株式会社unerry 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 株式会社unerry
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
    【提出書類】                       有価証券届出書

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       2022年6月24日

    【会社名】                       株式会社unerry

    【英訳名】                       unerry,Inc.

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役社長 執行役員CEO 内山 英俊

    【本店の所在の場所】                       東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズビジネスタワー15階

    【電話番号】                       03-6820-2718(代表)

    【事務連絡者氏名】                       取締役 執行役員CFO 経営企画部長 斎藤 泰志

    【最寄りの連絡場所】                       東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズビジネスタワー15階

    【電話番号】                       03-6820-2718(代表)

    【事務連絡者氏名】                       取締役 執行役員CFO 経営企画部長 斎藤 泰志

    【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                       株式

    【届出の対象とした募集(売出)金額】                       募集金額

                          ブックビルディング方式による募集                                     139,200,000      円
                          売出金額
                           (引受人の買取引受による売出し)
                          ブックビルディング方式による売出し                             383,292,000円
                           (オーバーアロットメントによる売出し)
                          ブックビルディング方式による売出し                                     82,017,000     円
                          (注)    募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額                        ( 会社法上の
                             払込金額の総額       ) であり、売出金額は、有価証券届出書提出時に
                             おける見込額であります。
    【縦覧に供する場所】                       該当事項はありません。

                                  1/151






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】

    1  【新規発行株式】

         種類           発行数(株)                      内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社に
        普通株式              140,000(注)2        おける標準となる株式であり、単元株式数は100株であり
                              ます。
     (注)   1.2022年6月24日開催の取締役会決議によっております。
       2.上記発行数については、2022年6月24日開催の取締役会において決議された公募による自己株式の処分に係
         る募集株式数であります。したがって、「第1 募集要項」に記載の募集(以下「本募集」という。)は、金
         融商品取引法第二条に規定する定義に関する内閣府令第9条第1号に定める売付けの申込み又はその買付け
         の申込みの勧誘であります。なお、発行数については、2022年7月11日開催予定の取締役会において変更さ
         れる可能性があります。
       3.本募集及び本募集と同時に行われる後記「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出
         し)」に記載の売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)に伴い、その需要状況等を勘案
         し、70,100株を上限として、SMBC日興証券株式会社が当社株主である内山英俊(以下「貸株人」とい
         う。)より借り入れる当社普通株式の売出し(以下「オーバーアロットメントによる売出し」という。)を行
         う場合があります。オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後記「募集又は売出しに関する
         特別記載事項 2 オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
         これに関連して、当社は、2022年6月24日開催の取締役会において、本募集及び引受人の買取引受による売
         出しとは別に、SMBC日興証券株式会社を割当先とする第三者割当による当社普通株式70,100株の自己株
         式の処分(以下「本第三者割当」という。)を決議しております。その内容に関しましては、後記「募集又は
         売出しに関する特別記載事項 3 第三者割当による自己株式の処分について」をご参照ください。
       4.本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連してロックアップに関する合意がなされておりますが、そ
         の内容に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 4 ロックアップについて」をご参
         照ください。
       5.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
         名称:株式会社証券保管振替機構
         住所:東京都中央区日本橋兜町7番1号
                                  2/151











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【募集の方法】
      2022年7月20日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
     欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引受
     価額と異なる価額(発行価格)で募集を行います。引受価額は2022年7月11日開催予定の取締役会において決定される
     会社法上の払込金額(発行価額)以上の価額となります。引受人は払込期日に引受価額の総額を当社に払込み、本募集
     における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受手数料を支払いませ
     ん。
      なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第246
     条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投
     資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況等を把握した上で発行価格等を決定する方法をいう。)により決定する価
     格で行います。
          区分           発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)

    入札方式のうち入札による募集                        -              -              -

    入札方式のうち入札によらない
                            -              -              -
    募集
    ブックビルディング方式                     140,000            139,230,000                  -
        計(総発行株式)                  140,000            139,230,000                  -

     (注)   1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
       2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」により規定
         されております。
       3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
       4.本募集は、自己株式の処分により行われるものであり、払込金額の総額は資本組入れされません。
       5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,170円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額(見
         込額)は163,800,000円となります。
                                  3/151











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【募集の条件】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による募集】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない募集】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

     発行     引受     払込     資本    申込株                   申込
     価格     価額     金額    組入額     数単位         申込期間          証拠金        払込期日
     (円)     (円)     (円)     (円)     (株)                  (円)
     未定     未定     未定     -         自 2022年7月21日(木)              未定
                         100                      2022年7月27日(水)
    (注)1     (注)1     (注)2     (注)3          至 2022年7月26日(火)             (注)4
     (注)   1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
         発行価格の決定に当たり、2022年7月11日に仮条件を提示する予定であります。
         当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク等を総合的に勘案した上で、2022年7月20日に発
         行価格及び引受価額を決定する予定であります。
         仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
         が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
         需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
         関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
       2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2022年7月11日開催予定の取締役会において決定します。また、
         前記「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、会社法上の払込金額及び2022年7月20日に決定される予定
         の発行価格、引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手取金となり
         ます。
       3.本募集は、自己株式の処分により行われるものであり、払込金額は資本組入れされません。
       4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。なお、申込証拠金のうち引受価額相当額
         は、払込期日に自己株式の処分に対する払込金に振替充当いたします。
       5.株式受渡期日は、2022年7月28日(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に係る株
         式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機
         構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
       6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.申込みに先立ち、2022年7月12日から2022年7月19日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
         需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。
         販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
         の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
         引受人は、引受人の定める配分に係る基本方針及び社内規則等に従い販売を行う方針であります。配分に係
         る基本方針については引受人の店頭における表示又はホームページにおける表示等をご確認ください。
       8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は本募集を中止いたします。
      ①  【申込取扱場所】

        後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の本店及び全国の各支店で申込みの取扱いをいたします。
      ②  【払込取扱場所】

                店名                          所在地
    株式会社三井住友銀行 日比谷支店                           東京都港区西新橋一丁目3番1号

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
                                  4/151





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【株式の引受け】
                                     引受株式数
     引受人の氏名又は名称                    住所                     引受けの条件
                                      (株)
                                           1.買取引受けによります。
                                           2.引受人は自己株式の処分
                                             に対する払込金として、
                                             払込期日までに払込取扱
                                             場所へ引受価額と同額を
                                             払込むことといたしま
    SMBC日興証券株式会社              東京都千代田区丸の内三丁目3番1号                    140,000
                                             す。
                                           3.引受手数料は支払われま
                                             せん。ただし、発行価格
                                             と引受価額との差額の総
                                             額は引受人の手取金とな
                                             ります。
          計                -            140,000           -
     (注)   1.引受株式数は、2022年7月11日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
       2.上記引受人と発行価格決定日(2022年7月20日)に元引受契約を締結する予定であります。
    5  【新規発行による手取金の使途】

     (1)  【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)
               150,696,000                   8,000,000                 142,696,000

     (注)   1.新規発行による手取金は自己株式の処分による手取金であり、発行諸費用の概算額は自己株式の処分に係る
         諸費用の概算額であります。
       2.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、自己株式の処分に際して当社に払い込まれる引
         受価額の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,170円)を基礎として算出した見込額
         であります。
       3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。また、
         消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
     (2)  【手取金の使途】

       上記の差引手取概算額142,696千円に本第三者割当の手取概算額上限75,455千円を合わせた、手取概算額合計上限
      218,151千円については、事業拡大に伴う運転資金に充当する予定であり、具体的な資金使途及び充当予定時期は以
      下のとおりであります。
       ・セールス、カスタマーサクセス、データサイエンティスト、システムエンジニア等の人材を新たに確保するた

      めの採用費及び人件費の一部として79,000千円(2023年6月期に53,000千円、2024年6月期に26,000千円)を充当す
      る予定であります。
       ・売上拡大に対応するためのシステム開発および運用、広告運用に伴う外注費の一部として139,151千円(2023年

      6月期に139,151千円)を充当する予定であります。
       また、上記調達資金は、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。

                                  5/151





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【売出要項】
    1  【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】

      2022年7月20日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件(引
     受人の買取引受による売出し) (2)                 ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出要項」
     において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、発行価
     格と同一の価格)で売出しを行います。引受人は株式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受
     による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数
     料を支払いません。
                              売出価額の総額           売出しに係る株式の所有者の
       種類           売出数(株)
                                (円)          住所及び氏名又は名称
            入札方式のうち入札
       -                  -       -              -
            による売出し
            入札方式のうち入札
       -                  -       -              -
            によらない売出し
                                      東京都千代田区内幸町一丁目2番1号
                                      みずほ成長支援第2号投資事業有限責任
                                      組合
                                                    112,000株
                                      福岡県福岡市中央区薬院一丁目1番1号
                                      CQベンチャーズ株式会社
                                                    90,400株
                                     東京都港区六本木一丁目6番1号
                                     FinTechビジネスイノベーション投資事業
            ブックビルディング
    普通株式                     327,600      383,292,000
                                                  有限責任組合
            方式
                                                    53,200株
                                      東京都江東区
                                      内山 英俊
                                                    40,000株
                                      神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目
                                      1番1号
                                      かながわ成長企業支援投資事業組合
                                                    32,000株
    計(総売出株式)            -         327,600      383,292,000               -
     (注)   1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されてお
         ります。
       2.本募集における自己株式の処分を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたします。
       3.売出数等については今後変更される可能性があります。
       4.本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況等を勘案しオーバーアロットメントによる
         売出しを行う場合があります。
         オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2 
         オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
       5.本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされておりますが、
         その内容に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 4 ロックアップについて」をご
         参照ください。
       6.振替機関の名称及び住所は、前記「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)5に記載した振替機関と同
         一であります。
       7.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,170円)で算出した見込額であります。
                                  6/151





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                     申込株     申込
    売出価格     引受価額                             引受人の住所及び氏名又は名              元引受契
               申込期間      数単位     証拠金     申込受付場所
     (円)     (円)                            称              約の内容
                      (株)     (円)
                                      東京都千代田区丸の内三丁目
                                      3番1号
                                      SMBC日興証券株式会社
                                      東京都港区六本木一丁目6番
                                      1号
                                      株式会社SBI証券
                                      東京都千代田区大手町一丁目
                                      5番1号
                                      みずほ証券株式会社
                                      東京都中央区日本橋茅場町一
                                      丁目5番8号
                                      いちよし証券株式会社
                               引受人及びそ       東京都港区南青山二丁目6番
               自 2022年                の委託販売先       21号
     未定
          未定    7月21日(木)            未定    金融商品取引       楽天証券株式会社               未定
     (注)1                  100
          (注)2     至 2022年           (注)2     業者の全国の       大阪府大阪市中央区今橋一丁               (注)3
     (注)2
              7月26日(火)                本支店及び営       目8番12号
                               業所       岩井コスモ証券株式会社
                                      東京都千代田区麹町一丁目4
                                      番地
                                      松井証券株式会社
                                      東京都中央区日本橋茅場町一
                                      丁目4番7号
                                      極東証券株式会社
                                      東京都港区赤坂一丁目12番32
                                      号
                                      マネックス証券株式会社
                                      東京都千代田区麹町三丁目3
                                      番6
                                      丸三証券株式会社
     (注)   1.売出価格の決定方法は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                   ブックビルディング方式」の(注)1
         と同様であります。
       2.売出価格、引受価額及び申込証拠金は、本募集における発行価格、引受価額及び申込証拠金とそれぞれ同一
         といたします。ただし、申込証拠金には、利息をつけません。
       3.引受人の引受価額による買取引受けによることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売
         出価格決定日(2022年7月20日)に決定する予定であります。なお、元引受契約においては、引受手数料は支
         払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額は引受人の手取金となります。
       4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
       5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機構
         の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行う
         ことができます。
       6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.上記引受人及びその委託販売先金融商品取引業者は、各社の定める配分に係る基本方針及び社内規則等に従
         い販売を行う方針であります。配分に係る基本方針については各社の店頭における表示又はホームページに
         おける表示等をご確認ください。
       8.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
         引業者に販売を委託する方針であります。
                                  7/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                              売出価額の総額           売出しに係る株式の所有者の
       種類           売出数(株)
                                 (円)         住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち入札
       -                  -        -              -
             による売出し
             入札方式のうち入札
       -                  -        -              -
             によらない売出し
             ブックビルディング                          東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
    普通株式                      70,100      82,017,000
             方式                          SMBC日興証券株式会社
    計(総売出株式)            -         70,100      82,017,000               -

     (注)   1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況
         等を勘案した上で行われる、SMBC日興証券株式会社が貸株人より借り入れる当社普通株式の売出しであ
         ります。なお、上記売出数は上限の株式数を示したものであり、需要状況等により減少する場合、又はオー
         バーアロットメントによる売出しが全く行われない場合があります。
         オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2 
         オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
       2.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」により規定さ
         れております。
       3.本募集における自己株式の処分を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止いたしま
         す。
       4.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)5に記載した振替機関と同一で
         あります。
       5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,170円)で算出した見込額であります。
    4  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】

     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

     売出価格              申込株数単位       申込証拠金                引受人の住所及び         元引受契約
             申込期間                      申込受付場所
      (円)               (株)       (円)               氏名又は名称         の内容
            自 2022年
                                 SMBC日興証券
      未定      7月21日(木)                 未定
                        100         株式会社の本店及             -       -
      (注)1       至 2022年                (注)1
                                 び全国各支店
            7月26日(火)
     (注)   1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
         れぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけませ
         ん。
       2.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式
         は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売
         買を行うことができます。
       3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       4.SMBC日興証券株式会社の販売方針は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                           ブックビルディン
         グ方式」の(注)7に記載した販売方針と同様であります。
                                  8/151





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
    1 東京証券取引所グロース市場への上場について
      当社は前記「第1 募集要項」における募集株式及び前記「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株
     式について、SMBC日興証券株式会社を主幹事会社として東京証券取引所グロース市場への上場を予定しておりま
     す。
    2 オーバーアロットメントによる売出し等について

      本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況等を勘案し、70,100株を上限として、本募集及び
     引受人の買取引受による売出しの主幹事会社であるSMBC日興証券株式会社が貸株人より借り入れる当社普通株式
     (以下「借入株式」という。)の売出し(オーバーアロットメントによる売出し)を行う場合があります。なお、当該売
     出株式数は上限の株式数を示したものであり、需要状況等により減少する場合、又はオーバーアロットメントによる
     売出しが全く行われない場合があります。
      これに関連して、オーバーアロットメントによる売出しが行われる場合は、当社はSMBC日興証券株式会社に対
     して、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数を上限として、本第三者割当の割当を受ける権利(以下「グ
     リーンシューオプション」という。)を、2022年8月25日を行使期限として付与します。
      SMBC日興証券株式会社は、借入株式の返還を目的として、上場(売買開始)日から2022年8月25日までの間(以下
     「シンジケートカバー取引期間」という。)、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数の範囲内で東京証券
     取引所において当社普通株式の買付(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があり、当該シンジケー
     トカバー取引で買付けられた株式は借入株式の返還に充当されます。なお、シンジケートカバー取引期間内において
     も、SMBC日興証券株式会社の判断で、シンジケートカバー取引を全く行わない、又はオーバーアロットメントに
     よる売出しに係る株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
      SMBC日興証券株式会社は、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数からシンジケートカバー取引に
     より買付けた株式数を控除した株式数についてのみ、グリーンシューオプションを行使し本第三者割当の割当に応じ
     る予定であります。したがって、本第三者割当における割当株式数の全部又は一部につき申込みが行われず、その結
     果、失権により本第三者割当における最終的な処分株式数が減少する、又は自己株式の処分そのものが全く行われな
     い場合があります。
      SMBC日興証券株式会社が本第三者割当に応じる場合には、SMBC日興証券株式会社はオーバーアロットメン
     トによる売出しによる手取金をもとに払込みを行います。
      オーバーアロットメントによる売出しが行われるか否か及びオーバーアロットメントによる売出しが行われる場合
     の売出数については、2022年7月20日に決定されます。オーバーアロットメントによる売出しが行われない場合は、
     SMBC日興証券株式会社による貸株人からの当社普通株式の借り入れは行われません。したがって、SMBC日興
     証券株式会社はグリーンシューオプションを全く行使しないため、失権により、本第三者割当による自己株式の処分
     は全く行われません。また、東京証券取引所におけるシンジケートカバー取引も行われません。
    3 第三者割当による自己株式の処分について

      上記「2 オーバーアロットメントによる売出し等について」に記載のSMBC日興証券株式会社を割当先とする
     本第三者割当について、当社が2022年6月24日開催の取締役会において決議した内容は、以下のとおりであります。
     (1)   募集株式の数                当社普通株式 70,100株
     (2)   募集株式の払込金額                未定(注)1

     (3)   払込期日                2022年8月30日(火)

     (注)   1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、1株につき、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)
         ブックビルディング方式」に記載の本募集における払込金額(会社法上の払込金額)と同一とし、2022年7月
         11日開催予定の取締役会において決定します。
       2.割当価格は、1株につき、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                    ブックビルディング方式」に記載
         の本募集における引受価額と同一とし、2022年7月20日に決定します。
                                  9/151



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4 ロックアップについて
      本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、貸株人かつ売出人である内山英俊、当社役員である鈴木茂二郎
     及び斎藤泰志並びに当社株主である株式会社UC                      AIR、三菱商事株式会社、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ、株式
     会社電通グループ、株式会社HTパートナーズ、株式会社宮崎銀行、佐藤勇樹、株式会社アドウェイズ・ベンチャー
     ズ、株式会社ジョイフル及びその他新株予約権者23名は、SMBC日興証券株式会社(以下「主幹事会社」という。)
     に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算
     して180日目の2023年1月23日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締
     結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)及び当社普通株式を取得する権利を有する有価証券の
     発行、譲渡又は売却等を行わない旨を約束しております。
      売出人であるみずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合、CQベンチャーズ株式会社、FinTechビジネスイノベー
     ション投資事業有限責任組合及びかながわ成長企業支援投資事業組合は、主幹事会社に対して、本募集及び引受人の
     買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して90日目の2022年10月25日ま
     での期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当
     社普通株式及び当社普通株式を取得する権利を有する有価証券の発行、譲渡又は売却等(ただし、その売却価格が募集
     における発行価格又は売出しにおける売出価格の1.5倍以上で行う東京証券取引所での売却等は除く。)を行わない旨
     を約束しております。
      また、当社は、主幹事会社に対し、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、
     上場(売買開始)日から起算して180日目の2023年1月23日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受け
     ることなく、当社普通株式及び当社普通株式を取得する権利あるいは義務を有する有価証券の発行又は売却(本第三者
     割当に係る自己株式の処分、株式分割による新株式発行等及びストック・オプションに係る新株予約権の発行並びに
     新株予約権の行使による発行会社普通株式の発行等を除く。)を行わないことに合意しております。
      なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社は、その裁量で当該合意内容の一部若しくは全部につき解除
     し、又はその制限期間を短縮する権限を有しております。
      上記のほか、当社は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」の規定に基づき、上場前の第三者割当等によ
     る募集株式等の割当に関し、割当を受けた者との間で継続所有等の確約を行っております。その内容については、
     「第四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照ください。
                                 10/151











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【その他の記載事項】
     (1)  表紙に当社の社章

                                を記載いたします。
     (2)  表紙の次に「コーポレートミッション」~「業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                 11/151


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 12/151





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 13/151





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 14/151





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 15/151





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/151





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/151





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 18/151





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部     【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

            回次            第2期       第3期       第4期        第5期       第6期

           決算年月            2017年6月       2018年6月       2019年6月        2020年6月       2021年6月

    売上高              (千円)      158,223       190,621       313,355        577,264       783,018

    経常損失(△)              (千円)      △ 9,075      △ 48,916      △ 30,637      △ 98,144      △ 162,072

    当期純損失(△)              (千円)      △ 10,547      △ 49,206      △ 31,194      △ 98,167      △ 162,882

    持分法を適用した場合の投資
                  (千円)         -       -       -        -       -
    利益
    資本金              (千円)      139,350       164,350        99,350       143,100       100,000
    発行済株式総数
                          6,060       6,060       6,060       60,600       60,600
    普通株式
                          1,798       1,798       1,798       17,980       17,980
    A種優先株式
                   (株)
    AA種優先株式                       -       250       250      2,500       2,500
    B種優先株式
                           -       -       -      2,500       2,500
    C種優先株式
                           -       -       -        -      9,580
    純資産額              (千円)      271,933       273,111       206,871        199,307       659,125
    総資産額              (千円)      315,033       317,331       284,221        298,397       945,827

    1株当たり純資産額               (円)      368.61     △ 7,751.26      △ 25,555.87        △ 119.29      △ 211.21

    1株当たり配当額                       -       -       -        -       -
                   (円)
    (1株当たり中間配当額)                       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
    1株当たり当期純損失(△)               (円)    △ 1,453.47      △ 6,192.86      △ 4,110.01        △ 37.60      △ 58.89
    潜在株式調整後
                   (円)         -       -       -        -       -
    1株当たり当期純利益金額
    自己資本比率               (%)        86.3       85.9       72.7       65.6       69.3
    自己資本利益率               (%)         -       -       -        -       -

    株価収益率               (倍)         -       -       -        -       -

    配当性向               (%)         -       -       -        -       -

    営業活動による
                  (千円)         -       -       -    △ 38,365      △ 174,236
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                  (千円)         -       -       -    △ 30,288        △ 10
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                  (千円)         -       -       -     90,603       762,700
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の期末残
                  (千円)         -       -       -     211,880       800,333
    高
    従業員数
                            6       6       13        20       28
                   (名)
                          〔 -〕      〔 -〕      〔 -〕      〔 -〕      〔 -〕
    〔ほか、平均臨時雇用人員〕
     (注)   1.当社は、連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については
         記載しておりません。
       2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
                                 19/151



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。
       4.1株当たり純資産額は、期末純資産額から優先株式払込金額等を控除した金額を、優先株式及び自己株式を
         除いた期末発行済株式数で除して算出しており、期末純資産額より優先株式払込金額等が大きくなったた
         め、計算結果はマイナスとなっております。
       5.1株当たり配当額及び配当性向については、配当を実施していないため記載しておりません。
       6.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第3期より潜在株式は存在するものの、当社株式は非上
         場であり期中平均株価が把握できないため、また、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
       7.自己資本利益率については、当期純損失であるため、記載しておりません。
       8.株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
       9.第2期、第3期及び第4期については、キャッシュ・フロー計算書を作成しておりませんので、キャッ
         シュ・フローに係る各項目については記載しておりません。
       10.従業員数は就業人員であります。なお、臨時従業員についてはその総数が従業員数の100分の10未満である
         ため記載を省略しております。
       11.主要な経営指標等のうち、第2期から第4期については会社計算規則(平成18年法務省令第13号)の規定に基
         づき算出した各数値を記載しており、また、当該各数値については、金融商品取引法第193条の2第1項の
         規定による監査証明を受けておりません。
         第5期及び第6期の財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、EY新日本有
         限責任監査法人による監査を受けております。
       12.第2期から第6期の経常損失及び当期純損失の計上は、事業規模拡大、サービス開発、技術開発、及び当社
         株式上場準備のため、人材登用をはじめとする積極的な投資を行ったこと等によるものであります。
       13.当社は、2020年2月11日付で株式1株につき10株の株式分割を行っております。これに伴い、第5期の期首
         に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純損失を算定しております。
       14.当社は、2022年5月22日付で株式1株につき40株の株式分割を行っております。これに伴い、第5期の期首
         に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純損失を算定しております。
       15.当社は、2020年2月11日付で株式1株につき10株、2022年5月22日付で株式1株につき40株の株式分割を
         行っております。
         そこで、東京証券取引所自主規制法人(現                   日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請
         のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133号)に
         基づき、第2期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定した場合の1株当たり指標の推移を参考ま
         でに掲げると、以下のとおりとなります。
         なお、第2期、第3期及び第4期の数値についてはEY新日本有限責任監査法人の監査を受けておりません。
            回次            第2期       第3期       第4期        第5期       第6期

           決算年月            2017年6月       2018年6月       2019年6月       2020年6月       2021年6月

    1株当たり純資産額              (円)        0.92      △19.38       △63.89       △119.29       △211.21

    1株当たり当期純損失(△)              (円)       △3.63       △15.48       △10.28       △37.60       △58.89

    潜在株式調整後
                  (円)         -       -       -        -       -
    1株当たり当期純利益
    1株当たり配当額
                           -       -       -        -       -
    (うち1株当たり中間配当              (円)
                         (-)       (-)       (-)        (-)       (-)
    額)
                                 20/151







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【沿革】
      当社創業者である代表取締役社長内山                  英俊は、2013年から2014年頃、将来、企業がオムニチャネル(注1)に関心を
     持つようになり、今後ビーコン(注2)が重要なツールとなると考えるとともに、各社が保有するビーコンの相互活用
     による規模の確保が必要であると考え、2015年8月、当社「株式会社unerry」を設立し、“シェアする”位置情報
     サービスを提供するIoTプラットフォームを作ることから事業を開始いたしました。
       年月                           概要
     2015年8月       東京都中央区に、ビーコン等を活用した位置情報IoTプラットフォームを運営する目的にて株式会社
            unerryを設立
     2015年12月       ビーコンシェアのオープンプラットフォームである「Beacon                            Bank®」のβ版をリリース
     2016年8月       ビーコン相互活用に必要な技術特許(特許5991793)を取得

     2016年12月       コカ・コーラウエスト株式会社(現コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社)と、同社が管理す

            る「スマホ自販機®」搭載のビーコンと「Beacon                       Bank®」の連携を目的に業務提携
     2019年6月       Beacon Bank ADサービス(広告配信サービス)提供開始
     2020年1月       リテールテック・ダッシュボードサービス「ショッパーみえーる」(ショッパー行動分析ツール)

            の提供を開始
     2020年4月       株式会社エヌ・ティ・ティ・データと、移動と目的地でのサービス利用に関わる社会課題を解決
            し、新たな移動体験を得られる社会の実現を目的に資本業務提携
     2021年4月       三菱商事株式会社と、同社の都市開発・都市運営事業(スマートシティ(注3))等において行動
            データを基にした様々なビジネスを展開することを視野に資本業務提携
     2022年1月       多様なワークスタイルの実現と事業拡大に伴い東京都港区に本社を移転
     (注)   1.オムニチャネルとは、顧客と企業の接点となるすべてのチャネル(店舗、オンライン、カタログ、SNS、広

         告)を連携させて、全チャネルで顧客にアプローチを行い、顧客満足度を向上させることで、顧客の囲い込
         みを行い、売上を上げる戦略を指しております。
       2.ビーコンとはBLE(Bluetooth               Low  Energy)デバイスの一種で、極めて少ない電力消費でスマートフォン等と
         連携できることが特徴であります。設置されたビーコンに対応アプリが反応することで、場所やシーンに応
         じた情報の配信などができるようになります。
       3.都市の抱える諸課題に対して、ICT(情報通信技術)等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画、整
         備、管理・運営等)が行われ、全体最適化が図られる持続可能な都市または地区を指しております。
                                 21/151











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3 【事業の内容】
     (1)  事業の概要
     当社は、「心地よい未来を、データとつくる。」をミッションに掲げ、実社会のデータを解析し、リアルとデジタル
    が融合した環境知能社会(注1)を実現するためのリアル行動データプラットフォーム「Beacon                                            Bank®」を運営する企業
    であり、主リテールDX(注2)やスマートシティの領域にてリアル行動ビッグデータ(注3)を活用し、マーケティングや
    街づくりに必要なサービスを提供しております。
    当社は、Beacon        Bank事業の単一セグメントであり、当該事業は、①分析・可視化サービス、②行動変容サービス、③
    One  to  Oneサービスの3つのサービスで構成されます。
     (注)   1.人が意識してコンピューターを操作するのではなくIoTデバイスが人々を「取り巻く(=ambient)」環境に

         偏在し、状況を賢くセンシングすることで自然な形で必要な情報が提供されたり、安全安心な状況が保持さ
         れる環境が知能を持ち、くらしをサポートしてくれる世界。なお、BtoCの商取引市場規模のうち、デジタル
         購買(EC)が占める割合は8.1%、リアル購買は同91.9%となっております(経済産業省電子商取引に関する
         市場調査2021年)。
       2.小売業界におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)を指し、広告チラシの電子化やアプリを活用し
         た顧客囲い込み等にとどまらず、近年は店舗をメディア化(リアル店舗の再定義による「体験価値」の提
         供、新たな収益源としての広告収入の確保)して売り場データを活用した効果的な広告を配信するリテール
         メディアにも広がりを見せております。
       3.当社のプログラムが組み込まれたスマートフォンアプリで取得した人流データ(GPSデータ、ビーコンデー
         タ)をAI解析し、行動特性等を踏まえたリアル行動データとして利用しております。当該人流データはすべ
         てユーザから事前に同意を得て取得しており、また、ユーザ個人を特定しないデータのみを取り扱っており
         ます。なお、ビーコンデータとは、店舗等に設置されたBluetoothビーコンが発する無線電波を、スマート
         フォンアプリがキャッチした際の反応履歴となります。このビーコンデータにより、GPSデータでは推定困
         難な屋内の人流を推定することが可能となります。当社は、スマートフォンアプリがキャッチできるビーコ
         ンの数を限定しない技術特許により広範なビーコンデータを取得することができ、屋外から屋内までシーム
         レスに人流を推定できる特徴を有しております。
     (2)サービスの内容

     当社は、分析・可視化サービス、行動変容サービス、One                           to  Oneサービスの3サービスで顧客体験を向上するDXを一
    元的に提供しております
      ※1 主要モバイルアプリに位置情報技術を提供してユーザ同意の下で蓄積するGPSデータ・ビーコンデータ(個人関連情報)1.1億IDは






         最大リーチ可能なID数         (2022年5月末時点)
      ※2 Customer      Data  Platform。様々なシステムに分散する情報源をつなぎ合わせて、マーケティングに活用する顧客データを管理する
         基盤のこと
                                 22/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ① 分析・可視化サービス(「ショッパーみえーる」他)
        当社が収集した位置情報データをもとに、小売事業者、商業施設運営事業者、消費財メーカー、自治体等それ
       ぞれのニーズに応じてカスタマイズした行動分析レポートを提供しており、リアル行動データを活用したDX推進
       の支援、スマートシティや店作り等の参考となる各種分析をおこなっております。
        また提供サービスのひとつである「ショッパーみえーる」は、全国4.5万店(2022年5月末時点)における来店
       者のリアル行動データをAIで推定することで、商圏の把握や、競合店舗とのシェア比較、来店客の新規・リピー
       ターの割合や属性、細かな行動嗜好等(当社が収集した位置情報をもとに、自社開発AIが推定した情報)を一目
       で把握することができる可視化ツールであり、小売事業者のマーケティング施策の意思決定等に活用されており
       ます。これらのツールは、クラウド方式で提供するSaaS(注4)であり、サービス契約期間は基本的に年間契約
       とし、店舗数等に応じて月額課金(15万円~95万円)しております。
       (注)   4.Software       as  a Serviceの略であり、サービス・プロバイダーがソフトウェアをネットワーク経由で提

            供することで、利用者はソフトウェアをインストールすることなく、ネットワーク経由で利用できる
            サービスを指します。
      ※ サービス・商品の典型的なユーザー像のこと





      ② 行動変容サービス(「Beacon                Bank   AD」)

        小売事業者や消費財メーカー等に対し、リアル行動ビッグデータのAI解析により来店可能性が高い顧客群と商
       圏を発見し、当該顧客群を中心にSNSや動画等で情報を配信することで消費者等の行動変容を促す広告サービスを
       提供しております。
        最大の特徴は、配信した広告に対し、店頭設置のビーコン等を活用することで、来店数・来棚数・購買数など
       の効果を計測できることであり、その結果に基づいて、より効果の高い広告につなげるPDCAサイクル(注5)を
       実現できます。
        本サービスによる収益としては、デジタルチラシ(注6)として毎月受領する配信料(月額100万円~1,500万
       円)の他、新規出店や特売セールなどイベント等に応じてスポットで受領する配信料があります。
       (注)   5.Plan(計画)、Do(実行)、Check(測定・評価)、Action(対策・改善)の仮説・検証型プロセス

         を 
            循環させ、マネジメントの品質を高めようという概念。
          6.従来の紙媒体のチラシに代わり、デジタル媒体(スマートフォン等)で配信するチラシ(広告)を指
            します。スマートフォンの普及と共に新聞など紙媒体の購読者数が減少した結果、消費者へのアプ
            ローチも紙からデジタルへの転換が進んでおります。
                                 23/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ※1 SDK(ソフトウェア開発キット):アプリに組み込むプログラム






      ※2 2022年5月末時点
      ③  One  to  Oneサービス(「Beacon           Bank   1to1」)

        主に小売事業者や商業施設運営事業者等向けに、オリジナルアプリの開発や統合マーケティング基盤(CDP(注
       7))を構築して、1人1人へのパーソナル体験を届けるシステムソリューション全般を支援しております。
        当社の保有するリアル行動ビッグデータをはじめとした各種データソースに顧客が保有するデータ等を集約
       し、リアル行動、リアル購買、ネット行動、ネット購買のデータを統合・分析し、AIで意味付けすることで、顧
       客を深く理解し、それにより個々の顧客が必要としている情報や興味関心のある情報を最適なタイミング、最適
       な媒体(インターネット上の広告表示、アプリを通じたプッシュ配信、デジタルサイネージ(注8)等)を通じて
       提供することが可能となります。
        本サービスによる収益としては、システム・アプリ等の構築対価に加え、構築後の運用・保守対価を受領して
       おります。(月額100万円~1,500万円)
       (注)7.CDP(カスタマー・データ・プラットフォーム)とは、各社が独自に蓄積している顧客に関するデータ管

            理プラットフォームをいいます。
         8.デジタルサイネージとは電子看板のことで、ディスプレイを通じて様々な情報を発信するシステムを指
           します。
      ※1 自社の顧客やwebサイト訪問者に関して収集・保有しているデータ






      ※2 自社データやパートナーデータ以外の、特定のパートナーまたは第三者が提供するデータ
      ※3 DMP(データマネジメントプラットフォーム):インターネット上に蓄積された様々な情報データを管理するためのプラットフォー
         ム
                                 24/151


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ※4 顧客のID(性・年代等の様々な顧客情報)が紐づいた購買データ
      ※5 CV(コンバージョン):目標としたアクションが実現されたこと(購買CV:購買したこと)
      ※6 RFM分析:購入日・来店頻度・購入金額の3つの指標でグルーピングする分析手法
        取引深耕が図れている優良顧客の中には、以下のモデルケースのようにドアノックツールである分析・可視化

       サービスを起点に、3つのサービスが横断的かつ継続的に活用されるケースがございます。
     (3)事業の特徴






      ① 屋外・屋内の人流がわかるリアル行動ビッグデータ
        当社は、リアル行動ビッグデータプラットフォーム「                         Beacon    Bank®」(特許取得)を運営し、1.1               億 ID ( 注1  )の
       GPSデータ     ・ビーコンデータにより、屋外と屋内の行動を把握                        しております      。月間   300  億件  (2022年5月時点)         以
       上のログ、     210  万個  (2022年5月時点)         のビーコンと反応した          網羅的な    データを保有しております            。
        リアル行動ビッグデータプラットフォーム                    「Beacon     Bank®」は、ビーコンをシェアするという新たな発想によ
       り構築されたものであり、国内においてオープンプラットフォームで大規模なビーコンネットワークを構築して
       おります。
        この当社が構築したネットワークの特徴は                    、生活者の行動をリアルタイムに捉えることが可能であります。例
       えば、日常的にどんなお店を訪問して、どんな建物に入って何階に行って、といったリアルな行動情報を精緻に
       把握できることが当社の強みであり、集積された行動ログにより顧客行動を詳細に理解することが可能でありま
       す ( 注 2)  。
       (注)   1.主要モバイルアプリに位置情報技術を提供してユーザ同意の下で蓄積するGPSデータ・ビーコンデータ
           (個人関連情報)1.1億IDは最大リーチ可能なID数                        (2022年5月末時点)
         2.位置情報単体では個人情報には該当しませんが                        ( 出所:総務省平成        26 年5月「位置情報プライバシーレ
           ポート」    ) 、当社は、個人情報と同等レベルの管理を実現するため、「個人情報の保護に関する法律」
           に照らし、目的・項目・提供先等に関する明示的な                        ユーザ   許諾を得て位置情報を取得しております。
           「Beacon     Bank®」のデータは、特定の個人を識別するデータ・情報は使用しておらず、また、個人を特
           定する目的で利用することもありませんが、複数の情報に基づきAIにて高精度で特定される属性や居住
           地、勤務地の情報は、実際にデータをご利用いただく際は敢えて誤差をつけて利用いただいておりま
           す。
      ② AI×豊富なノウハウによるカスタマーサクセス力

        当社はリアル行動データを意味付ける独自開発の                       AI 群 (下記図ご参照)        と、データを活用したデジタルマーケ
       ティングの豊富なノウハウで、顧客の売上                   高向上   を実現しております。
        環境知能    AI は、各顧客のプロファイリング               ( どのような場所にいく傾向があるか                 ) 、移動状況推定       ( 徒歩・自動
       車・電車などの移動手段           ) 、行動予測によるレコメンド              ( ある場所に行った人が次に行く可能性の高い場所はどこ
       か ) 、来店可能性の高い人を自動特定するなど、蓄積された顧客のリアル行動ビッグデータを分析することにより
       顧客理解に応じたアクションを可能といたします。
                                 25/151



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③ 事業提携×クロスセルによる成長サイクル






        当社は主に『ショッパーみえーる』導入顧客がサクセスするための上位サービス(行動変容サービス・One                                                  to
       Oneサービス)をクロスセルする仕組みを構築しております。三菱商事株式会社・株式会社電通・コカ・コーラボ
       トラーズジャパン株式会社等幅広い業界の企業との業務提携や共同事業推進、顧客企業のニーズに合わせた提供
       サービスの多様化により、顧客数増加×顧客単価向上の好循環を生みだしております。店舗や公共交通関連など
       リアルな拠点をもち、データ活用ニーズをもつさまざまな業界でサービス導入が進んでいます。
                                 26/151













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④ リカーリングを生み出す収益モデル
        3サービス(分析・可視化サービス、行動変容サービス、One                             to  Oneサービス)とも、リカーリング性の高い
       安定収益となっており、当社サービスの中でも比較的単価の低い分析・可視化サービスを起点として、より顧客
       単価の高い行動変容サービス・One                 to  Oneサービスをクロスセルすることで、売上の積み上げを図っておりま
       す。
      [事業系統図]

    以上を踏まえた当社の事業系統図は、以下のとおりであります。
                                 27/151


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4 【関係会社の状況】
      該当事項はありません。
    5  【従業員の状況】

     (1)  提出会社の状況
                                                 2022年5月31日現在

        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
          38             34.6              2.0             5,957

     (注)   1.従業員数は就業人員であります。なお、臨時従業員についてはその総数が従業員数の100分の10未満である
         ため記載を省略しております。
       2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       3.当社は、Beacon          Bank事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
       4.最近日までの1年間において従業員が12名増加しておりますが、これは業容拡大に伴い期中採用が増加した
         ことによるものであります。
     (2)  労働組合の状況

       労働組合は結成されておりませんが労使委員会を設けており、労使関係は円満に推移しております。
                                 28/151














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
     (1)   経営方針

       スマートフォン等のデバイスが浸透し、ありとあらゆるものがIoT化された世界では、インターネット(オンライ
      ン)上の“デジタル行動”のみならず、実世界での“リアル行動”も含めた行動分析に基づき、自分の身の回りの環
      境が自分のことをもっとよく理解してくれる“環境知能”を前提としたマーケティングコミュニケーションから、
      新たなビジネス価値が生まれます。当社は、「心地よい未来を、データとつくる。」というミッションを掲げ、実
      社会のデータを解析し、リアルとデジタルが融合した「環境知能」を未来に実装します。さまざまな不便を解消す
      るのはもちろん、地域や交通における社会課題までも改善させ、生活のUX(注1)を心地よくしていきます。
       私たちは、未来のメガネで社会を見つめ、より多様な選択肢や出会いにあふれる時代の“うねり”をつくりだし
      ます。
      (注)1.UX(ユーザーエクスペリエンス)とは、ユーザがプロダクトやサービスを通して得られた体験を表す言

           葉です。
    (2)経営環境

      ① 市場規模、市場動向について
       当社では主にリテールDXやスマートシティ領域にてリアル行動ビッグデータを活用し、マーケティングや街づく
      りに必要なサービスを提供しており、当社の属する日本の小売・流通におけるリテールDX市場は2019年に5,627億円
      だったものが2030年には8,737億円(注2)に成長することが見込まれております。店舗ファシリティ、支払・セル
      フ操作端末、AI(人工知能)ソリューションが主要サービスとなっており、特に、AI(人工知能)ソリューション
      (AIを活用してデータ分析や需要予測ができるシステムやサービス)は、来店客や店内の画像解析や、基幹データ
      の活用の展開が進み、2030年には2019年対比で4.5倍の市場規模になる見通しとなっております。
       人流と親和性の高いスマートシティIoTの世界市場はスマートシティに対する各国政府の主導等により2020年以降
      年率20.4%で成長し、2030年には171兆円(注3)となることが想定されていることから、当社の属する市場は今後
      も拡大すると考えております。なお、国内において人流・センサーデータ等を集約する都市OS(注4)は、2020年
      度から始まり、2030年度には実装エリア数(注5)が335に急増していく見込みであります。
      (注)2.株式会社富士経済「リテールテック関連機器・システム市場の将来展望                                      2019」の小売、外食、宿泊業向

           け機器、システム&サービスの2030年市場規模
         3.Report      Ocean「IOT      IN  SMART   CITIES:    GLOBAL    MARKET    2020-2030     BY  OFFERING     (HARDWARE,      SOFTWARE,
           SERVICES),      PRODUCT    TYPE,   TECHNOLOGY,      APPLICATION      (CITIZEN     SERVICE,     TRANSPORTATION,        UTILITIES,
           HOME   & BUILDING),      AND  REGION」
         4.防災や交通、エネルギー、観光、ヘルスケアなど、都市のさまざまな分野のデータを蓄積・分析し、他の
           自治体や企業、研究機関などと連携可能なプラットフォーム
         5.株式会社矢野経済研究所「国内スマートシティ市場、都市OS実装エリア数を予測(2020年)」(2020年10
           月26日発表)
      ②     競争優位性について

       当 社は独自特許や独自AIによる技術優位性を活かし、ネットワーク効果を持つビーコンプラットフォームや業務
      効率性の高いプロダクトを開発しており、競争優位性の源泉はビーコンシェア・次世代IoTの技術特許や独自AIの開
      発による「位置情報に関する技術優位性」、強いネットワーク効果を有するビーコンプラットフォーム、ワンス
      トップでの施策実行や業界を牽引するプライバシー対応による「プラットフォームの優位性」の2点に起因してい
      ると考えております。その結果として、当社は屋外・屋内のシームレスなデータから生活者の行動を予測し、リア
      ルタイムに必要な情報をレコメンドできる各種サービス提供を可能としており、競合サービスとは違う優位性を構
      築しております。今後長期的な成長を続けるべくさらなる競争優位性を確保するため、位置情報ビッグデータを徹
                                 29/151

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      底的に科学し、ユーザの状況推定(注6)やペルソナ推定(注7)、店舗の混雑状況や来店者予測等のAIアルゴリズ
      ムを開発してまいります。また、位置情報に関連する他データ(購買データ・オンラインデータ等)との掛合せによ
      る、  広告効果測定、品揃え予測、キャッシュレスの推進等の先進的かつ高度な用途にも挑戦してまいります。
      (注)6.徒歩・自動車・電車などの移動手段、日常・非日常の活動状況等を推定。

         7.顧客理解のために、自社のサービス・商品における典型的なユーザ像を、実際にその人物が実現してい
           るかのように、年齢・性別・居住地・嗜好などの具体的な情報設定を行うプロセスを指します。
      ※1 OMO(Online        Merges   with  Offline):オンラインとオフラインを融合した顧客体験の向上を目的とするマーケティング手法







      ③  主要製品・サービスの内容について

         当社の主要なサービスの内容につきましては、「第1                             企業の概況 3        事業の内容      (2)サービスの内容」に
        記載しております。
      ④  顧客基盤及び販売網について

         当社は主に、小売事業者、商業施設運営事業者、消費財メーカー、自治体向けにサービスを提供しており、
        当社からの直接の営業アプローチに加えて、業務提携先からのご紹介等を通じて受注をおこなっております
                                 30/151








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)中期的な経営戦略
      ① 小売・外食を中心とした顧客数×単価×NRRの最大化(継続的なサービス提供店舗数の拡大)
        当社は、2019年6月期から2021年6月期において、リカーリング顧客数(注1)の年平均成長率(CAGR)は
       52%向上、リカーリング年間顧客単価の年平均成長率(CAGR)は9%向上しています。今後の成長戦略として
       は、リカーリング顧客数の向上のため、パートナープログラムを新設し導入数に応じたサポートやパートナー教
       育の充実を図るとともに、認知向上ため動画プロモーションやイベント出店、共同セミナー等を実施し広告宣伝
       活動を強化する予定です。またカスタマーサクセス体制の拡充および成功事例の蓄積から「ノウハウのパターン
       化」の社内共有を行いリカーリング年間顧客単価の向上させる施策を行ってまいります。加えて顧客売上につな
       がる「AI・自動化技術開発による提供価値向上」の強化を行い、重点顧客に対しては複層的な顧客リレーション
       を構築し経営・現場双方での関係構築を強化し、解約を低減することで、継続的なサービス提供対象店舗数の拡
       大と、NRR(注2)の維持を目指しています。
        (注)1.4四半期以上連続で取引のある顧客企業および、直近3ヶ月以上連続で取引のある新規顧客企業

           2.ネットレベニューリテンションレート(前期以前に獲得したリカーリング顧客の当期売上高)÷
            (当該顧客の前期売上高)
      ②  消費財メーカーをターゲットとした店頭での行動変容サービスへの進化(リテールメディア戦略)

        購買に直結する店頭プロモーションを可能とするため、主に小売・外食向けに提供しているサービスを消費財
       メーカー    (主に食品、日用品、化粧品家電メーカー等)                     に展開し、プロモーション費用を獲得していきます。
      ③   都市の可視化・行動変容への応用(展開する都市OSの拡大)

        今後立ち上がる都市OS(注1)からの利用料、次には都市サービス事業者のエコシステム化による収益分配の
       獲得を目指してまいります。さらに日本版モデルとノウハウをグローバルに展開していくことを見据えていま
       す。当社は、これまで国・自治体のスマートシティ案件(注2)において、要件に合わせて分析や施策を実施し
       てきました。その知見や技術を転用し、都市OSで必要となる「分析・可視化」「行動変容」「One                                              to  One」サー
       ビスを国内・グローバルで提供することを目指してまいります。
       (注)1.防災や交通、エネルギー、観光、ヘルスケアなど、都市のさまざまな分野のデータを蓄積・分析し、

             他の自治体や企業、研究機関などと連携可能なプラットフォームのこと
          2.スマートシティにおけるこれまでの展開実績としては以下のような事例がございます。
             a.  脱炭素
             富山市においてウォーカブルな街づくりに向けて駅周辺部の徒歩行動等の移動実態を可視化
             b.  オーバーツーリズム解消
             鎌倉市において課題である道路混雑解消に向けて、移動手段別の移動実態を可視化・定量化
             c.  混雑可視化
             東京丸の内において、従来では困難であった地下移動者や、ビルの階層別混雑等を3Dで可視化、都
             市防災への活用を提言
             d.  地方創生
             宮崎市において、地域の店舗間で相互送客を行う仕組みを構築、地域消費増加に寄与。結果とし
             て、地銀・DMO(観光地域づくり法人)での導入が促進
             e.  海外
             三菱商事株式会社との資本業務提携におけるグローバル化推進の一環で、インドネシア・ジャカル
             タ近郊のBSDシティで初号プロジェクトを推進
             f.   その他国内実績
             長崎県大村市、福岡市、大阪市、箱根町、横浜みなとみらい等で関連実績を有しております。
                                 31/151



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (4)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標
       当社の顧客は、より高い効果を得るため、当社が展開する3つのサービス(分析・可視化サービス、行動変容
      サービス、One       to  Oneサービス)を横断的かつ継続的に活用していただいております。このように継続的に取引い
      た だいている顧客について、当社では、①4四半期以上連続で取引のある顧客企業、及び②直近3ヶ月以上連続で
      取引のある新規顧客企業を「リカーリング顧客」と定義しております。
       当社では、持続的な成長と企業価値向上を目指しており、直近では拡大する市場を積極的に取り込むべく売上高
       の成長率と、それを支えるリカーリング顧客に関する指標(リカーリング顧客売上高、リカーリング顧客売上高
       比率、リカーリング顧客数、リカーリング顧客平均売上高、NRR)を重視しております。
       直近における各サービス別の売上高成長率及びリカーリング顧客に関する指標は以下のとおりであります。
                                                     (千円、社)
                                                 第7期第3四半期累
                                       第6期事業年度
                 第4期事業年度           第5期事業年度
      サービス名/リカー                                              計期間
                                      (自  2020年7月1日
                (自 2018年7月1日           (自 2019年7月1日
      リング顧客関連指標                                          (自 2021年7月1日
                至 2019年6月30日)           至 2020年6月30日)           至  2021年6月30日)
                                                至 2022年3月31日)
       分析・可視化                108,101           193,816           190,585          412,559
       サービス                  -         79.3%          △1.7%             -
       行動変容                138,631           274,229           388,219          407,879
       サービス                  -         97.8%           41.6%            -
       One  to  One
                       66,622          109,218           204,213          291,447
                         -         63.9%           87.0%            -
       サービス
                      313,355           577,264           783,018         1,111,886
       売上高合計
                         -         84.2%           35.6%            -
       リカーリング顧客
                      260,217           485,391           713,547          969,137
         売上高
       リカーリング顧客
                       83.0%           84.1%           91.1%          87.2%
        売上高比率
       リカーリング顧客
                         16           21           37          49
          数
       リカーリング顧客
                       16,263           23,113           19,285          19,778
        平均売上高
        NRR(※)              148.0%           150.7%           110.4%          172.4%

       ※サービス別売上高の上段は売上高、下段は売上高成長率を記載しております。

       ※ネットレベニューリテンションレート(前期以前に獲得したリカーリング顧客の当期売上高)
        ÷(当該顧客の前期売上高)
    (5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

      ① 安定的売上の確保

        安定的な収益基盤を確立するため、リアル行動分析・可視化ツールをSaaSとして導入する企業を拡大し、そこ
       から出てきた顧客課題を積極的に提案することで、行動変容サービス及びOne                                    to  Oneサービスをクロスセルし、
       顧客に継続的にサービスを利用していただくことが重要であります。当社では、継続的に取引いただいている顧
       客について、①4四半期以上連続で取引のある顧客企業、及び②直近3ヶ月以上連続で取引のある新規顧客企業
       を「リカーリング顧客」と定義しており、このリカーリング顧客の数を積み上げていくとともに、クロスセルの
       推進により売上高に占めるリカーリング顧客の売上比率を90%程度に保つことで、安定的売上を確保してまいりま
       す。
                                 32/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  新規事業の展開
        「心地よい未来を、データとつくる」というミッションの下、事業規模拡大と収益多様化を図るため、既存事
       業はもちろん、新規事業にも積極的な投資を行ってまいります。「中期的な経営戦略」に記載しましたリテール
       メディア・スマートシティ(都市OS)を軸に、事業領域を拡大させることで、新規顧客の獲得とともに新たな収
       益源の確保を図ります。
      ③  優秀な人材の確保と育成

        当社は、今後の事業拡大や継続的な成長を目指す上で、優秀な人材の確保と育成が必要不可欠であると考えて
       おります。特に社員の半数以上を占めるデータ関連人材については当社の競合優位性を支える中核的な人材と捉
       えており、社内教育制度を充実させながら、スキル向上にも取り組んでおります。そのため、引き続き積極的な
       採用活動や社外ネットワークの強化を行うとともに、働きやすい環境の整備や育成機会の拡充など人材に対する
       投資を行ってまいります。また、新規株式上場によって信用力や知名度を向上させることで国内外より優秀な人
       材を確保してまいります。
      ④  財務上の課題について

        当社は、前事業年度まで営業赤字かつ営業活動によるキャッシュ・フローのマイナスが継続しておりました。
       今後においてもサービス開発を継続し、顧客企業基盤の拡大に注力する方針により一定期間において費用先行と
       なる可能性があるものの、新規顧客の増加による売上高向上・利益率の高い分析・可視化サービスの増収によ
       り、黒字化を目指しております。また当事業年度に新規株式公開に伴う自己株式の売却による資金調達を実施す
       る予定であり、財務基盤の拡充を図ってまいります。
      ⑤  内部管理体制の強化

       a コーポレート・ガバナンスの強化
        株主を含めたステークホルダーとの良好な関係の構築のためには、社会的信用を維持・向上させていく必要が
        あると認識しております。取引先をはじめとした社外関係者との良好な取引関係を維持していくには、当社も
        社会的信用を維持していく必要があります。また、世間に広く有効なビッグデータを提供していく社会的責任
        を果たす必要があると認識しております。
        そのため、コーポレート・ガバナンス体制を構築し、内部管理体制及び人員増を含めた管理部門の強化を推進
       してまいります。また、内部監査人と監査役との連携強化等の施策により業務執行の適法性・妥当性を監視する
       機能を強化し、財務報告に係るリスクを最小化して、経営の健全化に努めてまいります。
       b 経営管理体制

        当社が継続的な開発パイプラインの拡充および事業開発の展開を進める上で、パイプラインの進捗管理、予実
       管理等を行うための経営管理体制の強化は重要な課題と認識しております。当社は、組織が健全かつ有効、効率
       的に運営されるように、パイプラインの進捗モニタリングを行うための内部統制の整備、強化、見直しを行って
       いく方針です。
      ⑥  資金調達・財務基盤の強化

        人材の採用・育成及びその他事業活動に多額の資金が必要となってまいります。これらの資金を外部から調達
       する必要があり、中長期的な視点から、財務基盤の強化のためにも、株式市場からの必要な資金の獲得や銀行か
       らの融資等を通して、事業の運営、プロダクトの開発に必要な資金調達の多様化を図ってまいります。
                                 33/151





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【事業等のリスク】
      本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある
     事項には、以下のようなものがあります。また、発生する可能性が低く、当社として必ずしも重要なリスクとして考
     えていない事項につきましても、投資者の投資判断上、重要であると考えられる事項につきましては、投資者に対す
     る積極的な情報開示の観点から以下に開示しております。当社はこれらのリスクの発生可能性を考慮した上で、発生
     の回避及び発生した場合の対応に努める方針であります。なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在におい
     て当社が判断したものであり、将来において発生する可能性のあるすべてのリスクを網羅するものではありません。
      当社は、リスクを適切に把握するため、「第4                      提出会社の状況 4          コーポレート・ガバナンスの状況等                 (1)  コー
     ポレート・ガバナンスの概要 (f)                 リスク管理委員会」に記載しておりますリスク管理委員会を設置し、日常的にリ
     スクの把握に努めております。
     (1)  事業環境について

      ① 法的規制について(発現可能性                 中、影響度      大)
        当社は、人々の位置情報データを取得してAI解析することにより、マーケティングや社会課題解決の最適化を
       図っております。
        位置情報データは、アプリケーションや各種Webサービス等において、許諾を得たユーザの端末より取得されて
       おります。取得されたデータは、生活を便利にするための情報発信、お得なクーポンや広告等の配信、市場調査
       や都市計画等のための統計データの作成、インフラの整備、災害時の対策等を目的として、国や地方自治体、研
       究機関や民間企業等において活用されております。
        位置情報データは、基本的に、単体では特定の個人を識別することはできず、他の情報と容易に照合して特定
       の個人を識別することができない限りにおいては、個人情報保護法が定める「個人情報」には該当しません。一
       方、位置情報データは蓄積や利活用の方法によって、行動経路や滞在履歴が可視化されたり、特定の個人が識別
       されたりする可能性が高まる性質があります。当社は、複数の情報に基づきAIにて推定される属性や居住地、勤
       務地の情報は、実際にデータをご利用いただく際は、敢えて誤差(エリア単位の粒度とする等)をつけて利用い
       ただくという配慮を行っております。また、当社は、一般社団法人LBMA                                  Japan(注)が、位置情報データの利活用
       に関する業界全体としての基準を定めた「位置情報関連ビジネスを展開する上での活用に関するガイドライン」
       に則した運用を実施するように努めております。
        しかしながら、個人情報保護委員会・公正取引委員会、他規制官庁から位置情報を利用した広告、位置情報
       データの分析用途に対する制限が行われた場合は、当社の収益機会に制約がかかる可能性があり、当社の業績に
       影響を及ぼす可能性があります。なお、当該リスクが顕在化した場合に当社の経営成績等の状況に与える影響に
       つきましては、合理的に予見することが困難であるため、記載しておりません。
        当社は、一般社団法人LBMA             Japanに設立メンバーとして参画しており、業界に重要な影響を及ぼす規制動向を
       注視し、必要に応じて本事業者団体を通じて働きかけを行ってまいりたいと考えております。
          (注) LBMA(ロケーションベースドマーケティングアソシエーション                                本部:カナダ       President/Founder:

          Asif   Khan)は、世界各地に支部を持ち、多数の企業会員を持つ世界的企業連合であり、ロケーションマー
          ケティング・サービスに関する研究と教育、共同イノベーションの促進を目的とした国際的な非営利団体
          であり、一般社団法人LBMA             Japanは、LBMAの日本支部であるとともに、日本国内における位置情報マーケ
          ティング、サービスを推進する非営利社団法人であります。
      ② レピュテーションリスクについて(発現可能性                        低、影響度      大)

        当社は人々の位置情報データを、Bluetoothが有効となっているスマートフォンやタブレット等を通して、また
       はアプリケーションとの連携を前提として、合法かつ適切に取得、分析し、企業の広告配信や市場調査等に利活
       用しておりますが、一般のユーザにより、「データが取得されていることの不快感」をSNSやブログ等において指
       摘され、非難を受けるリスクがあります。位置情報取得・活用に関する悪いイメージが広がった場合、位置情報
       データを利活用しようとする企業等が減少し、位置情報データを中心としたリアルタイムビッグデータを高精度
       にAI解析し、ソリューションを提供している当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。なお、当該リスクが
       顕在化した場合に当社の経営成績等の状況に与える影響につきましては、合理的に予見することが困難であるた
       め、記載しておりません。
                                 34/151



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社は、当社の位置情報技術(SDK)(注)を各社のアプリケーションと連携させるにあたり、本アプリケーショ
       ンをダウンロードするエンドユーザへの許諾プロセスを必ず導入することにより、データの取得・活用における
       透明性を図り、位置情報データ利用に関する否定的な風評が広まることのないように努めております。今後もプ
       ライバシー保護に配慮し、位置情報の取得に係るエンドユーザの理解を得られるよう努めていきます。
      (注)SDK(ソフトウェア開発キット)とはアプリに組み込むプログラムをいいます。

      ③ 競合との競争激化によるリスクについて(発現可能性                           低、影響度      中)

        位置情報を活用したマーケティング企業は増加傾向にあり、技術的な側面からみた参入障壁は、著しく高いも
       のとは言えず、したがって、資金力、ブランド力を有する大手企業をはじめとする競合他社が参入し、今後類似
       サービスを提供する事業者の増加が予想されます。それにより、価格競争など市場競争が一層激化し、サービス
       価格の引き下げを強いられる、または市場シェアが低下するなどにより、当社の業績に影響を及ぼす可能性があ
       ります。あるいは、全く新しい発想や技術を活用した競合サービスが登場し、かつそれが市場に支持されること
       により、当社サービスの相対的な優位性が低下した場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。なお、
       これらのリスクが顕在化した場合に当社の経営成績等の状況に与える影響につきましては、合理的に予見するこ
       とが困難であるため、記載しておりません。
        当社は、ネット・リアルの売上を最適化するためのDXコンサルティング、CDP構築、モバイルアプリ開発、総合
       的な広告サービスを提供することで、業界最先端の事例創出を目指し、実験的取組みを実施し、新しい用途開発
       を行うことでサービス領域の拡大に努めるとともに、位置情報・関連リアルデータを活用したAIアルゴリズム・
       Ambient技術(注)開発に取り組み、業界での地位確立に努めております。
        また、当社はショッパーみえーるをはじめとしたSaaS製品を開発し、クライアントからの継続的な収益を確保
       することに注力しております。SaaS製品を入り口として広告やアプリ開発等その他の自社サービスの利用により
       解約率の低下に努めております。結果として、安定した収益体制を構築することで業績が低下するリスク低減を
       図ります。
          (注) Ambient技術とは、数理統計・最適化理論に基づく汎用データ解析技術のことであります。

      ④ 位置情報提供ユーザの減少について(発現可能性                         低、影響度      大)

        当社は、ビーコン等IoTセンサーが発する信号をBluetooth接続されているスマートフォン等のデバイスが
       キャッチする仕組みにより位置情報を取得しておりますが、Apple,                                IncやGoogle      LLCが、デバイスの位置情報の
       取得条件を厳しくするなどiOS/Androidの方針変更を行った場合、位置情報連携アプリの減少によりログ採取量が
       減少いたします。取得データの絶対量が減少することによりデータ解析精度が低下し、高精度にターゲットを選
       定した効果的な広告配信サービス等、ビッグデータ解析に基づくサービスが成り立たず、当社の業績に影響を及
       ぼす可能性があります。なお、当該リスクが顕在化した場合に当社の経営成績等の状況に与える影響につきまし
       ては、合理的に予見することが困難であるため、記載しておりません。
        当社は、常にApple,          IncやGoogle      LLCのルール変更の動向について情報収集、調査を行い、両社の変更に対し
       て迅速に対応できる体制を整備しております。また、別の手段にて位置情報データを取得できるよう、リスク低
       減のための開発を進めております。
      ⑤ 技術革新について(発現可能性                 低、影響度      中)

        当社が主として事業を展開しているIoT、AI分野は技術革新のスピードが非常に速いため、新技術による新製品
       開発、サービス開発、新市場の開拓に継続的に取り組んでおります。しかしながら、万一新技術等への対応に遅
       れが生じ、提供している技術が陳腐化する場合や、採用した新技術等が浸透しなかった場合、顧客ニーズの変化
       に適切に対応できず事業競争力が低下した場合、あるいは顧客ニーズに応えるために新技術及び新サービス開発
       に多額の資金が必要となった場合、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。また、予測不能な外
       部環境の変化やニーズの読み違いにより、開発した新機能や新サービスが期待どおりの成果を上げられない場
       合、当社の財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があります。なお、これらのリスクが顕在化した場合に当社
       の経営成績等の状況に与える影響につきましては、合理的に予見することが困難であるため、記載しておりませ
       ん。
                                 35/151


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社は、最新の技術や顧客ニーズを全社的に収集、共有する仕組みを構築しており、優秀な人材の確保や教育
       によるマーケティングや技術開発のノウハウの蓄積等に積極的に取り組み、技術革新や顧客ニーズの変化に迅速
       に 対応できるよう努めております。
      ⑥ 新規事業について(発現可能性                 低、影響度      中)

        当社は、今後も事業規模の拡大及び収益基盤の強化のため、新サービスもしくは新規事業の展開に積極的に取
       り組んでまいりますが、これにより、人材の採用やシステム開発等の追加的な投資が発生し、安定的な収益を生
       み出すには時間を要することがあります。また、新サービス、新規事業の展開が当初の計画通りに進まない場合
       には、投資を回収できなくなる可能性があること、新サービス、新規事業の内容によっては固有のリスク要因が
       加わる可能性や、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。なお、これらのリスクが顕在化した場
       合に当社の経営成績等の状況に与える影響につきましては、合理的に予見することが困難であるため、記載して
       おりません。
      ⑦ 海外市場について(発現可能性                 中、影響度      中)

        当社は、事業拡大戦略の一環として、海外展開を行ってまいります。進出にあたっては、現地の市場動向や関
       連法令の有無・内容等に関する調査を行い、慎重な判断を行っておりますが、今後、予期しない法規制の変更、
       政情不安等による社会的混乱等のリスクが顕在化し、当初の計画どおりに事業展開が進展しなかった場合には、
       当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。                          なお、当該リスクが顕在化した場合に当社の経営成績等
       の状況に与える影響につきましては、合理的に予見することが困難であるため、記載しておりません。
      ⑧ 業績の季節偏重について(発現可能性                    高、影響度      小)

        当社の売上高は、下表のように、3月決算である顧客の予算執行サイクルにより、第3四半期(1月から3月)
       に偏重する傾向があります。
        一方で、原価における固定的な費用と販売費及び一般管理費は定常的に発生することから、営業利益について
       は同四半期において最も高くなる傾向があります。したがって、季節偏重のない業種に比べて売上高及び利益の
       変動が起こりやすいほか、繁忙時のリソースを確保しておく必要があり、売上高の小さい第1・2四半期におい
       ては、原価の一部と販売費及び一般管理費等の経費は固定費として、比較的均等に発生するため営業赤字となる
       ことがあります。なお、第6期(2021年6月期)における当社の四半期の売上高、営業利益の推移は以下の通り
       です。
                       第1四半期       第2四半期       第3四半期       第4四半期

                                                      通期
                      (7月~9月)       (10月~12月)       (1月~3月)       (4月~6月)
        売上高(千円)                 157,898       149,143       289,166       186,809       783,018
        構成比(%)                  20.2       19.0       36.9       23.9       100.0

        営業利益(千円)                △42,956       △68,973        14,045      △62,286       △160,170

     (2)  事業運営について

      ① 知的財産権侵害について(発現可能性                    低、影響度      中)
        当社が行う位置情報・関連リアルデータを活用したAIアルゴリズム・Ambient技術開発においては、特許や著作
       権等の知的財産権の確保が事業遂行上重要な事項であり、独自の技術・ノウハウ等の保護・保全や第三者の知的
       財産権を侵害しないよう十分な注意を払っておりますが、今後、当社事業分野における第三者の特許等が成立し
       た場合、また当該事業分野において認識していない特許等が既に成立している場合、第三者より損害賠償及び使
       用差止め等の訴えを起こされる可能性及び特許に関する対価(ロイヤリティ)の支払等が発生する可能性がありま
       す。この結果、当社の財政状態に影響を及ぼす可能性があります。なお、当該リスクが顕在化した場合に当社の
       経営成績等の状況に与える影響につきましては、合理的に予見することが困難であるため、記載しておりませ
       ん。
                                 36/151



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社は、技術開発の段階において、他社の知的財産権の侵害状況について特許事務所に調査を依頼する等、細
       心の注意を払っております。
      ② 品質低下について(発現可能性                 低、影響度      小)

        当社は、取得・分析するデータボリュームの低下や対応要員のひっ迫等により、広告の運用、分析レポート、
       アプリ開発など様々なデリバリーにおいて品質低下を招くことがないよう、デリバリープロセスにおける役割の
       明確化、標準化、分散化を図っております。しかしながら、不測の事態等やむを得ない状況により品質低下を招
       いてしまった場合は、顧客からの信頼を失い、結果として当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。なお、
       当該リスクが顕在化した場合に当社の経営成績等の状況に与える影響につきましては、合理的に予見することが
       困難であるため、記載しておりません。
      ③ システムトラブルについて(発現可能性                     低、影響度      大)

        当社は、コンピューターシステムの管理に細心の注意を払い、システム障害等のトラブルが発生することのな
       いよう運営にあたっており、万一トラブルが発生した場合においても短時間で復旧できる体制を整えておりま
       す。しかしながら、システムへのアクセス急増等一時的な過負荷や電力供給の停止、当社ソフトウエアの不具
       合、コンピューターウィルスや外部からの不正な手段によるコンピューターへの侵入、自然災害、事故等、当社
       の予測不可能な様々な要因によってコンピューターシステムがダウンした場合、当社の事業活動に支障をきた
       し、その結果、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。また、ヒューマンエラーその他予期しない要因に
       より、情報漏洩や受託開発アプリの不具合が発生した場合、当社の経営成績及び業績に影響を与える可能性があ
       ります。なお、これらのリスクが顕在化した場合に当社の経営成績等の状況に与える影響につきましては、合理
       的に予見することが困難であるため、記載しておりません。
        当社は、過負荷に対応するため、年1回程度、システムの基本設計を見直し、負荷キャパシティの改善を図っ
       ております。また、不測の事態が発生するおそれのある場合、または発生した場合には、情報セキュリティ統括
       責任者の指示のもと、迅速に対応いたします。
      ④ 外部委託について(発現可能性                 低、影響度      小)

        当社では、一部のシステム開発等の業務において外部委託を利用しております。外部委託先の分散によりリス
       クの低減を図っておりますが、必要に応じた外部委託先の確保が十分にできない場合や、当社の外部委託先管理
       の不備または外部委託先における何らかの問題等に起因して、納期遅延または不具合等が発生した場合には、当
       社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。なお、当該リスクが                                  顕在化する可能性、         顕在化した場合に
       当社の経営成績等の状況に与える影響につきましては、合理的に予見することが困難であるため、記載しており
       ません。
      ⑤ 提携・協力関係について(発現可能性                    低、影響度      小)

        当社は“未来を創る”テクノロジーベンチャーとして、データの分析精度向上や活用領域の拡大に力を入れ、
       AI・IoT等のデジタルテクノロジーを活用し、ビジネスの変革・新たな価値創造を推進するために、ビジネスパー
       トナーと様々な提携・協力を行っており、それらを通じて製品やサービスの開発、販売・サービス体制の整備・
       拡充の展開を図っております。本書提出日現在においてビジネスパートナーとは具体的な事例創出にむけた事業
       基盤の強化、効率的な経営の実現に向けて、広範な提携関係を構築しており、マネジメント同士の定期的な意見
       交換や提携先の拡充により、リスクの低減を図っております。
        期待する効果が得られない場合や何らかの事情により提携・協力関係が解消された場合には、当社の経営成績
       及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。なお、当該リスクが顕在化した場合に当社の経営成績等の状況
       に与える影響につきましては、合理的に予見することが困難であるため、記載しておりません。
      ⑥ 不適切な広告配信について(発現可能性                     低、影響度      小)

        当社は、顧客に提供する価値を担保するために、当社のクライアントが配信する広告に係る品質管理の徹底が
       重要な課題であると認識しております。これらの広告は、不当景品類及び不当表示防止法、医薬品、医療機器等
       の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律等の各種法令により一定の制約が掛けられており、当社では、
       これらの法令に抵触することがないよう、広告内容の適法性の確保に努めております。しかしながら、何らかの
       要因によってこれらの対応に不備が生じた場合、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。なお、
       これらのリスクが顕在化した場合に当社の経営成績等の状況に与える影響につきましては、合理的に予見するこ
       とが困難であるため、記載しておりません。
                                 37/151


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  組織体制について

      ① 特定人物への依存について(発現可能性                     低、影響度      小)
        当社代表取締役社長である内山               英俊は、当社の創業者であり、当社の事業展開において事業戦略の策定や、業
       界における人脈の活用等、極めて重要な役割を担っております。
        当社は、内山       英俊に過度に依存しない経営管理体制の整備を進めておりますが、何らかの理由により内山                                           英
       俊が当社の経営に携わることが困難となった場合、当社の事業展開及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       なお、当該リスクが顕在化した場合に当社の経営成績等の状況に与える影響につきましては、合理的に予見する
       ことが困難であるため、記載しておりません。
      ② 小規模組織であることについて(発現可能性                       低、影響度      小)

        当社は、小規模組織であり、内部管理体制もこのような組織規模に応じたものとなっております。また、小規
       模組織であるため、業務執行については役員を中心とした特定の人物が各部門の責任者として非常に重要な役割
       を担っております。
        今後も引き続き、事業拡大に向けた優秀な人材の採用や経営管理体制の強化、経営幹部の育成等を図ることに
       より、役員への過度な依存の脱却に努め、事業規模に応じて内部管理体制の強化を進めるとともに、従業員への
       情報共有や権限委譲により業務執行体制の充実を図っていく方針であります。当社は、中長期インセンティブ(ス
       トック・オプション)の付与や、定期的な健康診断における健康維持管理を推進する等、現在の経営管理体制の維
       持を図っておりますが、万が一何らかの理由により役員の業務遂行が困難となった場合、あるいは退職した場合
       には、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。なお、当該リスクが顕在化した場合に当社の経営
       成績等の状況に与える影響につきましては、合理的に予見することが困難であるため、記載しておりません。
      ③ 人材の確保と育成について(発現可能性                     低、影響度      中)

        事業の継続、発展、成長のためには、高い専門性を備えた人材(営業職、技術職その他)の採用、育成、維持が
       最も重要な経営課題の一つであると認識しております。当社が事業を展開している情報サービス産業において
       は、継続的に人材の獲得競争があり、人材も不足傾向にあります。当社は、優秀な人材を確保するために労働環
       境を改善するとともに人材育成を重視し、また、中長期インセンティブ(ストック・オプション)の付与、合宿や
       イベントを通じたロイヤルティ醸成により役職員のモチベーションの維持向上に努めております。加えて、当社
       事業の取り組みに関してメディアに情報提供することにより知名度向上を図る等人材投資に力を入れておりま
       す。しかしながら、大量の人員または重要な役職員が流出した場合、あるいは、当社の社風にあった適格な人材
       を十分に採用、育成、維持できない場合には、当社の経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性がありま
       す。なお、当該リスクが顕在化した場合に当社の経営成績等の状況に与える影響につきましては、合理的に予見
       することが困難であるため、記載しておりません。
     (4)  その他

      ① 社歴が浅いことによる業績の不確実性について(発現可能性                              低、影響度      小)
        当社は2015年8月に設立された社歴の浅い会社であります。また、第6期以前の業績は、事業の立ち上げ段階
       であったことなどから営業赤字および営業活動によるキャッシュ・フローのマイナスを計上しております。当社
       は現在成長過程にあると認識しており、今後も当社の成長のための投資が必要となり、一時的に損益が悪化する
       可能性があります。
        当該状況についての分析・検討内容及び解消・改善するための対応策については、「1 経営方針、経営環境
       及び対処すべき課題等」に記載のとおりであり、当社の属するIT業界を取り巻く環境はスピードが速く流動的で
       あるため、当社における経営計画の策定には不確定事象を含まざるを得ない状況にあります。当社は今後もIR活
       動などを通じて経営状態を積極的に開示していく方針でありますが、過年度の経営成績のみでは、今後の当社の
       業績や成長性を判断するためには不十分である可能性があります。なお、当該リスクが顕在化した場合に当社の
       経営成績等の状況に与える影響につきましては、合理的に予見することが困難であるため、記載しておりませ
       ん。
                                 38/151


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 配当政策について
        株主に対する利益還元を重要な経営課題と認識しておりますが、当社は成長過程にあるため、人材確保・育
       成、サービス強化のための投資、営業強化のための広告宣伝や販売促進、その他成長投資に対して迅速に対応す
       る ことが重要であると考えております。そのため、現在まで配当を実施しておらず、今後においても当面はこれ
       ら成長投資に備え、内部留保の充実を図る方針であります。
        将来的には、財政状態及び経営成績、事業展開に備える内部留保とのバランスを勘案し、株主への利益還元を
       検討してまいりますが、配当実施の可能性及びその実施時期等については、現時点において未定であります。
      ③ 新株予約権の行使による株式価値の希薄化について(発現可能性                                高、影響度      小)

        当社は、当社の役員、従業員及び社外協力者に対して、ストック・オプションとして新株予約権を付与してお
       ります。また、今後においてもストック・オプション制度を活用していくことを検討しており、これらの新株予
       約権が権利行使された場合、当社の株式が新たに発行され、既存の株主が有する株式の価値及び議決権割合が希
       薄化する可能性があります。なお、当該リスクが顕在化した場合に当社の経営成績等の状況に与える影響につき
       ましては、合理的に予見することが困難であるため、記載しておりません。本書提出日現在における新株予約権
       による潜在株式数は357,240株であり、発行済株式総数3,526,400株の10.1%に相当します。
      ④ 当社株式の流動性について(発現可能性                     中、影響度      中)

        当社は、東京証券取引所グロース市場への上場を予定しており、上場に際しては、公募増資及び売出しによっ
       て当社株式の流動性の確保に努めることとしておりますが、取引所の定める流通株式比率は新規上場時において
       26.2%にとどまる見込みです。今後は、当社の事業計画に沿った成長資金としての公募増資による調達、ストッ
       ク・オプションの行使による流通株式数の増加分を勘案し、これらの組み合わせにより、流動性の向上を図って
       いく方針ではありますが、何らかの事情により上場時よりも流動性が低下する場合には、当社株式の市場におけ
       る売買が停滞する可能性があり、それにより当社株式の需給関係にも悪影響を及ぼす可能性があります。
      ⑤ 訴訟等について(発現可能性                低、影響度      中)

        当社は、本書提出日現在、損害賠償を請求されている事実や訴訟を提起されている事実はありません。また、
       当社は、法令違反となるような行為を防止するための内部管理体制を構築するとともに、取引先、従業員その他
       第三者との関係において、訴訟リスクを低減するよう努めております。しかしながら、システム障害によりサー
       ビスが停止した場合、当社の開発したソフトウエアに不具合が生じた場合、開発が予定通り進捗しなかった場
       合、知的財産権の侵害等の予期せぬトラブルが発生した場合、取引先等との関係に何らかの問題が生じた場合、
       これらに起因する損害賠償を請求される、あるいは訴訟を提起されるリスクがあります。かかる損害賠償の金
       額、訴訟の内容及び結果によっては、当社の社会的信用、財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       なお、当該リスクが顕在化した場合に当社の経営成績等の状況に与える影響につきましては、合理的に予見する
       ことが困難であるため、記載しておりません。
      ⑥ 自然災害について(発現可能性                 低、影響度      大)

        当社は、安定的なサービスの提供を維持するため、地震、落雷、火災等の災害に対して十分な耐性を有すると
       判断されるビルにオフィスを構えるとともに、全社在宅勤務に対応した業務プロセス、ルールを確立しておりま
       すが、想定を超える自然災害等の発生により、サーバー等に保存する情報が消失する等、当社サービスの提供維
       持が困難な事態が生じた場合、事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。なお、当該リスクが顕在化した
       場合に当社の経営成績等の状況に与える影響につきましては、合理的に予見することが困難であるため、記載し
       ておりません。
                                 39/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑦    パンデミックについて(発現可能性                 高、影響度      小)
        当社では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を目的とした企業及び消費者への活動自粛要請によっ
       て、一部の営業活動に支障がでる可能性があります。長期の自粛要請が続く場合には、新規営業の遅延や既存顧
       客の業績不振による解約等、業績に影響を及ぼす可能性があります。また、当社内における感染者や重篤者の発
       生等によって、事業活動の停止を余儀なくされる場合には、業績へ影響を及ぼすことになります。なお、これら
       のリスクが顕在化した場合に当社の経営成績等の状況に与える影響につきましては、合理的に予見することが困
       難であるため、記載しておりません。
        当社では、これらのリスクに対応するため、全社在宅勤務に対応した業務プロセス、ルールを確立し、事業及
       び営業活動の継続に取組んでおります。また、社内における感染予防や拡大防止に対して適切な管理体制の構築
       に努めています。
      ⑧ 繰越欠損金について(発現可能性                  低、影響度      中)

        当社は、税務上の繰越欠損金として313,275千円(2021年6月期)計上しており、当社の業績が順調に推移するこ
       とにより、期限内にこれら繰越欠損金の繰越控除を受ける予定であります。しかし、当社の業績の下振れ等によ
       り繰越期限の失効する繰越欠損金が発生した場合は、課税所得からの控除が受けられなくなることから、その場
       合、課税所得に対して通常の法人税率に基づく法人税、住民税及び事業税が課されることとなり、当社の業績に
       影響を及ぼす可能性があります。
                                 40/151














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)   経営成績等の状況の概要
      当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の
     概要並びに経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであ
     ります。なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
      ①経営成績の状況

       第6期事業年度(自         2020年7月1日 至          2021年6月30日)
       当事業年度におけるわが国の経済は、新型コロナウイルス感染症拡大による影響が長期化しており、依然として
      厳しい状況が続いております。感染拡大防止策を講じながらの社会経済活動により、一部持ち直しの動きも見られ
      ましたが、緊急事態宣言の再発令やまん延防止等重点措置が適用されるなど、経済的な見通しが不透明な状況が続
      いております。当社は感染拡大防止のため、テレワークやリモート会議を積極的に活用するなど、ウィズコロナの
      時代に対応した営業活動を展開してまいりました。
       このような経営環境のなか、当社は、企業ビジョンである「実社会をデータ化してリアル・デジタルが融合した
      環境知能インフラを実現する」に向け、日々増加を続けるリアル行動ビッグデータに対応するための体制強化や
      データ解析精度の向上など、リアル行動データプラットフォーム「Beacon                                   Bank®」の強化に注力し、お客様の売上
      高向上やマーケティング課題の解決に取り組んでまいりました。
       新型コロナウイルスの感染拡大抑止のため2020年5月に公開したサイト「お買物混雑マップ」では、掲載店舗数
      を全国約4.9万店舗まで拡大するとともに、「Yahoo!                         MAP」やニュースアプリSmartNews等の他社サービスと連携し
      てまいりました。また、官民連携の取り組みとして、東京都と「施設系混雑ワーキンググループ」に係る包括連携
      協定を締結し、社会課題の解決に向けた取り組みも進めてまいりました。
       当事業年度は新プロダクトの開発にも注力しました。具体的には、2020年10月にイベント企画を支援するサービ
      ス『イベシル』を株式会社博展と共同開発し、提供を開始しました。また、株式会社ジェイアール東日本企画と連
      携し、交通広告とSNS広告をセットで配信する新広告商品のテスト販売を開始しました。
       さらに提携戦略として、都市開発・都市運営事業(スマートシティ)等における行動データを基にした様々なビジ
      ネスを展開することを視野に、三菱商事株式会社と資本業務提携契約を締結しました。また、さらなる連携の強化
      とリテールDXサービスの展開を目的として、株式会社カインズと資本業務提携契約を締結しました。
       以上の取り組みの結果、当事業年度の業績は、売上高783,018千円(前年同期比35.6%増)、営業損失160,170千円
      (前年同期は営業損失97,972千円)、経常損失162,072千円(前年同期は経常損失98,144千円)、当期純損失162,882千
      円(前年同期は当期純損失98,167千円)、リカーリング顧客売上高713,547千円、リカーリング顧客売上高比率
      91.1%、リカーリング顧客数37社、リカーリング顧客平均売上高19,285千円、NRR110.4%となりました。
       なお、当社は、Beacon           Bank事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
       第7期第3四半期累計期間(自              2021年7月1日 至          2022年3月31日)

       当第3四半期累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症に対する各種政策やワクチン接種普及
      等により一時持ち直しの動きが見られたものの、新たな変異株の感染拡大に伴い再び経済活動が抑制される等、厳
      しい状況で推移しました。さらにその影響による資源価格の高騰や供給制約、ウクライナ情勢の緊迫化による経済
      不安も加わり、依然として先行きが不透明な状況が続いております。
       このような経営環境のなか、当社は、ミッションである「心地よい未来を、データとつくる。」の実現に向け、
      日々増加を続けるリアル行動ビッグデータに対応するための体制強化やデータ解析精度の向上など、リアル行動
      データプラットフォーム「Beacon                Bank®」の強化に注力し、お客様の売上高向上やマーケティング課題の解決に取
      り組んでまいりました。
       具体的な取り組みとして、三井住友カード株式会社が提供する決済端末「stera                                     terminal」に対して、ビーコン
      アプリ「Stap(スタップ)powered                 by  Beacon    Bank」の提供を、株式会社博展と共にリアル行動ビッグデータの解
      析に基づく高精度ターゲティングを実現するデジタル広告サービス『イベシルAD』の提供を、株式会社プレイドが
      提供するCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」と「Beacon                              Bank®」の連携を、それぞれ開始しました。また、
      オンラインイベントの開催や各種展示会への出展を通じて、プロダクト及びサービスの広報活動を積極的に行って
      まいりました。
                                 41/151


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       以上の取り組みの結果、当第3四半期累計期間の業績は、売上高1,111,886千円、営業利益120,490千円、経常利
      益120,873千円、四半期純利益121,175千円                    、リカーリング顧客売上高969,137千円、リカーリング顧客売上高比率
      87.2%、リカーリング顧客数49社、リカーリング顧客平均売上高19,778千円、NRR172.4%                                         となりました。
       なお、当社は、Beacon           Bank事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
     ②財政状態の状況

       第6期事業年度(自         2020年7月1日 至          2021年6月30日)
       当事業年度末における財政状態については次のとおりであります。
       (資産)

       当事業年度末の総資産は、前事業年度末に比べて、647,429千円増加し、945,827千円となりました。主な要因は
      増資による現金及び預金の増加588,453千円、行動変容サービスを筆頭に増収にともなう売掛金の増加51,850千円に
      よるものであります。
       (負債)

       当事業年度末の負債は、前事業年度末に比べて、187,611千円増加し、286,702千円となりました。主な要因は、
      手元流動性確保のため銀行借入の実施による長期借入金の増加124,997千円、業容拡大にともなう買掛金の増加
      44,753千円によるものであります。
       (純資産)

       当事業年度末の純資産は、前事業年度末に比べて、459,817千円増加し、659,125千円となりました。主な要因は
      増資によるその他資本剰余金の増加709,550千円、当期赤字による利益剰余金の減少162,882千円、その他資本剰余
      金への振替による資本準備金の減少43,750千円、その他資本剰余金への振替による資本金の減少43,100千円による
      ものであります。
       第7期第3四半期会計期間(自              2022年1月31日 至          2022年3月31日)

       当第3四半期会計期間末における財政状態については次のとおりであります。
       (資産)

       当第3四半期会計期間末の総資産は、前事業年度末に比べて273,300千円増加し、1,219,127千円となりました。
      主な要因は、増収による受取手形、売掛金及び契約資産の増加204,583千円、経常運転資金の縮小による現金及び預
      金の増加83,564千円によるものであります。
       (負債)

       当第3四半期会計期間末の負債合計は、前事業年度末に比べて152,125千円増加し、438,827千円となりました。
      主な要因は、新規発注による買掛金の増加123,152千円によるものであります。
       (純資産)

       当第3四半期会計期間末の純資産は、前事業年度末に比べて121,175千円増加し、780,300千円となりました。主
      な要因は欠損填補による利益剰余金の増加413,419千円、欠損填補による資本剰余金の減少292,244千円によるもの
      であります。
     ③  キャッシュ・フローの状況

       第6期事業年度(自         2020年7月1日 至          2021年6月30日)
       現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ588,453千円増加し、800,333千円となりま
      した。当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりです。
                                 42/151



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
       営業活動により使用した資金は174,236千円となりました。これは主に、売上高の増加にともない外注費等の仕入
      債務が増加したことによる増加額44,753千円等による資金の増加があったものの、税引前当期純損失の計上162,072
      千円、売上高の増加にともなう売上債権の増加額49,782千円等による資金の減少があったことによるものでありま
      す。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

       投資活動により使用した資金は10千円となりました。これは、新規取引の開始にともない敷金及び保証金の差入
      による支出10千円による資金の減少があったことによるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

       財務活動により得られた資金は762,700千円となりました。これは、事業成長に活用するための株式の発行による
      資金調達収入622,700千円、コロナ禍における安定的な資金確保を目的とする長期借入れによる収入140,000千円に
      よる資金の増加があったことによるものであります。
     ④  生産、受注及び販売の実績

       当社はBeacon       Bank事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は行っておりません。
       a.生産実績

       生産に該当する事項がないため、記載を省略しております。
       b.受注実績

       受注生産を行っていないため、記載を省略しております。
      c.販売の実績

       第6期事業年度及び第7期第3四半期累計期間の販売実績は次のとおりであります。
                                              第7期第3四半期

                                第6期事業年度
                                                累計期間
                               (自 2020年7月1日
                                              (自  2021年7月1日
            セグメントの名称
                               至 2021年6月30日)
                                              至  2022年3月31日)
                            金額(千円)        前年同期比(%)            金額(千円)

       Beacon    Bank事業

                              783,018            135.6         1,111,886
       合計                       783,018            135.6         1,111,886

       (注)   1.最近2事業年度及び第7期第3四半期累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販
         売 
            実績に対する割合は、次の通りであります。
                                 43/151





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                             第7期第3四半期累計期間
                      第5期事業年度            第6期事業年度
                                              (自 2021年7月1日
                     (自 2019年7月1日            (自 2020年7月1日
            相手先
                                              至 2022年3月31日)
                      至 2020年6月30日)             至 2021年6月30日)
                    金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)

       株式会社ジョイフル               70,303       12.2     107,070        13.7     184,971        16.6

       株式会社トライアルカン

                        -      -    101,694        13.0       -      -
       パニー
       株式会社西日本新聞社                 -      -    84,560       10.8       -      -

       東京海上日動火災保険株

                      84,726       14.7       -      -      -      -
       式会社
       株式会社エヌ・ティ・
                      63,540       11.0       -      -      -      -
       ティ・データ
       2.主な相手先別の販売実績のうち、当該販売実績の総販売実績に対する割合が10%未満の相手先につきまして
         は記載を省略しております。
       3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       4.販売実績が大幅に増加した主な要因は、リアル行動データを活用したマーケティング活動の顧客認知度が向
         上し、当該活動へのニーズ及び投資が増加したことによるものであります。
     (2)   経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

      経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。なお、文
     中の将来に関する事項は、提出日現在において判断したものであります。
     ① 経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

       経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容については、「第2                                  事業の状況 3 経営者による財政状
      態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)                           経営成績等の状況の概要①経営成績の状況」に含めて記
      載しております。
     ②  キャッシュ・フローの分析

       各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因については、「第2                               事業の状況 3        経営者による財政状態、経営
      成績及びキャッシュ・フローの状況の分析                    (1)経営成績等の状況の概要③キャッシュ・フローの状況」に記載して
      おります。
     ③  重要な会計方針及び見積り

       当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。そ
      の作成には、経営者に依る会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告金額並びに開示に影響を与え
      る見積りを必要としております。経営者は、これらの見積りを行うにあたり、過去の実績等を勘案し合理的に判断
      しておりますが、実際の結果は、見積りによる不確実性のため、これらの見積りと異なる結果をもたらす場合があ
      ります。詳細は「第5           経理の状況      1  財務諸表等(1)財務諸表           注記事項(追加情報)」をご参照ください。なお、当
      社の財務諸表で採用する重要な会計方針は「第5                        経理の状況      1  財務諸表等(1)財務諸表注記事項(重要な会計方
      針)」に記載しております。
                                 44/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     ④  資金需要及び資金調達方法に係る情報
       当社の資金需要は、主に運転資金であり、運転資金需要のうち主なものは、人件費及び業務委託費等であり、こ
      れらに必要な資金は自己資金、金融機関からの借入及びエクイティファイナンス等で資金調達していくことを基本
      方針としております。なお、これらの資金調達方法の優先順位等に特段方針はなく、資金需要の額や使途に合わせ
      て最適な方法による資金調達を行う予定であります。
     ⑤  経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

       経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等については、「第2                                     事業の状況 1 経営方針、経営
      環境及び対処すべき課題等 (4)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標」をご参照ください。
     ⑥  経営成績に重要な影響を与える要因について

       経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2                          事業の状況 2 事業等のリスク」をご参照ください。
     ⑦  経営者の問題認識と今後の方針について

       経営者の問題認識と今後の方針については、「第2                         事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題
      等」をご参照ください。
    4  【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      第6期事業年度(自         2020年7月1日 至          2021年6月30日)
      当社は、企業のマーケティング課題や自治体等の社会的課題を、実世界でのリアル行動データとインターネット上
     のデジタル行動データ等を融合した環境知能インフラの活用によって解決するべく、                                       社内データサイエンティストを
     中心に   リアル行動ビッグデータの分析精度を向上させるための環境知能AIの研究に取り組んでおります。これらの継
     続的な研究開発は、将来の成長エンジンになる新たなソリューションサービスの推進だけでなく、ユーザのUI/UXの向
     上や自社内における業務効率化等につながっております。これらの結果、当事業年度における研究開発費の総額は
     12,495   千円であります。
      第7期第3四半期累計期間(自              2021年7月1日 至          2022年3月31日)

      当第3四半期累計期間における研究開発活動の金額は、                          3,789   千円であります。なお、当第3四半期累計期間におい
     て、当社の研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                 45/151








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

      第6期事業年度(自         2020年7月1日 至          2021年6月30日)
      該当事項はありません。
      第7期第3四半期累計期間(自              2021年7月1日 至          2022年3月31日)

      該当事項はありません。
    2  【主要な設備の状況】

    本社は賃貸物件であり、年間賃借料は以下の通りであります。
                                              2021年6月30日現在
         事務所名                        年間賃借料             従業員数
                     設備の内容
        (所在地)                          (千円)             (人)
     本社
                     業務施設                 30,842               28
     (東京都千代田区)
    (注)当社は2022年1月11日付で、本社を東京都港区に移転しております。
    3  【設備の新設、除却等の計画】(2022年5月31日現在)
     (1)  重要な設備の新設等
       該当事項はありません
     (2)  重要な設備の除却等

       該当事項はありません。
                                 46/151











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)
               普通株式                                    14,000,000

                計                                   14,000,000

      ② 【発行済株式】

                             上場金融商品取引所名又は
        種類           発行数(株)                               内容
                            登録認可金融商品取引業協会名
                                           完全議決権株式であり、権利
                                           内容に何ら限定のない当社に
      普通株式                3,526,400           非上場         おける標準となる株式であ
                                           り、単元株式数は100株であ
                                           ります。
        計               3,526,400            ―               ―
     (注)   1.2022年2月14日開催の取締役会決議、2022年2月28日開催の臨時株主総会の決議により、2022年3月1日付
         でA種優先株式17,980株、AA種優先株式2,500株、B種優先株式2,500株及びC種優先株式9,580株を自己株式と
         して取得し、その対価として普通株式をそれぞれ17,980株、2,500株、2,500株、9,580株交付しておりま
         す。また、2022年2月17日開催の取締役会決議により、自己株式として取得した当該A種優先株式、AA種優
         先株式、B種優先株式及びC種優先株式のすべてを2022年3月1日付で消却しております。なお、2022年2月
         28日開催の臨時株主総会において、種類株式を発行する旨の定款の定めを廃止しております。
       2.2022年5月19日開催の取締役会決議により、2022年5月19日付で自己株式5,000株を消却した結果、発行済
         株式総数は88,160株となりました。また、2022年5月6日開催の取締役会により、2022年5月22日付で普通
         株式1株につき40株の株式分割を行っております。これにより、発行済株式総数が3,438,240株増加して
         3,526,400株となっております。
       3.2022年5月16日開催の臨時株主総会決議により、2022年5月22日付で1単元を100株とする単元株制度を採
         用しております。
                                 47/151










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
        会社法に基づき発行した新株予約権は次のとおりであります。
       第1回新株予約権
    決議年月日                    2018年6月28日
                        当社取締役 1
    付与対象者の区分及び人数(名)
                        当社使用人 1(注1)
    新株予約権の数(個) ※                    512[12] (注2)
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 5,120[4,800] (注2)                (注9)
    内容及び数(株) ※
                        3,638[91] (注3)         (注9)
    新株予約権の行使時の払込金額(円) ※
    新株予約権の行使期間 ※                    2018年6月29日~2028年6月28日

    新株予約権の行使により株式を発行する
                        発行価格  37,104[928]
    場合の株式の発行価格及び資本組入額
                        資本組入額 18,552[464] (注9)
    (円) ※
    新株予約権の行使の条件 ※                    (注4)(注6)
                        譲渡による新株予約権の取得については、当社の取締役会の決議による承
                        認を要するものとする。
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        また、上記にかかわらず、本新株予約権について譲渡、担保権の設定、そ
                        の他一切の処分をすることができないものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                        (注7)
    に関する事項 ※
     ※当事業年度の末日(2021年6月30日)における内容を記載しております。                                  最近事業年度の末日から提出日の前月末
      (2022年5月31日)現在にかけて変更された事項については、提出日の前月末(2022年5月31日)現在における内容を
      [  ]内に記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.付与対象者の当社使用人1名は提出日の前月末(2022年5月31日)現在、当社取締役となっております。
       2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、10株とする。(提出日の前月末現在は400株)
         当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を
         調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予
         約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨て
         る。
         調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合またはそ
         の他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整される
         ものとする。
       3.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株当たりの払込金額(以下「行使価額」という。)に
         新株予約権1個の株式数を乗じた金額とする。
         当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、1
         円未満の端数は切り上げる。
                                1
          調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                            分割・併合の比率
         また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う場合(新株予約権の
         行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満
         の端数は切り上げる。
                   既発行株式数       ×  調整前行使価額+新規発行株式数×1株当たり払込金額
          調整後行使価額        =
                              既発行株式数+新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
         数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
         「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
         さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
         う場合またはその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で調整されるものとす
         る。
                                 48/151



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       4.新株予約権の行使の条件
        ① 新株予約権の割り当てを受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、本新株予約権の行使期間において
          次に掲げる各事由が生じた場合には、新株予約権者は残存するすべての本新株予約権を行使することがで
          きない。
         (a)  行使価額を下回る価格を対価とする当社普通株式の発行等が行われた場合(払込金額が会社法第199条第
           3項・同第200条第2項に定める「特に有利な金額である場合」を除く。)。
         (b)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されていない場
           合、行使価額を下回る価格を対価とする売買その他の取引が行われたとき(ただし、資本政策目的等に
           より当該取引時点における株式価値よりも著しく低いと認められる価格で取引が行われた場合を除
           く。)。
         (c)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場された場合、当
           該金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値が、行使価額を下回る価格となったとき。
         (d)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されていない場
           合、各事業年度末日を基準日としてDCF法並びに類似会社比較法等の方法により評価された株式評価額
           が行使価額を下回ったとき(ただし、株式評価額が一定の幅をもって示された場合、当社の取締役会が
           株式評価機関と協議の上本項への該当を判断するものとする。)。
        ② 新株予約権者は、権利行使時においても、当社または当社子会社の取締役、監査役、従業員の地位を有し
          ていなければならない。ただし、当社の代表取締役(取締役会が設置された場合は取締役会)が正当な理由
          があると認めた場合は、この限りではない。
        ③ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。ただし、
          当社の代表取締役(取締役会が設置された場合は取締役会)が認めた場合にはこの限りではない。
        ④ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとな
          るときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
        ⑤ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
       5.新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
        ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
          項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたと
          きは、その端数を切り上げるものとする。
        ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金
          等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
       6.権利喪失事由
         新株予約権者は、次の各号のいずれかに該当した場合、本新株予約権に係る権利行使請求権を喪失する。
        ① 禁錮以上の刑に処せられた場合
        ② 当社の就業規則に定める懲戒処分を受けた場合
        ③ 当社の書面による承諾を事前に得ることなく当社の同業他社の役職員に就いた場合
        ④ 書面により新株予約権の全部または一部を放棄する旨申し出た場合
        ⑤ 在任・在職中に故意または過失により過去及び将来にわたり当社に損害を与え、もしくは信用を毀損した
          と当社の取締役会が認めた場合
       7.当社が組織再編行為を実施する際の新株予約権の取扱い
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転(以
         上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残
         存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社
         法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を
         以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対
         象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移
         転計画において定めた場合に限るものとする。
        ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の
          数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
        ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)2.に準じて決定する。
                                 49/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行の条件等を勘案のうえ、前
          記(注)3.で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新
          株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
        ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
          上表の新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
        ⑥ 新株予約権の行使の条件
          前記(注)4.に準じて決定する。
        ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          前記(注)5.に準じて決定する。
        ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
        ⑨ 新株予約権の取得事由
          後記(注)8.に準じて決定する。
       8.新株予約権の取得事由
        ① 新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案または当社が完全子会社
          となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決
          議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することがで
          きる。
        ② 新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合、及び新株
          予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
       9.  2020年1月8日開催の取締役会決議(書面決議)に基づき、2020年2月11日付で普通株式1株につき10株の割
         合で株式分割を行っております。また、2022年5月6日開催の取締役会決議に基づき、2022年5月22日付で
         普通株式1株につき40株の割合で株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の
         種類、内容及び数(株)」、「新株予約権の行使時の払込金額(円)」及び「新株予約権の行使により株式を発
         行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)」が調整されております。
                                 50/151












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第2回新株予約権
    決議年月日                    2018年6月28日
    付与対象者の区分及び人数(名)                    当社社外協力者 2(注1)

    新株予約権の数(個) ※                    18 (注2)

    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 180[7,200] (注2)               (注9)
    内容及び数(株) ※
                        3,638[91] (注3)         (注9)
    新株予約権の行使時の払込金額(円) ※
    新株予約権の行使期間 ※                    2018年6月29日~2028年6月28日

    新株予約権の行使により株式を発行する
                        発行価格  37,104[928]
    場合の株式の発行価格及び資本組入額
                        資本組入額 18,552[464] (注9)
    (円) ※
    新株予約権の行使の条件 ※                    (注4)(注6)
                        譲渡による新株予約権の取得については、当社の取締役会の決議による承
                        認を要するものとする。
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        また、上記にかかわらず、本新株予約権について譲渡、担保権の設定、そ
                        の他一切の処分をすることができないものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                        (注7)
    に関する事項 ※
     ※当事業年度の末日(2021年6月30日)における内容を記載しております。                                  最近事業年度の末日から提出日の前月末
      (2022年5月31日)現在にかけて変更された事項については、提出日の前月末(2022年5月31日)現在における内容を
      [  ]内に記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.付与対象者の当社社外協力者2名のうち1名は、提出日の前月末(2022年5月31日)現在、当社取締役となっ
         ております。
       2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、10株とする。                             (提出日の前月末現在は400株)
         当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を
         調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予
         約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨て
         る。
         調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合またはそ
         の他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整される
         ものとする。
       3.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株当たりの払込金額(以下「行使価額」という。)に
         新株予約権1個の株式数を乗じた金額とする。
         当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、1
         円未満の端数は切り上げる。
                                1
          調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                            分割・併合の比率
         また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う場合(新株予約権の
         行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満
         の端数は切り上げる。
                   既発行株式数       ×  調整前行使価額+新規発行株式数×1株当たり払込金額
          調整後行使価額        =
                              既発行株式数+新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
         数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
         「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
         さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
         う場合またはその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で調整されるものとす
         る。
                                 51/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       4.新株予約権の行使の条件
        ① 新株予約権の割り当てを受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、本新株予約権の行使期間において
          次に掲げる各事由が生じた場合には、新株予約権者は残存するすべての本新株予約権を行使することがで
          きない。
         (a)  行使価額を下回る価格を対価とする当社普通株式の発行等が行われた場合(払込金額が会社法第199条第
           3項・同第200条第2項に定める「特に有利な金額である場合」を除く。)。
         (b)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されていない場
           合、行使価額を下回る価格を対価とする売買その他の取引が行われたとき(ただし、資本政策目的等に
           より当該取引時点における株式価値よりも著しく低いと認められる価格で取引が行われた場合を除
           く。)。
         (c)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場された場合、当
           該金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値が、行使価額を下回る価格となったとき。
         (d)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されていない場
           合、各事業年度末日を基準日としてDCF法並びに類似会社比較法等の方法により評価された株式評価額
           が行使価額を下回ったとき(ただし、株式評価額が一定の幅をもって示された場合、当社の取締役会が
           株式評価機関と協議の上本項への該当を判断するものとする。)。
        ② 新株予約権者は、権利行使時においても、当社または当社の子会社及び関連会社の取締役、監査役及び使
          用人、並びに顧問、アドバイザー、コンサルタントその他名目の如何を問わず当社または当社の子会社及
          び関連会社との間で委任、請負等の継続的な契約関係があることを必要とする。ただし、当社の代表取締
          役(取締役会が設置された場合は取締役会)が正当な理由があると認めた場合は、この限りではない。
        ③ 当社の普通株式が、いずれかの金融商品取引所に上場されていること。ただし、当社の代表取締役(取締
          役会が設置された場合は取締役会)が正当な理由があると認めた場合は、この限りではない。
        ④ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
        ⑤ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとな
          るときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
        ⑥ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
       5.新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
        ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
          項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたと
          きは、その端数を切り上げるものとする。
        ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金
          等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
       6.権利喪失事由
         新株予約権者は、次の各号のいずれかに該当した場合、本新株予約権に係る権利行使請求権を喪失する。
        ① 禁錮以上の刑に処せられた場合
        ② 当社の書面による承諾を事前に得ることなく当社の同業他社の役職員に就いた場合
        ③ 書面により新株予約権の全部または一部を放棄する旨申し出た場合
        ④ 在任・在職中に故意または過失により過去及び将来にわたり当社に損害を与え、もしくは信用を毀損した
          と当社の取締役会が認めた場合
       7.当社が組織再編行為を実施する際の新株予約権の取扱い
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転(以
         上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残
         存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社
         法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を
         以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対
         象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移
         転計画において定めた場合に限るものとする。
        ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の
          数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
        ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)2.に準じて決定する。
                                 52/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行の条件等を勘案のうえ、前
          記(注)3.で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新
          株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
        ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
          上表の新株予約権行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新株
          予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
        ⑥ 新株予約権の行使の条件
          前記(注)4.に準じて決定する。
        ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          前記(注)5.に準じて決定する。
        ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
        ⑨ 新株予約権の取得事由
          後記(注)8.に準じて決定する。
       8.新株予約権の取得事由
        ① 新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案または当社が完全子会社
          となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決
          議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することがで
          きる。
        ② 新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合、及び新株
          予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
       9.2020年1月8日開催の取締役会決議(書面決議)に基づき、2020年2月11日付で普通株式1株につき10株の割
         合で株式分割を行っております。また、2022年5月6日開催の取締役会決議に基づき、2022年5月22日付で
         普通株式1株につき40株の割合で株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の
         種類、内容及び数(株)」、「新株予約権の行使時の払込金額(円)」及び「新株予約権の行使により株式を発
         行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)」が調整されております。
                                 53/151












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第3回新株予約権
    決議年月日                    2018年6月28日
    付与対象者の区分及び人数(名)                    当社使用人 5

    新株予約権の数(個) ※                    60 (注1)

    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 600[24,000] (注1)               (注9)
    内容及び数(株) ※
                        3,638[91] (注2)         (注9)
    新株予約権の行使時の払込金額(円) ※
    新株予約権の行使期間 ※                    2020年6月29日~2028年6月28日 (注3)

    新株予約権の行使により株式を発行する
                        発行価格  36,380[910]
    場合の株式の発行価格及び資本組入額
                        資本組入額 18,190[455] (注9)
    (円) ※
    新株予約権の行使の条件 ※                    (注3)(注4)(注6)
                        譲渡による新株予約権の取得については、当社の取締役会の決議による承
                        認を要するものとする。
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        また、上記にかかわらず、本新株予約権について譲渡、担保権の設定、そ
                        の他一切の処分をすることができないものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                        (注7)
    に関する事項 ※
     ※当事業年度の末日(2021年6月30日)における内容を記載しております。                                  最近事業年度の末日から提出日の前月末
      (2022年5月31日)現在にかけて変更された事項については、提出日の前月末(2022年5月31日)現在における内容を
      [  ]内に記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、10株とする。                             (提出日の前月末現在は400株)
         当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を
         調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予
         約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨て
         る。
         調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合またはそ
         の他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整される
         ものとする。
       2.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株当たりの払込金額(以下「行使価額」という。)に
         新株予約権1個の株式数を乗じた金額とする。
         当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、1
         円未満の端数は切り上げる。
                                1
          調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                            分割・併合の比率
         また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う場合(新株予約権の
         行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満
         の端数は切り上げる。
                   既発行株式数       ×  調整前行使価額+新規発行株式数×1株当たり払込金額
          調整後行使価額        =
                              既発行株式数+新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
         数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
         「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
         さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
         う場合またはその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で調整されるものとす
         る。
                                 54/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       3.新株予約権の行使制限等
         新株予約権者は本新株予約権の行使に関し、後記「4.新株予約権の行使の条件」に定める行使条件に加
         え、次の各号の制限を受けるものとする。
        ① 上記新株予約権の行使期間にかかわらず、割当新株予約権の行使は権利行使可能期間のうち、付与決議の
          日後2年を経過した日から付与決議の日後10年を経過する日までの期間内に行わなければならないものと
          する。なお、本契約において付与決議とは、割当新株予約権にかかる会社法第238条第2項の決議(同法第
          239条第1項の決議による委任に基づく同項に規定する募集事項の決定及び同法第240条第1項の規定によ
          る取締役会の決議を含む。)を意味するものとする。
        ② 新株予約権(当社が新株予約権者に対して付与する租税特別措置法第29条の2の規定を受ける他の新株予
          約権を含む)の行使に係る行使価額の年間(1月1日から12月31日まで)の合計額が1,200万円を超えないこ
          と。
        ③ 権利行使により取得した当社の普通株式は、当社が別途指定する証券会社に開設される新株予約権者名義
          の振替口座簿への記載もしくは記録がされること。
       4.新株予約権の行使の条件
        ① 新株予約権の割り当てを受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社また
          は当社子会社の取締役、監査役、従業員の地位を有していなければならない。ただし、当社の代表取締役
          (取締役会が設置された場合は取締役会)が正当な理由があると認めた場合は、この限りではない。
        ② 当社の普通株式が、いずれかの金融商品取引所に上場されていること。ただし、当社の取締役会が正当な
          理由があると認めた場合は、この限りではない。
        ③ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
       5.新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
        ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
          項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたと
          きは、その端数を切り上げるものとする。
        ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金
          等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
       6.権利喪失事由
         新株予約権者は、次の各号のいずれかに該当した場合、本新株予約権に係る権利行使請求権を喪失する。
        ① 禁錮以上の刑に処せられた場合
        ② 当社の就業規則に定める懲戒処分を受けた場合
        ③ 当社の書面による承諾を事前に得ることなく当社の同業他社の役職員に就いた場合
        ④ 書面により新株予約権の全部または一部を放棄する旨申し出た場合
        ⑤ 在任・在職中に故意または過失により過去及び将来にわたり当社に損害を与え、もしくは信用を毀損した
          と当社の取締役会が認めた場合
       7.当社が組織再編行為を実施する際の新株予約権の取扱い
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転(以
         上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残
         存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社
         法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を
         以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対
         象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移
         転計画において定めた場合に限るものとする。
        ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の
          数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
        ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)1.に準じて決定する。
                                 55/151






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行の条件等を勘案のうえ、前
          記(注)2.で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新
          株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
        ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
          上表の新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
        ⑥ 新株予約権の行使の条件
          前記(注)4.に準じて決定する。
        ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          前記(注)5.に準じて決定する。
        ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
        ⑨ 新株予約権の取得事由
          後記(注)8.に準じて決定する。
       8.新株予約権の取得事由
        ① 新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案または当社が完全子会社
          となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決
          議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することがで
          きる。
        ② 新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合、及び新株
          予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
       9.2020年1月8日開催の取締役会決議(書面決議)に基づき、2020年2月11日付で普通株式1株につき10株の割
         合で株式分割を行っております。               また、2022年5月6日開催の取締役会決議に基づき、2022年5月22日付で
         普通株式1株につき40株の割合で株式分割を行っております。                             これにより「新株予約権の目的となる株式の
         種類、内容及び数(株)」、「新株予約権の行使時の払込金額(円)」及び「新株予約権の行使により株式を発
         行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)」が調整されております。
                                 56/151












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第4回新株予約権
    決議年月日                    2020年4月14日
    付与対象者の区分及び人数(名)                    当社取締役 1

    新株予約権の数(個) ※                    4,500 (注1)

    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 4,500[180,000] (注1)(注8)
    内容及び数(株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額(円) ※                    20,100[503] (注2)(注8
    新株予約権の行使期間 ※                    2020年4月15日~2030年4月14日

    新株予約権の行使により株式を発行する
                        発行価格  20,727[519]
    場合の株式の発行価格及び資本組入額
                        資本組入額 10,364[260](注8
    (円) ※
    新株予約権の行使の条件 ※                    (注3)(注5)
                        譲渡による新株予約権の取得については、当社の取締役会の決議による承
                        認を要するものとする。
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        また、上記にかかわらず、本新株予約権について譲渡、担保権の設定、そ
                        の他一切の処分をすることができないものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                        (注6)
    に関する事項 ※
     ※当事業年度の末日(2021年6月30日)における内容を記載しております。                                  最近事業年度の末日から提出日の前月末
      (2022年5月31日)現在にかけて変更された事項については、提出日の前月末(2022年5月31日)現在における内容を
      [  ]内に記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株とする。                             (提出日の前月末現在は40株)
         当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を
         調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予
         約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨て
         る。
         調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合またはそ
         の他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整される
         ものとする。
       2.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株当たりの払込金額(以下「行使価額」という。)に
         新株予約権1個の株式数を乗じた金額とする。
         当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、1
         円未満の端数は切り上げる。
                                1
          調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                            分割・併合の比率
         また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う場合(新株予約権の
         行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満
         の端数は切り上げる。
                   既発行株式数       ×  調整前行使価額+新規発行株式数×1株当たり払込金額
          調整後行使価額        =
                              既発行株式数+新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
         数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
         「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
         さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
         う場合またはその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で調整されるものとす
         る。
                                 57/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       3.新株予約権の行使の条件
        ① 新株予約権の割り当てを受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、本新株予約権の行使期間において
          次に掲げる各事由が生じた場合には、新株予約権者は残存するすべての本新株予約権を行使することがで
          きない。
         (a)  行使価額を下回る価格を対価とする当社普通株式の発行等が行われた場合(払込金額が会社法第199条第
           3項・同第200条第2項に定める「特に有利な金額である場合」を除く。)。
         (b)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されていない場
           合、行使価額を下回る価格を対価とする売買その他の取引が行われたとき(ただし、資本政策目的等に
           より当該取引時点における株式価値よりも著しく低いと認められる価格で取引が行われた場合を除
           く。)。
         (c)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場された場合、当
           該金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値が、行使価額を下回る価格となったとき。
         (d)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されていない場
           合、各事業年度末日を基準日としてDCF法並びに類似会社比較法等の方法により評価された株式評価額
           が行使価額を下回ったとき(ただし、株式評価額が一定の幅をもって示された場合、当社の取締役会が
           株式評価機関と協議の上本項への該当を判断するものとする。)。
        ② 新株予約権者は、権利行使時においても、当社または当社子会社の取締役、監査役、従業員の地位を有し
          ていなければならない。ただし、当社の取締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限りではな
          い。
        ③ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
        ④ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとな
          るときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
        ⑤ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
       4.新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
        ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
          項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたと
          きは、その端数を切り上げるものとする。
        ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金
          等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
       5.権利喪失事由
         新株予約権者は、次の各号のいずれかに該当した場合、本新株予約権に係る権利行使請求権を喪失する。
        ① 禁錮以上の刑に処せられた場合
        ② 当社の就業規則に定める懲戒処分を受けた場合
        ③ 当社の書面による承諾を事前に得ることなく当社の同業他社の役職員に就いた場合
        ④ 書面により新株予約権の全部または一部を放棄する旨申し出た場合
        ⑤ 在任・在職中に故意または過失により過去及び将来にわたり当社に損害を与え、もしくは信用を毀損した
          と当社の取締役会が認めた場合
       6.当社が組織再編行為を実施する際の新株予約権の取扱い
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転(以
         上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残
         存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社
         法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を
         以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対
         象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移
         転計画において定めた場合に限るものとする。
        ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の
          数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
        ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)1.に準じて決定する。
                                 58/151





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行の条件等を勘案のうえ、前
          記(注)2.で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新
          株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
        ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
          上表の新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
        ⑥ 新株予約権の行使の条件
          前記(注)3.に準じて決定する。
        ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          前記(注)4.に準じて決定する。
        ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
        ⑨ 新株予約権の取得事由
          後記(注)7.に準じて決定する。
       7.新株予約権の取得事由
        ① 新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案または当社が完全子会社
          となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決
          議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することがで
          きる。
        ② 新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合、及び新株
          予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
       8.2022年5月6日開催の取締役会決議に基づき、2022年5月22日付で普通株式1株につき40株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)」、「新株予約権
         の行使時の払込金額(円)」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組
         入額(円)」が調整されております。
                                 59/151













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第5回新株予約権
    決議年月日                    2020年4月14日
    付与対象者の区分及び人数(名)                    当社社外協力者 4

    新株予約権の数(個) ※                    100 (注1)

    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 100[4,000] (注1)(注8)
    内容及び数(株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額(円) ※                    20,100[503] (注2)(注8)
    新株予約権の行使期間 ※                    2020年4月15日~2030年4月14日

    新株予約権の行使により株式を発行する
                        発行価格  20,727[519]
    場合の株式の発行価格及び資本組入額
                        資本組入額 10,364[260](注8)
    (円) ※
    新株予約権の行使の条件 ※                    (注3)(注5)
                        譲渡による新株予約権の取得については、当社の取締役会の決議による承
                        認を要するものとする。
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        また、上記にかかわらず、本新株予約権について譲渡、担保権の設定、そ
                        の他一切の処分をすることができないものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                        (注6)
    に関する事項 ※
     ※当事業年度の末日(2021年6月30日)における内容を記載しております。                                  最近事業年度の末日から提出日の前月末
      (2022年5月31日)現在にかけて変更された事項については、提出日の前月末(2022年5月31日)現在における内容を
      [  ]内に記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株とする。                             (提出日の前月末現在は40株)
         当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を
         調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予
         約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨て
         る。
         調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合またはそ
         の他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整される
         ものとする。
       2.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株当たりの払込金額(以下「行使価額」という。)に
         新株予約権1個の株式数を乗じた金額とする。
         当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、1
         円未満の端数は切り上げる。
                                1
          調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                            分割・併合の比率
         また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う場合(新株予約権の
         行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満
         の端数は切り上げる。
                   既発行株式数       ×  調整前行使価額+新規発行株式数×1株当たり払込金額
          調整後行使価額        =
                              既発行株式数+新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
         数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
         「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
         さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
         う場合またはその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で調整されるものとす
         る。
                                 60/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       3.新株予約権の行使の条件
        ① 新株予約権の割り当てを受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、本新株予約権の行使期間において
          次に掲げる各事由が生じた場合には、新株予約権者は残存するすべての本新株予約権を行使することがで
          きない。
         (a)  行使価額を下回る価格を対価とする当社普通株式の発行等が行われた場合(払込金額が会社法第199条第
           3項・同第200条第2項に定める「特に有利な金額である場合」を除く。)。
         (b)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されていない場
           合、行使価額を下回る価格を対価とする売買その他の取引が行われたとき(ただし、資本政策目的等に
           より当該取引時点における株式価値よりも著しく低いと認められる価格で取引が行われた場合を除
           く。)。
         (c)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場された場合、当
           該金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値が、行使価額を下回る価格となったとき。
         (d)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されていない場
           合、各事業年度末日を基準日としてDCF法並びに類似会社比較法等の方法により評価された株式評価額
           が行使価額を下回ったとき(ただし、株式評価額が一定の幅をもって示された場合、当社の代表取締役
           (取締役会が設置された場合は取締役会)が株式評価機関と協議の上本項への該当を判断するものとす
           る。)。
        ② 新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社または当
          社の子会社及び関連会社の取締役、監査役及び使用人、並びに顧問、アドバイザー、コンサルタントその
          他名目の如何を問わず当社または当社の子会社及び関連会社との間で委任、請負等の継続的な取引関係が
          あることを必要とする。ただし、当社の取締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限りではな
          い。
        ③ 当社の普通株式が、いずれかの金融商品取引所に上場されていること。ただし、当社の取締役会が正当な
          理由があると認めた場合は、この限りではない。
        ④ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
        ⑤ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとな
          るときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
        ⑥ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
       4.新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
        ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
          項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたと
          きは、その端数を切り上げるものとする。
        ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金
          等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
       5.権利喪失事由
         新株予約権者は、次の各号のいずれかに該当した場合、本新株予約権に係る権利行使請求権を喪失する。
        ① 禁錮以上の刑に処せられた場合
        ② 当社の書面による承諾を事前に得ることなく当社の同業他社の役職員に就いた場合
        ③ 書面により新株予約権の全部または一部を放棄する旨申し出た場合
        ④ 在任・在職中に故意または過失により過去及び将来にわたり当社に損害を与え、もしくは信用を毀損した
          と当社の取締役会が認めた場合
       6.当社が組織再編行為を実施する際の新株予約権の取扱い
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転(以
         上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残
         存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社
         法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を
         以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対
         象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移
         転計画において定めた場合に限るものとする。
        ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の
          数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
        ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)1.に準じて決定する。
                                 61/151



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行の条件等を勘案のうえ、前
          記(注)2.で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新
          株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
        ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
          上表の新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
        ⑥ 新株予約権の行使の条件
          前記(注)3.に準じて決定する。
        ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          前記(注)4.に準じて決定する。
        ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
        ⑨ 新株予約権の取得事由
          後記(注)7.に準じて決定する。
       7.新株予約権の取得事由
        ① 新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案または当社が完全子会社
          となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決
          議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することがで
          きる。
        ② 新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合、及び新株
          予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
       8.2022年5月6日開催の取締役会決議に基づき、2022年5月22日付で普通株式1株につき40株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)」、「新株予約権
         の行使時の払込金額(円)」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組
         入額(円)」が調整されております。
                                 62/151













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第6回新株予約権
    決議年月日                    2020年4月14日
                        当社取締役 1
    付与対象者の区分及び人数(名)
                        当社使用人 17(注1)
    新株予約権の数(個) ※                    2,170[2,140] (注1)(注2)
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 2,170[85,600] (注1)(注2)(注10)
    内容及び数(株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額(円) ※                    20,100[503] (注3)(注10)
    新株予約権の行使期間 ※                    2022年4月15日~2030年4月14日

    新株予約権の行使により株式を発行する
                        発行価格  20,100[503]
    場合の株式の発行価格及び資本組入額
                        資本組入額 10,050[252](注10)
    (円) ※
    新株予約権の行使の条件 ※                    (注4)(注5)(注7)
                        譲渡による新株予約権の取得については、当社の取締役会の決議による承
                        認を要するものとする。
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        また、上記にかかわらず、本新株予約権について譲渡、担保権の設定、そ
                        の他一切の処分をすることができないものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                        (注8)
    に関する事項 ※
     ※当事業年度の末日(2021年6月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月末
      (2022年5月31日)現在にかけて変更された事項については、提出日の前月末(2022年5月31日)現在における内容を
      [  ]内に記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.付与対象者の当社使用人17名のうち1名(新株予約権の数30個)は、退職により資格を喪失しております。
       2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株とする。                             (提出日の前月末現在は40株)
         当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を
         調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予
         約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨て
         る。
         調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合またはそ
         の他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整される
         ものとする。
       3.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株当たりの払込金額(以下「行使価額」という。)に
         新株予約権1個の株式数を乗じた金額とする。
         当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、1
         円未満の端数は切り上げる。
                                1
          調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                            分割・併合の比率
         また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う場合(新株予約権の
         行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満
         の端数は切り上げる。
                   既発行株式数       ×  調整前行使価額+新規発行株式数×1株当たり払込金額
          調整後行使価額        =
                              既発行株式数+新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
         数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
         「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
         さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
         う場合またはその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で調整されるものとす
         る。
                                 63/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       4.新株予約権の行使の条件
        ① 新株予約権の割り当てを受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社また
          は当社子会社の取締役、監査役、従業員の地位を有していなければならない。ただし、当社の代表取締役
          (取締役会が設置された場合は取締役会)が正当な理由があると認めた場合は、この限りではない。
        ② 当社の普通株式が、いずれかの金融商品取引所に上場されていること。ただし、当社の取締役会が正当な
          理由があると認めた場合は、この限りではない。
        ③ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
       5.新株予約権の行使制限等
         新株予約権者は本新株予約権の行使に関し、後記「5.新株予約権の行使の条件」に定める行使条件に加
         え、次の各号の制限を受けるものとする。
        ① 上記新株予約権の行使期間にかかわらず、割当新株予約権の行使は権利行使可能期間のうち、付与決議の
          日後2年を経過した日から付与決議の日後10年を経過する日までの期間内に行わなければならないものと
          する。なお、本契約において付与決議とは、割当新株予約権にかかる会社法第238条第2項の決議(同法第
          239条第1項の決議による委任に基づく同項に規定する募集事項の決定及び同法第240条第1項の規定によ
          る取締役会の決議を含む。)を意味するものとする。
        ② 新株予約権(当社が新株予約権者に対して付与する租税特別措置法第29条の2の規定を受ける他の新株予
          約権を含む)の行使に係る行使価額の年間(1月1日から12月31日まで)の合計額が1,200万円を超えないこ
          と。
        ③ 権利行使により取得した当社の普通株式は、当社が別途指定する証券会社に開設される新株予約権者名義
          の振替口座簿への記載もしくは記録がされること。
       6.新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
        ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
          項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたと
          きは、その端数を切り上げるものとする。
        ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金
          等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
       7.権利喪失事由
         新株予約権者は、次の各号のいずれかに該当した場合、本新株予約権に係る権利行使請求権を喪失する。
        ① 禁錮以上の刑に処せられた場合
        ② 当社の就業規則に定める懲戒処分を受けた場合
        ③ 当社の書面による承諾を事前に得ることなく当社の同業他社の役職員に就いた場合
        ④ 書面により新株予約権の全部または一部を放棄する旨申し出た場合
        ⑤ 在任・在職中に故意または過失により過去及び将来にわたり当社に損害を与え、もしくは信用を毀損した
          と当社の取締役会が認めた場合
       8.当社が組織再編行為を実施する際の新株予約権の取扱い
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転(以
         上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残
         存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社
         法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を
         以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対
         象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移
         転計画において定めた場合に限るものとする。
        ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の
          数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
        ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)2.に準じて決定する。
                                 64/151






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行の条件等を勘案のうえ、前
          記(注)3.で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新
          株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
        ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
          上表の新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
        ⑥ 新株予約権の行使の条件
          前記(注)4.に準じて決定する。
        ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          前記(注)6.に準じて決定する。
        ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
        ⑨ 新株予約権の取得事由
          後記(注)9.に準じて決定する。
       9.新株予約権の取得事由
        ① 新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案または当社が完全子会社
          となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決
          議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することがで
          きる。
        ② 新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合、及び新株
          予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
       10.2022年5月6日開催の取締役会決議に基づき、2022年5月22日付で普通株式1株につき40株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)」、「新株予約権
         の行使時の払込金額(円)」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組
         入額(円)」が調整されております。
                                 65/151













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第7回新株予約権
    決議年月日                    2020年6月26日
    付与対象者の区分及び人数(名)                    社外協力者 1

    新株予約権の数(個) ※                    350 (注1)

    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 350[14,000] (注1)(注8)
    内容及び数(株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額(円) ※                    20,100[503] (注2)(注8)
    新株予約権の行使期間 ※                    2020年6月29日~2030年6月28日

    新株予約権の行使により株式を発行する
                        発行価格  20,727[519]
    場合の株式の発行価格及び資本組入額
                        資本組入額 10,364[260](注8)
    (円)※
    新株予約権の行使の条件 ※                    (注3)(注5)
                        譲渡による新株予約権の取得については、当社の取締役会の決議による承
                        認を要するものとする。
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        また、上記にかかわらず、本新株予約権について譲渡、担保権の設定、そ
                        の他一切の処分をすることができないものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                        (注6)
    に関する事項 ※
     ※当事業年度の末日(2021年6月30日)における内容を記載しております。                                  最近事業年度の末日から提出日の前月末
      (2022年5月31日)現在にかけて変更された事項については、提出日の前月末(2022年5月31日)現在における内容を
      [  ]内に記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株とする。                             (提出日の前月末現在は40株)
         当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を
         調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予
         約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨て
         る。
         調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合またはそ
         の他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整される
         ものとする。
       2.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株当たりの払込金額(以下「行使価額」という。)に
         新株予約権1個の株式数を乗じた金額とする。
         当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、1
         円未満の端数は切り上げる。
                                1
          調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                            分割・併合の比率
         また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う場合(新株予約権の
         行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満
         の端数は切り上げる。
                   既発行株式数       ×  調整前行使価額+新規発行株式数×1株当たり払込金額
          調整後行使価額        =
                              既発行株式数+新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
         数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
         「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
         さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
         う場合またはその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で調整されるものとす
         る。
                                 66/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       3.新株予約権の行使の条件
        ① 新株予約権の割り当てを受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、本新株予約権の行使期間において
          次に掲げる各事由が生じた場合には、新株予約権者は残存するすべての本新株予約権を行使することがで
          きない。
         (a)  行使価額を下回る価格を対価とする当社普通株式の発行等が行われた場合(払込金額が会社法第199条第
           3項・同第200条第2項に定める「特に有利な金額である場合」を除く。)。
         (b)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されていない場
           合、行使価額を下回る価格を対価とする売買その他の取引が行われたとき(ただし、資本政策目的等に
           より当該取引時点における株式価値よりも著しく低いと認められる価格で取引が行われた場合を除
           く。)。
         (c)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場された場合、当
           該金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値が、行使価額を下回る価格となったとき。
         (d)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されていない場
           合、各事業年度末日を基準日としてDCF法並びに類似会社比較法等の方法により評価された株式評価額
           が行使価額を下回ったとき(ただし、株式評価額が一定の幅をもって示された場合、当社の代表取締役
           (取締役会が設置された場合は取締役会)が株式評価機関と協議の上本項への該当を判断するものとす
           る。)。
        ② 新株予約権者は、権利行使時においても、当社または当社の子会社及び関連会社の取締役、監査役及び使
          用人、並びに顧問、アドバイザー、コンサルタントその他名目の如何を問わず当社または当社の子会社及
          び関連会社との間で委任、請負等の継続的な契約関係があることを必要とする。ただし、当社の取締役会
          が正当な理由があると認めた場合は、この限りではない。
        ③ 当社の普通株式が、いずれかの金融商品取引所に上場されていること。ただし、当社の取締役会が正当な
          理由があると認めた場合は、この限りではない。
        ④ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
        ⑤ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとな
          るときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
        ⑥ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
       4.新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
        ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
          項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたと
          きは、その端数を切り上げるものとする。
        ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金
          等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
       5.権利喪失事由
         新株予約権者は、次の各号のいずれかに該当した場合、本新株予約権に係る権利行使請求権を喪失する。
        ① 禁錮以上の刑に処せられた場合
        ② 当社の書面による承諾を事前に得ることなく当社の同業他社の役職員に就いた場合
        ③ 書面により新株予約権の全部または一部を放棄する旨申し出た場合
        ④ 在任・在職中に故意または過失により過去及び将来にわたり当社に損害を与え、もしくは信用を毀損した
          と当社の取締役会が認めた場合
       6.当社が組織再編行為を実施する際の新株予約権の取扱い
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転(以
         上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残
         存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社
         法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を
         以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対
         象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移
         転計画において定めた場合に限るものとする。
        ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の
          数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
        ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)1.に準じて決定する。
                                 67/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行の条件等を勘案のうえ、前
          記(注)2.で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新
          株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
        ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
          上表の新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
        ⑥ 新株予約権の行使の条件
          前記(注)3.に準じて決定する。
        ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          前記(注)4.に準じて決定する。
        ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
        ⑨ 新株予約権の取得事由
          後記(注)7.に準じて決定する。
       7.新株予約権の取得事由
        ① 新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案または当社が完全子会社
          となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決
          議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することがで
          きる。
        ② 新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合、及び新株
          予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
       8.2022年5月6日開催の取締役会決議に基づき、2022年5月22日付で普通株式1株につき40株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)」、「新株予約権
         の行使時の払込金額(円)」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組
         入額(円)」が調整されております。
                                 68/151













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第8回新株予約権
    決議年月日                    2020年6月26日
    付与対象者の区分及び人数(名)                    当社使用人 3(注1)

                        30[10] (注1)         (注2)

    新株予約権の数(個)※
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 30[400] (注1)              (注2)(注10)
    内容及び数(株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額(円) ※                    20,100[503] (注3)(注10)
    新株予約権の行使期間 ※                    2022年6月29日~2030年6月28日

    新株予約権の行使により株式を発行する
                        発行価格  20,100[503]
    場合の株式の発行価格及び資本組入額
                        資本組入額 10,050[252](注10)
    (円) ※
    新株予約権の行使の条件 ※                    (注4)(注5)(注7)
                        譲渡による新株予約権の取得については、当社の取締役会の決議による承
                        認を要するものとする。
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        また、上記にかかわらず、本新株予約権について譲渡、担保権の設定、そ
                        の他一切の処分をすることができないものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                        (注8)
    に関する事項 ※
     ※当事業年度の末日(2021年6月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月末
      (2022年5月31日)現在にかけて変更された事項については、提出日の前月末(2022年5月31日)現在における内容を
      [  ]内に記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.付与対象者の当社使用人3名のうち2名(新株予約権の数20個)は、退職により資格を喪失しております。
       2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株とする。                             (提出日の前月末現在は40株)
         当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を
         調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予
         約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨て
         る。
         調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合またはそ
         の他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整される
         ものとする。
       3.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株当たりの払込金額(以下「行使価額」という。)に
         新株予約権1個の株式数を乗じた金額とする。
         当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、1
         円未満の端数は切り上げる。
                                1
          調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                            分割・併合の比率
         また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う場合(新株予約権の
         行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満
         の端数は切り上げる。
                   既発行株式数       ×  調整前行使価額+新規発行株式数×1株当たり払込金額
          調整後行使価額        =
                              既発行株式数+新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
         数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
         「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
         さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
         う場合またはその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で調整されるものとす
         る。
                                 69/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       4.新株予約権の行使の条件
        ① 新株予約権の割り当てを受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社また
          は当社子会社の取締役、監査役、従業員の地位を有していなければならない。ただし、当社の取締役会が
          正当な理由があると認めた場合は、この限りではない。
        ② 当社の普通株式が、いずれかの金融商品取引所に上場されていること。ただし、当社の取締役会が正当な
          理由があると認めた場合は、この限りではない。
        ③ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
       5.新株予約権の行使制限等
         新株予約権者は本新株予約権の行使に関し、上記「4.新株予約権の行使の条件」に定める行使条件に加
         え、次の各号の制限を受けるものとする。
        ① 上記新株予約権の行使期間にかかわらず、割当新株予約権の行使は権利行使可能期間のうち、付与決議の
          日後2年を経過した日から付与決議の日後10年を経過する日までの期間内に行わなければならないものと
          する。なお、本契約において付与決議とは、割当新株予約権にかかる会社法第238条第2項の決議(同法第
          239条第1項の決議による委任に基づく同項に規定する募集事項の決定及び同法第240条第1項の規定によ
          る取締役会の決議を含む。)を意味するものとする。
        ② 新株予約権(当社が新株予約権者に対して付与する租税特別措置法第29条の2の規定を受ける他の新株予
          約権を含む)の行使に係る行使価額の年間(1月1日から12月31日まで)の合計額が1,200万円を超えないこ
          と。
        ③ 権利行使により取得した当社の普通株式は、当社が別途指定する証券会社に開設される新株予約権者名義
          の振替口座簿への記載もしくは記録がされること。
       6.新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
        ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
          項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたと
          きは、その端数を切り上げるものとする。
        ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金
          等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
       7.権利喪失事由
         新株予約権者は、次の各号のいずれかに該当した場合、本新株予約権に係る権利行使請求権を喪失する。
        ① 禁錮以上の刑に処せられた場合
        ② 当社の就業規則に定める懲戒処分を受けた場合
        ③ 当社の書面による承諾を事前に得ることなく当社の同業他社の役職員に就いた場合
        ④ 書面により新株予約権の全部または一部を放棄する旨申し出た場合
        ⑤ 在任・在職中に故意または過失により過去及び将来にわたり当社に損害を与え、もしくは信用を毀損した
          と当社の取締役会が認めた場合
       8.当社が組織再編行為を実施する際の新株予約権の取扱い
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転(以
         上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残
         存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社
         法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を
         以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対
         象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移
         転計画において定めた場合に限るものとする。
        ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の
          数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
        ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)2.に準じて決定する。
                                 70/151






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行の条件等を勘案のうえ、前
          記(注)3.で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新
          株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
        ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
          上表の新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
        ⑥ 新株予約権の行使の条件
          前記(注)4.に準じて決定する。
        ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          前記(注)6.に準じて決定する。
        ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
        ⑨ 新株予約権の取得事由
          後記(注)8.に準じて決定する。
       9.新株予約権の取得事由
        ① 新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案または当社が完全子会社
          となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決
          議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することがで
          きる。
        ② 新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合、及び新株
          予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
       10.2022年5月6日開催の取締役会決議に基づき、2022年5月22日付で普通株式1株につき40株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)」、「新株予約権
         の行使時の払込金額(円)」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組
         入額(円)」が調整されております。
                                 71/151













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第9回新株予約権
    決議年月日                    2021年6月14日
    付与対象者の区分及び人数(名)                    当社使用人 24(注1)

    新株予約権の数(個)※                    1,000[931] (注1)(注2)

    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 1,000[37,240] (注1)                 (注2)(注10)
    内容及び数(株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額(円) ※                    38,500[963] (注3)(注10)
    新株予約権の行使期間 ※                    2023年6月15日~2031年6月14日

    新株予約権の行使により株式を発行する
                        発行価格  38,500[963]
    場合の株式の発行価格及び資本組入額
                        資本組入額 19,250[482](注10)
    (円) ※
    新株予約権の行使の条件 ※                    (注4)(注5)(注7)
                        譲渡による新株予約権の取得については、当社の取締役会の決議による承
                        認を要するものとする。
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        また、上記にかかわらず、本新株予約権について譲渡、担保権の設定、そ
                        の他一切の処分をすることができないものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                        (注8)
    に関する事項 ※
     ※当事業年度の末日(2021年6月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月末
      (2022年5月31日)現在にかけて変更された事項については、提出日の前月末(2022年5月31日)現在における内容を
      [  ]内に記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.付与対象者の当社使用人24名のうち4名(新株予約権の数69個)は、退職により資格を喪失しております。
       2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株とする。                             (提出日の前月末現在は40株)
         当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を
         調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予
         約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨て
         る。
         調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合またはそ
         の他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整される
         ものとする。
       3.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株当たりの払込金額(以下「行使価額」という。)に
         新株予約権1個の株式数を乗じた金額とする。
         当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、1
         円未満の端数は切り上げる。
                                1
          調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                            分割・併合の比率
         また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う場合(新株予約権の
         行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満
         の端数は切り上げる。
                   既発行株式数       ×  調整前行使価額+新規発行株式数×1株当たり払込金額
          調整後行使価額        =
                              既発行株式数+新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
         数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
         「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
         さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
         う場合またはその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で調整されるものとす
         る。
                                 72/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       4.新株予約権の行使の条件
        ① 新株予約権の割り当てを受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社また
          は当社子会社の取締役、監査役、従業員の地位を有していなければならない。ただし、当社の取締役会が
          正当な理由があると認めた場合は、この限りではない。
        ② 当社の普通株式が、いずれかの金融商品取引所に上場されていること。ただし、当社の取締役会が正当な
          理由があると認めた場合は、この限りではない。
        ③ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
       5.新株予約権の行使制限等
         新株予約権者は本新株予約権の行使に関し、上記「5.新株予約権の行使の条件」に定める行使条件に加
         え、次の各号の制限を受けるものとする。
        ① 上記新株予約権の行使期間にかかわらず、割当新株予約権の行使は権利行使可能期間のうち、付与決議の
          日後2年を経過した日から付与決議の日後10年を経過する日までの期間内に行わなければならないものと
          する。なお、本契約において付与決議とは、割当新株予約権にかかる会社法第238条第2項の決議(同法第
          239条第1項の決議による委任に基づく同項に規定する募集事項の決定及び同法第240条第1項の規定によ
          る取締役会の決議を含む。)を意味するものとする。
        ② 新株予約権(当社が新株予約権者に対して付与する租税特別措置法第29条の2の規定を受ける他の新株予
          約権を含む)の行使に係る行使価額の年間(1月1日から12月31日まで)の合計額が1,200万円を超えないこ
          と。
        ③ 権利行使により取得した当社の普通株式は、当社が別途指定する証券会社に開設される新株予約権者名義
          の振替口座簿への記載もしくは記録がされること。
       6.新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
        ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
          項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたと
          きは、その端数を切り上げるものとする。
        ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金
          等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
       7.権利喪失事由
         新株予約権者は、次の各号のいずれかに該当した場合、本新株予約権に係る権利行使請求権を喪失する。
        ① 禁錮以上の刑に処せられた場合
        ② 当社の就業規則に定める懲戒処分を受けた場合
        ③ 当社の書面による承諾を事前に得ることなく当社の同業他社の役職員に就いた場合
        ④ 書面により新株予約権の全部または一部を放棄する旨申し出た場合
        ⑤ 在任・在職中に故意または過失により過去及び将来にわたり当社に損害を与え、もしくは信用を毀損した
          と当社の取締役会が認めた場合
       8.当社が組織再編行為を実施する際の新株予約権の取扱い
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転(以
         上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残
         存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社
         法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を
         以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対
         象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移
         転計画において定めた場合に限るものとする。
        ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の
          数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
        ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)2.に準じて決定する。
                                 73/151






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行の条件等を勘案のうえ、前
          記(注)3.で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新
          株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
        ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
          上表の新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新
          株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
        ⑥ 新株予約権の行使の条件
          前記(注)4.に準じて決定する。
        ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          前記(注)6.に準じて決定する。
        ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
        ⑨ 新株予約権の取得事由
          後記(注)9.に準じて決定する。
       9.新株予約権の取得事由
        ① 新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案または当社が完全子会社
          となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決
          議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することがで
          きる。
        ② 新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合、及び新株
          予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
       10.2022年5月6日開催の取締役会決議に基づき、2022年5月22日付で普通株式1株につき40株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)」、「新株予約権
         の行使時の払込金額(円)」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組
         入額(円)」が調整されております。
      ②  【ライツプランの内容】
        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
                                 74/151











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                               資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

             発行済株式総数         発行済株式総数
      年月日
              増減数(株)          残高(株)
                                (千円)       (千円)      増減額(千円)        残高(千円)
                      普通株式
    2016年10月31日        A種優先株式              6,060
                                 134,850       139,350       134,850       136,350
      (注1)            1,798    A種優先株式
                           1,798
                      普通株式
                           6,060
    2018年2月23日        AA種優先株式         A種優先株式
                                  25,000       164,350        25,000       161,350
      (注2)             250        1,798
                      AA種優先株式
                            250
                      普通株式
                           6,060
    2019年3月1日                 A種優先株式
                    ―             △65,000        99,350      △161,350           ―
      (注3)                     1,798
                      AA種優先株式
                            250
             普通株式         普通株式
                 54,540         60,600
    2020年2月11日        A種優先株式         A種優先株式
                                    ―     99,350         ―       ―
      (注4)           16,182         17,980
             AA種優先株式         AA種優先株式
                  2,250         2,500
                      普通株式
                           60,600
                      A種優先株式
    2020年4月21日        B種優先株式              17,980
                                  43,750       143,100        43,750       43,750
      (注5)            2,500    AA種優先株式
                           2,500
                      B種優先株式
                           2,500
                      普通株式
                           60,600
                      A種優先株式
                           17,980
    2021年4月21日        C種優先株式         AA種優先株式
                                 311,350       454,450       311,350       355,100
      (注6)            9,580         2,500
                      B種優先株式
                           2,500
                      C種優先株式
                           9,580
                      普通株式
                           60,600
                      A種優先株式
                           17,980
    2021年6月12日                 AA種優先株式
                ―                △354,450        100,000      △355,100           ―
      (注7)                     2,500
                      B種優先株式
                           2,500
                      C種優先株式
                           9,580
             普通株式
                 32,560
             A種優先株式
                △17,980
    2022年3月1日        AA種優先株式         普通株式                                 355,100
                                    ―     100,000          ―
      (注8)           △2,500          93,160
             B種優先株式
                 △2,500
             C種優先株式数
                 △9,580
                                 75/151



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                               資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
             発行済株式総数         発行済株式総数
      年月日
              増減数(株)          残高(株)
                                (千円)       (千円)      増減額(千円)        残高(千円)
    2022年5月19日        普通株式         普通株式
                                    ―     100,000          ―       ―
      (注9)           △5,000          88,160
    2022年5月22日        普通株式         普通株式
                                    ―     100,000          ―       ―
      (注10)          3,438,240         3,526,400
     (注)   1.有償第三者割当増資

         A種優先株式  割当先 みずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合(700株)、CQベンチャーズ株式会社
                     (565株)、FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合(333株)、かなが
                     わ成長企業支援投資事業組合(200株)
         発行価格        150,000円
         資本組入額  75,000円
       2.有償第三者割当増資
         AA種優先株式  割当先 株式会社電通グループ(200株)、株式会社アドウェイズ(50株)
         発行価格         200,000円
         資本組入額        100,000円
       3.資本金及び資本準備金の減少
         財務体質の強化を目的として資本金164,350千円を65,000千円減少し、99,350千円とし、資本準備金161,350
         千円を全額減少し、0円といたしました。
         なお、資本金の減資割合は39.5%、資本準備金の減資割合は100%となっております。
       4.株式分割(1:10)によるものであります。
       5.有償第三者割当増資
         B種優先株式  割当先 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
         発行価格        35,000円
         資本組入額        17,500円
       6.有償第三者割当増資
         C種優先株式  割当先 三菱商事株式会社(7,580株)、株式会社HTパートナーズ(770株)、株式会社宮崎銀
                     行(770株)、株式会社ジョイフル(460株)
         発行価格        65,000円
         資本組入額        32,500円
       7.資本金及び資本準備金の減少
         今後の資本政策の柔軟性及び機動性を確保することを目的として資本金454,450千円を354,450千円減少し、
         100,000千円とし、資本準備金355,100千円を全額減少し、0円といたしました。
         なお、資本金の減資割合は78.0%、資本準備金の減資割合は100%となっております。
       8.優先株式の転換
         2022年2月14日開催の取締役会決議、2022年2月28日開催の臨時株主総会の決議により、2022年3月1日付
         でA種優先株式17,980株、AA種優先株式2,500株、B種優先株式2,500株及びC種優先株式9,580株を自己株式と
         して取得し、その対価として普通株式をそれぞれ17,980株、2,500株、2,500株、9,580株交付しておりま
         す。また、2022年2月17日開催の取締役会決議により、自己株式として取得した当該A種優先株式、AA種優
         先株式、B種優先株式及びC種優先株式のすべてを2022年3月1日付で消却しております。
       9.自己株式の消却による減少であります。
       10.株式分割(1:40)によるものであります。
     (4)  【所有者別状況】

                                                 2022年5月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満
      区分                            外国法人等                   株式の状況
           政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                       (株)
           地方公共     金融機関                                 計
                      取引業者      法人               その他
            団体
                                個人以外      個人
    株主数
              ―      1     ―     11     ―     ―      4     16      ―
    (人)
    所有株式数
              ―     308      ―   17,996       ―     ―   16,960     35,264        ―
    (単元)
    所有株式数
              ―    0.87      ―    51.03       ―     ―    48.09     100.00        ―
    の割合(%)
     (注) 自己株式252,000株は、「個人その他」に含まれております。
                                 76/151


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                                 2022年5月31日現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
    無議決権株式                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                     (自己保有株式)
                                         自己株式については、会社法第308条
                     普通株式
    完全議決権株式(自己株式等)                               ―      第2項の規定により議決権を有して
                                         おりません。
                          252,000
                                         内容については「1 株式等の状
                     普通株式          普通株式
                                         況 (1)    株式の総数等 ② 発行済
    完全議決権株式(その他)
                         3,274,400            32,744
                                         株式」に記載しております。
    単元未満株式                    ―          ―              ―
    発行済株式総数                     3,526,400          ―              ―

    総株主の議決権                    ―            32,744            ―

      ②  【自己株式等】

                                                 2022年5月31日現在
                                                     発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                             総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                            所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
    (自己保有株式)             東京都港区虎ノ門一丁目17
                                  252,000          ―    252,000         7.14
    株式会社unerry             番1号
          計             ―          252,000          ―    252,000         7.14
                                 77/151











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】会社法第155条第4号によるA種優先株式、AA種優先株式、B種優先株式及びC種優先株式の取得
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

               区分                  株式数(株)              価額の総額(千円)
                                  A種優先株式17,980
    取締役会(2022年2月14日)での決議状況
                                  AA種優先株式2,500
                                                  ―
                                   B種優先株式2,500
    (取得日2022年3月1日)
                                   C種優先株式9,580
    最近事業年度前における取得自己株式                               ―               ―
    最近事業年度における取得自己株式                               ―               ―

    残存決議株式の総数及び価額の総額                               ―               ―

    最近事業年度の末日現在の未行使割合(%)                               ―               ―

                                  A種優先株式17,980

    最近期間における取得自己株式                              AA種優先株式2,500
                                                  ―
    (取得日2022年3月1日)                              B種優先株式2,500
                                   C種優先株式9,580
    提出日現在の未行使割合(%)                               ―               ―
     (注) 2022年2月14日開催の取締役会決議により、2022年3月1日付でA種優先株式17,980株、AA種優先株式2,500
        株、B種優先株式2,500株及びC種優先株式9,580株を自己株式として取得し、その対価として普通株式をそれぞ
        れ17,980株、2,500株、2,500株、9,580株交付しております。また、2022年2月17日開催の取締役会決議によ
        り、自己株式として取得した当該A種優先株式、AA種優先株式、B種優先株式及びC種優先株式のすべてを2022年
        3月1日付で消却しております。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                           最近事業年度                    最近期間
           区分
                               処分価額の総額                   処分価額の総額
                       株式数(株)                   株式数(株)
                                 (千円)                   (千円)
    引き受ける者の募集を行った
                         ―          ―          ―          ―
    取得自己株式
                                          普通株式5,000
                                        A種優先株式17,980
    消却の処分を行った取得自己株式                     ―          ―      AA種優先株式2,500             ―
                                         B種優先株式2,500
                                         C種優先株式9,580
    合併、株式交換、株式交付、会社
    分割に係る移転を行った取得自己                     ―          ―         ―
                                                     ―
    株式
    その他(新株予約権の行使)                     ―          ―        普通株式5,000             10,750
    保有自己株式数                      16,300        ―           252,000        ―

     (注)    消却の処分および新株予約権の行使に伴う充当を行った結果、当社保有自己株式数は6,300株となりましたが、
        その後2022年5月22日付で普通株式1株につき40株の株式分割を行ったため、最近期間における保有自己株式
        数は252,000株となっております。
                                 78/151



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3 【配当政策】
      当社は株主への利益還元を経営上の重要な課題と認識しておりますが、未だ成長過程にあり、事業基盤の整備を優
     先し、事業の継続的な拡大を行うことが株主価値の最大化に資するとの考えにより、その原資となる資金の確保を優
     先する方針であります。
      内部留保資金については事業拡大に向けて人材などに資金を投じることで、さらなる業績成長及び利益の獲得を当
     面の優先事項としております。一方で、事業基盤の整備状況や業績並びに財政状態等を総合的に勘案し、利益還元の
     時期を検討していく方針であります。
      なお、剰余金の配当を行う場合は、年1回の期末配当を基本方針としており、その他年1回中間配当を行うことが
     できる旨及び上記のほかに基準日を定めて剰余金の配当を行うことができる旨を定款に定めております。また、2022
     年5月16日記載の臨時株主総会決議により、会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に定めがある場
     合を除き、取締役会決議によって剰余金の配当を行うことができる旨を定款に定めております。
                                 79/151

















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、企業本来の目的である企業価値の増大を図るために、経営の透明性・健全性を確保し、適切な経営を
       行うことが重要であると考え、コーポレート・ガバナンスの強化に努めております。
      ② 企業統治に関する事項

       a 企業統治体制の概要及び当該体制を採用する理由
        当社は、法定機関として、株主総会、取締役会、監査役会及び会計監査人を設置しております。また機動的な
       業務執行を図るため、執行役員制度を導入するとともに、社長の諮問機関として経営会議を設けております。そ
       のほか、リスク管理の検討、審議等を行うリスク管理委員会、法令違反に関する情報の分析、報告等を行うコン
       プライアンス委員会を設置しております。
        取締役の職務執行については、取締役が法令及び定款に則って自ら行動し、コンプライアンスやリスク管理に
       対応するとともに、取締役会を定期的に開催し、法令に定められた事項や経営に関する重要事項の決定、職務執
       行状況の報告及び監督を行っております。
        監査体制については、監査役監査、内部監査、会計監査人監査の三様監査を実施しております。監査の実施に
       あたり監査役は、取締役会への出席を通じて、取締役の職務執行状況等に係る発言を行うとともに、会計監査人
       及び内部監査人とそれぞれ意見や情報の交換を行い、監査効率の向上と監査の実効性の確保を図っております。
        以上のような企業統治の体制により当社の業務の適正性が担保されていると考え、現在の体制を採用しており
       ます。
        (a)  取締役・取締役会

          取締役会は、取締役5名(うち社外取締役1名)で構成されており、定例取締役会を毎月1回開催するほ
         か、必要に応じて臨時取締役会を開催し、法令で定められた事項及び経営に関する重要事項の決定、並びに
         職務執行の監視・監督を行っております。
        (b)  監査役・監査役会

          監査役会は、常勤監査役1名を含む監査役3名(3名すべて社外監査役)で構成されており、定例監査役会
         を毎月1回開催するほか、必要に応じて臨時監査役会を開催し、各監査役の権限の行使を妨げないことを前
         提として、監査の方針、業務及び財産状況の調査方法その他の監査役の職務の執行に関する事項を決定いた
         します。監査役は、株主の負託を受けた独立の機関として取締役の職務執行を監査することにより、企業の
         健全で持続的な成長を確保し、社会的信頼に応える良質な企業統治体制を確立する責務を自覚し、取締役会
         その他重要な会議への出席、取締役及び使用人等から受領した報告内容の検証、会社の業務及び財産の状況
         に関する調査等を行い、取締役または使用人に対する助言または勧告等の意見の表明、取締役の行為の差止
         めなど、必要な措置を適時に講じます。監査役は、自らの職務執行の状況を監査役会に定期かつ随時に報告
         し、監査役会は、報告に対する措置等について協議を行います。
          なお、監査役は内部監査人及び会計監査人と必要に応じて随時緊密な連携をとると同時に、定期的な会合
         を開催し、監査の実効性と効率性の向上に努めております。
        (c)  内部監査

          当社は現時点において小規模な組織体制であるため、独立した内部監査部署は設けておらず、代表取締役
         が2部署より任命した内部監査担当者3名が、自己監査とならないよう分担して監査を行っております。内
         部監査人は、代表取締役社長の承認を得た内部監査計画(年度計画)に基づき、当社の業務全般について内部
         監査を行っております。また、監査の内容については、監査役及び会計監査人への報告を行うことで、情報
         の共有を図り、監査の実効性を高めております。
        (d)  会計監査人

          当社は、EY新日本有限責任監査法人と監査契約を締結しております。同監査法人及び当社監査に従事する
         業務執行社員と当社の間には特別の利害関係はありません。また、会計監査にあたっては、経営情報を提供
         し、公正不偏な立場から監査が実施される環境を整備するとともに、監査役会、内部監査人と連携し、会計
         監査の実効性を高めるよう努めております。
                                 80/151



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (e)  経営会議
          経営会議は、毎月1回取締役会後に開催しており、取締役会の出席者及び執行役員にて構成されておりま
         す。本会議は社長の諮問機関と位置付け、重要なテーマについて意見交換を行っております。
        (f)  リスク管理委員会

          当社は、リスク管理の検討、審議等を行うためリスク管理委員会を設置しております。当委員会は、代表
         取締役及び、各部門におけるリスク管理責任者である各部門長で構成されており、経営企画部長が委員長を
         務めております。リスク管理委員会は毎年度定期的に2回開催するほか、必要に応じて開催することとして
         おり、その活動状況については取締役会に報告しております。
        (g)  コンプライアンス委員会

          当社は、コンプライアンスを経営の基本とし、法令違反に関する情報を分析し、必要事項について改善を
         図るため、毎年度定期的に2回、コンプライアンス委員会を開催しております。当委員会は、代表取締役及
         び、各部門長で構成されており、経営企画部長が委員長を務めております。
     コーポレート・ガバナンス体制の概要図は次のとおりであります。

                                 81/151















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     機関ごとの構成員は次のとおりであります。
                                            リスク管理      コンプライア
        役職名          氏名      取締役会       監査役会       経営会議
                                             委員会      ンス委員会
    代表取締役社長
                内山 英俊         ◎       ―       ◎       ○       ○
    執行役員CEO
    取締役
    執行役員COO
                鈴木 茂二郎          ○       ―       ○       ○       ○
    Beacon    Bank事業部長
    [内部監査担当者]
    取締役
    執行役員CFO
                斎藤 泰志         ○       ―       ○       ◎       ◎
    経営企画部長
    [内部監査責任者]
    取締役
    執行役員CMO            内山 麻紀子          ○       ―       ○       ○       ○
    マーケティング部長
    社外取締役            八十川 祐輔          ○       ―       ○       ―       ―
    社外監査役(常勤)             神成 敦         ○       ◎       ○     ○(注2)       ○(注2)

    社外監査役            前川 研吾         ○       ○       ○       ―       ―

    社外監査役            渡邊 涼介         ○       ○       ○       ―       ―

    執行役員CTO
                伊藤 清香         ―       ―       ○       ○       ○
    技術部長
     (注)   1.◎は議長、委員長であります。
       2.オブザーバーとして出席しております。
      ③ 企業統治に関するその他の事項

       a 内部統制システムの整備の状況
        当社は、会社法及び会社法施行規則に基づき、取締役の職務の執行が法令・定款に適合することを確保するた
       めの体制、並びに当社の業務の適正を確保するために必要な体制として、「内部統制システムに関する基本方
       針」を以下のとおり定め、この方針に基づいた運営を行っております。なお、この内部統制システムについて
       は、不断の見直しによって継続的に改善を図り、より適正かつ効率的な体制の構築に努めることとしておりま
       す。
        1.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

         (1)  取締役会は、定款や法令諸規則への適合性及び経営判断に基づく妥当性を満たすよう、業務執行の決定
           と取締役及び執行役員の職務執行の監督を行い、監査役は、取締役及び執行役員の職務執行の監査を行
           う。
         (2)  取締役会は、職務執行に関する諸規程を整備し、使用人は定められた諸規程に従い業務を執行する。
         (3)  コンプライアンスに関する研修会を適宜開催し、コンプライアンス意識の維持・向上を図る。
         (4)  内部通報制度を設け、法令違反やコンプライアンス違反、それら疑義のある行為等について、問題の早
           期発見・未然防止を図り、適切かつ迅速に対応する。
        2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

         (1)  取締役の職務の執行に係る重要な情報については、文書または電磁的媒体に適切に記録し、法令及び諸
           規程に基づき、適正に保存及び管理を行う。
         (2)  取締役及び監査役は、これらの文書または電磁的媒体を常時閲覧できるものとする。
                                 82/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
         (1)  リスク管理委員会において、当社が直面する可能性があるリスクを予め識別し、識別したリスクに対処
           するための体制を整備するものとする。
         (2)  取締役会は、リスク管理委員会を通じて、損失の危機の管理に関する諸規程を整備し、使用人は定めら
           れた諸規程に従い、損失の危機の管理を行う。
         (3)  識別したリスクについて、組織横断的なリスク状況の監視及び全社的な対応はリスク管理委員会が行
           い、個別のリスクは各部門が対応する。
         (4)  各部門のリスク管理状況については、内部監査により有効性の検証、不備是正勧告などを行う。
         (5)  不測の事態が発生した場合、リスク管理委員会は、必要に応じて外部専門機関と連携して迅速かつ的確
           な対応を行い、損失の拡大を防止する。
        4.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

         (1)  当社取締役会は、法令及び「取締役会規程」で定められた事項やその他経営に関する重要事項を決定す
           るとともに、取締役の業務執行状況を監督する。
         (2)  取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための諸規程を整備し、取締役の職務及び権
           限、責任の明確化を図るとともに、各部門に権限を委譲することで、事業運営の迅速化、効率化を図
           る。
        5.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及びその

          使用人の取締役からの独立性に関する事項並びに指示の実効性確保に関する事項
         (1)  監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合、会社は監査役会と協議の上その人選を
           行うものとする。
         (2)  監査役は、当該使用人に監査業務に必要な事項を指示することができる。指示を受けた使用人はその指
           示に関して、取締役、執行役員、部門長等の指揮命令を受けないものとする。
         (3)  当社は、監査役の職務を補助すべき使用人に関し、監査役の指揮命令に従うよう周知徹底を行うものと
           する。
        6.取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他監査役への報告に関する体制

         (1)  監査役は、重要な意思決定プロセスや業務の執行状況を把握するため、取締役会、経営会議等の重要な
           会議に出席し、文書を閲覧し、取締役及び使用人に説明を求めることができるものとする。
         (2)  取締役及び使用人は、法令に違反する事実、会社に著しい損害を与えるおそれのある事実、内部監査の
           実施状況、内部通報制度による通報状況及びその内容を監査役に報告し、監査役の情報収集、情報交換
           が適切に行えるよう協力するものとする。
         (3)  取締役及び使用人は、監査役から業務執行に関する事項等の報告を求められた場合には、速やかに報告
           するものとする。
         (4)  当社は、監査役へ報告を行った者に対して、当該報告をしたことを理由として不利な取扱いをしてはな
           らないことを当社の規程において明記し、周知徹底させる。
                                 83/151







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        7.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         (1)  監査役は、代表取締役社長と定期的にまたは適時に意見交換を行い、相互の意思疎通を図るものとす
           る。
         (2)  監査役は、内部監査人と定期的にまたは適時に情報交換を行い、相互に連携し、必要に応じて内部監査
           に立ち会うものとする。また、会計監査人に会計監査の状況の説明を受ける等必要な連携を行い、監査
           役監査の実効性の向上を図るものとする。
         (3)  監査役がその職務の執行につき、費用の前払等を請求したときは、請求に係る費用または債務が当該監
           査役の職務の執行に必要でないことを証明した場合を除き、当社はこれを拒むことはできない。
        8.      財務報告の信頼性を確保するための体制

         (1)  金融商品取引法に基づく財務報告の適正性を確保するため、内部統制システムを構築するとともに、そ
           のシステムが適正に機能することを継続的に評価し、必要に応じて是正を行う。
        9.反社会的勢力との取引排除に向けた基本的考え方及びその整備状況

         (1)  当社は、「反社会的勢力への対応に関する規程」を制定し、全社的な反社会的勢力排除の基本方針及び
           反社会的勢力への対応を定めており、社会の秩序や安全を脅かす反社会的勢力や団体には、毅然とした
           態度で対応する。
         (2)  当社は、「反社会的勢力対応マニュアル」を定め、反社会的勢力との取引を一切遮断する。不当要求等
           の介入に対しては、速やかに関係部署、社外関係先(警察署、顧問弁護士等)と協議し、組織的に対応
           し、利益供与は絶対に行わない。
       b.リスク管理体制の整備の状況

        当社では、リスク管理体制を整備し、リスク発生の防止またはリスクが発生した場合の損失の最小化を図り、
       会社業務の円滑な運営に資することを目的として「リスク管理規程」を制定しております。本規程において会社
       の使命及び目標の達成を阻害する要因を「リスク」として定義し、役員及び社員はその職務の遂行にあたり、リ
       スク管理に努めております。社員はリスクが発生した場合(リスクの発生を回避できない場合を含む)には、リス
       ク管理責任者である各部門の長及び執行役員に速やかに報告しなければならないとしております。
        リスク管理は、代表取締役が最終的な責任者として指揮し、経営企画部長は代表取締役を補佐するとともにリ
       スク管理を総括しております。各部門の長及び執行役員はリスク管理責任者として、各部門におけるリスク管理
       を総括し、各部門のリスク管理状況について、内部監査が有効性の検証、不備是正勧告などを行っております。
        社員は、重大なリスクの発生を認知したときには、速やかに必要と認められる範囲内の初動対応及びリスク管
       理責任者への通報を行うものとし、通報を受けたリスク管理責任者は、迅速に代表取締役及びリスク管理委員長
       に通報することとしております。リスク管理責任者は、会社全体として取り組むべき重大なリスクの発生が認め
       られる場合には、解決するために必要な措置を迅速かつ的確に講じ、あわせて速やかにリスク管理委員会に報告
       することとしております。
        リスク管理委員会は、①社内で対応すべきリスクの評価並びに当該リスクへの対応策の取りまとめ及び当該対
       応策の推進状況の点検に関する事項、②重大なリスクの発生の再発防止に関する事項、③その他リスク管理委員
       会が必要と認めた事項、について検討及び審議の上、議事録を作成し、取締役会に報告しております。
      ④ 取締役の定数

        当社の取締役は3名以上とする旨を定款に定めております。
      ⑤ 取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議は、株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上
       を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数をもって行う旨、また、取締役の選任決議は累積投
       票によらない旨を定款に定めております。
                                 84/151



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑥ 取締役及び監査役の責任免除
        当社は、取締役会の決議によって、取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者含む。)
       の会社法第423条第1項の賠償責任について、法令に定める要件に該当する場合には賠償責任額から法令に定める
       最低責任限度額を控除して得た額を限度として免除することができる旨を定款で定めております。
        これは、職務の遂行にあたって期待される役割を十分に発揮できるようにするためであります。
      ⑦ 責任限定契約の概要

        当社は取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び監査役との間で、会社法第423条第1項の賠償責任に
       ついて法令に定める要件に該当する場合には賠償責任を限定する契約を締結することができる旨を定款で定めて
       おります。
        当社は、社外取締役(1名)及び社外監査役(3名)との間において、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法
       第423条第1項の損害賠償責任について、非業務執行役員として職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がないと
       きに限り、会社法第425条第1項に定める最低責任限度額を限度として損害賠償額を負担する旨の責任限定契約を
       締結しております。
      ⑧ 株主総会の決議要件

        当社は、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を
       有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会に
       おける決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。
      ⑨  剰余金の配当の決定機関

        当社は、剰余金の配当等を会社法第459条第1号第1項に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を
       除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、剰余金の配当等
       を取締役会の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
      ⑩  中間配当

        当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年12月末日を基準日として中間配当を
       行うことができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするもので
       あります。
                                 85/151









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【役員の状況】
      ①  役員一覧
    男性  7 名 女性    1 名(役員のうち女性の比率            12.5  %)
                                                     所有株式数
       役職名        氏名      生年月日                略歴             任期
                                                       (株)
                            2000年7月      プライスウォーターハウスクーパースコ
                                  ンサルタント㈱(現        日本アイ・ビー・エ
                                  ム㈱) 入社
                            2002年8月      A.T.カーニー㈱ 入社
                                                      普通株式
     代表取締役社長                       2005年9月      ㈱サイバード 入社 公式モバイルコン
              内山 英俊      1976年3月17日                              (注)3   1,784,000
                                  テンツ事業部部長
      執行役員CEO
                                                      (注8)
                            2008年4月      ㈱ANALOG    TWELVE 共同創業 取締役
                            2015年8月      当社 設立 代表取締役社長(現任)
                            2019年9月      当社 執行役員CEO(現任)
                            2020年2月      一般社団法人LBMA       Japan 理事(現任)
                            1999年5月      アンダーセンコンサルティング㈱(現               ア
                                  クセンチュア㈱) 入社
       取締役
                            2003年11月      ㈱エヌリンクス 入社
      執行役員COO
                                                      普通株式
             鈴木 茂二郎       1975年3月20日        2006年6月      同社 取締役                 (注)3
                                                      164,000
      Beacon   Bank
                            2018年9月      当社 取締役(現任)
      事業部長
                            2019年9月      当社 執行役員COO Beacon           Bank事業部
                                  長(現任)
                            1995年4月      ㈱アプレック(現       ㈱ジャパン・ファイナ
                                  ンシャル・ソリューションズ) 入社
                            2001年8月      ㈱ビジネスブレイン太田昭和 入社
                            2003年7月      ネクステック㈱(現        ㈱経営共創基盤       も
                                  のづくり戦略カンパニー) 入社 経営
                                  管理部長
                            2004年9月      同社 取締役 経営管理部長
                            2009年4月      同社 代表取締役
                            2012年11月      ㈱経営共創基盤 ネクステックカンパ
                                  ニー(現    ㈱経営共創基盤       ものづくり戦
                                  略カンパニー) カンパニー長
       取締役
                            2015年6月      ㈱アルメディオ 社外取締役
      執行役員CFO        斎藤 泰志      1972年2月4日                              (注)3     ―
                            2015年10月      ㈱経営共創基盤 IGPIカンパニー プリ
     経営企画部長                            ンシパル
                            2016年10月      ㈱ファーストロジック 取締役 経営管
                                  理部長
                            2017年6月      ㈱アルメディオ 社外取締役 監査等委
                                  員
                            2017年10月      ㈱経営共創基盤 IGPIカンパニー シニ
                                  アエキスパート
                                  エンゼルプレイングカード㈱(現             エンゼ
                                  ルグループ㈱) 執行役員 管理本部副
                                  本部長
                            2019年9月      当社 取締役 執行役員CFO 経営企画
                                  部長(現任)
                            2000年7月      プライスウォーターハウスクーパースコ
                                  ンサルタント㈱(現        日本アイ・ビー・エ
                                  ム㈱) 入社
       取締役
                            2006年2月      ㈱シンク 入社
      執行役員CMO        内山 麻紀子       1977年11月14日                              (注)3     ―
                            2009年6月      ㈱サニーサイドアップ 入社
                            2016年8月      当社 入社 経営企画部長
    マーケティング部長
                            2019年9月      当社 取締役 執行役員CMO
                            2020年7月      当社 取締役 執行役員CMO マーケ
                                  ティング部長(現任)
                                 86/151






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                     所有株式数
       役職名        氏名      生年月日                略歴             任期
                                                       (株)
                            1989年4月      日本電信電話㈱ 入社
                            1999年1月      ㈱ボストン・コンサルティング・グルー
                                  プ 入社
                            2007年6月      スパークス証券㈱(現         スパークス・ア
                                  セット・マネジメント㈱) 代表取締役
                                  社長
                            2011年5月      ㈱オオゼキ 代表取締役社長
       取締役      八十川 祐輔       1965年10月22日        2013年5月      ㈱ピー・アンド・イー・ディレクション                 (注)3     ―
                                  ズ 入社 ディレクター
                            2015年8月      ㈱ワイノット 設立 代表取締役社長
                                  (現任)
                            2015年12月      加藤産業㈱ 社外取締役(現任)
                            2018年9月      当社 社外取締役(現任)
                            2019年2月      MYCARE   Hawaii   Inc.
                                  CEO(現任)
                            1984年4月      飯野海運㈱ 入社
                            1987年7月      ㈱小松製作所 入社
                            1991年1月      大東京火災海上保険㈱(現          あいおいニッ
                                  セイ同和損害保険㈱) 入社
                            2009年4月      トヨタアセットマネジメント㈱(現              三井
                                  住友アセットマネジメント㈱) 出向 
                                  執行役員トレーディング部長
                            2010年6月      同社 常勤監査役
      常勤監査役        神成 敦      1958年7月24日                              (注)4     ―
                            2012年7月      あいおいニッセイ同和損害保険㈱ 業務
                                  監査部本社監査第二グループ担当部長
                            2013年10月      MS&ADインシュアランスグループホール
                                  ディングス㈱ 入社 監査部長
                            2016年5月      協立情報通信㈱ 社外監査役(現任)
                            2017年5月      KEN&BRAINSアセットマネジメント㈱(現
                                  KEN&BRAINS㈱) 監査役
                            2018年3月      ㈱すららネット 常勤監査役
                            2019年9月      当社 常勤監査役(現任)
                            2003年10月      新日本監査法人(現        EY新日本有限責任監
                                  査法人) 入所
                            2007年5月      公認会計士登録
                            2007年9月      税理士登録
       監査役       前川 研吾      1981年1月15日                              (注)5     ―
                            2008年4月      汐留パートナーズ㈱ 設立 代表取締役
                                  社長(現任)
                            2012年8月      汐留パートナーズ税理士法人 設立 代
                                  表社員(現任)
                            2018年9月      当社 監査役(現任)
                            2007年12月      弁護士登録
                            2007年12月      光和総合法律事務所 入所(現任)
                            2014年9月      総務省 総合通信基盤局 専門職 入職
                            2019年11月      内閣サイバーセキュリティセンター
                                  サイバーセキュリティ関連法令の調査検
       監査役       渡邊 涼介      1980年11月25日                              (注)6     ―
                                  討等を目的としたサブワーキンググルー
                                  プ 入職
                            2020年4月      当社 監査役(現任)
                            2021年1月      東京都港区情報公開・個人情報保護審査
                                  会委員(現任)
                            計                         1,948,000
     (注)   1.取締役 八十川祐輔は、社外取締役であります。
       2.監査役 神成敦、前川研吾及び渡邊涼介は、社外監査役であります。
       3.取締役の任期は、          2022年5月16日開催の臨時            株主総会終結の時から選任後1年以内に終了する事業年度のう
         ち、最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
                                 87/151





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       4.監査役の任期は、          2022年5月16日開催の臨時            株主総会終結の時から選任後4年以内に終了する事業年度のう
         ち、最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
       5.取締役 内山麻紀子は、代表取締役社長 内山英俊の配偶者であります。
       6.代表取締役社長 内山英俊の所有株式数は、同氏により議決権の過半数を所有している株式会社UC                                                AIRの所
         有株式数を合算しております。
       7.当社は、執行役員制度を導入しており、以下の5名を選任しております。
             役職名          氏名
           執行役員CEO          内山 英俊
           執行役員COO         鈴木 茂二郎
           執行役員CFO          斎藤 泰志
           執行役員CMO         内山 麻紀子
           執行役員CTO          伊藤 清香
      ② 社外役員の状況

       a 社外取締役及び社外監査役の員数並びに当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係
        当社は社外取締役1名及び社外監査役3名を選任しておりますが、いずれの社外役員についても、各人及び各
       人が所属する団体と当社との間に人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はありません。
       b 社外取締役及び社外監査役が企業統治において果たす機能及び役割

        社外取締役の八十川祐輔氏は、長年培われた経営コンサルティング・経営者としての経験をもとに当社取締役
       会に貴重な提言を行うとともに、当社の主要クライアント業種でもある流通・小売事業に対する知見から有益な
       助言を行うことにより当社サービスの一層の普及に貢献しております。
        社外監査役の神成敦氏は、豊富な監査業務経験に基づいた、全社ガバナンス、リスク・マネジメントに関する
       高い見識を有しており、客観的な見地から、専門性を活かし経営を監視し、取締役会において意見を述べており
       ます。
        社外監査役の前川研吾氏は、公認会計士及び税理士としての専門的な見地に加え、自身の会社経営において培
       われた豊富な知識・経験等に基づき、経営を監視し、取締役会において意見を述べております。
        社外監査役の渡邊涼介氏は、弁護士の資格を有しており、その職務を通じて培われた法律に関する豊富な経験
       及び専門的な知識を有しております。その経験と見識に基づき経営を監視し、取締役会において意見を述べてお
       ります。
       c 社外取締役及び社外監査役の独立性の基準又は方針及び選任状況に関する提出会社の考え方

        当社は、社外取締役または社外監査役の独立性に関する基準や方針についての特段の定めはありませんが、独
       立性に関しては、株式会社東京証券取引所が定める基準を参考にしており、一般株主と利益相反が生じるおそれ
       のない社外取締役及び社外監査役を選任しており、経営の独立性を確保していると認識しております。
       d 社外取締役及び社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

        統制部門との関係
        社外取締役は、取締役会を通じて内部監査、監査役監査及び会計監査の状況を把握しております。
        当社監査役3名は、全員社外監査役であり、監査役会を通じて各監査役の監査の状況を把握し、三様監査意見
       交換会を通じて会計監査及び内部監査の報告を受け、必要に応じて意見を述べることにより監査の実効性を高め
       ております。社外取締役及び社外監査役は、取締役会を通じ内部統制部門からの報告を受けて連携しておりま
       す。
                                 88/151





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【監査の状況】
      ① 監査役監査の状況
       a 監査役監査の組織、人員及び手続
        当社における監査役監査は、常勤監査役1名及び非常勤監査役2名の3名体制で実施されており、全員が社外
       監査役であります。監査役の神成敦氏は豊富な監査業務経験から、監査役として必要な財務及び会計に関する知
       識を有しております。監査役の前川研吾氏は、公認会計士及び税理士資格を有し、財務及び会計に関する相当程
       度の知見を有しており、監査役の渡邊涼介氏は弁護士の資格を有し、法的な専門知識を有しております。
        監査役会は、内部統制システムの整備状況にも留意のうえ、重要性、適時性その他必要な要素を考慮して監査
       方針を決定し、監査対象、監査の方法及び実施時期を適切に選定し、監査上の重要課題については重点監査項目
       として設定し、監査計画を作成しております。また、監査計画策定にあたっては、効率的な監査を実施するた
       め、適宜会計監査人及び内部監査部門等と協議または意見交換を行っております。決定した監査方針及び監査計
       画については、代表取締役及び取締役会にその内容を説明しております。
        監査は監査計画に基づき実施し、取締役会、重要会議への出席・意見陳述、稟議書その他業務執行に関する重
       要書類の閲覧、取締役及び使用人に対して事業の報告を求める等の方法により会社の業務及び財産の状況を調査
       しております。また、必要に応じ、ヒアリングその他の方法により調査を実施し、十分に事実を確かめ、監査意
       見を形成しております。
        監査役は、実施した監査方法及び監査結果、並びにその監査意見の形成に至った過程及び理由等を監査調書に
       記録しており、それに基づき監査報告書を作成し、監査役会に報告しております。監査役会は各監査役が作成し
       た監査役監査報告に基づき、審議のうえ、正確かつ明瞭に監査報告書を作成いたします。なお、監査役は、監査
       役会にてとりまとめた監査報告書の内容と自己の監査報告の内容が異なる場合には、自己の監査役監査報告の内
       容を監査報告書に付記することができます。
        監査役及び監査役会は、監査の実施状況とその結果について、定期的に代表取締役及び取締役会に報告してお
       り、必要に応じて助言または勧告を行うほか、状況に応じ適切な措置を講じることとしております。
       b 監査役会の活動状況

        当事業年度(2020年7月1日から2021年6月30日まで)において監査役会は16回開催しており、各監査役の出席
       状況は以下のとおりであります。
              氏名             開催回数           出席回数

       神成敦監査役                    16回           16回
       前川研吾監査役                    16回           16回
       渡邊涼介監査役                    16回           16回
        当事業年度の監査役会では、会計監査人の報酬妥当性、監査方針及び監査計画の策定、取締役会運営の適法

       性、予算の妥当性、業績状況、労務管理体制の適切性、内部統制システムの整備運用状況、リスク管理状況、監
       査結果について、株主総会議案及び招集手続きの適法性に関して主に検討が行われております。
                                 89/151







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       c 監査役の活動状況
        常勤監査役は、常勤者としての特性を踏まえ、監査環境の整備及び社内の情報の収集に積極的に努め、かつ内
       部統制システムの構築状況及び運用状況を日常的に監視し検証しております。取締役会・監査役会、その他重要
       会議、代表取締役との会合及び三様監査会議に出席し、日常的かつ継続的に監査活動を行うとともに監査報告書
       の作成、監査役会の運営、職務遂行上知り得た情報を非常勤監査役と共有し、また、取りまとめなどを担当して
       おります。また、常勤監査役は特定監査役として各監査役が、受領すべき事業報告及びその附属明細書並びに計
       算関係書類を取締役から受領し、それらを他の監査役に送付するとともに、監査役会の監査報告を特定取締役に
       通知しております。会計監査人から受けた会計監査報告についても同様に他の監査役に当該監査報告の内容を通
       知し、計算関係書類に関する監査役会の監査報告の内容を特定取締役及び会計監査人に通知しております。
        非常勤監査役は、取締役会・監査役会及び代表取締役との会合及び三様監査会議に出席し、監査に必要な情報
       を入手し、専門分野の知見を活かした提言、意見具申等を行っております。
      ② 内部監査の状況

        内部監査につきましては、独立した内部監査部署は設けておらず、代表取締役により任命された内部監査担当
       者3名が内部監査を行っております。内部監査は、会社の業務及び財産の実態を監査し、経営の合理化及び能率
       の増進に資することを目的として「内部監査規程」に基づき実施しております。
        内部監査担当者は、「内部監査計画書」を作成し、代表取締役の承認を得て、これに基づいて監査を行ってお
       ります。監査は、原則として被監査部署の長に事前通達し、監査の方法は、書面監査、または実地監査により行
       い、もしくはこれらを併用して行います。監査終了後、内部監査担当者は速やかに「内部監査報告書」を作成
       し、代表取締役及び監査役に提出しております。あわせて、被監査部署長に「内部監査報告書」を送付して結果
       を通知し、また、必要があるときは代表取締役の承認を得た後、関係部署に対しても監査結果を通知いたしま
       す。
        代表取締役は「内部監査報告書」の内容のうち、重要と認めた事項があるときは被監査部署の長に対して「改
       善指示書」により改善を指示し、被監査部署の長は遅滞なく改善に取り組み、「内部監査改善状況報告書」にて
       改善状況を報告しております。内部監査担当者は、後日、改善指示事項における改善状況を確認し、改善結果を
       代表取締役に報告しております。
        なお、内部監査担当者は、監査役会及び会計監査人と連携し、年3回開催する三様監査の会合においてそれぞ
       れの監査計画、監査結果を共有する等、情報交換・意見交換を行い、相互の監査の実効性と効率性の向上に努め
       ております。
      ③ 会計監査の状況

        当社は、EY新日本有限責任監査法人と監査契約を締結し、会計監査を受けております。当社と同監査法人及び
       当社監査に従事する同監査法人の業務執行社員との間には、特別な利害関係はありません。
       a 業務を執行した公認会計士の氏名

        指定有限責任社員 公認会計士  飯塚 徹
        指定有限責任社員 公認会計士  野口 正邦
        なお、監査継続年数は2年であります。

       b 監査業務に係る補助者の構成

        公認会計士 8名
        その他   2名
                                 90/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       c 会計監査人の選定方針と理由
        会計監査人の選定方針は特に定めておりませんが、会計監査人の品質管理体制が適切で独立性に問題がないこ
       と、監査計画並びに監査報酬の妥当性等を勘案し、総合的に判断いたします。
        また、監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、会計監
       査人の解任または不再任を検討し、会社法第340条第1項各号のいずれかに該当すると認められる場合は、監査役
       全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役は、解任後最初に招集される株主総会に
       おきまして、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いたします。
       d 監査役及び監査役会による会計監査人の評価

        当社の監査役及び監査役会は、会計監査人に対する評価を行っており、EY新日本有限責任監査法人につきまし
       ては、会計監査人としての独立性、専門性等を害する事由等の発生はなく、適正な監査の遂行が行われていると
       評価しております。
      ④ 監査報酬の内容等

       a 監査公認会計士等に対する報酬の内容
             最近事業年度の前事業年度                         最近事業年度
          監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
         基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
               13,000             ―         14,000             ―
       b 監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(aを除く)

        該当事項はありません。
       c その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

        該当事項はありません。
       d 監査報酬の決定方針

        当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、当社の会社規模、特性、監査日数等を考
       慮し、監査役会の同意を得たうえで決定しております。
       e 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

        当社監査役会は、社内関係部署及び会計監査人から必要な資料を入手し、報告を受けた上で、会計監査人の監
       査計画の内容・会計監査の職務遂行状況について相当性を確認し、監査時間と報酬単価の精査を通じて報酬見積
       りの算出根拠・算定内容について検討した結果、会計監査人の監査報酬等は妥当であると判断し会社法第399条第
       1項の同意をしました。
                                 91/151







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (4)  【役員の報酬等】
      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針
        2020年9月29日開催の定時株主総会において、取締役の報酬額を年額9千万円以内、監査役の報酬額を年額1
       千万円以内(ただし、取締役の報酬額には使用人兼務取締役の使用人分給与は含まない)と決議されております。
        取締役の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針は、株主総会で決定された総額限度内において、
       取締役会の決議により代表取締役に一任され、当社の業績を勘案した上で各取締役の職務・職責・成果などの評
       価をもとに決定されております。
        監査役の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針は、株主総会で決定された総額限度内において監
       査役会が決定しており、各監査役については監査役全員の同意により決定されております。
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別総額及び対象となる役員の員数

        第6期事業年度(2020年7月~2021年6月)における当社取締役及び監査役に対する報酬は以下のとおりであり
       ます。
                               報酬等の種類別の総額(千円)
                                                    対象となる
                 報酬等の総額
        役員区分                                            役員の員数
                   (千円)
                                                     (名)
                           固定報酬       業績連動報酬         退職慰労金
    取締役
                     68,880         68,880           ―         ―         4
    (社外取締役を除く。)
    監査役
                       ―         ―         ―         ―         ―
    (社外監査役を除く。)
    社外役員                 12,600         12,600           ―         ―         4
      ③ 役員ごとの報酬等の総額等

        報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
      ④ 使用人兼務役員の使用人給与のうち重要なもの

        該当事項はありません。
     (5)  【株式の保有状況】

      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、保有目的が純投資目的の株式及び純投資目的以外の目的の株式のいずれも保有しておりません。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

        該当事項はありません。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
                                 92/151







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5   【経理の状況】
    1   財務諸表及び四半期財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の財務諸表は「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づいて
      作成しております。
     (2)  当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(平成19年内閣府令第63
      号)に基づいて作成しております。
    2   監査証明について

     (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(2019年7月1日から2020年6月30日ま
      で)及び当事業年度(2020年7月1日から2021年6月30日まで)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人の監
      査を受けております。
     (2) 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2022年1月1日から2022年3
      月31日まで)及び第3四半期累計期間(2021年7月1日から2022年3月31日まで)の四半期財務諸表について、EY新日
      本有限責任監査法人により四半期レビューを受けております。
    3   連結財務諸表及び四半期連結財務諸表について

      当社は子会社がありませんので、連結財務諸表及び四半期連結財務諸表を作成しておりません。
    4   財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には会計基準等の内容を適
     切に把握できる体制を整備するため、専門的な情報を有する団体等が主催するセミナーに積極的に参加しておりま
     す。
                                 93/151












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    1 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年6月30日)              (2021年6月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               211,880              800,333
        受取手形                                2,068                -
        売掛金                                43,683              95,534
                                      ※  5,251            ※  5,275
        たな卸資産
        前払費用                                1,114              2,267
        未収還付法人税等                                  -             1,257
                                         375             7,155
        その他
        流動資産合計                               264,374              911,823
      固定資産
        無形固定資産
                                         123               93
         特許権
         無形固定資産合計                                123               93
        投資その他の資産
                                        33,900              33,910
         敷金及び保証金
         投資その他の資産合計                               33,900              33,910
        固定資産合計                                34,023              34,003
      資産合計                                 298,397              945,827
                                 94/151












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年6月30日)              (2021年6月30日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                41,262              86,016
        1年内返済予定の長期借入金                                  -            15,003
        未払金                                19,562              16,046
        未払費用                                6,962              4,120
        未払法人税等                                2,448                -
        前受金                                13,752              18,748
        前受収益                                3,300              1,980
                                        11,802              19,270
        その他
        流動負債合計                                99,090              161,185
      固定負債
        長期借入金                                  -            124,997
                                          -              519
        繰延税金負債
        固定負債合計                                  -            125,516
      負債合計                                 99,090              286,702
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               143,100              100,000
        資本剰余金
         資本準備金                               43,750                -
                                       173,377              882,927
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                              217,127              882,927
        利益剰余金
         その他利益剰余金
                                      △ 129,362             △ 292,244
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                             △ 129,362             △ 292,244
        自己株式                               △ 35,045             △ 35,045
        株主資本合計                               195,819              655,637
      新株予約権                                  3,487              3,487
      純資産合計                                 199,307              659,125
     負債純資産合計                                  298,397              945,827
                                 95/151









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                               当第3四半期会計期間
                                (2022年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               883,898
        受取手形、売掛金及び契約資産                               300,118
        棚卸資産                                18,311
                                        14,916
        その他
        流動資産合計                              1,217,244
      固定資産
        無形固定資産                                  70
                                        1,812
        投資その他の資産
        固定資産合計                                1,883
      資産合計                                1,219,127
     負債の部
      流動負債
        買掛金                               209,168
        1年内返済予定の長期借入金                                20,004
        未払法人税等                                  216
                                        99,444
        その他
        流動負債合計                               328,833
      固定負債
                                       109,994
        長期借入金
        固定負債合計                               109,994
      負債合計                                 438,827
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               100,000
        資本剰余金                               590,682
        利益剰余金                               121,175
                                      △ 35,045
        自己株式
        株主資本合計                               776,812
      新株予約権                                  3,487
      純資産合計                                 780,300
     負債純資産合計                                 1,219,127
                                 96/151








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年7月1日              (自 2020年7月1日
                                至 2020年6月30日)               至 2021年6月30日)
     売上高                                  577,264              783,018
                                       399,308              562,469
     売上原価
     売上総利益                                  177,955              220,549
                                   ※1 ,※2   275,928          ※1 ,※2   380,719
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                  △ 97,972             △ 160,170
     営業外収益
      受取利息                                    1              2
      還付加算金                                    8              -
                                         123              506
      雑収入
      営業外収益合計                                   133              508
     営業外費用
      支払利息                                    -              182
      為替差損                                    -              48
                                         306             2,179
      株式交付費
      営業外費用合計                                   306             2,410
     経常損失(△)                                  △ 98,144             △ 162,072
     税引前当期純損失(△)                                  △ 98,144             △ 162,072
     法人税、住民税及び事業税
                                         290              290
                                        △ 267              519
     法人税等調整額
     法人税等合計                                     22              809
     当期純損失(△)                                  △ 98,167             △ 162,882
                                 97/151












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【売上原価明細書】
                            前事業年度                 当事業年度

                          (自    2019年7月1日               (自    2020年7月1日
                          至   2020年6月30日)               至   2021年6月30日)
                    注記               構成比                 構成比
           区分               金額(千円)                 金額(千円)
                    番号                (%)                 (%)
    Ⅰ   労務費
                              32,871       8.2          41,275       7.3
    Ⅱ   経費                       365,792                 521,675
                    ※                 91.8                 92.7
      当期総製造費用
                                     100.0                 100.0
                              398,664                 562,951
      仕掛品期首たな卸高
                               5,405                 4,761
           合計
                              404,069                 567,712
      仕掛品期末たな卸高                        4,761                 5,243
      売上原価
                              399,308                 562,469
     (注)※     主な内訳は、次のとおりであります。

              前事業年度                           当事業年度
            (自    2019年7月1日                        (自    2020年7月1日
            至   2020年6月30日)                         至   2021年6月30日)
         区分            金額(千円)               区分            金額(千円)
     媒体費                      155,824      媒体費                      263,646
     外注費                      115,053      外注費                      133,313
     支払手数料                      61,293     支払手数料                      72,098
     (原価計算の方法)

     当社の原価計算は、実際原価による個別原価計算であります。
                                 98/151












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期損益計算書】
        【第3四半期累計期間】
                                    (単位:千円)
                               当第3四半期累計期間
                               (自 2021年7月1日
                                至 2022年3月31日)
     売上高                                 1,111,886
                                       653,977
     売上原価
     売上総利益                                  457,909
     販売費及び一般管理費                                  337,418
     営業利益                                  120,490
     営業外収益
      受取利息                                    6
      ポイント還元収入                                   188
      助成金収入                                   340
                                          10
      その他
      営業外収益合計                                   545
     営業外費用
      支払利息                                   157
      為替差損                                    5
                                          0
      その他
      営業外費用合計                                   163
     経常利益                                  120,873
     税引前四半期純利益                                  120,873
     法人税、住民税及び事業税
                                         217
                                        △ 519
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   △ 301
     四半期純利益                                  121,175
                                 99/151











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自 2019年7月1日 至 2020年6月30日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                                       資本剰余金
                  資本金
                                       その他資本
                            資本準備金                     資本剰余金合計
                                        剰余金
    当期首残高                 99,350            -         173,377           173,377
    当期変動額
     新株の発行                43,750           43,750                     43,750
     当期純損失(△)
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                 43,750           43,750            -         43,750
    当期末残高                 143,100           43,750          173,377           217,127
                           株主資本

                   利益剰余金
                                            新株予約権       純資産合計
              その他利益剰余金                自己株式      株主資本合計
                      利益剰余金合計
               繰越利益剰余金
    当期首残高             △ 31,194      △ 31,194      △ 35,045       206,487         383     206,871
    当期変動額
     新株の発行                                  87,500              87,500
     当期純損失(△)            △ 98,167      △ 98,167             △ 98,167             △ 98,167
     株主資本以外の項目の
                                               3,103       3,103
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計             △ 98,167      △ 98,167         -     △ 10,667        3,103      △ 7,564
    当期末残高            △ 129,362      △ 129,362       △ 35,045       195,819        3,487      199,307
                                100/151











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自 2020年7月1日 至 2021年6月30日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                                       資本剰余金
                  資本金
                                       その他資本
                            資本準備金                     資本剰余金合計
                                        剰余金
    当期首残高                 143,100           43,750          173,377           217,127
    当期変動額
     新株の発行                311,350           311,350                     311,350
     資本金から剰余金への
                    △ 354,450                     354,450           354,450
     振替
     準備金から剰余金への
                               △ 355,100           355,100
     振替
     当期純損失(△)
    当期変動額合計                △ 43,100          △ 43,750          709,550           665,800
    当期末残高                 100,000             -         882,927           882,927
                           株主資本

                   利益剰余金
                                            新株予約権       純資産合計
              その他利益剰余金                自己株式      株主資本合計
                      利益剰余金合計
               繰越利益剰余金
    当期首残高            △ 129,362      △ 129,362       △ 35,045       195,819        3,487      199,307
    当期変動額
     新株の発行                                  622,700              622,700
     資本金から剰余金への
     振替
     準備金から剰余金への
     振替
     当期純損失(△)            △ 162,882      △ 162,882             △ 162,882             △ 162,882
    当期変動額合計            △ 162,882      △ 162,882         -     459,817         -     459,817
    当期末残高            △ 292,244      △ 292,244       △ 35,045       655,637        3,487      659,125
                                101/151










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年7月1日              (自 2020年7月1日
                                至 2020年6月30日)               至 2021年6月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前当期純損失(△)                                △ 98,144             △ 162,072
      減価償却費                                    30              30
      受取利息                                   △ 1             △ 2
      支払利息                                    -              182
      売上債権の増減額(△は増加)                                 37,135             △ 49,782
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                   883              △ 24
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  8,926              44,753
      未払金の増減額(△は減少)                                 △ 2,811             △ 3,515
      未払費用の増減額(△は減少)                                   203            △ 2,842
      未払法人税等(外形標準課税)の増減額(△は
                                        2,930             △ 3,705
      減少)
      前受金の増減額(△は減少)                                 13,752               4,995
      前受収益の増減額(△は減少)                                  3,300             △ 1,320
                                       △ 4,280              △ 463
      その他
      小計                                △ 38,076             △ 173,766
      利息の受取額
                                          1              2
      利息の支払額                                    -             △ 182
                                        △ 290             △ 290
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                △ 38,365             △ 174,236
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      敷金及び保証金の差入による支出                                △ 33,600               △ 10
                                        3,312                -
      敷金及び保証金の回収による収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 30,288               △ 10
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      長期借入れによる収入                                    -            140,000
      株式の発行による収入                                 87,500              622,700
                                        3,103                -
      新株予約権の発行による収入
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 90,603              762,700
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   21,950              588,453
     現金及び現金同等物の期首残高                                  189,929              211,880
                                     ※  211,880            ※  800,333
     現金及び現金同等物の期末残高
                                102/151








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
     前事業年度(自         2019年7月1日         至   2020年6月30日)
      1   たな卸資産の評価基準及び評価方法

       (1)  仕掛品
         個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
       (2)  貯蔵品

         移動平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
      2   固定資産の減価償却の方法

        無形固定資産
        定額法を採用しております。なお、耐用年数は次のとおりであります。
        特許権                                  8年
      3   繰延資産の処理方法

        株式交付費
        支出時に全額費用処理しております。
      4   キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
        負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限が到来する短期的な投資からなっております。
      5   その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
     当事業年度(自         2020年7月1日         至   2021年6月30日)

      1   たな卸資産の評価基準及び評価方法

       (1)  仕掛品
         個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
       (2)  貯蔵品

         移動平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
      2   固定資産の減価償却の方法

        無形固定資産
        定額法を採用しております。なお、耐用年数は次のとおりであります。
        特許権                                  8年
      3   繰延資産の処理方法

        株式交付費
        支出時に全額費用処理しております。
                                103/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4   キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
        負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限が到来する短期的な投資からなっております。
      5   その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
       (重要な会計上の見積り)

     当事業年度(自         2020年7月1日         至   2021年6月30日)
      該当事項はありません。
                                104/151
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (未適用の会計基準等)
     前事業年度(自         2019年7月1日         至   2020年6月30日)
    ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日         企業会計基準委員会)
    ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                    2020年3月31日         企業会計基準委員会)
    (1)  概要

      国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計基準の
     開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいてはTopic606)
     を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12月15日より後に開始
     する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開
     発され、適用指針と合わせて公表されたものであります。
      企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性を
     図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発点と
     し、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合には、
     比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
    (2)  適用予定日

      2022年6月期の期首より適用予定であります。
    (3)  当該会計基準等の適用による影響

      「収益認識に関する会計基準」等の適用により、当社の広告事業において、従来、顧客から受け取る対価の総額を
     売上高として計上しておりましたが、当社の役割が代理人としての性質が強いと判断される取引については、顧客か
     ら受け取る対価の総額から関連する原価を控除した純額を売上高として表示することになります。当該変更が財務諸
     表の売上高及び売上原価に与える影響については、現時点で評価中でありますが、いずれの方法で表示した場合でも
     利益剰余金への影響はない見込みであります。
     当事業年度(自         2020年7月1日         至   2021年6月30日)

    ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日         企業会計基準委員会)
    ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                    2021年3月26日         企業会計基準委員会)
    (1)  概要

      国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計基準の
     開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいてはTopic606)
     を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12月15日より後に開始
     する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開
     発され、適用指針と合わせて公表されたものであります。
      企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性を
     図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発点と
     し、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合には、
     比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
    (2)  適用予定日

      2022年6月期の期首より適用予定であります。
                                105/151




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (3)  当該会計基準等の適用による影響
      「収益認識に関する会計基準」等の適用により、当社の広告事業において、従来、顧客から受け取る対価の総額を
     売上高として計上しておりましたが、当社の役割が代理人としての性質が強いと判断される取引については、顧客か
     ら受け取る対価の総額から関連する原価を控除した純額を売上高として表示することになります。当該変更が財務諸
     表の売上高及び売上原価に与える影響については、現時点で評価中でありますが、いずれの方法で表示した場合でも
     利益剰余金への影響はない見込みであります。
       (表示方法の変更)

     前事業年度(自         2019年7月1日         至   2020年6月30日)
      該当事項はありません。
     当事業年度(自         2020年7月1日         至   2021年6月30日)

     (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)
      「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当事業年度の年度末に係る
     財務諸表から適用し、財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
      ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前事業年度に係
     る内容については記載しておりません。
       (追加情報)

     前事業年度(自        2019年7月1日         至   2020年6月30日)
     (新型コロナウイルス感染症拡大の会計上の見積りに与える影響)
      当社は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が一定期間継続するものとして会計上の見積もりを行っております
     が、現時点において重要な影響を与えるものでないと判断しております。ただし、今後の状況の変化によっては、翌
     事業年度以降の財務諸表においては重要な影響を与える可能性があります。
     当事業年度(自         2020年7月1日         至   2021年6月30日)

     (新型コロナウイルス感染症拡大の会計上の見積りに与える影響)
      当社は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が一定期間継続するものとして会計上の見積もりを行っております
     が、現時点において重要な影響を与えるものでないと判断しております。ただし、今後の状況の変化によっては、翌
     事業年度以降の財務諸表においては重要な影響を与える可能性があります。
                                106/151









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (貸借対照表関係)
    ※   たな卸資産の内訳は、次のとおりであります。
                                               当事業年度

                               前事業年度
                                              (2021年6月30日)
                             (2020年6月30日)
       仕掛品                          4,761千円                 5,243千円
                                  490  〃               32  〃
       貯蔵品
       (損益計算書関係)

    ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度

                            (自    2019年7月1日              (自    2020年7月1日
                             至   2020年6月30日)               至   2021年6月30日)
       役員報酬                         67,605千円                 81,480千円
                                68,734    〃             114,747    〃
       給料及び手当
                                29,352    〃             38,241    〃
       業務委託費
       おおよその割合
                                  42.6   %              42.7   %
       販売費
                                  57.4   %              57.3   %
       一般管理費
    ※2    一般管理費に含まれる研究開発費の総額は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度

                            (自    2019年7月1日              (自    2020年7月1日
                             至   2020年6月30日)               至   2021年6月30日)
       研究開発費                          8,363千円                12,495千円
                                107/151












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (株主資本等変動計算書関係)
     前事業年度(自         2019年7月1日         至   2020年6月30日)
     1   発行済株式に関する事項株式の種類
                   当事業年度期首          当事業年度増加          当事業年度減少           当事業年度末
        株式の種類
                    株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)
    発行済株式
     普通株式                   6,060          54,540            -        60,600
     A種優先株式                   1,798          16,182            -        17,980
     AA種優先株式                    250         2,250            -         2,500
     B種優先株式                     -         2,500            -         2,500
          合計               8,108          75,472            -        83,580
      (変動事由の概要)
      1. 普通株式の発行済株式の増加54,540株、A種優先株式の発行済株式の増加16,182株、AA種優先株式の発行済
        株式の増加2,250株は、株式分割によるものであります。
      2.  B種優先株式の増加2,500株は、第三者割当増資に伴う新株の発行によるものであります。
     2   自己株式に関する事項

                   当事業年度期首          当事業年度増加          当事業年度減少           当事業年度末
        株式の種類
                    株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)
    普通株式                    1,630          14,670            -        16,300
      (変動事由の概要)
      自己株式の増加14,670株は、株式分割によるものであります。
     3   新株予約権等に関する事項

                                目的となる株式の数(株)
                                                     当事業
                  目的となる
          内訳                                           年度末残高
                         当事業年度       当事業年度       当事業年度
                  株式の種類
                                             当事業年度末
                                                     (千円)
                           期首       増加       減少
    ストック・オプションとし
                    -         -       -       -       -     3,487
    ての新株予約権
             合計                -       -       -       -     3,487
     4   配当に関する事項

       該当事項はありません。
                                108/151









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自         2020年7月1日         至   2021年6月30日)
     1   発行済株式に関する事項
                   当事業年度期首          当事業年度増加          当事業年度減少           当事業年度末
        株式の種類
                    株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)
    発行済株式
     普通株式                   60,600            -          -        60,600
     A種優先株式                   17,980            -          -        17,980
     AA種優先株式                   2,500            -          -         2,500
     B種優先株式                   2,500            -          -         2,500
     C種優先株式                     -         9,580            -         9,580
          合計               83,580           9,580            -        93,160
      (変動事由の概要)
      C種優先株式の増加9,580株は、第三者割当増資に伴う新株の発行によるものであります。
     2   自己株式に関する事項

                   当事業年度期首          当事業年度増加          当事業年度減少           当事業年度末
        株式の種類
                    株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)
    普通株式                    16,300            -          -        16,300
     3   新株予約権等に関する事項

                                目的となる株式の数(株)
                                                     当事業
                  目的となる
          内訳                                           年度末残高
                         当事業年度       当事業年度       当事業年度
                  株式の種類
                                             当事業年度末
                                                     (千円)
                           期首       増加       減少
    ストック・オプションとし
                    -         -       -       -       -     3,487
    ての新株予約権
             合計                -       -       -       -     3,487
     4   配当に関する事項

       該当事項はありません。
                                109/151










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※   現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであります。
                              前事業年度                 当事業年度

                            (自    2019年7月1日               (自    2020年7月1日
                            至   2020年6月30日)               至   2021年6月30日)
    現金及び預金                           211,880千円                 800,333千円
                                211,880    〃             800,333    〃
    現金及び現金同等物
       (リース取引関係)

     オペレーティング・リース取引
     (借手側)
     オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                当事業年度

                              前事業年度
                                              (2021年6月30日)
                             (2020年6月30日)
    1年内                            33,600千円                 19,600千円
    1年超                            19,600千円                      -
    合計                            53,200千円                 19,600千円
     なお、オペレーティング・リース取引の内容は、不動産賃借によるものであります。
       (金融商品関係)

     前事業年度(自         2019年7月1日         至   2020年6月30日)
     1   金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        資金調達については、必要な資金を原則として自己資本により調達しております。状況に応じて銀行等の金融
       機関からの借入とする方針であります。資金運用については、安全性の高い金融資産で運用しており、デリバ
       ティブ取引は行わない方針であります。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、敷金及び保証金は、主
       に建物賃貸借契約に係るものであり、差入先の信用リスクに晒されております。営業債務である買掛金及び未払
       金は、1年以内の支払期日であります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         営業債権である受取手形及び売掛金については、取引先ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況
        等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。敷金及び保証金は、差入先の信用状況を定期
        的に把握することを通じて、リスクの軽減を図っております。
       ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

         経営企画部が、適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、適切な手許流動性を確保すること等により流
        動性リスクを管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
       より、当該価額が変動することもあります。
                                110/151



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (5)  信用リスクの集中
        当期の貸借対照表日現在における営業債権のうち35%が特定の大口顧客に対するものであります。
     2   金融商品の時価等に関する事項

       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極
      めて困難と認められるものは、次表には含まれておりません((注2)を参照ください。)。
                      貸借対照表計上額(千円)               時価(千円)            差額(千円)

    (1)  現金及び預金
                              211,880            211,880               -
    (2)  受取手形
                               2,068            2,068              -
    (3)  売掛金
                              43,683            43,683              -
           資産計                   257,632            257,632               -
    (1)  買掛金
                              41,262            41,262              -
    (2)  未払金
                              19,562            19,562              -
    (3)  未払法人税等
                               2,448            2,448              -
           負債計                   63,273            63,273              -
    (注1)    金融商品の時価の算定方法に関する事項

     資   産
      (1)  現金及び預金、(2)         受取手形、(3)       売掛金
        これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
       よっております。
     負   債

      (1)  買掛金、(2)      未払金、(3)      未払法人税等
        これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
       よっております。
    (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の貸借対照表計上額

            区分           2020年6月30日(千円)
    敷金及び保証金                          33,900
     敷金及び保証金については、償還予定時期を合理的に見積もることができず、時価を把握することが極めて困難と認
     められるため、上記の表には含めておりません。
    (注3)    金銭債権の決算日後の償還予定額

                                  1年超         5年超
                        1年以内                            10年超
                                 5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                  (千円)         (千円)
    現金及び預金                      211,880            -         -         -
    受取手形                       2,068           -         -         -
    売掛金                       43,683           -         -         -
            合計               257,632            -         -         -
                                111/151






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自         2020年7月1日         至   2021年6月30日)
     1   金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        資金調達については、必要な資金を原則として自己資本により調達しております。状況に応じて銀行等の金融
       機関からの借入とする方針であります。資金運用については、安全性の高い金融資産で運用しており、デリバ
       ティブ取引は行わない方針であります。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、敷金及び保証金は、主に建物賃貸借
       契約に係るものであり、差入先の信用リスクに晒されております。営業債務である買掛金及び未払金は、1年以
       内の支払期日であります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         営業債権である売掛金については、取引先ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等に
        よる回収懸念の早期把握や軽減を図っております。敷金及び保証金は、差入先の信用状況を定期的に把握する
        ことを通じて、リスクの軽減を図っております。
       ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

         経営企画部が、適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、適切な手許流動性を確保すること等により流
        動性リスクを管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
       より、当該価額が変動することもあります。
      (5)  信用リスクの集中

        当期の貸借対照表日現在における営業債権のうち54%が特定の大口顧客に対するものであります。
                                112/151










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2   金融商品の時価等に関する事項
       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極
      めて困難と認められるものは、次表には含まれておりません((注2)を参照ください。)。
                      貸借対照表計上額(千円)               時価(千円)            差額(千円)

    (1)  現金及び預金
                              800,333            800,333               -
    (2)  売掛金
                              95,534            95,534              -
           資産計                   895,868            895,868               -
    (1)  買掛金
                              86,016            86,016              -
    (2)  未払金
                              16,046            16,046              -
    (3)  長期借入金
                              140,000            135,623            △4,376
           負債計                   242,062            237,686            △4,376
    (注1)    金融商品の時価の算定方法に関する事項

     資   産
      (1)  現金及び預金、(2)         売掛金
        これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
       よっております。
     負   債

      (1)  買掛金、(2)      未払金
        これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
       よっております。
      (3)  長期借入金
        元利金の合計額を新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算定する方法によっておりま
       す。なお、1年内返済予定の長期借入金は長期借入金に含めて時価を表示しております。
    (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の貸借対照表計上額

            区分           2021年6月30日(千円)
    敷金及び保証金                          33,910
    (注3)    金銭債権の決算日後の償還予定額

                                  1年超         5年超
                        1年以内                            10年超
                                 5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                  (千円)         (千円)
    現金及び預金                      800,333            -         -         -
    売掛金                       95,534           -         -         -
            合計               895,868            -         -         -
    (注4)    長期借入金の決算日後の返済予定額

                                  1年超         5年超
                        1年以内                            10年超
                                 5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                  (千円)         (千円)
    長期借入金                       15,003         124,997            -         -
            合計                15,003         124,997            -         -
                                113/151






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (ストック・オプション等関係)
     前事業年度(自         2019年7月1日         至   2020年6月30日)
     1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
       該当事項はありません。
     2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

       2020年2月11日に1株を10株、2022年5月22日に1株を40株とする株式分割を行っておりますが、以下は当該株
      式分割を反映した数値を記載しております。
      (1)  ストック・オプションの内容
                     第1回新株予約権             第2回新株予約権             第3回新株予約権

    決議年月日                 2018年6月28日             2018年6月28日             2018年6月28日

                   当社取締役1名
    付与対象者の区分及び人数                            社外協力者2名             当社従業員5名
                   当社従業員1名
                   普通株式     204,800株         普通株式     7,200株         普通株式     24,000株
    株式の種類及び付与数(注)
    付与日               2018年6月29日             2018年6月29日             2018年6月29日

                                前記「第4      提出会社の状
                   前記「第4 提出会社の状                           前記「第4 提出会社の状
                   況 1 株式等の状況                            況 1 株式等の状況 
                                況 1 株式等の状況 
    権利確定条件
                   (2)  新株予約権等の状況」                         (2)  新株予約権等の状況」
                                (2)  新株予約権等の状況」
                   ご参照ください。                           ご参照ください。
                                ご参照ください。
    対象勤務期間               期間の定めはありません。             期間の定めはありません。             期間の定めはありません。
                   2018年6月29日~             2018年6月29日~             2020年6月29日~
    権利行使期間
                   2028年6月28日             2028年6月28日             2028年6月28日
                     第4回新株予約権             第5回新株予約権             第6回新株予約権

    決議年月日                 2020年4月14日             2020年4月14日             2020年4月14日

                                              当社取締役1名
    付与対象者の区分及び人数               当社取締役1名             社外協力者4名
                                              当社従業員17名
                   普通株式     180,000株         普通株式     4,000株         普通株式     86,800株
    株式の種類及び付与数(注)
    付与日               2020年4月15日             2020年4月15日             2020年4月15日

                   前記「第4 提出会社の状             前記「第4 提出会社の状             前記「第4 提出会社の状
                   況 1 株式等の状況              況 1 株式等の状況              況 1 株式等の状況 
    権利確定条件
                   (2)  新株予約権等の状況」           (2)  新株予約権等の状況」           (2)  新株予約権等の状況」
                   ご参照ください。             ご参照ください。             ご参照ください。
    対象勤務期間               期間の定めはありません。             期間の定めはありません。             期間の定めはありません。
                   2020年4月15日~             2020年4月15日~             2022年4月15日~
    権利行使期間
                   2030年4月14日             2030年4月14日             2030年4月14日
                                114/151






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                     第7回新株予約権             第8回新株予約権
    決議年月日                 2020年6月26日             2020年6月26日

    付与対象者の区分及び人数               社外協力者1名             当社従業員3名

                   普通株式     14,000株         普通株式     1,200株

    株式の種類及び付与数(注)
    付与日               2020年6月29日             2020年6月29日

                   前記「第4 提出会社の状             前記「第4 提出会社の状
                   況 1 株式等の状況              況 1 株式等の状況 
    権利確定条件
                   (2)  新株予約権等の状況」           (2)  新株予約権等の状況」
                   ご参照ください。             ご参照ください。
    対象勤務期間               期間の定めはありません。             期間の定めはありません。
                   2020年6月29日~             2022年6月29日~
    権利行使期間
                   2030年6月28日             2030年6月28日
     (注) 株式数に換算して記載しております。
      (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

        当事業年度(2020年6月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数に
       ついては、株式数に換算して記載しております。
       ①   ストック・オプションの数
                     第1回新株予約権             第2回新株予約権             第3回新株予約権
    権利確定前(株)
     前事業年度末
                              -             -           24,000
     付与
                              -             -             -
     失効
                              -             -             -
     権利確定
                              -             -           24,000
     未確定残
                              -             -             -
    権利確定後(株)
     前事業年度末
                            204,800              7,200               -
     権利確定
                              -             -           24,000
     権利行使
                              -             -             -
     失効
                              -             -             -
     未行使残
                            204,800              7,200             24,000
                     第4回新株予約権             第5回新株予約権             第6回新株予約権

    権利確定前(株)
     前事業年度末
                              -             -             -
     付与
                            180,000              4,000             86,800
     失効
                              -             -             -
     権利確定
                            180,000              4,000               -
     未確定残
                              -             -           86,800
    権利確定後(株)
     前事業年度末
                              -             -             -
     権利確定
                            180,000              4,000               -
     権利行使
                              -             -             -
     失効
                              -             -             -
     未行使残
                            180,000              4,000               -
                                115/151



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                     第7回新株予約権             第8回新株予約権
    権利確定前(株)
     前事業年度末
                              -             -
     付与
                            14,000              1,200
     失効
                              -             -
     権利確定
                            14,000                -
     未確定残
                              -            1,200
    権利確定後(株)
     前事業年度末
                              -             -
     権利確定
                            14,000               -
     権利行使
                              -             -
     失効
                              -             -
     未行使残
                            14,000               -
       ②   単価情報

                     第1回新株予約権             第2回新株予約権             第3回新株予約権
    権利行使価格(円)                          91             91             91
    行使時平均株価(円)                          -             -             -
    付与日における公正な評価単
                              -             -             -
    価(円)
                     第4回新株予約権             第5回新株予約権             第6回新株予約権

    権利行使価格(円)                         503             503             503
    行使時平均株価(円)                          -             -             -
    付与日における公正な評価単
                              -             -             -
    価(円)
                     第7回新株予約権             第8回新株予約権

    権利行使価格(円)                         503             503
    行使時平均株価(円)                          -             -
    付与日における公正な評価単
                              -             -
    価(円)
     3.当事業年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

       当社株式は未公開株式であるため、ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法を本源的価値の見積りに
      よっております。なお、当該本源的価値の見積りの基礎となる株式の評価方法は、DCF法(ディスカウント・キャッ
      シュ・フロー法)により算出した価格を総合的に勘案して、決定しております。
     4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用してお
      ります。
     5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的価値の合

       計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
        当事業年度末における本源的価値の合計額                                 97,125   千円

        当事業年度において権利行使されたストック・オプ
                                           - 千円
        ションの権利行使日における本源的価値の合計額
                                116/151



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自         2020年7月1日         至   2021年6月30日)
     1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
       該当事項はありません。
     2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

       2020年2月11日に1株を10株             、2022年5月22日に1株を40             とする株式分割を行っておりますが、以下は当該株式
      分割を反映した数値を記載しております。
      (1)  ストック・オプションの内容
                     第1回新株予約権             第2回新株予約権             第3回新株予約権

    決議年月日                 2018年6月28日             2018年6月28日             2018年6月28日

                   当社取締役1名
    付与対象者の区分及び人数                            社外協力者2名             当社従業員5名
                   当社従業員1名
                   普通株式     204,800株         普通株式     7,200株         普通株式     24,000株
    株式の種類及び付与数(注)
    付与日               2018年6月29日             2018年6月29日             2018年6月29日

                   前記「第4 提出会社の状             前記「第4 提出会社の状             前記「第4 提出会社の状
                   況 1 株式等の状況              況 1 株式等の状況              況 1 株式等の状況 
    権利確定条件
                   (2)  新株予約権等の状況」           (2)  新株予約権等の状況」           (2)  新株予約権等の状況」
                   ご参照ください。             ご参照ください。             ご参照ください。
    対象勤務期間               期間の定めはありません。             期間の定めはありません。             期間の定めはありません。
                   2018年6月29日~             2018年6月29日~             2020年6月29日~
    権利行使期間
                   2028年6月28日             2028年6月28日             2028年6月28日
                     第4回新株予約権             第5回新株予約権             第6回新株予約権

    決議年月日                 2020年4月14日             2020年4月14日             2020年4月14日

                                              当社取締役1名
    付与対象者の区分及び人数               当社取締役1名             社外協力者4名
                                              当社従業員17名
                   普通株式     180,000株         普通株式     4,000株         普通株式     86,800株
    株式の種類及び付与数(注)
    付与日               2020年4月15日             2020年4月15日             2020年4月15日

                   前記「第4 提出会社の状             前記「第4 提出会社の状             前記「第4 提出会社の状
                   況 1 株式等の状況              況 1 株式等の状況              況 1 株式等の状況 
    権利確定条件
                   (2)  新株予約権等の状況」           (2)  新株予約権等の状況」           (2)  新株予約権等の状況」
                   ご参照ください。             ご参照ください。             ご参照ください。
    対象勤務期間               期間の定めはありません。             期間の定めはありません。             期間の定めはありません。
                   2020年4月15日~             2020年4月15日~             2022年4月15日~
    権利行使期間
                   2030年4月14日             2030年4月14日             2030年4月14日
                                117/151







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                     第7回新株予約権             第8回新株予約権             第9回新株予約権
    決議年月日                 2020年6月26日             2020年6月26日             2021年6月14日

    付与対象者の区分及び人数               社外協力者1名             当社従業員3名             当社従業員24名

                   普通株式     14,000株         普通株式     1,200株         普通株式     40,000株

    株式の種類及び付与数(注)
    付与日               2020年6月29日             2020年6月29日             2021年6月15日

                   前記「第4 提出会社の状             前記「第4 提出会社の状             前記「第4 提出会社の状
                   況 1 株式等の状況              況 1 株式等の状況              況 1 株式等の状況 
    権利確定条件
                   (2)  新株予約権等の状況」           (2)  新株予約権等の状況」           (2)  新株予約権等の状況」
                   ご参照ください。             ご参照ください。             ご参照ください。
    対象勤務期間               期間の定めはありません。             期間の定めはありません。             期間の定めはありません
                   2020年6月29日~             2022年6月29日~             2023年6月15日~
    権利行使期間
                   2030年6月28日             2030年6月28日             2031年6月14日
     (注) 株式数に換算して記載しております。
      (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

        当事業年度(2021年6月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数に
       ついては、株式数に換算して記載しております。
       ①   ストック・オプションの数
                     第1回新株予約権             第2回新株予約権             第3回新株予約権
    権利確定前(株)
     前事業年度末
                              -             -             -
     付与
                              -             -             -
     失効
                              -             -             -
     権利確定
                              -             -             -
     未確定残
                              -             -             -
    権利確定後(株)
     前事業年度末
                            204,800              7,200             24,000
     権利確定
                              -             -             -
     権利行使
                              -             -             -
     失効
                              -             -             -
     未行使残
                            204,800              7,200             24,000
                     第4回新株予約権             第5回新株予約権             第6回新株予約権

    権利確定前(株)
     前事業年度末
                              -             -           86,800
     付与
                              -             -             -
     失効
                              -             -             -
     権利確定
                              -             -             -
     未確定残
                              -             -           86,800
    権利確定後(株)
     前事業年度末
                            180,000              4,000               -
     権利確定
                              -             -             -
     権利行使
                              -             -             -
     失効
                              -             -             -
     未行使残
                            180,000              4,000               -
                                118/151



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                     第7回新株予約権             第8回新株予約権             第9回新株予約権
    権利確定前(株)
     前事業年度末
                              -            1,200               -
     付与
                              -             -           40,000
     失効
                              -             -             -
     権利確定
                              -             -             -
     未確定残
                              -            1,200             40,000
    権利確定後(株)
     前事業年度末
                            14,000               -             -
     権利確定
                              -             -             -
     権利行使
                              -             -             -
     失効
                              -             -             -
     未行使残
                            14,000               -             -
       ②   単価情報

                     第1回新株予約権             第2回新株予約権             第3回新株予約権
    権利行使価格(円)                          91             91             91
    行使時平均株価(円)                          -             -             -
    付与日における公正な評価単
                              -             -             -
    価(円)
                     第4回新株予約権             第5回新株予約権             第6回新株予約権

    権利行使価格(円)                         503             503             503
    行使時平均株価(円)                          -             -             -
    付与日における公正な評価単
                              -             -             -
    価(円)
                     第7回新株予約権             第8回新株予約権             第9回新株予約権

    権利行使価格(円)                         503             503             963
    行使時平均株価(円)                          -             -             -
    付与日における公正な評価単
                              -             -             -
    価(円)
     3.当事業年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

       当社株式は未公開株式であるため、ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法を本源的価値の見積りに
      よっております。なお、当該本源的価値の見積りの基礎となる株式の評価方法は、DCF法(ディスカウント・キャッ
      シュ・フロー法)により算出した価格を総合的に勘案して、決定しております。
     4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用してお
      ります。
     5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的価値の合

       計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
        当事業年度末における本源的価値の合計額                                337,245    千円

        当事業年度において権利行使されたストック・オプ
                                           - 千円
        ションの権利行使日における本源的価値の合計額
                                119/151



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
     前事業年度(自         2019年7月1日         至   2020年6月30日)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        税務上の繰越欠損金(注)2                            51,071千円
                                    4,687   〃
        減価償却超過額
                                    1,118   〃
        その他
       繰延税金資産小計
                                   56,877千円
                                  △51,071     〃
        税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2
                                   △5,806    〃
        将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
       評価性引当額小計(注)1                           △56,877千円
       繰延税金資産合計                               -千円
       繰延税金資産純額                               -千円
     (注)   1.評価性引当額が25,456千円増加しております。主な増加の内容は、税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額

         を追加的に認識したことに伴うものであります。
       2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
                        1年超      2年超      3年超      4年超
                 1年以内                               5年超       合計
                       2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                  (千円)                              (千円)      (千円)
                        (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
    税務上の繰越欠損金(a)                -      -      -      -      -    51,071      51,071
    評価性引当額                -      -      -      -      -   △51,071      △51,071
    繰延税金資産                -      -      -      -      -      -      -
     (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ

       た主要な項目別の内訳
       税引前当期純損失を計上しているため、記載を省略しております。

                                120/151










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自         2020年7月1日         至   2021年6月30日)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        税務上の繰越欠損金(注)2                            105,197千円
                                   12,001    〃
        減価償却超過額
                                     805  〃
        その他
       繰延税金資産小計
                                   118,005千円
                                  △105,197     〃
        税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2
                                  △12,807     〃
        将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
       評価性引当額小計(注)1                           △118,005千円
       繰延税金資産合計                               -千円
       繰延税金負債

                                    △519千円
        未収事業税
       繰延税金負債合計                             △519千円
       繰延税金負債純額                             △519千円
     (注)   1.評価性引当額が61,127千円増加しております。主な増加の内容は、税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額

         を追加的に認識したことに伴うものであります。
       2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
                        1年超      2年超      3年超      4年超
                 1年以内                               5年超       合計
                       2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                  (千円)                              (千円)      (千円)
                        (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
    税務上の繰越欠損金(a)                -      -      -      -    3,322     101,875      105,197
    評価性引当額                -      -      -      -   △3,322     △101,875      △105,197
    繰延税金資産                -      -      -      -      -      -      -
     (a) 税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ

       た主要な項目別の内訳
       税引前当期純損失を計上しているため、記載を省略しております。

                                121/151









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社unerry(E37815)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
     前事業年度(自         2019年7月1日         至   2020年6月30日)
     当社はBeacon       Bank事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     当事業年度(自         2020年7月1日         至   2021年6月30日)

     当社はBeacon       Bank事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     【関連情報】

     前事業年度(自         2019年7月1日         至   2020年6月30日)
     1.製品及びサービスごとの情報
                                         One  to  One

                     分析・可視化           行動変容
                            &nbs