株式会社中央倉庫 有価証券報告書 第142期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第142期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)
提出日
提出者 株式会社中央倉庫
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                   近畿財務局長
     【提出日】                   2022年6月24日
     【事業年度】                   第142期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
     【会社名】                   株式会社中央倉庫
     【英訳名】                   Chuo   Warehouse     Co.,Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役 社長執行役員  木村 正和
     【本店の所在の場所】                   京都市下京区朱雀内畑町41番地
     【電話番号】                   (075)313-6151(代表)
     【事務連絡者氏名】                   代表取締役 専務執行役員 企画管理本部長  谷奥 秀実
     【最寄りの連絡場所】                   京都市下京区朱雀内畑町41番地
     【電話番号】                   (075)313-6151(代表)
     【事務連絡者氏名】                   代表取締役 専務執行役員 企画管理本部長  谷奥 秀実
     【縦覧に供する場所】                   株式会社中央倉庫大阪支店
                         (大阪府茨木市沢良宜西2丁目15番6号)
                         株式会社中央倉庫名古屋支店
                         (愛知県小牧市元町3丁目68番) 
                         株式会社中央倉庫東京営業所
                         (東京都江東区枝川3丁目1番11号) 
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/106











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
             回次             第138期       第139期       第140期       第141期       第142期
            決算年月             2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

                           26,043       26,241       26,475       25,927       23,931
     営業収益             (百万円)
                           1,791       1,736       1,793       1,921       2,080
     経常利益             (百万円)
     親会社株主に帰属する当期
                           1,254        825      1,210       1,307       1,352
                  (百万円)
     純利益
                           2,422        441       477      2,385       1,060
     包括利益             (百万円)
                           38,698       38,673       38,659       40,617       41,249
     純資産額             (百万円)
                           47,295       47,029       48,290       50,906       53,306
     総資産額             (百万円)
                          2,023.92       2,022.27       2,026.47       2,128.81       2,161.13
     1株当たり純資産額              (円)
                           65.95       43.38       63.66       68.90       71.28
     1株当たり当期純利益金額              (円)
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                            81.4       81.8       79.6       79.3       76.9
     自己資本比率              (%)
                            3.3       2.1       3.1       3.3       3.3
     自己資本利益率              (%)
                           16.94       23.31       18.93       16.42       13.89
     株価収益率              (倍)
     営業活動によるキャッ
                           2,093       2,374       3,031       2,902       2,256
                  (百万円)
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                  (百万円)        △ 1,816      △ 3,353      △ 7,198      △ 2,387      △ 1,921
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                                          1,054
                  (百万円)         △ 770      △ 705             △ 136      △ 516
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                           8,326       6,641       3,529       3,907       3,726
                  (百万円)
     残高
                            599       619       615       630       640
     従業員数
                   (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                       [ 189  ]     [ 202  ]     [ 195  ]     [ 190  ]     [ 196  ]
     (注)1.潜在株式が存在しないため、「潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額」は記載しておりません。
         2.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当連結会計年度の期首から適
           用しており、当連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当会計基準等を適用した後の指標等と
           なっております。
                                  2/106







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
             回次             第138期       第139期       第140期       第141期       第142期
            決算年月             2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

                           26,072       26,271       26,504       25,956       23,960
     営業収益             (百万円)
                           1,648       1,615       1,683       1,710       1,881
     経常利益             (百万円)
                           1,226        748      1,146       1,190       1,249
     当期純利益             (百万円)
                           2,734       2,734       2,734       2,734       2,734
     資本金             (百万円)
                           19,064       19,064       19,064       19,064       19,064
     発行済株式総数              (千株)
                           37,231       37,120       37,052       38,769       39,242
     純資産額             (百万円)
                           45,697       45,271       46,495       48,879       51,151
     総資産額             (百万円)
                          1,957.22       1,951.38       1,952.96       2,043.44       2,068.38
     1株当たり純資産額              (円)
                           24.50       22.50       22.50       22.50       24.00
     1株当たり配当額
                   (円)
     (うち1株当たり中間配当
                           ( 10.00   )    ( 10.00   )    ( 10.00   )    ( 10.00   )    ( 10.00   )
     額)
                           64.49       39.34       60.34       62.72       65.88
     1株当たり当期純利益金額              (円)
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                            81.5       82.0       79.7       79.3       76.7
     自己資本比率              (%)
                            3.4       2.0       3.1       3.1       3.2
     自己資本利益率              (%)
                           17.32       25.70       19.97       18.03       15.03
     株価収益率              (倍)
                            38.0       57.2       37.3       35.9       36.4
     配当性向              (%)
                            229       245       242       254       248
     従業員数
                   (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                       [ 82 ]      [ 90 ]      [ 92 ]      [ 87 ]      [ 86 ]
                           105.5        97.8       117.8       113.0       102.2
     株主総利回り              (%)
     (比較指標:東証業種別配
     当込み株価指数〔倉庫・運              (%)        ( 109.7   )    ( 114.6   )     ( 95.0  )    ( 126.8   )    ( 140.1   )
     輸関連業〕)
     最高株価              (円)        1,329       1,316       1,300       1,270       1,165
     最低株価              (円)        1,001        909       812       902       923

     (注)1.潜在株式が存在しないため、「潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額」は記載しておりません。
         2.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
         3.提出会社の第138期の1株当たり配当額24円50銭には、創立90周年記念配当2円を含んでおります。
         4.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当事業年度の期首から適用し
           ており、当事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となってお
           ります。
                                  3/106






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
      1927年10月        京都市中央卸売市場の開設により、同構内(京都市下京区)に京都中央市場倉庫株式会社を創立
      1937年9月        株式会社中央倉庫(現社名)に商号変更
      1940年1月        現在地に本店を移転、同所に梅小路営業所(現、京都支店梅小路営業所)を開設、旧所在地の本店
              を市場営業所に改称(2004年12月、京都市に返還)
      1952年12月        中央梱包株式会社(連結子会社)を設立
      1958年12月        一般区域貨物自動車運送事業の限定免許を受ける(事業区域:京都市)
      1962年11月        福井市に福井出張所(現、北陸支店福井営業所)を開設
      1963年6月        京都市伏見区に城南営業所(現、京都支店城南営業所)を開設
      1967年12月        京都市中京区に中京営業所(現、京都支店ビジネスサポート京都店)を開設
      1969年3月        大阪府茨木市に北大阪営業所(現、大阪支店ビジネスサポート大阪店)を開設
      1970年12月        京都証券取引所(2001年3月、大阪証券取引所と合併)に上場
      1973年1月        金沢市に金沢営業所(現、北陸支店金沢営業所)を開設
      1973年7月        中倉陸運株式会社(連結子会社)を設立
      1973年8月        一般区域貨物自動車運送事業の譲渡及び譲受の認可を受け、中倉陸運株式会社へ運送事業の一部
              (一般区域貨物自動車運送事業)を譲渡、自動車運送取扱事業の登録を受ける
      1974年12月        岡山県倉敷市に岡山営業所(現、岡山支店倉敷営業所水島倉庫)を開設
      1978年4月        東京都江東区に東京営業所を開設
      1979年3月        大阪税関長より通関業の許可を受ける
      1980年6月        大阪府茨木市に大阪北流営業所(現、大阪支店大阪営業所)を開設
      1980年8月        愛知県小牧市に小牧PDセンター(現、名古屋支店小牧営業所)を開設
      1980年10月        京都府久世郡に京都PDセンター(現、京都支店京都PDセンター)を開設
      1985年2月        滋賀県栗太郡に滋賀PDセンター(現、滋賀支店滋賀PDセンター)を開設(2001年10月、栗太郡
              から栗東市に所在地表示が変更)
      1985年7月        石川県小松市に小松出張所(現、北陸支店小松営業所)を開設
      1985年9月        大阪証券取引所市場第二部に上場
      1990年8月        大阪市中央区に大阪国際貨物事務所(現、大阪支店大阪国際貨物営業所)を開設
      1992年6月        静岡県浜松市に東名浜松営業所(現、名古屋支店浜松営業所)を開設
      1992年8月        岡山県倉敷市に倉敷営業所(現、岡山支店倉敷営業所)を開設
      1993年11月        埼玉県桶川市に埼玉営業所(現、東京支店埼玉営業所)を開設(1997年11月、埼玉県加須市に移
              転)
      1994年8月        富山県射水郡に富山営業所(現、北陸支店富山営業所)を開設(2005年11月、射水郡から射水市へ
              所在地表示が変更)
      1996年3月        愛知県江南市に愛岐営業所(現、名古屋支店愛岐営業所)を開設
      1997年12月        京滋支店京都PDセンター(現、国際梱包事業部京都PD国際梱包課)において国際品質保証規格
              ISO9002(現、ISO9001:2015)の認証を取得
      1998年9月        滋賀県蒲生郡に京滋支店湖東PDセンター(現、滋賀支店湖東PDセンター)を開設
      1999年3月        京滋支店滋賀PDセンター(現、国際梱包事業部滋賀PD梱包事業所)において国際品質保証規格
              ISO9002(現、ISO9001:2015)の認証を拡大取得
      1999年5月        有限会社フクワ商事(2003年4月に商号変更により株式会社へ移行)(非連結子会社)に全額出資
      2001年9月        中国上海市に上海駐在員事務所を開設
      2005年2月        第二種貨物利用運送事業(外航海運)の認可を受ける
      2006年7月        ホームサービス事業部京都店(現、京都支店ビジネスサポート京都店)において情報セキュリティ
              マネジメントシステム(ISMS)の国際規格であるISO/IEC27001:2005(現、ISO/
              IEC27001:2013)の認証を取得
      2006年10月        京都府久世郡に京都南支店久御山営業所(現、久御山倉庫)を開設
      2007年4月        中央梱包株式会社を吸収合併
      2007年7月        トランクルームサービス事業部東京店(現、東京支店ビジネスサポート東京店)において情報セ
              キュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格であるISO/IEC27001:2005(現、
              ISO/IEC27001:2013)の拡大認証を登録
                                  4/106



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
      2008年6月        大阪支店トランクルームサービス大阪店(現、大阪支店ビジネスサポート大阪店)において情報セ
              キュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格であるISO/IEC27001:2005(現、
              ISO/IEC27001:2013)の拡大認証を登録
      2009年6月        名古屋支店浜松南出張所(現、名古屋支店ビジネスサポート浜松出張所)において情報セキュリ
              ティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格であるISO/IEC27001:2005(現、ISO/
              IEC27001:2013)の拡大認証を登録
      2009年10月        茨城県猿島郡に東京支店茨城営業所を開設
      2009年11月        京都支店梅小路営業所においてAEO倉庫業者(特定保税承認者)を取得
      2012年8月        滋賀支店滋賀PDセンターにおいてAEO倉庫業者(特定保税承認者)を追加取得
      2012年12月        大阪証券取引所市場第一部に上場
      2013年7月        東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所市場第一部に上場
      2015年1月        東京証券取引所貸借銘柄に選定
      2016年10月        中央倉庫ワークス株式会社(連結子会社)を設立
      2017年8月        滋賀県栗東市に国際梱包事業部滋賀PD梱包事業所を開設
      2017年10月        フクワ商事株式会社を吸収合併
      2018年6月        大阪税関長よりAEO通関業者制度における「認定通関業者」の認定を受ける
      2020年3月        国際梱包事業部滋賀PD梱包事業所をAEO倉庫業者(特定保税承認者)の届出蔵置場に追加届出
      2022年4月        東京証券取引所の市場区分の見直しにより、東京証券取引所の市場第一部からプライム市場に移行
                                  5/106














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
       当社グループ(当社、子会社2社及び関連会社3社により構成)においては、倉庫業、運送業、国際貨物取扱業の
      3部門に関係する事業を行っております。各事業における当社及び関係会社の位置付け等は次のとおりであります。
       なお、次の3部門は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)                                  連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメ
      ントの区分と同一であります。
      (倉庫業)

       当部門においては、倉庫業と賃貸業を営んでおります。
      (1)  倉庫業
         倉庫業は基幹業務で、貨物の寄託を受けてこれを倉庫に保管し、また寄託貨物の入出庫及びこれに付随する諸作
        業を行う事業で、倉庫業法に基づき本業務を営んでおります。
         また、通常の倉庫業務に加え次のサービスを提供しております。
        ① 倉庫証券
          倉庫業法に基づき、保管貨物の受渡し及び担保金融に便益を提供するため、倉庫証券発行の許可を受けており
         ます。
        ② 保税蔵置場
          外国貨物(輸入手続未済貨物及び輸出許可を受けた貨物)を保管することのできる保税蔵置場を保有しており
         ます。
        ③ トランクルーム
          家財、文書・書籍、美術骨董品、衣類(和洋服・毛皮コート)及び磁気テープ等の保管に適した専用施設とし
         て、倉庫業法の規定により認定されたトランクルームを保有しております。
        ④ 定温・定湿保管
          食料品等の保管に適した専用施設として、定温・定湿保管庫を保有しております。
        ⑤ 危険品保管
          消防法で規定されている危険品貨物の保管及び取扱いとして、安全性を確保した危険品倉庫を保有しておりま
         す。
        ⑥ 流通加工
          顧客の依頼に応じ、商品の品揃え、検品、検針、詰合せ、袋詰め、札付け、包装及び荷造り等の流通加工業務
         を行っております。
      (2)  賃貸業
         倉庫、事務所及び土地の賃貸業を営んでおります。
         [主な関係会社]
          中央倉庫ワークス㈱、㈱文祥流通センター、ユーシーエス㈱
      (運送業)

       当部門においては、貨物利用運送事業、貨物自動車運送事業及び保険代理店業を営んでおります。
      (1)  貨物利用運送業
         貨物利用運送事業法に基づき、貨物自動車運送及び鉄道運送に係る貨物利用運送事業を営んでおります。
         (注)利用運送事業とは、荷主の依頼を受けて、運送事業者の行う運送を利用し、貨物運送を行う事業でありま
            す。
      (2)  貨物自動車運送業
         貨物自動車運送事業法に基づき、一般貨物自動車運送事業の許可を受け、貨物輸送に係る貨物自動車運送事業を
        営んでおります。
      (3)  保険代理店業
         損害保険会社の代理人として、荷主等から貨物運送保険及び火災保険を引き受ける代理店業を営んでおります。
         [主な関係会社]
          中倉陸運㈱
                                  6/106





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
      (国際貨物取扱業)
       当部門においては、梱包業と通関業を営んでおります。
      (1)  梱包業
         梱包業は、主として精密機械類の輸出梱包を行っております。また、強化三層ダンボールの加工及び販売を主と
        して、梱包資材の販売を行っております。
      (2)  通関業
         通関業法に基づく許可を受けて、荷主のために輸出入手続き等の通関業務を行っております。また、貨物利用運
        送事業法に基づく第二種貨物利用運送事業(外航海運)の認可を受けて、国際複合一貫輸送事業を行っておりま
        す。
         [主な関係会社]
          安田中倉国際貨運代理(上海)有限公司
      [事業系統図]

      以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
                                  7/106
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                                             関係内容
                   資本金又           議決権の
                        主要な事
        名称       住所    は出資金           所有割合
                        業の内容           役員の                     設備の
                  (百万円)            (%)         資金援助       営業上の取引
                                   兼任等                     賃貸借
     (連結子会社)          京都市                              当社荷主貨物の運送を           建物の
                      30  運送業        86.0    有     -
     中倉陸運㈱          下京区                              行っております。           賃貸
               京都市                              当社荷主貨物の荷役作

     中央倉庫ワークス                 20  倉庫業       100.0     有     -                -
               下京区                              業を行っております。
     ㈱
     (持分法適用
                                             当社荷主貨物他の流通
               埼玉県
     関連会社)
                      20  倉庫業        40.0    有     -    加工を行っておりま            -
               朝霞市
     ㈱文祥流通セン
                                             す。
     ター
               京都府
                                             当社荷主貨物のフィル
               久世郡                                         建物の
     ユーシーエス㈱                 50  倉庫業        40.0    有     -    ム加工を行っておりま
               久御山                                         賃貸
                                             す。
               町
     安田中倉国際
                                             当社荷主貨物他の国際
               中国      千RMB    国際貨物
                                30.0    有     -    貨物の運送代理、通関            -
     貨運代理(上海)
               上海市      5,977    取扱業
                                             等を行っております。
     有限公司
      (注) 主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。
                                  8/106













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)  連結会社の状況
                                                  2022年3月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                  285
      倉庫業                                               [ 146  ]
                                                  246
      運送業                                               [ 15 ]
                                                  69
      国際貨物取扱業                                               [ 34 ]
                                                  40
      全社(共通)                                                [ 1 ]
                                                  640
                 合計                                   [ 196  ]
     (注)1.従業員数は就業人員数であり、臨時雇用者数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
      (2)  提出会社の状況

                                                  2022年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
           248                 40.2              13.4           5,095,879
               [ 86 ]
              セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                  126
      倉庫業                                               [ 46 ]
                                                  28
      運送業                                               [ 15 ]
                                                  54
      国際貨物取扱業                                               [ 24 ]
                                                  40
      全社(共通)                                                [ 1 ]
                                                  248
                 合計                                    [ 86 ]
     (注)1.従業員数は就業人員数であり、臨時雇用者数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
      (3)  労働組合の状況

         当社の労働組合は中央倉庫労働組合と称し2022年3月31日現在の組合員数は185名で、上部団体として全日本倉
        庫運輸労働組合同盟に加入しております。会社と労働組合の間には、現在特記すべき問題はありません。
                                  9/106








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)  経営方針・経営戦略等

        ① 会社の経営の基本方針
          当社グループの営んでおります倉庫業を中心とする総合物流業は、経済活動に不可欠な公共性の高い事業であ
         ると認識し、事業を通じて顧客のために、また、顧客とともに物流システムの合理化及び効率化をすすめること
         により、社会と経済の発展に貢献することを基本方針としております。
          そのため、事業の安定的な経営基盤を拡充することにより、株主と顧客及び従業員の満足度を高めていくこと
         を目標としております。
        ② 目標とする経営指標及び中長期的な会社の経営戦略
          当社グループは、2019年度から2021年度までを対象期間とする、第6次3カ年中期経営計画「CHANGE!
         to2021」を策定し、最終年度である2021年度において、営業収益24,000百万円、営業利益1,770百万円、
         経常利益1,910百万円、営業利益率7.4%、自己資本比率80%程度、ROIC(投下資本利益率)4.3%を連結業
         績目標としております。なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大や梅小路地区において建築中の宿泊施設
         (不動産賃貸)の稼働予定時期の変更、収益認識に関する会計基準等の適用などの影響を受けて、当初の中期経
         営計画業績目標値から修正しております。
          第6次中期経営計画「CHANGE!to2021」の内容につきましては、以下のとおりであります。
         (3つの「CHANGE」)
          ・スピード・生産性重視の視点を持ちながら新しいことに「挑戦」する「意識のCHANGE」
          ・高い専門性でお客様の要求に応える「知識のCHANGE」
          ・独自性を発揮しつつグループ力を結集して課題解決を目指す「組織のCHANGE」
         (グループ経営中長期ビジョン)
          ・お客様の満足を得るソリューションを提案できる企業
          ・多様な物流サービスが提供できる総合物流会社
          ・収益力、健全な財務バランスと高度な品質に支えられた信頼感のある企業
          ・ESG(環境・社会・ガバナンス)に取組む企業
          ・未来志向で創造力ある人材が育つ風土を持つ企業
         (戦略基本方針)
           当社は、第6次中期経営計画「CHANGE!to2021」の最終年度である2021年度において、
          ・変化するお客様の要求に高い水準で応えられる企業
          ・将来を展望し、新分野に挑戦する企業
          ・優れた業務品質と高い効率性を提供できる企業
          ・ステークホルダーから信頼される企業
          ・強固な財務基盤に支えられた信用力のある企業
          を目指してまいります。
         (具体的取組み)
           第6次中期経営計画「CHANGE!to2021」では以下の課題に取組んでまいります。
          ・変化するマーケットへの対応
          ・新分野への挑戦
          ・高い生産性に向けた改革
          ・業務品質向上への取組み
          ・人材の確保と育成への取組み
          ・コンプライアンスの徹底とガバナンスの強化
          ・財務戦略の高度化
          ・働き易い職場環境づくり
                                 10/106





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
      (2)  経営環境及び優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題
         今後の見通しにつきましては、世界経済では、各国の感染予防対策の影響に加え、米中間の貿易摩擦、ウクライ
        ナ情勢等を起因とするエネルギーや原材料価格等の高騰が続くなど景気の下押しリスクがあり、日本国内でも新型
        コロナウイルス感染症の影響が残る中で、国際情勢を受け原油価格の高騰や原材料価格の上昇などの影響等引き続
        き厳しい状況が続くと予想されます。
         このような状況のもと、当社は、以下を重点課題と捉え、当社を取り巻く経営環境が変化したことに鑑み、グ
        ループ経営中長期ビジョンを見直すとともに、対象期間を2022年度から2024年度までの3カ年とする第7次中期経
        営計画「    Let’s   TRY  ! 2024  」を策定いたしました。
        < 対処すべき重点課題 >

         ・世界情勢の変化が業績に大きな影響を与える社会環境に
          →燃料費の高騰や取引先の生産計画の見直しに対する適切な対応が必要
         ・感染症拡大、新規事業拡大に伴い、新たなリスク要因が増加
          →考えられるリスクを想定し、的確な対応策を整える必要
         ・顧客が物流に求める内容の変化と水準の高度化
          →業界に精通した安定した物流システムの提案等高度な専門性が求められる
         ・従業員や採用人材の価値観が多様化
          →強く重視されるようになった「働き甲斐」「働き易い職場環境」へ対処
         ・サステナビリティやSDGsへの対応が企業が判断される重要な要素に
          →社会との共存を強く意識した具体的な行動が必要
         ・デジタル技術の活用水準が企業の競争力に強く関連する
          →データの整備・集中化とシステムによる効率化の推進
         ・経営判断において、より高度なガバナンスの視点が求められる
          →取締役会の活性化、高度な社内規範の構築
         ・東京証券取引所プライム市場の上場維持基準適合の達成を図る必要あり
          →新たな資本政策の徹底、IR活動の積極的展開
        ◆グループ経営新中長期ビジョンと第7次中期経営計画「                           Let’s   TRY  ! 2024  」

        < グループ経営新中長期ビジョン >
         ◇ 進化する物流ニーズを創造できる企業
         ◇ 多様な人材がその能力を最大限に発揮できる企業
         ◇ 高い業務品質によってお客様に信頼される企業
         ◇ 主体的にサステナビリティの推進に取組む企業
         ◇ 健全な財務バランスを有し積極経営のできる企業
          当社は、創立100周年を迎える2027年度に向けて、従業員それぞれが「自らが変化することの価値」を共有す
         る企業として、様々な課題に取組み、ビジョンの実現を目指してまいります。
        < 第7次中期経営計画「            Let’s   TRY  ! 2024  」 >

         Ⅰ 新分野へ積極的に挑戦し、グループとして成長を遂げる企業
         Ⅱ 無形資産・人的資産への投資を通じ、イノベーションを育む企業
         Ⅲ 多様な価値観を尊重し、皆が高いパフォーマンスを発揮できる企業
         Ⅳ デジタル技術の活用を図り、高い業務品質と生産効率を実現させる企業
         Ⅴ サステナビリティの基本方針を組織に浸透させ、施策に真摯に取組む企業
         Ⅵ 積極的な投資と強い財務体質をバランスさせ、健全経営を継続させる企業
         Ⅶ プライム市場の企業として期待される企業
         Ⅷ 上記施策展開を可能とするガバナンスの充実
         を目指し、これらの戦略基本方針にもとづき具体的取組みを推進してまいります。
                                 11/106





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
     2【事業等のリスク】
       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
      績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおり
      であります。
       なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものでありま
      す。
      (1)事業環境のリスクについて

         ① 営業基盤を取巻く環境のリスク
           当社グループの事業であります倉庫業を中核とする物流事業は、国内のみならず海外の景気動向や顧客企業
          の経営判断・物流合理化・事業再編等の影響を受けております。また、当社グループの主要取扱貨物の市場が
          縮小すること等により、当社グループの貨物取扱量が減少することが想定されます。そのような要因により、
          当社グループの経営成績等に影響を与える可能性があります。
           当社グループは、広いエリアで多様な業種の顧客企業の様々な品目の貨物を取り扱うことでリスクの分散を
          図っており、また、環境問題に代表されるような社会問題にも目を向けて貨物構成を変えていくこと等によ
          り、リスクの低減を図っております。
         ② 他社との競合のリスク
           当社グループの事業は同業者が多く厳しい競合状態にあります。その競合の結果、価格引き下げや過剰な
          サービス競争となることで収益や利益率が低下する等の要因により、当社グループの経営成績等に影響を与え
          る可能性があります。
           当社グループでは、真の顧客志向は、双方が適切なメリットを享受し取引が維持・継続できることとの信念
          のもと、変化する顧客企業の要求に最適な水準で応えるサービスを提供すること等により、リスクを回避して
          まいります。
         ③ 新規事業の立上げのリスク
           当社グループは、収益基盤の多様化と持続的な成長を実現していくために新規事業への取組みが重要である
          と認識しております。しかし、新規事業の立上げにあたっては、設備費等の先行投資が発生し利益率が低下す
          る可能性があり、新規事業が安定して収益を生み出すまでには一定の期間を要することも想定されます。ま
          た、契約上の問題など新規事業に固有のリスク要因が加わるとともに、事業環境の急激な変化や不測の事態等
          により、想定した売上が見込めない、または、想定していなかった多額の費用が発生する等、当初の計画どお
          りに進捗しない場合には、投資の回収が遅れる、または、回収できない等の要因により、当社グループの経営
          成績等に影響を与える可能性があります。
           当社グループでは、新規事業を開始するにあたっては、事業や契約の内容について社外専門家の調査等も踏
          まえた高度で多面的なリスクの検証を行い、様々な専門スキルを有するメンバーが参画する当社の指名・報
          酬・ガバナンス委員会や取締役会での議論を重ねることに加え、必要に応じて賠償責任保険等を付保するなど
          により、リスクをコントロールしております。
         ④ 公的規制・制度変更のリスク
           当社グループの事業は、関連法規による規制を受けておりますが、法令改正・制度の変更等により、それを
          遵守するための費用の増加や事業戦略の変更等が発生した場合、当社グループの経営成績等に影響を与える可
          能性があります。
           当社グループでは、法令・制度等改正監視に係る諸規定を定め、当社グループ企業に関わる法令・制度等の
          改正等の情報を適確且つ早期に把握し、十分な時間を持って準備を行い適切に対処できる体制を整えることに
          より、リスクの低減を図っております。
         ⑤ 事業提携、M&A等に関するリスク
           当社グループは、経営資源の最適化を図るとともに事業規模・業態の拡大・拡充による収益の拡大、競争力
          強化、企業価値の向上のために、他企業との事業提携やM&A等の必要性を認識しております。しかしなが
          ら、提携・買収後の事業環境の大きな変化や当初想定できなかった対象企業のリスクが顕在化すること等によ
          り、事業計画どおりに進捗しない場合、のれんの減損処理など、当社グループの経営成績等に影響を与える可
          能性があります。
           当社グループでは、事業提携、M&A等の実施にあたっては、対象企業について社外専門家も交えて事前の
          十分な検討と財務内容や契約条件等のデューデリジェンスを行うことにより、リスクの低減を図っておりま
          す。
                                 12/106



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         ⑥ 地政学的リスク
           当社グループの事業であります物流業におきましては、国家間の関係悪化や海外でのテロ・紛争・伝染病の
          発生等の影響を受けて、顧客企業の海外事業活動の停滞や国際物流の遅延・停止等に伴い物流量が低下するこ
          となどにより、当社グループの経営成績等に影響を与える可能性があります。
           当社グループは中国上海市にのみ事業拠点を有しているため海外情勢による直接的な影響は低いものの、事
          業全体においては顧客企業の事業活動のグローバル化の進展により間接的・潜在的なリスクは今後も高まって
          いくものととらまえております。
           当社グループでは、海外情勢の動向を注視するとともに、今後も多様な業種や地域に係る顧客企業との取引
          を継続していくことにより、リスクの分散・低減を図っております。
      (2)事業継続に関するリスクについて

         ① 自然災害・インフラ障害等のリスク
           地震・台風などの自然災害や火災あるいは事故等が発生することにより、当社グループの施設等資産の損壊
          等や道路・鉄道・空港・港湾施設といった社会インフラの障害等が発生した場合、当社グループの通常の業務
          遂行が困難となること等の要因により、当社グループの経営成績等に影響を与える可能性があります。
           当社グループでは、地震・風水害の対策マニュアルを策定し、安否確認や避難訓練を定期的に行うなど社員
          の安全を第一に考慮した事業継続計画を策定しており、加えて、緊急事態の際には相互に機能を補完し合える
          よう業務提携先である安田倉庫等との間で災害時における事業継続相互協力協定を締結する等を行い、リスク
          の低減を図っております。
         ② 感染症の発生・拡大に関するリスク
           当社グループが営んでおります物流事業は社会基盤を支える重要な事業であり、感染症流行時等の非常時に
          おいても事業を可能な限り継続していくことが社会的責任であると考えております。しかしながら、感染拡大
          により当社グループ従業員が感染するリスクは否定できず、その場合には、通常の業務の遂行、事業継続が困
          難となり、当社グループの経営成績等に影響を与える可能性があります。
           当社グループでは、感染症の感染拡大発生時には正確な情報収集を可能な限り行い、適切な感染防止策及び
          感染拡大防止策を実施し、社員並び取引先等関係者の安全を第一に考慮した上で、適正な業務の継続に努めて
          まいります。また、新型コロナウィルス感染症の流行拡大から得られた経験を踏まえ、「新型感染症対策規
          程」を策定し、今後発生しうる可能性のある未知のウイルス等による感染症の感染拡大時の対応についての基
          本的な考え方や必要とされる常備品等を定めることにより、今後のリスクに備えております。
           なお、新型コロナウィルス感染症の世界的規模での流行が継続しておりますが、当社グループでは、事業所
          に消毒液を備え置き手洗い・消毒を徹底するとともに、従業員にはマスクの着用を義務付ける等の対策を行っ
          ております。また、感染者が出た場合には行政機関の指示に従い濃厚接触者の確認や営業所内の消毒等の感染
          拡大防止対策を行うとともに、当社ウェブサイトにおいて状況について開示しております。
           また、営業や会食等の自粛及び移動を伴う会議のオンライン化、時差出勤やテレワークの実施等の対策など
          感染状況の変化に対応した感染予防策を都度見直し当社グループ内で周知徹底することにより、感染拡大防止
          と事業継続に努めております。
      (3)情報システム及び情報管理のリスクについて

         ① システム障害のリスク
           当社グループは、業務の遂行・取引先とのデーター交換や財務情報作成等を正確かつ効率的に行うため、基
          幹業務システム等の情報システムを利用しております。しかしながら、ハードウェア・ソフトウェア等のダウ
          ン・誤作動等のシステムの不備、コンピューターウィルス感染・外部からの不正アクセス等の情報セキュリ
          ティの不備や停電などが発生すること等で情報システムが使用できなくなった場合、それらの復旧に係る直
          接・間接費用の発生のみならず、基幹業務システムが使用出来なくなることで当社グループ及び取引先等の通
          常業務の遂行が困難となること、及びそれによる取引先の当社グループへの信用失墜等の要因により、当社グ
          ループの経営成績等に影響を与える可能性があります。
           当社グループでは、情報システム管理規程及び関連諸規定を定め、情報システムの適正な運用・管理を図っ
          ており、加えて、データー管理の一層の強化のためにクラウド化や営業所間のバックアップ体制の強化を図っ
          ております。また、財務・人事管理、業務の一部に外部のパッケージソフトを導入することにより、関連業務
          の平準化、効率化を図るとともに、システムの堅確性向上、法改正等への対応を行っております。外部からの
          コンピューターウィルス等の攻撃に関しては、社内の基幹業務システムは専用のオペレーティングシステムを
          使用しており、外部からの情報セキュリティについては二重の防御体制を敷いておりますが、特に悪意を持っ
          た外部からのサイバー攻撃等は日々高度化・巧妙化しており完全に防ぐことは困難であることから、防御でき
          なかった場合も想定した対応策も検討してまいります。加えて、停電対策として主要事業所に小型発電機を設
          置するなどの対策を実施し、リスクの低減を図っております。
         ② 情報技術の水準に係るリスク
                                 13/106


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
           当社グループは、基幹業務システム等の情報システムを利用しておりますが、デジタル技術の急速な進歩や
          市場の変化、顧客企業のニーズ等に適確に対応できなかった場合、将来において当社グループの情報システム
          が陳腐化し、適正かつ効率的な事業の遂行に支障をきたしたり、顧客の要請に応えられず機会損失を起こす等
          の 要因により、当社グループの経営成績等に影響を与える可能性があります。
           当社グループでは、従来より、基幹業務システムについては当社スタッフによる自社開発を行っております
          が、財務・人事管理、業務の一部に外部のパッケージソフトを導入し基幹業務システムと連携することによ
          り、関連する業務の効率化や平準化に加え、法改正等への対応を行っております。加えて、システム改修計画
          を策定し計画的な投資を行っていくことで、機器の定期的な改修・更新や基幹業務システムの更新、クラウド
          化等を進め、システムの「ブラックボックス化」を回避していくことなどにより、リスクの回避を図ってまい
          ります。
           また、今後想定されるデジタルトランスフォーメーションに対しても、情報システム部と業務部が中心とな
          り、得意先のニーズへの対応、生産性の向上を図るための取り組み等を行ってまいります。
         ③ 個人情報管理のリスク
           当社グループは、事業活動の過程において個人情報を扱っており、その情報の外部漏洩やデーターの喪失等
          が発生した場合、当社グループの信用の失墜、または損害賠償等の要因により、当社グループの経営成績等に
          影響を与える可能性があります。
           当社グループでは、個人情報保護方針及び関連諸規定を定め、社内で個人情報の重要性の認識を高め、その
          厳格な管理に努めております。
      (4)様々な時価変動のリスク

         ① 固定資産の減損処理のリスク
           当社グループは、倉庫・土地等の事業用の有形固定資産を有しておりますが、資産の時価の下落や収益性の
          低下により投資額の回収が見込めなくなった場合、減損損失を計上することになり、当社グループの経営成績
          等に影響を与える可能性があります。
           当社グループは、重要な設備投資に対して価格の妥当性や投資における将来の収支について社内及び取締役
          会において厳格に検証しております。また、事業所単位での経営成績管理についても、月次で分析を行い、都
          度、取扱貨物の構成や料金、人員配置等の適正化を図ることで、リスクの低減を図っております。
           なお、減損会計の適用にあたっては、事業用資産については独立したキャッシュ・フローを生み出す最小の
          単位として事業所ごとに、また、処分予定資産や遊休資産等については個別資産ごとにグルーピングを行って
          おり、減損の兆候の把握については、資産グループの営業活動から生ずる損益や市場価格等を適正に見積もる
          ことにより判定を行っております。
         ② 投資有価証券の時価変動のリスク
           当社グループは、営業上の取引関係や情報交換等の協力関係の維持・強化を主な目的として投資有価証券を
          保有しておりますが、株式相場の変動や投資先企業の財政状態の悪化等により資産価値が下落した場合、評価
          損の発生により、当社グループの経営成績等に影響を与える可能性があります。
           当社グループでは、保有する投資有価証券について保有目的と定性的な評価、資本コストより算出される定
          量的な評価等に基づく検証を定期的に行っており、保有の合理性が欠ける・乏しいと判断されたものについて
          は、一定の期間内に売却することにより、リスクの低減を図っております。
         ③ 退職給付債務のリスク
           当社グループの従業員の退職給付費用及び債務は、割引率や年金資産の期待運用収益率等の前提条件によっ
          て算出されていますが、これらの数値は将来の予測に基づくものであり、今後の割引率や年金資産の運用実績
          の変動等により、当社グループの経営成績等に影響を与える可能性があります。
           当社グループは、年金資産の運用内容・方針等を定期的に確認し検討を加え、必要と認められる対応を適宜
          行うことによりリスクの低減を図っております。
      (5)企業イメージに関するリスクについて

         ① 重要な訴訟によるリスク
           現在、当社グループに関して、経営に大きく影響を及ぼす重要な訴訟等は提起されておりません。しかし、
          将来におきまして重要な訴訟等が発生した場合、その判決結果如何によっては、当社グループの経営成績等に
          影響を与える可能性があります。
           当社グループでは、適正なコンプライアンスとガバナンス体制の構築に努めており、法的に問題となる懸念
          がある案件については、事前に弁護士等に確認するなどの体制を敷いております。また、仮に訴訟等が発生し
          た場合には、速やかにその分野での専門性の高い弁護士に相談できる体制とすることなどで、リスクの低減を
          図っております。
         ② 深刻なレピュテーションリスク
           当社グループ、当社グループ従業員及び協力会社等が、国内外において遵守すべき法令等に違反するような
          行為を行った場合、また、当社グループにとって事実の有無にかかわらず好ましくない風評や信用情報が広ま
                                 14/106

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
          ること等によって深刻なレピュテーション上の問題が発生すること等の要因により、当社グループの経営成績
          等に影響を与える可能性があります。
           当社グループでは、内部監査室において定期的なコンプライアンス研修を実施し、内部通報体制を整備する
          とともに、内部業務監査において定期・不定期のモニタリング調査を行っております。また、内部統制委員会
          において管理体制の評価や不正防止策の検討等、常に内部管理体制の強化に取り組んでおります。ハラスメン
          トについても、基本方針及び関連諸規定を定めるとともに、ハラスメント対応専用相談窓口として人事部内に
          ハラスメントヘルプラインを設置する等、管理体制の一層の強化に取り組んでおります。その上で、何か有事
          の際には、「正しい情報を速やかに開示」する体制を整えることで、リスクの低減を図っております。
                                 15/106


















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
          当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
         キャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
         ① 財政状態及び経営成績の状況

           当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルスの感染症拡大や、個人消費の低迷の影響が残る
          ものの、全体では徐々に持ち直しの動きとなりました。しかし、世界経済では、期前半では世界の生産と貿易
          が回復した一方で、期後半は国際海上コンテナ輸送の逼迫に加えて、半導体供給不足、資源価格の高騰などの
          影響により回復のペースは停滞しました。また、期終盤にはウクライナ情勢等を起因とするエネルギーや原材
          料価格等の高騰による影響が広がるなど、先行き不透明な状況となりました。
           物流業界におきましても、国内の生産活動等の持ち直しの影響から取扱貨物量は回復傾向にあり、輸出入貨
          物量も増加が続きましたが、海上輸送料金の高騰による国際物流の混乱や電子部品供給不足などに起因する生
          産調整による物流量の減少、燃料価格の大幅な上昇が続くなど、依然として厳しい状況が続いています。
          このような事業環境のもと、当社グループは第6次中期経営計画「CHANGE!to2021」の最終年度
          として具体的取組みを着実に実行に移し、業界を取り巻く時代の流れに遅れることのないよう、「CHANG
          E(意識・知識・組織)」の考え方の組織浸透と実践に直向きに取組んでまいりました。また、変化が加速す
          る顧客ニーズに的確に対応できる営業体制の構築の一つとして、九州地区への足掛かりとする福岡事務所を
          2021年6月に開設いたしました。加えて、汎用業務の集約を目的とした事務センター開設を推進・拡大するな
          ど業務の効率化への取組みを進め業務品質のさらなる向上を目指すとともに、財務・人事システム及び通関業
          務のシステムのパッケージ化など業務の見直しを図り、併せて会議等のペーパーレス化やweb化を図るなど、
          効率化・省力化にも努めました。また、京都梅小路地区資産有効活用計画については、当社として初めての本
          格的な不動産賃貸事業となる宿泊施設の建築をおこない、2022年3月1日より賃貸を開始いたしました。
           これらの結果、当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりとなりました。
          (財政状態)

           当連結会計年度末の総資産は、前連結会計年度末に比べ2,400,118千円増の53,306,492千円となりました。
           負債については、前連結会計年度末に比べ、1,768,196千円増の12,056,727千円となりました。
           純資産については、前連結会計年度末に比べ、631,922千円増の41,249,764千円となりました。
          (経営成績)

           当連結会計年度の営業収益は23,931,611千円(前年同期比7.7%減)、営業利益は1,866,907千円(前年同期
          比7.8%増)、経常利益は2,080,652千円(前年同期比8.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は
          1,352,291千円(前年同期比3.4%増)となりました。
           なお、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当連結会計年度の期首
          から適用しております。これに伴い、当連結会計年度の営業収益及び営業原価がそれぞれ4,923,225千円減少
          しておりますが、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益に影響はありません。当該基準を
          適用しなかった場合の営業収益は28,854,836千円(前期比11.3%増)であります。
           セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

           倉庫業におきましては、営業収益は6,802,024千円(前年同期比2.8%増)、セグメント利益は1,294,096千
          円(前年同期比12.1%増)となりました。
           運送業におきましては、営業収益は13,086,839千円(前年同期比5.1%増)、セグメント利益は1,029,747千
          円(前年同期比16.9%増)となりました。
           国際貨物取扱業におきましては、営業収益は4,217,719千円(前年同期比39.8%減)、セグメント利益は
          384,007千円(前年同期比5.6%減)となりました。
         ② キャッシュ・フローの状況

           当連結会計年度における連結ベースの現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に
          比べ181,348千円(4.6%)減少し、当連結会計年度末には3,726,026千円となりました。
          (営業活動によるキャッシュ・フロー)

           営業活動の結果、資金は2,256,321千円の増加(前期は2,902,365千円の増加)となりました。主な増加要因
          は、税金等調整前当期純利益2,010,561千円、減価償却費1,364,395千円であります。また、主な減少要因は、
          営業債権の増加421,793千円、未払消費税等の減少195,441千円であります。
                                 16/106



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
          (投資活動によるキャッシュ・フロー)
           投資活動の結果、資金は1,921,032千円の減少(前期は2,387,290千円の減少)となりました。主な増加要因
          は、投資有価証券の売却による収入156,049千円であります。また、主な減少要因は、有形固定資産の取得に
          よる支出1,966,809千円、投資有価証券の取得による支出101,244千円であります。
          (財務活動によるキャッシュ・フロー)
           財務活動の結果、資金は516,744千円の減少(前期は136,849千円の減少)となりました。主な増加要因は、
          長期借入による収入455,000千円であります。また、主な減少要因は、長期借入金の返済による支出499,886千
          円、配当金の支払額428,410千円であります。
         ③ 生産、受注及び販売の実績

           当社グループの主たる事業は、倉庫業を中心とした総合物流業であり、役務の提供を主体とする事業の性格
          上、生産、受注及び販売の実績を区分して把握することは困難であります。
           これに代えて、当連結会計年度におけるセグメントごとの営業収益及び主要業務の取扱高等を示すと、次の
          とおりであります。
          a.セグメントごとの営業収益

                              当連結会計年度
          セグメントの名称                                      前年同期比(%)
                         (2021年4月1日~2022年3月31日)
     倉庫業(千円)                              6,802,024                  102.8

     運送業(千円)                             13,086,839                   105.1

     国際貨物取扱業(千円)                              4,217,719                   60.2

           合計(千円)                        24,106,584                   92.5

     (注)上記の営業収益にはセグメント間の内部営業収益174,972千円を含んでおります。
          b.セグメントごとの主要業務の取扱高等

                              当連結会計年度
          セグメントの名称                                     前年同期比(%)
                        (2021年4月1日~2022年3月31日)
                        保管残高
                                      226千トン               97.6
                        (数量・月末平均)
                        入庫高             1,213千トン                108.2
     倉庫業
                        出庫高             1,208千トン                106.7
                        貨物回転率
                                      44.5%              110.1
                        (数量・月末平均)
     運送業                   運送取扱高             2,034千トン                105.9
                        輸出入取扱高              621千トン               118.3

     国際貨物取扱業
                                         3
                        梱包取扱高               98千m              117.7
                                  1

                  (年間入庫高+年間出庫高)              ×
                                  2
     (注)     貨物回転率       =                    × 100
                     月末保管残高年間合計
                                 17/106






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
          経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
         す。
          なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
         ① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

          a.財政状態
                      前連結会計年度              当連結会計年度             前連結会計年度比
                     (2021年3月31日)              (2022年3月31日)                 (%)
        流動資産(千円)                   13,063,709              13,682,271                104.7
        固定資産(千円)                   37,842,664              39,624,220                104.7
        流動負債(千円)                   6,695,132              7,899,315                118.0
        固定負債(千円)                   3,593,398              4,157,411                115.7
        純  資  産(千円)
                           40,617,842              41,249,764                101.6
           流動資産の増加要因は、現金及び預金が181,348千円、受取手形が247,044千円、それぞれ減少しましたが、
          営業未収入金が668,837千円増加したこと等によるものです。固定資産の増加要因は、建設仮勘定が京都梅小
          路地区宿泊施設建設工事竣工による本勘定への振り替えにより1,503,837千円、投資有価証券が378,489千円、
          それぞれ減少しましたが、建物及び構築物が2,927,889千円、リース資産が588,978千円、それぞれ増加したこ
          と等によるものです。
           流動負債の増加要因は、その他に含まれております未払消費税等が252,834千円減少しましたが、設備関係
          支払手形が835,914千円、その他に含まれております未払金が399,398千円、それぞれ増加したこと等によるも
          のです。固定負債の増加要因は、繰延税金負債が284,255千円減少しましたが、リース債務が654,165千円増加
          したこと等によるものです。
           以上の結果、1株当たりの純資産額は2,161.13円と前連結会計年度2,128.81円に比し、32.32円増加し、自
          己資本比率は76.9%と前連結会計年度79.3%に比し2.4ポイント減少しました。
           財政状態につきましては、資産のさらなる有効活用を図り、一層の利益を生み出すことがこれからの大きな

          経営の課題と考えております。今後も収益性の高い貨物へのシフトや資産をより有効に活用することに努めて
          まいります。
          b.経営成績

                      前連結会計年度              当連結会計年度
                                                 前連結会計年度比
                    (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                                    (%)
                     至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
        営業収益      (千円)
                           25,927,637              23,931,611                 92.3
        営業利益      (千円)
                           1,732,516              1,866,907                107.8
        経常利益      (千円)
                           1,921,049              2,080,652                108.3
        親会社株主に帰属する
                           1,307,297              1,352,291                103.4
        当期純利益(千円)
           営業収益の減少要因は、倉庫業で163,058千円、運送業で625,013千円、それぞれ増加しましたが、収益認識
          に関する会計基準等の適用の影響があり国際貨物取扱業で2,784,098千円減少したことによるものです。
           営業利益の増加要因は、国際貨物取扱業で22,976千円減少しましたが、倉庫業で139,601千円、運送業で
          149,100千円、それぞれ増加したことによるものです。
           経常利益の増加要因は、営業利益が134,391千円、営業外収益の受取配当金が13,671千円、持分法による投
          資利益が11,808千円、それぞれ増加したこと等によるものです。
                                 18/106




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
           親会社株主に帰属する当期純利益の増加要因は、特別損失に北陸支店福井営業所一部既存倉庫設備の解体工
          事費用を計上したことにより固定資産除却損が170,308千円、法人税等合計が36,528千円、それぞれ増加しま
          したが、経常利益が159,602千円、特別利益の投資有価証券売却益が83,993千円、それぞれ増加したことに加
          え、前連結会計年度に計上しておりました減損損失24,010千円がなくなったこと等によるものです。
           セグメントごとの経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

          (倉庫業)
           期中平均の保管残高は前期に比し減少しましたが、既存荷主への営業拡大により自社倉庫及び再寄託先も含
          めた入出庫高及び貨物回転率は増加したことなどから、営業収益は増加しました。また、当社の物流ノウハウ
          を活かした構内荷役作業サービスの提供や貨物構成の見直し、料金改定などの効果により、セグメント利益は
          増加しました。
          (運送業)
           国内の輸送貨物及び保管貨物の荷動きの回復に加え、新規取扱拡大もあり取扱量は前期に比し増加したこと
          などから、営業収益は増加しました。また、燃料費単価高止まりの影響はあるものの、料金改定や貨物積み合
          わせの効率化などの効果により、セグメント利益は増加しました。
          (国際貨物取扱業)
           通関業の取扱数量は、国内および海外の経済活動の持ち直し等から輸出入ともに前期に比し増加し、梱包業
          の取扱数量についても、海外市況の回復等の影響から増加しましたが、収益認識に関する会計基準等適用の影
          響があり営業収益は減少しました。また、コンテナ不足等による海外物流の混乱の影響を受けて、セグメント
          利益は減少しました。
         ② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容

           当連結会計年度のキャッシュ・フロー状況につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ②キャッ
          シュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
         ③ 資本の財源及び資金の流動性に係る情報

           当社グループの運転資金は、自己資金及び金融機関からの短期借入を基本とし、設備投資等資金につきまし
          ては、自己資金及び金融機関からの長期借入を基本としております。
           今後の資金需要のうち、主なものは、運転資金の他、事業用地取得、物流施設建築・改修等の設備投資等で
          あります。これらの資金についても、基本方針に基づき、負債と資本のバランスに配慮しつつ、必要に応じて
          金融機関からの借入を実施する等、必要な資金を調達してまいります。
         ④ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

           当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されて
          おります。この連結財務諸表の作成に当たり、見積りが必要な事項につきましては、過去の実績や現時点にお
          ける客観的情報、将来の計画事項等を合理的・総合的に判断し会計上の見積りを行っておりますが、実際の結
          果につきましては、見積り特有の不確実性により、これらの見積りと異なる可能性があります。なお、当社グ
          ループが採用している重要な会計方針につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連
          結財務諸表 注記事項 (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載しております。
           また、連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なも
          のについては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上
          の見積り)」に記載のとおりであります。
                                 19/106






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         ⑤ 経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等
           第6次中期経営計画「CHANGE!to2021」の最終年度となる2021年度の達成状況は以下のとおり
          であります。
           営業収益は計画比68百万円(0.3%)減となりましたが、営業利益は計画比96百万円(5.5%)増、経常利益
          は計画比170百万円(8.9%)増となりました。また、営業利益率につきましては計画値7.4%を0.4ポイント上
          回る7.8%となり、ROIC(投下資本利益率)については4.4%となりました。
                       第6次中期経営計画             第6次中期経営計画

                                                  当連結会計年度
                      (2019年度~2021年度)             (2019年度~2021年度)
              指標                                    (2021年度)
                        最終年度目標値             最終年度目標値
                                                    実績
                         (修正前)             (修正後)
          営業収益                 28,760百万円             24,000百万円             23,931百万円
          営業利益                  1,760百万円             1,770百万円             1,866百万円

          経常利益                  1,880百万円             1,910百万円             2,080百万円

          営業利益率                     6.1%             7.4%             7.8%

          自己資本比率                   80%程度             80%程度              76.9%

          ROIC
                               4.5%             4.3%             4.4%
          (投下資本利益率)
          ※ROIC:(営業利益+受取利息・配当)÷(純資産+有利子負債)
          ※第6次中期経営計画最終年度の目標値について、新型コロナウイルス感染症の感染拡大や梅小路地区におい
           て建築中の宿泊施設(不動産賃貸)の稼働予定時期の変更、収益認識に関する会計基準等の適用などの影響
           を受けて、当初の目標値から修正しております。
           以上の結果を踏まえて、新型コロナウイルス感染拡大やコンテナ不足等による海外物流の混乱などの影響が

          あり、営業収益においてはわずかに計画を達成できなかったものの、倉庫部門における料金改定や貨物構成の
          見直しや既存荷主への営業拡大等を進め、また、費用全般の削減に引き続き取組んだこと等により、営業利
          益、経常利益は計画を上回ることが出来ました。
           今後につきましては、2022年度から開始する第7次中期経営計画「                                Let’s   TRY  ! 2024  」において自ら能動的
          に行動する「自身にTRY!」、挑戦する風土を創って、分かち合う「組織でTRY!」、社会に応える・つ
          なげる「社会へTRY!」、この3つのTRY!に取組むことで、全社一丸となって収益拡大を図り、企業価
          値向上に努めてまいります。また、当社の企業理念「誠実」「進歩」「挑戦」とコーポレート・スローガン
          「未来を預かる、未来を運ぶ」にもとづき、グループ経営新中長期ビジョンの実現に向け、当社グループの持
          続的な成長と企業価値向上のため、当社を取り巻く様々な課題に果敢に挑戦してまいります。
                                 20/106








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
     4【経営上の重要な契約等】
       特記事項はありません。
     5【研究開発活動】

       特記事項はありません。
                                 21/106



















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
       当社グループ(当社及び連結子会社。以下同様)では、倉庫、運送、国際貨物取扱の各事業の拡大を図るため、営
      業拠点の拡充を進め、当連結会計年度においては全体で                          3,521,838     千円の設備投資を実施しました。
       なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
     2【主要な設備の状況】

       当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。
      (1)  提出会社
                                                    2022年3月31日現在
                                      帳簿価額(千円)
         事業所名        セグメント                                      従業員数
                       設備の内容
         (所在地)         の名称                                       (人)
                            建物及び構      機械装置及       土地
                                              その他      合計
                            築物      び運搬具      (面積㎡)
     本社                                      43
                 全社業務     管理業務
                              90,258       14          3,303     93,619      40
     (京都市下京区)                                     (236)
     京都支店梅小路営業所他             倉庫・運送                        2,024
                       倉庫       426,857      6,027           1,554     436,463       6
     (京都市下京区)             国際貨物                       (11,114)
     京都支店城南営業所                                    171,131
                 倉庫・運送     倉庫      1,077,965       11,825           4,026    1,264,949        11
     (京都市伏見区)                                    (9,389)
     京都支店城南営業所北倉庫                                    52,987
                 倉庫・運送     倉庫
                              79,882      1,008            285    134,164       1
     (京都市伏見区)                                    (4,423)
     京都支店城南営業所西倉庫
                                         59,298
                 倉庫・運送     倉庫       78,366      3,025            603    141,294       2
     (京都市伏見区)
                                         (3,612)
     京都支店京都PDセンター他             倉庫・運送     倉庫                  526,874
                             1,503,691       23,179           2,627    2,056,373        22
                 国際貨物     梱包場
     (京都府久世郡久御山町)                                    (18,164)
     滋賀支店滋賀PDセンター                                    270,758
                 倉庫・運送     倉庫       259,420      17,386           4,660     552,226       14
     (滋賀県栗東市)                                    (9,444)
     国際梱包事業部滋賀PD梱包                                    575,083
                 国際貨物     梱包場       400,611      27,373           4,373    1,007,441        9
     事業所(滋賀県栗東市)
                                         (5,265)
     滋賀支店湖東PDセンター                                    826,340
                 倉庫・運送     倉庫
                              806,203      9,286          628,477     2,270,307        9
     (滋賀県蒲生郡日野町)                                    (19,843)
     大阪支店大阪営業所
                                           -
                 倉庫・運送     倉庫         237     3,724           1,558     5,520      10
     (大阪府茨木市)
                                           (-)
     岡山支店倉敷営業所                                    785,914
                 倉庫・運送     倉庫       377,544      8,320           6,840    1,178,619        7
     (岡山県倉敷市)                                    (16,199)
     岡山支店倉敷営業所水島倉庫                                    113,921
                 倉庫・運送     倉庫       271,702      1,708            157    387,490       -
     (岡山県倉敷市)                                    (7,416)
     東京支店埼玉営業所                                    735,451
                 倉庫・運送     倉庫       522,287      10,233           5,428    1,273,400        13
     (埼玉県加須市)
                                         (8,499)
     東京支店茨城営業所                                    808,348
                 倉庫・運送     倉庫
                              801,441      47,571           5,584    1,662,945        5
     (茨城県猿島郡五霞町)                                    (12,070)
     名古屋支店小牧営業所他
                 倉庫・運送                       223,251
                       倉庫       149,843      3,545           2,213     378,853       6
     (愛知県小牧市)             国際貨物                        (5,408)
     名古屋支店愛岐営業所
                                         988,910
                 倉庫・運送     倉庫       575,274      13,864           1,153    1,579,203        10
     (愛知県江南市)
                                         (11,391)
                                         337,441
     名古屋支店浜松営業所
                 倉庫・運送     倉庫       299,447      1,908     (3,324)      1,110     639,908       10
     (浜松市東区)
                                         [3,016]
     名古屋支店浜松営業所南倉庫                                    348,589
                 倉庫・運送     倉庫       140,991      1,579           1,422     492,583       1
     (浜松市南区)                                    (5,162)
     北陸支店金沢営業所                                   1,190,576
                 倉庫・運送     倉庫
                             2,869,031       8,041            513   4,068,162        14
     (石川県金沢市)                                    (22,441)
     北陸支店小松営業所
                                           -
                 倉庫・運送     倉庫        1,816     3,013            416     5,246      4
     (石川県小松市)                                      (-)
     北陸支店富山営業所                                    392,261
                 倉庫・運送     倉庫       566,478      11,586            294    970,620       6
     (富山県射水市)
                                         (13,872)
                                 22/106



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
                                      帳簿価額(千円)

         事業所名        セグメント                                      従業員数
                       設備の内容
         (所在地)         の名称                       土地               (人)
                            建物及び構      機械装置及
                                              その他      合計
                            築物      び運搬具      (面積㎡)
     北陸支店福井営業所                                    254,162
                 倉庫・運送     倉庫       279,858      1,926            326    536,275       5
     (福井県福井市)                                    (9,337)
     大阪支店大阪国際貨物営業所                                      -
                 国際貨物               22     -           21     43     17
                         -
     (大阪市中央区)                                      (-)
     京都支店
                                         79,056
     ビジネスサポート京都店             倉庫・運送     倉庫       192,278      1,457           3,621     276,414       4
                                         (3,722)
     (京都市中京区)
     東京支店
                 倉庫・運送                       231,420
     ビジネスサポート東京店他                  倉庫       133,713      1,374           8,402     374,911       17
                 国際貨物
                                         (1,983)
     (東京都江東区)
     大阪支店
                                           -
     ビジネスサポート大阪店             倉庫・運送     倉庫       24,471      3,598          33,755     61,825       5
                                           (-)
     (大阪府茨木市)
     久御山倉庫                                   1,067,543
                 倉庫     倉庫
                              787,300        -           -  1,854,843        -
     (京都府久世郡久御山町)                                    (12,645)
     賃貸用不動産
                                         430,783
                 倉庫     賃貸用施設      3,397,535       96,210           43,456    3,967,986        -
     (京都市下京区)                                    (5,031)
     社宅・寮                  従業員用施                  18,868
                 全社業務             18,825       -          191    37,884      -
                       設
     (滋賀県蒲生郡日野町他)                                     (607)
     大津市倉庫用地                                   1,319,244
                   -     -       -     -           -  1,319,244        -
     (滋賀県大津市)                                    (21,658)
                                        11,810,287
             合計                16,133,360       318,793     (242,257)      766,384    29,028,825       248
                                         [3,016]
      (2)  国内子会社

                                                   2022年3月31日現在
                                       帳簿価額(千円)
             事業所名       セグメントの                                    従業員数
      会社名                    設備の内容
             (所在地)       名称                       土地              (人)
                               建物及び     機械装置及
                                               その他     合計
                               構築物     び運搬具     (面積㎡)
          城南営業所
                                          132,281
     中倉陸運㈱     (京都市伏見区)         運送      運送用車両      33,850     285,428            54  451,614      218
                                           (1,661)
          他12ヶ所
     (注)1.セグメントの名称欄の、倉庫は倉庫業、運送は運送業、国際貨物は国際貨物取扱業を示しており、全社業務

           はセグメントに属さない管理業務を示しております。
         2.帳簿価額のうち「その他」は、「工具、器具及び備品」、「リース資産」及び「建設仮勘定」の合計であり
           ます。
         3.[ ]内は借用のもので外書で示しており合計に含まれておりません。
                                 23/106







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
     3【設備の新設、除却等の計画】
       当連結会計年度末における重要な設備の新設、改修の計画は次のとおりであります。
      重要な設備の新設

                                            着手及び完了予定
                              投資予定金額
                                            年月
             事業所名      セグメン     設備の               資金調達                完成後の
       会社名
             (所在地)      トの名称      内容               方法                増加能力
                             総額     既支払額
                                             着手     完了
                            (千円)      (千円)
            滋賀支店                                          10,890㎡

                                       自己資金
            大津営業所            倉庫の                     2022年     2023年     の倉庫能
       提出会社            倉庫業         2,908,000         -   及び
            (滋賀県大            新設                     4月     5月    力の増加
                                       借入金
             津市)
      (注)経常的な設備の更新のための除売却等を除き、重要な設備の除売却の計画はありません。

                                 24/106
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           80,000,000

                  計                                80,000,000

        ②【発行済株式】

              事業年度末現在発行数
                         提出日現在発行数(株)             上場金融商品取引所名又は登
        種類          (株)                                      内容
                          (2022年6月24日)            録認可金融商品取引業協会名
              (2022年3月31日)
                                      東京証券取引所
                                                     単元株式数
                  19,064,897            19,064,897
     普通株式                                 市場第一部(事業年度末現在)
                                                     100株
                                      プライム市場(提出日現在)
                  19,064,897            19,064,897
        計                                    -           -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(千株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                (千株)
     2009年4月1日~
                 △1,000        19,064          -    2,734,294           -    2,263,807
     2010年3月31日
     (注)1.発行済株式総数の減少は、自己株式の消却によるものであります。
         2.2010年4月1日以降提出日現在までに、発行済株式総数、資本金及び資本準備金の増減はありません。
      (5)【所有者別状況】

                                                   2022年3月31日現在
                         株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                      単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
           政府及び地           金融商品取     その他の法
                 金融機関                          個人その他       計    (株)
           方公共団体           引業者     人
                                 個人以外      個人
     株主数(人)
                    21     17     137      19     33   12,839     13,066
               -                                           -
     所有株式数
                  70,830      1,531     47,971       627      33   69,409     190,401      24,797
               -
     (単元)
     所有株式数の
                  37.20      0.80     25.19      0.33     0.02     36.45
               -                                    100.00       -
     割合(%)
     (注)1.自己株式92,472株は、「個人その他」に924単元及び「単元未満株式の状況」に72株含まれております。
         2.「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、それぞれ7単元
           及び50株含まれております。
                                 25/106


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
      (6)【大株主の状況】
                                                  2022年3月31日現在
                                                  発行済株式(自己
                                                  株式を除く。)の
                                          所有株式数
         氏名又は名称                    住所                     総数に対する所有
                                           (千株)
                                                  株式数の割合
                                                  (%)
     日本マスタートラスト信託銀行
                                              968         5.10
                     東京都港区浜松町2丁目11番3号
     (信託口)(注)2
                                              860         4.54
     株式会社三菱UFJ銀行                東京都千代田区丸の内2丁目7番1号
                     京都市下京区烏丸通松原上る薬師前町
                                              850         4.48
     株式会社京都銀行
                     700
     みずほ信託銀行株式会社            (注)1    東京都千代田区丸の内1丁目3-3                        840         4.43
                     滋賀県大津市浜町1-38                        820         4.32

     株式会社滋賀銀行
                                              800         4.22
     安田倉庫株式会社                東京都港区芝浦3丁目1-1号
                                              664         3.50
     日本生命保険相互会社                東京都千代田区丸の内1丁目6番6号
                     東京都千代田区丸の内1丁目2-1                        551         2.91
     東京海上日動火災保険株式会社
                     東京都中央区京橋1丁目7-1                        545         2.87
     戸田建設株式会社
                     京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町91                        515         2.71
     京都中央信用金庫
                                             7,415          39.09
            計                  -
     (注)1.上記みずほ信託銀行株式会社の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数はありません。
         2.2022年3月31日現在における日本マスタートラスト信託銀行(信託口)の信託業務に係る株式数について
           は、当社として把握することができないため記載しておりません。
                                 26/106












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2022年3月31日現在
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                             -           -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                             -           -            -

      議決権制限株式(その他)                             -           -            -

                                92,400
      完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式                     -            -
                              18,947,700             189,477
      完全議決権株式(その他)                   普通株式                                -
                                                 1単元(100株)
                                24,797
      単元未満株式                   普通株式                     -
                                                 未満の株式
                              19,064,897
      発行済株式総数                                        -            -
                                           189,477
      総株主の議決権                             -                       -
     (注)1.「完全議決権株式(自己株式等)」は、全て当社所有の自己株式であります。
         2.「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が700株含まれております。また、
           「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数7個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2022年3月31日現在
                                                  発行済株式総数に
      所有者の氏名又                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                  対する所有株式数
      は名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                  の割合(%)
               京都市下京区朱雀
                            92,400                 92,400          0.48
     ㈱中央倉庫                                  -
               内畑町41番地
                            92,400                 92,400          0.48
         計          -                    -
                                 27/106











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                  株式数(株)            価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                     49           56,105
      当期間における取得自己株式                                     50           47,400

      (注)当期間における取得自己株式には、2022年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
         よる株式は含まれておりません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                 当期間
               区分
                                    処分価額の総額                処分価額の総額
                            株式数(株)                株式数(株)
                                      (円)                (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                            -        -        -        -

      合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る
                                 -        -        -        -
      移転を行った取得自己株式
      その他
                                 -        -        -        -
      (-)
      保有自己株式数                         92,472        -         92,522        -
      (注)1.当期間における処理自己株式数には、2022年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の売
           渡による株式は含まれておりません。
         2.当期間における保有自己株式数には、2022年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
           取り及び売渡による株式は含まれておりません。
                                 28/106









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
     3【配当政策】
       当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値向上に資するよう時機を捉えた的確な資本政策を遂行するとともに、
      配当政策の基本方針として、事業の性格を踏まえ財務体質の強化と内部留保の充実を考慮しつつ、株主利益を重視し
      た配分を基本方針としております。
       この方針のもと、配当につきましては当期及び今後の連結業績、財務面での健全性等を踏まえたうえで、純資産配
      当率(DOE:Dividend          on  Equity)1%程度(連結ベース)を下限の目処とした安定配当に加え、第7次中期経営計
      画「  Let’s   TRY  ! 2024  」の最終年度である2024年度では配当性向40%を上回ることを目指します。
       当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
       これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
       以上の方針に基づき、当事業年度の配当は、日頃の株主各位のご支援にお応えするため、1株につき中間配当金10
      円、期末配当金は、1円50銭増配の普通配当14円の年間配当金24円を実施することを決定しました。この結果、当事
      業年度の配当性向は36.4%、純資産配当率は1.2%となりました。なお、連結ベースでの純資産配当率は1.1%であり
      ます。
       当期の内部留保資金につきましては、競争力の強化のため、将来の経営基盤拡充の資金需要に備える所存でありま
      す。
       当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定
      めております。
       なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                      配当金の総額         1株当たり配当額
           決議年月日
                       (千円)          (円)
          2021年11月10日
                          189,724           10.00
           取締役会決議
          2022年6月24日
                          265,613           14.00
          定時株主総会決議
                                 29/106












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社グループは、当社グループの営んでおります倉庫業を中心とする総合物流業を、経済活動に不可欠な公共
         性の高い事業であると認識し、事業を通じて顧客のために、また、顧客とともに物流システムの合理化及び効率
         化をすすめることにより、社会と経済の発展に貢献することを経営の基本方針としております。また、事業の安
         定的な経営基盤を拡充することにより、株主と顧客及び従業員の満足度を高めていくことを目標としておりま
         す。皆様方からのご信頼と安心感を得るために、コーポレートガバナンスの充実は経営上の最重要課題の一つと
         して考えております。
        ② 企業統治の体制の概要及び当該企業統治の体制を採用する理由
          当社は、監査役会設置会社であり、監査役4名(内2名は社外監査役)が取締役の職務執行状況等経営の監視
         及び監査を行っております。社外監査役は会計・法務等専門的知見を有しており、コーポレートガバナンス及び
         監査体制の強化・充実をはかっております。また、監査役は、会計監査人が独立の立場を保持し、かつ、適正な
         監査を実施しているかを監視及び検証するとともに、会計監査人からその職務の執行状況等について報告を受
         け、必要に応じて説明を求めております。さらに、監査役は内部監査室との連携により、定期的に事業所の業務
         監査を実施し、内部管理体制の適正性を監視・検証しております。
          経営上の意思決定機関である取締役会は取締役6名(内2名は社外取締役)で構成し、原則として毎月1回開
         催しております。会計に係る専門的知見を有する社外監査役を配するとともに、各社外役員においては夫々の高
         度専門的分野における見地から経営の意思決定の適正性の確保のため適切な助言を行っております。また、代表
         取締役が指名する取締役及び執行役員と常勤監査役で構成される常務会を原則週1回開催し、取締役会への付議
         事項及びその他重要事項の審議を行っております。加えて、コンプライアンス等の内部統制推進強化を図るため
         内部統制委員会を設置し、四半期に1回開催し適正性確保に努めております。
          当社は、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための仕組みとしてのコーポレートガバナンスの強化に
         取組み、継続的な企業の成長と中長期的な企業価値の向上を目指し、コーポレートガバナンス・ガイドラインを
         策定しております。さらに、コーポレートガバナンスを実効的に適切に実施するための取組みとして、社外取締
         役及び社外監査役と代表取締役で構成され、社外取締役が委員長を務める指名・報酬・ガバナンス委員会(コー
         ポレートガバナンス委員会から2021年6月に名称変更)を設置し、コーポレートガバナンスに係る重要な事項を
         審議しております。
          以上のことから、現在の体制が経営の公正・透明性の確保の観点より最適であると考えております。
          また、当社は、会社法第427条第1項の規定により、社外取締役及び社外監査役との間において、同法第423条
         第1項の損害賠償責任について、職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がないときは、法令の定める限度まで
         限定する契約を締結しております。
          機関ごとの構成員は次のとおりであります。(◎は議長または委員長、〇は構成員を表しております。)
                                                 指名・報酬・
                                                       内部統制
                                                 ガバナンス
              役職名           氏名      取締役会      監査役会      常務会
                                                       委員会
                                                  委員会
          取締役会長              湯浅 康平         ◎            ○            ○
          代表取締役      社長執行役員
                       木村 正和         ○            ◎      ○      ◎
          代表取締役      専務執行役員
                       谷奥 秀実         ○            ○      ○      ○
          取締役    常務執行役員
                       田口 忠夫         ○            ○            ○
          取締役(社外)              安達 義二郎         ○                  ◎

          取締役(社外)              吉松 裕子         〇                  〇

          監査役              中村 秀麿         ○      ◎      ○            ○

          監査役              岡 一之         ○      〇                  ○

          監査役(社外)              藤本 眞人         ○      ○            ○

          監査役(社外)              人見 浩司         ○      ○            ○

                                 30/106




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
          なお、当社のコーポレート・ガバナンスの体制を図によって示すと次のとおりであります。
                 コーポレートガバナンス体制図

                                 31/106




















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
        ③ 企業統治に関するその他の事項
         イ.内部統制システムの整備の状況
           当社は、取締役会において内部統制システムに関する基本方針を以下のとおり定めております。
           1.「取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制」
           (1)取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合し、かつ社会的責任を果たすため、企業行動規
              範、コンプライアンス規程を取締役は遵守し、使用人に徹底させる。
           (2)コンプライアンスの徹底、リスク管理の強化及び内部統制システムの機能向上を図るため、内部統制
              委員会を設置する。
           (3)公益通報取扱規程に基づき、公益通報者の保護を図るとともに、使用人の規範意識を高め、適法かつ
              公正な事業運営を図る。
           (4)財務報告の信頼性を確保するために、内部統制システムの構築を行い、その仕組みが適正に機能する
              ことを継続的に評価し必要に応じて是正を行う。
           (5)反社会的勢力及び団体に対しては、毅然とした態度で臨み一切の関係を遮断し、またその活動を助長
              するような行為を行わない。
           2.「取締役の職務の執行にかかる情報の保存及び管理に関する体制」
             取締役の職務の執行及び意思決定にかかる情報については、文書管理規程に基づき、書面または電磁的
            記録をもって作成するとともに、保存、破棄等の管理を行う。
           3.「損失の危険の管理に関する規程その他の体制」
             リスク管理の基本方針に基づき、リスク管理の強化に努める。
           4.「取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制」
           (1)取締役会は、原則月1回開催するほか必要に応じて臨時開催し、重要な意思決定を行う。また常務会
              は、原則週1回開催し、取締役会への付議事項及び常務会規則に基づく事項等の審議を行う。
           (2)取締役の職務分担を明確化するとともに、担当部署毎に業績目標を定め、効率的に職務が行われる体
              制を確保する。
           5.「当社及びその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制」
           (1)当社はグループ経営中長期ビジョンを策定し、それに基づく中期経営計画を策定・推進するととも
              に、リスク管理・コンプライアンスを含む内部統制体制の構築に努め、また、当社役職員が子会社役
              職員を兼務する体制を構築し、子会社経営会議等を通じモニタリングを行う。
           (2)子会社管理の責任担当者を定め、子会社経営管理規程等に基づき、当社子会社の取締役の職務の執行
              に係る事項の報告を受け、事業の統括的な管理を行う。
           (3)子会社の経理及び人事業務に関与し、日常的に不正・誤謬の発生防止に努める。
           (4)グループ内取引の公正性を保持するため、グループ内取引については、必要に応じて内部統制委員会
              が審査する。
           6.「監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項」
             必要に応じて補助すべき使用人を置くこととし、補助者として監査業務の補助を行うよう指揮命令でき
            るものとする。
           7.「前号の使用人の取締役からの独立性及び監査役の当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事
             項」
             上記の補助者の人事異動、人事評価、懲戒処分には、監査役会の同意を得るものとする。
           8.「取締役及び使用人が監査役に報告するための体制及び当社子会社の取締役、監査役、使用人又はこれ
             らの者から報告を受けた者が当社監査役に報告をする体制その他の当社監査役への報告に関する体制並
             びにこれらの報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保する
             ための体制」
           (1)当社及びその子会社の取締役及び使用人は、会社に重大な損失を与える事項が発生しまたは発生する
              恐れがあるとき、違法または不正な行為を発見したとき、その他監査役会が取締役と協議のうえ報告
              すべきものと定めた事項が生じたときは、当社監査役に報告する。
           (2)当社子会社の取締役、監査役、使用人から上記(1)に定める事項の報告を受けた者は、直ちに当社
              監査役に報告する。
           (3)当社及びその子会社は、上記(1)又は(2)に定める報告をした者に対し、その報告を行ったこと
              を理由として不利な取扱いを行うことを禁止する。
           9.「監査役の職務の遂行について生じる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生じ
             る費用又は債務の処理に係る方針に関する事項」
             監査役がその職務の執行について、当社に対し費用の前払い等の請求をしたときは、当該請求に係る費
            用または債務が当該監査役の職務の遂行に必要でないと認められる場合を除き、速やかに当該費用または
            債務を処理するものとする。
                                 32/106


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
           10.「その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制」
           (1)取締役及び使用人の監査役監査に対する理解を深め、監査役監査の環境を整備するよう努める。
           (2)監査役と、代表取締役並びに会計監査人との意見交換会を開催し、また、内部監査部門との連携を図
              り、適切な意思疎通及び効果的な監査業務の遂行を図る。
         ロ.リスク管理体制の整備の状況

           当社では、「リスク管理の基本方針」を策定し、当社グループのリスクを一元的に把握・管理し、適時かつ
          適切に対応することで損失の極小化を図るよう努めております。
         ハ.提出会社の子会社の業務の適正性を確保するための体制整備の状況

           当社の子会社の業務の適正を確保するため、当社役員が子会社役員を兼務する体制を構築し、子会社経営会
          議等を通じモニタリングを行い、更に、子会社経営管理規程等に基づき、当社子会社の取締役の職務の執行に
          係る事項の報告を受け、事業の統括的な管理をおこなっております。
        ④ 責任限定契約の内容の概要

          当社は、安達義二郎氏、吉松裕子氏、藤本眞人氏、人見浩司氏の4名との間で、会社法第427条第1項の規定
         に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を法令の定める限度まで限定する契約を締結しております。
        ⑤ 役員等との間で締結している補償契約の内容の概要

          該当事項はありません。
        ⑥ 役員等を被保険者として締結している役員等賠償責任保険契約の内容の概要

          当社は会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結し、被保険者
         が役員等の地位に基づき行った行為(不作為を含みます。)に起因する損害賠償請求による被保険者が被る損害
         賠償金や争訟費用等を填補の対象としております。当該保険契約の被保険者は取締役および監査役であり、当該
         保険契約の保険料につきましては、取締役会の承認を踏まえ、当社負担としております。なお、被保険者の職務
         の執行の適切性が損なわれないようにするための措置として、被保険者による犯罪行為等に起因する損害等につ
         いては填補の対象外としております。
        ⑦ 取締役の定数

          当社の取締役は6名以内とする旨定款に定めております。
        ⑧ 取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、及び、取締役の選任決議は累積投票によらない旨定款に定め
         ております。
        ⑨ 株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めており
         ます。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
         目的とするものであります。ただし、当社株式の大量取得行為に関する対応策(買収防衛策)の発動の株主総会
         決議については、株主の皆様の総体的意思を確認するという観点より、議決権を行使することができる株主の議
         決権の過半数を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。
        ⑩ 株主総会決議事項を取締役会で決議できるとした事項

         イ.自己株式の取得
           当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって同条第1項に定める市場取引等によ
          り自己の株式を取得することができる旨定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な
          資本政策の遂行を可能とすることを目的とするものであります。
         ロ.取締役及び監査役の責任免除
           当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議によって、同法第423条第1項の取締役(取締
          役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の損害賠償責任を法令の限度において免除
          することができる旨定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力
          を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
         ハ.中間配当
                                 33/106


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
           当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として、中
          間配当を行うことができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的と
          するものであります。
                                 34/106




















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
        ⑪ 株式会社の支配に関する基本方針について
      Ⅰ.基本方針の内容の概要

         当社は、上場会社である当社の株式は、株主または投資家の皆様に自由に取引されるものであり、特定の者によ
        る当社の株式の大量買付等に応じるか否かは、当社株主の皆様に十分な情報が提供された上で、最終的には当社株
        主の皆様の判断に委ねられるべきものであると考えており、これが、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に中
        長期的に資するものである限りにおいて、これを否定するものではありません。しかしながら、株式の大量買付等
        の中には、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を毀損するおそれがあるもの等の不適切な買付等があること
        を、否定することができません。
         当社は、このような特定の者による当社株式の大量買付等に伴い、会社の存立、発展が阻害されるおそれが生ず
        る等、会社の企業価値が毀損され、会社の利益ひいては株主の共同の利益が害されることになるような場合には、
        その防止のために当該株主を差別的に取り扱ったとしても、当該取扱いが衡平の理念に反し、相当性を欠くもので
        ない限り、最終的には会社の利益の帰属主体である株主の皆様自身の判断において対抗措置を行うことができるほ
        か、当該特定の者が必要な情報や時間を提供しない場合や、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を顧みずに当
        該特定の者自身の利益のみを図る場合等、取締役会の判断により相当な対抗措置を講ずることが許容される場合が
        あると考えております。
         当社は、当社株式の大量買付等を行う者に対して、遵守すべき一定の手続があること、また、法令および当社定
        款等の許容する限度において、相当な対抗措置を実施することがあり得ることを事前に警告すること等により、当
        社の企業価値ひいては株主共同の利益を毀損するおそれがある買付等を防止することとします。
      Ⅱ.当社の財産の有効な活用、適切な企業集団の形成その他の基本方針の実現に資する特別な取組みの概要

        ① 企業価値向上への取組み
          当社は、『誠実』『進歩』『挑戦』の企業理念に基づき、コーポレート・スローガン「未来を預かる、未来を
         運ぶ」を制定するとともに、創立100周年を迎える2027年度に向けて、従業員それぞれが「自らが変化すること
         の価値」を共有する企業として、様々な課題に取組み、以下のとおりグループ経営中長期ビジョンの実現を目指
         してまいります。
         ◇進化する物流ニーズを創造できる企業
         ◇多様な人材がその能力を最大限に発揮できる企業
         ◇高い業務品質によってお客様に信頼される企業
         ◇主体的にサステナビリティの推進に取組む企業
         ◇健全な財務バランスを有し積極経営のできる企業
          このグループ経営中長期ビジョンの実現に向け、第7次中期経営計画「                                 Let’s   TRY  ! 2024  」を以下のとおり策
         定しております。
         (戦略基本方針)
         Ⅰ 新分野へ積極的に挑戦し、グループとして成長を遂げる企業
         Ⅱ 無形資産・人的資産への投資を通じ、イノベーションを育む企業
         Ⅲ 多様な価値観を尊重し、皆が高いパフォーマンスを発揮できる企業
         Ⅳ デジタル技術の活用を図り、高い業務品質と生産効率を実現させる企業
         Ⅴ サステナビリティの基本方針を組織に浸透させ、施策に真摯に取組む企業
         Ⅵ 積極的な投資と強い財務体質をバランスさせ、健全経営を継続させる企業
         Ⅶ プライム市場の企業として期待される企業
         Ⅷ 上記施策展開を可能とするガバナンスの充実
         を目指し、これらの戦略基本方針にもとづき具体的取組みを推進してまいります。
          第7次中期経営計画「          Let’s   TRY  ! 2024  」では、前中期経営計画のキーワード「CHANGE                      !」の考えをさらに推
         し進め、自ら能動的に行動する「自身にTRY                    !」、挑戦する風土を創って、分かち合う「組織でTRY                         !」、社会に
         応える・つなげる「社会へTRY              !」、この3つのTRY          !に取組むことで、確りとした施策展開をおこない、確実に
         収益拡大を図り、企業価値向上に努めてまいります。
        ② コーポレートガバナンスの取組み
          当社は、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための仕組みとしてのコーポレートガバナンスの強化に
         取組み、継続的な企業の成長と中長期的な企業価値の向上を目指し、コーポレートガバナンス・ガイドラインを
         策定しており、当社ホームページに掲載しております
         (https://www.chuosoko.co.jp/sustainability/governance/)。コーポレートガバナンスの取組みとして、株主
         総会招集通知の発送を開催日の3週間前に発送することやインターネット上において株主総会招集通知の発送前
         開示を実施する等株主の権利が実質的に確保されるよう適切な対応を行う等株主の権利・平等性の確保に努めて
         おります。また、「誠実」「進歩」「挑戦」の企業理念を定め、それらに相応しい企業作りに取組むとともに持
         続可能性を巡る課題に対応するため、環境に配慮したグリーン経営(交通エコロジー・モビリティ財団認証取
                                 35/106


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         得)を行う等株主以外のステークホルダーとの適切な協働に努めております。加えて、中期経営計画等の情報開
         示等法令に基づく開示以外の情報提供にも主体的に取組み、適切な情報開示と透明性の確保に努めております。
         更 に、独立した客観的な立場から経営陣に対する実効性の高い監督を果たすため、取締役会の構成として3分の
         1以上の独立社外取締役を選任する等取締役会等の責務を適切に果たすべく機能強化に取組んでおり、コーポ
         レートガバナンスを実効的に適切に実践するための取組みとして、社外取締役および社外監査役と代表取締役で
         構成され、社外取締役が委員長を務める指名・報酬・ガバナンス委員会を設置し、コーポレートガバナンスに係
         る重要な事項を審議しております。また、2020年4月1日より、経営の意思決定および監督機能と業務執行を明
         確に分離し、経営の機能性向上とガバナンス強化を図るため、執行役員制度を採用しております。加えて株主総
         会開催日における株主総会後の株主向け経営説明会やアナリスト向けミーティングの開催等株主との建設的な対
         話にも努めております。
      Ⅲ.本基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務および事業の方針の決定が支配されることを防止するため

         の取組み(本プラン)の概要
          当社は2021年6月25日開催の第141回定時株主総会において、本基本方針に照らして不適切な者によって当社
         の財務および事業の方針の決定が支配されることを防止するための取組みとして、当社株式の大量取得行為に関
         する対応策(買収防衛策)(以下「本プラン」といいます。)を決議しました。本プランの概要は以下のとおり
         です。
         ア.本プランの対象となる買付等
           当社取締役会の同意を得ないで行われる買付等のうち、①当社が発行者である株券等(以下「当社株券等」
          といいます。)について、保有者およびその共同保有者等の株券等保有割合が20%以上となる買付等、ならび
          に②当社株券等について、公開買付を行う者の株券等の株券等所有割合およびその特別関係者等の株券等所有
          割合の合計が20%以上となる公開買付を対象とします(以下、本プランの対象となる上記行為を「買付等」と
          いいます。)。
         イ.本プランの手続概要
           買付等を行う者または提案する者(以下「買付者等」といいます。)は、①当社取締役会および独立委員会
          に対し、当該買付等に関する必要かつ十分な情報を当社取締役会または独立委員会が定める合理的期間内に提
          供し、②原則として60日間(対価を現金(円貨)のみとする当社株券等全部の公開買付の場合)または90日間
          (その他の買付等の場合)の当社独立委員会による検討、対抗措置の発動、不発動、株主総会招集等の勧告の
          ための期間(以下「独立委員会検討期間」といいます。)が経過し、かつ③当社取締役会または株主総会が対
          抗措置の発動の是非について決議を行うまでは、買付等を開始し、または進めることが許されないものとしま
          す。
           また、本プランを適正に運用し、当社取締役会の恣意的判断を防止するため独立委員会を設置するととも
          に、株主の皆様の意思を確認するため、必要に応じて株主総会の招集を行うこととします。独立委員会は当社
          経営陣から独立している当社の社外取締役、社外監査役または社外の有識者(実績ある会社経営者、官庁出身
          者、弁護士、公認会計士、および学識経験者等)の中から当社の取締役会が選任した3名以上の委員で構成さ
          れます。
         ウ.独立委員会の勧告
           独立委員会は、当該買付者等が本プランに定める手続を遵守していないと認めた場合、下記①ないし⑤に相
          当する買付等(以下「不適切な買付等」といいます。)であると認めた場合、または下記⑥ないし⑦に相当す
          る等、当該買付等が当社の企業価値ひいては株主共同の利益を毀損するおそれがあると認めた場合には、「対
          抗措置を発動することを勧告する」旨(以下「発動勧告」といいます。)、またそのおそれがないと認めた場
          合には、「対抗措置を発動しないことを勧告する」旨の勧告(以下「不発動勧告」といいます。)を行うこと
          とします。また、独立委員会は、発動勧告または不発動勧告のいずれも行わず、株主総会の招集等が相当と認
          める旨の勧告を行うことができます。さらに、独立委員会は、当社取締役会が対抗措置の発動または不発動を
          決定した後であっても、当該決定の前提となる事実関係に変動が生じた場合等においては、改めて不発動勧告
          または発動勧告を行うことができます。当社取締役会は、上記勧告を最大限尊重するものとします。
          ① 株価を高騰させて高値で当社およびその関係者に引取らせることを目的とする行為
          ② 当社が事業を行うために必要な資産(有形資産のほか、知的財産権、ノウハウ、企業秘密情報および主要
            取引先ならびに顧客等の無形資産を含みます。)を当該買付者等またはその関係者に取得させることを目
            的とする行為
          ③ 当社の資産(その定義は上記②に定めるところによります。)を当該買付者等またはその関係者等の債務
            の担保として供することまたはその弁済原資として用いることを目的とする行為
          ④ 当面当社の積極的な事業の用に供されていない不動産および有価証券等の高額資産を処分させ、その処分
            利益をもって一時的な高配当を行わせることまたは一時的な高配当によって株価を急上昇させて当社株式
            の高値売り抜けを目的とする行為
                                 36/106


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
          ⑤ 強圧的二段階買付(最初の買付で当社株券等全部の買付を勧誘することなく、二段階目の買付条件を不利
            に設定し、または二段階目の買付条件を明確にしないで公開買付等による株券等の大量買付等を行うこと
            をいいます。)その他当社株券等の保有者にその売却を事実上強要するおそれのある行為
          ⑥ 買付等の条件(買付対価の種類・金額、買付等の時期、買付等の方法の適法性、買付等の実行の可能性、
            買付等の後における当社従業員、労働組合、取引先、顧客、地域社会その他の当社に係る利害関係者(以
            下「当社利害関係者」といいます。)の処遇等の方針等を含みます。)が、当社の本源的価値に鑑み、不
            十分または不適当な買付等である場合
          ⑦ 買付者等による買付等の後の経営方針、事業計画、投下資本の回収方針等の内容が不十分または不適当で
            あること等のため、当社と当社利害関係者との間の信頼関係・取引関係等を毀損する、または当社の企業
            価値ひいては株主共同の利益を毀損する重大なおそれのある買付等である場合
         エ.取締役会による決議
          ① 手続を遵守しない買付者等に対する対抗措置の発動の決議
            当社取締役会は、独立委員会が当該買付者等は本プランの定める手続を遵守していないと認めて発動勧告
           をしたときは、独立委員会の発動勧告を最大限尊重して、対抗措置の発動を決議することができます。
          ② 不適切な買付等に対する対抗措置の発動の決議
            当社取締役会は、独立委員会が当該買付等は上記ウ.①ないし⑤に相当する不適切な買付等に該当すると
           認めて発動勧告をしたときは、独立委員会の発動勧告を最大限尊重して、対抗措置の発動を決議することが
           できます。
          ③ 企業価値ひいては株主共同の利益を毀損するおそれがある買付等に対する対抗措置の発動の決議
            当社取締役会は、独立委員会が上記ウ.⑥ないし⑦に相当する等、当該買付等が当社の企業価値ひいては
           株主共同の利益を毀損するおそれがあると認めて発動勧告をしたときは、株主総会を招集し、当該株主総会
           における対抗措置を発動する旨の決議を経て、当該買付等に対し対抗措置の発動を決議することができるも
           のとします。また、当社取締役会は、独立委員会が株主総会の招集を勧告したときは、独立委員会の勧告を
           最大限尊重して、株主総会を招集し、当該株主総会における対抗措置を発動する旨の決議を経て、当該買付
           等に対し対抗措置の発動を決議することができるものとします。
          ④ 対抗措置の不発動の決議
            当社取締役会は、必要があると認めたときは、買付者等に対し対抗措置を発動しないことを決議すること
           ができます。当社取締役会は、独立委員会が不発動勧告をしたときは、当該勧告を最大限尊重します。な
           お、当社取締役会は、対抗措置の不発動を決定した後であっても、当該決定の前提となった事実関係に変動
           が生じ、買付等が当社の企業価値ひいては株主共同の利益を毀損するおそれがあると判断される場合等に
           は、改めて独立委員会に諮問し、その勧告を最大限尊重して、対抗措置を発動することを決定することがあ
           ります。
          ⑤ 取締役会による決議を行うまでの期間
            当社取締役会は、独立委員会が発動勧告をしたとき、不発動勧告をしたときまたは株主総会の招集等が相
           当と認める勧告をしたときのいずれの場合においても、独立委員会からの勧告を書面で受領した日の翌日か
           ら起算して10営業日以内に、対抗措置を発動する旨、対抗措置を発動しない旨、または株主総会を招集する
           旨を決議しなければならないものとします。
         オ.株主総会
           当社取締役会は、独立委員会が対抗措置の発動を勧告したときは、当該対抗措置の発動に株主総会決議が不
          要な場合であっても、当該買付等に対し対抗措置を発動するか否かについて、当社株主の皆様の意思の確認を
          行うために株主総会を招集することができるものとします。また、当社取締役会は、独立委員会が株主総会の
          招集を勧告した場合等においても、株主総会を招集することができるものとします。
         カ.対抗措置の手段
           当社は独立委員会の勧告を最大限尊重し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保し向上を図るた
          め、買付等に対する対抗措置として、新株予約権の無償割当等必要な措置の中からその時点で最も適切と当社
          取締役会が判断したものを選択し、当社取締役会または株主総会で決議するものとします。
         キ.対抗措置発動後の中止、停止または変更
           当社取締役会は、本プランに従い対抗措置を発動することを決定した後であっても、①買付者等が当該買付
          等を中止した場合や、②対抗措置を発動する旨の決定の前提となった事実関係に変動が生じ、当該買付等が当
          社の企業価値ひいては株主共同の利益を毀損するおそれがないと判断される場合には、改めて独立委員会に諮
          問し、その勧告を最大限尊重して、対抗措置の発動の中止、停止または変更を決定することがあります。対抗
          措置として、新株予約権無償割当をする場合において、権利の割当を受けるべき株主が確定した後に、上記事
          情が生じ、当社取締役会が対抗措置の発動の中止または停止を決定した場合には、新株予約権の効力発生日の
          前日までの間は新株予約権の無償割当を中止または停止し、新株予約権の無償割当後、行使期間の開始日の前
          日までの間は当社が無償で新株予約権を取得すること等ができるものとします。
         ク.本プランの発効、有効期間、廃止および変更
                                 37/106


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
           本プランは、上記第141回定時株主総会において決議されたことをもって発効しており、その有効期間は、
          上記第141回定時株主総会終結後3年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の
          ときまでとなっております。ただし、本プランの有効期間中であっても、当社株主総会または当社取締役会に
          お いて本プランを廃止する旨の決議が行われた場合には、本プランはその時点で廃止されるものとします。ま
          た、当社取締役会は、本プランの有効期間中であっても、本プランに関する法令、証券取引所規則等の新設も
          しくは改廃が行われ、または重要な司法判断が示され、当該新設、改廃または判断を反映するのが適切である
          場合、形式的な修正を行うのが適切である場合、株主総会決議の趣旨の範囲内で独立委員会の承認を得たうえ
          で、本プランを修正・変更する場合があります。
         なお、本プランの詳細につきましては、当社ホームページに掲載する2021年5月13日付け「当社株式の大量取得

        行為に関する対応策(買収防衛策)の継続について」をご覧ください
        (https://www.chuosoko.co.jp/news/ir/)。
      Ⅳ.特別な取組みおよび本プランが本基本方針に沿うものであること

         当社取締役会は、上記特別な取組みである企業価値向上への取組み、コーポレートガバナンスへの取組みを推進
        することは、当社の企業価値・株主共同の利益を向上させ、当社の企業価値・株主共同の利益に反する買付行為が
        行われることを未然に防止しようとするものであり、本基本方針に沿うものであると判断しております。また、本
        プランにつきましても、当社株式の大量買付等を行う者に対して、遵守すべき一定の手続があること、また、法令
        および当社定款等の許容する限度において相当な対抗措置を実施することがあり得ることを具体的に明記してお
        り、本基本方針の考え方に沿って設計されたものであると判断しております。
      Ⅴ.特別な取組みおよび本プランが当社株主の共同の利益を損なうものではないこと

         当社取締役会は、上記特別な取組みは当社の企業価値・株主共同の利益を向上させるものであり、当社株主の共
        同の利益を損なうものではないと判断しております。また、本プランも①買収防衛策に関する指針の要件をすべて
        充足していること②株主共同の利益の確保・向上の目的をもって導入されていること③株主意思を重視するもので
        あることから、当社株主の共同の利益を損なうものではないと判断しております。
      Ⅵ.特別な取組みおよび本プランが当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではないこと

         当社取締役会は、上記特別な取組みは当社の企業価値・株主共同の利益を向上させるものであり、当社の会社役
        員の地位の維持を目的とするものではないと判断しております。また、本プランは①独立性の高い社外者の判断の
        重視と情報開示を適時適正に行うこと②合理的客観的な発動要件を設定していること③第三者専門家の意見を取得
        すること④デッドハンド型もしくはスローハンド型買収防衛策ではないことから、当社の会社役員の地位の維持を
        目的とするものではないと判断しております。
                                 38/106









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
     ① 役員一覧
     男性  9 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             10.0  %)
                                                         所有
          役職名           氏名       生年月日               略歴           任期   株式数
                                                        (千株)
                                 1967年3月      当社入社
                                 1994年6月      当社取締役
                                 2002年6月      当社常務取締役
                                 2004年6月      当社代表取締役社長
                                 2005年5月      中倉陸運株式会社代表取締役社長
                                 2013年5月      中倉陸運株式会社代表取締役会長
         取締役会長          湯浅 康平      1943年4月29日      生                      (注)3     64
                                       (現在)
                                 2016年10月      中央倉庫ワークス株式会社代表取
                                       締役会長(現在)
                                 2017年6月      当社代表取締役会長
                                 2022年6月      当社取締役会長(現在)
                                 1980年4月      株式会社三和銀行(現         三菱UFJ銀
                                       行)入社
                                 2006年9月      同社信濃橋支社長
                                 2010年5月      当社入社
                                 2010年6月      当社取締役
         代表取締役
                                 2011年6月      当社営業統括本部副本部長
                   木村 正和      1957年2月3日      生
                                                     (注)3     21
         社長執行役員
                                 2013年6月      当社常務取締役営業統括本部長
                                 2014年5月      中倉陸運株式会社代表取締役社長
                                 2017年6月      当社代表取締役社長
                                 2020年6月      当社代表取締役社長執行役員(現
                                       在)
                                 1983年4月      当社入社
                                 2014年4月      当社営業統括本部営業企画部長
                                 2014年11月      当社経営企画室長
                                 2015年4月      当社国際貨物第2部長
                                 2015年6月      当社取締役
                                 2016年4月      当社営業統括本部副本部長兼京都
                                       支店長
                                 2017年4月      当社営業統括本部副本部長
                                 2017年5月      中倉陸運株式会社代表取締役社長
         代表取締役
                                 2017年6月      当社常務取締役営業統括本部長
         専務執行役員           谷奥 秀実      1961年3月24日      生
                                                     (注)3      10
                                 2019年5月      中央倉庫ワークス株式会社代表取
        企画管理本部長
                                       締役社長(現在)
                                 2020年6月      当社取締役常務執行役員営業統括
                                       本部長
                                 2021年4月      当社取締役常務執行役員
                                 2021年6月      当社取締役常務執行役員企画管理
                                       本部長
                                 2022年6月      当社代表取締役専務執行役員企画
                                       管理本部長(現在)
                                 1980年4月      当社入社
                                 2007年7月      当社東京支店長
                                 2013年2月      当社滋賀支店長
                                 2017年4月      当社営業統括本部営業部長
          取締役
                                 2017年6月      当社取締役
         常務執行役員           田口 忠夫      1958年2月7日      生                     (注)3      10
                                 2020年6月      当社上席執行役員営業統括本部営
        営業統括本部長
                                       業部長
                                 2021年4月      当社常務執行役員営業統括本部長
                                 2021年6月      当社取締役常務執行役員営業統括
                                       本部長(現在)
                                 39/106





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有
          役職名           氏名       生年月日               略歴           任期   株式数
                                                        (千株)
                                 1981年4月      安田信託銀行株式会社(現 みずほ
                                       信託銀行株式会社)入社
                                 2002年4月      みずほアセット信託銀行株式会社
                                       大阪プロジェクト推進部長兼大阪
                                       支店専任部長
                                 2003年3月      みずほ信託銀行株式会社大阪プロ
                                       ジェクト推進部長兼大阪支店上席
                                       部長代理
                                 2004年4月      同社大阪支店副支店長兼大阪支店
                                       法人営業部長
                                 2005年7月      同社事務統括副部長
          取締役         安達 義二郎       1958年2月25日      生                     (注)3      0
                                 2006年6月      同社事務統括部長
                                 2008年4月      同社執行役員業務統括部長
                                 2009年4月      同社執行役員法人業務部長
                                 2010年4月      同社常務執行役員
                                 2012年4月      みずほ信不動産販売株式会社(現 
                                       みずほ不動産販売株式会社)取締役
                                       副社長
                                 2014年4月      平成ビルディング株式会社取締役
                                       社長
                                 2021年6月      当社取締役(現在)
                                 2008年12月      弁護士登録
                                 2008年12月      えびす法律事務所入所
                                 2011年4月      京都成蹊法律事務所入所(現在)
          取締役         吉松 裕子      1972年5月10日      生                      (注)3      3
                                 2015年6月      当社監査役
                                 2022年6月      当社取締役(現在)
                                 1981年4月      当社入社
                                 2007年7月      当社梅小路支店長
                                 2008年4月      当社名古屋支店長
                                 2011年6月      当社経営企画室長
                                 2012年4月      当社人事総務部長
                                 2014年11月      当社管理部長
                                 2015年6月      当社取締役
          監査役
                   中村 秀麿      1958年12月25日      生                      (注)4     11
                                 2016年4月      当社経営企画室長
         (常勤)
                                 2016年10月      中央倉庫ワークス株式会社代表取
                                       締役社長
                                 2017年6月      当社常務取締役企画管理本部長
                                 2020年6月      当社取締役常務執行役員企画管理
                                       本部長
                                 2021年6月      当社監査役(現在)
                                 1979年11月      当社入社

                                 2007年5月      当社内部監査室長
                                 2012年8月      フクワ商事株式会社入社
          監査役          岡 一之      1947年7月1日      生
                                                     (注)4      2
                                 2013年5月      同社代表取締役社長
                                 2017年6月
                                       当社監査役(現在)
                                 1978年11月      等松・青木監査法人(現         有限責任
                                       監査法人トーマツ)入所
                                 1982年9月      公認会計士登録
                                 1998年6月      同監査法人パートナー
                                 2011年11月      藤本眞人公認会計士事務所開業登
          監査役         藤本 眞人      1953年6月24日      生                      (注)4      0
                                       録(現在)
                                 2012年6月      日本システム開発株式会社社外監
                                       査役
                                 2013年6月
                                       当社監査役(現在)
                                 2014年6月      株式会社キーエンス社外取締役
                                 40/106





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有
          役職名           氏名       生年月日               略歴           任期   株式数
                                                        (千株)
                                 1985年4月      株式会社京都銀行入社
                                 2003年6月      同社修学院支店長
                                 2005年5月      同社大阪中央支店長
                                 2009年6月      同社本店営業部第一部長
                                 2012年6月      同社取締役
                                 2015年6月      同社常務取締役
          監査役         人見 浩司      1960年11月27日      生
                                                     (注)5     -
                                 2017年6月      同社専務取締役
                                 2020年6月      同社代表取締役・専務取締役
                                 2021年6月      京友商事株式会社代表取締役会長
                                       (現在)
                                 2022年6月
                                       当社監査役(現在)
                                          計                127

     (注)1.取締役安達義二郎及び吉松裕子は、社外取締役であります。
         2.監査役藤本眞人及び人見浩司は、社外監査役であります。
         3.2022年6月24日開催の定時株主総会の終結の時より1年間
         4.2021年6月25日開催の定時株主総会の終結の時より4年間
         5.2022年6月24日開催の定時株主総会の終結の時より4年間
         6.当社は執行役員制度を導入しております。有価証券報告書提出日現在の執行役員は9名(うち取締役を兼務
           しない執行役員は6名)であります。
     ② 社外役員の状況

       当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。
       社外取締役安達義二郎氏は、当社株式を100株保有しております。また、当社の取引先でありますみずほ信託銀行
      株式会社の出身者でありますが、同社とは取引金融機関としての通常の取引以外特段記載すべき関係はありません。
       社外取締役吉松裕子氏は、当社株式を3,400株保有しておりますが、それ以外の特段記載すべき関係はありませ
      ん。
       社外監査役藤本眞人氏は、当社株式を200株保有しております。また、過去において、当社の会計監査を行ってお
      ります有限責任監査法人トーマツに所属しておりましたが、当社から同監査法人に支払われている監査報酬額等は同
      監査法人にとって当社への経済的依存度が生じるほどに多額ではなく、また、同監査法人の当社に対する関係は公認
      会計士法に定める厳格な独立性の規律に服しており、特段記載すべき関係はありません。
       社外監査役人見浩司氏は、当社の取引先であります株式会社京都銀行の出身者でありますが、同社とは取引金融機
      関としての通常の取引以外特段記載すべき関係はありません。
       社外取締役安達義二郎氏を選任している理由は、その経歴を通じて培った経営の専門家としての経験・見識からの
      視点に基づく経営の監督とチェック機能を期待したためであります。
       社外取締役吉松裕子氏を選任している理由は、弁護士として企業法務に精通し、また、当社の監査役であった経験
      も活かしつつ、高い見識と多様性の観点から、経営に適切な助言をいただくことを期待したためであります。
       社外監査役藤本眞人氏を選任している理由は、公認会計士として企業財務に精通し、企業経営を統治する十分な見
      識を有していることから、社外監査役としての職務を適切に遂行していただけるものと判断したためであります。
       社外監査役人見浩司氏を選任している理由は、その経歴を通じて培った経営の専門家としての経験と実績および見
      識を有しておられることから、社外監査役としての職務を適切に遂行していただけるものと判断したためでありま
      す。
       当社は以下のとおり、社外役員の独立性判断基準を設けております。
       当社の社外取締役または社外監査役が独立性を有するという場合には、当該社外取締役または社外監査役が以下の
      いずれにも該当しないこととしております。
      (ア)当社を主要な取引先とする者またはその業務執行者
      (イ)当社の主要な取引先またはその業務執行者
      (ウ)当社から役員報酬以外に多額の金銭その他の財産を得ているコンサルタント、会計専門家または法律専門家
          (当該財産を得ている者が法人、組合等の団体である場合は、当該団体に所属する者をいう。)
      (エ)当社の大株主またはその業務執行者
      (オ)最近3年間において(ア)から(エ)のいずれかに該当していた者
      (カ)次のaからcまでのいずれかに掲げる者(重要でない者を除く。)の二親等内の親族
         a (ア)から(オ)までに掲げる者
         b 当社の子会社の業務執行者(社外監査役を独立役員に指定する場合にあっては、業務執行者でない取締役を
           含む。)
                                 41/106


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         c 最近3年間において、bまたは当社の業務執行者(社外監査役を独立役員として指定する場合にあっては、
           業務執行者でない取締役を含む。)に該当していた者
      (注)
      (1)「当社を主要な取引先とする者」とは、直近事業年度においてその者の年間連結総売上高の2%以上の額の支
         払いを当社から受けた者をいいます。
      (2)「当社の主要な取引先」とは、直近事業年度において当社の年間連結総売上高の2%以上の額の支払いを当社
         に行った者をいいます。また、主要な取引先が金融機関である場合は、借入残高が直近事業年度末の連結総資産
         残高の2%以上となる者をいいます。
      (3)「当社から役員報酬以外に多額の金銭その他の財産を得ている」とは、直近事業年度において役員報酬以外に
         過去3年間の平均で年間10百万円以上の金銭または財産を当社から得ていることをいいます。
      (4)「大株主」とは、総議決権の10%以上を保有する株主をいいます。
       なお、同基準に照らし、一般株主と利益相反が生じる恐れがないと判断し、社外取締役西山忠彦氏、安達義二郎氏
      及び社外監査役藤本眞人氏、吉松裕子氏を、株式会社東京証券取引所に対し独立役員として届け出ております。
     ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制

      部門との関係
       社外取締役及び社外監査役による監督又は監査と内部監査及び会計監査とは、各種の情報・意見交換等を行うこと
      により、連携に努めております。さらに、社外監査役を含む監査役、内部監査部門および会計監査人は、それぞれの
      監査計画の策定および実施において、定期的な打合せや随時情報交換を行うことにより、効率的な職務遂行をはかっ
      ております。
                                 42/106














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
        ① 監査役監査の状況
          当社は監査役制度を採用しており、監査役4名(内2名は社外監査役)が取締役の職務執行状況等経営の監視
         及び監査を行っております。また、監査役は会計監査人との間で意見交換会を開催し、適切な意思疎通及び効率
         的な監査業務の遂行を図っております。
          なお、社外監査役藤本眞人氏は公認会計士の資格を有しております。
          当事業年度において当社は監査役会を13回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであ
         ります。
               氏 名                役職名             開催回数         出席回数

          中村 秀麿               監査役(常勤)                    10回         10回

           岡   一之
                         監査役(非常勤)                    13回         13回
          藤本 眞人               監査役(非常勤)(社外)                    13回         13回

          吉松 裕子               監査役(非常勤)(社外)                    13回         13回

          人見 浩司               監査役(非常勤)(社外)                     -         -

          (注)   1.吉松裕子氏は、2022年6月24日開催の第142回定時株主総会の終結の時をもって辞任いたしまし
               た。
             2.中村秀麿氏は、2021年6月25日開催の第141回定時株主総会にて、新任の監査役として選任された
               ため、開催回数及び出席回数は在任中の監査役会が対象となっております。
             3.人見浩司氏は、2022年6月24日開催の第142回定時株主総会にて、新任の監査役として選任された
               ため、出席回数等はありません。
          監査役会における主な検討事項は、監査方針・計画の策定、会計監査人の監査の実施状況及び職務の執行状

         況、監査報告書の作成、内部統制システムの整備・運用状況、株主総会議案内容の監査等であります。
          常勤監査役は、監査役会で定めた監査の方針・計画等に基づき、常務会・取締役会・内部統制委員会等の重要
         な会議への出席や重要な決裁書類等の閲覧、また、主要な事業所への実地調査を通じ、業務執行全般に対して客
         観的・合理的な監査を行っております。
          また、監査役会は、会計監査人からは期初に監査計画の説明を受け、期中に適宜監査状況の聴取等を行い、期
         末に監査結果の報告を受けるなど密接な連携を図り、期中を通して、監査上の主要な検討事項(KAM)について
         協議を重ねました。監査業務では、常勤監査役の事業所実地調査及び内部監査室による業務監査の結果の報告等
         を基に業務の適切性と内部統制システムの整備状況等を監査しました。
        ② 内部監査の状況

          当社における内部監査は、内部監査体制強化のため、内部監査室3名が監査役と連携しながら定期的に事業所
         の業務監査を実施しております。
          また、四半期に1回、常務会構成員及び内部監査室長が出席する内部統制委員会を開催し、業務監査結果の報
         告及び内部統制上の問題点や課題の検討等を行い、内部統制の強化を図っております。
        ③ 会計監査の状況

         a.監査法人の名称
           有限責任監査法人トーマツ
         b.継続監査期間

           39年間
         c.業務を執行した公認会計士

           指定有限責任社員 業務執行社員  岩淵 貴史
           指定有限責任社員 業務執行社員  木戸脇 美紀
         d.監査業務に係る補助者の構成

           公認会計士  6名  その他    10名
                                 43/106



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         e.監査法人の選定方針と理由
           会計監査人の選定については、監査役会において「会計監査人の評価及び選定基準」を定め、これに基づき
          会計監査人が独立性及び必要な専門性を有すること、当社の業務内容に対して効率的な監査業務が実施できる
          こと、具体的な監査実施要領、監査日数及び監査費用が合理的かつ妥当であること等により総合的に判断いた
          します。
         f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

           当社の監査役及び監査役会は、監査法人に対して評価を行っております。この評価については、監査役会が
          定める「会計監査人の再任評価基準」に基づき行い、会計監査人の職務遂行状況、監査体制、独立性及び専門
          性などが適正であることを確認しております。
        ④ 監査報酬の内容等

         a.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
                     30,500                       33,000

      提出会社                             -                       -
      連結子会社                  -           -           -           -

                     30,500                       33,000

         計                          -                       -
         b.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(a.を除く)

           該当事項はありません。
         c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

           該当事項はありません。
         d.監査報酬の決定方針

           監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は策定しておりませんが、監査公認会計士等からの見積をも
          とに、監査計画、監査内容、監査日数等を総合的に検討し、監査役会の同意を得て決定いたします。
         e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           当社の監査役会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務指針」を踏まえ、監査項
          目別監査時間および監査報酬の推移ならびに過年度の監査計画と実績の状況を確認し、当連結会計年度の監査
          時間および報酬額の見積りの妥当性を検討した結果、会計監査人の報酬等につき、会社法第399条第1項の同
          意を行っております。
                                 44/106








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          当社は、取締役及び監査役の報酬等の決定に関する方針を定めており、その内容は、以下のとおりでありま
         す。
          役員の報酬等は、当社が持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を果たしていくために、個々の役員がその
         持てる能力を遺憾なく発揮し、意欲的に職責を果たしていくことを可能とする内容のものとし、その報酬等の内
         容は固定報酬(月例報酬)と業績連動報酬で構成されます。
          役員の報酬等の決定方針については、社外取締役及び社外監査役と代表取締役で構成され社外取締役が委員長
         を務める指名・報酬・ガバナンス委員会において審議し、その結果を尊重し代表取締役が取締役会に提議し、取
         締役会において審議・決議しております。
          取締役の固定報酬は月例報酬とし、役位により基準額を定め、能力・経験等により基準額の90%~110%の幅
         を設け、その範囲内で決定いたします。業績連動報酬は、役位により基準額を定め、指標とする事業年度毎の業
         績(営業収益・利益)、および中期経営計画業績目標(営業収益・利益)に対する達成度等に応じて、基準額の
         70%~130%の範囲で算出された額を賞与として毎年、事業年度末日後の一定の時期に支給いたします。当該指
         標を選択した理由は、当社の事業活動の結果を業績連動報酬に適切に反映できるものと考えるためであります。
         また、固定報酬の額および業績連動報酬の額の取締役の個人別の報酬等の額に対する割合は、報酬基準額におけ
         る65%が固定報酬、35%が業績連動報酬とします。なお、取締役の個人別の報酬等の具体的内容については、取
         締役会の委任決議に基づき取締役会長の湯浅康平氏と代表取締役社長執行役員の木村正和氏が決定しておりま
         す。委任する権限の内容は、決定方針に基づく各取締役の固定報酬(月例報酬)額と業績連動報酬(賞与)額の
         決定であり、これらの権限を委任した理由は、代表取締役が個々の取締役の能力・経験等を把握・理解してお
         り、個々の取締役が意欲的に職責を果たしたことを、より適切に報酬等に反映できるものと考えるためでありま
         す。当社は、当該権限が代表取締役によって適切に行使されるよう、社外取締役および社外監査役と代表取締役
         で構成され社外取締役が委員長を務める指名・報酬・ガバナンス委員会の審議を経て決議された決定方針におい
         て、固定報酬額、業績連動報酬額ともに基準額の何%の範囲内という制限を設け、代表取締役の権限を適切に限
         定しております。これらの手続きを経て取締役の個人別の報酬額が決定されていることから、取締役会はその内
         容が決定方針に沿うものであり、相当であると判断しております。
          なお、当社は、当社の取締役(社外取締役を除く。)が、株価変動のメリットとリスクを株主の皆様と共有
         し、株価上昇及び企業価値向上への貢献意欲をこれまで以上に高めることを目的として、2022年6月24日開催の
         第142回定時株主総会において、社外取締役を除く取締役を対象とする譲渡制限付株式報酬制度を導入してお
         り、1年間の役務提供期間につき、譲渡制限付株式に関する報酬等として支給する金銭報酬債権の総額を年額
         1,600万円以内かつ各事業年度において割り当てる譲渡制限付株式の総数の上限を15,000株として決議されてお
         ります。同定時株主総会終結時点での対象となる、社外取締役を除く取締役の員数は4名となります。
          監査役の報酬等の額は、取締役の報酬等とは別体系とし、固定報酬(月例報酬)のみとしており、株主総会で
         決議された額の範囲内で、監査役会の協議により決定しております。
          取締役及び監査役の報酬等の額は、2017年6月29日開催の第137回定時株主総会(当時の取締役の員数は10
         名、監査役の員数は4名)において、取締役の報酬等の額を年額16,000万円以内、監査役の報酬等の額を年額
         3,000万円以内と決議されております。
          なお、取締役の報酬等の額には、使用人兼務取締役の使用人給与相当額は含めないものとしております。
          当事業年度における当社の役員の報酬等の額の決定過程における取締役会及び指名・報酬・ガバナンス委員会
         の活動は次のとおりであります。
         ・取締役会の活動内容
          当事業年度においては、役員報酬の決定方針及び役員報酬の額について、以下のとおり審議いたしました。
           2022年6月24日  取締役の業績連動報酬(賞与)の額の審議・決定
         ・指名・報酬・ガバナンス委員会の活動内容
          当事業年度においては、役員報酬の決定方針について、以下のとおり協議・審議いたしました。
           2021年10月25日  株式報酬制度の導入及び制度策定について
           2022年3月22日  譲渡制限付株式報酬制度導入について
           2022年4月28日  譲渡制限付株式報酬制度導入について
                                 45/106




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
        ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                                    対象となる
                                   報酬等の種類別の総額(千円)
                          報酬等の総額
               役員区分                                     役員の員数
                           (千円)
                                    固定報酬       業績連動報酬
                                                     (人)
          取締役
                             119,808         77,808        42,000          5
          (社外取締役を除く。)
          監査役
                              13,800         13,800                  3
                                                 -
          (社外監査役を除く。)
                              12,000         12,000                  5
          社外役員                                       -
          (注)1.当事業年度末現在の取締役は6名(うち社外取締役は2名)、監査役は4名(うち社外監査役は2名)
              であります。上記の取締役の支給人員と相違しておりますのは、2021年6月25日開催の第141回定時
              株主総会終結の時をもって退任した取締役2名及び辞任した監査役1名が含まれているためでありま
              す。
             2.当事業年度における業績連動報酬に係る目標及び実績は以下のとおりであります。
                                   中期経営計画の
                                                   中期経営計画の
                                   当該事業年度
                   2020年度実績        2021年度実績                  前期比      当該事業年度の
                                    業績目標値
                   (百万円)        (百万円)                  (%)       業績目標値比
                                    (百万円)
                                                     (%)
          営  業  収  益      25,927        23,931        24,000         92.3        99.7
          営  業  利  益       1,732        1,866        1,770          -       105.5

          経  常  利  益       1,921        2,080        1,910        108.3          -

             (注)   2021年度の営業収益は「収益認識に関する会計基準」等を適用した数値であり、当該基準を適用
               しなかった場合の営業収益は28,854百万円(前期比111.3%)であります。
        ③ 使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

          該当事項はありません。
                                 46/106











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
        ① 投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、投資株式について、もっぱら株式の価値の変動または配当の受領によって利益を得ることを目的とし
         て保有する株式を純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式(政策保
         有株式)に区分しております。
        ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
           内容
           当社は、倉庫業を核とする総合物流業を展開し、その持続的な成長と中長期的な事業基盤拡充のため、政策
          保有株式として株式を保有する場合があります。
           当社は、すべての政策保有株式について、政策目的に対する定性的な評価や資本コストによる定量的な評価
          等にもとづいて検証を行い、個別に保有の相当性について判断を行います。その結果、保有の合理性が乏しい
          と判断する場合は、株式市場の動向やその他の事情を勘案して適切な時機に売却します。
         b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                  銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(千円)
                     12           298,996
     非上場株式
                     41          8,967,370
     非上場株式以外の株式
           (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                  銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                           株式数の増加の理由
                  (銘柄)       価額の合計額(千円)
     非上場株式                -             -  -

                                     当社の持続的な成長と企業価値向上の観点か
                      1          101,244
     非上場株式以外の株式                                ら、取引関係の維持とさらなる強化を図るため
                                     の追加株式取得
           (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                  銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)       価額の合計額(千円)
     非上場株式                -             -

                      3          156,049
     非上場株式以外の株式
         c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

           特定投資株式

                 当事業年度         前事業年度
                株式数(株)         株式数(株)           保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の

         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (千円)         (千円)
                                  営業取引先として密接な関係にあり、当
                    459,180         459,180
     ㈱船井総研ホール                             社の持続的な成長と企業価値向上の観点
                                                        有
     ディングス                             から、取引関係の維持・強化を図るため
                   1,014,328          985,400
                                  保有しております。
                                  同業種企業として情報交換や機能補完等
                    982,000         982,000
     安田倉庫㈱
                                  の取引・協力関係を強化するため保有し                      有
                    951,558         953,522
                                  ております。
                                 47/106



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                株式数(株)         株式数(株)           保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の

         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (千円)         (千円)
                    348,600         348,600
     乾汽船㈱
                                  同上                      有
                    699,988         370,213
                                  営業取引先として密接な関係にあり、当
                    634,000         634,000
     宝ホールディングス
                                  社の持続的な成長と企業価値向上の観点
                                                        有
     ㈱
                                  から、取引関係の維持・強化を図るため
                    698,034         955,438
                                  保有しております。
                    100,000         100,000
     ㈱堀場製作所                             同上                      有
                    670,000         698,000
                   1,014,000         1,014,000

     ㈱キング                             同上                      有
                    543,504         592,176
                    313,500         313,500

     ㈱松風                             同上                      有
                    489,373         621,984
                                  同上
                    271,000         221,000
                                  (株式数が増加した理由)
     帝国繊維㈱
                                  当社の持続的な成長と企業価値向上の観                      無
                                  点から、取引関係の維持とさらなる強化
                    468,830         495,482
                                  を図るため。
                                  当社の中長期的な事業基盤拡充と企業価
                    155,280         155,280
                                  値向上の観点から、金融面・情報面等で
     ㈱滋賀銀行                                                   有
                                  の取引関係の維持・強化を図るため保有
                    343,324         372,050
                                  しております。
                                  営業取引先として密接な関係にあり、当
                    230,000         230,000
                                  社の持続的な成長と企業価値向上の観点
     ㈱たけびし                                                   有
                                  から、取引関係の維持・強化を図るため
                    328,210         346,150
                                  保有しております。
                                  当社の中長期的な事業基盤拡充と企業価
                    417,520         417,520
     ㈱三菱UFJフィナ                             値向上の観点から、金融面・情報面等で
                                                        有
     ンシャル・グループ                             の取引関係の維持・強化を図るため保有
                    317,440         247,046
                                  しております。
                                  営業取引先として密接な関係にあり、当
                    152,500         152,500
     ㈱ワコールホール                             社の持続的な成長と企業価値向上の観点
                                                        有
     ディングス                             から、取引関係の維持・強化を図るため
                    280,905         374,387
                                  保有しております。
                    155,525         155,525
     NISSHA㈱
                                  同上                      無
                    225,977         213,069
                    24,640         24,640

     東京海上ホールディ
                                  同上                      有
     ングス㈱
                    175,633         129,729
                                  当社の中長期的な事業基盤拡充と企業価
                    32,506         32,506
                                  値向上の観点から、金融面・情報面等で
     ㈱京都銀行                                                   有
                                  の取引関係の維持・強化を図るため保有
                    173,907         221,365
                                  しております。
                                 48/106



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                株式数(株)         株式数(株)           保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の

         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (千円)         (千円)
                                  営業取引先として密接な関係にあり、当
                    77,400         77,400
     ㈱ファルコホール                             社の持続的な成長と企業価値向上の観点
                                                        有
     ディングス                             から、取引関係の維持・強化を図るため
                    155,341         135,372
                                  保有しております。
                    45,200         45,200
     金下建設㈱
                                  同上                      有
                    154,810         160,460
                    81,700         81,700

     倉敷紡績㈱
                                  同上                      有
                    143,546         156,700
                                  同業種企業として情報交換や機能補完等
                    41,800         41,800
     丸全昭和運輸㈱
                                  の取引・協力関係を強化するため保有し                      有
                    132,297         135,641
                                  ております。
                                  営業取引先として密接な関係にあり、当
                    16,290         16,290
                                  社の持続的な成長と企業価値向上の観点
     ㈱村田製作所                                                   無
                                  から、取引関係の維持・強化を図るため
                    132,225         144,036
                                  保有しております。
                    100,000         100,000
     旭化成㈱
                                  同上                      無
                    106,250         127,450
                    24,200         24,200

     ㈱島津製作所                             同上                      無
                    102,487          96,921
                    60,086         60,086

     帝人㈱
                                  同上                      有
                    81,897         114,584
                     9,000         9,000

     オムロン㈱
                                  同上                      無
                    73,926         77,760
                    71,000         71,000

     三菱ロジスネクスト
                                  同上                      有
     ㈱
                    66,172         92,016
                                  当社の中長期的な事業基盤拡充と企業価
                    16,390         16,390
     三井住友トラスト・
                                  値向上の観点から、金融面・情報面等で
                                                        有
     ホールディングス㈱
                                  の取引関係の維持・強化を図るため保有
                    65,576         63,249
                                  しております。
                    28,800         28,800
     ㈱南都銀行                             同上                      有
                    56,966         56,793
                                  営業取引先として密接な関係にあり、当
                    40,000         70,000
                                  社の持続的な成長と企業価値向上の観点
     三菱電機㈱
                                                        無
                                  から、取引関係の維持・強化を図るため
                    56,400         118,055
                                  保有しております。
                     8,083         8,083
     SOMPOホール
                                  同上                      有
     ディングス㈱
                    43,494         34,288
                                 49/106



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                株式数(株)         株式数(株)           保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の

         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (千円)         (千円)
                    22,453         22,453
     蝶理㈱
                                  同上                      無
                    39,494         37,833
                                  当社の中長期的な事業基盤拡充と企業価
                    153,270         153,270
     ㈱めぶきフィナン                             値向上の観点から、金融面・情報面等で
                                                        有
     シャルグループ                             の取引関係の維持・強化を図るため保有
                    39,237         40,003
                                  しております。
                    23,914         23,914
     ㈱みずほフィナン
                                  同上                      有
     シャルグループ
                    37,473         38,238
                                  営業取引先として密接な関係にあり、当
                    10,500         10,500
                                  社の持続的な成長と企業価値向上の観点
     大日本印刷㈱
                                                        無
                                  から、取引関係の維持・強化を図るため
                    30,219         24,349
                                  保有しております。
                    14,600         14,600
     京都機械工具㈱
                                  同上                      有
                    28,572         27,345
                                  当社の中長期的な事業基盤拡充と企業価
                    25,882         25,882
     ㈱りそなホールディ                             値向上の観点から、金融面・情報面等で
                                                        無
     ングス                             の取引関係の維持・強化を図るため保有
                    13,564         12,029
                                  しております。
                                  営業取引先として密接な関係にあり、当
                     2,000         2,000
                                  社の持続的な成長と企業価値向上の観点
     ㈱伊藤園                                                   無
                                  から、取引関係の維持・強化を図るため
                    12,020         13,580
                                  保有しております。
                    12,320         12,320
     戸田建設㈱
                                  同上                      有
                     9,129         9,991
                     6,330         6,330

     ユニチカ㈱
                                  同上                      無
                     1,842         2,601
                      600         600

     ㈱伊藤園(第1種優
                                  同上                      無
     先株式)
                     1,195         1,569
                     1,000         1,000

     ミヨシ油脂㈱
                                  同上                      無
                     1,158         1,295
                     1,430         1,430

     ㈱杉村倉庫                             同上                      無
                     1,058          825
                                  営業取引先として密接な関係にあり、当
                             51,800
                      -
                                  社の持続的な成長と企業価値向上の観点
     セーレン㈱
                                                        無
                                  から、取引関係の維持・強化を図るため
                             100,802
                      -
                                  保有しておりました。
                               100
                      -
     ㈱長府製作所                             同上                      無
                               217
                      -
                                 50/106



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
      (注)1.「-」は、当該銘柄を保有していないことを示しております。
          2. 当社は、特定投資株式における定量的な保有効果の記載が困難であるため、保有の合理性を検証した方
            法について記載いたします。
             当社は、政策保有株式について個別銘柄ごとに評価損益、受取配当金、みなし収益等と資本コストによ
            る定量的評価および政策目的等に対する定性的評価を行い、指名・報酬・ガバナンス委員会及び取締役会
            において保有継続の適否を検証・判断しております。
        ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

          該当事項はありません。
                                 51/106


















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
      (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2021年4月1日から2022年3月31日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(2021年4月1日から2022年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査
      法人トーマツによる監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法
      人財務会計基準機構へ加入し、セミナーへ参加しております。
                                 52/106














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       8,107,374              7,926,026
        現金及び預金
                                       4,754,382
        受取手形及び営業未収入金                                                -
                                                      373,561
        受取手形                                  -
                                                     4,802,613
        営業未収入金                                  -
                                         9,138              10,919
        貯蔵品
                                        192,985              569,331
        その他
                                         △ 171             △ 181
        貸倒引当金
                                      13,063,709              13,682,271
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                   ※1 ,※2  13,239,320           ※1 ,※2  16,167,210
          建物及び構築物(純額)
                                      ※1  517,307             ※1  604,221
          機械装置及び運搬具(純額)
                                     ※2  11,962,569            ※2  11,942,569
          土地
                                       ※1  38,749            ※1  627,728
          リース資産(純額)
                                       1,503,837
          建設仮勘定                                               -
                                      ※1  103,835             ※1  140,905
          その他(純額)
                                      27,365,620              29,482,634
          有形固定資産合計
                                        89,835              91,501
        無形固定資産
        投資その他の資産
                                     ※3  9,924,554            ※3  9,546,064
          投資有価証券
                                        38,997              39,883
          繰延税金資産
                                        114,997              133,709
          退職給付に係る資産
                                      ※3  310,077             ※3  331,845
          その他
                                        △ 1,419             △ 1,419
          貸倒引当金
                                      10,387,207              10,050,084
          投資その他の資産合計
                                      37,842,664              39,624,220
        固定資産合計
                                      50,906,373              53,306,492
       資産合計
                                 53/106









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                       1,638,001              1,742,887
        支払手形及び営業未払金
                                     ※2  3,110,000            ※2  3,080,000
        短期借入金
                                      ※2  477,886             ※2  509,500
        1年内返済予定の長期借入金
                                        11,647               7,948
        リース債務
                                        435,440              486,751
        未払法人税等
                                        287,658              309,122
        賞与引当金
                                        42,000              44,200
        役員賞与引当金
                                                      835,914
        設備関係支払手形                                  -
                                        692,499              882,991
        その他
                                       6,695,132              7,899,315
        流動負債合計
       固定負債
                                     ※2  1,880,000            ※2  1,803,500
        長期借入金
                                        30,908              685,074
        リース債務
                                       1,327,144              1,042,889
        繰延税金負債
                                        127,641              147,476
        退職給付に係る負債
                                        227,703              478,471
        その他
                                       3,593,398              4,157,411
        固定負債合計
                                      10,288,531              12,056,727
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       2,734,294              2,734,294
        資本金
                                       2,263,807              2,263,807
        資本剰余金
                                      31,616,317              32,541,728
        利益剰余金
                                       △ 98,635             △ 98,691
        自己株式
                                      36,515,783              37,441,139
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                       3,724,654              3,402,295
        その他有価証券評価差額金
                                                       9,286
        為替換算調整勘定                                 △ 824
                                        149,193              149,083
        退職給付に係る調整累計額
                                       3,873,023              3,560,664
        その他の包括利益累計額合計
                                        229,035              247,960
       非支配株主持分
                                      40,617,842              41,249,764
       純資産合計
                                      50,906,373              53,306,492
     負債純資産合計
                                 54/106








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                                   ※1  23,931,611
                                      25,927,637
     営業収益
                                      23,454,871              21,186,574
     営業原価
                                       2,472,766              2,745,036
     営業総利益
                                      ※2  740,250             ※2  878,129
     販売費及び一般管理費
                                       1,732,516              1,866,907
     営業利益
     営業外収益
                                          277              102
       受取利息
                                        192,812              206,483
       受取配当金
                                        13,920              13,863
       社宅使用料
                                         3,451              15,260
       持分法による投資利益
                                        22,608              33,017
       その他
                                        233,070              268,727
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        40,375              47,251
       支払利息
                                         4,161              7,731
       その他
                                        44,536              54,983
       営業外費用合計
                                       1,921,049              2,080,652
     経常利益
     特別利益
                                       ※3  3,212             ※3  2,870
       固定資産売却益
                                        41,273              125,266
       投資有価証券売却益
                                        44,485              128,137
       特別利益合計
     特別損失
                                         ※4  53          ※4  17,547
       固定資産売却損
                                       ※5  10,371            ※5  180,680
       固定資産除却損
                                       ※6  24,010
                                                         -
       減損損失
                                        34,436              198,228
       特別損失合計
                                       1,931,099              2,010,561
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   666,787              791,140
                                       △ 60,748             △ 148,572
     法人税等調整額
                                        606,039              642,567
     法人税等合計
                                       1,325,059              1,367,993
     当期純利益
                                        17,762              15,701
     非支配株主に帰属する当期純利益
                                       1,307,297              1,352,291
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                 55/106








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                       1,325,059              1,367,993
     当期純利益
     その他の包括利益
                                        947,881
       その他有価証券評価差額金                                              △ 317,876
                                        111,453
       退職給付に係る調整額                                                △ 110
                                         1,139              10,110
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                      ※ 1,060,474             ※ △ 307,875
       その他の包括利益合計
                                       2,385,534              1,060,118
     包括利益
     (内訳)
                                       2,368,559              1,039,933
       親会社株主に係る包括利益
                                        16,975              20,185
       非支配株主に係る包括利益
                                 56/106
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                     資本金       資本剰余金        利益剰余金         自己株式       株主資本合計
     当期首残高                 2,734,294        2,263,807        30,735,900         △ 98,635       35,635,367
     当期変動額
      剰余金の配当
                                       △ 426,880                △ 426,880
      親会社株主に帰属する当期純利
                                       1,307,297                 1,307,297
      益
      自己株式の取得                                            -        -
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                    -        -      880,416          -      880,416
     当期末残高                 2,734,294        2,263,807        31,616,317         △ 98,635       36,515,783
                           その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分        純資産合計
                   その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利
                         為替換算調整勘定
                   評価差額金              調整累計額       益累計額合計
     当期首残高                2,775,986        △ 1,964       37,739      2,811,761        212,816      38,659,944
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 426,880
      親会社株主に帰属する当期純利
                                                       1,307,297
      益
      自己株式の取得                                                     -
      株主資本以外の項目の当期変動
                      948,668        1,139      111,453      1,061,261        16,219      1,077,481
      額(純額)
     当期変動額合計
                      948,668        1,139      111,453      1,061,261        16,219      1,957,897
     当期末残高                3,724,654         △ 824     149,193      3,873,023        229,035      40,617,842
                                 57/106










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                     資本金       資本剰余金        利益剰余金         自己株式       株主資本合計
     当期首残高                 2,734,294        2,263,807        31,616,317         △ 98,635       36,515,783
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 426,880                △ 426,880
      親会社株主に帰属する当期純利
                                       1,352,291                 1,352,291
      益
      自己株式の取得                                           △ 56       △ 56
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計
                         -        -      925,411          △ 56      925,355
     当期末残高                 2,734,294        2,263,807        32,541,728         △ 98,691       37,441,139
                           その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分        純資産合計
                   その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利
                         為替換算調整勘定
                   評価差額金              調整累計額       益累計額合計
     当期首残高                3,724,654         △ 824     149,193      3,873,023        229,035      40,617,842
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 426,880
      親会社株主に帰属する当期純利
                                                       1,352,291
      益
      自己株式の取得
                                                          △ 56
      株主資本以外の項目の当期変動
                     △ 322,359       10,110       △ 110    △ 312,358       18,925      △ 293,433
      額(純額)
     当期変動額合計                △ 322,359       10,110       △ 110    △ 312,358       18,925      631,922
     当期末残高
                     3,402,295         9,286      149,083      3,560,664        247,960      41,249,764
                                 58/106










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       1,931,099              2,010,561
       税金等調整前当期純利益
                                       1,415,269              1,364,395
       減価償却費
                                        24,010
       減損損失                                                  -
                                        17,225              21,464
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                         5,500              2,200
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)
                                                         10
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 1,733
                                                        794
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 12,481
       受取利息及び受取配当金                                △ 193,089             △ 206,586
                                        40,375              47,251
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                   △ 65             △ 107
       持分法による投資損益(△は益)                                 △ 3,451             △ 15,260
       投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 41,273             △ 125,266
                                                       14,677
       固定資産売却損益(△は益)                                 △ 3,158
                                        10,371              180,680
       固定資産除却損
       営業債権の増減額(△は増加)                                △ 108,851             △ 421,793
                                         8,734
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                               △ 1,780
                                        20,942
       その他の資産の増減額(△は増加)                                              △ 374,267
                                                      104,886
       営業債務の増減額(△は減少)                                 △ 25,046
                                        217,151
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                              △ 195,441
                                        32,960              430,880
       その他の負債の増減額(△は減少)
                                       3,334,488              2,837,299
       小計
       利息及び配当金の受取額                                 193,589              207,086
       利息の支払額                                 △ 40,928             △ 41,959
                                       △ 584,783             △ 746,105
       法人税等の支払額
                                       2,902,365              2,256,321
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                               △ 2,301,201             △ 1,966,809
                                        26,792              21,690
       有形固定資産の売却による収入
       有形固定資産の除却による支出                                    -            △ 8,285
       投資有価証券の取得による支出                                △ 155,837             △ 101,244
                                        89,339              156,049
       投資有価証券の売却による収入
                                       △ 46,383             △ 22,432
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                               △ 2,387,290             △ 1,921,032
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の増減額(△は減少)                                    -           △ 30,000
                                        900,000              455,000
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                △ 595,668             △ 499,886
       リース債務の返済による支出                                 △ 13,956             △ 12,131
       自己株式の取得による支出                                    -             △ 56
       配当金の支払額                                △ 426,468             △ 428,410
                                         △ 756            △ 1,260
       非支配株主への配当金の支払額
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 136,849             △ 516,744
                                          65              107
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        378,291
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                                △ 181,348
                                       3,529,082              3,907,374
     現金及び現金同等物の期首残高
                                     ※1  3,907,374            ※1  3,726,026
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 59/106




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
      1.連結の範囲に関する事項
         連結子会社                        2 社:中倉陸運㈱、中央倉庫ワークス㈱
      2.持分法の適用に関する事項
        ① 持分法適用の関連会社                  3 社:㈱文祥流通センター、ユーシーエス㈱、
                         安田中倉国際貨運代理(上海)有限公司
        ② 持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、各社の事業年度に係る財務諸表を使
         用しております。
      3.連結子会社の事業年度等に関する事項

          連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
      4.会計方針に関する事項

        ① 重要な資産の評価基準及び評価方法
         (イ)有価証券
           その他有価証券
           市場価格のない株式等以外のもの
            時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定しておりま
            す。)
           市場価格のない株式等
            移動平均法による原価法
         (ロ)棚卸資産
           貯蔵品
            最終仕入原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定しておりま
            す。)
        ② 重要な減価償却資産の減価償却の方法
         (イ)有形固定資産(リース資産を除く)
            定率法によっております。ただし、賃貸用不動産の一部については、定額法によっております。
            なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
             建物及び構築物           10年~65年
             機械装置及び運搬具            4年~17年
         (ロ)無形固定資産(リース資産を除く)
            定額法によっております。ただし、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期
           間(5年)に基づく定額法によっております。
         (ハ)リース資産
           所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
            自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法によっております。
           所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
        ③ 重要な引当金の計上基準
         (イ)貸倒引当金
            債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
           債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
         (ロ)賞与引当金
            従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額を計上しております。
         (ハ)役員賞与引当金
            役員賞与の支出に充てるため、支給見込額を計上しております。
        ④ 退職給付に係る会計処理の方法
           退職給付に係る負債は、従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における見込額に基づき、退
          職給付債務から年金資産の額を控除した額を計上しております。
         (イ)退職給付見込額の期間帰属方法
            退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につい
           ては、給付算定式基準によっております。
         (ロ)数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                                 60/106


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
            数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定年数(10
           年)による定額法により発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
            過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定年数(10年)による定額法によ
           り、発生時から償却しております。
         (ハ)簡便法の適用
            一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職一時金制度については、退
           職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とし、企業年金制度については、直近の年金財政計算
           上の数理債務をもって退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
        ⑤ 重要な収益及び費用の計上基準
           当社グループは、下記の5ステップアプローチに基づいて、収益を認識しております。
            ステップ1:顧客との契約を識別する
            ステップ2:契約における履行義務を識別する
            ステップ3:取引価格を算定する
            ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する
            ステップ5:企業が履行義務の充足時に又は充足するにつれて収益を認識する
           当社グループは、主に倉庫業、運送業、国際貨物取扱業の3部門に関係する事業を行っており、それらの
          事業における主な履行義務の内容及び当該履行義務を充足する通常の時点(収益を認識する通常の時点)は
          以下のとおりであります。
           イ サービスの提供に係る収益
             サービスの提供に係る収益には、主に、倉庫業における貨物の保管、在庫管理、入出庫及びこれに付
            随する流通加工等の作業等、運送業における貨物の輸配送、国際貨物取扱業における輸出入手続等の通
            関業務及び輸出梱包作業等に係る収益が含まれ、履行義務が一時点で充足される場合にはサービスの提
            供完了時点において、一定期間にわたり充足される場合にはサービス提供期間にわたり履行義務の充足
            に係る進捗度に応じて収益を認識しております。
           ロ 商品の販売に係る収益
             商品の販売に係る収益には、主に国際貨物取扱業における梱包資材等の販売に係る収益が含まれ、引
            渡時点において顧客が当該商品に対する支配を獲得、履行義務が充足されると判断し、収益を認識して
            おります。
           これらの履行義務に対する対価は、履行義務充足後、別途定める支払条件により概ね3ヶ月以内に受領し
          ており、重大な金融要素は含んでおりません。
           なお、当社グループの役割が代理人に該当すると判断される取引については、顧客から受け取る額から仕
          入先に支払う額を控除した純額を収益として認識しております。
        ⑥ 連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
           連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な
          預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以
          内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
         (重要な会計上の見積り)

          新型コロナウイルス感染症拡大により社会経済活動が停滞している影響は、現在においても継続しております
         が、現時点において当社グループの事業活動及び経営成績等に与える影響は限定的であると考えております。当
         社グループでは、連結財務諸表の作成にあたり、翌連結会計年度における動向について、その影響は徐々にでは
         ありますが減少していき、貨物取扱量も回復基調となるものと仮定して、会計上の見積りを行っております。
          当社グループの連結財務諸表の作成にあたり、重要な会計上の見積りの内容は次のとおりであります。

         1.有形固定資産の評価

         (1)  当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                      (単位:千円)
                        前連結会計年度           当連結会計年度
           有形固定資産                27,365,620           29,482,634

                                 61/106




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
            当社グループは、有形固定資産に減損の兆候がある資産または資産グループについて、当該資産または資
           産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額がこれらの帳簿価額を下回る場合には、減損
           損失を認識しております。
            当社グループは、倉庫業、賃貸業、運送業、梱包業、通関業等の事業を営んでおり、事業の種類及び性質
           に応じて、倉庫業、運送業及び国際貨物取扱業の3つの報告セグメントとしておりますが、事業所において
           は複数の事業を行っております。有形固定資産は、事業用資産、共用資産、遊休資産に分類しており、事業
           用資産については、他の資産または資産グループのキャッシュ・フローから概ね独立したキャッシュ・フ
           ローを生み出す最小の単位である各事業所を資金生成単位とみなしております。決算資料において、事業所
           ごとに資産または資産グループの時価の下落、収益性の低下や経営環境の著しい悪化等に基づき減損の兆候
           判定を行っており、収益性の低下の検討においては、管理会計システムから出力した各事業所の営業損益を
           基礎として、全社費用を一定の基準により配賦した後の営業活動から生じる損益を使用しております。
            減損の兆候があると認められた場合には、事業所単位の事業計画を基礎にして、資産または資産グループ
           の中の主要な資産の経済的残存使用年数にわたり、当該資産または資産グループから得られる割引前将来
           キャッシュ・フローの総額を見積り、帳簿価額との比較を行っております。当該見積りの基礎となる事業計
           画においては、収益の予測に重要な影響を与える日本国内の貨物及び輸出入貨物の取扱量に一定の仮定を置
           いております。
            なお、当連結会計年度において、減損の兆候は識別しておりません。しかしながら、今後、日本や諸外国
           でのより深刻な感染の拡大や事後的な状況の変化により、日本国内の貨物及び輸出入貨物の取扱量が大幅に
           減少した場合には、翌連結会計年度の連結財務諸表に影響を及ぼす可能性があります。
         (会計方針の変更)

          (収益認識に関する会計基準等の適用)
           「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」とい
          う。)等を当連結会計年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該
          財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。
           これにより、国際貨物取扱業の一部の収益について、従来は、顧客から受け取る対価の総額を収益として認
          識しておりましたが、顧客への財又はサービスの提供における当社グループの役割(本人又は代理人)を判断
          し、当社グループの役割が代理人に該当すると判断される取引については、顧客から受け取る額から仕入先に
          支払う額を控除した純額を収益として認識する方法に変更しております。
           収益認識会計基準の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って
          おり、当連結会計年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当連結会計年度
          の期首の繰越利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しておりますが、当連結会計年度
          の期首までの累積的影響はありません。
           この結果、当連結会計年度の営業収益、営業原価ともに4,923,225千円減少しておりますが、販売費及び一
          般管理費、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益に与える影響はありません。なお、収益
          認識会計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度について新たな表示方法により組
          替えを行っておりません。
          (時価の算定に関する会計基準等の適用)

           「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
          う。)等を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」
          (企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等
          が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することといたしました。なお、連結財務諸表に与える影響
          はありません。
                                 62/106





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
     ※1
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     有形固定資産の減価償却累計額                              31,338,012     千円            32,181,278     千円
     ※2 担保資産及び担保付債務

         担保に供している資産は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     建物及び構築物                              2,287,155千円                 2,128,740千円
     土地                               814,516                 814,516
              計                     3,101,671                 2,943,256
         担保付債務は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     短期借入金                               426,000千円                 590,000千円
     1年内返済予定の長期借入金                               234,000                 259,000
     長期借入金                              1,097,500                 1,069,750
              計                     1,757,500                 1,918,750
     ※3 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     投資有価証券(株式)                               166,998千円                 172,273千円
     その他(出資金)                                69,473                 89,069
      4 保証債務

         連結会社以外の会社の金融機関からの借入に対して、次のとおり債務保証を行っております。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (2021年3月31日)                            (2022年3月31日)
     豊通ペットリサイクルシステムズ㈱                     84,250千円      豊通ペットリサイクルシステムズ㈱                     84,250千円
                                 63/106









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
     ※1 顧客との契約から生じる収益
       営業収益については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分して記載しておりません。顧客との
      契約から生じる収益の金額は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係)1.顧客との契約から生じる収益を分解し
      た情報」に記載しております。
     ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                   至 2022年3月31日)
     役員報酬                               116,040    千円              116,622    千円
                                    161,571                 174,967
     給料及び手当
                                     23,500                 26,080
     賞与引当金繰入額
                                     42,000                 44,200
     役員賞与引当金繰入額
                                     5,989                 4,516
     退職給付費用
                                     73,918                 70,234
     福利厚生費
                                     77,902                 173,132
     租税公課
     貸倒引当金繰入額                               △ 2,391                 △ 455
     ※3 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     機械装置及び運搬具                                3,212千円                 2,870千円
              計                       3,212                 2,870
     ※4 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
                                                       9,454千円
     建物及び構築物                                  -千円
     機械装置及び運搬具                                  53                 443
     土地                                  -                7,650
              計                         53               17,547
     ※5 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     建物及び構築物                                5,006千円                  528千円
     機械装置及び運搬具                                2,863                 1,683
     その他
                                     2,501                  183
     (工具、器具及び備品)
     除却工事費用                                  -               178,285
              計                       10,371                 180,680
                                 64/106





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
     ※6 減損損失
      前連結会計年度(自           2020年4月1日         至   2021年3月31日)
       当社グループは、以下の資産について減損損失を計上しました。
          場所              用途              種類             減損損失
       北陸支店福井営業所
                       事業用資産            建物および構築物               24,010千円
       (福井県福井市)
       当連結会計年度において、一部既存倉庫の建物及び附属する設備が老朽化したことから営業倉庫としての利用を取
      りやめたことにより、将来の使用見込みがなくなったため、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損
      損失として特別損失に計上しました。当該資産は、処分予定資産のため、回収可能価額は零としております。
      当連結会計年度(自           2021年4月1日         至   2022年3月31日)

       該当事項はありません。
                                 65/106
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
      ※   その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                               1,387,535千円               △328,959千円
      組替調整額                                △41,273               △125,266
       税効果調整前
                                     1,346,261               △454,226
       税効果額                              △398,380                136,350
       その他有価証券評価差額金
                                      947,881              △317,876
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                162,989千円                16,674千円
      組替調整額                                  640             △17,003
       税効果調整前
                                      163,630                △329
       税効果額                               △52,176                  219
       退職給付に係る調整額
                                      111,453                △110
     持分法適用会社に対する持分相当額:
      当期発生額                                 1,139               10,110
        その他の包括利益合計
                                     1,060,474               △307,875
         (連結株主資本等変動計算書関係)

         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                     首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                  19,064,897              -          -      19,064,897

            合計             19,064,897              -          -      19,064,897

     自己株式

      普通株式                    92,423            -          -        92,423

            合計               92,423            -          -        92,423
         2.配当に関する事項

          (1)  配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当
                 株式の種類                          基準日         効力発生日
     (決議)                     (千円)       額(円)
     2020年6月26日
                 普通株式           237,155         12.50     2020年3月31日          2020年6月29日
     定時株主総会
     2020年11月6日
                 普通株式           189,724         10.00     2020年9月30日          2020年12月8日
     取締役会
          (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり配
               株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                  (千円)             当額(円)
     2021年6月25日
               普通株式         237,155      利益剰余金         12.50    2021年3月31日         2021年6月28日
     定時株主総会
                                 66/106



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                     首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                  19,064,897              -          -      19,064,897

            合計             19,064,897              -          -      19,064,897

     自己株式

      普通株式                    92,423            49          -        92,472

            合計               92,423            49          -        92,472
    (注)普通株式の自己株式の増加49株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
         2.配当に関する事項

          (1)  配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当
                 株式の種類                          基準日         効力発生日
     (決議)                     (千円)       額(円)
     2021年6月25日
                 普通株式           237,155         12.50     2021年3月31日          2021年6月28日
     定時株主総会
     2021年11月10日
                 普通株式           189,724         10.00     2021年9月30日          2021年12月7日
     取締役会
          (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり配
               株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                  (千円)             当額(円)
     2022年6月24日
               普通株式         265,613      利益剰余金         14.00    2022年3月31日         2022年6月27日
     定時株主総会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

    ※1   現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                              至   2021年3月31日)               至   2022年3月31日)
     現金及び預金勘定                            8,107,374     千円            7,926,026     千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                           △4,200,000                 △4,200,000
     現金及び現金同等物                            3,907,374                 3,726,026
     2   重要な非資金取引の内容

       ファイナンス・リース取引に係る資産及び債務の額は、次のとおりであります。
       前連結会計年度(自           2020年4月1日 至           2021年3月31日)

        新たに計上したファイナンス・リース取引に係る資産及び債務の額は、それぞれ26,735千円であります。
       当連結会計年度(自           2021年4月1日 至           2022年3月31日)

        新たに計上したファイナンス・リース取引に係る資産及び債務の額は、それぞれ600,040千円であります。
                                 67/106




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         (リース取引関係)
     (借主側)
     1.ファイナンス・リース取引
      (1)  所有権移転ファイナンス・リース取引
        ① リース資産の内容
         有形固定資産
          主として、倉庫業、運送業に係る物流設備(機械装置及び運搬具)であります。
        ② リース資産の減価償却の方法
          連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 ②重要な減価償却資産の減価
         償却の方法」に記載のとおりであります。
      (2)  所有権移転外ファイナンス・リース取引
        ① リース資産の内容
         有形固定資産
          主として、全社業務に係るコンピュータ機器等事務用機器(「その他」の「工具、器具及び備品」)でありま
         す。
        ② リース資産の減価償却の方法
          連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 ②重要な減価償却資産の減価
         償却の方法」に記載のとおりであります。
     (貸主側)

     1.オペレーティング・リース取引
        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:千円)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
      1年内                                  -                323,231

      1年超                                  -               5,468,005

      合計                                  -               5,791,237

                                 68/106











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         (金融商品関係)
         1.金融商品の状況に関する事項
          (1)  金融商品に対する取組方針
            当社グループは、設備投資計画に照らして、必要な資金を主に銀行借入により調達しております。一時的
           な余資は主に安全性の高い預金により運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入により調達しておりま
           す。
          (2)  金融商品の内容及びそのリスク
            営業債権である受取手形及び営業未収入金は、顧客の信用リスクに晒されております。
            投資有価証券である株式は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒さ
           れております。
            営業債務である支払手形及び営業未払金は、そのほとんどが3ヶ月以内の支払期日であります。
            借入金のうち、短期借入金は主に営業取引に係る資金調達であり、長期借入金は主に設備投資に係る資金
           調達であります。
          (3)  金融商品に係るリスク管理体制
           ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
             当社グループは、営業債権について、主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに
            期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っておりま
            す。
           ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
             投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、取引先企業と
            の関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
           ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
             当社グループは、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、
            手許流動性の維持などにより流動性リスクを管理しております。
          (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
            金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
           り、当該価額が変動することがあります。
         2.金融商品の時価等に関する事項

           連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
          前連結会計年度(2021年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額
                                     時価(千円)            差額(千円)
                          (千円)
      投資有価証券(*2)                      9,458,559            9,458,559                -

       資産計                      9,458,559            9,458,559                -

      長期借入金                      2,357,886            2,354,486             △3,400

       負債計                      2,357,886            2,354,486             △3,400

          (*1)   預金、受取手形、営業未収入金、支払手形及び営業未払金、短期借入金は短期間で決済されるため時価
             が帳簿価額に近似することから、記載を省略しております。
          (*2)   時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                  当連結会計年度
                    区分
                                 (2021年3月31日)
              子会社株式及び関連会社株式                            166,998

              その他有価証券

               非上場株式                          298,996

                    合計                      465,994

              これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、
             「投資有価証券」には含めておりません。
                                 69/106



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(2022年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額
                                     時価(千円)            差額(千円)
                          (千円)
      投資有価証券(*2)

       その他有価証券                     9,074,794            9,074,794                -
       資産計                      9,074,794            9,074,794                -

      長期借入金                      2,313,000            2,318,672              5,672

       負債計                      2,313,000            2,318,672              5,672

          (*1)   預金、受取手形、営業未収金、支払手形及び営業未払金、短期借入金は短期間で決済されるため時価が
             帳簿価額に近似することから、注記を省略しております。
          (*2)   市場価格のない株式等
              市場価格のない株式等は、「投資有価証券」には含めておりません。当該金融商品の連結貸借対照
             表計上額は以下のとおりであります。
                                   (単位:千円)
                              当連結会計年度
                区分
                             (2022年3月31日)
          関係会社株式                            172,273

          その他有価証券

           非上場株式                           298,996

                合計                      471,269

                                 70/106












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
          (注)1.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

          前連結会計年度(2021年3月31日)
                           1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                 区分
                           (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
          現金及び預金                  8,107,374            -         -         -

          受取手形及び営業未収入金                  4,754,382            -         -         -

                合計           12,861,757             -         -         -

          当連結会計年度(2022年3月31日)

                           1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                 区分
                           (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
          現金及び預金                  7,926,026            -         -         -

          受取手形                   373,561           -         -         -

          営業未収入金                  4,802,613            -         -         -

                合計           13,102,202             -         -         -

          (注)2.     短期借入金、長期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

          前連結会計年度(2021年3月31日)
                            1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                  5年超
              区分              2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (千円)                                  (千円)
                           (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
          短期借入金          3,110,000          -       -       -       -       -
          長期借入金           477,886       464,000       464,000       259,000       124,000       569,000

          リース債務            11,647       10,406       10,406       8,920       1,175        -

             合計       3,599,533        474,406       474,406       267,920       125,175       569,000

          当連結会計年度(2022年3月31日)

                            1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                  5年超
              区分              2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (千円)                                  (千円)
                           (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
          短期借入金          3,080,000          -       -       -       -       -
          長期借入金           509,500       509,500       304,500       169,500       194,500       625,500

          リース債務            7,948      68,341       68,685       62,838       63,630      421,577

             合計       3,597,448        577,841       373,185       232,338       258,130      1,047,077

         3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

           金融商品の時価を、時価の算定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベル
          に分類しております。
           レベル1の時価:同一の資産又は負債の活発な市場における(無調整の)相場価格により算定した時価
           レベル2の時価:レベル1のインプット以外の直接又は間接的に観察可能なインプットを用いて算定した時
                   価
           レベル3の時価:重要な観察できないインプットを使用して算定した時価
           時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ
          属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
                                 71/106



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
           (1)時価で連結貸借対照表に計上している金融商品

          当連結会計年度(2022年3月31日)
                                     時価(千円)
            区分
                        レベル1          レベル2          レベル3          合計
     投資有価証券
       その他有価証券
        株 式                  9,074,794             -          -      9,074,794
           (2)時価で連結貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品
          当連結会計年度(2022年3月31日)
                                     時価(千円)
            区分
                        レベル1          レベル2          レベル3          合計
     長期借入金                       -      2,318,672             -      2,318,672
          (注)時価の算定に用いた評価具法及びインプットの説明
             投資有価証券
              投資有価証券はすべて上場株式であり相場価格を用いて評価しております。上場株式は活発な市場で
             取引されているため、その時価をレベル1の時価に分類しております。
             長期借入金
              元利金の合計額と、当該債務の残存期間及び信用リスクを加味した利率を基に、割引率現在価値法に
             より算定しており、レベル2の時価に分類しております。
                                 72/106













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         (有価証券関係)
         1.その他有価証券
         前連結会計年度(2021年3月31日)
                               連結貸借対照表計            取得原価
                       種類                            差額(千円)
                               上額(千円)            (千円)
                   (1)  株式
                                   8,953,331          3,642,401          5,310,930
                   (2)  債券
                    ① 国債・地方債等                   -          -          -
     連結貸借対照表計上額が取
                    ② 社債                   -          -          -
     得原価を超えるもの
                    ③ その他                   -          -          -
                   (3)  その他
                                      -          -          -
                       小計           8,953,331          3,642,401          5,310,930
                   (1)  株式
                                    505,227          532,593         △27,365
                   (2)  債券
                    ① 国債・地方債等                   -          -          -
     連結貸借対照表計上額が取
                    ② 社債                   -          -          -
     得原価を超えないもの
                    ③ その他                   -          -          -
                   (3)  その他
                                      -          -          -
                       小計            505,227          532,593         △27,365
                 合計                  9,458,559          4,174,994          5,283,564
     (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額 298,996千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極
         めて困難とみとめられることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
         当連結会計年度(2022年3月31日)

                               連結貸借対照表計            取得原価
                       種類                            差額(千円)
                               上額(千円)            (千円)
                   (1)  株式
                                   8,258,900          3,294,120          4,964,779
                   (2)  債券
                    ① 国債・地方債等                   -          -          -
     連結貸借対照表計上額が取
                    ② 社債                   -          -          -
     得原価を超えるもの
                    ③ その他                   -          -          -
                   (3)  その他
                                      -          -          -
                       小計           8,258,900          3,294,120          4,964,779
                   (1)  株式
                                    815,894          951,335         △135,441
                   (2)  債券
                    ① 国債・地方債等                   -          -          -
     連結貸借対照表計上額が取
                    ② 社債                   -          -          -
     得原価を超えないもの
                    ③ その他                   -          -          -
                   (3)  その他
                                      -          -          -
                       小計            815,894          951,335         △135,441
                 合計                  9,074,794          4,245,456          4,829,338
     (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額 298,996千円)については、市場価格のない株式のため、上表の「その
         他有価証券」には含めておりません。
                                 73/106



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         2.売却したその他有価証券
         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                   売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(千円)
                                     (千円)              (千円)
     (1)  株式
                            89,339              44,108              2,834
     (2)  債券
      ① 国債・地方債等                        -              -              -

      ② 社債                        -              -              -

      ③ その他                        -              -              -

     (3)  その他
                              -              -              -
          合計                  89,339              44,108              2,834

         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

                                   売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(千円)
                                     (千円)              (千円)
     (1)  株式
                           156,049              125,266                -
     (2)  債券
      ① 国債・地方債等                        -              -              -

      ② 社債                        -              -              -

      ③ その他                        -              -              -

     (3)  その他
                              -              -              -
          合計                 156,049              125,266                -

         3.減損処理を行った有価証券

           前連結会計年度及び当連結会計年度において、有価証券について減損処理を行っておりません。
           なお、減損処理にあたっては、期末の帳簿価額に対する時価の下落率が50%超の全銘柄、及び時価の下落率
          が30~50%の銘柄については2期以上連続して損失を計上している等、回復の見込みが無いと判断した銘柄に
          ついて行っております。
         (デリバティブ取引関係)

          当社グループは、デリバティブ取引を利用しておりませんので、該当事項はありません。
                                 74/106








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         (退職給付関係)
     1.採用している退職給付制度の概要
       当社グループは、確定給付年金制度及び退職一時金制度を設けております。
       一部の連結子会社は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しております。
     2.確定給付制度及び退職一時金制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を除く)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                                 至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                         1,274,621     千円          1,270,054     千円
          勤務費用                          78,863               82,441
          利息費用                           959               961
          数理計算上の差異の発生額                         △13,387                15,538
          退職給付の支払額                         △71,002               △69,491
         退職給付債務の期末残高                         1,270,054               1,299,504
      (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を除く)

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
         年金資産の期首残高                          1,086,840     千円          1,238,796     千円
          期待運用収益                          10,868               12,387
          数理計算上の差異の発生額                          149,602                32,212
          事業主からの拠出額                          53,186               54,808
          退職給付の支払額                         △61,700               △60,800
         年金資産の期末残高                          1,238,796               1,277,404
      (3)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産の期首残高と期末残高の調整表

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
         退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産の
                                      974  千円           △18,614    千円
         期首残高(△は資産)
          退職給付費用                          △9,659                20,704
          制度への拠出額                          △9,929              △10,422
         退職給付に係る負債の期末残高                          △18,614                △8,332
      (4)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

         産の調整表(簡便法を含む)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                          1,397,521     千円          1,417,271     千円
         年金資産                         △1,507,873              △1,546,481
                                   △110,352              △129,210
         非積立型制度の退職給付債務                           122,996              142,977
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            12,643              13,767
         退職給付に係る負債                           127,641              147,476

         退職給付に係る資産                          △114,997              △133,709
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            12,643              13,767
                                 75/106




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
      (5)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)                至 2022年3月31日)
         勤務費用                            78,863   千円           82,441   千円
         利息費用                             959              961
         期待運用収益                           △10,868              △12,387
         数理計算上の差異の費用処理額                           △16,075              △33,719
         過去勤務費用の費用処理額                            16,716              16,716
         簡便法で計算した退職給付費用                           △9,659               20,704
         確定給付制度に係る退職給付費用                            59,936              74,716
      (6)退職給付に係る調整額

         退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)                至 2022年3月31日)
          過去勤務費用                           16,716   千円           16,716   千円
          数理計算上の差異                          146,914              △17,045
            合 計                        163,630                △329
      (7)退職給付に係る調整累計額

         退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
          未認識過去勤務費用                           16,716   千円             - 千円
          未認識数理計算上の差異                         △235,656              △218,611
            合 計                       △218,940              △218,611
      (8)年金資産に関する事項

        ① 年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
           債券                           7.7  %             5.5  %
           株式                           14.6              15.5
           一般勘定                           14.9              14.8
           その他                           62.8              64.2
             合 計                        100.0              100.0
        ② 長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
         多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (9)数理計算上の計算基礎に関する事項

          主要な数理計算上の計算基礎
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
          割引率                            0.07%              0.07%
          長期期待運用収益率                            1.00%              1.00%
          (注)予想昇給率については、2014年5月31日を基準日として算定した年齢昇給別指数を使用しております。
                                 76/106




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (2021年3月31日)            (2022年3月31日)
        繰延税金資産
         賞与引当金                          92,082千円            99,047千円
         未払事業税                          29,273            29,939
         有形固定資産                          728,695            747,731
         投資有価証券                          12,590            12,838
         長期未払金                           5,724            5,724
         退職給付に係る負債                          10,121            7,273
                                   29,489           147,579
         その他
        繰延税金資産小計
                                  907,976           1,050,133
                                  △20,691            △20,925
        評価性引当額
        繰延税金資産計                           887,285           1,029,208
        繰延税金負債
         貸倒引当金                           △450            △450
         退職給付に係る資産                          △6,421            △2,874
         圧縮記帳積立金                        △617,786            △614,449
                                △1,550,774            △1,414,438
         その他有価証券評価差額金
        繰延税金負債計                        △2,175,432            △2,032,213
        繰延税金負債の純額                        △1,288,147            △1,003,005
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度

                              (2021年3月31日)            (2022年3月31日)
                             法定実効税率と税効果            法定実効税率と税効果
                             会計適用後の法人税等            会計適用後の法人税等
                             の負担率との間の差異            の負担率との間の差異
                             が法定実効税率の100            が法定実効税率の100
                             分の5以下であるため            分の5以下であるため
                             注記を省略しておりま            注記を省略しておりま
                             す。            す。
                                 77/106









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         (賃貸等不動産関係)
        当社グループは、京都府を中心に、賃貸用の倉庫、土地、建物その他施設を有しております。前連結会計年度にお
      ける当該賃貸等不動産に関する賃貸による営業利益は256,416千円(賃貸収益は営業収益に、主な賃貸費用は営業原
      価に計上)であります。当連結会計年度における当該賃貸等不動産に関する賃貸による営業利益は191,834千円(賃
      貸収益は営業収益に、主な賃貸費用は営業原価に計上)であります。
        また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                              至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     連結貸借対照表計上額
         期首残高                            2,267,224                 3,301,696
         期中増減額                            1,034,472                 3,330,837
         期末残高                            3,301,696                 6,632,534
     期末時価                                4,971,340                 9,049,669
     (注)   1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
        2.期中増減額のうち、前連結会計年度の増加額は自社使用不動産から賃貸不動産への振替(1,132,440千円)及
          び設備投資(18,950千円)であり、減少額は減価償却額(116,918千円)であります。当連結会計年度の増加
          額は自社使用不動産から賃貸不動産への振替(79,761千円)及び設備投資(3,551,524千円)であり、減少額
          は賃貸等不動産から自社使用不動産への振替(170,440千円)及び減価償却額(130,007千円)であります。
        3.当連結会計年度末の時価は、主として「不動産鑑定評価基準」に基づいて自社で算定した金額(指標等を用い
          て調整を行ったものを含む。)であります。
         (収益認識関係)

         1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
           顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであり
          ます。
         2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

           「注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)4.会計方針に関する事項 ⑤重要な収益
          及び費用の計上基準」に記載のとおりであります。
                                 78/106










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
        1.報告セグメントの概要
          当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資
         源の配分の決定及び経営成績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
          当社グループは、倉庫業、賃貸業、運送業、梱包業、通関業等の事業活動を展開しており、事業の種類、性質
         に応じて、「倉庫業」、「運送業」及び「国際貨物取扱業」の3つを報告セグメントとしております。
          「倉庫業」は、倉庫業及び賃貸業を行っております。
          「運送業」は、貨物利用運送事業、貨物自動車運送事業及び保険代理店業を行っております。
          「国際貨物取扱業」は、梱包業及び通関業を行っております。
        2.報告セグメントごとの営業収益、利益、資産、その他の項目の金額の算定方法

          報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に
         おける記載と同一であります。
          報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
          セグメント間の内部営業収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
        3.報告セグメントごとの営業収益、利益、資産、その他の項目の金額に関する情報及び収益の分解情報

         前連結会計年度(自           2020年4月1日         至   2021年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                              報告セグメント                          連結

                                                調整額      財務諸表
                                                (注)1       計上額
                                   国際貨物
                      倉庫業       運送業              計            (注)2
                                   取扱業
       営業収益

                      6,498,178      12,427,640       7,001,818      25,927,637             25,927,637
        外部顧客への営業収益                                           -
        セグメント間の内部営業
                       118,228       23,567             141,796
                                      -          △ 141,796         -
        収益又は振替高
                      6,616,407      12,451,208       7,001,818      26,069,434             25,927,637

             計                                   △ 141,796
                      1,154,495        880,647       406,983      2,442,126             1,732,516
       セグメント利益                                         △ 709,610
                     28,757,901       5,756,287       2,927,422      37,441,611       13,464,762       50,906,373
       セグメント資産
       その他の項目

                      1,212,286        172,859       23,662     1,408,808         6,460     1,415,269
        減価償却費
        有形固定資産及び無形固
                      1,915,421        141,896       18,670     2,075,988         3,292     2,079,281
        定資産の増加額
      (注)1.調整額は以下のとおりであります。
           (1)  セグメント利益の調整額△709,610千円には、セグメント間取引消去145千円、各報告セグメントに配分
            されていない全社費用△709,756千円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しな
            い一般管理費であります。
           (2)  セグメント資産の調整額13,464,762千円は、各報告セグメントに配分されていない全社資産でありま
            す。全社資産の主なものは、親会社の余資運用資金(定期預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び本
            社管理部門に係る資産等であります。
           (3)  有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額3,292千円は、本社管理部門に係る資産の設備投資額
            であります。
          2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 79/106




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         当連結会計年度(自           2021年4月1日         至   2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                              報告セグメント                          連結

                                                調整額      財務諸表
                                                (注)1       計上額
                                   国際貨物
                      倉庫業       運送業              計            (注)2
                                   取扱業
       営業収益

        顧客との契約から生じる
                      6,232,496      13,052,654       4,217,719      23,502,870           -   23,502,870
        収益
        その他の収益               428,740         -       -    428,740         -    428,740
                      6,661,237      13,052,654       4,217,719      23,931,611             23,931,611

        外部顧客への営業収益                                           -
        セグメント間の内部営業
                       140,787       34,185             174,972
                                      -          △ 174,972         -
        収益又は振替高
                      6,802,024      13,086,839       4,217,719      24,106,584             23,931,611

             計                                   △ 174,972
                      1,294,096       1,029,747        384,007      2,707,852             1,866,907
       セグメント利益                                         △ 840,944
                     31,374,208       6,470,038       2,408,004      40,252,250       13,054,241       53,306,492
       セグメント資産
       その他の項目

                      1,175,590        153,389       25,028     1,354,008        10,387     1,364,395
        減価償却費
        有形固定資産及び無形固
                      3,213,469        205,720       80,135     3,499,325        22,512     3,521,838
        定資産の増加額
      (注)1.調整額は以下のとおりであります。
           (1)  セグメント利益の調整額△840,944千円には、セグメント間取引消去△3千円、各報告セグメントに配分
            されていない全社費用△840,940千円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しな
            い一般管理費であります。
           (2)  セグメント資産の調整額13,054,241千円は、各報告セグメントに配分されていない全社資産でありま
            す。全社資産の主なものは、親会社の余資運用資金(定期預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び本
            社管理部門に係る資産等であります。
           (3)  有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額22,512千円は、本社管理部門に係る資産の設備投資額
            であります。
          2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          3.京都梅小路地区資産有効活用計画における宿泊施設については2022年3月より賃貸を開始しております
            が、その収益及び資産については倉庫業セグメントにて計上しております。
          【関連情報】

           前連結会計年度(自           2020年4月1日         至   2021年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
                          倉庫業         運送業       国際貨物取扱業            合計
                          (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
           外部顧客への営業収益                 6,498,178         12,427,640          7,001,818         25,927,637

           2.地域ごとの情報

            (1)  営業収益
              本邦の外部顧客への営業収益が連結損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しており
             ます。
            (2)有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
                                 80/106


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
           3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への営業収益のうち、特定の顧客への営業収益で連結損益計算書の営業収益の10%以上を占
             めるものがないため、記載を省略しております。
           当連結会計年度(自           2021年4月1日         至   2022年3月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
                          倉庫業         運送業       国際貨物取扱業            合計
                          (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
           外部顧客への営業収益                 6,661,237         13,052,654          4,217,719         23,931,611

           2.地域ごとの情報

            (1)  営業収益
              本邦の外部顧客への営業収益が連結損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しており
             ます。
            (2)有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への営業収益のうち、特定の顧客への営業収益で連結損益計算書の営業収益の10%以上を占
             めるものがないため、記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                     国際貨物
                     倉庫業        運送業                全社・消去          合計
                                      取扱業
                       24,010                                 24,010
           減損損失                       -        -        -
           当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)及び当連結会計年度(自 2021年4月1日 
          至 2022年3月31日)において、該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)及び当連結会計年度(自 2021年4月1日 
          至 2022年3月31日)において、該当事項はありません。
                                 81/106






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)及び当連結会計年度(自 2021年4月1日 
         至 2022年3月31日)において、該当事項はありません。
         (1株当たり情報)

                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自    2020年4月1日             (自    2021年4月1日
                               至   2021年3月31日)              至   2022年3月31日)
     1株当たり純資産額                                2,128.81円                2,161.13円
     1株当たり当期純利益金額                                 68.90円                71.28円
    (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                           至 2021年3月31日)                  至 2022年3月31日)
     親会社株主に帰属する当期純利益金
                                  1,307,297                  1,352,291
     額(千円)
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                -                  -
     普通株式に係る親会社株主に帰属す
                                  1,307,297                  1,352,291
     る当期純利益金額(千円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)                              18,972                  18,972
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 82/106












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                               当期首残高        当期末残高       平均利率
                区分                                     返済期限
                                (千円)        (千円)       (%)
     短期借入金                           3,110,000       3,080,000         0.9      -

     1年以内に返済予定の長期借入金                            477,886       509,500        0.7      -

     1年以内に返済予定のリース債務                             11,647        7,948       -     -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                           1,880,000       1,803,500         0.7   2023年~2031年

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                             30,908       685,074        -  2023年~2030年

     その他有利子負債                               -        -      -     -

                合計                5,510,442       6,086,023         -     -

     (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
           連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
         3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年以内における返済予
           定額は以下のとおりであります。
                      1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
               区分
                        (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
           長期借入金              509,500          304,500          169,500          194,500

           リース債務              68,341          68,685          62,838          63,630

         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
      (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     営業収益(千円)                   5,903,257          11,782,020          17,831,400          23,931,611
     税金等調整前四半期(当期)
                         611,649         1,119,521          1,660,595          2,010,561
     純利益金額(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                         392,941          746,021         1,090,067          1,352,291
     (当期)純利益金額(千円)
     1株当たり四半期(当期)純
                          20.71          39.32          57.46          71.28
     利益金額(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額
                          20.71          18.61          18.13          13.82
     (円)
                                 83/106





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       6,763,507              6,524,370
        現金及び預金
                                        620,606              373,561
        受取手形
                                     ※2  4,133,808            ※2  4,802,640
        営業未収入金
                                         9,138              10,919
        貯蔵品
                                        44,028              40,042
        前払費用
                                      ※2  132,084             ※2  512,821
        その他
                                         △ 170             △ 180
        貸倒引当金
                                      11,703,003              12,264,176
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                     ※1  12,800,369            ※1  15,637,916
          建物
                                        386,648              495,443
          構築物
                                        107,678              195,927
          機械及び装置
                                        136,640              122,865
          車両運搬具
                                        103,781              140,850
          工具、器具及び備品
                                     ※1  11,810,287            ※1  11,810,287
          土地
                                        35,928              625,533
          リース資産
                                       1,503,837
                                                         -
          建設仮勘定
                                      26,885,171              29,028,825
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        29,633              67,108
          ソフトウエア
                                        36,647                990
          ソフトウエア仮勘定
                                        22,281              22,281
          電話加入権
                                        88,562              90,380
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                       9,699,021              9,266,367
          投資有価証券
                                        265,518              265,518
          関係会社株式
                                        28,251              28,251
          関係会社出資金
                                        151,030              153,365
          差入保証金
                                        60,832              55,670
          その他
                                        △ 1,419             △ 1,419
          貸倒引当金
                                      10,203,234               9,767,753
          投資その他の資産合計
                                      37,176,969              38,886,960
        固定資産合計
                                      48,879,972              51,151,136
       資産合計
                                 84/106







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                     ※2  1,921,491            ※2  2,021,800
        営業未払金
                                     ※1  3,070,000            ※1  3,070,000
        短期借入金
                                      ※1  464,000             ※1  509,500
        1年内返済予定の長期借入金
                                        10,957               7,259
        リース債務
                                                      835,914
        設備関係支払手形                                  -
                                        88,716              483,401
        未払金
                                        92,009              97,182
        未払費用
                                        380,658              454,584
        未払法人税等
                                        179,000              190,000
        賞与引当金
                                        42,000              42,000
        役員賞与引当金
                                        300,124              108,068
        その他
                                       6,548,958              7,819,709
        流動負債合計
       固定負債
                                     ※1  1,880,000            ※1  1,803,500
        長期借入金
                                        28,494              683,349
        リース債務
                                       1,264,428               967,879
        繰延税金負債
                                        161,263              156,109
        退職給付引当金
                                        227,703              478,471
        その他
                                       3,561,890              4,089,310
        固定負債合計
                                      10,110,849              11,909,020
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       2,734,294              2,734,294
        資本金
        資本剰余金
                                       2,263,807              2,263,807
          資本準備金
                                       2,263,807              2,263,807
          資本剰余金合計
        利益剰余金
                                        442,207              442,207
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                       1,410,086              1,402,483
           圧縮記帳積立金
                                       1,031,000              1,031,000
           配当積立金
                                      21,410,000              21,410,000
           別途積立金
                                       5,867,376              6,697,927
           繰越利益剰余金
                                      30,160,670              30,983,618
          利益剰余金合計
        自己株式                               △ 98,635             △ 98,691
                                      35,060,136              35,883,028
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                       3,708,986              3,359,087
        その他有価証券評価差額金
                                       3,708,986              3,359,087
        評価・換算差額等合計
                                      38,769,123              39,242,116
       純資産合計
                                      48,879,972              51,151,136
     負債純資産合計
                                 85/106






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     営業収益
                                       4,132,155              4,084,797
       倉庫保管料
                                       1,951,178              2,147,986
       倉庫荷役料
                                      12,427,643              13,052,654
       運送収入
                                       1,403,137              1,429,935
       梱包料
                                       5,598,681              2,787,784
       通関料
                                        443,684              457,441
       不動産賃貸収入
                                     ※1  25,956,480            ※1  23,960,600
       営業収益合計
                                     ※1  23,746,664            ※1  21,459,218
     営業原価
                                       2,209,815              2,501,381
     営業総利益
                                      ※2  702,626           ※1 ,※2  832,866
     販売費及び一般管理費
                                       1,507,189              1,668,515
     営業利益
     営業外収益
                                        197,696              214,171
       受取利息及び受取配当金
                                        46,201              49,670
       その他
                                      ※1  243,897             ※1  263,841
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        39,768              46,746
       支払利息
                                         1,204              4,336
       その他
                                        40,973              51,083
       営業外費用合計
                                       1,710,112              1,881,273
     経常利益
     特別利益
                                        41,273              125,266
       投資有価証券売却益
                                        41,273              125,266
       特別利益合計
     特別損失
                                        10,417              180,607
       固定資産除売却損
                                       ※3  24,010
                                                         -
       減損損失
                                        34,427              180,607
       特別損失合計
                                       1,716,958              1,825,933
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   587,252              719,437
                                       △ 60,297             △ 143,332
     法人税等調整額
                                        526,955              576,105
     法人税等合計
                                       1,190,002              1,249,827
     当期純利益
                                 86/106








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                   株主資本
                     資本剰余金                     利益剰余金
                                         その他利益剰余金
              資本金
                        資本剰余金                               利益剰余金
                   資本準備金          利益準備金
                        合計          圧縮記帳積                繰越利益剰     合計
                                       配当積立金     別途積立金
                                  立金                余金
     当期首残高         2,734,294     2,263,807     2,263,807      442,207    1,417,691     1,031,000     21,410,000      5,096,648     29,397,548
     当期変動額
      剰余金の配当                                             △ 426,880    △ 426,880
      当期純利益
                                                  1,190,002     1,190,002
      圧縮記帳積立金の
                                    △ 7,605                7,605      -
      取崩
      自己株式の取得
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
      (純額)
      当期変動額合計
                 -     -     -     -   △ 7,605      -     -   770,727     763,122
     当期末残高         2,734,294     2,263,807     2,263,807      442,207    1,410,086     1,031,000     21,410,000      5,867,376     30,160,670
                     株主資本                 評価・換算差額等

                                                     純資産合計
                                その他有価証券評価差
                自己株式        株主資本合計                 評価・換算差額等合計
                                額金
     当期首残高              △ 98,635        34,297,014          2,755,483         2,755,483         37,052,497
     当期変動額
      剰余金の配当                      △ 426,880                           △ 426,880
      当期純利益                      1,190,002                            1,190,002
      圧縮記帳積立金の
                               -                            -
      取崩
      自己株式の取得               -         -                            -
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
                                      953,503         953,503         953,503
      (純額)
      当期変動額合計               -       763,122         953,503         953,503        1,716,625
     当期末残高              △ 98,635        35,060,136          3,708,986         3,708,986         38,769,123
                                 87/106








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
          当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                   株主資本
                     資本剰余金                     利益剰余金
                                         その他利益剰余金
              資本金
                        資本剰余金                               利益剰余金
                   資本準備金          利益準備金
                        合計          圧縮記帳積                繰越利益剰     合計
                                       配当積立金     別途積立金
                                  立金                余金
     当期首残高
              2,734,294     2,263,807     2,263,807      442,207    1,410,086     1,031,000     21,410,000      5,867,376     30,160,670
     当期変動額
      剰余金の配当                                             △ 426,880    △ 426,880
      当期純利益                                             1,249,827     1,249,827
      圧縮記帳積立金の
                                    △ 7,602                7,602      -
      取崩
      自己株式の取得
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
      (純額)
      当期変動額合計           -     -     -     -   △ 7,602      -     -   830,550     822,947
     当期末残高
              2,734,294     2,263,807     2,263,807      442,207    1,402,483     1,031,000     21,410,000      6,697,927     30,983,618
                     株主資本                 評価・換算差額等

                                                     純資産合計
                                その他有価証券評価差
                自己株式        株主資本合計                 評価・換算差額等合計
                                額金
     当期首残高              △ 98,635        35,060,136          3,708,986         3,708,986         38,769,123
     当期変動額
      剰余金の配当
                            △ 426,880                           △ 426,880
      当期純利益                      1,249,827                            1,249,827
      圧縮記帳積立金の
                               -                            -
      取崩
      自己株式の取得               △ 56        △ 56                           △ 56
      株主資本以外の項
      目の当期変動額                               △ 349,899        △ 349,899        △ 349,899
      (純額)
      当期変動額合計               △ 56       822,891        △ 349,899        △ 349,899         472,992
     当期末残高              △ 98,691        35,883,028          3,359,087         3,359,087         39,242,116
                                 88/106








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
      1.資産の評価基準及び評価方法
        (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
         ① 子会社株式及び関連会社株式 ……… 移動平均法による原価法
         ② その他有価証券
           市場価格のない株式等以外のもの … 時価法
                            (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均
                            法により算定しております。)
           市場価格のない株式等 ……………… 移動平均法による原価法
        (2)  棚卸資産の評価基準及び評価方法

          貯蔵品 …………………………………… 最終仕入原価法
                             (貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法によ
                              り算定しております。)
      2.固定資産の減価償却の方法

        (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法によっております。ただし、賃貸用資産の一部については、定額法によっております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
            建物           15年~65年
            構築物           10年~50年
            機械及び装置           7年~17年
            車両運搬具           4年~6年
            工具、器具及び備品           5年~20年
        (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法によっております。ただし、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間
         (5年)に基づく定額法によっております。
        (3)  リース資産
         ・所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法によっております。
         ・所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
      3.引当金の計上基準

        (1)  貸倒引当金
          債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
         については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
        (2)  賞与引当金
          従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額を計上しております。
        (3)  役員賞与引当金
          役員賞与の支出に充てるため、支給見込額を計上しております。
        (4)  退職給付引当金
          従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、発生
         していると認められる額を計上しております。
         ① 退職給付見込額の期間帰属方法
            退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、
           給付算定式基準によっております。
         ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
            数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定年数(10年)に
           よる定額法により発生の翌事業年度から費用処理しております。
            過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定年数(10年)による定額法により発
           生時から償却しております。
                                 89/106



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
      4.収益及び費用の計上基準

          当社は、下記の5ステップアプローチに基づいて、収益を認識しております。
           ステップ1:顧客との契約を識別する
           ステップ2:契約における履行義務を識別する
           ステップ3:取引価格を算定する
           ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する
           ステップ5:企業が履行義務の充足時に又は充足するにつれて収益を認識する
          当社は、主に倉庫業、運送業、国際貨物取扱業の3部門に関係する事業を行っており、それらの事業におけ
         る主な履行義務の内容及び当該履行義務を充足する通常の時点(収益を認識する通常の時点)は以下のとおり
         であります。
          イ サービスの提供に係る収益
            サービスの提供に係る収益には、主に、倉庫業における貨物の保管、在庫管理、入出庫及びこれに付随
           する流通加工等の作業等、運送業における貨物の輸配送、国際貨物取扱業における輸出入手続等の通関業
           務及び輸出梱包作業等に係る収益が含まれ、履行義務が一時点で充足される場合にはサービスの提供完了
           時点において、一定期間にわたり充足される場合にはサービス提供期間にわたり履行義務の充足に係る進
           捗度に応じて収益を認識しております。
          ロ 商品の販売に係る収益
            商品の販売に係る収益には、主に国際貨物取扱業における梱包資材等の販売に係る収益が含まれ、引渡
           時点において顧客が当該商品に対する支配を獲得、履行義務が充足されると判断し、収益を認識しており
           ます。
           これらの履行義務に対する対価は、履行義務充足後、別途定める支払条件により概ね3ヶ月以内に受領し
          ており、重大な金融要素は含んでおりません。
           なお、当社の役割が代理人に該当すると判断される取引については、顧客から受け取る額から仕入先に支
          払う額を控除した純額を収益として認識しております。
      5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

         退職給付に係る会計処理
          退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の未処理額の会計処理の方法は、連結財務
         諸表におけるこれらの会計処理の方法と異なっております。
                                 90/106











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         (重要な会計上の見積り)
         1.有形固定資産の評価
         (1)  当事業年度の財務諸表に計上した金額
                                      (単位:千円)
                        前連結会計年度           当連結会計年度
           有形固定資産                26,885,171           29,028,825

         (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
           連結財務諸表「注記事項(重要な会計上の見積り)」の内容のとおりであります。
         (会計方針の変更)

          (収益認識に関する会計基準等の適用)
           「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」とい
          う。)等を当事業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又
          はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。
           これにより、国際貨物取扱業の一部の収益について、従来は顧客から受け取る対価の総額を収益として認識
          しておりましたが、顧客への財又はサービスの提供における当社の役割(本人又は代理人)を判断し、当社の
          役割が代理人に該当すると判断される取引については、顧客から受け取る額から仕入先に支払う額を控除した
          純額を収益として認識する方法に変更しております。
           収益認識会計基準の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って
          おり、当事業年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当事業年度の期首の
          繰越利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しておりますが、当事業年度の期首までの
          累積的影響はありません。
           この結果、当事業年度の営業収益、営業原価ともに4,923,225千円減少しておりますが、販売費及び一般管
          理費、営業利益、経常利益及び当期純利益に与える影響はありません。
          (時価の算定に関する会計基準等の適用)

           「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
          う。)等を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業
          会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定め
          る新たな会計方針を、将来にわたって適用することといたしました。これによる財務諸表への影響はありませ
          ん。
                                 91/106










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
     ※1 担保資産及び担保付債務
        担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     建物                              2,287,155千円                 2,128,740千円
     土地                               814,516                 814,516
              計                     3,101,671                 2,943,256
        担保付債務は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     短期借入金                               426,000千円                 590,000千円
     1年内返済予定の長期借入金                               234,000                 259,000
     長期借入金                              1,097,500                 1,069,750
              計                     1,757,500                 1,918,750
     ※2 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     短期金銭債権                                 996千円                1,128千円
     短期金銭債務                               358,045                 367,216
      3 保証債務

         連結会社以外の会社の金融機関からの借入に対して、次のとおり債務保証を行っております。
                前事業年度                            当事業年度
              (2021年3月31日)                            (2022年3月31日)
     豊通ペットリサイクルシステムズ㈱                     84,250千円      豊通ペットリサイクルシステムズ㈱                     84,250千円
                                 92/106











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         (損益計算書関係)
     ※1 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     営業取引による取引高
      営業収益                               61,424千円                 60,546千円
      営業原価                             3,432,121                 3,696,555
      販売費及び一般管理費                                 -                  2
     営業取引以外による取引高                                27,598                 25,367
     ※2 当社において販売費が占める割合は軽微であり、ほぼ全てが一般管理費であります。

         販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                   至 2022年3月31日)
     役員報酬                               108,540    千円              103,608    千円
                                    152,892                 166,346
     給料及び手当
                                     22,600                 25,000
     賞与引当金繰入額
                                     42,000                 42,000
     役員賞与引当金繰入額
                                     5,989                 4,516
     退職給付費用
                                     68,989                 63,952
     福利厚生費
                                     77,794                 173,014
     租税公課
                                     20,949                 16,676
     減価償却費
     貸倒引当金繰入額                               △ 2,387                 △ 456
     ※3 減損損失

      前事業年度(自         2020年4月1日         至   2021年3月31日)
       当社は、以下の資産について減損損失を計上しました。
          場所              用途              種類             減損損失
       北陸支店福井営業所
                       事業用資産            建物および構築物               24,010千円
       (福井県福井市)
       当事業年度において、一部既存倉庫の建物及び附属する設備が老朽化したことから営業倉庫としての利用を取りや
      めたことにより、将来の使用見込みがなくなったため、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失
      として特別損失に計上しました。当該資産は、処分予定資産のため、回収可能価額は零としております。
      当事業年度(自         2021年4月1日         至   2022年3月31日)

       該当事項はありません。
         (有価証券関係)

          前事業年度(2021年3月31日)
           子会社株式及び関連会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式240,518千円、関連会社株式
          25,000千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりま
          せん。
          当事業年度(2022年3月31日)

           市場価格のない株式等の貸借対照表計上額
                                当事業年度
                 区分
                                (千円)
           子会社株式                           240,518
           関連会社株式                           25,000
                                 93/106



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (2021年3月31日)            (2022年3月31日)
        繰延税金資産
         賞与引当金                          54,595千円            57,950千円
         未払事業税                          24,710            27,160
         有形固定資産                          726,330            744,588
         投資有価証券                          12,080            12,314
         退職給付引当金                          49,185            47,613
         長期未払金                           5,724            5,724
                                   40,057           157,562
         その他
        繰延税金資産小計
                                  912,684           1,052,913
                                  △20,691            △20,925
        評価性引当額
        繰延税金資産計                           891,992           1,031,988
        繰延税金負債

         圧縮記帳積立金                        △617,786            △614,449
                                △1,538,635            △1,385,418
         その他有価証券評価差額金
        繰延税金負債計                        △2,156,421            △1,999,867
        繰延税金負債の純額                        △1,264,428             △967,879
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (2021年3月31日)            (2022年3月31日)
                             法定実効税率と税効果            法定実効税率と税効果
                             会計適用後の法人税等            会計適用後の法人税等
                             の負担率との間の差異            の負担率との間の差異
                             が法定実効税率の100            が法定実効税率の100
                             分の5以下であるため            分の5以下であるため
                             注記を省略しておりま            注記を省略しておりま
                             す。            す。
         (収益認識関係)

           顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報について、連結財務諸表「注記事項(収益認
          識関係)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しております。
         (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                 94/106







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                      (単位:千円)
                                                       減価償却
       区分        資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                       累 計 額
             建物           12,800,369       3,859,337         528    1,021,262      15,637,916      26,602,151
     有形固定資産
             構築物             386,648      164,709        -    55,913      495,443     1,529,912
             機械及び装置             107,678      110,852        124     22,478      195,927      647,177
             車両運搬具             136,640      54,279       1,485      66,568      122,865      843,092
             工具、器具及び備品
                          103,781      64,823       183     27,570      140,850      646,656
             土地
                         11,810,287         -      -      -   11,810,287         -
             リース資産             35,928      600,040        -    10,435      625,533       19,394
             建設仮勘定            1,503,837      2,402,342      3,906,180         -      -      -
                  計       26,885,171       7,256,386      3,908,502      1,204,229      29,028,825      30,288,384
             ソフトウェア             29,633      53,710        -    16,235      67,108        -
     無形固定資産
             ソフトウェア仮勘定
                          36,647       990     36,647        -      990       -
             電話加入権             22,281        -      -      -    22,281        -
                  計         88,562      54,700      36,647      16,235      90,380        -
     (注)当期増減額のうち主なものは次のとおりであります。
         建物          増加額(千円)         梅小路宿泊施設 建設工事                          3,287,699
                            ペット樹脂リサイクル事業用物流設備
         リース資産          増加額(千円)                                    595,930
                            (豊通ペットリサイクルシステムズ㈱設置)
         建設仮勘定          減少額(千円)         梅小路宿泊施設 建設工事                          3,906,180
         【引当金明細表】

                                                     (単位:千円)
           科目           当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高
      貸倒引当金                     1,589           180          170         1,599

      賞与引当金                    179,000          190,000          179,000          190,000

      役員賞与引当金                     42,000          42,000          42,000          42,000

                                 95/106








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
      (2)【主な資産及び負債の内容】
          連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)【その他】

          該当事項はありません。
                                 96/106



















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社中央倉庫(E04304)
                                                           有価証券報告書
    第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                  6月中

      基準日                  3月31日

                        9月30日
      剰余金の配当の基準日
                        3月31日
      1単元の株式数                  100株
      単元未満株式の買取り・買増し

                        (特別口座)
       取扱場所                  東京都千代田区丸の内一丁目3番3号
                          みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
                        (特別口座)
       株主名簿管理人                  東京都千代田区丸の内一丁目3番3号
                          みずほ信託銀行株式会社
       取次所                 -

       買取・買増手数料                 無料

                        電子公告とし、当社ホームページ(https://www.chuosoko.co.jp)に掲載い
      公告掲載方法                  たします。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告による
                        公告をすることができない場合には、日本経済新聞に掲載いたします。
                        2022年5