株式会社EduLab 四半期報告書 第8期第2四半期(令和4年1月1日-令和4年3月31日)

提出書類 四半期報告書-第8期第2四半期(令和4年1月1日-令和4年3月31日)
提出日
提出者 株式会社EduLab
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2022年6月15日
     【四半期会計期間】                   第8期第2四半期(自 2022年1月1日 至 2022年3月31日)
     【会社名】                   株式会社EduLab
     【英訳名】                   EduLab,    Inc.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長兼CEO  廣實 学
     【本店の所在の場所】                   東京都渋谷区道玄坂一丁目21番1号 渋谷ソラスタ14階
     【電話番号】                   03(6625)7710
     【事務連絡者氏名】                   取締役CFO  関 伸彦
     【最寄りの連絡場所】                   東京都渋谷区道玄坂一丁目21番1号 渋谷ソラスタ14階
     【電話番号】                   03(6625)7710
     【事務連絡者氏名】                   取締役CFO  関 伸彦
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/26













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                               第7期           第8期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第7期
                               累計期間           累計期間
                             自2020年10月1日           自2021年10月1日           自2020年10月1日

              会計期間
                             至2021年3月31日           至2022年3月31日           至2021年9月30日
                                 4,328,542           4,496,976          10,090,811

     売上高                  (千円)
                                  192,284                     350,433

     経常利益又は経常損失(△)                  (千円)                     △ 115,979
     親会社株主に帰属する四半期
                       (千円)           △ 66,989        △ 1,002,412          △ 5,255,052
     (当期)純損失(△)
     四半期包括利益又は包括利益                  (千円)           △ 37,603        △ 1,095,636          △ 5,318,758
                                 11,398,428           4,969,490           6,171,365

     純資産額                  (千円)
                                 22,644,108           15,224,711           18,972,760

     総資産額                  (千円)
     1株当たり四半期(当期)純損失
                       (円)            △ 6.82         △ 100.04          △ 530.41
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)              -           -           -
     (当期)純利益
                                    49.4           31.8           31.5
     自己資本比率                  (%)
     営業活動によるキャッシュ・フロー                  (千円)          △ 921,710          △ 584,987          △ 665,011

     投資活動によるキャッシュ・フロー                  (千円)         △ 1,397,806          △ 4,362,720          △ 3,063,079

                                 6,983,303                     6,897,552

     財務活動によるキャッシュ・フロー                  (千円)                     △ 980,235
     現金及び現金同等物の四半期末
                                 12,200,031           4,628,038          10,698,107
                       (千円)
     (期末)残高
                               第7期           第8期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                               会計期間           会計期間
                             自2021年1月1日           自2022年1月1日

              会計期間
                             至2021年3月31日           至2022年3月31日
     1株当たり四半期純利益又は1株当
                                   28.15
                       (円)                      △ 12.06
     たり四半期純損失(△)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期
           (当期)純損失であるため記載しておりません。
         3.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号2020年3月31日)等を第1四半期連結会計期間の期首
           から適用しており、当第2四半期連結累計期間及び当第2四半期連結会計期間に係る主要な経営指標等につ
           いては、当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
     2【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。
                                 2/26




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
      (1)事業等のリスク
        当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクは以下のとおりです。
        また、前連結会計年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについては重要な変更はありません。
        (過年度決算訂正の影響)
         当社グループは、過去の売上処理等の不適切な会計処理・開示について、特別調査委員会による調査、外部監査
        人による訂正監査を受け、2022年2月28日付で過年度における有価証券報告書等の訂正報告書を提出いたしまし
        た。これにより、今後、当該不適切会計に関連し、株主等から訴訟を受ける可能性があります。
        (当社株式の上場廃止リスク等について)

         当社株式は、2022年4月1日付で、株式会社東京証券取引所(以下、「東京証券取引所」)から、以下のとおり
        特設注意市場銘柄に指定されており、上場廃止リスクがあります。このため、今後の当社グループの対応などによ
        り、今後の当社グループの事業活動や業績及び財政状態が悪影響をうける可能性があります。
        ①特設注意市場銘柄指定の理由

          当社グループは東京証券取引所から以下の指摘を受けております。
          「株式会社EduLab(以下「同社」という。)は、2021年8月2日、特別調査委員会の設置等につい
         て開示し、同年10月15日、同社における不適切な会計処理に関する特別調査委員会の中間報告書の受領と追
         加調査の継続について開示するとともに、過年度の決算内容の訂正を開示しました。そして、特別調査委員会の
         調査の完了を受け、同社は2022年2月28日に特別調査委員会の最終報告書を開示し、再び過年度の決算内
         容の訂正を開示しました。これらにより、同社及び同社子会社では、取引先との共同事業において事業損失引当
         金が計上されていなかったこと、同社関連会社に対する売上が過大に計上されていたこと及び連結範囲の調整等
         が行われていたことに加えて、新たに同社では、自社所有のソフトウェアに対する要件定義取引やメール配信取
         引等において売上の前倒し計上が行われていたこと等が明らかになりました。その結果、同社は、新規上場に伴
         い開示した2018年9月期から2021年9月期第3四半期までの決算短信等において、上場規則に違反して
         虚偽と認められる開示を行い、それに伴う決算内容の訂正により、2018年9月期の親会社株主に帰属する当
         期純利益が9割以上減少することなどが判明しました。
          また、同社は、同日に新規上場時の有価証券届出書及び過年度の有価証券報告書を再訂正し、2017年9月
         期の親会社株主に帰属する当期純利益が赤字に転落することなども判明しました。
          こうした開示が行われた背景として、本件では主に以下の点が認められました。
          ・同社前社長をはじめとする同社役員らは、不適切な会計処理が行われる端緒を識別し、防止することが可能
           であったとみられるところ、何の疑問も呈した形跡がないなど、上場会社経営者としてのコンプライアンス
           意識や、適正な財務報告への関心及び会計に関する知識が不足していたこと
          ・多数の売上取引の訂正が行われるなど、同社には不適切な会計処理を防止・発見する内部統制が整備・運用
           されておらず、また同社の管理部門・内部監査部門の体制も不十分であったこと
          ・同社グループでは、関係会社間取引又は業務提携先等との取引において、取引実態にそぐわない価格設定
           や、契約日付のバックデートが行われるなど、同社では取引の経済合理性や金額条件等を検討する契約プロ
           セスが杜撰であったこと
          同社に対しては2022年1月11日に改善報告書の提出及び上場契約違約金の支払いを求め、市場第一部か
         らマザーズへ上場市場の変更を行うこととしましたが、同社の特別調査委員会の最終調査結果等によって新たに
         明らかになった事実やそれに伴う過年度決算の訂正を踏まえると、本件は、投資者の投資判断に深刻な影響を与
         える虚偽と認められる開示が行われたものであり、同社の内部管理体制等について改善の必要性が高いと認めら
         れることから、同社株式を特設注意市場銘柄に指定することとします。」
                                 3/26





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
        ②特設注意市場銘柄指定日
          2022年4月1日(金)
        ③特設注意市場銘柄指定期間

          2022年4月1日から原則1年間とし、1年後に当社から内部管理体制確認書を提出、東京証券取引所が内部管
         理体制等の審査を行い、内部管理体制等に問題があると認められない場合には指定が解除になります。一方で、
         内部管理体制等に問題があると認められる場合には、原則として上場廃止となります。ただし、その後の改善が
         見込まれる場合には、特設注意市場銘柄の指定を継続し、6ヶ月間改善期間が延長されます。なお、特設注意市
         場銘柄指定中であっても内部管理体制等の改善見込みがなくなったと認められる場合には、上場廃止となりま
         す。
        ④今後の対応

          当社は2022年1月25日に「改善報告書」を提出し再発防止策に取り組んでおりますが、今回のさらなる措置を
         受け、2022年5月19日に「改善計画・状況報告書」を提出しました。内部管理体制等を早急に整え、指定の解除
         が受けられるよう、役職員一丸となって誠心誠意取り組んでまいります。
      (2)継続企業の前提に関する重要事象等について

        当社グループでは、当第2四半期において、テストセンター事業や、前連結会計年度に獲得した中学の全国学力調
      査事業を中心とした売上の増加や減価償却費の減少があったものの、前連結会計年度に引き続き、営業損失、親会社
      株主に帰属する四半期純損失を計上している状況にあります。そのため、当社グループでは継続企業の前提に重要な
      疑義を生じさせるような事象または状況が存在しております。
        しかしながら、従来取り組んでいた不採算なプロジェクトからの撤退の検討や採算性の高いプロジェクトへの注力
      による選択と集中を推進するほか、新規の開発計画の見直し、販管費を含めた固定費の削減等を行うことで、営業
      キャッシュ・フローの創出、収益率の改善を継続的に図り経営基盤の強化・安定に努めてまいります。
        また、テストセンター事業での英検等の受検者が第3及び第4四半期に増加する傾向にあるため、第1四半期の業
      績が、第2及び第3、第4四半期より低い水準となる傾向があるため、第3四半期以降は継続して改善していくこと
      を見込んでおります。
        資金面においては、主力金融機関と良好な関係を維持しており、継続的な支援が得られるよう取引金融機関と協議
      し、手元流動資金の確保に努めており、当第2四半期連結累計期間末において8,412,038千円の現金及び預金を確保
      しており、財務基盤は安定しております。
        以上から、当社グループでは、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないと判断しております。
                                 4/26










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)経営成績の状況

         当第2四半期連結累計期間の当社グループの経営成績は、売上高4,496,976千円(前年同期比3.9%増)、営業損
        失247,589千円(前年同期は営業損失710,001千円)、経常損失115,979千円(前年同期は経常利益192,284千円)、
        親会社株主に帰属する四半期純損失1,002,412千円(前年同期は親会社株主に帰属する四半期純損失66,989千円)
        となりました。
         当第2四半期連結累計期間においては、AI事業、テスト運営・受託事業で売上が減少した一方で、テスト等ライ
        センス事業、教育プラットフォーム事業、テストセンター事業で売上が拡大したことにより前年同期比増収となり
        ました。テストセンター事業の採算性の改善や、研究開発費の減少、役員の削減等による販管費の減少もあり、前
        年同期比で損失幅は縮小しました。一方で、前期に計上したテストセンター取引のロスシェアに伴う引当金取り崩
        しに伴う事業損失引当金戻入額の剥落に伴う営業外収益の減少に伴い、経常損失(前年同期は経常利益192,284千
        円)となりました。また、減損損失等の発生もあり、親会社株主に帰属する四半期純損失は拡大しました。
         セグメント別の経営成績は、次のとおりです。

        ① テスト等ライセンス事業
         テスト等ライセンス事業においては、「CASEC」での売上の減少はありましたが、株式会社NTTドコモに提供して
        いるEnglish      4skillsに関連したライセンス収入等の増加や、英検Jr.の商流変更等により売上が増加しました。一
        方で、TEAP      CBT等の商流変更等により原価が増加したことにより、売上高は742,069千円(前年同期比0.7%増)、
        セグメント利益は229,439千円(同30.6%減)となりました。
        ② 教育プラットフォーム事業

         教育プラットフォーム事業においては、英検協会に提供しているスタディギアライセンスによる収入が順調に拡
        大した一方で、プラットフォームの費用増や、広告事業での費用増に伴う利益貢献の減少等が発生しました。その
        結果、当該セグメントの売上高は1,234,182千円(前年同期比12.5%増)、セグメント利益は335,454千円(同
        27.6%減)となりました。
        ③ テストセンター事業

         テストセンター事業においては、受験者数が順調に増加し、売上が増加したことに加え、テストセンター取引の
        ロスシェア契約の変更や減価償却費の剥落によりセグメント全体の採算性が改善し、当該セグメントの売上高は
        1,323,388千円(前年同期比18.9%増)、セグメント利益は20,542千円(前年同期はセグメント損失614,704千円)
        となりました。
        ④ AI事業

         AI事業においては、手書き文字認識「DEEP                     READ」ライセンス収入は安定して推移したものの、新規のサービス
        提供案件の受注減により売上が減少しました。一方で、減価償却費等の費用が減少し、当該セグメントの売上高は
        199,533千円(前年同期比25.6%減)、セグメント損失は119,528千円(前年同期はセグメント損失259,566千円)
        となりました。
        ⑤ テスト運営・受託事業

         テスト運営・受託事業においては、大阪府の令和3年度中学生チャレンジテストを受注したこと等により、増収
        となった一方、前年度受注した全国学力・学習状況調査(中学校第3学年の生徒を対象とした調査)の剥落により
        減収となりました。また、試験システムの安定稼働のための追加費用や社内リソース不足への対策費用によりプロ
        ジェクトの採算が悪化したことにより、当該セグメントの売上高は1,050,670千円(前年同期比11.2%減)、セグ
        メント損失は41,145千円(前年同期はセグメント利益88,433千円)となりました。
                                 5/26





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
      (2)財政状態の分析
        (資産)
         流動資産は、前連結会計年度末に比べて3,327,776千円減少し、11,504,940千円となりました。これは、現金及
        び預金2,286,068千円の減少、売掛金1,578,474千円の減少、売掛金及び契約資産1,272,396千円の増加などにより
        ます。
         固定資産は、前連結会計年度末に比べて419,246千円減少し、3,714,540千円となりました。これは、投資その他
        の資産が246,463千円、ソフトウエアが108,672千円、その他無形固定資産が27,353千円、ソフトウエア仮勘定が
        21,686千円減少したことなどによります。
         繰延資産は、前連結会計年度末に比べて1,026千円減少し、5,230千円となりました。
         この結果、総資産は、前連結会計年度末に比べて3,748,048千円減少し、15,224,711千円となりました。
        (負債)

         流動負債は、前連結会計年度末に比べて2,202,376千円減少し、6,452,165千円となりました。これは、1年内返
        済予定の長期借入金が833,333千円、その他流動負債が474,203千円減少したことなどによります。
         固定負債は、前連結会計年度末に比べて343,797千円減少し、3,803,055千円となりました。これは、長期借入金
        が268,093千円、社債が65,004千円減少したことなどによります。
         この結果、負債合計は、前連結会計年度末に比べて2,546,174千円減少し、10,255,221千円となりました。
        (純資産)

         純資産合計は、前連結会計年度末に比べて1,201,874千円減少し、4,969,490千円となりました。これは、利益剰
        余金が985,646千円減少したことなどによります。
      (3)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結会計期間末における連結ベースの現金及び現金同等物は、4,628,038千円(前連結会計年度末
        比6,070,068千円減)となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動によるキャッシュ・フローは584,987千円の支出(前年同期は921,710千円の支出)となりました。これ
        は、税金等調整前四半期純損失957,248千円、特別調査費用の支払額1,916,674千円などの減少要因、減損損失
        435,206千円、売上債権の減少額328,787千円、減価償却費339,530千円、棚卸資産の減少額334,296千円、投資有価
        証券評価損160,960千円などの増加要因の影響によります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動によるキャッシュ・フローは4,362,720千円の支出(前年同期は1,397,806千円の支出)となりました。
        これは、定期預金の預入による支出3,784,000千円、無形固定資産の取得による支出812,074千円などの減少要因、
        投資有価証券の売却による収入245,679千円などの増加要因の影響によります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動によるキャッシュ・フローは980,235千円の支出(前年同期は6,983,303千円の収入)となりました。こ
        れは、長期借入金の返済による支出1,101,426千円、非支配株主への払戻による支出129,878千円などの減少要因、
        短期借入金の純増減額319,400千円などの増加要因の影響によります。
      (4)経営方針・経営戦略等

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
      (5)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (6)研究開発活動

         該当事項はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 6/26


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          24,480,000

                  計                                24,480,000

        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末現                         上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                         又は登録認可金融商品               内容
                           (2022年6月15日)
              (2022年3月31日)                         取引業協会名
                                         東京証券取引所            単元株式数
                    10,027,270            10,067,270
       普通株式
                                          グロース           100株
                    10,027,270            10,067,270
         計                                   -           -
    (注)1.当社株式は2022年2月12日付で、東京証券取引所市場第一部より東京証券取引所マザーズに市場変更しており
          ましたが、2022年4月4日付の東京証券取引所の市場区分の見直しに伴い、同日以降の上場金融商品取引所名
          は、東京証券取引所グロースとなっております。
        2.「提出日現在発行数」欄には、2022年6月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発
          行された株式数は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総                             資本準備金増
                        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
         年月日        数増減数                             減額
                        数残高(株)        (千円)       (千円)             高(千円)
                   (株)                            (千円)
     2022年1月1日~

                      -   10,027,270           -    5,271,294           -    5,845,823
     2022年3月31日
    (注)2022年4月1日から2022年4月30日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が40,000株、資本金及

        び資本準備金がそれぞれ7,560千円増加しております。
                                 7/26






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
      (5)【大株主の状況】
                                                  2022年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
          氏名又は名称                    住所                    総数に対する所有
                                            (株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                      BELLEVUE,     WA  USA                2,400,000           23.95

     髙村 淳一
                      BELLEVUE,     WA  USA                1,084,200           10.82
     松田 浩史
                      東京都新宿区横寺町55                        527,825           5.27
     株式会社旺文社
                                              519,100           5.18
     林 規生                 神奈川県横須賀市
                                              403,900           4.03
     曽我 晋                 千葉県習志野市
                                              349,400           3.49
     株式会社NTTドコモ                 東京都千代田区永田町2丁目11番1号
                      静岡県三島市文教町1丁目9-11                        311,200           3.11
     株式会社増進会ホールディングス
     UBS  AG  LONDON    ASIA   EQUITIES        5  BROADGATE     LONDON    EC2M   2QS  UK         281,864           2.81
                      東京都新宿区横寺町55                        268,400           2.68

     株式会社旺文社キャピタル
                                              262,000           2.61
     関 伸彦                 東京都港区
                                             6,407,889           63.91
             計                  -
      (注)2022年3月23日付で公衆の縦覧に供されている変更報告書(特例対象株券等)において、ユービーエス・エイ
         ジー(銀行)他共同保有者1名が2022年3月15日時点で以下の株式を保有している旨が記載されているもの
         の、当社として2022年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には
         含めておりません。なお、その変更報告書(特例対象株券等)の内容は次のとおりであります。
           氏名または名称               ユービーエス・エイジー(銀行)(他共同保有者1名)
           住所                   東京都千代田区大手町1丁目2番1号                  Otemachi     One  タワー
           保有株券等の数         379,385株(共同保有者分を含む)
           株券等保有割合         3.78%(共同保有者分を含む)
      (6)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  2022年3月31日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                             -       -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -

     議決権制限株式(その他)                             -       -            -

                                6,900
     完全議決権株式(自己株式等)                  普通株式                 -            -
                             10,011,700             100,117
     完全議決権株式(その他)                  普通株式                              -
                                8,670
     単元未満株式                  普通株式                 -            -
                             10,027,270
     発行済株式総数                                    -            -
                                           100,117
     総株主の議決権                             -                   -
    (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、自己株式54株が含まれております。
                                 8/26




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
        ②【自己株式等】
                                                 2022年3月31日現在
                                                  発行済株式総数に
                           自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
     所有者の氏名又は名称             所有者の住所                               対する所有株式数
                           株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                  の割合(%)
                 東京都渋谷区道玄坂
     株式会社EduLab                          6,900               6,900          0.07
                 一丁目21番1号                          -
                 渋谷ソラスタ14階
                               6,900               6,900          0.07
          計           -                    -
     2【役員の状況】

        (1)前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における異動は、次のとおりであります。
         ①新任役員
                役職名                 氏 名                就任年月日
              取締役副社長                 本多 輝行                 2022年3月29日

         ②退任役員

                役職名                 氏 名                退任年月日
                取締役                松田 浩史                 2022年3月29日

         ③役職の異動

          該当事項はありません。
        (2)当四半期累計期間終了後、当四半期報告書提出日までにおける役員の異動は、次のとおりであります。

         ①新任役員
          該当事項はありません。
         ②退任役員

                役職名                 氏 名                退任年月日
                                                2022年5月9日
                取締役                髙村 淳一
                                            (健康上の理由によるもの)
         ③役職の異動

          該当事項はありません。
        (3)異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

          男性8名 女性2名 (役員のうち女性の比率20%)
                                 9/26







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2022年1月1日から2022
      年3月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2021年10月1日から2022年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、監査法人アリアによる四半期レビューを受けております。
       なお、当社の監査法人は次のとおり交代しております。
      第8期第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間   有限責任                                   あずさ監査法人
      第8期第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間   監査法人アリア
                                10/26
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2021年9月30日)              (2022年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                      10,698,107               8,412,038
        現金及び預金
                                       1,578,474
        売掛金                                                -
                                                     1,272,396
        売掛金及び契約資産                                  -
                                        502,591              417,295
        商品
                                        265,875               16,914
        仕掛品
                                       1,818,455              1,430,159
        その他
                                       △ 30,786             △ 43,863
        貸倒引当金
                                      14,832,716              11,504,940
        流動資産合計
       固定資産
                                        158,021              142,952
        有形固定資産
        無形固定資産
                                       1,638,849              1,530,176
          ソフトウエア
                                        626,160              604,474
          ソフトウエア仮勘定
                                        300,596              273,242
          その他
                                       2,565,606              2,407,893
          無形固定資産合計
                                       1,410,158              1,163,694
        投資その他の資産
                                       4,133,787              3,714,540
        固定資産合計
                                         6,256              5,230
       繰延資産
                                      18,972,760              15,224,711
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                        457,266              542,597
        買掛金
                                     ※1  1,938,647            ※1  2,366,184
        短期借入金
                                        130,008              130,008
        1年内償還予定の社債
                                     ※2  1,869,519            ※2  1,036,186
        1年内返済予定の長期借入金
                                        36,905              67,615
        未払法人税等
                                       1,174,148
        前受金                                                -
                                                     1,085,214
        契約負債                                  -
                                        64,119              33,144
        受注損失引当金
                                       1,498,779               180,270
        特別調査費用引当金
                                       1,485,148              1,010,944
        その他
                                       8,654,541              6,452,165
        流動負債合計
       固定負債
                                        266,876              201,872
        社債
                                   ※1 ,※2  3,756,203           ※1 ,※2  3,488,110
        長期借入金
                                        30,000              28,312
        事業整理損失引当金
                                        93,774              84,761
        その他
                                       4,146,853              3,803,055
        固定負債合計
                                      12,801,395              10,255,221
       負債合計
                                11/26






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2021年9月30日)              (2022年3月31日)
     純資産の部
       株主資本
                                       5,271,294              5,271,294
        資本金
                                       5,623,455              5,623,455
        資本剰余金
        利益剰余金                              △ 4,830,402             △ 5,816,048
                                       △ 19,506             △ 19,506
        自己株式
                                       6,044,841              5,059,195
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                                       1,803
        その他有価証券評価差額金                                  -
                                       △ 72,045             △ 212,933
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                               △ 72,045             △ 211,130
                                        198,569              121,425
       非支配株主持分
                                       6,171,365              4,969,490
       純資産合計
                                      18,972,760              15,224,711
     負債純資産合計
                                12/26















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2020年10月1日              (自 2021年10月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                       4,328,542              4,496,976
     売上高
                                       3,222,802              3,185,031
     売上原価
                                       1,105,740              1,311,944
     売上総利益
                                     ※1  1,815,741            ※1  1,559,533
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                 △ 710,001             △ 247,589
     営業外収益
                                         1,015               118
       受取利息
                                        54,289              68,283
       為替差益
                                         3,443             183,146
       投資有価証券売却益
                                         4,050
       受託研究収益                                                  -
                                       1,078,235
       事業損失引当金戻入額                                                  -
                                                       12,852
       契約解約益                                    -
                                        12,022              12,645
       その他
                                       1,153,055               277,046
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        21,589              23,950
       支払利息
                                        70,063              77,783
       投資事業組合管理費
                                         5,396              13,997
       持分法による投資損失
                                        44,462
       市場変更費用                                                  -
                                      ※2  109,257
                                                       29,705
       その他
                                        250,769              145,436
       営業外費用合計
                                        192,284
     経常利益又は経常損失(△)                                                △ 115,979
     特別利益
                                                       1,688
                                          -
       事業整理損失引当金戻入額
                                                       1,688
       特別利益合計                                    -
     特別損失
                                                    ※3  435,206
       減損損失                                    -
                                                      160,960
       投資有価証券評価損                                    -
                                                    ※4  198,790
       特別調査費用引当金繰入額                                    -
                                                       48,000
                                          -
       上場契約違約金
                                                      842,957
       特別損失合計                                    -
     税金等調整前四半期純利益又は
                                        192,284
                                                     △ 957,248
     税金等調整前四半期純損失(△)
                                        268,870               13,082
     法人税等
     四半期純損失(△)                                  △ 76,585             △ 970,331
     非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                                       32,081
                                        △ 9,596
     に帰属する四半期純損失(△)
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 66,989            △ 1,002,412
                                13/26






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2020年10月1日              (自 2021年10月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     四半期純損失(△)                                  △ 76,585             △ 970,331
     その他の包括利益
                                                       4,057
       その他有価証券評価差額金                                    -
                                        38,982
                                                     △ 129,362
       為替換算調整勘定
                                        38,982
       その他の包括利益合計                                              △ 125,305
     四半期包括利益                                  △ 37,603            △ 1,095,636
     (内訳)
       親会社株主に係る四半期包括利益                                 △ 36,975            △ 1,141,497
                                                       45,860
       非支配株主に係る四半期包括利益                                  △ 627
                                14/26
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
      (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2020年10月1日              (自 2021年10月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純利益又は
                                        192,284
                                                     △ 957,248
       税金等調整前四半期純損失(△)
                                        470,992              339,530
       減価償却費
                                                      435,206
       減損損失                                    -
                                         9,183              9,183
       のれん償却額
                                                       13,077
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    -
       事業損失引当金の増減額(△は減少)                                △ 667,718                 -
       受注損失引当金の増減額(△は減少)                                    -           △ 30,974
       事業整理損失引当金の増減額(△は減少)                                    -            △ 1,688
       受取利息及び受取配当金                                 △ 1,015              △ 118
                                        21,589              23,950
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                 △ 28,889             △ 40,534
                                         5,396              13,997
       持分法による投資損益(△は益)
       投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 3,443            △ 183,146
                                        27,713              160,960
       投資有価証券評価損益(△は益)
                                        22,120              328,787
       売上債権の増減額(△は増加)
                                                      334,296
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                △ 442,713
                                        448,371               66,582
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                        97,735
       前受金の増減額(△は減少)                                               △ 93,445
                                                      976,378
                                       △ 699,000
       その他
                                                     1,394,795
       小計                                △ 547,392
       利息及び配当金の受取額                                   116              274
       利息の支払額                                 △ 23,521             △ 29,858
       法人税等の支払額                                △ 350,913              △ 33,524
                                          -          △ 1,916,674
       特別調査費用の支払額
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                △ 921,710             △ 584,987
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の預入による支出                                    -          △ 3,784,000
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 87,741              △ 2,663
       無形固定資産の取得による支出                                △ 987,418             △ 812,074
       投資有価証券の取得による支出                                 △ 92,646              △ 9,219
                                         5,609             245,679
       投資有価証券の売却による収入
       敷金の差入による支出                                △ 252,783                 -
                                         9,928              1,216
       敷金の回収による収入
                                         7,245
                                                      △ 1,659
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                               △ 1,397,806             △ 4,362,720
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        433,363              319,400
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                       1,395,000
       長期借入れによる収入                                                  -
       長期借入金の返済による支出                                △ 101,426            △ 1,101,426
       社債の償還による支出                                △ 265,004              △ 65,004
                                       5,733,241
       株式の発行による収入                                                  -
                                        76,332               6,883
       非支配株主からの払込みによる収入
       非支配株主への払戻による支出                                    -           △ 129,878
       配当金の支払額                                △ 272,207                 -
                                       △ 15,994             △ 10,211
       その他
                                       6,983,303
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                              △ 980,235
                                        12,190
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                                △ 142,125
                                       4,675,977
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                               △ 6,070,068
                                       7,524,054              10,698,107
     現金及び現金同等物の期首残高
                                     ※ 12,200,031              ※ 4,628,038
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                15/26



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (会計方針の変更)
        (収益認識に関する会計基準等の適用)
         「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)
        等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財
        又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。
         これにより、テスト運営・受託事業の一部の取引について、従来は一時点で充足される履行義務として収益を認
        識しておりましたが、一定の期間にわたり充足される履行義務として判断し、進捗率に応じた一定期間で収益を認
        識する方法に変更しております。
         収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
        り、第1四半期連結会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、第1四半期連
        結会計期間の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。
         ただし、収益認識会計基準第86項に定める方法を適用し、第1四半期連結会計期間の期首より前までに従前の取
        扱いに従ってほとんどすべての収益の額を認識した契約に、新たな会計方針を遡及適用しておりません。
         また、収益認識会計基準第86項また書き(1)に定める方法を適用し、第1四半期連結会計期間の期首より前まで
        に行われた契約変更について、すべての契約変更を反映した後の契約条件に基づき、会計処理を行い、その累積的
        影響額を第1四半期連結会計期間の期首の利益剰余金に加減しております。
         この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は228,222千円、売上原価は211,456千円減少し、営業利益、経常
        利益及び税金等調整前四半期純利益はそれぞれ16,766千円減少しております。なお、利益剰余金の当期首残高は
        16,766千円増加しております。
         収益認識会計基準等を適用したため、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」に表示していた
        「売掛金」は、第1四半期連結会計期間より「売掛金及び契約資産」に含めて表示し、「流動負債」に表示してい
        た「前受金」は、第1四半期連結会計期間より「契約負債」に含めて表示することといたしました。
         なお、収益認識会計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度について新たな表示方法に
        より組替えを行っておりません。
         さらに、「四半期財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第12号 2020年3月31日)第28-15項に定める経
        過的な取扱いに従って、前第2四半期連結累計期間に係る顧客との契約から生じる収益を分解した情報を記載して
        おりません。
        (時価の算定に関する会計基準等の適用)

         「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
        う。)等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基
        準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等
        が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することといたしました。これにより、従来、時価を把握するこ
        とが極めて困難と認められる金融商品とされていた社債その他の債券については取得原価をもって四半期連結貸借
        対照表価額としておりましたが、観察可能なインプットを入手できない場合であっても入手できる最良の情報に基
        づく観察できないインプットを用いて算定した時価をもって四半期連結貸借対照表価額としております。
                                16/26








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
        (税金費用の計算)
         税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
        用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益または税引前四半期純損失に当該見積実効税率を乗じて計
        算しております。ただし、当該見積実効税率を用いて税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果となる場合に
        は、法定実効税率を使用する方法によっております。
        (追加情報)

        (新型コロナウイルス感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
         前連結会計年度の有価証券報告書において、追加情報に記載した新型コロナウイルス感染拡大の影響に関する仮
        定について重要な変更はありません。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         ※1 当座貸越契約及び貸出コミットメントについて
           当社及び連結子会社(株式会社教育測定研究所)においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行
          6行(前連結会計年度は取引銀行8行)と当座貸越契約及び貸出コミットメント契約を締結しております。こ
          れらの契約に基づく当座貸越契約及び貸出コミットメントに係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間

                             (2021年9月30日)                 (2022年3月31日)
     当座貸越極度額及び貸出コミットメントの                              4,500,000千円                 1,800,000千円
     総額
     借入実行残高                              2,800,000                 1,800,000
     差引額                              1,700,000                     -
         ※2 財務制限条項

           前連結会計年度末及び当第2四半期連結会計期間末における長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含
          む。)の一部には、純資産の部の金額及び経常損益等に係る財務制限条項が付されており、これに抵触した場
          合、当該借入金について期限の利益を喪失する可能性があります。
           財務制限条項抵触時も、当社は、上記の期限の利益の喪失に係る権利行使について取引金融機関と協議し、
          当該権利行使をしないことについて、取引金融機関と相談や交渉を継続する予定でおります。
          財務制限条項

          (1)前連結会計年度末における長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む。)の一部1,000,000千円、
            当第2四半期連結会計期間末における長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む。)の一部
            1,000,000千円には、以下の財務制限条項が付されております。
            ①各年度の決算期の連結貸借対照表の純資産の部の合計額を直近の事業年度の純資産の部の合計額の
             80%未満としないこと。
            ②各年度の決算期の連結損益計算書に記載される税引後当期損益が2期連続して損失とならないように
             すること。
          (2)前連結会計年度末における長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む。)の一部1,000,000千円、

            当第2四半期連結会計期間末における長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む。)の一部
            1,000,000千円には、以下の財務制限条項が付されております。
            ①各年度の決算期の連結貸借対照表において、直近の事業年度の純資産の部の合計額もしくは、2020年
             9月期の連結貸借対照表の純資産の部の合計額のうち高い方の75%未満としないこと。
            ②各年度の決算期の連結損益計算書に記載される経常損益を負の値としないこと。
                                17/26





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
          (3)前連結会計年度末における1年内返済予定の長期借入金の一部500,000千円、当第2四半期連結会計期間
            末における1年内返済予定の長期借入金の一部500,000千円には、以下の財務制限条項が付されておりま
            す。
            ①各年度の決算期の連結貸借対照表の純資産の部の合計額を直近の事業年度の純資産の部の合計額の
             80%未満としないこと。
            ②各年度の決算期の連結損益計算書に記載される税引後当期損益が2期連続して損失とならないように
             すること。
            ③毎年3月・6月・9月及び12月の連結貸借対照表上の流動比率120%以上に維持すること。
             計算式 流動比率=流動資産合計金額/流動負債合計金額(1年内償還予定の社債及び1年内返済予定
                 の長期借入金を除く)×100%
            ④毎年3月・6月・9月及び12月の連結貸借対照表上の運転資本資金金額から有利子負債合計金額を引
             いた金額をマイナスとしないこと。
             計算式 運転資本資金金額=(現預金+受取手形+売掛金+電子記録債権+棚卸資産)-(支払手形+買掛
                 金)
                 有利子負債合計金額=短期借入金+1年内償還予定の社債+1年内返済予定の長期借入金+社債
                 (新株予約権付社債を除く)+長期借入金
            ⑤毎年3月・6月・9月及び12月の連結貸借対照表上の経常運転資金金額を500,000千円以上とするこ
             と。
             計算式 経常運転資金金額=(受取手形+売掛金+電子記録債権+棚卸資産)-(支払手形+買掛金)
          (4)前連結会計年度末における長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む。)の一部235,722千円、当

            第2四半期連結会計期間末における長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む。)の一部214,296
            千円には、以下の財務制限条項が付されております。
            ①各年度の決算期の連結貸借対照表において、純資産の部の合計額を2期連続して6,792,101千円又は前
             年度決算期の純資産の部の合計額のいずれか大きい方の75%未満としないこと。
            ②各年度の決算期の連結損益計算書に記載される経常損益が2期連続して損失とならないようにするこ
             と。
          (5)前連結会計年度末における長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む。)の一部200,000千円、当

            第2四半期連結会計期間末における長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む。)の一部200,000
            千円には、以下の財務制限条項が付されております。
            ①各年度の決算期の連結貸借対照表の純資産の部の合計額を直近の事業年度の純資産の部の合計額の
             80%未満としないこと。
            ②各年度の決算期の連結損益計算書に記載される税引後当期損益が2期連続して損失とならないように
             すること。
            ③毎年3月・6月・9月及び12月の連結貸借対照表上の流動比率120%以上に維持すること。
             計算式 流動比率=流動資産合計金額/流動負債合計金額(1年内償還予定の社債及び1年内返済予定
                 の長期借入金を除く)×100%
            ④毎年3月・6月・9月及び12月の連結貸借対照表上の運転資本資金金額から有利子負債合計金額を引
             いた金額をマイナスとしないこと。
             計算式 運転資本資金金額=(現預金+受取手形+売掛金+電子記録債権+棚卸資産)-(支払手形+買掛
                 金)
                 有利子負債合計金額=短期借入金+1年内償還予定の社債+1年内返済予定の長期借入金+社債
                 (新株予約権付社債を除く)+長期借入金
                                18/26






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結損益計算書関係)
        ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    2020年10月1日              (自    2021年10月1日
                             至     2021年3月31日)               至     2022年3月31日)
     役員報酬                              321,187    千円              196,157    千円
                                   373,181                 474,778
     給料及び手当
        ※2 営業外費用その他

        当社は2022年2月25日に特別調査委員会から最終報告書を受領しております。同報告書の結果を受けて当社が会計
        処理を見直した結果、従来固定資産(ソフトウエア仮勘定)として処理していた特定顧客との間の一部取引につい
        て、営業外費用として処理することが妥当と判断した42,727千円が前第2四半期連結累計期間の営業外費用の「そ
        の他」に含まれております。
        ※3 減損損失

         当第2四半期連結累計期間において、以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
         (1)減損損失を認識した資産グループの概要
          用途              種類              場所            金額(千円)
     教育プラットフォーム事業
                   ソフトウエア仮勘定              東京都渋谷区他                        4,506
     用資産
                   ソフトウエア                                     34,865
     テストセンター事業用資産                            東京都渋谷区他
                                                        154,883
                   ソフトウエア仮勘定
                   ソフトウエア                                     88,186
     AI事業用資産                            東京都渋谷区他
                   ソフトウエア仮勘定                                     102,166
                   ソフトウエア                                     10,335
     テスト運営・受託事業用資
                                 東京都渋谷区他
     産
                   ソフトウエア仮勘定                                     40,262
         (2)減損損失の認識に至った経緯
          「テストセンター事業」、「AI事業」及び「テスト運営・受託事業」については、収益性の低下により共通費
         配賦後の営業損益が継続してマイナスであるため、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失
         として特別損失に計上しております。「教育プラットフォーム事業」については、遊休資産の帳簿価額を回収可
         能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。
         (3)資産のグルーピングの方法
          原則として、セグメントを基礎としてグルーピングを行っております。なお、遊休資産については、当該資産
         単独で資産のグルーピングを行っております。
         (4)回収可能価額の算定方法
          回収可能価額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローを割り引いて算定しております。な
         お、「教育プラットフォーム事業」「テストセンター事業」、「AI事業」及び「テスト運営・受託事業」につい
         ては、将来キャッシュ・フローがマイナスであるため零として評価しております                                     。
        ※4 特別調査費用引当金繰入額

         主に過年度決算訂正に関する課徴金納付見込額等を計上しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次のと
          おりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自    2020年10月1日              (自    2021年10月1日
                             至   2021年3月31日)               至   2022年3月31日)
     現金及び預金勘定                              12,200,031千円                  8,412,038千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                                  -             △3,784,000
     現金及び現金同等物                              12,200,031                  4,628,038
                                19/26



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2020年10月1日 至 2021年3月31日)
          1.配当金支払額
                     配当金の総額              1株当たり
       (決 議)        株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                      (千円)            配当額(円)
      2020年12月23日
                普通株式        272,207     利益剰余金          30   2020年9月30日         2020年12月24日
      定時株主総会
         (注)1株当たり配当額30円は、東京証券取引所市場第一部上場記念配当であります。
          2.株主資本の金額の著しい変動

            2020年10月16日で払込が完了した公募による新株式の発行461,600株及び第三者割当増資(並行第三者割
           当増資)による新株式の発行198,100株により、資本金が2,827,773千円、資本剰余金が2,827,773千円増加
           しております。
            この増資等により、当第2四半期連結会計期間末において、資本金が5,258,727千円、資本剰余金が
           5,609,595千円となっております。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2021年10月1日 至 2022年3月31日)

           該当事項はありません。
                                20/26














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2020年10月1日 至 2021年3月31日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                             報告セグメント
                                                       四半期
                                                       連結損益
                       教育                           調整額
                 テスト等           テスト                           計算書
                      プラット                テスト運営           (注)1
                ライセンス           センター      AI事業            計          計上額
                      フォーム                ・受託事業
                  事業           事業                          (注)2
                       事業
     売上高
                 737,048    1,097,468     1,077,987       233,284    1,182,753     4,328,542           4,328,542
      外部顧客への売上高                                               -
      セグメント間の内部
                             35,279     34,748           70,027
                    -     -                -        △ 70,027        -
      売上高又は振替高
                 737,048    1,097,468     1,113,266       268,032    1,182,753     4,398,569           4,328,542
          計                                        △ 70,027
     セグメント利益又は
                 330,717     463,287                 88,433      8,167
                           △ 614,704    △ 259,566               △ 718,169    △ 710,001
     損失(△)
    (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に報告セ
          グメントに帰属しない販売費及び一般管理費であります。
        2.セグメント利益又は損失(△)は四半期連結損益計算書の営業損失(△)と調整を行っております。
                                21/26














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2021年10月1日 至 2022年3月31日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報並びに収益の分解情報
                                                     (単位:千円)
                             報告セグメント
                                                       四半期
                                                       連結損益
                       教育                           調整額
                 テスト等           テスト                           計算書
                      プラット                テスト運営           (注)1
                ライセンス           センター      AI事業            計          計上額
                      フォーム                ・受託事業
                  事業           事業                          (注)2
                       事業
     売上高
      顧客との契約から生
                 742,069    1,234,182     1,318,903       151,149    1,050,670     4,496,976           4,496,976
                                                     -
      じる収益
      その他の収益              -     -     -     -     -     -     -     -
                 742,069    1,234,182     1,318,903       151,149    1,050,670     4,496,976           4,496,976

      外部顧客への売上高                                               -
      セグメント間の内部
                             4,485     48,383           52,868
                    -     -                -        △ 52,868        -
      売上高又は振替高
                 742,069    1,234,182     1,323,388       199,533    1,050,670     4,549,844           4,496,976
          計                                        △ 52,868
     セグメント利益又は
                 229,439     335,454      20,542                424,761
                                 △ 119,528     △ 41,145         △ 672,350    △ 247,589
     損失(△)
    (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に報告セ
          グメントに帰属しない販売費及び一般管理費であります。
        2.セグメント利益又は損失(△)は四半期連結損益計算書の営業損失(△)と調整を行っております。
          2.報告セグメントの変更等に関する事項

           (収益認識に関する会計基準等の適用)
            「(会計方針の変更)(収益認識に関する会計基準等の適用)」に記載のとおり、第1四半期連結会計期
           間の期首から収益認識会計基準等を適用し、収益認識に関する会計処理方法を変更したため、事業セグメン
           トの利益又は損失の測定方法を同様に変更しております。                           これにより、従来の方法に比べて、当第2四半
           期連結累計期間の「外部顧客への売上高」は、テスト運営・受託事業で228,222千円減少しております。ま
           た、「セグメント利益又は損失(△)」は、テスト運営・受託事業で16,766千円減少しております。
          3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

          (固定資産に係る重要な減損損失)
            当第2四半期連結累計期間に「教育プラットフォーム事業」セグメントにおいて4,506千円、「テストセ
           ンター事業」セグメントにおいて189,748千円、「AI事業」セグメントにおいて190,353千円、「テスト運
           営・受託事業」セグメントにおいて50,597千円の減損損失を計上しております。
                                22/26








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
        (収益認識関係)
        顧客との契約から生じる収益を分解した情報は                     、「  注記事項(セグメント情報等)              」 に記載のとおりであります            。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2020年10月1日              (自 2021年10月1日
                                 至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
      1株当たり四半期純損失(△)                                 △6円82銭              △100円4銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                       △66,989             △1,002,412
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -              -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純損
                                       △66,989             △1,002,412
       失(△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                                9,818,732              10,020,316
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た                                 -              -
     り四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純損失である
         ため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
     2【その他】

        該当事項はありません。
                                23/26











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。
                                24/26




















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2022年6月15日

    株式会社EduLab
      取締役会 御中
                            監査法人アリア

                              東京都港区
                            代表社員

                                      公認会計士        茂 木 秀 俊
                            業務執行社員
                            代表社員

                                      公認会計士
                                             山 中    康 之
                            業務執行社員
    監査人の結論

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社EduLab
    の2021年10月1日から2022年9月30日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2022年1月1日から2022年3月31
    日まで)及び第2四半期連結累計期間(2021年10月1日から2022年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
    ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書
    及び注記について四半期レビューを行った。
      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社EduLab及び連結子会社の2022年3月31日現在の財政状態並び
    に同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信
    じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    その他の事項

     会社の2021年9月30日をもって終了した前連結会計年度の第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間に係る四
    半期連結財務諸表並びに前連結会計年度の連結財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び監査が実
    施されている。前監査人は、当該四半期連結財務諸表に対して2022年2月28日付けで無限定の結論を表明しており、ま
    た、当該連結財務諸表に対して2022年2月28日付けで無限定適正意見を表明している
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
      手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施さ
      れる年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                25/26

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社EduLab(E34544)
                                                            四半期報告書
     ・継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
      られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当
      と 認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められない
      かどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書に
      おいて四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注
      記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められてい
      る。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企
      業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
      基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財
      務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信
      じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
     ・四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
      人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監
      査人の結論に対して責任を負う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

      会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                         以 上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                26/26











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク