役会の使命のひとつである「マネジメント
         をモニタリングし、指名・報酬付与を通じてマネジメント機関の動機付けを行う」ことを目的として取締役
         会の諮問機関として設置されています。構成員は、代表取締役1名、社外取締役2名の計3名です。指名・
         報酬委員会の議題は、①取締役および執行役員候補者の審査、②マネジメントの評価・報酬制度の審査、③
         取締役および重要な使用人の評価・報酬額の決定等、となっております。委員長は、代表取締役である北野
         裕行氏。構成員は、社外取締役である三ツ木義人氏、原大氏であります。
        ホ.危機管理委員会
          当社に起こりうるリスクを未然に防ぎ、またリスクが発生した場合速やかに対応、解決するために、危機
         管理委員会を設置し、リスク事案への対応体制の整備をしております。特に、顧客情報や製品情報の遺漏防
         止、自然災害対応、サイバーテロ対策、製品トラブル対応、特許侵害問題への対応など十分なリスク管理体
         制を構築しております。委員長は、社長執行役員である北野裕行氏。構成員は、常務執行役員である新藤匡
         浩氏、藤原達哉氏。執行役員である巳波淳氏、野村剛一氏、金子紀子氏、高野元氏、加藤亮氏、吉田一也
         氏。ならびにその他の全部門長であります。
        ヘ.企業価値検討委員会
          具体的な買収防衛プランが当社取締役会の恣意に基づき発動されることを防止するために、3名以上の委
         員からなる企業価値検討委員会を設置しております。
          企業価値検討委員会は、当社取締役会から諮問を受けた各事項、および企業価値検討委員会が必要と判断
         する事項について当社取締役会に勧告あるいは意見表明を行います。買収防衛プランの発動には、必ず企業
         価値検討委員会の勧告を経なければならないものと定款に定めることにより、取締役会の判断の公正を確保
         する手段として実質的に機能するよう位置付けております。委員長は、構成員による互選で選出。構成員
         は、社外取締役である三ツ木義人氏、原大氏。常勤(社外)監査役である竹中豊典氏であります。
      b 当該企業統治の体制を採用する理由

       (a)会社法上の法定の機関に関して
         当社は公開会社かつ大会社であり、委員会設置会社ではありませんので、法定機関として、株主総会、取締
        役、取締役会、代表取締役、監査役、監査役会、会計監査人の7つの機関を設置しております。
       (b)会社が任意に設置している機関に関して
         当社は、コーポレート・ガバナンスの充実を図るために、任意の機関を設置して企業統治の実効性を高める
        体制を敷いております。
         ・経営会議は取締役会の意思決定機能を高める役割を発揮しています。
         ・執行役員会は、取締役会の決定を業務執行に移す際の意思決定と、業務計画のPDCAを行っています。
         ・内部監査室は、社長直属の機関としてモニタリング機能を発揮しています。
         ・指名・報酬委員会は、取締役会の諮問機関として、取締役および経営幹部の指名・報酬等に関する手続き
          の公正性・透明性・客観性を強化し、コーポレート・ガバナンスの充実を図るとともに、マネジメントを
          モニタリングし、指名・報酬付与を通じて、マネジメント機関の動機付けを行っております。
         ・危機管理委員会は、平時におけるリスク予防と、危機発生時における緊急対応策の検討等、リスク管理体
          制の構築を行っております。
         ・企業価値検討委員会は、独立役員を中心に、取締役会の判断の公正を確保する手段として機能するよう位
          置付けております。
                                 30/121




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      c 会社の機関・内部統制の関係を分かりやすく示す図表
      d 内部統制システムに関する基本的な考え方およびその整備状況








        当社の内部統制システムに関する基本的な考え方は以下のとおりであります。
       Ⅰ 職務執行の基本方針
         当社は、2014年3月に次のとおり「企業理念」を改訂し、新たに「行動指針」を作成し、すべての役員およ
        び従業員(社員、嘱託、契約社員、派遣社員その他当社の業務に従事するすべての者を言います。)が、職務を
        執行するにあたっての基本方針としております。
    [ 企業理念     ]
     私たちは、しなやかなITを使い、社会の発展とより良い未来の創造に貢献する企業を目指します。
    [ 行動指針     ]
    1.ユニーク
      私たちは、ITの先導役として、ユニークな発想で、これまでにない製品やサービスを提供します。
    2.誠実
      私たちは、企業として永続するために、全てのステークホルダーに対して、誠実であり続けます。
    3.利他
      私たちは、お客様の利益に資する『利他』の精神で行動します。
    4.変化、挑戦
      私たちは、変化へ俊敏に対応し、未知の事に挑戦し続けます。同時に、失敗からも学ぶ逞しい精神を大切にしま
      す。
    5.結束
      私たちは、無難な判断を排し、納得するまで議論を尽くします。そして、目標達成に向かって心をひとつにし、
      結果を出します。
    6.グローバル
      私たちは、世界中の国や地域の文化、慣習を尊重し、ともに働き、ともに学び、地域の発展に貢献します。
    7.凛
      私たちは、企業人として法令と社会ルールを遵守し、凛としてしなやかに行動します。
                                 31/121




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
         当社は、この「企業理念」および「行動指針」の下、適正な業務執行のための体制を構築し、運用していく
        ことが重要な経営の責務であると認識し、以下の内部統制システムを構築しております。
         当社は、今後とも、内外環境の変化に応じ、一層適切な内部統制システムを整備すべく、努めてまいりま
        す。
       Ⅱ 取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制

        (ⅰ)取締役および従業員が遵守すべき規範、とるべき行動の基準を示した「企業理念」および「行動指針」を
         全役職員に周知徹底させるとともに、必要に応じ、その内容を追加・修正することとします。
        (ⅱ)取締役会が取締役の職務の執行を監督するため、取締役は、会社の業務執行状況を取締役会に報告すると
         ともに、他の取締役の職務執行を相互に監視・監督することとします。
        (ⅲ)法令ならびに「企業理念」および「行動指針」その他諸規程に反する行為等を早期に発見し是正すること
         を目的として内部通報制度を設置します。
       Ⅲ 取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制
         取締役の職務執行に係る情報については、稟議規程、文書管理規程に基づき、その保存媒体に応じて安全か
        つ検索性の高い状態で記録・保存・管理することとし、取締役および監査役は必要に応じてこれらの閲覧を行
        うことができるものとします。
       Ⅳ 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
        (ⅰ)当社事業の特性上重要度の高いリスクである広域災害発生時に対応するために「危機管理委員会」を設置
         し、緊急連絡網の整備、お客様情報の整備等を定期的に実施し、不測の事態発生時に速やかに対応し、お客
         様のシステムの稼動を支援する体制を構築します。
        (ⅱ)既存の業務管理規程に盛り込まれている業務執行に係るリスクをトータルに認識・評価し適切なリスク対
         応を行うために、内部統制要領に従った、全社的なリスク管理体制を整備します。
       Ⅴ 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
        (ⅰ)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制の基礎として、取締役会を月1回(定
         時)開催するほか、必要に応じて臨時に開催します。
        (ⅱ)決裁に関する職務権限規程において、業務執行取締役および執行役員等の決裁権限を定め、特に社長執行
         役員による会社の業務執行の決定に資するため、原則として毎月1回以上(定時)開催している執行役員会に
         て審議のうえ、執行決定を行います。
        (ⅲ)取締役の職務分担を明確にし、当該担当業務の執行については、組織規程において各部門の業務分掌を明
         確にするとともに、その責任者を定め、適正かつ効率的に職務が行われる体制を確保します。
       Ⅵ 当社グループにおける業務の適正を確保するための体制
        (ⅰ)当社子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制
          経営管理については、「関係会社管理規程」に基づき、関係会社の経営意思を尊重しつつ、一定の事項に
         ついて報告を求めるほか、関係会社の非常勤取締役を当社から派遣し、関係会社の取締役の職務執行を監
         視・監督します。
        (ⅱ)当社子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
          「関係会社管理規程」に基づき、関係会社の経営状況、財務状況等の把握、分析検討をするために、当社
         は「関係会社管理規程」所定の資料の提出を求め、関係会社はこれに応ずるものとします。また、当社グ
         ループに属する会社間の取引は、法令・会計原則・税法その他の社会規範に照らし適切なものであることと
         します。
        (ⅲ)子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
          「関係会社管理規程」に基づき、定期的に開催される「関係会社責任者会議」において、「関係会社管理
         規程」に定める資料により、年度決算、中期・年度・下期見直し事業計画等の説明を行います。
        (ⅳ)子会社の取締役等および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制
          当社の内部監査室が関係会社に対する内部監査を実施し、その結果を当社の取締役および関係会社の取締
         役に報告します。また、関係会社の監査役と情報交換の場を定期的に設けます。
                                 32/121



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
       Ⅶ 監査役の職務を補助すべき使用人に関する体制と当該使用人の取締役からの独立性および監査役の当該使用
        人に対する指示の実効性の確保に関する事項
        (ⅰ)内部監査室が必要に応じて監査役の監査を補助する旨、職務分掌規程で明確化します。
        (ⅱ)監査役から監査役を補助することの要請を受けた内部監査室の従業員は、その要請に関して、取締役およ
         び上長等の指揮・命令を受けないものとします。また、当該従業員の人事異動、人事評価および懲戒処分に
         ついては、監査役会と協議のうえ決定するものとします。
       Ⅷ 取締役および使用人ならびに子会社の取締役、監査役および使用人等が当社の監査役に報告するための体制
        その他の監査役への報告に関する体制
        (ⅰ)当社および関係会社のすべての取締役および従業員は、当社に著しい損害を及ぼすおそれや事実の発生、
         信用を著しく失墜させる事態、内部管理の体制・手続き等に関する重大な欠陥や問題、法令違反や重大な不
         当行為などについて、監査役に報告を行うものとします。
        (ⅱ)監査役は、取締役会のほか、重要な意思決定の過程および業務の執行状況を把握するため、経営会議およ
         び執行役員会などの重要な会議に出席するとともに、主要な稟議書その他業務執行に関する重要な文書を閲
         覧し、必要に応じて取締役または従業員にその説明を求めることができるものとします。
       Ⅸ 監査役への報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための
        体制
         当社は、当社および関係会社の監査役へ報告を行った当社グループの役職員に対し、当該報告をしたことを
        理由として、不利益な取扱いを行うことを禁止します。
       Ⅹ 監査役の職務の執行について生ずる費用の前払または償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費
        用または債務の処理に係る方針に関する事項
         監査役または監査役会が監査の実施のために、独自に外部の専門家(弁護士、公認会計士等)に助言を求め、
        または、必要な調査を委託する等所要の費用を請求するときは、当該請求が監査役または監査役会の職務の執
        行に必要でないと認められる場合を除き、当社はその費用を負担するものとします。
       XI その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         代表取締役および業務執行を担当する取締役は、監査役との意思疎通を図るため、監査役の求めに応じ、原
        則として半期に一度定期的な連絡会を持つこととします。
       Ⅻ 財務報告の信頼性を確保するための体制
         当社は、当社グループにおける財務報告の信頼性を確保するため、「財務報告の基本方針」に基づき、金融
        商品取引法等に従い、財務報告に係る内部統制システムを構築し、その整備・運用状況の有効性を定期的・継
        続的に評価し、必要な是正を行います。
      XⅢ 反社会的勢力排除に向けた体制
         当社は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは一切関係を持たないこと、不当
        な要求を受け入れないことを基本方針とし、すべての取締役および従業員に周知徹底します。また、顧問弁護
        士、警察等の外部の機関とも連携し、体制を整備します。
        また、当期における業務の適正を確保するための体制の運用状況の概要は以下のとおりです。

       Ⅰ 職務執行の基本方針の運用状況
         取締役および社員に対して、「企業理念」および「行動指針」を記載したカードを配付するなど、全社に浸
        透させるための取り組みを継続的に実施しております。
                                 33/121






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
       Ⅱ 取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制の運用状況
        (ⅰ)グループ全体で順法精神の浸透を図るため、毎年定期的に、e-Learningを使用して、当社グループの取締
         役および従業員に対して、コンプライアンス・内部統制・プライバシーマークに関する教育を実施しており
         ます。また、中途入社社員に対しても、随時、入社時のオリエンテーションの際にこれらの教育を実施して
         おります。更に、毎年、当社グループの取締役および幹部社員に対しては、特に管理者層が注意すべきコン
         プライアンス・内部統制の重要部分に関する教育を追加で実施しております。また、取締役および従業員に
         対して、「個人情報の取り扱いに関する同意書兼誓約書」「ソーシャルメディアポリシーに関する誓約書」
         「秘密情報の取り扱いに関する誓約書」「コンピュータ環境の利用に関する誓約書」の提出を義務付けてお
         ります。
        (ⅱ)年2回(上期・下期)、全社的な内部統制運用状況の評価結果および法令遵守状況を取締役会に報告してお
         ります。
        (ⅲ)グループ内部通報規程に基づき、社内の内部通報窓口とは別に、社外弁護士による外部通報窓口を設定し
         て、通報者が利用しやすいように配慮した内部通報制度を設置しております。また、内部通報制度の周知の
         ために、内部通報制度に関する電子ポスターを社内ポータルに掲示し、かつ、全社規模の研修等でも制度説
         明を行うなどの取り組みを行っております。
       Ⅲ 取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制の運用状況
         「情報セキュリティポリシー」に従い、文書管理システムにて、各種規程および取締役会・監査役会・執行
        役員会等の重要な会議における資料や議事録の保存、管理を実施しています。
       Ⅳ 損失の危険の管理に関する規程その他の体制の運用状況
        (ⅰ)年2回、取締役・執行役員・部門長を委員とする危機管理委員会を開催し、策定した事業継続計画(BCP)の
         実効性を高めるために、災害時における安否確認・業務復旧・事業継続等の観点から、随時、BCPの見直し更
         新を行っております。
        (ⅱ)グループ内部統制要領に基づき、「内部統制チェックリスト」にて、各部門長がリスク管理を含めた内部
         統制に関する自己点検を行うことにより、内部統制上の不備を未然に防ぎ、リスクの高い項目については集
         中的に見直しを図ることができる体制としております。また、コンプライアンス、内部統制、各種社内規程
         等に関して違反があった際には、当該違反者は、取締役および部門長に対して、都度、速やかに、違反の経
         緯・原因・再発防止策を「内部統制不備報告書」に取り纏めて提出することが義務付けられております。上
         記の運用状況に関して、年2回、取締役会、全社Webミーティング(当社グループの全ての社員が出席)にお
         いて報告が行われております。
       Ⅴ 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制の運用状況
        (ⅰ)年間会議スケジュールに従い、取締役会(月1回)、経営会議(月1回ないし2回)をそれぞれ開催しており
         ます。また、臨時取締役会も開催しております。
        (ⅱ)決裁に関する「職務権限規程」において、社長執行役員決裁、担当執行役員決裁等の決裁権限を定めてお
         ります。また、年間会議スケジュールに従い、執行役員会を、原則として隔週1回(定時)開催しておりま
         す。なお、執行役員会は、年度経営計画の実行推進(部門計画の進捗チェック)、取締役会への報告事項、提
         案事項等の検討審議、執行役員の相互チェック・情報交換を目的として開催しております。
        (ⅲ)組織規程および職務分掌規程により、各部門の職務分掌および責任者を明確にするとともに、担当取締役
         の職務分担も明確にしております。また、職務の適正化および効率化のために、当社グループの各取締役
         は、四半期に一度、担当部門の施策および計数の予算と実績を比較したPDCAサイクル(PDCA                                          cycle、plan-do-
         check-act     cycle)に基づく報告を取締役会に行っております。更に、実効性を高めるため、「差異分析書」
         により対応方法を取り纏めて当該報告を行っております。なお、子会社の取締役会においても施策および計
         数の予算/実績比較のPDCA報告を実行しております。
                                 34/121





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
       Ⅵ ユニリタグループにおける業務の適正を確保するための体制の運用状況
        (ⅰ)当社グループの各取締役は、営業成績、財務状況その他重要な情報について、毎月、取締役会に報告して
         おります。また、当社の取締役または執行役員が子会社の取締役を兼務し、毎月、子会社の取締役会に出席
         して意見を述べております。
        (ⅱ)当社の経理・財務担当の取締役は、子会社に対して、規程に定められた資料(月次決算報告書、月次業務活
         動状況報告書など)の提出を求め、これを保管しております。また、経理・財務担当の取締役および監査役
         は、四半期毎に会計監査人とのミーティングを実施しております。
        (ⅲ)当社の取締役は、子会社の達成すべき目標を明確化して共有するため、子会社の状況を当社の取締役会に
         報告しております。また、毎月、当社グループの各代表取締役(社長)が参加する会合を開催し、意見交換し
         ております。また、子会社の管理を担当する当社の取締役は、子会社の取締役会にて子会社の取締役または
         幹部社員より、関係会社管理規程に定める資料により、年度決算、中期・年度・下期見直し事業計画等の説
         明を受けたり、意見交換を行うなどして、職務執行の効率性に関する観点からの課題把握・提案を行ってお
         ります。
        (ⅳ)内部監査室は、グループ内部監査規程に基づき、金融商品取引法の整備・運用状況に関して、当社グルー
         プの監査を実施しております。また、当社監査役は、一部の子会社の監査役を兼務し、子会社に関する状況
         を監査役会に定期的に報告するとともに、各子会社の監査役をメンバーとする連絡会を開催し、子会社に関
         する状況の把握に努めております。
       Ⅶ 監査役の職務を補助すべき使用人に関する体制と当該使用人の取締役からの独立性および監査役の当該使用
        人に対する指示の実効性の確保に関する事項の運用状況
        (ⅰ)内部監査室が必要に応じて監査役の監査を補助する旨を職務分掌規程に明記しております。内部監査室
         は、当該規程に基づき、監査役の指示に従い、補助業務を実施し、適宜、問題がある場合は監査役に報告を
         行っております。
        (ⅱ)内部監査室は、監査役の補助業務に関しては、取締役および上長等の指揮・命令を受けておらず、内部監
         査規程および就業規則等に基づいて職務を遂行しております。また、人事評価に関しても監査役会と協議の
         うえ、決定しております。
       Ⅷ 取締役および使用人ならびに子会社の取締役、監査役および使用人等が当社の監査役に報告するための体制
        その他の監査役への報告に関する体制の運用状況
        (ⅰ)取締役会、経営会議、執行役員会において、随時、監査役に対して、重要事項に関する報告を行っており
         ます。特に取締役会において、年2回(上期・下期)、内部統制活動の状況(コンプライアンス・内部通報・リ
         スク管理等)を監査役に報告しております。
        (ⅱ)監査役は、取締役会、経営会議、執行役員会に出席しております。また、主要な稟議書その他業務執行に
         関する重要な文書を閲覧し、必要に応じて取締役または従業員にその説明を求める機会が確保されていま
         す。
       Ⅸ 監査役への報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための
        体制の運用状況
         グループ内部統制規程に不利益取扱いを禁止する旨を明記して、従業員に周知しております。
       Ⅹ 監査役の職務の執行について生ずる費用の前払または償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費
        用または債務の処理に係る方針に関する事項の運用状況
         監査役会は、期初に必要経費を予算計上し、経理部は、監査役または監査役会の職務の執行に必要な費用に
        関して、監査役からの費用請求に基づき速やかに支払処理しております。
       XI その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制の運用状況
         半期に一度、代表取締役と監査役との連絡会を開催し、意見交換しております。
       Ⅻ 財務報告の信頼性を確保するための体制の運用状況
         内部監査室は、独立的立場から、すべての部門における内部統制システムの遵守状況および有効性を確認す
        るため、各部門長による日々の決裁承認行為等に関する日常的なモニタリングおよび「内部統制チェックリス
        ト」「内部統制不備報告書」を使用した包括的なモニタリングを実施し、当該部門が不備の是正・改善を行う
        ように指摘しております。また、内部監査室は、業務プロセスに関する運用状況評価(いわゆるJ-SOX監査)
        を実施し、監査結果を会計監査人に提出しております。
                                 35/121



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      XⅢ 反社会的勢力排除に向けた体制の運用状況
         反社会的勢力排除に向けた体制および運用方法に関する教育コンテンツを、コンプライアンス研修に組み込
        んで全社的に実施しております。また、「グループ反社会的勢力排除に関する要領」に従い、2015年12月よ
        り、日経テレコンを使用して、当社グループとの新規取引先が反社会的勢力に該当しないかどうかの調査を実
        施し、反社会的勢力に該当する場合もしくはその疑いが濃厚な場合は取引を行わないこととしております。な
        お、既存の取引先についても、毎年、反社会的勢力に該当しないかどうかの調査を実施しております。
        内部統制システムといたしましては、取締役会および執行役員会において、監査役および議題に係る各担当者

       の参加のもと、月次業務執行報告と課題検討を行い、常時、業務および執行の厳正な監視を行える体制をとって
       おります。
        なお、内部監査機関として内部監査室を設置し、外部監査はEY新日本有限責任監査法人に依頼しております。
        その他、コーポレートガバナンスの基盤となるコンプライアンス推進のために、「内部統制システムの整備に
       関する基本方針」に定めた2021年度重点施策に基づき、全社員向けコンプライアンス教育ならびにe-Learningに
       よる全ての役職員を対象としたコンプライアンス理解度テスト実施等、役職員のコンプライアンスに関する認識
       と理解を深めるための取組みを行いました。
      e リスク管理体制の整備の状況

        当社では、危機管理委員会を設置し、広域自然災害への対応、顧客情報や製品情報の遺漏防止、サイバーテロ
       対策および特許侵害問題への対応等、十分なリスク管理体制を構築しております。また、情報セキュリティ強化
       の一環として「プライバシーマーク」を2006年3月に取得し、社内モラルの向上と問題発生の防止に努めており
       ます。
     ② 責任限定契約の内容の概要

       当社と各社外取締役および各監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責
      任を限定する契約を締結しております。
       当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める範囲内としております。
     ③ 役員等賠償責任保険契約の内容の概要

       当社は、保険会社との間で会社法第430条の3の第1項に規定する役員等損害賠償保険契約を締結しており、当社
      取締役を含む被保険者の善意かつ重大な過失がない場合の損害を当該保険契約によって填補することとしています
      (ただし、違法行為の場合を除く)。
     ④ 取締役の定数

       当社の取締役の定数は10名以内とする旨定款に定めております。
     ⑤ 取締役の選任および解任の決議要件

       当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
      が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。また、取締役の選任決議は累積投票によら
      ない旨も定款に定めております。
       また、解任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、
      その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。
                                 36/121





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
     ⑥ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項
      (ⅰ)自己の株式の取得
        当社は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行するため、会社法第165条第2項の規定により、取
       締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨定款に定めております。
      (ⅱ)剰余金の配当
        当社は、経営戦略と密接に連携する資本政策において、剰余金の配当等を機動的に実施することができるよう
       に、剰余金の配当その他会社法第459条第1項に定める事項については、法令の別段の定めのある場合を除き、株
       主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。期末配当の基準日は、毎年3月31
       日と定め、また、毎年9月30日を基準日として、会社法第454条第5項に定める剰余金の配当(中間配当)を行うこ
       とができる旨定款に定めております。
      (ⅲ)取締役および監査役の責任免除
        当社は、取締役および監査役(取締役であった者および監査役であった者を含む。)の会社法第423条第1項の責
       任につき、善意でかつ重大な過失がない場合は、取締役会の決議によって、法令の定める限度額の範囲内で、そ
       の責任を免除することができる旨定款に定めております。これは、取締役および監査役が職務を遂行するにあた
       り、期待される役割を十分に発揮できるようにするためであります。
     ⑦ 株主総会の特別決議要件

       当社は、特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項に定
      める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
      が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。
     ⑧ 株式会社の支配に関する基本方針

      (ⅰ)基本方針の内容およびその実現に資する取組み
        当社グループは、データ活用ソリューションの提供、ITシステム運用管理パッケージソフトウェアの開発・販
       売・サポートにおいて高い技術力とそれを支える人材、さらにはお客様との安定した取引関係によって着実に業
       容を拡大しております。
        当社の財務および事業の方針の決定を支配する者の在り方としては、経営の基本理念、企業価値の源泉、多様
       なステークホルダーとの信頼関係を理解し、当社の企業価値ならびに株主共同の利益を中長期的に確保・向上さ
       せる者でなければならないと考えております。
        従いまして、企業価値ならびに株主共同の利益を毀損するおそれのある不適切な大規模買付行為の提案または
       これに類似する行為を行う者は、当社の財務および事業の方針の決定を支配する者として適切ではないと考えて
       おります。
        加えて、当該取り組みが当社株主の共同の利益を損なうものではないこと、当社役員の地位の維持を目的とす
       るものではないことを方針としています。
        このような考えのもと、当社は、2006年6月22日付で「当社株式の大規模買付行為に関する対応方針(買収防衛
       策)」を導入し、数次の更新を経ております。現在の買収防衛策(以下「現プラン」といいます。)については、
       2022年6月23日開催の第40期定時株主総会において、「当社株式の大規模買付行為に関する対応方針(買収防衛
       策)」の継続更新が上程され、さらに2年間の継続が承認されました。その有効期間は第42期定時株主総会終結の
       時までとなります。
        当社は、買収防衛策に関する議論の進展など近年のわが国の資本市場と法的・経済的環境等を多面的に検討
       した結果、株主の皆様の適切な判断のための必要かつ十分な情報と時間を確保すること、大規模買付者との交渉
       の機会を確保すること等を通じて、当社グループの企業価値の向上ならびに株主共同の利益に反する大量買付け
       を抑止し、不適切な者によって当社グループの財務および事業の方針の決定が支配されることを防止することを
       目的とし、買収防衛策の重要性に変わるところはないと判断いたしました。
                                 37/121




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (ⅱ)不適切な者によって支配されることを防止するための取組み
        現プランでは、議決権割合を20%以上とすることを目的とする当社株式の買付を行おうとする者(以下「大規模
       買付者」といいます。)に対し、大規模買付行為を開始または実行する前に、当社取締役会に対して現プランに従
       う旨の「買収意向表明書」の提出および「必要情報リスト」の提供を求めております。また、大規模買付者が本
       必要情報の提供を完了した後、取締役会が当該大規模買付行為の評価検討を行う期間(60日間または90日間)を設
       けております。
        大規模買付者が現プランに定める手続きを遵守しない場合、または当社の企業価値ならびに株主共同の利益を
       著しく毀損すると合理的に判断される場合には、新株予約権の無償割当て等、会社法その他の法律および当社定
       款が認める対抗措置を発動いたします。
        なお、当社取締役会の恣意に基づく対抗措置の発動を防止するために、3名以上の委員からなる企業価値検討
       委員会を設置し、対抗措置の発動等に関して企業価値検討委員会の勧告に従うこととしております。
        また、当社取締役会は、企業価値検討委員会が、対抗措置の発動につき株主総会の決議を経ることが相当であ
       ると判断し、企業価値検討委員会から具体的対抗措置の発動に係る株主総会の招集を勧告された場合には、速や
       かに株主総会を招集します。株主総会が開催された場合、当社取締役会は当該株主総会の決議に従うものとし、
       株主総会が対抗措置の発動を否決する決議をした場合には、対抗措置は発動しません。
        現プランでは、以上のような取組みにより、株主の皆様が適切な判断をするために必要かつ十分な情報と時間
       を確保するとともに、大規模買付者との交渉の機会を確保すること等を通じて、当社の企業価値の向上ならびに
       株主共同の利益に反する大量買付けを抑止し、上記基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務および事
       業の方針の決定が支配されることを防止することを目的としております。
      (ⅲ)上記の取組みに関する当社取締役会の判断および理由
        当社取締役会は、以下の理由から、現プランが基本方針に沿うものであり、当社の株主の共同の利益を損なう
       ものではなく、当社役員の地位の維持を目的とするものではないと判断しております。
       ア.経済産業省および法務省が発表した買収防衛策に関する指針の要件を完全に充足していること。
       イ.企業価値および株主共同の利益を確保・向上させる目的をもって導入されていること。
       ウ.定時株主総会において出席株主の過半数の賛成をもって承認可決されなかった場合は廃止されることに加
         え、対抗措置の発動に関して株主総会が開催された場合、当社取締役会は当該株主総会の決議に従うものと
         されていること等、株主意思を重視するものであること。
       エ.企業価値検討委員会を設置するなど、独立性の高い社外者の判断を重視していること。
       オ.あらかじめ定められた合理的な客観的発動要件が充足されなければ対抗措置が発動されないよう設定されて
         いること。
       カ.デッドハンド型およびスローハンド型買収防衛策ではないこと。
                                 38/121









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
      ① 役員一覧
    男性   9 名 女性     1 名 (役員のうち女性の比率             10 %)
                                                    所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              1994年4月      当社入社
                              1999年6月      取締役   カスタマサービス部長
                              2003年1月      BSP  International      Corp.CEO
                              2003年10月      当社常務取締役      技術本部長
                              2004年4月      代表取締役社長
       取締役会長        竹藤 浩樹      1961年7月22日      生                      (注)3    223,800
                              2007年11月      備実必(上海)軟件科技有限公司
                                    (BSP上海) 董事長
                              2008年4月      当社代表取締役      社長執行役員
                              2015年4月      当社代表取締役      社長執行役員
                                    内部監査室担当
                              2017年4月      取締役会長(現任)
                              1994年4月      当社入社
                              2012年4月      執行役員    営業本部担当      兼 株式
                                    会社ビーエスピーソリューション
                                    ズ 代表取締役社長
                              2014年4月      執行役員    営業本部長     兼 東日本
                                    営業部長    兼 西日本統括部長
                              2014年6月      取締役   執行役員    営業本部長     兼
                                    東日本営業部長      兼 西日本統括部
                                    長
                              2015年4月      取締役   執行役員    営業本部
       代表取締役
               北野 裕行      1970年10月22日      生                      (注)3    49,500
      社長執行役員
                                    西日本事業部長
                              2017年4月      代表取締役     社長執行役員      内部監
                                    査室担当
                              2021年4月      代表取締役     社長執行役員      コーポ
                                    レートスタッフ部門担当
                              2022年4月      代表取締役     社長執行役員      コーポ
                                    レートスタッフ部門・グループ業
                                    務本部担当
                              2022年6月      代表取締役     社長執行役員      コーポ
                                    レートスタッフ部門担当(現任)
                              1985年4月      株式会社両備システムズ入社
                              1991年7月      株式会社リクルート入社
                              2008年3月      株式会社野村総合研究所入社
                              2010年10月      株式会社ビーエスピーソリュー
                                    ションズ入社
                              2012年4月      同社  取締役   SMO推進部    部長
                              2017年4月      同社  代表取締役社長(現任)
                              2019年4月      当社  執行役員    クラウドビジネス
                                    本部副本部長
        取締役
                              2020年4月      執行役員    クラウドビジネス本部
               藤原 達哉      1964年9月25日      生                      (注)3     5,000
      常務執行役員
                                    副本部長    兼
                                    DXサービスインテグレーション部
                                    長
                              2020年6月      取締役   執行役員    クラウドビジネ
                                    ス本部副本部長
                                    兼 DXサービスインテグレーショ
                                    ン部長
                              2021年4月      取締役   常務執行役員      クラウド
                                    サービス事業本部長(現任)
                                 39/121





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
                                                    所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              1989年3月      株式会社ソフトウェア・エー
                                    ジー・オブ・ファーイースト
                                    (1996年8月      ㈱ビーコン     イン
                                    フォメーション       テクノロジーに
                                    商号変更、2015年4月         当社と合
                                    併)入社
                              2007年4月      同社  執行役員    カスタマーサービ
                                    ス部長
                              2015年4月      当社  執行役員    新ビジネス本部
                                    データアナリティクス部長            兼
                                    ESB部長当社
        取締役
               野村 剛一      1965年7月10日      生                      (注)3    12,000
      上席執行役員
                              2019年2月      備実必(上海)軟件科技有限公司
                                    (BSP上海)董事長(現任)
                              2021年4月      当社  執行役員    プロダクトサービ
                                    ス事業本部副本部長        兼 メインフ
                                    レーム部長
                              2022年4月      当社  上席執行役員      プロダクト
                                    サービス事業本部長        兼 メインフ
                                    レーム部長
                              2022年6月      当社  取締役   上席執行役員
                                    プロダクトサービス事業本部長
                                    兼 メインフレーム部長(現任)
                              1992年3月      株式会社ソフトウェア・エー
                                    ジー・オブ・ファーイースト
                                    (1996年8月      ㈱ビーコン     イン
                                    フォメーション       テクノロジーに
                                    商号変更、2015年4月         当社と合
                                    併)入社
                              2019年4月      当社  執行役員    営業本部長     兼
                                    パートナービジネス部長          兼 マー
        取締役
               金子 紀子      1969年6月23日      生                      (注)3     6,900
      上席執行役員
                                    ケティング部長
                              2021年4月      当社執行役員      セールスユニット
                                    ゼネラルマネージャー         兼 クラウ
                                    ドサービス事業本部        副本部長
                              2022年4月      当社  上席執行役員      グループ業務
                                    本部長
                              2022年6月      当社  取締役   上席執行役員
                                    グループ業務本部長(現任)
                              1980年4月      野村コンピュータシステム株式会
                                    社(1988年1月、株式会社野村総
                                    合研究所と合併)入社
                              1999年10月      同社  流通システム一部長
                              2001年4月      同社  人事部長
                              2002年4月      同社  執行役員    人事担当
                              2008年4月      同社  常務執行役員      流通システム
                                    事業本部長
               三ツ木   義人                                (注)3
        取締役              1957年12月23日      生                          16,200
                              2011年4月      同社  常務執行役員      コンプライア
                                    ンス・人材開発センター・人事・
                                    総務・情報システム・情報セキュ
                                    リティ担当
                              2016年4月      同社  常務執行役員      関西支社長
                                    兼 中部支社長
                              2017年4月      同社  理事
                              2019年6月      当社  社外取締役(現任)
                                 40/121





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
                                                    所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              1975年4月      株式会社三和銀行(現         ㈱三菱UFJ
                                    銀行)入行
                              2002年1月      株式会社UFJ銀行       執行役員    広報
                                    部長
                              2005年5月      同行  常務執行役員      財務部担当、
                                    人事部・総務部副担当         人事部長
                              2006年1月      株式会社三菱東京UFJ銀行(現            ㈱
                                    三菱UFJ銀行)常務執行役員           西日
                                    本エリア支社担当
                                                  (注)3
        取締役        原 大     1951年8月24日      生                           5,000
                              2008年6月      同行  常務取締役     人事部担当
                              2009年5月      同行  専務取締役     人事部担当
                              2010年5月      同行  副頭取   西日本駐在
                              2012年6月      双日株式会社      代表取締役副会長
                              2019年6月      同社  取締役会長
                              2020年6月      同社  特別顧問
                              2020年6月      アルフレッサホールディングス株
                                    式会社   社外取締役(現任)
                              2020年6月      当社  社外取締役(現任)
                              1981年4月      株式会社三和銀行(現         株式会社三
                                    菱UFJ銀行)入行
                              2002年1月      株式会社UFJホールディングス            経
                                    営企画主計室長       兼 株式会社UFJ
                                    銀行(現   株式会社三菱UFJ銀行)企
                                    画部次長
                              2002年10月      株式会社UFJ銀行(現        株式会社三
                                    菱UFJ銀行)決済業務部長
                              2004年7月      株式会社UFJホールディングス            経
                                    営企画主計室長       兼 株式会社UFJ
       常勤監査役        竹中 豊典      1957年12月11日      生                      (注)4     2,300
                                    銀行  財務部長
                              2005年10月      株式会社三菱UFJフィナンシャ
                                    ル・グループ      財務企画部     副部長
                              2006年7月      株式会社三菱東京UFJ銀行(現            株
                                    式会社三菱UFJ銀行)尼崎支社長
                              2009年1月      日本電子債権機構設立調査株式会
                                    社(現   日本電子債権機構株式会
                                    社)顧問
                              2009年2月      同社  代表取締役
                              2016年6月      当社社外監査役(現任)
                              1995年10月      司法試験    合格
                              1998年4月      司法研修所     修了
                                    日弁連に弁護士登録(東京弁護士
                                    会)
                                    小沢・秋山法律事務所          入所(現
               御子柴   一彦
        監査役              1965年7月11日      生                      (注)5      -
                                    任)
                              2001年1月      東洋電機製造株式会社の法務相談
                                    を担当
                              2006年4月      慶應義塾法科大学院非常勤講師
                              2008年8月      株式会社クラスト       社外監査役
                              2017年6月      当社社外監査役(現任)
                                 41/121






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
                                                    所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              1977年3月      株式会社ワイシーシー入社
                              1997年4月      株式会社エムケーシー・スタット
                                    ソリューション事業部長
                              2001年10月      ソラン株式会社(現        TIS株式会社)
                                    執行役員    産業第二システム事業
                                    部長
                              2002年6月      同社  取締役   首都圏事業本部副本
                                    部長
                              2005年6月      同社  常務取締役     金融システム事
                                    業本部長
        監査役        佐藤 昌敏      1951年7月28日      生                      (注)6     7,300
                              2007年4月      同社  取締役   常務執行役員      アウ
                                    トソーシング事業本部長
                              2011年4月      TIS株式会社     常務執行役員      IT基
                                    盤サービス本部長
                              2012年4月      TISシステムサービス株式会社            監
                                    査役
                              2017年6月      日本ナレッジ株式会社         監査役(現
                                    任)
                              2018年4月      株式会社無限      監査役(現任)
                              2019年6月      当社  社外監査役(現任)
                            計                          328,000
     (注)   1.取締役      三ツ木義人氏および原大氏は、社外取締役であります。
       2.監査役      竹中豊典氏、御子柴一彦氏および佐藤昌敏氏は、社外監査役であります。
       3.2022年6月23日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
       4.2019年6月13日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
       5.2020年6月11日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
       6.2021年6月17日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
       7.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査
         役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                      所有株式数
           氏名      生年月日                    略歴
                                                       (株)
                        1969年4月     日立造船株式会社入社
                        1987年1月     株式会社東洋情報システム(現            TIS株式会社)入社
                        1995年10月
                             同社  管理本部経理部長
                        2003年5月     クオリカ株式会社       非常勤監査役
                        2004年4月     TIS株式会社     グループサービスセンター経理部長
                        2006年6月     同社  常勤監査役
          武村 修     1950年8月3日生                                          ―
                        2011年6月     クオリカ株式会社       常勤監査役
                             高律科(上海)信息系統有限公司            監事
                        2013年6月     クオリカ株式会社       非常勤監査役
                        2013年7月     当社  顧問
                        2014年6月     当社  補欠監査役(現任)
                                 42/121








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      ② 社外役員の状況
        当社の社外取締役は2名、社外監査役は3名であります。
        社外取締役      三ツ木義人氏および原大氏と当社の間には、特別の利害関係はありません。また、社外監査役                                            竹
       中豊典氏、御子柴一彦氏および佐藤昌敏氏と当社の間には、特別の利害関係はありません。
        当社においては、社外取締役または社外監査役を選任するための会社からの独立性に関しては、会社法が定め
       る社外取締役または社外監査役の要件および東京証券取引所が定める独立性基準に従い、取締役の法令順守、経
       営監督に必要な知識と経験を有し、当社経営陣から独立した立場で社外取締役または社外監査役としての職務を
       遂行できることを基本方針として選任しております。
        当社の社外役員の選任状況につきましては、社外取締役2名は、それぞれ長年にわたる金融機関や大手IT企業
       での企業経営や役員経験をもとにした高い見識に基づき、取締役の業務執行の監督、経営方針や経営執行等に対
       する意見や助言、会社と経営陣との間の利益相反を監督しております。また、社外監査役3名は、それぞれ会
       計、法務、企業経営等の専門領域をバックグラウンドとし、取締役会の意思決定の監査、取締役の職務執行の監
       査、外部会計監査人の選解任に係る権限の行使などの役割・責務を果たしております。
        なお、当社の社外取締役である三ツ木義人氏が保有する当社株式数は16,200株、同じく社外取締役である原大
       氏は5,000株であります。また、社外監査役である竹中豊典氏が保有する当社株式数は2,300株、同じく社外監査
       役である佐藤昌敏氏は7,300株であります。
      ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

       統制部門との関係
        当社では、内部監査については社長執行役員の直轄組織として内部監査室を設置しており、担当人員は内部監
       査室長1名を配置し、必要のある場合は社長執行役員の承認を得たうえで他部門の者を監査の業務につかせてお
       ります。内部監査室では、業務監査、会計監査および特命監査を行っております。各事業部(本部)に対しては、
       内部監査室が、定期的に内部監査を実施し、監査結果を社長執行役員に報告のうえ、取締役会、監査役会に報告
       しています。なお、監査役は、随時この内部監査に参加し、内部監査状況を監視いたします。また、監査役とは
       定期的に連絡会を開催するほか、必要に応じて随時報告会を開催するなど連携を取っております。
        監査役は、期末監査終了後、会計監査人と意見交換を行い、監査報告書を作成し社長執行役員に提出し、定時
       株主総会に出席して監査報告を行っております。期中監査の実施過程において把握した問題点については、その
       都度監査意見書を作成し社長執行役員に提出し、問題点の改善を求めております。
        なお、内部監査室、会計監査人および子会社監査役と緊密な連携を保つため、定期的に連絡会を開催するなど
       積極的に情報交換を行い、監査の有効性、効率性を高めております。
                                 43/121









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
     (3)  【監査の状況】
     ①   監査役監査の状況
       当社における監査役監査は、常勤社外監査役1名、非常勤社外監査役2名の計3名で監査役会を構成していま
      す。
       監査役の選任に当たっては、各監査役の専門とするビジネス領域のバランスを考慮した選任方針としています。
       常勤監査役竹中豊典氏は、銀行および銀行持株会社において、経理実務に10年以上従事し主計室長や財務部長と
      いった責任者の役職を経験するとともに、銀行子会社で代表取締役の経験も有しています。当氏は、米国公認会計
      士の資格を保有し、財務および会計に関する相当程度の知見を有しています。
       監査役御子柴一彦氏は、弁護士資格を有し、長年にわたった企業法務の経験を持った、専門家であります。
       監査役佐藤昌敏氏は、上場IT企業に長年勤務し、取締役を歴任した経営実務経験に加え、同企業グループ各社の
      監査役を務めた豊富な経験を持った人材であります。
       監査役会は、毎月1回の開催を原則とし、2021年度は13回開催され、竹中豊典氏、御子柴一彦氏、佐藤昌敏氏の
      3名の監査役は、13回の全ての監査役会に出席しています。
       監査役会では、監査の方針、監査計画、各監査役の職務分担を協議の上決定しています。監査計画では、取締役
      の職務執行状況の監査に関する重点監査項目を定めるほか、内部統制システムの構築・運用状況の監査、競業取引
      および利益相反取引の監査といった監査から会計監査に至る事項まで、一連の監査役監査の項目に加え、代表取締
      役との定期的会合の開催や非業務執行役員懇談会の開催、内部監査部門や会計監査人との連携といった項目をカ
      バーする計画としており、年間を通じて計画的に網羅的に監査を実施しています。
       毎月の監査役会では、取締役会の付議議案についての事前審査、各監査役の活動状況およびその結果の共有なら
      びに意見交換などを行なっており、必要に応じて内部監査部門から報告を受けています。
       常勤監査役は、取締役会その他重要な会議に出席し、取締役等から職務の執行状況について報告を受け、説明を
      求めています。重要な会議の議事録および決裁書類等を閲覧し、本社および主要な事業所において業務および財産
      の状況を調査し、子会社に対し往査を行っています。会計監査人や内部監査部門とは定期的な打合せ機会を持ち、
      意見交換等を行っています。
       非常勤監査役は、取締役会に出席し、その他重要な会議に関しては、毎月の監査役会で常勤監査役からの報告を
      受け意見交換しており、必要に応じて重要な会議の議事録および決裁書類等を閲覧しています。会計監査人とは定
      期的な打合せ機会を持っています。
       子会社については、3名の監査役のうち2名の監査役が一部の子会社の監査役を兼務し、担当子会社の取締役会
      に出席するとともに、他の子会社を含めて子会社の取締役および使用人等と意思疎通および情報の交換を図り、そ
      の事業および財産の状況を調査しています。また、グループ監査の観点からは、各子会社の監査役をメンバーとす
      る連絡会を開催し、状況確認や意見交換等を行っています。
     ②   内部監査の状況

       当社における内部監査は、社長執行役員の直轄組織として内部監査室を設置しており、担当人員は、公認内部監
      査人(CIA)、公認情報システム監査人(CISA)等の資格を保有する内部監査室長1名を配置し、必要のある場合は社長
      執行役員の承認を得たうえで他部門の者を監査の業務につかせています。
       手続きについては、グループ内部監査規程に基づき、主に業務監査、内部統制監査を実施し、監査結果を社長執
      行役員に報告の上、取締役会、監査役会に報告しています。
       監査役監査及び会計監査との相互連携については、監査役、会計監査人との緊密な連携を保つため、定期的に連
      絡会を開催するなど積極的に情報交換を行い、監査の有効性、効率性を高めています。
       内部監査室は、独立的立場から、すべての部門における内部統制システムの遵守状況および有効性を確認するた
      め、各部門長による日々の決裁承認行為等に関する日常的なモニタリングおよび「内部統制チェックリスト」「内
      部統制不備報告書」を使用した包括的なモニタリングを実施し、当該部門の不備の是正・改善を行うように指摘し
      ております。また、内部監査室は、グループ会社を含めた全社統制プロセス及び業務プロセスに関する内部統制の
      有効性評価(いわゆるJ-SOX監査)を実施し、監査結果を会計監査人に提出しております。
                                 44/121




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
     ③ 会計監査の状況
      a.監査法人の名称
        EY新日本有限責任監査法人
      b.継続監査期間

        2004年以降
        上記の継続監査期間は、当社において調査可能な範囲での期間であり、実際の継続監査期間は上記期間を超え
       ている可能性があります。
      c.業務を執行した公認会計士

        楢崎 律子
        岡部 誠
      d.監査業務に係る補助者の構成

        当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士4名、その他6名であります。
        なお、同監査法人は、公認会計士法上の規制開始および日本公認会計士協会の自主規制実施に先立ち、自主的
       に業務執行社員の交代制度を導入しております。
      e.監査法人の選定方針と理由

        当社監査役会は、「会計監査人の選任又は再任、および解任又は不再任の決定の方針」、「会計監査人の評価
       基準項目」、「会計監査人の再任、不再任の決定についての検討プロセス」を定めており、毎年これらに従って
       会計監査人の評価を行い、再任、不再任を決定しています。
        EY新日本有限責任監査法人を選定した理由については、一連の手続に沿って評価した結果、再任が妥当と判断
       したものです。
      f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

        当社の監査役及び監査役会は、監査法人に対して評価を行っております。この評価については、監査法人の品
       質管理、独立性といった14項目ごとに、総計70超のチェック項目を設けて評価しています。実際の評価に当たっ
       ては、監査役だけでなく、経理部門、内部監査部門といった実務部門およびその担当取締役も評価を行ってお
       り、代表取締役を含む取締役会の意見聴取を行ったうえで、最終的に監査役会が決定しています。
     ④   監査報酬の内容等

      a.監査公認会計士等に対する報酬
                     前連結会計年度                     当連結会計年度

        区分
                監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社              39,971             ―         43,080             ―
      連結子会社                 ―           ―           ―           ―

         計             39,971             ―         43,080             ―

      b.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(a.を除く)

        該当事項はありません。
                                 45/121




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容
        該当事項はありません。
      d.監査報酬の決定方針

        当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査日数、当社の規模及び業務の特性等
       を勘案して決定しております。
      e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

        取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対して、当社監査役会が会社法第399条第1項の同意をした理
       由は、次のような点を検討した結果、当該金額で当社が十分な監査を受けることが出来ると判断したからです。
        まず、取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等の根拠となった見積書と監査役会が事前に確認している
       会計監査人の監査計画を比較検討し、監査時間数や監査体制の変更がないことを確認します。
        次に、報酬等の推移や監査実績時間数と報酬等の額を比較検討し、報酬等の額の増減理由(時間数の増減、時間
       当たり単価の増減、その他の要因など)を確認します。
        また、監査契約内容を点検し、期中において監査時間数の増加が見込まれる事態が発生した場合に報酬等の見
       直しが可能かどうか等を確認します。
        その上で、会計監査人に対し報酬等の額について意見を聴取します。
     (4)  【役員の報酬等】

      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
        当社の取締役の報酬限度額は、子会社との合併による経営規模の拡大に伴う経営陣の強化に対応するため、
       2015年6月18日開催の第33期定時株主総会において、年額3億50百万円以内(ただし、使用人分給与は含みませ
       ん)と決議いただいております。当該定時株主総会終結時点の取締役の員数は9名(うち、社外取締役は2名)で
       す。また、当社の監査役の報酬限度額は、2006年6月22日開催の第24期定時株主総会において年額45百万円以内
       と決議いただいております。当該定時株主総会終結時点の監査役の員数は4名です。
        なお、当社は、2022年6月23日開催の第40期定時株主総会において、当社の企業価値の持続的な向上を図るイ
       ンセンティブを与えるとともに、取締役と株主の皆様との一層の価値共有を進めることを目的として、当社の取
       締役(社外取締役を除く、以下「対象取締役」という。)に対する譲渡制限付株式に対する報酬として支給する
       金銭報酬債権の総額を設定することを決議いたしました。
        対象取締役に対して支給される金銭報酬債権の総額は、従来の取締役の報酬額の範囲内で年額40百万円以内と
       し、各事業年度において割当てる当社の普通株式の総数は年22,000株を上限といたします。当該定時株主総会終
       結時点の対象取締役の員数は5名です。
        当社は、2022年2月24日開催の取締役会において、取締役の個人別の報酬等の内容にかかる決定方針を決議し

       ております。決定方針の内容は次のとおりです。
       a.取締役報酬の基本方針
         ・業績および中長期的な企業価値向上への貢献を重視した報酬体系とし、株主と価値観・評価目線を共有で
          きるものとします。
         ・当社役員の役割および職責に相応しい水準とします。
       b.取締役報酬ガバナンス
         ・取締役会は、取締役の個人別の報酬額の決定権限を、取締役報酬の基本方針に沿って公正かつ合理的な制
          度運用が担保されるよう、半数以上の委員を独立社外取締役で構成する指名・報酬委員会に委任します。
         ・指名・報酬委員会の委員は、代表取締役社長                      北野裕行氏、独立社外取締役              三ツ木義人氏、独立社外取締
          役  原大氏となります。
       c.取締役報酬の決定プロセス
         ・取締役の個人別報酬額は、代表取締役社長が、あらかじめ株主総会で決議された報酬限度額の範囲内で、
          各取締役の評価・個別額の素案を作成し、指名・報酬委員会が審議のうえ決定します。
       d.報酬構成
         ・当社取締役(社外取締役を除く)の報酬体系は、毎月一定額の金銭を支給する「基本報酬」および「業績連
          動報酬」と、毎年1回、一定の時期に支給する「非金銭報酬」で構成しております。それぞれの報酬の構
          成割合は、権限、期待範囲(成果責任)、難易度を元に決定したミッショングレードを決定し、そのグ
                                 46/121

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
          レードに応じた報酬基準額を、役位に応じて概ね「基本報酬」75~80%・「業績連動報酬」10~12.5%・
          「非金銭報酬」10~12.5%の比率で決定しております。また、「基本報酬」および「業績連動報酬」につ
          い ては、それぞれの評価に応じて増減させるものとします。
          なお、社外取締役の報酬は、「基本報酬」のみで構成しております。
         なお、当事業年度における報酬構成は、2021年3月18日開催の取締役会において、取締役の個人別の報酬等
         の内容にかかる決定方針を決議しており、内容は次のとおりです。
         ・当社取締役の報酬体系は、毎月一定額の金銭を支給する「基本報酬」のみで構成しております。
       e.基本報酬の額の決定に関する方針
         ・基本報酬の額の決定方法は、権限、期待範囲(成果責任)、難易度を元に、各取締役のミッショングレー
          ドを決定し、そのグレードに応じた基本報酬基準額に対して、前年度の定性評価を反映し、毎年7月に改
          訂します。
         ・定性評価は、使用指標として①中長期的企業価値貢献に資する施策(資本政策、M&A、事業提携、新規事
          業推進等)、②担当部門の業務執行の成果(業績、利益の貢献、人材育成、内部統制の執行状況等)、③経営
          参画貢献度(経営会議、取締役会での意思決定参画、グループ連結貢献、横断プロジェクト牽引、特別事項
          対応等)を評価し算定します。(変動幅:±5%)
         ・社外取締役の報酬は、業務執行から独立した立場で経営の監督・助言を行うという観点から、固定報酬と
          しております。
         なお、当事業年度における基本報酬の額の決定に関する方針は、2021年3月18日開催の取締役会において、
         取締役の個人別の報酬等の内容にかかる決定方針を決議しており、内容は次のとおりです。
         ・基本報酬の額の決定方法は、権限、期待範囲(成果責任)、難易度を元に、各取締役のミッショングレー
          ドを決定し、そのグレードに応じた報酬基準額に対して前年度業績を反映し、毎年7月に改訂します。
         ・前年度業績の評価は、定量評価60%と定性評価40%ずつ勘案して決定します。
         ・定量評価は、業績指標として売上高と当期利益を採用し、その中でも当期利益をより重視します。また、
          担当部門業績項目指標も事業モデルにより個別KPIとして考慮します。算出比率については、前年比と予算
          比を使用し、その中でも計画に対する進捗を評価する上で予算比を重視し算定します。(変動幅:
          ±10%)
         ・定性評価は、①中長期的企業価値貢献に資する施策(資本政策、M&A、事業提携、新規事業推進等)、②
          担当部門の業務執行の成果(業績、利益の貢献、人材育成、内部統制の執行状況等)、③経営参画貢献度(経
          営会議、取締役会での意思決定参画、グループ連結貢献、横断プロジェクト牽引、特別事項対応等)を評価
          し算定します。(変動幅:±10%)
         ・社外取締役の報酬は、業務執行から独立した立場で経営の監督・助言を行うという観点から、固定報酬と
          しております。
       f.  業績連動報酬の額の決定に関する方針
         ・業績連動報酬の額の決定方法は、権限、期待範囲(成果責任)、難易度を元に、各取締役のミッショング
          レードを決定し、そのグレードに応じた業績連動報酬基準額に対して前年度の定量評価を反映し、毎年7
          月に改訂します。
         ・定量評価は、業績指標として売上高と当期利益を採用し、その中でも当期利益をより重視します。当該指
          標を選択した理由は、中期経営計画における経営上の目標の達成状況を判断し、会社業績との連動性を高
          め、かつ客観性及び透明性を高めるためであります。また算出比率については、前年比と予算比を使用
          し、その中でも計画に対する進捗を評価する上で予算比を重視し算定します。(変動幅:0~200%)
         なお、当事業年度における報酬体系は、「基本報酬」のみで構成しております。
       g.  非金銭報酬の額の決定に関する方針
         ・非金銭報酬の額の決定方法は、権限、期待範囲(成果責任)、難易度を元に、各取締役のミッショング
          レードを決定し、そのグレードに応じた非金銭報酬基準額に応じて、毎年定時株主総会以降の取締役会に
          て譲渡制限付株式を付与します。譲渡制限期間の満了その他の事由に該当した場合、譲渡制限を解除いた
          します。
         なお、当事業年度における報酬体系は、「基本報酬」のみで構成しております。
       h.取締役の個人別報酬が報酬方針に沿うものであると取締役会が判断した理由
         ・個別の取締役の報酬は、取締役報酬の基本方針に沿って公正かつ合理的な制度運用が担保されるよう、代
          表取締役社長が、あらかじめ株主総会で決議された報酬限度額の範囲内で各取締役の評価・個別額の素案
          を作成し、指名・報酬委員会が審議のうえ決定しており、取締役会は、取締役の個人別報酬が報酬方針に
                                 47/121


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
          沿うものであると判断しております。
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数

                               報酬等の種類別の総額(千円)

                                                   対象となる
                  報酬等の総額
        役員区分                                           役員の員数
                    (千円)
                                           左記のうち、
                                                    (人)
                            基本報酬       業績連動報酬
                                           非金銭報酬等
    取締役
                      156,195        156,195           ―        ―       6
    (社外取締役を除く。)
    監査役
                        ―        ―        ―        ―       ―
    (社外監査役を除く。)
    社外役員                  39,000        39,000          ―        ―       5
                                 48/121
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【株式の保有状況】
      ①   投資株式の区分の基準及び考え方
        当社では、株式の取得については取締役会の決議事項としており、取締役会では当該株式の取得目的や期待効
       果を明らかにしたうえで取得可否判断をしております。投資株式の区分については、当該決議内容及び決裁資料
       を基に政策保有目的と純投資目的のいずれに区分すべきかを判別しております。
        なお、当社では、純投資目的での株式保有は原則として行わない方針としております。
      ②   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
        内容
         当社では、株式保有の方針や合理性の検証等については、まず取得時には取締役会における決議事項とし、
        取得目的や当該株式の保有による期待効果を明らかにし、取得可否判断をしております。また、取締役会では
        年に1回、主要な保有銘柄別に営業取引等の実績金額や配当金収入の実績金額等に関する報告を受け、継続保
        有の合理性について検証しております。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                      銘柄数       貸借対照表計上額の

                      (銘柄)        合計額(千円)
       非上場株式                   7          888,090
       非上場株式以外の株式                   6          982,157
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                            株式数の増加に係る取得

                      銘柄数
                                             株式数の増加の理由
                      (銘柄)
                             価額の合計額(千円)
       非上場株式                   ―             ―  ―
       非上場株式以外の株式                   ―             ―  ―

       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                      銘柄数      株式数の減少に係る売却

                      (銘柄)       価額の合計額(千円)
       非上場株式                   ―             ―
       非上場株式以外の株式                   2          86,883
                                 49/121







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
     特定投資株式

              当事業年度         前事業年度

                                                    当社の株
                                   保有目的、定量的な保有効果
              株式数(株)         株式数(株)
       銘柄                                             式の保有
                                   及び株式数が増加した理由
                                                     の有無
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
               (千円)         (千円)
                                保有目的:業務提携の円滑な推進のため
                 265,000         265,000
    ㈱クエスト                                                 有
                                定量的保有効果:同社からの売上及び配当
                 354,835         383,190
                                金収入
                                保有目的:業務提携の円滑な推進のため
                 122,960         152,960
    TIS㈱                                                 有
                                定量的保有効果:同社からの売上及び配当
                 353,755         403,967
                                金収入
                                保有目的:東海地区の販売強化のため
                  55,000         55,000
    ㈱中京銀行                                                 有
                                定量的保有効果:東海地区の販売実績及び
                  87,945         96,690
                                配当金収入
                                保有目的:円滑な取引関係の維持のため
    ㈱三菱UFJフィ
                  69,720         69,720
    ナンシャル・グ                                                 有
                                定量的保有効果:同社からの売上及び配当
                  53,008         41,253
    ループ
                                金収入
                                保有目的:業務提携の円滑な推進のため
                 100,000         100,000
    ㈱アイネット                                                 有
                                定量的保有効果:同社からの売上及び配当
                 127,600         152,300
                                金収入
                                 50/121














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
      下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2021年4月1日から2022年3月31日ま
     で)の連結財務諸表及び事業年度(2021年4月1日から2022年3月31日まで)の財務諸表について、EY新日本有限責任監
     査法人による監査を受けております。
    3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財
     務会計基準機構へ加入しております。
                                 51/121













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ① 【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                   ※2   8,297,053            ※2   8,234,332
        現金及び預金
        売掛金                              1,212,300              1,186,555
        契約資産                                   -            90,162
                                     ※1   51,063            ※1   43,567
        棚卸資産
        その他                               251,394              316,140
                                        △ 550               -
        貸倒引当金
        流動資産合計                              9,811,261              9,870,759
      固定資産
        有形固定資産
         建物                              503,257              432,330
                                      △ 426,575             △ 384,314
          減価償却累計額
          建物(純額)                             76,681              48,016
         工具、器具及び備品
                                       321,827              310,574
                                      △ 270,853             △ 246,215
          減価償却累計額
          工具、器具及び備品(純額)                             50,974              64,359
         車両運搬具
                                          -             689
                                          -            △ 268
          減価償却累計額
          車両運搬具(純額)                                -             420
         土地
                                       131,409               57,642
         リース資産                               11,011              11,011
                                       △ 6,551             △ 9,833
          減価償却累計額
          リース資産(純額)                              4,459              1,177
         有形固定資産合計                              263,525              171,616
        無形固定資産
         ソフトウエア                              712,228              778,658
         のれん                              548,425              472,480
                                        4,299              4,299
         その他
         無形固定資産合計                             1,264,953              1,255,437
        投資その他の資産
         投資有価証券                             3,114,958              2,685,758
         退職給付に係る資産                               8,383                -
         繰延税金資産                              120,942              140,648
         差入保証金                              211,541              174,002
                                        70,130              65,795
         その他
         投資その他の資産合計                             3,525,956              3,066,204
        固定資産合計                              5,054,435              4,493,258
      資産合計                               14,865,697              14,364,017
                                 52/121





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                               379,721              395,825
        リース債務                                3,544              1,114
        未払法人税等                               269,876              115,572
        前受収益                              1,681,576              1,709,199
        賞与引当金                               297,224              286,381
        役員賞与引当金                                26,664              35,582
        受注損失引当金                                1,736                -
                                       724,934              640,779
        その他
        流動負債合計                              3,385,278              3,184,455
      固定負債
        長期未払金                               162,708              151,254
        リース債務                                1,324               209
                                        37,367              58,817
        退職給付に係る負債
        固定負債合計                               201,400              210,280
      負債合計                                3,586,679              3,394,736
     純資産の部
      株主資本
        資本金                              1,330,000              1,330,000
        資本剰余金                              2,094,338              1,579,397
        利益剰余金                              8,663,886              8,423,095
                                     △ 1,230,245              △ 724,701
        自己株式
        株主資本合計                              10,857,979              10,607,791
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                               421,139              351,205
                                        △ 100             10,284
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                               421,038              361,490
      純資産合計                               11,279,018              10,969,281
     負債純資産合計                                 14,865,697              14,364,017
                                 53/121









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                                 ※1   10,441,411
     売上高                                 10,061,205
                                   ※2   4,291,911
                                                    4,340,212
     売上原価
     売上総利益                                 5,769,294              6,101,198
     販売費及び一般管理費
      役員報酬                                 431,595              448,635
      給料及び手当                                1,704,400              1,919,387
      貸倒引当金繰入額                                   550               -
      賞与引当金繰入額                                 125,525              152,154
      役員賞与引当金繰入額                                 27,839              37,617
      退職給付費用                                 20,545              23,807
                                    ※3   535,601            ※3   328,177
      研究開発費
      のれん償却額                                 75,945              75,945
                                      2,090,141              2,422,226
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                5,012,145              5,407,951
     営業利益                                  757,149              693,247
     営業外収益
      受取利息                                  3,246              4,322
      受取配当金                                 110,178               94,219
      為替差益                                  1,003                -
      保険配当金                                  8,133              10,252
      消費税等免除益                                    -            17,296
                                        12,298              16,198
      その他
      営業外収益合計                                 134,859              142,289
     営業外費用
      支払利息                                   444              356
      持分法による投資損失                                  1,455                -
      為替差損                                    -             355
      コミットメントフィー                                  1,002              1,000
      支払手数料                                    -            4,767
                                        2,038               299
      その他
      営業外費用合計                                  4,941              6,778
     経常利益                                  887,066              828,757
     特別利益
                                     ※4   1,294           ※4   18,264
      固定資産売却益
                                       519,963               73,268
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                 521,258               91,532
     特別損失
      投資有価証券評価損                                 88,295              11,893
      投資有価証券償還損                                    -             660
                                     ※5   23,874            ※5   80,323
      減損損失
      特別損失合計                                 112,170               92,877
     税金等調整前当期純利益                                 1,296,155               827,413
     法人税、住民税及び事業税
                                       444,994              294,001
                                        10,293              11,157
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  455,288              305,159
     当期純利益                                  840,867              522,254
     親会社株主に帰属する当期純利益                                  840,867              522,254
                                 54/121



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     当期純利益                                  840,867              522,254
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                △ 109,569              △ 69,933
                                        5,892              10,385
      為替換算調整勘定
                                   ※1   △  103,676           ※1   △  59,548
      その他の包括利益合計
     包括利益                                  737,190              462,705
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                 737,190              462,705
      非支配株主に係る包括利益                                    -              -
                                 55/121
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      ③ 【連結株主資本等変動計算書】
       前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                 資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
    当期首残高              1,330,000         2,094,338         8,321,573        △ 1,230,162        10,515,749
    当期変動額
     剰余金の配当                              △ 498,554                △ 498,554
     親会社株主に帰属す
     る
                                    840,867                 840,867
     当期純利益
     自己株式の取得                                         △ 83        △ 83
     自己株式の消却                                                   -
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計                 -         -      342,312          △ 83      342,229
    当期末残高              1,330,000         2,094,338         8,663,886        △ 1,230,245        10,857,979
                      その他の包括利益累計額

                                          純資産合計
               その他有価証券                 その他の包括利益
                       為替換算調整勘定
                評価差額金                 累計額合計
    当期首残高               530,708         △ 5,993        524,715       11,040,464
    当期変動額
     剰余金の配当                                       △ 498,554
     親会社株主に帰属す
     る
                                             840,867
     当期純利益
     自己株式の取得                                         △ 83
     自己株式の消却                                          -
     株主資本以外の項目
                  △ 109,569         5,892       △ 103,676        △ 103,676
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計              △ 109,569         5,892       △ 103,676         238,553
    当期末残高               421,139         △ 100       421,038       11,279,018
                                 56/121









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
       当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                 資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
    当期首残高              1,330,000         2,094,338         8,663,886        △ 1,230,245        10,857,979
    当期変動額
     剰余金の配当                              △ 506,222                △ 506,222
     親会社株主に帰属す
     る
                                    522,254                 522,254
     当期純利益
     自己株式の取得                                       △ 266,220        △ 266,220
     自己株式の消却                      △ 514,941        △ 256,822         771,764           -
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計                 -     △ 514,941        △ 240,790         505,544        △ 250,188
    当期末残高              1,330,000         1,579,397         8,423,095         △ 724,701       10,607,791
                      その他の包括利益累計額

                                          純資産合計
               その他有価証券                 その他の包括利益
                       為替換算調整勘定
                評価差額金                 累計額合計
    当期首残高               421,139         △ 100       421,038       11,279,018
    当期変動額
     剰余金の配当                                       △ 506,222
     親会社株主に帰属す
     る
                                             522,254
     当期純利益
     自己株式の取得                                       △ 266,220
     自己株式の消却                                          -
     株主資本以外の項目
                   △ 69,933         10,385        △ 59,548        △ 59,548
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計              △ 69,933         10,385        △ 59,548       △ 309,736
    当期末残高               351,205         10,284        361,490       10,969,281
                                 57/121









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                1,296,155               827,413
      減価償却費                                 236,145              325,964
      減損損失                                 23,874              80,323
      のれん償却額                                 75,945              75,945
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   550             △ 550
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                 32,830             △ 10,843
      役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 4,357              8,918
      受注損失引当金の増減額(△は減少)                                △ 17,988              △ 1,736
      退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                 △ 4,923              8,383
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  4,569              21,449
      受取利息及び受取配当金                                △ 113,424              △ 98,541
      支払利息及び社債利息                                   444              356
      持分法による投資損益(△は益)                                  1,455                -
      為替差損益(△は益)                                   △ 9              -
      固定資産売却損益(△は益)                                 △ 1,294             △ 18,264
      投資有価証券売却損益(△は益)                                △ 519,963              △ 73,268
      投資有価証券評価損益(△は益)                                 88,295              11,893
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 82,616                 -
      売上債権及び契約資産の増減額(△は増加)                                    -           △ 63,845
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                  5,739              9,929
      仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 100,282               13,277
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                △ 27,657             △ 37,599
      長期未払金の増減額(△は減少)                                △ 47,194             △ 11,454
                                        29,477             △ 75,234
      その他
      小計                                 875,773              992,516
      利息及び配当金の受取額
                                       116,286              100,935
      利息の支払額                                  △ 444             △ 356
      法人税等の支払額                                △ 405,050             △ 448,340
                                          -             123
      法人税等の還付額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 586,565              644,879
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                               △ 1,480,799             △ 1,282,601
      定期預金の払戻による収入                                1,581,188              1,292,607
      有形固定資産の取得による支出                                △ 21,796             △ 45,950
      有形固定資産の売却による収入                                  2,081             112,539
      無形固定資産の取得による支出                                △ 436,010             △ 427,415
      投資有価証券の取得による支出                                △ 316,600                 -
      投資有価証券の売却による収入                                 585,229               87,543
      投資有価証券の償還による収入                                    -           300,000
      差入保証金の差入による支出                                △ 10,122             △ 32,155
      差入保証金の回収による収入                                  2,166              86,083
      その他の支出                                 △ 1,701             △ 26,104
                                        1,256              4,778
      その他の収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 95,107              69,326
                                 58/121




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      リース債務の返済による支出                                 △ 3,544             △ 3,544
      自己株式の取得による支出                                  △ 83           △ 267,551
                                      △ 498,554             △ 506,222
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 502,182             △ 777,318
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   5,519              10,397
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 5,205             △ 52,714
     現金及び現金同等物の期首残高                                 7,338,098              7,332,893
                                   ※1   7,332,893            ※1   7,280,179
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 59/121
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1.連結の範囲に関する事項
      子会社は、全て連結しております。
      連結子会社の数        11 社
      連結子会社の名称
       株式会社ビーエスピーソリューションズ
       株式会社データ総研
       株式会社アスペックス
       株式会社ビーティス
       株式会社ユニリタエスアール
       株式会社ユニ・トランド
       株式会社ユニリタプラス
       株式会社無限
       株式会社ビジネスアプリケーション
       備実必(上海)軟件科技有限公司
       瀋陽無限軟件開発有限公司
    2.持分法の適用に関する事項

      持分法適用の関連会社数            1 社
      持分法適用関連会社の名称
        NEVELL株式会社
    3.連結子会社の事業年度等に関する事項

      連結子会社のうち、備実必(上海)軟件科技有限公司及び瀋陽無限軟件開発有限公司の決算日は12月31日でありま
     す。
      連 結財務諸表の作成に当たっては、同決算日現在の財務諸表を使用しております。ただし、連結決算日までの期間
     に発生した重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
    4.会計方針に関する事項

     (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
      イ 有価証券
       (イ)満期保有目的の債券  償却原価法(定額法)を採用しております。
       (ロ)その他有価証券
         市場価格のない株式等以外のもの
          時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
         市場価格のない株式等
          移動平均法による原価法を採用しております。
                                 60/121






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      ロ 棚卸資産
       (イ)仕掛品
         個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
       (ロ)貯蔵品
         最終仕入原価法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
     (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

      イ 有形固定資産(リース資産を除く)
        当社及び国内連結子会社は定率法を採用しております。ただし、建物(建物附属設備を除く)及び2016年4月1
       日以降に取得した建物附属設備については、定額法によっております。
        また、在外連結子会社は定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建物           8~40年
         工具、器具及び備品           3~15年
         車両運搬具                    3年
      ロ 無形固定資産(リース資産を除く)
        当社及び連結子会社は定額法を採用しております。
        なお、市場販売目的のソフトウェアは販売可能な見込有効期間(主として3年)に基づく定額法によっておりま
       す。自社利用目的のソフトウェアは社内における利用可能期間(主として5年)に基づく定額法によっておりま
       す。
      ハ リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
     (3)  重要な引当金の計上基準

      イ 貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
       ついては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
      ロ 賞与引当金
        従業員に対する賞与の支給に備えるため、当連結会計年度に負担すべき支給見込額を計上しております。
      ハ 役員賞与引当金
        役員に対する賞与の支払に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
      ニ 受注損失引当金
        受注契約に係る将来の損失に備えるため、当連結会計年度末における受注契約に係る損失見込額を計上してお
       ります。ただし、当連結会計年度は翌連結会計年度以降に発生が見込まれる損失がないため、受注損失引当金は
       計上しておりません。
     (4)  退職給付に係る会計処理の方法

       従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務の見込額に基づき当連結会計年度にお
      いて発生していると認められる額を計上しております。
       また、退職給付債務の計算については、「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25
      号)に定める簡便法に基づき算定しております。
                                 61/121





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
     (5)  重要な収益及び費用の計上基準
       当社及び連結子会社はソフトウェア事業を行っており、主にソフトウェアのライセンスの販売、ソフトウェアの
      クラウド上でのサービス提供、ソフトウェアの保守サービス及びソフトウェアの開発に関する技術支援サービスに
      ついて、それぞれ顧客と契約を締結し財又はサービスを提供しております。
       なお、約束した対価の金額に重要な金融要素は含まれておりません。
       イ.ソフトウェアのライセンスの販売
        当社及び連結子会社におけるソフトウェアのライセンスの販売は、通常供与後に当社が知的財産の形態又は機
       能性を変化させる活動又はライセンス期間にわたって知的財産の価値を維持するための活動を実施する義務を負
       わないため、使用権として一時点(納品時点)で収益を認識しております。
        また、通常の支払期限は履行義務の充足時点である取引成立時点から概ね1か月以内で支払いを受けておりま
       す。
       ロ.ソフトウェアのクラウド上でのサービス提供
        当社及び連結子会社におけるソフトウェアのクラウド上でのサービス提供は、一定の期間にわたり均一のサー
       ビスを提供しているため、履行義務の充足の進捗度(時の経過)に応じて収益を認識しております。
        また、通常の支払期限は履行義務の充足前に受領し前受収益として計上しておりますが、履行義務の充足時点
       である取引成立時点から概ね1か月以内で支払いを受けている場合もあります。
       ハ.ソフトウェアの保守サービス
        当社及び連結子会社におけるソフトウェアの保守サービスは一定の期間にわたり均一のサービスを提供してい
       るため、履行義務の充足の進捗度(時の経過)に応じて収益を認識しております。
        また、通常の支払期限は履行義務の充足前に受領し前受収益として計上しております。
       ニ.ソフトウェアの開発に関する技術支援サービス
        当社及び連結子会社におけるソフトウェアの開発に関する技術支援サービスのうち一括請負などの成果物の引
       渡し義務を負うサービス契約は、原則としてプロジェクト見積総原価に対する連結会計年度末までの発生原価の
       割合で進捗度を測定する方法に基づいて一定期間にわたり収益を認識しております。
        また、技術者を派遣し継続して役務を提供するサービス契約は、サービスが提供される期間に対する提供済み
       期間の割合で進捗度を測定する方法に基づいて一定期間にわたり収益を認識しております。時間単位で課金され
       る派遣サービスは、サービスの提供が完了し、請求可能となった時点で収益を認識しております。
        また、通常の支払期限は履行義務の充足時点である取引成立時点から概ね1か月以内で支払いを受けておりま
       すが、履行義務の充足前に受領し前受収益として計上している場合もあります。
     (6)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

       外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
      す。なお、在外子会社の資産及び負債並びに収益及び費用は在外子会社の連結決算日の直物為替相場により円貨に
      換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めて計上しております。
     (7)  のれんの償却方法及び償却期間

       のれんの償却については、10年間の定額法により償却を行っております。
     (8)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

       手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負
      わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
                                 62/121





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (重要な会計上の見積り)
    (のれんの評価)
    1.当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                       前連結会計年度              当連結会計年度
       のれん                   548,425    千円          472,480    千円
      当連結会計年度においてのれんに対する減損損失を計上しておりませんが、翌連結会計年度の連結財務諸表に重要
     な影響を及ぼすリスクに鑑みて開示項目として識別しております。
    2.識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する事項

      株式会社無限及び株式会社ビジネスアプリケーションの取得時に生じたのれんについて、取得時に見込んだ超過収
     益力が将来に亘って発現するかに着目し、取得時点における事業計画の達成状況のモニタリングを通じて減損の兆候
     の有無を検討した結果、当連結会計年度において減損の兆候はないと判断しております。当該検討にあたっては、取
     得時点における事業計画に対し、当連結会計年度を含む取得日以降の期間における実績推移との比較、差異要因の分
     析に加え、事業環境の変化を織り込んだ最新の中期経営計画に含まれる将来事業計画との比較を実施しています。事
     業計画の見積りに当たっての主要な仮定は売上高の拡大見込みと捉えています。
      将来事業計画と主要な仮定である売上高の拡大見込みは、市場の需給バランスの変化や予測できない事業環境の変
     化により不確実性が高く、経営者による評価や判断によって大きく影響を及ぼす性質を有していることから、見積り
     の前提条件に変更があった場合にはのれんの金額に重要な影響を与える可能性があります。
      なお、現時点で新型コロナウイルス感染症の収束時期などを想定することは困難であるものの、当社の事業計画の
     進捗状況等の情報に基づき検討し、同感染症による当社収益における影響は限定的であると仮定して当連結会計年度
     の会計上の見積りを行っております。
      (ソフトウェアの評価)

    1.当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                       前連結会計年度              当連結会計年度
       ソフトウェア                   712,228    千円          778,658    千円
       減損損失                    23,874              80,323
      前連結会計年度及び当連結会計年度において減損損失を計上しており、翌連結会計年度の連結財務諸表に重要な影
     響を及ぼすリスクに鑑みて開示項目として識別しております
    2.識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する事項

      当社及び連結子会社では、自社利用のソフトウェア及び市場販売目的のソフトウェアを将来キャッシュ・フローに
     基づき、将来の収益獲得又は費用削減が確実と認められる場合はソフトウェアに計上しております。
      また、資産計上後の状況の変化により減損の兆候が識別され、事業計画に基づく割引前将来キャッシュ・フローの
     総額が帳簿価額を下回り減損損失を認識すべきであると判定された場合には、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、
     帳簿価額と回収可能価額との差額は減損損失として計上しております。
      市場販売目的のソフトウェアについては、得意先との商談の状況、成長予測等の企業内外の情報を踏まえ、将来に
     おける新規受注の獲得見込みによる売上の増加を主要な仮定として織り込んでおります。
      上記の見込販売収益の見積りの基礎となる事業計画には、各製品、サービスの将来の受注見込、案件規模及び計上
     時期に関しての仮定が含まれており、将来の不確実な経済条件の変動等により、これらの仮定と実績が異なる場合に
     は、翌連結会計年度に係る連結財務諸表において認識する金額に重要な影響を与える可能性があります。
      なお、現時点で新型コロナウイルス感染症の収束時期などを想定することは困難であるものの、同社の事業計画の
     進捗状況等の情報に基づき検討し、同感染症による同社収益における影響は限定的であると仮定して当連結会計年度
     の会計上の見積りを行っております。
                                 63/121




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (会計方針の変更)
     (収益認識に関する会計基準等の適用)
      「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等
     を当連結会計年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービス
     と交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。
      収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
     り、当連結会計年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当連結会計年度の期首の
     繰越利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しておりますが、当該期首残高に与える影響はあ
     りません。また、収益認識会計基準等の適用による、連結財務諸表に与える影響は軽微であります。
      収益認識会計基準等を適用したため、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」に表示していた
     「売掛金」は、当連結会計年度より「売掛金」と「契約資産」に区分して表示することといたしました。また、前連
     結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」に表示していた「売
     上債権の増減額(△は増加)」は、当連結会計年度より「売上債権及び契約資産の増減額(△は増加)」に含めて表
     示することとしました。
      なお、収益認識会計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度について新たな表示方法によ
     り組替えを行っておりません。
      また、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度に係る「収益認識関係」注記
     については記載しておりません。
      (時価の算定に関する会計基準等の適用)

      「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)等
     を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第
     10号2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計方針を、
     将来にわたって適用することとしております。なお、連結財務諸表に与える影響はありません。
      また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注記を行うことと
     しました。ただし、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2019年7月4
     日)第7-4項に定める経過的な取扱いに従って、当該注記のうち前連結会計年度に係るものについては記載しており
     ません。
      (表示方法の変更)

     (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      前連結会計年度において「投資活動によるキャッシュ・フロー」の「その他の支出」に含めておりました「差入保
     証金の差入による支出」及び「その他の収入」に含めておりました「差入保証金の回収による収入」及び「有形固定
     資産の売却による収入」は、重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記することとしております。この表示
     方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替を行っております。
      この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「投資活動によるキャッシュ・フロー」の
     「その他の支出」に表示していた△11,823千円は、「差入保証金の差入による支出」△10,122千円、「その他の支
     出」△1,701千円として組み替えております。また、「投資活動によるキャッシュ・フロー」の「その他の収入」に表
     示していた5,504千円は、「有形固定資産の売却による収入」2,081千円、「差入保証金の回収による収入」2,166千
     円、「その他の収入」1,256千円として組み替えております。
                                 64/121







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
    ※1 棚卸資産の内訳は、次のとおりであります。
                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                            ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        仕掛品                       23,693   千円              26,723   千円
        貯蔵品                       27,370                 16,843
    ※2 担保資産及び担保付債務

       担保に供している資産は、次のとおりであります。
       また、当該担保資産に対応する債務残高は、「3 保証債務」に記載のとおりであります。
                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                            ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        現金及び預金(注)                      700,000    千円             600,000    千円
        (注) ユニリタ共済会の金融機関からの借入枠600,000千円に対して担保を提供しております。
     3 保証債務

       ユニリタ共済会の金融機関からの借入金に対して債務保証を行っております。
               前連結会計年度                           当連結会計年度

              ( 2021年3月31日       )                    ( 2022年3月31日       )
        ユニリタ共済会               89,968   千円         ユニリタ共済会               84,479   千円
     4 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行1行とコミットメントライン契約を締結しております。こ

      れらの契約に基づく連結会計年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                            ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        貸出コミットメントの総額                     1,000,000     千円            1,000,000     千円
        借入実行残高                         -                 -
        差引額                     1,000,000                 1,000,000
                                 65/121










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (連結損益計算書関係)
    ※1 顧客との契約から生じる収益
      売上高については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分して記載しておりません。顧客との契
     約から生じる収益の金額は、連結財務諸表「注記事項(セグメント情報等)(セグメント情報)                                             3.報告セグメント
     ごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報及び収益の分解情報」に記載しておりま
     す。
    ※2 売上原価に含まれている受注損失引当金繰入額は次のとおりであります。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                           至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        受注損失引当金繰入額                       1,736   千円                - 千円
    ※3 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額

                前連結会計年度                         当連結会計年度

              (自    2020年4月1日                      (自    2021年4月1日
               至   2021年3月31日       )                至   2022年3月31日       )
                     535,601    千円                     328,177    千円
    ※4 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                           至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        車両運搬具                       1,294   千円                - 千円
        建物                         -               14,096
        土地                         -               4,167
    ※5 減損損失

      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
       当社グループは、当社の連結子会社である株式会社ユニ・トランドに係る次の資産について減損損失23,874千円
      を計上いたしました。
            場所                  用途                  種類

    株式会社ユニ・トランド
                      事業用資産                  ソフトウェア
    (東京都港区)
        当社グループは、原則として事業会社ごとを1つの資産グループとしてグルーピングしております。ただし、
       事業の用に供していない遊休資産及び処分予定資産については、個別資産ごとにグルーピングを行っておりま
       す。
        株式会社ユニ・トランドは、営業活動から生じる損益が継続してマイナスとなっているため、当該資産の使用
       価値を零とし、帳簿価額の全額を減損損失として特別損失に計上しております。
      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )

       当社グループは、当社及び連結子会社である株式会社ユニ・トランド及び株式会社ビーティスに係る次の資産に
      ついて減損損失       80,323   千円を計上いたしました。
          場所               用途              種類           減損損失

    株式会社ユニリタ              事業用資産
                                  ソフトウェア                  51,502千円
    (東京都港区)              (クラウドサービス事業)
    株式会社ユニ・トランド              事業用資産
                                  ソフトウェア                  4,797
    (東京都港区)              (クラウドサービス事業)
    株式会社ビーティス              事業用資産
                                  ソフトウェア                  24,024
    (東京都中央区)              (プロダクトサービス事業)
        当社グループは、原則として事業会社ごとを1つの資産グループとしてグルーピングを行っていることに加
       え、ソフトウェアについて個別資産ごとにグルーピングを行っております。ただし、事業の用に供していない遊
                                 66/121


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
       休資産及び処分予定資産については、個別資産ごとにグルーピングを行っております。
        株式会社ユニリタ及び株式会社ビーティスは、当初想定していた収益獲得が見込めなくなった市場販売目的の
       ソフトウェアについて、固定資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額いたしました。当該減少額は、減損損失と
       して特別損失に計上しております。
        なお、当該資産の回収可能価額は、使用価値により測定しておりますが、将来キャッシュ・フローに基づく使
       用価値が見込めないため、回収可能価額は零として評価しております。
        株式会社ユニ・トランドは、営業活動から生じる損益が継続してマイナスとなっているため、当該資産の使用
       価値を零とし、帳簿価額の全額を減損損失として特別損失に計上しております。
                                 67/121


















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
    ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        その他有価証券評価差額金:
         当期発生額                         371,792    千円             △27,529    千円
                                 △519,963                 △73,268
         組替調整額
          税効果調整前
                                 △148,171                 △100,798
                                  38,602                 30,864
          税効果額
          その他有価証券評価差額金                       △109,569                 △69,933
        為替換算調整勘定:
         当期発生額                          7,655                10,385
                                  △1,762                   -
         組替調整額
          税効果調整前
                                   5,892                10,385
                                    -                 -
          税効果額
          為替換算調整勘定                         5,892                10,385
           その他の包括利益合計                      △103,676                 △59,548
                                 68/121














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
    1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
               当連結会計年度期首            当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末

                 株式数(株)          増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
    発行済株式
     普通株式               8,500,000              -           -       8,500,000
        合計            8,500,000              -           -       8,500,000
    自己株式
     普通株式(注)                829,930             37           -        829,967
        合計             829,930             37           -        829,967
     (注) 普通株式の自己株式数の増加は、単元未満株式の買取りによる増加分37株であります。
    2.配当に関する事項

     (1)  配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり配当額

       (決議)        株式の種類                          基準日        効力発生日
                        (千円)         (円)
    2020年6月11日
               普通株式          245,442          32.00    2020年3月31日         2020年6月12日
    定時株主総会
    2020年11月6日
               普通株式          253,112          33.00    2020年9月30日         2020年12月7日
    取締役会
     (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                   配当金の総額              1株当たり

       (決議)       株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                     (千円)            配当額(円)
    2021年5月13日
              普通株式        253,111     利益剰余金          33.00    2021年3月31日         2021年6月3日
    取締役会
                                 69/121










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
    1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
               当連結会計年度期首            当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末

                 株式数(株)          増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
    発行済株式
     普通株式(注1)               8,500,000              -        500,000          8,000,000
        合計            8,500,000              -        500,000          8,000,000
    自己株式
     普通株式(注2)                829,967           145,000           500,000           474,967
        合計             829,967           145,000           500,000           474,967
     (注)1 普通株式の発行済株式の減少500,000株は、取締役会の決議により自己株式の消却を行ったものによる減
         少であります。
       2 自己株式(普通株式)の増加は、自己の取得による増加145,000株であります。また、自己株式(普通株式)
         の減少は、自己株式の消却による減少500,000株であります。
    2.配当に関する事項

     (1)  配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり配当額

       (決議)        株式の種類                          基準日        効力発生日
                        (千円)         (円)
    2021年5月13日
               普通株式          253,111          33.00    2021年3月31日         2021年6月3日
    取締役会
    2021年11月10日
               普通株式          253,111          33.00    2021年9月30日         2021年12月6日
    取締役会
     (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                   配当金の総額              1株当たり

       (決議)       株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                     (千円)            配当額(円)
    2022年5月25日
              普通株式        255,851     利益剰余金          34.00    2022年3月31日         2022年6月8日
    取締役会
                                 70/121










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                           至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        現金及び預金勘定                     8,297,053     千円            8,234,332     千円
        預入期間が3ヶ月を超える
                             △964,159                 △954,153
        定期預金
        現金及び現金同等物                     7,332,893                 7,280,179
      (リース取引関係)

      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
       重要性が乏しいため、注記を省略しております。
      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )

       重要性が乏しいため、注記を省略しております。
                                 71/121















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (金融商品関係)
    1.金融商品の状況に関する事項
     ① 金融商品に対する取組方針
       当社グループは、資金運用については安全性の高い金融商品に限定し、売買差益を獲得する目的や投機的目的の
      ための運用は行わない方針であります。
       資金調達については、中長期的な事業計画に照らして、必要な資金を内部留保により賄っております。また、突
      発的な資金需要に対応するため、貸出コミットメントラインを設定しております。
       投資有価証券は、取引先企業との業務・資本提携等関係強化を目的として中長期的に保有することを原則として
      おります。
       デリバティブは、資金運用を目的とする複合金融商品のみに利用し、売買差益を獲得する目的や投機的目的のた
      めに単独で利用することは行わない方針であります。
     ② 金融商品の内容及び当該金融商品に係るリスク並びに管理体制
      イ.営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
        当該リスクに関しては、当社グループの「販売管理規程」及び「与信管理規程」等の規程類に従って、取引先
       ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図ってお
       ります。
      ロ.有価証券及び投資有価証券の一部は満期保有目的の債券であり、発行体の信用リスクに晒されておりますが、
       格付けの高い債券のみに対象を限定し、定期的に発行体の財務状況を把握することにより、リスクの低減を図っ
       ております。
        投資有価証券である株式は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されて
       いますが、定期的に時価や発行体の財務状況を把握することにより減損懸念の早期把握や軽減を図っておりま
       す。
      ハ.営業債務である買掛金及び未払法人税等は、そのほとんどが3ヶ月以内の支払期日であります。
        これら営業債務は流動性リスクに晒されていますが、当社グループでは、各社が適時に資金繰計画を作成・更
       新するとともに、手許流動性の維持などにより流動性リスクを管理しております。
        ファイナンス・リース取引に係る                リース債務     は、主に設備投資に必要な資金調達を目的としたものでありま
       す。このうち一部は、金利の変動リスクに晒されておりますが、金融機関等から定期的に金利情報を入手し、
       マーケットの変動を把握しております。
        リース債務は、毎月資金繰計画を見直す等の方法により、決済、返済時における流動性リスクを回避しており
       ます。
     ③ 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
       金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当
      該価額が変動することもあります。
                                 72/121








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    2.金融商品の時価等に関する事項
      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については次のとおりであります。
      前連結会計年度(        2021年3月31日       )
                                      時価            差額
                      連結貸借対照表計上額
                          (千円)
                                     (千円)            (千円)
    投資有価証券
     満期保有目的の債券                       1,118,152            1,093,982            △24,170

     その他有価証券                       1,096,570            1,096,570               -

           資産計                 2,214,722            2,190,552            △24,170

    リース債務                          4,869            4,864             △4

           負債計                   4,869            4,864             △4

    デリバティブ取引                           -            -            -

       (※1) 現金は注記を省略しており、預金、売掛金、買掛金及び未払法人税等は短期間で決済されるため時価が
           帳簿価額に近似することから、注記を省略しております。
       (※2) 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                 (単位:千円)
                             前連結会計年度
               区分
                            ( 2021年3月31日       )
        その他有価証券
         非上場株式                            900,235
         これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、投資有価証
         券の「その他有価証券」には含めておりません。
       (※3) デリバティブ取引
         「注記事項 (デリバティブ取引関係)」をご参照下さい。
      当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                                      時価            差額
                      連結貸借対照表計上額
                          (千円)
                                     (千円)            (千円)
    投資有価証券
     満期保有目的の債券                        815,258            799,882           △15,376

     その他有価証券                        982,157            982,157              -

           資産計                 1,797,415            1,782,039            △15,376

    リース債務                          1,324            1,325              1

           負債計                   1,324            1,325              1

    デリバティブ取引                           -            -            -

       (※1) 現金は注記を省略しており、預金、売掛金、買掛金及び未払法人税等は短期間で決済されるため時価が
           帳簿価額に近似することから、注記を省略しております。
       (※2) 市場価格のない株式等は、投資有価証券の「その他有価証券」には含まれておりません。当該金融商品
           の連結貸借対照表計上額は以下のとおりです。
                                 (単位:千円)
                             当連結会計年度
               区分
                            ( 2022年3月31日       )
        その他有価証券
         非上場株式                            888,342
       (※3) デリバティブ取引
         「注記事項 (デリバティブ取引関係)」をご参照下さい。
     (注)1.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

                                 73/121


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
        前連結会計年度(        2021年3月31日       )
                                        1年超      5年超
                                 1年以内                   10年超
                                        5年以内      10年以内
                                  (千円)                  (千円)
                                        (千円)      (千円)
        現金及び預金                          8,297,053          -      -      -
        売掛金                          1,212,300          -      -      -
        満期保有目的の債券
         社債                            -      -   1,100,000          -
                   合計               9,509,353          -   1,100,000          -
        当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                                        1年超      5年超

                                 1年以内                   10年超
                                        5年以内      10年以内
                                  (千円)                  (千円)
                                        (千円)      (千円)
        現金及び預金                          8,234,332          -      -      -
        売掛金                          1,186,555          -      -      -
        満期保有目的の債券
         社債                            -      -    800,000         -
                   合計               9,420,887          -    800,000         -
        2.借入金、社債、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

        前連結会計年度(        2021年3月31日       )

                            1年超      2年超      3年超      4年超
                     1年以内                               5年超
                           2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                      (千円)                               (千円)
                            (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
        リース債務               3,544      1,114       209       -      -      -
             合計           3,544      1,114       209       -      -      -
        当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                            1年超      2年超      3年超      4年超

                     1年以内                               5年超
                           2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                      (千円)                               (千円)
                            (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
        リース債務               1,114       209       -      -      -      -
             合計           1,114       209       -      -      -      -
                                 74/121








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
     金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベルに分類して
    おります。
     レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価の算定の
             対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
     レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定に係るイ
             ンプットを用いて算定した時価
     レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
     時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ属するレ
    ベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
    (1)  時価で連結貸借対照表に計上している金融商品

     当連結会計年度(2022年3月31日)
                                     時価(千円)
            区分
                        レベル1         レベル2         レベル3          合計
     投資有価証券
      その他有価証券
       株式                    982,157           -         -      982,157
           資産計                982,157           -         -      982,157
    (2)  時価で連結貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品

     当連結会計年度(2022年3月31日)
                                     時価(千円)
            区分
                        レベル1         レベル2         レベル3          合計
     投資有価証券
      満期保有目的の債券
        社債                     -      799,882           -      799,882
           資産計                  -      799,882           -      799,882
     リース債務                        -       1,325          -       1,325
           負債計                  -       1,325          -       1,325
    (注)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明

     投資有価証券
      株式
       上場株式は取引所の価格によっており、上場株式は活発な市場で取引されているため、その時価をレベル1の時価
      に分類しております。
      社債
       社債は取引金融機関等から提示された価格によっており、市場での取引頻度が低く、活発な市場における相場価
      格とは認められないため、その時価をレベル2の時価に分類しております。
     リース債務
      これらの時価は、元金利の合計額と、当該債務の残存期間及び信用リスクを加味した利率を基に、割引現在価値法
     により算定しており、レベル2の時価に分類しております。
                                 75/121






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (有価証券関係)
    1.売買目的有価証券
      該当事項はありません。
    2.満期保有目的の債券

      前連結会計年度(        2021年3月31日       )
                                      時価            差額

                        連結貸借対照表
               種類
                         計上額(千円)
                                      (千円)            (千円)
           (1)  国債・地方債等
                                -            -            -
    時価が連結
           (2)  社債
                                -            -            -
    貸借対照表
    計上額を超
           (3)  その他
                                -            -            -
    えるもの
               小計                 -            -            -
           (1)  国債・地方債等

                                -            -            -
    時価が連結
           (2)  社債
                            1,118,152            1,093,982            △24,170
    貸借対照表
    計上額を超
           (3)  その他
                                -            -            -
    えないもの
               小計             1,118,152            1,093,982            △24,170
            合計                 1,118,152            1,093,982            △24,170

      当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                                      時価            差額

                        連結貸借対照表
               種類
                         計上額(千円)
                                      (千円)            (千円)
           (1)  国債・地方債等
                                -            -            -
    時価が連結
           (2)  社債
                                -            -            -
    貸借対照表
    計上額を超
           (3)  その他
                                -            -            -
    えるもの
               小計                 -            -            -
           (1)  国債・地方債等

                                -            -            -
    時価が連結
           (2)  社債
                             815,258            799,882           △15,376
    貸借対照表
    計上額を超
           (3)  その他
                                -            -            -
    えないもの
               小計              815,258            799,882           △15,376
            合計                  815,258            799,882           △15,376

                                 76/121






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    3.その他有価証券
      前連結会計年度(        2021年3月31日       )
                                     取得原価             差額

                        連結貸借対照表
               種類
                         計上額(千円)
                                      (千円)            (千円)
           (1)  株式
                             999,880            388,916            610,964
           (2)  債券

            ① 国債・地方債等                    -            -            -

    連結貸借対
    照表計上額
    が取得原価       ② 社債                    -            -            -
    を超えるも
    の
            ③ その他                    -            -            -
           (3)  その他

                                -            -            -
               小計              999,880            388,916            610,964

           (1)  株式

                              96,690           100,650            △3,960
           (2)  債券

            ① 国債・地方債等                    -            -            -

    連結貸借対
    照表計上額
    が取得原価       ② 社債                    -            -            -
    を超えない
    もの
            ③ その他                    -            -            -
           (3)  その他

                                -            -            -
               小計               96,690           100,650            △3,960

            合計                 1,096,570             489,566            607,004

     (注) 非上場株式等(連結貸借対照表計上額                    900,235千円      )については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
        困難と認められることから、上表には含めておりません。
                                 77/121










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      当連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                     取得原価             差額

                        連結貸借対照表
               種類
                         計上額(千円)
                                      (千円)            (千円)
           (1)  株式
                             766,612            244,694            521,917
           (2)  債券

            ① 国債・地方債等                    -            -            -

    連結貸借対
    照表計上額
    が取得原価       ② 社債                    -            -            -
    を超えるも
    の
            ③ その他                    -            -            -
           (3)  その他

                                -            -            -
               小計              766,612            244,694            521,917

           (1)  株式

                             215,545            231,256           △15,711
           (2)  債券

            ① 国債・地方債等                    -            -            -

    連結貸借対
    照表計上額
    が取得原価       ② 社債                    -            -            -
    を超えない
    もの
            ③ その他                    -            -            -
           (3)  その他

                                -            -            -
               小計              215,545            231,256           △15,711

            合計                  982,157            475,951            506,205

     (注) 非上場株式等(連結貸借対照表計上額                    888,342千円      )については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
        困難と認められることから、上表には含めておりません。
    4.売却したその他有価証券

      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
                     売却額            売却益の合計額              売却損の合計額

         種類
                     (千円)              (千円)              (千円)
    (1)  株式
                         585,229              519,963                -
    (2)  債券

     ①   国債・地方債等

                            -              -              -
     ②   社債

                            -              -              -
     ③   その他

                            -              -              -
    (3)  その他

                            -              -              -
         合計                 585,229              519,963                -

                                 78/121




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
                     売却額            売却益の合計額              売却損の合計額

         種類
                     (千円)              (千円)              (千円)
    (1)  株式
                          86,883              73,268                -
    (2)  債券

     ①   国債・地方債等

                            -              -              -
     ②   社債

                            -              -              -
     ③   その他

                            -              -              -
    (3)  その他

                            -              -              -
         合計                 86,883              73,268                -

    5.減損処理を行った有価証券

      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
      当連結会計年度において、その他有価証券の非上場株式について88,295千円減損処理を行っております。
      なお、減損処理にあたっては、時価を把握することが極めて困難と認められる有価証券については、発行会社の財
     政状態の悪化により実質価額が取得価額に比べて50%以上下落した場合には、著しく低下したものとし、回復可能性
     が十分な証拠により裏付けられる場合を除き、減損処理を行っております。
      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )

      当連結会計年度において、その他有価証券の非上場株式について11,893千円減損処理を行っております。
      なお、減損処理にあたっては、時価を把握することが極めて困難と認められる有価証券については、発行会社の財
     政状態の悪化により実質価額が取得価額に比べて50%以上下落した場合には、著しく低下したものとし、回復可能性
     が十分な証拠により裏付けられる場合を除き、減損処理を行っております。
      (デリバティブ取引関係)

       前連結会計年度(        2021年3月31日       )及び当連結会計年度(          2022年3月31日       )
        該当事項はありません。
                                 79/121









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (退職給付関係)
    1.採用している退職給付制度の概要
      国内連結子会社の一部は、次のとおり確定給付型の制度を設定しており、簡便法により退職給付に係る負債及び退
     職給付費用を計算しております。
     (1)  退職一時金
       退職金規程に基づく退職一時金制度を採用しております。
     (2)  退職年金
       従業員退職金の75%について、確定給付企業年金制度を採用しております。
      また、当社及び一部の国内連結子会社は、複数事業主制度の全国情報サービス産業企業年金基金に加入しており、
     確定拠出制度と同様に会計処理を行っています。なお、同企業年金基金は、全国情報サービス産業厚生年金基金(総合
     設立型)が厚生年金保険部分を代行返上して、2017年7月1日付で新たに設立された確定給付企業年金基金へ移行した
     ものであります。
    2.確定給付制度

     (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                           至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        退職給付に係る負債の期首残高                          29,337   千円              28,984   千円
         退職給付費用                         7,364                39,531
         退職給付の支払額                        △7,718                 △9,698
         連結子会社の増加に伴う増加額                           -                 -
         連結子会社の増加に伴う減少額                           -                 -
        退職給付に係る負債の期末残高                          28,984                 58,817
     (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

      産の調整表
                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                            ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        積立型制度の退職給付債務                         374,365    千円             301,080    千円
        年金資産                        △345,381                 △242,263
                                 28,984                 58,817
        非積立型制度の退職給付債務                            -                 -
        連結貸借対照表に計上された負債
                                 28,984                 58,817
        と資産の純額
        退職給付に係る負債                          37,368                 58,817

        退職給付に係る資産                         △8,383                   -
        連結貸借対照表に計上された負債
                                 28,984                 58,817
        と資産の純額
     (3)  退職給付費用

      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
       簡便法で計算した退職給付費用                7,364   千円
      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )

       簡便法で計算した退職給付費用               39,531    千円
                                 80/121



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    3.複数事業主制度
      確定拠出制度と同様に会計処理する、複数事業主制度の全国情報サービス産業企業年金基金への要拠出額は、前連
     結会計年度     24,944千円     、当連結会計年度        28,762千円     であります。
     (1)  複数事業主制度全体の積立状況に関する事項
                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                            ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
                           (2020年3月31日現在)                 (2021年3月31日現在)
        年金資産の額(千円)                       245,064,681                 262,373,998
        年金財政計算上の数理債務の額と
        最低責任準備金の額との合計額                       202,774,961                 206,858,224
        (千円)
        差引額(千円)                        42,289,720                 55,515,774
     (2)  複数事業主制度全体に占める当社及び一部子会社の掛金拠出割合

                前連結会計年度                         当連結会計年度

              (自    2020年4月1日                      (自    2021年4月1日
               至   2021年3月31日       )                至   2022年3月31日       )
              (2020年3月31日現在)                         (2021年3月31日現在)
                        0.3  %                       0.3  %
     (3)  補足説明

       上記(1)の差引額の主な要因は、年金財政計算上の剰余金(前連結会計年度42,324,687千円、当連結会計年度
      55,571,119千円)であります。なお、上記(2)の割合は実際の負担割合とは一致しておりません。
      (ストック・オプション等関係)

       該当事項はありません。
                                 81/121











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度             当連結会計年度

                               (2021年3月31日)             (2022年3月31日)
       繰延税金資産
       未払期末賞与                            58,851   千円            47,039    千円
       賞与引当金                            91,010               87,927
       未払事業税                            19,449               13,650
       税務上の繰越欠損金(注)2                            185,349               214,457
       減損損失                            98,665              124,447
       投資有価証券評価損                            130,378               134,020
       役員退職慰労金                            10,152               10,152
       退職給付に係る負債                            14,393               23,276
       ゴルフ会員権評価損                             3,226               3,226
                                   85,305               71,590
       その他
             繰延税金資産小計
                                   696,782               729,788
       税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額
                                  △175,457               △209,958
       (注)2
       将来減算一時差異等の合計に係る評価性引
                                  △211,950               △224,180
       当額
           評価性引当額小計(注)1                      △387,408               △434,139
       繰延税金資産合計                            309,374               295,648
       繰延税金負債
       退職給付に係る資産                            △2,567                 -
                                  △185,864               △155,000
       その他有価証券評価差額金
       繰延税金負債合計                           △188,431               △155,000
       繰延税金資産(負債)の純額                            120,942               140,648
     (注)   1.当連結会計年度において、評価性引当額が12,296千円増加しております。この増加の主な内容は、連結親会

         社である株式会社株式会社ユニリタにおいてソフトの減損損失に係る評価性引当金を                                       9,741千円を追加的に
         認識したことに伴うものであります。
     (注)   2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
        前連結会計年度(        2021年3月31日       )
                        1年超     2年超     3年超     4年超
                   1年以内                         5年超       合計
                        2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
                   (千円)                         (千円)       (千円)
                        (千円)     (千円)     (千円)     (千円)
        税務上の繰越欠損金
                      45     17     19     44     30    185,192       185,349
        (※1)
        評価性引当額             △45     △17     △19     △44     △30    △175,301       △175,457
        繰延税金資産              -     -     -     -     -     9,891    (※2)9,891
       (※1)    税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
       (※2)    当連結会計年度において、税務上の繰越欠損金                     185,349千円      (法定実効税率を乗じた額)について、繰延税
           金資産   9,891千円     を計上しております。これは、連結子会社である株式会社ビジネスアプリケーションに
           おける税務上の繰越欠損金の残高について繰延税金資産を認識したものであり、将来の課税所得の見込
           みを算定し回収可能と判断した結果、評価性引当額は認識しておりません。
                                 82/121





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
        当連結会計年度(        2022年3月31日       )
                        1年超     2年超     3年超     4年超
                   1年以内                         5年超       合計
                        2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
                   (千円)                         (千円)       (千円)
                        (千円)     (千円)     (千円)     (千円)
        税務上の繰越欠損金
                      17     19     44   11,868     11,607      190,900       214,457
        (※1)
        評価性引当額             △17     △19     △44   △11,868     △7,108     △190,900       △209,958
        繰延税金資産              -     -     -     -   4,498        -   (※2)4,498
       (※1)    税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
       (※2)    当連結会計年度において、税務上の繰越欠損金                     214,457千円      (法定実効税率を乗じた額)について、繰延税
           金資産   4,498千円     を計上しております。これは、連結子会社である株式会社ビジネスアプリケーションに
           おける税務上の繰越欠損金の残高について繰延税金資産を認識したものであり、将来の課税所得の見込
           みを算定し回収可能と判断した結果、評価性引当額は認識しておりません。
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
                               前連結会計年度               当連結会計年度

                              (2021年3月31日)               (2022年3月31日)
       法定実効税率
                                    30.6  %             30.6  %
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                              1.6               1.9
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目                             △1.0               △1.3
       住民税均等割等                              0.6               0.8
       役員賞与引当金                               -               -
       評価性引当額の増減                              3.9               5.7
       のれん償却額                              1.8               2.8
       税額控除                             △3.8               △6.3
                                     1.4               2.8
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                              35.1               37.0
      (資産除去債務関係)

       前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )及び当連結会計年度(自             2021年4月1日        至    2022
      年3月31日     )
       重要性が乏しいため、注記を省略しております。
                                 83/121









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (収益認識関係)
    1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
      顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります
    2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

      「(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項) 4.会計方針に関する事項 (5)                                          重要な収益及び費用の計
     上基準」に記載のとおりであります。
    3.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当連結会計年度末

      において存在する顧客との契約から翌連結会計年度以降に認識すると見込まれる収益の金額及び時期に関する情報
     (1)  契約資産及び契約負債の残高等
                                       (単位:千円)
                                当連結会計年度
                            期首残高          期末残高
       顧客との契約から生じた債権                       1,143,118          1,186,555
       契約資産                        69,181          90,162
       契約負債
                              1,681,576          1,709,199
       前受収益
        当連結会計期間の期首現在の契約負債残高は、ほとんどが当連結会計年度の収益として認識されています。
     (2)  残存履行義務に配分した取引価格

       当初に予想される契約期間が1年を超える重要な契約がないため、実務上の便法を適用し記載を省略しておりま
      す。また、顧客との契約から生じる対価の中に、取引価格に含まれていない重要な金額はありません。
                                 84/121












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    1.報告セグメントの概要
      当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営
     資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
      当社グループは、製品・サービス別の事業会社及び事業部門を置き、各事業会社及び事業部門は、取り扱う製品・
     サービスについて国内及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
      したがって、当社グループは、事業会社及び事業部門を基礎とした製品・サービス別のセグメントから構成されて
     おり、「プロダクトサービス」、「クラウドサービス」及び「プロフェッショナルサービス」の3つを報告セグメン
     トとしております。
      「プロダクトサービス」はITシステム運用領域を主とするメインフレームシステム及びオープン系システム向け
     の各種パッケージソフトウェアの開発・販売及び保守サービス等の提供を行う事業であり、「クラウドサービス」
     は、IT課題、事業課題および社会課題解決に向けた各種クラウドサービスの提供を主に行う事業であります。「プ
     ロフェッショナルサービス」は、データマネジメント、サービスマネジメント、プロセスマネジメントに関するノウ
     ハウを基に、「プロダクトサービス」及び「クラウドサービス」の両事業にて提供する製品やサービスの付加価値を
     高めるようなコンサルティングやシステムインテグレーション、各種技術支援の提供を行う事業であります。
    2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

      報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
     る記載と同一であります。
      報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
      セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
    3.報告セグメントの変更等に関する事項

     (1)セグメント区分の変更等
      当連結会計年度より、事業環境の変化に対応すべく2021年4月に実施した会社組織の変更に伴い、報告セグメント
     を従来の「クラウド」、「プロダクト」、「ソリューション」、「メインフレーム」及び「システムインテグレー
     ション」の5区分から、「プロダクトサービス」、「クラウドサービス」及び「プロフェッショナルサービス」の3
     区分に変更しております。
      また、当連結会計年度より、報告セグメント別の経営成績をマネジメント可能な範囲で測定し、より明確に把握す
     るため、販売費及び一般管理費に係る配分方法を次のとおり変更しております。
      販売費及び一般管理費のうち、各セグメントにおいて管理可能な費用はセグメントに直課し、その他の費用は、合
     理的な基準でセグメント別に配賦しておりますが、事業セグメントに属さない研究開発費用については、調整額に表
     示しております。
      なお、前連結会計年度のセグメント情報は、変更後の報告セグメントの区分及び測定方法に基づき作成したものを
     開示しております。
    (2)会計方針の変更あるいは新収益認識基準等の適用
      会計方針の変更に記載のとおり、当連結会計年度の期首から収益認識会計基準等を適用し、収益認識に関する会計
     処理方法を変更したため、事業セグメントのセグメント間の内部売上高又は振替高の測定方法を同様に変更しており
     ます。
      この結果、従来の方法に比べて、プロフェッショナルサービスのセグメント間の内部売上高又は振替高が32,808千
     円増加しております。利益又は損失については変更はありません。
                                 85/121





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報及び収益の分解情報
      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
                                                   (単位:千円)
                        報告セグメント
                                                    連結損益計
                                              調整額
                                         計            算書計上額
                                プロフェッ
                                              (注)1
                  プロダクト       クラウド
                                                     (注)2
                               ショナルサー
                   サービス       サービス
                                 ビス
    売上高
     外部顧客への売上高              4,231,488       2,885,590       2,944,127      10,061,205           -   10,061,205

     セグメント間の
                     42,044      119,426       424,901       586,371      △ 586,371         -
     内部売上高又は振替高
          計         4,273,532       3,005,016       3,369,028      10,647,577       △ 586,371     10,061,205
    セグメント利益又は
                   1,185,962       △ 229,396       109,631      1,066,197       △ 309,048       757,149
    損失(△)
    その他の項目
     減価償却費                74,825      110,082       22,850      207,758       28,387      236,145

     (注)   1.セグメント利益又は損失(△)の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。なお、
         全社費用とは、報告セグメントに帰属しない販売費及び一般管理費を指しております。
       2.セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       3.セグメント資産の金額は、当社では報告セグメントに資産を配分していないため、開示しておりません。
      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

                                                   (単位:千円)
                        報告セグメント
                                                    連結損益計
                                              調整額
                                         計            算書計上額
                                プロフェッ
                                              (注)1
                  プロダクト       クラウド
                                                     (注)2
                               ショナルサー
                   サービス       サービス
                                 ビス
    売上高
     外部顧客への売上高              4,420,826       2,958,014       3,062,569      10,441,411           -   10,441,411

     セグメント間の
                     47,748      142,373       530,188       720,310      △ 720,310         -
     内部売上高又は振替高
          計         4,468,574       3,100,388       3,592,758      11,161,721       △ 720,310     10,441,411
    セグメント利益又は
                   1,254,536       △ 365,352       84,511      973,695      △ 280,448       693,247
    損失(△)
    その他の項目
     減価償却費                90,317      149,611       53,435      293,364       32,599      325,964

     (注)   1.セグメント利益又は損失(△)の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。なお、
         全社費用とは、報告セグメントに帰属しない販売費及び一般管理費を指しております。
       2.セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       3.セグメント資産の金額は、当社では報告セグメントに資産を配分していないため、開示しておりません。
                                 86/121






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      【関連情報】
     前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
    1.製品及びサービスごとの情報
                                                    (単位:千円)
                                報告セグメント
                                                     合計
                       プロダクト          クラウド
                                        プロフェッショナル
                                           サービス
                        サービス         サービス
     ライセンス                     799,343         274,028          4,594       1,077,965
     技術支援、コンサルテーション
                           427,568         557,084        2,913,977         3,898,630
     及びアウトソーシング
     利用料及び保守サービス料                    2,342,066         1,981,221           25,555        4,348,843
     顧客との契約から生じる収益                    3,568,978         2,812,334         2,944,127         9,325,439

     その他の収益                     662,509          73,256           -       735,766

     外部顧客への売上高                    4,231,488         2,885,590         2,944,127         10,061,205

    2.地域ごとの情報

     (1)  売上高
       本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     (2)  有形固定資産

       本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
      略しております。
    3.主要な顧客ごとの情報

      連結損益計算書の売上高の10%を占める取引先がないため、記載を省略しております。
                                 87/121











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )
    1.製品及びサービスごとの情報
                                                    (単位:千円)
                                報告セグメント
                                                     合計
                       プロダクト          クラウド
                                        プロフェッショナル
                                           サービス
                        サービス         サービス
     ライセンス                     580,290         255,681          15,256         851,229
     技術支援、コンサルテーション
                           613,468         620,204        3,001,911         4,235,584
     及びアウトソーシング
     利用料及び保守サービス料                    2,464,063         2,012,954           45,401        4,522,420
     顧客との契約から生じる収益                    3,657,822         2,888,841         3,062,569         9,609,233

     その他の収益                     763,003          69,173           -       832,177

     外部顧客への売上高                    4,420,826         2,958,014         3,062,569         10,441,411

    2.地域ごとの情報

     (1)  売上高
       本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     (2)  有形固定資産

       本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
      略しております。
    3.主要な顧客ごとの情報

      連結損益計算書の売上高の10%を占める取引先がないため、記載を省略しております。
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

     前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
                                                   (単位:千円)
                         報告セグメント
                                             全社・消去         合計
              プロダクト        クラウド
                            プロフェッショ
                                       計
                             ナルサービス
               サービス        サービス
    減損損失               -      23,874          -      23,874          -      23,874

     当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

                                                   (単位:千円)
                         報告セグメント
                                             全社・消去         合計
              プロダクト        クラウド
                            プロフェッショ
                                       計
                             ナルサービス
               サービス        サービス
    減損損失             24,024        56,299          -      80,323          -      80,323

                                 88/121





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
     前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
                                                   (単位:千円)
                         報告セグメント
                                             全社・消去         合計
              プロダクト        クラウド
                            プロフェッショ
                                       計
                             ナルサービス
               サービス        サービス
    当期償却額               -      27,659        48,286        75,945          -      75,945

    当期末残高               -     210,418        338,007        548,425          -     548,425

     (注) 当期末残高の金額は、2018年3月31日をみなし取得日とした企業結合(株式取得)及び2018年12月31日をみなし
        取得日とした企業結合(株式取得)により発生したものであります。
     当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

                                                   (単位:千円)
                         報告セグメント
                                             全社・消去         合計
              プロダクト        クラウド
                            プロフェッショ
                                       計
                             ナルサービス
               サービス        サービス
    当期償却額               -      27,659        48,286        75,945          -      75,945

    当期末残高               -     182,758        289,721        472,480          -     472,480

     (注) 当期末残高の金額は、2018年3月31日をみなし取得日とした企業結合(株式取得)及び2018年12月31日をみなし
        取得日とした企業結合(株式取得)により発生したものであります。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

     前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )及び当連結会計年度(自             2021年4月1日        至   2022年3
     月31日   )
      該当事項はありません。
                                 89/121










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      【関連当事者情報】
    1.関連当事者との取引
     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )

        該当事項はありません。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )及び当連結会計年度(自             2021年4月1日        至    2022
      年3月31日     )
        該当事項はありません。
    2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)  親会社情報
       前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )及び当連結会計年度(自             2021年4月1日        至    2022
      年3月31日     )
        該当事項はありません。
     (2)  重要な関連会社の要約財務情報

       前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )及び当連結会計年度(自             2021年4月1日        至    2022
      年3月31日     )
        該当事項はありません。
                                 90/121












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                           前連結会計年度                  当連結会計年度

                         (自    2020年4月1日               (自    2021年4月1日
                          至   2021年3月31日       )         至   2022年3月31日       )
    1株当たり純資産額                             1,470円53銭                  1,457円70銭
    1株当たり当期純利益金額                              109円62銭                  68円59銭

     (注) 1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度             当連結会計年度
                                (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                                至   2021年3月31日       )    至   2022年3月31日       )
    親会社株主に帰属する当期純利益金額(千円)                                   840,867             522,254
    普通株主に帰属しない金額(千円)                                      -             -

    普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益金額
                                        840,867             522,254
    (千円)
    普通株式の期中平均株式数(株)                                  7,670,052             7,614,019
      (重要な後発事象)

       譲渡制限付株式報酬制度の導入
       当社は、2022年5月13日開催の取締役会において、新しい役員報酬制度として、譲渡制限付株式報酬制度(以下
      「本制度」といいます。)の導入を決議し、本制度に関する議案を2022年6月23日開催の第40期定時株主総会に付
      議し、承認決議されました。
       1.本制度の導入目的
        当社の取締役(社外取締役を除く)(以下「対象取締役」といいます。)を対象に、当社の企業価値の持続的
       な向上を図るインセンティブを与えるとともに、当社の取締役と株主の皆様との一層の価値共有を進めることを
       目的として譲渡制限付株式を割り当てる報酬制度として導入するものです。
       2.本制度の概要

        対象取締役は、本制度に基づき当社から支給された金銭報酬債権の全部を現物出資財産として払込み、当社普
       通株式の発行又は処分を受けることとなります。
        対象取締役に対して支給される報酬総額は、現行の報酬額の範囲内で年額40百万円以内とし、本制度により発
       行又は処分される当社普通株式の総数は年22,000株以内といたします(なお、当社普通株式の株式分割又は株式
       併合が行われるなど株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、発行又は処分される株式数を
       合理的に調整することができるものとします。)。
        本制度により発行または処分される譲渡制限付株式の払込金額は、当社取締役会決議の日の前営業日における
       東京証券取引所における当社普通株式の終値(同日に取引が成立していない場合は、直近取引日の終値)を基礎
       として、当該譲渡制限付株式を引き受ける対象取締役に特に有利な金額とはならない範囲で当社取締役会におい
       て決定いたします。
        本制度の導入目的の一つである株主価値の共有を中長期にわたって実現するため、譲渡制限期間は譲渡制限付
       株式の交付日から当該対象取締役が当社及び当社子会社の取締役の地位を退任するまでの期間としております。
        各対象取締役への具体的な支給時期及び配分については、当社取締役会において決定いたします。
       なお、本制度による当社普通株式の発行又は処分に当たっては、当社と対象取締役との間で譲渡制限付株式割当
      契約(以下「本割当契約」といいます。)を締結するものとし、その内容として、次の事項が含まれることとしま
      す。
       ① 対象取締役は、あらかじめ定められた期間、本割当契約により割当てを受けた当社の普通株式について譲
         渡、担保権の設定その他の処分をしてはならないこと
       ② 一定の事由が生じた場合には当社が当該普通株式を無償で取得すること
       なお、当社の執行役員、従業員(年俸者)および当社子会社の取締役(社外取締役を除きます。)に対しても、

      本制度と同様の譲渡制限付株式を割当てる予定であります。
                                 91/121


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      ⑤ 【連結附属明細表】
       【社債明細表】
       該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

                      当期首残高         当期末残高         平均利率

           区分                                       返済期限
                       (千円)         (千円)         (%)
    1年以内に返済予定のリース債務                      3,544         1,114          -      ―
    リース債務(1年以内に返済予定
                                                   2023年
                          1,324          209         -
    のものを除く。)
           合計               4,869         1,324          ―      ―
     (注)   1.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を定額法により各連結会計年度に配
         分しているため、記載しておりません。
       2.リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における1年ごとの返済予定額は次
         のとおりであります。
                    1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

                      (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
          リース債務                209          -          -          -
       【資産除去債務明細表】

       当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会計
      年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定により記
      載を省略しております。
                                 92/121












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
     (2) 【その他】
       当連結会計年度における四半期情報等
        (累計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度

    売上高(千円)                  2,474,227          4,967,224          7,533,639         10,441,411

    税金等調整前四半期(当期)
                        212,965          376,289          512,229          827,413
    純利益金額(千円)
    親会社株主に帰属する
    四半期(当期)純利益金額                    134,233          232,366          310,223          522,254
    (千円)
    1株当たり四半期(当期)
                       17円50銭          30円29銭          40円58銭          68円59銭
    純利益金額(円)
        (会計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

    1株当たり四半期純利益金額
                       17円50銭          12円79銭          10円25銭          28円17銭
    (円)
                                 93/121















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    2  【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ① 【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                   ※2   6,015,883            ※2   5,767,206
        現金及び預金
                                    ※1   759,550            ※1   654,681
        売掛金
        契約資産                                   -            74,117
        仕掛品                                3,144               818
                                    ※1   149,198            ※1   157,375
        前払費用
        関係会社短期貸付金                               779,196              809,196
                                     ※1   32,307            ※1   79,654
        その他
                                      △ 430,000             △ 460,000
        貸倒引当金
        流動資産合計                              7,309,280              7,083,049
      固定資産
        有形固定資産
         建物                               21,000              21,620
         工具、器具及び備品                               34,143              49,784
         車両運搬具                                 -             420
                                        57,220              57,220
         土地
         有形固定資産合計                              112,363              129,045
        無形固定資産
         ソフトウエア                              423,876              402,841
                                        2,361              2,361
         電話加入権
         無形固定資産合計                              426,238              405,203
        投資その他の資産
         投資有価証券                             3,113,342              2,685,506
         関係会社株式                             1,224,464              1,224,464
         関係会社出資金                               18,003              18,003
         出資金                               10,117              10,117
         関係会社長期貸付金                              312,247              253,051
         繰延税金資産                               39,624              43,177
         差入保証金                              148,717               95,388
         その他                               34,646              32,397
                                      △ 120,000              △ 90,000
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             4,781,164              4,272,107
        固定資産合計                              5,319,766              4,806,356
      資産合計                               12,629,047              11,889,405
                                 94/121







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
      流動負債
                                    ※1   141,504            ※1   157,866
        買掛金
                                    ※1   103,244            ※1   83,434
        未払金
        未払費用                               299,490              245,055
        未払法人税等                               225,349                 -
        未払消費税等                                80,451              26,624
                                   ※1   1,330,600            ※1   1,326,320
        前受収益
        預り金                                22,890              21,353
        賞与引当金                               145,921              147,423
        受注損失引当金                                1,736                -
                                         218               -
        その他
        流動負債合計                              2,351,407              2,008,079
      固定負債
        長期未払金                               123,142              115,333
                                        28,692              24,127
        退職給付引当金
        固定負債合計                               151,834              139,461
      負債合計                                2,503,241              2,147,540
     純資産の部
      株主資本
        資本金                              1,330,000              1,330,000
        資本剰余金
         資本準備金                             1,450,500              1,450,500
                                       514,941                 -
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                             1,965,441              1,450,500
        利益剰余金
         利益準備金                              120,000              120,000
         その他利益剰余金
          別途積立金                            1,982,200              1,982,200
                                      5,545,693              5,241,083
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                             7,647,893              7,343,283
        自己株式                             △ 1,238,669              △ 733,124
        株主資本合計                              9,704,665              9,390,659
      評価・換算差額等
                                       421,139              351,205
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                               421,139              351,205
      純資産合計                               10,125,805               9,741,864
     負債純資産合計                                 12,629,047              11,889,405
                                 95/121







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      ② 【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                   ※1   5,839,826            ※1   5,672,903
     売上高
                                   ※1   1,761,379            ※1   1,482,387
     売上原価
     売上総利益                                 4,078,447              4,190,516
                                  ※1 ,※2   3,560,799          ※1 ,※2   3,782,227
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                  517,648              408,288
     営業外収益
                                     ※1   12,520            ※1   14,219
      受取利息
      受取配当金                                 123,250              103,765
                                     ※1   39,649            ※1   65,968
      受取事務手数料
      保険配当金                                  7,480              9,376
      為替差益                                    -             541
                                        11,575               2,565
      その他
      営業外収益合計                                 194,475              196,436
     営業外費用
      為替差損                                   266               -
      コミットメントフィー                                  1,002              1,000
      支払手数料                                    -            1,331
      その他                                   266               -
                                    ※3   150,000
                                                        -
      貸倒引当金繰入額
      営業外費用合計                                 151,535               2,331
     経常利益                                  560,588              602,393
     特別利益
                                       519,963               73,268
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                 519,963               73,268
     特別損失
      投資有価証券評価損                                 86,298              10,529
      投資有価証券償還損                                    -             660
                                          -            51,502
      減損損失
      特別損失合計                                 86,298              62,691
     税引前当期純利益                                  994,253              612,970
     法人税、住民税及び事業税
                                       334,290              127,223
                                        9,768              27,311
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  344,058              154,534
     当期純利益                                  650,194              458,435
                                 96/121








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      【売上原価明細書】
                            前事業年度                 当事業年度

                          (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                          至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
                    注記               構成比                 構成比
          区分               金額(千円)                 金額(千円)
                    番号                (%)                 (%)
    1.ロイヤリティ                         571,513       32.4          573,948       38.7
                            1,189,865                  908,439

    2.当期製品製造原価                                 67.6                 61.3
      当期売上原価                      1,761,379        100.0          1,482,387        100.0

                                 97/121

















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      ③ 【株主資本等変動計算書】
       前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                         資本剰余金                   利益剰余金
                                           その他利益剰余金
               資本金
                          その他     資本剰余金                     利益剰余金
                    資本準備金                利益準備金
                                               繰越利益
                         資本剰余金       合計                     合計
                                         別途積立金
                                                剰余金
    当期首残高           1,330,000     1,450,500      514,941     1,965,441      120,000     1,982,200     5,394,053     7,496,253
    当期変動額
     剰余金の配当                                          △ 498,554     △ 498,554
     当期純利益                                           650,194     650,194
     自己株式の取得
     自己株式の消却
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計              -     -     -     -     -     -   151,640     151,640
    当期末残高           1,330,000     1,450,500      514,941     1,965,441      120,000     1,982,200     5,545,693     7,647,893
                  株主資本         評価・換算差額等

                          その他

                                    純資産合計
                    株主資本          評価・換算
               自己株式           有価証券
                     合計         差額等合計
                         評価差額金
    当期首残高          △ 1,238,585     9,553,108      530,708     530,708    10,083,817

    当期変動額
     剰余金の配当               △ 498,554               △ 498,554
     当期純利益                650,194                650,194
     自己株式の取得            △ 83     △ 83               △ 83
     自己株式の消却                   -                -
     株主資本以外の項目
                          △ 109,569     △ 109,569     △ 109,569
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計             △ 83   151,557     △ 109,569     △ 109,569      41,987
    当期末残高          △ 1,238,669     9,704,665      421,139     421,139    10,125,805
                                 98/121








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
       当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                         資本剰余金                   利益剰余金
                                           その他利益剰余金
               資本金
                          その他     資本剰余金                     利益剰余金
                    資本準備金                利益準備金
                                               繰越利益
                         資本剰余金       合計                     合計
                                         別途積立金
                                                剰余金
    当期首残高           1,330,000     1,450,500      514,941     1,965,441      120,000     1,982,200     5,545,693     7,647,893
    当期変動額
     剰余金の配当                                          △ 506,222     △ 506,222
     当期純利益                                           458,435     458,435
     自己株式の取得
     自己株式の消却                     △ 514,941     △ 514,941               △ 256,822     △ 256,822
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計              -     -  △ 514,941     △ 514,941        -     -  △ 304,609     △ 304,609
    当期末残高           1,330,000     1,450,500         -  1,450,500      120,000     1,982,200     5,241,083     7,343,283
                  株主資本         評価・換算差額等

                          その他

                                    純資産合計
                    株主資本          評価・換算
               自己株式           有価証券
                     合計         差額等合計
                         評価差額金
    当期首残高          △ 1,238,669     9,704,665      421,139     421,139    10,125,805

    当期変動額
     剰余金の配当               △ 506,222               △ 506,222
     当期純利益                458,435                458,435
     自己株式の取得          △ 266,220     △ 266,220               △ 266,220
     自己株式の消却           771,764        -                -
     株主資本以外の項目
                          △ 69,933     △ 69,933     △ 69,933
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計           505,544     △ 314,006     △ 69,933     △ 69,933    △ 383,940
    当期末残高           △ 733,124     9,390,659      351,205     351,205     9,741,864
                                 99/121









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      【注記事項】
      (重要な会計方針)
    1.資産の評価基準及び評価方法
     (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
      ① 満期保有目的の債券
        償却原価法(定額法)を採用しております。
      ② 子会社株式及び関連会社株式
        移動平均法による原価法を採用しております。
      ③ その他有価証券
        市場価格のない株式等以外のもの
         時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
        市場価格のない株式等
         移動平均法による原価法を採用しております。
     (2)  棚卸資産の評価基準及び評価方法

      ① 仕掛品
        個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
      ② 貯蔵品
        最終仕入原価法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
    2.固定資産の減価償却の方法

     (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
       定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額法によって
      おります。
       なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
        建物           8~18年
        工具、器具及び備品           4~15年
        車両運搬具                    3年
     (2)  無形固定資産(リース資産を除く)

       定額法を採用しております。
       なお、市場販売目的のソフトウェアは販売可能な見込有効期間(3年)に基づく定額法によっております。自社利
      用目的のソフトウェアは社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
     (3)  リース資産

       所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
    3.引当金の計上基準

     (1)  貸倒引当金
       債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
      いては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
     (2)  賞与引当金

       従業員に対する賞与の支給に備えるため、当事業年度に負担すべき支給見込額を計上しております。
                                100/121




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
     (3)  受注損失引当金
       受注契約に係る将来の損失に備えるため、当事業年度末における受注契約に係る損失見込額を計上しておりま
      す。ただし、当事業年度は翌事業年度以降に発生が見込まれる損失がないため、受注損失引当金は計上しておりま
      せん。
     (4)  退職給付引当金

       従業員の退職給付に備えるため、当期末における退職給付債務の見込額に基づき、当期末において発生している
      と認められる額を計上しております。
       また、退職給付債務の計算については、「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25
      号)に定める簡便法に基づき算定しております。
    4.収益及び費用の計上基準

      当社はソフトウェア事業を行っており、主にソフトウェアのライセンスの販売、ソフトウェアのクラウド上での
     サービス提供、ソフトウェアの保守サービス及びソフトウェアの開発に関する技術支援サービスについて、それぞれ
     顧客と契約を締結し財又はサービスを提供しております。
      なお、約束した対価の金額に重要な金融要素は含まれておりません。
     (1)  ソフトウェアのライセンスの販売
       当社におけるソフトウェアのライセンスの販売は、通常供与後に当社が知的財産の形態又は機能性を変化させる
      活動又はライセンス期間にわたって知的財産の価値を維持するための活動を実施する義務を負わないため、使用権
      として一時点(納品時点)で収益を認識しております。
       また、通常の支払期限は履行義務の充足時点である取引成立時点から概ね1か月以内で支払いを受けておりま
      す。
     (2)  ソフトウェアのクラウド上でのサービス提供
       当社におけるソフトウェアのクラウド上でのサービス提供は、一定の期間にわたり均一のサービスを提供してい
      るため、履行義務の充足の進捗度(時の経過)に応じて収益を認識しております。
       また、通常の支払期限は履行義務の充足前に受領し、前受収益として計上しておりますが、履行義務の充足時点
      である取引成立時点から概ね1か月以内で支払いを受けている場合もあります。
     (3)  ソフトウェアの保守サービス
       当社におけるソフトウェアの保守サービスは一定の期間にわたり均一のサービスを提供しているため、履行義務
      の充足の進捗度(時の経過)に応じて収益を認識しております。
       また、通常の支払期限は履行義務の充足前に受領し前受収益として計上しております。
     (4)  ソフトウェアの開発に関する技術支援サービス
       当社におけるソフトウェアの開発に関する技術支援サービスのうち一括請負などの成果物の引渡し義務を負う
      サービス契約は、原則としてプロジェクト見積総原価に対する当事業年度末までの発生原価の割合で進捗度を測定
      する方法に基づいて一定期間にわたり収益を認識しております。また、技術者を派遣し継続して役務を提供する
      サービス契約は、サービスが提供される期間に対する提供済み期間の割合で進捗度を測定する方法に基づいて一定
      期間にわたり収益を認識しております。
       また、通常の支払期限は履行義務の充足時点である取引成立時点から概ね1か月以内で支払いを受けております
      が、履行義務の充足前に受領し前受収益として計上している場合もあります。
      (重要な会計上の見積り)

     (関係会社株式の評価)
    1.当事業年度の財務諸表に計上した金額
                        前事業年度              当事業年度
          関係会社株式                 623,741千円              623,741千円
      当事業年度において評価損を計上しておりませんが、翌事業年度の財務諸表に重要な影響を及ぼすリスクに鑑みて
     開示項目として識別しております。
     (注) 関係会社株式のうち株式会社無限の金額を記載しております。
    2.識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する事項

      当社は、買収により取得した株式会社無限に係る関係会社株式の評価に際し、1株当たりの純資産額に取得時に見
                                101/121

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
     込んだ超過収益力を反映させたものを実質価額として、当該実質価額と取得原価とを比較し減損処理の要否を判定し
     た結果、当事業年度において実質価額に著しい低下は認められず、減損は不要と判断しております。当該検討にあ
     たっ  ては、取得時点における事業計画に対し、当事業年度を含む取得日以降の期間における実績推移との比較、差異
     要因の分析に加え、事業環境の変化を織り込んだ最新の中期経営計画に含まれる将来事業計画との比較を実施してい
     ます。事業計画の見積りに当たっての主要な仮定は売上高の拡大見込みと捉えています。
      将来事業計画と主要な仮定である売上高の拡大見込みは、市場の需給バランスの変化や予測できない事業環境の変
     化により不確実性が高く、経営者による評価や判断によって大きく影響を及ぼす性質を有していることから、見積り
     の前提条件に変更があった場合には関係会社株式の金額に重要な影響を与える可能性があります。
      なお、現時点で新型コロナウイルス感染症の収束時期などを想定することは困難であるものの、同社の事業計画の
     進捗状況等の情報に基づき検討し、同感染症による同社収益における影響は限定的であると仮定して当事業年度の会
     計上の見積りを行っております。
      (ソフトウェアの評価)

    1.当事業年度の財務諸表に計上した金額
                        前事業年度              当事業年度
          ソフトウェア                  423,876千円              402,841千円
           減損損失                   ―            51,502
      当事業年度において減損損失を計上しており、翌事業年度の財務諸表に重要な影響を及ぼすリスクに鑑みて開示項
     目として識別しております。
    2.識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する事項
      当社では、自社利用のソフトウェア及び市場販売目的のソフトウェアを将来キャッシュ・フローに基づき、将来の
     収益獲得又は費用削減が確実と認められる場合はソフトウェアに計上しております。
      また、資産計上後の状況の変化により減損の兆候が識別され、事業計画に基づく割引前将来キャッシュ・フローの
     総額が帳簿価額を下回り減損損失を認識すべきであると判定された場合には、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、
     帳簿価額と回収可能価額との差額は減損損失として計上しております。
      市場販売目的のソフトウェアについては、得意先との商談の状況、成長予測等の企業内外の情報を踏まえ、将来に
     おける新規受注の獲得見込みによる売上の増加を主要な仮定として織り込んでおります。
      上記の見込販売収益の見積りの基礎となる事業計画には、各製品、サービスの将来の受注見込、案件規模及び計上
     時期に関しての仮定が含まれており、将来の不確実な経済条件の変動等により、これらの仮定と実績が異なる場合に
     は、翌事業年度に係る財務諸表において認識する金額に重要な影響を与える可能性があります。
      なお、現時点で新型コロナウイルス感染症の収束時期などを想定することは困難であるものの、同社の事業計画の
     進捗状況等の情報に基づき検討し、同感染症による同社収益における影響は限定的であると仮定して当事業年度の会
     計上の見積りを行っております。
                                102/121








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (会計方針の変更)
     (収益認識に関する会計基準等の適用)
      「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等
     を当事業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交
     換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。
      収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
     り、当事業年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当事業年度の期首の繰越利益
     剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しておりますが、当該期首残高に与える影響はありませ
     ん。また、収益認識会計基準等の適用による、財務諸表に与える影響は軽微であります。
      収益認識会計基準等を適用したため、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」に表示していた「売掛金」
     は、当事業年度より「売掛金」と「契約資産」に区分して表示することといたしました。なお、収益認識会計基準第
     89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前事業年度について新たな表示方法により組替えを行っておりません。
      なお、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従って、前事業年度に係る「収益認識関係」注記につ
     いては記載しておりません。
     (時価の算定に関する会計基準等の適用)

      「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)等
     を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号
     2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計方針を、将来
     にわたって適用することとしております。なお、財務諸表に与える影響はありません。
                                103/121













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (貸借対照表関係)
    ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示されたものを除く)
                             前事業年度                 当事業年度

                            ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        短期金銭債権                       83,961   千円             152,954    千円
        短期金銭債務                       62,240                 87,806
    ※2 担保に供している資産及び担保に係る債務

       ユニリタ共済会の金融機関からの借入枠600,000千円に対して担保を提供しております。
       また、当該担保に供している資産に対応する債務残高は、「3 保証債務」に記載のとおりであります。
                             前事業年度                 当事業年度

                            ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        現金及び預金                      700,000    千円             600,000    千円
     3 保証債務

       ユニリタ共済会の金融機関からの借入金に対して債務保証を行っております。
                前事業年度                           当事業年度

              ( 2021年3月31日       )                    ( 2022年3月31日       )
        ユニリタ共済会               89,968   千円         ユニリタ共済会               84,479   千円
     4 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行1行とコミットメントライン契約を締結しております。こ

      れらの契約に基づく事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                             前事業年度                 当事業年度

                            ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        貸出コミットメントの総額                     1,000,000     千円            1,000,000     千円
        借入実行残高                         -                 -
        差引額                     1,000,000                 1,000,000
                                104/121










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (損益計算書関係)
    ※1 関係会社との取引高
                 前事業年度                         当事業年度

              (自    2020年4月1日                      (自    2021年4月1日
               至   2021年3月31日       )                至   2022年3月31日       )
        営業取引による取引高                         営業取引による取引高
         売上高                331,142    千円     売上高                387,967    千円
         営業費用                379,957         営業費用                483,401
        営業取引以外の取引による                         営業取引以外の取引による
                          59,245                         87,146
        取引高                         取引高
    ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度60%、当事業年度68%、一般管理費に属する費用のおおよそ

      の割合は前事業年度40%、当事業年度32%であります。
       販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                 前事業年度                         当事業年度

              (自    2020年4月1日                      (自    2021年4月1日
               至   2021年3月31日       )                至   2022年3月31日       )
        外注費                 302,455    千円    外注費                 366,381    千円
        役員報酬                 227,999       役員報酬                 195,195
        給料及び手当                1,058,867         給料及び手当                1,201,022
        賞与                 197,220       賞与                 209,592
        賞与引当金繰入額                  60,106       賞与引当金繰入額                  88,432
        法定福利費                 198,547       法定福利費                 227,468
        減価償却費                  21,486       減価償却費                  32,599
        研究開発費                 558,262       研究開発費                 371,736
    ※3 貸倒引当金繰入額

      前事業年度(自         2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
       関係会社への短期貸付金及び長期貸付金に対するものであります。
      当事業年度(自         2021年4月1日        至    2022年3月31日       )

       該当事項はありません。
                                105/121









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (有価証券関係)
      前事業年度(      2021年3月31日       )
       関係会社株式及び関係会社出資金は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、関係
      会社株式及び関係会社出資金の時価を記載しておりません。
       なお、時価を把握することが極めて困難と認められる関係会社株式及び関係会社出資金の貸借対照表計上額は次
      のとおりです。
                           前事業年度

              区分
                            (千円)
        関係会社株式                       1,224,464
        関係会社出資金                         18,003
               計                 1,242,467
       当事業年度(      2022年3月31日       )

       関係会社株式及び関係会社出資金は、市場価格のない株式等のため、関係会社株式及び関係会社出資金の時価を
      記載しておりません。
       なお、市場価格のない株式等の関係会社株式及び関係会社出資金の貸借対照表計上額は次のとおりです。
                           当事業年度

              区分
                            (千円)
        関係会社株式                       1,224,464
        関係会社出資金                         18,003
               計                 1,242,467
                                106/121













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度               当事業年度

                               ( 2021年3月31日       )       ( 2022年3月31日       )
       繰延税金資産
        賞与引当金                            44,681   千円            45,141   千円
        未払期末賞与                            52,106               37,505
        未払事業税                            16,437               4,702
        投資有価証券評価損                           123,230               126,454
        関係会社株式評価損                            57,138               57,138
        減損損失                            91,355              107,395
        ゴルフ会員権評価損                            3,226               3,226
        役員退職慰労金                            7,672               7,672
        貸倒引当金                           168,410               168,410
                                   58,684               41,391
        その他
        繰延税金資産小計
                                   622,941               599,038
                                  △397,452               △400,860
        評価性引当額(注)
             繰延税金資産合計                      225,489               198,178
       繰延税金負債
                                  △185,864               △155,000
        その他有価証券評価差額金
         繰延税金負債合計                         △185,864               △155,000
         繰延税金資産(負債)の純額                           39,624               43,177
     (注) 評価性引当額が3,407千円増加しております。この増加の主な内容は、投資有価証券評価損に関する評価性引当
        額を3,224千円追加的に認識したことに伴うものであります。
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
                                前事業年度               当事業年度

                               ( 2021年3月31日       )       ( 2022年3月31日       )
       法定実効税率
                                    30.6  %             30.6  %
        (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                              0.8               0.9
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目                             △1.8               △2.3
       住民税均等割等                              0.5               0.6
       評価性引当額の増減                              7.1               0.6
       税額控除                             △4.4               △8.2
                                     1.8               3.1
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                              34.6               25.3
      (収益認識関係)

       顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は、「(重要な会計方針)4.収益及び費用の計
      上基準」に記載のとおりであります。
                                107/121





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      (重要な後発事象)
       譲渡制限付株式報酬制度の導入
       当社は、2022年5月13日開催の取締役会において、新しい役員報酬制度として、譲渡制限付株式報酬制度(以下
      「本制度」といいます。)の導入を決議し、本制度に関する議案を2022年6月23日開催の第40期定時株主総会に付
      議し、承認決議されました。
       1.本制度の導入目的
        当社の取締役(社外取締役を除く)(以下「対象取締役」といいます。)を対象に、当社の企業価値の持続的
       な向上を図るインセンティブを与えるとともに、当社の取締役と株主の皆様との一層の価値共有を進めることを
       目的として譲渡制限付株式を割り当てる報酬制度として導入するものです。
       2.本制度の概要

        対象取締役は、本制度に基づき当社から支給された金銭報酬債権の全部を現物出資財産として払込み、当社普
       通株式の発行又は処分を受けることとなります。
        対象取締役に対して支給される報酬総額は、現行の報酬額の範囲内で年額40百万円以内とし、本制度により発
       行又は処分される当社普通株式の総数は年22,000株以内といたします(なお、当社普通株式の株式分割又は株式
       併合が行われるなど株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、発行又は処分される株式数を
       合理的に調整することができるものとします。)。
        本制度により発行または処分される譲渡制限付株式の払込金額は、当社取締役会決議の日の前営業日における
       東京証券取引所における当社普通株式の終値(同日に取引が成立していない場合は、直近取引日の終値)を基礎
       として、当該譲渡制限付株式を引き受ける対象取締役に特に有利な金額とはならない範囲で当社取締役会におい
       て決定いたします。
        本制度の導入目的の一つである株主価値の共有を中長期にわたって実現するため、譲渡制限期間は譲渡制限付
       株式の交付日から当該対象取締役が当社及び当社子会社の取締役の地位を退任するまでの期間としております。
        各対象取締役への具体的な支給時期及び配分については、当社取締役会において決定いたします。
       なお、本制度による当社普通株式の発行又は処分に当たっては、当社と対象取締役との間で譲渡制限付株式割当
      契約(以下「本割当契約」といいます。)を締結するものとし、その内容として、次の事項が含まれることとしま
      す。
       ① 対象取締役は、あらかじめ定められた期間、本割当契約により割当てを受けた当社の普通株式について譲
         渡、担保権の設定その他の処分をしてはならないこと
       ② 一定の事由が生じた場合には当社が当該普通株式を無償で取得すること
        なお、当社の執行役員、従業員(年俸者)および当社子会社の取締役(社外取締役を除きます。)に対して

       も、本制度と同様の譲渡制限付株式を割当てる予定であります。
                                108/121








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
      ④ 【附属明細表】
       【有形固定資産等明細表】
                                                  (単位:千円)
                                                    減価償却
       区分        資産の種類        当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                    累計額
            建物            21,000      7,229       31     6,578     21,620     369,553

    有形固定資産
            工具、器具及び備品            34,143      32,168       10    16,517      49,784     183,920

            車両運搬具              -     689      -      268      420      268

            土地            57,220        -     -      -    57,220        -

                計        112,363      40,086       41    23,364     129,045      553,741

                                   51,502
            ソフトウェア            423,876      204,092            173,624      402,841     2,099,732
    無形固定資産
                                   (51,502)
            電話加入権             2,361       -     -      -    2,361       -
                                   51,502
                計        426,238      204,092            173,624      405,203     2,099,732
                                   (51,502)
     (注)1.ソフトウェアの増加額は主に販売用ソフトウェアの開発に伴うものであります。
       2.当期減少額のうち(  )内は内書きで、減損損失の計上額であります。
       【引当金明細表】

                                                  (単位:千円)
          科目          当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高

    貸倒引当金(流動)                   430,000          30,000            -       460,000

    貸倒引当金(固定)                   120,000            -        30,000          90,000

    賞与引当金                   145,921          147,423          145,921          147,423

    受注損失引当金                    1,736           -        1,736           -

     (2) 【主な資産及び負債の内容】

       連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
     (3) 【その他】

       該当事項はありません。
                                109/121







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
    事業年度             4月1日から3月31日まで

    定時株主総会             毎年6月

    基準日             3月31日

                 9月30日
    剰余金の配当の基準日
                 3月31日
    1単元の株式数             100株
    単元未満株式の買取り

                 (特別口座)
      取扱場所
                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                 (特別口座)
      株主名簿管理人
                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社
      取次所           ―
      買取手数料           無料

                 当会社の公告掲載方法は、電子公告とします。ただし、事故その他やむを得ない事由
                 によって電子公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載して
    公告掲載方法
                 行います。
                 なお、公告掲載場所は当社ホームページ(https://www.unirita.co.jp/)であります。
                 対象となる株主さまの保有株式数に応じてポイントが贈呈されます。株主さま限定特
                 設ウェブサイト「ユニリタ・プレミアム優待倶楽部」において、そのポイントを使
                 い、お好みの商品と交換いただけます。また、社会貢献活動への寄付も可能です。
                     保有株式数                  贈呈ポイント
                     200~299株                  2,000ポイント
    株主に対する特典
                     300~399株                  3,000ポイント
                     400~499株                  5,000ポイント
                     500~599株                  7,000ポイント
                      600株~                 10,000ポイント
     (注) 当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができませ

        ん。
        会社法第189条第2項各号に掲げる権利
        会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
        株主の有する株式数に応じて募集株式の割当ておよび募集新株予約権の割当てを受ける権利
        株主の有する単元未満株式の数と併せて単元株式数となる数の株式を売り渡すことを請求する権利
                                110/121








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

     当社には、親会社等はありません。
    2 【その他の参考情報】

     当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

       事業年度      第39期   (自    2020年4月1日        至    2021年3月31日       )2021年6月18日関東財務局長に提出
     (2)  内部統制報告書及びその添付書類

       2021年6月18日関東財務局長に提出
     (3)  四半期報告書及び確認書

       第40期   第1四半期(自         2021年4月1日        至    2021年6月30日       ) 2021年8月11日関東財務局長に提出
       第40期   第2四半期(自         2021年7月1日        至    2021年9月30日       ) 2021年11月11日関東財務局長に提出
       第40期   第3四半期(自         2021年10月1日        至    2021年12月31日       ) 2022年2月14日関東財務局長に提出
     (4)自己株券買付状況報告書

       2021年12月10日関東財務局長に提出
                                111/121













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                112/121



















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
                独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                2022年6月24日

    株式会社ユニリタ
     取締役会 御中
                           EY新日本有限責任監査法人

                            東京事務所

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士       楢 崎 律 子
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士       岡 部   誠
                            業務執行社員
    <財務諸表監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げら
    れている株式会社ユニリタの2021年4月1日から2022年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すな
    わち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー
    計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
    式会社ユニリタ及び連結子会社の2022年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経
    営成績及びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国におけ
    る職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責
    任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当連結会計年度の連結財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重
    要であると判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、連結財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見
    の形成において対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
                                113/121







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ユニリタ(E05561)
                                                           有価証券報告書
    株式会社無限及び株式会社ビジネスアプリケーションの取得時に生じたのれんの評価

           監査上の主要な検討事項の
                                         監査上の対応
             内容及び決定理由
     会社は、2022年3月31日現在、連結貸借対照表                           当監査法人は、のれんの評価を検討するに当たり、主
    上、のれんを472,480千円(総資産の3.3%)計                           として以下の監査手続を実施した。
    上している。のれんは2018年2月に株式会社無限及                           ・ 取得時点における事業計画と当連結会計年度を含む
    び2018年11月に株式会社ビジネスアプリケーショ                            取得日以降の期間における実績推移との比較分析資料
    ン