株式会社オービス 四半期報告書 第63期第2四半期(令和4年2月1日-令和4年4月30日)

提出書類 四半期報告書-第63期第2四半期(令和4年2月1日-令和4年4月30日)
提出日
提出者 株式会社オービス
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】                     四半期報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                     中国財務局長

    【提出日】                     2022年6月14日

    【四半期会計期間】                     第63期第2四半期(自 2022年2月1日 至 2022年4月30日)

    【会社名】                     株式会社オービス

    【英訳名】                     ORVIS   CORPORATION

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長 中浜 勇治

    【本店の所在の場所】                     広島県福山市松永町六丁目10番1号

    【電話番号】                     084-934-2621

    【事務連絡者氏名】                     取締役経理部長 井上 清輝

    【最寄りの連絡場所】                     広島県福山市松永町六丁目10番1号

    【電話番号】                     084-934-2621

    【事務連絡者氏名】                     取締役経理部長 井上 清輝

    【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/21









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                              第62期          第63期

              回次               第2四半期          第2四半期           第62期
                              累計期間          累計期間
                           自   2020年11月1日        自   2021年11月1日        自   2020年11月1日
             会計期間
                           至   2021年4月30日        至   2022年4月30日        至   2021年10月31日
    売上高                  (千円)         4,485,533          5,649,756          9,425,085

    経常利益                  (千円)          104,669          393,541          238,288

    四半期(当期)純利益
                       (千円)          △ 6,734         269,064           93,589
    又は四半期純損失(△)
    持分法を適用した場合の投資利益                  (千円)            ─          ─          ─
    資本金                  (千円)          691,922          695,594          691,922

    発行済株式総数                   (株)        1,745,356          1,753,818          1,745,356

    純資産額                  (千円)         3,706,479          4,043,797          3,804,333

    総資産額                  (千円)        13,941,852          13,445,520          13,771,104

    1株当たり四半期(当期)純利益金額
                       (円)          △ 3.87         154.05           53.73
    又は1株当たり四半期純損失金額(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                       (円)            ─          ─          ─
    四半期(当期)純利益金額
    1株当たり配当額                   (円)            ─          ─         20.00
    自己資本比率                   (%)           26.6          30.1          27.6

    営業活動によるキャッシュ・フロー                  (千円)          249,140          570,471          703,090

    投資活動によるキャッシュ・フロー                  (千円)         △ 103,784          △ 44,165         △ 183,857

    財務活動によるキャッシュ・フロー                  (千円)         △ 289,069         △ 253,159         △ 621,536

    現金及び現金同等物の
                       (千円)          379,117          693,674          420,527
    四半期末(期末)残高
                              第62期          第63期

              回次               第2四半期          第2四半期
                              会計期間          会計期間
                           自   2021年2月1日        自   2022年2月1日
             会計期間
                           至   2021年4月30日        至   2022年4月30日
    1株当たり四半期純利益金額
                       (円)          △ 1.82         100.29
    又は1株当たり四半期純損失金額(△)
     (注)   1 持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため、記載しておりません。
       2 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しており
         ません。
       3   「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                         2020年3月31日)等を第1四半期会計期間の期首か
         ら適用しており、当第2四半期累計期間及び当第2四半期会計期間に係る主要な経営指標等については、当
         該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

        当第2四半期累計期間において、当社において営まれている事業の内容について、重要な変更はありません。
                                 2/21



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

        当第2四半期累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
       経営者が提出会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認
       識している主要なリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要
       な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
        なお、第1四半期会計期間の期首より、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31
       日)等を適用しております。詳細は、「第4 経理の状況 1 四半期財務諸表 注記事項(会計方針の変
       更)」に記載のとおりであります。
       (1)  財政状態及び経営成績の状況

          当第2四半期累計期間(2021年11月1日~2022年4月30日)のわが国経済は、3月に新型コロナウイルス
         感染症に対するまん延防止等重点措置が解除され、ワクチン接種の普及等により経済活動の正常化が進んで
         いるものの、未だにコロナ禍収束の見通しは立たず、不透明な状況が続いております。世界経済におきまし
         ては、コロナ禍からの回復傾向にありますが、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻や資源・エネルギー価
         格の高騰、海運等を中心とした物流の混乱などによる過度なインフレ圧力が懸念され始めるなど、先行き大
         きな不安を残しながら推移いたしました。
          このような環境のもと、当社は2020年10月期から2022年10月期までの3年間にわたる中期経営計画の最終
         年度を迎え、最重点施策である「木材事業の足元の基盤を固め、早期に黒字化への道筋をつける」は、2021
         年10月期において一年遅れでの達成となりました。その間の「脱・梱包用材」への取り組みにおいて、米国
         発の輸入木材相場高(いわゆるウッドショック)の追い風を受け安価な国産スギの背板を活用した新たな業
         界への販路を開拓し、製販一体での生産量の確保やコストに見合った適正価格での販売に注力してまいりま
         した。
          その結果、売上高は56億49百万円(前年同四半期比126.0%)、営業利益は3億62百万円(前年同四半期比
         464.3%)、経常利益は3億93百万円(前年同四半期比376.0%)、四半期純利益は2億69百万円(前年同四
         半期は四半期純損失6百万円)となりました。これにより、純資産は前事業年度末の38億4百万円から40億
         43百万円となり、自己資本比率は27.6%から30.1%となりました。
          セグメント別の経営成績は、次のとおりでありますが、営業損益につきましては、全社費用等配分前で記
         載しております。
        (木材事業)

          梱包用材等の受注環境は、半導体不足等の影響は大きく、輸出梱包関連全般に不振が続いております。一
         方、ウッドショックによる木材の供給不足や価格の高騰などから建築用集成材向けの出荷や大阪万博等の大
         型プロジェクトに対する土木用矢板の出荷がそれぞれ好調を維持するなど、業種による二極化がより一層鮮
         明になっております。
          原材料のニュージーランド産丸太の価格につきましては、産地価格は依然として高止まりの状態が続いて
         いることに加え、船舶運賃の高騰や落ち着く気配が見えない円安進行により原材料価格は最高値を目指す状
         況となっております。
          国産スギ丸太の価格につきましては、北海道カラ松の供給不足やチリ産製材品の高値に伴い同丸太への代
         替が更に進み、各地の合板メーカーとの競合により価格も徐々に上昇いたしました。
          このような環境のもと、ハイブリッド工場の強みを最大限生かし、原材料価格の上昇が比較的緩やかな国
         産スギ丸太の生産比率の引き上げを行い、全社を挙げて製品販売価格への転嫁に注力するとともに、3月に
         は福山工場稼働後の単月ベースにおいて過去最高の生産量を記録するなど、生産効率の向上も相まって収益
         性が大きく向上いたしました。
          その結果、売上高は39億64百万円(前年同四半期比127.1%)、営業利益は2億84百万円(前年同四半期比
         773.8%)となりました。
                                 3/21



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
        (ハウス・エコ事業)
          公共投資を中心に建設投資は一定の底堅さを維持した一方、依然として労務単価、鋼材価格をはじめとす
         る建設コストが高騰するなど、厳しい事業環境が続いております。
          このような環境のもと、受注の確保を最優先課題に、コストのみならず提案力、品質等も含めた総合的な
         競争力の向上に取り組むとともに、重量鉄骨造建築やシステム建築等のプレハブ建築以外の分野について受
         注活動を強化し、収益の確保に努めてまいりました。これにより、引合い(見積件数・金額)は着実に増加
         し、引き続き積極的な提案型営業ときめ細やかなフォローにより受注率の向上を図ってまいります。
          その結果、売上高は12億49百万円(前年同四半期比136.3%)、営業利益は68百万円(前年同四半期比
         297.9%)となりました。
        (太陽光発電売電事業)

          発電の阻害要因となる影や落ち葉の影響を最小限とするべく竹や雑木の伐採を行うなど、持続的かつ安定
         的な発電の実現に向けて注力してまいりました。
          なお、当社の保有する太陽光発電所は3県17ヶ所、総発電容量は約13MWとなっており、いずれも順調に発
         電を続けております。
          その結果、売上高は2億6百万円(前年同四半期比95.9%)、営業利益は1億10百万円(前年同四半期比
         98.8%)となりました。
        (ライフクリエイト事業)

          ゴルフ場部門におきましては、プレー環境の更なる向上を目指し、クラブハウスの大規模改修やコースメ
         ンテナンスの一層のグレードアップに注力するとともに、県外の名門クラブとの会員交流提携を行い、メン
         バーの相互交流を図るなど、来場者数の確保に努めてまいりました。
          フィットネス部門におきましては、会員様に安心してご利用いただける環境を整えるべく、引き続き新型
         コロナウイルス感染防止対策の徹底に取り組んでまいりました。しかしながら、休会会員様の復帰や新規会
         員様の入会状況は依然として低迷していることから、大変厳しい事業環境が続き、コロナ禍前の水準への回
         復には、なお時間を要するものと思われます。
          その結果、売上高は1億86百万円(前年同四半期比98.4%)、営業利益は9百万円(前年同四半期比
         304.8%)となりました。
        (不動産事業)

          引き続き賃貸マンションの定期的な保守メンテナンスを行うことで入居率及び定着率の向上を図ってまい
         りました。
          その結果、売上高は43百万円(前年同四半期比95.1%)、営業利益は26百万円(前年同四半期比89.0%)
         となりました。
         財政状態は、次のとおりであります。

        (資産)
          当第2四半期会計期間末の総資産につきましては、前事業年度末と比較して3億25百万円減少し134億45百
         万円となりました。その主な要因は現金及び預金が2億73百万円、原材料及び貯蔵品が3億68百万円それぞ
         れ増加し、リース未収入金が7億56百万円、機械装置及び運搬具が2億22百万円それぞれ減少したことによ
         るものであります。
        (負債)

          当第2四半期会計期間末の負債につきましては、前事業年度末と比較して5億65百万円減少し94億1百万
         円となりました。その主な要因は短期借入金が2億50百万円増加し、その他(主にリース前受収益)が5億
         12百万円、長期借入金が2億70百万円それぞれ減少したことによるものであります。
        (純資産)

          当第2四半期会計期間末の純資産につきましては、前事業年度末と比較して2億39百万円増加し40億43百
         万円となりました。その主な要因は利益剰余金が2億34百万円増加したことによるものであります。
                                 4/21



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
       (2)  キャッシュ・フローの状況の分析
          当第2四半期累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末と比較し
         て2億73百万円増加し6億93百万円となりました。
          当第2四半期累計期間の活動別概況は、次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
           営業活動による資金の増加は5億70百万円(前年同四半期は2億49百万円の資金増加)となりました。
          増加要因は、税引前四半期純利益3億93百万円、減価償却費3億39百万円、リース前受収益の増加額2億
          53百万円であり、減少要因は、売上債権の増加額3億80百万円、棚卸資産の増加額3億47百万円によるも
          のであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

           投資活動による資金の減少は44百万円(前年同四半期は1億3百万円の資金減少)となりました。減少
          要因は、有形固定資産の取得による支出33百万円によるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

           財務活動による資金の減少は              2億53百万円(前年同四半期は2億89百万円の資金減少)となりました。
          増加要因は、短期借入金の増加額2億50百万円、長期借入れによる収入2億円であり、減少要因は、長期
          借入金の返済による支出6億38百万円によるものであります。
       (3)  経営方針・経営戦略等

          当第2四半期累計期間において、経営方針・経営戦略等について重要な変更はありません。
       (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

          当第2四半期累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに発生した課
         題はありません。
       (5)  研究開発活動

          該当事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 5/21










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     7,000,000

                計                                   7,000,000

      ②  【発行済株式】

           第2四半期会計期間            提出日現在

                                上場金融商品取引所名又は
      種類     末現在発行数(株)            発行数(株)                           内容
                               登録認可金融商品取引業協会名
            ( 2022年4月30日       )  (2022年6月14日)
                                   東京証券取引所            単元株式数は、100株
     普通株式          1,753,818          1,753,818
                                  スタンダード市場            であります。
       計         1,753,818          1,753,818            ―             ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
    2022年3月10日(注)               8,462     1,753,818         3,672      695,594        3,672      523,594
     (注)譲渡制限付株式報酬としての新株式発行によるものであります。
         発行価格  1株につき 868円
         資本組入額 1株につき 434円
         割当先   当社の取締役(社外取締役を除く)6名
                                 6/21






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
                                               2022年4月30日       現在
                                                   発行済株式
                                                   (自己株式を
                                            所有株式数       除く。)の
          氏名又は名称                      住所
                                             (千株)      総数に対する
                                                   所有株式数
                                                   の割合(%)
    中浜 勇治                  広島県福山市                          290      16.58
    株式会社和幸                  広島県福山市松永町4丁目26-55                          164       9.37
    中浜 勇                  広島県福山市                          142       8.16
    株式会社SBI証券                  東京都港区六本木1丁目6番1号                          139       7.94
    鹿野産業株式会社                  京都府京都市南区上鳥羽山ノ本町36                           56      3.25
    中村 剛                  大阪府大阪市西区                           52      2.97
    大阪中小企業投資育成株式会社                  大阪府大阪市北区中之島3丁目3番23号                           44      2.51
    山本 康司                  三重県名張市                           33      1.90
    株式会社SBIネオトレード証券                  東京都港区六本木1丁目6-1                           28      1.64
    中山 恒一                  千葉県佐倉市                           28      1.60
            計                    ―                979      55.92
     (6)  【議決権の状況】

      ①  【発行済株式】
                                              2022年4月30日       現在
          区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                        ―         ―          ―
    議決権制限株式(自己株式等)                        ―         ―          ―
    議決権制限株式(その他)                        ―         ―          ―
                   (自己保有株式)
                                        権利内容に何ら限定のない当社にお
    完全議決権株式(自己株式等)                                 ―
                   普通株式        1,200
                                        ける標準となる株式
                                        権利内容に何ら限定のない当社にお
                   普通株式      1,750,500
    完全議決権株式(その他)                               17,505
                                        ける標準となる株式
                                        権利内容に何ら限定のない当社にお
                   普通株式        2,118
    単元未満株式                                 ―
                                        ける標準となる株式
    発行済株式総数                     1,753,818            ―          ―
    総株主の議決権                        ―       17,505            ―
      ②  【自己株式等】

                                               2022年4月30日       現在
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                           総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                           所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
                 広島県福山市松永町
    (自己保有株式)
                                 1,200        ―     1,200       0.07
    株式会社オービス
                 六丁目10番1号
          計             ―           1,200        ―     1,200       0.07
    2  【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 7/21



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期財務諸表の作成方法について

      当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
     号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(2022年2月1日から2022年4月
     30日まで)及び第2四半期累計期間(2021年11月1日から2022年4月30日まで)に係る四半期財務諸表について、有限責
     任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
    3.四半期連結財務諸表について

      当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                 8/21
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
    1  【四半期財務諸表】
     (1)  【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度            当第2四半期会計期間
                                (2021年10月31日)              (2022年4月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               510,527              783,674
                                    ※  1,762,457            ※  1,977,497
        受取手形及び売掛金
                                     ※  117,186            ※  178,056
        電子記録債権
        完成工事未収入金                               148,742                 -
        完成工事未収入金及び契約資産                                  -            165,107
        リース未収入金                              2,968,896              2,212,239
        商品及び製品                               110,805              109,644
        仕掛品                                12,402              24,100
        未成工事支出金                                98,588              66,372
        原材料及び貯蔵品                               152,515              521,198
        その他                               260,464               62,377
                                        △ 811             △ 928
        貸倒引当金
        流動資産合計                              6,141,776              6,099,338
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                             1,435,049              1,391,838
         機械装置及び運搬具(純額)                             2,627,856              2,404,915
         土地                             3,054,651              3,061,501
         建設仮勘定                                 -            26,182
                                       337,836              299,847
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             7,455,394              7,184,285
        無形固定資産
                                        19,965              21,879
        投資その他の資産
         投資有価証券                               80,488              79,074
         その他                               75,507              64,063
                                       △ 2,026             △ 3,121
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              153,968              140,016
        固定資産合計                              7,629,328              7,346,181
      資産合計                               13,771,104              13,445,520
                                 9/21








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度            当第2四半期会計期間
                                (2021年10月31日)              (2022年4月30日)
     負債の部
      流動負債
                                     ※  762,811            ※  807,519
        支払手形及び買掛金
        工事未払金                               236,373              228,360
        短期借入金                               800,000             1,050,000
        1年内返済予定の長期借入金                              1,299,675              1,131,952
        未払法人税等                                27,492              121,992
        賞与引当金                                61,644              81,738
        完成工事補償引当金                                  85               7
                                      1,234,148               721,730
        その他
        流動負債合計                              4,422,230              4,143,300
      固定負債
        長期借入金                              5,109,318              4,838,608
        退職給付引当金                               138,432              141,978
        資産除去債務                                7,961              7,993
                                       288,827              269,841
        その他
        固定負債合計                              5,544,540              5,258,421
      負債合計                                9,966,770              9,401,722
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               691,922              695,594
        資本剰余金                               519,922              523,594
        利益剰余金                              2,578,105              2,812,285
                                       △ 1,094             △ 1,124
        自己株式
        株主資本合計                              3,788,855              4,030,350
      評価・換算差額等
        その他有価証券評価差額金                                15,612              13,144
                                        △ 133              302
        繰延ヘッジ損益
        評価・換算差額等合計                                15,478              13,446
      純資産合計                                3,804,333              4,043,797
     負債純資産合計                                 13,771,104              13,445,520
                                10/21









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期損益計算書】
      【第2四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                               (自 2020年11月1日              (自 2021年11月1日
                                至 2021年4月30日)               至 2022年4月30日)
     売上高                                 4,485,533              5,649,756
                                      3,769,618              4,632,471
     売上原価
     売上総利益                                  715,915             1,017,285
                                     ※1  637,853            ※1  654,864
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   78,061              362,420
     営業外収益
      受取利息                                    5              1
      受取配当金                                   723             1,244
      仕入割引                                   763             1,465
      受取保険金                                    -            13,689
      受取賃貸料                                  2,400              2,400
      補助金収入                                 51,116              38,857
                                        5,622              7,237
      その他
      営業外収益合計                                 60,631              64,897
     営業外費用
      支払利息                                 26,547              22,844
      盗難損失                                    -             8,879
                                        7,476              2,051
      その他
      営業外費用合計                                 34,023              33,775
     経常利益                                  104,669              393,541
     特別損失
                                     ※2  73,071
                                                        -
      減損損失
      特別損失合計                                 73,071                -
     税引前四半期純利益                                   31,597              393,541
     法人税、住民税及び事業税
                                        19,520              109,451
                                        18,811              15,026
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   38,332              124,477
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 6,734             269,064
                                11/21









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
    (3)  【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                               (自 2020年11月1日              (自 2021年11月1日
                                至 2021年4月30日)               至 2022年4月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期純利益                                 31,597              393,541
      減価償却費                                 349,640              339,096
      減損損失                                 73,071                -
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   216             1,211
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 1,005              20,093
      完成工事補償引当金の増減額(△は減少)                                    70             △ 77
      退職給付引当金の増減額(△は減少)                                  4,665              3,545
      受取利息及び受取配当金                                  △ 728            △ 1,246
      支払利息                                 26,547              22,844
      補助金収入                                △ 51,116             △ 38,857
      助成金収入                                 △ 1,965             △ 2,206
      有形固定資産売却損益(△は益)                                  △ 77             △ 843
      有形固定資産除却損                                   103               0
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 229,509             △ 380,622
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                △ 141,076             △ 347,002
      前渡金の増減額(△は増加)                                 177,197              201,911
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 87,987              36,695
      リース前受収益の増減額(△は減少)                                 78,367              253,224
                                      △ 121,636               69,398
      その他
      小計                                 282,350              570,705
      利息及び配当金の受取額
                                         487              597
      利息の支払額                                △ 31,143             △ 23,157
      補助金の受取額                                 51,116              38,857
      助成金の受取額                                  1,965              2,206
                                      △ 55,635             △ 18,738
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 249,140              570,471
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      投資有価証券の取得による支出                                 △ 1,680             △ 1,680
      有形固定資産の取得による支出                                △ 102,181              △ 33,146
      有形固定資産の売却による収入                                    77              243
                                          -            △ 9,582
      無形固定資産の取得による支出
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 103,784              △ 44,165
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                 475,000              250,000
      長期借入れによる収入                                 100,000              200,000
      長期借入金の返済による支出                                △ 796,528             △ 638,433
      リース債務の返済による支出                                △ 32,938             △ 29,988
      自己株式の取得による支出                                    -             △ 29
                                      △ 34,602             △ 34,708
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 289,069             △ 253,159
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                      0              0
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 △ 143,713              273,146
     現金及び現金同等物の期首残高                                  522,830              420,527
                                     ※  379,117            ※  693,674
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                12/21




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
       (会計方針の変更)
        (収益認識に関する会計基準等の適用)
        「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」とい
       う。)等を第1四半期会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当
       該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。これにより、当社
       は、完成工事高及び完成工事原価の計上基準として、進捗部分について成果の確実性が認められる工事について
       は工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)を、その他の工事については工事完成基準を適用してお
       りましたが、第1四半期会計期間より、一定の期間にわたり充足される履行義務は、期間がごく短い工事を除
       き、履行義務の充足に係る進捗率を見積り、当該進捗率に基づき一定の期間にわたり収益を認識する方法に変更
       し、期間のごく短い工事及び一時点で充足される履行義務は、完全に履行義務を充足した時点で収益を認識して
       おります。なお、履行義務の充足に係る進捗率の見積りの方法は、発生原価に基づくインプット法によっており
       ます。また、従来、営業外費用に計上しておりました売上割引は売上高から控除しております。
        収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って
       おります。この結果、当第2四半期累計期間の売上高及び営業利益はそれぞれ6,906千円減少し、リース未収入
       金及び流動負債のその他(リース前受収益)は597,459千円それぞれ減少しております。なお、                                            第1四半期会計
       期間の期首の利益剰余金に与える影響はありません。
        収益認識会計基準等を適用したため、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」に表示していた「完成
       工事未収入金」は、第1四半期会計期間より「完成工事未収入金及び契約資産」に含めて表示することといたし
       ました。なお、収益認識会計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前事業年度について新たな表示
       方法により組替えを行っておりません。さらに、「四半期財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第12号 
       2020年3月31日)第28-15項に定める経過的な取扱いに従って、前第2四半期累計期間に係る顧客との契約から
       生じる収益を分解した情報を記載しておりません。
        (時価の算定に関する会計基準              等の適用)

        「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                           2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
       う。)等を第1四半期会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」
       (企業会計基準第10号           2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定
       める新たな会計方針を、将来にわたって適用することとしております。なお、四半期財務諸表に与える影響はあ
       りません。
       (追加情報)

        (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見積りについて)
        当第2四半期累計期間において、新たな追加情報の発生及び前事業年度の有価証券報告書に記載した仮定につ
       いて重要な変更はありません。
       (四半期貸借対照表関係)

      ※ 四半期会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
        なお、当第2四半期会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期会計期間末日満期手形が、四半
       期会計期間末残高に含まれております。
                             前事業年度              当第2四半期会計期間

                           ( 2021年10月31日       )         ( 2022年4月30日       )
       受取手形                        63,651千円                 73,716千円
       電子記録債権                         3,408千円                15,060千円
       支払手形                        23,262千円                 18,398千円
                                13/21





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
       (四半期損益計算書関係)
     ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                              前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間

                              (自    2020年11月1日            (自    2021年11月1日
                              至   2021年4月30日       )     至   2022年4月30日       )
       運送費                          173,205    千円           181,964    千円
       貸倒引当金繰入額                            461  千円            1,211   千円
       賞与引当金繰入額                           32,539   千円           39,631   千円
       役員報酬                           42,330   千円           43,647   千円
       株式報酬費用                           3,471   千円            3,602   千円
       給料手当                          181,023    千円           178,612    千円
       退職給付費用                           4,389   千円            4,839   千円
      ※2    減損損失

       前第2四半期累計期間(自              2020年11月1日        至   2021年4月30日       )
        当第2四半期累計期間において、次の資産において減損損失を計上しております。
                                                    (単位:千円)
         用途             場所              種類             減損損失
                               建物及び構築物                        57,942
      営業施設(店舗)              広島県福山市          その他(工具、器具及び備品)                         794
                               その他(長期前払費用)                        14,334
        営業施設(店舗)は、資産を各々独立した単位にグルーピングしております。
        営業施設(店舗)は、新型コロナウイルス感染症の影響等を踏まえて今後の事業計画の見直しを行い、将来の
       収益の見直しと回収可能性を勘案した結果、帳簿価額を回収可能価額まで減額いたしました。なお、回収可能価
       額は、使用価値により測定しておりますが、将来キャッシュ・フローがマイナスのため使用価値を零として評価
       しております。
       当第2四半期累計期間(自              2021年11月1日        至   2022年4月30日       )

        該当事項はありません。
       (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおり
       であります。
                              前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間

                              (自    2020年11月1日            (自    2021年11月1日
                              至   2021年4月30日       )     至   2022年4月30日       )
       現金及び預金                          469,117千円              783,674千円
       預入期間が3か月を超える定期預金                         △90,000千円              △90,000千円
       現金及び現金同等物                          379,117千円              693,674千円
                                14/21







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
       (株主資本等関係)
      前第2四半期累計期間(自              2020年11月1日        至   2021年4月30日       )
      1.配当金支払額
               株式の     配当金の総額        1株当たり
       決議                             基準日        効力発生日        配当の原資
               種類      (千円)      配当額(円)
    2021年1月28日
              普通株式         34,748        20.00    2020年10月31日         2021年1月29日         利益剰余金
    定時株主総会
      2.基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末日後とな

       るもの
        該当事項はありません。
      当第2四半期累計期間(自              2021年11月1日        至   2022年4月30日       )

      1.配当金支払額
               株式の     配当金の総額        1株当たり
       決議                             基準日        効力発生日        配当の原資
               種類      (千円)      配当額(円)
    2022年1月28日
              普通株式         34,883        20.00    2021年10月31日         2022年1月31日         利益剰余金
    定時株主総会
      2.基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末日後とな

       るもの
        該当事項はありません。
                                15/21














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第2四半期累計期間(自              2020年11月1日        至   2021年4月30日       )
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                  報告セグメント

                                        ライフ
                          ハウス・      太陽光発電
                    木材事業                         不動産事業        合計
                                       クリエイト
                          エコ事業      売電事業
                                        事業
                     (千円)                         (千円)      (千円)
                           (千円)      (千円)
                                        (千円)
    売上高
      外部顧客への売上高                3,118,726       916,631      214,869      189,873       45,432     4,485,533

      セグメント間の内部売上高
                        ─      ─      ─      ─      ─      ─
      又は振替高
           計         3,118,726       916,631      214,869      189,873       45,432     4,485,533
    セグメント利益                 36,710      22,924      111,829       3,140      30,341      204,946

      2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差

       異調整に関する事項)
                                                  (単位:千円)
                利益                           金額
    報告セグメント計                                                204,946

    セグメント間取引消去                                                   ─

    全社費用(注)                                               △126,885

    四半期損益計算書の営業利益                                                 78,061

     (注)全社費用は、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
      3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

                                                    (単位:千円)
                        報告セグメント
                             ライフ
                                               全社・消去        合計
                ハウス・      太陽光発電
          木材事業                  クリエイト      不動産事業        計
                エコ事業      売電事業
                              事業
    減損損失         ─      ─      ─    73,071        ─    73,071        ─    73,071
                                16/21








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
     Ⅱ   当第2四半期累計期間(自              2021年11月1日        至   2022年4月30日       )
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                  報告セグメント

                                        ライフ
                          ハウス・      太陽光発電
                    木材事業                         不動産事業        合計
                                       クリエイト
                          エコ事業      売電事業
                                        事業
                     (千円)                         (千円)      (千円)
                           (千円)      (千円)
                                        (千円)
    売上高
      外部顧客への売上高                3,964,147      1,249,495       206,069      186,823       43,220     5,649,756

      セグメント間の内部売上高
                        ─      ─      ─      ─      ─      ─
      又は振替高
           計         3,964,147      1,249,495       206,069      186,823       43,220     5,649,756
    セグメント利益                 284,050       68,285      110,464       9,572      26,999      499,371

      2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差

       異調整に関する事項)
                                                  (単位:千円)
                利益                           金額
    報告セグメント計                                                499,371

    セグメント間取引消去                                                   ─

    全社費用(注)                                               △136,951

    四半期損益計算書の営業利益                                                362,420

     (注)全社費用は、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
      3.報告セグメントの変更等に関する事項

        会計方針の変更に記載のとおり、第1四半期会計期間の期首から収益認識会計基準等を適用し、収益認識に関
       する会計処理方法を変更したため、事業セグメントの利益又は損失の算定方法を同様に変更しております。
        当該変更により、従来の方法に比べて、当第2四半期累計期間の「木材事業」の売上高及びセグメント利益は
       それぞれ6,906千円減少しております。
      (金融商品関係)

       金融商品の四半期貸借対照表計上額その他の金額は、前事業年度の末日と比較して著しい変動がありません。
      (有価証券関係)

       有価証券の四半期貸借対照表計上額その他の金額は、前事業年度の末日と比較して著しい変動がありません。
      (デリバティブ取引関係)

       デリバティブ取引の四半期会計期間末の契約額等は、前事業年度の末日と比較して著しい変動がありません。
                                17/21





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
      (収益認識関係)
       顧客との契約から生じる収益を分解した情報
       当第2四半期累計期間(自              2021年11月1日        至   2022年4月30日       )
                                                  (単位:千円)

                               報告セグメント
                                        ライフ
                                                     合計
                          ハウス・      太陽光発電
                    木材事業                   クリエイト       不動産事業
                          エコ事業       売電事業
                                        事業
    商品及び製品               3,964,147        46,835         ―       ―       ―   4,010,983
    完成工事高                   ―    883,792         ―       ―       ―    883,792

    リースに係る解体費                   ―    29,842         ―       ―       ―    29,842

    太陽光発電の売電による収入                   ―       ―    206,069         ―       ―    206,069

    ゴルフ場及びフィットネス
                       ―       ―       ―    186,823         ―    186,823
    クラブの運営
    顧客との契約から生じる収益               3,964,147        960,470       206,069       186,823         ―   5,317,511
    その他の収益                   ―    289,024         ―       ―    43,220      332,244

    外部顧客への売上高               3,964,147       1,249,495        206,069       186,823       43,220     5,649,756

     (注)   その他の収益は、「リース取引に関する会計基準」に基づく収益であります。
      (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期累計期間             当第2四半期累計期間

                                (自    2020年11月1日          (自    2021年11月1日
                項目
                                 至   2021年4月30日       )    至   2022年4月30日       )
    1株当たり四半期純利益金額
                                       △3円87銭             154円05銭
    又は1株当たり四半期純損失金額(△)
        (算定上の基礎)
      四半期純利益金額又は四半期純損失金額(△)(千円)

                                        △6,734             269,064
        普通株主に帰属しない金額                                      ─             ─

      普通株式に係る四半期純利益金額
                                        △6,734             269,064
      又は四半期純損失金額(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)
                                       1,739,360             1,746,585
     (注)   潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
    2  【その他】

        該当事項はありません。
                                18/21





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                19/21



















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2022年6月14日

    株式会社オービス
     取締役会      御中
                       有限責任     あずさ監査法人

                       大阪事務所
                        指定有限責任社員

                                          神   田   正   史
                                   公認会計士
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       福 島 康 生
                        業務執行社員
    監査人の結論
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社オービ
    スの2021年11月1日から2022年10月31日までの第63期事業年度の第2四半期会計期間(2022年2月1日から2022年4月
    30日まで)及び第2四半期累計期間(2021年11月1日から2022年4月30日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四
    半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
    れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社オービスの2022年4月30日現在の財政状態並びに同日をもって終
    了する第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全て
    の重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」
    に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監
    査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断し
    ている。
    四半期財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
    を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
    正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期財務諸表を作成することが適切であ
    るかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関
    する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
                                20/21







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社オービス(E00639)
                                                            四半期報告書
    四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
     認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどう
     か結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
     四半期財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期財務諸表の注記事項が適切で
     ない場合は、四半期財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論
     は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業とし
     て存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に
     準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期財務諸表の表
     示、構成及び内容、並びに四半期財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が
     認められないかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要
    な発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                21/21









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク