マイクロ波化学株式会社 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 マイクロ波化学株式会社
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
     【提出書類】                         有価証券届出書

     【提出先】                         近畿財務局長
     【提出日】                         2022年5月19日
     【会社名】                         マイクロ波化学株式会社
     【英訳名】                         Microwave     Chemical     Co.,   Ltd.
     【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長  吉野 巌
     【本店の所在の場所】                         大阪市住之江区平林南一丁目6番1号
                              (同所は登記上の本店所在地であり、実際の管理業務は「最寄り
                              の連絡場所」で行っております)
     【電話番号】                         該当事項はありません。
     【事務連絡者氏名】                         該当事項はありません。
     【最寄りの連絡場所】                         大阪府吹田市山田丘2番1号 フォトニクスセンター5階
     【電話番号】                         06-6170-7595(代表)
     【事務連絡者氏名】                         取締役管理部長  下條 智也
     【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
     【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額
                              ブックビルディング方式による募集      838,100,000円
                              売出金額
                              (引受人の買取引受による売出し)
                              ブックビルディング方式による売出し     772,502,000円
                              (オーバーアロットメントによる売出し)
                              ブックビルディング方式による売出し     263,726,000円
                              (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                  社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                  券届出書提出時における見込額であります。
                                  なお、募集株式及び引受人の買取引受による売出しに係
                                  る売出株式には、日本国内において販売される株式と、
                                  SMBC日興証券株式会社の関係会社等を通じて、欧州
                                  及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカ
                                  ナダを除く。)の海外投資家に対して販売される株式が
                                  含まれております。
                                  詳細は、「第一部 証券情報 第1 募集要項 1 新
                                  規発行株式」及び「第一部 証券情報 第2 売出要
                                  項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」
                                  をそれぞれご参照ください。
     【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                  1/206






                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部【証券情報】
    第1【募集要項】
     1【新規発行株式】
          種類          発行数(株)                        内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
         普通株式           1,700,000(注)2          標準となる株式であります。
                              また、1単元の株式数は100株であります。
     (注)1.2022年5月19日開催の取締役会決議によっております。
         2.2022年5月19日開催の取締役会において決議された公募による新株式発行(以下「本募集」という。)の発
           行株式1,700,000株のうちの一部が、SMBC日興証券株式会社の関係会社等を通じて、欧州及びアジアを
           中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除く。)の海外投資家に対して販売(以下「本募集におけ
           る海外販売」といい、本募集における海外販売の対象となる株数を「本募集における海外販売株数」とい
           う。)されることがあります。なお、本募集の発行株数については、2022年6月8日開催予定の取締役会に
           おいて変更される可能性があります。
           上記発行数は、本募集における日本国内において販売(以下「国内募集」という。)される株数(以下「本
           募集における国内販売株数」という。)の上限です。本募集における国内販売株数及び本募集における海外
           販売株数の最終的な内訳は、本募集に係る株式数の範囲内で、本募集及び引受人の買取引受による売出し
           (後記(注)3に定義する。)の需要状況等を勘案した上で、発行価格決定日(2022年6月16日)に決定さ
           れます。
           本募集における海外販売に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2 本邦以外の地
           域において開始される募集及び売出しに係る事項について」をご参照ください。
         3.本募集及び本募集と同時に行われる後記「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出
           し)」に記載の売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)に伴い、その需要状況等を勘案
           し、454,700株を上限として、SMBC日興証券株式会社が当社株主である吉野巌(以下「貸株人」とい
           う。)より借り入れる当社普通株式の売出し(以下「オーバーアロットメントによる売出し」という。)を
           行う場合があります。オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後記「募集又は売出しに関す
           る特別記載事項 3 オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
           これに関連して、当社は、2022年5月19日開催の取締役会において、本募集及び引受人の買取引受による売
           出しとは別に、SMBC日興証券株式会社を割当先とする第三者割当による当社普通株式454,700株の新規
           発行(以下「本第三者割当増資」という。)を決議しております。その内容に関しましては、後記「募集又
           は売出しに関する特別記載事項 4 第三者割当増資について」をご参照ください。
         4.本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連してロックアップに関する合意がなされておりますが、そ
           の内容に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 5 ロックアップについて」をご参
           照ください。
         5.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋兜町7番1号
                                  2/206








                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【募集の方法】
       2022年6月16日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
      欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引
      受価額と異なる価額(発行価格)で国内募集を行います。引受価額は2022年6月8日開催予定の取締役会において決
      定される会社法上の払込金額(発行価額)以上の価額となります。引受人は払込期日に引受価額の総額を当社に払込
      み、国内募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受手数料
      を支払いません。
       なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第
      246条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条
      件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況等を把握した上で発行価格等を決定する方法をいう。)により決
      定する価格で行います。
            区分            発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
     入札方式のうち入札による募集                         -             -             -

     入札方式のうち入札によらない募集                         -             -             -

     ブックビルディング方式                     1,700,000            838,100,000             453,560,000

         計(総発行株式)                 1,700,000            838,100,000             453,560,000

     (注)1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」により規定
           されております。
         3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
         4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金の額であり、会社計算規則第14条第1項に従い算出される
           資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であ
           ります。また、2022年5月19日開催の取締役会において、会社法上の増加する資本金の額は、2022年6月16
           日に決定される予定の引受価額に基づき、会社計算規則第14条第1項に従い算出される資本金等増加限度額
           の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとし、会社
           法上の増加する資本準備金の額は、当該資本金等増加限度額から上記の増加する資本金の額を減じた額とす
           ることを決議しております。
         5.発行数、発行価額の総額及び資本組入額の総額は、本募集における国内販売株数の上限に係るものでありま
           す。本募集における海外販売株数に係るものにつきましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事
           項 2 本邦以外の地域において開始される募集及び売出しに係る事項について」をご参照ください。
         6.有価証券届出書提出時における想定発行価格(580円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
           (見込額)は986,000,000円となります。
                                  3/206









                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【募集の条件】
      (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
      (2)【ブックビルディング方式】

                     資本     申込株                   申込
     発行価格     引受価額     払込金額
                     組入額     数単位         申込期間          証拠金        払込期日
     (円)     (円)     (円)
                     (円)     (株)                  (円)
      未定     未定     未定     未定          自 2022年6月17日(金)              未定
                            100                      2022年6月23日(木)
     (注)1     (注)1     (注)2     (注)3           至 2022年6月22日(水)             (注)4
     (注)1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
           発行価格の決定に当たり、2022年6月8日に仮条件を提示する予定であります。
           当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク等を総合的に勘案した上で、2022年6月16日に発
           行価格及び引受価額を決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
           関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2022年6月8日開催予定の取締役会において決定します。また、
           前記「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、会社法上の払込金額及び2022年6月16日に決定される予定
           の発行価格、引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手取金となり
           ます。
         3.資本組入額は、前記「2 募集の方法」に記載の資本組入額の総額を、前記「2 募集の方法」に記載の発
           行数で除した金額とし、2022年6月16日に決定する予定であります。
         4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。なお、申込証拠金のうち引受価額相当額
           は、払込期日に新株式払込金に振替充当いたします。
         5.株式受渡期日は、2022年6月24日(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に係
           る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従
           い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.申込みに先立ち、2022年6月9日から2022年6月15日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
           需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。
           販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
           の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
           引受人及びその委託販売先金融商品取引業者は、各社の定める配分に係る基本方針及び社内規則等に従い販
           売を行う方針であります。配分に係る基本方針については各社の店頭における表示又はホームページにおけ
           る表示等をご確認ください。
         8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は本募集を中止いたします。
        ①【申込取扱場所】

          後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の全国の本支店及び営業所で
         申込みの取扱いをいたします。
                                  4/206





                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【払込取扱場所】
                 店名                           所在地
     株式会社三菱UFJ銀行 京都中央支店                            京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町10

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
     4【株式の引受け】

                                      引受株式数
      引受人の氏名又は名称                    住所                       引受けの条件
                                       (株)
                                             1.買取引受けによります。
     SMBC日興証券株式会社             東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
                                             2.引受人は新株式払込金とし
                                               て、払込期日までに払込取
     株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号
                                               扱場所へ引受価額と同額を
                                        未定       払込むことといたします。
     三菱UFJモルガン・スタ
                                             3.引受手数料は支払われませ
                  東京都千代田区大手町一丁目9番2号
     ンレー証券株式会社
                                               ん。ただし、発行価格と引
                                               受価額との差額の総額は引
     楽天証券株式会社             東京都港区南青山二丁目6番21号
                                               受人の手取金となります。
           計                -            1,700,000             -
     (注)1.各引受人の引受株式数は、2022年6月8日に決定する予定であります。
         2.上記引受人と発行価格決定日(2022年6月16日)に元引受契約を締結する予定であります。
         3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
           引業者に販売を委託する方針であります。
     5【新規発行による手取金の使途】

      (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)
              907,120,000                   16,000,000                  891,120,000

     (注)1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
           の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(580円)を基礎として算出した見込額であり
           ます。
         2.払込金額の総額、発行諸費用の概算額及び差引手取概算額は、本募集における国内販売株数の上限に係るも
           のであります。本募集における海外販売株数に係るものにつきましては、後記「募集又は売出しに関する特
           別記載事項 2 本邦以外の地域において開始される募集及び売出しに係る事項について」をご参照くださ
           い。
         3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。また、
           消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
                                  5/206







                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)【手取金の使途】
           上記の差引手取概算額891,120千円に、本募集における海外販売の手取概算額(未定)及び本第三者割当増
          資の手取概算額上限241,778千円を合わせた、手取概算額合計上限1,132,898千円については、設備投資資金
          882,898千円及び借入金250,000千円の返済に充当する予定であり、その具体的な内容は次に記載のとおりであ
          ります。
          1.返済期限が到来する借入金(2023年3月期:50,000千円、2024年3月期:200,000千円)に充当する予定で

           す。
          2.研究開発能力の増強を推進するものとして、下表の設備の投資に充当する予定です。

              事業所名

                           設備の内容            金額(千円)        資金の充当時期
             (所在地)
          大阪事業所

                         研究開発設備(注1)                 56,471     2023年3月期
          (大阪市住之江区)
                         研究開発設備(注1)                 97,320     2024年3月期
          本社
          (大阪府吹田市)
                         研究開発設備(注1)                 194,640     2025年3月期
                        本社・ラボ工事(注2)                 117,360     2024年3月期
          本社
          (大阪府吹田市)
                         研究開発設備(注2)                 78,240     2024年3月期
          大阪事業所
                         実証棟工事(注3)                284,721     2025年3月期
          (大阪市住之江区)
          (注)1.2023年3月期以降において設備投資を計画する、反応器、用役設備、分析機器、ソフトウェア等で
               あります。
             2.2023年3月期以降、研究員や事業開発担当者の増員を計画しており、本社・ラボの移転および拡張
               とラボ機能の増強を図るものです。
             3.フェーズ2およびフェーズ3の開発案件は、現在、第一実証棟および第二実証棟で対応しておりま
               すが、これらの開発案件への対応力を高める目的で、第三実証棟を建設するものです。
             4.なお、残額が生じる場合は、2026年3月期以降の研究開発設備の購入資金に充当する予定です。
            なお、上記調達資金については、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方

           針であります。
          (注)設備計画の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計

             画」の項をご参照ください。
                                  6/206









                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2【売出要項】
     1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
       2022年6月16日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
      (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出
      要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価
      格、発行価格と同一の価格)で売出しを行います。引受人は株式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受
      人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に対
      して引受手数料を支払いません。
                               売出価額の総額            売出しに係る株式の所有者の
        種類           売出数(株)
                                 (円)           住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             による売出し
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             によらない売出し
                                        東京都文京区本郷七丁目3番1号
                                        UTEC2号投資事業有限責任組合
                                                     1,071,400株
                                        東京都港区虎ノ門一丁目23番1号
                                        ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合
                                                       125,500株
                                        東京都港区虎ノ門一丁目3番1号
             ブックビルディング
                                        株式会社INCJ
     普通株式                   1,331,900        772,502,000
             方式
                                                       110,500株
                                        東京都中央区日本橋室町二丁目4番3号
                                        株式会社新生銀行
                                                       16,400株
                                        大阪市中央区本町三丁目6番4号
                                        岩谷ベンチャーキャピタル合同会社
                                                        8,100株
     計(総売出株式)            -       1,331,900        772,502,000                -

     (注)1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されてお
           ります。
         2.引受人の買取引受による売出しに係る売出株式1,331,900株のうちの一部が、SMBC日興証券株式会社の
           関係会社等を通じて、欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除く。)の海外投
           資家に対して販売(以下「引受人の買取引受による売出しにおける海外販売」といい、引受人の買取引受に
           よる売出しにおける海外販売の対象となる株数を「引受人の買取引受による売出しにおける海外販売株数」
           という。)されることがあります。なお、引受人の買取引受による売出しに係る売出株数については、今後
           変更される可能性があります。
           上記売出数は、引受人の買取引受による売出しにおける日本国内において販売(以下「引受人の買取引受に
           よる売出しにおける国内販売」という。)される株数(以下「引受人の買取引受による売出しにおける国内
           販売株数」という。)の上限です。引受人の買取引受による売出しにおける国内販売株数及び引受人の買取
           引受による売出しにおける海外販売株数の最終的な内訳は、引受人の買取引受による売出しに係る株式数の
           範囲内で、本募集及び引受人の買取引受による売出しの需要状況等を勘案した上で、売出価格決定日(2022
           年6月16日)に決定されます。
           引受人の買取引受による売出しにおける海外販売に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載
           事項 2 本邦以外の地域において開始される募集及び売出しに係る事項について」をご参照ください。
         3.本募集における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたします。
         4.本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況等を勘案しオーバーアロットメントによる
           売出しを行う場合があります。
           オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 3 
           オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
                                  7/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         5.本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされておりますが、
           その内容に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 5 ロックアップについて」をご
           参照ください。
         6.振替機関の名称及び住所は、前記「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)5に記載した振替機関と
           同一であります。
         7.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(580円)で算出した見込額であり、引受
           人の買取引受による売出しにおける国内販売株数の上限に係るものであります。引受人の買取引受による売
           出しにおける海外販売株数に係るものにつきましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2 
           本邦以外の地域において開始される募集及び売出しに係る事項について」をご参照ください。
                                  8/206


















                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
      (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
      (2)【ブックビルディング方式】

                       申込株数
     売出価格     引受価額                  申込証拠             引受人の住所及び氏名又は             元引受契
                 申込期間       単位           申込受付場所
     (円)     (円)                  金(円)             名称             約の内容
                        (株)
                自 2022年
      未定                                    東京都千代田区丸の内三丁
           未定     6月17日(金)              未定    引受人の本店及                      未定
     (注)1                     100                目3番1号
          (注)2      至 2022年            (注)2     び全国各支店                     (注)3
     (注)2                                     SMBC日興証券株式会社
                6月22日(水)
     (注)1.売出価格の決定方法は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)
           1と同様であります。
         2.売出価格、引受価額及び申込証拠金は、本募集における発行価格、引受価額及び申込証拠金とそれぞれ同一
           といたします。ただし、申込証拠金には、利息をつけません。
         3.引受人の引受価額による買取引受けによることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売
           出価格決定日(2022年6月16日)に決定する予定であります。なお、元引受契約においては、引受手数料は
           支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額は引受人の手取金となります。
         4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
         5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
           構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
           行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.上記引受人の販売方針は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の
           (注)7に記載した販売方針と同様であります。
     3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】

                               売出価額の総額            売出しに係る株式の所有者の
        種類           売出数(株)
                                 (円)           住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             による売出し
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             によらない売出し
             ブックビルディング                           東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
     普通株式                    454,700       263,726,000
             方式                           SMBC日興証券株式会社
     計(総売出株式)            -        454,700       263,726,000                -
     (注)1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況
           等を勘案した上で行われる、SMBC日興証券株式会社が貸株人より借り入れる当社普通株式の売出しであ
           ります。なお、上記売出数は上限の株式数を示したものであり、需要状況等により減少する場合、又はオー
           バーアロットメントによる売出しが全く行われない場合があります。
           オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 3 
           オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
         2.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」により規定さ
           れております。
         3.本募集における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止いたします。
         4.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)5に記載した振替機関と同一
           であります。
         5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(580円)で算出した見込額であります。
                                  9/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
      (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
      (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格              申込株数単位        申込証拠金                  引受人の住所及び         元引受契
              申込期間                       申込受付場所
      (円)               (株)       (円)                  氏名又は名称        約の内容
             自 2022年
                                   SMBC日興証券株式
       未定      6月17日(金)                 未定
                         100          会社の本店及び全国各               -       -
      (注)1       至 2022年               (注)1
                                   支店
             6月22日(水)
     (注)1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しに係る国内販売における売出価格及び
           申込証拠金とそれぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利
           息をつけません。
         2.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式
           は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から
           売買を行うことができます。
         3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         4.SMBC日興証券株式会社の販売方針は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディン
           グ方式」の(注)7に記載した販売方針と同様であります。
                                 10/206












                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
     1 東京証券取引所グロース市場への上場について
       当社は前記「第1 募集要項」における募集株式及び前記「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株
      式について、SMBC日興証券株式会社を主幹事会社として東京証券取引所グロース市場への上場を予定しておりま
      す。
     2 本邦以外の地域において開始される募集及び売出しに係る事項について

       本募集の発行株式のうちの一部が、SMBC日興証券株式会社の関係会社等を通じて、欧州及びアジアを中心とす
      る海外市場(ただし、米国及びカナダを除く。)の海外投資家に対して販売されることがあります。また、引受人の
      買取引受による売出しに係る売出株式のうちの一部が、SMBC日興証券株式会社の関係会社等を通じて、欧州及び
      アジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除く。)の海外投資家に対して販売されることがありま
      す。以下は、係る本募集における海外販売及び引受人の買取引受による売出しにおける海外販売の内容として、企業
      内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第1号に掲げる各事項を一括して掲載したものであります。
      1.本募集における海外販売に関する事項
        (1)株式の種類
          当社普通株式
        (2)本募集における海外販売の発行数(海外販売株数)

          未定
          (注) 上記発行数は、本募集における海外販売株数であり、本募集に係る株式数の範囲内で、本募集及び引
              受人の買取引受による売出しの需要状況等を勘案した上で、発行価格決定日(2022年6月16日)に決
              定されます。
        (3)本募集における海外販売の発行価格(募集価格)

          未定
          (注)1.本募集における海外販売の発行価格の決定方法は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)
               ブックビルディング方式」の(注)1と同様であります。
             2.本募集における海外販売の発行価格は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビル
               ディング方式」に記載の国内募集における発行価格と同一といたします。
        (4)本募集における海外販売の発行価額(会社法上の払込金額)

          未定
          (注)1.前記「第1 募集要項 2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、会社法上の払込金額及び2022年
               6月16日に決定される予定の発行価格、引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差
               額の総額は、引受人の手取金となります。
             2.本募集における海外販売の発行価額は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビル
               ディング方式」に記載の国内募集における払込金額と同一といたします。
        (5)本募集における海外販売の資本組入額

          未定
          (注) 本募集における海外販売の資本組入額は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビル
              ディング方式」に記載の国内募集における資本組入額と同一といたします。
        (6)本募集における海外販売の発行価額の総額

          未定
        (7)本募集における海外販売の資本組入額の総額

          未定
          (注) 本募集における海外販売の資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金の額であり、会社計算規
              則第14条第1項に従い算出される資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上す
              ることを前提として算出します。
                                 11/206



                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (8)株式の内容
          完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。また、単元株式
         数は100株となっております。
        (9)発行方法

          下記(10)に記載の引受人が本募集における発行株式を買取引受けした上で、本募集の発行株式のうちの一部を
         SMBC日興証券株式会社の関係会社等を通じて、欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカ
         ナダを除く。)の海外投資家に対して販売します。
       (10)引受人の名称

          前記「第1 募集要項 4 株式の引受け」に記載の引受人
       (11)募集を行う地域

          欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除く。)
       (12)提出会社が取得する手取金の総額並びに使途ごとの内容、金額及び支出予定時期

         ① 手取金の総額
           払込金額の総額    未定
           発行諸費用の概算額  未定
           差引手取概算額    未定
         ② 手取金の使途ごとの内容、金額及び支出予定時期

           前記「第1 募集要項 5 新規発行による手取金の使途 (2)手取金の使途」に記載のとおり
       (13)本募集における海外販売の新規発行年月日(払込期日)

          2022年6月23日(木)
       (14)当該有価証券を金融商品取引所に上場しようとする場合における当該金融商品取引所の名称

          株式会社東京証券取引所
      2.引受人の買取引受による売出しにおける海外販売に関する事項

        (1)株式の種類
          当社普通株式
        (2)引受人の買取引受による売出しにおける海外販売の売出数(海外販売株数)

          未定
          (注) 上記売出数は、引受人の買取引受による売出しにおける海外販売株数であり、引受人の買取引受によ
              る売出しに係る株式数の範囲内で、本募集及び引受人の買取引受による売出しの需要状況等を勘案し
              た上で、売出価格決定日(2022年6月16日)に決定されます。
        (3)引受人の買取引受による売出しにおける海外販売の売出価格

          未定
          (注)1.引受人の買取引受による売出しにおける海外販売の売出価格の決定方法は、前記「第1 募集要
               項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1と同様であります。
             2.引受人の買取引受による売出しにおける海外販売の売出価格は、前記「第2 売出要項 2 売出
               しの条件(引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の引受人の買
               取引受による売出しにおける国内販売の売出価格と同一といたします。
        (4)引受人の買取引受による売出しにおける海外販売の引受価額

          未定
          (注) 引受人の買取引受による売出しにおける海外販売の引受価額は、引受人の買取引受による売出しにお
              ける国内販売の引受価額と同一といたします。
                                 12/206



                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (5)引受人の買取引受による売出しにおける海外販売の売出価額の総額
          未定
        (6)株式の内容

          完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。また、単元株式
         数は100株となっております。
        (7)売出方法

          下記(8)に記載の引受人が引受人の買取引受による売出しの売出株式を買取引受けした上で、引受人の買取引
         受による売出しに係る売出株式のうちの一部をSMBC日興証券株式会社の関係会社等を通じて、欧州及びアジ
         アを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除く。)の海外投資家に対して販売します。
        (8)引受人の名称

          前記「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方
          式」に記載の引受人
        (9)売出しを行う者の氏名又は名称

          前記「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」に記載の売出人
       (10)売出しを行う地域

          欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除く。)
       (11)引受人の買取引受による売出しにおける海外販売の受渡年月日

          2022年6月24日(金)
       (12)当該有価証券を金融商品取引所に上場しようとする場合における当該金融商品取引所の名称

          株式会社東京証券取引所
     3 オーバーアロットメントによる売出し等について

       本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況等を勘案し、454,700株を上限として、本募集及
      び引受人の買取引受による売出しの主幹事会社であるSMBC日興証券株式会社が貸株人より借り入れる当社普通株
      式(以下「借入株式」という。)の売出し(オーバーアロットメントによる売出し)を行う場合があります。なお、
      当該売出株式数は上限の株式数を示したものであり、需要状況等により減少する場合、又はオーバーアロットメント
      による売出しが全く行われない場合があります。
       これに関連して、オーバーアロットメントによる売出しが行われる場合は、当社はSMBC日興証券株式会社に対
      して、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数を上限として、本第三者割当増資の割当を受ける権利(以
      下「グリーンシューオプション」という。)を、2022年7月22日を行使期限として付与します。
       SMBC日興証券株式会社は、借入株式の返還を目的として、上場(売買開始)日から2022年7月22日までの間
      (以下「シンジケートカバー取引期間」という。)、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数の範囲内で
      東京証券取引所において当社普通株式の買付(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があり、当該
      シンジケートカバー取引で買付けられた株式は借入株式の返還に充当されます。なお、シンジケートカバー取引期間
      内においても、SMBC日興証券株式会社の判断で、シンジケートカバー取引を全く行わない、又はオーバーアロッ
      トメントによる売出しに係る株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
       SMBC日興証券株式会社は、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数からシンジケートカバー取引に
      より買付けた株式数を控除した株式数についてのみ、グリーンシューオプションを行使し本第三者割当増資の割当に
      応じる予定であります。したがって、本第三者割当増資における発行数の全部又は一部につき申込みが行われず、そ
      の結果、失権により本第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、又は発行そのものが全く行われない場合
      があります。
       SMBC日興証券株式会社が本第三者割当増資に応じる場合には、SMBC日興証券株式会社はオーバーアロット
      メントによる売出しによる手取金をもとに払込みを行います。
       オーバーアロットメントによる売出しが行われるか否か及びオーバーアロットメントによる売出しが行われる場合
      の売出数については、2022年6月16日に決定されます。オーバーアロットメントによる売出しが行われない場合は、
      SMBC日興証券株式会社による貸株人からの当社普通株式の借り入れは行われません。したがって、SMBC日興
      証券株式会社はグリーンシューオプションを全く行使しないため、失権により、本第三者割当増資による新株式発行
      は全く行われません。また、東京証券取引所におけるシンジケートカバー取引も行われません。
                                 13/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4 第三者割当増資について
       上記「3 オーバーアロットメントによる売出し等について」に記載のSMBC日興証券株式会社を割当先とする
      本第三者割当増資について、当社が2022年5月19日開催の取締役会において決議した内容は、以下のとおりでありま
      す。
     (1)   募集株式の数               当社普通株式 454,700株
     (2)   募集株式の払込金額               未定(注)1

                       増加する資本金の額は、割当価格に基づき、会社計算規則第14条第1項に従い
                       算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の
        増加する資本金及び資本準備金
     (3)                  端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとします。また、増加する資
        に関する事項
                       本準備金の額は、当該資本金等増加限度額から上記の増加する資本金の額を減
                       じた額とします。(注)2
     (4)   払込期日               2022年7月27日(水)
     (注)1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、1株につき、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 
           (2)ブックビルディング方式」に記載の国内募集における払込金額(会社法上の払込金額)と同一とし、
           2022年6月8日開催予定の取締役会において決定します。
         2.割当価格は、1株につき、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」に記載
           の国内募集における引受価額と同一とし、2022年6月16日に決定します。
     5 ロックアップについて

       本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、貸株人である吉野巌、当社株主かつ当社役員である塚原保徳、
      当社株主である三井化学株式会社、千島土地株式会社、石塚章斤、フタムラ化学株式会社、山内智央及び太陽化学株
      式会社並びに当社新株予約権者である下條智也、渡辺久夫、村田究、大山求一、鐘ヶ江延恵、和田雄二、菅野雅皓、
      木谷径治、今井将太、大谷寛、萩本陽和、澤木直子、伊藤圭介、和田直之、緒方俊彦、奥村治樹、貝原加奈子、髙元
      保、植村和史、堀直樹、森川智史、村田孝信及びその他新株予約権者26名は、SMBC日興証券株式会社(以下「主
      幹事会社」という。)に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場
      (売買開始)日から起算して180日目の2022年12月20日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受け
      ることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)及び当社普通株式を取得
      する権利を有する有価証券の発行、譲渡又は売却等を行わない旨を約束しております。
       売出人であるUTEC2号投資事業有限責任組合、ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合、株式会社INCJ、株式会社
      新生銀行及び岩谷ベンチャーキャピタル合同会社並びに当社株主であるPNB-INSPiRE                                       Ethical    Fund   1 投資事業有限
      責任組合、OUVC1号投資事業有限責任組合、DBJキャピタル投資事業有限責任組合、Mitsui                                         Kinzoku-SBI      Material
      Innovation      Fund、SMBCベンチャーキャピタル2号投資事業有限責任組合、ハック大阪投資事業有限責任組合、第一生
      命保険株式会社、池田泉州キャピタルニュービジネスファンド5号投資事業有限責任組合、SBIベンチャー企業成長支
      援3号投資事業有限責任組合、SBIベンチャー企業成長支援4号投資事業有限責任組合、SBI                                         Ventures     Two株式会社、
      SBIベンチャー企業成長支援2号投資事業有限責任組合及びSBIベンチャー企業成長支援投資事業有限責任組合は、主
      幹事会社に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)
      日から起算して90日目の2022年9月21日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元
      引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式及び当社普通株式を取得する権利を有する有価証券の発行、譲
      渡又は売却等(ただし、その売却価格が募集における発行価格又は売出しにおける売出価格の1.5倍以上であって、
      主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)を行わない旨を約束しております。
       また、当社は、主幹事会社に対し、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、
      上場(売買開始)日から起算して180日目の2022年12月20日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を
      受けることなく、当社普通株式及び当社普通株式を取得する権利あるいは義務を有する有価証券の発行又は売却(本
      第三者割当増資に係る新株式発行並びに株式分割による新株式発行等、ストック・オプションに係る新株予約権の発
      行及び新株予約権の行使による当社普通株式の発行等を除く。)を行わないことに合意しております。
       なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社は、その裁量で当該合意内容の一部若しくは全部につき解除
      し、又はその制限期間を短縮する権限を有しております。
       上記のほか、当社は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」の規定に基づき、上場前の第三者割当等によ
      る募集株式等の割当に関し、割当を受けた者との間で継続所有等の確約を行っております。その内容については、
      「第四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照ください。
                                 14/206



                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3【その他の記載事項】
      新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
      (1)表紙に当社のロゴ                     を記載いたします。

      (2)表紙の次に経営方針~主要な経営指標等の推移をカラー印刷したものを記載いたします。

                                 15/206


















                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/206





















                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/206





















                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 18/206





















                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 19/206





















                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 20/206





















                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 21/206





















                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 22/206





















                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
            回次            第10期        第11期        第12期        第13期        第14期

           決算年月            2017年3月        2018年3月        2019年3月        2020年3月        2021年3月

                        138,746        361,041        603,222       1,052,303         458,026
     売上高            (千円)
     経常利益
                                                27,594
                 (千円)      △ 324,662       △ 175,318       △ 151,362              △ 355,599
     又は経常損失(△)
     当期純利益
                                                32,523
                 (千円)      △ 279,690       △ 146,534       △ 467,916             △ 1,036,391
     又は当期純損失(△)
     持分法を適用した場合の
                 (千円)       △ 13,504       △ 23,537       △ 98,641       △ 92,060      △ 653,258
     投資損失(△)
                       1,665,390        1,913,368        2,013,418        2,298,446        2,298,446
     資本金            (千円)
     発行済株式総数
                         25,000        25,000        25,000        25,000        25,000
      普通株式
                         10,714        10,714        10,714        10,714        10,714
      A種種類株式
                         35,300        35,300        35,300        35,300        35,300
      B種種類株式
                         28,404        28,404        28,404        28,404        28,404
      C種種類株式            (株)
                         15,628        15,628        15,628        15,628        15,628
      D種種類株式
                         6,250        6,250        6,250        6,250        6,250
      E種種類株式
                                 6,441        6,441        6,441        6,441
      F種種類株式                     -
                                         1,740        6,697        6,697
      G種種類株式                     -        -
                       1,087,892        1,437,315        1,169,499        1,772,077         735,685
     純資産額            (千円)
                       1,690,268        2,062,843        2,225,181        2,784,349        1,701,703
     総資産額            (千円)
     1株当たり純資産額             (円)     △ 88,715.50       △ 94,576.87      △ 113,293.52        △ 1,119.92       △ 1,534.48
     1株当たり配当額                      -        -        -        -        -
     (うち1株当たり中間配             (円)
                          ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     当額)
     1株当たり当期純利益又
                                                13.00
     は1株当たり当期純損失             (円)     △ 11,187.60       △ 5,861.36      △ 18,716.64                △ 414.55
     (△)
     潜在株式調整後1株当た
                  (円)         -        -        -        -        -
     り当期純利益
                          64.4        69.7        52.6        63.6        43.2
     自己資本比率             (%)
                                                 2.2
     自己資本利益率             (%)         -        -        -               -
     株価収益率             (倍)         -        -        -        -        -
     配当性向             (%)         -        -        -        -        -
     営業活動によるキャッ
                                                55,450
                 (千円)          -        -        -            △ 287,659
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                 (千円)          -        -        -    △ 528,748       △ 72,640
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                                               537,266
                 (千円)          -        -        -            △ 69,936
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期
                                               812,556        382,320
                 (千円)          -        -        -
     末残高
                                 23/206



                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            回次            第10期        第11期        第12期        第13期        第14期
           決算年月            2017年3月        2018年3月        2019年3月        2020年3月        2021年3月

                           29        33        42        46        50
     従業員数
                  (人)
     (外、平均臨時雇用者
                           ( 1 )       ( 1 )       ( 2 )       ( 2 )       ( 4 )
     数)
     (注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
         載しておりません。
        2.売上高には消費税等は含まれておりません。
        3.第10期、第11期、第12期および第14期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権の残
         高はありますが、当社株式は非上場であり期中平均株価が把握できないため、また、1株当たり当期純損失で
         あるため、記載しておりません。第13期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権の残
         高はありますが、当社株式は非上場であり期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
        4.第10期、第11期、第12期および第14期の自己資本利益率については、当期純損失を計上しているため、記載
         しておりません。
        5.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
        6.第10期、第11期および第12期については、キャッシュ・フロー計算書を作成しておりませんので、キャッ
         シュ・フローにかかる各項目については、記載しておりません。
        7.従業員は就業人員であり、臨時雇用者数の年間平均人員を( )内に外数で記載しております。
        8.第13期及び第14期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
         年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、太陽有限責任
         監査法人の監査を受けております。なお、第10期、第11期及び第12期については、「会社計算規則」(平成18
         年法務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を記載しておりますが、当該監査を受けておりません。
        9.2022年4月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っており、第13期の期首に当該株式分割が行わ
         れたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失を算定しておりま
         す。
        10.  2022年4月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。そこで、東京証券取引所自主規
         制法人(現      日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの
         部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133号)                                  に基づき、第10期の期首に当該株式
         分割が行われたと仮定して算定した場合の1株当たり指標の推移を参考                                 までに掲げると、以下のとおりとなり
         ます。    なお、第10期、第11期及び第12期の数値(1株当たり配当額については全ての数値)については、太陽
         有限責任監査法人の監査を受けておりません。
            回次            第10期        第11期        第12期        第13期        第14期

           決算年月            2017年3月        2018年3月        2019年3月        2020年3月        2021年3月

     1株当たり純資産額             (円)      △887.15        △945.76       △1,132.93        △1,119.92        △1,534.48
     1株当たり当期純利益又
     は1株当たり当期純損失             (円)      △111.87        △58.61       △187.16         13.00      △414.55
     (△)
     潜在株式調整後1株当た
                  (円)         -       -        -       -        -
     り当期純利益
     1株当たり配当額
                           -       -        -       -        -
     (うち1株当たり中間配             (円)
                          (-)        (-)        (-)        (-)        (-)
     当額)
                                 24/206





                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【沿革】
        2007年8月        マイクロ波化学プロセスの事業化を目的として、マイクロ波環境化学株式会社を京都市上京区に
                設立(資本金1,000千円)
        2008年10月        本社を彩都バイオイノベーションセンター(大阪府吹田市)に移転
        2009年3月        完全フロー型リアクター1号機(MWF-1:バイオディーゼル用)を島屋ビジネス・インキュベータ
                (大阪市此花区)にて立上
        2011年11月        社名をマイクロ波環境化学株式会社からマイクロ波化学株式会社へ変更
        2011年12月        基本特許「化学反応装置、および化学反応方法」成立
        2012年8月        第一号製品となる脂肪酸エステルの出荷を開始
        2012年10月        本社を大阪大学吹田キャンパス(大阪府吹田市)に移転
        2014年3月        大阪工場(年産3,000トン規模の脂肪酸エステル製造工場「M3K」および第一実証棟。現大阪事
                業所)を、大阪市住之江区に竣工
        2015年3月        太陽化学㈱とマイクロ波技術を使用したショ糖エステル製造にかかる合弁契約を締結
        2015年4月        太陽化学㈱と食品添加物の製造を目的とした合弁会社(ティエムティ㈱)を設立
                ティエムティ㈱とマイクロ波技術を使用したショ糖エステル製造にかかる特許・ノウハウライセ
                ンス契約を締結
        2017年9月        マイクロ波を活用した次世代化学プロセス技術開発を推進するため三井化学㈱と業務提携契約を
                締結
        2018年3月        ぺプチスター㈱と「ペプチド医薬品製造」にかかる装置供給契約を締結
        2019年6月        大阪事業所を拡張し、第二実証棟の稼働を開始
                                 25/206














                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【事業の内容】
        日・米・欧をはじめとした世界の主要国・地域は、地球温暖化対策として2050年のカーボンニュートラルを目指す
      ことに同意しました。この実現にはエネルギーシステムをはじめとした抜本的な対策が必要となりますが、二酸化炭
      素の約30%を排出している製造業においては、再生可能エネルギー由来の電力をベースにした徹底的な「電化」が必
      須と言われております。当社のコアテクノロジーとなるマイクロ波プロセスは電気を用いて発生させますが、これに
      自然エネルギー由来の電力を活用することで、化石資源を利用している従来プロセスと比較して大幅な二酸化炭素削
      減が可能となるため、カーボンニュートラル実現に向けた有望な製造技術として注目されています。
        運輸や通信産業などにおいて馬車から内燃機関、電話からインターネットなどのイノベーションが起こる中、化学
      産業は勃興期と言われている20世紀初頭において生産開始されたドイツにおける1913年高温高圧ハーバーボッシュ法
      によるアンモニア合成や、1940年代のアメリカにおけるナフサ熱分解法よりほとんど姿を変えておらず、未だ重厚長
      大のエネルギー大量消費型のプロセスが多く残っています。現在、化学産業は、石油、天然ガスや石炭など総計12億
      トンの化石資源を燃料(全体の約30%)や原料(全体の約70%)として使用しており、世界全体の使用量の約5%を
      占めています。
        当社は、「何を作るか」ではなく「どのように作るか」に着目し、製造プロセスを化石資源由来の「熱と圧力」か
      ら電気由来の「マイクロ波」に置き換えることで、「省エネルギー」・「高効率」・「コンパクト」な環境対応型プ
      ロセスのグローバルスタンダード化を目指す技術プロバイダーです。
      (1)  マイクロ波プロセスの原理、優位性および歴史

       伝統的なモノづくりの方法においては、エネルギー伝達手段として、伝熱プロセスが用いられています。ガス、熱
      媒、蒸気といった熱エネルギーを、空間のある場所から対象物質に移動させることによって、反応を起こそうとする
      プロセスです。このプロセスにおいては、エネルギー伝達が外部から間接的なものとなり全体を加熱するためにエネ
      ルギーロスが生じることから、対象物質の反応に必要である以上のエネルギーが必要となります。また、大規模生産
      をしようとすると、対象物質へのエネルギー伝達が不均一になってしまうため、収率低下、品質劣化という問題が生
      じます。
       一方、マイクロ波プロセスにおいては、エネルギー伝達の方法が全く異なります。
       マイクロ波とは,波長約1             mm~1   m(300    MHz~300     GHz)の電界と磁界が直交した電磁波です。
       マイクロ波は、特定の物質に内部から直接かつ選択的にエネルギーを伝達できるという特徴を有しており、これに
      より媒体を介してのエネルギー伝達が不要となるため、必要最小限のエネルギーしか要しません。また、目的とする
      物質のみが共鳴する周波数のマイクロ波を照射することで、均一にエネルギー伝達することができるため、ムダ・ム
      ラを排除し高収率・高品質を達成します。
       このような特徴を有するマイクロ波の化学への適用は、1980年代の電子レンジの改造ラボ装置からスタートしまし





      た。そして、現在に至るまで、有機合成を始めとした各種の化学反応において、反応時間短縮、高収率、素材の性能
      向上などの圧倒的な効果がラボスケールで報告されてきました。しかしながら、2000年に入っても化学プロセスとし
      て大型産業化された例は無く、「化学反応においては、マイクロ波を制御することが困難であり、産業利用すること
      は不可能である」という見解が化学業界の常識となっていました。
      (2)  技術プラットフォームの構築

       当社は、2007年の創業以来、上述のような常識に挑み、ついにマイクロ波プロセスを用いて年産3,000トン規模で
      の商業生産を実現しました。当社は、その過程で「デザイン力の獲得と強化」および「要素技術群の開発と蓄積」の
      2点に着目し、技術プラットフォームを築いてきました。
        ①デザイン力の獲得と強化
         ■  反応系のデザイン
                                 26/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          各々の物質において、マイクロ波を吸収できる能力(マイクロ波吸収能)は異なり、周波数依存性と温度依存性
         を示します。最適な反応を得るためには、ターゲット物質に合わせてマイクロ波の周波数を選定する、すなわち
         「反応系のデザイン」が重要となります。しかし、様々な状態におけるマイクロ波吸収能を測定できる手法は確
         立 されておらず、加えて、膨大なデータおよびノウハウの蓄積が必要となるため、マイクロ波が汎用的なモノづ
         くりプロセスとして採用されるための大きな障壁となっていました。当社はマイクロ波吸収能の測定方法を独自
         開発・確立し、データベース化を進め、それに基づいた反応系デザインのパターン認識とノウハウ蓄積を進める
         ことで体系化しました。
         ■  反応器のデザイン

          マイクロ波プロセスにおいては、反応器という閉鎖空間の中でマイクロ波を照射しますが、研究段階では小さ
         な反応器でマイクロ波の優位性検証を行います。一方で、マイクロ波を産業利用するためには、研究段階の小さ
         な反応器を数千から1万倍程度の大きさにスケールアップする必要がありますが、マイクロ波プロセスの反応器
         デザインにおいては、従来の熱伝導を利用したプロセスにおけるそれとは全く異なった技術が必要となります。
          マイクロ波反応器デザインでは、波の特性(吸収、透過・反射)を加味し、マイクロ波の分布(電磁界分布)を
         制御することが重要となります。しかしながら、反応系デザインに基づいた電磁界分布をデザインする必要があ
         ること、加えて、電磁界分布をシミュレーションするためには、各々の物質のマイクロ波吸収能が解析上必要と
         なることにより、スケールアップが困難とされてきました。当社はシミュレーション技術の開発を進め、加熱対
         象物温度分布等のシミュレーション結果を、実際の反応器内部において高い精度で再現させるために、電磁場解
         析、熱流体解析を連成させました。また、スーパーコンピューターを導入することにより反応器の大型化、およ
         びマイクロ波分布と流動している加熱対象物とが相互に作用し合う複雑系にも対応可能になりました。さらに、
         反応器製作後に、その実証データとシミュレーションの齟齬を認識、フィードバックを繰り返すことで精度を上
         げ、スケールアップの最適解を導くことができました。
        ②要素技術群の開発と蓄積

         要素技術群とは、マイクロ波環境下で化学プロセスを実施するために保有している複数の要素技術で、スケー
        ルアップ過程で開発を行ってきたものです。これは、4つのカテゴリに分類され(下表)、さらに20の各技術に細
        分化されます。
                                 27/206












                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③技術プラットフォームの確立
         当社は、マイクロ波プロセスを産業化する過程
        で「①デザイン力」と「②要素技術群」を構築・
        強化し、これらで構成される技術プラットフォー
        ムを確立しました。そして、この技術プラット
        フォームを用いることで、化学・エネルギー産業
        における多様な課題に対して最適なソリューショ
        ンを提供しています。
         具体的には、顧客から得た課題に対して、蓄積
        してきた課題解決データベースから類似系を抽出
        することにより、顧客から得た課題を解決するた
        めの要素技術を複数選定し、初期的な概念検証で
        あるラボ開発フェーズ、または実機導入を見据え
        た実証開発フェーズにおいて、デザインを行いま
        す。
         なお、当社が、上述のような技術プラット

        フォームを確立し、マイクロ波プロセスの産業化
        に成功した背景として、以下のような点が挙げら
        れます。
        1)  チーム
         問題解決のために、多様な分野の知識を融合したことが挙げられます。具体的には、反応系デザインに関して
        は、化学、物理、電気、電磁気の知見を有するサイエンティスト、反応器デザインに関しては、化学工学・機械工
        学の知見を有するエンジニア、シミュレーションのための専門家、加えて、生産技術確立のための、製造技術者と
        いった様々なバックグラウンドを持つ人材が当社には集結しています。また、要素技術や特定のプロジェクトに関
        しては、先端的な研究を行っている大阪大学の複数の研究者を技術アドバイザーとして迎え、共同研究を実施して
        体制強化をしています。
        2)  インフラ
         当社が有するラボは、マイクロ波に特化した大規模な研究設備を備えており、プロセス検討の初期的な研究開発
        を担っています。特に反応系デザインに重要な周波数のバリエーションは豊富で、一般的な産業部門やラボ機で用
        いられる周波数は2.45GHzの1種類がほとんどのところを、当社は主に5種類の周波数を使い分けます。また、大阪
        事業所の「実証棟」は、実機導入のためのパイロット実証施設として機能しています。このように、当社は、研
        究・開発→実証→事業化すべてのフェーズにおいてソリューションの提供が可能なインフラを有しています。
        3)  データベース・ノウハウ・実証経験
         当社は10年以上にわたり、様々な化学企業と多種多様な化学品に関する共同開発を重ねているため、データベー
        ス・ノウハウ・実証経験において、膨大な蓄積を有しております。
      (3)  当社の事業内容

       当社は、顧客課題に応じて、研究開発からエンジニアリング・製造支援までをワンストップでソリューションとし
      て提供しています。技術プラットフォームを様々な化学製品の製造プロセスに応用することを目指していますが、化
      学産業は研究開発段階から商業化まで時間とコストがかかるため、顧客との長期的な関係を構築し安定的な収益を確
      保します。
       当社は、顧客の課題解決を目指して研究開発を行う研究開発会社としての側面と、マイクロ波プロセスを設計して
      反応器を納入するエンジニアリング会社的な側面を併せ持っております。研究開発及びエンジニアリングのソリュー
      ションは4つのフェーズで提供していますが、各フェーズの具体的な実施内容は以下の通りであります。
       開発段階のフェーズ1乃至2では、共同開発費や実証機の設計費という形で収益を計上します。顧客が事業化する
      フェーズ3乃至4では、プロジェクトマネジメントフィーや設計費を計上した上で、顧客がマイクロ波プロセスを導
      入することによって生み出すことができたコスト削減や付加価値向上などの価値の一部、及び当社が所有するバック
      グランドIPの使用料としてライセンス収入を、一時金やロイヤリティという形で計上します。
       中長期的には事業化したパイプラインから得るロイヤリティをはじめとした継続的な収益が当社の利益に貢献する
      ことを想定しています。
       事業の成功率を高めるためには、当社内でフェーズ0と位置づけている初期段階における開発課題の特定、事業仮

      説や期待値の設定が重要であり、事業開発チームによる徹底的なヒアリングを実施します。ヒアリング内容をデータ
      ベース化し成功パターンを認識し、必要に応じて簡単な試験をすることで、効率の良い案件獲得に繋げていきます。
                                 28/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      さらに、その前段階となる顧客からの引き合い数を増やすことに注力することで、事業性の高い案件の受注を目指し
      ます。
                              概念検証(POC/Proof           of  Concept)。顧客の課題に合わせたソ

         フェーズ1        ラボ開発
                              リューションの検証。マイクロ波を用いた反応系のデザイン。
                              実機を想定してベンチ機・パイロット機を用いた実証開発。反応
         フェーズ2        実証開発
                              器のデザイン。実機導入に向けた経済性の検証。
         フェーズ3        実機導入(装置販売)            実機を設計・製作し納入。
                              多くの顧客がマイクロ波設備の使用経験がないため、生産技術部
         フェーズ4        製造支援
                              員を派遣して設備の立ち上げから製造やメンテナンスを支援。
                                 29/206

















                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (4)  好循環、自律拡張性、標準化
       当社の事業は、顧客課題にソリューションを提供すると、これが当社の技術プラットフォームの強化とこれを支え
      る要素技術群の充実につながり、この強化された技術プラットフォームが顧客課題のソリューション力向上に貢献す
      るという、好循環を実現可能な事業モデルです。これは、ソリューションの提供を通して獲得した装置・プロセスを
      中心とした知財・ノウハウを当社がある程度自由に展開できる自律拡張的な仕組みとしているからですが、顧客から
      見ても過去に積み重ねたバックグランドIP・ノウハウを含む技術プラットフォームを低コストで活用でき、メリッ
      トを享受することができます。
       さらに、技術プラットフォームを「標準化」し、特定の顧客ではなく、業界・市場に共通した「課題」に対するソ
      リューションを提供することで、技術を横展開しスケールする事業を実現します。具体的な例としては、ケミカルリ
      サイクル事業や医薬関連事業などがあります。ケミカルリサイクルは、サーキュラーエコノミー構築の為に、廃棄プ
      ラスチックを分解し、再度、化学品の原料として利用できるようにする事業ですが、マイクロ波熱分解技術を標準化
      して、家電や車などに使われているプラスチックからレジ袋まで多様な廃棄プラスチックに対応することで、事業の
      横展開を目指しています。
       成長性・収益性向上という観点から見ると、自律的な技術プラットフォームの強化は技術の完成度につながり前述





      の各フェーズ間のステージアップ確度の向上、要素技術の充実は対象となる市場領域の拡大に繋がります。
        (5)  事業系統図

          上記事業モデルを、以下の事業系統図に示します。なお、当社はマイクロ波化学関連事業の単一セグメントで
         あります。
                                 30/206









                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (6)  用語
          本書で使用する用語の解説は次のとおりであります。
                用語                        用語の解説
         伝熱                 熱エネルギーが空間のある場所から別の場所に、物質によって移動
                          する現象
         バックグランドIP                 もともと自社が所有する知的財産
         反応器                 化学反応を起こさせる装置。リアクター、反応炉とも言う
                          二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの「排出量」から、植林、
         カーボンニュートラル                 森林管理などによる「吸収量」を差し引いて、合計を実質的にゼロ
                          にすること(環境省「脱炭素ポータル」より)
                           石油、石炭、天然ガスといった有限な資源である化石エネルギーと
         再生可能エネルギー                  は異なり、太陽光、風力、地熱、バイオマス等、エネルギー源とし
                           て永続的に利用することができるもの
                           パイロット機設計に先立ち、必要な設計データ収集のために試験的
         ベンチ機                  に組み立てる、ラボで行う研究とパイロット機を用いた試験の中間
                           の位置づけの試験で使われるプラント
                           実機設計に先立ち、必要な設計データ収集のために試験的に組み立
         パイロット機                  てる、ほぼ実機と同様の機能を持った試験段階と実用の段階との中
                           間の位置づけとなるプラント
                           反応器内に照射されたマイクロ波がどのような状態で反応器内およ
                           び加熱対象物内に分布するのか、また効率よくマイクロ波を照射す
         電磁場解析
                           るために反応器のどの部分から照射すれば良いかなどを決めるため
                           に、専用のコンピューターシミュレーターを用いて解析すること
                           反応器内に存在する気体、液体、固体(粉体)などが、その中でど
                           のような動き(流れ)をしているのか、それに伴い熱がどの様に伝
         熱流体解析
                           播するのかを専用のコンピューターシミュレーターを用いて解析す
                           ること
         連成解析                  2つ以上の物理現象が相互に及ぼす影響を考慮した解析をすること
                           フェーズ1(ラボ開発)、フェーズ2(実証開発)、フェーズ3
         パイプライン                  (実機導入)、フェーズ4(製造支援)のいずれかにある開発プロ
                           ジェクト
                                 31/206










                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【関係会社の状況】
       関連会社は次のとおりであります。
                                         議決権の所
                           資本金      主要な事業の        有割合又は
          名称           住所                               関係内容
                           (千円)      内容        被所有割合
                                          (%)
                                               当社とショ糖エステルの製
                                 マイクロ波プロ              造および販売にかかる特
                                 セスによる食品              許・ノウハウライセンス契
     ティエムティ㈱            三重県四日市市           990,000                 50
                                 添加物の製造お              約を締結している。
                                 よび販売              役員の兼任あり。
                                               資金援助あり。
    (注)1.当社はティエムティ㈱の財務及び営業又は事業の方針を決定する機関を支配していないため、関連会社として
         おります。
       2.2022年2月25日を払込期日とする第三者割当増資により、ティエムティ㈱の資本金は1,203,000千円となりまし
         た。なお、当社の議決権の所有割合に変動はありません。
                                 32/206















                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     5【従業員の状況】
      (1)提出会社の状況
                                                  2022年4月30日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
           55               42.5              4.8           5,941,551
              ( 5 )
     (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、最近1年間の平均人員を( )外数で記載しております。

         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.当社は、マイクロ波化学関連事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
      (2)労働組合の状況

        労働組合は結成されておりませんが、労務関係は円満に推移しております。
                                 33/206
















                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
      (1)経営方針および経営環境
       化学産業は、わたしたちの生活には欠かせない医薬品からスマートフォン、航空機など幅広い分野へ原料を提供す
      る産業として世界経済の発展を支えてきました。しかしながら、今もなおエネルギーを大量に消費する重厚長大型の
      製造工程が主流で、大量の産業用エネルギーを消費、二酸化炭素ガスを排出しており、製造プラントは広大な敷地を
      要します。
       化学反応にはエネルギーが必要となります。化学産業は、勃興期から、「外部から」、「間接的に」、「全体を」
      加熱してエネルギーを伝達してきました。一方、電子レンジにも使われているマイクロ波は、「内部から」、「直
      接」、「特定の物質だけに」エネルギーを伝達します。当社はこのマイクロ波の特性を活用して化学反応をデザイン
      し、「省エネルギー」・「高効率」・「コンパクト」・「高品質」なものづくりを実現する製造プロセスを提供しま
      す。
       さらにマイクロ波プロセスは再生可能エネルギー由来の電力を活用することで大幅に二酸化炭素の排出を減らすこ
      とができます。各国政府が約束した2050年のカーボンニュートラルは遠い未来のように思われますが、化学産業をは
      じめとした重厚長大な製造業の設備更新サイクルは40年であり、国際エネルギー機関(IEA)が発表したNet                                                  Zero   by
      2050   A Road   Map  for  the  Global    Energy    Sector    IEA(2021年5月)では今後10年以内に、約30%の設備が設備改善の
      為の大規模投資が必要とされる25年目の寿命を迎えると言われております。カーボンニュートラルを実現するために
      は、それまでに、新しい革新的な技術を導入可能な状態にしなければいけません。また、一般的に新技術が実用化さ
      れるためには10年程度必要なことを考えますと、当社としては「今」新しいソリューションの開発に着手をする必要
      があると考えております。
      (2)  経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

       当社は、製造プロセスを化石資源由来の「熱と圧力」から電気由来の「マイクロ波」に置き換えることで、「省エ
      ネルギー」・「高効率」・「コンパクト」な環境対応型プロセスのグローバルスタンダード化を目指しています。こ
      れを実現する為に、技術プラットフォームを用いて幅広い顧客や業界が抱える課題に対してソリューションとして提
      供します。当社事業にとって最も重要なのは、技術が商業レベルで使われることでありますが、そのためには、新規
      案件を獲得し共同開発からスタートをした案件が、実証開発へ、そして最終的には、実機導入にまでステージアップ
      することが重要となります。これをモニタリングするために重視をしている経営指標としては、1)新規案件獲得数、
      2)案件総数があります。
      (3)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

       優先的に対処すべき財務上の課題として、設立時より、マイクロ波プロセスの基盤技術確立、応用領域拡大のた
      め、設備機器の導入、研究員およびエンジニアの増員等、研究開発にかかる先行投資を積極的に実行していることに
      より、2020年3月期を除いて、2021年3月期まで継続的な営業損失を計上しております。
       しかし、このような先行開発投資の結果、「3                       経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況
      の分析    (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容                                   ④経営方針、経営戦略又は経営
      上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標の分析」に記載のとおり、共同開発契約の案件数は着実に増加し
      ており、また応用領域も広がりを見せております。今後も、研究開発にかかる先行投資を継続するとともに、次の事
      業上の課題に取り組むことで、中長期的な利益及びキャッシュ・フローの最大化に努めてまいります。優先的に対処
      すべき事業上の課題は、次のとおりであります。
      ①開発戦略

       要素技術の開発、データベースの充実、ノウハウの整備、及び、アカデミアとも協力をした技術の体系化をはかり
      効率的な開発体制を構築します。また、発信器など当社が競争優位を持たない分野については、外部機関とも積極的
      に協力することで技術プラットフォームを強化します。当社の強みは、マイクロ波化学において、研究開発から実証
      開発・エンジニアリング迄をワンストップで提供できることですが、これを可能とする要素技術群で構成されるイン
      フラの開発投資を進めます。顧客の開発に共通的に使用できる設備を持ち、かつ、ラボ装置は市販されているもので
      は不十分な為、当社で開発し整備することで、安価かつ高品質なソリューションを提供することが出来る体制を構築
      します。
                                 34/206




                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       また、「電化」の製造技術と
      いう観点から競合技術の動向に
      も注意を払いながらスピードを
      落とさずに開発を行う必要があ
      ります。一方で、マイクロ波加
      熱以外の有力な手段となるIH加
      熱・電気ヒーター加熱は、従来
      の化石燃料による加熱と同様に
      伝熱を基本とする技術で、直接
      エネルギーを伝えるマイクロ波
      と比較して、エネルギー変換効
      率が低く、スケールアップ難易
      度が高いため、その優位性を活
      かして社会実装をすすめること
      を目指します。
      ②事業開発体制

       当社は、技術プラットフォームを幅広く顧客や業界が抱える課題のソリューションに適用します。また、最終的に
      社会実装するために、化学メーカーをはじめとした様々なプレイヤーとアライアンスを組むことにより事業を拡大し
      ます。このため、世界中の化学メーカー等とのネットワークを構築し、常に顧客や業界ニーズ・トレンド情報を収集
      し咀嚼しております。このためには、当社の技術を理解・発信し顧客や業界ニーズとマッチングさせることができる
      プロデューサー的な機能を持った事業開発体制を構築し強化を図るために、継続的な人材採用と組織づくりが必要と
      なります。
       また、顧客の化学メーカーにとって、これまでに導入した実績がない技術であるマイクロ波化学プロセスを導入す
      ることは、経営的な判断となります。当社がスムーズな技術導入を実現するためには、開発の初期段階より顧客側経
      営層からの理解が必要となり、その為に経営レベルでの関係構築及び経営目線での価値提言に努めて参ります。
      ③研究開発体制

       当社がテクノロジー企業として構築したマイクロ波プロセスに関する技術プラットフォームは、化学メーカー等と
      のアライアンス戦略における競争優位の源泉となっています。したがって、今後も継続的に充実を図り、当社の競争
      優位をより強固とするための研究開発の継続が重要であり、それを可能とする体制の構築・強化が課題であると認識
      しており、継続的な人材採用及び育成が重要と考えております。
      ④人材確保

       マイクロ波化学は業際分野であり、化学、物理(電磁気学)、エ
      ンジニアリングなどの専門家から構成される開発体制を構築する必
      要があります。また、単に技術を提供するだけでなく、顧客の製造
      迄支援するためには、エンジニアについても、プロセスエンジニ
      ア、機械、電気計装、生産技術、及びシミュレーション技術者から
      なる多様な技術者をバランス良く継続的に採用する必要がありま
      す。
       さらに、当社が、今後も持続的に成長するためには、パイプライ
      ンの拡大を常に行う必要があり、それを推進する人材の確保は重要
      な課題となります。特に、各プロジェクトの研究開発から事業化ま
      でをマネジメントできるプロジェクトリーダー級の即戦力人材の確
      保に努めてまいります。
      ⑤経営管理体制

       当社が継続的な開発パイプラインの拡充および事業開発の展開を進める上で、パイプラインの進捗管理、予実管理
      等を行うための経営管理体制の強化は重要な課題と認識しております。当社は、組織が健全かつ有効、効率的に運営
      されるように、パイプラインの進捗モニタリングを行うための内部統制の整備、強化、見直しを行っていく方針で
      す。
                                 35/206



                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【事業等のリスク】
        当社の事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性がある事項に
      は、以下のようなものがあります。
        また、必ずしもリスク要因には該当しない事項につきましても、投資者の投資判断上、重要であると考えられる事
      項については、投資者に対する積極的な情報開示の観点から以下に記載しておりますが、当社に関するすべてのリス
      クを網羅するものではありません。
        なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであり、将来において発生の可能
      性があるすべてのリスクを網羅するものではありません。
      (1)技術の応用領域の拡大について

       当社は、従来困難とされてきたマイクロ波プロセスの大型化に成功し、大規模マイクロ波化学工場である「M3K」
      の立ち上げに成功した後、食品添加物、医薬品、炭素素材、電子材料など多様な分野へと応用領域を拡大しておりま
      す。このように、マイクロ波プロセスは、基礎化成品、機能性化成品、燃料など様々な領域に応用可能であると考え
      ておりますが、新しい技術領域であり不確実性が高いため、当社技術の市場への浸透が計画通りに進まない場合、当
      社の事業戦略および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      (2)新規参入・技術革新について

       当社は、独自に構築したプラットフォーム技術を事業基盤としており、マイクロ波化学分野においては強固な競争
      優位性を確保しているものと考えております。しかしながら、当社を上回る研究開発能力を備えた新規参入企業が出
      現すること、または当社の特許技術に抵触しない技術をもって当社を上回る技術が開発されることも考えられます。
       当社としては、数多くの領域でマイクロ波プロセスによるプラント建設を進めマイクロ波化学に関する知見を蓄積
      することで、この競争優位性をより強固なものにできると考えておりますが、新規参入企業の出現や当社を上回る技
      術の開発により、当社の競争優位性が低下する結果、当社の事業戦略および経営成績に影響を及ぼす可能性がありま
      す。
       さらに、マイクロ波に対する代替技術を持った事業者の新規参入や、技術革新によりニーズが減退し、業界環境そ
      のものが著しく変化する可能性があります。顧客ニーズの変化を先読みして、競合技術を継続的に観測し、この結果
      を当社の技術開発に活かしていくことで対処したいと考えております。
      (3)知的財産について

       当社の事業に関連した特許権等の知的財産権について、第三者との間で訴訟やクレームといった問題が発生したと
      いう事実はなく、現時点においては、当社の事業に関し他者が保有する特許権等への侵害により、事業に重大な支障
      を及ぼす可能性は低いものと認識しております。また、技術調査等を継続して行って侵害事件を回避するよう努めて
      おります。ただし、当社のような研究開発型の企業にとって、このような知的財産権侵害問題の発生を完全に回避す
      ることは困難です。今後、当社が第三者との間の法的紛争に巻き込まれた場合、弁護士や弁理士と協議の上、その内
      容によって個別具体的に対応策を検討していく方針ですが、当該第三者の主張の適否にかかわらず、解決に時間およ
      び多額の費用を要する可能性があり、また、当社の技術に関しては、細心の注意を払って管理しておりますが、第三
      者が当社の技術を侵害した場合であっても、解決に時間および多額の費用を要する可能性があります。その場合には
      当社の事業戦略および経営成績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       現状、要素技術群において、反応系デザインが中心の共通の要素技術である、基礎物性評価、シミュレーション、
      制御は秘匿化し、反応器デザインが中心の個別の要素技術である基盤機構は特許化、公知化する戦略をとっており、
      このようにして積み重ねた知財は当社の強みとなっております。
      (4)多額の研究開発費の発生について

       当社の第14期事業年度の研究開発費の総額は362,999千円です。マイクロ波プロセスは、基礎化成品、機能性化成
      品、燃料など様々な領域への応用が可能であると考えられます。当社はマイクロ波化学産業を興し同産業における
      リーディングカンパニーとなることを目指し、グリーン、ヘルスケア、エレクトロニクスなどを重点領域として複数
      の次世代パイプラインの研究開発を進めています。これら研究開発が当初計画よりも遅延する場合、または当初期待
      していた結果が得られない場合、研究開発費用が当初計画よりも増大し、経営成績および財政状態に影響を及ぼす可
      能性があります。
      (5)収益計上が変動する傾向について

       当社の事業収益は、共同開発契約に伴う開発一時金の収受によるものが中心であるため、その計上時期や金額に
      よっては事業収益、当期純利益(損失)は不安定に推移する可能性があります。
      (6)パイプラインの進捗について

                                 36/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当社は共同開発契約を締結するにあたり、研究開発目的ではなく、事業化の達成が目的であることを確認しており
      ます。事業化までのロードマップを事前合意し、マイルストン毎に契約を締結しておりますが、開発が難航した場合
      や、顧客における経営方針の変更、業績悪化等に伴う予算削減等がなされた際には、開発の継続が困難となる場合が
      あ ります。また、事業化段階であるフェーズ4においては、ライセンス収入等の継続収益が発生することを想定して
      おりますが、本書提出日現在において、継続収益の計上実績はありません。今後、開発の進捗によりフェーズ4に到
      達するパイプラインが増加し、継続収益が発生することを見込んでおりますが、顧客の事業状況によってはパイプラ
      インの事業化が困難となる場合があります。
       以上のように、当社の想定どおりにパイプラインが進捗しない場合において、当社の経営成績に影響を及ぼす可能
      性があります。
      (7)特定の取引先に売上が集中する可能性について

       当社は多数の企業と共同開発を実施しておりますが、売上単価が大きいフェーズ2以降の案件について、現時点で
      は取引先が数社となっています。今後、フェーズ1の案件がフェーズ2へとステージアップすることで、このような
      状況は解消されると考えておりますが、開発の進捗に偏りが生じた際には、本状況が継続する可能性があります。
      (8)経営上重要な契約について

       当社の事業展開上、重要と思われる契約の概要は「第2                           事業の状況      4  経営上の重要な契約等」に記載しており
      ますが、当該契約が解除又はその他の事由に基づき終了した場合、又は契約の相手方の経営方針の変更、経営環境の
      極端な変化などがあった場合には、当社の事業戦略及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      (9)業歴が浅いことによる業績の不確実性について

       当社がソリューション提供型のビジネスを開始したのは第11期であり、第13期に初めて当期純利益を計上したもの
      の、第14期、第15期においては当期純損失を計上しております。
       今後、さらなる事業拡大を推進してまいりますが、過年度の経営成績が今後の当社の経営成績等を判断する材料と
      しては、不十分である可能性があります。
       今後、未だ経験していない事業上のトラブルが発生する可能性は否定できず、当社の業績に影響を及ぼすと考えら
      れる様々な外部環境の変化について予想することは、現状においては困難であると思われます。
      (10)人材および組織について

        ①少数の事業推進者への依存について
         代表取締役社長である吉野巌は、経営戦略の策定、事業開発の推進において重要な役割を果たしております。ま
        た、取締役である塚原保徳は、創業以前はマイクロ波化学分野の研究者として活動しており、同分野における豊富
        な知見を活かして、創業当初から当社研究開発の中心的存在であり、現在もその推進に重要な役割を担っておりま
        す。
         当社では、これらの取締役に過度に依存しない経営体制を築くために、研究開発、事業開発の遂行にあたって、
        各種会議体の設置によって意思決定やノウハウ蓄積を組織的に行うなど、経営組織の強化を図っております。しか
        しながら、当面の間はこれら取締役への依存度が高い状態で推移するものと考えております。このような状態にお
        いて、これら取締役の事業への関与が何らかの理由により困難となった場合には、当社の事業戦略や経営成績に影
        響を及ぼす可能性があります。
        ②少人数組織であることについて

         当社は、本書提出日の前月末現在(2022年4月30日)役員7名(取締役4名、監査役3名)、従業員60名と小規
        模であり、内部管理体制も相応の規模となっております。当社においては、業務上必要な人員の増強および内部体
        制の充実を図っていく方針でありますが、必要な人材を獲得できない場合、人材流出が生じた場合および代替要員
        の不在等の問題が生じた場合には、当社の事業戦略および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      (11)情報管理について

       当社のプラットフォーム技術およびパイプラインの開発並びにその他事業遂行等に関する重要な機密情報が流出す
      るリスクを低減するために当社は、役職員、顧問、取引先等との間で、守秘義務等を定めた契約を締結するなど、厳
      重な情報管理に努めています。しかしながら、役職員、顧問、取引先等によりこれが遵守されなかった場合等には、
      重要な機密情報が漏洩する可能性があり、このような場合には当社の事業や財政状態、経営成績及びキャッシュ・フ
      ローの状況に影響を及ぼす可能性があります。
      (12)法令規制等について

       当社は、法令の遵守を基本として事業を進めておりますが、製造物責任、消防法、電波法、廃棄物処理責任、環
      境・個人情報保護関連、税制関連等において、さまざまな法的規制を受けており、今後更にその規制が強化されるこ
                                 37/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      とも考えられます。そのような場合、事業活動に対する制約の拡大やコストの増加も予想され、当社企業の事業活動
      に影響を及ぼす可能性があります。
      (13)ベンチャーキャピタルの持株比率

       本書提出日の前月末現在(2022年4月30日)、ベンチャーキャピタル及びベンチャーキャピタルが組成した投資事
      業組合等(以下、「ベンチャーキャピタル等」という。)が所有している株式数は、9,780,400株であり、発行済株
      式総数13,443,400株に占める割合は72.8%となっております。
       一般的に、ベンチャーキャピタル等の株式の所有目的は、株式公開後に所有株式の全部または一部を売却して、
      キャピタルゲインを得ることであり、当社株式についても今後ベンチャーキャピタル等が所有する株式の全部または
      一部を売却することが想定されます。当該株式の売却により、株式市場における当社株式の需給バランスの悪化が生
      じ、当社株式の市場価格形成に影響を及ぼす可能性があります。
      (14)   先行投資について

       当社は、マイクロ波プロセスの基盤技術確立、応用領域拡大のため、設備機器の導入、研究員およびエンジニアの
      増員等、研究開発にかかる先行投資を積極的に実行しております。その結果として、2021年3月期および2022年3月
      期においては営業損失を計上しており、営業キャッシュ・フローもマイナスとなっております。
       今後も、研究開発にかかる先行投資を継続するとともに、事業開発を強化することで、共同開発契約やライセンス
      契約の締結による収益の計上に努めてまいりますが、研究開発の効果が十分に得られない場合や、事業開発が計画通
      りに進まない場合には、当社の業績および財務状況等に影響を及ぼす可能性があります。
      (15)   固定資産の減損について

       当社は、マイクロ波プロセスの技術プラットフォームを構築すべく、有形固定資産及び無形固定資産等の固定資産
      を取得・保有しております。これらの資産の取得にあたっては事前に必要性や収益性を十分に検証した上で決定して
      おりますが、研究開発の効果が十分に得られないこと、事業開発が計画通りに進まないこと、または経営環境や事業
      の状況の著しい変化等により、収益性が低下し、十分なキャッシュ・フローを創出できないと判断される場合は、対
      象資産に対する減損損失の計上により、当社の経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      (16)   業績の季節的変動について

       当社の主要顧客である化学企業においては、新年度直前の3月までに研究開発予算の獲得が行われるため、当社と
      の共同開発は第1四半期または第2四半期に開始することが多くなります。その結果、当社の収益が計上される共同
      開発の完了時期が下半期に偏重する傾向にあります。また、大型案件の完了時期による影響があります。これに対し
      て販売費及び一般管理費は、その大部分が固定費であることから、利益の割合も下期に偏重する傾向にあり、投資家
      の判断に影響を及ぼす可能性があります。
         第15期事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)の各四半期会計期間の売上高

                                          (単位:千円)
             第1四半期       第2四半期       第3四半期       第4四半期         合計
                68,053       61,451       548,149       182,855       860,510
           (注)上表の金額には、消費税等を含んでおりません。
      (17)   関係会社株式について

       当社は、ティエムティ㈱とショ糖エステルの製造および販売に係る特許・ノウハウライセンス契約を締結して技術
      供与するとともに投資を行っており、その株式を保有しております。同社は、過年度において、工場立上げの準備過
      程にあり、継続的に収益を計上していなかったため、同社にかかる関係会社株式については、必要に応じて評価損を
      計上しております。本書提出日現在、同社においては、商業出荷を開始しておりますが、今後、投資に見合う収益が
      得られない、あるいは損失が発生する等により、関係会社株式(2022年3月期末の残高は319,444千円)に追加の評
      価損が発生し、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。
       なお、同社との取引関係および同社の要約財務諸表は「第5                             経理の状況       1.財務諸表等 (3)その他 注記事
      項 関連当事者情報」に記載しております。
                                 38/206




                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (18)自然災害、事故、テロ、戦争などについて
       当社は大阪府吹田市において研究開発、大阪府大阪市住之江区において実証開発を実施しておりますが、地震、台
      風等の自然災害の影響を受ける可能性があります。同様に火災等の事故災害、テロ、戦争等が発生した場合、開発拠
      点の設備等に大きな被害を受け、開発が遅延、または中止を余儀なくされる可能性があります。また、損害を被った
      設備等の修復のために多額の費用が発生し、結果として、当社の事業戦略および経営成績に悪影響を及ぼす可能性が
      あります。
      (19)新型コロナウイルスの影響について

       新型コロナウイルス感染症の拡大によって、更なる拡散の脅威や経済活動の停滞等が発生する可能性があります。
      当社においても、顧客の業績が悪化し契約の変更や取引の縮小等が生じる場合や、開発活動が過度に制限される場合
      には、当社の経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 39/206

















                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
        ① 財政状態の状況
         第14期事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
        (資産)
          当事業年度末の総資産につきましては、前事業年度末に比べ1,082,645千円減少し、1,701,703千円となりま
         した。
          これは主に、現金及び預金が430,236千円、関係会社株式が183,555千円、および関係会社長期貸付金が
         500,000千円減少したことによります。
        (負債)
          当事業年度末の負債合計は、前事業年度末に比べ46,254千円減少し、966,017千円となりました。
          これは主に、1年内返済予定の長期借入金が50,000千円減少したことによります。
        (純資産)
          当事業年度末の純資産は、前事業年度末に比べ1,036,391千円減少し、735,685千円となりました。
          これは、資本準備金が235,002千円、および利益剰余金が801,389千円減少したためであります。
         第15期第3四半期累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)

           総資産は1,764,611千円となり、前事業年度末に比べ62,907千円増加しました。主な要因は、売掛金が
          76,090千円、その他流動資産が168,413千円増加した一方、現金及び預金が132,803千円、仕掛品が10,710千
          円、機械及び装置が19,102千円、リース資産が14,952千円減少したことであります。
           負債合計は1,031,418千円となり、前事業年度末に比べ65,400千円増加しました。主な要因は、1年内返済
          予定の長期借入金が50,000千円、長期借入金が160,000千円増加したのに対し、前受金が116,105千円、その他
          流動負債が10,761千円、リース債務が14,952千円減少したことであります。
           純資産は733,192千円となり、前事業年度末に比べ2,492千円減少しました。これは、繰越利益剰余金の減少
          2,492千円であります。
        ② 経営成績の状況

         第14期事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
           当事業年度におけるわが国の経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により世界経済が大きく落ち込む
          中、一時は持ち直しの動きがみられたものの、再び感染拡大傾向に転じるなど、景気は依然として厳しい状況
          で推移してまいりました。
           クリーンテック・グリーンケミカル分野においては、2020年10月、臨時国会で「2050年カーボンニュートラ
          ル」が宣言されたことを受け、経済産業省により2兆円のグリーンイノベーション基金が造成されるなど、二
          酸化炭素排出の削減を経営課題として取り組む企業等に対して、研究開発・実証から社会実装までを継続して
          支援を行う機運が高まっております。
           このような状況下において、当社が研究開発を進めるマイクロ波プロセスは、化石資源ではなく電気由来で
          あり、「内部加熱」「選択加熱」「急速加熱」などの特徴により効率的なエネルギー伝達を可能とするマイク
          ロ波を利用することで、化石資源を利用している従来プロセスと比較して、大幅な二酸化炭素削減が可能であ
          るため、近年、カーボンニュートラル実現に向けた有望なキーテクノロジーとして注目されております
          (※)。
           当社は、2014年に世界初の大規模マイクロ波化学工場である「M3K」を立上げ新聞用インキ原料である脂肪
          酸ブチルエステルの商業出荷を開始したことを皮切りに、2019年にはぺプチスター㈱へのペプチド合成装置を
          納入、現在は、太陽化学㈱との合弁会社ティエムティ㈱において食品添加物の商業出荷に向けて準備中である
          など、多様な分野でのマイクロ波プロセスの商用化に成功しております。また、あらゆる化学プロセスへのマ
          イクロ波技術の導入を目指して、グリーン、ヘルスケア、エレクトロニクスを重点分野として、幅広い分野に
          おいて研究開発パイプラインの拡充および積極的な事業開発活動を行っております。
           当事業年度においては、コロナ禍の影響により新規案件獲得のための営業活動が停滞し、新規引合い件数が
          減少したこと、前事業年度においてフェーズ3の案件が完了したこと等の要因により、前事業年度比で減収減
          益となりました。当事業年度における売上高は、化学企業等との共同開発に基づく共同開発収益等により
                                 40/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          458,026千円(前事業年度の売上高は1,052,303千円)を計上しました。一方で、研究開発を積極的に推進した
          結果、研究開発費362,999千円を含む販売費及び一般管理費は586,628千円となり、営業損失は348,382千円
          (前  事業年度は営業利益28,173千円)となりました。
           上記の他、営業外収益3,957千円および営業外費用11,174千円を計上したことにより経常損失は355,599千円
          (前事業年度は経常利益27,594千円)となり、特別利益で補助金収入17,329千円、特別損失で関係会社株式評
          価損683,555千円、固定資産圧縮損11,715千円を計上した結果、法人税等控除後の当期純損失は1,036,391千円
          (前事業年度は当期純利益32,523千円)となりました。
           なお、当社は、マイクロ波化学関連事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しており
          ます。
           (※)化学工業日報(2021年7月2日)化学品生産への応用拡大 50年に世界で導入率10%へ
              日経ビジネス(2021年9月6日)脱炭素のカギは「レンチン」? 化学大手がマイクロ波に熱視線
              化学工業日報(2021年9月21日)SDGs達成に不可欠な革新的技術(社説)
              日経産業新聞(2021年9月30日)マイクロ波に熱い視線(第2部/化ける化学脱炭素の陣)
              日刊ケミカルニュース(2021年11月12日)マイクロ波により、化学産業の製造プロセスに革新を起こ
                                  す(カーボンニュートラル特集)
              日本経済新聞(2021年12月1日)化学、電気プラントで脱炭素 新興勢が「常識」に風穴
         第15期第3四半期累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)

           当第3四半期累計期間(2021年4月1日から2021年12月31日まで)におけるわが国経済は、持ち直しの動き
          が広がりましたが、新型コロナウイルス感染症の感染再拡大、原料の価格高騰や半導体供給の不足等により、
          先行きに不透明感が増しました。
           クリーンテック・グリーンケミカル分野においては、2020年10月、臨時国会で「2050年カーボンニュートラ
          ル」が宣言されたことを受け、経済産業省により2兆円のグリーンイノベーション基金が造成されるなど、二
          酸化炭素排出の削減を経営課題として取り組む企業等に対して、研究開発・実証から社会実装までを継続して
          支援を行う機運が高まっております。
           このような状況下において、当社が研究開発を進めるマイクロ波プロセスは、化石資源ではなく電気由来で
          あり、「内部加熱」「選択加熱」「急速加熱」などの特徴により効率的なエネルギー伝達を可能とするマイク
          ロ波を利用することで、化石資源を利用している従来プロセスと比較して、大幅な二酸化炭素削減が可能であ
          るため、カーボンニュートラル実現に向けた有望なキーテクノロジーとして注目されております。
           当社は、2014年に世界初の大規模マイクロ波化学工場である「M3K」を立上げ新聞用インキ原料である脂肪
          酸ブチルエステルの商業出荷を開始したことを皮切りに、2019年にはぺプチスター㈱へのペプチド合成装置を
          納入、現在は、太陽化学㈱との合弁会社ティエムティ㈱において食品添加物製造工場の立ち上げ準備中である
          など、多様な分野でのマイクロ波プロセスの商用化に成功しております。また、あらゆる化学プロセスへのマ
          イクロ波技術の導入を目指して、グリーン、ヘルスケア、エレクトロニクスを重点分野として、幅広い分野に
          おいて研究開発パイプラインの拡充および積極的な事業開発活動を行っております。
           以上の結果、当第3四半期累計期間における経営成績は、売上高677,655千円、営業利益は14,539千円、経
          常利益は4,404千円、四半期純損失は2,492千円となりました。
           従来より、当社の売上高は、季節的変動が著しく、第4四半期会計期間に売上が集中する傾向にあります。
           また、当社は、マイクロ波化学関連事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しており
          ます。
                                 41/206




                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③ キャッシュ・フローの状況
         第14期事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
          当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ430,236千円減
         少し382,320千円となりました。
          当事業年度のキャッシュ・フローの概況は以下のとおりです。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動によるキャッシュ・フローは、287,659千円の支出(前事業年度は55,450千円の収入)となりまし
         た。主な要因は、税引前当期純損失が1,033,541千円となった一方、関係会社株式評価損の計上683,555千円、
         減価償却費の計上65,184千円による増加要因があったことによります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動によるキャッシュ・フローは、72,640千円の支出(前事業年度は528,748千円の支出)となりまし
         た。主な要因は、研究開発に使用する分析装置、マイクロ波発信器等の機械装置の購買を主とする有形固定資
         産の取得による支出66,945千円、関係会社株式の取得による支出500,000千円の減少要因があった一方、関係会
         社長期貸付金の回収による収入500,000千円の増加要因があったことによります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動によるキャッシュ・フローは、69,936千円の支出(前事業年度は537,266千円の収入)となりまし
         た。主な要因は、長期借入金の返済による支出50,000千円、リース債務の返済による支出19,936千円の減少要
         因があったことによります。
        ④ 生産、受注及び販売の実績

         a.生産実績
           当社は生産活動を行っておりませんので、該当事項はありません。
         b.受注実績

           第14期事業年度の受注実績は、次のとおりであります。なお、当社はマイクロ波化学関連事業の単一セグメ
          ントであるため、売上高の主な内訳別に記載しております。
                               第14事業年度
             区分               (自 2020年4月1日                   前年同期比(%)
                              至 2021年3月31日)
      フェーズ1(千円)                               201,605                  165.8

      フェーズ2(千円)                               491,219                  969.0

           合計(千円)                          692,824                  402.1

    (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         c.販売実績

           第14期事業年度の販売実績は、次のとおりであります。なお、当社はマイクロ波化学関連事業の単一セグメ
          ントであるため、売上高の主な内訳別に記載しております。
                               第14事業年度
             区分               (自 2020年4月1日                   前年同期比(%)
                              至 2021年3月31日)
      フェーズ1(千円)                               211,925                   79.3

      フェーズ2(千円)                               246,101                  132.9

           合計(千円)                          458,026                   43.5

     (注)1.最近2事業年度及び第15期第3四半期累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に


           対する割合は次のとおりであります。
                                 42/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        第13事業年度             第14事業年度          第15期第3四半期累計期間
                     (自 2019年4月1日             (自 2020年4月1日             (自 2021年4月1日
           相手先           至 2020年3月31日)             至 2021年3月31日)             至 2021年12月31日)
                    金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)

     三菱ケミカル㈱                    -      -     48,000       10.5      200,532        29.6

     ティエムティ㈱                    -      -       -      -     200,000        29.5

     三井化学㈱                  135,694        12.9      121,143        26.4      116,625        17.2

     大日本印刷㈱                    -      -     87,000       19.0        -      -

     太陽化学㈱                    -      -     53,300       11.6        -      -

     BASF戸田バッテリーマテリアル
                         -      -     48,300       10.5        -      -
     ズ(同)
     ぺプチスター㈱                  600,000        57.0        -      -       -      -
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

         3.最近2事業年度及び第15期第3四半期累計期間の主な相手先別の販売実績のうち、当該販売実績の総販売実
           績に対する割合が10%未満の相手先につきましては、記載を省略しております。
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

       文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
        ① 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定
          当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。
         この財務諸表の作成にあたっては、当事業年度末日における資産および負債、会計年度における収益および費用
         について会計上の見積りを必要としております。この見積りに関しては、過去の実績および適切な仮定に基づい
         て合理的に計算しておりますが、実際の結果と相違する場合があります。
          当社の財務諸表の作成にあたって採用している重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 財務諸表等 
         (1)財務諸表 注記事項 重要な会計方針」に記載しております。
        ② 当事業年度の経営成績等の状況に関する認識および分析・検討内容

        (売上高)
          当事業年度における売上高は、458,026千円(前事業年度の売上高は1,052,303千円)を計上しました。化学企
         業等との共同開発契約は、初期的な検討であるラボ開発から始まり、次にミニプラント等を用いた実証開発、続
         いて商業機の装置販売へと進むのが一般的であり、一件当たりの契約金額は、開発ステージが進むほど大きくな
         る傾向があります。前事業年度においては装置販売がありましたが、当事業年度はなかったため、売上高が減少
         しております。
        (販売費及び一般管理費)
          当事業年度における販売費及び一般管理費は、586,628千円(前事業年度の販売費及び一般管理費は622,951千
         円)となりました。これは主に、当事業年度より、販売費及び一般管理費のうち、共同開発プロジェクトに関連
         する経費を売上原価に振替える処理を行っていることによります。
        (特別利益)
          当事業年度における特別利益は、前事業年度に比べて19,614千円減少し、17,329千円を計上しました。これ
         は、補助金収入が減少したことによるものであります。
        (特別損失)
          当事業年度における特別損失は、前事業年度に比べて666,105千円増加し、695,271千円を計上しました。これ
         は、当事業年度において関係会社株式評価損を計上したこと等によるものであります。
                                 43/206




                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (資産)
          当事業年度末の総資産につきましては、前事業年度末に比べ1,082,645千円減少し、1,701,703千円となりま
         した。
          これは主に、現金及び預金が430,236千円、関係会社株式が183,555千円、および関係会社長期貸付金が
         500,000千円減少したことによります。
        (負債)
          当事業年度末の負債合計は、前事業年度末に比べ46,254千円減少し、966,017千円となりました。
          これは主に、1年内返済予定の長期借入金が50,000千円減少したことによります。
        (純資産)
          当事業年度末の純資産は、前事業年度末に比べ1,036,391千円減少し、735,685千円となりました。
          これは、資本準備金が235,002千円、および利益剰余金が801,389千円減少したためであります。
        ③ キャッシュ・フロー、資本の財源および資金の流動性

          当社は、基盤技術の強化をはかるべく、積極的に研究開発活動を実施してまいりましたが、今後も継続して実
         施する方針であり、必要な資金は、自己資金、金融機関からの借入金、新株発行による調達資金により充当する
         こととしております。
          当社の資金の流動性については、「(1)経営成績等の状況の概要③ キャッシュ・フローの状況」に記載のと
         おりであります。
        ④   経営方針、経営戦略又は経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標の分析

          経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等につきましては、「第2                                                  事
         業の状況     1  経営方針、経営環境及び対処すべき課題等                    (2)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的
         な指標等」に記載の通り、1)新規案件獲得数、2)案件総数の拡大を主な経営指標として重視しており、各指標の
         進捗度は以下のとおりです。
                        2020年3月期          2021年3月期          2022年3月期
           新規案件獲得数               11件          9件          18件
           案件総数               23件          19件          41件
          2021年3月期は、コロナ禍の影響により新規案件獲得のための営業活動が停滞し、新規引合い件数が減少した
         こともあり、各指標は減少しましたが、営業担当者の増員、ウェブセミナーの開催などにより、各指標の改善に
         取り組んだ結果、2022年3月期においては堅調に推移したものと認識しております。
                                 44/206










                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【経営上の重要な契約等】
      (1)合弁契約
                              契約
       相手先の名称           相手先の住所                      契約期間            契約内容
                              締結日
                                                マイクロ波技術を使用
                              2015年       2015年3月16日から
     太陽化学株式会社           三重県四日市市                                したショ糖エステル製
                             3月16日       (有効期限規定なし)
                                                造に関する合弁事業
      (2)特許・ノウハウライセンス契約

                              契約
       相手先の名称           相手先の住所                      契約期間            契約内容
                              締結日
                                                マイクロ波技術を使用
                                     2015年4月29日から
     ティエムティ株式会                         2015年                   したショ糖エステル製
                三重県四日市市                     特許が有効に存続する
     社                        4月29日                   造の特許権およびノウ
                                     まで
                                                ハウ実施権許諾
    (注)ティエムティ㈱は、当社の関連会社であります。
                                 45/206















                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     5【研究開発活動】
      第14期事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
        当社は、マイクロ波プロセスの研究開発に取り組んでおり、当事業年度は、技術プラットフォーム強化および新規
      パイプライン候補の開発を行いました。
        技術プラットフォームの強化については、要素技術群のうち「基盤物性評価」の一つである複素誘電率(物質が持
      つマイクロ波吸収能の指標)測定技術の強化を重点的に行いました。これにより、高温での複素誘電率の測定精度が
      改善されるため、これまで以上に幅広い開発案件への対応が可能となります。
        新規パイプライン候補の開発については、共同開発によらず当社が独自にシーズ開発を進めるものであり、医薬品
      領域、ケミカルリサイクル領域での開発を重点的に行いました。
        2021年3月31日現在、研究開発本部は24名、エンジニアリング本部は20名在籍しており、これは総従業員数の
      81.5%に当たります。
        当事業年度の研究開発費の総額は               362,999    千円であります。
      第15期第3四半期累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)

        当社は、マイクロ波プロセスの研究開発に取り組んでおり、当第3四半期累計期間は、技術プラットフォーム強化
      および新規パイプライン候補の開発を行いました。
        2021年12月31日現在、研究開発本部は23名、エンジニアリング本部は22名在籍しており、これは総従業員数の
      76.3%に当たります。
        第15期第3四半期累計期間の研究開発費の総額は                      292,336    千円であります。
      なお、当社はマイクロ波化学関連事業の単一セグメントであるため、セグメント情報に関連付けた記載は省略してお

     ります。
                                 46/206













                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
      第14期事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
        当事業年度における設備投資の総額は                 44,175   千円であり、主として、ラボおよび実証施設における研究開発活動の
      拡大に伴う分析機器やマイクロ波発信器等の購入によるものであります。
        なお、当事業年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
      第15期第3四半期累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)

         第15期第3四半期累計期間における設備投資の総額は                          9,488   千円であり、主として、大阪事業所の設備工事によ
      るものであります。
        なお、第15期第3四半期累計期間において重要な設備の除却、売却等はありません。
       なお、当社は、マイクロ波化学関連事業の単一セグメントであるため、セグメント情報に関連付けた記載はしてお

      りません。
     2【主要な設備の状況】

      当社における主要な設備は、以下の通りであります。
                                                    2021年3月31日現在
                                 帳簿価額
     事業所名                                                  従業員数
          設備の内容              機械及び装         工具、器具               土地
                建物    構築物        車両運搬具         リース資産    建設仮勘定          合計
     (所在地)                                                   (人)
                          置        及び備品             (千円)
               (千円)    (千円)         (千円)         (千円)    (千円)         (千円)
                        (千円)         (千円)             (面積㎡)
     本社
                                                          32
    (大阪府
          研究設備       4,188      -   56,748       0   3,263      -     -    -   64,200
                                                          (3)
     吹田市)
     大阪事業所                                            -
                                                          18
     (大阪市     研究設備
                75,663    52,628    127,621      198    6,054    375,181       0   (-)   637,347
                                                          (1)
     住之江区)                                         [5,982.87]
    (注)1.土地の[ ]は賃借土地の面積を外数で記載しております。年間賃借料は38,520千円であります。
       2.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数の年間平均人員を( )内に外数で記載しております。
        3.現在休止中の主要な設備はありません。
       4.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       5.当社は、マイクロ波化学関連事業の単一セグメントであるため、セグメント情報に関連付けた記載はしており
         ません。
                                 47/206









                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【設備の新設、除却等の計画】                  (2022年4月30日現在)

      (1)重要な設備の新設
         研究開発能力の増強を推進するものとして、2023年3月期より研究開発設備の新規導入を計画している他、本
        社・ラボの移転および拡張、実証棟の新設を計画しております。
         なお、当社はマイクロ波化学関連事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しておりま
        す。
                        投資予定額(千円)

       事業所名                            資金調達             完了予定      完成後の
               設備の内容                           着手年月
       (所在地)                             方法             年月     増加能力
                        総額     既支払額
      大阪事業所
      (大阪市住之        研究開発設備          56,471        -         2022年10月       2023年3月        注2
      江区)
               研究開発設備          97,320        -         2023年4月       2024年3月        注2
      本社(大阪府
      吹田市)
               研究開発設備         194,640        -         2024年4月       2025年3月        注2
      大阪事業所
                                   増資資金、
               研究開発設備         291,960        -         2025年4月       2026年3月        注2
      (大阪市住之
                                   自己資金お
               研究開発設備         496,600        -         2026年4月       2027年3月        注2
      江区)
                                   よび借入金
              本社・ラボ工事          117,360        -         2023年4月       2024年3月        注3
      本社(大阪府
      吹田市)
               研究開発設備          78,240                 2023年4月       2024年3月        注3
      大阪事業所
      (大阪市住之         実証棟工事         284,721        -         2024年4月       2025年3月        注4
      江区)
      (注)1.上表の金額は、消費税等を含んでおりません。
         2.2023年3月期以降において設備投資を計画する、反応器、用役設備、分析機器、ソフトウエア等でありま
           す。これらは主として、研究開発の幅を広げるものであり、生産性の増加能力の計数的把握は困難です
           が、研究開発の能力を増加させることを目的としております。
         3.2023年3月期以降、研究員や事業開発担当者の増員を計画しており、本社・ラボの移転および拡張とラボ
           機能の増強を図るものです。生産性の増加能力の計数的把握は困難ですが、研究開発の能力を増加させる
           ことを目的としております。
         4.フェーズ2およびフェーズ3の開発案件は、現在、第一実証棟および第二実証棟で対応しておりますが、
           これらの開発案件への対応力を高める目的で、第三実証棟を建設するものです。生産性の増加能力の計数
           的把握は困難ですが、研究開発の能力を増加させることを目的としております。
      (2)重要な改修

        該当事項はありません。
                                 48/206








                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                              53,000,000

                  計                             53,000,000

    (注)1.2022年2月10日開催の臨時株主総会決議において、定款の一部変更を行い、同日付で発行可能株式総数は
         350,000株増加し、530,000株となりました。
       2.2022年3月31日付で普通株式を対価とする取得条項に基づき、A種種類株式、B種種類株式、C種種類株式、D種
         種類株式、E種種類株式、F種種類株式及びG種種類株式の全てを当社が取得し、引き換えにこれらの種類株式の
         株主に対して普通株式の交付を行い、同日付で当社が取得したこれらの種類株式の全てを消却しております。
         また、2022年4月1日開催の臨時株主総会において、種類株式に関する定款の定めを廃止しました。
       3.2022年4月1日開催の取締役会において、同日付で効力発生する株式分割に伴う定款の一部変更を行い、発行
         可能株式総数は52,470,000株増加し、53,000,000株となっております。
        ②【発行済株式】

                                   上場金融商品取引所名又は登録
           種類             発行数(株)                              内容
                                   認可金融商品取引業協会名
                                                  完全議決権株式であ
                                                  り、権利内容に何ら
                                                  限定のない当社にお
                         13,443,400
          普通株式                              非上場         ける標準となる株式
                                                  であります。なお、
                                                   単元株式数は100株
                                                    であります。
                         13,443,400
            計                              -             -
    (注)1.2022年3月31日付で普通株式を対価とする取得条項に基づき、A種種類株式、B種種類株式、C種種類株式、D種
         種類株式、E種種類株式、F種種類株式及びG種種類株式の全てを当社が取得し、引き換えにこれらの種類株式の
         株主に対して普通株式の交付を行い、同日付で当社が取得したこれらの種類株式の全てを消却しております。
       2.2022年3月4日開催の取締役会の決議により、2022年4月1日付で普通株式1株を100株に分割しております。
         これにより、発行済株式数は13,308,966株増加し、13,443,400株となっております。
       3.2022年4月1日開催の臨時株主総会決議により定款の一部変更が行われ、同日付で1単元を100株とする単元株
         制度を採用しております。
                                 49/206








                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
    a 第2回新株予約権 2014年12月22日臨時株主総会決議および2014年12月11日取締役会決議
      決議年月日                            2014年12月22日
                                  当社取締役          1
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  当社従業員  16(注)8
      新株予約権の数(個)*                            1,924
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                  普通株式     1,924[192,400](注)1,7
      (株)*
      新株予約権の行使時の払込金額(円)*                            3,200[32](注)2,7
                                  2016年12月23日から
      新株予約権の行使期間*
                                  2024年12月22日まで
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発                            発行価格   3,200[32](注)7
      行価格及び資本組入額(円)*                            資本組入額  1,600[16](注)7
      新株予約権の行使の条件*                            (注)3,4
      新株予約権の譲渡に関する事項*                            (注)5

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項*                            (注)6

     *最近事業年度の末日(2021年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月末
      現在(2022年4月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載してお
      り、その他の事項については、最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
    (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日現在は1株、提出日の前月末現在は100株で
          す。新株予約権の目的となる株式の数については次のとおり調整されることがあります。
         (1)    本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行使
             の本新株予約権についてその1個当たりの目的である株式数を以下の算式に従い調整するものとし、
             調整により生じる1株未満の端数は切り捨て、金銭による調整は行わない。なお、以下の算式において
             「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した
             数を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で
             除した数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとする。調整後の株式数は、株式の分割又は併合
             の効力発生日の翌日以降、適用されるものとする。
                 調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
          (2)    本新株予約権の割当日後において、当社が株主割当の方法により募集株式の発行を行う場合、株式無
             償割当を行う場合、合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められ
             る場合(当社が有する自己株式を処分する場合を含む。)には、当社は、取締役会の決議をもって、
             本新株予約権の価値が当該行為の前後で変動しないようにするために適当と認める本新株予約権1個当
             たりの目的である株式数の調整を行う。
        2.(1)      本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行
             使の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満
             の端数は切り上げる。調整後の行使価額の適用時期は、調整後の株式数の適用時期に準じるものとす
             る。
                                      1
                  調整後行使価額=調整前行使価額×
                                   分割・併合の比率
         (2) 本新株予約権の割当日後において、当社が株主割当の方法により募集株式の発行を行う場合、株式無
             償割当を行う場合、合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められ
             る場合(当社が有する自己株式を処分する場合を含む。)には、当社は、取締役会の決議をもって、
             本新株予約権の価値が当該行為の前後で変動しないようにするために適当と認める行使価額の調整を
             行う。
        3.(1)      本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について取得事由が発生していな
             いことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、取締役
             会決議により特に行使を認められた場合はこの限りでない。なお、上記但書にかかわらず、当社は取
             締役会の決議によって取得事由が生じた本新株予約権の行使を認めることがない旨確定することがで
             きるものとし、かかる決議がなされた場合は、いかなる場合でも本新株予約権は行使できなくなるも
             のとする。
                                 50/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (2)    当社が組織再編を行うときに、当該組織再編にかかる契約又は計画において、本新株予約権の権利者に
             対して本新株予約権に代わる再編会社の新株予約権を交付することが定められなかった場合には、か
             かる場合に会社法に基づく新株予約権の買取請求権の行使が可能となる日の前日の正午において、本
             新 株予約権は行使できなくなるものとする。
         (3)    権利者は、本新株予約権の行使時において、当社又は子会社(会社法第2条第3号に定める子会社を意味
             する。以下同じ。)の取締役、執行役、監査役、使用人、又は社外協力者の地位を有していることを
             要する。ただし、任期満了による退任、定年退職等その他取締役会が正当な理由があると認めた場合
             については、この限りではない。
         (4)    本新株予約権の一部の行使は認められないものとする。
         (5)    権利者は、当社の株式公開(当社の株式が店頭売買有価証券の登録を受け、又はいずれかの証券取引所
             に上場され取引が開始されることをいう。以下同じ。)の日まで(同日を含まない。)は、本新株予
             約権を行使することはできないものとする。但し、取締役会決議により特に行使を認められた場合は
             この限りでない。
         (6)    権利者が1個又は複数の新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して発行される
             株式数に1株未満の端数があるときは、会社法第283条本文の規定に従うものとする。
         (7)    権利者が死亡した場合には、権利者の相続人による新株予約権の相続は認めないものとし、死亡の日を
             もって新株予約権は行使できなくなるものとする。
         (8)    その他の行使の条件は、当社と権利者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによる。
        4.当社が本新株予約権を取得することができる事由(以下「取得事由」という。)及び取得の条件
         (1)    当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、
             又は当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(これらを総称して「組織再編」という。)
             について、法令上又は当社の定款上必要な株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意
             が必要である場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が
             行われた場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したとき
             は、当社は、当該日をもって本新株予約権を時価にて取得することができる。なお、「時価」とは、
             (ⅰ)当社の株式公開前は、直近に当社が発行又は処分した当社普通株式の新株発行価格又は処分価
             格(新株発行価格又は処分価格が株式を引き受けるものに特に有利な金額でないものに限る。以下
             「直近処分価格」という。)(但し、当社の取締役会が当社の費用負担により当社の指名した第三者
             機関による価格算定を希望した場合は、当該第三者機関による算定価格と直近処分価格のいずれか低
             い方の金額とする。)から取得日における1株当たりの行使価額を控除して得た金額に、取得日におけ
             る本新株予約権1個当たりの目的である株式数を乗じて得た金額とし、(ⅱ)当社の株式公開後は、取
             得日に先立つ直近30取引日における当社普通株式が上場する証券取引所(但し、上場する証券取引所
             が複数ある場合には、当該期間における当社普通株式の出来高、値付率等を考慮して最も適切と判断
             される主たる証券取引所)における当社普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表を含む。以下同
             じ。)の平均値(終値のない日数を除く。)から取得日における1株当たりの行使価額を控除して得た
             金額に、取得日における本新株予約権1個当たりの目的である株式数を乗じて得た金額をいうものとす
             る。なお、かかる平均値は円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
         (2)    次のいずれかに該当する事由が発生した場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権
             を取得する旨決議したときは、当社は、当該日をもって未行使の本新株予約権を無償で取得すること
             ができる。
               ①  権利者が禁固刑以上の刑に処せられた場合
               ②  権利者が当社等と競合する業務を営む会社を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しく
               は従業員に就任する等、名目を問わず当社等と競合した場合。但し、当社の承認を得た場合を除
               く。
               ③  権利者が重大な法令違反その他不正行為により当社等の信用を著しく損ねた場合
               ④  権利者が本項又は本新株予約権に関して当社と締結した契約に重大な点において違反した場合
         (3)    権利者が当社等の取締役、執行役、監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にかか
             る身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合で
             あって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したときは、当社は、当該
             日をもって未行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
               ①  権利者が当社等により正当な理由により懲戒に処せられた場合
               ②  権利者が取締役、執行役又は監査役の身分を有する場合にあっては、権利者が取締役、執行役
               又は監査役としての忠実義務等当社等に対する重要な義務に明らかに違反した場合
         (4)    権利者が本新株予約権を放棄した場合、その他何らかの理由により本新株予約権を行使することができ
             なくなった場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したとき
             は、当社は、当該日をもって本新株予約権を無償で取得することができる。
                                 51/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (5)    当社は、前各号に定める取得の事由が生じた新株予約権の全部又は一部を取得することができ、一部を
             取得する場合は、取締役会の決議により取得する本新株予約権を決定するものとする。
        5.本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受けなければならない。
        6.当社が組織再編を行う場合は、手続に応じてそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割にお
         ける承継会社若しくは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会
         社に限る。以下総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って権利者に交付する
         ことができる。
         (1)    交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
         (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編の条件等を勘案の上、第1項に準じて決定する。
         (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編の条件等を勘案の上、第2項で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、前
             号に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式数を乗じた額とする。
         (5)新株予約権を行使することができる期間
             第3項に定める新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編の効力発生日のうちいずれか
             遅い日から、第3項に定める新株予約権を行使することができる期間の末日までとする。
         (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編にかかる契約書又は計画において定めるものとする。
         (7)譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社が取締役会設置会社の場合は取締役会の承認を、取締役会
             非設置会社の場合は株主総会又は代表取締役等の権限を有する機関の承認を要するものとする。
        7.2022年4月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目的
         となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を
         発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
        8.付与対象者の退職による権利の喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社取締役
         1名、当社従業員12名となっております。
                                 52/206











                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    b 第3回新株予約権 2018年3月30日臨時株主総会決議および2019年3月28日取締役会決議
      決議年月日                             2019年3月28日
                                  当社取締役          3
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  当社従業員  31(注)8
      新株予約権の数(個)*                             8,404[8,384]
                                  普通株式     8,404[838,400](注)1,7
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)*
      新株予約権の行使時の払込金額(円)*                             30,158[302](注)2,7

                                  2021年3月29日から
      新株予約権の行使期間*
                                  2029年3月28日まで
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                             発行価格   30,158[302](注)7
      価格及び資本組入額(円)*                             資本組入額  15,079[151](注)7
      新株予約権の行使の条件*                             (注)3,4
      新株予約権の譲渡に関する事項*                             (注)5

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項*                             (注)6

    *最近事業年度の末日(2021年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月末現
     在(2022年4月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載してお
     り、その他の事項については、最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
    (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日現在は1株、提出日の前月末現在は100株で
          す。新株予約権の目的となる株式の数については次のとおり調整されることがあります。
         (1)    本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行使
             の本新株予約権についてその1個当たりの目的である株式数を以下の算式に従い調整するものとし、
             調整により生じる1株未満の端数は切り捨て、金銭による調整は行わない。なお、以下の算式において
             「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した
             数を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で
             除した数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとする。調整後の株式数は、株式の分割又は併合
             の効力発生日の翌日以降、適用されるものとする。
                 調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
          (2)    本新株予約権の割当日後において、当社が株主割当の方法により募集株式の発行を行う場合、株式無
             償割当を行う場合、合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められ
             る場合(当社が有する自己株式を処分する場合を含む。)には、当社は、取締役会の決議をもって、
             本新株予約権の価値が当該行為の前後で変動しないようにするために適当と認める本新株予約権1個当
             たりの目的である株式数の調整を行う。
        2.(1)      本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行
             使の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満
             の端数は切り上げる。調整後の行使価額の適用時期は、調整後の株式数の適用時期に準じるものとす
             る。
                                      1
                  調整後行使価額=調整前行使価額×
                                   分割・併合の比率
         (2) 本新株予約権の割当日後において、当社が株主割当の方法により募集株式の発行を行う場合、株式無
             償割当を行う場合、合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められ
             る場合(当社が有する自己株式を処分する場合を含む。)には、当社は、取締役会の決議をもって、
             本新株予約権の価値が当該行為の前後で変動しないようにするために適当と認める行使価額の調整を
             行う。
        3.(1)      本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について取得事由が発生していな
             いことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、取締役
             会決議により特に行使を認められた場合はこの限りでない。なお、上記但書にかかわらず、当社は取
             締役会の決議によって取得事由が生じた本新株予約権の行使を認めることがない旨確定することがで
             きるものとし、かかる決議がなされた場合は、いかなる場合でも本新株予約権は行使できなくなるも
             のとする。
         (2)    当社が組織再編を行うときに、当該組織再編にかかる契約又は計画において、本新株予約権の権利者に
             対して本新株予約権に代わる再編会社の新株予約権を交付することが定められなかった場合には、か
             かる場合に会社法に基づく新株予約権の買取請求権の行使が可能となる日の前日の正午において、本
             新株予約権は行使できなくなるものとする。
                                 53/206

                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (3)    権利者は、本新株予約権の行使時において、当社又は子会社(会社法第2条第3号に定める子会社を意味
             する。以下同じ。)の取締役、執行役、監査役、使用人、又は社外協力者の地位を有していることを
             要 する。ただし、任期満了による退任、定年退職等その他取締役会が正当な理由があると認めた場合
             については、この限りではない。
         (4)    本新株予約権の一部の行使は認められないものとする。
         (5)    権利者は、当社の株式公開(当社の株式が店頭売買有価証券の登録を受け、又はいずれかの証券取引所
             に上場され取引が開始されることをいう。以下同じ。)の日まで(同日を含まない。)は、本新株予
             約権を行使することはできないものとする。但し、取締役会決議により特に行使を認められた場合は
             この限りでない。
         (6)    権利者が1個又は複数の新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して発行される
             株式数に1株未満の端数があるときは、会社法第283条本文の規定に従うものとする。
         (7)    権利者が死亡した場合には、権利者の相続人による新株予約権の相続は認めないものとし、死亡の日を
             もって新株予約権は行使できなくなるものとする。
         (8)    その他の行使の条件は、当社と権利者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによる。
        4.当社が本新株予約権を取得することができる事由(以下「取得事由」という。)及び取得の条件
         (1)    当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、
             又は当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(これらを総称して「組織再編」という。)
             について、法令上又は当社の定款上必要な株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意
             が必要である場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が
             行われた場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したとき
             は、当社は、当該日をもって本新株予約権を時価にて取得することができる。なお、「時価」とは、
             (ⅰ)当社の株式公開前は、直近に当社が発行又は処分した当社普通株式の新株発行価格又は処分価
             格(新株発行価格又は処分価格が株式を引き受けるものに特に有利な金額でないものに限る。以下
             「直近処分価格」という。)(但し、当社の取締役会が当社の費用負担により当社の指名した第三者
             機関による価格算定を希望した場合は、当該第三者機関による算定価格と直近処分価格のいずれか低
             い方の金額とする。)から取得日における1株当たりの行使価額を控除して得た金額に、取得日におけ
             る本新株予約権1個当たりの目的である株式数を乗じて得た金額とし、(ⅱ)当社の株式公開後は、取
             得日に先立つ直近30取引日における当社普通株式が上場する証券取引所(但し、上場する証券取引所
             が複数ある場合には、当該期間における当社普通株式の出来高、値付率等を考慮して最も適切と判断
             される主たる証券取引所)における当社普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表を含む。以下同
             じ。)の平均値(終値のない日数を除く。)から取得日における1株当たりの行使価額を控除して得た
             金額に、取得日における本新株予約権1個当たりの目的である株式数を乗じて得た金額をいうものとす
             る。なお、かかる平均値は円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
         (2)    次のいずれかに該当する事由が発生した場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権
             を取得する旨決議したときは、当社は、当該日をもって未行使の本新株予約権を無償で取得すること
             ができる。
               ①  権利者が禁固刑以上の刑に処せられた場合
               ②  権利者が当社等と競合する業務を営む会社を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しく
               は従業員に就任する等、名目を問わず当社等と競合した場合。但し、当社の承認を得た場合を除
               く。
               ③  権利者が重大な法令違反その他不正行為により当社等の信用を著しく損ねた場合
               ④  権利者が本項又は本新株予約権に関して当社と締結した契約に重大な点において違反した場合
         (3)    権利者が当社等の取締役、執行役、監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にかか
             る身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合で
             あって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したときは、当社は、当該
             日をもって未行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
               ①  権利者が当社等により正当な理由により懲戒に処せられた場合
               ②  権利者が取締役、執行役又は監査役の身分を有する場合にあっては、権利者が取締役、執行役
               又は監査役としての忠実義務等当社等に対する重要な義務に明らかに違反した場合
         (4)    権利者が本新株予約権を放棄した場合、その他何らかの理由により本新株予約権を行使することができ
             なくなった場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したとき
             は、当社は、当該日をもって本新株予約権を無償で取得することができる。
         (5)    当社は、前各号に定める取得の事由が生じた新株予約権の全部又は一部を取得することができ、一部を
             取得する場合は、取締役会の決議により取得する本新株予約権を決定するものとする。
        5.本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受けなければならない。
                                 54/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        6.当社が組織再編を行う場合は、手続に応じてそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割にお
         ける承継会社若しくは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会
         社に限る。以下総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って権利者に交付する
         こ とができる。
         (1)    交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
         (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編の条件等を勘案の上、第1項に準じて決定する。
         (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編の条件等を勘案の上、第2項で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、前
             号に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式数を乗じた額とする。
         (5)新株予約権を行使することができる期間
             第3項に定める新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編の効力発生日のうちいずれか
             遅い日から、第3項に定める新株予約権を行使することができる期間の末日までとする。
         (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編にかかる契約書又は計画において定めるものとする。
         (7)譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社が取締役会設置会社の場合は取締役会の承認を、取締役会
             非設置会社の場合は株主総会又は代表取締役等の権限を有する機関の承認を要するものとする。
        7.2022年4月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目的
         となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を
         発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
        8.付与対象者の退職による権利の喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社取締役
         3名、当社従業員27名となっております。
                                 55/206












                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    c 第4回①新株予約権 2020年2月13日臨時株主総会決議および2020年3月13日取締役会決議
      決議年月日                             2020年3月13日
      付与対象者の区分及び人数(名)                             当社従業員  1

      新株予約権の数(個)*                             300

                                   普通株式     300[30,000](注)1,7
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)*
      新株予約権の行使時の払込金額(円)*                             43,036[431](注)2,7

                                   2022年3月14日から
      新株予約権の行使期間*
                                   2030年3月13日まで
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                             発行価格   43,036[431](注)7
      価格及び資本組入額(円)*                             資本組入額  21,518[216](注)7
      新株予約権の行使の条件*                             (注)3,4
      新株予約権の譲渡に関する事項*                             (注)5

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項*                             (注)6

    *最近事業年度の末日(2021年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月末現
     在(2022年4月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載してお
     り、その他の事項については、最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
    (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日現在は1株、提出日の前月末現在は100株で
         す。新株予約権の目的となる株式の数については次のとおり調整されることがあります。
         (1)    本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行使
             の本新株予約権についてその1個当たりの目的である株式数を以下の算式に従い調整するものとし、
             調整により生じる1株未満の端数は切り捨て、金銭による調整は行わない。なお、以下の算式において
             「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した
             数を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で
             除した数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとする。調整後の株式数は、株式の分割又は併合
             の効力発生日の翌日以降、適用されるものとする。
                 調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
          (2)    本新株予約権の割当日後において、当社が株主割当の方法により募集株式の発行を行う場合、株式無
             償割当を行う場合、合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められ
             る場合(当社が有する自己株式を処分する場合を含む。)には、当社は、取締役会の決議をもって、
             本新株予約権の価値が当該行為の前後で変動しないようにするために適当と認める本新株予約権1個当
             たりの目的である株式数の調整を行う。
        2.(1)      本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行
             使の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満
             の端数は切り上げる。調整後の行使価額の適用時期は、調整後の株式数の適用時期に準じるものとす
             る。
                                      1
                  調整後行使価額=調整前行使価額×
                                   分割・併合の比率
         (2) 本新株予約権の割当日後において、当社が株主割当の方法により募集株式の発行を行う場合、株式無
             償割当を行う場合、合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められ
             る場合(当社が有する自己株式を処分する場合を含む。)には、当社は、取締役会の決議をもって、
             本新株予約権の価値が当該行為の前後で変動しないようにするために適当と認める行使価額の調整を
             行う。
        3.(1)      本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について取得事由が発生していな
             いことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、取締役
             会決議により特に行使を認められた場合はこの限りでない。なお、上記但書にかかわらず、当社は取
             締役会の決議によって取得事由が生じた本新株予約権の行使を認めることがない旨確定することがで
             きるものとし、かかる決議がなされた場合は、いかなる場合でも本新株予約権は行使できなくなるも
             のとする。
         (2)    当社が組織再編を行うときに、当該組織再編にかかる契約又は計画において、本新株予約権の権利者に
             対して本新株予約権に代わる再編会社の新株予約権を交付することが定められなかった場合には、か
             かる場合に会社法に基づく新株予約権の買取請求権の行使が可能となる日の前日の正午において、本
             新株予約権は行使できなくなるものとする。
                                 56/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (3)    権利者は、本新株予約権の行使時において、当社又は子会社(会社法第2条第3号に定める子会社を意味
             する。以下同じ。)の取締役、執行役、監査役、使用人、又は社外協力者の地位を有していることを
             要 する。ただし、任期満了による退任、定年退職等その他取締役会が正当な理由があると認めた場合
             については、この限りではない。
         (4)    本新株予約権の一部の行使は認められないものとする。
         (5)    権利者は、当社の株式公開(当社の株式が店頭売買有価証券の登録を受け、又はいずれかの証券取引所
             に上場され取引が開始されることをいう。以下同じ。)の日まで(同日を含まない。)は、本新株予
             約権を行使することはできないものとする。但し、取締役会決議により特に行使を認められた場合は
             この限りでない。
         (6)    権利者が1個又は複数の新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して発行される
             株式数に1株未満の端数があるときは、会社法第283条本文の規定に従うものとする。
         (7)    権利者が死亡した場合には、権利者の相続人による新株予約権の相続は認めないものとし、死亡の日を
             もって新株予約権は行使できなくなるものとする。
         (8)    その他の行使の条件は、当社と権利者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによる。
        4.当社が本新株予約権を取得することができる事由(以下「取得事由」という。)及び取得の条件
         (1)    当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、
             又は当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(これらを総称して「組織再編」という。)
             について、法令上又は当社の定款上必要な株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意
             が必要である場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が
             行われた場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したとき
             は、当社は、当該日をもって本新株予約権を時価にて取得することができる。なお、「時価」とは、
             (ⅰ)当社の株式公開前は、直近に当社が発行又は処分した当社普通株式の新株発行価格又は処分価
             格(新株発行価格又は処分価格が株式を引き受けるものに特に有利な金額でないものに限る。以下
             「直近処分価格」という。)(但し、当社の取締役会が当社の費用負担により当社の指名した第三者
             機関による価格算定を希望した場合は、当該第三者機関による算定価格と直近処分価格のいずれか低
             い方の金額とする。)から取得日における1株当たりの行使価額を控除して得た金額に、取得日におけ
             る本新株予約権1個当たりの目的である株式数を乗じて得た金額とし、(ⅱ)当社の株式公開後は、取
             得日に先立つ直近30取引日における当社普通株式が上場する証券取引所(但し、上場する証券取引所
             が複数ある場合には、当該期間における当社普通株式の出来高、値付率等を考慮して最も適切と判断
             される主たる証券取引所)における当社普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表を含む。以下同
             じ。)の平均値(終値のない日数を除く。)から取得日における1株当たりの行使価額を控除して得た
             金額に、取得日における本新株予約権1個当たりの目的である株式数を乗じて得た金額をいうものとす
             る。なお、かかる平均値は円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
         (2)    次のいずれかに該当する事由が発生した場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権
             を取得する旨決議したときは、当社は、当該日をもって未行使の本新株予約権を無償で取得すること
             ができる。
               ①  権利者が禁固刑以上の刑に処せられた場合
               ②  権利者が当社等と競合する業務を営む会社を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しく
               は従業員に就任する等、名目を問わず当社等と競合した場合。但し、当社の承認を得た場合を除
               く。
               ③  権利者が重大な法令違反その他不正行為により当社等の信用を著しく損ねた場合
               ④  権利者が本項又は本新株予約権に関して当社と締結した契約に重大な点において違反した場合
         (3)    権利者が当社等の取締役、執行役、監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にかか
             る身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合で
             あって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したときは、当社は、当該
             日をもって未行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
               ①  権利者が当社等により正当な理由により懲戒に処せられた場合
               ②  権利者が取締役、執行役又は監査役の身分を有する場合にあっては、権利者が取締役、執行役
               又は監査役としての忠実義務等当社等に対する重要な義務に明らかに違反した場合
         (4)    権利者が本新株予約権を放棄した場合、その他何らかの理由により本新株予約権を行使することができ
             なくなった場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したとき
             は、当社は、当該日をもって本新株予約権を無償で取得することができる。
         (5)    当社は、前各号に定める取得の事由が生じた新株予約権の全部又は一部を取得することができ、一部を
             取得する場合は、取締役会の決議により取得する本新株予約権を決定するものとする。
        5.本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受けなければならない。
                                 57/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        6.当社が組織再編を行う場合は、手続に応じてそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割にお
         ける承継会社若しくは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会
         社に限る。以下総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って権利者に交付する
         こ とができる。
         (1)    交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
         (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編の条件等を勘案の上、第1項に準じて決定する。
         (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編の条件等を勘案の上、第2項で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、前
             号に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式数を乗じた額とする。
         (5)新株予約権を行使することができる期間
             第3項に定める新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編の効力発生日のうちいずれか
             遅い日から、第3項に定める新株予約権を行使することができる期間の末日までとする。
         (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編にかかる契約書又は計画において定めるものとする。
         (7)譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社が取締役会設置会社の場合は取締役会の承認を、取締役会
             非設置会社の場合は株主総会又は代表取締役等の権限を有する機関の承認を要するものとする。
        7.2022年4月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目的
         となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を
         発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                 58/206













                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    d 第4回②新株予約権 2020年2月13日臨時株主総会決議および2020年4月15日取締役会決議
      決議年月日                            2020年4月15日
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社取締役  1

      新株予約権の数(個)*                            100

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                  普通株式     100[10,000](注)1,7
      (株)*
      新株予約権の行使時の払込金額(円)*                            43,036[431](注)2,7
                                  2022年4月16日から
      新株予約権の行使期間*
                                  2030年4月15日まで
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発                            発行価格   43,036[431](注)7
      行価格及び資本組入額(円)*                            資本組入額  21,518[216](注)7
      新株予約権の行使の条件*                            (注)3,4
      新株予約権の譲渡に関する事項*                            (注)5

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項*                            (注)6

    *最近事業年度の末日(2021年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月末現
     在(2022年4月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載してお
     り、その他の事項については、最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
    (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日現在は1株、提出日の前月末現在は100株で
         す。新株予約権の目的となる株式の数については次のとおり調整されることがあります。
         (1)    本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行使
             の本新株予約権についてその1個当たりの目的である株式数を以下の算式に従い調整するものとし、
             調整により生じる1株未満の端数は切り捨て、金銭による調整は行わない。なお、以下の算式において
             「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した
             数を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で
             除した数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとする。調整後の株式数は、株式の分割又は併合
             の効力発生日の翌日以降、適用されるものとする。
                 調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
          (2)    本新株予約権の割当日後において、当社が株主割当の方法により募集株式の発行を行う場合、株式無
             償割当を行う場合、合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められ
             る場合(当社が有する自己株式を処分する場合を含む。)には、当社は、取締役会の決議をもって、
             本新株予約権の価値が当該行為の前後で変動しないようにするために適当と認める本新株予約権1個当
             たりの目的である株式数の調整を行う。
        2.(1)      本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行
             使の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満
             の端数は切り上げる。調整後の行使価額の適用時期は、調整後の株式数の適用時期に準じるものとす
             る。
                                      1
                  調整後行使価額=調整前行使価額×
                                   分割・併合の比率
         (2) 本新株予約権の割当日後において、当社が株主割当の方法により募集株式の発行を行う場合、株式無
             償割当を行う場合、合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められ
             る場合(当社が有する自己株式を処分する場合を含む。)には、当社は、取締役会の決議をもって、
             本新株予約権の価値が当該行為の前後で変動しないようにするために適当と認める行使価額の調整を
             行う。
        3.(1)      本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について取得事由が発生していな
             いことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、取締役
             会決議により特に行使を認められた場合はこの限りでない。なお、上記但書にかかわらず、当社は取
             締役会の決議によって取得事由が生じた本新株予約権の行使を認めることがない旨確定することがで
             きるものとし、かかる決議がなされた場合は、いかなる場合でも本新株予約権は行使できなくなるも
             のとする。
         (2)    当社が組織再編を行うときに、当該組織再編にかかる契約又は計画において、本新株予約権の権利者に
             対して本新株予約権に代わる再編会社の新株予約権を交付することが定められなかった場合には、か
             かる場合に会社法に基づく新株予約権の買取請求権の行使が可能となる日の前日の正午において、本
             新株予約権は行使できなくなるものとする。
                                 59/206

                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (3)    権利者は、本新株予約権の行使時において、当社又は子会社(会社法第2条第3号に定める子会社を意味
             する。以下同じ。)の取締役、執行役、監査役、使用人、又は社外協力者の地位を有していることを
             要 する。ただし、任期満了による退任、定年退職等その他取締役会が正当な理由があると認めた場合
             については、この限りではない。
         (4)    本新株予約権の一部の行使は認められないものとする。
         (5)    権利者は、当社の株式公開(当社の株式が店頭売買有価証券の登録を受け、又はいずれかの証券取引所
             に上場され取引が開始されることをいう。以下同じ。)の日まで(同日を含まない。)は、本新株予
             約権を行使することはできないものとする。但し、取締役会決議により特に行使を認められた場合は
             この限りでない。
         (6)    権利者が1個又は複数の新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して発行される
             株式数に1株未満の端数があるときは、会社法第283条本文の規定に従うものとする。
         (7)    権利者が死亡した場合には、権利者の相続人による新株予約権の相続は認めないものとし、死亡の日を
             もって新株予約権は行使できなくなるものとする。
         (8)    その他の行使の条件は、当社と権利者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによる。
        4.当社が本新株予約権を取得することができる事由(以下「取得事由」という。)及び取得の条件
         (1)    当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、
             又は当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(これらを総称して「組織再編」という。)
             について、法令上又は当社の定款上必要な株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意
             が必要である場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が
             行われた場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したとき
             は、当社は、当該日をもって本新株予約権を時価にて取得することができる。なお、「時価」とは、
             (ⅰ)当社の株式公開前は、直近に当社が発行又は処分した当社普通株式の新株発行価格又は処分価
             格(新株発行価格又は処分価格が株式を引き受けるものに特に有利な金額でないものに限る。以下
             「直近処分価格」という。)(但し、当社の取締役会が当社の費用負担により当社の指名した第三者
             機関による価格算定を希望した場合は、当該第三者機関による算定価格と直近処分価格のいずれか低
             い方の金額とする。)から取得日における1株当たりの行使価額を控除して得た金額に、取得日におけ
             る本新株予約権1個当たりの目的である株式数を乗じて得た金額とし、(ⅱ)当社の株式公開後は、取
             得日に先立つ直近30取引日における当社普通株式が上場する証券取引所(但し、上場する証券取引所
             が複数ある場合には、当該期間における当社普通株式の出来高、値付率等を考慮して最も適切と判断
             される主たる証券取引所)における当社普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表を含む。以下同
             じ。)の平均値(終値のない日数を除く。)から取得日における1株当たりの行使価額を控除して得た
             金額に、取得日における本新株予約権1個当たりの目的である株式数を乗じて得た金額をいうものとす
             る。なお、かかる平均値は円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
         (2)    次のいずれかに該当する事由が発生した場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権
             を取得する旨決議したときは、当社は、当該日をもって未行使の本新株予約権を無償で取得すること
             ができる。
               ①  権利者が禁固刑以上の刑に処せられた場合
               ②  権利者が当社等と競合する業務を営む会社を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しく
               は従業員に就任する等、名目を問わず当社等と競合した場合。但し、当社の承認を得た場合を除
               く。
               ③  権利者が重大な法令違反その他不正行為により当社等の信用を著しく損ねた場合
               ④  権利者が本項又は本新株予約権に関して当社と締結した契約に重大な点において違反した場合
         (3)    権利者が当社等の取締役、執行役、監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にかか
             る身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合で
             あって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したときは、当社は、当該
             日をもって未行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
               ①  権利者が当社等により正当な理由により懲戒に処せられた場合
               ②  権利者が取締役、執行役又は監査役の身分を有する場合にあっては、権利者が取締役、執行役
               又は監査役としての忠実義務等当社等に対する重要な義務に明らかに違反した場合
         (4)    権利者が本新株予約権を放棄した場合、その他何らかの理由により本新株予約権を行使することができ
             なくなった場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したとき
             は、当社は、当該日をもって本新株予約権を無償で取得することができる。
         (5)    当社は、前各号に定める取得の事由が生じた新株予約権の全部又は一部を取得することができ、一部を
             取得する場合は、取締役会の決議により取得する本新株予約権を決定するものとする。
        5.本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受けなければならない。
                                 60/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        6.当社が組織再編を行う場合は、手続に応じてそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割にお
         ける承継会社若しくは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会
         社に限る。以下総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って権利者に交付する
         こ とができる。
         (1)    交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
         (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編の条件等を勘案の上、第1項に準じて決定する。
         (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編の条件等を勘案の上、第2項で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、前
             号に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式数を乗じた額とする。
         (5)新株予約権を行使することができる期間
             第3項に定める新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編の効力発生日のうちいずれか
             遅い日から、第3項に定める新株予約権を行使することができる期間の末日までとする。
         (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編にかかる契約書又は計画において定めるものとする。
         (7)譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社が取締役会設置会社の場合は取締役会の承認を、取締役会
             非設置会社の場合は株主総会又は代表取締役等の権限を有する機関の承認を要するものとする。
        7.2022年4月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目的
         となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を
         発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                 61/206













                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    e 第4回③新株予約権 2020年2月13日臨時株主総会決議および2020年7月15日取締役会決議
      決議年月日                             2020年7月15日
      付与対象者の区分及び人数(名)                             当社従業員  28(注)8

      新株予約権の数(個)*                             2,497[2,475]

                                  普通株式     2,497[247,500](注)1,7
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)*
      新株予約権の行使時の払込金額(円)*                             43,036[431](注)2,7

                                  2022年7月16日から
      新株予約権の行使期間*
                                  2030年7月15日まで
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                             発行価格   43,036[431](注)7
      価格及び資本組入額(円)*                             資本組入額  21,518[216](注)7
      新株予約権の行使の条件*                             (注)3,4
      新株予約権の譲渡に関する事項*                             (注)5

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項*                             (注)6

    *最近事業年度の末日(2021年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月末現
     在(2022年4月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載してお
     り、その他の事項については、最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
    (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日現在は1株、提出日の前月末現在は100株で
             す。新株予約権の目的となる株式の数については次のとおり調整されることがあります。
         (1)    本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行使
             の本新株予約権についてその1個当たりの目的である株式数を以下の算式に従い調整するものとし、
             調整により生じる1株未満の端数は切り捨て、金銭による調整は行わない。なお、以下の算式において
             「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した
             数を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で
             除した数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとする。調整後の株式数は、株式の分割又は併合
             の効力発生日の翌日以降、適用されるものとする。
                 調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
          (2)    本新株予約権の割当日後において、当社が株主割当の方法により募集株式の発行を行う場合、株式無
             償割当を行う場合、合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められ
             る場合(当社が有する自己株式を処分する場合を含む。)には、当社は、取締役会の決議をもって、
             本新株予約権の価値が当該行為の前後で変動しないようにするために適当と認める本新株予約権1個当
             たりの目的である株式数の調整を行う。
        2.(1)      本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行
             使の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満
             の端数は切り上げる。調整後の行使価額の適用時期は、調整後の株式数の適用時期に準じるものとす
             る。
                                      1
                  調整後行使価額=調整前行使価額×
                                   分割・併合の比率
         (2) 本新株予約権の割当日後において、当社が株主割当の方法により募集株式の発行を行う場合、株式無
             償割当を行う場合、合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められ
             る場合(当社が有する自己株式を処分する場合を含む。)には、当社は、取締役会の決議をもって、
             本新株予約権の価値が当該行為の前後で変動しないようにするために適当と認める行使価額の調整を
             行う。
        3.(1)      本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について取得事由が発生していな
             いことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、取締役
             会決議により特に行使を認められた場合はこの限りでない。なお、上記但書にかかわらず、当社は取
             締役会の決議によって取得事由が生じた本新株予約権の行使を認めることがない旨確定することがで
             きるものとし、かかる決議がなされた場合は、いかなる場合でも本新株予約権は行使できなくなるも
             のとする。
         (2)    当社が組織再編を行うときに、当該組織再編にかかる契約又は計画において、本新株予約権の権利者に
             対して本新株予約権に代わる再編会社の新株予約権を交付することが定められなかった場合には、か
             かる場合に会社法に基づく新株予約権の買取請求権の行使が可能となる日の前日の正午において、本
             新株予約権は行使できなくなるものとする。
                                 62/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (3)    権利者は、本新株予約権の行使時において、当社又は子会社(会社法第2条第3号に定める子会社を意味
             する。以下同じ。)の取締役、執行役、監査役、使用人、又は社外協力者の地位を有していることを
             要 する。ただし、任期満了による退任、定年退職等その他取締役会が正当な理由があると認めた場合
             については、この限りではない。
         (4)    本新株予約権の一部の行使は認められないものとする。
         (5)    権利者は、当社の株式公開(当社の株式が店頭売買有価証券の登録を受け、又はいずれかの証券取引所
             に上場され取引が開始されることをいう。以下同じ。)の日まで(同日を含まない。)は、本新株予
             約権を行使することはできないものとする。但し、取締役会決議により特に行使を認められた場合は
             この限りでない。
         (6)    権利者が1個又は複数の新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して発行される
             株式数に1株未満の端数があるときは、会社法第283条本文の規定に従うものとする。
         (7)    権利者が死亡した場合には、権利者の相続人による新株予約権の相続は認めないものとし、死亡の日を
             もって新株予約権は行使できなくなるものとする。
         (8)    その他の行使の条件は、当社と権利者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによる。
        4.当社が本新株予約権を取得することができる事由(以下「取得事由」という。)及び取得の条件
         (1)    当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、
             又は当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(これらを総称して「組織再編」という。)
             について、法令上又は当社の定款上必要な株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意
             が必要である場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が
             行われた場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したとき
             は、当社は、当該日をもって本新株予約権を時価にて取得することができる。なお、「時価」とは、
             (ⅰ)当社の株式公開前は、直近に当社が発行又は処分した当社普通株式の新株発行価格又は処分価
             格(新株発行価格又は処分価格が株式を引き受けるものに特に有利な金額でないものに限る。以下
             「直近処分価格」という。)(但し、当社の取締役会が当社の費用負担により当社の指名した第三者
             機関による価格算定を希望した場合は、当該第三者機関による算定価格と直近処分価格のいずれか低
             い方の金額とする。)から取得日における1株当たりの行使価額を控除して得た金額に、取得日におけ
             る本新株予約権1個当たりの目的である株式数を乗じて得た金額とし、(ⅱ)当社の株式公開後は、取
             得日に先立つ直近30取引日における当社普通株式が上場する証券取引所(但し、上場する証券取引所
             が複数ある場合には、当該期間における当社普通株式の出来高、値付率等を考慮して最も適切と判断
             される主たる証券取引所)における当社普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表を含む。以下同
             じ。)の平均値(終値のない日数を除く。)から取得日における1株当たりの行使価額を控除して得た
             金額に、取得日における本新株予約権1個当たりの目的である株式数を乗じて得た金額をいうものとす
             る。なお、かかる平均値は円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
         (2)    次のいずれかに該当する事由が発生した場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権
             を取得する旨決議したときは、当社は、当該日をもって未行使の本新株予約権を無償で取得すること
             ができる。
               ①  権利者が禁固刑以上の刑に処せられた場合
               ②  権利者が当社等と競合する業務を営む会社を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しく
               は従業員に就任する等、名目を問わず当社等と競合した場合。但し、当社の承認を得た場合を除
               く。
               ③  権利者が重大な法令違反その他不正行為により当社等の信用を著しく損ねた場合
               ④  権利者が本項又は本新株予約権に関して当社と締結した契約に重大な点において違反した場合
         (3)    権利者が当社等の取締役、執行役、監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にかか
             る身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合で
             あって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したときは、当社は、当該
             日をもって未行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
               ①  権利者が当社等により正当な理由により懲戒に処せられた場合
               ②  権利者が取締役、執行役又は監査役の身分を有する場合にあっては、権利者が取締役、執行役
               又は監査役としての忠実義務等当社等に対する重要な義務に明らかに違反した場合
         (4)    権利者が本新株予約権を放棄した場合、その他何らかの理由により本新株予約権を行使することができ
             なくなった場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したとき
             は、当社は、当該日をもって本新株予約権を無償で取得することができる。
         (5)    当社は、前各号に定める取得の事由が生じた新株予約権の全部又は一部を取得することができ、一部を
             取得する場合は、取締役会の決議により取得する本新株予約権を決定するものとする。
        5.本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受けなければならない。
                                 63/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        6.当社が組織再編を行う場合は、手続に応じてそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割にお
         ける承継会社若しくは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会
         社に限る。以下総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って権利者に交付する
         こ とができる。
         (1)    交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
         (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編の条件等を勘案の上、第1項に準じて決定する。
         (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編の条件等を勘案の上、第2項で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、前
             号に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式数を乗じた額とする。
         (5)新株予約権を行使することができる期間
             第3項に定める新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編の効力発生日のうちいずれか
             遅い日から、第3項に定める新株予約権を行使することができる期間の末日までとする。
         (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編にかかる契約書又は計画において定めるものとする。
         (7)譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社が取締役会設置会社の場合は取締役会の承認を、取締役会
             非設置会社の場合は株主総会又は代表取締役等の権限を有する機関の承認を要するものとする。
        7.2022年4月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目的
         となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を
         発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
        8.付与対象者の退職による権利の喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社従業員
         25名となっております。
                                 64/206












                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    f 第4回④新株予約権 2020年2月13日臨時株主総会決議および2020年8月19日取締役会決議
      決議年月日                             2020年8月19日
      付与対象者の区分及び人数(名)                             当社従業員  14(注)8

      新株予約権の数(個)*                             460[442]

                                  普通株式     460[44,200](注)1,7
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)*
      新株予約権の行使時の払込金額(円)*                             43,036[431](注)2,7

                                  2022年8月20日から
      新株予約権の行使期間*
                                  2030年8月19日まで
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                             発行価格   43,036[431](注)7
      価格及び資本組入額(円)*                             資本組入額  21,518[216](注)7
      新株予約権の行使の条件*                             (注)3,4
      新株予約権の譲渡に関する事項*                             (注)5

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項*                             (注)6

     *最近事業年度の末日(2021年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月末
      現在(2022年4月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載してお
      り、その他の事項については、最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日現在は1株、提出日の前月末現在は100株で
          す。新株予約権の目的となる株式の数については次のとおり調整されることがあります。
         (1)    本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行使
             の本新株予約権についてその1個当たりの目的である株式数を以下の算式に従い調整するものとし、
             調整により生じる1株未満の端数は切り捨て、金銭による調整は行わない。なお、以下の算式において
             「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した
             数を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で
             除した数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとする。調整後の株式数は、株式の分割又は併合
             の効力発生日の翌日以降、適用されるものとする。
                 調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
          (2)    本新株予約権の割当日後において、当社が株主割当の方法により募集株式の発行を行う場合、株式無
             償割当を行う場合、合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められ
             る場合(当社が有する自己株式を処分する場合を含む。)には、当社は、取締役会の決議をもって、
             本新株予約権の価値が当該行為の前後で変動しないようにするために適当と認める本新株予約権1個当
             たりの目的である株式数の調整を行う。
        2.(1)      本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行
             使の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満
             の端数は切り上げる。調整後の行使価額の適用時期は、調整後の株式数の適用時期に準じるものとす
             る。
                                      1
                  調整後行使価額=調整前行使価額×
                                   分割・併合の比率
         (2) 本新株予約権の割当日後において、当社が株主割当の方法により募集株式の発行を行う場合、株式無
             償割当を行う場合、合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められ
             る場合(当社が有する自己株式を処分する場合を含む。)には、当社は、取締役会の決議をもって、
             本新株予約権の価値が当該行為の前後で変動しないようにするために適当と認める行使価額の調整を
             行う。
        3.(1)      本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について取得事由が発生していな
             いことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、取締役
             会決議により特に行使を認められた場合はこの限りでない。なお、上記但書にかかわらず、当社は取
             締役会の決議によって取得事由が生じた本新株予約権の行使を認めることがない旨確定することがで
             きるものとし、かかる決議がなされた場合は、いかなる場合でも本新株予約権は行使できなくなるも
             のとする。
         (2)    当社が組織再編を行うときに、当該組織再編にかかる契約又は計画において、本新株予約権の権利者に
             対して本新株予約権に代わる再編会社の新株予約権を交付することが定められなかった場合には、か
             かる場合に会社法に基づく新株予約権の買取請求権の行使が可能となる日の前日の正午において、本
             新株予約権は行使できなくなるものとする。
                                 65/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (3)    権利者は、本新株予約権の行使時において、当社又は子会社(会社法第2条第3号に定める子会社を意味
             する。以下同じ。)の取締役、執行役、監査役、使用人、又は社外協力者の地位を有していることを
             要 する。ただし、任期満了による退任、定年退職等その他取締役会が正当な理由があると認めた場合
             については、この限りではない。
         (4)    本新株予約権の一部の行使は認められないものとする。
         (5)    権利者は、当社の株式公開(当社の株式が店頭売買有価証券の登録を受け、又はいずれかの証券取引所
             に上場され取引が開始されることをいう。以下同じ。)の日まで(同日を含まない。)は、本新株予
             約権を行使することはできないものとする。但し、取締役会決議により特に行使を認められた場合は
             この限りでない。
         (6)    権利者が1個又は複数の新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して発行される
             株式数に1株未満の端数があるときは、会社法第283条本文の規定に従うものとする。
         (7)    権利者が死亡した場合には、権利者の相続人による新株予約権の相続は認めないものとし、死亡の日を
             もって新株予約権は行使できなくなるものとする。
         (8)    その他の行使の条件は、当社と権利者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによる。
        4.当社が本新株予約権を取得することができる事由(以下「取得事由」という。)及び取得の条件
         (1)    当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、
             又は当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(これらを総称して「組織再編」という。)
             について、法令上又は当社の定款上必要な株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意
             が必要である場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が
             行われた場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したとき
             は、当社は、当該日をもって本新株予約権を時価にて取得することができる。なお、「時価」とは、
             (ⅰ)当社の株式公開前は、直近に当社が発行又は処分した当社普通株式の新株発行価格又は処分価
             格(新株発行価格又は処分価格が株式を引き受けるものに特に有利な金額でないものに限る。以下
             「直近処分価格」という。)(但し、当社の取締役会が当社の費用負担により当社の指名した第三者
             機関による価格算定を希望した場合は、当該第三者機関による算定価格と直近処分価格のいずれか低
             い方の金額とする。)から取得日における1株当たりの行使価額を控除して得た金額に、取得日におけ
             る本新株予約権1個当たりの目的である株式数を乗じて得た金額とし、(ⅱ)当社の株式公開後は、取
             得日に先立つ直近30取引日における当社普通株式が上場する証券取引所(但し、上場する証券取引所
             が複数ある場合には、当該期間における当社普通株式の出来高、値付率等を考慮して最も適切と判断
             される主たる証券取引所)における当社普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表を含む。以下同
             じ。)の平均値(終値のない日数を除く。)から取得日における1株当たりの行使価額を控除して得た
             金額に、取得日における本新株予約権1個当たりの目的である株式数を乗じて得た金額をいうものとす
             る。なお、かかる平均値は円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
         (2)    次のいずれかに該当する事由が発生した場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権
             を取得する旨決議したときは、当社は、当該日をもって未行使の本新株予約権を無償で取得すること
             ができる。
               ①  権利者が禁固刑以上の刑に処せられた場合
               ②  権利者が当社等と競合する業務を営む会社を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しく
               は従業員に就任する等、名目を問わず当社等と競合した場合。但し、当社の承認を得た場合を除
               く。
               ③  権利者が重大な法令違反その他不正行為により当社等の信用を著しく損ねた場合
               ④  権利者が本項又は本新株予約権に関して当社と締結した契約に重大な点において違反した場合
         (3)    権利者が当社等の取締役、執行役、監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にかか
             る身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合で
             あって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したときは、当社は、当該
             日をもって未行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
               ①  権利者が当社等により正当な理由により懲戒に処せられた場合
               ②  権利者が取締役、執行役又は監査役の身分を有する場合にあっては、権利者が取締役、執行役
               又は監査役としての忠実義務等当社等に対する重要な義務に明らかに違反した場合
         (4)    権利者が本新株予約権を放棄した場合、その他何らかの理由により本新株予約権を行使することができ
             なくなった場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したとき
             は、当社は、当該日をもって本新株予約権を無償で取得することができる。
         (5)    当社は、前各号に定める取得の事由が生じた新株予約権の全部又は一部を取得することができ、一部を
             取得する場合は、取締役会の決議により取得する本新株予約権を決定するものとする。
        5.本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受けなければならない。
                                 66/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        6.当社が組織再編を行う場合は、手続に応じてそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割にお
         ける承継会社若しくは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会
         社に限る。以下総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って権利者に交付する
         こ とができる。
         (1)    交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
         (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編の条件等を勘案の上、第1項に準じて決定する。
         (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編の条件等を勘案の上、第2項で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、前
             号に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式数を乗じた額とする。
         (5)新株予約権を行使することができる期間
             第3項に定める新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編の効力発生日のうちいずれか
             遅い日から、第3項に定める新株予約権を行使することができる期間の末日までとする。
         (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編にかかる契約書又は計画において定めるものとする。
         (7)譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社が取締役会設置会社の場合は取締役会の承認を、取締役会
             非設置会社の場合は株主総会又は代表取締役等の権限を有する機関の承認を要するものとする。
        7.2022年4月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目的
         となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を
         発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
        8.付与対象者の退職による権利の喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社従業員
         12名となっております。
                                 67/206












                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    g 第4回⑤新株予約権 2020年2月13日臨時株主総会決議および2021年2月1日取締役会決議
      決議年月日                            2021年2月1日
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社従業員  11(注)8

      新株予約権の数(個)*                            822[790]

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                  普通株式     822[79,000](注)1,7
      (株)*
      新株予約権の行使時の払込金額(円)*                            43,036[431](注)2,7
                                  2023年2月2日から
      新株予約権の行使期間*
                                  2031年2月1日まで
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発                            発行価格   43,036[431](注)7
      行価格及び資本組入額(円)*                            資本組入額  21,518[216](注)7
      新株予約権の行使の条件*                            (注)3,4
      新株予約権の譲渡に関する事項*                            (注)5

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項*                            (注)6

    *最近事業年度の末日(2021年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月末現
     在(2022年4月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載してお
     り、その他の事項については、最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
    (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日現在は1株、提出日の前月末現在は100株で
          す。新株予約権の目的となる株式の数については次のとおり調整されることがあります。
         (1)    本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行使
             の本新株予約権についてその1個当たりの目的である株式数を以下の算式に従い調整するものとし、
             調整により生じる1株未満の端数は切り捨て、金銭による調整は行わない。なお、以下の算式において
             「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した
             数を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で
             除した数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとする。調整後の株式数は、株式の分割又は併合
             の効力発生日の翌日以降、適用されるものとする。
                 調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
          (2)    本新株予約権の割当日後において、当社が株主割当の方法により募集株式の発行を行う場合、株式無
             償割当を行う場合、合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められ
             る場合(当社が有する自己株式を処分する場合を含む。)には、当社は、取締役会の決議をもって、
             本新株予約権の価値が当該行為の前後で変動しないようにするために適当と認める本新株予約権1個当
             たりの目的である株式数の調整を行う。
        2.(1)      本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行
             使の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満
             の端数は切り上げる。調整後の行使価額の適用時期は、調整後の株式数の適用時期に準じるものとす
             る。
                                      1
                  調整後行使価額=調整前行使価額×
                                   分割・併合の比率
         (2) 本新株予約権の割当日後において、当社が株主割当の方法により募集株式の発行を行う場合、株式無
             償割当を行う場合、合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められ
             る場合(当社が有する自己株式を処分する場合を含む。)には、当社は、取締役会の決議をもって、
             本新株予約権の価値が当該行為の前後で変動しないようにするために適当と認める行使価額の調整を
             行う。
        3.(1)      本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について取得事由が発生していな
             いことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、取締役
             会決議により特に行使を認められた場合はこの限りでない。なお、上記但書にかかわらず、当社は取
             締役会の決議によって取得事由が生じた本新株予約権の行使を認めることがない旨確定することがで
             きるものとし、かかる決議がなされた場合は、いかなる場合でも本新株予約権は行使できなくなるも
             のとする。
         (2)    当社が組織再編を行うときに、当該組織再編にかかる契約又は計画において、本新株予約権の権利者に
             対して本新株予約権に代わる再編会社の新株予約権を交付することが定められなかった場合には、か
             かる場合に会社法に基づく新株予約権の買取請求権の行使が可能となる日の前日の正午において、本
             新株予約権は行使できなくなるものとする。
                                 68/206

                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (3)    権利者は、本新株予約権の行使時において、当社又は子会社(会社法第2条第3号に定める子会社を意味
             する。以下同じ。)の取締役、執行役、監査役、使用人、又は社外協力者の地位を有していることを
             要 する。ただし、任期満了による退任、定年退職等その他取締役会が正当な理由があると認めた場合
             については、この限りではない。
         (4)    本新株予約権の一部の行使は認められないものとする。
         (5)    権利者は、当社の株式公開(当社の株式が店頭売買有価証券の登録を受け、又はいずれかの証券取引所
             に上場され取引が開始されることをいう。以下同じ。)の日まで(同日を含まない。)は、本新株予
             約権を行使することはできないものとする。但し、取締役会決議により特に行使を認められた場合は
             この限りでない。
         (6)    権利者が1個又は複数の新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して発行される
             株式数に1株未満の端数があるときは、会社法第283条本文の規定に従うものとする。
         (7)    権利者が死亡した場合には、権利者の相続人による新株予約権の相続は認めないものとし、死亡の日を
             もって新株予約権は行使できなくなるものとする。
         (8)    その他の行使の条件は、当社と権利者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによる。
        4.当社が本新株予約権を取得することができる事由(以下「取得事由」という。)及び取得の条件
         (1)    当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、
             又は当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(これらを総称して「組織再編」という。)
             について、法令上又は当社の定款上必要な株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意
             が必要である場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が
             行われた場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したとき
             は、当社は、当該日をもって本新株予約権を時価にて取得することができる。なお、「時価」とは、
             (ⅰ)当社の株式公開前は、直近に当社が発行又は処分した当社普通株式の新株発行価格又は処分価
             格(新株発行価格又は処分価格が株式を引き受けるものに特に有利な金額でないものに限る。以下
             「直近処分価格」という。)(但し、当社の取締役会が当社の費用負担により当社の指名した第三者
             機関による価格算定を希望した場合は、当該第三者機関による算定価格と直近処分価格のいずれか低
             い方の金額とする。)から取得日における1株当たりの行使価額を控除して得た金額に、取得日におけ
             る本新株予約権1個当たりの目的である株式数を乗じて得た金額とし、(ⅱ)当社の株式公開後は、取
             得日に先立つ直近30取引日における当社普通株式が上場する証券取引所(但し、上場する証券取引所
             が複数ある場合には、当該期間における当社普通株式の出来高、値付率等を考慮して最も適切と判断
             される主たる証券取引所)における当社普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表を含む。以下同
             じ。)の平均値(終値のない日数を除く。)から取得日における1株当たりの行使価額を控除して得た
             金額に、取得日における本新株予約権1個当たりの目的である株式数を乗じて得た金額をいうものとす
             る。なお、かかる平均値は円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
         (2)    次のいずれかに該当する事由が発生した場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権
             を取得する旨決議したときは、当社は、当該日をもって未行使の本新株予約権を無償で取得すること
             ができる。
               ①  権利者が禁固刑以上の刑に処せられた場合
               ②  権利者が当社等と競合する業務を営む会社を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しく
               は従業員に就任する等、名目を問わず当社等と競合した場合。但し、当社の承認を得た場合を除
               く。
               ③  権利者が重大な法令違反その他不正行為により当社等の信用を著しく損ねた場合
               ④  権利者が本項又は本新株予約権に関して当社と締結した契約に重大な点において違反した場合
         (3)    権利者が当社等の取締役、執行役、監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にかか
             る身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合で
             あって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したときは、当社は、当該
             日をもって未行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
               ①  権利者が当社等により正当な理由により懲戒に処せられた場合
               ②  権利者が取締役、執行役又は監査役の身分を有する場合にあっては、権利者が取締役、執行役
               又は監査役としての忠実義務等当社等に対する重要な義務に明らかに違反した場合
         (4)    権利者が本新株予約権を放棄した場合、その他何らかの理由により本新株予約権を行使することができ
             なくなった場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したとき
             は、当社は、当該日をもって本新株予約権を無償で取得することができる。
         (5)    当社は、前各号に定める取得の事由が生じた新株予約権の全部又は一部を取得することができ、一部を
             取得する場合は、取締役会の決議により取得する本新株予約権を決定するものとする。
        5.本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受けなければならない。
                                 69/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        6.当社が組織再編を行う場合は、手続に応じてそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割にお
         ける承継会社若しくは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会
         社に限る。以下総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って権利者に交付する
         こ とができる。
         (1)    交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
         (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編の条件等を勘案の上、第1項に準じて決定する。
         (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編の条件等を勘案の上、第2項で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、前
             号に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式数を乗じた額とする。
         (5)新株予約権を行使することができる期間
             第3項に定める新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編の効力発生日のうちいずれか
             遅い日から、第3項に定める新株予約権を行使することができる期間の末日までとする。
         (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編にかかる契約書又は計画において定めるものとする。
         (7)譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社が取締役会設置会社の場合は取締役会の承認を、取締役会
             非設置会社の場合は株主総会又は代表取締役等の権限を有する機関の承認を要するものとする。
        7.2022年4月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目的
         となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を
         発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
        8.付与対象者の退職による権利の喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社従業員
         10名となっております。
                                 70/206












                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    h 第5回新株予約権 2021年6月25日定時株主総会決議および2022年1月31日取締役会決議
      決議年月日                            2022年1月31日
                                  当社取締役          2
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  当社従業員  23
      新株予約権の数(個)*                            1,656
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                  普通株式     1,656[165,600](注)1,7
      (株)*
      新株予約権の行使時の払込金額(円)*                            46,087[461](注)2,7
                                  2024年2月1日から
      新株予約権の行使期間*
                                  2032年1月31日まで
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発                            発行価格   46,087[461](注)7
      行価格及び資本組入額(円)*                            資本組入額  23,044[231](注)7
      新株予約権の行使の条件*                            (注)3,4
      新株予約権の譲渡に関する事項*                            (注)5

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項*                            (注)6

    *新株予約権発行時(2022年2月4日)における内容を記載しております。新株予約権発行時から提出日の前月末現在
     (2022年4月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載しており、
     その他の事項については、新株予約権発行時における内容から変更はありません。
    (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、新株予約権発行時は1株、提出日の前月末現在は100株です。新
         株予約権の目的となる株式の数については次のとおり調整されることがあります。
         (1)    本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行使
             の本新株予約権についてその1個当たりの目的である株式数を以下の算式に従い調整するものとし、
             調整により生じる1株未満の端数は切り捨て、金銭による調整は行わない。なお、以下の算式において
             「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した
             数を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で
             除した数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとする。調整後の株式数は、株式の分割又は併合
             の効力発生日の翌日以降、適用されるものとする。
                 調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
          (2)    本新株予約権の割当日後において、当社が株主割当の方法により募集株式の発行を行う場合、株式無
             償割当を行う場合、合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められ
             る場合(当社が有する自己株式を処分する場合を含む。)には、当社は、取締役会の決議をもって、
             本新株予約権の価値が当該行為の前後で変動しないようにするために適当と認める本新株予約権1個当
             たりの目的である株式数の調整を行う。
        2.(1)      本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行
             使の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満
             の端数は切り上げる。調整後の行使価額の適用時期は、調整後の株式数の適用時期に準じるものとす
             る。
                                      1
                  調整後行使価額=調整前行使価額×
                                   分割・併合の比率
         (2) 本新株予約権の割当日後において、当社が株主割当の方法により募集株式の発行を行う場合、株式無
             償割当を行う場合、合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められ
             る場合(当社が有する自己株式を処分する場合を含む。)には、当社は、取締役会の決議をもって、
             本新株予約権の価値が当該行為の前後で変動しないようにするために適当と認める行使価額の調整を
             行う。
        3.(1)      本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について取得事由が発生していな
             いことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、取締役
             会決議により特に行使を認められた場合はこの限りでない。なお、上記但書にかかわらず、当社は取
             締役会の決議によって取得事由が生じた本新株予約権の行使を認めることがない旨確定することがで
             きるものとし、かかる決議がなされた場合は、いかなる場合でも本新株予約権は行使できなくなるも
             のとする。
         (2)    当社が組織再編を行うときに、当該組織再編にかかる契約又は計画において、本新株予約権の権利者に
             対して本新株予約権に代わる再編会社の新株予約権を交付することが定められなかった場合には、か
                                 71/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             かる場合に会社法に基づく新株予約権の買取請求権の行使が可能となる日の前日の正午において、本
             新株予約権は行使できなくなるものとする。
         (3)    権利者は、本新株予約権の行使時において、当社又は子会社(会社法第2条第3号に定める子会社を意味
             する。以下同じ。)の取締役、執行役、監査役、使用人、又は社外協力者の地位を有していることを
             要する。ただし、任期満了による退任、定年退職等その他取締役会が正当な理由があると認めた場合
             については、この限りではない。
         (4)    本新株予約権の一部の行使は認められないものとする。
         (5)    権利者は、当社の株式公開(当社の株式が店頭売買有価証券の登録を受け、又はいずれかの証券取引所
             に上場され取引が開始されることをいう。以下同じ。)の日まで(同日を含まない。)は、本新株予
             約権を行使することはできないものとする。但し、取締役会決議により特に行使を認められた場合は
             この限りでない。
         (6)    権利者が1個又は複数の新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して発行される
             株式数に1株未満の端数があるときは、会社法第283条本文の規定に従うものとする。
         (7)    権利者が死亡した場合には、権利者の相続人による新株予約権の相続は認めないものとし、死亡の日を
             もって新株予約権は行使できなくなるものとする。
         (8)    その他の行使の条件は、当社と権利者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによる。
        4.当社が本新株予約権を取得することができる事由(以下「取得事由」という。)及び取得の条件
         (1)    当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、
             又は当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(これらを総称して「組織再編」という。)
             について、法令上又は当社の定款上必要な株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意
             が必要である場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が
             行われた場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したとき
             は、当社は、当該日をもって本新株予約権を時価にて取得することができる。なお、「時価」とは、
             (ⅰ)当社の株式公開前は、直近に当社が発行又は処分した当社普通株式の新株発行価格又は処分価
             格(新株発行価格又は処分価格が株式を引き受けるものに特に有利な金額でないものに限る。以下
             「直近処分価格」という。)(但し、当社の取締役会が当社の費用負担により当社の指名した第三者
             機関による価格算定を希望した場合は、当該第三者機関による算定価格と直近処分価格のいずれか低
             い方の金額とする。)から取得日における1株当たりの行使価額を控除して得た金額に、取得日におけ
             る本新株予約権1個当たりの目的である株式数を乗じて得た金額とし、(ⅱ)当社の株式公開後は、取
             得日に先立つ直近30取引日における当社普通株式が上場する証券取引所(但し、上場する証券取引所
             が複数ある場合には、当該期間における当社普通株式の出来高、値付率等を考慮して最も適切と判断
             される主たる証券取引所)における当社普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表を含む。以下同
             じ。)の平均値(終値のない日数を除く。)から取得日における1株当たりの行使価額を控除して得た
             金額に、取得日における本新株予約権1個当たりの目的である株式数を乗じて得た金額をいうものとす
             る。なお、かかる平均値は円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
         (2)    次のいずれかに該当する事由が発生した場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権
             を取得する旨決議したときは、当社は、当該日をもって未行使の本新株予約権を無償で取得すること
             ができる。
               ①  権利者が禁固刑以上の刑に処せられた場合
               ②  権利者が当社等と競合する業務を営む会社を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しく
               は従業員に就任する等、名目を問わず当社等と競合した場合。但し、当社の承認を得た場合を除
               く。
               ③  権利者が重大な法令違反その他不正行為により当社等の信用を著しく損ねた場合
               ④  権利者が本項又は本新株予約権に関して当社と締結した契約に重大な点において違反した場合
         (3)    権利者が当社等の取締役、執行役、監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にかか
             る身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合で
             あって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したときは、当社は、当該
             日をもって未行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
               ①  権利者が当社等により正当な理由により懲戒に処せられた場合
               ②  権利者が取締役、執行役又は監査役の身分を有する場合にあっては、権利者が取締役、執行役
               又は監査役としての忠実義務等当社等に対する重要な義務に明らかに違反した場合
         (4)    権利者が本新株予約権を放棄した場合、その他何らかの理由により本新株予約権を行使することができ
             なくなった場合であって、当社取締役会が取得の日を定めて本新株予約権を取得する旨決議したとき
             は、当社は、当該日をもって本新株予約権を無償で取得することができる。
         (5)    当社は、前各号に定める取得の事由が生じた新株予約権の全部又は一部を取得することができ、一部を
             取得する場合は、取締役会の決議により取得する本新株予約権を決定するものとする。
                                 72/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        5.本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受けなければならない。
        6.当社が組織再編を行う場合は、手続に応じてそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割にお
         ける承継会社若しくは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会
         社に限る。以下総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って権利者に交付する
         ことができる。
         (1)    交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
         (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編の条件等を勘案の上、第1項に準じて決定する。
         (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編の条件等を勘案の上、第2項で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、前
             号に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式数を乗じた額とする。
         (5)新株予約権を行使することができる期間
             第3項に定める新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編の効力発生日のうちいずれか
             遅い日から、第3項に定める新株予約権を行使することができる期間の末日までとする。
         (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編にかかる契約書又は計画において定めるものとする。
         (7)譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社が取締役会設置会社の場合は取締役会の承認を、取締役会
             非設置会社の場合は株主総会又は代表取締役等の権限を有する機関の承認を要するものとする。
        7.2022年4月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目的
         となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を
         発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
                                 73/206










                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (3)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                          普通株式
                           25,000
                        A種種類株式
                           10,714
                        B種種類株式
      2017年3月31日           E種種類株式          35,300
                                  200,000      1,665,390        200,000      1,652,890
         (注)1            6,250    C種種類株式
                           28,404
                        D種種類株式
                           15,628
                        E種種類株式
                           6,250
                          普通株式
                           25,000
                        A種種類株式
                           10,714
                        B種種類株式
                           35,300
      2017年9月5日           F種種類株式       C種種類株式
                                  85,547      1,750,937         85,547      1,738,437
         (注)2            2,222       28,404
                        D種種類株式
                           15,628
                        E種種類株式
                           6,250
                        F種種類株式
                           2,222
                          普通株式
                           25,000
                        A種種類株式
                           10,714
                        B種種類株式
                           35,300
      2017年10月31日           F種種類株式       C種種類株式
                                  62,485      1,813,422         62,485      1,800,922
         (注)3            1,623       28,404
                        D種種類株式
                           15,628
                        E種種類株式
                           6,250
                        F種種類株式
                           3,845
                                 74/206






                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                          普通株式
                           25,000
                        A種種類株式
                           10,714
                        B種種類株式
                           35,300
      2017年11月20日           F種種類株式       C種種類株式
                                  49,973      1,863,395         49,973      1,850,895
         (注)4            1,298       28,404
                        D種種類株式
                           15,628
                        E種種類株式
                           6,250
                        F種種類株式
                           5,143
                          普通株式
                           25,000
                        A種種類株式
                           10,714
                        B種種類株式
                           35,300
      2017年12月1日           F種種類株式       C種種類株式
                                  49,973      1,913,368         49,973      1,900,868
         (注)5            1,298       28,404
                        D種種類株式
                           15,628
                        E種種類株式
                           6,250
                        F種種類株式
                           6,441
                          普通株式
                           25,000
                        A種種類株式
                           10,714
                        B種種類株式
                           35,300
                        C種種類株式
      2019年3月29日           G種種類株式          28,404
                                  100,050      2,013,418        100,050      2,000,918
         (注)6            1,740    D種種類株式
                           15,628
                        E種種類株式
                           6,250
                        F種種類株式
                           6,441
                        G種種類株式
                           1,740
                                 75/206





                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                          普通株式
                           25,000
                        A種種類株式
                           10,714
                        B種種類株式
                           35,300
                        C種種類株式
      2019年6月18日           G種種類株式          28,404
                                  50,025      2,063,443         50,025      2,050,943
         (注)7             870   D種種類株式
                           15,628
                        E種種類株式
                           6,250
                        F種種類株式
                           6,441
                        G種種類株式
                           2,610
                          普通株式
                           25,000
                        A種種類株式
                           10,714
                        B種種類株式
                           35,300
                        C種種類株式
      2019年6月28日                    28,404
                      -              -    2,063,443      △2,050,943            -
        (注)8                D種種類株式
                           15,628
                        E種種類株式
                           6,250
                        F種種類株式
                           6,441
                        G種種類株式
                           2,610
                          普通株式
                           25,000
                        A種種類株式
                           10,714
                        B種種類株式
                           35,300
                        C種種類株式
      2019年10月7日           G種種類株式          28,404
                                  184,977      2,248,421        184,977       184,977
        (注)9            3,217    D種種類株式
                           15,628
                        E種種類株式
                           6,250
                        F種種類株式
                           6,441
                        G種種類株式
                           5,827
                                 76/206




                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                          普通株式
                           25,000
                        A種種類株式
                           10,714
                        B種種類株式
                           35,300
                        C種種類株式
      2019年11月8日           G種種類株式          28,404
                                  50,025      2,298,446         50,025       235,002
        (注)10             870   D種種類株式
                           15,628
                        E種種類株式
                           6,250
                        F種種類株式
                           6,441
                        G種種類株式
                           6,697
                          普通株式
                           25,000
                        A種種類株式
                           10,714
                        B種種類株式
                           35,300
                        C種種類株式
      2020年6月26日                    28,404
                      -              -    2,298,446       △235,002           -
        (注)11                D種種類株式
                           15,628
                        E種種類株式
                           6,250
                        F種種類株式
                           6,441
                        G種種類株式
                           6,697
                   普通株式
                   109,434
                 A種種類株式
                   △10,714
                 B種種類株式
                   △35,300
                 C種種類株式
      2022年3月31日            △28,404       普通株式
                                    -    2,298,446           -       -
        (注)12         D種種類株式         134,434
                   △15,628
                 E種種類株式
                   △6,250
                 F種種類株式
                   △6,441
                 G種種類株式
                   △6,697
      2022年4月1日            普通株式       普通株式
                                    -    2,298,446           -       -
        (注)13          13,308,966       13,443,400
     (注) 1.有償第三者割当

            発行価格     64,000円 資本組入額           32,000円
                                 77/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           割当先 PNB-INSPiRE                 Ethical    Fund   1 投資事業有限責任組合、DBJキャピタル投資事業有限責任組合、池
                田泉州キャピタルニュービジネスファンド5号投資事業有限責任組合
          2.有償第三者割当
            発行価格     77,000円 資本組入額           38,500円
           割当先 三井化学株式会社、千島土地株式会社
          3.有償第三者割当
            発行価格     77,000円 資本組入額           38,500円
           割当先 Mitsui               Kinzoku-SBI      Material     Innovation      Fund
          4.有償第三者割当
            発行価格     77,000円 資本組入額           38,500円
           割当先 フタムラ化学株式会社
          5.有償第三者割当
            発行価格     77,000円 資本組入額           38,500円
           割当先 岩谷産業株式会社
          6.有償第三者割当
            発行価格     115,000円 資本組入額           57,500円
           割当先 PNB-INSPiRE                 Ethical    Fund   1 投資事業有限責任組合
          7.有償第三者割当
            発行価格     115,000円 資本組入額           57,500円
           割当先 ハック大阪投資事業有限責任組合
          8.2019年6月28日開催の定時株主総会決議に基づき、累積損失の早期解消による今後の柔軟かつ機動的な資
            本政策を実現するために、資本準備金の額を減少させ、その他資本剰余金に振り替えたものであります。
            なお、資本準備金の減少割合は100%となっております。
          9.有償第三者割当
            発行価格     115,000円 資本組入額           57,500円
           割当先 三井化学株式会社、第一生命保険株式会社
          10.有償第三者割当
            発行価格     115,000円 資本組入額           57,500円
           割当先 ハック大阪投資事業有限責任組合
          11.2020年6月26日開催の定時株主総会決議に基づき、累積損失の早期解消による今後の柔軟かつ機動的な資
            本政策を実現するために、資本準備金の額を減少させ、その他資本剰余金に振り替えたものであります。
            なお、資本準備金の減少割合は100%となっております。
          12.2022年3月31日付で普通株式を対価とする取得条項に基づき、A種種類株式、B種種類株式、C種種類株
            式、D種種類株式、E種種類株式、F種種類株式及びG種種類株式の全てを当社が取得し、引き換えに各種類
            株主に対して普通株式の交付を行い、同日付で当社が取得した種類株式の全てを消却しております。
          13.株式分割(1:100)によるものであります。
      (4)【所有者別状況】

                                                    2022年4月30日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満株
                                                       式の状況
       区分                             外国法人等
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                          個人その他       計
                                                        (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -      2     -     20     -     -      4     26    -
     所有株式数
               -    3,670       -   105,764       -     -    25,000     134,434      -
     (単元)
     所有株式数の割
               -    2.73      -    78.67       -     -    18.60     100.00     -
     合(%)
                                 78/206




                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (5)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  2022年4月30日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                            -       -        -

      議決権制限株式(自己株式等)                            -       -        -

      議決権制限株式(その他)                            -       -        -

      完全議決権株式(自己株式等)                            -       -        -

                                                完全議決権株式であり、
                                                権利内容に何ら限定のな
                                                い当社における標準とな
                             13,443,400              134,434
      完全議決権株式(その他)                  普通株式
                                                る株式であります。な
                                                お、単元株式数は100株で
                                                   あります。
      単元未満株式                            -       -            -
                             13,443,400
      発行済株式総数                                   -            -
                                           134,434
      総株主の議決権                            -                   -
        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
                                 79/206











                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】
       会社法第155条第1号に該当するA種種類株式、B種種類株式、C種種類株式、D種種類株式、E種種類株式、F種種類
      株式及びG種種類株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

                    区分                 株式数(株)             価額の総額(円)
                                 A種種類株式   10,714
                                 B種種類株式   35,300
                                 C種種類株式   28,404
          取締役会(2022年3月4日)での決議状況
                                 D種種類株式   15,628
                                                          -
          (取得期間2022年3月31日)
                                 E種種類株式            6,250
                                 F種種類株式            6,441
                                 G種種類株式            6,697
          最近事業年度前における取得自己株式                                   -             -
          最近事業年度における取得自己株式                                   -             -
          残存決議株式の総数及び価額の総額                                   -             -
          最近事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                   -             -
                                 A種種類株式   10,714
                                 B種種類株式   35,300
                                 C種種類株式   28,404
                                 D種種類株式   15,628
          最近期間における取得自己株式                                                -
                                 E種種類株式            6,250
                                 F種種類株式            6,441
                                 G種種類株式            6,697
          提出日現在の未行使割合(%)                                   -             -
          (注)2022年3月4日開催の取締役会においてA種種類株式、B種種類株式、C種種類株式、D種種類株式、E種
             種類株式、F種種類株式及びG種種類株式の全てを定款に定める取得条項に基づき当社が取得することを
             決議し、これに基づき2022年3月31日付で当社がこれらの各株式を自己株式として取得し、対価として
             これらの各株式1株につきそれぞれ普通株式1株を交付しております。また、当社が取得したA種種類
             株式、B種種類株式、C種種類株式、D種種類株式、E種種類株式、F種種類株式及びG種種類株式の全てに
             ついて、2022年3月4日開催の取締役会の決議により、2022年3月31日付で消却しております。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
                                 80/206






                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

              区分           最近事業年度                     最近期間
                      株式数      処分価額の総額              株式数          処分価額の総額
                      (株)        (円)            (株)            (円)
          引き受ける者の募
          集を行った取得自               -         -                -        -
          己株式
                                    A種種類株式 10,714(注)1
                                                          -
                                    B種種類株式 35,300(注)2
                                                          -
                                    C種種類株式 28,404(注)3
                                                          -
          消却の処分を行っ
                                    D種種類株式 15,628(注)4
                         -         -                        -
          た取得自己株式
                                    E種種類株式        6,250(注)5
                                                          -
                                    F種種類株式        6,441(注)6
                                                          -
                                                          -
                                    G種種類株式        6,697(注)7
          合併、株式交換、
          株式交付、会社分
          割に係る移転を               -         -                -        -
          行った取得自己株
          式
          その他(-)               -         -  -                      -
          保有自己株式数               -         -  -                      -
         (注)1.2022年3月4日開催の取締役会決議により、2022年3月31日付で当社が取得したA種種類株式の全て
              を消却しております。
            2.2022年3月4日開催の取締役会決議により、2022年3月31日付で当社が取得したB種種類株式の全て
              を消却しております。
            3.2022年3月4日開催の取締役会決議により、2022年3月31日付で当社が取得したC種種類株式の全て
              を消却しております。
            4.2022年3月4日開催の取締役会決議により、2022年3月31日付で当社が取得したD種種類株式の全て
              を消却しております。
            5.2022年3月4日開催の取締役会決議により、2022年3月31日付で当社が取得したE種種類株式の全て
              を消却しております。
            6.2022年3月4日開催の取締役会決議により、2022年3月31日付で当社が取得したF種種類株式の全て
              を消却しております。
            7.2022年3月4日開催の取締役会決議により、2022年3月31日付で当社が取得したG種種類株式の全て
              を消却しております。
     3【配当政策】

        当社は、現時点では研究開発に先行投資する段階にあるため、最近事業年度において配当可能な財務状況にありま
      せん。また、財務体質の強化および事業拡大のために当面は内部留保の充実に努めて、経営体質の強化および研究開
      発を目的とする設備投資等、将来の事業展開に備える方針であります。これらのことから、創業以来配当は実施して
      おらず、現時点において今後の配当実施の可能性およびその実施時期は未定です。しかしながら、株主の皆様への利
      益還元を重要な経営課題の一つと認識しており、今後の経営成績および財務状況を勘案しつつ配当を検討する所存で
      す。
        剰余金の配当を行う場合は年1回の期末での配当を基本方針としており、配当の決定機関は株主総会となっており
      ます。
        また、当社は毎年9月30日を基準日として、取締役会の決議によって、中間配当を行うことができる旨を定款に定
      めております。
                                 81/206




                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
         ①コーポレート・ガバナンスに対する基本的な考え方
          当社は、成長途上の会社であり、経営の規模拡大と健全性・透明性の確保を両立させていくことが、企業価値
         の持続的な増大のために必須であると認識しております。
          その実現のためには、コーポレート・ガバナンスの強化・充実が重要課題と考えており、全社の活動において
         内部統制を有効に機能させることを目指しております。
         ②企業統治の体制の概要

          当社は、取締役会、監査役会、会計監査人を設置しており、迅速で合理的な意思決定体制および業務執行の効
         率化を可能とする社内体制を構築し、企業統治の体制強化を図っております。
          イ.取締役会

           取締役会は、常勤の取締役3名と非常勤の社外取締役1名の4名で構成されております。取締役会は原則と
          して毎月1回定期的に開催するほか、効率的かつ迅速な意思決定を行うため、必要に応じ臨時に開催し、重要
          な経営事項の審議および意思決定を行うとともに、取締役から業務執行状況の報告を受け、取締役の業務執行
          を監督しています。
           取締役会には、監査役も出席し、取締役の業務執行の状況の監査を行っております。
           なお、構成員である取締役の氏名は、(2)役員の状況 に記載しております。
          ロ.監査役会

           監査役会は、常勤監査役1名と非常勤監査役2名(全て社外監査役)の計3名で構成されております。各監
          査役は、コーポレート・ガバナンスの状況を監視するとともに、取締役の業務の執行が適法かつ適切に行われ
          ているかどうかを監査しております。
           監査役会は、原則として毎月1回定期的に開催するほか必要に応じ臨時的に開催し、監査役のそれぞれが社
          内の事象や状況の推移について観察・考察した結果を報告し、情報を共有し、必要がある場合は監査役会とし
          ての意見や方針を審議のうえ決定しております。
           また、監査役は、会計監査人および内部監査担当者と情報交換を行うなどして緊密に連携することにより、
          監査の実効性と効率性の向上に努めています。
           なお、構成員である監査役の氏名は、(2)役員の状況 に記載しております。
          ハ.会計監査人

           当社は、太陽有限責任監査法人と監査契約を締結し、独立の立場から会計監査を受けております。
           当社の機関・内部統制システムの体制を図示すると、次のとおりであります。

                                 82/206








                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ③当該体制を採用する理由
           当社は、会社法に基づく機関として、株主総会、取締役会、監査役会および会計監査人を設置するととも
          に、日常的に業務を監査する役割として、内部監査担当者を置き、これらの各機関の相互連携によって、経営
          の健全性・効率性を確保することが可能となると判断し、この体制を採用しております。
         ④その他の企業統治に関する事項

         ・内部統制システムの整備の状況
          当社は、取締役会において、以下のとおり「内部統制システムに関する基本方針」を定め、業務の有効性、効
          率性および適正性を確保する体制を構築しております。
          1.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

          (1)    当社は「コンプライアンス・リスク管理規程」を策定し、コンプライアンス体制の整備及び問題点の
            把握に努める。
          (2)    役職員に対して、コンプライアンスの教育・研修を継続的に行う。
          (3)    法令・定款違反等を未然に防止する体制として内部通報制度を導入する。
          (4)    法令・定款違反等の行為が発見された場合には、「コンプライアンス・リスク管理規程」に従って、
            取締役会に報告の上、外部専門家と協力しながら対応に努める。
          (5)    役職員の法令・定款違反等の行為については、「コンプライアンス・リスク管理規程」および「正社
            員就業規則」および「アルバイト就業規則」に従って、適正に処理を行う。
          (6)    当社は「反社会的勢力対策規程」を策定し、市民社会の秩序に脅威を与える反社会的勢力に対して
            は、毅然とした態度で立ち向かい、一切の関係を持たないものとする。
          2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

          (1)取締役及び従業員の職務執行に係る情報については、「文書管理規程」及び「情報セキュリティ管理規
            程」に従って、適切に作成、保存又は廃棄される。
          (2)保存期間は、文書・情報の種類、重要性に応じて「文書管理規程」に規定された期間とする。
          (3)取締役及び監査役はいつでもこれら保存された文書を閲覧し得るものとする。
          3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

          (1)事業目的と関連した経営に重大な影響を及ぼすリスクについては、担当部署にて規則・ガイドラインな
            どの案を策定し、想定されるリスクに応じた有事に備えるとともに、有事が発生した場合には、当該規
            則・ガイドラインに従い迅速かつ適切に対応する。
          (2)役職員に対してリスク管理に関する教育・研修を継続的に実施する。
          (3)経営上の重大なリスクへの対応方針その他リスク管理の観点から重要な事項については、取締役会にお
            いて十分に審議する。
          4.取締役の職務の執行が効率的に行われていることを確保するための体制

          (1)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制の基礎として、取締役会は、原則と
            して月1回定時に開催するほか、必要に応じて臨時に開催し、機動的な意思決定を行う。
          (2)会社の意思決定方法、職務執行に関する権限及び責任については、「取締役会規程」、「業務分掌規
            程」及び「組織規程」において明文化し、重要性に応じた意思決定を行うとともに業務を効率的に遂行す
            る。
          5.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

          (1)取締役は、監査役の求めがある場合には、監査役を補助する使用人(以下、監査役スタッフという)と
            して適切な人材を配置する。
          (2)監査役スタッフの適切な職務の遂行のため、人事考課は監査役が行い、人事異動については監査役と取
            締役が協議する。
          6.監査役スタッフの取締役からの独立性に関する事項

          (1)監査役スタッフは、監査役の指揮命令下で業務を行い、監査役以外からの指揮命令は受けない。
          (2)監査役スタッフの任命・異動・人事評価及び懲戒等については、監査役の意見を尊重する。
          7.監査役スタッフに対する指示の実効性の確保に関する事項

          (1)監査役スタッフは、監査役に同行して、取締役会その他の重要会議に出席する機会を確保する。
          (2)監査役スタッフは、監査役に同行して、代表取締役社長や会計監査人と定期的に意見交換をする場に参
            加する。
                                 83/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (3)取締役及び使用人は、監査役スタッフの業務が円滑に行われるよう、監査環境の整備に協力する。
          (4)監査役スタッフは、必要に応じて、弁護士、公認会計士等の監査業務に関する助言を受けることができ
            る。
         8.取締役及び使用人が当社の監査役に報告をするための体制

          (1)監査役は、年度監査計画を策定し、当該計画に従って取締役及び使用人から報告を受ける。
          (2)内部監査部署は、その監査計画や監査結果を監査役に定期的に報告する。
          (3)外部専門家を窓口とする内部通報制度を整備し、取締役会は、その内部通報の状況及び事案の内容の報
            告を受けるとともに、監査役と共有の上、業務執行の内容を検証する。
          (4)取締役及び使用人は、監査役からの業務の執行状況について報告を求められた場合、会社に著しい損害
            を及ぼす事実又はそのおそれのある事実を発見した場合は直ちに監査役に報告する。
          (5)取締役及び使用人は、当社の事業の状況、コンプライアンスやリスクマネジメントなどの内部統制シス
            テムの整備及び運用の状況、内部通報の状況及び事案の内容その他あらかじめ協議決定した事項などを監
            査役に定期的に報告する。
          9.監査役へ報告をしたものが当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するため

            の体制
          (1)内部通報制度の窓口を弁護士とし、内部通報があった場合には、当該弁護士は当社監査役に対して速や
            かに通報者の特定される事項を除き事案の内容を報告する。
          (2)通報者の異動、人事評価及び懲戒等において、通報の事実を考慮することはできず、通報者は、異動、
            人事評価及び懲戒等の理由の調査を監査役に依頼できる。
          (3)取締役会は、内部通報の状況及び事案の内容について定期的に報告を受け、監査役と協議の上、内部通
            報制度の見直しを行う。
          10.監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続きその他の当該職務の執行について生

            ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
          (1)監査役の職務の執行上、必要と認められる費用について予算化し、その前払い等の請求があるときは当
            該請求が適正でない場合を除き、速やかにこれに応じることとする。
          (2)監査役の職務の執行上、緊急又は臨時に支出した費用については、事後の償還請求に応じる。
          11.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

          (1)監査役は、社内の重要課題等を把握し、必要に応じて意見を述べることができるよう、取締役会その他
            の重要会議に出席する機会を確保する。
          (2)取締役及び使用人は、監査役の監査に必要な重要書類の閲覧、実地調査、取締役等との意見交換等、監
            査役の活動が円滑に行われるよう、監査環境の整備に協力する。
          (3)監査役は、監査の実施に当たり必要と認める場合には、弁護士、公認会計士等の監査業務に関する助言
            を受けることができる。
          ・リスク管理体制の整備の状況

           当社は、社内規程の整備により、業務リスク等に対応する組織および責任者を定め、適切に評価・管理する
         体制を構築するよう努めているほか、取締役会において、リスクの評価、対策等、広範なリスク管理に関し協
         議を行い、具体的な対応を検討しております。また、必要に応じて弁護士、公認会計士、弁理士、税理士およ
         び社会保険労務士等の外部専門家の助言を受けられる体制を整えており、リスクの未然防止と早期発見に努め
         ております。
          ・取締役及び監査役の定数

           当社の取締役は6名以内、監査役は4名以内とする旨を定款に定めております。
          ・取締役及び監査役の選任の決議要件

           当社は取締役及び監査役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上
          を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また、取締役の選任決議については累積投票に
          よらないものとする旨を定款に定めております。
          ・株主総会の特別決議

           当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
          株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めて
                                 84/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          おります。これは、株主総会の特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
          目的とするものであります。
          ・取締役及び監査役の責任免除

           当社は、会社法第426条第1項の規定に基づき、取締役及び監査役が期待される役割を十分に発揮できるよ
          うにすることを目的として、取締役会の決議に基づき、会社法第423条第1項の行為に関する取締役(取締役で
          あったものを含む。)及び監査役(監査役であったものを含む。)の責任を法令の限度において免除することが
          できる旨を定款に定めております。
          ・責任限定契約の内容の概要

           当社は、会社法第427条第1項に基づき、業務執行取締役等でない取締役及び監査役との間において、会社
          法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく賠償責任の限度額
          は、法令に定める最低限度額契約としております。
          ・剰余金の中間配当の決定機関

           当社は、株主への機動的な利益還元を可能とするため、会社法第454条第5項に基づき、毎年9月30日を基
          準日として中間配当を取締役会の決議により行うことができる旨の定款の規定を設けております。
          ・自己株式の取得

           当社は、経営環境に応じた機動的な資本政策を可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取
          締役会の決議によって、市場取引等により当社の株式を取得できる旨を定款で定めております。
                                 85/206














                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)【役員の状況】
        ①役員一覧
        男性  7 名 女性    0 名 (役員のうち女性の比率             0 %)
                                                       所有株式数
        役職名         氏名       生年月日                略歴            任期
                                                        (株)
                               1990年4月 三井物産株式会社 入社
                               2002年5月 カリフォルニア州立大学バークレー校
                                    経営大学院修了(MBA)
                               2007年5月 株式会社ナラプロ・テクノロジーズ
     代表取締役                               代表取締役社長
                吉野 巌      1967年7月19日      生                       (注)3   1,180,000
     社長                          2007年8月 マイクロ波環境化学株式会社
                                    (現当社)設立
                                    代表取締役社長(現任)
                               2015年4月 ティエムティ株式会社 代表取締役
                                    (現任)
                               2004年3月 大阪大学大学院理学研究科博士後期課
                                    程修了 博士(理学)
                               2006年7月 大阪大学大学院工学研究科特任准教授
     取締役
                               2011年10月 マイクロ波環境化学株式会社
                塚原 保徳       1974年6月28日      生                       (注)3   1,120,000
     研究開発本部長
                                    (現当社)取締役(現任)
                               2015年4月 ティエムティ株式会社 取締役(現
                                    任)
                               1996年4月 株式会社三和銀行(現株式会社三菱UFJ
                                    銀行)入行
                               1999年10月 監査法人トーマツ(現有限責任監査法
                                    人トーマツ)入所
                               2003年4月 公認会計士登録
     取締役
                下條 智也       1972年10月31日      生  2008年4月 クリングルファーマ株式会社 入社
                                                    (注)3      -
     管理部長
                               2008年12月 同社取締役経営管理部長
                               2013年11月 当社入社 管理部長
                               2014年6月 当社取締役管理部長(現任)
                               2015年4月 ティエムティ株式会社 取締役(現
                                    任)
                               1975年3月 京セラ株式会社入社
                               1987年6月 同社取締役電子部品事業本部長
                               1989年6月 同社常務取締役情報通信本部長
                               1999年6月 同社代表取締役社長
                               2005年6月 同社代表取締役会長兼CEO
                               2007年7月 株式会社HANDY代表取締役(現任)
                               2014年6月 株式会社ユーシン精機取締役(現任)
                               2018年4月 株式会社ソシオネクスト
                                    特別顧問(現任)
                                    Gyrfalcon    Technology     Inc
     取締役           西口 泰夫       1943年10月9日      生                       (注)3      -
                                    取締役(現任)
                               2019年4月 Gyrfalcon Technology Japan
                                    ㏍ 代表取締役会長兼CEO(現任)
                               2019年6月 株式会社FLOSFIA 取締役(現任)
                               2020年4月 当社取締役(現任)
                               2020年4月 カーライル・ジャパン・エルエルシー
                                    シニア・アドバイザー(現任)
                               2020年4月 山田コンサルティンググループ株式会
                                    社 取締役会長(現任)
                                 86/206






                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                       所有株式数
        役職名         氏名       生年月日                略歴            任期
                                                        (株)
                               1969年4月 日本触媒化学工業株式会社(現株式会
                                    社日本触媒) 入社
                               2002年4月 同社研究開発本部副本部長
                               2003年6月 同社常勤監査役
     監査役                          2007年7月 大阪大学知的財産本部特任教授
                水田 憲男       1944年8月24日      生
                                                    (注)4      -
                               2008年4月 大阪市立工業研究所理事
     (常勤)
                               2012年7月 大阪市立大学新産業創生研究センター
                                    副所長
                               2015年5月 当社顧問
                               2015年6月 当社監査役(現任)
                               1987年4月 株式会社リクルート 入社
                               2005年11月 公益財団法人大阪市都市型産業振興セ
                                    ンターおおさかナレッジフロンティア
                                    推進機構 チーフプランナー(現任)
                               2012年7月 公益財団法人関西文化学術研究都市推
                                    進機構新産業創出交流センターコー
                                    ディネーター(現任)
     監査役           長谷川 新       1963年1月21日      生                       (注)4      -
                               2015年12月 当社監査役(現任)
                               2016年9月 株式会社ヴァリューズ監査役(現任)
                               2018年6月 PaMeLa株式会社           取締役(現任)
                                    同社 代表取締役
                               2020年6月 スリープウェル株式会社
                                    監査役(現任)
                               1986年4月 株式会社横浜銀行 入行
                               2001年4月 株式会社TSNAMIネットワークパート
                                    ナーズ(現㈱TNPパートナーズ)インベ
                                    ストメント・マネージャー
                               2005年10月 ダブル・スコープ株式会社代表取締役
                               2011年3月 同社取締役CFO
     監査役           竹居 邦彦       1963年2月20日      生
                                                    (注)4      -
                               2017年2月 A      tech  Ventures株式会社代表取締役
                                    (現任)
                               2017年2月 A      tech  Advisory株式会社代表取締役
                                    (現任)
                               2018年6月 当社監査役(現任)
                             計                          2,300,000
    (注)1.取締役西口泰夫は、社外取締役であります。
        2.監査役水田憲男、長谷川新および竹居邦彦は、社外監査役であります。
        3.2022年4月1日開催の臨時株主総会終結の時から、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関
         する定時株主総会終結の時までであります。
        4.2022年4月1日開催の臨時株主総会終結の時から、選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関
         する定時株主総会終結の時までであります。
        ②社外役員の状況

          当社は社外取締役1名および社外監査役3名を選任しております。
         当社では社外の視点を踏まえた実効的なコーポレート・ガバナンスの構築を目的に、社外取締役および社外監査
         役について、経営者や専門家としての豊富な経験、幅広い見識等に基づく職務執行を期待しております。当社
         は、社外取締役および社外監査役の独立性に関する具体的な基準または方針は定めていないものの、社外取締役
         および社外監査役の選任にあたっては、経歴や当社との関係等をふまえて、当社経営陣から独立した立場での職
         務の遂行によりコーポレート・ガバナンスの充実・向上に資する者を選任することとしております。
          社外取締役西口泰夫は、グローバル企業の代表取締役を務めるなど経営者としての豊富な経験を有しており、
         当社より社外取締役の就任を要請したものであります。当社と同氏の間には、人的関係、資本的関係および取引
         関係その他の利害関係はありません。
          社外監査役水田憲男は、化学企業等での知的財産関連業務における豊富な経験を有しており、当社より社外監
         査役の就任を要請したものであります。当社と同氏の間には、人的関係、資本的関係および取引関係その他の利
         害関係はありません。
          社外監査役長谷川新は、他の企業における取締役、幹部従業員としての経験のほかベンチャー支援の経験・知
         識を多く有しており、これらを当社において活かしていただくため、当社より社外監査役の就任を要請したもの
         であります。当社と同氏の間には、人的関係、資本的関係および取引関係その他の利害関係はありません。
                                 87/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          社外監査役竹居邦彦は、ベンチャーキャピタリストとしての豊富な経験と幅広い見識を当社において活かして
         いただくために、当社より社外監査役の就任を要請したものであります。当社と同氏の間には、人的関係、資本
         的関係および取引関係その他の利害関係はありません。
        ③社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査の相互連携並びに内部統制

        部門との関係
          社外取締役は、取締役会に出席し、決議事項に関する審議及び決定に参加するほか、業務執行等の報告を受け
        る等の監督を行っております。社外監査役は、取締役会及び監査役会に出席し、専門知識及び豊富な経験に基づ
        き意見・提言を行っております。また、常勤監査役は、経営会議、安全統括会議等に出席し意見交換や情報交換
        を行うとともに、社内の様々な部門に対してヒアリングを行い内部統制に関する指摘・指導を行っております。
        また、会計監査人及び内部統制部門との連携をとり、必要に応じて随時、相互の意見交換及び質問等を行うこと
        により、業務の適正性の確保に努めております。
                                 88/206

















                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (3)【監査の状況】

        ①監査役監査の状況
         監査役監査については、監査役会規程および毎期策定される監査計画書に基づき、常勤監査役1名と非常勤監
        査役2名の計3名が取締役会を含む重要な会議への出席、取締役からの意見聴取、重要な書類の閲覧等の監査を
        実施しております。
         監査役会は、本書提出日現在、監査役3名(うち社外監査役3名)で構成されております。監査役会は、原則
        として月1回の定時監査役会を開催するほか、必要に応じて臨時監査役会を開催し、監査計画の策定、監査実施
        状況、監査結果等の検討等、監査役相互の情報共有を図っております。また、監査役は、内部監査担当者および
        会計監査人と臨時会合を開催して情報共有を行い、相互に連携を図っております。
         社外監査役水田憲男は、化学企業での監査役として経験を有しており、当社の経営全般に対する監査・監督機
        能を期待しております。
         社外監査役長谷川新は、他の企業における取締役、幹部従業員としての経験のほかベンチャー支援の経験・知
        識を多く有しており、当社の経営全般に対する監査・監督機能を期待しております。
         社外監査役竹居邦彦は、ベンチャーキャピタリストとしての豊富な経験と幅広い見識を有しております。当社
        の経営全般に対する監査・監督機能を期待しております。
         当社は、2020年6月26日開催の定時株主総会において定款の変更が決議されたことにより、同日付をもって監
        査役会設置会社に移行しており、最近事業年度において監査役会を11回開催しております。監査役会設置前は、
        最近事業年度において監査役協議会を4回開催しております。各監査役の監査役会および監査役協議会への出席
        率は100%であります。
        ②内部監査の状況

         当社は、会社規模が小さく、担当人員に限りがあることから、独立した内部監査室は設けておりません。内部
        監査については、内部監査規程に基づき、代表取締役社長が任命した管理部所属の内部監査人1名が自己の属す
        る部門を除く当社全体に対する内部監査を実施しております。一方、管理部門については、代表取締役社長が任
        命した管理部以外の者が監査を実施し、相互に牽制する体制を採っております。内部監査人は、あらかじめ代表
        取締役社長の承認を得た基本計画書に則り、監査役および監査法人と緊密に連携をとりながら社内各部門の監査
        を実施し、その業務活動が法令・諸規程に準拠し、適正かつ効果的に運営され、会社財産が保全されているかを
        監視・確認しております。監査担当者は、監査後遅滞なく監査報告書を作成し代表取締役社長に報告します。代
        表取締役社長は、業務改善の必要が認められた場合は被監査部門に対する改善指示書をもって改善事項を勧告し
        ております。被監査部門は速やかに改善するとともに、改善状況を代表取締役社長及び監査担当者に報告するこ
        ととしております。
         監査役、内部監査人は、監査役監査および内部監査の有効性、効率性を高めるために相互連携を図っておりま
        す。また、監査役および内部監査人は定期的に監査法人との意見交換を行い、会計監査の実施状況を確認すると
        共に、監査法人の意見を聴取しております。
        ③会計監査の状況

        イ.  監査法人の名称
          太陽有限責任監査法人
        ロ.  継続監査期間
          4年間
        ハ.  業務を執行した公認会計士
          森内茂之
          土居一彦
        ニ.  監査業務にかかる補助者の構成
          公認会計士6名
          その他19名
        ホ.  監査法人の選定方針と理由
          太陽有限責任監査法人を選任したのは、同監査法人の品質管理体制、独立性、専門性並びに監査報酬等を総合
         的に勘案した結果、適任と判断したためであります。
        ヘ.  監査役及び監査役会による監査法人の評価
          当社の監査役及び監査役会は、公益社団法人日本監査役協会が公表する「会計監査人の評価及び選定基準策
         定に関する監査役等の実務指針」を参考に、監査法人の独立性、品質管理の状況、職務遂行状況等を確認し、
         監査法人の評価を実施しております。その結果、監査法人の独立性・専門性ともに問題はないものと評価して
         おります。
                                 89/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④監査報酬の内容等
        イ.  監査公認会計士等に対する報酬
               第13期事業年度                            第14期事業年度
                                         (自 2020年4月1日
             (自 2019年4月1日
                                          至 2021年3月31日)
              至 2020年3月31日)
     監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬             監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬
         (千円)              (千円)              (千円)              (千円)
              9,000                           15,500
                             -                            -
        ロ.監査公認会計士等と同一のネットワーク(Grant                         Thornton)に属する組織に対する報酬
         該当事項はありません。
        ハ.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容
         該当事項はありません。
        ニ.  監査報酬の決定方針
          当社は、監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針を特に定めておりませんが、当社の事業規模や業務の
         特性等を勘案し、監査法人が策定した監査計画、監査内容、監査日数等を評価したうえで監査報酬を決定してお
         ります。
        ホ.監査役会が会計監査人の報酬に同意した理由
          当社の事業規模や業務の特性等を勘案し、監査法人が策定した監査計画、監査内容、監査日数等を評価し、監
         査報酬の見積りが合理的であると判断したため、監査役会が会計監査人の報酬に同意しております。
      (4)【役員の報酬等】

         イ.役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針の内容および決定方法
          取締役および監査役の報酬等は金銭等による基本報酬としております。各取締役への基本報酬は、株主総会
         で承認された報酬枠の範囲内で、その額と配分を、経営環境や各人の業績を総合的に勘案し、取締役会で決定
         しております。各監査役への基本報酬額は、監査役会における協議で決定しております。
         ロ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の数

      第14期事業年度(自          2020年4月1日 至          2021年3月31日)
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                                                     対象となる
                  報酬等の総額
                                                     役員の員数
         役員報酬
                                     ストック
                   (千円)
                            基本報酬                   賞与
                                                      (名)
                                    オプション
     取締役
                      17,700         17,700                            3
                                          -         -
     (社外取締役を除く)
     監査役
                        -         -         -         -        -
     (社外監査役を除く)
                      10,920         10,920                            4
     社外役員                                     -         -
      (注)2014年12月22日開催の臨時株主総会決議による取締役の報酬限度額は年間30,000千円以内(使用人兼務取締役
         の使用人としての給与は含まない。決議日時点での取締役の員数は6名)と定めており、2011年1月24日開催の
         臨時株主総会決議による監査役の報酬限度額は年間10,000千円以内(決議日時点での監査役の員数は0名)と定
         めております。
         ハ.役員ごとの報酬等の総額

          報酬等の総額等が1億円以上であるものが存在しないため、記載しておりません。
         ニ.使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

          該当事項はありません。
                                 90/206




                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (5)【株式の保有状況】

         イ.投資株式の区分の基準および考え方
           当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、
          株式の価値の変動または株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする投資を純投資目的である投
          資株式とし、当該株式が成長戦略に則った業務提携関係の維持・強化に繋がり、当社の中長期的な企業価値
          の向上に資すると判断した場合について保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式としております。
         ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

          a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における
          検証の内容
           上場株式を所有していないため、省略しております。
          b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                       銘柄数      貸借対照表計上額の
                       (銘柄)        合計額(千円)
                          2          116,444
        非上場株式
        非上場株式以外の株式                 -             -
           (最近事業年度において株式数が増加した銘柄)

                       銘柄数     株式数の増加に係る取得
                       (銘柄)      価額の合計額(千円)
        非上場株式                 -             -
        非上場株式以外の株式                 -             -
           (最近事業年度において株式数が減少した銘柄)

                       銘柄数     株式数の減少に係る売却
                       (銘柄)      価額の合計額(千円)
        非上場株式                 -             -
        非上場株式以外の株式                 -             -
         ハ.保有目的が純投資目的である投資株式

           該当事項はありません。
         ニ.当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

           該当事項はありません。
         ホ.当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

           該当事項はありません。
                                 91/206







                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5【経理の状況】
     1.財務諸表及び四半期財務諸表の作成方法について
      (1)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ
        いて作成しております。
      (2)当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第
        63号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

      (1)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日
        まで)及び当事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表について、太陽有限責任監査法人の
        監査を受けております。
      (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2021年10月1日から2021年
        12月31日まで)及び第3四半期累計期間(2021年4月1日から2021年12月31日まで)に係る四半期財務諸表につい
        て、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
     3.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表について

       当社は子会社がありませんので、連結財務諸表及び四半期連結財務諸表を作成しておりません。
     4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
      適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、監査法人やディスクロージャー
      支援会社等が主催する研修等へ参加しております。
                                 92/206













                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     1【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        812,556              382,320
        現金及び預金
                                        55,836              68,627
        売掛金
                                        10,822              17,139
        仕掛品
                                       ※3  61,034             ※3  68,360
        未収入金
                                       ※3  10,158             ※3  10,253
        立替金
                                        12,583              12,112
        前払費用
                                                       15,396
        前払金                                  -
                                                       3,087
        未収消費税等                                  -
                                           1
                                                         -
        その他
                                        962,993              577,297
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                       ※1  79,873             ※1  79,851
          建物(純額)
                                       ※1  53,370             ※1  52,628
          構築物(純額)
                                      ※1  181,547             ※1  184,370
          機械及び装置(純額)
                                          268              198
          車両運搬具(純額)
                                       ※1  5,128             ※1  9,333
          工具、器具及び備品(純額)
                                        395,117              375,181
          リース資産(純額)
                                         2,486                0
          建設仮勘定
                                      ※2  717,792             ※2  701,562
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                       ※1  12,709             ※1  16,053
          ソフトウエア
                                        12,709              16,053
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        10,000              10,000
          投資有価証券
                                        290,000              106,444
          関係会社株式
                                        713,000              213,000
          関係会社長期貸付金
                                        77,828              76,743
          差入保証金
                                          26              601
          その他
                                       1,090,854               406,789
          投資その他の資産合計
                                       1,821,355              1,124,406
        固定資産合計
                                       2,784,349              1,701,703
       資産合計
                                 93/206








                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                         2,280              8,140
        買掛金
                                        50,000
        1年内返済予定の長期借入金                                                -
                                        31,139              41,828
        未払金
                                        42,218              33,104
        未払費用
                                        19,936              19,936
        リース債務
                                         7,734              4,140
        未払法人税等
                                        10,151
        未払消費税等                                                -
                                      ※3  221,256            ※3  244,550
        前受金
                                         2,374              9,073
        預り金
                                        387,090              360,772
        流動負債合計
       固定負債
                                        250,000              250,000
        長期借入金
                                        375,181              355,245
        リース債務
                                        625,181              605,245
        固定負債合計
                                       1,012,272               966,017
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       2,298,446              2,298,446
        資本金
        資本剰余金
                                        235,002
                                                         -
          資本準備金
                                        235,002
          資本剰余金合計                                               -
        利益剰余金
          その他利益剰余金
                                       △ 761,371            △ 1,562,760
           繰越利益剰余金
          利益剰余金合計                             △ 761,371            △ 1,562,760
                                       1,772,077               735,685
        株主資本合計
                                       1,772,077               735,685
       純資産合計
                                       2,784,349              1,701,703
     負債純資産合計
                                 94/206










                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                               当第3四半期会計期間
                                (2021年12月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        249,516
        現金及び預金
                                        144,717
        売掛金
                                         6,429
        仕掛品
                                        277,624
        その他
                                        678,287
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                      ※1  165,267
          機械及び装置(純額)
                                        360,229
          リース資産(純額)
                                      ※1  138,361
          その他(純額)
                                        663,857
          有形固定資産合計
                                       ※1  16,744
        無形固定資産
        投資その他の資産
                                        106,444
          関係会社株式
                                        213,000
          関係会社長期貸付金
                                        86,276
          その他
                                        405,721
          投資その他の資産合計
                                       1,086,323
        固定資産合計
                                       1,764,611
       資産合計
                                 95/206












                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                    (単位:千円)

                               当第3四半期会計期間
                                (2021年12月31日)
     負債の部
       流動負債
                                         3,713
        買掛金
                                        50,000
        1年内返済予定の長期借入金
                                         5,786
        未払法人税等
                                        128,445
        前受金
                                        93,180
        その他
                                        281,125
        流動負債合計
       固定負債
                                        410,000
        長期借入金
                                        340,293
        リース債務
                                        750,293
        固定負債合計
                                       1,031,418
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       2,298,446
        資本金
        利益剰余金
          その他利益剰余金
                                      △ 1,565,253
           繰越利益剰余金
          利益剰余金合計                            △ 1,565,253
                                        733,192
        株主資本合計
                                        733,192
       純資産合計
                                       1,764,611
     負債純資産合計
                                 96/206












                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)              至 2021年3月31日)
                                       1,052,303               458,026
     売上高
                                        401,177              219,780
     売上原価
                                        651,125              238,246
     売上総利益
                                    ※2 ,※3  622,951           ※2 ,※3  586,628
     販売費及び一般管理費
                                        28,173
     営業利益又は営業損失(△)                                                △ 348,382
     営業外収益
                                       ※1  5,835             ※1  3,689
       受取利息
                                          767              268
       その他
                                         6,602              3,957
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         6,266              11,174
       支払利息
                                          564
       為替差損                                                  -
                                          350
                                                         -
       株式交付費
                                         7,181              11,174
       営業外費用合計
                                        27,594
     経常利益又は経常損失(△)                                                △ 355,599
     特別利益
                                       ※4  36,943             ※4  17,329
       補助金収入
                                        36,943              17,329
       特別利益合計
     特別損失
                                       ※4  29,165             ※4  11,715
       固定資産圧縮損
                                                      683,555
                                          -
       関係会社株式評価損
                                        29,165              695,271
       特別損失合計
                                        35,373
     税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                               △ 1,033,541
                                         2,850              2,850
     法人税、住民税及び事業税
                                        32,523
     当期純利益又は当期純損失(△)                                               △ 1,036,391
                                 97/206











                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【売上原価明細書】
                              前事業年度                  当事業年度
                           (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
                            至 2020年3月31日)                  至 2021年3月31日)
                    注記

           区分                  金額(千円)                  金額(千円)
                    番号
     期首製品たな卸高                                 -                  -

                                    401,177                  219,780
     当期製品製造原価                ※
        合計

                                    401,177                  219,780
                                      -                  -
     期末製品たな卸高
        売上原価
                                    401,177                  219,780
    (注)※.     内訳は製造原価明細書に記載しております。
        【製造原価明細書】

                              前事業年度                  当事業年度
                           (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
                            至 2020年3月31日)                  至 2021年3月31日)
                    注記                 構成比                  構成比

           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                    番号                 (%)                  (%)
     Ⅰ 材料費                         192,977        62.3           67,305        29.8

     Ⅱ 労務費                         116,682        37.7           85,525        37.8
                                 -                73,265
     Ⅲ 経費                ※                   -                 32.4
       当期総製造費用                                 100.0                  100.0

                              309,659                  226,096
                              102,341                   10,822
       期首仕掛品たな卸高
        合計

                              412,000                  236,919
                               10,822                  17,139
       期末仕掛品たな卸高
       当期製品製造原価
                              401,177                  219,780
    (注)※.     主な内訳は、次のとおりであります。

                              前事業年度                  当事業年度
                           (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
              項目
                             至 2020年3月31日)                   至 2021年3月31日)
        減価償却費(千円)                                -                23,860

        賃借料(千円)                                -                17,697
        共同研究費(千円)                                -                11,502

        水道光熱費(千円)                                -                 4,238

        旅費交通費(千円)                                -                 4,164
    (原価計算の方法)

     当社の原価計算は、個別原価計算による実際原価計算であります。
                                 98/206




                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期損益計算書】
          【第3四半期累計期間】
                                    (単位:千円)
                               当第3四半期累計期間
                               (自 2021年4月1日
                                至 2021年12月31日)
                                      ※1  677,655
     売上高
                                        162,825
     売上原価
                                        514,829
     売上総利益
                                        500,290
     販売費及び一般管理費
                                        14,539
     営業利益
     営業外収益
                                          322
       受取利息
                                          744
       受取手数料
                                          535
       その他
                                         1,602
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        11,737
       支払利息
                                        11,737
       営業外費用合計
                                         4,404
     経常利益
     特別損失
                                         4,759
       本社移転費用
                                         4,759
       特別損失合計
     税引前四半期純損失(△)                                    △ 355
                                         2,137
     法人税、住民税及び事業税
                                         2,137
     法人税等合計
     四半期純損失(△)                                   △ 2,492
                                 99/206












                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【株主資本等変動計算書】
        前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                              株主資本
                          資本剰余金              利益剰余金
                                        その他利益剰余              純資産合計
              資本金                             金     株主資本合計
                          その他資本剰余
                    資本準備金             資本剰余金合計
                            金
                                        繰越利益剰余金
     当期首残高         2,013,418       2,000,918          -    2,000,918      △ 2,844,838       1,169,499      1,169,499

     当期変動額
      新株の発行         285,027       285,027              285,027              570,055      570,055
      資本準備金か
      らその他資本
                    △ 2,050,943       2,050,943          -              -      -
      剰余金への振
      替
      欠損填補                     △ 2,050,943      △ 2,050,943       2,050,943          -      -
      当期純利益                                     32,523       32,523      32,523
     当期変動額合計          285,027     △ 1,765,916          -   △ 1,765,916       2,083,466        602,578      602,578
     当期末残高
              2,298,446        235,002         -     235,002      △ 761,371      1,772,077      1,772,077
        当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                              株主資本
                          資本剰余金              利益剰余金
                                        その他利益剰余              純資産合計
              資本金                             金     株主資本合計
                          その他資本剰余
                    資本準備金             資本剰余金合計
                            金
                                        繰越利益剰余金
     当期首残高

              2,298,446        235,002         -     235,002      △ 761,371      1,772,077      1,772,077
     当期変動額
      資本準備金か
      らその他資本
                     △ 235,002       235,002         -              -      -
      剰余金への振
      替
      欠損填補                      △ 235,002      △ 235,002       235,002         -      -
      当期純損失
                                         △ 1,036,391      △ 1,036,391     △ 1,036,391
      (△)
     当期変動額合計            -    △ 235,002         -    △ 235,002      △ 801,389     △ 1,036,391     △ 1,036,391
     当期末残高         2,298,446          -       -       -   △ 1,562,760        735,685      735,685
                                100/206







                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)              至 2021年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        35,373
       税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                             △ 1,033,541
                                        41,221              65,184
       減価償却費
                                          564
       為替差損益(△は益)                                                  -
                                                       1,095
       差入保証金償却額                                    -
                                        29,165              11,715
       固定資産圧縮損
                                                      683,555
       関係会社株式評価損                                    -
       受取利息                                 △ 5,835             △ 3,689
                                         6,266              11,174
       支払利息
                                        266,662
       売上債権の増減額(△は増加)                                               △ 12,791
                                        91,518
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                               △ 6,316
                                         4,525
       未収入金の増減額(△は増加)                                               △ 3,643
       未収消費税等の増減額(△は増加)                                    -            △ 3,087
                                         8,638
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                               △ 10,151
                                        17,416
       前払金の増減額(△は増加)                                               △ 15,396
                                                        470
       前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 6,954
                                         7,553
       立替金の増減額(△は増加)                                                 △ 94
                                                       5,860
       仕入債務の増減額(△は減少)                                    -
                                                       15,709
       未払金の増減額(△は減少)                                △ 210,832
                                         6,036
       未払費用の増減額(△は減少)                                               △ 9,114
                                                       23,294
       前受金の増減額(△は減少)                                △ 227,144
                                          383             6,123
       その他
                                        64,559
       小計                                              △ 273,641
       利息の受取額                                    7              6
       利息の支払額                                 △ 6,266             △ 11,174
                                        △ 2,850             △ 2,850
       法人税等の支払額
                                        55,450
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                              △ 287,659
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                △ 290,887              △ 65,436
       無形固定資産の取得による支出                                 △ 3,921             △ 7,194
       関係会社株式の取得による支出                                △ 290,000             △ 500,000
                                        290,000              500,000
       関係会社長期貸付金の回収による収入
       関係会社長期貸付による支出                                △ 190,000                 -
                                       △ 43,940               △ 10
       差入保証金の差入による支出
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 528,748              △ 72,640
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       長期借入金の返済による支出                                 △ 20,000             △ 50,000
       リース債務の返済による支出                                 △ 12,788             △ 19,936
                                        570,055
                                                         -
       株式の発行による収入
                                        537,266
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                               △ 69,936
                                        63,968
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                                △ 430,236
                                        748,587              812,556
     現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 812,556             ※ 382,320
     現金及び現金同等物の期末残高
                                101/206





                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
            1 有価証券の評価基準および評価方法
             (1)  関係会社株式
               移動平均法による原価法を採用しております。
             (2)  その他有価証券
               時価のないもの
                 移動平均法による原価法を採用しております。
            2 たな卸資産の評価基準および評価方法

             仕掛品   個別法による原価法
             貸借対照表価額は、収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定
            3 固定資産の減価償却の方法

             (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
              定額法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
                建物          5~20年
                構築物                       15~20年
                機械及び装置                         8年
                車両運搬具         2年
                工具、器具及び備品   2~10年
             (2)  無形固定資産
              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
              す。
             (3)  リース資産(所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産)
              自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
            4 繰延資産の処理方法

             株式発行費は、支出時に全額費用として処理しております。
            5 引当金の計上基準

             貸倒引当金
              債権の貸倒れによる損失に備えるために、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等
             特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。なお、当事
             業年度において貸倒引当金は計上しておりません。
            6 キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預
            金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月
            以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
            7 その他財務諸表作成のための基礎となる重要な事項

             消費税等の会計処理
             消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                102/206





                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
            1 有価証券の評価基準および評価方法
             (1)  関係会社株式
               移動平均法による原価法を採用しております。
             (2)  その他有価証券
               時価のないもの
                 移動平均法による原価法を採用しております。
            2 たな卸資産の評価基準および評価方法

             仕掛品   個別法による原価法
             貸借対照表価額は、収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定
            3 固定資産の減価償却の方法

             (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
              定額法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
                建物          5~20年
                構築物                       15~20年
                機械及び装置                         8年
                車両運搬具         2年
                工具、器具及び備品   2~10年
             (2)  無形固定資産
              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
              す。
             (3)  リース資産(所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産)
              自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
            4 繰延資産の処理方法

             株式発行費は、支出時に全額費用として処理しております。
            5 引当金の計上基準

             貸倒引当金
              債権の貸倒れによる損失に備えるために、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等
             特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。なお、当事
             業年度において貸倒引当金は計上しておりません。
            6 キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預
            金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月
            以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
            7 その他財務諸表作成のための基礎となる重要な事項

             消費税等の会計処理
             消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                103/206





                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な会計上の見積り)
          当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
          1.関係会社(ティエムティ株式会社)株式の評価
           (1)  当事業年度の財務諸表に計上した金額
             ・関係会社株式      106,444千円
             ・関係会社株式評価損   683,555千円
           (2)  その他の情報
             ・見積りの算出方法
               関係会社株式については、当該株式の発行会社の財政状態の悪化により実質価額が著しく低下し
              たときは、相当の減額を行い、評価差額を当事業年度の損失として処理しております。
               実質価額とは、一般に公正妥当と認められる会計基準に準拠して作成した財務諸表を基礎に、原
              則として資産等の時価評価に基づく評価差額を加味して算定した1株当たりの純資産額に所有株式数
              を乗じた金額であります。
               また、実質価額が「著しく低下したとき」とは、株式の実質価額が取得原価に比べて50%程度以
              上低下しており、かつ実質価額の回復可能性が十分な証拠によって裏付けられない場合を指しており
              ます。
             ・見積りの算出に用いた主要な仮定
               関係会社株式の評価においては、関係会社の将来の事業計画を基礎として関係会社株式の回復可
              能性を判断しております。将来の事業計画は、生産数量及び販売数量の見込み、景気動向、顧客動
              向、技術革新の予測を、主要な仮定としております。
             ・翌事業年度の財務諸表に与える影響
               翌事業年度の当該株式の発行会社の財政状態がさらに悪化した場合には、翌事業年度において株
              式の更なる減額が必要となり、関係会社株式評価損の計上が必要となる可能性があります。
          2.関係会社(ティエムティ株式会社)長期貸付金の評価

           (1)  当事業年度の財務諸表に計上した金額
             ・関係会社長期貸付金   213,000千円
           (2)  その他の情報
             ・見積りの算出方法
               関係会社長期貸付金については、債権の発生当初における将来キャッシュ・フローと債権の帳簿
              価額との差額が一定率となるような割引率を算出し、債権の元本および利息について、元本の回収お
              よび利息の受取が見込まれるときから当事業年度末までの期間にわたり、債権の発生当初の割引率で
              割り引いた現在価値の総額と債権の帳簿価額との差額を貸倒見積高とし、損失として処理しておりま
              す。
             ・見積りの算出に用いた主要な仮定
               関係会社長期貸付金の評価においては、関係会社の事業計画に基づく将来キャッシュ・フローを
              基礎として関係会社長期貸付金の回収可能性を判断しております。将来の事業計画は、生産数量及び
              販売数量の見込み、景気動向、顧客動向、技術革新の予測を、主要な仮定としております。
             ・翌事業年度の財務諸表に与える影響
               将来キャッシュ・フローの見積りについては、一定の仮定を設定しております。これらの仮定は
              将来の不確実な経済状況および関係会社の経営状況の影響を受け,翌事業年度以降の財務諸表に重要
              な影響を与える可能性があります。
          3.固定資産の減損

           (1)  当事業年度の財務諸表に計上した金額
             ・固定資産   717,616千円
           (2)  その他の情報
             ・見積りの算出方法
               当社は、単一セグメントであるため、資産グループについても、単一のマイクロ波関連事業とし、
              当該資産グループに減損の兆候がある場合には、当該資産グループから得られる割引前将来キャッ
              シュ・フローの総額と帳簿価額を比較し、減損損失を認識すべきであると判定された資産グループの
              帳簿価額を回収可能価額まで減額しております。
               固定資産の回収可能価額の決定に当たっては使用価値と正味売却価額のいずれか大きい額によって
              おります。
               使用価値は、資産グループの継続的使用と使用後の処分によって生ずると見込まれる将来キャッ
              シュ・フローの現在価値として算定しております。
                                104/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ・見積りの算出に用いた主要な仮定
               主要な固定資産をリース資産としており、19年を将来キャッシュ・フローの見積り期間としており
              ます。
               将来キャッシュ・フローは、取締役会により承認された事業計画を基礎として算定しており、当該
              事業計画は、顧客からの受注等について合理的な仮定を置いて策定しておりますが、受注の成否は、
              顧客との交渉状況、および顧客との共同開発における進捗及び結果等の影響を受けるため、不確実性
              があります。
             ・翌事業年度の計算書類に与える影響
               将来キャッシュ・フローや正味売却価額の見積りについては、一定の仮定を設定しております。こ
              れらの仮定は、顧客との交渉状況、および顧客との共同開発における進捗及び結果等の影響を受け,
              翌事業年度以降の計算書類に重要な影響を与える可能性があります。
                                105/206

















                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (未適用の会計基準等)
          前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
          ・「収益認識に関する会計基準」
            (企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」
            (企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
           1.概要

             国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括
            的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15
            号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度か
            ら、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委
            員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたもので
            す。
             企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号
            と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り
            入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に
            配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされ
            ております。
           2.適用予定日

             2022年3月期の期首から適用する予定であります。
           3.当該会計基準等の適用による影響

             「収益認識に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中で
            あります。
          ・「時価の算定に関する会計基準」

            (企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」
            (企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「金融商品に関する会計基準」
            (企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」
            (企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」
            (企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
           1.概要

             国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同じ
            内容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国会計
            基準においてはAccounting             Standards     CodificationのTopic          820「公正価値測定」)を定めている状況を
            踏まえ、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関して、日本
            基準を国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」等が公表さ
            れたものです。
             企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な
            算定方法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、
            IFRS第13号の定めを基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等
            に配慮し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定
            めることとされております。
           2.適用予定日

             2022年3月期の期首から適用します。
           3.当該会計基準等の適用による影響

             「時価の算定に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で未定で
            あります。
          ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」

            (企業会計基準第31号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
                                106/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           1.概要
             国際会計基準審議会(IASB)が2003年に公表した国際会計基準(IAS)第1号「財務諸表の表示」(以
            下「IAS    第1号」)第125項において開示が求められている「見積りの不確実性の発生要因」について、
            財務諸表利用者にとって有用性が高い情報として日本基準においても注記情報として開示を求めること
            を検討するよう要望が寄せられ、企業会計基準委員会において、会計上の見積りの開示に関する会計基
            準(以下「本会計基準」)が開発され、公表されたものです。
             企業会計基準委員会の本会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、個々の注記を拡充するの
            ではなく、原則(開示目的)を示したうえで、具体的な開示内容は企業が開示目的に照らして判断する
            こととされ、開発にあたっては、IAS第1号第125項の定めを参考とすることとしたものです。
           2.適用予定日

             2021年3月期の年度末から適用します。
          ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」

            (企業会計基準第24号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
           1.概要

             「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る注記情報
            の充実について検討することが提言されたことを受け、企業会計基準委員会において、所要の改正を行
            い、会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準として公表されたものです。
             なお、「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る注
            記情報の充実を図るに際しては、関連する会計基準等の定めが明らかな場合におけるこれまでの実務に影
            響を及ぼさないために、企業会計原則注解(注1-2)の定めを引き継ぐこととされております。
           2.適用予定日

             2021年3月期の年度末から適用します。
          当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

          ・「収益認識に関する会計基準」
            (企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」
            (企業会計基準適用指針第30号 2021年3月26日 企業会計基準委員会)
           1.概要

             国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括
            的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15
            号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度か
            ら、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委
            員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたもので
            す。
             企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号
            と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り
            入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に
            配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされ
            ております。
           2.適用予定日

             2022年3月期の期首から適用する予定であります。
           3.当該会計基準等の適用による影響

             「収益認識に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中で
            あります。
          ・「時価の算定に関する会計基準」

            (企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」
            (企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「金融商品に関する会計基準」
            (企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
                                107/206


                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」
            (企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」
            (企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
           1.概要

             国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同じ
            内容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国会計
            基準においてはAccounting             Standards     CodificationのTopic          820「公正価値測定」)を定めている状況を
            踏まえ、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関して、日本
            基準を国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」等が公表さ
            れたものです。
             企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な
            算定方法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、
            IFRS第13号の定めを基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等
            に配慮し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定
            めることとされております。
           2.適用予定日

             2022年3月期の期首から適用します。
           3.当該会計基準等の適用による影響

             「時価の算定に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で未定で
            あります。
         (追加情報)

          前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

          (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見積りについて)
            新型コロナウイルス感染症の拡大による事業への影響については、現時点で入手可能な情報を基に検証等
           を行っております。新型コロナウイルス感染症の今後の感染拡大や収束時期等を正確に予測することが未だ
           困難な状況にあるものの、当社の会計上の見積りを大幅に見直す状況には至っておらず、会計上の見積りの
           仮定について重要な変更はありません。
            しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大による影響は不確定要素が多く、次期以降の当社の財政状
           態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                108/206









                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (貸借対照表関係)
          ※1 国庫補助金等により、有形固定資産の取得価額から控除している圧縮記帳額およびその内訳は次のとお
            りであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2020年3月31日)                 (2021年3月31日)
     建物                                43,398千円                 43,531千円
     構築物                                34,570                 34,570
     機械及び装置                               422,351                 433,933
     工具、器具及び備品                                3,039                 3,039
     ソフトウエア                                9,845                 9,845
              計                      513,204                 524,920
          ※2 有形固定資産の減価償却累計額は次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                             (2020年3月31日)                 (2021年3月31日)
     有形固定資産の減価償却累計額                                87,301千円                 147,706千円
          ※3 関係会社項目

             関係会社に対する資産及び負債には区分掲記されたもののほか次のものがあります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2020年3月31日)                 (2021年3月31日)
     未収入金                                32,394千円                 61,204千円

     立替金                                10,158                 10,181
     前受金                               200,000                 200,000
           4 コミットメントライン契約

             当社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行1行とコミットメントライン契約を締結
            しております。コミットメントライン契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。なお、本契
            約には、純資産額および期間損益計上に関する財務制限条項が付されております。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2020年3月31日)                 (2021年3月31日)
     コミットメントラインの総額                                  -千円               300,000千円
     借入実行残高                                  -                 -
     差引額                                  -               300,000
                                109/206








                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (損益計算書関係)
          ※1 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
                                前事業年度                 当事業年度
                            (自 2019年4月1日                 (自 2020年4月1日
                             至 2020年3月31日)                 至 2021年3月31日)
     受取利息                              5,827千円                 3,682千円
          ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度0.0%、当事業年度0.0%、一般管理費に属する費用

            のおおよその割合は前事業年度100.0%、当事業年度100.0%であります。
             販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                            (自 2019年4月1日                 (自 2020年4月1日
                             至 2020年3月31日)                 至 2021年3月31日)
     研究開発費                               385,971千円                 362,999千円
     給与手当                                42,162                 57,180
     支払報酬                                39,208                 36,440
     特許費用                                35,707                 28,673
     役員報酬                                25,320                 28,620
     租税公課                                25,850                 14,328
          ※3 一般管理費に含まれる研究開発費の総額

                                前事業年度                 当事業年度
                            (自 2019年4月1日                 (自 2020年4月1日
                             至 2020年3月31日)                 至 2021年3月31日)
                                    385,971千円                 362,999千円
         ※4 補助金収入と固定資産圧縮損の内容は、次のとおりであります。

            前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
              補助金収入は、ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金、中小企業経営支援等対策費補助
             金の交付によるものであり、固定資産圧縮損は、当該補助金を固定資産の取得原価から直接減額したこ
             とにより発生したものであります。
            当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

              補助金収入は、中小企業経営支援等対策費補助金、課題設定型産業技術開発費助成金の交付によるも
             のであり、固定資産圧縮損は、当該補助金を固定資産の取得原価から直接減額したことにより発生した
             ものであります。
                                110/206







                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (株主資本等変動計算書関係)
    前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
           1.発行済株式に関する事項
                        当事業年度期首         当事業年度増加         当事業年度減少          当事業年度末
                        株式数(株)         株式数(株)         株式数(株)         株式数(株)
      普通株式                      25,000           −          −        25,000

      A種種類株式                      10,714           −          −        10,714

      B種種類株式                      35,300           −          −        35,300

      C種種類株式                      28,404           −          −        28,404

      D種種類株式                      15,628           −          −        15,628

      E種種類株式                       6,250           −          −         6,250

      F種種類株式                       6,441           −          −         6,441

      G種種類株式(注)                       1,740         4,957           −         6,697

             合計               129,477          4,957           −        134,434

     (注) G種種類株式の増加は第三者割当による新株の発行による増加であります。
           2.新株予約権に関する事項

                              新株予約権の目的となる株式数(株)

                 新株予約権の
                                                     当事業年度末
     新株予約権の内訳             目的となる株
                                                     残高(千円)
                  式の種類
                        当事業年度期首       当事業年度増加       当事業年度減少        当事業年度末
     第1回新株予約権             B種種類株式          2,500         -       -      2,500      -

     ストック・オプションと
                    -         -       -       -       -     -
     しての第2回新株予約権
     ストック・オプションと
                    -         -       -       -       -     -
     しての第3回新株予約権
     ストック・オプションと
     しての第4回①新株予約               -         -       -       -       -     -
     権
             合計              2,500         -       -      2,500      -
    (注) 第3回新株予約権および第4回①新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
                                111/206








                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
           1.発行済株式に関する事項
                        当事業年度期首         当事業年度増加         当事業年度減少          当事業年度末
                        株式数(株)         株式数(株)         株式数(株)         株式数(株)
      普通株式                      25,000           −          −        25,000

      A種種類株式                      10,714           −          −        10,714

      B種種類株式                      35,300           −          −        35,300

      C種種類株式                      28,404           −          −        28,404

      D種種類株式                      15,628           −          −        15,628

      E種種類株式                       6,250           −          −         6,250

      F種種類株式                       6,441           −          −         6,441

      G種種類株式                       6,697           −          −         6,697

             合計               134,434            −          −        134,434

           2.新株予約権に関する事項

                              新株予約権の目的となる株式数(株)

                 新株予約権の
                                                     当事業年度末
     新株予約権の内訳             目的となる株
                                                     残高(千円)
                  式の種類
                        当事業年度期首       当事業年度増加       当事業年度減少        当事業年度末
     第1回新株予約権             B種種類株式          2,500         -      2,500         -     -

     ストック・オプションと
                    -         -       -       -       -     -
     しての第2回新株予約権
     ストック・オプションと
                    -         -       -       -       -     -
     しての第3回新株予約権
     ストック・オプションと
     しての第4回①新株予約               -         -       -       -       -     -
     権
     ストック・オプションと
     しての第4回②新株予約               -         -       -       -       -     -
     権
     ストック・オプションと
     しての第4回③新株予約               -         -       -       -       -     -
     権
     ストック・オプションと
     しての第4回④新株予約               -         -       -       -       -     -
     権
     ストック・オプションと
     しての第4回⑤新株予約               -         -       -       -       -     -
     権
             合計              2,500         -      2,500         -     -
    (注)1.第4回①、②、③、④および⑤新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
       2.第1回新株予約権の減少は、権利行使期間の満了による消滅2,500株によるものであります。
                                112/206




                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                前事業年度                 当事業年度
                            (自 2019年4月1日                 (自 2020年4月1日
                             至 2020年3月31日)                 至 2021年3月31日)
     現金及び預金勘定                               812,556千円                 382,320千円
     預入期間が3ケ月を超える定期預金                                  -                 -
     現金及び現金同等物                               812,556                 382,320
                                113/206


















                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (リース取引関係)
         前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
          1.ファイナンス・リース取引
           所有権移転ファイナンス・リース取引
            (1)リース資産の内容
             ・有形固定資産
              マイクロ波化学関連事業における実証開発設備(建物)であります。
            (2)リース資産の減価償却の方法
              重要な会計方針に係る事項に関する注記「3                     固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりでありま
             す。
          2.オペレーティング・リース取引

           オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                 前事業年度
                              (自 2019年4月1日
                               至 2020年3月31日)
             1年内                        18,120千円

             1年超                       339,750
         当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

          1.ファイナンス・リース取引
           所有権移転ファイナンス・リース取引
            (1)リース資産の内容
             ・有形固定資産
              マイクロ波化学関連事業における実証開発設備(建物)であります。
            (2)リース資産の減価償却の方法
              重要な会計方針に係る事項に関する注記「3                     固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりでありま
             す。
          2.オペレーティング・リース取引

           オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                 当事業年度
                              (自 2020年4月1日
                               至 2021年3月31日)
             1年内                        18,120千円
             1年超                       321,630
                                114/206








                                                          EDINET提出書類
                                                    マイクロ波化学株式会社(E37740)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (金融商品関係)
          前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社は、研究開発を進めるために必要な資金については、研究開発計画に照らし、主に銀行借入や
             第三者割当増資により必要な資金を調達しております。一時的な余資は安全性の高い金融資産で運用す
             る方針です。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
              営業債権である売掛金、及びその他金銭債権である未収入金、立替金、関係会社長期貸付金及び差
             入保証金は、取引先の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては、取引先ごとに期日管理
             及び債権残高管理を随時行うことによってリスクの軽減を図っております。
              営業債務である買掛金、及びその他金銭債務である未払金、未払法人税等、未払消費税等は、そのほ
             とんどが1年以内の支払期日であり、流動性リスクを負っております。長期借入金の使途は運転資金及
             び設備投資資金であります。リース債務は、主に設備投資に必要な資金調達を目的としたものであり、
             償還日は最長で決算期後20年であります。支払いの管理については、各部署からの報告に基づき管理部
             が適時に資金繰り計画を作成・更新するとともに、手元流動性の維持等により管理しております。
            (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
              金融商品の時価について