株式会社クエスト 有価証券報告書 第58期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第58期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)
提出日
提出者 株式会社クエスト
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                     有価証券報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                     関東財務局長

    【提出日】                     2022年6月24日

    【事業年度】                     第58期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

    【会社名】                     株式会社クエスト

    【英訳名】                     Quest   Co.,   Ltd.

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役 社長執行役員  岡 明男

    【本店の所在の場所】                     東京都港区芝浦一丁目12番3号

    【電話番号】                     03-3453-1181(代表)

    【事務連絡者氏名】                     取締役 上席執行役員  小泉 裕

    【最寄りの連絡場所】                     東京都港区芝浦一丁目12番3号

    【電話番号】                     03-3453-1181(代表)

    【事務連絡者氏名】                     取締役 上席執行役員  小泉 裕

    【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/80









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1) 連結経営指標等
            回次            第54期       第55期       第56期       第57期       第58期

           決算年月            2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

    売上高               (千円)         ―       ―       ―       ―       ―

    経常利益               (千円)         ―       ―       ―       ―       ―

    親会社株主に帰属する
                   (千円)         ―       ―       ―       ―       ―
    当期純利益
    包括利益               (千円)         ―       ―       ―       ―       ―
    純資産額               (千円)         ―       ―       ―       ―    5,722,946

    総資産額               (千円)         ―       ―       ―       ―    8,085,522

    1株当たり純資産額               (円)         ―       ―       ―       ―    1,086.34

    1株当たり当期純利益               (円)         ―       ―       ―       ―       ―

    潜在株式調整後
                   (円)         ―       ―       ―       ―       ―
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率               (%)         ―       ―       ―       ―      69.7
    自己資本利益率               (%)         ―       ―       ―       ―       ―

    株価収益率               (倍)         ―       ―       ―       ―       ―

    営業活動による
                   (千円)         ―       ―       ―       ―       ―
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                   (千円)         ―       ―       ―       ―       ―
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                   (千円)         ―       ―       ―       ―       ―
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                   (千円)         ―       ―       ―       ―       ―
    の期末残高
    従業員数               (人)         ―       ―       ―       ―       920
     (注)   第58期連結会計年度が連結財務諸表の作成初年度であり、また、連結子会社の取得日を連結会計年度末日として
       いることから、第58期連結会計年度においては貸借対照表のみを連結しているため、連結貸借対照表項目及び従
       業員数のみを記載しています。
                                 2/80






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
            回次            第54期       第55期       第56期       第57期       第58期

           決算年月            2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

    売上高               (千円)      8,724,917       9,551,514       10,314,527       11,181,261       11,807,037

    経常利益               (千円)       107,919       643,084       768,555       917,207       993,855

    当期純利益               (千円)       76,550       448,449       342,386       636,229       690,413

    持分法を適用した場合の
                   (千円)        2,701       5,275       2,816       2,577       12,161
    投資利益
    資本金               (千円)       491,031       491,031       491,031       491,031       491,031
    発行済株式総数               (株)     5,487,768       5,487,768       5,487,768       5,487,768       5,487,768

    純資産額               (千円)      4,064,320       4,387,066       4,528,537       5,198,185       5,666,434

    総資産額               (千円)      5,475,722       6,240,246       6,323,065       7,233,717       7,700,182

    1株当たり純資産額               (円)       786.39       848.86       874.75      1,002.66       1,091.83

    1株当たり配当額                      30.00       33.00       35.00       40.00       43.00
                   (円)
    (うち1株当たり中間配当額)
                            ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)
    1株当たり当期純利益               (円)       14.81       86.77       66.17       122.77       133.07
    潜在株式調整後
                   (円)         ―       ―       ―       ―       ―
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率               (%)        74.2       70.3       71.6       71.9       73.6
    自己資本利益率               (%)        1.9       10.6        7.7       13.1       12.7

    株価収益率               (倍)        63.3       12.0       14.2       11.8       10.1

    配当性向               (%)       202.6        38.0       52.9       32.6       32.3

    営業活動による
                   (千円)      △ 17,094       426,695       634,843       653,111       458,287
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                   (千円)       81,177        8,008      △ 22,086      △ 108,149     △ 1,135,422
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                   (千円)      △ 155,347      △ 155,444      △ 173,642      △ 184,469      △ 210,624
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                   (千円)      1,975,051       2,254,311       2,693,425       3,053,917       2,166,157
    の期末残高
    従業員数               (人)        737       768       786       821       851
    株主総利回り               (%)
                           117.2       133.3       125.7       192.0       184.2
    (比較指標:配当込みTOPIX)               (%)       ( 115.9   )    ( 110.0   )     ( 99.6  )    ( 141.5   )    ( 144.3   )
    最高株価               (円)       1,260       1,295       1,549       1,537       2,290
    最低株価               (円)        785       859       840       815      1,220

     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在していないため記載していません。
       2.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所スタンダード市場におけるものです。
                                 3/80





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    2  【沿革】
       年月                           概要

     1965年5月       データエントリー業務受託を目的として、横浜市中区に株式会社京浜計算センターを資本金200万
            円にて設立し、東京都中央区にて営業開始。
            日産火災海上保険株式会社(現               損害保険ジャパン株式会社)、東京芝浦電気株式会社(現                           株式
            会社東芝)、三井信託銀行株式会社(現                   三井住友信託銀行株式会社)との取引開始。
     1967年2月       東京都中央区に本社を移転。
     1967年12月       システム運用管理業務開始。
     1969年3月       データエントリー業務につき、ソニー株式会社との取引開始。
     1970年9月       汎用コンピュータによるソフトウェア開発事業を開始。
     1978年12月       データエントリー業務受託を目的として東京都中央区に株式会社データ・処理センターを設立。
     1980年4月       東京都港区芝に本社を移転。
     1985年7月       データエントリー業務につき、アルプス電気株式会社との取引開始。
     1988年2月       システム運用管理業務につき、ソニーシステムデザイン株式会社(現                                ソニーグローバルソリュー
            ションズ株式会社)との取引開始。
     1988年4月       商号を株式会社クエストに変更。
     1993年7月       オープンシステムによるソフトウェア開発事業を開始。
     1997年1月       大分県大分市に九州事業所を開設。
     1998年3月       愛知県名古屋市中区に名古屋営業所(現                   中部支社)を開設。
     2001年9月       プライバシーマークの認証を取得。
     2002年10月       JASDAQ市場に株式上場。
     2003年3月       情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)認証を取得。
     2003年11月       東京都港区芝浦に本社を移転。
     2004年8月       株式会社アイポックを買収により子会社化。(後に株式会社オプティスへ社名変更)
     2006年4月       インドソフトウェア開発拠点「Optis                  Information      Services     India   Pvt.   Ltd.」インド人IT技術
            者に対する日本語教育機関「Navis                Nihongo    Training     Centre    Pvt.   Ltd.」を連結子会社化。
     2007年8月       株式会社ドラフト・インを子会社化。同年10月データエントリー事業を同社に譲渡。
     2007年10月       中国での日系進出企業へのITサービスの提供を目的として慧徳科技(大連)有限公司を設立。
     2009年3月       オプティスグループ(株式会社オプティス、Optis                        Information      Services     India   Pvt.   Ltd.及び
            Navis   Nihongo    Training     Centre    Pvt.   Ltd.)の3社をMBOにより譲渡。
     2010年4月       ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場に上場。
     2013年7月       大阪証券取引所と東京証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上
            場。
     2014年3月       株式会社データ・処理センター解散。
     2015年9月       スペース・ソルバ株式会社と業務・資本提携。
     2016年6月       慧徳科技(大連)有限公司をMBOにより譲渡。
     2017年10月       株式会社ドラフト・インを吸収合併。
     2022年3月       株式会社エヌ・ケイを株式取得により子会社化。
     2022年4月       東京証券取引所の市場構造の見直しにより市場区分がスタンダード市場へ変更。
     2022年4月       株式会社エヌ・ケイを株式交換により完全子会社化。
     2022年5月       栃木県宇都宮市に栃木事業所を開設。
                                 4/80





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    3  【事業の内容】
      当社は、情報サービスを主たる事業とし、情報システムに係るコンサルティングから、業務システムの開発と保守
     及びITインフラの構築と運用管理に至る一貫したサービスを提供しています。
      当社の事業内容を、セグメント別に表すと次のとおりです。
     (1)  システム開発

       半導体、エレクトロニクス、金融、情報通信、エンタテインメント、公共・社会、移動(自動車・鉄道)、ヘル
      スケア・メディカルの業種の顧客に対して、ERP、CRM、RPA、ビッグデータ分析等のソリューション及び業務システ
      ムのコンサルティングから要件定義、設計、開発、保守に至る一連のシステム開発サービスを提供しています。
     (2)  インフラサービス

       クラウド、ネットワーク、セキュリティ、IoTに関するITインフラソリューションから設計、構築、保守、運用に
      至る一連のインフラサービスを提供しています。
     (3)  その他

       受託計算、仕入商品販売業務などを行っています。
     (注)   「その他」としたセグメントに関しては、「セグメント情報等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第17

        号 平成22年6月30日)及び「セグメント情報等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指
        針第20号 平成20年3月21日)適用の報告セグメントには含まれない事業セグメントとなっています。
      事業の系統図は次のとおりです。

                                 5/80













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    4  【関係会社の状況】
                                            議決権の

                          資本金
                                           所有割合又は
          名称           住所            主要な事業の内容                    関係内容
                          (千円)
                                           被所有割合
                                             (%)
    (連結子会社)
                              ソフトウェア開発及び
    株式会社エヌ・ケイ              東京都中央区        10,000                    100.0    役員の兼任あり
                              システム運用管理業務
    (関連会社)
                              ソフトウェア開発及び
    スペース・ソルバ株式会社              東京都中央区        100,000                     20.0       ―
                              システム運用管理業務
    5  【従業員の状況】

     (1)  連結会社の状況
                                               ( 2022年3月31日       現在)
             セグメントの名称                            従業員数(人)
    システム開発

    インフラサービス                                                  876

    その他

    全社(共通)                                                  44

                合計                                      920

     (注)   1.当社は、従業員数をセグメント別に記載することが困難であるため、一括して記載しています。
        2.従業員数は就業人員です。なお、パート及び嘱託社員の人数については、従業員総数の10%を下回ってい
          るため、表記を省略しています。
     (2)  提出会社の状況

                                               ( 2022年3月31日       現在)
       従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
               851             39.0             12.6           5,689,988

     (注)   平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいます。
             セグメントの名称                            従業員数(人)

    システム開発

    インフラサービス                                                  811

    その他

    全社(共通)                                                  40

               合  計                                       851

     (注)   1.当社は、従業員数をセグメント別に記載することが困難であるため、一括して記載しています。
        2.従業員数は就業人員です。なお、パート及び嘱託社員の人数については、従業員総数の10%を下回ってい
          るため、表記を省略しています。
     (3)  労働組合の状況

       当社の労働組合は結成されていませんが、労使関係は良好です。
                                 6/80




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社が判断したものです。
      当社グループは、当連結会計年度が連結初年度であり、また、連結子会社の取得日を連結会計年度末日としている
     ことから、当連結会計年度においては、貸借対照表のみを連結しているため、連結損益計算書、連結包括利益計算
     書、連結株主資本等変動計算書及び連結キャッシュ・フロー計算書は作成していません。
      そのため、(3)       目標とする経営指標及び達成状況に関する記載につきましては、個別財務諸表に係る数値を記載し
     ています。
     (1)  経営の基本方針

       当社では、2020年度における経営体制の強化を契機に、2030年度の未来を見据えた中長期計画「Quest
      Vision2030」を策定しました。Quest                  Vision2030では、持続的な成長と高収益体質の維持、そして企業価値向上に
      向けた"QCSV"(Quest          Creating     Shared    Value:クエストの共通価値の創造)へのストーリーを作成するとともに、
      企業理念体系をPhilosophy,             Purpose,     Vision,    Valuesという形で再定義しました。
      (企業理念:Philosophy)
        技術を探究し、価値を創造し、お客様とともに成長する
      (存在意義:Purpose)
        技術と創造力で人と社会の安心と幸せを支え続けます
      (経営目標:Vision)
        価値を共創するデジタルデータ社会の実現に向けて、「あなたに信頼されるITサービス」のリーディングカン
        パニーへ(※あなた:お客様、パートナーを含む全ての取引先)
      (提供価値:Values)
        技術を創意工夫し、時と場の制約を超え、業務を自動化し、人の力を補完補強するITサービスを真心を込めて
        提供します
     (2)ブランドスローガン及びブランドプロミス

       当社の新たな船出の象徴としてブランドスローガン及びブランドプロミスを作成しました。
       (ブランドスローガン)
         Quest   For  More
       (ブランドプロミス)
         Digital    Future    As  One
       新スローガン「Quest          For  More」の意味は文字通り、“もっと探究・もっと探求”することです。
        探究:誠実な精神と創造力を通じてお客様の業務をより効率化し、期待を超える価値を提供していきます。
        探求:新しい市場の開拓や技術の獲得に挑戦し、より便利で幸せな社会の実現に貢献していきます。
       また、すべてのステークホルダーの皆様との信頼関係を構築するブランドプロミスとして「Digital                                               Future    As
      One」を策定しました。お客様も、パートナーも、社員も、家族も、ともに1つになり、Digital                                             Futureに向かって
      邁進していきます。
     (3)  目標とする経営指標及び達成状況

       当社は、事業の発展を通じて企業価値を安定的に成長させていくことを目標とし、従来の毎期ローリング方式に
      よる3ヶ年中期計画の変更は行わず、進捗状況、達成状況のレビュープロセスをより充実させる方式に変更しまし
      た。
       公表している「2021-2023年度・中期経営計画」では、2023年度に売上高130億円、経常利益率7.3%、ROE                                                 10.4%
      以上を経営数値目標として今後もその達成に全力を注いでいきます。
       その1年目である当事業年度は、売上高目標116億30百万円に対し118億7百万円、経常利益率目標6.3%に対し
      8.4%、ROE目標9.4%に対し12.7%となり、目標を大きく上回り達成することができました。
                                 7/80




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
     (4)  会社の対処すべき課題及び中長期的な経営戦略
       新型コロナウイルス感染症について、以前に比べて沈静化の傾向にはあるものの収束の目途はたっておらず、今
      後も顧客企業の経営状況によっては新規案件の獲得遅延やIT投資抑制の動きが予想されます。
       このような状況下において、当社は、顧客産業ポートフォリオにおける市場の変化を的確に捉え、かつ、デジタ
      ル化の需給バランスにスピード感をもって対応することにより、収益の維持・拡大に努めていきます。
       また、新マネージメント体制の下、企業理念体系を全面的に見直し、従前の経営理念であった「技術を探究し、
      価値を創造し、お客様とともに成長する」を最上位の企業理念に位置づけ、新たにPhilosophy、Purpose、Vision、
      Valuesとするとともにブランドスローガンを制定しました。
       全社一丸となって目指すゴールを共有し、不確実な時代のなかで持続的な成長を実現し、企業価値を向上させて
      いくため次の課題に取り組んでいきます。
       ①  ITプロフェッショナル人材の獲得と育成
        高度IT人材の獲得競争が激化するなか、事業のさらなる発展のためには豊富な専門知識と高度なスキルを有す
       る人材を確保することがより一層重要になっています。新卒者、経験者を問わず積極的な採用活動を展開すると
       ともに、高度なIT技術を有する社員に対する社内認定制度QCAP(※1)等の人事制度の運用や技術者が自分に適
       したITプロフェッショナル・キャリアコースを選択し成長できる環境の整備等、社員がその能力を十分に発揮し
       成長するための教育投資を計画的かつ継続的に取り組んでいきます。
       ②  新規サービス・ソリューションの開拓
        IT業界は技術の多様化と進展が著しいという特徴を有しており、顧客ニーズもますます高度化・多様化してい
       ます。当社は時代と顧客ニーズに即応できるシステムの保守・運用、アプリケーション開発、ソリューション提
       供の新しいサービス形態を模索し、提供していきます。具体的には既存事業であるクラウド関連事業、プラット
       フォーム関連事業、セキュリティ関連事業を深耕し安定収益を維持・拡大するとともに、DX、AI・BI(※2)関
       連事業等の新規ソリューションを開拓し、次なる収益の芽を育てていきます。
        当期において、ERPサービス、デジタルワークプレイス事業拡大のためMicrosoft                                      Dynamics     365及びMicrosoft
       365に関するソリューションを展開する企業と業務提携並びに会話型AIソフトウェアのリーディングカンパニーと
       リセラーパートナー契約の締結を行いました。今後も業務提携をはじめとした活動を通じさらなる収益拡大に努
       めていきます。
       ③  企業価値向上に向けた取り組みの強化
        今後持続的な成長とともに、より高い収益性とより誇りを持てる社会的存在意義を有し、株主の皆様をはじめ
       とするすべてのステークホルダーに対して企業価値の創造と向上、技術による貢献(Social                                           Value)を約束しま
       す。当社では全社的な中長期経営目標を策定し、そのなかで企業価値向上のストーリーをQCSV(※3)として掲
       げました。2030年度に企業価値250億円超を達成すべく、その実現に向けて新規ビジネスの創出やIT人材の育成、
       重点領域への投資等に取り組んでいきます。
        当期において、当社に対する認知度向上と理解促進を目的としたプロモーションビデオの制作、ウェブサイト
       のリニューアル及び充実化、当社ロゴマークの刷新、「おもてなし認証規格」における「★★紺認証」の取得を
       行いました。今後も引き続き企業価値向上へ向けた施策を積極的に実施していきます。
       また、企業価値を高めるとともに、株主の皆様に対する安定的な利益還元を経営の重要課題と位置づけ、業績の
      伸張に合わせて、将来の技術獲得、人材確保、不測の事態への備えに充分な内部留保を確保するとともに積極的な
      利益配分を行っていきます。剰余金配当の基本方針として、安定的な利益還元の観点からDOE(純資産配当率)
      5%、資本効率についてはROE              12%以上を目指しています。
       当社は創業以来、株主様、お客様、社員、パートナー様、地域社会等、すべてのステークホルダーに対して常に
      誠実堅実であることを経営方針としています。今後もCGCとCSV経営を重視し、透明性の高い経営を継続し、ITによ
      る社会課題の解決、さらに一層の企業価値の向上と持続的成長のために邁進していきます。
                                 8/80






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      現時点で、当社の事業展開上その他に関してリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を以下に記載し
     ています。
      なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社が判断したものです。
      (1)  人材の確保について
        当社の事業活動の根幹をなすシステム開発事業、インフラサービス事業ともに多くの先端技術に深く関連して
       おり、また、その技術革新の進展は著しいという特徴を有しています。このような環境のもと、事業のさらなる
       発展のためには豊富な専門知識と高度なスキルを有する人材を確保することが重要になっています。しかしなが
       ら、現在の情報サービス産業においては人材の獲得競争が激化しており、人材確保が計画通りに進まない場合に
       は、事業の発展拡大に制約を受け、当社の業績や財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (2)  競争の激化について

        IT業界を取り巻く事業環境は日々変化しており、高度化する最先端技術や多様化する顧客ニーズ、激化する価
       格競争等の動向を鑑みながら、適切かつ迅速に対処し競争優位性を堅持し続ける必要があります。当社として
       は、システム開発、保守・運用、ソリューション提供における新しい形態でのサービス提供や成長領域の技術獲
       得、ニアショアやオフショアを活用したコスト競争力の強化により時代と顧客ニーズの変化に対応していきま
       す。しかしながら、当社の想定を超える事業環境変化等が発生し、当社のリソースや資産を持ってしても追随で
       きないケースが発生した場合には、当社の経営成績及び今後の事業展開に影響を及ぼす可能性があります。
      (3)  為替市場の著しい変動について

        ロシアによるウクライナ侵攻や米国の利上げにより円安が進行し、約20年ぶりの円安水準となっています。円
       安によって輸出金額や対外投資による純受取額の円換算額は増加するものの、高騰している原材料コストやエネ
       ルギーコストが今後さらに上昇することが懸念されます。顧客企業における業績への影響の度合いによっては、
       案件の遅延や投資活動抑制等により、当社の事業活動や業績に影響を与える可能性があります。
      (4)  新型コロナウイルスの感染拡大について

        新型コロナウイルス感染症が長期化していることに加え、変異株の感染が拡大しています。今後も引き続きリ
       モートワーク推奨をはじめとした感染症対策を行いながら、市場環境の変化に対し柔軟に対応することで収益の
       維持、拡大に努めます。しかしながら当社と顧客双方における勤務形態の変化による生産性の低下や従業員の罹
       患による業務の停滞、顧客の業績悪化による案件の遅延、投資活動抑制等により、当社の事業活動や業績に影響
       を与える可能性があります。
      (5)  セキュリティについて

        近年ではサイバー攻撃やランサムウェア、委託先の管理不備、情報機器の紛失等による情報流出といった事件
       が起きており、より慎重かつ厳格な管理体制の構築及び運営が求められます。そのため当社では情報セキュリ
       ティ教育やネットワークの監視、委託先への調査、毎月委員会形式でセキュリティ活動の状況を報告する「統合
       セキュリティ」により情報保護強化に向けた取り組みを行っています。しかしながらこれらの対策を講じていて
       も機密情報の漏洩や紛失、喪失等が生じた場合には、社会的信用の低下や取引停止、損害賠償責任が生じること
       により、当社の事業活動や業績に影響を与える可能性があります。
      (6)  品質管理について

        当社では品質管理強化への取り組みとして、プロジェクト規模から重要と判断されたプロジェクトについては
       「重要プロジェクトレビュー会議」として個々に精査するほか、「プロジェクト統括部」を設置してプロジェク
       ト品質管理と不採算案件防止に向けた活動を行っています。しかしながらこのような対策を行っていても案件の
       難易度やバグの発生等による想定外のコスト発生、収益性の低いプロジェクト発生等により、当社の業績に影響
       を与える可能性があります。
                                 9/80




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      当社グループは、当連結会計年度が連結初年度であり、また、連結子会社の取得日を連結会計年度末日としている
     ことから、当連結会計年度においては、貸借対照表のみを連結しているため、連結損益計算書、連結包括利益計算
     書、連結株主資本等変動計算書及び連結キャッシュ・フロー計算書は作成していません。
      そのため、(1)       経営成績、(2)       生産、受注及び販売の実績、(4)                キャッシュ・フローの状況に関する記載につきま
     しては、個別財務諸表に係る数値を記載しています。
      当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況
     の概要並びに経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりです。
      なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものです。
      (1)  経営成績
        当事業年度(2021年4月1日~2022年3月31日)における我が国経済は、新型コロナウイルスの感染者数が増
       減を繰り返すなかで、半導体の需給バランスの問題が製造業の大幅減産をもたらし、夏場に落ち込んだ後は持ち
       直しの兆候も見えましたが、その回復スピードは緩やかなものに留まっています。一方、個人消費は、2021年9
       月末の緊急事態宣言の解除を受けて外出・宿泊・娯楽などの対面型サービスを中心に回復の兆しが出始めました
       が、2022年2月に勃発した欧州での紛争に連動して、世界的なインフレの懸念、円安の大幅進行による物価上昇
       により、伸びは芳しくない状況が続いています。
        このような経済環境のなか、ITサービス市場はDX加速を背景に顧客企業の生産性向上や、AI・RPAを活用した省
       力化、自動化への投資、人材不足や働き方改革に対応するIT投資により、想定以上の需要増の状況で推移しまし
       た。経済産業省の「特定サービス産業動態統計調査2022年2月分確報」の情報サービス業の項の中から、当社が
       主に属する「受注ソフトウェア」と「システム等管理運営受託」を合算した業務種類別売上は、2021年4月~
       2022年2月(累計)で前年同期比15.0%の増加となっています。
        このような事業環境のもと、当社は昨年度に策定した中長期ビジョン「Quest                                     Vision2030」の第1期である

       「2021-2023年度・中期経営計画」で掲げた「事業構造の変革」、「産業ポートフォリオの変革」、「事業体質の
       変革」の基本方針のもと、当事業年度は持続的成長と新たな強みを生み出す準備と仕込みを念頭に活動を展開し
       てきました。その結果、当事業年度における当社の経営成績は次のとおりとなりました。
        売上高は、前期比5.6%増の118億7百万円となりました。利益については、営業利益は前期比9.0%増の9億58
       百万円、経常利益は前期比8.4%増の9億93百万円、当期純利益は前期比8.5%増の6億90百万円となりました。
       売上高、営業利益、経常利益ともに4年連続で過去最高値を更新しており、中期計画の目標に向けて順調に推移
       しています。
        当事業年度より将来に備えた投資を拡大させており、成長分野における新技術獲得に向けた教育や基幹システ
       ム刷新を含めた社内DX活動推進、アフターコロナを念頭に置いた新しい働き方のトライアルとして、本社オフィ
       スの一部フリーアドレス化等を実施しました。また、「Quest                             Vision2030」の一環で、ステークホルダーからの
       理解を促進するため、ウェブサイトのリニューアル及び充実を図りました。また、「Quest                                          Positive     Action」と
       して、女性が活躍できる場をさらに広げ、SDGsを意識した取り組みの立ち上げ、諸制度の見直しも行っていま
       す。企業価値向上、新規ビジネスの創出につながる諸施策についての投資も実施しましたが、顧客需要が前年か
       ら大きく増加したことにより、営業利益、経常利益、当期純利益のいずれも対前期比において増加となっていま
       す。
        なお、当社は上記「Quest            Vision2030」に掲げる目標の前倒し実現のために、半導体領域における強みを有す
       る老舗の受託開発会社である株式会社エヌ・ケイの発行済株式の84.6%を2022年3月31日に取得しました。
        セグメント別の経営成績は次のとおりです。

        システム開発事業については、半導体分野顧客、金融分野顧客、移動(自動車・鉄道)分野顧客からの開発案
       件の増加及びクラウドERP、デジタルワークプレイス等の増加により、売上高は前期比8.4%増の65億76百万円と
       なりました。セグメント利益は増収効果及び稼働率の改善等により前期比10.4%増の11億81百万円となりまし
       た。
        インフラサービス事業については、半導体分野顧客、公共・社会分野顧客、ヘルスケア・メディカル分野顧客
       へのインフラ運用サービスやリモートサービス、ネットワークサービス等が拡大し、売上高は前期比2.6%増の52
       億9百万円となりました。セグメント利益は増収効果により前期比1.6%増の8億67百万円となりました。
       (注)   1.セグメント間取引については、相殺消去しています。
          2.セグメント利益については、全社費用等の配分前で記載しています。
                                10/80



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
      (2)  生産、受注及び販売の実績

        ①  生産実績
         当社は、プロジェクトごとに作業完了した業務につき、顧客の検収書あるいは当社の完了報告書に基づき売
        上計上しています。このため、販売実績のほとんどが生産実績であることから、生産実績の記載を省略してい
        ます。
        ②  受注実績

         当事業年度の受注状況をセグメント別に示すと、次のとおりです。
      セグメントの名称             受注高(千円)          前期比(%)         受注残高(千円)           前期比(%)
    システム開発                   6,783,585           +8.9         1,926,374           +11.7

      (注)   1.システム開発セグメント以外のセグメントについては、受注に該当する取引形態に相当しないため、記載
          していません。
        2.受注残高は契約金額を記載しています。
        ③  販売実績

         当事業年度の販売実績をセグメント別に示すと、次のとおりです。
            セグメントの名称                       販売高(千円)               前期比(%)
    システム開発                                      6,576,608           +8.4

    インフラサービス                                      5,209,235           +2.6

    その他                                        21,192         △37.6

               合計                           11,807,037            +5.6

      (注)   1.セグメント間取引については、相殺消去しています。
        2.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、受託計算サービス事業及び商
          品販売事業を含んでいます。
        ④  主な相手先別の販売実績及び総販売実績に対する割合

                            前事業年度                 当事業年度
           相手先
                        金額(千円)         割合(%)        金額(千円)         割合(%)
    キオクシア株式会社                     2,051,817           18.4      2,373,812           20.1

      (3)  財政状態

       <資産>
         当連結会計年度末における流動資産は56億84百万円となり、主な内訳は、売掛金28億35百万円、現金及び預
        金24億76百万円です。固定資産は24億1百万円となり、主な内訳は、投資有価証券11億64百万円、のれん6億
        22百万円です。
         以上の結果、当連結会計年度末における総資産は80億85百万円となりました。
       <負債>
         当連結会計年度末における流動負債は20億26百万円となり、主な内訳は、賞与引当金6億66百万円、買掛金
        4億34百万円です。固定負債は3億36百万円となり、主な内訳は、退職給付に係る負債2億86百万円、役員退
        職慰労引当金45百万円です。
         以上の結果、当連結会計年度末における総負債は23億62百万円となりました。
                                11/80




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
       <純資産>
         当連結会計年度末における純資産は57億22百万円となり、主な内訳は、利益剰余金44億66百万円、その他有
        価証券評価差額金3億92百万円です。
      (4)  キャッシュ・フローの状況

        当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の期末残高は21億66百万円となり、前事
       業年度末と比較し、8億87百万円減少しました。
        当事業年度における各キャッシュ・フローの状況と要因は次のとおりです。
       <営業活動によるキャッシュ・フロー>
         営業活動の結果、4億58百万円の収入となりました。これは主に税引前当期純利益9億93百万円、法人税等
        の支払額3億11百万円、前払年金費用の増加による資金の減少1億88百万円、売上債権の増加による資金の減
        少1億47百万円等によるものです。
       <投資活動によるキャッシュ・フロー>
         投資活動の結果、11億35百万円の支出となりました。これは主に子会社株式の取得による支出11億22百万円
        によるものです。
       <財務活動によるキャッシュ・フロー>
         財務活動の結果、2億10百万円の支出となりました。これは主に配当金の支払いによるものです。
        当社は財務の安全性を重視するとともに、銀行借入に依存しない経営を継続しています。資金の運用は短期的

       な預金等に限定するとともに、運転資金については内部資金により調達することを原則としています。当社の資
       本の財源及び資金の流動性について当社の運転資金の需要は、人件費や外注費等の営業費用によるものがその多
       くを占めていますが、これらの運転資金の需要は、主に営業活動によるキャッシュ・フロー等によりまかなって
       います。また、設備投資資金等についても、現金及び預金を使用することとしており、安全性を重視しつつも効
       率的な資金運用を目指しています。当事業年度末における資金は、資産合計の28.1%を占めており、また流動比
       率は274.8%であることから、十分な流動性を確保しています。
      (5)  重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

        当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しています。この
       財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いてい
       ますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。
        財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは「第5                                         経理の状況      2  財務諸
       表等   (1)  財務諸表     注記事項     重要な会計上の見積り」に記載しています。
      (6)  経営戦略の現状と見通し

        新年度においては、従来から続く新型コロナウイルスの感染リスクに加え、欧州での紛争や東アジアの地政学
       的リスク、原材料やエネルギー価格の高騰が懸念されています。
        このような状況から、経済活動はさらに厳しい状況が継続することが見込まれ、顧客企業のIT投資動向を高い
       精度で見込むことは難しい状況であると考えています。具体的には、IT投資計画の中止、延期、規模縮小の可能
       性があることから、お客様と一層の連携強化を進めながら適切な対応を実行していきます。
        以上を踏まえ、翌連結会計年度の業績見通しについては、売上高138億10百万円、営業利益8億円、経常利益8
       億38百万円、親会社株主に帰属する当期純利益5億78百万円を予想しています。
        (注)   業績予想につきましては、本資料作成日時点で入手可能な情報に基づいて当社で判断したものであり、実
          際の業績がこれらの予想数値と異なる場合があります。
                                12/80





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    4  【経営上の重要な契約等】
      当社は2022年3月18日開催の取締役会決議に基づき、株式会社エヌ・ケイとの間で同日付で株式交換契約を締結し
     ました。
      「Quest    Vision2030」の基本方針においては「産業ポートフォリオの変革」を掲げており、特に強化する領域とし
     て半導体分野を、新規参入領域としてヘルスケア・メディカル分野を標榜しています。株式会社エヌ・ケイは半導体
     分野での受託開発のみならず、ヘルスケア・メディカル分野の顧客に対するサービス提供実績もあることから、株式
     会社エヌ・ケイを当社グループに迎えることが「Quest                          Vision2030」の実現に大きく寄与するものと考え、完全子会
     社化を決議しました。
      株式交換の概要は次のとおりです。

      (1)  株式交換の内容
        当社を完全親会社とし、株式会社エヌ・ケイを完全子会社とする株式交換
      (2)  株式交換の日(効力発生日)
        2022年4月28日
      (3)  株式交換の方法
        株式交換日現在の株式会社エヌ・ケイの株主名簿に記録の株主に対し、当社の保有する自己株式151,514株を割
       当交付
      (4)  株式交換比率
                      当社         株式会社エヌ・ケイ
         株式交換比率                   1         6,313.13
      (5)  株式交換比率の算定根拠
        株式交換比率の算定にあたって、当社及び株式会社エヌ・ケイから独立した第三者機関である株式会社コーポ
       レート・アドバイザーズ・アカウンティングに算定を依頼しています。当社については市場株価法、株式会社エ
       ヌ・ケイについてはDCF法(ディスカウンテッド・キャッシュ・フロー法)、類似会社比較法を用いて株式価値を
       算定し、株式会社エヌ・ケイの資産の状況、損益の状況、将来の見通し等を総合的に勘案し、両社での協議及び
       交渉のうえ算定しています。
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                13/80










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

      該当事項はありません。
    2  【主要な設備の状況】

     (1)  提出会社
       当社における主要な設備の状況は、次のとおりです。
                                               ( 2022年3月31日       現在)
                                 帳簿価額(千円)
      事業所名                                      事業所賃借料        従業員数
             セグメントの名称          設備の内容
      (所在地)                                         (㎡)      (人)
                              建物     その他      合計
    本社        システム開発
                                               105,154
                       事務所等        6,324     15,115     21,439              623
                                               (1,863)
    (東京都港区)        インフラサービス
      (注)上記の金額に消費税等は含まれていません。
     (2)  国内子会社

       主要な設備はありません。
    3  【設備の新設、除却等の計画】

     (1)  重要な設備の新設等
       該当事項はありません。
     (2)  重要な設備の除却等

       該当事項はありません。
                                14/80











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    第4   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                      9,560,000

                 計                                     9,560,000

      ②  【発行済株式】

            事業年度末現在           提出日現在

                                   上場金融商品取引所名又は
      種類       発行数(株)          発行数(株)                               内容
                                  登録認可金融商品取引業協会名
            ( 2022年3月31日       )  (2022年6月24日)
                                     東京証券取引所
                                                    単元株式数
     普通株式           5,487,768          5,487,768      JASDAQ(スタンダード):事業年度末現在
                                                      100株
                                  スタンダード市場:提出日現在
       計         5,487,768          5,487,768               ―              ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ① 【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

       該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額        資本金残高
        年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                     (千円)       (千円)
    2008年1月1日(注)             1,266,408       5,487,768           ―     491,031          ―     492,898
     (注)   株式分割(1:1.3)によるものです。
                                15/80






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                                ( 2022年3月31日       現在)
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満
      区分                            外国法人等                   株式の状況
           政府及び
                     金融商品     その他の                 個人
                                                       (株)
           地方公共     金融機関                                 計
                     取引業者      法人               その他
            団体
                                個人以外      個人
    株主数(人)          ―      2     17     21     13      4   2,790     2,847        ―

    所有株式数
              ―     690     481    14,091       136      6   39,059     54,463      41,468
    (単元)
    所有株式数
              ―    1.26     0.88     25.87      0.24     0.01     71.71     100.00        ―
    の割合(%)
     (注)   1.自己株式297,936株は「個人その他」に2,979単元及び「単元未満株式の状況」に36株を含めて記載してい
          ます。
        2.「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の株式がそれぞれ1単元
          及び1株含まれています。
     (6)  【大株主の状況】

                                                ( 2022年3月31日       現在)
                                               発行済株式(自己株式を
                                        所有株式数
       氏名又は名称                    住所                    除く。)の総数に対する
                                         (株)
                                               所有株式数の割合(%)
    内田 廣            神奈川県横浜市金沢区                         837,410              16.13
    有限会社内田産業開発            神奈川県横浜市金沢区富岡西四丁目66番11号                         446,102              8.59

    クエスト従業員持株会            東京都港区芝浦一丁目12番3号                         362,090              6.97

    花輪 祐二            東京都大田区                         293,415              5.65

    SCSK株式会社            東京都江東区豊洲三丁目2番20号                         268,710              5.17

    株式会社ユニリタ            東京都港区港南二丁目15番1号                         265,000              5.10

    株式会社スカラ            東京都渋谷区渋谷二丁目21番1号                         254,000              4.89

    内田 マサ子            神奈川県横浜市金沢区                         150,000              2.89

    内田 久恵            神奈川県横浜市金沢区                         150,000              2.89

    有限会社福田商事            富山県小矢部市上野本52番7号                         150,000              2.89

         計                  -              3,176,727               61.21

                                16/80







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                                ( 2022年3月31日       現在)
           区分              株式数(株)          議決権の数(個)               内容
    無議決権株式                       ―           ―            ―

    議決権制限株式(自己株式等)                       ―           ―            ―

    議決権制限株式(その他)                       ―           ―            ―

    完全議決権株式(自己株式等)                  普通株式        297,900        ―            ―

    完全議決権株式(その他)                  普通株式       5,148,400           51,484           ―

    単元未満株式                  普通株式        41,468        ―      一単元(100株)未満の株式

    発行済株式総数                        5,487,768         ―            ―

    総株主の議決権                       ―            51,484           ―

     (注)   「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が100株含まれています。また、「議決権
        の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数1個が含まれています。
      ②  【自己株式等】

                                                ( 2022年3月31日       現在)
                                                     発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
                                                    総数に対する
     所有者の氏名又は名称                所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
                                                     所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
                 東京都港区
    株式会社クエスト                             297,900       ―       297,900         5.42
                 芝浦一丁目12番3号
          計             ―          297,900       ―       297,900         5.42
    2 【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】           会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

               区分                  株式数(株)             価額の総額(円)

    当事業年度における取得自己株式                                    410            752,883

    当期間における取得自己株式                                    ―              ―

     (注)   当期間における取得自己株式数には、2022年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの買取りによる株式
        は含まれていません。
                                17/80




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                           当事業年度                   当期間

           区分
                              処分価額の総額                  処分価額の総額
                       株式数(株)                 株式数(株)
                                 (円)                  (円)
    引き受ける者の募集を行った
                            ―         ―         ―         ―
    取得自己株式
    消却の処分を行った取得自己株式                        ―         ―         ―         ―
    合併、株式交換、株式交付、
    会社分割に係る移転を行った                        ―         ―      151,514       106,059,800
    取得自己株式
    その他(注)                      5,862       4,106,300             ―         ―
    保有自己株式数                     297,936           ―      146,422            ―

     (注)   1.当事業年度のその他の内訳は、譲渡制限付株式報酬による自己株式の処分が5,819株4,076,209円です。ま
          た、単元未満株式の売渡請求による売渡43株30,121円があります。
        2.当期間の合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式の内訳は、株式会社エ
          ヌ・ケイの完全子会社化に伴う株式交換151,514株106,059,800円です。なお保有自己株式数には、2022年
          6月1日からこの有価証券報告書提出日までの買取り及び売渡による株式は含まれていません。
    3 【配当政策】

      当社は株主のための企業という経営スタンスを従来より堅持するとともに、株主の皆様に対する安定的な利益還元
     の実施を経営の重要課題と位置付けています。当社は業績の伸張に合わせて内部留保を確保するとともに、積極的な
     利益配分を行っていきます。
      当社は、期末配当の年1回の剰余金の配当を行うことを基本方針としています。
      これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会です。なお、当社は「取締役会の決議により、
     毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めています。
      当社の剰余金配当等の方針は、配当性向のみの指標では、当該期の利益金額により変化することから、安定的利益
     還元を示す純資産配当率(DOE)を指標として採用し、株主様への利益還元方針をより明確にすることとしています。
      内部留保資金については、財務体質の強化、今後成長が見込める事業分野への投資などに活用していきます。
      これらの方針に基づき、当期の期末配当金については、1株当たり43円となりました。
      以上の結果、当期のDOEは4.1%となりました。当社といたしましては、DOE5.0%を目指して日々の業務に取り組み
     ます。
      当事業年度に係る剰余金の配当は次のとおりです。
             決議年月日              配当金の総額(千円)                1株当たり配当額(円)

        2022年6月23日
                                    223,162                   43
        定時株主総会決議
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】

     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
       ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、コーポレート・ガバナンスは経営理念及び経営方針に基づき、企業価値の最大化に向けて、株主など
       のすべてのステークホルダーと良好な関係を築き、長期安定的に成長し、発展していくことを目指すものである
       と考えます。
        経営理念及び経営方針については、「第一部                     企業情報     第2   事業の状況      1  経営方針、経営環境及び対処すべ
       き課題等     (1)  会社の経営の基本方針」に記載のとおりです。
                                18/80




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
       ②  企業統治の体制
        当社では、毎月1回開催する取締役会に取締役全員(監査等委員である取締役を含む。)が出席し、取締役会
       規程に基づき重要事項の決定・報告が行われています。取締役は活発な意見交換を行うと同時に取締役会の運営
       が適切か相互に監視しています。また、取締役会に諮る前に入念な審議を必要とする議題や、広く意見、情報を
       求めて意思決定する必要がある案件については、原則毎月2回開催する経営会議により、取締役、常勤の監査等
       委員である社外取締役他関係者を招集のうえ、審議を行います。
        上記以外にも、毎週開催する部門長連絡会、毎月1回開催する予算実績会議では、取締役・執行役員・各部門
       長・常勤の監査等委員である社外取締役が出席して意見交換を行っています。
        また、内部統制システムの運営については内部統制委員会、情報セキュリティ活動の運営については統合セ
       キュリティ委員会と専任の委員会を設置しています。それぞれ毎月1回開催し活動状況の確認を行っています。
        これらの社内の各会議体を通じ、統治を推進しています。
        なお、2020年6月18日開催の取締役会において、経営における監督機能と業務執行機能の分担を明確化するこ
       とにより、経営の監督機能及び意思決定機能並びに執行機能の強化を図るため執行役員制度の見直しを行いまし
       た。
       ③  現状の企業統治の体制を採用する理由

        当社は、2016年6月21日開催の第52回定時株主総会において、監査等委員会設置会社への移行を内容とする定
       款変更が決議されたことにより、同日付をもって監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行していま
       す。この移行は、取締役会の監督機能を強化し、コーポレート・ガバナンスのさらなる充実を図ることを目的と
       したものです。
       ④  内部統制システムの整備の状況

        内部統制システムの整備状況としては、次のとおりです。
        当社においては職務分掌規程、職務権限規程などの規程を整備し、各組織及び役職者の役割と責任を明確にし
       ています。業務の遂行状況については、内部統制担当役員及び各部門長による確認と定期的な内部監査の実施に
       より監視しています。
        また、社内規程及び法令への遵守を謳った「クエストグループ行動基準」を全社員に配布し、毎年遵守する旨
       の「誓約書」を提出させています。これにより、全社員のコンプライアンスに対する意識強化を図っています。
       なお、「クエストグループ行動基準」は関係会社の役員、従業員に対しても適用範囲としています。さらに、決
       算期ごとに全取締役より監査等委員会宛に「取締役の善管注意義務及び忠実義務について」「取締役の競業及び
       利益相反取引の制限義務について」等取締役の業務執行に係わる義務及び責任に関し記述する「取締役業務執行
       確認書」を提出しています。
       (内部統制システムの検証システム)
        当社は「内部統制システムの整備に関する基本方針」記載の施策を実行し、法令・社内ルール遵守状況の総括
       を毎期取締役会において確認しています。あわせてリスク・コンプライアンス管理体系として、リスク管理規
       程、コンプライアンス規程、ビジネスリスク管理規程、緊急時対応規程などのリスク関連規程類を整備し、推進
       しています。
       ⑤  責任限定契約の内容の概要

        当社と社外取締役(監査等委員である取締役4名全員)は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423
       条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しています。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が
       規定する最低責任限度額としています。なお当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役が責任の原因と
       なった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
       ⑥  取締役(監査等委員である取締役を含む)との役員等賠償責任保険契約の概要

        当社は会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結し、被保険者が会
       社の役員としての業務につき行った行為(不作為を含む。)に起因して損害賠償請求がされたことにより、被保
       険者が被る損害賠償金や訴訟費用等を当該保険契約により填補することとしています。保険料は全額当社が負担
       しています。なお、違法な利益、便宜供与を得た場合、故意の法令違反の場合等は補償対象外とすることによ
       り、役員等の職務の執行の適正性が損なわれないように措置を講じています。
                                19/80



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
       ⑦  リスク管理体制の整備状況
        当連結会計年度において当社のリスク管理を強化するため、次の取り組みを実施しています。
        1)  当社グループには、リスク管理のための常設の全社委員会として内部統制委員会と統合セキュリティ委員会
         があります。
         ・内部統制委員会とは、社長、内部統制担当役員、及び内部統制活動の事務局である法務コンプライアンス
          室、経営管理部、情報システム部(DX推進部)、人事総務部の指示に基づき、管理部門、内部監査室及び
          各事業本部の担当役員及び責任者、関係会社責任者等により組成し開催しており、毎月定められたテーマ
          につき報告を行い、情報の共有化、問題意識の統一を図るものです。
         ・統合セキュリティ委員会とは、従来より保持しているプライバシーマーク(個人情報保護)の認証、情報
          セキュリティマネジメントシステムの認証の手法に基づき、各部門で年度目標・施策を掲げ実現に取り組
          んでいるものです。毎月報告会を開催し、各部門の活動状況、成果・問題点を報告し、同時に全社共通の
          テーマを討議しています。当社では個人情報保護法施行前の2001年9月にプライバシーマークの認証を取
          得し、2021年9月には9回目の更新審査に合格しています。
        2)  当社主要業務における内部統制のための「業務プロセス3点セット」の更新を実施し、部門への適用並びに
         自己点検、内部監査等を実施しています。
        3)  社内通報制度の第三者的立場の窓口として、顧問弁護士が担当しています。
       ⑧  提出会社の子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

        2022年3月31日付で子会社化した株式会社エヌ・ケイについては、グループ会社としての体制整備を進めるこ
       ととしています。
       ⑨  取締役の定数

        当社の監査等委員でない取締役は、10名以内とする旨、監査等委員である取締役は、4名以内とする旨を定款
       に定めています。
       ⑩  取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使できる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その
       議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めています。また、取締役の選任決議については、累積投票によらな
       い旨も定款に定めています。
       ⑪  株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

        1)  自己株式の取得
         当社は、資本効率の向上と経営環境に応じた機動的な資本政策の遂行のため、会社法第165条第2項に基づ
        き、取締役会決議によって自己株式の取得を可能とする旨を定款に定めています。
        2)  中間配当
         当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項に基づき、取締役会の決議によって毎
        年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定めています。
        3)  取締役の責任免除
         取締役として適切な人材の継続的な確保と、選任された取締役が期待される役割を十分に発揮できるように
        するため、会社法第426条に基づき、取締役会の決議によって法令の定める範囲内で取締役の責任を免除するこ
        とができる旨を定款に定めています。また、取締役のうち、業務執行取締役等である者を除き、会社法第427条
        に基づき、当社との間で責任限定契約を締結することができる旨を定款に定めています。
       ⑫  株主総会の特別決議要件

        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
       の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めていま
       す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
       的とするものです。
                                20/80




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
      男性  11 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             8 %)
                                                     所有株式数
        役職名         氏名      生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              1985年9月      ソニー・コーポレーション・オ
                                   ブ・アメリカ 駐在
                              1996年4月      ソニー株式会社
                                    IS戦略統括部長
                              1997年12月      ソニーヨーロッパ
                                    ISストラテジー・ディレクター
                              2000年4月      ソニー株式会社      eSONY推進本部
                                    技術戦略統括部長
                              2002年4月      同社  ネットワークアプリケー
                                   ション&コンテンツサービスセク
                                   ター  eプラットフォーム戦略企画
                                   統括部長
       取締役会長
                清澤 一郎      1955年12月25日      生                      (注)3     19,360
                              2009年7月      当社  入社  執行役員
                                   当社  システムソリューション第
                                   一副事業部長
                              2009年10月      当社  システムソリューション第
                                   一事業部長
                              2012年6月      当社  取締役
                              2016年6月      当社  代表取締役社長
                                   当社  システムソリューション第
                                   二事業部担当
                              2020年6月      当社  代表取締役会長
                              2021年6月      当社  取締役会長(現任)
                              1984年4月      株式会社東芝      入社
                              2006年4月      東芝キヤリア株式会社         経営情報
                                   システム部長      兼 情報統括責任者
                              2009年10月      株式会社東芝      セミコンダクター
                                   社 情報統括責任者
                              2011年4月      株式会社東芝      セミコンダク
                                   ター&ストレージ社        情報統括責
                                   任者
                              2016年4月      株式会社東芝      セミコンダク
                                   ター&デバイスソリューション社
        取締役
                                   情報統括責任者
       (代表取締役)
                              2017年7月      東芝メモリ株式会社(現         キオクシ
       社長執行役員
                岡 明男     1959年8月12日      生                      (注)3     2,563
                                   ア株式会社)情報セキュリティ統
    製造システム事業本部担当
                                   括責任者
    産業システム事業本部担当
                              2018年8月      同社  執行役員    兼 情報セキュリ
     プロジェクト統括部担当
                                   ティ統括責任者
                              2020年6月      当社  顧問
                              2020年6月      当社  代表取締役     社長執行役員
                                   (現任)
                                   当社  製造システム事業本部担当
                                   (現任)
                              2021年6月      当社  産業システム事業本部担当
                                   (現任)
                                   当社  プロジェクト統括部担当(現
                                   任)
                                21/80






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
                                                     所有株式数
        役職名         氏名      生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              1988年4月      当社  入社
                              2003年4月      当社  ITセンター長
                              2004年10月      当社  執行役員
                                   当社  システムサービス事業部長
                              2008年6月      当社  取締役(現任)
                              2010年4月      当社  インフラソリューション事
                                   業部長
                              2012年6月      株式会社データ・処理センター
                                    取締役
                                   株式会社ドラフト・イン          取締役
                              2014年4月      当社  インフラプロダクト&イン
        取締役
                                   テグレーション事業部長
       上席執行役員
                              2016年6月      当社  営業部担当(現任)
       営業部担当         兒島 賢     1962年6月10日      生                      (注)3     31,102
                              2017年4月      当社  ICTソリューション&インテ
       中部支社担当
                                   グレーション事業部長
     マーケティング推進室担当
                              2019年4月      当社  ICTソリューション&インテ
                                   グレーション事業部担当
                                   当社  インフラソリューション事
                                   業部長
                              2020年4月      当社  ICTソリューション事業本部
                                   担当
                              2020年6月      当社  上席執行役員(現任)
                              2021年6月      当社  中部支社担当(現任)
                                   当社  商品企画開発室担当
                              2022年4月     当社  マーケティング推進室担当
                                   (現任)
                              1981年4月      当社  入社
                              2005年4月      当社  金融システム事業部
                                    金融システム技術部         部長
                              2006年4月      当社  システムソリューション第
                                   一事業部    アカウントマネジメン
                                   ト担当   部長
                              2007年4月      当社  システムソリューション第
                                   一事業部    プロジェクトマネジメ
        取締役
       上席執行役員         山内 豊志      1962年5月4日      生                      (注)3     7,349
                                   ントグループ      部長
     金融システム事業本部長
                              2010年4月      当社  仙台営業所(現      東北支社)
                                    所長
                              2013年4月      当社  執行役員
                                   当社  金融システム事業部長
                              2018年6月      当社  取締役(現任)
                              2020年4月      当社  金融システム事業本部長(現
                                   任)
                              2020年6月      当社  上席執行役員(現任)
                                22/80








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
                                                     所有株式数
        役職名         氏名      生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              1983年4月      東京芝浦電気株式会社(現          株式会
                                   社東芝)   入社
                              2007年6月      アジアエレクトロニクス株式会社
                                    取締役管理部長
                              2009年6月      株式会社東芝      デジタルメディア
                                   ネットワーク社      総務部長
                              2011年6月      株式会社東芝      人事部長
        取締役
                              2013年6月      東芝総合人材開発株式会社
       上席執行役員
                                    常務取締役
      人事総務部担当
                              2014年6月      同社  代表取締役社長
    内部統制・コンプライアン
                金井 淳     1959年7月21日      生  2017年12月      同社  常務取締役            (注)3     3,940
        ス担当
                              2018年6月      当社  取締役(現任)
       内部監査室担当
                                   当社  人事総務部担当(現任)
     ダイバーシティ&インク
                                   当社  内部統制・コンプライアン
     ルージョン推進室担当
                                   ス担当(現任)
                              2020年6月      当社  上席執行役員(現任)
                              2021年6月      当社  内部監査室担当(現任)
                              2022年3月      株式会社エヌ・ケイ        取締役(現
                                   任)
                              2022年4月      当社  ダイバーシティ&インク
                                   ルージョン推進室担当(現任)
                              1986年4月      ソニー株式会社      入社
                              2007年4月      ソニーオーストラリア         取締役
                              2012年11月      ソニー株式会社      R&D管理部
                                    統括部長
                                   株式会社ソニーコンピュータサイ
                                   エンス研究所      取締役
                              2014年3月      ソニーデジタルネットワークアプ
                                   リケーションズ株式会社
        取締役
                                    取締役
       上席執行役員
                小泉 裕     1964年1月23日      生                      (注)3     1,942
                              2018年7月      ソニー株式会社      コーポレートテ
      経営管理部担当
       経営企画部長
                                   クノロジー戦略部門経営企画部
                                    統括部長
                              2020年4月      当社  顧問
                              2020年6月      当社  取締役(現任)
                                   当社  上席執行役員(現任)
                                   当社  経理部担当
                                   当社  経営管理部担当(現任)
                              2021年4月      当社  経営企画部長(現任)
                              1997年4月      ソニー株式会社
                                    IS戦略部統括部長
                              2000年4月      ソニーシステムデザイン株式会社
                                   (現  ソニーグローバルソリュー
                                   ションズ株式会社)
                                    代表取締役社長
                              2001年4月      ソニー株式会社
                                    ISソリューションズセンター長
                              2003年7月      ソニーグローバルソリューション
        取締役
                佐藤 和朗      1952年3月6日      生                      (注)3     56,196
                                   ズ株式会社
                                    代表取締役副社長兼COO
                              2005年4月      当社  顧問
                              2005年6月      当社  取締役副社長
                              2006年6月      当社  代表取締役社長
                              2007年10月      慧徳科技(大連)有限公司
                                    執行董事
                              2016年6月      当社  代表取締役会長
                              2020年6月      当社  取締役(現任)
                                23/80




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
                                                     所有株式数
        役職名         氏名      生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              1977年4月      東京芝浦電気株式会社
                                   (現  株式会社東芝)入社
                              1999年4月      同社セミコンダクター社
                                   情報システム部      グループ長
                              2002年4月      同社  大分工場
                                   情報システム部部長
                              2002年7月      東芝インフォメーションシステム
                                   ズ株式会社
                                   大分事業所長
                              2004年4月      同社  半導体事業部長
                              2006年4月      株式会社東芝
                                   情報システムセンター情報化推進
        取締役
                天野 弘幸      1954年11月29日      生                      (注)3     31,565
                                   部長
                              2009年7月      東芝インフォメーションシステム
                                   ズ株式会社
                                   ビジネスシステム第2事業部室長
                              2010年7月      同社  取締役
                              2012年7月      同社  常務取締役
                              2013年6月      東芝アイエス・コンサルティング
                                   株式会社
                                   代表取締役社長 
                              2015年7月      同社  顧問
                              2016年1月      株式会社エヌ・ケイ
                                   代表取締役社長(現任)
                              2022年6月      当社  取締役(現任)
                              1985年4月      株式会社東芝      入社
                              2002年4月      東芝アメリカメディカルシステム
                                   社 出向
                              2008年5月      株式会社東芝
                                   大分工場    経理部長
                              2010年5月      同社  ストレージプロダクツ社
                                   経理部長
                              2011年11月      ランディス・ギア(スイス)
                                   取締役(財務担当)       出向
        取締役
                内野 一博      1961年12月7日      生                      (注)4      ―
       (監査等委員)
                              2015年9月      同社  内部管理体制強化プロジェ
                                   クトチーム
                                   企画推進担当グループ長
                              2018年1月      同社  内部管理体制推進部長
                              2019年6月      東芝プラントシステム株式会社
                                   取締役常務     兼 経理部長
                              2020年6月      同社  取締役上席常務      兼 経理部
                                   長
                              2022年6月      当社  取締役(監査等委員)(現任)
                                24/80








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
                                                     所有株式数
        役職名         氏名      生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              1981年4月      東京芝浦電気株式会社(現          株式会
                                   社東芝)   入社
                              2001年5月      同社  東芝シンガポール社
                                    取締役経理部長
                              2006年6月      同社  府中事業所     経理部長
                              2008年5月      同社  電力流通・産業システム社
                                    経理部長
                              2011年5月      東芝コンシューマエレクトロニク
        取締役
                吉村 卓士      1956年9月29日      生        ス・ホールディングス株式会社              (注)4     6,200
       (監査等委員)
                                   (現  株式会社東芝)
                                    取締役経理部長
                              2013年10月      東芝ホームアプライアンス株式会
                                   社(現   東芝ライフスタイル株式会
                                   社)  取締役経理部長
                              2014年6月      東芝産業機器システム株式会社
                                    取締役経理部長
                              2016年6月      当社  取締役(監査等委員)(現任)
                              2012年4月      株式会社ウイングル(現         株式会社
                                   LITALICO)内部監査室長
                              2013年6月      同社  常勤監査役
                              2017年6月      同社  取締役(監査等委員)
                              2018年10月      公益社団法人日本監査役協会            理
                                   事
        取締役
               宗司 ゆかり      1971年8月9日      生                      (注)4      ―
       (監査等委員)
                              2019年11月      同協会   常任理事(現任)
                              2020年6月      当社  取締役(監査等委員)(現任)
                              2020年12月      株式会社ファミリーコーポレー
                                   ション   監査役(現任)
                              2021年3月      ウェルネス・コミュニケーション
                                   ズ株式会社     監査役(現任)
                              2000年4月      弁護士登録(東京弁護士会)
                              2000年4月      東京駿河台法律事務所         入所
                              2003年4月      東京駿河台法律事務所パートナー
                                   (現任)
                              2003年12月      東京地方裁判所破産管財人(現任)
                              2005年10月      日本弁護士連合会人権救済調査室
                                   嘱託
        取締役
                難波 満     1973年12月25日      生                      (注)4      ―
       (監査等委員)
                              2010年10月      シンガポール国立大学客員研究員
                              2015年2月      国際刑事弁護士会       理事
                              2016年6月      日本弁護士連合会国際人権問題委
                                   員会事務局長
                              2020年4月      日本弁護士連合会人権擁護委員会
                                   副委員長(現任)
                              2022年6月      当社  取締役(監査等委員)(現任)
                            計                          160,217
     (注)   1.取締役内野一博、吉村卓士、宗司ゆかり及び難波満は、会社法第2条第15号に定める社外取締役です。

          なお、取締役内野一博、吉村卓士、宗司ゆかり及び難波満は、東京証券取引所の定める独立役員の要件を
          満たしており、同取引所に独立役員として届け出ています。
        2.当社は監査等委員会設置会社です。委員会の体制は次のとおりです。
           委員長 内野一博、委員 吉村卓士、委員 宗司ゆかり、委員 難波満
        3.2022年6月23日開催の第58回定時株主総会の終結の時から1年間です。
        4.2022年6月23日開催の第58回定時株主総会の終結の時から2年間です。
                                25/80





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
     (社外取締役)
      当社の社外取締役は監査等委員である取締役4名全員です。
      常勤の監査等委員である取締役の内野一博は東芝プラントシステム株式会社の出身者です。当社と同社との間には
     取引関係及び資本関係はありません。
      監査等委員である取締役の吉村卓士は東芝産業機器システム株式会社の出身者です。当社と同社との間には取引関
     係及び資本関係はありません。
      監査等委員である取締役の宗司ゆかりはdely株式会社の常勤監査役及びウェルネス・コミュニケーションズ株式会
     社の監査役です。当社と同社との間に取引関係及び資本関係はありません。
      監査等委員である取締役の難波満は東京駿河台法律事務所のパートナーです。当社と同所との間には取引関係及び
     資本関係はありません。また直近10年においても何ら関係はありません。
      なお、社外取締役による当社株式の保有は「役員の状況」の「所有株式数」欄に記載のとおりです。

        ①  社外役員の独立性に関する基準
         1)  「主要な取引先」については、過去3年以内において一度でも当社の売上高の5%以上の売上計上のあっ
          た得意先、経費の場合は、過去3年以内において一度でも当社の主要な経費科目である外注費の5%以上
          相当額の支払先であるか否かを会社独自の独立性の判断基準としています。
         2)  上述   1)  に関する上場証券取引所に開示する軽微基準としては、0.5%未満の場合を軽微なものとして扱う
          こととし、独立役員届出書で金額開示の対象外としました。
         3)  「主要な取引先」の詳細な要件である「取引先の売上高等の相当部分を占めている」については、相手先
          にとって当社との取引が売上高の10%以上を占める金額であるか否かを判断基準としています。
         4)  「多額の金銭その他の財産」の場合においては、過去3年以内に一度でも年間1,000万円超となる支払いの
          有無を判断基準としています。
        ②  独立役員の届出について
         監査等委員である取締役4名全員を独立役員として東京証券取引所に届け出ています。
     (3)  【監査の状況】

       ①  内部監査及び監査等委員会の状況
        1)  内部監査
         当社の内部監査は内部監査室が担当しています。所属人数は2名であり、期初に策定した内部監査年間計画
        書に基づき、1年に1回各部門に対し、内部統制にかかわる監査、セキュリティ監査を実施しています。監査
        結果については、社長、役員及び社内各種委員会に報告し、要改善事項がある際は、改善が完了するまで改善
        取組状況をフォローアップしています。
         また、内部監査室は当社内部統制の主幹部門である経営管理部とは、必要に応じて内部監査結果に基づき、
        新たに対応すべきリスクの有無、社内内部統制の運営について強化の要否について意見交換を行い、連携を
        図っています。
        2)  監査等委員会
         監査等委員会を構成する監査等委員である取締役4名はすべて社外取締役です。常勤の監査等委員である取
        締役(1名)及び非常勤の監査等委員である取締役(3名)にて監査しています。また内部監査に同行するこ
        とで、法令・内部統制に違反する事実や恐れの有無を監視するとともに取締役の業務執行を監督します。
         当事業年度に監査等委員会は13回開催され、各監査等委員は吉村卓士は13回、上柳敏郎、宗司ゆかりはそれ
        ぞれ12回出席いたしました。
         監査等委員会における主な検討事項は、年度の監査方針、監査計画、監査の方法、各監査等委員の職務分担
        の決定、会計監査人の評価と再任同意、監査法人から年度監査計画の説明を受け、監査法人の監査報酬に対す
        る同意、常勤監査等委員による月次活動報告に基づく情報共有等です。
         監査等委員は、同委員会で定めた監査の方針、職務の分担等に従い、会社の内部統制部門と連携のうえ、経
        営会議等の重要な会議に出席し、取締役及び使用人等からその職務の執行に関する事項の報告を受け、必要に
        応じて説明を求め、重要な決裁書類等を閲覧し、本社及び主要な事業所において業務及び財産の状況を調査し
        ています。
         常勤の監査等委員である取締役の内野一博は、株式会社東芝の経理部及びそのグループ会社の経理部に在籍
        し、東芝のグループ会社である東芝プラントシステム株式会社において2019年6月から2020年5月まで取締役
        常務経理部長、2020年6月から2022年5月まで取締役上席常務経理部長の職務に従事しており、財務及び会計
        に関する相当程度の知見を有しています。
                                26/80


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
        3)  内部監査・監査等委員会・会計監査の連携状況
         ・監査等委員会と会計監査人の連携状況
           会計監査を実施する際に、監査等委員会は担当会計士と意見交換をしています。討議内容としては、決
          算処理の適切性、内部統制についての問題点の有無、その他です。また、会計監査の指摘事項の報告を受
          け、相互補完的に効率的な監査を実施できるよう連携を図っています。
         ・監査等委員会と内部監査部門の連携状況
           内部監査部門として内部監査室を設置しており、内部監査室長より常勤の監査等委員である社外取締役
          に、内部監査年間計画書の説明、内部監査報告書による報告が行われ、その内容は監査等委員会に対し報
          告されています。また、内部監査室が実施する監査に常勤の監査等委員である社外取締役が同行し、法
          令・内部統制に違反する事実の有無を監視しています。
         ・内部監査部門と会計監査人の連携状況
           当社内部監査室と会計監査人の間では、当社内部統制システムの運営状況について定期的に情報の交換
          及び意見交換を実施し、討議結果を必要に応じて内部監査に反映し、結果を会計監査人に報告していま
          す。こうして当社の内部統制の運営状況、対応すべきリスクの有無、内部監査の結果について認識の統一
          を図っています。
       ②  会計監査の状況

        1)  監査法人
         金融商品取引法に基づく会計監査は有限責任監査法人トーマツが担当しており、担当の公認会計士と監査等
        委員会、内部監査室間にて意見交換をしています。
         業務を執行した公認会計士の氏名及び所属する監査法人名
          指定有限責任社員 業務執行社員  郷右近 隆也 有限責任監査法人トーマツ
          指定有限責任社員 業務執行社員  竹田  裕  有限責任監査法人トーマツ
         当事業年度の会計監査体制としては、上述の業務執行社員2名のほかに、補助者に公認会計士4名、その他
        9名です。
        2)  継続監査期間
         22年間
        3)  監査法人の選定方針と理由
         監査法人の選定方針として、品質管理体制、独立性、専門性を掲げており、それらを総合的に勘案した結
        果、有限責任監査法人トーマツは適任と判断したため当社の監査法人として選定しています。
         会計監査人が、会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合、必要に応じて、監査等
        委員会は、監査等委員全員の同意により会計監査人を解任します。また、監査等委員会は、会計監査人の適格
        性、専門性、当社からの独立性、その他の評価基準に従い総合的に評価し、会計監査人の職務の執行に支障が
        あると判断されるなど、会計監査人の変更が必要と認められる場合には、株主総会に提出する会計監査人の解
        任又は不再任に関する議案の内容を決定します。
        4)  監査等委員及び監査等委員会による監査法人の評価
         a)  品質管理体制
           事業部、事業本部、全体組織の3段階における管理体制で実行しており、問題はないと考える。
         b)  独立性
           独立性が適切に保持されるための方針及び手続き、並びに職業倫理の遵守に関する方針及び手続きをマ
          ニュアルに定め、これを社員が遵守することを求めている。
         c)  専門性
           監査チームは業務執行社員2名のほかに、公認会計士4名、その他9名で構成されており、職業的専門
          家としての意識で業務に従事していると認識している。
         上記の内容を総合的に勘案し、有限責任監査法人トーマツの監査方法と結果を相当であると認め、再任する
        ことが適切であると判断しました。
                                27/80




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
       ③  監査報酬の内容等
        1)  監査公認会計士等に対する報酬の内容
             区分                 前事業年度

                    監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬
            提出会社
                         (千円)             (千円)
              計                26,000               ―
                             当連結会計年度

             区分
                    監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬
                         (千円)             (千円)
            提出会社                 29,000               ―
            連結子会社                    ―             ―

              計                29,000               ―

        2)  監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(                          1)を除く)

                             当連結会計年度

             区分
                    監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬
                         (千円)             (千円)
            提出会社                   ―           57,680
            連結子会社                    ―             ―

              計                  ―           57,680

          当社における非監査業務の内容は、M&Aに関するアドバイザリー業務です。
        3)  その他重要な報酬の内容

         該当事項はありません。
        4)  監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容

         該当事項はありません。
        5)  監査報酬の決定方針

         当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、規模・取引の特性・監査日数等を勘案
        したうえで定めています。
        6)  監査等委員会が会計監査人の報酬等に合意した理由

         網羅的なリスクアプローチのために内部統制におけるIT統制の監査を強化しており、また、公認会計士協会
        による品質監査レビュー及び公認会計士・監査審査会における検査が実施され監査の品質改善を継続して実施
        していることから、提示された報酬額は妥当と判断し合意しています。
     (4)  【役員の報酬等】

      (役員報酬等の内容)
        ①  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針及び決定方法
         取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬は、2016年6月21日開催の第52回定時株主総会で決定さ
        れた限度額年額210百万円の範囲内で、会社の業績、業界標準額を総合的に評価し、各取締役の貢献度を考慮し
        報酬規程に基づいてその職務に応じて算定されます。各取締役の報酬決定にあたっては、独立社外取締役を含
        む指名・報酬諮問委員会において審議のうえ、取締役会において決定することとしています。監査等委員であ
        る取締役の報酬については、2016年6月21日開催の第52回定時株主総会で決定された限度額年額30百万円の範
        囲内で、監査等委員会において決定することとしています。
                                28/80


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
         2019年6月19日開催の第55回定時株主総会において、当社の取締役(社外取締役及び監査等委員である取締
        役を除く。以下「対象取締役」という。)を対象に、当社の中長期的な企業価値及び株主価値の持続的な向上
        を図るインセンティブを付与するとともに、株主の皆様と一層の価値共有を進めることを目的に、譲渡制限付
        株式報酬制度(以下「本制度」という。)の導入が決議されました。ただし、本制度は、経営指標等を基礎と
        して算定される報酬等(業績連動報酬)ではありません。
         本制度による報酬は、上記の年額210百万円以内の範囲内で支給され、その総額は年額50百万円以内(ただ
        し、使用人分給与は含まない。)、発行又は処分される当社の普通株式の総数は年50,000株以内、その1株当
        たりの払込金額は、取締役会決議の日の前営業日における東京証券取引所の当社の普通株式の終値(同日に取
        引が成立していない場合は、それに先立つ直近取引日の終値)を基礎として割り当てを受ける対象取締役に特
        に有利な金額とならない範囲とするものとし、具体的な支給時期及び配分については取締役会において決定し
        ます。
         なお、本制度による当社の普通株式の発行又は処分に当たり、対象取締役との間で譲渡制限付株式割当契約
        を締結し、譲渡制限期間、対象取締役の退任又は退職時の取り扱い、譲渡制限の解除等を定めます。なお、当
        金銭報酬債権の支給は、株主総会において承認いただいている報酬枠の別枠とせず、各取締役報酬総額の10%
        を目安に支給することとしています。
         当該事業年度に係る取締役の個人別の報酬等の内容が、当該方針に沿うものであると取締役会が判断した理
        由は、指名・報酬諮問委員会が原案について決定方針との整合性を含め総合的に検討を行っており、取締役会
        としても答申内容を精査することで、決定方針に沿うものであると判断をしています。
        ②  役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                              報酬等の種類別の総額(千円)

                                                  対象となる
                 報酬等の総額
        役員区分                                          役員の員数
                   (千円)
                                         譲渡制限付株式
                                                    (人)
                           固定報酬       業績連動報酬
                                           報酬費用
    取締役
    (監査等委員及び
                     136,005        127,333           ―      8,672          8
    社外取締役を除く)
    社外役員                 23,876        23,876          ―        ―        3
     (注)1.当社は2016年6月21日をもって、監査等委員会設置会社に移行しています。

        2.当事業年度に支払った役員退職慰労金
           当社は、2007年6月21日開催の第43回定時株主総会終結の時をもって取締役及び監査役の役員退職慰労
          金制度を廃止し、同株主総会終結後引き続いて在任する取締役及び監査役に対しては、役員退職慰労金制
          度廃止までの在任期間に対応する役員退職慰労金を各氏の退任時に贈呈することを決議しています。な
          お、当期については、この退職金慰労制度に該当する退任者がいないため、支給していません。
        3.譲渡制限付株式報酬費用の金額は当事業年度の費用計上額を記載しています。
     (5)  【株式の保有状況】

       ①  投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、当社
       事業の強化・拡充並びに当社の基本事業戦略の推進に貢献し、中長期的に当社企業価値・株式価値向上に資する
       と判断される取引先の株式等について、当社の資本コストを勘案のうえ、その取得・保有の実施を判断すること
       としています。
       ②  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

        1)  保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
         内容
         取締役会にて、政策保有株式について個々の株式の保有目的に合致しているか否かを確認するとともに、取
        引状況を把握し、また、当該企業の将来見通し等を検証のうえ、保有が当社企業価値・株式価値向上に資する
        か否かを都度確認していきます。
         なお、当社は政策保有株式に係る議決権の行使については、上程された議案が当社の保有目的に合致してい
        るか否か、当該企業価値・株式価値の向上に資するか否かを判断のうえ、行使することとしています。
                                29/80



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
        2)  銘柄数及び貸借対照表計上額
                             貸借対照表計上額の
                       銘柄数
                       (銘柄)
                               合計額(千円)
         非上場株式                 ―             ―
         非上場株式以外の株式                 3          959,351
        3)  当事業年度において株式数が増加した銘柄

         該当事項はありません。
        4)  当事業年度において株式数が減少した銘柄

         該当事項はありません。
        5)  特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

         a)  特定投資株式
               当事業年度         前事業年度
                                                     当社の株
                                   保有目的、定量的な保有効果
               株式数(株)         株式数(株)
       銘柄                                              式の保有
                                    及び株式数が増加した理由
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                      の有無
                (千円)         (千円)
                               当社の中期的な戦略のなかで、インフラ事業
                  274,000         274,000
    株式会社ユニリタ                           セグメント上のソリューションビジネスで協                       有
                  493,748         533,204
                               力関係にあります。
                               当社の中期的な戦略のなかで、クラウドソ
                  600,000         600,000
    株式会社スカラ                           リューションビジネスの検討に寄与していま                       有
                  453,600         447,000
                               す。
                               同社子会社を通じての取引先となります。当
                   3,000         3,000
    三井住友トラス
                               社事業セグメント上の主要な産業ポートフォ                       無
    ト・ホールディン
                               リオの1つである金融業界向けビジネスに寄                      (注)3
    グス株式会社
                  12,003         11,577
                               与しています。
    (注)1.各社との定量的な保有効果としては、取引額(売上高等)がありますが、契約上の秘密保持の観点から、記
         載が困難です。
       2.当社取締役会において、それぞれの会社との取引額や利益、資本コストとの比較による検証と、定性的効果
         の検証を実施し、政策保有の継続につき合理性があるものと判断しました。
       3.三井住友トラスト・ホールディングス株式会社は当社の株式を保有していませんが、同社子会社が当社の株
         式を保有しています。
         b)  みなし保有株式

          該当事項はありません。
       ③  保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
       ④  当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

        該当事項はありません。
       ⑤  当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

        該当事項はありません。
                                30/80





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
      下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しています。なお、当社は当連結会計年度より連結財務諸表を作
      成していますが、新たに連結子会社となった会社の取得日が連結会計年度末日となるため、連結損益計算書、連結
      包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書及び連結キャッシュ・フロー計算書は作成していません。
     (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財
      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しています。なお、当社は連結財務諸表を作成していますが上記(1)に
      記載のとおり、連結キャッシュ・フロー計算書を作成していないため、財務諸表においてキャッシュ・フロー計算
      書を作成しています。
     (3)  当連結会計年度(2021年4月1日から2022年3月31日まで)は、連結財務諸表の作成初年度であるため、連結貸借
      対照表について前連結会計年度との比較は行っていません。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2021年4月1日から2022年3月31日ま
     で)の連結財務諸表及び事業年度(2021年4月1日から2022年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査法人
     トーマツにより監査を受けています。
    3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みを行っています。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財
     務会計基準機構へ加入し、同機構や監査法人等が主催するセミナーへ参加しています。
                                31/80












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                                当連結会計年度
                                (2022年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              2,476,640
        受取手形                                9,238
        売掛金                              2,835,250
        契約資産                                3,349
        仕掛品                                31,741
        未収入金                               262,099
        その他                                67,574
                                       △ 1,490
        貸倒引当金
        流動資産合計                              5,684,403
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                               66,372
                                      △ 46,634
          減価償却累計額
          建物及び構築物(純額)                             19,737
         車両運搬具
                                        12,449
                                      △ 11,291
          減価償却累計額
          車両運搬具(純額)                              1,158
         工具、器具及び備品
                                       108,954
                                      △ 87,753
          減価償却累計額
          工具、器具及び備品(純額)                             21,201
         土地
                                         376
         リース資産                               16,000
                                       △ 9,600
          減価償却累計額
          リース資産(純額)                              6,400
         有形固定資産合計                               48,873
        無形固定資産
         のれん                              622,525
                                        14,095
         その他
         無形固定資産合計                              636,620
        投資その他の資産
         投資有価証券                             1,164,486
         退職給付に係る資産                              246,659
         繰延税金資産                              120,489
                                       183,990
         その他
         投資その他の資産合計                             1,715,625
        固定資産合計                              2,401,119
      資産合計                                8,085,522
                                32/80





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
                                    (単位:千円)
                                当連結会計年度
                                (2022年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                               434,088
                                     ※  100,000
        短期借入金
        リース債務                                9,300
        未払法人税等                               186,420
        未払消費税等                               173,745
        契約負債                                23,546
        賞与引当金                               666,572
        プロジェクト損失引当金                                  59
                                       432,652
        その他
        流動負債合計                              2,026,384
      固定負債
        リース債務                                3,797
        退職給付に係る負債                               286,255
        役員退職慰労引当金                                45,275
                                         863
        その他
        固定負債合計                               336,191
      負債合計                                2,362,576
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               491,031
        資本剰余金                               503,430
        利益剰余金                              4,466,604
                                      △ 208,816
        自己株式
        株主資本合計                              5,252,249
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                               392,493
                                       △ 6,837
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                               385,655
      非支配株主持分                                 85,041
      純資産合計                                5,722,946
     負債純資産合計                                 8,085,522
                                33/80








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
      当連結会計年度は連結財務諸表の作成初年度であり、また、連結子会社の取得日を連結会計年度末としていること
     から、当連結会計年度においては貸借対照表のみを連結しているため、連結損益計算書は作成していません。
       【連結包括利益計算書】

      当連結会計年度は連結財務諸表の作成初年度であり、また、連結子会社の取得日を連結会計年度末としていること
     から、当連結会計年度においては貸借対照表のみを連結しているため、連結包括利益計算書は作成していません。
      ③ 【連結株主資本等変動計算書】

      当連結会計年度は連結財務諸表の作成初年度であり、また、連結子会社の取得日を連結会計年度末としていること
     から、当連結会計年度においては貸借対照表のみを連結しているため、連結株主資本等変動計算書は作成していませ
     ん。
      ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】

      当連結会計年度は連結財務諸表の作成初年度であり、また、連結子会社の取得日を連結会計年度末としていること
     から、当連結会計年度においては貸借対照表のみを連結しているため、連結キャッシュ・フロー計算書は作成してい
     ません。
                                34/80














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
      【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     当連結会計年度は連結財務諸表の作成初年度であり、また、連結子会社の取得日を連結会計年度末日としていること
    から、当連結会計年度においては貸借対照表のみを連結しているため、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株
    主資本等変動計算書及び連結キャッシュ・フロー計算書は作成していません。
    1.連結の範囲に関する事項

     (1)  連結子会社の数
       1 社
       連結子会社の名称
        株式会社エヌ・ケイ
       (注)2022年3月31日の株式取得に伴い、当連結会計年度より連結子会社となりました。
          なお、当連結会計年度は貸借対照表のみを連結しています。
    2.持分法の適用に関する事項

     (1)  持分法を適用した関連会社数
       1 社
       会社等の名称
        スペース・ソルバ株式会社
    3.連結子会社の事業年度等に関する事項

      連結子会社である株式会社エヌ・ケイの決算日は8月31日であり、連結財務諸表の作成にあたっては、連結決算日
     現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用しています。
    4.会計方針に関する事項

     (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
       ①  有価証券
       ・その他有価証券
                       時価法
        市場価格のない株式等
                       (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法によ
        以外のもの
                       り算定)
        市場価格のない株式等               移動平均法による原価法
                       なお、投資事業有限責任組合及びそれに類する組合への出資(金融商品取
                       引法第2条第2項により有価証券とみなされるもの)については、組合契
                       約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近の決算書を基礎とし、
                       持分相当額を純額で取り込む方法によっています。
       ②  棚卸資産
       ・仕掛品                個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの
                       方法により算定)
                       なお、受注制作のソフトウェアに係るプロジェクト損失引当金は仕掛品と
                       相殺して表示しています。
     (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

       ①  有形固定資産               定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除
                       く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額
       (リース資産を除く)
                       法)によっています。
                       なお、主な耐用年数は次のとおりです。
                        建物 15~47年
                        器具及び備品 4~15年
                                35/80


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
       ②  無形固定資産
       (リース資産を除く)
       ・ソフトウェア                自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)
                       に基づく定額法を採用しています。
       ③  リース資産                所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
                       リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法によっていま
                       す。
     (3)  重要な引当金の計上基準

       ①  貸倒引当金               債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率に
                       より、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、
                       回収不能見込額を計上しています。ただし連結子会社については、法人税
                       法の規定に基づく法定繰入率を適用しています。
       ②  賞与引当金               従業員に対する賞与の支給に備えるため、将来の支給見込額のうち当連結
                       会計年度に負担すべき額を計上しています。
       ③  プロジェクト損失引当金               将来の損失発生が見込まれるプロジェクトについて、プロジェクト毎に個
                       別に見積もった原価と受注金額との差額を計上しています。
       ④  製品保証引当金               販売したソフトウェア等の無償補修に係る支出に備えるため、発生が見込
                       まれる個別のプロジェクト毎に費用の見込額を見積計上しています。
       ⑤  役員退職慰労引当金               役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上
                       しています。
                       なお、当社は2007年6月21日開催の定時株主総会の終結の時をもって取締
                       役及び監査役に係る退職慰労金制度を廃止し打ち切り支給を行うこととし
                       ていますので、同日以降の役員退職慰労引当金の繰入は行っていません。
                       退職慰労金の打ち切り支給額及び支給の方法等は、取締役会の協議によっ
                       て決定し、支給時期は取締役の退任の時以降としています。
     (4)  退職給付に係る会計処理の方法

       ①  退職給付見込額の期間帰属方法               退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの
                       期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっています。
       ②  数理計算上の差異の費用処理方               数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の
                       平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により按分した額
        法
                       をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しています。
       ③  未認識数理計算上の差異の会計               未認識数理計算上の差異については、税効果を調整のうえ、純資産の部に
                       おけるその他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上してい
        処理方法
                       ます。
                                36/80







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
     (5)  重要な収益及び費用の計上基準
       当社及び連結子会社の顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業における主な履行義務の内容及び当該履
      行義務を充足する通常の時点(収益を認識する通常の時点)は次のとおりです。
       ①  受注制作のソフトウェア開発、インフラ構築サービス
       受注制作のソフトウェア開発における主な履行義務は、契約上合意した顧客仕様のソフトウェアの設計、開発、
      テスト等の工程を完了し、成果物を納品、提供することになります。また、インフラ構築サービスにおける主な履
      行義務は、特定のシステムを稼働させるために必要な基盤の構築を完了し、成果物を提供することになります。
       これらの業務や作業は、一定の期間にわたり履行義務が充足される取引であると判断しています。履行義務の充
      足に係る進捗度の測定は、各報告期間の期末日までに発生した開発原価が、予想される開発原価の合計に占める割
      合に基づいて行っています。また、契約の初期段階において、履行義務の充足に係る進捗度を合理的に見積もるこ
      とができないものの、発生する費用を回収することが見込まれる場合は、原価回収基準にて収益を認識していま
      す。
       ②  技術者支援サービス、システム運用等
       主な履行義務は、技術者支援サービスやシステム運用、監視、ヘルプデスク、フィールドサポート等のサービス
      等を提供することであり、サービスの提供の内、契約期間にわたり概ね一定の役務を提供するサービスでは、契約
      に基づきサービスが提供される時間の経過に応じて履行義務が充足されると判断しており、役務提供期間にわたり
      顧客との契約において約束された金額を契約に基づき按分して収益を認識しています。
       また、サービスの時間、期間、処理量等に基づき現在までに履行が完了した部分の対価を顧客から受け取る権利
      を有している場合には、請求する権利を有している金額で収益を認識しています。
     (6)  のれんの償却方法及び償却期間

       5年間の定額法により償却しています。
      (重要な会計上の見積り)

     (のれんの評価)
      (1)  当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
        のれん   622,525千円
      (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

         株式会社エヌ・ケイの取得により発生したのれんには超過収益力が反映されています。のれんの金額は、将
        来の経営環境の変動等に伴う事業計画の進捗状況に影響を受ける可能性があり、事業計画に反映された主要な
        仮定である契約獲得見込数が減少し、超過収益力が低下したと認められた場合には、翌連結会計年度の連結財
        務諸表において、のれんの金額に重要な影響を与える可能性があります。
         「企業結合等関係」注記に記載のとおり、取得原価の配分が完了していないことから、のれんの金額は暫定
        的に算定された金額であるため、取得原価の配分の結果によって、のれんの金額は変更となる可能性がありま
        す。
                                37/80







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
      (会計方針の変更)
     (収益認識に関する会計基準等の適用)
       「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)
      等を当連結会計年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサー
      ビスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしています。
       従来は、請負契約のうち、受注制作のソフトウエアにおける開発の進捗部分について成果の確実性が認められる
      場合には工事進行基準、その他の請負契約については工事完成基準によっていましたが、財又はサービスに対する
      支配が顧客に一定の期間にわたり移転する場合には、履行義務を充足するにつれて、一定の期間にわたり収益を認
      識する方法に変更しています。履行義務の充足に係る進捗度の測定は、各報告期間の期末日までに発生した開発原
      価が、予想される開発原価の合計に占める割合に基づいて行っています。また、契約の初期段階において、履行義
      務の充足に係る進捗度を合理的に見積もることができないものの、発生する費用を回収することが見込まれる場合
      は、原価回収基準にて収益を認識しています。なお、契約における取引開始日から完全に履行義務を充足すると見
      込まれる時点までの期間がごく短い受注制作のソフトウエアについては代替的な取り扱いを適用し、一定の期間に
      わたり収益を認識せず、完全に履行義務を充足した時点で収益を認識しています。
       収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取り扱いに従い、
      当連結会計年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当連結会計年度の期首の利
      益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しています。この結果、当連結会計年度の損益に与え
      る影響は軽微です。また、利益剰余金の当期首残高に与える影響はありません。
     (時価の算定に関する会計基準等の適用)

       「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
      う。)等を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業
      会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取り扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新
      たな会計方針を、将来にわたって適用することとしています。なお、連結財務諸表に与える影響はありません。
       また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項の注記を記載してい
      ます。
      (未適用の会計基準等)

     「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                   2021年6月17日)
      (1)  概要
        投資信託の時価の算定及び注記に関する取り扱い並びに貸借対照表に持分相当額を純額で計上する組合等への
       出資の時価の注記に関する取り扱いが定められました。
      (2)  適用予定日
        2023年3月期の期首より適用予定です。
      (3)  当該会計基準等の適用による影響
        当該会計基準等の適用による影響は、現時点において評価中です。
      (連結貸借対照表関係)

    ※   連結子会社(株式会社エヌ・ケイ)においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行と当座貸越契約を締結
     しています。
      当連結会計年度末における借入金未実行残高等は次のとおりです。
                           当連結会計年度
                           ( 2022年3月31日       )
      当座貸越極度額                      100,000    千円
      借入実行残高                      100,000
      差引額                         ―
                                38/80



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
      (リース取引関係)
     当連結会計年度(        2022年3月31日       )
      ファイナンス・リース取引(借主側)
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
       重要性が乏しいため、記載を省略しています。
      (金融商品関係)

    1.金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
       当グループは、資金運用については安全性の高い金融資産に限定し投機的な取引は行わない方針です。借入金は
      事業活動による資金調達を目的とした銀行による安全性の高いもので、借入期間は1ヶ月~3ヶ月程度であり、変
      動金利によるものです。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

       営業債権である受取手形及び売掛金につきましては、顧客の信用リスクが存在しています。当該リスクに関しま
      しては、当社グループの与信管理規程に従い、取引先ごとの債権管理を行い、回収懸念の早期把握や軽減を図って
      います。
       投資有価証券は、主として業務上の関係を有する企業の株式であり、定期的に時価や発行体の財務状況を把握し
      ています。また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記に記載していま
      す。
       ファイナンス・リース取引によるリース債務は、設備投資に必要な資金調達を目的としており、返済日は決算日
      後、最長で2年以内です。
    2.金融商品の時価等に関する事項

      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。
      当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                      連結貸借対照表計上額
                                    時価(千円)            差額(千円)
                          (千円)
    (a)  投資有価証券
      その他有価証券                       959,351            959,351              ―

           資産計                  959,351            959,351              ―

    (b)  リース債務

                             13,097            13,097              ―
           負債計                   13,097            13,097              ―

    (注1)金融商品の時価の算定方法に関する事項
        「現金及び預金」、「受取手形」、「売掛金」、「未収入金」、「買掛金」、「短期借入金」、「未払法人税
       等」及び「未払消費税等」については、現金又は短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似するものである
       ことから、記載を省略しています。
    (注2)市場価格のない株式等
        市場価格のない株式等は、「(a)                投資有価証券」には含まれていません。当該金融商品の連結貸借対照表計上
       額は次のとおりです。
              区分           当連結会計年度(千円)
       持分法適用関連会社株式                          118,390
    (注3)連結貸借対照表に持分相当額で純額を計上する組合その他これに準ずる事業体への出資については記載を省略
        しています。当該出資の連結貸借対照表計上額は86,745千円です。
                                39/80



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    (注4)金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額
      当連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                       1年超      5年超
                                1年以内                   10年超
                 種類                     5年以内      10年以内
                                 (千円)                  (千円)
                                       (千円)      (千円)
      現金及び預金                          2,476,640          ―      ―      ―
      受取手形                            9,238        ―      ―      ―
      売掛金                          2,835,250          ―      ―      ―
      未収入金                           262,099
                 合計               5,583,227          ―      ―      ―
    (注5)短期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

      当連結会計年度(        2022年3月31日       )
                          1年超      2年超      3年超      4年超
                    1年以内
                                                   5年超
           種類               2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                                                   (千円)
                    (千円)
                          (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
      短期借入金              100,000         ―      ―      ―      ―      ―
      リース債務               9,300      3,797        ―      ―      ―      ―
           合計         109,300       3,797        ―      ―      ―      ―
    3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

      金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、次の3つのレベルに分類して
     います。
       レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価の算
               定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
       レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定に係
               るインプットを用いて算定した時価
       レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
      時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ属する
     レベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しています。
     (1)  時価で連結貸借対照表に計上している金融商品

       当連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                    時価(千円)
             区分
                        レベル1         レベル2         レベル3          合計
       投資有価証券
        その他有価証券
         株式                 959,351           -         -      959,351
             資産計             959,351           ―         -      959,351
                                40/80







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
     (2)  時価で連結貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品
       当連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                    時価(千円)
             区分
                        レベル1         レベル2         レベル3          合計
       リース債務                     -       13,097           -       13,097
             負債計                -       13,097           -       13,097
       (注)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明
          投資有価証券
            上場株式は相場価格を用いて評価しています。上場株式は活発な市場で取引されているため、その時
           価をレベル1の時価に分類しています。
          リース債務
            これらの時価は、元利金の合計額と、当該債務の残存期間及び信用リスクを加味した利率をもとに、
           割引現在価値法により算定しており、レベル2の時価に分類しています。
      (有価証券関係)

    1.満期保有目的の債券
      該当事項はありません。
    2.その他有価証券

      当連結会計年度(        2022年3月31日       )
                      連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
           区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
    連結貸借対照表計上額が
    取得原価を超えるもの
     株式                        959,351            423,063            536,287
           小計                  959,351            423,063            536,287

    連結貸借対照表計上額が
    取得原価を超えないもの
     株式                          ―            ―            ―
           小計                    ―            ―            ―

           合計                  959,351            423,063            536,287

     (注)   1.  減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合にはすべて減損処理を行
         い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性を考慮して必要と認められた金額について減損処理を行っ
         ています。
       2.投資事業有限責任組合への出資86,745千円については、上表の「その他有価証券」には含めていません。
    3.連結会計年度中に売却したその他有価証券

      該当事項はありません。
      (デリバティブ取引関係)

      当社及び連結子会社はデリバティブ取引を利用していないため該当ありません。
                                41/80





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
      (退職給付関係)
    1.採用している退職給付制度の概要
      当社は、従業員の退職給付に充てるため、確定給付型の制度として、確定給付企業年金制度及び退職一時金制度を
     設けています。確定給付企業年金制度(すべて積立型制度です。)では、役職ポイントと勤務期間に基づいた一時金
     又は年金を支給しています。退職一時金制度(すべて非積立型制度です。)では、退職給付として、役職ポイントと
     勤務期間に基づいた一時金を支給しています。
      なお、連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算していま
     す。
      また、当社は複数事業主制度の全国情報サービス産業企業年金基金に加入していますが、自社の拠出に対応する年
     金資産の額を合理的に計算することができないため、確定拠出制度と同様に会計処理しています。
      この他、選択型確定拠出制度(個々の従業員の意思による、確定拠出年金への拠出又はライフプラン積立金として
     賞与時に支給のいずれかを選択)を設けています。
    2.確定給付制度

     (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                    (千円)
                            当連結会計年度
                           (自    2021年4月1日
                           至   2022年3月31日       )
        退職給付債務の期首残高                        1,303,808
         勤務費用                         99,589
         利息費用                         13,038
         数理計算上の差異の発生額                        △15,938
         退職給付の支払額                        △41,129
         その他                         29,000
        退職給付債務の期末残高                        1,388,368
       (注)その他は、連結子会社における連結決算日時点の退職金要支給額です。
     (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                    (千円)
                            当連結会計年度
                           (自    2021年4月1日
                           至   2022年3月31日       )
        年金資産の期首残高                        1,104,346
         期待運用収益                         22,086
         数理計算上の差異の発生額                        △14,460
         事業主からの拠出額                        265,987
         退職給付の支払額                        △29,189
        年金資産の期末残高                        1,348,771
                                42/80







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
     (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資
      産の調整表
                                    (千円)
                            当連結会計年度
                            ( 2022年3月31日       )
        積立型制度の退職給付債務                        1,102,112
        年金資産                       △1,348,771
                                △246,659
        非積立型制度の退職給付債務                         286,255
        連結貸借対照表に計上された
                                 39,596
        負債と資産の純額
        退職給付に係る負債                         286,255

        退職給付に係る資産                        △246,659
        連結貸借対照表に計上された
                                 39,596
        負債と資産の純額
     (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                    (千円)
                            当連結会計年度
                           (自    2021年4月1日
                           至   2022年3月31日       )
        勤務費用                          99,589
        利息費用                          13,038
        期待運用収益                         △22,086
        数理計算上の差異の費用処理額                          10,130
        確定給付制度に係る
                                 100,670
        退職給付費用
       (注)当連結会計年度においては連結損益計算書を作成していないため個別財務諸表に係る数値を記載していま
          す。なお、決算日後に支給が予定されている連結子会社の退職金については、貸借対照表のみを連結して
          いることから、上記退職給付費用には含まれていません。
     (5)  退職給付に係る調整累計額

       退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりです。
                                    (千円)
                            当連結会計年度
                            ( 2022年3月31日       )
        未認識数理計算上の差異                         △9,855
        合計                         △9,855
     (6)  年金資産に関する事項

       ①  年金資産の主な内訳
        年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりです。
                            当連結会計年度
                            ( 2022年3月31日       )
        債券                           45 %
        株式                           21 %
        オルタナティブ投資                           29 %
        その他                           5 %
        合計                          100  %
       (注)オルタナティブ投資は、主にヘッジファンド等への投資です。
       ②  長期期待運用収益率の設定方法
        年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
       多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しています。
                                43/80


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
     (7)  数理計算上の計算基礎に関する事項

       主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしています。)
                            当連結会計年度
                           (自    2021年4月1日
                           至   2022年3月31日       )
        割引率                          1.0  %
        長期期待運用収益率                          2.0  %
        予想昇給率                          3.2  %
    3.確定拠出制度

      当社の確定拠出制度への要拠出額は、当連結会計年度36,927千円です。
    4.複数事業主制度

      確定拠出制度と同様に会計処理する、複数事業主制度の厚生年金基金制度への要拠出額は、当連結会計年度46,223
     千円です。
     (1)  複数事業主制度の直近の積立状況
       全国情報サービス産業企業年金基金
                            当連結会計年度
                           (2021年3月31日現在)
        年金資産の額                      262,373百万円
        年金財政計算上の数理債務の
        額と最低責任準備金の額との                       206,858
        合計額
        差引額                       55,515
     (2)  複数事業主制度の掛金に占める当社の割合

       当連結会計年度 0.68%  (自                 2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
     (3)  補足説明

       上記(1)の差引額の主な要因は、剰余金(当連結会計年度55,571百万円)の発生によるものです。
       なお、上記(2)の割合は当社の実際の負担割合とは一致しません。
                                44/80









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                  当連結会計年度

                                 ( 2022年3月31日       )
       繰延税金資産
        賞与引当金                             204,104    千円
        賞与社会保険料                             28,711
        未払事業税                             18,458
        退職給付に係る負債                             88,787
        役員退職慰労引当金                             15,534
        子会社株式取得費用                             19,499
                                     22,421
        その他
       繰延税金資産小計
                                     397,518
                                    △28,337
        将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
       評価性引当額小計                             △28,337
       繰延税金資産合計                              369,181
       繰延税金負債

        その他有価証券評価差額金                            △164,211
        保険積立金評価差額金                             △9,013
                                    △75,467
        退職給付に係る資産
       繰延税金負債合計                             △248,692
       繰延税金資産純額                              120,489
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
      連結損益計算書を作成していないため、記載を省略しています。
      (企業結合等関係)

     取得による企業結合
     (1)  企業結合の概要
       ①  被取得企業の名称及びその事業内容
        被取得企業の名称          株式会社エヌ・ケイ
        事業内容          システム開発及び運用保守の提供
       ②  企業結合を行った主な理由
         当社は、中長期で持続的な成長を果たすための成長戦略の一環として「Quest                                    Vision2030」を策定し、その
        なかで「産業ポートフォリオの変革」を掲げており、特に強化する領域として半導体分野及び、新規参入領域
        としてヘルスケア・メディカル分野を標榜しています。
         株式会社エヌ・ケイは半導体分野での受託開発のみならず、ヘルスケア・メディカル分野の顧客に対する
        サービス提供実績もあることから、当社グループに迎えることが、「Quest                                   Vision2030」実現に大きく寄与す
        るものと考え、このたび完全子会社化を決議しました。
       ③  企業結合日
        2022年3月31日
       ④  企業結合の法的形式
        現金を対価とする株式取得
       ⑤  結合後企業の名称
        株式会社エヌ・ケイ
                                45/80



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
       ⑥  取得した議決権比率
        84.6%
        なお、「重要な後発事象」注記に記載のとおり、2022年4月28日を効力発生日として株式交換を実施し、議決
        権比率は100%となりました。
       ⑦  取得企業を決定するに至った主な経緯
        当社が現金を対価として株式を取得したためです。
     (2)  連結財務諸表に含まれる被取得企業の業績の期間
       当連結会計年度末日に取得しているため、業績は含まれていません。
     (3)  被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳
       取得の対価 現金 1,089,700千円
       取得原価     1,089,700千円
     (4)  主要な取得関連費用の内容及び金額
       デューデリジェンス費用等   63,682千円
     (5)  発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間
       ①  発生したのれんの金額
        622,525千円
        なお、取得原価の配分が完了していないため、のれんの金額は暫定的に算定された金額です。
       ②  発生原因
        今後の事業展開によって期待される超過収益力です。
       ③  償却方法及び償却期間
        5年間にわたる均等償却
     (6)  企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
        流動資産             822,875千円

        固定資産             58,169千円
        資産合計             881,045千円
        流動負債             256,965千円
        固定負債             71,863千円
        負債合計             328,828千円
     (7)  企業結合が当連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす影

      響の概算額及びその算定方法
       売上高 1,654,000千円
       (概算額の算定方法)

        企業結合が連結会計年度開始の日に完了したと仮定して算定された売上高と当社の連結損益計算書における売
       上高との差額を影響の概算額としています。
        なお、当該注記は監査証明を受けていません。
      (資産除去債務関係)

       重要性が乏しいため、記載を省略しています。
                                46/80





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
      (収益認識関係)
     (1)  顧客との契約から生じる収益を分解した情報
        連結貸借対照表のみを作成しており、連結損益計算書は作成していないため記載していません。
     (2)  顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

        当社グループが提供する財又はサービスの一部について一定期間の保証を行っておりますが、合意された仕様
       に従っているという保証のみであるため、独立した履行義務として区別していません。
        取引の対価は、顧客との契約に従い、履行義務の充足後1年以内に受領しており、重要な変動対価及び重要な
       金融要素は含まれていません。
        履行義務及びその充足時点に関する情報は、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の「重要な収益
       及び費用の計上基準」に記載のとおりです。
     (3)  当連結会計年度及び翌連結会計年度以降の収益の金額を理解するための情報

        契約資産は、顧客との間で締結した請負契約について期末日時点で完了しているが未請求の履行義務に係る対
       価に対する当社又は連結子会社の権利に関するものです。契約資産は、対価に対する当社又は連結子会社の権利
       が無条件になった時点で顧客との契約から生じた債権に振り替えられます。当該履行義務に関する対価は、顧客
       との契約に従い、成果物について顧客による検収を受けた後に請求し、対価を受領しています。
        契約負債は、主に、一定の期間にわたり充足される履行義務として収益を認識する顧客との契約について、契
       約に定められた支払条件に基づき顧客から受け取った期間分の前受金に関するものであり、収益の認識に伴い取
       り崩されます。
        なお、当社及び連結子会社では、残存履行義務に配分した取引価格の注記にあたって実務上の便法を適用し、
       当初予想される契約期間が1年以内の契約について注記の対象に含めていません。
      (セグメント情報等)

      【セグメント情報】
       当連結会計年度は連結財務諸表の作成初年度であり、また、連結子会社取得日を連結会計年度末日としているこ
      とから、当連結会計年度においては貸借対照表のみを連結しているため、セグメント情報等は作成していません。
       (1株当たり情報)

                              当連結会計年度
                            (自    2021年4月1日
                             至   2022年3月31日       )
    1株当たり純資産額                              1,086.34    円
    (注)当連結会計年度は連結損益計算書を作成していませんので、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当た
       り当期純利益は記載していません。
      (重要な後発事象)

      当社は、2022年4月28日を効力発生日として、当社を株式交換完全親会社、連結子会社である株式会社エヌ・ケイ
     (以下、「エヌ・ケイ」といいます。)を株式交換完全子会社とする株式交換を行いました。
     (1)  株式交換の概要
       ①  株式交換完全子会社の名称及び事業の内容
                       株式会社     エヌ・ケイ
        株式交換完全子会社の名称
        事業の内容               システム開発及び運用保守の提供
       ②  本株式交換の目的
        「企業結合等関係」注記に記載のとおりです。
       ③  本株式交換の効力発生日
        2022年4月28日
                                47/80



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
       ④  株式交換の方式
         本株式交換につき、当社は会社法第796条第2項の規定に基づき、株主総会の決議による承認を必要としない
        簡易株式交換の手続により実施しました。
       ⑤  株式の種類及び交換比率並びに交付株式数
                               当社           エヌ・ケイ

                           (株式交換完全親会社)            (株式交換完全子会社)
         本株式交換に係る割当比率                       1           6,313.13
         本株式交換により交付する株式数                        当社の普通株式151,514株
        (注)本株式交換により交付する株式として当社が保有する自己株式を充当しました。
       ⑥  株式交換比率の算定方法
         当社及びエヌ・ケイから独立した第三者機関である株式会社コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティ
        ングに株式交換比率の算定を依頼し、提出された報告書に基づき当事者間で協議のうえ、算定しています。
     (2)  会計処理の概要
        「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」に基づ
       き、2022年3月31日付で実施したエヌ・ケイの株式取得及び本株式交換を一体として取り扱い、会計処理を行う
       予定です。
        なお、エヌ・ケイの株式取得の内容については「企業結合等関係」注記に記載のとおりです。
                                48/80














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
      ⑤ 【連結附属明細表】
       【社債明細表】
        該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

                        当期首残高         当期末残高         平均利率
            区分                                       返済期限
                         (千円)         (千円)         (%)
    短期借入金                         ―      100,000           0.8       ―
    1年以内に返済予定の長期借入金                         ―         ―         ―      ―

    1年以内に返済予定のリース債務                       3,480         9,300          4.7       ―

    長期借入金(1年以内に返済予定のも
                             ―         ―         ―      ―
    のを除く。)
                                                 2023年4月30日~
    リース債務(1年以内に返済予定のも
                            7,432         3,797          4.7
    のを除く。)
                                                 2024年3月31日 
    その他有利子負債                         ―         ―         ―      ―
            合計               10,913        113,097           ―      ―

     (注)   1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しています。
       2.リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における1年ごとの返済予定額の総
         額
                    1年超2年以内         2年超3年以内          3年超4年以内         4年超5年以内
             区分
                      (千円)          (千円)         (千円)          (千円)
          リース債務               3,797           ―         ―          ―
       【資産除去債務明細表】

        当連結会計年度末における資産除去債務の金額が当連結会計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の
       1以下であるため、記載を省略しています。
     (2) 【その他】

       当連結会計年度における四半期情報等
        当連結会計年度は、連結財務諸表の作成初年度であり、また、連結子会社の取得日を連結会計年度末日として
       いることから、当連結会計年度においては、貸借対照表のみを連結しているため、該当事項はありません。
                                49/80









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    2  【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ① 【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              2,853,917              2,166,157
        受取手形                                8,685              9,238
                                   ※1   2,443,950            ※1   2,587,253
        売掛金
        契約資産                                  ―             3,349
        金銭の信託                               200,000                 ―
                                     ※2   69,150            ※2   27,994
        仕掛品
        前払費用                                69,544              63,999
                                        4,229              3,535
        その他
        流動資産合計                              5,649,477              4,861,528
      固定資産
        有形固定資産
         建物                               63,242              63,622
                                      △ 43,549             △ 45,793
          減価償却累計額
          建物(純額)                             19,693              17,829
         車両運搬具
                                        12,449              12,449
                                      △ 10,125             △ 11,291
          減価償却累計額
          車両運搬具(純額)                              2,323              1,158
         工具、器具及び備品
                                        97,151              105,149
                                      △ 77,220             △ 85,733
          減価償却累計額
          工具、器具及び備品(純額)                             19,931              19,415
         土地
                                         376              376
         リース資産                               16,000              16,000
                                       △ 6,400             △ 9,600
          減価償却累計額
          リース資産(純額)                              9,600              6,400
         有形固定資産合計                               51,925              45,180
        無形固定資産
         ソフトウエア                               12,051               8,199
                                        5,643              5,643
         その他
         無形固定資産合計                               17,695              13,843
        投資その他の資産
         投資有価証券                             1,087,730              1,046,096
         関係会社株式                               76,399             1,229,782
         長期貸付金                               4,800              2,400
         長期前払費用                               19,318              10,772
         前払年金費用                               67,992              256,574
         繰延税金資産                              130,037               99,837
                                       128,340              134,168
         その他
         投資その他の資産合計                             1,514,618              2,779,629
        固定資産合計                              1,584,239              2,838,653
      資産合計                                7,233,717              7,700,182
                                50/80




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                               366,371              373,623
        リース債務                                3,480              3,635
        未払金                               113,496              170,596
        未払費用                               182,102              184,749
        未払法人税等                               212,346              164,549
        未払消費税等                               196,126              151,316
        契約負債                                  ―            23,546
        前受金                                39,669                ―
        預り金                                28,402              30,297
        賞与引当金                               635,578              666,572
        プロジェクト損失引当金                                  575               59
                                         742              471
        その他
        流動負債合計                              1,778,892              1,769,419
      固定負債
        リース債務                                7,432              3,797
        退職給付引当金                               245,931              257,255
                                        3,275              3,275
        役員退職慰労引当金
        固定負債合計                               256,639              264,328
      負債合計                                2,035,531              2,033,747
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               491,031              491,031
        資本剰余金
         資本準備金                              492,898              492,898
                                        6,173              10,531
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                              499,072              503,430
        利益剰余金
         利益準備金                               29,890              29,890
         その他利益剰余金
          別途積立金                             830,000              830,000
                                      3,165,785              3,648,823
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                             4,025,675              4,508,713
        自己株式                              △ 212,170             △ 208,816
        株主資本合計                              4,803,609              5,294,358
      評価・換算差額等
                                       394,576              372,076
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                               394,576              372,076
      純資産合計                                5,198,185              5,666,434
     負債純資産合計                                 7,233,717              7,700,182
                                51/80






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                 ※1 、 2  11,181,261          ※1 、 2  11,807,037
     売上高
                                   ※3   9,248,385            ※3   9,751,365
     売上原価
     売上総利益                                 1,932,876              2,055,671
     販売費及び一般管理費
      給料及び賞与                                 353,051              373,792
      役員報酬                                 164,769              159,882
      賞与引当金繰入額                                 45,311              51,729
      退職給付費用                                 11,187              10,739
      減価償却費                                 13,368              12,091
      賃借料                                 86,141              85,749
                                       379,816              403,106
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                1,053,646              1,097,092
     営業利益                                  879,229              958,579
     営業外収益
      受取利息                                    26              26
      受取配当金                                 36,783              40,932
      助成金収入                                  3,918              1,861
                                        1,857              2,149
      その他
      営業外収益合計                                 42,586              44,970
     営業外費用
      支払利息                                   554              407
      投資事業組合運用損                                  4,051              9,204
                                          3              83
      その他
      営業外費用合計                                  4,608              9,694
     経常利益                                  917,207              993,855
     税引前当期純利益                                  917,207              993,855
     法人税、住民税及び事業税
                                       267,889              263,311
                                        13,088              40,130
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  280,978              303,442
     当期純利益                                  636,229              690,413
                                52/80









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
      【売上原価明細書】
       1.情報サービス売上原価明細書
                             前事業年度                 当事業年度

                          (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                           至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
                    注記               構成比                 構成比
           区分               金額(千円)                 金額(千円)
                    番号                (%)                 (%)
    Ⅰ 労務費                        5,182,756        55.9         5,430,244        55.8
                             4,083,156                 4,293,129

    Ⅱ 経費                ※2                 44.1                 44.2
      当期総製造費用                              100.0                 100.0

                             9,265,913                 9,723,374
                              29,269                 42,882

      仕掛品期首棚卸高              ※3
           合計

                             9,295,182                 9,766,256
                              69,150                 27,994

      仕掛品期末棚卸高
      当期情報サービス売上原価

                             9,226,032                 9,738,262
      (脚注)

              前事業年度                           当事業年度

     1 原価計算の方法                            1 原価計算の方法
       個別原価計算を採用しています。                              個別原価計算を採用しています。
    ※2 経費の主な内訳は次のとおりです。                           ※2 経費の主な内訳は次のとおりです。
        外注費              3,512,644千円             外注費              3,666,770千円
                               ※3 
                               「注記事項 (会計方針の変更)」に記載のとおり、当事
                               業年度の期首から収益認識会計基準等を適用しました。
                               この結果、当事業年度の仕掛品期首棚卸高は、26,267千
                               円減少しています。
       2.商品売上原価明細書

                             前事業年度                 当事業年度

                          (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                           至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
                    注記               構成比                 構成比
           区分               金額(千円)                 金額(千円)
                    番号                (%)                 (%)
    Ⅰ 商品期首棚卸高                            ―                 ―
                              22,352                 13,103

    Ⅱ 当期商品仕入高                                100.0                 100.0
           合計                          100.0                 100.0

                              22,352                 13,103
                                ―                 ―

    Ⅲ 商品期末棚卸高
      当期商品売上原価

                              22,352                 13,103
                                53/80





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
      ③ 【株主資本等変動計算書】
       前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                                  株主資本
                          資本剰余金                   利益剰余金
                                           その他利益剰余金
                資本金
                          その他資本     資本剰余金                     利益剰余金
                    資本準備金                利益準備金
                                                繰越利益
                           剰余金      合計                     合計
                                          別途積立金
                                                剰余金
    当期首残高            491,031     492,898      1,985     494,884      29,890     830,000     2,710,750     3,570,640
    当期変動額
     剰余金の配当                                           △ 181,193     △ 181,193
     当期純利益                                           636,229     636,229
     自己株式の取得
     自己株式の処分                       4,188     4,188
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計              ―     ―    4,188     4,188       ―     ―   455,035     455,035
    当期末残高            491,031     492,898      6,173     499,072      29,890     830,000     3,165,785     4,025,675
                     株主資本                評価・換算差額等

                                                   純資産合計

                                 その他有価証券         評価・換算
                 自己株式        株主資本合計
                                  評価差額金         差額等合計
    当期首残高              △ 217,218        4,339,336         189,200         189,200        4,528,537

    当期変動額
     剰余金の配当                      △ 181,193                         △ 181,193
     当期純利益                       636,229                          636,229
     自己株式の取得               △ 262        △ 262                         △ 262
     自己株式の処分               5,311         9,500                          9,500
     株主資本以外の項目の
                                     205,375         205,375         205,375
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                5,048        464,272         205,375         205,375         669,647
    当期末残高              △ 212,170        4,803,609         394,576         394,576        5,198,185
                                54/80









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
       当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                                  株主資本
                          資本剰余金                   利益剰余金
                                           その他利益剰余金
                資本金
                          その他資本     資本剰余金                     利益剰余金
                    資本準備金                利益準備金
                                                繰越利益
                           剰余金      合計                     合計
                                          別途積立金
                                                剰余金
    当期首残高            491,031     492,898      6,173     499,072      29,890     830,000     3,165,785     4,025,675
    当期変動額
     剰余金の配当                                           △ 207,375     △ 207,375
     当期純利益                                           690,413     690,413
     自己株式の取得
     自己株式の処分                       4,357     4,357
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計              ―     ―    4,357     4,357       ―     ―   483,038     483,038
    当期末残高            491,031     492,898      10,531     503,430      29,890     830,000     3,648,823     4,508,713
                     株主資本                評価・換算差額等

                                                   純資産合計

                                 その他有価証券         評価・換算
                 自己株式        株主資本合計
                                  評価差額金         差額等合計
    当期首残高              △ 212,170        4,803,609         394,576         394,576        5,198,185

    当期変動額
     剰余金の配当                      △ 207,375                         △ 207,375
     当期純利益                       690,413                          690,413
     自己株式の取得               △ 752        △ 752                         △ 752
     自己株式の処分               4,106         8,464                          8,464
     株主資本以外の項目の
                                    △ 22,499        △ 22,499        △ 22,499
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                3,353        490,749        △ 22,499        △ 22,499         468,249
    当期末残高              △ 208,816        5,294,358         372,076         372,076        5,666,434
                                55/80









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
      ④  【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前当期純利益                                 917,207              993,855
      減価償却費                                 22,933              20,898
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                 43,829              30,993
      プロジェクト損失引当金の増減額(△は減少)                                   335             △ 515
      退職給付引当金の増減額(△は減少)                                △ 49,123              11,324
      前払年金費用の増減額(△は増加)                                △ 67,992             △ 188,581
      株式報酬費用                                  9,162              8,672
      受取利息及び受取配当金                                △ 36,810             △ 40,959
      支払利息                                   554              407
      投資事業組合運用損益(△は益)                                  4,051              9,204
      売上債権及び契約資産の増減額(△は増加)                                △ 234,286             △ 147,204
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                △ 39,880              41,155
      前払費用の増減額(△は増加)                                 62,789              15,103
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 57,065               7,251
      未払金の増減額(△は減少)                                 37,017              24,591
      契約負債の増減額(△は減少)                                    ―           △ 16,122
      前受金の増減額(△は減少)                                  3,742                ―
      預り金の増減額(△は減少)                                 △ 3,069              1,895
      未払費用の増減額(△は減少)                                 19,571               2,647
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                  9,867             △ 44,809
                                        8,579              △ 498
      その他
      小計                                 765,542              729,309
      利息及び配当金の受取額
                                        36,810              40,959
      利息の支払額                                  △ 554             △ 407
                                      △ 148,686             △ 311,574
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 653,111              458,287
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 7,276             △ 7,737
      無形固定資産の取得による支出                                    ―            △ 1,100
      投資有価証券の取得による支出                                △ 100,000                 ―
      子会社株式の取得による支出                                    ―          △ 1,122,702
      短期貸付金の回収による収入                                  2,400              2,400
      敷金及び保証金の差入による支出                                 △ 3,303             △ 6,442
                                          30              160
      敷金及び保証金の回収による収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 108,149            △ 1,135,422
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      リース債務の返済による支出                                 △ 3,333             △ 3,480
      自己株式の取得による支出                                  △ 265             △ 758
      自己株式の処分による収入                                    ―              67
                                      △ 180,871             △ 206,452
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 184,469             △ 210,624
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  360,491             △ 887,759
     現金及び現金同等物の期首残高                                 2,693,425              3,053,917
                                    ※  3,053,917            ※  2,166,157
     現金及び現金同等物の期末残高
                                56/80




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
      【注記事項】
      (重要な会計方針)
    1.資産の評価基準及び評価方法
     (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
       ①  子会社株式及び関連会社株式
                       移動平均法による原価法
       ②  有価証券
       ・その他有価証券
        市場価格のない株式等
                       時価法
        以外のもの
                       (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法によ
                       り算定)
        市場価格のない株式等
                       移動平均法による原価法
                       なお、投資事業有限責任組合及びそれに類する組合への出資(金融商品取
                       引法第2条第2項により有価証券とみなされるもの)については、組合契
                       約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近の決算書を基礎とし、
                       持分相当額を純額で取り込む方法によっています。
     (2)  棚卸資産の評価基準及び評価方法

       ・仕掛品
                       個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの
                       方法により算定)
                       なお、受注制作のソフトウェアに係るプロジェクト損失引当金は仕掛品と
                       相殺して表示しています。
    2.固定資産の減価償却の方法

       ①  有形固定資産
                       定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除
       (リース資産を除く)
                       く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額
                       法)によっています。
                       なお、主な耐用年数は次のとおりです。
                        建物 15~47年
                        器具及び備品 4~10年
       ②  無形固定資産
       (リース資産を除く)
       ・ソフトウェア
                       自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)
                       に基づく定額法を採用しています。
       ③  リース資産
                       所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
                       リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法によっていま
                       す。
    3.引当金の計上基準

       ①  貸倒引当金               債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率に
                       より、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、
                       回収不能見込額を計上しています。
       ②  賞与引当金               従業員に対する賞与の支給に備えるため、将来の支給見込額のうち当事業
                       年度に負担すべき額を計上しています。
       ③  退職給付引当金               従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び
                       年金資産の見込額に基づき計上しています。
                       数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務
                       期間以内の一定の年数(10年)による定額法により按分した額を、それぞ
                       れ発生の翌事業年度から費用処理しています。
                       なお、退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度までの
                       期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっています。
                                57/80


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
       ④  プロジェクト損失引当金               将来の損失発生が見込まれるプロジェクトについて、プロジェクト毎に個
                       別に見積もった原価と受注金額との差額を計上しています。
       ⑤  製品保証引当金               販売したソフトウェア等の無償補修に係る支出に備えるため、発生が見込
                       まれる個別のプロジェクト毎に費用の見込額を見積計上しています。
       ⑥  役員退職慰労引当金               役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上
                       しています。
                       なお、2007年6月21日開催の定時株主総会の終結の時をもって取締役及び
                       監査役に係る退職慰労金制度を廃止し打ち切り支給を行うこととしていま
                       すので、同日以降の役員退職慰労引当金の繰入は行っていません。
                       退職慰労金の打ち切り支給額及び支給の方法等は、取締役会の協議によっ
                       て決定し、支給時期は取締役の退任の時以降としています。
    4.収益及び費用の計上基準

       当社の顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業における主な履行義務の内容及び当該履行義務を充足す
      る通常の時点(収益を認識する通常の時点)は次のとおりです。
       ①  受注制作のソフトウェア開発、インフラ構築サービス
         受注制作のソフトウェア開発における主な履行義務は、契約上合意した顧客仕様のソフトウェアの設計、開
        発、テスト等の工程を完了し、成果物を納品、提供することになります。また、インフラ構築サービスにおけ
        る主な履行義務は、特定のシステムを稼働させるために必要な基盤の構築を完了し、成果物を提供することに
        なります。
         これらの業務や作業は、一定の期間にわたり履行義務が充足される取引であると判断しています。履行義務
        の充足に係る進捗度の測定は、各報告期間の期末日までに発生した開発原価が、予想される開発原価の合計に
        占める割合に基づいて行っています。また、契約の初期段階において、履行義務の充足に係る進捗度を合理的
        に見積もることができないものの、発生する費用を回収することが見込まれる場合は、原価回収基準にて収益
        を認識しています。
       ②  技術者支援サービス、システム運用等
         主な履行義務は、技術者支援サービスやシステム運用、監視、ヘルプデスク、フィールドサポート等のサー
        ビス等を提供することであり、サービスの提供の内、契約期間にわたり概ね一定の役務を提供するサービスで
        は、契約に基づきサービスが提供される時間の経過に応じて履行義務が充足されると判断しており、役務提供
        期間にわたり顧客との契約において約束された金額を契約に基づき按分して収益を認識しています。
         また、サービスの時間、期間、処理量等に基づき現在までに履行が完了した部分の対価を顧客から受け取る
        権利を有している場合には、請求する権利を有している金額で収益を認識しています。
    5.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

      手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わ
     ない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっています。
    6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

      (1)  退職給付に係る会計処理
         退職給付に係る未認識数理計算上の差異の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこれらの会計処理の方
        法と異なっています。
      (重要な会計上の見積り)

     (関係会社株式の評価)
      (1)  当事業年度の財務諸表に計上した金額
        関係会社株式(株式会社エヌ・ケイの取得原価)   1,153,382千円
                                58/80



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
      (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
         株式会社エヌ・ケイの株式の取得原価には、超過収益力が反映されています。当該超過収益力は、将来の経
        営環境の変動等に伴う事業計画の進捗状況に影響を受ける可能性があり、事業計画に反映された主要な仮定で
        ある契約獲得見込数が減少し、超過収益力が低下したと認められた場合には、翌事業年度の財務諸表におい
        て、関係会社株式の金額に重要な影響を与える可能性があります。
      (会計方針の変更)

     (収益認識に関する会計基準等の適用)
       「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)
      等を当事業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービス
      と交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしています。
       従来は、請負契約のうち、受注制作のソフトウエアにおける開発の進捗部分について成果の確実性が認められる
      場合には工事進行基準、その他の請負契約については工事完成基準によっていましたが、財又はサービスに対する
      支配が顧客に一定の期間にわたり移転する場合には、履行義務を充足するにつれて、一定の期間にわたり収益を認
      識する方法に変更しています。履行義務の充足に係る進捗度の測定は、各報告期間の期末日までに発生した開発原
      価が、予想される開発原価の合計に占める割合に基づいて行っています。また、契約の初期段階において、履行義
      務の充足に係る進捗度を合理的に見積もることができないものの、発生する費用を回収することが見込まれる場合
      は、原価回収基準にて収益を認識しています。なお、契約における取引開始日から完全に履行義務を充足すると見
      込まれる時点までの期間がごく短い受注制作のソフトウエアについては代替的な取り扱いを適用し、一定の期間に
      わたり収益を認識せず、完全に履行義務を充足した時点で収益を認識しています。
       収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取り扱いに従い、
      当事業年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当事業年度の期首の利益剰余金
      に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しています。この結果、当事業年度の損益及びキャッシュ・フ
      ロー計算書に与える影響は軽微です。また、利益剰余金の当期首残高に与える影響はありません。
       収益認識会計基準等を適用したため、前事業年度の貸借対照表において、流動資産に表示していた「受取手形」
      及び「売掛金」は、当事業年度より「受取手形」、「売掛金」及び「契約資産」に区分して表示し、流動負債に表
      示していた「前受金」は、当事業年度より「契約負債」に含めて表示しています。
     (時価の算定に関する会計基準等の適用)

       「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
      う。)等を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計
      基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取り扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな
      会計方針を、将来にわたって適用することとしています。なお、財務諸表に与える影響はありません。
      (貸借対照表関係)

     ※1 関係会社に対する資産及び負債
        区分表示されたもの以外で当該関係会社に対する金銭債権の金額は、次のとおりです。
                            前事業年度              当事業年度

                           ( 2021年3月31日       )      ( 2022年3月31日       )
        売掛金                       173千円              173千円
     ※2 損失の発生が見込まれる受注制作のソフトウェアに係る仕掛品は、これに対応するプロジェクト損失引当金を

       相殺表示しています。相殺表示した仕掛品に対応するプロジェクト損失引当金の額は次のとおりです。
                            前事業年度              当事業年度

                           ( 2021年3月31日       )      ( 2022年3月31日       )
                              670千円               ―千円
                                59/80



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
      (損益計算書関係)
     ※1 顧客との契約から生じる収益
        売上高については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分して記載していません。顧客との
       契約から生じる収益の金額は、「注記情報(セグメント情報)」に記載のとおりです。
     ※2 関係会社に対する売上高は、次のとおりです。

                                          当事業年度
                            前事業年度
                                        (自    2021年4月1日
                          (自    2020年4月1日
                          至    2021年3月31日       )
                                         至    2022年3月31日       )
         売上高                     1,917千円              1,022千円
     ※3 売上原価に含まれているプロジェクト損失引当金繰入額は、次のとおりです。

                            前事業年度              当事業年度
                          (自    2020年4月1日            (自    2021年4月1日
                          至    2021年3月31日       )     至    2022年3月31日       )
                             1,245千円                59千円
      (株主資本等変動計算書関係)

     前事業年度(自         2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
    1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                 当事業年度          当事業年度          当事業年度          当事業年度末
                期首株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)            株式数(株)
    発行済株式
     普通株式               5,487,768              ―           ―       5,487,768

        合計            5,487,768              ―           ―       5,487,768

    自己株式

     普通株式(注)                310,800            188          7,600          303,388

        合計             310,800             188          7,600          303,388

     (注) 普通株式の自己株式の増減数の内訳は次のとおりです。
         単元未満株式の買取による増加                               188株
         譲渡制限付株式報酬としての自己株式の処分による減少                                 7,600株
    2.新株予約権等に関する事項

      該当事項はありません。
    3.配当に関する事項

     (1)  配当金支払額
                      配当金の総額
                              1株当たり配当額
        決議       株式の種類                          基準日        効力発生日
                                 (円)
                        (千円)
    2020年6月18日
               普通株式          181,193          35.00    2020年3月31日         2020年6月19日
    定時株主総会
     (2)  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                    配当金の総額              1株当たり
       決議      株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                     (千円)            配当額(円)
    2021年6月23日
              普通株式        207,375     利益剰余金          40.00    2021年3月31日         2021年6月24日
    定時株主総会
                                60/80



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
     当事業年度(自         2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
    1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                 当事業年度          当事業年度          当事業年度          当事業年度末
                期首株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)            株式数(株)
    発行済株式
     普通株式               5,487,768              ―           ―       5,487,768

        合計            5,487,768              ―           ―       5,487,768

    自己株式

     普通株式(注)                303,388            410          5,862          297,936

        合計             303,388            410          5,862          297,936

     (注) 普通株式の自己株式の増減数の内訳は次のとおりです。
         単元未満株式の買取による増加             410株
         単元未満株式の売却による減少                                         43株
         譲渡制限付株式報酬としての自己株式の処分による減少 5,819株
    2.新株予約権等に関する事項

      該当事項はありません。
    3.配当に関する事項

     (1)  配当金支払額
                      配当金の総額
                              1株当たり配当額
        決議       株式の種類                          基準日        効力発生日
                                 (円)
                        (千円)
    2021年6月23日
               普通株式          207,375          40.00    2021年3月31日         2021年6月24日
    定時株主総会
     (2)  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                    配当金の総額              1株当たり
       決議      株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                     (千円)            配当額(円)
    2022年6月23日
              普通株式        223,162     利益剰余金          43.00    2022年3月31日         2022年6月24日
    定時株主総会
      (キャッシュ・フロー計算書関係)

    ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりです。
                             前事業年度                 当事業年度
                           (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                            至 2021年3月31日)                  至 2022年3月31日)
        現金及び預金                      2,853,917千円                 2,166,157千円
        金銭の信託                       200,000                   ―
        現金及び現金同等物                      3,053,917                 2,166,157
      (有価証券関係)

      前事業年度(      2021年3月31日       )
       関連会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、関連会社株式の時価を記
      載していません。
       なお、時価を把握することが極めて困難と認められる関連会社株式の貸借対照表計上額は次のとおりです。
                           前事業年度
              区分
                            (千円)
        関連会社株式                         76,399
               計                   76,399
                                61/80


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
      当事業年度(      2022年3月31日       )

       子会社株式及び関連会社株式は、市場価格のない株式等のため、子会社株式及び関連会社株式の時価を記載して
      いません。
       なお、市場価格のない株式等の子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額は次のとおりです。
                           当事業年度
              区分
                            (千円)
        子会社株式                       1,153,382
        関連会社株式                         76,399
               計                 1,229,782
      (税効果会計関係)

    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度              当事業年度
                               ( 2021年3月31日       )       ( 2022年3月31日       )
       繰延税金資産
        賞与引当金                           194,614    千円           204,104    千円
        賞与社会保険料                           27,494              28,711
        未払事業税                           13,096              16,468
        退職給付引当金                           75,304              78,771
        役員退職慰労引当金                            1,002              1,002
                                   21,885              22,091
        その他
       繰延税金資産小計
                                  333,398              351,150
                                  △8,399              △8,539
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                  324,998              342,611
       繰延税金負債
        前払年金費用                          △20,819              △78,563
                                 △174,141              △164,211
        その他有価証券評価差額金
       繰延税金負債合計                           △194,960              △242,774
       繰延税金資産の純額                            130,037               99,837
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
       前事業年度及び当事業年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税
      率の100分の5以下であるため注記を省略しています。
      (企業結合等関係)

        連結財務諸表の「注記事項(企業結合等関係)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しています。
      (収益認識関係)

     (1)  顧客との契約から生じる収益を分解した情報
       顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりです。
     (2)  顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

       注記事項 重要な会計方針「収益及び費用の計上基準」に同一の内容を記載しているため、注記を省略していま
       す。
                                62/80




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
     (3) 当事業年度及び翌事業年度以降の収益の金額を理解するための情報
       契約資産及び契約負債の残高等
                                     (単位:千円)
                                当事業年度
                           期首残高          期末残高
      顧客との契約から生じた債権                       2,452,636          2,596,491
      契約資産                          ―         3,349
      契約負債                        39,669          23,546
        当事業年度に認識された収益の額のうち期首現在の契約負債残高に含まれていた額は、18,717千円です。契約
       資産は、顧客との間で締結した請負契約について期末日時点で完了しているが未請求の履行義務に係る対価に対
       する当社の権利に関するものです。
        契約資産は、対価に対する当社の権利が無条件になった時点で顧客との契約から生じた債権に振り替えられま
       す。当該履行義務に関する対価は、顧客との契約に従い、成果物について顧客による検収を受けた後に請求し、
       対価を受領しています。
        契約負債は、主に、一定の期間にわたり充足される履行義務として収益を認識する顧客との契約について、契
       約に定められた支払条件に基づき顧客から受け取った期間分の前受金に関するものであり、収益の認識に伴い取
       り崩されます。
        なお、残存履行義務に配分した取引価格の注記にあたって実務上の便法を適用し、当初予想される契約期間が
       1年以内の契約について注記の対象に含めていません。
      (セグメント情報等)

     【セグメント情報】
    1.報告セグメントの概要
      当社は、情報サービスを主たる事業とし、情報システムに係るコンサルティングから、業務システムの開発と保守
     及びITインフラの構築と運用管理に至る一貫したサービスを提供しています。
      当社は、「システム開発事業」と「インフラサービス事業」という2つの報告セグメントをもとに組織を編成する
     とともに業績を評価し、担当役員のもと事業戦略を策定し事業活動を展開しています。
      「システム開発事業」は、各種業務システムのコンサルティングからシステム設計、開発・保守に至る一連のサー
     ビスを対象としています。「インフラサービス事業」は、顧客企業の様々なシステムを支えるインフラ構築から技術
     サービス、システム運用、監視、ヘルプデスク、フィールドサポートに至る一連のサービスを対象としています。
    2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

      報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、財務諸表を作成するために採用される会計方針に準拠した方
     法です。また、報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値です。
                                63/80








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報及び収益の分解情報
      前事業年度(自         2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
                                                  (単位:千円)
                          報告セグメント
                                            その他
                                                    合計
                                            (注1)
                            インフラ
                   システム開発                  計
                            サービス
    売上高
     外部顧客への売上高               6,067,998        5,079,305       11,147,304          33,957      11,181,261

     セグメント間の内部
                        ―      7,160        7,160         ―      7,160
     売上高又は振替高(注2)
          計          6,067,998        5,086,465       11,154,464          33,957      11,188,421
    セグメント利益                 1,070,201         854,695       1,924,896          7,979      1,932,876

    セグメント資産                  41,517        38,496        80,014          ―      80,014

    その他の項目

     減価償却費                   928       2,444        3,373         ―      3,373

     有形固定資産及び
                        ―      1,485        1,485         ―      1,485
     無形固定資産の増加額
     (注1) 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、受託計算サービス事業及び商品
         販売事業を含んでいます。
     (注2) セグメント間の取引価格は市場価格、総原価を勘案して価格交渉のうえ、決定しています。
      当事業年度(自         2021年4月1日        至    2022年3月31日       )

                                                 (単位:千円)
                          報告セグメント
                                            その他
                                                    合計
                                            (注1)
                            インフラ
                   システム開発                  計
                            サービス
    売上高
     顧客との契約から
                     6,576,608        5,209,235       11,785,844          21,192      11,807,037
     生じる収益
     外部顧客への売上高               6,576,608        5,209,235       11,785,844          21,192      11,807,037
     セグメント間の内部
                        ―      13,396        13,396          ―      13,396
     売上高又は振替高(注2)
          計          6,576,608        5,222,632       11,799,241          21,192      11,820,434
    セグメント利益                 1,181,906         867,993      2,049,900          5,771      2,055,671

    セグメント資産                  27,863        8,105       35,968          ―      35,968

    その他の項目

     減価償却費                   668       2,222        2,890         ―      2,890

     有形固定資産及び
                        ―        ―       ―        ―        ―
     無形固定資産の増加額
     (注1) 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、受託計算サービス事業及び商品
         販売事業を含んでいます。
     (注2) セグメント間の取引価格は市場価格、総原価を勘案して価格交渉のうえ、決定しています。
                                64/80




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    4.報告セグメント合計額と財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                                                  (単位:千円)
               売上高                   前事業年度             当事業年度
    報告セグメント計                                  11,154,464             11,799,241

    「その他」の区分の売上高                                    33,957             21,192

    セグメント間取引消去                                   △7,160             △13,396

    財務諸表の売上高                                  11,181,261             11,807,037

                                                  (単位:千円)

                利益                  前事業年度             当事業年度
    報告セグメント計                                  1,924,896             2,049,900

    「その他」の区分の利益                                    7,979             5,771

    全社費用(注)                                 △1,053,646             △1,097,092

    財務諸表の営業利益                                   879,229             958,579

     (注) 全社費用は、当社の人事・経理部門等に関する費用です。
                                                  (単位:千円)

                資産                  前事業年度             当事業年度
    報告セグメント計                                    80,014             35,968

    「その他」の区分の資産                                      ―             ―

    受取手形及び売掛金(注)                                  2,452,636             2,599,840

    全社資産                                  4,701,066             5,064,372

    財務諸表の資産合計                                  7,233,717             7,700,182

     (注) 当社は同一の得意先であっても複数のセグメントに属する取引を行っていますが、定期的な経営報告において
        セグメント別に集計した情報を提出していないためセグメント別の開示は行っていません。
                                                  (単位:千円)

                報告セグメント計             その他          調整額        財務諸表計上額
      その他の項目
               前事業年度     当事業年度     前事業年度     当事業年度     前事業年度     当事業年度     前事業年度     当事業年度
    減価償却費             3,373     2,890       ―     ―   19,560     18,008     22,933     20,898

    有形固定資産及び
                 1,485       ―     ―     ―    3,792     9,847     5,277     9,847
    無形固定資産の増加額
     (注) 減価償却費、有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社資
        産分です。
      【関連情報】

     前事業年度(自         2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
    1.製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。
                                65/80



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    2.地域ごとの情報
     (1)  売上高
       本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しています。
     (2)  有形固定資産

       本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略し
      ています。
    3.主要な顧客ごとの情報

                                                   (単位:千円)
            顧客名                  売上高              関連するセグメント名
         キオクシア株式会社                          2,051,817      システム開発、インフラサービス

     当事業年度(自         2021年4月1日        至    2022年3月31日       )

    1.製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。
    2.地域ごとの情報

     (1)  売上高
       本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しています。
     (2)  有形固定資産

       本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略し
      ています。
    3.主要な顧客ごとの情報

                                                   (単位:千円)
            顧客名                  売上高              関連するセグメント名
         キオクシア株式会社                          2,373,812      システム開発、インフラサービス

      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       該当事項はありません。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       該当事項はありません。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       該当事項はありません。
      (持分法損益等)

    1.関連会社に関する事項
                                                 (単位:千円)
                              前事業年度                当事業年度
                            (自    2020年4月1日             (自    2021年4月1日
                            至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
    関連会社に対する投資の金額                                 76,399                76,399
    持分法を適用した場合の投資の金額                                 104,065                118,390

    持分法を適用した場合の投資利益の金額                                  2,577               12,161

                                66/80



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    2.開示対象特別目的会社に関する事項
      当社は、開示対象特別目的会社を有していません。
      (1株当たり情報)

                               前事業年度                 当事業年度
                             (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
    1株当たり純資産額                                1,002.66円                 1,091.83円
    1株当たり当期純利益                                 122.77円                 133.07円

     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していません。
       2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、次のとおりです。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
    1株当たり当期純利益
     当期純利益(千円)                                  636,229                 690,413
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                    ―                 ―
     普通株式に係る当期純利益(千円)                                  636,229                 690,413

     期中平均株式数(千株)                                   5,182                 5,188

      (重要な後発事象)

        連結財務諸表の「注記事項(重要な後発事象)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しています。
                                67/80












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
      ⑤  【附属明細表】
       【有形固定資産等明細表】
                                         当期末減価

                                         償却累計額            差引当期末
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高            当期償却額
        資産の種類                                 又は償却             残高
                   (千円)      (千円)      (千円)      (千円)            (千円)
                                          累計額            (千円)
                                          (千円)
    有形固定資産
     建物              63,242       380      ―    63,622      45,793      2,243     17,829

     車両運搬具              12,449        ―      ―    12,449      11,291      1,165      1,158

     工具、器具及び備品              97,151      8,367       370    105,149      85,733      8,882     19,415

     土地                376      ―      ―     376      ―      ―     376

     リース資産              16,000        ―      ―    16,000      9,600      3,200      6,400

       有形固定資産計            189,221       8,747       370    197,598      152,417      15,491      45,180

    無形固定資産

     ソフトウエア              173,576       1,100       ―   174,676      166,476       4,952      8,199

     その他               5,643       ―      ―    5,643       ―      ―    5,643

       無形固定資産計            179,220       1,100       ―   180,320      166,476       4,952     13,843

    長期前払費用               19,318      1,288      9,834     10,772        ―      ―    10,772

     (注)当期増加額のうち主なものは、次のとおりです。
        工具、器具及び備品              パソコン                   3,502千円
                      ストレージアレイ                   1,740千円
       【引当金明細表】

                                   当期減少額        当期減少額
                  当期首残高        当期増加額                         当期末残高
         区分                         (目的使用)         (その他)
                   (千円)        (千円)                         (千円)
                                    (千円)        (千円)
    賞与引当金                 635,578        666,572        635,578           ―      666,572
    プロジェクト損失引当金                  1,245          59       1,245          ―        59

    役員退職慰労引当金                  3,275          ―        ―        ―       3,275

     (注)プロジェクト損失引当金の当期首残高のうち670千円は、貸借対照表上、仕掛品残高と相殺して表示していま
        す。
     (2)  【主な資産及び負債の内容】

       連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しています。
                                68/80





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
     (3) 【その他】
       当事業年度における四半期情報等
         (累計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期          当事業年度

    売上高           (千円)        2,856,598          5,759,988          8,751,153         11,807,037

    税引前
                (千円)         224,333          472,014          789,699          993,855
    四半期(当期)純利益
    四半期(当期)純利益           (千円)         155,901          328,197          548,068          690,413
    1株当たり
                (円)          30.07          63.28         105.65          133.07
    四半期(当期)純利益
         (会計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

    1株当たり
                (円)          30.07          33.21          42.37          27.43
    四半期純利益
                                69/80
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
    事業年度             4月1日から3月31日まで

    定時株主総会             毎事業年度末日の翌日から3ヶ月以内

    基準日             3月31日

    剰余金の配当の基準日             9月30日、3月31日

    1単元の株式数             100株

    単元未満株式の買取り

                 (特別口座)
      取扱場所           東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                 三井住友信託銀行株式会社
                 (特別口座)
      株主名簿管理人           東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                 三井住友信託銀行株式会社
      取次所           ――――――
      買取手数料           無料

                 電子公告により行う。
                  https://www.quest.co.jp/
    公告掲載方法
                 ただし、事故その他やむを得ない事由により電子公告によることができないときは、
                 日本経済新聞に掲載する。
    株主に対する特典             なし
     (注)   当社の単元未満株式を有する株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利及び定款に定める権
        利以外の権利を行使することはできません。
        (1)  会社法第189条第2項各号に掲げる権利
        (2)  会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
        (3)  株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
        (4)  会社法第194条第1項に掲げる権利
                                70/80









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    第7   【提出会社の参考情報】
    1  【提出会社の親会社等の情報】

      当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
    2  【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しています。
     (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

       事業年度(     第57期   ) (自     2020年4月1日        至    2021年3月31日       )2021年6月24日関東財務局長に提出。
     (2)  内部統制報告書及びその添付書類

       2021年6月24日関東財務局長に提出。
     (3)  四半期報告書及び確認書

       ( 第58期   第1四半期) (自          2021年4月1日        至    2021年6月30日       )2021年8月6日関東財務局長に提出。
       ( 第58期   第2四半期) (自          2021年7月1日        至    2021年9月30日       )2021年11月8日関東財務局長に提出。
       ( 第58期   第3四半期) (自          2021年10月1日        至    2021年12月31日       )2022年2月10日関東財務局長に提出。
     (4)  臨時報告書

       2021年6月25日関東財務局長に提出。
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
        時報告書です。
       2022年3月18日関東財務局長に提出。
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第6号の2(提出会社が株式交換完全親会社となる株式交
        換)及び第8号の2(提出会社による子会社取得)に基づく臨時報告書です。
                                71/80











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                72/80



















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
                  独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    2022年6月24日

    株式会社クエスト
     取締役会 御中
                        有限責任監査法人トーマツ

                         東京事務所

                         指定有限責任社員

                                          郷  右  近   隆 也
                                   公認会計士
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       竹  田     裕
                         業務執行社員
    <財務諸表監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社クエストの2021年4月1日から2022年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借
    対照表、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
    なお、会社は、当連結会計年度より連結財務諸表を作成しているが、新たに連結子会社となった会社の取得日が連結会
    計年度末日となるため、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書及び連結キャッシュ・フ
    ロー計算書は作成していない。
     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
    式会社クエスト及び連結子会社の2022年3月31日現在の財政状態を、全ての重要な点において適正に表示しているもの
    と認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国におけ
    る職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責
    任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
                                73/80








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    監査上の主要な検討事項
     監査上の主要な検討事項とは、当連結会計年度の連結財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重
    要であると判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、連結財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見
    の形成において対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
    株式会社エヌ・ケイの株式取得に伴う企業結合
           監査上の主要な検討事項の
                                         監査上の対応
             内容及び決定理由
     会社は   【注記事項】(重要な会計上の見積り)及び                        当監査法人は、エヌ・ケイの株式取得に伴う企業結合
    (企業結合等関係)         に記載のとおり、2022年3月31日付                  を検討するにあたり、主として以下の監査手続を実施し
    で株式会社エヌ・ケイ(以下、「エヌ・ケイ」)の発行                           た。
    済株式の84.6%を1,089,700千円で取得して子会社化し、                           (1)内部統制の評価
    これに伴うのれん622,525千円を計上している。                             エヌ・ケイ株式の取得原価の合理性に関する判断過
     本企業結合は取得による企業結合であり、会社は、エ                           程について、取締役会議事録等の文書を閲覧するとと
    ヌ・ケイから受け入れた資産及び負債のうち企業結合日                            もに、担当取締役に対する質問を実施して評価した。
    時点において識別可能なもの(識別可能資産及び負債)                           (2)実証手続の実施
    の企業結合日時点の時価を基礎として、当該資産及び負                             エヌ・ケイ株式の取得原価の適切性を検討するた
    債に対して取得原価を配分する必要があるが、当連結会                            め、以下の手続を実施した。
    計年度末において当該取得原価の配分を完了していない                            ・ エヌ・ケイ株式の取得に関連する契約書及び出金
    ため、決算時点で入手可能な合理的な情報等に基づいて                              証憑を閲覧し、取得原価の正確性を検討した。
    暫定的な会計処理を行っている。                            ・ エヌ・ケイの株式価値算定書、財務調査報告書等
     会社において、金額的に重要なのれんの発生を伴う企                             を閲覧し、取得原価との整合性を検討した。
    業結合は経常的に発生する事象ではなく、入手可能な情                            ・ エヌ・ケイの株式価値算定書について、ネット
    報を網羅的に把握する必要があることに加えて、取得原                              ワーク・ファームの内部専門家を利用して価値算
    価の算定や配分等について複雑な会計処理が必要とな                              定に用いられた手法、基礎データ及び前提条件等
    る。                              を確かめ、取得原価の合理性を検討した。
     エヌ・ケイの株式取得により生じたのれんが金額的に                            また、取得原価の配分が完了していないため、決算
    重要であること、また、入手可能な情報の網羅的な把握                            時点で入手可能な合理的な情報等に基づいて暫定的な
    及び取得原価の算定や配分に係る複雑な会計処理につい                            会計処理が行われていることを確かめるため、以下の
    ての検討が必要となることから、当監査法人は当該事項                            手続を実施した。
    を監査上の主要な検討事項に該当するものと判断した。                            ・ 入手可能な合理的な情報等を集めたか否かについ
                                  て担当取締役に対する質問を実施した。
                                ・ 企業結合日におけるエヌ・ケイの貸借対照表に含
                                  まれる質的・量的に重要な項目について、関連す
                                  る証憑を閲覧するとともに、一部の債権等につい
                                  ては、確認手続を実施し、その実在性、網羅性、
                                  正確性を検討した。
                                ・ エヌ・ケイの貸借対照表の数値が連結財務諸表に
                                  漏れなく正確に反映されているか否かを検討し
                                  た。
                                ・ 暫定的な会計処理によるのれんが適切に算定され
                                  ていることを確かめるため、エヌ・ケイ株式の取
                                  得原価と取得原価の暫定的な配分額との差額がの
                                  れんの計上額となっているか否かについて検討し
                                  た。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告書
    以外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査等委員会の責任は、
    その他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     当監査法人の連結財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の
    記載内容に対して意見を表明するものではない。
     連結財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内
    容と連結財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そ
    のような重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告
    することが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
                                74/80




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるか
    どうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示
    する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    連結財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表
    示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明
    することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利
    用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手
      続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ
      適切な監査証拠を入手する。
     ・ 連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク
      評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性
      及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に
      基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかど
      うか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表
      の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連
      結財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手
      した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性があ
      る。
     ・ 連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠してい
      るかどうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎
      となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     ・ 連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠
      を入手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
      監査意見に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要
    な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
    監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
    じている場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会と協議した事項のうち、当連結会計年度の連結財務諸表の監査で特に重要であると判断した
    事項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止
    されている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上
    回ると合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
                                75/80




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    <内部統制監査>
    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社クエストの2022年3
    月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     当監査法人は、株式会社クエストが2022年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内
    部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務
    報告に係る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統
    制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人
    の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から
    独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十
    分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    内部統制報告書に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
    に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     監査等委員会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
    内部統制監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかにつ
    いて合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することに
    ある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従って、監査の過程
    を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための監査手続を実施
      する。内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択
      及び適用される。
     ・ 財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての
      内部統制報告書の表示を検討する。
     ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する十分かつ適切な監査証拠を入手する。監査
      人は、内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に対し
      て責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、識別し
    た内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められているその他の事項につい
    て報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
    監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
    じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以 上 
                                76/80



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管していま

          す。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                77/80



















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                    2022年6月24日

    株式会社クエスト
     取締役会 御中
                        有限責任監査法人トーマツ

                         東京事務所

                         指定有限責任社員

                                          郷  右  近   隆 也
                                   公認会計士
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       竹  田     裕
                         業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社クエストの2021年4月1日から2022年3月31日までの第58期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
    表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表
    について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
    社クエストの2022年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フロー
    の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
    当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
                                78/80










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    監査上の主要な検討事項
     監査上の主要な検討事項とは、当事業年度の財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要である
    と判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形成におい
    て対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
    請負契約に係る売上高
           監査上の主要な検討事項の
                                         監査上の対応
             内容及び決定理由
     会社は顧客との間に主として請負契約または準委任契                           当監査法人は、請負契約に係る売上高の正確性を検討
    約を締結してサービスを提供しており、プロジェクト別                           するにあたり、主として以下の監査手続を実施した。
    に売上高及び損益を集計している。2022年3月期の損益                           (1)内部統制の評価
    計算書において計上された売上高は11,807,037千円であ                            ・ プロジェクト損益の見通しを確認するための内部
    る。また、     【注記事項】(会計方針の変更)               に記載のと         統制、すなわち稟議制度、経理部によるプロジェ
    おり、会社は当事業年度より「収益認識に関する会計基                              クト別の予算実績差異分析及び各事業部から収集
    準」を適用している。                              した情報の分析等に係る内部統制について、質問
     会社はプロジェクトの受注時に顧客と書面を取り交わ                             及び関連文書の閲覧により整備・運用状況の有効
    してその要求・仕様を明確にしたうえで財又はサービス                              性を評価した。
    を提供しており、当該財又はサービスに対する支配が顧                            ・ プロジェクト完了時に事業部門及び管理部門の適
    客に一定の期間にわたり移転する場合には、履行義務を                              切な承認者によって、検収書等、プロジェクト完
    充足するにつれて、一定の期間にわたり収益を認識して                              了の根拠となる証憑が入手されていることの確認
    いる。また、請負契約を締結したプロジェクトについ                              が行われる内部統制について、質問及び検収書等
    て、履行義務の充足に係る進捗度は、各報告期間の期末                              の閲覧により整備・運用状況の有効性を評価し
    日までに発生した開発原価が予想される開発原価の合計                              た。
    に占める割合に基づいて測定している。当該会計方針に                           (2)実証手続の実施
    ついては、【注記事項】「(重要な会計方針)4.収益                            ・ 会社が経営会議の専門委員会として設置した重要
    及び費用の計上基準」に記載されている。                              プロジェクトレビュー会議においてモニタリング
     会社が提供する財又はサービスの対象物が無形の資産                             の対象とされたプロジェクト(開発規模、プロ
    であることに加え、業界特有の取引慣行や契約形態の複                              ジェクト計画、技術、新規性を勘案して選定され
    雑性を背景として、プロジェクトの途中で業務内容が変                              たプロジェクト)、要求や仕様について認識に相
    更されるケースや、顧客の検収後に追加作業を要求され                              違が生じる可能性の高い新規顧客から受注したプ
    るケースが考えられる。請負契約を締結したプロジェク                              ロジェクト及び決算月に売上高が計上されたプロ
    トにおいて、このような事象が生じた場合、プロジェク                              ジェクト(以下、「検討対象プロジェクト」と表
    トの完了の時期や予想される開発原価の見積りに関する                              記)について、質問及び契約書・見積書等の閲覧
    判断が適切に行われない可能性があり、履行義務に係る                              により取引内容を把握した。
    進捗度が誤って測定され、売上高の正確性の観点におい                            ・ 検討対象プロジェクトのうち、請負契約を締結し
    て、誤謬が生じるリスクが想定される。                              ているプロジェクトについて、必要に応じて顧客
     以上より、請負契約における履行義務の進捗度が適切                             への確認手続を実施した。
    に測定されない場合、売上高が正しく計上されないこと                            ・ 財又はサービス提供が完了しているにもかかわら
    に鑑み、請負契約に係る売上高を監査上の主要な検討事                              ず、顧客から適時に検収書を入手していない、ま
    項に該当するものと判断した。                              たは、顧客の請求締め日の都合等により決算日時
                                  点で請求書を発行していないプロジェクトについ
                                  て質問及び契約書等の閲覧により、その理由を把
                                  握し、当該取引の合理性を検討した。
                                ・ 個々のプロジェクトに係る売上高または粗利率に
                                  ついて、過去の実績等を基礎として異常性の有無
                                  を分析し、異常が認められたプロジェクトについ
                                  ては、質問及び契約書等の閲覧により取引内容を
                                  把握するとともに、必要に応じて顧客への確認手
                                  続を実施した。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告書
    以外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査等委員会の責任は、
    その他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     当監査法人の財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の記載
    内容に対して意見を表明するものではない。
     財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内容と
    財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そのような
    重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告
    することが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
                                79/80



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社クエスト(E05310)
                                                           有価証券報告書
    財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを
    評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要
    がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示が
    ないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決
    定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手
      続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ
      適切な監査証拠を入手する。
     ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
      の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性
      及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
      き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか
      結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事
      項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対し
      て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基
      づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
      どうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や
      会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要
    な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
    監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
    じている場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会と協議した事項のうち、当事業年度の財務諸表の監査で特に重要であると判断した事項を監
    査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止されてい
    る場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回ると合
    理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上 
     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管していま

          す。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                80/80



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク