INTLOOP株式会社 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 INTLOOP株式会社
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
    【提出書類】                        有価証券届出書

    【提出先】                        関東財務局長

    【提出日】                        2022年6月6日

    【会社名】                        INTLOOP株式会社

    【英訳名】                        INTLOOP Inc.

    【代表者の役職氏名】                        代表取締役 林 博文

    【本店の所在の場所】                        東京都港区赤坂二丁目9番11号

    【電話番号】                        03-5544-8040

    【事務連絡者氏名】                        取締役 管理本部長 内野 権

    【最寄りの連絡場所】                        東京都港区六本木一丁目4番5号

    【電話番号】                        03-5544-8242

    【事務連絡者氏名】                        取締役 管理本部長 内野 権

    【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                        株式

    【届出の対象とした募集(売出)金額】                        募集金額

                           ブックビルディング方式による募集       1,774,800,000円
                           売出金額
                            (引受人の買取引受による売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し      2,001,000,000円
                            (オーバーアロットメントによる売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し       613,176,000円
                            (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会社法
                               上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証券届出書
                               提出時における見込額であります。
    【縦覧に供する場所】                        該当事項はありません。

                                  1/127






                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】

    1  【新規発行株式】

        種類          発行数(株)                      内容

                           完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社におけ
       普通株式           600,000(注)2.         る標準となる株式であります。
                           なお、単元株式数は100株であります。
     (注)   1.2022年6月6日開催の取締役会決議によっております。
       2.発行数については、2022年6月20日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
       3.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
         名称:株式会社証券保管振替機構
         住所:東京都中央区日本橋兜町7番1号
       4.上記とは別に、2022年6月6日開催の取締役会において、東海東京証券株式会社を割当先とする当社普通株
         式176,200株の第三者割当増資を行うことを決議しております。
         なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
         カバー取引について」をご参照下さい。
                                  2/127














                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【募集の方法】
      2022年6月29日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
     欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引受
     価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は2022年6月20日開催予定の取
     締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総額を当
     社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受
     手数料を支払いません。
      なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第246
     条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投
     資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握した上で発行価格等を決定する方法をいう。)により決定する価格
     で行います。
             区分             発行数(株)         発行価額の総額(円)           資本組入額の総額(円)

    入札方式のうち入札による募集                            ―            ―            ―

    入札方式のうち入札によらない募集                            ―            ―            ―

    ブックビルディング方式                         600,000         1,774,800,000             960,480,000

          計(総発行株式)                    600,000         1,774,800,000             960,480,000

     (注)   1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
       2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されており
         ます。
       3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
       4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、2022年6月6日開催の取締役会決議に基づき、
         2022年6月29日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
         資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であり
         ます。
       5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(                       3,480   円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額(見
         込額)は    2,088,000,000       円となります。
       6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条件
         (引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状況を
         勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
         なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
         ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照
         下さい。
       7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
         しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  3/127







                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【募集の条件】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による募集】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない募集】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                     資本    申込株数                   申込

    発行価格     引受価額
              払込金額
                    組入額      単位        申込期間         証拠金       払込期日
               (円)
     (円)     (円)
                     (円)     (株)                  (円)
     未定     未定     未定     未定                       未定
                              自 2022年6月30日(木)
                           100                    2022年7月7日(木)
                              至 2022年7月5日(火)
    (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.                       (注)4.
     (注)   1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
         発行価格は、2022年6月20日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
         等を総合的に勘案した上で、2022年6月29日に引受価額と同時に決定する予定であります。
         仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
         が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
         需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
         関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
       2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2022年6月20日開催予定の取締役会において決定される予定であ
         ります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び2022年6月
         29日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手
         取金となります。
       3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、2022年6月6日開催の取締役会において、
         増加する資本金の額は、2022年6月29日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第
         1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
         きは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加
         する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
       4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
         期日に新株式払込金に振替充当いたします。
       5.株式受渡期日は、2022年7月8日(金)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に係
         る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従
         い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
       6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.申込みに先立ち、2022年6月22日から2022年6月28日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
         需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。
         販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
         の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
         引受人及びその委託販売先金融商品取引業者は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分
         に関する基本方針及び社内規程等に従い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については各
         社の店頭における表示又はホームページにおける表示等をご確認下さい。
       8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
                                  4/127




                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ①  【申込取扱場所】
        後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の本店並びに全国各支店及び
       営業所で申込みの取扱いをいたします。
      ②  【払込取扱場所】

                店名                          所在地

    株式会社三井住友銀行 赤坂支店                           東京都港区赤坂二丁目5番1号

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
    4  【株式の引受け】

                                     引受株式数

     引受人の氏名又は名称                    住所                     引受けの条件
                                       (株)
    東海東京証券株式会社             名古屋市中村区名駅四丁目7番1号
    香川証券株式会社             香川県高松市磨屋町4番地の8                          1.買取引受けによりま
                                              す。
    株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号                          2.引受人は新株式払込金
                                              として、2022年7月7
    楽天証券株式会社             東京都港区南青山二丁目6番21号                            日までに払込取扱場所
                                              へ引受価額と同額を払
    マネックス証券株式会社             東京都港区赤坂一丁目12番32号                     未定       込むことといたしま
                                              す。
    三菱UFJモルガン・スタ
                  東京都千代田区大手町一丁目9番2号                          3.引受手数料は支払われ
    ンレー証券株式会社
                                              ません。ただし、発行
    岩井コスモ証券株式会社             大阪市中央区今橋一丁目8番12号                            価格と引受価額との差
                                              額の総額は引受人の手
    東洋証券株式会社             東京都中央区八丁堀四丁目7番1号                            取金となります。
    あかつき証券株式会社             東京都中央区日本橋小舟町8番1号
          計                ―             600,000          ―

     (注)   1.2022年6月20日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
       2.上記引受人と発行価格決定日(2022年6月29日)に元引受契約を締結する予定であります。
       3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
         引業者に販売を委託する方針であります。
    5  【新規発行による手取金の使途】

     (1)  【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

              1,920,960,000                   18,000,000                1,902,960,000

     (注)   1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
         の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(                            3,480   円)を基礎として算出した見込額であり
         ます。
       2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
       3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
     (2)  【手取金の使途】

       上記の手取概算額        1,902,960     千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概
      算額上限    564,121    千円と合わせた手取概算額合計上限                 2,467,081     千円を、運転資金として①人材採用費、②広告宣伝
      費及び③システム開発費に充当する予定であります。具体的には、以下のとおりであります。
       ①人材採用費については、コンサルタント/ITエンジニアの獲得を目的として1,100,000千円(2023年7月期

                                  5/127


                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        250,000千円、2024年7月期400,000千円、2025年7月期450,000千円)を充当する予定であります。
       ②広告宣伝費については、新規顧客獲得のためのマーケティング活動による広告宣伝費及びフリーランス人材

        (コンサルタント/ITエンジニア)獲得のためのWebマーケティング費用として                                     1,000,000     千円(2023年7月期
        300,000千円、2024年7月期350,000千円、2025年7月期                          350,000    千円)を充当する予定であります。
       ③システム開発費については、業務の効率化並びに自動化により収益性を高めることを目的として350,000千円

        (2023年7月期100,000千円、2024年7月期100,000千円、2025年7月期150,000千円)を充当する予定でありま
        す。
        なお、上記使途以外の残額は、               事業拡大のための運転資金に              充当する方針でありますが、現時点で具体化して

       いる事項はありません。
        具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品にて運用する予定であります。
                                  6/127
















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【売出要項】
    1  【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】

      2022年6月29日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件(引
     受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出要項」に
     おいて「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、発行価格
     と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株式受渡期日に引受
     価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金と
     いたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                               売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所

       種類            売出数(株)
                                  (円)          及び氏名又は名称
             入札方式のうち入札
       ―                     ―         ―          ―
             による売出し
             入札方式のうち入札
       ―                     ―         ―          ―
             によらない売出し
             ブックビルディング                           東京都港区
    普通株式                      575,000      2,001,000,000
             方式                           林 博文            575,000株
    計(総売出株式)             ―         575,000      2,001,000,000                ―
     (注)   1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
         す。
       2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
         ます。
       3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(                                3,480   円)で算出した見込額であります。
       4.売出数等については今後変更される可能性があります。
       5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同一
         であります。
       6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しに当たっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
         よる売出しを行う場合があります。
         なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
         売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
       7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
         いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
    2  【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】

     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                     申込株数

                           申込
    売出価格     引受価額                                引受人の住所及び氏名
                                                    元引受契
               申込期間       単位          申込受付場所
                           証拠金
                                                    約の内容
     (円)     (円)                                  又は名称
                           (円)
                       (株)
                               引受人及びその委
               自 2022年
     未定                          託販売先金融商品          名古屋市中村区名駅四
          未定    6月30日(木)             未定                          未定
    (注)1.                    100        取引業者の本店並          丁目7番1号
         (注)2.      至 2022年            (注)2.                          (注)3.
    (注)2.                           びに全国各支店及          東海東京証券株式会社
              7月5日(火)
                               び営業所
     (注)   1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1.と
         同様であります。
       2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
                                  7/127

                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         申込証拠金には、利息をつけません。
         引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
       3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
         価格決定日(2022年6月29日)に決定する予定であります。
         なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
         は引受人の手取金となります。
       4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
       5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機構
         の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行う
         ことができます。
       6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.上記引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)
         ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                  8/127
















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                               売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所

       種類            売出数(株)
                                  (円)          及び氏名又は名称
             入札方式のうち入札
       ―                     ―         ―          ―
             による売出し
             入札方式のうち入札
       ―                     ―         ―          ―
             によらない売出し
                                        名古屋市中村区名駅四丁目7番1号
             ブックビルディング
    普通株式                      176,200       613,176,000
                                        東海東京証券株式会社             176,200株
             方式
    計(総売出株式)             ―         176,200       613,176,000               ―
     (注)   1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
         況を勘案し、東海東京証券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売
         出しに係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合があ
         ります。
       2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、2022年6月6日開催の取締役会において、東海
         東京証券株式会社を割当先とする当社普通株式176,200株の第三者割当増資の決議を行っております。ま
         た、東海東京証券株式会社は、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株
         式数を上限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合がありま
         す。
         なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
         カバー取引について」をご参照下さい。
       3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
         す。
       4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
         いたします。
       5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(                                3,480   円)で算出した見込額であります。
       6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同一
         であります。
    4  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】

     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                  申込株数

     売出価格                   申込証拠金                引受人の住所及び
           申込期間        単位            申込受付場所                  元引受契約の内容
      (円)                   (円)                氏名又は名称
                   (株)
                             東海東京証券株式
           自 2022年
                             会社及びその委託
      未定                   未定
          6月30日(木)                   販売先金融商品取
                     100                      ―         ―
           至 2022年                  引業者の本店並び
     (注)1.                   (注)1.
                             に全国各支店及び
          7月5日(火)
                             営業所
     (注)   1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
         れぞれ同一とし、売出価格決定日(2022年6月29日)に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、
         利息をつけません。
       2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定であ
         ります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に
         従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
       3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
                                  9/127

                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       4.東海東京証券株式会社及びその委託販売先金融商品取引業者の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出し
         の条件(引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と
         同 様であります。
                                 10/127




















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
    1.東京証券取引所グロース市場への上場について
      当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
     について、東海東京証券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所グロース市場への上場を予定しております。
    2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

      オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
     に、主幹事会社が当社株主である林博文(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。これに関連して、
     当社は、2022年6月6日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式176,200株の第三者割当増
     資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本件第三者割当増資の会社法上の募集事
     項については、以下のとおりであります。
    (1)   募集株式の数                 当社普通株式176,200株

    (2)   募集株式の払込金額                 未定 (注)1.

                        増加する資本金の額は割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1
                        項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計
       増加する資本金及び資本準備金に
    (3)                    算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるもの
       関する事項
                        とする。また、増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額から
                        増加する資本金の額を減じた額とする。 (注)2.
    (4)   払込期日                 2022年7月26日(火)
     (注)   1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、2022年6月20日開催予定の取締役会において決定される予定
         の「第1 募集要項」における新規発行株式の払込金額(会社法上の払込金額)と同一とする予定でありま
         す。
       2.割当価格は、2022年6月29日に決定される予定の「第1 募集要項」における新規発行株式の引受価額と同
         一とする予定であります。
      また、主幹事会社は、2022年7月8日から2022年7月21日までの間、貸株人から借入れる株式の返還を目的とし

     て、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
     バー取引を行う場合があります。
      主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式については、貸株人から借入れている株式の返還
     に充当し、当該株式数については、割当てに応じない予定でありますので、その場合には本件第三者割当増資におけ
     る発行数の全部又は一部につき申込みが行われず、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行
     数が減少する、又は発行そのものが全く行われない場合があります。また、シンジケートカバー取引期間内において
     も、主幹事会社の判断でシンジケートカバー取引を全く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシンジ
     ケートカバー取引を終了させる場合があります。
    3.ロックアップについて

       本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である林博文、当社株主であるKSM株
      式会社、林真理子、長野           絵理子、    川端章夫、小山史夫及び下稲葉耕治は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日か
      ら上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の2023年1月3日までの期間(以下「ロックアップ期間」とい
      う。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却(ただし、引受人の買取引受による
      売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すことは除く。)等を行わない旨合
      意しております。
       また、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通
      株式の発行、当社普通株式に転換若しくは交換される有価証券の発行又は当社普通株式を取得若しくは受領する権
      利を付与された有価証券の発行(ただし、本募集、株式分割、ストック・オプションとしての新株予約権の発行及
      びオーバーアロットメントによる売出しに関連し、2022年6月6日開催の当社取締役会において決議された主幹事
      会社を割当先とする第三者割当増資等を除く。)等を行わない旨合意しております。
       なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であってもその裁量で当該合意の内容
      を一部若しくは全部につき解除できる権限を有しております。
                                 11/127


                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       上記のほか、当社は取引所の定める有価証券上場規程施行規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募
      集株式等の割当等に関し、割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っております。その内容については、
      「第  四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照下さい。
                                 12/127




















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【その他の記載事項】
      新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
     (1)  表紙に当社のロゴ

                             を記載いたします。
     (2)  裏表紙に当社のロゴ

                             を記載いたします。
     (3)  表紙の次に「1.        社名の由来」~「7.          業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                 13/127

















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 14/127





















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 15/127





















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/127





















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/127





















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 18/127





















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 19/127





















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 20/127





















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部     【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

           回次           第12期      第13期      第14期      第15期       第16期       第17期

          決算年月           2017年1月      2018年1月      2019年1月      2019年7月       2020年7月       2021年7月

    売上高              (千円)    1,946,438      2,708,707      3,787,792       3,063,130       7,157,443      9,249,348

    経常利益              (千円)      22,301      22,256      65,492      156,462       55,184      418,971

    当期純利益              (千円)      16,054      16,649      30,156       79,214       36,344      341,947

    持分法を適用した
                  (千円)        -      -      -       -       -      -
    場合の投資利益
    資本金              (千円)      50,000      50,000      50,000       50,000       50,000      50,000
    発行済株式総数              (株)       200      200      200       200       200    400,000

    純資産額              (千円)     106,435      123,084      153,241       232,456       266,114      608,334

    総資産額              (千円)     675,159      873,102     1,215,305       1,410,319       2,066,472      3,000,079

    1株当たり純資産額              (円)   532,175.97      615,423.71      766,207.24      1,162,281.43          66.53      152.02

    1株当たり配当額                     -      -      -       -       -      -
                  (円)
    (1株当たり中間配当額)                     ( -)     ( -)     ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
    1株当たり当期純利益              (円)    80,272.17      83,247.74     150,783.53       396,074.19          9.09      85.49
    潜在株式調整後
                  (円)       -      -      -       -       -      -
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率              (%)      15.8      14.1      12.6       16.5       12.9      20.3
    自己資本利益率              (%)      16.3      14.5      21.8       41.1       14.6      78.2

    株価収益率              (倍)       -      -      -       -       -      -

    配当性向              (%)       -      -      -       -       -      -

    営業活動による
                  (千円)        -      -      -       -     58,793      551,389
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                  (千円)        -      -      -       -   △ 189,322      △ 7,761
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                  (千円)        -      -      -       -    478,610      △ 44,511
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                  (千円)        -      -      -       -    994,155     1,493,275
    の期末残高
    従業員数                     28      45      84       95      148      193
                  (名)
    (外、平均臨時雇用者数)                     ( 1 )     ( 1 )     ( 1 )      ( 1 )      ( 7 )     ( 11 )
     (注)   1.  当社は、連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については
         記載しておりません。
       2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社の重要性が乏しいため記載しておりません。
       4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権の残高がありますが、当社株式は非上場であ
         り、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
       5.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
       6.1株当たり配当額及び配当性向については、配当を実施していないため記載しておりません。
       7.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
         用者数(    パートタイマー、人材会社からの派遣社員                   )は( )外数で記載しております。
                                 21/127


                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       8.2019年7月29日開催の定時株主総会により、決算期を1月31日から7月31日に変更しました。従って、第15
         期は2019年2月1日から2019年7月31日までの6ヶ月間となっております。
       9.第16期及び第17期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
         年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、太陽有限責
         任監査法人により監査を受けております。なお、第12期から第15期については、「会社計算規則」(平成18
         年法務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を記載しており、金融商品取引法第193条の2第1項の
         規定に基づく、太陽有限責任監査法人の監査は受けておりません。
       10.  当社は、第15期まではキャッシュ・フロー計算書を作成しておりませんので、キャッシュ・フローにかかる
         各項目については記載しておりません。
       11.当社は、2020年12月22日付で普通株式1株につき2,000株、2022年5月9日付で普通株式1株につき10株の
         割合で株式分割を行っております。第16期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり純資産
         額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
       12.当社は、2020年12月22日付で普通株式1株につき2,000株、2022年5月9日付で普通株式1株につき10株の
         割合で株式分割を行っております。
         そこで、東京証券取引所自主規制法人の引受担当者宛通知「『新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの
         部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133号)に基づき、第12期の期首に当該株
         式分割が行われたと仮定して算定した場合の1株当たり指標の推移を参考までに掲げると、以下のとおりと
         なります。
         なお、第12期、第13期、第14期及び第15期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)について
         は、太陽有限責任監査法人の監査を受けておりません。
          回次          第12期       第13期       第14期       第15期       第16期       第17期

         決算年月          2017年1月       2018年1月       2019年1月       2019年7月       2020年7月       2021年7月

    1株当たり純資産額            (円)      26.61       30.77       38.31       58.11       66.53      152.02

    1株当たり当期純利益            (円)      4.01       4.16       7.54      19.80       9.09      85.49

    潜在株式調整後
                (円)       -       -       -       -       -       -
    1株当たり当期純利益
    1株当たり配当額            (円)       -       -       -       -       -       -
                                 22/127










                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【沿革】
      年月                           概要

    2005年2月      東京都品川区東大井に当社を設立、製造業向けコンサルティングサービスの提供を開始
    2006年9月      東京都港区三田に本社を移転
    2008年10月      金融業向けコンサルティングサービスの提供を開始
    2014年7月      東京都港区赤坂に本社を移転
    2014年11月      フリーランス人材(コンサルタント/ITエンジニア)向けのWebサービス「High                                    Performer     Consultant」
           並びに「High       Performer     Engineer」の提供を開始
    2016年8月      コンサルタント人材のキャリア形成支援サービス「High                          Performer     Career」を開始
    2017年5月      沖縄オフィスを開設
    2017年6月      福岡オフィス、大阪オフィスを開設
    2018年2月      札幌オフィスを開設
    2019年7月      SAPジャパン株式会社と業務協業を開始
           東京都港区赤坂にACP株式会社を設立(出資比率35.0%)
           IT  BPO株式会社の株式を取得(出資比率26.1%、2021年5月に株式会社モンスター・ラボに全株式を売
           却)
    2020年2月      六本木一丁目オフィスを開設
    2020年4月      名古屋オフィスを開設
    2020年6月      顧客の経営課題解決を支援するWebサービス「QEEE(キウイ)」の提供を開始
    2020年8月      「High    Performer     Engineer」をリニューアルし、フリーランスITエンジニア向けサービス
           「TECHSTOCK」の提供を開始
    2020年8月      三井倉庫サプライチェーンソリューション株式会社と業務提携し、物流改革とデジタルトランスフォー
           メーションを支援するサービスの提供を開始
    2020年9月      フリーランス向け福利厚生サービス「fukurint」の提供を開始
    2020年10月      AI人材不足に貢献するオンライン教育のWebサービス「BOOSTA」の提供を開始
    2021年5月      東京都港区赤坂内で本社を移転
    2021年6月      株式会社モンスター・ラボと資本業務提携を締結し、企業のDX推進に関するトータルソリューションの
           提供を開始
    2021年10月      北九州オフィスを開設
    2021年11月      グローバルセキュリティエキスパート株式会社と業務提携し、先端IT人材の輩出・流通にかかるサービ
           スの提供を開始
    2022年4月      フリーランスPMOの案件紹介サービス「High                    Performer     PMO」の提供を開始
                                 23/127







                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【事業の内容】
      INTLOOPという当社の社名は「Introduction」+「Loop」を組み合わせた造語です。人間も企業も、周囲の支えがな
     ければ存在し得ません。当社の経営理念である「Pay                         it  forward    恩送り」には、誰かから受けた恩を、その人ではな
     く、また別の人に贈る、それを繰り返すことで“感謝”の糸が紡がれていくという思いを込めております。
      当社は、「クライアントとビジネスパートナーのデジタルの課題をワンストップで解決する人材と情報の社会基盤
     となる」をビジョンに掲げ、「『専門知識や高いスキルを有するプロ人材』『パートナーとの協業で獲得したデジタ
     ルの知見』『事業会社としての経験を生かしたデリバリー実行』を組み合わせ、お客様にとって最適な課題解決とビ
     ジネスパートナーの成長を支援する」をミッションとして事業を展開しています。
      当社は、プロフェッショナル人材ソリューション&コンサルティング事業の単一セグメントですが、具体的には、
     新規事業や業務改革など様々な経営課題を抱える顧客企業に対して、コンサルティング業務やシステム開発における
     知見やノウハウを有する専門性の高いプロフェッショナルフリーランス人材を提供するプロフェッショナル人材ソ
     リューションサービスを中心に、顧客企業の課題解決支援を行っております。また、コンサルティングサービスの提
     供に当たっては、当社の強みである戦略、業務、IT及びDX(※後述の「用語説明」をご参照下さい。以下同じ。)領
     域におけるコンサルティング業務における知見やノウハウを有する自社社員も加えた、顧客企業のニーズに合わせた
     形でハイブリッドチーム支援も行っております。
      当社の事業の特徴は、顧客企業のニーズに応じて、下図のとおり、フリーランス人材(コンサルタント/ITエンジニ

     ア)を1名単位で支援することで、人材不足の要求に迅速に応えるだけでなく、自社社員とフリーランス人材を組み
     合わせることで、様々な経営課題に対してワンストップでのサービス提供が可能なことです。
                                 24/127













                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当社が展開する各サービスの内容及び特徴は以下のとおりです。
     (1)  プロフェッショナル人材ソリューションサービス









       当社のプロフェッショナル人材ソリューションサービスは、フリーランス(コンサルタント/ITエンジニア)向け
      の案件紹介サイトとして、High               Performer     Consultant、       High   Performer     PMO、TECH     STOCK、バチグマ、転職支援
      サービスのサイトとして、High               Performer     Career、テクストキャリアといったサービスで構成されます。
       これらのサイトに登録されたフリーランス人材(コンサルタント/ITエンジニア)に対し、当社は顧客企業の各種
      プロジェクト等の案件を紹介し、フリーランス人材の希望に応じてマッチングし、顧客企業への提案を行います。
      顧客企業が提案内容に合意後、実際のサービス提供が開始されます。
       顧客企業としては、人材不足の課題を抱えた企業であり、大手を含む外資系コンサルティングファームやSIer及
      び大手事業会社が中心となっています。コンサルティングファームやSIerの顧客でもある事業会社におけるデジタ
      ル化に向けた投資は、新型コロナ                ウイルス感染症(COVID-19)             の影響を受けず活発であり、これまでのビジネスに
      拘泥しないニューノーマル(※)に対応したビジネスやシステムを実現できるプロジェクトを遂行できる人材は常
      に不足している状況です。
                                 25/127







                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       このような状況が追い風となり、当社サービスでは、顧客向けのマーケティング活動を特別に行うことなく、一
      定の新規引き合いを獲得し、下のグラフのとおり顧客企業数も増加しております。また、特に既存顧客について
      は、顧客からの依頼を受けてから24時間以内にフリーランス人材の提案を行っており、顧客の要望に合わせた柔軟
      な対応を取ることにより、案件の獲得につなげています。
       一方、当社に登録したフリーランス人材は、2022年4月末現在、コンサルタント14,760名                                         (うち月間稼働人数532








      名)  、ITエンジニア12,059名           (うち月間稼働人数438名)             となっており、Webマーケティングを中心に、積極的に広
      告宣伝費を投下することで、下のグラフのとおり登録者は増加しており、結果としてコンサルタント/ITエンジニア
      の稼働人数も増加しております。(なお、稼働人数には当社社員の稼働人数も含めております。以下同じ。)
                                 26/127










                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       フリーランス人材の特徴としては、元大手コンサルティングファーム・システム会社の出身者等で専門性を持
      ち、経験・実績を積んだプロフェッショナル人材を扱っております。具体的な専門性別の構成は下図のとおりで
      す。
       フリーランス人材の方々にとっては、個人で受注できないような案件を当社が受託することで、収益源とするこ







      とができます。また、フリーランス人材への支払いは末締め15日支払いと短い支払いサイトを実現しており、フ
      リーランス人材の収入の安定化に貢献できています。フリーランスの登録の際は、直接面談を行うことで、本人の
      キャリアの要望に沿った案件をご紹介するだけでなく、本人と顧客の特性を見極めた上でのマッチングを行ってお
      ります。また、後述するWebサービスの一つとして、フリーランス向け福利厚生サービス「fukurint」を提供してお
      り、当社に登録することで様々な特典を受けることが可能です。
       また、参画形態としてはフルタイムが基本となっています。コンサル案件は、顧客企業からの受注単価が140万円
      から300万円程度、契約期間は3ヶ月から6ヶ月が中心です。ITエンジニア案件は、顧客企業からの発注単価が100
      万円前後、契約期間は1年以上が中心です。
       当サービスの収益源としては、顧客企業から業務委託を受け、当該フリーランス人材を案件にアサインして案件
      支援を行うことで受領する業務委託料を収益としています。フリーランス人材の転職支援サービスでは、転職の成
      立を契機とした、顧客企業からの成功報酬を収益としています。
      ① フリーランスコンサルタントの案件紹介サービス「High                            Performer     Consultant」

        当社は基本的に案件を一次請けしており、平均月額報酬110万円程度の高単価案件を中心としています。案件の
       種類としては、SAP(※)案件やPMO(※)案件の紹介実績が多くなっています。サービスサイトについては、案
       件を探すための検索をスピーディーに実施できるようなUI(※)デザインを構築する等、常に他社サイトとベン
       チマークし、ユーザーにとっての使い勝手を良くするよう努めています。また、「フリーランス、コンサル」で
       インターネット検索すると、当社のサイトが広告枠、検索上位に表示される等、仕事を探す人をサイトに呼び込
       む動線が構築できています。
      ② フリーランスPMOの案件紹介サービス「High                      Performer     PMO」

        「High    Performer     Consultant」のPMO人材特化版です。高付加価値なPMOキャリアの構築を支援するWebサービ
       スとなっています。PMO案件を指揮型PMO、管理型PMO、支援型PMOに分類し、それぞれの案件を豊富にご紹介して
       います。様々なPMO案件をご用意していますので、コンサルファーム出身者、事業会社出身者、SIer出身者のいず
       れの方でも「次のキャリア」を視野に入れて、挑戦していただくことが可能です。
                                 27/127



                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③ コンサルタントの転職支援サービス「High                      Performer     Career」
        コンサルタント専用のキャリアカウンセリングです。主に非公開求人のご紹介から、フリーランス独立支援の
       フォローアップ、独立後の案件紹介も提供しています。                          当社のコンサルティングサービスの実績を基に、コンサ
       ル業界の変化やコンサルタント特有の悩みを把握していますので、コンサルタントに最適なキャリアプランを提
       案することが可能です。
      ④ フリーランスITエンジニアの案件紹介サービス「TECH                           STOCK」

        上流工程経験者向けの一次請け案件や、平均月額報酬80万円程度の高単価案件を中心としています。案件の種
       類としては、基幹システム開発等、大規模の案件の紹介実績が多くなっています。高単価案件を提供できる背景
       としては、フリーランスコンサルタントの案件紹介で培った顧客ネットワークやコンサルティングファーム出身
       者が持つ独自のネットワークを活用することで、幅広い顧客から、大規模のIT投資のニーズの把握や、プロジェ
       クトの初期段階での参画を行うことで、下請けにとどまらないビジネスパートナーとしての関係を築くことがで
       きているためです。また、当サービスは、競合となるサービスが非常に多いため、高額案件を多く提供している
       ことや、翌月15日の支払い等を訴求することで、高収入を求めるフリーランス人材の獲得を実現しています。
      ⑤ ITエンジニアの転職支援サービス「テクストキャリア                           Performed     by  TECHSTOCK」

        キャリアアップを目指すITエンジニアに特化した、転職支援、求人紹介サービスを提供しています。これまで
       のITエンジニアの支援の中で、フリーランスITエンジニアの方から、「このままフリーランスを続けていくこと
       で最適なキャリアを積んでいけるのか心配だ」「転職の選択肢を含めて最適なキャリア形成を考えたい」といっ
       たご相談を受けることが多く、戦略的な転職で、望むキャリアを描くためのサービスとして開始いたしました。
      ⑥ フリーランスマーケターのための案件紹介サービス「バチグマ」

        「案件紹介を通して、マーケターが成長していける場を提供する」をポリシーにマーケティングの仕事を紹介
       しています。
     (2)  コンサルティングサービス

       顧客企業の様々な経営課題の解決や企業の変革を支援し、中長期的視点において利益創出を実現するためのコン
      サルティングサービスを提供しています。
       当社では、社員であるコンサルタント/ITエンジニアが中心となり提供するサービスをコンサルティングサービス
      と位置づけております。
       サービス提供にあたっては、顧客企業のニーズに応じて、当社社員1名からの支援も行っております。また、当
      社社員を中心としたコンサルタント/ITエンジニアが、前述したフリーランスのコンサルタント/ITエンジニアと
      チームを組成することで、顧客企業の支援を行っています。
       顧客は事業会社が中心であり、社員は100名程度と小規模ながらもフリーランスのコンサルタントの知見も活用す
      ることで、顧客からの多様なコンサルティングニーズに対応することが可能です。以下のとおり、大手のコンサル
      ティングファームと同様のレベルの、戦略からIT導入に至るまで、また                                 上流工程から下流工程まで(※)、                 多様な
      サービスの提供が可能であり、かつ                フリーランスの活用によりコンサルタントの平均販売単価は130万円程度と比較
      的安価に提供が可能です           。また、特定のITサービスやシステムに依存したサービス提供を行っていないため、中立
      的・客観的な立場からコンサルティングサービスを提供することが可能です。
       ・戦略コンサルティング(新規事業開発/M&A/PMI)(※)
       ・業務コンサルティング(SCM/CRM/ERP/BPR/BPM/RPA)(※)
       ・ITコンサルティング(システム導入/PMO/プリセール支援)
       ・DXコンサルティング(デジタル施策立案/デジタルマーケティング)
       当社のコンサルティングサービスは、顧客企業のニーズによって、ご支援の形態も変わります。コンサルティン

      グサービスを利用していなかった企業に対してはコンサルティングの重要性を理解してもらい、顧客企業の全体の
      業務改革や新システム導入等、総合的に支援するビジネスパートナーとなる一方で、大手コンサルティングファー
      ムとの取引のある企業の場合は、大手コンサルティングファームに不足する役割を補充するために、プロジェクト
      の一部を支援する場合もあります。当社正社員及び当社のフリーランスネットワークから構成することで、小規
      模~大規模まで柔軟に対応することが可能です。
       また、顧客企業は製造業を中心とした大手企業が中心となっていますが、支援する領域は多岐に渡り、全社IT戦
                                 28/127

                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      略の立案から、ERPの導入支援等の全体的なものから、調達部門の業務改革や、タレントマネジメントの導入、新規
      事業立案支援等、様々なニーズに対応しています。
       そのため、競合となるコンサルティングファームは大手となるケースも多く、大手SIerは当社を協業先として顧
      客企業への提案を行うこともあるなど、柔軟な営業活動も行っています。
       なお、収益源としては、コンサルティングサービスの提供における、役務提供もしくは成果物納入による業務委
      託料を収益としています。
     (3)  Webサービス

       当社における売上のほとんどはプロフェッショナル人材ソリューションサービス及びコンサルティングサービス
      で占められますが、顧客企業の多様なニーズに対応することと、営業先の開拓を目的としたWebベースでのIT関連の
      情報サービス提供を行っています。当社は、当サービスを通じ、サービスの利用料や、広告掲載料で収益を上げて
      います。
      ① 課題解決ポータルサイト「QEEE」

        QEEEは以下の4つのサービスで構成されています。
        a. 専門知識をもつ「アドバイザー」と、専門的な情報を必要としている企業や個人が、直接Webサイト上で
         マッチングを行い、1時間から相談ができる仕組みを提供する「スポットコンサル」
        b.  最新のITトレンドを紹介する等、ビジネス課題に必要なソリューションに関する知見を最新のニュースや記
         事で学ぶことが可能な記事等を提供する「マガジン」
        c.  当社のコンサルティング事業で培ったノウハウや知見をアセット化しホワイトペーパー・テンプレート、製
         品比較表、製品資料等、ビジネス課題を解決する方法を見いだせる「お役立ち情報」
        d.  業務効率化に必要なBtoBクラウドツールを比較検討し、最適なSaaSサービスの導入を支援し、法人向けサー
         ビス・プロダクトを比較して資料請求も可能な「製品情報」
         これらの複数のサービスを連動させることで、大企業だけでなく中小企業の課題解決に役立つ情報の提供や

        直接相談可能な専門人材を活用する場を提供しています。
         顧客企業はこのサービスを活用することで、必要に応じて、記事等のコンテンツ利用から、スポットコンサ
        ル、最終的には、フリーランス人材での支援や当社によるコンサルティングサービスまでも活用することがで
        きます。
         なお収益としては、1時間から利用できる短時間・短期間のスポットコンサルティング案件のマッチング
        サービスでは、顧客企業からのサービス利用料を収益としています。また、「製品情報」「お役立ち資料」の
        サービスの収益については、顧客企業へのリードが獲得できた場合のアフィリエイト料や記事広告、バナー広
        告等の広告料を収益源としています。
      ② オンライン教育サービス「BOOSTA」

        2019年3月に経済産業省より発表された「IT人材需給に関する調査」によれば、2030年にはAI(※)人材は最
       大14.5万人不足すると試算されており、当社は、AIやデータサイエンティストを育成する目的でオンライン教育
       コンテンツを提供しています。
        ITに関する知識・スキル・トレンド情報を獲得したい顧客企業の人事部門等に対し、社員のスキルチェンジや
       業績向上に具体的に寄与できる人材育成を目指しています。
                                 29/127






                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③ フリーランス向け福利厚生サービス「fukurint」
        フリーランスの方々が、仕事だけでなく実生活でも充実できるようなサポートをご紹介しております。
      以上に述べた事項を事業系統図によって示すと、次のとおりです。







                                 30/127













                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     ※用語説明
      「事業の内容」で使用した用語の内容は、次のとおりです。
          用語                           内容
     DX            Digital    Transformation        の略称であり、デジタル技術により産業構造や人々の生活を変
                 革させることを指します。
     ニューノーマル            「New(新しい)」と「Normal(常態)」を掛け合わせた言葉であり、新型コロナウィル
                 ス感染症(COVID-19)の影響を受けて変化した、人々の新しい生活様式や働き方等のこ
                 とを指します。
     SAP            ドイツのSAP      SE社が開発・提供するソフトウェアであり、基幹システムとして、企業の
                 システムに広く利用されるものです。
     PMO            Project    Management      Office    の略称であり、組織内で実行される個々のプロジェクト
                 に、横串を通して統括的な管理やサポートを行うための機能又は部署やチームのことを
                 指します。
     UI            User   Interface     の略称であり、ユーザー(利用者)と製品やサービスとのインター
                 フェース(接点)のことを意味し、ここではサービスサイトの見た目や、使いやすさの
                 ことを指します。
     上流工程・下流工程            上流工程とは、システム開発・設計における初期の工程を指し、計画立案や要件定義等
                 が行われます。それに対し、プログラミング等を含む開発工程を下流工程と呼びます。
     PMI            Post   Merger    Integration      の略称であり、M&Aによる統合効果を確実にするための、統合
                 プロセスとマネジメントのことを指します。
     SCM            Supply    Chain   Management      の略称であり、原材料が調達されてから商品が消費者に渡る
                 までの生産・流通プロセスのことを指します。
     CRM            Customer     Relationship       Management      の略称であり、顧客との関係性、コミュニケーショ
                 ンを管理し、自社と顧客との関係を一元的に把握できるようにすること及びそのために
                 使われるシステムやツールのことも指します。
     ERP            Enterprise      Resources     Planning     の略称であり、企業経営の基本となる資源を適切に分
                 配、有効活用する計画策定を支援する統合的なシステムのことを指します。
     BPR            Business     Process    Reengineering       の略称であり、業務プロセスを根本的に見直し、再設
                 計することを指します。
     BPM            Business     Process    Management      の略称であり、業務プロセスの現状を把握し、変更や改
                 善を行うことで、本来あるべきプロセスに継続的に近づけていくための業務管理手法を
                 指します。
     RPA            Robotic    Process    Automation      の略称であり、ソフトウェアロボットを使って、パソコン
                 等を使ったデスクワーク等の業務を自動化するテクノロジーや取り組みのことを指しま
                 す。
     ビッグデータ            様々な種類や形式のデータを含む巨大なデータ群のことを指します。ビッグデータの活
                 用により、新たな視座の有益なデータが創出され、新たなシステムやビジネスが生み出
                 されています。
     IoT            Internet     of  Things    の略称であり、従来インターネットに接続されていなかった様々な
                 モノ(センサー機器、住宅・建物、車、家電製品、電子機器等)が、ネットワークを通
                 じてサーバーやクラウドサービスに接続され、相互に情報交換をする仕組みのことを指
                 します。
     AI            Artificial      Intelligence       (人工知能)の略称であり、人間の知的ふるまいをコン
                 ピューターやソフトウェアを用いて人工的に再現したもののことを指します。
                                 31/127




                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4 【関係会社の状況】
                                             議決権の所有

                  資本金
      名称       住所                主要な事業の内容                (又は被所有)        関係内容
                  (千円)
                                              割合(%)
    (関連会社)
    ACP㈱       東京都港区        6,000    IT、経営等に関する各種コンサルティング業                          35.00    営業取引
      (注)   有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
    5  【従業員の状況】

     (1) 提出会社の状況
                                                  2022年4月30日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
             288  ( 8 )             32.7              3.2            5,169

     (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時
          雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員)は、最近1年間の平均人員を( )外数で記載し
          ております。
        2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3.当社は、プロフェッショナル人材ソリューション&コンサルティング事業の単一セグメントであるため、
          セグメント別の記載を省略しております。
        4.最近日までの1年間において従業員数が95名増加しておりますが、これは主に業容拡大に伴う採用による
          ものであります。
     (2)  労働組合の状況

       当社において労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円滑に推移しております。
                                 32/127











                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      下記の文中における将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
     (1)  経営方針

       当社は、「クライアントとビジネスパートナーのデジタルの課題をワンストップで解決する人材と情報の社会基
      盤となる」をビジョンに掲げ、「『専門知識や高いスキルを有するプロ人材』『パートナーとの協業で獲得したデ
      ジタルの知見』『事業会社としての経験を生かしたデリバリー実行』を組み合わせ、お客様にとって最適な課題解
      決とビジネスパートナーの成長を支援する」をミッションとしてプロフェッショナル人材ソリューション&コンサ
      ルティング事業を展開しています。
     (2)  経営環境

      ① 市場規模について
        ID  C  Japan株式会社は、2021年7月に、ビジネス及びITコンサルティングで構成される国内コンサルティング
       サービス市場の予測(注1)を発表しました。これによると、2020年の同市場規模は前年比1.1%増の8,623億円
       となり、2025年には1兆2,551億円(2020年~2025年の年間平均成長率(CAGR:                                     Compound     Annual    Growth    Rate)
       は7.8%)になる見通しとされています。また、同予測によると、コンサルティングサービス市場の内、ビジネス
       コンサルティング市場規模については、2020年半ばに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によ
       り、新規案件の停滞や継続案件の凍結といった影響を強く受けましたが、その後は需要が急速に回復し、2020年
       もプラス成長を遂げ、2021年に入ると、デジタル関連の需要が既存顧客層からのプロジェクトスコープの拡大
       と、新たな顧客層によるDXへの取り組みの開始の両面で市場成長を牽引し、高成長軌道へと回帰しており、2025
       年には8,012億円(2020年~2025年の年間平均成長率は9.3%)になる見通しとされています。
        また、同社は、2021年10月に、国内ITサービス市場予測(注2)を発表しました。これによると、2020年の同
       市場規模は、2019年の成長を牽引したWindows7のサポート終了や消費増税に伴うシステム刷新、元号改正対応、
       消費税率変更対応等の複数の特需の反動減に加えて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による
       影響を受け、商談の停滞や新規プロジェクトの先送り、進行中のプロジェクトの中断や進捗の遅れ、顧客常駐型
       サービスや自社センター型サービスにおける稼働率の低下や作業の遅延、サプライチェーンの混乱による機器の
       納品遅延等が生じたことで、前年比2.8%減の5兆6,834億円となりました。一方で、2020年後半からは需要回復
       が進み、また、2022年以降は、徐々に成長率は鈍化するものの、レガシーシステムの刷新/更新需要、企業によ
       るDX投資の本格化が同市場の成長を支えるとされ、2025年の同市場規模は6兆4,048億円(2020年~2025年のCAGR
       は2.4%)になる見通しとされています。
        加えて、    株式会社富士キメラ総研は、2022年3月に、デジタルトランスフォーメーション(DX)の国内市場の
       調査結果(注3)を発表しました。これによると、DXは企業の重要な課題として位置づけが高まっており、企業
       価値の向上につながる取り組みとして投資が行われており、現在は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大によ
       る影響からリモート化や自動化等オペレーション改善を目的とする投資やWeb/スマートフォンを軸とする顧客接
       点改革への投資が積極的に進められているとされています。同調査によると、2030年度のDXの国内市場規模は5
       兆1,957億円(2020年度比3.8倍)になる見通しとされています。
       (注)   1.IDC    Japan株式会社、「国内コンサルティングサービス市場予測を発表」、2021年7月

         2.IDC    Japan株式会社、「国内ITサービス市場予測を発表」、2021年10月
         3.株式会社富士キメラ総研、「デジタルトランスフォーメーションの国内市場(投資金額)を調査」、
           2022年3月
                                 33/127




                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       このように、当社が事業を展開するコンサルティングサービス及びITサービスの市場は、堅調に推移するものと













      思われます。
      ② 市場動向について

        株式会社パーソル総合研究所が2018年10月に発表した推計(注4)によれば、2030年には国内において644万人
       の労働力が不足すると言われています。また、経済産業省が2018年9月に発表したレポート(注5)では、デジ
       タルトランスフォーメーション(DX)への取り組みの重要性に言及し、もしDXが進まなければ「2025年以降、最
       大で年間12兆円の経済損失が生じる可能性がある」と推計しており、                                「2025年の崖」と称して警鐘を鳴らしてい
       ます。   DXは企業のみならず、日本全体の経済における喫緊の課題となっています。
        また、2019年4月には「働き方改革関連法案」が施行され、日本が直面している少子高齢化に伴う生産年齢人
       口の減少や、働き方の多様化等の課題に対して、企業は対応を迫られてきました。
        さらに、    2020年4月に国内で初めて緊急事態宣言が発令されて以降、                             昨今のコロナ禍においては、リモート
       ワークやクラウドサービスの利用によるニューノーマルな働き方が求められ、企業にとってはそれらへの対応及
       びますますの生産性向上が課題となります。人手不足の解消、DXの推進及びニューノーマルな環境での業務遂行
       は、すべての企業が共通して抱える課題と言えます。
       (注)   4.株式会社パーソル総合研究所・中央大学、「労働市場の未来推計2030」、2018年10月発表(2020年12月
           改訂)
                                 34/127


                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         5.経済産業省デジタルトランスフォーメーションに向けた研究会、「DXレポート                                      ~ITシステム「2025年
           の崖」克服とDXの本格的な展開~」、2018年9月
        当社は、プロフェッショナル人材には案件提供及び新たな働き方の普及を行うとともに、人手不足に悩む顧客

       企業への人材供給及び業務ノウハウの展開及びDXの支援等を行うことで、企業の生産性の向上ひいては日本経済
       の維持発展に寄与できるものと考えています。
      ③ 経営戦略について

        前述のような経営環境を背景として、当社は、既存事業のさらなる拡大のために、300社以上ある既存顧客の
       アップセル(単価向上)を図ってまいります。具体的には、例えば、これまで当社からの人材派遣が少数名で期
       間も短い単発案件が中心であった取引先に対しては、当社が持つプロジェクトマネジメントのノウハウを活か
       し、プロジェクトの形に応じてまとまった単位や期間で発注してもらえるような提案をするなどして売上規模の
       拡大を図ってまいります。他にも、システム開発会社との共同提案を行うなど、既存顧客とのビジネスパート
       ナーシップを強化していきます。また、従来の主要顧客の他に、様々な業種・業態の新規顧客を積極的に獲得す
       ることに加え、人材の積極的な採用と育成の体制を強化することで、コンサルタントの継続的な安定確保を進め
       てまいります。
        一方で、サービスの多様化にも積極的な投資を行い、「事業の内容」に記載しましたWebサービスを軸にサービ
       ス領域を拡大させることで、営業利益及び営業利益率の向上を図ってまいります。また、これらのサービスを競
       業サービスよりも安価な価格帯もしくは無料で提供することで顧客を呼び込む入り口とし、コロナ禍の影響を受
       けて高まるリモートワークや副業等の働き方が多様化する労働市場において、ニーズが顕在化する前の顧客との
       接点を持つことにより、将来の見込み顧客をプール化してさらなる顧客の拡大を目指します。
        今後、当社社員とフリーランスのハイブリッドでのチーム構成での提案の機会を増やすことで、プロジェクト






       の形に応じてまとまった単位や期間で発注してもらえるような取引形態にするなどして売上規模の拡大につなげ
       るとともに、上流案件にシフトすることで、顧客企業の経営課題を解決するコンサルティング領域でのビジネス
       パートナーシップの強化による高単価案件の獲得を図ってまいります。
        また、売上規模の拡大や高単価案件の獲得に伴う収益の一部をフリーランスへの還元を行うことで、新規フ
       リーランスの増加と既存フリーランスの契約継続による人材のストックモデルを拡充し、結果として全社として
       の規模の拡大につなげる、成長循環モデルの実現を目指します。
                                 35/127




                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        さらに、IT市場のどの分野でも支援が可能なケイパビリティを持ち、WebマーケティングやWebサービスで開







       拓した顧客・人材を既存事業の拡大に連携することで、目指すべき姿の実現に努めます。
     (3)  経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等







       当社は、売上高の継続的かつ累積的な増加を実現することが重要と認識しており、                                      事業の成長性を表す売上高成
      長率と売上総利益率を重要な経営指標と考えております。また                             、プロフェッショナル人材ソリューションサービス
      及びコンサルティングサービスにおいては、月間の稼働人員数と登録者数を重要な指標としております。なお、登
      録者数については当社の今後の成長性の継続を表す先行指標として考えております。
     (4)  優先的に対処すべき         事業上及び財務上の課題

      ① 登録プロフェッショナル人材の確保
        当社の人材ソリューションサービスの事業拡大には、プロフェッショナル人材としてのフリーランスの確保が
       重要です。Webマーケティング等を強化し、これまでのコンサルタントのみならず、多種多様な領域のフリーラン
       スの集客を行い、フリーランス向けの福利厚生サービス紹介等、ファンとなってもらう施策を継続的に実施しま
       す。
        また、当社スタッフのキャリアカウンセリングの能力を高めることによって、転職支援も含めた多様性のある
       キャリア支援を実施し、登録者と当社の信頼関係を深めます。
      ② 優秀な人材の採用と育成

                                 36/127

                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社のコンサルティングサービスは知識集約ビジネスであり、コンサルタント/ITエンジニアのサービスレベル
       が成長の鍵となります。当社は、業界やサービス領域に特化せず、顧客のニーズに応えた実現性のあるサービス
       の 提供ができる点を特徴と考えております。一方で、コンサルティング業界においては優秀な人材の争奪が激化
       しております。当社は、既存のコンサルティングサービスのみならず、デジタルトランスフォーメーション
       (DX)の支援とともに、人材ソリューション、教育事業、メディア事業等の新規事業を積極的に行う事業会社と
       しての魅力を伝えることにより、新卒採用も含めた積極的な採用を継続的に進めてまいります。
      ③ 新規事業の展開

        「Pay   it  forward    恩送り」という経営理念の下、事業規模拡大と収益多様化を図るため、既存事業はもちろ
       ん、新規事業にも積極的な投資を行ってまいります。「事業の内容」に記載しましたWebサービスを軸に、事業領
       域を拡大させることで、新規顧客の獲得とともに新たな収益源の確保を図ります。
      ④ 情報管理体制の強化

        当社は、当社に登録のあるプロフェッショナル人材の方々の氏名、生年月日、性別、住所、経歴等の個人情報
       を取り扱っています。当社はその個人情報保護の重要性について認識した上で、情報管理体制を継続的に強化し
       ていくことが重要だと考えております。現在も個人情報保護法を遵守するとともに、「プライバシーマーク」認
       証の取得、個人情報保護規程に則ったルールの整備等、情報の保護及び適切な管理に努めておりますが、今後も
       社内体制や管理方法の強化・整備を行ってまいります。
      ⑤ 認知度の向上

        今後も高い成長性を維持していくために、当社では費用対効果を見極めながら、広告宣伝活動及び広報活動に
       積極的に取り組んでまいります。
      ⑥   財務体質の強化

        当社は、借入金にて資金調達していることから、当社の負債比率は一般的に適正とされる比率よりは高い水準
       となっております。今後も、収益力の向上を図るとともに、成長のための人材採用やサービス多様化等の投資資
       金の確保が必要であることから、有利子負債とのバランスを勘案し自己資本の拡充を図ってまいります。
      ⑦ 当社が保有するACP株式会社株式の売却

        当社の関連会社であるACP株式会社は、アクセンチュア株式会社の取引先の集約化を目的として設立したACP有
       限責任事業組合の運営に特化した会社です。同社設立にあたり、当社の人材ビジネスに関する知見が求められ、
       当社は35.0%を出資いたしました。これまで、当社社員等を派遣し、業務支援を行っておりましたが、同社にノ
       ウハウが蓄積され、運営体制が整ったことから、当社は同社株式を売却する方針です。なお、同社株式売却によ
       り、同社が当社の関連会社から外れても、当社の事業運営及び業績への影響は軽微であります。
                                 37/127








                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【事業等のリスク】
      当社では、代表取締役を委員長とするリスク・コンプライアンス委員会を設置し、リスクの調査・分析及びリスク
     への対応策の検討・決定・実施状況の監督、並びに役職員のコンプライアンスの徹底、コンプライアンスに係る取り
     組みの推進、社内研修等の実施及びコンプライアンス違反事項の調査等を行っております。
      本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が提出会社の財政状態、経営成績及び
     キャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであり
     ます。また、必ずしも、そのようなリスク要因に該当しない事項につきましても、投資家の判断上、重要であると考
     えられる事項については、投資家に対する積極的な情報開示の観点から以下に開示しております。
      なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであり、将来において発生の可能
     性があるすべてのリスクを網羅するものではありません。
     (1)  事業環境に関するリスク

      ① 景気変動リスクについて
       発生可能性:中、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:中
        当社のプロフェッショナル人材ソリューションサービス及びコンサルティングサービスの主要顧客は、各業界
       における大手企業かつ国内外に事業を展開する企業が中心であります。そのため、国内外の景気動向や、これら
       主要顧客の経営状態や業績により事業投資やIT投資を抑制された場合には、当社の業績に影響を及ぼす可能性が
       あります。
        このようなリスクを踏まえ、上記の動向を注視するとともに、顧客の業界の多角化や、顧客の人材調達部門の
       代替となるような関係の強化、及びコンサルタント/ITエンジニア以外の職種以外をターゲットにしたサービスの
       多様化等、当該動向に柔軟に対応できる対策に努めてまいります。
      ② 競合他社の動向について

       発生可能性:中、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:中
        当社のプロフェッショナル人材ソリューションサービス及びコンサルティングサービスは、特別な許認可や独
       自のテクノロジー等を用いるものではないため、その意味において参入障壁は高くありません。しかし、新規事
       業や業務改革など様々な経営課題を抱える顧客企業に対して行う提案やプロジェクトの推進には、業務に対する
       相応の知見の他、専門性の高いプロフェッショナル人材を適切にデリバリーするノウハウ等が必要です。しかし
       ながら、資本力のある事業者やより先進的な事業展開を行う事業者等の新規参入等により競合状況が激化した場
       合には、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        このようなリスクを踏まえ、当社では、高い専門性を有したプロフェッショナル人材を確保することに加え、
       ビジネスの現場における知見や人材データベースの蓄積及び品質維持・向上のための教育等の取り組みを継続的
       に行っており、これにより競合他社との差別化を図っております。また、Webを中心としたマーケティングに力を
       入れることで認知度の向上を図り、インバウンドでの顧客獲得ができております。
                                 38/127








                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③ 法的規制について
       発生可能性:低、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:大
        当社事業は、主に次のような法規制の対象となっております。当社は、弁護士、社会保険労務士、司法書士な
       どと適宜連携し、最新の法改正への対応を含めて、これらの法規制を遵守した運営を行っておりますが、今後新
       たな法令の制定や、既存法令の強化等が行われ、当社が運営する事業が規制の対象になる等制約を受ける場合に
       は、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        このようなリスクを踏まえ、法規制の改正等の動向を注視するとともに、法規制の遵守のために今後も社内教
       育や体制の構築等を行ってまいります。
          法律       監督官庁                 法律及び当社対応状況の概要
      労働者派遣事業の適           厚生労働省      「職業安定法(昭和二十二年法律第百四十一号)と相まって労働力の需給の
      正な運営の確保及び                 適正な調整を図るため労働者派遣事業の適正な運営の確保に関する措置を講
      派遣労働者の保護等                 ずるとともに、派遣労働者の保護等を図り、もって派遣労働者の雇用の安定
      に関する法律                 その他福祉の増進に資することを目的」とした法律であります。
      (労働者派遣法)                 当社は、一般労働者派遣事業許可(派13-302451)を取得し、同法律及びガ
                       イドライン等に基づき、必要な対応を行っています。
      職業安定法           厚生労働省      「労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等
                       に関する法律(昭和四十一年法律第百三十二号)と相まって、公共に奉仕す
                       る公共職業安定所その他の職業安定機関が関係行政庁又は関係団体の協力を
                       得て職業紹介事業等を行うこと、職業安定機関以外の者の行う職業紹介事業
                       等が労働力の需要供給の適正かつ円滑な調整に果たすべき役割に鑑みその適
                       正な運営を確保すること等により、各人にその有する能力に適合する職業に
                       就く機会を与え、及び産業に必要な労働力を充足し、もって職業の安定を図
                       るとともに、経済及び社会の発展に寄与することを目的」とした法律であり
                       ます。
                       当社は、有料職業紹介事業許可(13-ユ-301898)を取得し、同法律及びガイ
                       ドライン等に基づき、必要な対応を行っています。
      下請代金支払遅延等           中小企業庁      「下請代金の支払遅延等を防止することによって、親事業者の下請事業者に
      防止法                 対する取引を公正ならしめるとともに、下請事業者の利益を保護し、もって
      (下請法)                 国民経済の健全な発達に寄与することを目的」とした法律であります。
                       当社が業務委託契約を締結するプロフェッショナル人材は、主に個人事業主
                       もしくは中小企業であるため、同法律に基づき、必要な対応を行っていま
                       す。
      個人情報の保護に関           中小企業庁      「デジタル社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大していることに鑑
      する法律                 み、個人情報の適正な取扱いに関し、基本理念及び政府による基本方針の作
      (個人情報保護法)                 成その他の個人情報の保護に関する施策の基本となる事項を定め、国及び地
                       方公共団体の責務等を明らかにし、個人情報を取り扱う事業者及び行政機関
                       等についてこれらの特性に応じて遵守すべき義務等を定めるとともに、個人
                       情報保護委員会を設置することにより、行政機関等の事務及び事業の適正か
                       つ円滑な運営を図り、並びに個人情報の適正かつ効果的な活用が新たな産業
                       の創出並びに活力ある経済社会及び豊かな国民生活の実現に資するものであ
                       ることその他の個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護する
                       ことを目的」とした法律であります。
                       当社はプロフェッショナル人材の氏名、生年月日、性別、住所、職歴等の個
                       人情報を取り扱っています。当社は、これら個人情報保護の重要性について
                       認識し、個人情報保護法を遵守するとともに、当社の「個人情報保護方針」
                       及び「個人情報保護規程」に基づき、情報の保護及び適切な管理に努めてい
                       ます。なお、2015年10月にプライバシーマーク(17002441)を取得していま
                       す。
                                 39/127



                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④ 事業上の重要な許認可等
       発生可能性:低、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:小
        当社における顧客企業との契約形態は業務委託契約が中心となっておりますが、案件の状況により、一部にお
       いて派遣契約による支援を行っております。また、当社のITエンジニアの転職支援サービス「テクストキャリア
       Performed     by  TECHSTOCK」においては、有料職業紹介事業の許可を受け、サービスの提供を行っております。
        当該許認可に基づく売上高が当社売上高の全体に占める割合は僅少であり、当社では、これら許認可等の規制
       に係る関係法令等の遵守に努めているため、現時点で事業運営上の支障をきたすような状況は生じておりませ
       ん。しかしながら、今後法令違反等が発生することでこれらの許認可等が停止又は取消しとなった場合や法規制
       の厳格化が生じる場合は、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        このようなリスクを踏まえ、法規制の改正等の動向を注視するとともに、法規制の遵守のために今後も社内教
       育や体制の構築等を行ってまいります。
                                 許認可等の                   許認可等の

         許認可の名称           規制法令       監督官庁                有効期限
                                   内容                  取消事由
                                        2020年2月1日から
       労働者派遣事業許可           労働者派遣法        厚生労働省         許可                 同法第6条
                                        2025年1月31日まで
                                        2020年1月1日から
       有料職業紹介事業許可            職業安定法       厚生労働省         許可                同法第32条の9
                                        2024年12月31日まで
     (2)  事業展開又は事業体制に関するリスクについて

      ① プロフェッショナル人材の確保について
       発生可能性:中、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:大
        当社の事業展開においては、高い専門性を有したプロフェッショナル人材を継続的に確保することが必要不可
       欠であります。しかしながら、これら人材の確保が当社の計画どおりに進まず、一定数の人材を確保できなく
       なった場合には、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        このようなリスクを踏まえ、当社では、フリーランス人材(コンサルタント/ITエンジニア)との接点の確保、
       コミュニケーションの強化による囲い込みを重要課題と認識し、既存及び新規顧客企業への営業を行う社員、プ
       ロジェクトの業務責任者となる社員、プロフェッショナル人材と積極的にコミュニケーションを取る専任スタッ
       フ等の採用活動の強化及び教育研修による育成を図るべく、人事部門の強化を積極的に推進しております。
      ② 品質について

       発生可能性:中、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:中
        当社が事業を展開するコンサルティングやシステム開発支援においては、品質管理が重要であると考えており
       ます。コンサルティングは知識集約ビジネスであり、コンサルタントのサービスレベルが品質に直結し、システ
       ム開発支援においては顧客の求める機能要件等を十分に満たすことが必要となります。しかしながら、顧客が期
       待する品質のサービスが提供できない場合には、契約の継続性に支障をきたすなど、当社の業績に影響を及ぼす
       可能性があります。
        このようなリスクを踏まえ、当社では、                   顧客企業への提案前に社内レビューを充実させることや、システム開
       発支援など成果物が重要なケースは契約開始後も定期的に有識者の確認を行うなど、                                       品質管理のための手続きを
       整備するとともに、当社社員及びフリーランス人材への教育等により、品質維持・向上を図っております。
      ③ 機密情報の管理について

       発生可能性:低、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:小
        当社が事業を展開するコンサルティングやシステム開発支援においては、顧客の事業戦略策定や基幹システム
       開発等に携わることから、機密性の高い情報を扱う機会が多くあります。万が一、顧客の機密情報等の流出・漏
       洩が生じた場合には、当社に対する社会的信用が損なわれ、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性がありま
       す。
        このようなリスクを踏まえ、当社では、当社社員及びフリーランス人材に対して入社・登録時及び定期的に機
       密情報の取扱いに関する指導・教育を行っております。                          加えて、当社情報システム内のアクセスログを監視する
       ことにより不正挙動の検出を図り、システムの責任者にメールを自動送信する運用を行っております。
                                 40/127


                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④ 知的財産権について
       発生可能性:低、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:小
        当社は、現在のところ、当社が他社の知的財産権を侵害している事実は認識しておりません。しかし、当社の
       認識していない知的財産権が既に成立していることにより、当社の事業運営が制約を受ける場合や第三者の知的
       財産権侵害が発覚した場合等においては、信用失墜や損害賠償請求等が発生し、当社の事業及び業績に影響を及
       ぼす可能性があります。
        このようなリスクを踏まえ、弁護士及び弁理士等の外部専門家と連携することで、第三者の知的財産権の侵害
       を防ぐ体制の構築や自社が保有する知的財産権の適切な管理を行ってまいります。
      ⑤ コンプライアンスについて

       発生可能性:低、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:小
        万が一、当社役員及び従業員並びにフリーランス人材がコンプライアンスに違反する行為を行った場合には、
       当社の社会的信用の失墜等により、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        このようなリスクを踏まえ、当社は、リスク・コンプライアンス規程を定め、四半期に一度リスク・コンプラ
       イアンス委員会を開催し、リスク状況の把握に努めております。当社役員及び従業員に対してはコンプライアン
       ス教育を実施するとともに、社内外の通報先を明示した内部通報制度によりコンプライアンス違反の情報を収集
       できるようにしております。また、フリーランス人材に対しては、案件の参画時に行動規範を定めた「プロジェ
       クト参画者向けガイドブック」等を提示し、内容を確認した旨の署名をさせることで、法令遵守意識を浸透させ
       ております。
      ⑥ 訴訟等のリスクについて

       発生可能性:低、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:小
        当社の事業展開において、取引先、役職員又はその他第三者との予期せぬトラブルや訴訟等が発生する可能性
       があります。また、訴訟の内容及び結果によっては、多大な訴訟対応費用の発生やブランドイメージの悪化等に
       より、当社の業績及び事業運営に影響を及ぼす可能性があります。
        このようなリスクを踏まえ、当社は、リスク・コンプライアンス管理規程を制定し、役職員に対して法令、定
       款及び社内規程並びに社会一般の規範の遵守を促すほか、代表取締役を委員長としたリスク・コンプライアンス
       委員会によるリスク管理及びコンプライアンスに係る取り組み等を行うことで、法令違反等の発生リスクの低減
       に努めております。
     (3)  会社組織に関するリスク

      ① 特定人物への依存について
       発生可能性:低、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:中
        当社の代表取締役である林博文は、当社の創業者であり、設立以来、代表取締役として経営方針や事業戦略の
       立案・決定及びその遂行において重要な役割を果たしております。何らかの理由により同氏が当社の業務を継続
       することが困難となった場合、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        このようなリスクを踏まえ、当社では、同氏に過度に依存しない経営体制として、取締役会の過半数を社外役
       員が占める体制としております。通常の業務執行は各事業本部主体で行われ、管理本部が牽制する組織運営体制
       を構築すると同時に、同氏以外への権限委譲を進めております。
        また今後の対応として、マネジメント層の強化を図るとともに、各業務プロセスにおけるKPIを連動して管理
       し、指標の変化に対するアクションまでを定義する「KPIマネジメント」の高度化を進めてまいります。具体的な
       「KPIマネジメント」としては、現在、当社では、マーケティング、営業、人材調達、サービスデリバリー等、各
       業務プロセスにおいてCPAや、営業一人当たり売上高、一人当たり面談数、稼働率、平均単価等の各種KPIを管理
       しております。これらのKPIに変化があった場合、各業務プロセスにおいて、取るべき対策をあらかじめ定義して
       おくことにより、経営判断の省力化を目指す「KPIマネジメント」を行うことで、属人的な判断を極力排する等を
       狙った取り組みをしてまいります。
      ②   人材の確保について

       発生可能性:中、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:中
        当社は、今後も当社の成長、事業規模拡大にあわせた適切な人材の確保・強化が必要になると考えております
       が、これに適切に対応できなかった場合、又は当社役員や重要な業務を担当する社員が退職等で流出した場合
                                 41/127


                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       は、当社の事業活動に支障をきたし、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        このようなリスクを踏まえ、マネジメント層を中心に、長期的な企業価値向上に対するインセンティブを目的
       とした新株予約権の付与等の施策の拡充を行ってまいります。
      ③ 内部管理体制の構築について

       発生可能性:低、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:中
        当社の継続的な成長のためには、コーポレート・ガバナンスが適切に機能することが必要不可欠であると認識
       をしておりますが、事業が急拡大することによりコーポレート・ガバナンスが有効に機能しなかった場合には、
       適切な業務運営を行うことができず、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        このようなリスクを踏まえ、業務の適正性及び財務報告の信頼性の確保のための内部統制システムの適切な整
       備・運用、さらに法令・定款・社内規程等の遵守を徹底してまいります。
      ④ システム障害について

       発生可能性:低、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:中
        当社は、社内システム及び各種サービスにつき、Amazon                          Web  Services,     Inc.が提供するデータセンターである
       Amazon    Web  Services(AWS)を利用して、24時間365日安定したサービス提供を行っております。しかしながら、
       各種サービスを管理しているサーバーやシステムにおいて災害、コンピューターウィルスやハッキング等の外的
       攻撃やソフトウエアの不具合、その他予測できない重大な事象が発生することにより、当社サービスの運営に障
       害が生じる可能性があります。その場合には、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        このようなリスクを踏まえ、安定的なサービス運営を行うために、システムの冗長化やセキュリティ対策の強
       化並びに障害発生時の社内体制の構築を行っております。
      ⑤ 風評リスクについて

       発生可能性:低、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:小
        当社、当社サービス、当社役員及び従業員並びにフリーランス人材等に対して、意図的に根拠のない噂や悪意
       を持った評判等を流布された場合には、当社の社会的信用の失墜等により、当社の事業及び業績に影響を及ぼす
       可能性があります。
        このようなリスクを踏まえ、当社は、高品質のサービスの提供に努めるとともに、当社役員及び従業員並びに
       フリーランス人材に対して、情報管理、コンプライアンス遵守等の徹底を図っております。
     (4)  その他のリスクについて

      ① 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大による経済的影響について
       発生可能性:低、発生可能性のある時期:数年以内、影響度:小
        新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大に伴い、当社ではリモートワークが可能な業務についてはこ
       れを推奨し、柔軟に事業を継続できる体制の整備に努めております。しかしながら、リモートワークが続くこと
       による生産性の低下や競争力低下及び従業員の感染が発生し拡大した場合には、当社の事業及び業績に影響を与
       える可能性がありますが、現時点では顕在化したリスクは認識しておりません。
        また、感染症が長期化することで、経済活動の停滞により、顧客におけるコンサルティング・システム開発支
       援案件の減少といったリスクがあると考えております。これらのリスクが顕在化することで既存取引先の減少や
       新規取引先の獲得ができない場合は、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
        このようなリスクを踏まえ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の動向を継続的に注視するとともに、当
       該動向に柔軟に対応できる体制構築に努めてまいります。
      ② 自然災害、事故等について

       発生可能性:低、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:小
        当社の主要な事業拠点は東京都港区にある本社でありますが、当該地区において大地震、台風等の自然災害及
       び事故、火災等により、業務の停止、設備の損壊や電力供給の制限等の不測の事態が発生した場合、当社の事業
       及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        このようなリスクを踏まえ、有事の際は、リスク・コンプライアンス委員会が緊急対策本部を指揮して対策を
       とる等、不測の事態に対応できる体制構築に努めてまいります。
                                 42/127


                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③ 調達資金の使途について
       発生可能性:低、発生可能性のある時期:数年以内、影響度:小
        当社の公募増資による資金使途は、人材採用費、広告宣伝費及びシステム開発費への充当を考えております。
        しかしながら、当社を取り巻く外部環境や経営環境の変化に伴い、当該資金が想定どおりの使途に充当されな
       い可能性もあります。また、計画どおりに資金を使用したとしても、期待どおりの効果をあげられない可能性が
       あります。そのような場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
        このようなリスクを踏まえ、当社を取り巻く外部環境や経営環境の変化については適時その動向を注視すると
       ともに、公募増資による資金調達の使途が変更になった場合には、適時適切に開示を行います。
      ④ 配当政策について

       発生可能性:低、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:小
        当社は、株主に対する利益還元と同時に、健全な財務体質及び競争力の強化を経営上の重要課題と位置づけて
       おります。現時点では、当社は成長過程にあると考え、内部留保の充実を図り、事業拡大と事業の効率化に向け
       た投資を実行することが株主に対する最大の利益還元につながると考えております。
        このことから、創業以来配当の実績はなく、今後においても当面の間は内部留保の充実を図る方針でありま
       す。将来的には、各事業年度の経営成績を勘案しながら株主への利益還元を検討していく方針ですが、現時点に
       おいて配当実施の可能性及びその実施時期等については未定であります。
      ⑤ 大株主について

       発生可能性:低、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:小
        当社の代表取締役林博文(同氏の資産管理会社であるKSM株式会社含む)、                                  その配偶者及び二親等内の血族              の所
       有株式数は、本書提出日現在で発行済株式総数の99.97%となっております。本売出によって所有株式の一部を売
       却する予定ではありますが、引き続き大株主となる見込みです。同氏、                                 その配偶者及び二親等内の血族               は、安定
       株主として引き続き一定の議決権を保有し、その議決権行使にあたっては、株主共同の利益を追求するととも
       に、少数株主の利益にも配慮する方針を有しております。当社といたしましても、同氏、                                          その配偶者及び二親等
       内の血族    は安定株主であると認識しておりますが、将来的に何らかの事情により、大株主である同氏、                                            その配偶
       者及び二親等内の血族          の持分比率が低下した場合には、当社株式の市場価格及び議決権行使の状況等に影響を及
       ぼす可能性があります。
      ⑥ 当社株式の流動性について

       発生可能性:中、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:中
        当社は、株式会社東京証券取引所への上場を予定しており、上場に際しては、本公募及び売出しによって当社
       株式の流動性の確保に努めることとしておりますが、株式会社東京証券取引所の定める流通株式比率について、
       新規上場時において25.54%にとどまる見込みです。今後は、役員への一部売出しの要請、ストック・オプション
       の行使による流通株式数の増加等により、流動性の向上を図っていく方針ではありますが、何らかの事情により
       上場時よりも流動性が低下する場合には、当社株式の市場における売買が停滞する可能性があり、それにより当
       社株式の需給関係にも悪影響を及ぼす可能性があります。
      ⑦ 新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

       発生可能性:高、発生可能性のある時期:数年以内、影響度:小
        当社は、当社の役員及び従業員並びに長期にわたり当社への貢献を行った社外協力者に対するインセンティブ
       を目的として、新株予約権を付与しており、本書提出日現在における発行済株式総数に対する潜在株式数の割合
       は3.04%となっております。これらの新株予約権が行使された場合には、当社株式が新たに発行され、既存の株
       主が有する株式の価値及び議決権割合が希薄化する可能性があります。 
      ⑧ M&Aについて

       発生可能性:低、発生可能性のある時期:特定時期なし、影響度:小
        当社は、現時点では具体的に想定しておりませんが、今後の事業拡大等を目的として、M&Aを事業展開の選択肢
       の一つとして考えております。M&Aの実行前には想定されなかった事象がその実行後に判明あるいは発生した場合
       や、市場環境の変化等により事業展開が計画どおりに進まない場合には、当社の業績に影響を与える可能性があ
       ります。
                                 43/127


                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        このようなリスクを踏まえ、M&Aの実行に際してはビジネス・財務・法務等に関する詳細なデュー・デリジェン
       スを行い、各種リスクの低減に努めるとともに、市場環境の変化については早期の情報収集を行ってまいりま
       す。
      ⑨ 新規サービス/事業の展開

       発生可能性:低、発生可能性のある時期:数年以内、影響度:小
        当社は、既存事業の拡大はもちろん、コンサルタント/ITエンジニア以外の職種のフリーランスを対象にした
       サービスの多様化等を含めた新規サービスを展開していくことが重要であると考えております。また、それを通
       じて、当社の事業規模拡大と収益多様化を図ってまいりたいと考えています。
        新規サービスの展開においては、市場環境の変化や不測の事態により、当初予定していた投資回収が実現でき
       ない可能性があり、人材採用費や広告宣伝費等の初期費用の発生や事業再編等に伴う事業売却損等が発生した場
       合には、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        このようなリスクを踏まえ、新規サービス/事業への投資を行う際は十分な検討を行い、意思決定を行ってまい
       ります。
                                 44/127















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次の
      とおりであります。
      ① 財政状態の状況

       第17期事業年度(自 2020年8月1日 至 2021年7月31日)
       (資産)
        当事業年度末における資産合計は                3,000,079     千円となり、前事業年度末に比べ933,606千円増加いたしました。
       その主な内容は、現金及び預金の増加499,119千円、売上増加に伴う売掛金の増加366,052千円、株式会社モンス
       ター・ラボへの出資に伴う、             投資有価証券      の増加   98,301   千円等であります。
       (負債)

        当事業年度末における負債合計は2,391,744千円となり、前事業年度末に比べ591,386千円増加いたしました。
       その主な内容は、売上増加に伴うビジネスパートナーへの外注費増加に伴う買掛金の増加273,237千円、未払法人
       税等の増加144,792千円等であります。
       (純資産)

        当事業年度末における純資産合計は608,334千円となり、前事業年度末に比べ342,219千円増加いたしました。
       その主な内容は、利益剰余金の増加341,947千円であります。
       第18期第3四半期累計期間(自 2021年8月1日 至 2022年4月30日)

       (資産)
        当第3四半期会計期間末における資産合計は、前事業年度末に比べ686,186千円増加し、3,686,266千円となり
       ました。これは、流動資産が695,180千円増加し、3,370,100千円となったこと及び固定資産が8,993千円減少し、
       316,166千円となったことによるものであります。
        流動資産の主な増加要因は、現金及び預金の増加387,515千円、売上増加に伴う売掛金の増加343,445千円によ
       るものであります。
        固定資産の主な減少要因は、有形固定資産の減少3,697千円及び投資その他の資産の減少5,296千円によるもの
       であります。
       (負債)

        当第3四半期会計期間末における負債合計は、前事業年度末に比べ289,881千円増加し、2,681,626千円となり
       ました。これは、流動負債が402,377千円増加し、2,244,339千円となったこと及び固定負債が112,496千円減少
       し、437,286千円となったことによるものであります。
        流動負債の主な増減要因は、売上増加に伴うビジネスパートナーへの外注費増加に伴う買掛金の増加279,080千
       円、短期借入金の増加100,000千円及び未払法人税等の減少30,625千円によるものであります。
        固定負債の主な減少要因は、長期借入金が110,576千円減少したことによるものであります。
       (純資産)

        当第3四半期会計期間末における純資産合計は、前事業年度末に比べ396,305千円増加し、1,004,640千円とな
       りました。これは、利益剰余金が396,305千円増加したことによるものであります。
      ② 経営成績の状況

       第17期事業年度(自 2020年8月1日 至 2021年7月31日)
        当事業年度における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症長期化の影響により、内閣府の月例経済報告で
       は、依然として厳しい状況にあり、持ち直しの動きが続いているものの、一部に弱さがみられるとされておりま
       す。
        また、先行きにつきましては、感染拡大の防止策を講じる中で、各種政策の効果や海外経済の改善もあり、持
       ち直しの動きが続くことが期待されますが、内外の感染拡大による下振れリスクの高まり等には、十分注意する
       必要があります。
                                 45/127

                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        このような状況の中、当社は需要の高いIT人材市場に向け、                            毎月数百名と着実に増加する高度なフリーランス
       人材2万人以上の登録者数を活かし、営業活動を展開した結果、月間の稼働人数も着実に増加し、堅調な業績で
       推 移しました。
        上記の結果、当事業年度における当社の業績は、売上高9,249,348千円、営業利益401,372千円、経常利益
       418,971千円、当期純利益341,947千円となりました。
        なお、当社は「プロフェッショナル人材ソリューション&コンサルティング事業」の単一事業であり、重要性
       に乏しいため、セグメント別の記載を省略しております。
       (売上高)

        当事業年度における売上高は、前事業年度と比べ2,091,904千円増加し、9,249,348千円(前年同期比29.2%
       増)となりました。これは主に、上記の経営環境において、既存顧客企業への他部門の開拓や、Webマーケティン
       グによる新規顧客の開拓が順調に進み、プロフェッショナル人材ソリューション&コンサルティング事業におい
       ては、月間の稼働人数が、467名(2020年7月末時点)から726名(2021年7月末時点)と伸び、売上を大きく伸
       ばすことができたためです。
       (売上原価、売上総利益)

        当事業年度における売上原価は、前事業年度と比べ1,561,879千円増加し、7,183,776千円(同27.8%増)とな
       りました。これは主に売上増加に伴うフリーランス及びビジネスパートナーに対する外注費並びにコンサルティ
       ングサービスを提供する部門に在籍する社員の人件費、法定福利費、通勤費を含めた原価の増加によるもので
       す。また、売上総利益率の社内目標に対する管理を強化した結果、前事業年度21.5%に対し、当事業年度では
       22.3%と0.8%増加し、当事業年度における売上総利益は、前事業年度と比べ530,025千円増加し、2,065,572千円
       となりました。
       (販売費及び一般管理費、営業利益)

        当事業年度における販売費及び一般管理費は、前事業年度と比べ169,644千円増加し、1,664,200千円となりま
       した。これは主に、採用活動強化のための人員採用に伴う人件費及び家賃の増加に伴うものです。採用費は、前
       事業年度の114,137千円から当事業年度は101,152千円と減少したものの、採用活動は順調に推移し、人件費が
       568,129千円から658,166千円と増加しました。広告宣伝費は、登録者数が20,034名(2020年7月末時点)から
       24,609名(2021年7月末時点)と伸び、前事業年度の208,898千円から当事業年度は214,084千円と増加しまし
       た。また、人員増加に伴いオフィスを開設したことにより、家賃が88,420千円から125,412千円に増加しておりま
       す。この結果、当事業年度における営業利益は、前事業年度と比べ360,381千円増加し、401,372千円(同879.2%
       増)となりました。
       (営業外損益・経常利益)

        当事業年度の営業外収益は、主に雇用調整助成金等の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連の助成金収
       入29,906千円を計上したことにより、前事業年度と比べ11,595千円増加し、32,948千円(同54.3%増)となりま
       した。営業外費用は訴訟関連費用9,176千円を計上したことにより、前事業年度と比べ8,188千円増加し、15,349
       千円(同114.4%増)となりました。この結果、当事業年度における経常利益は、前事業年度と比べ363,787千円
       増加し、418,971千円(同659.2%増)となりました。
       (特別損益・当期純利益)

        当事業年度の特別利益は、主に前事業年度における、関係会社であるITBPO株式会社(現株式会社モンスター・
       ラボ)の株式売却益の影響により、前事業年度と比べ56,617千円増加し、56,617千円となりました。特別損失は
       固定資産除却の影響により、前事業年度と比べ7,502千円増加し、13,442千円(同126.3%増)となりました。法
       人税等は、前事業年度と比べ107,299千円増加し、120,198千円(同831.8%増)となりました。この結果、当事業
       年度における当期純利益は、前事業年度と比べ305,603千円増加し、341,947千円(同840.9%増)となりました。
       第18期第3四半期累計期間(自 2021年8月1日 至 2022年4月30日)

        当第3四半期累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス変異株の感染拡大の影響により個人消費が
       弱含む中、ウクライナ情勢の悪化による資源価格の高騰や金融市場の動揺といった景気の下振れ要因が顕在化
       し、引き続き先行き不透明な状況が続きました。
                                 46/127


                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        一方、当社を取り巻くITコンサルティング市場においては、ビジネスから日常生活のあらゆる場面でのデジタ
       ル化が加速しており、デジタルトランスフォーメーション(DX)促進税制の創設など政府がIT投資を後押しする
       姿 勢も強まっており、当市場は底堅く成長しております。
        このような状況の中、当社は需要の高いIT人材市場に向け、毎月600人程度と着実に増加する高度なフリーラン
       ス人材2万人以上の登録者数を活かし営業活動を展開した結果、月間の稼働人数も着実に増加し、堅調な業績で
       推移しました。
        上記の結果、当第3四半期累計期間における当社の業績は、売上高9,434,255千円、営業利益580,439千円、経
       常利益579,003千円、四半期純利益387,172千円となりました。
        なお、当社は「プロフェッショナル人材ソリューション&コンサルティング事業」の単一事業であり、重要性
       に乏しいため、セグメント別の記載を省略しております。
      ③ キャッシュ・フローの状況

       第17期事業年度(自 2020年8月1日 至 2021年7月31日)
        当事業年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度に比べ499,119千円増加し
       1,493,275千円となりました。
        当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とその主な要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動の結果得られた資金は551,389千円(前年同期は58,793千円の獲得)となりました。
        主な要因は、売上高が伸長したことにより税引前当期純利益が462,146千円となったことによるものでありま
       す。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動の結果使用した資金は7,761千円(前年同期は189,322千円の使用)となりました。
        主な要因は、投資有価証券の取得による支出99,978千円、関係会社株式の売却による収入84,705千円等による
       ものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動の結果使用した資金は44,511千円(前年同期は478,610千円の獲得)となりました。
        主な要因は、短期借入金の減少により使用した資金235,000千円、長期借入れによる収入300,000千円、長期借
       入金の返済による支出109,783千円等によるものであります。
      ④ 生産、受注及び販売の実績

       a.  生産実績
        当社で行う事業は、提供するサービスの性質上、生産実績の記載になじまないため、当該記載を省略しており
       ます。
       b.  受注実績

        当社で行う事業は、提供するサービスの性質上、受注実績の記載になじまないため、当該記載を省略しており
       ます。
       c.  販売実績

        第17期事業年度及び第18期第3四半期累計期間における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであ
       ります。
                              第17期事業年度              第18期第3四半期累計期間

                            (自 2020年8月1日                 (自 2021年8月1日
            セグメントの名称
                             至 2021年7月31日)                 至 2022年4月30日)
                          金額(千円)        前年同期比(%)             金額(千円)
        プロフェッショナル人材ソリュー
                                       129.2
                            9,249,348                         9,434,255
        ション&コンサルティング事業
                                 47/127

                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                       129.2
              合計              9,249,348                         9,434,255
       (注)   1.当社はプロフェッショナル人材ソリューション&コンサルティング事業の単一セグメントであるた
            め、セグメントごとの記載はしておりません。
          2.主な相手先別の販売実績及び総販売実績に対する割合
                                  前事業年度               当事業年度
                  相手先
                              金額(千円)        割合(%)       金額(千円)        割合(%)
          株式会社エヌ・ティ・ティ・データ                      482,514         6.7    1,090,121          11.8
          3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

      ① 経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
        「(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態の状況」及び「(1)経営成績等の状況の概要 ②経営成績の状況」
       に記載のとおりです。
      ② キャッシュ・フローの分析

        各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因については、「3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッ
       シュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要③キャッシュ・フローの状況」に記載しております。
      ③ 重要な会計方針及び見積り

        当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。
       この財務諸表の作成にあたり、見積りが必要な事項につきましては、合理的な基準に基づき、会計上の見積りを
       行っております。
        詳細につきましては、           「第5 経理の状況 1 財務諸表等(1)財務諸表 注記事項 (重要な会計方
       針)」   に記載のとおりであります。
      ④ 資本の財源及び資金の流動性

        当社の運転資金需要のうち主なものは、人件費、外注費や広告宣伝費等の営業費用であります。投資を目的と
       した資金需要は、自社でのソフトウェア開発における人件費や外注費等によるものであります。
        当社は、事業運営上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としております。運転資金
       の調達は自己資金及び金融機関からの借入を基本としております。
        なお、当事業年度末における現金及び現金同等物の残高は、1,493,275千円であり、十分な流動性を確保してお
       ります。
      ⑤ 経営成績に重要な影響を与える要因について

        経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のとおり
       であります。
      ⑥ 経営者の問題意識と今後の方針について

        当社が認識する課題等について、経営者は「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題
       等」に記載の課題に対処していく必要があると認識しております。これらの課題に対し、経営者は市場ニーズや
       事業環境の変化に関する情報の入手、分析を行い、現在及び将来の事業環境を認識した上で、当社の経営資源を
       適切に配分し、対応策を実施していく方針です。
      ⑦ 経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等について

        経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等については、「第2                                     事業の状況 1        経営方針、経
       営環境及び対処すべき課題等 (3)                 経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等」に記載のとおり
       です。
        売上高成長率と売上総利益率の実績は以下のとおりです。分析については、「(1)経営成績等の状況の概要 ②
       経営成績の状況」に記載のとおりです。
                             前事業年度             当事業年度
                                 48/127


                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            売上高成長率                     233.7%             129.2%
            売上高総利益率                      21.5%             22.3%
        プロフェッショナル人材ソ            リューション&コンサルティング事業における登録者数及び月間の稼働人員数の実

       績は以下のとおりです。分析については、「(1)経営成績等の状況の概要 ②経営成績の状況」に記載のとおりで
       す。
                             前事業年度             当事業年度
            登録者数                     20,034名             24,609名
            月間の稼働人数                      467名             726名
    4  【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

     第17期事業年度(自 2020年8月1日 至 2021年7月31日)
      当社は将来を見据えた研究開発や新規事業の創出が重要な課題であると考え、社内業務の効率化や自動化を支援す
     るシステム開発等、中長期の競争力確保につながる研究開発及びノウハウの蓄積を継続的に行っております。
      当事業年度における研究開発費の総額は、                   77,195   千円であります。
     第18期第3四半期累計期間(自 2021年8月1日 至 2022年4月30日)

      当社は将来を見据えた研究開発や新規事業の創出が重要な課題であると考え、社内業務の効率化や自動化を支援す
     るシステム開発等、中長期の競争力確保につながる研究開発及びノウハウの蓄積を継続的に行っております。
      当第3四半期累計期間における研究開発費の総額は、                         88,671   千円であります。
                                 49/127












                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

     第17期事業年度(自 2020年8月1日 至 2021年7月31日)
      当事業年度の設備投資の総額は              8,335   千円であり、その主なものは、六本木一丁目オフィスへの投資であります。な
     お、当事業年度におきましては、2021年5月1日付で本社所在地を移転しており、建物11,520千円、建物付属設備
     7,703千円及び工具器具備品4,486千円の除却を行っております。
      なお、当社は「プロフェッショナル人材ソリューション&コンサルティング事業」の単一事業であるため、セグメ
     ント別の記載を省略しております。
     第18期第3四半期累計期間(自 2021年8月1日 至 2022年4月30日)

      当第3四半期累計期間の設備投資の総額は                    5,204   千円であり、その主なものは、              人員増加に伴うPCの購入等            でありま
     す。なお、当第3四半期累計期間において重要な設備の除却、売却等はありません。
    2 【主要な設備の状況】

      当社における主要な設備は、次のとおりであります。
                                                 2021年7月31日現在
                                  帳簿価額(千円)
        事業所名                                            従業員数
                  設備の内容
                                   工具、器具
        (所在地)                                             (人)
                            建物                 合計
                                   及び備品
     本社                                                   166
                 業務施設             19,349         21,210         40,560
     (東京都港区)                                                   (11)
     六本木一丁目オフィス
                 業務施設             23,564         10,912         34,476          17
     (東京都港区)
     札幌オフィス
                 業務施設               -      4,176         4,176          10
     (北海道札幌市)
     (注)   1.当社は、プロフェッショナル人材ソリューション&コンサルティング事業の単一セグメントであるため、セ
         グメント別の記載を省略しております。
       2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       3.現在休止中の設備はありません。
       4.従業員数の( )は臨時雇用者数を外書しております。
       5.本社及び主要オフィスの建物は賃借物件であり、年間賃借料は以下のとおりであります。
                                        年間賃借料
              事業所名
                           設備の内容
              (所在地)
                                         (千円)
          本社
                           業務施設                  52,876
          (東京都港区)
          六本木一丁目オフィス
                           業務施設                  31,170
          (東京都港区)
          札幌オフィス
                           業務施設                  3,335
          (北海道札幌市)
          旧本社
                           業務拠点                  25,607
          (東京都港区)
          その他営業拠点
                           営業拠点                  12,422
          (大阪府大阪市ほか)
                                 50/127




                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【設備の新設、除却等の計画】                 (2022年4月30日現在)
     (1) 重要な設備の新設等
       該当事項はありません。
     (2)  重要な設備の除却等

       該当事項はありません。
                                 51/127


















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                           16,000,000

                 計                         16,000,000

     (注)    2022年4月20日開催の取締役会決議により、2022年5月18日付で株式分割に伴う定款変更が行われ、発行可能
        株式総数は14,400,000株増加し、16,000,000株となっております。
      ② 【発行済株式】

                   上場金融商品取引所名又は

      種類     発行数(株)                                  内容
                  登録認可金融商品取引業協会名
                                  完全議決権株式であり権利内容に何ら限定のない当社
     普通株式       4,000,000            非上場          における標準となる株式であります。なお、単元株式
                                  数は100株であります。
      計     4,000,000             -                     -
     (注)   1.2022年4月20日開催の取締役会決議により、2022年5月9日付で1株を10株に株式分割いたしました。これ
         により株式数は3,600,000株増加し、発行済株式総数は4,000,000株となっております。
       2.2022年5月18日開催の株主総会決議により、同日付で1単元を100株とする単元株制度を導入しておりま
         す。
                                 52/127











                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
        当社は、ストックオプション制度を採用しております。当該制度は、会社法に基づき新株予約権を発行する方
       法によるものであります。
        当該制度の内容は、以下のとおりであります。
                            2021年1月25日                  2021年1月25日

    決議年月日
                          (第1回新株予約権)                  (第2回新株予約権)
                       当社取締役        1
    付与対象者の区分及び人数(名)                                     社外協力者 3
                       当社従業員 35(注)1
    新株予約権の数(個)           ※
                       9,080[8,220](注)2                  3,100(注)2、3
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                       普通株式 9,080[82,200]                  普通株式 3,100[31,000]
    内容及び数(株)         ※
                       (注)2                  (注)2
    新株予約権の行使時の払込金額(円)
                       3,664[367](注)4                  3,664[367](注)4
    ※
                       自 2023年1月26日                  自 2023年1月26日
    新株予約権の行使期間           ※
                       至 2031年1月25日                  至 2031年1月25日
    新株予約権の行使により株式を発行す
                       発行価格  3,664[367]                  発行価格        3,744[375]
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                       資本組入額 1,832[184]                  資本組入額 1,872[188]
    額(円)     ※
    新株予約権の行使の条件            ※
                       (注)5                  (注)6
                       譲渡による新株予約権の取得につい                  譲渡による新株予約権の取得につい
    新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                       ては、当社取締役会の決議による承                  ては、当社取締役会の決議による承
                       認を要するものとする。                  認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                       (注)7                  (注)7
    付に関する事項        ※
                            2021年7月13日                  2021年7月13日

    決議年月日
                          (第3回新株予約権)                  (第4回新株予約権)
    付与対象者の区分及び人数(名)                  当社従業員 27(注)1                  社外協力者 2
    新株予約権の数(個)           ※
                       642[522](注)2                  300(注)2、3
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                       普通株式 642[5,220]                  普通株式 300[3,000]
    内容及び数(株)         ※
                       (注)2                  (注)2
    新株予約権の行使時の払込金額(円)
                       3,664[367](注)4                  3,664[367](注)4
    ※
                       自 2023年7月14日                  自 2023年7月14日
    新株予約権の行使期間           ※
                       至 2031年7月13日                  至 2031年7月13日
    新株予約権の行使により株式を発行す
                       発行価格  3,664[367]                  発行価格  3,744[375]
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                       資本組入額 1,832[184]                  資本組入額 1,872[188]
    額(円)     ※
    新株予約権の行使の条件            ※
                       (注)5                  (注)6
                       譲渡による新株予約権の取得につい                  譲渡による新株予約権の取得につい
    新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                       ては、当社取締役会の決議による承                  ては、当社取締役会の決議による承
                       認を要するものとする。                  認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                       (注)7                  (注)7
    付に関する事項        ※
      ※  当事業年度の末日(2021年7月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
       現在(2022年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
                                 53/127


                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)1.付与対象者の退職による権利の喪失等により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、次のと
         おりとなっております。
         (1)  第1回新株予約権
           当社取締役1名、当社従業員27名
         (2)  第3回新株予約権
           当社従業員21名
       2.新株予約権1個あたりの目的となる株式数は、最近事業年度の末日は1株、提出日の前月末現在は10株であ
         ります。
         但し、本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は、以下の定めにより調整されることがある。
         (1)  当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の
           数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていな
           い新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、こ
           れを切り捨てる。
                   調整後株式数      = 調整前株式数      × 分割・併合の比率
         (2)  当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行う場合又はその他や

           むを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整されるも
           のとする。
       3.本新株予約権は、新株予約権1個につき80円で有償発行しております。
       4.行使価額は以下に定めるところに従い調整されることがある。
         (1)  当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整
           し、1円未満の端数は切り上げる。
                                        1
                 調整後行使価額       = 調整前行使価額        ×
                                    分割・併合の比率
         (2)  当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行又は自己株式の処分を行う場合(新株予約権の行使

           に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満
           の端数は切り上げる。
                    既発行株式数      × 調整前行使価額        + 新規発行株式数       × 1株当たり払込金額

           調整後行使価額       =
                        既発行株式数           +       新規発行株式数
           上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除

           した数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金
           額」を「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
           さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を
           行う場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で調整されるもの
           とする。
       5.第1回新株予約権及び第3回新株予約権における行使の条件
         (1)  新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社又は
           当社子会社の取締役、監査役、執行役員、従業員、並びに顧問、アドバイザー、コンサルタントその他
           名目の如何を問わず当社又は当社子会社との間で委任、請負等の継続的な契約関係があることを有して
           いなければならない。ただし、取締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限りではない。
         (2)  新株予約権者は、当社の新株予約権の目的たる株式が日本国内の証券取引所に上場し、かつ上場日以後
           6ヶ月間を経過した場合に限り、新株予約権を行使することができる。ただし、当社取締役会の承認を
           得た場合はこの限りではない。
         (3)  新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。ただ
           し、取締役会が認めた場合は、この限りではない。
       6.第2回新株予約権及び第4回新株予約権における行使の条件
                                 54/127


                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (1)  新株予約権の割り当てを受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、割当日から本新株予約権の権
           利行使期間の末日に至るまでの間において次に掲げる各事由が生じた場合には、新株予約権者は残存す
           る すべての本新株予約権を行使することができない。
           ① 行使価額を下回る価格を対価とする当社普通株式の発行等が行われた場合(払込金額が会社法第
             199条第3項・同第200条第2項に定める「特に有利な金額である場合」を除く。)。
           ② 本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されていな
             い場合、行使価額を下回る価格を対価とする売買その他の取引が行われたとき(但し、資本政策目
             的等により当該取引時点における株式価値よりも著しく低いと認められる価格で取引が行われた場
             合を除く。)。
           ③ 本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場された場
             合、当該金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値が、行使価額を下回る価格となっ
             たとき。
         (2)  新株予約権者は、権利行使時においても、当社又は当社子会社の取締役、監査役、執行役員、従業員、
           並びに顧問、アドバイザー、コンサルタントその他名目の如何を問わず当社又は当社子会社との間で委
           任、請負等の継続的な契約関係があることを有していなければならない。ただし、取締役会が正当な理
           由があると認めた場合は、この限りではない。
         (3)  新株予約権者は、当社の新株予約権の目的たる株式が日本国内の証券取引所に上場し、かつ上場日以後
           6ヶ月間を経過した場合に限り、新株予約権を行使することができる。ただし、当社取締役会の承認を
           得た場合はこの限りではない。
         (4)  新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。ただ
           し、取締役会が認めた場合は、この限りではない。
         (5)  本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することと
           なるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
         (6)  各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
       7.組織再編行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残
         存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会
         社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約
         権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再
         編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予
         約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式
         移転計画において定めた場合に限るものとする。
         (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
           組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権
           の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案の上、注1に準じて決定する。
         (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上、
           注2で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記(3)に従って決定される当該新株
           予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
         (5)  新株予約権を行使することができる期間
           新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新株予
           約権を行使することができる期間の満了日までとする。
         (6)  新株予約権の行使の条件
           注3に準じて決定する。
         (7)  増加する資本金及び資本準備金に関する事項
                                 55/127


                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
           項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
           き は、その端数を切り上げるものとする。本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加
           する資本準備金の額は、上記の資本金等増加限度額から上記に定める増加する資本金の額を減じた額と
           する。
       8.2022年4月20日開催の取締役会決議により、2022年5月9日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割
         を行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)」、「新株予約
         権の行使時の払込金額(円)」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の発行価格及び資本組入
         額(円)」が調整されております。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                  (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    2020年12月22日
                   399,800       400,000          -     50,000         -       -
    (注)1
    2022年5月9日
                  3,600,000       4,000,000           -     50,000         -       -
    (注)2
     (注)   1.株式分割によるものであります。(1:2,000)
       2.株式分割によるものであります。(1:10)
     (4)  【所有者別状況】

                                                 2022年5月31日現在
                        株式の状況     (1単元の株式数        100  株)
                                                      単元未満
      区分                            外国法人等                   株式の状況
           政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                       (株)
           地方公共     金融機関                                 計
                      取引業者      法人               その他
            団体
                                個人以外      個人
    株主数
              -     -     -      1     -     -      6     7     -
    (人)
    所有株式数
              -     -     -   10,000       -     -   30,000     40,000        -
    (単元)
    所有株式数
              -     -     -    25.0      -     -    75.0     100.0        -
    の割合(%)
                                 56/127






                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                                  2022年5月31日現在
           区分           株式数(株)        議決権の数(個)                 内容
    無議決権株式                    -         -               -

    議決権制限株式(自己株式等)                    -         -               -

    議決権制限株式(その他)                    -         -               -

    完全議決権株式(自己株式等)                    -         -               -

                                       完全議決権株式であり、権利内容に何ら

                    普通株式
                                       限定のない当社における標準となる株式
    完全議決権株式(その他)                               40,000
                                       であります。
                        4,000,000
                                       なお、単元株式数は100株であります。
    単元未満株式                    -         -               -

    発行済株式総数                    4,000,000         -               -

    総株主の議決権                    -           40,000             -

      ② 【自己株式等】

        該当事項はありません。
                                 57/127












                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】
        該当事項はありません。
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

       該当事項はありません。
    3 【配当政策】

      当社は、株主に対する利益還元を経営上の重要課題の一つとして位置づけておりますが、内部留保の充実等を優先
     し、事業の効率化、事業拡大のための投資に充当していくことが株主に対する最大の利益還元につながると考えてお
     ります。
      このことから創業以来配当は実施しておらず、今後においても当面の間は内部留保の充実を図る方針であります。
     将来的には、収益力の強化や事業基盤の整備を実施しつつ、内部留保の充実状況及び企業を取り巻く事業環境を勘案
     した上で、株主に対して安定的かつ継続的な利益還元を実施する方針でありますが、現時点において配当実施の可能
     性及びその実施時期等については未定であります。
      なお、剰余金の配当を行う場合、年1回の期末配当を基本方針としており、配当の決定機関は株主総会となってお
     ります。また、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当を取締役会の決議によって行うことができる旨を定款
     に定めております。
                                 58/127











                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、株主重視の基本方針に基づき、継続企業として収益の拡大、企業価値の向上のため、経営管理体制を
       整備し、経営の効率化と迅速性を高めてまいります。同時に、社会における企業の責務を認識し、各種サービス
       を通じた社会貢献、当社を取り巻く利害関係者の調和ある利益の実現に取り組んでまいります。これらを踏ま
       え、経営管理体制の整備にあたり、事業活動の透明性及び客観性を確保すべく、業務執行に対するモニタリング
       体制の整備を進め、適時情報公開を行ってまいります。
      ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

       a.  企業統治の体制の概要
        当社の企業統治の体制の概要図は以下のとおりです。
        具体的な内容は以下のとおりです。







       (イ)   取締役会

         当社の取締役会は、代表取締役林博文が議長を務め、取締役内野権、監査等委員である社外取締役川端章
        夫、小山史夫、下稲葉耕治の取締役計5名で構成されております。
         取締役会は、原則として月1回開催し、法令、定款及び取締役会規程等に定められた事項の審議・決定並び
        に取締役の業務執行状況を監督・監視しております。
       (ロ)   監査等委員会

         当社の監査等委員会は、常勤の川端章夫が議長を務め、非常勤の小山史夫、下稲葉耕治の監査等委員3名で
        構成されております。
         監査等委員会は、原則として月1回開催し、法令、定款及び監査等委員会規則等に従い、監査等委員の監査
        方針、年間の監査計画等を決定しております。なお、監査内容につきましては、各監査等委員が毎月監査等委
        員会に報告し、情報の共有化及び監査計画の進捗確認を行っております。
                                 59/127




                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (ハ)   内部監査
         当社の内部監査は、内部監査室を設置し、内部監査責任者として専任の内部監査室長1名と、それを補助す
        る内部監査担当者1名の計2名で担当しております。内部監査では、事業の適切性を検証し、業務の有効性及
        び効率性を担保することを目的として、計画に基づいて内部監査を実施し、監査結果を代表取締役へ報告する
        とともに、監査対象となった各部門に対して業務改善等のための指摘を行い、改善状況について、後日フォ
        ローアップし確認しております。
       (ニ)   経営会議

         経営会議は、代表取締役、常勤取締役、常勤監査等委員及び本部長で構成しており、原則として月1回開催
        しております。職務権限上の決裁を行うことに加え、各部門の業績報告等、業務執行に関する情報を共有する
        とともに、会社としての課題及び解決について認識を共有することで業務執行の迅速化を図っております。
         なお、上記の構成員に加えて、第三者としての見解を求めるため、経営会議規程に基づき代表取締役の指名
        により、業務委託契約に基づく常勤の社外協力者である長谷川宏志及び田口正剛が出席しております。長谷川
        宏志は2013年10月に当社取締役に就任、田口正剛は2017年10月に当社執行役員に就任して当社経営に参画した
        他(いずれも本書提出日現在においては退任済)、本書提出日現在においては、当社での経験及び長年の業界
        経験・知見を基にした営業活動実行支援等を行っており、そうした背景を基にした助言等を期待して、経営会
        議への出席を求めております。
       (ホ)   会計監査人

         当社は、会計監査人として、太陽有限責任監査法人と監査契約を締結しており、会計監査を受けておりま
        す。
       (ヘ)   リスク・コンプライアンス委員会

         当社は、リスク管理に関する重要事項の審議と方針決定を行うため、代表取締役を委員長とし、常勤取締
        役、常勤監査等委員及びその他委員長が指名する者により構成されるリスク・コンプライアンス委員会を設置
        し、原則として四半期に1回開催しております。
       b.  当該企業統治の体制を採用する理由

        当社は、監査等委員会設置会社を選択しております。
        現在、当社の監査等委員会は3名で構成され、いずれも社外取締役となっております。監査等委員である取締
       役は、監査機能に加え、取締役会で議決権を有し、経営陣や取締役に対して実効性の高い監督機能が確保できる
       ことから、経営の効率性、健全性の確保及びコーポレート・ガバナンスの強化が可能であると考え、当該体制を
       採用しております。
      ③ 企業統治に関するその他の事項

       a.  内部統制システムの整備の状況
        当社は、会社法に基づく業務の適正性を確保するための体制として、以下のとおり「内部統制システム基本方
       針」を定め、当該基本方針に基づき内部統制システムの整備・運用を行っております。
        a.  取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

         (a)  当社は、取締役及び使用人が法令、定款及び当社の企業理念を遵守することを企業経営における最優先
           事項と位置づけ、取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合するよう周知徹底しておりま
           す。
         (b)  取締役会は、取締役会規程に基づき、これを定期的に開催し、経営の基本方針等を審議決議するととも
           に、他の取締役の業務執行を相互に監督しております。
         (c)  取締役会は、取締役会規程、職務権限規程及びその他の職務の執行に関する規程を制定し、取締役及び
           使用人は法令、定款及び当社規程に従い、業務を執行しております。
         (d)  監査等委員会は、内部統制システムの整備と運用状況を含め、独立した立場から取締役の職務執行の監
           査を行っております。
         (e)  内部監査室は、内部監査規程に基づき、コンプライアンス体制が有効に機能しているかを監査し、その
                                 60/127


                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           結果を代表取締役に報告しております。
         (f)  コンプライアンス体制の基礎として、取締役及び使用人が遵守すべき規範として「リスク・コンプライ
           アンス規程」を定め周知徹底を図るとともに、代表取締役を委員長とするリスク・コンプライアンス委
           員会を設置し、コンプライアンス体制の構築・維持、意識の向上に努めております。
         (g)  法令及び定款に反する行為を早期発見し是正することを目的とする社内報告体制として、内部通報制度
           を整備しております。また、当該制度に基づき報告した者が不利益な取扱いを受けないこと等について
           「内部通報規程」にて明文化し、適正に対応することとしております。
        b.  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
         当社においては、取締役の職務執行に係る情報は、取締役会その他重要な会議に関する議事録及び稟議書等
         の文書(電磁的記録を含む。)として記録し、「文書管理規程」等の社内規程に基づき保存及び管理する体制
         としております。
        c.  損失の危険の管理に関する規程その他の体制
         当社においては、「リスク・コンプライアンス規程」を定め、リスク・コンプライアンス委員会を設置し、
         事業運営に重大な影響を及ぼす可能性のあるリスクを未然に防止するように努めるとともに、事業運営に重
         大な影響を及ぼす事態が発生した場合の対応やその予防について、必要な処置を講じる体制としておりま
         す。
        d.  取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         当社においては、原則として毎月1回開催の定時取締役会のほか、必要に応じて臨時取締役会を行い、迅速
         かつ効率的な意思決定を行う体制としております。
         また、取締役会の意思決定に基づく業務執行については、社内規程において職務分掌及び責任権限を定め、
         業務の組織的かつ効率的な運営を図ることを確保する体制としております。
        e.  当社及びその子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制
         当社には現在子会社は存在しないため、企業集団における業務の適正を確保するための体制はありません。
         なお、当社に親会社又は子会社が存することとなったときは、当該親会社又は子会社の機関構成、組織体制
         等を考慮して、当社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団の業務の適正を確保するための体制の構
         築を行います。
        f.  監査等委員会の職務を補助すべき使用人に関する事項、その使用人の取締役(監査等委員である取締役を除
         く。)からの独立性に関する事項並びにその使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
         取締役会は監査等委員会と協議の上、監査等委員会を補助すべき使用人を置くこととしております。
         なお、当該使用人の任命、異動、評価、指揮命令権限等は、監査等委員会の事前の同意を得るものとし、当
         該使用人の取締役(監査等委員である取締役を除く。)からの独立性を確保することとしております。
        g.  取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び使用人が監査等委員会に報告をするための体制その他の監査
         等委員会への報告に関する体制
         取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び使用人は、当社の業務又は財務の状況に重大な影響を及ぼす
         おそれのある事項を発見したときは、その内容について直ちに監査等委員会に報告しなければならないこと
         としております。
         また、監査等委員会に報告したことを理由とする不利益処分その他の不当な取扱いを禁止することとしてお
         ります。
        h.  その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         (a)  監査等委員は、代表取締役及び会計監査人と定期的な会合をもち、経営方針、会社の対処すべき課題、
           会社を取り巻くリスクの他、監査等委員会監査の環境整備の状況、監査上の重要問題点について意見を
           交換することとしております。
         (b)  重要な意思決定の過程及び業務の執行状況を把握できるようにするため、監査等委員は取締役会の他、
           重要な会議に出席でき、また、監査等委員会から要求のあった文書等は、随時提供することとしており
           ます。
         (c)  監査等委員が、その職務の執行(監査等委員会の職務の執行に関するものに限る。)について生ずる費用
           の前払い又は償還等の請求をしたときは、速やかに当該費用又は債務を処理しております。
        i.  財務報告の信頼性に係る内部統制を確保するための体制
         当社の財務報告の適正性と信頼性を確保するための体制として、適正な会計処理を確保し、財務報告の信頼
         性を向上させるため、財務報告に係る内部統制の体制を整備しております。
        j.  反社会的勢力との関係を遮断するための体制
                                 61/127

                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (a)  当社は、暴力団、暴力団構成員、準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、特殊知能
           暴力集団等の反社会的勢力(以下「反社会的勢力」という。)との関係を一切遮断しております。
         (b)  当社は、反社会的勢力排除のため、以下の体制整備を行っております。
           ・反社会的勢力対応部署の設置
           ・外部専門機関との連携体制の確立
           ・「反社会的勢力等排除規程」等の社内規程の制定
           ・暴力団排除条項の導入
           ・公益財団法人暴力団追放運動推進都民センターに賛助会員として加入
           ・公益社団法人警視庁管内特殊暴力防止対策連合会に加入
           ・その他反社会的勢力を排除するために必要な体制の確立
       b.  取締役会で決議できる責任免除について

        当社は、職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規
       定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度におい
       て、取締役会の決議によって免除することができる旨定款に定めております。
       c.  取締役の定数

        当社の取締役は5名以内とする旨を定款で定めております。
       d.  取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出
       席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び選任決議は、累積投票によらない旨を定款で定めております。
       e.  中間配当

        当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定に基づき、取締役会の決議に
       よって毎年1月31日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款で定めております。
       f.  株主総会の特別決議要件

        当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める特別決議について、
       議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上
       をもって行う旨定款に定めております。
       g.  責任限定契約の内容

        当社と社外取締役3名は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定す
       る契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、会社法第425条第1項に定める額とし
       ております。なお、当該責任限定契約が認められるのは、当該社外取締役が責任の原因となった職務の遂行につ
       いて善意かつ重大な過失が無い場合に限られます。
       h.  役員等賠償責任保険契約の内容

        当社は、会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しておりま
       す。当該保険契約の被保険者の範囲は当社の取締役及び管理職従業員であり、被保険者は保険料を負担しており
       ません。当該保険契約により被保険者の職務の執行に起因して、損害賠償請求を受けた場合に被保険者が法律上
       の損害賠償責任を負担することによって被る損害が填補されることとなります。ただし、被保険者の職務の執行
       の適正性が損なわれないようにするため、法令違反の行為であることを認識して行った行為に起因して生じた損
       害等の場合には填補の対象としないこととしております。
                                 62/127





                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【役員の状況】
      ① 役員一覧
        男性  5 名 女性    -名(役員のうち女性の比率             -%)
                                                      所有株式数
      役職名      氏名     生年月日                   略歴                任期
                                                       (株)
                      1996年4月     アンダーセンコンサルティング㈱(現アクセンチュア㈱)入社
                      2000年3月     カタログシティジャパン㈱入社
                      2001年2月     アクセンチュア㈱入社
                      2005年2月     当社設立、代表取締役(現任)
                      2005年7月     IT BPO㈱(現㈱モンスターラボホールディングス)設立、取締
                           役                            3,986,600
           林 博文
     代表取締役           1972年7月11日                                    (注)2
                      2006年1月     IT BPO  P&M㈱設立、取締役                         (注)4
                      2006年10月     ㈱アイ・ビー・シー設立、代表取締役(現任)
                      2008年5月     オリエント・ユニオン㈱設立、代表取締役
                      2011年8月     日本盈聯(香港)有限公司設立、董事就任(現任)
                      2012年10月     上海殷図麓普貿易有限公司設立、董事長
                      2018年11月     KSM㈱設立、代表取締役(現任)
                      1996年4月     アンダーセンコンサルティング㈱(現アクセンチュア㈱)入社
                      2004年7月     ㈱アミューズキャピタル入社
                      2005年3月     ㈱フィールプラス(現㈱マーベラス)、取締役
                      2005年6月     ㈱キャビア(現㈱マーベラス)、取締役
      取締役
           内野  権
               1972年6月1日       2006年4月     ㈱キャビア(現㈱マーベラス)、代表取締役                        (注)2       -
     管理本部長
                      2006年4月     ㈱AQインタラクティブ(現㈱マーベラス)、執行役員
                      2011年8月     アクセンチュア㈱入社、パートナー
                      2017年3月     当社入社、管理本部長
                      2019年1月     当社取締役管理本部長(現任)
                      1967年4月     東京芝浦電気㈱(現㈱東芝)入社
                      1999年9月     ㈱ドットインターナショナル設立、代表取締役社長(現任)
                      2002年3月     SMICジャパン㈱顧問
      取締役
           川端  章夫         2009年4月     ザインエレクトロニクス㈱常勤監査役
               1945年3月27日                                    (注)3      600
    (監査等委員)
                      2016年5月     一般社団法人日本電子デバイス産業協会                監事(現任)
                      2016年9月     当社監査役
                      2021年10月     当社取締役(監査等委員)(現任)
                      1979年4月     アーサーアンダーセン公認会計士事務所(現アクセンチュア
                           ㈱)入所
                      2004年7月     ㈱トード・エス・ポッシブレ・ジャパン設立、代表取締役
      取締役
           小山  史夫
               1951年10月2日       2006年3月     慶應義塾大学大学院商学研究科大学特別招聘教授                        (注)3      400
    (監査等委員)
                      2017年4月     ㈱トード・エス・ポッシブレ・ジャパン相談役(現任)
                      2019年1月     当社取締役
                      2021年10月     当社取締役(監査等委員)(現任)
                      1977年4月     ㈱住友銀行(現㈱三井住友銀行)入行
                      2007年6月     ㈱日本総合研究所       執行役員
                      2015年6月     同社専務執行役員(企画・管理担当)
                      2018年11月     ㈱CFBジャパン取締役(現任)
      取締役
          下稲葉   耕治
               1954年1月13日                                    (注)3      400
                      2020年8月     日本郵政㈱「郵便局ネットワークの強靭化」を実現するための
    (監査等委員)
                           検討会(現「郵便局ネットワークバリューアップ戦略検討委員
                           会」委員(現任)
                      2020年10月     当社監査役
                      2021年10月     当社取締役(監査等委員)(現任)
                             計                          3,988,000
     (注)   1.取締役川端章夫、小山史夫、下稲葉耕治は社外取締役であります。
       2.取締役の任期は、2021年10月28日開催の定時株主総会終結の時から、                                  選任後1年以内に終了する事業年度の
         うち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
       3.取締役(監査等委員)の任期は、2021年10月28日開催の定時株主総会終結の時から、                                         選任後2年以内に終了
         する事業年度のうち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
       4.代表取締役林博文の所有株式数は、同氏の資産管理会社であるKSM株式会社が所有する株式数を含んでおり
         ます。
                                 63/127




                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 社外役員の状況
        本書提出日現在、当社は社外取締役を3名選任しております。
        社外取締役は、社外の視点を踏まえた客観的な立場から、経営者や専門家として豊富な経験や幅広い見識に基
       づき、経営上の助言を行い、また、取締役の業務執行に対する監督機能及び監査等委員の監査機能を強化し、
       コーポレート・ガバナンスを健全に機能させることが役割と考えております。
        当社は、社外取締役の独立性に関する具体的基準又は方針は定めていないものの、株式会社東京証券取引所の
       定める独立役員に関する判断基準等を勘案した上で、コーポレート・ガバナンスの充実・向上に資する者を選任
       することとしております。
        社外取締役の川端章夫氏は、事業会社での豊富な業務経験や監査役経験を有していることから、客観的かつ中
       立の立場での助言・提言を期待して選任しております。なお、同氏は当社の株式を600株所有しておりますが、こ
       の他には、同氏と当社との間に、人的関係、資本的関係及び取引関係その他の利害関係はありません。
        社外取締役の小山史夫氏は、コンサルティング会社での決算早期化等のガバナンス改革やグローバル戦略立案
       等に関わる豊富な業務及び経営管理経験を有していることから、当社経営の重要事項の決定及び業務執行の監督
       に十分な役割を果たすことを期待して選任しております。なお、同氏は当社の株式を400株所有しておりますが、
       この他には、同氏と当社との間に、人的関係、資本的関係及び取引関係その他の利害関係はありません。
        社外取締役の下稲葉耕治氏は、IT業界や会計分野における豊富な知識や経験を有していることから、客観的か
       つ中立の立場での助言・提言を期待して選任しております。なお、同氏は当社の株式を400株所有しております
       が、この他には、同氏と当社との間に、人的関係、資本的関係及び取引関係その他の利害関係はありません。
      ③ 内部監査、監査等委員監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

        社外取締役は、取締役会に出席し、決議事項に関する審議や決定に参加するほか、業務執行等の報告を受ける
       等の監督を行っております。また、監査等委員監査、内部監査及び会計監査と連携をとり、また内部統制部門と
       も必要に応じて情報交換・意見交換を行っております。
        また、内部監査、監査等委員及び会計監査人は、四半期に1回面談を実施することにより、監査実施内容や評
       価結果等の固有の問題点の情報共有、相互の監査結果の説明及び報告に関する連携を行い、監査の質的向上を
       図っております。
                                 64/127











                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【監査の状況】
      ① 監査等委員監査の状況
       a.  監査等委員監査の組織、人員及び手続
        当社は、2021年10月28日開催の定時株主総会の決議により、監査等委員会を設置しております。監査等委員会
       は、常勤監査等委員1名、非常勤監査等委員2名の合計3名(いずれも社外取締役)で構成されております。3
       名はそれぞれ「社外役員の状況」に記載しましたとおりの豊富な実務経験と専門的知識を有しております。各監
       査等委員は定められた業務分担に基づき監査を行い、原則として月1回開催されている監査等委員会において、
       情報共有を図っております。監査等委員監査は、毎期策定される監査計画書に基づき、取締役会への出席、実地
       監査、意見聴取を行うとともに、決裁書類の閲覧等を適時に行い、取締役の業務執行の監査を行っております。
       b.  最近事業年度における監査等委員及び監査等委員会の活動状況

        当社の監査等委員会は原則として月1回開催され、必要に応じて随時開催することとしております。監査等委
       員会では、策定した監査計画に基づき実施した各監査等委員の監査業務の報告の他、リスク認識についてのディ
       スカッション、内部監査や会計監査人との情報共有、各取締役との意見交換等も実施しております。また、常勤
       監査等委員は、重要な会議への出席や重要書類の閲覧、役職員へのヒアリングといった日常の監査業務を実施
       し、非常勤監査等委員へ随時情報を発信するなどして情報共有に努めております。
        なお、当社は、2021年10月28日開催の定時株主総会の決議により、監査等委員会を設置しておりますが、それ
       までは2020年9月に設置した監査役協議会を毎月開催しております。
        監査等委員会設置前である最近事業年度における、監査役協議会の開催状況及び個々の出席状況については次
       のとおりであります。
            氏名                 開催回数                  出席回数
          川端 章夫                    11回                  11回
          下稲葉 耕治                    11回                  11回
      ② 内部監査の状況

        当社の内部監査は、内部監査室を設置し、内部監査責任者として内部監査室長1名と、それを補助する内部監
       査担当者1名の計2名で担当しております。内部監査では、事業の適切性を検証し、業務の有効性及び効率性を
       担保することを目的として、計画に基づいて内部監査を実施し、監査結果を代表取締役へ報告するとともに、監
       査対象となった各部門に対して業務改善等のための指摘を行い、改善状況について、後日フォローアップし確認
       しております。
        また、監査等委員、内部監査室及び会計監査人は、相互に連携して、三者間で定期的に会合を開催し、課題・
       改善事項等の情報の共有化を図っており、効率的かつ効果的な監査を実施するように努めております。
      ③ 会計監査の状況

       a.  監査法人の名称
        太陽有限責任監査法人
       b.  継続監査期間

        2年間
       c.  業務を執行した公認会計士

        指定有限責任社員 業務執行社員 尾川克明
        指定有限責任社員 業務執行社員 篠田友彦
       d.  監査業務に係る補助者の構成

        公認会計士1名、その他2名であります。
                                 65/127



                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       e.  監査法人の選定方針と理由
        会計監査人の選任・再任については、当社の業務内容に対応して効率的かつ効果的な監査業務を実施すること
       ができる一定の規模を持つこと、審査体制が整備されていること、監査計画、具体的な監査実施要領及び監査費
       用が合理的かつ妥当であること、過去の監査実績等により総合的に判断しております。
       f.  監査等委員及び監査等委員会による監査法人の評価

        当社の監査等委員及び監査等委員会は、公益社団法人日本監査役協会が公表する「会計監査人の評価及び選定
       基準策定に関する監査役等の実務指針」に基づき、監査法人による会計監査の職務遂行状況を総合的に評価して
       おります。
      ④ 監査報酬の内容等

       a.  監査公認会計士等に対する報酬
                    最近事業年度の前事業年度                         最近事業年度

        区分
                 監査証明業務に            非監査業務に          監査証明業務に            非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社                9,450             -         13,650             -
       b.  監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(aを除く)

        該当事項はありません。
       c.  その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

        該当事項はありません。
       d.  監査報酬の決定方針

        当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は定めておりませんが、当社の事業規模、監査日数及び
       業務の特性等を勘案した上で決定しております。なお、監査報酬の決定にあたっては、監査等委員会の同意を得
       ております。
       e.  監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

        会計監査人の監査計画、監査の実施状況及び報酬見積りの算定根拠等について検証を実施した上で、会計監査
       人の報酬等について同意の判断をしております。
                                 66/127








                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (4)  【役員の報酬等】
      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
        当社の監査等委員を除く取締役の報酬総額は、2021年10月28日開催の定時株主総会において決議された年額200
       百万円の限度内として、決定しております。
        個別報酬は、取締役会にて            定めた「取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する方針」のもと、月
       例の固定金銭報酬のみとし、業界水準等の一般統計情報等を総合的に勘案して、取締役の職責、各期の業績、貢
       献度、在任年数等に応じた支給              額としております。
        監査等委員である取締役の報酬総額は、2021年10月28日開催の定時株主総会において決議された年額36百万円
       の限度内として、常勤・非常勤による関与度等、当社の期待する役割・職務、当該監査等委員の有する専門性や
       知見を踏まえた上で、監査役協会から例年公表される監査等委員の報酬に関するデータも参考とし、監査等委員
       会の決議により決定しております。
      ② 役員報酬の内容

       a.  役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                                                    対象となる
                   報酬等の総額
        役員区分                                            役員の員数
                    (千円)
                                                      (名)
                            固定報酬       業績連動報酬         退職慰労金
     取締役

                      65,700         65,700           ―         ―        2
    (社外役員を除く)
     監査役

                        ―         ―         ―         ―       ―
    (社外監査役を除く)
     社外役員                 4,800         4,800          ―         ―        3

       b.  提出会社の役員ごとの報酬等の総額等

        報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
       c.  使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

        該当事項はありません。
                                 67/127









                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        投資株式の区分は「純投資目的」及び「純投資目的以外の目的」に分類し、「純投資目的」は、株式の価値の
       変動又は株式に係る配当により利益を受けることを目的としております。「純投資目的以外の目的」は、業務提
       携による関係強化、取引先及び当社の企業価値の維持・向上等を目的としております。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.  保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内
        容
        当社が保有する純投資目的以外の目的である投資株式は、すべて非上場株式であるため記載を省略しておりま
       す。
       b.  銘柄数及び貸借対照表計上額

                             貸借対照表計上額の
                      銘柄数
                      (銘柄)
                               合計額(千円)
         非上場株式                 3          110,391
         非上場株式以外の株式                 -             -
        (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                          株式数の増加に係る取得
                     銘柄数
                                            株式数の増加の理由
                     (銘柄)
                           価額の合計額(千円)
                                       資本関係を含む提携により、DX案件の拡大
         非上場株式               1          99,978    等の協業効果や企業価値の向上に資すると
                                       判断したため株式を取得。
         非上場株式以外の株式               -             -                     -
        (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

         該当事項はありません。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
                                 68/127










                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5   【経理の状況】
    1.  財務諸表及び四半期財務諸表の作成方法について

     (1) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づい
      て作成しております。
     (2) 当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第
      63号)に基づいて作成しております。
    2.  監査証明について

     (1) 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(2019年8月1日から2020年7月31日ま
      で)及び当事業年度(2020年8月1日から2021年7月31日まで)の財務諸表について、太陽有限責任監査法人により監
      査を受けております。
     (2) 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2022年2月1日から2022年4
      月30日まで)及び第3四半期累計期間(2021年8月1日から2022年4月30日まで)に係る四半期財務諸表について、太
      陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
    3.  連結財務諸表      及び四半期連結財務諸表           について

      当社は、子会社がありませんので、連結財務諸表及び四半期連結財務諸表を作成しておりません。
    4.  財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みについて

      当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容
     を適切に把握し、会計基準等の変更について的確に対応するため、監査法人等が主催する各種セミナーに参加するこ
     とにより、社内における専門知識の蓄積に努めております。
                                 69/127












                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    1 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年7月31日)              (2021年7月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               994,155             1,493,275
        売掛金                               753,672             1,119,724
        仕掛品                                  219             13,229
        貯蔵品                                  49              ―
        前渡金                                  240             9,656
        前払費用                                18,515              25,528
        未収還付法人税等                                27,561                ―
        その他                                7,234              31,094
                                       △ 3,535             △ 17,589
        貸倒引当金
        流動資産合計                              1,798,113              2,674,919
      固定資産
        有形固定資産
         建物                               63,985              49,262
         工具、器具及び備品                               47,352              46,700
                                      △ 16,106             △ 16,749
         減価償却累計額
         有形固定資産合計                               95,232              79,213
        投資その他の資産
         投資有価証券                               28,398              126,699
         関係会社株式                               30,188               2,100
         出資金                               2,666              1,510
         長期前払費用                               3,653              2,498
         繰延税金資産                               2,267              30,282
                                       105,953               82,855
         敷金及び保証金
         投資その他の資産合計                              173,127              245,946
        固定資産合計                               268,359              325,160
      資産合計                                2,066,472              3,000,079
                                 70/127









                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年7月31日)              (2021年7月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                               653,436              926,674
                                     ※  350,000            ※  115,000
        短期借入金
        1年内返済予定の長期借入金                               109,783              161,645
        未払金                               102,500              165,672
        未払費用                                93,524              112,503
        未払法人税等                                3,135             147,928
        前受金                                  600             5,077
        預り金                                45,139              67,653
        賞与引当金                                  ―            34,415
                                        27,497              105,391
        その他
        流動負債合計                              1,385,617              1,841,961
      固定負債
        長期借入金                               408,186              546,541
                                        6,554              3,242
        その他
        固定負債合計                               414,740              549,783
      負債合計                                1,800,358              2,391,744
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                50,000              50,000
        利益剰余金
         その他利益剰余金
                                       216,114              558,062
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                              216,114              558,062
        株主資本合計                               266,114              608,062
      新株予約権                                    ―              272
      純資産合計                                 266,114              608,334
     負債純資産合計                                 2,066,472              3,000,079
                                 71/127










                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                               当第3四半期会計期間
                                (2022年4月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              1,880,790
        売掛金                              1,463,169
        仕掛品                                3,950
        その他                                41,370
                                      △ 19,180
        貸倒引当金
        流動資産合計                              3,370,100
      固定資産
        有形固定資産                                75,516
                                       240,649
        投資その他の資産
        固定資産合計                               316,166
      資産合計                                3,686,266
                                 72/127















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                    (単位:千円)
                               当第3四半期会計期間
                                (2022年4月30日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                              1,205,754
                                     ※  215,000
        短期借入金
        1年内返済予定の長期借入金                               153,019
        未払法人税等                               117,303
        賞与引当金                                34,410
                                       518,851
        その他
        流動負債合計                              2,244,339
      固定負債
        長期借入金                               435,965
                                        1,321
        その他
        固定負債合計                               437,286
      負債合計                                2,681,626
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                50,000
                                       954,368
        利益剰余金
        株主資本合計                              1,004,368
      新株予約権                                   272
      純資産合計                                1,004,640
     負債純資産合計                                 3,686,266
                                 73/127












                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年8月1日              (自 2020年8月1日
                                至 2020年7月31日)               至 2021年7月31日)
     売上高                                 7,157,443              9,249,348
                                      5,621,896              7,183,776
     売上原価
     売上総利益                                 1,535,546              2,065,572
                                  ※1 ,※2  1,494,555           ※1 ,※2  1,664,200
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   40,991              401,372
     営業外収益
      受取利息                                   486               6
      助成金収入                                   314             29,906
      保険解約返戻金                                 20,535                ―
      投資事業組合運用益                                    ―             1,960
                                          17             1,075
      その他
      営業外収益合計                                 21,353              32,948
     営業外費用
      支払利息                                  3,802              4,121
      投資事業組合運用損                                  2,390                ―
      訴訟関連費用                                    ―             9,176
                                         967             2,050
      その他
      営業外費用合計                                  7,160              15,349
     経常利益                                   55,184              418,971
     特別利益
                                          ―            56,617
      関係会社株式売却益
      特別利益合計                                    ―            56,617
     特別損失
                                                   ※3  11,761
      固定資産除却損                                    ―
      投資有価証券評価損                                  1,156              1,681
                                        4,783                ―
      関係会社出資金評価損
      特別損失合計                                  5,940              13,442
     税引前当期純利益                                   49,244              462,146
     法人税、住民税及び事業税
                                        9,329             148,214
                                        3,569             △ 28,015
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   12,899              120,198
     当期純利益                                   36,344              341,947
                                 74/127








                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【売上原価明細書】
                              前事業年度                 当事業年度

                           (自 2019年8月1日                 (自 2020年8月1日
                            至 2020年7月31日)                 至 2021年7月31日)
                     注記               構成比                 構成比
           区分                金額(千円)                 金額(千円)
                     番号                 (%)                  (%)
    Ⅰ 労務費                           561,976       10.0          846,797       11.8
                              5,060,140                 6,349,988

    Ⅱ 経費                  ※                 90.0                 88.2
       小計                                  100.0                 100.0

                              5,622,116                 7,196,785
                                  -                 219

      期首仕掛品たな卸高
       合計

                              5,622,116                 7,197,005
                                 219                13,229

      期末仕掛品たな卸高
      当期売上原価

                              5,621,896                 7,183,776
     (注)   ※主な内訳は、次のとおりであります。

                項目             前事業年度(千円)                 当事業年度(千円)
         外注費                           4,996,927                 6,292,113

       (原価計算の方法)

        当社の原価計算は、実際原価による個別原価計算であります。
                                 75/127












                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期損益計算書】
        【第3四半期累計期間】
                                    (単位:千円)
                               当第3四半期累計期間
                               (自 2021年8月1日
                                至 2022年4月30日)
     売上高                                 9,434,255
                                      7,207,794
     売上原価
     売上総利益                                 2,226,461
     販売費及び一般管理費                                 1,646,021
     営業利益                                  580,439
     営業外収益
      受取利息                                    18
      助成金収入                                  5,892
                                          16
      その他
      営業外収益合計                                  5,927
     営業外費用
      支払利息                                  2,626
      投資事業組合運用損                                  2,187
      上場関連費用                                  2,000
                                         550
      その他
      営業外費用合計                                  7,364
     経常利益                                  579,003
     特別損失
                                         420
      固定資産売却損
      特別損失合計                                   420
     税引前四半期純利益                                  578,583
     法人税等                                  191,410
     四半期純利益                                  387,172
                                 76/127











                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【株主資本等変動計算書】
        前事業年度(自 2019年8月1日 至 2020年7月31日)
                                                  (単位:千円)
                           株主資本
                          利益剰余金
                                            新株予約権       純資産合計
                資本金     その他利益剰余金               株主資本合計
                             利益剰余金合計
                      繰越利益剰余金
    当期首残高              50,000       179,769       179,769       229,769         ―     229,769
    当期変動額
     当期純利益                    36,344       36,344       36,344              36,344
     株主資本以外の項目の
                                                ―
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計               ―     36,344       36,344       36,344         ―     36,344
    当期末残高              50,000       216,114       216,114       266,114         ―     266,114
        当事業年度(自 2020年8月1日 至 2021年7月31日)

                                                  (単位:千円)
                           株主資本
                          利益剰余金
                                            新株予約権       純資産合計
                資本金     その他利益剰余金               株主資本合計
                             利益剰余金合計
                      繰越利益剰余金
    当期首残高              50,000       216,114       216,114       266,114         ―     266,114
    当期変動額
     当期純利益                    341,947       341,947       341,947              341,947
     株主資本以外の項目の
                                                272       272
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計               ―     341,947       341,947       341,947         272     342,219
    当期末残高              50,000       558,062       558,062       608,062         272     608,334
                                 77/127











                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年8月1日              (自 2020年8月1日
                                至 2020年7月31日)               至 2021年7月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前当期純利益                                 49,244              462,146
      減価償却費                                  7,120              12,745
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   488             14,053
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                △ 27,833              34,415
      受取利息                                  △ 486              △ 6
      支払利息                                  3,802              4,121
      投資有価証券評価損益(△は益)                                  1,156              1,681
      投資事業組合運用損益(△は益)                                  2,390             △ 1,960
      固定資産除却損                                    ―            11,761
      関係会社株式売却損益(△は益)                                    ―           △ 56,617
      関係会社出資金評価損                                  4,783                ―
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 102,263             △ 366,052
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 269            △ 12,960
      買掛金の増減額(△は減少)                                 118,224              273,237
      前渡金の増減額(△は増加)                                  △ 137            △ 9,416
      前払費用の増減額(△は増加)                                △ 12,295              △ 7,013
      預り金の増減額(△は減少)                                 10,902              22,513
      未払金の増減額(△は減少)                                 49,992              63,172
      未払費用の増減額(△は減少)                                 29,610              18,978
      前受金の増減額(△は減少)                                   600             4,477
                                       △ 1,674              60,514
      その他
      小計                                 133,357              529,792
      利息及び配当金の受取額
                                        2,863              1,293
      利息の支払額                                 △ 3,802             △ 4,121
      法人税等の支払額                                △ 82,700              △ 3,136
                                        9,075              27,561
      法人税等の還付額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 58,793              551,389
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                △ 87,627              △ 8,335
      投資有価証券の取得による支出                                △ 15,413             △ 99,978
      投資有価証券の売却及び償還による収入                                    ―              752
      関係会社株式の売却による収入                                    ―            84,705
      出資金の取得による支出                                 △ 1,500                ―
      出資金の売却及び償還による収入                                    ―             1,156
      長期前払費用の取得による支出                                 △ 1,259                ―
      貸付金の回収による収入                                 10,536                ―
      敷金及び保証金の差入による支出                                △ 101,478               △ 550
      敷金及び保証金の回収による収入                                  7,420              14,640
                                          ―             △ 153
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 189,322              △ 7,761
                                 78/127





                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年8月1日              (自 2020年8月1日
                                至 2020年7月31日)               至 2021年7月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                 270,000             △ 235,000
      長期借入れによる収入                                 400,000              300,000
      長期借入金の返済による支出                                △ 191,390             △ 109,783
                                          ―              272
      新株予約権の発行による収入
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 478,610              △ 44,511
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   △ 138               3
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  347,943              499,119
     現金及び現金同等物の期首残高                                  646,212              994,155
                                     ※  994,155           ※  1,493,275
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 79/127
















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【注記事項】
      (重要な会計方針)
     前事業年度(自 2019年8月1日 至 2020年7月31日)
      1.  有価証券の評価基準及び評価方法
       (1)  関連会社株式
         移動平均法による原価法を採用しております。
       (2)  その他有価証券
         時価のないもの
         移動平均法による原価法を採用しております。
      2.  たな卸資産の評価基準及び評価方法

       (1)  仕掛品
         個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用してお
        ります。
       (2)  貯蔵品
         最終仕入原価法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採
        用しております。
      3.  固定資産の減価償却の方法

        有形固定資産
         定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物及び建物附属設備については、定
        額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物        8~15年
          工具、器具及び備品 3~15年
      4.  引当金の計上基準

       (1)  貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
        については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  賞与引当金
         従業員の賞与の支出に充てるため、将来の支給見込額のうち、当事業年度末までに発生していると認められ
        る額を計上しております。なお、当事業年度末においては該当事項がないため計上しておりません。
      5.  外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準

        外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
       す。
      6.  キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
       負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
      7.  その他財務諸表作成のための基礎となる重要な事項

        消費税等の会計処理
         消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
                                 80/127




                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自 2020年8月1日 至 2021年7月31日)
      1.  有価証券の評価基準及び評価方法
       (1)  関連会社株式
         移動平均法による原価法を採用しております。
       (2)  その他有価証券
         時価のないもの
         移動平均法による原価法を採用しております。
      2.  たな卸資産の評価基準及び評価方法

       (1)  仕掛品
         個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用してお
        ります。
       (2)  貯蔵品
         最終仕入原価法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採
        用しております。
      3.  固定資産の減価償却の方法

        有形固定資産
         定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物及び建物附属設備については、定
        額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物        8~15年
          工具、器具及び備品 3~15年
      4.  引当金の計上基準

       (1)  貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
        については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  賞与引当金
         従業員の賞与の支出に充てるため、将来の支給見込額のうち、当事業年度末までに発生していると認められ
        る額を計上しております。
      5.  外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準

        外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
       す。
      6.  キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
       負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
      7.  その他財務諸表作成のための基礎となる重要な事項

        消費税等の会計処理
         消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
                                 81/127




                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (重要な会計上の見積り)
       該当事項はありません。
      (未適用の会計基準等)

     前事業年度(      自 2019年8月1日 至 2020年7月31日                   )
     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                            2020年3月31日       )
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                     2020年3月31日       )
     (1)  概要

       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
       ステップ1:顧客との契約を識別する。
       ステップ2:契約における履行義務を識別する。
       ステップ3:取引価格を算定する。
       ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
       ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)  適用予定日

       2022年7月期の期首から適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
     ・「時価の算定に関する会計基準」 (企業会計基準第30号 2019年7月4日)

     ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」 (企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
     ・「金融商品に関する会計基準」 (企業会計基準第10号 2019年7月4日)
     ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」 (企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
     (1)  概要

       国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算定
      に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関するガイ
      ダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
       ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
       ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
       また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注記事
      項が定められました。
     (2)  適用予定日

       2022年7月期の期首から適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
                                 82/127





                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(      自 2020年8月1日 至 2021年7月31日                   )
     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                            2020年3月31日       )
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                     2021年3月26日       )
     (1)  概要

       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
       ステップ1:顧客との契約を識別する。
       ステップ2:契約における履行義務を識別する。
       ステップ3:取引価格を算定する。
       ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
       ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)  適用予定日

       2022年7月期の期首から適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
     ・「時価の算定に関する会計基準」 (企業会計基準第30号 2019年7月4日)

     ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」 (企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
     ・「金融商品に関する会計基準」 (企業会計基準第10号 2019年7月4日)
     ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」 (企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
     (1)  概要

       国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算定
      に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関するガイ
      ダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
       ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
       また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注記事
      項が定められました。
     (2)  適用予定日

       2022年7月期の期首から適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
                                 83/127







                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (貸借対照表関係)
        ※ 当社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行と当座貸越契約及び貸出コミットメント契
          約を締結しております。これらの契約に基づく当座貸越契約及び貸出コミットメントに係る借入未実行残
          高は次のとおりであります。
                              前事業年度                 当事業年度

                              (2020年7月31日)                  (2021年7月31日)
        当座貸越極度額及び貸出コミット
                                450,000    千円              550,000    千円
        メントの総額
        借入実行残高                        350,000    〃             115,000    〃
              差引額                  100,000    〃             435,000    〃

      (損益計算書関係)

        ※1 一般管理費に含まれる研究開発費の総額は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度

                             (自 2019年8月1日                 (自 2020年8月1日
                             至 2020年7月31日)                 至 2021年7月31日)
                                 154,788    千円              77,195   千円
        ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度

                             (自 2019年8月1日                 (自 2020年8月1日
                             至 2020年7月31日)                 至 2021年7月31日)
        給料手当                         383,119    千円             458,958    千円
        広告宣伝費                         208,898     〃             214,084     〃
        業務委託費                         194,845     〃             271,565     〃
        研究開発費                         154,788     〃              77,195    〃
        減価償却費                          7,120    〃              12,745    〃
        貸倒引当金繰入額                           488   〃              14,053    〃
        賞与引当金繰入額                           -  〃              34,415    〃
       おおよその割合

        販売費                           68.0%                 61.0%
        一般管理費                           32.0〃                 39.0〃
        ※3 固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度

                             (自    2019年8月1日              (自    2020年8月1日
                             至   2020年7月31日)               至   2021年7月31日)
        建物                           -千円               11,326千円
                                   -  〃               434  〃
        工具、器具及び備品
        計                           -千円               11,761千円
                                 84/127





                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (株主資本等変動計算書関係)
     前事業年度(      自 2019年8月1日 至 2020年7月31日                   )
     1.  発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首              増加           減少         当事業年度末
    普通株式(株)                   200            -           -          200
     2.  自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3.  新株予約権等に関する事項

       該当事項はありません。
     4.  配当に関する事項

       該当事項はありません。
     当事業年度(      自 2020年8月1日 至 2021年7月31日                   )

     1.  発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首              増加           減少         当事業年度末
    普通株式(株)                   200         399,800              -        400,000
       (変動事由の概要)
        2020年12月22日付で普通株式1株につき2,000株の株式分割を行っております。
     2.  自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3.  新株予約権等に関する事項

                                目的となる株式の数(株)
                                                      当事業
                  目的となる
          内訳                                           年度末残高
                  株式の種類
                        当事業年度期首          増加       減少     当事業年度末
                                                      (千円)
     ストックオプションとし

                    -       -       -       -       -       -
     ての第1回新株予約権
     ストックオプションとし

                   普通株式        -        3,100      -        3,100        248
     ての第2回新株予約権
     ストックオプションとし

                    -       -       -       -       -       -
     ての第3回新株予約権
     ストックオプションとし

                   普通株式        -         300     -         300       24
     ての第4回新株予約権
             合計              -        3,400      -        3,400        272

     (注)   1.目的となる株式の数は、新株予約権が権利行使されたものと仮定した場合における株式数を記載しており
          ます。
        2.新株予約権の目的となる株式の当事業年度における増加は、新株予約権の発行によるものであります。
     4.  配当に関する事項

       該当事項はありません。
                                 85/127



                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (キャッシュ・フロー計算書関係)
        ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであり
          ます。
                               前事業年度                 当事業年度

                             (自 2019年8月1日                 (自 2020年8月1日
                             至 2020年7月31日)                 至 2021年7月31日)
        現金及び預金                         994,155千円                1,493,275千円
        現金及び現金同等物                         994,155千円                1,493,275千円
      (リース取引関係)

       オペレーティング・リース取引
         オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                               前事業年度                 当事業年度
                             (自 2019年8月1日                 (自 2020年8月1日
                             至 2020年7月31日)                 至 2021年7月31日)
        1年内                          1,198千円                 1,198千円
        1年超                          3,096千円                 1,898千円
               合計                  4,295千円                 3,096千円
                                 86/127














                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (金融商品関係)
     前事業年度(      自 2019年8月1日 至 2020年7月31日                   )
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取り組み方針
        当社は、資金運用については、元本割れとなるリスクのないものを中心として短期的な預金等に限定し、投機
       的な取引はデリバティブ取引を含めて行わない方針であります。
        資金調達については、必要な資金は金融機関からの借入により調達しております。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        現金及び預金は、外貨建て預金を保有しているため、為替の変動リスクに晒されております。
        営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
        投資有価証券、関係会社株式は発行会社の信用リスクに晒されております。
        敷金及び保証金は賃貸借契約に伴う敷金であり、取引先企業の信用リスクに晒されております。
        買掛金、未払金、未払費用、預り金はすべてが1年以内の支払期日であります。
        借入金のうち変動金利の借入金は、金利の変動リスクに晒されております。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         営業債権については与信管理規程に従い、主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに
        期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
         投資有価証券、関係会社株式は、定期的に出資先企業の財務状況等を把握し、出資先企業との関係を勘案し
        て保有状況の見直しを継続的に行っております。
       ② 資金調達に係る流動性リスク(返済期日に返済できなくなるリスク)の管理

         当社は、管理本部が適時に資金繰り計画を作成・更新するとともに、手元流動性の維持等により流動性リス
        クを管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。
        当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当該価
       額が変動することもあります。
                                 87/127








                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 金融商品の時価等に関する事項
       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極
      めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)参照)
                          貸借対照表計上額               時価           差額

                              (千円)             (千円)            (千円)
    (1)現金及び預金                            994,155            994,155            -
    (2)売掛金                            753,672                         -
                             (※) △3,535                            -
      貸倒引当金
      売掛金(純額)                          750,136            750,136            -
    (3)未収還付法人税等
                                 27,561            27,561            -
            資産計                   1,771,854            1,771,854             -
    (1)買掛金                            653,436            653,436            -
    (2)短期借入金                            350,000            350,000            -
    (3)未払金                            102,500            102,500            -
    (4)未払費用                             93,524            93,524            -
    (5)未払法人税等                             3,135            3,135           -
    (6)預り金                             45,139            45,139            -
    (7)長期借入金
                                517,969            516,180          △1,788
     (1年内返済予定の長期借入金含む)
            負債計                   1,765,706            1,763,918           △1,788
     (※) 売掛金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
    (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

     資   産

      (1)  現金及び預金、(2)         売掛金、並びに(3)         未収還付法人税等
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
       す。
     負   債

      (1)  買掛金、(2)      短期借入金、(3)        未払金、(4)      未払費用、(5)       未払法人税等、並びに(6)            預り金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
       す。
      (7)  長期借入金

        長期借入金の時価については、元利金の合計額を新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引い
       た現在価値により算定しています。ただし、変動金利によるものについては、短期間で市場金利を反映すること
       から、時価は帳簿価額にほぼ等しいと考えられるため、当該帳簿価額によっております。
    (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の貸借対照表計上額

                                 (単位:千円)
               区分                 2020年7月31日
        投資有価証券                             28,398
        関係会社株式                             30,188
        出資金                             1,166
        敷金及び保証金                            105,953
       上記については、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上表には含めておりません。
                                 88/127



                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (注3)    金銭債権の決算日後の償還予定額
                                       1年超       5年超

                               1年以内                      10年超
                                      5年以内        10年以内
                                (千円)                       (千円)
                                        (千円)        (千円)
    現金及び預金                            994,155          -       -       -
    売掛金                            753,672          -       -       -
    未収還付法人税等                             27,561         -       -       -
                合計                1,775,389           -       -       -
    (注4)    長期借入金の決算日後の返済予定額

                           1年超       2年超       3年超       4年超

                    1年以内                                  5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (千円)                                   (千円)
                            (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
    短期借入金                 350,000         -       -       -       -       -
    長期借入金
                     109,783       125,895       110,778       71,424       57,589       42,500
    (1年内返済予定を含む。)
          合計           459,783       125,895       110,778       71,424       57,589       42,500
                                 89/127














                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(      自 2020年8月1日 至 2021年7月31日                   )
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取り組み方針
        当社は、資金運用については、元本割れとなるリスクのないものを中心として短期的な預金等に限定し、投機
       的な取引はデリバティブ取引を含めて行わない方針であります。
        資金調達については、必要な資金は金融機関からの借入により調達しております。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        現金及び預金は、外貨建て預金を保有しているため、為替の変動リスクに晒されております。
        営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
        投資有価証券、関係会社株式は発行会社の信用リスクに晒されております。
        敷金及び保証金は賃貸借契約に伴う敷金であり、取引先企業の信用リスクに晒されております。
        買掛金、未払金、未払費用、預り金はすべてが1年以内の支払期日であります。
        借入金のうち変動金利の借入金は、金利の変動リスクに晒されております。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         営業債権については与信管理規程に従い、主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに
        期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
         投資有価証券、関係会社株式は、定期的に出資先企業の財務状況等を把握し、出資先企業との関係を勘案し
        て保有状況の見直しを継続的に行っております。
       ② 資金調達に係る流動性リスク(返済期日に返済できなくなるリスク)の管理

         当社は、管理本部が適時に資金繰り計画を作成・更新するとともに、手元流動性の維持等により流動性リス
        クを管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。
        当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当該価
       額が変動することもあります。
                                 90/127









                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 金融商品の時価等に関する事項

       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極
      めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)参照)
                          貸借対照表計上額               時価           差額

                              (千円)             (千円)            (千円)
    (1)現金及び預金                           1,493,275            1,493,275             -
    (2)売掛金                           1,119,724                          -
                             (※) △17,589                            -
      貸倒引当金
      売掛金(純額)
                               1,102,135            1,102,135             -
            資産計                   2,595,410            2,595,410             -
    (1)買掛金                            926,674            926,674            -
    (2)短期借入金                            115,000            115,000            -
    (3)未払金                            165,672            165,672            -
    (4)未払費用                            112,503            112,503            -
    (5)未払法人税等                            147,928            147,928            -
    (6)預り金                             67,653            67,653            -
    (7)長期借入金
                                708,186            705,437          △2,748
     (1年内返済予定の長期借入金含む)
            負債計                   2,243,618            2,240,868           △2,748
     (※) 売掛金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
     (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

    資   産

      (1)  現金及び預金、及び(2)           売掛金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
       す。
     負   債

      (1)  買掛金、(2)      短期借入金、(3)        未払金、(4)      未払費用、(5)       未払法人税等、並びに(6)            預り金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
       す。
      (7)  長期借入金

        長期借入金の時価については、元利金の合計額を新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引い
       た現在価値により算定しています。ただし、変動金利によるものについては、短期間で市場金利を反映すること
       から、時価は帳簿価額にほぼ等しいと考えられるため、当該帳簿価額によっております。
    (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の貸借対照表計上額

                                 (単位:千円)
               区分                 2021年7月31日
        投資有価証券                            126,699
        関係会社株式                             2,100
        出資金                             1,510
        敷金及び保証金                             82,855
       上記については、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上表には含めておりません。
                                 91/127



                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (注3)    金銭債権の決算日後の償還予定額
                                       1年超       5年超

                               1年以内                      10年超
                                      5年以内        10年以内
                                (千円)                       (千円)
                                        (千円)        (千円)
    現金及び預金                           1,493,275           -       -       -
    売掛金                           1,119,724           -       -       -
                合計                2,612,999           -       -       -
    (注4)    長期借入金の決算日後の返済予定額

                           1年超       2年超       3年超       4年超

                    1年以内                                  5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (千円)                                   (千円)
                            (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
    短期借入金                 115,000         -       -       -       -       -
    長期借入金
                     161,645       143,778       119,418       110,581       88,992       83,772
    (1年内返済予定を含む。)
          合計           276,645       143,778       119,418       110,581       88,992       83,772
                                 92/127















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (有価証券関係)
      前事業年度(      自 2019年8月1日 至 2020年7月31日                   )
       1   子会社株式及び関連会社株式
         関連会社株式(貸借対照表計上額30,188千円)は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認め
        られることから、記載しておりません。
       2   その他有価証券

         保有するその他有価証券は、非上場の株式(貸借対照表計上額10,413千円)、転換社債型新株予約権付社債
        (貸借対照表計上額5,000千円)及び投資事業有限責任組合への出資金(貸借対照表計上額12,985千円)であ
        り、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
      当事業年度(      自 2020年8月1日 至 2021年7月31日                   )

       1    子会社株式及び関連会社株式
         関連会社株式(貸借対照表計上額2,100千円)は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認めら
        れることから、記載しておりません。
       2   その他有価証券

         保有するその他有価証券は、非上場の株式(貸借対照表計上額110,391千円)、転換社債型新株予約権付社債
        (貸借対照表計上額5,000千円)及び投資事業有限責任組合への出資金(貸借対照表計上額11,308千円)であ
        り、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 93/127












                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (ストック・オプション等関係)
      前事業年度(      自 2019年8月1日 至 2020年7月31日                   )
        該当事項はありません。
      当事業年度(自 2020年8月1日 至 2021年7月31日)

      1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
        該当事項はありません。
      2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

       (1)  ストック・オプションの内容
             第1回新株予約権           第2回新株予約権            第3回新株予約権            第4回新株予約権
             当社取締役        1
    付与対象者の区
                        社外協力者        3                 社外協力者        2
                                    当社従業員 27
    分及び人数(名)
             当社従業員 35
    株式の種類別の
    ストック・オプ
             普通株式     92,800       普通株式     31,000       普通株式      6,420      普通株式      3,000
    シ  ョ  ン  の  数
    (株) (注)1
    付与日         2021年1月26日           2021年1月26日            2021年7月14日            2021年7月14日
    権利確定条件         (注)2           (注)2            (注)2            (注)2
    対象勤務期間         定めておりません。           定めておりません。            定めておりません。            定めておりません。
             自 2023年1月26日           自 2023年1月26日            自 2023年7月14日            自 2023年7月14日
    権利行使期間
             至 2031年1月25日           至 2031年1月25日            至 2031年7月13日            至 2031年7月13日
     (注)   1.株式数に換算して記載しております。
       2.「第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)新株予約権等の状況 ① ストックオプション制度の
         内容」の新株予約権の行使の条件に記載しております。
       3.2022年5月9日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行っているため、当該株式分割による調整後の株
         式数を記載しております。
       (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

         当事業年度(2021年7月期)において存在したストック・オプション等を対象とし、ストック・オプション
        等の数については、株式数に換算して記載しております。
        ①   ストック・オプションの数
                第1回新株予約権           第2回新株予約権           第3回新株予約権           第4回新株予約権
    権利確定前(株)
     前事業年度末
                        -           -           -           -
     付与
                      92,800           31,000           6,420           3,000
     失効
                      2,000            -           -           -
     権利確定
                        -           -           -           -
     未確定残
                      90,800           31,000           6,420           3,000
    権利確定後(株)
     前事業年度末
                        -           -           -           -
     権利確定
                        -           -           -           -
     権利行使
                        -           -           -           -
     失効
                        -           -           -           -
     未行使残
                        -           -           -           -
     (注)    2022年5月9日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行っているため、当該株式分割による調整後の株式
        数を記載しております。
                                 94/127



                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②   単価情報
               第1回新株予約権           第2回新株予約権           第3回新株予約権           第4回新株予約権
    権利行使価格(円)                   367           367           367           367

    行使時平均株価
                       -           -           -           -
    (円)
    付与日における公
                       -           -           -           -
    正な評価単価(円)
     (注)    2022年5月9日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行っているため、当該株式分割による調整後の価格
        を記載しております。
      3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

        ストック・オプション付与日時点においては、当社は未公開企業であるため、ストック・オプションの公正な
       評価単価を単位当たりの本源的価値により算定しております。また、単位当たりの本源的価値の算定基礎となる
       自社の株式価値は、第1回及び第3回についてはDCF法(ディスカウント・キャッシュ・フロー法)により算定し
       ております。第2回及び第4回については、DCF法(ディスカウント・キャッシュ・フロー法)により算定された
       価格を参考として決定された行使価額に、モンテカルロ・シミュレーションにより算定された権利価格を加算し
       ております。
      4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

        基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用して
       おります。
      5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的価値の

       合計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
        当事業年度末における本源的価値の合計額                                    -千円
        当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利
                                            -千円
        行使日における本源的価値の合計額
                                 95/127










                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (税効果会計関係)
      前事業年度(      2020年7月31日       )
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        長期未払金
                                        2,267千円
        投資有価証券評価損                                 3,011 〃
                                       11,037 〃
        関係会社出資金評価損
       繰延税金資産小計
                                       16,316千円
                                      △14,048 〃
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                        2,267千円
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
        法定実効税率                                  34.6%

        (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                                  0.5%
        住民税均等割等                                  0.4%
        税額控除                                 △5.4%
        軽減税率適用による影響                                 △1.9%
        評価性引当額の増減                                  2.0%
                                         △4.0%
        その他
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  26.2%
                                 96/127











                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当事業年度(2021年7月31日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        貸倒引当金                                  897千円
        賞与引当金                               11,904    〃
        未払事業税                               16,359    〃
        関係会社出資金評価損                               11,037    〃
                                        1,065    〃
        その他
       繰延税金資産小計
                                       41,263千円
                                      △10,980     〃
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                       30,282千円
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
        法定実効税率                                  34.6%

        (調整)
        住民税均等割等                                  0.1%
        税額控除                                 △6.9%
        軽減税率適用による影響                                 △0.2%
        評価性引当額の増減                                 △0.2%
                                         △1.3%
        その他
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  26.0%
      (資産除去債務関係)

       当社は、本社事務所の不動産賃貸契約に基づき、退去時における原状回復にかかわる債務を資産除去債務として
      認識しておりますが、当該資産除去債務に関しては、資産除去債務の負債計上に代えて、不動産賃貸契約に関する
      敷金及び差入保証金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当事業年度の負担
      に属する金額を費用に計上する方法によっております。
                                 97/127









                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     前事業年度(      自 2019年8月1日 至 2020年7月31日                   )
      当社は、プロフェッショナル人材ソリューション&コンサルティング事業の単一セグメントであり重要性が乏しい
     ため、記載を省略しております。
     当事業年度(      自 2020年8月1日 至 2021年7月31日                   )

      当社は、プロフェッショナル人材ソリューション&コンサルティング事業の単一セグメントであり重要性が乏しい
     ため、記載を省略しております。
      【関連情報】

     前事業年度(      自 2019年8月1日 至 2020年7月31日                   )
     1.  製品及びサービスごとの情報
       単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略してお
       ります。
     2.  地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      (2)  有形固定資産

        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3.  主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
     当事業年度(      自 2020年8月1日 至 2021年7月31日                   )

     1.  製品及びサービスごとの情報
       単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略してお
       ります。
     2.  地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      (2)  有形固定資産

        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3.  主要な顧客ごとの情報

                                                    (単位:千円)
             顧客の名称又は氏名                              売上高
    株式会社エヌ・ティ・ティ・データ                                                 1,090,121
                                 98/127





                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
     前事業年度(      自 2019年8月1日 至 2020年7月31日                   )
      当社は、プロフェッショナル人材ソリューション&コンサルティング事業の単一セグメントであり、記載を省略し
     ております。
     当事業年度(      自 2020年8月1日 至 2021年7月31日                   )

      当社は、プロフェッショナル人材ソリューション&コンサルティング事業の単一セグメントであり、記載を省略し
     ております。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

     前事業年度(      自 2019年8月1日 至 2020年7月31日                   )
      当社は、プロフェッショナル人材ソリューション&コンサルティング事業の単一セグメントであり、記載を省略し
     ております。
     当事業年度(      自 2020年8月1日 至 2021年7月31日                   )

      当社は、プロフェッショナル人材ソリューション&コンサルティング事業の単一セグメントであり、記載を省略し
     ております。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

     前事業年度(      自 2019年8月1日 至 2020年7月31日                   )
      当社は、プロフェッショナル人材ソリューション&コンサルティング事業の単一セグメントであり、記載を省略し
     ております。
     当事業年度(      自 2020年8月1日 至 2021年7月31日                   )

      当社は、プロフェッショナル人材ソリューション&コンサルティング事業の単一セグメントであり、記載を省略し
     ております。
      (持分法損益等)

      前事業年度(       自 2019年8月1日 至 2020年7月31日                   )
       当社が有しているすべての関連会社は、利益基準及び剰余金基準からみて重要性の乏しい関連会社であるため、
      記載を省略しております。
      当事業年度(       自 2020年8月1日 至 2021年7月31日                   )

       当社が有しているすべての関連会社は、利益基準及び剰余金基準からみて重要性の乏しい関連会社であるため、
      記載を省略しております。
                                 99/127








                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【関連当事者情報】
       前事業年度(      自 2019年8月1日 至 2020年7月31日                   )
     1   関連当事者との取引
     財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
                              議決権等

                    資本金又
        会社等の名称                事業の内容      の所有     関連当事者           取引金額         期末残高
     種類          所在地    は出資金                     取引の内容           科目
         又は氏名                又は職業     (被所有)     との関係           (千円)         (千円)
                    (千円)
                              割合(%)
                                        当社銀行借
    役員及                         (被所有)
                                        入に対する
                        当社代表取
                                               322,169     -    -
    び主要    林博文        -     -          直接75.00    債務被保証
                                        債務被保証
                        締役
    株主                          間接25.00
                                        (注)1
                                        当社不動産
                                        賃借契約の
                                                81,777    -    -
                                        債務被保証
                                        (注)2
     (注)   1.銀行借入に対して債務保証を受けておりますが、保証料の支払いは行っておりません。なお、取引金額は期
         末借入金残高を記載しております。
       2.賃借契約に対して債務保証を受けておりますが、保証料の支払いは行っておりません。なお、取引金額は年
         間賃借料を記載しております。
     2   親会社又は重要な関連会社に関する注記

       該当事項はありません。
       当事業年度(      自 2020年8月1日 至 2021年7月31日                   )

     1   関連当事者との取引
     財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
                              議決権等

                    資本金又
        会社等の名称                事業の内容      の所有     関連当事者           取引金額         期末残高
     種類          所在地    は出資金                     取引の内容           科目
         又は氏名                又は職業           との関係           (千円)         (千円)
                              (被所有)
                    (千円)
                              割合(%)
                                        当社銀行借
    役員及                         (被所有)
                                        入に対する
                        当社代表取
                                               227,786     -    -
    び主要    林博文        -     -          直接74.67    債務被保証
                                        債務被保証
                        締役
    株主                          間接25.00
                                        (注)1
                                        当社不動産
                                        賃借契約の
                                               121,428     -    -
                                        債務被保証
                                        (注)2
     (注)   1.銀行借入に対して債務保証を受けておりますが、保証料の支払いは行っておりません。なお、取引金額は期
         末借入金残高を記載しております。
       2.賃借契約に対して債務保証を受けておりますが、保証料の支払いは行っておりません。なお、取引金額は年
         間賃借料を記載しております。
     2   親会社又は重要な関連会社に関する注記

       該当事項はありません。
                                100/127




                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (1株当たり情報)
                             前事業年度                  当事業年度

                          (自 2019年8月1日                  (自 2020年8月1日
                           至 2020年7月31日)                  至 2021年7月31日)
    1株当たり純資産額                                66.53円                  152.02円
    1株当たり当期純利益                                9.09円                  85.49円

     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権の残高がありますが、当社株式は非上場であ
          り、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
       2.当社は、2020年12月22日付で普通株式1株につき2,000株、2022年5月9日付で普通株式1株につき10株の
          割合で株式分割を行っております。前事業年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資
          産額及び1株当たり当期純利益を算出しております。
       3 .1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                    前事業年度              当事業年度

                                 (自 2019年8月1日              (自 2020年8月1日
                                  至 2020年7月31日)              至 2021年7月31日)
    1株当たり当期純利益金額
      当期純利益(千円)                                     36,344             341,947

     普通株主に帰属しない金額(千円)

                                           -              -
      普通株式に係る当期純利益(千円)                                     36,344             341,947

      普通株式の期中平均株式数(株)                                    4,000,000              4,000,000

    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
                                           -              -
    当期純利益の算定に含まれなかった潜在株式の概要
       4.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                    前事業年度              当事業年度

                                  (2020年7月31日)              (2021年7月31日)
    純資産の部の合計額(千円)                                     266,114              608,334
    純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                       -             272

     (うち新株予約権)(千円)                                       (-)             (272)

    普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                     266,114              608,062

    1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式
                                        4,000,000              4,000,000
    の数(株)
      (重要な後発事象)

        前事業年度(      自 2019年8月1日 至 2020年7月31日                   )
         該当事項はありません。
        当事業年度(         自 2020年8月1日 至 2021年7月31日                   )

        (株式分割及び単元株制度の採用)
         当社は、    2022年4月20日開催の取締役会決議に基づき、2022年5月9日付で株式分割を行っております。ま
        た、2022年5月18日開催の株主総会決議に基づき、同日付で定款の一部を変更し単元株制度を導入しておりま
        す。
         (1)  株式分割及び単元株制度の採用の目的
          当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的として株式分割を実施するとともに、1単元
         を100株とする単元株制度を採用いたしました。
                                101/127


                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (2)  株式分割の概要
          ①  分割の方法
            2022年5月6日を基準日として、同日最終の株主名簿に記載された株主の所有する普通株式を、1株に
           つき10株の割合をもって分割いたしました。
          ②  分割により増加する株式
            株式分割前の発行済株式総数    400,000株
            今回の分割により増加する株式数 3,600,000株
            株式分割後の発行済株式総数   4,000,000株
            株式分割後の発行可能株式総数                 16,000,000株
          ③  株式分割の効力発生日
            2022年5月9日
          ④  1株当たり情報に及ぼす影響
            「1株当たり情報」については、当該株式分割が前事業年度の期首に行われたものと仮定して算出して
           おり、これによる影響については、当該箇所に反映しております。
                                102/127















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【注記事項】
      (会計方針の変更等)
       (「収益認識に関する会計基準」の適用)
        「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)
       等を第1四半期会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又
       はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。
        収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って
       おり、第1四半期会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及的に適用した場合の累積的影響額を、第1四半
       期会計期間の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。
        この結果、当第3四半期累計期間の損益及び利益剰余金の当期首残高に与える影響は軽微であります。
       (「時価の算定に関する会計基準」の適用)

        「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
       う。)等を第1四半期会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」
       (企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定め
       る新たな会計方針を、将来にわたって適用することとしております。
        なお、四半期財務諸表に与える影響はありません。
      (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

                                   当 第3四半期     累計期間

                              (自    2021年8月1日        至   2022年4月30日       )
    税金費用の計算
                      税金費用については、当           第3四半期     会計期間を含む事業年度の税引前当期純利
                      益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利
                      益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
      (四半期貸借対照表関係)
        ※ 当社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行と当座貸越契約及び貸出コミットメント契
          約を締結しております。これらの契約に基づく当座貸越契約及び貸出コミットメントに係る借入未実行残
          高は次のとおりであります。
                            当第3四半期会計期間

                             (2022年4月30日)
        当座貸越極度額及び
                                550,000千円
        貸出コミットメントの総額
                                215,000    〃
        借入実行残高
                                335,000    〃

              差引額
      (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計期
      間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                             当第3四半期累計期間

                             (自 2021年8月1日
                             至 2022年4月30日)
        減価償却費                          8,813千円
                                103/127





                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (株主資本等関係)
       当第3四半期累計期間(自 2021年8月1日 至 2022年4月30日)
       1.  配当金支払額
        該当事項はありません。
       2.  基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後と

        なるもの
        該当事項はありません。
      (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
       当社の事業セグメントは、「プロフェッショナル人材ソリューション&コンサルティング事業」のみの単一セグ
      メントであり重要性が乏しいため、セグメント情報の記載を省略しております。
      (収益認識関係)

        顧客との契約から生じる収益を分解した情報
        当第3四半期累計期間(自 2021年8月1日 至 2022年4月30日)
                                                    (単位:千円)
                                       当第3四半期累計期間
                                       (自 2021年8月1日
                                        至 2022年4月30日)
    一時点で移転される財又はサービス                                                  105,327
    一定期間にわたり移転される財又はサービス                                                 9,328,928

    顧客との契約から生じる収益                                                 9,434,255

    その他の収益                                                    ―

    外部顧客への売上高                                                 9,434,255

      (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 当第3四半期累計期間

                                 (自 2021年8月1日
                                  至 2022年4月30日)
    1株当たり四半期純利益                                    96円79銭
    (算定上の基礎)

     四半期純利益(千円)                                    387,172

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―

     普通株式に係る四半期純利益(千円)                                    387,172

     普通株式の期中平均株式数(株)                                   4,000,000

    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
    四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前事業                                       ―
    年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、新株予約権の残高がありますが、当社株式は非上場で
          あり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
       2.当社は、2022年5月9日付で普通株式1株につき普通株式10株の割合で株式分割を行っております。当事業
          年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純利益を算定しております。
                                104/127



                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑤  【附属明細表】(2021年7月31日現在)
       【有価証券明細表】
        【株式】
                                                     貸借対照
                                                株式数
                        銘柄                             表計上額
                                                (株)
                                                      (千円)
                   株式会社モンスター・ラボ                              2,631      99,978
              その他
                   WORLD   MATCHA    Inc.
    投資有価証券                                            100,000       5,413
             有価証券
                   株式会社AoyamaLab                               25     5,000
    関係会社株式        関連会社株式       ACP株式会社                               420     2,100
                         計                        103,076      112,491
        【債券】

                                                     貸借対照
                                               券面総額
                        銘柄                             表計上額
                                               (千円)
                                                      (千円)
              その他
    投資有価証券               ライズバイ株式会社                              5,000      5,000
             有価証券
                        計                         5,000      5,000
        【その他】

                                                     貸借対照
                                               投資口数
                      種類及び銘柄                               表計上額
                                                等(口)
                                                      (千円)
             その他
                   ISHIN   GLOBAL    FUND   投資事業有限責任組合
    投資有価証券                                                  11,308
             有価証券
                        計                              11,308
       【有形固定資産等明細表】

                                         当期末減価

                 当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      償却累計額      当期償却額      差引当期末
        資産の種類
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     又は償却累       (千円)     残高(千円)
                                         計額(千円)
    有形固定資産
      建物               63,985      4,500     19,223      49,262      6,347      5,683     42,914

     工具、器具及び備品               47,352      3,835      4,486     46,700      10,401      7,062     36,299

       有形固定資産計            111,338       8,335     23,710      95,962      16,749      12,745      79,213

    長期前払費用               6,355        -      -    6,355      3,856      1,155      2,498

     (注)   1.当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
        建物            事務所改装           4,500千円
        工具、器具及び備品            什器等の購入           3,835千円
       2.当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。

        建物            事務所解約          19,223千円
        工具、器具及び備品            サーバー           2,591千円
                                105/127



                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【借入金等明細表】
                       当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
    短期借入金                      350,000         115,000           0.6       -
    1年以内に返済予定の長期借入金                      109,783         161,645           0.7       -

                                                2022年7月31日~
    長期借入金(1年以内に返済予定の
                          408,186         546,541           0.6
    ものを除く)
                                                2028年10月31日
            合計               867,969         823,186        -          -
     (注)   1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
       2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の貸借対照表日後5年内における1年ごとの返済予定額の
         総額
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

             区分
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
          長期借入金               143,778          119,418          110,581          88,992
       【引当金明細表】

                                   当期減少額        当期減少額

                  当期首残高        当期増加額                         当期末残高
         科目                          (目的使用)         (その他)
                   (千円)        (千円)                         (千円)
                                    (千円)        (千円)
    貸倒引当金                  3,535        17,589          -       3,535        17,589
    賞与引当金                   -      34,415          -        -      34,415

     (注)   1.貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。
       【資産除去債務明細表】

        該当事項はありません。
     (2)  【主な資産及び負債の内容】

      ①   現金及び預金
                区分                          金額(千円)

    預金

     普通預金                                                 1,476,225

     当座預金                                                   17,049

                合計                                     1,493,275

                                106/127






                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②   売掛金
        相手先別内訳
                相手先                          金額(千円)

    株式会社エヌ・ティ・ティ・             データ                                     136,608

    アクセンチュア㈱                                                   51,410

    PwC  Japan合同会社

                                                       32,637
    Avanade㈱                                                   28,893

    TIS株式会社                                                   28,676

    その他                                                  841,498

                合計                                     1,119,724

        売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

                                                   滞留期間(日)

                                          回収率(%)
                                                   (A)+(D)
    当期首残高(千円)         当期発生高(千円)         当期回収高(千円)         当期末残高(千円)
                                                     2
                                          (C)
                                              ×100
                                                     (B)
       (A)         (B)         (C)         (D)
                                         (A)+(B)
                                                     365
         753,672        10,171,711          9,805,656         1,119,724            89.8         33.6
     (注)  消費税等の会計処理は税抜方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。
      ③   仕掛品

                品名                          金額(千円)

    受託業務案件                                                   13,229

                合計                                       13,229

      ④   買掛金

                相手先                          金額(千円)

    株式会社モンスターラボBX                                                   13,433

    株式会社MTネットワーク                                                   13,200

    株式会社ストラテジーテック・コンサルティング                                                   12,710

    合同会社シストリー                                                   11,132

    株式会社エイミングポイント                                                   10,943

    その他                                                  865,254

                合計                                      926,674

                                107/127



                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑤   未払金
                相手先                          金額(千円)

    クレディセゾン株式会社                                                   38,874

    社会保険料                                                   17,388

    東京労働局                                                   17,003

    関東ITソフトウェア健康保険組合                                                   9,742

    その他                                                   82,663

                合計                                      165,672

     (3) 【その他】

       該当事項はありません。
                                108/127















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
    事業年度              毎年8月1日から翌年7月31日まで

    定時株主総会              事業年度末日の翌日から3ヶ月以内

    基準日              事業年度の末日

    株券の種類              -

                  毎年1月31日
    剰余金の配当の基準日
                  毎事業年度の末日
    1単元の株式数              100株
    株式の名義書換え        (注)1

        取扱場所              東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社 証券代行部

        株主名簿管理人              東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社

        取次所              三井住友信託銀行株式会社 全国各支店

        名義書換手数料              無料

        新券交付手数料              -

    単元未満株式の買取り

        取扱場所              東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社 証券代行部

        株主名簿管理人              東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社

        取次所              三井住友信託銀行株式会社 全国各支店(注)1

        買取手数料              無料(注)2

                  電子公告により行う。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告による
                  公告をすることができない場合は、官報に掲載いたします。
    公告掲載方法
                  公告掲載URL
                  https://www.intloop.com/
    株主に対する特典              該当事項はありません。
     (注)   1.当社株式は、株式会社東京証券取引所への上場に伴い、社債、株式等の振替に関する法律第128条第1項に規
         定する振替株式となることから、該当事項はなくなる予定です。
       2.単元未満株式の買取手数料は、当社株式が東京証券取引所に上場された日から「株式の売買の委託に係る手
         数料相当額として別途定める金額」に変更されます。
       3.当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない
         旨、定款に定めております。
         (1)  会社法第189条第2項各号に掲げる権利
         (2)  会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
         (3)  株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                109/127





                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

      当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
    2 【その他の参考情報】

      該当事項はありません。
                                110/127


















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第三部 【特別情報】
    第1   【連動子会社の最近の財務諸表】

     当社は連動子会社を有しておりませんので、該当事項はありません。
                                111/127



















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第四部 【株式公開情報】
    第1   【特別利害関係者等の株式等の移動状況】

        移動前所有     移動前              移動後所有     移動後                  価格

    移動年             移動前所有者の提出                   移動後所有者の提出         移動株数          移動
        者の氏名又     所有者              者の氏名又     所有者                  (単価)
     月日             会社との関係等                   会社との関係等         (株)         理由
         は名称    の住所              は名称    の住所                  (円)
                                   特別利害関係者等(当社
                 特別利害関係者等(当社                                  666,000
    2021年         東京都                   東京都   の代表取締役の配偶者、                   親族間
         林 博文                 林 真理子
                 の代表取締役、大株主上                              10,000    (66.6)
    1月13日          港区                   港区   大株主上位10名)                    移動
                 位10名)                                 (注)4
                                   (注)6
                                   特別利害関係者等(当社
                 特別利害関係者等(当社               北海道   の代表取締役の二親等内               133,200
    2021年         東京都                                          親族間
         林 博文                長野  絵理子
                 の代表取締役、大株主上               札幌市   の血族、大株主上位10           2,000   (66.6)
    1月13日          港区                                          移動
                 位10名)                北区   名)               (注)4
                                   (注)6
                                神奈川   特別利害関係者等(当社
                 特別利害関係者等(当社                                  219,840    経営参画へ
    2021年         東京都                   県横浜   の取締役(監査等委
         林 博文                 川端  章夫
                 の代表取締役、大株主上                               600  (366.4)    の意識向上
    7月30日          港区                  市青葉   員)、大株主上位10名)
                 位10名)                                 (注)5     のため
                                 区  (注)6、7
                                   特別利害関係者等(当社
                 特別利害関係者等(当社                                  146,560    経営参画へ
    2021年         東京都                   東京都   の取締役(監査等委
         林 博文                 小山  史夫
                 の代表取締役、大株主上                               400  (366.4)    の意識向上
    7月30日          港区                   港区   員)、大株主上位10名)
                 位10名)                                  注)5    のため
                                   (注)6、7
                                   特別利害関係者等(当社
                 特別利害関係者等(当社                                  146,560    経営参画へ
    2021年         東京都                   東京都   の取締役(監査等委
         林 博文                下稲葉   耕治
                 の代表取締役、大株主上                               400  (366.4)    の意識向上
    7月30日          港区                  目黒区   員)、大株主上位10名)
                 位10名)                                 (注)5     のため
                                   (注)6、7
     (注)   1.当社は、東京証券取引所グロースへの上場を予定しておりますが、株式会社東京証券取引所(以下「同取引
         所」という。)が定める有価証券上場規程施行規則(以下「同施行規則」という。)第266条の規定に基づ
         き、特別利害関係者等が、新規上場申請日の直前事業年度の末日から起算して2年前の日(2019年8月1
         日)から上場日の前日までの期間において、当社の発行する株式又は新株予約権の譲受け又は譲渡(上場前
         の公募等を除き、新株予約権の行使を含む。以下「株式等の移動」という。)を行っている場合には、当該
         株式等の移動の状況を同施行規則第231条第1項第2号に規定する「新規上場申請のための有価証券報告書
         (Ⅰの部)」に記載することとされております。
       2.当社は、同施行規則第267条の規定に基づき、上場日から5年間、上記株式等の移動の状況に係る記載内容
         についての記録を保存することとし、幹事取引参加者は、当社が当該記録を把握し、かつ、保存するための
         事務組織を適切に整備している状況にあることを確認するものとするとされております。また、当社は、当
         該記録につき、同取引所が必要に応じて行う提出請求に応じなければならないとされております。同取引所
         は、当社が当該提出請求に応じない場合は、当社の名称及び当該提出請求に応じない状況にある旨を公表す
         ることができるとされております。また、同取引所は、当該提出請求により提出された記録を検討した結
         果、上記株式等の移動の状況に係る記載内容が明らかに正確でなかったと認められる場合には、当社及び幹
         事取引参加者の名称並びに当該記載内容が正確でなかったと認められる旨を公表することができるとされて
         おります。
       3.特別利害関係者等の範囲は次のとおりであります。
         (1)  当社の特別利害関係者………役員、その配偶者及び二親等内の血族(以下「役員等」という。)、役員
                         等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社並びに関係会社及
                         びその役員
         (2)  当社の大株主上位10名
         (3)  当社の人的関係会社及び資本的関係会社並びにこれらの役員
         (4)  金融商品取引業者等(金融商品取引法第28条第8項に規定する有価証券関連業を行う者に限る。)並び
           にその役員、人的関係会社及び資本的関係会社
       4.移動価格は、純資産方式により算定された価格を基礎として、当事者間で協議の上決定した価格でありま
         す。
       5.移動価格は、ディスカウント・キャッシュ・フロー法により第三者機関が算出した価格を基礎として、当事
         者間で協議の上決定した価格であります。
                                112/127



                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       6.当該移動により、特別利害関係者(大株主上位10名)となりました。
       7 . 2021年10月28日開催の株主総会決議による監査等委員会設置会社への移行に伴い、社外監査役川端章夫、小
         山忠夫、下稲葉耕治は、社外取締役(監査等委員)に就任しております。
       8.2022年4月20日開催の取締役会決議により、2022年5月9日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割
         を行っており、上記「移動株数」及び「価格(単価)」は当該株式分割後で換算した「移動株数」及び「価
         格(単価)」を記載しております。
                                113/127


















                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2 【第三者割当等の概況】
    1 【第三者割当等による株式等の発行の内容】

       項目        新株予約権①           新株予約権②           新株予約権③           新株予約権④

      発行年月日         2021年1月26日           2021年1月26日           2021年7月14日           2021年7月14日

              第1回新株予約権           第2回新株予約権           第3回新株予約権           第4回新株予約権
       種類
             (ストックオプション)           (ストックオプション)           (ストックオプション)           (ストックオプション)
              普通株式92,800株           普通株式31,000株            普通株式6,420株           普通株式3,000株
       発行数
                (注)7           (注)7           (注)7           (注)7
               1株につき367円           1株につき375円           1株につき367円           1株につき375円
      発行価格
               (注)4、7           (注)5、7           (注)4、7           (注)5、7
                      184円           188円           184円           188円
      資本組入額
                (注)7           (注)7           (注)7           (注)7
     発行価額の総額             34,057,600円           11,625,000円            2,356,140円           1,125,000円
    資本組入額の総額              17,075,200円            5,828,000円           1,181,280円             564,000円

             2021年1月25日開催の           2021年1月25日開催の           2021年7月13日開催の           2021年7月13日開催の
             臨時株主総会におい           臨時株主総会におい           臨時株主総会におい           臨時株主総会におい
             て、会社法第236条、第           て、会社法第236条、第           て、会社法第236条、第           て、会社法第236条、第
             238条及び第239条の規           238条及び第239条の規           238条及び第239条の規           238条及び第239条の規
      発行方法
             定に基づく新株予約権           定に基づく新株予約権           定に基づく新株予約権           定に基づく新株予約権
             の付与(ストックオプ           の付与(ストックオプ           の付与(ストックオプ           の付与(ストックオプ
             ション)に関する決議           ション)に関する決議           ション)に関する決議           ション)に関する決議
             を行っております。           を行っております。           を行っております。           を行っております。
      保有期間等
                (注)2           (注)3           (注)2           (注)3
     に関する確約
     (注)   1.第三者割当等による募集株式の割当て等に関する規制に関し、株式会社東京証券取引所(以下「同取引所」
         という。)の定める規則は、以下のとおりであります。
         (1)  同取引所の定める有価証券上場規程施行規則第268条の規定において、新規上場申請者が、新規上場申
           請日の直前事業年度の末日から起算して1年前より後において、第三者割当等による募集株式の割当て
           を行っている場合(上場前の公募等による場合を除く。)には、新規上場申請者は、割当てを受けた者と
           の間で、書面により募集株式の継続所有、譲渡時及び同取引所からの当該所有状況に係る照会時の同取
           引所への報告並びに当該書面及び報告内容の公衆縦覧その他同取引所が必要と認める事項について確約
           を行うものとし、当該書面を同取引所が定めるところにより提出するものとされております。
         (2)  同取引所の定める同施行規則第270条の規定において、新規上場申請者が、新規上場申請日の直前事業
           年度の末日から起算して1年前より後において、第三者割当等による募集新株予約権(会社法第238条第
           1項に規定する募集新株予約権をいい、同施行規則第272条に規定する新株予約権を除く。)の割当て
           (募集新株予約権の割当てと同様の効果を有すると認められる自己新株予約権(同施行規則第272条に
           規定する新株予約権を除く。)の割当てを含む。以下同じ。)を行っている場合には、当該新規上場申
           請者は、割当てを受けた者との間で、書面により募集新株予約権(行使等により取得する株式等を含
           む。)の継続所有、譲渡時及び同取引所からの当該所有状況に係る照会時の同取引所への報告並びに当
           該書面及び報告内容の公衆縦覧その他同取引所が必要と認める事項について確約を行うものとし、当該
           書面を同取引所が定めるところにより提出するものとされております。
         (3)  同取引所の定める同施行規則第272条の規定において、新規上場申請者が、新規上場申請日の直前事業
           年度の末日から起算して1年前より後において、役員又は従業員等に報酬として新株予約権の割当てを
           行っている場合には、新規上場申請者は、割当てを受けた役員又は従業員等との間で書面により報酬と
           して割当てを受けた新株予約権の所有、譲渡時及び同取引所からの当該所有状況に係る照会時の同取引
           所への報告その他同取引所が必要と認める事項について確約を行うものとし、当該書面を同取引所が定
           めるところにより提出するものとされております。
         (4)  当社が、前3項の規定に基づく書面の提出等を行わないときは、同取引所は上場申請の不受理又は受理
           の取消しの措置をとるものとしております。
         (5)  当社の場合、上場申請日直前事業年度の末日は、                       2021年7月31日       であります。
                                114/127


                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       2.同取引所の定める同施行規則第272条第1項第1号の規定に基づき、当社は、割当てを受けた役員又は従業
         員等との間で、報酬として割当てを受けた新株予約権を、原則として、割当てを受けた日から上場日の前日
         又 は新株予約権の行使を行う日のいずれか早い日まで所有する等の確約を行っております。
         3.同取引所の定める同施行規則第270条第1項第1号の規定に基づき、当社は、割当てを受けた者との間
           で、割当てを受けた募集新株予約権(以下「割当新株予約権」という。)を、原則として、割当てを受け
           た日から上場日以後6か月間を経過する日(当該日において割当新株予約権の割当日以後1年間を経過
           していない場合には、割当新株予約権の割当日以後1年間を経過する日)まで所有する等の確約を行っ
           ております。
       4.発行価格は、DCF法(ディスカウント・キャッシュ・フロー法)により算定された価格を参考として決定し
         ております。
       5.発行価格は、DCF法(ディスカウント・キャッシュ・フロー法)により算定された価格を参考として決定さ
         れた行使価額に、モンテカルロ・シミュレーションにより算定された権利価格を加算して決定しておりま
         す。
       6.新株予約権の行使時の払込金額、行使期間、行使の条件及び譲渡に関する事項については以下のとおりであ
         ります。
               新株予約権①           新株予約権②           新株予約権③           新株予約権④
               1株につき367円           1株につき367円           1株につき367円           1株につき367円
    行使時の払込金額
                (注)7           (注)7           (注)7           (注)7
              2023年1月26日から           2023年1月26日から           2023年7月14日から           2023年7月14日から
      行使期間
              2031年1月25日まで           2031年1月25日まで           2031年7月13日まで           2031年7月13日まで
             「第二部企業情報第4           「第二部企業情報第4           「第二部企業情報第4           「第二部企業情報第4
             提出会社の状況1株式           提出会社の状況1株式           提出会社の状況1株式           提出会社の状況1株式
    行使の条件及び譲
             等の状況(2)新株予           等の状況(2)新株予           等の状況(2)新株予           等の状況(2)新株予
     渡に関する事項
             約権等の状況」に記載           約権等の状況」に記載           約権等の状況」に記載           約権等の状況」に記載
             のとおりであります。           のとおりであります。           のとおりであります。           のとおりであります。
       7.2022年4月20日開催の取締役会決議により、2022年5月9日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割
         を行っており      、上記「発行数」、「発行価格」、「資本組入額」及び「行使時の払込金額」は、当該株式分
         割後で換算した「発行数」、「発行価格」、「資本組入額」及び「行使時の払込金額」を記載しておりま
         す。
                                115/127










                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【取得者の概況】
    新株予約権①
                               取得者の職              価格
                                      割当株数             取得者と提出会
     取得者の氏名又は名称               取得者の住所           業及び事業             (単価)
                                      (株)             社との関係
                               の内容等             (円)
                                            5,505,000
                                                 特別利害関係者等
    内野 権             東京都杉並区             会社役員         15,000
                                                 (当社取締役)
                                              (367)
                                            2,202,000
    住吉 恵理子             東京都江東区             会社員         6,000          当社従業員
                                              (367)
                                            2,202,000
    的池 将輝             東京都世田谷区             会社員         6,000          当社従業員
                                              (367)
                                            2,202,000
    加藤 哲弥             神奈川県横浜市港北区             会社員         6,000          当社従業員
                                              (367)
                                            2,202,000
    中磯 和敏             東京都小平市             会社員         6,000          当社従業員
                                              (367)
                                            2,202,000
    岡村 優一             神奈川県川崎市宮前区             会社員         6,000          当社従業員
                                              (367)
                                            1,468,000
    中村 和博             千葉県市川市             会社員         4,000          当社従業員
                                              (367)
                                            1,468,000
    田中 政之             埼玉県さいたま市浦和区             会社員         4,000          当社従業員
                                              (367)
                                            1,468,000
    廣瀬 明             東京都台東区             会社員         4,000          当社従業員
                                              (367)
                                            1,468,000
    金栗 一憲             東京都墨田区             会社員         4,000          当社従業員
                                              (367)
                                             734,000
    青木 慎一             東京都世田谷区             会社員         2,000          当社従業員
                                              (367)
                                             734,000
    伊藤 知憲             東京都世田谷区             会社員         2,000          当社従業員
                                              (367)
                                             734,000
    阪口 宏和             東京都品川区             会社員         2,000          当社従業員
                                              (367)
                                             734,000
    曽根 竜平             千葉県柏市             会社員         2,000          当社従業員
                                              (367)
                                             734,000
    脇 正雄             千葉県印西市             会社員         2,000          当社従業員
                                              (367)
                                             367,000
    荒井 智絵             東京都北区             会社員         1,000          当社従業員
                                              (367)
                                             367,000
    岸 聖奈             東京都新宿区             会社員         1,000          当社従業員
                                              (367)
                                             367,000
    久保田 寧             東京都世田谷区             会社員         1,000          当社従業員
                                              (367)
                                             367,000
    北川 悟士             東京都文京区             会社員         1,000          当社従業員
                                              (367)
                                             367,000
    村井 茂樹             北海道札幌市北区             会社員         1,000          当社従業員
                                              (367)
                                             367,000
    車地 美香             大阪府大阪市浪速区             会社員         1,000          当社従業員
                                              (367)
                                             367,000
    久保田 啓介             東京都練馬区             会社員         1,000          当社従業員
                                              (367)
                                             367,000
    三崎 隆             東京都台東区             会社員         1,000          当社従業員
                                              (367)
                                             367,000
    藤田 修             東京都墨田区             会社員         1,000          当社従業員
                                              (367)
                                             220,200
    佐々木 はるか             東京都中野区             会社員          600         当社従業員
                                              (367)
                                             220,200
    佐々木 美紀             東京都世田谷区             会社員          600         当社従業員
                                              (367)
                                             220,200
    中島 大輔             神奈川県横浜市港南区             会社員          600         当社従業員
                                              (367)
                                116/127



                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                               取得者の職              価格
                                      割当株数             取得者と提出会
     取得者の氏名又は名称               取得者の住所           業及び事業             (単価)
                                      (株)             社との関係
                               の内容等             (円)
                                             146,800
    二階堂 禎生             東京都北区             会社員          400         当社従業員
                                              (367)
     (注)1.退職等により権利を喪失した者につきましては、記載しておりません。
       2.2022年4月20日開催の取締役会決議により、2022年5月9日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割
         を行っており、上記「割当株数」及び「価格(単価)」は、当該株式分割後で換算した「割当株数」及び
         「価格(単価)」を記載しております。
    新株予約権②

                               取得者の職              価格
                                      割当株数             取得者と提出会
     取得者の氏名又は名称               取得者の住所           業及び事業             (単価)
                                      (株)             社との関係
                               の内容等             (円)
                                            7,500,000
    長谷川 宏志             兵庫県三田市              会社役員         20,000          社外協力者(注)2
                                              (375)
                                            3,750,000
    田口 正剛             神奈川県川崎市幸区              会社役員         10,000          社外協力者(注)2
                                              (375)
                                             375,000
    坂 靖             東京都渋谷区              会社役員         1,000          社外協力者
                                              (375)
     (注)   1.2022年4月20日開催の取締役会決議により、2022年5月9日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割
         を行っており、上記「割当株数」及び「価格(単価)」は、当該株式分割後で換算した「割当株数」及び
         「価格(単価)」を記載しております。
       2.長谷川宏志及び田口正剛は、業務委託契約に基づき、常勤の社外協力者として提出会社に関与しておりま
         す。長谷川宏志は2013年10月に当社取締役に就任、田口正剛は2017年10月に当社執行役員に就任して当社経
         営に参画した他(いずれも本書提出日現在においては退任済)、当該新株予約権付与時及び本書提出日現在
         においては、当社での経験及び長年の業界経験・知見を基にした営業活動実行支援等を行っており、そうし
         た貢献度を勘案して、当該新株予約権の付与を行っております。
    新株予約権③

                               取得者の職              価格
                                      割当株数             取得者と提出会
     取得者の氏名又は名称               取得者の住所           業及び事業             (単価)
                                      (株)             社との関係
                               の内容等             (円)
                                             220,200
    田中 正弘             東京都渋谷区             会社員          600         当社従業員
                                              (367)
                                             220,200
    山口 正樹             北海道札幌市白石区             会社員          600         当社従業員
                                              (367)
                                             146,800
    喬 啓明             東京都江東区             会社員          400         当社従業員
                                              (367)
                                             146,800
    峯島 雅司             神奈川県横浜市西区             会社員          400         当社従業員
                                              (367)
                                             146,800
    山本 真也             神奈川県横浜市鶴見区             会社員          400         当社従業員
                                              (367)
                                             146,800
    宇田川 高司             東京都大田区             会社員          400         当社従業員
                                              (367)
                                             110,100
    下田 詩織             東京都江戸川区             会社員          300         当社従業員
                                              (367)
                                             73,400
    笹田 誠             兵庫県西宮市             会社員          200         当社従業員
                                              (367)
                                117/127




                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                               取得者の職              価格
                                      割当株数             取得者と提出会
     取得者の氏名又は名称               取得者の住所           業及び事業             (単価)
                                      (株)             社との関係
                               の内容等             (円)
                                             73,400
    村上 裕之             東京都墨田区             会社員          200         当社従業員
                                              (367)
                                             73,400
    瀬川 唯             東京都足立区             会社員          200         当社従業員
                                              (367)
                                             73,400
    板橋 諒             東京都豊島区             会社員          200         当社従業員
                                              (367)
                                             73,400
    吉川 浩平             千葉県船橋市             会社員          200         当社従業員
                                              (367)
                                             73,400
    余 江             東京都渋谷区             会社員          200         当社従業員
                                              (367)
                                             73,400
    藤田 泉             埼玉県所沢市             会社員          200         当社従業員
                                              (367)
                                             73,400
    佐野 頼輝             東京都新宿区             会社員          200         当社従業員
                                              (367)
                                             36,700
    木下 秦孝             福岡県福岡市早良区             会社員          100         当社従業員
                                              (367)
                                             36,700
    酒匂 千晶             東京都国分寺市             会社員          100         当社従業員
                                              (367)
                                             36,700
    森川 萌             東京都杉並区             会社員          100         当社従業員
                                              (367)
                                             36,700
    秋山 誠             東京都北区             会社員          100         当社従業員
                                              (367)
                                             22,020
    西村 麻紀             沖縄県宜野湾市             会社員           60        当社従業員
                                              (367)
                                             22,020
    周 敏             神奈川県川崎市幸区             会社員           60        当社従業員
                                              (367)
     (注)   1.退職等により権利を喪失した者につきましては、記載しておりません。
       2.2022年4月20日開催の取締役会決議により、2022年5月9日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割
         を行っており、上記「割当株数」及び「価格(単価)」は、当該株式分割後で換算した「割当株数」及び
         「価格(単価)」を記載しております。
    新株予約権④

                               取得者の職              価格
                                      割当株数             取得者と提出会
     取得者の氏名又は名称               取得者の住所           業及び事業             (単価)
                                      (株)             社との関係
                               の内容等             (円)
                                             750,000
    白井 利英             埼玉県さいたま市見沼区              会社役員         2,000          社外協力者
                                              (375)
                                             375,000
    太田 敦信             埼玉県さいたま市南区              会社役員         1,000          社外協力者
                                              (375)
     (注)    2022年4月20日開催の取締役会決議により、2022年5月9日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を
        行っており、上記「割当株数」及び「価格(単価)」は、当該株式分割後で換算した「割当株数」及び「価格
        (単価)」を記載しております。
    3 【取得者の株式等の移動状況】

       該当事項はありません。
                                118/127





                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【株主の状況】
                                                 株式(自己株式を除
                                                 く。)の総数に対す
         氏名又は名称                   住所           所有株式数(株)
                                                 る所有株式数の割合
                                                    (%)
    林 博文 ※1、2                 東京都港区                      2,986,600            72.47
    KSM株式会社 ※1                 東京都港区浜松町二丁目2番15号                      1,000,000            24.26

                                             20,000           0.49
    長谷川 宏志                 兵庫県三田市
                                           (20,000)           (0.49)
                                             15,000           0.36
    内野 権 ※5                 東京都杉並区
                                           (15,000)           (0.36)
    林 真理子 ※1、3                 東京都港区                       10,000           0.24
                                             10,000           0.24
    田口 正剛                 神奈川県川崎市幸区
                                           (10,000)           (0.24)
                                             6,000           0.15
    住吉 恵理子 ※7                 東京都江東区
                                            (6,000)           (0.15)
                                             6,000           0.15
    的池 将輝 ※7                 東京都世田谷区
                                            (6,000)           (0.15)
                                             6,000           0.15
    加藤 哲弥 ※7                 神奈川県横浜市港北区
                                            (6,000)           (0.15)
                                             6,000           0.15
    中磯 和敏 ※7                 東京都小平市
                                            (6,000)           (0.15)
                                             6,000           0.15
    岡村 優一 ※7                 神奈川県川崎市宮前区
                                            (6,000)           (0.15)
                                             4,000           0.10
    中村 和博 ※7                 千葉県市川市
                                            (4,000)           (0.10)
                                             4,000           0.10
    田中 政之 ※7                 埼玉県さいたま市浦和区
                                            (4,000)           (0.10)
                                             4,000           0.10
    廣瀬 明 ※7                 東京都世田谷区
                                            (4,000)           (0.10)
                                             4,000           0.10
    金栗 一憲 ※7                 東京都墨田区
                                            (4,000)           (0.10)
    長野 絵理子 ※1、4                 北海道札幌市北区                        2,000           0.05
                                             2,000           0.05
    青木 慎一 ※7                 東京都世田谷区
                                            (2,000)           (0.05)
                                             2,000           0.05
    伊藤 知憲 ※7                 東京都世田谷区
                                            (2,000)           (0.05)
                                             2,000           0.05
    阪口 宏和 ※7                 東京都品川区
                                            (2,000)           (0.05)
                                             2,000           0.05
    曽根 竜平 ※7                 千葉県柏市
                                            (2,000)           (0.05)
                                             2,000           0.05
    脇 正雄 ※7                 千葉県印西市
                                            (2,000)           (0.05)
                                             2,000           0.05
    白井 利英                 埼玉県さいたま市見沼区
                                            (2,000)           (0.05)
                                             1,000           0.02
    荒井 智絵 ※7                 東京都北区
                                            (1,000)           (0.02)
                                             1,000           0.02
    岸 聖奈 ※7                 東京都新宿区
                                            (1,000)           (0.02)
                                             1,000           0.02
    久保田 寧 ※7                 東京都世田谷区
                                            (1,000)           (0.02)
                                119/127


                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                 株式(自己株式を除
                                                 く。)の総数に対す
         氏名又は名称                   住所           所有株式数(株)
                                                 る所有株式数の割合
                                                    (%)
                                             1,000           0.02
    北川 悟士 ※7                 東京都文京区
                                            (1,000)           (0.02)
                                             1,000           0.02
    村井 茂樹 ※7                 北海道札幌市北区
                                            (1,000)           (0.02)
                                             1,000           0.02
    車地 美香 ※7                 大阪府大阪市淀川区
                                            (1,000)           (0.02)
                                             1,000           0.02
    久保田 啓介 ※7                 東京都練馬区
                                            (1,000)           (0.02)
                                             1,000           0.02
    三崎 隆 ※7                 東京都台東区
                                            (1,000)           (0.02)
                                             1,000           0.02
    藤田 修 ※7                 東京都墨田区
                                            (1,000)           (0.02)
                                             1,000           0.02
    坂 靖                 東京都渋谷区
                                            (1,000)           (0.02)
                                             1,000           0.02
    太田 敦信                 埼玉県さいたま市南区
                                            (1,000)           (0.02)
    川端 章夫 ※1、6                 神奈川県横浜市青葉区                         600          0.01
                                              600          0.01
    佐々木 はるか ※7                 東京都中野区
                                             (600)          (0.01)
                                              600          0.01
    太田 美紀 ※7                 神奈川県横浜市栄区
                                             (600)          (0.01)
                                              600          0.01
    中島 大輔 ※7                 神奈川県横浜市港南区
                                             (600)          (0.01)
                                              600          0.01
    田中 正弘 ※7                 東京都渋谷区
                                             (600)          (0.01)
                                              600          0.01
    山口 正樹 ※7                 北海道札幌市中央区
                                             (600)          (0.01)
    小山 史夫 ※1、6                 東京都港区                         400          0.01
    下稲葉 耕治 ※1、6                 東京都目黒区                         400          0.01

                                              400          0.01
    二階堂 禎生 ※7                 東京都北区
                                             (400)          (0.01)
                                              400          0.01
    喬 啓明 ※7                 東京都江東区
                                             (400)          (0.01)
                                              400          0.01
    峯島 雅司 ※7                 神奈川県横浜市西区
                                             (400)          (0.01)
                                              400          0.01
    山本 真也 ※7                 神奈川県横浜市鶴見区
                                             (400)          (0.01)
                                              400          0.01
    宇田川 高司 ※7                 東京都大田区
                                             (400)          (0.01)
                                              300          0.01
    下田 詩織 ※7                 東京都江戸川区
                                             (300)          (0.01)
                                              200          0.00
    笹田 誠 ※7                 兵庫県西宮市
                                             (200)          (0.00)
                                              200          0.00
    村上 裕之 ※7                 東京都墨田区
                                             (200)          (0.00)
                                              200          0.00
    瀬川 唯 ※7                 東京都足立区
                                             (200)          (0.00)
                                120/127


                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                 株式(自己株式を除
                                                 く。)の総数に対す
         氏名又は名称                   住所           所有株式数(株)
                                                 る所有株式数の割合
                                                    (%)
                                              200          0.00
    板橋 諒 ※7                 東京都大田区
                                             (200)          (0.00)
                                              200          0.00
    吉川 浩平 ※7                 千葉県船橋市
                                             (200)          (0.00)
                                              200          0.00
    余 江 ※7                 東京都渋谷区
                                             (200)          (0.00)
                                              200          0.00
    藤田 泉 ※7                 埼玉県所沢市
                                             (200)          (0.00)
                                              200          0.00
    佐野 頼輝 ※7                 東京都新宿区
                                             (200)          (0.00)
                                              520          0.01
    その他6名                 -
                                             (520)          (0.01)
                                           4,121,420            100.00
            計         -
                                           (121,420)            (2.95)
     (注)   1.「氏名又は名称」欄の※の番号は、次のとおり株主の属性を示します。
         ※1 特別利害関係者等(大株主上位10名)
         ※2 特別利害関係者等(当社代表取締役)
         ※3 特別利害関係者等(当社代表取締役の配偶者)
         ※4 特別利害関係者等(当社代表取締役の二親等内の血族)
         ※5 特別利害関係者等(当社取締役)
         ※6 特別利害関係者等(当社取締役(監査等委員))
         ※7 当社従業員
       2.( )内は、新株予約権による潜在株式数及びその割合であり、内数であります。
       3.株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合は、小数点以下第3位を四捨五入しておりま
         す。
                                121/127











                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2022年6月1日

    INTLOOP株式会社
     取締役会 御中
                       太陽有限責任監査法人

                        東京事務所

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       尾  川  克  明            ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       篠  田  友  彦            ㊞
                        業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いるINTLOOP株式会社の2020年8月1日から2021年7月31日までの第17期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借
    対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明
    細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、INT
    LOOP株式会社の2021年7月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・
    フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
    当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを
    評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要
    がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                122/127






                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示が
    ないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決
    定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続
     を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
     な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
     び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結
     論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に
     注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外
     事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいてい
     るが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかど
     うかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計
     事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要
    な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
    監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
    じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上

     (注)   1.上記の監査報告書の原本は当社(有価証券届出書提出会社)が別途保管しております。

       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                123/127







                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2022年6月1日

    INTLOOP株式会社
     取締役会 御中
                       太陽有限責任監査法人

                        東京事務所

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       尾  川  克  明            ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       篠  田  友  彦            ㊞
                        業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いるINTLOOP株式会社の2019年8月1日から2020年7月31日までの第16期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借
    対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針及びその他の注記について
    監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、INT
    LOOP株式会社の2020年7月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・
    フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
    当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを
    評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要
    がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                124/127






                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示が
    ないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決
    定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続
     を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
     な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
     び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結
     論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に
     注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外
     事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいてい
     るが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかど
     うかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計
     事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要
    な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
    監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
    じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上

     (注)   1.上記の監査報告書の原本は当社(有価証券届出書提出会社)が別途保管しております。

       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                125/127







                                                          EDINET提出書類
                                                    INTLOOP株式会社(E37779)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                      監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2022年6月1日

    INTLOOP株式会社
     取締役会 御中
                       太陽有限責任監査法人

                        東京事務所

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       尾  川  克  明            ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       篠  田  友  彦            ㊞
                &nb