サンケン電気株式会社 有価証券報告書 第105期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第105期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)
提出日
提出者 サンケン電気株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                     有価証券報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                     関東財務局長

    【提出日】                     2022年6月24日

    【事業年度】                     第105期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

    【会社名】                     サンケン電気株式会社

    【英訳名】                     Sanken Electric Co., Ltd.

    【代表者の役職氏名】                     取締役社長  髙 橋  広

    【本店の所在の場所】                     埼玉県新座市北野三丁目6番3号

    【電話番号】                     (048)472―1111(代表)

    【事務連絡者氏名】                     財務統括部長  後 藤 明 弘

    【最寄りの連絡場所】                     埼玉県新座市北野三丁目6番3号

    【電話番号】                     (048)472―1111(代表)

    【事務連絡者氏名】                     財務統括部長  後 藤 明 弘

    【縦覧に供する場所】                     サンケン電気株式会社 大阪支店

                          (大阪府大阪市北区梅田三丁目3番20号

                          (明治安田生命大阪梅田ビル))
                          株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/110







                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1) 連結経営指標等
           回次           第101期       第102期       第103期       第104期       第105期

          決算年月           2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

    売上高            (百万円)       175,209       173,650       160,217       156,795       175,660

    経常利益
                (百万円)        11,808        9,173       2,674      △ 3,406       13,700
    又は経常損失(△)
    親会社株主に帰属する
    当期純利益又は親会社株
                (百万円)       △ 11,421        3,967      △ 5,559      △ 6,952       3,204
    主に帰属する当期純損失
    (△)
    包括利益            (百万円)       △ 13,935        6,782      △ 6,052       △ 154      20,676
    純資産額            (百万円)        72,283       78,541       71,776       113,250       137,404

    総資産額            (百万円)       185,359       188,192       194,024       233,673       244,732

    1株当たり純資産額             (円)      2,283.31       2,405.01       2,063.21       3,463.44       3,934.87

    1株当たり当期純利益
                 (円)      △ 471.22       163.70      △ 229.83      △ 287.96       132.79
    又は当期純損失(△)
    潜在株式調整後
                 (円)         -     157.45         -       -     129.45
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率             (%)        29.9       31.0       25.7       35.8       38.8
    自己資本利益率             (%)       △ 20.8        7.0      △ 10.3      △ 10.4        3.6

    株価収益率             (倍)         -      12.5        -       -      39.2
    営業活動による
                (百万円)        14,521       14,604       13,118        7,629       13,675
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                (百万円)       △ 16,644      △ 21,783       △ 8,311      △ 12,294      △ 12,598
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                (百万円)        13,233       △ 1,990       12,215       21,086       △ 6,592
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                (百万円)        32,593       23,288       39,902       59,812       57,444
    の期末残高
    従業員数             (名)       9,725       9,481       9,183       8,431       8,101
     (注)   1 百万円単位の金額については、単位未満を切り捨てて表示しております。
       2   「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                         2020年3月31日)等を第105期の期首から適用してお
         り、第105期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっておりま
         す。
       3 第101期、第103期及び第104期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するも
         のの、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
       4 2018年10月1日付で、普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。第101期の期首に当該
         株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)を算定して
         おります。
       5 第101期、第103期及び第104期の株価収益率については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりま
         せん。
       6 従業員数は、就業人員数を表示しております。
                                  2/110



                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
           回次           第101期       第102期       第103期       第104期       第105期

          決算年月           2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

    売上高            (百万円)        110,905       110,288       106,737        94,443       98,620

    経常利益
                (百万円)        32,656       △ 3,038      △ 3,758       10,132       △ 2,537
    又は経常損失(△)
    当期純利益
                (百万円)        11,621       △ 3,528      △ 7,123       22,792       △ 3,133
    又は当期純損失(△)
    資本金            (百万円)        20,896       20,896       20,896       20,896       20,896
    発行済株式総数             (株)    125,490,302        25,098,060       25,098,060       25,098,060       25,098,060
    純資産額            (百万円)        40,920       36,317       28,210       50,694       47,064
    総資産額            (百万円)        130,076       126,527       125,903       139,845       126,080
    1株当たり純資産額             (円)      1,688.49       1,498.69       1,167.75       2,100.81       1,949.95
    1株当たり配当額                     6.00       18.00       30.00         -      30.00
                 (円)
    (1株当たり中間配当額)                    ( 3.00  )     ( 3.00  )    ( 15.00   )      ( -)     ( 15.00   )
    1株当たり当期純利益
                 (円)       479.48      △ 145.59      △ 294.51       944.07      △ 129.81
    又は当期純損失(△)
    潜在株式調整後
                 (円)         -       -       -       -       -
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率             (%)        31.5       28.7       22.4       36.3       37.3
    自己資本利益率             (%)        32.7       △ 9.1      △ 22.1       57.8       △ 6.4
    株価収益率             (倍)         8.1        -       -       5.5        -
    配当性向             (%)         6.3        -       -       -       -
    従業員数                    1,109       1,085       1,074        811       841
                 (名)
    (ほか、平均臨時雇用人員)
                                                       ( 88 )
    株主総利回り             (%)        160.3        86.5       89.7       216.0       217.6
    (比較指標:
                 (%)       ( 115.9   )    ( 110.0   )     ( 99.6  )    ( 141.5   )    ( 144.3   )
    TOPIX(配当込み))
                                3,065
    最高株価             (円)         899              3,470       5,910       6,970
                                (814)
                                1,866
    最低株価             (円)         414              1,635       1,763       4,215
                                (533)
     (注)   1 百万円単位の金額については、単位未満を切り捨てて表示しております。
       2   「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                         2020年3月31日)等を第105期の期首から適用してお
         り、第105期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっておりま
         す。
       3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       4 2018年10月1日付で、普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。第101期の期首に当該
         株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)及び株主総
         利回りを算定しております。
       5 2018年10月1日を効力発生日として、普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施しております。第
         101期の事業年度における、1株当たり配当額及び1株当たり中間配当額は、当該併合前の実際の配当額を
         記載しております。
       6 第102期、第103期及び第105期の株価収益率については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりま
         せん。
       7 従業員数は、就業人員数を表示しております。
       8 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。なお、第102期の株価につ
         いては株式併合後の最高株価及び最低株価を記載しており、株式併合前の最高株価及び最低株価を括弧内に
         記載しています。
                                  3/110




                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    2  【沿革】
      年月                           概要

           故松永安左ヱ門氏により㈶東邦産業研究所が設立され、同堤研究室においてセレン整流器の試作研究
    1937年10月
           を開始。
    1946年9月
           ㈶東邦産業研究所が終戦により解散となったため、堤研究室において完成された半導体の製造法、設
           備及び研究員を継承し、埼玉県志紀町(現 志木市)に東邦産研電気株式会社を設立。
    1952年5月      埼玉県大和田町(現 新座市)に本社・工場を移転。
    1961年3月      株式店頭公開開始。
       10月      東京証券取引所市場第二部に上場。
    1962年6月      商号をサンケン電気株式会社と変更。
    1963年3月      埼玉県川越市に川越工場竣工。
    1970年2月      鹿島サンケン株式会社を設立。
       8月      東京証券取引所市場第一部に上場。
    1973年6月      韓国サンケン株式会社(韓国)を設立。
    1974年4月      サンケン電設株式会社を設立。
    1978年7月      石川県下の関係会社5社を合併し、石川サンケン株式会社(現 連結子会社)を設立。
    1981年10月      山形サンケン株式会社(現 連結子会社)を設立。
    1988年3月      福島サンケン株式会社(現 連結子会社)を設立。
    1988年12月      サンケン     エレクトリック        ホンコン     カンパニー      リミテッド(中国、現 連結子会社)を設立。
    1990年10月      サンケン     エレクトリック        シンガポール       プライベート       リミテッド(シンガポール)を設立。
    1990年12月
           スプレーグ      テクノロジーズ        インク(米国)の半導体部門を買収し、アレグロ                      マイクロシステムズ          イ
           ンク(米国、現 アレグロ            マイクロシステムズ          エルエルシー、現 連結子会社)を設立。
           ピーティー      サンケン     インドネシア(インドネシア、現 連結子会社)を設立。
    1997年7月
           サンケン     エレクトリック        コリア株式会社(韓国、現 連結子会社)を設立。
    2000年4月
    2001年5月      台湾三墾電気股份有限公司(台湾、現 連結子会社)を設立。
    2003年9月      三墾力達電気(江陰)有限公司(中国)に出資し、当社子会社とする。
       9月      三墾電気(上海)有限公司(中国、現 連結子会社)を設立。
           ポーラー     ファブ    エルエルシー(米国)を買収し、ポーラー                    セミコンダクター         インク(米国、現 
    2005年7月
           ポーラー     セミコンダクター         エルエルシー、現 連結子会社)を設立。
       9月
           サンケンオプトプロダクツ株式会社を設立。
    2007年5月
           サンケンビジネスサービス株式会社(現 連結子会社)から同社ロジスティクス事業を新設分割し、サ
           ンケンロジスティクス株式会社として設立。
    2009年10月
           サンケントランスフォーマー株式会社を吸収合併。
           サンケン     ノースアメリカ        インク(米国、現 アレグロ              マイクロシステムズ          インク、現 連結子会
    2013年3月
           社)を設立。
    2017年12月
           サンケン     エレクトリック(タイランド)カンパニー                    リミテッド(タイ、現 連結子会社)を設立。
    2020年4月
           サンケンロジスティクス株式会社を吸収合併。
    2020年11月
           サンケン     エレクトリック        ヨーロッパ      ジーエムビーエイチ(ドイツ、現 連結子会社)を設立。
    2020年12月
           サンケン     エレクトリック        ユーエスエー       インク(米国、現 連結子会社)を設立。
    2021年3月
           社会システム事業を吸収分割によりサンケン電設株式会社へ承継。
    2021年4月
           石川サンケン株式会社(現 連結子会社)がサンケンオプトプロダクツ株式会社を吸収合併。
    2021年5月
           サンケン電設株式会社の発行済株式の全てを株式会社                         GSユアサに譲渡。
    2022年3月
           鹿島サンケン株式会社解散。
    (注)2022年4月4日に東京証券取引所の市場区分の見直しにより市場第一部からプライム市場へ移行しております。
                                  4/110


                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    3  【事業の内容】
      当社グループは、当社及び連結子会社32社で、半導体デバイスの製造・販売並びにこれらに付随するサービスを主
     な内容として事業活動を展開しております。
      なお、当連結会計年度より、パワーシステム事業に含まれていたユニット製品を半導体デバイス事業に移管してお
     ります。また、パワーシステム事業のうち社会システム事業につきましては、期中に譲渡を完了いたしました。これ
     らに伴い、半導体デバイス事業以外のセグメントの重要性が低下したことから、セグメント別の記載を省略しており
     ます。
      当社グループの事業に係わる位置づけは、次の通りであります。

       半導体デバイスは子会社石川サンケン株式会社、山形サンケン株式会社、鹿島サンケン株式会社、大連三墾電気

      有限公司及びポーラー セミコンダクター エルエルシーにて製造を行っております。当社の製品は、当社の他、
      子会社大連三墾貿易有限公司、アレグロ マイクロシステムズ エルエルシー、サンケン エレクトリック コリ
      ア株式会社、三墾電気(上海)有限公司、サンケン エレクトリック ホンコン カンパニー リミテッド、サンケ
      ン エレクトリック(タイランド)カンパニー リミテッド、サンケン エレクトリック ユーエスエー インク
      及びサンケン エレクトリック ヨーロッパ ジーエムビーエイチを通じて販売しております。
       子会社福島サンケン株式会社及びピーティー サンケン インドネシアは、製造・販売を行っております。
       子会社サンケン エレクトリック コリア株式会社、三墾電気(上海)有限公司、台湾三墾電気股份有限公司、サ
      ンケン エレクトリック(タイランド)カンパニー リミテッド、サンケン エレクトリック ユーエスエー イ
      ンク及びサンケン エレクトリック ヨーロッパ ジーエムビーエイチは販売・技術支援を行っております。
       子会社アレグロ マイクロシステムズ インクは、北米子会社を統括し、製品の開発・製造・販売を行っており
      ます。
       子会社アレグロ マイクロシステムズ エルエルシーは自ら製品を製造する他、子会社アレグロ マイクロシス
      テムズ フィリピン インク及びポーラー セミコンダクター エルエルシーにて製造を行っており、子会社アレ
      グロ マイクロシステムズ アルゼンチン エスエーは設計を行っております。同社の製品は、同社の他、当社、
      子会社アレグロ マイクロシステムズ ヨーロッパ リミテッド及び埃戈羅(上海)微電子商貿有限公司を通じて販
      売しております。
       子会社アレグロ マイクロシステムズ ビジネス ディベロップメント インクは、販売・技術情報収集サービ
      スを行っております。
       子会社アドバンスド パワーデバイス テクノロジーズ株式会社は、開発を行っております。
                                  5/110










                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      事業の系統図は次の通りであります。
                                  6/110




















                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    4  【関係会社の状況】
                                    議決権の
                      資本金又は
                            主要な事業
                                    所有割合
                       出資金
        名称         住所                              関係内容
                             の内容
                       (千円)
                                   所有割合(%)
    (連結子会社)
                                         当社製品の製造を行っております。
    ※3           石川県羽咋郡
                                         当社は設備資金及び運転資金の貸付並びに生
                        95,500    半導体デバイス           100.0
                                         産設備の貸与を行っております。
    石川サンケン株式会社           志賀町
                                         役員兼任 有
                                         当社製品の製造を行っております。
                                         当社は設備資金及び運転資金の貸付並びに生
    山形サンケン株式会社           山形県東根市        100,000    半導体デバイス           100.0
                                         産設備の貸与を行っております。
                                         役員兼任 有
                                         当社製品の製造を行っております。
                                         当社は設備資金及び運転資金の貸付並びに生
               茨城県神栖市        75,000    半導体デバイス           100.0
    鹿島サンケン株式会社                                     産設備の貸与を行っております。
                                         役員兼任 有
                                         当社製品の製造及び販売を行っております。
    ※3                                     当社は設備資金及び運転資金の貸付並びに生
               福島県二本松市        50,000    半導体デバイス           100.0
    福島サンケン株式会社                                     産設備の貸与を行っております。
                                         役員兼任 有
                                         当社製品の製造及び販売を行っております。
                        百万元
                           半導体デバイス
               中国遼寧省
                                         当社は設備資金の貸付並びに生産設備の貸与
    大連三墾電気有限公司                                  100.0
                         136
                                         を行っております。
               大連市
                                         役員兼任 有
                                         当社製品の販売を行っております。
                         千元
               中国遼寧省            半導体デバイス
    大連三墾貿易有限公司                               100.0(100.0)      当社の資材調達支援活動を行っております。
                         512
               大連市
                                         役員兼任 有
               米国ニューハン                          半導体デバイス製品の開発、製造及び販売を
    ※4
                       千米ドル
               プシャー州                          行っております。
    アレグロ マイクロシステ                       半導体デバイス           51.7
                        1,904
    ムズ インク
               マンチェスター                          役員兼任 有
    ※3           米国ニューハン                          半導体デバイス製品の開発、製造及び販売を
                       百万米ドル
               プシャー州                          行っております。
                           半導体デバイス         51.7(51.7)
    アレグロ マイクロシステ
                         43
    ムズ エルエルシー           マンチェスター                          役員兼任 無
                      千フィリピン
               フィリピン
    アレグロ マイクロシステ                                     関係会社製品の製造を行っております。
                         ペソ
                           半導体デバイス         51.7(51.7)
                                         役員兼任 無
    ムズ フィリピン インク
               マニラ
                      1,400,000
    アレグロ マイクロシステ
                       千ポンド
                                         関係会社製品の販売を行っております。
    ムズ ヨーロッパ リミ           英国サリー            半導体デバイス         51.7(51.7)
                          1
                                         役員兼任 無
    テッド
                      千アルゼンチ
    アレグロ マイクロシステ           アルゼンチン
                                         関係会社製品の開発を行っております。
                        ンペソ
    ムズ アルゼンチン 
                           半導体デバイス         51.7(51.7)
               ブエノスアイレ
                                         役員兼任 無
                         12
    エスエー           ス
               米国ニューハン                          関係会社製品の販売及び技術支援活動を行っ
    アレグロ マイクロシステ
                       千米ドル
               プシャー州                          ております。
    ムズ ビジネス ディベ                       半導体デバイス         51.7(51.7)
                         250
    ロップメント インク
               マンチェスター                          役員兼任 無
                         千元
                                         関係会社製品の販売を行っております。
    埃戈羅(上海)微電子商貿有
               中国上海市            半導体デバイス         51.7(51.7)
                        1,449
    限公司
                                         役員兼任 無
                                         当社製品の製造を行っております。
               米国
    ※3
                       千米ドル
                                         当社は設備資金及び運転資金の貸付を行って
               ミネソタ州            半導体デバイス         85.5(15.5)
    ポーラー セミコンダク
                       156,353
                                         おります。
    ター エルエルシー
               ブルーミントン
                                         役員兼任 有
                                         当社製品の製造及び販売を行っております。
    ※3           インドネシア
                       百万米ドル
                                         当社は運転資金の貸付、債務保証及び生産設
    ピーティー サンケン           西ジャワ州            半導体デバイス           100.0
                         96
                                         備の貸与を行っております。
    インドネシア           ブカシ
                                         役員兼任 有
                                  7/110






                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
                                   議決権の
                      資本金又は
                            主要な事業
                                   所有割合
                       出資金
        名称         住所                              関係内容
                             の内容
                       (千円)
                                   所有割合(%)
                                         当社製品の販売並びに当社製品の販売支援活
                                         動及び技術支援活動を行っております。
                       千ウォン
               韓国
    サンケン エレクトリッ
                           半導体デバイス           100.0   当社は債務保証及び設備資金の貸付を行って
                      1,200,000
    ク コリア株式会社
               ソウル特別市
                                         おります。
                                         役員兼任 有
                                         半導体デバイス製品の開発を行っておりま
    アドバンスド パワーデバ
                       千ウォン
               韓国
                                         す。
    イス テクノロジーズ株式                       半導体デバイス         51.0(41.0)
                      1,800,000
               ソウル特別市
    会社
                                         役員兼任 有
                                         当社製品の販売並びに当社製品の販売支援活
                         千元
                           半導体デバイス              動、技術支援活動及び品質対応支援活動を
    三墾電気(上海)有限公司           中国上海市                       100.0
                        4,138
                                         行っております。
                                         役員兼任 有
    ※3
                       千香港ドル
    サンケン エレクトリッ
                           半導体デバイス              当社製品の販売を行っております。
               中国香港                       100.0
                        1,000
                                         役員兼任 有
    ク ホンコン カンパ
    ニー リミテッド
                                         当社製品の販売並びに当社製品の販売支援活
                       千台湾ドル
    台湾三墾電気股份
                           半導体デバイス
                                         動及び技術支援活動を行っております。
               台湾台北市                       100.0
                        8,000
    有限公司
                                         役員兼任 有
    サンケン エレクトリック
                                         当社製品の販売並びに当社製品の販売支援活
                      千タイバーツ
               タイ
                                         動及び技術支援活動を行っております。
    (タイランド)カンパ                       半導体デバイス           100.0
                        11,000
               バンコク
                                         役員兼任 有
    ニー リミテッド
                                         当社製品の販売並びに当社製品の販売支援活
                         ドル
    サンケン エレクトリッ           米国マサチュー
                                         動及び技術支援活動を行っております。
                           半導体デバイス           100.0
                         1
    ク ユーエスエー インク           セッツ州
                                         役員兼任 有
    サンケン エレクトリッ
                                         当社製品の販売並びに当社製品の販売支援活
                       千ユーロ
               ドイツ
                                         動及び技術支援活動を行っております。
    ク ヨーロッパ ジーエム                       半導体デバイス           100.0
                         102
               フランクフルト
                                         役員兼任 有
    ビーエイチ
                                         当社グループの事務代行サービス、保険代理
    サンケンビジネスサービス                                     店業を行っております。
               埼玉県新座市        90,000      全社         100.0
                                         当社は運転資金を貸し付けております。
    株式会社
                                         役員兼任 無
    その他 8社
     (注)   1 連結子会社の主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。
       2 議決権の所有割合欄の( )は間接所有割合で内数となっております。
       3 特定子会社であります。
       4 アレグロ マイクロシステムズ インク(連結)については売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の
         連結売上高に占める割合が10%を超えております。
          主要な損益情報等 (1)売上高                                86,399    百万円
                   (2)経常利益                               15,819    百万円
                   (3)当期純利益                           13,421      百万円
                   (4)純資産額                              90,015    百万円
                   (5)総資産額                             109,265     百万円
                                  8/110








                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                               2022年3月31日       現在
              セグメントの名称                           従業員数(名)
      半導体デバイス事業                                          8,101

     (注)1 従業員数は就業人員数であります。

       2 前連結会計年度末に比べ、連結従業員数が330名減少しております。これは主に、2021年5月1日付でサンケ
         ン電設株式会社の発行済株式の全てを株式会社GSユアサに譲渡したことによるものであります。
       3 当連結会計年度より、パワーシステム事業に含まれていたユニット製品を半導体デバイス事業に移管し、ま
         た、パワーシステム事業のうち社会システム事業につきましては、期中に譲渡を完了したことに伴い、連結
         決算期末日では半導体デバイス事業の単一セグメントであるため、セグメント別の従業員数の記載はしてお
         りません。
     (2)  提出会社の状況

                                               2022年3月31日       現在
       従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
            841
                         45.6             20.0             6,680
           ( 88 )
     (注)   1 従業員数は就業人員数であります。

       2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。
       3 臨時従業員には、契約社員、再雇用者及びパートタイマーの従業員を含み、派遣社員を除いております。
       4 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
     (3)  労働組合の状況

       当社及び一部の連結子会社において労働組合が組織されており、労使関係は安定しております。
       なお、当社の労働組合は全日本電機・電子・情報関連産業労働組合連合会に加入しており、2022年3月31日現在
      の組合員数は696名であります。
                                  9/110











                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。
     (1)会社の経営方針

       当社では、歩むべき方向性を明確にするため、経営理念を2003年4月に制定しております。この理念に則り、半
      導体をコアビジネスに技術力と創造力の革新に努め、独自技術によるグローバルな事業展開を進めるとともに、企
      業に対する社会的要請や環境との調和に対する着実な対応を通じて企業価値を最大限に高めるべく、確固たる経営
      基盤の確保に邁進してまいります。
     (2)目標とする経営指標

       当社では、2021年4月から向こう3ヵ年にわたる中期経営計画(以下、「21中計」といいます。)を策定してお
      ります。本計画では、21中計最終年度である2023年度連結目標として、営業利益率13%以上、売上高1,700億円以
      上、ROE12%以上と設定しております。
     (3)中長期的な会社の経営戦略

       当社では、長期的に目指す姿を「独自性のある技術、人と組織のパフォーマンスで成長し、社会のイノベーショ
      ンに貢献する高収益企業の実現」と設定し、21中計では、事業ポートフォリオをパワーモジュール、パワーデバイ
      ス、センサーとして、半導体の市場成長率を上回る売上成長を目指します。21中計達成に向けた経営方針につきま
      しては以下に記載の通りです。
      21中計の経営方針

                  電動化・デジタル化が加速する未来市場に適合した製品での
           市場・製品
                  売上・利益拡大
        事
                  SPPの浸透・徹底によりスピード、実行力で差別化を図り
           技術・開発
                  技術的に認められる企業への変革
                  革新的ものづくりの追求、強固なバリューチェーンの確立による
             生産
        業
                  グローバル競争力の確保
                  成長市場におけるマーケティング強化と
             販売
                  グローバルな販売戦略構築による売上拡大
                  働き方改革とデジタル化の推進、絶え間ない改革による
             改革
                  成長戦略の実現
        文
                  多様性を尊重すると共に、
             組織
                  ステークホルダーからの信頼をかさねていく組織文化の実現
        化
                  地球環境保全に寄与する製品・技術開発と、
            SDGs
                  環境負荷低減活動による持続可能な社会の実現に貢献
     (4)会社の対処すべき課題

       今後の世界経済につきましては、コロナ禍からの経済正常化に向けた各種の政策公開による回復が期待されます
      が、ウクライナ情勢が長期化した場合、エネルギー不足や物流への悪影響、原材料の不足や高騰等が懸念され、当
      面は予断を許さない状況が続くことを見込んでおります。
       当社グループが想定する中長期的な市場環境においては、白物家電のインバータ化率の上昇や、自動車のEV化
      加速等の環境投資がさらに重視されて行く中で、カーボンニュートラル志向を背景としたパワー半導体への旺盛な
      需要は、今後も継続するものと見込んでおります。この様な中長期的な展望の下、当社グループでは、「2021年中
      期経営計画」(以下、「21中計」)二年次における重点項目を「構造改革の成果出し」「成功戦略の実現」「ES
      G経営」「DX推進」「財務戦略の強化」と設定いたしました。
       構造改革を終え財務基盤の安定と格付向上による資本蓄積を21中計の柱とし、ESG経営と連動した各種KPI
      管理に基づき、さらなる成長投資へと繋がる仕組みの構築に取り組んでまいります。また、DX推進活動では、経
      営ビジョン実現に寄与する「サンケンデジタルビジョン」を新たに制定し、デジタル技術の積極活用を通じた顧客
                                 10/110


                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      体験(CX)向上と従業員体験(EX)向上の相乗効果による価値創出を目指すことといたしました。これら施策
      に注力することで、売上高新製品比率を高め、市況への柔軟な対応を対応を遅滞なく実行し、社会に貢献できる高
      収 益企業への変革に臨む所存です。
    2  【事業等のリスク】

      当社グループの経営成績、財政状態等に影響を及ぼす可能性のあるリスクには以下のようなものがあります。
      なお、本項に記載した将来に関する事項は、当連結会計年度末(2022年3月31日)現在において判断したものであ
     り、不確実性を内在しているため、将来生じる実際の結果と大きく異なる可能性もありますのでご留意ください。
     (1) 事業上のリスク

      ①国際情勢
        当社グループは、生産・販売の多くを海外で行っております。海外ビジネス展開において、各国・地域におけ
       る政治や外交上の問題、地政学的リスクの高まり、法制度・規制変更、経済状況の悪化、貿易摩擦、エネルギー
       不足、原材料価格・物流価格の高騰などが、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。こうした
       リスクに対しては、現地法人を通じた情報収集、各所管部門の統制による法令順守等の対応を図ってまいりま
       す。
      ②感染症の拡大

        当社グループは、日本国内のほか、海外各国、地域において生産及び販売を行っております。当該各地域では
       新型コロナウイルスをはじめとする感染症の拡大により経済が悪影響を受けるリスクがあります。新型コロナウ
       イルス感染症では、先進国各国でのワクチン接種は進展したものの、未だ、変異株発生による感染拡大の可能性
       は残っており、新たな変異株により感染が拡大した場合、経済の回復に悪影響を及ぼすリスクがあり、これが当
       社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。新型コロナウイルス感染拡大への当社対応
       として特別対策本部の活動を継続し、事業への影響に関わる情報収集と対応、感染防止策の導入、在宅勤務の定
       着、出張者及び希望する従業員へのPCR検査の実施、ワクチン職域接種(3回)等を行ってまいりました。
      ③新製品開発

        当社グループは、市場のニーズに合った製品を開発し、市場に投入していく必要があります。当社グループは
       常に市場動向を把握し研究開発に取り組んでおりますが、製品のタイムリーな市場投入が出来なかった場合ある
       いは製品が市場に受け入れられなかった場合、当社グループの収益性が低下し業績及び財政状態に悪影響を及ぼ
       す可能性があります。当社グループでは、開発改革を推進しており、2021年5月から稼働を開始した本社ものづ
       くり開発センターを核とする新製品開発活動を一層加速し、利益改善に取り組んでおります。
      ④価格競争

        半導体業界における価格動向は需要変化により上下するものの、長期的には価格低減による競争力確保が必要
       となります。特に、海外競合企業の台頭は当社製品の価格決定に大きな影響を及ぼしております。価格競争は今
       後とも厳しさを増していくものと予想されますが、当社グループは一層の原価低減に努めるとともに、当社固有
       の技術を生かした付加価値の高い製品を市場投入することなどによってこれに対応してまいります。しかしなが
       ら、当社の価格引下げへの対応力を上回るような競合企業による低価格製品の出現あるいは取引先の需要の変化
       があった場合、当社グループの収益性を低下させ、業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。こう
       したリスクに対しては、設計段階からの部材共通化・材料コストダウンといった調達改革に取り組んでおりま
       す。
      ⑤為替変動

        当社グループは、日本国内のほか、アジア、北米等の海外各国において生産及び販売を行っているため、当該
       各地域における経済動向などの環境変化が、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性がありま
       す。また、当該各国、地域における現地通貨もしくは米ドルにて会計処理を行っていることから、円換算時の為
       替レートにより、業績に影響を及ぼす可能性があります。また、当社グループが生産を行う国の通貨価値の上昇
       は、製造と調達のコストを押し上げる可能性があります。コストの増加は、当社グループの利益率と価格競争力
       を低下させ、業績に悪影響を及ぼす可能性があります。なお、当社グループは、製品並びに原材料の海外調達の
       拡大による債権債務・取引高のバランスヘッジ並びに為替予約取引等によりリスクヘッジを行い、米ドル及び円
       を含む主要通貨間の為替レートの短期的な変動による悪影響を最小限に止める努力をしております                                             。
      ⑥資金調達

        当社グループは、設備投資、研究開発などのための必要資金の調達方法として、社債の発行、コマーシャル・
                                 11/110

                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
       ペーパーの発行、コミットメントライン契約、銀行借入等を行っております。当社グループに対する債券市場あ
       るいは金融機関からの信用が低下した場合、こうした資金調達手段が制限されるか、もしくは調達コストが上昇
       し、  業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
      ⑦知的財産権

        海外の国、地域によっては、知的財産権による保護が不十分な場合があり、第三者が当社グループの知的財産
       を使って類似した製品を製造するのを効果的に防止できない可能性があります。一方、当社グループの事業に関
       連した知的財産権が第三者に成立した場合、または、当社グループの認識し得ない知的財産権が存在した場合に
       おいては、知的財産権を侵害したとの第三者の主張に基づき、ロイヤリティーの支払要求、当該知的財産権の使
       用禁止もしくは訴訟の提起がなされ、これらにより費用負担の増加が生じまたは製品の開発・販売が制限される
       可能性があります。当社グループでは、自ら開発した技術とノウハウを用いて競合他社との製品の差別化を図っ
       ており、これら独自の技術を保護するために必要に応じ、でき得る限り知的財産権の出願、登録を行っておりま
       す。
      ⑧情報セキュリティ

        情報セキュリティについては、システム上の防御機能の導入に加え、取引先との契約条件、技術情報、製造条
       件などの企業秘密、個人情報、情報資産の保護管理を強化するため「情報管理規程」を制定し、グループ全体で
       教育や情報管理手順などの監査を実施するなど、情報管理体制を徹底しています。
        一方、情報セキュリティに対する侵害又はその他の不正行為があった場合、当社グループのブランドイメージ
       及び評判や事業に悪影響を及ぼす可能性や、当社グループが法的な責任を追及される可能性があります。サイ
       バー攻撃がますます高度化し、より容易にツールやリソースを利用できるようになりつつあることから、不正侵
       入の防止あるいは検知、不正侵入への対応、データアクセス制限など、損害を防止するために当社グループが
       行っている対策、セキュリティへの取り組みや管理が、不正アクセス等に対し完全に安全な情報セキュリティを
       確保できる保証はありません。その結果、個人情報を含むビジネス情報の消失、破壊、漏洩、悪用、改変、また
       は承諾を得ない第三者による不正アクセスが発生し、当社グループや取引先の情報システムまたは事業が破壊さ
       れる可能性があります。こうした情報セキュリティに対する事象によって、多額の復旧費用が発生する可能性が
       あり、さらに、売上の喪失、取引先及びその他の第三者との関係悪化、情報の不正漏洩、改変、破壊あるいは悪
       用などが生じ、当社グループの事業や活動に悪影響を及ぼす可能性があります。また、これらが当社グループの
       ブランドイメージや評判を傷つける可能性があり、その結果、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を与え
       る可能性があります。
      ⑨災害リスク

        大規模な災害や停電などが生じた場合、当社グループの設備や事業活動が被害を受け、それがサプライチェー
       ンや製造その他の事業遂行における混乱を引き起こし、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性がありま
       す。当社グループの生産拠点の多くは、地震のリスクが比較的高い日本国内にあり、本社機能がある埼玉、生産
       拠点が所在する東北・北陸地方で大地震が起きた場合、建物や機械設備、棚卸資産が被害を受け、また、当該生
       産拠点での生産活動の中断といった被害を受ける可能性があります。また、原材料、部品、ネットワーク、情報
       通信システムインフラ、研究開発、資材調達、製造、物流、販売に使用される、当社グループや資材調達先及び
       その他の取引先の世界各地にある拠点や設備は、自然災害、伝染病などの疫病、テロ、大規模停電といった予期
       できない事象により、破壊、あるいは一時的な機能停止等の可能性があります。これらの拠点や設備のいずれか
       が前述の大惨事により重大な損害を受けた場合、事業活動の停止、設計・開発・生産・出荷・売上計上の遅れ、
       または拠点や設備の修繕・置換えにかかる多額の費用などが生じる可能性があります。これらの場合には、当社
       グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
      ⑩法的規則

        当社グループは、日本を含め世界13の国、地域に生産・販売拠点を有し、各国、地域の定める様々な法令、規
       則、規制等(以下、「法的規制」)の適用を受け、事業が成立しております。また、当社グループが全世界にお
       いて生産・販売等に必要な技術・製品・材料等の輸出入につきましては、展開する各国、地域の定める関税、貿
       易、為替、戦略物資、特定技術、独占禁止、特許、環境等に関する法的規制の適用を受け、事業活動を展開して
       おります。万一、これらの法的規制を遵守できなかった場合、当社グループの事業活動が制限されることはもと
       より社会的信用の低下を招き、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
     (2) 品質・環境リスク

      ①品質問題
        当社グループは、顧客の品質基準及び当社の品質基準を満足する各種製品を供給しております。品質管理体制
                                 12/110


                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
       を維持向上させるため、品質管理に関する国際基準ISO9001及びIATF16949の認証を取得し、必要に応じてUL規
       格等、製品の安全規格への適合認定も取得しています。しかしながら、将来、全ての製品について欠陥がなく、
       ま た製品の回収、修理等が発生しないという保証はありません。大規模な製品の回収、修理等及び損害賠償責任
       につながるような製品の欠陥は、多額のコストや社会的信用の低下を招き、当社グループの業績及び財政状態に
       悪影響を及ぼす可能性があります。
      ②環境問題

        当社グループは、各生産拠点が存在する国の環境汚染、公害防止に関する法的規制を遵守することは勿論のこ
       と、SDGsへの取り組みとして、中期経営計画において当社としてのマテリアリティを明確化し、環境問題の解決
       に貢献する企業像を目指しております。製品の製造過程で使用する環境負荷物質及び製品に含有する環境負荷物
       質につきましては、その把握・削減に努めております。サステナビリティへの取り組みにつきましては、気候変
       動への取組み、環境マネジメント、環境リスク管理、省資源・生物多様性への取組み、環境データに関し、当社
       ホームページでの情報開示を進めるとともに、TCFD                        ガイダンスに沿ったシナリオ分析により、気候変動が当社の
       事業に及ぼすリスクと機会を把握し、今後の対応について明確にしています。                                    環境に係る規制を遵守できなかっ
       た場合、環境負荷物質を大量に漏洩させる事故を起こした場合、あるいは含有が禁止されている環境負荷物質を
       製品から排除できなかった場合、その改善のために多額のコストが生じるほか、事業活動の制限、顧客への賠償
       責任、社会的信用の低下を招き、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
     (3) 上場子会社の取り扱い

       当社グループの上場子会社につきましては、開発戦略、事業ポートフォリオ戦略といった成長戦略との整合性の
      観点から、今後も一体的運営を継続すべきと考えており、これが、当社グループとしての企業価値最大化の実現に
      繋がるものと認識しております。しかし、経済・事業環境の変化、将来の不確実な要因、予期できない要因などに
      より、想定していた効果を得られない可能性があります。
      上記項目のほか、当社製品が使われるエレクトロニクス製品の技術動向や市場環境が激変することで、当社製品に

     対する需要が減少する可能性があります。また、原材料の高騰や、生産拠点、資材調達先における火災、社会通信イ
     ンフラ障害の発生等、さまざまな災害の発生に加え、各国、地域の法令、税制等の大幅な変更や、ロシアによるウク
     ライナ侵攻といった地政学的リスクの急激な高まり、貿易摩擦など予期し得ないカントリーリスク、更には、製品の
     欠陥による人命、社会環境、企業活動への影響と、これによる訴訟・賠償等のリスク、退職給付債務の算定基礎率の
     変動リスク、他社との協業ビジネスが大規模な市場変動等の理由により効果を享受できないリスクなどが発生する可
     能性があります。
      これらリスクのいずれかあるいは複数が発生し、結果として社会的信用の低下や事業活動の停滞、多額の損失の発
     生などにつながった場合、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     (1)  経営成績等の状況の概要
       当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッ
      シュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
      ①  財政状態及び経営成績の状況

      (財政状態)

        当連結会計年度末の資産合計額は、前連結会計年度末に比べ                             110億58百万円増        の 2,447億32百万円        となりまし
       た。これは主に、有形固定資産が70億21百万円増加し、投資その他の資産のその他が23億96百万円増加したこと
       などによるものであります。
        当連結会計年度末の負債合計額は、前連結会計年度末に比べ                             130億95百万円減        の 1,073億27百万円        となりまし
       た。1年内償還予定の社債が150億円減少し、支払手形及び買掛金が29億54百万円減少し、長期借入金が96億85百
       万円増加したことなどによるものであります。
        当連結会計年度末の純資産額は、前連結会計年度末に比べ                           241億53百万円増        の 1,374億4百万円        となりました。
       非支配株主持分が127億56百万円増加し、為替換算調整勘定が62億38百万円増加し、利益剰余金が26億49百万円増
       加したことなどによるものであります。
      (経営成績)

        当連結会計年度における経営環境は、新型コロナウイルス感染症による厳しい状況が緩和されたことから次第
                                 13/110


                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
       に消費が持ち直し、グローバルで半導体の需要拡大が継続するなど、経済の回復が着実に進みました。しかしな
       がら、2022年2月に発生したロシアのウクライナ軍事侵攻による地政学的リスクの高まりから、世界的な景気の
       先 行きに不透明感が広がりました。
        こうした環境下、当社グループでは、当期より「2021年中期経営計画」をスタートいたしました。本計画は
       「2018年中期経営計画」(以下、「18中計」)と一体化した経営戦略であり、「サンケンコアの復活を実現する
       こと」、「アレグロ マイクロシステムズ インクの一段の成長」を目標としております。計画初年度となる当
       期におきましては、社会システム事業の譲渡を完了させ、サンケンコアへの経営リソース集中を図るとともに、
       18中計から構造改革として進めてまいりました半導体デバイス国内2工場の閉鎖並びに新モジュール工場の稼働
       等、半導体デバイスの生産体制最適化を完了させました。一方、開発改革におきましては、昨年5月から稼働を
       開始した本社ものづくり開発センターを核とする新製品開発の活動を一層加速し、利益改善に取り組んでまいり
       ました。また、当期はESG経営・DX推進につきましても注力し、サステナビリティ委員会を設置して体制を
       整備するとともに、石川サンケン堀松工場を皮切りにカーボンオフセット実現に向けた活動を前進させてまいり
       ました。さらに、サステナビリティ・リンク・ローンによる資金調達、全社員へのDX浸透教育、健康経営・エ
       ンゲージメント向上活動など、ESG・DXを経営の基軸に据えた各施策に注力してまいりました。
        当連結会計年度における市況環境は次の通りです。

        自動車市場向け製品は、コロナ禍でのサプライチェーンにおける高水準な部材確保の動きとともに、xEV化
       やADASの伸長もあり、旺盛な需要が継続いたしました。また、エアコンや洗濯機等のインバータ化・DC
       モータ化が進む白物家電市場向け製品が堅調に推移し、更に産機市場向け製品につきましても、サーバ向け製品
       の売上が安定した推移となる等、世界的な半導体不足を背景とした需要に対し、供給能力を上回る状況が継続い
       たしました。
        当連結会計年度の業績につきましては、新型コロナウイルス感染症による影響を大きく受けた前年に比べ、強
       い半導体需要の追い風を受け、連結売上高は                     1,756億60百万円        と、  188億64百万円       (12.0%)増加       いたしました。
       損益面につきましても、売上増加に伴い、連結営業利益は                           137億20百万円       (前連結会計年度 連結営業損失               11億98
       百万円   )となり、連結経常利益につきましては、過去最高値となる                            137億円    (前連結会計年度 連結経常損失               34億
       6百万円    )を計上いたしました。親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、構造改革に伴う関係会社整
       理損及び棚卸資産評価損等を事業構造改革費用                      19億38百万円      に集約して特別損失として計上したこと等から、                       32
       億4百万円     (前連結会計年度 親会社株主に帰属する当期純損失                         69億52百万円      )となりました。
      ②  キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度における現金及び現金同等物の残高は、                          574億44百万円       となり、前連結会計年度末に比べ               23億68
       百万円の減少      となりました。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動によるキャッシュ・フローは、                   136億75百万円のプラス           となり、前期に比べ         60億46百万円      の収入増とな
       りました。これは主に、税金等調整前当期純利益の増加によるものです。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動によるキャッシュ・フローは、                   125億98百万円のマイナス            となり、前期に比べ         3億3百万円      の支出増と
       なりました。これは主に、有形固定資産の取得による支出の増加によるものです。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動によるキャッシュ・フローは、                   65億92百万円のマイナス           となり、前期に比べ         276億79百万円       の収入減と
       なりました。これは主に、株式の発行による収入の減少によるものです。
      ③  生産、受注及び販売の実績

      (生産実績)
       当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次の通りであります。
        セグメントの名称                   金額(百万円)                 前年同期比(%)
    半導体デバイス事業                            177,956                   124.1

    パワーシステム事業                              670                  5.3

     (注)1    金額は、販売価格で表示しております。
       2当連結会計年度より、報告セグメントを変更しており、前年同期比は変更後の区分に基づいております。
                                 14/110

                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
       3当連結会計年度において、生産実績に著しい変動がありました。これは、パワーシステム事業におきまして、
        連結子会社であるサンケン電設株式会社の売却に伴うものです。
      (受注状況)

       当連結会計年度における受注状況をセグメントごとに示すと、次の通りであります。
                             受注高                 受注残高
         セグメントの名称
                       金額(百万円)        前年同期比(%)         金額(百万円)        前年同期比(%)
    半導体デバイス事業                      185,423          123.9        91,320         123.3

    パワーシステム事業                        830         5.5         -         -

     (注)1当連結会計年度より、報告セグメントを変更しており、前年同期比は変更後の区分に基づいております。
       2当連結会計年度において、受注実績に著しい変動がありました。これは、パワーシステム事業におきまして、
        連結子会社であるサンケン電設株式会社の売却に伴うものです。
      (販売実績)

       当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次の通りであります。
                     前連結会計年度             当連結会計年度
                    (自    2020年4月1日          (自    2021年4月1日             前年同期比
                    至   2021年3月31日       )    至   2022年3月31日       )
       セグメントの名称
                  金額(百万円)       構成比(%)      金額(百万円)       構成比(%)      金額(百万円)       増減率(%)
    半導体デバイス事業                142,613        91.0     174,784        99.5     32,171       22.6

    パワーシステム事業                 14,182        9.0      875      0.5    △13,306       △93.8

          合計           156,795       100.0     175,660        100.0      18,864       12.0

     (注)   1 セグメント間取引については、相殺消去しております。
       2 相手先別販売実績の総販売実績に対する割合が100分の10未満であるため、相手先別販売実績及び総販売実
         績に対する割合の記載を省略しました。
        3 当連結会計年度より、報告セグメントを変更しており、前年同期比は変更後の区分に基づいております。
       4 当連結会計年度において、販売実績に著しい変動がありました。これは、パワーシステム事業におきまし
         て、連結子会社であるサンケン電設株式会社の売却に伴うものです。
                                 15/110









                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       当社グループの財政状態、経営成績については以下の通り分析しております。
       なお、本項に記載した将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2022年6月24日)現在において判断したもの
      であり、不確実性を内在しているため、将来生じる実際の結果と大きく異なる可能性もありますのでご留意くださ
      い。
      ①  当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

      経営成績等の分析
      (売上高及び営業損益)
        当連結会計年度の売上高は、前連結会計年度に比べ                        188億64百万円       (12.0%)増      の 1,756億60百万円        となりまし
       た。自動車市場向け製品は、コロナ禍でのサプライチェーンにおける高水準な部材確保の動きとともに、xEV
       化やADASの伸長もあり、旺盛な需要が継続いたしました。また、エアコンや洗濯機等のインバータ化・DC
       モータ化が進む白物家電市場向け製品が堅調に推移し、更に産機市場向け製品につきましても、サーバ向け製品
       の売上が安定した推移となる等、世界的な半導体不足を背景とした需要に対し、供給能力を上回る状況が継続い
       たしました。
        当連結会計年度の売上原価は、売上高の増加に伴い、前連結会計年度に比べ                                   28億15百万円      (2.4%)増      の 1,204
       億75百万円     となりましたが、売上原価率は前連結会計年度に比べ6.5ポイント良化し、68.6%となりました。 
        当連結会計年度の販売費及び一般管理費は、前連結会計年度に比べ                                11億30百万円      (2.8%)増      の 414億64百万円
       となりました。これは主として、労務費の増加によるものであります。売上高販管費比率は前連結会計年度に比
       べ2.1ポイント良化し、23.6%となりました。
        この結果、当連結会計年度の営業損益は、前連結会計年度に比べ                               149億18百万円増        の 137億20百万円       の利益とな
       りました。
        経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等については、2021年4月から
       向こう3ヵ年にわたる中期経営計画において、最終年度である2024年3月期の目標値を連結売上高1,700億円、連
       結営業利益率13%、ROE12%として、主要課題に取り組んでまいりました。上記に記載した影響等もあり当連結
       会計年度の売上高は         1,756億60百万円        と目標値を上回る結果となりましたが、営業利益率は                         7.8%   、ROEは     3.6%
       と目標値を下回る結果となりました。
        なお、当連結会計年度より、パワーシステム事業に含まれていたユニット製品を半導体デバイス事業に移管し

       ております。また、パワーシステム事業のうち社会システム事業につきましては、期中に譲渡を完了いたしまし
       た。これらに伴い、半導体デバイス事業以外のセグメントの重要性が低下したことから、セグメント別の記載を
       省略しております。
      (為替変動の影響)

        当社グループの海外売上高は1,282億23百万円で、連結売上高総額の約73.00%を占めており、そのほとんどを
       米ドル建で取引しております。また、主要な在外連結子会社の財務諸表は米ドル建で作成されております。この
       ため、為替相場の変動は、円高が売上減少、円安が売上増加の方向に影響する傾向があります。
        一方、原価面でみますと、ほぼ同じ外貨ボリュームがあることから、売上高への影響額は利益段階では縮小す
       ることになります。
      (営業外損益及び経常損益)

        当連結会計年度の営業外損益は、前連結会計年度に比べ21億89百万円損失(純額)が減少し、19百万円の損失
       (純額)となりました。これは主として、為替差益を計上したことなどによるものであります。
        この結果、当連結会計年度の経常損益は、前連結会計年度に比べ                               171億7百万円増        の 137億円    の利益となりまし
       た。
      (特別損益)

        当連結会計年度の特別損益は、前連結会計年度に比べ33億65百万円損失(純額)が減少し、4億25百万円の損
       失(純額)となりました。これは主として、固定資産売却益が増加したことと、事業譲渡損失引当金繰入額が減
       少したことなどによるものであります。
      (親会社株主に帰属する当期純利益)

        当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純損益は、前連結会計年度に比べ                                    101億56百万円増        の 32億4百万円
                                 16/110

                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
       の利益   となりました。
      ②  キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

      (キャッシュ・フロー)
        当社グループの資金状況は、「営業活動によるキャッシュ・フロー」は、                                  136億75百万円の収入          (対前年度比60
       億46百万円増)       となりました。前年度比の主な要因は、税金等調整前当期純利益の増加によるものです。「投資
       活動によるキャッシュ・フロー」は、                 125億98百万円の支出          (対前年度比3億3百万円増)              となりました。前年度
       比の主な要因は、有形固定資産の取得による支出の増加によるものです。「財務活動によるキャッシュ・フ
       ロー」は、     65億92百万円の支出         (対前年度比276億79百万円減)               となりました。前年度比の主な要因は、株式の発
       行による収入の減少によるものです。これにより、当連結会計年度末における有利子負債残高は673億84百万円と
       なり、有利子負債依存度は27.5%となりました。これらの活動の結果、当連結会計年度末における現金及び現金
       同等物の残高は、        574億44百万円       (対前年度末比23億68百万円減)               となりました。
      (財務政策)

        当社グループの資金調達の手段は、社債の発行、コマーシャル・ペーパーの発行、コミットメントライン契
       約、銀行借入などでありますが、2022年3月31日現在の残高は、1年内返済予定の長期借入金を含む短期借入金
       113億8百万円、コマーシャル・ペーパー60億円、社債50億円、長期借入金430億15百万円となっております。当
       社グループは、運転資金及び設備投資資金の調達は内部資金によることを基本としておりますが、当社グループ
       の成長を維持するために将来必要な運転資金及び設備投資資金につきましては、営業活動によるキャッシュ・フ
       ローのほか、未使用のコマーシャル・ペーパー発行枠240億円、当座貸越未実行分231億円及びコミットメントラ
       イン契約161億円などにより調達可能と考えております。
      ③  重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成して
       おります。この連結財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り
       及び仮定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。
        なお、新型コロナウイルス感染症の影響については、「第5                            経理の状況 1 連結財務諸表等  (1)連結
       財務諸表 注記事項 (追加情報)」に記載しております。
    4  【経営上の重要な契約等】

       該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      当社グループは事業ドメインを「Power                   Electronics」と定め、この分野において一段上の企業像を目指すべく研究
     開発活動を進めております。基本方針としては、エコ・省エネ、グリーンエネルギー市場を核とした成長戦略の実現
     及び技術マーケティングの確立と効率的な開発マネジメントによる新製品開発の促進を掲げ、連結子会社にも研究開
     発部門を有し、グループを挙げて研究開発に取り組んでおります。当連結会計年度における研究開発費の総額は売上
     高の11.58%に当たる          20,341   百万円であります。
       半導体デバイス事業においては、製品開発における技術マーケティングの導入により成長市場へのシフトを担う

      製品開発に注力するとともに、共通コンセプトによる設計改革、業務改革を推進し開発スピードのアップを図って
      おります。また、成長著しい新興国向けの汎用品の製品開発にも積極的に取り組んでおります。当連結会計年度に
      おける研究開発の主な成果は次のものがあります。
      ・ プラットフォーム技術SPP(Sanken                Power-electronics         Platform)で着手した新製品を完成させ、継続的に成長

       する高収益企業へ変換を行うと共に生産改革を実現させ、開発効率1/2とライン生産性2倍を目指した「ものづ
       くり開発センター」を設立。
      ・高放熱を実現できるDirect              Bonded    Copper    (DBC)   基板と高電流密度化したField              Stop   IGBT   (FS-IGBT)を採用す
       ることで、放熱性能を損なわずにパッケージサイズの小型化とパワー素子の低損失化を実現、また、端子数及び
       端子配置を最適化し、パターン占有面積削減、端子間距離不足の改善も実現した白物家電用モータドライバIC
                                 17/110


                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
       SIM2-151を開発。
      ・Micro    Controller      Unit   (MCU)   をモータドライバICに内蔵することで、ロバストで高効率な特性を少ない開発工
       数で実現することを目的としたDigital制御IPM                      (SIM2652M)を開発。
      ・前モデルと比較しパッケージサイズを30%縮小、絶縁距離確保、各品質要求へ対応し、IGBT,                                            Diode,    ゲートド
       ライバICなど必要な部品を1つのパッケージに搭載した車載向けモータドライバIPM                                       SAM265M30AA1       /
       SAM265M50AA1を開発。
      ・制御回路が半導体微細化技術とデジタル制御化を進めた新しいソリューションで、電源の高効率化と部品削減、
       小型化を可能としたデジタル制御電源IC                   MD6753を開発。
      ・蛍光体技術を応用し低波長域を低減、「低誘虫性能」及び「レジスト剤への影響低減」を示唆する特殊色LEDを
       開発。
      ・小型化要件を実現するための高周波化スイッチング対応や機能安全性を取り込み、高耐圧・大電流に対応した車
       載用DC/DCコンバータIC           MD4010を開発。
      ・自動車・産業機器市場における高電圧大電流モータドライバの需要の高まりから、最大電圧1200V、最大電流50A
       に対応するため、1200V高耐圧BCDプロセスであるSG7UHVプロセスを用いたMIC                                    (Monolithic      Integrated
       Circuit)を開発。
      ・独自開発した技術を用いて、EMI(電磁干渉)の抑制に優れた効果を発揮するVFP                                      (Vertical     Field   Plate)    -
       MOSFETを開発。
      ・従来品と比較し、低コストマイコンチップを使用、Bridgeless                              PFC制御と電流共振制御を内蔵したフルデジタル
       制御の電源IC       MD6762    /   MD6762Sを開発。
      ・効率を向上するため動作モードを自動切替、充実した保護機能により構成部品が少なく、コストパフォーマンス
       の高い電源システムを容易に構成できるPWM型スイッチング電源用パワーIC                                   STR6S161HXD      を開発。
      ・従来品と比較し、待機動作時のトランス音鳴り抑制機能を追加した高効率低ノイズ電源システム向け共振電源用
       IC  SSC3S937を開発。
      ・低損失、低リーク電流を実現し、汎用性の高い面実装パッケージTO-252を採用したトレンチ構造のショットキー
       バリアダイオード         SPETシリーズを開発。
      ・精肉用、鮮魚・青果用、総菜用の3種の食材の特性に応じてスペクトルを制御し、最適な光で食材を照らすこと
       により、よりおいしく見せることが可能な食品専用LEDを開発。
       なお、SiCデバイスに関しては、NEDO先導研究プログラム内で産業技術研究所と共同で『高速スイッチング可能で

      タフなSiCモジュール技術開発』を実施完了いたしました。本成果を活用した高温度動作に於いても安定し、信頼性
      の高いモジュールの量産化の検討を進めております。
       Ganデバイスに関しては、NEDO基盤技術研究促進事業で得られたGan                                on  Si技術を活かし、横型HEMTデバイスのカ
      スタム製品を少量出荷中です。並行して、GaN基板を用いた縦型デバイスの検討を、名古屋大学中心に進められてい
      るGaNコンソーシアムに参画して行っております。
       また、当社グループは、半導体デバイス事業及びパワーシステム事業でありますが、パワーシステム事業の全セ

      グメントに占める割合が僅少であり、開示情報としての重要性が乏しいため、セグメント情報の記載を                                                省略  してお
      ります。
                                 18/110







                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

      当社グループにおける当連結会計年度の設備投資額は、                          16,118   百万円であり、その主なものは生産設備・試験研究
     設備の購入等であります。
      当社においての生産設備・試験研究設備の購入等に781百万円、石川サンケン株式会社、山形サンケン株式会社、福
     島サンケン株式会社、大連三墾電気有限公司、アレグロ マイクロシステムズ エルエルシー及びポーラー                                                  セミコン
     ダクター     エルエルシー等の連結子会社において生産設備増強等に15,215百万円の設備投資を行いました。
      なお、当社グループは、半導体デバイス事業及びパワーシステム事業でありますが、当連結会計年度より、パワー
     システム事業に含まれていたユニット製品を半導体デバイス事業に移管し、パワーシステム事業のうち社会システム
     事業につきましては、期中に譲渡を完了いたしました。これらに伴い、半導体デバイス事業以外のセグメントの重要
     性が低下したことから、セグメント別の記載を省略しております。
      全社資産につきましては、当社の設備を中心に120百万円の設備投資を行いました。
      所要資金につきましては、自己資金及び借入金等を充当しております。
    2  【主要な設備の状況】

      当社グループにおける主要な設備は、以下の通りであります。
     (1)  提出会社
                             帳簿価額(百万円)

      事業所名        設備の                                 従業員数
      (所在地)        内容                                  (名)
                   建物及び     機械装置      土地    リース
                                       その他     合計
                   構築物    及び運搬具     (面積千㎡)      資産
             本社事務統
    本社・
             括・製造及                  35
    半導体技術センター                5,334      77          0    208    5,654     703
             び研究開発                 (20)
    (埼玉県新座市)
             設備
    川越工場
             賃貸不動産                  57
                     548     29          -     3    638     -
             及び設備                 (37)
    (埼玉県川越市)
    その他

             販売及び渉                  460
                     172     86          -    252     972    138
             外業務他                 (22)
    (東京都豊島区他)
     (2)  国内子会社

                                帳簿価額(百万円)

            事業所名      設備の                                 従業員数
      会社名
            (所在地)      内容                                  (名)
                      建物及び     機械装置      土地    リース
                                          その他     合計
                      構築物    及び運搬具     (面積千㎡)      資産
           堀松工場
    石川サンケン       他3工場
                                 1,170
                製造設備       5,206     4,152           -    571    11,101     962
                                 (470)
    株式会社       (石川県
           志賀町)
    山形サンケン       (山形県
                                 638
                製造設備       2,469     2,038           7    91    5,244     404
                                 (65)
    株式会社       東根市)
    鹿島サンケン       (茨城県
                製造設備        -     0     -     -     0     0    24
    株式会社       神栖市)
    福島サンケン       (福島県
                                 300
                製造設備       1,268     1,749           10     65    3,393     314
                                 (50)
    株式会社       二本松市)
                                 19/110





                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
     (3)  在外子会社
                                帳簿価額(百万円)

            事業所名      設備の                                 従業員数
      会社名
            (所在地)      内容                                 (名)
                      建物及び     機械装置      土地
                                     リース
                                          その他     合計
                                     資産
                      構築物    及び運搬具     (面積千㎡)
           (米国ニューハ
    アレグロ マ
           ンプシャー州
                                 1,931
    イクロシステ             製造設備      4,997    15,970          1,964     2,809    27,674    4,036
                                 (143)
           マンチェス
    ムズ インク
           ター他)
           (インドネシア
    ピーティー 
                                   -
    サンケン 
           西ジャワ州      製造設備       201     232          0    20    454    488
                                 〔50〕
    インドネシア
           ブカシ)
    大連三墾電気       (中国遼寧省

                                   -
                 製造設備      1,404     1,754           -    552    3,710     357
                                 〔17〕
    有限公司       大連市)
           (米国

    ポーラー    セミ
           ミネソタ州                       649
    コンダクター             製造設備      4,451     5,691           -   2,263    13,055     526
                                 (58)
           ブルーミント
    エルエルシー
           ン)
     (注)   1 帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品及び建設仮勘定の合計であります。
       2 土地の一部を賃借しております。〔 〕は外書であります。
       3 上記の他、主要なリース設備として以下のものがあります。
           在外子会社
                    事業所名
            会社名              設備の内容      年間リース料      リース契約残高
                    (所在地)
                  (米国ニューハン
         アレグロ マイクロ
                  プシャー州マン        製造設備       642百万円      2,014百万円
         システムズ     インク
                  チェスター他)
    3  【設備の新設、除却等の計画】

     (1)  重要な設備の新設等
                            投資予定額             着手及び完了予定

          会社名             設備の             資金調達                完成後の
                 所在地
         事業所名             内容             方法               増加能力
                           総額    既支払額
                                        着手年月     完了年月
                          (百万円)    (百万円)
        アレグロ マイク
               米国ニューハン
        ロシステムズ イ
               プシャー州マン       機械装置      5,050    2,226   自己資金     2022年1月     2024年7月       -
        ンク
               チェンスター他
        大連三墾電気有限       (中国遼寧省大連

                      機械装置      2,569     10  自己資金     2022年2月     2023年2月       -
        公司       市)
        石川サンケン

               石川県志賀町       機械装置      1,026     27  自己資金     2022年3月     2023年10月       -
        株式会社
     (2)  重要な設備の除却等

       経常的な設備の更新のための除却を除き、重要な設備の除却の計画はありません。
                                 20/110






                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    第4   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                      発行可能株式総数(株)

               普通株式                                  51,400,000

                計                                 51,400,000

      ②  【発行済株式】

              事業年度末現在          提出日現在

                                  上場金融商品取引所名又は
       種類        発行数(株)         発行数(株)                            内容
                                 登録認可金融商品取引業協会名
             ( 2022年3月31日       )  (2022年6月24日)
                                 東京証券取引所
                                                 単元株式数は100
                                 市場第一部(事業年度末現在)
      普通株式          25,098,060         25,098,060
                                                 株であります。
                                 プライム市場(提出日現在)
        計         25,098,060         25,098,060              ―              ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                 (千株)       (千株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
    2018年10月1日
                 △100,392        25,098      ―        20,896      ―        5,225
    (注)
     (注)   株式併合(5:1)によるものであります。
                                 21/110





                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                               2022年3月31日       現在
                       株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                    単元未満
      区分                           外国法人等                  株式の状況
           政府及び
                     金融商品     その他の                個人
                                                     (株)
           地方公共     金融機関                                計
                     取引業者      法人               その他
            団体
                               個人以外      個人
    株主数(人)          2     37     31     120     173      8   4,329     4,700       ―

    所有株式数
              24   77,902     16,386     13,666     112,186        78   30,016     250,258      72,260
    (単元)
    所有株式数
            0.009     31.128      6.547     5.460     44.828      0.031     11.994     100.00        ―
    の割合(%)
     (注)   1 自己株式961,604株のうち、役員及び従業員向け株式交付信託保有の90,100株を除いた871,504株は、「個人
         その他」に8,715単元、「単元未満株式の状況」に4株含まれております。
       2 上記「金融機関」の欄には、役員及び従業員向け株式交付信託の導入に伴い、株式会社日本カストディ銀行
         (信託口)が所有する当社株式901単元が含まれております。なお、当該株式については、連結財務諸表及
         び財務諸表において自己株式として表示しております。
       3 上記「その他法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が2単元含まれております。
     (6)  【大株主の状況】

                                               2022年3月31日       現在
                                                    発行済株式
                                                     (自己株式
                                              所有株式数      を除く。)の
          氏名又は名称                       住所
                                               (千株)     総数に対する
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
    日本マスタートラスト信託銀行株式
                       東京都港区浜松町2丁目11番3号                          2,984       12.32
    会社(信託口)
                       49  MARKET    STREET,    P.O.BOX    1586   CAMANA    BAY,
    イーシーエム エムエフ
                       GRAND   CAYMAN,    KY1-1110                   2,722       11.23
    (常任代理人 立花証券株式会社)
                        (東京都中央区日本橋茅場町1丁目13-14)
    株式会社日本カストディ銀行(信託
                       東京都中央区晴海1丁目8-12                          1,264        5.21
    口)
    株式会社埼玉りそな銀行                  埼玉県さいたま市浦和区常盤7丁目4番1号                          1,202        4.96
    ゴールドマン サックス インター
                       PLUMTREE     COURT,    25  SHOE   LANE,   LONDON    EC4A
    ナショナル
                       4AU,   U.K.                        959       3.96
    (常任代理人 ゴールドマン・サッ
                       (東京都港区六本木6丁目10-1)
    クス証券株式会社)
    モルガン・スタンレーMUFG証券
                       東京都千代田区大手町1丁目9番7号                           910       3.75
    株式会社
    UBS  SECURITIES      LLC-HFS    CUSTOMER
                       677  WASHINGTON      BLVD.   STAMFORD,     CONNECTICUT
    SEGREGATED      ACCOUNT
                       06901   USA                        851       3.51
    (常任代理人 シティバンク、エ
                       (東京都新宿区新宿6丁目27番30号)
    ヌ・エイ東京支店)
    ステート ストリート バンク ア
                       P.O.   BOX  351  BOSTON    MASSACHUSETTS        02101
    ンド トラスト カンパニー 50
    5103
                       U.S.A.                           699       2.88
    (常任代理人 株式会社みずほ銀行
                       (東京都港区港南2丁目15-1)
    決済営業部)
    新生信託銀行株式会社ECM MF
                       東京都中央区日本橋室町2丁目4-3                           650       2.68
    信託口8299005
                       1585   BROADWAY     NEW  YORK,   NEW  YORK   10036,
    MSCO   CUSTOMER     SECURITIES
                       U.S.A                           541       2.23
    (常任代理人 モルガン・スタン
    レーMUFG証券株式会社)
                       (東京都千代田区大手町1丁目9-7)
            計                     ―               12,787        52.78
                                 22/110



                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
     (注)   1 上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、次の通りであります。
         なお、株式会社日本カストディ銀行(信託口)が保有する株式には当社株式90千株(役員及び従業員向け株
         式交付信託)を含めております。
         日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)                                          2,984千株
         株式会社日本カストディ銀行(信託口)                                          1,264千株
       2 当社は自己株式を871千株所有しておりますが、上記の大株主からは除外しております。
         なお、自己株式871千株には、株式会社日本カストディ銀行(信託口)が保有する90千株(役員及び従業員
         向け株式交付信託)は含まれておりません。
       3 2021年12月6日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において株式会社三菱UFJフィナンシャ
         ル・グループ及びその共同保有者が2021年11月29日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているも
         のの、当社として2022年3月31日時点における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況
         には含めておりません。
         なお、大量保有報告書の内容は以下の通りであります。
                                           保有株式等の数         株券保有割合
            氏名又は名称                    住所
                                             (千株)         (%)
       株式会社三菱UFJ銀行                 東京都千代田区丸の内二丁目7番1号                         200       0.80
       三菱UFJ信託銀行株式会社                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号                         758       3.02

       三菱UFJ国際投信株式会社                 東京都千代田区有楽町一丁目12番1号                         109       0.44

       三菱UFJモルガン・スタンレー
                        東京都千代田区大手町一丁目9番2号                         219       0.87
       証券株式会社
       4 2022年3月29日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、エフィッシモ キャ
         ピタル マネージメント ピーティーイー エルティーディーが2022年3月23日現在で以下の株式を所有し
         ている旨が記載されているものの、当社として2022年3月31日時点における実質所有株式数の確認ができま
         せんので、上記大株主の状況には含めておりません。
         なお、大量保有報告書の変更報告書の内容は以下の通りであります。
                                           保有株式数の数         株券保有割合
            氏名又は名称                    住所
                                             (千株)         (%)
       エフィッシモ キャピタル マ
                        260  オーチャードロード #12-06
       ネージメント ピーティーイー                                          4,809        19.16
                        ザヒーレン シンガポール 238855
       エルティーディー
       5 2022年4月6日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、モルガン・スタン
         レーMUFG証券株式会社及びその共同保有者が2022年3月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載
         されているものの、当社として2022年3月31日時点における実質所有株式数の確認ができませんので、上記
         大株主の状況には含めておりません。
         なお、大量保有報告書の変更報告書の内容は以下の通りであります。
                                           保有株式等の数         株券保有割合
            氏名又は名称                    住所
                                             (千株)         (%)
                        東京都千代田区大手町一丁目9番7号
       モルガン・スタンレーMUFG証
                        大手町フィナンシャルシティサウスタ                        1,371        5.46
       券株式会社
                        ワー
       モルガン・スタンレー・アンド・
                        英国   ロンドン     カナリーワーフ        25 
       カンパニー・インターナショナ                                          18       0.07
                        カボットスクエア         E14  4QA
       ル・ピーエルシー
                                 23/110








                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                               2022年3月31日       現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                    ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―
     議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―
                     (自己保有株式)
                     普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                          871,500
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               241,543            ―
                         24,154,300
                     普通株式
     単元未満株式                              ―        1単元(100株)未満の株式
                           72,260
     発行済株式総数                    25,098,060          ―              ―
     総株主の議決権                    ―           241,543            ―
     (注)   1 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が200株(議決権2個)、役員
         及び従業員向け株式交付信託に係る信託口が保有する当社株式90,100株(議決権901個)が含まれておりま
         す。なお、当該議決権の数の内、662個は、議決権不行使となっております。
       2 「単元未満株式」欄には、当社所有の自己保有株式が含まれております。
          自己保有株式                                        4株
      ②  【自己株式等】

                                               2022年3月31日       現在
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名
                                                  総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
                                                   所有株式数
        又は名称
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
                 埼玉県新座市北野
    (自己保有株式)
                                871,500       -      871,500        3.47
    サンケン電気株式会社
                 三丁目6番3号
          計             ―          871,500       -      871,500        3.47
      (注)   上記自己名義所有株式数には、役員及び従業員向け株式交付信託保有の当社株式数(90,100株)を含めており
        ません。
     (8)  【役員・従業員株式所有制度の内容】

       当社は、取締役(社外取締役を除きます。以下同じ。)の報酬と当社の業績及び株式価値との連動性をより明確
      にし、取締役が株価の変動による利益・リスクを株主の皆様と共有することで、中長期的な業績の向上と企業価値
      の増大に貢献する意識を高めることを目的として、2019年6月21日開催の第102回定時株主総会決議に基づき、当
      社の取締役を対象とする信託を用いた業績連動型株式報酬制度(以下「本制度」といいます。)を導入いたしまし
      た。
       本制度導入に伴い、当社と委任契約を締結している執行役員(以下「執行役員」といいます。)に対しても同様
      の業績連動型株式報酬制度を導入いたしました。
       また、2020年度からは、当社と委任契約を締結していない執行役員及び幹部社員並びに当社グループの役員(以
      下「当社グループの執行役員等」といいます。)に対しても同様の業績連動型株式報酬制度を導入しております。
       ①本制度の概要

        本制度は、当社が金銭を拠出することにより設定する信託が当社株式を取得し、株式交付規程に基づき、一定
        の要件を満たした対象者に対して当社株式を交付する株式報酬制度です。
        なお、対象者が当社株式の交付を受ける時期は、原則として役員の退任時または退職時です。
       ②対象取締役、執行役員及び当社グループの執行役員等に取得させる予定の株式の総数
        90,100株
       ③本制度による受益権その他の権利を受け取ることの出来る者の範囲
        当社の取締役、執行役員及び当社グループの執行役員等のうち受益者要件を満たす者
                                 24/110



                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】

                 会社法第155条第7号による普通株式の取得
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

             区分                 株式数(株)                価額の総額(円)
    当事業年度における取得自己株式                                 1,940              10,846,200

    当期間における取得自己株式                                  108               545,980

     (注) 当期間における取得自己株式には、2022年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
        よる株式数は含めておりません。
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                 当期間
                区分
                                   処分価額の総額                処分価額の総額
                             株式数(株)                株式数(株)
                                      (円)                (円)
       引き受ける者の募集を行った
                                 ―         ―       ―         ―
       取得自己株式
       消却の処分を行った取得自己株式                          ―         ―       ―         ―
       合併、株式交換、株式交付、
                                 ―         ―       ―         ―
       会社分割に係る移転を行った取得自己株式
       その他
                                 65      375,700         ―         ―
       (単元未満株式の買増請求による処分)
       保有自己株式数                       871,504           ―    871,612           ―
     (注)1     上記保有自己株式数には、役員及び従業員向け株式交付信託保有の当社株式数(90,100株)を含めておりま
         せん。
       2   当期間における保有自己株式数には、2022年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
         り及び買増しによる株式数は含めておりません。
                                 25/110









                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    3  【配当政策】
      当社では、かねてより、株主の皆様への利益還元を経営上の最重要施策の一つと位置付け、事業の積極展開により
     収益力の向上と財務体質の改善を進め、経営全般の基盤強化を図る上で必要となる内部留保を確保しつつ、安定的か
     つ着実な配当を実施することを基本的な考え方としております。
      当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、中間
     配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。
      当期につきましては、上記の配当に関する基本的な考え方に沿って、1株につき30円(うち中間配当金15円)とし
     ております。
      また、当社は「取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる」旨を定款に定
     めております。
       基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下の通りであります。

                              配当金の総額          1株当たり配当金
               決議年月日
                               (百万円)            (円)
         2021年11月5日        取締役会決議                    363           15
         2022年6月24日        定時株主総会決議                    363           15
     (注)   1.2021年11月5日取締役会決議による配当金の総額には、役員及び従業員向け株式交付信託保有の当社株式に
         対する配当金1百万円が含まれております。
       2.2022年6月24日定時株主総会決議による配当金の総額には、役員及び従業員向け株式交付信託保有の当社株
         式に対する配当金1百万円が含まれております。
                                 26/110













                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ①   コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、経営の効率化、透明性の向上及び健全性の維持を図るべく、社外取締役及び社外監査役の選任並びに
       任意の指名・報酬委員会の設置により、取締役会の迅速かつ適確な意思決定と業務執行の監督機能を強化させる
       一方、執行役員制度の採用により機動的な業務執行体制の構築、マネジメント機能の強化を推し進めておりま
       す。さらに、経営環境の変化に迅速に対応できる経営体制の実現と、事業年度における取締役の経営責任の明確
       化を図るため、当社では、取締役の任期を2年から1年に短縮しております。
      ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

       1)  企業統治の体制









        当社は監査役制度を採用しており、取締役9名(内3名は社外取締役)、監査役4名(内2名は社外監査役)
       により取締役会及び監査役会を構成しております。また、当社は執行役員制度を採用しており、経営の意思決
       定・監督機能と業務執行機能を分離し、経営環境の変化に迅速に対応しうる体制を敷いております。提出日現
       在、執行役員は12名(内5名は取締役が兼務)となっております。
        ・取締役会は、会社の重要な業務執行について審議を行うとともに、取締役の職務の執行を監督する機能を有

         しております。また、取締役会には監査役4名も出席し、必要に応じ意見を述べております。
        ・監査役会は、監査の方針、業務及び財産の状況の調査の方法その他の監査役の職務の執行に関する事項の決
         定の他、監査報告の作成及び常勤の監査役の選定及び解職を行っております。
        ・指名委員会は、代表取締役、取締役、執行役員等の指名に係る取締役会の機能の独立性・客観性と説明責任
         を強化することを目的とし、代表取締役社長の後継者の候補者やその育成計画、取締役及び執行役員の選任
         等について審議の上、取締役会に対して助言・提言を行っております。
        ・報酬委員会は、取締役の報酬等に係る取締役会の機能の独立性・客観性と説明責任を強化することを目的と
         し、取締役及び執行役員の報酬制度の在り方、個人別の報酬等を審議の上、取締役会に対して助言・提言を
         行っております。
        ・経営会議は、取締役会に付議すべき議案及び代表取締役が執行にあたる会社業務のうち、基本的かつ重要な
         事項を経営全般の立場から審議しております。
         設置する機関の構成員は以下の通りです。(◎は議長または委員長)

                                 27/110


                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
           役職名        氏  名       取締役会      監査役会      指名委員会      報酬委員会       経営会議
        代表取締役社長         髙橋  広           ◎             〇      〇      ◎
        取締役         中道 秀機           ○                          ○
        取締役         吉田  智           ○                          ○
        取締役         李  明濬           ○                          ○
        取締役         川嶋 勝巳           ○                   ○      ○
        取締役         宇津野瑞木           ○                          ○
        社外取締役         藤田 則春           ○             ◎      ◎
        社外取締役         山田 隆基           ○             ○      ○
        社外取締役         佐貫 葉子           ○             ○      ○
        常任監査役         鈴木  昇           ○      ◎                   ○
        監査役         加藤 康久           ○      ○
        社外監査役         南   敦           ○      ○
        社外監査役         平野 秀樹           ○      ○
        上級執行役員         赤石 和夫                                    ○
        上級執行役員         原田 裕介                                    ○
        執行役員         野口 敏雄                                    〇
       2)  当該体制を採用する理由

          グローバルビジネスを展開する当社といたしましては、広範なステークホルダーからの要請事項を踏まえ
         つつ、現状の当社における最良のコーポレート・ガバナンス体制を選択すべきであると考えております。こ
         の考えに基づき、現在当社では3名の社外取締役及び2名の社外監査役を選任しておりますが、社外役員に
         よる適切な職務執行によって、客観的かつ中立的な経営監視機能が確保されているものと考えております。
          今後につきましても、ステークホルダー並びにコーポレートガバナンスに係る社会的な要請等を総合的に
         勘案した上で、当社における適時適切な体制を継続的に検討してまいる所存です。
      ③ 企業統治に関するその他の事項

        ・取締役及び従業員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
        取締役会は、「取締役会規程」に基づき、重要な業務執行について審議するとともに、取締役の職務の執行を
        監督し、適法性の確認を行う。
        「経営理念」、「行動指針」、「サンケンコンダクトガイドライン」を制定し実施するとともに、代表取締役
        によるコンプライアンス精神及びその重要性の役職員への徹底並びに継続的な教育研修の実施等を通じ、法令
        及び定款の遵守徹底を図る。
        内部監査部門は、当社及びグループ各社の業務執行を監査するとともに、内部通報制度の運用を通じてコンプ
        ライアンス体制の実効性を確保する。
        金融商品取引法に基づく内部統制報告制度(以下「J-SOX」といいます。)に適切に対応するため、内部監査
        部門にJ-SOX担当を置き、全社的な見直しと改善を継続的に行うことで、財務情報の信頼性を確保する。
        反社会的勢力とは一切関係を持たず、平素から警察や弁護士などの外部機関との信頼関係・連携体制の構築に
        努め、不当要求に対しては毅然とした態度で臨み、断固拒絶する。
        ・取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

         取締役会議事録等の重要な会議記録並びに決裁結果等の業務執行に関する記録は、法令及び社内規程の定めに
        基づき適切に保存及び管理する。 
                                 28/110




                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
        ・損失の危険の管理に関する規程その他の体制

        重要な投資あるいは新規事業等に伴うリスクについては、取締役会、経営会議その他の重要な会議において多
        面的な検討を行い、慎重に決定する。
        内部監査部門は、内部監査を通じて当社及びグループ各社における業務リスクの把握・分析を行い、危機管理
        委員会はグループ全体での統一的・横断的なリスク管理を行う。
        ・取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

        取締役会において中期経営計画及び年次予算の策定を行い、業績の進捗に関する報告に基づき業務執行の状況
        を確認するほか、経営会議において月次の業績管理を行う。
        経営会議は、取締役会に付議すべき議案及び代表取締役が執行にあたる会社業務のうち、基本的かつ重要な事
        項について審議を行うとともに、執行役員制度の活用により迅速かつ機動的な業務執行を行う。
        「組織・権限基本規程」、「業務分掌規程」等を整備し、各部門の責任と権限を明確化するとともに、組織間
        の適切な役割分担と連携に努めることで、効率的な意思決定・業務執行を行う。
        ・当社及びグループ各社における業務の適正を確保するための体制

        当社は必要に応じ、グループ各社に当社の役職員を取締役として派遣し、当社グループ経営方針の徹底、重要
        な業務執行の決定並びに効率的な経営の推進に当たる。
        「関係会社管理規程」、「マネジメントガイドライン」により、当社及びグループ各社間における職務範囲、
        権限と責任、当社に報告すべき事項等を明確にする。
        グループ各社ごとに当社の担当組織を定め、密接な情報交換のもと、各社の経営指導及び業績管理を行う。
        ・監査役がその職務を補助する従業員を置くことを求めた場合における当該従業員に関する事項

        監査役会事務局等の事務については、法務部門のスタッフがこれを補助する。
        監査役から求めがあった場合、取締役と監査役の協議により、監査役の職務を補助する専任スタッフの設置並
        びにその人事を決定する。
        当該専任スタッフは、各監査役の指示に従うこととし、取締役からの独立性及び監査役からの指示の実効性を
        確保する。
        ・監査役への報告に関する体制

        常任監査役は、経営会議に出席するほか主要な文書を閲覧・受領することで、当社及びグループ各社の業務に
        関する情報を取得し、その内容を監査役会に報告する。
        取締役、内部監査部門及び会計監査人は、それぞれ監査役と定期的に会合をもち、当社及びグループ各社の経
        営状況あるいは監査結果を報告する。
        役職員は、当社及びグループ各社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実が発生した場合、もしくは業務執行
        に関する不正行為を発見した場合、監査役にその内容を報告する。
        内部監査部門は、内部監査の結果及び内部通報制度の運用状況と通報内容を監査役に報告する。
        内部通報制度に係る規程を整備し、通報者が通報したことを理由に不利な取扱いを受けないことを確保する。
        ・監査役の職務の執行について生ずる費用または債務の処理に係る方針

        監査役がその職務を執行する上で生じる費用について、監査役から前払いまたは償還等の請求があったとき
        は、当該費用が必要でないと認められた場合を除き、速やかに処理する。
        ・その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

        監査役会は監査の基準、計画及び方針を定め、各監査役は自己の専門性、経験を踏まえたうえで適切に監査を
        行い、効率的で実効性の高い監査体制を構築する。
        リスク管理につきましては、当社グループの総合的なリスク管理体制の強化と対策の促進を図るため、社長直

       轄の組織として危機管理委員会を設置しております。危機管理委員会を推進母体として、自然災害対策をはじ
       め、業務運営上の様々なリスクに対する調査、評価・分析、対策計画の立案並びに実施を通じて、リスクマネジ
       メントの実践を図っております。
                                 29/110



                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
        当社は、会社法第427条第1項の規定により、社外取締役及び社外監査役との間に、任務を怠ったことによる損
       害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく責任の限度額は、法令が規定する限度額とし
       ております。また、当社は、会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締
       結しており、被保険者が負担することとなった争訟費用及び損害賠償金等の損害を当該保険契約により填補する
       こととし、保険料は全額当社が負担しております。
        当社は、取締役を15名以内とする旨を定款で定めております。また、取締役の選任決議について、議決権を行

       使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及
       び累積投票によらないものとする旨を定款で定めております。
        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、株主総会の円滑な運営を行うため、

       議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上
       をもって行う旨を定款で定めております。
        当社は、自己の株式の取得について、機動的な資本政策の遂行を可能とするため、会社法第165条第2項の規定

       に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得できる旨を定款で定めております。
        当社は、中間配当について、株主への機動的な利益還元を可能とするため、取締役会の決議によって、毎年9

       月30日を基準日として中間配当をすることができる旨を定款で定めております。
       なお、当社では、財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を次の通り定めており、そ

       の内容等(会社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次の通りです。
      1) 当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針

        上場会社である当社の株式については、株主及び投資家の皆様による自由な取引が認められているため、当社
       取締役会としては、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方は、最終的には株主の皆様の意思に
       より決定されるべきであり、当社株式に対する大規模な買付行為に応じて当社株式を売却するかどうかの判断
       も、最終的には当該株式を保有する株主の皆様の意思によるべきものと考えます。
        しかしながら、当社及び当社グループの経営にあたっては、独自のウエーハプロセスや半導体デバイスの製造
       技術、また回路技術を駆使した電源システムとオプティカルデバイスの組み合わせなど、幅広いノウハウと豊富
       な経験が必要になります。更に、お客様・取引先及び従業員等のステークホルダーとの間に築かれた関係等への
       十分な理解が不可欠であり、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者に、これらへの理解が無い場合、将
       来実現することのできる株主価値を適正に判断することはできず、当社の企業価値及び株主共同の利益が著しく
       損なわれる可能性があります。
        また、大規模な買付行為の中には、高値で株式を会社関係者に引き取らせる行為など、株主共同の利益を著し
       く損なうと判断される場合もあります。この様な場合、当社は当該大規模買付行為の是非に関し、株主の皆様に
       適切にご判断いただくため、大規模買付行為を行おうとする者に対し、必要な情報の提供を求めるとともに、適
       切な情報開示や株主の皆様が検討に必要とする時間確保にも努め、また、金融商品取引法、会社法その他関係法
       令の許容する範囲内において、適切な措置を講ずるべきと考えております(以下「基本方針」といいます。)。
      2)    基本方針実現のための企業価値向上に向けた取組み

        当社では、経営理念に則り、半導体をコアビジネスに技術力と創造力の革新に努め、独自技術によるグローバ
       ルな事業展開を進めるとともに、企業に対する社会的要請や環境調和への着実な対応を通じて、企業価値を最大
       限に高めるべく、確固たる経営基盤の確保に邁進しております。更に、中長期的な会社の経営戦略として、3ヶ
       年にわたる中期経営計画を策定しており、その実現に向け、グループを挙げて取組んでおります。
        また、当社では、独立系パワー半導体メーカーというポジションと、それを最大限活用する経営方針・経営計
       画へのご理解を深めて頂くため、各ステークホルダーとの対話を緊密化させ、企業価値への適正な評価が得られ
       るように努めております。
        コーポレート・ガバナンス体制の強化としては、独立社外取締役の選任により取締役会の監督機能を強化する
       とともに、執行役員制度を通じ機動的な業務執行体制の構築、マネジメント機能の強化を推進しております。加
       えて、経営環境の変化に迅速に対応できる経営体制の実現と、事業年度における取締役の経営責任の明確化を図
       るため、取締役の任期を1年としております。
        当社取締役会は、これら取組みが、当社の企業価値を向上させるとともに、当社株主共同の利益を著しく損な
       う様な大規模買付行為の可能性を低減させると考えております。従って、これら取組みは基本方針に沿ったもの
       であり、当社株主共同の利益に資するものであると考えております。
                                 30/110



                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    (2)  【役員の状況】
      ① 役員一覧
    男性  12 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             7.7  %)
                                                       所有
        役職名          氏名       生年月日               略歴            任期   株式数
                                                       (株)
                               1986年4月      当社入社
                               2012年4月      技術本部MCD事業部副事業部長
                               2015年4月
                                    技術本部MCBD事業統括部長
                               2018年4月
                                    デバイス事業本部生産本部長
      代表取締役社長          髙 橋  広       1964年2月1日      生                       (注)3    3,000
                               2018年6月
                                    執行役員就任
                               2020年6月
                                    取締役上級執行役員就任
                               2021年6月
                                    代表取締役社長就任(現任)
                                    株式会社SETエンジニアリング入
                               1987年9月
                                    社
                               1991年4月      同社取締役開発部長
                               1997年5月      当社入社
                               2007年4月      技術本部PCD事業部長
                               2013年6月      執行役員就任
                               2013年10月      技術本部副本部長
        取締役
      (常務執行役員)
                               2018年4月      デバイス事業本部技術本部長
                中 道 秀 機       1959年1月10日      生                       (注)3    4,000
     マーケティング本部長
                               2018年6月      上級執行役員就任
      兼設計品質監査室長
                               2021年4月      半導体事業本部副事業本部長
                                    兼マーケティング本部長
                                    兼設計品質監査室長
                               2021年6月      取締役就任
                               2022年4月      マーケティング本部長
                                    兼設計品質監査室長(現任)
                               2022年6月      取締役常務執行役員就任(現任)
                               1985年4月      当社入社
                               2011年10月      営業本部大阪営業統括部副統括部長
                               2012年4月      営業本部大阪営業統括部長
        取締役
                               2017年4月      営業本部東日本営業統括部長
      (上級執行役員)
                               2017年6月      執行役員就任
                吉 田  智       1962年9月22日      生                       (注)3    1,400
    パワーモジュール・デバイス
                               2021年4月      半導体事業本部
         本部長
                                    パワーモジュール本部長
                               2021年6月      取締役上級執行役員就任(現任)
                               2022年4月      パワーモジュール・デバイス本部長
                                    (現任)
                               1987年2月      当社入社
                               2006年4月      技術本部マーケット戦略統括部長
                               2009年4月      技術本部新製品開発統括部長
                               2012年4月      技術本部RMD事業部長
                               2013年5月      サンケン    エレクトリック       コリア
                                    カンパニー     リミテッド代表理事就
        取締役
                                    任(現任)
      (上級執行役員)
                李  明 濬       1962年6月25日      生                       (注)3    1,600
                               2014年4月      技術本部副本部長
      マーケティング本部
                               2014年6月      執行役員就任
        副本部長
                               2021年4月      半導体事業本部マーケティング本部
                                    副本部長
                               2021年4月      上級執行役員就任(現任)
                               2022年4月      マーケティング本部副本部長(現
                                    任)
                               2022年6月      取締役就任(現任)
                                 31/110




                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有
        役職名          氏名       生年月日               略歴            任期   株式数
                                                       (株)
                               1989年4月      株式会社埼玉銀行(現         株式会社埼
                                    玉りそな銀行)入行
                               2008年4月      株式会社埼玉りそな銀行宮代支店長
                               2010年7月      同 本川越支店長
                               2014年4月      同 春日部支店長
                               2016年4月      株式会社りそなホールディングス市
                                    場企画部長
        取締役
                               2018年4月      当社出向    総務人事統括部副統括部
      (上級執行役員)         川 嶋 勝 巳       1964年7月30日      生                       (注)3     -
                                    長
    コーポレートデザイン本部長
                               2019年4月      当社転籍
                               2021年4月      総務人事統括部長
                               2021年6月      執行役員就任
                               2022年4月      コーポレートデザイン本部長(現
                                    任)
                               2022年6月      取締役上級執行役員就任(現任)
                               1986年4月      株式会社デーシーパック入社
                               1987年10月      株式会社SETエンジニアリング入
                                    社
                               1996年10月      当社入社
                               2016年5月      福島サンケン株式会社代表取締役社
        取締役
                                    長
      (上級執行役員)
                               2018年4月      デバイス事業本部技術本部マーケ
                宇津野 瑞 木       1965年5月3日      生                       (注)3     900
      事業推進本部長
                                    ティング統括部長
      兼推進管理統括部長
                               2021年4月      半導体事業本部事業推進本部長
                                    兼推進管理統括部長
                               2021年6月      執行役員就任
                               2022年4月      事業推進本部長兼推進管理統括部長
                                    (現任)
                               2022年6月      取締役上級執行役員就任(現任)
                               1975年9月      監査法人伊東会計事務所 入所
                               1980年5月
                                    イリノイ大学アーバナ・シャンペー
                                    ン校MBA取得
                               1980年7月      ICIジャパン株式会社 入社
                               1989年1月
                                    アーンスト アンド ヤング エル
                                    エルピー    シカゴ事務所
                                    シニアマネジャー
                               1997年10月
                                    アーンスト アンド ヤング エル
                                    エルピー    ニューヨーク事務所
                                    パートナー
                                    (2007年6月同社退職)
        取締役       藤 田 則 春       1950年9月26日      生                       (注)3      -
                               2008年9月
                                    新日本有限責任監査法人(現 EY新
                                    日本有限責任監査法人) 常務理事
                                    新日本有限責任監査法人
                               2008年10月
                                    JBSグローバル統括責任者
                                    (2013年6月同監査法人退職)
                                    藤田則春公認会計士事務所           代表
                               2013年7月
                                    (現任)
                                    中国中信集団有限公司
                               2015年8月
                                    社外取締役就任(2018年4月退任)
                                    当社  社外取締役就任(現任)
                               2016年6月
                               2018年8月
                                    アレグロ マイクロシステムズ イ
                                    ンク 社外取締役就任(現任)
                                 32/110





                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有
        役職名          氏名       生年月日               略歴            任期   株式数
                                                       (株)
                               1969年4月
                                    沖電気工業株式会社入社
                               1995年4月
                                    同社電子デバイス事業本部生産企画
                                    部長
                               1997年4月
                                    OKI   タイランド     カンパニー     リ
                                    ミテッド 取締役工場長就任
                               2005年4月
                                    沖電気工業株式会社
                                    半導体生産カンパニープレジデント
                               2006年6月
                                    チップモス     テクノロジーズ      インク
                                    社外取締役就任(2008年10月退任)
                               2008年4月
                                    OKI   タイランド     カンパニー     リ
        取締役       山 田 隆 基       1950年10月31日      生                       (注)3      -
                                    ミテッド    取締役社長就任(2012年
                                    7月退任)
                               2012年9月
                                    古河スカイ株式会社(現          株式会社
                                    UACJ)入社
                               2014年1月
                                    UACJ    タイランド     カンパニー
                                    リミテッド     副社長就任(2016年3
                                    月退任)
                               2016年5月
                                    タイ  スペシャル     ガス  カンパニー
                                    リミテッド     副社長就任(現任)
                               2021年6月
                                    当社  社外取締役就任(現任)
                               1981年4月

                                    弁護士登録
                               2001年11月
                                    NS綜合法律事務所所長(現任)
                               2003年6月
                                    株式会社クラヤ三星堂(現メディパ
                                    ルホールディングス株式会社)社外
                                    監査役就任
                               2007年6月
                                    明治乳業株式会社社外監査役就任
                               2009年4月
                                    明治ホールディングス株式会社社外
                                    取締役就任
                               2011年6月
                                    株式会社りそな銀行社外取締役就任
        取締役       佐 貫 葉 子       1949年4月3日      生                       (注)3      -
                                    (2012年6月退任)
                               2012年6月
                                    株式会社りそなホールディングス社
                                    外取締役監査委員会委員就任
                               2015年6月
                                    株式会社りそなホールディングス社
                                    外取締役監査委員会委員長就任
                                    (2020年6月退任)
                               2019年6月
                                    株式会社メディパルホールディング
                                    ス社外監査役就任(現任)
                               2022年6月
                                    当社  社外取締役就任(現任)
                               1981年4月      当社入社
                               2011年4月      管理本部総務人事統括部長補佐
       常任監査役
                鈴 木   昇       1959年2月27日      生  2011年10月      管理本部CSR室長               (注)4    1,500
        (常勤)
                               2014年6月      監査役就任
                               2022年6月      常任監査役就任(現任)
                               1985年4月      当社入社
                               2015年4月      生産本部品質統括部長
                               2021年4月      半導体事業本部事業推進本部品質統
                                    括部長
        監査役
                加 藤 康 久       1962年12月7日      生                       (注)4     800
                               2021年6月      執行役員就任
        (常勤)
                               2021年10月      サステナビリティ委員会
                                    ガバナンス部会長
                               2022年4月      社長付上席参与
                               2022年6月      監査役就任(現任)
                               1993年4月      弁護士登録
                                    山田・川崎・加藤法律事務所 入所
                                    (現  紀尾井坂テーミス綜合法律事
                                    務所)
        監査役        南    敦       1958年3月13日      生                       (注)5      -
                               2001年10月      南法律特許事務所 パートナー
                                    (現任)
                               2017年6月      当社  社外監査役就任(現任)
                                 33/110



                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有
        役職名          氏名       生年月日               略歴            任期   株式数
                                                       (株)
                               1978年4月      株式会社埼玉銀行入行
                               2008年4月      株式会社埼玉りそな銀行 
                                    常務執行役員就任 埼玉営業本部長
                               2009年10月      同行 常務執行役員 コンプライア
                                    ンス統括部担当兼融資企画部担当兼
                                    リスク統括部担当
                                    (2010年6月退任)
                               2010年6月      りそな債権回収株式会社代表取締役
        監査役       平 野 秀 樹       1954年8月30日      生                       (注)6      -
                                    社長就任(2011年9月退任)
                               2012年4月      りそな保証株式会社代表取締役社長
                                    就任(2015年3月退任)
                               2014年10月      株式会社ダイゾー社外監査役就任
                                    (現任)
                               2015年6月      株式会社サンテック社外監査役就任
                                    当社  社外監査役就任(現任)
                               2019年6月
                           計                            13,200
     (注)1 取締役 藤田則春、山田隆基及び佐貫葉子の各氏は、社外取締役であります。
       2 監査役 南 敦及び平野秀樹の両氏は、社外監査役であります。
       3 取締役の任期は、2022年3月期に係る定時株主総会終結の時から2023年3月期に係る定時株主総会終結の時
         までであります。
       4 監査役 鈴木 昇氏及び加藤康久氏の任期は、2022年3月期に係る定時株主総会終結の時から2026年3月期
         に係る定時株主総会終結の時までであります。
       5 監査役 南 敦氏の任期は、2021年3月期に係る定時株主総会終結の時から2025年3月期に係る定時株主総
         会終結の時までであります。
       6 監査役 平野秀樹氏の任期は、2019年3月期に係る定時株主総会終結の時から2023年3月期に係る定時株主
         総会終結の時までであります。
       7 当社は、法令に定める社外監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監
         査役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次の通りであります。
                                                       所有
                                                      株式数
         氏名       生年月日                     略歴
                                                      (株)
                              弁護士登録
                       2004年10月
                              東京八丁堀法律事務所 入所
                              東京八丁堀法律事務所           パートナー(現任)
                       2014年11月
       井  上 廉
             1976年9月7日生                                           -
                       2015年4月       第二東京弁護士会弁護士業務センター委員
                       2019年4月       東京都立墨東病院治験審査委員会委員(現任)
       8 報告書提出日現在における取締役を兼務しない執行役員の状況は次の通りであります。
          地位        氏名                     役職等
                       マーケティング本部副本部長              兼  ものづくり開発センター長
        上級執行役員        赤 石 和 夫
                       マーケティング本部副本部長              兼  素子量産統括部長
        上級執行役員        原 田 裕 介
         執行役員       岩 田   誠        パワーモジュール・デバイス本部付 石川サンケン㈱代表取締役社長
         執行役員       野 口 敏 雄        パワーモジュール・デバイス本部副本部長
                       コーポレートデザイン本部米国事業推進室長
         執行役員       幡 野 耕治郎
                       兼  出向アレグロ       マイクロシステムズ          エルエルシー
         執行役員       丸 尾 博 一        コーポレートデザイン本部経営企画室長
         執行役員       福 田 光 伸        マーケティング本部パワーモジュール開発統括部長
      ②   社外役員の状況

       1)  社外取締役及び社外監査役の員数
         社外取締役:3名
        社外監査役:2名
                                 34/110



                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
       2)  社外取締役及び社外監査役と提出会社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係
        提出日現在、当社と社外取締役及び社外監査役との間に、特別な利害関係はありません。
        なお、社外取締役及び社外監査役の独立性に関する独自の基準または方針はないものの、候補者選任に当たっ
       ては、会社法の定めに従い、また、取引関係の有無・重要性など、東京証券取引所の定める独立性基準等に基づ
       き、一般株主と利益相反が発生するおそれが無い人物であること並びに取締役会への貢献が期待できる人物であ
       ることを、独立社外役員の候補者選定基準としております。社外取締役及び社外監査役の選任状況及び独立性に
       関する考え方は、以下の通りであります。なお、当社の社外取締役及び社外監査役の独立性等に関する事項につ
       きましては、当社が東京証券取引所に提出しているコーポレ―トガバナンス報告書においても開示しております
       ので、そちらもご参照下さい。
                                 35/110

















                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      役職及び氏名                      選任状況及び独立性に関する考え方

              藤田則春氏は、日本及び米国における公認会計士資格を有しており、財務及び会計に関する高度な知見を有してお
              ります。また、米国の監査法人においてパートナーを務められるなど、豊富な国際経験も有しており、グローバル
              経営推進の観点で有益な助言・提言を頂いております。また、藤田氏は、「指名委員会」及び「報酬委員会」にお
              ける委員長に就任頂いており、当社のコーポレートガバナンスの透明性の確保と適切性の向上に貢献頂いておりま
              す。更には「成長改革委員会」の委員にも就任頂いており、グループ構造改革の推進においても貢献頂いておりま
              す。なお、藤田氏は、2018年より当社の重要な米国子会社の社外取締役に就任しており、グループ経営の面におい
              ても、同様に貢献頂けるものと考えております。こうしたことから、当社グループが中長期的な成長戦略を進めて
              行く中で、藤田氏は、業務執行全般における適切性の確保と監督機能の強化といった、独立性を有する社外取締役
              の職責を適切に果たして頂けるものと期待しております。
     社外取締役
              藤田則春氏は、当社の会計監査人である監査法人に属しておりましたが、当社の会計監査に直接的に関与すること
     藤 田 則 春
              はなく、コンサル業務を主体とするJBSグローバル統括責任者に就いておりました。また、当該監査法人退職
              後、既に約9年が経過しておりますので、同氏と同法人との間に利害関係は無く、独立した立場を確保しつつ、客
              観的な視点で当社経営を監視頂くことができると考えております。
              一方、当社が会計監査人に支払う監査報酬等の額は一般的な水準の範囲内にあり、また、同法人は多数の企業の会
              計監査人に就任しているため、同法人が、当社から支払われる監査報酬に大きく依存している状況にありません。
              こうした状況を踏まえ、藤田氏が当社経営陣から著しいコントロールを受けることは無く、また同氏が当社経営陣
              に対し著しいコントロールを及ぼすことも無いと考えられます。
              上記により当社では、藤田氏の独立性は確保されており、同氏と一般株主との間に利益相反が生じる恐れは無いと
              考えております。
              山田隆基氏は、長年の半導体メーカーでの勤務経験を有し、半導体業界及び事業内容に通じています。同氏が過去
              に勤務していた沖電気工業株式会社では、同社の半導体生産カンパニーのプレジデントを務めたほか、海外の生産
              子会社の取締役社長を務めるなど、半導体メーカーにおける企業経営の経験も有しております。このほか、UAC
              J タイランド     カンパニー     リミテッド設立時には、海外経験を活かし大型プロジェクトを主導し、また、現在に
              おいては、タイ       スペシャル     ガス  カンパニー     リミテッドの副社長として、新規ビジネス開拓等に活躍されるな
              ど、異業種メーカーでの実務経験とネットワークを豊富に有しております。
              また、山田氏は、「指名委員会」及び「報酬委員会」における委員に就任頂いており、当社のコーポレートガバナ
              ンスの透明性の確保と適切性の向上に貢献頂いております。更には「成長改革委員会」の委員にも就任頂いてお
     社外取締役 
              り、グループ成長戦略の推進においても貢献頂いております。
     山 田 隆 基
              こうしたことから、山田氏には業務執行全般における適切性の確保に貢献頂くとともに、当社グループが半導体
              メーカーとして事業を推進して行く中で、有益な提言を頂けるものと考えております。当社グループによる中長期
              的な成長戦略の実現において、山田氏は社外取締役としての職責を適切に果たして頂けるものと期待しておりま
              す。
              なお、山田氏が過去に勤務していた沖電気工業株式会社の半導体部門は、現在、ローム株式会社グループの一部で
              あり、当社は同社グループと取引があります。その取引額は、当社及びローム株式会社の双方における連結売上高
              の2%未満であり、主要な取引関係には該当いたしません。
              佐貫葉子氏は、法律専門家としての知識や経験を豊富に有しており、これまで複数の上場企業において社外役員を
              歴任され、その中で監査委員会の委員長にも就任されておりました。2020年より日本女性法律家協会の会長を務め
              られ、女性活躍において社会に貢献されております。これらの経験・知見から、特に法務リスクやコンプライアン
              スの領域において、また、当社における女性活躍等のダイバーシティの観点で、有益な助言・提言を頂けるものと
              考えております。佐貫氏には、独立した立場から弁護士としての客観的な観点で経営を監視頂くことが期待でき、
     社外取締役
              当社取締役会の監督機能強化に大いに貢献頂けるものと考えております。
     佐 貫 葉 子
              これらのことから、当社グループが中長期的な成長戦略を進めて行く中で、佐貫氏は、業務執行全般における適切
              性の確保と監督機能の強化といった、社外取締役の職責を適切に果たして頂けるものと期待しております。
              なお、佐貫氏は、過去に当社の借入先である株式会社りそな銀行及びその親会社である株式会社りそなホールディ
              ングスの取締役に就任しておりましたが、いずれも独立性を有する社外取締役としての就任であり、当社社外取締
              役の職務遂行に当たり、独立性の観点で問題は無いと考えております。
              南敦氏は、弁護士及び弁理士としての専門的な知識・経験を有しており、法律専門家として客観的な立場から、監

     社外監査役
              査の妥当性確保など、独立性を有する社外監査役としての職務を適切に遂行していただけるものと判断いたしてお
     南     敦
              ります。
              平野秀樹氏は、過去の銀行勤務の経験から、財務・会計に関する高い知見を有しております。また、長年の企業経
              営者としての経験も有しておりますので、経営者の目線から監査頂けるものと考えております。同氏は当社の主要
              な取引銀行出身ですが、同行の常務執行役員を2010年に退任しており、同行から報酬等を受領しておりません。こ
              のため、当社では、同氏と同行との間に利害関係は存在しないと考えております。
     社外監査役
              一方、2022年3月期末時点における当該銀行からの借入額は、借入金残高の9%程度であり、大きく依存している
     平 野 秀 樹
              状況にはありません。また、当社は複数の金融機関と取引を行っております。これら状況を踏まえ、同氏が当社経
              営陣から著しいコントロールを受けることはなく、また同氏が当社経営陣に対し著しいコントロールを及ぼすこと
              も無いと考えられます。上記により当社では、同氏の独立性は確保されており、同氏と一般株主との間に利益相反
              が生じるおそれは無いものと考えております。
                                 36/110





                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部
        統制部門との関係
        「社外取締役と監査役会のミーティング」を年2回(9月、2月)実施しており、この会議の中で、監査役会
       から社外取締役に対して監査役会の監査計画の概要と、その計画に基づく監査結果の状況を報告し、情報共有を
       図っております。監査実施状況の報告においては、会計監査人の監査結果並びに内部統制部門と監査役会とのコ
       ミュニケーションの状況についても報告を行っております。
        なお、内部統制部門と監査役会との連携として、毎月、常勤監査役2名と内部統制部門とで定例的に会合を開
       催し、内部統制部門から活動状況の聴取を行っている他、内部統制部門から社外監査役2名を含む監査役会に対
       して、年1回(5月前半)活動報告を行っております。
        また、会計監査人と監査役会の連携としては、四半期レビュー結果、年度監査結果の聴取や会計監査人と監査
       役会とのディスカッションを実施する等、社外監査役を含めた監査役4名が会計監査人と接点を持ち、コミュニ
       ケーションの強化に努めております。
     (3)  【監査の状況】

      ① 監査役監査の状況
       a.組織・人員及び手続
         当社は、社外監査役2名を含む監査役4名で監査役会を構成しています。常任監査役太田明は長年の当社で
        の経理・財務部門における勤務経験を有しております。また、監査役鈴木昇は長年、子会社の監査役として会
        計監査を実施しており、監査役平野秀樹は長年の金融機関での勤務経験を有しておりますことから、この3名
        は財務及び会計に関する相当程度の知見を有するものであります。
         また、監査役会事務局等の事務につきましては、法務部門のスタッフ(2名)がこれを補助しております。
       b.監査役及び監査役会の活動状況

        (a)監査役会の開催頻度、個々の監査役の出席状況
         当事業年度において、監査役会を15回開催しており、個々の監査役の出席状況については以下のとおりで
         す。
                              氏    名
                役 職 名                        出席状況(出席率)
                            太  田      明
            常任監査役(常勤)                           15回/15回(100%)
                            鈴  木      昇
            監査役(常勤)                           15回/15回(100%)
                            南       敦
            監査役(非常勤・社外)                           15回/15回(100%)
                            平  野 秀    樹
            監査役(非常勤・社外)                           15回/15回(100%)
          (注)1 常任監査役(常勤)太田明は、2022年6月24日開催の第105回定時株主総会終結の時をもって当
               社監査役を退任しております。
            2 監査役(常勤)鈴木昇は、2022年6月24日開催の第105回定時株主総会決議により再任され、常
               任監査役(常勤)に就任しております。
        (b)監査役会の主な検討事項

         監査役会におきましては、年間を通じ次のような決議、報告、協議がなされました。
         決議における主な検討事項は、監査の方針、監査実施計画及び                             監査費用予算、監査役会規程及び監査役監査
        基準等の改定、会計監査人の再任・不再任、報酬同意及び監査役会監査報告書作成にあたっての会計監査人の
        監査の方法及び結果の相当性等であり、報告の主な事項としては、経営会議の主要決裁事項、各拠点等の常勤
        監査役の監査結果、内部監査部門であるCSR室の活動状況、監査役会日程等であります。また、協議は、監
        査役報酬に関する事項であります。
        (c)常勤及び非常勤(社外)監査役の活動状況

         各監査役は、取締役会に出席し、                必要により意見表明を行い、取締役から経営上の重要事項に関する説明を
        聴取するとともに、業務の適正を確保するための体制の整備状況を監視・検証するなど、取締役の職務執行に
        ついて適法性・妥当性の観点から監査をおこなっております。常勤監査役は、監査役会が定めた監査の方針、
        監査実施計画及び職務の分担等に従い、オンライン形式も活用しながら、本社、各子会社及び各事業所におい
        て業務及び財産の状況を実地調査するとともに、経営会議等の重要会議への出席、取締役及び使用人等からそ
                                 37/110


                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
        の職務の執行状況聴取、内部監査部門並びに経理部門との月例会開催による情報収集及び意見交換、重要な決
        裁書類の閲覧等を実施しております。また、常勤監査役は、上述しました活動内容を監査役会にて非常勤の社
        外 監査役に定期的に報告することにより、情報の共有と意思の疎通を図るとともに意見交換を行い、社外監査
        役は独立役員の立場でそれぞれの専門的知見から意見を述べております。なお、このほか、社外監査役は国内
        外の主要拠点の視察を循環で実施しております。
         監査役会としては、代表取締役への定例報告会、社外取締役との情報交換、各戦略市場責任者からの業務執
        行状況ヒアリングの実施等のほか、会計監査人との間におきましても監査計画、監査実施状況・結果の報告聴
        取、意見交換会等を実施する等により、取締役の職務の執行状況を監査し、経営監視機能を果たしておりま
        す。
      ②   内部監査の状況

        当社における内部監査は、CSR室が実施しており、その人員は15名であります。CSR室は、従業員の会社
       活動全般にわたる監査・判定、改善の提言及び実行支援、コンプライアンス教育・研修の推進に携わっておりま
       す。なお、従業員に対する行動規範として「行動指針」を制定しているほか、倫理法令遵守の指針として、「コ
       ンダクトガイドライン」を制定しております。さらに、従業員の内部情報の通報・相談窓口となる「ヘルプライ
       ン」を設けるなど、コンプライアンス体制の確立のための規程・制度の充実に努めております。
        当社は、会社法に基づく会計監査人及び金融商品取引法監査を行う監査法人としてEY新日本有限責任監査法人
       を選任しており、監査役は当該会計監査人と定期的にミーティングを実施しております。この中で、決算情報の
       ほか、会計監査、リスク及び内部統制の状況等について情報を共有し、意見交換等を行っております。
      ③   会計監査の状況

        a.  監査法人の名称
         EY新日本有限責任監査法人
        b.  継続監査期間

         1961年以降
         (注)上記記載の期間は、調査が著しく困難であったため、当社が株式公開した以後の期間について調査し
           た結果を記載したものであり、継続監査期間はこの期間を超える可能性があります。
        c.  業務を執行した公認会計士

         指定有限責任社員 業務執行社員 公認会計士 木村  修
         指定有限責任社員 業務執行社員 公認会計士 狹間 智博
        d.   監査業務に係る補助者の構成

         当社における会計監査業務に係る補助者は公認会計士8名、会計士試験合格者等6名、その他29名です。
        e.  監査法人の選定方針と理由

          当社は、会計監査人の選定及び評価に際しては、当社の広範な業務内容に対応して効率的な監査業務を実
         施することができる一定の規模と世界的なネットワークを持つこと、審査体制が整備されていること、監査
         日数、監査期間及び具体的な監査実施要領並びに監査費用が合理的かつ妥当であること、さらに監査実績等
         により総合的に判断いたします。また、日本公認会計士協会の定める「独立性に関する指針」に基づき独立
         性を有することを確認するとともに、必要な専門性を有することについて検証し、確認いたします。 
          監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、株主総会
         に提出する会計監査人の解任または不再任に関する議案の内容を決定し、取締役会は当該決定に基づき当該
         議案を株主総会に提出いたします。
          また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査役会が監
         査役全員の同意に基づき会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最
         初に招集される株主総会において会計監査人を解任した旨及びその理由を報告いたします。
        f.  監査役及び監査役会による監査法人の評価

          当社の監査役会は、監査法人に対して評価を行っており、同法人による会計監査は、従前から適正に行わ
         れていることを確認しております。
          また、監査役会は会計監査人の再任に関する確認決議をしており、その際には、当社監査役会が定める
         「会計監査人の再任・不再任(選任・解任)評価基準」に基づく、総合的な評価を実施しております。
                                 38/110


                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
       ④ 監査報酬の内容等
        a.    監査公認会計士等に対する報酬の内容
                     前連結会計年度                     当連結会計年度
        区分
                監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
               基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
       提出会社                75           ―           78           1
      連結子会社                 ―           ―           ―           ―

         計               75           ―           78           1

         当社における非監査業務の内容は、コンフォートレターの作成に伴うものです。
        b.  監査公認会計士等と同一のネットワーク(Ernst                      & Young)に対する報酬(a.を除く)

                      前連結会計年度                     当連結会計年度
        区分
                監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に          非監査証明業務に
               基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
       提出会社                 ―           ―           ―           3
       連結子会社                 29           0          30           28

         計               29           0          30           31

    (前連結会計年度)

     当社の連結子会社であるポーラー セミコンダクター エルエルシー、サンケン エレクトリック ホンコン カン
    パニー リミテッド及び台湾三墾電気股份有限公司は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属している
    Ernst   & Youngのメンバーファームに対して、監査証明業務及び非監査業務に基づく報酬を支払っております。
     また、当社の連結子会社における非監査業務の内容は、主に税務関連業務、移転価格対応業務であります。
    (当連結会計年度)

     当社は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているErnst                                   & Youngのメンバーファームに対して、非
    監査業務に基づく報酬を支払っております。非監査業務の主な内容は、税務関連業務であります。
     当社の連結子会社であるポーラー セミコンダクター エルエルシー、サンケン エレクトリック ホンコン カン
    パニー リミテッド及び台湾三墾電気股份有限公司は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属している
    Ernst   & Youngのメンバーファームに対して、監査証明業務及び非監査業務に基づく報酬を支払っております。
     また、当社の連結子会社における非監査業務の内容は、主に税務関連業務、移転価格対応業務、会計基準に関する指
    導及び助言業務であります。
        c.  その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

           該当事項はありません。
        d.  監査報酬の決定方針

          該当事項はありませんが、監査報酬の決定に際しては、監査内容、監査日数等を勘案し、監査公認会計士
         等と協議の上、当社監査役会が定める「会計監査人監査報酬の判断基準」に基づき決定しております。ま
         た、その内容について監査役会の同意を得た後に契約を締結することとしております。
        e.  監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

          監査役会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務指針」を踏まえ、会計監査人
         の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積りの算出根拠などが適切であるかどうかについ
         て、必要な検証を行った上で、会計監査人の報酬等について、会社法第399条第1項に定める同意の判断をい
         たしました。
                                 39/110



                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
     (4)  【役員の報酬等】
      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
       ■  役員報酬制度の基本的な考え方
         当社は、役員報酬制度(業務執行役員を対象とする報酬制度)を、コーポレートガバナンスにおける重要事項
        と認識し、以下を基本的な考え方としております。
              優秀な人材の確保に資すること
              役位ごとの役割の大きさや責任の範囲に相応しいものであること
              当社の企業価値向上と持続的成長に向けた動機付けとなること
              報酬決定の手続きに透明性と客観性が担保されていること
       ■  役員報酬制度の概要
         当社は、上記の基本的な考え方に基づき、また、社外取締役が委員の過半数を占める報酬委員会での審議結果
        を踏まえ、取締役の個人別の報酬等の内容についての決定方針(以下「報酬決定方針」といいます。)を取締
        役会において決定しており、その概要は以下の通りであります。
        - 当社の取締役報酬は、役位・役割に応じて決定され、月毎に支給される基本報酬と、業績の達成度によって
         変動する業績連動報酬により構成されます。さらに、業績連動報酬は、短期業績に基づき変動し、事業年度
         毎に支給される短期インセンティブ、及び中長期の業績に基づき変動し、原則退任時に当社株式が交付され
         る長期インセンティブとしての株式報酬(株式交付信託型)に展開される仕組みとします。
        - 取締役の報酬水準の設定については、各役位に対して総報酬の基準額を定めており、市場競争力を担保する
         ため、国内の大手企業が参加する報酬調査結果をベンチマークとし、毎年、基準額の水準の妥当性を検証す
         ることとします。また、業績連動報酬における業績指標及び比率については、上記の基本的な考え方及び報
         酬委員会での審議結果に基づき設定することとし、当事業年度における業績連動報酬の比率は、業績目標達
         成時に概ね40%となるよう設計しております。
        - 社外取締役に対する報酬は、その職務の性格から業績との連動を排除し基本報酬のみとし、また、監査役に
         対する報酬につきましても、監査という業務の性格から業績との連動を排除し、基本報酬のみを監査役の協
         議により支給することとしております。
                  固定部分                      変動部分

                                      業績連動報酬 40%
                  基本報酬
                                           長期インセンティブ
                                短期インセンティブ
                   60%
                                             (株式報酬)
                                    27%
                                               13%
        - 短期インセンティブについては、単年度の業績目標への達成意欲をさらに高めることを目的として、単年度
         の業績指標に応じて、原則として標準支給額に対し0~150%の範囲で変動します。業績連動指標は、報酬
         委員会における審議を通じ、重要な業績目標である「連結売上高」及び「連結営業利益」を共通項目として
         設定しております。その他、個人別に期待する役割に応じて個別の指標も設定します。なお、当事業年度の
         短期インセンティブに対する業績指標(共通項目)の結果は以下の通りです。
                       目標値          実績値         達成率

         連結売上高              1,560億円          1,756億円        113%
         連結営業利益               115億円          137億円       119%
        - 長期インセンティブについては、中長期的な企業価値向上への貢献意欲を高め、株主の皆様と利害共有を図

         るとともに、中期経営計画(以下「中計」といいます。)における業績目標及び構造改革の達成等に向けた
         意欲を高めることを目的として、株式報酬制度を導入しております。役位及び中計期間での業績指標に応
         じ、原則として標準支給額に対し0~150%の範囲で変動します。業績連動指標は、報酬委員会での審議を
         通じ、中長期的に事業の収益力向上を重視し、「連結営業利益」及び「連結ROE」を設定し、これに加え、
         適切な株主還元を含めた株主価値向上へのコミットメントを示すことを目的に、「相対TSR」(電気機器
         TOPIXとの相対評価)を業績連動指標に設定しております。
       ■  役員報酬の株主総会決議に関する事項

         当社の取締役(社外取締役を除く)に対する報酬は、「基本報酬」及び「賞与」により構成されておりまし
        たが、2019年6月21日開催の定時株主総会において役員報酬制度を改定しております。金銭報酬については、
        取締役の報酬総額として、1事業年度当たり年額5億円以内(うち社外取締役2億円以内)の報酬枠を設け、
        また、監査役の報酬総額として80百万円以内の報酬枠を設けております。
         この金銭報酬とは別枠で、取締役(社外取締役を除く)を対象とする長期インセンティブとして、同株主総
                                 40/110

                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
        会において業績連動型株式報酬制度を導入し、1事業年度当たり90百万円以内の株式報酬枠を設けておりま
        す。当社が取締役に対して付与するポイントの総数は、1事業年度当たり90,000ポイントが上限となります
        (1  ポイントは当社株式1株に相当)。なお、同株主総会終結時点における取締役の人数は9名(うち社外取
        締役は3名)、監査役は4名(うち社外監査役は2名)であります。
                 対象者                 取締役                   監査役

                                         うち社外取締役
                                     500百万円以内
                金銭報酬                                   80百万円以内
                                          200百万円以内
                株式報酬
                                90百万円以内
          (信託に拠出する信託金の上限金額)
                                               (対象外)
                株式報酬
                              90,000ポイント以内
        (取締役等に付与されるポイント数の上限)
       ■  報酬委員会の活動内容

         上記の基本的な考え方に基づき、取締役会の意思決定に関わるプロセスの透明性確保と、コーポレートガバ
        ナンスの充実を目的に、取締役会の任意の諮問機関として、報酬委員会を設置しております。報酬委員会は、
        社外取締役が委員長を務め、また、委員の過半数を社外取締役としており、当事業年度は5回開催いたしまし
        た。具体的には、取締役及び執行役員の個別の短期インセンティブの報酬額、業績連動報酬に係る業績指標の
        設定等に関する審議を行い、その決定内容を取締役会に答申いたしました。
       ■  取締役の個人別の報酬等の内容の決定に係る委任に関する事項
         取締役の個人別の報酬額は、他社の状況等を参考に設定された役職ごとの基準額や実績・会社への貢献度な
        どを踏まえ、社外取締役が委員長を務め、かつ過半数を構成する任意の報酬委員会における審議を経た後に、
        同委員会からの答申内容を最大限尊重した上で、取締役会決議を以て、取締役会から委任を受けた取締役会長
        (取締役会長不在の場合は取締役社長)が決定することとしております。この方針に基づき、定時株主総会後
        の新経営体制における機動的な報酬額決定を目的に、当事業年度に係る取締役の個人別の報酬額については、
        報酬委員会の答申結果の通りとして、取締役会から取締役会長 和田節に委任しております。
       ■  取締役の個人別の報酬等の内容が決定方針に沿うものであると取締役会が判断した理由
         当事業年度における取締役の個人別の報酬等の内容は、基本報酬については役位・役割に応じた支給基準に
        従っており、業績連動報酬については業績指標の達成度に基づき決定されております。これらにつきまして
        は、社外取締役が委員長を務め、かつ過半数を構成する任意の報酬委員会での審議を経ていることから、上記
        の報酬決定方針に沿うものであると判断しております。
       ②   提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                   対象となる
                    報酬等の総額
                                             長期
           役員区分                                       役員の員数
                                     短期
                     (百万円)
                             基本報酬              インセンティブ
                                                    (名)
                                   インセンティブ
                                           (株式報酬)
        取締役
                         268       161        93        13      8
        (社外取締役を除く。)
        監査役
                          44       44        -        -      2
        (社外監査役を除く。)
        社外役員                  55       55        -        -      6
        (注)  1.取締役の基本報酬と短期インセンティブの合計額は、第102回定時株主総会(2019年6月21日)決議による報酬限度額である
            年額5億円以内(うち社外取締役は2億円以内)です。また、監査役の報酬額は同総会決議による報酬限度額である年額80
            百万円以内です。
          2.上記の短期インセンティブは、(注)1に記載の株主総会決議に基づき、取締役会の決議により支払う予定の額です。
          3.長期インセンティブ(株式報酬)は、当事業年度における費用計上額を記載しております。
          4.取締役の支給人数及び報酬等の額には、2021年6月25日開催の第104回定時株主総会終結時に退任した取締役2名分を含んで
            おります。
          5.社外役員の支給人数及び報酬等の額には、2021年6月25日開催の第104回定時株主総会終結時に退任した社外取締役1名分を
            含んでおります。
          6.上記の他、社外役員が当社連結子会社から受けた役員としての報酬額は49百万円であります。
       ③   提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

         連結報酬等の額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
                                 41/110



                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、取引先等との事業上の関係を維持・強化し、当社の中長期的な企業価値向上を目的として、取引先等
       の株式を保有することがあります。保有目的が純投資目的である投資株式はありません。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
        内容
         取締役会は、毎年、個別の政策保有株式について、取引関係の維持・強化等によって得られる効果等を総合
        的に勘案し、中長期的な観点から政策保有株式を保有することの合理性を検証します。政策保有株式として保
        有することの合理性が認められない場合には、当該株式の保有を縮減します。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                            貸借対照表計上額の

                     銘柄数
                     (銘柄)
                             合計額(百万円)
        非上場株式               8              331
        非上場株式以外の株式              10               633
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                     銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                          株式数の増加の理由
                     (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                                        委託先との生産協力関係強化
        非上場株式               1              251
                                        のため
        非上場株式以外の株式              ―               ―               ―
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                     銘柄数      株式数の減少に係る売却
                     (銘柄)      価額の合計額(百万円)
        非上場株式               2              327
        非上場株式以外の株式              ―               ―
                                 42/110









                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
    特定投資株式

              当事業年度         前事業年度
                                                      当社の株
                                   保有目的、定量的な保有効果
              株式数(株)         株式数(株)
       銘柄                                               式の保有
                                   及び株式数が増加した理由
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                      の有無
               (百万円)         (百万円)
                 509,096         509,096
                               保有目的:事業上の関係を維持・強化するため                        注2
    ㈱りそなホール
    ディングス
                               定量的な保有効果:注1                        無
                   266         236
    ㈱三菱UFJ
                 167,000         167,000
                               保有目的:事業上の関係を維持・強化するため                        注3
    フィナンシャ
                               定量的な保有効果:注1                         無
                   126         98
    ル・グループ
                 222,430         222,430
                               保有目的:事業上の関係を維持・強化するため
    ㈱八十二銀行                                                   有
                               定量的な保有効果:注1
                    90         89
    ㈱北國フィナン
                  14,108         14,108
                               保有目的:事業上の関係を維持・強化するため                        注4
    シャルホール
                               定量的な保有効果:注1                        無
                    43         39
    ディングス
    ㈱みずほフィナ
                  21,600         21,600
                               保有目的:事業上の関係を維持・強化するため                        注5
    ンシャルグルー
                               定量的な保有効果:注1                         無
                    33         34
    プ
                 150,000         150,000
                               保有目的:事業上の関係を維持・強化するため
    ㈱東邦銀行                                                   有
                               定量的な保有効果:注1
                    30         36
                  15,015         15,015
                               保有目的:事業上の関係を維持・強化するため
    ㈱山形銀行                                                   有
                               定量的な保有効果:注1
                    13         17
    ㈱三井住友フィ
                  3,200         3,200
                               保有目的:事業上の関係を維持・強化するため                        注6
    ナンシャルグ
                               定量的な保有効果:注1                        無
                    12         12
    ループ
                               保有目的:事業上の関係を維持・強化するため                        注7
    ㈱大和証券グ             15,542         15,542
    ループ本社
                               定量的な保有効果:注1                        無
                    10         8
    三井住友トラス
                  1,300         1,300
                               保有目的:事業上の関係を維持・強化するため                        注8
    ト・ホールディ
                               定量的な保有効果:注1                        無
                    5         5
    ングス㈱
     (注)   1 定量的な保有効果については記載が困難でありますが、保有の合理性につきましては、個別に政策保有の意
         義を検証しております。
       2 ㈱りそなホールディングスは当社株式を保有しておりませんが、グループ会社である㈱埼玉りそな銀行が当
         社株式を保有しております。
       3 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループは当社株式を保有しておりませんが、グループ会社である㈱三菱U
         FJ銀行が当社株式を保有しております。
       4 ㈱北國フィナンシャルホールディングスは当社株式を保有しておりませんが、グループ会社である㈱北國銀
         行が当社株式を保有しております。
       5 ㈱みずほフィナンシャルグループは当社株式を保有しておりませんが、グループ会社であるみずほ証券㈱が
         当社株式を保有しております。
       6 ㈱三井住友フィナンシャルグループは当社株式を保有しておりませんが、グループ会社である㈱三井住友銀
         行が当社株式を保有しております。
       7 ㈱大和証券グループ本社は当社株式を保有しておりませんが、グループ会社である大和証券㈱が当社株式を
         保有しております。
       8 三井住友トラスト・ホールディングス㈱は当社株式を保有しておりませんが、グループ会社である三井住友
         信託銀行㈱が当社株式を保有しております。
    みなし保有株式

     該当事項はありません。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

         該当事項はありません。
      ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

         該当事項はありません。
      ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

         該当事項はありません。
                                 43/110




                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
      下、「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、財
      務諸表等規則という。)に基づいて作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2021年4月1日から2022年3月31日
      まで)及び事業年度(2021年4月1日から2022年3月31日まで)の連結財務諸表及び財務諸表について、EY新日本有限
      責任監査法人により監査を受けております。
    3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の
      内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制の整備をするため、公益
      財団法人財務会計基準機構へ加入し、会計監査法人等が主催する研修会に参加しております。
                                 44/110













                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                60,990              58,959
                                     ※1  36,962            ※1  35,617
        受取手形及び売掛金
        商品及び製品                                15,864              14,153
        仕掛品                                19,782              21,392
        原材料及び貯蔵品                                5,592              6,471
        その他                                9,027              12,154
                                         △ 46             △ 18
        貸倒引当金
        流動資産合計                               148,173              148,729
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               20,635              26,869
         機械装置及び運搬具(純額)                               30,328              32,656
         工具、器具及び備品(純額)                               1,317              1,238
         土地                               5,812              5,243
         リース資産(純額)                                 47             1,994
                                        9,425              6,584
         建設仮勘定
                                     ※2  67,566            ※2  74,587
         有形固定資産合計
        無形固定資産
         ソフトウエア                               2,065              1,678
         のれん                               1,959              1,954
                                        4,116              4,513
         その他
         無形固定資産合計                               8,141              8,146
        投資その他の資産
         投資有価証券                                990             2,484
         繰延税金資産                               3,484              2,781
         退職給付に係る資産                               1,776              2,070
         その他                               3,617              6,013
                                         △ 76             △ 80
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               9,792              13,268
        固定資産合計                                85,500              96,002
      資産合計                                 233,673              244,732
                                 45/110







                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                20,870              17,916
                                     ※3  12,357            ※3  10,681
        短期借入金
        1年内返済予定の長期借入金                                  646              626
        1年内償還予定の社債                                15,000                -
        コマーシャル・ペーパー                                4,000              6,000
        リース債務                                  31              478
        未払費用                                12,615              13,215
        未払法人税等                                2,151               625
        業績連動役員報酬引当金                                  72              -
        業績連動報酬引当金                                  -              224
        事業譲渡損失引当金                                1,339                -
        事業構造改革引当金                                2,414               366
                                        5,128              2,342
        その他
        流動負債合計                                76,627              52,477
      固定負債
        社債                                5,000              5,000
        長期借入金                                33,329              43,015
        リース債務                                  23             1,581
        繰延税金負債                                1,018              1,479
        株式報酬引当金                                  43              76
        役員退職慰労引当金                                  41              25
        退職給付に係る負債                                2,632              2,405
                                        1,706              1,267
        その他
        固定負債合計                                43,795              54,850
      負債合計                                 120,422              107,327
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                20,896              20,896
        資本剰余金                                60,882              62,701
        利益剰余金                                6,599              9,248
                                       △ 4,226             △ 4,222
        自己株式
        株主資本合計                                84,153              88,624
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                  46              101
        為替換算調整勘定                                1,332              7,570
                                       △ 1,955             △ 1,322
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                △ 577             6,349
      非支配株主持分                                 29,674              42,430
      純資産合計                                 113,250              137,404
     負債純資産合計                                  233,673              244,732
                                 46/110





                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                                   ※1  175,660
     売上高                                  156,795
                                   ※2 ,※4  117,659           ※2 ,※4  120,475
     売上原価
     売上総利益                                   39,135              55,184
                                    ※3 ,※4  40,333           ※3 ,※4  41,464
     販売費及び一般管理費
     営業利益又は営業損失(△)                                  △ 1,198              13,720
     営業外収益
      受取利息                                    91              87
      受取配当金                                    28              28
      為替差益                                    -              387
      作業くず売却益                                   162               84
      雇用調整助成金                                   256               -
      投資有価証券評価益                                    -              354
                                         360              516
      雑収入
      営業外収益合計                                   899             1,459
     営業外費用
      支払利息                                   891              565
      為替差損                                   615               -
      製品補償費                                    7             221
      借入金繰上返済関連費用                                   960               -
                                         632              692
      雑損失
      営業外費用合計                                  3,107              1,479
     経常利益又は経常損失(△)                                  △ 3,406              13,700
     特別利益
                                       ※5  42          ※5  1,626
      固定資産売却益
                                          20               2
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                    63             1,628
     特別損失
                                       ※6  212            ※6  26
      固定資産処分損
      環境対策費                                    -              51
      投資有価証券評価損                                    54               4
      関係会社整理損                                    42              -
                                       ※7  18            ※7  6
      減損損失
                                      ※8  1,663            ※8  1,938
      事業構造改革費用
                                       ※9  523            ※9  26
      事業構造改革引当金繰入額
                                     ※10   1,339
                                                        -
      事業譲渡損失引当金繰入額
      特別損失合計                                  3,854              2,053
     税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純損
                                       △ 7,197              13,275
     失(△)
     法人税、住民税及び事業税
                                        1,818              2,136
     法人税等調整額                                  △ 2,671               907
                                     ※11   △  357            ※11   123
     過年度法人税等
     法人税等合計                                  △ 1,210              3,167
     当期純利益又は当期純損失(△)
                                       △ 5,986              10,107
                                         965             6,903
     非支配株主に帰属する当期純利益
     親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                       △ 6,952              3,204
     帰属する当期純損失(△)
                                 47/110



                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
       【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     当期純利益又は当期純損失(△)                                  △ 5,986              10,107
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                   121               54
      為替換算調整勘定                                  3,058              9,816
                                        2,652               696
      退職給付に係る調整額
                                      ※1  5,832           ※1  10,568
      その他の包括利益合計
     包括利益                                   △ 154             20,676
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                 △ 2,253              10,131
      非支配株主に係る包括利益                                  2,098              10,544
                                 48/110
















                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自         2020年4月1日 至          2021年3月31日)
                                          (単位:百万円)

                              株主資本
                資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
    当期首残高              20,896       24,465       13,915       △ 4,159       55,118
    当期変動額
     剰余金の配当                            △ 363             △ 363
     親会社株主に帰属す
                                △ 6,952             △ 6,952
     る当期純損失(△)
     自己株式の取得                                   △ 68      △ 68
     自己株式の処分                     △ 0              1       1
     非支配株主との取引
     に係る親会社の持分                    17,008                     17,008
     変動
     連結子会社の増資に
                         16,836                     16,836
     よる持分の増減
     株式報酬取引                    2,572                     2,572
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計               -     36,417       △ 7,315        △ 66     29,034
    当期末残高              20,896       60,882        6,599      △ 4,226       84,153
                        その他の包括利益累計額

                                           非支配株主持分        純資産合計
               その他有価証券        為替換算      退職給付に係る       その他の包括利益
               評価差額金        調整勘定       調整累計額       累計額合計
    当期首残高               △ 75      △ 477     △ 4,723      △ 5,275       21,933       71,776
    当期変動額
     剰余金の配当                                    -             △ 363
     親会社株主に帰属す
                                         -            △ 6,952
     る当期純損失(△)
     自己株式の取得                                    -             △ 68
     自己株式の処分                                    -               1
     非支配株主との取引
     に係る親会社の持分                                    -             17,008
     変動
     連結子会社の増資に
                                         -             16,836
     よる持分の増減
     株式報酬取引                                    -             2,572
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純              121      1,809       2,767       4,698       7,741       12,439
     額)
    当期変動額合計               121      1,809       2,767       4,698       7,741       41,474
    当期末残高               46      1,332      △ 1,955       △ 577      29,674       113,250
                                 49/110






                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自         2021年4月1日 至          2022年3月31日)
                                          (単位:百万円)

                              株主資本
                資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
    当期首残高              20,896       60,882        6,599      △ 4,226       84,153
     会計方針の変更によ
                                 △ 192             △ 192
     る累積的影響額
    会計方針の変更を反映
                  20,896       60,882        6,407      △ 4,226       83,960
    した当期首残高
    当期変動額
     剰余金の配当                            △ 363             △ 363
     親会社株主に帰属す
                                 3,204              3,204
     る当期純利益
     自己株式の取得                                   △ 10      △ 10
     自己株式の処分                      0              14       14
     非支配株主との取引
     に係る親会社の持分                    △ 263                     △ 263
     変動
     株式報酬取引                    2,082                     2,082
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計               -      1,818       2,841         3     4,663
    当期末残高              20,896       62,701        9,248      △ 4,222       88,624
                        その他の包括利益累計額

                                           非支配株主持分        純資産合計
               その他有価証券        為替換算      退職給付に係る       その他の包括利益
               評価差額金        調整勘定       調整累計額       累計額合計
    当期首残高               46      1,332      △ 1,955       △ 577      29,674       113,250
     会計方針の変更によ
                                                      △ 192
     る累積的影響額
    会計方針の変更を反映
                    46      1,332      △ 1,955       △ 577      29,674       113,058
    した当期首残高
    当期変動額
     剰余金の配当                                    -             △ 363
     親会社株主に帰属す
                                         -             3,204
     る当期純利益
     自己株式の取得                                    -             △ 10
     自己株式の処分                                    -              14
     非支配株主との取引
     に係る親会社の持分                                    -             △ 263
     変動
     株式報酬取引                                    -             2,082
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純               54      6,238        633      6,926       12,756       19,682
     額)
    当期変動額合計               54      6,238        633      6,926       12,756       24,346
    当期末残高               101      7,570      △ 1,322       6,349       42,430       137,404
                                 50/110





                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期
                                       △ 7,197              13,275
      純損失(△)
      減価償却費                                 12,683              13,324
      減損損失                                    18              74
      事業構造改革費用                                  1,663              1,938
      事業構造改革引当金の増減額(△は減少)                                   446            △ 2,047
      事業譲渡損失引当金の増減額(△は減少)                                  1,339             △ 1,339
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    7              0
      退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                   372             △ 274
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   392             △ 350
      受取利息及び受取配当金                                  △ 119             △ 116
      株式報酬費用                                  5,128              3,770
      支払利息                                   891              565
      有形固定資産売却損益(△は益)                                  △ 42            △ 1,626
      投資有価証券売却損益(△は益)                                  △ 20              △ 2
      売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 4,975             △ 1,649
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                   225            △ 1,240
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  2,547             △ 1,266
                                       △ 3,591             △ 3,849
      その他
      小計                                  9,769              19,186
      利息及び配当金の受取額
                                         118              117
      利息の支払額                                  △ 908             △ 558
                                       △ 1,350             △ 5,070
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  7,629              13,675
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                △ 10,175             △ 17,133
      有形固定資産の売却による収入                                    80             3,305
      無形固定資産の取得による支出                                  △ 620             △ 616
      投資有価証券の取得による支出                                    -            △ 1,290
      投資有価証券の売却による収入                                    42              335
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                     ※3   △  1,225
                                                        -
      る支出
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却によ
                                                    ※4  2,811
                                          -
      る収入
      貸付けによる支出                                   △ 4             △ 49
      貸付金の回収による収入                                    1             154
                                        △ 393             △ 116
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 12,294             △ 12,598
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の増減額(△は減少)                                △ 15,090              △ 2,275
      コマーシャル・ペーパーの増減額(△は減少)                                 △ 6,000              2,000
      ファイナンス・リース債務の返済による支出                                  △ 45             △ 300
      長期借入れによる収入                                 62,931              10,000
      長期借入金の返済による支出                                △ 41,970               △ 644
      社債の償還による支出                                △ 15,000             △ 15,000
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の売却
                                        19,389                -
      による収入
      株式の発行による収入                                 31,166                -
      自己株式の売却による収入                                    -               0
      自己株式の取得による支出                                  △ 68              △ 7
      非支配株主への配当金の支払額                                △ 13,859                -
                                        △ 365             △ 364
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 21,086              △ 6,592
                                 51/110


                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   3,487              3,147
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   19,909              △ 2,368
     現金及び現金同等物の期首残高                                   39,902              59,812
                                     ※1  59,812            ※1  57,444
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 52/110



















                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
     【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
      該当事項はありません。
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)

    1 連結の範囲に関する事項
     (1)  連結範囲に含めた子会社                         32 社
       連結子会社名は、「第1            企業の概況 4 関係会社の状況」に記載しているため省略しました。
     (2)  連結範囲から除外した子会社                           4社
       サンケンオプトプロダクツ株式会社は石川サンケン株式会社へ吸収合併により、サンケン電設株式会社は保有株
      式の売却により、サンケン エレクトリック(マレーシア)エスディーエヌ ピーエイチディー及び韓国サンケン株
      式会社は清算結了により、当連結会計年度より連結範囲から除外しております。
    2 持分法の適用に関する事項
     (1)  持分法を適用した関連会社
        該当事項はありません。
     (2)  持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社のうち主要な会社等の名称
        該当事項はありません
    3 連結子会社の事業年度に関する事項
       連結子会社のうち、三墾電気(上海)有限公司(在外)、大連三墾電気有限公司(在外)、大連三墾貿易有限公司
      (在外)及び埃戈羅(上海)微電子商貿有限公司(在外)の事業年度の末日は12月31日であります。
       連結財務諸表の作成にあたっては、連結決算日現在で本決算に準じた仮決算を行った財務諸表を基礎としており
      ます。
    4 会計方針に関する事項
     (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
      ①有価証券
       その他有価証券
        市場価格のない株式等以外のもの
         時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動平均法により算定しておりますが、
         米国会計基準を適用している             海外連結子会社については、ASC               321「投資-持分証券」に基づき、持分証券は
         原則として公正価値で測定し、評価差額は当期純損益に計上しております。)
        市場価格のない株式等
         移動平均法による原価法
      ②棚卸資産
       通常の販売目的で保有する棚卸資産
        主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)
      ③デリバティブ取引
       時価法
     (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
      ①有形固定資産(リース資産を除く)
        主として定額法によっております。
        なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
        建物及び構築物     8年~60年
        機械装置及び運搬具   3年~12年
      ②無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法によっております。
        なお、ソフトウエア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年又は10年)に基づく定額法に
       よっております。
                                 53/110



                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      ③リース資産
       ・所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         主として自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
       ・所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
         なお、   IFRSまたは米国会計基準を適用している                   海外連結子会社については、IFRS第16号「リース」及び米国
        会計基準     ASU2016-02「リース」を適用し、リースの借手は、原則としてすべてのリースを貸借対照表に資産及
        び負債として計上しており、資産計上された使用権資産の減価償却方法は定額法によっております。
     (3)  重要な繰延資産の処理方法
      ①  社債発行費
        支出時に全額費用処理しております。
     (4)  重要な引当金の計上基準
      ①貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率法により、貸倒懸念債権等については
       個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      ②役員退職慰労引当金
        一部の国内連結子会社は、役員退職慰労金の支出に充てるため、内規による期末要支給額を計上しておりま
       す。
      ③業績連動報酬引当金
        取締役及び執行役員等への業績連動報酬の支給に備えるため、当連結会計年度末における支給見込額に基づき
       計上しております。
      ④株式報酬引当金
        株式交付規程に基づく取締役等への当社株式の交付に備えるため、当連結会計年度末における株式給付債務の
       見込額に基づき計上しております。
      ⑤事業構造改革引当金
        事業構造改革に伴う支出に備えるため、当連結会計年度以前の事象に起因して合理的に見積もられる金額を計
       上しております。
     (5)  退職給付に係る会計処理の方法
      ①退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
       主として給付算定式基準によっております。
      ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
        数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(12~15
       年)による定率法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
        過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10~18年)による定率法により費
       用処理しております。
      ③小規模企業等における簡便法の採用
        一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額
       を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
     (6)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
        外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
       ます。
        なお、在外子会社の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は、期中
       平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含めて計
       上しております。
     (7)  のれんの償却方法及び償却期間
        のれんについては、その効果の発現する期間にわたり均等償却を行っております                                     。
     (8)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
       負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資、及び資金管理において現金同等物と同様に利用
       されている当座借越からなっております。
     (9)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
                                 54/110

                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      ①連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用
        当社及び国内連結子会社は、翌連結会計年度から、連結納税制度からグループ通算制度へ移行することとなり
       ます。ただし、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創設されたグループ通算制
       度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目については、「連結
       納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号 2020
       年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28
       号 2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の税法の
       規定に基づいております。
        なお、翌連結会計年度の期首から、グループ通算制度を適用する場合における法人税及び地方法人税並びに税
       効果会計の会計処理及び開示の取扱いを定めた「グループ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する
       取扱い」(実務対応報告第42号 2021年8月12日)を適用する予定であります。
      ②収益及び費用の計上基準
        当社グループは、主に半導体製品の製造販売を行っております。
        当社は、以下の時点で、製品等の所有に伴う重大なリスク及び経済価値が移転し、履行義務が充足されると判

       断し、収益を認識しております。
       ・国内販売においては、顧客に製品が到着した時点
       ・輸出販売においては、インコタームズ等で定められた貿易条件に基づきリスク負担が顧客に移転した時点
       ・預託販売においては、顧客にて検収された時点
        主要な海外連結子会社においても、製品の到着時点またはインコタームズ等で定められた貿易条件に基づきリ

       スク負担が顧客に移転した時点で、履行義務が充足されると判断し、収益を認識しております。また一部の海外
       連結子会社においては委託販売を行っており、委託業者が指定された保管場所から委託在庫を引き出した時点で
       収益を認識しております。
        なお、取引価格は顧客との契約において約束された対価から、値引き、割引き及び返品等を加味した価格を控

       除した金額で測定しております。これらの変動対価については、過去実績及び見通しを含む合理的に利用可能な
       情報から見積もっております。
        約束された対価は履行義務の充足時点から概ね4ヶ月以内で回収しており、対価の金額に重要な金融要素は含
       まれておりません。
      (会計方針の変更)

    (収益認識に関する会計基準等の適用)
      「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」といいま
     す。)等を当連結会計年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又は
     サービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。
      これによる主な変更点として、当社において、半導体製品等の販売について、従来は、国内販売においては出荷時
     に、輸出販売においては輸出通関時に収益を認識しておりましたが、国内販売においては顧客に製品が到着した時
     に、輸出販売においてはインコタームズ等で定められた貿易条件に基づきリスク負担が顧客に移転した時に収益を認
     識することとしております。また、従来は、営業外費用に計上していた売上割引料については、顧客に支払われる対
     価として売上高から減額しております。さらに、買戻し契約に該当する有償支給取引については、従来は支給先から
     受け取る対価を収益として認識しておりましたが、当該収益を認識しない方法に変更しております。
      加えて、2021年4月30日まで社会システム事業を担う国内連結子会社であったサンケン電設株式会社において、従
     来は別個の取引として識別していた製品の引渡しと当該製品の据付及び現地での調整作業を単一の履行義務として識
     別し、据付及び現地での調整作業が完了した時点で収益を認識する方法に変更しております。
      収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
     り、当連結会計年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当連結会計年度の期首の
     利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。
      この結果、当連結会計年度の売上高が351百万円、売上原価が304百万円増加し、営業外費用が65百万円減少したこ
     とで、売上総利益、営業利益が47百万円、経常利益及び税金等調整前当期純利益が112百万円増加しております。ま
     た、利益剰余金の当期首残高は192百万円減少しております。
                                 55/110


                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      1株当たり情報に与える影響は当該箇所に記載しております。
      なお、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度に係る「収益認識関係」注記
     については記載しておりません。
    (米国財務会計基準審議会会計基準編纂書(ASC)第842号「リース」の適用)

      米国会計基準を採用している一部の在外連結子会社は、当連結会計年度より、ASC第842号「リース」を適用してい
     ます。これにより、当該在外連結子会社における借手のリース取引については、原則としてすべてのリースを貸借対
     照表に資産および負債として計上することとしました。
      この結果、当連結会計年度の期首において、有形固定資産の「リース資産」が2,037百万円、流動負債の「リース債
     務」が314百万円、固定負債の「リース債務」が1,762百万円増加しています。当該会計基準の適用にあたっては、経
     過措置で認められている、当該会計基準の適用による累積的影響を適用開始日に認識する方法を採用しています。な
     お、当連結会計年度において、連結損益計算書に与える影響は軽微です。
    (時価の算定に関する会計基準等の適用)

      「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)等
     を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第
     10号2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計方針を、
     将来にわたって適用することとしております。なお、連結財務諸表に与える影響はありません。
      また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注記を行うことと
     しました。ただし、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2019年7月4
     日)第7-4項に定める経過的な取扱いに従って、当該注記のうち前連結会計年度に係るものについては記載しており
     ません。
      (表示方法の変更)

     連結貸借対照表関係
      前連結会計年度において取締役の業績連動報酬について「業績連動役員報酬引当金」として区分掲記しておりまし
     たが、業績連動報酬制度に基づく報酬額の金額的重要性が高まったため、取締役及び執行役員等の業績連動報酬を合
     わせて「業績連動報酬引当金」として区分掲記することとしました。なお、前連結会計年度において、取締役の業績
     連動報酬は業績連動役員報酬引当金72百万円、執行役員等の業績連動報酬は未払費用33百万円として計上しておりま
     す。
      (追加情報)

      (新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積り)
      新型コロナウイルス感染症の影響については、依然として蔓延が続いている不安定な状況ですが、各                                               国でのワクチ
     ン接種が進み、       緩やかな景気回復が見込まれ、               現在も半導体市場では活況を呈するなど、今後も好調な受注が続いて
     いくことを見込んでおります。このような状況の中、新型コロナウイルス感染症の当社グループへの影響は限定的で
     あるとの仮定のもと繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積を行っております。しかしながら、新型コロナウイ
     ルス感染症による影響は不確定要素が多く、今後長期化や深刻化した場合には、当社グループの業績に影響をあたえ
     る可能性があります。
      (連結貸借対照表関係)

    ※1 受取手形及び売掛金のうち、顧客との契約から生じた債権の金額は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係)
       3.(1)    顧客との契約から生じた債権の残高」に記載しております。
    ※2 有形固定資産の減価償却累計額は、次のとおりであります。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
                              164,672    百万円             175,694    百万円
    ※3 当社及び一部の連結子会社においては、運転資金の効率的な調達を行うため当座貸越契約及び貸出コミットメン

       ト契約を締結しております。
                                 56/110


                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
       当連結会計年度末における当座貸越契約及び貸出コミットメントに係る借入未実行残高等は次のとおりでありま
       す。
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        当座貸越極度額及び
                              54,333   百万円              45,183   百万円
        貸出コミットメントの総額
        借入実行残高                       7,872   百万円              5,919   百万円
        差引額                       46,460   百万円              39,263   百万円
      (連結損益計算書関係)

    ※1 顧客との契約から生じる収益
       売上高については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分して記載しておりません。顧客との
      契約から生じる収益の金額は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係)                                  1.顧客との契約から生じる収益を分解
      した情報」に記載しております。
    ※2 通常の販売目的で保有する棚卸資産の収益性の低下による簿価切下額

                            前連結会計年度                当連結会計年度
                          (自    2020年4月1日             (自    2021年4月1日
                           至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        売上原価                        349  百万円              515  百万円
    ※3 販売費及び一般管理費のうち主要な費目は次のとおりであります。

                            前連結会計年度                当連結会計年度
                          (自    2020年4月1日             (自    2021年4月1日
                           至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        給与・賞与                      14,959   百万円             16,810   百万円
        梱包発送費                       1,549   百万円             1,599   百万円
        業務委託料                       4,660   百万円             4,496   百万円
        株式報酬費用                       4,744   百万円             3,413   百万円
        貸倒引当金繰入額                         6 百万円               8 百万円
        役員退職慰労引当金繰入額                         2 百万円              △ 0 百万円
        業績連動役員報酬引当金繰入額                        59 百万円               - 百万円
        業績連動報酬引当金繰入額                        -               123  百万円
        株式報酬引当金繰入額                        25 百万円               27 百万円
        退職給付費用                        430  百万円              151  百万円
    ※4 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費は、次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2020年4月1日             (自    2021年4月1日
                           至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
                              17,726   百万円             20,341   百万円
                                 57/110







                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    ※5 固定資産売却益は、次のとおりであります。
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                           至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        土地、建物及び構築物                         -百万円               1,573百万円
        機械装置及び運搬具                         37百万円                 52百万円
        工具、器具及び備品                         5百万円                -百万円
        合計                         42百万円               1,626百万円
    ※6 固定資産処分損の内容は、次のとおりであります。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                           至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        建物及び構築物                         9百万円                 3百万円
        機械装置及び運搬具                        136百万円                 21百万円
        工具、器具及び備品                         54百万円                 1百万円
        解体撤去費等                         11百万円                 -百万円
        合計                        212百万円                 26百万円
    ※7    減損損失は、次のとおりであります。

     前連結会計年度(自         2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
      前連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
                                                  減損金額
            用途              場所              種類
                                                  (百万円)
                    米国ミネソタ州
       遊休資産                           機械装置及び運搬具                      18
                    ブルーミントン
       当社グループは、原則として、製品群を基礎とした概ね独立したキャッシュ・フローを生み出す最小単位でグ
      ルーピングを行っており、遊休資産については個別資産ごとにグルーピングを行っています。
       上記の遊休資産においては、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上していま
      す。
       回収可能価額は使用価値により測定しており、使用価値については、将来キャッシュ・フローが見込まれないた
      め、備忘価額により評価しています。
     当連結会計年度(自         2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

      当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
                                                  減損金額
            用途              場所              種類
                                                  (百万円)
      生産設備等             埼玉県新座市北野他              建設仮勘定等                       1
                    インドネシア西ジャワ州
      生産設備等                           工具、器具及び備品等                       0
                    ブカシ
       当社グループは、原則として、製品群を基礎とした概ね独立したキャッシュ・フローを生み出す最小単位でグ
      ルーピングを行っており、遊休資産については個別資産ごとにグルーピングを行っています。
        当連結会計年度において、半導体デバイス事業のうちユニット事業については、TVなど民生向け製品が前期
       に続き低調に推移したことなどにより営業損失を計上し、将来キャッシュ・フローが見込めないことから帳簿価
       額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失に計上しております。
        回収可能価額は正味売却価額により測定しており、備忘価額により評価しております。
      当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。

                                                  減損金額
            用途              場所              種類
                                                  (百万円)
                    米国ミネソタ州
       遊休資産                           機械装置及び運搬具                       4
                    ブルーミントン
       当社グループは、原則として、製品群を基礎とした概ね独立したキャッシュ・フローを生み出す最小単位でグ
      ルーピングを行っており、遊休資産については個別資産ごとにグルーピングを行っています。
        上記の遊休資産においては、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上していま
                                 58/110


                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
       す。
        回収可能価額は正味売却価額により測定しており、正味売却価額は備忘価額により算定しております。
    ※8    事業構造改革費用は、次のとおりであります。

                                前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自  2020年4月1日             (自  2021年4月1日
                                至  2021年3月31日       )      至  2022年3月31日       )
        固定資産減損損失(注)1                            - 百万円              63 百万円
        棚卸資産評価損(注)2                            153  百万円              295  百万円
        棚卸資産処分損(注)3                            - 百万円              180  百万円
        特別退職金(注)4                           1,044   百万円              277  百万円
        退職給付制度の終了(注)5                            84 百万円              - 百万円
        固定資産処分損(注)6                            166  百万円              39 百万円
        関係会社株式売却損(注)7                            214  百万円              45 百万円
        関係会社整理損(注)8                            - 百万円             1,037   百万円
                 計                 1,663   百万円             1,938   百万円
     (注)1.固定資産減損損失は、次のとおりであります。

                                                    減損金額
           用途              場所               種類
                                                    (百万円)
                                   建物及び構築物                      1
                   石川県輪島市
                                   機械装置及び運搬具                      12
                                              小計           13
                                   建物及び構築物                      5
       生産設備等
                                   機械装置及び運搬具                      12
                   茨城県神栖市
                                   工具、器具及び備品                      1
                                   その他                      30
                                              小計           49
                                              合計           63
       当社グループでは、原則として、製品群を基礎とした概ね独立したキャッシュ・フローを生み出す最小単位でグ
      ルーピングを行っており、遊休資産については個別資産ごとにグルーピングを行っています。
       半導体デバイス事業において、生産体制最適化による工場                           閉鎖により、投資額の回収が見込めなくなったため、

      帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を事業構造改革費用(63百万円)として計上しています。なお、
      当資産の回収可能価額は正味売却価額により測定しており、正味売却価額は備忘価額により算定しております。
     (注)2.棚卸資産評価損

       前連結会計年度において、パワーシステム事業における戦略的オプションの検討において、販売計画の見直しに
      より、棚卸資産評価損(153百万円)を計上しています。
       当連結会計年度において、半導体デバイス事業において、生産体制最適化による工場閉鎖により、棚卸資産評価
      損(295百万円)を計上しています。
     (注)3.棚卸資産処分損

       当連結会計年度において、半導体デバイス事業において、生産体制最適化による工場閉鎖により、棚卸資産処分
      損(180百万円)を計上しています。
                                 59/110




                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
     (注)4.特別退職金
       前連結会計年度において、当社の連結子会社である石川サンケン株式会社において177百万円、韓国サンケン株式
      会社において542百万円、ピーティー サンケンインドネシアにおいて325百万円を特別退職金として計上しており
      ます。
       当連結会計年度において、当社の連結子会社である石川サンケン株式会社において255百万円、韓国サンケン株式
      会社において7百万円、ピーティー サンケンインドネシアにおいて28百万円を特別退職金として計上しておりま
      す。また、鹿島サンケンにおいて、割増退職金の見込差等により△13百万円を計上しております。
     (注)5.退職給付制度の終了

       前連結会計年度において、当社の連結子会社であるピーティー サンケンインドネシアにおける退職給付制度の
      終了による発生額を計上しています。
     (注)6.固定資産処分損

       前連結会計年度において、当社の連結子会社であるサンケンオプトプロダクツ株式会社において、工場の統廃合
      による生産最適化に伴う工場の改装により、既存設備の廃却損を計上しております。
       当連結会計年度において、当社の連結子会社である石川サンケン株式会社において、工場の統廃合による生産最
      適化に伴う工場の改装により、既存設備の廃却損を計上しております。
     (注)7.関係会社株式売却損

       前連結会計年度において、当社の連結子会社である三墾力達電気(江陰)有限公司の全株式を売却したことによ
      るものです。
       当連結会計年度において、当社の連結子会社であるサンケン電設株式会社の全株式を売却したことによるもので
      す。
     (注)8.関係会社整理損

       当社連結子会社である韓国サンケン及びサンケンマレーシアの清算が結了したことに伴う為替換算調整勘定取崩
      額などによるものであります。
    ※9 事業構造改革引当金繰入額

     前連結会計年度において、当社の連結子会社である石川サンケン株式会社において234百万円、鹿島サンケン株式会社
    において288百万円を特別退職見込額として計上しています。
     当連結会計年度において、当社の連結子会社である石川サンケン株式会社において26百万円を特別退職見込額として
    計上しています。
    ※10 事業譲渡損失引当金繰入額

     2020年8月4日開催の当社取締役会において、2021年3月1日を効力発生日として、当社が営むパワーシステム事業
    のうち社会システム事業を、吸収分割の方法により当社の子会社であるサンケン電設株式会社に承継させた上で、同社
    の発行済株式の全部を株式会社               GSユアサに譲渡することについて決議を行い、同日付で株式譲渡契約を締結いたしま
    した。株式譲渡契約の効力発生日は2021年5月1日となりますが、当該譲渡により発生が見込まれる損失を事業譲渡損失
    引当金繰入額として1,339百万円を計上しております。
    ※11 過年度法人税等

     前連結会計年度において、当社の連結子会社であるピーティー サンケン インドネシアは、2019年9月に判決が確
    定した為に過年度法人税等366百万円を計上しておりましたが、2019年12月に上告した内容が2021年2月に最高裁にて認
    められ、勝訴が確定したことから、過年度法人税等△357百万円を計上しています。
     当連結会計年度において、当社は移転価格税制に関する税務リスクを再検討した結果、追加的な税負担額を見積り、
    123百万円を過年度法人税等として計上しております。
                                 60/110



                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
    ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                     前連結会計年度            当連結会計年度
                                    (自    2020年4月1日         (自    2021年4月1日
      その他有価証券評価差額金
                                    至   2021年3月31日       )   至   2022年3月31日       )
        当期発生額
                                         87 百万円          114  百万円
                                         33 百万円           18 百万円
        組替調整額
          税効果調整前
                                        120  百万円          132  百万円
                                         1 百万円          △78  百万円
          税効果額
          その他有価証券評価差額金                                121  百万円           54 百万円
      為替換算調整勘定
                                       3,087   百万円         8,977   百万円
        当期発生額
        組替調整額                                 △28  百万円          839  百万円
          為替換算調整勘定                               3,058   百万円         9,816   百万円
      退職給付に係る調整額
        当期発生額                                 2,344   百万円          625  百万円
                                        977  百万円          339  百万円
        組替調整額
          税効果調整前
                                       3,321   百万円          964  百万円
                                       △669   百万円         △267   百万円
          税効果額
          退職給付に係る調整額                               2,652   百万円          696  百万円
           その他の包括利益合計                               5,832   百万円         10,568   百万円
      (連結株主資本等変動計算書関係)

     前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
     1 発行済株式に関する事項
      株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)               25,098,060               -           -       25,098,060
     2 自己株式に関する事項

      株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                 940,303           27,426            600         967,129
     (注)当連結会計年度末における普通株式の自己株式数には、役員及び従業員向け株式交付信託に係る信託口が保有
       する当社株式97,500株が含まれています。
       (変動事由の概要)
       増加数の主な内訳は、次の通りであります。
        役員及び従業員向け株式交付信託による市場買付取引による増加                                 25,300    株
        単元未満株式の買取請求による増加                                         2,126   株
        役員及び従業員向け株式交付信託が保有する当社株式の交付による                               減少     600   株
     3 新株予約権等に関する事項

            該当事項はありません。
     4 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                       配当金の総額
                               1株当たり配当額
        決議        株式の種類                           基準日         効力発生日
                                  (円)
                        (百万円)
    2020年6月26日
                普通株式            363        15.00    2020年3月31日          2020年6月29日
    定時株主総会
     (注) 配当金の総額には、役員及び従業員向け株式交付信託に係る信託口が保有する当社株式に対する配当金1百
       万円が含まれています。
                                 61/110



                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
        該当事項はありません。
     当連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )

     1 発行済株式に関する事項
      株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)               25,098,060               -           -       25,098,060
     2 自己株式に関する事項

      株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                 967,129            1,940           7,465          961,604
     (注)当連結会計年度末における普通株式の自己株式数には、役員及び従業員向け株式交付信託に係る信託口が保有
       する当社株式90,100株が含まれています。
       (変動事由の概要)
       増加数の主な内訳は、次の通りであります。
        単元未満株式の買取請求による増加                                        1,940株
        単元未満株式の売渡請求による減少                                           65株
        役員及び従業員向け株式交付信託が保有する当社株式の交付による                               減少      7,400株
     3 新株予約権等に関する事項

        該当事項はありません。
     4 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                       配当金の総額
                               1株当たり配当額
        決議        株式の種類                           基準日         効力発生日
                                  (円)
                        (百万円)
    2021年11月5日
                普通株式            363        15.00    2021年9月30日          2021年12月3日
    取締役会
     (注) 配当金の総額には、役員及び従業員向け株式交付信託に係る信託口が保有する当社株式に対する配当金1百
       万円が含まれています。
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (百万円)       配当額(円)
    2022年6月24日
              普通株式      利益剰余金           363      15.00    2022年3月31日         2022年6月27日
    定時株主総会
     (注) 配当金の総額には、役員及び従業員向け株式交付信託に係る信託口が保有する当社株式に対する配当金1百
       万円が含まれています。
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

    ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                           至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        現金及び預金勘定                       60,990   百万円              58,959   百万円
                              △1,177    百万円             △1,514    百万円
        引出制限付預金
        現金及び現金同等物                       59,812   百万円              57,444   百万円
                                 62/110




                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    ※2 重要な非資金取引の内容は、以下のとおりであります。
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                           至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        ファイナンス・リース取引に係る
                                 11 百万円                10 百万円
        資産及び債務の額
    ※3 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
       株式の取得により新たに連結子会社となったVoxtel,Inc.及びLadarSystems,Inc.の連結開始時の資産及び負債
      の内訳並びに当該会社株式の取得価額と取得の為の支出(純額)との関係は次のとおりです。
       流動資産                             673   百万円
       固定資産                            1,698     〃
       のれん                            1,978     〃
       流動負債                            △243     〃
                                   △406     〃
       繰延税金負債
        株式の取得価額
                                   3,700     〃
       現金及び現金同等物                            △32     〃
                                  △2,443      〃
       取得価額に含まれる未払額
        差引:取得のための支出                           1,225     〃
    ※4 株式の売却により連結子会社でなくなった会社の資産及び負債の主な内訳

      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
       重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )

       株式等の売却によりサンケン電設株式会社が連結子会社でなくなったことに伴う売却時のサンケン電設株式会社
      の資産及び負債の内訳並びに売却による支出(純額)は次のとおりです。
       流動資産                            8,019    百万円
       固定資産                             703    〃
       流動負債                           △4,106      〃
       固定負債                            △215     〃
       退職給付に係る調整額                             224    〃
       株式売却損                             △45    〃
       事業譲渡損失引当金                           △1,339      〃
                                    3,241     〃
       サンケン電設株式会社の株式売却額
       サンケン電設株式会社の現金及び現金同等物                            △430     〃
       差引:サンケン電設株式会社売却による収入
                                    2,811     〃
                                 63/110






                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      (リース取引関係)
     1 ファイナンス・リース取引
     (借主側)
      所有権移転外ファイナンス・リース取引                    並びに   IFRS  第16号「リース」及びASU第2016-02号「リース」適用子会社に
     おける使用権資産
      (1) リース資産の内容
        ・有形固定資産
         主として、生産設備及び賃貸オフィスであります。
      (2) リース資産の減価償却の方法

       連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項(2)                                      重要な減価償却資産の減価償
       却の方法」に記載のとおりであります。
     2 オペレーティング・リース取引

     (借主側)
       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        1年内                        394  百万円               199  百万円
        1年超                       1,490   百万円               516  百万円
        合計                       1,885   百万円               716  百万円
       (注)当連結会計年度より、              IFRSまたは米国会計基準を適用している                   海外連結子会社において、IFRS第16号
         「リース」(2016年1月13日)及びASU第2016-02号「リース」(2016年2月25日)を適用しており、当該関係会
         社に係るオペレーティング・リースについては、上表の金額には含まれておりません。
      (金融商品関係)

     1 金融商品の状況に関する事項
     (1)金融商品に対する取組方針
        当社グループは、設備投資、研究開発などのための必要資金を主に社債の発行や銀行借入等により調達してお
       ります。一時的な余資は安全性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金をコマーシャル・ペーパーの
       発行や銀行借入等により調達しております。デリバティブは、主に為替の変動リスクを回避するために利用して
       おり、投機的な取引は行わない方針であります。
     (2)金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、グローバルに事業を展
       開していることから生じている外貨建て債権は、為替の変動リスクに晒されていますが、原則として外貨建て債
       務をネットしたポジションについて先物為替予約を利用してヘッジしております。投資有価証券は、主に業務上
       の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されております。
        営業債務である支払手形及び買掛金は、ほとんど1年以内の支払期日であります。また、その一部には、原料
       等の輸入に伴う外貨建てのものがあり、為替の変動リスクに晒されていますが、恒常的に同じ外貨建ての売掛金
       残高の範囲内にあります。短期借入金及びコマーシャル・ペーパーは主に運転資金に係る資金調達であり、長期
       借入金、社債、ファイナンス・リース取引に係るリース債務は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的とした
       ものであります。これらのうち変動金利によるものは、金利の変動リスクに晒されております。
        デリバティブ取引は、主に外貨建ての営業債権債務に係る為替の変動リスクに対するヘッジ取引を目的とした
       先物為替予約取引であります。
     (3)金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社及び連結子会社は、与信管理規程に従い、営業債権について、営業部門が主要な取引先の状況を定期的
        にモニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の
        早期把握や軽減を図っております。
                                 64/110


                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
       ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
         当社及び連結子会社は、外貨建ての営業債権債務について、通貨別月別に把握された為替の変動リスクに対
        して、原則として先物為替予約を利用してヘッジしております。投資有価証券については、定期的に時価や発
        行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、取引先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しておりま
        す。変動金利で借入を行う場合は、原則3年以内とし、金利更改日までの残存期間と金利の動向を把握し、短
        期・長期、固定金利・変動金利のバランスを勘案して対応することでリスク軽減を図っております。
         デリバティブ取引につきましては、デリバティブ取引基準に基づき、財務部門が取引契約、残高照合、会計
        等を行っております。デリバティブ取引の状況は、月報を作成し、経営会議に報告しております。
       ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         当社は、各部署からの報告に基づき財務部門が適時に資金繰計画を作成・更新し管理をしております。
     (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

       金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当
      該価額が変動することもあります。また、「2                      金融商品の時価等に関する事項」におけるデリバティブ取引に関す
      る契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
                                 65/110















                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
     2 金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
       前連結会計年度(        2021年3月31日       )

                       連結貸借対照表計上額                時価            差額
                          (百万円)            (百万円)            (百万円)
     (1) 受取手形                            997            997             -
     (2) 電子記録債権                           2,606            2,606              -
     (3) 売掛金                          33,359            33,359              -
     (4) 有価証券及び投資有価証券
       その他有価証券
                                586            586             -
           資産計                   37,548            37,548              -
     (1) 支払手形及び買掛金                          20,870            20,870              -
     (2) 短期借入金                          12,357            12,357              -
     (3) コマーシャルペーパー                           4,000            4,000              -
     (4) 社債                          20,000            19,808             △192
     (5) 長期借入金                          33,976            34,549              573
     (6) リース債務                            54            54            △0
           負債計                   91,259            91,640              380
            (※4)
                               △780            △780              -
     デリバティブ取引
     (*1)   「現金及び預金」については、現金であること、及び預金が短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似する
      ものであることから、記載を省略しております。
     (*2)   市場価格のない株式等は、「(4)有価証券及び投資有価証券」には含まれておりません。当該金融商品の連結貸
      借対照表計上額は以下のとおりであります。
            区分         当連結会計年度(百万円)
           非上場株式                      404
     (*3)   デリバティブ取引は、債権・債務を差し引きした合計を表示しております。
       当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                       連結貸借対照表計上額                時価            差額
                          (百万円)            (百万円)            (百万円)
     (1) 受取手形                             2            2            -
     (2) 電子記録債権                           2,453            2,453              -
     (3) 売掛金                          33,160            33,160              -
     (4) 有価証券及び投資有価証券
       その他有価証券
                               2,151            2,151              -
           資産計                   37,768            37,768              -
     (1) 支払手形及び買掛金                          17,916            17,916              -
     (2) 短期借入金                          10,681            10,681              -
     (3) コマーシャルペーパー                           6,000            6,000              -
     (4) 社債                           5,000            4,907             △92
     (5) 長期借入金                          43,642            44,045              403
     (6) リース債務                           2,059            2,057             △2
           負債計                   85,300            85,608              308
     デリバティブ取引(※4)                          △1,186            △1,186               -
     (*1)   「現金及び預金」については、現金であること、及び預金が短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似する
      ものであることから、記載を省略しております。
     (*2)   市場価格のない株式等は、「(4)有価証券及び投資有価証券」には含まれておりません。当該金融商品の連結貸
      借対照表計上額は以下のとおりであります。
            区分         当連結会計年度(百万円)
           非上場株式                      332
     (*3)   デリバティブ取引は、債権・債務を差し引きした合計を表示しております。
     (注1)   金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

                                 66/110


                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
        前連結会計年度(        2021年3月31日       )
                                   1年超         5年超
                          1年以内                          10年超
                                  5年以内        10年以内
                          (百万円)                          (百万円)
                                  (百万円)         (百万円)
      現金及び預金                      60,990           -         -         -
      受取手形、電子記録債権及び売掛金                      36,962           -         -         -
      投資有価証券
        その他有価証券のうち
                              -         -         -         -
        満期があるもの(その他)
             合計               97,952           -         -         -
        当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                                   1年超         5年超
                          1年以内                          10年超
                                  5年以内        10年以内
                          (百万円)                          (百万円)
                                  (百万円)         (百万円)
      現金及び預金                      58,959           -         -         -
      受取手形、電子記録債権及び売掛金                      35,617           -         -         -
      投資有価証券
        その他有価証券のうち
                              -         -         -         -
        満期があるもの(その他)
             合計               94,576           -         -         -
     (注2)    社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

        前連結会計年度(        2021年3月31日       )
                           1年超      2年超      3年超      4年超
                     1年以内                                5年超
                           2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                    (百万円)                                (百万円)
                           (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
      短期借入金                12,357        -      -      -      -      -
      コマーシャル・ペーパー                4,000        -      -      -      -      -
      社債                15,000        -      -      -     5,000        -
      長期借入金(1年内を含む)                 646      475     24,500        -     5,586      2,768
      リース債務                  31      11       7      2      1      0
           合計           32,035        486     24,507         2    10,588       2,768
        当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                           1年超      2年超      3年超      4年超
                     1年以内                                5年超
                           2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                    (百万円)                                (百万円)
                           (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
      短期借入金                10,681        -      -      -      -      -
      コマーシャル・ペーパー                6,000        -      -      -      -      -
      社債                  -      -      -     5,000        -      -
      長期借入金(1年内を含む)                 626     19,651      10,151      10,151        -     3,060
      リース債務                 478      438      360      289      194      298
           合計           17,787      20,090      10,512      15,441        194     3,358
                                 67/110




                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
     金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベルに分類して
    おります。
     レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価の算定の
             対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
     レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定に係るイ
             ンプットを用いて算定した時価
     レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
     時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ属するレ
    ベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
    (1)  時価で連結貸借対照表に計上している金融商品

     当連結会計年度(2022年3月31日)
                                    時価(百万円)
            区分
                        レベル1         レベル2         レベル3          合計
     有価証券及び投資有価証券
      その他有価証券
       株式                     2,151          332         -       2,483
           資産計                 2,151          332         -       2,483
     リース債務                        -       2,013          -       2,013
     デリバティブ取引
      通貨関連                       -       1,186          -       1,186
           負債計                  -       3,199          -       3,199
    (2)  時価で連結貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品

     当連結会計年度(2022年3月31日)
                                    時価(百万円)
            区分
                        レベル1         レベル2         レベル3          合計
     受取手形及び売掛金                        -       35,617           -       35,617
           資産計                  -       35,617           -       35,617
     支払手形及び買掛金                        -       17,916           -       17,916
     短期借入金                        -       10,681           -       10,681
     コマーシャルペーパー                        -       6,000          -       6,000
     社債                        -       4,907          -       4,907
     長期借入金                        -       44,045           -       44,045
     リース債務                        -         44         -         44
           負債計                  -       83,593           -       83,593
    (注)時価の算定に用いた評価技法及びインプットの説明

       有価証券及び投資有価証券
        上場株式は相場価格を用いて評価しております。上場株式は活発な市場で取引されているため、その時価をレ
       ベル1の時価に分類しております。一方で、当社が所有している非上場株式等については、活発な市場における
       相場価格とは認められないため、その時価をレベル2の時価に分類しております。
       デリバティブ取引

        金利スワップ及び為替予約の時価は、金利や為替レート等の観察可能なインプットを用いて割引現在価値法に
       より算定しており、レベル2の時価に分類しております。
       受取手形及び売掛金

        これらの時価は、一定の期間ごとに区分した債権ごとに、債権額と満期までの期間及び信用リスクを加味した
       利率を基に割引現在価値法により算定しており、レベル2の時価に分類しております。
                                 68/110


                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
       支払手形及び買掛金、短期借入金、並びにコマーシャルペーパー
        これらの時価は、一定の期間ごとに区分した債務ごとに、その将来キャッシュ・フローと、返済期日までの期
       間及び信用リスクを加味した利率を基に割引現在価値法により算定しており、レベル2の時価に分類しておりま
       す。
       社債

        当社の発行する社債の時価は、元利金の合計額と、当該社債の残存期間及び信用リスクを加味した利率を基に
       割引現在価値法により算定しており、レベル2の時価に分類しております。
       長期借入金及びリース債務

        これらの時価は、元利金の合計額と、当該債務の残存期間及び信用リスクを加味した利率を基に、割引現在価
       値法により算定しており、レベル2の時価に分類しております。
                                 69/110
















                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      (有価証券関係)
    1.その他有価証券 
      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
                              連結貸借対照表           取得原価          差額
                      種類
                              計上額(百万円)           (百万円)         (百万円)
                 株式                   439         349          90
    連結貸借対照表計上額が
    取得原価を超えるもの
                      小計              439         349          90
                 株式                   146         211         △64
    連結貸借対照表計上額が
    取得原価を超えないもの
                      小計              146         211         △64
               合計                     586         560          25
      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )

                              連結貸借対照表           取得原価          差額
                      種類
                              計上額(百万円)           (百万円)         (百万円)
                 株式                  2,064         1,530          534
    連結貸借対照表計上額が
    取得原価を超えるもの
                      小計             2,064         1,530          534
                 株式                    86         101         △14
    連結貸借対照表計上額が
    取得原価を超えないもの
                      小計               86         101         △14
               合計                    2,151         1,631          520
    2.連結会計年度中に売却したその他有価証券

      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
                      売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
         区分
                      (百万円)             (百万円)             (百万円)
    株式                         42             20             -
    債券                         -             -             -
    その他                         -             -             -
         合計                   42             20             -
      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日

                      売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
         区分
                      (百万円)             (百万円)             (百万円)
    株式                         12              2             -
    債券                         -             -             -
    その他                         -             -             -
         合計                   12              2             -
    3.減損処理を行ったその他有価証券

      前連結会計年度において、投資有価証券について54百万円減損処理を行っております。
      当連結会計年度において、投資有価証券について4百万円減損処理を行っております。
                                 70/110





                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      (デリバティブ取引関係)
      1 ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
       通貨関連
       前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
                                   契約額等の
                            契約額等                 時価       評価損益
      区分           種類                  うち1年超
                            (百万円)                (百万円)        (百万円)
                                    (百万円)
           為替予約取引
    市場取引
            売建
    以外の取引
             米ドル                   16,141          -      △780        △780
              合計                16,141          -      △780        △780
       当連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )

                                   契約額等の
                            契約額等                 時価       評価損益
      区分           種類                  うち1年超
                            (百万円)                (百万円)        (百万円)
                                    (百万円)
           為替予約取引
    市場取引
            売建
    以外の取引
             米ドル                   17,070          -     △1,186        △1,186
              合計                17,070          -     △1,186        △1,186
      2 ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

        該当するものはありません。
      (退職給付関係)

    1 採用している退職給付制度の概要
      当社及び国内連結子会社は、確定給付型の制度として、企業年金制度及び退職一時金制度を設けており、当社及び
     国内連結子会社は、確定拠出型の制度として、確定拠出制度及び前払退職金制度を設けております。当社及び国内連
     結子会社は、確定給付型の企業年金制度としてキャッシュバランス類似型の制度を採用しております。また、海外連
     結子会社は主に確定拠出型の年金制度を採用しております。なお、従業員の退職等に際して割増退職金を支払う場合
     があります。
      なお、一部の連結子会社は、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しております。
    2 確定給付制度

     (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)
                              前連結会計年度             当連結会計年度
                             (自    2020年4月1日          (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )   至   2022年3月31日       )
      退職給付債務の期首残高                            27,517   百万円         27,262   百万円
       勤務費用                            1,188   百万円           994  百万円
       利息費用                             221  百万円           213  百万円
       数理計算上の差異の発生額                              42 百万円          △779   百万円
       退職給付の支払額                           △2,028    百万円         △1,746    百万円
       過去勤務費用の発生額                              3 百万円            - 百万円
       連結の範囲の変更に伴う減少額
                                  - 百万円         △3,320    百万円
       その他                             317  百万円            58 百万円
      退職給付債務の期末残高                            27,262   百万円         22,683   百万円
                                 71/110




                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
     (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)
                              前連結会計年度             当連結会計年度
                             (自    2020年4月1日          (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )   至   2022年3月31日       )
      年金資産の期首残高                            24,250   百万円         26,586   百万円
       期待運用収益                             361  百万円           737  百万円
       数理計算上の差異の発生額                            2,402   百万円          △488   百万円
       事業主からの拠出額                            1,200   百万円          1,138   百万円
       退職給付の支払額                           △1,829    百万円         △1,725    百万円
       連結範囲の変更に伴う減少額                              - 百万円         △3,697    百万円
       その他                             200  百万円           △2  百万円
      年金資産の期末残高                            26,586   百万円         22,547   百万円
     (3)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                              前連結会計年度             当連結会計年度
                             (自    2020年4月1日          (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )   至   2022年3月31日       )
      退職給付に係る負債の期首残高                             135  百万円           179  百万円
       退職給付費用                              34 百万円            30 百万円
       退職給付の支払額                             △3  百万円          △16  百万円
       その他                              13 百万円            6 百万円
      退職給付に係る負債の期末残高                             179  百万円           200  百万円
     (4)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

       産の調整表
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              ( 2021年3月31日       )    ( 2022年3月31日       )
      積立型制度の退職給付債務                           26,956   百万円          22,352   百万円
      年金資産                          △26,586    百万円         △22,547    百万円
                                  369  百万円          △195   百万円
      非積立型制度の退職給付債務                             486  百万円           531  百万円
      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             855  百万円           335  百万円
      退職給付に係る負債                            2,632   百万円          2,405   百万円

      退職給付に係る資産                           △1,776    百万円         △2,070    百万円
      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             855  百万円           335  百万円
     (注)簡便法を適用した制度を含んでおります。
     (5)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                              前連結会計年度             当連結会計年度
                             (自    2020年4月1日          (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )   至   2022年3月31日       )
      勤務費用                            1,188   百万円           994  百万円
      利息費用                             221  百万円           213  百万円
      期待運用収益                            △361   百万円          △737   百万円
      数理計算上の差異の費用処理額                            1,044   百万円           452  百万円
      過去勤務費用の費用処理額                            △151   百万円          △109   百万円
      大量退職に伴う損益                              84 百万円            - 百万円
      簡便法で計算した退職給付費用                              34 百万円            30 百万円
      確定給付制度に係る退職給付費用                            2,059   百万円           844  百万円
     (注)上記退職給付費用以外に、前連結会計年度につきましては特別退職金として、「事業構造改革費用」1,044百万
       円、及び「事業構造改革引当金繰入額」523百万円を特別損失に計上しております。また、当連結会計年度につき
       ましては特別退職金として、「事業構造改革費用」277百万円、及び「事業構造改革引当金繰入額」26百万円を特
       別損失に計上しております。
     (6)退職給付に係る調整額  

                                 72/110


                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                              前連結会計年度             当連結会計年度
                             (自    2020年4月1日          (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )   至   2022年3月31日       )
      過去勤務費用                            △153   百万円          △210   百万円
      数理計算上の差異                            3,475   百万円          1,174   百万円
      合計                            3,321   百万円           964  百万円
     (7)退職給付に係る調整累計額

      退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                              前連結会計年度             当連結会計年度
                              ( 2021年3月31日       )     ( 2022年3月31日       )
      未認識過去勤務費用                            △812   百万円          △602   百万円
      未認識数理計算上の差異                            3,556   百万円          2,381   百万円
      合計                            2,743   百万円          1,779   百万円
     (8)年金資産に関する事項

      ①年金資産の主な内訳
        年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度             当連結会計年度
                              ( 2021年3月31日       )     ( 2022年3月31日       )
      債券                                40 %            49 %
      株式                                29 %            22 %
      オルタナティブ                                 1 %            0 %
      生保一般勘定                                 9 %            6 %
      その他                                21 %            20 %
      合計                                100  %           100  %
     (注)オルタナティブは、主にファンドへの投資です。
      ②長期期待運用収益率の設定方法

        年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
       多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
     (9)数理計算上の計算基礎に関する事項

      当連結会計年度末における主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表しております。)
                              前連結会計年度             当連結会計年度
                             (自    2020年4月1日          (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )   至   2022年3月31日       )
      割引率                                0.8  %           1.1  %
      長期期待運用収益率                                1.4  %           2.7  %
    3 確定拠出制度

     当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度                                757百万円     、当連結会計年度        800百万円     でありま
    す。
                                 73/110





                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      (ストック・オプション等関係)
    1.連結子会社の株式報酬に係る費用計上額及び科目名
                           前連結会計年度                   当連結会計年度

    売上原価                              547百万円                   356百万円
    販売費及び一般管理費                             4,744百万円                   3,413百万円
    2.連結子会社の株式報酬の内容、規模及びその変動状況

       連結子会社である、アレグロ マイクロシステムズ インクは企業業績と企業価値の持続的な向上に対する貢献

      意識を高めるとともに、優秀な人材を確保する目的で以下の株式報酬制度を導入しております。これらの制度は、
      権利確定日までの一定期間の勤務や目標とする業績指標の達成率を条件としております。すなわち、付与日以降権
      利確定日までに、対象者が退職する場合や目標とする業績指標の達成率に応じては当該報酬は失効いたします。
    (1)
    会社名                     アレグロ マイクロシステムズ インク
                         アレグロ マイクロシステムズ インク及びその連結子会社の取締役及
    付与対象者の区分及び人数
                         び従業員
    権利確定条件                     付与日から権利確定日まで継続して勤務していること
       前期末時点での付与済の株式数は406,327株、当連結会計年度にて、                                権利確定した株式数は241,787株、失効した

      株式数は24,014株、結果として、当期末時点で付与済の株式数は140,526株です。
       また、株式報酬に係る株式の加重平均での公正な評価単価は1,714円であります。なお、加重平均での公正な評価
      単価は当連結会計年度末における為替レートにより換算しております。
    (2)

    会社名                     アレグロ マイクロシステムズ インク
                         アレグロ マイクロシステムズ インク及びその連結子会社の取締役及
    付与対象者の区分及び人数
                         び従業員
                         取締役:付与日から最初に到来する定時株主総会時に権利確定
    権利確定条件
                         従業員:勤務を継続していれば付与日から1年ごとに25%ずつ権利確定
       前期末時点での付与済の株式数は1,225,156株、当連結会計年度にて、付与された株式数は1,344,717株、                                                 権利確

      定した株式数は622,508株、失効した株式数は246,358株、結果として、当期末時点で付与済の株式数は1,701,007株
      です。
       また、株式報酬に係る株式の加重平均での公正な評価単価は2,509円であります。なお、加重平均での公正な評価
      単価は当連結会計年度末における為替レートにより換算しております。
      加重平均残存契約年数は、当連結会計年度末時点で1.27年です。
    (3)

    会社名                     アレグロ マイクロシステムズ インク
    付与対象者の区分及び人数                     アレグロ マイクロシステムズ インク及びその連結子会社の従業員

                         取締役会で承認された中期計画に定めた3年間の累積EBITDAと累積収益

    権利確定条件                     改善及び同業他社との相対的TSR比較評価の3つの目標に対しての達成率
                         に応じて0%~200%が権利確定となる
       前期末時点での付与済の株式数は650,302株、当連結会計年度にて、付与された株式数は465,732株、                                               失効した株

      式数は160,951株、結果として、当期末時点で付与済の株式数は955,083株です。
       また、株式報酬に係る株式の加重平均での公正な評価単価は2,475円であります。なお、加重平均での公正な評価
      単価は当連結会計年度末における為替レートにより換算しております。
       加重平均残存契約年数は、当連結会計年度末時点で1.51年です。
                                 74/110


                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
       当連結会計年度に付与された             公正な評価単価の見積方法

       ①    使用した評価技法    モンテカルロ・シミュレーション

       ②    主な基礎数値及び見積方法

         業績期間                    2.42年

         株価変動性                    49.9%
         無リスク利子率                    0.17%
         配当利回り                     ―%
                                 75/110

















                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        繰延税金資産
         税務上の繰越欠損金           (注)
                              11,773   百万円              12,554   百万円
         退職給付に係る負債                        197  百万円               372  百万円
         棚卸資産評価損等                        960  百万円              1,047   百万円
         未払賞与                       1,686   百万円              1,941   百万円
         未実現利益                        277  百万円               371  百万円
         減価償却費                        446  百万円               607  百万円
         減損損失                        927  百万円               243  百万円
         事業構造改革引当金                        815  百万円               123  百万円
         繰越税額控除                        963  百万円               790  百万円
                               2,308   百万円              2,658   百万円
         その他
        繰延税金資産小計
                              20,358   百万円              20,709   百万円
        税務上の繰越欠損金に係る評価
                             △10,806    百万円             △12,554    百万円
        性引当額     (注2)
        将来減算一時差異等の合計に係
                              △5,087    百万円             △4,171    百万円
        る評価性引当額
        評価性引当額小計         (注1)
                             △15,893    百万円             △16,725    百万円
        繰延税金資産合計                       4,465   百万円              3,983   百万円
        繰延税金負債

         在外子会社減価償却費                      △1,324    百万円             △1,771    百万円
                               △674   百万円              △909   百万円
         その他
        繰延税金負債合計                      △1,999    百万円             △2,681    百万円
        繰延税金資産(負債)の純額                       2,465   百万円              1,302   百万円
     (注) 1 評価性引当額が832百万円増加しております。この増加の主な内容は、税務上の繰越欠損金に係る評価性引
          当額の増加によるものであります。
        2 税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
        前連結会計年度(        2021年3月31日       )

                        1年超     2年超     3年超     4年超
                  1年以内                           5年超        合計
                       2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
     税務上の繰越欠損金(a)               455    1,146       25    1,400     1,337     7,406      11,773   百万円
     評価性引当額              △455    △1,146       △25    △1,400     △1,337     △6,439      △10,806    百万円
                                                     967  百万円
     繰延税金資産                -      0     -     -     -     967
       (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
        当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                        1年超     2年超     3年超     4年超
                  1年以内                           5年超        合計
                       2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
     税務上の繰越欠損金(a)               296      21    1,427     2,701     4,491     3,615      12,554   百万円
     評価性引当額              △296      △21    △1,427     △2,701     △4,491     △3,615      △12,554    百万円
                                                      0 百万円
     繰延税金資産                -     -     -     -     -      0
       (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
                                 76/110





                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               ( 2021年3月31日       )       ( 2022年3月31日       )
       法定実効税率                             - %            30.5  %
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                             - %            11.0  %
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目                             - %            △1.6   %
       税額控除                             - %           △12.2   %
       住民税均等割                             - %             0.1  %
       連結子会社税率差異                             - %           △14.0   %
       評価性引当額の増減                             - %             6.8  %
       繰越欠損金の期限切れ                             - %             1.3  %
       連結調整項目                             - %             1.3  %
       その他                             - %             0.7  %
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                             - %            23.9  %
    (注)前連結会計年度は、税金等調整前当期純損失を計上しているため、記載を省略しております。
      (企業結合等関係)

       (共通支配下の取引等)
       (連結子会社間の吸収合併)
        当社は、2020年11月6日開催の取締役会において、2021年4月1日を効力発生日として、当社の連結子会社で
       ある石川サンケン株式会社を存続会社、同じく連結子会社であるサンケンオプトプロダクツ株式会社を消滅会社
       とする吸収合併の承認について決議し、2021年4月1日付けで吸収合併しました。
       1.  取引の概要

        (1)  結合当事企業の名称及びその事業の内容
          結合当事企業の名称:サンケンオプトプロダクツ株式会社
          事業の内容:半導体デバイス製造業務
        (2)  企業結合日

          2021年4月1日
        (3)  企業結合の法的形式

          石川サンケン株式会社を存続会社とし、サンケンオプトプロダクツ株式会社を消滅会社とする吸収合併
        (4)  結合後企業の名称

          石川サンケン株式会社
        (5)  その他取引の概要に関する事項

          サンケンオプトプロダクツ株式会社は、当社グループ内において無停電電源装置や通信基地局向け電源装
         置の生産を行っておりましたが、需要の拡大が見込まれる白物家電をはじめ、自動車や産業機器向けパワー
         モジュール製品の生産を担う最先端技術の粋を集めたスマートファクトリーへ転換を進めて参りました。こ
         の度、拠点運営をより効率的に行うことを目的に、石川サンケン株式会社を存続会社として同社を吸収合併
         することといたしました。
       2.  実施した会計処理の概要

         「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」に基づ
        き、共通支配下の取引として処理しております。
       (子会社株式の譲渡)

        当社は、2020年8月4日開催の取締役会において、                        当社が営むパワーシステム事業のうち社会システム事業
       を、吸収分割の方法により当社の子会社であるサンケン電設株式会社に承継させた上で、サンケン電設の発行済
                                 77/110

                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
       株式の全部を株式会社           GSユアサに譲渡することを決議し、同日付で株式譲渡契約を締結の上、2021年5月1日
       に譲渡いたしました。          これに伴いサンケン電設株式会社を連結の範囲から除外しております。
      1.  事業分離の概要

       (1)  分離先企業の名称
         株式会社GSユアサ
       (2)  分離した事業の内容
         パワーシステム事業
       (3)  事業分離を行った主な理由
        当社は、2019年11月6日付「主力事業の生産体制最適化並びに非主力事業の戦略的見直しに関するお知らせ」
       に記載のとおり、主力の半導体デバイスとパワーモジュールに経営リソースを集中させ成長戦略を加速すべく事
       業構造の選択と集中を促進し、パワーシステム事業については、事業の売却を含めた戦略的オプションの検討を
       進めてまいりました。こうした中、鉛蓄電池やリチウムイオン電池等の各種電池に強みを持つGSユアサの下
       で、対象事業の持続的な成長を目指すことを決定いたしました。
        当社の社会システム事業は1946年の創業以来、電源装置の供給を行ってまいりましたが、同事業の製品は、直
       流電源装置、無停電電源装置など、社会インフラにおいて重要な役割を担うものであり、お客様から高い信頼を
       頂いております。社会システム事業を取り巻く市場環境は、通信市場での5G本格普及に向けた基地局用電源や国
       土強靭化政策による河川用電源の需要拡大が期待される一方で、近年の海外競合企業の積極的な市場参入を背景
       に、価格競争に加えて、電力変換効率等の性能面における競争は、今後も厳しさを増していくと予想されます。
        このような中、GSユアサは、高い技術力・販売力・ブランド力を持ち、自動車用・二輪用及び産業用の鉛蓄
       電池やリチウムイオン電池などの各種蓄電池を始め、直流電源装置や交流無停電電源装置、照明機器等の製造・
       販売において日本及び東南アジアの各地域で確固たるポジションを有しており、同社に対象事業を譲渡し、対象
       事業とGSユアサのリソース、ノウハウを融合させ、持続的な成長を実現させることが最善であると判断し、本
       吸収分割及び本株式譲渡を決定いたしました。
       (4)  事業分離日
         2021年5月1日
       (5)  法的形式を含むその他取引の概要に関する事項
         受取対価を現金のみとする株式譲渡
      2.  実施した会計処理の概要

       (1)  移転損益の金額
         関係会社株式売却損          45百万円
       (2)  移転した事業に係る資産および負債の適正な帳簿価額ならびにその主な内訳
         流動資産
                    8,019   百万円
         固定資産
                     703  百万円
         資産合計
                    8,723   百万円
         流動負債
                    4,106   百万円
         固定負債
                     215  百万円
         負債合計
                    4,321   百万円
       (3)  会計処理
         譲渡した株式の連結上の帳簿価額と譲渡価額との差額を「事業構造改革費用」として特別損失に計上してお
        ります。
                                 78/110





                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      3.  当連結会計年度の連結損益計算書に計上されている分離した事業に係る損益の概算額
       売上高             875百万円
       営業利益         △28百万円
      (資産除去債務関係)

      重要性が乏しいため、注記を省略しております。
      (賃貸等不動産関係)

      重要性が乏しいため、注記を省略しております。
      (収益認識関係)

    1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
     当連結会計年度(自 2021年4月1日                  至 2022年3月31日)

     ・市場別売上高
                                                   (単位:百万円)
               自動車           白物家電           産機、民生他              合計
     売上高              87,899            53,384            34,377           175,660
     ・製品別売上高

                                                   (単位:百万円)
            パワーモジュール           パワーデバイス            センサー           その他         合計
     売上高            42,265          77,314          55,206            875      175,660
    2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

      「連結財務諸表の作成のための基本となる重要な事項 4.会計方針に関する事項(9)その他連結財務諸表作成の
     ための重要な事項 ②収益及び費用の計上基準」に記載のとおりであります。
    3.当連結会計年度及び翌連結会計年度以降の収益の金額を理解するための情報

     (1) 顧客との契約から生じた債権の残高
                               (単位:百万円)
                                当連結会計年度
    顧客との契約から生じた債権(期首残高)                                 36,962
    顧客との契約から生じた債権(期末残高)                                 35,617
      (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
    1 報告セグメントの概要
     (1)報告セグメントの決定方法
       当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源
      の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
       当社は本社に製品別の事業部門を置き、各事業部門は取り扱う製品について国内及び海外の包括的な戦略を立案
      し、事業活動を展開しており「半導体デバイス事業」、「パワーシステム事業」の2つを報告セグメントとしてお
      ります。
     (2)各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類
       「半導体デバイス事業」は、パワーモジュール、パワーIC、コントロールIC、ホールセンサー、トランジスタ、
      ダイオード、LED、LED照明、スイッチング電源及びトランス等を製造・販売しております。「パワーシステム事
      業」は、無停電電源装置(UPS)、汎用インバータ、直流電源装置、高光度航空障害灯、蓄電システム、パワーコン
      ディショナー等を製造・販売しております。
     (3)報告セグメントの変更等に関する事項
                                 79/110


                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
       当社グループの報告セグメントは、従来「半導体デバイス事業」、「パワーシステム事業」の2事業に区分して
      報告しておりましたが、当連結会計年度より新たな3ヶ年計画である「2021年中期経営計画」をスタートさせる事
      に 際し、期首において組織変更を行い、経営資源の配分等における意思決定のプロセスや、製品、サービスあるい
      は市場の類似性などの実態を踏まえ、報告セグメントについて再考した結果、「パワーシステム事業」の1つの事
      業であるユニット事業を「半導体デバイス事業」に区分変更をしております。
       また、   当連結会計年度より、2021年5月にて                  「パワーシステム事業」の主要事業である社会システム事業を売却
      した事に伴い、量的な重要性が低下したため                    、セグメント情報の記載を省略しております。
       なお、前連結会計年度のセグメント情報については、変更後の区分方法により作成したものを記載しておりま
      す。
     2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、連結財務諸表作成のために採用されている会計処理基準に
      基づく金額により記載しております。セグメント利益の金額は、営業利益ベースの数値であります。
       セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
                                 80/110















                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
     3   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報
      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
                                                   (単位:百万円)

                       報告セグメント
                                                   連結財務諸表
                                             調整額
                     半導体
                                      合計
                                                     計上額
                                            (注)1
                           パワーシステム
                     デバイス                                (注)2
                              事業
                      事業
    売上高
      外部顧客への売上高                  142,613        14,182       156,795          -     156,795

      セグメント間の内部売上高
                         172         1       174       △ 174        -
      又は振替高
           計            142,785        14,183       156,969         △ 174      156,795
    セグメント利益又は損失(△)                   1,030        1,042        2,073       △ 3,271       △ 1,198

    セグメント資産                  179,391         9,317       188,708        44,965       233,673

    その他の項目

     減価償却費                   11,839          7     11,846         716      12,562

     のれんの償却額                     120        -       120        -       120

     減損損失                     18        -        18        -        18

     有形固定資産及び
                       14,255         134      14,390         101      14,491
     無形固定資産の増加額
     (注)   1.調整額は、以下のとおりであります。
       (1)セグメント利益又は損失の調整額                  △3,271百万円       には、各報告セグメントに配分していない全社費用が含ま
         れております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
       (2)セグメント資産の調整額              44,965百万円      には、各報告セグメントに配分していない全社資産が含まれており
         ます。全社資産は、主に当社での余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門
         に係わる資産等であります。
       (3)減価償却費の調整額            716百万円     は、主に当社の管理部門に係わる費用であります。
       (4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額                         101百万円     は、主に当社の管理部門に係わる資産でありま
         す。
       2.セグメント利益又は損失は、連結財務諸表の営業損失と調整を行っております。
      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

       当社グループの報告セグメントは、「半導体デバイス事業」と「パワーシステム事業」としておりましたが、全
      セグメントに占める「半導体デバイス事業」の割合が高く、開示情報としての重要性が乏しいことから、セグメン
      ト情報の記載を省略しております。
                                 81/110







                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
       【関連情報】
      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
     1   製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2   地域ごとの情報

      (1)  売上高
                                                  (単位:百万円)
                   アジア
      日本                          アメリカ        欧州      その他       合計
                   内、中国       内、韓国
                            21,991

       52,225       78,855       42,283              13,531       12,099         83    156,795
     (注)   売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
      (2)  有形固定資産

                                         (単位:百万円)
       日本        アメリカ          アジア         その他          合計
         29,758         30,555          6,993          258        67,566

     3   主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありませ
      ん。
      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )

     1   製品及びサービスごとの情報
          セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2   地域ごとの情報

      (1)  売上高
                                                  (単位:百万円)
                   アジア
      日本                          アメリカ        欧州      その他       合計
                   内、中国       内、韓国
       47,436       94,185       48,672       26,895       17,802       15,762        474     175,660

     (注)   売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
      (2)  有形固定資産

                                         (単位:百万円)
       日本        アメリカ          アジア         その他          合計
         29,703         35,335          9,247          300        74,587

     3   主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありませ
      ん。
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

                                 82/110

                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
                                              (単位:百万円)

                          報告セグメント
                        半導体
                                       全社・消去         合計
                              パワーシステム
                        デバイス
                                 事業
                         事業
        当期償却額                    120        -        -       120
        当期末残高                   1,959         -        -      1,959

      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )

                                              (単位:百万円)

                          報告セグメント
                        半導体
                                       全社・消去         合計
                              パワーシステム
                        デバイス
                                 事業
                         事業
        当期償却額                    228        -        -       228
        当期末残高                   1,954         -        -      1,954

      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       該当事項はありません。
      【関連当事者情報】

       該当事項はありません。
      (1株当たり情報)

                           前連結会計年度                  当連結会計年度
                         (自    2020年4月1日               (自    2021年4月1日
                          至   2021年3月31日       )         至   2022年3月31日       )
    1株当たり純資産額                             3,463.44    円              3,934.87    円
    1株当たり当期純利益又は当期純損
                                  △287.96    円               132.79   円
    失(△)
    潜在株式調整後1株当たり当期純利
                                     - 円               129.45   円
    益金額
     (注)   1.「会計方針の変更」に記載のとおり、「収益認識に関する会計基準」等を適用しております。この結果、当
         連結会計年度の1株当たり純資産は3円30銭減少、1株当たり当期純利益は4円67銭増加しております。
       2.前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当た
         り当期純損失であるため記載していません。
       3.1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以
         下のとおりであります。
                                 83/110






                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
                                  前連結会計年度             当連結会計年度

                                (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                                至   2021年3月31日       )    至   2022年3月31日       )
    1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)
      親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                       △6,952              3,204
      帰属する当期純損失(△)(百万円)
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -             -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益又
                                       △6,952              3,204
      は親会社株主に帰属する当期純損失(△)(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                  24,142             24,134
    潜在株式調整後1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額(百万円)                                    -             △80
    (うち子会社の発行する潜在株式による
                                         (-)             (△80)
    調整額(百万円))
    普通株式増加数(千株)                                     -              -
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
                                                       ―
    当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
       3.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                 前連結会計年度             当連結会計年度

                項目
                                 ( 2021年3月31日       )      ( 2022年3月31日       )
    純資産の部の合計額(百万円)                                   113,250             137,404
    純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)                                    29,674             42,430

    (うち非支配株主持分(百万円))                                    29,674             42,430

    普通株式に係る期末の純資産額(百万円)                                    83,575             94,973

    1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式
                                        24,130             24,136
    の数(千株)
      (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                 84/110









                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      ⑤  【連結附属明細表】
        【社債明細表】
                             当期首残高      当期末残高       利率
      会社名         銘柄       発行年月日                         担保     償還期限
                             (百万円)      (百万円)       (%)
            2021年9月27日満期第
                       2016年                             2021年
       当社                        10,000        -   年0.67      なし
                       9月27日                             9月27日
            11回無担保社債
            2021年9月17日満期第
                       2018年                             2021年
       当社                        5,000        -   年0.40      なし
                       9月20日                             9月17日
            12回無担保社債
            2025年9月19日満期第
                       2018年                             2025年
       当社                        5,000      5,000    年0.81      なし
                       9月20日                             9月19日
            13回無担保社債
       合計         ―        ―       20,000       5,000     ―     ―      ―
     (注)1.連結決算日後5年内における1年ごとの償還予定額の総額
            1年以内        1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
            (百万円)         (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
                 -          -          -        5,000           -
       【借入金等明細表】

                        当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                      返済期限
                        (百万円)         (百万円)          (%)
    短期借入金                       12,357         10,681         0.74       ―
    1年以内に返済予定の長期借入金                        646         626        0.93       ―

    1年以内に返済予定のリース債務                         31        478        4.09       ―

                                                 2023年5月~
    長期借入金(1年以内に返済予定のも
                           33,329         43,015         0.94
    のを除く。)
                                                 2027年9月
                                                 2023年7月~
    リース債務(1年以内に返済予定のも
                             23       1,581         5.58
    のを除く。)
                                                 2026年4月
    その他有利子負債
                            4,000         6,000         0.20       ―
    コマーシャル・ペーパー(1年以内)
            合計               50,388         62,384          ―      ―
     (注)   1 「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
       2 長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における1年ごとの
         返済予定額の総額
                       1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
               区分
                        (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
          長期借入金                 19,651         10,151         10,151           -
          リース債務                   438         360         289         194

       【資産除去債務明細表】

        重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 85/110






                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【その他】
       当連結会計年度における四半期情報等
           (累計期間)              第1四半期         第2四半期         第3四半期       当連結会計年度

    売上高               (百万円)         44,314         86,421        128,917         175,660

    税金等調整前四半期

                   (百万円)          3,016         7,235         9,395        13,275
    (当期)純利益
    親会社株主に帰属する

                   (百万円)           846        1,958         1,586         3,204
    四半期(当期)純利益
    1株当たり

                    (円)         35.06         81.17         65.72        132.79
    四半期(当期)純利益
           (会計期間)              第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

    1株当たり四半期純利益又は四

                    (円)         35.06         46.11       △15.45          67.07
    半期純損失(△)
                                 86/110














                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
    2 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                33,616              19,146
        受取手形                                  281               2
        電子記録債権                                2,388              2,453
                                     ※1  20,890            ※1  21,924
        売掛金
        商品及び製品                                10,934              11,739
        仕掛品                                  244              280
        原材料及び貯蔵品                                1,615              1,746
        前払費用                                  405              426
                                      ※1  9,981           ※1  12,851
        短期貸付金
                                     ※1  18,792            ※1  19,925
        未収入金
        その他                                  192              603
                                       △ 1,376             △ 3,169
        貸倒引当金
        流動資産合計                                97,966              87,931
      固定資産
        有形固定資産
         建物(純額)                               2,117              5,873
         構築物(純額)                                 88              181
         機械及び装置(純額)                                409              192
         車両運搬具(純額)                                 0              0
         工具、器具及び備品(純額)                                415              412
         土地                                511              553
         リース資産(純額)                                 0              0
                                        4,166                51
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                               7,707              7,266
        無形固定資産
         ソフトウエア                               1,869              1,457
                                          0              0
         その他
         無形固定資産合計                               1,869              1,457
        投資その他の資産
         投資有価証券                                979              965
         関係会社株式                               12,050               8,741
         その他の関係会社有価証券                               4,656              4,656
                                     ※1  12,297            ※1  12,743
         長期貸付金
         前払年金費用                               2,699              2,972
         その他                                566              442
                                        △ 950            △ 1,097
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               32,301              29,424
        固定資産合計                                41,879              38,149
      資産合計                                 139,845              126,080
                                 87/110




                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形                                  793              464
        電子記録債務                                1,341              4,206
                                     ※1  13,093            ※1  9,660
        買掛金
                                                    ※1  9,886
        短期借入金                                11,582
        1年内償還予定の社債                                15,000                -
        コマーシャル・ペーパー                                4,000              6,000
        リース債務                                   0              -
                                      ※1  3,067             ※1  970
        未払金
                                      ※1  2,158            ※1  1,823
        未払費用
        未払法人税等                                1,831               146
        前受金                                  44              55
        預り金                                  53              44
        業績連動報酬引当金                                  -              177
        業績連動役員報酬引当金                                  43              -
        関係会社事業損失引当金                                1,728               370
                                         779             1,182
        その他
        流動負債合計                                55,516              34,987
      固定負債
        社債                                5,000              5,000
        長期借入金                                28,000              38,000
        繰延税金負債                                  517              620
        株式報酬引当金                                  35              58
                                          81              349
        その他
        固定負債合計                                33,633              44,028
      負債合計                                 89,150              79,016
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                20,896              20,896
        資本剰余金
         資本準備金                               5,225              5,225
                                        4,982              4,982
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                               10,207              10,207
        利益剰余金
         その他利益剰余金
          固定資産圧縮積立金                               32              29
                                        23,736              20,051
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                               23,768              20,081
        自己株式                               △ 4,226             △ 4,222
        株主資本合計                                50,647              46,963
      評価・換算差額等
                                          47              101
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                  47              101
      純資産合計                                 50,694              47,064
     負債純資産合計                                  139,845              126,080
                                 88/110




                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      ②  【損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                     ※1  94,443            ※1  98,620
     売上高
                                     ※1  89,742            ※1  93,499
     売上原価
     売上総利益                                   4,701              5,121
                                     ※1 ,2  8,666           ※1 ,2  7,494
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                  △ 3,965             △ 2,372
     営業外収益
                                       ※1  150            ※1  172
      受取利息
                                     ※1  15,647             ※1  779
      受取配当金
      為替差益                                    -              156
                                       ※1  143            ※1  301
      雑収入
      営業外収益合計                                 15,941               1,410
     営業外費用
                                       ※1  443
      支払利息                                                 373
      為替差損                                   864               -
      製品補償費                                    7             221
      関係会社貸倒引当金繰入額                                   274              143
      関係会社事業損失引当金繰入額                                    -              435
                                         253              400
      雑損失
      営業外費用合計                                  1,843              1,574
     経常利益又は経常損失(△)                                   10,132              △ 2,537
     特別利益
      固定資産売却益                                    8              5
      投資有価証券売却益                                    20               2
      関係会社株式売却益                                 18,917                -
      関係会社清算益                                    0             530
                                          88              -
      抱合せ株式消滅差益
      特別利益合計                                 19,036                538
     特別損失
      固定資産処分損                                    96               0
      投資有価証券評価損                                    54              -
                                       ※3  392
      関係会社事業損失引当金繰入額                                                  -
                                                     ※4  427
      減損損失                                    -
      環境対策費                                    -              51
                                      ※5  3,152             ※5  399
      事業構造改革費用
      特別損失合計                                  3,695               877
     税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                   25,473              △ 2,876
     法人税、住民税及び事業税
                                        2,690                53
     法人税等調整額                                    △ 9              79
                                                     ※6  123
                                          -
     過年度法人税等
     法人税等合計                                   2,681               256
     当期純利益又は当期純損失(△)                                   22,792              △ 3,133
                                 89/110





                                                          EDINET提出書類
                                                     サンケン電気株式会社(E01790)
                                                           有価証券報告書
      ③ 【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自       2020年4月1日 至          2021年3月31日)
                                                 (単位:百万円)

                                  株主資本
                             資本剰余金                 利益剰余金
                                             その他利益剰余金
                 資本金
                         資本準備金       その他資本剰余金
                                          固定資産
                                                  繰越利益剰余金
                                          圧縮積立金
    当期首残高               20,896         5,225         4,982          34       1,305
     会計方針の変更によ
     る累積的影響額
    会計方針の変更を反映
                   20,896         5,225         4,982          34       1,305
    した当期首残高
    当期変動額
     剰余金の配当                                                 △ 363
     当期純利益                                                 22,792
     固定資産圧縮積立金
                                              △ 2         2
     の取崩
     自己株式の取得
     自己株式の処分                                 △ 0
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計                 -         -        △ 0        △ 2      22,431
    当期末残高               20,896         5,225         4,982          32       23,736
                     株主資本           評価・換算差額等

                                          純資産合計

                                その他有価証券
                 自己株式        株主資本合計
                                 評価差額金
    当期首残高               △ 4,159        28,285         △ 74       28,210

     会計方針の変更によ
                              -                 -
     る累積的影響額
    会計方針の変更を反映
                   △ 4,159        28,285         △ 74       28,210
    した当期首残高
    当期変動額
     剰余金の配当                       △ 363                △ 363
     当期純利益                       22,792                 22,792
     固定資産圧縮積立金
                              -                 -
     の取崩
     自己株式の取得               △ 68        △ 68                △ 68
     自己株式の処分           &nbs