株式会社ニレコ 有価証券報告書 第96期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第96期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)
提出日
提出者 株式会社ニレコ
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2022年6月24日
     【事業年度】                   第96期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
     【会社名】                   株式会社ニレコ
     【英訳名】                   NIRECO    CORPORATION
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  久保田 寿治
     【本店の所在の場所】                   東京都八王子市石川町2951番地4
     【電話番号】                   042-642-3111
     【事務連絡者氏名】                   取締役執行役員管理部門長  硲 光司
     【最寄りの連絡場所】                   東京都八王子市石川町2951番地4
     【電話番号】                   042-642-3111
     【事務連絡者氏名】                   取締役執行役員管理部門長  硲 光司
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/112













                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
     (1)連結経営指標等
             回次             第92期       第93期       第94期       第95期       第96期
            決算年月             2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

                          7,911,968       8,441,708       8,775,350       7,899,927       8,117,527
     売上高              (千円)
                           784,127      1,011,692        989,452       635,414       650,116
     経常利益              (千円)
     親会社株主に帰属する当期純
                           516,493       489,813       779,243       432,550       406,151
                   (千円)
     利益
                           891,244       171,198       646,506       851,486       514,837
     包括利益              (千円)
                         12,597,100       12,490,911       12,882,376       13,527,159       13,850,955
     純資産額              (千円)
                         14,211,876       14,012,891       14,937,976       15,324,624       16,152,521
     総資産額              (千円)
                          1,681.82       1,684.85       1,753.48       1,836.03       1,878.34
     1株当たり純資産額               (円)
                            69.79       66.07       106.58        59.06       55.41
     1株当たり当期純利益               (円)
     潜在株式調整後1株当たり当
                            69.27       65.42       105.24        58.34       54.61
                    (円)
     期純利益
                            87.8       88.7       85.8       87.8       85.2
     自己資本比率               (%)
                             4.3       3.9       6.2       3.3       3.0
     自己資本利益率               (%)
                            16.25       13.52        6.05       16.15       15.94
     株価収益率               (倍)
     営業活動によるキャッシュ・
                           865,217       227,281       241,293      1,143,568        849,155
                   (千円)
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                   (千円)       △ 114,664     △ 1,587,094       △ 148,861      △ 285,637      △ 359,522
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                   (千円)       △ 860,755      △ 315,553      △ 485,595      △ 409,860      △ 393,041
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                          4,680,577       2,989,254       2,595,277       3,045,096       3,168,098
                   (千円)
     高
                             348       355       415       427       453
     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                        [ 27 ]      [ 29 ]      [ 43 ]      [ 38 ]      [ 42 ]
     (注)1.第93期より表示方法の変更を行っております。第92期については、当該表示方法の変更を遡及適用した組替
           え後の数値を記載しております。
         2.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当連結会計年度の期首から適
           用しており、当連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等と
           なっております。
                                  2/112






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     (2)提出会社の経営指標等
             回次             第92期       第93期       第94期       第95期       第96期
            決算年月             2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

                          7,286,210       7,811,748       8,038,549       6,225,400       5,929,738
     売上高              (千円)
                           849,302      1,090,847        994,860       269,911       167,677
     経常利益              (千円)
                           614,284       252,394       727,192       183,666       111,348
     当期純利益              (千円)
                          3,072,352       3,072,352       3,072,352       3,072,352       3,072,352
     資本金              (千円)
                          8,305,249       8,305,249       8,305,249       8,305,249       8,305,249
     発行済株式総数               (株)
                         12,198,844       11,981,960       12,373,349       12,695,793       12,593,766
     純資産額              (千円)
                         13,584,269       13,274,861       13,461,865       13,602,269       13,728,583
     総資産額              (千円)
                          1,640.97       1,617.59       1,685.18       1,723.99       1,718.20
     1株当たり純資産額               (円)
                            24.00       24.00       34.00       24.00       38.00
     1株当たり配当額
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当
                           ( 10.00   )    ( 10.00   )    ( 14.00   )    ( 10.00   )    ( 14.00   )
     額)
                            83.00       34.04       99.46       25.08       15.19
     1株当たり当期純利益               (円)
     潜在株式調整後1株当たり当
                            82.39       33.71       98.21       24.77       14.97
                    (円)
     期純利益
                            89.6       89.9       91.5       92.9       91.2
     自己資本比率               (%)
                             5.2       2.1       6.0       1.5       0.9
     自己資本利益率               (%)
                            13.66       26.23        6.49       38.04       58.13
     株価収益率               (倍)
                            28.92       70.51       34.18       95.69       250.16
     配当性向               (%)
                             258       271       280       288       285
     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                        [ 16 ]      [ 16 ]      [ 16 ]      [ 15 ]      [ 14 ]
                            171.3       139.2       107.5       156.8       151.9
     株主総利回り               (%)
     (比較指標:配当込み
                    (%)        ( 115.9   )    ( 110.0   )     ( 99.6  )    ( 141.5   )    ( 144.3   )
     TOPIX)
     最高株価               (円)        1,480       1,380       1,297       1,030       1,183
     最低株価               (円)         641       641       587       605       802

     (注)1.最高株価及び最低株価は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
         2.第93期より表示方法の変更を行っております。第92期については、当該表示方法の変更を遡及適用した組替
           え後の数値を記載しております。
         3.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当事業年度の期首から適用し
           ており、当事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となって
           おります。
                                  3/112






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         4.株主総利回り及び比較指標の最近5年間の推移は以下のとおりであります。
                                  4/112




















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
       当社の前身は戦前のアスカニア合資会社(1931年独国アスカニア・ヴェルケ社の100%出資会社として設立、1936
      年アスカニア株式会社に改組)であります。同社解散後、当社は旧アスカニア株式会社の役員、従業員が中心とな
      り、同社の需要家でありました八幡製鐡㈱及び富士製鐡㈱(いずれも現、日本製鉄㈱)、東洋高壓工業㈱及び三井化
      學工業㈱(いずれも現、三井化学㈱)、日本鋼管㈱(現、JFEホールディングス㈱)等の資本参加等を得て、1950
      年設立されたものであります。
        年月                           沿革
      1950年11月        東京都中央区に日本レギュレーター株式会社(現、株式会社ニレコ)設立。
      1951年3月        東京都品川区に目黒工場開設。
      1956年11月        東京都大田区に六郷工場開設、機械油圧部門を目黒工場から移設して、生産体制を拡充。
      1961年1月        機械加工部門整備、拡張のため、子会社千代田精機㈱を設立。
      1964年1月        管理部門の強化を図り目黒工場を目黒事業所と改称。
      1969年6月        本店を東京都中央区から東京都港区に移転。
      1970年8月        八王子工場建築工事一部完成に伴い、研究開発部門を目黒事業所から移設。
      1971年8月        八王子工場建築工事完成に伴い、本社機構を移管して八王子事業所とし、目黒事業所から全面移
              転して生産体制を拡充。目黒事業所閉鎖。
      1972年5月        子会社ニレコ・サービス㈱(後にニレコ計装㈱)を設立。制御装置の保守サービス業務を移管。
      1979年7月        本店を東京都港区から東京都八王子市(八王子事業所)に移転。
      1984年3月        六郷工場閉鎖、八王子事業所に全面移転。これにより製造部門の集結完了。
      1984年5月        業務拡張のため神奈川県相模原市に相模原工場を建設、倉庫拡張、子会社千代田精機㈱を収容。
      1984年11月        商号を「日本レギュレーター株式会社」から「株式会社ニレコ」に変更。
      1989年9月        生産体制を整備、拡張のため相模原工場を増築。
      1989年10月        社団法人日本証券業協会(現、日本証券業協会)に店頭登録。
      1990年4月        電子・電気機器部門生産体制強化のため、ミスミ電子㈱(現、ミヨタ精密㈱)株式を追加取得、
              子会社化。
      1990年11月        業務拡張のため、理化学機器製造及び販売の子会社㈱アイテクノ設立。(1995年3月解散)
      1990年12月        研究開発部門の整備・拡充のため、八王子事業所研究棟を増築。
      1994年9月        海外事業展開のため、仏国カルグラフ社(後に、NIRECO                          EUROPE    SAS)株式を取得、子会社化。
      1996年7月        業務拡張のため八王子事業所を増築。
      1996年12月        子会社ミスミ電子㈱(現、ミヨタ精密㈱)は東京都八王子市に本社機構を移管。
      1998年5月        アジア地区の営業体制強化のため、台湾の仁力克股份有限公司を増資引受により子会社化。
      2000年11月        北米地区の営業基盤強化のため米国に子会社NIRECO                        AMERICA    CORP.を設立。
      2003年11月        中国での生産拠点として尼利可自動控制机器(上海)有限公司を設立。
      2004年12月        日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
      2007年11月        生産体制合理化のため、子会社千代田精機㈱は子会社ミヨタ精密㈱と合併し、商号を「ミヨタ精
              密㈱」に変更。
      2009年8月        米国子会社NIRECO         AMERICA    CORP.を売却整理。
      2010年4月
              ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQに上場。
      2012年3月        NIRECO    EUROPE    SASを清算。
      2013年4月
              子会社ニレコ計装㈱株式を追加取得、完全子会社化。
      2013年7月
              東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場
      2013年10月
              子会社ニレコ計装㈱を吸収合併。
      2014年11月        韓国におけるプロセス事業の販売及び保守サービス体制強化のため、同国に子会社Nireco
              Process    Korea   Co.,Ltd.を設立。
      2015年5月        八王子事業所の老朽化対策のため、新棟及び耐震補強工事、付帯設備を建設。
      2017年2月        新たな製品開発と事業展開のため、㈱メガオプトの全株式を取得し、子会社化。
      2019年7月        グローバルな事業拡大を目指し、ドイツに子会社Nireco                           International       GmbHを設立。
      2019年10月
              レーザ応用製品関連事業の拡大加速のため、子会社㈱メガオプトを吸収合併。
        〃
              光学技術の研究開発企業である㈱光学技研を完全子会社化。
      2021年6月
              電気・電子機器の設計開発会社である西武電機㈱を完全子会社化
      2022年4月
              東京証券取引所の市場再編に伴い、東京証券取引所スタンダード市場に移行。
                                  5/112



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
       当社グループは、2022年3月期連結会計年度末日現在、当社(㈱ニレコ)及び連結子会社7社から構成されてお
      り、鉄鋼・化学から食品・印刷に至るまで幅広い産業向けに制御・計測・検査機器の開発・製造・販売を事業内容と
      しております。
       当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりです。
        プロセス事業は、鉄鋼・非鉄金属の生産ラインを主な対象とした製品を取り扱う事業です。その主な製品として、
      製鉄の主な工程において製銑・精鋼の工程で圧力・流量・温度等の制御を行うプロセス制御装置、連続鋳造の工程で
      湯面を計測する渦流式溶鋼レベル計、圧延や表面処理の工程で製品の位置を制御する耳端位置制御装置、工程の中途
      及び完成時に情報を製品に表示させる自動識別印字装置などがあります。
        ウェブ事業は、製紙、印刷から電子機器材料に至るまで、帯状素材(ウェブ)を扱う広範な業種を対象とした製品
      を取り扱う事業です。その主な製品として、耳端位置制御装置は、帯状の細長い素材の縁の位置を検知して一定の位
      置に揃えるもので、二次電池やその他電子部品などの素材となる高機能フィルムを取り扱う製造ラインで使用されて
      おります。また、張力を一定に保つことによりシワや折り目を防止する張力制御装置は耳端位置制御装置とセットで
      フィルム等の製造ラインで使用されています。その他、印刷関連印刷物の位置(見当)を制御し、色ズレ等を防止す
      る見当合わせ制御装置、印刷物の汚れや欠陥を検知する印刷品質検査装置、印刷物の製本や貼り付け加工の際に、ノ
      ズルから適量の糊を正確な位置に吹き付ける糊付け制御装置などがあります。
        検査機事業は、当社グループが長年にわたり培ってきた画像処理技術をベースに、食品から電池や電子部品材料ま
      で幅広い分野を対象とした製品を取り扱う事業です。その主な製品として、電子機器の素材となる各種フィルム、金
      属箔や紙などの汚れや疵を検出する無地検査装置があります。その他に、二次電池の生産工程で電極シートに活性物
      質をコーティングする際の検査・計測を行う電極シート検査装置、食品の大きさや形状といった外観を検知し選別す
      る食品外観検査装置などがあります。
        オプティクス事業は、半導体検査装置で使用される光学部品や、レーザ機器を主に取り扱う事業です。製造に高度
      な技術を必要とする特殊な光学部品や、半導体検査やシリコンウエハ加工、金属へのマーキング、樹脂加工などに用
      いることのできるレーザ装置などがあります。
        また、報告セグメントに含まれないその他の事業において、機械部品製作事業、電子機器組立事業などを行ってお
      ります。
       区分              主要製品名                         会社名

     プロセス事業        プロセス制御装置                       当社
             自動識別印字装置                       ミヨタ精密㈱※
             耳端位置制御装置(メタル関連)                       尼利可自動控制机器(上海)有限公司(中国)
                                    Nireco    Process    Korea   Co.,Ltd.(韓国)
             渦流式溶鋼レベル計
                                    Nireco    International       GmbH(ドイツ)
             板幅計
     ウェブ事業        耳端位置制御装置(印刷・フィルム関連)                       当社
             張力制御装置                       ミヨタ精密㈱※
             見当合わせ制御装置                       仁力克股份有限公司(台湾)
             糊付け制御装置                       尼利可自動控制机器(上海)有限公司(中国)
             印刷品質検査装置
     検査機事業        無地検査装置                       当社
             画像処理解析装置
                                    ミヨタ精密㈱※
             近赤外分析システム
                                    仁力克股份有限公司(台湾)
             食品外観検査装置
                                    尼利可自動控制机器(上海)有限公司(中国)
     オプティクス        レーザ関連製品                       当社
     事業        光学部品                       ㈱光学技研
     その他        機械部品製作事業                       ミヨタ精密㈱※

             電子機器組立事業                       西武電機㈱
    ※特定子会社に該当しております。

                                  6/112




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     以上述べた事項を事業系統図によって示すと、次のとおりであります。
     4【関係会社の状況】






      (1)連結子会社
                                         議決権の所有
                               主要な事業の内容
         名称        住所       資本金                割合又は被所           関係内容
                                 (注)1
                                         有割合(%)
                                                当社の製品全般にわた

                                                り機械部品製作、組立
                               プロセス事業
                神奈川県
     ミヨタ精密㈱                                           及び電子機器の組立、
                相模原市          88百万円      ウェブ事業             100.0
     (注)2                                           配線を行っている。
                緑区
                               検査機事業
                                                なお、当社所有の建物
                                                を賃借している。
                                                当社オプティクス事業

     ㈱光学技研           神奈川県                                 製品の開発、製造及び
                         75百万円      オプティクス事業             100.0
     (注)4           厚木市                                 販売を行っている。
                                                役員の兼任あり。
                                                電子機器、情報機器、
                東京都                                 各種機器の開発および
     西武電機㈱                    10百万円      その他事業             100.0
                八王子市                                 製造を行っている。
                                                役員の兼任あり。
                                                当社ウェブ及び検査機
                                                事業の製品を中心とし
                               ウェブ事業
                台湾
     仁力克股份有限公司                  13百万NTドル                     100.0    てアジア地区における
                新北市
                               検査機事業
                                                製造及び販売を行って
                                                いる。
                                                当社製品全般にわたり
                               プロセス事業
                                                製造、販売及び保守
     尼利可自動控制机器           中国
                         270百万円      ウェブ事業             100.0    サービスを行ってい
     (上海)有限公司           上海市
                                                る。
                               検査機事業
                                                役員の兼任あり。
                                                当社プロセス事業の製
     Nireco    Process
                                                品の製造、販売及び保
                韓国
     Korea   Co.,Ltd.              1,100百万ウォン         プロセス事業             90.9    守サービスを行ってい
                慶州市
                                                る。
                                                役員の兼任あり。
                                  7/112


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
                                         議決権の所有
                               主要な事業の内容
         名称        住所       資本金                割合又は被所           関係内容
                                 (注)1
                                         有割合(%)
                                                当社プロセス事業の製

     Nireco
                ドイツ                                 品の開発、製造、販売
     International       GmbH            25千ユーロ       プロセス事業             100.0
                エッセン市                                 を行っている。
     (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

         2.特定子会社に該当しております。
         3.上記の子会社はいずれも有価証券届出書又は有価証券報告書を提出しておりません。
         4.㈱光学技研については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%
           を超えております。
           主要な損益情報等(連結会社相互間の内部取引、債権債務相殺前)
            (1)売上高   1,296百万円
            (2)経常利益   357百万円
            (3)当期純利益  240百万円
            (4)純資産額  1,745百万円
            (5)総資産額  2,371百万円
     5【従業員の状況】

      (1)連結会社の状況
                                                  2022年3月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                  126

      プロセス事業                                                [ 7 ]
                                                  119

      ウェブ事業                                               [ 14 ]
                                                  61

      検査機事業                                                [ 2 ]
                                                  78

      オプティクス事業                                               [ 12 ]
                                                  30

      その他                                                [ 5 ]
                                                  39

      全社(共通)                                                [ 2 ]
                                                  453

                 合計                                    [ 42 ]
     (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者は、年間の平均人員を[ ]外数で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属している
           ものであります。
         3.その他における従業員の増加は、2021年6月に西武電機㈱を連結子会社化したためであります。
                                  8/112







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の状況
                                                  2022年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
           285             46.1              18.8                 6,165

               [ 14 ]
              セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                  98

      プロセス事業                                                [ 3 ]
                                                  78

      ウェブ事業                                                [ 8 ]
                                                  61

      検査機事業                                                [ 2 ]
                                                  20

      オプティクス事業                                                [ 0 ]
                                                  28

      全社(共通)                                                [ 2 ]
                                                  285

                 合計                                    [ 14 ]
     (注)1.従業員数は就業人数であり、臨時雇用者数は、年間の平均人員を[ ]外数で記載しております。
         2.平均年間給与は税込支払給与額で基準外賃金及び賞与が含まれております。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属している
           ものであります。
      (3)労働組合の状況

         当社グループの労働組合について、提出会社の労働組合はニレコ労働組合と称し、本店並びに各事業所地区別に
        支部が置かれており、上部団体には加盟しておりません。労使関係は長期にわたり安定しております。
         また、提出会社以外の関係会社には労働組合はありません。
         なお、2022年3月31日現在におけるニレコ労働組合の組合員数は182人であります。
                                  9/112












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
     文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
    (1)会社の経営の基本方針

      当社グループは、制御、計測、検査技術を活かした製品ときめ細かいサービスの提供により、お客様から厚い信頼を獲
    得し、良きパートナーとして共に成長します。さらに、パートナーシップにより生み出された価値を広く社会に応用する
    ことで、「技術と信頼」の経営理念の下、豊かで持続可能な社会の実現に貢献することを経営の基本方針としています。
    (2)目標とする経営指標

     当社グループは、持続的な成長と企業価値向上の実現に向けて、財務の健全性、安定性を保ちながら収益性の拡大を目
    指しております。財務の健全性・安定性を示す指標として自己資本比率を重視し、その一定水準を維持するとともに、収
    益性の拡大を示す指標として経常利益率を重視し、業績予想等で具体的な目標値を公表します。
    (3)中長期的な会社の経営戦略

      当社グループは、いかなる環境下においても成長できる体制の実現を目指し、「市場の拡大」、「技術の進化」、「経
    営体質の強化」を重点テーマに掲げております。具体的には、海外販売の拡大、新規市場の開拓を進めるとともに、当社
    グループが保有する画像解析技術及び光応用技術などの強化により、競争優位性の向上を目指してまいります。
    (4)経営環境

     当連結会計年度においては、新型コロナウイルス感染症による影響が緩和される中、世界の景気は持ち直しの動きが見
    られます。一方、2021年後半からの原油価格高騰やウクライナ情勢、金融資本市場の変化などもあり、不透明な環境が続
    いています。
     上記の状況の下、当社グループの各事業分野においては、以下の環境であると認識しております。
     ① プロセス事業
        鉄鋼業界においては、世界の鋼材需要は引き続き成長するものと見込んでおります。その中でも、世界的に電気自
        動車の需要が高まり、高品位鋼のニーズが強くなっております。また、非鉄金属業界においても、電気自動車の普
        及に伴う自動車部品やインフラ向けの需要が高まっているものと認識しております。
     ② ウェブ事業
        製紙業界・印刷市場における紙需要はデジタル化の進展に伴い減少しているものの、電極シートやセパレータなど
        でフィルムを使う二次電池業界の設備投資動向は引き続き好調であるものと認識しております。
     ③ 検査機事業
        製造業界や第一次産業分野における省人化や高品質化ニーズにより、各種検査機の需要は堅調に推移するものと認
        識しております。
     ④ オプティクス事業
        世界的な半導体需要の高まりにより、当事業の主要販売先である半導体業界の設備投資需要は高水準で推移するも
        のと認識しております。
    (5)事業上及び財務上の対処すべき課題

     当社グループが持続的な成長と企業価値向上を実現する上で対処すべき主な課題は以下のとおりです。
     ① 海外展開の推進
        海外子会社を、販売のみならず設計・調達・生産・サービス等の機能を持つ拠点に拡充し、各地域に即した製品・
        サービスを展開していきます。
     ② 新規事業の創出
        当社グループが有する画像・センシング・光学技術を融合し、成長市場に対して競争力を持つ新製品の開発を進め
        てまいります。
     ③ 多様な人材の確保
        海外展開の推進や新規事業の創出など様々な経営課題に対応できる多様な人材確保を進めるとともに、グループと
        しての総合力を高めるべく会社間の連携並びに人材交流を強化します。
     ④ 各事業別の取り組み
        プロセス事業においては、電気自動車向けの需要の高まりが見られる鉄鋼メーカーの高品位鋼向けの設備投資や非
        鉄金属メーカー向けの販売活動強化に加え、製品開発についても注力していきます。
        ウェブ事業においては、二次電池メーカーの設備投資意欲が引き続き堅調であることから、当該分野向けの販売活
        動に注力していきます。また、サプライチェーンの混乱による納期長期化に対応すべく、部材調達の分散化などの
        施策を進めていきます。
        検査機事業においては、無地検査装置の引き合いが堅調であることから顧客企業の設備投資の取り込みを図ると共
        に、食品外観検査装置分野における加工食品検査需要などに向けた販売活動にも注力していきます。
        オプティクス事業においては、半導体関連装置向けを中心に旺盛な需要が続いていることから、引き続き同分野か
        らの強い需要に対応していくと共に、医療分野向けなどの新規分野や新規用途開発を図るなど、積極的な展開を
        行っていきます。
                                 10/112



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
      能性のある事項には、以下のようなものがあります。なお、文中にある将来に関する事項は当連結会計年度末現在に
      おいて当社グループ(当社及び連結子会社)が判断したものであります。
        ①経済状況による業績への影響について

         当社グループは、制御・計測・検査機器の専門メーカーとして、鉄鋼業、製紙・化学・印刷業・食品業および
        半導体産業まで幅広く産業界の合理化、省力化・品質向上ニーズに応えてきました。このように当社グループの
        事業対象は国内外の産業界であり、その設備投資動向が当社グループの事業、業績及び財務状況に重大な影響を
        及ぼす可能性があります。
         また、当連結会計年度は新型コロナウイルス感染症による影響が緩和される中、世界の景気は持ち直しの動き
        が見られています。一方、2021年後半からの原油価格高騰やウクライナ情勢、金融資本市場の変化などもあり、
        不透明な環境が続くものと見込んでおります。これらの新型コロナウイルス感染症の感染状況や、原材料価格の
        変動、地政学的リスク、経済状況の変動なども、当社グループの事業、業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性
        があります。
        ②競合に関するリスク

          当社グループは、激しい競争にさらされている製品を有しております。また、アジア諸国を中心に海外での事
         業展開に伴い、欧米グローバル企業や現地企業との価格面、機能面における競争が熾烈になっております。当社
         グループとして、このような競合先に打ち克つべく全社一丸となって事業運営に取り組んでおりますが、当社グ
         ループが競合相手に比べて優位に展開できない場合、当社グループの事業、業績及び財務状況に重大な影響を及
         ぼす可能性があります。
        ③取引先との関係等に関するリスク

         ⅰ)顧客に対する信用リスク
         当社グループの顧客の多くは、代金後払いで当社グループから製品・サービスを購入しています。当社グルー
        プでは顧客の信用状況に細心の注意を払っておりますが、こうした対策をとっているにも関わらず、当社グルー
        プが多額の売上債権を有する顧客に業績の悪化等による信用リスクが発生した場合、当社グループの事業、業績
        及び財務状況に重大な影響を及ぼす可能性があります。
         ⅱ)資材等の調達
         当社グループの生産活動はグループ内の生産子会社及び外注先が担っており、原材料等が適時、適量に調達で
        きることを前提とした生産体制を敷いています。また、原材料・部品等の一部については、その特殊性から仕入
        先が限定されているものや仕入先の切替えが困難なものもあります。このような外注先、仕入先による供給の遅
        延・中断等があった場合に、製品の生産が困難となることや納期が長期化する恐れがあります。加えて、原材
        料・部品等の調達を他の仕入先に変更した際に購入費用が増加する可能性があり、これらの事象が当社グループ
        の事業、業績及び財務状況に重大な影響を及ぼす可能性があります。
        ④製品開発に関するリスク

         当社グループの成長は新製品の開発と販売に依存するものと考え、新製品の開発を進めております。当社グ
        ループは今後も継続して魅力ある新製品を開発できると考えておりますが、そのすべてが想定通りに進み、販売
        できるようになるとは限らず、また、途中で開発を断念しなければならない事態に陥る恐れもあります。そのよ
        うな場合、製品によっては、当社グループの事業、業績及び状況に重大な影響を及ぼす可能性があります。
                                 11/112







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
        ⑤製品品質に関するリスク
         当社グループは厳しい品質管理基準に従って各種の製品・サービスを提供しておりますが、すべての製品・
        サービスに欠陥がないという保証はありません。当社グループの製品・サービスの中には顧客の生産ラインにお
        いて高い安全性が求められるものもあることから、故障が顧客に深刻な損失をもたらす危険があり、欠陥が原因
        で生じたそのような損失に対する責任を当社グループが問われる可能性があります。また、これらの問題に伴
        い、当社グループの製品・サービスに対する顧客の信頼を低下させる可能性があります。上記いずれの要因に
        よっても、当社グループの事業、業績及び財務状況が重大な影響を受ける可能性があります。
        ⑥海外進出に関するリスク

         当社グループは経営方針として「グローバル展開」を掲げ、中国、台湾、韓国、ドイツに生産及び販売拠点を
        設立し、また、その他の国々への販売も展開しております。これら進出各国における政情の変化、経済状況の変
        動、予期せぬ法律や規制の変更、未整備の技術インフラ等が、当社グループの事業、業績及び財務状況に重大な
        影響を及ぼす可能性があります。
        ⑦自然災害に関するリスク

         地震、火災、洪水等の自然災害や新型コロナウイルス等疫病の蔓延により、当社グループの各拠点、サプライ
        チェーン企業、あるいは、当社グループの製品ユーザーが壊滅的な損害を受ける可能性があります。そのような
        場合に、当社グループの事業、業績及び財務状況が重大な影響を受ける可能性があります。
        ⑧退職給付債務

         当社グループの従業員退職給付費用及び債務は、年金資産の時価の下落及び運用利回り・割引率等の退職給付
        債務算定に用いる前提に変更があった場合、当社グループの業績及び財務状況に重大な影響を及ぼす可能性があ
        ります。
                                 12/112













                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
       当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以
       下「経営成績等」という。)の状況の概要は以下のとおりであります。
       ①財政状態及び経営成績の状況

       当連結会計年度における世界経済は、新型コロナウイルス感染症の拡大による停滞状況からの正常化に向けた取り
      組みにより回復が見られました。わが国においても経済活動正常化に向けた動きの中、持ち直しの兆しが見られまし
      た。一方、期中より半導体や電子部品、樹脂部品の供給が不足するなど、一部のサプライチェーンの混乱による各種
      製品供給の遅延が企業活動に影響を与えました。
       当社グループ(当社及び連結子会社)の主要取引先である鉄鋼、電子部品、化学、印刷・紙加工、食品など各メー
      カーの設備投資は、業種により強弱はあるものの一定の回復が見られましたが、半導体をはじめとするサプライ
      チェーンの混乱による影響を受けました。このような状況の下、当社グループは、いかなる環境下においても成長で
      きる企業グループの実現を目指し、当社グループのコア技術である画像処理、センシング及び光学技術の強化を進め
      たほか、部材調達の適正化による製品出荷への影響回避に努めました。加えて、電気・電子機器の受託設計開発やプ
      リント基板の実装を行う西武電機株式会社をグループ会社に迎えるなど、事業の拡大に向けた活動を行いました。
         a.財政状態

         当連結会計年度末における総資産は、前連結会計年度末に比べて827百万円増加し16,152百万円となりました。
        負債は前連結会計年度末に比べて504百万円増加し2,301百万円となりました。純資産は前連結会計年度末に比べて
        323百万円増加し13,850百万円となりました。
         b.経営成績

         当連結会計年度の業績につきましては、売上高8,117百万円(前年同期比2.8%増)、営業利益563百万円(前年
        同期比6.2%減)、経常利益650百万円(前年同期比2.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益406百万円(前
        年同期比6.1%減)となりました。また、受注残高は4,376百万円(前年同期比50.2%増)となりました。
          セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

         プロセス事業

          当事業においては、期初時点における受注残高が低水準であり、鉄鋼メーカーの設備投資も本格回復には至ら
         なかったことから、当連結会計年度の売上高・利益は前年同期比で減少しました。
          その結果、当事業の売上高は2,216百万円(前年同期比14.2%減)、セグメント利益は313百万円(前年同期比
         24.0%減)となりました。また、受注残高は1,188百万円(前年同期比1.3%増)となりました。
         ウェブ事業

          当事業においては、サプライチェーンの混乱による制約を受け受注から出荷までの期間に長期化傾向が見られ
         たものの、二次電池業界向けをはじめとする各メーカーの設備投資需要により、主力製品である耳端位置制御装
         置等の売上高が増加しました。利益面においては、原価の上昇や収益性の低い大口案件の影響により減収となり
         ました。
          その結果、当事業の売上高は2,631百万円(前年同期比1.2%増)、セグメント利益は230百万円(前年同期比
         20.7%減)となりました。また、受注残高は1,336百万円(前年同期比130.3%増)となりました。
         検査機事業

          各メーカーの設備投資が慎重さを残す中、フィルムや金属箔、不織布等多様な無地素材の検査に用いられる無
         地検査装置の販売は前年を上回りました。一方、農業分野向け選果設備向けなどの食品外観検査装置の販売は前
         期を下回りました。
          その結果、当事業の売上高は1,356百万円(前年同期比0.7%減)、セグメント利益は35百万円(前年同期セグ
         メント損失は19百万円)となりました。また、受注残高は684百万円(前年同期比11.9%増)となりました。
                                 13/112




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         オプティクス事業
          半導体市場における強い設備投資需要が続いたことに加え、新製品の投入や生産性の改善が寄与し、半導体関
         連装置メーカー向けをはじめとした光学部品販売が海外向けを含め増加しました。
          その結果、当事業の売上高は1,489百万円(前年同期比13.4%増)、セグメント利益は401百万円(前年同期比
         0.5%増)となりました。また、受注残高は944百万円(前年同期比73.3%増)となりました。
       ②キャッシュ・フローの状況

         当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)につきましては、営業活動により849百
        万円増加し、投資活動により359百万円減少し、財務活動により393百万円減少しました。その結果、当連結会計年
        度末の資金残高は前連結会計年度末と比べて123百万円増加し、3,168百万円となりました。
         当連結会計年度末における各キャッシュ・フローの概況とそれらの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果得られた資金は849百万円(前年同期1,143百万円)となりました。これは主なフローインとして
        税金等調整前当期純利益650百万円、売上債権及び契約資産の減少422百万円、減価償却費276百万円、仕入債務の
        増加220百万円などがあり、主なフローアウトとして棚卸資産の増加582百万円、法人税等の支払額210百万円、未
        払消費税等の減少38百万円などがあった事によります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は359百万円(前年同期285百万円)となりました。これは主に投資有価証券の売却
        による収入74百万円、固定資産の売却による収入25百万円などがあったものの、連結の範囲の変更を伴う子会社株
        式の取得による支出262百万円、固定資産の取得による支出215百万円などがあった事によります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果使用した資金は393百万円(前年同期409百万円)となりました。これは主に配当金の支払額205
        百万円、長期借入金の返済による支出173百万円、社債の償還による支出9百万円などがあった事によります。
                                 14/112












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
      ③生産、受注及び販売の実績
      (a)生産実績
         当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             当連結会計年度
          セグメントの名称                 (自 2021年4月1日                    前年同期比(%)
                            至 2022年3月31日)
     プロセス事業(千円)                            2,407,192                     92.2

     ウェブ事業(千円)                            2,677,349                    106.6

     検査機事業(千円)                            1,211,977                     88.5

     オプティクス事業(千円)                            1,443,628                    113.8

     報告セグメント計(千円)                            7,740,146                     99.7

     その他(千円)                             410,150                  1,136.1

           合計(千円)                      8,150,296                    104.5

     (注)1.金額は販売価格によっております。
         2.その他における生産実績の増加は、2021年6月に西武電機株式会社を連結子会社化したためであります。
      (b)受注実績

         当連結会計年度の受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                  前年同期比          受注残高         前年同期比
          セグメントの名称              受注高(千円)
                                   (%)         (千円)          (%)
     プロセス事業(千円)                     2,232,021            99.5      1,188,204           101.3

     ウェブ事業(千円)                     3,387,307           129.3       1,336,094           230.3

     検査機事業(千円)                     1,429,047           113.0        684,566          111.9

     オプティクス事業(千円)                     1,888,926           147.6        944,143          173.3

     報告セグメント計(千円)                     8,937,301           120.6       4,153,007           142.7

     その他(千円)                      642,558         1,642.5         223,737         4,619.8

           合計(千円)               9,579,859           128.6       4,376,744           150.2

      (c)販売実績

         当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             当連結会計年度
          セグメントの名称                 (自 2021年4月1日                    前年同期比(%)
                            至 2022年3月31日)
     プロセス事業(千円)                            2,216,892                     85.8

     ウェブ事業(千円)                            2,631,304                    101.2

     検査機事業(千円)                            1,356,155                     99.3

     オプティクス事業(千円)                            1,489,512                    113.4

     報告セグメント計(千円)                            7,693,863                     97.9

     その他(千円)                             423,664                  1,139.1

           合計(千円)                      8,117,527                    102.8

                                 15/112




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当社グループ(当社及び連結子会社)の経営成績等に関する認識及び分析・検討内容は次のと
      おりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
      ①重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
        おります。この連結財務諸表を作成するにあたり重要となる会計方針については、「第5 経理の状況 1連結財
        務諸表等(1)連結財務諸表 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載されております。なお、こ
        れらの会計方針に基づく連結財務諸表上の資産・負債並びに収益・費用の額の決定に際しては、当該取引の実態や
        過去の実績等に照らし、合理的と思われる見積りや判断を要することがあります。特に、以下に記載した会計方針
        及び会計上の見積りが、連結財務諸表作成に重要な影響を及ぼしていると考えております。
        1)  貸倒引当金
          当社グループは、売上債権等の貸倒損失に備えて回収不能見込額を見積もり、貸倒引当金として計上してお
         ります。将来、顧客等の財政状況悪化、経営破綻等により、顧客等の支払能力が低下したと判断される場合に
         は、貸倒引当金の追加計上または貸倒損失が発生する可能性があります。
        2)  資産の評価
          当社グループは、棚卸資産については主として原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げ
         の方法により算定)を採用しておりますが、製品別・品目別に管理している受払状況から、滞留率・在庫比率
         等を勘案して、陳腐化等により明らかに収益性が低下していると判断される場合には、帳簿価額と正味売却価
         額との差額を評価損として計上しています。実際の正味売却価額が当社グループの見積もりより悪化した場合
         には、評価損の追加計上が発生する可能性があります。
          当社グループは、長期的な取引関係の維持・構築のため、一部の顧客及び金融機関等の株式を所有してお
         り、金融商品に係る会計基準に基づいて評価しています。市場価格のある株式については将来において時価が
         著しく下落し、回復する見込があると認められる場合を除き、評価損を計上する可能性があります。一方、市
         場価格のない株式については、将来において投資先の業績不振等により、帳簿価額に反映されていない損失あ
         るいは帳簿価額の回収不能が発生したと判断された場合には、評価損を計上する可能性があります。
          当社グループは、固定資産の減損に係る会計基準を適用しており、将来において、資産の収益性の低下によ
         り投資額の回収が見込めなくなった場合には、減損損失の追加計上が必要となる可能性があります。
        3)  繰延税金資産
          当社グループは、合理的で実現可能な事業計画又は予算に基づき将来の課税所得を見積もり、回収可能性を
         十分に検討し、繰延税金資産を計上しています。
          将来の課税所得の見積もり額が減少した場合には、当該会計期間において、繰延税金資産を取り崩すことに
         より税金費用が発生する可能性があります。
        4)  退職給付費用及び債務
          当社グループは、従業員の退職給付費用及び債務を算出するにあたり、採用した数理計算上で設定した基礎
         率(割引率、昇給率、退職率、死亡率、長期期待運用収益率)は、統計数値等により合理的な見積もりに基づ
         いております。これらの見積りを含む基礎率が実際の結果と異なる場合、その影響額は数理計算上の差異とし
         て累積され、将来にわたって償却されるため、今後計上される退職給付費用に影響を及ぼす可能性がありま
         す。
                                 16/112







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
      ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び検討内容
        a.財政状態の分析
         (資産)
           当連結会計年度末における総資産は前連結会計年度末に比べて827百万円増加して16,152百万円となりまし
          た。これは主に仕掛品の増加216百万円、原材料及び貯蔵品の増加214百万円、土地の増加204百万円による資
          産の増加があった事によります。
         (負債)

           負債は前連結会計年度末に比べて504百万円増加して2,301百万円となりました。これは主に支払手形及び買
          掛金の増加259百万円、長期借入金の増加155百万円による負債の増加があった事によります。
        (純資産)

           純資産は前連結会計年度末に比べて323百万円増加して13,850百万円となりました。これは主に利益剰余金
          の増加200百万円、為替換算調整勘定の増加95百万円による純資産の増加があった事によります。
           この結果、自己資本比率は85.2%(前連結会計年度末は87.8%)となりました。
        b.経営成績の分析

          1)売上高の状況
           当社グループは、製品・サービスの収益力強化に取り組むとともに、競争力強化・新規事業領域の開拓に向
          けた事業展開を積極的に推し進めました。
           当連結会計年度における当社グループの売上高は8,117百万円となり、前連結会計年度と比べて2.8%増とな
          りました。セグメント別の詳しい状況については、「(1)経営成績等の状況の概要①財政状態及び経営成績
          の状況」に記載のとおりであります。
           なお、海外売上高については、アジア向けや欧州向け売上高の増加により、前連結会計年度と比べて
          102.3%の1,416百万円となりました。
          2)利益の状況

           当連結会計年度における当社グループの利益の状況については、全社的なコストの削減及び継続的な生産性
          向上に努めた結果、営業利益は563百万円(前連結会計年度比6.2%減)となりました。経常利益は650百万円
          (前連結会計年度比2.3%増)、経常利益率は8.0%となり、期初予想の5.8%を上回りました。また、親会社
          株主に帰属する当期純利益は406百万円(前連結会計年度比6.1%減)となりました。
        c.キャッシュ・フローの分析

          キャッシュ・フローの分析については「(1)経営成績等の状況の概要②キャッシュ・フローの状況」に記載
         のとおりであります。
        d.資本の財源及び資金の流動性

          当社グループは財務の健全性、安定性を保ちながら収益性の拡大を目指すため、財務の健全性・安定性を示す
         指標として自己資本比率を重視し、その一定水準を維持するとともに、積極的な投資により成長に向けた競争力
         の強化を図ります。主な資金需要は、製品の原材料費、研究開発費、事業活動に必要な有形・無形固定資産投
         資、配当金支払などであり、その主な資金原資は、事業活動で積み上げた利益剰余金及び営業キャッシュ・フ
         ローです。また、資金の流動性については、自己資金で充分確保されております。
          なお、配当金については、市場のニーズに応えうる研究・開発体制の強化、グローバル展開を進めるための投
         資、機動的な自己株式の取得など、持続的な成長と株主価値向上へ内部留保を活かすと共に、株主の皆様へ適切
         な利益還元を図るべく、連結配当性向40%以上かつ連結自己資本配当率(DOE)2%以上を利益還元目標としてい
         ます。
          当連結会計年度末におけるキャッシュ・フローの分析については、「(1)経営成績等の状況の概要②キャッ
         シュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
                                 17/112






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     4【経営上の重要な契約等】
        (取得による企業結合)
         当社は、2021年5月24日開催の取締役会において、西武電機株式会社の株式を取得し、子会社化することに
        ついて決議し、同日付で株式譲渡契約を締結いたしました。
         詳細は、「第5[経理の状況]1[連結財務諸表等][注記事項](企業結合等関係)」に記載のとおりでありま
        す。
     5【研究開発活動】

        当社グループ(当社及び連結子会社)は、制御・計測・検査機器の専門メーカーとして、顧客からの多様なニーズ
      に応えるため、電子、電気、流体、光学などの技術分野を中心として、グループの今後を担う新製品の研究開発及び
      既存製品の改良研究を進めております。
      (1)当社製品と研究開発の特徴

          当社グループは、創業以来長年培ってきた制御の技術を進化させるとともに、その過程で派生した技術を成長
         させていくことにより、工場の生産・加工ラインにおける制御・計測・検査のための様々な製品を創り出してき
         ました。我が国において、戦後の復興から一貫して製造業が経済の牽引役を担ってきた中で、品質の高い製品を
         効率的に生産するという製造業のニーズに合致するものでありました。このような背景を持った当社グループの
         研究開発の特徴は以下の点にあります。
          ①多様な市場に向けて多品種かつ少量に製品を生産・供給すること
          ②顧客の工場における生産ラインの環境や条件は千差万別で、それぞれの環境や条件の中で正しく稼動し、機
           能することが求められること
          ③顧客の生産効率や歩留まり率向上に貢献し、不良品の流出を防ぐ高いレベルの機能が求められること
          これらの特徴から、当社グループにおける研究開発が目指しているところは、生産ラインの多様性に対応しつ
         つも、高精度の計測・制御・検査を同時に追求していく点にあります。
      (2)問題点と今後の課題

          当社グループにおける研究開発の問題点として考えられることは、顧客の生産ラインの多様な条件に適応しな
         がら、高精度であるという矛盾する要求に高いレベルで応えることが常に求められている中、開発にかかる時間
         とコストが増える傾向にあるという点です。
          この問題点を解決するには、当社グループのコア技術の中でも特に強みであり、また、開発余地の大きい独自
         のセンシング技術、画像処理技術、及び光学技術を各事業分野に応用展開することが最も重要だと考えておりま
         す。他社にはない長年の技術的蓄積とノウハウを活かすことにより、一から開発するよりも時間とコストを節減
         できるのみならず、競合他社との差別化にもつながると考えております。
      (3)研究開発の体制

          当社グループの研究開発は、顧客ニーズにきめ細かく対応した製品をタイムリーに供給することを目指してい
         ます。
          当社グループにおける研究開発体制の特徴は、営業、サービス、技術、開発の各部門及びグループ会社が連携
         し、一体となって顧客要求に応える製品を開発する点にあります。
          なお、当連結会計年度における研究開発担当人員は52名にのぼり、これは総従業員数の約11.5%に相当しま
         す。
                                 18/112







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
      (4)セグメント別の目的、課題、成果等
          当連結会計年度における各セグメント別の研究の目的、主要な課題、研究成果及び研究開発費は次のとおりで
         あります。
          プロセス事業

            創業以来の基幹事業であるプロセス事業は、鉄鋼業を主体としたプロセス産業の発展とともにその技術を
           進化させてきました。また、その過程で新たに生まれた制御や画像処理の技術をその他の事業にも活かすこ
           とで事業の多角化にも貢献してきました。現在は、既存技術に新技術を融合させることにより、成熟産業の
           新たなニーズを掘り起すことを目指して研究開発を進めております。
          ウェブ事業

            ウェブ事業のコア技術である位置制御技術は、当初、製鉄所での鋼板製造ラインにおける位置制御の技術
           を、製紙、印刷、フィルムなど帯状素材(ウェブ)の分野に応用・展開したものです。現在、高機能フィル
           ムの製造工程において、耳端位置制御装置や張力制御装置が不可欠の装置となっており、微細レベルの制御
           と製造コストの削減というユーザーのニーズに応えるため、更なる機能向上を進めております。
          検査機事業

            検査機事業のコア技術である画像処理技術は、鉄鋼製品の品質検査向けに開発以来、長年にわたり培われ
           てきた技術です。この技術を活かして、多方面の分野に応用・展開することが重要だと考え、研究開発に取
           り組んでおります。現在では、液晶パネルや二次電池の部材をはじめとした高機能フィルムなど帯状素材の
           品質検査をする無地検査装置と、青果物向けの品質検査をする選果装置や加工食品向け外観検査装置等の研
           究開発を進めております。
          オプティクス事業

            オプティクス事業は高精度な特殊光学部品技術やレーザ技術を、長年にわたり培ってきた技術です。この
           技術を多くの分野に応用・展開することを目指し、研究開発に取り組んでおります。
           なお、当連結会計年度における研究開発費の総額は                        613  百万円となっており、その内訳は「プロセス事業」

          が 158  百万円、「ウェブ事業」が            299  百万円、「検査機事業」が            58 百万円、「オプティクス事業」が               97 百万円で
          あります。
                                 19/112











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
       当社グループ(当社及び連結子会社)では、経費節減のため設備投資の必要性について厳しい審査をする一方で、
      生産能力向上のための機械装置、販売のためのデモンストレーション機器、品質向上目的のテスト装置の製作、社内
      コンピュータシステムの更新や建物の維持及び改修等、総額                            172  百万円の設備投資を実施しました。
       なお、所要資金は自己資金及び借入金によっております。
     2【主要な設備の状況】

       当社グループ(当社及び連結子会社)における主要な設備は、次のとおりであります。
      (1)提出会社
                                                  (2022年3月31日現在)
                                      帳簿価額
                                                      従業員
       事業所名        セグメントの        設備の
                           建物     機械装置       土地                数
                 名称      内容
       (所在地)                                     その他      合計
                                                      (人)
                           及び構築物     及び運搬具      (千円)
                                            (千円)     (千円)
                           (千円)     (千円)     (面積㎡)
               プロセス事業
     相模原工場                                  232,778
               ウェブ事業       倉庫業務      26,283       0           0   259,062       -
     (神奈川県相模原市)                                   (1,829)
               検査機事業
               プロセス事業
                      研究開発・
     八王子事業所
               ウェブ事業                        21,471                 231
                      生産・営      853,127      13,161           38,608     926,369
     (東京都八王子市)           検査機事業
                                       (13,225)                 [14]
                      業・管理
              オプティクス事業
               プロセス事業
     大阪営業所
                                                         16
               ウェブ事業        営業      2,700     1,091       -     873    4,665
    (大阪府吹田市)                                                    [-]
               検査機事業
     東京営業所
                                       125,720                 13
               プロセス事業        営業      17,997      135            0   143,853
     (東京都江東区)                                   (330)                [-]
     明石営業所                                   37,988                 10
               プロセス事業        営業      25,624       -          176    63,790
     (兵庫県明石市)
                                        (372)                [-]
     九州営業所
                                                         7
     (福岡県北九州市小倉          プロセス事業        営業
                              434      -      -     252     686
                                                        [-]
     北区)
     八王子事業所 分室           検査機事業       研究開                 180,745                 -
                              -     -           -   180,745
     (東京都八王子市)           その他      発・営業                  (363)                [-]
     光技術研究所                                                    7
              オプティクス事業        研究開発
                             7,288       0     -     919    8,207
     (東京都練馬区)                                                   [-]
     横浜営業所                                                    1
               ウェブ事業        営業
                              956      -      -     -     -
     (神奈川県横浜市)                                                   [-]
      (2)国内子会社

                                                  (2022年3月31日現在)
                                           帳簿価額
                                                        従業員
                     セグメントの
                                      機械装置
      会社名     事業所名(所在地)                 設備の内容     建物及び          土地             数
                       名称
                                      及び運搬         その他     合計
                                                        (人)
                                  構築物          (千
                                      具
                                               (千円)    (千円)
                                  (千円)          円)
                                      (千円)
                     プロセス事業
           本社・相模原工場                                               42
     ミヨタ精密㈱                 ウェブ事業      生産設備       7,780     7,490    24,801     583   40,656
           (神奈川県相模原市)                                               [11]
                      検査機事業
           本社・長谷事業所                 研究開発・                              63
     ㈱光学技研               オプティクス事業              436,504     117,420    493,049     90,935   1,137,910
                            生産設備
           (神奈川県厚木市)                                               [12]
           本社・みなみ野工場                 研究開発・                              30

                      その他
     西武電機㈱                             209,477     14,972    204,000     2,641    431,092
           (東京都八王子市)                 生産設備                              [5]
                                 20/112




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
      (3)在外子会社
                                                  (2021年12月31日現在)
                                          帳簿価額
                事業所名     セグメントの       設備の         機械装置                   従業員数
        会社名                        建物及び
                (所在地)      名称       内容                           (人)
                                     及び運搬      土地    その他     合計
                                構築物
                                     具     (千円)     (千円)     (千円)
                                (千円)
                                     (千円)
               台湾      ウェブ事業       営業・                              9
     仁力克股份有限公司                              -     -     -   6,148     6,148
                     検査機事業      生産設備
               新北市                                          [-]
                     プロセス事業
     尼利可自動控制机器                       営業・                              12
               中国
                     ウェブ事業             -    8,597      -   3,762    12,360
     (上海)有限公司          上海市             生産設備                              [-]
                     検査機事業
     Nireco   Process
               韓国             営業・                              8
                     プロセス事業           38,091      5,094    41,186     2,070    86,442
               慶州市             生産設備
     Korea   Co.,Ltd(韓国)                                                  [-]
     Nireco   International

               ドイツ                                           4
                     プロセス事業       営業      -     399     -   1,276     1,676
               エッセン市                                          [-]
     GmbH(ドイツ)
     (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品であり、建設仮勘定は含んでおりません。
         2.提出会社の相模原工場には、子会社ミヨタ精密㈱に賃貸中の建物 1,901.96㎡を含んでおります。
         3.従業員数の[ ]は、臨時従業員数を外書しております。
     3【設備の新設、除却等の計画】

       当社グループ(当社及び連結子会社)の設備投資については、業績動向、資金計画、投資効果等を総合的に勘案し
      ながら、原則的に連結会社各社が個別に設備計画を策定しております。ただし、重要な設備投資に関しては提出会社
      を中心としたグループ内において調整を図っております。
       なお、当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、改修等の特記すべき事項はありません。
                                 21/112












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
     (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          39,400,000

                  計                                39,400,000

        ②【発行済株式】

             事業年度末現在発行数                         上場金融商品取引所名又
                         提出日現在発行数(株)
       種類         (株)                     は登録認可金融商品取引                内容
                          (2022年6月24日)
              (2022年3月31日)                        業協会名
                                        東京証券取引所
                                      JASDAQ(スタンダード)
                                                    単元株式数は
                  8,305,249             8,305,249
     普通株式                                 (事業年度末日現在)
                                                   100株であります。
                                       スタンダード市場
                                        (提出日現在)
                                           -           -
                  8,305,249             8,305,249
        計
                                 22/112














                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
         会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
     決議年月日                2010年5月31日              2011年5月30日              2012年5月28日

     付与対象者の区分及び人数
                    当社執行役員1名              当社執行役員1名              当社執行役員1名
     (注1)
     新株予約権の数(個)※                     7             10              15
     新株予約権の目的となる株式                 普通株式              普通株式              普通株式

     の種類、内容及び数(株)※                  700             1,000              1,500
     新株予約権の行使時の払込金
                       1(注2)              1(注2)              1(注2)
     額(円)※
                     自 2010年6月22日              自 2011年6月21日              自 2012年6月19日
     新株予約権の行使期間※
                     至 2030年5月31日              至 2031年5月31日              至 2032年5月31日
     新株予約権の行使により株式
                     発行価格              456     発行価格                 355    発行価格                 468
     を発行する場合の株式の発行
                     資本組入額            228     資本組入額            178    資本組入額            234
     価格及び資本組入額(円)※
                   ① 新株予約権の割当を受              ① 新株予約権の割当を受              ① 新株予約権の割当を受
                     けた者(以下「新株予              けた者(以下「新株予              けた者(以下「新株予
                     約権者」という。)              約権者」という。)              約権者」という。)
                     は、権利行使期間内に              は、権利行使期間内に              は、権利行使期間内に
                     おいて、取締役及び執              おいて、取締役及び執              おいて、取締役及び執
                     行役員のいずれの地位              行役員のいずれの地位              行役員のいずれの地位
                     をも喪失した日の翌日              をも喪失した日の翌日              をも喪失した日の翌日
                     から1ケ月間に限り、              から1ケ月間に限り、              から1ケ月間に限り、
                     新株予約権を行使する              新株予約権を行使する              新株予約権を行使する
                     ことができる。              ことができる。              ことができる。
                   ② 上記①にかかわらず、              ② 上記①にかかわらず、              ② 上記①にかかわらず、
                     新株予約権者が2030年              新株予約権者が2031年              新株予約権者が2032年
                     4月30日に至るまでに              4月30日に至るまでに              4月30日に至るまでに
                     取締役及び執行役員い              取締役及び執行役員い              取締役及び執行役員い
     新株予約権の行使の条件※
                     ずれかの地位を喪失し              ずれかの地位を喪失し              ずれかの地位を喪失し
                     なかった場合は、2030              なかった場合は、2031              なかった場合は、2032
                     年5月1日から2030年              年5月1日から2031年              年5月1日から2032年
                     5月31日まで行使でき              5月31日まで行使でき              5月31日まで行使でき
                     るものとする。              るものとする。              るものとする。
                   ③ 新株予約権者が死亡し              ③ 新株予約権者が死亡し              ③ 新株予約権者が死亡し
                     た場合、相続人が新株              た場合、相続人が新株              た場合、相続人が新株
                     予約権を行使すること              予約権を行使すること              予約権を行使すること
                     ができる。              ができる。              ができる。
                   ④ その他の条件は、当社              ④ その他の条件は、当社              ④ その他の条件は、当社
                     と新株予約権者との間              と新株予約権者との間              と新株予約権者との間
                     で締結する「新株予約              で締結する「新株予約              で締結する「新株予約
                     権割当契約書」に定め              権割当契約書」に定め              権割当契約書」に定め
                     るところによる。              るところによる。              るところによる。
     新株予約権の譲渡に関する事              新株予約権を譲渡するには              新株予約権を譲渡するには              新株予約権を譲渡するには
     項※              取締役会の承認を要する。              取締役会の承認を要する。              取締役会の承認を要する。
     組織再編成行為に伴う新株予
                        (注3)              (注3)              (注3)
     約権の交付に関する事項※
                                 23/112






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     決議年月日                2013年5月27日              2014年5月26日              2015年5月25日
     付与対象者の区分及び人数                当社取締役1名              当社取締役1名              当社取締役1名
     (注1)               当社執行役員2名              当社執行役員2名              当社執行役員2名
     新株予約権の数(個)※                    48              48              32
     新株予約権の目的となる株式                 普通株式              普通株式              普通株式

     の種類、内容及び数(株)※                  4,800              4,800              3,200
     新株予約権の行使時の払込金
                       1(注2)              1(注2)              1(注2)
     額(円)※
                     自 2013年6月25日              自 2014年6月24日              自 2015年6月23日
     新株予約権の行使期間※
                     至 2033年5月31日              至 2034年5月31日              至 2035年5月31日
     新株予約権の行使により株式
                     発行価格              528     発行価格                 568    発行価格                 608
     を発行する場合の株式の発行
                     資本組入額            264     資本組入額            284    資本組入額            304
     価格及び資本組入額(円)※
                   ① 新株予約権の割当を受              ① 新株予約権の割当を受              ① 新株予約権の割当を受
                     けた者(以下「新株予              けた者(以下「新株予              けた者(以下「新株予
                     約権者」という。)              約権者」という。)              約権者」という。)
                     は、権利行使期間内に              は、権利行使期間内に              は、権利行使期間内に
                     おいて、取締役及び執              おいて、取締役及び執              おいて、取締役及び執
                     行役員のいずれの地位              行役員のいずれの地位              行役員のいずれの地位
                     をも喪失した日の翌日              をも喪失した日の翌日              をも喪失した日の翌日
                     から1ケ月間に限り、              から1ケ月間に限り、              から1ケ月間に限り、
                     新株予約権を行使する              新株予約権を行使する              新株予約権を行使する
                     ことができる。              ことができる。              ことができる。
                   ② 上記①にかかわらず、              ② 上記①にかかわらず、              ② 上記①にかかわらず、
                     新株予約権者が2033年              新株予約権者が2034年              新株予約権者が2035年
                     4月30日に至るまでに              4月30日に至るまでに              4月30日に至るまでに
                     取締役及び執行役員い              取締役及び執行役員い              取締役及び執行役員い
     新株予約権の行使の条件※
                     ずれかの地位を喪失し              ずれかの地位を喪失し              ずれかの地位を喪失し
                     なかった場合は、2033              なかった場合は、2034              なかった場合は、2035
                     年5月1日から2033年              年5月1日から2034年              年5月1日から2035年
                     5月31日まで行使でき              5月31日まで行使でき              5月31日まで行使でき
                     るものとする。              るものとする。              るものとする。
                   ③ 新株予約権者が死亡し              ③ 新株予約権者が死亡し              ③ 新株予約権者が死亡し
                     た場合、相続人が新株              た場合、相続人が新株              た場合、相続人が新株
                     予約権を行使すること              予約権を行使すること              予約権を行使すること
                     ができる。              ができる。              ができる。
                   ④ その他の条件は、当社              ④ その他の条件は、当社              ④ その他の条件は、当社
                     と新株予約権者との間              と新株予約権者との間              と新株予約権者との間
                     で締結する「新株予約              で締結する「新株予約              で締結する「新株予約
                     権割当契約書」に定め              権割当契約書」に定め              権割当契約書」に定め
                     るところによる。              るところによる。              るところによる。
     新株予約権の譲渡に関する事              新株予約権を譲渡するには              新株予約権を譲渡するには              新株予約権を譲渡するには
     項※              取締役会の承認を要する。              取締役会の承認を要する。              取締役会の承認を要する。
     組織再編成行為に伴う新株予
                        (注3)              (注3)              (注3)
     約権の交付に関する事項※
                                 24/112







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     決議年月日                2016年5月30日              2017年5月29日              2018年5月28日
     付与対象者の区分及び人数                当社取締役2名              当社取締役2名              当社取締役2名
     (注1)               当社執行役員2名              当社執行役員2名              当社執行役員3名
     新株予約権の数(個)※                    133              133              156
     新株予約権の目的となる株式                 普通株式              普通株式              普通株式

     の種類、内容及び数(株)※                  13,300              13,300              15,600
     新株予約権の行使時の払込金
                       1(注2)              1(注2)              1(注2)
     額(円)※
                     自 2016年6月21日              自 2017年6月21日              自 2018年6月21日
     新株予約権の行使期間※
                     至 2036年5月31日              至 2037年5月31日              至 2038年5月31日
     新株予約権の行使により株式
                     発行価格              388     発行価格                 509    発行価格                 941
     を発行する場合の株式の発行
                     資本組入額            194     資本組入額            255    資本組入額            471
     価格及び資本組入額(円)※
                   ① 新株予約権の割当を受              ① 新株予約権の割当を受              ① 新株予約権の割当を受
                     けた者(以下「新株予              けた者(以下「新株予              けた者(以下「新株予
                     約権者」という。)              約権者」という。)              約権者」という。)
                     は、権利行使期間内に              は、権利行使期間内に              は、権利行使期間内に
                     おいて、取締役及び執              おいて、取締役及び執              おいて、取締役及び執
                     行役員のいずれの地位              行役員のいずれの地位              行役員のいずれの地位
                     をも喪失した日の翌日              をも喪失した日の翌日              をも喪失した日の翌日
                     から1ケ月間に限り、              から1ケ月間に限り、              から1ケ月間に限り、
                     新株予約権を行使する              新株予約権を行使する              新株予約権を行使する
                     ことができる。              ことができる。              ことができる。
                   ② 上記①にかかわらず、              ② 上記①にかかわらず、              ② 上記①にかかわらず、
                     新株予約権者が2036年              新株予約権者が2037年              新株予約権者が2038年
                     4月30日に至るまでに              4月30日に至るまでに              4月30日に至るまでに
                     取締役及び執行役員い              取締役及び執行役員い              取締役及び執行役員い
     新株予約権の行使の条件※
                     ずれかの地位を喪失し              ずれかの地位を喪失し              ずれかの地位を喪失し
                     なかった場合は、2036              なかった場合は、2037              なかった場合は、2038
                     年5月1日から2036年              年5月1日から2037年              年5月1日から2038年
                     5月31日まで行使でき              5月31日まで行使でき              5月31日まで行使でき
                     るものとする。              るものとする。              るものとする。
                   ③ 新株予約権者が死亡し              ③ 新株予約権者が死亡し              ③ 新株予約権者が死亡し
                     た場合、相続人が新株              た場合、相続人が新株              た場合、相続人が新株
                     予約権を行使すること              予約権を行使すること              予約権を行使すること
                     ができる。              ができる。              ができる。
                   ④ その他の条件は、当社              ④ その他の条件は、当社              ④ その他の条件は、当社
                     と新株予約権者との間              と新株予約権者との間              と新株予約権者との間
                     で締結する「新株予約              で締結する「新株予約              で締結する「新株予約
                     権割当契約書」に定め              権割当契約書」に定め              権割当契約書」に定め
                     るところによる。              るところによる。              るところによる。
     新株予約権の譲渡に関する事              新株予約権を譲渡するには              新株予約権を譲渡するには              新株予約権を譲渡するには
     項※              取締役会の承認を要する。              取締役会の承認を要する。              取締役会の承認を要する。
     組織再編成行為に伴う新株予
                        (注3)              (注3)              (注3)
     約権の交付に関する事項※
                                 25/112







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     決議年月日                2019年5月27日               2020年5月25日              2021年6月24日
     付与対象者の区分及び人数                当社取締役3名              当社取締役3名              当社取締役3名
     (注1)               当社執行役員3名              当社執行役員3名              当社執行役員3名
     新株予約権の数(個)※                    179              183              183
     新株予約権の目的となる株式                 普通株式              普通株式              普通株式

     の種類、内容及び数(株)※                  17,900              18,300              18,300
     新株予約権の行使時の払込金
                       1(注2)              1(注2)              1(注2)
     額(円)※
                     自 2019年6月21日              自 2020年6月23日              自 2021年7月10日
     新株予約権の行使期間※
                     至 2039年5月31日              至 2040年5月31日              至 2041年5月31日
     新株予約権の行使により株式
                     発行価格                 721    発行価格                   616    発行価格                   783
     を発行する場合の株式の発行
                     資本組入額            361    資本組入額             308    資本組入額             392
     価格及び資本組入額(円)※
                   ① 新株予約権の割当を受              ① 新株予約権の割当を受              ① 新株予約権の割当を受
                     けた者(以下「新株予              けた者(以下「新株予              けた者(以下「新株予
                     約権者」という。)              約権者」という。)              約権者」という。)
                     は、権利行使期間内に              は、権利行使期間内に              は、権利行使期間内に
                     おいて、取締役及び執              おいて、取締役及び執              おいて、取締役及び執
                     行役員のいずれの地位              行役員のいずれの地位              行役員のいずれの地位
                     をも喪失した日の翌日              をも喪失した日の翌日              をも喪失した日の翌日
                     から1ケ月間に限り、              から1ケ月間に限り、              から1ケ月間に限り、
                     新株予約権を行使する              新株予約権を行使する              新株予約権を行使する
                     ことができる。              ことができる。               ことができる。
                   ② 上記①にかかわらず、              ② 上記①にかかわらず、              ② 新株予約権者が死亡し
                     新株予約権者が2039年              新株予約権者が2040年              た場合、相続人が新株
                     4月30日に至るまでに              4月30日に至るまでに              予約権を行使すること
                     取締役及び執行役員い              取締役及び執行役員い              ができるものとする。
     新株予約権の行使の条件※
                     ずれかの地位を喪失し              ずれかの地位を喪失し            ③ その他の条件は、当社
                     なかった場合は、2039              なかった場合は、2040              と新株予約権者との間
                     年5月1日から2039年              年5月1日から2040年              で締結する「新株予約
                     5月31日まで行使でき              5月31日まで行使でき              権割当契約書」に定め
                     るものとする。              るものとする。              るところによる。
                   ③ 新株予約権者が死亡し              ③ 新株予約権者が死亡し
                     た場合、相続人が新株              た場合、相続人が新株
                     予約権を行使すること              予約権を行使すること
                     ができる。              ができる。
                   ④ その他の条件は、当社              ④ その他の条件は、当社
                     と新株予約権者との間              と新株予約権者との間
                     で締結する「新株予約              で締結する「新株予約
                     権割当契約書」に定め              権割当契約書」に定め
                     るところによる。              るところによる。
     新株予約権の譲渡に関する事              新株予約権を譲渡するには              新株予約権を譲渡するには              新株予約権を譲渡するには
     項※              取締役会の承認を要する。              取締役会の承認を要する。              取締役会の承認を要する。
     組織再編成行為に伴う新株予
                        (注3)              (注3)              (注3)
     約権の交付に関する事項※
                                 26/112







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     決議年月日              2022年5月30日(参考)
     付与対象者の区分及び人数                当社取締役3名
     (注1)               当社執行役員3名
     新株予約権の数(個)※                    183
     新株予約権の目的となる株式                 普通株式

     の種類、内容及び数(株)※                  18,300
     新株予約権の行使時の払込金
                       1(注2)
     額(円)※
                     自 2022年6月15日
     新株予約権の行使期間※
                     至 2042年5月31日
     新株予約権の行使により株式
                     発行価格                 728
     を発行する場合の株式の発行
                     資本組入額            364
     価格及び資本組入額(円)※
                   ① 新株予約権の割当を受

                     けた者(以下「新株予
                     約権者」という。)
                     は、権利行使期間内に
                     おいて、取締役及び執
                     行役員のいずれの地位
                     をも喪失した日の翌日
                     から1ケ月間に限り、
                     新株予約権を行使する
     新株予約権の行使の条件※                ことができる。
                   ② 新株予約権者が死亡し
                     た場合、相続人が新株
                     予約権を行使すること
                     ができる。
                   ③ その他の条件は、当社
                     と新株予約権者との間
                     で締結する「新株予約
                     権割当契約書」に定め
                     るところによる。
     新株予約権の譲渡に関する事              新株予約権を譲渡するには

     項※              取締役会の承認を要する。
     組織再編成行為に伴う新株予
                        (注3)
     約権の交付に関する事項※
                                 27/112








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
    ※当事業年度の末日(2022年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2022年5月31日)にお
    いて、記載すべき内容が当事業年度末の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を省略し
    ております。
    (注1) 付与対象者の区分は、該当新株予約権の発行決議時点における区分で記載しております。

    (注2) 発行日以降、以下の事由が生じた場合は、行使価額をそれぞれ調整する。
         ①当社が株式の分割又は併合を行う場合には、次の算式により行使価額を調整し、調整の結果生じる1円未満の
          端数は、これを切り上げる。
                                    1
             調整後行使価額=調整前行使価額×
                                 分割・併合の比率
         ②当社が時価を下回る価額で当社普通株式につき、新株式を発行又は自己株式を処分する場合は、次の算式によ
          り行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は、これを切り上げる。
                                     新規発行株式数×1株当たり払込金額
                              既発行
                                   +
                              株式数
                                          1株当たり時価
               調整後        調整前
                    =        ×
              行使価額        行使価額
                                   既発行株式数+新規発行株式数
    (注3) 組織再編成を実施する際の新株予約権の取扱い

            当社が合併(合併により当社が消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換及び株式移転
           (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合においては、組織再編行為の効力発生時点
           において残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合
           につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社、(以下、「再編対象会社」とい
           う。)の新株予約権を下記の条件で交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、
           再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株
           予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割契約、株式交換契約又は株
           式移転契約において定めた場合に限るものとする。
           ①   交付する再編対象会社の新株予約権の数
             残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
           ②   新株予約権の目的となる株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           ③   新株予約権の目的となる株式の数
             組織再編行為の条件に応じて合理的に調整された数とし、調整により生ずる1株未満の端数は切り捨て
             る。
           ④   新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             再編後払込金額に新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。再編
             後払込金額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受ける再編対象会社の株式1株あ
             たり1円とする。
           ⑤   新株予約権の行使期間
             上表の「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編
             行為の効力発生日のいずれか遅い日から、上表の「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使
             することができる期間の満了日までとする。
           ⑥   新株予約権の行使条件
             上表の「新株予約権の行使条件」に準じて定めるものとする。
           ⑦   新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             上表の「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」に準じて定め
             るものとする。
           ⑧   新株予約権の取得承認
             譲渡による当該新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要する。
        ②【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
                                 28/112



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
         該当事項はありません。
     (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                 (株)
      2017年2月28日
                △900,000        8,305,249           -    3,072,352           -    4,124,646
        (注)
     (注)会社法第178条に基づく自己株式消却であります。
     (5)【所有者別状況】

                                                    2022年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                                                       (株)
                  金融機関                          個人その他       計
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)           -     8     19     59     17      4    2,569     2,676     -
     所有株式数
                -    6,369     1,481     15,719      5,888       14    53,559     83,030      1,270
     (単元)
     所有株式数の
                -    7.67     1.78     18.93      7.09      0.02     64.51     100.00     -
     割合(%)
    (注)自己株式975,637株は、「個人その他」に9,756単元、「単元未満株式の状況」に37株含まれております。
     (6)【大株主の状況】

                                                  2022年3月31日現在
                                                  発行済株式(自己
                                                  株式を除く。)の
                                            所有株式数
          氏名又は名称                      住所                  総数に対する所有
                                             (千株)
                                                  株式数の割合
                                                  (%)
                       東京都八王子市石川町2951-4                       563         7.69

     ニレコ取引先持株会
                       東京都千代田区大手町2丁目2-1
                                              469         6.41
     極東貿易株式会社
                       新大手ビル
     CLEARSTREAM      BANKING    S.A.        42,AVENUE     JF  KENNEDY,L-1855        LUXEMBOURG
                                              340         4.65
     (常任代理人香港上海銀行東京支店)                  (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
     株式会社きらぼし銀行
                       東京都港区南青山3丁目10番43号
                                              291         3.98
     (常任代理人株式会社日本カストディ
                       (東京都中央区晴海1丁目8番12号)
     銀行)
                       東京都八王子市石川町2951-4                       278         3.80
     ニレコ従業員持株会
                                              240         3.27
     浅井 美博                  東京都小金井市
                       大阪府大阪市北区
                                              227         3.11
     時津 昭彦
                       奈良県東葛飾郡河合町大字川合101-1                       177         2.42

     株式会社ヒラノテクシード
     株式会社日本カストディ銀行(信託
                       東京都中央区晴海1丁目8-12                       141         1.93
     口)
                                              130         1.77
     岡田 幸勝                  神奈川県厚木市
                                             2,860          39.03

             計                    -
     (注)所有株式数は千株未満を切り捨てて記載しております。
                                 29/112



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2022年3月31日現在
            区分            株式数(株)           議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                          -       -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                          -       -             -
     議決権制限株式(その他)                          -       -             -
                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                 -             -
                             975,600
                     普通株式
                            7,327,400            73,274
     完全議決権株式(その他)                普通株式                              -
                              2,249
     単元未満株式                普通株式                 -             -
                            8,305,249
     発行済株式総数                                 -             -
                                        73,274
     総株主の議決権                          -                    -
        ②【自己株式等】

                                                  2022年3月31日現在
                                                   発行済株式総数
                             自己名義所有        他人名義所有       所有株式数の        に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)       合計(株)        式数の割合
                                                   (%)
                  東京都八王子市
                                       -
                                975,600               975,600          11.75
     株式会社ニレコ
                  石川町2951-4
                      -                 -
                                975,600               975,600          11.75
          計
     2【自己株式の取得等の状況】

      [株式の種類等]普通株式
     (1)【株主総会決議による取得の状況】
         該当事項はありません。
     (2)【取締役会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
     (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

         該当事項はありません。
     (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                  当事業年度                当期間
                区分
                                     処分価額の総額               処分価額の総額
                              株式数(株)               株式数(株)
                                       (円)               (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -       -        -
      消却の処分を行った取得自己株式                             -        -       -        -
      合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転
                                   -        -       -        -
      を行った取得自己株式
      その他
                                   -        -       -        -
      (新株予約権の行使)
      保有自己株式数                           975,637           -    975,637           -
      (注)当期間における保有自己株式には、2022年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの処理は含まれており
         ません。
                                 30/112


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     3【配当政策】
       当社は、株主の皆様に対して継続的かつ安定的な利益の還元を経営の重要な課題と認識しており、株主の皆様へ適
      切な利益還元を図るべく、連結配当性向40%以上かつ連結自己資本配当率(DOE)2%以上を利益還元目標としていま
      す。
        また、内部留保については、市場のニーズに応えるべく研究・開発体制の強化、新規事業の立ち上げや市場開拓を
      進めるための投資へ活かしてまいります。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、期末配当の基準日につい
      ては毎年3月31日とし、中間配当の基準日については毎年9月30日とする旨及び2016年6月28日開催の第90回定時株
      主総会における承認可決により、「会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって剰余金の配当等
      を定めることができる」旨、定款に定めております。
        当連結会計年度の配当金につきましては、上記基本方針に基づき検討いたしました結果、1株当たり24円とし、中
      間配当金14円と合わせて38円とさせていただきました。
        当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
        なお、当社は、連結配当規制の適用会社であります。
             決議年月日                 配当金の総額(千円)                1株当たり配当額(円)
                                     102,615                    14

      2021年11月12日         取締役会決議
                                     175,910                    24
      2022年5月30日         取締役会決議
                                 31/112















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、「技術と信頼」の経営理念の下、持続的な成長と企業価値向上のため、経営の監督機能を強化しつつ
         積極果断な経営判断を促す仕組みの構築が重要であるとの考えに基づき、コーポレート・ガバナンス体制の充
         実・強化に取り組んでおります。
          <経営理念>
          「技術と信頼」
           われわれは、制御、計測、検査技術を活かした製品ときめ細かいサービスの提供により、お客様から厚い信
          頼を獲得し、良きパートナーとして共に成長します。さらに、パートナーシップにより生み出された価値を広
          く社会に応用することで、豊かで持続可能な社会の実現に貢献していきます。
        ②  コーポレート・ガバナンスの体制

          ⅰ)コーポレート・ガバナンス体制の概要とその体制を採用する理由
            当社は、機関設計として監査等委員会設置会社制度を採用しています。企業統治の体制として、取締役
           (監査等委員である取締役を除く。)を5名以内、監査等委員である取締役を4名以内とする取締役および
           取締役会並びに会計監査人を置く旨を定款において規定しています。この規定に基づき、取締役(監査等委
           員である取締役を除く。)3名、監査等委員である取締役3名(うち社外取締役3名)、会計監査人を選任
           しています。毎月1回開催する取締役会において、監査等委員である取締役を含めた全取締役参加の下、経
           営の重要事項を決定します。
                                 32/112














                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
      当社のコーポレート・ガバナンス体制の模式図は次のとおりです。
                                 33/112




















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
            監査等委員会設置会社制度を採用している理由として、監査等委員である取締役が取締役会における議決
           権を持つことにより監査・監督機能の強化に繋げられること、社外取締役を複数選任することにより独立し
           た立場から株主をはじめとしたステークホルダーの視点を踏まえた議論が活発に行われ、意思決定の透明
           性・客観性が確保されること、取締役に業務執行の権限委譲を進めることで意思決定の迅速化が図れること
           等により、当社のコーポレート・ガバナンス体制の更なる充実・強化につながるものと考えています。
            なお、取締役会と監査等委員会の構成員の氏名等は以下のとおりです。

           <取締役会>

           議 長:代表取締役社長 久保田 寿治
           構成員:取締役 硲 光司、取締役 中杉 真一、
               取締役(監査等委員) 中井 淳夫(社外取締役)、
               取締役(監査等委員) 高木 敏行(社外取締役)、
               取締役(監査等委員) 大木 奈央子(社外取締役)
           <監査等委員会>

           委員長:取締役(監査等委員) 中井 淳夫(社外取締役)
           構成員:取締役(監査等委員) 高木 敏行(社外取締役)、
               取締役(監査等委員) 大木 奈央子(社外取締役)
            a.  会社の基本的事項の決定に関する状況

              当社は、毎年6月に定時株主総会を開催し、会社の体制及び基本事項を決定しております。
             ・株主総会の特別決議の要件
               当社は、会社法第309条第2項に定める決議の方法について、議決権を行使することができる株主
              の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その出席した株主の議決権の3分の2以上をもって
              行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、
              株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。
             ・株主総会の決議事項を取締役会で決議することができる事項
              剰余金の配当
               当社は、株主への機動的な利益還元を可能とするため、会社法第459条第1項の規定に従い、取締
              役会の決議により、剰余金の配当を行うことができる旨を定款で定めております。
              自己の株式の取得
               当社は、自己の株式の取得について、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能と
              するため、会社法第165条第2項の規定に従い、取締役会決議によって市場取引等により自己の株式
              を取得することができる旨を定款で定めております。
            b.経営上の意思決定、執行及び監督に係る経営管理組織その他の体制の状況
               取締役会は取締役6名(うち3名が社外取締役)で構成されており、毎月1回開催し、経営の基本
              方針等経営に関する重要事項を決定しております。なお、取締役の定数に関して当社定款において取
              締役(監査等委員である取締役を除く。)を5名以内、監査等委員である取締役を4名以内と定めて
              おります。
               取締役の選任要件については、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有す
              る株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定めております。また、取締役の選任決議は
              累積投票によらない旨も定款に定めております。
               当社は、経営の意思決定及び監視機能と業務執行機能を明確に分けるため、2007年3月期より執行
              役員制度を導入しております。取締役会で決定した方針に従い代表取締役が業務執行を担っており、
              毎月開催される取締役会において経過報告が行なわれております。代表取締役の下には、取締役会で
              選任された執行役員が各事業部あるいは各部門の責任者として業務執行を行っております。
          ⅱ)内部統制システムの整備の状況
            当社は、法令に基づき、当社グループの業務の適正を確保するための体制の整備について取締役会で決議
           し、当該決議に則って内部統制システムを構築し、当社グループの実効性ある体制の整備及びその運用をし
           ております。この度、監査等委員会設置会社への移行に伴い改定された「内部統制システム構築の基本方
           針」は、以下のとおりです。
                                 34/112



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (1)取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
           a.当社及び子会社の役職員の職務の執行が法令及び定款に適合し、かつ社会的責任及び企業倫理を果たすた
            め、企業集団のコンプライアンス・ポリシーとして「行動規範」及び「行動指針」を定め、法令と企業倫
            理の遵守を当社の企業活動の原点とする。
           b.当社及び子会社の代表者により構成されるコンプライアンス委員会を置き、コンプライアンスに関する諮
            問を受けるとともに企業集団のコンプライアンス・プログラムを策定・強化する。
           c.反社会的勢力に対しては、毅然とした態度で臨み、一切の関係は持たせない。不当要求等の介入に対して
            は、警察等の外部専門機関との緊密な連携の下、担当部署を中心に組織的に対応し、利益供与は絶対に行
            わない。
         (2)取締役の職務に係る情報の保存及び管理に対する体制
            代表取締役は、取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理について全社的な統括責任者を取締役の中
           から任命し、その者が作成する文書管理規程により、これらの記録を常時閲覧できるものとする。
         (3)損失の危険の管理に関する規程その他の体制
            事業部及び部門は、それぞれのリスクの管理を行う。事業部及び部門の長は、定期的に事業報告の一環と
           してリスク管理の状況を取締役会に報告する。また、当社及び子会社の横断的なリスク状況の監査並びに新
           たに生じたリスクへの対応方針はコンプライアンス委員会が定め、リスクへの対応は当社及び子会社の管理
           部門がそれぞれにおいて行うものとする。
         (4)取締役の職務の執行が効率的に行われていることを確保するための体制
           a.監査等委員会設置会社の体制により取締役会の役割を意思決定と監督に機能を絞るとともに執行役員制度
            に基づき業務執行権限を託すことで、経営の意思決定と執行の分離を図り、意思決定の迅速化と効率化を
            図る。
           b.中期事業計画を定め、会社として達成すべき目標を明確化するとともに、取締役に対しては業績に連動し
            た報酬を一部導入する。
           c.当社及び子会社それぞれにおいて、社内規程で明確化された職務分掌及び権限に基づき業務運営を行う。
         (5)会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正性を確保するための体制
           a.当社及び子会社のそれぞれが自律的に業務の適正を確保するための体制を整備することを基本としつつ、
            その上で当社が適切な子会社管理及び支援等を行うことにより、当社及び子会社からなる事業集団におけ
            る業務の適正化を図る。
           b.当社は関係会社管理規程に基づく各種報告の受領及び定性情報のモニタリング等を実施するとともに、内
            部監査規程に基づく企業集団全体としての内部統制監査を実施する。
           c.金融商品取引法に基づく財務報告及び資産保全の適正性確保のため、連結財務諸表等の財務報告につい
            て、信頼性を確保するためのシステム及び継続的にモニタリングするために必要な体制並びに資産の取
            得・保管・処分が適正になされるために必要な体制を整備する。
         (6)監査等委員会がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制
            監査等委員会を補助すべき使用人として、内部監査室がこれにあたる。
         (7)前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項
            内部監査室における監査等委員会を補助する業務を担当する使用人の人事異動、人事評価、懲戒に関して
           は、監査等委員会の事前の同意を得るものとする。
         (8)取締役及び使用人が監査等委員に報告するための体制その他、監査等委員会への報告に関する体制
           a.監査等委員は取締役会、部長会あるいはコンプライアンス委員会等の重要な会議に出席し、報告を聞き、
            意見を述べることのできる権利を有するものとする。
           b.取締役及び使用人は、会社に重大な損失を与える事項が発生したとき、役職員による違法または不正な行
            為を発見したとき、その他監査等委員会が報告すべきものと定めた事項が生じたときは監査等委員会に報
            告する。
           c.内部通報制度に基づく通報または相談の窓口を内部通報制度運用規程に明記し、社内へ周知する。
           d.内部通報制度に基づく通報または相談の窓口利用者並びに調査協力者が不利益となる取扱いを禁止すると
            ともに、窓口利用者並びに調査協力者がそのような取扱いを被らないよう適切な措置を執る。
           e.監査等委員会が適正な監査の実施のために社外の専門家へ調査・鑑定・助言を委託するに際し、当該委託
            業務に係る費用が監査等委員会の職務の執行に必要ではないと認められる場合を除き、当社はこれを拒む
            ことはできない。
                                 35/112




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
          ⅲ)責任限定契約の内容の概要
            当社と社外取締役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定す
           る契約を締結しております。なお、当該責任限定契約が認められるのは、社外取締役が責任の原因となった
           職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
            なお、当社は、2016年6月28日開催の定時株主総会において、非業務執行取締役との責任限定契約の締結
           を可能とする旨の定款変更を行っております。
          ⅳ)役員等賠償責任保険契約の内容の概要等

            当社は、会社法第430条の3第1項の規定に基づく役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結して
           おります。当該保険契約の被保険者の範囲は、当社および子会社の取締役、監査役、執行役員、管理職従業
           員、社外派遣役員及び退任取締役、退任監査役であり、被保険者は保険料を負担しておりません。当該保険
           契約により、被保険者の職務の執行に関し保険期間中に提訴された損害賠償請求等に起因して被保険者が被
           る損害を当該保険契約によって塡補することとしております。ただし、被保険者の職務の執行の適正性が損
           なわれないようにするため、法令違反の行為のあることを認識して行った行為に起因して生じた損害場合に
           ついては、補填の対象としないこととしております。
                                 36/112
















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  5 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             16.7  %)
                                                       所有株式数
          役職名           氏名      生年月日              略歴           任期
                                                        (千株)
                                 2010年1月      当社入社
                                 2010年4月      当社プロセス技術部長
                                 2012年6月
                                       取締役に就任
                                       執行役員プロセス事業部長
         代表取締役
                                 2015年6月
                                       代表取締役に就任(現任)
           社長                                          (注)
                   久保田 寿治      1962年11月5日      生                           96
                                       社長執行役員(現任)
         社長執行役員
                                                     2
                                 2019年10月
                                       株式会社光学技研取締役に就任
         (CEO)
                                       (現任)
                                 2021年6月      西武電機株式会社取締役に就任
                                       (現任)
                                 2014年6月
                                       当社取締役に就任(現任)
                                 2015年6月      執行役員管理部門長に就任(現
                                       任)
                                 2018年4月
                                       尼利可自動控制(上海)有限公司
          取締役
                                                    (注)
                                       監事に就任(現任)
          執行役員           硲 光司     1958年7月11日      生
                                                           8
                                                     2
                                 2019年10月
                                       株式会社光学技研監査役に就任
         管理部門長
                                       (現任)
                                 2021年6月      西武電機株式会社監査役に就任
                                       (現任)
                                 1990年4月      三菱商事株式会社入社
                                 1995年10月
                                       三菱商事株式会社 ジャカルタ駐
                                       在事務所
                                 1998年10月      三菱商事株式会社 一般機械部
                                 2010年8月
                                       菱商(上海)貿易有限公司出向 
                                       工作機械販社総経理に就任
          取締役
                                 2015年4月      三菱商事株式会社 機械グループ
                                                    (注)
          執行役員          中杉 真一      1968年1月7日      生                           -
                                       CEO  オフィス 人事総務ユニット
                                                     2
        経営戦略部門長
                                       マネージャーに就任
                                 2018年6月
                                       株式会社コイケ 代表取締役社長
                                       に就任
                                 2021年6月      当社経営戦略室長に就任
                                 2022年6月      当社取締役に就任(現任)

                                       執行役員経営戦略部門長(現任)
                                 1981年4月      三菱商事株式会社入社
                                 1991年10月      香港三菱商事有限公司 財務経理
                                       部 部長代行
                                 2000年7月      三菱商事株式会社 関西支社経理
                                       部 生活産業チームリーダー
                                 2004年11月      三菱商事フィナンシャルサービス
                                       株式会社 品川統括
                                 2009年7月      三菱自動車販売(中国)有限公司 
                                       副社長 兼 CFOに就任
                                 2013年7月      三菱商事ファッション株式会社 
          取締役                                          (注)
                    中井 淳夫      1957年2月14日      生                           -
                                       専務取締役管理本部長に就任
        (監査等委員)
                                                     3
                                 2016年11月      株式会社エム・シー・コミュニ
                                       ケーションズ 総務経理部長に就
                                       任
                                 2017年6月      株式会社キューブシステム 社外
                                       独立常勤監査役に就任
                                 2021年6月      当社取締役(監査等委員)就任
                                       (現任)
                                 2021年6月      株式会社三通 社外常勤監査役就
                                       任(現任)
                                 37/112



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
          役職名           氏名      生年月日              略歴           任期
                                                        (千株)
                                 1982年4月      株式会社日立製作所エネルギー研
                                       究所 研究員
                                 1987年8月      東京大学工学部 助教授に就任
                                 1989年12月
                                       東北大学流体科学研究所 助教授
                                       に就任
          取締役                       1998年4月      東北大学流体科学研究所 教授に              (注)
                    高木 敏行      1954年8月29日      生                           -
        (監査等委員)
                                       就任               4
                                 2020年4月      東北大学    研究推進・支援機構        知
                                       の創出センター 副センター長
                                       (特任教授)に就任(現任)
                                 2022年6月      当社取締役(監査等委員)就任
                                       (現任)
                                 1999年4月
                                       株式会社東海銀行(現株式会社三
                                       菱UFJ銀行)
                                 2003年12月      小出絹江税理士事務所
                   大木 奈央子
                                 2006年1月
                                       株式会社大興 取締役
          取締役
                                                    (注)
                   (戸籍上の氏名:
                          1976年4月23日      生                           -
        (監査等委員)                                             4
                                 2015年12月
                                       弁護士登録(現任)
                    吉藤奈央子)
                                 2016年1月      新横浜法律事務所(現任)
                                 2022年6月      当社取締役(監査等委員)就任
                                       (現任)
                                          計                105
     (注)1.取締役中井淳夫氏、高木敏行氏及び大木奈央子氏は、「社外取締役」であります。
         2.2022年6月24日開催の定時株主総会終結の時から1年間。
         3.2021年6月24日開催の定時株主総会終結の時から2年間。
         4.2022年6月24日開催の定時株主総会終結の時から2年間。
         5.所有株式数は千株未満を切り捨てております。
         6.当社は経営と執行を分離して取締役会の強化を図るとともに、業務執行における意思決定のスピードアップ
           を図るために執行役員制度を導入しております。
           執行役員は次の6名であります(取締役兼務者を除く)。
            執行役員   三浦 誠
            執行役員   小林正明
            執行役員   藤原利之
            執行役員   浅川直仁
            執行役員   中村洋三
            執行役員   中山直洋
                                 38/112









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
        ② 社外役員の状況
          当社の社外役員は3名です。社外取締役中井 淳夫氏は、株式会社三通の常勤監査役でありますが、同社は当
         社役員と人的関係を有さず、また、当社との間に取引関係も有しておりません。社外取締役高木 敏行氏は東北
         大学   研究推進・支援機構          知の創出センター         副センター長ですが、当社役員と人的関係を有さず、また、当社
         との間に取引関係も有しておりません。社外取締役大木 奈央子氏は新横浜法律事務所に所属する弁護士であり
         ますが、同事務所は当社役員と人的関係を有さず、また、当社との間に取引関係も有しておりません。
          なお、中井 淳夫氏、高木 敏行氏及び大木 奈央子氏は、東京証券取引所が定める独立役員としての要件を
         満たしており、一般株主と利益相反の生じる恐れがないと判断し、独立役員として届け出ております。
          また、当社においては、社外取締役を選任するための会社からの独立性に関する基準を定めております。
         [独立社外取締役の独立性判断基準]

          当社は、独立社外取締役を選任するにあたり、その独立性を判断する基準として、法令上求められる要件を満
         たし、かつ次の各事項に該当しない者を条件とする。
         ①現在も含め就任前過去10年間において、当社グループの取締役、監査役、執行役、その他使用人、またはそ
         の家族(配偶者、2親等内の親族)であった者
         ②現在も含め過去5年間において、当社グループの主要取引先企業(連結売上高の2%以上を占める企業等。
         但し、④のプロフェッショナルサービスは除く。)の取締役、監査役、執行役、その他使用人であった者
         ③現在も含め過去5年間において、当社の10%以上の議決権を保有する株主(法人の場合は取締役、監査役、
         執行役、その他使用人)であった者
         ④現在も含め過去5年間において、いずれかの事業年度に当社グループから、コンサルティング、弁護士、会計
         士、税理士等プロフェッショナルサービスの報酬として、1千万円以上の金銭・その他財産上の利益を得てい
         る個人並びに法人、団体等の取締役、理事、監査役、執行役、重要な使用人等であった者
         ⑤当社の独立社外取締役としての在任期間が通算で8年を超えた者
        ③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門

         との関係
          社外取締役3名で構成される監査等委員会は、監査等委員、会計監査人、内部監査室、経理部を交えた定例の
         ミーティングを毎四半期及び通期決算時に実施し、監査方針、監査計画、監査実施状況等についての意見交換を
         行い、会計監査人が会計監査を適正に行うために必要な品質管理基準の順守状況についての説明を受ける等、会
         計監査人及び内部監査室と緊密な連携に努めております。
                                 39/112










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     (3)【監査の状況】
      ①監査等委員会監査の状況
        当社の監査は、財務会計、法律、技術の専門的知識を有する社外取締役3名で構成される監査等委員会が主体とな
      り内部統制システムを通じた組織的な監査を実施しております。
       監査等委員会においては、監査報告の作成、監査等委員長の選定、監査計画の策定等を主な検討事項としていま
      す。また、会計監査人の選解任又は不再任に関する事項や、会計監査人の報酬等に対する同意等、監査等委員会の決
      議による事項について検討を行っております。
       当該事業年度において監査等委員会を14回開催しており、個々の監査等委員の出席状況については次の通りであり
      ます。
              氏 名               開催回数               出席回数
             中野 厚徳                 14回               14回

             橋本 光男                 14回               14回

             中井 淳夫                 11回               11回

        中野厚徳氏は、弁護士をはじめとした様々な資格に基づく専門的な見識及び経験を有しております。
        橋本光男氏は、大学教授として当社の関連業界に対する技術的知見を有しております。
        中井淳夫氏は、他社において財務部門の経験を有し、複数社の監査役を歴任しており、財務会計に関する知識と経
        験を有しております。
      ②内部監査の状況

        社内のサポート体制として内部監査室(2名)が、監査等委員の指示に従って監査実務を担当し、情報を報告する体
      制となっております。監査等委員会、内部監査室及び会計監査人は、それぞれの監査計画の策定及び実施について、
      定期的な打ち合わせ情報交換を行うなど緊密な連携に努めました。
      ③会計監査の状況

        a.監査法人の名称
         EY新日本有限責任監査法人
        b.継続監査期間

         33年間
        c.業務を執行した公認会計士

         原  秀敬
         島村  哲
        d.監査業務に係る補助者の構成

          当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士6名、その他13名となっております。
        e.監査法人の選定方針と理由

          監査法人概要、品質管理体制、会社法上の欠格事由への該当性、独立性、監査計画、監査チームの編成、監査
         報酬見積額等の要素を個別に吟味したうえで総合的に判断しております。これ等の検証により、解任及び不再任
         に該当する事象がなかったため再任しております。
        f.監査等委員会による監査法人の評価

          監査等委員会が設定した評価基準に基づく評価結果および経理部や内部監査室等へのヒアリング内容を踏ま
         え、EY新日本有限責任監査法人が当社監査法人として適正であると評価しております。
                                 40/112





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
      ④監査報酬の内容等
        a.監査公認会計士等に対する報酬
                     前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
              監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
              報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
                       30                       33
      提出会社                            -                       -
      連結子会社                 -           -           -           -

                       30                       33

        計                          -                       -
        b.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(a.を除く)

          該当事項はありません。
        c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

          該当事項はありません。
        d.監査報酬の決定方針

          該当事項はありませんが、規模・特性・監査日数等を勘案した上定めております。
        e.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

          監査等委員会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積もりの算出根拠等が適
         切であるかどうかについて必要な判断を行った上で、会計監査人の報酬等の額について適正であると判断しまし
         た。
                                 41/112












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     (4)【役員の報酬等】
        ①  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
         当社は、取締役(監査等委員である取締役を除く。)による積極果断な意思決定ができる環境を整えることが重
        要であるという認識の下、健全な企業家精神の発揮を促すとともに内外の優秀な人材の獲得に資する報酬体系とす
        ることを基本的な方針とし、個々の取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬の決定に際しては、各職責
        を踏まえた適正な水準とすることとしています。収益並びに株式価値の向上に対するコミットメントを明確にする
        ため、監査等委員である取締役を除く取締役の報酬は、原則、基本報酬、業績連動報酬、株式報酬で構成し、株主
        総会で承認決議された報酬枠の範囲内で取締役会の決議により決定することとしています。また、監査等委員であ
        る取締役の報酬については、その役割・責務の観点から原則、基本報酬のみとし、それぞれの職務形態・内容を勘
        案の上、株主総会で承認決議された報酬枠の範囲内で監査等委員会の協議により決定することを基本方針としてい
        ます。
         当社の役員報酬に関する株主総会の決議日は2016年6月28日です。また、2021年2月22日および4月26日開催の
        取締役会において、取締役の個人別の報酬等について以下の方針を決定しております。
         ⅰ)基本報酬

           取締役(監査等委員である取締役を除く。)は年額100百万円、監査等委員である取締役は年額30百万円を
           支給総限度額とする。
           当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)の基本報酬は、月例の固定報酬とし、役位、職責、在任
           年数に応じて他社水準、当社の業績、従業員給与の水準をも考慮しながら、総合的に勘案して決定するもの
           とする。
         ⅱ)業績連動報酬
           取締役(監査等委員である取締役を除く。)に対して、以下計算式に基づき算定される額を、監査等委員会
           へ諮問の上、取締役会で決定する。なお、年額50百万円を支給総限度額とする。
           (計算式)
           業績連動報酬支給総額=事業年度の連結経常利益×3%
           (職位別ポイント)
           上記業績連動報酬支給総額を職位別ポイントに応じて対象となる取締役に配分する。
           代表取締役社長   4
           執行役員兼任取締役 1
         ⅲ)株式報酬
           取締役(監査等委員である取締役を除く。)に対して、株式報酬型新株予約権として、予め株主総会で定め
           られた範囲内で職位ごとの口数を監査等委員会へ諮問の上、取締役会で決定し毎年付与する。なお、新株予
           約権の内容は、予め株主総会で定められた内容とし、株式報酬としての新株予約権は年額30百万円、口数
           200個を上限とする。
         当社の報酬は、上記の基本報酬、業績連動報酬、株式報酬で構成されておりこれらの支給割合について定量的な

        目安は設けておりませんが、健全な起業家精神の発揮を促すとともに内外の優秀な人材を確保するという目的のも
        と、これらの割合が適正になる様、取締役会で議論のうえ決定しています。
         業績連動報酬に係る指標として連結経常利益を選択した主な理由は、取締役(監査等委員である取締役を除
        く。)の持続的な成長に向けた動機付けに資することが重要であることから、業績をどの段階の収益で図るべきか
        という観点で検討した結果、本業の収益を示す営業利益のみではなく企業収益として取締役(監査等委員を除
        く。)が積極的に関与すべき余地が大きい営業外損益も加えた、連結経常利益が妥当と認識しております。また、
        最終当期純利益については、経営努力とは別の観点で増減が左右される要素が大きいことから採用すべきではない
        との考えから、現時点では連結経常利益が業績連動報酬を決定する上で最も妥当な指標であると考えております。
        なお、第96期の経常利益は目標700百万円に対し、実績は650百万円でした。
         当社取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬等の額、その算定方法の決定に関する方針の決定権限を
        有する者は、取締役会であり、権限の内容及び裁量の範囲は、取締役(監査等委員である取締役を除く。)につい
        ては、株主総会で決議された報酬総額の範囲内で、代表取締役社長が担当職務における貢献度、各期の業績等を総
        合的に勘案して当社取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬について監査等委員会へ諮問し、「妥当で
        ある」旨の意見を得て取締役会へ議案を上程しています。当該取締役会で取締役(監査等委員である取締役を除
        く。)報酬総額を決定の上、上記方針に基づき各個人へ配分しています。
        監査等委員である取締役については、株主総会で決議された報酬総額の範囲内で、それぞれの職務形態・内容を勘
        案して監査等委員会の協議により決定しております。
         なお、当事業年度の役員の報酬額の決定過程における取締役会の活動内容としては、監査等委員会の諮問を経
        て、取締役会で決議し決定しました。
                                 42/112



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
        ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                   報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                      対象となる
                         報酬等の総額
              役員区分                                        役員の員数
                                              左記のうち、
                          (百万円)
                                  基本報酬      業績連動報酬
                                                       (人)
                                              非金銭報酬等
        取締役(監査等委員を除く。)
                               75       46       19       8       3
        (社外取締役除く。)
        取締役(監査等委員)
                               -       -       -       -       -
        (社外取締役除く。)
                               9       9                    4
        社外役員                                    -       -
        (注)取締役に対する非金銭報酬は、株式報酬型ストックオプションとして取締役に対する報酬の一部として発行
           した新株予約権の公正価値を算定し、費用計上すべき額を記載しております。
                                 43/112

















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     (5)【株式の保有状況】
        ①  投資株式の区分の基準及び考え方
         当社は、投資株式について、専ら株式の価値の変動又は配当金を目的として保有する株式を純投資目的である投
        資株式、それら目的に加え中長期的な企業価値の向上に資すると判断し保有する株式を純投資以外の目的である投
        資株式(政策保有株式)に区分しております。
        ②  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         ・純投資目的以外の株式についての保有方針
          当社は持続的な成長と経済的価値を高めるため、安定的な取引関係並びに緊密な協力関係の維持及び強化等を
         図るため、もしくは業務提携関係にあるなど株式を保有することにより中長期的な企業価値の向上に資するもの
         を対象に株式の政策保有をしています。
         ・検証及び保有の適否
          政策保有株式は、年一回、取締役会において業務上の親密度等の定性的要素及び取引状況、配当、資本コスト
         等の定量的要素並びに長期的な企業価値向上の視点で経済合理性及び将来の見通しを検証し、その保有の合理性
         を確認しております。
          2021年8月30日の取締役会にて、保有意義が乏しいと判断した銘柄はありませんでした。
        ⅰ)投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額

                  銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(千円)
                     -             -
     非上場株式
                      6          927,663
     非上場株式以外の株式
    (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                  銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                           株式数の増加の理由
                  (銘柄)       価額の合計額(千円)
                     -             -             -
     非上場株式
                                     相手企業との安定的な取引関係を維持・強化
                      2           3,127
     非上場株式以外の株式
                                     し、中長期的な企業価値の向上を図るため
    (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                  銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)       価額の合計額(千円)
                     -             -
     非上場株式
                      1           32,804
     非上場株式以外の株式
                                 44/112








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
        ⅱ)保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的
          特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                株式数(株)         株式数(株)           保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の

         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (千円)         (千円)
                                  保有企業は、プロセス事業をはじめとす
                                  る複数の事業における重要な取引先であ
                    151,409         151,409
                                  ります。鉄鋼業界のみならず事業全般に
                                  おいて協力関係を築き、お互いの強みを
                                  生かしながら新たな市場を切り開くこと
     極東貿易㈱
                                                        有
                                  により、両社の中長期的な企業価値向上
                                  につながるものと考えています。そのよ
                    332,645         226,659     うな協力関係を築く上で両社の資本関係
                                  を維持していくことが重要であるものと
                                  考えます。
                                  保有企業は、ウェブ事業におけるEPC装

                    101,957         101,796
                                  置の主要販売先であります。株式を保有
     ㈱ヒラノテクシード                             することで安定的な取引関係を維持・強                      有
                                  化することが中長期的な企業価値の向上
                    211,969         295,615
                                  に資するものと考えます。
                                  保有企業は、検査機事業における検査装

                    60,000         60,000
                                  置関連の仕入先であり、重要な取引先で
                                  あります。株式を保有することで安定的
     ㈱アバールデータ                                                   有
                                  な取引関係を維持・強化することが中長
                                  期的な企業価値の向上に資するものと考
                    186,600         233,700
                                  えます。
                                  保有企業は、ウェブ事業におけるEPC装

                    72,400         72,400
                                  置の主要販売先であります。株式を保有
     ㈱テクノスマート                             することで安定的な取引関係を維持・強                      有
                                  化することが中長期的な企業価値の向上
                    89,269         100,056
                                  に資するものと考えます。
                                  保有企業は、ウェブ事業におけるEPC装
                    27,372         26,010
                                  置の主要販売先であります。株式を保有
     凸版印刷㈱
                                  することで安定的な取引関係を維持・強                      無
                                  化することが中長期的な企業価値の向上
                    59,289         48,639
                                  に資するものと考えます。
                                  保有企業は、当社事業戦略に応じた資金
                    27,303         27,303
                                  の安定的かつ機動的な供給元であり、株
     ㈱東京きらぼしフィ
                                  式を保有することで緊密な協力関係を維                      有
     ナンシャルグループ
                                  持・強化することが中長期的な企業価値
                    47,889         38,224
                                  の向上に資するものと考えます。
         (注)1. 「-」は、当該銘柄を保有していないことを示しております。
            2. 当社は、特定投資株式における定量的な保有効果の記載が困難であるため、保有の合理性を検証し
             た方法について記載します。当社は、毎期、個別の政策保有株式について政策保有の意義を検証して
             おります。現状保有する政策保有株式はいずれも保有方針に沿った目的で保有していることを確認し
             ております。
            3. ㈱ヒラノテクシード、凸版印刷㈱の株式の増加は、上記の保有目的に基づき相手企業の持株会に継
             続して加入していることによるものです。
                                 45/112



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
        ③  保有目的が純投資目的である投資株式
                         当事業年度                     前事業年度
          区分
                     銘柄数        貸借対照表計上額の              銘柄数        貸借対照表計上額の
                    (銘柄)         合計額(千円)            (銘柄)         合計額(千円)
                          1        50,170             1        50,170
     非上場株式
                          7        236,952              7        239,968
     非上場株式以外の株式
                              当事業年度

          区分
                   受取配当金の           売却損益の           評価損益の
                   合計額(千円)           合計額(千円)           合計額(千円)
                                     -           -
                         739
     非上場株式
                                     -
                        7,516                     53,916
     非上場株式以外の株式
        ④  当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

         該当事項はありません。
        ⑤  当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外から純投資目的の目的に変更したもの

         該当事項はありません。
                                 46/112













                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
        号。)に基づいて作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2021年4月1日から2022年3月31日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(2021年4月1日から2022年3月31日まで)の財務諸表について、EY新日本有限
      責任監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行なっております。具体的には会計基準等の内
      容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するために、公益財団
      法人財務会計基準機構等の組織・団体へ加入し情報の収集などに努めております。また、それらの組織・団体が主催
      する研修等への参加などにより、常に関係者の知識を適切な状態に保つよう努めております。
                                 47/112














                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
     (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       4,679,178              4,834,318
        現金及び預金
                                       3,178,753
        受取手形及び売掛金                                                -
                                                      282,186
        受取手形                                  -
                                        391,607              758,857
        電子記録債権
                                                     2,029,979
        売掛金                                  -
                                                      344,427
        契約資産                                  -
                                        963,324             1,052,404
        商品及び製品
                                      ※2  536,345             ※2  752,947
        仕掛品
                                        487,308              702,013
        原材料及び貯蔵品
                                        168,506              140,678
        その他
                                        △ 2,010             △ 3,689
        貸倒引当金
                                      10,403,012              10,894,124
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                       3,595,470              4,011,944
          建物及び構築物
                                      △ 2,104,720             △ 2,385,677
           減価償却累計額
                                       1,490,750              1,626,267
           建物及び構築物(純額)
                                       1,101,506              1,230,893
          機械装置及び運搬具
                                       △ 942,638            △ 1,062,528
           減価償却累計額
                                        158,868              168,365
           機械装置及び運搬具(純額)
                                        988,876             1,066,278
          工具、器具及び備品
                                       △ 860,611             △ 918,026
           減価償却累計額
                                        128,265              148,251
           工具、器具及び備品(純額)
                                       1,156,808              1,361,740
          土地
                                       2,934,692              3,304,625
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                                       80,995
          のれん                                 -
                                        18,096              19,482
          リース資産
                                        189,502              158,076
          その他
                                        207,599              258,554
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                       1,499,411              1,402,373
          投資有価証券
                                        65,093              52,085
          長期貸付金
                                        38,107              40,224
          繰延税金資産
                                        18,704              18,704
          破産更生債権等
                                        217,390              242,555
          その他
                                       △ 59,388             △ 60,727
          貸倒引当金
                                       1,779,319              1,695,217
          投資その他の資産合計
                                       4,921,611              5,258,397
        固定資産合計
                                      15,324,624              16,152,521
       資産合計
                                 48/112





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        351,176              610,745
        支払手形及び買掛金
                                         9,000             100,000
        1年内償還予定の社債
                                        60,606              63,771
        1年内返済予定の長期借入金
                                         4,683              5,938
        リース債務
                                        389,816              397,133
        未払費用
                                        80,961              152,564
        未払法人税等
                                        48,544              36,519
        未払消費税等
                                                      225,867
        契約負債                                  -
                                        19,020              19,500
        役員賞与引当金
                                        38,797              35,651
        工事損失引当金
                                        344,823              120,823
        その他
                                       1,347,428              1,768,515
        流動負債合計
       固定負債
                                        100,000
        社債                                                -
                                        64,609              220,216
        長期借入金
                                        14,245              14,263
        リース債務
                                        26,400              18,761
        長期未払金
                                        125,451              121,156
        繰延税金負債
                                        66,475              102,903
        役員退職慰労引当金
                                        52,854              55,749
        退職給付に係る負債
                                        450,035              533,050
        固定負債合計
                                       1,797,464              2,301,565
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       3,072,352              3,072,352
        資本金
                                       4,120,511              4,120,511
        資本剰余金
                                       6,455,461              6,656,381
        利益剰余金
                                       △ 684,550             △ 684,688
        自己株式
                                      12,963,776              13,164,556
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        455,753              433,418
        その他有価証券評価差額金
                                        53,457              148,491
        為替換算調整勘定
                                                       21,041
                                       △ 15,309
        退職給付に係る調整累計額
                                        493,901              602,952
        その他の包括利益累計額合計
                                        59,371              73,699
       新株予約権
                                        10,110               9,746
       非支配株主持分
                                      13,527,159              13,850,955
       純資産合計
                                      15,324,624              16,152,521
     負債純資産合計
                                 49/112







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                                   ※1  8,117,527
                                       7,899,927
     売上高
                                  ※2 ,※3 ,※5  5,043,020         ※2 ,※3 ,※5  5,200,141
     売上原価
                                       2,856,906              2,917,386
     売上総利益
                                   ※4 ,※5  2,256,147           ※4 ,※5  2,353,668
     販売費及び一般管理費
                                        600,758              563,718
     営業利益
     営業外収益
                                        15,742              15,647
       受取利息
                                        31,324              45,635
       受取配当金
                                                       11,750
       保険解約返戻金                                    -
                                        30,754              25,619
       その他
                                        77,821              98,652
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         3,602              3,828
       支払利息
                                         2,370              5,326
       為替差損
                                        21,834
       補助金返還額                                                  -
                                        15,358               3,100
       その他
                                        43,166              12,255
       営業外費用合計
                                        635,414              650,116
     経常利益
                                        635,414              650,116
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   167,706              211,774
                                        34,273              32,781
     法人税等調整額
                                        201,979              244,556
     法人税等合計
                                        433,434              405,560
     当期純利益
     非支配株主に帰属する当期純利益又は非支配株主に
                                          883
                                                       △ 590
     帰属する当期純損失(△)
                                        432,550              406,151
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                 50/112










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                        433,434              405,560
     当期純利益
     その他の包括利益
                                        345,480
       その他有価証券評価差額金                                               △ 22,334
                                         8,849              95,260
       為替換算調整勘定
                                        63,722              36,350
       退職給付に係る調整額
                                    ※1 ,※2  418,052           ※1 ,※2  109,277
       その他の包括利益合計
                                        851,486              514,837
     包括利益
     (内訳)
                                        851,399              515,201
       親会社株主に係る包括利益
                                          86
       非支配株主に係る包括利益                                                △ 364
                                 51/112
















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                3,072,352         4,120,511         6,244,206         △ 701,251       12,735,819
     当期変動額
      剰余金の配当
                                      △ 219,416                △ 219,416
      親会社株主に帰属する当期
                                       432,550                 432,550
      純利益
      自己株式の取得                                                    -
      自己株式の処分
                                       △ 1,879        16,701         14,822
      株主資本以外の項目の当期
                                                          -
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -      211,255         16,701        227,956
     当期末残高
                     3,072,352         4,120,511         6,455,461         △ 684,550       12,963,776
                       その他の包括利益累計額

                                            非支配株主
                 その他有価                その他の包     新株予約権           純資産合計
                       為替換算調     退職給付に係                持分
                 証券評価差                括利益累計
                       整勘定     る調整累計額
                 額金                額合計
     当期首残高              110,272      43,811    △ 79,031     75,052     61,480     10,023    12,882,376
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                  △ 219,416
      親会社株主に帰属する当期
                                                   432,550
      純利益
      自己株式の取得                                               -
      自己株式の処分                                             14,822
      株主資本以外の項目の当期
                   345,480      9,646     63,722     418,849     △ 2,109       86   416,826
      変動額(純額)
     当期変動額合計              345,480      9,646     63,722     418,849     △ 2,109       86   644,783
     当期末残高
                   455,753      53,457    △ 15,309     493,901      59,371     10,110    13,527,159
                                 52/112








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                3,072,352         4,120,511         6,455,461         △ 684,550       12,963,776
     当期変動額
      剰余金の配当                                △ 205,231                △ 205,231
      親会社株主に帰属する当期
                                       406,151                 406,151
      純利益
      自己株式の取得                                           △ 138        △ 138
      自己株式の処分                                                    -
      株主資本以外の項目の当期
                                                          -
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -      200,919         △ 138       200,780
     当期末残高                3,072,352         4,120,511         6,656,381         △ 684,688       13,164,556
                       その他の包括利益累計額

                                            非支配株主
                 その他有価                その他の包     新株予約権           純資産合計
                       為替換算調     退職給付に係                持分
                 証券評価差                括利益累計
                       整勘定     る調整累計額
                 額金                額合計
     当期首残高              455,753      53,457    △ 15,309     493,901      59,371     10,110    13,527,159
     当期変動額
      剰余金の配当                                            △ 205,231
      親会社株主に帰属する当期
                                                   406,151
      純利益
      自己株式の取得                                              △ 138
      自己株式の処分                                               -
      株主資本以外の項目の当期
                  △ 22,334     95,034     36,350     109,050      14,328      △ 364    123,015
      変動額(純額)
     当期変動額合計             △ 22,334     95,034     36,350     109,050      14,328      △ 364    323,795
     当期末残高              433,418     148,491      21,041     602,952      73,699      9,746   13,850,955
                                 53/112









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        635,414              650,116
       税金等調整前当期純利益
                                        241,763              276,227
       減価償却費
                                                       14,293
       のれん償却額                                    -
                                         6,035              10,736
       長期前払費用償却額
                                                        480
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 10,620
                                          487             1,612
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
       工事損失引当金の増減額(△は減少)                                  △ 548            △ 3,145
       退職給付に係る資産負債の増減額(△は減少)                                △ 113,573              △ 9,816
                                                       1,428
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                 △ 8,181
       受取利息及び受取配当金                                 △ 47,067             △ 61,283
                                         3,602              3,828
       支払利息
                                                         64
       為替差損益(△は益)                                   △ 14
                                         5,481
       投資有価証券売却損益(△は益)                                               △ 5,402
                                         4,588               215
       固定資産除却損
                                        549,029
       売上債権の増減額(△は増加)                                                  -
                                                      422,339
       売上債権及び契約資産の増減額(△は増加)                                    -
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 59,918             △ 582,250
                                        122,107               4,044
       その他の流動資産の増減額(△は増加)
                                        49,399              220,891
       仕入債務の増減額(△は減少)
       未払費用の増減額(△は減少)                                 △ 45,295             △ 29,732
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 97,396             △ 38,744
                                        145,970               59,648
       その他の流動負債の増減額(△は減少)
                                        26,400
       その他の固定負債の増減額(△は減少)                                               △ 7,652
                                        12,239              14,248
       その他
                                       1,419,903               942,147
       小計
                                        46,313              61,291
       利息及び配当金の受取額
       利息の支払額                                 △ 3,410             △ 3,836
       法人税等の支払額                                △ 320,880             △ 210,504
                                         1,643              60,056
       法人税等の還付額
                                       1,143,568               849,155
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                 54/112









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の預入による支出                               △ 3,150,787             △ 3,223,658
                                       3,080,817              3,224,189
       定期預金の払戻による収入
       固定資産の取得による支出                                △ 218,234             △ 215,939
                                          450             25,080
       固定資産の売却による収入
       投資有価証券の取得による支出                                 △ 34,901              △ 3,789
                                        32,145              74,039
       投資有価証券の売却による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                                   ※2  △ 262,410
                                          -
       支出
       貸付けによる支出                                 △ 3,000              △ 840
                                        19,146              16,482
       貸付金の回収による収入
       その他の支出                                 △ 11,584             △ 18,243
                                          309             25,567
       その他の収入
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 285,637             △ 359,522
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       長期借入金の返済による支出                                △ 172,072             △ 173,066
       社債の償還による支出                                 △ 14,000              △ 9,000
       自己株式の取得による支出                                    -             △ 138
       配当金の支払額                                △ 218,782             △ 205,098
                                        △ 5,005             △ 5,737
       その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 409,860             △ 393,041
                                         1,747              26,411
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        449,819              123,002
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                       2,595,277              3,045,096
     現金及び現金同等物の期首残高
                                     ※1  3,045,096            ※1  3,168,098
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 55/112











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
      1.連結の範囲に関する事項
        (1)連結子会社の数及び主要な連結子会社の名称
          連結子会社の数         7 社
           ミヨタ精密株式会社、株式会社光学技研、西武電機株式会社、
           仁力克股份有限公司(台湾)、尼利可自動控制机器(上海)有限公司(中国)、
           Nireco    Process    Korea   Co.,Ltd.(韓国)、Nireco             International       GmbH(ドイツ)
         新規 1社

          2021年6月に株式取得した西武電機株式会社を当連結会計年度より連結の範囲に含めております。
          なお、西武電機株式会社は、完全子会社である平岩産業株式会社を2021年12月に吸収合併いたしました。
        (2)主要な非連結子会社の名称

          該当事項はありません。
      2.持分法の適用に関する事項

         該当事項はありません。
      3.連結子会社の事業年度等に関する事項

         連結子会社のうち仁力克股份有限公司、尼利可自動控制机器(上海)有限公司、Nireco                                        Process    Korea
        Co.,Ltd.、Nireco         International       GmbHの決算日は、12月31日であります。
         連結財務諸表の作成に当たっては、同決算日現在の財務諸表を使用しております。ただし、1月1日から連結決
        算日3月31日までの期間に発生した重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
      4.会計方針に関する事項

        (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
         ①有価証券
          その他有価証券
           市場価格のない株式等以外のもの
            ……決算日の市場価格等に基づく時価法
              (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定。)
           市場価格のない株式等
            ……移動平均法による原価法
        ②デリバティブ
          時価法
         ③棚卸資産
          製品
           見込生産品……先入先出法による原価法
              (連結貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
           受注生産品……個別法による原価法
              (連結貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
          仕掛品……………個別法による原価法
              (連結貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
          原材料……………主として先入先出法による原価法
              (連結貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
          貯蔵品……………最終仕入原価法
              (連結貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
                                 56/112





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
        (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
         ①有形固定資産(リース資産を除く)
           当社及び国内連結子会社は、主として定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備
          を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)を採用し、在外連
          結子会社は主として定額法を採用しております。
           なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
            建物及び構築物   7~45年
            機械装置及び運搬具 4~7年
         ②無形固定資産(リース資産を除く)
          ……定額法
           ソフトウェア(自社利用)の減価償却方法は、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によって
          おります。
         ③リース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
        (3)重要な引当金の計上基準

         ①貸倒引当金……債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
                 債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
         ②役員賞与引当金……役員賞与の支給に備えて、当連結会計年度における支給見込額に基づき計上しておりま
                   す。
         ③工事損失引当金……受注契約に係る将来の損失に備えるため、当連結会計年度末における受注契約に係る損失
                   見込額を計上しております。
         ④役員退職慰労引当金……役員の退職慰労金の支給に備えて、株主総会で決議された役員退職慰労金打ち切り支
                     給額のうち、将来支給見込額を計上しております。なお、一部の連結子会社は、内規
                     に基づく連結会計年度末要支給額を計上しております。
        (4)退職給付に係る会計処理の方法

           退職給付に係る負債は、従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務及び年
          金資産の見込額に基づき、計上しております。
           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
          は、給付算定式基準によっております。
           数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10
          年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
           過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法によ
          り、費用処理しております。
           未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用については、税効果を調整の上、純資産の部におけるそ
          の他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
           認識すべき年金資産が退職給付債務を超過する場合には退職給付に係る資産として投資その他の資産に計
          上することとしております。
                                 57/112








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
        (5)重要な収益及び費用の計上基準
         当社グループは、以下の5ステップアプローチに基づき、収益を認識しております。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:取引価格を契約における別個の履行義務へ配分する。
        ステップ5:履行義務を充足した時点で(又は充足するにつれて)収益を認識する。
         当社グループは、製品の販売及びサービス、試運転調整等の役務提供を行っており、それぞれ以下のとおり収
        益を認識しております。
         収益は、顧客との契約に示されている対価に基づいて測定され、第三者のために回収する金額は除きます                                                  。
         当社グループは、財又はサービスに対する支配を顧客に移転した時点で収益を認識しております。
         履行義務の対価は、履行義務を充足してから主として1年以内に受領しており、重大な金融要素を含んでおり
        ません。
        ①   製品の販売
         当社グループにおける製品販売を収益の源泉とする取引には、機器装置等の物品販売が含まれております。こ
        のような取引は、出荷と引き渡し時点に重要な相違はなく、出荷した時点で顧客が当該製品に対する支配を獲得
        していることから、履行義務が充足されると判断し、出荷した時点で収益を認識しております。
         なお、製品の販売のうち、当社及び連結子会社が代理人に該当すると判断したものについては、他の当事者が
        提供する商品と交換に受け取る額から当該他の当事者に支払う額を控除した純額を収益として認識しておりま
        す。
         製品の販売から生じる収益は、顧客との契約において約束された対価から値引き及び売上に応じた割戻しなど
        を控除した金額で測定しており、売上に応じた割戻し等の見積りにあたっては、契約条件に基づき計上しており
        ます。
        ②   工事契約
         当社グループにおける工事契約を収益の源泉とする取引には、受注生産品の納入及び試運転調整等の工事契約
        が含まれております。このような取引は顧客から検収の受領等、契約上の受渡し条件を充足することで履行義務
        が充足されると判断しており、当該時点で収益を認識しております。
         また、長期工事契約による取引につきましては、受注生産品による納入機器等を他の顧客又は別の用途に振り
        向けることができず、完了した作業に対する支払いを受ける権利を有します。そのため、機器の納入及び試運転
        調整の進捗によって履行義務が充足されていくものと判断しており、完成までに要する総原価を合理的に測定で
        きる場合には、原価比例法(期末日における見積総原価に対する累積実際発生原価の割合に応じた金額)により
        収益を認識しており、合理的に測定できない場合は、発生した原価のうち回収されることが見込まれる費用の金
        額で収益を認識しております。
        (6)重要なヘッジ会計の方法

         ①   ヘッジ会計の方法
            繰延ヘッジ処理を採用しております。なお、金利スワップについて特例処理の条件を充たしている場合に
           は特例処理を採用しております。
         ②   ヘッジ手段とヘッジ対象
            ヘッジ会計を適用したヘッジ対象とヘッジ手段は以下のとおりであります。
             ヘッジ手段…金利スワップ
             ヘッジ対象…借入金利息
         ③   ヘッジ方針
            借入金の利息変動リスクをヘッジする目的で金利スワップを利用しており、投機目的の取引は行っており
           ません。
         ④   ヘッジ有効性評価の方法
            特例処理の要件を満たす金利スワップ取引については、有効性の評価を省略しております。
        (7)のれんの償却方法及び償却期間

           のれんの償却については、5年間の定額法により償却を行っております。
        (8)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

           手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
          か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
        (9)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
          該当事項はありません。
                                 58/112


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (重要な会計上の見積り)

          連結財務諸表の「注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項) (5)                                         重要な収益及び費用の
         計上基準」に記載しております原価比例法(期末日における見積総原価に対する累積実際発生原価の割合に応じ
         た金額)により認識した収益は以下の通りであります。
         (原価比例法により認識した収益)
         (1)当年度の連結財務諸表に計上した金額
         当連結会計年度の売上高 576,147千円
         (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
            ①算出方法
              当社は、完成工事高(受注生産品)及び完成工事原価の計上基準として、長期工事契約における受注
             生産品のうち当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事については原価
             比例法(期末日における見積総原価に対する累積実際発生原価の割合に応じた金額)により収益を認識
             しており、合理的に測定できない場合は、発生した原価のうち回収されることが見込まれる費用の金額
             で収益を認識しております。原価比例法により認識した収益は、工事進捗度に基づき測定し、進捗度は
             工事原価総額に対する連結会計年度末までの発生原価の割合に基づき算定しております。
            ②主要な仮定

              工事原価総額の見積りは、社内で承認された予定単価など客観的な価格により詳細に積上げて計算し
             ていますが、工事は個別性が強く、基本的な仕様や作業内容が顧客の指図に基づいて行われることか
             ら、工事原価総額の見積りにあたっては画一的な判断尺度を得られにくい状況にあります。このため、
             工事に対する専門的な知識を有する工事担当部署の責任者による一定の仮定と判断に基づく不確実性を
             伴うため、工事原価総額の見積りが主要な仮定であります。
            ③翌年度の連結財務諸表に与える影響

              工事原価総額の見積りは、工事が一般的に長期にわたることから、工事の進行途上における工事契約
             の変更、材料費や労務費等の変動が生じる場合があり、その場合には、工事原価総額の見積りが変動す
             ることに伴い工事進捗率が変動することにより、翌連結会計年度の連結財務諸表に重要な影響を及ぼす
             可能性があります。
                                 59/112











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (会計方針の変更)
         (収益認識に関する会計基準等の適用)
          「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」とい
         う。)等を当連結会計年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財
         又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識しています。
          収益認識会計基準等の適用による主な変更点は下記のとおりです。
         (1)  工事契約に係る収益認識
          従来は工事完成基準を適用していた契約のうち、一定期間にわたり履行義務が充足される契約につきまして、
         履行義務の充足に係る進捗度を合理的に見積もることができないが、発生する費用を回収することが、見込まれ
         る場合は、原価回収基準にて収益を認識する方法に変更しております。
         (2)  代理人取引に係る収益認識
          一部の取引について、従来は顧客から受け取る対価の総額を収益として認識していましたが、顧客への財又は
         サービスの提供における当社グループの役割が代理人に該当する取引については、顧客から受け取る額から仕入
         先に支払う額を控除した純額で収益を認識することとしています。
         (3)  変動対価が含まれる取引に係る収益認識
          製品の移転と交換に当社グループが受け取る取引価格は、値引き、売上に応じた割戻し等の変動対価を含んで
         いる場合があります。当社グループは、変動対価に関する不確実性が解消された時点並びに収益認識累計額の重
         要な戻し入れが生じる可能性が高い範囲において、変動対価を控除した純額で収益を認識することとしていま
         す。
          収益認識会計基準の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお

         り、当連結会計年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当連結会計年度の期
         首より利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しています。ただし、収益認識会計基準第
         86項に定める方法を適用し、当連結会計年度の期首より前までに従前の取扱いに従ってほとんどすべての収益の
         額を認識した契約に、新たな会計方針を遡及適用していません。また収益認識会計基準第86項また書き(1)に定
         める方法を適用し、当連結会計年度の期首より前までに行われた契約変更について、すべての契約変更を反映し
         た後の契約条件に基づき、会計処理を行い、その累積的影響額を当連結会計年度の期首の利益剰余金に加減して
         います。
          この結果、従来の方法に比べて当連結会計年度の売上高が233,653千円減少し、売上原価は200,404千円減少
         し、売上総利益は33,249千円減少しましたが、販売費及び一般管理費が33,249千円減少したため、営業利益、経
         常利益及び税金等調整前当期純利益に変更はありません。また、利益剰余金の当期首残高への影響はありませ
         ん。
          収益認識会計基準等を適用したため、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」に表示してい
         た「受取手形及び売掛金」は、当連結会計年度より「受取手形」、「売掛金」及び「契約資産」に含めて表示
         し、「流動負債」に表示していた「その他」は、当連結会計年度より「契約負債」及び「その他」に含めて表示
         することといたしました。なお、収益認識会計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度
         について新たな表示方法により組替えを行なっていません。また,収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な
         取扱いに従って,前連結会計年度に係る顧客との契約から生じる収益を分解した情報を記載していません。
         (時価の算定に関する会計基準等の適用)

          「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                             2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
         う。)等を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企
         業会計基準第10号          2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定め
         る新たな会計方針を、将来にわたって適用することといたしました。これによる連結財務諸表に与える影響はあ
         りません。
          また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注記を行うこ
         とといたしました。ただし、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 
         2019年7月4日)第7-4項に定める経過的な取扱いに従って、当該注記のうち前連結会計年度に係るものにつ
         いては記載しておりません。
                                 60/112




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
          ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日 企業会計基
           準委員会)
          (1)概要

            「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準委員会 企業会計基準適用指針第31号)の
            2021年6月17日の改正は、2019年7月4日の公表時において、「投資信託の時価の算定」に関する検討に
            は、関係者との協議等に一定の期間が必要と考えられるため、「時価の算定に関する会計基準」公表後、
            概ね1年をかけて検討を行うこととされていたものが、改正され、公表されたものです。
          (2)適用予定日

            2023年3月期の期首から適用します。
          (3)当該会計基準等の適用による影響

             「時価の算定に関する会計基準の適用指針」の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現
            時点で評価中であります。
         (表示方法の変更)

          (連結貸借対照表)
           前連結会計年度において、「流動資産」の「受取手形及び売掛金」に含めていた「電子記録債権」は、金額
          的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変更を反映さ
          せるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「受取手形及び売掛金」に表示して
          いた3,570,361千円は、「受取手形及び売掛金」3,178,753千円、「電子記録債権」391,607千円として組み替
          えております。
          (連結損益計算書)

           前連結会計年度において、独立掲記しておりました「営業外費用」の「投資有価証券売却損」、「手形売却
          損」、「固定資産除却損」は金額的重要性が乏しくなったため、当連結会計年度においては「その他」に含め
          て表示しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っ
          ております。
           この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外費用」に表示していた「投資有価証券売却
          損」5,481千円、「手形売却損」402千円、「固定資産除却損」4,588千円、「その他」4,886千円は、「その
          他」15,358千円として組み替えております。
         (追加情報)

        (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
         当連結会計年度における当社グループの資産の評価等において、新型コロナウイルス感染症の影響は限定的と
        判断しておりますが、新型コロナウイルス感染症拡大の状況が大きく変化し、不確実性が高まった場合には、翌
        連結会計年度以降において資産又は負債の帳簿価額の見直しを行う可能性があります。
                                 61/112







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
      1 受取手形裏書譲渡高
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     受取手形裏書譲渡高                                  -千円               23,512   千円
     ※2 損失が見込まれる工事契約に係る棚卸資産と工事損失引当金は、相殺せずに両建てで表示しております。

        損失の発生が見込まれる工事契約に係るたな卸資産のうち、工事損失引当金に対応する額は次のとおりでありま
        す。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     仕掛品                                15,206千円                 21,388千円
         (連結損益計算書関係)

     ※1 顧客との契約から生じる収益
          売上高については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分して記載しておりません。顧客と
         の契約から生じる収益の金額は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係)(1)顧客との契約から生じる収益を
         分解した情報」に記載しております。
     ※2 期末棚卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次の棚卸資産評価損が売上原価に含まれておりま

        す。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2020年4月1日                            (自 2021年4月1日
              至 2021年3月31日)                              至 2022年3月31日)
                          26,743   千円                         10,861   千円
     ※3 売上原価に含まれている工事損失引当金繰入額

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2020年4月1日                            (自 2021年4月1日
              至 2021年3月31日)                            至 2022年3月31日)
                           △548千円                           △3,145千円
     ※4 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                   至 2022年3月31日)
     貸倒引当金繰入額                               △ 1,443   千円                274  千円
                                    728,758                 797,079
     給与手当
                                     19,293                 19,500
     役員賞与引当金繰入額
                                    374,145                 354,500
     研究開発費
                                     42,800                 35,734
     退職給付費用
                                                       1,428
     役員退職慰労引当金繰入額                               △ 8,181
     ※5 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2020年4月1日                            (自 2021年4月1日
              至 2021年3月31日)                              至 2022年3月31日)
                          570,067    千円                        613,802    千円
                                 62/112




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
     ※1    その他の包括利益に係る組替調整額

                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                492,472千円               △26,788千円
      組替調整額                                 5,481              △5,402
      計
                                      497,954               △32,191
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                 8,849               95,260
      組替調整額                                   -               -
      計
                                       8,849               95,260
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                95,291                2,542
      組替調整額                                23,366                8,824
      計
                                      118,657                11,366
      税効果調整前合計
                                      625,460                74,435
      税効果額                               △207,408                 34,841
     その他の包括利益合計
                                      418,052               109,277
     ※2    その他の包括利益に係る税効果額

                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      税効果調整前                                497,954千円               △32,191千円
      税効果額                               △152,473                 9,856
      税効果調整後
                                      345,480               △22,334
     為替換算調整勘定:
      税効果調整前                                 8,849               95,260
      税効果額                                   -               -
      税効果調整後
                                       8,849               95,260
     退職給付に係る調整額:
      税効果調整前                                118,657                11,366
      税効果額                                △54,934                24,984
      税効果調整後
                                       63,722               36,350
     その他の包括利益合計
      税効果調整前                                625,460                74,435
      税効果額                               △207,408                 34,841
      税効果調整後
                                      418,052               109,277
                                 63/112






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                   8,305,249             -          -      8,305,249

            合計             8,305,249             -          -      8,305,249

     自己株式

      普通株式(注1)                    999,295            -        23,800         975,495
            合計              999,295            -        23,800         975,495
    (注1)自己株式の普通株式の減少23,800株は、ストック・オプション制度の権利行使によるものです。
         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                     当連結会計
                      新株予約権の目
      区分     新株予約権の内訳          的となる株式の
                                                     年度末残高
                              当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                      種類
                                                      (千円)
                              年度期首      年度増加      年度減少      年度末
     提出会社
           ストック・オプション
                            -                            59,371
                                 -      -      -      -
     (親会社)
           としての新株予約権
             合計                -      -      -      -      -     59,371
    (注)上表の新株予約権はすべて権利行使可能なものであります。
         3.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり配当
     (決議)             株式の種類                          基準日        効力発生日
                           (千円)       額(円)
     2020年6月2日
                  普通株式           146,119           20   2020年3月31日         2020年6月10日
     取締役会
     2020年11月9日
                  普通株式            73,297           10   2020年9月30日         2020年12月7日
     取締役会
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり配
     (決議)          株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                      (千円)             当額(円)
     2021年6月1日
               普通株式         102,616     利益剰余金            14   2021年3月31日         2021年6月9日
     取締役会
                                 64/112






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                   8,305,249             -          -      8,305,249

            合計             8,305,249             -          -      8,305,249

     自己株式

      普通株式(注1)                    975,495            142          -       975,637
            合計              975,495            142          -       975,637
    (注1)自己株式の普通株式の増加142株は、単元未満株式の買取によるものです。
         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                     当連結会計
                      新株予約権の目
      区分     新株予約権の内訳          的となる株式の
                                                     年度末残高
                              当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                      種類
                                                      (千円)
                              年度期首      年度増加      年度減少      年度末
     提出会社
           ストック・オプション
                            -                            73,699
                                 -      -      -      -
     (親会社)
           としての新株予約権
             合計                -      -      -      -      -     73,699
    (注)上表の新株予約権はすべて権利行使可能なものであります。
         3.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり配当
     (決議)             株式の種類                          基準日        効力発生日
                           (千円)       額(円)
     2021年6月1日
                  普通株式           102,616           14   2021年3月31日         2021年6月9日
     取締役会
     2021年11月12日
                  普通株式           102,615           14   2021年9月30日         2021年12月14日
     取締役会
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり配
     (決議)          株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                      (千円)             当額(円)
     2022年5月30日
               普通株式         175,910     利益剰余金            24   2022年3月31日         2022年6月9日
     取締役会
                                 65/112







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                              至   2021年3月31日)               至   2022年3月31日)
     現金及び預金勘定                            4,679,178     千円            4,834,318     千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                           △1,634,081                 △1,666,219
     現金及び現金同等物                            3,045,096                 3,168,098
    ※2 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

       株式の取得により新たに西武電機株式会社を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債
      の内訳並びに西武電機株式会社の取得価額と西武電機株式会社取得のための支出(純額)
      との関係は次のとおりであります。
                                          (単位:千円)

          流動資産                               164,515
          固定資産                               550,346
          のれん                                                                          95,289
          流動負債                              △178,247
          固定負債                                                                      △348,903
          西武電機株式会社株式の取得価額                    283,000
          現金及び現金同等物                                                                 △20,589
          差引:西武電機株式会社取得のための支出                                                        262,410
         (リース取引関係)

         (借主側)
          1.ファイナンス・リース取引
           所有権移転外ファイナンス・リース取引
            ①  リース資産の内容
              (ア)無形固定資産
               ソフトウエアであります。
            ②  リース資産の減価償却の方法
              連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                      (2)重要な減価償
             却資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
                                 66/112









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社グループは、当連結会計年度末現在、必要な資金を内部資金で賄える状態にあります。但し、一部
            設備投資に係る借入金が存在しております。また、資金運用につきましては、主に預金や安全性の高い金
            融商品によっております。
             デリバティブは、後述するリスクを回避するために利用し、投機的な取引は行わないこととしておりま
            す。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

             営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに対して
            は、営業管理規程等に基づき、与信管理を行うとともに、取引先の信用状況を把握する管理体制としてお
            ります。また、海外で事業を行うにあたり生じる外貨建ての売掛金は、為替の変動リスクに晒されており
            ますが、重要なものにつきましては必要に応じデリバティブ取引(為替予約取引)を利用してヘッジして
            おります。デリバティブ取引(為替予約取引)の開始・実行にあたっては、個別契約ごとに管理部門の起
            案により、予約額等に応じて代表取締役の稟議決裁あるいは取締役会決議を経て執行されます。また、取
            引の管理についても管理部門内の資金担当者により集中管理しており、その内容は、随時、代表取締役及
            び担当役員に報告しております。
             投資有価証券は、市場価格の変動リスクに晒されております。当該リスクに関しては、定期的に時価や
            発行体の財務状況等を把握する体制としております。
             営業債務である支払手形、買掛金及び未払費用は、そのほとんどが6ヶ月以内の支払期日であります。
             借入金及び社債は、運転資金及び設備投資に係る資金の調達を目的としたものであります。
           (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
            より、当該価額が変動することがあります。
          2.金融商品の時価等に関する事項

            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
            前連結会計年度(2021年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額
                                     時価(千円)            差額(千円)
                          (千円)
      投資有価証券                      1,444,241            1,444,241                -
       資産計                      1,444,241            1,444,241                -
      1年内返済予定の長期借入金

                             125,215            124,852             △362
        及び長期借入金
       負債計                       125,215            124,852             △362

        (1)「現金及び預金」、「受取手形」、「電子記録債権」、「売掛金」、「支払手形及び買掛金」、「1年内償
           還予定の社債」、「未払費用」については、現金であること、および短期間で決済されるため時価が帳簿
           価額に近似するものであることから、記載を省略しております。
        (2)以下の金融商品については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、
          「投資有価証券」には含めておりません。
                                 (単位:千円)
                             前連結会計年度
               区分
                            (2021年3月31日)
          非上場株式                           55,170
                                 67/112




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
            当連結会計年度(2022年3月31日)
                       連結貸借対照表計上額
                                     時価(千円)            差額(千円)
                          (千円)
      投資有価証券                      1,347,203            1,347,203                -
       資産計                      1,347,203            1,347,203                -
      1年内返済予定の長期借入金

                             283,987            286,636             2,649
        及び長期借入金
       負債計                       283,987            286,636             2,649

         (1)「現金及び預金」、「受取手形」、「電子記録債権」、「売掛金」、「1年内償還予定の社債」、「未払
            費用」については、現金であること、および短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似するもので
            あることから、記載を省略しております。
         (2)市場価格のない株式等は、「投資有価証券」には含めておりません。当該金融商品の連結貸借対照表計
           上額は以下の通りであります。
                                 (単位:千円)
                             当連結会計年度
               区分
                            (2022年3月31日)
          非上場株式                           55,170
      (注)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

         資 産
           投資有価証券
            これらの時価について、株式等は取引所の価格によっており、債券は取引所の価格又は取引金融機関等
           から提示された価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事
           項「有価証券関係」をご参照下さい。
         負 債

           1年内返済予定の長期借入金及び長期借入金
             これらのうち1年内返済予定の長期借入金については、短期間で決済されるものであるため、時価は帳
            簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっております。
             長期借入金の時価は、元利金の合計額を同様の新規借入をおこなった場合に想定される利率で割り引い
            た現在価値によって算定する方法によっております。
           デリバティブ取引

           注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照ください。

                                 68/112








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
        3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
          前連結会計年度(2021年3月31日)
                                    1年超         5年超
                           1年以内                           10年超
                                    5年以内         10年以内
                            (千円)                           (千円)
                                     (千円)          (千円)
          預金                  4,674,420            -         -         -
          受取手形及び売掛金                  3,178,753            -         -         -

          電子記録債権                   391,607           -         -         -

          有価証券及び投資有価証券

           その他有価証券のうち満期
           があるもの
            その他                  25,925        111,955         11,167           -
                合計            8,270,707          111,955         11,167           -

          当連結会計年度(2022年3月31日)

                                    1年超         5年超
                           1年以内                           10年超
                                    5年以内         10年以内
                            (千円)                           (千円)
                                     (千円)          (千円)
          預金                  4,828,234            -         -         -
          受取手形                   282,186           -         -         -

          電子記録債権                   758,857           -         -         -

          売掛金                  2,029,979            -         -         -

          有価証券及び投資有価証券

           その他有価証券のうち満期
           があるもの
            その他                   9,506        87,333           -         -
                合計            7,908,764          87,333           -         -

                                 69/112









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
        4.社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額
           前連結会計年度(2021年3月31日)
                                1年超      2年超      3年超     4年超
                          1年以内                            5年超
                               2年以内      3年以内      4年以内     5年以内
                           (千円)                             (千円)
                                (千円)       (千円)       (千円)      (千円)
          1年内返済予定の長期借入金
                          60,606      34,988      26,814      2,807       -     -
          及び長期借入金
          1年内償還予定の社債及び社
                           9,000     100,000        -     -     -     -
          債
                合計          69,606     134,988      26,814      2,807       -     -
           当連結会計年度(2022年3月31日)

                                1年超      2年超      3年超     4年超
                          1年以内                            5年超
                               2年以内      3年以内      4年以内     5年以内
                           (千円)                             (千円)
                                (千円)       (千円)       (千円)      (千円)
          1年内返済予定の長期借入金
                          63,771      55,114      30,379     18,099     11,786     104,836
          及び長期借入金
          1年内償還予定の社債及び社
                          100,000        -      -     -     -     -
          債
                合計          163,771      55,114      30,379     18,099     11,786     104,836
                                 70/112














                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
        5.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
           金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベルに
           分類しております。
           レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価
                   の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
           レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定
                   に係るインプットを用いて算定した時価
           レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
            時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合にはそれらのインプットがそれぞれ

           属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
           (1)時価で連結貸借対照表に計上している金融商品

             当連結会計年度(2022年3月31日)
                                      時価(千円)
             区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
     投資有価証券

      その他有価証券
       株式                      1,164,615             -         -      1,164,615
            資産計               1,164,615             -         -      1,164,615

    (注)投資信託の時価は上記に含めておりません。投資信託の連結貸借対照表計上額は、182,587千円であります。
           (2)時価で連結貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品

             当連結会計年度(2022年3月31日)
                                      時価(千円)
             区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
     1年以内返済予定の長期借入金
                              -       286,636            -       286,636
     及び長期借入金
            負債計                  -       286,636            -       286,636
     (注) 時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明
          資 産
          投資有価証券
           上場株式は相場価格を用いて評価しております。上場株式は活発な市場で取引されているため、その時価を
          レベル1の時価に分類しております。
          負 債
          1年以内返済予定の長期借入金及び長期借入金
           これらのうち1年内返済予定の長期借入金については、短期間で決済されるものであるため時価は帳簿価額
          と近似していることから、当該帳簿価額によっており、レベル2の時価に分類しております。
           長期借入金の時価は、元利金の合計額を同様の新規借入をおこなった場合に想定される利率で割り引いた現
          在価値によって算定する方法によっており、レベル2の時価に分類しております。
                                 71/112






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (有価証券関係)
      1.その他有価証券
          前連結会計年度(2021年3月31日)
                            連結貸借対照表計上
                     種類                  取得原価(千円)            差額(千円)
                            額(千円)
                 (1)株式                1,190,732            548,097           642,635
                 (2)債券
                  ①国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額
                  ②社債                  -           -           -
     が取得原価を超えるも
     の
                  ③その他                  -           -           -
                 (3)その他                 121,862           100,372           21,489
                     小計            1,312,595            648,469           664,125
                 (1)株式                 22,130           25,374          △3,243
                 (2)債券
                  ①国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えない
                  ②社債                  -           -           -
     もの
                  ③その他                  -           -           -
                 (3)その他                 109,516           113,503           △3,987
                     小計             131,646           138,877           △7,230
               合計                  1,444,241            787,347           656,894
     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 55,170千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
         困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
          当連結会計年度(2022年3月31日)

                            連結貸借対照表計上
                     種類                  取得原価(千円)            差額(千円)
                            額(千円)
                 (1)株式                1,125,325            496,059           629,265
                 (2)債券
                  ①国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額
                  ②社債                  -           -           -
     が取得原価を超えるも
     の
                  ③その他                  -           -           -
                 (3)その他                 85,818           68,675           17,142
                     小計            1,211,143            564,735           646,407
                 (1)株式                 39,290           54,182          △14,891
                 (2)債券
                  ①国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えない
                  ②社債                  -           -           -
     もの
                  ③その他                  -           -           -
                 (3)その他                 96,769          103,582           △6,812
                     小計             136,060           157,764          △21,704
               合計                  1,347,203            722,500           624,703
     (注)市場価格がない株式等(「非上場株式」連結貸借対照表計上額 55,170千円)については、上表の「その他有価
         証券」には含めておりません。
                                 72/112



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
      2.売却したその他有価証券
         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                   売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(千円)
                                     (千円)              (千円)
     (1)株式                       19,314                237              -

     (2)債券

        ①国債・地方債等                      -              -              -

        ②社債                      -              -              -

        ③その他                      -              -              -

     (3)その他                        9,817                -            5,718

          合計                  29,131                237             5,718

         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

                                   売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(千円)
                                     (千円)              (千円)
     (1)株式                       32,804              5,785                -

     (2)債券

        ①国債・地方債等                      -              -              -

        ②社債                      -              -              -

        ③その他                      -              -              -

     (3)その他                       43,187                197              581

          合計                  75,991              5,983               581

      3.減損処理を行った有価証券

         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

          該当事項はありません。
         (デリバティブ取引関係)

          前連結会計年度(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
         1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
           該当事項はありません。
         2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自2021年4月1日 至2022年3月31日)

         1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
           該当事項はありません。
         2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
           該当事項はありません。
                                 73/112




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
         当社は、確定給付型の制度として確定給付企業年金制度(規約型)及び退職一時金制度を設けております。
         なお、従業員の退職等に際して、退職給付会計に準拠した数理計算による退職給付債務の対象とされない割増
        退職金を支払う場合があります。
         また、国内連結子会社は退職金制度(以下「制度」という。)の内枠として中小企業退職金共済制度(以下「中
        退共」という。)に加入しており簡便法により退職給付債務及び勤務費用を計算しております。
         なお、中退共に加入している制度においては、中退共からの支給見込額を制度の退職給付債務から控除した額
        を計算しております。
      2.確定給付制度

       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                             1,423,290千円              1,473,054千円
          勤務費用                             108,129              122,475
          利息費用                              2,016              2,895
          数理計算上の差異の発生額                             31,025             △14,641
          退職給付の支払額                            △91,406              △81,126
          子会社の取得による増加額                               -            12,712
         退職給付債務の期末残高                             1,473,054              1,515,370
        (注)簡便法を採用している国内連結子会社の退職給付債務を含めております。
       (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
         年金資産の期首残高                             1,256,862千円              1,420,200千円
          期待運用収益                             25,137              28,404
          数理計算上の差異の発生額                             126,316             △12,099
          事業主からの拠出額                             103,291              104,242
          退職給付の支払額                            △91,406              △81,126
         年金資産の期末残高                             1,420,200              1,459,621
       (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る

         資産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                             1,473,054千円              1,515,370千円
         年金資産                            △1,420,200              △1,459,621
                                       52,854              55,749
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              52,854              55,749
         退職給付に係る負債                              52,854              55,749

         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              52,854              55,749
        (注)簡便法を採用している国内連結子会社の退職給付債務を含めております。
                                 74/112






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
       (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
         勤務費用                              108,129千円              122,475千円
         利息費用                               2,016              2,895
         期待運用収益                             △25,137              △28,404
         数理計算上の差異の費用処理額                              20,808              6,266
         過去勤務費用の費用処理額                               2,558              2,558
         確定給付制度に係る退職給付費用                              108,374              105,790
        (注)簡便法を採用している国内連結子会社の退職給付費用を含めております。
        (5)退職給付に係る調整額

          退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
         過去勤務費用                               2,558千円              2,558千円
         数理計算上の差異                              116,099               8,808
           合 計                            118,657              11,366
        (6)退職給付に係る調整累計額

          退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
         未認識過去勤務費用                              15,345千円              12,787千円
         未認識数理計算上の差異                             △20,089              △28,897
           合 計                            △4,744             △16,110
        (7)年金資産に関する事項

         ① 年金資産の主な内訳
           年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
         債券                               49%              48%
         株式                               36              35
         その他                               15              17
           合 計                            100              100
         ② 長期期待運用収益率の設定方法

           年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成す
          る多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
       (8)数理計算上の計算基礎に関する事項
         主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
          割引率                               0.2%              0.3%
          長期期待運用収益率                               2.0%              2.0%
          予想昇給率                               7.1%              7.1%
                                 75/112






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
     1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                                     (単位:千円)
                           前連結会計年度                   当連結会計年度
                         (自 2020年4月1日                   (自 2021年4月1日
                          至 2021年3月31日)                   至 2022年3月31日)
     売上原価の株式報酬費用                                  -                   -
     一般管理費の株式報酬費用                                12,689                   14,328
     2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

         (1)ストック・オプションの内容
                          2010年             2011年             2012年
                      ストック・オプション             ストック・オプション             ストック・オプション
     付与対象者の区分及び人数                取締役5名・執行役員4名             取締役4名・執行役員3名             取締役4名・執行役員3名

     株式の種類別のストック・オプ

                       普通株式 8,000株             普通株式 9,600株             普通株式 14,400株
     ションの数(注)
     付与日                  2010年6月21日             2011年6月20日             2012年6月18日
     権利確定条件                      -             -             -
     対象勤務期間                      -             -             -
                      自 2010年6月22日             自 2011年6月21日             自 2012年6月19日
     権利行使期間
                      至 2030年5月31日             至 2031年5月31日             至 2032年5月31日
                          2013年             2014年             2015年

                      ストック・オプション             ストック・オプション             ストック・オプション
     付与対象者の区分及び人数                取締役4名・執行役員4名             取締役4名・執行役員2名             取締役4名・執行役員2名

     株式の種類別のストック・オプ

                      普通株式 16,400株             普通株式 13,400株             普通株式 8,900株
     ションの数(注)
     付与日                  2013年6月24日             2014年6月23日             2015年6月22日
     権利確定条件                      -             -             -
     対象勤務期間                      -             -             -
                      自 2013年6月25日             自 2014年6月24日             自 2015年6月23日
     権利行使期間
                      至 2033年5月31日             至 2034年5月31日             至 2035年5月31日
                          2016年             2017年             2018年

                      ストック・オプション             ストック・オプション             ストック・オプション
     付与対象者の区分及び人数                取締役4名・執行役員2名             取締役3名・執行役員2名             取締役3名・執行役員3名

     株式の種類別のストック・オプ

                      普通株式 17,000株             普通株式 16,000株             普通株式 18,300株
     ションの数(注)
     付与日                  2016年6月20日             2017年6月20日             2018年6月20日
     権利確定条件                      -             -             -
     対象勤務期間                      -             -             -
                      自 2016年6月21日             自 2017年6月21日             自 2018年6月21日
     権利行使期間
                      至 2036年5月31日             至 2037年5月31日             至 2038年5月31日
                          2019年             2020年             2021年

                      ストック・オプション             ストック・オプション             ストック・オプション
     付与対象者の区分及び人数                取締役3名・執行役員4名             取締役3名・執行役員4名             取締役3名・執行役員3名

     株式の種類別のストック・オプ

                      普通株式 20,600株             普通株式 20,600株             普通株式 18,300株
     ションの数(注)
                                 76/112


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
                          2019年             2020年             2021年
                      ストック・オプション             ストック・オプション             ストック・オプション
     付与日                  2019年6月20日             2020年6月22日             2021年7月9日
     権利確定条件                      -             -             -
     対象勤務期間                      -             -             -
                                                 自 2021年7月10日
                      自 2019年6月21日             自 2020年6月23日
     権利行使期間
                                                 至 2041年5月31日
                      至 2039年5月31日             至 2040年5月31日
    (注)株式数に換算して記載しております。

                                 77/112

















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
          当連結会計年度(2022年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプション
          の数については、株式数に換算して記載しております。
         ①  ストック・オプションの数
                    2010年           2011年           2012年           2013年
                 ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション
     権利確定前(株)
      前連結会計年度末               -           -           -           -
      付与               -           -           -           -
      失効               -           -           -           -
      権利確定               -           -           -           -
      未確定残               -           -           -           -
     権利確定後(株)
      前連結会計年度末               700          1,000           1,500           4,800
      権利確定               -           -           -           -
      権利行使               -           -           -           -
      失効               -           -           -           -
      未行使残               700          1,000           1,500           4,800
                    2014年           2015年           2016年           2017年

                 ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション
     権利確定前(株)
      前連結会計年度末               -           -           -           -
      付与               -           -           -           -
      失効               -           -           -           -
      権利確定               -           -           -           -
      未確定残               -           -           -           -
     権利確定後(株)
      前連結会計年度末              4,800           3,200           13,300           13,300
      権利確定               -           -           -           -
      権利行使               -           -           -           -
      失効               -           -           -           -
      未行使残              4,800           3,200           13,300           13,300
                    2018年           2019年           2020年           2021年

                 ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション
     権利確定前(株)
      前連結会計年度末               -           -           -           -
      付与               -           -           -          18,300
      失効               -           -           -           -
      権利確定               -           -           -          18,300
      未確定残               -           -           -           -
     権利確定後(株)
      前連結会計年度末              15,600           17,900           18,300            -
      権利確定               -           -           -          18,300
      権利行使               -           -           -           -
      失効               -           -           -           -
      未行使残              15,600           17,900           18,300           18,300
                                 78/112




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         ②  単価情報
                    2010年           2011年           2012年           2013年
                 ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション
     権利行使価格(円)                1           1           1           1
     行使時平均株価(円)                -           -           -           -
     付与日における公正な評
                     456           355           468           528
     価単価(円)
                    2014年           2015年           2016年           2017年

                 ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション
     権利行使価格(円)                1           1           1           1
     行使時平均株価(円)                -           -           -           -
     付与日における公正な評
                     568           608           388           509
     価単価(円)
                    2018年           2019年           2020年           2021年

                 ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション
     権利行使価格(円)                1           1           1           1
     行使時平均株価(円)                -           -           -           -
     付与日における公正な評
                     941           721           616           783
     価単価(円)
        3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

           当連結会計年度において付与された2021年ストック・オプションについての公正な評価単価の見積方法は
          以下のとおりであります。
          ①  使用した評価方法:ブラック・ショールズ式
          ②  主な基礎数値及び見積方法
                                     2021年ストック・オプション
             株価変動性(注)1                                     32.857%
             予想残存期間(注)2                                      6.41年
             予想配当率(注)3                                      2.597%
             無リスク利子率(注)4                                     △0.125%
            (注)1.予想残存期間6.41年に対応する期間の週次株価実績に基づき算定しております。
               2.過去10年間における退任した役員等の在任期間の平均と現役員等の在任期間との差を退任ま
                での予想残存期間とする方法などにより見積もっております。
               3.2020年3月期期末及び2021年3月期第2四半期末の配当実績を算定基準日における終値で除
                した額によっております。
               4.予想残存期間に対応する期間に対応する国債の利回りであります。
        4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

         基本的には、将来の失効数の合理的な見積もりは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用し
        ております。
                                 79/112






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (2021年3月31日)            (2022年3月31日)
      繰延税金資産
        税務上の繰越欠損金                          26,458 千円            27,590 千円
        未払事業税等                           6,737           17,003
        貸倒引当金                          18,513            18,892
        未払賞与                          97,785            92,419
        役員賞与引当金                           5,823            5,970
        退職給付に係る負債                           1,100           32,146
        役員退職慰労引当金                          22,352            34,798
        棚卸資産評価損                          43,025            46,803
        棚卸資産の未実現利益                           6,389            7,657
        工事損失引当金                          11,879            10,916
        株式報酬費用                          18,179            22,566
                                  34,127            38,236
        その他
      繰延税金資産小計
                                 292,372            355,004
                                △178,575            △210,941
      評価性引当額
      繰延税金資産合計
                                 113,797            144,062
      繰延税金負債
        連結子会社の時価評価に伴う評価差額                            -         △20,147
        その他有価証券評価差額金                        △201,141            △191,284
                                    -         △13,563
        在外子会社の留保利益
      繰延税金負債合計                          △201,141            △224,994
      繰延税金資産(負債)の純額                          △87,343            △80,931
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (2021年3月31日)            (2022年3月31日)
      法定実効税率
                              法定実効税率と税効                 30.62%
                             果会計適用後の法人税
      (調整)
                             等の負担率との間の差                 0.35
      交際費等永久に損金に算入されない項目
                             異が法定実効税率の                 1.77
      住民税均等割
                             100分の5以下であるた                 2.09
      評価性引当額
                             め注記を省略しており                △2.17
      受取配当金等永久の益金に算入されない項目
                             ます。                △0.42
      国内子会社の税率差異
                                              1.18
      海外子会社の税率差異
                                              2.09
      在外子会社の留保利益
                                              0.67
      のれん償却費
                                              1.14
      子会社株式取得関連費用
                                              0.29
      その他
                                              37.62
      税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                 80/112






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (企業結合等関係)
         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
             該当事項はありません。
         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

         (取得による企業結合)
          当社は、2021年5月24日開催の取締役会において、西武電機株式会社の株式を取得し、子会社化することに
         ついて決議し、同日付で株式譲渡契約を締結し、2021年6月10日に当該株式を取得いたしました。
         (1)  企業結合の概要
         ①被取得企業の名称及び事業の内容
          被取得企業の名称 西武電機株式会社
          事業の内容    電子機器、情報機器、各種機器の開発および製造
                   各種OEM商品の開発および製造
                   評価・認証取得の代行、各種試験の代行
                   電子部品・機構部品の調達
         ②企業結合を行った主な理由
           当社は、西武電機株式会社が持つ技術的強みを当社製品の差別化や新たな事業展開にいかすことを目的と
          して同社の子会社化を決議しました。
         ③企業結合日
          2021年6月10日
         ④企業結合の法的形式
          株式の取得
         ⑤結合後企業の名称
          西武電機株式会社
         ⑥取得した議決権比率
          100%
         ⑦取得企業を決定するに至った主な根拠
          当社が現金を対価とした株式取得により、被取得企業の議決権の100%を取得したことによるものです。
         (2)  被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳
           取得の対価 (現金) 283,000千円
           取得原価      283,000千円
         (3)  主要な取得関連費用の内容及び金額
          アドバイザリーに対する報酬・手数料等 24,261千円
         (4)  発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間
         ①発生したのれんの金額
          95,289千円
         ②発生原因
          取得原価が、受け入れた資産及び引き受けた負債に配分された純額を上回ったため、その差額をのれんと
         して認識しております。
         ③償却方法及び期間
          5年間にわたる均等償却
         (賃貸等不動産関係)

         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 81/112




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (収益認識関係)
         (1)  顧客との契約から生じる収益を分解した情報
          当連結会計年度(自            2021年4月1日         至   2022年3月31日)
                                                 (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                その他      合計
                    プロセス      ウェブ     検査機    オプティク
                                            計
                     事業     事業     事業     ス事業
         一時点で移転される
                    1,828,196     2,489,154      408,024    1,398,749      6,124,123      423,664    6,547,787
         財
         一定の期間にわたり
                     388,695     142,149     948,131      90,763     1,569,740        -  1,569,740
         移転される財
         顧客との契約から生
                    2,216,892     2,631,304     1,356,155     1,489,512      7,693,863      423,664    8,117,527
         じる収益
         その他の収益              -     -     -     -      -     -     -
         外部顧客への売上高          2,216,892     2,631,304     1,356,155     1,489,512      7,693,863      423,664    8,117,527
          プロセス事業におきましては、鉄鋼・非鉄金属の生産ラインを主な対象とする制御装置、計測装置の販売及
         び工事契約を含むサービスの提供を行っており、国内外の鉄鋼メーカーを主な顧客にしております。
          ウェブ事業におきましては、製紙、印刷から電子部材まで広範な業種を対象としたシート状製品の位置制御
         装置の販売、保守及び工事契約を含むサービスの提供を行っており、高機能フィルムメーカー、電子部品メー
         カーや製造装置メーカーを主な顧客にしております。
          検査機事業におきましては、高機能フィルムメーカー、電子部品メーカー向けの無地検査装置や選果設備向
         けの食品検査装置の販売及び工事契約を含むサービスの提供を行っております。
          オプティクス事業におきましては、半導体検査装置向けのレーザ関連製品、光学部品の販売及び工事契約を
         含むサービスの提供を行っております。
          これら製品の販売等にかかる収益は連結財務諸表の「注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要
         な事項) (5)       重要な収益及び費用の計上基準」に従って会計処理しております。
         (2)  収益を理解するための基礎となる情報

          収益を理解するための基礎となる情報は連結財務諸表の「注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる
         重要な事項) (5)         重要な収益及び費用の計上基準」に記載のとおりです。
                                 82/112











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (3)  顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当連結会
         計年度末において存在する顧客との契約から翌連結会計年度以降に認識すると見込まれる収益の金額及び時期
         に関する情報
         ① 契約資産及び契約負債の残高等
                                    当連結会計年度
          顧客との契約から生じた債権(期首残高)                          3,332,960千円
          顧客との契約から生じた債権(期末残高)                          3,071,023
          契約資産(期首残高)                           377,023
          契約資産(期末残高)                           344,427
          契約負債(期首残高)                           115,997
          契約負債(期末残高)                           225,867
          契約資産は主に長期工事契約等で認識された、一連の履行に沿って当社グループが顧客から支払いを受領す
         る場合に生じる顧客に対する権利に係るものであります。当社グループは、完了した作業に対する契約資産を
         前もって認識することになり、顧客の検収を受け、請求した時点で顧客との契約から生じた債権に振り替えら
         れます。
          そのため契約資産の増減は、主として収益認識(契約資産の増加)と、顧客との契約から生じた債権への振
         替(同、減少)により生じたものであります。
          契約負債は、契約に基づく履行に先立って受領した対価に関連するものであり、当社グループが契約に基づ
         き履行した時点で収益に振替られます。
          そのため契約負債の増減は、主として前受金の受取り(契約負債の増加)と、収益認識(同、減少)により
         生じたものであります。
          当連結会計年度に認識された収益のうち期首現在の契約負債残高に含まれていた額は、62,618千円でありま
         す。
          過去の期間に充足又は部分的に充足した履行義務について売上収益に認識した金額はありません。
         ② 残存履行義務に配分した取引価格
          残存履行義務に配分した取引価格の総額及び収益の認識が見込まれる期間は、以下のとおりであります。
                                    当連結会計年度
          1年以内                          3,651,541千円
          1年超2年以内                           407,730
          2年超3年以内                           290,150
          4年超                            27,323
          合計                          4,376,744
                                 83/112









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
     1.報告セグメントの概要
        当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の
      配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
        当社グループは、取り扱う製品を販売先業種の類似性に使用目的の類似性を加味したものを基準として事業を以下
      の4つに区分しております。
        「プロセス事業」は、鉄鋼・非鉄金属の生産ラインを主な対象とする制御装置や計測装置を取り扱う事業です。
      「ウェブ事業」は、製紙、印刷から電子部材まで広範な業種を対象としたシート状製品の位置制御装置を取り扱う事
      業です。「検査機事業」は、当社グループが長年にわたり培ってきた画像処理技術をベースに、食品から電子部材ま
      でを対象とした品質検査装置を主に取り扱う事業です。「オプティクス事業」は、半導体検査装置等で使用される光
      学部品や、レーザ機器を主に取り扱う事業です。
        会計方針の変更に記載のとおり、当連結会計年度の期首から収益認識会計基準等を適用し、収益認識に関する会計
      処理方法を変更したため、事業セグメントの利益又は損失の算定方法を同様に変更しております。当該変更により、
      従来の方法に比べて、当連結会計年度の「プロセス事業」の売上高は160,063千円減少、「ウェブ事業」の売上高は
      111,453千円減少、「検査機事業」の売上高は37,863千円増加しましたが、セグメント利益に与える影響はありませ
      ん。
     2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
      る記載と同一であります。
        報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
        セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
     3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

       前連結会計年度(自            2020年4月1日         至   2021年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                      連結財務諸
                                        その他          調整額
                                              合計         表計上額
               プロセス     ウェブ     検査機    オプティ          (注)1          (注)2
                                    計                   (注)4
                事業     事業     事業    クス事業
       売上高
        外部顧客へ
              2,584,007     2,599,485     1,365,301     1,313,940     7,862,733       37,194   7,899,927          7,899,927
                                                     -
        の売上高
        セグメント
        間の内部売
                  -     -     -     -     -     -     -     -     -
        上高又は振
        替高
              2,584,007     2,599,485     1,365,301     1,313,940     7,862,733       37,194   7,899,927          7,899,927
          計                                           -
       セグメント利
               412,058     291,201          399,448    1,083,372          1,081,627           600,758
       益又は損失                  △ 19,335              △ 1,745        △ 480,869
       (△)
       セグメント資
              2,177,695     2,405,683     1,022,619     1,988,121     7,594,118       5,375   7,599,493     7,725,131     15,324,624
       産
       その他の項目
        減価償却費
                8,663     7,069     6,155    83,007    104,894          104,894     142,904     247,798
                                           -
        (注)3
        有形固定資
        産及び無形
                4,817         12,844    225,704     243,365          243,365     45,131     288,496
        固定資産の               -                    -
        増加額
        (注)3
        (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、機械部品製作事業、電子機
             器組立事業などを含んでおります。
                                 84/112



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
       当連結会計年度(自            2021年4月1日         至   2022年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                      連結財務諸
                                        その他          調整額
                                              合計         表計上額
               プロセス     ウェブ     検査機    オプティ          (注)1          (注)2
                                    計                   (注)4
                事業     事業     事業    クス事業
       売上高
        外部顧客へ
              2,216,892     2,631,304     1,356,155     1,489,512     7,693,863      423,664    8,117,527          8,117,527
                                                     -
        の売上高
        セグメント
        間の内部売
                  -     -     -     -     -     -     -     -     -
        上高又は振
        替高
              2,216,892     2,631,304     1,356,155     1,489,512     7,693,863      423,664    8,117,527          8,117,527
          計                                           -
       セグメント利
               313,222     230,955     35,061    401,378     980,616     39,991   1,020,607           563,718
       益又は損失                                          △ 456,889
       (△)
       セグメント資
              2,144,849     2,618,380      921,627    2,053,910     7,738,766      781,380    8,520,146     7,632,375     16,152,521
       産
       その他の項目
        減価償却費
                10,574     6,537     9,095    106,027     132,233     16,057    148,290     138,674     286,964
        (注)3
        有形固定資
        産及び無形
                8,873     3,406     6,373    120,887     139,539     90,451    229,990     24,814     254,804
        固定資産の
        増加額
        (注)3
        (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、機械部品製作事業、電子機
             器組立事業などを含んでおります。
                                 85/112











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
           2.調整額の内容は以下のとおりであります。
            セグメント利益又は損失(△)                                          (単位:千円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度

            全社費用                           △480,869                △456,889

            合計                           △480,869                △456,889

            (注)全社費用は、各報告セグメントに配分していない当社の管理部門に係る費用であります。
            セグメント資産                                          (単位:千円)

                                前連結会計年度                当連結会計年度

            全社資産                           7,725,131                7,632,375

            合計                           7,725,131                7,632,375

            (注)全社資産は、主に当社の資金(現金及び有価証券)、長期投資資金(投資有価証券)、報告セグメ
               ントに配分していない当社の土地、建物であります。
            その他の項目                                          (単位:千円)

                                前連結会計年度                当連結会計年度

            減価償却費                            142,904                138,674

            有形固定資産及び無形固定資産
                                       45,131                24,814
            の増加額
            合計                            188,035                163,488
            (注)減価償却費、有形固定資産及び無形固定資産の増加額は、主に報告セグメントに配分していない当
               社の建物に関するもの及び共用資産に関するものであります。
           3.減価償却費、有形固定資産及び無形固定資産の増加額には長期前払費用が含まれております。

           4.セグメント利益又は損失(△)は、連結財務諸表の営業利益と調整を行なっております。
                                 86/112










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     【関連情報】
     前連結会計年度(自           2020年4月1日         至   2021年3月31日)
      1.製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                   プロセス製品       ウェブ製品       検査機製品      オプティクス製品        その他製品        合計

        外部顧客への売上高            2,584,007       2,599,485       1,365,301       1,313,940         37,194     7,899,927

      2.地域ごとの情報

        (1)売上高
                                                     (単位:千円)
          日本        東アジア          欧州        アメリカ         その他         合計

          6,514,671         1,075,505          109,194         116,339         84,217       7,899,927

        (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
        (2)有形固定資産

          本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を
         省略しております。
     当連結会計年度(自           2021年4月1日         至   2022年3月31日)

      1.製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                   プロセス製品       ウェブ製品       検査機製品      オプティクス製品        その他製品        合計

        外部顧客への売上高            2,216,892       2,631,304       1,356,155       1,489,512        423,664      8,117,527

      2.地域ごとの情報

        (1)売上高
                                                     (単位:千円)
          日本        東アジア          欧州        アメリカ         その他         合計

          6,700,876         1,038,073          156,370         114,297         107,910        8,117,527

        (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
        (2)有形固定資産

          本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を
         省略しております。
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

     前連結会計年度(自           2020年4月1日         至   2021年3月31日)
       該当事項はありません。
     当連結会計年度(自           2021年4月1日         至   2022年3月31日)

       該当事項はありません。
                                 87/112





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
     前連結会計年度(自           2020年4月1日         至   2021年3月31日)
       該当事項はありません。
     当連結会計年度(自           2021年4月1日         至   2022年3月31日)

                                                     (単位:千円)
             プロセス事                    オプティクス
                    ウェブ事業       検査機事業               その他      全社・消去        合計
               業                    事業
                                           14,293              14,293
      当期償却額           -       -       -       -              -
                                           80,995              80,995
      当期末残高           -       -       -       -              -
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

     前連結会計年度(自           2020年4月1日         至   2021年3月31日)
       該当事項はありません。
     当連結会計年度(自           2021年4月1日         至   2022年3月31日)

       該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
           1.関連当事者との取引
            該当事項はありません。
           2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

            該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

           1.関連当事者との取引
            該当事項はありません。
           2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

            該当事項はありません。
                                 88/112









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自    2020年4月1日               (自    2021年4月1日
                           至   2021年3月31日)                至   2022年3月31日)
                                  1,836.03円                  1,878.34円
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利益                               59.06円                  55.41円
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                               58.34円                  54.61円
    (注)1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                              至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益(千
                                     432,550                 406,151
      円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                 -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当
                                     432,550                 406,151
      期純利益(千円)
      期中平均株式数(千株)                                7,323                 7,329
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額
                                        -                 -
      (千円)
      普通株式増加数(千株)                                  90                107
      (うち新株予約権)                                 (90)                (107)

      希薄化効果を有しないため、潜在株式調
      整後1株当たり当期純利益の算定に含め                          ──────                 ──────
      なかった潜在株式の概要
         (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 89/112









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
                               前期末残高      当期末残高
        会社名          銘柄       発行年月日                   利率(%)      担保     償還期限
                               (千円)      (千円)
                          年月日        9,000
      ㈱光学技研        第6回無担保社債                           -     -     -      -
                         2014.8.27       (9,000)
              第7回無担保社債                         100,000                 年月日
      ㈱光学技研                   2017.9.21       100,000             0.36     なし
              (注1)                        (100,000)                 2022.9.21
                                109,000      100,000
      合計                                        -     -
                                (9,000)     (100,000)
     (注)1.「当期末残高」欄の(内書)は、1年内償還予定の額であります。
       2.連結決算日後5年間の償還予定額は以下のとおりであります。
                         1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                           (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
           社債                    -         -         -         -
         【借入金等明細表】

                                当期首残高       当期末残高       平均利率
                 区分                                     返済期限
                                (千円)       (千円)       (%)
     短期借入金                               -       -      -         -

     1年以内に返済予定の長期借入金                             60,606        63,771      0.71%           -

     1年以内に返済予定のリース債務                             4,683        5,938     1.60%           -

                                                   2023年4月~
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)                             64,609       220,216      0.86%
                                                      2035年9月
                                                   2023年4月~
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く)                             14,245        14,263      1.64%
                                                      2027年10月
     その他有利子負債                               -       -      -         -
                 合計                 144,144        304,189        -         -

     (注)1.平均利率については、期末借入金残高等に対する加重平均利率を記載しております。
        2.長期借入金及びリース債務(1年以内返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下
          のとおりであります。
                         1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                           (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
           長期借入金                  55,114         30,379         18,099         11,786
           リース債務                   5,230         4,659         2,928         1,202

         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
                                 90/112






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     (2)【その他】
        ①当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                     第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度
     売上高(千円)                       1,698,846         4,019,522         6,030,528         8,117,527
     税金等調整前四半期(当期)純利益(千
                              13,944        293,084         439,858         650,116
     円)
     親会社株主に帰属する四半期(当期)純
     利益又は親会社株主に帰属する四半期                        △12,625         182,509         286,314         406,151
     (当期)純損失(△)(千円)
     1株当たり四半期(当期)純利益又は1
     株当たり四半期(当期)純損失(△)                         △1.72         24.90         39.06         55.41
     (円)
     (会計期間)                     第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり四半期純利益又は1株当たり
                              △1.72         26.62         14.16         16.35
     四半期純損失(△)(円)
                                 91/112















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
     2【財務諸表等】
     (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       3,603,230              3,680,333
        現金及び預金
                                        344,047              164,880
        受取手形
                                        388,804              718,354
        電子記録債権
                                     ※1  2,511,174            ※1  1,665,607
        売掛金
                                                      344,427
        契約資産                                  -
                                        893,139              900,487
        製品
                                        338,788              442,024
        仕掛品
                                        293,874              363,716
        原材料
                                        65,474              55,208
        前払費用
                                        36,083
        未収還付法人税等                                                -
                                                       11,485
        未収消費税等                                  -
                                        50,000
        関係会社短期貸付金                                                -
                                        125,000              335,000
        1年内回収予定の関係会社長期貸付金
                                        40,865              33,705
        その他
                                        △ 1,022              △ 917
        貸倒引当金
                                       8,689,461              8,714,314
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        953,588              898,929
          建物(純額)
                                        40,085              35,484
          構築物(純額)
                                        17,015              13,435
          機械及び装置(純額)
                                           0             953
          車両運搬具(純額)
                                        50,587              40,836
          工具、器具及び備品(純額)
                                        598,704              598,704
          土地
                                       1,659,982              1,588,343
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                         7,467              5,156
          特許権
                                        163,387              136,214
          ソフトウエア
                                         5,559              5,559
          電話加入権
                                          28
          ソフトウエア仮勘定                                               -
                                          33              20
          その他
                                        176,476              146,951
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                       1,494,411              1,397,373
          投資有価証券
                                       1,077,322              1,384,583
          関係会社株式
                                        285,231              285,231
          関係会社出資金
                                        64,192              51,184
          従業員に対する長期貸付金
                                        18,704              18,704
          破産更生債権等
                                        30,375              39,300
          前払年金費用
                                        165,499              163,323
          その他
                                       △ 59,388             △ 60,727
          貸倒引当金
                                       3,076,349              3,278,974
          投資その他の資産合計
                                       4,912,808              5,014,269
        固定資産合計
                                      13,602,269              13,728,583
       資産合計
                                 92/112




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                      ※1  267,990             ※1  437,555
        買掛金
                                       ※1  42,216             ※1  43,504
        未払金
                                        280,037              259,161
        未払費用
                                                       55,491
        未払法人税等                                  -
                                        16,253
        未払消費税等                                                -
                                        98,320
        前受金                                                -
                                                      145,949
        契約負債                                  -
                                        32,729              32,201
        預り金
                                        19,020              19,500
        役員賞与引当金
                                        38,797              35,651
        工事損失引当金
                                          210              216
        その他
                                        795,575             1,029,231
        流動負債合計
       固定負債
                                        110,901              105,585
        繰延税金負債
                                        110,901              105,585
        固定負債合計
                                        906,476             1,134,817
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       3,072,352              3,072,352
        資本金
        資本剰余金
                                       4,124,646              4,124,646
          資本準備金
                                       4,124,646              4,124,646
          資本剰余金合計
        利益剰余金
                                        613,089              613,089
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                       2,700,000              2,700,000
           別途積立金
                                       2,355,130              2,261,247
           繰越利益剰余金
                                       5,668,219              5,574,336
          利益剰余金合計
        自己株式                               △ 684,550             △ 684,688
                                      12,180,669              12,086,647
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        455,753              433,418
        その他有価証券評価差額金
                                        455,753              433,418
        評価・換算差額等合計
                                        59,371              73,699
       新株予約権
                                      12,695,793              12,593,766
       純資産合計
                                      13,602,269              13,728,583
     負債純資産合計
                                 93/112







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                     ※1  6,225,400            ※1  5,929,738
     売上高
                                     ※1  4,174,329            ※1  4,014,114
     売上原価
                                       2,051,070              1,915,624
     売上総利益
                                     ※2  1,873,994            ※2  1,869,330
     販売費及び一般管理費
                                        177,076               46,294
     営業利益
     営業外収益
                                       ※1  1,483             ※1  3,168
       受取利息
                                        10,641              10,261
       有価証券利息
                                       ※1  58,496             ※1  83,886
       受取配当金
                                                       5,402
       投資有価証券売却益                                    -
                                       ※1  19,968             ※1  19,968
       不動産賃貸料
                                       ※1  15,434             ※1  12,230
       その他
                                        106,024              134,917
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          344              474
       支払利息
                                                       8,605
       為替差損                                    -
                                         5,481
       投資有価証券売却損                                                  -
                                         4,628              4,240
       不動産賃貸費用
                                         2,734               214
       その他
                                        13,189              13,534
       営業外費用合計
                                        269,911              167,677
     経常利益
                                        269,911              167,677
     税引前当期純利益
                                        40,197              51,788
     法人税、住民税及び事業税
                                        46,048               4,540
     法人税等調整額
                                        86,245              56,329
     法人税等合計
                                        183,666              111,348
     当期純利益
                                 94/112











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                 (単位:千円)
                                   株主資本
                           資本剰余金               利益剰余金
                                         その他利益剰余金
                    資本金
                             資本剰余金                    利益剰余金
                        資本準備金          利益準備金
                             合計               繰越利益剰     合計
                                       別途積立金
                                             余金
     当期首残高              3,072,352     4,124,646     4,124,646      613,089    2,700,000     2,392,759     5,705,849
     当期変動額
      剰余金の配当                                       △ 219,416    △ 219,416
      当期純利益
                                              183,666     183,666
      自己株式の取得
      自己株式の処分                                        △ 1,879    △ 1,879
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                 -     -     -     -     -   △ 37,629    △ 37,629
     当期末残高              3,072,352     4,124,646     4,124,646      613,089    2,700,000     2,355,130     5,668,219
                       株主資本         評価・換算差額等

                               その他有価          新株予約権     純資産合計
                         株主資本合           評価・換算
                    自己株式           証券評価差
                         計           差額等合計
                               額金
     当期首残高
                    △ 701,251    12,201,596      110,272     110,272      61,480   12,373,349
     当期変動額
      剰余金の配当                    △ 219,416                    △ 219,416
      当期純利益
                           183,666                    183,666
      自己株式の取得                       -                    -
      自己株式の処分                16,701      14,822                    14,822
      株主資本以外の項目の当期変動
                             -   345,480     345,480     △ 2,109    343,371
      額(純額)
     当期変動額合計
                      16,701     △ 20,927     345,480     345,480     △ 2,109    322,443
     当期末残高                △ 684,550    12,180,669      455,753     455,753      59,371   12,695,793
                                 95/112








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
          当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                 (単位:千円)
                                   株主資本
                           資本剰余金               利益剰余金
                                         その他利益剰余金
                    資本金
                             資本剰余金                    利益剰余金
                        資本準備金          利益準備金
                             合計               繰越利益剰     合計
                                       別途積立金
                                             余金
     当期首残高
                   3,072,352     4,124,646     4,124,646      613,089    2,700,000     2,355,130     5,668,219
     当期変動額
      剰余金の配当                                       △ 205,231    △ 205,231
      当期純利益                                        111,348     111,348
      自己株式の取得
      自己株式の処分
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計
                      -          -     -     -   △ 93,883    △ 93,883
                           -
     当期末残高              3,072,352     4,124,646     4,124,646      613,089    2,700,000     2,261,247     5,574,336
                       株主資本         評価・換算差額等

                               その他有価          新株予約権     純資産合計
                         株主資本合           評価・換算
                    自己株式           証券評価差
                         計           差額等合計
                               額金
     当期首残高                △ 684,550    12,180,669      455,753     455,753      59,371   12,695,793
     当期変動額
      剰余金の配当                    △ 205,231                    △ 205,231
      当期純利益                     111,348                    111,348
      自己株式の取得                △ 138     △ 138                    △ 138
      自己株式の処分
                             -                    -
      株主資本以外の項目の当期変動
                             -   △ 22,334    △ 22,334     14,328     △ 8,005
      額(純額)
     当期変動額合計                 △ 138    △ 94,021    △ 22,334    △ 22,334     14,328    △ 102,027
     当期末残高
                    △ 684,688    12,086,647      433,418     433,418      73,699   12,593,766
                                 96/112








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社ニレコ(E02411)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
      1.有価証券の評価基準及び評価方法
        (1)子会社株式及び関連会社株式
           …………移動平均法による原価法
        (2)その他有価証券
          市場価格のない株式等以外のもの
           ……決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均
             法により算定。)
          市場価格のない株式等
           ……移動平均法による原価法
      2.デリバティブ等の評価基準及び評価方法

         デリバティブ……時価法
      3.棚卸資産の評価基準及び評価方法

        (1)製品
          見込生産品……先入先出法による原価法
             (貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
          受注生産品……個別法による原価法