フランクリン・テンプルトン・グローバル・プレミア小型株ファンド(年2回決算型) 有価証券報告書(内国投資信託受益証券) 第7期(令和3年12月7日-令和4年6月6日)

提出書類 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)-第7期(令和3年12月7日-令和4年6月6日)
提出日
提出者 フランクリン・テンプルトン・グローバル・プレミア小型株ファンド(年2回決算型)
カテゴリ 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      有価証券報告書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      2022年9月6日      提出
      【計算期間】                      第7期(自     2021年12月7日至        2022年6月6日)
      【ファンド名】                      LM・グローバル・プレミア小型株ファンド(年2回決算型)
                           ※2022年9月7日付でファンドの名称を「フランクリン・テンプルトン・グ
                             ローバル・プレミア小型株ファンド(年2回決算型)」に変更いたしま
                             す。
      【発行者名】                      フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社
      【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長        桑畑 卓
      【本店の所在の場所】                      東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
      【事務連絡者氏名】                      明石 晃仁
      【連絡場所】                      東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
      【電話番号】                      03-5219-5700
      【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                  1/117













                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第一部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】

    (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

     ① ファンドの目的
        主に日本を含む先進国および新興国の金融商品取引所に上場(これに準ずるものを含みます。)されて
        いる小型株式に投資を行うことにより、信託財産の中長期的成長を目指します。
      ② ファンドの基本的性格
       1)商品分類
       (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。





       2)属性区分

       (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。








                                  2/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替変動リスクに対するヘッジの有無を記載して

        おります。
       当ファンドは、        ファミリーファンド方式で運用されます。                      このため、組入れている資産を示す属性区分上

       の投資対象資産        (その他資産(投資信託証券(株式・中小型株)))                           と収益の源泉となる資産を示す商品分
       類上の投資対象資産          (株式)     とが異なります。
    <商品分類の定義>

    1.単位型投信・追加型投信の区分
      (1)単位型投信:当初、募集された資金が一つの単位として信託され、その後の追加設定は一切行われないファンドをい
       う。
      (2)追加型投信:        一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産とともに運用されるファン
       ドをいう。
    2.投資対象地域による区分
      (1)国内:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国内の資産を源泉とする旨の
       記載があるものをいう。
      (2)海外:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に海外の資産を源泉とする旨の
       記載があるものをいう。
      (3)内外:目論見書又は投資信託約款において、国内及び海外の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載があ
       るものをいう。
    3.投資対象資産による区分
      (1)株式:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載が
       あるものをいう。
      (2)債券:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債券を源泉とする旨の記載が
       あるものをいう。
      (3)不動産投信(リート):目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に不動産投資信
       託の受益証券及び不動産投資法人の投資証券を源泉とする旨の記載があるものをいう。
      (4)その他資産:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に上記(1)から(3)に掲げ
       る資産以外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。なお、その他資産と併記して具体的な収益の源泉となる
       資産の名称記載も可とする。
      (5)資産複合:目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(4)に掲げる資産のうち複数の資産による投資収益を実
       質的に源泉とする旨の記載があるものをいう。
    4.独立した区分
      (1)MMF(マネー・マネージメント・ファンド):「MMF等の運営に関する規則」に定めるMMFをいう。
      (2)MRF(マネー・リザーブ・ファンド):「MMF等の運営に関する規則」に定めるMRFをいう。
      (3)ETF:投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令480号)第12条第1号及び第2号に規定する証券投資信
       託並びに租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第9条の4の2に規定する上場証券投資信託をいう。
    <補足として使用する商品分類>

      (1)インデックス型:目論見書又は投資信託約款において、各種指数に連動する運用成果を目指す旨の記載があるものを
       いう。
      (2)特殊型:目論見書又は投資信託約款において、投資者に対して注意を喚起することが必要と思われる特殊な仕組みあ
       るいは運用手法の記載があるものをいう。なお、下記の属性区分で特殊型の小分類において「条件付運用型」に該当
       する場合には当該小分類を括弧書きで付記するものとし、それ以外の小分類に該当する場合には当該小分類を括弧書
       きで付記できるものとする。
    <属性区分の定義>

    1.投資対象資産による属性区分
      (1)株式
       ①一般:次の大型株、中小型株属性にあてはまらない全てのものをいう。
       ②大型株:目論見書又は投資信託約款において、主として大型株に投資する旨の記載があるものをいう。
                                  3/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ③中小型株:目論見書又は投資信託約款において、主として中小型株に投資する旨の記載があるものをいう。
      (2)債券
       ①一般:次の公債、社債、その他債券属性にあてはまらない全てのものをいう。
       ②公債:目論見書又は投資信託約款において、日本国又は各国の政府の発行する国債(地方債、政府保証債、政府機関
        債、国際機関債を含む。以下同じ。)に主として投資する旨の記載があるものをいう。
       ③社債:目論見書又は投資信託約款において、企業等が発行する社債に主として投資する旨の記載があるものをい
        う。
       ④その他債券:       目論見書又は投資信託約款において、公債又は社債以外の債券に主として投資する旨の記載があるもの
        をいう。
       ⑤格付等クレジットによる属性:目論見書又は投資信託約款において、上記①から④の「発行体」による区分のほ
        か、特にクレジットに対して明確な記載があるものについては、上記①から④に掲げる区分に加え「高格付債」
        「低格付債」等を併記することも可とする。
      (3)不動産投信
       これ以上の詳細な分類は行わないものとする。
      (4)その他資産
       組入れている資産を記載するものとする。
      (5)資産複合
       以下の小分類に該当する場合には当該小分類を併記することができる。
       ①資産配分固定型:目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については固定的とす
        る旨の記載があるものをいう。なお、組み合わせている資産を列挙するものとする。
       ②資産配分変更型:目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については、機動的な
        変更を行なう旨の記載があるものもしくは固定的とする旨の記載がないものをいう。なお、組み合わせている資産
        を列挙するものとする。
    2.決算頻度による属性区分
      ①年1回:目論見書又は投資信託約款において、年1回決算する旨の記載があるものをいう。
      ②年2回:目論見書又は投資信託約款において、年2回決算する旨の記載があるものをいう。
      ③年4回:目論見書又は投資信託約款において、年4回決算する旨の記載があるものをいう。
      ④年6回(隔月):目論見書又は投資信託約款において、年6回決算する旨の記載があるものをいう。
      ⑤年12回(毎月):目論見書又は投資信託約款において、年12回(毎月)決算する旨の記載があるものをいう。
      ⑥日々:目論見書又は投資信託約款において、日々決算する旨の記載があるものをいう。
      ⑦その他:上記属性にあてはまらない全てのものをいう。
    3.投資対象地域による属性区分(重複使用可能)
      ①グローバル:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が世界の資産を源泉とする旨の記載があ
       るものをいう。なお、「世界の資産」の中に「日本」を含むか含まないかを明確に記載するものとする。
      ②日本:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本の資産を源泉とする旨の記載があるもの
       をいう。
      ③北米:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が北米地域の資産を源泉とする旨の記載がある
       ものをいう。
      ④欧州:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が欧州地域の資産を源泉とする旨の記載がある
       ものをいう。
      ⑤アジア:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本を除くアジア地域の資産を源泉とする
       旨の記載があるものをいう。
      ⑥オセアニア:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がオセアニア地域の資産を源泉とする旨
       の記載があるものをいう。
      ⑦中南米:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中南米地域の資産を源泉とする旨の記載が
       あるものをいう。
      ⑧アフリカ:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がアフリカ地域の資産を源泉とする旨の記
       載があるものをいう。
      ⑨中近東(中東):目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中近東地域の資産を源泉とする旨の
       記載があるものをいう。
      ⑩エマージング:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がエマージング地域(新興成長国(地
       域))の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
    4.投資形態による属性区分
                                  4/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ①ファミリーファンド:目論見書又は投資信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・ファンズにのみ投資され
       るものを除く。)を投資対象として投資するものをいう。
      ②ファンド・オブ・ファンズ:「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファンド・オブ・ファンズをい
       う。
    5.為替ヘッジによる属性区分
      ①為替ヘッジあり:目論見書又は投資信託約款において、為替のフルヘッジ又は一部の資産に為替のヘッジを行う旨の
       記載があるものをいう。
      ②為替ヘッジなし:目論見書又は投資信託約款において、為替のヘッジを行なわない旨の記載があるもの又は為替の
       ヘッジを行う旨の記載がないものをいう。
    6.インデックスファンドにおける対象インデックスによる属性区分
      ①日経225
      ②TOPIX
      ③その他の指数:前記指数にあてはまらない全てのものをいう。
    7.特殊型
      ①ブル・ベア型:目論見書又は投資信託約款において、派生商品をヘッジ目的以外に用い、積極的に投資を行うととも
       に各種指数・資産等への連動若しくは逆連動(一定倍の連動若しくは逆連動を含む。)を目指す旨の記載があるものを
       いう。
      ②条件付運用型:目論見書又は投資信託約款において、仕組債への投資またはその他特殊な仕組みを用いることによ
       り、目標とする投資成果(基準価額、償還価額、収益分配金等)や信託終了日等が、明示的な指標等の値により定めら
       れる一定の条件によって決定される旨の記載があるものをいう。
      ③ロング・ショート型/絶対収益追求型:目論見書又は投資信託約款において、特定の市場に左右されにくい収益の追
       求を目指す旨若しくはロング・ショート戦略により収益の追求を目指す旨の記載があるものをいう。
      ④その他型:目論見書又は投資信託約款において、上記①から③に掲げる属性のいずれにも該当しない特殊な仕組みあ
       るいは運用手法の記載があるものをいう。
    ※上記は、一般社団法人投資信託協会が定める分類方法に基づき記載しています。また、商品分類および属性区分の定義は

      一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」を基に委託会社が作成したものです。なお、一般社団法
      人投資信託協会のホームページ(               https   ://www.toushin.or.jp/)でもご覧頂けます。
      ③ ファンドの特色

                                  5/117









                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                  6/117





















                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                  7/117





















                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ④ 信託金限度額














       ・2,500億円を限度として信託金を追加することができます。
       ・委託会社は受託会社と合意のうえ、当該限度額を変更することができます。
    (2)【ファンドの沿革】

        2018年12月7日
        ・ファンドの信託契約締結、運用開始
        2022年9月7日
        ・ファンドの名称を「LM・グローバル・プレミア小型株ファンド(年2回決算型)」から「フランク
         リン・テンプルトン・グローバル・プレミア小型株ファンド(年2回決算型)」に変更
        ・マザーファンドの名称を「LM・グローバル・プレミア小型株マザーファンド」から「フランクリ
         ン・テンプルトン・グローバル・プレミア小型株マザーファンド」に変更
    (3)【ファンドの仕組み】

                                  8/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ① ファンドの仕組み
    ※1  投資信託を販売するルールを委託会社と販売会社の間で規定したもの。販売会社が行なう募集の取扱い、










       収益分配金・償還金の支払い、解約請求の受付の業務範囲の取決めの内容などが含まれています。
    ※2  投資信託を運営するルールを委託会社と受託会社の間で規定したもの。運用の基本方針、投資対象、投資
       制限、信託報酬、受益者の権利、募集方法の取決めの内容などが含まれています。
    ※3  投資顧問会社に運用の指図に関する権限を委託するにあたり、そのルールを委託会社と投資顧問会社との
       間で規定したもの。委託する業務内容、報酬の取決めの内容などが含まれています。
     ② 委託会社の概況(           2022年6月末      現在)

       1)資本金
         1,000百万円
       2)沿革
         1998年4月28日             ソロモン投信委託株式会社設立
         1998年6月16日             証券投資信託委託会社免許取得
         1998年11月30日             投資顧問業登録
         1999年6月24日             投資一任契約に係る業務の認可取得
         1999年10月1日             スミス    バーニー投資顧問株式会社と合併、「エスエスビーシティ・ア
                      セット・マネジメント株式会社」に社名変更
         2001年4月1日             「シティグループ・アセット・マネジメント株式会社」に社名変更
         2006年1月1日             「レッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社」に社名変更
         2007年9月30日             金融商品取引業登録
         2021年4月1日             フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ株式会社と合併、「フ
                      ランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社」に社名変更
       3)大株主の状況
                                  9/117

                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                名  称
                                   住  所            所有株数       所有比率
         フランクリン・テンプルトン・                    シンガポール共和国038987
         キャピタル・ホールディングス・                    サンテックタワーワン 38-03                   78,270株        100%
         プライベート・リミテッド                    テマセック大通り7
       ※フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(金融商品取引業者                                     関東財務局長(金商)第417号)

        はフランクリン・リソーシズ・インク傘下の資産運用会社です。
    2【投資方針】

    (1)【投資方針】

       ① フランクリン・テンプルトン・グローバル・プレミア小型株マザーファンド受益証券を主要投資対象
         とし、信託財産の中長期的な成長を目指します。
       ② フランクリン・テンプルトン・グローバル・プレミア小型株マザーファンド受益証券の組入比率は、
         原則として高位を維持します。
       ③ 実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
       ④ デリバティブ取引は、ヘッジ目的に限定して行うものとします。
       ⑤ 資金動向、市場動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
    (2)【投資対象】

     <フランクリン・テンプルトン・グローバル・プレミア小型株ファンド(年2回決算型)>
       「フランクリン・テンプルトン・グローバル・プレミア小型株マザーファンド」受益証券を主要投資対象
       とします。
     ① 投資の対象とする資産の種類
        この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
        1)次に掲げる特定資産(投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定めるものをいいます。
          以下同じ。)
          イ)有価証券
          ロ)デリバティブ取引(金融商品取引法第2条第20項に掲げるものをいい、                                       約款  第24条、第25条及
            び第26条に定めるものに限ります。)に係る権利
          ハ)約束手形
          ニ)金銭債権
        2)次に掲げる特定資産以外の資産
          イ)為替手形
     ② 有価証券の指図範囲
        委託者は、信託金を、主として、                 フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社                         を委託者とし、三菱
        UFJ信託銀行株式会社を受託者として締結された親投資信託であるフランクリン・テンプルトン・グ
        ローバル・プレミア小型株マザーファンド(以下「マザーファンド」といいます。)の受益証券及び次
        の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を
        除きます。)に投資することを指図します。
        1)株券または新株引受権証書
        2)国債証券
        3)地方債証券
        4)特別の法律により法人の発行する債券
        5)社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引受権
          付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
        6)資産の流動化に関する法律に規定する特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるも
          のをいいます。)
        7)特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で定め
          るものをいいます。)
        8)協同組織金融機関に係る優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるものをいいま
                                 10/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          す。)
        9)資産の流動化に関する法律に規定する優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融
          商品取引法第2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
        10)コマーシャル・ペーパー
        11)新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)及び新株
          予約権証券
        12)外国または外国の者の発行する証券または証書で、                             1)から11)まで         の証券または証書の性質を有
          するもの
        13)投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいい
          ます。)
        14)投資証券、新投資口予約権証券もしくは投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2条
          第1項第11号で定めるものをいいます。)
        15)外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
        16)オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをいい、
          有価証券に係るものに限ります。)
        17)預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
        18)外国法人が発行する譲渡性預金証書
        19)指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証
          券に限ります。)
        20)抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
        21)貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益
          証券に表示されるべきもの
        22)外国の者に対する権利で               21)  の有価証券の性質を有するもの
        なお、   1)  の証券または証書並びに             12)  及び  17)  の証券または証書のうち             1)  の証券または証書の性質
        を有するものを以下「株式」といい、                    2)  から  6)  までの証券並びに         12)  及び  17)  の証券または証書の
        うち  2)  から  6)  までの証券の性質を有するものを以下「公社債」といい、                              13)  及び  14)  の証券(新投
        資口予約権証券及び投資法人債券を除きます。)を以下「投資信託証券」といいます。
     ③ 金融商品の指図範囲
        委託者は、信託金を、           上記②   に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条第
        2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用することを指
        図することができます。
        1)預金
        2)指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
        3)コール・ローン
        4)手形割引市場において売買される手形
        5)貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
        6)外国の者に対する権利で               5)  の権利の性質を有するもの
     ④   上記②   の規定にかかわらず、この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託者が運
        用上必要と認めるときには、委託者は、信託金を                         上記③の1)から6)まで              に掲げる金融商品により運
        用することを指図することができます。
     <フランクリン・テンプルトン・グローバル・プレミア小型株マザーファンド>

       日本を含む先進国及び新興国の金融商品取引所に上場(これに準ずるものを含みます。)されている小型
       株式を主要投資対象とします。
     ① 投資の対象とする資産の種類
        この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
        1)次に掲げる特定資産(投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定めるものをいいます。
          以下同じ。)
          イ)有価証券
          ロ)デリバティブ取引(金融商品取引法第2条第20項に掲げるものをいい、                                       約款  第22条、第23条及
            び第24条に定めるものに限ります。)に係る権利
          ハ)約束手形
          ニ)金銭債権
                                 11/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        2)次に掲げる特定資産以外の資産
          イ)為替手形
     ② 有価証券の指図範囲
        委託者(     投資顧問会社を含みます。              )は、信託金を、主として次の有価証券(金融商品取引法第2条第
        2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図し
        ます。
        1)株券または新株引受権証書
        2)国債証券
        3)地方債証券
        4)特別の法律により法人の発行する債券
        5)社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引受権
          付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
        6)資産の流動化に関する法律に規定する特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるも
          のをいいます。)
        7)特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で定め
          るものをいいます。)
        8)協同組織金融機関に係る優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるものをいいま
          す。)
        9)資産の流動化に関する法律に規定する優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融
          商品取引法第2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
        10)コマーシャル・ペーパー
        11)新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)及び新株
          予約権証券
        12)外国または外国の者の発行する証券または証書で、                             1)から11)まで         の証券または証書の性質を有
          するもの
        13)投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいい
          ます。)
        14)投資証券、新投資口予約権証券もしくは投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2条
          第1項第11号で定めるものをいいます。)
        15)外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
        16)オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをいい、
          有価証券に係るものに限ります。)
        17)預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
        18)外国法人が発行する譲渡性預金証書
        19)指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証
          券に限ります。)
        20)抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
        21)貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益
          証券に表示されるべきもの
        22)外国の者に対する権利で               21)  の有価証券の性質を有するもの
        なお、   1)  の証券または証書並びに             12)  及び  17)  の証券または証書のうち             1)  の証券または証書の性質
        を有するものを以下「株式」といい、                    2)  から  6)  までの証券並びに         12)  及び  17)  の証券または証書の
        うち  2)  から  6)  までの証券の性質を有するものを以下「公社債」といい、                              13)  及び  14)  の証券(新投
        資口予約権証券及び投資法人債券を除きます。)を以下「投資信託証券」といいます。
     ③ 金融商品の指図範囲
        委託者は、信託金を、           上記②   に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条第
        2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用することを指
        図することができます。
        1)預金
        2)指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
        3)コール・ローン
        4)手形割引市場において売買される手形
        5)貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
                                 12/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        6)外国の者に対する権利で               5)  の権利の性質を有するもの
     ④   上記②   の規定にかかわらず、この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託者が運
        用上必要と認めるときには、委託者は、信託金を                         上記③の1)から6)まで              に掲げる金融商品により運
        用することを指図することができます。
     ◆投資対象とするマザーファンドの概要

     <フランクリン・テンプルトン・グローバル・プレミア小型株マザーファンド>
      運用の基本方針
      基本方針            この投資信託は、主に日本を含む先進国及び新興国の金融商品取引所に上場(こ
                  れに準ずるものを含みます。)されている小型株式に投資を行うことにより、信
                  託財産の中長期的成長を目指します。
      主な投資対象            日本を含む先進国及び新興国の金融商品取引所に上場(これに準ずるものを含
                  みます。)されている小型株式を主要投資対象とします。
      投資態度            ① 主として日本を含む先進国及び新興国の金融商品取引所に上場(これに準
                     ずるものを含みます。)されている小型株式に投資を行うことにより、信
                     託財産の中長期的な成長を目指します。
                  ② 個別企業に対する定量的及び定性的なファンダメンタルズ分析に基づき、
                     競争力、収益性、財務の安定性に優れていると評価された銘柄を厳選し、
                     ポートフォリオを構築します。
                  ③ 投資対象とする国に制限は設けません。新興国への投資割合は、取得時に
                     おいて30%を上限の目安とします。
                  ④ 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
                  ⑤ デリバティブ取引は、ヘッジ目的に限定して行うものとします。
                  ⑥ 資金動向、市場動向等によっては、上記のような運用ができない場合があ
                     ります。
                  ⑦ ロイス・アンド・アソシエイツ、エルピーに、運用の指図に関する権限を
                     委託します。
      主な投資制限            ① 株式への投資割合には、制限を設けません。
                  ② 投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への投資割合は、信託財
                     産の純資産総額の5%以内とします。
                  ③ 外貨建資産への投資割合には、制限を設けません。
                  ④ 一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポー
                     ジャー、債券等エクスポージャー及びデリバティブ等エクスポージャーの
                     信託財産の純資産総額に対する比率は、原則として、それぞれ10%、合計
                     で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場合には、一
                     般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内となるよう調整を行
                     うこととします。
      収益分配            収益分配は行いません。
      ファンドに係る費用
      信託報酬            ありません。
      申込手数料            ありません。
      信託財産留保額            ありません。
      その他の費用など            組入有価証券の売買時の売買委託手数料、信託事務の処理に要する諸費用、信
                  託財産に関する租税など。
                  ※上記費用に付随する消費税等相当額を含みます。
      その他
      委託会社            フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社
      受託会社            三菱UFJ信託銀行株式会社
                                 13/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【運用体制】

     ■ ファンドの運用体制
       当ファンドの実質的な運用はマザーファンドにて行います。その運用は、委託会社から運用の指図に関す
       る権限の委託を受けた投資顧問会社が行います。
       ■ 内部管理体制および意思決定を監督する組織等








        ①委託会社では、組織規則においてファンドの運用に関係する部署、権限を規定しております。また実
         際の売買執行等について社内規程・方針を設けているほか、各部署において業務規定を策定しており
         ます。
        ②運用に関する社内委員会として、運用部門及び関連部署の代表で構成される社内会議が開催されま
         す。当該会議では、各ファンドの運用状況の確認のほか、その他運用に関する事項について審議しま
         す。
       ■委託会社によるファンドの関係法人に対する管理体制

        委託会社は、       投資顧問会社へのファンドの運用指図に関する権限の委託                              が適切であるかどうかについて
        モニタリングを継続的に実施します。具体的には、定期的に投資顧問会社の実績、組織、人材、法令等
        の遵守状況に関する調査を実施します。委託会社は、受託会社または再信託受託会社に対して、内部統
        制に関する外部監査人による報告書の提出を求めるほか、担当部署による委託会社独自の確認作業を実
        施し、受託会社等の業務状況についてモニタリングを行っています。
       ※上記体制は       2022年6月末      現在のものであり、今後変更となる場合があります。

    (4)【分配方針】

     ① 収益分配方針
        毎決算時に、原則として以下の方針に基づき収益分配を行います。
        1)分配対象額の範囲は、繰越分を含めた経費控除後の配当等収益(マザーファンドの信託財産に属す
          る配当等収益のうち信託財産に属するとみなした額(以下「みなし配当等収益」といいます。)を
          含みます。)及び売買益(評価益を含み、みなし配当等収益を控除して得た額をいいます。)等の
          全額とします。
        2)収益分配金額は、           配当等収益を中心に委託者が決定します。なお、配当等収益に加えて、収益分配
                                 14/117

                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          前の基準価額(1万口あたり)が10,000円を超えている場合、当該超過額の範囲内で委託者が決定
          した額を分配します。           ただし、分配対象額が少額等の場合は、分配を行わない場合があります。
        3)留保益の運用については、特に制限を設けず、委託者の判断に基づき、元本部分と同一の運用を行
          います。
     ② 収益分配金の支払い
       <分配金再投資コース(自動けいぞく投資コース)>
        原則として、収益分配金は税金を差し引いた後、無手数料で自動的に再投資されます。
       <分配金受取りコース(一般コース)>
        毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として決算日から起算して5営業日ま
        で)から収益分配金を支払います。支払いは販売会社において行なわれます。
     ※将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。

    (5)【投資制限】

     ① 約款に定める投資制限
     <フランクリン・テンプルトン・グローバル・プレミア小型株ファンド(年2回決算型)>
       1)株式への実質投資割合には、制限を設けません。
       2)新株引受権証券及び新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の20%以内としま
         す。
       3)同一銘柄の株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
       4)同一銘柄の新株引受権証券及び新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以
         内とします。
       5)同一銘柄の転換社債、並びに新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財産が当該新株予
         約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことを
         あらかじめ明確にしているもの(会社法施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号及び第8号の定めが
         ある新株予約権付社債を含みます。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内としま
         す。
       6)投資信託証券(マザーファンド受益証券及び上場投資信託証券を除きます。)への実質投資割合は、
         信託財産の純資産総額の5%以内とします。
       7)外貨建資産への実質投資割合には、制限を設けません。
       8)一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポー
         ジャー及びデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則として、
         それぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場合には、一般社団
         法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
       9)投資する株式等の範囲
         イ)委託者が投資することを指図する株式、新株引受権証券及び新株予約権証券は、金融商品取引所
           に上場されている株式の発行会社の発行するもの及び金融商品取引所に準ずる市場において取引
           されている株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当によ
           り取得する株式、新株引受権証券及び新株予約権証券については、この限りではありません。
         ロ)  イ)  の規定にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券及び新株予約権証券
           で目論見書等において上場または登録されることが確認できるものについては、委託者が投資す
           ることを指図することができるものとします。
       10)信用取引の指図範囲
         イ)委託者は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売付ける
           ことの指図をすることができます。なお、当該売付の決済については、株券の引渡しまたは買戻
           しにより行うことの指図をすることができるものとします。
         ロ)  イ)  の信用取引の指図は、            次に掲げる      有価証券の発行会社の発行する株券について行うことがで
           きるものとし、かつ          次に掲げる      株券数の合計数を超えないものとします。
           1.信託財産に属する株券及び新株引受権証書の権利行使により取得する株券
           2.株式分割により取得する株券
           3.有償増資により取得する株券
           4.売出しにより取得する株券
                                 15/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
           5.信託財産に属する転換社債の転換請求及び新株予約権(新株予約権付社債のうち会社法第236
             条第1項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株
             予 約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(以下、会社法
             施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号及び第8号の定めがある新株予約権付社債を含め
             「転換社債型新株予約権付社債」といいます。)の新株予約権に限ります。)の行使により
             取得可能な株券
           6.信託財産に属する新株引受権証券及び新株引受権付社債券の新株引受権の行使または信託財
             産に属する新株予約権証券及び新株予約権付社債券の新株予約権(                                   5.  に定めるものを除き
             ます。)の行使により取得可能な株券
       11)先物取引等の運用指図
         イ)委託者は、わが国の金融商品取引所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第
           3号イに掲げるものをいいます。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第
           3号ロに掲げるものをいいます。)及び有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項
           第3号ハに掲げるものをいいます。)並びに外国の金融商品取引所におけるこれらの取引と類似
           の取引を行うことの指図をすることができます。なお、選択権取引は、オプション取引に含めて
           取扱うものとします(以下同じ。)。
         ロ)委託者は、わが国の金融商品取引所における通貨に係る先物取引並びに外国の金融商品取引所に
           おける通貨に係る先物取引及びオプション取引を行うことの指図をすることができます。
         ハ)委託者は、わが国の金融商品取引所における金利に係る先物取引及びオプション取引並びに外国
           の金融商品取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることができます。
       12)スワップ取引の運用指図
         イ)委託者は、異なった通貨、異なった受取金利または異なった受取金利とその元本を一定の条件の
           もとに交換する取引(以下「スワップ取引」といいます。)を行うことの指図をすることができ
           ます。
         ロ)スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として                                       信託期間     を超えないもの
           とします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りでは
           ありません。
         ハ)スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評価す
           るものとします。
         ニ)委託者は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、担保
           の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
       13)金利先渡取引及び為替先渡取引の運用指図
         イ)委託者は、金利先渡取引及び為替先渡取引を行うことの指図をすることができます。
         ロ)金利先渡取引及び為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として                                               信託期間
           を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについて
           はこの限りではありません。
         ハ)金利先渡取引及び為替先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出
           した価額で評価するものとします。
         ニ)委託者は、金利先渡取引及び為替先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認
           めたときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
         ホ)  13)  に規定する「金利先渡取引」は、当事者間において、あらかじめ将来の特定の日(以下「決
           済日」といいます。)における決済日から一定の期間を経過した日(以下「満期日」といいま
           す。)までの期間に係る国内または海外において代表的利率として公表される預金契約または金
           銭の貸借契約に基づく債権の利率(以下「指標利率」といいます。)の数値を取り決め、その取
           り決めに係る数値と決済日における当該指標利率の現実の数値との差にあらかじめ元本として定
           めた金額及び当事者間で約定した日数を基準とした数値を乗じた額を決済日における当該指標利
           率の現実の数値で決済日における現在価値に割り引いた額の金銭の授受を約する取引をいいま
           す。
         ヘ)  13)  に規定する「為替先渡取引」は、当事者間において、あらかじめ決済日から満期日までの期
           間に係る為替スワップ取引(同一の相手方との間で直物外国為替取引及び当該直物外国為替取引
           と反対売買の関係に立つ先物外国為替取引を同時に約定する取引をいいます。以下                                           ヘ)  において
           同じ。)のスワップ幅(当該直物外国為替取引に係る外国為替相場と当該先物外国為替取引に係
           る外国為替相場との差を示す数値をいいます。以下                          ヘ)  において同じ。)を取り決め、その取り
                                 16/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
           決めに係るスワップ幅から決済日における当該為替スワップ取引の現実のスワップ幅を差し引い
           た値にあらかじめ元本として定めた金額を乗じた額を決済日における指標利率の数値で決済日に
           お ける現在価値に割り引いた額の金銭またはその取り決めに係るスワップ幅から決済日における
           当該為替スワップ取引の現実のスワップ幅を差し引いた値にあらかじめ元本として定めた金額を
           乗じた金額とあらかじめ元本として定めた金額について決済日を受渡日として行った先物外国為
           替取引を決済日における直物外国為替取引で反対売買したときの差金に係る決済日から満期日ま
           での利息とを合算した額を決済日における指標利率の数値で決済日における現在価値に割り引い
           た額の金銭の授受を約する取引をいいます。
       14)デリバティブ取引等に係る投資制限
         委託者は、デリバティブ取引等(金融商品取引業等に関する内閣府令第130条第1項第8号に定めるデ
         リバティブ取引をいいます。)について、一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法によ
         り算出した額が、信託財産の純資産総額を超えることとなる投資の指図をしません。
       15)有価証券の貸付の指図及び範囲
         イ)委託者は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式及び公社
           債を  次の範囲内      で貸付けることの指図をすることができます。
           1.株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時
             価合計額を超えないものとします。
           2.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有す
             る公社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
         ロ)  イ)の1.および2.           に定める限度額を超えることとなった場合には、委託者は、速やかに、その
           超える額に相当する契約の一部の解約を指図するものとします。
         ハ)委託者は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行うものとし
           ます。
       16)公社債の空売りの指図範囲
         イ)委託者は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産の計算においてする信託財産に属さ
           ない公社債を売付けることの指図をすることができます。なお、当該売付の決済については、公
           社債(信託財産により借入れた公社債を含みます。)の引渡しまたは買戻しにより行うことの指
           図をすることができるものとします。
         ロ)  イ)  の売付の指図は、当該売付に係る公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内としま
           す。
         ハ)信託財産の一部解約等の事由により、                      イ)  の売付に係る公社債の時価総額が信託財産の純資産総
           額を超えることとなった場合には、委託者は、速やかに、その超える額に相当する売付の一部を
           決済するための指図をするものとします。
       17)公社債の借入れ
         イ)委託者は、信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすることができま
           す。なお、当該公社債の借入れを行うにあたり担保の提供が必要と認めたときは、担保の提供の
           指図を行うものとします。
         ロ)  イ)  の指図は、当該借入れに係る公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内とします。
         ハ)信託財産の一部解約等の事由により、                      イ)  の借入れに係る公社債の時価総額が信託財産の純資産
           総額を超えることとなった場合には、委託者は、速やかに、その超える額に相当する借入れた公
           社債の一部を返還するための指図をするものとします。
         ニ)  イ)  の借入れに係る品借料は信託財産中から支弁します。
       18)特別の場合の外貨建有価証券への投資制限
         外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合
         には、制約されることがあります。
       19)外国為替予約取引の指図
         イ)委託者は、信託財産の効率的な運用に資するため、外国為替の売買の予約取引を指図することが
           できます。
         ロ)  イ)  の予約取引の指図は、信託財産に係る為替の買予約の合計額と売予約の合計額との差額につ
           き円換算した額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。ただし、信託財産に属する
           外貨建資産とマザーファンドの信託財産に属する外貨建資産のうち信託財産に属するとみなした
           額(信託財産に属するマザーファンドの時価総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占
           める外貨建資産の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。)との合計額について、信託財産
                                 17/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
           に属する外貨建資産の為替変動リスクを回避するためにする当該予約取引の指図については、こ
           の限りではありません。
         ハ)  ロ)  の限度額を超えることとなった場合には、委託者は所定の期間内に、その超える額に相当す
           る為替予約の一部を解消するための外国為替の売買の予約取引の指図をするものとします。
         ニ)委託者は、外国為替の売買の予約取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めた
           ときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
       20)資金の借入れ
         イ)委託者は、信託財産の効率的な運用並びに運用の安定性に資するため、一部解約に伴う支払資金
           の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目的
           として、または再投資に係る収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入れ(コール
           市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価
           証券等の運用は行わないものとします。
         ロ)一部解約に伴う支払資金の手当てに係る借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信託財
           産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間、受益者への解約代金支払開始日から信託
           財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間または受益者への解約代金支払開始日から
           信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期
           間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、有価証券等の解約代金及び有価証券等の償還
           金の合計額を限度とします。
         ハ)収益分配金の再投資に係る借入期間は、信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営業
           日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
         ニ)借入金の利息は信託財産中より支弁します。
     <フランクリン・テンプルトン・グローバル・プレミア小型株マザーファンド>

       1)株式への投資割合には、制限を設けません。
       2)新株引受権証券及び新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の20%以内とします。
       3)同一銘柄の株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
       4)同一銘柄の新株引受権証券及び新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内と
         します。
       5)同一銘柄の転換社債、並びに新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財産が当該新株予
         約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことを
         あらかじめ明確にしているもの(会社法施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号及び第8号の定めが
         ある新株予約権付社債を含みます。)への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
       6)投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内
         とします。
       7)外貨建資産への投資割合には、制限を設けません。
       8)一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポー
         ジャー及びデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則として、
         それぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場合には、一般社団
         法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
       9)投資する株式等の範囲
         イ)委託者が投資することを指図する株式、新株引受権証券及び新株予約権証券は、金融商品取引所
           に上場されている株式の発行会社の発行するもの及び金融商品取引所に準ずる市場において取引
           されている株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当によ
           り取得する株式、新株引受権証券及び新株予約権証券については、この限りではありません。
         ロ)  イ)  の規定にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券及び新株予約権証券
           で目論見書等において上場または登録されることが確認できるものについては、委託者が投資す
           ることを指図することができるものとします。
       10)信用取引の指図範囲
         イ)委託者は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売付ける
           ことの指図をすることができます。なお、当該売付の決済については、株券の引渡しまたは買戻
           しにより行うことの指図をすることができるものとします。
         ロ)  イ)  の信用取引の指図は、            次に掲げる      有価証券の発行会社の発行する株券について行うことがで
           きるものとし、かつ          次に掲げる      株券数の合計数を超えないものとします。
                                 18/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
           1.信託財産に属する株券及び新株引受権証書の権利行使により取得する株券
           2.株式分割により取得する株券
           3.有償増資により取得する株券
           4.売出しにより取得する株券
           5.信託財産に属する転換社債の転換請求及び新株予約権(新株予約権付社債のうち会社法第236
             条第1項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株
             予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(以下、会社法
             施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号及び第8号の定めがある新株予約権付社債を含め
             「転換社債型新株予約権付社債」といいます。)の新株予約権に限ります。)の行使により
             取得可能な株券
           6.信託財産に属する新株引受権証券及び新株引受権付社債券の新株引受権の行使または信託財
             産に属する新株予約権証券及び新株予約権付社債券の新株予約権(                                   5.  に定めるものを除き
             ます。)の行使により取得可能な株券
       11)先物取引等の運用指図
         イ)委託者は、わが国の金融商品取引所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第
           3号イに掲げるものをいいます。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第
           3号ロに掲げるものをいいます。)及び有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項
           第3号ハに掲げるものをいいます。)並びに外国の金融商品取引所におけるこれらの取引と類似
           の取引を行うことの指図をすることができます。なお、選択権取引は、オプション取引に含めて
           取扱うものとします(以下同じ。)。
         ロ)委託者は、わが国の金融商品取引所における通貨に係る先物取引並びに外国の金融商品取引所に
           おける通貨に係る先物取引及びオプション取引を行うことの指図をすることができます。
         ハ)委託者は、わが国の金融商品取引所における金利に係る先物取引及びオプション取引並びに外国
           の金融商品取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることができます。
       12)スワップ取引の運用指図
         イ)委託者は、異なった通貨、異なった受取金利または異なった受取金利とその元本を一定の条件の
           もとに交換する取引(以下「スワップ取引」といいます。)を行うことの指図をすることができ
           ます。
         ロ)スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として                                       信託期間     を超えないもの
           とします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りでは
           ありません。
         ハ)スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評価す
           るものとします。
         ニ)委託者は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、担保
           の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
       13)金利先渡取引及び為替先渡取引の運用指図
         イ)委託者は、金利先渡取引及び為替先渡取引を行うことの指図をすることができます。
         ロ)金利先渡取引及び為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として                                               信託期間
           を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについて
           はこの限りではありません。
         ハ)金利先渡取引及び為替先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出
           した価額で評価するものとします。
         ニ)委託者は、金利先渡取引及び為替先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認
           めたときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
         ホ)  13)  に規定する「金利先渡取引」は、当事者間において、あらかじめ将来の特定の日(以下「決
           済日」といいます。)における決済日から一定の期間を経過した日(以下「満期日」といいま
           す。)までの期間に係る国内または海外において代表的利率として公表される預金契約または金
           銭の貸借契約に基づく債権の利率(以下「指標利率」といいます。)の数値を取り決め、その取
           り決めに係る数値と決済日における当該指標利率の現実の数値との差にあらかじめ元本として定
           めた金額及び当事者間で約定した日数を基準とした数値を乗じた額を決済日における当該指標利
           率の現実の数値で決済日における現在価値に割り引いた額の金銭の授受を約する取引をいいま
           す。
         ヘ)  13)  に規定する「為替先渡取引」は、当事者間において、あらかじめ決済日から満期日までの期
                                 19/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
           間に係る為替スワップ取引(同一の相手方との間で直物外国為替取引及び当該直物外国為替取引
           と反対売買の関係に立つ先物外国為替取引を同時に約定する取引をいいます。以下                                           ヘ)  において
           同 じ。)のスワップ幅(当該直物外国為替取引に係る外国為替相場と当該先物外国為替取引に係
           る外国為替相場との差を示す数値をいいます。以下                          ヘ)  において同じ。)を取り決め、その取り
           決めに係るスワップ幅から決済日における当該為替スワップ取引の現実のスワップ幅を差し引い
           た値にあらかじめ元本として定めた金額を乗じた額を決済日における指標利率の数値で決済日に
           おける現在価値に割り引いた額の金銭またはその取り決めに係るスワップ幅から決済日における
           当該為替スワップ取引の現実のスワップ幅を差し引いた値にあらかじめ元本として定めた金額を
           乗じた金額とあらかじめ元本として定めた金額について決済日を受渡日として行った先物外国為
           替取引を決済日における直物外国為替取引で反対売買したときの差金に係る決済日から満期日ま
           での利息とを合算した額を決済日における指標利率の数値で決済日における現在価値に割り引い
           た額の金銭の授受を約する取引をいいます。
       14)デリバティブ取引等に係る投資制限
         委託者は、デリバティブ取引等(金融商品取引業等に関する内閣府令第130条第1項第8号に定めるデ
         リバティブ取引をいいます。)について、一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法によ
         り算出した額が、信託財産の純資産総額を超えることとなる投資の指図をしません。
       15)有価証券の貸付の指図及び範囲
         イ)委託者は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式及び公社
           債を  次の範囲内      で貸付けることの指図をすることができます。
           1.株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時
             価合計額を超えないものとします。
           2.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有す
             る公社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
         ロ)  イ)の1.および2.           に定める限度額を超えることとなった場合には、委託者は、速やかに、その
           超える額に相当する契約の一部の解約を指図するものとします。
         ハ)委託者は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行うものとし
           ます。
       16)公社債の空売りの指図範囲
         イ)委託者は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産の計算においてする信託財産に属さ
           ない公社債を売付けることの指図をすることができます。なお、当該売付の決済については、公
           社債(信託財産により借入れた公社債を含みます。)の引渡しまたは買戻しにより行うことの指
           図をすることができるものとします。
         ロ)  イ)  の売付の指図は、当該売付に係る公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内としま
           す。
         ハ)信託財産の一部解約等の事由により、                      イ)  の売付に係る公社債の時価総額が信託財産の純資産総
           額を超えることとなった場合には、委託者は、速やかに、その超える額に相当する売付の一部を
           決済するための指図をするものとします。
       17)公社債の借入れ
         イ)委託者は、信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすることができま
           す。なお、当該公社債の借入れを行うにあたり担保の提供が必要と認めたときは、担保の提供の
           指図を行うものとします。
         ロ)  イ)  の指図は、当該借入れに係る公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内とします。
         ハ)信託財産の一部解約等の事由により、                      イ)  の借入れに係る公社債の時価総額が信託財産の純資産
           総額を超えることとなった場合には、委託者は、速やかに、その超える額に相当する借入れた公
           社債の一部を返還するための指図をするものとします。
         ニ)  イ)  の借入れに係る品借料は信託財産中から支弁します。
       18)特別の場合の外貨建有価証券への投資制限
         外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合
         には、制約されることがあります。
       19)外国為替予約取引の指図
         イ)委託者は、信託財産の効率的な運用に資するため、外国為替の売買の予約取引を指図することが
           できます。
         ロ)  イ)  の予約取引の指図は、信託財産に係る為替の買予約の合計額と売予約の合計額との差額につ
                                 20/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
           き円換算した額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。ただし、信託財産に属する
           外貨建資産の為替変動リスクを回避するためにする当該予約取引の指図については、この限りで
           は ありません。
         ハ)  ロ)  の限度額を超えることとなった場合には、委託者は所定の期間内に、その超える額に相当す
           る為替予約の一部を解消するための外国為替の売買の予約取引の指図をするものとします。
         ニ)委託者は、外国為替の売買の予約取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めた
           ときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
     ② 法令による投資制限
        同一法人の発行する株式(投資信託及び投資法人に関する法律)
        同一法人の発行する株式について、委託会社が運用の指図を行なう投資信託全体で、当該株式の議決権
        の過半数を保有することとなる取引は行ないません。
    3【投資リスク】

    (1)投資リスク(基準価額の変動要因)
        当ファンドは、値動きのある有価証券等に投資を行いますので基準価額は変動します。また、実質的に
        外貨建資産に投資を行いますので、為替の変動による影響を受けます。
        したがって、投資者の皆さまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失
        を被り、投資元本を割り込むことがあります。当ファンドの信託財産に生じた利益及び損失は、すべて
        投資者の皆さまに帰属します。投資信託は預貯金と異なります。
        当ファンドの主なリスクは、以下の通りです。なお、基準価額の変動要因は、下記に限定されるもので
        はありません。
       ① 株価変動リスク(株価が下がると、基準価額が下がるリスク)

         一般的に株式市場が下落した場合には、当ファンドの投資対象である株式の価格は下落、結果とし
         て、当ファンドの基準価額が下落し投資元本を割り込むことがあります。また、当ファンドが実質的
         に投資している企業が業績悪化や倒産等に陥った場合、当該企業の株式の価格が大きく下落し、当
         ファンドの基準価額により大きな影響を及ぼします。
       ② 為替変動リスク(円高になると、基準価額が下がるリスク)
         一般的に外国為替相場が円高となった場合には、実質的に保有する外貨建資産に為替差損(円換算し
         た評価額が減少すること)が発生することにより、当ファンドの基準価額が下落し投資元本を割り込
         むことがあります。
       ③ カントリーリスク(新興国に投資するリスク)
         一般的に、新興国の有価証券市場は、先進国の市場と比較して市場規模が小さく、相対的に流動性の
         低い市場が含まれます。また、法制度・会計基準等が先進国と異なる場合や、情報開示規制・決済シ
         ステム等が未整備である場合があります。そのため、新興国の有価証券は、先進国の有価証券と比較
         して、価格変動が大きくなる場合があります。
         当ファンドの実質的な投資対象国においては、特有の税制が存在する場合や、税制が突然変更された
         り、新たな税制が適用される場合があり、これにより当ファンドの基準価額が影響を受けることがあ
         ります。
         当ファンドの実質的な投資対象国における政治、経済、社会情勢の変化、税制、適用税率の変更、通
         貨または資本規制等の投資機会に影響を与える規制の発動等に伴い、当ファンドの投資目標に沿った
         運用が困難となる場合や基準価額が大幅に変動または下落する可能性があります。
       ④ 流動性リスク(小型株に投資するリスク)
         一般的に小型株式は大型株式と比較して、市場での取引量が少ない場合があり、売買をしようとする
         際に売買が成立しないこと、市場実勢から期待できる価格どおりに取引が行えないことがあり、これ
         らの要因が当ファンドの基準価額に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑤ 信用リスク(信用・格付が下がると、基準価額が下がるリスク)
         一般的に公社債、コマーシャル・ペーパー及び短期金融商品のデフォルト(元利金支払いの不履行ま
         たは遅延)、発行会社の倒産や財務状況の悪化及びこれらに関する外部評価の変化等があった場合に
         は、当ファンドの基準価額が下落し投資元本を割り込むことがあります。
       ⑥ デリバティブ活用のリスク
         当ファンドの運用においては、デリバティブ(金融派生商品)を活用することがあります。デリバ
                                 21/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         ティブの価格は、市場動向や環境変化によって変動します。そのため、デリバティブの価格変動が基
         準価額の変動に影響を与える可能性があります。
     <その他の留意点>

       ① 金融商品取引所における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得ない事情があるときは、購
         入・換金申込受付を中止すること、及び既に受付けた購入・換金申込受付を取消す場合があります。
       ② 解約代金の支払資金を手当するために保有証券を大量に売却しなければならないことがあります。そ
         の際には、市況動向や流動性等の状況によっては基準価額が大きく下落する可能性があります。ま
         た、保有証券の売却代金回収までの期間、一時的に当ファンドで資金借入れを行うことによって当
         ファンドの解約代金の支払いに対応する場合、借入金利は当ファンドが負担することになります。
       ③ 収益分配金は分配方針に基づいて毎決算時に委託会社が決定します。ただし、分配対象額が少額等の
         場合は、分配を行わないことがあります。
       ④ 分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払われる
         と、その金額相当分、基準価額は下がります。
         分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益及び評価益を含む売買益)を超えて
         支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することに
         なります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではあり
         ません。
         投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻し
         に相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが
         小さかった場合も同様です。
       ⑤ 当初設定及び償還前の一定期間、大量の追加設定または解約による資金動向の急変時、急激な市況変
         動が発生もしくは予想されるときは、当ファンドの投資の基本方針にしたがった運用ができない場合
         があります。
       ⑥ 当ファンドは「ファミリーファンド方式」により運用を行うため、マザーファンドにおいて他のベ
         ビーファンドによる追加設定、一部解約等に伴う有価証券の売買等が行われた場合、当ファンドの基
         準価額が影響を受けることがあります。
       ⑦ 当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の
         適用はありません。
       ⑧ 当ファンドは、大量の解約が発生し短期間で解約資金を手当てする必要が生じた場合や主たる取引市
         場において市場環境が急変した場合等に、一時的に組入資産の流動性が低下し、市場実勢から期待で
         きる価格で取引できないリスク、取引量が限られてしまうリスクがあります。
         これにより、基準価額にマイナスの影響を及ぼす可能性や、換金の申込みの受付けが中止となる可能
         性、換金代金の支払いが遅延する可能性があります。
    (2)リスク管理体制
        委託会社では、運用部門から独立したリスク管理の担当部門が、ファンドのリスク管理を行います。
        また、リスク管理に関する委員会において、ファンドのパフォーマンス、運用ガイドライン等の遵守状
        況、その他運用リスクに関する事項について審議し、必要に応じて運用部門に対して是正勧告を行いま
        す。
        流動性リスクについては、流動性リスク管理に関する規程を定め、ファンドの組入資産の流動性リスク
        のモニタリングなどを実施するとともに、緊急時対応策の策定・検証などを行います。
        エグゼクティブ・マネジメント・コミッティは、流動性リスク管理の適切な実施の確保や流動性リスク
        管理態勢について、監督します。
       ※上記体制は       2022年6月末現在         のものであり、今後変更となる場合があります。

                                 22/117




                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】


















    (1)【申込手数料】

                                 23/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        申込手数料は、申込金額に              3.30%   (税抜   3.00%   )を上限として販売会社が定める率を乗じて得た額とし
        ます。
        販売会社毎の手数料率等の詳細については、各販売会社にお問い合わせください。
        ・申込手数料の額(1口当たり)は、                    取得申込受付日の翌営業日の基準価額                    に申込手数料率を乗じて得
         た額とします。
        ・<分配金再投資コース(自動けいぞく投資コース)>の場合、収益分配金の再投資により取得する口
         数については、申込手数料はかかりません。
        ・販売会社によっては、償還乗換、乗換優遇の適用を受けることができる場合があります。詳しくは、
         販売会社にお問い合わせください。
        ※申込手数料は、ファンド及び関連する投資環境の説明並びに情報提供、購入に関する事務手続き等の

         対価として、購入時にお支払いいただくものです。
    (2)【換金(解約)手数料】

      ① 換金手数料
        ありません。
      ② 信託財産留保額
        ありません。
    (3)【信託報酬等】

     ① 信託報酬
        信託報酬の総額は、計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に対し年1.87%(税抜1.70%)の率
        を乗じて得た額とします。
     ② 信託報酬の配分
        信託報酬の配分(年率)は、以下の通りとします。
                  信託報酬=運用期間中の基準価額×信託報酬率
            合計          委託会社           販売会社           受託会社
           1.70%           0.86%           0.80%           0.04%
        ※表中の率は税抜です。別途消費税がかかります。
                           役務の内容

                委託した資金の運用等
         委託会社
                購入後の情報提供、運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファン
         販売会社
                ドの管理、各種事務手続き等
         受託会社      信託財産の管理、委託会社からの指図の実行等
        ※投資顧問会社の報酬は、委託会社が当ファンドから受ける報酬から支払われますので、当ファンドの

         信託財産からの直接的な支払いは行われません。
     ③ 支払時期

        信託報酬(信託報酬に係る消費税等相当額を含みます。)は毎日計上され、日々の基準価額に反映され
        ます。
        なお、信託財産からは           毎計算期末または信託終了のとき                 に支払われます。
    (4)【その他の手数料等】

     ① 当ファンドの信託財産中から支弁される主な諸経費(消費税等相当額を含みます。)は以下の通りで
        す。各諸経費は、原則として発生時に実費が信託財産中から支弁されます。
        1)信託財産に関する租税
                                 24/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        2)信託事務の処理に要する諸費用
        3)借入金及び受託会社の立替えた立替金の利息
                                           *
        4)当ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料
        5)先物取引・オプション取引等に要する費用
        6)外貨建資産の保管等に要する費用
        *当ファンドによるマザーファンド受益証券の取得・換金時には、手数料及び信託財産留保額等の費用
         はかかりません。
     ②   上記①   の諸経費のほか、下記のその他諸費用(当ファンドに関連してマザーファンドにおいて発生した
        費用及び消費税等相当額を含みます。)について、計算期間を通じて日々の信託財産の純資産総額に                                                    年
        率0.05%     を乗じて得た金額を上限として、あらかじめ委託会社が費用額を合理的に見積もったうえで算
        出する固定金額または固定率により計算される金額が毎日計上され、基準価額に反映されます。なお、
        信託財産からは        毎計算期末または信託終了のとき                  に支弁されます。また、委託会社は、信託期間中で
        あっても、信託財産の規模等を考慮して、上限額、固定率または固定金額及び計上方法等を見直し、こ
        れを変更することができます。
        1)監査報酬、法律顧問及び税務顧問に対する報酬及び費用
        2)有価証券届出書、有価証券報告書、信託約款、目論見書、運用報告書その他法令により必要とされ
          る書類の作成、印刷、届出及び交付に係る費用
        3)公告費用
        4)格付費用
        5)計理業務(設定解約処理、約定処理、基準価額算出、決算処理等)及びこれに付随する業務(法定
          帳簿管理、法定報告に係る業務等)の委託等の費用
        6)受益権の管理事務に関連する費用
     ③ 当ファンドが投資対象とするマザーファンドにおいては、                                  上記①    の諸経費(借入金の利息を除きま
        す。)がかかることがあり、間接的に当ファンドの受益者の負担となります。
     ④   上記①及び②       のうち、主要な手数料等を対価とする役務の内容は以下の通りです。
        1)売買委託手数料:有価証券等の売買の際、売買仲介人に支払う手数料
        2)保管費用:海外における保管銀行等に支払う有価証券等の保管及び資金の送金・資産の移転等に要
          する費用
        3)監査費用:監査法人等に支払うファンドの監査に係る費用
        4)印刷等費用:印刷業者等に支払う法定書類の作成、印刷、交付及び届出に係る費用
     ⑤ 上記に掲げる費用等については、運用状況等により変動するものであり、あらかじめこれを見積もるこ
        とが困難であるため、事前に料率、上限額等を表示することができません。
     ※当ファンドのお申込時、保有期間中及びご換金時に受益者に直接または間接的にご負担いただく手数料及

       び費用等の合計額もしくはその上限額またはこれらの計算方法については、受益者の皆さまが当ファンド
       を保有する期間等に応じて異なりますので、表示することができません。
    (5)【課税上の取扱い】

        課税上は、株式投資信託として取り扱われます。公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度の適
        用対象です。
     ① 個人受益者の場合
       1)収益分配金に対する課税
         収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については配当所得として、20.315%(所得税15.315%
         および地方税5%)の税率による源泉徴収(原則として、確定申告は不要です。)が行なわれます。
         なお、確定申告を行ない、申告分離課税または総合課税(配当控除の適用はありません。)のいずれ
         かを選択することもできます。
       2)解約金および償還金に対する課税
                             *
         解約時および償還時の差益(譲渡益)                     については譲渡所得として、20.315%(所得税15.315%およ
         び地方税5%)の税率による申告分離課税の対象となり、確定申告が必要となります。なお、源泉徴
         収ありの特定口座(源泉徴収選択口座)を選択している場合は、20.315%(所得税15.315%および地
                                 25/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         方税5%)の税率による源泉徴収(原則として、確定申告は不要です。)が行なわれます。
        *解約価額および償還価額から取得費用(申込手数料および当該手数料に係る消費税等相当額を含みま
         す。)を控除した利益
        ※確定申告等により、解約時および償還時の差損(譲渡損失)については、上場株式等の譲渡益、上場
         株式等の配当等および特定公社債等の利子所得(申告分離課税を選択したものに限ります。)と損益
         通算が可能です。また、解約時および償還時の差益(譲渡益)、普通分配金および特定公社債等の利
         子所得(申告分離課税を選択したものに限ります。)については、上場株式等の譲渡損失と損益通算
         が可能です。
        ※少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」および未成年者少額投資非課税制度「愛称:ジュニア
         NISA」をご利用の場合、毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当
         所得および譲渡所得が一定期間非課税となります。ご利用になれるのは、販売会社で非課税口座を開
         設するなど、一定の条件に該当する方が対象となります。なお、他の口座で生じた配当所得・譲渡所
         得との損益通算はできません。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
     ② 法人受益者の場合
       1)収益分配金、解約金、償還金に対する課税
         収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに解約時および償還時の個別元本超過額について
         は配当所得として、15.315%(所得税のみ)の税率による源泉徴収が行なわれます。源泉徴収された
         税金は、所有期間に応じて法人税から控除される場合があります。
       2)益金不算入制度の適用
         益金不算入制度は適用されません。
     ※買取請求による換金の際の課税については、販売会社にお問い合わせください。
     ③ 個別元本
       1)各受益者の買付時の基準価額(申込手数料および当該手数料に係る消費税等相当額は含まれませ
         ん。)が個別元本になります。
       2)受益者が同一ファンドを複数回お申込みの場合、1口当たりの個別元本は、申込口数で加重平均した
         値となります。ただし、個別元本は、複数支店で同一ファンドをお申込みの場合などにより把握方法
         が異なる場合がありますので、販売会社にお問い合わせください。
     ④ 普通分配金と元本払戻金(特別分配金)
       1)収益分配金には課税扱いとなる「普通分配金」と非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配金)」(元
         本の一部払戻しに相当する部分)の区分があります。
       2)受益者が収益分配金を受け取る際
         イ)収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の1口当たりの個別元本と同額かまたは上回っている場
           合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となります。
         ロ)収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の1口当たりの個別元本を下回っている場合には、収益
           分配金の範囲内でその下回っている部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、収益分配金から
           元本払戻金(特別分配金)を控除した金額が普通分配金となります。
         ハ)収益分配金発生時に、その個別元本から元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の受益
           者の個別元本となります。
                                 26/117







                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     ※外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合があります。








     ※上記は     2022年6月末      現在のものですので、税法が改正された場合などには、税率などの課税上の取扱いが変
       更になる場合があります。税金の取扱いの詳細については、税務専門家などにご確認されることをお勧め
       します。
    5【運用状況】

    以下は、2022年6月30日現在の運用状況であります。
    投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率です。また、小数点以下第3位を四捨五入して
    おり、合計と合わない場合があります。
    【LM・グローバル・プレミア小型株ファンド(年2回決算型)】

    (1)【投資状況】

             資産の種類                国名/地域名           時価合計(円)            投資比率(%)

    親投資信託受益証券                       日本                 4,079,801,226             100.13
    現金・預金・その他の資産(負債控除後)                       ―                  △5,127,434            △0.13
                合計(純資産総額)                            4,074,673,792             100.00
    (2)【投資資産】

    ①【投資有価証券の主要銘柄】

    a.上位30銘柄

                                 27/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                  帳簿価額      帳簿価額       評価額      評価額     投資
                            数量又は
    順位  国/地域     種類        銘柄名                単価      金額      単価      金額     比率
                            額面総額
                                   (円)      (円)      (円)      (円)     (%)
     1 日本    親投資信託    LM・グローバル・プレミア小型             2,701,855,117         1.5369    4,152,481,130         1.5100    4,079,801,226     100.13
          受益証券    株マザーファンド
    b.種類別及び業種別投資比率

                  種類                     投資比率(%)

    親投資信託受益証券                                            100.13
                  合計                              100.13
    ②【投資不動産物件】

    該当事項はありません。
    ③【その他投資資産の主要なもの】

    該当事項はありません。

    (3)【運用実績】

    ①【純資産の推移】

                              純資産総額(円)                  基準価額(円)

             期間末
                           (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
      第1計算期間末          (2019年    6月  6日)     10,448,197,620         10,647,421,030             10,489         10,689
      第2計算期間末          (2019年12月      6日)     10,919,326,045         11,736,788,363             10,686         11,486
      第3計算期間末          (2020年    6月  8日)     6,966,169,516         6,999,594,690            10,421         10,471
      第4計算期間末          (2020年12月      7日)     6,513,914,690         6,853,144,018            10,561         11,111
      第5計算期間末          (2021年    6月  7日)     5,072,575,988         5,987,700,863            10,532         12,432
      第6計算期間末          (2021年12月      6日)     5,344,583,728         5,436,167,236            10,504         10,684
      第7計算期間末          (2022年    6月  6日)     4,313,252,219         4,313,252,219            10,389         10,389
                 2021年    6月末日       5,534,262,936              ―       10,706           ―
                    7月末日       5,616,382,858              ―       10,801           ―
                    8月末日       5,804,708,994              ―       11,111           ―
                    9月末日       5,672,014,441              ―       10,834           ―
                    10月末日           5,790,536,199              ―       11,284           ―
                    11月末日           5,517,812,641              ―       10,806           ―
                    12月末日           5,494,655,641              ―       11,207           ―
                 2022年    1月末日       4,709,218,784              ―       10,042           ―
                    2月末日       4,418,159,807              ―       9,838          ―
                    3月末日       4,648,676,688              ―       10,523           ―
                    4月末日       4,290,227,568              ―       10,077           ―
                                 28/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                    5月末日       4,269,881,802              ―       10,259           ―
                    6月末日       4,074,673,792              ―       10,185           ―
    (注)基準価額は1万口当たりの純資産額です。

    ②【分配の推移】

          期                    期間                 1万口当たりの分配金(円)

       第1計算期間         2018年12月      7日~2019年      6月  6日                             200
       第2計算期間         2019年    6月  7日~2019年12月        6日                             800
       第3計算期間         2019年12月      7日~2020年      6月  8日                             50
       第4計算期間         2020年    6月  9日~2020年12月        7日                             550
       第5計算期間         2020年12月      8日~2021年      6月  7日                            1,900
       第6計算期間         2021年    6月  8日~2021年12月        6日                             180
       第7計算期間         2021年12月      7日~2022年      6月  6日                              0
    ③【収益率の推移】

          期                    期間                    収益率(%)

       第1計算期間         2018年12月      7日~2019年      6月  6日                            6.89
       第2計算期間         2019年    6月  7日~2019年12月        6日                            9.51
       第3計算期間         2019年12月      7日~2020年      6月  8日                           △2.01
       第4計算期間         2020年    6月  9日~2020年12月        7日                            6.62
       第5計算期間         2020年12月      8日~2021年      6月  7日                            17.72
       第6計算期間         2021年    6月  8日~2021年12月        6日                            1.44
       第7計算期間         2021年12月      7日~2022年      6月  6日                           △1.09
    (注)収益率は、計算期間末の基準価額(分配付きの額。)から当該計算期間の直前の計算期間末の基準価額(分配落ちの

       額。以下「前計算期間末基準価額」といいます。)を控除した額を前計算期間末基準価額で除して得た数に100を乗
       じて得た数を記載しております。
    (4)【設定及び解約の実績】

             期                設定口数(口)                   解約口数(口)

           第1計算期間                        10,020,474,764                     59,304,240
           第2計算期間                        5,368,899,372                   5,111,790,909
           第3計算期間                         779,691,907                  4,312,936,070
           第4計算期間                         375,345,169                   892,574,017
           第5計算期間                         616,704,294                  1,968,063,556
           第6計算期間                        1,008,383,981                    736,857,991
           第7計算期間                         131,028,832                  1,067,054,874
    (注)当該各期間中において、本邦外における設定または解約の実績はありません。

                                 29/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (参考)

    LM・グローバル・プレミア小型株マザーファンド

    投資状況

             資産の種類                国名/地域名           時価合計(円)            投資比率(%)

    株式                       日本                 1,516,842,700              13.79
                           アメリカ                 2,987,325,539              27.16
                           カナダ                  366,832,566             3.34
                           ブラジル                  150,362,073             1.37
                           ドイツ                  398,633,582             3.62
                           イタリア                  364,218,391             3.31
                           イギリス                 1,290,050,427              11.73
                           スイス                  616,754,982             5.61
                           スウェーデン                  795,874,889             7.24
                           デンマーク                  155,069,533             1.41
                           ポーランド                  176,488,019             1.60
                           アイスランド                  399,173,552             3.63
                           オーストラリア                  672,518,486             6.12
                           シンガポール                  154,783,704             1.41
                           韓国                  307,863,749             2.80
                           インド                  166,170,138             1.51
                               小計             10,518,962,330              95.65
    現金・預金・その他の資産(負債控除後)                       ―                  478,426,993             4.35
                合計(純資産総額)                           10,997,389,323              100.00
    投資資産

    投資有価証券の主要銘柄

    a.上位30銘柄

                                  帳簿価額      帳簿価額       評価額      評価額     投資

                            数量又は
    順位  国/地域     種類      銘柄名       業種           単価      金額      単価      金額    比率
                            額面総額
                                   (円)      (円)      (円)      (円)    (%)
     1 イギリス    株式     RESTORE   PLC     資本財・       356,623       778.83     277,751,187        722.49     257,658,548     2.34
                       サービス
     2 オースト    株式     HANSEN   TECHNOLOGIES      情報技術       520,319       505.18     262,855,793        489.21     254,549,941     2.31
      ラリア
               LTD
     3 オースト    株式     IPH  LTD       資本財・       320,282       798.14     255,633,078        774.67     248,114,458     2.26
      ラリア                 サービス
     4 アメリカ    株式     DORMAN   PRODUCTS    INC  一般消費       16,330     14,650.84      239,248,364       14,649.36      239,224,088     2.18
                       財・サー
                       ビス
     5 日本    株式     TKC        情報技術       72,300      3,273.15     236,648,745        3,290.00     237,867,000     2.16
                                 30/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     6 ドイツ    株式     NEW  WORK  SE     コミュニ       12,340     27,054.81      333,856,413       18,689.77      230,631,762     2.10
                       ケーショ
                       ン・サー
                       ビス
     7 イタリア    株式     GVS  SPA       資本財・       209,400      1,543.99     323,312,411        1,090.71     228,395,124     2.08
                       サービス
     8 アメリカ    株式     FORMFACTOR    INC    情報技術       41,540      5,625.81     233,696,454        5,281.31     219,385,833     1.99
     9 日本    株式     メイテック        資本財・       99,600      2,246.66     223,768,000        2,187.00     217,825,200     1.98
                       サービス
     10 アメリカ    株式     INNOSPEC    INC     素材       16,693     11,431.91      190,832,961       12,990.06      216,843,192     1.97
     11 アメリカ    株式     KENNEDY-WILSON        不動産       81,691      3,034.29     247,874,675        2,576.41     210,470,163     1.91
               HOLDINGS    INC
     12 スウェー    株式     LOOMIS   AB      資本財・       61,203      3,175.87     194,372,924        3,319.16     203,143,161     1.85
      デン                 サービス
     13 アイスラ    株式     MAREL  HF      資本財・       327,310       807.51     264,306,818        613.48     200,798,466     1.83
      ンド                 サービス
     14 アイスラ    株式     OSSUR  HF      ヘルスケ       348,830       748.50     261,101,213        568.68     198,375,086     1.80
      ンド                 ア
     15 日本    株式     オービックビジネスコ        情報技術       42,300      4,481.47     189,566,181        4,665.00     197,329,500     1.79
               ンサルタント
     16 アメリカ    株式     FORWARD   AIR  CORP    資本財・       15,940     15,313.62      244,099,218       12,334.00      196,604,011     1.79
                       サービス
     17 アメリカ    株式     KADANT   INC      資本財・        7,915     31,343.45      248,083,467       24,741.81      195,831,455     1.78
                       サービス
     18 日本    株式     福井コンピュータホー        情報技術       57,300      3,752.94     215,043,462        3,415.00     195,679,500     1.78
               ルディングス
     19 スウェー    株式     BRAVIDA   HOLDING   AB  資本財・       160,303      1,586.72     254,357,076        1,214.36     194,666,032     1.77
      デン                 サービス
     20 スウェー    株式     KARNOV   GROUP  AB   コミュニ       237,810       677.16     161,036,371        815.79     194,004,447     1.76
      デン                 ケーショ
                       ン・サー
                       ビス
     21 日本    株式     ビー・エム・エル        ヘルスケ       54,800      3,532.86     193,600,979        3,525.00     193,170,000     1.76
                       ア
     22 日本    株式     NSD        情報技術       81,400      2,156.00     175,498,400        2,365.00     192,511,000     1.75
     23 アメリカ    株式     QUAKER   CHEMICAL    CORP  素材        9,408     31,075.19      292,355,393       20,219.07      190,221,033     1.73
     24 カナダ    株式     ENGHOUSE    SYSTEMS   LTD  情報技術       61,320      4,026.34     246,895,514        3,052.80     187,197,696     1.70
     25 韓国    株式     NICE  INFORMATION      資本財・       113,310      1,893.59     214,563,815        1,635.85     185,359,296     1.69
                       サービス
               SERVICE   CO
     26 イギリス    株式     VICTREX   PLC     素材       63,633      3,897.49     248,009,567        2,866.78     182,422,003     1.66
     27 カナダ    株式     ALTUS  GROUP  LTD    不動産       38,091      6,617.57     252,070,239        4,715.93     179,634,870     1.63
     28 アメリカ    株式     JOHN  BEAN      資本財・       11,782     20,471.93      241,200,284       14,991.06      176,624,697     1.61
                       サービス
               TECHNOLOGIES     CORP
     29 ポーラン    株式     ASSECO   POLAND   SA   情報技術       76,100      2,641.42     201,012,524        2,319.15     176,488,019     1.60
      ド
     30 イギリス    株式     IDEAGEN   PLC     情報技術       300,040       478.90     143,689,726        579.98     174,018,699     1.58
    (注)2022年6月末現在のわが国の対顧客電信売買相場の仲値により邦貨換算しております。

    b.種類別及び業種別投資比率

                                             投資比率

        種類      国内/外国                 業種
                                              (%)
    株式            国内    素材                             1.33
                    資本財・サービス                             1.98
                    ヘルスケア                             2.99
                    情報技術                             7.49
                外国    素材                             6.36
                                 31/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                    資本財・サービス                            38.00
                    一般消費財・サービス                             3.35
                    生活必需品                             0.98
                    ヘルスケア                             4.17
                    金融                             1.52
                    情報技術                            19.35
                    コミュニケーション・サービス                             3.86
                    不動産                             4.27
        合計                                        95.65
    投資不動産物件

    該当事項はありません。
    その他投資資産の主要なもの

    該当事項はありません。

    ≪参考情報≫

    運用実績
                                 32/117












                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】


















    1【申込(販売)手続等】

    (1)申込方法
                                 33/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        販売会社所定の方法でお申し込みください。
    (2)コースの選択
        収益分配金の受取方法によって、<分配金再投資コース(自動けいぞく投資コース)>と<分配金受取
        りコース(一般コース)>の2通りがあります。ただし、販売会社によって取扱コースは異なります。
        <分配金再投資コース(自動けいぞく投資コース)>
         収益分配金を自動的に再投資するコースです。
        <分配金受取りコース(一般コース)>
         収益分配金を再投資せず、その都度受け取るコースです。
        ※販売会社によっては、取扱コースの名称が異なる場合があります。
    (3)申込みの受付
        販売会社の営業日に受け付けます。
    (4)取扱時間
        原則として、       午後3時    までに、販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の受付分とします。な
        お、上記時刻を過ぎた場合は、翌営業日の取扱いとなります。
    (5)取得申込不可日
        販売会社の営業日であっても、取得申込日が下記のいずれかに該当する場合は、取得の申込みの受付は
        行ないません。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
        ・ロンドン証券取引所の休業日
        ・ニューヨーク証券取引所の休業日
    (6)申込金額
        取得申込受付日の翌営業日の基準価額                    に取得申込口数を乗じて得た額に、申込手数料と当該手数料に係
        る消費税等相当額を加算した額です。
        ※<分配金再投資コース(自動けいぞく投資コース)>において収益分配金を再投資する場合は、各計
         算期間終了日の基準価額とします。
    (7)申込単位
        販売会社が定める単位とします。
        ※詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
    (8)申込代金の支払い
        取得申込者は、申込金額を販売会社が指定する日までに販売会社へお支払いください。
    (9)受付の中止および取消
                       ※
        委託会社は、金融商品取引所                における取引の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない事情が
        あるときは、取得の申込みの受付を中止すること、および既に受け付けた取得の申込みの受付を取り消
        すことができます。
        ※金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取引所および金融商品取引法第2条第8項第3号ロ
         に規定する外国金融商品市場をいいます。
    2【換金(解約)手続等】

    <解約請求による換金>
    (1)解約の受付
        販売会社の営業日に受け付けます。
    (2)取扱時間
        原則として、       午後3時    までに、販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の受付分とします。な
        お、上記時刻を過ぎた場合は、翌営業日の取扱いとなります。
    (3)解約請求不可日
        販売会社の営業日であっても、解約請求日が下記のいずれかに該当する場合は、解約請求の受付は行な
        いません。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
        ・ロンドン証券取引所の休業日
        ・ニューヨーク証券取引所の休業日
    (4)解約制限
        資金管理を円滑に行うため、信託財産の残高規模、市場の流動性の状況等によっては、換金制限を設け
        る場合があります。
                                 34/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (5)解約価額
        解約請求受付日の翌営業日の基準価額                   とします。
        ・基準価額につきましては、販売会社または委託会社の照会先にお問い合わせください。
         <委託会社の照会先>
          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社
           ホームページアドレス:            https://www.franklintempleton.co.jp
           電話番号:03-5219-5940
           受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで
    (6)手取額

        1口当たりの手取額は、解約価額から解約に係る所定の税金を差し引いた金額となります。
        ※税法が改正された場合などには、税率などの課税上の取扱いが変更になる場合があります。
         詳しくは、「課税上の取扱い」をご覧ください。
    (7)解約単位
        販売会社が定める単位とします。
        ※詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
    (8)解約代金の支払い
        原則として、解約請求受付日から起算して                      6営業日目     からお支払いします。
    (9)受付の中止および取消
       ・委託会社は、金融商品取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない事情があ
        るときは、解約請求の受付を中止すること、および既に受け付けた解約請求の受付を取り消すことがで
        きます。
       ・解約請求の受付が中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に行なった当日の解約請求を撤回で
        きます。ただし、受益者がその解約請求を撤回しない場合には、当該受付中止を解除した後の最初の基
        準価額の計算日(この計算日が解約請求を受け付けない日であるときは、この計算日以降の最初の解約
        請求を受け付けることができる日とします。)に解約請求を受け付けたものとして取り扱います。
    3【資産管理等の概要】

    (1)【資産の評価】

     ① 基準価額の算出
       ・基準価額は委託会社の営業日において日々算出されます。
       ・基準価額とは、信託財産に属する                  資産(受入担保金代用有価証券および借入有価証券を除きます。)                                  を
        評価して得た信託財産の総額から負債総額を控除した金額(純資産総額)を、計算日における受益権総
        口数で除した金額をいいます。なお、ファンドは                         1万口   当たりに換算した価額で表示することがありま
        す。
                                 35/117







                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     ② 有価証券などの評価基準
       ・信託財産に属する資産については、法令および一般社団法人投資信託協会規則に従って                                               時価評価     しま
        す。
        <主な資産の評価方法>
        ◇マザーファンド受益証券
         基準価額計算日の基準価額で評価します。
        ◇国内上場株式
         原則として、基準価額計算日におけるわが国の金融商品取引所の最終相場で評価します。
        ◇外国株式
         原則として、基準価額計算日に知りうる直近の日における外国金融商品市場の最終相場で評価しま
         す。
       ・外貨建資産(外国通貨表示の有価証券、預金その他の資産をいいます。)の円換算については、原則と
        してわが国における計算日の対顧客相場の仲値によって計算します。
      ③ 基準価額の照会方法
        販売会社または委託会社の照会先にお問い合わせください。
         <委託会社の照会先>
          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社
           ホームページアドレス:            https://www.franklintempleton.co.jp
           電話番号:03-5219-5940
           受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで
    (2)【保管】

        該当事項はありません。
    (3)【信託期間】

        2028年12月6日までとします(2018年12月7日設定)。ただし、約款の規定に基づき、信託契約を解約
        し、信託を終了させることがあります。
        ※委託会社は、信託期間満了前に、信託期間の延長が受益者に有利であると認めたときは、受託会社と
         協議のうえ、信託期間を延長することができます。
    (4)【計算期間】

        毎年6月7日から12月6日まで及び12月7日から翌年6月6日までとします。ただし、各計算期間の末日が休
        業日のときはその翌営業日を計算期間の末日とし、その翌日より次の計算期間が開始されます。
    (5)【その他】

     ① 信託の終了(繰上償還)
       1)委託会社は、次のいずれかの場合には、受託会社と合意の上、信託契約を解約し繰上償還させること
         ができ   ます。
         イ)  信託財産の純資産総額が20億円                を 下回ったとき
         ロ)  マザーファンドを投資対象とするすべての証券投資信託の信託財産の純資産総額の合計額が30億
           円を下回ったとき
         ハ)繰上償還することが受益者のために有利であると認めるとき
         ニ)やむを得ない事情が発生したとき
       2)この場合、委託会社は書面による決議(以下                          「書面決議」       といいます。)を行ないます。(後述の
         「書面決議」をご覧ください。)
       3)委託会社は、次のいずれかの場合には、後述の「書面決議」の規定は適用せず、信託契約を解約し繰
         上償還させます。
         イ)信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合で、書面決議が困難な場合
         ロ)監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたとき
                                 36/117

                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         ハ)委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したとき(監
           督官庁がこの信託契約に関する委託会社の業務を他の委託会社に引き継ぐことを命じたときは、
           書 面決議で可決された場合、存続します。)
         ニ)受託会社が委託会社の承諾を受けてその任務を辞任した場合またはその任務に違反するなどして
           解任された場合に、委託会社が新受託会社を選任できないとき
       4)繰上償還を行なう際には、委託会社は、その旨をあらかじめ監督官庁に届け出ます。
     ② 償還金について
       ・償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還日(償還日が休業日の場
        合は翌営業日)から起算して5営業日まで)から受益者に支払います。
       ・償還金の支払いは、販売会社において行なわれます。
     ③ 信託約款の変更など
       1)委託会社は、         受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、                                           受託
         会社と合意の上、この信託約款を変更すること、または当ファンドと他のファンドとの併合(以下
         「併合」といいます。)を行なうことができます。信託約款の変更または併合を行なう際には、委託
         会社は、その旨および内容をあらかじめ監督官庁に届け出ます。
       2)この変更事項のうち、その内容が重大なものまたは併合(受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものを
         除きます。)については、              書面決議     を行ないます。(後述の「書面決議」をご覧ください。)
       3)委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときは、後述の「書面決
         議」の規定を適用します。
     ④   書面決議
       1)繰上償還、信託約款の重大な変更または併合に対して、委託会社は書面決議を行ないます。この場合
         において、あらかじめ、書面決議の日ならびにその内容および理由などの事項を定め、決議の日の2
         週間前までに知れている受益者に対し書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発送し
         ます。
       2)受益者は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている
         受益者が議決権を行使しないときは、書面決議について賛成するものとみなします。
       3)書面決議は、議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上にあたる多数をもって行
         ないます。
       4)繰上償還、信託約款の重大な変更または併合に関する委託会社の提案に対して、すべての受益者が書
         面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときは、書面決議を行ないません。
       5)当ファンドにおいて併合の書面決議が可決された場合であっても、併合にかかる他のファンドにおい
         て併合の書面決議が否決された場合は、当該他のファンドとの併合を行なうことはできません。
       6)当ファンドは、受益者からの換金請求に対して、投資信託契約の一部を解約することにより応じるこ
         とができるため、受益者の保護に欠けるおそれがないものとして、書面決議において反対した受益者
         からの買取請求は受け付けません。
      ⑤ 公告






        公告は   日本経済新聞       に掲載します。
      ⑥ 運用報告書の作成
                                 37/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ・委託会社は、毎期決算後および償還後に期中の運用経過、組入有価証券の内容および有価証券の売買状
        況などを記載した運用報告書を作成します。
       ・交付運用報告書は、原則として知れている受益者に対して交付されます。
       ・運用報告書(全体版)は、委託会社のホームページに掲載されます。ただし、受益者から運用報告書
        (全体版)の交付請求があった場合には、交付します。
          ホームページアドレス:             https://www.franklintempleton.co.jp
      ⑦ 関係法人との契約について
       ・販売会社との募集の取扱いなどに関する契約の有効期間は契約日より1年間とします。ただし、期間満
        了の3ヵ月前までに、販売会社、委託会社いずれからも別段の意思表示がないときは、自動的に1年間
        延長されるものとし、以後も同様とします。
       ・投資顧問会社とのマザーファンドにおける運用の指図に関する権限の委託契約                                         は、当該ファンドの信託
        期間終了まで存続します。ただし、投資顧問会社、委託会社が重大な契約違反を行なったとき、その他
        契約を継続し難い重大な事由があるときは、相手方に通知をなすことにより契約を終了することができ
        ます。
      ⑧ 他の受益者の氏名などの開示の請求の制限
        受益者は、委託会社または受託会社に対し、次に掲げる事項の開示の請求を行なうことはできません。
        1.他の受益者の氏名または名称および住所
        2.他の受益者が有する受益権の内容
    4【受益者の権利等】

     受益者の有する主な権利は次の通りです。
    (1)収益分配金・償還金受領権
       ・受益者は、ファンドの収益分配金・償還金を、自己に帰属する受益権の口数に応じて受領する権利を有
        します。
       ・ただし、受益者が収益分配金については支払開始日から5年間、償還金については支払開始日から10年
        間請求を行なわない場合はその権利を失い、その金銭は委託会社に帰属します。
    (2)解約請求権
        受益者は、自己に帰属する受益権につき販売会社を通じて、委託会社に解約の請求をすることができま
        す。
    (3)帳簿閲覧権
        受益者は、委託会社に対し、その営業時間内にファンドの信託財産に関する帳簿書類の閲覧を請求する
        ことができます。
                                 38/117









                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】

    (1)当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令
        第59号)(以下「財務諸表等規則」という。)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の
        計算に関する規則」(平成12年総理府令第133号)(以下「投資信託財産計算規則」という。)に基づ
        いて作成しております。
       なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
    (2)当ファンドの計算期間は6ヵ月であるため、財務諸表は6ヵ月ごとに作成しております。

    (3)当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第7期計算期間(2021年12月                                                    7日から

        2022年    6月  6日まで)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による監査を受けております。
    1【財務諸表】

                                 39/117















                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    【LM・グローバル・プレミア小型株ファンド(年2回決算型)】

    (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                    第6期               第7期
                                 2021年12月      6日現在         2022年    6月  6日現在
     資産の部
       流動資産
                                      5,490,012,051               4,357,931,099
        親投資信託受益証券
                                        39,484,939               11,962,087
        未収入金
                                      5,529,496,990               4,369,893,186
        流動資産合計
                                      5,529,496,990               4,369,893,186
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                        91,583,508
        未払収益分配金                                                   -
                                        39,484,939               11,962,087
        未払解約金
                                        1,237,939               1,028,502
        未払受託者報酬
                                        51,374,565               42,682,701
        未払委託者報酬
                                        1,232,311                967,677
        その他未払費用
                                       184,913,262                56,640,967
        流動負債合計
                                       184,913,262                56,640,967
       負債合計
     純資産の部
       元本等
                                      5,087,972,704               4,151,946,662
        元本
        剰余金
                                       256,611,024               161,305,557
          期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                                       2,610,623
                                            -
          (分配準備積立金)
                                      5,344,583,728               4,313,252,219
        元本等合計
                                      5,344,583,728               4,313,252,219
       純資産合計
                                      5,529,496,990               4,369,893,186
     負債純資産合計
                                 40/117










                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                    第6期               第7期
                                 自 2021年      6月  8日       自 2021年12月        7日
                                 至 2021年12月        6日       至 2022年      6月  6日
     営業収益
                                       134,459,621
                                                      △ 17,225,497
       有価証券売買等損益
                                       134,459,621
                                                      △ 17,225,497
       営業収益合計
     営業費用
                                        1,237,939               1,028,502
       受託者報酬
                                        51,374,565               42,682,701
       委託者報酬
                                        1,232,311                967,677
       その他費用
                                        53,844,815               44,678,880
       営業費用合計
                                        80,614,806
                                                      △ 61,904,377
     営業利益又は営業損失(△)
                                        80,614,806
                                                      △ 61,904,377
     経常利益又は経常損失(△)
                                        80,614,806
                                                      △ 61,904,377
     当期純利益又は当期純損失(△)
     一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                        29,520,387
                                                      △ 17,293,129
     約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
                                       256,129,274               256,611,024
     期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                        81,839,700                2,935,404
     剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                        81,839,700                2,935,404
       額
                                        40,868,861               53,629,623
     剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                        40,868,861               53,629,623
       額
                                        91,583,508
                                                           -
     分配金
                                       256,611,024               161,305,557
     期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                 41/117











                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【注記表】

    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

                                        第7期

           項目
                                自  2021年12月      7日 至    2022年    6月  6日
    有価証券の評価基準及び評価方法                  親投資信託受益証券
                      移動平均法に基づき、親投資信託受益証券の基準価額で評価しております。
    (未適用の会計基準等に関する注記)

     該当事項はありません。
    (重要な会計上の見積りに関する注記)

     該当事項はありません。
    (貸借対照表に関する注記)

                 第6期                            第7期

              2021年12月      6日現在                      2022年    6月  6日現在
    1.   計算期間の末日における受益権の総数                         1.   計算期間の末日における受益権の総数
                         5,087,972,704口                            4,151,946,662口
    2.   計算期間の末日における1単位当たりの純資産の額                         2.   計算期間の末日における1単位当たりの純資産の額
        一口当たり純資産額                     1.0504円        一口当たり純資産額                     1.0389円
        (一万口当たり純資産額)                    (10,504円)         (一万口当たり純資産額)                    (10,389円)
    (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                                  第6期                 第7期

              項目                自  2021年    6月  8日          自  2021年12月      7日
                               至  2021年12月      6日          至  2022年    6月  6日
    1.信託財産の運用の指図に係る権限の全部又は                        委託者報酬のうち、販売会社                       同左
      一部を委託するために要する費用として委託                       へ支払う手数料を除いた額の
      者報酬の中から支弁している額                       100分の50相当額を支払って
                            おります。
    2.分配金の計算過程
      費用控除後の配当等収益額                              11,981,938円                  2,610,623円
      費用控除後・繰越欠損金補填後の有価証券売
                                    39,112,481円                     -円
      買等損益額
      収益調整金額                              297,100,113円                 158,694,934円
      分配準備積立金額                                  -円                 -円
      当ファンドの分配対象収益額                              348,194,532円                 161,305,557円
      当ファンドの期末残存口数                             5,087,972,704口                 4,151,946,662口
      1万口当たり収益分配対象額                                684.35円                 388.49円
      1万口当たり分配金額                                180.00円                   -円
                                 42/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      収益分配金金額                              91,583,508円                     -円
    (金融商品に関する注記)

    Ⅰ金融商品の状況に関する事項
                               第6期                   第7期

            項目
                            自  2021年    6月  8日            自  2021年12月      7日
                            至  2021年12月      6日            至  2022年    6月  6日
    1.金融商品に対する取組方針                  当ファンドは、投資信託及び投資法人に                            同左
                      関する法律第2条第4項に定める証券投資
                      信託であり、信託約款に規定する「運用
                      の基本方針」に従い、有価証券等の金融
                      商品に対して投資として運用することを
                      目的としております。
    2.金融商品の内容及び当該金融商品に                  当ファンドが保有する金融商品の種類                            同左
      係るリスク                 は、有価証券、コール・ローン等の金銭
                      債権及び金銭債務であります。当ファン
                      ドが保有する有価証券の詳細は(その他
                      の注記)の2      有価証券関係に記載してお
                      ります。これらは、株価変動リスク、為
                      替変動リスク等の市場リスク、信用リス
                      ク及び流動性リスクに晒されておりま
                      す。
    3.金融商品に係るリスク管理体制                  委託会社では、運用リスク管理に関する                            同左
                      委員会において、以下の事項について審
                      議を行い、運用本部に必要な勧告または
                      是正を命じます。
                      1.パフォーマンス評価
                      2.リスク分析
                      3.運用ガイドラインチェック
                      4.その他運用リスクに関する事項に関す
                      る報告や承認等
    4.金融商品の時価等に関する事項につ                  金融商品の時価の算定においては一定の                            同左
      いての補足説明                 前提条件等を採用しているため、異なる
                      前提条件等によった場合、当該価額が異
                      なることもあります。
    Ⅱ金融商品の時価等に関する事項

                               第6期                   第7期

            項目
                         自  2021年    6月  8日                     自  2021年12月      7日
                            至  2021年12月      6日            至  2022年    6月  6日
    1.貸借対照表計上額、時価及び差額                  貸借対照表上の金融商品は原則としてす                            同左
                      べて時価で評価しているため、貸借対照
                      表計上額と時価との差額はありません。
                                 43/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2.時価の算定方法                                              同左
                      親投資信託受益証券
                      (重要な会計方針に係る事項に関する注
                      記)に記載しております。
                      コール・ローン等の金銭債権及び金銭債
                      務
                      これらの科目は短期間で決済されるた
                      め、帳簿価額は時価と近似していること
                      から、当該帳簿価額を時価としておりま
                      す。
    (関連当事者との取引に関する注記)

    該当事項はありません。

    (重要な後発事象に関する注記)

    該当事項はありません。

    (その他の注記)

    1 元本の移動
                                  第6期                 第7期

               項目                自  2021年    6月  8日          自  2021年12月      7日
                               至  2021年12月      6日          至  2022年    6月  6日
    期首元本額                                4,816,446,714円                 5,087,972,704円
    期中追加設定元本額                                1,008,383,981円                  131,028,832円
    期中解約元本額                                 736,857,991円                1,067,054,874円
    2 有価証券関係

    売買目的有価証券
                             第6期                    第7期

                         2021年12月      6日現在               2022年    6月  6日現在
           種類
                     当期の損益に含まれた評価差額(円)                    当期の損益に含まれた評価差額(円)
    親投資信託受益証券                              111,524,776                     12,749,115

           合計                       111,524,776                     12,749,115

    3 デリバティブ取引関係

    取引の時価等に関する事項
                                 44/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    該当事項はありません。

    (4)【附属明細表】



    第1   有価証券明細表

      ①株式
    該当事項はありません。

      ②株式以外の有価証券

       種類        通貨             銘柄           総口数(口)          評価額(円)         備考

    親投資信託受益        日本円         LM・グローバル・プレミア小型株                    2,833,136,848           4,357,931,099
    証券                 マザーファンド
            小計
                     銘柄数:1                    2,833,136,848           4,357,931,099
                     組入時価比率:101.0%                                  100.0%
            合計                                        4,357,931,099
    (注)比率は左より組入時価の純資産に対する比率、及び小計欄の合計金額に対する比率であります。

    第2   デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

    該当事項はありません。

    (参考)

      当ファンドは「LM・グローバル・プレミア小型株マザーファンド」受益証券を主要投資対象としており、
    貸借対照表の資産の部に計上された「親投資信託受益証券」は、すべて同ファンドの受益証券であります。
     なお、同ファンドの状況は次の通りであります。
    「LM・グローバル・プレミア小型株マザーファンド」の状況

     なお、以下に記載した情報は監査の対象外であります。また、LM・グローバル・プレミア小型株マザー
    ファンドの計算期間は当ファンドの計算期間とは異なり、毎年12月7日から翌年12月6日までであります。
    LM・グローバル・プレミア小型株マザーファンド

    貸借対照表

                                                      (単位:円)
                                 2021年12月      6日現在         2022年    6月  6日現在
     資産の部
       流動資産
        預金                               598,477,444               190,142,215
                                 45/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                 2021年12月      6日現在         2022年    6月  6日現在
        コール・ローン                               783,927,390               358,359,825
        株式                              13,299,369,175               10,952,413,192
        派生商品評価勘定                                 577,924               138,744
        未収入金                               174,111,941                81,777,702
                                        7,208,616               42,534,853
        未収配当金
                                      14,863,672,490               11,625,366,531
        流動資産合計
                                      14,863,672,490               11,625,366,531
       資産合計
     負債の部
       流動負債
        派生商品評価勘定                                 761,523               132,766
        未払金                               176,079,853                    -
        未払解約金                                62,083,959               22,712,052
                                          2,189                856
        未払利息
                                       238,927,524                22,845,674
        流動負債合計
                                       238,927,524                22,845,674
       負債合計
     純資産の部
       元本等
        元本                              9,491,852,613               7,542,699,676
        剰余金
                                      5,132,892,353               4,059,821,181
          期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                      14,624,744,966               11,602,520,857
        元本等合計
                                      14,624,744,966               11,602,520,857
       純資産合計
                                      14,863,672,490               11,625,366,531
     負債純資産合計
    注記表

    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

                                自  2021年12月      7日 至    2022年    6月  6日

           項目
    1.有価証券の評価基準及び評価方法                  株式
                      移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。
                      時価評価にあたっては、外国金融商品市場又は店頭市場における最終相場(最終相
                      場のないものについては、それに準ずる価格)、又は金融商品取引業者等から提示
                      される気配相場に基づいて評価しております。
    2.デリバティブ等の評価基準及び評価                  為替予約取引
      方法
                      為替予約の評価は、原則として、わが国における貸借対照表作成日の対顧客先物売
                      買相場の仲値によって計算しております。
    3.収益及び費用の計上基準
                      受取配当金
                      株式
                      原則として、株式の配当落ち日において、その金額が確定している場合には当該金
                      額、未だ確定していない場合には入金時に計上しております。
    4.その他財務諸表作成のための基礎と
                      外貨建取引等の処理基準
      なる事項
                      外貨建取引については、「投資信託財産計算規則」(平成12年総理府令第133号)
                      第60条に基づき、取引発生時の外国通貨の額をもって記録する方法を採用しており
                      ます。但し、同第61条に基づき、外国通貨の売却時において、当該外国通貨に加え
                      て、外貨建資産等の外貨基金勘定及び外貨建各損益勘定の前日の外貨建純資産額に
                      対する当該売却外国通貨の割合相当額を当該外国通貨の売却時の外国為替相場等で
                      円換算し、前日の外貨基金勘定に対する円換算した外貨基金勘定の割合相当の邦貨
                      建資産等の外国投資勘定と、円換算した外貨基金勘定を相殺した差額を為替差損益
                      とする計理処理を採用しております。
                                 46/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (未適用の会計基準等に関する注記)

     該当事項はありません。
    (重要な会計上の見積りに関する注記)

     該当事項はありません。
    (貸借対照表に関する注記)

              2021年12月      6日現在                      2022年    6月  6日現在

    1.   開示対象ファンドの期末における当該ファンドの受益                         1.   開示対象ファンドの期末における当該ファンドの受益
       権の総数                            権の総数
                         9,491,852,613口                            7,542,699,676口
    2.   開示対象ファンドの期末における当該ファンドの                         2.   開示対象ファンドの期末における当該ファンドの
        一口当たり純資産額                     1.5408円        一口当たり純資産額                     1.5382円
        (一万口当たり純資産額)                    (15,408円)         (一万口当たり純資産額)                    (15,382円)
    (金融商品に関する注記)

    Ⅰ金融商品の状況に関する事項
                            自  2021年    6月  8日            自  2021年12月      7日

            項目
                            至  2021年12月      6日            至  2022年    6月  6日
    1.金融商品に対する取組方針                  当ファンドは、投資信託及び投資法人に                            同左
                      関する法律第2条第4項に定める証券投資
                      信託であり、信託約款に規定する「運用
                      の基本方針」に従い、有価証券等の金融
                      商品に対して投資として運用することを
                      目的としております。
    2.金融商品の内容及び当該金融商品に                  当ファンドが保有する金融商品の種類                            同左
      係るリスク                 は、有価証券、デリバティブ取引、コー
                      ル・ローン等の金銭債権及び金銭債務で
                      あります。当ファンドが保有する有価証
                      券の詳細は(その他の注記)の2 有価証
                      券関係に記載しております。これらは、
                      株価変動リスク、為替変動リスク等の市
                      場リスク、信用リスク及び流動性リスク
                      に晒されております。
                      また、当ファンドは、信託財産に属する
                      資産の効率的な運用に資することを目的
                      として、為替予約取引を行っておりま
                      す。為替予約取引は為替変動リスクを有
                      しております。
                                 47/117




                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    3.金融商品に係るリスク管理体制                  委託会社では、運用リスク管理に関する                            同左
                      委員会において、以下の事項について審
                      議を行い、運用本部に必要な勧告または
                      是正を命じます。
                      1.パフォーマンス評価
                      2.リスク分析
                      3.運用ガイドラインチェック
                      4.その他運用リスクに関する事項に関す
                      る報告や承認等
    4.金融商品の時価等に関する事項につ                  金融商品の時価の算定においては一定の                            同左
      いての補足説明                 前提条件等を採用しているため、異なる
                      前提条件等によった場合、当該価額が異
                      なることもあります。
                      また、デリバティブ取引に関する契約額
                      等は、あくまでもデリバティブ取引にお
                      ける名目的な契約額又は計算上の想定元
                      本であり、当該金額自体がデリバティブ
                      取引のリスクの大きさを示すものではあ
                      りません。
    Ⅱ金融商品の時価等に関する事項

                            自  2021年    6月  8日            自  2021年12月      7日

            項目
                            至  2021年12月      6日            至  2022年    6月  6日
    1.貸借対照表計上額、時価及び差額                  貸借対照表上の金融商品は原則としてす                            同左
                      べて時価で評価しているため、貸借対照
                      表計上額と時価との差額はありません。
    2.時価の算定方法                                              同左
                      株式
                      (重要な会計方針に係る事項に関する注
                      記)に記載しております。
                      派生商品評価勘定
                      デリバティブ取引については、(その他
                      の注記)の3 デリバティブ取引関係に記
                      載しております。
                      コール・ローン等の金銭債権及び金銭債
                      務
                      これらの科目は短期間で決済されるた
                      め、帳簿価額は時価と近似していること
                      から、当該帳簿価額を時価としておりま
                      す。
    (その他の注記)

    1 元本の移動等
                               自  2021年    6月  8日          自  2021年12月      7日

               項目
                               至  2021年12月      6日          至  2022年    6月  6日
                                 48/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    開示対象ファンドの期首における当該ファンド
                                   11,790,786,130円                 9,491,852,613円
    の元本額
    同期中における追加設定元本額                                1,319,529,759円                  384,605,571円
    同期中における解約元本額                                3,618,463,276円                 2,333,758,508円
    元本の内訳
    LM・グローバル・プレミア小型株ファンド
                                    5,928,760,679円                 4,709,562,828円
    (年1回決算型)
    LM・グローバル・プレミア小型株ファンド
                                    3,563,091,934円                 2,833,136,848円
    (年2回決算型)
              計                                9,491,852,613円                 7,542,699,676円
    2 有価証券関係

    売買目的有価証券
                         2021年12月      6日現在               2022年    6月  6日現在

           種類
                     当期の損益に含まれた評価差額(円)                    当期の損益に含まれた評価差額(円)
    株式                              590,570,192                  △1,698,179,485

           合計                       590,570,192                  △1,698,179,485

    3 デリバティブ取引関係

    取引の時価等に関する事項
    通貨関連
                      2021年12月     6日現在                   2022年   6月  6日現在

                契約額等(円)                       契約額等(円)

        種類
                         時価(円)      評価損益(円)                  時価(円)      評価損益(円)
                     うち1年                       うち1年
                      超                       超
    市場取引以外の取引

     為替予約取引

      買建          127,685,757       -   126,934,498       △751,259      29,006,790       -   29,145,534        138,744

       米ドル         127,685,757       -   126,934,498       △751,259      29,006,790       -   29,145,534        138,744

      売建          68,544,653       -   67,976,993        567,660     29,006,790       -   29,139,556       △132,766

       ユーロ          5,572,086      -    5,566,489        5,597        -    -       -      -

       英ポンド          8,657,526      -    8,616,041        41,485     29,006,790       -   29,139,556       △132,766

       スウェーデンク          1,888,326      -    1,865,648        22,678        -    -       -      -

       ローナ
       オーストラリアド          52,426,715       -   51,928,815        497,900         -    -       -      -

       ル
        合計        196,230,410       -   194,911,491       △183,599      58,013,580       -   58,285,090         5,978

                                 49/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (注)   時価の算定方法
     為替予約取引について

     1.貸借対照表作成日に対顧客先物相場の仲値が発表されている外貨については、以下のように評価しております。

     ①貸借対照表作成日において為替予約の受渡日(以下「当該日」という。)の対顧客先物相場の仲値が発表されている場

      合は、当該為替予約は当該仲値で評価しております。
     ②貸借対照表作成日において当該日の対顧客先物相場の仲値が発表されていない場合は、以下の方法によっております。

     ・貸借対照表作成日に当該日を超える対顧客先物相場が発表されている場合には、発表されている先物相場のうち当該日

      に最も近い前後二つの先物相場の仲値をもとに計算したレートを用いております。
     ・貸借対照表作成日に当該日を超える対顧客先物相場が発表されていない場合には、当該日に最も近い発表されている対

      顧客先物相場の仲値を用いております。
     2.貸借対照表作成日に対顧客先物相場の仲値が発表されていない外貨については、貸借対照表作成日の対顧客相場の仲値

      で評価しております。
     ※上記取引で、ヘッジ会計が適用されているものはありません。

    附属明細表

    第1   有価証券明細表

      ①株式
    次表の通りです。

                                                評価額

     種類      通貨            銘柄            株式数                       備考
                                            単価         金額
    株式    日本円        JCU                      43,300       3,710.00        160,643,000

                オービックビジネスコンサルタント                      42,300       4,565.00        193,099,500

                TKC                      72,300       3,440.00        248,712,000

                NSD                      81,400       2,416.00        196,662,400

                福井コンピュータホールディングス                      57,300       3,300.00        189,090,000

                アズワン                      25,400       5,940.00        150,876,000

                ビー・エム・エル                      54,800       3,460.00        189,608,000

                メイテック                      33,200       7,080.00        235,056,000

        小計

                銘柄数:8                      410,000              1,563,746,900
                組入時価比率:13.5%                                        14.3%

        米ドル        ARCOSA    INC

                                      25,360        53.33      1,352,448.80
                AVID   TECHNOLOGY      INC

                                      42,620        28.86      1,230,013.20
                DORMAN    PRODUCTS     INC

                                      16,330        103.08      1,683,296.40
                ESCO   TECHNOLOGIES       INC

                                      13,110        67.51       885,056.10
                FARO   TECHNOLOGIES       INC

                                      14,000        31.82       445,480.00
                FORMFACTOR      INC

                                      41,540        40.27      1,672,815.80
                                 50/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                FORRESTER     RESEARCH     INC
                                      26,851        51.33      1,378,261.83
                FORWARD    AIR  CORP

                                      15,940        96.85      1,543,789.00
                INNOSPEC     INC

                                      16,693        104.36      1,742,081.48
                INTER   PARFUMS    INC

                                      11,041        73.19       808,090.79
                JOHN   BEAN   TECHNOLOGIES       CORP

                                      11,782        124.36      1,465,209.52
                KADANT    INC

                                      7,915       188.64      1,493,085.60
                KENNEDY-WILSON        HOLDINGS     INC

                                      81,691        20.85      1,703,257.35
                KULICKE    & SOFFA   INDUSTRIES

                                      28,660        53.01      1,519,266.60
                LCI  INDUSTRIES

                                      8,324       115.43       960,839.32
                MARCUS    & MILLICHAP     INC

                                      15,797        39.93       630,774.21
                MERIDIAN     BIOSCIENCE      INC

                                      25,590        27.05       692,209.50
                QUAKER    CHEMICAL     CORP

                                      9,408       160.70      1,511,865.60
                SIMPSON    MANUFACTURING       CO  INC

                                      6,558       110.05       721,707.90
        小計

                銘柄数:19                      419,210              23,439,549.00
                                                   (3,066,830,591)

                組入時価比率:26.4%                                        28.1%

        カナダドル        ALTUS   GROUP   LTD

                                      38,091        47.60      1,813,131.60
                ENGHOUSE     SYSTEMS    LTD

                                      46,550        33.72      1,569,666.00
                LIFEWORKS     INC

                                      99,282        18.39      1,825,795.98
        小計

                銘柄数:3                      183,923               5,208,593.58
                                                    (541,433,302)

                組入時価比率:4.7%                                        4.9%

        ブラジルレアル        ODONTOPREV      S.A.                619,360         10.20      6,317,472.00

        小計

                銘柄数:1                      619,360               6,317,472.00
                                                    (173,065,881)

                組入時価比率:1.5%                                        1.6%

        ユーロ        CAREL   INDUSTRIES      SPA

                                      51,460        21.50      1,106,390.00
                GVS  SPA

                                     209,400         8.04     1,684,623.00
                MAREL   HF

                                     327,310         4.44     1,453,256.40
                NEW  WORK   SE

                                      10,390        134.00      1,392,260.00
                NORMA   GROUP   SE

                                      52,429        23.96      1,256,198.84
        小計

                銘柄数:5                      650,989               6,892,728.24
                                                    (966,498,353)

                組入時価比率:8.3%                                        8.8%

        英ポンド        DIPLOMA    PLC

                                      39,576        25.72      1,017,894.72
                DISCOVERIE      GROUP   PLC

                                     148,104         7.34     1,087,083.36
                                 51/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                IDEAGEN    PLC
                                     300,040         3.46     1,038,138.40
                MARLOWE    PLC

                                      93,447         9.32      870,926.04
                RESTORE    PLC

                                     356,623         4.46     1,590,538.58
                ROTORK    PLC

                                     264,630         2.80      740,964.00
                VICTREX    PLC

                                      68,823        17.52      1,205,778.96
                XP  POWER   LTD

                                      31,825        32.20      1,024,765.00
        小計

                銘柄数:8                    1,303,068                8,576,089.06
                                                   (1,400,475,343)

                組入時価比率:12.1%                                        12.8%

        スイスフラン        DORMAKABA     HOLDING    AG

                                      2,416       459.50      1,110,152.00
                KARDEX    HOLDING    AG-B

                                      6,926       172.20      1,192,657.20
                LEM  HOLDING    SA-REG

                                       562     1,924.00       1,081,288.00
                VZ  HOLDING    AG

                                      16,675        71.50      1,192,262.50
        小計

                銘柄数:4                      26,579              4,576,359.70
                                                    (621,973,046)

                組入時価比率:5.4%                                        5.7%

        スウェーデンク

                ALIMAK    GROUP   AB
                                      91,200        87.70      7,998,240.00
        ローナ
                BRAVIDA    HOLDING    AB

                                     160,303         92.10     14,763,906.30
                HEXPOL    AB

                                      94,814        93.50      8,865,109.00
                KARNOV    GROUP   AB

                                     237,810         65.60     15,600,336.00
                LOOMIS    AB

                                      70,353        245.20      17,250,555.60
        小計

                銘柄数:5                      654,480              64,478,146.90
                                                    (862,717,605)

                組入時価比率:7.4%                                        7.9%

        デンマークク        OSSUR   HF                  348,830         32.30     11,267,209.00

        ローネ
                SIMCORP    A/S                  18,038        545.00      9,830,710.00

        小計

                銘柄数:2                      366,868              21,097,919.00
                                                    (397,695,773)

                組入時価比率:3.4%                                        3.6%

        ポーランドズロ        ASSECO    POLAND    SA               76,100        76.40      5,814,040.00

        チ
        小計

                銘柄数:1                      76,100              5,814,040.00
                                                    (177,813,110)

                組入時価比率:1.5%                                        1.6%

        オーストラリア

                BRAVURA    SOLUTIONS     LTD
                                    1,374,615          1.60     2,199,384.00
                                 52/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        ドル
                HANSEN    TECHNOLOGIES       LTD

                                     520,319         5.15     2,679,642.85
                IPH  LTD

                                     346,052         7.86     2,719,968.72
        小計

                銘柄数:3                    2,240,986                7,598,995.57
                                                    (716,281,322)

                組入時価比率:6.2%                                        6.5%

        韓国ウォン        DOUZONE    BIZON   CO  LTD

                                      25,150      37,350.00       939,352,500.00
                NICE   INFORMATION      SERVICE    CO

                                     113,310       16,700.00      1,892,277,000.00
        小計

                銘柄数:2                      138,460             2,831,629,500.00
                                                    (296,188,445)

                組入時価比率:2.6%                                        2.7%

        インドルピー        AIA  ENGINEERING      LTD              43,899       2,247.05       98,643,247.95

        小計

                銘柄数:1                      43,899              98,643,247.95
                                                    (167,693,521)

                組入時価比率:1.4%                                        1.5%

        合計                                           10,952,413,192

        (外貨建証券の邦貨換算額)                                          (9,388,666,292)

    (注1)通貨種類毎の小計欄の(              )内は、邦貨換算額(単位:円)であります。

    (注2)比率は左より組入時価の純資産に対する比率、及び小計欄の合計金額に対する比率であります。

      ②株式以外の有価証券

    該当事項はありません。

    第2   デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

    通貨関連


    「注記表(その他の注記)3 デリバティブ取引関係」の「取引の時価等に関する事項 通貨関連」において使用した表
    が、附属明細表別紙様式第1号の「第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表」に求められてい
    る項目(記載上の注意を含む)を満たしているため、当該表の添付を省略しております。
                                 53/117




                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】

    以下は、2022年6月30日現在のファンドの状況であります。
    【LM・グローバル・プレミア小型株ファンド(年2回決算型)】

    【純資産額計算書】

    Ⅰ 資産総額                               4,102,573,360       円 

    Ⅱ 負債総額                                27,899,568     円 
    Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               4,074,673,792       円 
    Ⅳ 発行済口数                               4,000,490,374       口 
    Ⅴ 1万口当たり純資産額
                                       10,185   円 
      (Ⅲ/Ⅳ×10,000)
    (参考)

    LM・グローバル・プレミア小型株マザーファンド

    純資産額計算書

    Ⅰ 資産総額                              11,034,680,027       円 

    Ⅱ 負債総額                                37,290,704     円 
    Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                              10,997,389,323       円 
    Ⅳ 発行済口数                               7,283,033,274       口 
    Ⅴ 1万口当たり純資産額
                                       15,100   円 
      (Ⅲ/Ⅳ×10,000)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

    (1)名義書換
        受益者は、委託会社がやむを得ない事情などにより受益証券を発行する場合を除き、無記名式受益証券
        から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請求を行なわな
        いものとします。
    (2)受益者に対する特典
        該当事項はありません。
    (3)譲渡制限の内容
     ① 譲渡制限はありません。
     ② 受益権の譲渡
       ・受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載また
        は記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
       ・前述の申請のある場合には、振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数の減少およ
        び譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録するものとし
        ます。ただし、振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受人の振替先口座を開設し
        た他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社債、株式等の振替に関する法律
        の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行なわれるよう通知
                                 54/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        するものとします。
       ・前述の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されている
        振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合などにおいて、
        委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、振替停止日や振替停止
        期間を設けることができます。
     ③ 受益権の譲渡の対抗要件
        受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗する
        ことができません。
    (4)受益証券の再発行
        受益者は、委託会社がやむを得ない事情などにより受益証券を発行する場合を除き、受益証券の再発行
        の請求を行なわないものとします。
    (5)受益権の再分割
        委託会社は、受託会社と協議のうえ、社債、株式等の振替に関する法律に定めるところにしたがい、一
        定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。
    (6)質権口記載または記録の受益権の取扱いについて
        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、                                                    解
        約請求の受付、解約金および償還金の支払いなど                         については、約款の規定によるほか、民法その他の法
        令などにしたがって取り扱われます。
                                 55/117














                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第二部【委託会社等の情報】

    第1【委託会社等の概況】

    1【委託会社等の概況】

    (1)資本金の額(          2022年6月末現在         )
      ① 資本金の額                              :  1,000百万円
      ② 委託会社が発行する株式総数                              :  100,000株
      ③ 発行済株式総数                              :  78,270株
      ④ 最近5年間における主な資本金の額の増減                              :  該当事項はありません。
    (2)委託会社の機構(             2022年6月末現在         )

     ① 経営の意思決定機構
        3名以上の取締役が、株主総会の決議によって選任されます。取締役の選任については、累積投票を行
        いません。取締役の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総
        会の終結の時までとします。補欠としてまたは増員により選任された取締役の任期は、他の在任取締役
        の任期の満了する時までとします。取締役会は、取締役の中から1名以上の代表取締役を選定します。
        また、取締役会は、代表取締役の中から社長を選定します。取締役会は、取締役の中から会長、副社
        長、専務取締役及び常務取締役を選定することができます。
        取締役会は社長が招集し、議長となります。ただし、社長が取締役会を招集することができずまたは招
        集することを欲しないときは、取締役会があらかじめ定めた順序にしたがい、他の取締役が取締役会を
        招集します。取締役会の招集通知は、各取締役及び各監査役に対し会日の前日までに発します。ただ
        し、取締役及び監査役の全員の同意があるときは、招集通知を省略しまたは招集期間を短縮することが
        できます。取締役会は、法令または定款に定める事項、その他委託会社の業務執行に関する重要な事項
        について決議します。
     ② 運用の意思決定機構
        運用に関する社内委員会として、運用部門及び関連部署の代表で構成される社内会議が開催されます。
        当該会議では、各ファンドの運用状況の確認のほか、その他運用に関する事項について審議します。
    2【事業の内容及び営業の概況】

       「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託の設
       定を行うとともに、「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者として、投資運用業を行っています。
       また、「金融商品取引法」に定める第二種金融商品取引業にかかる業務の一部および投資助言・代理業務
       を行っています。
       2022年6月末現在         における委託会社の運用する証券投資信託は以下の通りです。

            ファンドの種類                 本数       純資産総額(百万円)
           追加型株式投資信託                     74            878,830
           単位型株式投資信託                      2             3,651
               合計                 76            882,481
    3【委託会社等の経理状況】

    1.当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59

      号)並びに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令
      第52号)に従って作成しております。
      財務諸表の金額については、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。
                                 56/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2.当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵

      省令第38号)第38条及び第57条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年
      内閣府令第52号)に基づいて作成しております。
      中間財務諸表の金額については、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。
    3.当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第24期事業年度(2021年4月1日から2021

      年9月30日まで)の財務諸表及び第25期中間会計期間(2021年10月1日から2022年3月31日まで)の中間
      財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による監査及び中間監査を受けております。
    4.レッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社は、2021年4月1日にフランクリン・テンプル

      トン・インベストメンツ株式会社と合併し、商号をフランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社
      に変更しました。委託会社の財務諸表に続き、フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ株式
      会社の第26期事業年度(2020年10月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表を参考資料として記載し
      ております。
    (1)【貸借対照表】

                                                    (単位:千円)

                             第23期事業年度                  第24期事業年度
                            (2021年3月31日)                  (2021年9月30日)
       資 産 の 部
        流動資産
         現金及び預金                         1,104,755                     2,474,667
         前払費用                           77,458                     71,336
         未収委託者報酬                          616,858                     631,603
         未収運用受託報酬                         1,975,841                     1,110,294
         未収投資助言報酬                             -                  3,198
         その他未収収益                           5,995                      433
         未収入金                          171,560                    1,267,361
         立替金                             -                    868
         未収利息                             7                     -
                                   102,230                        -
         未収還付法人税等
         流動資産計                         4,054,708                     5,559,763
        固定資産
         有形固定資産                   ※1                   ※1
          建物                         75,726                    143,615
                                   24,899                     44,714
          器具備品
          有形固定資産計                         100,625                     188,330
         無形固定資産`
                                    3,895                     2,770
          ソフトウェア
          無形固定資産計                          3,895                     2,770
         投資その他の資産
          投資有価証券                         28,788                    128,387
          長期差入保証金                         24,520                     88,045
          前払年金費用                          4,233                    82,788
                                 57/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                   160,529                     261,300
          繰延税金資産
          投資その他の資産計                         218,071                     560,521
         固定資産計                          322,592                     751,622
        資産合計                          4,377,301                     6,311,385
                                                    (単位:千円)

                             第23期事業年度                  第24期事業年度
                             (2021年3月31日)                  (2021年9月30日)
       負 債 の 部
        流動負債
         預り金                           38,275                  26,290
         未払金                          325,127                  590,344
          未払手数料                         196,475                  201,263
          未払消費税等                         128,621                  57,311
          その他未払金                            30               330,246
          未払収益分配金
                                       -               1,522
         未払費用                         1,482,420                  1,821,218
         賞与引当金                          245,387                    136
         未払法人税等                              -               69,317
                                    58,817                  65,939
         前受金
         流動負債計                         2,150,028                  2,573,246
        固定負債
         退職給付引当金                          162,540                  72,422
         役員退職慰労引当金                           41,944                  44,935
                                    19,579                  19,579
         その他固定負債
         固定負債計                          224,064                  136,936
        負債合計                          2,374,092                  2,710,183
       純 資 産 の 部
        株主資本
         資本金                         1,000,000                  1,000,000
         資本剰余金
          資本準備金                         226,405                  226,405
          その他資本剰余金                             -              647,958
          資本剰余金計                         226,405                  874,364
         利益剰余金
          利益準備金                          23,594                  23,594
          その他利益剰余金
                                   753,208                 1,703,244
           繰越利益剰余金
          利益剰余金計                         776,802                 1,726,838
         株主資本合計                         2,003,208                  3,601,202
        純資産合計                          2,003,208                  3,601,202
       負債純資産合計                            4,377,301                  6,311,385
                                 58/117



                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益計算書】

                                                    (単位:千円)

                              第23期事業年度                  第24期事業年度
                            (自   2020年4月      1日         (自   2021年4月      1日
                              至  2021年3月31日)                至  2021年9月30日)
       営業収益
        委託者報酬                              9,068,333                  4,490,345
        運用受託報酬                              3,074,559                  1,211,134
        業務受託報酬                                  -             2,185,683
        投資助言報酬                                  -               7,102
                                       66,716                  2,112
        その他営業収益
        営業収益計                             12,209,609                  7,896,378
       営業費用
        支払手数料                              3,198,052                  1,600,415
        広告宣伝費                                4,832                 11,607
        調査費                              5,339,811                  4,022,444
         調査費                      247,980                  98,195
         委託調査費                     5,090,166                  3,923,540
         図書費                       1,664                   708
        委託計算費                               230,343                  258,692
        営業雑経費                               158,736                  87,622
         通信費                       26,803                  14,511
         印刷費                      119,803                  62,750
         協会費                       11,478                  9,829
                                 651                  531
         諸会費
        営業費用計                              8,931,776                  5,980,782
       一般管理費
        給料                              2,281,818                   735,276
         役員報酬                      244,676                  53,359
         給料・手当                     1,245,279                   623,644
         賞与                      546,475                  57,154
         賞与引当金繰入                      245,387                   1,116
        交際費                                2,254                   758
        旅費交通費                                 841                  804
        租税公課                               38,756                  14,863
        不動産賃借料                               213,103                  151,324
        退職給付費用                               182,436                  103,836
        役員退職慰労引当金繰入額                               13,139                  2,990
        固定資産減価償却費                               30,645                  23,953
        業務委託費                               224,593                  297,163
                                      527,673                  184,443
        諸経費
        一般管理費計                              3,515,265                  1,515,414
       営業利益                               △237,431                   400,180
                                 59/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                                    (単位:千円)
                              第23期事業年度                 第24期事業年度
                            (自   2020年4月      1日        (自   2021年4月      1日
                             至  2021年3月31日)                至  2021年9月30日)
       営業外収益
        受取利息                                 34                 11
        受取配当金                               1,685                 1,519
        還付加算金                                  -                843
        保険解約返戻金
                                         -               8,003
        為替差益                               60,662                    -
        営業外収益計                               62,383                 10,376
       営業外費用
        支払利息                               1,231                    -
        投資有価証券売却損                               4,710                    -
                                         -              22,687
        為替差損
        営業外費用計                               5,941                 22,687
       経常利益                              △180,990                   387,870
       特別利益
        親会社株式報酬受入金                              227,370                     -
                                      171,000                     -
        事業活動補助受入金
        特別利益計                              398,370                     -
       特別損失
                                       1,299                    -
        固定資産除却損
        特別損失計                               1,299                    -
       税引前当期純利益                               216,080                 387,870
       法人税、住民税及び事業税
                                       4,649                 43,566
                                      103,502                 △71,794
       法人税等調整額
       法人税等合計                               108,151                 △28,228
       当期純利益                               107,929                 416,098
    (3)【株主資本等変動計算書】


     第23期事業年度(自           2020年4月      1日     至  2021年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                                 株主資本
                       資本
                                  利益剰余金
                       剰余金
                                                       純資産
                                 その他利益               株主資本
                                                        合計
                  資本金
                                  剰余金               合計
                       資本     利益            利益剰余金
                       準備金     準備金              合計
                                 繰越利益
                                  剰余金
      当期首残高           1,000,000      226,405     23,594      1,045,279       1,068,873       2,295,279       2,295,279

      当期変動額

       剰余金の配当              -     -     -   △400,000       △400,000       △400,000       △400,000

       当期純利益              -     -     -    107,929       107,929       107,929       107,929

                                 60/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       株主資本以外の項
       目の当期変動額
       (純額)              -     -     -       -       -       -       -
      当期変動額合計               -     -     -   △292,070       △292,070       △292,070       △292,070

      当期末残高           1,000,000      226,405     23,594       753,208       776,802      2,003,208       2,003,208

     第24期事業年度(自           2021年4月      1日     至  2021年9月30日)

                                                     (単位:千円)
                                 株主資本
                           資本
                                        利益剰余金
                          剰余金
                                                         純資産
                                       その他利益
                                                   株主資本
                                                          合計
                資本金
                          その他     資本               利益
                                        剰余金
                                                    合計
                      資本              利益
                           資本    剰余金               剰余金
                     準備金              準備金
                                        繰越利益
                          剰余金     合計               合計
                                        剰余金
      当期首残高         1,000,000                226,405    23,594     753,208      776,802    2,003,208      2,003,208

                     226,405        -
      当期変動額
       当期純利益             -               -    -   416,098      416,098     416,098      416,098

                        -     -
       合併による増加             -           647,958       -   533,937      533,937    1,181,895      1,181,895
                          647,958
       株主資本以外の
       項目の当期変動
       額(純額)             -               -    -      -      -     -      -
                        -     -
      当期変動額合計             -           647,958       -   950,035      950,035    1,597,993      1,597,993
                        -  647,958
      当期末残高         1,000,000                874,364    23,594    1,703,244      1,726,838     3,601,202      3,601,202
                     226,405     647,958
    重要な会計方針

      1.有価証券の評価基準             (1)その他有価証券

       及び評価方法              時価のあるもの
                     期末日の市場価額等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法によ
                     り処理し、売却原価は移動平均法により算定)
                    時価のないもの
                     移動平均法による原価法
      2.固定資産の減価償却             (1)有形固定資産

       の方法              定額法によっております。
                    なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
                      建物   10年~18年
                      器具備品       3年~20年
                   (2)無形固定資産

                     ソフトウエア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5
                     年)に基づく定額法によっております。
      3.引当金の計上基準             (1)賞与引当金

                     従業員に支給する賞与の支払に充てるため、支給見込額のうち当事業年度
                     末までの期間に係る部分の金額を計上しております。
                                 61/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                   (2)退職給付引当金
                     従業員の退職給付に備えるため、退職一時金、非積立型の確定給付及び確
                     定給付企業年金について当事業年度末における退職給付債務及び年金資産
                     の見込額に基づき、当事業年度において発生していると認められる額を計
                     上しております。
                     なお、退職給付債務は、簡便法(確定給付企業年金制度においては直近の
                     年金財政計算上の数理債務に合理的な調整を加えた額をもって退職給付債
                     務とし、退職一時金制度及び非積立型確定給付制度においては当事業年度
                     末現在の要支給額を退職給付債務とする方法)により計算しております。
                     また、確定給付企業年金制度については、年金資産が退職給付債務を超え
                     るため、前払年金費用を計上しております。
                   (3)役員退職慰労引当金

                     役員の退職慰労金の支出に充てるため、内規に基づく期末要支給額を計上
                     しております。
                                 62/117















                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      4.収益及び費用の計上             当社は、投資運用サービスから委託者報酬、運用受託報酬、業務受託報酬及
       基準            び投資助言報酬を稼得しております。これらには成功報酬が含まれる場合が
                   あります。
                   収益は次の5つのステップを適用し認識しております。

                    ステップ1:顧客との契約を識別する。
                    ステップ2:契約における履行義務を識別する。
                    ステップ3:取引価額を算定する。
                    ステップ4:契約における履行義務に取引価額を配分する。
                    ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識す
                           る。
                   委託者報酬は投資信託の信託約款に基づきファンドの運用、受託会社への指
                   図、基準価額の算出、目論見書・運用報告書等の作成等の履行義務を負って
                   おり、日々の運用ファンドの純資産総額に各報酬率を乗じて算出されます。
                   当該履行義務は運用期間において日々充足されると判断し、運用期間に渡り
                   収益として認識しております。
                   運用受託報酬は対象顧客との投資一任契約に基づき投資一任業務の履行義務

                   を負っており、口座の計算期間における日次又は月次の受託資産の時価平均
                   に、契約書に記載された一定の報酬率(もしくは段階報酬率)を乗じて算出
                   されます。当該履行義務は運用期間に渡り日々充足されると判断し、サービ
                   ス提供期間に渡り収益として認識しております。
                   成功報酬は対象顧客との投資一任契約に基づき特定のベンチマーク又はその
                   他のパフォーマンス目標を上回る運用履行義務を負っており、口座の計算期
                   間における日次又は月次の受託資産の時価平均に、契約書に記載された成功
                   報酬率を乗じて算出されます。当該履行義務は口座の計算期間末において充
                   足され、期末時点で将来著しい減額が発生しない可能性が高いと見込まれた
                   時点で収益として認識しております。
                   投資助言報酬は対象顧客との投資助言契約に基づき投資助言業務の履行義務

                   を負っており、
                   口座の計算期間における日次又は月次の受託資産の時価平均に、契約書に記
                   載された一定の報酬率(もしくは段階報酬率)を乗じて算出されます。当該
                   履行義務は運用期間に渡り日々充足されると判断しサービス提供期間に渡り
                   収益として認識しております。
                   業務受託報酬は、当社の関係会社とのサービス契約書に基づき営業・マーケ

                   ティング・オペレーショナル・アドミニストレーションなどのサポートを提
                   供する履行義務を負っており、月々の実際の費用額にグループ全体で適用さ
                   れている移転価格税制ポリシーで定められたマークアップが加算されて算出
                   されます。当該履行義務はサービス期間に渡り充足されると判断しサービス
                   提供期間に渡り収益として認識しております。
      5.その他財務諸表作成             (1)消費税等の会計処理

       のための基礎となる              消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。ただ
       事項              し、固定資産に係る控除対象外消費税及び地方消費税は、発生会計期間の
                     費用として処理しております。
      6.決算日の変更に係る             2021年4月1日にフランクリン・テンプルトン・インベストメンツ株式会社と

       事項            の合併に伴い、決算日を3月31日から9月30日に変更しております。2021年9月
                   期の会計年度は2021年4月1日から2021年9月30日の6ケ月間となりました。
    [注記事項]

    (会計方針の変更に関する注記)
                                 63/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当事業年度の期首から適
    用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交換に受け取ると
    見 込まれる金額で収益を認識することとしております。なお、当該変更による影響額は軽微であります。
      「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)等を当事業年度の期首から
    適用しております。なお、当該変更による財務諸表に与える影響は軽微であります。
    (重要な会計上の見積りに関する注記)

      当事業年度の財務諸表の作成にあたって行った会計上の見積りが翌事業年度の財務諸表に重要な影響を

    及ぼすリスクを認識していないため、注記を省略しております。
    (貸借対照表関係)

               第23期事業年度                           第24期事業年度

               (2021年3月31日)                            (2021年9月30日)
      ※1  固定資産の減価償却累計額                         ※1  固定資産の減価償却累計額
        建物           288,609千円                            建物           347,117千円
        器具備品         177,924千円                            器具備品         240,661千円
    (株主資本等変動計算書関係)

    第23期事業年度(自           2020年4月1日        至  2021年3月31日)

     1. 発行済株式に関する事項
                 当事業年度期首           当事業年度増加           当事業年度減少            当事業年度末
       株式の種類
                  株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)
        普通株式              78,270          -           -            78,270
      2. 配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                           配当金の総額         1株当たり配当額
           決議         株式の種類                             基準日      効力発生日
                            (千円)           (円)
        2020年6月25日                                        2020年       2020年
                    普通株式          400,000           5,110.5
        定時株主総会                                       3月31日       6月26日
    第24期事業年度(自           2021年4月1日        至  2021年9月30日)

     1. 発行済株式に関する事項
                 当事業年度期首           当事業年度増加           当事業年度減少            当事業年度末
       株式の種類
                  株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)
        普通株式              78,270          -           -            78,270
    (リース取引関係)

               第23期事業年度                            第24期事業年度

         (自  2020年4月1日        至  2021年3月31日)                (自  2021年4月1日        至  2021年9月30日)
                                 64/117



                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      オペレーティング・リース取引                            オペレーティング・リース取引
       (借主側)                            (借主側)
        オペレーティング・リース取引のうち解約不                            オペレーティング・リース取引のうち解約不
        能のものに係る未経過リース料                            能のものに係る未経過リース料
         1年以内         152,300千円                   1年以内         247,804千円
         1年超         494,976千円                   1年超         686,810千円
         合計         647,276千円                   合計         934,614千円
    (金融商品関係)

    第23期事業年度(自           2020年4月1日        至  2021年3月31日)

     1. 金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
           当社は公募及び私募投資信託の設定、運用等の投資信託委託業務及び年金基金等に対して投
         資一任業務を行っております。
           資金運用については、安全性の高い金融資産で運用し、デリバティブ取引は行っておらず、
         投機的な取引は行わない方針であります。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク

           営業債権である未収運用受託報酬は、顧客の信用リスクに晒されております。
           なお、その一部には外貨建てのものがあり、為替の変動リスクに晒されております。
           営業債務であるその他未払金、未払手数料、未払費用は、そのほとんどが1年以内の支払期日
         であります。また、その一部には外貨建てのものがあり、為替の変動リスクに晒されておりま
         す。
           預金の一部には外貨建てのものがあり、為替の変動リスクに晒されております。
       (3)金融商品に係るリスク管理体制

         ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
           当社は、未収運用受託報酬に関連して、投資顧問業務マニュアルに従い、投資顧問部が主要
         な取引先の状況を定期的にモニタリングしております。
         また、財務部が未収運用受託報酬を取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状
         況等の悪化等による回収懸念の早期把握を図っております。また、係る状況が発生した場合に
         は、速やかに経営委員会において報告を行っております。
         ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理

           当社は、外貨建ての預金、債権債務に関する為替の変動リスクに関して、経理規定に従い、
         財務部が外貨建ての預金及び債権債務残高を把握しております。また、定期的に行われる本社
         との財務・資金委員会において報告を行っております。
     2. 金融商品の時価等に関する事項

         2021年3月31日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであ
         ります。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません。
         ((注) 2. 参照)
                                                  (単位:千円)

                         貸借対照表計上額               時価           差額
         (1)現金及び預金                    1,014,755           1,014,755               -
         (2)未収委託者報酬                     616,858           616,858              -
         (3)未収運用受託報酬                    1,975,841           1,975,841               -
         (4)投資有価証券                      19,503           19,503             -
                                 65/117

                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         資産計                    3,716,959           3,716,959               -
         (1)その他未払金                        30           30           -
         (2)未払手数料                     196,475           196,475              -
         (3)未払費用                    1,482,420           1,482,420               -
         負債計                    1,678,926           1,678,926               -
        (注)1. 金融資産の時価の算定方法に関する事項

           資産
            (1)現金及び預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収運用受託報酬
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価
            額によっております。
            (4)投資有価証券
             上記表の投資有価証券は金銭信託及び投資信託受益証券であります。これらの時価につ
            いては帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており、投資信託受益証券に
            ついては基準価額を基礎としております。また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事
            項については、「有価証券関係」注記をご参照ください。
           負債
            (1)その他未払金、(2)未払手数料、(3)未払費用
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価
            額によっております。
        (注)2. 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                           (単位:千円)

              区分         貸借対照表計上額
             非上場株式                   9,285
          上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため
         「(4)投資有価証券」には含めておりません。
        (注)3. 金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                            (単位:千円)

                                   1年以内         1年超5年以内
         現金及び預金                          1,104,755              -
         未収委託者報酬                            616,858             -
         未収運用受託報酬                          1,975,841              -
         投資有価証券
                                      8,950          10,553
           その他有価証券のうち満期があるもの
                   合計                 3,706,406            10,553
    第24期事業年度(自           2021年4月1日        至  2021年9月30日)

     1. 金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
           当社は公募及び私募投資信託の設定、運用等の投資信託委託業務及び年金基金等に対して投
         資一任業務・投資助言業務を行っております。
           資金運用については、安全性の高い金融資産で運用し、デリバティブ取引は行っておらず、
         投機的な取引は行わない方針であります。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク

                                 66/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
           営業債権である未収運用受託報酬は、顧客の信用リスクに晒されております。
           なお、その一部には外貨建てのものがあり、為替の変動リスクに晒されております。
           営業債務であるその他未払金、未払手数料、未払費用は、そのほとんどが1年以内の支払期日
         であります。また、その一部には外貨建てのものがあり、為替の変動リスクに晒されておりま
         す。
           預金の一部には外貨建てのものがあり、為替の変動リスクに晒されております。
       (3)金融商品に係るリスク管理体制

         ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
           当社は、未収運用受託報酬に関連して、機関投資家営業部業務マニュアルに従い、機関投資
         家営業部が主要な取引先の状況を定期的にモニタリングしております。
         また、財務部が未収運用受託報酬を取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状
         況等の悪化等による回収懸念の早期把握を図っております。また、係る状況が発生した場合に
         は、速やかに経営委員会において報告を行っております。
         ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理

           当社は、外貨建ての預金、債権債務に関する為替の変動リスクに関して、経理規定に従い、
         財務部が外貨建ての預金及び債権債務残高を把握しております。
     2. 金融商品の時価等に関する事項

         2021年9月30日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであ
         ります。
                                                  (単位:千円)

                         貸借対照表計上額               時価           差額
         (1)投資有価証券
             その他有価証券
                               101,000           101,000              -
         (2)長期差入保証金                      88,045           88,045             -
         資産計                     189,045           189,045              -
        (注)1.

         (1)現金及び預金については、現金であること、及び預金は短期間で決済されるため時価が帳
           簿価額に近似するものであることから、記載を省略しております。
         (2)未収入金、未収委託者報酬、未収運用受託報酬、未収投資助言報酬、投資有価証券

          (内、金銭信託)
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、記載を省略して
           おります。
            投資有価証券のうち、投資信託受益証券については、基準価額を基礎として時価を計上して
           おります。また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」
           をご参照ください。
         (3)その他未払金、未払手数料、未払費用

            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、記載を省略して
           おります。
        (注)2.市場価額のない株式等は、「投資有価証券」には含めておりません。当該金融商品の貸

            借対照表計上額は以下の通りであります。
                           (単位:千円)

                                 67/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
              区分         貸借対照表計上額
             非上場株式                   9,285
        (注)3. 金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                            (単位:千円)

                                   1年以内         1年超5年以内
         未収入金                          1,267,361              -
         未収委託者報酬                            631,603             -
         未収運用受託報酬                          1,110,294
         未収投資助言報酬                             3,198            -
         投資有価証券
                                      18,101             -
           その他有価証券のうち満期があるもの
         長期差入保証金                               -        88,045
                   合計                 3,030,557            88,045
     3 . 金融商品の時価等のレベルごとの内訳等に関する事項

        金融商品の時価           を、時価の算定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3
        つのレベルに分類しております。
        レベル1の時価:同一の資産又は負債の活発な市場における(無調整の)相場価額により算定した
                 時価
        レベル2の時価:レベル1のインプット以外の直接又は間接的に観察可能なインプットを用いて算定
                 した時価
        レベル3の時価:重要な観察できないインプットを使用して算定した時価
        時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプット
       がそれぞれ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類して
       おります。
      (1)時価をもって貸借対照表計上額とする金融資産及び金融負債

        「金融商品関係」の「2.                金融商品の時価等に関する事項」に記載の「その他有価証券」は、投資
        信託受益証券であり、「時価の算定に関する会計基準の適用指針」第                                      26  項の経過措置を適用して
        おり、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」第5-2項の注記を行っておりません。
         当該投資信託受益証券の貸借対照表計上額は「金融商品関係」の「2.                                      金融商品の時価等に関す
        る事項」に記載しております。
      (2)時価をもって貸借対照表計上額とする金融資産及び金融負債以外の金融資産及び金融負債

                                               (単位:千円)

                                     時価
          区分
                      レベル1         レベル2         レベル3         合計
          長期差入保証金            -         88,045         -         88,045
        (注1) 時価の算定に用いた評価技法及びインプットの説明

        長期差入保証金

           敷金の時価の算定は、その将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な指標に当該建物
         の賃貸借契約期間を加味した利率で割り引いた現在価値より算定しております。
           なお、「金融商品関係」の「2.                  金融商品の時価等に関する事項」の(注)1に記載の通り、短

         期間で決済され、時価が帳簿価額にほぼ等しい金融資産及び金融負債は注記を省略しておりま
                                 68/117

                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         す。
    (有価証券関係)

               第23期事業年度                            第24期事業年度

               (2021年3月31日)                            (2021年9月30日)
      1.その他有価証券                            1.その他有価証券
       貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの                            貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
        金銭信託                            金銭信託
         貸借対照表計上額            19,503千円                貸借対照表計上額            18,101千円
         取得原価                19,503千円                取得原価                18,101千円
         差額         -                            差額         -
                                   投資信託受益証券

                                     貸借対照表計上額 101,000千円
                                     取得原価     101,000千円
                                     差額         -
     (注)非上場株式(貸借対照表計上額9,285千                            (注)市場価格のない株式等(貸借対照表計上額

         円)については、市場価格がなく、時価を
                                     9,285千円)については、「その他有価証
         把握することが極めて困難と認められるこ
                                     券」には含めておりません。
         とから、上記「その他有価証券」には含め
         ておりません。
      2.当事業年度中に売却したその他有価証券

                                  -
         投資信託受益証券
         売却額                41,000千円
         売却益の合計額                25千円
         売却損の合計額              4,736千円
    (退職給付関係)

    第23期事業年度(自           2020年4月1日        至  2021年3月31日)

     1. 採用している退職給付制度の概要
       当社は、従業員の退職給付に充てるため、確定給付企業年金制度と退職一時金制度を併用しておりま
       す。
       確定給付企業年金制度では、給与と勤務期間に基づいた一時金又は年金を支給します。
       退職一時金制度では、退職給付として賞与のうち一定額を留保した金額を一時金として支給します。
       従業員の退職等に際しては、臨時で割増退職金を支払う場合があります。
       確定給付企業年金制度及び退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び資産並びに退職
       給付費用を計算しております。当事業年度に計上されている割増退職金は99百万円となります。
     2. 確定給付制度

      (1)簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
         退職給付引当金の期首残高
                                       114,484千円
         退職給付費用 
                                       182,436千円
         退職給付の支払額
                                        △578千円
         前払年金費用
                                        4,233千円
         制度への拠出金
                                      △138,034千円
         退職給付引当金の期末残高
                                       162,540千円
                                 69/117

                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (2)退職給付債務及び年金資産と貸借対照表に計上された退職給付に係る資産及び負債の調整表

         積立型制度の退職給付債務
                                      1,149,600千円
         年金資産
                                    △1,153,833千円
                                       △4,233千円
         非積立制度の退職給付債務
                                       162,540千円
         貸借対照表に計上された負債と資産の純額
                                       158,307千円
         退職給付引当金

                                       162,540千円
         前払年金費用
                                       △4,233千円
         貸借対照表に計上された負債と資産の純額
                                       158,307千円
      (3)退職給付に関連する損益

         簡便法で計算した退職給付費用
                                       182,436千円
    第24期事業年度(自           2021年4月1日        至  2021年9月30日)

     1. 採用している退職給付制度の概要
       当社は、従業員の退職給付に充てるため、確定給付企業年金制度、退職一時金制度、非積立型の確定
       給付制度及び確定拠出金制度を併用しております。
       確定給付企業年金制度では、給与と勤務期間に基づいた一時金又は年金を支給します。
       退職一時金制度では、退職給付として賞与のうち一定額を留保した金額を一時金として支給します。
       非積立型の確定給付制度として退職一時金制度を設けております。
       従業員の退職等に際しては、臨時で割増退職金を支払う場合があります。
       確定給付企業年金制度、非積立型の確定給付制度及び退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係
       る負債及び資産並びに退職給付費用を計算しております。当事業年度に計上されている割増退職金は
       56百万円となります。
     2. 確定給付制度

      (1)簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
         退職給付引当金の期首残高
                                       162,540千円
         合併による増加
                                       82,639千円
         退職給付費用 
                                       98,501千円
         退職給付の支払額
                                      △232,846千円
         前払年金費用
                                       78,555千円
         制度への拠出金
                                      △116,966千円
         退職給付引当金の期末残高
                                       72,422千円
      (2)退職給付債務及び年金資産と貸借対照表に計上された退職給付に係る資産及び負債の調整表

         積立型制度の退職給付債務
                                      1,100,402千円
         年金資産
                                    △1,269,101千円
         未認識年金資産
                                       85,910千円
                                      △82,788千円
         非積立制度の退職給付債務
                                       72,422千円
         貸借対照表に計上された負債と資産の純額
                                      △10,365千円
         退職給付引当金

                                       72,422千円
         前払年金費用
                                      △82,788千円
         貸借対照表に計上された負債と資産の純額
                                      △10,365千円
                                 70/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (3)退職給付に関連する損益

         簡便法で計算した退職給付費用
                                       98,501千円
     3. 確定拠出制度

        当社の確定拠出制度への要拠出額は、5,335千円であります。
    (ストック・オプション等関係)

               第23期事業年度                            第24期事業年度

         (自  2020年4月1日        至  2021年3月31日)                (自  2021年4月1日        至  2021年9月30日)
      1.ストック・オプション等に係る当事業年度にお                            -
       ける費用計上額及び科目名
        諸経費              283,617千円
                                 -

      2.ストック・オプション等の内容
       当社は、親会社であるレッグ・メイソン・イン
       クの株式報酬プランに基づき当社の役員等が受
       領する株式報酬にかかる費用を負担しておりま
       すが、これらの費用については、「ストック・
       オプション等に関する会計基準」(企業会計基
       準第8号 平成17年12月27日)及び「ストック・
       オプション等に関する会計基準の適用指針」
       (企業会計基準適用指針第11号 平成18年5月31
       日)に準じた方法により会計処理をしておりま
       す。
       なお、レッグ・メイソン・インクがフランクリ
       ン・リソーシズ・インクに統合されたことに伴
       い、レッグ・メイソン・インクの株式報酬プラ
       ンが終了しております。上記1.の費用計上額に
       は当該株式報酬プランの終了に伴って確定した
       株式報酬費用相当額が含まれております。
    (税効果会計関係)


    第23期事業年度         (自  2020年4月1日        至  2021年3月31日)

      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内訳

                                 71/117






                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                         千円
       繰延税金資産
        賞与引当金                                56,805
        役員退職慰労引当金                                12,843
        退職給付引当金                                19,236
        未払費用                                51,758
        未払退職金                                48,727
        有価証券評価損                                27,776
        長期差入保証金                                44,857
       繰延税金資産小計
                                       262,004
        評価性引当額
                                      △100,074
       繰延税金資産合計
                                       161,930
       繰延税金負債

        未払事業税
                                        △104
        前払年金費用
                                       △1,296
       繰延税金負債合計
                                       △1,400
       繰延税金資産の純額
                                       160,529
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の

       原因となった主要な項目別の内訳
                                (%)
      法定実効税率                          30.6
        (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                         45.8
       住民税均等割                          1.1
       評価性引当金                        △27.2
       その他                                     △0.2
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                          50.1
    第24期事業年度         (自  2021年4月1日        至  2021年9月30日)

      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内訳

                                 72/117








                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                         千円
       繰延税金資産
        繰越欠損金
                                      409,181
        役員退職慰労引当金
                                       13,759
        退職給付引当金
                                       22,175
        未払費用
                                       51,251
        未払金
                                       93,600
        有価証券評価損
                                       27,776
        長期差入保証金
                                       55,418
        繰延資産償却超過
                                       7,641
        未払事業税
                                       5,302
        その他
                                       6,184
       繰延税金資産小計
                                      692,292
        税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注2)
                                     △280,998
        将来減産一時差異等の合計に係る評価性引当額                             △124,643
        評価性引当額(注1)
                                     △ 405,641
       繰延税金資産合計
                                      286,650
       繰延税金負債

        前払年金費用
                                     △ 25,349
       繰延税金負債合計
                                     △ 25,349
       繰延税金資産の純額
                                      261,300
      (注)

      1.評価性引当金が305,566千円増加しております。この増加の主な内容は、合併による増加、及び税
        務上の繰越欠損金に関する評価性引当金額が減少したことに伴うものであります。
       2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限の金額
                                                          千円
                1年以内        1年超        2年超       3年超        4年超       合計
                        2年以内        3年以内       4年以内
       税務上の繰越
       欠損金(a)           268,061        104,739           0     28,900        7,479       409,181
       評価性引当額         △139,878        △104,739            0    △28,900        △7,479       △280,998
       繰延税金資産           128,183           0       0        0       0   (b)128,183
       (a)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
       (b)課税所得が見込まれることにより、税務上の繰越欠損金は回収可能と判断しております。
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の

       原因となった主要な項目別の内訳
                                 73/117






                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                (%)
      法定実効税率                         30.6
        (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                         3.1
       住民税均等割                         0.3
       過年度法人税等戻入額                        △2.0
       合併による評価性引当金額増加額                       △174.5
       評価性引当金                        78.7
       繰越欠損金                               56.8
       その他                                    △0.3
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                        △7.3
    (資産除去債務関係)

    第23期事業年度(自           2020年4月1日        至  2021年3月31日)

     1. 当該資産除去債務の概要
        当社は、本社オフィスの賃貸借契約において、建物所有者との間で賃室賃貸借契約を締結してお
       り、賃借期間終了時に原状回復する義務を有しているため、契約上の義務に関して資産除去債務を認
       識しております。
     2. 当該資産除去債務の金額の算定方法

        使用見込期間を75ケ月と見積り、資産除去債務の金額を計算しております。
        なお、当該賃貸借契約に関連する差入保証金が計上されているため、当該差入保証金の回収が最終
       的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当期の負担に属する金額を費用計上
       し、直接減額しております。
     3. 当事業年度における当該資産除去債務の総額の増減

       期首における資産除去債務認識額                           146,496千円
       有形固定資産の取得に伴う増加額                             -  千円
       その他増減額(△は減少)                              -  千円
       期末における資産除去債務認識額
                                  146,496千円
    第24期事業年度(自           2021年4月1日        至  2021年9月30日)

     1. 当該資産除去債務の概要
        当社は、本社オフィスの賃貸借契約において、建物所有者との間で賃室賃貸借契約を締結してお
       り、賃借期間終了時に原状回復する義務を有しているため、契約上の義務に関して資産除去債務を認
       識しております。
     2. 当該資産除去債務の金額の算定方法

        使用見込期間を144ケ月と見積り、資産除去債務の金額を計算しております。
        なお、当該賃貸借契約に関連する差入保証金が計上されているため、当該差入保証金の回収が最終
       的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当期の負担に属する金額を費用計上
       し、直接減額しております。
      3. 当事業年度における当該資産除去債務の総額の増減

       期首における資産除去債務認識額                           146,496千円
       合併による増加額                            32,550千円
       その他増減額(△は減少)                            1,941千円
       期末における資産除去債務認識額
                                  180,987千円
                                 74/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (セグメント情報等関係)
     [セグメント情報]

       当社の報告セグメントは投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     [関連情報]

    第23期事業年度(自           2020年4月1日        至  2021年3月31日)

     1. 製品およびサービスごとの情報
                                                 (単位:千円)
                     投資信託委託業務           投資一任業務           その他         合計
        外部顧客への営業収                  9,068,333         3,074,559          66,716      12,209,609
        益
     2. 地域ごとの情報

       (1)営業収益
           本邦の外部顧客への営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、
         地域ごとの営業収益の記載を省略しております。
       (2)有形固定資産
           本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超える
         ため、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
     3. 主要な顧客ごとの情報

                                                 (単位:千円)
                       顧客の名称                          営業収益
        LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型)                                            2,972,116
      報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

      第23期事業年度(自           2020年4月1日        至  2021年3月31日)
      該当事項はありません。
      報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

      第23期事業年度(自           2020年4月1日        至  2021年3月31日)
      該当事項はありません。
      報告セグメントごと負ののれん発生益に関する情報

      第23期事業年度(自           2020年4月1日        至  2021年3月31日)
      該当事項はありません。
    第24期事業年度(自           2021年4月1日        至  2021年9月30日)

     1. 製品およびサービスごとの情報
                                                       (単位:千円)
                 投資信託
                         投資一任業務        投資助言業務        業務の受託        その他        合計
                 委託業務
                                          2,185,683         2,112
        外部顧客へ          4,490,345         1,211,134          7,102                    7,896,378
        の営業収益
      2. 地域ごとの情報

       (1)営業収益
                                                 (単位:千円)
                                 75/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                   日本      ルクセンブルグ            米国      その他         合計
        委託者報酬          4,490,345              -        -       -    4,490,345
        運用受託報
                  1,179,781              -      1,604       29,748       1,211,134
        酬
        投資助言報
                    7,102            -        -       -       7,102
        酬
        業務受託報
                      -      1,003,958        1,181,711           13    2,185,683
        酬
       (2)有形固定資産

           本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超える
         ため、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
     3. 主要な顧客ごとの情報

                                                 (単位:千円)
                        顧客の名称                          営業収益
        LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型)                                            1,445,476
        フランクリン        テンプルトン        カンパニーズ        エルエルシー                     1,181,704
        フランクリン        テンプルトン        インターナショナル           サービシスS.A.R.L.                 1,003,958
      報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

      第24期事業年度(自           2021年4月1日        至  2021年9月30日)
      該当事項はありません。
      報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

      第24期事業年度(自           2021年4月1日        至  2021年9月30日)
      該当事項はありません。
      報告セグメントごと負ののれん発生益に関する情報

      第24期事業年度(自           2021年4月1日        至  2021年9月30日)
      該当事項はありません。
    (収益認識に関する注記)

     第24期事業年度(自           2021年4月1日        至  2021年9月30日)

      1.  顧客との契約から生じる収益を分解した情報
        顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、注記事項(セグメント情報等関係)の[関連情
        報]、「2.地域ごとの情報」(1)営業収益に記載の通りであります。
      2.  顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

        重要な会計方針の4.収益及び費用の計上基準に記載の通りであります。
    (関連当事者情報)

     第23期事業年度(自           2020年4月1日        至  2021年3月31日)

     1. 関連当事者との取引
     (1)財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会
         社等
                                                    (単位:千円)
                                 76/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                  議決権等
                              事業の
           会社等の名称              資本金又         の所有    関連当事者           取引
      種類              所在地          内容            取引の内容          科目   期末残高
            又は氏名              は出資金         (被所有)    との関係           金額
                              又は職業
                                   割合
      同一の親    レッグ・メイソン・           米国        - 持株会社      -   資金の借     資金の借     1,200,000      -      -

      会社を持       インク      メリーランド州                    入・返済     入・返済
      つ会社             ボルティモア
                                      ストック・
                                           利息の支払       1,231    -      -
                                      オプション
                                      費用の負担
                                           親会社株式      227,370     -      -
                                           報酬の受取
                                           事業活動補      171,000    未収    171,000

                                           助受入金の          入金
                                            受取
                                           諸経費等の      283,617     -      -

                                            支払
                                            (注3)
      同一の親     ウエスタン・          英国        -  金融業     -   役員の兼任     委託調査費       96,434    未払     8,039

      会社を持      アセット・        ロンドン市                         の支払         費用
      つ会社     マネジメント・                            サービス     (注1)
           カンパニー・                             契約
           リミテッド
                                       投資顧問
                                        契約
      同一の親     ウエスタン・          米国        -  金融業     -   役員の兼任     その他営業       25,487   その他     2,214

      会社を持      アセット・       カリフォルニア州                         収益の受取          未収
      つ会社     マネジメント・         パサディナ                   サービス     (注2)          収益
           カンパニー・                             契約
           エルエルシー
                                           委託調査費      543,825    未払     44,723
                                       投資顧問
                                            の支払         費用
                                        契約
                                            (注1)
      同一の親     ウエスタン・                  -  金融業     -   投資顧問    委託調査費      839,262    未払    104,342

                   オーストラリア
      会社を持      アセット・                            契約    の支払         費用
                   ビクトリア州
      つ会社     マネジメント・                                 (注1)
                   メルボルン
           カンパニー・
          ピーティーワイ・
           リミテッド
                           億円
      同一の親               東京都        10  金融業     -   役員の兼任     委託調査費       27,612    未払     4,770
           ウエスタン・
      会社を持              千代田区                        の支払         費用
           アセット・
      つ会社                                 投資顧問     (注1)
          マネジメント(株)
                                        契約
                                           不動産賃借       10,253
                                       オフィス
                                           料等の支払
                                       の賃借
                                            (注3)
                                 77/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                             -

      同一の親     ウエスタン・         ブラジル          金融業     -   投資顧問    委託調査費      170,994    未払     12,684
      会社を持      アセット・        サンパウロ州                     契約    の支払         費用
      つ会社     マネジメント・         サンパウロ                        (注1)
           カンパニ-・
          ディーティーブイ
          エム・リミターダ
      同一の親        QS        米国        -  金融業     -   投資顧問    委託調査費       97,289    未払     10,280

      会社を持     インベスターズ        ニューヨーク州                     契約    の支払         費用
      つ会社     ・エルエルシー        ニューヨーク                         (注1)
      同一の親     クリアブリッジ・           米国        -  金融業     -   役員の兼任     その他営業       33,684   その他     3,153

      会社を持    インベストメンツ・         ニューヨーク州                         収益の受取          未収
      つ会社     エルエルシー        ニューヨーク                    サービス     (注2)          収益
                                        契約
                                           委託調査費      348,094    未払     31,007
                                       投資顧問
                                            の支払         費用
                                        契約
                                            (注1)
                                                     前払

      同一の親    レッグ・メイソン&           米国        - サービス業      -   役員の兼任     調査費・      195,615         14,263
                                                     費用
      会社を持     カンパニー・        メリーランド州                         諸経費等
      つ会社     エルエルシー        ボルティモア                    サービス     の支払
                                                     未払
                                                          14,531
                                        契約    (注3)
                                                     費用
      同一の親    ブランディワイン・           米国        -  金融業     -   役員の兼任     委託調査費     1,347,484     未払    932,059

      会社を持     グローバル・       ペンシルバニア州                          の支払         費用
      つ会社    インベストメント・        フィラデルフィア                     投資顧問     (注1)
           マネジメント・                             契約
           エルエルシー
      同一の親    レッグ・メイソン・                   -  金融業     -   サービス    その他営業       4,501   その他      365

                   オーストラリア
      会社を持      アセット・                            契約    収益の受取          未収
                   ビクトリア州
      つ会社     マネジメント・                                 (注2)          収益
                   メルボルン
          オーストラリア・                             投資顧問
                                           委託調査費
           リミテッド                            契約
                                            の支払    1,540,346     未払    138,831
                                            (注1)          費用
      同一の親     ロイス・アンド・           米国        -  金融業     -   投資顧問    委託調査費       78,822    未払     7,470

      会社を持     アソシエイツ・        ニューヨーク州                     契約    の支払         費用
      つ会社      エルピー       ニューヨーク                         (注1)
     (取引条件及び取引条件の決定方針等)

     (注1)委託調査費の支払は国内投信及び年金基金等に係る運用・助言業務の再委託に対する支払であ
          ります。料率は関係会社間で協議の上合理的に決定しております。
     (注2)その他営業収益の内容はグループで発行しているファンドの販売支援等のサービス報酬であり
          ます。料率は関係会社間で協議の上合理的に決定しております。
     (注3)諸経費の支払は当社の役員・従業員に付与されるストック・オプション等の当社費用負担額で
          あります。不動産賃借料等の支払は、本社オフィスの賃貸借契約における当社負担額でありま
          す。調査費・諸経費等の支払はテクノロジーサービス費用・マーケットデータ利用料・保険料
                                 78/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          等の当社負担額であります。負担額は関係会社間で協議の上合理的に決定しております。
     (注4)取引金額には消費税等を含めておりません。期末残高には消費税等を含めております。
     (注5)当社の親会社であったレッグ・メイソン・インクが2020年7月にフランクリン・リソーシズ・
          インクに統合されたことに伴い親会社の異動がありました。
     2. 親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)親会社情報
         フランクリン・リソーシズ・インク(ニューヨーク証券取引所に上場)
         テンプルトン・ワールドワイド・インク(非上場)
         テンプルトン・インターナショナル・インク(非上場)
         フランクリン・テンプルトン・キャピタル・ホールディングス・プライベート・リミテッド(非
         上場)
    第24期事業年度(自           2021年4月1日        至  2021年9月30日)

     1. 関連当事者との取引
     (1)財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
                                                    (単位:千円)
                                  議決権等
                              事業の
           会社等の名称              資本金又         の所有    関連当事者           取引
      種類              所在地          内容            取引の内容          科目   期末残高
            又は氏名              は出資金         (被所有)    との関係           金額
                              又は職業
                                   割合
      親会社     フランクリン          米国       50.2   持株会社     (被所    業務委託     本部共通       5,804   未払     55,383

           リソーシズ        デラウエア州        百万        有)    関係    経費の支払          費用
            インク              米ドル         間接        (注2)
                                   100%
     (2)財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会

         社等
                                                    (単位:千円)
                                  議決権等
                              事業の
           会社等の名称              資本金又         の所有    関連当事者           取引
      種類              所在地          内容            取引の内容          科目   期末残高
            又は氏名              は出資金         (被所有)    との関係           金額
                              又は職業
                                   割合
      同一の親     ウエスタン・          米国        -  金融業     -   役員の兼任      業務の     440,194    未払     68,020

      会社を持      アセット・       カリフォルニア                          委託         費用
      つ会社     マネジメント・           州                  業務委託     (注5)
           カンパニー・                             関係
           エルエルシー
      同一の親     ウエスタン・                  -  金融業     -   業務委託     業務の     617,690    未払    157,754

                   オーストラリア
      会社を持      アセット・                            関係     委託         費用
                   ビクトリア州
      つ会社     マネジメント・                                 (注5)
           カンパニー・
          ピーティーワイ・
           リミテッド
                                 79/117



                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                             -

      同一の親     フランクリン・        オーストラリア            金融業     -   業務委託     業務の    1,448,661     未払    221,764
      会社を持     テンプルトン・        ビクトリア州                     関係     委託         費用
      つ会社    オーストラリア・                                 (注5)
           リミテッド
                                            業務の
                                                     未収
                             -
      同一の親     フランクリン・          米国         一般業務      -   業務委託
                                            受託    1,181,704        1,189,274
                                                     入金
      会社を持     テンプルトン・        デラウエア州           委託請負          関係
                                            (注3)
      つ会社     カンパニーズ・                    会社
                                            総務・経
           エルエルシー
                                            理・イン      260,061    未払    262,789
                                            フォメー          費用
                                           ションテク
                                           ノロジー業
                                           務等の委託
                                            (注4)
      同一の親     フランクリン・          米国        -  金融業     -   業務委託     業務の     180,258    未払    134,573

      会社を持     アドバイザーズ・        カリフォルニア州                     関係     委託         費用
      つ会社      インク                               (注5)
      同一の親     フランクリン・        ルクセンブルグ          -  金融業     -   業務委託     業務の    1,003,958     未収     41,250


      会社を持     テンプルトン・                             関係     受託         入金
      つ会社   インターナショナル・                                  (注3)
           サービシス・
            S.A.R.L.
      同一の親       K2/D&S        米国        -  金融業     -   業務委託     業務の     288,684    未払    574,533

      会社を持     マネジメント・        デラウエア州                     関係     委託         費用
      つ会社     カンパニーズ・                                 (注5)
           エルエルシー
     (取引条件及び取引条件の決定方針等)

     (注1)取引金額及び期末残高には消費税等が含まれておりません。
     (注2)本部共通経費の支払については、当業務に関する役務提供割合を勘案して合理的な金額を支
          払っております。
     (注3)業務受託報酬については、当社が提供する役務に係る人件費、システム利用料等の経費相当額
          に基づいて算出しており              ます。
     (注4)総務・経理・インフォメーションテクノロジー業務等の委託については、コーポレートサービ
          スフィー契約に基づいて算出された業務委託料金を支払っております。
     (注5)業務委託報酬については、当社に提供される役務に係る人件費、システム利用料等の経費相当
          額に基づいて算出されており                ます。
     (注6)レッグ・メイソン・アセット・マネジメント・オーストラリア・リミテッドは2021年10月にフ
          ランクリン・テンプルトン・オーストラリア・リミテッドに商号変更しました。
     (注7)QSインベスターズ・エルエルシーは2021年8月にフランクリン・アドバイザーズ・インクと合
          併し商号変更しました。
     2. 親会社又は重要な関連会社に関する注記

                                 80/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (1)親会社情報
         フランクリン・リソーシズ・インク(ニューヨーク証券取引所に上場)
         レッグ・メイソン・インク(非上場)
         テンプルトン・ワールドワイド・インク(非上場)
         テンプルトン・インターナショナル・インク(非上場)
         フランクリン・テンプルトン・キャピタル・ホールディングス・プライベート・リミテッド(非
         上場)
    (1株当たり情報)

               第23期事業年度                            第24期事業年度

         (自  2020年4月1日        至  2021年3月31日)                (自  2021年4月1日        至  2021年9月30日)
      1株当たり純資産額                 25,593円56銭          1株当たり純資産額                 46,009円99銭
      1株当たり当期純利益金額                  1,378円93銭          1株当たり当期純利益金額                  5,316円19銭
      (注)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は                            (注)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は

        以下の通りであります。                            以下の通りであります。
        当期純利益                107,929千円           当期純利益                416,098千円
        普通株式に帰属しない金額                    -        普通株式に帰属しない金額                    -
        普通株式に係る当期純利益                107,929千円           普通株式に係る当期純利益                416,098千円
        期中平均株式数                   78千株        期中平均株式数                   78千株
      なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額に                            なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額に

      ついては、潜在株式が存在しないため記載してお                            ついては、潜在株式が存在しないため記載してお
      りません。                            りません。
    (企業結合等関係)

    第23期事業年度(自           2020年4月1日        至  2021年3月31日)

     該当事項はありません。

    第24期事業年度 (自            2021年4月1日        至  2021年9月30日)

     共通支配下の取引

     1.取引の概要

       (1)  結合当事企業の名称及び事業内容

        結合当事企業の名称:フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ株式会社(以下
                    「FTIJ」)
        事業の内容:資産運用業務
       (2)  企業結合日

        2021年4月1日
       (3)  企業結合の法的形式

        当社を存続会社、FTIJを消滅会社とする吸収合併
       (4)  企業結合後の名称

                                 81/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(旧社名                                レッグ・メイソン・アセット・マネジ
        メント株式会社)
       (5)  企業結合の目的

        この企業結合により日本法人の業務効率の向上と体制強化を図ることで、よりクオリティーの高
        い顧客サービスの提供やより顧客ニーズにあった商品紹介を可能とすることを目指します。
     2.  実施する会計処理の概要

       「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号)及び「企業結合会計基準及び事業分離等会
       計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号)に基づき、共通支配下の取引として会
       計処理を実施しました。
    (重要な後発事象)

      1.  退職給付制度の移行

      当社は2021年10月1日に退職一時金制度及び確定給付企業年金制度について確定拠出年金制度へ移行し
      たことにより、「退職給付制度間の移行等に関する会計処理」(企業会計基準適用指針第1号                                                  平成28
      年12月16日)及び「退職給付制度間の移行等の会計処理に関する実務上の取扱い」(実務対応報告第2
      号  平成19年2月7日)を適用し、確定拠出年金制度への移行部分について退職給付制度の一部終了の処
      理を行う予定です。
      2.  その他の後発事象

      該当事項はありません。
    中間財務諸表


     (1)中間貸借対照表

                                                    (単位:千円)
                                           第25期中間会計期間末
                                            (2022年3月31日)
       資 産 の 部
        流動資産
         現金及び預金                                           3,462,384
         前払費用                                            63,447
         未収委託者報酬                                            643,491
         未収運用受託報酬                                           2,814,384
         未収投資助言報酬                                             2,050
         その他未収収益                                              318
         未収入金                                           1,212,037
         流動資産計
                                                   8,198,113
        固定資産
         有形固定資産
          建物                               ※1            42,143
          器具備品                               ※1            18,400
          有形固定資産計
                                                     60,544
         無形固定資産
          ソフトウェア                                            2,221
                                 82/117

                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          無形固定資産計
                                                      2,221
         投資その他の資産
          投資有価証券                                           109,285
          長期差入保証金                                           24,519
          繰延税金資産                                           190,989
          投資その他の資産計
                                                     324,794
         固定資産計
                                                     387,560
        資産合計
                                                   8,585,673
                                                    (単位:千円)

                                           第25期中間会計期間末
                                            (2022年3月31日)
       負 債 の 部
        流動負債
         預り金                                             13,942
         未払金                                             443,380
          未払手数料                                            183,349
          未払消費税等                                            211,368
          その他未払金                                            47,277
          未払収益分配金                                             1,384
         未払費用                                            3,778,720
         賞与引当金                                             177,098
         未払法人税等                                             79,649
         前受金                                             65,759
         流動負債計
                                                    4,558,550
        固定負債
         退職給付引当金                                             37,879
         その他固定負債                                             19,579
         固定負債計
                                                      57,458
        負債合計
                                                    4,616,009
       純 資 産 の 部
        株主資本
         資本金                                            1,000,000
         資本剰余金
          資本準備金                                            226,405
          その他資本剰余金                                            647,958
          資本剰余金計
                                                      874,364
         利益剰余金
          利益準備金                                            23,594
          その他利益剰余金
           繰越利益剰余金                                         2,071,706
          利益剰余金計
                                                    2,095,300
         株主資本計
                                                    3,969,664
        純資産合計
                                                    3,969,664
       負債・純資産合計
                                                    8,585,673
                                 83/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (2)中間損益計算書
                                                    (単位:千円)
                                           第25期中間会計期間
                                           (自   2021年10月       1日
                                            至  2022年    3月31日)
       営業収益
        委託者報酬                                             3,973,614
        運用受託報酬                                             2,674,943
        業務受託報酬                                             2,587,060
        投資助言報酬                                               4,019
        その他営業収益                                              11,323
        営業収益計
                                                    9,250,961
       営業費用
                                                    6,930,931
       一般管理費                                   ※1           1,782,272
       営業利益
                                                      537,757
       営業外収益
        受取利息                                                 31
        為替差益                                              145,863
        投資有価証券売却益                                                 43
        雑収益                                                486
        営業外収益計
                                                      146,424
       営業外費用
        雑損失                                               1,709
        営業外費用計
                                                       1,709
       経常利益
                                                      682,472
       特別利益
        資産除去債務履行差額                                              34,491
        特別利益計
                                                      34,491
       特別損失
        解約違約金                                              122,076
        固定資産除却損                                 ※2            116,556
        特別損失計
                                                      238,633
       税引前中間純利益
                                                      478,330
       法人税、住民税及び事業税
                                                      39,556
       法人税等調整額                                                70,311
       法人税等合計
                                                      109,868
       中間純利益
                                                      368,462
     (3)中間株主資本等変動計算書

     第25期中間会計期間(自              2021年10月       1日  至  2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                 株主資本
                           資本
                                        利益剰余金
                          剰余金
                                                         純資産
                                       その他利益
                                                   株主資本
                                                          合計
                資本金
                          その他     資本
                                        剰余金
                                                    合計
                      資本              利益         利益剰余金
                                 84/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                     準備金     資本    剰余金    準備金           合計
                                        繰越利益
                          剰余金     合計
                                        剰余金
      当期首残高         1,000,000                874,364    23,594    1,703,244      1,726,838      3,601,202      3,601,202

                     226,405     647,958
      当中間期変動額
       中間純利益            -               -    -   368,462      368,462      368,462      368,462

                        -     -
       株主資本以外
       の項目の当中
       間期変動額
       (純額)            -               -    -      -      -      -      -
                        -     -
      当中間期変動額
      合計             -               -    -   368,462      368,462      368,462      368,462
                        -     -
      当中間期末残高         1,000,000                874,364    23,594    2,071,706      2,095,300      3,969,664      3,969,664
                     226,405     647,958
    重要な会計方針

                                     第25期中間会計期間

             項  目
                               (自   2021年10月       1日  至  2022年3月31日)
      1.資産の評価基準及び評価方法                   有価証券
                          その他有価証券
                           市場価格のない株式等以外のもの
                            中間期末日の市場価額等に基づく時価法(評価差額は全部純
                            資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算
                            定)
                           市場価格のない株式等
                            移動平均法による原価法
      2.固定資産の減価償却の方法                   (1)有形固定資産

                          定額法によっております。
                          なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
                            建物        10~18年
                            器具備品          3~8年
                         (2)無形固定資産

                          ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可
                          能期間(5年)に基づく定額法によっております。
      3.引当金の計上基準                   (1)賞与引当金

                           従業員に支給する賞与の支払に充てるため、支給見込額のうち
                           当事業年度末までの期間に係る部分の金額を計上しておりま
                           す。
                         (2)退職給付引当金

                           従業員の退職給付に備えるため、退職給付見込額の当事業年
                           度における負担額を計上しております
                                 85/117



                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      4.収益及び費用の計上基準                   当社は、投資運用サービスから委託者報酬、運用受託報酬、業務
                         受託報酬及び投資助言報酬を稼得しております。これらには成功
                         報酬が含まれる場合があります。
                         収益は次の5つのステップを適用し認識しております。

                          ステップ1:顧客との契約を識別する。
                          ステップ2:契約における履行義務を識別する。
                          ステップ3:取引価額を算定する。
                          ステップ4:契約における履行義務に取引価額を配分する。
                          ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益
                                 を認識する。
                         委託者報酬は投資信託の信託約款に基づきファンドの運用、受託
                         会社への指図、基準価額の算出、目論見書・運用報告書等の作成
                         等の履行義務を負っており、日々の運用ファンドの純資産総額に
                         各報酬率を乗じて算出されます。当該履行義務は運用期間におい
                         て日々充足されると判断し、運用期間にわたり収益として認識し
                         ております。
                         運用受託報酬は対象顧客との投資一任契約に基づき投資一任業務

                         の履行義務を負っており、口座の計算期間における日次又は月次
                         の受託資産の時価平均に、契約書に記載された一定の報酬率(も
                         しくは段階報酬率)を乗じて算出されます。当該履行義務は運用
                         期間にわたり日々充足されると判断し、サービス提供期間にわた
                         り収益として認識しております。
                         成功報酬は対象顧客との投資一任契約に基づき特定のベンチマー
                         ク又はその他のパフォーマンス目標を上回る運用履行義務を負っ
                         ており、口座の計算期間における日次又は月次の受託資産の時価
                         平均に、契約書に記載された成功報酬率を乗じて算出されます。
                         当該履行義務は口座の計算期間末において充足され、期末時点で
                         将来著しい減額が発生しない可能性が高いと見込まれた時点で収
                         益として認識しております。
                         投資助言報酬は対象顧客との投資助言契約に基づき投資助言業務

                         の履行義務を負っており、口座の計算期間における日次又は月次
                         の受託資産の時価平均に、契約書に記載された一定の報酬率(も
                         しくは段階報酬率)を乗じて算出されます。当該履行義務は運用
                         期間にわたり日々充足されると判断しサービス提供期間にわたり
                         収益として認識しております。
                         業務受託報酬は、当社の関係会社とのサービス契約書に基づき営

                         業・マーケティング・オペレーショナル・アドミニストレーショ
                         ンなどのサポートを提供する履行義務を負っており、月々の実際
                         の費用額にグループ全体で適用されている移転価格税制ポリシー
                         で定められたマークアップが加算されて算出されます。当該履行
                         義務はサービス期間にわたり充足されると判断しサービス提供期
                         間にわたり収益として認識しております。
      5.  外貨建の資産又は負債の本邦                 外貨建金銭債権債務は、中間決算日の直物為替相場により円貨に

                        換算し、換算差額は損益として処理しております。
       通貨への換算の基準
      6.その他中間財務諸表作成のため                   消費税等の会計処理

       の重要な事項                 消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                        ただし、固定資産に係る控除対象外消費税及び地方消費税は、発生
                        会計期間の費用として処理しております。
                                 86/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    [注記事項]
    (重要な会計上の見積りに関する注記)

      当中間会計期間の中間財務諸表の作成にあたって行った会計上の見積りが当中間会計期間以降の財務諸

    表に重要な影響を及ぼすリスクを認識していないため、注記を省略しております。
    (中間貸借対照表関係)

                           第25期中間会計期間末
                             2022年3月31日
      ※1  有形固定資産の減価償却累計額
        建物                 294,350千円
        器具備品                        166,921千円
    (中間損益計算書関係)

                            第25期中間会計期間
                      (自   2021年10月       1日  至  2022年3月31日)
      ※1  減価償却実施額
        有形固定資産         20,114千円
        無形固定資産                               548千円
      ※2  固定資産除却損の内訳

        建物                       94,135千円
        器具備品                   22,421千円
    (中間株主資本等変動計算書関係)

                            第25期中間会計期間
                      (自   2021年10月       1日  至  2022年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
              当事業年度期首          当中間会計期間増加             当中間会計期間減少             当中間会計期間末
      株式の種類
                (株)           (株)             (株)            (株)
       普通株式            78,270                -             -         78,270
     2.配当に関する事項

        該当事項はありません。
    (リ-ス取引関係)

                            第25期中間会計期間
                      (自   2021年10月       1日  至  2022年3月31日)
      オペレーティング・リース取引

       (借主側)
        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
          1年以内         152,300千円
          1年超         342,675千円
          合計         494,976千円
                                 87/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品関係)

      第25期中間会計期間(自              2021年10月       1日  至  2022年3月31日)

      1.金融商品の時価等に関する事項

       2022年3月31日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであ
       ります。
                                                    (単位:千円)

                          中間貸借対照表計上額                  時価           差額
     (1)投資有価証券
                                  100,000            100,000             -
         その他有価証券
      資産計                             100,000            100,000             -
      (注)1.

        (1)現金及び預金については、現金であること、及び預金は短期間で決済されるため時価が帳簿価
         額に近似するものであることから、記載を省略しております。
        (2)未収入金、未収委託者報酬、未収運用受託報酬、未収投資助言報酬、投資有価証券

        (内、金銭信託)
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、記載を省略しており
        ます。
         投資有価証券のうち、投資信託受益証券については、基準価額を基礎として時価を計上しており
        ます。また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」をご参照
        ください。
        (3)その他未払金、未払手数料、未払費用

         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、記載を省略しており
        ます。
      (注)2.市場価額のない株式等は、「投資有価証券」には含めておりません。当該金融商品の中間貸

         借対照表計上額は以下の通りであります。
                               (単位:千円)

              区分          中間貸借対照表計上額
             非上場株式                       9,285
    2.金融商品の時価等のレベルごとの内訳等に関する事項

        金融商品の時価を、時価の算定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つ
        のレベルに分類しております。
        レベル1の時価:同一の資産又は負債の活発な市場における(無調整の)相場価額により算定した
                 時価
        レベル2の時価:レベル1のインプット以外の直接又は間接的に観察可能なインプットを用いて算定
                 した時価
        レベル3の時価:重要な観察できないインプットを使用して算定した時価
        時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプット
       がそれぞれ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類して
       おります。
                                 88/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (1)時価をもって中間貸借対照表計上額とする金融資産及び金融負債
        「金融商品関係」の「1.              金融商品の時価等に関する事項」に記載の「その他有価証券」は、投資
        信託受益証券であり、「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(2019年7月4日)第                                                26  項の経
        過措置を適用しており、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」第5-2項の注記を行ってお
        りません。
         当該投資信託受益証券の中間貸借対照表計上額は「金融商品関係」の「2.                                         金融商品の時価等に
        関する事項」に記載しております。
      (2)時価をもって中間貸借対照表計上額とする金融資産及び金融負債以外の金融資産及び金融負債

        「金融商品関係」の「1.              金融商品の時価等に関する事項」の(注)1に記載の通り、短期間で決済
        され、時価が帳簿価額にほぼ等しい金融資産及び金融負債は注記を省略しております。
    (有価証券関係)

                           第25期中間会計期間末
                             2022年3月31日
      1.その他有価証券
       中間貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
        投資信託受益証券
         中間貸借対照表計上額    100,000千円
         取得原価          100,000千円
         差額              -
       市場価格のない株式等(中間貸借対照表計上額9,285千円)については、「その他有価証券」には含

       めておりません。
    (資産除去債務関係)


      第25期中間会計期間(自              2021年10月       1日  至  2022年3月31日)
       当中間会計期間における当該資産除去債務の総額の増減

       当中間会計期間期首における資産除去債務認識額                               180,987千円
       有形固定資産の取得に伴う増加額                                          - 千円
       その他増減額(△は減少)                                          34,491千円
       当中間会計期間末における資産除去債務認識額                                146,496千円
    (収益認識に関する注記)

     第25期中間会計期間(自              2021年10月1日         至  2022年3月31日)

      1.  顧客との契約から生じる収益を分解した情報
        顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、注記事項(セグメント情報等関係)の[関連情
        報]、「2.地域ごとの情報」(1)営業収益に記載の通りであります。
      2.  顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

        重要な会計方針の4.収益及び費用の計上基準に記載の通りであります。
    (セグメント情報等関係)

    [セグメント情報]

                                 89/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      当社の報告セグメントは投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    [関連情報]

      第25期中間会計期間(自              2021年10月       1日  至  2022年3月31日)
    1.  製品およびサービスごとの情報
                                                       (単位:千円)
                 投資信託
                         投資一任業務        投資助言業務        業務の受託        その他        合計
                 委託業務
                                          2,587,060         11,323
        外部顧客へ          3,973,614         2,674,943          4,019                    9,250,961
        の営業収益
    2.  地域ごとの情報

    (1)営業収益
                                                      (単位:千円)
                    日本       ルクセンブルグ             米国       その他          合計
        委託者報酬           3,973,614               -         -        -      3,973,614
        運用受託報酬           2,649,152               -       1,567       24,223        2,674,943
        投資助言報酬             4,019             -         -        -        4,019
        業務受託報酬               -       1,468,384         1,118,675            -      2,587,060
    (2)有形固定資産

       本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
       め、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
    3.  主要な顧客ごとの情報

                                                 (単位:千円)
                        顧客の名称                           営業収益
      フランクリン        テンプルトン        カンパニーズ        エルエルシー
                                                    1,468,384
      LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型)                                              1,208,935
      フランクリン        テンプルトン        インターナショナル           サービシスS.A.R.L.
                                                    1,118,675
     運用受託報酬については、顧客との守秘義務契約により、開示が出来ないため、記載を省略しておりま

     す。
     報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

     第25期中間会計期間(自              2021年10月       1日  至  2022年3月31日)
     該当事項はありません。
     報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

     第25期中間会計期間(自              2021年10月       1日  至  2022年3月31日)
     該当事項はありません。
     報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

     第25期中間会計期間(自              2021年10月       1日  至  2022年3月31日)
     該当事項はありません。
    (1株当たり情報)

                                 90/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                            第25期中間会計期間
                      (自   2021年10月       1日  至  2022年3月31日)
      1株当たり純資産額            50,717円56銭

      1株当たり中間純利益金額                                   4,707円57銭
     (注)1.     なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記

           載しておりません。
         2.  1株当たり中間純利益金額の算定の基礎は以下のとおりであります。
          中間純利益金額                                368,462千円

          普通株主に帰属しない金額          -
          普通株式に係る中間純利益金額                          368,462千円
          期中平均株式数                                   78,270株
    (重要な後発事象)

     該当事項はありません。
    (参考)フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ株式会社の経理状況

      ※参考資料においてフランクリン・テンプルトン・インベストメンツ株式会社を「委託会社」または「当
       社」といいます。
    1.  委託会社であるフランクリン・テンプルトン・インベストメンツ株式会社(以下「当社」とい

       う。)の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第
       59号)並びに同規則第2条の規定により「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令
       第52号)に基づいて作成しております。
         財務諸表に記載している金額については、千円未満の端数を切り捨てて表示しております。
    2.  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第26期事業年度(2020年10月1日

       から2021年3月31日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人の監査を受けており
       ます。
                   独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書

                                                     2021年6月23日

    フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社

      取 締 役 会 御 中
                               PwCあらた有限責任監査法人

                                    東京事務所
                                指定有限責任社員
                                           公認会計士 久保直毅 
                                業務執行社員
    監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状況」に掲
    げられているフランクリン・テンプルトン・インベストメンツ株式会社(2021年4月1日レッグ・メイソン・アセット・マ
    ネジメント株式会社に吸収合併された)の2020年10月1日から2021年3月31日までの第26期事業年度の財務諸表、すなわ
                                 91/117

                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、フランクリ
    ン・テンプルトン・インベストメンツ株式会社(2021年4月1日レッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社に吸
    収合併された)の2021年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点におい
    て適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠
      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における当
    監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に
    関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人
    は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    強調事項
      重要な後発事象に関する注記に記載されているとおり、フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ株式会社は、
    2021年4月1日を効力発生日として、レッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社と合併を行っており、同日付で
    商号をフランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社に変更している。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任
      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示す
    ることにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要
    と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評価
    し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場
    合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任
      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がない
    かどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。
    虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与
    えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家として
    の判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を立
     案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証
     拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実施
     に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関
     連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、継
     続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。
     継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起する
     こと、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明す
     ることが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況
     により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどうか
     とともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適
     正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な不備を含
    む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以    上
    (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

      2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
    (1)貸借対照表

                                                  (単位:千円)
                                   第25期                第26期
                               (2020年9月30日)                (2021年3月31日)
     資産の部
                                 92/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      流動資産
       現金・預金
                                     1,045,422                 963,351
       前払費用
                                      12,138                2,917
       未収入金
                                      102,827                270,856
       未収委託者報酬
                                      40,734                40,311
       未収運用受託報酬
                                      242,302                238,441
       未収投資助言報酬
                                       6,044                7,298
       預け金
                                        -              86,251
       その他流動資産
                                         0                0
       流動資産合計
                                     1,449,471                1,609,428
      固定資産
       有形固定資産
        建物付属設備
                                      100,886                106,438
        器具備品
                                      31,970                27,995
                            * 1               * 1
        有形固定資産合計
                                      132,857                134,434
       無形固定資産
        ソフトウエア
                                        424                54
        無形固定資産合計
                                        424                54
       投資その他の資産
        繰延税金資産
                                      46,838                28,977
        長期差入保証金
                                      97,388                97,388
        その他
                                        638                628
        投資その他の資産合計
                                      144,865                126,994
       固定資産合計
                                      278,147                261,482
      資産合計
                                     1,727,618                1,870,911
     負債の部

      流動負債
       預り金
                                       1,403                2,141
       未払収益分配金
                                       1,373                1,441
       未払手数料
                                      27,624                27,003
                            * 2               * 2
       その他未払金
                                      404,914                386,781
       未払費用
                                      55,757                33,651
       未払法人税等
                                       9,928                5,836
                            * 3               * 3
       未払消費税等
                                      13,311                9,974
       未払役員退職慰労金
                                        -              68,309
       未払退職金
                                        -              66,758
       賞与引当金
                                        -              22,373
       流動負債合計
                                      514,312                624,272
      固定負債
       資産除去債務
                                      37,788                48,863
       退職給付引当金
                                      20,570                15,880
       固定負債合計
                                      58,358                64,743
      負債合計
                                      572,671                689,015
     純資産の部
      株主資本
       資本金
                                      490,000                490,000
                                 93/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       資本剰余金
        資本準備金
                                      57,958                57,958
        その他資本剰余金
                                      100,000                100,000
        資本剰余金合計
                                      157,958                157,958
       利益剰余金
        利益準備金
                                      40,000                40,000
        その他利益剰余金
         繰越利益剰余金
                                      466,989                493,937
        利益剰余金合計
                                      506,989                533,937
       株主資本合計
                                     1,154,947                1,181,895
      純資産合計
                                     1,154,947                1,181,895
     負債純資産合計
                                     1,727,618                1,870,911
    (2)損益計算書

                                                  (単位:千円)
                                  第25期                第26期
                              (自 2019年10月1日                (自 2020年10月1日
                              至 2020年9月30日)                至 2021年3月31日)
      営業収益
       委託者報酬
                                      285,562                134,712
       運用受託報酬
                                      665,111                311,501
       業務受託報酬
                                     1,280,798                 775,137
       投資助言報酬
                                      27,998                11,529
       その他営業収益
                                      105,240                42,431
       営業収益計
                                     2,364,711                1,275,312
      営業費用
       支払手数料
                                      828,722                401,704
       広告宣伝費
                                       3,397                1,898
       公告費
                                        590               2,406
       調査費
                                      71,524                30,290
       図書費
                                        476                33
       委託計算費
                                      11,501                6,193
       通信費
                                       5,871                4,657
       印刷費
                                      17,284                9,176
       諸会費
                                       1,590                1,414
       販売促進費
                                        50               500
       営業費用計
                                      941,009                458,273
      一般管理費
       役員報酬
                                      48,825                16,840
       役員退職慰労金
                                        -              68,309
       給料・手当
                                      352,220                160,458
       賞与
                                      44,409                5,973
       その他給与
                                      16,326                8,255
       法定福利費
                                      40,407                18,402
       退職給付費用
                                      41,043                11,219
       退職金
                                        -              58,333
       交際費
                                        441                -
       旅費交通費
                                       1,516                 264
       租税公課
                                      11,599                7,161
       福利厚生費
                                       1,345                 275
       事務委託費
                                      555,900                285,178
                                 94/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       不動産賃貸料
                                      98,660                49,208
       固定資産減価償却費
                                      18,854                9,427
       賞与引当金繰入
                                        -              22,373
       諸経費
                                      115,951                35,757
       一般管理費計
                                     1,347,503                 757,436
      営業利益
                                      76,197                59,602
      営業外収益
       受取配当金
                                        -                -
       受取利息
                                         8               28
       為替差益
                                       5,935                 -
       その他
                                        18                -
       営業外収益合計
                                       5,962                 28
      営業外費用
       為替差損
                                        -              21,105
                           * 2               * 2
       その他
                                        278                33
       営業外費用合計
                                        278              21,138
      経常利益
                                      81,881                38,492
      特別損失
                           * 1               * 1
       固定資産除却損
                                      15,532                 160
       特別損失合計
                                      15,532                 160
      税引前当期純利益
                                      66,349                38,331
      法人税、住民税及び事業税
                                      13,000                 145
      過年度法人税等戻入額
                                                     △  6,622
                                       1,974
      法人税等調整額
                                      11,573                17,861
      法人税等合計
                                      26,548                11,383
      当期純利益
                                      39,800                26,948
    (3)株主資本等変動計算書

    第25期(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)
                                                       (単位:千円)
                                   株主資本
                        資本剰余金                利益剰余金
                                                         純資産
                                         その他
                                                   株主資本
                              資本                利益
                                                         合計
              資本金                      利益    利益剰余金
                    資本     その他
                                                    合計
                              剰余金                剰余金
                                   準備金
                   準備金    資本剰余金
                                        繰越利益
                              合計                合計
                                         剰余金
     当期首残高          490,000      57,958       -    57,958       -   833,600     833,600    1,381,558     1,381,558
     当期変動額
      当期純利益           -     -     -     -     -    39,800     39,800     39,800     39,800
      合併による増加           -     -   100,000     100,000       -    33,587     33,587     133,587     133,587
      剰余金の配当           -     -     -     -    40,000    △ 440,000    △ 400,000    △ 400,000    △ 400,000
      当期変動額合計           -     -   100,000     100,000      40,000    △ 366,611    △ 326,611    △ 226,611    △ 226,611
     当期末残高          490,000      57,958     100,000     157,958      40,000     466,989     506,989    1,154,947     1,154,947
    第26期(自 2020年10月1日 至 2021年3月31日)

                                                       (単位:千円)
                                   株主資本
                        資本剰余金                利益剰余金
                                                         純資産
                                         その他
                                                   株主資本
                              資本                利益
                                                         合計
              資本金                      利益    利益剰余金
                    資本     その他
                                 95/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                   準備金    資本剰余金      剰余金     準備金           剰余金      合計
                                        繰越利益
                              合計                合計
                                         剰余金
     当期首残高          490,000      57,958     100,000     157,958      40,000     466,989     506,989     1,154,947     1,154,947
     当期変動額
      当期純利益           -     -     -     -     -    26,948     26,948     26,948     26,948
      当期変動額合計           -     -     -     -     -    26,948     26,948     26,948     26,948
     当期末残高          490,000      57,958     100,000     157,958      40,000     493,937     533,937     1,181,895     1,181,895
    重要な会計方針

     1.固定資産の減価償却の方法                      有形固定資産
                           定額法により償却しております。
                           なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
                            建物付属設備  10年~18年
                            器具備品              3年~20年
                           無形固定資産

                           ソフトウェア(自社利用分)については、社内における見
                           込利用期間(5年)に基づく定額法により償却しておりま
                           す。
     2.引当金の計上基準                      退職給付引当金

                           従業員の退職給付に備えるため、退職給付見込額の当事業
                           年度における負担額を計上しております。
                           賞与引当金
                           従業員に対する賞与の支給に備えるため、賞与支給見込額
                           の当事業年度における負担額を計上しております。
     3.外貨建の資産又は負債の本邦通貨へ                      外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨

       の換算基準                    に換算し、換算差額は損益として処理しております。
     4.その他財務諸表作成のための基本と                      消費税等の会計処理

       なる重要な事項                    消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                           決算日の変更に係る事項

                           2021年4月1日にレッグ・メイソン・アセット・マネジメン
                           ト株式会社との合併に伴い、2021年3月期の会計年度は
                           2020年10月1日から2021年3月31日の6か月間となりまし
                           た。
    (未適用の会計基準等)


    「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                            2020年3月31日)

    「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                      2020年3月31日)
    (1)  概要

      収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
      ステップ1      : 顧客との契約を識別する。
                                 96/117

                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ステップ2      : 契約における履行義務を識別する。
      ステップ3      : 取引価格を算定する。
      ステップ4      : 契約における履行義務に取引価格を配分する。
      ステップ5      : 履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
    (2)  適用予定日

      2021年9月期の期首より適用予定であります。
    (3)  当該会計基準等の適用による影響

      影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
    (重要な会計上の見積りに関する注記)

      当事業年度の計算書類等の作成にあたって行った会計上の見積りが翌事業年度の計算書類等に重要な影響を
      及ぼすリスクを認識していないため、注記を省略しております。
    注記事項

    (貸借対照表関係)
                第25期                           第26期
              (2020年9月30日)                          (2021年3月31日)
    *1 有形固定資産の減価償却累計額は次の通りであり                           *1 有形固定資産の減価償却累計額は次の通りであり
        ます。                           ます。
        建物付属設備                 53,253千円         建物付属設備                 58,372千円
        器具備品                 50,690千円         器具備品                 54,556千円
    *2 関係会社項目                           *2 関係会社項目

        関係会社に対する資産及び負債には次のものがあ                           関係会社に対する資産及び負債には次のものがあ
        ります。                           ります。
        流動負債 その他未払金                 18,136千円         流動負債 その他未払金                 49,022千円
    *3 消費税等の取扱い                           *3 消費税等の取扱い

        仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、                           仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、
        「未払消費税等」として表示しております。                           「未払消費税等」として表示しております。
    (損益計算書関係)

                第25期                           第26期
             (自 2019年10月1日                           (自 2020年10月1日
              至 2020年9月30日)                           至 2021年3月31日)
     *1 固定資産除却損には次のものがあります。                           *1 固定資産除却損には次のものがあります。
        建物付属設備                  8,361千円         建物付属設備                   160千円
        器具備品                  7,171千円
     *2 営業外費用のその他には次のものがあります。                           *2 営業外費用のその他には次のものがあります。

        消費税等差損                   278千円        消費税等差損                    33千円
    (株主資本等変動計算書関係)

    第25期(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)
    1 . 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                当事業年度期首           当事業年度増加           当事業年度減少           当事業年度末
                 株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)
       発行済株式
       普通株式              43,580            -           -         43,580

                                 97/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        合計             43,580            -           -         43,580
    (注)自己株式について、該当事項はありません。

    2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

        該当事項はありません。

    3.配当に関する事項

                株式の      配当金の総額          1株当たり
                                           基準日          効力発生日
                 種類      (百万円)        配当額(円)
      2020年8月20日

      臨時株主総会         普通株式           400        9,179      2019年9月30日           2020年8月20日
    第26期(自 2020年10月1日 至 2021年3月31日)

    1 . 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                当事業年度期首           当事業年度増加           当事業年度減少           当事業年度末
                 株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)
       発行済株式
       普通株式              43,580            -           -         43,580

        合計             43,580            -           -         43,580

    (注)自己株式について、該当事項はありません。

    2 . 新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

        該当事項はありません。

    3 . 配当に関する事項

        該当事項はありません。

     (リース取引関係)

    1.ファイナンス・リース取引
        該当事項はありません。
    2.オペレーティング・リース取引

        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                  (単位:千円)
                              第25期                  第26期
                           (2020年9月30日)                  (2021年3月31日)
            1年内                         94,856                  94,856
            1年超                        363,488                  316,060
             合計                        458,344                  410,916
    (金融商品関係)

    第25期(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)
     1.金融商品に関する事項
       (1)金融商品に関する取組方針
         当社の資本は本来の事業目的のために使用することを基本とし、資金の運用については自社が運用す
                                 98/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         る投資信託への投資に限定し、資産運用リスクを極力最小限に留めることを基本方針としておりま
         す。また、資金調達については関係会社からの新株発行によっております。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

         営業債権である未収運用受託報酬及び未収委託者報酬に係る信用リスクは、極めて限定的であると判
         断しております。また、営業債権債務の一部には外貨建てのものがあり、為替の変動リスクに晒され
         ておりますが、当該営業債権債務の残高及び為替の変動による影響を定期的にモニタリングすること
         で管理しております。
     2.金融商品の時価等に関する事項

        2020年9月30日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りであ
        ります。
                         貸借対照表
                                    時価(千円)            差額(千円)
                          計上額
                         (千円)
     資産
     (1)現金・預金                      1,045,422            1,045,422                -
     (2)未収入金                       102,827            102,827               -
     (3)未収委託者報酬                        40,734            40,734               -
     (4)未収運用受託報酬                       242,302            242,302               -
     (5)未収投資助言報酬                         6,044            6,044              -
     (6)長期差入保証金                        97,388            98,032              643
     資産計                      1,534,720            1,535,364               643
     負債
     (1)未払手数料                        27,624            27,624               -
     (2)その他未払金                       404,914            404,914               -
     (3)未払費用                        55,757            55,757               -
     負債計                       488,295            488,295               -
    (注)1.金融商品の時価の算定方法
        資産
         (1)現金・預金、(2)未収入金、(3)未収委託者報酬、(4)未収運用受託報酬
            及び(5)未収投資助言報酬
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該
            帳簿価額によっております。
         (6)長期差入保証金
            敷金の時価の算定は、その将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な指標
            に当該建物の賃貸借契約期間を加味した利率で割り引いた現在価値より算定して
            おります。
        負債
         (1)未払手数料、(2)その他未払金及び(3)未払費用
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当
            該帳簿価額によっております。
    (注)2.金銭債権の決算日後の償還予定額

                              1年超          5年超
                   1年以内                               10年超
                             5年以内          10年以内
                   (千円)                              (千円)
                             (千円)          (千円)
     現金・預金                1,045,422              -          -          -
     未収入金                 102,827             -          -          -
     未収委託者報酬                 40,734             -          -          -
     未収運用受託報酬                 242,302             -          -          -
     未収投資助言報酬                  6,044            -          -          -
                                 99/117

                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     長期差入保証金                    -          -       97,388             -
     合計                1,437,332              -       97,388             -
    第26期(自 2020年10月1日 至 2021年3月31日)

     1.金融商品に関する事項
       (1)金融商品に関する取組方針
         当社の資本は本来の事業目的のために使用することを基本とし、資金の運用については自社
         が運用する投資信託への投資に限定し、資産運用リスクを極力最小限に留めることを基本方
         針としております。また、資金調達については関係会社からの新株発行によっております。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

         営業債権である未収運用受託報酬及び未収委託者報酬に係る信用リスクは、極めて限定的で
         あると判断しております。また、営業債権債務の一部には外貨建てのものがあり、為替の変
         動リスクに晒されておりますが、当該営業債権債務の残高及び為替の変動による影響を定期
         的にモニタリングすることで管理しております。
     2.金融商品の時価等に関する事項

        2021年3月31日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りであります。
                         貸借対照表
                                    時価(千円)            差額(千円)
                          計上額
                         (千円)
     資産
     (1)現金・預金                       963,351            963,351               -
     (2)未収入金                       270,856            270,856               -
     (3)未収委託者報酬                        40,311            40,311               -
     (4)未収運用受託報酬                       238,441            238,441               -
     (5)未収投資助言報酬                         7,298            7,298              -
     (6)長期差入保証金                        97,388            97,388               -
     資産計                      1,617,647            1,617,647                -
     負債
     (1)未払手数料                        27,003            27,003               -
     (2)その他未払金                       386,781            386,781               -
     (3)未払費用                        33,651            33,651               -
     (4)未払役員退職慰労金                        68,309            68,309               -
     (5)未払退職金                        66,758            66,758               -
     負債計                       582,504            582,504               -
    (注)1.金融商品の時価の算定方法
        資産
         (1)現金・預金、(2)未収入金、(3)未収委託者報酬、(4)未収運用受託報酬
            及び(5)未収投資助言報酬
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該
            帳簿価額によっております。
         (6)長期差入保証金
            敷金の時価の算定は、その将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な指標
            に当該建物の賃貸借契約期間を加味した利率で割り引いた現在価値より算定して
            おります。
        負債
         (1)未払手数料、(2)その他未払金、(3)未払費用、(4)未払役員退職慰労金
            及び(5)未払退職金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当
            該帳簿価額によっております。
                                100/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (注)2.金銭債権の決算日後の償還予定額
                              1年超          5年超
                   1年以内                               10年超
                             5年以内          10年以内
                   (千円)                              (千円)
                             (千円)          (千円)
     現金・預金                 963,351              -          -          -
     未収入金                 270,856              -          -          -
     未収委託者報酬                 40,311             -          -          -
     未収運用受託報酬                 238,441              -          -          -
     未収投資助言報酬                  7,298            -          -          -
     長期差入保証金                    -       97,388             -          -
     合計                1,520,258            97,388             -          -
    (有価証券関係)

                第25期                           第26期
             (2020年9月30日)                           (2021年3月31日)
     該当事項はありません。                           該当事項はありません。

    (デリバティブ取引関係)

                第25期                           第26期
             (自 2019年10月1日                           (自 2020年10月1日
              至 2020年9月30日)                           至 2021年3月31日)
     該当事項はありません。                           該当事項はありません。

    (退職給付関係)

                第25期                           第26期
            (自 2019年10月1日                           (自 2020年10月1日
             至 2020年9月30日)                           至 2021年3月31日)
                                101/117










                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     1.採用している退職給付制度の概要                           1.採用している退職給付制度の概要
      当社は従業員の退職給付に備えるため、非積立型の確                            当社は従業員の退職給付に備えるため、非積立型の確
     定給付制度及び確定拠出年金制度を採用しております。                           定給付制度及び確定拠出年金制度を採用しております。
      確定給付の制度として退職一時金制度を設けておりま                           確定給付の制度として退職一時金制度を設けておりま

     す。従業員の退職等に際しては、臨時で割増退職金を支                           す。従業員の退職等に際しては、臨時で割増退職金を支
     払う場合があります。なお退職一時金制度は、簡便法に                           払う場合があります。なお退職一時金制度は、簡便法に
     より計上しております。当事業年度に計上されている割                           より計上しております。当事業年度に計上されている割
     増退職金は、14百万円となります。                           増退職金は、92百万円となります。
     2.確定給付制度                           2.確定給付制度

     (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残                         (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残
      高と期末残高の調整表                           高と期末残高の調整表
     退職給付引当金の期首残高                         34,602    千円    退職給付引当金の期首残高                         20,570    千円

      退職給付費用                             24,066    千円      退職給付費用                             5,058   千円
      退職給付の支払額                         △38,098     千円      退職給付の支払額                         △9,747    千円
     退職給付引当金の期末残高                         20,570    千円    退職給付引当金の期末残高                         15,880    千円
     (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表                         (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表

      に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の調整                           に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の調整
      表                           表
     積立型制度の退職給付債務         -                       千円    積立型制度の退職給付債務         -                       千円

     年金資産                 -                       千円    年金資産                 -                       千円
     非積立型制度の退職給付債務                        20,570    千円    非積立型制度の退職給付債務                        15,880    千円
     貸借対照表に計上された負債と                           貸借対照表に計上された負債と
     資産の純額退職給付引当金                         20,570    千円    資産の純額退職給付引当金                         15,880    千円
     貸借対照表に計上された負債と                           貸借対照表に計上された負債と
     資産の純額                                20,570    千円    資産の純額                                15,880    千円
     (3)  退職給付費用                         (3)  退職給付費用

     簡便法で計算した退職給付費用                       24,066    千円    簡便法で計算した退職給付費用                       11,219    千円
     3.確定拠出制度                           3.確定拠出制度

      当社の確定拠出制度への要拠出額は、16,077千円であ                           当社の確定拠出制度への要拠出額は、7,258千円であり
     ります。                           ます。
    (税効果関係)

                             第25期
                          (2020年9月30日)
                                102/117





                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                            (単位:千円)
       繰延税金資産
        繰越欠損金                      641,691
        未払金                      16,017
        未払費用                       10,713
        資産除去債務                       9,186
        未払事業税                       3,042
        その他                       4,810
        繰延税金資産小計                      685,462
        税務上の繰越欠損金に係る
        評価性引当額(注2)                     △624,961
        将来減産一時差異等の合計に
        係る評価性引当額                      △9,186
        評価性引当額小計(注1)                     △634,148
        繰延税金資産合計                      51,313
       繰延税金負債
                             △  4,475
        資産除去債務に対応する除去費用
                             △  4,475
        繰延税金負債合計
       繰延税金資産の純額                        46,838
     (注)

     1.評価性引当額が251,010千円減少しております。この減少の主な内容は、税務上の繰越欠損金に関する評価性
      引当額が減少したことに伴うものであります。
     2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
             1年以内       1年超        2年超       3年超       4年超     合計金額

                    2年以内        3年以内       4年以内
     税務上の繰越
     欠損金(a)          268,890        268,061       104,739          -     -    641,691
     評価性引当額         △  252,160      △  268,061      △  104,739               -  △  624,961
                                         -
     繰延税金資産                                         -  (b)  16,729
                          -       -       -
                16,729
     (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
     (b)  課税所得が見込まれることにより、税務上の繰越欠損金は回収可能と判断しております。
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と
      なった主要な項目別の内訳
     法定実効税率                30.62%

     (調整)
     評価性引当額                                   △  25.21%
     役員賞与等永久に損金に
      算入されない項目             17.41%
     住民税均等割                                       0.44%
     過年度法人税等戻入額                                   2.98%
     その他                                          13.78%
     税効果会計適用後の
      法人税等の負担率             40.01%
    (税効果関係)

                             第26期
                          (2021年3月31日)
                                103/117


                                                          EDINET提出書類
                                          フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(E12425)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                            (単位:千円)
       繰延税金資産
        繰越欠損金                      677,793
        未払金                       6,850
        未払費用                       10,382
        資産除去債務                       14,961
        未払事業税                       1,314
        その他                       2,358
        繰延税金資産小計                      713,661
        税務上の繰越欠損金に係る