株式会社エフ・シー・シー 有価証券報告書 第92期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第92期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)
提出日
提出者 株式会社エフ・シー・シー
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                   東海財務局長
     【提出日】                   2022年6月23日
     【事業年度】                   第92期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
     【会社名】                   株式会社エフ・シー・シー
     【英訳名】                   F.C.C.CO.,LTD.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長          斎藤 善敬
     【本店の所在の場所】                   静岡県浜松市北区細江町中川7000番地の36
     【電話番号】                   (053)523-2400(代表)
     【事務連絡者氏名】                   執行役員事業管理統括  大石 安孝
     【最寄りの連絡場所】                   静岡県浜松市北区細江町中川7000番地の36
     【電話番号】                   (053)523-2400(代表)
     【事務連絡者氏名】                   執行役員事業管理統括  大石 安孝
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/111













                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
             回次             第88期       第89期       第90期       第91期       第92期
            決算年月             2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

                           173,174       177,605       171,060       146,157       170,971
     売上収益             (百万円)
                           14,083       16,503        6,653       8,313       11,944
     税引前当期利益             (百万円)
     親会社の所有者に帰属する
                            9,691       11,779        3,921       4,462       8,551
                  (百万円)
     当期利益
                            7,935       12,380              12,067       18,929
     当期包括利益             (百万円)                       △ 2,068
     親会社の所有者に帰属する
                           117,311       125,875       120,869       130,239       146,625
                  (百万円)
     持分
                           170,302       173,644       161,727       175,644       195,364
     資産合計             (百万円)
     1株当たり親会社所有者帰
                          2,337.43       2,533.32       2,432.56       2,621.16       2,950.09
                   (円)
     属持分
                           193.11       235.05        78.92       89.81       172.07
     基本的1株当たり当期利益              (円)
     希薄化後1株当たり当期利
                   (円)          -       -       -       -       -
     益
                            68.88       72.49       74.74       74.15       75.05
     親会社所有者帰属持分比率              (%)
     親会社所有者帰属持分当期
                            8.47       9.69       3.18       3.55       6.18
                   (%)
     利益率
                            15.48        9.96       20.01       20.69        7.81
     株価収益率              (倍)
     営業活動によるキャッ
                           24,120       23,622       25,079       12,971       15,456
                  (百万円)
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                  (百万円)        △ 19,122       △ 8,695      △ 10,597       △ 8,522      △ 9,627
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                  (百万円)         △ 2,657      △ 7,981      △ 8,990      △ 3,175      △ 4,202
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                           25,230       32,444       35,350       39,607       44,627
                  (百万円)
     残高
                           8,555       8,829       8,718       8,360       8,115
     従業員数
                   (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                      [ 3,637   ]    [ 4,017   ]    [ 3,777   ]    [ 3,369   ]    [ 3,425   ]
     (注) 希薄化後1株当たり当期利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                  2/111






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
             回次             第88期       第89期       第90期       第91期       第92期
            決算年月             2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

                           39,663       40,850       38,337       34,224       39,256
     売上高             (百万円)
                           5,897       6,295       2,503       3,175       5,575
     経常利益             (百万円)
     当期純利益又は当期純損失
                           2,278       5,237              1,050       4,292
                  (百万円)                        △ 179
     (△)
                           4,175       4,175       4,175       4,175       4,175
     資本金             (百万円)
                         52,644,030       52,644,030       52,644,030       52,644,030       52,644,030
     発行済株式総数              (株)
                           69,385       70,041       65,953       66,153       68,283
     純資産額             (百万円)
                           94,394       90,681       82,768       80,133       82,921
     総資産額             (百万円)
                          1,382.50       1,409.63       1,327.36       1,331.38       1,373.85
     1株当たり純資産額              (円)
                           42.00       52.00       58.00       40.00       52.00

     1株当たり配当額
                   (円)
     (うち1株当たり中間配当
                           ( 21.00   )    ( 23.00   )    ( 29.00   )    ( 20.00   )    ( 26.00   )
     額)
     1株当たり当期純利益金額
                           45.39       104.52               21.15       86.37
     又は1株当たり当期純損失              (円)                      △ 3.61
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                           73.51       77.24       79.68       82.55       82.35
     自己資本比率              (%)
                            3.30       7.51              1.59       6.39
     自己資本利益率              (%)                        -
                           65.84       22.40              87.84       15.55
     株価収益率              (倍)                        -
                            92.5       49.8              189.1        60.2
     配当性向              (%)                        -
                           1,106       1,102       1,105       1,116       1,104
     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                       [ 134  ]     [ 161  ]     [ 171  ]     [ 189  ]     [ 259  ]
                           136.4       109.6        77.9       92.3       71.4

     株主総利回り              (%)
     (比較指標:配当込み
                   (%)        ( 115.9   )    ( 110.0   )     ( 99.6  )    ( 141.5   )    ( 144.3   )
     TOPIX(東証株価指数))
     最高株価              (円)        3,415       3,620       2,562       2,190       1,893
     最低株価              (円)        2,004       2,254       1,343       1,353       1,238

     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
         3.第90期の自己資本利益率、株価収益率及び配当性向については、当期純損失を計上しているため記載してお
           りません。
         4.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当事業年度の期首から適用し
           ており、当事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となってお
           ります。
                                  3/111





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
        年月                            事項
      1939年6月        静岡県浜松市佐藤町において、㈱不二ライト工業所を設立。
              ベークライト樹脂を主材料とした圧縮成形で、クラッチ板・歯車等の製造を開始。
      1943年3月        商号を不二化学工業㈱に変更。
      1982年2月        熊本県下益城郡松橋町(現、熊本県宇城市)に九州不二化学㈱(現、㈱九州エフ・シー・シー、
              連結子会社)を設立。
      1984年7月        商号を㈱エフ・シー・シーに変更。
      1988年7月        米国、インディアナ州にJAYTEC,INC.(現、FCC(INDIANA),LLC、連結子会社)を設立。
      1989年3月        タイ、バンコック市にFCC(THAILAND)CO.,LTD.(現、連結子会社)を設立。
         6月        本社を現在地に移転。
      1992年9月        台湾、台南市の光華興工業股份有限公司に資本参加。
      1993年9月        フィリピン、ラグナ州にFCC(PHILIPPINES)CORP.(現、連結子会社)を設立。
         10月        天龍産業㈱(現、連結子会社)の株式を取得。
      1994年8月        日本証券業協会に株式を店頭登録。
         12月        中国、四川省成都市に成都江華・富士離合器有限公司(現、成都永華富士離合器有限公司、連結
              子会社)を設立。
      1995年3月        中国、上海市に上海中瑞・富士離合器有限公司(現、連結子会社)を設立。
         9月        英国、ミルトンキーンズ市にFCC(EUROPE)                    LTD.を設立。
      1997年4月        インド、ハリヤナ州にFCC            RICO   LTD.(現、FCC       CLUTCH    INDIA   PRIVATE    LIMITED、連結子会社)を
              設立。
      1998年11月        ブラジル、アマゾナス州にFCC              DO  BRASIL    LTDA.(現、連結子会社)を設立。
      2000年4月        米国、ノースカロライナ州にFCC(North                   Carolina),INC.(現、FCC(North                Carolina),LLC、連
              結子会社)を設立。
      2001年4月        インドネシア、カラワン県にPT.               FCC  INDONESIA(現、連結子会社)を設立。
      2002年12月        米国、インディアナ州にFCC(North                 America),INC.(現、連結子会社)、FCC(INDIANA),INC.
              (現、FCC(INDIANA),LLC、連結子会社)を設立。
      2003年2月        東京証券取引所市場第二部上場
      2003年5月        米国、インディアナ州にFCC(Adams),LLC(現、連結子会社)を設立。
      2004年3月        東京証券取引所市場第一部上場
      2005年6月        光華興工業股份有限公司(現、台灣富士離合器股份有限公司、連結子会社)を子会社化。
      2005年11月        ベトナム、ハノイ市にFCC(VIETNAM)CO.,LTD.(現、連結子会社)を設立。
      2006年1月        中国、広東省佛山市に佛山富士離合器有限公司(現、連結子会社)を設立。
      2010年11月        東北化工㈱の株式を100%取得。
      2012年9月        中国、四川省成都市に愛富士士(中国)投資有限公司(現、連結子会社)を設立。
      2012年12月        FCC(EUROPE)       LTD.の清算結了。
      2013年2月        韓国、京畿道始興市にFCC            SEOJIN    CO.,LTD.を設立。
      2013年6月        メキシコ、サンルイスポトシ州にFCC                  AUTOMOTIVE      PARTS   DE  MEXICO,S.A.DE       C.V.(現、連結子会
              社)を設立。
      2014年11月        インド、ハリヤナ州にFCC            CLUTCH    INDIA   PRIVATE    LIMITED(現、連結子会社)を設立。
      2014年12月        FCC  RICO   LTD.(現、FCC       CLUTCH    INDIA   PRIVATE    LIMITED、連結子会社)の株式を100%取得。
      2015年11月        FCC  CLUTCH    INDIA   PRIVATE    LIMITED    がFCC   INDIA   MANUFACTURING       PRIVATE    LIMTED    を吸収合併。
      2017年9月        ㈱フリント(現、連結子会社)の株式を100%取得。
      2018年12月        東北化工㈱の全株式を譲渡。
                                  4/111




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
         当社グループは、当社、子会社23社及び関連会社2社で構成され、二輪車用クラッチ、四輪車用クラッチの製造
        販売を主たる事業としております。
         当社グループの事業に係る位置付け及びセグメントとの関連は次のとおりであり、「第5 経理の状況 1 連
        結財務諸表等 (1)         連結財務諸表 連結財務諸表注記 4.セグメント情報」に掲げるセグメントの区分と同一で
        あります。
        (二輪車用クラッチ)
         主にオートバイ、スクーター、ATV(バギー)及び汎用機用クラッチの製造販売、並びにその他二輪車・四輪
        車用部品及び部材の製造販売を行っております。
         業態                        主要な会社名
               PT.  FCC  PARTS   INDONESIA(インドネシア)
        販売
               当社、㈱九州エフ・シー・シー、天龍産業㈱、㈱フリント、FCC(North                                 Carolina),LLC(米
               国)、FCC(THAILAND)CO.,LTD.(タイ)、FCC(PHILIPPINES)CORP.(フィリピン)、成都永華
               富士離合器有限公司(中国)、上海中瑞・富士離合器有限公司(中国)、台灣富士離合器股份有
        製造販売
               限公司(台湾)、FCC          CLUTCH    INDIA   PRIVATE    LIMITED(インド)、PT.            FCC  INDONESIA(インドネ
               シア)、FCC(VIETNAM)CO.,LTD.(ベトナム)、FCC                         DO  BRASIL    LTDA.(ブラジル)
        (四輪車用クラッチ)

         主にオートマチック車、マニュアル車用クラッチの製造販売を行っております。
         業態                        主要な会社名
              当社、㈱九州エフ・シー・シー、FCC(INDIANA),LLC(米国)、FCC(North                                   Carolina),LLC
              (米国)、FCC(Adams),LLC(米国)、FCC                    AUTOMOTIVE      PARTS   DE  MEXICO,S.A.DE       C.V.(メキシ
              コ)、FCC(THAILAND)CO.,LTD.(タイ)、FCC(PHILIPPINES)CORP.(フィリピン)、成都永華
        製造販売
              富士離合器有限公司(中国)、佛山富士離合器有限公司(中国)、FCC                                 CLUTCH    INDIA   PRIVATE
              LIMITED(インド)、PT.            FCC  INDONESIA(インドネシア)、FCC(VIETNAM)CO.,LTD.(ベトナ
              ム)、FCC     DO  BRASIL    LTDA.(ブラジル)
                                  5/111











                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
      [事業系統図]
        以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
                                  6/111




















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                                        議決権の所有割
                                        合又は被所有割
         名称          住所        資本金      主要な事業の内容                    関係内容
                                        合(%)   (注)3
     <連結子会社>
                                                当社製品の部品並びに製品の
                            百万円
                                二輪車用クラッチ
     ㈱九州エフ・シー・シー           熊本県宇城市                                製造。役員の兼任及び土地の
                                             100
                              30  四輪車用クラッチ
                                                賃貸あり。
                                                二輪・四輪車及び汎用機用部
                            百万円
                静岡県浜松市東区                二輪車用クラッチ                品の購入。役員の兼任及び資
     天龍産業㈱                                       80.22
                             22.5
                                                金援助あり。
                            百万円                    同社製品の購入。役員の兼任
     ㈱フリント           福岡県遠賀郡遠賀町                二輪車用クラッチ             100
                              10                  及び資金援助あり。
     FCC(North
                          百万米ドル
                米国                米国における子会社                役員の兼任及び資金援助あ
                                             100
     America),INC.
                インディアナ州             42.8   の統括                り。
     (注)2
                                                当社製品、部品及び原材料の

     FCC(INDIANA),LLC           米国           百万米ドル                   100
                                四輪車用クラッチ                販売。同社製品及び部品の購
                インディアナ州             17.8
     (注)2、(注)4                                        (100)
                                                入。役員の兼任あり。
     FCC(North

                                                当社製品、部品及び原材料の
                米国           百万米ドル     二輪車用クラッチ             100
                                                販売。同社製品及び部品の購
     Carolina),LLC
                ノースカロライナ州              10  四輪車用クラッチ
                                             (100)
                                                入。役員の兼任あり。
     (注)2
                                                当社製品、部品及び原材料の

                          百万米ドル
     FCC(Adams),LLC           米国                             100
                                四輪車用クラッチ                販売。同社製品及び部品の購
                インディアナ州
     (注)2、(注)4                         15               (100)
                                                入。役員の兼任あり。
     FCC  AUTOMOTIVE     PARTS

                             百万                   当社製品、部品及び原材料の
                メキシコ                             100
                          メキシコペソ
     DE MEXICO,S.A.DE      C.V.                   四輪車用クラッチ                販売。役員の兼任及び資金援
                サンルイスポトシ州                            (45.30)
                                                助あり。
                             1,000
     (注)2
                                                当社製品、部品及び原材料の

     FCC(THAILAND)           タイ         百万タイバーツ       二輪車用クラッチ             100
                                                販売。同社製品及び部品の購
     CO.,LTD.           バンコック市              60  四輪車用クラッチ             (0.07)
                                                入。役員の兼任あり。
     FCC(PHILIPPINES)                        百万                   当社製品、部品及び原材料の

                フィリピン                二輪車用クラッチ
     CORP.                    フィリピンペソ                    100   販売。同社製品及び部品の購
                ラグナ州                四輪車用クラッチ
     (注)2                        200                  入。役員の兼任あり。
     愛富士士(中国)投資有

                          百万米ドル     中国における子会社
     限公司           中国、四川省                                役員の兼任あり。
                                             100
                              30  の統括
     (注)2
                                                当社製品、部品及び原材料の
     成都永華富士離合器有限
                          百万米ドル
                                二輪車用クラッチ             100   販売。同社製品及び部品の購
     公司           中国、四川省
                                四輪車用クラッチ                入。役員の兼任及び資金援助
                              28              (71.43)
     (注)2
                                                あり。
     上海中瑞・富士離合器有                                           当社製品、部品及び原材料の
                          百万米ドル
     限公司
                中国、上海市                二輪車用クラッチ             100   販売。同社製品及び部品の購
                             9.8
                                                入。役員の兼任あり。
     (注)2
                                                当社製品、部品及び原材料の

     佛山富士離合器有限公司                     百万米ドル                   100
                中国、広東省                四輪車用クラッチ                販売。同社製品及び部品の購
     (注)2                         28              (61.43)
                                                入。役員の兼任あり。
     台灣富士離合器股份有限                        百万                   当社製品、部品及び原材料の

                                             70
                         ニュータイワンドル
     公司           台湾、台南市                二輪車用クラッチ                販売。同社製品及び部品の購
                                             (15)
     (注)2                        195                  入。役員の兼任あり。
                                  7/111




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
                                        議決権の所有割
                                        合又は被所有割
         名称          住所        資本金      主要な事業の内容                    関係内容
                                        合(%)   (注)3
                                                当社製品、部品及び原材料の
     FCC  CLUTCH   INDIA
                             百万
                インド                二輪車用クラッチ                販売。同社製品及び部品の購
     PRIVATE   LIMITED                 インドルピー
                                             100
                ハリヤナ州                四輪車用クラッチ                入。役員の兼任及び資金援助
                             3,875
     (注)2、(注)4
                                                あり。
                                                当社製品、部品及び原材料の
     PT.  FCC  INDONESIA                  百万米ドル
                インドネシア                二輪車用クラッチ             100
                                                販売。同社製品及び部品の購
                カラワン県                四輪車用クラッチ
                              11              (0.55)
     (注)2、(注)4
                                                入。役員の兼任あり。
                                                当社製品、部品及び原材料の
     PT.  FCC  PARTS
                インドネシア           百万米ドル     二輪車用クラッチ             100
                                                販売。同社製品及び部品の購
                カラワン県              0.3               (100)
     INDONESIA
                                                入。
                                                当社製品、部品及び原材料の
     FCC(VIETNAM)CO.,LTD.           ベトナム           百万米ドル     二輪車用クラッチ
                                                販売。同社製品及び部品の購
                                             90
                ハノイ市              25  四輪車用クラッチ
     (注)2
                                                入。役員の兼任あり。
                                                当社製品、部品及び原材料の
     FCC  DO BRASIL   LTDA.
                ブラジル           百万レアル     二輪車用クラッチ
                                             100   販売。同社製品及び部品の購
                アマゾナス州                四輪車用クラッチ
                             31.6
     (注)2
                                                入。資金援助あり。
     <その他の関係会社>
                            百万円
     本田技研工業㈱                           各種自動車並びに内           (被所有)     当社製品の販売並びに原材料
                東京都港区
                                燃機関の製造・販売                及び部品の購入。
     (注)5                       86,067                21.90
     (注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。
         2.特定子会社に該当しております。
         3.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数になっております。
         4.FCC(INDIANA),LLC、FCC(Adams),LLC、PT.                        FCC  INDONESIAおよびFCC          CLUTCH    INDIA   PRIVATE    LIMITED
           は、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が100分の10を超えており
           ます。日本において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づいて作成された各社の財務諸表における主
           要な損益情報等は次のとおりであります。
           主要な損益情報等
               ・FCC(INDIANA),LLC
                 (1)売上高             33,184百万円
                 (2)経常利益              △60百万円
                 (3)当期純利益              △24百万円
                 (4)純資産額             20,072百万円
                 (5)総資産額             26,584百万円
               ・FCC(Adams),LLC
                 (1)売上高             35,187百万円
                 (2)経常利益             2,087百万円
                 (3)当期純利益             1,624百万円
                 (4)純資産額             9,494百万円
                 (5)総資産額             22,884百万円
               ・PT.   FCC  INDONESIA
                 (1)売上高             21,235百万円
                 (2)経常利益             1,288百万円
                 (3)当期純利益             1,074百万円
                 (4)純資産額             16,391百万円
                 (5)総資産額             20,751百万円
               ・FCC   CLUTCH    INDIA   PRIVATE    LIMITED
                 (1)売上高             20,338百万円
                 (2)経常利益              116百万円
                 (3)当期純利益              △32百万円
                 (4)純資産額             3,679百万円
                 (5)総資産額             15,271百万円
         5.有価証券報告書を提出しております。
         6.上記のほか、関係会社が5社あります。
                                  8/111


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                  2022年3月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                 4,351
      二輪車用クラッチ                                               ( 3,104   )
                                                 3,239
      四輪車用クラッチ                                                ( 197  )
                                                 7,590
       報告セグメント計                                              ( 3,301   )
                                                  525
      全社(共通)                                                ( 124  )
                                                 8,115
                 合計                                   ( 3,425   )
     (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門、技術研究所および生産技術センターに所属して
           いるものであります。
      (2)提出会社の状況

                                                  2022年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年令(才)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
          1,104                  42.5              18.0           6,712,637
              ( 259  )
              セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                  208
      二輪車用クラッチ                                                ( 103  )
                                                  371
      四輪車用クラッチ                                                ( 32 )
                                                  579
       報告セグメント計                                               ( 135  )
                                                  525
      全社(共通)                                                ( 124  )
                                                 1,104
                 合計                                    ( 259  )
     (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門、技術研究所および生産技術センターに所属して
           いるものであります。
      (3)労働組合の状況

         提出会社および一部の連結子会社で労働組合が結成されておりますが、労使関係については特記すべき事項はあ
        りません。
                                  9/111








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
        (1)  会社の経営の基本方針

          当社グループは、「独創的なアイデアと技術でお客様に喜ばれる製品・サービスを供給することで社会へ貢献
         する」ことを企業理念の基本方針としております。
          そのために、「安全と環境に配慮した企業活動を行う」「独創性を生かして積極的に活動する」「常に自己研
         鑽に励み、改革・改善を行う」「スピーディーかつタイムリーに行動する」「人の和を大切にし、明るい職場を
         つくる」ことを当社グループの役職員の行動指針としております。
        (2)  経営環境、経営戦略及び対処すべき課題等

          今後の経営環境は、社会経済活動が正常化に向かうことが期待されるものの、新型コロナウイルス感染症の再
         拡大、供給面での制約や原材料価格の上昇、金融資本市場の変動等による下振れリスクに留意する必要があり、
         先行きは依然として不透明な状況にあります。
          また、デジタル化の進展やカーボンニュートラル実現に向けた世界的な気運の高まりなど、新しい社会的価値
         観や産業構造の変化が急速に進んでおりますが、自動車業界においても、電動化への動きが一層加速しており、
         自動車業界のみならず、他業界を含めた企業間の競争がますます激しくなっております。
          このような経営環境の中で、当社グループは第11次中期経営計画の最終年度として、既存事業の競争力強化に
         加え、事業領域拡大への取り組みの比重を高め、電動化・脱炭素社会における持続的な企業価値の向上に努めて
         まいります。
          第11次中期経営計画(2020年度~2022年度)

           サステナビリティへの取り組みのシフトアップ
           二輪事業 競争力強化
           四輪事業 収益力向上
           現場力の更なる強化
           電動化への取り組み加速
           新事業開発・事業化の加速
           業務の効率化・進化
          業績目標(2022年度)

           売上収益 1,940億円
           営業利益  130億円
                                 10/111








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
     2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営
       成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のと
       おりであります。なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断した
       ものであります。
        (1)  クラッチ製品に特化した事業展開について

          現状、当社グループの事業展開はクラッチ製品に特化しております。クラッチ製品は、内燃機関を動力とする
         自動車や二輪車等の動力伝達機構を構成する重要な機能部品の一つでありますが、今後、内燃機関を動力としな
         い自動車や二輪車等の普及により、クラッチ製品が不要となる可能性があります。
          自動車業界は現在、大きな構造変化の時代を迎えております。二輪車用クラッチ、四輪車用クラッチともに当
         面の成長は見込まれますので、既存事業を確実に進化させて対応してまいります。また、電動化製品やエネル
         ギーソリューション、環境浄化等をテーマとした新事業開発を積極的に進めてまいります。
        (2)  特定の産業や取引先への依存について

          当社グループが製造販売しているクラッチ製品の大半は自動車産業や二輪車産業向けであり、当社グループの
         業績は、今後の自動車産業や二輪車産業の動向により影響を受ける可能性があります。また、当社グループの売
         上収益に占めるホンダグループに対する売上収益の割合は当連結会計年度において約39%を占めており、当社グ
         ループの業績は、今後のホンダグループの事業戦略や購買政策等により影響を受ける可能性があります。
          当社グループは、ホンダグループ向けの販売に加え、拡販による新規顧客の獲得に注力し、受注につなげてま
         いりましたが、引き続き積極的な顧客提案を進めてまいります。
        (3)  海外展開について

          当社グループは、日本、米国、アジアを中心にグローバルな事業を展開しております。このため、当社グルー
         プの業績は、各国の政治や経済の動向、為替相場の動向、予期しない法律または規則の変更、移転価格税制等の
         国際税務リスク、災害の発生等により影響を受ける可能性があります。
          当社グループは、カントリーリスクを的確に把握し低減しながら事業を遂行していくため、海外子会社等を通
         じて現地の情報収集に努めるとともに、グループ間の相互補完体制を活用しながら適切に対処しております。
        (4)  競合について

          世界の自動車産業や二輪車産業における競合環境は非常に厳しくなっております。当社グループは、製品開発
         から製造、品質保証に至るまで競争力の維持、強化に努めておりますが、今後、何らかの理由により競争力の維
         持、強化が困難となった場合、市場シェアや収益力が低下する可能性があります。
          当社グループは、品質、コスト、デリバリーをはじめとする製品競争力の向上によりグローバルシェアの更な
         る拡大に努めております。
        (5)  製品の欠陥に対する補償

          当社グループは、製品の品質には万全を期しておりますが、全ての製品に不具合、欠陥等が発生しないという
         保証はありません。当社グループが納入した製品の欠陥等に起因して完成車メーカーが大規模なリコール等を行
         うような事態が発生した場合、多額のコストの発生や、当社グループの評価が重大な影響を受けることにより、
         当社グループの業績と財政状態に深刻な影響が及ぶ可能性があります。
          当社グループは、事業活動全体を通じて更なる品質向上を目指し、品質保証体制の強化に取り組んでおりま
         す。
        (6)  災害や地震等による影響

          当社グループは、大規模災害等により製造ラインが中断するといった潜在的なリスクを最小化するため、各種
         の対策を講じておりますが、それらによって全ての影響を防止または軽減できる保証はありません。特に、国内
         においては当社グループの主要施設は静岡県西部地域に集中しているため、将来、想定されている東海地震・東
         南海地震が発生した場合、生産設備に甚大な影響を受け、生産能力が著しく低下する可能性があります。
          当社グループは、大規模災害等の非常時に事業継続を図るべく、リスク対応マニュアル等を整備し、事業継続
         計画(BCP)を構築するなどの対応を行っております。新型コロナウイルス対応としては、従業員およびその家
         族、関係者の安全確保を最優先に感染症の拡大防止に取り組むとともに、各国政府や地方自治体の要請等を踏ま
         え、事業への影響を最小限に抑えるべく対応を行ってまいりました。
                                 11/111



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)  経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」と
        いう。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ① 財政状態及び経営成績の状況

          当連結会計年度における経済状況を概観しますと、新型コロナウイルス感染症の影響により景気が大きく後退
         した前年度から持ち直しの動きが見られたものの、感染症の再拡大や供給面での制約に加え、年度末にかけて地
         政学的リスクの高まりなどもあり回復のペースは鈍化しました。日本では、緊急事態宣言等が断続的に発出され
         る中、個人消費が一進一退の動きとなったことに加え、供給面での制約等の影響を受け、企業の生産活動や輸出
         入の持ち直しは足踏み状態となりました。海外では、米国の景気は持ち直しの動きが続きました。アジアでは、
         中国の景気回復は弱さが見られ、インドやアセアン地域の景気は総じて緩やかな回復となりました。
          自動車業界におきましては、第1四半期は感染症の影響が大きかった前年同期に比べ二輪車、四輪車の生産は
         大幅に回復しましたが、半導体の供給不足による減産影響や原材料価格の高騰影響等が継続しました。四輪車市
         場は、日本の新車販売は、第1四半期は前年比プラスとなったものの、その後は前年比マイナスで推移し、年間
         では3年連続の減少となりました。海外では、米国も第2四半期以降は弱さが見られました。中国では、堅調に
         推移した前年度に比べ弱含みで推移しました。また、二輪車市場は、インドネシアの需要は回復し、インドでは
         第1四半期は大幅に回復したものの、その後の回復は緩やかなものとなりました。
          このような状況の中、当社グループは、生産変動への対応力の強化や業務の効率化などに取り組み、収益性の
         確保に努めました。また、事業環境の急速な変化を踏まえ、開発力と現場力の強化、生産工程や開発プロセスの
         デジタル化を進め、競争力向上に努めるとともに、電動化製品やエネルギーソリューション、環境浄化等をテー
         マとした新事業開発を積極的に進めてまいりました。
          以上の結果、当連結会計年度の業績は、二輪車用クラッチ、四輪車用クラッチの販売が増加し、売上収益は
         170,971百万円(前期比17.0%増)となりました。営業利益は、増収に伴う利益の増加により10,051百万円(前
         期比44.3%増)となりました。税引前当期利益は11,944百万円(前期比43.7%増)、親会社の所有者に帰属する
         当期利益は8,551百万円(前期比91.6%増)となりました。
          各セグメントの業績は次のとおりであります。

         (二輪車用クラッチ)
          感染症の再拡大の影響があったものの、インドネシアやインドの二輪車用クラッチの販売が増加したこともあ
         り、売上収益は81,012百万円(前期比24.3%増)、営業利益は8,287百万円(前期比40.3%増)となりました。
         (四輪車用クラッチ)
          半導体の供給不足の影響があったものの、米国の四輪車用クラッチの販売が増加したこともあり、売上収益は
         89,959百万円(前期比11.1%増)、営業利益は2,907百万円(前期比33.6%増)となりました。
        ② キャッシュ・フローの状況

          当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は44,627百万円となりました。
          当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動の結果得られた資金は15,456百万円となりました。主な増加の要因は、税引前当期利益11,944百万
         円、減価償却費及び償却費12,803百万円、引当金の増加額1,669百万円によるものであります。主な減少の要因
         は、棚卸資産の増加額6,814百万円、法人所得税の支払額4,344百万円によるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動の結果使用した資金は9,627百万円となりました。これは主に有形固定資産の取得による支出9,859百
         万円によるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動の結果使用した資金は4,202百万円となりました。これは主に配当金の支払額2,285百万円、短期借入
         金の純増減額1,093百万円によるものであります。
                                 12/111




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
        ③ 生産、受注及び販売の実績
         イ.生産実績
          当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             当連結会計年度
          セグメントの名称                 (自 2021年4月1日                    前年同期比(%)
                            至 2022年3月31日)
     二輪車用クラッチ(百万円)                             79,883                  125.1
     四輪車用クラッチ(百万円)                             87,088                  111.1
          合計(百万円)                       166,971                   117.4
     (注)金額は販売価格によっております。
         ロ.受注実績

           当連結会計年度の受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
         セグメントの名称              受注高(百万円)         前年同期比(%)          受注残高(百万円)          前年同期比(%)
      二輪車用クラッチ                     82,138          118.1          7,678          117.2
      四輪車用クラッチ                     91,141          103.9          9,993          113.4
            合計              173,279           110.2         17,671          115.0
     (注)金額は販売価格によっております。
         ハ.販売実績

           当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             当連結会計年度
          セグメントの名称                 (自 2021年4月1日                    前年同期比(%)
                            至 2022年3月31日)
     二輪車用クラッチ(百万円)                             81,012                  124.3
     四輪車用クラッチ(百万円)                             89,959                  111.1
          合計(百万円)                       170,971                   117.0
     (注)最近2連結会計年度の主な相手先別販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は、次のとおりであり
         ます。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
                 相手先
                          金額(百万円)          割合(%)       金額(百万円)          割合(%)
           Ford   Motor   Company
                              23,916          16.4       25,910          15.2
           本田技研工業㈱                   9,574          6.6       8,807          5.2
                                 13/111








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
       (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において判断したものであります。
        ① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

          経営成績の分析
         (売上収益)
          当連結会計年度の売上収益は170,971百万円(前期比17.0%増)となりました。
          インドネシアやインドの二輪車用クラッチの販売が増加したことに加え、米国の四輪車用クラッチの販売が増
         加しました。第1四半期は前年同期に比べ大幅に回復しましたが、新型コロナウイルス感染症の再拡大や半導体
         の供給不足の影響等もあり、第2四半期以降の回復は緩やかなものとなりました。
         (営業利益)
          当連結会計年度の営業利益は10,051百万円(前期比44.3%増)となりました。
          営業利益が増加した主な要因は、研究開発費やその他販管費の増加があったものの、増収に伴う利益の増加、
         減価償却費の減少、円安による為替影響等によるものであります。
         (税引前当期利益)
          当連結会計年度の税引前当期利益は11,944百万円(前期比43.7%増)となりました。
          円安により金融収益が増加したことによるものであります。
         (親会社の所有者に帰属する当期利益)
          当連結会計年度の親会社の所有者に帰属する当期利益は8,551百万円(前期比91.6%増)となりました。
          財政状態の分析

         (流動資産)
          当連結会計年度末の流動資産は115,010百万円となり、前連結会計年度末に比べ15,462百万円増加しました。
         これは主に棚卸資産が9,504百万円、現金及び現金同等物が5,019百万円増加したことによるものであります。
         (非流動資産)
          当連結会計年度末の非流動資産は80,354百万円となり、前連結会計年度末に比べ4,257百万円増加しました。
         これは主に有形固定資産が2,458百万円、その他の金融資産が1,531百万円増加したことによるものであります。
         (流動負債)
          当連結会計年度末の流動負債は35,577百万円となり、前連結会計年度末に比べ2,240百万円増加しました。こ
         れは主に借入金が1,108百万円減少したものの、営業債務及びその他の債務が2,253百万円、引当金が1,669百万
         円増加したことによるものであります。
         (非流動負債)
          当連結会計年度末の非流動負債は11,255百万円となり、前連結会計年度末に比べ943百万円増加しました。こ
         れは主に繰延税金負債が642百万円、退職給付に係る負債が393百万円増加したことによるものであります。
         (資本)
          当連結会計年度末の資本は148,532百万円となり、前連結会計年度末に比べ16,536百万円増加しました。これ
         は主にその他の資本の構成要素が10,053百万円、利益剰余金が6,308百万円増加したことによるものでありま
         す。
                                 14/111







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
        ② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

          キャッシュ・フローの状況の分析
          当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況は、「第2 事業の状況 3.経営者による財政状態、経営成績
         及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ②                                  キャッシュ・フローの状況」に記載し
         ております。
          資本の財源及び資金の流動性についての分析

          当社グループは、事業活動のための資金を確保する上で、適切な流動性等を勘案しつつ健全なバランスシート
         を維持することを財務方針としております。運転資金、設備投資、研究開発投資につきましては、主として営業
         活動によるキャッシュ・フローを源泉とする内部資金および銀行借入により調達しており、現在必要とされる資
         金水準を十分確保していると判断しております。
        ③ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

          当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定によ
         りIFRSに準拠して作成しております。この連結財務諸表の作成に当たって、必要と思われる見積りは、合理的な
         基準に基づいて実施しております。
          なお、当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針、会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定
         は、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 2.作成の基礎 (5) 
         重要な会計上の見積り及び判断 3.重要な会計方針」に記載しております。
     4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
     5【研究開発活動】

        当社グループの研究開発活動は、輸送機器の機能部品メーカーとして顧客ニーズを捉え、独創的なアイデアと技術
      で性能の優れた製品を供給することを基本方針に、二輪車・四輪車用クラッチおよび汎用機用クラッチの摩擦材に関
      する基礎研究から生産技術を含むコンポーネントとしてのクラッチの研究開発を進めております。
        また、既存製品の改良および摩擦材を含めたクラッチの製造で蓄積された技術を活かし、多孔質ファイバー触媒
      シート(ペーパー触媒)の研究とその応用としてエンジンの排ガス浄化用ペーパー触媒の研究開発を行ってまいりま
      した。現在は、クラッチ以外の事業分野への展開を目指し、電動化製品やエネルギーソリューション、環境浄化等を
      テーマとした新事業開発に積極的に取り組んでおります。
        当連結会計年度の研究開発費の総額(開発資産として資産計上したものを含む)は                                      5,191   百万円となりました。
        当連結会計年度におけるセグメント別の研究開発費は次のとおりであります。

      (二輪車用クラッチ)

        モーターサイクル用湿式摩擦材、スクーター用乾式摩擦材の研究開発を骨格に、クラッチの操作性を含む商品性向
      上およびコスト低減のための研究開発を行っております。
        二輪車用クラッチセグメントに係る研究開発費は                       3,154   百万円となりました。
      (四輪車用クラッチ)

        オートマチックトランスミッション、CVTおよびハイブリッド用の湿式摩擦材の研究開発を骨格に、小型軽量化、
      低コスト化及び燃費向上に寄与するクラッチの研究開発を行っております。
        四輪車用クラッチセグメントに係る研究開発費は                      2,037   百万円となりました。
                                 15/111





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
       当連結会計年度の設備投資額(無形資産を含む)は                         10,420   百万円となりました。設備投資の主な内容は、日本にお
      ける土地、建物の取得、米国における四輪車用クラッチの生産能力拡充、インドにおける二輪車用クラッチの生産能
      力拡充等であります。セグメント別の設備投資額は、二輪車用クラッチで                                  4,842   百万円、四輪車用クラッチで             3,586   百
      万円、共通で1,992百万円となりました。
      (1)提出会社

         土地の取得
         浜北工場における新機種対応
      (2)子会社
         ㈱フリントにおける土地、建物の取得
         FCC  CLUTCH    INDIA   PRIVATE    LIMITEDにおける新機種対応や生産能力拡充
         PT.FCC    INDONESIAにおける新機種対応、生産能力拡充
         FCC  (Adams)    ,LLC   における新機種対応や生産能力拡充
         FCC  (VIETNAM)     CO.,LTD.における新機種対応や生産能力拡充
     2【主要な設備の状況】

       当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。
      (1)提出会社
                                                    2022年3月31日現在
                                       帳簿価額(百万円)
        事業所名                                                 従業
               セグメントの名称        設備の内容
                                                         員数
       (所在地)                      建物及び構     機械装置及       土地
                                               その他      合計
                             築物     び運搬具
                                         (面積㎡)
     浜北工場          二輪車用クラッチ        クラッチ製造                    595              191
                                1,183     1,339            356     3,474
     (静岡県浜松市浜北区)          四輪車用クラッチ        設備                   (85,261)               [11]
     渡ケ島工場          二輪車用クラッチ        クラッチ製造                    766              183
                                1,430     1,088            68    3,353
     (静岡県浜松市天竜区)          四輪車用クラッチ        設備                   (61,268)               [27]
     鈴鹿工場          二輪車用クラッチ        クラッチ製造                    1,228               180
                                1,565      733           121     3,649
     (三重県鈴鹿市)          四輪車用クラッチ        設備                   (50,477)               [103]
     技術研究所                  試験機及び測                    216              192
               共通
                                450     944           143     1,755
     (静岡県浜松市北区)                  定機器                   (12,093)               [81]
      (2)国内子会社

                                                    2022年3月31日現在
                                       帳簿価額(百万円)
        会社名                                                 従業
               セグメントの名称        設備の内容
                                                         員数
       (所在地)                      建物及び構     機械装置及       土地
                                               その他      合計
                             築物     び運搬具
                                         (面積㎡)
     ㈱九州エフ・シー・シー          二輪車用クラッチ        クラッチ製造                     11              126

                                164     596           87     859
     (熊本県宇城市)          四輪車用クラッチ        設備                   (20,474)               [14]
                                 16/111





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
      (3)在外子会社
                                                   2022年3月31日現在
                                      帳簿価額(百万円)
                   セグメント                                      従業
       会社名       所在地          設備の内容
                   の名称                                      員数
                             建物及び構     機械装置及       土地
                                              その他      合計
                             築物     び運搬具      (面積㎡)
            米国

     FCC              四輪車用ク     クラッチ製                    89
            インディアナ
                                1,550     4,146            182     5,968     594
                   ラッチ     造設備
     (INDIANA),LLC                                    (246,263)
            州
                   二輪車用ク

            米国
     FCC(North
                   ラッチ     クラッチ製                    34              269
            ノースカロラ                   3,072      736           106     3,949
                   四輪車用ク     造設備                 (366,274)                 [7]
     Carolina),LLC
            イナ州
                   ラッチ
            米国

     FCC              四輪車用ク     クラッチ製                    56              460
            インディアナ                   3,789     8,329            738    12,913
     (Adams),LLC              ラッチ     造設備
                                         (161,880)                 [7]
            州
     FCC  AUTOMOTIVE

            メキシコ
     PARTS   DE
                   四輪車用ク     クラッチ製                    77
            サンルイスポ                    498     539           87    1,203     348
                   ラッチ     造設備                  (81,837)
     MEXICO,S.A.DE
            トシ州
     C.V.
                   二輪車用ク

     FCC(THAILAND)       タイ      ラッチ     クラッチ製                   690               423
                                520     604           351     2,166
     CO.,LTD.       バンコック市      四輪車用ク     造設備                  (87,890)               [455]
                   ラッチ
                   二輪車用ク

     FCC  CLUTCH
            インド      ラッチ     クラッチ製                   519               733
     INDIA   PRIVATE
                                879     2,450           1,614     5,464
            ハリヤナ州      四輪車用ク     造設備                 (114,619)               [2,030]
     LIMITED
                   ラッチ
                   二輪車用ク

     PT.  FCC
            インドネシア      ラッチ     クラッチ製                    -             1,198
                                420     434          1,024     1,879
            カラワン県      四輪車用ク     造設備
                                         (72,812)               [337]
     INDONESIA
                   ラッチ
                   二輪車用ク

     FCC(VIETNAM)
            ベトナム      ラッチ     クラッチ製                    -
                                768     1,860            877     3,505    1,202
     CO.,LTD.       ハノイ市      四輪車用ク     造設備
                                         (45,816)
                   ラッチ
     (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品、使用権資産及び無形資産であり、建設仮勘定を含んで

           おります。
           なお、金額には消費税等を含んでおりません。
         2.㈱九州エフ・シー・シーの土地のうち19,174㎡は、提出会社から賃借しているものであります。
         3.FCC(North        Carolina),LLCの土地366,274㎡のうち、11,266㎡は賃借によるものであります。
         4.従業員数の[ ]は、期末臨時従業員数を外書しております。
                                 17/111





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
     3【設備の新設、除却等の計画】
      (1)重要な設備の新設等
        翌連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)の設備投資額は9,500百万円を計画しております。
        設備投資の主な内訳は、日本、米国、インドにおける新機種対応や生産能力拡充に伴う投資等であります。セグメ
        ント別の設備投資額は、二輪車用クラッチで4,450百万円、四輪車用クラッチで3,670百万円、共通で1,380百万円
        を計画しております。
        ・提出会社

         渡ケ島工場における新機種対応
         技術研究所における試験および測定機器
        ・子会社
         ㈱フリントにおける建物の取得や生産能力拡充
         FCC  (Adams)    ,LLCにおける新機種対応や生産能力拡充
         FCC  CLUTCH    INDIA   PRIVATE    LIMITEDにおける生産能力拡充
      (2)重要な設備の除却等

         経常的な設備の更新に伴う除売却を除き、重要な設備の除売却の計画はありません。
                                 18/111














                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           90,000,000

                  計                                90,000,000

        ②【発行済株式】

           事業年度末現在発行数             提出日現在発行数
                                   上場金融商品取引所名又は登
      種類        (株)            (株)                           内容
                                   録認可金融商品取引業協会名
           (2022年3月31日)            (2022年6月23日)
                                   東京証券取引所
                                                   単元株式数
               52,644,030            52,644,030
     普通株式                              市場第一部(事業年度末現在)
                                                   100株
                                   プライム市場(提出日現在)
               52,644,030            52,644,030
       計                                   -            -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
                                 19/111











                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)        (百万円)        (百万円)       減額(百万円)        高(百万円)
                 (株)
      2006年4月1日
                26,322,015        52,644,030            -      4,175         -      4,555
        (注)
     (注)      株式分割(1:2)によるものであります。
      (5)【所有者別状況】

                                                   2022年3月31日現在
                         株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                      単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
           政府及び地           金融商品     その他の
                                                      (株)
                 金融機関                          個人その他       計
           方公共団体           取引業者     法人
                                 個人以外      個人
     株主数(人)          -     26     30     168     190      25    25,453     25,892       -
     所有株式数
               -   126,584      12,236     142,681      85,212       78   159,488     526,279      16,130
     (単元)
     所有株式数の
               -    24.05      2.33     27.11     16.19      0.01     30.30     100.00       -
     割合(%)
      (注)1.自己株式2,941,879株は、「個人その他」に29,418単元、「単元未満株式の状況」に79株を含めて記載し
            ております。
          2.上記「その他の法人」の欄には証券保管振替機構名義の株式が37単元含まれております。
                                 20/111












                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
      (6)【大株主の状況】
                                                  2022年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
          氏名又は名称                    住所                    総数に対する所有
                                            (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                              10,881          21.89
     本田技研工業株式会社                 東京都港区南青山2丁目1-1号
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                                              4,934          9.93
                      東京都港区浜松町2丁目11番3号
     会社(信託口)
     株式会社SMBC信託銀行(株式会社三
                      東京都千代田区丸の内1丁目3-2                        2,483          5.00
     井住友銀行退職給付信託口)
     株式会社日本カストディ銀行(信託
                      東京都中央区晴海1丁目8-12                        2,397          4.82
     口)
                      静岡県浜松市中区山手町38-28                        2,019          4.06
     株式会社ワイ・エー
     みずほ信託銀行株式会社 退職給付
                      東京都中央区晴海1丁目8-12                        1,315          2.65
     信託 みずほ銀行口 再信託受託
     者 株式会社日本カストディ銀行
                                              1,300          2.62
     山本 惠以                 静岡県浜松市中区
                      静岡県浜松市北区細江町中川7000-36                         850         1.71
     エフ・シー・シー取引先持株会
                                               694         1.40
     山本 節子                 静岡県浜松市中区
     SSBTC     CLIENT     OMNIBUS      ACCOUNT     ONE  LINCOLN    STREET,BOSTON       MA  USA
                                               475         0.96
     (常任代理人 香港上海銀行東京支                 02111
     店 カストディ業務部)                 (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
                                              27,354          55.04
             計                  -
     (注)1.上記のほか、自己株式が2,941千株あります。
         2.上記所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は次のとおりであります。
           日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)                4,934千株
           株式会社SMBC信託銀行(株式会社三井住友銀行退職給付信託口)           2,483千株
           株式会社日本カストディ銀行(信託口)                     2,397千株
           みずほ信託銀行株式会社            退職給付信託       みずほ銀行口               1,315千株
           再信託受託者       株式会社日本カストディ銀行
         3.野村證券株式会社およびその共同保有者であるノムラ                           インターナショナル          ピーエルシーならびに野村ア

           セットマネジメント株式会社から2021年5月21日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告
           書において、2021年5月14日現在でそれぞれ以下のとおり株式を所有している旨が記載されているものの、
           当社として2022年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含
           めておりません。
                                           保有株券等の数         株券等保有割合
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)         (%)
     ノムラ    インターナショナル          ピー   1 Angel   Lane,   London    EC4R   3AB,   United
                                          株式       126,900
                                                        0.24
     エルシー                 Kingdom
     野村アセットマネジメント株式会
                                          株式    2,380,700
                      東京都江東区豊洲二丁目2番1号                                  4.52
     社
                                 21/111





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
         4.SMBC日興証券株式会社およびその共同保有者である株式会社三井住友銀行ならびに三井住友DSアセットマネ
           ジメント株式会社から2021年9月24日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書におい
           て、2021年9月15日現在でそれぞれ以下のとおり株式を所有している旨が記載されているものの、当社とし
           て2022年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めており
           ません。
                                           保有株券等の数         株券等保有割合
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)         (%)
                                          株式       591,030

     SMBC日興証券株式会社                 東京都千代田区丸の内三丁目3番1号                                  1.12
                                          株式    2,483,600

     株式会社三井住友銀行                 東京都千代田区丸の内一丁目1番2号                                  4.72
     三井住友DSアセットマネジメント                 東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門

                                          株式       283,500
                                                        0.54
     株式会社                 ヒルズビジネスタワー26階
                                 22/111
















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2022年3月31日現在
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                             -           -       -

      議決権制限株式(自己株式等)                             -           -       -

      議決権制限株式(その他)                             -           -       -

                               2,941,800
      完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式                     -       -
                              49,686,100             496,861
      完全議決権株式(その他)                   普通株式                            -
                                16,130
      単元未満株式                   普通株式                     -       -
                              52,644,030
      発行済株式総数                                        -       -
                                           496,861
      総株主の議決権                             -                  -
     (注) 「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が3,700株(議決権の数37個)含まれ
          ております。
        ②【自己株式等】

                                                  2022年3月31日現在
                                                  発行済株式総数に
      所有者の氏名又                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                  対する所有株式数
      は名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                  の割合(%)
               静岡県浜松市北区
     株式会社エフ・
               細江町中川7000番            2,941,800                 2,941,800            5.59
                                       -
     シー・シー
               地の36
                           2,941,800                 2,941,800            5.59
         計          -                    -
     2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

               区分                 株式数(株)               価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                  131              204,473
      当期間における取得自己株式                                  -                -

     (注) 当期間における取得自己株式には、2022年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
          よる株式は含まれておりません。
                                 23/111





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                 当事業年度                 当期間
               区分
                                   処分価額の総額                 処分価額の総額
                            株式数(株)                 株式数(株)
                                     (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る
                                 -        -        -        -
      移転を行った取得自己株式
      その他(譲渡制限付株式報酬による自己株
                               14,484      22,537,104            -        -
      式の処分)
      保有自己株式数                        2,941,879         -       2,941,879          -
     (注)1.当期間における保有自己株式数には、2022年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
          りによる株式数は含まれておりません。
        2.当事業年度における「その他」は譲渡制限付株式報酬制度の導入に伴う、2021年6月22日開催の取締役会決
          議に基づく自己株式の処分であります。
     3【配当政策】

        当社は、株主に対する利益還元を経営の最重要課題の一つとして位置づけ、将来の成長のために必要な設備投資や
      研究開発を行い、会社の競争力を維持、強化することで企業価値の向上に努めるとともに、連結業績や配当性向等を
      総合的に勘案し、安定した配当を継続していくことを基本方針としております。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
       当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき1株当たり52円の配当(うち中間配当26円)を実施すること
      を決定いたしました。この結果、当事業年度の連結配当性向は30.2%となりました。
       内部留保資金につきましては、将来の事業拡大に向けた投資等に活用してまいります。
       なお、2021年6月22日開催の第91回定時株主総会において、会社法第459条第1項の規定に基づき、剰余金の配当
      等を取締役会の決議によって行うことができる旨の定款変更を行っております。
       当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                             配当金の総額          1株当たり配当額

              決議年月日
                             (百万円)            (円)
        2021年11月4日
                                 1,292             26
        取締役会決議
        2022年5月11日
                                 1,292             26
        取締役会決議
                                 24/111








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、企業理念に立脚し、株主をはじめ顧客、従業員および地域社会等のステークホルダーからの信頼を高め、
      透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行い、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図るため、経営の最重要
      課題の一つとしてコーポレートガバナンスの充実に取り組むこととしております。
       <企業理念>

        「わたしたちは、独創的なアイデアと技術でお客様に喜ばれる製品・サービスを提供することで社会へ貢献しま
        す。」
      ② 企業統治の体制の概要および当該体制を採用する理由

       イ. 企業統治の体制の概要
          当社は、監査等委員会設置会社の機関設計を採用しております。
          取締役会は取締役9名(うち、社外取締役5名、議長:代表取締役社長)で構成され、法令に定められた事項
         および重要な業務執行を決定するとともに、取締役の職務の執行を監督しております。監査等委員会は、監査等
         委員である取締役4名(うち、社外取締役3名、委員長:常勤監査等委員)で構成され、監査等委員会が定めた
         監査方針、監査計画および業務分担等に従い、取締役会その他重要な会議へ出席し、業務および財産の状況の調
         査等を通じて取締役の職務の執行や内部統制システムの整備および運用状況について監査、監督を行っておりま
         す。会計監査人は、監査法人保森会計事務所と会社法および金融商品取引法に基づく会計監査について監査契約
         を締結し、監査を受けております。また、指名・報酬諮問委員会は取締役4名(うち、社外取締役3名、委員
         長:代表取締役社長)で構成され、取締役の指名や報酬等に係る審議、答申を行っております。
          2022年6月23日現在の会社の機関、内部統制の関係図は次のとおりであります。
      (注) 取締役会および監査等委員会の構成員の氏名は、「(2)役員の状況 ①役員一覧」に記載しております。







      なお、指名・報酬諮問委員会の構成員は、代表取締役社長および監査等委員である社外取締役であります。
       ロ. 当該体制を採用する理由

          取締役会の監督機能の強化、経営の健全性・透明性の向上、意思決定の迅速化を図るため、監査等委員会設置
         会社の機関設計を採用しております。会社の業務に精通した社内取締役および客観的で広範かつ高度な視野を持
         つ社外取締役によって構成された取締役会によって、取締役の職務の執行を監督しております。また、取締役の
         指名や報酬等に係る取締役会の機能の独立性、客観性および説明責任を強化するため、指名・報酬諮問委員会を
         設置しております。当社の事業内容や事業規模等に照らし、現状の体制が適切と判断しております。
                                 25/111




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
      ③ 企業統治に関するその他の事項
         内部統制システムに関する基本方針
          当社は、取締役会において、会社法に定める業務の適正を確保するための体制について、次のとおり決議して
         おります。
          ・当社および当社グループ会社の取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保す

          るための体制
            取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合し、社会からの信頼を確保するため、当社グ
           ループ全体で共有する企業行動憲章を定めこれを周知徹底する。
            コンプライアンスを統括するコンプライアンスオフィサーを選任するほか、内部通報制度を設置しコンプ
           ライアンスの推進を図る。
          ・当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

            情報管理方針および諸規程を定め、取締役の職務執行に係る情報について適切に保存および管理を行う。
          ・当社および当社グループ会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

            リスクマネジメントを統括するリスクマネジメントオフィサーを選任し、当社グループの事業活動におけ
           るリスクを識別し、識別したリスクを適切に管理する体制を整備する。
            当社グループ全体の経営上の重要事項については、当社の取締役会においてリスクを評価し、対応を決定
           する。
          ・当社および当社グループ会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

            当社の取締役会は3ヶ月に1回以上開催するほか、必要に応じて臨時に開催し、法令に定められた事項お
           よび重要な業務執行を決定するとともに、取締役の職務の執行を監督する。
            経営会議等の会議および執行役員制度の活用により、経営の意思決定の迅速化および効率化を図る。
            中期経営計画および年度事業計画を策定し、当社グループ全体の業務執行の進捗管理を行うとともに経営
           資源の有効活用を図る。
            職務執行規程等において、職務分掌、指揮命令系統その他組織に関する基準を定める。
          ・当社グループ会社の当社への報告に関する体制その他当社および当社グループ会社から成る企業集団におけ

          る業務の適正を確保するための体制
            当社は、当社グループ会社の事業規模および重要性等を踏まえて適正に管理するため、企業行動憲章、グ
           ループ方針、グループガイドラインおよび諸規程を定める。
            当社は、当社グループ会社に対して当社への定期的な報告を義務づけるほか、一定の重要事項について速
           やかに報告させる体制を整備する。
            当社の監査部は、当社および当社グループ会社の監査を定期または必要に応じて実施する。
          ・当社の監査等委員会の職務を補助すべき取締役および使用人に関する事項

            当社は、監査等委員会の職務を補助する組織として監査部を置く。監査部への指揮命令権は監査等委員会
           に属するものとし、監査部の使用人の任命、解任、人事異動および賃金等の改定については監査等委員会の
           同意を得たうえで取締役会が決定する。なお、監査等委員会の職務を補助すべき取締役は置かないものとす
           る。
          ・当社の監査等委員会への報告に関する体制

            監査等委員会は取締役会その他重要な会議に出席するほか、必要に応じて当社および当社グループ会社の
           取締役および使用人に対して報告を求めることができる。
            監査等委員会から報告を求められた場合、迅速かつ適切な報告を行う。
            内部通報制度を設置し、監査等委員会への適切な報告体制を確保する。
            内部通報制度に関する運用規程において、報告者が不利な取扱いを受けないよう体制を整備する。
          ・当社の監査等委員の職務の執行について生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する事項

            当社は、監査等委員会がその職務の執行について必要な費用の請求をした場合、速やかに当該費用を処理
           する。
            監査等委員会は、職務の執行上必要と認める費用について、あらかじめ予算計上しておく。ただし、緊急
           または臨時に支出した費用については、事後、当社に償還を請求することができる。
          ・その他当社の監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

            監査等委員会は代表取締役、取締役および会計監査人と定期または必要に応じて意見交換を行う。
            監査等委員会は監査部との連携を密にし、実効的な監査を行う。
         責任限定契約の内容の概要

                                 26/111


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
          当社と社外取締役および監査等委員である取締役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、会社法第423条第
         1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、会社法第
         425条第1項に定める最低責任限度額としております。
         役員等賠償責任保険契約の内容の概要

          当社は、保険会社との間で会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を締結しており、保
         険料は全額当社が負担しております。当該保険契約の内容の概要は、被保険者がその職務の執行に関し責任を負
         うことまたは当該責任の追及に係る請求を受けることによって生ずることのある損害を当該保険契約により保険
         会社が填補するものであり、1年毎に契約更新しております。次回更新時には同内容での更新を予定しておりま
         す。
         取締役会で決議できる株主総会決議事項

         ・剰余金の配当等の決定機関
           当社は、株主への機動的な利益還元を可能にするため、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める
          事項について、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役会の決議により定めることができる旨定款に定め
          ております。
         ・取締役の責任免除
           当社は、取締役が期待される役割を十分発揮する環境を整えるため、会社法第426条第1項の規定により、
          取締役会の決議によって、会社法第423条第1項の取締役(取締役であった者を含む。)の損害賠償責任を法
          令の限度において免除することができる旨定款に定めております。
         取締役の定数

          当社の取締役は12名以内とし、そのうち監査等委員である取締役は5名以内とする旨定款に定めております。
         取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。また、取締役の選任決議は累積投票に
         よらないものとする旨定款に定めております。
         株主総会の特別決議要件

          当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的に、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件
         について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3
         分の2以上をもって行う旨定款に定めております。
                                 27/111









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  8 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             11.1  %)
                                                       所有株式数
          役職名          氏名      生年月日               略歴           任期
                                                       (百株)
                                2009年2月      当社入社
                                2011年1月
                                      FCC(INDIANA)Mfg.,LLC
                                      (現、FCC(INDIANA),LLC)
                                      取締役社長
                                      FCC(INDIANA),INC.
                                      (現、FCC(INDIANA),LLC)
                                      取締役社長
                                2011年6月      当社取締役
                                2012年4月      当社取締役北米事業統括
                                      FCC(North     America),INC.
        代表取締役社長          斎藤 善敬      1973年11月29日      生                      (注)2      209
                                      取締役社長
                                2012年6月      当社常務取締役北米事業統括
                                2013年4月      当社常務取締役二輪事業統括
                                2014年4月      当社常務取締役購買統括兼中国事
                                      業統括兼リスクマネジメントオ
                                      フィサー
                                2018年6月      当社専務取締役営業管掌兼中国事
                                      業統括
                                2019年4月      当社代表取締役副社長兼アライア
                                      ンス担当
                                2020年6月      当社代表取締役社長(現任)
                                1984年4月      当社入社
                                2009年4月      当社経営企画室長
                                2010年6月      当社取締役中国・南米事業統括兼
                                      経営企画室長
                                2011年6月      当社取締役中国・南米事業統括兼
                                      経営企画室長兼リスクマネジメン
                                      トオフィサー
                                2012年1月      当社取締役中国・南米事業統括兼
                                      リスクマネジメントオフィサー
                                2012年4月      当社取締役生産技術統括兼中国・
                                      南米事業統括兼リスクマネジメン
                                      トオフィサー
                                2012年6月      当社取締役二輪生産統括兼生産技
                                      術統括兼中国・南米事業統括
         常務取締役
                                2013年4月      当社取締役国内二輪事業統括兼中
        二輪事業統括
                                      国・南米事業統括兼リスクマネジ
       兼アセアン事業統括
                                      メントオフィサー
        兼南米事業統括          鈴木 一人      1961年5月27日      生                      (注)2       68
                                2014年4月      当社取締役二輪事業統括兼アセア
     兼リスクマネジメントオフィ
                                      ン・インド事業統括兼南米事業統
          サー
                                      括
        兼レース担当
                                2016年4月      当社取締役二輪事業統括兼二輪生
                                      産統括兼アセアン事業統括兼南米
                                      事業統括
                                2017年6月      当社常務取締役二輪事業統括兼二
                                      輪生産統括兼アセアン事業統括兼
                                      南米事業統括
                                2018年6月      当社常務取締役二輪事業統括兼二
                                      輪生産統括兼アセアン・南米事業
                                      統括兼リスクマネジメントオフィ
                                      サー
                                2019年4月      当社常務取締役二輪事業統括兼ア
                                      セアン事業統括兼南米事業統括兼
                                      リスクマネジメントオフィサー兼
                                      レース担当(現任)
                                 28/111




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
          役職名          氏名      生年月日               略歴           任期
                                                       (百株)
                                1984年4月      当社入社
                                2012年4月      当社四輪生産統括
                                2012年6月      当社取締役四輪生産統括
                                2013年4月      当社取締役四輪事業統括
         常務取締役
                                2015年4月      当社取締役生産技術統括兼環境・
                  向山 敦浩      1963年7月31日      生
                                                    (注)2       59
        四輪事業統括
                                      安全統括
                                2019年4月      当社取締役四輪事業統括兼積層金
                                      型技術開発担当
                                2021年6月      当社常務取締役四輪事業統括(現
                                      任)
                                1981年4月      小西六写真工業株式会社(現、コ
                                      ニカミノルタ株式会社)入社
                                2012年4月      同社執行役技術戦略部長
                                2014年4月      同社常務執行役開発統括本部長
                                2015年4月      同社常務執行役事業開発本部長
                                2015年6月      同社取締役常務執行役事業開発本
                                      部長
                                2016年4月      同社取締役常務執行役
          取締役         腰塚 國博      1955年9月30日      生                      (注)2       -
                                2019年6月      同社上級技術顧問(2021年3月退
                                      任)
                                2020年5月      イオンモール株式会社社外取締役
                                      (現任)
                                2021年6月      東急建設株式会社社外取締役(現
                                      任)
                                2022年6月      株式会社ウィルグループ社外取締
                                      役(現任)
                                2022年6月      当社取締役(現任)
                                1981年4月      日本楽器製造株式会社(現、ヤマ
                                      ハ株式会社)入社
                                2013年6月      同社執行役員エレクトロニクス事
                                      業本務プロオーディオ事業部長
                                2013年8月      同社執行役員事業開発部長
          取締役         小林 和徳      1958年6月2日      生
                                                    (注)2       -
                                2016年7月      同社執行役員、株式会社ヤマハ
                                      ミュージックジャパン代表取締役
                                      社長
                                2018年6月
                                      同社顧問(2020年6月退任)
                                2022年6月
                                      当社取締役(現任)
                                2005年7月      当社入社
                                2011年1月      FCC(THAILAND)CO.,LTD.ゼネラル
                                      マネージャー
                                2011年6月      当社取締役二輪生産統括兼アジア
                                      事業統括
                                2012年6月      当社取締役アジア事業統括
                                2013年4月      当社取締役事業管理統括兼経営企
                                      画室長兼コンプライアンスオフィ
          取締役
                  松本隆次郎      1962年6月4日      生                      (注)3       23
                                      サー兼チーフインフォメーション
        常勤監査等委員
                                      オフィサー
                                2013年6月      当社取締役事業管理統括兼コンプ
                                      ライアンスオフィサー兼チーフイ
                                      ンフォメーションオフィサー
                                2020年4月      当社取締役
                                2020年6月      当社取締役     常勤監査等委員(現
                                      任)
                                1992年10月     太田昭和監査法人(現、EY新日本
                                      有限責任監査法人)入所
                                1996年4月     公認会計士登録
                                2005年9月     佐藤雅秀公認会計士事務所開設
          取締役
                                      (現在に至る)
                  佐藤 雅秀      1964年2月10日      生                      (注)3       -
         監査等委員
                                2010年6月     当社監査役
                                2015年4月     株式会社クレステック社外取締役
                                      (現任)
                                2016年6月
                                      当社取締役     監査等委員(現任)
                                 29/111



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
                                2006年9月      司法研修所卒業
                                2006年10月
                                      弁護士登録(静岡県弁護士会)
                                      杉山年男法律事務所(現、杉山法
                                      律事務所)入所
          取締役
                  杉山 一統      1969年5月27日      生                      (注)3       -
                                2008年9月      杉山法律事務所 所長
         監査等委員
                                      (現在に至る)
                                2014年6月      当社取締役
                                2016年6月      当社取締役     監査等委員(現任)
                                2001年10月     新日本監査法人(現、EY新日本有
                                      限責任監査法人)入所
                                2005年4月     公認会計士登録
                                2006年8月     公認会計士山本真由美会計事務所
          取締役
                                      開設
                  山本真由美      1971年7月28日      生                      (注)3       -
         監査等委員
                                      (現在に至る)
                                2008年7月     ときわ監査法人入所
                                2016年7月
                                      ときわ監査法人代表社員(現任)
                                2022年6月     当社取締役     監査等委員(現任)
                       計                                   360
     (注)1.腰塚國博、小林和徳、佐藤雅秀、杉山一統および山本真由美の各氏は、社外取締役であります。
         2.2022年6月21日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
         3.2022年6月21日開催の定時株主総会の終結の時から2年間
                                 30/111














                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
        ② 社外役員の状況
          当社の社外取締役は5名であります。
          取締役(監査等委員である取締役を除く。)腰塚國博、小林和徳
          監査等委員である取締役         佐藤雅秀、杉山一統、山本真由美
          各氏と当社との間に人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はありません。
          当社の社外取締役が当社の企業統治において果たす機能および役割は、専門的見地と豊富な経験に基づく客観
         的な視点から、経営全般、取締役の指名や報酬等の決定過程における監督であります。
          腰塚國博氏は、グローバル企業における技術戦略、新事業の創出およびデジタル・科学技術に関する豊富な経
         験・知見を有していることから社外取締役に選任しております。
          小林和徳氏は、グローバル企業における営業、事業企画および新事業の創出に関する豊富な経験・知見を有し
         ていることから社外取締役に選任しております。
          佐藤雅秀氏は公認会計士の資格を有しており、企業財務および会計に関する専門的見地と豊富な経験を有して
         いることから社外取締役に選任しております。
          杉山一統氏は弁護士の資格を有しており、企業法務に関する専門的見地と豊富な経験を有していることから社
         外取締役に選任しております。
          山本真由美氏は公認会計士の資格を有しており、企業財務および会計に関する専門的見地と豊富な経験を有し
         ていることから社外取締役に選任しております。
          当社は社外取締役の選任について、独立性に関する基準や方針は定めておりませんが、会社法や金融商品取引
         所が定める基準等を勘案の上、一般株主と利益相反が生じる恐れがないことや当社からの独立性について十分配
         慮しております。
          なお、各氏を東京証券取引所が定める独立役員として指定し、同取引所に届け出ております。
        ③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門

         との関係
          当社は、監査等委員会の職務を補助する組織として監査部を置いております。監査等委員である社外取締役
         は、監査部、監査等委員会および会計監査人からの定期的な報告を受け、必要に応じて説明を求め、十分な連携
         を図って監査・監督を行っております。
                                 31/111












                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
      ① 監査等委員会監査の状況
         監査等委員会は、監査等委員である取締役4名(うち、社外取締役3名、委員長:常勤監査等委員)で構成され
        ております。
         当事業年度において当社は監査等委員会を12回開催しており、個々の監査等委員の出席状況については次のとお
        りであります。
               氏名               開催回数                  出席回数
             松本隆次郎                  12回                  12回
             辻  慶典                  12回                  12回
             佐藤 雅秀                  12回                  12回
             杉山 一統                  12回                  12回
         監査等委員会における主な検討事項は、監査の方針、監査計画、内部統制システムの整備および運用状況、会計

        監査人の監査の方法および結果の相当性等であります。
         監査等委員会の活動として、監査等委員会が定めた監査方針、監査計画および業務分担等に従い、取締役会その
        他重要な会議へ出席し、業務および財産の状況の調査等を通じて取締役の職務の執行や内部統制システムの整備お
        よび運用状況について監査、監督を行っております。また、代表取締役、取締役および会計監査人と定期または必
        要に応じて意見交換を行い、監査部と連携を図ることで監査の実効性を確保する体制としております。
         当社は、情報収集の充実を図り監査等委員会の実効性向上を図るため、常勤の監査等委員を選定しております。
         なお、社外取締役の佐藤雅秀および山本真由美の各氏は公認会計士の資格を有しており、財務および会計に関す
        る相当程度の知見を有するものであります。
      ② 内部監査の状況

         当社は、監査等委員会の職務を補助する組織として監査部を置いております。監査部への指揮命令権は監査等委
        員会に属するものとし、監査部の使用人の任命、解任、人事異動および賃金等の改定については監査等委員会の同
        意を得たうえで取締役会が決定することとしております。
         監査部は、業務の有効性および効率性、財務報告の信頼性、事業活動に関わる法令等の遵守、資産の保全を目的
        に、当社グループ全体の内部統制の整備および運用状況について監査を行っております。
         現在、部長を含む人員は8名であり、監査等委員会と連携を図りながら定期および不定期監査を実施しておりま
        す。
      ③ 会計監査の状況

        a.監査法人の名称
          監査法人保森会計事務所
        b.継続監査期間

          34年間
        c.業務を執行した公認会計士

          山﨑 貴史、稲葉 喜子
        d.監査業務に係る補助者の構成

          当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士9名であります。
                                 32/111






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
        e.監査法人の選定方針と理由
          会計監査人としての専門性、独立性、適切性および品質管理体制ならび当社の業務に精通していること等を
         総合的に勘案し、同監査法人を選定しております。なお、会計監査人の解任または不再任の決定の方針は次の
         とおりであります。
          監査等委員会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、株主総
         会に提出する会計監査人の解任または不再任に関する議案の内容を決定いたします。
          また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査等委員全員
         の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査等委員会が選定した監査等委員は、解任後最
         初に招集される株主総会において、会計監査人を解任した旨およびその理由を報告いたします。
        f.監査等委員会による監査法人の評価

          監査等委員会は、会計監査人の解任または不再任の決定の方針に基づき、会計監査人の監査の適切性および
         妥当性の評価を実施し、再任の適否を決定しております。
      ④ 監査報酬の内容等

        a.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
                       50                       50
      提出会社                             -                       -
      連結子会社                  -           -           -           -
                       50                       50
         計                          -                       -
        b.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

          該当事項はありません。
        c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

          該当事項はありません。
        d.監査報酬の決定方針

          監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は策定しておりませんが、監査法人から提出される監査計画
         や監査内容、監査日数等を勘案し、監査等委員会の同意を得て決定する手続きを実施しております。
        e.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

          当社の事業規模、特性および監査法人から提出される監査計画概要書等の内容を踏まえ、同意しておりま

         す。
                                 33/111








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
         取締役の個人別の報酬等の内容の決定に関する方針は次のとおりであります。
         1.基本方針
         当社の取締役の報酬は、持続的な成長に向けた健全かつ適切なインセンティブとして機能するよう、業績や株
        主利益と連動した報酬体系とし、個々の取締役の報酬の決定に際しては各職責等を踏まえた適正な水準とするこ
        とを基本方針とする。取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬は、基本報酬、個人評価報酬、業績連
        動賞与および株式報酬により構成し、監査等委員である取締役の報酬は、その職務に鑑み、基本報酬のみとす
        る。
         2.基本報酬
         基本報酬は、現金による月額の固定報酬とし、役位、職責および他社の水準等を総合的に勘案して決定するも
        のとする。
         3.個人評価報酬および業績連動賞与
         個人評価報酬は、個々の取締役の業績貢献度による定性的評価等に基づく現金報酬とし、翌年度の基本報酬に
        加算して月額で支給する。
         業績連動賞与は、事業年度ごとの業績向上に対する意識を高めるため業績指標(KPI)を反映した現金報酬と
        し、各事業年度の連結営業利益に応じて算出された額を賞与として毎年一定の時期に支給する。
         4.株式報酬
         株式報酬は、株主との価値共有を進めることを目的に、退任時までの譲渡制限を付した普通株式(譲渡制限付
        株式)を毎年一定の時期に付与する。
         5.報酬の割合
         当社の事業規模や関連する業種・業態に属する企業をベンチマークとする報酬水準等を踏まえ、指名・報酬諮
        問委員会において検討を行う。報酬等の種類別の割合の目安は、標準時で基本報酬:個人評価報酬:業績連動賞
        与:株式報酬=65:10:15:10とする。
         6.報酬等の内容の決定方法
         役員報酬に関する事項は、その妥当性や決定プロセスの客観性、透明性を確保するため、社外取締役が過半数
        で構成する指名・報酬諮問委員会における答申を受け、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬は、
        株主総会で承認された限度額の範囲において、取締役会決議により決定する。監査等委員である取締役の報酬
        は、株主総会で承認された限度額の範囲において、監査等委員である取締役の協議により決定する。
         個人別の報酬額については取締役会決議に基づき代表取締役社長がその具体的内容について委任を受けるもの
        とし、代表取締役社長は、指名・報酬諮問委員会の答申を踏まえて決定する。
         当社は、指名・報酬諮問委員会の答申を受け、取締役会において上記の方針を決議しております。また、取締

        役会は、当事業年度に係る取締役の個人別の報酬について、指名・報酬諮問委員会からの答申が尊重されている
        ことを確認しており、報酬等の内容および決定方法が方針に沿うものであると判断しております。
         なお、当事業年度は指名・報酬諮問委員会を4回開催しました。指名・報酬諮問員会は、外部調査機関による
        役員報酬調査データを参照し、当社の事業規模等を勘案のうえ審議・答申を行いました。
         (注)2022年6月21日開催の取締役会において、上記の方針の一部を変更し、次のとおりいたしました。監査

        等委員以外の社外取締役は基本報酬のみとする、報酬の割合を65:10:10:15とする、業績連動賞与の業績指標を連
        結事業利益とし、特段の勘案すべき要素があった場合には指名・報酬諮問委員会で審議する。
         業績連動賞与

         業績連動賞与の業績指標は、事業から創出した利益を適正に反映する連結営業利益としております。支給額決
        定のための目標は設定しておりませんが、当事業年度の実績は10,051百万円です。
         なお、2023年3月期の法人税法第34条第1項第3号に定める業績連動給与に該当する業績連動賞与を次のとお
        り支給するものとします。
         ・支給対象者
          法人税法第34条第1項第3号の「業務執行役員」に該当する取締役および常務執行役員とします。社外取締
         役および監査等委員である取締役は除きます。
         ・算定方法
          各役位における具体的な算定方法は次のとおりとします。ただし、連結事業利益が60億円を超えない場合に
         は支給額を0とします。
          代表取締役社長(連結事業利益-60億円)×0.115%  常務取締役(連結事業利益-60億円)×0.05367%
          常務執行役員(連結事業利益-60億円)×0.03833%
          (注)1.法人税法第34条第1項第3号イに規定する「利益の状況を示す指標」は、2023年3月期の「連結事
               業利益」とします。
                                 34/111


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
             2.上記算式に使用する「連結事業利益」は、連結損益計算書の「売上総利益-販売費及び一般管理
               費」とします。
             3.上記算式に使用する「連結事業利益」は当該支給額を損金経理する前の金額とします。
             4.上記算式に基づく支給額は、10千円未満切捨てとします。
         ・確定額
          法人税法第34条第1項第3号イ(1)に規定する「確定額」は、50百万円を限度とします。
         ・その他
          やむを得ない事情により期中に退任した場合の支給額は、職務執行期間を満了した場合の支給額を計算し、
         その金額を在籍月数によって按分計算したものとします(10千円未満切捨て)。なお、月数は暦に従って計算
         し、1月に満たない端数が生じた場合には、1月に切上げて計算します。
         株式報酬

         譲渡制限付株式報酬制度の概要は次のとおりです。
         対象者                 取締役(監査等委員である取締役を除く。)
         株式報酬枠                 年額100百万円以内 年5万株以内
                          各取締役会決議の日の前営業日における東京証券取引所における当社の
         払込金額                 普通株式の終値を基礎として、対象取締役に特に有利とならない範囲に
                          おいて取締役会にて決定
                          当社の取締役その他当社の取締役会で定める地位を退任または退職する
         譲渡制限期間
                          日までの期間
                          譲渡制限期間が満了した時点をもって解除
         譲渡制限の解除条件                 ただし、当社の取締役会が正当と認める理由により退任または退職した
                          場合、譲渡制限を解除
                          法令、社内規則または本割当契約の違反その他当該株式を無償取得する
         当社による無償取得                 ことが相当である事由として当社取締役会で定める事由に該当した場
                          合、当社が無償取得する
        ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                                      対象となる
                               報酬等の種類別の総額(百万円)
                   報酬等の総額
         役員区分                                             役員の員数
                   (百万円)
                           基本報酬      個人評価報酬       業績連動賞与        株式報酬
                                                       (人)
      取締役(監査等委員である
                       164       125        8       20       10        9
      取締役を除く。)
      取締役    監査等委員              41       41                             4
                                      -       -       -
      (うち社外取締役)                 ( 16 )     ( 16 )     ( -)       ( -)       ( -)       ( 3 )
      合計                 205       166        8       20       10       13
      (うち社外取締役)                 (16)       (16)       (-)       (-)       (-)        (3)
        (注)1.取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬等の額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含
             まれておりません。
           2.業績連動賞与は支給予定額を記載しております。
           3.株式報酬は当事業年度の費用計上額を記載しております。
           4.取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬額は、2021年6月22日開催の第91回定時株主総会に
             おいて年額300百万円以内(ただし、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まない。)、譲渡制限付株
             式の付与のための報酬額は年額100百万円以内と決議いただいております(当該定時株主総会終結時の
             員数は3名)。
           5.監査等委員である取締役の報酬額は、2016年6月22日開催の第86回定時株主総会において年額90百万円
             以内と決議いただいております(当該定時株主総会終結時の員数は5名)。
           6.当事業年度における報酬等の額は、取締役会決議により取締役会の委任を受けた代表取締役社長斎藤善
             敬が、役員報酬の決定方針に基づき、役職ごとの職責等を勘案して決定しております。委任した理由
             は、当社の業績等を勘案しつつ、各取締役の担当事業等の評価を行うには代表取締役が適していると判
             断したためであります。なお、委任された内容の決定にあたっては、事前に指名・報酬諮問委員会がそ
             の妥当性について確認しております。
                                 35/111



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
        ① 投資株式の区分の基準及び考え方
         当社は、専ら株式の価値の変動または株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする純投資目的である
        株式と、取引関係の維持、強化等の観点から保有する政策保有株式に区分しております。
        ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         イ. 保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
           の内容
            当社は、顧客や取引先との取引関係の維持、強化等の観点から、当社の中長期的な企業価値の向上に資す
           ると判断される場合、その株式を保有することがあります。政策保有株式については、毎年、取締役会で取
           引の性質や規模に加え、保有に伴う便益やリスク等を勘案し、保有の適否を検証しております。
            当事業年度において下記のとおり非上場株式以外の株式1銘柄を売却いたしました。なお、当連結会計年
           度末における資本合計に占める政策保有株式の割合は1.2%未満であり、連結財務諸表に与える影響等は僅
           少であると認識しております。
         ロ. 銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額

                  銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                     10             97
     非上場株式
                      6           1,350
     非上場株式以外の株式
    (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                  銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                           株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      3            249
     非上場株式                                新事業会社への出資
                      1             0
     非上場株式以外の株式                                取引企業持株会への拠出
    (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                  銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      1             0
     非上場株式
                      1             1
     非上場株式以外の株式
         ハ. 特定投資株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

    特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                株式数(株)         株式数(株)           保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の

         銘柄
                                   及び株式数が増加した理由(注)                  保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  主として欧米顧客向けに同社グループを
                                  通じて二輪車用クラッチ等を販売してお
                    740,200         740,200
                                  り、当連結会計年度の売上収益に占める
                                  割合は4.0%であります。事業上の取引
     兼松㈱
                                  関係の維持、強化のため保有しておりま                      有
                                  すが、取引関係にとどまらず、人的、技
                                  術的な交流や安定した信頼関係が当社の
                      993        1,099
                                  企業価値の向上に資するものと判断して
                                  おります。
                                 36/111



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                株式数(株)         株式数(株)           保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の

         銘柄
                                   及び株式数が増加した理由(注)                  保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  二輪車用クラッチ等の販売先であり、当
                                  連結会計年度の売上収益に占める同社グ
                    52,500         52,500
                                  ループ向けの割合は1.9%であります。
                                  事業上の取引関係の維持、強化のため保
     スズキ㈱
                                                        無
                                  有しておりますが、取引関係にとどまら
                                  ず、人的、技術的な交流や安定した信頼
                      221         263
                                  関係が当社の企業価値の向上に資するも
                                  のと判断しております。
                                  主要取引金融機関として資金の運用、調
                    53,216         53,216
     ㈱みずほフィナン
                                  達等をはじめ円滑な金融取引の維持、強                      無
     シャルグループ
                      83         85
                                  化のため保有しております。
                                  主要取引金融機関として資金の運用、調
                     5,755         5,755
     ㈱三井住友フィナン
                                  達等をはじめ円滑な金融取引の維持、強                      無
     シャルグループ
                      22         23
                                  化のため保有しております。
                                  クラッチ用部品を同社グループから購入
                    12,000         12,000
                                  しており、事業上の取引関係の維持、強
                                  化のため保有しておりますが、取引関係
     武蔵精密工業㈱
                                                        有
                                  にとどまらず、人的、技術的な交流や安
                      18         22  定した信頼関係が当社の企業価値の向上
                                  に資するものと判断しております。
                                  汎用排ガス浄化触媒の販売先であり、事
                                  業上の取引関係の維持、強化のため保有
                     7,758         7,093
                                  しておりますが、取引関係にとどまら
                                  ず、人的、技術的な交流や安定した信頼
     ㈱やまびこ                                                   無
                                  関係が当社の企業価値の向上に資するも
                                  のと判断しております。株式数が増加し
                      11          8
                                  た理由は取引企業持株会への拠出による
                                  ものであります。
                                  事業上の取引関係の維持、強化のため保
                              1,000
                      -
     ㈱ユタカ技研                             有しておりましたが、当事業年度におい                      無
                                1
                      -
                                  て全株売却いたしました。
     (注) 定量的な保有効果の記載は困難ですが、前記イに記載のとおり、保有の合理性を検証しております。
                                 37/111








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        第93条の規定により、国際会計基準(以下「IFRS」という。)に準拠して作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2021年4月1日から2022年3月31日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(2021年4月1日から2022年3月31日まで)の財務諸表について、監査法人保森
      会計事務所により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適

        正に作成することができる体制の整備について
        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成
      することができる体制の整備を行っております。その内容は次のとおりであります。
        (1)  会計基準等の内容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備する
      ため、公益財団法人財務会計基準機構に加入し、同機構及び監査法人が主催するセミナー等に参加しております。
        (2)  IFRSの適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の
      把握を行っております。また、IFRSに基づく適正な連結財務諸表等を作成するために、IFRSに準拠したグループ会計
      方針を作成し、それに基づいて会計処理を行っております。
                                 38/111












                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結財政状態計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                          注記
                                 (2021年3月31日)               (2022年3月31日)
     資産

      流動資産
                                       39,607               44,627
       現金及び現金同等物                   6,28
                                       31,710               34,203
       営業債権及びその他の債権                   7,28
                                        4,493               2,413
       その他の金融資産                   8,28
                                       21,276               30,780
       棚卸資産                    9
                                        2,459               2,985
       その他の流動資産                    10
                                       99,548               115,010
       流動資産合計
      非流動資産

                         11,13,17,31
                                       57,570               60,029
       有形固定資産
                                        3,934               3,805
       のれん及び無形資産                   12,31
                                         152               168
       持分法で会計処理されている投資                    14
                                       12,076               13,607
       その他の金融資産                   8,28
                                        2,213               2,595
       繰延税金資産                    15
                                         148               146
       その他の非流動資産                   10,19
                                       76,096               80,354
       非流動資産合計
                                       175,644               195,364
     資産合計
                                 39/111










                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                          注記
                                 (2021年3月31日)               (2022年3月31日)
     負債及び資本

      負債
       流動負債

                                       16,000               18,254
        営業債務及びその他の債務                  18,28
                                        7,208               6,100
        借入金                  16,28
                                         492               385
        その他の金融負債                  8,28
                                        2,217               2,125
        未払法人所得税                   15
                                                       1,669
        引当金                   20              -
                                        7,418               7,042
        その他の流動負債                   10
        流動負債合計                               33,336               35,577

       非流動負債

                                        1,238               1,260
        その他の金融負債                  8,28
                                        1,251               1,644
        退職給付に係る負債                   19
                                         29               14
        引当金                   20
                                        7,331               7,973
        繰延税金負債                   15
                                         460               362
        その他の非流動負債                   10
                                       10,311               11,255
        非流動負債合計
       負債合計                                43,648               46,832

      資本

                                        4,175               4,175
       資本金                    21
                                       125,943               132,252
       利益剰余金                    21
       自己株式                    21            △ 4,788              △ 4,764

                                        4,908               14,962
       その他の資本の構成要素
       親会社の所有者に帰属する持分合計                                130,239               146,625

                                        1,756               1,906
       非支配持分
                                       131,996               148,532
       資本合計
                                       175,644               195,364
      負債及び資本合計
                                 40/111






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                          注記      (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                                 至 2021年3月31日)                至 2022年3月31日)
                                       146,157               170,971

     売上収益                      4,5
                                      △ 123,291              △ 143,234
     売上原価
     売上総利益                                  22,866               27,737

     販売費及び一般管理費                      22           △ 15,624              △ 17,867

                                         851               626
     その他の収益                      23
                                       △ 1,126               △ 445
     その他の費用                     13,23
     営業利益                      4             6,966               10,051

                                        1,396               1,928
     金融収益                      24
     金融費用                      24             △ 29              △ 23

                                        △ 19              △ 11
     持分法による投資損益                      14
     税引前当期利益                                   8,313               11,944

                                       △ 3,668              △ 3,263
     法人所得税費用                      15
                                        4,644               8,681
     当期利益
     当期利益の帰属

                                        4,462               8,551
      親会社の所有者
                                         182               130
      非支配持分
                                        4,644               8,681
      当期利益
     1株当たり当期利益

     (親会社の所有者に帰属)
                                        89.81               172.07
      基本的1株当たり当期利益(円)                     26
      希薄化後1株当たり当期利益(円)                     26              -               -

                                 41/111








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                           注記     (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                                 至 2021年3月31日)                至 2022年3月31日)
                                        4,644               8,681

     当期利益
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目

                                         334                43
       確定給付制度の再測定                    25
       その他の包括利益を通じて公正価値で
                                        1,532
                                                        △ 56
                           25
       測定する金融資産の公正価値の変動
               計                         1,867
                                                        △ 13
      純損益に振り替えられる可能性のある項目

                                        5,575               10,271
       在外営業活動体の換算差額                    25
       持分法適用会社におけるその他の包括
                                        △ 19              △ 10
                           14,25
       利益に対する持分
                                        5,555               10,261
               計
                                        7,423               10,248
     その他の包括利益合計
                                       12,067               18,929
     当期包括利益
     当期包括利益の帰属

                                       11,805               18,649
      親会社の所有者
                                         262               280
      非支配持分
                                       12,067               18,929
      当期包括利益
                                 42/111









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結持分変動計算書】
                                 親会社の所有者に帰属する持分

                                              その他の資本の構成要素
                                                    その他の包括利
                               利益       自己
                                                    益を通じて公正
                   注記     資本金
                                             在外営業活動
                               剰余金        株式
                                                    価値で測定する
                                             体の換算差額
                                                    金融資産の公正
                                                     価値の変動
                       百万円        百万円       百万円        百万円        百万円
                          4,175      123,579                         3,024
     2020年4月1日時点の残高                                  △ 4,787       △ 5,122
                                 4,462
      当期利益                     -               -        -        -
                                                 5,490        1,517
                           -       -       -
      その他の包括利益
      当期包括利益合計                          4,462                5,490        1,517
                           -               -
      自己株式の取得              21        -       -       △ 0        -        -
      自己株式の処分              21        -       -       -        -        -
      配当金              21        -     △ 2,434         -        -        -
      その他の資本の構成要素
                                  335
                           -               -        -        △ 0
      からの振替
       所有者との取引額合計                    -     △ 2,098        △ 0        -        △ 0
                          4,175      125,943                  367       4,541
     2021年3月31日時点の残高
                                       △ 4,788
                                 8,551
      当期利益                     -               -        -        -
                                                10,113
                           -       -       -               △ 58
      その他の包括利益
       当期包括利益合計                          8,551               10,113
                           -               -               △ 58
      自己株式の取得              21        -       -       △ 0        -        -
                                          23
      自己株式の処分              21        -       △ 0               -        -
      配当金              21        -     △ 2,286         -        -        -
      その他の資本の構成要素
                                  44
                           -               -        -        △ 1
      からの振替
                                          23
       所有者との取引額合計                    -     △ 2,242                 -        △ 1
                          4,175      132,252                10,480         4,481
                                       △ 4,764
     2022年3月31日時点の残高
                                 43/111









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
                          親会社の所有者に帰属する持分

                       その他の資本の構成要素
                                              非支配持分        資本合計
                   注記                     合計
                       確定給付制
                                合計
                       度の再測定
                        百万円        百万円        百万円        百万円        百万円

                                        120,869         1,617       122,486
     2020年4月1日時点の残高                       -     △ 2,098
                                         4,462         182       4,644
      当期利益                      -        -
                           334       7,343        7,343         79      7,423
      その他の包括利益
      当期包括利益合計                     334       7,343       11,805         262      12,067
      自己株式の取得              21        -        -       △ 0       -       △ 0
      自己株式の処分              21        -        -        -        -        -
      配当金              21        -        -     △ 2,434        △ 123      △ 2,557
      その他の資本の構成要素
                          △ 334       △ 335        -        -        -
      からの振替
       所有者との取引額合計                   △ 334       △ 335      △ 2,434        △ 123      △ 2,558
     2021年3月31日時点の残高                             4,908       130,239         1,756       131,996
                            -
                                         8,551         130       8,681
      当期利益                      -        -
                            43      10,098        10,098         149      10,248
      その他の包括利益
       当期包括利益合計                     43      10,098        18,649         280      18,929
      自己株式の取得              21        -        -       △ 0       -       △ 0
                                           22               22
      自己株式の処分              21        -        -               -
      配当金              21        -        -     △ 2,286        △ 129      △ 2,415
      その他の資本の構成要素
                           △ 43       △ 44        -        -        -
      からの振替
       所有者との取引額合計                    △ 43       △ 44     △ 2,263        △ 129      △ 2,393
                                 14,962       146,625         1,906       148,532
                            -
     2022年3月31日時点の残高
                                 44/111









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
        ⑤【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                    前連結会計年度                当連結会計年度
                               注記   (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                                   至 2021年3月31日)                至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         8,313              11,944
      税引前当期利益
                                        13,557               12,803
      減価償却費及び償却費
                                          777
      減損損失                                                   -
      金融収益及び金融費用                                   △ 918             △ 1,571
                                          19               11
      持分法による投資損益(△は益)
                                          11              174
      固定資産除売却損益(△は益)
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                   △ 655             △ 6,814
                                                         247
      営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)                                  △ 5,989
                                         3,247                127
      営業債務及びその他の債務の増減額(△は減少)
                                          26              260
      退職給付に係る負債の増減(△は減少)
                                                        1,669
      引当金の増減額(△は減少)                                  △ 2,880
                                          536
                                                        △ 289
      その他
                小計                        16,046               18,563
                                          965               752
      利息及び配当金の受取額
      利息の支払額                                   △ 50              △ 24
      法人所得税の支払額                                  △ 3,999              △ 4,344
                                           9              508
      法人所得税の還付及び還付加算金の受取額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  12,971               15,456
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                  △ 2,456              △ 2,040
                                         1,203               2,519
      定期預金の払戻による収入
      有形固定資産の取得による支出                                  △ 5,488              △ 9,859
                                          130               198
      有形固定資産の売却による収入
      無形資産の取得による支出                                  △ 1,449              △ 1,048
      関連会社株式の取得による支出                                   △ 108               -
      貸付けによる支出                                   △ 163              △ 78
                                          142               111
      貸付金の回収による収入
      投資の取得による支出                                  △ 1,231               △ 364
                                         1,876                954
      投資の売却及び償還による収入
                                         △ 977              △ 20
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 8,522              △ 9,627
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                   △ 18            △ 1,093
      リース負債の返済による支出                                   △ 599              △ 693
      自己株式の取得による支出                                    △ 0              △ 0
      配当金の支払額                         21         △ 2,434              △ 2,285
                                         △ 123              △ 129
      非支配株主への配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 3,175              △ 4,202
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    1,273               1,625
                                        35,350               39,607
     現金及び現金同等物の期首残高                           6
                                         2,983               3,393
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        39,607               44,627
     現金及び現金同等物の期末残高                           6
                                 45/111




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
        【連結財務諸表注記】
    1.報告企業
      株式会社エフ・シー・シー(以下、「当社」)は日本の法律に基づき設立された株式会社であります。その登記され
     ている本社及び主要な事業所の住所は、ホームページ(https://www.fcc-net.co.jp/)で開示しております。当社の連
     結財務諸表は、2022年3月31日を連結会計年度末日とし、当社及びその子会社、並びに当社の関連会社に対する持分
     (以下、「当社グループ」)により構成されております。
      当社グループは、主に二輪車用クラッチ、四輪車用クラッチの製造販売を行っております。
    2.作成の基礎

     (1)準拠する会計基準
       当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第
      28号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、第93条の規定により、IFRSに準
      拠して作成しております。
       本連結財務諸表は、2022年6月21日に取締役会によって承認されております。
     (2)測定の基礎

       当社グループの連結財務諸表は、注記「3.重要な会計方針」に記載のとおり、公正価値で測定されている特定の
      金融商品等を除き、取得原価を基礎として作成しております。
     (3)機能通貨及び表示通貨

       当社グループの連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、百万円未満を切り捨てて表
      示しております。
     (4)未適用の新基準及び解釈指針

       国際会計基準審議会が発行している基準、解釈指針及び既存の基準の改正のうち、まだ適用が強制されておらず、
      当社グループで早期適用していない基準等において、以下を除き、当社グループの連結財務諸表に重要な影響を及ぼ
      すものはありません。
                     強制適用時期
                               当社グループ
        基準書       基準名                              新設・改訂の概要
                                適用時期
                    (以降開始年度)
                                       単一の取引から生じた資産及び負債に係る繰
        IAS12号      法人所得税       2023年1月1日          2024年3月期
                                       延税金の改訂
       本基準の改訂による当社グループへの影響は検討中であります。
     (5)重要な会計上の見積り及び判断

       IFRSに準拠した連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の報告
      額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定を設定しております。実績とこれらの見積りとは異なる場合がある為、見積
      り及びその基礎となる仮定は継続して見直されます。
       会計上の見積りの改訂は、見積りが改訂された会計期間及び影響を受ける将来の会計期間において認識されます。
       経営者の行った見積り及び判断項目のうち、連結財務諸表上で認識する金額に重要な影響を与える項目は以下のと
      おりであります。
          注記13.減損損失
          注記15.法人所得税
          注記19.従業員給付
          注記20.引当金及び偶発負債
       翌連結会計年度において重要な修正をもたらすリスクのある、過程及び見積りの不確実性に関する情報は以下のと
      おりであります。
          繰延税金資産の回収可能性(注記15. 法人所得税)
          製品保証引当金の見積り(注記20. 引当金及び偶発負債)
                                 46/111




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    3.重要な会計方針
     (1)連結の基礎
      ① 子会社
         子会社とは当社グループにより支配されている企業をいいます。当社グループが投資先への関与により生じる変
        動リターンに対するエクスポージャー又は権利を有し、かつ、投資先に対するパワーにより当該リターンに影響を
        及ぼす能力を有している場合に、その企業を支配していると判断しております。
         子会社については、当社グループが支配を獲得した日を取得日とし、その日より当社グループが支配を喪失する
        日まで連結しております。
         子会社が適用する会計方針が当社グループの適用する会計方針と異なる場合には、必要に応じて当該子会社の財
        務諸表の調整を行っております。
         当社グループの債権債務残高及び取引、並びにグループ間取引によって発生した未実現損益は、連結財務諸表の
        作成に際して消去しております。子会社の包括利益については、非支配持分が負の残高となる場合であっても、親
        会社の所有者と非支配持分に帰属させております。
         当社グループを構成する全ての子会社は、3月31日を決算日として連結財務諸表に反映しております。
      ② 関連会社

         関連会社とは、当社グループが当該企業に対し、財務及び営業の方針に重要な影響力を有しているものの、支配
        又は共同支配をしていない企業をいいます。
         関連会社への投資は、取得時には取得原価で認識され、以後は持分法によって会計処理しております。
     (2)企業結合

       企業結合は取得法を用いて会計処理しております。取得対価は、被取得企業の支配と交換に譲渡した資産、引き受
      けた負債及び当社が発行する資本性金融商品の取得日の公正価値の合計として測定されます。取得対価が識別可能な
      資産及び負債の公正価値を超過する場合は、連結財政状態計算書においてのれんとして計上しております。反対に下
      回る場合には、ただちに連結損益計算書において収益として計上しております。支配の喪失を伴わない子会社に対す
      る所有持分の変動は、資本取引として処理しております。
     (3)外貨換算

      ① 外貨建取引
         外貨建取引は、取引日の為替レートで当社グループの各社の機能通貨に換算しております。連結会計年度末日に
        おける外貨建貨幣性資産及び負債は、連結会計年度末日の為替レートで機能通貨に換算しております。
         換算又は決済により生じる為替差額は、純損益として認識されます。
      ② 在外営業活動体の財務諸表

         連結財務諸表を作成するために、当社グループ在外子会社等の資産及び負債は、連結会計年度末日の為替レート
        を使用して日本円に換算されます。損益項目は、連結会計期間中の為替レートが著しく変動していない限り、その
        期間の平均為替レートで換算されます。ただし、為替レートに著しい変動がある場合には、取引日の為替レートが
        使用されます。
         為替換算差額は連結包括利益計算書の「その他の包括利益」で認識し、累積額は連結財政状態計算書の「その他
        の資本の構成要素」に計上しております。
         在外営業活動体の為替換算差額の累積額は、支配の喪失および重要な影響力の喪失をした場合には純損益に振り
        替えております。
     (4)金融商品

      ① 金融資産
        (ⅰ)当初認識及び測定
           当社グループは、金融資産について、純損益を通じて公正価値で測定される金融資産(以下、「FVTPL金融資
          産」)、その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産(以下、「FVTOCI金融資産」)及び償却原価
          で測定される金融資産に分類しております。この分類は、当初認識時に決定しております。
           すべての金融資産は、FVTPL金融資産に分類される場合を除き、公正価値に取引費用を加算した金額で当初
          測定しております。
           金融資産は、以下の要件をともに満たす場合には、償却原価で測定される金融資産に分類しておりま
          す。 ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために資産を保有することを目的とする事業モデルに基づい
          て、資産が保有されている。
          ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが特定の
          日に生じる。
                                 47/111


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
           償却原価で測定される金融資産に分類されなかった金融資産のうち、当初認識時に公正価値の事後的な変動
          をその他の包括利益で表示することを選択した、売買目的ではない資本性金融商品についてはFVTOCI金融資産
          に 分類しております。
           その他の包括利益を通じて公正価値で測定される資本性金融商品については、公正価値の変動額はその他の
          包括利益として認識し、認識を中止した場合にはその他の包括利益の累計額を利益剰余金に振り替えます。
        (ⅱ)金融資産の減損

           当社グループは、償却原価で測定する金融資産については、当該金融資産に係る予想信用損失に対して貸倒
          引当金を認識する方法を採用しております。この方法では、期末日ごとに各金融資産に係る信用リスクが当初
          認識時点から著しく増加しているかどうかを評価しており、当初認識時点から信用リスクが著しく増加してい
          ない場合には、12ヵ月の予想信用損失を貸倒引当金として認識しております。
           一方で、当初認識時点から信用リスクが著しく増加している場合には、全期間の予想信用損失と等しい金額
          を貸倒引当金として認識しております。
           ただし、重大な金融要素を含んでいない営業債権については、信用リスクの当初認識時点からの著しい増加
          の有無にかかわらず、常に全期間の予想信用損失と等しい金額で貸倒引当金を認識しております。
        (ⅲ)金融資産の認識の中止

           当社グループは、金融資産から生じるキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅した場合、または金
          融資産を譲渡し、その金融資産の所有に係るリスクと経済価値を実質的にすべて移転した場合に、当該金融資
          産の認識を中止しております。
      ② 金融負債

         金融負債は、取引費用控除後の公正価値で当初測定しております。当初認識後は、実効金利法による償却原価で
        測定しております。
         当社グループは、金融負債が消滅したとき、すなわち債務が免責、取消しまたは失効となった場合に認識を中止
        しております。
      ③ 金融商品の相殺

         金融資産及び金融負債は、当社グループが残高を相殺する法的権利を有し、かつ、純額で決済するかもしくは資
        産の実現と債務の決済を同時に実行する意思を有している場合に連結財政状態計算書上で相殺し、純額で表示して
        おります。
      ④ デリバティブ

         当社グループの方針として投機目的のデリバティブ取引は行っておりません。
         ヘッジ会計が適用されないデリバティブは、「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」または「純損益を
        通じて公正価値で測定する金融負債」に分類され、当該分類に基づいて会計処理しております。
     (5)現金及び現金同等物

       現金及び現金同等物は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動について
      僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に満期又は償還期限の到来する短期投資から構成されております。
     (6)棚卸資産

       棚卸資産は、取得原価または正味実現可能価額のいずれか低い価額で測定しております。正味実現可能価額は、通
      常の事業過程における見積売価から、完成までに要する見積原価及び見積販売費用を控除した額であります。取得原
      価は、主として総平均法に基づいて算定されており、原材料費、労務費及び製造経費等を含んでおります。
                                 48/111





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
     (7)有形固定資産
       有形固定資産の測定には「原価モデル」を採用しており、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除
      した価額を計上しております。
       取得原価には、資産の取得に直接付随する費用、資産の解体・撤去及び設置していた場所の原状回復費用に関する
      初期見積り費用等が含まれます。これらの資産の減価償却は、使用可能となった時点から開始されます。
       日常的に生じる有形固定資産の保守費用は、発生時に純損益として認識しております。
       土地及び建設仮勘定以外の資産の減価償却費は、以下の見積耐用年数にわたり、定額法で計上されます。
        建物及び構築物              5~31   年

        機械装置及び運搬具              3~9   年
        工具、器具及び備品              2~6   年
     (8)のれん及び無形資産

      ① のれん
         のれんは取得原価から減損損失累計額を控除した価額を計上しております。のれんは償却を行わず、毎連結会計
        年度において減損テストを実施した結果、必要な場合は減損損失を計上しております。のれんの減損損失は連結損
        益計算書において認識され、その後の戻入れは行っておりません。
      ② 無形資産

         無形資産の測定には「原価モデル」を採用しており、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除した価
        額を計上しております。
        (ⅰ)開発資産
           開発活動で発生した支出は、以下のすべての条件を満たしたことを立証できる場合にのみ、資産計上してお
          ります。
           ・使用または売却できるように無形資産を完成させることの技術上の実行可能性
           ・無形資産を完成させ、さらにそれを使用または売却するという企業の意図
           ・無形資産を使用又は売却する能力
           ・無形資産が将来の経済的便益を創出するための蓋然性が高い方法
           ・無形資産の開発を完成させ、さらにそれを使用又は売却するために必要となる、適切な技術上、財務上及
            びその他の資源の利用可能性
           ・開発期間中の無形資産に起因する支出を、信頼性をもって測定できる能力
           開発資産の当初認識額は、無形資産が上記の認識条件の全てを初めて満たした日から開発完了までに発生し

          た費用の合計額であります。償却は、開発に費やした資金が回収されると見込まれる期間にわたり、定額法に
          より行っております。償却方法及び耐用年数は、連結会計年度末日ごとに見直しを行い、必要に応じて改定し
          ております。
        (ⅱ)その他の無形資産

           ソフトウエアを計上しております。ソフトウエアの償却は、使用可能となった時点より5年の見積耐用年数
          にわたり、定額法によって行っております。償却方法及び耐用年数は、連結会計年度末日ごとに見直しを行
          い、必要に応じて改定しております。
     (9)リース

       当社グループは、契約の締結時に契約がリースであるか又はリースを含んでいるかを判定しております。契約が特
      定された資産の使用を支配する権利を一定期間にわたり対価と交換に移転する場合には、当該契約はリースであるか
      又はリースを含んでいると判定しております。
       契約がリースであるか又はリースを含んでいると判定した場合、リース開始日に使用権資産及びリース負債を認識
      しております。リース負債は未払リース料総額の現在価値で測定し、使用権資産は、リース負債の当初測定の金額
      に、当初直接コスト等を調整した取得原価で測定しております。
       当初認識後は、使用権資産は、リース期間にわたり規則的に、減価償却を行っております。
       連結財政状態計算書において、使用権資産は「有形固定資産」に、リース負債は「その他の金融負債」に含めて表
      示しております。
       リース料は、利息法に基づき金融費用とリース負債の返済額に配分し、金融費用は連結損益計算書において認識し
      ております。
       ただし、リース期間が12ヶ月以内の短期リース及び原資産が少額のリースについては、使用権資産及びリース負債
      を認識せず、リース料をリース期間にわたって、定額法により費用として認識しております。
                                 49/111


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
     (10)減損
       棚卸資産及び繰延税金資産を除く当社グループの非金融資産の帳簿価額は、連結会計年度末日ごとに減損の兆候の
      有無を判断しております。減損の兆候が存在する場合は、当該資産の回収可能価額を見積っております。のれんは、
      回収可能価額を毎期同じ時期に見積っております。
       資産又は資金生成単位の回収可能価額は、使用価値と処分費用控除後の公正価値のうちいずれか大きい方の金額と
      しております。使用価値の算定において、見積将来キャッシュ・フローは、貨幣の時間的価値及び当該資産に固有の
      リスクを反映した税引前割引率を用いて現在価値に割り引いております。減損テストにおいて個別にテストされない
      資産は、継続的な使用により他の資産又は資産グループのキャッシュ・インフローから、概ね独立したキャッシュ・
      インフローを生成する最小の資金生成単位に統合しております。減損損失は、資産又は資金生成単位の帳簿価額が見
      積回収可能価額を超過する場合に純損益として認識いたします。
       過去に認識した減損損失は、連結会計年度末日ごとに損失の減少又は消滅を示す兆候の有無を判断しております。
      減損損失の戻入れの兆候が存在する資産又は資金生成単位については、回収可能価額を見積り、回収可能価額が帳簿
      価額を上回る場合には減損損失の戻入れを行っております。減損損失の戻入れは過去の期間において当該資産に認識
      した減損損失がなかった場合の帳簿価額を超えない範囲内で純損益にて認識しております。なお、のれんに関連する
      減損損失は戻入れておりません。
     (11)従業員給付

      ① 確定給付型退職給付
         確定給付型の退職給付制度については、確定給付制度債務の現在価値と制度資産の公正価値との純額を負債また
        は資産として認識しております。確定給付制度債務の現在価値及び関連する勤務費用は、原則として、予測単位積
        増方式を用いて算定しております。確定給付制度債務の現在価値を算定するために使用する割引率は、原則とし
        て、連結会計年度末日時点の優良社債の市場利回りを参照して決定しております。
         また、当社グループは確定給付型の退職給付制度から生じる再測定について、その他の包括利益として認識し、
        ただちに利益剰余金に振り替えております。
      ② 確定拠出型退職給付

         確定拠出型の退職給付に係る費用は要拠出額を当期の費用として認識しております。
      ③ 複数事業主制度

         自社の拠出に対応する制度資産の額を合理的に計算することができない制度であり、確定拠出制度と同様に会計
        処理しております。
      ④ 短期従業員給付

         短期従業員給付については、従業員が関連する勤務を提供した時点で費用処理しております。
         賞与及び有給休暇費用については、それらを支払う法的もしくは推定的な債務を負っており、信頼性のある見積
        りが可能な場合に負債として認識しております。
     (12)株式に基づく報酬

       当社グループは、当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)に対する持分決済型の株式に基づく報酬とし
      て、譲渡制限付株式報酬制度を採用しております。受領したサービスの対価は、付与日における当社株式の公正価値
      で測定しており、付与日から権利確定期間にわたり連結損益計算書において費用として認識し、同額を連結財政状態
      計算書において資本の増加として認識しております。
     (13)引当金及び偶発負債

       過去の事象の結果として、現在の法的債務及び推定債務が存在し、当社グループが当該債務の決済をするために経
      済的便益をもつ資源の流出が必要となる可能性が高く、その債務の金額を信頼性をもって見積ることができる場合
      に、連結会計年度末日における債務に関する不確実性を考慮に入れた、現在の債務の決済のために必要な支出を見積
      り、引当金を認識いたします。
       引当金の貨幣の時間的価値が重要な場合には、割引現在価値で測定しております。
                                 50/111




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
       期末日現在において発生可能性のある債務を有し、それが期末日現在の債務であるか否か認識できないもの、又は
      引当金の認識基準を満たさないものがある場合は、偶発負債として注記しております。
     (14)収益

       当社グループは、下記の5ステップアプローチに基づき、収益を認識しています。
        ステップ1:顧客との契約を識別する

        ステップ2:契約における履行義務を識別する
        ステップ3:取引価格を算定する
        ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する
        ステップ5:企業が履行義務の充足時に収益を認識する
       当社グループは、主として二輪車用クラッチ及び四輪車用クラッチの製造販売を行っており、当製品の販売につい

      ては、製品の引渡時点において顧客が当該製品に対する支配を獲得することから、履行義務が充足されると判断して
      おり、当該製品の引渡時点で収益を認識しております。また、収益は、顧客との契約において約束された対価から、
      値引等を控除した金額で測定しております。
     (15)政府補助金

       政府補助金は、交付のための付帯条件を満たし、かつ補助金を受領することに合理的な保証が得られた時に、公正
      価値で測定し、認識しております。発生した費用に対する補助金は、費用の発生と同じ連結会計年度に収益として計
      上しております。資産の取得に対する補助金は、資産の耐用年数にわたって規則的にその他の収益として計上し、未
      経過の補助金収入を繰延収益として負債に計上しております。
     (16)金融収益及び金融費用

       金融収益は、主として利息収益、配当収益、金融資産の売却益及び為替差益から構成されております。
       利息収益は実効金利法により発生時に認識しております。配当収益は、当社グループの受領権が確定した時に認識
      しております。
       金融費用は、主として利息費用、金融資産の売却損及び為替差損から構成されております。利息費用は実効金利法
      により、発生時に認識しております。
     (17)法人所得税

       法人所得税は、当期税金及び繰延税金から構成されております。これらは、企業結合に関連するもの、及び直接資
      本の部又はその他の包括利益で認識される項目を除き、純損益として認識しております。
       当期税金は、税務当局に対する納付又は税務当局から還付が予想される金額で測定されます。税額の算定にあたっ
      ては、当社グループが事業活動を行い、課税対象となる損益を稼得する国において、連結会計年度末日までに制定又
      は実質的に制定されている税率及び税法に従っております。
       繰延税金は、決算日における資産及び負債の会計上の帳簿価額と税務上の金額との一時差異、繰越欠損金及び繰越
      税額控除に対して認識しております。
       繰延税金資産は将来減算一時差異を使用できるだけの課税所得が稼得される可能性が高い範囲内で認識され、繰延
      税金負債は将来加算一時差異について認識されます。
       繰延税金資産の帳簿価額は毎期見直され、繰延税金資産の全額又は一部が使用できるだけの十分な課税所得が稼得
      されない可能性が高い部分については、帳簿価額を減額しております。未認識の繰延税金資産は毎期再評価され、将
      来の課税所得により繰延税金資産が回収される可能性が高くなった範囲内で認識されます。
       なお、以下の一時差異に対しては、繰延税金資産及び負債を計上しておりません。
         ・のれんの当初認識から生じる一時差異
         ・企業結合取引を除く、会計上の利益にも税務上の課税所得にも影響を与えない取引によって発生する資産及び
          負債の当初認識により生じる一時差異
         ・子会社に対する投資に係る将来加算一時差異のうち、解消時期をコントロールでき、かつ予測可能な期間内に
          一時差異が解消しない可能性が高い場合
       繰延税金資産及び負債は、連結会計年度末日において制定されている、又は実質的に制定されている税率及び税法
      に基づいて資産が実現する期間又は負債が決済される期間に適用されると予想される税率及び税法によって測定され
      ます。
       繰延税金資産及び負債は、当期税金負債と当期税金資産を相殺する法律上強制力のある権利を有し、かつ同一の税
      務当局によって同一の納税主体に課されている場合、相殺しております。
       当社及び一部の国内子会社は、連結納税制度を適用しております。
                                 51/111


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
     (18)1株当たり利益(親会社の所有者に帰属)
       基本的1株当たり当期利益は、親会社の普通株主に帰属する当期損益を、その期間の自己株式を調整した発行済普
      通株式の加重平均株式数で除して計算しております。なお、希薄化後1株当たり当期利益は、希薄化効果のある潜在
      株式が存在しないため算定しておりません。
     (19)株主資本

      ① 普通株式
         当社が発行した普通株式は、発行価額を資本金及び資本剰余金に計上しております。
      ② 自己株式

         自己株式を取得した場合は、支払対価を資本の控除項目として認識しております。自己株式を売却した場合は、
        帳簿価額と売却時の対価の差額を資本剰余金として認識しております。
    4.セグメント情報

     (1)報告セグメントの概要
       当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役
      会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。当社
      グループは、二輪車用クラッチ事業については主に二輪事業統括が、四輪車用クラッチ事業については主に四輪事業
      統括がそれぞれ国内及び海外の包括的な戦略を立案し、事業を展開しております。したがって、当社グループは、
      「二輪車用クラッチ」及び「四輪車用クラッチ」の2つを報告セグメントとしております。「二輪車用クラッチ」
      は、オートバイ、スクーター及びATVのクラッチ等を生産しております。「四輪車用クラッチ」は、マニュアル車
      及びオートマチック車のクラッチ等を生産しております。
                                 52/111













                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
     (2)報告セグメントの収益及び業績
         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                           報告セグメント
                                               調整額        連結
                  二輪車用クラッチ           四輪車用クラッチ            合計
                    百万円           百万円         百万円       百万円       百万円
     売上収益
                       65,197           80,959       146,157               146,157
      外部収益                                             -
                         -           -       -       -       -
      セグメント間収益
          合計              65,197           80,959       146,157               146,157
                                                   -
     減価償却費及び償却費                  △ 5,189          △ 8,246      △ 13,435        △ 122     △ 13,557

                      △ 54,103          △ 70,536      △ 124,640        △ 992    △ 125,632
     その他の損益
                        5,904           2,177       8,081               6,966
                                                △ 1,115
     営業利益
                                                         1,396

     金融収益
     金融費用                                                    △ 29
                                                         △ 19
     持分法による投資損益
                                                         8,313
     税引前当期利益
     (注) その他の損益には、減損損失777百万円(二輪車用クラッチ777百万円)が含まれております。
         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

                           報告セグメント
                                               調整額        連結
                  二輪車用クラッチ           四輪車用クラッチ            合計
                    百万円           百万円         百万円       百万円       百万円
     売上収益
                       81,012           89,959       170,971               170,971
      外部収益                                             -
                         -           -       -       -       -
      セグメント間収益
          合計              81,012           89,959       170,971               170,971
                                                   -
     減価償却費及び償却費                  △ 5,206          △ 7,475      △ 12,682        △ 121     △ 12,803

                      △ 67,518          △ 79,576      △ 147,094       △ 1,022     △ 148,116
     その他の損益
                        8,287           2,907       11,194               10,051
                                                △ 1,143
     営業利益
                                                         1,928

     金融収益
     金融費用                                                    △ 23
                                                         △ 11
     持分法による投資損益
                                                        11,944
     税引前当期利益
                                 53/111




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
     (3)地域別に関する情報
        売上収益及び非流動資産の地域別内訳は以下のとおりであります。
        外部顧客からの売上収益
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                  至 2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

     日本                                 15,154                  17,116
     米国                                 55,925                  65,767

     インドネシア                                 12,527                  17,511

     インド                                 16,552                  19,590

                                      45,997                  50,984
     その他
                                      146,157                  170,971
              合計
     (注)1.売上収益は、顧客の所在地を基礎とし、国ごとに分類しております。
         2.その他の区分に属する主な国は、タイ、中国、ブラジル及びベトナムであります。
        非流動資産

                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

     日本                                 20,145                  22,704
     米国                                 24,597                  22,366

     中国                                 2,265                  3,068

                                      14,557                  15,744
     その他
                                      61,566                  63,883
              合計
     (注)1.非流動資産は、資産の所在地によっており、金融商品、繰延税金資産及び退職給付に係る資産等を含んでお
           りません。
         2.その他の区分に属する主な国は、インドネシア、タイ、インド及びベトナムであります。
     (4)主要な顧客に関する情報

        売上収益が当社グループ全体の売上収益の10%以上の相手先
                                      前連結会計年度           当連結会計年度
                            関連する
                                     (自  2020年4月1日         (自  2021年4月1日
                          報告セグメント名
                                      至  2021年3月31日)          至  2022年3月31日)
                                        百万円           百万円
                          二輪車用クラッチ                 29,986           36,759
     本田技研工業㈱及び同グループ
                          四輪車用クラッチ                 30,524           30,424
     Ford及び同グループ                     四輪車用クラッチ                 24,527           26,609
                                 54/111





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    5.売上収益
      当社グループは、主として二輪車用クラッチ及び四輪車用クラッチの製造販売を行っており、当製品の販売について
     は、製品の引渡時点において顧客が当該製品に対する支配を獲得することから、履行義務が充足されると判断してお
     り、当該製品の引渡時点で収益を認識しております。また、収益は、顧客との契約において約束された対価から、値引
     等を控除した金額で測定しております。
      収益の分解の開示情報については、「4.セグメント情報」に記載されている情報が、IFRS第15号の開示要求を満た
     していると判断している為、記載を省略しております。
     (1)契約残高

        契約負債の残高は以下のとおりであります。
         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                             前連結会計年度期首                  前連結会計年度期末
                             (2020年4月1日)                  (2021年3月31日)
                                百万円                  百万円

     契約負債                                   10                  28
         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

                             当連結会計年度期首                  当連結会計年度期末
                             (2021年4月1日)                  (2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

     契約負債                                   28                  11
        契約負債の期首残高のうち認識した収益の金額は、前連結会計年度において10百万円、当連結会計年度において28

      百万円であります。
       (注) 契約負債は、連結財政状態計算書上「その他の流動負債」に含まれております。
     (2)残存履行義務に配分した取引価格

        当社グループにおいては、個別の予想契約期間が1年を超える重要な取引がないため、残存履行義務に関する情報
      の記載を省略しております。また、顧客との契約から生じる対価の中に、取引価格に含まれていない重要な金額はあ
      りません。
     (3)履行義務

      ① 履行義務を充足する時点
         契約上、特段の定めがない限り、原則として、顧客への製品の引渡時点であります。
         サービスを提供するにつれて一定の期間にわたり履行義務を充足する契約はありません。
      ② 対価の支払条件
         履行義務を充足した後の通常の支払期限は、1ヶ月~5ヶ月であります。重要な金融要素が含まれているものは
        ありません。
      ③ 顧客に移転する物品又はサービスの内容
         顧客に移転する物品は、主として二輪車用クラッチ、四輪車用クラッチであります。
         当社グループでは、代理人としての取引は行っておりません。
      ④ 期末に残存する履行義務に配分された取引価格
         期末日時点で充足していない履行義務は該当が無いため、配分された取引価額及びその売上計上見込時期ごとの
        内訳の記載を省略しております。
      ⑤ 製品保証及び関連する義務
        製品の販売における顧客との契約には製品が合意された仕様に従っていることを保証する条項が含まれており、
       当社は、この保証に関連する費用に対して製品保証引当金を認識しております。当該引当金に関するより詳細な情
       報については、連結財務諸表注記の「20.引当金及び偶発負債」をご参照ください。
     (4)顧客との契約の獲得又は履行のためのコストから認識した資産

        前連結会計年度末及び当連結会計年度末において、契約コストから認識した資産はありません。
                                 55/111


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    6.現金及び現金同等物
      現金及び現金同等物の内訳
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
                                 百万円                 百万円

     現金及び預金                                  39,607                 44,627
     (注) 連結財政状態計算書における現金及び現金同等物と連結キャッシュ・フロー計算書における現金及び現金同等

          物の残高は一致しております。
    7.営業債権及びその他の債権

      営業債権及びその他の債権の内訳
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
                                 百万円                 百万円
     受取手形及び売掛金                                  29,311                 31,159
     未収入金                                   2,407                 3,052

                                         △7                 △9
     貸倒引当金
                                       31,710                 34,203
               合計
     (注)「営業債権及びその他の債権」の信用リスク管理、流動性リスク管理は、注記「28.金融商品」に記載しており
         ます。
                                 56/111













                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    8.その他の金融資産及びその他の金融負債
      その他の金融資産の内訳
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
                                 百万円                 百万円
     その他の金融資産(流動)
      償却原価で測定される金融資産

      貸付金及び債権                                  3,513                 2,413

                                         980                 -
      債券
                                        4,493                 2,413
               合計
     その他の金融資産(非流動)

      純損益を通じて公正価値で測定する
                                         847                 840
      金融資産
      その他の包括利益を通じて公正価値で
                                        8,808                 9,112
      測定される金融資産
      償却原価で測定される金融資産
      貸付金及び債権                                  1,498                 2,694

      債券                                   980                1,014

                                        △57                 △54
      貸倒引当金
                                       12,076                 13,607
               合計
      その他の金融負債の内訳

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
                                 百万円                 百万円
     その他の金融負債(流動)
      償却原価で測定される金融負債

      リース負債                                   437                 385

      純損益を通じて公正価値で測定する
                                         54                 -
      金融負債(デリバティブ)
                                         492                 385
               合計
     その他の金融負債(非流動)

      償却原価で測定される金融負債

                                        1,238                 1,260
      リース負債
                                        1,238                 1,260
               合計
                                 57/111





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    9.棚卸資産
      棚卸資産の内訳
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
                                 百万円                 百万円
                                        4,220                 4,857
     製品
                                        3,049                 4,224
     仕掛品
                                       14,006                 21,698
     原材料及び貯蔵品
                                       21,276                 30,780
               合計
      費用として認識された棚卸資産の評価減の金額及び費用として認識された棚卸資産の金額

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                              至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
                                 百万円                 百万円

     評価減の金額                                   1,176                 1,071
     棚卸資産の金額                                  123,291                 143,234

                                 58/111














                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    10.その他の資産及び負債
      その他の資産の内訳
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
                                 百万円                 百万円
     その他の資産(流動)
      未収法人税                                  1,192                 1,347

      立替金                                   488                 773

      前払費用                                   383                 463

      仮払金                                   92                 24

                                         302                 376
      その他
                                        2,459                 2,985
               合計
     その他の資産(非流動)

      長期前払費用                                   61                 48

                                         87                 98
      退職給付に係る資産
                                         148                 146
               合計
    (注) 前連結会計年度のその他の資産(流動)において、立替金は金額的重要性が増したため、当連結会計年度では独立
        掲記しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っており
        ます。
      その他の負債の内訳

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
                                 百万円                 百万円
     その他の負債(流動)
      未払費用                                  3,124                 2,433

      未払賞与                                  1,758                 1,995

                                        2,536                 2,612
      その他
                                        7,418                 7,042
               合計
     その他の負債(非流動)

      繰延収益                                   166                 149

                                         294                 212
      その他
                                         460                 362
               合計
                                 59/111






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    11.有形固定資産
        有形固定資産の取得原価、減価償却累計額及び減損損失累計額の増減並びに帳簿価額
      (1)  取得原価
                      機械装置      工具、
                建物及び                       使用権      建設
                       及び    器具及び備       土地                 合計
                構築物                       資産     仮勘定
                      運搬具       品
                百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円
     2020年4月1日            39,657     123,803      18,883      6,299      3,078      3,097     194,818
     取得              171     1,822       575      -    1,004      3,520      7,094
     処分             △43    △1,566      △1,570        △7      -    △179     △3,367
     科目振替              785     1,559       858      -      -   △3,202        -
     為替換算差額            1,046      4,148       471      105      161      69    6,003
                   -      -     △2       8    △20      △25      △40
     その他
     2021年3月31日            41,617     129,766      19,216      6,404      4,223      3,279     204,508
     取得              107     2,378      1,067      1,022       340     5,862     10,778
     処分           △1,046      △1,397       △999       -    △548      △237     △4,242
     科目振替              114     4,216       902      567      -   △5,801        -
     為替換算差額            2,508     10,734      1,241       115      328      202    15,110
                   -      0     -      -      -     △40      △3
     その他
                 43,301     145,698      21,428      8,110      4,345      3,266     226,150
     2022年3月31日
      (2)  減価償却累計額及び減損損失累計額

                      機械装置      工具、
                建物及び                       使用権      建設
                       及び    器具及び備       土地                 合計
                構築物                       資産     仮勘定
                      運搬具       品
                百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円
     2020年4月1日            22,462      92,619      16,246      1,361       547      88   133,326
     減価償却費            1,489      8,417      1,663       -     429      -    12,000
     減損損失              114      123       2     46      -      -     286
     処分             △38    △1,444      △1,474        -      -      -   △2,957
     為替換算差額              541     3,286       410      -      42      -    4,280
                   -      -      0     -      -      -      0
     その他
     2021年3月31日            24,568     103,004      16,848      1,408      1,019       88   146,937
     減価償却費            1,138      8,326      1,595       -     577      -    11,638
     減損損失              -      -      -      -      -      -      -
     処分            △939     △1,227       △859       -    △520       -   △3,563
     為替換算差額            1,381      8,627      1,033       -      50      -    11,109
                    0     -      -      -      0     -      0
     その他
                 26,149     118,731      18,616      1,408      1,126       88   166,121
     2022年3月31日
                                 60/111





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
      (3)  帳簿価額
                      機械装置      工具、
                建物及び                       使用権      建設
                       及び    器具及び備       土地                 合計
                構築物                       資産     仮勘定
                      運搬具       品
                百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円
     2020年4月1日残高            17,194      31,183      2,637      4,937      2,530      3,008     61,491
                 17,048      26,761      2,368      4,996      3,204      3,190     57,570
     2021年3月31日残高
                 17,151      26,967      2,811      6,702      3,218      3,177     60,029
     2022年3月31日残高
     (注)1.有形固定資産の減価償却費は、連結損益計算書の「売上原価」及び「販売費及び一般管理費」に計上してお
          ります。
         2.有形固定資産購入に関するコミットメントについては、注記「31.コミットメント」に記載しております。
    12.のれん及び無形資産

        のれん及び無形資産の取得原価、償却累計額及び減損損失累計額の増減並びに帳簿価額
      (1)  取得原価
                                      無形資産
                       のれん                               合計
                              ソフトウ           水道施設
                                   開発資産           特許権
                               エア          利用権
                       百万円        百万円     百万円     百万円     百万円       百万円
     2020年4月1日                      489    2,057     5,213       -     -        7,760
     取得                      -     115      -     -     109         225

     内部開発による増加                      -     -    1,243       -     -        1,243

     処分                      -    △15     △291       -     -        △307

     科目振替                      -     -     -     -     -         -

     為替換算差額                      -     27     -     -     -         27

                           -      4     -     -     -          4
     その他
                           489    2,189     6,165            109        8,953
     2021年3月31日
                                            -
     取得                      -     155      -      0     -         155
     内部開発による増加                      -     -     892      -     -         892

     処分                      -    △107     △816       -     -        △923

     科目振替                      -     -     -     -     -         -

     為替換算差額                      -     40     -     -     -         40

                           -     12     -     -     -         12
     その他
                           489    2,290     6,241       0    109        9,131
     2022年3月31日
                                 61/111






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
      (2)  償却累計額及び減損損失累計額
                                      無形資産
                       のれん                               合計
                              ソフトウ           水道施設
                                   開発資産           特許権
                               エア          利用権
                       百万円        百万円     百万円     百万円     百万円       百万円
     2020年4月1日                      -    1,668     1,571       -     -        3,240
     償却費                      -     135    1,437       -      1       1,574

     減損損失                      489      1     -     -     -         490

     処分                      -    △15     △291       -     -        △307

     為替換算差額                      -     18     -     -     -         18

                           -      2     -     -     -          2
     その他
     2021年3月31日                      489    1,811     2,716             1       5,018

                                            -
     償却費                      -     149    1,028       0     13        1,190
     減損損失                      -     -     -     -     -         -

     処分                      -    △107     △816       -     -        △923

     為替換算差額                      -     27     -     -     -         27

                           -     11     -     -     -         11
     その他
                           489    1,892     2,928       0     14        5,325
     2022年3月31日
      (3)  帳簿価額

                                      無形資産
                       のれん                               合計
                              ソフトウ           水道施設
                                   開発資産           特許権
                               エア          利用権
                       百万円        百万円     百万円     百万円     百万円       百万円
     2020年4月1日                      489     389    3,642       -     -        4,520
                                378    3,448            108        3,934
     2021年3月31日                      -                -
                                398    3,312       0     94        3,805
     2022年3月31日                      -
     (注)1.ソフトウエアの償却費は、連結損益計算書の「売上原価」及び「販売費及び一般管理費」に、開発資産の償
          却費は「売上原価」に計上しております。
         2.無形資産購入に関するコミットメントについては、注記「31.コミットメント」に記載しております。
                                 62/111








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    13.減損損失
     (1)減損損失を認識した資産の種類別内訳
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                              至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
                                 百万円                 百万円
     建物及び構築物                                    114                 -
     機械装置及び運搬具                                    123                 -

     工具、器具及び備品                                     2                -

                                         46                 -
     土地
                                         286                 -
           有形固定資産 計
     のれん

                                         489                 -
                                          1                -
     ソフトウエア等
                                         490                 -
           のれん及び無形資産 計
           減損損失 計                              777                 -

     (注)当該減損損失は、連結損益計算書の「その他の費用」に含めて計上しております。
     (2)資金生成単位

       当社グループは、会社別・事業の種類別に、他の資産又は資産グループからのキャッシュ・インフローとは概ね独
      立したキャッシュ・インフローを生成させるものとして識別される資産グループの最小単位を基礎としてグルーピン
      グを行っております。将来の活用が見込まれない遊休資産は、個々の資産単位で判断しております。
     (3)減損損失の状況

      前連結会計年度(自 2020年4月1日  至 2021年3月31日)
       当社グループの一部の国内連結子会社について、事業環境や収益性等を勘案し、最新の計画に基づいて減損テスト
      を実施した結果、当該グループ会社の取得時に認識したのれん及び、当該グループ会社が保有する資産の帳簿価額を
      回収可能価額まで減額し、減損損失(777百万円)を「その他費用」に計上いたしました。
       なお、回収可能額は将来事業計画を基礎としたキャッシュ・フロー見積額を、当該資金生成単位の税引前加重平均
      資本コストにより現在価値に割引いて算定した使用価値により測定しております。
      当連結会計年度(自 2021年4月1日  至 2022年3月31日)

       当連結会計年度においては減損損失に該当する事項はございません。
                                 63/111








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    14.持分法で会計処理されている投資

      持分法を適用している関連会社の合算した要約財務情報
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

     帳簿価額合計                                   152                  168
                              前連結会計年度                  当連結会計年度

                            (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                  至 2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

     当期利益                                  △19                  △11
                                       △19                  △10
     その他の包括利益
                                       △39                  △21
     当期包括利益
     (注)株式の相場が公表されている関連会社はありません。
                                 64/111














                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    15.法人所得税
     (1)繰延税金資産及び繰延税金負債
        繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳及び増減
        前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

                                 その他の包
                   2020年       純損益を通              資本に直接               2021年
                                 括利益にお               その他
                  4月1日        じて認識               認識             3月31日
                                 いて認識
                   百万円        百万円       百万円       百万円       百万円       百万円
     繰延税金資産
      棚卸資産                771        80       -       -       10       861

      未払賞与                408       △24        -       -       -       384

      未払費用                149        15       -       -        5      170

      固定資産               1,659       △202         -       -      △41       1,416

      退職給付に係る負債                418        41      △120         -       16       355

                     1,479       △162         -       -      △19       1,297
      その他
                     4,886       △252       △120         -      △27       4,485
          合計
     繰延税金負債

      固定資産              △4,383         534        -       -       180     △3,668

      その他の包括利益を通
      じて公正価値で測定す
                    △1,289          -      △648         -       -     △1,937
      る資本性金融商品の評
      価差額
      在外連結子会社の留保
                    △3,476        △387         -       -       -     △3,863
      利益
                      25      △132         -       -      △27       △134
      その他
                    △9,123          14      △648         -       153     △9,603
          合計
                                 65/111










                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
        当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                 その他の包
                   2021年       純損益を通              資本に直接               2022年
                                 括利益にお               その他
                  4月1日        じて認識               認識             3月31日
                                 いて認識
                   百万円        百万円       百万円       百万円       百万円       百万円
     繰延税金資産
      棚卸資産                861       311        -       -       △5      1,167

      未払賞与                384        42       -       -       -       427

      未払費用                170        77       -       -        0      248

      固定資産               1,416        △72        -       -      △21       1,321

      退職給付に係る負債                355       167       △16        -      △63        442

                     1,297       △205         -       -        0     1,091
      その他
                     4,485        320       △16        -      △90       4,699
          合計
     繰延税金負債

      固定資産              △3,668          67       -       -      △14      △3,615

      その他の包括利益を通
      じて公正価値で測定す
                    △1,937          -       21       -       -     △1,916
      る資本性金融商品の評
      価差額
      在外連結子会社の留保
                    △3,863        △575         -       -       -     △4,438
      利益
                     △134         89       -       -      △61       △106
      その他
                    △9,603        △418         21             △76     △10,077
          合計
                                 66/111











                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
       繰延税金資産を認識していない税務上の繰越欠損金及び将来減算一時差異は以下のとおりであります。
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

     税務上の繰越欠損金                                  7,224                  7,586
                                        657                  569
     将来減算一時差異
                                       7,881                  8,156
              合計
       繰延税金資産を認識していない税務上の繰越欠損金の失効予定は以下のとおりであります。

                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

     1年目                                   395                  166
     2年目                                   166                  975

     3年目                                   970                 1,690

     4年目                                  1,684                  1,759

                                       4,007                  2,994
     5年目以降
                                       7,224                  7,586
              合計
       繰延税金負債を認識していない子会社に対する投資に係る将来加算一時差異の合計額は、前連結会計年度及び当連

      結会計年度において、それぞれ47,734百万円及び46,875百万円であります。これらは当社グループが一時差異を解消
      する時期をコントロールでき、かつ予測可能な期間内に当該一時差異が解消しない可能性が高いことから、繰延税金
      負債を認識しておりません。
     (2)繰延税金資産の回収可能性に係る重要な会計上の見積り及び仮定

      ① 当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額     (単位:百万円)
                          前連結会計年度         当連結会計年度
         繰延税金資産       ※1
                               2,213         2,595
         ※1 相殺前の繰延税金資産の金額は、前連結会計年度は4,485千円、当連結会計年度は4,699千円であります。
      ② 会計上の見積りの内容に関する理解に資する情報

        (ⅰ)算出方法
           繰延税金資産は将来減算一時差異及び税務上の繰越欠損金(以下、一時差異等)に係る税額から将来の会計
          期間において回収が見込まれない税金の額を控除して計上しております。
           なお、回収が見込まれないとして控除した額は、当該一時差異等のうち将来事業計画を基に見込まれる課税
          所得によりスケジューリングできないものとして判断したものです。
        (ⅱ)主要な仮定

           今後の経済状況、事業環境の変化の業績への影響を見通すことは極めて困難でありますが、最善の見積りを
          行う上での一定の仮定として、今後、半導体の供給不足の解消や新型コロナウイルス感染症の収束が進むこと
          で、経済状況が徐々に回復すると仮定し、将来課税所得の見積りを行うとともに、繰延税金資産の回収可能性
          について会計上の見積りを行っております。
        (ⅲ)翌連結会計年度の連結財務諸表に与える影響

           現在想定しうる最善の予測に基づき繰延税金資産を計上しておりますが、今後の経済状況、事業環境の変
          化、半導体の供給不足の解消時期や新型コロナウイルス感染症の収束時期等によっては将来課税所得の額に大
          きな影響が発生し、繰延税金資産の回収可能性に大きな影響を与える可能性があります。
                                 67/111



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
     (3)法人所得税費用の内訳
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                  至 2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

     当期税金費用                                  3,431                  3,164
                                        237                  98
     繰延税金費用
                                       3,668                  3,263
              合計
     (4)法定実効税率と実際負担税率との差異要因

                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                  至 2022年3月31日)
                                 %                  %
     法定実効税率                                  29.9                  29.9
     課税所得計算上減算されない費用                                   4.1                  2.4
     未認識の繰延税金資産                                   2.5                  1.9
     税額控除                                   5.2                 △1.1
     海外子会社の適用税率との差異                                  △8.3                  △7.1
     海外子会社留保利益                                   4.7                  4.8
     税法変更に伴う影響                                   4.1                  -
     過年度法人税等                                   3.8                  -
                                       △1.9                  △3.5
     その他
                                       44.1                  27.3
     実際負担税率
    16.借入金

      借入金の内訳
                           前連結会計年度              当連結会計年度
                                                   平均利率     返済期限
                          (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
                             百万円              百万円          %

     流動
      償却原価で測定される金融負債

       短期借入金                           7,207              6,100     0.17      -

                                    1             -
       1年内返済予定の長期借入金                                               -     -
                                  7,208              6,100
             合計
     非流動

      償却原価で測定される金融負債

                                   -              -
       長期借入金                                               -     -
                                   -              -
             合計
     (注)1.平均利率は、2022年3月31日の残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.返済期限は、2022年3月31日の残高に対する返済期限を記載しております。
         3.借入金の期日別残高の内訳については、注記「28.金融商品 (3)財務上のリスク管理 ② 流動性リスク
          管理」をご参照ください。
                                 68/111



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    17.リース
     リースに係る費用の内訳は以下のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                              至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
                                 百万円                 百万円
     使用権資産の減価償却費
      土地、建物及び構築物                                   372                 495

      機械装置及び運搬具                                   37                 57

                                         18                 25
      工具器具及び備品
                                         429                 577
              合計
      リース負債に係る金利費用                                   14                 11

      短期リース費用                                    7                 3

                                          3                 2
      少額資産リース費用
                                         24                 18
              合計
     使用権資産の帳簿価額の内訳は以下のとおりであります。

                               前連結会計年度末                 当連結会計年度末
                              (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
                                 百万円                 百万円
     使用権資産
      土地、建物及び構築物                                  2,965                 2,931

      機械装置及び運搬具                                   112                 143

                                         127                 143
      工具器具及び備品
                                        3,204                 3,218
              合計
     (注)1.使用権資産の増加額は、前連結会計年度において1,004百万円、当連結会計年度において340百万円でありま
          す。
         2.リースに係るキャッシュ・アウトフローの合計額は、前連結会計年度において599百万円、当連結会計年度
          において693百万円であります。
         3.リース負債の金額は、前連結会計年度において437百万円(流動)及び1,238百万円(非流動)、当連結会計
          年度において385百万円(流動)及び1,260百万円(非流動)であります。リース負債は、連結財政状態計算書
          において、流動負債及び非流動負債の「その他の金融負債」にそれぞれ含まれております。
         4.リース負債の期日別残高の内訳については、注記「28.                            金融商品 (3)       財務上のリスク管理 ②            流動性リ
          スク管理」に記載しております。
                                 69/111






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    18.営業債務及びその他の債務
      営業債務及びその他の債務の内訳
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
                                百万円                  百万円
     支払手形及び買掛金                                 11,722                  14,583
     電子記録債務                                  1,120                  1,006
                                       3,157                  2,663
     未払金
                                      16,000                  18,254
              合計
    19.従業員給付

      当社グループは、従業員の退職給付に充てるため、積立型、非積立型の確定給付制度及び確定拠出制度を採用してい
     るほか、複数事業主制度に係る企業年金制度として、総合設立型の日本自動車部品工業企業年金基金に加入しておりま
     す。
     (1)確定給付制度
       確定給付制度では、給与と勤務期間に基づいた一時金又は年金を支給しております。
      ① 連結財政状態計算書で認識した金額

         確定給付制度債務及び制度資産の期末残高と連結財政状態計算書上に計上された退職給付に係る負債及び退職給
        付に係る資産
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

     積立型制度の確定給付制度債務                                  9,322                  9,498
                                      △9,512                  △9,698
     制度資産
              小計

                                       △190                  △200
                                       1,353                  1,746
     非積立型制度の確定給付制度債務
     連結財政状態計算書に計上された負債と資
                                       1,163                  1,545
     産の純額
     退職給付に係る負債                                  1,251                  1,644

                                       △87                  △98
     退職給付に係る資産
     連結財政状態計算書に計上された負債と資
                                       1,163                  1,545
     産の純額
     (注) 退職給付に係る資産は、連結財政状態計算書上「その他の非流動資産」に含まれております。
      ② 退職給付費用として認識した金額

                              前連結会計年度                  当連結会計年度

                            (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                  至 2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

     確定給付制度に係る退職給付費用                                   790                  849
                                 70/111




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
      ③ 確定給付制度債務の調整表
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                  至 2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

     確定給付制度債務の期首残高                                 10,095                  10,676
      勤務費用                                  702                  760

      利息費用                                  151                  160

      過去勤務費用                                 △44                   58

      再測定                                  47                  42

      退職給付の支払額                                 △450                  △648

                                        175                  195
      為替換算差額
                                      10,676                  11,244
     確定給付制度債務の期末残高
     (注)確定給付制度債務の加重平均デュレーションは2021年3月31日は11.5~17年、2022年3月31日は11.2~17年であ
        ります。
      ④ 制度資産の調整表

                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                  至 2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

     制度資産の期首残高                                  8,672                  9,512
      利息収益                                  63                  69

      再測定                                  376                 △132

      事業主からの拠出額                                  732                  746

      退職給付の支払額                                 △356                  △518

                                        24                  21
      為替換算差額
                                       9,512                  9,698
     制度資産の期末残高
      ⑤ 制度資産の構成

                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

     債券                                  4,395                  5,402
     株式                                  2,086                  1,400

                                       3,030                  2,895
     その他
                                       9,512                  9,698
              合計
                                 71/111





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
      ⑥ 主な数理計算上の仮定
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
                                 %                  %
     割引率(国内)                                   0.5                  0.6
     割引率(海外)                                3.0~7.9                  3.0~7.6

      ⑦ 感応度分析

         重要な数理計算上の仮定が0.5%変動した場合に、確定給付制度債務に与える影響は以下のとおりであります。
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

     割引率が0.5%上昇した場合                                  △549                  △476
     割引率が0.5%低下した場合                                   575                  681

     (注)感応度分析は変動要因以外の仮定を一定に保つ方法で計算しており、仮定間の相互依存関係は考慮しておりませ
        ん。
     (2)確定拠出制度

        確定拠出制度に関して費用として認識した額
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自  2020年4月1日                (自  2021年4月1日
                             至  2021年3月31日)                至  2022年3月31日)
                                百万円                  百万円
     費用計上額                                   221                  243
     (3)複数事業主制度

       複数事業主制度は、従業員がサービスを提供した期間の給与に一定の率を乗じて算出した金額を拠出しており、
      期中の拠出額を退職給付費用として純損益で認識しております。
       確定拠出制度と同様に会計処理する、複数事業主制度の厚生年金基金制度に関して認識した費用の合計額は、前連
      結会計年度及び当連結会計年度においてそれぞれ186百万円及び187百万円であります。
      ① 複数事業主制度の直近の積立状況

                           2020年3月31日現在            2021年3月31日現在
                               百万円            百万円

     制度資産の額                             60,452            67,923
     年金財政計算上の数理債務の額と最低責任準
                                  52,861            51,801
     備金の額との合計額
     差額
                                  7,590           16,121
      ② 複数事業主制度の掛金に占める当社グループの割合

                           2020年3月31日現在            2021年3月31日現在
                                %            %

     当社グループの割合                              6.3            6.6
                                 72/111




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    20.引当金及び偶発負債
      引当金の内訳及び増減
                        製品保証引当金         資産除去債務           合計
                          百万円         百万円         百万円

      2020年4月1日                      2,880          29       2,909
      割引計算の期中利息費用                        -         0         0

      期中減少額(目的使用)                     △2,880           -      △2,880

                              -         0         0
      期中減少額(戻入れ)
      2021年3月31日

                              -         29         29
      期中増加額                      1,669          -       1,669
      割引計算の期中利息費用                        -         0         0

      期中減少額(目的使用)                        -         -         -

                              -         14         14
      期中減少額(戻入れ)
                            1,669          14       1,684
      2022年3月31日
      流動

                            1,669          -       1,669
                              -         14         14
      非流動
     (1)製品保証引当金
        当社が納入した一部製品の改修費用の将来の支出に備えるため、今後発生すると見込まれる金額を引当計上して
        おります。
     (2)資産除去債務

        建物に関連する有害物質の除去に備え、建物に施した内部造作の耐用年数を考慮して決定した使用見込期間等を
        基礎として、各物件の状況を個別具体的に勘案して資産除去債務を見積り、認識・測定しております。支払の時期
        としては各連結会計年度末日より1年以上を経過した後の時期であります。
     (3)製品保証引当金に係る重要な会計上の見積り及び仮定

       ①  当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額     (単位:百万円)
                          前連結会計年度         当連結会計年度
         製品保証引当金                    -          1,669
       ②  会計上の見積りの内容に関する理解に資する情報

       (ⅰ)   算出方法
          当社が米国において特定顧客に納入した一部製品に関連した不具合について、現時点において収集可能な情
         報、及びその情報が合理的な事実に基づくものであると判断された改修費用を計上しております。
       (ⅱ)   主要な仮定
          当該不具合対策に係る製品保証引当金は、①「発生件数」に②「1台当たりの改修単価」を乗じて算出してお
         り、現時点において収集可能な情報から仮定した見積もり金額となっております。
       (ⅲ)   翌連結会計年度の連結財務諸表に与える影響及び偶発負債
          既に引当金を計上しているものを除き、現時点において予想される財務上の影響額について信頼性のある見
         積りをすることはできません。当該見積りを行うにあたっては、将来改修が必要となる数量等の複数の要素を
         考慮する必要がありますが、過去において類似の事例がなく、かつ現時点においては当件にかかる不具合発生
         件数の実績が十分でない為、見積りの基礎となる改修数量等の算定が困難なためです。今後の進捗により、追
         加で引当金を計上することとなった場合には、当社の連結業績に重要な影響を及ぼす可能性があります。
                                 73/111




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    21.資本及びその他の資本項目

     (1)資本金
       授権株式数、発行済株式数、資本金の増減の内訳
                         授権株式数         発行済株式数           資本金
                           株         株        百万円

     前連結会計年度期首(2020年4月1日)                     90,000,000         52,644,030            4,175
                               -         -         -
      期中増減
     前連結会計年度(2021年3月31日)

                          90,000,000         52,644,030            4,175
                               -         -         -
      期中増減
                          90,000,000         52,644,030            4,175
     当連結会計年度(2022年3月31日)
     (注)当社の発行する株式は、すべて権利内容に何ら限定のない無額面の普通株式であり、発行済株式は全額払込済み
        となっております。
     (2)利益剰余金

       利益剰余金は、利益準備金及び未処分の留保利益から構成されております。なお、利益剰余金には確定給付制度の
      再測定を発生した期にその他の包括利益で認識し直ちに利益剰余金へ振り替えた額、及びIFRSへの移行日における在
      外営業活動体の換算差額累計額が含まれております。
     (3)自己株式

       自己株式数及び残高の増減は以下のとおりであります。
                                    株式数                金額
                                     株              百万円

       前連結会計年度期首(2020年4月1日)                                2,956,099                 4,787
                                          133                0
        期中増減
       前連結会計年度(2021年3月31日)

                                       2,956,232                 4,787
                                        △14,353                 △23
        期中増減
                                       2,941,879                 4,764
       当連結会計年度(2022年3月31日)
      (注)前連結会計年度の期中増減の要因は、単元未満株式の買取り133株によるものであります。
         当連結会計年度の期中増減の要因は、譲渡制限付株式報酬制度による自己株式の処分14,484株及び単元未満株
         式の買取り131株によるものであります。
                                 74/111








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
     (4)配当金

      ・配当金の支払額
         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
            決議日          配当金の総額         1株当たり配当額             基準日         効力発生日
                       百万円           円

        2020年6月23日
                          1,440          29.00     2020年3月31日          2020年6月24日
        定時株主総会
        2020年10月30日
                           993         20.00     2020年9月30日          2020年11月26日
        取締役会
         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

            決議日          配当金の総額         1株当たり配当額             基準日         効力発生日
                       百万円           円

        2021年6月22日
                           993         20.00     2021年3月31日          2021年6月23日
        定時株主総会
        2021年11月4日
                          1,292          26.00     2021年9月30日          2021年11月26日
        取締役会
      ・配当金の基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
            決議日          配当金の総額         1株当たり配当額             基準日         効力発生日
                       百万円           円

        2021年6月22日
                           993         20.00     2021年3月31日          2021年6月23日
        定時株主総会
         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

            決議日          配当金の総額         1株当たり配当額             基準日         効力発生日
                       百万円           円

        2022年5月11日
                          1,292          26.00     2022年3月31日          2022年6月22日
        取締役会
                                 75/111









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    22.販売費及び一般管理費
      販売費及び一般管理費の内訳
                              前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                    至 2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

                                       1,818                  2,398
     荷造発送費
                                       4,915                  5,106
     人件費
                                        424                  489
     減価償却費及び償却費
                                       3,642                  4,299
     研究開発費
                                                         1,669
     製品保証引当金繰入額                                   -
                                       4,824                  3,904
     その他
                                      15,624                  17,867
              合計
    23.その他の収益及び費用

     (1)その他の収益の内訳
                                 前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日                (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)                  至 2022年3月31日)
                                    百万円                百万円

                                           61                78
     固定資産売却益
                                           13                69
     補助金収入
                                          775                477
     その他
                                          851                626
                合計
     (2)その他の費用の内訳

                                 前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日                (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)                  至 2022年3月31日)
                                    百万円                百万円

                                           73               253
     固定資産除売却損
                                          777
     減損損失                                                     -
                                          275                192
     その他
                                         1,126                 445
                合計
     (注)1.減損損失については、注記「13.減損損失」をご参照ください。
                                 76/111






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    24.金融収益及び金融費用
     (1)金融収益の内訳
                                 前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日                (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)                  至 2022年3月31日)
                                    百万円                百万円

     利息収益
                                          715                488
      現金及び現金同等物、償却原価で測定する金融資産
     配当収益

      その他の包括利益を通じて公正価値で
                                          232                255
      測定する金融資産
                                          283               1,128
     為替差益
                                          165                56
     その他
                                         1,396                1,928
                合計
     (2)金融費用の内訳

                                 前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日                (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)                  至 2022年3月31日)
                                    百万円                百万円

     利息費用
                                           15                11
      借入金
                                           14                11
      リース負債
                                           0
                                                          -
      その他
                                           29                23
                合計
                                 77/111










                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    25.その他の包括利益
      その他の包括利益の各項目別の当期発生額及び損益への組替調整額、並びに税効果の影響
        前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

                        当期発生額       組替調整額        税効果前        税効果       税効果後
                          百万円       百万円       百万円       百万円       百万円

     純損益に振り替えられることのない項目
      確定給付制度の再測定                      455        -       455      △120        334

      その他の包括利益を通じて公正価値で
                           2,181         -      2,181       △648       1,532
      測定する金融資産の公正価値の変動
              計
                           2,637         -      2,637       △769       1,867
     純損益に振り替えられる可能性のある

     項目
      在外営業活動体の換算差額                     5,575         -      5,575         -      5,575
      持分法適用会社におけるその他の包括
                            △19        -      △19        -      △19
      利益に対する持分
              計             5,555         -      5,555         -      5,555
                           8,192         -      8,192       △769       7,423
             合計
        当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

                        当期発生額       組替調整額        税効果前        税効果       税効果後
                          百万円       百万円       百万円       百万円       百万円

     純損益に振り替えられることのない項目
      確定給付制度の再測定                       59       -       59      △16        43

      その他の包括利益を通じて公正価値で
                            △78        -      △78        21      △56
      測定する金融資産の公正価値の変動
              計
                            △18        -      △18         5      △13
     純損益に振り替えられる可能性のある

     項目
      在外営業活動体の換算差額                     10,271         -     10,271         -     10,271
      持分法適用会社におけるその他の包括
                            △10        -      △10        -      △10
      利益に対する持分
              計             10,261         -     10,261         -     10,261
                           10,243         -     10,243          5     10,248
             合計
                                 78/111






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    26.1株当たり利益
      普通株主に帰属する基本的1株当たり当期利益の算定基礎
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日                (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)                至 2022年3月31日)
     親会社の普通株主に帰属する当期利益(百万円)

                                         4,462                8,551
                                        49,687                49,697
     普通株式の加重平均株式数(千株)
                                         89.81               172.07
     基本的1株当たり当期利益(円)
     (注)希薄化後1株当たり当期利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
    27.株式に基づく報酬

     (1)制度内容
       当社は、当社グループの経営環境や短期・中長期の業績状況を反映し、企業価値の持続的な向上を図るインセン
      ティブを与えるとともに、株主との一層の価値共有を進めることを目的として、譲渡制限付株式報酬制度を導入して
      おります。本制度は、当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。以下、「対象取締役」という。)に対して譲
      渡制限付株式の付与のために金銭報酬債権を報酬として支給し、当該金銭報酬債権の全部を現物出資として払込み、
      当社の普通株式について発行又は処分を受けるものです。当社は、対象取締役との間で、譲渡制限付株式割当契約
      (「以下、「本割当契約」という。)を締結し、対象取締役は本割当契約により割当てを受けた日より当社の取締役
      その他当社取締役会で定める地位を退任または退職する日までの期間(以下、「譲渡制限期間」という。)、本割当
      契約により割当てを受けた当社の普通株式について、譲渡、担保権の設定その他の処分ができません。(以下、「譲
      渡制限」という。)譲渡制限は、譲渡制限期間中、継続して当社の取締役の地位にあったことを条件として、本割当
      株式の全部について、譲渡制限期間の満了をもって解除されます。また、譲渡制限期間中に、法令違反その他当社取
      締役会が定める事由に該当する場合、割当株式をすべて当社が無償取得する仕組みとしております。
       なお、当社は、対象取締役のほか、当社の常務執行役員に対しても、本制度と同様の譲渡制限付株式報酬制度を導
      入しております。
      (2)期中に付与された株式数と公正価値

                               当連結会計年度
                             (自 2021年4月1日
                              至 2022年3月31日)
     付与日
                                   2021年7月21日
     付与数(株)                                  14,484
     付与日の公正価値(円)                                  1,556
     (注)付与日の公正価値は、当社株式の市場価格に基づき算定しております。
      (3)株式報酬に係る費用

       株式報酬に係る費用は、当連結会計年度において16百万円であり、連結損益計算書の「販売費及び一般管理費」に
      含まれております。
                                 79/111







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    28.金融商品
     (1)資本管理
       当社グループは、経営の健全性・効率性を堅持し、持続的な成長を実現する為、安定的な財務基盤を構築および維
      持することを資本リスク管理の基本方針としております。当該方針に沿い、営業キャッシュ・フローを基盤として、
      事実上の投資、配当等による株主還元を実施しております。
     (2)金融資産及び金融負債の分類

                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                                (2021年3月31日)                (2022年3月31日)
                                   百万円                百万円

     金融資産
      純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

       その他の金融資産                                   847                840

      その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
      金融資産
       その他の金融資産(株式)                                  8,803                9,108
       その他の金融資産                                    4                4

      償却原価で測定する金融資産

       営業債権及びその他の債権                                 31,710                34,203

       その他の金融資産                                  6,914                6,068

                                        39,607                44,627
       現金及び現金同等物
                                        87,889                94,851
     金融資産合計
     金融負債

      純損益を通じて公正価値で測定する
      金融負債
       その他の金融負債(デリバティブ)                                   54                -
      償却原価で測定する金融負債

       営業債務及びその他の債務                                 16,000                18,254

       借入金                                  7,208                6,100

                                         1,676                1,645
       その他の金融負債
                                        24,939                25,999
     金融負債合計
                                 80/111







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
     (3)財務上のリスク管理
       当社グループは、事業活動を行う上で財務上のリスク(信用リスク、流動性リスク、市場リスク)に晒されており
      ます。当該リスクを回避または低減するために、当社グループでは一定の方針に基づきリスク管理を行っておりま
      す。なお、当社グループの方針として投機目的のデリバティブ取引は行っておりません。
      ① 信用リスク管理

         信用リスクは、顧客が契約上の債務に関して債務不履行になり、当社グループに財務上の損失を発生させるリス
        クであります。
         当社グループが製造販売しているクラッチ製品の大半は、自動車産業及び二輪車産業向けであります。
         また、当社グループの売上収益に占める特定の顧客グループの割合は高いものとなっております。
         これら顧客グループに対する営業債権に係る信用リスクに関しては、常に全期間の予想信用損失に等しい金額で
        測定しております。また、期末日における債務者の財務状況、過去の貸倒損失計上実績、過去の期日経過情報な
        ど、信用リスクの著しい増加を考慮して、「経営状態に重大な問題が生じていない債務者」に対する金融資産、
        「債務の弁済に重大な問題が生じている債務者」に対する金融資産の区分に分類し、その区分ごとに将来の予想信
        用損失を測定して貸倒引当金を計上しております。「経営状態に重大な問題が生じていない債務者」とは、債務の
        弁済について問題となる兆候が見られず、また債務弁済能力に問題が生じていない債務者であります。当該債務者
        に対する債権の貸倒引当金は、過去の貸倒実績率に将来の状況を加味した引当率を利用し、集合的に計上しており
        ます。「債務の弁済に重大な問題が生じている債務者」とは、債務の弁済に重大な問題が生じている、又は、生じ
        る可能性が高い債務者であります。当該債務者に対する債権の貸倒引当金は、当該資産に係る回収見込額を個別に
        見積り計上しております。
        営業債権に関する情報

        期日経過後の営業債権及び債権にかかる貸倒引当金の帳簿価額は以下のとおりであります。
        期日経過後の営業債権

        前連結会計年度(2021年3月31日)                              (百万円)
                     経営状態に重大な問題が             経営状態に重大な問題が
                                                    合計
                      生じていない債務者              生じている債務者
     期首残高                          638              -             638

     期末残高                          151              -             151

        当連結会計年度(2022年3月31日)                              (百万円)

                     経営状態に重大な問題が             経営状態に重大な問題が
                                                    合計
                      生じていない債務者              生じている債務者
     期首残高                          151              -             151

     期末残高                          190              -             190

        貸倒引当金

        前連結会計年度(2021年3月31日)                              (百万円)
                     経営状態に重大な問題が             経営状態に重大な問題が
                                                    合計
                      生じていない債務者              生じている債務者
     期首残高                           62             -             62

     当期増加額                           1             -              1

     当期減少額                          △55              -            △55

     その他                           -             -             -

     期末残高                           7             -              7

                                 81/111




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
        当連結会計年度(2022年3月31日)                              (百万円)
                     経営状態に重大な問題が             経営状態に重大な問題が
                                                    合計
                      生じていない債務者              生じている債務者
     期首残高                           7             -              7

     当期増加額                           1             -              1

     当期減少額                           -             -             -

     その他                           1             -              1

     期末残高                           9             -              9

      ② 流動性リスク管理

         流動性リスクは、当社グループが期限の到来した金融負債の返済義務を履行するにあたり、支払期日にその支払
        を実行できなくなるリスクであります。当社グループは、適切な返済資金を準備するとともに、金融機関より随時
        利用可能な信用枠を確保し、継続的にキャッシュ・フローの計画と実績をモニタリングすることで流動性リスクを
        管理しております。
                                 82/111















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
         金融負債の期日別残高の内訳
         前連結会計年度(2021年3月31日)
                        契約上の           1年超     2年超     3年超     4年超
                   帳簿価額          1年以内                           5年超
                         金額         2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
                   百万円     百万円     百万円     百万円     百万円     百万円     百万円     百万円

     営業債務及びその他の債務               16,000     16,000     16,000       -     -     -     -     -
     借入金               7,208     7,218     7,218       -     -     -     -     -
     リース負債               1,676     1,747      432     317     164     136     115     581
                      54     54     54     -     -     -     -     -
     その他の金融負債
                    24,939     25,021     23,706       317     164     136     115     581
          合計
         当連結会計年度(2022年3月31日)

                        契約上の           1年超     2年超     3年超     4年超
                   帳簿価額          1年以内                           5年超
                         金額         2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
                   百万円     百万円     百万円     百万円     百万円     百万円     百万円     百万円

     営業債務及びその他の債務               18,254     18,254     18,254       -     -     -     -     -
     借入金               6,100     6,100     6,100       -     -     -     -     -
     リース負債               1,645     1,715      392     225     187     165     143     600
                      -     -     -     -     -     -     -     -
     その他の金融負債
                    25,999     26,070     24,747       225     187     165     143     600
          合計
      ③ 市場リスク管理

        (ⅰ)為替リスク
           当社グループは、グローバルに事業展開していることから、為替変動を起因として、機能通貨とは異なる通
          貨による取引によって損益及びキャッシュ・フローが影響を受けるリスク並びに、機能通貨とは異なる資本及
          び損益を機能通貨に換算する際に影響を受けるリスクに晒されております。こうしたリスクに対して、当社グ
          ループは為替変動のモニタリングを実施することによって為替変動によるリスクの軽減に努めております。
          ・為替感応度分析

           当社グループが決算日現在に保有する金融商品において、日本円が、米ドル及び人民元に対して1%円安に
          なった場合に、連結損益計算書の税引前当期利益に与える影響は以下のとおりであります。
           機能通貨建ての金融商品、及び在外営業活動体の資産及び負債、収益及び費用を円貨に換算する際の影響は
          含んでおりません。また、その他の変動要因は一定であることを前提としております。
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                  至 2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

     米ドル                                   94                  46
     人民元                                    7                  9
                                 83/111






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
        (ⅱ)価格変動リスク
           当社グループは、資本性金融商品(株式)から生じる株価の変動リスクに晒されておりますが、主に業務上
          の関係を有する企業の株式であり、四半期毎に時価の把握を行っております。
          ・市場価格に関する感応度分析

           当社グループが、連結会計年度末日現在において保有する資本性金融商品の市場価格が10%変動した場合
          に、その他の包括利益(税効果控除前)が受ける影響は、前連結会計年度及び当連結会計年度において、それ
          ぞれ780百万円及び798百万円であります。
           ただし、本分析においては、その他の変動要因は一定であることを前提としております。
        (ⅲ)金利リスク

           借入金は主に固定金利により調達されており、金利リスクは当社グループにとって重要なものではないと考
          えており、金利感応度分析は行っておりません。
     (4)その他の包括利益を通じて公正価値で測定される資本性金融商品

        当社グループは、業務上の関係を有する企業の上場株式等を保有しており、これらの資本性金融商品については、
      取引関係の維持・強化という保有目的に鑑み、その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産に指定して
      おります。
      ① 主な銘柄及び公正価値
        主な銘柄とその公正価値は以下のとおりです。
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

     本田技研工業㈱                                  6,250                  6,597
     兼松㈱                                  1,099                   993

     スズキ㈱                                   263                  221

     ㈱みずほフィナンシャルグループ                                   85                  83

     川崎重工業㈱                                   41                  36

     ㈱三井住友フィナンシャルグループ                                   23                  22

      ② 認識を中止したその他の包括利益を通じて公正価値で測定される資本性金融商品

        期中に認識を中止した、その他の包括利益を通じて公正価値で測定される資本性金融商品の認識中止時点の公正価
      値、累積利得又は損失は次のとおりです。
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                  至 2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

     認識中止日における公正価値                                    2                  1
    処分に係る累計利得または損失(△)                                    0                  1

     (注)1.主として取引関係の見直しを目的に、その他の包括利益を通じて公正価値で測定される資本性金融商品の一
          部を売却により認識を中止しております。
         2.その他の包括利益を通じて公正価値で測定される資本性金融商品は、認識を中止した場合、その他の包括利
          益の累積利得又は損失を利益剰余金に振り替えております。
      ③ 受取配当金

        その他の包括利益を通じて公正価値で測定される資本性金融商品から認識される受取配当金の内訳は以下のとおり
      です。
                                 84/111



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                  至 2022年3月31日)
                                百万円                  百万円

     期中に認識を中止した資本性金融商品                                    0                  0
                                        212                  261
     期末日現在で保有する資本性金融商品
                                        212                  261
              合計
     (5)金融商品の公正価値

      ① 公正価値の測定方法
        (純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および金融負債)
         ヘッジ会計を適用していないデリバティブの公正価値は、取引先金融機関から入手した時価情報によっておりま
        す。
         投資事業有限責任組合およびそれに類する組合への出資に係る公正価値は、純資産に基づく評価モデルによって
        おります。
        (償却原価で測定される金融資産)
         営業債権及びその他の債権、現金及び現金同等物については、満期までの期間が短期であるため、帳簿価額が公
        正価値の合理的な近似値となっております。
         その他の金融資産については、割引キャッシュ・フロー法またはその他適切な評価方法により測定しておりま
        す。
        (その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産)
         上場株式の公正価値については連結会計年度末日の市場価格、非上場株式の公正価値については主として純資産
        価値に基づく評価方法、その他の金融資産については割引キャッシュ・フロー法またはその他適切な評価方法によ
        り測定しております。
        (償却原価で測定される金融負債)
         借入金の公正価値については、同一の残存期間で同条件の借入を行う場合の金利を用いた割引キャッシュ・フ
        ロー法により測定しております。上記以外の債務については、主として短期間で決済されるため、帳簿価額が公正
        価値の合理的な近似値となっております。
      ② 公正価値ヒエラルキー

         金融商品の公正価値ヒエラルキーは次のように区分しております。
          レベル1:活発に取引される市場での公表価格により測定された公正価値
          レベル2:レベル1以外の、観察可能な価格を直接又は間接的に使用して算出された公正価値
          レベル3:観察不能なインプットを含む評価技法から算出された公正価値
         公正価値測定に複数のインプットを使用している場合には、その公正価値測定の全体において重要な最も低いレ

        ベルのインプットに基づいて公正価値のレベルを決定しております。
         公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替は、各四半期の期首時点で発生したものとして認識しております。
      ③ 金融商品の帳簿価額と公正価値

         償却原価で測定する金融商品は帳簿価額が公正価値の合理的な近似値となっております。
                                 85/111






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
      ④ 経常的に公正価値で測定される金融商品
         経常的に公正価値で測定する金融商品の公正価値ヒエラルキーに基づくレベル別分類は、以下のとおりです。
         前連結会計年度(2021年3月31日)

                          レベル1         レベル2         レベル3          合計
                          百万円         百万円         百万円         百万円

     金融資産
      純損益を通じて公正価値で測定する 
      金融資産
       その他                        -         -         847         847
      その他の包括利益を通じて公正価値で
      測定する金融資産
       上場株式                      7,800           -         -        7,800
       非上場株式                        -         -        1,003         1,003

                               -         -          4         4
       その他
                             7,800           -        1,855         9,655
             合計
     金融負債

      純損益を通じて公正価値で測定する
                               -         54         -         54
      金融負債(デリバティブ)
                               -         54         -         54
             合計
         当連結会計年度(2022年3月31日)

                          レベル1         レベル2         レベル3          合計
                          百万円         百万円         百万円         百万円

     金融資産
      純損益を通じて公正価値で測定する 
      金融資産
       その他                        -         -         840         840
      その他の包括利益を通じて公正価値で
      測定する金融資産
       上場株式                      7,986           -         -        7,986
       非上場株式                        -         -        1,121         1,121

                               -         -          4         4
       その他
                             7,986           -        1,966         9,953
             合計
     金融負債

      純損益を通じて公正価値で測定する
                               -         -         -         -
      金融負債(デリバティブ)
                               -         -         -         -
             合計
     (注)当連結会計年度及び前連結会計年度において、レベル1、2及び3の間における振替はありません。
                                 86/111




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
         レベル3に分類される公正価値測定について、期首残高から期末残高への調整表は以下のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                                 至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                    百万円               百万円
     期首残高                                     3,340               1,855
      取得                                     247               333

      償還                                   △1,784                 -

      分配                                     -              △5

      売却                                     -               0

      利得及び損失合計

       その他の包括利益                                    42             △147

                                            9             △69
       純損益
     期末残高

                                          1,855               1,966
     (注)1.その他の包括利益に含まれている利得及び損失は、決算日時点に保有する市場で取引されていない株式等に
          関するものであります。これらは連結包括利益計算書の「その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融
          資産の公正価値の変動」および「在外営業活動体の換算差額」に含まれております。
         2.レベル3に分類されている金融資産は、主に非上場株式(その他包括利益を通じて公正価値で測定する金融
          資産)及び投資事業有限責任組合等への出資(純損益を通じて公正価値で測定する金融資産)により構成され
          ております。
                                 87/111













                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    29.重要な子会社
      当連結会計年度末の重要な子会社の状況
                                                   議決権の所有割合
             名称               所在地          主要な事業の内容
                                                     (%)
                                    二輪車用クラッチ

     株式会社九州エフ・シー・シー                    日本                                100
                                    四輪車用クラッチ
     天龍産業株式会社                    日本           二輪車用クラッチ                    80.22

     株式会社フリント                    日本           二輪車用クラッチ                     100

                                    米国における子会社

     FCC(North      America),INC.
                         米国                                100
                                    の統括
                                                         100
     FCC(INDIANA),LLC                    米国           四輪車用クラッチ
                                                         (100)
                                    二輪車用クラッチ                     100
     FCC(North      Carolina),LLC
                         米国
                                    四輪車用クラッチ                    (100)
                                                         100
     FCC(Adams),LLC                    米国           四輪車用クラッチ
                                                         (100)
     FCC  AUTOMOTIVE      PARTS   DE  MEXICO,S.A.
                                                         100
                         メキシコ           四輪車用クラッチ
     DE  C.V.                                                 (45.30)
                                    二輪車用クラッチ                     100

     FCC(THAILAND)CO.,          LTD.
                         タイ
                                    四輪車用クラッチ                   (0.07)
                                    二輪車用クラッチ

     FCC(PHILIPPINES)CORP.                    フィリピン                                100
                                    四輪車用クラッチ
                                    中国における子会社

     愛富士士(中国)投資有限公司                    中国                                100
                                    の統括
                                    二輪車用クラッチ                     100

     成都永華富士離合器有限公司                    中国
                                    四輪車用クラッチ                   (71.43)
     上海中瑞・富士離合器有限公司                    中国           二輪車用クラッチ                     100

                                                         100
     佛山富士離合器有限公司                    中国           四輪車用クラッチ
                                                       (61.43)
                                                          70
     台灣富士離合器有限公司                    台湾           二輪車用クラッチ
                                                         (15)
                                    二輪車用クラッチ
     FCC  CLUTCH    INDIA   PRIVATE    LIMITED
                         インド                                100
                                    四輪車用クラッチ
                                    二輪車用クラッチ                     100

     PT.  FCC  INDONESIA
                         インドネシア
                                    四輪車用クラッチ                   (0.55)
                                    二輪車用クラッチ
     FCC(VIETNAM)CO.,          LTD.
                         ベトナム                                90
                                    四輪車用クラッチ
                                    二輪車用クラッチ
     FCC  DO  BRASIL    LTDA.
                         ブラジル                                100
                                    四輪車用クラッチ
     (注) 議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数になっております。
                                 88/111




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
    30.関連当事者
     (1)関連当事者との取引
         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

      種類          名称           関連当事者関係の内容                取引金額         未決済金額
                                             百万円         百万円

     その他の

            本田技研工業㈱             当社製品の販売                      9,574         1,747
     関係会社
     (注)販売価格の決定方法は、経済合理性に基づき市場価格及び当社の生産技術などを勘案して見積書を作成し、それ

        を提出のうえ、価格交渉を行い決定しております。
         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

      種類          名称           関連当事者関係の内容                取引金額         未決済金額
                                             百万円         百万円

     その他の

            本田技研工業㈱             当社製品の販売                      9,738         1,476
     関係会社
     (注)販売価格の決定方法は、経済合理性に基づき市場価格及び当社の生産技術などを勘案して見積書を作成し、それ

        を提出のうえ、価格交渉を行い決定しております。
     (2)主要な経営幹部に対する報酬

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                                 至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                    百万円               百万円

     報酬及び賞与                                      340               195
                                           -               10
     株式報酬
                                           340               205
     合計
     (注)主要な経営幹部に対する報酬についての基本方針等については「第一部 企業情報 第4 提出会社の状況 
        4.コーポレート・ガバナンスの状況等 (4)役員の報酬等」をご参照ください。
    31.コミットメント

      連結会計年度末日以降の支出に関するコミットメントの内訳
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (2021年3月31日)               (2022年3月31日)
                                    百万円               百万円

     有形固定資産及び無形資産                                     1,182               1,915
    32.後発事象

      該当事項はありません。
                                 89/111





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
      (2)【その他】
           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                 第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上収益     (百万円)                     38,425          79,370         123,009          170,971
     税引前四半期(当期)利益
                           3,337          5,964          8,817         11,944
              (百万円)
     親会社の所有者に帰属する
                           2,338          4,144          5,850          8,551
     四半期(当期)利益(百万円)
     基本的1株当たり四半期
                           47.06          83.41         117.73          172.07
     (当期)利益     (円)
     (会計期間)                 第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     基本的1株当たり四半期利益
                           47.06          36.35          34.32          54.34
                (円)
                                 90/111















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                         3,900              8,685
        現金及び預金
                                          324              694
        電子記録債権
                                       ※1  7,619             ※1  8,145
        売掛金
                                          980
        有価証券                                                -
                                          726              853
        商品及び製品
                                          688              920
        仕掛品
                                         2,540              2,588
        原材料及び貯蔵品
                                          67              65
        前払費用
                                       ※1  5,781             ※1  3,159
        関係会社短期貸付金
                                       ※1  2,323             ※1  2,112
        その他
                                          △ 2             △ 2
        貸倒引当金
                                        24,951              27,222
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                         4,854              4,657
          建物
                                          323              282
          構築物
                                         4,309              4,546
          機械及び装置
                                          49              37
          車両運搬具
                                          620              712
          工具、器具及び備品
                                         3,878              4,900
          土地
                                          300              195
          建設仮勘定
                                        14,336              15,333
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                          108               94
          特許権
                                          166              173
          ソフトウエア
                                                         9
                                          -
          ソフトウエア仮勘定
                                          274              277
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                         3,372              3,317
          投資有価証券
                                        24,874              25,203
          関係会社株式
                                       ※1  5,846             ※1  5,846
          関係会社社債
                                           4              4
          出資金
                                         3,069              3,069
          関係会社出資金
                                          121              101
          従業員長期貸付金
                                       ※1  3,321             ※1  2,448
          関係会社長期貸付金
                                          34              16
          長期前払費用
                                                        163
          前払年金費用                                 -
                                          10
          繰延税金資産                                               -
                                          687              688
          その他
                                         △ 772             △ 772
          貸倒引当金
                                        40,570              40,088
          投資その他の資産合計
                                        55,182              55,699
        固定資産合計
                                        80,133              82,921
       資産合計
                                 91/111




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                           6              1
        支払手形
                                       ※1  2,915             ※1  3,067
        買掛金
                                         7,207              6,100
        短期借入金
                                        ※1  660            ※1  544
        未払金
                                         1,120              1,006
        電子記録債務
                                          344              448
        未払費用
                                          336              243
        未払法人税等
                                           4              2
        前受金
                                          63              61
        預り金
                                         1,129              1,266
        賞与引当金
                                                         38
        役員賞与引当金                                  -
                                                       1,669
        製品保証引当金                                  -
                                          45              45
        その他
                                        13,834              14,496
        流動負債合計
       固定負債
                                                        126
        繰延税金負債                                  -
                                          116
        退職給付引当金                                                -
                                          29              14
        資産除去債務
                                          145              141
        固定負債合計
                                        13,980              14,638
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                         4,175              4,175
        資本金
        資本剰余金
                                         4,555              4,555
          資本準備金
                                          10               9
          その他資本剰余金
                                         4,566              4,565
          資本剰余金合計
        利益剰余金
                                         1,043              1,043
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         1,600              1,600
           配当準備積立金
                                          483              483
           固定資産圧縮積立金
                                        54,500              54,500
           別途積立金
                                          817             2,825
           繰越利益剰余金
                                        58,445              60,452
          利益剰余金合計
        自己株式                                △ 4,788             △ 4,764
                                        62,399              64,428
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         3,754              3,854
        その他有価証券評価差額金
                                         3,754              3,854
        評価・換算差額等合計
                                        66,153              68,283
       純資産合計
                                        80,133              82,921
     負債純資産合計
                                 92/111





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                       ※1  34,224             ※1  39,256
     売上高
     売上原価
                                          858              726
       製品期首棚卸高
                                       ※1  25,520             ※1  27,075
       当期製品製造原価
                                        ※1  377            ※1  429
       当期製品仕入高
                                        26,756              28,231
       合計
                                          726              853
       製品期末棚卸高
                                        26,029              27,377
       製品売上原価
                                         8,194              11,878
     売上総利益
     販売費及び一般管理費
                                          694              876
       荷造及び発送費
                                         1,736              1,706
       給料及び手当
                                          219              251
       賞与引当金繰入額
                                          232              229
       退職給付費用
                                          92              77
       減価償却費
                                                       1,669
       製品保証引当金繰入額                                    -
                                       ※1  4,857             ※1  5,188
       研究開発費
                                         1,872              1,839
       その他
                                         9,706              11,839
       販売費及び一般管理費合計
                                                         38
     営業利益又は営業損失(△)                                   △ 1,511
     営業外収益
                                        ※1  160             ※1  59
       受取利息
                                         ※1  51            ※1  62
       受取資本利息
                                        ※1  584            ※1  548
       有価証券利息
                                       ※1  3,432             ※1  3,698
       受取配当金
                                         ※1  9            ※1  10
       賃貸収入
                                        ※1  158            ※1  240
       設備取次手数料
                                          150              860
       為替差益
                                         ※1  36            ※1  62
       技術指導料
                                        ※1  146             ※1  80
       その他
                                         4,730              5,622
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          22              11
       支払利息
                                           2              1
       賃貸費用
                                                         69
       投資事業組合運用損                                    -
                                          17               2
       その他
                                          42              85
       営業外費用合計
                                         3,175              5,575
     経常利益
     特別利益
                                           2              0
       固定資産売却益
                                           0              1
       投資有価証券売却益
                                           2              1
       特別利益合計
     特別損失
                                          22              212
       固定資産除売却損
                                                        191
       投資有価証券評価損                                    -
                                          696
                                                         -
       関係会社株式評価損
                                          718              403
       特別損失合計
                                         2,460              5,173
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                     737              787
                                          316
     過年度法人税等                                                   -
                                          355               93
     法人税等調整額
                                         1,409               881
     法人税等合計
                                         1,050              4,292
     当期純利益
                                 93/111


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2020年4月1日 至2021年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                   株主資本
                     資本剰余金                 利益剰余金
                                     その他利益剰余金
                                                        株主資本
              資本金        その他    資本剰                       利益剰    自己株式
                 資本準            利益準                            合計
                     資本剰    余金合        配当準    固定資        繰越利    余金合
                 備金            備金            別途積
                     余金    計        備積立    産圧縮        益剰余    計
                                         立金
                                 金    積立金        金
     当期首残高         4,175    4,555     10   4,566    1,043    1,600     484   54,500    2,200   59,829   △ 4,787   63,783
     当期変動額
      固定資産圧縮積立
                                      △ 0        0   -        -
      金の取崩
      剰余金の配当
                                            △ 2,434   △ 2,434       △ 2,434
      当期純利益                                       1,050    1,050        1,050
      自己株式の取得                                                △ 0   △ 0
      自己株式の処分
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計           -    -    -    -    -    -   △ 0   -  △ 1,383   △ 1,383     △ 0 △ 1,383
     当期末残高         4,175    4,555     10   4,566    1,043    1,600     483   54,500     817   58,445   △ 4,788   62,399
                評価・換算差額等

                           純資産合計
              その他有価証      評価・換算差
              券評価差額金      額等合計
     当期首残高            2,170      2,170      65,953
     当期変動額
      固定資産圧縮積立
                              -
      金の取崩
      剰余金の配当                       △ 2,434
      当期純利益
                             1,050
      自己株式の取得                        △ 0
      自己株式の処分
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
                 1,583      1,583      1,583
      (純額)
     当期変動額合計            1,583      1,583       199
     当期末残高            3,754      3,754      66,153
                                 94/111







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エフ・シー・シー(E02221)
                                                           有価証券報告書
          当事業年度(自 2021年4月1日 至2022年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                   株主資本
                     資本剰余金                 利益剰余金
                                     その他利益剰余金
                                                        株主資本
              資本金        その他    資本剰                       利益剰    自己株式
                 資本準            利益準                            合計
                     資本剰    余金合        配当準    固定資        繰越利    余金合
                 備金            備金            別途積
                     余金    計        備積立    産圧縮        益剰余    計
                                         立金
                                 金    積立金        金
     当期首残高
              4,175    4,555     10   4,566    1,043    1,600     483   54,500     817   58,445   △ 4,788   62,399
     当期変動額
      固定資産圧縮積立
                                      △ 0        0   -        -
      金の取崩
      剰余金の配当                                       △ 2,286   △ 2,286       △ 2,286
      当期純利益                                       4,292    4,292        4,292
      自己株式の取得
                                                      △ 0   △ 0
      自己株式の処分                     △ 0                           23    22
                       △ 0
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計                  △ 0   △ 0           △ 0      2,007    2,006     23   2,028
     当期末残高         4,175    4,555      9  4,565    1,04