トモニホールディングス株式会社 有価証券報告書 第12期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第12期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)
提出日
提出者 トモニホールディングス株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   令和4年6月28日
                         第12期(自 令和3年4月1日 至 令和4年3月31日)
     【事業年度】
     【会社名】                   トモニホールディングス株式会社
                         TOMONY    Holdings,     Inc.
     【英訳名】
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者) 中村 武
                         香川県高松市亀井町7番地1
     【本店の所在の場所】
                         087-812-0102
     【電話番号】
     【事務連絡者氏名】                   常務取締役経営企画部長 藤井 仁三
     【最寄りの連絡場所】                   香川県高松市亀井町7番地1
                         トモニホールディングス株式会社 経営企画部
                         087-812-0102
     【電話番号】
     【事務連絡者氏名】                   常務取締役経営企画部長 藤井 仁三
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/144












                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)当連結会計年度の前4連結会計年度及び当連結会計年度に係る次に掲げる主要な経営指標等の推移
                         平成29年度       平成30年度       平成31年度       令和2年度       令和3年度
                        (自  平成29年     (自  平成30年     (自  平成31年     (自  令和2年     (自  令和3年
                          4月1日         4月1日         4月1日         4月1日         4月1日
                         至  平成30年      至  平成31年      至  令和2年      至  令和3年      至  令和4年
                          3月31日)         3月31日)         3月31日)         3月31日)         3月31日)
                           72,641       73,286       71,033       70,687       70,335
     連結経常収益               百万円
                           16,386       16,213       11,378       14,493       19,132
     連結経常利益               百万円
     親会社株主に帰属する当期純利
                           11,158       10,163        8,136       9,984       13,062
                    百万円
     益
                            8,446       9,140              24,034        4,080
     連結包括利益               百万円                     △ 4,160
                           219,257       226,864       220,003       243,183       245,730
     連結純資産額               百万円
                          3,812,417       3,899,242       3,993,190       4,407,903       4,596,057
     連結総資産額               百万円
                          1,320.23       1,373.00       1,360.95       1,494.87       1,506.59
     1株当たり純資産額                円
                            68.60       62.28       50.57       62.51       81.53
     1株当たり当期純利益                円
     潜在株式調整後1株当たり当期
                            67.54       61.19       49.59       61.26       79.81
                     円
     純利益
                            5.66       5.72       5.41       5.42       5.26
     自己資本比率                %
                            5.25       4.63       3.70       4.38       5.42
     連結自己資本利益率                %
                            6.89       6.75       7.09       5.18       4.02
     連結株価収益率                倍
     営業活動によるキャッシュ・フ
                           47,239                     228,257        47,910
                    百万円             △ 48,802       △ 5,917
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                           16,182       70,454       27,081
                    百万円                            △ 42,814      △ 27,436
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                    百万円       △ 3,108      △ 3,188      △ 3,166      △ 1,387      △ 2,375
     ロー
                           294,168       312,642       330,644       514,705       532,813
     現金及び現金同等物の期末残高               百万円
                            2,412       2,401       2,270       2,282       2,264
     従業員数
                     人
     [外、平均臨時従業員数]                       [ 332  ]     [ 319  ]     [ 291  ]     [ 286  ]     [ 273  ]
     (注) 自己資本比率は、(期末純資産の部合計-期末新株予約権-期末非支配株主持分)を期末資産の部の合計で除
         して算出しております。
                                  2/144







                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (2)当社の当事業年度の前4事業年度及び当事業年度に係る主要な経営指標等の推移
             回次             第8期       第9期       第10期       第11期       第12期
            決算年月            平成30年3月       平成31年3月       令和2年3月       令和3年3月       令和4年3月

                            2,246       2,200       2,467       2,356       2,125
     営業収益               百万円
                            1,679       1,699       1,703       1,642       1,403
     経常利益               百万円
                            1,653       1,667       1,667       1,573       1,148
     当期純利益               百万円
                           25,000       25,000       25,000       25,000       25,000
     資本金               百万円
                           163,728       163,728       163,728       163,728       163,728
     発行済株式総数                千株
                           91,607       91,743       90,712       91,434       91,570
     純資産額               百万円
                           91,674       91,815       92,286       92,641       92,588
     総資産額               百万円
                           554.48       557.28       563.39       564.11       562.24
     1株当たり純資産額                円
                            8.00       8.00       8.00       8.00       9.00
     1株当たり配当額                円
     (内1株当たり中間配当額)               (円)        ( 4.00  )     ( 4.00  )     ( 4.00  )     ( 4.00  )     ( 4.50  )
                            10.16       10.21       10.36        9.85       7.16
     1株当たり当期純利益                円
     潜在株式調整後1株当たり当期
                            10.01       10.04       10.16        9.65       7.01
                     円
     純利益
                            98.86       98.62       96.94       97.37       97.58
     自己資本比率                %
                            1.83       1.84       1.85       1.75       1.27
     自己資本利益率                %
                            46.51       41.19       34.62       32.87       45.76
     株価収益率                倍
                            78.67       78.28       77.15       81.18       125.58
     配当性向                %
                             23       20       39       37       35
     従業員数
                     人
     [外、平均臨時従業員数]                        [ 1 ]      [ 1 ]      [ 1 ]      [ 1 ]      [ 0 ]
                            81.5       74.1       64.9       60.3       62.5
     株主総利回り
                     %
     (比較指標:TOPIX業種別指数            銀行業)
                           ( 103.4   )     ( 87.8  )     ( 67.9  )     ( 96.3  )    ( 107.3   )
     最高株価                円        621       527       441       393       373

     最低株価                円        455       373       269       302       290

     (注)1.第12期(令和4年3月)中間配当についての取締役会決議は令和3年11月12日に行いました。
         2.自己資本比率は、(期末純資産の部合計-期末新株予約権)を期末資産の部の合計で除して算出しておりま
          す。
         3.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第1部におけるものであります。
                                  3/144







                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
      平成21年1月       株式会社徳島銀行(以下「徳島銀行」という。)と株式会社香川銀行(以下「香川銀行」という。)
              が「経営統合に関する覚書」を締結
      平成21年9月       徳島銀行及び香川銀行の間で「経営統合に関する最終契約書」を締結するとともに、共同で「株式移
              転計画書」を作成
      平成21年11月       徳島銀行及び香川銀行の各々の臨時株主総会において、共同株式移転の方式により当社を設立し、経
              営統合を行うことについて承認可決
      平成22年4月       当社設立、東京証券取引所市場第一部に上場
      平成22年6月       株式会社徳銀ジェーシービーがトモニカード株式会社(以下「トモニカード」という。)に商号変更
      平成23年4月       株式会社香川銀リースが株式会社香川銀キャピタルを吸収合併しトモニリース株式会社に商号変更
              トモニカードが株式会社香川銀カードを吸収合併
      平成25年4月       トモニシステムサービス株式会社(以下「トモニシステムサービス」という。)を設立
      平成27年4月       当社、株式会社大正銀行(以下「大正銀行」という。)及び大正銀行を持分法適用関連会社としてい
              る株式会社三菱東京UFJ銀行(以下「三菱東京UFJ銀行」という。)の間で、当社を株式交換完
              全親会社、大正銀行を株式交換完全子会社とする株式交換による経営統合について「基本合意書」を
              締結
      平成27年9月       当社及び大正銀行が株式交換契約を締結するとともに、三菱東京UFJ銀行を含む3社で統合契約を
              締結
      平成28年4月       株式交換方式により、大正銀行を当社の完全子会社化
      平成28年10月       トモニシステムサービスが香川銀コンピューターサービス株式会社を吸収合併
      平成30年8月       取締役会において、令和2年1月1日に徳島銀行及び大正銀行の合併を行うことについて決議し、徳
              島銀行及び大正銀行の間で「合併基本合意書」を締結
      令和元年9月       徳島銀行及び大正銀行の間で合併契約を締結
      令和2年1月       徳島銀行を存続会社、大正銀行を消滅会社とする吸収合併を行い、徳島銀行の商号を株式会社徳島大
              正銀行に変更
      令和4年4月       東京証券取引所プライム市場に移行
                                  4/144












                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
       当社及び当社の関係会社は、当連結会計年度末現在、当社及び連結子会社9社で構成され、銀行業務を中心に、
      リース業務、カード業務、ベンチャーキャピタル業務などの金融サービス業務を提供しております。
       当社及び当社の関係会社の事業に係わる位置づけは次のとおりであります。なお、事業の区分は「第5                                                 経理の状
      況」中の「1(1)連結財務諸表               注記事項     (セグメント情報等)」に掲げるセグメントの区分と同一であります。
       なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令(平成19年内閣府令第59号)第49条第2項に規定する特
      定上場会社等に該当しており、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数
      値に基づいて判断することとなります。
      [銀行業]

       株式会社徳島大正銀行及び株式会社香川銀行において、本店のほか支店等では、預金業務、貸出業務、内国為替業
      務、外国為替業務、登録金融機関業務、有価証券投資業務、社債受託業務、その他付帯業務を行い、高度多様化する
      お客さまのニーズに即応する金融サービスの提供に積極的に取り組んでおり、当社グループにおける基幹業務として
      位置づけております。
      [リース業]
       トモニリース株式会社がリース業務を行っております。
      [その他]
       当社及び連結子会社6社におきまして、銀行業務に係る関連業務、ソフト開発業務、クレジットカード業務、ベン
      チャーキャピタル業務等の業務を行っております。
       以上の事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

         (注) 上記の他、「地域とトモニ1号投資事業有限責任組合」を非連結子会社としております。







                                  5/144







                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                              議決権の所              当社との関係内容
                   資本金又は
                         主要な事業     有(又は被
                   出資金
         名称       住所
                         の内容     所有)割合     役員の兼任                 設備
                   (百万円)                     資金援助    営業上の取引           業務提携
                                                   の賃貸借
                              (%)     等(人)
     (連結子会社)
                               100.00
                                            経営管理      当社へ
               徳島県                       1
     株式会社徳島大正銀行                11,036    銀行業        (-)         -   預金取引      建物の一部       -
               徳島市
                                      (1)
                                            金銭消費貸借      を賃貸
                                 [-]
                               100.00             経営管理      当社へ
               香川県                       1
     株式会社香川銀行                    銀行業                    預金取引      建物の一部
                     12,014            (-)         -                -
               高松市
                                      (1)
                                 [-]            金銭消費貸借      を賃貸
                               100.00
     トモニシステムサービス          香川県                       1      システム
                       50  その他        (-)         -           -     -
     株式会社          高松市                       (1)      の運用管理
                                 [-]
                               100.00
     株式会社徳銀ビジネス          徳島県
                       10  その他      (100.00)       -   -     -     -     -
     サービス          徳島市
                                 [-]
                               100.00
     香川ビジネスサービス株          香川県
                       10  その他      (100.00)       -   -     -     -     -
     式会社          高松市
                                 [-]
                                70.00
               香川県
     トモニリース株式会社                 100  リース業       (70.00)       -   -     -     -     -
               高松市
                                 [-]
                                63.00
               徳島県
     トモニカード株式会社                    その他
                       60         (63.00)       -   -     -     -     -
               徳島市
                                 [-]
                                60.50
               徳島県
     株式会社徳銀キャピタル                  30  その他       (60.50)       -   -     -     -     -
               徳島市
                                 [-]
                               100.00
               大阪府
     大正信用保証株式会社                  10  その他      (100.00)        -   -     -     -     -
               大阪市
                                 [-]
     (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。
         2.上記関係会社のうち、特定子会社に該当するのは株式会社徳島大正銀行及び株式会社香川銀行であります。
         3.「議決権の所有(又は被所有)割合」欄の( )内は子会社による間接所有の割合(内書き)、[ ]内
          は、「自己と出資、人事、資金、技術、取引等において緊密な関係があることにより自己の意思と同一の内容
          の議決権を行使すると認められる者」又は「自己の意思と同一の内容の議決権を行使することに同意している
          者」による所有割合(外書き)であります。
         4.「当社との関係内容」の「役員の兼任等」欄の( )内は、当社の役員(内書き)であります。
         5.上記関係会社のうち、株式会社徳島大正銀行及び株式会社香川銀行は経常収益(連結会社相互間の内部経常
          収益を除く。)の連結経常収益に占める割合が10%を超えております。
     主要な損益情報等

                   経常収益        経常利益       当期純利益        純資産額        総資産額
                   (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
     株式会社徳島大正銀行                 35,410        10,527        7,348       127,419       2,553,579

     株式会社香川銀行                 27,318         8,023        5,541       117,328       2,037,972
                                  6/144





                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社における従業員数
                                                 令和4年3月31日現在
     セグメントの名称             銀行業           リース業            その他            合計

                       2,085             26           153          2,264
      従業員数(人)
                       [ 256  ]          [ 1 ]          [ 16 ]         [ 273  ]
     (注)1.従業員数は嘱託及び臨時従業員517人を除き、執行役員(取締役を兼務する執行役員を除く)8名を含んで
         おります。
         2.臨時従業員数は、[ ]内に年間の平均人員を外書きで記載しております。
      (2)当社の従業員数

                                                 令和4年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
               35
                           51.8              28.7             8,437
               [ 0 ]
     (注)1.当社従業員は株式会社徳島大正銀行及び株式会社香川銀行からの出向者であります。なお、従業員数には銀
         行子会社との兼務者49名(株式会社徳島大正銀行23人及び株式会社香川銀行26人)、嘱託及び臨時従業員13名
         を含んでおりません。
         2.臨時従業員数は、[ ]内に年間の平均人員を外書きで記載しております。
         3.当社の従業員はすべてその他のセグメントに属しております。
         4.平均勤続年数は、出向元での勤続年数を通算しております。
         5.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         6.当社には労働組合はありません。また、当社グループには、徳島大正銀行従業員組合(組合員942人)及び
          香川銀行従業員組合(組合員841人)が組織されております。労使間においては特記すべき事項はありませ
          ん。
                                  7/144












                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
      (1)  経営の基本方針
         当社は、グループ経営ビジョンに基づき、金融持株会社として、当社グループ全体の健全かつ適切な運営を確保
        するため、当社の中核子会社である銀行子会社を中心とした子会社の経営管理を行い、当社グループの持続的な成
        長と中長期的な企業価値の向上を図っていきます。
        <グループ経営ビジョン(目指すべき金融グループの姿)>
         「お客さま第一主義」     お客さま第一主義の経営を徹底し、それぞれのお客さまのニーズに応じた最良
                       の金融サービスを提供します。
         「お客さまとともに成長」   地域において持続的安定的な金融仲介機能を発揮し、地域のお客さまとともに
                       成長し続けます。
         「信頼と安心の経営」     グループとしてより強固な経営基盤を構築し、お客さまから信頼され安心して
                       末長くおつきあいいただく存在になります。
      (2)  経営計画

         当社は、平成31年4月より新たな4か年計画として、第4次経営計画『変革と進化への挑戦 ~                                            変わる“トモ
        ニ”   変わらぬ“ともに”          ~』をスタートさせました。第4次経営計画では、グループ経営ビジョンに基づき『変
        革し進化する広域金融グループ』を目指し、4つの基本戦略の展開を通じて、当社グループの更なる企業価値の向
        上に努めてまいります。
        <第4次経営計画の概要>

        [名  称]
          第4次経営計画『変革と進化への挑戦 ~                    変わる“トモニ”         変わらぬ“ともに”          ~』
        [計画期間]
          平成31年4月~令和5年3月(4年間)
        [目指す姿]
          変革し進化する広域金融グループ
          1.「“ともに”協調しあって、地域のお客さまとともに、明日への発展を支えていく」という当社のブラン
           ドマークに託した設立当初からのビジョンに基づき、これまで築いてきた地域のお客さまとの信頼関係を変
           わらず維持する一方で、時代の変化とともに今後も地域のお客さまとともに成長し続けられるよう、「地域
           商社的金融グループ」への脱皮を図るなど自ら積極的に変革していく。
          2.営業面では「複数行体制」、すなわち徳島大正銀行と香川銀行がそれぞれ取引の拡大・深化を図る一方
           で、組織運営面では「最大限のワンバンク化」を目指し、持株会社やグループ会社の機能を活用した更なる
           効率化を図るなど、「トモニスタイル」を進化させ、全体として利益の最大化を図っていく。
          3.組織がダイナミックに変革し進化していくために、社員の「やってみたい」という気持ち・チャレンジ精
           神を大事にする「自ら考え行動する企業集団」を目指していく。
        [基本戦略]
          Ⅰ  ガバナンス戦略        ~  変革と進化      ~
          1.ガバナンスについては、
          (1)「会社の持続的成長と中長期的な企業価値の向上」という取締役会の責務を適切に果たしていく観点か
            ら、取締役会機能の更なる発揮を実現する。
          (2)資本充実、成長投資(資本活用)、株主還元の3つの観点から、最適な資本政策を実現する。
          (3)銀行内の業務・人員効率化の推進に加え、持株会社の更なる活用により、グループ全体として一層効果
            的・効率的な経営管理を実現するとともに、グループ会社も活用し「事務システムのワンバンク化」な
            ど共通・重複業務の効率運営を実現する。
          (4)徳島銀行と大正銀行の合併を円滑に遂行するとともに、銀行子会社の組織の共通化に着手し、将来に向
            けて、さらに柔軟かつ効率的なグループ運営の基盤を構築する。
          (5)デジタライゼーションへ対応し、金融サービスの高度化を進めるためにIT戦略を構築する。
                                  8/144



                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
          2.コンプライアンス及びリスク管理については、
          (1)お客さまから信頼され、安心して末長くおつきあいいただけるよう、マネー・ローンダリング等防止な
            どの社会からの要請や制度変更にしっかり対応するとともに、コンプライアンス意識の浸透に万全を期
            す。
          (2)景気の変動や市場の不安定化に従来以上に目配りをし、先見的なリスク管理や自己資本の充実などに
            よって、リスクの顕現化に対して万全の備えを図るとともに、そうした態勢をしっかり取ることを前提
            に、成長戦略に取り組む上で適切なリスクテイクを行う。
          Ⅱ  営業戦略     ~  お客さまとともに         ~
          1.法人戦略については、
          (1)これまで築いてきた地域のお客さまとの信頼関係を変わらず維持するとともに、お客さまの様々なニー
            ズを組織的に受け止め、最良の金融サービス提供につなげていく流れを確立する(渉外の目利き力の向
            上)。
          (2)預金・貸出といった昔ながらのサービスに加え、プロモーションやビジネスマッチング、創業支援や
            M&Aなど、幅広いサービスを提供できる「地域商社的金融グループ」を目指す。
          (3)広域金融グループとして、地域と地域を結ぶ「ベストパートナー金融グループ」を目指す。
          2.個人戦略については、
          (1)地域とともに歩んできた金融グループとして、店舗ネットワークも活用しつつ、高齢者が安心して暮ら
            せる社会づくりをサポートする。
          (2)これから社会を支える若者が、暮らしの中で上手に金融サービスを享受できるようサポートしていく。
          (3)地域に根を張る金融グループとして、お客さまの多様なニーズにお応えする。
          Ⅲ  エリア戦略・地方創生戦略             ~  地域とともに       ~
          (1)「四国・岡山・淡路地区」は、当社グループにとってのホームグラウンドであって、とりわけ「徳島・
            香川地区」はふるさとであることから、地域の実情に沿った効率的・効果的な運営を行い、多くのお客
            さまにとって、最も頼りになる金融グループになることを目指す。
          (2)「大阪地区」は、当社グループが将来に向けて成長を続けていく上での戦略的エリアと位置付け、ま
            た、第2のふるさととして、徳島大正銀行と香川銀行とが、法人・個人それぞれのお客さまのニーズに
            応じた最良の金融サービスを提供することで、取引の拡大・深化を目指す(貸出金利回りの低下や信用
            コストの発生に留意しつつ、第4次経営計画終了時点での貸出金残高1兆円を目標とする)。
          (3)「東京地区」は、わが国最大のビジネス市場であり、人口の流入が続く中で、今後とも有望な営業エリ
            アであるだけでなく、地域のお客さまの成長にとっても重要なエリアであることから、店舗を基盤とし
            た営業活動に加え、様々な形でネットワークの拡大を目指す。
          Ⅳ  人財戦略     ~  一人ひとりの“やる気”を“本気”に                  ~
          (1)意欲とチャレンジ精神に溢れた人財を作り出す人事制度を検討・導入する。
          (2)社員一人ひとりが働き甲斐を感じ、最大限の能力発揮ができるよう、自己研鑽機会の拡大や効果的な研
            修の実施などに取組む。
          (3)人財の多様性を大切にし、社員一人ひとりが働きやすい環境を整備する。
                                  9/144








                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        [目標とする経営指標]
                                           令和5年3月期

          親会社株主に帰属する当期純利益(連結)                         収益性            110億円

          本業利益(銀行子会社単体合算)                         収益性            100億円

          ROE(連結)                         効率性           5.0%以上

          コア業務粗利益OHR(銀行子会社単体合算)                         効率性          66.0%以下

          自己資本比率(連結)                         健全性           9.0%以上

          貸出金残高(銀行子会社単体合算)                         成長性           3兆円以上

          大阪地区貸出金残高(銀行子会社単体合算)                         成長性           1兆円以上

        (注)1.本業利益=貸出金平残×預貸利鞘+役務取引等利益-経費
           2.ROE=親会社株主に帰属する当期純利益/((期首株主資本+期末株主資本)×1/2)×100
           3.大阪地区=大阪府、兵庫県(除く淡路島地区)及び京都府
         なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

      (3)  経営環境及び対処すべき課題

         地域金融機関を取り巻く環境につきましては、人口減少や少子高齢化の進行、低金利政策の長期化等により厳し
        い状況が続く中、業務の効率化も含めた経営基盤の強化が求められるとともに、新型コロナウイルス感染症の拡大
        や資源価格の高騰により影響を受けた個人・中小企業者の皆さまへの資金繰りや経営改善の支援など、金融仲介機
        能の円滑な発揮によりお客さまや地域経済を支え続けていくことが強く求められております。また、デジタライ
        ゼーションへの対応、SDGs・ESGへの取組み等も重要な課題となっており、こうした取組み等により、地域の実情
        等を踏まえた持続可能なビジネスモデルへの転換が強く求められております。
          こうした中、当社は、令和4年度が最終年度となる第4次経営計画『変革と進化への挑戦 ~                                            変わる“トモ
        ニ”   変わらぬ“ともに”          ~』における4つの基本戦略の展開を通じて、『変革し進化する広域金融グループ』を
        目指し、地域のお客さまとともに成長し続けることにより、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の
        向上を図ってまいります。
         また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が年度を通して継続し、経済活動に大きな制約を受け非常に厳しい
        状況で推移する中、ワクチン接種の促進等により感染予防・拡大防止対策を進めるとともに、各種政策の効果や海
        外経済の改善もあり、景気は持ち直しの動きが見られております。しかしながら、感染力の強い変異株の発生等に
        より、感染症は依然として収束しておらず、また、世界経済においては、ウクライナ情勢などの地政学リスクや原
        油を始めとする資源価格の高騰もあり、景気の先行きは依然として不透明な状況となっており、非常に厳しい状況
        が続いております。こうした状況の中、当社グループにおいては、銀行子会社において取引先企業の資金繰り支援
        や経営改善支援に注力しておりますが、今後においても新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響が長期化
        することや資源価格の高騰等により、取引先企業では厳しい業況が続くことが予想されることから、与信関連費用
        の増加などのリスクが潜在しております。
         当社グループとしては、取引先企業における新型コロナウイルス感染症や資源価格の高騰の影響等を十分把握し
        たうえで、円滑な金融仲介機能の発揮に努めるとともに、適切なリスク管理に努めてまいります。
                                 10/144






                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
     2【事業等のリスク】
       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
      績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおり
      であります。
       当社グループ(当社及び連結子会社)は、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した
      場合の対応に努める所存であり、これらのリスク管理体制の整備の状況については、「第4                                          提出会社の状況」中の
      「4(1)③企業統治に関するその他の事項」に記載しております。
       なお、以下の記載における将来に関する事項は、当連結会計年度の末日現在において当社グループが判断したもの
      であります。
      1.経営統合に関するリスク
         当社グループは、経営統合により、より強固な経営基盤、幅広いネットワークを実現し、お客さま第一主義の経
        営思想をさらに高め、地域のお客さまとともに成長する金融グループを形成することを目指し、統合効果を最大限
        発揮すべく努力しております。
         しかしながら、以下の要因等により、当初期待した統合効果を十分に発揮できないことにより、結果として当社
        グループの業績・財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
         ・当社グループ内における、業務面での協調体制強化や経営資源の再配分等が奏功しない場合
         ・顧客との関係悪化、対外的信用力の低下等により、当初期待した収益増強が達成できない場合
         ・経営統合に伴う経営インフラの統合・再編に係わり、想定外の追加費用が発生する場合
         ・経営インフラ統合・再編の遅延等により、当初期待した経費削減が達成できない場合
      2.持株会社のリスク
         当社は銀行持株会社であり、その収入の大部分を当社が直接保有している銀行子会社から受領する配当金及び経
        営管理料に依存しております。一定の状況下では、様々な規制上の制限等により、当社の銀行子会社等が当社に支
        払うことができる配当の金額が制限される可能性があります。また、銀行子会社等が十分な利益を計上することが
        できず、当社に対して配当等を支払えない状況が生じた場合には、当社株主へ配当を支払えなくなる可能性があり
        ます。
      3.信用リスク
        (1)不良債権の状況
          当社グループは、資産の70%程度を貸出金により運用しておりますが、国内外の景気動向によっては貸出先の
         業況に悪影響を及ぼし、財務内容悪化等により不良債権が増加することで、多額の貸倒償却又は引当負担が生じ
         る可能性があります。
        (2)貸倒引当金の状況
          当社グループは、貸出先の状況に応じて、担保の価値及び貸倒実績率等に基づく見積もりにより、貸倒引当金
         を計上しておりますが、実際の貸倒れが当該見積もりを上回った場合や担保価値が下落した場合に、貸倒引当金
         の積み増し等により与信関連費用が増加する可能性があります。
        (3)貸出先への対応
          当社グループは、回収の効率・実効性その他の観点から、貸出先に債務不履行等が生じた場合においても、当
         社グループが債権者として有する法的な権利のすべてを必ずしも実行しない場合があります。また、当社グルー
         プがこれらの貸出先に対して債権放棄又は追加貸出を行って支援する場合もあります。このような貸出先に対す
         る支援を行った場合に、当社グループの与信関連費用が増加する可能性があります。
        (4)権利行使の困難性
          当社グループは、不動産市場における流動性の欠如又は価格の下落、有価証券の価格の下落等により担保権を
         設定した不動産若しくは有価証券を換金することが困難となる可能性があります。
                                 11/144






                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      4.市場リスク
        (1)金利変動に関するリスク
          当社グループの主要な収益源は、貸出金や有価証券を中心とした資金運用と、預金等による資金調達との金利
         差による利鞘収入であります。これらの資金運用・調達における金額・期間等のミスマッチが大きい場合に、金
         利変動が当社グループの収益にとってマイナスに作用する可能性があります。
        (2)為替変動に関するリスク
          当社グループが保有する有価証券の一部には、外貨建有価証券が含まれておりますが、例えば、為替相場が円
         高に変動した場合に、為替ヘッジを行っていない外貨建有価証券の価値に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (3)株価変動に関するリスク
          当社グループが保有する有価証券の一部には、市場性のある株式が含まれておりますが、株価が下落した場合
         に、保有株式に減損又は評価損が発生する可能性があります。
        (4)債券の価格変動に関するリスク
          当社グループが保有する有価証券の一部には、国債等の債券が含まれておりますが、長期金利が上昇した場合
         に、債券価格が下落し債券の評価損が発生する可能性があります。
      5.流動性リスク
         当社グループの業績や財務内容が悪化した場合、あるいは市場の混乱等により市場環境が大きく変化した場合
        に、必要な資金の確保が困難となり、通常よりも高い金利での資金調達を余儀なくされる可能性があります。
      6.事務リスク
         当社グループは、預金・為替・貸出などの銀行業務に加え、リース業務、カード業務、ベンチャーキャピタル業
        務などの幅広い業務を行っておりますが、これらの多様な業務の遂行に際して、役職員が正確な事務を怠る、ある
        いは事故・不正等による不適切な事務を行うことにより、損失が発生する可能性があります。
      7.システムリスク
         当社グループは、業務の多様化及び高度化に対応するため、勘定系オンラインシステムをはじめとする各種シス
        テムを保有しておりますが、これらのシステムのダウン又は誤作動、通信回線の故障やコンピュータの不正使用が
        発生した場合に、当社グループの業務執行及び社会的信用に悪影響を及ぼす可能性があります。
      8.法務リスク
         当社グループは、業務を遂行するうえで、銀行法、金融商品取引法、会社法など様々な法令等の適用を受けてお
        り、これらの法令等が遵守されるよう役職員に対する法令等遵守の徹底に努めておりますが、これらの法令等を遵
        守できなかった場合に、当社グループの業績・財政状態及び社会的信用に悪影響を及ぼす可能性があります。
         また、これらの法令等が将来において変更・廃止され、あるいは新たな法令等が設けられた場合に、その内容に
        よっては、当社グループの業績・財政状態及び業務遂行に悪影響を及ぼす可能性があります。
      9.人的リスク
         当社グループは、当社及び連結子会社9社で構成される企業集団ですが、雇用、健康又は安全に関する法令又は
        協定に違反した行為、個人傷害に対する支払、労働災害、差別行為、ハラスメント等の事案が発生した場合に、当
        社グループの社会的信用、業務遂行及び業績・財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
      10.風評リスク
         当社グループは、地域のみなさま、預金者等のお客さま及び市場関係者からの信用に大きく支えられております
        が、当社グループに対する事実と異なる風評・風説が、マスコミ報道・インターネット上の掲示板への書き込み等
        により発生・拡散した場合に、お客さまや市場関係者の間における当社グループの評判が悪化することにより、当
        社グループの業務遂行及び社会的信用に悪影響を及ぼす可能性があります。
      11.情報漏えいに関するリスク
         当社グループは、多くのお客さまの情報を保有しているほか、様々な経営情報等の内部情報を有しております
        が、万が一、これらの重要な情報が外部に漏えいした場合に、当社グループの社会的信用、業務遂行及び業績・財
        政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                 12/144






                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      12.自己資本比率規制に係るリスク
         当社グループは、海外営業拠点を有していないことから、連結自己資本比率を「銀行法第52条の25の規定に基づ
        き、銀行持株会社が銀行持株会社及びその子会社の保有する資産等に照らしそれらの自己資本の充実の状況が適当
        であるかどうかを判断するための基準」(平成18年金融庁告示第20号)に定められた国内基準(現時点では4%)
        以上、また、当社の銀行子会社は、連結自己資本比率及び単体自己資本比率を「銀行法第14条の2の規定に基づ
        き、銀行がその保有する資産等に照らし自己資本の充実の状況が適当であるかどうかを判断するための基準」(平
        成18年金融庁告示第19号)に定められた国内基準(現時点では4%)以上に維持することを求められております
        が、当社グループの自己資本比率がこの基準を下回った場合に、金融庁長官から業務の全部又は一部の停止等を含
        む様々な命令を受けることとなります。
         なお、以下のような場合に、自己資本比率に悪影響を及ぼす可能性があります。
         ・不良債権処理の増加にともない、大幅に与信関連費用が増加する場合
         ・株価や金利の変動にともない、保有有価証券に大きな評価損が発生する場合
         ・将来の課税所得の見積もりによって、繰延税金資産が大きく減額される場合
         ・自己資本比率基準や算定方法が変更される場合
      13.繰延税金資産に係るリスク
         当社グループは、繰延税金資産について、現時点において想定される金融経済環境等の様々な予測・仮定を前提
        に将来の課税所得を合理的に見積もり計上しておりますが、実際の課税所得が想定と異なること等により、繰延税
        金資産が減額となった場合には、当社グループの業績・財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
      14.退職給付債務に係るリスク
         当社グループは、従業員の退職給付費用及び債務について、年金資産の期待運用利回りや将来の退職給付債務算
        出に用いる年金数理計算上の前提条件に基づいて算出しておりますが、年金資産の時価が下落する、又は年金資産
        の運用利回りが想定を下回るなど、実際の結果が年金数理計算上の前提条件と異なる場合や前提条件に変更があっ
        た場合、また、年金制度の変更により過去勤務費用が発生した場合に、追加損失が発生し、当社グループの業績に
        悪影響を及ぼす可能性があります。
      15.所有不動産に係るリスク
         当社グループは、営業拠点・社宅等として不動産を所有しておりますが、当該不動産の価値・価格が下落した場
        合に、固定資産の減損損失が生じ、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
      16.災害等に関するリスク
         当社グループは、徳島県、香川県及び大阪府を中心に事業を展開しており、営業拠点、事務集中センター等の施
        設、役職員及びお客さまは徳島県、香川県及び大阪府に集中しておりますが、万が一、徳島県、香川県又は大阪府
        を含む広域に災害等が発生した場合、あるいは徳島県、香川県又は大阪府を中心とする局地的な災害等が発生した
        場合に、地域経済及び当社グループの施設・役職員に甚大な被害が及ぶ可能性があります。また、新型インフルエ
        ンザや新型コロナウイルスなどの感染症が発生し、万が一、徳島県、香川県又は大阪府を含む広域に感染拡大した
        場合、あるいは徳島県、香川県又は大阪府を中心とする局地的な地域で感染拡大した場合に、地域経済及び当社グ
        ループの施設・役職員に甚大な被害が及ぶ可能性があります。その結果、当社グループの業務執行及び業績・財政
        状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                 13/144








                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
        (以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ①財政状態及び経営成績の状況

         当連結会計年度におけるわが国経済は、引き続き新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続き、経済活動に大き
        な制約を受け非常に厳しい状況で推移する中、感染対策の徹底やワクチン接種の促進とともに、各種政策の効果や
        海外経済の改善もあり、景気は持ち直しの動きが見られました。しかしながら、感染力の強い変異株の発生等によ
        り、感染症は依然として収束しておらず、また、世界経済においては、ウクライナ情勢などの地政学的リスクや原
        油を始めとする資源価格の高騰もあり、景気の先行きは依然として不透明な状況となっております。
         地域金融機関を取り巻く環境につきましては、人口減少や少子高齢化の進行、低金利政策の長期化等により厳し
        い状況が続く中、業務の効率化も含めた経営基盤の強化が求められるとともに、新型コロナウイルス感染症の拡大
        や資源価格の高騰により影響を受けた個人・中小企業者の皆さまへの資金繰りや経営改善の支援など、金融仲介機
        能の円滑な発揮によりお客さまや地域経済を支え続けていくことが強く求められております。また、デジタライ
        ゼーションへの対応、SDGs・ESGへの取組み等も重要な課題となっており、こうした取組み等により、地域の実情
        等を踏まえた持続可能なビジネスモデルへの転換が強く求められております。
         こうした中、当社は、平成31年4月より新たな4か年計画として、第4次経営計画『変革と進化への挑戦 ~
        変わる“トモニ”         変わらぬ“ともに”          ~』をスタートさせました。第4次経営計画では、グループ経営ビジョン
        に基づき『変革し進化する広域金融グループ』を目指し、4つの基本戦略の展開を通じて、当社グループの更なる
        企業価値の向上に努めております。
         当計画の3年目である当連結会計年度においては、グループ銀行が連携して、新型コロナウイルス感染症拡大に
        より影響を受けたお客さまへの資金繰り支援を継続するとともに、人材紹介業務への参入、「地域とトモニファン
        ド」を活用した出資、トモニmini商談会や起業創業・医業経営セミナーのWeb開催等により、お客さまの成長支援
        による地域経済活性化への取組みを行いました。また、お客さまのSDGs宣言策定支援を行うサービスの取扱開始、
        トモニSDGs・ESGセミナーのWeb開催等により、お客さまと協働して持続可能な社会の実現に向けた取組みを行いま
        した。
         このような経過を踏まえ、当連結会計年度は次のような営業成績をおさめることができました。
         当連結会計年度における損益状況は、経常収益は、貸出金利息及び役務取引等収益が増加しましたが、有価証券
        利息配当金及び株式等売却益が減少したこと等により、前連結会計年度比352百万円減少して70,335百万円となり
        ました。経常費用は、国債等債券売却損、国債等債券償却、株式等売却損、株式等償却及び与信関連費用が減少し
        たこと等により、同4,991百万円減少して51,203百万円となりました。その結果、経常利益は同4,639百万円増加し
        て19,132百万円、親会社株主に帰属する当期純利益は同3,078百万円増加して13,062百万円となりました。
         なお、セグメント別の業績につきましては、銀行業セグメントの経常収益は前連結会計年度比567百万円減少し
        て62,681百万円、セグメント利益は同4,696百万円増加して18,549百万円となりました。また、リース業セグメン
        トのセグメント利益は131百万円、その他のセグメント利益は1,809百万円となりました。
         当連結会計年度末における主要勘定残高は、総資産残高は前連結会計年度末比1,881億円増加して4兆5,960億
        円、純資産残高は同26億円増加して2,457億円となりました。また、譲渡性預金を含む預金等残高は同1,659億円増
        加して4兆621億円、貸出金残高は同1,462億円増加して3兆2,299億円、有価証券残高は同284億円増加して7,278
        億円となりました。
                                 14/144






                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        ②キャッシュ・フローの状況
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          当連結会計年度において営業活動の結果獲得した資金は47,910百万円となり、前連結会計年度比180,347百万
         円の獲得減少となりました。これは、前連結会計年度と比較して、預金及び借用金の増加による資金の獲得が減
         少したこと等によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          当連結会計年度において投資活動の結果支出した資金は27,436百万円となり、前連結会計年度比15,378百万円
         の支出減少となりました。これは、前連結会計年度と比較して、有価証券の取得による支出が減少したこと等に
         よるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          当連結会計年度において財務活動の結果支出した資金は2,375百万円となり、前連結会計年度比988百万円の支
         出増加となりました。これは、当連結会計年度において、劣後特約付借入金の返済による支出及び子会社株式の
         取得による支出が発生したこと等によるものであります。
        (現金及び現金同等物の増減状況)
          当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末比18,108百万円増加し532,813百万円と
         なりました。
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する分析・検討内容は次のとおりであります。
         なお、以下の記載における将来に関する事項は、当連結会計年度の末日現在において判断したものであります。
        ①経営方針等に照らした、経営者による経営成績等の分析、検討内容

         第4次経営計画における目標とする経営指標に対しての実績は以下のとおりであります。
                                    令和5年3月期計画            令和4年3月期実績

      親会社株主に帰属する当期純利益(連結)                        収益性         110億円            130億円

      本業利益(銀行子会社単体合算)                        収益性         100億円            112億円

      ROE(連結)                        効率性        5.0%以上              5.77%

      コア業務粗利益OHR(銀行子会社単体合算)                        効率性        66.0%以下              63.34%

      自己資本比率(連結)                        健全性        9.0%以上              8.84%

      貸出金残高(銀行子会社単体合算)                        成長性        3兆円以上           3兆2,387億円

      大阪地区貸出金残高(銀行子会社単体合算)                        成長性        1兆円以上            1兆397億円

    (注)1.本業利益=貸出金平残×預貸利鞘+役務取引等利益-経費
       2.ROE=親会社株主に帰属する当期純利益/((期首株主資本+期末株主資本)×1/2)×100
       3.大阪地区=大阪府、兵庫県(除く淡路島地区)及び京都府
        イ.第4次経営計画の3年目である令和4年3月期におきましては、貸出金利息及び役務取引等収益が増加したこ

         と等により、親会社株主に帰属する当期純利益は前期比31億円増加して130億円となりました。本業利益は前期
         比20億円増加して112億円となりました。
        ロ.令和4年3月末における貸出金残高については、新型コロナウイルス感染症対応融資をはじめ、中小企業・個
         人向け貸出等に積極的に取り組みました結果、前期末比1,459億円増加して3兆2,387億円となりました。また、
         戦略的エリアと位置付けている大阪地区においても順調に増加し、令和4年3月末における大阪地区貸出金残高
         は前期末比583億円増加して1兆397億円となりました。
        ハ.令和4年3月末における連結自己資本比率は、利益の積み上げによる資本の充実を図りました結果、前期末比
         0.02%ポイント上昇して8.84%となりました。また、ROEは前期末比1.14%ポイント上昇して5.77%、コア業
         務粗利益OHRは前期末比1.95%ポイント低下して63.34%となりました。
                                 15/144




                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        ②経営成績に重要な影響を与える要因についての分析
         新型コロナウイルス感染症の感染拡大が年度を通して継続し、経済活動に大きな制約を受け非常に厳しい状況で
        推移する中、ワクチン接種の促進等により感染予防・拡大防止対策を進めるとともに、各種政策の効果や海外経済
        の改善もあり、景気は持ち直しの動きが見られております。しかしながら、感染力の強い変異株の発生等により、
        感染症は依然として収束しておらず、また、世界経済においては、ウクライナ情勢などの地政学リスクや原油を始
        めとする資源価格の高騰もあり、景気の先行きは依然として不透明な状況となっており、非常に厳しい状況が続い
        ております。こうした状況の中、当社グループにおいては、銀行子会社において取引先企業の資金繰り支援や経営
        改善支援に注力しておりますが、今後においても新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響が長期化するこ
        とや資源価格の高騰等により、取引先企業では厳しい業況が続くことが予想されることから、与信関連費用の増加
        などのリスクが潜在しております。
         その他、当社グループの経営成績に重要な影響を与えるリスク等については、「2                                      事業等のリスク」に記載し
        ております。
         また、当社グループの中核企業である銀行子会社2行の経営成績等の分析は、以下のとおりであります。

      徳島大正銀行(単体)の損益及び主要勘定残高(末残)

                                                   (単位:百万円)
                                 令和2年度         令和3年度           増減
                経    常    収    益      33,873         35,410          1,537
                コ  ア  業  務  粗  利  益      28,251         29,656          1,405
       損      益   コ   ア   業  務   純   益      10,127         11,221          1,094
                経    常    利    益       8,803         10,527          1,724
                当   期   純   利   益       6,055         7,348         1,293
                総      資      産     2,421,565         2,553,579          132,014
                預金等(譲渡性預金を含む)                 2,149,194         2,269,902          120,708
       主要勘定残高
                総   預   り   資   産     2,266,441         2,389,779          123,338
       (末   残)
                貸      出      金     1,742,483         1,827,214           84,731
                有    価    証    券      369,854         392,279          22,425
         当事業年度における損益状況は、経常収益は、貸出金利息、役務取引等収益及び国債等債券売却益が増加したこ

        と等により、前事業年度比1,537百万円増加して35,410百万円となりました。
         また、コア業務粗利益は、資金利益及び役務取引等利益が増加したこと等により、同1,405百万円増加して
        29,656百万円となり、銀行本業の収益を示すコア業務純益は、同1,094百万円増加して11,221百万円となりまし
        た。
         経常利益は、与信関連費用が減少したこと等により、同1,724百万円増加して10,527百万円となり、当期純利益
        は、同1,293百万円増加して7,348百万円となりました。
         当事業年度末における主要勘定残高の状況は、譲渡性預金を含む預金等残高は、個人・法人預金ともに増加し、
        前事業年度末比120,708百万円増加して2,269,902百万円となりました。預り資産を加えた総預り資産残高は、同
        123,338百万円増加して2,389,779百万円となりました。また、貸出金残高は、新型コロナウイルス感染症対応融資
        をはじめ、中小企業・個人向け貸出等に積極的に取組みました結果、同84,731百万円増加して1,827,214百万円と
        なりました。
                                 16/144






                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      香川銀行(単体)の損益及び主要勘定残高(末残)

                                                   (単位:百万円)
                                 令和2年度         令和3年度           増減
                経    常    収    益      29,651         27,318         △2,333
                コ  ア  業  務  粗  利  益      21,840         22,522           682
       損      益   コ   ア   業  務   純   益       7,258         7,905          647
                経    常    利    益       5,784         8,023         2,239
                当   期   純   利   益       4,270         5,541         1,271
                総      資      産     1,982,308         2,037,972           55,664
                預金等(譲渡性預金を含む)                 1,752,166         1,797,252           45,086
       主要勘定残高
                総   預   り   資   産     1,889,370         1,938,013           48,643
       (末   残)
                貸      出      金     1,350,360         1,411,511           61,151
                有    価    証    券      327,308         333,878          6,570
         当事業年度における損益状況は、経常収益は、国債等債券売却益及び株式等売却益が減少したこと等により、前

        事業年度比2,333百万円減少して27,318百万円となりました。
         また、コア業務粗利益は、役務取引等利益が増加したこと等により、同682百万円増加して22,522百万円とな
        り、銀行本業の収益を示すコア業務純益は、同647百万円増加して7,905百万円となりました。
         経常利益は、債券関係損益が増加したこと等により、同2,239百万円増加して8,023百万円となり、当期純利益は
        同1,271百万円増加して5,541百万円となりました。
         当事業年度末における主要勘定残高の状況は、譲渡性預金を含む預金等残高は、個人・法人預金ともに増加し、
        前事業年度末比45,086百万円増加して1,797,252百万円となりました。預り資産を加えた総預り資産残高は、同
        48,643百万円増加して1,938,013百万円となりました。また、貸出金残高は、新型コロナウイルス感染症対応融資
        をはじめ、中小企業・個人向け貸出等に積極的に取組みました結果、同61,151百万円増加して1,411,511百万円と
        なりました。
        ③資本の財源及び資金の流動性

         当社グループは、お客さまからの預金を源泉として、営業エリア内の中小企業向けの貸出金、有価証券等により
        運用しております。
         なお、当社グループの主要な設備投資等の資本的支出の内容、資金の調達源については、「第3                                            設備の状況」
        に記載しております。
        ④重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         当社が連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものは
        以下のとおりであります。
        (貸倒引当金の計上)

         当社グループにおける貸出金等の債権の残高は多額であり、貸倒引当金の計上は、経営成績等に与える影響が大
        きいため、会計上の見積りにおいて重要なものと判断しております。
         銀行業を営む連結子会社の貸倒引当金は、予め定めている償却・引当基準に則り計上しており、その内容につい
        ては、「第5       経理の状況」中の「1(1)連結財務諸表                   注記事項     (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
        項)」に記載しております。
         また、重要な会計上の見積りの内容に関する理解に資する情報及び新型コロナウイルス感染症の影響につきまし
        ては、「第5       経理の状況」中の「1(1)連結財務諸表                   注記事項     (重要な会計上の見積り)」に記載しておりま
        す。
                                 17/144





                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (参考)
      (1)国内・国際業務部門別収支
         当連結会計年度の資金運用収支は、貸出金利息及び預け金利息の増加等により前連結会計年度比500百万円増加
        して46,876百万円となりました。役務取引等収支については、預金・貸出金に関する手数料の増加等により同
        1,376百万円増加して6,434百万円となりました。その他業務収支は、国債等債券売却損の減少等により同2,812百
        万円増加して687百万円となりました。
         部門別では国内業務部門の資金運用収支は43,091百万円、役務取引等収支は6,411百万円、その他業務収支は
        1,019百万円となりました。また、国際業務部門の資金運用収支は3,785百万円、役務取引等収支は22百万円、その
        他業務収支は△331百万円となりました。
                               国内業務部門          国際業務部門            合計
          種類            期別
                               金額(百万円)          金額(百万円)          金額(百万円)
                    前連結会計年度                42,473           3,903          46,376
     資金運用収支
                    当連結会計年度                43,091           3,785          46,876
                                                          131
                    前連結会計年度                43,909           4,142
                                                        47,919
      うち資金運用収益
                                                          121
                    当連結会計年度                44,201           3,943
                                                        48,023
                                                          131
                    前連結会計年度                1,436           238
                                                         1,543
      うち資金調達費用
                                                          121
                    当連結会計年度                1,110           157
                                                         1,146
                    前連結会計年度                5,035            23         5,058
     役務取引等収支
                    当連結会計年度                6,411            22         6,434
                    前連結会計年度                9,223            45         9,268

      うち役務取引等収益
                    当連結会計年度                10,403            50        10,453
                    前連結会計年度                4,187            22         4,210

      うち役務取引等費用
                    当連結会計年度                3,992            27         4,019
                    前連結会計年度               △2,176             50        △2,125

     その他業務収支
                    当連結会計年度                1,019          △331           687
                    前連結会計年度                8,127           545         8,672

      うちその他業務収益
                    当連結会計年度                7,983          1,125          9,108
                    前連結会計年度                10,304            494         10,798

      うちその他業務費用
                    当連結会計年度                6,963          1,456          8,420
     (注)1.海外店はないため、国内業務部門と国際業務部門に区分して開示しております。国内業務部門は円建取引、
          国際業務部門は外貨建取引であります。ただし、円建対非居住者取引は国際業務部門に含めております。
         2.資金調達費用は金銭の信託運用見合費用(前連結会計年度2百万円、当連結会計年度1百万円)を控除して
          表示しております。
         3.資金運用収益及び資金調達費用の合計欄の上段の計数は、国内業務部門と国際業務部門の間の資金貸借の利
          息であります。
                                 18/144





                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (2)国内・国際業務部門別資金運用/調達の状況
        ① 国内業務部門
          当連結会計年度の資金運用勘定の平均残高は、貸出金及び預け金の増加等により前連結会計年度比530,715百
         万円増加して4,357,372百万円、資金調達勘定の平均残高については、預金の増加等により同356,477百万円増加
         して4,279,991百万円となりました。資金運用勘定の利回りは、有価証券利回りの低下等により同0.13%ポイン
         ト低下して1.01%、資金調達勘定の利回りは、預金利回りの低下等により同0.01%ポイント低下して0.02%とな
         りました。また、資金運用勘定の利息は44,201百万円、資金調達勘定の利息は1,110百万円となりました。
                                平均残高           利息          利回り
          種類            期別
                               金額(百万円)          金額(百万円)            (%)
                                   (232,531)            (131)
                    前連結会計年度                                     1.14
                                  3,826,657            43,909
     資金運用勘定
                                   (283,153)            (121)
                    当連結会計年度                                     1.01
                                  4,357,372            44,201
                    前連結会計年度              2,870,968            37,241           1.29
      うち貸出金
                    当連結会計年度              3,012,676            37,695           1.25
                    前連結会計年度                 486           2         0.52
      うち商品有価証券
                    当連結会計年度                 487           2         0.45
                    前連結会計年度               472,626           6,307           1.33
      うち有価証券
                    当連結会計年度               531,534           5,716           1.07
                    前連結会計年度                20,219            △2         △0.01
      うちコールローン及び買
      入手形
                    当連結会計年度                4,547           △0         △0.01
                    前連結会計年度               229,483            219          0.09
      うち預け金
                    当連結会計年度               524,405            657          0.12
                    前連結会計年度              3,923,514            1,436           0.03
     資金調達勘定
                    当連結会計年度              4,279,991            1,110           0.02
                    前連結会計年度              3,690,581            1,334           0.03
      うち預金
                    当連結会計年度              3,892,656            1,025           0.02
                    前連結会計年度                85,302            21         0.02
      うち譲渡性預金
                    当連結会計年度                95,540            15         0.01
                    前連結会計年度                33,556            △7         △0.02
      うちコールマネー及び売
      渡手形
                    当連結会計年度                62,386            △4         △0.00
                    前連結会計年度               121,481             74         0.06
      うち借用金
                    当連結会計年度               236,349             68         0.02
     (注)1.平均残高は、原則として日々の残高の平均に基づいて算出しておりますが、金融業以外の国内連結子会社に
         ついては、半年毎の残高に基づく平均残高を利用しております。
         2.資金運用勘定は無利息預け金の平均残高(前連結会計年度208,890百万円、当連結会計年度49,521百万円)
          を、資金調達勘定は金銭の信託運用見合額の平均残高(前連結会計年度7,668百万円、当連結会計年度7,335百
          万円)及び利息(前連結会計年度2百万円、当連結会計年度1百万円)を、それぞれ控除して表示しておりま
          す。
         3.( )内は、国内業務部門と国際業務部門の間の資金貸借の平均残高及び利息(内書き)であります。
                                 19/144




                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        ② 国際業務部門
          当連結会計年度の資金運用勘定の平均残高は、貸出金の増加等により前連結会計年度比20,987百万円増加して
         325,596百万円、資金調達勘定の平均残高は、同21,762百万円増加して324,590百万円となりました。資金運用勘
         定の利回りは、有価証券利回りの低下等により同0.14%ポイント低下して1.21%、資金調達勘定の利回りは、預
         金利回りの低下等により同0.03%ポイント低下して0.04%となりました。また、資金運用勘定の利息額は3,943
         百万円、資金調達勘定の利息は157百万円となりました。
                                平均残高           利息          利回り
          種類            期別
                               金額(百万円)          金額(百万円)            (%)
                    前連結会計年度               304,609           4,142           1.35
     資金運用勘定
                    当連結会計年度               325,596           3,943           1.21
                    前連結会計年度               120,456           1,693           1.40

      うち貸出金
                    当連結会計年度               145,933           1,877           1.28
                    前連結会計年度                  -          -          -

      うち商品有価証券
                    当連結会計年度                  -          -          -
                    前連結会計年度               176,228           2,441           1.38

      うち有価証券
                    当連結会計年度               169,324           2,057           1.21
                    前連結会計年度                  -          -          -

      うちコールローン及び買
      入手形
                    当連結会計年度                  -          -          -
                    前連結会計年度                  -          -          -

      うち預け金
                    当連結会計年度                  -          -          -
                                   (232,531)            (131)
                    前連結会計年度                                     0.07
                                   302,828            238
     資金調達勘定
                                   (283,153)            (121)
                    当連結会計年度                                     0.04
                                   324,590            157
                    前連結会計年度                59,531            65         0.11
      うち預金
                    当連結会計年度                41,281            37         0.09
                    前連結会計年度                  -          -          -

      うち譲渡性預金
                    当連結会計年度                  -          -          -
                    前連結会計年度                10,656            39         0.37

      うちコールマネー及び売
      渡手形
                    当連結会計年度                  -          -          -
                    前連結会計年度                  -          -          -

      うち借用金
                    当連結会計年度                  -          -          -
     (注)1.資金運用勘定は、無利息預け金の平均残高(前連結会計年度103百万円、当連結会計年度39百万円)を控除
         して表示しております。
         2.( )内は、国内業務部門と国際業務部門の間の資金貸借の平均残高及び利息(内書き)であります。
         3.国際業務部門の外貨建取引の平均残高は、月次カレント方式(前月末TT仲値を当該月のノンエクスチェン
          ジ取引に適用する方法)により算出しております。
                                 20/144





                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        ③ 合計
                                平均残高           利息
          種類            期別                             利回り(%)
                               金額(百万円)          金額(百万円)
                    前連結会計年度              3,898,735            47,919           1.22
     資金運用勘定
                    当連結会計年度              4,399,815            48,023           1.09
                    前連結会計年度              2,991,424            38,934           1.30

      うち貸出金
                    当連結会計年度              3,158,610            39,573           1.25
                    前連結会計年度                 486           2         0.52

      うち商品有価証券
                    当連結会計年度                 487           2         0.45
                    前連結会計年度               648,854           8,749           1.34

      うち有価証券
                    当連結会計年度               700,859           7,774           1.10
                    前連結会計年度                20,219            △2         △0.01

      うちコールローン及び買
      入手形
                    当連結会計年度                4,547           △0         △0.01
                    前連結会計年度               229,483            219          0.09

      うち預け金
                    当連結会計年度               524,405            657          0.12
                    前連結会計年度              3,993,811            1,543           0.03

     資金調達勘定
                    当連結会計年度              4,321,428            1,146           0.02
                    前連結会計年度              3,750,113            1,400           0.03

      うち預金
                    当連結会計年度              3,933,937            1,062           0.02
                    前連結会計年度                85,302            21         0.02

      うち譲渡性預金
                    当連結会計年度                95,540            15         0.01
                    前連結会計年度                44,212            32         0.07

      うちコールマネー及び売
      渡手形
                    当連結会計年度                62,386            △4         △0.00
                    前連結会計年度               121,481             74         0.06

      うち借用金
                    当連結会計年度               236,349             68         0.02
     (注)1.資金運用勘定は無利息預け金の平均残高(前連結会計年度208,994百万円、当連結会計年度49,560百万円)
         を、資金調達勘定は金銭の信託運用見合額の平均残高(前連結会計年度7,668百万円、当連結会計年度7,335百
         万円)及び利息(前連結会計年度2百万円、当連結会計年度1百万円)を、それぞれ控除して表示しておりま
         す。
         2.国内業務部門と国際業務部門の間の資金貸借の平均残高及び利息は相殺して記載しております。
                                 21/144







                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (3)国内・国際業務部門別役務取引の状況
         当連結会計年度の役務取引等収益は、預金・貸出金に関する手数料の増加等により前連結会計年度比1,185百万
        円増加して10,453百万円となりました。また、役務取引等費用については、為替業務に関する手数料の減少等によ
        り同191百万円減少して4,019百万円となりました。
                               国内業務部門          国際業務部門            合計
          種類            期別
                               金額(百万円)          金額(百万円)          金額(百万円)
                    前連結会計年度                9,223            45         9,268
     役務取引等収益
                    当連結会計年度                10,403            50        10,453
                    前連結会計年度                2,660            -         2,660

      うち預金・貸出業務
                    当連結会計年度                3,940            -         3,940
                    前連結会計年度                1,665            42         1,708

      うち為替業務
                    当連結会計年度                1,557            45         1,602
                    前連結会計年度                 839           -          839

      うち証券関連業務
                    当連結会計年度                1,826            -         1,826
                    前連結会計年度                 141           -          141

      うち代理業務
                    当連結会計年度                 403           -          403
                    前連結会計年度                  81          -          81

      うち保護預り・貸金庫業
      務
                    当連結会計年度                  73          -          73
                    前連結会計年度                 124           3         128

      うち保証業務
                    当連結会計年度                 149           4         154
                    前連結会計年度                4,187            22         4,210

     役務取引等費用
                    当連結会計年度                3,992            27         4,019
                    前連結会計年度                 278           22          301

      うち為替業務
                    当連結会計年度                 196           27          224
     (注)     海外店はないため、国内業務部門と国際業務部門に区分して開示しております。国内業務部門は円建取引、国
        際業務部門は外貨建取引であります。ただし、円建対非居住者取引は国際業務部門に含めております。
                                 22/144









                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (4)国内・国際業務部門別預金残高の状況
        ○ 預金の種類別残高(末残)
                               国内業務部門          国際業務部門            合計
          種類            期別
                               金額(百万円)          金額(百万円)          金額(百万円)
                    前連結会計年度              3,793,311            33,980         3,827,292
     預金合計
                    当連結会計年度              3,907,982            40,660         3,948,642
                    前連結会計年度              2,033,335              -       2,033,335

      うち流動性預金
                    当連結会計年度              2,155,737              -       2,155,737
                    前連結会計年度              1,751,206              -       1,751,206

      うち定期性預金
                    当連結会計年度              1,747,549              -       1,747,549
                    前連結会計年度                8,770          33,980          42,750

      うちその他
                    当連結会計年度                4,694          40,660          45,355
                    前連結会計年度                68,979            -        68,979

     譲渡性預金
                    当連結会計年度               113,501             -        113,501
                    前連結会計年度              3,862,291            33,980         3,896,271

     総合計
                    当連結会計年度              4,021,483            40,660         4,062,144
     (注)1.海外店はないため、国内業務部門と国際業務部門に区分して開示しております。国内業務部門は円建取引、
         国際業務部門は外貨建取引であります。ただし、円建対非居住者取引は国際業務部門に含めております。
         2.流動性預金=当座預金+普通預金+貯蓄預金+通知預金
         3.定期性預金=定期預金+定期積金
                                 23/144












                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (5)国内・海外別貸出金残高の状況
        ① 業種別貸出状況(末残・構成比)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
            業種別
                        金 額(百万円)          構成比(%)        金 額(百万円)          構成比(%)
     国内
                             3,083,708         100.00          3,229,950         100.00
     (除く特別国際金融取引勘定分)
      製造業                        176,201         5.71          176,028         5.44
      農業,林業                         8,131        0.26           8,298        0.25
      漁業                         3,157        0.10           2,819        0.08

      鉱業,採石業,砂利採取業                         6,819        0.22           6,990        0.21

      建設業                        174,109         5.64          184,712         5.71

      電気・ガス・熱供給・水道業                        46,122        1.49          48,486        1.50

      情報通信業                        18,182        0.58          18,749        0.58

      運輸業,郵便業                        251,271         8.14          284,069         8.79

      卸売業,小売業                        229,317         7.43          241,846         7.48

      金融業,保険業                        66,149        2.14          67,571        2.09

      不動産業,物品賃貸業                        863,024        27.98          923,369        28.58

      各種サービス業                        398,160        12.91          407,620        12.62

      地方公共団体                        121,956         3.95          110,412         3.41

      その他                        721,103        23.38          748,975        23.18
     海外及び特別国際金融取引勘定分                            -       -           -       -

      政府等                           -       -           -       -

      金融機関                           -       -           -       -
      その他                           -       -           -       -
             合計                3,083,708        -          3,229,950        -

        ② 外国政府等向け債権残高(国別)

          該当事項はありません。
                                 24/144








                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (6)国内・国際業務部門別有価証券の状況
        ○ 有価証券残高(末残)
                               国内業務部門          国際業務部門            合計
          種類            期別
                               金額(百万円)          金額(百万円)          金額(百万円)
                    前連結会計年度                72,507            -        72,507
     国債
                    当連結会計年度                70,817            -        70,817
                    前連結会計年度               149,678             -        149,678

     地方債
                    当連結会計年度               168,930             -        168,930
                    前連結会計年度                  -          -          -

     短期社債
                    当連結会計年度                  -          -          -
                    前連結会計年度               158,437             -        158,437

     社債
                    当連結会計年度               136,427             -        136,427
                    前連結会計年度                49,884            -        49,884

     株式
                    当連結会計年度                45,988            -        45,988
                    前連結会計年度                99,412          169,566          268,979

     その他の証券
                    当連結会計年度               125,548          180,176          305,725
                    前連結会計年度               529,921          169,566          699,488

          合計
                    当連結会計年度               547,712          180,176          727,889
     (注)1.海外店はないため、国内業務部門と国際業務部門に区分して開示しております。国内業務部門は円建取引、
         国際業務部門は外貨建取引であります。ただし、円建対非居住者取引は国際業務部門に含めております。
         2.「その他の証券」には、外国債券及び外国株式を含んでおります。
                                 25/144











                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (自己資本比率の状況)
        (参考)
         自己資本比率は、銀行法第52条の25の規定に基づき、銀行持株会社が銀行持株会社及びその子会社の保有する資
        産等に照らしそれらの自己資本の充実の状況が適当であるかどうかを判断するための基準(平成18年金融庁告示第
        20号)に定められた算式に基づき、連結ベースについて算出しております。
         なお、当社は国内基準を適用のうえ、信用リスク・アセットの算出においては標準的手法を採用しております。
         連結自己資本比率(国内基準)

                                                   (単位:億円、%)
                                              令和4年3月31日
     1.連結自己資本比率(2/3)                                                  8.84
     2.連結における自己資本の額                                                 2,414
     3.リスク・アセットの額                                                27,314
     4.連結総所要自己資本額                                                 1,092
                                 26/144















                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (資産の査定)
        (参考)
         資産の査定は、「金融機能の再生のための緊急措置に関する法律」(平成10年法律第132号)第6条に基づき、
        株式会社徳島大正銀行及び株式会社香川銀行の貸借対照表の社債(当該社債を有する金融機関がその元本の償還及
        び利息の支払の全部又は一部について保証しているものであって、当該社債の発行が金融商品取引法(昭和23年法
        律第25号)第2条第3項に規定する有価証券の私募によるものに限る。)、貸出金、外国為替、その他資産中の未
        収利息及び仮払金、支払承諾見返の各勘定に計上されるもの並びに貸借対照表に注記することとされている有価証
        券の貸付けを行っている場合のその有価証券(使用貸借又は賃貸借契約によるものに限る。)について債務者の財
        政状態及び経営成績等を基礎として次のとおり区分するものであります。
        1.破産更生債権及びこれらに準ずる債権

          破産更生債権及びこれらに準ずる債権とは、破産手続開始、更生手続開始、再生手続開始の申立て等の事由に
         より経営破綻に陥っている債務者に対する債権及びこれらに準ずる債権をいう。
        2.危険債権

          危険債権とは、債務者が経営破綻の状態には至っていないが、財政状態及び経営成績が悪化し、契約に従った
         債権の元本の回収及び利息の受取りができない可能性の高い債権をいう。
        3.要管理債権

          要管理債権とは、三月以上延滞債権及び貸出条件緩和債権をいう。
        4.正常債権

          正常債権とは、債務者の財政状態及び経営成績に特に問題がないものとして、上記1から3までに掲げる債権
         以外のものに区分される債権をいう。
         資産の査定の額

                       株式会社徳島大正銀行                      株式会社香川銀行
                   令和3年3月31日          令和4年3月31日          令和3年3月31日          令和4年3月31日

         債権の区分
                     金額(億円)          金額(億円)          金額(億円)          金額(億円)
     破産更生債権及びこれらに
                           52          46          58          62
     準ずる債権
     危険債権                     168          200          195          183
     要管理債権                      27          81          30          15
     正常債権                    17,428          18,207          13,492          14,165
     4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
     5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                 27/144





                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
       当社グループは、総合金融サービスの充実・強化を狙いとして、銀行業を中心に総額                                        1,852   百万円の設備投資を行
      いました。
       銀行業においては、徳島大正銀行の大阪地区の拠点ビル等、営業店舗の新築改修等に                                        1,749   百万円の設備投資を
      行っております。
       リース業においては          30 百万円の設備投資を行っております。
       また、当連結会計年度において、営業上重要な影響を及ぼすような固定資産の売却、撤去等はありません。
     2【主要な設備の状況】

       当連結会計年度末における主要な設備の状況は次のとおりであります。
                                               (令和4年3月31日現在)
                                                 リース

                       セグメ            土地       建物    動産       合計    従業
               店舗名             設備の                      資産
         会社名          所在地    ントの                                  員数
               その他             内容
                        名称                                 (人)
                               (面積㎡)           帳簿価額(百万円)
        トモニホー
     当社   ルディング      本社     香川県    その他    本社        -    -     5   4   -     9   35
        ス㈱
              本店
                                51,798.97
              他56支店     徳島県    銀行業    店舗           5,477    4,831     445    60  10,814     656
                               (13,433.49)
              4出張所
              高松支店
                   香川県    銀行業    店舗      745.97      329     5   5   -    341    12
              他1店
              高知支店     高知県    銀行業    店舗      512.91      238    169     2   -    410    16
              松山支店
                   愛媛県    銀行業    店舗     1,233.16       325     81   12    -    420    24
              他1店
              大阪支店
                                4,354.13
              他21店     大阪府    銀行業    店舗           1,461    2,019     221    -   3,701    288
                                 (281.79)
              4出張所
              神戸支店
     連結
                                3,810.66
        ㈱徳島大正
              他6店     兵庫県    銀行業    店舗            405    365    31    -    802    65
     子会
                                 (409.39)
        銀行
              2出張所
     社
              京都支店
                   京都府    銀行業    店舗        -    -     0   3   -     3   11
              他1店
              東京支店
                   東京都    銀行業    店舗        -    -    46   14    -    61   38
              他3店
              事務集中             事務セ
                   徳島県    銀行業         2,367.66       217    134    18    -    370    -
              センター             ンター
              大阪地区             事務セ
                   大阪府    銀行業            -    -    20   14    -    35   -
              センター             ンター
              研修会館     徳島県    銀行業    研修所     6,207.07       571    547     1   -   1,120     -
                   徳島県        寮・社
              寮・社宅         銀行業         1,528.61       160    102     0   -    262    -
                   他        宅
                                 28/144





                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
                                                 リース
                       セグメ            土地       建物    動産       合計    従業
              店舗名             設備の                      資産
         会社名          所在地    ントの                                  員数
              その他             内容
                       名称                                 (人)
                               (面積㎡)           帳簿価額(百万円)
              本店
                                46,534.83
              他51支店     香川県    銀行業    店舗           3,207    6,781     277    248   10,514     581
                                (5,764.94)
              6出張所
              松山支店                  11,033.87
                   愛媛県    銀行業    店舗            753    871    25    15   1,666     97
              他10店                  (4,614.81)
              徳島支店                  1,921.87
                   徳島県    銀行業    店舗            52    189     7    6   254    13
              他1店                  (1,309.35)
                                 578.41
              高知支店     高知県    銀行業    店舗            65    14    1    0    82   13
                                 (333.12)
              岡山支店                  8,207.30
                   岡山県    銀行業    店舗            782    300    19    28   1,131     98
              他7店                  (1,297.22)
        ㈱香川銀行
              福山支店     広島県    銀行業    店舗      842.41      61     1    0    1    64   10
              大阪支店                  2,492.85
                   大阪府    銀行業    店舗            419     96    18    6   540    73
              他4店                  (1,561.07)
              東京支店                   743.81
                   東京都    銀行業    店舗            -    61    17    -    78   31
              他2店                   (743.81)
              事務             事務セ
                   香川県    銀行業         2,394.59       504    911    117    -   1,532     59
              センター             ンター
                   香川県        寮・社
     連結
              寮・社宅         銀行業        10,586.92       732    516    -    -   1,248     -
                   他        宅
     子会
              その他の     香川県        その他
     社
                       銀行業         3,706.50       136     1   18    -    156    -
              設備     他        の設備
        トモニ
                   香川県
        システム      本社他         その他    本社        -    -    -    74    -    74   72
                   他
        サービス㈱
        ㈱徳銀
        ビジネス      本社     徳島県    その他    本社        -    -    -    -    -    -   4
        サービス
        香川ビジネ
        スサービス      本社     香川県    その他    本社        -    -    14    1    8    24   28
        ㈱
              本社
        トモニリー           香川県    リース
              他4営業             本社        -    -     1   41    -    42   26
        ス㈱           他    業
              所
        トモニ           徳島県
              本社他         その他    本社        -    -     1   11    -    13   14
        カード㈱           他
        ㈱徳銀
              本社     徳島県    その他    本社        -    -     2    2   -     4   -
        キャピタル
        大正信用保
              本社     大阪府    その他    本社        -    -    -    -    -    -   -
        証㈱
     (注)1.土地の面積欄の( )内は、借地の面積(うち書き)であり、その年間賃借料は建物も含め1,145百万円で
         あります。
         2.従業員数は、就業人員数であり、嘱託及び臨時従業員を含んでおりません。
         3.銀行業を営む連結子会社の店舗外現金自動設備206か所は、上記に含めて記載しております。
                                 29/144




                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
     3【設備の新設、除却等の計画】
      (1)新設・改修等
                                    投資予定金額
                                     (百万円)
             店舗名            セグメント      設備の              資金調達          完成予定
      会社名             所在地    区分                            着手年月
             その他            の名称      内容              方法          年月
                                    総額    既支払額
                  香川県                                令和3年     令和4年
     ㈱香川銀行       坂出支店          新設    銀行業     店舗      248     170   自己資金
                  坂出市                                 10月     4月
      (2)売却・除却等

                             セグメントの                期末帳簿価額
               店舗名
       会社名                所在地               設備の内容               除却予定年月
               その他
                             名称                 (百万円)
     ㈱徳島大正銀行          旧本店      徳島県徳島市          銀行業       旧本店建物             -  令和4年11月
                                 30/144
















                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                     476,000,000
                  計                                    476,000,000

        ②【発行済株式】

             事業年度末現在            提出日現在
                                  上場金融商品取引所名又は登録
       種類       発行数(株)            発行数(株)                            内容
                                   認可金融商品取引業協会名
           (令和4年3月31日)           (令和4年6月28日)
                                  東京証券取引所
                                                 単元株式数は100株で
                163,728,911           163,728,911
      普通株式                            市場第一部(事業年度末現在)
                                                 あります。
                                  プライム市場(提出日現在)
                163,728,911           163,728,911
       計                                 -             -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
     平成23年6月29日取締役会決議
                           事業年度末現在                   提出日の前月末現在
                         (令和4年3月31日)                    (令和4年5月31日)
                      当社、株式会社徳島銀行及び株式会社
     付与対象者の区分及び人数                                            同左
                     香川銀行の全取締役21名
     新株予約権の数(個)                     1,834 (注)1                      同左
     新株予約権の目的となる株式の
                       普通株式 183,400 (注)2                          同左
     種類、内容及び数(株)
     新株予約権の行使時の払込金額                     1株当たり 1円                       同左
     新株予約権の行使期間                平成23年7月26日~平成53年7月25日                           同左

                          発行価格 318円
                      資本組入額は、会社計算規則第17条第
     新株予約権の行使により株式を
                     1項に基づき算出される資本金増加限度
     発行する場合の株式の発行価格                                            同左
                     額の2分の1の金額とし、計算の結果1
     及び資本組入額
                     円未満の端数が生じたときは、その端数
                     を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件                       (注)3                     同左
                      譲渡による新株予約権の取得について
     新株予約権の譲渡に関する事項                は、当社取締役会の承認を要するものと                            同左
                     する。
     組織再編成行為に伴う新株予約
                            (注)4                     同左
     権の交付に関する事項
                                 31/144






                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
     平成24年6月28日取締役会決議
                           事業年度末現在                   提出日の前月末現在
                         (令和4年3月31日)                    (令和4年5月31日)
                      当社、株式会社徳島銀行及び株式会社
     付与対象者の区分及び人数                                            同左
                     香川銀行の全取締役21名
     新株予約権の数(個)                     2,192 (注)1                      同左
     新株予約権の目的となる株式の
                       普通株式 219,200 (注)2                          同左
     種類、内容及び数(株)
     新株予約権の行使時の払込金額                     1株当たり 1円                       同左
     新株予約権の行使期間                平成24年7月24日~平成54年7月23日                           同左

                          発行価格 271円
                      資本組入額は、会社計算規則第17条第
     新株予約権の行使により株式を
                     1項に基づき算出される資本金増加限度
     発行する場合の株式の発行価格                                            同左
                     額の2分の1の金額とし、計算の結果1
     及び資本組入額
                     円未満の端数が生じたときは、その端数
                     を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件                       (注)3                     同左
                      譲渡による新株予約権の取得について
     新株予約権の譲渡に関する事項                は、当社取締役会の承認を要するものと                            同左
                     する。
     組織再編成行為に伴う新株予約
                            (注)4                     同左
     権の交付に関する事項
     平成25年6月27日取締役会決議

                           事業年度末現在                   提出日の前月末現在
                         (令和4年3月31日)                    (令和4年5月31日)
                      当社、株式会社徳島銀行及び株式会社
     付与対象者の区分及び人数                                            同左
                     香川銀行の全取締役22名
     新株予約権の数(個)                     2,149 (注)1                      同左
     新株予約権の目的となる株式の
                       普通株式 214,900 (注)2                          同左
     種類、内容及び数(株)
     新株予約権の行使時の払込金額                     1株当たり 1円                       同左
     新株予約権の行使期間                平成25年7月25日~平成55年7月24日                           同左
                          発行価格 354円
                      資本組入額は、会社計算規則第17条第
     新株予約権の行使により株式を
                     1項に基づき算出される資本金増加限度
     発行する場合の株式の発行価格                                            同左
                     額の2分の1の金額とし、計算の結果1
     及び資本組入額
                     円未満の端数が生じたときは、その端数
                     を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件                       (注)3                     同左
                      譲渡による新株予約権の取得について
     新株予約権の譲渡に関する事項                は、当社取締役会の承認を要するものと                            同左
                     する。
     組織再編成行為に伴う新株予約
                            (注)4                     同左
     権の交付に関する事項
                                 32/144





                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
     平成26年6月27日取締役会決議
                           事業年度末現在                   提出日の前月末現在
                         (令和4年3月31日)                    (令和4年5月31日)
                      当社、株式会社徳島銀行及び株式会社
     付与対象者の区分及び人数                                            同左
                     香川銀行の取締役22名
     新株予約権の数(個)                     1,712 (注)1                      同左
     新株予約権の目的となる株式の
                       普通株式 171,200 (注)2                          同左
     種類、内容及び数(株)
     新株予約権の行使時の払込金額                     1株当たり 1円                       同左
     新株予約権の行使期間                平成26年7月25日~平成56年7月24日                           同左
                          発行価格 386円
                      資本組入額は、会社計算規則第17条第
     新株予約権の行使により株式を
                     1項に基づき算出される資本金増加限度
     発行する場合の株式の発行価格                                            同左
                     額の2分の1の金額とし、計算の結果1
     及び資本組入額
                     円未満の端数が生じたときは、その端数
                     を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件                       (注)3                     同左
                      譲渡による新株予約権の取得について
     新株予約権の譲渡に関する事項                は、当社取締役会の承認を要するものと                            同左
                     する。
     組織再編成行為に伴う新株予約
                            (注)4                     同左
     権の交付に関する事項
     平成27年6月26日取締役会決議

                           事業年度末現在                   提出日の前月末現在
                         (令和4年3月31日)                    (令和4年5月31日)
                      当社、株式会社徳島銀行及び株式会社
     付与対象者の区分及び人数                                            同左
                     香川銀行の取締役22名
     新株予約権の数(個)                     1,310 (注)1                      同左
     新株予約権の目的となる株式の
                       普通株式 131,000 (注)2                          同左
     種類、内容及び数(株)
     新株予約権の行使時の払込金額                     1株当たり 1円                       同左
     新株予約権の行使期間                平成27年7月24日~平成57年7月23日                           同左
                          発行価格 531円
                      資本組入額は、会社計算規則第17条第
     新株予約権の行使により株式を
                     1項に基づき算出される資本金増加限度
     発行する場合の株式の発行価格                                            同左
                     額の2分の1の金額とし、計算の結果1
     及び資本組入額
                     円未満の端数が生じたときは、その端数
                     を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件                       (注)3                     同左
                      譲渡による新株予約権の取得について
     新株予約権の譲渡に関する事項                は、当社取締役会の承認を要するものと                            同左
                     する。
     組織再編成行為に伴う新株予約
                            (注)4                     同左
     権の交付に関する事項
                                 33/144






                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
     平成28年6月28日取締役会決議
                           事業年度末現在                   提出日の前月末現在
                         (令和4年3月31日)                    (令和4年5月31日)
                      当社、株式会社徳島銀行、株式会社香
     付与対象者の区分及び人数                川銀行及び株式会社大正銀行の取締役31                            同左
                     名
     新株予約権の数(個)                     4,064 (注)1                      同左
     新株予約権の目的となる株式の
                       普通株式 406,400 (注)2                          同左
     種類、内容及び数(株)
     新株予約権の行使時の払込金額                     1株当たり 1円                       同左
     新株予約権の行使期間                平成28年7月22日~平成58年7月21日                           同左
                          発行価格 311円
                      資本組入額は、会社計算規則第17条第
     新株予約権の行使により株式を
                     1項に基づき算出される資本金増加限度
     発行する場合の株式の発行価格                                            同左
                     額の2分の1の金額とし、計算の結果1
     及び資本組入額
                     円未満の端数が生じたときは、その端数
                     を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件                       (注)3                     同左
                      譲渡による新株予約権の取得について
     新株予約権の譲渡に関する事項                は、当社取締役会の承認を要するものと                            同左
                     する。
     組織再編成行為に伴う新株予約
                            (注)4                     同左
     権の交付に関する事項
     平成29年6月28日取締役会決議

                           事業年度末現在                   提出日の前月末現在
                         (令和4年3月31日)                    (令和4年5月31日)
                      当社、株式会社徳島銀行、株式会社香
     付与対象者の区分及び人数                川銀行及び株式会社大正銀行の取締役31                            同左
                     名
     新株予約権の数(個)                     2,664 (注)1                      同左
     新株予約権の目的となる株式の
                       普通株式 266,400 (注)2                          同左
     種類、内容及び数(株)
     新株予約権の行使時の払込金額                     1株当たり 1円                       同左
     新株予約権の行使期間                平成29年7月21日~平成59年7月20日                           同左
                          発行価格 490円
                      資本組入額は、会社計算規則第17条第
     新株予約権の行使により株式を
                     1項に基づき算出される資本金増加限度
     発行する場合の株式の発行価格                                            同左
                     額の2分の1の金額とし、計算の結果1
     及び資本組入額
                     円未満の端数が生じたときは、その端数
                     を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件                       (注)3                     同左
                      譲渡による新株予約権の取得について
     新株予約権の譲渡に関する事項                は、当社取締役会の承認を要するものと                            同左
                     する。
     組織再編成行為に伴う新株予約
                            (注)4                     同左
     権の交付に関する事項
                                 34/144





                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
     平成30年6月27日取締役会決議
                           事業年度末現在                   提出日の前月末現在
                         (令和4年3月31日)                    (令和4年5月31日)
                      当社、株式会社徳島銀行、株式会社香
     付与対象者の区分及び人数                川銀行及び株式会社大正銀行の取締役31                            同左
                     名
     新株予約権の数(個)                     3,512 (注)1                      同左
     新株予約権の目的となる株式の
                       普通株式 351,200 (注)2                          同左
     種類、内容及び数(株)
     新株予約権の行使時の払込金額                     1株当たり 1円                       同左
     新株予約権の行使期間                平成30年7月26日~平成60年7月25日                           同左
                          発行価格 439円
                      資本組入額は、会社計算規則第17条第
     新株予約権の行使により株式を
                     1項に基づき算出される資本金増加限度
     発行する場合の株式の発行価格                                            同左
                     額の2分の1の金額とし、計算の結果1
     及び資本組入額
                     円未満の端数が生じたときは、その端数
                     を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件                       (注)3                     同左
                      譲渡による新株予約権の取得について
     新株予約権の譲渡に関する事項                は、当社取締役会の承認を要するものと                            同左
                     する。
     組織再編成行為に伴う新株予約
                            (注)4                     同左
     権の交付に関する事項
     令和元年6月26日取締役会決議

                           事業年度末現在                   提出日の前月末現在
                         (令和4年3月31日)                    (令和4年5月31日)
                      当社、株式会社徳島銀行、株式会社香
     付与対象者の区分及び人数                川銀行及び株式会社大正銀行の取締役29                            同左
                     名
     新株予約権の数(個)                     4,756 (注)1                      同左
     新株予約権の目的となる株式の
                       普通株式 475,600 (注)2                          同左
     種類、内容及び数(株)
     新株予約権の行使時の払込金額                     1株当たり 1円                       同左
     新株予約権の行使期間                令和元年7月25日~令和31年7月24日                           同左
                          発行価格 315円
                      資本組入額は、会社計算規則第17条第
     新株予約権の行使により株式を
                     1項に基づき算出される資本金増加限度
     発行する場合の株式の発行価格                                            同左
                     額の2分の1の金額とし、計算の結果1
     及び資本組入額
                     円未満の端数が生じたときは、その端数
                     を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件                       (注)3                     同左
                      譲渡による新株予約権の取得について
     新株予約権の譲渡に関する事項                は、当社取締役会の承認を要するものと                            同左
                     する。
     組織再編成行為に伴う新株予約
                            (注)4                     同左
     権の交付に関する事項
                                 35/144





                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
     令和2年6月24日取締役会決議
                           事業年度末現在                   提出日の前月末現在
                         (令和4年3月31日)                    (令和4年5月31日)
                      当社、株式会社徳島大正銀行及び株式
     付与対象者の区分及び人数                                            同左
                     会社香川銀行の取締役30名
     新株予約権の数(個)                     6,034 (注)1                       同左
     新株予約権の目的となる株式の
                       普通株式 603,400 (注)2                          同左
     種類、内容及び数(株)
     新株予約権の行使時の払込金額                     1株当たり 1円                       同左
     新株予約権の行使期間                令和2年7月27日~令和32年7月26日                            同左
                          発行価格 303円
                      資本組入額は、会社計算規則第17条第
     新株予約権の行使により株式を
                     1項に基づき算出される資本金増加限度
     発行する場合の株式の発行価格                                            同左
                     額の2分の1の金額とし、計算の結果1
     及び資本組入額
                     円未満の端数が生じたときは、その端数
                     を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件                       (注)3                     同左
                      譲渡による新株予約権の取得について
     新株予約権の譲渡に関する事項                は、当社取締役会の承認を要するものと                             同左
                     する。
     組織再編成行為に伴う新株予約
                            (注)4                     同左
     権の交付に関する事項
     令和3年6月29日取締役会決議

                           事業年度末現在                   提出日の前月末現在
                         (令和4年3月31日)                    (令和4年5月31日)
                      当社、株式会社徳島大正銀行及び株式
     付与対象者の区分及び人数                                            同左
                     会社香川銀行の取締役28名
     新株予約権の数(個)                     5,890 (注)1                       同左
     新株予約権の目的となる株式の
                       普通株式 589,000 (注)2                          同左
     種類、内容及び数(株)
     新株予約権の行使時の払込金額                     1株当たり 1円                       同左
     新株予約権の行使期間                令和3年7月26日~令和33年7月25日                            同左
                          発行価格 247円
                      資本組入額は、会社計算規則第17条第
     新株予約権の行使により株式を
                     1項に基づき算出される資本金増加限度
     発行する場合の株式の発行価格                                            同左
                     額の2分の1の金額とし、計算の結果1
     及び資本組入額
                     円未満の端数が生じたときは、その端数
                     を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件                       (注)3                     同左
                      譲渡による新株予約権の取得について
     新株予約権の譲渡に関する事項                は、当社取締役会の承認を要するものと                             同左
                     する。
     組織再編成行為に伴う新株予約
                            (注)4                     同左
     権の交付に関する事項
                                 36/144






                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
     令和4年6月28日取締役会決議
                            提出日現在
                         (令和4年6月28日)
                      当社、株式会社徳島大正銀行及び株式
     付与対象者の区分及び人数
                     会社香川銀行の取締役24名
     新株予約権の数(個)                     4,776 (注)1
     新株予約権の目的となる株式の
                       普通株式 477,600 (注)2
     種類、内容及び数(株)
     新株予約権の行使時の払込金額                     1株当たり 1円
     新株予約権の行使期間                令和4年7月22日~令和34年7月21日
                           発行価格 未定
                      資本組入額は、会社計算規則第17条第
     新株予約権の行使により株式を
                     1項に基づき算出される資本金増加限度
     発行する場合の株式の発行価格
                     額の2分の1の金額とし、計算の結果1
     及び資本組入額
                     円未満の端数が生じたときは、その端数
                     を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件                       (注)3
                      譲渡による新株予約権の取得について
     新株予約権の譲渡に関する事項                は、当社取締役会の承認を要するものと
                     する。
     組織再編成行為に伴う新株予約
                            (注)4
     権の交付に関する事項
     (注)1.新株予約権1個当たりの目的となる株式数 100株

         2.新株予約権の目的となる株式の数
           当社が普通株式の株式分割(株式無償割当を含む。以下同じ。)又は株式併合を行う場合は、新株予約権の
           うち、当該株式分割又は株式併合の時点で行使されていない新株予約権について、次の計算式により付与株
           式数の調整を行い、調整により生じる1株未満の端数については、これを切り捨てる。
            調整後付与株式数 = 調整前付与株式数 × 分割又は併合の比率
           また、割当日後に当社が合併又は株式分割を行う場合、その他これらの場合に準じ付与株式数の調整を必要
           とする場合には、合理的な範囲内で付与株式数を適切に調整されるものとする。
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 新株予約権者は、権利行使時において、当社並びに当社の子会社である株式会社徳島大正銀行及び株式会
            社香川銀行のいずれの取締役の地位も喪失した時に限り、新株予約権を行使できるものとする。ただし、
            この場合、新株予約権者は、取締役の地位を喪失した日の翌日(以下「権利行使開始日」という。)から
            10日を経過する日までの間に限り、新株予約権を一括して行使することができる。
          ② 新株予約権者が死亡した場合、新株予約権が、新株予約権者の法定相続人のうちの1名(以下「相続承継
            人」という。)のみに帰属した場合に限り、相続承継人は次の各号の条件のもと、本契約に従って新株予
            約権を行使することができる。ただし、刑法犯のうち、重大な事犯を行ったと認められる者は、相続承継
            人となることができない。
           イ.相続承継人が死亡した場合、その相続人は新株予約権を相続することはできない。
           ロ.相続承継人は、相続開始後10か月以内かつ権利行使期間の最終日までに当社所定の相続手続を完了しな
             ければならない。
           ハ.相続承継人は、前記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間内で、かつ、当社所定の相続手続完了
             時から2か月以内に限り新株予約権を行使することができる。
         4.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
           (以上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日におい
           て残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)については、会社法第236条第1項第8号イか
           らホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づき、新株予
           約権者に交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社の新株予約権
           を新たに交付するものとする。
           ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設分
           割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
          ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数を交付するものとする。
          ② 新株予約権の目的となる再編対象会社の株式の種類及び数
                                 37/144


                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
            新株予約権の目的となる株式の種類は再編対象会社普通株式とし、新株予約権の行使により交付する再編
            対象会社普通株式の数は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、前記(注)2に準じて決定する。
          ③ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に当該各新
            株予約権の目的となる株式数を乗じて得られる金額とする。再編後行使価額は、交付される新株予約権を
            行使することにより交付を受けることができる再編対象会社の株式1株当たりの金額を1円とする。
          ④ 新株予約権を行使することができる期間
            前記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為
            の効力発生日のうちいずれか遅い日から、前記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権の行使期間
            の満了日までとする。
          ⑤ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            前記「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」に準じて決定す
            る。
          ⑥ 新株予約権の譲渡制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
          ⑦ 新株予約権の取得に関する事項
           イ.新株予約権者が権利行使をする前に、前記(注)3の定め又は新株予約権割当契約書の定めにより新株
             予約権を行使できなくなった場合、当社は当社の取締役会が別途定める日をもって、当該新株予約権を
             無償で取得することができる。
           ロ.当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる吸収分割契約若しくは新設分割計画又は当社が
             完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画の承認の議案が当社株主総会(株主総会が不要な
             場合は当社の取締役会)において承認された場合は、当社は当社の取締役会が別途定める日をもって、
             同日時点で権利行使されていない新株予約権を無償で取得することができる。
        ②【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総       発行済株式総                     資本準備金増
                                資本金増減額        資本金残高             資本準備金残
         年月日        数増減数       数残高                     減額
                                (百万円)       (百万円)             高(百万円)
                  (千株)       (千株)                     (百万円)
      平成28年4月1日
                    11,294       163,728          -     25,000        3,760       10,010
      (注)
     (注) 平成28年4月1日を効力発生日とする株式会社大正銀行との株式交換により、発行済株式総数が11,294千株及
         び資本準備金残高が3,760百万円増加しております。
                                 38/144







                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (5)【所有者別状況】
                                                 令和4年3月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満株
       区分     政府及び                      外国法人等                    式の状況
                      金融商品     その他の               個人その
            地方公共     金融機関                                 計     (株)
                      取引業者     法人               他
            団体                    個人以外      個人
                    33     28    1,426      161      7   7,603      9,258
     株主数(人)          -                                           -
     所有株式数
                  490,725      26,407     479,909     202,080        61   436,666     1,635,848       144,111
               -
     (単元)
     所有株式数の
                   29.99      1.61     29.33     12.35      0.00     26.69
               -                                   100.00        -
     割合(%)
     (注)1.自己株式2,133,104株は「個人その他」に21,331単元、「単元未満株式の状況」に4株含まれております。
         2.従業員持株ESOP信託が所有する当社株式891,600株は「金融機関」に8,916単元含めて記載しております。
           なお、当該株式は連結財務諸表上及び財務諸表上、自己株式として処理しております。
         3.上記「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が、そ
          れぞれ50単元及び50株含まれております。
      (6)【大株主の状況】

                                                 令和4年3月31日現在
                                                    発行済株式(自

                                                    己株式を除
                                             所有株式数
          氏名又は名称                     住所                    く。)の総数に
                                             (千株)
                                                    対する所有株式
                                                    数の割合(%)
     日本マスタートラスト信託銀行株式

                                                20,840         12.89
                       東京都港区浜松町2丁目11番3号
     会社(信託口)
     株式会社日本カストディ銀行(信託
                       東京都中央区晴海1丁目8-12                         11,071         6.85
     口)
     トモニホールディングス従業員持株
                       香川県高松市亀井町7番地1                         6,767         4.18
     会
                       徳島県阿南市上中町岡491-100                         4,938         3.05
     日亜化学工業株式会社
     DFA  INTL   SMALL   CAP  VALUE
                       PALISADES     WEST   6300,BEE     CAVE   ROAD
     PORTFOLIO
                                                3,172         1.96
                       BUILDING     ONE  AUSTIN    TX  78746   US
     (常任代理人 シティバンク、エ
                       (東京都新宿区新宿6丁目27番30号)
     ヌ・エイ東京支店)
     株式会社日本カストディ銀行(信託
                       東京都中央区晴海1丁目8-12                         3,120         1.93
     口4)
                       東京都新宿区西新宿1丁目26-1                         2,643         1.63
     損害保険ジャパン株式会社
                       大阪府大阪市北区梅田2丁目4-9                         2,556         1.58
     日本ハム株式会社
     STATE   STREET    BANK   WEST   CLIENT-      1776   HERITAGE     DRIVE,NORTH      QUINCY,    MA
     TREATY    505234               02171,U.S.A.
                                                2,330         1.44
                       (東京都港区港南2丁目15-1              品川イン
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行
     決済営業部)                  ターシティA棟)
     住友生命保険相互会社
                       東京都中央区築地7丁目18-24
                                                1,914         1.18
     (常任代理人 株式会社日本カスト
                       (東京都中央区晴海1丁目8-12)
     ディ銀行)
                                                59,353         36.73
             計                   -
     (注) 上記のほか、当社所有の自己株式2,133千株があります。
          発行済株式の総数から除く自己株式には、従業員持株ESOP信託が所有する当社株式891千株は含まれておりま
         せん。
                                 39/144


                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  令和4年3月31日現在
           区分            株式数(株)           議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                          -           -         -

     議決権制限株式(自己株式等)                          -           -         -

     議決権制限株式(その他)                          -           -         -

                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                      -  単元株式数は100株であります。
                            2,133,100
                    普通株式
                           161,451,700            1,614,517
     完全議決権株式(その他)               普通株式                        単元株式数は100株であります。
                             144,111
     単元未満株式               普通株式                      -  1単元(100株)未満の株式
                           163,728,911
     発行済株式総数                                      -         -
                                       1,614,517
     総株主の議決権                          -                    -
     (注) 「完全議決権株式(その他)」の欄には、従業員持株ESOP信託が所有する当社株式891,600株(議決権の数
        8,916個)及び株式会社証券保管振替機構名義の株式が5,000株(議決権の数50個)含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                 令和4年3月31日現在
                                                     発行済株式総
                                自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       数に対する所
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       有株式数の割
                                                     合(%)
     (自己保有株式)
                  香川県高松市亀井町
                                 2,133,100              2,133,100          1.30
     トモニホールディングス株                                       -
                  7番地1
     式会社
                                 2,133,100              2,133,100          1.30
           計             -                    -
     (注) 上記のほか、従業員持株ESOP信託が所有する当社株式891,600株を連結財務諸表上及び財務諸表上、自己株式
        として処理しております。
                                 40/144










                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (8)【役員・従業員株式所有制度の内容】
         当社は、令和元年9月3日開催の取締役会において、当社グループ従業員の福利厚生の充実及び当社グループの
        中長期的な企業価値の向上を目的として、従業員インセンティブ・プラン「従業員持株ESOP信託」(以下「ESOP信
        託」といいます。)の導入を決議し、同年11月12日開催の取締役会において、ESOP信託の設定時期、導入期間等の
        詳細について決定いたしました。
        1.ESOP信託導入の目的

          当社は、平成24年11月より平成29年11月まで、ESOP信託を導入しておりましたが、今般、当社グループの成長
         を支える従業員に対する福利厚生制度を引き続き充実させるとともに、トモニホールディングス「第4次経営計
         画」の下で、当社グループの業績や株式価値に対する従業員の意識を更に高め、意欲的な業務遂行を通じて、中
         長期的な企業価値の向上を図ることを目的に、ESOP信託を再導入するものであります。
        2.ESOP信託の概要
          ESOP信託とは、米国のESOP(Employee                  Stock   Ownership     Plan)制度を参考に、従業員持株会の仕組みを応用
         した信託型の従業員インセンティブ・プランであり、当社株式を活用した従業員の財産形成を促進する貯蓄制度
         の拡充(福利厚生制度の拡充)を図る目的を有するものであります。
          当社が「トモニホールディングス従業員持株会」(以下「当社持株会」という。)に加入する従業員のうち一
         定の要件を充足する者を受益者とする信託を設定し、当該信託は今後数年間にわたり当社持株会が取得すると見
         込まれる数の当社株式を、あらかじめ定める取得期間中に取得いたします。その後、当該信託は当社株式を毎月
         一定日に当社持株会に売却いたします。当該信託は、保有する当社株式の議決権を当社持株会の議決権割合に応
         じて行使いたします。なお、信託終了時において、株価の上昇により信託収益がある場合には、受益者たる従業
         員の拠出割合に応じて金銭が分配されます。また、株価の下落により譲渡損失が生じ信託財産に係る債務が残る
         場合には、金銭消費貸借契約の保証条項に基づき、当社が銀行に対して一括して弁済するため、従業員の追加負
         担はありません。
        3.信託契約の内容
        ①信託の種類           特定単独運用の金銭信託(他益信託)
        ②信託の目的           当社持株会に対する当社株式の安定的・継続的な供給及び受益者要件を充足する従
                   業員に対する福利厚生制度の拡充
        ③委託者           当社
        ④受託者           三菱UFJ信託銀行株式会社
        ⑤受益者           当社持株会加入者のうち受益者要件を充足する者
        ⑥信託管理人           当社と利害関係のない第三者
        ⑦信託契約日           令和元年11月15日
        ⑧信託の期間           令和元年11月15日~令和5年12月27日
                   受託者は、当社持株会の議決権行使状況を反映した信託管理人の指図に従い、当社
        ⑨議決権行使
                   株式の議決権を行使します。
        ⑩取得株式の種類           当社普通株式
        ⑪取得株式の総額           1,299百万円
        ⑫株式の取得期間           令和元年11月21日~令和元年12月11日
        ⑬株式の取得方法           取引所市場より取得(ToSTNeTを含む)
                                 41/144






                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】 会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得及び会社法第155条第7号に該当する普通株式の
               取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

      会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づく取得
                 区分                   株式数(株)             価額の総額(円)

     取締役会(令和3年6月15日)での決議状況

                                         679,900            202,610,200
     (取得期間 令和3年6月16日)
     当事業年度前における取得自己株式                                       -              -
     当事業年度における取得自己株式                                    679,900            202,610,200

     残存決議株式の総数及び価額の総額                                       -              -

     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                       -              -
     当期間における取得自己株式                                       -              -

     提出日現在の未行使割合(%)                                       -              -
                 区分                   株式数(株)             価額の総額(円)

     取締役会(令和4年6月21日)での決議状況

                                         511,000            158,410,000
     (取得期間 令和4年6月22日)
     当事業年度前における取得自己株式                                       -              -
     当事業年度における取得自己株式                                       -              -

     残存決議株式の総数及び価額の総額                                       -              -

     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                       -              -
     当期間における取得自己株式                                    511,000            158,410,000

     提出日現在の未行使割合(%)                                       -              -
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                  株式数(株)             価額の総額(円)
     当事業年度における取得自己株式                                      785            245,904
     当期間における取得自己株式                                      122             39,934

     (注)    「当期間における取得自己株式」には、令和4年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式
        の買取り請求により取得した株式は含まれておりません。
                                 42/144





                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                 当事業年度                 当期間
               区分
                                    処分価額の総額                処分価額の総額
                            株式数(株)                株式数(株)
                                      (円)                (円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -        -        -
     消却の処分を行った取得自己株式                             -        -        -        -

     合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移
                                  -        -        -        -
     転を行った取得自己株式
     その他(単元未満株式の買増請求)                             -        -        -        -
     その他(新株予約権の権利行使)                          426,200      156,415,400             -        -
     保有自己株式数                         2,133,104         -        2,644,226         -

     (注) 当期間における「保有自己株式数」には、令和4年6月21日付の取締役会決議に基づき取得した株式511,000
         株を含み、令和4年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り請求により取得した株
         式数は含まれておりません。
          なお、上記のほか、従業員持株ESOP信託が所有する当社株式891,600株を連結財務諸表上及び財務諸表上、自
         己株式として処理しております。
     3【配当政策】

       当社は、企業価値の継続的向上を図るとともに、株主のみなさまに対する利益還元を経営上の重要課題の一つとし
      て位置づけたうえで、経営体質の一層の強化と積極的な事業展開に必要な内部留保の充実を勘案し、安定した配当政
      策を実施することを基本方針としております。このような観点から、当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当
      の年2回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会でありま
      す。
       当事業年度の配当金につきましては、上記方針に基づき1株当たり9円(うち中間配当金4.5円)の配当を実施す
      ることを決定いたしました。
       内部留保資金につきましては、金融機関を取巻く厳しい経営環境に対応すべく、コスト競争力を高めるとともに、
      お客さまのニーズに即応する金融サービス提供のために有効に投資してまいりたいと考えております。
       当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定
      めております。
       なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
           決議年月日               配当金の総額(百万円)                  1株当たりの金額(円)
          令和3年11月12日
                               727                  4.50
           取締役会決議
          令和4年6月28日
                               727                  4.50
          定時株主総会決議
     (注) 令和3年11月12日の取締役会の決議に基づく配当金の総額には、従業員持株ESOP信託に対する配当金6百万円
        を含めております。また、令和4年6月28日の定時株主総会決議に基づく配当金の総額には、従業員持株ESOP信
        託に対する配当金4百万円を含めております。
                                 43/144






                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、グループ経営ビジョンに基づき、銀行持株会社として、当社グループ全体の健全かつ適切な運営を確
         保するため、当社の中核子会社である銀行子会社を中心とした子会社の経営管理を行い、当社グループの持続的
         な成長と中長期的な企業価値の向上を図っていきます。
          <グループ経営ビジョン(目指すべき金融グループの姿)>
          「お客さま第一主義」   お客さま第一主義の経営を徹底し、それぞれのお客さまのニーズに応じた最良の
                       金融サービスを提供します。
          「お客さまとともに成長」 地域において持続的安定的な金融仲介機能を発揮し、地域のお客さまとともに成
                       長し続けます。
          「信頼と安心の経営」   グループとしてより強固な経営基盤を構築し、お客さまから信頼され安心して末
                       長くおつきあいいただく存在になります。
        ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

         イ.企業統治の体制の概要
           当社は、監査等委員会設置会社を採用しており、コーポレートガバナンス体制の主たる機関として取締役
          会、監査等委員会及び会計監査人を設置するとともに、その補完機関としてコーポレートガバナンス委員会や
          経営会議などを設置しております。
          (取締役会)
           取締役会は、12名の取締役(うち4名は監査等委員である取締役)で構成され、原則として毎月2回開催
          し、当社及び当社が経営管理を行う子会社等の経営の基本方針、法令で定められた事項やリスク管理・コンプ
          ライアンス等その他経営に関する重要事項を決定するとともに、取締役の職務の執行状況を監督しておりま
          す。なお、当社は、定款において、会社法第370条の要件(取締役の全員が書面又は電磁的記録により同意し
          た場合)を充たしたとき、取締役会の決議があったものとみなすこと、また、重要な業務執行の決定の一部を
          取締役に委任することができる旨を定めております。
           なお、取締役12名のうち4名(うち監査等委員である取締役3名)が社外取締役であります。
          (監査等委員会)
           監査等委員会は、社内取締役1名及び社外取締役3名で構成され、原則として毎月1回の開催としておりま
          す。また、監査等委員会は、監査等委員会による監査等の実効性を高めるため、常勤の監査等委員を1名選定
          するとともに、監査等委員会の職務を補助する使用人を置くことにより監査等委員会への情報提供等が速やか
          になされる体制をとっております。
           監査等委員会は、監査等委員会で策定された監査方針及び監査計画に基づき、取締役の職務執行の監査及び
          監督を行うほか、重要な会議への出席、業務・財産の状況の調査等を通じて監査・監督業務の実効性の向上を
          図っております。また、監査等委員会は、内部統制部門等と緊密な連携を保ち、監査等委員会による監査・監
          督機能の強化及び監査・監督活動等における実効性の向上を図っております。
          (会計監査人)
           当社は、会計監査人としてEY新日本有限責任監査法人と監査契約を結んでおり、会計監査を委託しておりま
          す。会計監査人は、監査項目、監査体制、監査スケジュールを内容とする監査計画を立案し、第1四半期から
          第3四半期までの四半期ごとに四半期レビュー報告会を、また期末には期末決算に関する会計監査報告会を開
          催し、監査等委員会に対して報告しております。なお、以上の報告会には、経理を主管する経営企画部長が参
          加しております。
                                 44/144






                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
          (コーポレートガバナンス委員会)
           コーポレートガバナンス委員会は、取締役会の実効性向上及び指名・報酬等に係る取締役会機能の独立性・
          客観性と説明責任の強化を図るため、取締役会の実効性向上に関する事項、社長(CEO)等の経営陣幹部や取
          締役候補者の指名プロセスの適切性等及び報酬等の決定プロセスの適切性の検証に関する事項を審議しており
          ます。また、コーポレートガバナンス委員会は、代表取締役全員(3名)及び独立社外取締役全員(4名)で
          構成し、構成員の過半数を独立社外取締役とするとともに、筆頭独立社外取締役を委員長としております。
          (経営会議)
           常務取締役以上の役付取締役により構成される経営会議は、原則として毎月2回開催し、取締役会の決定し
          た経営の基本方針に基づいて、全般的執行方針を確立するため、経営に関する重要事項に係る各施策の方向性
          について協議し、あわせて業務執行の全般的統制を図るとともに、取締役会から委任を受けた事項等について
          決議を行っております。
           なお、経営会議には常勤の監査等委員が出席し、適切に意見申述を行っております。
          (機関ごとの構成員)
           各機関ごとの構成員は、次のとおりであります。(◎は議長又は委員長、△はオブザーバーを表す。)
                                           コーポレートガ
             役職名         氏名       取締役会       監査等委員会                 経営会議
                                           バナンス委員会
          代表取締役社長兼
          CEO(最高経営責任           中村  武          ◎                ○        ◎
          者)
          代表取締役副社長           山田 径男          ○                〇        ○
          代表取締役副社長           板東 豊彦          ○                〇        ○
          常務取締役           藤井 仁三          ○                        ○
          常務取締役           小田 寛明          ○                        ○
          常務取締役           関  幹生          ○                        ○
          常務取締役           山下 友規          ○                        〇
          取締役
                     白井 博雄          ○                ○
          (社外取締役)
          取締役監査等委員           横手 俊夫          ○        ◎                △
          取締役監査等委員

                     大平  昇          ○        ○        ◎
          (社外取締役)
          取締役監査等委員
                     橋本 潤子          ○        ○        ○
          (社外取締役)
          取締役監査等委員
                     桑島 洋輔          ○        ○        ○
          (社外取締役)
                                 45/144









                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
         (コーポレートガバナンスの体制図)
           当社のコーポレートガバナンスの体制図は、次のとおりとなります。
         ロ.当該体制を採用する理由












           当社が企業統治の体制として監査等委員会設置会社を採用した理由は、以下のとおりであります。
           (1)  取締役会の監督機能の強化
             取締役会の監督機能の充実という観点から、自ら業務執行をしない社外取締役を複数名置くことで、業
            務執行と監督の分離を図りつつ、当該社外取締役が、監査を担うとともに、代表取締役の選定・解職等の
            決定への関与を通じて、監督機能を果たすことが可能である。
           (2)  内部統制システムを活用した監査の実施
             一層グローバル化・複雑化する経営環境の中で、監査手法が実査などの直接的な監査ではなく、内部監
            査部門、コンプライアンス部門、会計監査人等との連携による内部統制システムを活用した間接的な監査
            を実施することが可能である。
                                 46/144





                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        ③ 企業統治に関するその他の事項
         イ.内部統制システムの整備の状況
           当社は、会社法及び会社法施行規則に基づき、当社及び連結子会社から成る企業集団(以下「当社グルー
          プ」という。)の業務の適正を確保するための体制を整備するため、以下のとおり「内部統制基本方針」を制
          定しております。
                             「内部統制基本方針」
          (1)  当社グループにおける業務の適正を確保するための体制
           ① 当社グループの経営管理体制
             取締役会は、グループ経営ビジョンに基づき、当社グループの事業を統括する持株会社として、当社グ
            ループの経営管理に関するグループ会社管理規程を制定するほか、リスク管理、コンプライアンス、内部
            監査等、各事項ごとに、経営管理のための方針等を制定し、経営管理体制を整備する。
           ② グループ経営管理契約の締結
             取締役会は、当社が直接的に経営管理する子会社とグループ経営管理契約を締結することなどにより、
            子会社から適時に業務及び財務の状況その他重要な情報の報告を受け、子会社の統括的な経営管理を行
            う。また、当社の子会社以外のグループ会社の経営管理は、子会社を通じて行い、当社は、必要に応じて
            指導・助言を行う。
           ③ 財務報告に係る内部統制基本方針の制定
             取締役会は、当社グループの財務報告に係る内部統制基本方針を制定し、財務報告の適正性と信頼性を
            確保するために必要な体制を整備する。
           ④ 自己資本管理方針の制定
             取締役会は、自己資本の充実により、グループ全体の業務の健全かつ適切な運営及び経営体質の一層の
            強化を図るため、自己資本管理方針を制定し、管理態勢を構築する。
           ⑤ グループ内取引等に関する管理
             取締役会は、グループ内取引等について法令等に則した適切な対応等を行うとともに、リスクの移転に
            より、個々のグループ内会社では対応できないリスクの波及が生じ、グループの業務の健全性に重大な影
            響を及ぼす可能性があることを十分に認識し、グループとして適切な管理を行う。
           ⑥ お客さま本位の業務運営に関する基本方針の制定
             取締役会は、お客さまの資産形成及び資産運用のお役に立つため、お客さま本位の業務運営に関する基
            本方針を制定し、当社グループは、金融商品の販売業務におけるお客さま本位の取組みを実践する。
           ⑦ 内部監査体制の整備
             取締役会は、内部監査部門として業務部門から独立した内部監査部署を設置し、内部監査部署は、グ
            ループ経営管理契約並びにグループ内部監査方針に基づき、当社グループ各社の業務執行状況等の監査を
            定期的に実施し、その適正化を図るために必要な提言等を行う。また、内部監査部署は、当社グループ各
            社の監査等委員会・監査役及び会計監査人との間で協力関係を構築の上、内部監査の効率的な実施に努め
            る。
          (2)  当社グループの取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
           ① 取締役会の設置
             当社は、すべての取締役で組織する取締役会を設置する。取締役会は、原則として毎月2回開催し、経
            営の基本方針、法令で定められた事項やリスク管理・コンプライアンス等その他経営に関する重要事項を
            決定するとともに、取締役の職務の執行状況を監督する。
           ② 法令等遵守体制の整備
             取締役会は、コンプライアンス(法令等遵守)を経営の最重要事項と位置づけ、法令等遵守方針・規程
            等及びコンプライアンス・マニュアルの制定並びに周知を通じて、当社グループの役職員が法令等を遵守
            することを確保するための体制を整備する。
           ③ グループコンプライアンス委員会の設置
             取締役会は、グループコンプライアンス委員会を設置し、グループコンプライアンス委員会は、当社グ
            ループのコンプライアンスに関する事項について審議する。
           ④ コンプライアンス統括部署の設置
             取締役会は、当社グループのコンプライアンス統括部署を設置し、コンプライアンス統括部署は、コン
            プライアンスに関する諸施策の立案、周知徹底、指導及びその進捗状況を一元的に管理する。
           ⑤ コンプライアンス・プログラムの策定
             取締役会は、事業年度ごとに、コンプライアンス態勢の構築を図ることを目的とし、法令等遵守方針及
            び法令等遵守規程に沿って、コンプライアンスを実現するための実践計画であるコンプライアンス・プロ
            グラムを策定する。
                                 47/144


                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
           ⑥ 内部通報規程の制定
             取締役会は、内部通報規程を制定し、当社グループの役職員が社内外に設置した通報窓口に対して、組
            織的又は個人的な法令違反行為等に関する相談又は通報を行った場合に、当該通報等を適正に処理し、通
            報者等を保護する態勢を構築する。
           ⑦ 顧客保護等管理方針の制定
             取締役会は、お客さまの保護及び利便性の向上を図るため、当社グループの顧客保護等管理方針を制定
            し、管理態勢を構築し、適切かつ十分なお客さまへの説明、お客さまからの相談・苦情等への対応及びお
            客さま情報の管理を行い、顧客保護等管理を徹底する。
           ⑧ 反社会的勢力に対する基本方針等の制定
             取締役会は、反社会的勢力等との関係を遮断するため、当社グループの反社会的勢力に対する基本方針
            を制定し、反社会的勢力情報管理部署を設置するとともに、反社会的勢力の情報管理に関する規程を制定
            する。反社会的勢力情報管理部署は、反社会的勢力に関する情報を統括管理するとともに、当社グループ
            における反社会的勢力との取引を排除するための取組みを行い、研修活動の実施、対応マニュアルの整備
            及び外部専門機関との連携等を行う。
           ⑨ マネー・ローンダリング等防止方針の制定
             取締役会は、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与の防止の重要性を認識し、適用となる法令等を
            遵守し、適切な措置を適時に実施するため、当社グループのマネー・ローンダリング等防止方針を制定
            し、機動的かつ実効的な対応を実施していくための管理態勢を構築する。
           ⑩ 内部管理態勢の適切性と有効性の検証
             内部監査部署は、当社グループのコンプライアンス態勢等を含む内部管理態勢の適切性と有効性を検証
            し、その結果を定期的又は必要に応じて、当社並びに銀行子会社の取締役会及び監査等委員会に報告す
            る。
          (3)  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
           ① 取締役の職務執行に係る情報の保存及び管理
             当社は、文書及び記録の管理に関する各規程に従い、取締役の職務執行に係る情報を、文書又は電磁的
            媒体(以下「文書等」という。)に記録し、適切に保存及び管理するものとし、取締役は、常時これらの
            文書等を閲覧することができる。
          (4)  当社グループの損失の危険の管理に関する規程その他の体制
           ① グループ統合的リスク管理方針等の制定
             取締役会は、当社グループの経営の健全性を確保し、各種リスクに見合った適正な収益を上げるため、
            グループ統合的リスク管理方針、グループ統合的リスク管理規程等を制定し、グループ統合的リスク管理
            を適正に行う。
           ② グループリスク管理委員会の設置
             取締役会は、グループリスク管理委員会を設置し、グループリスク管理委員会は、各種リスクを包括的
            に認識し、リスクをその特性に応じた適正な範囲・規模に管理することにより、リスク管理に特化した具
            体的実践的な事項について審議する。
           ③ リスク管理統括部署の設置
             取締役会は、リスク管理統括部署を設置し、リスク管理統括部署は、リスク管理の状況をモニタリング
            し、各種リスクを統括管理する。
           ④ 危機事態における態勢の整備
             取締役会は、危機時対応規程を制定し、当社グループにおいて不測の事態が発生した場合には、必要に
            応じて緊急対策本部を設置するなど迅速な対応を行い、損害の拡大を防止し、これを最小限に止める態勢
            を整備する。
           ⑤ リスク管理態勢の適切性と有効性の検証
             内部監査部署は、当社グループのリスク管理態勢の適切性と有効性を検証し、その結果を定期的又は必
            要に応じて、当社並びに銀行子会社の取締役会及び監査等委員会に報告する。
          (5)  当社グループの取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
           ① 経営計画の策定・評価等
             取締役会は、グループ経営ビジョンに基づき、経営計画を策定し、グループ全体の目指すべき姿、達成
            すべき目標及び業務執行の方向性を明確にするとともに、この経営計画に基づく具体的施策として、事業
            年度ごとの方針及び重点施策を策定し、その実施・進捗状況の評価等を適切に行う。
                                 48/144



                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
           ② 経営会議の設置
             取締役会は、経営会議を設置し、取締役会の決定した経営の基本方針に基づいて、全般的執行方針を確
            立するため経営に関する重要事項に係る各施策の方向性について協議し、あわせて業務執行の全般的統制
            を図るとともに、取締役会から委任を受けた事項等について決議する。
           ③ 業務分掌規程及び職務権限規程の制定
             取締役会は、当社グループの取締役をはじめ全役職員の職務の執行が効率的に行われるよう、業務分掌
            規程及び職務権限規程を制定し、子会社にこれに準拠した体制を構築させる。
          (6)  監査等委員会の職務を補助すべき使用人を置くことに関する事項
           ① 補助使用人の配置要請
             監査等委員会は、取締役会に対して、その職務を補助するため、補助使用人の配置を求めることができ
            るものとする。
           ② 補助使用人の配置
             取締役会は、前項の具体的な内容について、監査等委員会と協議の上、決定する。
           ③ 補助使用人の独立性
             取締役会は、補助使用人の任命・異動・人事評価・懲戒処分については、あらかじめ監査等委員会と協
            議する等、取締役(監査等委員である取締役を除く。)からの独立性を確保する。
           ④ 補助使用人に対する指示の実効性の確保
             取締役会は、補助使用人への指揮命令に関し、補助使用人に対する指示の実効性の確保を定めた監査等
            委員会規程を尊重するものとする。
          (7)  当社グループの役職員が当社の監査等委員会に報告をするための体制
           ① 監査等委員会への報告
             当社グループの役職員は、監査等委員会から業務執行に関する事項について報告を求められた場合に
            は、速やかに適切な報告を行う。また、当社グループの業務執行に関し重大な法令若しくは定款等の違反
            又は当社グループに著しい損害を及ぼすおそれのある事実を認識した場合には、速やかに当該事実を監査
            等委員会に報告するものとする。
           ② 報告者の保護
             当社グループは、当社グループの役職員が当該報告をしたことを理由として、報告者に対して解雇その
            他いかなる不利益な取扱いも行わない。
          (8)  その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
           ① 監査等委員の各種会議への出席
             監査等委員は、重要な意思決定の過程及び業務の執行状況を把握するため、重要な会議及び委員会に出
            席できるものとし、必要があると認めるときは意見を述べるものとする。
           ② 代表取締役との定期的な意見交換
             監査等委員会は、代表取締役と定期的に会合をもち、代表取締役の経営方針を確認するとともに、当社
            グループが対処すべき課題や取り巻くリスクのほか、監査等委員会監査の環境整備の状況及び監査上の重
            要課題等について意見交換を行う。
           ③ 会計監査人等との連携
             監査等委員会は、会計監査人、子会社の監査等委員会・監査役と定期的に会合をもつなど、緊密な連携
            を保ち、積極的に意見及び情報の交換を行い、効率的な監査を実施する。
           ④ 内部統制部門等との連携
             監査等委員会は、コンプライアンス所管部門、リスク管理所管部門その他内部統制機能を所管する社内
            部署並びに内部監査部門等と緊密な連携を保ち、監査等委員会による監査・監督機能の強化及び監査・監
            督活動等における実効性の向上を図る。
           ⑤ 職務の執行について生ずる費用又は債務の処理
             取締役会は、監査等委員会が監査の実施のために弁護士、公認会計士その他の社外の専門家に対して助
            言を求める又は調査、鑑定その他の事務を委託するなど所要の費用を請求するときは、当該請求に係る費
            用が監査等委員会の職務に必要でないと認められる場合を除き、速やかに当該費用又は債務を処理する。
                                 49/144





                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
         ロ.リスク管理体制の整備の状況
           当社グループは、リスク管理態勢の強化を経営の重要課題の一つと捉え、経営の健全性と安定的かつ適切な
          収益を確保することを基本方針としてグループ全体の運営を行っております。
           当社は、当社グループ内でのリスクの偏在又はリスクの集中等、グループ体制特有のリスクの把握、各リス
          クのコントロールを目的として、「グループリスク管理委員会」を設置しています。また、グループ全体のリ
          スクを統括的に管理する部門として「リスク・コンプライアンス部」を設置し、「グループ統合的リスク管理
          方針」及び「グループ統合的リスク管理規程」を制定し、グループリスク管理の高度化に努めています。
           銀行子会社においても、「リスク管理委員会」及び「ALM委員会」を設置してリスク状況の把握に努め、
          各種リスクを統括する部門を定めてリスク管理態勢の高度化を図っています。
         ハ.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

           上記イ.(1)      に記載しているとおりであります。
        ④ 責任限定契約の内容の概要

          当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。以下同じ。)は、会社法第427条第1項の規定に基づ
         き、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の
         限度額は、同法第425条第1項が定める最低責任限度額としております。なお、当該責任限定が認められるの
         は、当該取締役が責任の原因となった職務を行うについて善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
        ⑤ 役員等賠償責任保険契約の内容の概要

          当社は、会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しておりま
         す。その契約の概要等は、以下のとおりであります。
         イ.被保険者の範囲
           当社及び子会社の取締役及び監査役
         ロ.保険契約の内容の概要
          ⅰ 被保険者の実質的な保険等負担割合
             保険料は全額当社及び子会社が負担しており、被保険者の実質的な保険料負担はありません。
          ⅱ 填補の対象となる保険事故の概要
             被保険者がその職務の執行により行った行為に起因して、損害賠償請求がされた場合の法律上の損害賠
            償金及び争訟費用について填補することとしております。ただし、被保険者が私的な利益又は便宜の供与
            を違法に得たこと、被保険者の犯罪行為又は法令に違反することを被保険者が認識しながら行った行為に
            起因する場合の損害については填補されません。
          ⅲ 役員等の職務の適正性が損なわれないための措置
             保険契約に免責額の定めを設けており、当該免責額までの損害については填補の対象としないこととし
            ております。
        ⑥ 取締役の定数

          当社の取締役は20名以内とし、そのうち監査等委員である取締役は5名以内とする旨を定款に定めておりま
         す。
        ⑦ 取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、株主総会において議決権を行使できる株主の議決権の3分の1以上を有
         する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また選任決議は累積投票によらない旨、定款に定めて
         おります。
        ⑧ 自己株式の取得の決定機関

          当社は、自己株式の取得について、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、会
         社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議をもって市場取引等により自己の株式を取得することがで
         きる旨、定款に定めております。
                                 50/144




                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        ⑨ 中間配当金としての剰余金の配当の決定機関
          当社は、中間配当金としての剰余金の配当について、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める
         旨、定款に定めております。これは、中間配当金としての剰余金の配当を取締役会の権限とすることにより、株
         主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
        ⑩ 株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3
         分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨、定款に定めております。これ
         は、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とする
         ものであります。
                                 51/144

















                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  11 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             8.3  %)
                                                         所有株
        役職名         氏名      生年月日                 略歴               任期   式数
                                                         (千株)
                            昭和61年4月 日本銀行入行
                            平成10年5月 同行政策委員会室秘書課調査役
                            平成16年4月 同行経営企画室総務課企画役
                            平成19年4月 同行文書局参事役
                            平成21年7月 同行高松支店長
       代表取締役                    平成22年7月 同行金融機構局参事役
                      昭和38年7月
                            平成24年5月 同行業務局審議役
       社長兼CEO       中 村   武                                      (注)3     31
                       23日  生
                            平成25年5月 同行業務局長
      (最高経営責任者)
                            平成27年6月 同行文書局長
                            平成29年4月 同行退職
                            平成29年6月 当社代表取締役専務
                            平成30年6月 当社代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)(現
                                  職)
                            昭和55年4月 ㈱香川相互銀行(現㈱香川銀行)入行
                            平成12年2月 同行川之江支店長
                            平成14年2月 同行善通寺支店長
                            平成16年2月 同行丸亀支店長兼丸亀西支店長
                            平成17年7月 同行人事研修部長
                            平成18年6月 同行取締役人事研修部長
                            平成20年6月 同行常務取締役            総合企画部・人事研修部担当
                      昭和32年12月
      代表取締役副社長         山 田 径 男                                      (注)3     35
                       12日  生   平成21年4月 同行常務取締役企画本部長
                            平成24年6月 同行常務取締役管理本部長兼総務部長
                            平成25年4月 同行常務取締役管理本部長
                            平成29年6月 同行常務取締役(代表取締役)営業本部長
                            令和2年6月 同行取締役頭取(代表取締役)(現職)
                            令和2年6月 当社取締役副社長
                            令和2年10月 当社代表取締役副社長(現職)
                            平成5年4月 ㈱徳島銀行(現㈱徳島大正銀行)入行
                            平成17年2月 同行洲本支店長
                            平成19年8月 同行東京支店長兼東京事務所長
                            平成21年4月 同行人事部長
                            平成22年6月 同行執行役員人事部長
                            平成23年6月 同行取締役執行役員人事部長
                            平成24年6月 同行取締役執行役員総合企画本部長兼リスク統括
                                  本部長
                            平成25年6月 同行取締役常務執行役員総合企画本部長兼リスク
                                  統括本部長
                      昭和44年9月
      代表取締役副社長         板 東 豊 彦                                      (注)3     15
                            平成26年6月 同行取締役常務執行役員総合企画本部長兼審査本
                       29日  生
                                  部長
                            平成27年6月 同行常務取締役総合企画本部長兼審査本部長
                            平成28年6月 同行専務取締役審査本部長
                            平成30年6月 同行代表取締役専務審査本部長
                            令和2年1月 同行専務取締役審査本部長
                            令和2年4月 同行代表取締役専務              人事担当
                            令和2年6月 同行代表取締役頭取(現職)
                            令和2年6月 当社取締役副社長
                            令和2年10月 当社代表取締役副社長(現職)
                                 52/144





                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有株
        役職名         氏名      生年月日                 略歴               任期   式数
                                                         (千株)
                            昭和62年4月 ㈱第一勧業銀行(現㈱みずほ銀行)入行
                            平成9年8月 ㈱徳島銀行(現㈱徳島大正銀行)入行
                            平成14年2月 同行企画部次長
                            平成18年7月 同行企画部副部長
                            平成21年2月 同行企画部長
                            平成22年4月 当社経営企画部副部長
       常務取締役              昭和39年4月
               藤 井 仁 三             平成24年6月 ㈱徳島銀行(現㈱徳島大正銀行)取締役執行役員                          (注)3     10
       経営企画部長                11日  生
                                  企画部長
                            平成27年8月 同行取締役人事部付部長
                            平成27年8月 当社経営企画部長
                            平成28年6月 ㈱徳島銀行(現㈱徳島大正銀行)取締役
                            平成28年6月 当社取締役経営企画部長
                            平成29年3月 当社常務取締役経営企画部長(現職)
                            昭和60年4月 ㈱三和銀行(現㈱三菱UFJ銀行)入行
                            平成17年4月 ㈱UFJ銀行(現㈱三菱UFJ銀行)枚方法人営
                                  業部長兼枚方支店長
                            平成18年1月 ㈱三菱東京UFJ銀行(現㈱三菱UFJ銀行)枚
                                  方支社長
                            平成19年5月 同行総務部秘書室(大阪)室長
                            平成22年10月 同行福岡支店長
       常務取締役
                            平成24年9月 同行芦屋支店長
                      昭和37年5月
      グループ戦略部長兼         小 田 寛 明                                      (注)3     11
                            平成26年11月 ㈱大正銀行(現㈱徳島大正銀行)入行 本店営業
                       26日  生
     地域商社的金融機能担当
                                  部長
                            平成27年6月 同行取締役本店営業部長
                            平成30年2月 同行常務取締役            本店営業部担当
                            令和元年6月 当社取締役
                            令和2年1月 当社常務取締役            地域商社的金融機能担当
                            令和2年6月 当社常務取締役グループ戦略部長兼地域商社的金
                                  融機能担当(現職)
                            昭和60年4月 ㈱香川相互銀行(現㈱香川銀行)入行
                            平成14年2月 同行観音寺東支店長
                            平成16年2月 同行西条支店長
                            平成17年7月 同行高知支店長
                            平成20年4月 同行松山支店長
                            平成21年10月 同行人事研修部付部長代理
       常務取締役                    平成24年4月 同行融資管理部長
                      昭和37年11月
     リスク・コンプライアン          関   幹 生             平成25年4月 同行執行役員融資部長
                                                     (注)3     14
                       5日  生
        ス部長                   平成26年4月 同行執行役員融資部長兼融資管理部長
                            平成29年6月 同行取締役融資部長兼融資管理部長
                            平成30年6月 同行取締役総合企画部長
                            平成30年6月 当社経営企画部副部長
                            令和2年6月 ㈱香川銀行常務取締役融資本部長
                            令和3年6月 当社常務取締役リスク・コンプライアンス部長
                                  (現職)
                                 53/144







                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有株
        役職名         氏名      生年月日                 略歴               任期   式数
                                                         (千株)
                            昭和63年4月 ㈱香川相互銀行(現㈱香川銀行)入行
                            平成17年2月 同行滝宮支店長
                            平成18年7月 同行倉敷支店長
                            平成21年10月 同行弁天町支店長
                            平成24年4月 同行執行役員弁天町支店長
                            平成25年4月 同行コンプライアンス統括部長
       常務取締役              昭和38年4月      平成25年4月 当社リスク・コンプライアンス部副部長
               山 下 友 規                                      (注)3      6
        監査部長               4日  生   平成29年4月 ㈱香川銀行個人営業企画部長
                            平成29年4月 当社グループ戦略部副部長
                            令和元年6月 ㈱香川銀行事務システム部長
                            令和元年6月 当社経営企画部副部長
                            令和2年6月 ㈱香川銀行取締役事務システム部長
                            令和3年6月 当社取締役監査部長
                            令和4年6月 当社常務取締役監査部長(現職)
                            昭和60年4月 関西経理専門学校             副校長
                            昭和60年5月 大阪市中小企業協同組合                代表理事(現職)
                            平成15年6月 ㈱大正銀行(現㈱徳島大正銀行)監査役
                      昭和34年2月      平成17年4月 関西医科専門学校             副校長
        取締役       白 井 博 雄
                                                     (注)3     36
                       25日  生
                            平成28年6月 ㈱大正銀行(現㈱徳島大正銀行)取締役(監査等
                                  委員)
                            平成31年4月 大阪保健医療大学             客員教授(現職)
                            令和元年6月 当社取締役(現職)
                            昭和55年4月 ㈱徳島相互銀行(現㈱徳島大正銀行)入行
                            平成8年8月 同行審査部次長
                            平成16年6月 同行高知支店長
                            平成18年6月 同行執行役員営業店統括部長兼みなさまの相談室
                                  長
                            平成23年6月 同行常務執行役員本店営業部長
        取締役             昭和33年2月
               横 手 俊 夫             平成25年4月 同行常務執行役員監査部長
                                                     (注)4     91
                       12日  生
       (監査等委員)
                            平成25年4月 当社監査部副部長
                            平成28年6月 ㈱香川銀行取締役
                            平成28年6月 当社取締役監査部長
                            令和元年6月 当社常務取締役監査部長
                            令和2年6月 当社常務取締役リスク・コンプライアンス部長
                            令和3年6月 当社取締役(監査等委員)(現職)
                                 54/144










                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有株
        役職名         氏名      生年月日                 略歴               任期   式数
                                                         (千株)
                            昭和61年11月 司法試験合格
                            昭和62年4月 最高裁判所司法研修所
                            平成元年4月 弁護士登録
                            平成7年4月 香川県弁護士会副会長
        取締役             昭和34年11月
               大 平   昇             平成22年4月 香川県弁護士会会長
                                                     (注)4     -
                       26日  生
       (監査等委員)
                            平成22年4月 日本弁護士連合会常務理事
                            平成23年4月 四国弁護士会連合会常務理事
                            平成26年6月 当社監査役
                            平成27年6月 当社取締役(監査等委員)(現職)
                            平成2年4月 三洋証券㈱入社
                            平成9年4月 香川大学法学部専任講師
                            平成11年4月 香川大学法学部助教授
                            平成16年4月 香川大学大学院香川大学・愛媛大学連合法務研究
                                  科助教授
                            平成18年4月 公正取引委員会独占禁止政策協力委員(現職)
                            平成21年1月 香川大学大学院香川大学・愛媛大学連合法務研究
                                  科教授
                            平成21年1月 高松家庭裁判所参与員(現職)
                            平成25年12月 香川大学大学院香川大学・愛媛大学連合法務研究
                                  科研究科長
        取締役
                      昭和41年12月
                            平成27年10月 香川大学副学長
               橋 本 潤 子                                      (注)4     -
      (監査等委員)                24日  生
                            平成27年10月 香川大学男女共同参画推進室室長(現職)
                            平成28年10月 日本経済法学会理事運営委員(現職)
                            平成29年4月 香川大学法学部教授(現職)
                            平成29年6月 ㈱香川銀行取締役(監査等委員)
                            平成30年5月 香川県男女共同参画審議会委員(現職)
                            平成31年4月 香川労働局最低賃金審議会委員(現職)
                            令和元年6月 当社取締役(監査等委員)(現職)
                            令和2年4月 高松市男女共同参画推進懇談会委員(現職)
                            令和3年4月 高松市公正職務審査会委員(現職)
                            令和3年4月 高松地方裁判所委員会委員(現職)
                            令和3年10月 香川大学副理事(現職)
                            平成12年10月 公認会計士第二次試験合格
                            平成13年4月 朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)入所
                            平成16年5月 公認会計士登録
                            平成18年8月 あずさ監査法人(現有限責任あずさ監査法人)退
        取締役
                      昭和53年5月
                                  所
               桑 島 洋 輔                                      (注)4     -
      (監査等委員)                1日  生
                            平成18年9月 桑島公認会計士事務所開設(現職)
                            平成20年6月 税理士登録
                            平成28年10月 税理士法人三和会計事務所社員(現職)
                            令和元年6月 当社取締役(監査等委員)(現職)
                              計
                                                          253
     (注)1.取締役の白井博雄、大平 昇、橋本潤子及び桑島洋輔の4氏は会社法第2条第15号に定める社外取締役であ
          ります。
         2.当社の監査等委員会については次のとおりであります。
           委員長 横手俊夫氏、委員 大平 昇氏、委員 橋本潤子氏、委員 桑島洋輔氏
            なお、横手俊夫氏は、常勤の監査等委員であります。常勤の監査等委員を選定している理由は、重要な会
           議等への出席や、内部監査部門との連携を図ること等により、職務遂行の実効性を高めるためであります。
         3.令和4年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から1年間であります。
         4.令和3年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から2年間であります。
                                 55/144





                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        ② 社外役員の状況

          当社の社外取締役は4名(うち監査等委員である社外取締役は3名)であります。
         イ.人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係
           社外取締役 白井博雄氏は、当社株式36千株を所有しており、平成15年6月から令和元年6月まで連結子会
          社の㈱大正銀行(現㈱徳島大正銀行)の業務執行者でない役員(監査役及び取締役監査等委員)であったこと
          がありますが、それ以外に同氏と当社の間で、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の特別な利害関係は
          ありません。なお、同氏は、昭和60年5月から大阪市中小企業協同組合の業務執行者である代表理事に就任し
          ており、同組合は、当社株式0千株を所有しております。
           社外取締役 橋本潤子氏は、平成29年6月から令和元年6月まで連結子会社の㈱香川銀行の業務執行者でな
          い役員(取締役監査等委員)であったことがありますが、それ以外に同氏と当社の間で、人的関係、資本的関
          係又は取引関係その他の特別な利害関係はありません。なお、同氏の近親者と連結子会社の㈱香川銀行との間
          において、資金貸付の取引(令和4年3月31日現在残高11百万円)がありますが、取引条件等は一般取引先と
          同様であります。また、同氏の近親者は、当社株式5千株を所有しております(詳細については、「第5                                                 経
          理の状況」中の「1(1)連結財務諸表                  関連当事者情報」に記載しております。)。
           上記の他、社外取締役と当社との間において、特記すべき、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の特
          別な利害関係はありません。
         ロ.企業統治において果たす機能・役割並びに独立性に関する基準又は方針及び選任状況に関する考え方

           当社の取締役会は、その役割及び責務を実効的に果たすため、取締役会の全体としての多様な知見・専門性
          を備えたバランスの取れた構成を図るとともに、定款の定める範囲において、取締役会の機能が効果的・効率
          的に発揮でき、かつ建設的な議論ができる適切な員数を維持し、そのうち3分の1以上を社外取締役とするこ
          ととしております。
           社外取締役(監査等委員である社外取締役を除く。)には、その独立性、選任された理由等を踏まえ、社内
          取締役とは異なる知見や観点に基づき、取締役会における意思決定及び他の取締役の職務の執行の監督を行う
          ことを期待するとともに、特に以下の役割及び責務を果たすことを期待しております。
           (1)  経営の方針や経営改善について、自らの知見に基づき、当社グループの持続的な成長を促し中長期的な
             企業価値の向上を図る、との観点からの助言を行うこと
           (2)  経営陣幹部の選解任その他の取締役会の重要な意思決定を通じ、経営の監督を行うこと
           (3)  当社グループ各社と経営陣・支配株主等との間の利益相反を監督すること
           (4)  経営陣・支配株主から独立した立場で、少数株主をはじめとするステークホルダーの意見を取締役会に
             適切に反映させること
           監査等委員である社外取締役には、監査等の体制の独立性及び中立性を一層高めるために、積極的に監査等
          に必要な情報の入手に心掛け、得られた情報を他の監査等委員である取締役と共有することに努めるととも
          に、他の監査等委員である取締役と協力して監査等の環境の整備に努めることを期待しております。また、そ
          の独立性、選任された理由等を踏まえ、監査等委員会及び取締役会等において忌憚のない質問をし、又は意見
          を述べることにより、中立の立場から客観的に監査等の意見を表明することを特に期待しております。
           4名の社外取締役は、当社が定める「トモニホールディングス独立性判断基準」を満たしており、一般株主
          と利益相反が生ずる恐れがないものと判断し、独立役員に指定しております。
                                 56/144







                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
           なお、当社が定める「トモニホールディングス独立性判断基準」は、次のとおりであります。
                        「トモニホールディングス独立性判断基準」

           当社は、社外役員(社外取締役及び社外監査等委員)の独立性判断基準を以下のとおり定め、社外役員が、

          原則として、現在又は最近(注1)において以下に掲げるいずれの要件にも該当しない場合、当該社外役員は
          独立性を有し、一般株主と利益相反が生じる恐れがないものと判断しています。
           なお、社外役員候補者については、本基準及び東京証券取引所が定める「上場管理等に関するガイドライ
          ン」に規定された独立性基準に基づき、一般株主と利益相反が生ずる恐れがないことを実質的に判断し、特段
          の事情がない限り、東京証券取引所の定めに基づく独立役員に指定し、同取引所に届け出ることとします。
          1 当社グループを主要な取引先(注2)とする者又はその者が法人等である場合にはその業務執行者
          2 当社グループの主要な取引先(注3)又はその者が法人等である場合にはその業務執行者
          3 当社グループから役員報酬以外に多額の金銭その他の財産(注4)を得ているコンサルタント、会計専門
           家又は法律専門家(当該財産を得ている者が法人等である場合にはその法人等に所属する者をいう。)
          4 当社グループから多額の寄付等を受ける者、又はその者が法人等である場合にはその業務執行者
          5 当社の主要株主(総株主の議決権の10%以上を保有する株主をいう。)又はその者が法人等である場合に
           はその業務執行者
          6 次に掲げる者(重要でない者(注5)を除く。)の近親者(注6)
           (1)  上記1~5に該当する者
           (2)  当社グループの取締役、監査等委員、執行役員等の重要な使用人
          (注1)「最近」の定義

              実質的に現在と同視できるような場合をいい、例えば、社外取締役又は社外監査等委員として選任
             する株主総会の議案の内容が決定された時点において該当していた場合等を含む。
          (注2)「当社グループを主要な取引先」の定義
              以下のいずれかに該当する場合を基準に判定する。
              ・  当該取引先の年間連結売上高において、当社グループとの取引による売上高が1%を超える場
                合
              ・  当該取引先の資金調達において、当社グループ以外の金融機関からの調達が困難であるなど、
                代替性がない程度に依存している場合
          (注3)「当社グループの主要な取引先」の定義
              当社グループの年間連結業務粗利益において、当該取引先との取引による業務粗利益が1%を超え
             る場合を基準に判定する。
          (注4)「多額の金銭その他の財産」の定義
              過去3事業年度の平均で、当該財産を得ている者が個人の場合は年間1,000万円を超える場合、法
             人等の場合は当該法人等の年間売上高の2%を超える場合を基準に判定する。
          (注5)「重要でない者」の定義
              各会社の役員・部長クラスの者(法律事務所・監査法人等の団体に所属する者については、弁護
             士・公認会計士等の専門的な資格を有する者)に該当しない者をいう。
          (注6)「近親者」の定義
              配偶者又は二親等以内の親族をいう。
        ③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門

         との関係
           監査等委員である社外取締役は、監査等委員としての業務を遂行するに当たり、内部監査部門及び会計監査
          人と緊密な連携を保ち、定期的な会合を持つなど、積極的な情報交換等を行い、効率的な監査を実行しており
          ます。
           また、監査等委員である社外取締役は、監査等委員会で策定された監査方針及び監査計画に基づき、取締役
          の職務執行の監査及び監督を行うほか、常勤の監査等委員である社内取締役による重要な会議への出席、業
          務・財産の状況の調査等に基づく情報共有を通じて監査・監督業務の実効性の向上を図っております。さら
          に、内部統制部門等と緊密な連携を保ち、監査等委員会による監査・監督機能の強化及び監査・監督活動等に
          おける実効性の向上を図っております。
                                 57/144



                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
        ① 監査等委員会監査の状況
          監査等委員会は、社内取締役1名及び社外取締役3名で構成され、社内取締役を常勤の監査等委員に選定し監
         査等委員会委員長として議長を務め、原則として毎月1回の開催としております。監査等委員会は、監査等委員
         会で策定された監査方針及び監査計画に基づき、取締役の職務執行の監査及び監督を行うほか、重要な会議への
         出席、業務・財産の状況の調査等を通じて監査・監督業務の実効性の向上を図っております。
          監査等委員会は、監査業務を遂行するに当たり、内部監査部門及び会計監査人と緊密な連携を保ち、定期的な
         会合を持つなど、積極的な情報交換等を行い、効率的な監査を実行しております。また、子銀行の監査等委員会
         とも定期的に会合を持つことで情報交換を行い、グループとして効率的な監査を実施しております。
          また、監査等委員会は、監査等委員会監査等基準の規定を踏まえ、その活動状況を年2回取締役会において報
         告しております。
          なお、監査等委員 桑島洋輔氏は、公認会計士の資格を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を
         有しております。
          当事業年度において、監査等委員会は年間21回開催され、個々の監査等委員の出席状況については次のとおり
         であります。なお、1回当たりの所要時間は1時間程度であります。
             氏名            役職名           出席状況(出席率)                 備考
           多田  桂         常勤監査等委員(社外)               6回/6回(100%)             令和3年6月29日退任
           横手 俊夫         常勤監査等委員               15回/15回(100%)             令和3年6月29日就任
           大平  昇         監査等委員(社外)               21回/21回(100%)
           橋本 潤子         監査等委員(社外)               21回/21回(100%)
                                   18回/21回      (85%)
           桑島 洋輔         監査等委員(社外)
        ② 内部監査の状況

          当社は、当社グループの業務の健全かつ適切な運営を確保することを目的として、業務部門から独立した監査
         部(40名)を設置しております。監査部は、内部監査基本方針、内部監査規程等に則り、当社及びグループ経営
         管理契約に基づき受託した子銀行等に対して、内部管理態勢の適切性、有効性を検証することにより内部監査を
         実施しております。また、監査部は、内部監査の結果について定期的に取締役会に報告を行っております。さら
         に、監査等委員会と連携することで、内部監査部門として十分機能するよう努めております。
        ③ 会計監査の状況

         イ.監査法人の名称
           EY新日本有限責任監査法人
         ロ.継続監査期間

           15年
         ハ.業務を執行した公認会計士

           堀川 紀之
           久保 暢子
           永里  剛
         ニ.監査業務に係る補助者の構成

           当社の会計監査業務にかかる補助者は、公認会計士7名、その他11名であります。
                                 58/144






                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
         ホ.監査法人の選定方針と理由
           監査等委員会は、会計監査人の独立性や信頼性その他職務の実施に関する状況等を、監査等委員会が策定し
          た「会計監査人の評価及び選定等基準」に基づき総合的に勘案し、その必要があると判断した場合、また、会
          計監査人が会社法第340条第1項各号のいずれかに該当すると認められる場合は、解任又は不再任に関する株
          主総会への提出議案の内容を決定する方針としております。
           監査等委員会は、会計監査人の再任の適否について、取締役、当社及び当社グループ内関係部署及び会計監
          査人から必要な資料を入手しかつ報告を受け、毎期検討しております。監査等委員会は、会計監査人の再任の
          適否の判断に当たって、上記の検討を踏まえ、会計監査人の職務遂行状況(従前の事業年度における職務遂行
          状況を含む。)、監査体制、独立性及び専門性などが適切であるかどうかについて、更には監査品質等につい
          ては子銀行の監査等委員会とも協議を行い、確認しております。監査等委員会は、現任の会計監査人の再任が
          不適当と判断した場合は、速やかに新たな会計監査人候補者の検討を行うこととしております。新たな会計監
          査人候補者の検討に際しては、会計監査人の独立性や過去の業務実績等について慎重に検討するとともに、監
          査計画や監査体制、監査報酬水準等を検証し、会計監査人の職務の遂行が適正に行われることを確認いたしま
          す。
           監査等委員会は、上記の確認の結果や方針を踏まえて、株主総会に提出する会計監査人の選任及び解任並び
          に不再任に関する議案の内容を決定することとしております。
         ヘ.監査等委員会による監査法人の評価

           監査等委員会は、会計監査人の選解任等の議案決定権を行使するに際して、「会計監査人の評価及び選定等
          基準」に則り、独立性、監査品質、実効性、信頼性等の観点から検討を行い、現任の会計監査人の監査活動の
          適切性・妥当性を評価しております。この評価には、子銀行の監査等委員も加わり、グループとしての統一評
          価としております。
           監査等委員会は、期中の会計監査人との連携、子銀行の監査等委員会との意見交換、関係部署からの聞き取
          り等を通じた評価を継続的に行った結果、現任の会計監査人の職務執行は適切に行われていることから、第12
          期事業年度においても再任することが適当であると判断し、会計監査人の再任決議を行いました。
          なお、内部監査、監査等委員会監査及び会計監査の相互連携並びにこれらの監査と内部統制部門との関係につ

         きましては、「(2)役員の状況              ③社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査と
         の相互連携並びに内部統制部門との関係」に記載のとおりであります。
                                 59/144











                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        ④ 監査報酬の内容等
         イ.監査公認会計士等に対する報酬

                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
                        10                       12            4
     提出会社                               -
                        95                       95
     連結子会社                               -                       -
                        105                       107            4
         計                           -
        当連結会計年度の当社における非監査業務の内容は、収益認識に関する会計基準の適用支援業務であります。
         ロ.監査公認会計士等と同一のネットワーク(EYのメンバーファーム)に対する報酬(イ.を除く)

                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
                                    0                       0
     提出会社                   -                       -
     連結子会社                   -           -           -           -

                                    0                       0
         計               -                       -
        前連結会計年度の当社における非監査業務の内容は、FATCAに関する支援業務であります。
        当連結会計年度の当社における非監査業務の内容は、FATCAに関する支援業務であります。
         ハ.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

           該当事項はありません。
         ニ.監査報酬の決定方針

           会計監査人に対する報酬の額の決定に関する方針は、取締役会が監査等委員会の同意を得て決定することと
          しております。
         ホ.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           監査等委員会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務指針」を踏まえ、監査方法
          及び監査内容などを確認し、検討した結果、会計監査人の報酬等につき、会社法第399条第1項及び第3項の
          同意を行っております。
                                 60/144








                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
         イ.役員報酬制度並びにその決定方針及び手続き
           当社は、令和3年2月16日開催の取締役会において、取締役(監査等委員である取締役を除く)の個人別の
          報酬等の内容に係る決定方針を決議しております。当該取締役会決議に際しては、あらかじめ決議する内容に
          ついてコーポレートガバナンス委員会にて審議し、その妥当性等について確認しております。
           取締役(監査等委員である取締役を除く)の個人別の報酬等の内容に係る決定方針の内容は、次のとおりで
          あります。
          (1)  基本方針
            取締役の報酬等は、トモニホールディングスグループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に向け
           たインセンティブとして機能することを主眼に置いた報酬体系とし、各人別の報酬等の決定に際しては、会
           社の営業成績、役位ごとの職責、各々の業務執行状況等を踏まえた適正な水準とすることを基本方針とす
           る。
            具体的には、業務執行取締役の報酬等は、基本報酬、業績連動報酬等及び株式報酬により構成し、非業務
           執行取締役の報酬等は、その職責等を踏まえ、基本報酬のみにより構成する。
          (2)  基本報酬(金銭報酬)の個人別の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針(報酬等を与える時期
           又は条件の決定に関する方針を含む。)
            基本報酬は、毎月支給する固定金銭報酬とし、各役位における報酬額は、職責、業務執行の有無、従業員
           給与の水準等を総合的に勘案して、各役位別に決定する。
          (3)  業績連動報酬等(金銭報酬)の内容及び額の算定方法の決定に関する方針(報酬等を与える時期又は条件
           の決定に関する方針を含む。)
            業績連動報酬等は、各事業年度における業務執行に対する対価として、毎年、一定の時期に役員賞与とし
           て支給する業績連動金銭報酬とし、各役位別の基本報酬に会社の営業成績(経営計画において目標とする収
           益性に関する経営指標の各事業年度の目標達成度合い)等を勘案して決定した支給倍率を乗じて算出した額
           に基づき、各々の業務執行状況及び営業成績への貢献度等に応じて、各人別に決定する。
          (4)  株式報酬(非金銭報酬)の内容及び数の算定方法の決定に関する方針(報酬等を与える時期又は条件の決
           定に関する方針を含む。)
            株式報酬は、中長期的な企業価値向上へのインセンティブ効果や株主重視の経営意識を高めることを目的
           として、在任期間中の事業年度ごと、一定の時期に一定の権利行使期間を設定して付与し、退任時にあらか
           じめ設定した権利行使価格(1円)でトモニホールディングス㈱の株式が取得できる株式報酬型ストック・
           オプションとし、各役位別に定めた基準額及びブラック・ショールズ・モデルにより算定した株式の公正価
           値に基づき、付与する新株予約権の個数を各人別に決定する。
          (5)  基本報酬、業績連動報酬等及び株式報酬の額の取締役の個人別の報酬等の額に対する割合の決定に関する
           方針
            取締役の報酬等の構成割合は、同規模・同業種の会社の水準を参考として、上位役位ほど株式報酬の割合
           が高まる構成となるよう決定する。
          (6)  取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する事項
            取締役の報酬等は、株主総会で決議された額の範囲内において、社長(CEO)が各人別の報酬案を策定
           し、監査等委員会の意見を踏まえた上で、取締役会が決定する。なお、決定に当たっては、コーポレートガ
           バナンス委員会において、あらかじめそのプロセスの適切性について検証し、必要に応じて取締役会に対し
           て提言等を行う。
           監査等委員である取締役の報酬等については、実効性の高い経営監督機能の発揮を図るため、経営からの独
          立性を確保する観点から、業績連動性のある報酬とはせず、定額報酬とすることを基本方針としております。
                                 61/144





                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        ロ.取締役の報酬等についての株主総会の決議の内容
           取締役(監査等委員である取締役を除く)の報酬限度額は、平成27年6月26日開催の第5期定時株主総会に
          おいて年額2億5,000万円以内(うち社外取締役分は年額5,000万円以内。なお、役員賞与を含み、使用人兼務
          取締役の使用人分給与は含まない。)と決議いただいております。また、この限度額とは別枠で、同総会にお
          いて、取締役(監査等委員である取締役を除く)に対する株式報酬型ストック・オプションの割当限度額を年
          額7,000万円以内と決議いただいております。当該株主総会終結時点の取締役(監査等委員である取締役を除
          く)の員数は、8名であります。
           監査等委員である取締役の報酬限度額は、平成27年6月26日開催の第5期定時株主総会において年額5,000
          万円以内と決議いただいております。当該株主総会終結時点の監査等委員である取締役の員数は、4名であり
          ます。
         ハ.当事業年度における当社の役員の報酬等の額の決定過程における取締役及び委員会等の活動内容

           当事業年度における当社の役員の報酬等の額の決定過程における取締役会、監査等委員会及びコーポレート
          ガバナンス委員会の活動内容は、次のとおりであります。
           取締役(監査等委員である取締役を除く。)の基本報酬(月額)の決定に当たっては、社長(CEO)が策定
          した報酬案について、令和3年6月8日開催の経営会議において協議を行うとともに、同年6月14日開催の監
          査等委員会における協議に基づくその適切性等に関する意見を踏まえて、同年6月29日開催の取締役会におい
          て審議し、各人別の基本報酬(月額)を決定しております。なお、同年6月2日開催のコーポレートガバナン
          ス委員会において、各人別の基本報酬(月額)の決定に当たっての考え方及び適切性の検証について審議を行
          いました。また、監査等委員である取締役の基本報酬(月額)の決定に当たっては、常勤監査等委員が策定し
          た報酬案について、同年6月29日開催の監査等委員会において協議し、各人別の基本報酬(月額)を決定する
          とともに、同日開催の取締役会において、常勤監査等委員がその決定内容について報告しております。
           取締役(監査等委員である取締役を除く。)の役員賞与の決定に当たっては、社長(CEO)が策定した報酬
          案について、令和4年6月14日開催の経営会議において協議した後、同年6月20日開催の監査等委員会におけ
          る協議に基づくその適切性等に関する意見を踏まえて、同年6月21日開催の取締役会において審議し、各人別
          の役員賞与を決定しております。なお、同年3月24日及び6月7日開催のコーポレートガバナンス委員会にお
          いて、役員賞与の決定に当たっての考え方及びプロセスの適切性の検証について審議を行いました。
           取締役(業務執行に当たらない取締役及び監査等委員である取締役を除く。以下同じ。)の株式報酬型ス
          トック・オプションの決定に当たっては、令和3年6月29日開催の取締役会において第11回株式報酬型新株予
          約権の発行について決定した後、当社及び銀行子会社の取締役に対して当該新株予約権を引き受ける者の募集
          を行った上で、その募集結果を踏まえて、同年7月20日開催の取締役会において当該新株予約権の割当先及び
          個数について決定しております。また、同取締役会において、取締役に対する株式報酬型ストック・オプショ
          ンとしての報酬額について、同年6月14日開催の監査等委員会における協議に基づくその適切性等に関する意
          見を踏まえて審議し、各人別の株式報酬型ストック・オプションとしての報酬額を決定しております。
                                 62/144









                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        ②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

           当事業年度(自 令和3年4月1日 至 令和4年3月31日)
                       報酬等の総額

         役員区分          員数
                        (百万円)
                                  固定報酬         業績連動報酬          非金銭報酬等
     取締役(監査等委員及

                    7         129          82          19          28
     び社外取締役を除く)
     監査等委員(社外取締
                    1         11          11
                                                 -          -
        役を除く)
                    5         22          22
         社外役員                                        -          -
     (注)1.年度末現在の取締役(監査等委員及び社外取締役を除く)、監査等委員(社外取締役を除く)及び社外役員
          の員数はそれぞれ7名、1名及び4名でありますが、上記の「員数」には、令和3年6月29日開催の第11期定
          時株主総会終結の時をもって退任した取締役(監査等委員及び社外取締役を除く)2名及び社外役員1名を含
          み、無報酬の取締役(監査等委員及び社外取締役を除く)2名を含んでおりません。
         2.業績連動報酬等に係る業績指標は「親会社株主に帰属する当期純利益(連結)」及び「本業利益(銀行子会
          社単体合算)」であり、各々の実績は13,062百万円(年度当初の計画9,150百万円に対して達成度合い
          142.7%)及び11,243百万円(年度当初の計画9,200百万円に対して達成度合い122.2%)であります。当該指
          標を選択した理由は、業績連動報酬等が各事業年度における業務執行に対する対価として支給するため、経営
          計画において目標とする収益指標である当該指標が各事業年度の会社の営業成績として定量的に測定すること
          ができる指標であるからであります。
         3.非金銭報酬等の内容は、株式報酬型ストック・オプションであります。
        ③ 使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

          該当事項はありません。
        ④ 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
                                 63/144










                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
      ①投資株式の区分の基準及び考え方
         当社は、子会社の経営管理を主たる業務とし、保有する株式は関係会社株式のみであり、投資株式は保有してお
        りません。
         当社グループにおいては、取引先企業等との取引や連携関係の維持・拡大等を通じて、地域経済の発展並びに政
        策保有先及び当社グループの企業価値の向上に資するなどを目的とした株式を政策保有株式とし、それ以外の純投
        資目的の投資株式とは区分して管理しております。
      ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

        イ.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内
         容
         (保有方針及び保有の合理性を検証する方法)
           当社グループは、政策保有株式の縮減に関する方針・考え方や資本コスト対比の具体的な精査に基づく検証
          について定めておりませんが、政策保有に関する基本方針については、以下のとおりであります。
          (1)  当社グループは、上場株式の政策保有について、次の基本方針に基づき保有する。
           ① 地域金融グループとして、取引先企業等との取引や連携関係の維持・拡大等を通じて、地域経済の発展
             並びに政策保有先及び当社グループの企業価値の向上に資するなど、その保有意義が認められる場合に
             限定的に保有する。
           ② 政策保有株式については、個別銘柄ごとに、中長期的な視点からリスク・リターンを踏まえた経済合理
             性や政策保有先の財務・業績内容等を勘案した将来の見通し等について、銀行子会社から定期的に報告
             を求め、当社が取締役会においてその報告等を踏まえて保有意義の妥当性を検証し、継続保有の可否を
             判断する。
           ③ その保有意義が乏しいと判断される銘柄については、銀行子会社が政策保有先との対話を通じて縮減を
             進める。
          (2)  当社グループは、当社株式を政策保有株式として保有している会社(以下「政策保有株主」という。)か
            ら保有する当社株式の売却等の意向が示された場合、取引の縮減を示唆するなど売却等を妨げることは行
            わない。
          (3)  当社グループは、政策保有株主と取引を行う場合、取引の経済合理性を十分に検証しないまま取引を継続
            するなど、会社や株主共同の利益を害するような取引は行わない。
         (個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容)
           前事業年度末における政策保有上場株式32銘柄(うち1銘柄は株式会社徳島大正銀行(以下「徳島大正銀
          行」という。)と株式会社香川銀行(以下「香川銀行」という。)が重複して保有)のうち、徳島大正銀行及
          び香川銀行が重複して保有する1銘柄について、令和3年4月20日開催の取締役会において純投資目的の株式
          に振替えることとした後、残り31銘柄について、同年9月22日開催の取締役会において、銀行子会社の取締役
          会による検討結果を踏まえて保有意義の妥当性を検証し、継続保有の可否判断を行った結果、全31銘柄を保有
          意義の妥当性ありとして継続保有とすることといたしました。その後、香川銀行が保有する1銘柄について、
          同年12月21日開催の取締役会において売却することとしました。その結果、当事業年度末における政策保有上
          場株式は、30銘柄となっております。
                                 64/144








                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      ③当社及び連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表計上額が最も大きい会社は、前連結会計年度及び当連結会計年
        度において、      徳島大正銀行      であります。
         また、当社及び連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表計上額が次に大きい会社は、前連結会計年度及び当連
        結会計年度において、          香川銀行    であります。
      (徳島大正銀行)

        イ.銘柄数及び貸借対照表計上額
                  銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                     15            2,985
     上場株式
                     59            5,110
     非上場株式
    (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                  銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                           株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
     上場株式                -             -             -
                                     当社グループの営業基盤である徳島県の取引先
                      1             0
     非上場株式                                1社について、同社との取引関係の維持・強化
                                     を図ることにより地域経済への貢献を図るため
        (注) 株式分割等により株式数が増加した銘柄は、含めておりません。
    (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                  銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      1             21
     上場株式
                      2
     非上場株式                              -
        ロ.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額に関する情報

         (特定投資株式)
                 当事業年度         前事業年度
                                                     当社の株式の
                                    保有目的、定量的な保有効果
                株式数(株)         株式数(株)
         銘柄                                             保有の有無
                                     及び株式数が増加した理由
                                                      (注2)
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  (保有目的)取引関係の維持・強化を通
                   1,144,000         1,144,000
     ニホンフラッシュ株
                                  じた地域経済への貢献                      有
     式会社
                     1,127         1,554
                                  (定量的な保有効果)(注3)
     株式会社三菱UFJ                             (保有目的)経営戦略上の連携関係の維
                    911,546         911,546
     フィナンシャル・グ                             持・強化を通じた金融サービスの向上                      有
                      693         539
     ループ                             (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)取引関係の維持・強化を通
                    80,550         80,550
     サムティ株式会社                             じた地域経済への貢献                      有
                      177         163
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)取引関係の維持・強化を通
                    69,440         69,440
     オリックス株式会社                             じた金融サービスの向上                      有
                      169         129
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)取引関係の維持・強化を通
                    88,000         88,000
     森下仁丹株式会社                             じた地域経済への貢献                      有
                      165         176
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)経営戦略上の連携関係の維
                    36,000         36,000
     住友不動産株式会社                             持・強化を通じた金融サービスの向上                      無
                      122         140
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)取引関係の維持・強化を通
                    50,000         50,000
     株式会社フジ                             じた地域経済への貢献                      有
                      115         107
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                 65/144



                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                                                     当社の株式の
                                    保有目的、定量的な保有効果
                株式数(株)         株式数(株)
         銘柄                                             保有の有無
                                     及び株式数が増加した理由
                                                      (注2)
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  (保有目的)経営戦略上の連携関係の維
                    133,800         133,800
     株式会社四国銀行                             持・強化を通じた地域経済への貢献                      有
                      99         104
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)経営戦略上の連携関係の維
                    326,000         326,000
                                  持・強化を通じた基幹システムの安定稼
     株式会社栃木銀行                                                   有
                                  働
                      72         61
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                    200,000         200,000
                                  (保有目的)取引関係の維持・強化を通
     阿波製紙株式会社                             じた地域経済への貢献                      有
                      68         92
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)経営戦略上の連携関係の維
                    38,300         38,300
                                  持・強化を通じた基幹システムの安定稼
     株式会社北日本銀行                                                   有
                                  働
                      60         76
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                    66,000         66,000
                                  (保有目的)取引関係の維持・強化を通
     株式会社日本エスコ
                                  じた地域経済への貢献                      有
     ン
                      53         51
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)取引関係の維持・強化を通
                    37,000         37,000
     株式会社電響社                             じた地域経済への貢献                      有
                      50         50
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)取引関係の維持・強化を通
                    10,000         10,000
     株式会社くろがね工
                                  じた地域経済への貢献                      有
     作所
                       5         7
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)取引関係の維持・強化を通
                     3,900         3,900
     株式会社ビケンテク
                                  じた地域経済への貢献                      有
     ノ
                       3         3
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)取引関係の維持・強化を通
                             24,600
                      -
     株式会社四電工                             じた地域経済への貢献                      有
                                75
                      -
                                  (定量的な保有効果)(注3)
        (注)1.「-」は、当該銘柄を特定投資株式として保有していないことを示しております。
           2.当社の株式の保有の有無については、銘柄が持株会社の場合はその主要な子会社の保有分を勘案し記載
            しております。
           3.当社は、特定投資株式の保有の合理性について、個別銘柄ごとの保有意義の妥当性を検証した上で、配
            当利回りに基づく経済合理性、取引状況等を総合的に勘案して、特定投資株式の保有の合理性を判断して
            いることから、特定投資株式における定量的な保有効果は記載しておりません。
                                 66/144








                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
         (みなし保有株式)
                 当事業年度         前事業年度
                                                     当社の株式の
                                    保有目的、定量的な保有効果
                株式数(株)         株式数(株)
         銘柄                                             保有の有無
                                     及び株式数が増加した理由
                                                      (注2)
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  (保有目的)退職給付信託株式に係る議
                    39,400         39,400
     伊藤忠商事株式会社                             決権行使の指図                      無
                      163         141
                                  (定量的な保有効果)(注3)
     株式会社三菱UFJ                             (保有目的)退職給付信託株式に係る議
                    186,000         186,000
     フィナンシャル・グ                             決権行使の指図                      有
                      141         110
     ループ                             (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)退職給付信託株式に係る議
                    41,400         41,400
     三井物産株式会社                             決権行使の指図                      無
                      137          95
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)退職給付信託株式に係る議
                    49,000          9,800
     トヨタ自動車株式会
                                  決権行使の指図                      無
     社
                      108          84
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)退職給付信託株式に係る議
                    48,800         48,800
     住友商事株式会社                             決権行使の指図                      無
                      103          76
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)退職給付信託株式に係る議
                    12,500         12,500
     株式会社日立製作所                             決権行使の指図                      有
                      77         62
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)退職給付信託株式に係る議
                    14,600         14,600
     株式会社ブリヂスト
                                  決権行使の指図                      無
     ン
                      69         65
                                  (定量的な保有効果)(注3)
     株式会社三井住友                             (保有目的)退職給付信託株式に係る議
                    15,600         15,600
     フィナンシャルグ                             決権行使の指図                      有
                      60         62
     ループ                             (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)退職給付信託株式に係る議
                    114,300         114,300
     野村ホールディング
                                  決権行使の指図                      有
     ス株式会社
                      58         66
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)退職給付信託株式に係る議
                    85,000         85,000
     株式会社大和証券グ
                                  決権行使の指図                      有
     ループ本社
                      58         48
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)退職給付信託株式に係る議
                    16,000         16,000
     日本電信電話株式会
                                  決権行使の指図                      無
     社
                      56         45
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)退職給付信託株式に係る議
                    19,000         19,000
     株式会社小松製作所                             決権行使の指図                      無
                      55         64
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)退職給付信託株式に係る議
                     6,800         6,800
     京セラ株式会社                             決権行使の指図                      無
                      46         47
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)退職給付信託株式に係る議
                    10,000         10,000
     武田薬品工業株式会
                                  決権行使の指図                      無
     社
                      34         39
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)退職給付信託株式に係る議
                    39,600         39,600
     中国電力株式会社                             決権行使の指図                      無
                      33         53
                                  (定量的な保有効果)(注3)
        (注)1.貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりませ
            ん。
           2.当社の株式の保有の有無については、銘柄が持株会社の場合はその主要な子会社の保有分を勘案し記載
            しております。
           3.当社は、みなし保有株式における定量的な保有効果の検証は行っておりません。
                                 67/144




                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        ハ.保有目的が純投資目的である投資株式
                         当事業年度                     前事業年度
          区分
                     銘柄数        貸借対照表計上額の              銘柄数        貸借対照表計上額の
                    (銘柄)         合計額(百万円)             (銘柄)         合計額(百万円)
                          93         16,739            111         17,634
     上場株式
     非上場株式                     -           -           -           -
                              当事業年度

          区分
                   受取配当金の           売却損益の           評価損益の
                  合計額(百万円)           合計額(百万円)           合計額(百万円)
                         722           675          2,462
     上場株式
                          2
     非上場株式                                -           -
        ニ.当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

          該当事項はありません。
        ホ.当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

             銘柄                株式数(株)               貸借対照表計上額(百万円)
                                      24,600                    42
     株式会社四電工
      (香川銀行)

        イ.銘柄数及び貸借対照表計上額
                  銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                     15           13,600
     上場株式
                     37             818
     非上場株式
    (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                  銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                           株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
     上場株式                -             -             -
     非上場株式                -             -             -
         (注) 株式分割等により株式数が増加した銘柄は、含めておりません。
    (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                  銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      2             46
     上場株式
     非上場株式                -             -
                                 68/144






                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        ロ.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額に関する情報
         (特定投資株式)
                 当事業年度         前事業年度
                                                     当社の株式の
                                    保有目的、定量的な保有効果
         銘柄        株式数(株)         株式数(株)                            保有の有無
                                     及び株式数が増加した理由
                                                      (注2)
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  (保有目的)取引関係の維持・強化を通
                   1,537,350         1,537,350
     日本ハム株式会社                             じた地域経済への貢献                      有
                     6,380         7,294
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)取引関係の維持・強化を通
                   2,500,629         2,500,629
     四国化成工業株式会
                                  じた地域経済への貢献                      有
     社
                     3,350         3,163
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)取引関係の維持・強化を通
                   1,439,499         1,439,499
     四国電力株式会社                             じた地域経済への貢献                      有
                     1,134         1,237
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)経営戦略上の連携関係の維
                    126,959         126,959
                                  持・強化を通じた基幹システムの安定稼
     株式会社日立製作所                                                   有
                                  働
                      782         635
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)経営戦略上の連携関係の維
                    882,856         882,856
     株式会社伊予銀行                             持・強化を通じた地域経済への貢献                      有
                      529         586
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)取引関係の維持・強化を通
                    290,599         290,599
     大王製紙株式会社                             じた地域経済への貢献                      有
                      460         551
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)取引関係の維持・強化を通
                    258,000         258,000
     株式会社タダノ                             じた地域経済への貢献                      無
                      265         306
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)経営戦略上の連携関係の維
                    110,000         110,000
     株式会社百十四銀行                             持・強化を通じた地域経済への貢献                      有
                      182         185
                                  (定量的な保有効果)(注3)
                                  (保有目的)取引関係の維持・強化を通
                    69,426         69,426
     大倉工業株式会社                             じた地域経済への貢献                      有
                      126         143
                                  (定量的な保有効果)(注3)
        (注)1.当社の株式の保有の有無については、銘柄が持株会社の場合はその主要な子会社の保有分を勘案し記載
            しております。
           2.当社は、特定投資株式の保有の合理性について、個別銘柄ごとの保有意義の妥当性を検証した上で、配
            当利回りに基づく経済合理性、取引状況等を総合的に勘案して、特定投資株式の保有の合理性を判断して
            いることから、特定投資株式における定量的な保有効果は記載しておりません。
         (みなし保有株式)

                 当事業年度         前事業年度
                                                     当社の株式の
                株式数(株)         株式数(株)           保有目的、定量的な保有効果
         銘柄                                             保有の有無
                                     及び株式数が増加した理由
                                                      (注2)
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  (保有目的)退職給付信託株式に係る議
                   1,000,000         1,000,000
     野村ホールディング
                                  決権行使の指図                      有
     ス株式会社
                      527         581
                                  (定量的な保有効果)(注3)
        (注)1.貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりませ
            ん。
           2.当社の株式の保有の有無については、銘柄が持株会社の場合はその主要な子会社の保有分を勘案し記載
            しております。
           3.当社は、みなし保有株式における定量的な保有効果の検証は行っておりません。
                                 69/144




                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        ハ.保有目的が純投資目的である投資株式

                         当事業年度                     前事業年度
          区分
                     銘柄数        貸借対照表計上額の              銘柄数        貸借対照表計上額の
                    (銘柄)         合計額(百万円)             (銘柄)         合計額(百万円)
                          55         3,745            95         5,025
     上場株式
                          1          100            1          100
     非上場株式
                              当事業年度

          区分
                   受取配当金の           売却損益の           評価損益の
                  合計額(百万円)           合計額(百万円)           合計額(百万円)
                         140                    1,082
     上場株式                               △ 92
                          1
     非上場株式                                -           -
        ニ.当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

          該当事項はありません。
        ホ.当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

             銘柄                株式数(株)               貸借対照表計上額(百万円)
                                      22,840                    39
     株式会社四電工
                                 70/144













                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
     1.当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
      基づいて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」(昭和57年大
      蔵省令第10号)に準拠しております。
     2.当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づい

      て作成しております。
     3.当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(自令和3年4月1日 至令和4年3

      月31日)の連結財務諸表及び事業年度(自令和3年4月1日 至令和4年3月31日)の財務諸表について、EY新日本
      有限責任監査法人により監査を受けております。
     4.当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内

      容を適切に把握し連結財務諸表等の適正性を確保する体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構に加入
      し、企業会計基準委員会等の行う研修に参加しております。
                                 71/144















                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (令和3年3月31日)              (令和4年3月31日)
     資産の部
                                      ※4  520,145             ※4  537,955
       現金預け金
                                          495              436
       商品有価証券
                                         3,855              1,327
       金銭の信託
                                 ※1 ,※2 ,※4 ,※10  699,488       ※1 ,※2 ,※4 ,※10  727,889
       有価証券
                                ※2 ,※3 ,※4 ,※5  3,083,708       ※2 ,※3 ,※4 ,※5  3,229,950
       貸出金
                                     ※2 ,※3  6,508           ※2 ,※3  7,247
       外国為替
                                         9,660              10,023
       リース債権及びリース投資資産
                                     ※2 ,※4  54,419           ※2 ,※4  52,559
       その他資産
                                     ※7 ,※8  36,936           ※7 ,※8  35,967
       有形固定資産
                                        17,456              18,092
        建物
                                       ※6  15,374             ※6  15,766
        土地
                                          561              376
        リース資産
                                         1,919               183
        建設仮勘定
                                         1,623              1,548
        その他の有形固定資産
                                         1,457              1,369
       無形固定資産
                                         1,333              1,240
        ソフトウエア
                                          123              129
        その他の無形固定資産
                                         5,325              5,860
       退職給付に係る資産
                                          138              163
       繰延税金資産
                                       ※2  7,885             ※2  7,309
       支払承諾見返
                                       △ 22,121             △ 22,003
       貸倒引当金
                                       4,407,903              4,596,057
       資産の部合計
     負債の部
                                       3,827,292              3,948,642
       預金
                                        68,979              113,501
       譲渡性預金
                                        23,000
       コールマネー及び売渡手形                                                  -
                                    ※4 ,※9  202,817           ※4 ,※9  243,775
       借用金
                                          17              23
       外国為替
                                        27,947              33,771
       その他負債
                                          315              328
       賞与引当金
                                          103              106
       役員賞与引当金
                                          154              148
       退職給付に係る負債
                                          269              188
       睡眠預金払戻損失引当金
                                          146              137
       偶発損失引当金
                                                        213
       債務保証損失引当金                                    -
                                         4,972              1,372
       繰延税金負債
                                        ※6  817            ※6  808
       再評価に係る繰延税金負債
                                         7,885              7,309
       支払承諾
                                       4,164,719              4,350,327
       負債の部合計
                                 72/144






                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (令和3年3月31日)              (令和4年3月31日)
     純資産の部
                                        25,000              25,000
       資本金
                                        25,808              25,972
       資本剰余金
                                        170,751              182,386
       利益剰余金
                                        △ 1,515             △ 1,142
       自己株式
                                        220,043              232,216
       株主資本合計
                                        16,819               7,730
       その他有価証券評価差額金
                                           1              0
       繰延ヘッジ損益
                                       ※6  1,402             ※6  1,406
       土地再評価差額金
                                          784              763
       退職給付に係る調整累計額
                                        19,007               9,900
       その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  1,224              1,215
                                         2,907              2,398
       非支配株主持分
                                        243,183              245,730
       純資産の部合計
                                       4,407,903              4,596,057
     負債及び純資産の部合計
                                 73/144














                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
      【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 令和2年4月1日              (自 令和3年4月1日
                                至 令和3年3月31日)               至 令和4年3月31日)
                                        70,687              70,335
     経常収益
                                        47,919              48,023
       資金運用収益
                                        38,934              39,573
        貸出金利息
                                         8,752              7,776
        有価証券利息配当金
        コールローン利息及び買入手形利息                                  △ 2             △ 0
                                          219              657
        預け金利息
                                          15              17
        その他の受入利息
                                         9,268              10,453
       役務取引等収益
                                         8,672              9,108
       その他業務収益
                                         4,825              2,750
       その他経常収益
                                          356              637
        償却債権取立益
                                         4,469              2,112
        その他の経常収益
                                        56,194              51,203
     経常費用
                                         1,545              1,148
       資金調達費用
                                         1,400              1,062
        預金利息
                                          21              15
        譲渡性預金利息
                                          32
        コールマネー利息及び売渡手形利息                                                △ 4
                                          74              68
        借用金利息
                                          16               6
        その他の支払利息
                                         4,210              4,019
       役務取引等費用
                                        10,798               8,420
       その他業務費用
                                       ※1  34,081             ※1  34,041
       営業経費
                                         5,557              3,573
       その他経常費用
                                         2,000              1,361
        貸倒引当金繰入額
                                       ※2  3,557             ※2  2,211
        その他の経常費用
                                        14,493              19,132
     経常利益
     特別利益                                     33              437
                                          33              220
       固定資産処分益
                                                        217
       移転補償金                                    -
                                          706              805
     特別損失
                                          101              416
       固定資産処分損
                                        ※3  605            ※3  175
       減損損失
                                                        213
                                           -
       債務保証損失引当金繰入額
                                        13,820              18,764
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                    3,569              5,127
                                          111              388
     法人税等調整額
                                         3,680              5,515
     法人税等合計
                                        10,140              13,248
     当期純利益
                                          156              186
     非支配株主に帰属する当期純利益
                                         9,984              13,062
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                 74/144






                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 令和2年4月1日              (自 令和3年4月1日
                                至 令和3年3月31日)               至 令和4年3月31日)
                                        10,140              13,248
     当期純利益
                                       ※1  13,893            ※1  △ 9,168
     その他の包括利益
                                        12,370
       その他有価証券評価差額金                                               △ 9,146
                                           1
       繰延ヘッジ損益                                                 △ 1
                                         1,522
                                                        △ 20
       退職給付に係る調整額
                                        24,034               4,080
     包括利益
     (内訳)
                                        23,762               3,951
       親会社株主に係る包括利益
                                          271              128
       非支配株主に係る包括利益
                                 75/144
















                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 令和2年4月1日 至 令和3年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                    株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                 25,000         25,843        161,895         △ 2,015        210,723
     当期変動額
      剰余金の配当
                                       △ 1,296                △ 1,296
      親会社株主に帰属する当期
                                        9,984                 9,984
      純利益
      自己株式の取得                                           △ 151        △ 151
      自己株式の処分
                                △ 35                 651         615
      土地再評価差額金の取崩                                   168                 168
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                        -       △ 35       8,856         499        9,320
     当期末残高                 25,000         25,808        170,751         △ 1,515        220,043
                         その他の包括利益累計額

                                                 非支配株主
                  その他                退職給付     その他の     新株予約権           純資産合計
                       繰延ヘッジ     土地再評価                       持分
                  有価証券                に係る     包括利益
                        損益     差額金
                 評価差額金                調整累計額     累計額合計
     当期首残高               4,564       0    1,570     △ 737    5,397     1,244     2,638    220,003
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 1,296
      親会社株主に帰属する当期
                                                         9,984
      純利益
      自己株式の取得
                                                         △ 151
      自己株式の処分                                                    615
      土地再評価差額金の取崩                                                    168
      株主資本以外の項目の当期
                   12,255       1    △ 168    1,522     13,610      △ 20     269    13,858
      変動額(純額)
     当期変動額合計              12,255       1    △ 168    1,522     13,610      △ 20     269    23,179
     当期末残高              16,819       1    1,402      784    19,007      1,224     2,907    243,183
                                 76/144








                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 令和3年4月1日 至 令和4年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                    株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                 25,000         25,808        170,751         △ 1,515        220,043
      会計方針の変更による累積
                                        △ 49                △ 49
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                      25,000         25,808        170,701         △ 1,515        219,994
     期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 1,374                △ 1,374
      親会社株主に帰属する当期
                                       13,062                 13,062
      純利益
      自己株式の取得                                           △ 202        △ 202
      自己株式の処分                          △ 2                576         574
      非支配株主との取引に係る
                                166                          166
      親会社の持分変動
      土地再評価差額金の取崩
                                         △ 3                △ 3
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                    -        164       11,684          373       12,222
     当期末残高
                      25,000         25,972        182,386         △ 1,142        232,216
                         その他の包括利益累計額

                                                 非支配株主
                  その他                退職給付     その他の     新株予約権           純資産合計
                       繰延ヘッジ     土地再評価                       持分
                  有価証券                に係る     包括利益
                        損益     差額金
                 評価差額金                調整累計額     累計額合計
     当期首残高              16,819       1    1,402      784    19,007      1,224     2,907    243,183
      会計方針の変更による累積
                                                    △ 48    △ 98
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                   16,819       1    1,402      784    19,007      1,224     2,858    243,084
     期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                        △ 1,374
      親会社株主に帰属する当期
                                                         13,062
      純利益
      自己株式の取得                                                   △ 202
      自己株式の処分                                                    574
      非支配株主との取引に係る
                                                          166
      親会社の持分変動
      土地再評価差額金の取崩                                                    △ 3
      株主資本以外の項目の当期
                   △ 9,089      △ 1     3    △ 20   △ 9,107      △ 8    △ 460    △ 9,576
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                   △ 9,089      △ 1     3    △ 20   △ 9,107      △ 8    △ 460    2,645
     当期末残高               7,730       0    1,406      763    9,900     1,215     2,398    245,730
                                 77/144




                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 令和2年4月1日              (自 令和3年4月1日
                                至 令和3年3月31日)               至 令和4年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        13,820              18,764
       税金等調整前当期純利益
                                         1,949              2,028
       減価償却費
                                          605              175
       減損損失
       貸倒引当金の増減(△)                                  △ 363             △ 118
                                           4              12
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                           9              2
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                  △ 291             △ 376
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   △ 22              △ 6
       睡眠預金払戻損失引当金の増減額(△は減少)                                  △ 112              △ 81
       偶発損失引当金の増減額(△は減少)                                   △ 6             △ 9
                                                        213
       債務保証損失引当金の増減額(△は減少)                                    -
       資金運用収益                                 △ 47,919             △ 48,023
                                         1,545              1,148
       資金調達費用
                                         1,369
       有価証券関係損益(△)                                                △ 842
                                          18              40
       金銭の信託の運用損益(△は運用益)
       為替差損益(△は益)                                 △ 4,058             △ 11,729
                                          68              196
       固定資産処分損益(△は益)
       貸出金の純増(△)減                                △ 176,937             △ 146,242
                                        297,728              121,350
       預金の純増減(△)
                                                       44,522
       譲渡性預金の純増減(△)                                  △ 955
       借用金(劣後特約付借入金を除く)の純増減
                                        145,026               41,557
       (△)
                                         1,309               298
       預け金(日銀預け金を除く)の純増(△)減
                                         5,000
       コールローン等の純増(△)減                                                  -
       コールマネー等の純増減(△)                                 △ 58,766             △ 23,000
       外国為替(資産)の純増(△)減                                  △ 528             △ 739
                                           6              5
       外国為替(負債)の純増減(△)
       リース債権及びリース投資資産の純増(△)減                                  △ 721             △ 363
                                        47,924              48,237
       資金運用による収入
       資金調達による支出                                 △ 1,685             △ 1,298
                                         5,649              6,508
       その他
                                        229,666               52,232
       小計
       法人税等の支払額                                 △ 1,409             △ 4,322
                                        228,257               47,910
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                 78/144








                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 令和2年4月1日              (自 令和3年4月1日
                                至 令和3年3月31日)               至 令和4年3月31日)
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有価証券の取得による支出                                △ 286,476             △ 239,965
                                        97,410              109,454
       有価証券の売却による収入
                                        149,901              101,607
       有価証券の償還による収入
       金銭の信託の増加による支出                                 △ 4,400             △ 5,545
                                         4,032              8,029
       金銭の信託の減少による収入
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 3,405             △ 1,442
                                          140              735
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 16             △ 309
       無形固定資産の取得による支出
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 42,814             △ 27,436
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       劣後特約付借入金の返済による支出                                    -            △ 600
       配当金の支払額                                 △ 1,296             △ 1,370
       非支配株主への配当金の支払額                                   △ 2             △ 2
       自己株式の取得による支出                                  △ 151             △ 202
                                          328              322
       自己株式の処分による収入
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                           -            △ 420
       よる支出
                                         △ 265             △ 101
       リース債務の返済による支出
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 1,387             △ 2,375
                                           5              9
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        184,060               18,108
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        330,644              514,705
     現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1  514,705             ※1  532,813
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 79/144












                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1.連結の範囲に関する事項

      (1)連結子会社          9 社
         株式会社徳島大正銀行
         株式会社香川銀行
         トモニシステムサービス株式会社
         株式会社徳銀ビジネスサービス
         香川ビジネスサービス株式会社
         トモニリース株式会社
         トモニカード株式会社
         株式会社徳銀キャピタル
         大正信用保証株式会社
      (2)非連結子会社
         地域とトモニ1号投資事業有限責任組合
          非連結子会社は、その資産、経常収益、当期純損益(持分に見合う額)、利益剰余金(持分に見合う額)及び
         その他の包括利益累計額(持分に見合う額)等からみて、連結の範囲から除いても企業集団の財政状態及び経営
         成績に関する合理的な判断を妨げない程度に重要性が乏しいため、連結の範囲から除外しております。
     2.持分法の適用に関する事項

      (1)持分法適用の非連結子会社
         該当ありません。
      (2)持分法適用の関連会社
         該当ありません。
      (3)持分法非適用の非連結子会社
         地域とトモニ1号投資事業有限責任組合
          持分法非適用の非連結子会社は、当期純損益(持分に見合う額)、利益剰余金(持分に見合う額)及びその他
         の包括利益累計額(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に重要な影響を与え
         ないため、持分法の対象から除いております。
      (4)持分法非適用の関連会社
         該当ありません。
     3.連結子会社の事業年度等に関する事項

      (1)  連結子会社の決算日は次のとおりであります。
         3月末日         9社
                                 80/144








                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
     4.会計方針に関する事項
      (1)商品有価証券の評価基準及び評価方法
         商品有価証券の評価は、時価法(売却原価は移動平均法により算定)により行っております。
      (2)有価証券の評価基準及び評価方法
      (イ)有価証券の評価は           、 満期保有目的の債券については移動平均法による償却原価法(定額法)                                 、 その他有価証券        に
        ついては時価法(売却原価は移動平均法により算定)                         、 ただし市場価格のない株式等については移動平均法に                         よ
        る原価法により行っております              。
         なお  、 その他有価証券の評価差額については                 、 全部純資産直入法により処理しております                   。
      (ロ)有価証券運用を主目的とする単独運用の金銭の信託において信託財産として運用されている有価証券の評価
        は、時価法により行っております。
      (3)デリバティブ取引の評価基準及び評価方法
         デリバティブ取引の評価は、時価法により行っております。
      (4)固定資産の減価償却の方法
       ①  有形固定資産(リース資産を除く)
         有形固定資産は、定率法(ただし、平成10年4月1日以後に取得した建物(建物附属設備を除く。)並びに平成
        28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)を採用しております。
         また、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建 物:7年~50年
         その他:3年~20年
       ② 無形固定資産(リース資産を除く)
         無形固定資産は、定額法により償却しております。なお、自社利用のソフトウエアについては、連結子会社で定
        める利用可能期間(10年以内)に基づいて償却しております。
       ③ リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係る「有形固定資産」中のリース資産は、リース期間を耐用年数とし
        た定額法により償却しております。なお、残存価額については、リース契約上に残価保証の取決めがあるものは当
        該残価保証額とし、それ以外のものは零としております。
      (5)貸倒引当金の計上基準
         銀行業を営む連結子会社の貸倒引当金は、予め定めている償却・引当基準に則り、次のとおり計上しておりま
        す。
         破産、特別清算等法的に経営破綻の事実が発生している債務者(以下「破綻先」という。)に係る債権及びそれ
        と同等の状況にある債務者(以下「実質破綻先」という。)に係る債権については、以下のなお書きに記載されて
        いる直接減額後の帳簿価額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額を計上
        しております。また、現在は経営破綻の状況にないが、今後経営破綻に陥る可能性が大きいと認められる債務者
        (以下「破綻懸念先」という。)に係る債権については、債権額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収
        可能見込額を控除し、その残額のうち、債務者の支払能力を総合的に判断し必要と認める額を計上しております。
         上記以外の債権については、主として今後1年間の予想損失額又は今後3年間の予想損失額を見込んで計上して
        おり、予想損失額は、1年間又は3年間の貸倒実績を基礎とした貸倒実績率の過去の一定期間における平均値に基
        づき損失率を求め算定しております。
         すべての債権は、資産の自己査定基準に基づき、営業関連部署が資産査定を実施し、当該部署から独立した資産
        監査部署が査定結果を監査しております。
         なお、破綻先及び実質破綻先に対する担保・保証付債権等については、債権額から担保の評価額及び保証による
        回収が可能と認められる額を控除した残額を取立不能見込額として債権額から直接減額しており、その金額は
        9,877百万円(前連結会計年度末は10,225百万円)であります。
         その他の連結子会社の貸倒引当金は、一般債権については過去の貸倒実績率等を勘案して必要と認めた額を、貸
        倒懸念債権等特定の債権については、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額をそれぞれ計上しております。
                                 81/144





                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (6)賞与引当金の計上基準
         賞与引当金は、従業員への賞与の支払いに備えるため、従業員に対する賞与の支給見込額のうち、当連結会計年
        度に帰属する額を計上しております。
      (7)役員賞与引当金の計上基準
         役員賞与引当金は、役員への賞与の支払いに備えるため、役員に対する賞与の支給見込額のうち、当連結会計年
        度に帰属する額を計上しております。
      (8)睡眠預金払戻損失引当金の計上基準
         睡眠預金払戻損失引当金は、負債計上を中止した預金の預金者からの将来の払戻請求に備えるため、過去の払戻
        実績に基づき、必要額を計上しております。
      (9)偶発損失引当金の計上基準
         偶発損失引当金は、信用保証協会における責任共有制度に基づく負担金等の支払いに備えるため、予め定めてい
        る償却・引当基準に基づき将来の負担金支払見積額を計上しております。
      (10)債務保証損失引当金の計上基準
         債務保証損失引当金は          、 従業員持株ESOP信託の借入債務の弁済に備えるため                        、 当該弁済見込額を計上しておりま
        す 。
      (11)退職給付に係る会計処理の方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については給付
        算定式基準によっております。また、過去勤務費用及び数理計算上の差異の損益処理方法は次のとおりでありま
        す。
         過去勤務費用:    その発生時の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(5年又は10年)による定額法
                    により損益処理
         数理計算上の差異:  各連結会計年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(5年又は10年)
                    による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌連結会計年度から損益処理
         なお、一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支
        給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
      (12)収益及び費用の計上基準
         ファイナンス・リース取引に係る収益及び費用の計上基準については、リース料受取時に売上高と売上原価を計
        上する方法によっております。
      (13)外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
         外貨建資産・負債は、連結決算日の為替相場による円換算額を付しております。
      (14)重要なヘッジ会計の方法
      (イ)金利リスク・ヘッジ
         金融資産・負債から生じる金利リスクに対するヘッジ会計の方法は、金利スワップの特例処理によっておりま
        す。
      (ロ)為替変動リスク・ヘッジ
         銀行業を営む連結子会社の外貨建金融資産・負債から生じる為替変動リスクに対するヘッジ会計の方法は、「銀
        行業における外貨建取引等の会計処理に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別委員会実
        務指針第25号       令和2年10月8日。以下「業種別委員会実務指針第25号」という。)に規定する繰延ヘッジによっ
        ております。
         ヘッジ有効性評価の方法については、外貨建金銭債権債務等の為替変動リスクを減殺する目的で行う通貨スワッ
        プ取引及び為替スワップ取引等をヘッジ手段とし、ヘッジ対象である外貨建金銭債権債務等に見合うヘッジ手段の
        外貨ポジション相当額が存在することを確認することによりヘッジの有効性を評価しております。
      (15)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
         連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲は、連結貸借対照表上の「現金預け金」のうち現金及び日本
        銀行への預け金であります。
      (16)関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続
         投資信託(ETF除く)の解約・償還に伴う差損益について、投資信託全体で益の場合は有価証券利息配当金に計
        上し、損の場合は国債等債券償還損に計上しております。当連結会計年度は、有価証券利息配当金に投資信託の解
        約・償還に伴う差益407百万円(前連結会計年度は1,238百万円)を計上しております。
                                 82/144




                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (重要な会計上の見積り)
      会計上の見積りにより当連結会計年度に係る連結財務諸表にその額を計上した項目であって、翌連結会計年度に係る
     連結財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性があるものは、次のとおりです。
     貸倒引当金

     (1)  当連結会計年度に係る連結財務諸表に計上した額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (令和3年3月31日)                 (令和4年3月31日)
        貸倒引当金                        22,121百万円                 22,003百万円
     (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する理解に資する情報

      ①算出方法
         貸倒引当金の算出方法は、「(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)4.会計方針に関する事項
        (5)貸倒引当金の計上基準」に記載しております。
      ②主要な仮定
         主要な仮定は、「債務者区分の判定における貸出先の将来の業績見通し」であります。「債務者区分の判定にお
        ける貸出先の将来の業績見通し」は、各債務者の収益獲得能力を個別に評価し、設定しております。
         なお、新型コロナウイルス感染症の各債務者の収益獲得能力に与える影響については、各債務者ごとに、その影
        響の度合いや収束時期が異なるものの、今後も一定程度は続くものと仮定しております。
      ③翌連結会計年度に係る連結財務諸表に及ぼす影響
         個別貸出先の業績変化等により、当初の見積りに用いた仮定が変化した場合は、翌連結会計年度に係る連結財務
        諸表における貸倒引当金に重要な影響を及ぼす可能性があります。
      (会計方針の変更)

    (収益認識に関する会計基準等の適用)
      「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                         令和2年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等
     を当連結会計年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと
     交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。
      これにより、当社の連結子会社におけるクレジットカードの年会費について、従来は受取時に一括して収益認識                                                    を
     行っておりましたが、当連結会計年度から経過期間に応じて収益認識を行う方法に変更しております。
      収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従っており、
     当連結会計年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当連結会計年度の期首の利益剰
     余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。この結果、当連結会計年度の期首の純資産に累
     積的影響額が反映されたことにより、連結株主資本等変動計算書の利益剰余金の期首残高が49百万円減少しておりま
     す。
      また、当連結会計年度の連結貸借対照表及び連結損益計算書に与える影響は軽微であります。
      なお、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度に係る「収益認識関係」注記に
     ついては記載しておりません。
    (時価の算定に関する会計基準等の適用)

      「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                          令和元年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)等
     を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10
     号  令和元年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計方針を、
     将来にわたって適用することといたしました。これによる連結財務諸表に与える影響はありません。
      また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注記を行うこととい
     たしました。ただし、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号                                               令和元年7月4
     日)第7-4項に定める経過的な取扱いに従って、当該注記のうち前連結会計年度に係るものについては記載しておりま
     せん。
                                 83/144



                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (未適用の会計基準等)

     「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                   令和3年6月17日)
     (1)  概要
         投資信託の時価の算定及び注記に関する取扱い並びに貸借対照表に持分相当額を純額で計上する組合等への出資
        の時価の注記に関する取扱いが定められました。
     (2)  適用予定日
         令和5年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響
         当該会計基準等の適用による連結財務諸表に与える影響については、現時点で評価中であります。
      (追加情報)

     (従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引)
      当社は、従業員持株会に信託を通じて自社の株式を交付する取引を行っております。
      (1)取引の概要
         当社は、当社グループの成長を支える従業員に対する福利厚生制度をより一層充実させるとともに、株価上昇へ
        のインセンティブを付与することにより、当社グループの業績や株式価値に対する従業員の意識を更に高め、中長
        期的な企業価値の向上を図ることを目的に、従業員インセンティブ・プラン「従業員持株ESOP信託」を導入してお
        ります。
         当社が「トモニホールディングス従業員持株会」(以下「当社持株会」という。)に加入する従業員のうち一定の
        要件を充足する者を受益者とする信託を設定し、当該信託は令和5年12月までに当社持株会が取得すると見込まれ
        る数の当社株式を一括して取得いたします。その後、当該信託は当社株式を毎月一定日に当社持株会に売却いたし
        ます。当該信託は、保有する当社株式の議決権を、当社持株会の議決権割合に応じて行使いたします。信託終了時
        に、株価の上昇により信託収益がある場合には、受益者たる従業員の拠出割合に応じて金銭が分配されます。株価
        の下落により譲渡損失が生じ信託財産に係る債務が残る場合には、金銭消費貸借契約の保証条項に基づき、当社が
        銀行に対して一括して弁済するため、従業員の追加負担はありません。
      (2)信託に残存する自社の株式
         信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に自己株式
        として計上しております。
         当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、前連結会計年度末778百万円、1,936千株、当連結会計年度末358百万
        円、891千株であります。
      (3)総額法の適用により計上された借入金の帳簿価額
         総額法の適用により計上された借入金はありません。
                                 84/144









                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
    ※1.非連結子会社の出資金の総額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (令和3年3月31日)                 (令和4年3月31日)
        出資金                          178百万円                 367百万円
    ※2.銀行法及び金融機能の再生のための緊急措置に関する法律に基づく債権は次のとおりであります                                               。 なお  、 債権は   、 連

      結貸借対照表の       「 有価証券    」 中の社債(その元本の償還及び利息の支払の全部又は一部について保証しているもので
      あって   、 当該社債の発行が有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)によるものに限る                                       。 ) 、 貸出金   、 外国為替    、
      「 その他資産     」 中の未収利息及び仮払金並びに支払承諾見返の各勘定に計上されるもの並びに注記されている有価証
      券の貸付けを行っている場合のその有価証券(使用貸借又は賃貸借契約によるものに限る                                         。 )であります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (令和3年3月31日)                (令和4年3月31日)
        破綻更生債権及びこれらに準ずる債権額                          11,495百万円                11,114百万円
        危険債権額                          36,307百万円                38,307百万円
                                   109百万円                54百万円
        三月以上延滞債権額
                                  5,647百万円                9,548百万円
        貸出条件緩和債権額
                                  53,560百万円                59,025百万円
        合計額
       破産更生債権及びこれらに準ずる債権とは                    、 破産手続開始      、 更生手続開始      、 再生手続開始の申立て等の事由により経

      営破綻に陥っている債務者に対する債権及びこれらに準ずる債権であります                                   。
       危険債権とは       、 債務者が経営破綻の状態には至っていないが                    、 財政状態及び経営成績が悪化し              、 契約に従った債権の
      元本の回収及び利息の受取りができない可能性の高い債権で破産再生債権及びこれらに準ずる債権に該当しないもの
      であります     。
       三月以上延滞債権とは           、 元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から三月以上遅延している貸出金で破産更生債権
      及びこれらに準ずる債権並びに危険債権に該当しないものであります                                。
       貸出条件緩和債権とは           、 債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として                        、 金利の減免     、 利息の支払猶予       、 元本の返
      済猶予   、 債権放棄その他の債務者に有利となる取決めを行った貸出金で破産更生債権及びこれらに準ずる債権                                              、 危険債
      権並びに三月以上延滞債権に該当しないものであります                          。
       なお   、 上記債権額は      、 貸倒引当金控除前の金額であります                。
     (表示方法の変更)
        「 銀行法施行規則等の一部を改正する内閣府令                    」 (令和2年1月24日          内閣府令第3号)が令和4年3月31日から
      施行されたことに伴い          、 銀行法の    「 リスク管理債権       」 の区分等を     、 金融機能の再生のための緊急措置に関する法律に基
      づく開示債権の区分等に合わせて表示しております                        。
    ※3.手形割引は、「銀行業における金融商品会計基準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会

      業種別委員会実務指針第24号              令和4年3月17日)に基づき金融取引として処理しております。これにより受け入れ
      た商業手形及び買入外国為替等は、売却又は(再)担保という方法で自由に処分できる権利を有しておりますが、そ
      の額面金額は次のとおりであります。
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
                    (令和3年3月31日)                       (令和4年3月31日)
                        9,116百万円                       8,960百万円
                                 85/144






                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
    ※4.担保に供している資産は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (令和3年3月31日)                 (令和4年3月31日)
        担保に供している資産
         有価証券                      223,633百万円                 269,602百万円
         貸出金                         -百万円               12,283百万円
          計                      223,633百万円                 281,885百万円
        担保資産に対応する債務
         借用金                      195,000百万円                 237,200百万円
       上記のほか、為替決済等の取引の担保あるいは先物取引証拠金の代用として、次のものを差し入れております。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (令和3年3月31日)                 (令和4年3月31日)
        預け金                          119百万円                 119百万円
        有価証券                          201百万円                  -百万円
        その他資産                        37,248百万円                 31,851百万円
       また、その他資産には、保証金が含まれておりますが、その金額は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (令和3年3月31日)                 (令和4年3月31日)
        保証金                          752百万円                 756百万円
    ※5.当座貸越契約及び貸付金に係るコミットメントライン契約は、顧客からの融資実行の申し出を受けた場合に、契約

      上規定された条件について違反がない限り、一定の限度額まで資金を貸付けることを約する契約であります。これら
      の契約に係る融資未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (令和3年3月31日)                 (令和4年3月31日)
        融資未実行残高                        418,861百万円                 469,866百万円
         うち原契約期間が1年以内のもの                      402,363百万円                 448,275百万円
         (又は任意の時期に無条件で取消
         可能なもの)
       なお、これらの契約の多くは、融資実行されずに終了するものであるため、融資未実行残高そのものが必ずしも連
      結子会社の将来のキャッシュ・フローに影響を与えるものではありません。これらの契約の多くには、金融情勢の変
      化、債権の保全及びその他相当の事由があるときは、連結子会社が実行申し込みを受けた融資の拒絶又は契約極度額
      の減額をすることができる旨の条項が付けられております。また、契約時において必要に応じて不動産・有価証券等
      の担保を徴求するほか、契約後も定期的に予め定めている行内(社内)手続に基づき顧客の業況等を把握し、必要に
      応じて契約の見直し、与信保全上の措置等を講じております。
                                 86/144








                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
    ※6.土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法律第34号)に基づき、株式会社徳島銀行の事業用の土地の再
      評価を行い、評価差額については、当該評価差額に係る税金相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債の部
      に計上し、これを控除した金額を「土地再評価差額金」として純資産の部に計上しております。
        再評価を行った年月日     平成10年3月31日
        同法律第3条第3項に定める再評価の方法
         土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第4号に定める地価税の課税価
        格で(自己所有の寮・社宅に係る土地については同政令第2条第3号固定資産税評価額に基づいて合理的な調整を
        行って)再評価しております。
        同法律第10条に定める再評価を行った事業用土地の期末における時価の合計額と当該事業用土地の再評価後の帳簿
        価額の合計額との差額
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
                    (令和3年3月31日)                       (令和4年3月31日)
                        2,979百万円                       2,822百万円
    ※7.有形固定資産の減価償却累計額

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (令和3年3月31日)                 (令和4年3月31日)
        減価償却累計額                        30,839   百万円              28,787   百万円
    ※8.有形固定資産の圧縮記帳額

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (令和3年3月31日)                 (令和4年3月31日)
        圧縮記帳額                         4,364百万円                 4,337百万円
        (当該連結会計年度の圧縮記帳額)                         (-百万円)                 (-百万円)
    ※9.借用金には、他の債務よりも債務の履行が後順位である旨の特約が付された劣後特約付借入金が含まれておりま

      す。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (令和3年3月31日)                 (令和4年3月31日)
        劣後特約付借入金                         1,800百万円                 1,200百万円
    ※10.「有価証券」中の社債のうち、有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)による社債に対する保証債務の額

                      前連結会計年度                       当連結会計年度
                    (令和3年3月31日)                       (令和4年3月31日)
                        42,804百万円                       48,140百万円
                                 87/144








                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (連結損益計算書関係)
    ※1.営業経費には、次のものを含んでおります。
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (自 令和2年4月1日                 (自 令和3年4月1日
                            至 令和3年3月31日)                   至 令和4年3月31日)
        給与・手当                        14,912百万円                 14,886百万円
    ※2.その他の経常費用には、次のものを含んでおります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自 令和2年4月1日                 (自 令和3年4月1日
                            至 令和3年3月31日)                 至 令和4年3月31日)
                                  634百万円                 897百万円
        貸出金償却
        株式等売却損                         1,498百万円                  812百万円
        株式等償却                          991百万円                 202百万円
    ※3.減損損失

      前連結会計年度(自 令和2年4月1日 至 令和3年3月31日)
       当連結会計年度において、継続的な地価の下落等により投資額の回収が見込めなくなった資産グループの帳簿価額
      を回収可能価額まで減額し、当該減少額605百万円を減損損失として特別損失に計上しております。その内訳は、土
      地321百万円及び建物283百万円であります。
           用途            種類            場所          減損損失
          稼動資産            営業用店舗             徳島県内           341百万円
          稼動資産            営業用店舗             香川県内           116百万円
          稼動資産            営業用店舗             大阪府内            26百万円
          稼動資産            共用資産            徳島県内            65百万円
          遊休資産            共用資産            大阪府内            55百万円
        銀行業を営む連結子会社は、営業用店舗については、営業店(または各グループ店)毎に管理会計で継続的に収支
      を把握していることから各営業店(または各グループ店)を、また遊休資産については各資産を、それぞれグルーピ
      ングの単位としております。また、当社及び連結子会社は、各社をグルーピングの単位としております。
        なお、当資産グループの回収可能価額は正味売却価額により測定し、正味売却価額については「不動産鑑定評価基
      準」又は「売却予定額」に基づき評価しております。
      当連結会計年度(自 令和3年4月1日 至 令和4年3月31日)

       当連結会計年度において、継続的な地価の下落等により投資額の回収が見込めなくなった資産グループの帳簿価額
      を回収可能価額まで減額し、当該減少額175百万円を減損損失として特別損失に計上しております。その内訳は、土
      地125百万円及び建物50百万円であります。
           用途            種類            場所          減損損失
          稼動資産            営業用店舗             香川県内            84百万円
          稼動資産            営業用店舗             徳島県内            65百万円
          稼動資産            営業用店舗             京都府内            13百万円
          稼動資産            営業用店舗             東京都内            8百万円
          稼動資産            営業用店舗             大阪府内            3百万円
        銀行業を営む連結子会社は、営業用店舗については、営業店(または各グループ店)毎に管理会計で継続的に収支
      を把握していることから各営業店(または各グループ店)を、また遊休資産については各資産を、それぞれグルーピ
      ングの単位としております。また、当社及び連結子会社は、各社をグルーピングの単位としております。
        なお、当資産グループの回収可能価額は正味売却価額により測定し、正味売却価額については「不動産鑑定評価基
      準」又は「売却予定額」に基づき評価しております。
                                 88/144




                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
    ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                             (自 令和2年4月1日                (自 令和3年4月1日
                              至 令和3年3月31日)                至 令和4年3月31日)
         その他有価証券評価差額金
            当期発生額                            16,289               △12,063
                                        1,109               △1,045
            組替調整額
             税効果調整前
                                       17,399               △13,108
                                       △5,028                 3,961
             税効果額
             その他有価証券評価差額金                           12,370                △9,146
         繰延ヘッジ損益
            当期発生額                              2               △2
                                         △0                 1
            組替調整額
             税効果調整前
                                          1               △1
                                         △0                 0
             税効果額
             繰延ヘッジ損益                             1               △1
         退職給付に係る調整額
            当期発生額                            1,951                 158
                                         237               △188
            組替調整額
             税効果調整前
                                        2,188                 △29
                                        △666                  9
             税効果額
             退職給付に係る調整額                           1,522                 △20
               その他の包括利益合計                         13,893                △9,168
                                 89/144












                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自 令和2年4月1日 至 令和3年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                                                     (単位:千株)
               当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度
                                                      摘要
                期首株式数         増加株式数         減少株式数          末株式数
     発行済株式
      普通株式             163,728            -         -       163,728
        合計           163,728            -         -       163,728
     自己株式
      普通株式              4,928          480        1,594         3,814    (注)
        合計            4,928          480        1,594         3,814
     (注)1.普通株式の自己株式の増加480千株は取締役会決議による自己株式の取得による増加480千株及び単元未満株
          式の買取りによる増加0千株であり、減少1,594千株は新株予約権の権利行使による減少628千株及び従業員持
          株ESOP信託から従業員持株会への売却による減少965千株であります。
         2.従業員持株ESOP信託所有の自己株式は、当連結会計年度期首株式数に2,901千株及び当連結会計年度末株式
          数に1,936千株含まれております。
      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                          新株予約権の目的となる株式の数(株)
                 新株予約権
                                                当連結会計
           新株予約権      の目的とな
      区分                         当連結会計年度                年度末残高        摘要
           の内訳      る株式の種      当連結会計                   当連結会
                                                (百万円)
                 類      年度期首                   計年度末
                               増加      減少
           ストック・
           オプション
      当社                         -                   1,224
           としての新
           株予約権
          合計                      -                   1,224
      3.配当に関する事項

        (1)当連結会計年度中の配当金支払額
                        配当金の総額          1株当たり
       (決議)         株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)         配当額(円)
     令和2年6月24日
                普通株式              646         4.00   令和2年3月31日         令和2年6月25日
     定時株主総会
     令和2年11月12日
                普通株式              649         4.00   令和2年9月30日         令和2年12月8日
     取締役会
    (注) 令和2年6月24日の定時株主総会の決議に基づく「配当金の総額」には、従業員持株ESOP信託に対する配当金11
        百万円を含めております。また、令和2年11月12日の取締役会の決議に基づく「配当金の総額」には、従業員持株
        ESOP信託に対する配当金9百万円を含めております。
        (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が当連結会計年度の末日後となるもの

                    配当金の総額               1株当たり
       (決議)       株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                     (百万円)              配当額(円)
     令和3年6月29日
               普通株式          647   利益剰余金           4.00   令和3年3月31日         令和3年6月30日
     定時株主総会
    (注) 令和3年6月29日の定時株主総会の決議に基づく配当金の総額には、従業員持株ESOP信託に対する配当金7百万
        円を含めております         。
                                 90/144




                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      当連結会計年度(自 令和3年4月1日 至 令和4年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                                                     (単位:千株)
               当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度
                                                      摘要
                期首株式数         増加株式数         減少株式数          末株式数
     発行済株式
      普通株式             163,728            -         -       163,728
        合計           163,728            -         -       163,728
     自己株式
      普通株式              3,814          680        1,470         3,024    (注)
        合計            3,814          680        1,470         3,024
     (注)1.普通株式の自己株式の増加680千株は取締役会決議による自己株式の取得による増加679千株及び単元未満株
          式の買取りによる増加0千株であり、減少1,470千株は新株予約権の権利行使による減少426千株及び従業員持
          株ESOP信託から従業員持株会への売却による減少1,044千株であります。
         2.従業員持株ESOP信託所有の自己株式は、当連結会計年度期首株式数に1,936千株及び当連結会計年度末株式
          数に891千株含まれております。
      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                          新株予約権の目的となる株式の数(株)
                 新株予約権
                                                当連結会計
           新株予約権      の目的とな
      区分                         当連結会計年度                年度末残高        摘要
           の内訳      る株式の種      当連結会計                   当連結会
                                                (百万円)
                 類      年度期首                   計年度末
                               増加      減少
           ストック・
           オプション
      当社                         -                   1,215
           としての新
           株予約権
          合計                      -                   1,215
      3.配当に関する事項

        (1)当連結会計年度中の配当金支払額
                        配当金の総額          1株当たり
       (決議)         株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)         配当額(円)
     令和3年6月29日
                普通株式              647         4.00   令和3年3月31日         令和3年6月30日
     定時株主総会
     令和3年11月12日
                普通株式              727         4.50   令和3年9月30日         令和3年12月8日
     取締役会
    (注) 令和3年6月29日の定時株主総会の決議に基づく「配当金の総額」には、従業員持株ESOP信託に対する配当金7
        百万円を含めております。また、令和3年11月12日の取締役会の決議に基づく「配当金の総額」には、従業員持株
        ESOP信託に対する配当金6百万円を含めております。
        (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が当連結会計年度の末日後となるもの

                    配当金の総額               1株当たり
       (決議)       株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                     (百万円)              配当額(円)
     令和4年6月28日
               普通株式          727   利益剰余金          4.50円    令和4年3月31日         令和4年6月29日
     定時株主総会
    (注) 令和4年6月28日の定時株主総会の決議に基づく配当金の総額には、従業員持株ESOP信託に対する配当金4百万
        円を含めております         。
                                 91/144




                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自 令和2年4月1日                 (自 令和3年4月1日
                            至 令和3年3月31日)                 至 令和4年3月31日)
        現金預け金勘定                        520,145百万円                 537,955百万円
                                △5,439百万円                 △5,141百万円
        日本銀行への預け金以外の預け金
        現金及び現金同等物                        514,705百万円                 532,813百万円
      (リース取引関係)

      (借手側)
     1.ファイナンス・リース取引
     (1)所有権移転外ファイナンス・リース取引
      ① リース資産の内容
        (ア)有形固定資産
          事務機器、ATM及び車両であります。
      ② リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項」の「(4)固定資産の減価償却の
        方法」に記載のとおりであります。
     2.オペレーティング・リース取引

      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                   (単位:百万円)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (令和3年3月31日)                  (令和4年3月31日)
     1年内                                  166                  125
     1年超                                  655                  877
             合計                           822                 1,002
                                 92/144











                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (貸手側)
     1.リース投資資産の内訳
                                                   (単位:百万円)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (令和3年3月31日)                  (令和4年3月31日)
     リース料債権部分                                 10,424                  10,856
     見積残存価額部分                                   5                  5
     受取利息配当額(△)                                  859                  914
     リース投資資産                                 9,570                  9,948
     2.リース債権及びリース投資資産に係るリース料債権部分の連結決算日後の回収予定額

      前連結会計年度(令和3年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                              リース債権                 リース投資資産
     1年以内                                   26                 3,232
     1年超2年以内                                   26                 2,641
     2年超3年以内                                   18                 1,997
     3年超4年以内                                   18                 1,363
     4年超5年以内                                   11                  772
     5年超                                   0                 416
      当連結会計年度(令和4年3月31日)

                                                   (単位:百万円)
                              リース債権                 リース投資資産
     1年以内                                   27                 3,329
     1年超2年以内                                   19                 2,680
     2年超3年以内                                   18                 2,036
     3年超4年以内                                   12                 1,414
     4年超5年以内                                   1                 739
     5年超                                   0                 656
                                 93/144










                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
      (金融商品関係)
      1.金融商品の状況に関する事項
      (1)金融商品に対する取組方針
          当社グループは、預金、貸出金業務等の銀行業務を中心に各種金融サービスを提供しております。銀行業務を
         行うに当たっては、地域における持続的かつ安定的な金融仲介機能を発揮するため、必要な資金を地域の企業及
         び個人等から預金及び譲渡性預金により調達し、地域の企業及び個人等に対する貸出金により運用するととも
         に、一部は金融市場等で有価証券により運用しております。
          当社グループが保有する貸出金、有価証券等の金融資産と預金等の金融負債は期間構造が異なるため、市場の
         金利変動に伴うリスクに晒されていることから、資産及び負債の総合的管理(ALM)を行い、市場リスクを適
         切にコントロールして安定的な収益を確保できる運営に努めております。
      (2)金融商品の内容及びそのリスク
          当社グループが保有する金融資産は、主として貸出金及び有価証券であります。貸出金は、主に地域の中小企
         業者に対する事業性貸出及び個人に対する消費性ローンであり、貸出先の倒産や債務不履行等による信用リスク
         に晒されており、有価証券は、主に株式及び債券であり、発行体の信用リスク、金利及び市場価格の変動に伴う
         市場リスクに晒されております。
          金融負債は、主として地域の企業及び個人等からの預金であり、当社グループの信用状況等の変化や予期せぬ
         経済環境等の変化により、資金調達力の低下や資金流出が発生する流動性リスクに晒されております。
          デリバティブ取引は、顧客の輸出入予約のヘッジ取引を目的とした為替予約取引、及び貸出金の金利リスクに
         対するヘッジ取引を目的とした金利スワップ取引であり、信用リスク及び市場リスクに晒されております。
      (3)金融商品に係るリスク管理体制
        ① 信用リスクの管理
           当社グループは、信用リスクに関する諸規程・基準に基づき、営業推進部門から独立した与信管理部門にお
          いて、適切な信用リスクの管理を行っております。また、信用リスクの管理の状況については、定期的に開催
          されるグループリスク管理委員会等において審議・報告される体制としております。さらに、信用リスクの管
          理の状況については、監査部門による内部監査を実施しております。
           また、信用リスク管理の高度化を図るため行内格付制度を導入し、案件審査や与信管理、与信ポートフォリ
          オのモニタリング等に活用しております。与信ポートフォリオについては、業種集中度合いや大口集中度合い
          等のモニタリングを行い、集中リスクを排除したポートフォリオ構築を図っております。
           有価証券の発行体の信用リスク及びデリバティブ取引のカウンターパーティーリスクに関しては、信用情報
          や取引状況を定期的に把握・管理しております。
        ② 市場リスクの管理
           当社グループは、市場リスク管理に関する諸規程・マニュアルに基づき、適切な市場リスクの管理を行って
          おります。また、市場リスクの管理の状況については、定期的に開催されるグループリスク管理委員会等にお
          いて審議・報告される体制としております。さらに、市場リスクの管理の状況については、監査部門による内
          部監査を実施しております。
           有価証券運用部門では市場運用部門(フロント・オフィス)、市場リスク管理部門(ミドル・オフィス)及
          び事務管理部門(バック・オフィス)を明確に区分して相互牽制機能が発揮できる態勢とし、適切な市場リス
          クの管理を行っております。また、市場動向・損益状況については月次でグループリスク管理委員会等へ報告
          し、損失拡大時や市況変動の激しい時等については、随時にグループリスク管理委員会の開催を要請し、早急
          な対応を実施しております。
           当社グループにおいて、市場リスクの影響を受ける主たる金融商品は、「商品有価証券」、「金銭の信
          託」、「有価証券」、「貸出金」、「預金」、「譲渡性預金」、「借用金」及び「デリバティブ取引」であり
          ます。これらのうちの大部分を保有する株式会社徳島大正銀行及び株式会社香川銀行においては、市場リスク
          のVaRを算定しております。当社グループでは、算定したVaRがリスク限度枠の範囲内となるように適切
          にコントロールしながら収益確保に努めております。VaRの算定にあたっては、分散共分散法(保有期間
          120日、信頼区間99%、観測期間1年)を採用しております。令和3年3月31日現在における市場リスク量は
          23,574百万円(うち株式会社徳島大正銀行10,545百万円、株式会社香川銀行13,029百万円)であります。令和
          4年3月31日現在における市場リスク量は20,062百万円(うち株式会社徳島大正銀行8,391百万円、株式会社
          香川銀行11,671百万円)であります。なお、VaRは過去の相場変動をベースに統計的に算出した一定の発生
          確率での市場リスク量を計測しており、通常では考えられないほど市場環境が激変する状況下におけるリスク
          は捕捉できない場合があります。
                                 94/144



                                                          EDINET提出書類
                                                トモニホールディングス株式会社(E23820)
                                                           有価証券報告書
        ③ 流動性リスクの管理
           当社グループは、流動性リスク管理に関する諸規程・マニュアルに基づき、適切な流動性リスクの管理を
          行っております。また、流動性リスクの管理の状況については、定期的に開催されるグループリスク管理委員
          会等において審議・報告される体制としております。さらに、流動性リスクの管理の状況については、監査部
          門による内部監査を実施しております。
           また、資金繰り担当部門は、安定した資金繰り運用に努めるとともに、不測の事態に備え、流動性の高い資
          産を準備するなど日々状況を把握しております。
      (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
          金融商品の時価の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提条件等によった場合、当
         該価額が異なることもあります。
      2.金融商品の時価等に関する事項

         連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額は、次のとおりであります。なお、市場価格のない株式等及び組
        合出資金は、次表には含めておりません((注1)参照)。また、現金預け金、外国為替(資産・負債)は、短期間
        で決済されるため時価が帳簿価額に近似することから、注記を省略しております。
        前連結会計年度(令和3年3月31日)

                                                   (単位:百万円)
                          連結貸借対照表計上額               時価           差額

&nbs